株式会社アイスコ 有価証券届出書(新規公開時)

提出書類 有価証券届出書(新規公開時)
提出日
提出者 株式会社アイスコ
カテゴリ 有価証券届出書(新規公開時)

                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社アイスコ(E36435)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    【表紙】
    【提出書類】                       有価証券届出書

    【提出先】                       関東財務局長

    【提出日】                       2021年3月5日

    【会社名】                       株式会社アイスコ

    【英訳名】                       Iceco Inc.

    【代表者の役職氏名】                       代表取締役社長 相原 貴久

    【本店の所在の場所】                       神奈川県横浜市泉区新橋町1212番地

    【電話番号】                       045-811-1302

    【事務連絡者氏名】                       取締役CFO 永野 泰敬

    【最寄りの連絡場所】                       神奈川県横浜市泉区新橋町1212番地

    【電話番号】                       045-811-1302

    【事務連絡者氏名】                       取締役CFO 永野 泰敬

    【届出の対象とした募集(売出)有価証券の種類】                       株式

    【届出の対象とした募集(売出)金額】

                           募集金額
                           ブックビルディング方式による募集                      323,531,250円
                           売出金額
                           (引受人の買取引受による売出し)
                           ブックビルディング方式による売出し                      552,125,000円
                           (オーバーアロットメントによる売出し)
                           ブックビルディング方式による売出し                      139,825,000円
                           (注) 募集金額は、有価証券届出書提出時における見込額(会社
                              法上の払込金額の総額)であり、売出金額は、有価証券届
                              出書提出時における見込額であります。
    【縦覧に供する場所】                       該当事項はありません。
                                  1/134






                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社アイスコ(E36435)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    第一部     【証券情報】
    第1   【募集要項】

    1  【新規発行株式】

         種類           発行数(株)                       内容
                            完全議決権株式であり、権利内容に何らの制限のない当社におけ
                  217,500    (注)2
        普通株式                     る標準となる株式であります。なお、単元株式数は100株でありま
                            す。
     (注)   1.2021年3月5日開催の取締役会決議によっております。
       2.発行数については、2021年3月19日開催予定の取締役会において変更される可能性があります。
       3.当社の定める振替機関の名称及び住所は、以下のとおりであります。
         名称:株式会社証券保管振替機構
         住所:東京都中央区日本橋茅場町二丁目1番1号
       4.上記とは別に、2021年3月5日開催の取締役会において、野村證券株式会社を割当先とする当社普通株式
         79,900株の第三者割当増資を行うことを決議しております。なお、その内容については、「募集又は売出し
         に関する特別記載事項 2.第三者割当増資とシンジケートカバー取引について」をご参照下さい。
                                  2/134















                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社アイスコ(E36435)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    2  【募集の方法】
      2021年3月30日に決定される予定の引受価額にて、当社と元引受契約を締結する予定の後記「4                                               株式の引受け」
     欄記載の金融商品取引業者(以下「第1                    募集要項」において「引受人」という。)は、買取引受けを行い、当該引受
     価額と異なる価額(発行価格)で募集(以下「本募集」という。)を行います。引受価額は2021年3月19日開催予定の取
     締役会において決定される会社法上の払込金額以上の価額となります。引受人は払込期日までに引受価額の総額を当
     社に払込み、本募集における発行価格の総額との差額は引受人の手取金といたします。当社は、引受人に対して引受
     手数料を支払いません。
      なお、本募集は、株式会社東京証券取引所(以下「取引所」という。)の定める「有価証券上場規程施行規則」第233
     条に規定するブックビルディング方式(株式の取得の申込みの勧誘時において発行価格又は売出価格に係る仮条件を投
     資家に提示し、株式に係る投資家の需要状況を把握したうえで発行価格等を決定する方法をいう。)により決定する価
     格で行います。
             区分            発行数(株)       発行価額の総額(円)            資本組入額の総額(円)

    入札方式のうち入札による募集                       ―         ―            ―

    入札方式のうち入札によらない募集                       ―         ―            ―

    ブックビルディング方式                       217,500          323,531,250             175,087,500

           計(総発行株式)                 217,500          323,531,250             175,087,500

     (注)   1.全株式を引受人の買取引受けにより募集いたします。
       2.上場前の公募増資を行うに際しての手続き等は、取引所の有価証券上場規程施行規則により規定されており
         ます。
       3.発行価額の総額は、会社法上の払込金額の総額であり、有価証券届出書提出時における見込額であります。
       4.資本組入額の総額は、会社法上の増加する資本金であり、2021年3月5日開催の取締役会決議に基づき、
         2021年3月30日に決定される予定の引受価額を基礎として、会社計算規則第14条第1項に基づき算出される
         資本金等増加限度額(見込額)の2分の1相当額を資本金に計上することを前提として算出した見込額であり
         ます。
       5.有価証券届出書提出時における想定発行価格(1,750円)で算出した場合、本募集における発行価格の総額(見
         込額)は380,625,000円となります。
       6.本募集並びに「第2             売出要項      1   売出株式(引受人の買取引受による売出し)」及び「2                           売出しの条件
         (引受人の買取引受による売出し)」における「引受人の買取引受による売出し」に当たっては、需要状況を
         勘案し、オーバーアロットメントによる売出しを行う場合があります。
         なお、オーバーアロットメントによる売出しについては、「第2                                売出要項      3   売出株式(オーバーア
         ロットメントによる売出し)」及び「4                    売出しの条件(オーバーアロットメントによる売出し)」をご参照
         下さい。
       7.本募集に関連して、ロックアップに関する合意がなされております。その内容については、「募集又は売出
         しに関する特別記載事項             3.ロックアップについて」をご参照下さい。
                                  3/134








                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社アイスコ(E36435)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    3  【募集の条件】
     (1)  【入札方式】
      ①  【入札による募集】
        該当事項はありません。
      ②  【入札によらない募集】

        該当事項はありません。
     (2)  【ブックビルディング方式】

                    資本   申込株                  申込

    発行価格     引受価額     払込金額
                   組入額    数単位        申込期間         証拠金       払込期日
     (円)     (円)     (円)
                    (円)    (株)                  (円)
     未定     未定     未定    未定        自 2021年3月31日(水)              未定
                         100                     2021年4月7日(水)
     (注)1     (注)1     (注)2    (注)3         至 2021年4月5日(月)             (注)4
     (注)   1.発行価格は、ブックビルディング方式によって決定いたします。
         発行価格は、2021年3月19日に仮条件を決定し、当該仮条件による需要状況、上場日までの価格変動リスク
         等を総合的に勘案した上で、2021年3月30日に引受価額と同時に決定する予定であります。
         仮条件は、事業内容、経営成績及び財政状態、事業内容等の類似性が高い上場会社との比較、価格算定能力
         が高いと推定される機関投資家等の意見その他を総合的に勘案して決定する予定であります。
         需要の申込みの受付けに当たり、引受人は、当社株式が市場において適正な評価を受けることを目的に、機
         関投資家等を中心に需要の申告を促す予定であります。
       2.払込金額は、会社法上の払込金額であり、2021年3月19日開催予定の取締役会において決定される予定であ
         ります。また、「2           募集の方法」の冒頭に記載のとおり、発行価格と会社法上の払込金額及び2021年3月
         30日に決定される予定の引受価額とは各々異なります。発行価格と引受価額との差額の総額は、引受人の手
         取金となります。
       3.資本組入額は、1株当たりの増加する資本金であります。なお、2021年3月5日開催の取締役会において、
         増加する資本金の額は2021年3月30日に決定される予定の引受価額を基礎として、会社計算規則第14条第1
         項に基づき算出される資本金等増加限度額の2分の1の金額とし、計算の結果1円未満の端数が生じたとき
         は、その端数を切り上げるものとすること、及び増加する資本準備金の額は、資本金等増加限度額から増加
         する資本金の額を減じた額とする旨、決議しております。
       4.申込証拠金は、発行価格と同一の金額とし、利息をつけません。申込証拠金のうち引受価額相当額は、払込
         期日に新株式払込金に振替充当いたします。
       5.株式受渡期日は、2021年4月8日(木)(以下「上場(売買開始)日」という。)の予定であります。本募集に係
         る株式は、株式会社証券保管振替機構(以下「機構」という。)の「株式等の振替に関する業務規程」に従
         い、機構にて取扱いますので、上場(売買開始)日から売買を行うことができます。
       6.申込みの方法は、申込期間内に後記申込取扱場所へ申込証拠金を添えて申込みをするものといたします。
       7.申込みに先立ち、2021年3月23日から2021年3月29日までの間で引受人に対して、当該仮条件を参考として
         需要の申告を行うことができます。当該需要の申告は変更又は撤回することが可能であります。
         販売に当たりましては、取引所の「有価証券上場規程」に定める株主数基準の充足、上場後の株式の流通性
         の確保等を勘案し、需要の申告を行わなかった投資家にも販売が行われることがあります。
         引受人は、公平かつ公正な販売に努めることとし、自社で定める配分に関する基本方針及び社内規程等に従
         い、販売を行う方針であります。配分に関する基本方針については引受人の店頭における表示又はホーム
         ページにおける表示等をご確認下さい。
       8.引受価額が会社法上の払込金額を下回る場合は新株式の発行を中止いたします。
                                  4/134






                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社アイスコ(E36435)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      ①  【申込取扱場所】
        後記「4      株式の引受け」欄記載の引受人の全国の本支店及び営業所で申込みの取扱いをいたします。
      ②  【払込取扱場所】

               店名                          所在地

       株式会社三菱UFJ銀行 戸塚駅前支店                          神奈川県横浜市戸塚区戸塚町16-11

     (注) 上記の払込取扱場所での申込みの取扱いは行いません。
    4  【株式の引受け】

                                  引受株式数

     引受人の氏名又は名称                   住所                     引受けの条件
                                   (株)
                 東京都中央区日本橋一丁目13番1

    野村證券株式会社
                 号
    SMBC日興証券株式会             東京都千代田区丸の内三丁目3番

    社             1号
                                        1.買取引受けによります。
                                        2.引受人は新株式払込金として、
                                          2021年4月7日までに払込取扱
                                          場所へ引受価額と同額を払込む
    株式会社SBI証券             東京都港区六本木一丁目6番1号                  未定      ことといたします。
                                        3.引受手数料は支払われません。
                                          ただし、発行価格と引受価額と
                                          の差額の総額は引受人の手取金
                                          となります。
    楽天証券株式会社             東京都港区南青山二丁目6番21号
    マネックス証券株式会社             東京都港区赤坂一丁目12番32号

          計               ―           217,500            ―

     (注)   1.2021年3月19日開催予定の取締役会において各引受人の引受株式数が決定される予定であります。
       2.上記引受人と発行価格決定日(2021年3月30日)に元引受契約を締結する予定であります。
       3.引受人は、上記引受株式数のうち、2,000株を上限として、全国の販売を希望する引受人以外の金融商品取
         引業者に販売を委託する方針であります。
                                  5/134








                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社アイスコ(E36435)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    5  【新規発行による手取金の使途】
     (1)  【新規発行による手取金の額】
       払込金額の総額(円)                 発行諸費用の概算額(円)                   差引手取概算額(円)

              350,175,000                     5,000,000               345,175,000

     (注)   1.払込金額の総額は、会社法上の払込金額の総額とは異なり、新規発行に際して当社に払い込まれる引受価額
         の総額であり、有価証券届出書提出時における想定発行価格(1,750円)を基礎として算出した見込額であり
         ます。
       2.発行諸費用の概算額には、消費税及び地方消費税(以下「消費税等」という。)は含まれておりません。
       3.引受手数料は支払わないため、発行諸費用の概算額は、これ以外の費用を合計したものであります。
     (2)  【手取金の使途】

       上記の手取概算額345,175千円については、「1 新規発行株式」の(注)4.に記載の第三者割当増資の手取概
      算額上限128,639千円と合わせて、フローズン事業の拡大を見据えた設備投資資金として充当する予定であります。
       具体的には、フローズン事業の販売網拡大に伴う配送用トラックの購入資金として、2022年3月期に227,500千
      円、2023年3月期に150,000千円を充当する予定であります。
       また、残額につきましては、フローズン事業の拡大を見据えた新規物流拠点の開発の資金に充当する方針であり
      ますが、具体化している事項はありません。
       なお、具体的な充当時期までは、安全性の高い金融商品等で運用する予定であります。
     (注)設備資金の内容については、「第二部 企業情報 第3 設備の状況 3 設備の新設、除却等の計画」の項

        をご参照下さい。
                                  6/134













                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社アイスコ(E36435)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    第2   【売出要項】
    1  【売出株式(引受人の買取引受による売出し)】

      2021年3月30日に決定される予定の引受価額にて、当社と元引受契約を締結する予定の後記「2                                              売出しの条件(引
     受人の買取引受による売出し)                (2)  ブックビルディング方式」に記載の金融商品取引業者(以下「第2                                 売出要項」
     において「引受人」という。)は、下記売出人から買取引受けを行い、当該引受価額と異なる価額(売出価格、発行価
     格と同一の価格)で売出し(以下「引受人の買取引受による売出し」という。)を行います。引受人は株式受渡期日に引
     受価額の総額を売出人に支払い、引受人の買取引受による売出しにおける売出価格の総額との差額は引受人の手取金
     といたします。売出人は、引受人に対して引受手数料を支払いません。
                                         売出しに係る株式の所有者の
       種類           売出数(株)           売出価額の総額(円)
                                           住所及び氏名又は名称
            入札方式のうち
       ―                    ―          ―          ―
            入札による売出し
            入札方式のうち入札
       ―                    ―          ―          ―
            によらない売出し
                                       神奈川県横浜市泉区
                                       相原   敏貴
                                                   255,000株
                                       神奈川県横浜市泉区
                                       相原   貴久
                                                    52,500株
            ブックビルディング
      普通株式                   315,500        552,125,000
                                       神奈川県横浜市泉区
            方式
                                       青木   哲也
                                                     5,000株
                                       神奈川県横浜市港南区
                                       青木   基成
                                                     3,000株
    計(総売出株式)             ―        315,500        552,125,000               ―
     (注)   1.上場前の売出しを行うに際しての手続き等は、取引所の有価証券上場規程施行規則により規定されておりま
         す。
       2.「第1       募集要項」における株式の発行を中止した場合には、引受人の買取引受による売出しも中止いたし
         ます。
       3.売出価額の総額は、有価証券届出書提出時における想定売出価格(1,750円)で算出した見込額であります。
       4.売出数等については今後変更される可能性があります。
       5.振替機関の名称及び住所は、「第1                    募集要項      1   新規発行株式」の(注)3.に記載した振替機関と同一
         であります。
       6.本募集並びに引受人の買取引受による売出しに当たっては、需要状況を勘案し、オーバーアロットメントに
         よる売出しを行う場合があります。
         なお、オーバーアロットメントによる売出しについては、「3                               売出株式(オーバーアロットメントによる
         売出し)」及び「4           売出しの条件(オーバーアロットメントによる売出し)」をご参照下さい。
       7.引受人の買取引受による売出しに関連して、ロックアップに関する合意がなされております。その内容につ
         いては、「募集又は売出しに関する特別記載事項                         3.ロックアップについて」をご参照下さい。
                                  7/134







                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社アイスコ(E36435)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    2  【売出しの条件(引受人の買取引受による売出し)】
     (1)  【入札方式】
      ①  【入札による売出し】
        該当事項はありません。
      ②  【入札によらない売出し】

        該当事項はありません。
     (2)  【ブックビルディング方式】

                     申込株

                                                    元引受契
    売出価格     引受価額                申込証拠金                 引受人の住所及び
               申込期間                 申込受付場所
                     数単位
     (円)     (円)                (円)                 氏名又は名称
                                                    約の内容
                     (株)
               自 2021年

     未定                                   東京都中央区日本橋
           未定    3月31日(水)            未定     引受人の本店                      未定
     (注)1                  100                  一丁目13番1号
          (注)2     至 2021年           (注)2     及び全国各支店                     (注)3
     (注)2                                    野村證券株式会社
              4月5日(月)
     (注)   1.売出価格の決定方法は、「第1                  募集要項      3   募集の条件       (2)  ブックビルディング方式」の(注)1.と

         同様であります。
       2.売出価格及び申込証拠金は、本募集における発行価格及び申込証拠金とそれぞれ同一となります。ただし、
         申込証拠金には、利息をつけません。
         引受人の買取引受による売出しにおける引受価額は、本募集における引受価額と同一となります。
       3.引受人の引受価額による買取引受によることとし、その他元引受契約の内容、売出しに必要な条件は、売出
         価格決定日(2021年3月30日)に決定する予定であります。
         なお、元引受契約においては、引受手数料は支払われません。ただし、売出価格と引受価額との差額の総額
         は引受人の手取金となります。
       4.上記引受人と売出価格決定日に元引受契約を締結する予定であります。
       5.株式受渡期日は、上場(売買開始)日の予定であります。引受人の買取引受による売出しに係る株式は、機構
         の「株式等の振替に関する業務規程」に従い、機構にて取扱いますので、上場(売買開始)日から売買を行う
         ことができます。
       6.申込みの方法は、申込期間内に上記申込受付場所へ申込証拠金を添えて申込みをするものといたします。
       7.上記引受人の販売方針は、「第1                   募集要項      3   募集の条件       (2)  ブックビルディング方式」の(注)7.
         に記載した販売方針と同様であります。
                                  8/134









                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社アイスコ(E36435)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    3  【売出株式(オーバーアロットメントによる売出し)】
                                        売出しに係る株式の所有者の

       種類          売出数(株)          売出価額の総額(円)
                                          住所及び氏名又は名称
             入札方式のうち入札

       ―                  ―          ―           ―
             による売出し
             入札方式のうち入札

       ―                  ―          ―           ―
             によらない売出し
                                     東京都中央区日本橋一丁目13番1号

             ブックビルディング
    普通株式                   79,900       139,825,000
                                     野村證券株式会社                         79,900株
             方式
    計(総売出株式)            ―       79,900       139,825,000                ―

     (注)   1.オーバーアロットメントによる売出しは、本募集並びに引受人の買取引受による売出しに伴い、その需要状

         況を勘案し、野村證券株式会社が行う売出しであります。したがってオーバーアロットメントによる売出し
         に係る売出株式数は上限株式数を示したものであり、需要状況により減少若しくは中止される場合がありま
         す。
       2.オーバーアロットメントによる売出しに関連して、当社は、2021年3月5日開催の取締役会において、野村
         證券株式会社を割当先とする当社普通株式79,900株の第三者割当増資の決議を行っております。また、野村
         證券株式会社は、東京証券取引所においてオーバーアロットメントによる売出しに係る売出株式数を上限と
         する当社普通株式の買付け(以下「シンジケートカバー取引」という。)を行う場合があります。
         なお、その内容については、「募集又は売出しに関する特別記載事項                                  2.第三者割当増資とシンジケート
         カバー取引について」をご参照下さい。
       3.上場前の売出しを行うに際しての手続き等は、取引所の有価証券上場規程施行規則により規定されておりま
         す。
       4.「第1       募集要項」における株式の発行を中止した場合には、オーバーアロットメントによる売出しも中止
         いたします。
       5.売出価額の総額は、有価証券届出書提出時における想定売出価格(1,750円)で算出した見込額であります。
       6.振替機関の名称及び住所は、「第1                    募集要項      1   新規発行株式」の(注)3.に記載した振替機関と同一
         であります。
                                  9/134











                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社アイスコ(E36435)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    4  【売出しの条件(オーバーアロットメントによる売出し)】
     (1)  【入札方式】
      ①  【入札による売出し】
        該当事項はありません。
      ②  【入札によらない売出し】

        該当事項はありません。
     (2)  【ブックビルディング方式】

               申込株

                                                     元引受
    売出価格               申込証拠金
                                         引受人の住所及び氏名
         申込期間      数単位              申込受付場所                         契約の
                                            又は名称
     (円)               (円)
                                                      内容
                (株)
         自 2021年

     未定   3月31日(水)            未定       野村證券株式会社の
                100                              ―         ―
    (注)1     至 2021年           (注)1       本店及び全国各支店
        4月5日(月)
     (注)   1.売出価格及び申込証拠金については、引受人の買取引受による売出しにおける売出価格及び申込証拠金とそ

         れぞれ同一とし、売出価格決定日に決定する予定であります。ただし、申込証拠金には、利息をつけませ
         ん。
       2.株式受渡期日は、引受人の買取引受による売出しにおける株式受渡期日と同じ上場(売買開始)日の予定であ
         ります。オーバーアロットメントによる売出しに係る株式は、機構の「株式等の振替に関する業務規程」に
         従い、機構にて取扱いますので、上場(売買開始)日から売買を行うことができます。
       3.申込みの方法は、申込期間内に上記申込受付場所へ申込証拠金を添えて申込みをするものといたします。
       4.野村證券株式会社の販売方針は、「第2                      売出要項      2   売出しの条件(引受人の買取引受による売出し) 
         (2)  ブックビルディング方式」の(注)7.に記載した販売方針と同様であります。
                                 10/134












                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社アイスコ(E36435)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    【募集又は売出しに関する特別記載事項】
    1.東京証券取引所JASDAQ(スタンダード)への上場について

      当社は、「第1         募集要項」における新規発行株式及び「第2                       売出要項」における売出株式を含む当社普通株式
     について、野村證券株式会社を主幹事会社として、東京証券取引所JASDAQ(スタンダード)への上場を予定して
     おります。
    2.第三者割当増資とシンジケートカバー取引について

      オーバーアロットメントによる売出しの対象となる当社普通株式は、オーバーアロットメントによる売出しのため
     に、主幹事会社が当社株主である株式会社KANコーポレーション(以下「貸株人」という。)より借入れる株式であり
     ます。これに関連して、当社は、2021年3月5日開催の取締役会において、主幹事会社を割当先とする当社普通株
     式  79,900株の第三者割当増資(以下「本件第三者割当増資」という。)を行うことを決議しております。本件第
     三者割当増資の会社法上の募集事項については、以下のとおりであります。
    (1)   募集株式の数               当社普通株式   79,900株
    (2)   募集株式の払込金額               未定 (注)1
                       増加する資本金の額は割当価格を基礎とし、会社計算規則第14条第1項に基
                       づき算出される資本金等増加限度額の2分の1の金額とし、計算の結果1円
       増加する資本金及び資本準備金
    (3)                  未満の端数が生じたときは、その端数を切り上げるものとする。また、増加
       に関する事項
                       する資本準備金の額は、資本金等増加限度額から増加する資本金の額を減じ
                       た額とする。 (注)2
    (4)   払込期日               2021年5月7日(金)
    (注)1.募集株式の払込金額(会社法上の払込金額)は、2021年3月19日開催予定の取締役会において決定される予
         定の「第1 募集要項」における新規発行株式の払込金額(会社法上の払込金額)と同一とする予定であり
         ます。
       2.割当価格は、2021年3月30日に決定される予定の「第1 募集要項」における新規発行株式の引受価額と同
         一とする予定であります。
       また、主幹事会社は、2021年4月8日から2021年4月27日までの間、貸株人から借入れる株式の返却を目的とし
      て、東京証券取引所においてオーバーアロットメントによる売出しに係る売出株式数を上限とするシンジケートカ
      バー取引を行う場合があります。
       主幹事会社は、上記シンジケートカバー取引により取得した株式について、当該株式数については、割当てに応
      じない予定でありますので、その場合には本件第三者割当増資における発行数の全部または一部につき申込みが行
      われず、その結果、失権により本件第三者割当増資における最終的な発行数が減少する、または発行そのものが全
      く行われない場合があります。また、シンジケートカバー取引期間内においても、主幹事会社の判断でシンジケー
      トカバー取引を全く行わないか若しくは上限株式数に至らない株式数でシンジケートカバー取引を終了させる場合
      があります。
                                 11/134








                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社アイスコ(E36435)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    3.ロックアップについて
      本募集並びに引受人の買取引受による売出しに関連して、売出人である相原敏貴、相原貴久、青木哲也及び青木基
     成、貸株人である株式会社KANコーポレーション、当社株主であるアイスコ従業員持株会、江崎グリコ株式会社、相原
     久子、野口みゆき、山本宗男、浅井功、青木洋征、武井賢也、相原大輔、押田淑子、鈴木美恵子、武井幸子、相原志
     伸、三上和美及び堀内之弘並びに当社新株予約権者である永野泰敬、丸山正人、吉野祥一、岸裕一、田口優次、齊藤
     大士、佐本博史、髙下純次、大野雅也、橋本英二、豊泉実、井上真吾、山屋博幸、坂倉秀雄、杉田一男、向後誠、野
     澤直人、武藤正成、中田雅明、小沢正治、根本耕次、八木雅史、片岡貴成、竹内啓記、小林太郎、小瀬村健、小船祐
     也、佐藤裕之、鈴木浩隆、興野智幸、本間薫、小川進吾、磯崎良二、原敦之、宮嶋将広、加藤慎司、槍崎和彰、小畑
     裕一、鈴木弘人、中川純二、高橋尊人、佐藤匡永、細谷進、松原祐貴、和泉智暁、原真一、勝亦崇敏、赤星優介、柿
     野聖、秋田憲吾、西川三男、柏木敏郎、伊藤昭夫、津田ひづる、仲野輝夫、高橋健明、小山和也、沼崎幸子、内藤浩
     司、遠藤吉昭、村尾祥孝、齋藤定志、片倉徳泰、石田俊之、小澤義人、坂口幸助、岡谷亮佐、安住俊彦、田中剛、谷
     川健太郎、今福正義及び田口なり子は、主幹事会社に対し、元引受契約締結日から上場(売買開始)日(当日を含
     む)後90日目の2021年7月6日までの期間中、主幹事会社の事前の書面による同意なしには、当社普通株式の売却等
     (ただし、引受人の買取引受による売出し及びオーバーアロットメントによる売出しのために当社普通株式を貸し渡
     すこと等を除く。)を行わない旨合意しております。
      また、当社は主幹事会社に対し、元引受契約締結日から上場(売買開始)日(当日を含む)後180日目の2021年10月
     4日までの期間中、主幹事会社の事前の書面による同意なしには、当社普通株式の発行、当社普通株式に転換若しく
     は交換される有価証券の発行または当社普通株式を取得若しくは受領する権利を付与された有価証券の発行等(ただ
     し、本募集、株式分割、ストックオプションとしての新株予約権の発行及びオーバーアロットメントによる売出しに
     関連し、2021年3月5日開催の当社取締役会において決議された主幹事会社を割当先とする第三者割当増資等を除
     く。)を行わない旨合意しております。
      なお、上記のいずれの場合においても、主幹事会社はその裁量で当該合意の内容を一部若しくは全部につき解除で
     きる権限を有しております。
      上記のほか、当社は、取引所の定める「有価証券上場規程施行規則」の規定に基づき、上場前の第三者割当等によ
     る募集株式等の割当等に関し、当社新株予約権の割当を受けた者との間に継続所有等の確約を行っております。その
     内容については、「第四部             株式公開情報       第2   第三者割当等の概況」をご参照下さい。
                                 12/134











                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社アイスコ(E36435)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    第3   【その他の記載事項】
     新株式発行並びに株式売出届出目論見書に記載しようとする事項

    (1)表紙及び裏表紙に当社のロゴマーク                                       を記載いたします。

    (2)表紙の次に「1.企業理念・沿革」~「3.業績等の推移」をカラー印刷したものを記載いたします。

                                 13/134


















                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社アイスコ(E36435)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                                 14/134





















                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社アイスコ(E36435)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                                 15/134





















                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社アイスコ(E36435)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                                 16/134





















                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社アイスコ(E36435)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                                 17/134





















                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社アイスコ(E36435)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                                 18/134





















                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社アイスコ(E36435)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                                 19/134





















                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社アイスコ(E36435)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                                 20/134





















                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社アイスコ(E36435)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    第二部     【企業情報】
    第1   【企業の概況】

    1  【主要な経営指標等の推移】

           回次           第64期       第65期       第66期       第67期       第68期

          決算年月           2016年3月       2017年3月       2018年3月       2019年3月       2020年3月

    売上高            (千円)     32,163,478       31,346,402       32,991,382       35,214,791       36,728,211

    経常利益            (千円)       261,296       434,944       831,414       419,247       212,303

    当期純利益            (千円)       165,041       228,658       416,732       223,205       144,457

    持分法を適用した場合
                (千円)         ―       ―       ―       ―       ―
    の投資利益
    資本金            (千円)       75,000       75,000       75,000       75,000       75,000
    発行済株式総数             (株)      107,000       107,000       107,000       107,000       107,000

    純資産額            (千円)       698,195      1,078,050       1,498,096       1,718,105       1,833,626

    総資産額            (千円)      9,795,845       11,098,160       12,227,610       12,350,223       13,648,457

    1株当たり純資産額             (円)      6,525.19       10,075.24       14,000.90        1,070.07       1,141.46

    1株当たり配当額                      ―       ―       ―       250       250
                 (円)
    (うち1株当たり
                         ( ―)       ( ―)       ( ―)       ( ―)       ( ―)
    中間配当額)
    1株当たり当期純利益             (円)      1,563.34       2,137.00       3,894.70        139.07        90.00
    潜在株式調整後
                 (円)         ―       ―       ―       ―       ―
    1株当たり当期純利益
    自己資本比率             (%)        7.1       9.7       12.3       13.9       13.4
    自己資本利益率             (%)        27.2       25.7       32.4       13.9        8.1

    株価収益率             (倍)         ―       ―       ―       ―       ―

    配当性向             (%)         ―       ―       ―      12.0       18.5

    営業活動による
                (千円)         ―       ―       ―     682,684       311,279
    キャッシュ・フロー
    投資活動による
                (千円)         ―       ―       ―    △ 474,657      △ 564,431
    キャッシュ・フロー
    財務活動による
                (千円)         ―       ―       ―    △ 235,461       △ 98,011
    キャッシュ・フロー
    現金及び現金同等物の
                (千円)         ―       ―       ―    1,582,806       1,231,642
    期末残高
    従業員数                     411       443       518       579       632
                 (人)
    (外、平均臨時
                         ( 213  )     ( 260  )     ( 282  )     ( 278  )     ( 296  )
    雇用者数)
     (注)   1.当社は連結財務諸表を作成しておりませんので、連結会計年度に係る主要な経営指標等の推移については記
         載しておりません。
       2.売上高には、消費税等は含まれておりません。
       3.持分法を適用した場合の投資利益については、関連会社がないため記載しておりません。
       4.潜在株式調整後1株当たり当期純利益については、新株予約権残高がありますが、当社は非上場であり期中
         平均株価が把握できないため記載しておりません。
                                 21/134



