株式会社アイ・パートナーズフィナンシャル 有価証券届出書(新規公開時)

提出書類 有価証券届出書(新規公開時)
提出日
提出者 株式会社アイ・パートナーズフィナンシャル
カテゴリ 有価証券届出書(新規公開時)

                                                          EDINET提出書類
                                            株式会社アイ・パートナーズフィナンシャル(E34851)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    【表紙】
    【提出書類】                       有価証券届出書

    【提出先】                       関東財務局長

    【提出日】                       2021年3月5日

    【会社名】                       株式会社アイ・パートナーズフィナンシャル

    【英訳名】                       Ai・Partners       Financial     Inc.

    【代表者の役職氏名】                       代表取締役社長 田中 譲治

    【本店の所在の場所】                       神奈川県横浜市西区南幸二丁目20番5号

    【電話番号】                       045-329-7150(代表)

    【事務連絡者氏名】                       取締役管理本部長 島田 和紀

    【最寄りの連絡場所】                       神奈川県横浜市西区南幸二丁目20番5号

    【電話番号】                       045-329-7150(代表)

    【事務連絡者氏名】                       取締役管理本部長 島田 和紀

    【届出の対象とした募集(売出)有価証券の種類】                       株式

    【届出の対象とした募集(売出)金額】                       募集金額

                           ブックビルディング方式による募集                       242,250,000円
                           売出金額
                           (オーバーアロットメントによる売出し)
                           ブックビルディング方式による売出し                       42,750,000円
                           (注) 募集金額は、有価証券届出書提出時における見込額(会社法
                              上の払込金額の総額)であり、売出金額は、有価証券届出書
                              提出時における見込額であります。
    【縦覧に供する場所】                       該当事項はありません。

                                  1/133







                                                          EDINET提出書類
                                            株式会社アイ・パートナーズフィナンシャル(E34851)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    第一部     【証券情報】
    第1   【募集要項】

    1  【新規発行株式】

        種類          発行数(株)                      内容

                           権利内容に何ら限定のない当社における標準となる株式であ
       普通株式          100,000(注)2
                           り、単元株式数は100株であります。
     (注)   1.2021年3月5日開催の取締役会決議によっております。
       2.発行数については、2021年3月19日開催予定の取締役会において変更される可能性があります。
       3.当社の定める振替機関の名称及び住所は、以下のとおりであります。
         名称:株式会社証券保管振替機構
         住所:東京都中央区日本橋茅場町二丁目1番1号
       4.上記とは別に、2021年3月5日開催の取締役会において、株式会社SBI証券を割当先とする当社普通株式
         15,000株の第三者割当増資を行うことを決議しております。
         なお、その内容については、後記「募集又は売出しに関する特別記載事項 2.第三者割当増資とシンジ
         ケートカバー取引について」をご参照下さい。
                                  2/133














                                                          EDINET提出書類
                                            株式会社アイ・パートナーズフィナンシャル(E34851)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    2  【募集の方法】
      2021年3月30日に決定される予定の引受価額にて、当社と元引受契約を締結する予定の後記「4 株式の引受け」
     欄記載の金融商品取引業者(以下「第1 募集要項」において「引受人」という。)は、買取引受けを行い、当該引受
     価額と異なる価額(発行価格)で募集(以下「本募集」という。)を行います。引受価額は2021年3月19日開催予定の取
     締役会において決定される会社法上の払込金額以上の価額となります。引受人は払込期日までに引受価額の総額を当
     社に払込み、本募集における発行価格の総額との差額は引受人の手取金といたします。当社は、引受人に対して引受
     手数料を支払いません。
      なお、本募集は、株式会社東京証券取引所(以下「取引所」という。)の定める「有価証券上場規程施行規則」第233
     条に規定するブックビルディング方式(株式の取得の申込みの勧誘時において発行価格又は売出価格に係る仮条件を投
     資家に提示し、株式に係る投資家の需要状況を把握したうえで発行価格等を決定する方法をいう。)により決定する価
     格で行います。
             区分              発行数(株)         発行価額の総額(円)          資本組入額の総額(円)

    入札方式のうち入札による募集                              ―           ―           ―

    入札方式のうち入札によらない募集                              ―           ―           ―

    ブックビルディング方式                           100,000         242,250,000           131,100,000

           計(総発行株式)                     100,000         242,250,000           131,100,000

     (注)   1.全株式を引受人の買取引受けにより募集いたします。
       2.上場前の公募増資を行うに際しての手続き等は、取引所の有価証券上場規程施行規則により規定されており
         ます。
       3.発行価額の総額は、会社法上の払込金額の総額であり、有価証券届出書提出時における見込額であります。
       4.資本組入額の総額は、会社法上の増加する資本金であり、2021年3月5日開催の取締役会決議に基づき、
         2021年3月30日に決定される予定の引受価額を基礎として、会社計算規則第14条第1項に基づき算出される
         資本金等増加限度額(見込額)の2分の1相当額を資本金に計上することを前提として算出した見込額であり
         ます。
       5.有価証券届出書提出時における想定発行価格(2,850円)で算出した場合、本募集における発行価格の総額(見
         込額)は285,000,000円となります。
       6.本募集にあたっては、需要状況を勘案し、オーバーアロットメントによる売出しを行う場合があります。
         なお、オーバーアロットメントによる売出しについては、後記「第2 売出要項 1 売出株式(オーバー
         アロットメントによる売出し)」及び「2 売出しの条件(オーバーアロットメントによる売出し)」をご参
         照下さい。
       7.本募集に関連して、ロックアップに関する合意がなされております。その内容については、後記「募集又は
         売出しに関する特別記載事項 3.ロックアップについて」をご参照下さい。
                                  3/133









                                                          EDINET提出書類
                                            株式会社アイ・パートナーズフィナンシャル(E34851)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    3  【募集の条件】
     (1)  【入札方式】
      ①  【入札による募集】
        該当事項はありません。
      ②  【入札によらない募集】

        該当事項はありません。
     (2)  【ブックビルディング方式】

                    資本    申込株数                   申込

    発行価格     引受価額     払込金額
                    組入額      単位        申込期間         証拠金       払込期日
     (円)     (円)     (円)
                    (円)     (株)                  (円)
     未定     未定     未定     未定         自 2021年3月31日(水)             未定
                         100                     2021年4月7日(水)
    (注)1.     (注)1.     (注)2.     (注)3.          至 2021年4月5日(月)            (注)4.
     (注)   1.発行価格は、ブックビルディング方式によって決定いたします。
         発行価格は、2021年3月19日に仮条件を決定し、当該仮条件による需要状況、上場日までの価格変動リスク
         等を総合的に勘案した上で、2021年3月30日に引受価額と同時に決定する予定であります。
         仮条件は、事業内容、経営成績及び財政状態、事業内容等の類似性が高い上場会社との比較、価格算定能力
         が高いと推定される機関投資家等の意見その他を総合的に勘案して決定する予定であります。
         需要の申込みの受付けに当たり、引受人は、当社株式が市場において適正な評価を受けることを目的に、機
         関投資家等を中心に需要の申告を促す予定であります。
       2.払込金額は、会社法上の払込金額であり、2021年3月19日開催予定の取締役会において決定される予定であ
         ります。また、「2 募集の方法」の冒頭に記載のとおり、発行価格と会社法上の払込金額及び2021年3月
         30日に決定される予定の引受価額とは各々異なります。発行価格と引受価額との差額の総額は、引受人の手
         取金となります。
       3.資本組入額は、1株当たりの増加する資本金であり、2021年3月5日開催の取締役会において、2021年3月
         30日に決定される予定の引受価額を基礎として、会社計算規則第14条第1項に基づき算出される資本金等増
         加限度額の2分の1の金額とし、計算の結果1円未満の端数が生じたときは、その端数を切り上げるものと
         すること、及び増加する資本準備金の額は資本金等増加限度額から増加する資本金の額を減じた額とする
         旨、決議しております。
       4.申込証拠金は、発行価格と同一の金額とし、利息をつけません。申込証拠金のうち引受価額相当額は、払込
         期日に新株式払込金に振替充当いたします。
       5.株式受渡期日は、2021年4月8日(木)(以下「上場(売買開始)日」という。)の予定であります。本募集に係
         る株式は、株式会社証券保管振替機構(以下「機構」という。)の「株式等の振替に関する業務規程」に従
         い、機構にて取扱いますので、上場(売買開始)日から売買を行うことができます。なお、本募集に係る株券
         は、発行されません。
       6.申込みの方法は、申込期間内に後記申込取扱場所へ申込証拠金を添えて申込みをするものといたします。
       7.申込みに先立ち、2021年3月23日から2021年3月29日までの間で引受人に対して、当該仮条件を参考として
         需要の申告を行うことができます。当該需要の申告は変更又は撤回することが可能であります。
         販売に当たりましては、取引所の「有価証券上場規程」に定める株主数基準の充足、上場後の株式の流通性
         の確保等を勘案し、需要の申告を行わなかった投資家にも販売が行われることがあります。
         引受人は、公平かつ公正な販売に努めることとし、各社で定める配分に関する基本方針及び社内規程等に従
         い、販売を行う方針であります。配分に関する基本方針については各社の店頭における表示又はホームペー
         ジにおける表示等をご確認下さい。
       8.引受価額が会社法上の払込金額を下回る場合は新株式の発行を中止いたします。
      ①  【申込取扱場所】

        後記「4 株式の引受け」欄記載の引受人の全国の本支店及び営業所で申込みの取扱いをいたします。
      ②  【払込取扱場所】

                店名                          所在地

    株式会社三菱UFJ銀行 横浜駅前支店                           神奈川県横浜市西区北幸一丁目11番20号
     (注) 上記の払込取扱場所での申込みの取扱いは行いません。
                                  4/133



                                                          EDINET提出書類
                                            株式会社アイ・パートナーズフィナンシャル(E34851)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    4  【株式の引受け】
                                       引受株式数

      引受人の氏名又は名称                     住所                    引受けの条件
                                        (株)
                                            1.買取引受けによりま
    株式会社SBI証券              東京都港区六本木一丁目6番1号
                                              す。
                                            2.引受人は新株式払込金
    楽天証券株式会社              東京都港区南青山二丁目6番21号
                                              として、2021年4月7
                                              日までに払込取扱場所
    エース証券株式会社              大阪府大阪市中央区本町二丁目6番11号
                                              へ引受価額と同額を払
                                              込むことといたしま
    あかつき    証券株式会社          東京都中央区日本橋小舟町8番1号
                                              す。
                                            3.引受手数料は支払われ
                                              ません。ただし、発行
    みずほ証券株式会社              東京都千代田区大手町一丁目5番1号
                                              価格と引受価額との差
                                              額の総額は引受人の手
    マネックス証券株式会社              東京都港区赤坂一丁目12番32号
                                              取金となります。
                                        未定
    藍澤證券株式会社              東京都中央区日本橋一丁目20番3号
    岩井コスモ証券株式会社              大阪府大阪市中央区今橋一丁目8番12号

    エイチ・エス証券株式会社              東京都新宿区西新宿六丁目8番1号

    東洋証券株式会社              東京都中央区八丁堀四丁目7番1号

    水戸証券株式会社              東京都中央区日本橋二丁目3番10号

                  埼玉県さいたま市大宮区桜木町四丁目333
    むさし証券株式会社
                  番地13
          計                 ―            100,000          ―
     (注)   1.引受株式数は、2021年3月19日開催予定の取締役会において決定される予定であります。
       2.上記引受人と発行価格決定日(2021年3月30日)に元引受契約を締結する予定であります。
       3.引受人は、上記引受株式数のうち2,000株を上限として、全国の販売を希望する引受人以外の金融商品取引
         業者に販売を委託する方針であります。当該委託販売分とは別に引受人は、上記引受株式数のうち一部を、
         他の金融商品取引業者に販売を委託することがあります。また、これらの委託販売分とは別に株式会社SB
         I証券は、同社の引受株式数の一部について、株式会社SBIネオモバイル証券に販売を委託する予定で
         す。株式会社SBIネオモバイル証券が販売を受託した当該株式を同社とその顧客との契約等に従って同社
         の顧客に販売する場合には、1株を申込株数単位として販売が行われる予定です。なお、当社の株主は、そ
         の有する1単元(100株)に満たない株式について、一定の権利以外の権利を行使することができません。そ
         の内容については、後記「第二部                企業情報     第6   提出会社の株式事務の概要」の(注)3をご参照下さい。
    5  【新規発行による手取金の使途】

     (1)  【新規発行による手取金の額】
        払込金額の総額(円)                 発行諸費用の概算額(円)                   差引手取概算額(円)

               262,200,000                   9,500,000                 252,700,000

     (注)   1.払込金額の総額は、会社法上の払込金額の総額とは異なり、新規発行に際して当社に払い込まれる引受価額
         の総額であり、有価証券届出書提出時における想定発行価格(2,850円)を基礎として算出した見込額であり
         ます。
       2.発行諸費用の概算額には、消費税及び地方消費税(以下「消費税等」という。)は含まれておりません。
       3.引受手数料は支払わないため、発行諸費用の概算額は、これ以外の費用を合計したものであります。
     (2)  【手取金の使途】

       上記の手取概算額252,700千円及び「1                   新規発行株式」の(注)4.に記載の第三者割当増資の手取概算額上限
      39,330千円については、①IFAオフィスの出店、②事業拡大に向けた人件費及び採用費、③事業拡大のためのIFA業
      務支援システムへの投資、④管理体制強化のためのIFAビジネスプラットフォーム増強に充当する予定であり、具体
      的な内容及び充当時期は、以下の通りです。
      ①  IFAオフィスの出店

        当社はこれまで、所属IFAの増加に伴い、IFAオフィスを出店してまいりました。上場後も所属IFA数は増加する
                                  5/133


                                                          EDINET提出書類
                                            株式会社アイ・パートナーズフィナンシャル(E34851)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       ものと考えており、現在のオフィスブースの稼働状態を勘案し、2022年3月期には首都圏大規模オフィスと地方
       小規模オフィスの2オフィス、2023年3月期には大阪と名古屋の出店もしくは増床を計画しております。具体的
       に は、物件賃借に伴う敷金や仲介手数料、工事や造作等のインフラ設備費用、賃料や水道光熱費等の費用とし
       て、120,483千円(2022年3月期に39,429千円、2023年3月期に81,053千円)を充当する予定です。
      ②  事業拡大に向けた人件費及び採用費

        所属IFAのサポート及び内部管理責任者、営業社員等、金融商品仲介部門の増強を図るため、2022年3月期に8
       名、2023年3月期に6名の即戦力である中途採用を計画しております。具体的には、採用に伴う人件費及び採用
       費として、107,650千円(2022年3月期に34,795千円、2023年3月期は前期の採用人材に係る人件費と合わせ
       72,855千円)を充当する予定です。
      ③  事業拡大のためのIFA業務支援システム等への投資

        当社は、IFAがファイナンシャル・アドバイス業務に専念できる環境やIFAとしてのスキル向上を図る研修機会
       等のIFAビジネスプラットフォームを提供しておりますが、IFA自身の実績把握分析情報の提供、複数の所属金融
       商品取引業者にまたがる顧客情報の横断的管理など、改善すべき課題があります。更なる事業拡大のために、IFA
       の業務の効率化、お客様の資産運用状況の一元管理やリスク管理など、生産性を高め、提供する金融サービスの
       クオリティー向上に寄与するIFA業務システムへの投資を計画しております。具体的には、CRM(顧客管理)シス
       テムのほか、ファイナンシャルプランニングやアカウントアグリゲーション(複数の金融機関の口座情報の集
       約・閲覧)、ポートフォリオ分析等の営業支援ツール、音声データのテキスト化並びに老朽化パソコンの更新費
       用として、21,115千円(2022年3月期に11,965千円、2023年3月期に9,149千円)を充当する予定です。
      ④  管理体制強化のためのIFAビジネスプラットフォーム増強

        当社は、個人事業主であるIFAが一生涯このビジネスを行う上での生命線がコンプライアンスであり、当社のコ
       ンプライアンス体制及びIFA管理体制が強固であればこそ、高い志とスキルを有した良質なIFAとの契約が増える
       と考えております。当社では、専任の内部管理責任者がIFAの提案する取引内容や提案時及び注文取次ぎ時の音声
       をモニタリングし、個々のIFAへフィードバックしており、当該業務の質的量的な向上を図るために通話録音機能
       の強化(録音音声の高品質化と検索機能向上)と各拠点のIP電話化を計画しております。具体的には、主装置の
       入替及び各オフィスのIP電話化に係るものとして、20,048千円(2022年3月期に15,356千円、2023年3月期に
       4,691千円)を充当する予定です。
       上記以外の残額は、事業拡大のための運転資金に充当する予定でありますが、具体化している事項はありませ

      ん。なお、具体的な充当時期までは、安全性の高い金融商品等で運用する方針であります。
                                  6/133









                                                          EDINET提出書類
                                            株式会社アイ・パートナーズフィナンシャル(E34851)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    第2   【売出要項】
    1  【売出株式(オーバーアロットメントによる売出し)】

                              売出価額の総額           売出しに係る株式の所有者の

       種類           売出数(株)
                                  (円)          住所及び氏名又は名称
              入札方式のうち入札
        ―                    ―          ―          ―
              による売出し
              入札方式のうち入札
        ―                    ―          ―          ―
              によらない売出し
              ブックビルディング                          東京都港区六本木一丁目6番1号
    普通株式                     15,000        42,750,000
              方式                          株式会社SBI証券            15,000      株
    計(総売出株式)              ―        15,000        42,750,000              ―
     (注)   1.オーバーアロットメントによる売出しは、本募集に伴い、その需要状況を勘案し、株式会社SBI証券が行
         う売出しであります。したがってオーバーアロットメントによる売出しに係る売出株式数は上限株式数を示
         したものであり、需要状況により減少若しくは中止される場合があります。
       2.オーバーアロットメントによる売出しに関連して、当社は、2021年3月5日開催の取締役会において、株式
         会社SBI証券を割当先とする当社普通株式15,000株の第三者割当増資の決議を行っております。また、株
         式会社SBI証券は、東京証券取引所においてオーバーアロットメントによる売出しに係る売出株式数を上
         限とする当社普通株式の買付け(以下「シンジケートカバー取引」という。)を行う場合があります。
         なお、その内容については、後記「募集又は売出しに関する特別記載事項 2.第三者割当増資とシンジ
         ケートカバー取引について」をご参照下さい。
       3.上場前の売出しを行うに際しての手続き等は、取引所の有価証券上場規程施行規則により規定されておりま
         す。
       4.「第1 募集要項」における株式の発行を中止した場合には、オーバーアロットメントによる売出しも中止
         いたします。
       5.売出価額の総額は、有価証券届出書提出時における想定売出価格(2,850円)で算出した見込額であります。
       6.振替機関の名称及び住所は、「第1 募集要項 1 新規発行株式」の(注)3.に記載した振替機関と同一
         であります。
    2  【売出しの条件(オーバーアロットメントによる売出し)】

     (1)  【入札方式】
      ①  【入札による売出し】
        該当事項はありません。
      ②  【入札によらない売出し】

        該当事項はありません。
     (2)  【ブックビルディング方式】

                  申込     申込

    売出価格                                   引受人の住所及び           元引受契約の
          申込期間      株数単位      証拠金       申込受付場所
     (円)                                   氏名又は名称            内容
                  (株)     (円)
          自 2021年
     未定    3月31日(水)             未定     株式会社SBI証券
                   100                        ―          ―
    (注)1.      至 2021年            (注)1.      の本店及び営業所
         4月5日(月)
     (注)   1.売出価格及び申込証拠金については、本募集における売出価格及び申込証拠金とそれぞれ同一とし、売出価
         格決定日に決定する予定であります。ただし、申込証拠金には、利息をつけません。
       2.株式受渡期日は、本募集における株式受渡期日と同じ上場(売買開始)日の予定であります。オーバーアロッ
         トメントによる売出しに係る株式は、機構の「株式等の振替に関する業務規程」に従い、機構にて取扱いま
         すので、上場(売買開始)日から売買を行うことができます。なお、オーバーアロットメントによる売出しに
         係る株券は、発行されません。
       3.申込みの方法は、申込期間内に上記申込受付場所へ申込証拠金を添えて申込みをするものといたします。
       4.株式会社SBI証券の販売方針は、「第1 募集要項 3 募集の条件 (2)                                      ブックビルディング方式」の
         (注)7.に記載した販売方針と同様であります。
                                  7/133



                                                          EDINET提出書類
                                            株式会社アイ・パートナーズフィナンシャル(E34851)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    【募集又は売出しに関する特別記載事項】
    1.東京証券取引所マザーズへの上場について

      当社は、「第1 募集要項」における新規発行株式及び「第2 売出要項」における売出株式を含む当社普通株式
     について、株式会社SBI証券を主幹事会社として、東京証券取引所マザーズへの上場を予定しております。
    2.第三者割当増資とシンジケートカバー取引について

      オーバーアロットメントによる売出しの対象となる当社普通株式は、オーバーアロットメントによる売出しのため
     に、主幹事会社が当社株主である田中譲治(以下「貸株人」という。)より借入れる株式であります。これに関連し
     て、当社は、2021年3月5日開催の取締役会において、主幹事会社を割当先とする当社普通株式15,000株の第三者割
     当増資(以下「本件第三者割当増資」という。)を行うことを決議しております。本件第三者割当増資の会社法上の募
     集事項については、以下のとおりであります。
    募集株式の種類及び数              当社普通株式       15,000    株

    募集株式の払込金額              未定(「第1 募集要項」に記載の募集株式の払込金額と同一とする。)

    割当価格              未定(「第1 募集要項」に記載の募集株式の引受価額と同一とする。)

    払込期日              2021年5月10日(月)

                  増加する資本金の額は、割当価格を基礎とし、会社計算規則第14条第1項に従い算
    増加資本金及び
                  出される資本金等増加限度額の2分の1の金額とし、計算の結果1円未満の端数が
                  生じたときは、その端数を切り上げるものとする。また、増加する資本準備金の額
    資本準備金に関する事項
                  は、資本金等増加限度額から増加する資本金の額を減じた額とする。
                  神奈川県横浜市西区北幸一丁目11番20号
    払込取扱場所
                  株式会社三菱UFJ銀行 横浜駅前支店
      主幹事会社は、貸株人から借受けた株式を、本件第三者割当増資による株式の割当て又は下記のシンジケートカ

     バー取引若しくはその双方により取得した株式により返還します。
      主幹事会社は、上場(売買開始)日から2021年4月30日までの間、貸株人から借入れる株式の返却を目的として、東
     京証券取引所においてオーバーアロットメントによる売出しに係る売出株式数を上限とするシンジケートカバー取引
     を行う場合があります。
      主幹事会社は、シンジケートカバー取引により取得した株式について、割当てに応じない予定でありますので、そ
     の場合には本件第三者割当増資における発行数の全部又は一部につき申込みが行われず、その結果、失権により本件
     第三者割当増資における最終的な発行数が減少する、又は発行そのものが全く行われない場合があります。また、シ
     ンジケートカバー取引期間内においても、主幹事会社の判断でシンジケートカバー取引を全く行わないか又は上限株
     式数に至らない株式数でシンジケートカバー取引を終了させる場合があります。
    3.ロックアップについて

      本募集に関連して、貸株人かつ当社株主である田中譲治並びに当社株主である石原章太郎、中道謙、原田茂行、塩
     本かおり、守屋顕一、島田和紀、濵﨑洋、諸富滋、松波精二、吉川昌利、株式会社博真舎、中川洋、村瀬博明、大木
     百合子、藤本寿美夫、柳田里美、糟谷真理子、小林恭子、佐藤泰幸、管駿介、松隈由紀、沖本真季、清水祐司、松澤
     英樹、木皿亜里沙、大西均、岡野隆、田中梨花、山口由佳里、髙梨清香、成田周平、平絵理香、中沢英美、大石由
     麻、大沼雄太、田中いすず、金岡秀明、片渕聖一郎、富田剛太郎、髙杉美加、松江有美、細田万平及び佐藤諒は、主
     幹事会社に対し、元引受契約締結日から上場(売買開始)日(当日を含む)後90日目の2021年7月6日までの期間
     中、主幹事会社の事前の書面による同意なしには、当社株式の売却(ただし、オーバーアロットメントによる売出し
     のために当社普通株式を貸し渡すこと等は除く。)等は行わない旨合意しております。
      また、当社株主である清田秀彦は、主幹事会社に対し、元引受契約締結日から上場(売買開始)日(当日を含む)
     後90日目の2021年7月6日までの期間中、主幹事会社の事前の書面による同意なしには、当社株式の売却(ただし、
     その売却価格が「第1 募集要項」における発行価格の1.5倍以上であって、主幹事会社を通して行う東京証券取引所
     での売却等は除く。)等は行わない旨合意しております。
      当社は主幹事会社に対し、元引受契約締結日から上場(売買開始)日(当日を含む)後180日目の2021年10月4日ま
     での期間中、主幹事会社の事前の書面による同意なしには、当社株式の発行、当社株式に転換若しくは交換される有
                                  8/133


                                                          EDINET提出書類
                                            株式会社アイ・パートナーズフィナンシャル(E34851)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     価証券の発行または当社株式を取得若しくは受領する権利を付与された有価証券の発行(ただし、本募集、株式分
     割、ストックオプションとしての新株予約権の発行及びオーバーアロットメントによる売出しに関連し、2021年3月
     5 日開催の当社取締役会において決議された主幹事会社を割当先とする第三者割当増資等を除く。)等を行わない旨
     合意しております。
      なお、上記のいずれの場合においても、主幹事会社はその裁量で当該合意の内容を一部若しくは全部につき解除で
     きる権限を有しております。
      上記のほか、当社は、取引所の定める有価証券上場規程施行規則の規定に基づき、上場前の第三者割当等による募
     集株式等の割当等に関し、割当を受けた者との間に継続所有等の確約を行っております。その内容については、「第
     四部 株式公開情報 第2 第三者割当等の概況」をご参照下さい。
                                  9/133

















                                                          EDINET提出書類
                                            株式会社アイ・パートナーズフィナンシャル(E34851)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    第3   【その他の記載事項】
     新株式発行並びに株式売出届出目論見書に記載しようとする事項

      (1)表紙に当社のロゴマーク                                      を記載いたします。

      (2)裏表紙に当社のロゴマーク                         を記載いたします。

      (3)表紙の次に「事業の内容」~「業績等の推移」をカラー印刷したものを記載いたします。

                                 10/133
















                                                          EDINET提出書類
                                            株式会社アイ・パートナーズフィナンシャル(E34851)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                                 11/133





















                                                          EDINET提出書類
                                            株式会社アイ・パートナーズフィナンシャル(E34851)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                                 12/133





















                                                          EDINET提出書類
                                            株式会社アイ・パートナーズフィナンシャル(E34851)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                                 13/133





















                                                          EDINET提出書類
                                            株式会社アイ・パートナーズフィナンシャル(E34851)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                                 14/133





















                                                          EDINET提出書類
                                            株式会社アイ・パートナーズフィナンシャル(E34851)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                                 15/133





















                                                          EDINET提出書類
                                            株式会社アイ・パートナーズフィナンシャル(E34851)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                                 16/133





















                                                          EDINET提出書類
                                            株式会社アイ・パートナーズフィナンシャル(E34851)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                                 17/133





















                                                          EDINET提出書類
                                            株式会社アイ・パートナーズフィナンシャル(E34851)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    第二部     【企業情報】
    第1 【企業の概況】
    1 【主要な経営指標等の推移】
     (1) 連結経営指標等
            回次             第14期       第15期

           決算年月             2019年3月       2020年3月

    売上高               (千円)      2,379,704       2,467,009

    経常利益               (千円)       56,639        7,408

    親会社株主に帰属する当期純

    利益又は親会社株主に帰属す               (千円)       38,790        △ 765
    る当期純損失(△)
    包括利益               (千円)       38,790        △ 765

    純資産額               (千円)       251,781       344,905

    総資産額               (千円)       569,647       656,526

    1株当たり純資産額               (円)       474.16       499.14

    1株当たり当期純利益又は
                    (円)       73.05       △ 1.12
    1株当たり当期純損失(△)
    潜在株式調整後
                    (円)         -       -
    1株当たり当期純利益
    自己資本比率               (%)        44.2       52.5
    自己資本利益率               (%)        16.5       △ 0.3

    株価収益率               (倍)         -       -

    営業活動による
                   (千円)       86,833      △ 60,713
    キャッシュ・フロー
    投資活動による
                   (千円)      △ 38,988      △ 44,058
    キャッシュ・フロー
    財務活動による
                   (千円)       △ 5,310       93,890
    キャッシュ・フロー
    現金及び現金同等物
                   (千円)       248,934       238,053
    の期末残高
    従業員数                        23       31
                    (名)
    〔他、平均臨時雇用人員〕                       〔 29 〕     〔 60 〕
     (注)1.売上高には、消費税等は含まれておりません。
       2.潜在株式調整後1株当たり当期純利益については、第14期は潜在株式は存在するものの、当社株式は非上場
         であるため、期中平均株価が把握できませんので記載しておりません。また、第15期は潜在株式は存在する
         ものの、当社株式は非上場であるため、期中平均株価が把握できず、1株当たり当期純損失であるため記載
         しておりません。
       3.株価収益率は、当社株式が非上場であるため記載しておりません。
       4.第14期及び第15期の連結財務諸表については、「連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」
         (昭和51年大蔵省令第28号)に基づき作成しており、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、
         東陽監査法人により監査を受けております。
       5.従業員数は就業人員数であり、臨時雇用者数は〔                         〕に外数で記載しております。なお、臨時雇用者とは、
         正規従業員以外の有期雇用従業員と派遣社員であります。
       6.当社は、2019年4月22日を払込期日とする第三者割当増資により普通株式800株を発行しております。
       7.当社は、2020年11月13日開催の取締役会決議により、2020年12月22日付で普通株式1株につき200株の割合
         で株式分割を行っております。これに伴い第14期の期首に当該株式分割が行われたと仮定し、1株当たり純
         資産額及び1株当たり当期純利益又は1株当たり当期純損失を算出しております。
                                 18/133



                                                          EDINET提出書類
                                            株式会社アイ・パートナーズフィナンシャル(E34851)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     (2) 提出会社の経営指標等
            回次            第11期       第12期       第13期        第14期       第15期

           決算年月            2016年3月       2017年3月       2018年3月       2019年3月       2020年3月

    売上高              (千円)       723,248      1,266,217       2,141,253        2,061,138       2,322,412

    経常利益又は経常損失(△)              (千円)       △ 2,595       37,501       128,370        26,952       △ 2,631

    当期純利益又は当期純損失

                  (千円)       △ 4,297       23,694       86,306        14,708       △ 6,905
    (△)
    資本金              (千円)       80,000       80,000       94,985        94,985       144,585

    発行済株式総数              (株)       2,140       2,322       2,655        2,655       3,455

    純資産額              (千円)       81,821       114,452       226,085       235,483       322,468

    総資産額              (千円)       151,940       304,599       476,692       437,199       608,226

    1株当たり純資産額              (円)     38,234.19       49,290.52       85,154.45         443.47       466.67

    1株当たり配当額                      0.00     2,000.00       2,000.00        2,000.00       1,000.00

                  (円)
    〔1株当たり中間配当額〕                      〔 -〕      〔 -〕      〔 -〕      〔 -〕      〔 -〕
    1株当たり当期純利益又は
                  (円)     △ 2,008.30       10,204.41       37,139.84          27.70      △ 10.13
    1株当たり当期純損失(△)
    潜在株式調整後
                  (円)         -       -       -        -       -
    1株当たり当期純利益
    自己資本比率              (%)        53.9       37.6       47.4        53.9       53.0
    自己資本利益率              (%)       △ 5.1       24.1       50.7        6.4      △ 2.5

    株価収益率              (倍)         -       -       -        -       -

    配当性向              (%)         -      19.6        5.4       36.1        -

    従業員数                        7       9       12       21       28

                  (名)
    〔他、平均臨時雇用人員〕                      〔 0 〕      〔 2 〕      〔 3 〕      〔 4 〕      〔 6 〕
     (注)1.売上高には、消費税等は含まれておりません。
        2.第12期において株式会社アイ・パートナーズホールディングスの吸収合併にあたり182株の無償割当を行っ
          ておりますが、1株当たり当期純利益の計算は期末発行済株式数で算出しております。
        3.潜在株式調整後1株当たり当期純利益については、第11期及び第12期については潜在株式が存在しないた
          め記載しておりません。第13期及び第14期については潜在株式が存在するものの、当社株式は非上場であ
          るため、期中平均株価が把握できませんので記載しておりません。また、第15期は潜在株式は存在するも
          のの、当社株式は非上場であるため、期中平均株価が把握できず、1株当たり当期純損失であるため記載
          しておりません。
        4.株価収益率は、当社株式が非上場であるため記載しておりません。
        5.配当性向については、第11期は配当を実施していないため記載しておりません。第15期は当期純損失を計
          上しているため記載しておりません。
        6.主要な経営指標等のうち、第11期から第13期については会社計算規則(平成18年法務省令第13号)の規定に
          基づき算出した各数値を記載しており、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づく東陽監査法人に
          よる監査を受けておりません。
        7.第14期及び第15期の財務諸表については、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、東陽監査法
          人により監査を受けております。
        8.従業員数は就業人員数であり、臨時雇用者数は〔                         〕に外数で記載しております。なお、臨時雇用者とは、
          正規従業員以外の有期雇用従業員と派遣社員であります。
        9.当社は、2018年3月30日を払込期日とする第三者割当増資により普通株式333株を発行しております。
        10.当社は、2019年4月22日を払込期日とする第三者割当増資により普通株式800株を発行しております。
                                 19/133



                                                          EDINET提出書類
                                            株式会社アイ・パートナーズフィナンシャル(E34851)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
        11.当社は、2020年11月13日開催の取締役会決議により、2020年12月22日付で普通株式1株につき200株の割合
          で株式分割を行っております。これに伴い第14期の期首に当該株式分割が行われたと仮定し、1株当たり
          純資産額及び1株当たり当期純利益又は1株当たり当期純損失を算出しております。
        12.当社は、2020年12月22日付で普通株式1株につき200株の割合で株式分割を行っております。そこで、東京
          証券取引所自主規制法人(現日本取引所自主規制法人)の引受担当者宛通知「『新規上場申請のための有
          価証券報告書(Ⅰの部)』の作成上の留意点について」(2012年8月21日付東証上審第133号)に基づき、
          第11期の期首に当該株式分割が行われたと仮定して算定した場合の1株当たり指標の推移を参考までに掲
          げると、以下のとおりとなります。なお、第11期、第12期及び第13期の数値(1株当たり配当額について
          はすべての数値)については、東陽監査法人の監査を受けておりません。
            回次            第11期       第12期       第13期        第14期       第15期
           決算年月            2016年3月       2017年3月       2018年3月       2019年3月       2020年3月

