日経225インデックス・オープン 半期報告書(内国投資信託受益証券) 第12期(令和2年7月8日-令和3年7月7日)

提出書類 半期報告書(内国投資信託受益証券)-第12期(令和2年7月8日-令和3年7月7日)
提出日
提出者 日経225インデックス・オープン
カテゴリ 半期報告書(内国投資信託受益証券)

                                                          EDINET提出書類
                                               岡三アセットマネジメント株式会社(E12441)
                                                  半期報告書(内国投資信託受益証券)
     【表紙】

      【提出書類】                      半期報告書

      【提出先】                      関東財務局長殿
      【提出日】                      2021年4月2日      提出
      【計算期間】                      第12期中(自      2020年7月8日至        2021年1月7日)
      【ファンド名】                      日経225インデックス・オープン
      【発行者名】                      岡三アセットマネジメント株式会社
      【代表者の役職氏名】                      代表取締役社長        塩川 克史
      【本店の所在の場所】                      東京都中央区京橋二丁目2番1号
      【事務連絡者氏名】                      窪田 英喜
      【連絡場所】                      東京都中央区京橋二丁目2番1号
      【電話番号】                      03-3516-1432
      【縦覧に供する場所】                      該当事項はありません。
                                 1/47














                                                          EDINET提出書類
                                               岡三アセットマネジメント株式会社(E12441)
                                                  半期報告書(内国投資信託受益証券)
    1【ファンドの運用状況】

       2021年    1月29日現在の運用状況は、以下の通りです。
       投資比率は、ファンドの純資産総額に対する当該資産の時価の比率をいいます。また、小数点以下第3位

      を四捨五入しており、合計と合わない場合があります。
    (1)【投資状況】

    日経225インデックス・オープン

             資産の種類                 国/地域          時価合計(円)            投資比率(%)

    親投資信託受益証券                       日本                  529,635,277            99.99
    コール・ローン等、その他の資産(負債控除後)                       ―                     53,808          0.01
    合計(純資産総額)                                         529,689,085            100.00
    (参考)日本インデックスオープン225・マザーファンド

             資産の種類                 国/地域          時価合計(円)            投資比率(%)

    株式                       日本                 8,406,591,850              96.13
    コール・ローン等、その他の資産(負債控除後)                       ―                  338,225,596             3.87
    合計(純資産総額)                                        8,744,817,446             100.00
    (2)【運用実績】

    ①【純資産の推移】

    日経225インデックス・オープン

                                                基準価額(円)

                               純資産総額(円)
                                                 (1口当たり)
                           (分配落)         (分配付)         (分配落)         (分配付)
    第2期計算期間末           (2011年    7月  7日)        452,653,603         463,625,781           1.0314         1.0564
    第3期計算期間末           (2012年    7月  9日)        690,466,851         702,567,310           0.9073         0.9232
    第4期計算期間末           (2013年    7月  8日)       1,064,228,426         1,076,432,235            1.4389         1.4554
    第5期計算期間末           (2014年    7月  7日)        621,184,735         627,481,434           1.5686         1.5845
    第6期計算期間末           (2015年    7月  7日)        560,961,381         566,064,191           2.0777         2.0966
    第7期計算期間末           (2016年    7月  7日)        931,382,006         943,155,855           1.5584         1.5781
    第8期計算期間末           (2017年    7月  7日)        481,228,031         487,431,324           2.0325         2.0587
    第9期計算期間末           (2018年    7月  9日)        613,176,933         620,347,037           2.2491         2.2754
    第10期計算期間末           (2019年    7月  8日)        624,368,536         637,785,097           2.1966         2.2438
    第11期計算期間末           (2020年    7月  7日)        550,318,624         559,626,524           2.3058         2.3448
                                 2/47


                                                          EDINET提出書類
                                               岡三アセットマネジメント株式会社(E12441)
                                                  半期報告書(内国投資信託受益証券)
                  2020年    1月末日       567,787,484             ―       2.3834           ―
                      2月末日       586,526,988             ―       2.1728           ―
                      3月末日       522,375,078             ―       1.9637           ―
                      4月末日       547,758,845             ―       2.0941           ―
                      5月末日       584,150,266             ―       2.2674           ―
                      6月末日       565,268,785             ―       2.3125           ―
                      7月末日       523,370,975             ―       2.2133           ―
                      8月末日       514,944,648             ―       2.3581           ―
                      9月末日       518,125,052             ―       2.3763           ―
                     10月末日          519,748,215             ―       2.3536           ―
                     11月末日          496,451,479             ―       2.7079           ―
                     12月末日          494,815,593             ―       2.8133           ―
                  2021年    1月末日       529,689,085             ―       2.8331           ―
    ②【分配の推移】

    日経225インデックス・オープン

                                                   分配金

                             期間
                                                 (1口当たり)
    第2期計算期間            2010年    7月  8日~2011年      7月  7日                          0.0250円
    第3期計算期間            2011年    7月  8日~2012年      7月  9日                          0.0159円
    第4期計算期間            2012年    7月10日~2013年        7月  8日                          0.0165円
    第5期計算期間            2013年    7月  9日~2014年      7月  7日                          0.0159円
    第6期計算期間            2014年    7月  8日~2015年      7月  7日                          0.0189円
    第7期計算期間            2015年    7月  8日~2016年      7月  7日                          0.0197円
    第8期計算期間            2016年    7月  8日~2017年      7月  7日                          0.0262円
    第9期計算期間            2017年    7月  8日~2018年      7月  9日                          0.0263円
    第10期計算期間            2018年    7月10日~2019年        7月  8日                          0.0472円
    第11期計算期間            2019年    7月  9日~2020年      7月  7日                          0.0390円
    第12期中間計算期間            2020年    7月  8日~2021年      1月  7日                            ―円
    ③【収益率の推移】

    日経225インデックス・オープン

                             期間                    収益率(%)

    第2期計算期間            2010年    7月  8日~2011年      7月  7日                            10.1
    第3期計算期間            2011年    7月  8日~2012年      7月  9日                           △10.5
    第4期計算期間            2012年    7月10日~2013年        7月  8日                            60.4
    第5期計算期間            2013年    7月  9日~2014年      7月  7日                            10.1
                                 3/47


                                                          EDINET提出書類
                                               岡三アセットマネジメント株式会社(E12441)
                                                  半期報告書(内国投資信託受益証券)
    第6期計算期間            2014年    7月  8日~2015年      7月  7日                            33.7
    第7期計算期間            2015年    7月  8日~2016年      7月  7日                           △24.0
    第8期計算期間            2016年    7月  8日~2017年      7月  7日                            32.1
    第9期計算期間            2017年    7月  8日~2018年      7月  9日                            12.0
    第10期計算期間            2018年    7月10日~2019年        7月  8日                            △0.2
    第11期計算期間            2019年    7月  9日~2020年      7月  7日                             6.7
    第12期中間計算期間            2020年    7月  8日~2021年      1月  7日                            22.2
    (注)収益率は期間騰落率です。小数点以下第2位を四捨五入しております。

                                 4/47

















                                                          EDINET提出書類
                                               岡三アセットマネジメント株式会社(E12441)
                                                  半期報告書(内国投資信託受益証券)
    2【設定及び解約の実績】

    日経225インデックス・オープン

             期間                設定数量(口)                   解約数量(口)

    第2期計算期間                                556,175,199                   694,493,423
    第3期計算期間                                971,861,838                   649,713,806
    第4期計算期間                               2,022,930,726                   2,044,341,089
    第5期計算期間                               2,116,022,119                   2,459,628,089
    第6期計算期間                               2,848,544,908                   2,974,573,751
    第7期計算期間                               3,182,237,354                   2,854,569,991
    第8期計算期間                                488,206,934                   849,097,354
    第9期計算期間                                964,446,297                   928,585,668
    第10期計算期間                                579,938,486                   568,316,872
    第11期計算期間                                566,996,112                   612,581,171
    第12期中間計算期間                                97,651,621                  158,019,827
                                 5/47













                                                          EDINET提出書類
                                               岡三アセットマネジメント株式会社(E12441)
                                                  半期報告書(内国投資信託受益証券)
    3【ファンドの経理状況】

    1.当ファンドの中間財務諸表は、「中間財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和52年
      大蔵省令第38号)並びに同規則第38条の3及び同規則第57条の2の規定により、「投資信託財産の計算に
      関する規則」(平成12年総理府令第133号)に基づいて作成しております。
      なお、中間財務諸表に記載している金額は、円単位で表示しております。
    2.当ファンドは、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第12期中間計算期間(2020年                                                     7月  8

      日から2021年        1月  7日まで)の中間財務諸表について、東陽監査法人により中間監査を受けておりま
      す。
                                 6/47

















                                                          EDINET提出書類
                                               岡三アセットマネジメント株式会社(E12441)
                                                  半期報告書(内国投資信託受益証券)
    【日経225インデックス・オープン】

    (1)【中間貸借対照表】

                                                      (単位:円)
                                    第11期           第12期中間計算期間末
                                (2020年    7月  7日現在)         (2021年    1月  7日現在)
     資産の部
       流動資産
                                        1,627,865                 78,011
        金銭信託
                                        10,430,257                2,967,169
        コール・ローン
                                       549,112,864               502,175,236
        親投資信託受益証券
                                        11,826,490
                                                           -
        未収入金
                                       572,997,476               505,220,416
        流動資産合計
                                       572,997,476               505,220,416
       資産合計
     負債の部
       流動負債
                                        9,307,900
        未払収益分配金                                                   -
                                        11,841,968                1,522,717
        未払解約金
                                         209,869               201,907
        未払受託者報酬
                                        1,289,142               1,240,179
        未払委託者報酬
                                            13                2
        未払利息
                                          29,960               28,794
        その他未払費用
                                        22,678,852                2,993,599
        流動負債合計
                                        22,678,852                2,993,599
       負債合計
     純資産の部
       元本等
                                      *1 236,277,000              *1 176,512,471
        元本
        剰余金
                                                      325,714,346
          中間剰余金又は中間欠損金(△)                                   -
                                       314,041,624
          期末剰余金又は期末欠損金(△)                                                  -
                                        56,046,719               26,442,796
          (分配準備積立金)
                                       550,318,624               502,226,817
        元本等合計
                                      *2 550,318,624              *2 502,226,817
       純資産合計
                                       572,997,476               505,220,416
     負債純資産合計
                                 7/47









                                                          EDINET提出書類
                                               岡三アセットマネジメント株式会社(E12441)
                                                  半期報告書(内国投資信託受益証券)
    (2)【中間損益及び剰余金計算書】

                                                      (単位:円)
                                 第11期中間計算期間               第12期中間計算期間
                                 自 2019年      7月  9日       自 2020年      7月  8日
                                 至 2020年      1月  8日       至 2021年      1月  7日
     営業収益
                                            3               16
       受取利息
                                        54,768,263               107,467,412
       有価証券売買等損益
                                        54,768,266               107,467,428
       営業収益合計
     営業費用
                                           364               183
       支払利息
                                         232,451               201,907
       受託者報酬
                                        1,427,883               1,240,179
       委託者報酬
                                          33,185               28,824
       その他費用
                                        1,693,883               1,471,093
       営業費用合計
                                        53,074,383               105,996,335
     営業利益又は営業損失(△)
                                        53,074,383               105,996,335
     経常利益又は経常損失(△)
                                        53,074,383               105,996,335
     中間純利益又は中間純損失(△)
     一部解約に伴う中間純利益金額の分配額又は一部解
                                        12,890,003               26,439,459
     約に伴う中間純損失金額の分配額(△)
                                       342,962,371               314,041,624
     期首剰余金又は期首欠損金(△)
                                       199,946,254               141,656,003
     剰余金増加額又は欠損金減少額
       中間追加信託に伴う剰余金増加額又は欠損金減少
                                       199,946,254               141,656,003
       額
                                       262,548,459               209,540,157
     剰余金減少額又は欠損金増加額
       中間一部解約に伴う剰余金減少額又は欠損金増加
                                       262,548,459               209,540,157
       額
                                            -               -
     分配金
                                       320,544,546               325,714,346
     中間剰余金又は中間欠損金(△)
                                 8/47











                                                          EDINET提出書類
                                               岡三アセットマネジメント株式会社(E12441)
                                                  半期報告書(内国投資信託受益証券)
    (3)【中間注記表】

    (重要な会計方針に係る事項に関する注記)
                                     第12期中間計算期間

                   期 別
                                     自  2020年    7月  8日
    項 目
                                     至  2021年    1月  7日
    1.有価証券の評価基準及び評価方法                  親投資信託受益証券
                      移動平均法に基づき、原則として時価で評価しております。時価評価に当たって
                      は、親投資信託受益証券の基準価額に基づいて評価しております。
    2.収益及び費用の計上基準                  有価証券売買等損益