                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社アイスコ(E36435)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       5.2020年10月16日開催の取締役会決議により、2020年11月1日付で普通株式1株につき15株の割合で株式分割
         を行っており、発行済株式総数は1,605,000株となっております。
       6.株価収益率については、当社株式は非上場であるため、記載しておりません。
       7.第64期、第65期及び第66期は配当を実施しておりませんので、1株当たり配当額及び配当性向については記
         載しておりません。
       8.従業員数は就業人員(社外から当社への出向者を含む。)であり、従業員数欄の(外書)は、臨時従業員の年間
         平均雇用人員(1日8時間換算)を記載しております。
       9.第67期及び第68期の財務諸表については、「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和38
         年大蔵省令第59号)に基づき作成しており、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、PwC京都監
         査法人により監査を受けております。
         なお、第64期、第65期及び第66期については、「会社計算規則」(平成18年法務省令第13号)の規定に基づき
         算出した各数値を記載しております。また、当該各数値については、金融商品取引法第193条の2第1項の
         規定によるPwC京都監査法人の監査を受けておりません。
       10.第64期、第65期及び第66期についてはキャッシュ・フロー計算書を作成しておりませんので、キャッシュ・
         フローにかかる項目については記載しておりません。
       11.当社は、2020年10月16日開催の取締役会決議により、2020年11月1日付で普通株式1株につき15株の割合で
         株式分割を行っております。第67期の期首に当該株式分割が行われたと仮定し、1株当たり純資産額及び1
         株当たり当期純利益を算定しております。
       12.当社は、2020年10月16日開催の取締役会決議により、2020年11月1日付で普通株式1株につき15株の割合で
         株式分割を行っております。そこで、東京証券取引所自主規制法人(現 日本取引所自主規制法人)の引受担
         当者宛通知「『新規上場申請のための有価証券報告書(Ⅰの部)』の作成上の留意点について」(平成24年8
         月21日付東証上審第133号)に基づき、第64期の期首に当該株式分割が行われたと仮定して算出した場合の1
         株当たり指標の推移を参考までに掲げると、以下のとおりとなります。
         なお、第64期、第65期及び第66期の数値(1株当たり配当額についてはすべての数値)については、PwC京都
         監査法人の監査を受けておりません。
           回次           第64期       第65期       第66期       第67期       第68期
          決算年月           2016年3月       2017年3月       2018年3月       2019年3月       2020年3月

    1株当たり純資産額             (円)       435.01       671.68       933.39      1,070.07       1,141.46

    1株当たり当期純利益             (円)       104.22       142.47       259.65       139.07        90.00

    潜在株式調整後
                 (円)         ―       ―       ―       ―       ―
    1株当たり当期純利益
    1株当たり配当額                      ―       ―       ―      16.67       16.67
                 (円)
    (うち1株当たり
                         (―)       (―)       (―)       (―)       (―)
    中間配当額)
                                 22/134









                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社アイスコ(E36435)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    2  【沿革】
      当社(形式上の存続会社、旧商号:高島物産株式会社、1952年5月設立、旧本店所在地:神奈川県横浜市神奈川区菅
     田町)は、1992年4月1日を合併期日として、株式会社相原冷菓(実質上の存続会社、1972年5月設立、本店所在地:
     神奈川県横浜市泉区新橋町)を吸収合併するとともに、会社名を株式会社アイスコと改めて発足いたしました。
      また当社は1979年6月に設立された株式会社大我産業を2009年4月に合併し、スーパーマーケット事業として発足
     させておりますので、合併期日までの株式会社大我産業の沿革を別記しております。
      当社の沿革は以下のとおりであります。
       年月                           概要
     1948年5月       神奈川県横浜市戸塚区において、相原冷菓店としてアイスキャンデーの製造・販売・卸売り等
            の経営を開始する
     1952年5月       神奈川県横浜市西区において、高島物産株式会社(資本金5百万円)設立 冷菓販売業を開始
     1954年5月       相原冷菓店がアイスクリームの製造及び卸売業に転業
     1972年5月       株式会社相原冷菓が設立され、総合アイスクリーム卸売を開始
     1972年8月       神奈川県横浜市神奈川区に高島物産株式会社本社移転
     1985年7月       高島物産株式会社は、神奈川県横須賀市に横須賀営業所を新設
     1992年4月       株式会社相原冷菓と高島物産株式会社が合併、商号を株式会社アイスコと改めた。資本金50百
            万円
     1992年4月       神奈川県横浜市神奈川区に神奈川営業所を新設
     1992年5月       神奈川県横浜市泉区に本社移転
     1996年4月       市販冷凍食品の卸売りを本格的に開始
     2000年3月       神奈川県横浜市泉区において、食肉販売業務を行うことを目的として株式会社アイオーを設立
            (資本金10百万円)
     2005年6月       埼玉県狭山市に狭山営業所を新設
     2006年12月       千葉県船橋市に千葉物流センターを新設
     2007年3月       愛知県名古屋市港区に名古屋営業所を新設
     2009年4月       株式会社大我産業を吸収合併しスーパーマーケット事業部を発足。資本金75百万円
     2011年11月       神奈川県横浜市港南区にスーパー生鮮館TAIGA芹が谷店を開店
     2011年12月       神奈川県藤沢市のピーコックストア藤沢トレアージュ白旗店内に青果・鮮魚のテナントとして
            出店
     2013年10月       神奈川県藤沢市にスーパー生鮮館TAIGA藤沢石川店を開店
     2014年4月       神奈川県厚木市に厚木物流センターを新設
     2015年2月       神奈川県横浜市泉区において、不動産管理業務を行うことを目的としてアイスコホールディン
            グス株式会社を設立(資本金3百万円)
     2015年12月       静岡県浜松市東区に浜松営業所を新設
     2015年12月       神奈川県海老名市にスーパー生鮮館TAIGA海老名下今泉店を開店
     2016年4月       神奈川県座間市にスーパー生鮮館TAIGA座間店を開店
     2017年2月       東京都立川市に立川営業所を新設
     2017年5月       神奈川県横浜市都筑区に神奈川営業所を移転
     2018年1月       経営の効率化を目的として、子会社であるアイスコホールディングス株式会社を吸収合併
     2018年4月       経営の効率化を目的として、子会社である株式会社アイオーを吸収合併
     2018年4月       静岡県浜松市東区中里町に浜松営業所を移転
     2019年4月       愛知県名古屋市緑区に名古屋緑営業所を新設
     2019年12月       静岡県焼津市に焼津営業所を新設
     2020年2月       愛知県春日井市に春日井営業所を新設
     2020年6月       茨城県石岡市に石岡営業所を新設
                                 23/134






                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社アイスコ(E36435)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      株式会社大我産業(当社スーパーマーケット事業部の前身)の合併期日までの沿革は以下のとおりであります。
       年月                           概要
     1979年6月       神奈川県横浜市戸塚区に株式会社大我産業が設立され、スーパーマーケット経営を開始
     1985年4月       神奈川県横浜市南区にスーパー生鮮館TAIGA永田店を開店
     2000年3月       神奈川県大和市にスーパー生鮮館TAIGA南林間店を開店
     2006年7月       静岡県浜松市中区にスーパー生鮮館TAIGA浜松店を開店
     2007年4月       神奈川県川崎市中原区にスーパー生鮮館TAIGA川崎中原店を開店
     2008年11月       神奈川県横浜市泉区にスーパー生鮮館TAIGA岡津店を開店
     2009年4月       当社と合併しスーパーマーケット事業部となる。
                                 24/134


















                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社アイスコ(E36435)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    3  【事業の内容】
      当社は、「I      Care   Everybody     Company ~あらゆる人々に慈しみの心をもって接する企業でありたい~」という企
     業理念を掲げ、アイスクリーム・冷凍食品の卸売業を行うフローズン事業、食品スーパーマーケットの運営を行う
     スーパーマーケット事業を通して、食を通じた社会貢献を目標に、常にお客様に喜んでいただくことを目指して事業
     を行っております。
      事業系統図は以下のとおりであります。(2021年1月31日現在)
     ① フローズン事業









       当社フローズン事業は、関東及び東海エリアを中心に13拠点の物流センター・営業所と約300台の配送用のトラッ
      クを所有し、主にドラッグストア、食品スーパー等の小売店で販売されるアイスクリーム及び市販用冷凍食品の卸
      売を行っております。
       ・商品
        当社の取り扱うアイスクリームは、一般社団法人日本アイスクリーム協会の調査によると、2019年の市場規模
       は5,151億円となり、冷凍食品は、女性の社会進出などを背景として、近年市場が拡大しております。アイスク
       リーム・冷凍食品の商品知識を備えた営業担当者を育成し、小売業のニーズに応える商品提案を行っておりま
       す。
       ・サービス
        ドラッグストアなど、バックヤードに冷凍庫がなく少人数で運営する店舗においては、アイスクリーム・冷凍
       食品の性質上溶解が発生してしまうため、すぐに売場の冷凍ケースに陳列しなければなりません。当社は、アイ
       スクリーム・冷凍食品の専門の卸問屋として、「ドロップ納品」(商品をバックヤードに置いてくるだけの納品ス
       タイル)ではなく、売り場に直接陳列して納品する「フルメンテナンスサービス」(得意先の売り場に直接商品を
       納品し、売り場づくりまで当社の配送員が行うサービス)を主として提供しており、小売業の人手不足を補い、店
       舗に陳列の業務負担をかけることなく、商品を販売できるという付加価値を付けたサービスを対価を得て提供し
       ております。フルメンテナンスサービスの中には、当社社員が得意先に代わって需要を予測し発注する、発注
       サービスも提供しております。
                                 25/134



                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社アイスコ(E36435)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
        また、物流業界は深刻な人手不足、ドライバー不足となっておりますが、当社の配送は、通常9割を自社社員
       が行い、残り1割を協力会社等に委託しております。自社社員で配送することで、きめ細かいサービスを提供す
       るとともに、フルメンテナンスサービスの質を高める教育を積極的に行い、得意先の開拓、拡大を図っておりま
       す。
     ② スーパーマーケット事業

       当社スーパーマーケット事業は神奈川県を中心に「スーパー生鮮館TAIGA」を8店舗、テナントとして2店舗展開
      しております。当社の強みである生鮮3品(青果・鮮魚・精肉)に注力する事で、大手スーパーとの差別化を図って
      おります。生鮮3品につきましては、鮮度・品質・品揃え・価格に徹底的にこだわり、より良い商品、美味しい商
      品を、よりお求めやすく提供できるよう不断の努力を続けております。
       当社の直営店舗は、出店立地の環境に応じ、主に売場面積150坪から320坪の範囲で店舗展開を進めております。
       商品の供給につきましては、鮮度を重視するため、早朝に市場にて、担当バイヤーが青果・鮮魚を買い付けてお
      ります。知識・経験豊富なバイヤーが買い付けた商品が、その日のうちに店頭に並び販売される、つまり当日仕入
      れ当日販売を行うことによって、鮮度にこだわっております。
        都道府県          所在地               店舗名             規模(売場面積)

                横浜市南区          スーパー生鮮館TAIGA永田店                    150坪
                大和市          スーパー生鮮館TAIGA南林間店                    254坪
                横浜市泉区          スーパー生鮮館TAIGA岡津店                    281坪
      神奈川県          横浜市港南区          スーパー生鮮館TAIGA芹が谷店                    301坪
                藤沢市          スーパー生鮮館TAIGA藤沢石川店                    320坪
                海老名市          スーパー生鮮館TAIGA海老名下今泉店                    260坪
                座間市          スーパー生鮮館TAIGA座間店                    196坪
      静岡県          浜松市中区          スーパー生鮮館TAIGA浜松店                    278坪
     ※その他テナント店舗2店舗を運営しております。
                                 26/134











                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社アイスコ(E36435)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    4 【関係会社の状況】
      該当事項はありません。
    5  【従業員の状況】

     (1)  提出会社の状況
                                                2021年1月31日現在
       従業員数(人)             平均年齢(歳)            平均勤続年数(年)             平均年間給与(千円)
            651  ( 302  )            36.8              5.5            4,137

             セグメントの名称                            従業員数(人)

    フローズン事業                                             504  ( 56 )

    スーパーマーケット事業                                             129  ( 245  )

    全社(共通)                                             18 ( 1 )

                合計                                 651  ( 302  )

     (注)   1.従業員数は就業人員(社外から当社への出向者を含む。)であります。
       2.従業員数欄の(外書)は、臨時従業員(1日8時間換算)であります。
       3.平均年間給与は、賞与及び基準外賃金を含んでおります。
       4.全社(共通)として記載されている従業員数は、管理部門に所属しているものであります。
     (2)  労働組合の状況

       当社の労働組合は結成されておりませんが、労使関係は円満に推移しております。
                                 27/134












                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社アイスコ(E36435)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    第2 【事業の状況】
    1  【経営方針、経営環境及び対処すべき課題等】

      文中の将来に関する事項は、本書提出日現在において当社が判断したものであります。
     (1)  会社の経営の基本方針

       当社は社名の由来にもなっている「I                  Care   Everybody     Company ~あらゆる人々に慈しみの心をもって接する企
      業でありたい~」を企業理念とし、顧客を第一に考えることを全従業員に徹底しつつ事業の拡大に取り組んでまい
      りました。当社が創業以来顧客を第一に考えたサービス提供に徹し、質の高い付加価値業務を提供してきたことに
      よって、既存顧客からより多くの支持を得ていると認識しています。引き続き顧客第一の精神の基で企業価値の最
      大化を図ってまいります。
     (2)  目標とする経営指標

       当社は、持続的成長と収益性を高め、企業価値向上を図ることを目標の一つとしております。そのため、会社の
      規模を示す「売上高」と商品の収益力を示す「売上総利益」及び、業務の効率性を加味した収益力を示す「営業利
      益」の3つを重要な経営指標としております。
     (3)  経営環境及び中長期的な会社の経営戦略

      ① フローズン事業
        当社のフローズン事業においては、販売先である小売業において、働き方改革や人材不足等の影響を受け、よ
       り厳しい事業環境が継続するものと思われます。そのような事業環境において、当社が提供する発注から売り場
       づくりに至るアイスクリーム・冷凍食品等の納品に係る付随業務を提供するフルメンテナンスサービスの需要
       が、より一層高まるものと考えております。当社は引き続きフルメンテナンスサービスのサービス品質を高めて
       まいります。
      ② スーパーマーケット事業

        スーパーマーケット業界においては、ドラッグストアやコンビニエンスストアなどの垣根を越えた異業種との
       競争が激化しております。当社のスーパーマーケット事業においては、生鮮3品(青果・鮮魚・精肉)に注力した
       店作りを行い、他社との差別化を図りながら地域に密着した店舗展開を行うことで、地元のお客様に愛される店
       作りを進めてまいります。
     (4)  優先的に対処すべき事業上及び財務上の課題

      ① 優秀な人材の獲得と教育体制の強化
        当社のフローズン事業は、発注から売り場づくりに至るアイスクリーム・冷凍食品等の納品に係る付随業務を
       提供するフルメンテナンスサービスを行っておりますので、人員の増加と教育によるスキルアップは、業績の拡
       大とサービス品質の向上のために必須となります。そのため、採用及び教育に携わる各部門の機能を一層強化
       し、積極的な採用活動の展開と研修・OJT指導の充実に取り組んでまいります。
      ② 物流拠点の新設

        当社のフローズン事業は、現在関東・東海エリアに物流拠点として13拠点を有しております。今後も安定的な
       成長をするためには、物流拠点の新設が重要な経営課題となるため、物流拠点の新設に取り組むことで、関東・
       東海エリアを中心に、効率的な配送網を構築してまいります。
      ③ コンプライアンス経営の推進・徹底

        事業の拡大に伴い、それぞれの事象に応じたリスク管理やコンプライアンスの遵守体制が重要と考えておりま
       す。企業の社会的な信頼性を高めるために、内部統制システムの構築・運用・強化に努め、全従業員への法令遵
       守体制の周知徹底に取り組んでまいります。また政府の働き方改革の方針に則り、労働環境のさらなる改善及び
       コンプライアンス遵守に努めてまいります。
                                 28/134



                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社アイスコ(E36435)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    2  【事業等のリスク】
      以下において、当社の事業及び財務・経理の状況等に影響を及ぼす事項のうち、投資者の判断に重要な影響を及ぼ
     す可能性のある事項を記載しております。当社はこれらのリスクの発生可能性を認識した上で、発生の回避及び発生
     した場合の対応に努める方針であります。
      なお、文中の将来に関する事項は、本書提出日現在において当社が判断したものであります。
     (1)  業績の季節的変動

       当社のフローズン事業においては、主力商品であるアイスクリームが季節商品であり、アイスクリームの売上
      は、天候の影響を受ける可能性があります。特に、冷夏の場合はこれらの売上が減少し、当社の経営成績及び財政
      状態に影響を及ぼす可能性があります。
       また、アイスクリームの販売が夏季に集中するため、売上高は第2四半期会計期間の割合が高くなる傾向があり
      ます。なお、2020年3月期における1年間の売上高及び営業利益は、以下のとおりであります。
                                                  (単位:千円)
                                2020年3月期
              第1四半期         第2四半期         第3四半期         第4四半期          合計
    売上高            9,012,492        10,192,485         8,818,304         8,704,929        36,728,211
     (構成比)             24.5%         27.8%         24.0%         23.7%        100.0%
    営業利益又は営
                  87,272        256,318        △63,320        △135,085          145,184
    業損失(△)
     (構成比)             60.1%        176.5%        △43.6%         △93.0%         100.0%
    (注) 各四半期会計期間の数値については、PwC京都監査法人の四半期レビューを受けておりません。
     (2)  特定の取引先への依存について

       当社のフローズン事業においては、㈱クリエイトエス・ディー並びに㈱ドン・キホーテ及びそのグループ会社に
      対する総売上高に対する割合が2020年3月期においてそれぞれ21.5%及び19.1%と高くなっております。また、当
      社の主な仕入先のうち、㈱ナックスからの総仕入高に対する割合が2020年3月期において25.2%と高くなっており
      ます。今後も当社と当該企業との良好な関係を続けてまいりますが、このような取引関係が継続困難となった場合
      や、各社の動向等の変化等、何らかの理由により当該企業との取引が大幅に減少する場合、当社の経営成績及び財
      政状態に影響を及ぼす可能性があります。
     (3)  食品の安全性について

       当社のスーパーマーケット事業においては、食品の安全性に日頃より十分な注意を払い、商品の温度管理や、食
      中毒、異物混入の未然防止、及び食品表示の適正性確保に努めておりますが、外的要因や自社の対応の不備により
      安全性・品質確保に問題が生じ、食品の流通に支障をきたした場合、当社に対するお客様の信頼が失われ、当社の
      経営成績及び財政状態に影響を及ぼす可能性があります。
     (4)  フローズン事業における競争激化による得意先の帳合変更等について

       当社のフローズン事業が属する食品流通業界においては、得意先である小売業による業種業態を越えた競合が激
      化し、小売業界内での再編が行われております。これにより得意先による取引卸の集約化や帳合変更が行われる可
      能性があります。また、フルメンテナンスサービスの付帯業務である陳列業務、発注業務に関するクレーム等が重
      なった場合には帳合変更が行われる可能性があります。当社の強みであるフルメンテナンスサービスや、得意先へ
      の営業等を強化し、得意先との連携を強めておりますが、得意先の政策等により当社との取引が縮小・解消された
      場合には、当社の経営成績及び財政状態に影響を及ぼす可能性があります。
                                 29/134




                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社アイスコ(E36435)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     (5)  スーパーマーケット事業における競合について
       当社のスーパーマーケット事業が属する小売業界においては、ドラッグストア業態によるスーパーマーケットや
      コンビニエンスストア市場への参入など、業種業態を越えた競合が激化しております。当社は強みである生鮮3品
      (青果・鮮魚・精肉)に注力すること等で差別化を図っておりますが、当社の競合企業に対して効果的な差別化を行
      うことができず当社が想定している事業展開が図れない場合、当社の経営成績及び財政状態に影響を及ぼす可能性
      があります。
     (6)  スーパーマーケット事業における商標「TAIGA」について

       当社は、スーパーマーケット事業の店舗名称として利用する「TAIGA」につき、商標権の取得を目指して、特許庁
      に商標登録出願を行っておりましたが、特許庁による審査の結果、2020年11月17日付で拒絶査定となっておりま
      す。現状では商標の登録は未了の状況となっておりますが、当社は、「TAIGA」と拒絶理由通知書において
      「TAIGA」と同一又は類似であるとされた引用商標は互いに非類似であると考えており、当社は、引き続き商標権の
      取得を目指して2021年2月4日付で特許庁に拒絶査定不服審判を請求しています。当社としては、このように
      「TAIGA」と引用商標は互いに非類似と考えていますが、万が一、当社の「TAIGA」の使用について、将来において
      訴訟等が発生した場合には、当社の事業及び経営成績に影響を及ぼす可能性があります。また、当社が「TAIGA」に
      ついて商標権を取得することができなかった場合には、スーパーマーケット事業の店舗名称を変更する可能性があ
      り、当社の競争力の減退等により、当社の事業及び経営成績に影響を及ぼす可能性があります。
     (7)  法的規制等について

       当社は、各種法令に基づきコンプライアンスの遵守に努めており、「行動規範」や「コンプライアンス規程」を
      策定し、全役職員に対する研修を実施し、周知徹底を図っております。しかし、コンプライアンス上のリスクを完
      全に解消することは困難であり、道路交通法や食品衛生法等、それぞれの事業分野において各種法令の変更に当社
      が的確に対応できなかった場合や、当社の事業運営においてこれらの法令に違反した場合等には、当社の経営成績
      及び財政状態に影響を及ぼす可能性があります。
     (8)  固定資産の減損について

       当社は、フローズン事業の営業所、スーパーマーケット事業の店舗において固定資産を保有しており、固定資産
      の減損に係る会計基準を適用しております。当社は減損損失が発生しないよう各営業所・各店舗の収益管理を徹底
      し、採算性の悪い事業所・店舗に対しては店舗オペレーションの効率化や、積極的な販売促進活動を行うなどの対
      策を講じております。しかし、当社の保有資産について実質価値の下落や収益性の低下等により減損処理が必要と
      なった場合、当社の経営成績及び財政状態に影響を及ぼす可能性があります。
     (9)  人材の確保について

       当社が安定的な成長を達成していくためには、優秀な人材の確保が必要不可欠と考えております。特に、フロー
      ズン事業の特徴であるフルメンテナンスサービスを提供するにあたっては、優秀な配送員を継続して雇用すること
      が重要です。そのため、当社は積極的な採用活動を行うとともに、採用後の人材教育による早期戦力化と定着を
      図っております。しかしながら、昨今の日本経済全体として労働人口の減少等による人手不足や人件費の高騰が問
      題となっており、当社においても、さらなる人件費の高騰が生じた場合や、計画どおりに人材を確保できない場合
      は、人件費や委託配送費用等に追加のコストが発生し、当社の経営成績及び財政状態に影響を及ぼす可能性があり
      ます。
    (10)   有利子負債への依存について

       当社は主として金融機関からの借入金により資金の調達を行っており、総資産に占める有利子負債の割合が2020
      年3月期末において31.7%となっております。計画的に返済を進めておりますが、金融情勢の変化があった場合や
      計画どおりの資金調達ができない場合には、当社の経営成績及び財政状態に影響を及ぼす可能性があります。
                                 30/134




                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社アイスコ(E36435)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    (11)   売上債権が回収不能となるリスクについて
       当社は、主にフローズン事業において与信行為を行っておりますが、十分な与信管理を行うとともに、売上債権
      等に対して一定の貸倒引当金を計上する等、信用リスク管理に努めております。しかし、与信先の信用不安等によ
      り、貸倒損失の発生や貸倒引当金を追加で計上する場合は、当社の経営成績及び財政状態に影響を及ぼす可能性が
      あります。
    (12)   自然災害や事故のリスクについて

       大規模地震や台風などの自然災害や感染症・伝染病の流行により、交通機能に障害が発生した場合や、その復旧
      が遅れた場合には、当社の仕入及び得意先への配送が困難になる可能性があります。これらの自然災害等により自
      社物流に支障が発生した場合には、速やかに危機対応、復旧対応に努めてまいりますが、営業活動への影響、物
      的、人的な損害等が発生し、当社の事業展開、財政状態及び経営成績に影響を及ぼす可能性があります。
    (13)   大株主について

       当社の代表取締役会長である相原敏貴並びに代表取締役社長である相原貴久及びその資産管理会社である株式会
      社KANコーポレーション(以下「同人」という)の合計所有株式数は、本書提出日現在で発行済株式総数の74.3%を
      所有しております。
       また、相原敏貴の三親等内の親族として、常務取締役である青木哲也、取締役である青木洋征、執行役員である
      青木基成、執行役員である相原大輔並びに従業員として5名が勤務しております。
       同人は、安定株主として引続き一定の議決権を保有し、その議決権行使にあたっては、株主共同の利益を追求す
      るとともに、少数株主の利益にも配慮する方針を有しております。しかし、何らかの事情により、大株主である同
      人の株式の多くが減少した場合には、当社株式の市場価格及び議決権行使の状況等に影響を及ぼす可能性がありま
      す。
                                 31/134












                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社アイスコ(E36435)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    (14)   当社役員との取引関係について
       当社は、代表取締役会長及び代表取締役社長、及び代表取締役会長の配偶者との取引を行っており、2020年3月
      期における取引は、次のとおりとなっています。
                            議決権等

                  資本金又
        会社等の名称               事業の内容      の所有    関連当事者           取引金額         期末残高
     種類          所在地    は出資金                    取引の内容           科目
         又は氏名              又は職業          との関係           (千円)         (千円)
                            (被所有)
                   (千円)
                            割合(%)
                                      仕入
                                      債務被保証      3,918,432      ―    ―
                                      (注)1
                                      不動産
    役員及び
                                      担保受入       120,000     ―    ―
                            (被所有)
                       代表取締役          債務被保証
    その近親     相原敏貴       ―    ―
                                      (注)2
                            直接  22.90
                        会長         担保受入
     者
                                      株式担保受入
                                              ―     ―    ―
                                      (注)3
                                      家賃被保証
                                              ―     ―    ―
                                      (注)4
    役員及び                                  仕入
                            (被所有)
                       代表取締役
    その近親     相原貴久       ―    ―             債務被保証     債務被保証       232,513     ―    ―
                            直接  9.35
                        社長
     者                                 (注)1
    役員及び                                  不動産
                            (被所有)
    その近親     相原久子       ―    ―     ―         担保受入     担保受入       120,000     ―    ―
                            直接  3.27
     者                                 (注)2
     (注)   1.当社は一部の仕入債務について、代表取締役会長相原敏貴及び代表取締役社長相原貴久から債務保証を受け
         ております。取引金額については、期末の支払手形及び買掛金残高を記載しております。なお、保証料の支
         払は行っておりません。
       2.当社の一部の仕入債務に対して、代表取締役会長相原敏貴及び配偶者である相原久子から不動産担保(根抵
         当権設定極度額 120,000千円)を受け入れております。なお、担保提供料の支払は行っておりません。
       3.当社の一部の仕入債務に対して、代表取締役会長相原敏貴が保有する株式会社神奈川銀行株式3,200株の担
         保を受けております。取引金額は、未上場株式のため記載しておりません。なお、担保提供料の支払は行っ
         ておりません。
       4.当社は一部の地代家賃について、代表取締役会長相原敏貴から債務保証を受けております。なお、保証料の
         支払は行っておりません。地代家賃支払に対する債務保証については、期末日における未払債務がないた
         め、取引金額は記載しておりませんが、保証対象物件の2019年4月1日より2020年3月31日に係る消費税等
         を除く地代家賃合計は、57,024千円であります。
       5.上記取引金額には消費税は含まれておらず、期末残高には消費税が含まれております。
       なお、本書提出日現在において、上表に記載している当社と当社役員及びその近親者との取引は、すべて解消し

      ております。
    (15)   新型コロナウイルス感染症の影響について

       新型コロナウイルスに代表される感染症・伝染病の流行等によって、拡散脅威や外出禁止令による経済活動の停
      滞や、国内消費が減退する可能性があります。
       このような環境の中、当社が身を置く食品流通業及びスーパーマーケット業につきましては、「巣ごもり消費」
      が活況となることで継続的な需要が期待できるものと考えております。しかしながら、新型コロナウイルス感染症
      の流行が長期化し、国内の消費が落ち込む場合など、当社の事業展開、財政状態及び経営成績に影響を及ぼす可能
      性があります。
                                 32/134






                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社アイスコ(E36435)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    3  【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】
     (1)  経営成績等の状況の概要
       当社の財政状態、経営成績及びキャッシュ・フロー(以下「経営成績等」という。)の状況の概要は次のとおりで
      あります。
      ① 財政状態の状況
       第68期事業年度(自 2019年4月1日 至 2020年3月31日)
       (資産)
        当事業年度末の流動資産は、前事業年度末に比べて、847百万円増加し、7,049百万円となりました。これは主
       に、現金及び預金が381百万円減少した一方で、フローズン事業の売上高が増加したことにより受取手形及び売掛
       金が854百万円増加したほか、フローズン事業の受取リベートが増加したことにより未収入金が325百万円増加し
       たことによるものです。
        固定資産は、前事業年度末に比べて、450百万円増加し、6,599百万円となりました。これは主に、フローズン
       事業の焼津営業所の稼働や、スーパーマーケット事業のスーパー生鮮館TAIGA岡津店の改装により建物が321百万
       円増加したことによるものです。
        この結果、当事業年度末における総資産は、前事業年度末に比べ1,298百万円増加し、13,648百万円となりまし
       た。
       (負債)

        当事業年度末の流動負債は、前事業年度末に比べて、1,104百万円増加し、8,464百万円となりました。これは
       主に、1年以内返済予定の長期借入金が157百万円減少した一方で、フローズン事業の販売増加に伴い仕入高が増
       加したことにより支払手形及び買掛金が1,141百万円増加したことによるものです。
        固定負債は、前事業年度末に比べて、78百万円増加し、3,350百万円となりました。これは主に、長期未払金が
       44百万円減少した一方で、フローズン事業の焼津営業所の稼働に伴い長期借入金が85百万円増加したことによる
       ものです。
        この結果、当事業年度末における負債は、前事業年度末に比べ1,182百万円増加し、11,814百万円となりまし
       た。
       (純資産)

        当事業年度末の純資産は、前事業年度末に比べて、115百万円増加し、1,833百万円となりました。これは主
       に、剰余金の配当により利益剰余金が26百万円減少した一方で、当期純利益計上に伴い利益剰余金が144百万円増
       加したことによるものです。
       第69期第3四半期累計期間(自 2020年4月1日 至 2020年12月31日)

       (資産)
        当第3四半期会計期間末の流動資産は、前事業年度末に比べて、1,362百万円増加し、8,411百万円となりまし
       た。これは主に、現金及び預金が607百万円、仕入高が増加したことにより商品が304百万円、売上高が増加した
       ことにより受取手形及び売掛金が251百万円増加したことによるものです。
        固定資産は、前事業年度末に比べて、155百万円減少し、6,443百万円となりました。これは主に、仕入先への
       取引保証金の差し入れにより差入保証金が70百万円増加した一方で、減価償却費の進行により車両運搬具が112百
       万円減少したことによるものです。
        この結果、当第3四半期会計期間末における総資産は、前事業年度末に比べ1,207百万円増加し、14,855百万円
       となりました。
                                 33/134





                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社アイスコ(E36435)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       (負債)
        当第3四半期会計期間末の流動負債は、前事業年度末に比べて、740百万円増加し、9,205百万円となりまし
       た。これは主に、仕入高の増加が増加したことにより支払手形及び買掛金が753百万円増加したことによるもので
       す。
        固定負債は、前事業年度末に比べて、79百万円減少し、3,271百万円となりました。これは主に、借入金の返済
       により長期借入金が118百万円減少したことによるものです。
        この結果、当第3四半期会計期間末における負債は、前事業年度末に比べ661百万円増加し、12,476百万円とな
       りました。
       (純資産)