    1株当たり純資産額              (円)       191.17       246.45       425.77        443.47       466.67

    1株当たり当期純利益又は
                  (円)      △10.04        51.02       185.70        27.70      △10.13
    1株当たり当期純損失(△)
    潜在株式調整後
                  (円)         -       -       -        -       -
    1株当たり当期純利益
    1株当たり配当額
                          0.00       10.00       10.00        10.00        5.00
                  (円)
                         〔-〕       〔-〕       〔-〕        〔-〕       〔-〕
    〔1株当たり中間配当額〕
                                 20/133














                                                          EDINET提出書類
                                            株式会社アイ・パートナーズフィナンシャル(E34851)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    2 【沿革】
      当社の前身である株式会社アイ・ブレーンは、税理士法人アイ・パートナーズのコンサルティング部門の位置づけ
     として設立され、その後、金融商品仲介業に特化するため、現代表取締役社長田中譲治が資本・経営参加し、社名を
     株式会社アイ・パートナーズフィナンシャルに変更いたしました。
      年月                           概要
    2006年2月      横浜市鶴見区に株式会社アイ・ブレーン(現当社)を設立
    2007年3月      証券仲介業(現金融商品仲介業)を開始するため、日興コーディアル証券株式会社(現SMBC日興証
           券株式会社)と証券仲介業に係る業務等委託基本契約を締結
    2007年9月      証券仲介業を開始
    2009年2月      株式会社アイ・パートナーズフィナンシャルへ商号変更
    2009年4月      委託金融商品取引業者に楽天証券株式会社を追加
    2010年4月      横浜市鶴見区に株式会社AIPコンサルタンツを設立
    2011年3月      委託金融商品取引業者に株式会社SBI証券を追加
    2014年3月      委託金融商品取引業者にエース証券株式会社を追加
    2014年3月      横浜市西区に本店を移転
    2015年3月      SMBC日興証券株式会社が金融商品仲介業(IFA)ビジネスを終了したため、業務等委託基本契約を
           解消
           当社及び株式会社AIPコンサルタンツ(現                     連結子会社)が共同して、株式移転により完全親会社た
    2015年9月
           る株式会社アイ・パートナーズホールディングスを設立
    2016年8月      当社が株式会社アイ・パートナーズホールディングスを吸収合併し、株式会社AIPコンサルタンツを
           当社の完全子会社化
    2020年2月      委託金融商品取引業者にあかつき証券株式会社を追加
    <株式会社アイ・パートナーズホールディングス設立の経緯>

     当社は、金融商品仲介業に特化しつつ、お客様へのファイナンシャル・アドバイス業務の一つとして、IFAを委託型募
    集人とする保険代理店業務を行っておりましたが、2014年5月23日に成立した「保険業法等の一部を改正する法律」に
    おける保険募集人に対する規制の整備(第294条の3関係)により、保険募集人との雇用関係が必要となりました。
     そのため、当社は、金融商品仲介業での業務委任契約と保険募集人としての雇用契約を同時に締結することを回避す
    るため、当時、税理士法人アイ・パートナーズのグループ会社であった株式会社AIPコンサルタンツへ保険代理店業
    務を移管することといたしました。株式会社AIPコンサルタンツは、株式会社アイ・ブレーンが株式会社アイ・パー
    トナーズフィナンシャルに商号変更した後に、税理士法人アイ・パートナーズのコンサルティング業務を行うために設
    立された会社であり、株主はすべて税理士法人アイ・パートナーズの役職員でした。
     このような経緯で、お客様へ提供するサービスを株主構成が異なる両社が提供することになりましたが、将来的な成
    長にはサービス間のシナジーを高め、スピード感のある経営判断が不可欠であると判断し、株式移転により完全親会社
    たる持株会社として、株式会社アイ・パートナーズホールディングスを設立いたしました。
    <税理士法人アイ・パートナーズとの関係>

     当社の会社設立時の初代代表取締役は、当時の税理士法人アイ・パートナーズの代表税理士が兼務で就任し、株式会
    社アイ・パートナーズホールディングスの初代代表取締役にも就任いたしました。
     税理士法人アイ・パートナーズを中心としたグループの営業活動の一環として受託していた非金融事業により、株式
    会社AIPコンサルタンツは赤字となり、かつ、ファイナンシャル・アドバイス業務とのシナジー効果が期待できな
    かったため、金融商品仲介業に特化した当社が、税理士法人アイ・パートナーズを中心としたグループ内に留まるメ
    リットがないとの結論に至り、2016年8月に当社が株式会社アイ・パートナーズホールディングスを吸収合併し、株式
    会社AIPコンサルタンツを当社の完全子会社とし、税理士法人アイ・パートナーズとの関係を解消いたしました。
     「アイ・パートナーズフィナンシャル」の商号については、2019年3月29日に商標権の出願を行い、2020年1月31日
    に登録終了しております。「AIPコンサルタンツ」の商号については、2019年3月29日に商標権の出願、2020年11月
    4日に登録終了しております。
     なお、現在、当社と税理士法人アイ・パートナーズの間には、出資及び人的な関係並びに業務上の提携及び制約は一
    切ございません。
                                 21/133



                                                          EDINET提出書類
                                            株式会社アイ・パートナーズフィナンシャル(E34851)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    3 【事業の内容】
      当社グループは、当社と株式会社AIPコンサルタンツ(連結子会社)の2社で構成されており、「日本のリテー
     ル金融改革を通じて社会に貢献します。」の経営理念のもと、「IFAビジネスに関わる全ての人々の幸せを目指しま
     す。」をビジョンに掲げ、金融商品仲介業を基軸としたIFAによる金融サービスの提供事業を展開しております。
     (1)金融商品仲介業とは

        金融商品仲介業とは、金融商品取引法第2条第11項に掲げる有価証券の売買の媒介等の行為に係る業務をい
       い、同法第66条の規定により内閣総理大臣の登録を受けた者を金融商品仲介業者といいます。
        金融商品仲介業は、幅広い投資者に証券市場への参加を促すことを目的とし、2003年5月に証券取引法が改正
       され、2004年4月1日より証券仲介業として始まり、8か月後の2004年12月には、銀行等の金融機関にも証券仲
       介業が解禁されました。2007年9月の金融商品取引法の施行に伴い、「証券仲介業」は「金融商品仲介業」に名
       称変更されました。
        金融商品仲介業者は、法律上、金融商品取引業者の委託を受けて証券会社が取り扱う金融商品をお客様に仲介
       しますが、複数の証券会社と業務委託契約を締結することが可能なため、特定の証券会社に属さない独立・中立
       の立場から、お客様のライフステージに応じた金融商品・サービスの提案と金融商品取引の取次ぎを行うことが
       できます。
        なお、金融庁が公表している「金融商品仲介業者登録一覧」によりますと、2020年12月31日現在の登録業者数
       は881業者(法人612、個人269)となっております。
        金融商品仲介業者、証券会社、お客様の関係を図に表すと以下のとおりとなります。
        (出所)第22回金融審議会「市場ワーキング・グループ」配布資料、事務局説明資料







     (2)IFAとは

        IFAとは、Independent           Financial     Advisorの略で、明確な定めはないものの、一般的には、証券会社や銀行等
       特定の金融機関と従属関係になく、独立した立場で顧客へ金融商品・サービスの提案を行う金融商品仲介業者及
       び金融商品仲介業者の登録外務員を指すと言われており、IFAの特徴として、以下が挙げられます。
           特定の金融機関(証券会社等)に所属せず、独立した立場

           自社運用商品販売のしがらみがなく、顧客との利益相反が生じない
           金融機関のようなノルマに基づく営業がない
           会社都合の転勤がなく、顧客と長期にわたる接点継続が可能
           「金融機関の代理人」ではなく、「顧客の代理人」
        (出所)みずほ総合研究所株式会社 独立系フィナンシャルアドバイザー(IFA)に関する研究
        IFAは、金融商品仲介業者の登録外務員として独立・中立の立場からお客様に寄り添った資産運用のアドバイ

       スを行う金融サービスの担い手として、大きな期待が寄せられております。
        日本証券業協会によりますと、2020年12月末現在、金融商品仲介業者(法人)の登録外務員数は4,264名、個
       人金融商品仲介業者数(個人金融商品仲介業者の代表者)は268名で、合計で4,532名と増加傾向にあります。  
        なお、登録外務員数にはIFA業務の担い手以外も含まれます。

                                 22/133


                                                          EDINET提出書類
                                            株式会社アイ・パートナーズフィナンシャル(E34851)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
        (出所)日本証券業協会資料より、当社作成







     (3)事業の特徴

        当社の事業の特徴としては、対面型営業の金融機関において実在する「事業者とお客様の利益相反」や「事業
       者に所属する販売員の葛藤」等のお客様本位の業務運営を阻害する制度及び仕組みを反面教師としたビジネスモ
       デル、具体的には、「IFAとの契約形態」と「プラットフォーム提供の対価(システム使用料)の徴収」の2点
       にあります。
        当社が行うIFAビジネスでは、お客様に資産運用のアドバイスを行うIFAと当社は主として業務委任契約の関係
       にあり、IFAは委託金融商品取引業者及び当社の都合に縛られることなく、自分とお客様のためだけに自分の時
       間と能力のすべてを費やし、真のお客様重視を実現することができます。
        また、業務委任契約であるが故、営業成績に基づく昇給や昇格・昇進という概念は存在せず、IFAは個人事業
       主としてお客様との長期的な信頼関係を構築することが不可欠となります。IFAは、お客様からの信頼がIFAの経
       営基盤のすべてであり、お客様からの信頼を失ったIFAはその事業を継続することはできません。
        当社は、IFAが金融商品取引法等の法令や金融商品取引業者が定める諸規則を遵守しているかの管理・指導を
       行うとともに、当社が定める「IFAの誓い」に基づき、各IFAが真のお客様重視を実践できているかの啓発を日々
       行っております。
        「IFAの誓い」は、当社が当社所属IFAに対し求めている行動規範であるとともに、IFAとして成功するために実
        践すべきと考えるバイブルでもあり、その内容は以下のとおりです。
         1. 真の独立・中立の旗のもとアドバイスを行います。
         2. 常にお客様の意向と実状の理解に努めます。
         3. 不断の研鑽で能力向上に努め、環境変化に対応します。
         4. 健全な倫理意識を保持し、お客様の信頼に応えます。
         5. 公共心を持ち、法令はその背景の理解に努め遵守します。
         6. 投資の価値を伝え、業務を通じて社会に貢献します。
         7. お客様の成功を共に喜び、自身の豊かさを実現します。
        当社は、「真のお客様重視を実現する金融サービス」を追求するためには、IFAがお客様のために個々の能力

       や人間性を発揮できる環境が不可欠であるとの考えのもと、IFAがファイナンシャル・アドバイス業務に専念で
       きるプラットフォームを提供し、IFAからその対価としてシステム使用料を徴収しております。
        IFAとして独立することは起業することであり、自身で起業した場合には金銭面だけでなく事務・管理面等の
       業務に忙殺され、お客様へのサービス提供に支障が生じるケースが少なくありません。ファイナンシャル・アド
       バイス業務を行う上での情報が不足することも考えられます。
        当社は、個人事業主であるIFAが本業に特化できるビジネス環境提供の対価としてシステム使用料を徴収する
       ことで、IFA数の増加に伴い安定的かつ継続的な収入を獲得し続けることができるため、当社とIFAはWin-Winの
       関係にあると考えております。
        このように当社は、お客様重視・お客様本位を志す者の自己実現を支援することを通じ、IFAビジネスに関わ
       るすべての人々の幸せを目指し、社会に貢献したいと考えております。
      (4)具体的なサービスの内容

        当社グループは、「IFAによる金融サービス提供事業」の単一セグメントでありますが、「金融商品仲介業」
       と「その他金融サービス」の2つのサービスを展開しております。
        当社グループは、当社と100%出資の連結子会社(株式会社AIPコンサルタンツ)の2社で構成されてお
                                 23/133

                                                          EDINET提出書類
                                            株式会社アイ・パートナーズフィナンシャル(E34851)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       り、当社はIFAがファイナンシャル・アドバイス業務に専念できるビジネスプラットフォームを提供する金融商
       品仲介業者として「金融商品仲介業」を展開し、子会社は保険その他お客様の幅広いニーズに対応する「その他
       金 融サービス」を担っております。
        当社グループが展開する具体的なサービスの内容は、以下のとおりです。

         ①      金融商品仲介業
          「平均的な高齢夫婦無職世帯の毎月の赤字額は約5万円となっており、この毎月の赤字額は自身が保有す
         る金融資産より補填することとなる。」という内容が話題となった金融審議会の報告書には、「個々人に的
         確なアドバイスができるアドバイザーの存在が重要であり、顧客の最善の利益を追求する立場に立って、顧
         客のライフステージに応じ、マネープランの策定等の総合的なアドバイスを提供できるアドバイザー」の必
         要性が記載されております。
          また、個人のライフスタイルの多様化や人生100年時代の到来を背景に各人が金融面での対応や備えを行っ
         ていく必要性が増し、幅広い世代における金融リテラシーの向上が不可欠となっているなかで、金融サービ
         スの担い手の一つとしてIFAの存在感は急速に高まっており、その将来性が注目されております。
          近年、金融庁は金融事業者のとるべき行動について、顧客本位の業務運営を実現するための明確な方針を
         策定し、この方針に基づいて業務運営を行うことを求めてきております。その影響から、大手金融機関が金
         融商品の販売で営業社員に課す「ノルマ」を廃止するとの動きが報じられておりますが、従来のビジネスモ
         デルを転換するのは容易ではないとも報じられております。このような背景などから高い志を持って金融機
         関を退職しIFAとして独立する人、あるいは独立を検討する人が増加しているものと考えております。
          一方、海外に目を向けますと、IFAビジネスのモデルとなる米国の独立アドバイザーは、約12万人と大手証
         券会社の営業社員の数を上回り、対面チャネル営業員数の4割強を占める等、米国人の資産形成になくては
         ならない重要な役割を担っております。老後の資産を自助努力で形成することが求められる今後の日本にお
         いて、米国のように独立アドバイザーのニーズが高まり、その数が増加する可能性は高いと考えられます。
          これまで当社は金融商品仲介業者として、IFAがファイナンシャル・アドバイス業務に専念できる環境を提
         供してまいりました。当社に所属するIFAは下図のとおり増加の一途を辿っておりますが、お客様に必要とさ
         れる金融サービスはIFAが担うとの信念のもと、当社が提供するIFAビジネスプラットフォームの付加価値を
         高めることで、更なる事業規模の拡大を図ってまいります。
                                 24/133











                                                          EDINET提出書類
                                            株式会社アイ・パートナーズフィナンシャル(E34851)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
          a 資産の運用・保全・形成のための金融商品仲介業務
            2020年12月末現在、当社は楽天証券株式会社、株式会社SBI証券、エース証券株式会社、あかつき
           証券株式会社と金融証券仲介業に係る業務委託契約を締結し、当社が運営する全国20のIFAオフィスに所
           属するIFAがお客様に金融商品・サービスの提案を行いつつ、株式や債券、投資信託等の金融商品の売買
           注文を証券会社へ取次ぎます。当社は、お客様が金融商品の売買や預かり資産残高に応じ証券会社へ支
           払った手数料のうち所定割合を証券会社から報酬として受け取り、その報酬のうち所定割合をIFAへ報酬
           として支払います。
            適正かつ安定的な報酬を得るためには、お客様から信頼され、お客様の金融資産をお預けいただくこ
           とが重要となりますが、当社が証券会社へ媒介する資産残高や口座数は、順調に増加しております。
          b IFAビジネスプラットフォーム提供等のIFAサポートサービス






            当社は、IFAビジネスの拡大にはIFAの知名度向上の他、IFAへのサポート力の向上が不可欠だと考えて
           おり、前記のとおり、IFAがファイナンシャル・アドバイス業務に専念できる環境やIFAとしてのスキル
           向上を図る研鑽機会等のIFAビジネスプラットフォームを提供しております。更に、社内掲示版やSNSを
           用いた成功事例やビジネスの切り口の全体共有、IFAビジネスの進捗状況を踏まえた個別コンサルティン
           グの実施等、国内有数のIFAを擁する金融商品仲介業者としてのアドバンテージと黎明期よりIFAビジネ
           スに邁進した多数の役社員の知見を活かしたサポートを行っております。
            一方、管理・指導の面においては、証券会社からの指示・指導とは別に、当社の独自基準や観点か
           ら、当社内部管理責任者がIFAの提案する取引内容や提案時及び注文取次ぎ時の音声をモニタリングし、
           個々のIFAへフィードバックしております。個人事業主であるIFAが一生涯このビジネスを行ううえでの
           生命線はコンプライアンスであり、また、当社のコンプライアンス体制及びIFA管理体制が強固であれば
           こそ、高い志とスキルを有した良質なIFAとの契約が増えると考えるためです。
            このように当社は、米国における「スーパーOSJ(注1)」や「TAMP(注2)」の役割を担う金融商品仲
           介業者として、IFAに対し多岐にわたるサポートサービスを提供し、その対価として月額約10万円(本書
           作成時点での新規契約者の場合)を徴収しております。当社が提供するビジネスプラットフォーム及び
           サポートの概要は以下のとおりです。
            (注)   1.OSJは「Office         of  Supervisory      Jurisdiction」の略で、証券外務員の監督者のいる支店を
                 指す。監督業務からさらに踏み込み、マーケティング、経営・営業指南、研修、営業ツール
                 等の支援を独自に開発・提供するOSJは「スーパーOSJ」と呼ばれている 
               2.TAMPは「Turnkey           Asset   Management      Platform」の略で、独立系RIA(登録投資アドバイ
                 ザー)のバック・ミドル業務のアウトソーシングを請け負うプロバイダー
                                 25/133



                                                          EDINET提出書類
                                            株式会社アイ・パートナーズフィナンシャル(E34851)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
            (a) ファシリティ
              オフィスの賃貸、事務机、コンピュータシステム一式、電話、通話録音装置、等
            (b) 投資情報・啓発研修システム
              投信運用会社や上場企業のIR等投資情報の提供、IFAのスキル向上のための研修プログラム・コ
              ンテンツ、等
            (c) 人的サポート
              不在時等の受電応対や注文の代理発注等を行う事務局業務、IFAビジネス遂行上のコンサルティ
              ング、等
            (d) 内部管理(本書提出日現在、6名の専任内部管理責任者を配置)
              電話録音のモニタリングに基づくフィードバック、顧客対応上の懸念事項の相談対応、等
       (IFAブース)                                                  (セミナールーム)






       (IFAが安心して業務に専念できる環境)






                                 26/133





                                                          EDINET提出書類
                                            株式会社アイ・パートナーズフィナンシャル(E34851)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         ② その他金融サービス
           資産運用以外にも、保険、不動産、相続・贈与、事業承継、等々、お客様にはライフステージに応じた
          ニーズや悩みがあり、解決するためには個々の案件毎に専門家に相談しなければならず、その都度背景や
          経緯を説明する必要があります。
           また、定期的・継続的なコンタクトを通じ、長年にわたり関係を構築してきたアドバイザーは、遠方に
          住むご家族よりも先にお客様の健康状態の異変を察知することがあるともいわれております。
           このようにIFAはお客様のライフサイクルの伴走者として、そして、お客様のワンストップ・チャネルと
          して、一義的にはお客様のすべてのニーズや悩みに対処でき、「複数の専門家のハブ機能」と「お客様の
          ライフ・パートナー」の観点からもその役割を期待される存在に成り得ると考えられるため、当社グルー
          プとしてはその他金融サービスの拡充に努めております。
          a ライフサイクルへの総合コンサルティングとしての保険募集業務

            昨今、保険・証券の総合コンサルティングに対する有用性の認識が高まり、保険代理店を母体とした
           金融商品仲介業者も増加しております。当社子会社は以前より、保険の取扱いを希望するIFAと雇用契約
           を結び保険募集人とする形で保険代理店を営んでおりましたが、保険募集業務は金融商品仲介業との親
           和性が高く、当社グループとしてのシナジーが発揮できることから、積極的に保険募集人の獲得に努
           め、お客様のライフイベントに沿った総合コンサルティングの実施に取り組んでおります。
          b 複数の専門家のハブ機能としてのマッチングサービス







            現在提供しているマッチングサービスは、概ね以下のように分類されます。お客様の様々なニーズに
           対応するワンストップ・チャネルとしての付加価値を向上させるため、今後もマッチングラインナップ
           の拡充を続ける方針であります。
            (a)不動産
            (b)M&A
            (c)オペレーティングリース
            (d)企業向け(福利厚生、人事評価システム、確定拠出年金導入)
            (e)その他(上場企業IR、PEファンド、介護施設、コインランドリー事業他)
                                 27/133





                                                          EDINET提出書類
                                            株式会社アイ・パートナーズフィナンシャル(E34851)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      当社グループの事業系統図は以下のとおりであります。
       [事業系統図]

                                 28/133




















                                                          EDINET提出書類
                                            株式会社アイ・パートナーズフィナンシャル(E34851)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    4 【関係会社の状況】
                                           議決権の所有

                               資本金     主要な事業
          名称             住所                    (又は被所有)         関係内容
                               (千円)      の内容
                                            割合(%)
    (連結子会社)
                                                   役員の兼任3名
                                                   顧客紹介
    株式会社AIPコンサルタンツ                神奈川県横浜市西区           20,000    保険代理店業            100.0
                                                   当社事業所の一
                                                   部賃貸借
     (注)1.特定子会社であります。
       2.有価証券届出書又は有価証券報告書を提出している会社はありません。
                                 29/133

















                                                          EDINET提出書類
                                            株式会社アイ・パートナーズフィナンシャル(E34851)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    5  【従業員の状況】
     (1)  連結会社の状況
                                                2021年1月31日現在
              事業部門の名称                            従業員数(名)
              金融商品仲介業                                22 (1)

              保険代理店業                                1 (60)

                その他                              15 (4)

                合計                              38 ( 65 )

     (注)1.従業員数は就業人員であり、臨時雇用者数は(                           )に外数で記載しております。なお、臨時雇用者とは正規
         従業員以外の有期雇用従業員と派遣社員であります。
       2.当社グループは、単一セグメントであるため、事業部門別の従業員数を記載しております。
       3.「その他      」は、管理部門など金融商品仲介業、保険代理店業以外の従業員数を記載しております。
       4.  最近日までの1年間において従業員数が22名増加しておりますが、主に保険代理店業の営業社員12名、金融
         商品仲介業の営業兼IFAサポート要員6名など、業容の拡大に伴う採用によるものであります                                          。
     (2) 提出会社の状況

                                                2021年1月31      日現在
        従業員数(名)              平均年齢(歳)             平均勤続年数(年)             平均年間給与(千円)
             34 ( 5 )             43.9              2.7             8,670

              事業部門の名称                            従業員数(名)

              金融商品仲介業                                22 (1)

                その他                              12 (4)

                合計                              34 ( 5 )

     (注)1.従業員数は就業人員であり、臨時雇用者数は(                           )に外数で記載しております。なお、臨時雇用者とは正規
         従業員以外の有期雇用従業員と派遣社員であります。
       2.平均年間給与は、基準外賃金及び賞与・報酬を含んでおります。
       3.当社は、単一セグメントであるため、事業部門別の従業員数を記載しております。
       4.「その他」は、管理部門など金融商品仲介業以外の従業員数を記載しております。
       5.  最近日までの1年間において従業員数が10                   名増加しておりますが、           主に金融商品仲介業の営業兼IFAサポー
         ト要員6名、内部管理責任者1名など、                  業容の拡大に伴う採用によるものであります。
     (3) 労働組合の状況

       当社グループにおいて労働組合は結成されておりませんが、労使関係は                                 円満に推移しております。
                                 30/133






                                                          EDINET提出書類
                                            株式会社アイ・パートナーズフィナンシャル(E34851)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    第2 【事業の状況】
    1  【経営方針、経営環境及び対処すべき課題等】
      文中の将来に関する事項は、本書提出日現在において当社グループが判断したものであります。
     (1)  経営方針
       当社グループは、経営理念である「日本のリテール金融改革を通じて社会に貢献します。」のもと、所属するIFA
      がファイナンシャル・アドバイス業務に専念でき、IFAとして向上できる環境を提供することで、IFAと共に真のお
      客様重視を実現し、IFAビジネスに関わるすべての人々が幸せになることを目指しております。
       また、金融商品仲介業における媒介する資産残高の増大により、当社グループの持続的な成長と企業価値の向上
      を図っていくことを経営の基本方針としております。
     (2)  経営戦略等

       当社グループは、IFAビジネスこそが「真のお客様重視」を実現するものと確信し、IFAに提供するビジネスプ
      ラットフォームの付加価値を向上させ、IFAが提供する金融サービスのクオリティを高めるサポートを行い、金融商
      品仲介業を基軸としたIFAによる金融サービスの提供を全国で展開しております。
       また、当社は、お客様本位の業務運営の徹底を図るため、以下の方針を宣言し、お客様、IFA、そして当社がWin-
      Win-Winの関係を築くことに邁進してまいります。
        お客様本位の業務運営に関する方針(フィデューシャリー宣言)

       ① お客様の利益を最優先に考え行動します
         お客様との長期の信頼関係を構築することが最も重要だと考えます。真にお客様の立場に立って資産運用の
        アドバイスが行えるよう当社はIFAに対し営業ノルマは課しません。IFAの評価はお客様の支持だけです。お客
        様の信頼の証として、金融商品仲介業者として媒介する資産残高、口座増加数を重視してまいります。
       ② IFAの独立性・中立性を堅持します
         お客様の信頼を獲得できなければIFAビジネスは成り立ちません。販売手数料や信託報酬の多寡で商品を選定
        するのではなく、お客様の「最善の利益」のためだけにIFAは自らの専門能力を発揮すべきだと考えます。当社
        はお客様との「利益相反」を防ぐため、真の意味でIFAの独立性・中立性を堅持します。
        ※当社では行動規範として「IFAの誓い」を制定しております。IFAが「IFAの誓い」に共感していることがお客
        様本位の業務運営の根幹だと考えます。
       ③ 投資・運用の専門家として技能向上に努めます
         IFAの不断の研鑽の機会となる複数の運用会社等による勉強会や企業のIRを当社では毎月複数回開催しており
        ます。
       ④ IFAの満足なくしてお客様重視の実現はできないと考えます
         お客様本位の業務運営には、IFAの精神的・経済的充足感が不可欠だと考えます。
         当社は「真のお客様重視を実現する金融サービス」を追求するため、IFAがお客様のために個々の能力や人間
        性を発揮できる環境を提供します。
         ※当社では定期的に実施するIFAアンケート調査における総合満足度TOP2Box(大いに満足+満足)の割合を重
        視してまいります。
       ⑤ 日本のリテール金融を大きく変えるためにお客様本位を貫き通します
         わが国に「真のお客様重視」を根付かせるためにはリテール金融の変革が必要だと考えます。
         IFAの認知を高め、お客様に支持される専門性の高いIFAを増やすことこそが我々の使命です。
         ※当社では今後も「IFA数」を公開してまいります。
                                 31/133





                                                          EDINET提出書類
                                            株式会社アイ・パートナーズフィナンシャル(E34851)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     (3)  経営上の目標達成状況を判断するための客観的な指標等
       当社グループの事業の成長には、IFAが顧客満足度を維持・向上させ、長期にわたって顧客と信頼関係を構築する
      こと  及び当社に所属するIFAが増加すること                  が必要である      と考えております。当社に所属するIFAが個人事業主とし
      て事業を継続する        ため  には、媒介する資産残高を増加させ、投資信託の信託報酬の一部や預かり資産残高に対する
      手数料等の安定的な収益の確保が望まれます。また、資産残高は顧客の信頼の証であると考えられます。以上のこ
      とから、    経営上の目標の達成状況を判断するための客観的な指標は、当社に所属するIFA数及び媒介する資産残高で
      あると考えております。
     (4)  経営環境

       個人のライフスタイルの多様化や人生100年時代の到来を背景に各人が金融面での対応や備えを行っていく必要性
      が増し、幅広い世代における金融リテラシーの向上が不可欠となっているなかで、「顧客に最善の利益を追求する
      立場に立ってマネープランの策定等を提供できるアドバイザー」が求められております。また、金融庁が求める顧
      客本位の業務運営の金融サービスの担い手の一つとしてIFAの存在感は急速に高まっており、その将来性が注目され
      ております。
       現状、銀行・証券・保険の各業態における仲介業はそれぞれの業法で縦割りに規制されており、各業態のサービ
      スを取り扱うためには複数の業登録を行う必要がありますが、金融サービス仲介業の創設により、金融商品仲介業
      への参入障壁は低くなることが見込まれます。
       しかしながら、金融サービス仲介業は法により高度な説明を要するサービス(仕組預金や外貨預金、信用取引、
      デリバティブ取引、変額保険・年金、外貨建て保険・年金、等)の提供が制限され、投資初心者及び資産形成層に
      対しオンラインのサービスプラットフォームを通じたものが主に想定されており、富裕層をメインターゲットに証
      券や保険商品のプロダクトをフルに活用したサービス提案を行う当社グループのビジネスとは棲み分けされるた
      め、当社グループの業績に与える直接的な影響はないものと考えております。また、現段階において、当社は金融
      サービス仲介業の登録を行う予定はありません。
       その一方で、競合企業の参入や増加は金融商品仲介業及びIFAの認知度向上に伴う市場規模の拡大に通じるもので
      あり、将来的には投資初心者や資産形成層が高額な資産を相続する等によりアドバイザーに相談したいニーズが生
      じることも想定されるため、長期的には当社グループの事業にとっても一定のメリットがあるものと捉えておりま
      す。
       このような環境において、当社グループでは、お客様重視・お客様本位を志す者の自己実現を支援し、IFAの業務
      遂行を様々な側面から支援することを通じ、IFAビジネスに関わるすべての人々の幸せを目指し、社会に貢献したい
      と考えております。
     (5)  対処すべき課題

      ① IFAの認知度向上
        当社は、「日本のリテール金融改革を通じて社会に貢献します。」を経営理念に掲げております。この理念の
       実現のためには、IFAという存在やその働き方に対する認知度を上げることで、IFAに相応しい人材を数多く輩出
       し、存分に活躍できる環境を作ることが必要だと考えております。
      ② IFAの満足度向上

        当社グループは、IFAが精神的・経済的に充たされていないとお客様重視を実現できないと考えております。
       IFAに対して営業ノルマは課さず、IFAがお客様のために個々の能力や人間性を発揮できる環境を提供し、IFAの満
       足度を高めるよう努めてまいります。
      ③ 金融サービスのクオリティ向上

        当社グループは、IFAのビジネスモデルはIFAがお客様から高い評価を得ることによって成立するものだと考え
       ます。IFAに対する研鑽機会の提供、お客様本位の啓発、ビジネスコンサルティング等を通じ、IFAの提供する金
       融サービスのクオリティ向上に努めてまいります。
                                 32/133



                                                          EDINET提出書類
                                            株式会社アイ・パートナーズフィナンシャル(E34851)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      ④ 内部管理体制の強化
        当社グループは、今後もより一層の事業拡大を見込んでおります。                               事業拡大による内部管理体制の課題として
       は、IFA数及び顧客数、取引件数等の増加によって目が行き届きにくくなる恐れがあることだと考えております。
       また、   個人事業主であるIFAが一生涯このビジネスを行う上での生命線がコンプライアンスであり、当社のコンプ
       ライアンス体制及びIFA管理体制が強固であればこそ、高い志とスキルを有した良質なIFAとの契約が増えると考
       えております。       そのため、     人員及びインフラの両面において、                 当社の事業拡大に応じた内部管理体制の構築を図
       るとともに、金融商品取引法における内部統制報告制度の運用等も踏まえ、より一層のコーポレート・ガバナン
       スの充実に取り組んでまいります。
                                 33/133


















                                                          EDINET提出書類
                                            株式会社アイ・パートナーズフィナンシャル(E34851)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    2  【事業等のリスク】
      本書に記載した事業の状況、経理の状況等に関する事項のうち、                              投資家の判断に重要な影響を及ぼす可能性のある
     事項には、以下のようなものがあります。また、必ずしもそのようなリスク要因に該当しない事項につきましても、
     投資家の投資判断上、重要であると考えられる事項につきましては、投資家に対する積極的な情報開示の観点から以
     下に開示しております。当社は、これらのリスク発生の可能性を十分に認識した上で、発生の回避及び発生した場合
     の対応に努める方針ではありますが、当社株式に関する投資判断は、本項及び本書中の本項以外の記載事項を慎重に
     検討した上で行われる必要があると考えております。なお、文中の将来に関する事項は、本書提出日現在において当
     社グループが判断したものであります。
     (1) 市場及び事業環境に関するリスクについて

      ① 景気変動及び金融市場の動向について
        当社グループの主力事業である金融商品仲介業や保険募集業務は、景気動向や株式相場、金利水準、為替相場
       等の金融市場の影響を受けやすく、景気の減速や市場環境が悪化した場合、投資意欲の減退や取引の縮小によ
       り、当社グループの収益が減少し、財政状態及び経営成績に影響を及ぼす可能性があります。
        当社グループは、所属するIFAに対して、顧客の資産形成のゴールを意識したゴールベースアプローチといった
       長期分散投資を推奨し、生涯にわたり顧客に寄り添う姿勢でアドバイスを続けるよう指導することで、顧客資産
       に関する短期的な景気変動や金融市場の影響を軽減するよう努めており、それにより市場環境の悪化が顧客満足
       度の低下に繋がらないよう取り組んでおります。
        しかし、このような対策が十分機能しない場合には、当社グループの財政状態及び経営成績に影響を及ぼす可
       能性があります。
      ② 税制改正及び政策変更について

        政府は新型コロナウイルスの感染拡大による危機から脱し、経済を内需主導で成長軌道に戻していくことがで
       きるよう、経済の下支えを行いながら、感染拡大防止と社会経済活動の両立を図っていくとしております。ポス
       トコロナ時代を見据え、規制改革や税制改革等を含めた未来を先取りする様々な社会変革への取り組みが進めら
       れようとしております。 
        IFAによる金融サービス提供事業を行う当社グループは、税制改正による金融商品への課税強化や金融政策の大
       きな変更が生じた場合、既存顧客の投資意向の変化、新規資金導入への影響、IFAの活動意欲等に影響を与えるこ
       とが考えられ、当社グループの財政状態及び経営成績に影響を及ぼす可能性があります。
      ③ 金融商品の売買手数料の無料化について