                      約定日基準で計上しております。
    (中間貸借対照表に関する注記)


                 第11期                         第12期中間計算期間末

             (2020年     7月  7日現在)                     (2021年     1月  7日現在)
    *1.   当該計算期間の末日における受益権の総数                         *1.   当該中間計算期間の末日における受益権の総数
                          238,664,118口                            178,295,912口
    *2.   当該計算期間の末日における1単位当たりの純資産の額                         *2.   当該中間計算期間の末日における1単位当たりの純資産

                                   の額
        1口当たりの純資産額                     2.3058円        1口当たりの純資産額                     2.8168円
        (10,000口当たりの純資産額                    23,058円)        (10,000口当たりの純資産額                    28,168円)
    (中間損益及び剰余金計算書に関する注記)

              第11期中間計算期間                            第12期中間計算期間

              自  2019年    7月  9日                     自  2020年    7月  8日
              至  2020年    1月  8日                     至  2021年    1月  7日
       該当事項はありません。                            同左

    (金融商品に関する注記)

     金融商品の時価に関する事項
                                 9/47




                                                          EDINET提出書類
                                               岡三アセットマネジメント株式会社(E12441)
                                                  半期報告書(内国投資信託受益証券)
                   期 別
                              第11期                第12期中間計算期間末
                          (2020年     7月  7日現在)            (2021年     1月  7日現在)
    項 目
    1.  中間貸借対照表額、時価及び差額                 貸借対照表上の金融商品は原則として全                   中間貸借対照表上の金融商品は原則とし
                      て時価で評価しているため、貸借対照表                   て全て時価で評価しているため、中間貸
                      計上額と時価との差額はありません。                   借対照表計上額と時価との差額はありま
                                          せん。
    2.  時価の算定方法                 時価の算定方法は、「重要な会計方針に                   同左

                      係る事項に関する注記」に記載しており
                      ます。この他、コール・ローン等は短期
                      間で決済され、時価は帳簿価格と近似し
                      ていることから、当該帳簿価格を時価と
                      しております。
    (重要な後発事象に関する注記)


                            第12期中間計算期間

                            自  2020年    7月  8日
                            至  2021年    1月  7日
    該当事項はありません。
    (その他の注記)

    1.元本の移動
                 第11期                         第12期中間計算期間末

             (2020年     7月  7日現在)                     (2021年     1月  7日現在)
    投資信託財産に係る元本の状況                            投資信託財産に係る元本の状況
    期首元本額                     281,406,165円       期首元本額                     236,277,000円
    期中追加設定元本額                     561,325,833円       期中追加設定元本額                      96,674,940円
    期中一部解約元本額                     606,454,998円       期中一部解約元本額                     156,439,469円
    2.有価証券関係

     該当事項はありません。
    3.デリバティブ取引関係

     該当事項はありません。

    (参考)


       当ファンドは       、「  日本インデックスオープン225・マザーファンド                            」 受益証券を主要投資対象と

                                10/47


                                                          EDINET提出書類
                                               岡三アセットマネジメント株式会社(E12441)
                                                  半期報告書(内国投資信託受益証券)
      しております。中間貸借対照表の資産の部に計上された「親投資信託受益証券」は、当該マザーファン
      ドの受益証券です。
       マザーファンドの経理状況は参考情報であり、監査証明の対象ではありません。

    日本インデックスオープン225・マザーファンド

    貸借対照表

                                                      (単位:円)
                         期 別    注記番      2020年    7月  7日現在        2021年    1月  7日現在
                              号
     科 目
                                      金額              金額
     資産の部
       流動資産
        金銭信託                                 39,966,661              9,605,713
        コール・ローン                                256,079,392              365,355,270
        株式                               6,905,809,470              8,266,305,100
        派生商品評価勘定                                  567,360             5,921,200
        未収配当金                                 10,028,150              9,846,500
        前払金                                 4,230,000                  -
                                         9,880,000             21,230,000
        差入委託証拠金
                                       7,226,561,033              8,678,263,783
        流動資産合計
                                       7,226,561,033              8,678,263,783
       資産合計
     負債の部
       流動負債
        派生商品評価勘定                                 4,808,800               120,880
        前受金                                     -          5,810,000
        未払金                                     -         89,069,512
        未払解約金                                 17,738,560              5,412,010
        未払利息                                    329              323
                                           5,007              2,186
        その他未払費用
                                         22,552,696             100,414,911
        流動負債合計
                                         22,552,696             100,414,911
       負債合計
     純資産の部
       元本等
        元本                      *1         2,566,963,460              2,494,935,863
        剰余金
                                       4,637,044,877              6,082,913,009
          剰余金又は欠損金(△)
                                       7,204,008,337              8,577,848,872
        元本等合計
                                       7,204,008,337              8,577,848,872
       純資産合計                       *2
                                       7,226,561,033              8,678,263,783
     負債純資産合計
    注記表

    (重要な会計方針に係る事項に関する注記)
                   期 別

                                     自  2020年    7月  8日
                                     至  2021年    1月  7日
    項 目
    1.有価証券の評価基準及び評価方法                  株式
                      移動平均法に基づき、原則として時価で評価しております。時価評価に当たって
                      は、金融商品取引所における最終相場(最終相場のないものについては、それに準
                      ずる価額)、又は第一種金融商品取引業者等から提示される気配相場に基づいて評
                      価しております。
                                11/47


                                                          EDINET提出書類
                                               岡三アセットマネジメント株式会社(E12441)
                                                  半期報告書(内国投資信託受益証券)
                   期 別
                                     自  2020年    7月  8日
                                     至  2021年    1月  7日
    項 目
    2.デリバティブの評価基準及び評価方                  先物取引
      法
                      個別法に基づき、原則として時価で評価しております。時価評価に当たっては、取
                      引所の発表する計算日の清算値段を用いております。
    3.収益及び費用の計上基準                  受取配当金

                      原則として、配当落ち日において、その金額が確定している場合には当該金額を、
                      未だ確定していない場合には予想配当金額を計上しております。
                      有価証券売買等損益

                      約定日基準で計上しております。
                      派生商品取引等損益

                      約定日基準で計上しております。
    (貸借対照表に関する注記)


              2020年    7月  7日現在                      2021年    1月  7日現在

    *1.   当該計算期間の末日における受益権の総数                         *1.   当該計算期間の末日における受益権の総数
                         2,566,963,460口                            2,494,935,863口
    *2.   当該計算期間の末日における1単位当たりの純資産の額                         *2.   当該計算期間の末日における1単位当たりの純資産の額

        1口当たりの純資産額                     2.8064円        1口当たりの純資産額                     3.4381円
        (10,000口当たりの純資産額                    28,064円)        (10,000口当たりの純資産額                    34,381円)
    (金融商品に関する注記)

     金融商品の時価に関する事項
                   期 別

                           2020年    7月  7日現在             2021年    1月  7日現在
    項 目
    1.  貸借対照表額、時価及び差額                 貸借対照表上の金融商品は原則として全                   同左
                      て時価で評価しているため、貸借対照表
                      計上額と時価との差額はありません。
    2.  時価の算定方法                 時価の算定方法は、「重要な会計方針に                   同左

                      係る事項に関する注記」に記載しており
                      ます。この他、コール・ローン等は短期
                      間で決済され、時価は帳簿価格と近似し
                      ていることから、当該帳簿価格を時価と
                      しております。
                                12/47


                                                          EDINET提出書類
                                               岡三アセットマネジメント株式会社(E12441)
                                                  半期報告書(内国投資信託受益証券)
                   期 別
                           2020年    7月  7日現在             2021年    1月  7日現在
    項 目
    3.  金融商品の時価等に関する事項につ                 デリバティブ取引の時価に関する契約額                   同左
      いての補足説明                等については、あくまでもデリバティブ
                      取引における名目的な契約額、又は計算
                      上の想定元本であり、当該金額自体がデ
                      リバティブ取引のリスクの大きさを示す
                      ものではありません。
    (その他の注記)


    1.元本の移動
                            2020年    7月  7日現在

    投資信託財産に係る元本の状況
                                                     2019年    7月  9日
    期首
    期首元本額                                                 2,549,588,953円
    期首より2020年        7月  7日までの追加設定元本額
                                                     1,040,025,361円
    期首より2020年        7月  7日までの一部解約元本額
                                                     1,022,650,854円
    期末元本額                                                 2,566,963,460円
    2020年    7月  7日現在の元本の内訳(*)
    日本インデックスオープン225                                                 1,535,642,540円
    日本インデックス225DCファンド                                                  776,396,532円
    日経225インデックス・オープン                                                  195,664,504円
    日本株式・Jリートバランスファンド                                                  59,259,884円
                            2021年    1月  7日現在


    投資信託財産に係る元本の状況
                                                     2020年    7月  8日
    期首
    期首元本額                                                 2,566,963,460円
    期首より2021年        1月  7日までの追加設定元本額
                                                      314,797,581円
    期首より2021年        1月  7日までの一部解約元本額
                                                      386,825,178円
    期末元本額                                                 2,494,935,863円
    2021年    1月  7日現在の元本の内訳(*)
    日本インデックスオープン225                                                 1,520,403,713円
    日本インデックス225DCファンド                                                  761,397,810円
    日経225インデックス・オープン                                                  146,061,847円
    日本株式・Jリートバランスファンド                                                  67,072,493円
    *は当該親投資信託受益証券を投資対象とする証券投資信託毎の元本額

                                13/47


                                                          EDINET提出書類
                                               岡三アセットマネジメント株式会社(E12441)
                                                  半期報告書(内国投資信託受益証券)
    2.有価証券関係

     該当事項はありません。
    3.デリバティブ取引関係

     取引の時価等に関する事項
    2020年    7月  7日現在

                                                      (単位:円)

       区分         種類         契約額等                    時価         評価損益

                                  うち1年超
      市場取引      株価指数先物取引
             買建
              日経平均株価指数
                          297,250,000              -     293,020,000          △4,241,440
              先物
            合計              297,250,000              -     293,020,000          △4,241,440
    2021年    1月  7日現在

                                                      (単位:円)

       区分         種類         契約額等                    時価         評価損益

                                  うち1年超
      市場取引      株価指数先物取引
             買建
              日経平均株価指数
                          296,030,000              -     301,840,000           5,800,320
              先物
            合計              296,030,000              -     301,840,000           5,800,320
    (注)時価の算定方法

      ・先物取引
        国内先物取引について
         先物取引の残高表示は、契約額によっております。
         先物取引の評価においては、取引所の発表する計算日の清算値段を用いております。
                                14/47






                                                          EDINET提出書類
                                               岡三アセットマネジメント株式会社(E12441)
                                                  半期報告書(内国投資信託受益証券)
    4【委託会社等の概況】

    (1)【資本金の額】

       (2021年1月末日現在)
         資本金の額                                            10億円
         会社が発行する株式の総数                                         2,600,000株
         発行済株式の総数                                          554,701株
         最近5年間における主な資本金の額の増減                                             なし
    (2)【事業の内容及び営業の状況】

      当社は、「投資信託及び投資法人に関する法律」に定める投資信託委託会社として証券投資信託の設

      定を行うとともに、「金融商品取引法」に定める金融商品取引業者として、その運用(投資運用業)
      及びその受益権の募集又は私募(第二種金融商品取引業)を行っています。また、「金融商品取引
      法」に定める投資一任契約にかかる投資運用業、投資助言・代理業を行っています。
      2021年1月末日現在、委託会社の運用する証券投資信託は以下のとおりです。(親投資信託を除く。)

              種類                本数(本)                純資産総額(億円)
          追加型株式投資信託                             154                10,163
          追加型公社債投資信託                               3               2,845
          単位型株式投資信託                              51                 843
          単位型公社債投資信託                               8                 183
              合計                         216                14,035
       ※純資産総額について、億円未満を切り捨てているため、合計と合わない場合があります。
    (3)【その他】

      (1)定款の変更等

           委託会社の定款の変更に関しては、株主総会の決議が必要です。
           委託会社は、事業の全部又は一部を譲渡することがあります。
           委託会社は、分割により事業の全部又は一部を承継させることがあります。
      (2)訴訟事件その他の重要事項

           該当事項はありません。
                                15/47






                                                          EDINET提出書類
                                               岡三アセットマネジメント株式会社(E12441)
                                                  半期報告書(内国投資信託受益証券)
    5【委託会社等の経理状況】

    (1)当社の財務諸表は、「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和38年大蔵省令第

       59号)ならびに同規則第2条の規定に基づき、「金融商品取引業等に関する内閣府令」(平成19年内
       閣府令第52号)により作成しております。
       財務諸表の金額については、千円未満の端数を切り捨てて記載しております。
    (2)当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、前事業年度(自2019年4月1日至2020年3

       月31日)の財務諸表について、東陽監査法人の監査を受けております。
    (3)当社の中間財務諸表は「中間財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和52年大蔵