        当第3四半期会計期間末の純資産は、前事業年度末に比べて、545百万円増加し、2,379百万円となりました。
       これは主に、剰余金の配当により利益剰余金が26百万円減少した一方で、四半期純利益計上に伴い利益剰余金が
       567百万円増加したことによるものです。
      ② 経営成績の状況

        第68期事業年度(自 2019年4月1日 至 2020年3月31日)
        当事業年度における我が国経済は、長期化する米中貿易摩擦等、海外経済減速の影響により、輸出を中心に力
       強さに欠ける状況にあります。また、雇用環境の改善や物価の落ち着きが見られる一方で、金融資本市場の変動
       の影響、消費税率引上げ後の消費者マインドの動向、更に新型コロナウイルス感染症の影響拡大もあり、今後の
       経済動向には不安定な要素を残しております。
        当社が身を置く食品流通業及びスーパーマーケット業につきましては、雇用や所得環境の改善等により堅調に
       推移しているものの、人件費や物流費などの経費負担の増加、人口減少によるマーケットの縮小、生活者のライ
       フスタイルの多様化、業種・業態の垣根を越えた競争の激化等の環境変化など、厳しい経営環境で推移いたしま
       した。
        このような情勢のなか、当社は食を通じた社会貢献を目標に、取引先との関係強化を図るとともに、効率的な
       物流網の構築や、地域密着型の店舗運営を推進することでさらなる収益力の向上に努めてまいりました。
        この結果、当事業年度における経営成績は、夏から秋にかけて記録的な大雨による販売不振の影響を受けたも
       のの、新規得意先の開拓や既存取引先のシェア拡大により、売上高は36,728百万円(前期比4.3%増)、売上総利益
       は6,844百万円(前期比4.7%増)となりました。一方、人件費、物流拠点の開発費用や、委託配送費用の増加に伴
       い、販売費及び一般管理費は6,698百万円(前期比7.7%増)となり、営業利益は145百万円(前期比54.5%減)、経常
       利益は212百万円(前期比49.4%減)、当期純利益は144百万円(前期比35.3%減)となりました。
        セグメント別の業績は以下のとおりであります。

       (ⅰ)フローズン事業

         フローズン事業につきましては、人手不足を背景とした人件費や物流費の上昇等が続く中、既存取引先との
        関係強化を図るとともに、新規得意先の開拓を行ってまいりました。経営課題である物流拠点の開発は、2019
        年4月に愛知県名古屋市緑区に名古屋緑営業所、2019年12月に静岡県焼津市に焼津営業所、2020年2月に愛知
        県春日井市に春日井営業所をそれぞれ新設いたしました。このうち焼津営業所は、4拠点目の自社倉庫とし
        て、倉庫スペースを有効活用するための移動ラックの導入や、入出庫作業の効率化を図るためのボイスシステ
        ムを導入し、保管・業務効率の向上を図りました。更に物流業務改善については、ルート配送員の配送コース
        の見直しや、倉庫業務の見直し、商品集約による在庫の適正化などに取り組んでまいりました。
         この結果、フローズン事業の売上高は27,342百万円(前期比9.7%増)となりましたが、物流拠点の開発や、委
        託配送費用の増加に伴い、セグメント利益は66百万円(前期比63.2%減)となりました。
                                 34/134




                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社アイスコ(E36435)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       (ⅱ)スーパーマーケット事業
         スーパーマーケット事業につきましては、業態の垣根を越えた競合店の出現により、競争は激化しておりま
        す。当事業年度においては、2020年3月に「スーパー生鮮館TAIGA岡津店」(神奈川県横浜市泉区)の大型改装を
        実施いたしました。“商品・人・店舗、すべてにおいて鮮度の良い店”をコンセプトに、生鮮3品を強化し、
        品質と価格にこだわり、商品の品揃えの充実を図りました。また、お客さまが買い回りし易い売場配置に変更
        し、老朽化した設備の入れ替えを実施いたしました。なお当事業年度において新規出店は行わず、店舗数は10
        店舗(「スーパー生鮮館TAIGA」8店舗、テナント店舗2店舗)となっております。
         この結果、スーパーマーケット事業の売上高は9,386百万円(前期比8.9%減)、セグメント利益は78百万円(前
        期比42.9%減)となりました。
       第69期第3四半期累計期間(自 2020年4月1日 至 2020年12月31日)

        当第3四半期累計期間におけるわが国の経済は、GoToキャンペーン等の景気対策により景気回復の兆しがみら
       れました。しかし、新型コロナウイルス感染症が再び拡大し、新規感染者数が大幅に増加したことも相まって、
       依然として先行きの見通せない不透明な状態が続いております。
        当社が身を置く食品流通業及びスーパーマーケット業につきましては、「巣ごもり消費」による中食・内食需
       要が増加した反面、景気後退による更なる消費マインドの停滞から節約志向、低価格志向の傾向は強まってきて
       おります。このような情勢のなか、当社は食を通じた社会貢献を目標に、取引先との関係強化を図るとともに、
       効率的な物流網の構築や、地域密着型の店舗運営を推進、食料品等の安定供給に努めてまいりました。
        以上の結果、当第3四半期累計期間の経営成績は、売上高31,514百万円、営業利益817百万円、経常利益880百
       万円、四半期純利益567百万円となりました。
       セグメント別の業績は以下のとおりであります。

        (ⅰ)フローズン事業

        フローズン事業につきましては、ディスカウントストア、ドラッグストア等との取引が伸長したことや中食需
       要が高まった結果、売上高24,335百万円、セグメント利益552百万円となりました。
       (ⅱ)スーパーマーケット事業

        スーパーマーケット事業につきましては、お客様や従業員の安全・安心、健康面を最優先に考え、様々な感染
       拡大予防策を講じた上で、店舗運営をすすめてまいりました。中食・内食需要が高まり、青果、鮮魚、精肉の生
       鮮3部門が伸長した結果、売上高7,178百万円、セグメント利益264百万円となりました。
      ③ キャッシュ・フローの状況

       第68期事業年度(自 2019年4月1日 至 2020年3月31日)
        当事業年度末の現金及び現金同等物の残高は、1,231百万円と前事業年度末に比べ351百万円(22.2%)減少とな
       りました。
        当事業年度における各キャッシュ・フローの状況とそれらの要因は次のとおりであります。
       (営業活動によるキャッシュ・フロー)

       営業活動によるキャッシュ・フローは311百万円の収入(前期は682百万円の収入)となりました。これは主に減少
      要因として、税引前当期純利益が231百万円(前期比6百万円減少)、売上債権の増加額が854百万円(前期は160
      百万円)及び未収入金の増加額が345百万円(前期は106百万円)となったことによるものです。
       (投資活動によるキャッシュ・フロー)

       投資活動によるキャッシュ・フローは564百万円の支出(前期は474百万円の支出)となりました。これは主に、有
      形固定資産の取得による支出が586百万円(前期は639百万円)となったものの、有形固定資産の売却による収入が
      5百万円(前期は44百万円)となったことによるものです。
                                 35/134



                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社アイスコ(E36435)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       (財務活動によるキャッシュ・フロー)
       財務活動によるキャッシュ・フローは98百万円の支出(前期は235百万円の支出)となりました。これは主に、
      長期借入れによる収入が898百万円(前期は378百万円)となったものの、長期借入金の返済による支出が971百万
      円(前期は606百万円)となったことによるものです。
      ④ 生産、受注及び販売の実績

       a.生産実績
         当社においては、提供するサービスの性格上、当該記載が馴染まないことから記載を省略しております。
       b.受注実績

         当社においては、提供するサービスの性格上、当該記載が馴染まないことから記載を省略しております。
       c.販売実績

         第68期事業年度及び第69期第3四半期累計期間の販売実績をセグメントごとに示すと、次のとおりでありま
        す。
                          第68期事業年度                第69期第3四半期累計期間
                         (自 2019年4月1日                  (自 2020年4月1日
        セグメントの名称                  至 2020年3月31日)                   至 2020年12月31日)
                        金額(千円)         前年同期比(%)            金額(千円)
    フローズン事業(千円)                       27,342,190          109.7             24,335,831

    スーパーマーケット事業(千円)                       9,386,020          91.1             7,178,682

         合計(千円)                  36,728,211          104.3             31,514,514

       (注)   1.セグメント間の取引については相殺消去しております。
         2.最近2事業年度及び第69期第3四半期累計期間の主な相手先別の販売実績及び当該販売実績の総販売実
           績に対する割合は次のとおりであります。
                    第67期事業年度              第68期事業年度           第69期第3四半期累計期間

                   (自 2018年4月1日              (自 2019年4月1日             (自 2020年4月1日
             相手先       至 2019年3月31日)                至 2020年3月31日)               至 2020年12月31日)
                  金額(千円)       割合(%)      金額(千円)       割合(%)      金額(千円)       割合(%)
            ㈱クリエ
            イ  ト  エ
                   7,040,961         20.0    7,914,057         21.5    6,436,473         20.4
            ス   ・
            ディー
            ㈱ドン・
            キホーテ
            及び
                   4,657,581         13.2    7,021,141         19.1    7,353,872         23.3
            そ  の  グ
            ループ会
            社
         3.スーパーマーケット事業の販売実績の2つの区分の「生鮮3品」、「その他」別の販売実績は以下の通
           りです。
                               第68期事業年度             第69期第3四半期累計期間

                              (自 2019年4月1日                (自 2020年4月1日
                               至 2020年3月31日)                 至 2020年12月31日)
                 分類別
                                     前年同期比
                            売上高(千円)                   売上高(千円)
                                       (%)
                                                     3,609,162
            生鮮3品(青果・鮮魚・精肉)                   4,747,517          92.5
                                                     3,569,519
            その他                   4,638,503          89.7
                                                     7,178,682
                  合計              9,386,020          91.1
         4.上記の金額には、消費税等は含まれておりません。
                                 36/134



                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社アイスコ(E36435)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     (2)  経営者の視点による経営成績等の状況に関する認識及び分析・検討内容
       経営者の視点による当社の経営成績等の状況に関する認識及び分析・検討内容は次のとおりであります。
       なお、文中の将来に関する事項は、本書提出日現在において判断したものであります。
      ① 重要な会計上の見積り及び当該見積りに用いた仮定
        当社の財務諸表は、わが国において一般に公正妥当と認められる会計基準に基づき作成されております。この
       財務諸表の作成にあたって採用している重要な会計基準は、「第5 経理の状況 1 財務諸表等 注記事項(重
       要な会計方針)」に記載されているとおりであります。当社は、過去の実績値や状況を踏まえて合理的と判断され
       る前提に基づき、会計上の見積りを行っておりますが、見積りの不確実性により、実際の結果がこれら見積りと
       異なる可能性があります。
        財務諸表の作成にあたって用いた会計上の見積り及び仮定のうち、重要なものは以下のとおりであります。
        なお、新型コロナウイルス感染症拡大に関する重要な会計上の見積りに用いた仮定については、「第5 経理
       の状況 1 財務諸表等 追加情報」に記載しています。
        固定資産の減損

        固定資産のうち減損の兆候のある資産又は資産グループについて、当該資産又は資産グループから得られる割
       引前将来キャッシュ・フローの総額が帳簿価額を下回る場合には、帳簿価額を回収可能価額まで減額し、当該減
       少額を減損損失として計上しております。減損の認識、測定にあたっては慎重に検討しておりますが、市場環境
       の変化等により、事業計画の前提条件や仮定に変更が生じた場合、減損損失の計上が必要となる可能性がありま
       す。
        繰延税金資産の回収可能性

        過年度の課税所得の実績や事業計画に基づく課税所得の見積りに基づき、回収可能性があると判断した将来減
       算一時差異について繰延税金資産を計上しております。繰延税金資産の回収可能性は将来の課税所得の見積りに
       依存するため、その見積りの前提条件や仮定に変更が生じた場合には、繰延税金資産を取り崩し税金費用の計上
       が必要となる可能性があります。
      ② 財政状態及び経営成績の状況に関する認識及び分析・検討内容

       第68期事業年度(自 2019年4月1日 至 2020年3月31日)
        経営成績の分析
       (売上高・売上原価・売上総利益)
        当事業年度の売上高は36,728百万円(前期比4.3%増)、売上原価は29,884百万円(前期比4.2%増)となりまし
       た。これは主に、フローズン事業で新規得意先の獲得及び既存得意先の出店が行われたことにより売上高及び売
       上原価が増加したことによるものであります。2019年4月に名古屋緑営業所、2020年2月に春日井営業所を新設
       し、名古屋を中心とした東海エリアの配送網を拡大させることで、同エリアの売上高が増加しております。ま
       た、2020年2月頃からの新型コロナウイルス感染症拡大の影響により、冷凍食品の売上が増加いたしました。
        この結果、売上総利益は6,844百万円(前期比4.7%増)となりました。
       (販売費及び一般管理費・営業利益)

        当事業年度の販売費及び一般管理費は6,698百万円(前期比7.7%増)となりました。これは主に、フローズン事
       業で新規得意先の獲得に伴い、配送費用が増加したことや、名古屋緑営業所、焼津営業所、春日井営業所を新設
       したことに伴い、配送拠点の開発費用が増加したことによるものであります。
        この結果、営業利益は145百万円(前期比54.5%減)となりました。
       (営業外収益・営業外費用・経常利益)

        当事業年度における営業外収益は118百万円(前期比25.6%減)となりました。これは主に、前事業年度に計上し
       た有価証券売却益の減少によるものであります。また、営業外費用は51百万円(前期比12.7%減)となりました。
       これは主に、前事業年度に計上した有価証券売却損の減少によるものであります。
        この結果、経常利益は212百万円(前期比49.4%減)となりました。
                                 37/134



                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社アイスコ(E36435)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       (特別利益・特別損失・当期純利益)
        当事業年度における特別利益は21百万円(前期比82.6%減)となりました。これは主に、前事業年度に計上した
       抱合せ株式消滅差益の減少によるものであります。特別損失は2百万円(前期比99.1%減)となりました。これは
       主に、前事業年度に計上した減損損失の減少によるものであります。また、法人税等合計は86百万円(前期比
       491.2%増)となりました。
        この結果、当期純利益は144百万円(前期比35.3%減)となりました。
        財政状態の分析

        当事業年度末の財政状態の分析につきましては、「第2 事業の状況 3 経営者による財政状態、経営成績
       及びキャッシュ・フローの状況の分析 (1)経営成績等の状況の概要 ①財政状態の状況」に記載のとおりであり
       ます。
       第69期第3四半期累計期間(自 2020年4月1日 至 2020年12月31日)

        経営成績の分析
       (売上高・売上原価・売上総利益)
        当第3四半期累計期間においては新型コロナウイルス感染症拡大の影響を受けた「巣ごもり消費」による中
       食・内食需要が増加した結果、売上高31,514百万円、売上原価25,746百万円となりました。
        この結果、売上総利益は5,767百万円となりました。
       (販売費及び一般管理費・営業利益)

        当第3四半期累計期間における販売費及び一般管理費は4,950百万円となりました。これは主に、フローズン事
       業において配送コストの見直しを行い、庸車費用が減少したことや、スーパーマーケット事業における新型コロ
       ナウイルス感染症拡大の影響を受け、折込チラシを自粛した結果、販売費が減少したことによるものでありま
       す。
        この結果、営業利益は817百万円となりました。
       (営業外収益・営業外費用・経常利益)

        当第3四半期累計期間における営業外収益は96百万円となりました。その主な内訳として、受取利息及び配当
       金5百万円、不動産賃貸料39百万円及び補助金収入27百万円であります。また、営業外費用は32百万円となりま
       した。その主な内訳として、支払利息19百万円であります。
        この結果、経常利益は880百万円となりました。
       (特別利益・特別損失・四半期純利益)

        当第3四半期累計期間における特別利益及び特別損失の発生はありません。また、法人税等は313百万円となり
       ました。
        この結果、四半期純利益は567百万円となりました。
        財政状態の分析

         当第3四半期会計期間末の財政状態の分析につきましては、「第2 事業の状況 3 経営者による財政状
        態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析 (1)経営成績等の状況の概要 ①財政状態の状況」に記載
        のとおりであります。
                                 38/134





                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社アイスコ(E36435)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      ③ キャッシュ・フローの状況の分析・検討内容並びに資本の財源及び資金の流動性に係る情報
       a.キャッシュ・フローの状況の分析・検討内容
         当事業年度末の現金及び現金同等物の残高は、1,231百万円と前事業年度末に比べ351百万円(22.2%)減少し
        ました。
         なお、各キャッシュ・フローの状況と分析の具体的数値については、「第2 事業の状況 3 経営者によ
        る財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析 (1)                                 経営成績等の状況の概要 ③ キャッ
        シュ・フローの状況」に記載しています。
       b.資本の財源及び資金の流動性に関する情報

         当社の資金需要のうち主なものは、運転資金及び設備投資に関するものであります。運転資金の需要のうち
        主なものは、商品の仕入であります。この財源については、自己資金の効率的な運用に加え、金融機関からの
        短期借入金によりまかなう方針であります。設備投資資金需要のうち主なものは、配送用のトラックの購入
        や、営業所・物流センター及び店舗運営の拡充・整備によるものであり、金融機関からの借入によりまかなう
        方針であります。また、2020年3月期末において主要取引銀行6行との間に合計3,430百万円の当座借越枠を設
        定し、不測の事態に備えております。
      ④ 経営方針、経営戦略、経営上の目標の達成状況を判断するための客観的な指標等

       経営方針、経営戦略、経営上の目標の達成状況を判断するための客観的な指標につきましては、「第2 事業の状
      況 1 経営方針、経営環境及び対処すべき課題等 (2)                           目標とする経営指標」に記載の通り、売上高、売上総利
      益及び営業利益を重要な経営指標として位置付けております。
       第67期事業年度及び第68期事業年度並びに第69期第3四半期累計期間の経営指標は、次の通りであります。売上
      高及び売上総利益は第68期事業年度においては第67期事業年度を上回っておりますが、販売費及び一般管理費の増
      加により営業利益は下回ることとなりました。今後も新規得意先の開拓や、配送エリアの拡大を図り、売上高、売
      上総利益及び営業利益の拡大に努めてまいります。
                第67期事業年度              第68期事業年度            第69期第3四半期累計期間

               (自 2018年4月1日              (自 2019年4月1日               (自 2020年4月1日
               至 2019年3月31日)              至 2020年3月31日)               至 2020年12月31日)
                                   前年同期比
                 金額(千円)           金額(千円)                  金額(千円)
                                     (%)
    売上高                35,214,791         36,728,211         104.3           31,514,514
    売上総利益                6,536,972         6,844,028         104.7            5,767,828

    営業利益                 318,891         145,184        45.5            817,265

      ⑤ 経営成績に重要な影響を与える要因についての分析

       当社の経営成績に重要な影響を与える要因については、「第2                              事業の状況      2  事業等のリスク」に記載のとおり
      であります。
      ⑥ 経営者の問題意識と今後の方針

       経営者の問題意識と今後の方針については、「第2 事業の状況 1 経営方針、経営環境及び対処すべき課題
      等」に記載のとおりであります。
    4  【経営上の重要な契約等】

      該当事項はありません。
    5  【研究開発活動】

      該当事項はありません。
                                 39/134



                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社アイスコ(E36435)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    第3   【設備の状況】
    1  【設備投資等の概要】

      第68期事業年度(自 2019年4月1日 至 2020年3月31日)
       当事業年度において実施いたしました設備投資の総額は                          826  百万円であります。
       その主なものは、フローズン事業において、新設事業拠点用建物320百万円、配送用トラック215百万円及びスー
      パーマーケット事業において改装費用等207百万円であります。
       なお、重要な設備の除却及び売却はありません。
      第69期第3四半期累計期間(自 2020年4月1日 至 2020年12月31日)

       当第3四半期累計期間において実施いたしました設備投資の総額は                               29 百万円であります。
       その主なものは、フローズン事業において、車載プリンター9百万円、ボイスシステム6百万円であります。
       なお、重要な設備の除却及び売却はありません。
    2  【主要な設備の状況】

      当社における主要な設備は、次のとおりであります。
                                                 2020年3月31日現在
                                    帳簿価額
      事業所名      セグメント      設備の                                      従業員数
                                    工具、器具
                           機械     車両          土地
     (所在地)       の名称     内容     建物                        その他     合計    (人)
                          及び装置     運搬具          (千円)
                                    及び備品
                      (千円)                        (千円)     (千円)
                           (千円)     (千円)         (面積㎡)
                                     (千円)
    本社
                                          107,600                41
    (神奈川県横浜市        本社     本社     216,232       ―    1,262     6,300          4,001    335,396
                                          (666.15)                (1)
    泉区)
           フローズン
                 物流                         545,187                85
    厚木物流センター
                      449,861     11,844     20,731     2,696         11,575    1,041,897
    (神奈川県厚木市)
                 センター                        (4,826.19)                (14)
           事業
           フローズン
                 物流                         159,877                77
    千葉物流センター
                      255,506      9,189    42,800     1,946           296   469,617
    (千葉県船橋市)
                 センター                        (5,129.50)                (14)
           事業
    横須賀営業所
           フローズン
                                          100,998                20
    (神奈川県横須賀             営業所      26,662      147    3,978      351          69   132,208
                                          (480.54)                (1)
           事業
    市)
           フローズン
                                          109,005                20
    焼津営業所
                 営業所     313,257     62,427     10,358     2,351         34,114    531,515
    (静岡県焼津市)
                                         (2,711.31)                (1)
           事業
    スーパー生鮮館
           スーパー
                                          391,536                24
    TAIGA岡津店
           マーケット     店舗     341,232     77,567       ―   30,715          7,009    848,061
    (神奈川県横浜市
                                         (4,288.27)                (29)
           事業
    泉区)
    スーパー生鮮館
           スーパー
                                          594,103                22
    TAIGA芹が谷店
           マーケット     店舗     382,387      2,777      ―    2,721          3,020    985,009
    (神奈川県横浜市
                                         (5,318.82)                (36)
           事業
    港南区)
    スーパー生鮮館
           スーパー
                                          217,443                10
    TAIGA永田店
           マーケット     店舗      87,986      242     ―    1,441           19   307,133
    (神奈川県横浜市
                                         (1,206.57)                (22)
           事業
    南区)
     (注)   1.帳簿価額のうち「その他」は構築物であります。
       2.現在休止中の設備はありません。
       3.上記の金額には消費税等は含まれておりません。
       4.従業員数は就業人員(社外から当社への出向者を含む。)であり、従業員数欄の(外書)は、臨時従業員(1日
         8時間換算)であります。
       5.他の者から賃借している主要な設備はありません。
                                 40/134





                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社アイスコ(E36435)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    3  【設備の新設、除却等の計画】(2021年1月31日現在)
     (1)  重要な設備の新設等
                           投資予定額
    事業所名                                           完了予定     完成後の
          セグメントの名称         設備の内容                 資金調達方法       着手年月
    (所在地)                                            年月    増加能力
                          総額    既支払額
                         (千円)     (千円)
                                           2021年     2021年
    (注)2     フローズン事業         車両運搬具        96,500       ―  増資資金                  (注)3
                                            4月     4月
                                           2022年     2022年
    (注)2     フローズン事業         車両運搬具       131,000       ―  増資資金                  (注)3
                                            3月     3月
                                           2023年     2023年
    (注)2     フローズン事業         車両運搬具       150,000       ―  増資資金                  (注)3
                                            3月     3月
     (注)   1.上記の金額に消費税等は含まれておりません。
       2.配送拠点に適宜導入する予定です。
       3.完成後の増加能力については、計数的把握が困難であるため、記載を省略しております。
     (2)  重要な設備の除却等

       該当事項はありません。
                                 41/134















                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社アイスコ(E36435)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    第4 【提出会社の状況】
    1 【株式等の状況】

     (1) 【株式の総数等】
      ①  【株式の総数】
                種類                       発行可能株式総数(株)

               普通株式                                     6,000,000

                計                                   6,000,000

     (注) 2020年10月16日開催の取締役会決議により、2020年11月1日付で株式分割に伴う定款変更が行われ、発行可能
        株式総数は5,600,000株増加し、6,000,000株となっております。
      ②  【発行済株式】

                            上場金融商品取引所名又は登

        種類           発行数(株)                               内容
                            録認可金融商品取引業協会名
                                           完全議決権株式であり、権利
                                           内容に何らの制限のない当社
      普通株式                1,605,000           非上場         における標準となる株式であ
                                           ります。なお、単元株式数は
                                           100株であります。
        計               1,605,000            ―               ―
     (注)   1.2020年10月16日開催の取締役会決議により、2020年11月1日付で普通株式1株につき15株の割合で株式分割
         を行っております。これにより株式数は1,498,000株増加し、発行済株式総数は1,605,000株となっておりま
         す。
       2.2020年11月13日開催の臨時株主総会決議により、2020年11月13日付で定款の変更が行われ、1単元を100株
         とする単元株制度を採用しております。
                                 42/134











                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社アイスコ(E36435)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     (2) 【新株予約権等の状況】
      ①  【ストックオプション制度の内容】
     1.第1回新株予約権 2019年3月20日臨時株主総会決議
    決議年月日                   2019年3月20日

                        当社取締役      2
    付与対象者の区分及び人数(名)                   当社執行役員     3
                        当社従業員      33 (注)9
    新株予約権の数(個)                   3,890
    (注)1                   (注)2
    新株予約権の目的となる株式の種類、
    内容及び数(株)                   普通株式 3,890[58,350](注)2、7
    (注)1
    新株予約権の行使時の払込金額(円)
                        14,300[954](注)3、7
    (注)1
                        自 2019年3月22日
    新株予約権の行使期間
                        至 2029年3月21日          (注)8
    (注)1
    新株予約権の行使により株式を発行す
    る場合の株式の発行価格及び資本組入                   発行価格   14,460[964]
    額(円)                   資本組入額  7,230[482]  (注)6、7
    (注)1
    新株予約権の行使の条件
                        (注)4
    (注)1
    新株予約権の譲渡に関する事項
                        新株予約権を第三者に譲渡することはできない。
    (注)1
    組織再編成行為に伴う新株予約権の交
    付に関する事項                   (注)5
    (注)1
     (注)   1.最近事業年度の末日(2020年3月31日)における内容を記載しております。最近事業年度の末日から提出日の
         前月末現在(2021年2月28日)にかけて変更された項目については、提出日の前月末現在における内容を
         [ ]内に記載しており、その他の事項については最近事業年度の末日における内容から変更はありませ
         ん。
       2.新株予約権1個当たりの目的となる株式数は、最近事業年度の末日は1株、提出日の前月末現在は15株であ
         る。
         ただし、当社が株式分割(株式無償割当を含む。)又は株式併合を行う場合、次の算式により目的たる株式の
         数を調整するものとする。ただし、かかる調整は、新株予約権のうち、当該時点で権利行使されていない新
         株予約権の目的となる株式の数について行われ、調整の結果生じる1株未満の端数については、これを切り
         捨てる。
          調整後付与株式数        = 調整前付与株式数        × 分割・併合の比率
         また、当社が吸収合併、新設合併、吸収分割、新設分割、株式交換もしくは株式移転を行なう場合又はその
         他やむを得ない事由が生じた場合には、新株予約権の目的となる株式の数は、合理的な範囲で調整されるも
         のとする。
       3.当社が株式分割(株式無償割当を含む。)又は株式併合を行う場合、次の算式により行使価額を調整し、1円
         未満の端数は切り上げる。
                               1
          調整後行使価額       = 調整前行使価額       ×
                           分割・併合の比率
         また、当社が行使価額を下回る払込金額で募集株式の発行又は自己株式の処分を行う場合(新株予約権の行
         使に基づく株式の発行・処分を除く)は、次の算式により行使価額を調整し、調整により生じる1円未満の
         端数は切り上げる。
                   既発行株式数      × 調整前行使価額       + 新規発行株式数       × 1株当たり払込金額
          調整後行使価額       =
                           既発行株式数      + 新規発行株式数
         上記算式において「既発行株式数」とは、当社の発行済株式総数から当社が保有する自己株式数を控除した
         数とし、自己株式の処分を行う場合には「新規発行」を「自己株式の処分」、「1株当たり払込金額」を
         「1株当たり処分金額」と読み替えるものとする。
         さらに、上記のほか、当社が吸収合併、新設合併、吸収分割、新設分割、株式交換もしくは株式移転を行な
         う場合又はその他やむを得ない事由が生じた場合には、行使価額は、合理的な範囲で調整されるものとす
         る。
                                 43/134



                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社アイスコ(E36435)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       4.新株予約権の行使条件
        ① 新株予約権者は、その行使時において、当社及び当社子会社の取締役、執行役員、監査役又は従業員の地
          位を有していなければならない。ただし、新株予約権者が任期満了により退任又は定年退職した場合、あ
          るいは取締役会が正当な理由があると認めた場合はこの限りではない。
        ② 当社の普通株式が、いずれかの金融商品取引所に上場されていること。
        ③ 新株予約権者が死亡した場合、その相続人による新株予約権の権利行使は認められないものとする。
        ④ 新株予約権者は、本新株予約権の行使期間において次に掲げる各事由が生じた場合には、新株予約権者は
          残存するすべての本新株予約権を行使することができない。
          (a)  行使価額を下回る価格を対価とする当社普通株式の発行等が行われた場合(払込金額が会社法第199条
            第3項・同第200条第2項に定める「特に有利な金額である場合」を除く。)。
          (b)  本新株予約権の目的である当社普通株式が日本国内のいずれの金融商品取引所にも上場されていない
            場合、行使価額を下回る価格を対価とする売買その他の取引が行われたとき(但し、資本政策目的等
            により当該取引時点における株式価値より著しく低いと認められる価格で取引が行われた場合を除
            く。)。
          (c)  本新株予約権の目的である当社普通株式が日本国内のいずれかの金融商品取引所に上場された場合、
            当該金融商品取引所における当社普通株式の普通取引の終値が、行使価額を下回る価格となったと
            き。
        ⑤ 本新株予約権の行使によって、当社の発行済株式総数が当該時点における授権株式数を超過することとな
          るときは、当該本新株予約権の行使を行うことはできない。
        ⑥ 各本新株予約権1個未満の行使を行うことはできない。
       5.会社が新株予約権を取得することができる事由及び取得の条件
        ① 新株予約権者が権利行使する前に、当社が消滅会社となる合併契約承認の議案又は当社が完全子会社とな
          る株式交換契約承認もしくは株式移転計画承認の議案につき株主総会で承認された場合(株主総会決議が
          不要の場合は、当社取締役会決議がなされた場合)は、当社は無償で新株予約権を取得することができ
          る。
        ② 新株予約権者が権利行使をする前に、新株予約権の行使の条件の規定に該当しなくなった場合、及び新株
          予約権者が保有する新株予約権を放棄した場合、当社は無償で新株予約権を取得することができる。
       6.新株予約権の行使により株式を発行する場合の発行価格は、新株予約権の払込金額14,300円と新株予約権付
         与時における公正な評価単価160円を合算しております。
       7.2020年10月16日開催の取締役会決議により、2020年11月1日付で普通株式1株につき15株の割合で株式分割
         を行っております。これにより、「新株予約権の目的となる株式の種類、内容及び数」、「新株予約権の行
         使時の払込金額」、「新株予約権の行使により株式を発行する場合の株式の発行価格及び資本組入額」が調
         整されております。
       8.ただし、権利行使の最終日が当社の休日にあたる場合にはその前営業日とする。
       9.従業員の退職等による権利喪失により、本書提出日現在の「付与対象者の区分及び人数」は、当社取締役2
         名、当社執行役員3名、当社従業員32名となっております。
                                 44/134