        情報通信技術の発達や個人投資家のリテラシーの向上により、証券業界の提供する売買仲介や資産運用など旧
       来のサービス価値のコモディティー化が進み、大手オンライン証券会社を筆頭に手数料の多様化・無料化が進む
       傾向にあります。その中にあって、注目されているのは、顧客の人生設計や目標を理解し、その実現に向け資産
       運用計画の進捗状況をサポートする生涯にわたる継続的な資産運用アドバイス                                    、投資を顧客ゴールの中長期達成
       のための手段と位置づける「ゴールベース」のアプローチ                           です。
        転勤がなく顧客と一生涯付き合うことができるIFAは、                          こうした資産運用アドバイスの担い手                  となることがで
       き 、その手数料はIFAの提供するサービス価値が反映されたものであると当社は考えています。今後、手数料の多
       様化・無料化が進展した場合でも、IFAが顧客に提供する資産運用アドバイスの価値を高めていくことが当社の競
       争力強化に繋がります。そのため、当社ではIFAに対してゴールベースアプローチの手法を始めとして、IFA活動
       の質的な向上を図ることを重要な成功要因としてとらえ、そのための取り組みを進めています。
        しかし、金融商品取引業者において株式売買手数料及び投資信託販売手数料の多様化・無料化の流れが急激に
       進み、所属IFAが顧客満足を得られない場合は、当該IFAの減収や廃業の可能性が高まり、当社グループの財政状
       態及び経営成績に影響を及ぼす可能性があります。
     (2) 事業内容及び当社グループのサービスに関するリスクについて

      ① 特定事業への依存について
        当社グループはIFAにビジネスプラットフォームを提供することで金融商品仲介業を遂行しており、今後も当該
       事業を主軸とした事業展開に注力していく方針であることから、当社グループの事業成長は当該事業に依存して
       いるものと認識しております。当社グループは、昨今の大手金融商品取引業者動向及び金融庁の方針より、今後
       も継続した市場拡大を想定しておりますが、当該事業環境の変化やサービスの競争力低下が生じた場合、当社グ
                                 34/133

                                                          EDINET提出書類
                                            株式会社アイ・パートナーズフィナンシャル(E34851)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       ループの財政状態及び経営成績に影響を及ぼす可能性があります。
        当社グループではこれらのリスクに対応するため、IFA向けプラットフォームの付加価値向上を図るのはもちろ
       んのこと、金融商品仲介業と関連のあるサービス提供者や専門家との協力や業務提携の可能性を継続して探索し
       て参ります。
      ② IFA数について

        当社は「日本のリテール金融改革を通じて社会に貢献します。」を経営理念に掲げております。この理念実現
       のためには、IFAという存在やその働き方への認知度を高め、IFAに相応しい人材を数多く輩出し、存分に活躍で
       きる環境を作ることが必要と考えております。IFA認知度向上のために、当社は業界団体活動での活動や当社の広
       報宣伝活動を進めております。また、IFAの新規契約においては、すでに所属しているIFAの紹介に依るものが数
       多くあるため、IFAに提供するプラットフォームの改善を通じてIFAの満足度を高めてきております。
        こうした取り組みの成果である、所属IFA数の増加は、連結売上高の増加につながるものであり、最も重要な経
       営指標の一つです。
        しかし、IFAに対する認知度向上が進まず、またIFAのミスマッチによる解約の発生、競合他社とのIFA争奪が過
       熱する事態の発生、又は、当社グループに対する批判的な風評の発生等によりIFA数が伸び悩む可能性も否定でき
       ません。その場合には、当社グループの財政状態及び経営成績に影響を及ぼす可能性があります。
      ③ 特定取引先への依存について

        当社は、金融商品取引業者のうち、楽天証券株式会社、株式会社SBI証券、エース証券株式会社、あかつき
       証券株式会社を所属金融商品取引業者として金融商品仲介業務を行っております。2020年3月期の連結売上高に
       占める比率は楽天証券株式会社が全体の55.9%、株式会社SBI証券が同28.7%と、2社の比率が高くなってお
       ります。どの証券会社に口座を開設し取引を行うかの金融商品取引業者の選択は顧客に委ねられており、特定の
       取引先の比率が高まった場合、取引先の経営環境、取引方針及び契約内容の変更によっては、当社グループの財
       政状態及び経営成績に大きな影響を及ぼす可能性があります。
        当社グループではこれらのリスクに対応するため、所属金融商品取引業者等取引先を増加する等の対応を進め
       ております。
      ④ 競合について

        現状、銀行・証券・保険の各業態における仲介業はそれぞれの業法で縦割りに規制されており、各業態のサー
       ビスを取り扱うためには複数の業登録を行う必要がありますが、金融サービス仲介業の創設により、金融商品仲
       介業への参入障壁は低くなることが見込まれます。
        競合企業の参入や拡大は金融商品仲介業並びにIFAの認知度向上に伴う市場規模の拡大であり、当社事業にとっ
       ても一定のメリットがあるものと考えております。当社グループは、IFAが顧客の「最善の利益」のためだけに自
       らの専門性を発揮できるよう、独立性の担保はもちろんのこと、顧客へのアドバイス業務に専念でき、またIFAと
       して向上できる環境を提供するプラットフォーマーとして、当社プラットフォームに対するIFAの高い満足度の維
       持・向上に努めており、競合他社との更なる差別化を図っていく方針であります。
        しかし、当社グループにおいてIFA満足度の維持向上及び競合他社との差別化が困難となり競争力が低下した場
       合には、当社グループの財政状態及び経営成績に影響を及ぼす可能性があります。
     (3) 事業運営に関するリスクについて

      ① 特定人物への依存について
        当社グループは、事業運営を当社代表取締役社長である田中譲治あるいは少人数の経営陣に依存する度合いが
       高くなっております。したがって、これら経営陣が経営者としての任務を継続的に遂行することが、当社グルー
       プの発展を支える重要な要因でもあります。特に代表取締役社長である田中譲治は、当社グループの主力事業で
       ある金融商品仲介業の伸長に深く関与しております。
        また、自身のIFA経験を通して事業に関する豊富な知識と経験と人脈を有しており、特にIFA候補者の開拓、経
       営戦略の構築やその実行に際して重要な役割を担っております。
        当社グループは特定の人物に依存しない体制を構築すべく組織体制の強化を図り、田中譲治及び特定かつ少数
       の経営陣に過度に依存しない経営体制の整備を進めておりますが、現段階において何らかの理由により田中譲治
       あるいは経営陣の一部において当社グループにおける業務遂行が困難になった場合、当社グループの財政状態及
       び経営成績に影響を及ぼす可能性があります。
                                 35/133


                                                          EDINET提出書類
                                            株式会社アイ・パートナーズフィナンシャル(E34851)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      ② 組織が少人数編成であることについて

        当社グループの継続的な成長には、当社グループの理念に共感し高い意欲を持った優秀な人材を雇用し、育成
       し続けることが重要であると考えております。また、当社グループは業務遂行上、必要最低限の人数での組織編
       成となっております。今後は事業の拡大に応じて経験豊かな人材の確保及び当社グループ内での育成を行うとと
       もに業務遂行体制の充実を図っていく方針であります。
        しかし、当社グループの求める人材の確保に支障が生じた場合、従業員の予期せぬ退職等があった場合には、
       当社グループの財政状態及び経営成績に影響を及ぼす可能性があります。
      ③ 情報システム・通信手段のリスクについて

        IFA及び役社員は業務を遂行するにあたり、当社グループの提供するコンピュータシステム及び電話等の通信手
       段を使用しております。当社グループでは、情報システム利用環境についての監視を行うとともに、サーバー
       データの定期的バックアップや稼働状況の監視、バックアップサーバーの遠隔地設置、システムのクラウド化等
       によりトラブルの事前防止、トラブル発生時の次善策対応を進めております。
        しかし、停電等社会的インフラの障害、通信・放送の障害、サイバーテロ等により事業継続に支障をきたす事
       象が発生し、情報システム・通信手段に重大な被害又は長時間のシステム停止等の影響が生じる場合には、業務
       を適切に遂行できなくなる可能性があります。その場合には、当社グループの財政状態及び経営成績に影響を及
       ぼす可能性があります。
     (4) 法的規制及びコンプライアンスに関するリスクについて

      ① 法的規制等について
        当社グループは、金融商品取引法及び関連法令等の規制を受けるとともに、主要な事業活動の前提となる金融
       商品仲介業の登録を受けております。この登録に特段の期限の定めはないものの、登録を受けた会社が、法令等
       に違反した場合等には、業務の全部もしくは一部を停止、あるいは登録の取消となることがあると金融商品取引
       法により定められております。
        金融商品仲介業の登録の取消等の要件は以下のとおりです。
       ・他に行っている事業が公益に反すると認められるとき
       ・金融商品仲介業を適格に遂行することができる知識及び経験を有しないと認められるとき
       ・不正の手段により金融商品仲介業の登録を受けたとき
       ・金融商品仲介業に関し法令又は法令に基づいて行われる行政官庁の処分に違反したとき
       ・役員の解任要件
        a 心身故障のため適正な業務を行うことができないとき
        b 破産手続き開始の決定を受けて復権できないとき
        c 金融商品仲介業に関し法令又は法令に基づいて行われる行政官庁の処分に違反したとき
       金融商品仲介業の登録の失効要件は以下のとおりです。
       ・金融商品仲介業を廃止したとき
       ・金融商品仲介業者である法人が合併により消滅したとき
       ・金融商品仲介業者である法人について破産手続開始の決定があったとき
       ・金融商品仲介業者である法人が合併及び破産手続開始の決定以外の理由により解散したとき
       ・所属金融商品取引業者等がなくなったとき
       ・第一種金融商品取引業者の登録を受けたとき
        また、当社グループは、保険業法及び関連法令等の規制を受け、損害保険代理店の登録並びに生命保険募集人
       の登録を受けております。この登録に特段の期限の定めはないものの、登録を受けた会社が、法令等に違反した
       場合等には、業務の全部もしくは一部を停止、あるいは免許の取消となることがあると保険業法により定められ
       ております。
        当社グループでは、内部管理体制の強化とコンプライアンス体制の整備に努めており、現在を含め過去におい
       ても、登録の取消や更新拒否の事由となる事実は発生しておりません。しかしながら、将来においてこれら法令
       に違反する事実が発生し、登録の取消や行政処分が発せられた場合には、当社グループの事業活動や経営成績に
       重大な影響を及ぼす可能性があります。
       4.5  また、関連法令の改正や制定に伴い当社グループの事業活動が制約を受ける場合や当社グループが十分に対
       応できない場合には、当社グループの財政状態及び経営成績に影響を及ぼす可能性があります。
                                 36/133

                                                          EDINET提出書類
                                            株式会社アイ・パートナーズフィナンシャル(E34851)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      ② 金融商品仲介業に係る新たな法的規制・行政指導について 

        金融商品取引法、金融商品の販売等に関する法律、犯罪による収益の移転防止に関する法律、不当景品類及び
       不当表示防止法、個人情報の保護に関する法律、行政手続における特定の個人を識別するための番号の利用等に
       関する法律、その他の法令・規則等の改定等により、当社グループが行っている業務に対し、新たな法的規制や
       行政指導が導入された場合には、当社ビジネスモデル、財政状態及び経営成績に影響を及ぼす可能性がありま
       す。
        また、現在、当社とIFAは業務委任契約の関係(一部IFAとは雇用契約の関係)にあり、IFAは個人事業主として
       活動しております。しかし、法令の改定等により登録外務員の雇用義務化が定められた場合やIFAが独立した個人
       事業主ではなく「労働者」と認定された場合は、現在の契約形態でのビジネスの継続が困難となる可能性があ
       り、IFAとの契約形態の変更は当社ビジネスモデルの根幹に関わる変更となるため、当社グループの財政状態及び
       経営成績に影響を及ぼす可能性があります。
      ③ コンプライアンス違反について

        当社は金融商品取引法、金融商品の販売等に関する法律、その他の法令規則等に服しており、内部管理責任者
       の増強や内部管理体制の拡充に努めております。IFAとの業務委任契約締結にあたっては、IFAの行動規範である
       「IFAの誓い」への同意を前提としており、契約後のIFAは所属金融商品取引業者や当社独自のコンプライアンス
       研修や確認テストの定期的受講が必須となっております。
        当社は常時IFAの活動についてのモニタリングを実施し、コンプライアンス違反防止に取り組んでおります。当
       社とIFAの業務委任契約は1年間の有期契約であり、契約更新に際してはコンプライアンス意識、法令・諸規則の
       遵守状況等を勘案し、更新の是非を判断しております。
        また、当社グループは法令・規則等を遵守するよう役社員に対して、定期的な社員研修等により、コンプライ
       アンスや社内外のルール順守の徹底を図っております。
        しかし、IFAや役社員に対するこれらの教育・指導やモニタリング等が十分に機能せず、あるいはこうした教
       育・指導を無視したことによりコンプライアンス違反事例が発生した場合には、当社の信用の低下につながる可
       能性や当社が損害賠償責任を負う可能性があることから、当社グループの財政状態及び経営成績に影響を及ぼす
       可能性があります。
      ④ 情報セキュリティについて

        当社グループは、事業を推進していく中で、顧客の機密情報や個人情報を扱う機会があります。当社グループ
       ではこれらの個人情報を取り扱う際の個人情報管理基本規程を制定するとともに、手続きや管理方法についての
       ルールを定めIFAに対する指導や社内教育を徹底する等、個人情報の保護に積極的に取り組んでおります。
        しかし、外部からの不正アクセスによるものや社内ルールの不徹底など人為的ミス等によりこれらの個人情報
       が漏洩した場合には、当社グループの社会的信用の失墜等により、当社グループの財政状態及び経営成績に影響
       を及ぼす可能性があります。
      ⑤ 訴訟等について

        本書提出日現在において、重要な訴訟等は発生しておりません。しかしながら、当社グループが事業活動を行
       う中で、顧客、取引先又はその他第三者との間で予期せぬトラブルが発生し、損害賠償請求等の訴訟その他の法
       的手続きが行われる可能性があります。その訴訟等の内容や損害賠償の金額によっては、当社グループの財政状
       態及び経営成績に影響を及ぼす可能性があります。
     (5) その他のリスクについて

      ① 新型コロナウイルス感染症拡大について
        当社グループでは、新型コロナウイルスの感染拡大期に、役社員に対して発熱時の報告義務、手洗い実施・マ
       スク着用など感染予防対策の指示、職場内の換気や遮蔽板による飛沫飛散防止策の導入、リモートワークの導入
       等、感染リスクの低減に取り組んで参りました。
        また、全国のオフィスビルに同居する他テナントで感染者が発生した場合の連絡体制を確立してきました。
        しかし、今後、新型コロナウイルス感染拡大により、役社員やIFAに感染者が多数発生した場合は、当社グルー
       プの事業展開、財政状態及び経営成績に影響を及ぼす可能性があります。
                                 37/133


                                                          EDINET提出書類
                                            株式会社アイ・パートナーズフィナンシャル(E34851)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      ② 災害・事故等に関わるリスク
        当社グループでは、自然災害、火災、感染症の流行等によって通常の業務運営が困難となった場合に備え、事
       業継続計画を策定し、関連マニュアルの整備、役社員の安否確認連絡体制を構築し定期的な訓練等を実施してお
       ります。
        しかし、自然災害、火災、電力その他の社会的インフラの障害、通信・放送の障害、流通の混乱、大規模な事
       故、感染症流行、戦争、テロ、政情不安、社会不安等が発生した場合、事業継続に支障をきたす事象が発生し
       て、当社グループの事業展開、財政状態及び経営成績に影響を及ぼす可能性があります。
      ③ 配当政策について

        当社は、株主に対する利益還元を経営の重要課題として認識しており、前四事業年度にわたり、配当を実施し
       ております。しかしながら、当社グループは、いまだ成長過程にあると考えており、中長期的に企業価値を高め
       るとともに、将来の事業展開と経営体質の強化のために必要な内部留保の確保も重要な課題の一つであります。
        当社は、事業環境や業績、財務状況等を総合的に勘案したうえで、継続的かつ安定的な配当を実施することを
       基本方針としておりますが、当社グループの事業展開、財政状態及び経営成績によっては、配当を実施できない
       可能性があります。 
      ④ 新株予約権の行使による株式価値の希薄化について

        当社では、当社グループの役社員に対して、インセンティブを目的として新株予約権を付与しており、本書提
       出日現在における発行済株式総数に対する潜在株式の割合は12.5%となっております。
        また、今後もインセンティブプランとしてのストック・オプション制度を継続していく可能性があります。こ
       れら新株予約権が行使された場合には、当社の株式が発行され、既存株主が有する株式の価値及び議決権が希薄
       化する可能性があります。
      ⑤ 調達資金の使途について

        今回計画している公募増資による調達資金の使途については、IFAに提供するビジネスプラットフォーム増強の
       ためハード・ソフトの両面からサービス提供水準の向上につながる投資や人材資源拡充に充当する予定でありま
       す。
        しかしながら、経営環境の急激な変化等により、上記の資金使途へ予定どおり資金を投入したとしても、想定
       どおりの投資効果を上げられない可能性があります。
        また、市場環境の変化が激しく、計画の変更を迫られ調達資金を上記以外の目的で使用する可能性があります
       が、その場合は投資の優先度や費用対効果を見極めた判断を行い、速やかに資金使途の変更について開示を行う
       予定であります。 
                                 38/133









                                                          EDINET提出書類
                                            株式会社アイ・パートナーズフィナンシャル(E34851)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    3  【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】
     (1)  経営成績等の状況の概要
       当社グループ(当社及び連結子会社)の財政状態、経営成績及びキャッシュ・フロー(以下、「経営成績等」とい
      う。)の状況の概要は次のとおりであります。
      ① 財政状態の状況
        第15期連結会計年度(自 2019年4月1日 至 2020年3月31日) 
       a 資産
         当連結会計年度末の流動資産は前連結会計年度末に比べ53,517千円増加し、505,560千円となりました。これ
        は売掛金が71,573千円増加した一方、現金及び預金が10,881千円、未収還付法人税等が11,526千円減少したこ
        と等によるものです。固定資産は、前連結会計年度末に比べ33,361千円増加し、150,966千円となりました。こ
        れは新規3オフィスの開設及び既存2オフィスの増床等により、有形固定資産が6,566千円、差入保証金が
        22,546千円増加したこと等によるものです。
         この結果、総資産は656,526千円となり、前連結会計年度末に比べ86,879千円増加いたしました。
       b 負債
         当連結会計年度末の流動負債は前連結会計年度末に比べ10,580千円減少し、281,233千円となりました。これ
        は営業社員の人数が増え、営業成績連動賞与が増加したこと等により未払費用が10,271千円、未払法人税等が
        2,835千円、未払消費税等が5,184千円増加する一方、買掛金が29,821千円減少したこと等によるものです。固
        定負債は前連結会計年度末に比べ4,335千円増加し、30,387千円となりました。これは新規3オフィスの開設及
        び既存2オフィスの増床等により、資産除去債務が4,335千円増加したことによるものです。
         この結果、負債合計は311,621千円となり、前連結会計年度末に比べ6,245千円減少いたしました。
       c 純資産
         当連結会計年度末の純資産は前連結会計年度末に比べ93,124千円増加し、344,905千円となりました。これは
        第三者割当増資により資本金及び資本剰余金が49,600千円ずつ増加する一方、剰余金の配当5,310千円を実施し
        たこと等により、利益剰余金が6,075千円減少したことによるものです。
        第16期第3四半期連結累計期間(自 2020年4月1日 至 2020年12月31日)

       a 資産
         当第3四半期連結会計期間末の流動資産は、前連結会計年度末に比べ315,368千円増加し、820,928千円とな
        りました。これは現金及び預金が134,452千円増加、売掛金が184,822千円増加したこと等によるものです。固
        定資産は、前連結会計年度末に比べ9,998千円増加し、160,965千円となりました。これは電話交換設備及び
        サーバーを取得したことにより、有形固定資産に含まれるリース資産14,220千円が増加したこと等によるもの
        です。
         この結果、総資産は981,893千円となり、前連結会計年度末に比べ325,367千円増加いたしました。
       b 負債

         当第3四半期連結会計期間末の流動負債は、前連結会計年度末に比べ202,207千円増加し、483,441千円とな
        りました。これは主に、買掛金137,568千円、未払法人税等43,949千円、流動負債その他に含まれる未払消費税
        等19,632千円の増加等によるものです。固定負債は前連結会計年度末に比べ11,362千円増加し、41,750千円と
        なりました。これは         、電話交換設備及びサーバーのリース資産の取得に伴い                          固定負債その他に含まれるリース
        債務が11,362千円増加したことによるものです。
         この結果、負債合計は525,191千円となり、前連結会計年度末に比べ213,570千円増加いたしました。
       c 純資産

         当第3四半期連結会計期間末の純資産は、前連結会計年度末に比べ111,796千円増加し、456,702千円となり
        ました。これは親会社株主に帰属する四半期純利益115,251千円を計上した一方、剰余金の配当3,455千円を実
        施したことにより、利益剰余金が111,796千円増加したことによるものです。
                                 39/133



                                                          EDINET提出書類
                                            株式会社アイ・パートナーズフィナンシャル(E34851)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      ② 経営成績の状況
        第15期連結会計年度(自 2019年4月1日 至 2020年3月31日)
        当連結会計年度におけるわが国経済は、新型コロナウイルスの世界的な感染拡大による経済活動の停止・停滞
       への懸念が強まり、景況感は急激に悪化し、先行きが極めて不透明な状況で推移いたしました。日経平均株価は
       3月に1万6,358円まで急落し、2016年11月以来3年4か月ぶりの安値を付けた後、日銀によるETFの買い入れ金
       額の拡大や米国の大型経済対策への期待等から反発したものの、3月末の日経平均株価は1万8,917円で取引を終
       えました。
        当社グループを取り巻く事業環境におきましては、「平均的な高齢夫婦無職世帯の毎月の赤字額は約5万円と
       なっており、この毎月の赤字額は自身が保有する金融資産より補填することとなる。」という内容が話題となっ
       た金融審議会の報告書には、「個々人に的確なアドバイスができるアドバイザーの存在が重要であり、顧客の最
       善の利益を追求する立場に立って、顧客のライフステージに応じ、マネープランの策定等の総合的なアドバイス
       を提供できるアドバイザー」の必要性が記載されております。
        また、個人のライフスタイルの多様化や人生100年時代の到来を背景に各人が金融面での対応や備えを行ってい
       く必要性が増し、幅広い世代における金融リテラシーの向上が不可欠となっているなかで、金融サービスの担い
       手の一つとしてIFAの存在感は急速に高まり、その将来性が注目されました。
        このような経営環境の下、当社グループは「IFAビジネスに関わる全ての人々の幸せを目指します」をビジョン
       に掲げ、お客様、IFA、そして当社が、Win-Win-Winの関係を築けるよう、IFAがファイナンシャル・アドバイス業
       務に専念できる環境やIFAとしてのスキル向上を図る研鑽機会等のプラットフォームを提供し、お客様本位の業務
       運営の更なる徹底を図ってまいりました。
        その結果、当連結会計年度末の所属IFA数は173人(前年度末比20.1%増、29名増)と増加し、IFAオフィスにつ
       きましては広島(4月)、長野(7月)、宮崎(10月)の3オフィス開設の他、本店と大阪オフィスの増床によ
       り、IFAへ提供するブース数は19オフィス合計で278ブース(前年度末比46ブース増)となり、今後のIFAの増加に
       対応できるキャパシティーを確保いたしました。
        また、金融商品仲介業に係る口座総数は9,813口座(前年度末比22.7%増、1,815口座増)、媒介する資産残高
       は124,337百万円(前年度末比17.0%増、18,059百万円増)となり、当社の事業規模は拡大いたしました。
        以上の結果、当連結会計年度の業績は、売上高が2,467,009千円(前連結会計年度比3.7%増、87,305千円増)
       となったものの、オフィス開設等に伴う地代家賃等の増加や業務管理体制強化のための人員拡充による人件費の
       増加により営業利益が6,127千円(前連結会計年度比89.0%減、49,501千円減)、経常利益が7,408千円(前連結
       会計年度比86.9%減、49,230千円減)と税引き前段階では利益を確保しましたが、オフィスに係る法人住民税の
       均等割等により親会社株主に帰属する当期純損失が765千円(前連結会計年度の親会社株主に帰属する当期純利益
       は38,790千円)となりました。
        第16期第3四半期連結累計期間(自 2020年4月1日 至 2020年12月31日)

        当第3四半期連結累計期間におけるわが国経済は、新型コロナウイルス感染拡大に伴う国内外の経済活動の停
       滞や縮小時期から経済活動の再開による持ち直し局面への動きがみられたものの、再度、感染の拡大が続いてい
       ること等から、先行きは極めて不透明な状況となっております。
        当社グループを取り巻く事業環境は、世界的な金融緩和や財政出動、ワクチンの開発や接種の開始などを背景
       に世界経済の先行きへの回復期待から、日経平均は30年ぶりの高値となり米国の主要3指数が史上最高値を更新
       するなど、良好な状況が継続いたしました。
        このような環境下、当社グループは、お客様のニーズや課題にお応えする役割を果たすとともに、金融商品仲
       介業務においてはIFAビジネスプラットフォームの付加価値を高めることで、2021年3月末の媒介する資産残高
       2,000億円の達成に取り組んでまいりました。
        その結果、当第3四半期連結累計期間においてIFA数は12名純増、保険募集人は11名純増し、当第3四半期連結
       会計期間末のIFA数は185名、保険募集人は71名となり、金融商品仲介業に係る口座総数は11,090口座(前年度末
       比13.0%増、1,277口座増)、媒介する資産残高は184,018百万円(前年度末比48.0%増、59,681百万円増)とな
       りました。媒介する資産残高増大による企業価値の向上を中期経営方針に掲げ                                    、IFAに対し顧客の信頼を得て資産
       を増加させることの重要性と必要性を訴え、顧客の信頼獲得のため必要な資料や営業ツール、IFAとしての技能向
       上に繋がる研修機会の提供等に              取り組んできたことが奏功し、当社事業基盤の拡大は継続しております。
        以上の結果、当第3四半期連結累計期間の業績は、媒介する証券仲介手数料の大幅な増加に伴い、売上高が
       2,814,087千円、営業利益が172,207千円、経常利益が172,698千円、親会社株主に帰属する四半期純利益が
       115,251千円となりました。
                                 40/133


                                                          EDINET提出書類
                                            株式会社アイ・パートナーズフィナンシャル(E34851)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
        ③ キャッシュ・フローの状況

        第15期連結会計年度(自 2019年4月1日 至 2020年3月31日)
        当連結会計年度末における現金及び現金同等物(以下、「資金」という)の残高は238,053千円となり、前連結
       会計年度末に比べ10,881千円の減少となりました。当連結会計年度における各キャッシュ・フローの状況とそれ
       らの要因は次のとおりであります。
       (営業活動によるキャッシュ・フロー)

        営業活動の結果使用した資金は60,713千円(前連結会計年度は86,833千円の獲得)となりました。
        主な増加要因は、減価償却費の計上16,720千円、営業社員の人数が増え、営業成績連動賞与が増加したことに
       よる未払費用の増加額10,271千円、法人税等の還付額11,526千円によるものです。主な減少要因は、証券仲介売
       上高に係る売上債権の増加額71,573千円、委託契約IFA報酬に係る仕入債務は増加したものの、保険募集人に対す
       る報酬の減少と過年度の報酬に対する分割払報酬を支払ったことにより、仕入債務の減少額が29,821千円となっ
       たこと、法人税等の支払額10,175千円によるものです。
       (投資活動によるキャッシュ・フロー)

        投資活動の結果使用した資金は44,058千円(前連結会計年度は38,988千円の使用)となりました。
        これは新規のIFAオフィス開設及び既存オフィスの増床、IFA向けのPC等有形固定資産の取得による支出21,511
       千円及びIFAオフィス開設時の敷金等差入保証金の差入による支出22,546千円により資金が減少したことによるも
       のです。
       (財務活動によるキャッシュ・フロー)

        財務活動の結果獲得した資金は93,890千円                   (前連結会計年度は5,310千円の使用)                  となりました。
        これは株式の発行による収入99,200千円により資金が増加した一方、配当金の支払額5,310千円により資金が減
       少したことによるものです。
                                 41/133











                                                          EDINET提出書類
                                            株式会社アイ・パートナーズフィナンシャル(E34851)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      ④ 生産、受注及び販売の実績
       a 生産実績
         当社グループで行う事業は、提供するサービスの性格上、生産実績の記載になじまないため、当該記載は省
        略しております。
       b 受注実績
         当社グループで行う事業は、提供するサービスの性格上、受注実績の記載になじまないため、当該記載は省
        略しております。
       c 販売実績
         第15期連結会計年度及び第16期第3四半期連結累計期間の販売実績は次のとおりであります。なお、当社グ
        ループはIFAによる金融サービス提供事業の単一セグメントであるため、セグメントごとの記載を省略しており
        ます。
                            第15期連結会計年度               第16期第3四半期連結累計期間
                             (自 2019年4月1日                  (自 2020年4月1日
                             至   2020年3月31日)               至   2020年12月31日)
          セグメントの名称
                                      前年同期比
                           金額(千円)                     金額(千円)
                                       (%)
       IFAによる金融サービス提供事業                         2,467,009        103.7             2,814,087
             合計                   2,467,009        103.7             2,814,087
     (注)1.最近2期連結会計年度及び第16期第3四半期連結累計期間の主な相手先別の販売実績及び総販売実績に対す
         る割合は次のとおりであります。
                   第14期連結会計年度              第15期連結会計年度            第16期第3四半期連結累計期間
                  (自 2018年4月1日              (自 2019年4月1日               (自 2020年4月1日
                   至     2019年3月31日)           至   2020年3月31日)            至   2020年12月31日)
         相手先
                 金額(千円)       割合(%)      金額(千円)       割合(%)       金額(千円)        割合(%)
       楽天証券株式会社            1,191,683         50.1     1,379,739         55.9      1,365,204         48.5
      株式会社SBI証券              675,136        28.4      707,544        28.7       830,061        29.5
       2.上記の金額には、消費税等は含まれておりません。
                                 42/133











                                                          EDINET提出書類
                                            株式会社アイ・パートナーズフィナンシャル(E34851)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     (2)  経営者の視点による経営成績等の状況に関する認識及び分析・検討内容
       経営者の視点による当社グループの経営成績等の状況に関する認識及び分析・検討内容は以下のとおりでありま
      す。
       なお、文中の将来に関する事項は、本書提出日現在において判断したものであります。
      ① 重要な会計上の見積り及び当該見積りに用いた仮定

        当社グループの連結財務諸表は、我が国において一般に公正妥当と認められている会計基準に基づき作成され
       ております。この連結財務諸表の作成にあたり、資産及び負債又は損益の状況に影響を与える会計上の見積り
       は、過去の実績等連結財務諸表作成時に入手可能な情報に基づき合理的に判断しておりますが、実際の結果は、
       見積りによる不確実性があるため、これらの見積りと異なる場合があります。
        当社グループの連結財務諸表の作成にあたって採用している重要な会計方針は、「第5 経理の状況 1 連
       結財務諸表等 (1)連結財務諸表 注記事項 3 会計方針に関する事項」に記載しております。
        また、   新型コロナウイルス感染拡大の影響については、「第5                          経理の状況      (1)連結財務諸表          注記事項(追
       加情報)」に記載のとおりであります。
        なお、会計上の見積り及び当該見積りに用いた仮定のうち、特に重要なものは次のとおりです。
      (繰延税金資産の回収可能性)
        当社グループは、繰延税金資産について、将来の利益計画に基づいた課税所得が十分に確保できることや回収
       可能性があると判断した将来減算一時差異について繰延税金資産を計上しております。繰延税金資産の回収可能
       性は将来の課税所得の見積りによるため、課税所得の将来予測に影響を与える変化が生じた場合には繰延税金資
       産の回収可能性が変動することにより当社クループの財政状態及び経営成績に影響を及ぼすことが考えられま
       す。
      ② 経営成績等の状況に関する認識及び分析・検討内容

        第15期連結会計年度(自 2019年4月1日 至 2020年3月31日)
       a 当連結会計年度の経営成績の分析
         当連結会計年度の経営成績の分析については、「(1)                         経営成績等の状況の概要 ② 経営成績の状況」をご
        参照ください。
       b 当連結会計年度の財政状態の分析
         当連結会計年度の財政状態の分析については、「(1)                         経営成績等の状況の概要 ① 財政状態の状況」をご
        参照ください。
       c 当連結会計年度のキャッシュ・フローの分析
         当連結会計年度のキャッシュ・フローの分析については、「(1)                                経営成績等の状況の概要 ③ キャッ
        シュ・フローの状況」をご参照ください。
        第16期第3四半期連結累計期間(自 2020年4月1日 至 2020年12月31日)

       a 当第3四半期連結累計期間の経営成績の分析
         当第3四半期連結累計期間の経営成績の分析については、「(1)                              経営成績等の状況の概要 ② 経営成績の
        状況」をご参照ください。
       b 当第3四半期連結累計期間の財政状態の分析
         当第3四半期連結累計期間の財政状態の分析については、「(1)                              経営成績等の状況の概要 ① 財政状態の
        状況」をご参照ください。
      ③ 資本の財源及び資金の流動性についての分析

        当社グループの資金需要の主なものは、当社グループの金融商品仲介業に係る人件費、販売促進費等の販管費
       及び一般管理費に加え、拠点開発に係る有形固定資産への投資があります。
        通常の運転資金については、自己資金により賄うことを基本方針としております。新たな投資への資金需要に
       ついては、上場による調達資金の活用を予定しております。
      ④ 経営成績に重要な影響を与える要因について 

        「2 事業等のリスク」に記載のとおり、様々なリスク要因が当社グループの経営成績に重要な影響を与える
                                 43/133

                                                          EDINET提出書類
                                            株式会社アイ・パートナーズフィナンシャル(E34851)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       可能性があると認識しております。
        そのため、当社グループは常に市場動向に留意しつつ、内部管理体制の強化、優秀な人材の確保と育成、市場
       ニーズにあったサービスの展開等により、当社グループの経営成績に重要な影響を与えるリスクに対し、適切に
       対応を行ってまいります。
      ⑤ 経営上の目標の達成状況を判断するための客観的な指標等の進捗状況