       省令第38号)、ならびに同規則第38条及び第57条の規定に基づいて「金融商品取引業等に関する内
       閣府令」(平成19年内閣府令第52号)により作成しております。
       なお、中間財務諸表の金額については、千円未満の端数を切り捨てて記載しております。
    (4)当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、当中間会計期間(自2020年4月1日至2020

       年9月30日)の中間財務諸表について、東陽監査法人の中間監査を受けております。
    (1)【貸借対照表】


                                                     (単位:千円)
                                前事業年度                 当事業年度
                             (2019年3月31日現在)                 (2020年3月31日現在)
     資産の部
      流動資産
       現金及び預金                             15,708,895                 11,807,346
       有価証券                               90,390                464,800
       未収委託者報酬                              1,080,542                  939,305
       未収運用受託報酬                               14,356                 14,133
       未収投資助言報酬                               11,660                 11,959
       前払費用                               66,647                 64,503
       未収入金                                5,399                22,805
       未収収益                               19,886                 13,659
       その他の流動資産                                4,904                50,481
       流動資産合計
                                     17,002,683                 13,388,994
      固定資産
       有形固定資産
         建物               ※1               228,682     ※1            216,836
         器具備品               ※1                37,985    ※1             59,198
         有形固定資産合計
                                      266,667                 276,035
       無形固定資産
         ソフトウェア                               6,782                 4,399
         電話加入権                               2,122                 2,122
         無形固定資産合計
                                       8,904                 6,521
       投資その他の資産
         投資有価証券                             1,647,347                 1,109,287
         親会社株式                              348,548                 290,033
         長期差入保証金                              232,079                 231,146
         前払年金費用                              31,734                 23,941
                                16/47

                                                          EDINET提出書類
                                               岡三アセットマネジメント株式会社(E12441)
                                                  半期報告書(内国投資信託受益証券)
         繰延税金資産                              59,229                 61,623
         その他                              25,580                 24,980
         貸倒引当金                             △14,510                 △14,510
         投資その他の資産合計
                                     2,330,010                 1,726,502
       固定資産合計
                                     2,605,582                 2,009,059
     資産合計
                                     19,608,265                 15,398,053
                                前事業年度                 当事業年度


                             (2019年3月31日現在)                 (2020年3月31日現在)
     負債の部
      流動負債
       預り金                                15,536                 6,352
       前受投資助言報酬                                 631                627
       未払金                               625,305                544,430
         未払収益分配金                                 5                3
         未払償還金                               5,001                5,001
         未払手数料                              512,821                431,312
         その他未払金                              107,476                108,112
       未払費用                               202,822                162,268
       未払法人税等                               105,393                116,262
       未払消費税等                                  ―              62,714
       賞与引当金                                11,400                 8,800
       流動負債合計
                                       961,089                901,455
      固定負債
       退職給付引当金                               310,078                323,196
       役員退職慰労引当金                                17,880                22,830
       資産除去債務                                89,658                90,582
       長期未払金                                67,901                29,100
       固定負債合計
                                       485,518                465,709
      負債合計
                                      1,446,608                1,367,165
     純資産の部
      株主資本
       資本金                              1,000,000                1,000,000
       資本剰余金 
         資本準備金                              566,500                566,500
       資本剰余金合計
                                       566,500                566,500
       利益剰余金
         利益準備金                              179,830                179,830
         その他利益剰余金
          別途積立金                            5,718,662                5,718,662
          繰越利益剰余金                            10,500,468                 6,382,996
         利益剰余金合計
                                     16,398,960                12,281,488
       株主資本合計
                                     17,965,460                13,847,988
      評価・換算差額等
       その他有価証券評価差額金                               196,196                182,899
       評価・換算差額等合計
                                       196,196                182,899
      純資産合計
                                     18,161,657                14,030,887
      負債・純資産合計
                                     19,608,265                15,398,053
                                17/47


                                                          EDINET提出書類
                                               岡三アセットマネジメント株式会社(E12441)
                                                  半期報告書(内国投資信託受益証券)
    (2)【損益計算書】


                                                     (単位:千円)
                               前事業年度                  当事業年度
                             (自 2018年4月1日                 (自 2019年4月1日
                              至 2019年3月31日)                 至 2020年3月31日)
     営業収益
      委託者報酬                               10,964,360                10,157,808
      運用受託報酬                                 40,492                33,847
      投資助言報酬                                 28,800                28,878
         営業収益合計
                                     11,033,653                10,220,534
     営業費用
      支払手数料                               5,343,010                4,745,695
      広告宣伝費                                183,752                162,932
      公告費                                   ―                118
      受益権管理費                                 17,749                17,200
      調査費                               1,601,396                1,731,126
       調査費                               305,474                296,917
       委託調査費                              1,295,921                1,434,208
      委託計算費                                272,941                261,181
      営業雑経費                                340,974                352,370
       通信費                                57,308                57,912
       印刷費                               216,118                225,307
       諸経費                                56,348                58,103
       協会費                                8,137                7,869
       諸会費                                3,061                3,177
         営業費用合計
                                      7,759,824                7,270,626
     一般管理費
       給料                              1,490,747                1,333,803
         役員報酬                              120,600                109,200
         給料・手当                             1,364,335                1,223,313
        賞与                                5,811                1,290
       交際費                                21,170                14,908
       寄付金                                16,786                15,991
       旅費交通費                                39,050                32,341
       租税公課                                51,822                46,444
       不動産賃借料                               219,956                215,864
       賞与引当金繰入                                11,400                 6,910
       退職給付費用                                78,631                66,223
       役員退職慰労引当金繰入                                6,500                4,950
       固定資産減価償却費                                31,740                34,494
       諸経費                               336,645                308,860
         一般管理費合計
                                      2,304,450                2,080,793
     営業利益
                                       969,377                869,115
                                18/47



                                                          EDINET提出書類
                                               岡三アセットマネジメント株式会社(E12441)
                                                  半期報告書(内国投資信託受益証券)
                              前事業年度                  当事業年度
                            (自 2018年4月1日                  (自 2019年4月1日
                             至 2019年3月31日)                    至 2020年3月31日)
     営業外収益
      受取配当金                   ※1             36,327    ※1             27,286
      受取利息                                 1,329                 1,295
      約款時効収入                                   3                 2
      雑益                                 2,989                 1,517
        営業外収益合計
                                       40,650                 30,101
     営業外費用
      固定資産除却損                   ※2               253   ※2                0
      為替差損                                  257                  71
      雑損                                  94                 ―
        営業外費用合計
                                        605                  71
     経常利益
                                     1,009,422                  899,144
     特別利益
      有価証券償還益                                  ―               27,529
      投資有価証券売却益                                  646                1,542
      投資有価証券償還益                                  71                 195
      親会社株式売却益                                130,424                    ―
        特別利益合計
                                      131,141                  29,268
     特別損失
      有価証券償還損                                  ―               28,197
      投資有価証券売却損                                13,131                  5,890
      投資有価証券償還損                                 1,560                  380
      ゴルフ会員権売却損                                  ―                 229
      ゴルフ会員権評価損                                 1,125                   ―
        特別損失合計
                                       15,816                 34,698
     税引前当期純利益
                                     1,124,747                  893,714
       法人税、住民税及び事業税
                                      338,839                 274,953
       法人税等調整額                                10,269                 3,474
        法人税等合計
                                      349,108                 278,427
     当期純利益
                                      775,639                 615,286
    (3)【株主資本等変動計算書】


    前事業年度(自 2018年4月1日 至 2019年3月31日)

                                                      (単位:千円)
                            株主資本                    評価・換算差額等
                  資本剰余金             利益剰余金
                                                         純資産
                                                その他有    評価・換
                              その他利益剰余金             株主資本
                     資本剰
                                                         合計
             資本金                                   価証券評    算差額等
                 資本準        利益準             利益剰余金
                                            合計
                     余金合
                             別途積立    繰越利益剰
                                                価差額金     合計
                  備金        備金              合計
                      計
                              金    余金
             1,000,000     566,500    566,500    179,830    5,718,662     9,766,079     15,664,571     17,231,071     472,532    472,532    17,703,603
     当期首残高
     当期変動額

                                  △41,250     △41,250     △41,250              △41,250

      剰余金の配当
                                  775,639     775,639     775,639              775,639

      当期純利益
                                19/47


                                                          EDINET提出書類
                                               岡三アセットマネジメント株式会社(E12441)
                                                  半期報告書(内国投資信託受益証券)
      株主資本以外の項
      目の事業年度中の
                                                △276,335    △276,335     △276,335
      変動額(純額)
               -    -    -    -     -   734,389     734,389     734,389    △276,335    △276,335      458,053
     当期変動額合計
             1,000,000     566,500    566,500    179,830    5,718,662    10,500,468     16,398,960     17,965,460     196,196    196,196    18,161,657

     当期末残高
    当事業年度(自 2019年4月1日 至 2020年3月31日)

                                                      (単位:千円)
                           株主資本                      評価・換算差額等
               資本剰余金             利益剰余金
                                                 その他    評価・
                                                         純資産
                                            株主資本     有価証    換算差
                          その他利益剰余金
                  資本剰
                                                         合計
          資本金                              自己株式
              資本準        利益準             利益剰余金
                                             合計    券評価    額等合
                  余金合
                         別途積立     繰越利益
              備金        備金              合計
                                                 差額金     計
                   計
                           金    剰余金
     当期首残
                                          -
          1,000,000     566,500    566,500    179,830    5,718,662     10,500,468     16,398,960         17,965,460     196,196    196,196   18,161,657
     高
     当期変動
     額
      剰余金
                               △37,125     △37,125         △37,125            △37,125
      の配当
      当期純
                               615,286     615,286         615,286            615,286
      利益
      自己株
                                       △4,695,634    △4,695,634            △4,695,634
      式の取
      得
      自己株
                              △4,695,634     △4,695,634     4,695,634                    -
      式の消
      却
      株主資
      本以外
      の項目
      の事業
                                                 △13,297    △13,297    △13,297
      年度中
      の変動
      額(純
      額)
     当期変動
                                          -
            -    -    -    -    -  △4,117,472     △4,117,472         △4,117,472     △13,297    △13,297   △4,130,769
     額合計
     当期末残
                                          -
          1,000,000     566,500    566,500    179,830    5,718,662     6,382,996     12,281,488         13,847,988     182,899    182,899   14,030,887
     高
    [注記事項]

    (重要な会計方針)

    1.有価証券の評価基準及び評価方法
     その他有価証券
       時価のあるもの
        決算日の市場価格等に基づく時価法(評価差額は全部純資産直入法により処理し、売却原価は総平均法
        により算定)
       時価のないもの
        総平均法による原価法
    2.固定資産の減価償却の方法

    (1)  有形固定資産
        定率法により償却しております。ただし、1998年4月1日以降に取得した建物(建物附属設備を除く)並
       びに2016年4月1日以降に取得した建物附属設備及び構築物については、定額法を採用しております。
        なお、主な耐用年数は以下のとおりです。
         建物      15~18年
         器具備品 4~15年
    (2)  無形固定資産
                                20/47


                                                          EDINET提出書類
                                               岡三アセットマネジメント株式会社(E12441)
                                                  半期報告書(内国投資信託受益証券)
        定額法により償却しております。
        なお、自社利用のソフトウェアについては、社内における利用可能期間(5年)に基づく定額法により
       償却しております。
    3.引当金の計上基準

    (1)  貸倒引当金
        債権の貸倒れによる損失に備えるため、一般債権については貸倒実績率により、貸倒懸念債権等特定の
        債権については個別に回収可能性を勘案し、回収不能見込額を計上しております。
    (2)  賞与引当金
        従業員の賞与支給に備えるため、当社所定の計算方法による支給見込額を計上しております。
    (3)  退職給付引当金
        従業員の退職給付に備えるため、当事業年度末における退職給付債務及び年金資産の見込額に基づき計
        上しております。
       ①  退職給付見込額の期間帰属方法
        退職給付債務の算定にあたり、退職給付見込額を当事業年度末までの期間に帰属させる方法について
        は、給付算定式基準によっております。
       ②  数理計算上の差異の費用処理方法
        数理計算上の差異は、各事業年度の発生時における従業員の平均残存勤務期間以内の一定の年数(5
        年)による定額法により按分した額をそれぞれ発生の翌事業年度から費用処理しております。
    (4)  役員退職慰労引当金
        役員の退職慰労金の支出に備えるため、当社内規に基づく期末要支給見積額を計上しております。
    4.外貨建の資産及び負債の本邦通貨への換算基準

        外貨建金銭債権債務は、期末日の直物為替相場により円貨に換算し、換算差額は損益として処理してお
        ります。
    5.その他財務諸表作成のための基本となる重要な事項

       消費税等の会計処理方法
        消費税及び地方消費税の会計処理は、税抜方式によっております。
    (未適用の会計基準等)