                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社アイスコ(E36435)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     2.第2回新株予約権 2020年3月9日臨時株主総会決議
    決議年月日                   2020年3月9日

                        当社取締役      2
    付与対象者の区分及び人数(名)                   当社執行役員     4
                        当社従業員      66
    新株予約権の数(個)                   5,380
    (注)1                   (注)2
    新株予約権の目的となる株式の種類、
    内容及び数(株)                   普通株式 5,380[80,700](注)2、7
    (注)1
    新株予約権の行使時の払込金額(円)
                        15,900[1,060](注)3、7
    (注)1
    新株予約権の行使期間                   自 2020年3月10日
    (注)1                   至 2030年3月9日 (注)8
    新株予約権の行使により株式を発行す
    る場合の株式の発行価格及び資本組入                   発行価格   16,080[1,072]
    額(円)                   資本組入額  8,040[536]  (注)6、7
    (注)1
    新株予約権の行使の条件
                        (注)4
    (注)1
    新株予約権の譲渡に関する事項
                        新株予約権を第三者に譲渡することはできない。
    (注)1
    組織再編成行為に伴う新株予約権の交
    付に関する事項                   (注)5
    (注)1
     (注)   1.最近事業年度の末日(2020年3月31日)における内容を記載しております。最近事業年度の末日から提出日の
         前月末現在(2021年2月28日)にかけて変更された項目については、提出日の前月末現在における内容を
         [ ]内に記載しており、その他の事項については最近事業年度の末日における内容から変更はありませ
         ん。
       2.新株予約権1個当たりの目的となる株式数は、最近事業年度の末日は1株、提出日の前月末現在は15株であ
         る。
         ただし、当社が株式分割(株式無償割当を含む。)又は株式併合を行う場合、次の算式により目的たる株式の
         数を調整するものとする。ただし、かかる調整は、新株予約権のうち、当該時点で権利行使されていない新
         株予約権の目的となる株式の数について行われ、調整の結果生じる1株未満の端数については、これを切り
         捨てる。
          調整後付与株式数        = 調整前付与株式数        × 分割・併合の比率
         また、当社が吸収合併、新設合併、吸収分割、新設分割、株式交換もしくは株式移転を行なう場合又はその
         他やむを得ない事由が生じた場合には、新株予約権の目的となる株式の数は、合理的な範囲で調整されるも
         のとする。
       3.当社が株式分割(株式無償割当を含む。)又は株式併合を行う場合、次の算式により行使価額を調整し、1円
         未満の端数は切り上げる。
                               1
          調整後行使価額       = 調整前行使価額       ×
                           分割・併合の比率
         また、当社が行使価額を下回る払込金額で募集株式の発行又は自己株式の処分を行う場合(新株予約権の行
         使に基づく株式の発行・処分を除く)は、次の算式により行使価額を調整し、調整により生じる1円未満の
         端数は切り上げる。
                   既発行株式数      × 調整前行使価額       + 新規発行株式数       × 1株当たり払込金額
          調整後行使価額       =
                           既発行株式数      + 新規発行株式数
         上記算式において「既発行株式数」とは、当社の発行済株式総数から当社が保有する自己株式数を控除した
         数とし、自己株式の処分を行う場合には「新規発行」を「自己株式の処分」、「1株当たり払込金額」を
         「1株当たり処分金額」と読み替えるものとする。
         さらに、上記のほか、当社が吸収合併、新設合併、吸収分割、新設分割、株式交換もしくは株式移転を行な
         う場合又はその他やむを得ない事由が生じた場合には、行使価額は、合理的な範囲で調整されるものとす
         る。
                                 45/134




                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社アイスコ(E36435)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       4.新株予約権の行使条件
        ① 新株予約権者は、その行使時において、当社及び当社子会社の取締役、執行役員、監査役又は従業員の地
          位を有していなければならない。ただし、新株予約権者が任期満了により退任又は定年退職した場合、あ
          るいは取締役会が正当な理由があると認めた場合はこの限りではない。
        ② 当社の普通株式が、いずれかの金融商品取引所に上場されていること。
        ③ 新株予約権者が死亡した場合、その相続人による新株予約権の権利行使は認められないものとする。
        ④ 新株予約権者は、本新株予約権の行使期間において次に掲げる各事由が生じた場合には、新株予約権者は
          残存するすべての本新株予約権を行使することができない。
          (a)  行使価額を下回る価格を対価とする当社普通株式の発行等が行われた場合(払込金額が会社法第199条
            第3項・同第200条第2項に定める「特に有利な金額である場合」を除く。)。
          (b)  本新株予約権の目的である当社普通株式が日本国内のいずれの金融商品取引所にも上場されていない
            場合、行使価額を下回る価格を対価とする売買その他の取引が行われたとき(但し、資本政策目的等
            により当該取引時点における株式価値より著しく低いと認められる価格で取引が行われた場合を除
            く。)。
          (c)  本新株予約権の目的である当社普通株式が日本国内のいずれかの金融商品取引所に上場された場合、
            当該金融商品取引所における当社普通株式の普通取引の終値が、行使価額を下回る価格となったと
            き。
        ⑤ 本新株予約権の行使によって、当社の発行済株式総数が当該時点における授権株式数を超過することとな
          るときは、当該本新株予約権の行使を行うことはできない。
        ⑥ 各本新株予約権1個未満の行使を行うことはできない。
       5.会社が新株予約権を取得することができる事由及び取得の条件
        ① 新株予約権者が権利行使する前に、当社が消滅会社となる合併契約承認の議案又は当社が完全子会社とな
          る株式交換契約承認もしくは株式移転計画承認の議案につき株主総会で承認された場合(株主総会決議が
          不要の場合は、当社取締役会決議がなされた場合)は、当社は無償で新株予約権を取得することができ
          る。
        ② 新株予約権者が権利行使をする前に、新株予約権の行使の条件の規定に該当しなくなった場合、及び新株
          予約権者が保有する新株予約権を放棄した場合、当社は無償で新株予約権を取得することができる。
       6.新株予約権の行使により株式を発行する場合の発行価格は、新株予約権の払込金額15,900円と新株予約権付
         与時における公正な評価単価180円を合算しております。
       7.2020年10月16日開催の取締役会決議により、2020年11月1日付で普通株式1株につき15株の割合で株式分割
         を行っております。これにより、「新株予約権の目的となる株式の種類、内容及び数」、「新株予約権の行
         使時の払込金額」、「新株予約権の行使により株式を発行する場合の株式の発行価格及び資本組入額」が調
         整されております。
       8.ただし、権利行使の最終日が当社の休日にあたる場合にはその前営業日とする。
                                 46/134










                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社アイスコ(E36435)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      ②  【ライツプランの内容】
        該当事項はありません。
      ③  【その他の新株予約権等の状況】

        該当事項はありません。
     (3)  【発行済株式総数、資本金等の推移】

                発行済株式       発行済株式                     資本準備金       資本準備金

                              資本金増減額       資本金残高
        年月日        総数増減数       総数残高                     増減額       残高
                               (千円)       (千円)
                  (株)       (株)                    (千円)       (千円)
    2020年11月1日
                 1,498,000       1,605,000          ―     75,000         ―       ―
    (注)
     (注) 株式分割(1:15)によるものであります。
     (4)  【所有者別状況】

                                               2021年1月31日現在
                       株式の状況(1単元の株式数             100  株)
                                                   単元未満株
      区分                           外国法人等                   式の状況
           政府及び
                 金融    金融商品     その他の                個人
                                                     (株)
           地方公共                                     計
                 機関    取引業者      法人               その他
                                個人
            団体
                                     個人
                                以外
    株主数
              ―     ―     ―      2     ―     ―     51     53      ―
    (人)
    所有株式数
              ―     ―     ―    7,500       ―     ―    8,537     16,037      1,300
    (単元)
    所有株式
    数の割合         ―     ―     ―    46.77       ―     ―    53.23     100.00        ―
    (%)
                                 47/134











                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社アイスコ(E36435)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     (5)  【議決権の状況】
      ①  【発行済株式】
                                               2021年1月31日現在
           区分           株式数(株)         議決権の数(個)                内容
    無議決権株式                    ―          ―              ―

    議決権制限株式(自己株式等)                    ―          ―              ―

    議決権制限株式(その他)                    ―          ―              ―

    完全議決権株式(自己株式等)                    ―          ―              ―

                                        権利内容に何らの制限のない当社に
                    普通株式                   おける標準となる株式であります。
    完全議決権株式(その他)                               16,037
                        1,603,700               なお、単元株式数は100株でありま
                                        す。
                    普通株式
    単元未満株式                              ―              ―
                          1,300
    発行済株式総数                    1,605,000         ―              ―
    総株主の議決権                    ―           16,037

      ②  【自己株式等】

        該当事項はありません。
                                 48/134













                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社アイスコ(E36435)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    2  【自己株式の取得等の状況】
       【株式の種類等】
       該当事項はありません。
     (1)  【株主総会決議による取得の状況】
       該当事項はありません。
     (2)  【取締役会決議による取得の状況】

       該当事項はありません。
     (3)  【株主総会決議又は取締役会決議に基づかないものの内容】

       該当事項はありません。
     (4)  【取得自己株式の処理状況及び保有状況】

       該当事項はありません。
    3  【配当政策】

      当社は、株主の皆様に対する利益還元が経営の重要政策の一つであると考えており、業績や将来の事業展開、収益
     力の向上、財務体質の強化のための内部留保などを総合的に勘案しつつ、安定した配当を継続することを配当政策の
     基本方針としております。
      剰余金の配当は年1回を基本的な方針としており、会社法第459条第1項の規定に基づき、取締役会の決議をもって
     剰余金の配当等を行うことができる旨を定款に定めております。この他当社は中間配当及び基準日を定めて剰余金の
     配当をすることができる旨を定款に定めております。
      第68期事業年度の剰余金の配当につきましては、安定した配当を継続するという基本方針のもと、1株あたり250円
     としております。
      内部留保の使途につきましては、今後の事業展開への備えと設備投資として投入していくこととしております。
      なお、基準日が第68期事業年度に属する剰余金の配当は以下のとおりであります。
           決議年月日                配当金の総額(千円)                 1株当たり配当額(円)

    2020年6月29日
                                    26,750                   250
    定時株主総会決議
     (注) 当社は2020年11月1日付で普通株式1株につき15株の株式分割を行っております。1株当たり配当額は、当該
        株式分割前の1株当たり配当額を記載しております。
                                 49/134









                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社アイスコ(E36435)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    4  【コーポレート・ガバナンスの状況等】
     (1)  【コーポレート・ガバナンスの概要】
      ① コーポレート・ガバナンスに関する基本的な考え方
        当社のコーポレート・ガバナンスに関する基本的な考え方は、「I                               Care   Everybody     Company ~あらゆる人々
       に慈しみの心をもって接する企業でありたい~」という企業理念のもと、継続的な事業の成長を通じてステーク
       ホルダーや地域の人をはじめ、広く社会に貢献することを目標としております。
        当社はこの企業理念を実現するためには、コーポレート・ガバナンスの強化が不可欠との認識を有しており、
       取締役会及び監査等委員会を基軸としたコーポレート・ガバナンスの体制を構築しております。また、経営陣の
       みならず、全社員がコンプライアンスの遵守に努めており、当社を取り巻く経営環境の変化に速やかに対処でき
       る業務執行体制を確立しつつ、ステークホルダーに対して透明性及び健全性の高い企業経営が実現できるものと
       考えております。
      ② 企業統治の体制及びその体制を採用する理由

        当社が当該体制を採用する理由としては、コーポレート・ガバナンスを企業価値の最大化を目指すための経営
       統治機能と位置付けており、事業の拡大に対応して、適宜、組織の見直しを行い、各事業の損益管理、職務権限
       と責任の明確化を図ることができると考えたためであります。
        当社は監査役設置会社として企業活動を行ってまいりましたが、さらなるコーポレート・ガバナンス体制の強
       化及び実効性の確保を図るとともに、中長期的な企業価値向上を目的として2019年10月10日開催の臨時株主総会
       決議により、「監査等委員会設置会社」に移行しております。
        なお、当社のコーポレート・ガバナンスの体制は以下の図のとおりです。
                                 50/134













                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社アイスコ(E36435)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       (取締役会)
        取締役会は取締役10名で構成され、原則として毎月1回定期的に開催し、迅速かつ効率的な意思決定を行う体
       制としております。また、必要に応じて臨時取締役会を開催し、適正かつ効率的な業務執行ができる体制を整備
       しております。
       (監査等委員会)

        監査等委員会は、監査等委員である取締役3名によって構成され、その過半数が社外取締役であり、原則とし
       て毎月1回定期的に開催しております。監査等委員である取締役には上場企業の役員経験者や弁護士も含まれて
       おり、各々の職業倫理の観点で経営監視が行われる体制を整備しております。監査等委員のうち2名は、経営会
       議やコンプライアンス委員会へ出席し、業務執行の状況を日常的に監視し、実効性のあるモニタリングに取り組
       むことで、取締役の職務の執行を含む日常的活動の監査を行っております。
       (経営会議)

        経営会議は、代表取締役会長、代表取締役社長、業務執行取締役、各部室長で構成されており、社外取締役及
       び監査等委員である取締役が参加しております。経営会議は、取締役会への報告事項及び審議事項について各事
       業部により十分な審議、議論を実施するための合議体であり、毎月1回定期的に開催し、経営上の重要事項及び
       業績の進捗状況等について討議し、迅速な意思決定ができるように運営しております。
       (コンプライアンス委員会)

        コンプライアンス委員会は、当社のコンプライアンスに関する業務を行っております。代表取締役社長を委員
       長、各部室長を委員とし、社外取締役及び監査等委員である取締役が参加し、毎月1回定期的に開催し、企業活
       動における法令遵守に係る取り組みの推進を行っております。また、コンプライアンス違反又はその恐れがある
       事実が生じた場合には、速やかにコンプライアンス委員会を開催し、再発防止策を講じることとしております。
       (報酬委員会)

        報酬委員会は、監査等委員である取締役を除く取締役及び執行役員の報酬を定めるにあたっての諮問機関とな
       り、取締役会及び取締役の諮問に応じ、助言及び提言を行っております。
       (内部監査室)

        当社は独立した内部監査室を設置しており、内部監査室長1名により全部門を対象に業務監査を計画的に実施
       しております。内部監査室は代表取締役社長直轄の部署として設置しており、監査の独立性を確保しておりま
       す。
       (会計監査人)

        当社は、PwC京都監査法人と監査契約を締結し、適切な監査が実施されております。当社と同監査法人及び当社
       監査に従事する同監査法人の業務執行社員との間には特別な利害関係はありません。
                                 51/134







                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社アイスコ(E36435)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
        当社の取締役会、経営会議等は、以下のメンバーが出席しております。(◎は議長を表す)
                                   コンプライアン
       役職         氏名       取締役会       経営会議              報酬委員会       監査等委員会
                                     ス委員会
     代表取締役会長         相原 敏貴          ○       ○       ○       ―       ―
     代表取締役社長         相原 貴久          ◎       ◎       ◎       ◎       ―
      専務取締役        三國 慎          ○       ○       ○       ―       ―
      常務取締役        青木 哲也          ○       ○       ○       ―       ―
       取締役       青木 洋征          ○       ○       ○       ―       ―
       取締役       永野 泰敬          ○       ○       ○       ―       ―
     取締役(社外)        三上 和美          ○       ○       ○       ○       ―
       取締役
             堀内 之弘          ○       ○       ○       ―       ◎
     (監査等委員)
     取締役(社外)
             中田 雅明          ○       ○       ○       ○       ○
     (監査等委員)
     取締役(社外)
             榎本 進一郎          ○       ―       ―       ―       ○
     (監査等委員)
      ③ 内部統制システムに関する基本的な考え方及びその整備状況

        当社は、取締役会において定めた「内部統制システムに関する基本方針」に基づき内部統制システムを構築す
       るとともに運用の徹底を図ることで、コーポレート・ガバナンスの維持・強化に努めております。
       1.当社の取締役及び使用人の職務の執行が法令及び定款に適合することを確保するための体制
         当社の取締役及び従業員は、「I               Care   Everybody     Company    ~あらゆる人々に慈しみの心をもって接する企業
        でありたい~」という企業理念を指針とし、企業の社会的責任を果たしてまいります。監査等委員を含む複数
        の独立社外取締役を設置することにより取締役の職務執行の監督・監査を行う体制をとり、コンプライアンス
        経営を推進します。
       2.当社の取締役の職務の執行に係る情報の保存及び管理に関する体制

         取締役の職務の執行に係る取締役会議事録等の文書については、「取締役会規程」に基づき作成され、法令
        及び「文書管理規程」に基づき、適切に保存し、管理しております。
       3.当社の損失の危険の管理に関する規程その他の体制

         「リスク管理規程」を定め、業務上のリスクを適切、迅速に管理、コントロールすることにより経営の安定
        を図っております。自然災害リスク等の有事の際は「リスク管理規程」の定めに従って、迅速な情報収集と適
        切な対応が実現できる体制を確立しております。
       4.当社の取締役の職務執行が効率的に行われることを確保するための体制

         定時取締役会を月1回、臨時取締役会を必要に応じて随時開催し、情報の共有及び意思の疎通を図り、四半
        期ごとに取締役の職務執行状況の報告を行っております。また、取締役会の効率化を図るため、常勤取締役及
        び執行役員が参加する経営会議を毎月開催し、執行状況を確認することにより、取締役会の決定事項の徹底を
        図っております。
       5.当社の監査等委員会の職務を補助すべき取締役及び使用人に関する事項、当該取締役及び使用人の取締役か

        らの独立性に関する事項並びに当該取締役及び使用人に対する指示の実効性の確保に関する事項
         監査等委員である取締役から、監査等委員会の職務を補助すべき取締役及び使用人を配置することを要請さ
        れた場合には、速やかに適切な取締役及び使用人を配置するものとしております。
                                 52/134




                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社アイスコ(E36435)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       6.取締役(監査等委員である取締役を除く。)及び使用人が監査等委員会に報告をするための体制及び監査等委
        員会に報告をした者が当該報告をしたことを理由として不利な取扱を受けないことを確保するための体制
        (1)取締役及び使用人は、法定の事項に加え、会社に著しい損害を及ぼすおそれのある事実を発見したとき
          は、遅滞なく監査等委員会へ報告するものとしております。また、監査等委員は、重要な意思決定の過程
          及び職務の執行状況を把握するため、取締役会、経営会議などの重要な会議に出席するとともに主要な稟
          議書等の重要な文書を閲覧し、必要に応じて取締役又は使用人に説明を求めるものとしております。
        (2)監査等委員会に報告を行った者は、当該報告をしたことを理由として不利益な取扱を受けないものとして
          おります。
       7.当社の監査等委員の職務執行について生ずる費用の前払い又は償還の手続その他の当該職務執行について生

        じる費用又は償還の処理に係る方針に関する事項
         監査等委員がその職務の執行について当社に対して費用の前払い等の請求をしたときは、担当部署において
        審議のうえ、当該請求に係る費用又は債務が当該監査等委員の職務の執行に必要でないと認められた場合を除
        き、速やかにこれに応じるものとしております。
       8.その他当社の監査等委員会の監査が実効的に行われていることを確保するための体制

         監査等委員会は、代表取締役と定期的に会合を持ち、会社が対処すべき課題、監査等委員会の環境整備の状
        況、監査等委員会の監査上の重要課題等について意見交換を行っております。また、監査等委員会は、内部監
        査室との連携を図り適切な意思疎通及び効果的な監査業務の遂行を図れるようにしております。なお、監査等
        委員会は当社の会計監査人であるPwC京都監査法人からの会計監査内容について説明を受けるとともに、情報交
        換を行うなど、連携を図れるようにしております。
         さらに監査等委員会は、定期的に会計監査人及び内部監査室を招聘して三様監査連絡会を開催しておりま
        す。三様監査連絡会では、会計監査人、内部監査室より、それぞれの監査計画と職務の遂行状況並びにその結
        果について報告を受け、相互に情報及び意見の交換を実施し、連携を図っております。
       9.財務報告の適正性を確保するための体制の整備

         代表取締役社長は、当社の財務報告の信頼性を確保するために、金融商品取引法をはじめとする関連法令に
        基づき、財務報告に係る内部統制を構築するとともに、その維持・改善に努めております。
         内部監査室は、内部監査活動の一環として財務報告に係る内部統制の整備及び運用状況の有効性を評価し、
        代表取締役社長に報告しております。また、財務報告に係る内部統制の整備・運用状況に是正・改善の必要が
        ある場合については、関連部署は速やかに対策を講じております。
       10.反社会的勢力との関係を遮断・排除するための体制

         反社会的勢力への対応に関する規定において、反社会的勢力に対する対応方法を規定して、それらの見直し
        を継続して行っております。また、所管警察署や暴力追放推進センターとの関係を強化するべく、本社並びに
        各拠点に不当要求防止責任者を選任・配置し対応しております。
      ④ リスク管理体制

        当社は取締役会において経営リスクにつき活発な討議を行うことにより、リスクの早期発見及び未然の防止に
       努めております。また、業務上生じる様々なコンプライアンス上の判断を含む経営判断及び法的判断について、
       必要に応じて弁護士、公認会計士、税理士、社会保険労務士等の社外の専門家から助言を受ける体制を整えると
       ともに、内部監査、監査等委員会による監査を通じて、潜在的なリスクの早期発見及び未然の防止によるリスク
       軽減に努めております。
      ⑤ 取締役の員数

        当社は、取締役(監査等委員である者を除く。)は10名以内とする旨を定款に定めております。監査等委員であ
       る取締役は5名以内とする旨を定款に定めております。
                                 53/134



                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社アイスコ(E36435)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      ⑥ 取締役(監査等委員である者を除く。)及び監査等委員である取締役の選任要件
        当社は、取締役の選任議案について、監査等委員である取締役とそれ以外の取締役とを区別して、議決権を行
       使することができる株主の議決権の3分の1以上を有する株主が出席し、その議決権の過半数をもって行う旨及
       び累積投票によらない旨を定款に定めております。
      ⑦ 責任限定契約の概要

        当社は取締役(業務執行取締役等であるものを除く。)との間で会社法第427条第1項及び定款の規定に基づき、
       同法第423条第1項の損害賠償責任を限定する責任限定契約を締結しております。当該契約に基づく損害賠償責任
       の限度額は、同法第425条第1項に定める最低責任限度額としております。
      ⑧ 剰余金の配当

        当社は、剰余金の配当等会社法第459条第1項各号に定める事項について、法令に別段の定めがある場合を除
       き、株主総会の決議によらず取締役会の決議により定める旨を定款に定めております。これは、株主への機動的
       な利益還元を行うことを目的とするものであります。
      ⑨ 中間配当

        当社は、会社法第454条第5項の規定により、取締役会の決議によって、毎年9月30日を基準日として中間配当
       を行うことができる旨を定款に定めております。これは、株主への機動的な利益還元を行うことを目的とするも
       のであります。
      ⑩ 株主総会の特別決議要件

        当社は、株主総会の円滑な運営を行うことを目的として、会社法第309条第2項に定める特別決議について、議
       決権を行使することができる株主の議決権の3分の1以上を有する株主が出席し、出席した当該株主の議決権の
       3分の2以上に当たる多数をもって行う旨を定款に定めております。
      ⑪ 取締役の責任免除

        当社は、職務の遂行にあたり期待される役割を十分に発揮できるようにするため、会社法第426条第1項の規定
       により、任務を怠ったことによる取締役(取締役であったものを含む。)の損害賠償責任を、法令に定める額を限
       度とし、取締役会の決議によって免除できる旨を定款に定めております。
                                 54/134










                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社アイスコ(E36435)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     (2)  【役員の状況】
      ① 役員一覧
    男性    10 名 女性      ―名 (役員のうち女性の比率              ―%)
                                                    所有株式数
        役職名         氏名       生年月日               略歴            任期
                                                      (株)
                              1966年4月      相原冷菓店 入社
                              1972年4月      株式会社相原冷菓に改称(現当
                                    社) 専務取締役
                              1992年3月      株式会社大我産業(現当社) 代表
      代表取締役会長         相原 敏貴      1947年12月4日      生        取締役社長              (注)4    367,500
                              1992年5月      株式会社相原冷菓と高島物産株式
                                    会社が合併し、株式会社アイスコ
                                    発足 代表取締役社長
                              2018年6月      当社 代表取締役会長(現任)
                              1994年4月      当社 入社
                              1999年6月      当社 取締役総務部長
                              2002年3月      株式会社大我産業(現当社) 専務
                                                     825,000
      代表取締役社長         相原 貴久      1971年5月24日      生                      (注)4
                                                      (注)6
                                    取締役
                              2002年5月      当社 専務取締役
                              2018年6月      当社 代表取締役社長(現任)
                              1996年4月      オハヨー乳業株式会社         入社
                              2015年7月      同社 取締役
                              2016年4月      同社 専務取締役
       専務取締役         三國 慎      1972年11月20日      生        日本カバヤ・オハヨーホールディ              (注)4      ―
                                    ングス株式会社      執行役員
                              2020年6月      当社 取締役社長付
                              2020年10月      当社 専務取締役(現任)
                              1989年2月      株式会社相原冷菓(現当社) 入社
                              2000年4月      当社 管理部長
       常務取締役
               青木 哲也      1969年1月24日      生  2003年5月      当社 取締役管理部長              (注)4     45,000
     フローズン事業部長
                              2009年6月      当社 常務取締役フローズン事業
                                    部長(現任)
                              1989年4月      株式会社相原冷菓(現当社) 入社
                              2005年5月      当社 取締役統括部長
        取締役
                              2006年4月      株式会社大我産業(現当社) 入社
     スーパーマーケット          青木 洋征      1970年12月5日      生                      (注)4     12,000
                              2013年6月      当社 取締役商品部長
       事業部長
                              2018年4月      当社 取締役スーパーマーケット
                                    事業部長(現任)
                              2013年2月      有限責任監査法人トーマツ 入所
                              2016年12月      公認会計士登録
       取締役CFO        永野 泰敬      1990年9月25日      生  2017年5月      当社 入社              (注)4      ―
                              2017年7月      当社 経営企画室長
                              2018年1月      当社 取締役CFO(現任)
                              1966年4月      株式会社魚力商店(現株式会社山
                                    桂) 入社
                              1984年12月      株式会社魚力 代表取締役専務取
                                    締役
                              1989年10月      同社 代表取締役社長
        取締役        三上 和美      1947年3月12日      生  1997年6月      同社 代表取締役副会長              (注)4     1,500
                              2001年6月      同社 相談役
                              2012年1月      同社 顧問
                              2012年6月      同社 代表取締役会長
                              2018年6月      当社 社外取締役(現任)
                              2019年6月      株式会社魚力 取締役会長(現任)
                              1969年4月      株式会社神奈川相互銀行(現株式
                                    会社神奈川銀行) 入行
                              1997年6月      同行 取締役人事部長
                              2001年6月      同行 常務取締役
        取締役
               堀内 之弘      1947年1月1日      生  2007年6月      同行 代表取締役常務              (注)5     1,500
      (監査等委員)
                              2009年6月      横浜振興株式会社 常勤監査役
                              2013年8月      当社 社長室長
                              2017年6月      当社 監査役
                              2019年10月      当社 取締役(監査等委員)(現任)
                                 55/134



                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社アイスコ(E36435)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                                                    所有株式数
        役職名         氏名       生年月日               略歴            任期
                                                      (株)
                              1981年4月      株式会社岡村製作所(現株式会社
                                    オカムラ) 入社
                              1987年8月      千代田トレーディング株式会社 
                                    入社
                              1994年1月      株式会社魚力 入社
                              1996年6月      同社 取締役
        取締役
               中田 雅明      1958年4月5日      生  2010年6月      同社 常務取締役              (注)5      ―
      (監査等委員)
                              2011年4月      同社 管理本部長
                              2011年6月      同社 代表取締役社長
                              2017年6月      同社 取締役相談役
                              2018年6月      当社 社外取締役
                              2019年10月      当社 社外取締役(監査等委員)
                                    (現任)
                              2001年4月      司法研修所 入所
                              2002年10月      弁護士登録(神奈川県弁護士会)
                                    箕山総合法律事務所(現箕山・榎
        取締役
               榎本 進一郎       1974年10月11日      生        本総合法律事務所) 入所(現任)              (注)5      ―
      (監査等委員)
                              2019年6月      当社 監査役
                              2019年10月      当社 社外取締役(監査等委員)
                                    (現任)
                            計                         1,252,500
     (注)   1.代表取締役社長相原貴久は、代表取締役会長相原敏貴の実子であります。
         常務取締役青木哲也は、取締役青木洋征の実兄であります。
       2.三上和美、中田雅明、榎本進一郎は、社外取締役であります。
       3.当社の監査等委員会の体制は次のとおりであります。
         委員長 堀内之弘、委員 中田雅明、榎本進一郎
         なお、堀内之弘は常勤の監査等委員であります。
       4.2020年6月29日開催の定時株主総会終結の時から、2021年3月期にかかる定時株主総会の終結の時までであ
         ります。
       5.2019年10月10日開催の臨時株主総会終結の時から、2021年3月期にかかる定時株主総会の終結の時までであ
         ります。
       6.代表取締役社長相原貴久の所有株式数は、同氏の資産管理会社である株式会社KANコーポレーションが所有
         する株式数を含んでおります。
       7.当社では、業務執行体制を強化し、より機動的かつ効率的な業務運営を行うために、執行役員制度を導入し
         ております。なお、本書提出日現在の執行役員は以下の5名であります。
              氏名                      役割

          青木 基成           フローズン事業部 マーケティング本部長 兼 第2営業部長
          吉野 祥一           フローズン事業部 拠点統括本部長
          田口 優次           スーパーマーケット事業部 商品部長
          相原 大輔           管理本部長 兼 システム部長
          丸山 正人           人事総務部長
          (注) 1.執行役員青木基成は、常務取締役青木哲也、取締役青木洋征の実弟であります。
             2.執行役員田口優次は、2021年4月1日付で執行役員スーパーマーケット事業部品質管理室に異
               動する予定です。
                                 56/134






                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社アイスコ(E36435)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      ② 社外役員の状況
        提出日時点において、当社の社外取締役は1名、監査等委員である社外取締役は2名であります。
        社外役員の独立性に関する基準又は方針については定めておりませんが、選任にあたっては、株式会社東京証
       券取引所の定める独立役員に関する基準等を参考にしております。
        社外取締役三上和美は、上場会社での会社経営の経験を活かし、上場会社としてのガバナンスの強化を企図し
       た当社の要請により、当社社外取締役に選任しております。同氏は当社株式を1,500株保有しておりますが、それ
       以外に同氏及びその兼務先と当社との間に人的関係、資本関係、取引関係及びその他の利害関係はありません。
        社外取締役中田雅明は、上場会社での役員経験を活かし、上場会社としてのガバナンスの強化を企図した当社
       の要請により、当社社外取締役(監査等委員)に選任しております。同氏はストック・オプション120個(新株予約
       権の目的となる株式の数1,800株)を付与されておりますが、それ以外に同氏と当社との間に人的関係、資本関
       係、取引関係及びその他の利害関係はありません。
        社外取締役榎本進一郎は、弁護士として企業法務に携わり、その経験を活かし、上場会社としてのガバナンス
       の強化を企図した当社の要請により、当社社外取締役(監査等委員)に選任しております。同氏及びその兼務先と
       当社との間に人間関係、資本関係、取引関係及びその他の利害関係はありません。
      ③ 社外取締役による監督又は監査と内部監査、監査等委員会による監査及び会計監査との相互連携並びに内部統