        「1 経営方針、経営環境及び対処すべき課題等」に記載のとおり、当社グループは経営上の目標達成状況を
       判断するための客観的な指標として、所属IFA数及び媒介する資産残高を重要な経営指標として位置付けておりま
       す。
        当該指標については、次表のとおり継続的に増加しており、当第3四半期連結累計期間末の所属IFA数は、前連
       結会計年度末と比べ106.9%、媒介する資産残高は同148.0%となっており、順調に推移しているものと認識して
       おります。
     <重要指標推移表>
              2017年                                     2021年3月期
                    2018年3月期末           2019年3月期末           2020年3月期末
              3月期末                                      第3四半期末
                    実績     前期比      実績     前期比      実績     前期比
               実績                                       実績
    所属IFA数(名)             99     117   118.2%       144   123.1%       173   120.1%          185
    媒介する資産残高
               76,252     98,423     129.1%     106,278     108.0%     124,337     117.0%        184,018
    (百万円)
    4  【経営上の重要な契約等】

       契約会社名            相手先の名称           契約締結日                契約内容

    株式会社アイ・パート
                楽天証券株式会社            2009年4月10日        金融商品仲介業に係る業務等委託基本契約
    ナーズフィナンシャル
    株式会社アイ・パート
                株式会社SBI証券            2011年3月28日        金融商品仲介業に関する業務委託契約
    ナーズフィナンシャル
    株式会社アイ・パート
                エース証券株式会社            2014年3月7日        金融商品仲介業に関する業務委託基本契約
    ナーズフィナンシャル
    株式会社アイ・パート
                あかつき証券株式会社            2020年2月1日        金融商品仲介業務に関する業務委託基本契約書
    ナーズフィナンシャル
    5  【研究開発活動】

      該当事項はありません。
                                 44/133









                                                          EDINET提出書類
                                            株式会社アイ・パートナーズフィナンシャル(E34851)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    第3 【設備の状況】
    1 【設備投資等の概要】
      第15期連結会計年度(自 2019年4月1日 至 2020年3月31日)
      当連結会計年度の設備投資は総額                25,679   千円であり、主な内容はオフィスの新設工事に伴う資産除去債務を含む建
     物附属設備となっております。当社グループは、単一セグメントであるため、セグメント別の記載を省略しておりま
     す。
      なお、当連結会計年度において重要な設備の除却、売却等はありません。
      第16期第3四半期連結累計期間(自 2020年4月1日 至 2020年12月31日)

      当第3四半期連結累計期間の設備投資は総額                     23,553   千円であり、主な内容は電話交換設備及びサーバーのリース資
     産の取得14,220千円、役社員及びIFAが使用するPCの購入6,061千円となっております。当社グループは、単一セグメ
     ントであるため、セグメント別の記載を省略しております。
      なお、当第3四半期連結累計期間において重要な設備の除却、売却等はありません。
    2 【主要な設備の状況】

     (1) 提出会社
                                                2020年3月31日現在
                                 帳簿価額(千円)
       事業所名                                              従業員数
                設備の内容
                               工具、器具
       (所在地)                                               (名)
                       建物附属設備               ソフトウエア         合計
                               及び備品
        本社                                                 25
               事業所設備等           5,907       2,538       1,077       9,523
    (神奈川県横浜市西区)                                                     (6)
      新宿オフィス
                                                         3
      (東京都新宿区)          事業所設備等           33,479        8,434         ―     41,913
                                                         (0)
      他17オフィス
     (注)   1.現在休止中の主要な設備はありません。
       2.  上記の金額には消費税等は含まれておりません。
       3.  従業員数は     就業人員数であり、臨時雇用者数               は(  )内に外数で記載しております。なお、臨時雇用者とは、
         正規従業員以外の有期雇用従業員と派遣社員であります。
       4.建物は賃借物件であり、年間賃借料は118,885千円であります。
     (2)  国内子会社

                                                2020年3月31日現在
                                     帳簿価額(千円)
                事業所名                                     従業員数
        会社名                設備の内容
                                      工具、器具
                (所在地)                                      (名)
                              建物附属設備                 合計
                                      及び備品
                 本店
                       支店設備
    株式会社AIPコン                                                     2
               (神奈川県横浜                     0       96       96
    サルタンツ                                                    (8)
                       PC
                市西区)
                新宿支店
    株式会社AIPコン                  電話設備一式                                   1
               (東京都新宿区)                    ―       50       50
    サルタンツ                  PC                                 (46)
                他5支店
     (注)   1.現在休止中の主要な設備はありません。
       2.上記の金額には消費税等は含まれておりません。
       3.従業員数は就業人員数であり、臨時雇用者数は(                         )内に外数で記載しております。なお、臨時雇用者とは、
         正規従業員以外の有期雇用従業員であります。
       4.連結会社以外から賃借している設備はありません。
                                 45/133




                                                          EDINET提出書類
                                            株式会社アイ・パートナーズフィナンシャル(E34851)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    3  【設備の新設、除却等の計画】                 (2021年1月31日現在)
     (1)  重要な設備の新設
                         投資予定額
          事業所名                                      完了予定      完成後の
    会社名           設備の内容                  資金調達方法        着手年月
          (所在地)                                       年月     増加能力
                        総額     既支払額
                        (千円)      (千円)
     提出    首都圏他3オ       IFAオフィス                          2021年      2023年

                         5,738       -  増資資金                    (注)2
     会社    フィス       の開設                           9月      3月
                                  ファイナンス

     提出      本社                                2021年      2021年
                IP電話設備         4,800       -  リース又は自                    (注)2
     会社    (横浜市西区)                                  9月      9月
                                  己資金
                                  ファイナンス

     提出      本社                                2021年      2021年
                通話録音装置         5,750       -  リース又は自                    (注)2
     会社    (横浜市西区)                                  9月      9月
                                  己資金
     提出      本社     顧客管理シス                          2021年      2021年

                         6,000       -  増資資金                    (注)2
     会社    (横浜市西区)       テム                           10月      10月
       (注)1.上記金額には消費税等は含まれておりません。

         2.完成後の増加能力については、計数的把握は困難であるため、記載を省略しております。
     (2)  重要な設備の除却等

       経常的な設備の除却等を除き、重要な設備の除却等の計画はありません。
                                 46/133












                                                          EDINET提出書類
                                            株式会社アイ・パートナーズフィナンシャル(E34851)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    第4 【提出会社の状況】
    1 【株式等の状況】
     (1) 【株式の総数等】
      ① 【株式の総数】
                種類                       発行可能株式総数(株)

               普通株式                                      2,764,000

                 計                                     2,764,000

     (注)2020年11月13日開催の取締役会決議により、2020年12月22日付で株式分割に伴う定款の一部変更が行われ、発
        行可能株式総数は2,744,000株増加し、2,764,000株となっております。
      ② 【発行済株式】

                            上場金融商品取引所名又は

        種類          発行数(株)                               内容
                           登録認可金融商品取引業協会名
                                          権利内容に何ら限定のない当社に
       普通株式                691,000          非上場          おける標準となる株式であり、単
                                          元株式数は100株であります。
        計               691,000           ―                ―
     (注)1.2020年11月13日開催の取締役会決議により、2020年12月22日付で普通株式1株につき200株の割合で株式分
          割を行い、発行済株式総数は687,545株増加し、691,000株になっております。
        2.2020年12月22日開催の臨時株主総会決議により、1単元を100株とする単元株制度を採用しております。
                                 47/133













                                                          EDINET提出書類
                                            株式会社アイ・パートナーズフィナンシャル(E34851)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     (2) 【新株予約権等の状況】
      ①  【ストックオプション制度の内容】
     第1回新株予約権
     決議年月日                             2018年3月27日
                                  当社取締役   8
                                  当社監査役   1
     付与対象者の区分及び人数(名)
                                  子会社取締役  3
                                  当社従業員         13 (注)1
     新株予約権の数(個)※                             25 [24] (注)2
     新株予約権の目的となる株式の種類、内容及び数(株)※                             普通株式 25 [4,800](注)2

     新株予約権の行使時の払込金額(円)※                             90,000 [450](注)3

     新株予約権の行使期間※                             自 2020年3月31日 至 2028年2月28日

     新株予約権の行使により株式を発行する場合の株式の発行                             発行価格   90,000 [450]
     価格及び資本組入額(円)※                             資本組入額 (注)4
     新株予約権の行使の条件※                             (注)5
                                 譲渡による本新株予約権の取得については、取締役会
     新株予約権の譲渡に関する事項※
                                 の決議による承認を要するものとする。
     組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に関する事項※                             (注)6
     ※ 最近事業年度の末日(2020年3月31日)における内容を記載しております。最近事業年度の末日から提出日の前
       月末現在(2021年2月28日)にかけて変更された事項については、提出日の前月末現在の内容を[ ]内に記載し
       ており、その他事項については最近事業年度の末日における内容から変更はありません。なお、2020年12月22日
       付で普通株式1株につき200株の割合で株式分割を行っております。これにより、「新株予約権の目的となる株式
       の数」、「新株予約権の行使時の払込金額」、「新株予約権の行使により株式を発行する場合の株式の発行価格
       及び資本組入額」が調整されています。
     (注)1.付与対象者の退職による権利の喪失、当社取締役及び監査役の退任並びに当社子会社取締役の就任による区
         分変更により、本書提出日の前月末現在における「付与対象者の区分及び人数」は、当社取締役(監査等委
         員である取締役を除く)3名、当社監査等委員である取締役1名、子会社取締役3名、当社従業員等17名の
         合計24名となっております
       2.新株予約権1個につき目的となる株式数は、最近事業年度の末日現在は1株であり、提出日の前月末現在は
         200株であります。
         ただし、本新株予約権の割当日後、当社が株式分割(株式無償割当を含む。)又は株式併合を行う場合、次
         の算式により目的となる株式の数を調整するものとする。ただし、かかる調整は、新株予約権のうち当該時
         点で権利行使されていない新株予約権の目的となる株式の数について行われ、調整の結果生じる1株未満の
         端数については、これを切り捨てる。
          調整後株式数=調整前株式数×分割・併合の比率
         また、当社が吸収合併、新設合併、吸収分割、新設分割、株式交換もしくは株式移転を行なう場合又はその
         他やむを得ない事由が生じた場合には、新株予約権の目的となる株式の数は、合理的な範囲で調整されるも
         のとする。
       3.本新株予約権の割当日後、当社が株式分割(株式無償割当を含む。)又は株式併合を行う場合、次の算式に
         より行使価額を調整し、1円未満の端数は切り上げる。
                                1
           調整後行使価額       = 調整前行使価額       ×
                            分割・併合の比率
         また、当社が行使価額を下回る払込金額で募集株式の発行又は自己株式の処分を行う場合(新株予約権の行
         使に基づく株式の発行・処分を除く)は、次の算式により行使価額を調整し、調整により生じる1円未満の
         端数は切り上げる。
                   既発行       調整前       新規発行       1株当たり
                        ×       +       ×
            調整後
                   株式数       行使価額        株式数       払込金額
                =
           行使価額
                        既発行株式数       +  新規発行株式数
         上記算式において「既発行株式数」とは、当社の発行済株式総数から当社が保有する自己株式数を控除した

         数とし、自己株式の処分を行う場合には「新規発行」を「自己株式の処分」、「1株当たり払込金額」を
         「1株当たり処分金額」と読み替えるものとする。さらに、上記の他、当社が吸収合併、新設合併、吸収分
         割、新設分割、株式交換もしくは株式移転を行なう場合又はその他やむを得ない事由が生じた場合には、行
         使価額は、合理的な範囲で調整されるものとする。
       4.本新株予約権の行使により株式を発行する場合において増加する資本金の額は、会社計算規則第17条第1項
                                 48/133


                                                          EDINET提出書類
                                            株式会社アイ・パートナーズフィナンシャル(E34851)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         に従い算出される資本金等増加限度額の2分の1の金額とし、計算の結果1円未満の端数が生じたときは、
         その端数を切り上げるものとする。本新株予約権の行使により株式を発行する場合において増加する資本準
         備 金の額は、上記の資本金等増加限度額から上記に定める増加する資本金の額を減じた額とする。
       5.① 新株予約権の割当を受けた者(以下「新株予約権者」という。)は、権利行使時においても、当社又は
           当社子会社の取締役、監査役、従業員又は顧問、社外協力者その他これに準ずる地位を有していなけれ
           ばならない。ただし、取締役会が正当な理由があると認めた場合は、この限りではない。
         ② 新株予約権の行使は、当社普通株式に係る株式がいずれかの金融商品取引所に上場することを条件とす
           る。
         ③ 新株予約権者が死亡した場合、その相続人による新株予約権の権利行使は認めないものとする。
       6.当社が合併(当社が合併により消滅する場合に限る。)、吸収分割、新設分割、株式交換又は株式移転(以
         上を総称して以下「組織再編行為」という。)をする場合において、組織再編行為の効力発生日において残
         存する新株予約権(以下「残存新株予約権」という。)の新株予約権者に対し、それぞれの場合につき、会
         社法第236条第1項第8号のイからホまでに掲げる株式会社(以下「再編対象会社」という。)の新株予約
         権を以下の条件に基づきそれぞれ交付することとする。この場合においては、残存新株予約権は消滅し、再
         編対象会社は新株予約権を新たに発行するものとする。ただし、以下の条件に沿って再編対象会社の新株予
         約権を交付する旨を、吸収合併契約、新設合併契約、吸収分割契約、新設分割計画、株式交換契約又は株式
         移転計画において定めた場合に限るものとする。
        a 交付する再編対象会社の新株予約権の数
          組織再編行為の効力発生の時点において残存する募集新株予約権の新株予約権者が保有する新株予約権の
          数と同一の数をそれぞれ交付するものとする。
        b 新株予約権の目的である再編対象会社の株式の種類
          再編対象会社の普通株式とする。
        c 新株予約権の目的である再編対象会社の株式の数
          組織再編行為の条件等を勘案のうえ、(注)2に準じて決定する。
        d 新株予約権の行使に際して出資される財産の価額
          交付される各新株予約権の行使に際して出資される財産の価額は、組織再編行為の条件等を勘案のうえ、
          (注)3で定められた行使価額を調整して得られる再編後払込金額に上記③に従って決定される当該新株
          予約権の目的である再編対象会社の株式の数を乗じて得られる金額とする。
        e 新株予約権を行使することができる期間
          「新株予約権の行使期間」に定める行使期間の初日と組織再編行為の効力発生日のうち、いずれか遅い日
          から「新株予約権の行使期間」に定める行使期間の末日までとする。
        f 新株予約権の行使の条件
          (注)5に準じて決定する。
        g 増加する資本金及び資本準備金に関する事項
          (注)4に準じて決定する。
        h 譲渡による新株予約権の取得の制限
          譲渡による新株予約権の取得については、再編対象会社の承認を要するものとする。
        i 新株予約権の取得事由
          新株予約権者が権利行使をする前に、当社が消滅会社となる合併契約承認の議案又は当社が完全子会社と
          なる株式交換契約承認もしくは株式移転計画承認の議案につき株主総会で承認された場合(株主総会決議
          が不要の場合は、当社取締役会決議がなされた場合)は、当社は無償で新株予約権を取得することができ
          る。新株予約権者が権利行使をする前に、新株予約権の行使の条件の規定に該当しなくなった場合、及び
          新株予約権者が保有する新株予約権を放棄した場合には、当社は無償で新株予約権を取得することができ
          る。
                                 49/133







                                                          EDINET提出書類
                                            株式会社アイ・パートナーズフィナンシャル(E34851)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     第2回新株予約権
     決議年月日                             2019年4月15日
                                  当社取締役
                                 (監査等委員である取締役を除く)                    4
                                  当社監査等委員である取締役                      1
                                  子会社取締役                             3
     付与対象者の区分及び人数(名)
                                  子会社監査役                                 1
                                  当社従業員                  19
                                  子会社従業員                                2 (注)1
     新株予約権の数 (個) ※                             409 (注)2
     新株予約権の目的となる株式の種類、内容及び数(株)※                             普通株式 409 [81,800] (注)2

     新株予約権の行使時の払込金額(円)※                             124,000 [620] (注)3

     新株予約権の行使期間※                             自 2021年3月26日 至 2029年3月25日                      (注)4

     新株予約権の行使により株式を発行する場合の株式の発行                             発行価格   124,000 [620]
     価格及び資本組入額(円)※                             資本組入額 (注)5
     新株予約権の行使の条件※                             (注)6
                                 譲渡による本新株予約権の取得については、取締役会
     新株予約権の譲渡に関する事項※
                                 の決議による承認を要するものとする。
     組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に関する事項※                             (注)7
     ※ 最近事業年度の末日(2020年3月31日)における内容を記載しております。最近事業年度の末日から提出日の前
       月末現在(2021年2月28日)にかけて変更された事項については、提出日の前月末現在の内容を[ ]内に記載し
       ており、その他事項については最近事業年度の末日における内容から変更はありません。なお、2020年12月22日
       付で普通株式1株につき200株の割合で株式分割を行っております。これにより、「新株予約権の目的となる株式
       の数」、「新株予約権の行使時の払込金額」、「新株予約権の行使により株式を発行する場合の株式の発行価格
       及び資本組入額」が調整されています。
     (注)1.付与対象者の当社取締役就任及び退任並びに子会社取締役の退任による区分変更により、本書提出日の前月
         末現在における「付与対象者の区分及び人数」は、当社取締役(監査等委員である取締役を除く)4名、当
         社監査等委員である取締役1名、子会社取締役3名、当社従業員等20名、子会社従業員2名の合計30名と
         なっております。
       2.新株予約権1個につき目的となる株式数は、最近事業年度の末日現在は1株であり、提出日の前月末現在は
         200株であります。
         ただし、本新株予約権の割当日後、当社が株式分割(株式無償割当を含む。)又は株式併合を行う場合、次
         の算式により目的となる株式の数を調整するものとする。ただし、かかる調整は、新株予約権のうち、当該
         時点で権利行使されていない新株予約権の目的となる株式の数について行われ、調整の結果生じる1株未満
         の端数については、これを切り捨てる。
          調整後株式数=調整前株式数×分割・併合の比率
         また、当社が吸収合併、新設合併、吸収分割、新設分割、株式交換もしくは株式移転を行なう場合又はその
         他やむを得ない事由が生じた場合には、新株予約権の目的となる株式の数は、合理的な範囲で調整されるも
         のとする。
       3.本新株予約権の割当日後、当社が株式分割(株式無償割当を含む。)又は株式併合を行う場合、次の算式に
         より行使価額を調整し、1円未満の端数は切り上げる。
                                1
           調整後行使価額       = 調整前行使価額       ×
                            分割・併合の比率
         また、当社が行使価額を下回る払込金額で募集株式の発行又は自己株式の処分を行う場合(新株予約権の行
         使に基づく株式の発行・処分を除く)は、次の算式により行使価額を調整し、調整により生じる1円未満の
         端数は切り上げる。
                   既発行       調整前       新規発行       1株当たり
                        ×       +       ×
            調整後
                   株式数       行使価額        株式数       払込金額
                =
           行使価額
                        既発行株式数       +  新規発行株式数
         上記算式において「既発行株式数」とは、当社の発行済株式総数から当社が保有する自己株式数を控除した
         数とし、自己株式の処分を行う場合には「新規発行」を「自己株式の処分」、「1株当たり払込金額」を
         「1株当たり処分金額」と読み替えるものとする。さらに、上記の他、当社が吸収合併、新設合併、吸収分
         割、新設分割、株式交換もしくは株式移転を行なう場合又はその他やむを得ない事由が生じた場合には、行
         使価額は、合理的な範囲で調整されるものとする。
       4.割当契約上の制限により、付与対象者が権利行使可能となる期間の始期は2021年4月2日となります。
                                 50/133


                                                          EDINET提出書類
                                            株式会社アイ・パートナーズフィナンシャル(E34851)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       5.本新株予約権の行使により株式を発行する場合において増加する資本金の額は、会社計算規則第17条第1項
         に従い算出される資本金等増加限度額の2分の1の金額とし、計算の結果1円未満の端数が生じたときは、
         そ の端数を切り上げるものとする。本新株予約権の行使により株式を発行する場合において増加する資本準
         備金の額は、上記の資本金等増加限度額から上記に定める増加する資本金の額を減じた額とする。
       6.① 新株予約権の割当を受けた者(以下「新株予約権者」という。)は、権利行使時においても、当社又は
           当社子会社の取締役、監査役、従業員又は顧問、社外協力者その他これに準ずる地位を有していなけれ
           ばならない。ただし、取締役会が正当な理由があると認めた場合は、この限りではない。
         ② 新株予約権の行使は、当社普通株式に係る株式がいずれかの金融商品取引所に上場することを条件とす
           る。
         ③ 新株予約権者が死亡した場合、その相続人による新株予約権の権利行使は認めないものとする。
       7.当社が合併(当社が合併により消滅する場合に限る。)、吸収分割、新設分割、株式交換又は株式移転(以
         上を総称して以下「組織再編行為」という。)をする場合において、組織再編行為の効力発生日において残
         存する新株予約権(以下「残存新株予約権」という。)の新株予約権者に対し、それぞれの場合につき、会
         社法第236条第1項第8号のイからホまでに掲げる株式会社(以下「再編対象会社」という。)の新株予約
         権を以下の条件に基づきそれぞれ交付することとする。この場合においては、残存新株予約権は消滅し、再
         編対象会社は新株予約権を新たに発行するものとする。ただし、以下の条件に沿って再編対象会社の新株予
         約権を交付する旨を、吸収合併契約、新設合併契約、吸収分割契約、新設分割計画、株式交換契約又は株式
         移転計画において定めた場合に限るものとする。
        a 交付する再編対象会社の新株予約権の数
          組織再編行為の効力発生の時点において残存する募集新株予約権の新株予約権者が保有する新株予約権の
          数と同一の数をそれぞれ交付するものとする。
        b 新株予約権の目的である再編対象会社の株式の種類
          再編対象会社の普通株式とする。
        c 新株予約権の目的である再編対象会社の株式の数
          組織再編行為の条件等を勘案のうえ、(注)2に準じて決定する。
        d 新株予約権の行使に際して出資される財産の価額
          交付される各新株予約権の行使に際して出資される財産の価額は、組織再編行為の条件等を勘案のうえ、
          (注)3で定められた行使価額を調整して得られる再編後払込金額に上記③に従って決定される当該新株
          予約権の目的である再編対象会社の株式の数を乗じて得られる金額とする。
        e 新株予約権を行使することができる期間
          「新株予約権の行使期間」に定める行使期間の初日と組織再編行為の効力発生日のうち、いずれか遅い日
          から「新株予約権の行使期間」に定める行使期間の末日までとする。
        f 新株予約権の行使の条件
          (注)5に準じて決定する。
        g 増加する資本金及び資本準備金に関する事項
          (注)4に準じて決定する。
        h 譲渡による新株予約権の取得の制限
          譲渡による新株予約権の取得については、再編対象会社の承認を要するものとする。
        i 新株予約権の取得事由
          新株予約権者が権利行使をする前に、当社が消滅会社となる合併契約承認の議案又は当社が完全子会社と
          なる株式交換契約承認もしくは株式移転計画承認の議案につき株主総会で承認された場合(株主総会決議
          が不要の場合は、当社取締役会決議がなされた場合)は、当社は無償で新株予約権を取得することができ
          る。新株予約権者が権利行使をする前に、新株予約権の行使の条件の規定に該当しなくなった場合、及び
          新株予約権者が保有する新株予約権を放棄した場合には、当社は無償で新株予約権を取得することができ
          る。
      ②  【ライツプランの内容】

        該当事項はありません。
      ③  【その他の新株予約権等の状況】

         該当事項はありません。
                                 51/133





                                                          EDINET提出書類
                                            株式会社アイ・パートナーズフィナンシャル(E34851)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     (3)  【発行済株式総数、資本金等の推移】
                 発行済株式       発行済株式       資本金増減額        資本金残高       資本準備金       資本準備金

        年月日         総数増減数        総数残高                      増減額        残高
                  (株)       (株)       (千円)       (千円)       (千円)       (千円)
      2016年8月1日
                     182      2,322         ―     80,000         ―       ―
        (注)1
      2018年3月30日

                     333      2,655       14,985       94,985       14,985       14,985
        (注)2
      2019年4月22日

                     800      3,455       49,600       144,585        49,600       64,585
        (注)3
      2020年12月22日

                   687,545       691,000          ―     144,585          ―     64,585
        (注)4
     (注)   1.普通株式の無償株主割当によるものです。
         割当先 株式会社アイ・パートナーズホールディングス 割当比率 1:182/2140
       2.普通株式の有償第三者割当によるものです。
         発行価格       90,000円 資本組入額 45,000円
         主な割当先 株式会社博真舎、島田和紀、松波精二、中川洋、諸富滋、金子昌資、清水祐司、大木百合子、
         佐藤泰幸、小林恭子、他62名
       3.普通株式の有償第三者割当によるものです。 
         発行価格 124,000円 資本組入額 62,000円 
         主な割当先 株式会社博真舎、              濵﨑  洋、諸富滋、松波精二、中川洋、               塩本かおり、守屋顕一、島田和紀、吉
         川昌利、田中譲治        、他59名
       4.2020年11月13日開催の取締役会決議により、2020年12月22日付で普通株式1株につき200株の割合で株式分
         割を行い、発行済株式総数は687,545株増加し、691,000株になっております。
     (4)  【所有者別状況】

                                                2021年1月31日現在
                        株式の状況(1単元の株式数             100  株)
                                                      単元未満
      区分                            外国法人等                   株式の状況
           政府及び
                      金融商品     その他の                 個人
                                                       (株)
           地方公共     金融機関                                 計
                      取引業者      法人               その他
            団体
                                個人以外      個人
      株主数
              ―     ―     ―      1     ―     ―     164     165      ―
      (人)
    所有株式数
              ―     ―     ―     140      ―     ―    6,770     6,910       ―
      (単元)
    所有株式数
              ―     ―     ―    2.03      ―     ―    97.97     100.00        ―
    の割合(%)
     (注)   1.2020年11月13日開催の取締役会決議により、2020年12月22日付で普通株式1株につき200株の割合で株式分
         割を行っております。
       2.2020年12月22日開催の臨時株主総会決議により、1単元を100株とする単元株制度を採用しております。
                                 52/133







                                                          EDINET提出書類
                                            株式会社アイ・パートナーズフィナンシャル(E34851)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     (5)  【議決権の状況】
      ① 【発行済株式】
                                                2021年1月31日現在
           区分             株式数(株)            議決権の数(個)               内容
    無議決権株式                      ―             ―             ―

    議決権制限株式(自己株式等)                      ―             ―             ―

    議決権制限株式(その他)                      ―             ―             ―

    完全議決権株式(自己株式等)                     ―             ―             ―

                                              権利内容に何ら限定のな
                                              い当社における標準とな
                        普通株式     691,000
    完全議決権株式(その他)                                      6,910
                                              る株式であり、1単元株式
                                              数は100株であります。
    単元未満株式                     ―             ―             ―
    発行済株式総数                        691,000          ―             ―

    総株主の議決権                      ―                 6,910         ―

    (注)   2020年11月13日開催の取締役決議により、2020年12月22日付で普通株式1株につき200株の割合で株式分割を行っ
      ております。
      ② 【自己株式等】

        該当事項はありません。
                                 53/133












                                                          EDINET提出書類
                                            株式会社アイ・パートナーズフィナンシャル(E34851)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    2 【自己株式の取得等の状況】
       【株式の種類等】         該当事項はありません。
     (1) 【株主総会決議による取得の状況】

       該当事項はありません。
     (2) 【取締役会決議による取得の状況】

       該当事項はありません。
     (3) 【株主総会決議又は取締役会決議に基づかないものの内容】

       該当事項はありません。
     (4) 【取得自己株式の処理状況及び保有状況】

       該当事項はありません。
    3 【配当政策】

      当社は、株主に対する利益還元を重要な経営課題の一つとして位置付け、中長期的に企業価値を高めるとともに、
     将来の事業展開と経営体質強化のために必要な内部留保を確保しつつ、事業環境や業績、財務状況等を総合的に勘案
     したうえで、継続的かつ安定的な配当を実施することを基本方針としております。
      当社は、会社法第459条第1項各号に定める事項については、法令に別段の定める場合を除き、取締役会の決議に
     よって定めることができる旨を定款に定めております。
      当社の剰余金の配当は、基準日を毎年3月31日とする年1回の期末配当を行うことを基本方針としております。
      当事業年度の剰余金の配当につきましては、上記方針に基づき、1株当たり1,000円の期末配当を実施いたしまし
     た。
      内部留保資金につきましては、企業体質の強化に向けて財務体質の強化を図りながら、IFAオフィスの出店や今後の
     成長に資する人員の採用、システムへの投資やIFAビジネスプラットフォームの増強等に有効活用し、当社の競争力及
     び収益力の向上を図ってまいります。
      なお、当社は、期末配当の基準日は毎年3月31日、中間配当の基準日は毎年9月30日とし、このほか基準日を定め
     て剰余金の配当をすることができる旨を定款に定めております。
      基準日が第15期事業年度に属する剰余金の配当は、以下のとおりであります。

                            配当金の総額                 1株当たり配当額
          決議年月日
                             (千円)                   (円)
    2020年5月15日
                                     3,455                  1,000
    取締役会
     (注)2020年12月22日付で普通株式1株につき200株の割合で株式分割を行っております。第15期事業年度の期首に当
        該株式分割が行われたと仮定して、第15期事業年度に属する剰余金の配当を算定すると、1株当たり配当額は
        5.00円に相当いたします。
                                 54/133







                                                          EDINET提出書類
                                            株式会社アイ・パートナーズフィナンシャル(E34851)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    4  【コーポレート・ガバナンスの状況等】
     (1)  【コーポレート・ガバナンスの概要】
      ① コーポレート・ガバナンスに関する基本的な考え方
        当社は、「日本のリテール金融改革を通じて社会に貢献します。」を経営理念としております。
        この理念のもと、当社グループは、株主や他のステークホルダーの信頼と期待に応え、企業価値を継続的に向
       上させるためには、法令遵守に基づく企業倫理の確立や社会的な信頼度を確立することが極めて重要であると認
       識しております。そのため、意思決定の迅速化により経営の効率化を促進すると同時に、経営の透明性・公平性
       の確保、リスク管理、監督機能の強化を意識した組織体制の構築を図ることにより、コーポレート・ガバナンス
       の強化に努め、継続的に企業価値を高めていく所存でおります。
      ② 企業統治の体制の概要及び当該体制を採用する理由

       a 企業統治の体制の概要
         当社グループの企業統治の体制の概要は以下のとおりであります。
        (a)  取締役会









          当社の取締役会は、取締役7名(うち社外取締役2名)で構成されております。取締役会は、原則月1回
         の定時取締役会を開催する他、必要に応じて臨時取締役会を開催し、迅速な経営上の意思決定を行える体制
         としております。取締役会は、法令・定款に定められた事項の他、経営に関する重要事項を決定するととも
         に各取締役の業務遂行の状況を監督しております。
        (b)  監査等委員会

          監査等委員会は、社外取締役2名を含む3名の監査等委員で構成されており、原則として毎月1回開催す
         る他、必要に応じて臨時監査等委員会を開催しております。監査等委員は監査等委員会で定めた監査等委員
         会規程及び監査計画に基づき、重要会議の出席、代表取締役社長・監査等委員でない取締役・重要な使用人
         との意見交換、重要書類の閲覧等を通じ、取締役の職務の執行状況について厳格な監査を実施しておりま
         す。
          また、監査等委員は、会計監査人及び内部監査責任者と定期的な情報交換を行い、会計監査人の監査計画
         の把握や、内部監査の状況を把握することで、監査の実効性確保に努めております。
                                 55/133


                                                          EDINET提出書類
                                            株式会社アイ・パートナーズフィナンシャル(E34851)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
        (c)  会計監査人  

          当社は会計監査人として東陽監査法人と監査契約を締結しており、会計監査を受けております。当社と同
         監査法人及び当社監査に従事する同監査法人の業務執行社員との間には特別な利害関係はありません。
        (d)  経営会議

          経営会議は、代表取締役社長が議長を務め、社外取締役を除く取締役、執行役員、部長以上の役職者、内
         部監査室長で構成されております。毎月2回定期的に開催し、取締役会で決定した経営方針に基づき、業務
         に関する重要事項の協議、報告を行っております。
        (e)コンプライアンス委員会

          当社は、コンプライアンスの状況を把握し、コンプライアンス違反を未然に防止するとともに、コンプラ
         イアンス違反があった場合に対応するために、コンプライアンス委員会を設置しております。コンプライア
         ンス委員会は、代表取締役社長が委員長を務め、取締役、内部監査室長、子会社取締役、子会社監査役で構
         成されております。原則四半期に1回開催する他、必要に応じて臨時で開催し、迅速な対応を行える体制と
         しております。
        (f)リスク管理委員会

          当社は、リスク管理の全社的推進とリスク管理に必要な情報の共有化を図るため、リスク管理委員会を設
         置しております。リスク管理委員会は、代表取締役社長が委員長を務め、取締役、内部監査室長、子会社取
         締役、子会社監査役で構成されております。原則四半期に1回開催する他、必要に応じて臨時で開催し、迅
         速な対応を行える体制としております。
        (g)  内部監査室

          当社の内部監査室は、内部監査室長以下3名が、「内部監査規程」に基づき、法令、定款及び社内規程の
         遵守状況並びに職務の執行手続き及び内容の妥当性等について、内部監査を実施しております。
       b 当該企業統治の体制を採用する理由

         当社は、経営会議を設置することにより、取締役会の業務執行に関する監督機能と業務執行機能を分離し、
        業務執行上の意思決定の迅速化を確保しております。
         また、当社は、監査等委員会設置会社を選択し、取締役会の議決権を有する監査等委員である取締役が監査
        を行うことで監査・監督の実効性を向上させるとともに、内部監査室及び会計監査人との情報連携を活かすこ
        とによって、当社のコーポレート・ガバナンスの更なる充実を図っております。
         これにより、効果的かつ適正に経営監視・監督機能を果たすことができるため、現状の体制を採用しており
        ます。
      ③ 企業統治に関するその他の事項

       a 内部統制システムの整備状況
         当社は、業務の適正性を確保するための体制として、取締役会において「内部統制システムの整備に関する
        基本方針」を定める決議を行っており、その基本方針に基づき内部統制システムの運用を行っております。そ
        の概要は以下のとおりであります。
         内部統制システムの整備に関する基本方針

        (a)当社グループの取締役及び使用人の職務の執行が法令及び定款に適合することを確保するための体制
          イ 当社グループは、法令等の遵守と企業倫理の徹底は経営の原点であるとの認識のもと、「当社グ
           ループ行動規範」及び「コンプライアンス規程」等を定め、職務を執行するにあたり遵守すべき行動
           基準として全ての役員及び従業員に周知徹底を図る。
          ロ 当社グループの取締役は、重大な法令違反、コンプライアンス違反その他重要な事実を発見した場
           合、速やかに取締役会に報告する。
          ハ 当社は、取締役の職務執行を監視する権限を持つ監査等委員会を設置し、取締役の職務執行につい
           て厳正な監視を行うことにより、職務の執行が法令及び定款に適合することを確保する。
                                 56/133

