株式会社ジーネクスト 有価証券届出書(新規公開時)

提出書類 有価証券届出書(新規公開時)
提出日
提出者 株式会社ジーネクスト
カテゴリ 有価証券届出書(新規公開時)

                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社ジーネクスト(E36398)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    【表紙】
    【提出書類】                       有価証券届出書

    【提出先】                       関東財務局長

    【提出日】                       2021年2月22日

    【会社名】                       株式会社ジーネクスト

    【英訳名】                       G-NEXT    Inc.

    【代表者の役職氏名】                       代表取締役 横治 祐介

    【本店の所在の場所】                       東京都千代田区飯田橋四丁目7番1号

    【電話番号】                       03-5962-5170(代表)

    【事務連絡者氏名】                       取締役CFO 三ヶ尻 秀樹

    【最寄りの連絡場所】                       東京都千代田区飯田橋四丁目7番1号

    【電話番号】                       03-5962-5170(代表)

    【事務連絡者氏名】                       取締役CFO 三ヶ尻 秀樹

    【届出の対象とした募集(売出)有価証券の種類】                       株式

    【届出の対象とした募集(売出)金額】                       募集金額

                           ブックビルディング方式による募集                       336,175,000円
                           売出金額
                           (引受人の買取引受による売出し)

                           ブックビルディング方式による売出し                       233,345,000      円
                           (オーバーアロットメントによる売出し)
                           ブックビルディング方式による売出し                        94,242,000     円
                           (注) 募集金額は、有価証券届出書提出時における見込額(会社法
                              上の払込金額の総額)であり、売出金額は、有価証券届出書
                              提出時における見込額であります。
    【縦覧に供する場所】                       該当事項はありません。
                                  1/173






                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社ジーネクスト(E36398)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    第一部     【証券情報】
    第1   【募集要項】

    1  【新規発行株式】

         種類           発行数(株)                      内容

                              完全議決権株式であり、権利内容に何ら限定のない当社
        普通株式              350,000    (注)2    における標準となる株式であります。
                              なお、単元株式数は100株であります。
     (注)   1.2021年2月22日開催の取締役会決議によっております。
       2.発行数については、2021年3月9日開催予定の取締役会において変更される可能性があります。
       3.  「第1 募集要項」に記載の募集(以下「本募集」という。)及び本募集と同時に行われる後記「第2 売出
         要項 1 売出株式(引受人の買取引受による売出し)」に記載の売出し(以下「引受人の買取引受による売
         出し」という。)に伴い、その需要状況等を勘案し、83,400株を上限として、SMBC日興証券株式会社が
         当社株主である横治祐介(以下「貸株人」という。)より借り入れる当社普通株式の売出し(以下「オーバー
         アロットメントによる売出し」という。)を行う場合があります。オーバーアロットメントによる売出しに
         関しましては、後記「募集又は売出しに関する特別記載事項 2 オーバーアロットメントによる売出し等
         について」をご参照ください。
         これに関連して、当社は、2021年2月22日開催の取締役会において、本募集及び引受人の買取引受による売
         出しとは別に、SMBC日興証券株式会社を割当先とする第三者割当による当社普通株式83,400株の新規発
         行(以下「本第三者割当増資」という。)を決議しております。その内容に関しましては、後記「募集又は売
         出しに関する特別記載事項 3 第三者割当増資について」をご参照ください。
       4.本募集及び引受人の買取引受による売出しに関連してロックアップに関する合意がなされておりますが、そ
         の内容に関しましては、後記「募集又は売出しに関する特別記載事項 4 ロックアップについて」をご参
         照ください。
       5.当社の定める振替機関の名称及び住所は、以下のとおりであります。
         名称:株式会社証券保管振替機構
         住所:東京都中央区日本橋茅場町二丁目1番1号
                                  2/173











                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社ジーネクスト(E36398)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    2  【募集の方法】
      2021年3月17日に決定される予定の引受価額にて、当社と元引受契約を締結する予定の後記「4 株式の引受け」
     欄記載の金融商品取引業者(以下「第1 募集要項」において「引受人」という。)は、買取引受けを行い、当該引受
     価額と異なる価額(発行価格)で募集を行います。引受価額は2021年3月9日開催予定の取締役会において決定される
     会社法上の払込金額(発行価額)以上の価額となります。引受人は払込期日に引受価額の総額を当社に払込み、本募集
     における発行価格の総額との差額は引受人の手取金といたします。当社は、引受人に対して引受手数料を支払いませ
     ん。
      なお、本募集は、株式会社東京証券取引所(以下「取引所」という。)の定める「有価証券上場規程施行規則」第233
     条に規定するブックビルディング方式(株式の取得の申込みの勧誘時において発行価格又は売出価格に係る仮条件を投
     資家に提示し、株式に係る投資家の需要状況等を把握した上で発行価格等を決定する方法をいう。)により決定する価
     格で行います。
          区分            発行数(株)          発行価額の総額(円)             資本組入額の総額(円)
    入札方式のうち入札による募集                        ―              ―              ―