        制部門との関係
        社外取締役は、取締役会や報酬委員会にて意見を述べ、取締役の業務執行状況を監督し、経営の監視機能を果
       たしております。また、社外取締役である監査等委員と内部監査室は、毎月1回開催される監査等委員会におい
       て、内部監査室から業務運営における問題点、内部監査実施内容及び実施状況等について報告を受けておりま
       す。なお、社外取締役である監査等委員と内部監査室は、定期的に会計監査人と三様監査ミーティングを行い、
       当社の業務運営における問題点等について意見交換を行っております。
     (3)  【監査の状況】

      ① 監査等委員会監査の状況
        定期的な監査等委員会の開催のほか、取締役会への出席、その他社内の重要な会議への出席、会社財産の調査
       及び業務の調査等を通じて取締役の業務を充分に監査できる体制となっており、不正行為又は法令もしくは定款
       に違反する事実の発生防止にも取り組んでおります。また、内部監査室と定期的に意見・情報交換を行い、内部
       統制が有効に機能するよう図っております。
        当事業年度において当社は監査等委員会を7回開催しており、個々の監査等委員の出席状況については次のと
       おりであります。
             氏名          開催回数         出席回数

          堀内 之弘(常勤)               7        7(100%)
         中田 雅明(非常勤)               7        7(100%)
         榎本 進一郎(非常勤)                7        7(100%)
        監査等委員会における主な検討事項は、監査方針及び監査計画、内部統制システムの整備・運用状況、会計監

       査人の監査の方法及び結果の相当性です。
        また、常勤監査等委員は、重要会議への出席、業務執行に関わる報告聴取、会計監査人との連携、取締役との
       意見交換、重要書類の閲覧等を行っております。
        非常勤の監査等委員は、監査等委員会に出席して監査の状況の報告を受けるほか、業務執行に関わる報告聴
       取・会計監査人との連携等の場で、必要な意見の表明を行っております。
                                 57/134




                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社アイスコ(E36435)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      ② 内部監査の状況
        内部監査の組織体制として、当社では内部監査室を設置しております。同室には1名が所属し、内部監査規程
       に基づき計画的に監査を実施し、その結果の報告、内部監査指摘事項の改善状況の調査・報告を当社の代表取締
       役社長に行っております。これにより、不正取引の発生防止や業務の効率性改善等に努め、会社の業績向上、コ
       ンプライアンス経営を通じて会社の発展に寄与することを目的とした内部監査を実施しております。
      ③ 会計監査の状況

       a.監査法人の名称
         PwC京都監査法人
       b.継続監査期間

         2年間
       c.業務を執行した公認会計士

         指定有限責任社員・業務執行社員 若山 聡満
         指定有限責任社員・業務執行社員 岩崎 亮一
       d.監査業務に係る補助者の構成

         公認会計士 3名
         その他   5名
       e.監査法人の選定方針と理由

         当社監査等委員会は、公益社団法人日本監査役協会が公表する「会計監査人の評価及び選定基準策定に関す
        る監査役等の実務指針」に基づき、会計監査人の品質管理の状況、独立性及び専門性、監査体制が整備されて
        いること、具体的な監査計画ならびに監査報酬が合理的かつ妥当であることを確認し、監査実績などを踏まえ
        たうえで、会計監査人を総合的に評価し、選定について判断しております。
         会計監査人が会社法第340条第1項各号のいずれかに該当すると認められる場合には、監査等委員会は監査等
        委員全員の同意により会計監査人を解任いたします。また、会計監査人の職務の執行に支障がある場合等、そ
        の必要があると判断した場合には、監査等委員会は、会計監査人の解任又は不再任を株主総会の会議の目的と
        することといたします。
       f.監査等委員会による監査法人の評価

         当社の監査等委員会は、「e.監査法人の選定方針と理由」に記載のとおり監査法人の評価を行っており、
        PwC京都監査法人について、監査法人の適格性及び信頼性を害する事由等の発生はなく、適正な監査の遂行が可
        能であると評価しております。
                                 58/134








                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社アイスコ(E36435)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      ④ 監査報酬の内容等
       a.監査公認会計士等に対する報酬の内容
           最近事業年度の前事業年度                              最近事業年度

       監査証明業務に              非監査業務に             監査証明業務に              非監査業務に
      基づく報酬(千円)             基づく報酬(千円)             基づく報酬(千円)             基づく報酬(千円)
             12,000               ―           12,000               ―
       b.監査公認会計士等と同一のネットワークに属する組織に対する報酬(a.を除く)

         該当事項はありません。
       c.その他の重要な監査証明業務に基づく報酬の内容

         該当事項はありません。
       d.監査報酬の決定方針

         当社の監査公認会計士等に対する監査報酬の決定方針としましては、監査法人より提示された監査計画、監
        査内容、監査日数を勘案し、監査等委員会の同意を得たうえで決定しております。
       e.監査等委員会が会計監査人の報酬等に同意した理由

         取締役会が提案した会計監査人に対する報酬等に対しては、当社の監査等委員会が会社法第399条第1項の同
        意をした理由は、取締役、社内関係部門及び会計監査人からの必要な情報を入手し、監査計画の内容、監査体
        制、監査時間及び監査の品質管理体制等を精査・検討した結果、当事業年度の会計監査人の報酬等の額は妥当
        であると判断し、会社法第399条第1項及び第3項の同意を行っております。
                                 59/134












                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社アイスコ(E36435)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     (4)  【役員の報酬等】
      ① 役員の報酬等の額又はその算定方法の決定に関する方針に係る事項
        当社の役員報酬等に関する株主総会の決議は2019年10月10日開催の臨時株主総会において、取締役(監査等委員
       を除く。)については年額200,000千円以内(決議時点の取締役(監査等委員を除く。)の員数は9名。)、監査
       等委員である取締役については、年額30,000千円以内(決議時点の監査等委員である取締役の員数は3名。)と
       決議いただいております。
        当社は監査等委員でない取締役の報酬等の額又はその算定方法の決定に関する方針を定めており、役職、業
       績、会社への貢献度や事業の状況を考慮し、株主総会において承認された報酬額の限度内において、取締役会が
       報酬委員会に諮問し、報酬委員会の答申に基づき、取締役会にて決定しております。
        また、監査等委員である取締役の報酬等は、株主総会において承認された報酬額の限度内において、常勤、非
       常勤の別、業務区分の状況を考慮して、監査等委員会の協議により決定しております。
        なお、当社の現在の報酬体系は、固定報酬のみで、業績連動報酬は導入しておりません。
        最近事業年度においては報酬委員会は設置されておらず、2020年6月29日開催の取締役会において各取締役
       (監査等委員を除く。)の報酬等の額は代表取締役社長に一任しております。また、各監査等委員については監
       査等委員である取締役の協議により決定しております。
        当社は2020年8月14日開催の取締役会において、任意の諮問機関として報酬委員会の設置を決議しており、以
       後は役員報酬については、報酬委員会の答申を踏まえ取締役会で決議することとしております。
      ② 役員区分ごとの報酬等の総額、報酬等の種類別の総額及び対象となる役員の員数

                               報酬等の種類別の総額(千円)

                                                   対象となる
                 報酬等の総額
        役員区分                                           役員の員数
                   (千円)
                                   業績連動
                                                    (人)
                           固定報酬                退職慰労金
                                    報酬
    取締役
    (監査等委員及び社外取                118,350        118,350           ―        ―        5
    締役を除く)
    監査等委員
                      1,250        1,250          ―        ―        1
    (社外取締役を除く)
    監査役
                      1,600        1,600          ―        ―        1
    (社外監査役を除く)
    社外役員                 10,980        10,980          ―        ―        3
     (注) 当社は2019年10月10日の臨時株主総会における承認をもって監査役設置会社から監査等委員会設置会社に移行
        しておりますので、監査役(社外監査役を除く)につきましては、2019年10月までの報酬を、監査等委員(社外取
        締役を除く)につきましては、2019年11月以降の報酬を記載しております。
      ③ 提出会社の役員ごとの報酬等の総額等

        報酬等の総額が1億円以上であるものが存在しないため、記載しておりません。
      ④ 使用人兼務役員の使用人給与のうち、重要なもの

        該当事項はありません。
                                 60/134






                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社アイスコ(E36435)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     (5)  【株式の保有状況】
      ① 投資株式の区分の基準及び考え方
        当社は、保有目的が純投資目的である投資株式と、純投資目的以外の目的である投資株式の区分について株価
       の値上がり、又は配当による純利益確保を目的として保有する株式を純投資目的であるとし、取引先との関係強
       化、金融機関との安定的な取引維持等を目的として保有する株式は、純投資目的以外の投資株式としておりま
       す。
      ② 保有目的が純投資目的以外の目的である投資株式

       a.保有方針及び保有の合理性を検証する方法並びに個別銘柄の保有の適否に関する取締役会等における検証の
         内容
         当社は、事業戦略への貢献度等を総合的に勘案したうえで、中期的な視点に立ち、企業価値を向上させるた
        めに有効と認められる場合のみ、保有目的が純投資目的以外の目的である株式を保有することとしておりま
        す。
         個別の保有株式については、保有に伴う便益やリスク等を定性、定量の両面から保有継続の意義が認められ
        ないと当社取締役会にて判断された場合、発行会社と十分な対話を行ったうえで適宜・適切に売却を進めてま
        いります。
       b.銘柄数及び貸借対照表計上額

                     銘柄数     貸借対照表計上額の合計額

                     (銘柄)          (千円)
       非上場株式                 ―             ―
       非上場株式以外の株式                 2          15,914
       (当事業年度において株式数が増加した銘柄)

       該当事項はありません。
       (当事業年度において株式数が減少した銘柄)

       該当事項はありません。
                                 61/134










                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社アイスコ(E36435)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       c.特定投資株式及びみなし保有株式の銘柄ごとの株式数、貸借対照表計上額に関する情報
         特定投資株式
                当事業年度         前事業年度
                                保有目的、定量的な保有効果及び                 当社の株式の
                株式数(株)         株式数(株)
        銘柄
                                   株式数が増加した理由               保有の有無
              貸借対照表計上額         貸借対照表計上額
                 (千円)         (千円)
                                主に倉庫及び店舗設備の修繕等
                                に係る取引先として継続的に修
                   10,000         10,000
                                繕等を依頼しており、安定的な
                                サービスの提供を受けるため保
     ㈱ラックランド                                               無
                                有しております。年間取引金額
                                は出資金額を大幅に上回ってお
                   15,560         20,160
                                り、保有効果を有しておりま
                                す。
                                主要取引金融機関であり、資金
                    1,000         1,000
                                借り入れ取引をはじめとする同
                                社との良好な取引関係強化のた
      スルガ銀行㈱                                              無
                                め保有しておりましたが、検証
                                の結果、保有効果が少ないこと
                     354         513
                                から、売却する予定です。
         みなし保有株式

          該当事項はありません。
      ③ 保有目的が純投資目的である投資株式

        該当事項はありません。
      ④ 当事業年度中に投資株式の保有目的を純投資目的から純投資目的以外の目的に変更したもの

        該当事項はありません。
      ⑤ 当事業年度中に投資株式の保有目的を純投資目的以外の目的から純投資目的に変更したもの

        該当事項はありません。
                                 62/134










                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社アイスコ(E36435)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    第5   【経理の状況】
    1   財務諸表及び四半期財務諸表の作成方法について

     (1)  当社の財務諸表は、「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和38年大蔵省令第59号。以下「財
      務諸表等規則」という。)に基づいて作成しております。
     (2)  当社の四半期財務諸表は、「四半期財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(平成19年内閣府令第63

      号)に基づいて作成しております。
    2   監査証明について

     (1)  当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、前事業年度(2018年4月1日から2019年3月31日ま
      で)及び当事業年度(2019年4月1日から2020年3月31日まで)の財務諸表について、PwC京都監査法人の監査を受け
      ております。
     (2) 当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第3四半期会計期間(2020年10月1日から2020年12

      月31日まで)及び第3四半期累計期間(2020年4月1日から2020年12月31日まで)に係る四半期財務諸表について、
      PwC京都監査法人による四半期レビューを受けております。
    3   連結財務諸表及び四半期連結財務諸表について

      当社は子会社がありませんので、連結財務諸表及び四半期連結財務諸表を作成しておりません。
    4   財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組みについて

      当社は、財務諸表の適正性を確保するための特段の取組みを行っております。具体的には、会計基準等の内容を適
     時適切に把握し、会計基準等の改正に的確に対応するために、財務・会計情報誌の購読及び各種セミナーに参加して
     おります。
                                 63/134











                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社アイスコ(E36435)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    1  【財務諸表等】
     (1) 【財務諸表】
      ①  【貸借対照表】
                                                   (単位:千円)
                                 前事業年度              当事業年度
                                (2019年3月31日)              (2020年3月31日)
     資産の部
      流動資産
                                   ※2   1,676,301
        現金及び預金                                             1,294,933
        受取手形及び売掛金                              2,531,483              3,386,425
        商品                               497,512              519,735
        未収入金                              1,487,765              1,813,268
        未収消費税等                                  ―            20,562
        その他                                10,756              14,999
                                       △ 1,993              △ 625
        貸倒引当金
        流動資産合計                              6,201,825              7,049,300
      固定資産
        有形固定資産
                                   ※2   1,880,099            ※2   2,201,718
         建物(純額)
         機械及び装置(純額)                               51,511              198,662
         車両運搬具(純額)                              251,334              266,878
         工具、器具及び備品(純額)                               42,508              64,374
                                   ※2   2,514,966            ※2   2,514,966
         土地
         建設仮勘定                               95,628                ―
                                        29,138              63,025
         その他(純額)
                                   ※1   4,865,186            ※1   5,309,625
         有形固定資産合計
        無形固定資産
         ソフトウエア                               52,376              53,139
                                        3,884              3,839
         その他
         無形固定資産合計                               56,261              56,979
        投資その他の資産
         投資有価証券                               20,673              15,914
         繰延税金資産                              425,218              441,336
         保険積立金                              103,731               92,640
         差入保証金                              641,236              648,657
         その他                               38,518              37,393
                                       △ 2,427             △ 3,389
         貸倒引当金
         投資その他の資産合計                             1,226,949              1,232,552
        固定資産合計                              6,148,398              6,599,157
      資産合計                               12,350,223              13,648,457
                                 64/134







                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社アイスコ(E36435)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                                                   (単位:千円)
                                 前事業年度              当事業年度
                                (2019年3月31日)              (2020年3月31日)
     負債の部
      流動負債
                                   ※2   4,313,064            ※2   5,454,971
        支払手形及び買掛金
                                 ※2 、 ※3   1,250,000          ※2 、 ※3   1,250,000
        短期借入金
                                    ※2   687,126            ※2   529,470
        1年内返済予定の長期借入金
        未払金                               482,665              635,472
        未払費用                               369,958              423,692
        未払法人税等                                27,311              21,560
        未払消費税等                                63,590                ―
        賞与引当金                               112,184              122,352
                                        54,235              26,944
        その他
        流動負債合計                              7,360,135              8,464,463
      固定負債
                                   ※2   2,456,303            ※2   2,541,745
        長期借入金
        長期未払金                               202,096              157,185
        退職給付引当金                               449,150              510,715
        資産除去債務                                74,756              74,933
                                        89,676              65,787
        その他
        固定負債合計                              3,271,983              3,350,367
      負債合計                               10,632,118              11,814,830
                                 65/134













                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社アイスコ(E36435)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                                                   (単位:千円)
                                 前事業年度              当事業年度
                                (2019年3月31日)              (2020年3月31日)
     純資産の部
      株主資本
        資本金                                75,000              75,000
        利益剰余金
         利益準備金                                 ―             2,675
         その他利益剰余金
                                     ※4   82,548            ※4   97,707
          特別償却準備金
                                     ※4   23,719            ※4   23,719
          圧縮積立金
                                      1,528,843              1,628,716
          繰越利益剰余金
         利益剰余金合計                             1,635,111              1,752,819
        株主資本合計                              1,710,111              1,827,819
      評価・換算差額等
                                        7,355              4,216
        その他有価証券評価差額金
        評価・換算差額等合計                                7,355              4,216
      新株予約権                                   638             1,590
      純資産合計                                1,718,105              1,833,626
     負債純資産合計                                 12,350,223              13,648,457
                                 66/134














                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社アイスコ(E36435)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       【四半期貸借対照表】
                                    (単位:千円)
                               当第3四半期会計期間
                                (2020年12月31日)
     資産の部
      流動資産
        現金及び預金                              1,902,071
        受取手形及び売掛金                              3,637,482
        商品                               824,132
        未収入金                              2,039,785
        未収消費税等                                  -
        その他                                8,979
                                        △ 641
        貸倒引当金
        流動資産合計                              8,411,810
      固定資産
        有形固定資産
         建物(純額)                             2,119,969
         機械及び装置(純額)                              174,468
         車両運搬具(純額)                              154,174
         土地                             2,514,966
                                       114,787
         その他(純額)
         有形固定資産合計                             5,078,367
        無形固定資産                                44,784
        投資その他の資産
         投資有価証券                               23,310
         繰延税金資産                              438,669
         保険積立金                              101,700
         差入保証金                              719,218
         その他                               41,209
                                       △ 3,389
         貸倒引当金
         投資その他の資産合計                             1,320,717
        固定資産合計                              6,443,869
      資産合計                               14,855,679
                                 67/134









                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社アイスコ(E36435)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                                    (単位:千円)
                               当第3四半期会計期間
                                (2020年12月31日)
     負債の部
      流動負債
        支払手形及び買掛金                              6,208,467
        短期借入金                              1,250,000
        1年内返済予定の長期借入金                               476,525
        未払金                               385,345
        未払費用                               400,855
        未払法人税等                               264,371
        未払消費税等                               118,253
        賞与引当金                                32,012
                                        69,198
        その他
        流動負債合計                              9,205,029
      固定負債
        長期借入金                              2,423,294
        長期未払金                               155,100
        退職給付引当金                               556,116
        資産除去債務                                75,065
                                        61,491
        その他
        固定負債合計                              3,271,068
      負債合計                               12,476,098
     純資産の部
      株主資本
        資本金                                75,000
                                      2,293,605
        利益剰余金
        株主資本合計                              2,368,605
      評価・換算差額等
                                        9,385
        その他有価証券評価差額金
        評価・換算差額等合計                                9,385
      新株予約権                                  1,590
      純資産合計                                2,379,581
     負債純資産合計                                 14,855,679
                                 68/134









                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社アイスコ(E36435)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      ②  【損益計算書】
                                                   (単位:千円)
                                 前事業年度              当事業年度
                               (自 2018年4月1日              (自 2019年4月1日
                                至 2019年3月31日)               至 2020年3月31日)
     売上高                                 35,214,791              36,728,211
     売上原価
      商品期首たな卸高                                 528,677              497,512
                                     28,646,653              29,906,405
      当期商品仕入高
      合計                               29,175,330              30,403,917
      商品期末たな卸高                                 497,512              519,735
      売上原価合計                               28,677,818              29,884,182
     売上総利益                                 6,536,972              6,844,028
                                   ※1   6,218,080            ※1   6,698,843
     販売費及び一般管理費
     営業利益
                                       318,891              145,184
     営業外収益
      受取利息及び配当金                                 11,093              10,207
      有価証券売却益                                 16,454                ―
      不動産賃貸料                                 53,839              53,353
      雑収入                                 71,727              47,813
                                        5,952              6,993
      その他
      営業外収益合計                                 159,066              118,368
     営業外費用
      支払利息                                 34,967              28,959
      有価証券売却損                                  6,933                ―
      不動産賃貸費用                                 14,834              12,676
                                        1,974              9,613
      その他
      営業外費用合計                                 58,710              51,249
     経常利益                                  419,247              212,303
     特別利益
                                     ※2   77,622
      抱合せ株式消滅差益                                                  ―
      保険解約返戻金                                 43,771              18,697
                                        2,790              2,918
      その他
      特別利益合計                                 124,183               21,616
     特別損失
                                    ※3   266,008
      減損損失                                                  ―
                                     ※4   26,939            ※4   2,668
      固定資産除却損
                                        12,595                ―
      その他
      特別損失合計                                 305,543               2,668
     税引前当期純利益                                  237,888              231,251
     法人税、住民税及び事業税
                                       161,931              101,292
                                      △ 147,249              △ 14,497
     法人税等調整額
     法人税等合計                                   14,682              86,794
     当期純利益                                  223,205              144,457
                                 69/134






                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社アイスコ(E36435)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       【四半期損益計算書】
        【第3四半期累計期間】
                                    (単位:千円)
                               当第3四半期累計期間
                               (自 2020年4月1日
                                至 2020年12月31日)
     売上高                                 31,514,514
                                     25,746,685
     売上原価
     売上総利益                                 5,767,828
     販売費及び一般管理費                                 4,950,562
     営業利益                                  817,265
     営業外収益
      受取利息及び配当金                                  5,304
      不動産賃貸料                                 39,496
      補助金収入                                 27,950
      雑収入                                 18,836
                                        5,109
      その他
      営業外収益合計                                 96,696
     営業外費用
      支払利息                                 19,047
      不動産賃貸費用                                 11,238
                                        2,690
      その他
      営業外費用合計                                 32,976
     経常利益                                  880,986
     税引前四半期純利益                                  880,986
     法人税等                                  313,450
     四半期純利益                                  567,535
                                 70/134












                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社アイスコ(E36435)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      ③  【株主資本等変動計算書】
      前事業年度(自 2018年4月1日 至 2019年3月31日)
                                                  (単位:千円)
                                  株主資本
                                 利益剰余金
                                その他利益剰余金
                資本金                                    株主資本合計
                                              利益剰余金
                     利益準備金
                            特別償却            繰越利益
                                               合計
                                 圧縮積立金
                            準備金            剰余金
    当期首残高             75,000        ―    67,544      23,719     1,320,641      1,411,906      1,486,906
    当期変動額
     剰余金の配当                                            ―      ―
     当期純利益                                    223,205      223,205      223,205
     特別償却準備金の
                             34,301           △ 34,301        ―      ―
     積立
     特別償却準備金の
                            △ 19,296            19,296        ―      ―
     取崩
     株主資本以外の項目
                                                 ―      ―
     の当期変動額(純額)
    当期変動額合計              ―      ―    15,004        ―    208,201      223,205      223,205
    当期末残高             75,000        ―    82,548      23,719     1,528,843      1,635,111      1,710,111
                 評価・換算差額等

                その他

                           新株予約権      純資産合計
                     評価・換算
               有価証券
                     差額等合計
               評価差額金
    当期首残高             11,190      11,190        ―   1,498,096

    当期変動額
     剰余金の配当                                ―
     当期純利益                              223,205
     特別償却準備金の
                                     ―
     積立
     特別償却準備金の
                                     ―
     取崩
     株主資本以外の項目
                 △ 3,835     △ 3,835       638    △ 3,196
     の当期変動額(純額)
    当期変動額合計            △ 3,835     △ 3,835       638    220,009
    当期末残高             7,355      7,355       638    1,718,105
                                 71/134








                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社アイスコ(E36435)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      当事業年度(自 2019年4月1日 至 2020年3月31日)
                                                  (単位:千円)
                                  株主資本
                                 利益剰余金
                                その他利益剰余金
                資本金                                    株主資本合計
                                              利益剰余金
                     利益準備金
                            特別償却            繰越利益
                                               合計
                                 圧縮積立金
                            準備金            剰余金
    当期首残高             75,000        ―    82,548      23,719     1,528,843      1,635,111      1,710,111
    当期変動額
     剰余金の配当                  2,675                 △ 29,425     △ 26,750     △ 26,750
     当期純利益                                    144,457      144,457      144,457
     特別償却準備金の
                             42,712           △ 42,712        ―      ―
     積立
     特別償却準備金の
                            △ 27,553            27,553        ―      ―
     取崩
     株主資本以外の項目
                                                 ―      ―
     の当期変動額(純額)
    当期変動額合計              ―     2,675      15,159        ―    99,872      117,707      117,707
    当期末残高             75,000       2,675      97,707      23,719     1,628,716      1,752,819      1,827,819
                 評価・換算差額等

                その他

                           新株予約権      純資産合計
                     評価・換算
               有価証券
                     差額等合計
               評価差額金
    当期首残高             7,355      7,355       638    1,718,105

    当期変動額
     剰余金の配当                             △ 26,750
     当期純利益                              144,457
     特別償却準備金の
                                     ―
     積立
     特別償却準備金の
                                     ―
     取崩
     株主資本以外の項目
                 △ 3,138     △ 3,138       952    △ 2,185
     の当期変動額(純額)
    当期変動額合計            △ 3,138     △ 3,138       952    115,521
    当期末残高             4,216      4,216      1,590    1,833,626
                                 72/134









                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社アイスコ(E36435)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      ④  【キャッシュ・フロー計算書】
                                                   (単位:千円)
                                 前事業年度              当事業年度
                               (自 2018年4月1日              (自 2019年4月1日
                                至 2019年3月31日)               至 2020年3月31日)
     営業活動によるキャッシュ・フロー
      税引前当期純利益                                 237,888              231,251
      減価償却費                                 374,917              376,707
      減損損失                                 266,008                 ―
      受取利息及び受取配当金                                △ 11,093             △ 10,207
      支払利息                                 34,967              28,959
      有形固定資産除却損                                 26,939               2,668
      抱合せ株式消滅差損益(△は益)                                △ 77,622                ―
      保険解約返戻金                                △ 43,771             △ 18,697
      売上債権の増減額(△は増加)                                △ 160,720             △ 854,942
      たな卸資産の増減額(△は増加)                                 29,402             △ 22,314
      未収入金の増減額(△は増加)                                △ 106,742             △ 345,780
      仕入債務の増減額(△は減少)                                 336,091             1,141,907
      未払金の増減額(△は減少)                                 175,149              △ 70,404
      賞与引当金の増減額(△は減少)                                 20,205              10,168
      退職給付引当金の増減額(△は減少)                                 48,348              61,565
                                      △ 114,697              △ 93,885
      その他
      小計                                1,035,272               436,994
      利息及び配当金の受取額
                                        10,184              10,287
      利息の支払額                                △ 34,967             △ 28,959
                                      △ 327,804             △ 107,043
      法人税等の支払額
      営業活動によるキャッシュ・フロー                                 682,684              311,279
     投資活動によるキャッシュ・フロー
      有形固定資産の取得による支出                                △ 639,156             △ 586,621
      有形固定資産の売却による収入                                 44,342               5,824
      無形固定資産の取得による支出                                △ 43,689             △ 16,953
      定期預金の増減額(△は増加)                                 44,607              30,204
      投資有価証券の売却による収入                                 24,720                ―
      保険積立金の積立による支出                                △ 16,672             △ 14,597
      保険積立金の解約による収入                                 70,020              42,193
                                        41,171             △ 24,481
      その他
      投資活動によるキャッシュ・フロー                                △ 474,657             △ 564,431
     財務活動によるキャッシュ・フロー
      短期借入金の純増減額(△は減少)                                 △ 7,640                ―
      長期借入れによる収入                                 378,200              898,800
      長期借入金の返済による支出                                △ 606,660             △ 971,014
      配当金の支払額                                    ―           △ 26,750
                                         638              952
      その他
      財務活動によるキャッシュ・フロー                                △ 235,461              △ 98,011
     現金及び現金同等物の増減額(△は減少)                                  △ 27,434             △ 351,163
                                    ※2   154,840
     合併に伴う現金及び現金同等物の増加額                                                   ―
     現金及び現金同等物の期首残高                                 1,455,400              1,582,806
                                   ※1   1,582,806            ※1   1,231,642
     現金及び現金同等物の期末残高
                                 73/134





                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社アイスコ(E36435)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      【注記事項】
       (重要な会計方針)
     前事業年度(自 2018年4月1日 至 2019年3月31日)
      1 有価証券の評価基準及び評価方法
        その他有価証券
        期末日の市場価格等に基づく時価法(評価差額は全部純資産直入法により処理し、売却原価は移動平均法により
       算定)   を採用しております。
      2 デリバティブの評価基準及び評価方法

        時価法を採用しております。
      3 たな卸資産の評価基準及び評価方法

        フローズン事業
        総平均法による原価法(貸借対照表価額は、収益性の低下に基づく簿価切下げの方法)を採用しております。
        スーパーマーケット事業
        売価還元法による原価法、ただし、生鮮食品等一部商品については最終仕入原価法を採用しております。な
       お、貸借対照表価額は、収益性の低下に基づく簿価切り下げの方法により算定しております。
      4 固定資産の減価償却の方法

       (1)  有形固定資産
         定率法
         ただし、1998年4月1日以降に取得した建物(建物附属設備を除く)及び2016年4月1日以降に取得した建物
        附属設備並びに構築物については、定額法を採用しております。
         なお、主な耐用年数は以下の通りであります。
          建物        6~45年
          機械及び装置    8~17年
          車両運搬具     2~6年
          工具、器具及び備品 3~20年
       (2)  無形固定資産
         定額法
         なお、ソフトウェア(自社利用)については社内における利用可能期間(5年)に基づく定額法を採用しており
        ます。
      5 引当金の計上基準

       (1)  貸倒引当金
         債権の貸倒れによる損失に備えるために、一般債権については貸倒実績率により、貸倒懸念債権等特定の債
        権については個別に回収可能性を勘案し、回収不能見込額を計上しております。
       (2)  賞与引当金
         従業員に対して支給する賞与の支出に備えるため、支給見込額に基づき計上しております。
       (3)  退職給付引当金
         従業員の退職給付に備えるため、事業年度末における退職給付債務の見込額に基づき計上しております。
        ① 退職給付見込額の期間帰属方法
          退職給付債務の算定にあたり、退職給付見込額を当事業年度末までの期間に帰属させる方法については、
         給付算定式基準によっております。
        ② 数理計算上の差異の費用処理方法
          数理計算上の差異については、各事業年度の発生時における従業員の平均残存勤務期間以内の一定の年数
         (5年)による定額法により按分した額を、それぞれ発生の翌事業年度から費用処理しております。
                                 74/134



                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社アイスコ(E36435)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      6 キャッシュ・フロー計算書における資金の範囲
        手許現金、随時引出可能な預金及び容易に換金可能であり、かつ価値の変動について僅少なリスクしか負わな
       い取得日から3ヶ月以内に償還期限の到来する短期投資からなっております。
      7 その他財務諸表作成のための基本となる重要な事項

        消費税等の会計処理
        消費税及び地方消費税の会計処理は税抜方式によっております。
                                 75/134


















                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社アイスコ(E36435)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     当事業年度(自 2019年4月1日 至 2020年3月31日)
      1 有価証券の評価基準及び評価方法
        その他有価証券
        期末日の市場価格等に基づく時価法(評価差額は全部純資産直入法により処理し、売却原価は移動平均法により
       算定)   を採用しております。
      2 デリバティブの評価基準及び評価方法