                                                          EDINET提出書類
                                            株式会社アイ・パートナーズフィナンシャル(E34851)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
          ニ 当社の内部監査室は、「内部監査規程」に基づき、当社グループ各部門の業務活動及び諸制度の運
           用状況について監査を行い、業務の効率性とリスクの予防、法令遵守が十分に図られているか確認す
           る。
          ホ 当社は、「関係会社管理規程」に基づき、経営管理部が関係会社の関連業務に係る情報を収集し、
           適時、取締役会等において報告を行い、重要な事項については当社が決裁を行う。また、当社管理本
           部は、子会社に従業員の業務の執行状況を報告させ、法令、定款及び社内規則の遵守状況を把握す
           る。
          ヘ 当社グループは、法令、定款及び社内規則に違反する行為が行われ、又は行われようとしている場
           合の報告体制として「内部通報制度運用規程」を定め、通報窓口を設置する。当社グループは、当該
           通報を行った者に対して、解雇その他いかなる不利益な取り扱いも行わない。
        (b)当社グループの取締役の職務の執行に係る情報の保存及び管理に関する体制
          イ 当社グループの取締役の職務執行に係る文書その他重要な情報については、法令、定款及び「文書
           保管管理規程」ほか社内規則に則り作成、保存、管理する。
          ロ 当社グループは、「個人情報取扱規程」、「情報システム管理規程」等の社内規則に基づき、情報
           の保存及び管理に関する体制を整備する。
        (c)当社グループの損失の危険の管理に関する規程その他の体制
          イ 当社は、リスク管理の基礎として定める「リスク管理規程」に基づき、当社グループのリスクを横
           断的に管理する「リスク管理委員会」を設置し、リスクマネジメント活動を推進する。
          ロ 当社は、取締役会等において定期的に実施される業務執行状況の報告等を通じ、当社グループにお
           けるリスクの状況を適時に把握、管理する。
        (d)当社グループの取締役の職務の執行が効率的に行われることを確保するための体制
          イ 当社グループは、取締役会を毎月開催し、重要な業務執行に関する意思決定並びに取締役の業務の
           執行状況について報告を行い、当社グループの取締役の職務の執行について監視・監督を行う。
          ロ 当社グループは、取締役会の決定に基づく業務執行については、「業務分掌規程」、「職務権限規
           程」において、各職位の責任・権限や業務の基本的枠組みを明確にし、迅速かつ適正な意思決定及び
           効率的な業務を執行する。
          ハ 当社グループは、取締役会を補完する目的で、取締役(社外取締役を除く)、執行役員、部長以上
           の役職者及び内部監査室長、子会社取締役及び子会社監査役で構成される経営会議を毎月実施し、経
           営課題の確認、対策の立案等を議論し、多面的な検討を行う。
          ニ 当社は、「関係会社管理規程」に基づき、当社経営管理部が関係会社の取締役会議事録など関係会
           社の取締役の職務の執行に係る情報を収集し、適時、取締役会等において報告をし、子会社の取締役
           の職務の執行について監視・監督する。
        (e)   当社グループにおける業務の適正を確保するための体制
          イ 当社は、グループとしての統一的な事業戦略に基づく意思決定及び業務の適正を確保するため「関
           係会社管理規程」を定め、当社グループ全体を統合した経営を行う体制を構築する。
          ロ 当社グループにおいては、「関係会社管理規程」に基づき、子会社の業務執行上重要な事項は当社
           の取締役会等の決定機関において承認を得たうえで執行する。また、子会社において業務執行上発生
           した重要な事実については、当社の関連部門に報告するものとする。
          ハ 当社内部監査室は、各子会社に対しても定期的な監査を行う。
        (f)監査等委員会がその職務を補助すべき使用人を置くことを求めた場合における当該使用人に関する事項及
         び当該使用人の取締役からの独立性に関する事項及び当該使用人に対する指示の実効性の確保等に関する事
         項
          イ 監査等委員会がその職務を補助すべき使用人を置くことを求めた場合、当社の使用人から監査等委
           員会補助者を任命することができるものとする。
          ロ 任命された監査等委員会補助者がその職務補助を行う際は、当該補助者は監査等委員会の指揮下に
           あって、取締役(監査等委員であるものを除く)からの独立性を確保する。
        (g)当社グループの取締役並びに使用人が監査等委員会に報告するための体制その他監査等委員会への報告に
         関する体制、監査等委員会又は子会社の監査役に報告をした者が当該報告をしたことを理由として不利な扱
         いを受けないことを確保するための体制
          イ 当社グループの取締役並びに使用人は、監査等委員の求めに応じて、取締役会その他監査等委員が
           出席する会議において、随時その職務の執行状況の報告するものとする。
                                 57/133


                                                          EDINET提出書類
                                            株式会社アイ・パートナーズフィナンシャル(E34851)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
          ロ 当社グループの取締役及び使用人並びに子会社の監査役は、法令に違反する事実、会社に著しい損
           害を与えるおそれのある事実を発見したときには、当社の監査等委員会に対して、当該事実に関する
           事 項につき速やかに報告するものとする。
          ハ 監査等委員会は業務執行にかかる重要な書類を適宜閲覧する他、必要に応じて当社グループの取締
           役並びに使用人に対し、業務執行に関する事項の報告を求めることができる。
          ニ 当社グループは、前項により当社の監査等委員会へ報告した者に対して不利益な取扱いを行わず、
           かつ、当該報告行為に対する報復行為や差別行為から報告者を保護するものとする。
         (h)その他監査等委員会の監査が実効的に行われることを確保するための体制
          イ 監査等委員である取締役は、当社又はその子会社の取締役会、その他経営に関する重要な会議に出
           席し、経営において重要な意思決定及び業務の執行状況を把握するとともに、意見を述べることがで
           きる。
          ロ 当社の代表取締役社長は、監査等委員である取締役と定期的に意見交換を行う。また、内部監査部
           門と監査等委員会との連携等により、監査の実効性を高めるための環境整備を行う。
          ハ 監査等委員である取締役は、内部監査部門の実施する内部監査に係る年次計画について事前に説明
           を受け、その修正等を求めることができる。また、内部監査の実施状況について適宜報告を受け、必
           要があると認めるときは、追加監査の実施、業務改善策の策定等を求めることができる。
          ニ 監査等委員である取締役は、管理本部管掌取締役から必要に応じて会計の内容につき説明を受ける
           とともに意見交換を行い、効率的な監査のために連携を図る。
        (i)監査等委員である取締役の職務の執行(監査等委員会の職務の執行に関するものに限る)について生ずる
         費用の前払又は償還の手続その他の当該職務の執行について生ずる費用又は債務の処理に関する方針に関す
         る事項
          イ 当社は、監査等委員である取締役の職務の執行に協力し監査の実効性を担保するために、監査費用
           のための予算を確保する。
        (j)反社会的勢力排除に向けた基本的な考え方・措置
          イ 当社グループは、暴力、威力と詐欺的手法を駆使して経済的利益を追求する集団又は個人である反
           社会的勢力による被害を防止するため、「反社会的勢力に対する基本方針」を宣言する。
          ロ 当社グループは、「反社会的勢力に対する基本方針」に基づき、市民社会の秩序や安全に脅威を与
           える反社会的な活動や勢力との一切の関係を遮断し、反社会的勢力には毅然とした対応を行う。
          ハ 反社会的勢力に対しては、警察、暴力追放運動推進センター及び弁護士等の外部専門機関と連携し
           て組織的な対応を図るものとし、平素より情報収集に努め、速やかに対処できる体制を整備する。
       b リスク管理及びコンプライアンス体制の整備状況

         当社グループでは、企業価値向上のためにはコンプライアンスの徹底が必要不可欠であると認識しており、
        「コンプライアンス規程」を制定し、「経営理念」及び「当社グループ行動規範」に従い、全役社員が法令等
        を遵守した行動をとることを周知徹底するとともに、「リスク管理規程」を制定し、リスクの未然防止及び会
        社損失の最小化に努めております。
         また、当社グループでは、様々な事業運営上のリスク管理を適正に行うことを                                    目的としてリスク管理委員会
        及びコンプライアンス委員会を設置しております。リスク管理委員会及びコンプライアンス委員会は、原則四
        半期に1回     開催する他、必要に応じて臨時で開催し、迅速なリスク管理・コンプライアンス対応を行える体制と
        しております。
         なお、外部専門家の助言を受けるため、不定期ではありますが顧問弁護士に出席を依頼し、体制の強化を
        図っております。
      ④   取締役の定数

        当社の取締役(監査等委員である取締役を除く。)は                          9名以内、監査等委員である取締役は6                   名以内とする旨
       を定款にて定めております。
      ⑤   取締役の選任の決議要件

        当社は、取締役の選任決議について、株主総会において、監査等委員である取締役とそれ以外の取締役とを区
       別して、議決権を行使することができる株主の議決権の3分の1以上を有する株主が出席し、その議決権の過半
       数によって選任する旨を定款に定めております。また、その選任決議は累積投票によらない旨も定款に定めてお
                                 58/133


                                                          EDINET提出書類
                                            株式会社アイ・パートナーズフィナンシャル(E34851)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       ります。
      ⑥ 株主総会の決議事項を取締役会で決議することができるとした事項

       a 剰余金の配当等の決定機関
         当社は、剰余金の配当等会社法第459条第1項各号に定める事項については、法令に別段の定めのある場合を
        除き、株主総会の決議によらず取締役会の決議によって定める旨を定款に定めております。これは、剰余金の
        配当等を取締役会の権限にすることにより、株主への機動的な利益還元を行うことを目的とするものです。
       b 取締役の責任免除

        当社は、会社法第426条第1項の規定により、任務を怠ったことによる取締役(取締役であった者を含む)の
       損害賠償責任を、法令の限度において、取締役会の決議によって免除することができる旨を定款に定めておりま
       す。
       c 自己の株式の取得

        当社は、会社法第165条第2項の規定により、取締役会の決議によって市場取引等により自己の株式を取得す
       ることができる旨を定款に定めております。
      ⑦   株主総会の特別決議要件

        当社は会社法第309条2項に定める株主総会の特別決議要件について、議決権を行使することができる株主の議
       決権の3分の1以上を有する株主が出席し、その議決権の3分の2以上をもって行う旨を定款に定めておりま
       す。これは、株主総会における特別決議の定足数を緩和することにより、株主総会の円滑な運営を行うことを目
       的とするものであります。
      ⑧   責任限定契約の内容の概要

        当社は、会社法第427条第1項の規定により、取締役(業務執行取締役等であるものを除く。)との間に、任務
       を怠ったことによる損害賠償責任を限定する契約を締結することができる旨を定款で定めております。当該契約
       に基づく責任の限度額は、法令が規定する額としております。なお、当該責任限度額が認められるのは、当該取
       締役が責任の原因となった職務の遂行について善意でかつ重大な過失がないときに限られます。
                                 59/133










                                                          EDINET提出書類
                                            株式会社アイ・パートナーズフィナンシャル(E34851)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     (2)  【役員の状況】
      ① 役員一覧
     男性   7 名 女性    -名(役員のうち女性の比率             -%)
                                                       所有
      役職名      氏名     生年月日                  略歴                任期    株式数
                                                       (株)
                       1979年4月     大和証券株式会社入社
                       1987年1月     モルガン・スタンレー証券会社東京支店入社
                       1992年10月     UBS証券会社東京支店入社
                       1998年8月     メリルリンチ日本証券株式会社入社
                       2002年8月     IFAとして独立 日興コーディアル証券株式会社(現
                            SMBC日興証券株式会社)とのIFA委任契約締結
                       2005年2月     有限会社インテグリティ取締役就任
                       2009年2月     株式会社アイ・ブレーン(現当社)入社
                       2009年3月     当社取締役就任
     代表取締役
           田中 譲治     1957年2月21日       2012年5月     当社専務取締役就任                      (注)2
                                                       34,000
      社長
                       2014年5月     当社代表取締役就任(現任)
                       2015年1月     株式会社AIPコンサルタンツ取締役就任
                       2015年9月     株式会社アイ・パートナーズホールディングス設立 
                            取締役就任
                       2016年1月     同社代表取締役就任
                       2016年1月     株式会社AIPコンサルタンツ代表取締役就任
                       2018年3月     株式会社AIPコンサルタンツ代表取締役辞任・同社
                            取締役就任(現任)
                       2018年4月     一般社団法人日本IFA協会理事就任(現任)
                       1994年9月
                            石渡会計事務所(現税理士法人アイ・パートナーズ)
                            入所
                       2002年9月     株式会社アクティブ入社
      取締役
                       2014年3月     当社取締役就任(現任)
     システム・      守屋 顕一     1971年5月10日                                  (注)2
                                                       20,000
                       2015年7月     株式会社アクティブ代表取締役就任
    インフラ本部長
                       2018年3月     株式会社AIPコンサルタンツ代表取締役就任(現
                            任)
                       2018年4月     当社システム・インフラ本部長(現任)
                       1993年4月     日興證券株式会社(現SMBC日興証券株式会社)入
                            社
                       2017年4月     当社入社
      取締役
           島田 和紀     1970年12月14日                                  (注)2
                                                       20,000
     管理本部長
                       2017年4月     株式会社AIPコンサルタンツ取締役就任(現任)
                       2017年6月     当社取締役就任(現任)
                       2018年4月     当社管理本部長就任(現任)
                       1983年4月     日興證券株式会社(現SMBC日興証券株式会社)入
                            社
                       2018年4月     当社入社 業務管理部長就任
      取締役
                       2018年4月     株式会社AIPコンサルタンツ監査役就任
           松波 精二     1960年9月2日                                  (注)2
    金融商品仲介
                                                       16,000
                       2018年7月     当社執行役員業務管理部長就任
     業務本部長
                       2019年4月     当社執行役員金融商品仲介業務本部副本部長就任
                       2020年4月     当社金融商品仲介業務共同本部長就任
                       2020年6月     当社取締役金融商品仲介本部長就任(現任)
                       2003年1月     税理士法人山田&パートナーズ入所
                       2004年4月     石渡会計事務所(現税理士法人アイ・パートナーズ)
                            入所
                       2006年2月     株式会社アイ・ブレーン(現当社)設立                取締役就任 
                       2007年6月
                            当社取締役辞任
      取締役
           吉川 昌利     1979年1月14日       2007年9月     税理士登録                      (注)3
    (常勤監査等委
                                                       16,000
      員)
                       2016年6月     吉川昌利税理士事務所開設 所長就任(現任)
                       2016年6月     当社取締役就任
                       2016年6月     株式会社AIPコンサルタンツ取締役就任
                       2018年3月     同社取締役辞任
                       2018年6月
                            当社取締役(常勤監査等委員)就任(現任)
                       1962年4月     農林省(現農林水産省)入省
                       1992年7月     同省農林水産大臣官房長官就任
                       1994年2月     同省食糧庁長官就任
                       1995年7月     同省農林水産事務次官就任
                       1998年1月     独立行政法人農林漁業信用基金理事長就任
      取締役
                                                       14,000
           上野 博史     1938年5月15日       2000年6月     農林中央金庫代表理事理事長就任                      (注)3
    (監査等委員)
                       2009年3月     同金庫顧問就任
                                                       (注)4
                       2013年1月     株式会社博真舎設立 代表取締役就任(現任)
                       2015年5月     株式会社日本精米顧問就任(現任)
                       2016年6月     欣交会会長就任(現任)
                       2018年6月     当社取締役(監査等委員)就任(現任)
                                 60/133



                                                          EDINET提出書類
                                            株式会社アイ・パートナーズフィナンシャル(E34851)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                                                       所有
      役職名      氏名     生年月日                  略歴                任期    株式数
                                                       (株)
                       1974年4月     株式会社野村総合研究所入社
                       1987年8月     モルガン・スタンレー証券会社東京支店入社
                       1995年4月     メリルリンチ証券会社東京支店入社
                       1999年1月     同社副会長就任
                       1999年11月     株式会社日本ワークス監査役就任(現任)
                       2000年11月     株式会社マナオクリエーション設立 取締役就任
      取締役
           中川 洋     1951年2月12日                                  (注)3
                                                       14,000
     (監査等委員)                  2001年1月     同社代表取締役就任(現任)
                       2002年6月     株式会社エム・コミュニケーションズ取締役就任
                       2003年6月
                            有限会社二宮漁場設立 取締役就任
                       2005年6月
                            同社代表取締役就任(現任)
                       2007年3月     株式会社メディエイド社外取締役就任(現任)
                       2018年6月
                            当社取締役(監査等委員)就任(現任)
                            計
                                                       134,000
     (注)1.取締役 上野博史及び中川洋は、社外取締役であります。
       2.取締役(監査等委員である取締役を除く)の任期は、2020年6月29日開催の定時株主総会終結の時から選任
         後1年以内に終了する事業年度のうち最終のものに関する定時株主総会終結の時までであります。
       3.取締役(監査等委員)の任期は、2020年6月29日開催の定時株主総会終結の時から選任後2年以内に終了す
         る事業年度のうち最終のものに関する定時株主総会終結の時までであります。
       4.取締役(監査等委員)上野博史の所有株式数は、同氏が代表取締役を務める法人が所有する株式数でありま
         す。
       5.  監査等委員会の体制は、以下のとおりであります。
         委員長 吉川昌利、委員 上野博史、委員 中川洋
       6.当社では、取締役会の一層の活性化を促し、取締役の意思決定・業務執行の監督機能と各事業部の業務執行
         機能を明確に区分し、経営効率の向上を図るために執行役員制度を導入しております。
         執行役員の氏名は及び担当は以下のとおりであります。
    地位           氏名              担当
    執行役員           諸富 滋              管理本部 副本部長
    執行役員           塩本 かおり              金融商品仲介本部 副本部長 兼社長室長
      ② 社外役員の状況

        本書提出日現在、当社は社外取締役2名を選任しております。当社では、社外の視点を踏まえた実効的なコー
       ポレート・ガバナンスの確立を目的として、社外取締役については、豊富な経験・見識等に基づき、経営に対す
       る客観的かつ的確な助言を求めるとともに、取締役の職務執行の監督を期待しております。
        監査等委員である社外取締役の上野博史は、農林水産事務次官等、国家公務員として要職を歴任し、また、国
       内有数の金融機関の代表理事理事長を務めた経験の他、現在も他社において経営戦略全般に関し助言を行ってい
       ることから、組織の統制や企業経営についての豊富な経験と高い見識を有しております。同氏は代表取締役を務
       める法人を通じた当社株式の保有以外に、当社との人的関係、資本的関係又は取引関係その他の利害関係はあり
       ません。
        監査等委員である社外取締役の中川洋は、証券アナリストとして企業分析に携わった経験から財務及び会計に
       関する専門的な知見を有しており、また、金融機関の役員経験の他、他社の企業経営や監査役にも従事し、企業
       経営についての十分な専門的な知見と金融機関の役員としての豊富な経験を有しております。同氏は当社株式の
       保有以外に、当社との人的関係、資本的関係又は取引関係その他の利害関係はありません。
        なお、当社は、社外取締役の独立性に関する基準や方針についての特段の定めは設けておりませんが、選任に
       際しては、株式会社東京証券取引所が定める基準等を参考にしております。
                                 61/133






                                                          EDINET提出書類
                                            株式会社アイ・パートナーズフィナンシャル(E34851)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     (3)  【監査の状況】
      ① 監査等委員会監査の状況
        当社の監査等委員会は、監査等委員である取締役3名で構成され、常勤監査等委員(委員長)1名及び2名が
       独立性の高い社外取締役である監査等委員であります。原則として毎月1回監査等委員会の開催に加え、必要に
       応じて監査等委員会を開催しており、会計監査人、内部監査を統括する内部監査室と連携を図り、会社の内部統
       制システムを通じて、経営の適法性及び妥当性の監査を行っております。
        監査等委員である社外取締役上野博史は、農林水産事務次官や農林中央金庫理事長等の豊富な経験と見識を有
       しており、それらを取締役会、コンプライアンス・リスク管理委員会、監査等委員会での意見の表明を通して当
       社の監査等委員監査に活かしております。
        監査等委員である社外取締役中川洋は、アナリストとして専門的な知見と金融機関の役員としての豊富な経験
       を有しており、それらを取締役会、コンプライアンス・リスク管理委員会、監査等委員会での意見の表明を通し
       て当社の監査等委員監査に活かしております。
        常勤監査等委員である取締役吉川昌利は、税理士として財務及び会計に関する相当程度の知見を有し、経営会
       議を始め重要な会議への出席や全国各地のオフィスを年に10か所程度巡回しIFAからのヒアリングを行う等情報収
       集に積極的に努めるとともに、重要な決裁書類等の閲覧や関係部署からの報告、代表取締役社長・取締役・使用
       人との面談を通じて内部統制システムの構築・運用の状況を日常的に監視し検証しております。
        また、所定の監査計画に基づく業務監査及び会計監査の他に、会計監査人、内部監査責任者、子会社監査役と
       の情報交換を積極的に行っております。
        当事業年度(自 2019年4月1日 至 2020年3月31日)における活動状況

           区分          氏名            取締役会等への出席状況
       取締役
                    吉川昌利       取締役会15回中15回            監査等委員会13回中13回
       (常勤監査等委員)
       社外取締役
                    上野博史       取締役会15回中15回            監査等委員会13回中13回
       (監査等委員)
       社外取締役
                     中川洋      取締役会15回中13回            監査等委員会13回中11回
       (監査等委員)
        当事業年度の監査等委員会は合計13回開催し、1回あたりの所要時間は約46分、監査等委員の出席率は95%でし

       た。
        年間を通じ次のような決議、報告協議がなされました。
        決議  :9件          監査方針・監査計画・職務分担等、会計監査人の評価及び再任・不再任、監査報告等、業務
                執行取締役の評価及び再任議案への意見陳述
        報告協議:60件          常勤監査等委員の月次活動報告、内部監査・会計監査人の連携状況報告、関連当事者取引確
                認、内部通報制度運用状況確認、セミナー参加・他社事例報告
      ② 内部監査の状況

       a   内部監査の組織、人員及び手続
        当社は、内部監査室を設置し、内部監査担当者3名により、全部門を対象とした業務監査を実施しておりま
       す。内部監査担当者は、自己の所属する部門を除く全部門の業務監査を実施し、自己の所属する部門に対して
       は、他部門の内部監査担当者が監査することで、監査の独立性を確保しております。
        内部監査責任者は、監査計画(監査方針、被監査部署の名称、監査実施時期・日程、監査人氏名、監査の範
       囲、方法、その他必要事項)を立案し、代表取締役社長の承認を受けております。この監査計画に基づき、定期
       監査の実施計画を策定し、被監査部門に通知のうえ監査を実施しております。監査の結果は、代表取締役社長に
       報告され、改善すべき事項が発見された場合には、被監査部門に対して改善指示を通達し、改善案報告書を監査
       責任者へ提出させることとしております。改善すべき事項は年度内にフォローアップ監査を行い、改善状況を確
       認することで実効性の高い監査の実施に努めております。
       b 内部監査、監査等委員監査及び会計監査の相互連携

        内部監査責任者は、三様監査の実効性を高めることを目的として、監査法人と監査等委員の3者で四半期に一
       度ミーティングを行い、会計監査の状況、内部監査の状況等を共有し、相互連携を図っております。
        また、内部監査責任者は、必要に応じて毎月開催される監査等委員会に出席し、内部監査の状況を報告してお
                                 62/133


                                                          EDINET提出書類
                                            株式会社アイ・パートナーズフィナンシャル(E34851)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       ります。内部監査責任者と会計監査人は、往査時等に適時情報共有を行い、連携を図っております。
      ③ 会計監査の状況

       a 監査法人の名称
         東陽監査法人
       b 継続監査期間
         3年間
       c 業務を執行した公認会計士の氏名
         指定社員 業務執行社員 猿渡 裕子
         指定社員 業務執行社員 田部 秀穂
       d 会計監査業務に係る補助者の構成
         公認会計士7名、その他2名
       e 監査法人の選定方針と理由
         監査法人の選定方針は特に定めておりませんが、会計監査人の選定及び評価に際しては、会計監査人の独立
        性、専門性、品質管理体制、及び事業分野への理解度を総合的に勘案し、選定しております。
         当社では、会計監査人が会社法第340条第1項に定める解任事由に該当すると認められる場合には、監査等委
        員全員の合意に基づき監査等委員会が、会計監査人を解任いたします。
         また、上記の場合の他、会計監査人の適格性及び独立性を害する事由等の発生により、適正な監査の遂行が
        困難であると認められた場合、監査等委員会は、株主総会に提出する会計監査人の解任又は不再任に関する議
        案の内容を決定いたします。
       f 監査等委員及び監査等委員会による監査法人の評価
         当社の監査等委員会は、東陽監査法人と期中においても適宜会計処理等について意見を交換しており、必要
        の都度、情報の交換を行い相互の連携を高めております。その結果、監査法人が有効に機能し、監査品質に相
        対的優位性があるものと判断しております。
      ④ 監査報酬の内容等

       a 監査公認会計士等に対する報酬
                 最近連結会計年度の前連結会計年度                          最近連結会計年度
        区分
                監査証明業務に            非監査業務に           監査証明業務に            非監査業務に
                基づく報酬(千円)           基づく報酬(千円)           基づく報酬(千円)           基づく報酬(千円)
       提出会社               7,000             ―          9,000             ―
      連結子会社                 ―           ―           ―           ―
        計              7,000             ―          9,000             ―

       b 監査公認会計士等と同一のネットワークに対する報酬(aを除く)
         該当事項はありません。
       c その他の重要な監査証明業務に基づく報酬の内容
         該当事項はありません。
       d 監査報酬の決定方針
         当社の監査公認会計士等に対する監査報酬の決定については、監査日数、当社の規模・業務の特性等の要素
        を勘案し、監査等委員会の同意を得て決定いたします。
       e 監査等委員会が会計監査人の報酬等に同意した理由
         当社監査等委員会は、会計監査人の監査計画の内容、会計監査の職務遂行状況、報酬見積もりの算出根拠等
        を確認し、必要な検証を行った結果、会計監査人の報酬等の額について会社法第399条第1項及び第3項の同意
        を行っております。
                                 63/133




                                                          EDINET提出書類
                                            株式会社アイ・パートナーズフィナンシャル(E34851)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     (4)  【役員の報酬等】
      ① 役員の報酬等の額又はその算定方法の決定に関する方針に係る事項
        当社の役員の報酬に関しては、2020年12月22日開催の臨時株主総会において、取締役(監査等委員である取締
       役を除く。)については年額150百万円以内と決議されており、監査等委員である取締役については年額50百万円
       以内と決議されております。
        当社は役員の報酬等の額又はその算定方法の決定に関する方針は定めておりませんが、経営環境や経済情勢等
       を考慮のうえ、株主総会で決定した限度額の範囲内で、取締役(監査等委員である取締役を除く。)の報酬の額
       は取締役会において決定し、監査等委員である取締役の報酬の額は監査等委員会において決定しております。
      ② 役員区分ごとの報酬等の総額、報酬等の種類別の総額及び対象となる役員の員数

                                 報酬等の種類別の総額(千円)
                                                    対象となる
                       報酬等の総額
           役員区分                                         役員の員数
                        (千円)
                                                     (名)
                               固定報酬      業績連動報酬       退職慰労金
    取締役
                           61,140      61,140         ―      ―     4
    (監査等委員及び社外取締役を除く)
    監査等委員
                           6,634      6,634         ―      ―     1
    (社外監査等委員を除く)
    社外役員                       5,200      5,200         ―      ―     2
     (注)1.上記は2020年3月期の実績であります。
      ③ 提出会社の役員ごとの報酬等の総額等

        報酬等の総額が1億円以上である者が存在しないため、記載しておりません。
      ④ 使用人兼務役員の使用人給与のうち、重要なもの

        該当事項はありません。
     (5)  【株式の保有状況】

      ① 投資株式の区分の基準及び考え方
        当社は、投資株式について、株式の価値の変動又は配当の受領によって利益を得ることを目的として保有する
       株式を純投資目的である投資株式とし、それ以外の株式を純投資目的以外の目的の株式としております。
      ② 保有目的が純投資目的以外の目的である投資株式

        該当事項はありません。
      ③ 保有目的が純投資目的である投資株式

        該当事項はありません。
                                 64/133







                                                          EDINET提出書類
                                            株式会社アイ・パートナーズフィナンシャル(E34851)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    第5   【経理の状況】
    1 連結財務諸表及び四半期連結財務諸表並びに財務諸表の作成方法について

     (1)  当社の連結財務諸表は、「連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和51年大蔵省令第28号。以
      下「連結財務諸表規則」という。)に基づいて作成しております。
     (2)  当社の四半期連結財務諸表は、「四半期連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(平成19年内閣府

      令第64号)に基づいて作成しております。
     (3)  当社の財務諸表は、「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和38年大蔵省令第59号。以下「財

      務諸表等規則」という。)に基づいて作成しております。
       また、当社は、特例財務諸表提出会社に該当し、財務諸表等規則第127条の規定により財務諸表を作成しておりま
      す。
    2 監査証明について

     (1)  当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、前連結会計年度(2018年4月1日から2019年3月31
      日まで)及び当連結会計年度(2019年4月1日から2020年3月31日まで)の連結財務諸表並びに前事業年度(2018年4
      月1日から2019年3月31日まで)及び当事業年度(2019年4月1日から2020年3月31日まで)の財務諸表について、東
      陽監査法人により監査を受けております。
     (2) 当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第3四半期連結会計期間(2020年10月1日から2020

      年12月31日まで)及び第3四半期連結累計期間(2020年4月1日から2020年12月31日まで)の四半期連結財務諸表につ
      いて、東陽監査法人による四半期レビューを受けております。
    3 連結財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組みについて

      当社は、連結財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組みを行っております。具体的には会計基準等の内容
     を適切に把握し、会計基準の変更に的確に対応できる体制を準備するため、監査法人等主催の各種セミナーへの参加
     を行う他、各種専門家のコンサルティングを受けております。
                                 65/133










                                                          EDINET提出書類
                                            株式会社アイ・パートナーズフィナンシャル(E34851)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    1 【連結財務諸表等】
     (1) 【連結財務諸表】
      ①  【連結貸借対照表】
                                                   (単位:千円)
                                前連結会計年度              当連結会計年度
                                (2019年3月31日)              (2020年3月31日)
     資産の部
      流動資産
        現金及び預金                               248,934              238,053
        売掛金                               173,767              245,340
        商品                                  881             1,140
        前払費用                                17,188              19,979
        未収還付法人税等                                11,526                ―
        その他                                  274             1,046
                                        △ 530               ―
        貸倒引当金
        流動資産合計                               452,042              505,560
      固定資産
        有形固定資産
         建物附属設備                               39,239              55,832
         工具、器具及び備品                               28,742              35,257
                                      △ 26,290             △ 42,831
         減価償却累計額
         有形固定資産合計                               41,692              48,258
        無形固定資産
                                         213             1,039
         ソフトウエア
         無形固定資産合計                                213             1,039
        投資その他の資産
         差入保証金                               71,361              93,907
         長期前払費用                               1,659               244
                                        2,679              7,515
         繰延税金資産
         投資その他の資産合計                               75,699              101,668
        固定資産合計                               117,604              150,966
      資産合計                                 569,647              656,526
                                 66/133










                                                          EDINET提出書類
                                            株式会社アイ・パートナーズフィナンシャル(E34851)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                                                   (単位:千円)
                                前連結会計年度              当連結会計年度
                                (2019年3月31日)              (2020年3月31日)
     負債の部
      流動負債
        買掛金                               241,952              212,131
        未払金                                24,933              25,266
        未払費用                                  304             10,576
        未払法人税等                                9,184              12,020
        未払消費税等                                6,935              12,120
        賞与引当金                                3,346              4,030
        役員賞与引当金                                  ―             1,916
        資産除去債務                                  ―             1,300
                                        5,155              1,871
        その他
        流動負債合計                               291,813              281,233
      固定負債
                                        26,052              30,387
        資産除去債務
        固定負債合計                                26,052              30,387
      負債合計                                 317,866              311,621
     純資産の部
      株主資本
        資本金                                94,985              144,585
        資本剰余金                                23,921              73,521
                                       132,874              126,798
        利益剰余金
        株主資本合計                               251,781              344,905
      純資産合計                                 251,781              344,905
     負債純資産合計                                  569,647              656,526
                                 67/133











                                                          EDINET提出書類
                                            株式会社アイ・パートナーズフィナンシャル(E34851)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       【四半期連結貸借対照表】
                                    (単位:千円)
                              当第3四半期連結会計期間
                                (2020年12月31日)
     資産の部
      流動資産
        現金及び預金                               372,506
        売掛金                               430,162
        商品                                  922
                                        17,337
        その他
        流動資産合計                               820,928
      固定資産
        有形固定資産                                59,352
        無形固定資産                                  995
        投資その他の資産
         差入保証金                               91,114
                                        9,502
         その他
         投資その他の資産合計                              100,617
        固定資産合計                               160,965
      資産合計                                 981,893
                                 68/133














                                                          EDINET提出書類
                                            株式会社アイ・パートナーズフィナンシャル(E34851)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                                    (単位:千円)
                              当第3四半期連結会計期間
                                (2020年12月31日)
     負債の部
      流動負債
        買掛金                               349,699
        未払法人税等                                55,969
        賞与引当金                                1,158
                                        76,613
        その他
        流動負債合計                               483,441
      固定負債
        資産除去債務                                30,387
                                        11,362
        その他
        固定負債合計                                41,750
      負債合計                                 525,191
     純資産の部
      株主資本
        資本金                               144,585
        資本剰余金                                73,521
                                       238,595
        利益剰余金
        株主資本合計                               456,702
      純資産合計                                 456,702
     負債純資産合計                                  981,893
                                 69/133













                                                          EDINET提出書類
                                            株式会社アイ・パートナーズフィナンシャル(E34851)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      ②  【連結損益計算書及び連結包括利益計算書】
       【連結損益計算書】
                                                   (単位:千円)
                                前連結会計年度              当連結会計年度
                               (自 2018年4月1日              (自 2019年4月1日
                                至 2019年3月31日)               至 2020年3月31日)
     売上高                                 2,379,704              2,467,009
                                      1,835,581              1,843,935
     売上原価
     売上総利益                                  544,123              623,074
                                    ※1   488,493            ※1   616,946
     販売費及び一般管理費
     営業利益                                   55,629               6,127
     営業外収益
      受取利息                                    2              2
      受取家賃                                   239              239
      保険解約返戻金                                   252              513
                                         513              524
      雑収入
      営業外収益合計                                  1,009              1,280
     経常利益                                   56,639               7,408
     特別損失
                                      ※2   110
                                                        ―
      固定資産除却損
      特別損失合計                                   110               ―
     税金等調整前当期純利益                                   56,529               7,408
     法人税、住民税及び事業税
                                        28,445              13,510
     法人税等還付税額                                  △ 11,526               △ 499
                                         819            △ 4,836
     法人税等調整額
     法人税等合計                                   17,738               8,174
     当期純利益又は当期純損失(△)                                   38,790               △ 765
     非支配株主に帰属する当期純利益                                     ―              ―
     親会社株主に帰属する当期純利益又は親会社株主に
                                        38,790               △ 765
     帰属する当期純損失(△)
                                 70/133