    1.収益認識に関する会計基準等
      ・「収益認識に関する会計基準」(企業会計基準第29号                            2020年3月31日)
      ・「収益認識に関する会計基準の適用指針」(企業会計基準適用指針第30号                                       2020年3月31日)
    (1)  概要

     収益認識に関する包括的な会計基準であります。収益は、次の5つのステップを適用し認識されます。
      ステップ1:顧客との契約を識別する。
      ステップ2:契約における履行義務を識別する。
      ステップ3:取引価格を算定する。
      ステップ4:契約における履行義務に取引価格を配分する。
      ステップ5:履行義務を充足した時に又は充足するにつれて収益を認識する。
    (2)  適用予定日

      2022年3月期の期首より適用予定であります。
    (3)  当該会計基準等の適用による影響

     影響額は、当財務諸表の作成時において評価中であります。
    2.時価の算定に関する会計基準等

                                21/47


                                                          EDINET提出書類
                                               岡三アセットマネジメント株式会社(E12441)
                                                  半期報告書(内国投資信託受益証券)
      ・「時価の算定に関する会計基準」(企業会計基準第30号 2019年7月4日)
     ・「時価の算定に関する会計基準の適用指針」(企業会計基準適用指針第31号2019年7月4日)
      ・「棚卸資産の評価に関する会計基準」(企業会計基準第9号 2019年7月4日)
      ・「金融商品に関する会計基準」(企業会計基準第10号 2019年7月4日)
    (1)  概要

      国際的な会計基準の定めとの比較可能性を向上させるため、「時価の算定に関する会計基準」及び「時価の
    算定に関する会計基準の適用指針」(以下「時価算定会計基準等」という。)が開発され、時価の算定方法に関
    するガイダンス等が定められました。時価算定会計基準等は次の項目の時価に適用されます。
     ・「金融商品に関する会計基準」における金融商品
     ・「棚卸資産の評価に関する会計基準」におけるトレーディング目的で保有する棚卸資産
    (2)  適用予定日

     2022年3月期の期首より適用予定であります。
    (3)  当該会計基準等の適用による影響

     影響額は、当財務諸表の作成時において評価中であります。
    (貸借対照表関係)

    ※1有形固定資産の減価償却累計額
                                前事業年度                当事業年度
                               ( 2019年3月31日)               (2020年3月31日)
     建物                                25,616千円                37,598千円
     器具備品                               97,870    〃            108,705    〃
     計                               123,486    〃            146,303    〃
    (損益計算書関係)

    ※1各科目に含まれている関係会社に対するものは、次のとおりであります。
                                 前事業年度                当事業年度
                               ( 自 2018年4月1日             ( 自 2019年4月1日
                                至 2019年3月31日)                至 2020年3月31日)
     受取配当金                                12,720千円                8,480千円
    ※2固定資産除却損の内訳は次のとおりであります。

                                 前事業年度                当事業年度
                               ( 自 2018年4月1日             ( 自 2019年4月1日
                                至 2019年3月31日)                至 2020年3月31日)
     器具備品                                 253千円                 0千円
    (株主資本等変動計算書関係)

    前事業年度(自         2018年4月1日       至  2019年3月31日)
    1.  発行済株式及び自己株式に関する事項
                    当事業年度期首          当事業年度増加          当事業年度減少           当事業年度末
         株式の種類
                      株式数          株式数          株式数          株式数
       発行済株式
        普通株式(株)                 825,000             ―          ―        825,000
       自己株式
        普通株式(株)                     ―          ―          ―           ―
                                22/47


                                                          EDINET提出書類
                                               岡三アセットマネジメント株式会社(E12441)
                                                  半期報告書(内国投資信託受益証券)
    2.剰余金の配当に関する事項
                                    1株当たり
          決議        株式の種類        配当金の総額                  基準日        効力発生日
                                   配当額(円)
                           (千円)
       2018年6月21日
                     普通株式          41,250         50    2018年3月31日          2018年6月22日
       定時株主総会
    3.  基準日が当事業年度に属する配当のうち、配当の効力発生日が翌事業年度となるもの

         決議      株式の種類       配当金の       配当金の       1株当たり         基準日        効力発生日
                      総額(千円)        原資     配当額(円)
       2019年6月20日
                 普通株式        37,125     利益剰余金           45    2019年3月31日         2019年6月21日
       定時株主総会
    当事業年度(自         2019年4月1日       至  2020年3月31日)


    1.発行済株式及び自己株式に関する事項
                    当事業年度期首          当事業年度増加          当事業年度減少           当事業年度末
         株式の種類
                      株式数          株式数          株式数          株式数
       発行済株式
        普通株式(株)                825,000             ―        270,299          554,701
       自己株式
        普通株式(株)                    ―        270,299          270,299             ―
      (変動事由の概要)
       1.  自己株式の普通株式数の増加270,299株は、取締役会決議による自己株式の取得によるものです。
       2.  発行済株式の普通株式数及び自己株式の普通株式数の減少270,299株は、取締役会決議による自己株
        式の消却によるものです。
    2.剰余金の配当に関する事項

                                    1株当たり
          決議        株式の種類        配当金の総額                  基準日        効力発生日
                                   配当額(円)
                           (千円)
       2019年6月20日
                   普通株式            37,125         45    2019年3月31日          2019年6月21日
       定時株主総会
    3.  基準日が当事業年度に属する配当のうち、配当の効力発生日が翌事業年度となるもの

         決議      株式の種類       配当金の       配当金の       1株当たり         基準日        効力発生日
                      総額(千円)        原資     配当額(円)
       2020年6月23日
                普通株式         22,188     利益剰余金           40    2020年3月31日         2020年6月24日
       定時株主総会
    (リース取引関係)

    1.  ファイナンス・リース取引
     該当事項はありません。
    2.  オペレーティング・リース取引

     (借主側)
      オペレーティング・リース取引のうち解約不能のものに係る未経過リース料
                                                     (単位:千円)
                                23/47


                                                          EDINET提出書類
                                               岡三アセットマネジメント株式会社(E12441)
                                                  半期報告書(内国投資信託受益証券)
                                 前事業年度                当事業年度
                                (2019年3月31日)                (2020年3月31日)
     1年以内
                                      226,338                 226,338 
     1年超
                                      396,091                 169,753 
     合計
                                      622,429                 396,091 
    (金融商品関係)

      1.金融商品の状況に関する事項
     (1)金融商品に対する取組方針
          当社は、金融商品取引法に定める投資運用業、投資助言・代理業及び第二種金融商品取引業を営ん
         でおります。これらの事業を当社では、自己資金で行っております。
          一方、資金運用については、短期的な預金及び債券、投資有価証券での運用を行っております。な
         お、デリバティブ取引は行っておりません。
      (2)金融商品の内容及びそのリスク

          当社が保有する主な金融資産は現金及び預金、有価証券、未収委託者報酬、投資有価証券、親会社
         株式及び差入保証金であります。
          預金は預入先金融機関の信用リスクに晒されております。有価証券、投資有価証券及び親会社株式
         は発行体の信用リスクやマーケットリスク等に晒されております。未収委託者報酬は投資信託財産中
         から当社(委託者)が得られる報酬であり、未収であるものであります。差入保証金は、主に本店の
         賃貸に伴うものであり、差入先の信用リスクに晒されております。
          金融負債の主なものは、未払金(未払手数料)、未払法人税等であります。未払金(未払手数料)
         は委託者報酬中から当社が販売会社に支払うべき手数料であり、未払いのものであります。
      (3)金融商品に係るリスク管理体制

          当社は経営の健全化及び経営資源の効率化を目的として、リスク管理体制の強化を図り、適切なリ
         スク・コントロールに努めております。金融資産に関わる信用リスク、マーケットリスク等を管理す
         るため、社内規程等に従い、ポジション枠や与信枠等の適切な管理に努めております。
     2.金融商品の時価等に関する事項

        貸借対照表計上額、時価及びこれらの差額については、次のとおりであります。なお時価を把握するこ
       とが極めて困難と認められるものは含まれておりません((注2)参照)。
           前事業年度(2019年3月31日)

                                                     (単位:千円)
                            貸借対照表計上額               時価          差額
            (1)  現金及び預金                  15,708,895           15,708,895              ―
            (2)  有価証券                    90,390           90,390            ―
            (3)  未収委託者報酬                  1,080,542           1,080,542              ―
            (4)  投資有価証券                  1,093,486           1,093,486              ―
            (5)  親会社株式                   348,548           348,548            ―
            (6)  長期差入保証金                   232,079           232,995         △  1,083
            (7)  未払金(未払手数料)                   512,821           512,821            ―
            (8)  未払法人税等                   105,393           105,393            ―
           当事業年度(2020年3月31日)

                                                     (単位:千円)
                            貸借対照表計上額               時価          差額
            (1)  現金及び預金                  11,807,346           11,807,346              ―
            (2)  有価証券                   464,800           464,800            ―
            (3)  未収委託者報酬                   939,305           939,305            ―
                                24/47

                                                          EDINET提出書類
                                               岡三アセットマネジメント株式会社(E12441)
                                                  半期報告書(内国投資信託受益証券)
            (4)  投資有価証券                   555,426           555,426            ―
            (5)  親会社株式                   290,033           290,033            ―
            (6)  長期差入保証金                   231,146           230,085         △  1,061
            (7)  未払金(未払手数料)                   431,312           431,312            ―
            (8)  未払法人税等                   116,262           116,262            ―
    (注1)金融商品の時価の算定方法

      (1)現金及び預金、(3)未収委託者報酬、(7)未払金(未払手数料)、(8)未払法人税等
        これらは短期間で決済されるため、時価は帳簿価額にほぼ等しいことから、当該帳簿価額によっており
       ます。
      (2)有価証券、(4)投資有価証券、(5)親会社株式

        これらの時価について、上場株式は取引所の価格、債券は取引所の価格又は日本証券業協会が公表する
       価格等、投資信託は公表されている基準価額等によっております。また、保有目的ごとの有価証券に関す
       る事項については、注記事項「有価証券関係」をご参照下さい。
       (6)  長期差入保証金

        合理的に見積りした差入保証金の返還予定時期に基づき、リスクフリーレートで割引率を算出し割引計
       算をしております。
    (注2)時価を把握することが極めて困難と認められる金融商品の貸借対照表計上額

                                                     (単位:千円)
                           前事業年度                   当事業年度
             区分
                          ( 2019年3月31日)                  (2020年3月31日)
           非上場株式                 553,861                   553,861
          非上場株式については、市場価額がなく、時価を把握することが極めて困難と認められるため、
         「(4)投資有価証券」には含めておりません。
    (注3)金銭債権及び満期のある有価証券の決算日後の償還予定額

       前事業年度(2019年3月31日)
                                                     (単位:千円)
                         1年以内         1年超        5年超        10年超
                                  5年以内        10年以内
       現金及び預金                    15,708,895             ―        ―        ―
       未収委託者報酬                     1,080,542            ―        ―        ―
       有価証券及び投資有価証券
        その他有価証券のうち満期があるもの
        その他
                              90,390        612,770        141,852           ―
       長期差入保証金                         ―       5,741          ―     226,338
       合計                    16,879,828          618,511        141,852        226,338
       当事業年度(2020年3月31日)

                                                     (単位:千円)
                         1年以内         1年超        5年超        10年超
                                  5年以内        10年以内
       現金及び預金                    11,807,346             ―        ―        ―
       未収委託者報酬                      939,305           ―        ―        ―
       有価証券及び投資有価証券
        その他有価証券のうち満期があるもの
        その他
                             464,800        123,493         62,592          ―
       長期差入保証金                         ―       4,808          ―     226,338
       合計                    13,211,451          128,302         62,592       226,338
                                25/47


                                                          EDINET提出書類
                                               岡三アセットマネジメント株式会社(E12441)
                                                  半期報告書(内国投資信託受益証券)
    (有価証券関係)

     1.その他有価証券
        前事業年度(2019年3月31日)
                                                     (単位:千円)
              区分             種類         貸借対照表        取得原価        差額
                                      計上額
          貸借対照表計上額が
          取得原価を超えるも            (1)株式
          の                             647,368        328,806       318,562
                      (2)債券
                        ①国債・地方債等                  ―        ―       ―
                        ②社債                  ―        ―       ―
                        ③その他                  ―        ―       ―
                      (3)その他                 158,705        136,300        22,405
              小計                         806,073        465,106       340,967
          貸借対照表計上額が
          取得原価を超えない            (1)株式
          もの                              10,465        12,350       △1,885
                      (2)債券
                        ①国債・地方債等                  ―        ―       ―
                        ②社債                  ―        ―       ―
                        ③その他                  ―        ―       ―
                      (3)その他                 715,886        772,183       △56,297
              小計                         726,351        784,533       △58,182
              合計                        1,532,425        1,249,639        282,785
        (注)非上場株式(貸借対照表計上額 553,861千円)については、市場価格がなく、時価を把握