        時価法を採用しております。
      3 たな卸資産の評価基準及び評価方法

        フローズン事業
        総平均法による原価法(貸借対照表価額は、収益性の低下に基づく簿価切下げの方法)を採用しております。
        スーパーマーケット事業
        売価還元法による原価法、ただし、生鮮食品等一部商品については最終仕入原価法を採用しております。な
       お、貸借対照表価額は、収益性の低下に基づく簿価切り下げの方法により算定しております。
      4 固定資産の減価償却の方法

       (1)  有形固定資産
         定率法
         ただし、1998年4月1日以降に取得した建物(建物附属設備を除く)及び2016年4月1日以降に取得した建物
        付属設備並びに構築物については、定額法を採用しております。
         なお、主な耐用年数は以下の通りであります。
          建物        6~45年
          機械及び装置    8~17年
          車両運搬具     2~6年
          工具、器具及び備品 3~20年
       (2)  無形固定資産
         定額法
         なお、ソフトウェア(自社利用)については社内における利用可能期間(5年)に基づく定額法を採用しており
        ます。
      5 引当金の計上基準

       (1)  貸倒引当金
         債権の貸倒れによる損失に備えるために、一般債権については貸倒実績率により、貸倒懸念債権等特定の債
        権については個別に回収可能性を勘案し、回収不能見込額を計上しております。
       (2)  賞与引当金
         従業員に対して支給する賞与の支出に備えるため、支給見込額に基づき計上しております。
       (3)  退職給付引当金
         従業員の退職給付に備えるため、事業年度末における退職給付債務の見込額に基づき計上しております。
        ① 退職給付見込額の期間帰属方法
          退職給付債務の算定にあたり、退職給付見込額を当事業年度末までの期間に帰属させる方法については、
         給付算定式基準によっております。
        ② 数理計算上の差異の費用処理方法
          数理計算上の差異については、各事業年度の発生時における従業員の平均残存勤務期間以内の一定の年数
         (5年)による定額法により按分した額を、それぞれ発生の翌事業年度から費用処理しております。
                                 76/134




                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社アイスコ(E36435)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      6 キャッシュ・フロー計算書における資金の範囲
        手許現金、随時引出可能な預金及び容易に換金可能であり、かつ価値の変動について僅少なリスクしか負わな
       い取得日から3ヶ月以内に償還期限の到来する短期投資からなっております。
      7 その他財務諸表作成のための基本となる重要な事項

        消費税等の会計処理
        消費税及び地方消費税の会計処理は税抜方式によっております。
                                 77/134


















                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社アイスコ(E36435)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       (未適用の会計基準等)
     前事業年度(自 2018年4月1日 至 2019年3月31日)
      ・「収益認識に関する会計基準」(企業会計基準第29号 2018年3月30日)
      ・「収益認識に関する会計基準の適用指針」(企業会計基準適用指針第30号 2018年3月30日)
      (1)  概要

        収益認識に関する包括的な会計基準であります。収益は、次の5つのステップを適用し認識されます。
         ステップ1:顧客との契約を識別する。
         ステップ2:契約における履行義務を識別する。
         ステップ3:取引価格を算定する。
         ステップ4:契約における履行義務に取引価格を配分する。
         ステップ5:履行義務を充足した時に又は充足するにつれて収益を認識する。
      (2)  適用予定日

        2022年3月期の期首より適用予定であります。
      (3)  当該会計基準等の適用による影響

        影響額は、当財務諸表の作成時において評価中であります。
     当事業年度(自 2019年4月1日 至 2020年3月31日)

      収益認識に関する会計基準
      ・「収益認識に関する会計基準」(企業会計基準第29号 2020年3月31日)
      ・「収益認識に関する会計基準の適用指針」(企業会計基準適用指針第30号 2020年3月31日)
      (1)  概要

        収益認識に関する包括的な会計基準であります。収益は、次の5つのステップを適用し認識されます。
         ステップ1:顧客との契約を識別する。
         ステップ2:契約における履行義務を識別する。
         ステップ3:取引価格を算定する。
         ステップ4:契約における履行義務に取引価格を配分する。
         ステップ5:履行義務を充足した時に又は充足するにつれて収益を認識する。
      (2)  適用予定日

        2022年3月期の期首より適用予定であります。
      (3)  当該会計基準等の適用による影響

        影響額は、当財務諸表の作成時において評価中であります。
      時価算定に関する会計基準

      ・「時価の算定に関する会計基準」(企業会計基準第30号 2019年7月4日)
      ・「時価の算定に関する会計基準の適用指針」(企業会計基準適用指針第31号 2019年7月4日)
      ・「棚卸資産の評価に関する会計基準」(企業会計基準第9号 2019年7月4日)
      ・「金融商品に関する会計基準」(企業会計基準第10号 2019年7月4日)
      ・「金融商品の時価等の開示に関する適用指針」(企業会計基準適用指針第19号 2020年3月31日)
                                 78/134




                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社アイスコ(E36435)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      (1)  概要
        国際的な会計基準の定めとの比較可能性を向上させるため、「時価の算定に関する会計基準」及び「時価の算
       定に関する会計基準の適用指針」(以下「時価算定会計基準等」という。)が開発され、時価の算定方法に関する
       ガイダンス等が定められました。時価算定会計基準等は次の項目の時価に適用されます。
        ・「金融商品に関する会計基準」における金融商品
        ・「棚卸資産の評価に関する会計基準」におけるトレーディング目的で保有する棚卸資産
        また「金融商品の時価等の開示に関する適用指針」が改訂され、金融商品の時価のレベルごとの内訳等の注記
       事項が定められました。
      (2)  適用予定日

        2022年3月期の期首より適用予定であります。
      (3)  当該会計基準等の適用による影響

        影響額は、当財務諸表の作成時において評価中であります。
      会計方針の開示、会計上の変更及び誤謬の訂正に関する会計基準

      ・「会計方針の開示、会計上の変更及び誤謬の訂正に関する会計基準」(企業会計基準第24号 2020年3月31日)
      (1)  概要

        関連する会計基準等の定めが明らかでない場合に、採用した会計処理の原則及び手続きの概要を示すことを目
       的とするものです。
      (2)  適用予定日

        2021年3月期の年度末より適用予定であります。
      会計上の見積りの開示に関する会計基準

      ・「会計上の見積りの開示に関する会計基準」(企業会計基準第31号 2020年3月31日)
      (1)  概要

        当年度の財務諸表に計上した金額が会計上の見積りによるもののうち、翌年度の財務諸表に重要な影響を及ぼ
       すリスクがある項目における会計上の見積りの内容について、財務諸表利用者の理解に資する情報を開示するこ
       とを目的とするものです。
      (2)  適用予定日

        2021年3月期の年度末より適用予定であります。
                                 79/134







                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社アイスコ(E36435)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       (会計上の見積りの変更)
     前事業年度(自 2018年4月1日 至 2019年3月31日)
     (資産除去債務の見積りの変更)
       一部店舗の退店に伴う新たな情報の入手に基づき、当該物件に係る原状回復費用を合理的に見積もることが可能
      となったため、39,668千円を資産除去債務として計上しております。
       この変更に伴って計上した有形固定資産の一部については、減損損失として処理したため、当該見積りの変更の
      結果、当事業年度の税引前当期純利益が28,193千円減少しております。
     当事業年度(自 2019年4月1日 至 2020年3月31日)

      該当事項はありません。
       (追加情報)

     前事業年度(自 2018年4月1日 至 2019年3月31日)
      該当事項はありません。
     当事業年度(自 2019年4月1日 至 2020年3月31日)

     (新型コロナウイルス感染症拡大に伴う会計上の見積りについて)
      当社におきましては、新型コロナウイルス感染症の影響により需要の減少が予想される販売先と、需要の増加が予
     想される販売先が併存しております。このような状況から新型コロナウイルス感染症が当社の業績に与える影響は軽
     微であると仮定して当事業年度の繰延税金資産の回収可能性の見積りを行っております。
      しかしながら、新型コロナウイルス感染症拡大による影響は不確定要素が多く、翌事業年度の当社の財政状態、経
     営成績に影響を及ぼす可能性があります。
                                 80/134












                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社アイスコ(E36435)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       (貸借対照表関係)
    ※1    有形固定資産の減価償却累計額
                               前事業年度                当事業年度

                             (2019年3月31日)                (2020年3月31日)
       有形固定資産の減価償却累計額                        2,451,158     千円           2,698,678     千円
    ※2    担保資産及び担保付債務

       担保に供している資産は次のとおりであります。
                               前事業年度                当事業年度

                             (2019年3月31日)                (2020年3月31日)
       現金及び預金                         20,605   千円               ― 千円
       建物                        1,589,942     〃           2,133,165     〃
       土地                        2,405,961     〃           2,514,966     〃
       計                        4,016,509     千円           4,648,132     千円
       前事業年度の当該資産に係る根抵当権の極度額は5,886,000千円であり、当事業年度は5,221,000千円でありま
      す。
       担保付債務は次の通りであります。

                               前事業年度                当事業年度

                             (2019年3月31日)                (2020年3月31日)
       支払手形及び買掛金                         867,700    千円            895,815    千円
       短期借入金                        1,000,000     〃            700,000    〃
       1年以内返済予定の長期借入金                         535,079    〃            439,498    〃
       長期借入金                        2,198,288     〃           2,367,584     〃
       計                        4,601,067     千円           4,402,897     千円
    ※3    当社は、運転資金の効率的な調達を行うため、取引銀行6行(前事業年度は5行)と当座貸越契約を締結しており

      ます。これらの契約に基づく事業年度末の借入未実行残高は、次のとおりであります。
                               前事業年度                当事業年度

                             (2019年3月31日)                (2020年3月31日)
       当座貸越極度額の総額                        3,150,000     千円           3,430,000     千円
       借入実行残高                        1,250,000     〃           1,250,000     〃
       借入未実行残高                        1,900,000     千円           2,180,000     千円
    ※4    特別償却準備金、圧縮積立金は租税特別措置法に基づいて計上したものであります。

                                 81/134







                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社アイスコ(E36435)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       (損益計算書関係)
    ※1    販売費に属する費用のおおよその割合は前事業年度80%、当事業年度81%、一般管理費に属する費用のおおよそ
      の割合は前事業年度20%、当事業年度19%であります。
       販売費及び一般管理費のうち主要な費目及び金額は次のとおりであります。
                               前事業年度                当事業年度

                            (自    2018年4月1日             (自    2019年4月1日
                             至   2019年3月31日)              至   2020年3月31日)
       給与及び賞与                        2,884,780     千円           3,113,906     千円
       賞与引当金繰入額                         112,184    〃            122,352    〃
       退職給付引当金繰入額                         60,551    〃            70,532    〃
       減価償却費                         370,322    〃            372,111    〃
    ※2    抱合せ株式消滅差益

      前事業年度(自         2018年4月1日         至   2019年3月31日)
       2018年4月1日付で当社100%出資の子会社であった株式会社アイオーを吸収合併したことに伴い計上したもので
      あります。
      当事業年度(自         2019年4月1日         至   2020年3月31日)

       該当事項はありません。
    ※3    減損損失

      前事業年度(自         2018年4月1日         至   2019年3月31日)
       当社は以下の資産グループについて減損損失を計上いたしました。
           場所          用途          種類

        神奈川県4物件             店舗          建物等

       当社は、継続的に収支の把握を行っている管理会計上の区分により資産のグルーピングを行っており、店舗資産
      については個別物件をグルーピングの最小単位としており、店舗資産以外の事業用資産は事業単位でグルーピング
      を行っております。ただし本社資産については、独立したキャッシュ・フローを生み出さないことから共用資産と
      しております。
       店舗については、経常損益が数年にわたってマイナスである資産グループの帳簿価額を回収可能価額まで減額し
      て、当該減少額を減損損失として特別損失に計上いたしました。
       その内訳は、建物235,365千円、工具、器具及び備品27,327千円及び機械及び装置3,315千円であります。なお、
      当該資産グループの回収可能価額は使用価値により測定しております。使用価値については、将来キャッシュ・フ
      ローがマイナスと見込まれるため、零としております。
      当事業年度(自         2019年4月1日         至   2020年3月31日)

       該当事項はありません。
    ※4    固定資産除却損の内容は、次のとおりであります。

                               前事業年度                当事業年度

                            (自    2018年4月1日             (自    2019年4月1日
                             至   2019年3月31日)              至   2020年3月31日)
       解体撤去費用                         26,400   千円               ― 千円
       その他                           539  〃             2,668   〃
       計                         26,939   千円             2,668   千円
                                 82/134



                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社アイスコ(E36435)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       (株主資本等変動計算書関係)
     前事業年度(自         2018年4月1日         至   2019年3月31日)
      1   発行済株式に関する事項
      株式の種類          当事業年度期首             増加           減少         当事業年度末

      普通株式(株)               107,000             ―           ―        107,000
      2   自己株式に関する事項

        該当事項はありません。
      3   新株予約権等に関する事項

                               目的となる株式の数(株)

                                                    当事業
                 目的となる
         内訳                                          年度末残高
                        当事業年度
                 株式の種類
                                増加       減少     当事業年度末
                                                    (千円)
                          期首
    ストックオプションとし
                      ―       ―       ―       ―       ―      638
    ての新株予約権
             合計                ―       ―       ―       ―      638
      4   配当に関する事項

       (1)  配当金支払額
         該当事項はありません。
       (2)  基準日が当事業年度に属する配当のうち、配当の効力発生日が翌事業年度となるもの

                         配当金の総額        1株当たり

       決議      株式の種類      配当の原資                       基準日        効力発生日
                           (千円)      配当額(円)
     2019年6月28日
             普通株式      利益剰余金         26,750         250   2019年3月31日         2019年6月28日
     定時株主総会
                                 83/134










                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社アイスコ(E36435)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     当事業年度(自         2019年4月1日         至   2020年3月31日)
      1   発行済株式に関する事項
      株式の種類          当事業年度期首             増加           減少         当事業年度末

      普通株式(株)               107,000             ―           ―        107,000
      2   自己株式に関する事項

        該当事項はありません。
      3   新株予約権等に関する事項

                               目的となる株式の数(株)

                                                    当事業
                 目的となる
         内訳                                          年度末残高
                        当事業年度
                 株式の種類
                                増加       減少     当事業年度末
                                                    (千円)
                          期首
    ストックオプションとし
                      ―       ―       ―       ―       ―     1,590
    ての新株予約権
             合計                ―       ―       ―       ―     1,590
      4   配当に関する事項

       (1)  配当金支払額
                      配当金の総額        1株当たり配当額

       決議       株式の種類                            基準日        効力発生日
                        (千円)          (円)
     2019年6月28日
               普通株式            26,750           250   2019年3月31日         2019年6月28日
     定時株主総会
       (2)  基準日が当事業年度に属する配当のうち、配当の効力発生日が翌事業年度となるもの

                         配当金の総額        1株当たり

       決議      株式の種類      配当の原資                       基準日        効力発生日
                           (千円)      配当額(円)
     2020年6月29日
             普通株式      利益剰余金         26,750         250   2020年3月31日         2020年6月30日
     定時株主総会
                                 84/134










                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社アイスコ(E36435)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       (キャッシュ・フロー計算書関係)
    ※1 現金及び現金同等物の期末残高と貸借対照表に掲記されている科目の金額との関係は、次のとおりであります。
                              前事業年度                 当事業年度

                            (自    2018年4月1日              (自    2019年4月1日
                            至   2019年3月31日)               至   2020年3月31日)
       現金及び預金                           1,676,301千円                 1,294,933千円
                                  △93,495     〃            △63,290     〃
       預入期間が3か月を超える定期預金
       現金及び現金同等物                           1,582,806千円                 1,231,642千円
    ※2 重要な非資金取引の内容

      前事業年度(自         2018年4月1日         至   2019年3月31日)
       当社が株式会社アイオーを合併したことに伴い引き継いだ資産及び負債の主な内訳は次のとおりであります。
       流動資産 (注)                            389,580千円

                                   166,710    〃
       固定資産
             資産合計                      556,291千円
       流動負債                            368,797千円
       固定負債                             97,871千円
             負債合計                      466,669千円
       (注) 現金及び現金同等物が154,840千円含まれており、キャッシュ・フロー計算書において「合併に伴う現金及
          び現金同等物の増加額」として表示しております。
      当事業年度(自         2019年4月1日         至   2020年3月31日)

       該当事項はありません。
                                 85/134












                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社アイスコ(E36435)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       (金融商品関係)
     前事業年度(自 2018年4月1日 至 2019年3月31日)
    1 金融商品の状況に関する事項
     (1)  金融商品に対する取組方針
       当社は、資金計画に基づき、銀行等金融機関からの借入により資金を調達しております。一時的な余資の運用に
      ついては安全性の高い短期的な預金等に限定しております。なお、デリバティブは、後述するリスクを回避するた
      めに利用しており、投機的な取引は行っておりません。
     (2)  金融商品の内容及びそのリスク

       営業債権である売掛金は、顧客の信用リスクに晒されております。営業債務である買掛金は、その全てが1年以
      内の支払期日であります。
       長期借入金は主に設備投資資金及び運転資金の確保のための資金調達であります。
     (3)  金融商品に係るリスク管理体制

       営業債権である受取手形及び売掛金は、顧客の信用リスクに晒されております。当該リスクに関しては、取引先
      毎の期日管理及び残高管理を行うとともに、主な取引先の信用状況を定期的に把握する体制としております。
       投資有価証券である株式は、主に業務上の関係を有する企業の株式であり、市場価格の変動リスクに晒されてお
      りますが、定期的に時価を把握する体制としております。
       営業債務である支払手形及び買掛金はほとんどが2ヶ月以内の支払期日であり、短期借入金は運転資金、長期借
      入金は設備投資のための必要資金の調達を目的としたものであります。これらは担当部署が適時に資金繰り計画を
      作成・更新するなどの方法により、資金調達にかかる流動性リスクを管理しております。
       デリバティブ取引は、借入金に係る支払金利の変動リスクに対するヘッジを目的とした金利スワップ取引であり
      ます。なお、デリバティブ取引については、社内管理規程に基づき、金利の変動リスクを回避する目的に限定した
      取引を行っており、投機目的での取引は行っておりません。
     (4)  金融商品の時価等に関する事項についての補足説明

       金融商品の時価には、市場価格に基づく価額のほか、市場価格がない場合には合理的に算定された価額が含まれ
      ております。当該価額の算定においては変動要因を織り込んでいるため、異なる前提条件等を採用することによ
      り、当該価額が変動することがあります。
                                 86/134










                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社アイスコ(E36435)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    2 金融商品の時価等に関する事項
      貸借対照表計上額、時価及びこれらの差額については、次のとおりであります。なお、時価を把握することが極め
     て困難と認められるものは、次表には含まれておりません((注2)を参照ください。)。
                       貸借対照表計上額               時価            差額

                          (千円)            (千円)            (千円)
    (1)  現金及び預金
                             1,676,301            1,676,301                ―
    (2)  受取手形及び売掛金
                             2,531,483
                              △1,993
       貸倒引当金(※)
                             2,529,489            2,529,489                ―
    (3)  未収入金
                             1,487,765            1,487,765                ―
    (4)  投資有価証券
      その他有価証券                        20,673            20,673              ―
    (5)  差入保証金
                              213,823            213,669             △153
           資産計                  5,928,052            5,927,899              △153
    (1)  支払手形及び買掛金
                             4,313,064            4,313,064                ―
    (2)  未払金
                              482,665            482,665               ―
    (3)  未払費用
                              369,958            369,958               ―
    (4)  短期借入金
                             1,250,000            1,250,000                ―
    (5)  長期借入金
                             3,143,429            3,176,792              33,363
      (1年内返済予定分を含む)
           負債計                  9,559,116            9,592,480              33,363
        デリバティブ取引                      20,378            20,378              ―
     (※) 受取手形及び売掛金については、対応する貸倒引当金を控除しております。
     (注1)金融商品の時価の算定方法並びに有価証券及びデリバティブ取引に関する事項

     資   産
      (1)  現金及び預金、(2)         受取手形及び売掛金及び(3)             未収入金
        これらはすべて短期で決済されるため、時価は帳簿価額と近似していることから、当該帳簿価額によっており
       ます。
      (4)  投資有価証券
        投資有価証券の時価について、株式は取引所の価格によっております。
      (5)  差入保証金
        営業所及び店舗等敷金の時価については、退去年数を想定し、その将来キャッシュ・フローを国債の利回りよ
       り算出した利率で割り引いた現在価値により算定しております。
     負   債

      (1)  支払手形及び買掛金、(2)            未払金、(3)      未払費用及び(4)        短期借入金
        これらはすべて短期で決済されるため、時価は帳簿価額と近似していることから、当該帳簿価額によっており
       ます。
      (5)  長期借入金
        長期借入金の時価については、元利金の合計額を同様の新規借入を行った場合に想定される利率で割り引いた
       現在価値により算定しております。
     デリバティブ取引

      デリバティブ取引の時価は、取引先の金融機関から提示された価格等に基づき算定しております。
     (注2)時価を把握することが極めて困難と認められる金融商品の貸借対照表計上額

                 貸借対照表計上額
         区分
                    (千円)
    取引保証金                   427,413
        取引保証金については、契約の解約時期の見積が困難なため、時価を把握することが極めて困難と認められる
       ことから「(5)       差入保証金」には含めておりません。
                                 87/134



                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社アイスコ(E36435)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     (注3)金銭債権及び満期がある有価証券の決算日後の償還予定額
                                       1年超       5年超

                               1年以内                      10年超
                                      5年以内       10年以内
                               (千円)                      (千円)
                                       (千円)       (千円)
    現金及び預金                           1,676,301           ―       ―       ―
    受取手形及び売掛金                           2,529,489           ―       ―       ―
    未収入金                           1,487,765           ―       ―       ―
    差入保証金                             7,597      114,902        51,580       39,743
                合計                5,701,154        114,902        51,580       39,743
     (注4)社債、長期借入金、リース債務及びその他の有利子負債の決算日後の返済予定額

                        1年超       2年超       3年超       4年超

                1年以内                                     5年超
                        2年以内       3年以内       4年以内       5年以内
                 (千円)                                    (千円)
                        (千円)       (千円)       (千円)       (千円)
    短期借入金             1,250,000           ―       ―       ―       ―       ―
    長期借入金
     (1年内返済予定分             687,126       453,210       339,274       299,104       242,580      1,122,135
     を含む)
        合計         1,937,126        453,210       339,274       299,104       242,580      1,122,135
                                 88/134














                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社アイスコ(E36435)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     当事業年度(自 2019年4月1日 至 2020年3月31日)
    1 金融商品の状況に関する事項
     金融商品の状況に関する事項
     (1)  金融商品に対する取組方針
       当社は、資金計画に基づき、銀行等金融機関からの借入により資金を調達しております。一時的な余資の運用に
      ついては安全性の高い短期的な預金等に限定しております。なお、デリバティブは、後述するリスクを回避するた
      めに利用しており、投機的な取引は行っておりません。
     (2) 金融商品の内容及びそのリスク

       営業債権である売掛金は、顧客の信用リスクに晒されております。営業債務である買掛金は、その全てが1年以
      内の支払期日であります。
       長期借入金は主に設備投資資金及び運転資金の確保のための資金調達であります。
     (3)  金融商品に係るリスク管理体制

       営業債権である受取手形及び売掛金は、顧客の信用リスクに晒されております。当該リスクに関しては、取引先
      毎の期日管理及び残高管理を行うとともに、主な取引先の信用状況を定期的に把握する体制としております。
       投資有価証券である株式は、主に業務上の関係を有する企業の株式であり、市場価格の変動リスクに晒されてお
      りますが、定期的に時価を把握する体制としております。
       営業債務である支払手形及び買掛金はほとんどが2ヶ月以内の支払期日であり、短期借入金は運転資金、長期借
      入金は設備投資のための必要資金の調達を目的としたものであります。これらは担当部署が適時に資金繰り計画を
      作成・更新するなどの方法により、資金調達にかかる流動性リスクを管理しております。
       デリバティブ取引は、借入金に係る支払金利の変動リスクに対するヘッジを目的とした金利スワップ取引であり
      ます。なお、デリバティブ取引については、社内管理規程に基づき、金利の変動リスクを回避する目的に限定した
      取引を行っており、投機目的での取引は行っておりません。
     (4)  金融商品の時価等に関する事項についての補足説明

       金融商品の時価には、市場価格に基づく価額のほか、市場価格がない場合には合理的に算定された価額が含まれ
      ております。当該価額の算定においては変動要因を織り込んでいるため、異なる前提条件等を採用することによ
      り、当該価額が変動することがあります。
                                 89/134










                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社アイスコ(E36435)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    2 金融商品の時価等に関する事項
      貸借対照表計上額、時価及びこれらの差額については、次のとおりであります。なお、時価を把握することが極め
     て困難と認められるものは、次表には含まれておりません((注2)を参照ください。)。
                       貸借対照表計上額               時価            差額

                          (千円)            (千円)            (千円)
    (1)  現金及び預金
                             1,294,933            1,294,933                ―
    (2)  受取手形及び売掛金
                             3,386,425
                               △625
       貸倒引当金(※)
                             3,385,800            3,385,800                ―
    (3)  未収入金
                             1,813,268            1,813,268                ―
    (4)  投資有価証券
      その他有価証券                        15,914            15,914              ―
    (5)  差入保証金
                              221,332            221,124             △208
           資産計                  6,731,249            6,731,040              △208
    (1)  支払手形及び買掛金
                             5,454,971            5,454,971                ―
    (2)  未払金
                              635,472            635,472               ―
    (3)  未払費用
                              423,692            423,692               ―
    (4)  短期借入金
                             1,250,000            1,250,000                ―
    (5)  長期借入金
                             3,071,215            3,108,561              37,346
      (1年内返済予定分を含む)
           負債計                 10,835,351            10,872,697              37,346
        デリバティブ取引                      13,384            13,384              ―
     (※) 受取手形及び売掛金については、対応する貸倒引当金を控除しております。
     (注1)金融商品の時価の算定方法並びに有価証券及びデリバティブ取引に関する事項

     資   産
      (1)  現金及び預金、(2)         受取手形及び売掛金及び(3)             未収入金
        これらはすべて短期で決済されるため、時価は帳簿価額と近似していることから、当該帳簿価額によっており
       ます。
      (4)  投資有価証券
        投資有価証券の時価について、株式は取引所の価格によっております。
      (5)  差入保証金
        営業所及び店舗等敷金の時価については、退去年数を想定し、その将来キャッシュ・フローを国債の利回りよ
       り算出した利率で割り引いた現在価値により算定しております。
     負   債

      (1)  支払手形及び買掛金、(2)            未払金、(3)      未払費用及び(4)        短期借入金
        これらはすべて短期で決済されるため、時価は帳簿価額と近似していることから、当該帳簿価額によっており
       ます。
      (5)  長期借入金
        長期借入金の時価については、元利金の合計額を同様の新規借入を行った場合に想定される利率で割り引いた
       現在価値により算定しております。
     デリバティブ取引

      デリバティブ取引の時価は、取引先の金融機関から提示された価格等に基づき算定しております。
     (注2)時価を把握することが極めて困難と認められる金融商品の貸借対照表計上額

                 貸借対照表計上額
         区分
                    (千円)
    取引保証金                   427,324
        取引保証金については、契約の解約時期の見積が困難なため、時価を把握することが極めて困難と認められる
       ことから「(5)       差入保証金」には含めておりません。
                                 90/134



                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社アイスコ(E36435)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     (注3)金銭債権及び満期がある有価証券の決算日後の償還予定額
                                       1年超       5年超

                               1年以内                      10年超
                                      5年以内       10年以内
                               (千円)                      (千円)
                                       (千円)       (千円)
    現金及び預金                           1,294,933           ―       ―       ―
    受取手形及び売掛金                           3,385,800           ―       ―       ―
    未収入金                           1,813,268           ―       ―       ―
    差入保証金                             48,814       75,415       57,360       39,743
                合計                6,542,817         75,415       57,360       39,743
     (注4)社債、長期借入金、リース債務及びその他の有利子負債の決算日後の返済予定額

                        1年超       2年超       3年超       4年超

                1年以内                                     5年超
                        2年以内       3年以内       4年以内       5年以内
                 (千円)                                    (千円)
                        (千円)       (千円)       (千円)       (千円)
    短期借入金             1,250,000           ―       ―       ―       ―       ―
    長期借入金
    (1年内返済予定分を              529,470       415,534       375,364       317,173       253,584      1,180,090
    含む)
        合計         1,779,470        415,534       375,364       317,173       253,584      1,180,090
                                 91/134














                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社アイスコ(E36435)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       (有価証券関係)
     前事業年度(自 2018年4月1日 至 2019年3月31日)
      1   その他有価証券
                      貸借対照表計上額              取得原価             差額

           区分
                        (千円)            (千円)            (千円)
    貸借対照表計上額が取得原価を
    超えるもの
     株式
                             20,673             9,521            11,151
     債券
                               ―            ―            ―
     その他
                               ―            ―            ―
           小計                  20,673             9,521            11,151
    貸借対照表計上額が取得原価を
    超えないもの
     株式
                               ―            ―            ―
     債券
                               ―            ―            ―
     その他
                               ―            ―            ―
           小計                    ―            ―            ―
           合計                  20,673             9,521            11,151
      2   事業年度中に売却したその他有価証券

                        売却額          売却益の合計額            売却損の合計額

           区分
                        (千円)            (千円)            (千円)
    株式                        24,720            10,260             6,933
    債券                          ―            ―            ―
    その他                         7,914            6,194              ―
           合計                  32,634            16,454             6,933
                                 92/134











                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社アイスコ(E36435)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     当事業年度(自 2019年4月1日 至 2020年3月31日)
      1   その他有価証券
                      貸借対照表計上額              取得原価             差額

           区分
                        (千円)            (千円)            (千円)
    貸借対照表計上額が取得原価を
    超えるもの
     株式
                             15,914             9,521            6,392
     債券
                               ―            ―            ―
     その他
                               ―            ―            ―
           小計                  15,914             9,521            6,392
    貸借対照表計上額が取得原価を
    超えないもの
     株式
                               ―            ―            ―
     債券
                               ―            ―            ―
     その他
                               ―            ―            ―
           小計                    ―            ―            ―
           合計                  15,914             9,521            6,392
      2   事業年度中に売却したその他有価証券

        該当事項はありません。
                                 93/134













                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社アイスコ(E36435)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       (デリバティブ取引関係)
     前事業年度(2019年3月31日)
      1   ヘッジ会計が適用されていないデリバティブ取引
       金利関連
                               契約額等のうち

                        契約額等                   時価        評価損益
               種類                  1年超
                         (千円)                  (千円)         (千円)
                                 (千円)
    市場取引       金利スワップ取引

                           780,970         698,400        △20,378          5,952
    以外の取引       支払固定・受取変動
            合計               780,970         698,400        △20,378          5,952

     (注)    時価の算定方法         取引先金融機関から提示された価格等に基づき算定しております。
      2   ヘッジ会計が適用されているデリバティブ取引

        該当事項はありません。
     当事業年度(2020年3月31日)

      1   ヘッジ会計が適用されていないデリバティブ取引
       金利関連
                               契約額等のうち

                        契約額等                   時価        評価損益
               種類                  1年超
                         (千円)                  (千円)         (千円)
                                 (千円)
    市場取引       金利スワップ取引

                           615,905         552,025        △13,384          6,993
    以外の取引       支払固定・受取変動
            合計               615,905         552,025        △13,384          6,993

     (注)    時価の算定方法         取引先金融機関から提示された価格等に基づき算定しております。
      2   ヘッジ会計が適用されているデリバティブ取引