                                                          EDINET提出書類
                                            株式会社アイ・パートナーズフィナンシャル(E34851)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       【連結包括利益計算書】
                                                   (単位:千円)
                                前連結会計年度              当連結会計年度
                               (自 2018年4月1日              (自 2019年4月1日
                                至 2019年3月31日)               至 2020年3月31日)
                                        38,790               △ 765
     当期純利益又は当期純損失(△)
     包括利益                                   38,790               △ 765
     (内訳)
      親会社株主に係る包括利益                                 38,790               △ 765
      非支配株主に係る包括利益                                    ―              ―
                                 71/133

















                                                          EDINET提出書類
                                            株式会社アイ・パートナーズフィナンシャル(E34851)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       【四半期連結損益計算書及び四半期連結包括利益計算書】
        【四半期連結損益計算書】
         【第3四半期連結累計期間】
                                    (単位:千円)
                              当第3四半期連結累計期間
                               (自 2020年4月1日
                                至 2020年12月31日)
     売上高                                 2,814,087
                                      2,079,669
     売上原価
     売上総利益                                  734,417
     販売費及び一般管理費                                  562,210
     営業利益                                  172,207
     営業外収益
      受取利息                                    0
      受取家賃                                   186
      助成金収入                                   285
                                          63
      雑収入
      営業外収益合計                                   535
     営業外費用
                                          44
      支払利息
      営業外費用合計                                    44
     経常利益                                  172,698
     特別損失
                                          77
      固定資産除却損
      特別損失合計                                    77
     税金等調整前四半期純利益                                  172,620
     法人税、住民税及び事業税
                                        58,170
                                        △ 801
     法人税等調整額
     法人税等合計                                   57,368
     四半期純利益                                  115,251
     親会社株主に帰属する四半期純利益                                  115,251
                                 72/133










                                                          EDINET提出書類
                                            株式会社アイ・パートナーズフィナンシャル(E34851)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
        【四半期連結包括利益計算書】
         【第3四半期連結累計期間】
                                    (単位:千円)
                              当第3四半期連結累計期間
                               (自 2020年4月1日
                                至 2020年12月31日)
                                       115,251
     四半期純利益
     四半期包括利益                                  115,251
     (内訳)
      親会社株主に係る四半期包括利益                                 115,251
      非支配株主に係る四半期包括利益                                    -
                                 73/133

















                                                          EDINET提出書類
                                            株式会社アイ・パートナーズフィナンシャル(E34851)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      ③  【連結株主資本等変動計算書】
       前連結会計年度(自 2018年4月1日 至 2019年3月31日)
                                                  (単位:千円)
                             株主資本
                                                  純資産合計
                 資本金        資本剰余金         利益剰余金        株主資本合計
    当期首残高               94,985         23,921         99,393        218,300         218,300
    当期変動額
     剰余金の配当                ―         ―      △ 5,310        △ 5,310        △ 5,310
     親会社株主に帰属する
                     ―         ―       38,790         38,790         38,790
     当期純利益
    当期変動額合計                 ―         ―       33,480         33,480         33,480
    当期末残高               94,985         23,921        132,874         251,781         251,781
       当連結会計年度(自 2019年4月1日 至 2020年3月31日)

                                                  (単位:千円)
                             株主資本
                                                  純資産合計
                 資本金        資本剰余金         利益剰余金        株主資本合計
    当期首残高               94,985         23,921        132,874         251,781         251,781
    当期変動額
     新株の発行              49,600         49,600          ―       99,200         99,200
     剰余金の配当                ―         ―      △ 5,310        △ 5,310        △ 5,310
     親会社株主に帰属する
                     ―         ―       △ 765        △ 765        △ 765
     当期純損失(△)
    当期変動額合計               49,600         49,600        △ 6,075        93,124         93,124
    当期末残高               144,585         73,521        126,798         344,905         344,905
                                 74/133












                                                          EDINET提出書類
                                            株式会社アイ・パートナーズフィナンシャル(E34851)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      ④  【連結キャッシュ・フロー計算書】
                                                   (単位:千円)
                                前連結会計年度              当連結会計年度
                               (自 2018年4月1日              (自 2019年4月1日
                                至 2019年3月31日)               至 2020年3月31日)
     営業活動によるキャッシュ・フロー
      税金等調整前当期純利益                                 56,529               7,408
      減価償却費                                 13,647              16,720
      長期前払費用償却額                                   350              472
      貸倒引当金の増減額(△は減少)                                  △ 201             △ 530
      賞与引当金の増減額(△は減少)                                  1,513               684
      役員賞与引当金の増減額(△は減少)                                    ―             1,916
      受取利息及び受取配当金                                   △ 2             △ 2
      有形固定資産除却損                                   110               ―
      売上債権の増減額(△は増加)                                  4,299             △ 71,573
      たな卸資産の増減額(△は増加)                                  △ 635             △ 259
      前払費用の増減額(△は増加)                                 △ 6,489             △ 2,790
      仕入債務の増減額(△は減少)                                 86,718             △ 29,821
      未払金の増減額(△は減少)                                △ 14,121               3,366
      未払費用の増減額(△は減少)                                 △ 2,097              10,271
      未払消費税等の増減額(△は減少)                                 △ 7,499              5,184
                                        3,899             △ 3,112
      その他
      小計                                 136,020              △ 62,066
      利息及び配当金の受取額
                                          2              2
      法人税等の支払額                                △ 49,189             △ 10,175
                                          ―            11,526
      法人税等の還付額
      営業活動によるキャッシュ・フロー                                 86,833             △ 60,713
     投資活動によるキャッシュ・フロー
      有形固定資産の取得による支出                                △ 17,891             △ 21,511
      差入保証金の差入による支出                                △ 21,559             △ 22,546
                                         462               ―
      差入保証金の返還による収入
      投資活動によるキャッシュ・フロー                                △ 38,988             △ 44,058
     財務活動によるキャッシュ・フロー
      株式の発行による収入                                    ―            99,200
                                       △ 5,310             △ 5,310
      配当金の支払額
      財務活動によるキャッシュ・フロー                                 △ 5,310              93,890
     現金及び現金同等物の増減額(△は減少)                                   42,535             △ 10,881
     現金及び現金同等物の期首残高                                  206,399              248,934
                                    ※1   248,934            ※1   238,053
     現金及び現金同等物の期末残高
                                 75/133








                                                          EDINET提出書類
                                            株式会社アイ・パートナーズフィナンシャル(E34851)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      【注記事項】
       (連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項)
     前連結会計年度(自 2018年4月1日 至 2019年3月31日)
      1 連結の範囲に関する事項
        すべての子会社を連結しております。
        連結子会社の数  1社
        連結子会社の名称 株式会社AIPコンサルタンツ
      2 連結子会社の事業年度等に関する事項

        連結子会社の決算日は、連結決算日と一致しております。
      3 会計方針に関する事項

       (1)  重要な資産の評価基準及び評価方法
        ① たな卸資産
          通常の販売目的で保有するたな卸資産
          評価基準は原価法(収益性の低下による簿価切下げの方法)を採用しております。
         a 商品
           主として先入先出法
       (2)  重要な減価償却資産の減価償却の方法

        ①   有形固定資産(リース資産を除く)
          定率法を採用しております。
          ただし、2016年(平成28年)4月1日以降に取得した建物附属設備については定額法によっております。
          また、取得価額10万円以上20万円未満の少額減価償却資産については3年間で均等償却しております。
          なお、主な耐用年数は次のとおりであります。
           建物附属設備                 3~15年
           工具、器具及び備品           4~10年
        ②   無形固定資産(リース資産を除く)
          ソフトウエア(自社利用)については、社内における利用可能期間(5年)に基づく定額法によっており
         ます。
        ③   長期前払費用
          契約期間に応じた均等償却を採用しております。
       (3)  重要な引当金の計上基準

        ① 貸倒引当金
          債権の貸倒損失に備えるため、一般債権については貸倒実績率により、貸倒懸念債権等特定の債権につい
         ては個別に回収可能性を検討し、回収不能見込額を計上しております。
        ② 賞与引当金
          従業員に対して支給する賞与の支出に充てるため、支給見込額に基づき当連結会計年度に見合う分を計上
         しております。
       (4)  連結キャッシュ・フロー計算書における資金の範囲

         手許現金、随時引き出し可能な預金からなっております。
       (5)  その他連結財務諸表作成のための重要な事項

         消費税等の会計処理
          消費税及び地方消費税の会計処理は、税抜方式によっております。
                                 76/133



                                                          EDINET提出書類
                                            株式会社アイ・パートナーズフィナンシャル(E34851)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     当連結会計年度(自 2019年4月1日 至 2020年3月31日)
      1 連結の範囲に関する事項
        すべての子会社を連結しております。
        連結子会社の数  1社
        連結子会社の名称 株式会社AIPコンサルタンツ
      2 連結子会社の事業年度等に関する事項

        連結子会社の決算日は、連結決算日と一致しております。
      3 会計方針に関する事項

       (1)  重要な資産の評価基準及び評価方法
        ① たな卸資産
          通常の販売目的で保有するたな卸資産
           評価基準は原価法(収益性の低下による簿価切下げの方法)を採用しております。
         a 商品
           主として先入先出法
       (2)  重要な減価償却資産の減価償却の方法

        ①   有形固定資産(リース資産を除く)
          定率法を採用しております。
          ただし、2016年(平成28年)4月1日以降に取得した建物附属設備については定額法によっております。
          また、取得価額10万円以上20万円未満の少額減価償却資産については3年間で均等償却しております。
          なお、主な耐用年数は次のとおりであります。
           建物附属設備                 3~15年
           工具、器具及び備品           4~10年
        ②   無形固定資産(リース資産を除く)
          ソフトウエア(自社利用)については、社内における利用可能期間(5年)に基づく定額法によっており
         ます。
        ③   長期前払費用
          契約期間に応じた均等償却を採用しております。
       (3)  重要な引当金の計上基準

        ① 貸倒引当金
          債権の貸倒損失に備えるため、一般債権については貸倒実績率により、貸倒懸念債権等特定の債権につい
         ては個別に回収可能性を検討し、回収不能見込額を計上しております。
        ② 賞与引当金
          従業員に対して支給する賞与の支出に充てるため、支給見込額に基づき当連結会計年度に見合う分を計上
         しております。
        ③ 役員賞与引当金
          役員に対して支給する賞与の支出に充てるため、支給見込額に基づき当連結会計年度に見合う分を計上し
         ております。
       (4)  連結キャッシュ・フロー計算書における資金の範囲

         手許現金、随時引き出し可能な預金からなっております。
       (5)  その他連結財務諸表作成のための重要な事項

         消費税等の会計処理
          消費税及び地方消費税の会計処理は、税抜方式によっております。
                                 77/133



                                                          EDINET提出書類
                                            株式会社アイ・パートナーズフィナンシャル(E34851)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       (未適用の会計基準等)
     前連結会計年度(自 2018年4月1日 至 2019年3月31日)
     ・「収益認識に関する会計基準」(企業会計基準第29号                          2018年3月30日)
     ・「収益認識に関する会計基準の適用指針」(企業会計基準適用指針第30号                                   2018年3月30日)
     (1)  概要

       収益認識に関する包括的な会計基準であります。収益は、次の5つのステップを適用し認識されます。
        ステップ1:顧客との契約を識別する。
        ステップ2:契約における履行義務を識別する。
        ステップ3:取引価格を算定する。
        ステップ4:契約における履行義務に取引価格を配分する。
        ステップ5:履行義務を充足した時に又は充足するにつれて収益を認識する。
     (2)  適用予定日

       2022年3月期の期首より適用予定であります。
     (3)  当該会計基準等の適用による影響

       影響額は、当連結財務諸表の作成時において評価中であります。
     当連結会計年度(自 2019年4月1日 至 2020年3月31日)

     1.収益認識に関する会計基準等
     ・「収益認識に関する会計基準」(企業会計基準第29号                          2020年3月31日)
     ・「収益認識に関する会計基準の適用指針」(企業会計基準適用指針第30号                                   2020年3月31日)
     (1)  概要

       収益認識に関する包括的な会計基準であります。収益は、次の5つのステップを適用し認識されます。
        ステップ1:顧客との契約を識別する。
        ステップ2:契約における履行義務を識別する。
        ステップ3:取引価格を算定する。
        ステップ4:契約における履行義務に取引価格を配分する。
        ステップ5:履行義務を充足した時に又は充足するにつれて収益を認識する。
     (2)  適用予定日

       2022年3月期の期首より適用予定であります。
     (3)  当該会計基準等の適用による影響

       影響額は、当連結財務諸表の作成時において評価中であります。
     2.時価の算定に関する会計基準等

      ・「時価の算定に関する会計基準」(企業会計基準第30号 2019年7月4日)
      ・「時価の算定に関する会計基準の適用指針」(企業会計基準適用指針第31号 2019年7月4日)
      ・「棚卸資産の評価に関する会計基準」(企業会計基準第9号 2019年7月4日)
      ・「金融商品に関する会計基準」(企業会計基準第10号 2019年7月4日)
      ・「金融商品の時価等の開示に関する適用指針」(企業会計基準適用指針第19号 2020年3月31日)
      (1)  概要

        国際的な会計基準の定めとの比較可能性を向上させるため、「時価の算定に関する会計基準」及び「時価の算
       定に関する会計基準の適用指針」(以下「時価算定会計基準等」という。)が開発され、時価の算定方法に関する
       ガイダンス等が定められました。時価算定会計基準等は次の項目の時価に適用されます。
      ・「金融商品に関する会計基準」における金融商品
      ・「棚卸資産の評価に関する会計基準」におけるトレーディング目的で保有する棚卸資産
        また「金融商品の時価等の開示に関する適用指針」が改訂され、金融商品の時価のレベルごとの内訳等の注記
       事項が定められました。
      (2)  適用予定日

        2022年3月期の期首から適用予定であります。
                                 78/133


                                                          EDINET提出書類
                                            株式会社アイ・パートナーズフィナンシャル(E34851)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      (3)  当該会計基準等の適用による影響
        影響額は、当連結財務諸表の作成時において評価中です。
     3.会計方針の開示、会計上の変更及び誤謬の訂正に関する会計基準

      ・「会計方針の開示、会計上の変更及び誤謬の訂正に関する会計基準」(企業会計基準第24号 2020年3月31日)
      (1)  概要

        関連する会計基準等の定めが明らかでない場合に、採用した会計処理の原則及び手続きの概要を示すことを目
       的とするものです。
      (2)  適用予定日

        2021年3月期の年度末から適用予定であります。
     4.会計上の見積りの開示に関する会計基準

      ・「会計上の見積りの開示に関する会計基準」(企業会計基準第31号 2020年3月31日)
      (1)  概要

        当年度の財務諸表に計上した金額が会計上の見積りによるもののうち、翌年度の財務諸表に重要な影響を及ぼ
       すリスクがある項目における会計上の見積りの内容について、財務諸表利用者の理解に資する情報を開示するこ
       とを目的とするものです。
      (2)  適用予定日

        2021年3月期の年度末から適用予定であります。
                                 79/133












                                                          EDINET提出書類
                                            株式会社アイ・パートナーズフィナンシャル(E34851)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       (表示方法の変更)
     前連結会計年度(自 2018年4月1日 至 2019年3月31日)
      下記の表示方法の変更に関する注記は、連結財務諸表規則附則第2項の規定に基づき、2020年3月期における表示
     方法の変更の注記と同様の内容を記載しております。
     (連結貸借対照表関係)
      2019年4月1日に開始する連結会計年度(翌連結会計年度)より、「流動負債」の「その他」に含めておりました
     「未払費用」は、金額的重要性が高まったため、当連結会計年度より区分掲記しております。連結財務諸表規則附則
     第2項の規定に基づき、この表示方法の変更を反映させるため、当連結会計年度の組替えを行っております。
      この結果、当連結会計年度の連結貸借対照表において、「流動負債」の「その他」に表示していた5,459千円は、
     「未払費用」304千円、及び「その他」5,155千円として組み替えております。
     当連結会計年度(自 2019年4月1日 至 2020年3月31日)

     (連結貸借対照表関係)
      前連結会計年度において、「流動負債」の「その他」に含めておりました「未払費用」は、金額的重要性が高まっ
     たため、当連結会計年度より区分掲記しております。この表示方法の変更を反映させるため、前連結会計年度の組替
     えを行っております。
      この結果、前連結会計年度の連結貸借対照表において、「流動負債」の「その他」に表示していた5,459千円は、
     「未払費用」304千円、及び「その他」5,155千円として組み替えております。
       (追加情報)

     前連結会計年度(自 2018年4月1日 至 2019年3月31日)
      該当事項はありません。
     当連結会計年度(自 2019年4月1日 至 2020年3月31日)

     (新型コロナウイルス感染症拡大に関する会計上の見積りについて)
      新型コロナウイルスの世界的な感染拡大により、経済、企業活動への深刻な影響が見込まれております。当社グ
     ループ(当社及び連結子会社)におきましては、新型コロナウイルスの感染拡大期に、役社員に対して発熱時の報告
     義務、手洗い実施・マスク着用など感染予防対策の指示、職場内の換気や遮蔽板による飛沫飛散防止策の導入、リ
     モートワークの導入等、感染リスクの低減に取り組んでおります。そのため、現時点での業績への影響は軽微である
     と考えております。しかし、今後、新型コロナウイルス感染拡大により、役社員やIFAに感染者が多数発生した場合
     は、当社グループの事業展開、財政状態及び経営成績に影響を及ぼす可能性があります。
                                 80/133









                                                          EDINET提出書類
                                            株式会社アイ・パートナーズフィナンシャル(E34851)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       (連結損益計算書関係)
     ※1 販売費及び一般管理費のうち主要な費目及び金額は次のとおりであります。
                            前連結会計年度                当連結会計年度

                           (自 2018年4月1日                (自 2019年4月1日
                           至 2019年3月31日)                至 2020年3月31日)
        役員報酬                           81,834    千円            83,174    千円
        給料及び手当                          137,752                166,118
        退職給付費用                           7,326                8,812
        賞与引当金繰入額                           5,439               11,720
        役員賞与引当金繰入額                             -              1,916
        地代家賃                           92,162               118,885
        減価償却費                           13,647                16,720
        貸倒引当金繰入額                           △201                △530
     ※2 固定資産除却損の内容は、次のとおりであります。

                             前連結会計年度                当連結会計年度

                           (自 2018年4月1日                (自 2019年4月1日
                            至 2019年3月31日)                至 2020年3月31日)
        建物附属設備                            110  千円              -  千円
       (連結包括利益計算書関係)

        該当事項はありません。
                                 81/133













                                                          EDINET提出書類
                                            株式会社アイ・パートナーズフィナンシャル(E34851)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       (連結株主資本等変動計算書関係)
     前連結会計年度(自 2018年4月1日 至 2019年3月31日)
     1 発行済株式に関する事項
       株式の種類         当連結会計年度期首               増加           減少        当連結会計年度末
    普通株式(株)                  2,655             -           -         2,655
     2   自己株式に関する事項

       該当事項はありません。
     3 新株予約権等に関する事項

                                  目的となる株式の数(株)
                                                     当連結会計
                      目的となる
      会社名         内訳                                      年度末残高
                            当連結会計                   当連結
                      株式の種類
                                    増加      減少
                                                      (千円)
                             年度期首                  会計年度末
            第1回ストック・オ
     提出会社      プションとしての新            -        -      -      -      -      -
            株予約権
     4 配当に関する事項

      (1)  配当金支払額
                       配当金の総額        1株当たり配当額
        決議        株式の種類                            基準日        効力発生日
                         (千円)          (円)
    2018年6月29日
                普通株式            5,310         2,000    2018年3月31日         2018年6月30日
    定時株主総会
      (2)  基準日が当連結会計年度に属する配当のうち、配当の効力発生日が翌連結会計年度となるもの

                          配当金の総額        1株当たり
       決議      株式の種類      配当の原資                       基準日        効力発生日
                           (千円)      配当額(円)
    2019年6月27日
              普通株式      利益剰余金          5,310       2,000    2019年3月31日         2019年6月28日
    定時株主総会
     当連結会計年度(自 2019年4月1日 至 2020年3月31日)

     1 発行済株式に関する事項
       株式の種類         当連結会計年度期首               増加           減少        当連結会計年度末
    普通株式(株)                  2,655            800            -         3,455
     (注)発行済株式の増加は、第三者割当により800株の新株式発行を実施したことによる増加分であります。
     2   自己株式に関する事項

       該当事項はありません。
     3 新株予約権等に関する事項

                                  目的となる株式の数(株)
                                                     当連結会計
                      目的となる
      会社名         内訳                                      年度末残高
                            当連結会計                   当連結
                      株式の種類
                                    増加      減少
                                                      (千円)
                             年度期首                  会計年度末
            第1回ストック・オ
     提出会社      プションとしての新            -        -      -      -      -      -
            株予約権
            第2回ストック・オ
     提出会社      プションとしての新            -        -      -      -      -      -
            株予約権
                                 82/133




                                                          EDINET提出書類
                                            株式会社アイ・パートナーズフィナンシャル(E34851)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     4 配当に関する事項
      (1)  配当金支払額
                       配当金の総額        1株当たり配当額
        決議        株式の種類                            基準日        効力発生日
                         (千円)          (円)
    2019年6月27日
                普通株式            5,310         2,000    2019年3月31日         2019年6月28日
    定時株主総会
      (2)  基準日が当連結会計年度に属する配当のうち、配当の効力発生日が翌連結会計年度となるもの

                          配当金の総額        1株当たり
       決議      株式の種類      配当の原資                       基準日        効力発生日
                           (千円)      配当額(円)
    2020年5月15日
              普通株式      利益剰余金          3,455       1,000    2020年3月31日         2020年6月30日
    取締役会
       (連結キャッシュ・フロー計算書関係)

     ※1 現金及び現金同等物の期末残高と連結貸借対照表に掲記されている科目の金額との関係は、次のとおりであり
       ます。
                              前連結会計年度                 当連結会計年度

                             (自    2018年4月1日              (自    2019年4月1日
                             至   2019年3月31日)               至   2020年3月31日)
        現金及び預金                         248,934千円                 238,053千円
        現金及び現金同等物                         248,934千円                 238,053千円
      2 重要な非資金取引の内容

                              前連結会計年度                 当連結会計年度

                             (自    2018年4月1日              (自    2019年4月1日
                             至   2019年3月31日)               至   2020年3月31日)
        重要な資産除去債務の計上額                          8,114千円                 5,654千円
       (リース取引関係)

     前連結会計年度(自 2018年4月1日 至 2019年3月31日)
       重要性が乏しいため、記載を省略しております。
     当連結会計年度(自 2019年4月1日 至 2020年3月31日)

       重要性が乏しいため、記載を省略しております。
                                 83/133








                                                          EDINET提出書類
                                            株式会社アイ・パートナーズフィナンシャル(E34851)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       (金融商品関係)
     前連結会計年度(自 2018年4月1日 至 2019年3月31日)
     1 金融商品の状況に関する事項
      (1)  金融商品に対する取組方針
        当社グループは、所要資金を自己資金により賄っております。余裕資金は安全で流動性の高い普通預金で運用
       しております。また、デリバティブ取引は行わない方針であります。
      (2)  金融商品の内容及びそのリスク

        営業債権である売掛金は、相手先である証券会社及び保険会社の信用リスクに晒されております。
        営業債務である買掛金は、すべて1年以内の支払期日であります。
      (3)  金融商品に係るリスク管理体制

       ① 信用リスク(取引先の契約不履行等に係るリスク)の管理
         当社は、取引先ごとの期日及び残高を管理し、取引先の状況把握に努めております。
       ② 資金調達に係る流動性リスク(支払期日に支払いを実行できなくなるリスク)の管理
         当社は、適時に資金繰り計画を作成・更新するとともに、手許流動性の維持等により、流動性リスクを管理
        しております。
      (4)  金融商品の時価等に関する事項についての補足説明

        金融商品の時価には、市場価格に基づく価額の他、市場価格がない場合には合理的に算定された価額が含まれ
       ております。当該価額の算定においては変動要因を織り込んでいるため、異なる前提条件等を採用することによ
       り、当該価額が変動することもあります。
      (5)  信用リスクの集中

        当連結会計年度の連結決算日現在における営業債権のうち96.9%が特定の大口顧客2社に対するものでありま
       す。
     2 金融商品の時価等に関する事項

       連結貸借対照表計上額、時価及びこれらの差額については、次のとおりであります。
       なお、時価を把握することが極めて困難であると認められるものについては(注)2のとおりであり、次表には含
      めておりません。
                       連結貸借対照表計上額                時価            差額
                          (千円)            (千円)            (千円)
    (1) 現金及び預金                         248,934            248,934               -
    (2)  売掛金
                              173,767                           -
                               △530
       貸倒引当金(※)
                              173,236            173,236               -
    (3)  未収還付法人税等
                              11,526            11,526              -
           資産計                   433,697            433,697               -
    (1)  買掛金
                              241,952            241,952               -
    (2)  未払金
                              24,933            24,933              -
    (3)  未払費用
                                304            304             -
    (4)  未払法人税等
                               9,184            9,184              -
    (5)  未払消費税等
                               6,935            6,935              -
           負債計                   283,312            283,312               -
    ※売掛金に計上している貸倒引当金を控除しております。
    (注1)    金融商品の時価の算定方法

     資   産
      (1)  現金及び預金、(2)         売掛金、(3)      未収還付法人税等
        これらはすべて短期で決済されるため、時価は帳簿価額と近似していることから、当該帳簿価額によっており
       ます。
                                 84/133


                                                          EDINET提出書類
                                            株式会社アイ・パートナーズフィナンシャル(E34851)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     負   債
      (1)  買掛金   、(2)   未払金、(3)      未払費用、(4)       未払法人税等、(5)         未払消費税等
        これらはすべて短期で決済されるため、時価は帳簿価額と近似していることから、当該帳簿価額によっており
       ます。
    (注2)    時価を把握することが極めて困難と認められる金融商品の連結貸借対照表計上額

          区分            2019年3月31日
        差入保証金               71,361千円
    (注3)    金銭債権の連結決算日後の償還予定額

                                       1年超       5年超
                                1年以内                     10年超
                                       5年以内       10年以内
                                 (千円)                     (千円)
                                       (千円)       (千円)
    現金及び預金                             248,934          -       -       -
    売掛金                             173,767          -       -       -
    未収還付法人税等                              11,526         -       -       -
                合計                 434,228          -       -       -
     当連結会計年度(自 2019年4月1日 至 2020年3月31日)

     1 金融商品の状況に関する事項
      (1)  金融商品に対する取組方針
        当社グループは、所要資金を自己資金により賄っております。余裕資金は安全で流動性の高い普通預金で運用
       しております。また、デリバティブ取引は行わない方針であります。
      (2)  金融商品の内容及びそのリスク

        営業債権である売掛金は、相手先である証券会社及び保険会社の信用リスクに晒されております。
        営業債務である買掛金は、すべて1年以内の支払期日であります。
      (3)  金融商品に係るリスク管理体制

       ① 信用リスク(取引先の契約不履行等に係るリスク)の管理
         当社は、取引先ごとの期日及び残高を管理し、取引先の状況把握に努めております。
       ② 資金調達に係る流動性リスク(支払期日に支払いを実行できなくなるリスク)の管理
         当社は、適時に資金繰り計画を作成・更新するとともに、手許流動性の維持等により、流動性リスクを管理
        しております。
      (4)  金融商品の時価等に関する事項についての補足説明

        金融商品の時価には、市場価格に基づく価額の他、市場価格がない場合には合理的に算定された価額が含まれ
       ております。当該価額の算定においては変動要因を織り込んでいるため、異なる前提条件等を採用することによ
       り、当該価額が変動することもあります。
      (5)  信用リスクの集中

        当連結会計年度の連結決算日現在における営業債権のうち93.8%が特定の大口顧客2社に対するものでありま
       す 。
                                 85/133





                                                          EDINET提出書類
                                            株式会社アイ・パートナーズフィナンシャル(E34851)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     2 金融商品の時価等に関する事項
       連結貸借対照表計上額、時価及びこれらの差額については、次のとおりであります。
       なお、時価を把握することが極めて困難であると認められるものについては(注)2のとおりであり、次表には含
      めておりません。
                       連結貸借対照表計上額                時価            差額
                          (千円)            (千円)            (千円)
    (1) 現金及び預金                         238,053            238,053               -
    (2)  売掛金
                              245,340            245,340               -
           資産計                   483,394            483,394               -
    (1)  買掛金
                              212,131            212,131               -
    (2)  未払金
                              25,266            25,266              -
    (3)  未払費用
                              10,576            10,576              -
    (4)  未払法人税等
                              12,020            12,020              -
    (5)  未払消費税等
                              12,120            12,120              -
           負債計                   272,114            272,114               -
    (注1)    金融商品の時価の算定方法
     資   産
      (1)  現金及び預金、(2)         売掛金
        これらはすべて短期で決済されるため、時価は帳簿価額と近似していることから、当該帳簿価額によっており
       ます。
     負   債

      (1)  買掛金、(2)      未払金、(3)      未払費用、(4)       未払法人税等、(5)         未払消費税等
        これらはすべて短期で決済されるため、時価は帳簿価額と近似していることから、当該帳簿価額によっており
       ます。
    (注2)    時価を把握することが極めて困難と認められる金融商品の連結貸借対照表計上額

          区分            2020年3月31日
        差入保証金               93,907千円
    (注3)    金銭債権の連結決算日後の償還予定額

                                       1年超       5年超
                                1年以内                     10年超
                                       5年以内       10年以内
                                 (千円)                     (千円)
                                       (千円)       (千円)
    現金及び預金                             238,053          -       -       -
    売掛金                             245,340          -       -       -
                合計                 483,394          -       -       -
       (退職給付関係)

      1.採用している退職給付制度の概要
        当社は、確定拠出年金制度を採用しております。
      2.確定拠出制度

        当社の確定拠出制度への要拠出額は、前連結会計年度(自 2018年4月1日 至 2019年3月31日)7,326千円、
       当連結会計年度(自 2019年4月1日 至 2020年3月31日)8,812千円であります。
                                 86/133





                                                          EDINET提出書類
                                            株式会社アイ・パートナーズフィナンシャル(E34851)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       (ストック・オプション等関係)
      前連結会計年度(自 2018年4月1日 至 2019年3月31日)
    1.   ストック・オプションにかかる費用計上額及び科目名
      該当事項はありません。
    2. ストック・オプションの内容、規模及びその変動状況

     (1)  ストック・オプションの内容
                          第1回新株予約権
                     当社取締役  8名
                     当社監査役  1名
    付与対象者の区分及び人数
    (注)2
                     子会社取締役 3名
                     当社従業員  13名
    株式の種類及び付与数(注)1                 普通株式 5,000株
    付与日                 2018年3月30日
                     ①新株予約権の割当を受けた者(以下
                     「新株予約権者」という。)は、権利
                     行使時においても、当社又は当社子会
                     社の取締役、監査役、従業員又は顧
                     問、社外協力者その他これに準ずる地
                     位を有していなければならない。ただ
                     し、取締役会が正当な理由があると認
    権利確定条件
                     めた場合は、この限りではない。
                     ②新株予約権の行使は、当社普通株式
                     に係る株式がいずれかの金融商品取引
                     所に上場することを条件とする。
                     ③新株予約権者が死亡した場合、その
                     相続人による新株予約権の権利行使は
                     認めないものとする。
    対象勤務期間                 期間の定めはありません。
    権利行使期間                 2020年3月31日~2028年2月28日
     (注)1.株式数に換算して記載しております。なお、2020年12月22日付で普通株式1株につき200株の株式分割を
         行っており、当該株式分割後の株式数に換算して記載しております。
       2.付与対象者の区分及び人数は当時のものであります。
                                 87/133










                                                          EDINET提出書類
                                            株式会社アイ・パートナーズフィナンシャル(E34851)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     (2)  ストック・オプションの規模及びその変動状況
      ① ストック・オプションの数
                           第1回新株予約権
    権利確定前(株)
     前連結会計年度末                                 5,000
     付与                                   ―
     失効                                   ―
     権利確定                                   ―
     未確定残                                 5,000
    権利確定後(株)
     前連結会計年度末                                   ―
     権利確定                                   ―
     権利行使                                   ―
     失効                                   ―
     未行使残                                   ―
     (注)株式数に換算して記載しております。なお、2020年12月22日付で普通株式1株につき200株の株式分割を行って
        おり、当該株式分割後の株式数に換算して記載しております。
      ② 単価情報

                           第1回新株予約権
    権利行使価格(円)                                  450
    行使時平均株価(円)                                  ―
    付与日における公正な評価単価(円)                                  ―
     (注)株式数に換算して記載しております。なお、2020年12月22日付で普通株式1株につき200株の株式分割を行って
        おり、当該株式分割後の株式数に換算して記載しております。
    3.当連結会計年度に付与されたストック・オプションの公正な評価単価の見積方法

      ストック・オプション付与日時点において、当社は株式を上場していないことから、ストック・オプションの公正
     な評価単価は、単位当たりの本源的価値を見積もる方法により算定しております。
      また、単位当たりの本源的価値を算定する基礎となる当社株式の評価方法は、類似業種比準法及び時価純資産法に
     より算出した価格を総合的に勘案して算出する方法によっております。
    4.ストック・オプションの権利確定数の見積方法

      基本的には、将来の失効数の合理的な見積りは困難であるため、実績の失効数のみ反映させる方法を採用しており
     ます。
    5.ストック・オプションの単位当たりの本源的価値により算定を行う場合の当連結会計年度末における本源的価値の

     合計額及び当連結会計年度において権利行使されたストック・オプションの権利行使日における本源的価値の合計額
      (1)当連結会計年度末における本源的価値の合計額      -千円
      (2)当連結会計年度において権利行使されたストック・オプションはありません。
                                 88/133





                                                          EDINET提出書類
                                            株式会社アイ・パートナーズフィナンシャル(E34851)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      当連結会計年度(自 2019年4月1日 至 2020年3月31日)
    1.   ストック・オプションにかかる費用計上額及び科目名
      該当事項はありません。
    2.ストック・オプションの内容、規模及びその変動状況