            することが極めて困難と認められることから、上表の「その他有価証券」には含めておりま
            せん。
        当事業年度(2020年3月31日)

                                                     (単位:千円)
              区分             種類         貸借対照表        取得原価        差額
                                      計上額
          貸借対照表計上額が
          取得原価を超えるも            (1)株式
          の                             626,317        328,806       297,511
                      (2)債券
                        ①国債・地方債等                  ―        ―       ―
                        ②社債                  ―        ―       ―
                        ③その他                  ―        ―       ―
                      (3)その他                  89,006        80,000        9,006
              小計                         715,323        408,806       306,517
          貸借対照表計上額が
          取得原価を超えない            (1)株式
          もの                              7,930       12,350       △4,420
                      (2)債券
                        ①国債・地方債等                  ―        ―       ―
                        ②社債                  ―        ―       ―
                        ③その他                  ―        ―       ―
                      (3)その他                 587,006        625,483       △38,477
              小計                         594,936        637,833       △42,897
              合計                        1,310,259        1,046,639        263,619
        (注)非上場株式(貸借対照表計上額 553,861千円)については、市場価格がなく、時価を把握

            することが極めて困難と認められることから、上表の「その他有価証券」には含めておりま
            せん。
     2.事業年度中に売却したその他有価証券

                                26/47

                                                          EDINET提出書類
                                               岡三アセットマネジメント株式会社(E12441)
                                                  半期報告書(内国投資信託受益証券)
          前事業年度(自2018年4月1日               至2019年3月31日)
                                                    (単位:千円)
                 種類             売却額         売却益の           売却損の
                                       合計額           合計額
          (1)株式                     283,000          130,424               ―
          (2)債券
            ①国債・地方債等                      ―          ―             ―
            ②社債                      ―          ―             ―
            ③その他                      ―          ―             ―
          (3)その他                     251,515            646           13,131
              合計                  534,515          131,070             13,131
         当事業年度      (自2019年4月1日          至2020年3月31日)

                                                    (単位:千円)
                 種類             売却額         売却益の           売却損の
                                       合計額           合計額
          (1)株式                        ―          ―             ―
          (2)債券
            ①国債・地方債等                      ―          ―             ―
            ②社債                      ―          ―             ―
            ③その他                      ―          ―             ―
          (3)その他                     137,652           1,542             5,890
              合計                  137,652           1,542             5,890
    3.減損処理を行った有価証券

        前事業年度(自2018年4月1日               至2019年3月31日)
         該当ありません。
        当事業年度(自2019年4月1日               至2020年3月31日)

         該当ありません。
         時価のある株式等については、決算日の時価が取得原価に比べ50%以上下落した場合には、原則とし

        て減損処理を行い、30%以上50%未満下落した場合には、回復可能性があると認められるものを除き、
        減損処理を行っております。
    (デリバティブ取引関係)

       当社は、デリバティブ取引を利用していないため該当事項はありません。
    (退職給付関係)

     1.採用している退職給付制度の概要
        当社の退職給付制度は、確定拠出年金制度(証券総合型DC岡三プラン)、確定給付企業年金制度及び
       退職一時金制度から構成されております。
     2.確定給付制度

      (1)退職給付債務の期首残高と期末残高の調整表
                                                     (単位:千円)
                                 前事業年度                当事業年度
                               ( 自 2018年4月1日             ( 自 2019年4月1日
                                至 2019年3月31日)                至 2020年3月31日)
     退職給付債務の期首残高                                 595,688                611,083
       勤務費用                                 54,500                52,355
       利息費用                                   416                ―
       数理計算上の差異の発生額                                △13,891                △38,262
       退職給付の支払額                                △25,631                △52,705
                                27/47


                                                          EDINET提出書類
                                               岡三アセットマネジメント株式会社(E12441)
                                                  半期報告書(内国投資信託受益証券)
       その他                                   ―              6,061
     退職給付債務の期末残高                                 611,083                578,531
      (2)年金資産の期首残高と期末残高の調整表

                                                     (単位:千円)
                                 前事業年度                当事業年度
                               ( 自 2018年4月1日             ( 自 2019年4月1日
                                至 2019年3月31日)                至 2020年3月31日)
     年金資産の期首残高                                 343,897                350,120
       期待運用収益                                 1,719                1,750
       数理計算上の差異の発生額                                △4,398               △10,103
       事業主からの拠出額                                 17,595                15,462
       退職給付の支払額                                △8,692               △29,100
     年金資産の期末残高                                 350,120                328,129
      (3)退職給付債務及び年金資産の期末残高と貸借対照表に計上された退職給付引当金及び前払年金費用の

    調整表
                                                     (単位:千円)
                                 前事業年度                当事業年度
                               ( 2019年3月31日)               (2020年3月31日)
     積立型制度の退職給付債務                                 296,922                280,958
     年金資産                                △350,120                △328,129
                                      △53,197                △47,171
     非積立型制度の退職給付債務                                 314,160                297,572
     未積立退職給付債務                                 260,962                250,401
     未認識数理計算上の差異                                  17,380                48,853
     貸借対照表に計上された負債と資産の純額                                 278,343                299,255
     退職給付引当金                                 310,078                323,196

     前払年金費用                                  31,734                23,941
     貸借対照表に計上された負債と資産の純額                                 278,343                299,255
    (4)退職給付費用及びその内訳項目の金額

                                                     (単位:千円)
                                 前事業年度                当事業年度
                               ( 自 2018年4月1日             ( 自 2019年4月1日
                                至 2019年3月31日)                至 2020年3月31日)
     勤務費用                                  54,500                52,355
     利息費用                                    416                ―
     期待運用収益                                 △1,719                △1,750
     数理計算上の差異の費用処理額                                  11,368                3,313
     確定給付制度に係る退職給付費用                                  64,566                53,917
      (5)年金資産に関する事項

        ①  年金資産の主な内訳
         年金資産合計に対する主な分類ごとの比率は、次のとおりであります。
                                28/47


                                                          EDINET提出書類
                                               岡三アセットマネジメント株式会社(E12441)
                                                  半期報告書(内国投資信託受益証券)
                                 前事業年度                当事業年度
                               ( 2019年3月31日)               (2020年3月31日)
     株式                                  37.8%                33.4%
     一般勘定                                  31.1%                32.4%
     債券                                  18.2%                21.6%
     その他
                                       12.9%                12.6%
     合計
                                       100.0%                100.0%
        ②  長期期待運用収益率の設定方法
         年金資産の長期期待運用収益率は、保有する年金資産のポートフォリオ、過去の運用実績、運用方
        針、及び市場の動向等を考慮し設定しております。
      (6)数理計算上の計算基礎に関する事項

         主要な数理計算上の計算基礎(加重平均で表わしております。)
                                 前事業年度                当事業年度
                               ( 自 2018年4月1日             ( 自 2019年4月1日
                                至 2019年3月31日)                至 2020年3月31日)
     割引率                                  0.00%                0.03%
     長期期待運用収益率                                  0.50%                0.50%
    3.  確定拠出制度

       当社の確定拠出制度への要拠出額は、前事業年度13,786千円、当事業年度12,134千円であります。
    (税効果会計関係)

    1.繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別内訳
                                                     (単位:千円)
                                 前事業年度                当事業年度
                               (2019年3月31日)                (2020年3月31日)
     繰延税金資産
       退職給付引当金
                                       94,946                98,962
       役員退職慰労引当金
                                        5,474                6,990
       賞与引当金
                                        3,490                2,694
       ゴルフ会員権評価損
                                        2,182                 918
       貸倒引当金
                                        4,442                4,442
       その他有価証券評価差額金
                                       17,815                13,135
       投資有価証券評価損
                                        2,817                2,817
       資産除去債務
                                       27,453                27,736
       未払事業税
                                        8,927                8,720
      未払不動産賃借料
                                       32,672                20,791
      その他
                                        4,884                4,915
     繰延税金資産の合計
                                       205,108                192,125
     繰延税金負債
      その他有価証券評価差額金
                                       104,404                93,855
      未収配当金
                                        6,003                4,098
       資産除去債務に対応する除去費用
                                       25,753                25,216
       前払年金費用
                                        9,717                7,330
     繰延税金負債の合計
                                       145,878                130,501
     繰延税金資産(負債)の純額
                                       59,229                61,623
                                29/47


                                                          EDINET提出書類
                                               岡三アセットマネジメント株式会社(E12441)
                                                  半期報告書(内国投資信託受益証券)
    2.法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との差異の原因となった主な項目別の内訳

    前事業年度(2019年3月31日)
     法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との間の差異が法定実効税率の100分の5以下であるため注記を省
    略しております。
    当事業年度(2020年3月31日)

     法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との間の差異が法定実効税率の100分の5以下であるため注記を省
    略しております。
    (資産除去債務関係)

       資産除去債務のうち貸借対照表に計上しているもの
     1.当該資産除去債務の概要
       本店の不動産賃貸借契約に伴う原状回復義務であります。
     2.当該資産除去債務の金額の算定方法

       使用見込期間を取得から50年と見積り、割引率は1.030%を使用して資産除去債務の金額を計算しており
       ます。
     3.当該資産除去債務の総額の増減

                                                     (単位:千円)
                                 前事業年度               当事業年度
                                ( 自 2018年4月1日            ( 自 2019年4月1日
                                 至 2019年3月31日)               至 2020年3月31日)
                                  88,744                     89,658
     期首残高
                                     ―                     ―
     有形固定資産の取得に伴う増加額
                                    914                     923
     時の経過による調整額
                                     ―                     ―
     資産除去債務の履行による減少額
                                  89,658                     90,582
     期末残高
     (セグメント情報等)

      1.セグメント情報
       (1)報告セグメントの概要
          当社の報告セグメントは、当社の構成単位のうち分離された財務情報が入手可能であり、取締役会
         が、経営資源の配分の決定及び業績を評価するために、定期的に検討を行う対象となっているもので
         あります。
          当社は「投資信託部門」及び「投資顧問部門」ごとに、経営戦略を立案・決定し、経営資源の配分
         及び業績の評価を行っております。
          なお、「投資顧問部門」のセグメントの売上高、利益又は損失の金額及び資産の額がいずれも事業
         セグメントの合計額の10%未満でありますので、報告セグメントは「投資信託部門」のみでありま
         す。
          報告セグメントである「投資信託部門」では投資信託の運用、商品開発等を行っております。
         報告セグメントが1つであり、開示情報としての重要性が乏しいため、セグメント情報の記載を省略
         しております。
       (2)報告セグメントごとの売上高、利益又は損失、資産、負債その他の項目の金額の算定方法

          報告セグメントが1つであり、開示情報としての重要性が乏しいため、セグメント情報の記載を省略
         しております。
                                30/47


                                                          EDINET提出書類
                                               岡三アセットマネジメント株式会社(E12441)
                                                  半期報告書(内国投資信託受益証券)
       (3)報告セグメントごとの売上高、利益又は損失、資産、負債その他の項目の金額に関する情報
          前事業年度      (自2018年4月1日          至2019年3月31日)
          報告セグメントが1つであり、開示情報としての重要性が乏しいため、セグメント情報の記載を省略
         しております。
          当事業年度(自2019年4月1日               至2020年3月31日)

          報告セグメントが1つであり、開示情報としての重要性が乏しいため、セグメント情報の記載を省略
         しております。
       (4)報告セグメント合計額と財務諸表計上額との差額及び当該差額の主な内容(差異調整に関する事

       項)
          前事業年度      (自2018年4月1日          至2019年3月31日)
          報告セグメントが1つであり、開示情報としての重要性が乏しいため、セグメント情報の記載を省略
         しております。
          当事業年度(自2019年4月1日               至2020年3月31日)

          報告セグメントが1つであり、開示情報としての重要性が乏しいため、セグメント情報の記載を省略
         しております。
      2.関連情報

        前事業年度      (自2018年4月1日          至2019年3月31日)
         (1)  製品及びサービスごとの情報
          単一の製品・サービスの区分の外部顧客への営業収益が損益計算書の営業収益の90%を超えるた
          め、記載を省略しております。
         (2)  地域ごとの情報
          ①  営業収益
          本邦の外部顧客への営業収益が損益計算書の営業収益の90%を超えるため、記載を省略しておりま
          す。
          ②  有形固定資産
          本邦以外に所在している有形固定資産がないため、該当事項はありません。
         (3)  主要な顧客ごとの情報
          該当事項はありません。
        当事業年度(自2019年4月1日 至2020年3月31日)