        該当事項はありません。
                                 94/134










                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社アイスコ(E36435)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       (退職給付関係)
     前事業年度(自 2018年4月1日 至 2019年3月31日)
    1.採用している退職給付制度の概要
      当社は、確定給付型の制度として退職一時金制度を採用しております。
    2.確定給付制度

     (1)  退職給付債務の期首残高と期末残高の調整表
       退職給付債務の期首残高                          400,802千円

                                 58,038    〃
        勤務費用
                                  2,513   〃
        利息費用
                                  1,003   〃
        数理計算上の差異の発生額
                                △12,202     〃
        退職給付の支払額
       退職給付債務の期末残高                          450,154千円
     (2)  退職給付債務及び年金資産の期末残高と貸借対照表に計上された退職給付引当金及び前払年金費用の調整表

       非積立型制度の退職給付債務                          450,154千円

       未積立退職給付債務                          450,154千円
                                 △1,003    〃
       未認識数理計算上の差異
       貸借対照表に計上された負債と資産の純額                          449,150千円
       退職給付引当金                          449,150千円

       貸借対照表に計上された負債と資産の純額                          449,150千円
     (3)  退職給付費用及びその内訳項目の金額

       勤務費用                          58,038千円
                                  2,513   〃
       利息費用
       確定給付制度に係る退職給付費用                          60,551千円
     (4)  数理計算上の計算基礎に関する事項

       主要な数理計算上の計算基礎
       割引率                            0.627%
                                 95/134








                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社アイスコ(E36435)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     当事業年度(自 2019年4月1日 至 2020年3月31日)
    1.採用している退職給付制度の概要
      当社は、確定給付型の制度として退職一時金制度を採用しております。
    2.確定給付制度

     (1)  退職給付債務の期首残高と期末残高の調整表
       退職給付債務の期首残高                          450,154千円

                                 67,509    〃
        勤務費用
                                  2,821   〃
        利息費用
                                  1,934   〃
        数理計算上の差異の発生額
                                 △8,966    〃
        退職給付の支払額
       退職給付債務の期末残高                          513,453千円
     (2)  退職給付債務及び年金資産の期末残高と貸借対照表に計上された退職給付引当金及び前払年金費用の調整表

       非積立型制度の退職給付債務                          513,453千円

                                 513,453    〃
       未積立退職給付債務
                                 △2,737    〃
       未認識数理計算上の差異
       貸借対照表に計上された負債と資産の純額                          510,715千円
       退職給付引当金                          510,715千円

       貸借対照表に計上された負債と資産の純額                          510,715千円
     (3)  退職給付費用及びその内訳項目の金額

       勤務費用                          67,509千円

                                  2,821   〃
       利息費用
                                   200  〃
       数理計算上の差異の費用処理額
       確定給付制度に係る退職給付費用                          70,532千円
     (4)  数理計算上の計算基礎に関する事項

       主要な数理計算上の計算基礎
       割引率                            0.627%
                                 96/134








                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社アイスコ(E36435)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       (ストック・オプション等関係)
     前事業年度(自         2018年4月1日         至   2019年3月31日)
    1.ストック・オプションにかかる費用計上額及び科目名
      該当事項はありません。
    2.ストック・オプションの内容、規模及びその変動状況

      当事業年度(2019年3月期)において存在したストック・オプションの数については、株式数に換算して記載してお
     ります。なお、2020年11月1日付で普通株式1株につき15株の割合で株式分割を行っているため、当該株式分割によ
     る調整後の株数を記載しております。
     (1)  ストック・オプションの内容
    決議年月日                  2019年3月20日

                      当社取締役   2
    付与対象者の区分及び人数(名)                  当社執行役員  3
                      当社従業員   33
    株式の種類及び付与数                  普通株式 59,850株
    付与日                  2019年3月22日

                      「第4    提出会社の状況        1  株式等の状況       (2)  新株予約権等の状況」に記
    権利確定条件
                      載のとおりであります。
    対象勤務期間                  定めておりません。
    権利行使期間                  2019年3月22日~2029年3月21日

     (2)  ストック・オプションの規模及びその変動状況

      ①   ストック・オプションの数
                          第1回新株予約権

    権利確定前(株)

     前事業年度末

                                     ―
     付与

                                   59,850
     失効

                                     ―
     権利確定

                                     ―
     未確定残

                                   59,850
    権利確定後(株)

     前事業年度末

                                     ―
     権利確定

                                     ―
     権利行使

                                     ―
     失効

                                     ―
     未行使残

                                     ―
                                 97/134




                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社アイスコ(E36435)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      ②   単価情報
                          第1回新株予約権

    権利行使価格(円)                                954

    行使時平均株価(円)                                 ―

    付与日における公正な評価単価(円)                                 ―

    3.当事業年度に付与されたストック・オプションの公正な評価単価の見積方法

      ストック・オプション付与日時点においては、当社は株式を上場していないことから、ストック・オプションの公
     正な評価単位の見積方法を単位当たりの本源的価値の見積りによっております。また、単位当たりの本源的価値の見
     積方法は、時価純資産方式により算定しております。
    4.ストック・オプションの権利確定数の見積方法

      基本的には、将来の失効数の合理的な見積りは困難であるため、実績の失効数のみ反映させる方法を採用しており
     ます。
    5.ストック・オプションの単位当たりの本源的価値により算定を行う場合の当事業年度末における本源的価値の合計

     額及び当事業年度において権利行使されたストック・オプションの権利行使日における本源的価値の合計額
     (1)  当事業年度末における本源的価値の合計額                                       ―百万円
     (2)  当事業年度において権利行使された本源的価値の合計額  ―百万円
                                 98/134












                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社アイスコ(E36435)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     当事業年度(自         2019年4月1日         至   2020年3月31日)
    1.ストック・オプションにかかる費用計上額及び科目名
      該当事項はありません。
    2.ストック・オプションの内容、規模及びその変動状況

      当事業年度(2020年3月期)において存在したストック・オプションの数については、株式数に換算して記載してお
     ります。なお、2020年11月1日付で普通株式1株につき15株の割合で株式分割を行っているため、当該株式分割によ
     る調整後の株数を記載しております。
     (1)  ストック・オプションの内容
    決議年月日                      2019年3月20日                  2020年3月9日

                      当社取締役   2                  当社取締役   2
    付与対象者の区分及び人数(名)                  当社執行役員  3                  当社執行役員  4
                      当社従業員   33                  当社従業員   66
    株式の種類及び付与数                  普通株式 59,850株                  普通株式 80,700株
    付与日                  2019年3月22日                  2020年3月10日

                      「第4    提出会社の状況        1  株式等    「第4    提出会社の状況        1  株式等
    権利確定条件                  の状況    (2)  新株予約権等の状況」            の状況    (2)  新株予約権等の状況」
                      に記載のとおりであります。                  に記載のとおりであります。
    対象勤務期間                  定めておりません。                  定めておりません。
    権利行使期間                  2019年3月22日~2029年3月21日                  2020年3月10日~2030年3月9日

     (2)  ストック・オプションの規模及びその変動状況

      ①   ストック・オプションの数
                          第1回新株予約権                  第2回新株予約権

    権利確定前(株)

     前事業年度末

                                    59,850                    ―
     付与

                                      ―                80,700
     失効

                                    1,500                   ―
     権利確定

                                      ―                  ―
     未確定残

                                    58,350                  80,700
    権利確定後(株)

     前事業年度末

                                      ―                  ―
     権利確定

                                      ―                  ―
     権利行使

                                      ―                  ―
     失効

                                      ―                  ―
     未行使残

                                      ―                  ―
                                 99/134




                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社アイスコ(E36435)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      ②   単価情報
                          第1回新株予約権                  第2回新株予約権

    権利行使価格(円)                                 954                  1,060

    行使時平均株価(円)                                 ―                  ―

    付与日における公正な評価単価(円)                                 ―                  ―

    3.当事業年度に付与されたストック・オプションの公正な評価単価の見積方法

      ストック・オプション付与日時点においては、当社は株式を上場していないことから、ストック・オプションの公
     正な評価単位の見積方法を単位当たりの本源的価値の見積りによっております。
      また、単位当たりの本源的価値の算定基礎となる自社の株式価値は、時価純資産法によっております。
    4.ストック・オプションの権利確定数の見積方法

      基本的には、将来の失効数の合理的な見積りは困難であるため、実績の失効数のみ反映させる方法を採用しており
     ます。
    5.ストック・オプションの単位当たりの本源的価値により算定を行う場合の当事業年度末における本源的価値の合計

     額及び当事業年度において権利行使されたストック・オプションの権利行使日における本源的価値の合計額
     (1)  当事業年度末における本源的価値の合計額                                       ―千円
     (2)  当事業年度において権利行使された本源的価値の合計額                             ―千円
                                100/134












                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社アイスコ(E36435)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       (税効果会計関係)
      前事業年度(自 2018年4月1日 至 2019年3月31日)
    1.繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別の内訳
       繰延税金資産

        退職給付引当金                             152,923    千円
        賞与引当金                              38,181    〃
        減損損失                             104,212    〃
        棚卸資産                              37,407    〃
        資産除去債務                              25,452    〃
        未払費用                              58,304    〃
        長期未払金                              52,807    〃
                                     20,860    〃
        その他
       繰延税金資産小計
                                     490,149    千円
                                        ―  〃
       評価性引当額
       繰延税金資産合計
                                     490,149    千円
       繰延税金負債

        その他有価証券評価差額金                              3,796   千円
        資産除去債務に対応する除去費用                              6,344   〃
        特別償却準備金                              42,641    〃
                                     12,148    〃
        圧縮積立金
        繰延税金負債合計                              64,931   千円
       繰延税金資産純額                              425,218    千円
    2.法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との間に重要な差異があるときの、当該差異の原因となった

     主要な項目別の内訳
       法定実効税率                                34.0  %

       (調整)
       受取配当金等永久に益金に算入されない項目                                △0.4   %
       住民税均等割等                                 2.8  %
       所得拡大促進税制による税額控除                                △9.4   %
       抱合せ株式消滅差益                               △11.1   %
       子会社合併による影響額                                △7.1   %
       中小法人等に対する軽減税率                                △0.4   %
                                      △2.2   %
       その他
       税効果会計適用後の法人税等の負担率                                 6.2  %
                                101/134








                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社アイスコ(E36435)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      当事業年度(自 2019年4月1日 至 2020年3月31日)
    1.繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別の内訳
       繰延税金資産

        退職給付引当金                             173,694    千円
        賞与引当金                              41,611    〃
        減損損失                              90,471    〃
        棚卸資産                              44,485    〃
        資産除去債務                              25,484    〃
        未払費用                              70,367    〃
        長期未払金                              52,749    〃
                                     13,031    〃
        その他
       繰延税金資産小計
                                     511,897    千円
                                      △294   〃
       評価性引当額
       繰延税金資産合計
                                     511,602    千円
       繰延税金負債

        その他有価証券評価差額金                              2,174   千円
        資産除去債務に対応する除去費用                              5,512   〃
        特別償却準備金                              50,379    〃
                                     12,198    〃
        圧縮積立金
        繰延税金負債合計                              70,265   千円
       繰延税金資産純額                              441,336    千円
    2.法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との間に重要な差異があるときの、当該差異の原因となった

     主要な項目別の内訳
       法定実効税率                                34.0  %

       (調整)
       住民税均等割等                                 2.7  %
       評価性引当額の増減額                                 0.1  %
                                       0.7  %
       その他
       税効果会計適用後の法人税等の負担率                                37.5  %
                                102/134









                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社アイスコ(E36435)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       (企業結合等関係)
     前事業年度(自         2018年4月1日         至   2019年3月31日)
    (共通支配下の取引等)
    1.取引の概要
     (1)  結合当事企業の名称及び事業の内容
       結合企業    株式会社アイスコ
       被結合企業   株式会社アイオー
       事業の内容   食肉の販売
     (2)  企業結合日
       2018年4月1日
     (3)  企業結合の法的形式
       株式会社アイオー(当社の子会社)を消滅会社、当社を存続会社とする吸収合併
     (4)  結合後企業の名称
       株式会社アイスコ
     (5)  その他取引の概要に関する事項
       本合併は、当社グループにおける事業再編の一環として、経営資源の集中と組織運営の強化及び効率化を図るこ
      とを目的としています。
    2.実施した会計処理の概要

      「企業結合に関する会計基準」及び「企業結合会計基準及び事業分離等会計基準に関する適用指針」に基づき、共
     通支配下の取引として処理しております。なお、合併効力発生日において吸収合併消滅会社から受け入れる資産及び
     負債の差額と、当社が所有する子会社株式の帳簿価額との差額77,622千円を特別利益(抱合せ株式消滅差益)として計
     上しております。
     当事業年度(自         2019年4月1日         至   2020年3月31日)

      該当事項はありません。
       (資産除去債務関係)

     前事業年度(自         2018年4月1日         至   2019年3月31日)
      資産除去債務のうち貸借対照表に計上しているもの
    1.当該資産除去債務の概要
      営業所及び店舗の不動産賃貸借契約に伴う原状回復義務です。
    2.当該資産除去債務の金額の算定方法

      使用見込期間を取得から15年と見積り、割引率は0.143~0.341%を使用して資産除去債務の金額を計算しておりま
     す。
    3.当該資産除去債務の総額の増減

      期首残高                                34,969千円

                                      39,668    〃
      見積りの変更による増加額
                                       119  〃
      時の経過による調整額
      期末残高
                                      74,756千円
                                103/134





                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社アイスコ(E36435)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     当事業年度(自         2019年4月1日         至   2020年3月31日)
      資産除去債務のうち貸借対照表に計上しているもの
    1.当該資産除去債務の概要
      営業所及び店舗の不動産賃貸借契約に伴う原状回復義務です。
    2.当該資産除去債務の金額の算定方法

      使用見込期間を取得から15年と見積り、割引率は0.143~0.341%を使用して資産除去債務の金額を計算しておりま
     す。
    3.当該資産除去債務の総額の増減

      期首残高                                74,756千円

                                       176  〃
      時の経過による調整額
      期末残高
                                      74,933千円
       (賃貸等不動産関係)

     前事業年度(自         2018年4月1日         至   2019年3月31日)
      賃貸等不動産の総額に重要性が乏しいため、記載を省略しております。
     当事業年度(自         2019年4月1日         至   2020年3月31日)

      賃貸等不動産の総額に重要性が乏しいため、記載を省略しております。
                                104/134













                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社アイスコ(E36435)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       (セグメント情報等)
      【セグメント情報】
     前事業年度(自         2018年4月1日         至   2019年3月31日)
    1 報告セグメントの概要
     (1)  報告セグメントの決定方法
       当社の報告セグメントは、当社の構成単位のうち分離された財務情報が入手可能であり、取締役会が経営資源の
      配分の決定及び業績を評価するために、定期的に検討を行う対象となっているものです。当社は主として事業の業
      態を基礎としたセグメントから構成されており、「フローズン事業」「スーパーマーケット事業」の2つを報告セ
      グメントとしております。
     (2)  各報告セグメントに属する製品及びサービスの種類

       「フローズン事業」:アイス、冷凍食品等の卸売り
       「スーパーマーケット事業」:生鮮食品等の小売り
    2 報告セグメントごとの売上高、利益又は損失、資産、負債その他の項目の金額の算定方法

      報告されている事業セグメントの会計処理の方法は「重要な会計方針」における記載と同一であります。報告セグ
     メントの利益は、営業利益ベースの数値であります。セグメント間の内部収益及び振替高は第三者間取引価格に基づ
     いております。
    3 報告セグメントごとの売上高、利益又は損失、資産、負債その他の項目の金額に関する情報

                                                  (単位:千円)
                          報告セグメント
                                            調整額       財務諸表
                            スーパー
                                           (注)1、3         計上額
                   フローズン事業                   計
                          マーケット事業
    売上高
     外部顧客への売上高               24,914,173        10,300,617        35,214,791            ―    35,214,791
     セグメント間の内部
                      275,961          ―     275,961       △ 275,961          ―
     売上高又は振替高
          計          25,190,135        10,300,617        35,490,752        △ 275,961      35,214,791
    セグメント利益(注)2、4                  181,760        137,131        318,891          ―     318,891
    セグメント資産                 7,213,179        2,585,576        9,798,756        2,551,467       12,350,223
    その他の項目
     減価償却費                 279,571        95,346       374,917          ―     374,917
     減損損失                   ―     266,008        266,008          ―     266,008
     有形固定資産及び
                      397,655        81,134       478,789          ―     478,789
     無形固定資産の増加額
     (注)   1.売上高の調整額はセグメント間取引消去であります。
       2.セグメント利益には適当な配分基準によって、各報告セグメントに配分された全社費用を含んでおります。
       3.セグメント資産の調整額は、報告セグメントに帰属しない全社資産等であります。
       4.セグメント利益は、財務諸表の営業利益と調整を行っております。
                                105/134






                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社アイスコ(E36435)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     当事業年度(自         2019年4月1日         至   2020年3月31日)
    1 報告セグメントの概要
     (1)  報告セグメントの決定方法
       当社の報告セグメントは、当社の構成単位のうち分離された財務情報が入手可能であり、取締役会が経営資源の
      配分の決定及び業績を評価するために、定期的に検討を行う対象となっているものです。当社は主として事業の業
      態を基礎としたセグメントから構成されており、「フローズン事業」「スーパーマーケット事業」の2つを報告セ
      グメントとしております。
     (2)  各報告セグメントに属する製品及びサービスの種類

       「フローズン事業」:アイス、冷凍食品等の卸売り
       「スーパーマーケット事業」:生鮮食品等の小売り
    2 報告セグメントごとの売上高、利益又は損失、資産、負債その他の項目の金額の算定方法

      報告されている事業セグメントの会計処理の方法は「重要な会計方針」における記載と同一であります。報告セグ
     メントの利益は、営業利益ベースの数値であります。セグメント間の内部収益及び振替高は第三者間取引価格に基づ
     いております。
    3 報告セグメントごとの売上高、利益又は損失、資産、負債その他の項目の金額に関する情報

                                                  (単位:千円)
                          報告セグメント
                                            調整額       財務諸表
                            スーパー
                                           (注)1、3         計上額
                   フローズン事業                   計
                          マーケット事業
    売上高
     外部顧客への売上高               27,342,190        9,386,020       36,728,211            ―    36,728,211
     セグメント間の内部
                      234,101          ―     234,101       △ 234,101          ―
     売上高又は振替高
          計          27,576,291        9,386,020       36,962,312        △ 234,101      36,728,211
    セグメント利益(注)2、4                  66,946        78,238       145,184          ―     145,184
    セグメント資産                 8,694,957        2,782,734       11,477,692        2,170,765       13,648,457
    その他の項目
     減価償却費                 309,265        67,441       376,707          ―     376,707
     有形固定資産及び
                      694,265        228,149        922,415          ―     922,415
     無形固定資産の増加額
     (注)   1.売上高の調整額はセグメント間取引消去であります。
       2.セグメント利益には適当な配分基準によって、各報告セグメントに配分された全社費用を含んでおります。
       3.セグメント資産の調整額は、報告セグメントに帰属しない全社資産等であります。
       4.セグメント利益は、財務諸表の営業利益と調整を行っております。
                                106/134







                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社アイスコ(E36435)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    【関連情報】
     前事業年度(自 2018年4月1日 至 2019年3月31日)
    1 製品及びサービスごとの情報
      セグメント情報に同様の情報を開示しているため、記載を省略しております。
    2 地域ごとの情報

     (1)  売上高
       本邦以外の外部顧客への売上高がないため、該当事項はありません。
     (2)  有形固定資産

       本邦以外に所在している有形固定資産がないため、該当事項はありません。
    3 主要な顧客ごとの情報

                                                  (単位:千円)
        顧客の名称又は氏名                     売上高              関連するセグメント名
    株式会社クリエイトエス・ディー                              7,040,961      フローズン事業
    株式会社ドン・キホーテ及び
                                  4,657,581      フローズン事業
    そのグループ会社
     当事業年度(自 2019年4月1日 至 2020年3月31日)

    1 製品及びサービスごとの情報
      セグメント情報に同様の情報を開示しているため、記載を省略しております。
    2 地域ごとの情報

     (1)  売上高
       本邦以外の外部顧客への売上高がないため、該当事項はありません。
     (2)  有形固定資産

       本邦以外に所在している有形固定資産がないため、該当事項はありません。
    3 主要な顧客ごとの情報

                                                  (単位:千円)
        顧客の名称又は氏名                     売上高              関連するセグメント名
    株式会社クリエイトエス・ディー                              7,914,057      フローズン事業
    株式会社ドン・キホーテ及び
                                  7,021,141      フローズン事業
    そのグループ会社
                                107/134







                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社アイスコ(E36435)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    【報告セグメントごとの固定資産の減損損失に関する情報】
     前事業年度(自 2018年4月1日 至 2019年3月31日)
      セグメント情報に同様の情報を開示しているため、記載を省略しております。
     当事業年度(自         2019年4月1日         至   2020年3月31日)

      該当事項はありません。
    【報告セグメントごとののれんの償却額及び未償却残高に関する情報】

     前事業年度(自 2018年4月1日 至 2019年3月31日)
      該当事項はありません。
     当事業年度(自         2019年4月1日         至   2020年3月31日)

      該当事項はありません。
    【報告セグメントごとの負ののれん発生益に関する情報】

     前事業年度(自 2018年4月1日 至 2019年3月31日)
      該当事項はありません。
     当事業年度(自         2019年4月1日         至   2020年3月31日)

      該当事項はありません。
                                108/134













                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社アイスコ(E36435)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       【関連当事者情報】
     前事業年度(自         2018年4月1日         至   2019年3月31日)
    1   関連当事者との取引
     財務諸表提出会社と関連当事者との取引
      財務諸表提出会社の役員及び主要株主(個人の場合に限る)等
                             議決権等

                   資本金又
         会社等の名称              事業の内容      の所有     関連当事者           取引金額          期末残高
     種類          所在地    は出資金                    取引の内容           科目
          又は氏名              又は職業     (被所有)     との関係           (千円)          (千円)
                   (千円)
                             割合(%)
                                       銀行借入に
                                       伴う被保証       617,338     ―     ―
                                       (注)1
                                       仕入
                                       債務被保証      2,817,418      ―     ―
                                       (注)2
                                       不動産賃貸
                            (被所有)
    役員及びそ                   代表取締役           債務被保証     契約の
          相原敏貴      ―    ―                          83,533     ―     ―
                             直接  23.18
    の近親者                    会長          担保受入     債務被保証
                                       (注)3
                                       不動産
                                       担保受入       120,000     ―     ―
                                       (注)4
                                       株式担保
                                                ―   ―     ―
                                       受入
                                       (注)5
                                       仕入債務被
                            (被所有)
    役員及びそ                   代表取締役
          相原貴久      ―    ―              債務被保証     保証       230,486     ―     ―
                             直接  9.35
    の近親者                    社長
                                       (注)2
                                       仕入債務被
                            (被所有)
    役員及びそ
          青木哲也      ―    ―   常務取締役           債務被保証     保証       11,113     ―     ―
                             直接  2.80
    の近親者
                                       (注)2
                                       不動産
                            (被所有)
    役員及びそ
                                       担保受入
          相原久子      ―    ―     ―          担保受入           120,000     ―     ―
                             直接  3.27
    の近親者
                                       (注)4
                                       仕入債務被
    役員及びそ
          武井雅美      ―    ―     ―     ―    債務被保証     保証       180,764     ―     ―
    の近親者
                                       (注)2
     (注)   1.当社は、銀行からの借入について、代表取締役会長相原敏貴から債務保証を受けております。取引金額につ
         いては、借入金額の期末残高を記載しております。なお、保証料の支払は行っておりません。
       2.当社は、一部の仕入債務について、代表取締役会長相原敏貴、代表取締役社長相原貴久、常務取締役青木哲
         也及び元取締役武井雅美から債務保証を受けております。取引金額については、期末の支払手形及び買掛金
         残高を記載しております。なお、保証料の支払は行っておりません。
       3.当社の不動産賃貸契約に対して、代表取締役会長相原敏貴から債務保証を受けております。取引金額は家賃
         の被保証における費用計上額を記載しております。なお、保証料の支払いは行っておりません。
       4.当社の仕入債務に対して、代表取締役会長相原敏貴及び配偶者である相原久子から不動産担保(根抵当権設
         定極度額 120,000千円)を受け入れております。なお、担保提供料の支払は行っておりません。
       5.当社の仕入債務に対して、代表取締役相原敏貴が保有する株式会社神奈川銀行株式3,200株の担保を受けて
         おります。取引金額は、未上場株式のため記載しておりません。なお、担保提供料の支払は行っておりませ
         ん。
       6.上記取引金額には消費税は含まれておらず、期末残高には消費税が含まれております。
       なお、本書提出日現在において、上表に記載している当社と当社役員及びその近親者との取引は、すべて解消し

      ております。
    2   親会社又は重要な関連会社に関する注記

      該当事項はありません。
                                109/134




                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社アイスコ(E36435)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     当事業年度(自         2019年4月1日         至   2020年3月31日)
    1   関連当事者との取引
     財務諸表提出会社と関連当事者との取引
      財務諸表提出会社の役員及び主要株主(個人の場合に限る)等
                             議決権等

                   資本金又
         会社等の名称              事業の内容      の所有     関連当事者           取引金額          期末残高
     種類          所在地    は出資金                    取引の内容           科目
          又は氏名              又は職業     (被所有)     との関係           (千円)          (千円)
                   (千円)
                             割合(%)
                                       仕入
                                       債務被保証      3,918,432      ―     ―
                                       (注)1
                                       不動産
                                       担保受入       120,000     ―     ―
                            (被所有)
    役員及びそ                   代表取締役           債務被保証
                                       (注)2
          相原敏貴      ―    ―
                             直接  22.90
    の近親者                    会長          担保受入
                                       株式担保
                                                ―   ―     ―
                                       受入
                                       (注)3
                                       家賃被保証
                                                ―   ―     ―
                                       (注)4
                                       仕入
                            (被所有)
    役員及びそ                   代表取締役
          相原貴久      ―    ―              債務被保証     債務被保証       232,513     ―     ―
                             直接  9.35
    の近親者                    社長
                                       (注)1
                                       不動産
                            (被所有)
    役員及びそ
          相原久子      ―    ―     ―          担保受入     担保受入       120,000     ―     ―
                             直接  3.27
    の近親者
                                       (注)2
     (注)   1.当社は一部の仕入債務について、代表取締役会長相原敏貴及び代表取締役社長相原貴久から債務保証を受け
         ております。取引金額については、期末の支払手形及び買掛金残高を記載しております。なお、保証料の支
         払は行っておりません。
       2.当社の一部の仕入債務に対して、代表取締役会長相原敏貴及び配偶者である相原久子から不動産担保(根抵
         当権設定極度額 120,000千円)を受け入れております。なお、担保提供料の支払は行っておりません。
       3.当社の一部の仕入債務に対して、代表取締役会長相原敏貴が保有する株式会社神奈川銀行株式3,200株の担
         保を受けております。取引金額は、未上場株式のため記載しておりません。なお、担保提供料の支払は行っ
         ておりません。
       4.当社は一部の地代家賃について、代表取締役会長相原敏貴から債務保証を受けております。なお、保証料の
         支払は行っておりません。地代家賃支払に対する債務保証については、期末日における未払債務がないた
         め、取引金額は記載しておりませんが、保証対象物件の2019年4月1日より2020年3月31日に係る消費税等
         を除く地代家賃合計は、57,024千円であります。
       5.上記取引金額には消費税は含まれておらず、期末残高には消費税が含まれております。
       なお、本書提出日現在において、上表に記載している当社と当社役員及びその近親者との取引は、すべて解消し

      ております。
    2   親会社又は重要な関連会社に関する注記

      該当事項はありません。
                                110/134








                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社アイスコ(E36435)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       (1株当たり情報)
                             前事業年度                 当事業年度
                          (自    2018年4月1日              (自    2019年4月1日
                           至   2019年3月31日)               至   2020年3月31日)
    1株当たり純資産額                              1,070.07円                 1,141.46円
    1株当たり当期純利益                               139.07円                  90.00円

     (注)   1.潜在株式調整後1株当たり当期純利益については、新株予約権の残高はありますが、当社株式は非上場であ
         るため期中平均株価を把握できませんので記載しておりません。
       2.2020年11月1日付で普通株式1株につき15株の割合で株式分割を行っております。前事業年度の期首に当該
         株式分割が行われたと仮定し、1株当たり純資産額及び1株当たり当期純利益を算定しております。
       3.1株当たり当期純利益金額の算定上の基礎は、以下のとおりであります。
                                前事業年度               当事業年度

                              (自    2018年4月1日            (自    2019年4月1日
               項目
                              至   2019年3月31日)             至   2020年3月31日)
    1株当たり当期純利益
     当期純利益(千円)

                                      223,205               144,457
     普通株主に帰属しない金額(千円)

                                         ―               ―
     普通株式に係る当期純利益(千円)

                                      223,205               144,457
     普通株式の期中平均株式数(株)

                                     1,605,000               1,605,000
                            新株予約権1種類(新株予約               新株予約権2種類(新株予約
                            権の数3,990個(普通株式               権の数9,270個(普通株式
                            59,850株))。               139,050株))。
    希薄化効果を有しないため、潜在株式調整後1株                        なお、新株予約権の概要は               なお、新株予約権の概要は
    当たり当期純利益金額の算定に含まれなかった潜                        「第4提出会社の状況 1                「第4提出会社の状況 1 
    在株式の概要                        株式等の状況 (2)新株予約               株式等の状況 (2)新株予約
                            権等の状況 ①ストックオプ               権等の状況 ①ストックオプ
                            ション制度の内容」に記載の               ション制度の内容」に記載の
                            とおりであります。               とおりであります。
                                111/134










                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社アイスコ(E36435)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       (重要な後発事象)
     前事業年度(自         2018年4月1日         至   2019年3月31日)
      該当事項はありません。
     当事業年度(自         2019年4月1日         至   2020年3月31日)

      株式分割及び単元株制度の採用
      当社は、2020年10月16日開催の取締役会決議に基づき、2020年11月1日付をもって株式分割を行っております。ま
     た、2020年11月13日開催の臨時株主総会決議に基づき、定款の一部を変更し単元株制度を採用しております。
     1.株式分割、単元株制度の採用の目的

       当社株式流動性の向上と投資家層の拡大を図ることを目的として株式分割を実施するとともに、1単元を100株と
      する単元株制度を採用いたします。
     2.実施した会計処理の概要

      (1)  分割方法
        2020年10月31日最終の株主名簿に記載又は記録された株主の所有株式数を、普通株式1株につき15株の割合を
       もって分割しております。
      (2)  分割により増加する株式数

        株式分割前の発行済株式総数                     107,000株
        今回の分割により増加する株式数                    1,498,000株
        株式分割後の発行済株式総数                          1,605,000株
        株式分割後の発行可能株式総数                    6,000,000株
      (3)  株式分割の効力発生日

        2020年11月1日
      (4)  1株当たり情報に与える影響

        「1株当たり情報」は、当該株式分割が前事業年度の期首に行われたと仮定して算出しており、これによる影
       響については、当該箇所に反映されております。
     3.単元株制度の採用