     (1)  ストック・オプションの内容
                          第1回新株予約権                   第2回新株予約権
                                       当社取締役
                                       (監査等委員である取締役を除く)
                                                     4名
                     当社取締役  8名
                                       当社監査等委員である取締役 1名
                     当社監査役  1名
    付与対象者の区分及び人数
    (注)2
                                       子会社取締役 3名
                     子会社取締役 3名
                                       子会社監査役 1名
                     当社従業員  13名
                                       当社従業員         19名
                                       子会社従業員 2名
    株式の種類及び付与数(注)1                 普通株式 5,000株                   普通株式 81,800株
    付与日                 2018年3月30日                   2019年4月22日
                     ①新株予約権の割当を受けた者(以下                   ①新株予約権の割当を受けた者(以下
                     「新株予約権者」という。)は、権利                   「新株予約権者」という。)は、権利
                     行使時においても、当社又は当社子会                   行使時においても、当社又は当社子会
                     社の取締役、監査役、従業員又は顧                   社の取締役、監査役、従業員又は顧
                     問、社外協力者その他これに準ずる地                   問、社外協力者その他これに準ずる地
                     位を有していなければならない。ただ                   位を有していなければならない。ただ
                     し、取締役会が正当な理由があると認                   し、取締役会が正当な理由があると認
    権利確定条件
                     めた場合は、この限りではない。                   めた場合は、この限りではない。
                     ②新株予約権の行使は、当社普通株式
                                       ②新株予約権の行使は、当社普通株式
                     に係る株式がいずれかの金融商品取引
                                       に係る株式がいずれかの金融商品取引
                     所に上場することを条件とする。
                                       所に上場することを条件とする。
                     ③新株予約権者が死亡した場合、その                   ③新株予約権者が死亡した場合、その
                     相続人による新株予約権の権利行使は                   相続人による新株予約権の権利行使は
                     認めないものとする。                   認めないものとする。
    対象勤務期間                 期間の定めはありません。                   期間の定めはありません。
                                       2021年3月26日~2029年3月25日
    権利行使期間                 2020年3月31日~2028年2月28日
                                       (注)3
     (注)1.株式数に換算して記載しております。なお、2020年12月22日付で普通株式1株につき200株の株式分割を
         行っており、当該株式分割後の株式数に換算して記載しております。
       2.付与対象者の区分及び人数は当時のものであります。
       3.割当契約上の制限により、付与対象者が権利行使可能となる期間の始期は2021年4月2日となります。
                                 89/133








                                                          EDINET提出書類
                                            株式会社アイ・パートナーズフィナンシャル(E34851)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     (2)  ストック・オプションの規模及びその変動状況
      ① ストック・オプションの数
                           第1回新株予約権                 第2回新株予約権
    権利確定前(株)
     前連結会計年度末                                 5,000                   ―
     付与                                   ―               81,800
     失効                                   ―                 ―
     権利確定                                   ―                 ―
     未確定残                                 5,000                 81,800
    権利確定後(株)
     前連結会計年度末                                   ―                 ―
     権利確定                                   ―                 ―
     権利行使                                   ―                 ―
     失効                                   ―                 ―
     未行使残                                   ―                 ―
     (注)株式数に換算して記載しております。なお、2020年12月22日付で普通株式1株につき200株の株式分割を行って
        おり、当該株式分割後の株式数に換算して記載しております。
      ② 単価情報

                           第1回新株予約権                 第2回新株予約権
    権利行使価格(円)                                  450                 620
    行使時平均株価(円)                                  ―                 ―
    付与日における公正な評価単価(円)                                  ―                 ―
     (注)株式数に換算して記載しております。なお、2020年12月22日付で普通株式1株につき200株の株式分割を行って
        おり、当該株式分割後の株式数に換算して記載しております。
    3.当連結会計年度に付与されたストック・オプションの公正な評価単価の見積方法

      ストック・オプション付与日時点において、当社は株式を上場していないことから、ストック・オプションの公正
     な評価単価は、単位当たりの本源的価値を見積もる方法により算定しております。
      また、単位当たりの本源的価値を算定する基礎となる当社株式の評価方法は、類似業種比準法により算出した価格
     を総合的に勘案して算出する方法によっております。
    4.ストック・オプションの権利確定数の見積方法

      基本的には、将来の失効数の合理的な見積りは困難であるため、実績の失効数のみ反映させる方法を採用しており
     ます。
    5.ストック・オプションの単位当たりの本源的価値により算定を行う場合の当連結会計年度末における本源的価値の

     合計額及び当連結会計年度において権利行使されたストック・オプションの権利行使日における本源的価値の合計額
      (1)当連結会計年度末における本源的価値の合計額      -千円
      (2)当連結会計年度において権利行使されたストック・オプションはありません。
                                 90/133





                                                          EDINET提出書類
                                            株式会社アイ・パートナーズフィナンシャル(E34851)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       (税効果会計関係)
      前連結会計年度(自 2018年4月1日 至 2019年3月31日)
    1.繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別の内訳
       繰延税金資産

        賞与引当金                                1,024    千円
        資産除去債務                                7,826
        未払事業税                                △474
                                        740
        固定資産の未実現利益
       繰延税金資産小計                                9,117    千円
       繰延税金資産合計
                                       9,117    千円
       繰延税金負債

                                      △6,438     千円
        資産除去債務に対応する除去費用
       繰延税金負債合計                               △6,438     千円
       繰延税金資産純額                                2,679    千円
    2.法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との間に重要な差異があるときの、当該差異の原因となった

     主要な項目別の内訳
       法定実効税率                                33.59%

       (調整)
       住民税均等割等                                 7.88%
       繰越欠損金の利用                                △7.47%
       評価性引当額の増減                                △1.13%
       税率変更による期末繰延税金資産の減額修正                                △0.23%
       法人税等還付税額                                △0.42%
       資産除去債務                                △0.55%
                                       △0.29%
       その他
       税効果会計適用後の法人税等の負担率                                31.38%
                                 91/133










                                                          EDINET提出書類
                                            株式会社アイ・パートナーズフィナンシャル(E34851)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      当連結会計年度(自 2019年4月1日 至 2020年3月31日)
    1.繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別の内訳
       繰延税金資産

        賞与引当金                                1,242    千円
        役員賞与引当金                                 575
        資産除去債務                                9,519
        未払事業税                                1,751
        固定資産の未実現利益                                 767
                                        46
        その他
       繰延税金資産小計                               13,902    千円
       繰延税金資産合計
                                      13,902    千円
       繰延税金負債

                                      △6,386     千円
        資産除去債務に対応する除去費用
       繰延税金負債合計                               △6,386     千円
       繰延税金資産純額                                7,515    千円
    2.法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との間に重要な差異があるときの、当該差異の原因となった

     主要な項目別の内訳
       法定実効税率                                  30.04%

       (調整)
       住民税均等割等                                  82.59%
       交際費等永久に損金に算入されない項目                                  5.50%
       連結子会社の適用税率差異                                 △6.52%
       資産除去債務                                 △1.27%
                                        △0.00%
       その他
       税効果会計適用後の法人税等の負担率                                 110.34%
    3.法人税等の税率の変更による繰延税金資産及び繰延税金負債の金額の修正

       2019年4月22日の第三者割当増資の結果、当社の資本金が増加したことに伴い、法人事業税の外形標準課税が適
      用されることになりました。
       これに伴い、繰延税金資産及び繰延税金負債については、法定実効税率を33.59%から30.04%に変更し計算して
      おります。
       この変更により、当連結会計年度の繰延税金資産(繰延税金負債の金額を控除した金額)が745千円減少し、法人
      税等調整額が同額増加しております。
                                 92/133







                                                          EDINET提出書類
                                            株式会社アイ・パートナーズフィナンシャル(E34851)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       (資産除去債務関係)
      前連結会計年度(自 2018年4月1日 至 2019年3月31日)
       資産除去債務のうち連結貸借対照表に計上しているもの
       (1)  当該資産除去債務の概要
         本店及び各オフィスについて賃貸借契約に基づき原状回復義務を負っており、当該契約における賃貸期間終
        了時の原状回復義務に関し、資産除去債務を計上しております。
       (2)  当該資産除去債務の金額の算定方法

         契約見込み期間を入居から5年と見積り、割引率は国債金利を参照し0.0%を使用して資産除去債務の金額を
        計算しております。
       (3)  当該資産除去債務の総額の増減

         期首残高                          17,937千円
         賃貸借契約の開始に伴う増加額                           8,114千円
         期末残高                          26,052千円
      当連結会計年度(自 2019年4月1日 至 2020年3月31日)

       資産除去債務のうち連結貸借対照表に計上しているもの
       (1)  当該資産除去債務の概要
         本店及び各オフィスについて賃貸借契約に基づき原状回復義務を負っており、当該契約における賃貸期間終
        了時の原状回復義務に関し、資産除去債務を計上しております。
       (2)  当該資産除去債務の金額の算定方法

         契約見込み期間を入居から5年と見積り、割引率は国債金利を参照し0.0%を使用して資産除去債務の金額を
        計算しております。
       (3)  当該資産除去債務の総額の増減

         期首残高                          26,052千円
         賃貸借契約の開始に伴う増加額                           5,654千円
         見積りの変更による増減額(注)                           △18千円
         期末残高                          31,687千円
         (注)不動産賃貸契約に伴う原状回復義務について、新たな情報の入手に伴い、原状回復費用に関して見積
            りの変更を行っております。
                                 93/133








                                                          EDINET提出書類
                                            株式会社アイ・パートナーズフィナンシャル(E34851)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       (セグメント情報等)
       【セグメント情報】
     前連結会計年度(自2018年4月1日 至2019年3月31日)
      当社グループの事業区分は「IFAによる金融サービス提供事業」のみであり、区分すべき事業セグメントは存在しま
     せん。従って報告セグメントも単一であるため、記載を省略しております。
     当連結会計年度(自2019年4月1日 至2020年3月31日)

      当社グループの事業区分は「IFAによる金融サービス提供事業」のみであり、区分すべき事業セグメントは存在しま
     せん。従って報告セグメントも単一であるため、記載を省略しております。
       【関連情報】

     前連結会計年度(自 2018年4月1日 至 2019年3月31日)
     1.製品及びサービスごとの情報
                                        (単位:千円)
                 金融商品仲介業          その他金融サービス              合計

     外部顧客への売上高                2,061,138            318,565          2,379,704

     2.地域ごとの情報

      (1)  売上高
        本邦以外の外部顧客への売上高がないため、該当事項はありません。
      (2)  有形固定資産
        本邦以外に所在している有形固定資産がないため、該当事項はありません。
     3.主要な顧客ごとの情報

                                        (単位:千円)
         顧客の名称又は氏名                  売上高         関連するセグメント名
     楽天証券株式会社                       1,191,683      単一セグメントのため省略
     株式会社SBI証券                        675,136     単一セグメントのため省略
     当連結会計年度(自 2019年4月1日 至 2020年3月31日)

     1.製品及びサービスごとの情報
                                        (単位:千円)
                 金融商品仲介業          その他金融サービス              合計
     外部顧客への売上高                2,322,412            144,596          2,467,009

     2.地域ごとの情報

      (1)  売上高
        本邦以外の外部顧客への売上高がないため、該当事項はありません。
      (2)  有形固定資産
        本邦以外に所在している有形固定資産がないため、該当事項はありません。
                                 94/133





                                                          EDINET提出書類
                                            株式会社アイ・パートナーズフィナンシャル(E34851)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     3.主要な顧客ごとの情報
                                        (単位:千円)
         顧客の名称又は氏名                  売上高         関連するセグメント名
     楽天証券株式会社                       1,379,739      単一セグメントのため省略
     株式会社SBI証券                        707,544     単一セグメントのため省略
       【報告セグメントごとの固定資産の減損損失に関する情報】

     前連結会計年度(自 2018年4月1日 至 2019年3月31日)
      該当事項はありません。
     当連結会計年度(自 2019年4月1日 至 2020年3月31日)

      該当事項はありません。
       【報告セグメントごとののれんの償却及び未償却残高に関する情報】

     前連結会計年度(自 2018年4月1日 至 2019年3月31日)
      該当事項はありません。
     当連結会計年度(自 2019年4月1日 至 2020年3月31日)

      該当事項はありません。
       【報告セグメントごとの負ののれん発生益に関する情報】

     前連結会計年度(自 2018年4月1日 至 2019年3月31日)
      該当事項はありません。
     当連結会計年度(自 2019年4月1日 至 2020年3月31日)

      該当事項はありません。
       【関連当事者情報】

    1 関連当事者との取引
     (1)  連結財務諸表提出会社と関連当事者との取引
       前連結会計年度(自 2018年4月1日 至 2019年3月31日)
        該当事項はありません。
       当連結会計年度(自 2019年4月1日 至 2020年3月31日)

        該当事項はありません。
     (2)  連結財務諸表提出会社の連結子会社と関連当事者との取引

       前連結会計年度(自 2018年4月1日 至 2019年3月31日)
        該当事項はありません。
       当連結会計年度(自 2019年4月1日 至 2020年3月31日)

        該当事項はありません。
    2 親会社又は重要な関連会社に関する注記

      該当事項はありません。
                                 95/133




                                                          EDINET提出書類
                                            株式会社アイ・パートナーズフィナンシャル(E34851)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       (1株当たり情報)
                            前連結会計年度                  当連結会計年度

                          (自 2018年4月1日                  (自 2019年4月1日
                           至 2019年3月31日)                  至 2020年3月31日)
    1株当たり純資産額                               474円16銭                  499円14銭
    1株当たり当期純利益
                                    73円05銭                  △1円12銭
    又は1株当たり当期純損失(△)
     (注)   1.潜在株式調整後1株当たり当期純利益については、前連結会計年度は潜在株式は存在するものの、当社株式
         は非上場であり期中平均株価が把握できないため記載しておりません。また、当連結会計年度は潜在株式は
         存在するものの、当社株式は非上場であるため期中平均株価が把握できず、1株当たり当期純損失であるた
         め記載しておりません。
       2.2020年11月13日開催の取締役会決議により、2020年12月22日付で普通株式1株につき200株の割合で株式分
         割を行っております。これに伴い前連結会計年度の期首に当該株式分割が行われたと仮定し、1株当たり純
         資産額及び1株当たり当期純利益又は当期純損失を算出しております。
       3.1株当たり当期純利益又は1株当たり当期純損失(△)の算定上の基礎は、以下のとおりであります。
                                   前連結会計年度              当連結会計年度
                項目                 (自 2018年4月1日              (自 2019年4月1日
                                  至 2019年3月31日)              至 2020年3月31日)
    1株当たり当期純利益又は1株当たり当期純損失(△)
     親会社株主に帰属する当期純利益
                                         38,790              △765
     又は親会社株主に帰属する当期純損失(△)(千円)
     普通株主に帰属しない金額(千円)                                      -              -
     普通株式に係る親会社株主に帰属する当期純利益
                                         38,790              △765
     又は普通株式に係る親会社株主に帰属する当期純損
     失  (△)(千円)
     普通株式の期中平均株式数(株)                                    531,000              681,819
    希薄化効果を有しないため、潜在株式調整後1株当たり                            新株予約権1種類(新株予
                                              新株予約権2種類(新株予
                                約権の数25個)。
    当期純利益金額の算定に含まれなかった潜在株式の概要                                         約権の数434個)。
                                新株予約権の概要は「第4
                                              新株予約権の概要は「第4
                                提出会社の状況 1          株式   提出会社の状況 1 株式
                                              等の状況 (2)新株予約権
                                等の状況 (2)新株予約権
                                              等の状況」に記載のとおり
                                等の状況」に記載のとおり
                                              であります。
                                であります。
       4.1株当たり純資産額の算定上の基礎は、以下のとおりであります。

                                   前連結会計年度              当連結会計年度
                項目
                                  (2019年3月31日)              (2020年3月31日)
    純資産の部の合計額(千円)                                     251,781              344,905
    純資産の部の合計額から控除する金額(千円)                                       -              -

    普通株式に係る期末の純資産額(千円)                                     251,781              344,905

    1株当たり純資産額の算定に用いられた期末の普通株式
                                         531,000              691,000
    の数(株)
                                 96/133






                                                          EDINET提出書類
                                            株式会社アイ・パートナーズフィナンシャル(E34851)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       (重要な後発事象)
     前連結会計年度(自 2018年4月1日 至 2019年3月31日)
     (新株の発行)
       当社は、2019年4月1日開催の取締役会において、第三者割当による新株式の発行に関し、下記のとおり決議い
      たしました。なお、払込は2019年4月22日に完了しております。
        株式の種類および発行数                         普通株式 800株
        発行価格                         1株につき124,000円
        発行価格の総額                         99,200,000円
        資本組入額                         1株につき62,000円
        資本組入額の総額                         49,600,000円
        払込期日                         2019年4月22日
     (新株予約権の発行)

       当社は、2019年4月1日開催の取締役会において、会社法第236条、第238条および第239条の規定に基づき、当社
      および当社子会社の取締役および従業員に対し、ストック・オプションとしての第2回新株予約権を発行すること
      を決議いたしました。
       なお、詳細につきましては「第4 提出会社の状況 1 株式等の状況 (2)新株予約権等の状況 ①ストックオ
      プション制度の内容」に記載しております。
     当連結会計年度(自 2019年4月1日 至 2020年3月31日)

      当社は、2020年11月13日開催の取締役会決議により、2020年12月22日付をもって株式分割を行っております。ま
     た、2020年12月22日開催の臨時株主総会決議により、定款の一部を変更し、単元株制度を採用しております。
     1 株式分割及び単元株制度の採用の目的
       当社株式の流動性向上と投資家層の拡大を図ることを目的として株式分割を実施するとともに、1単元を100株と
      する単元株制度を採用しております。
     2 株式分割の概要

      ①  分割の方法
       2020年12月21日を基準日とし、同日最終の株主名簿に記載又は記録された株主の所有する普通株式を、1株につ
      き200株の割合をもって分割しております。
      ②  分割により増加する株式数
       株式分割前の発行済株式総数                                 3,455株
       今回の株式分割により増加する株式数                         687,545株
       株式分割後の発行済株式総数                             691,000株
       株式分割後の発行可能株式総数                          2,764,000株
      ③  分割の日程
       基準日公告日  2020年11月16日
       基準日     2020年12月21日
       効力発生日   2020年12月22日
      ④  1株当たり情報に及ぼす影響
        「1株当たり情報」は当該株式分割が前連結会計年度の期首に行われたと仮定して算出しており、これによる
       影響については、当該箇所に記載しております。
     3 単元株制度の概要

       単元株制度を採用し、普通株式の単元株式数を100株といたしました。
                                 97/133



                                                          EDINET提出書類
                                            株式会社アイ・パートナーズフィナンシャル(E34851)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      【注記事項】
       (四半期連結キャッシュ・フロー計算書関係)
      当第3四半期連結累計期間に係る四半期連結キャッシュ・フロー計算書は作成しておりません。なお、第3四半期
     連結累計期間に係る減価償却費(無形固定資産に係る償却費を含む。)は、次のとおりであります。
                             当第3四半期連結累計期間

                              (自 2020年4月1日
                              至 2020年12月31日)
       減価償却費                          12,427千円
       (株主資本等関係)

      当第3四半期連結累計期間(自 2020年4月1日 至 2020年12月31日)
      1.配当金支払額
                              配当金の      1株当たり
          決議      株式の種類      配当の原資                     基準日        効力発生日
                               総額      配当額
        2020年5月15日
                 普通株式      利益剰余金       3,455千円       1,000円      2020年3月31日         2020年6月30日
        取締役会
       (注)2020年12月22日付で普通株式1株につき200株の割合で株式分割しております。「1株当たり配当額」につ
          いては、当該株式分割前の金額を記載しております。
      2.基準日が当第3四半期連結累計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が当第3四半期連結会計期間の末

       日後となるもの
        該当事項はありません。
                                 98/133













                                                          EDINET提出書類
                                            株式会社アイ・パートナーズフィナンシャル(E34851)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       (セグメント情報等)
        【セグメント情報】
        当社グループの事業セグメントは、IFAによる金融サービス提供事業のみの単一セグメントであり重要性が乏し
       いため、セグメント情報の記載を省略しております。
       (1株当たり情報)

        1株当たり四半期純利益及び算定上の基礎は、以下のとおりであります。
                                当第3四半期連結累計期間

                                 (自 2020年4月1日
                                  至 2020年12月31日)
    1株当たり四半期純利益                                    166円79銭
    (算定上の基礎)

     親会社株主に帰属する四半期純利益(千円)                                     115,251

     普通株主に帰属しない金額(千円)                                       -

     普通株式に係る親会社株主に帰属する四半期純利益
                                         115,251
     (千円)
     普通株式の期中平均株式数(株)                                     691,000
    希薄化効果を有しないため、潜在株式調整後1株当たり四
    半期純利益の算定に含めなかった潜在株式で、前連結会計                                       -
    年度末から重要な変動があったものの概要
     (注)   1.潜在株式調整後1株当たり四半期純利益については、潜在株式は存在するものの、当社株式は非上場であ
         り、期中平均株価が把握できないため、記載しておりません。
       2.2020年11月13日開催の取締役会決議により、2020年12月22日付で普通株式1株につき200株の割合で株式分
         割を行っております。これに伴い当連結会計年度の期首に当該株式分割が行われたと仮定し、1株当たり四
         半期純利益を算出しております。
                                 99/133











                                                          EDINET提出書類
                                            株式会社アイ・パートナーズフィナンシャル(E34851)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      ⑤  【連結附属明細表】(2020年3月31日現在)
       【社債明細表】
        該当事項はありません。
       【借入金等明細表】

        該当事項はありません。
       【資産除去債務明細表】

        明細表に記載すべき事項が連結財務諸表規則第15条の23に規定する注記事項として記載されているため、記載
       を省略しております。
     (2) 【その他】

       該当事項はありません。
                                100/133
















                                                          EDINET提出書類
                                            株式会社アイ・パートナーズフィナンシャル(E34851)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    2 【財務諸表等】
     (1) 【財務諸表】
      ①  【貸借対照表】
                                                   (単位:千円)
                                 前事業年度              当事業年度
                                (2019年3月31日)              (2020年3月31日)
     資産の部
      流動資産
        現金及び預金                               102,482              172,579
        売掛金                               171,297              242,620
        前払費用                                16,886              18,559
        未収還付法人税等                                11,526                ―
                                                    ※1   5,246
        その他                                  263
                                        △ 530               ―
        貸倒引当金
        流動資産合計                               301,925              439,005
      固定資産
        有形固定資産
         建物附属設備                               38,924              55,517
         工具、器具及び備品                               31,354              39,359
                                      △ 26,675             △ 44,517
         減価償却累計額
         有形固定資産合計                               43,603              50,359
        無形固定資産
                                         213             1,077
         ソフトウエア
         無形固定資産合計                                213             1,077
        投資その他の資産
         関係会社株式                               17,324              17,324
         差入保証金                               71,361              93,907
         長期前払費用                               1,659               244
                                        1,112              6,307
         繰延税金資産
         投資その他の資産合計                               91,457              117,783
        固定資産合計                               135,273              169,221
      資産合計                                 437,199              608,226
                                101/133










                                                          EDINET提出書類
                                            株式会社アイ・パートナーズフィナンシャル(E34851)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                                                   (単位:千円)
                                 前事業年度              当事業年度
                                (2019年3月31日)              (2020年3月31日)
     負債の部
      流動負債
        買掛金                               146,503              188,480
                                     ※1   21,494            ※1   27,003
        未払金
        未払費用                                  304             10,576
        未払法人税等                                2,014              9,971
        未払消費税等                                1,147              11,534
        賞与引当金                                2,793              3,244
        役員賞与引当金                                  ―             1,916
        資産除去債務                                  ―             1,300
                                     ※1   1,405            ※1   1,344
        その他
        流動負債合計                               175,663              255,370
      固定負債
                                        26,052              30,387
        資産除去債務
        固定負債合計                                26,052              30,387
      負債合計                                 201,716              285,758
     純資産の部
      株主資本
        資本金                                94,985              144,585
        資本剰余金
         資本準備金                               14,985              64,585
                                        8,936              8,936
         その他資本剰余金
         資本剰余金合計                               23,921              73,521
        利益剰余金
         利益準備金                                995             1,526
         その他利益剰余金
                                       115,581              102,834
          繰越利益剰余金
         利益剰余金合計                              116,576              104,361
        株主資本合計                               235,483              322,468
      純資産合計                                 235,483              322,468
     負債純資産合計                                  437,199              608,226
                                102/133









                                                          EDINET提出書類
                                            株式会社アイ・パートナーズフィナンシャル(E34851)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      ②  【損益計算書】
                                                   (単位:千円)
                                 前事業年度              当事業年度
                               (自 2018年4月1日              (自 2019年4月1日
                                至 2019年3月31日)               至 2020年3月31日)
     売上高                                 2,061,138              2,322,412
                                      1,592,578              1,746,255
     売上原価
     売上総利益                                  468,560              576,157
                                  ※1 、 ※2   444,061          ※1 、 ※2   586,271
     販売費及び一般管理費
     営業利益又は営業損失(△)                                   24,499             △ 10,114
     営業外収益
      受取利息                                    1              1
                                     ※1   1,685            ※1   2,598
      受取家賃
      保険解約返戻金                                   252              513
      紹介手数料収入                                    ―             3,850
                                         513              519
      雑収入
      営業外収益合計                                  2,453              7,483
     経常利益又は経常損失(△)                                   26,952              △ 2,631
     特別損失
                                      ※3   110
                                                        ―
      固定資産除却損
      特別損失合計                                   110               ―
     税引前当期純利益又は税引前当期純損失(△)                                   26,842              △ 2,631
     法人税、住民税及び事業税
                                        21,274               9,968
     法人税等還付税額                                  △ 11,526               △ 499
                                        2,385             △ 5,194
     法人税等調整額
     法人税等合計                                   12,134               4,274
     当期純利益又は当期純損失(△)                                   14,708              △ 6,905
        【売上原価明細書】

                             前事業年度                  当事業年度
                          (自 2018年4月1日                  (自 2019年4月1日
                           至 2019年3月31日)                    至 2020年3月31日)
                    注記                構成比                  構成比
           区分               金額(千円)                  金額(千円)
                    番号                (%)                  (%)
    Ⅰ 支払成果報酬                ※1         1,582,326         99.4         1,733,937         99.3
                               10,251                  12,317
    Ⅱ その他                ※2                  0.6                  0.7
       売上原価                                 100.0                  100.0
                             1,592,578                  1,746,255
      (注)※1 委任契約のIFAに係る支払成果報酬です。
         ※2 主な内訳は次のとおりであります。
                項目             前事業年度(千円)                 当事業年度(千円)
         Quick利用料                             7,414                 9,428
         ロイター利用料                             1,957                 2,015
                                103/133






                                                          EDINET提出書類
                                            株式会社アイ・パートナーズフィナンシャル(E34851)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      ③  【株主資本等変動計算書】
       前事業年度(自 2018年4月1日 至 2019年3月31日)
                                                  (単位:千円)
                                  株主資本
                                       資本剰余金
                  資本金
                            資本準備金         その他資本剰余金           資本剰余金合計
    当期首残高                 94,985           14,985           8,936          23,921

    当期変動額
     剰余金の配当                  ―           ―           ―           ―
     当期純利益                  ―           ―           ―           ―
    当期変動額合計                   ―           ―           ―           ―
    当期末残高                 94,985           14,985           8,936          23,921
                                  株主資本

                            利益剰余金
                           その他利益剰余金                      株主資本合計
                 利益準備金                     利益剰余金合計
                           繰越利益剰余金
    当期首残高                   464         106,713           107,178           226,085
    当期変動額
     剰余金の配当                  531         △ 5,841          △ 5,310          △ 5,310
     当期純利益                  ―         14,708           14,708           14,708
    当期変動額合計                   531          8,867           9,398           9,398
    当期末残高                   995         115,581           116,576           235,483
                                104/133












                                                          EDINET提出書類
                                            株式会社アイ・パートナーズフィナンシャル(E34851)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       当事業年度(自 2019年4月1日 至 2020年3月31日)
                                                  (単位:千円)
                                  株主資本
                                       資本剰余金
                  資本金
                            資本準備金         その他資本剰余金           資本剰余金合計
    当期首残高                 94,985           14,985           8,936          23,921

    当期変動額
     新株の発行                49,600           49,600            ―         49,600
     剰余金の配当                  ―           ―           ―           ―
     当期純損失(△)                  ―           ―           ―           ―
    当期変動額合計                 49,600           49,600            -         49,600
    当期末残高                 144,585           64,585           8,936          73,521
                                  株主資本

                            利益剰余金
                           その他利益剰余金                      株主資本合計
                 利益準備金                     利益剰余金合計
                           繰越利益剰余金
    当期首残高                   995         115,581           116,576           235,483
    当期変動額
     新株の発行                  ―           ―           ―         99,200
     剰余金の配当                  531         △ 5,841          △ 5,310          △ 5,310
     当期純損失(△)                  ―         △ 6,905          △ 6,905          △ 6,905
    当期変動額合計                   531         △ 12,746          △ 12,215           86,984
    当期末残高                  1,526          102,834           104,361           322,468
                                105/133











                                                          EDINET提出書類
                                            株式会社アイ・パートナーズフィナンシャル(E34851)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      【注記事項】
       (重要な会計方針)
     前事業年度(自 2018年4月1日 至 2019年3月31日)
      1 有価証券の評価基準及び評価方法
       (1)  子会社株式及び関連会社株式
         移動平均法による原価法
      2 固定資産の減価償却の方法

       (1)  有形固定資産(リース資産を除く)
         定率法を採用しております。ただし、2016年(平成28年)4月1日以降に取得した建物附属設備については、
        定額法を採用しております。
         また、取得価額10万円以上20万円未満の少額減価償却資産については3年間で均等償却しております。
         なお、主な耐用年数は次のとおりであります。
          建物附属設備                  3~15年
          工具、器具及び備品            4~10年
       (2)  無形固定資産(リース資産を除く)

         ソフトウエア(自社利用)については、社内における利用可能期間(5年)に基づく定額法によっておりま
        す。
       (3)  長期前払費用

         契約期間に応じた均等償却を採用しております。
      3 引当金の計上基準

       (1)  貸倒引当金
         債権の貸倒損失に備えるため、一般債権については貸倒実績率により、貸倒懸念債権等特定の債権について
        は個別に回収可能性を検討し、回収不能見込額を計上しております。
       (2)  賞与引当金

         従業員に対して支給する賞与の支出に充てるため、支給見込額に基づき当事業年度に見合う分を計上してお
        ります。
      4 その他財務諸表作成のための基本となる重要な事項

       (1)  消費税等の会計処理
         消費税及び地方消費税の会計処理は、税抜方式によっております。
                                106/133







                                                          EDINET提出書類
                                            株式会社アイ・パートナーズフィナンシャル(E34851)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     当事業年度(自 2019年4月1日 至 2020年3月31日)
      1 有価証券の評価基準及び評価方法
       (1)  子会社株式及び関連会社株式
         移動平均法による原価法
      2 固定資産の減価償却の方法

       (1)  有形固定資産(リース資産を除く)
         定率法を採用しております。ただし、2016年(平成28年)4月1日以降に取得した建物附属設備については、
        定額法を採用しております。
         また、取得価額10万円以上20万円未満の少額減価償却資産については3年間で均等償却しております。
         なお、主な耐用年数は次のとおりであります。
          建物附属設備                  3~15年
          工具、器具及び備品            4~10年
       (2)  無形固定資産(リース資産を除く)

         ソフトウエア(自社利用)については、社内における利用可能期間(5年)に基づく定額法によっておりま
        す
       (3)  長期前払費用

         契約期間に応じた均等償却を採用しております。
      3 引当金の計上基準

       (1)  貸倒引当金
         債権の貸倒損失に備えるため、一般債権については貸倒実績率により、貸倒懸念債権等特定の債権について
        は個別に回収可能性を検討し、回収不能見込額を計上しております。
       (2)  賞与引当金

         従業員に対して支給する賞与の支出に充てるため、支給見込額に基づき当事業年度に見合う分を計上してお
        ります。
       (3)  役員賞与引当金

         役員に対して支給する賞与の支出に充てるため、支給見込額に基づき当事業年度に見合う分を計上しており
        ます。
      4 その他財務諸表作成のための基本となる重要な事項

       (1)  消費税等の会計処理
         消費税及び地方消費税の会計処理は、税抜方式によっております。
                                107/133







                                                          EDINET提出書類
                                            株式会社アイ・パートナーズフィナンシャル(E34851)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       (表示方法の変更)
     前事業年度(自 2018年4月1日 至 2019年3月31日)
      下記の表示方法の変更に関する注記は、財務諸表等規則附則第3項により、2020年3月期における表示方法の変更
     の注記と同様の内容を記載しております。
      (貸借対照表関係)

       当事業年度において、「流動負債」の「その他」に含めておりました「未払費用」は、金額的重要性が高まった
      ため、2019年4月1日に開始する事業年度(翌事業年度)より区分掲記しております。財務諸表等規則附則第3項
      の規定に基づき、この表示方法の変更を反映させるため、当事業年度の財務諸表の組替えを行っております。
       この結果、当事業年度の貸借対照表において、「流動負債」の「その他」に表示していた1,710千円は、「未払費
      用」304千円、及び「その他」1,405円として組み替えております。
     当事業年度(自 2019年4月1日 至 2020年3月31日)

      (貸借対照表関係)
       前事業年度において、「流動負債」の「その他」に含めておりました「未払費用」は、金額的重要性が高まった
      ため、当事業年度より区分掲記しております。この表示方法の変更を反映させるため、前事業年度の財務諸表の組
      替えを行っております。
       この結果、前事業年度の貸借対照表において、「流動負債」の「その他」に表示していた1,710千円は、「未払費
      用」304千円、及び「その他」1,405千円として組み替えております。
       (追加情報)

     前事業年度(自 2018年4月1日 至 2019年3月31日)
      該当事項はありません。
     当事業年度(自 2019年4月1日 至 2020年3月31日

      (新型コロナウイルス感染症拡大に関する会計上の見積りについて)
       新型コロナウイルスの世界的な感染拡大により、経済、企業活動への深刻な影響が見込まれております。当社グ
      ループ(当社及び連結子会社)におきましては、新型コロナウイルスの感染拡大期に、役社員に対して発熱時の報
      告義務、手洗い実施・マスク着用など感染予防対策の指示、職場内の換気や遮蔽板による飛沫飛散防止策の導入、
      リモートワークの導入等、感染リスクの低減に取り組んでおります。そのため、現時点での業績への影響は軽微で
      あると考えております。しかし、今後、新型コロナウイルス感染拡大により、役社員やIFAに感染者が多数発生した
      場合は、当社グループの事業展開、財政状態及び経営成績に影響を及ぼす可能性があります。
                                108/133