         (1)  製品及びサービスごとの情報
          単一の製品・サービスの区分の外部顧客への営業収益が損益計算書の営業収益の90%を超えるた
          め、記載を省略しております。
         (2)  地域ごとの情報
          ①  営業収益
          本邦の外部顧客への営業収益が損益計算書の営業収益の90%を超えるため、記載を省略しておりま
          す。
          ②  有形固定資産
          本邦以外に所在している有形固定資産がないため、該当事項はありません。
         (3)  主要な顧客ごとの情報
          該当事項はありません。
      3.報告セグメントごとの固定資産の減損損失に関する情報

          該当事項はありません。
      4.報告セグメントごとののれんの償却額及び未償却残高に関する情報

                                31/47


                                                          EDINET提出書類
                                               岡三アセットマネジメント株式会社(E12441)
                                                  半期報告書(内国投資信託受益証券)
          該当事項はありません。
      5.報告セグメントごとの負ののれん発生益に関する情報

          該当事項はありません。
    (関連当事者情報)

      1.関連当事者との取引
      財務諸表提出会社と関連当事者との取引
      前事業年度(自        2018年4月1日       至  2019年3月31日)
         財務諸表提出会社と同一の親会社を持つ会社等

                                議決権等
             会社等の        資本金又は     事業の内
                                の所有    関連当事者           取引金額         期末残高
         種類     名称又は     所在地     出資金     容又は職               取引の内容           科目
                                (被所     との関係           (千円)         (千円)
              氏名        (千円)      業
                                有)割合
                                被所有    当社ファン      支払手数料           未払
       同一の親会社       岡三証券     東京都                              2,526,525         275,275
                      5,000,000      証券業     直 接    ドの募集取      の支払           手 数
       を持つ会社       株式会社     中央区                              (注1)         (注1)
                                 2.30%    扱      (注2)           料
       (注)    1.上記の取引金額には消費税等が含まれておらず、期末残高には消費税等が含まれております。
           2.取引条件及び取引条件の決定方針
             過去の取引条件及びファンドの商品性を勘案して決定しております。
     当事業年度(自        2019年4月1日       至  2020年3月31日)

         財務諸表提出会社と同一の親会社を持つ会社等

                                議決権等
             会社等の        資本金又は     事業の内
                                の所有    関連当事者           取引金額         期末残高
         種類     名称又は     所在地     出資金     容又は職               取引の内容           科目
                                (被所     との関係           (千円)         (千円)
              氏名        (千円)      業
                                有) 割合
                                被所有    当社ファン      支払手数料           未払
       同一の親会社       岡三証券     東京都                              2,453,627         239,547
                      5,000,000      証券業     直 接    ドの募集取      の支払           手 数
       を持つ会社       株式会社     中央区                              (注1)         (注1)
                                 3.43%    扱      (注2)           料
       (注)    1.上記の取引金額には消費税等が含まれておらず、期末残高には消費税等が含まれております。
           2.取引条件及び取引条件の決定方針
             過去の取引条件及びファンドの商品性を勘案して決定しております。
      2.親会社又は重要な関連会社に関する注記

      (1)親会社情報
        株式会社岡三証券グループ(東京証券取引所に上場)
      (2)重要な関連会社の要約財務情報

         該当事項はありません。
      (1株当たり情報)

                                 前事業年度                当事業年度
                               (2019年3月31日)                (2020年3月31日)
     1株当たり純資産額                               22,014円13銭                25,294円50銭
     1株当たり当期純利益金額                                 940円16銭                897円68銭
     (注)1.潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、潜在株式がないため記載しておりません。
       2.1株当たり当期純利益金額の算定上の基礎は、以下のとおりです。
                                 前事業年度                当事業年度
                               ( 自 2018年4月1日             ( 自 2019年4月1日
                                 至 2019年3月31日)                至 2020年3月31日)
                                32/47


                                                          EDINET提出書類
                                               岡三アセットマネジメント株式会社(E12441)
                                                  半期報告書(内国投資信託受益証券)
     当期純利益金額                                775,639千円                615,286千円
     普通株主に帰属しない金額
                                          ―                ―
     普通株式に係る当期純利益                                775,639千円                615,286千円
     普通株式の期中平均株式数                                 825,000株                685,419株
       3.1株当たり純資産額の算定上の基礎は、以下のとおりです。

                                   前事業年度               当事業年度
                                  (2019年3月31日)               (2020年3月31日)
     純資産の部の合計額                                18,161,657千円              14,030,887千円
     純資産の部から控除する合計額
                                           ―              ―
     普通株式に係る期末の純資産額                                18,161,657千円              14,030,887千円
     1株当たり純資産額の算定に用いられた期末の
     普通株式の数                                  825,000株              554,701株
      (重要な後発事象)

       該当事項はありません。
     中間財務諸表

    (1)[中間貸借対照表]
                                 (単位:千円)
                               当中間会計期間
                              (2020年9月30日)
     資産の部
      流動資産
       現金及び預金                              11,998,458
       有価証券                               464,724
       未収委託者報酬                               865,845
       未収運用受託報酬                                6,663
       未収投資助言報酬                                27,181
       その他の流動資産                                68,893
       流動資産合計
                                     13,431,766
      固定資産
       有形固定資産                ※1               260,332
                                       16,299
       無形固定資産
                                      1,651,782
       投資その他の資産
         投資有価証券                             1,373,658
                                       292,634
         その他
                                      △14,510
         貸倒引当金
       固定資産合計                              1,928,414
     資産合計
                                     15,360,181
                                 (単位:千円)


                               当中間会計期間
                              (2020年9月30日)
     負債の部
      流動負債
       預り金                                77,238
       前受運用受託報酬                                1,087
                                33/47


                                                          EDINET提出書類
                                               岡三アセットマネジメント株式会社(E12441)
                                                  半期報告書(内国投資信託受益証券)
       前受投資助言報酬                                  26
       未払金                               513,049
         未払収益分配金                                 3
         未払償還金                               5,001
         未払手数料                              391,959
         その他未払金                              116,085
       賞与引当金                                1,306
       未払法人税等                                47,708
       その他流動負債                ※2               219,967
       流動負債合計
                                       860,383
      固定負債
       退職給付引当金                               314,791
       役員退職慰労引当金                                11,880
       長期未払金                                9,700
       資産除去債務                                91,048
       固定負債合計
                                       427,420
      負債合計
                                      1,287,804
     純資産の部
      株主資本
       資本金                              1,000,000
       資本剰余金 
         資本準備金                              566,500
       資本剰余金合計
                                       566,500
       利益剰余金
         利益準備金                              179,830
         その他利益剰余金
          別途積立金                            5,718,662
          繰越利益剰余金                            6,436,792
         利益剰余金合計
                                     12,335,284
       株主資本合計
                                     13,901,784
      評価・換算差額等
       その他有価証券評価差額金                               170,592
       評価・換算差額等合計
                                       170,592
      純資産合計
                                     14,072,377
     負債・純資産合計
                                     15,360,181
       (2)[中間損益計算書]


                                 (単位:千円)
                              当中間会計期間
                             (自 2020年4月1日
                              至 2020年9月30日)
     営業収益
      委託者報酬                               4,261,056
      運用受託報酬                                 12,466
      投資助言報酬                                 14,439
     営業収益合計
                                      4,287,962
     営業費用
                                      3,143,946
     一般管理費                                1,014,867
     営業利益
                                       129,147
                                34/47


                                                          EDINET提出書類
                                               岡三アセットマネジメント株式会社(E12441)
                                                  半期報告書(内国投資信託受益証券)
     営業外収益                ※1
                                       61,155
     営業外費用                ※2                  26,198
     経常利益
                                       164,104
     特別利益                ※3
                                        2,391
     特別損失                                    -
     税引前中間純利益
                                       166,496
     法人税、住民税及び事業税
                                       36,875
     法人税等調整額                                  53,636
     法人税等合計
                                       90,512
     中間純利益
                                       75,983
    (3)[中間株主資本等変動計算書]


    当中間会計期間(自 2020年4月1日 至 2020年9月30日)
                                                  (単位:千円)
                            株主資本                    評価・換算差額等
                   資本剰余金             利益剰余金
                                                    評価・
                                                         純資産
                                                その他有
                                           株主資本         換算差
                              その他利益剰余金
                     資本剰
                                                         合計
             資本金                                   価証券評
                 資本準        利益準             利益剰余金
                                            合計        額等合
                     余金合
                             別途積立     繰越利益
                                                価差額金
                  備金        備金              合計
                                                     計
                      計
                              金    剰余金
             1,000,000     566,500    566,500    179,830    5,718,662     6,382,996     12,281,488     13,847,988     182,899    182,899    14,030,887
     当期首残高
     当中間期変動額

                                  △22,188     △22,188     △22,188             △22,188

      剰余金の配当
                                   75,983     75,983     75,983             75,983

      中間純利益
      株主資本以外の項
      目の当中間期変動
                                                △12,306    △12,306     △12,306
      額(純額)
     当中間期変動額合
               -    -    -    -     -   53,795     53,795     53,795   △12,306    △12,306      41,489
     計
             1,000,000     566,500    566,500    179,830    5,718,662     6,436,792     12,335,284     13,901,784     170,592    170,592    14,072,377
     当中間期末残高
    重要な会計方針

    1.有価証券の評価基準及び評価方法
       その他有価証券
       時価のあるもの
        中間決算日の市場価格等に基づく時価法(評価差額は全部純資産直入法により処理し、売却原価は総平
        均法により算定)
       時価のないもの
        総平均法による原価法
    2.固定資産の減価償却の方法
    (1)  有形固定資産
        定率法を採用しております。ただし、1998年4月1日以降に取得した建物(建物附属設備を除く)並びに
        2016年4月1日以降に取得した建物附属設備及び構築物については、定額法を採用しております。
        なお、主な耐用年数は以下のとおりです。
         建物   15~18年
         器具備品 4~15年
    (2)  無形固定資産
                                35/47

                                                          EDINET提出書類
                                               岡三アセットマネジメント株式会社(E12441)
                                                  半期報告書(内国投資信託受益証券)
        定額法を採用しております。
        なお、自社利用のソフトウェアについては、社内における利用可能期間(5年)に基づく定額法を採用し
        ております。
    3.引当金の計上基準

    (1)  貸倒引当金
        債権の貸倒れによる損失に備えるため、一般債権については貸倒実績率により、貸倒懸念債権等特定の
        債権については個別に回収可能性を勘案し、回収不能見込額を計上しております。
    (2)  賞与引当金
        従業員の賞与支給に備えるため、当社所定の計算方法による支給見込額の当中間会計期間負担額を計上
        しております。
    (3)  退職給付引当金
        従業員の退職給付に備えるため、当事業年度末における退職給付債務及び年金資産の見込額に基づき、
        当中間会計期間末において発生していると認められる額を計上しております。
       ①  退職給付見込額の期間帰属方法
        退職給付債務の算定にあたり、退職給付見込額を当中間会計期間末までの期間に帰属させる方法につい
        ては、給付算定式基準によっております。
       ②  数理計算上の差異の費用処理方法
        数理計算上の差異は、各事業年度の発生時における従業員の平均残存勤務期間以内の一定の年数(5
        年)による定額法により按分した額をそれぞれ発生の翌事業年度から費用処理しております。
    (4)  役員退職慰労引当金
       役員の退職慰労金の支出に備えるため、当社内規に基づく中間期末要支給見積額を計上しております。
    4.外貨建の資産及び負債の本邦通貨への換算基準
       外貨建金銭債権債務は、中間決算日の直物為替相場により円貨に換算し、換算差額は損益として処理して
       おります。
    5.その他中間財務諸表作成のための基本となる重要な事項
       消費税等の会計処理方法
       消費税及び地方消費税の会計処理は、税抜方式によっております。
       注記事項

    (中間貸借対照表関係)
    ※1有形固定資産の減価償却累計額
                                当中間会計期間
                               (  2020年9月30日)
     建物                               43,580千円
     器具備品                                116,000 〃
     計                                159,580 〃
    ※2消費税等の取扱い

     仮払消費税等及び仮受消費税等は相殺のうえ、流動負債の「その他流動負債」に含めて表示しております。
    (中間損益計算書関係)

    ※1営業外収益の主要項目は、次のとおりであります。
                                当中間会計期間
                               (  自  2020年4月1日
                                至 2020年9月30日)
     受取配当金                                13,005千円
                                36/47


                                                          EDINET提出書類
                                               岡三アセットマネジメント株式会社(E12441)
                                                  半期報告書(内国投資信託受益証券)
     受取補償金                                25,964    〃
     受取保険金
                                      20,000    〃
    ※2営業外費用の主要項目は、次のとおりであります。

                                当中間会計期間
                               (  自  2020年4月1日
                                至 2020年9月30日)
     支払補償費                                25,964千円
    ※3特別利益の主要項目は、次のとおりであります。

                                当中間会計期間
                               (  自  2020年4月1日
                                至 2020年9月30日)
     投資有価証券売却益                                 2,391千円
    4減価償却実施額は、次のとおりであります。