       単元株制度を採用し、普通株式の単元株式数を100株といたしました。
                                112/134








                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社アイスコ(E36435)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    【注記事項】
      (四半期財務諸表の作成にあたり適用した特有の会計処理)
                                   当第3四半期累計期間

                              (自 2020年4月1日            至  2020年12月31日)
    税金費用の計算                  税金費用については、当第3四半期会計期間を含む事業年度の税引前当期純利
                      益に対する税効果会計適用後の実効税率を合理的に見積り、税引前四半期純利
                      益に当該見積実効税率を乗じて計算しております。
      (追加情報)

       (新型コロナウイルス感染症拡大に伴う会計上の見積りについて)
        前事業年度の(追加情報)に記載した会計上の見積りを行う上での新型コロナウイルス感染症の影響の考え方
       についての重要な変更はありません。
      (四半期キャッシュ・フロー計算書関係)

        当第3四半期累計期間に係る四半期キャッシュ・フロー計算書は作成しておりません。なお、第3四半期累計
       期間に係る減価償却費は、次のとおりであります。
                              当第3四半期累計期間

                              (自    2020年4月1日
                              至   2020年12月31日)
        減価償却費                             268,546千円
      (株主資本等関係)

       当第3四半期累計期間(自 2020年4月1日 至 2020年12月31日)
     1.配当金支払額

                    配当金の総額        1株当たり
        決議      株式の種類                       基準日        効力発生日        配当の原資
                      (千円)      配当額(円)
    2020年6月29日
              普通株式         26,750         250   2020年3月31日         2020年6月30日         利益剰余金
    定時株主総会
     2.基準日が当第3四半期累計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が当第3四半期会計期間の末日後となる

      もの
      該当事項はありません。
                                113/134









                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社アイスコ(E36435)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       (セグメント情報等)
       【セグメント情報】
       当第3四半期累計期間(自 2020年4月1日 至 2020年12月31日)
       報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
                                                  (単位:千円)
                           報告セグメント
                                             調整額
                                                   四半期損益
                             スーパー
                                                   計算書計上額
                                             (注)1
                   フローズン事業                   計
                           マーケット事業
       売上高
        外部顧客への売上高
                     24,335,831         7,178,682        31,514,514           ―   31,514,514
        セグメント間の内部
                       178,924           ―     178,924      △ 178,924          ―
        売上高又は振替高
            計         24,514,756         7,178,682        31,693,438        △ 178,924      31,514,514
       セグメント利益
                       552,504        264,761        817,265          ―     817,265
       (注)2、3
      (注)1. セグメント間の内部売上高又は振替高の調整額△178,924千円は、セグメント間取引消去等でありま                                                  す。
        2. セグメント利益には適当な配分基準によって、各報告セグメントに配分された全社費用を含んでおりま
           す。
        3. セグメント利益は、四半期損益計算書の営業利益と調整を行っております。
       (1株当たり情報)

        1株当たり四半期純利益及び算定上の基礎は、以下のとおりであります。
                                    当第3四半期累計期間

                                    (自 2020年4月1日
                                     至 2020年12月31日)
       1株当たり四半期純利益                                    353円60銭
       (算定上の基礎)

        四半期純利益(千円)

                                            567,535
        普通株主に帰属しない金額(千円)

                                               ―
        普通株式に係る四半期純利益(千円)

                                            567,535
        普通株式の期中平均株式数(株)

                                           1,605,000
       希薄化効果を有しないため、潜在株式調整後1株当たり
       四半期純利益の算定に含めなかった潜在株式で、前事業                                       ―
       年度末から重要な変動があったものの概要
       (注)1.潜在株式調整後1株当たり四半期純利益については、新株予約権の残高がありますが、当社株式は非上
           場であり、期中平均株価が把握できないため、記載しておりません。
         2.当社は、2020年11月1日付で、普通株式1株につき15株の割合で株式分割を行っております。当事業年
           度期首に株式分割が行われたと仮定し、1株当たり四半期純利益を算定しております。
       (重要な後発事象)

        該当事項はありません。
                                114/134






                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社アイスコ(E36435)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      ⑤  【附属明細表】(2020年3月31日現在)
       【有価証券明細表】
       有価証券の金額が資産の総額の100分の1以下であるため、財務諸表等規則第124条の規定により記載を省略して
      おります。
       【有形固定資産等明細表】

                                        当期末減価

                当期首残高      当期増加額      当期減少額      当期末残高      償却累計額      当期償却額      差引当期末
       資産の種類
                 (千円)      (千円)      (千円)      (千円)     又は償却累       (千円)     残高(千円)
                                        計額(千円)
    有形固定資産

     建物           2,816,216       426,112       8,621    3,233,707      1,031,989       102,900     2,201,718

     機械及び装置            228,834      166,456       1,790     393,501      194,839      19,305     198,662

     車両運搬具           1,174,929       224,420      57,404    1,341,946      1,075,067       206,621      266,878

     工具、器具及び備品            420,240      49,507      50,058     419,689      355,314      26,565      64,374

     土地           2,514,966         ―      ―  2,514,966         ―      ―  2,514,966

     建設仮勘定             95,628     347,950      443,578        ―      ―      ―      ―

     その他             65,528      38,964        ―   104,493      41,467      5,077     63,025

      有形固定資産計          7,316,345      1,253,411       561,452     8,008,304      2,698,678       360,471     5,309,625

    無形固定資産

     ソフトウエア             88,980      16,953        ―   105,934      52,794      16,190      53,139

     その他             4,006       ―      ―    4,006       166      45    3,839

      無形固定資産計            92,986      16,953        ―   109,940      52,960      16,236      56,979

     (注)   1.当期増加額のうち主なものは次のとおりであります。
         建物         焼津営業所の新設                          320,179    千円
         建物         スーパー生鮮館TAIGA岡津店改装に伴う内装工事                          101,561    千円
         機械及び装置         焼津営業所の冷凍設備                          66,926   千円
         車両運搬具         車両の購入                          215,594    千円
         建設仮勘定         焼津営業所の新設                          347,950    千円
       2.当期減少額のうち主なものは次のとおりであります。

         車両運搬具         車両の売却                          57,404   千円
         建設仮勘定         焼津営業所の稼働による振替                          443,578    千円
                                115/134






                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社アイスコ(E36435)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       【社債明細表】
       該当事項はありません。
       【借入金等明細表】

                    当期首残高          当期末残高          平均利率

          区分                                        返済期限
                     (千円)          (千円)          (%)
    短期借入金                  1,250,000          1,250,000            0.26       ―
    1年以内に返済予定の長期
                       687,126          529,470           0.73       ―
    借入金
                                               2021年4月30日~
    長期借入金(1年以内に返済
                      2,456,303          2,541,745            0.91
    予定のものを除く)
                                                2039年12月30日
          合計             4,393,429          4,321,215         ―          ―
     (注)   1.「平均利率」については、借入金等の期末残高に対する加重平均利率を記載しております。
       2.長期借入金の貸借対照表日後5年内における1年ごとの返済予定額の総額
                     1年超2年以内         2年超3年以内         3年超4年以内         4年超5年以内

             区分
                       (千円)         (千円)         (千円)         (千円)
          長期借入金               415,534         375,364         317,173         253,584
       【引当金明細表】

                                  当期減少額        当期減少額

                  当期首残高        当期増加額                         当期末残高
         区分                         (目的使用)         (その他)
                   (千円)        (千円)                         (千円)
                                   (千円)        (千円)
    貸倒引当金                 4,421         961         ―       1,367        4,015
    賞与引当金                112,184        122,352        112,184           ―      122,352

     (注)   1.貸倒引当金の「当期減少額(その他)」欄の金額は、一般債権の貸倒実績率による洗替額であります。
       【資産除去債務明細表】

       明細表に記載すべき事項が財務諸表等規則第8条の28に規定する注記事項として記載されているため、記載を省
      略しております。
                                116/134









                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社アイスコ(E36435)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     (2)  【主な資産及び負債の内容】(2020年3月31日現在)
      ①   現金及び預金
                区分                         金額(千円)

    現金                                                 96,566

    預金

     当座預金                                               913,339

     普通預金                                               221,736

     定期預金                                                42,590

     定期積金                                                20,700

                計                                   1,198,367

                合計                                    1,294,933

      ②   受取手形

        相手先別内訳
               相手先                          金額(千円)

    相原芳正                                                   528

                合計                                       528

        期日別内訳

                期日                         金額(千円)

    2020年4月                                                   528

                合計                                       528

                                117/134









                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社アイスコ(E36435)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      ③   売掛金
        相手先別内訳
               相手先                          金額(千円)

    株式会社クリエイトエス・ディー                                                789,622

    株式会社ドン・キホーテ                                                500,212

    ユニー株式会社                                                278,393

    株式会社長崎屋                                                245,857

    UDリテール株式会社                                                232,198

    その他                                               1,339,612

                合計                                    3,385,897

        売掛金の発生及び回収並びに滞留状況

                                                 滞留期間(日)

                                                  (A)+(D)
                                         回収率(%)
    当期首残高(千円)         当期発生高(千円)         当期回収高(千円)         当期末残高(千円)
                                         (C)           2
                                             ×100
       (A)         (B)         (C)         (D)
                                        (A)+(B)            (B)
                                                    366
       2,531,243        34,088,335         33,233,681         3,385,897           90.8         31.8
     (注)    消費税等の会計処理は税抜方式を採用しておりますが、上記金額には消費税等が含まれております。
      ④   商品

                区分                         金額(千円)

    アイスクリーム・冷凍食品                                                393,308

    その他食品                                                126,426

                合計                                     519,735

      ⑤   未収入金

        相手先別内訳
               相手先                          金額(千円)

    株式会社ナックス                                                172,576

    マルハニチロ株式会社                                                165,905

    株式会社ロッテ                                                153,896

    江崎グリコ株式会社                                                152,903

    株式会社ニチレイ                                                152,667

    その他                                               1,015,318

                合計                                    1,813,268

                                118/134



                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社アイスコ(E36435)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      ⑥   支払手形
        相手先別内訳
               相手先                          金額(千円)

    江崎グリコ株式会社                                                182,321

                合計                                     182,321

        期日別内訳

                期日                         金額(千円)

    2020年4月                                                182,321

                合計                                     182,321

      ⑦   買掛金

               相手先                          金額(千円)

    株式会社ナックス                                               2,023,587

    国分グループ本社株式会社                                                825,076

    株式会社ロッテ                                                251,759

    江崎グリコ株式会社                                                238,450

    株式会社明治                                                232,513

    その他                                               1,701,262

                合計                                    5,272,649

                                119/134










                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社アイスコ(E36435)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     (3)  【その他】
       該当事項はありません。
                                120/134




















                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社アイスコ(E36435)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    第6   【提出会社の株式事務の概要】
    事業年度             毎年4月1日から翌年3月31日まで

    定時株主総会             事業年度末日の翌日から3か月以内

    基準日             毎年3月31日

    株券の種類             ―

                 毎年3月31日
    剰余金の配当の基準日
                 毎年9月30日
    1単元の株式数             100株
    株式の名義書換え(注)1

                 東京都千代田区丸の内一丁目4番5号
      取扱場所
                 三菱UFJ信託銀行株式会社 証券代行部
                 東京都千代田区丸の内一丁目4番5号
      株主名簿管理人
                 三菱UFJ信託銀行株式会社
      取次所           三菱UFJ信託銀行株式会社 全国各支店
      名義書換手数料           無料

      新券交付手数料           ―

    単元未満株式の買取り

                 東京都千代田区丸の内一丁目4番5号
      取扱場所
                 三菱UFJ信託銀行株式会社 証券代行部
                 東京都千代田区丸の内一丁目4番5号
      株主名簿管理人
                 三菱UFJ信託銀行株式会社
      取次所           三菱UFJ信託銀行株式会社 全国各支店 (注)1
      買取手数料           無料(注)2

                 当社の公告は、電子公告により行います。ただし、やむを得ない事由により電子公告
    公告掲載方法             によることができない場合は、日本経済新聞に掲載する方法により行います。
                 公告掲載URL:http://www.iceco.co.jp/
    株主に対する特典             該当事項はありません。
     (注)   1 当社株式は、東京証券取引所JASDAQ(スタンダード)への上場に伴い、社債、株式等の振替に関する法
         律第128条第1項に規定する振替株式となることから、該当事項はなくなる予定です。
       2 単元未満株式の買取手数料は、当社株式が東京証券取引所に上場された日から「株式の売買の委託に係る手
         数料相当額として別途定める金額」に変更されます。
       3 当社株主は、その有する単元未満株式について、次に掲げる権利以外の権利を行使することができない旨、
         定款に定めております。
         (1)会社法第189条第2項各号に掲げる権利
         (2)取得請求権付株式の取得を請求する権利
         (3)募集株式又は募集新株予約権の割り当てを受ける権利
                                121/134






                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社アイスコ(E36435)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    第7   【提出会社の参考情報】
    1  【提出会社の親会社等の情報】

      当社には、金融商品取引法第24条の7第1項に規定する親会社等はありません。
    2  【その他の参考情報】

      該当事項はありません。
                                122/134


















                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社アイスコ(E36435)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    第三部     【特別情報】
    第1   【連動子会社の最近の財務諸表】

     当社は連動子会社を有しておりませんので、該当事項はありません。

                                123/134



















                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社アイスコ(E36435)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    第四部     【株式公開情報】
    第1   【特別利害関係者等の株式等の移動状況】

                     移動前                 移動後

          移動前      移動前           移動後      移動後
     移動                所有者の                 所有者の     移動株数    価格(単価)
         所有者の      所有者の           所有者の      所有者の                    移動理由
     年月日               提出会社との                 提出会社との       (株)     (円)
         氏名又は名称       住所          氏名又は名称       住所
                     関係等                 関係等
                    特別利害関            神奈川県
                          アイスコ
              神奈川県     係者等(当社            横浜市     特別利害関          14,300,000     従業員の
    2019年                      従業員持株
         相原敏貴      横浜市     代表取締役            泉区     係者等(大株       1,000    (14,300)    福利厚生の
    2月28日                      会理事長
              泉区     会長、大株            新橋町1212     主上位10名)            (注)4   ため
                          丸山正人
                    主上位10名)            番地
                    特別利害関            神奈川県
                          アイスコ
              神奈川県     係者等(当社            横浜市     特別利害関          4,770,000     従業員の
    2020年                      従業員持株
         相原敏貴      横浜市     代表取締役            泉区     係者等(大株        300   (15,900)    福利厚生の
    3月23日                      会理事長
              泉区     会長、大株            新橋町1212     主上位10名)            (注)4   ため
                          丸山正人
                    主上位10名)            番地
              神奈川県                 神奈川県

                    特別利害関
    2021年
         山本道昌      横浜市     係者等(大株      山本宗男      横浜市     (注)6       15,000       -  相続のため
    1月29日
                    主上位10名)
              港南区                 中区
     (注)   1.当社は、東京証券取引所JASDAQ(スタンダード)への上場を予定しておりますが、株式会社東京証券取

         引所(以下「同取引所」という。)が定める有価証券上場規程施行規則(以下「同施行規則」という。)第253
         条の規定に基づき、特別利害関係者等が、新規上場申請日の直前事業年度の末日から起算して2年前の日
         (2018年4月1日)から上場日の前日までの期間において、当社の発行する株式又は新株予約権の譲受け又は
         譲渡(上場前の公募等を除き、新株予約権の行使を含む。以下「株式等の移動」という。)を行っている場合
         には、当該株式等の移動の状況を同施行規則第229条の3第1項第2号に規定する「新規上場申請のための
         有価証券報告書(Ⅰの部)」に記載するものとするとされております。
       2.当社は、同施行規則第254条の規定に基づき、上場日から5年間、上記株式等の移動状況に係る記載内容に
         ついての記録を保存することとし、幹事取引参加者は、当社が当該記録を把握し、かつ、保存するための事
         務組織を適切に整備している状況にあることを確認するものとするとされております。また、当社は、当該
         記録につき、同取引所が必要に応じて行う提出請求に応じなければならないとされております。同取引所
         は、当社が当該提出請求に応じない場合は、当社の名称及び当該請求に応じない状況にある旨を公表するこ
         とができるとされております。また、同取引所は、当該提出請求により提出された記録を検討した結果、上
         記株式等の移動の状況に係る記載内容が明らかに正確でなかったと認められる場合には、当社及び幹事取引
         参加者の名称並びに当該記載内容が正確でなかったと認められる旨を公表することができるとされておりま
         す。
       3.特別利害関係者等の範囲は次のとおりであります。
        (1)  当社の特別利害関係者…………役員、その配偶者及び二親等内の血族(以下、「役員等」という。)、役員
          等により総株主等の議決権の過半数を所有されている会社並びに関係会社及びその役員
        (2)  当社の大株主上位10名
        (3)  当社の人的関係会社及び資本的関係会社並びにこれらの役員
        (4)  金融商品取引業者(金融商品取引法第28条第8項に規定する有価証券関連業を行う者に限る。)及びその役
          員並びに金融商品取引業者の人的関係会社及び資本的関係会社
       4.移動価格算定方式は次のとおりです。
         時価純資産方式より算出した価格を総合的に勘案して、譲渡人と譲受人が協議の上、決定いたしました。
       5.2020年10月16日開催の取締役会決議により、2020年11月1日付で普通株式1株につき15株の株式分割を行っ
         ておりますが、上記取引のうち同日以前の取引に係る「移動株数」及び「価格(単価)」は当該株式分割前
         の「移動株数」及び「価格(単価)」を記載しております。
       6.当該移動により、特別利害関係者等(大株主上位10名)となりました。
                                124/134





                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社アイスコ(E36435)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    第2   【第三者割当等の概況】
    1  【第三者割当等による株式等の発行の内容】

          項目               新株予約権①                   新株予約権②

    発行年月日                     2019年3月22日                   2020年3月10日

                         第1回新株予約権                   第2回新株予約権
    種類
                       (ストック・オプション)                   (ストック・オプション)
    発行数                    普通株式 3,990株                   普通株式 5,380株
                        1株につき14,460円                   1株につき16,080円
    発行価格
                           (注)3                   (注)3
    資本組入額                       7,230円                   8,040円
    発行価額の総額                     57,695,400円                   86,510,400円

    資本組入額の総額                     28,847,700円                   43,255,200円

                    2019年3月20日開催の臨時株主総会に                   2020年3月9日開催の臨時株主総会に
                    おいて、会社法第236条及び第239条の                   おいて、会社法第236条及び第239条の
    発行方法               規定に基づく新株予約権の付与(ス                   規定に基づく新株予約権の付与(ス
                    トック・オプション)に関する決議を                   トック・オプション)に関する決議を
                    行っております。                   行っております。
    保有期間等に関する確約                        ―                  (注)2
     (注)   1.第三者割当等による募集株式の割当て等に関する規制に関し、株式会社東京証券取引所(以下「同取引所」
         という。)の定める規則は、以下のとおりであります。
        (1)  同取引所の定める有価証券上場規程施行規則(以下「同施行規則」という。)第259条の規定において、
          新規上場申請者が、新規上場申請日の直前事業年度の末日から起算して1年前より後において、役員又は
          従業員等に報酬として新株予約権の割当てを行っている場合には、当該新規上場申請者は、割当てを受け
          た役員又は従業員等との間で書面により報酬として割当てを受けた新株予約権の継続所有、譲渡時及び同
          取引所からの当該所有状況に係る照会時の同取引所への報告その他同取引所が必要と認める事項について
          確約を行うものとし、当該書面を同取引所が定めるところにより提出するものとされております。
        (2)  新規上場申請者が、前項の規定に基づく書面の提出等を行わないときは、同取引所は新規上場申請の不受
          理又は受理の取消しの措置をとるものとしております。
        (3)  当社の場合、新規上場申請日直前事業年度の末日は、2020年3月31日であります。
       2.同施行規則第259条第1項第1号の規定に基づき、当社は割当てを受けた役員又は従業員等との間で、報酬
         として割当てを受けた新株予約権を、原則として割当てを受けた日から上場日の前日または新株予約権の行
         使を行う日のいずれか早い日まで所有する等の確約を行っております。
       3.新株予約権に関する株式の発行価額は、時価純資産方式により算出し、さらにモンテカルロ・シミュレー
         ションにより算出した価格を総合的に勘案して、決定しております。
                                125/134








                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社アイスコ(E36435)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       4.新株予約権の行使時の払込金額、行使期間、行使の条件及び譲渡に関する事項については以下のとおりであ
         ります。
                             新株予約権①                  新株予約権②

          行使時の払込金額                  1株につき14,300円                  1株につき15,900円

                           2019年3月22日から                  2020年3月10日から
          行使期間
                           2029年3月21日まで                  2030年3月9日まで
                        「第二部 企業情報 第4 提出会                  「第二部 企業情報 第4 提出会
                        社の状況 1株式等の状況 (2)新                  社の状況 1株式等の状況 (2)新
          行使の条件              株予約権等の状況 ①ストックオプ                  株予約権等の状況 ①ストックオプ
                        ション制度の内容」に記載のとおり                  ション制度の内容」に記載のとおり
                        であります。                  であります。
          新株予約権の譲渡に関する
                               同上                  同上
          事項
       5.2020年10月16日開催の取締役会決議により、2020年11月1日付で普通株式1株につき15株の株式分割を行っ

         ておりますが、上記「発行数」、「発行価格」、「資本組入額」及び「行使時の払込金額」は当該株式分割
         前の「発行数」、「行使価格」、「資本組入額」及び「行使時の払込金額」で記載しております。
       6.新株予約権①については、退職等により従業員1名100株(株式分割前)の権利が喪失しております。

                                126/134














                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社アイスコ(E36435)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    2  【取得者の概況】
      新株予約権①
                             取得者の

       取得者の氏名                              割当株数      価格(単価)        取得者と
                   取得者の住所           職業及び
        又は名称                              (株)      (円)     提出会社との関係
                            事業の内容等
                                           8,676,000      特別利害関係者等
    永野 泰敬            神奈川県横浜市青葉区            会社役員           600
                                            (14,460)     (当社取締役)
                                           4,338,000
    丸山 正人            神奈川県横浜市瀬谷区            会社員           300         当社執行役員
                                            (14,460)
                                           4,338,000
    相原 大輔            神奈川県横浜市戸塚区            会社員           300         当社執行役員
                                            (14,460)
                                           4,338,000
    吉野 祥一            神奈川県横浜市都筑区            会社員           300         当社執行役員
                                            (14,460)
                神奈川県横浜市保土ケ                          4,338,000
    岸 裕一                        会社員           300         当社従業員
                谷区                           (14,460)
                                                特別利害関係者等
                                            867,600
    中田 雅明            東京都小金井市            会社役員            60        (当社取締役監査
                                            (14,460)
                                                等委員)
     (注)   1 上記のほか、新株予約権証券の目的である株式の総数が1,000株以下である従業員(特別利害関係者等を除
         く)は31名であり、その株式の総数は2,030株(株式分割前)であります。
       2 退職等の理由により権利を喪失した者については、記載しておりません。
       3 2020年10月16日開催の取締役会決議により、2020年11月1日付で普通株式1株につき15株の株式分割を行っ
         ておりますが、上記「割当株数」及び「価格(単価)」は当該株式分割前の「割当株数」及び「価格(単価)」
         で記載しております。
      新株予約権②

                             取得者の

       取得者の氏名                              割当株数      価格(単価)        取得者と
                   取得者の住所           職業及び
        又は名称                              (株)      (円)     提出会社との関係
                            事業の内容等
                                           9,648,000      特別利害関係者等
    永野 泰敬            神奈川県横浜市青葉区            会社役員           600
                                            (16,080)     (当社取締役)
                                           4,824,000
    丸山 正人            神奈川県横浜市瀬谷区            会社員           300         当社執行役員
                                            (16,080)
                                           4,824,000
    相原 大輔            神奈川県横浜市戸塚区            会社員           300         当社執行役員
                                            (16,080)
                                           4,824,000
    田口 優次            神奈川県座間市            会社員           300         当社執行役員
                                            (16,080)
                                           4,824,000
    吉野 祥一            神奈川県横浜市都筑区            会社員           300         当社執行役員
                                            (16,080)
                神奈川県横浜市保土ケ                          4,824,000
    岸 裕一                        会社員           300         当社従業員
                谷区                           (16,080)
                                                特別利害関係者等
                                            964,800
    中田 雅明            東京都小金井市            会社役員            60        (当社取締役監査
                                            (16,080)
                                                等委員)
     (注)   1 上記のほか、新株予約権証券の目的である株式の総数が1,000株以下である従業員(特別利害関係者等を除
         く)は65名であり、その株式の総数は3,220株(株式分割前)であります。
       2 2020年10月16日開催の取締役会決議により、2020年11月1日付で普通株式1株につき15株の株式分割を行っ
         ておりますが、上記「割当株数」及び「価格(単価)」は当該株式分割前の「割当株数」及び「価格(単価)」
         で記載しております。
    3  【取得者の株式等の移動状況】

      該当事項はありません。
                                127/134





                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社アイスコ(E36435)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    第3   【株主の状況】
                                                  株式(自己株式

                                                  を除く。)の
                                           所有株式数
         氏名又は名称                     住所                    総数に対する
                                            (株)
                                                  所有株式数の
                                                   割合(%)
    株式会社KANコーポレーション
                    神奈川県横浜市泉区緑園七丁目19番16号                         675,000         38.70
    (注)1、4
    相原 敏貴(注)2、4                神奈川県横浜市泉区                         367,500         21.07
    相原 貴久(注)3、4、7                神奈川県横浜市泉区                         150,000         8.60

    アイスコ従業員持株会(注)4                神奈川県横浜市泉区新橋町1212番地                         79,500         4.56

    江崎グリコ株式会社(注)4                大阪府大阪市西淀川区歌島四丁目6番5号                         75,000         4.30

    相原 久子(注)4、7                神奈川県横浜市泉区                         52,500         3.01

    青木 哲也(注)4、5                神奈川県横浜市泉区                         45,000         2.58

    野口 みゆき(注)4、7                神奈川県横浜市泉区                         45,000         2.58

                                              18,000         1.03
    永野 泰敬(注)5                神奈川県横浜市青葉区
                                             (18,000)         (1.03)
    山本 宗男(注)4                神奈川県横浜市中区                         16,500         0.95
    浅井 功(注)4                神奈川県横須賀市                         15,000         0.86

    青木 洋征(注)5、8                神奈川県綾瀬市                         12,000         0.69

    青木 基成(注)6、8                神奈川県横浜市港南区                         12,000         0.69

    武井 賢也(注)8、9                神奈川県厚木市                         12,000         0.69

                                              11,250         0.65
    相原 大輔(注)6                神奈川県横浜市戸塚区
                                              (9,000)        (0.52)
                                              9,000        0.52
    丸山 正人(注)6                神奈川県横浜市瀬谷区
                                              (9,000)        (0.52)
                                              9,000        0.52
    吉野 祥一(注)6                神奈川県横浜市都筑区
                                              (9,000)        (0.52)
                                              9,000        0.52
    岸 裕一(注)9                神奈川県横浜市保土ケ谷区
                                              (9,000)        (0.52)
                                              4,500        0.26
    田口 優次(注)6                神奈川県座間市
                                              (4,500)        (0.26)
                                              3,000        0.17
    齊藤 大士(注)9                神奈川県横浜市泉区
                                              (3,000)        (0.17)
                                              3,000        0.17
    佐本 博史(注)9                東京都町田市
                                              (3,000)        (0.17)
                                              3,000        0.17
    髙下 純次(注)9                神奈川県大和市
                                              (3,000)        (0.17)
                                              3,000        0.17
    大野 雅也(注)9                神奈川県藤沢市
                                              (3,000)        (0.17)
                                              3,000        0.17
    橋本 英二(注)9                静岡県藤枝市
                                              (3,000)        (0.17)
                                              3,000        0.17
    豊泉 実(注)9                東京都武蔵村山市
                                              (3,000)        (0.17)
                                              3,000        0.17
    井上 真吾(注)9                東京都武蔵村山市
                                              (3,000)        (0.17)
                                              3,000        0.17
    山屋 博幸(注)9                神奈川県横須賀市
                                              (3,000)        (0.17)
                                              3,000        0.17
    坂倉 秀雄(注)9                静岡県沼津市
                                              (3,000)        (0.17)
                                                  株式(自己株式
                                                  を除く。)の
                                           所有株式数
         氏名又は名称                     住所                    総数に対する
                                            (株)
                                                  所有株式数の
                                                   割合(%)
                                128/134

                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社アイスコ(E36435)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                                              3,000        0.17
    杉田 一男(注)9                千葉県柏市
                                              (3,000)        (0.17)
    押田 淑子(注)7                東京都町田市                          2,250        0.13
    鈴木 美恵子(注)7                神奈川県横浜市瀬谷区                          2,250        0.13

    武井 幸子(注)7、8                神奈川県横浜市泉区                          2,250        0.13

    相原 志伸(注)7                神奈川県横浜市戸塚区                          2,250        0.13

                                              2,250        0.13
    向後 誠(注)9                神奈川県横浜市瀬谷区
                                              (2,250)        (0.13)
                                              2,250        0.13
    野澤 直人(注)9                神奈川県三浦市
                                              (2,250)        (0.13)
                                              2,250        0.13
    武藤 正成(注)9                神奈川県横須賀市
                                              (2,250)        (0.13)
                                              1,800        0.10
    中田 雅明(注)10                東京都小金井市
                                              (1,800)        (0.10)
    三上 和美(注)5                東京都昭島市                          1,500        0.09
    堀内 之弘(注)10                神奈川県横須賀市                          1,500        0.09

    永野 敬(注)11                神奈川県横浜市青葉区                          1,500        0.09

    島津 修三                京都府京都市東山区                          1,500        0.09

    島田 修                東京都八王子市                          1,500        0.09

    大澤 正男                群馬県吾妻郡中之条町                          1,500        0.09

    工藤 次郎                神奈川県横浜市青葉区                          1,500        0.09

    相澤 利彦                神奈川県横浜市瀬谷区                          1,500        0.09

    梅田 保彦                神奈川県横浜市泉区                          1,500        0.09

    村井 洋介                東京都世田谷区                          1,500        0.09

    北村 肇                神奈川県横浜市西区                          1,500        0.09

    山辺 典治                神奈川県横浜市泉区                          1,500        0.09

    北村 洋                神奈川県横浜市神奈川区                          1,500        0.09

    橋本 信一                東京都練馬区                          1,500        0.09

                                              57,750         3.31
    その他74名
                                             (42,000)         (2.41)
                                            1,744,050         100.00
           計                   ―
                                             (139,050)         (7.97)
     (注)   1.特別利害関係者等(役員等により総株主等の議決権の過半数が所有されている会社)
       2.特別利害関係者等(当社の代表取締役会長)
       3.特別利害関係者等(当社の代表取締役社長)
       4.特別利害関係者等(大株主上位10名)
       5.特別利害関係者等(当社取締役)
       6.当社執行役員
       7.特別利害関係者等(当社の代表取締役会長の配偶者及び二親等内の血族)
       8.特別利害関係者等(当社の常務取締役の二親等内の血族)
       9.当社従業員
       10.特別利害関係者等(当社取締役監査等委員)
       11.特別利害関係者等(当社の取締役の二親等内の血族)
       12.株式(自己株式を除く。)の総数に対する所有株式数の割合は、小数点以下第3位を四捨五入しております。
       13.( )内は、新株予約権による潜在株式数及びその割合であり、内数であります。
                                129/134



                                                          EDINET提出書類
                             &