                                                          EDINET提出書類
                                            株式会社アイ・パートナーズフィナンシャル(E34851)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       (貸借対照表関係)
     ※1    関係会社に対する資産及び負債
        区分掲記されたもの以外で各科目に含まれているものは、次のとおりであります。
                           前事業年度                  当事業年度

                          (2019年3月31日)                  (2020年3月31日)
        短期金銭債権                         -    千円             4,877     千円
        短期金銭債務                       3,736                  7,291
       (損益計算書関係)

     ※1 関係会社との取引高
        区分掲記されたもの以外で各科目に含まれているものは、次のとおりであります。
                               前事業年度

                                               当事業年度
                                             (自 2019年4月1日
                            (自 2018年4月1日
                                              至 2020年3月31日)
                             至 2019年3月31日)
        営業取引による取引高                          22,781    千円             40,740    千円
        営業取引以外の取引による取引高                          11,264                 6,208
     ※2 一般管理費に属する費用の割合は、前事業年度及び当事業年度ともに100%であります。

        販売費及び一般管理費のうち主要な費目及び金額は次のとおりであります。 
                               前事業年度                 当事業年度

                            (自 2018年4月1日                 (自 2019年4月1日
                             至 2019年3月31日)                 至 2020年3月31日)
        役員報酬                          71,634    千円             72,974    千円
        給料及び手当                          106,282                 141,513
        賞与引当金繰入額                           4,886                 9,477
        役員賞与引当金繰入                            -               1,916
        地代家賃                          92,162                118,885
        減価償却費                          14,319                 18,039
        貸倒引当金繰入額                           △201                 △530
     ※3 固定資産除却損の内容は、次のとおりであります。

                             前事業年度                当事業年度

                          (自 2018年4月1日                (自 2019年4月1日
                           至 2019年3月31日)                至 2020年3月31日)
        建物附属設備                            110  千円               -  千円
       (有価証券関係)

      前事業年度(自 2018年4月1日 至 2019年3月31日)
       関係会社株式(貸借対照表計上額17,324千円)は、市場価格がなく時価を把握することが極めて困難と認められ
      るため、記載しておりません。
      当事業年度(自 2019年4月1日 至 2020年3月31日)

       関係会社株式(貸借対照表計上額17,324千円)は、市場価格がなく時価を把握することが極めて困難と認められ
      るため、記載しておりません。
                                109/133




                                                          EDINET提出書類
                                            株式会社アイ・パートナーズフィナンシャル(E34851)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       (税効果会計関係)
      前事業年度(自 2018年4月1日 至 2019年3月31日)
    1.繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別の内訳
       繰延税金資産

        賞与引当金                                 839    千円
        資産除去債務                                7,826
                                      △1,114
        未払事業税
       繰延税金資産小計                                7,550     千円
       繰延税金資産合計
                                       7,550     千円
       繰延税金負債
                                      △6,438      千円
        資産除去債務に対応する除去費用
       繰延税金負債合計                               △6,438      千円
       繰延税金資産純額                                1,112     千円
    2.法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との間に重要な差異があるときの、当該差異の原因となった

     主要な項目別の内訳
       法定実効税率                                    33.59%

       (調整)
       住民税均等割等                                    14.26%
       税率変更による期末繰延税金資産の減額修正                                   △0.47%
       法人税等還付税額                                   △0.89%
       資産除去債務                                   △1.16%
                                          △0.12%
       その他
       税効果会計適用後の法人税等の負担率                                    45.20%
      当事業年度(自 2019年4月1日 至 2020年3月31日)

    1.繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別の内訳
       繰延税金資産

        賞与引当金                                 974    千円
        役員賞与引当金                                 575
        資産除去債務                                9,519
        未払事業税                                1,578
                                        46
        その他
       繰延税金資産小計                               12,694     千円
       繰延税金資産合計
                                      12,694     千円
       繰延税金負債
                                       6,386     千円
        資産除去債務に対応する除去費用
       繰延税金負債合計                                6,386     千円
       繰延税金資産純額                                6,307     千円
    2.法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との間に重要な差異があるときの、当該差異の原因となった

     主要な項目別の内訳
       税引前当期純損失であるため注記を省略しております。
                                110/133




                                                          EDINET提出書類
                                            株式会社アイ・パートナーズフィナンシャル(E34851)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       (重要な後発事象)
        「第5 経理の状況 1 連結財務諸表等 注記事項(重要な後発事象)」に記載のとおりであります。
                                111/133




















                                                          EDINET提出書類
                                            株式会社アイ・パートナーズフィナンシャル(E34851)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      ④  【附属明細表】(2020年3月31日現在)
       【有価証券明細表】
        該当事項はありません。
       【有形固定資産等明細表】

                                                   減価償却累計

                  当期首残高       当期増加額       当期減少額       当期償却額       当期末残高
                                                      額
        資産の種類
                   (千円)       (千円)       (千円)       (千円)       (千円)
                                                     (千円)
    有形固定資産

     建物附属設備                30,566       16,611         18     7,772      39,387       16,130

     工具、器具及び備品                13,037       8,005        -     10,069       10,972       28,386

       有形固定資産計             43,603       24,616         18     17,842       50,359       44,517

    無形固定資産

     ソフトウエア                 213      1,062        -      197      1,077        -

       無形固定資産計               213      1,062        -      197      1,077        -

     (注)1.当期増加額のうち主なものは次のとおりであります。
        建物附属設備           本店    5階オフィス工事                    5,556    千円
                   大阪    オフィス工事                    4,360    千円
                   長野    オフィス新築工事                    2,484    千円
                   宮崎    オフィス新築工事                    1,561    千円
                   札幌    オフィス新築工事(2020年4月開設)                    1,369    千円
        工具、器具及び備品           PC購入                        6,427    千円
                   本店    レイアウト変更工事                     920   千円
       2.当期減少額のうち主なものは次のとおりであります。
        建物附属設備           旧大阪オフィス 原状回復費用見積変更                          18  千円
       【引当金明細表】

                   当期首残高          当期増加額          当期減少額          当期末残高

         科目
                    (千円)          (千円)          (千円)          (千円)
    貸倒引当金                     530           -          530           -

    賞与引当金                    2,793          3,244          2,793          3,244

    役員賞与引当金                     -         1,916            -         1,916

     (2)  【主な資産及び負債の内容】(2020年3月31日現在)

        連結財務諸表を作成しているため、記載を省略しております。
     (3) 【その他】

        該当事項はありません。
                                112/133





                                                          EDINET提出書類
                                            株式会社アイ・パートナーズフィナンシャル(E34851)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    第6   【提出会社の株式事務の概要】
    事業年度              毎年4月1日から翌年3月31日まで

    定時株主総会              毎事業年度終了後3ヶ月以内

    基準日              毎年3月31日

    株券の種類              ―

    剰余金の配当の基準日              毎年3月31日、毎年9月30日

    1単元の株式数              100株

    株式の名義書換え(注)1

                  東京都千代田区丸の内一丁目4番5号
      取扱場所
                  三菱UFJ信託銀行株式会社 証券代行部
                  東京都千代田区丸の内一丁目4番5号
      株主名簿管理人
                  三菱UFJ信託銀行株式会社
      取次所              三菱UFJ信託銀行株式会社 全国各支店
      名義書換手数料              無料

      新券交付手数料              -

    単元未満株式の買取り

                  東京都千代田区丸の内一丁目4番5号
      取扱場所
                  三菱UFJ信託銀行株式会社 証券代行部
                  東京都千代田区丸の内一丁目4番5号
      株主名簿管理人
                  三菱UFJ信託銀行株式会社
      取次所              三菱UFJ信託銀行株式会社 全国各支店 (注)1
      買取手数料              無料 (注)2

                  電子公告とする。ただし事故その他やむを得ない事由によって電子公告による公告をす

                  ることができない場合は、日本経済新聞に掲載して行う。
    公告掲載方法
                  公告掲載URL
                  https://www.aipf.co.jp/
    株主に対する特典              該当事項はありません。

     (注)1.当社株式は、東京証券取引所マザーズへの上場に伴い、社債、株式等の振替に関する法律第128条第1項に
         規定する振替株式となることから、該当事項はなくなる予定です。
       2.単元未満株式の買取手数料は、当社株式が東京証券取引所に上場された日から「株式の売買の委託に係る手
         数料相当額として別途定める金額」に変更されます。
       3.当社の株主はその有する単元未満株式について、次に掲げる権利以外の権利を行使することができない旨
         を、定款に定めております。
         (1)会社法第189条第2項各号に上げる権利
         (2)会社法第166条第1項の規定による請求をする権利
         (3)株主の有する株式数に応じて募集株式の割当て及び募集新株予約権の割当てを受ける権利
                                113/133






                                                          EDINET提出書類
                                            株式会社アイ・パートナーズフィナンシャル(E34851)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    第7 【提出会社の参考情報】
    1 【提出会社の親会社等の情報】
      当社は、金融商品取引法第24条の7第1項に規定する親会社等はありません。
    2 【その他の参考情報】

      該当事項はありません。
                                114/133


















                                                          EDINET提出書類
                                            株式会社アイ・パートナーズフィナンシャル(E34851)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    第三部 【特別情報】
    第1   【連動子会社の最近の財務諸表】
     当社は連動子会社を有していないため、該当事項はありません。
                                115/133



















                                                          EDINET提出書類
                                            株式会社アイ・パートナーズフィナンシャル(E34851)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    第四部 【株式公開情報】
    第1   【特別利害関係者等の株式等の移動状況】
                      移動前

                                       移動後
          移動前      移動前                 移動後
                            移動後
     移動                所有者の                       移動株数    価格(単価)
                                      所有者の
          所有者の      所有者の                 所有者の                     移動理由
                           所有者の
     年月日                提出会社との                        (株)     (円)
                                      提出会社との
                          氏名又は名称
         氏名又は名称       住所                 住所
                                       関係等
                      関係等
                                                     移動前所有
                                      特別利害関
                                神奈川県横                3,720,000     者の売却希
     2019年          東京都                       係者等(大
         田中宗寿            株主      原田茂行      浜市神奈川              30  (124,000)    望に移動後
    10月25日          杉並区                       株主上位10
                                区                     所有者が応
                                      名)
                                                     じたため
     (注)   1.当社は、株式会社東京証券取引所マザーズへの上場を予定しておりますが、同取引所が定める有価証券上場
         規程施行規則(以下「同施行規則」という。)第253条の規定に基づき、特別利害関係者等(従業員持株会を除
         く。以下1において同じ)が、新規上場申請日の直前事業年度の末日から起算して2年前の日(2018年4月1
         日)から上場日の前日までの期間において、当社の発行する株式又は新株予約権の譲受け又は譲渡(上場前の
         公募等を除き、新株予約権の行使を含む。以下「株式等の移動」という。)を行っている場合には、当該株
         式等の移動の状況を同施行規則第219条第1項第2号に規定する「新規上場申請のための有価証券報告書(Ⅰ
         の部)」に記載するものとするとされております。
       2.当社は、同施行規則第254条の規定に基づき、上場日から5年間、上記株式等の移動状況に係る記載内容に
         ついての記録を保存することとし、幹事取引参加者は、当社が当該記録を把握し、かつ、保存するための事
         務組織を適切に整備している状況にあることを確認するものとするとされております。また、当社は、当該
         記録につき、同取引所が必要に応じて行う提出請求に応じなければならないとされております。同取引所
         は、当社が当該提出請求に応じない場合は、当社の名称及び当該請求に応じない状況にある旨を公表するこ
         とができるとされております。また、同取引所は、当該提出請求により提出された記録を検討した結果、上
         記株式等の移動の状況に係る記載内容が明らかに正確でなかったと認められる場合には、当社及び幹事取引
         参加者の名称並びに当該記載内容が正確でなかったと認められる旨を公表することができるとされておりま
         す。
       3.特別利害関係者等の範囲は以下のとおりであります。
        (1)  当社の特別利害関係者‥‥‥‥役員、その配偶者及び二親等内の血族(以下、「役員等」という。)、役員
                         等により総株主等の議決権の過半数を所有されている会社並びに関係会社
                         及びその役員
        (2)  当社の大株主上位10名
        (3)  当社の人的関係会社及び資本的関係会社並びにこれらの役員
        (4)  金融商品取引業者(金融商品取引法第28条第8項に規定する有価証券関連業務を行う者に限る。)及びその
          役員並びに金融商品取引業者の人的関係会社及び資本的関係会社
       4.移動価格算定方式は以下のとおりです。
         DCF法(ディスカウンテッド・キャッシュ・フロー法)、純資産方式及び類似会社比準方式により算出した価
         格を総合的に勘案して、譲渡人と譲受人が協議の上、決定いたしました。
       5.2020年11月13日開催の取締役会決議により、2020年12月22日付で普通株式1株につき200株の株式分割を
         行っておりますが、上記「移動株数」及び「価格(単価)」は、当該株式分割前の「移動株数」及び「価格
         (単価)」を記載しております
                                116/133





                                                          EDINET提出書類
                                            株式会社アイ・パートナーズフィナンシャル(E34851)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    第2 【第三者割当等の概況】
    1 【第三者割当等による株式等の発行の内容】
            項目                  株式               第2回新株予約権

    発行年月日                       2019年4月22日                  2019年4月22日

                                             新株予約権の付与
    種類                        普通株式
                                           (ストック・オプション)
    発行数                         800株                  409株
                             124,000円                  124,000円
    発行価格
                             (注)4                  (注)5
    資本組入額                      1株につき62,000円                  1株につき62,000円
    発行価額の総額                       99,200,000円                  50,716,000円
    資本組入額の総額                       49,600,000円                  25,358,000円

                                        2019年3月25日開催の臨時株主総会
                                        において、会社法第236条、第238条
    発行方法                       有償第三者割当             及び第239条の規定に基づく新株予約
                                        権(ストック・オプション)の付与
                                        に関する決議を行っております。
    保有期間等に関する確約                        (注)2                  (注)3
     (注)   1.第三者割当等による募集株式の割当て等に関する規制に関し、株式会社東京証券取引所の定める規則は、以
         下のとおりであります。
        (1)  同取引所の定める有価証券上場規程施行規則第255条の規定において、新規上場申請者が、新規上場申請
          日の直前事業年度の末日から起算して1年前より後において、第三者割当等による募集株式の割当てを
          行っている場合(上場前の公募等による場合を除く。)には、新規上場申請者は、割当てを受けた者との間
          で、書面により募集株式の継続所有、譲渡時及び同取引所からの当該所有状況に係る照会時の同取引所へ
          の報告並びに当該書面及び報告内容の公衆縦覧その他同取引所が必要と認める事項について確約を行うも
          のとし、当該書面を同取引所が定めるところにより提出するものとされております。
        (2)  同取引所の定める同施行規則第259条の規定において、新規上場申請者が、新規上場申請日の直前事業年
          度の末日から起算して1年前より後において、役員又は従業員等に報酬として新株予約権の割当てを行っ
          ている場合には、新規上場申請者は、割当てを受けた役員又は従業員等との間で書面により報酬として割
          当てを受けた新株予約権の所有、譲渡時及び同取引所からの当該所有状況に係る照会時の同取引所への報
          告その他同取引所が必要と認める事項について確約を行うものとし、当該書面を同取引所が定めるところ
          により提出するものとされております。
        (3)  当社が、前2項の規定に基づく書面の提出等を行わないときは、同取引所は上場申請の不受理又は受理の
          取消しの措置をとるものとしております。
        (4)  当社の場合、上場申請日直前事業年度の末日は、2020年3月31日であります。
       2.同施行規則第255条第1項第1号の規定に基づき、当社は、割当てを受けた者との間で、割当てを受けた株
         式(以下「割当株式」という。)を、原則として、割当てを受けた日から上場日以後6ヶ月間を経過する日
         (当該日において割当株式に係る払込期日又は払込期間の最終日以後1年間を経過していない場合には、割
         当株式に係る払込期日又は払込期間の最終日以後1年間を経過する日)まで所有する等の確約を行っており
         ます。
       3.同施行規則第259条第1項第1号の規定に基づき、当社は割当てを受けた役員又は従業員等との間で、報酬
         として割当てを受けた新株予約権を、原則として割当てを受けた日から上場日の前日又は新株予約権の行使
         を行う日のいずれか早い日まで所有する等の確約を行っております。
       4.発行価格は、DCF法(ディスカウンテッド・キャッシュ・フロー法)及び類似会社比準方式により算出した価
                                117/133


                                                          EDINET提出書類
                                            株式会社アイ・パートナーズフィナンシャル(E34851)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         格を総合的に勘案して、決定しております。
       5.株式の発行価格及び行使に際して払込をなすべき金額は、DCF法(ディスカウンテッド・キャッシュ・フロー
         法)及び類似会社比準方式により算出した価格を総合的に勘案して、決定しております。
       6.新株予約権の行使時の払込金額、行使期間、行使の条件及び譲渡に関する事項については以下のとおりであ
         ります。
                                     第2回新株予約権

          行使時の払込金額                         1株につき 124,000円

                                    2021年3月26日から
          行使期間 (注)7
                                    2029年3月25日まで
                        ① 新株予約権の割当を受けた者(以下「新株予約権者」という。)は、
                         権利行使時においても、当社または当社子会社の取締役、監査役、従業
                         員または顧問、社外協力者その他これに準ずる地位を有していなければ
                         ならない。ただし、取締役会が正当な理由があると認めた場合は、この
          行使の条件               限りではない。
                        ② 新株予約権の行使は、当社普通株式に係る株式がいずれかの金融商品
                         取引所に上場することを条件とする。
                        ③ 新株予約権者が死亡した場合、その相続人による新株予約権の権利行
                         使は認めないものとする。
          新株予約権の譲渡に関する
                        新株予約権を譲渡するときは、当社取締役会の承認を要する。
          事項
       7.割当契約上の制限により、付与対象者が権利行使可能となる期間の始期は2021年4月2日となります。
       8.2020年11月13日開催の取締役会決議により、2020年12月22日付で普通株式1株につき200株の株式分割を
         行っておりますが、上記「発行数」、「発行価格」、「資本組入額」及び「行使時の払込金額」は、当該株
         式分割前の「発行数」、「発行価格」、「資本組入額」及び「行使時の払込金額」を記載しております。
                                118/133











                                                          EDINET提出書類
                                            株式会社アイ・パートナーズフィナンシャル(E34851)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    2 【取得者の概況】
    株式
                           取得者の
      取得者の氏名                           割当株数      価格(単価)           取得者と
                 取得者の住所          職業及び
       又は名称                           (株)      (円)       提出会社との関係
                          事業の内容等
                                             特別利害関係者等(大株主
                                       8,680,000
                                             上位10名、子会社取締役)
    濵﨑 洋          神奈川県横浜市港北区            会社役員          70
                                       (124,000)
                                             当社従業員
                                             特別利害関係者等(大株主
                                       8,680,000
                                             上位10名)
    諸富 滋          神奈川県川崎市麻生区            会社員          70
                                       (124,000)
                                             当社従業員
                                             特別利害関係者等(大株主
                                       8,556,000
                                             上位10名)
    松波 精二          千葉県船橋市            会社員          69
                                       (124,000)
                                             当社従業員
    株式会社博真舎                                         特別利害関係者等(役員等
    代表取締役          神奈川県川崎市麻生区                         7,440,000      により総株主等の議決権の
                          不動産賃貸          60
    上野 博史          上麻生2-25-23                        (124,000)       過半数が所有されている会
    資本金 600万円                                         社)
                                       7,440,000      特別利害関係者等(当社監
    中川 洋          神奈川県横浜市青葉区            会社役員          60
                                      (124,000)       査等委員である取締役)
                                             特別利害関係者等(大株主
                                       6,200,000
                                             上位10名)
    塩本 かおり          東京都世田谷区            会社員          50
                                       (124,000)
                                             当社従業員
                                             特別利害関係者等(大株主
                                       6,200,000
    守屋 顕一          神奈川県横浜市戸塚区            会社役員          50         上位10名、当社取締役、子
                                       (124,000)
                                             会社取締役)
                                             特別利害関係者等(大株主
                                       6,200,000
    島田 和紀          東京都武蔵野市            会社役員          50         上位10名、当社取締役、子
                                       (124,000)
                                             会社取締役)
                                             特別利害関係者等(大株主
                                       6,200,000
    吉川 昌利          神奈川県横浜市港南区            会社役員          50         上位10名、当社監査等委員
                                       (124,000)
                                             である取締役)
                                             特別利害関係者等(大株主
                                       5,952,000
    田中 譲治          東京都世田谷区            会社役員          48         上位10名、当社代表取締役
                                      (124,000)
                                             社長、子会社取締役)
              神奈川県横浜市保土ケ                         2,604,000
    大木 百合子
                          会社員          21         当社従業員
              谷区                         (124,000)
                                       1,612,000
    松隈 由紀          神奈川県茅ヶ崎市            会社員          13         当社従業員
                                       (124,000)
                                       1,612,000
    沖本 真季          大阪府大阪市中央区            会社員          13         当社従業員
                                       (124,000)
                                       1,364,000
    管 駿介          神奈川県横浜市港北区            会社員          11         当社従業員
                                       (124,000)
                                             特別利害関係者等(当社代
                                             表取締役社長の二親等内の
                                       1,240,000
    田中 梨花          東京都世田谷区            会社員          10
                                             血族)
                                       (124,000)
                                             当社従業員
                                       1,240,000
    片渕 聖一郎          京都府京都市下京区            会社員          10         当社入社予定者
                                      (124,000)
                                        992,000
    菅原 亜里沙          神奈川県厚木市            会社員          8         当社従業員
                                      (124,000)
                                        620,000
    髙梨 清香          神奈川県横浜市中区            会社員          5         当社従業員
                                       (124,000)
                                        620,000     子会社従業員、当社委任契
    伊藤 博淳          東京都中野区            会社員          5
                                       (124,000)      約先
                                        620,000
    井上 勝治          京都府京都市南区            個人事業主          5         当社委任契約先
                                       (124,000)
                                        620,000     子会社従業員、当社委任契
    伊藤 達馬          福岡県福岡市中央区            会社員          5
                                       (124,000)      約先
                                        620,000
    加藤 智彦          埼玉県熊谷市            個人事業主          5         当社委任契約先
                                      (124,000)
                                119/133



                                                          EDINET提出書類
                                            株式会社アイ・パートナーズフィナンシャル(E34851)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                           取得者の
      取得者の氏名                           割当株数      価格(単価)           取得者と
                 取得者の住所          職業及び
       又は名称                           (株)      (円)       提出会社との関係
                          事業の内容等
                                        620,000
    谷 俊治          東京都豊島区            個人事業主          5         当社委任契約先
                                       (124,000)
                                        620,000
    遠藤 賢介          千葉県佐倉市            個人事業主          5         当社委任契約先
                                       (124,000)
                                        620,000
    和才 学          福岡県飯塚市            個人事業主          5         当社委任契約先
                                       (124,000)
                                        620,000     子会社従業員、当社委任契
    髙橋 直紀          大阪府大阪市都島区            会社員          5
                                       (124,000)      約先
                                        620,000
    中島 渉          兵庫県加古川市            個人事業主          5         当社委任契約先
                                       (124,000)
                                        620,000     子会社従業員、当社委任契
    小林 重夫          東京都八王子市            会社員          5
                                      (124,000)       約先
                                        620,000
    周東 秀明          東京都荒川区            個人事業主          5         当社委任契約先
                                      (124,000)
                                        496,000
    小林 恭子          神奈川県横浜市鶴見区            会社員          4         当社従業員
                                       (124,000)
                                        496,000
    佐藤 泰幸          神奈川県川崎市中原区            会社員          4         当社従業員
                                       (124,000)
                                        496,000     特別利害関係者等(子会社
    清水 祐司          神奈川県川崎市宮前区            会社役員          4
                                       (124,000)      取締役)
                                        496,000
    松澤 英樹          東京都品川区            会社員          4         子会社従業員
                                       (124,000)
                                        496,000
    中沢 英美          神奈川県横浜市港南区            会社員          4         当社従業員
                                      (124,000)
                                        496,000
    大沼 雄太          神奈川県横浜市泉区            会社員          4         当社従業員
                                       (124,000)
                                        496,000
    佐原 秀満          神奈川県藤沢市            個人事業主          4         当社委任契約先
                                       (124,000)
                                        372,000
    林 良祐          神奈川県川崎市多摩区            個人事業主          3         当社委任契約先
                                       (124,000)
                                        372,000
    松江 有美          神奈川県横浜市鶴見区            会社員          3         子会社従業員
                                       (124,000)
                                        372,000     子会社従業員、当社委任契
    木村 圭汰          福岡県福岡市中央区            会社員          3
                                       (124,000)      約先
                                        372,000
    山喜 良彦          大阪府大阪市淀川区            個人事業主          3         当社委任契約先
                                      (124,000)
                                        372,000
    水科 卓也          東京都練馬区            個人事業主          3         当社委任契約先
                                      (124,000)
                                        248,000
    板橋 昌一          東京都日野市            個人事業主          2         当社委任契約先
                                       (124,000)
                                        248,000     子会社従業員、当社委任契
    薄木 英治          愛知県名古屋市天白区            会社員          2
                                       (124,000)      約先
                                        248,000     子会社従業員、当社委任契
    田中 葵          大阪府大阪市北区            会社員          2
                                       (124,000)      約先
                                        248,000
    大石 由麻          神奈川県川崎市中原区            会社員          2         当社従業員
                                       (124,000)
                                        248,000
    富田 剛太郎          東京都世田谷区            会社員          2         当社従業員
                                      (124,000)
                                        248,000
    大島 和隆          神奈川県横浜市青葉区            個人事業主          2         当社委任契約先
                                       (124,000)
                                        124,000
    大西 均          神奈川県横須賀市            会社員          1         当社従業員
                                       (124,000)
                                        124,000
    山口 由佳里          神奈川県川崎市幸区            会社員          1         子会社従業員
                                       (124,000)
                                        124,000     子会社従業員、当社委任契
    永島 健一          愛知県名古屋市中区            会社員          1
                                       (124,000)      約先
                                        124,000
    神間 達博          東京都世田谷区            個人事業主          1         当社委任契約先
                                       (124,000)
                                120/133



                                                          EDINET提出書類
                                            株式会社アイ・パートナーズフィナンシャル(E34851)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                           取得者の
      取得者の氏名                           割当株数      価格(単価)           取得者と
                 取得者の住所          職業及び
       又は名称                           (株)      (円)       提出会社との関係
                          事業の内容等
                                        124,000     子会社従業員、当社委任契
    櫻井 謙          東京都墨田区            会社員          1
                                       (124,000)      約先
              神奈川県横浜市神奈川                          124,000
    長谷川 厚士                      個人事業主          1         当社委任契約先
              区                         (124,000)
                                        124,000
    大山 慶一郎          神奈川県横浜市中区            個人事業主          1         当社委任契約先
                                      (124,000)
                                        124,000     子会社従業員、当社委任契
    髙垣 速人          大阪府吹田市            会社員          1
                                      (124,000)       約先
                                        124,000     子会社従業員、当社委任契
    日野 雅司          千葉県浦安市            会社員          1
                                       (124,000)      約先
                                        124,000
    前田 沙織          東京都大田区            個人事業主          1         当社委任契約先
                                       (124,000)
                                        124,000     子会社従業員、当社委任契
    村山 修          神奈川県藤沢市            会社員          1
                                       (124,000)      約先
                                        124,000     子会社従業員、当社委任契
    山田 潤一朗          静岡県静岡市葵区            会社員          1
                                       (124,000)      約先
                                        124,000
    長屋 秀和          神奈川県横浜市緑区            個人事業主          1         当社委任契約先
                                      (124,000)
                                        124,000
    神野 晃郎          千葉県市川市            個人事業主          1         当社委任契約先
                                       (124,000)
                                        124,000
    鈴木 忍          千葉県我孫子市            個人事業主          1         当社委任契約先
                                       (124,000)
                                        124,000
    川田 重信          東京都三鷹市            個人事業主          1         当社委任契約先
                                       (124,000)
                                        124,000
    三島 康爾          兵庫県神戸市東灘区            個人事業主          1         当社委任契約先
                                       (124,000)
                                        124,000
    阪田 浩之          広島県広島市中区            個人事業主          1         当社委任契約先
                                       (124,000)
                                        124,000
    林 道徳          東京都渋谷区            個人事業主          1         当社委任契約先
                                       (124,000)
                                        124,000
    冨岡 健治          福岡県福岡市中央区            個人事業主          1         当社委任契約先
                                      (124,000)
                                        124,000
    愛宕 英樹          東京都中央区            個人事業主          1         当社委任契約先
                                       (124,000)
              埼玉県さいたま市中央                          124,000
    石垣 博史                      個人事業主          1         当社委任契約先
              区                         (124,000)
     (注)1.濱崎洋、諸富滋、松波精二、吉川昌利は、当該第三者割当により特別利害関係者等(大株主上位10名)
         に該当しております。
       2.諸富滋は、2019年6月27日に子会社取締役に選任されております。
       3.松波精二は、2020年6月29日に当社取締役に選任されております。
       4.2020年11月13日開催の取締役会決議により、2020年12月22日付で普通株式1株につき200株の割合で株式分
         割を行っておりますが、上記割当株数及び価格(単価)は、株式分割前の数値を記載しております。
                                121/133







                                                          EDINET提出書類
                                            株式会社アイ・パートナーズフィナンシャル(E34851)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    第2回新株予約権
                          取得者の
      取得者の氏名                           割当株数     価格(単価)          取得者と
                取得者の住所          職業及び
       又は名称                           (株)      (円)       提出会社との関係
                         事業の内容等
                                            特別利害関係者等(大株主
                                      7,936,000
    田中 譲治          東京都世田谷区           会社役員           64        上位10名、当社代表取締役
                                      (124,000)
                                            社長、子会社取締役)
                                            特別利害関係者等(大株主
                                      4,712,000
                                            上位10名)
    塩本 かおり          東京都世田谷区           会社員           38
                                       (124,000)
                                            当社従業員
                                            特別利害関係者等(大株主
              神奈川県横浜市戸塚                        4,712,000
    守屋 顕一                     会社役員           38        上位10名、当社取締役、子
              区                         (124,000)
                                            会社取締役)
                                      4,712,000      特別利害関係者等(大株主
    石原 章太郎          神奈川県鎌倉市           会社役員           38
                                       (124,000)     上位10名    、当社取締役      )
                                            特別利害関係者等(大株主
                                      4,712,000
                                            上位10名、当社取締役、子
    島田 和紀          東京都武蔵野市           会社役員           38
                                       (124,000)
                                            会社取締役)
                                            特別利害関係者等(大株主
              神奈川県横浜市港北                        3,720,000
                                            上位10名    、子会社取締役       )
    濵﨑 洋                     会社役員           30
              区                         (124,000)
                                            当社従業員
                                            特別利害関係者等(大株主
              神奈川県川崎市麻生                        3,720,000
                                            上位10名)
    諸富 滋                     会社員           30
              区                         (124,000)
                                            当社従業員
                                            特別利害関係者等(大株主
                                      3,720,000
                                            上位10名)
    松波 精二          千葉県船橋市           会社員           30
                                       (124,000)
                                            当社従業員
                                            特別利害関係者等(大株主
              神奈川県横浜市港南                        1,488,000
    吉川 昌利                     会社役員           12        上位10名、当社監査等委員
              区                         (124,000)
                                            である取締役)
              神奈川県横浜市保                        1,364,000
    大木 百合子                     会社員           11        当社従業員
              土ヶ谷区                         (124,000)
    (注)1.     石原章太郎は、2020年6月29日に当社取締役を退任しております。
       2.  諸富滋は、2019年6月27日に子会社取締役に選任されております                              。
       3.  松波精二は、2020年6月29日に当社取締役に選任されております。
       4.新株予約権証券の目的である株式の総数が1,000株以下である従業員(特別利害関係者を除く)20名、割当株
         式の総数80株に関する記載は省略しております。
       5.2020年11月13日開催の取締役会決議により、2020年12月22日付で普通株式1株につき200株の割合で株式分
         割を行っておりますが、上記割当株数及び価格(単価)は、株式分割前の数値を記載しております。
    3 【取得者の株式等の移動状況】

      該当事項はありません。
                                122/133








                                                          EDINET提出書類
                                            株式会社アイ・パートナーズフィナンシャル(E34851)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    第3   【株主の状況】
                                                   株式(自己株式

                                                   を除く。)の      総
                                            所有株式数
            氏名又は名称                   住     所                   数に対する所有
                                             (株)
                                                   株式数の割合
                                                     (%)
                                              89,200       11.47
    石原 章太郎                            ※1,8
                           神奈川県鎌倉市
                                              (7,800)       (1.00)
    中道 謙             ※1                       東京都中央区                  80,000       10.29
                                              47,000        6.04
    田中 譲治            ※1,2,6                       東京都世田谷区
                                             (13,000)       (1.67)
    原田 茂行            ※1,8                       神奈川県横浜市神奈川区                  28,000        3.60
                                              27,800        3.58
    塩本 かおり           ※1,9                       東京都世田谷区
                                              (7,800)       (1.00)
                                              27,800        3.58
    守屋 顕一                             ※1,3,6
                           神奈川県横浜市戸塚区
                                              (7,800)       (1.00)
                                              27,800        3.58
    島田 和紀            ※1,3,6                       東京都武蔵野市
                                              (7,800)       (1.00)
                                              26,200        3.37
    濵﨑 洋                            ※1,6,9
                           神奈川県横浜市港北区
                                             (6,200)       (0.80)
                                              22,200        2.85
    諸富 滋                                          ※1,6,9
                           神奈川県川崎市麻生区
                                             (6,200)       (0.80)
    清田 秀彦                             ※1,8,10
                           東京都大田区                  22,000        2.83
                                              22,000        2.83
    松波 精二            ※1,3                       千葉県船橋市
                                             (6,000)       (0.77)
                                              18,600        2.39
    吉川 昌利            ※1,4                       神奈川県横浜市港南区
                                             (2,600)       (0.33)
                           神奈川県川崎市麻生区上麻生2-
    株式会社博真舎                 ※5
                                              14,000        1.80
                           25-23
    中川 洋                                          ※4
                           神奈川県横浜市青葉区                  14,000        1.80
                                                     1.77
                                              13,800
    村瀬 博明            ※8                       神奈川県藤沢市
                                              (200)
                                                    (0.03)
    下澤 弘年            ※8                       京都府京都市左京区                  12,000        1.54
    鷲見 努                              ※8
                           東京都武蔵野市                   9,600       1.23
    酒井 研夫                             ※8
                           福岡県太宰府市                   9,600       1.23
    西田 繕章博           ※8                       福岡県筑紫野市   &nb