                                当中間会計期間
                               (  自  2020年4月1日
                                至 2020年9月30日)
      有形固定資産                                 18,211千円
      無形固定資産                                  976  〃
    (中間株主資本等変動計算書関係)

    当中間会計期間(自           2020年4月1日       至  2020年9月30日)
    1.発行済株式に関する事項
                    当事業年度期首          当中間会計期間増加         当中間会計期間減少           当中間会計期間末
         株式の種類
       普通株式(株)                  554,701         ―         ―             554,701
    2.剰余金の配当に関する事項

          決議       株式の種類       配当金の総額         1株当たり          基準日         効力発生日
                         (千円)       配当額(円)
       2020年6月23日           普通株式          22,188          40     2020年3月31日          2020年6月24日
       定時株主総会
    (リース取引関係)

    1.ファイナンス・リース取引
      該当事項はありません。
    2.  オペレーティング・リース取引

     (借主側)
      オペレーティング・リース取引のうち解約不能のものに係る未経過リース料
                                   当中間会計期間
                                  (2020年9月30日)
                                       千円
                                  226,338
     1年以内
                                        〃
                                  56,584
     1年超
                                37/47

                                                          EDINET提出書類
                                               岡三アセットマネジメント株式会社(E12441)
                                                  半期報告書(内国投資信託受益証券)
                                        〃
                                  282,922
     合計
    (金融商品関係)

     当中間会計期間(2020年9月30日)
     金融商品の時価等に関する事項
       2020年9月30日における中間貸借対照表計上額、時価及びこれらの差額については、次のとおりでありま
       す。なお時価を把握することが極めて困難と認められるものは含まれておりません((注2)参照)。
                                             (単位:千円)
                        中間貸借対照表計上額                時価         差額
        (1)現金及び預金                     11,998,458           11,998,458             ―
        (2)有価証券                       464,724           464,724           ―
        (3)未収委託者報酬                       865,845           865,845           ―
        (4)投資有価証券                       819,797           819,797           ―
        (5)未払金(未払手数料)                       391,959           391,959           ―
        (6)未払法人税等                        47,708           47,708          ―
    (注1)金融商品の時価の算定方法

      (1)現金及び預金、(3)未収委託者報酬、(5)未払金(未払手数料)、(6)未払法人税等
        これらは短期間で決済されるため、時価は帳簿価額にほぼ等しいことから、当該帳簿価額によっており
       ます。
      (2)有価証券、(4)投資有価証券
        これらの時価について、上場株式は取引所の価格、債券は取引所の価格又は日本証券業協会が公表する
       価格等、投資信託は公表されている基準価額等によっております。また、保有目的ごとの有価証券に関す
       る事項については、注記事項「有価証券関係」をご参照下さい。
    (注2)時価を把握することが極めて困難と認められる金融商品の中間貸借対照表計上額

                                 (単位:千円)
                          当中間会計期間
             区分
                         (  2020年9月30日)
           非上場株式                 553,861
         非上場株式については、市場価額がなく、時価を把握することが極めて困難と認められるため、
         「(4)投資有価証券」には含めておりません。
    (有価証券関係)

        1.その他有価証券
         当中間会計期間(2020年9月30日)
                                                (単位:千円)
              区分             種類          中間貸借        取得原価         差額
                                     対照表
                                     計上額
          中間貸借対照表計上
          額が取得原価を超え
                      (1)株式
                                      614,806        341,156        273,650
          るもの
                      (2)債券
                        ①  国債・地方債等               ―        ―        ―
                                38/47

                                                          EDINET提出書類
                                               岡三アセットマネジメント株式会社(E12441)
                                                  半期報告書(内国投資信託受益証券)
                        ②  社債               ―        ―        ―
                        ③  その他               ―        ―        ―
                      (3)その他                106,359         94,000        12,359
              小計
                                      721,165        435,156        286,009
          中間貸借対照表計上
          額が取得原価を超え
                      (1)株式
                                         ―        ―        ―
          ないもの
                      (2)債券
                        ①  国債・地方債等               ―        ―        ―
                        ②  社債               ―        ―        ―
                        ③  その他               ―        ―        ―
                      (3)その他                563,356        603,483       △40,127
              小計
                                      563,356        603,483       △40,127
              合計
                                     1,284,521        1,038,639         245,881
        (注)非上場株式(中間貸借対照表計上額 553,861千円)については、市場価格がなく、時価を

            把握することが極めて困難と認められることから、上表の「その他有価証券」には含めてお
            りません。
     (デリバティブ取引関係)

        当中間会計期間(2020年9月30日)
         当社は、デリバティブ取引を利用していないため該当事項はありません。
    (資産除去債務関係)

       資産除去債務のうち中間貸借対照表に計上しているもの
       当該資産除去債務の総額の増減
                                   当中間会計期間
                                  (  自  2020年4月1日
                                   至 2020年9月30
                                     日)
                                       千円
                                  90,582
     期首残高
                                        〃
                                    466
     時の経過による調整額
                                        〃
                                  91,048
     当中間会計期間末残高
     (セグメント情報等)

        1.セグメント情報
         当中間会計期間(自2020年4月1日                  至2020年9月30日)
          当社は「投資信託部門」及び「投資顧問部門」ごとに、経営戦略を立案・決定し、経営資源の配分
         及び業績の評価を行っております。
         なお「投資顧問部門」のセグメントの営業収益、利益又は損失の金額及び資産の額がいずれも事業セ
         グメントの合計額の10%未満でありますので、報告セグメントは「投資信託部門」のみであります。
         報告セグメントである「投資信託部門」では投資信託の運用、商品開発等を行っております。報告セ
         グメントが1つであり、開示情報としての重要性が乏しいため、セグメント情報の記載を省略しており
         ます。
        2.関連情報

         当中間会計期間(自2020年4月1日 至2020年9月30日)
                                39/47


                                                          EDINET提出書類
                                               岡三アセットマネジメント株式会社(E12441)
                                                  半期報告書(内国投資信託受益証券)
         (1)製品及びサービスごとの情報
          単一の製品・サービスの区分の外部顧客への営業収益が中間損益計算書の営業収益の90%を超える
          ため、記載を省略しております。
         (2)地域ごとの情報

          ①営業収益
           本邦の外部顧客への営業収益が中間損益計算書の営業収益の90%を超えるため、記載を省略して
           おります。
          ②有形固定資産
           本邦に所在している有形固定資産の金額が中間貸借対照表の有形固定資産の金額の90%を超える
           ため、記載を省略しております。
         (3)主要な顧客ごとの情報

           該当事項はありません。
        3.報告セグメントごとの固定資産の減損損失に関する情報

         当中間会計期間(自2020年4月1日 至2020年9月30日)
         該当事項はありません。
        4.報告セグメントごとののれんの償却額及び未償却残高に関する情報

         当中間会計期間(自2020年4月1日 至2020年9月30日)
         該当事項はありません。
        5.報告セグメントごとの負ののれん発生益に関する情報

         当中間会計期間(自2020年4月1日 至2020年9月30日)
         該当事項はありません。
    (1株当たり情報)

       1株当たり純資産額及び算定上の基礎並びに1株当たり中間純利益金額及び算定上の基礎は、以下のとお
       りであります。
                                      当中間会計期間
                                      (2020年9月30日)
     (1)1株当たり純資産額                                      25,369円30銭
      (算定上の基礎)
        純資産の部の合計額(千円)                                     14,072,377
        純資産の部の合計額から控除する金額(千円)
                                                ―
        普通株式に係る中間期末(期末)の純資産額(千円)                                     14,072,377
       普通株式の発行済株式数(株)                                         554,701
        1株当たり純資産額の算定に用いられた
       中間期末(期末)の普通株式の数(株)                                         554,701
                                      当中間会計期間

                                     (  自  2020年4月1日
                                     至 2020年9月30日)
     (2)1株当たり中間純利益金額                                        136円98銭
      (算定上の基礎)
       中間純利益金額(千円)                                        75,983
       普通株主に帰属しない金額(千円)
                                                ―
       普通株式に係る中間純利益金額(千円)                                        75,983
       普通株式の期中平均株式数(株)                                       554,701
    (注)潜在株式調整後1株当たり中間純利益金額については、潜在株式は存在しないため、記載しておりません。
                                40/47


                                                          EDINET提出書類
                                               岡三アセットマネジメント株式会社(E12441)
                                                  半期報告書(内国投資信託受益証券)
    (重要な後発事象)
       当社は、2020年11月20日開催の取締役会において、2020年12月1日に当社の親会社である株式会社岡三証
       券グループに対して6,000,000千円を極度額として貸付を行うことを決議し、2020年12月1日に5,000,000
       千円の貸付を実行しております。
                                41/47



















                                                          EDINET提出書類
                                               岡三アセットマネジメント株式会社(E12441)
                                                  半期報告書(内国投資信託受益証券)
                      独  立  監  査  人  の  監  査  報  告  書
                                                    2020年6月23日
     岡三アセットマネジメント株式会社
      取 締 役 会  御中
                       東 陽 監 査 法 人

                         東京事務所
                         指定社     員

                                   公認会計士        榎倉昭夫 印
                         業務執行社      員
                         指定社     員

                                   公認会計士        大橋 睦 印
                         業務執行社      員
    監査意見

      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づく監査証明を行うため、「委託会
    社等の経理状況」に掲げられている岡三アセットマネジメント株式会社の2019年4月1日から2020年
    3月31日までの第56期事業年度の財務諸表、すなわち、                                貸借対照表、損益計算書、株主資本等変動計
    算書、重要な会計方針及びその他の注記                     について監査を行った。
      当監査法人は、上記の財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に
    準拠して、岡三アセットマネジメント株式会社の2020年3月31日現在の                                         財政状態及び同日をもって終
    了する事業年度の経営成績              を、全ての重要な点において適正に表示しているものと認める。
    監査意見の根拠

      当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に準拠して監査を行った。
    監査の基準における当監査法人の責任は、「財務諸表監査における監査人の責任」に記載されてい
    る。当監査法人は、我が国における職業倫理に関する規定に従って、会社から独立しており、また、
    監査人としてのその他の倫理上の責任を果たしている。当監査法人は、意見表明の基礎となる十分か
    つ適切な監査証拠を入手したと判断している。
    財務諸表に対する経営者並びに監査役及び監査役会の責任

      経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して財務諸表
    を作成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない財務諸表
    を作成し適正に表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれ
    る。
      財務諸表を作成するに当たり、経営者は、継続企業の前提に基づき財務諸表を作成することが適切
    であるかどうかを評価し、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に基づいて継
    続企業に関する事項を開示する必要がある場合には当該事項を開示する責任がある。
      監査役及び監査役会の責任は、財務報告プロセスの整備及び運用における取締役の職務の執行を監
    視することにある。
    財務諸表監査における監査人の責任

      監査人の責任は、監査人が実施した監査に基づいて、全体としての財務諸表に不正又は誤謬による
    重要な虚偽表示がないかどうかについて合理的な保証を得て、監査報告書において独立の立場から財
    務諸表に対する意見を表明することにある。虚偽表示は、不正又は誤謬により発生する可能性があ
    り、個別に又は集計すると、財務諸表の利用者の意思決定に影響を与えると合理的に見込まれる場合
    に、重要性があると判断される。
      監査人は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に従って、監査の過程を通じ
    て、職業的専門家としての判断を行い、職業的懐疑心を保持して以下を実施する。
                                42/47


                                                          EDINET提出書類
                                               岡三アセットマネジメント株式会社(E12441)
                                                  半期報告書(内国投資信託受益証券)
    ・    不正又は誤謬による重要な虚偽表示リスクを識別し、評価する。また、重要な虚偽表示リスク
      に対応した監査手続を立案し、実施する。監査手続の選択及び適用は監査人の判断による。さら
      に、  意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手する。
    ・    財務諸表監査の目的は、内部統制の有効性について意見表明するためのものではないが、監査
      人は、リスク評価の実施に際して、状況に応じた適切な監査手続を立案するために、監査に関連す
      る内部統制を検討する。
    ・    経営者が採用した会計方針及びその適用方法の適切性、並びに経営者によって行われた会計上
      の見積りの合理性及び関連する注記事項の妥当性を評価する。
    ・    経営者が継続企業を前提として財務諸表を作成することが適切であるかどうか、また、入手し
      た監査証拠に基づき、継続企業の前提に重要な疑義を生じさせるような事象又は状況に関して重要
      な不確実性が認められるかどうか結論付ける。継続企業の前提に関する重要な不確実性が認められ
      る場合は、監査報告書において財務諸表の注記事項に注意を喚起すること、又は重要な不確実性に
      関する財務諸表の注記事項が適切でない場合は、財務諸表に対して除外事項付意見を表明すること
      が求められている。監査人の結論は、監査報告書日までに入手した監査証拠に基づいているが、将
      来の事象や状況により、企業は継続企業として存続できなくなる可能性がある。
    ・    財務諸表の表示及び注記事項が、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準
      に準拠しているかどうかとともに、関連する注記事項を含めた財務諸表の表示、構成及び内容、並
      びに財務諸表が基礎となる取引や会計事象を適正に表示しているかどうかを評価する。
      監査人は、監査役及び監査役会に対して、計画した監査の範囲とその実施時期、監査の実施過程で
    識別した内部統制の重要な不備を含む監査上の重要な発見事項、及び監査の基準で求められているそ
    の他の事項について報告を行う。
    利害関係

      会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係は
    ない。
                                                        以  上

    (注)1.上記は監査報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社が別途保管しております。

       2.XBRLデータは監査の対象には含まれていません。
                                43/47









                                                          EDINET提出書類
                                               岡三アセットマネジメント株式会社(E12441)
                                                  半期報告書(内国投資信託受益証券)
                    独立監査人の中間監査報告                     書

                                                   2020年12月2日
     岡三アセットマネジメント株式会社
      取締役会 御中
                      東 陽 監 査 法 人

                       東京事務所
                         指定社     員

                                   公認会計士        榎倉昭夫 印
                         業務執行社      員
                         指定社     員

                                   公認会計士        大橋 睦 印
                         業務執行社      員
    中間監査意見

      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づく監査証明を行うため、「委託会
    社等の経理状況」に掲げられている岡三アセットマネジメント株式会社の2020年4月1日から2021年
    3月31日までの第57期事業年度の中間会計期間(2020年4月1日から2020年9月30日まで)に係る中
    間財務諸表、すなわち、中間貸借対照表、中間損益計算書、中間株主資本等変動計算書、重要な会計
    方針及びその他の注記について中間監査を行った。
      当監査法人は、上記の中間財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認められる中間財務諸表
    の作成基準に準拠して、岡三アセットマネジメント株式会社の2020年9月30日現在の財政状態及び同
    日をもって終了する中間会計期間(2020年4月1日から2020年9月30日まで)の経営成績に関する有
    用な情報を表示しているものと認める。
    中間監査意見の根拠

      当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる中間監査の基準に準拠して中間監査を
    行った。中間監査の基準における当監査法人の責任は、「中間財務諸表監査における監査人の責任」
    に記載されている。当監査法人は、我が国における職業倫理に関する規定に従って、会社から独立し
    ており、また、監査人としてのその他の倫理上の責任を果たしている。当監査法人は、中間監査の意
    見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手したと判断している。
    中間財務諸表に対する経営者並びに監査役及び監査役会の責任

      経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる中間財務諸表の作成基準に準拠して
    中間財務諸表を作成し有用な情報を表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽
    表示のない中間財務諸表を作成し有用な情報を表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整
    備及び運用することが含まれる。
      中間財務諸表を作成するに当たり、経営者は、継続企業の前提に基づき中間財務諸表を作成するこ
    とが適切であるかどうかを評価し、我が国において一般に公正妥当と認められる中間財務諸表の作成
    基準に基づいて継続企業に関する事項を開示する必要がある場合には当該事項を開示する責任があ
    る。
      監査役及び監査役会の責任は、財務報告プロセスの整備及び運用における取締役の職務の執行を監
    視することにある。
    中間財務諸表監査における監査人の責任

      監査人の責任は、監査人が実施した中間監査に基づいて、全体として中間財務諸表の有用な情報の
    表示に関して投資者の判断を損なうような重要な虚偽表示がないかどうかの合理的な保証を得て、中
    間監査報告書において独立の立場から中間財務諸表に対する意見を表明することにある。虚偽表示
    は、不正又は誤謬により発生する可能性があり、個別に又は集計すると、中間財務諸表の利用者の意
                                44/47


                                                          EDINET提出書類
                                               岡三アセットマネジメント株式会社(E12441)
                                                  半期報告書(内国投資信託受益証券)
    思決定に影響を与えると合理的に見込まれる場合に、重要性があると判断される。
      監査人は、我が国において一般に公正妥当と認められる中間監査の基準に従って、中間監査の過程
    を通じて、職業的専門家としての判断を行い、職業的懐疑心を保持して以下を実施する。
      ・   不正又は誤謬による中間財務諸表の重要な虚偽表示リスクを識別し、評価する。また、重要な

       虚偽表示リスクに対応する中間監査手続を立案し、実施する。中間監査手続の選択及び適用は監
       査人の判断による。さらに、中間監査の意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手す
       る。なお、中間監査手続は、年度監査と比べて監査手続の一部が省略され、監査人の判断によ
       り、不正又は誤謬による中間財務諸表の重要な虚偽表示リスクの評価に基づいて、分析的手続等
       を中心とした監査手続に必要に応じて追加の監査手続が選択及び適用される。
      ・   中間財務諸表監査の目的は、内部統制の有効性について意見表明するためのものではないが、
       監査人は、リスク評価の実施に際して、状況に応じた適切な中間監査手続を立案するために、中
       間財務諸表の作成と有用な情報の表示に関連する内部統制を検討する。
      ・   経営者が採用した会計方針及びその適用方法並びに経営者によって行われた会計上の見積りの
       合理性及び関連する注記事項の妥当性を評価する。
      ・   経営者が継続企業を前提として中間財務諸表を作成することが適切であるかどうか、また、入
       手した監査証拠に基づき、継続企業の前提に重要な疑義を生じさせるような事象又は状況に関し
       て重要な不確実性が認められるかどうか結論付ける。継続企業の前提に関する重要な不確実性が
       認められる場合は、中間監査報告書において中間財務諸表の注記事項に注意を喚起すること、又
       は重要な不確実性に関する中間財務諸表の注記事項が適切でない場合は、中間財務諸表に対して
       除外事項付意見を表明することが求められている。監査人の結論は、中間監査報告書日までに入
       手した監査証拠に基づいているが、将来の事象や状況により、企業は継続企業として存続できな
       くなる可能性がある。
      ・   中間財務諸表の表示及び注記事項が、我が国において一般に公正妥当と認められる中間財務諸
       表の作成基準に準拠しているかどうかとともに、関連する注記事項を含めた中間財務諸表の表
       示、構成及び内容、並びに中間財務諸表が基礎となる取引や会計事象に関して有用な情報を表示
       しているかどうかを評価する。
      監査人は、監査役及び監査役会に対して、計画した中間監査の範囲とその実施時期、中間監査の実
    施過程で識別した内部統制の重要な不備を含む中間監査上の重要な発見事項、及び中間監査の基準で
    求められているその他の事項について報告を行う。
    利害関係

      会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係は
    ない。
                                                        以  上

    (注)1.上記は中間監査報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社が別途保管しております。

       2.XBRLデータは監査の対象には含まれていません。
                                45/47






                                                          EDINET提出書類
                                               岡三アセットマネジメント株式会社(E12441)
                                                  半期報告書(内国投資信託受益証券)
                      独立監査人の中間監査報告書

                                                   2021年2月10日

     岡三アセットマネジメント株式会社
       取締役会 御中

                         東  陽  監  査  法  人
                     東京事務所
                          指定社     員

                                    公認会計士        宝金正典 印
                          業務執行社      員
                          指定社     員

                                    公認会計士        猿渡裕子 印
                          業務執行社      員
    中間監査意見

      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づく監査証明を行うため、「ファ
    ンドの経理状況」に掲げられている「日経225インデックス・オープン」の2020年7月8日から
    2021年1月7日までの中間計算期間の中間財務諸表、すなわち、中間貸借対照表、中間損益及び剰
    余金計算書並びに中間注記表について中間監査を行った。
      当監査法人は、上記の中間財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認められる中間財務諸
    表の作成基準に準拠して、「日経225インデックス・オープン」の2021年1月7日現在の信託財
    産の状態及び同日をもって終了する中間計算期間(2020年7月8日から2021年1月7日まで)の損
    益の状況に関する有用な情報を表示しているものと認める。
    中間監査意見の根拠

      当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる中間監査の基準に準拠して中間監査
    を行った。中間監査の基準における当監査法人の責任は、「中間財務諸表監査における監査人の責
    任」に記載されている。当監査法人は、我が国における職業倫理に関する規定に従って、岡三ア
    セットマネジメント株式会社及びファンドから独立しており、また、監査人としてのその他の倫理
    上の責任を果たしている。当監査法人は、中間監査の意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証
    拠を入手したと判断している。
    中間財務諸表に対する経営者の責任

      経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる中間財務諸表の作成基準に準拠し
    て中間財務諸表を作成し有用な情報を表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な
    虚偽表示のない中間財務諸表を作成し有用な情報を表示するために経営者が必要と判断した内部統
    制を整備及び運用することが含まれる。
      中間財務諸表を作成するに当たり、経営者は、継続企業の前提に基づき中間財務諸表を作成する
    ことが適切であるかどうかを評価し、我が国において一般に公正妥当と認められる中間財務諸表の
    作成基準に基づいて継続企業に関する事項を開示する必要がある場合には当該事項を開示する責任
    がある。
    中間財務諸表監査における監査人の責任

      監査人の責任は、監査人が実施した中間監査に基づいて、全体として中間財務諸表の有用な情報
    の表示に関して投資者の判断を損なうような重要な虚偽表示がないかどうかの合理的な保証を得
    て、中間監査報告書において独立の立場から中間財務諸表に対する意見を表明することにある。虚
    偽表示は、不正又は誤謬により発生する可能性があり、個別に又は集計すると、中間財務諸表の利
    用者の意思決定に影響を与えると合理的に見込まれる場合に、重要性があると判断される。
      監査人は、我が国において一般に公正妥当と認められる中間監査の基準に従って、中間監査の過
    程を通じて、職業的専門家としての判断を行い、職業的懐疑心を保持して以下を実施する。
    ・ 不正又は誤謬による中間財務諸表の重要な虚偽表示リスクを識別し、評価する。また、重要な虚
      偽表示リスクに対応する中間監査手続を立案し、実施する。中間監査手続の選択及び適用は監査人
      の判断による。さらに、中間監査の意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手する。な
                                46/47


                                                          EDINET提出書類
                                               岡三アセットマネジメント株式会社(E12441)
                                                  半期報告書(内国投資信託受益証券)
      お、中間監査手続は、年度監査と比べて監査手続の一部が省略され、監査人の判断により、不正又
      は誤謬による中間財務諸表の重要な虚偽表示リスクの評価に基づいて、分析的手続等を中心とした
      監 査手続に必要に応じて追加の監査手続が選択及び適用される。
    ・ 中間財務諸表監査の目的は、内部統制の有効性について意見表明するためのものではないが、監
      査人は、リスク評価の実施に際して、状況に応じた適切な中間監査手続を立案するために、中間財
      務諸表の作成と有用な情報の表示に関連する内部統制を検討する。
    ・ 経営者が採用した会計方針及びその適用方法並びに経営者によって行われた会計上の見積りの合
      理性及び関連する注記事項の妥当性を評価する。
    ・ 経営者が継続企業を前提として中間財務諸表を作成することが適切であるかどうか、また、入手
      した監査証拠に基づき、継続企業の前提に重要な疑義を生じさせるような事象又は状況に関して重
      要な不確実性が認められるかどうか結論付ける。継続企業の前提に関する重要な不確実性が認めら
      れる場合は、中間監査報告書において中間財務諸表の注記事項に注意を喚起すること、又は重要な
      不確実性に関する中間財務諸表の注記事項が適切でない場合は、中間財務諸表に対して除外事項付
      意見を表明することが求められている。監査人の結論は、中間監査報告書日までに入手した監査証
      拠に基づいているが、将来の事象や状況により、ファンドは継続企業として存続できなくなる可能
      性がある。
    ・ 中間財務諸表の表示及び注記事項が、我が国において一般に公正妥当と認められる中間財務諸表
      の作成基準に準拠しているかどうかとともに、関連する注記事項を含めた中間財務諸表の表示、構
      成及び内容、並びに中間財務諸表が基礎となる取引や会計事象に関して有用な情報を表示している
      かどうかを評価する。
      監査人は、経営者に対して、計画した中間監査の範囲とその実施時期、中間監査の実施過程で識
    別した内部統制の重要な不備を含む中間監査上の重要な発見事項、及び中間監査の基準で求められ
    ているその他の事項について報告を行う。
    利害関係

      岡三アセットマネジメント株式会社及びファンドと当監査法人又は業務執行社員との間には、公認
    会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                        以  上

    (注)1.上記は中間監査報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社が別途保管しております。

       2.XBRLデータは監査の対象には含まれていません。
                                47/47









PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

書類提出日で検索

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2020年12月21日

新規上場の通知機能を追加しました。Myページにて通知の設定が行えます。

2020年9月22日

企業・投資家の個別ページに掲載情報を追加しました。また、併せて細かい改修を行いました。

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。

スポンサーリンク