    入札方式のうち入札によらない
                            ―              ―              ―
    募集
    ブックビルディング方式                     350,000            336,175,000              181,930,000
        計(総発行株式)                  350,000            336,175,000              181,930,000

     (注)   1.全株式を引受人の買取引受けにより募集いたします。
       2.上場前の公募増資を行うに際しての手続き等は、取引所の定める「有価証券上場規程施行規則」により規定
         されております。
       3.発行価額の総額は、会社法上の払込金額の総額であり、有価証券届出書提出時における見込額であります。
       4.資本組入額の総額は、会社法上の増加する資本金の額であり、会社計算規則第14条第1項に従い算出される
         資本金等増加限度額(見込額)の2分の1相当額を資本金に計上することを前提として算出した見込額であり
         ます。また、2021年2月22日開催の取締役会において、会社法上の増加する資本金の額は、2021年3月17日
         に決定される予定の引受価額に基づき、会社計算規則第14条第1項に従い算出される資本金等増加限度額の
         2分の1の金額とし、計算の結果1円未満の端数が生じたときは、その端数を切り上げるものとし、会社法
         上の増加する資本準備金の額は、当該資本金等増加限度額から上記の増加する資本金の額を減じた額とする
         ことを決議しております。
       5.有価証券届出書提出時における想定発行価格(                       1,130   円)で算出した場合、本募集における発行価格の総額(見
         込額)は    395,500,000      円となります。
                                  3/173










                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社ジーネクスト(E36398)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    3  【募集の条件】
     (1)  【入札方式】
      ①  【入札による募集】
        該当事項はありません。
      ②  【入札によらない募集】

        該当事項はありません。
     (2)  【ブックビルディング方式】

     発行     引受     払込     資本    申込株                   申込

     価格     価額     金額    組入額     数単位         申込期間          証拠金        払込期日
     (円)     (円)     (円)     (円)     (株)                   (円)
     未定     未定     未定     未定         自 2021年3月18日(木)              未定
                        100                      2021年3月24日(水)
    (注)1     (注)1     (注)2     (注)3          至 2021年3月23日(火)             (注)4
     (注)   1.発行価格は、ブックビルディング方式によって決定いたします。
         発行価格の決定に当たり、2021年3月9日に仮条件を提示する予定であります。
         当該仮条件による需要状況、上場日までの価格変動リスク等を総合的に勘案した上で、2021年3月17日に発
         行価格及び引受価額を決定する予定であります。
         仮条件は、事業内容、経営成績及び財政状態、事業内容等の類似性が高い上場会社との比較、価格算定能力
         が高いと推定される機関投資家等の意見その他を総合的に勘案して決定する予定であります。
         需要の申込みの受付けに当たり、引受人は、当社株式が市場において適正な評価を受けることを目的に、機
         関投資家等を中心に需要の申告を促す予定であります。
       2.払込金額は、会社法上の払込金額であり、2021年3月9日開催予定の取締役会において決定します。また、
         前記「2 募集の方法」の冒頭に記載のとおり、会社法上の払込金額及び2021年3月17日に決定される予定
         の発行価格、引受価額とは各々異なります。発行価格と引受価額との差額の総額は、引受人の手取金となり
         ます。
       3.資本組入額は、前記「2 募集の方法」に記載の資本組入額の総額を、前記「2 募集の方法」に記載の発
         行数で除した金額とし、2021年3月17日に決定する予定であります。
       4.申込証拠金は、発行価格と同一の金額とし、利息をつけません。なお、申込証拠金のうち引受価額相当額
         は、払込期日に新株式払込金に振替充当いたします。
       5.株式受渡期日は、2021年3月25日(以下「上場(売買開始)日」という。)の予定であります。本募集に係る株
         式は、株式会社証券保管振替機構(以下「機構」という。)の「株式等の振替に関する業務規程」に従い、機
         構にて取扱いますので、上場(売買開始)日から売買を行うことができます。
       6.申込みの方法は、申込期間内に後記申込取扱場所へ申込証拠金を添えて申込みをするものといたします。
       7.申込みに先立ち、2021年3月10日から2021年3月16日までの間で引受人に対して、当該仮条件を参考として
         需要の申告を行うことができます。当該需要の申告は変更又は撤回することが可能であります。
         販売に当たりましては、取引所の「有価証券上場規程」に定める株主数基準の充足、上場後の株式の流通性
         の確保等を勘案し、需要の申告を行わなかった投資家にも販売が行われることがあります。
         引受人及びその委託販売先金融商品取引業者は、各社の定める配分に係る基本方針及び社内規則等に従い販
         売を行う方針であります。配分に係る基本方針については各社の店頭における表示又はホームページにおけ
         る表示等をご確認ください。
       8.引受価額が会社法上の払込金額を下回る場合は本募集を中止いたします。
      ①  【申込取扱場所】

        後記「4 株式の引受け」欄記載の引受人及びその委託販売先金融商品取引業者の全国の本支店及び営業所で
       申込みの取扱いをいたします。
      ②  【払込取扱場所】

                店名                          所在地

    株式会社三井住友銀行 飯田橋支店                           東京都新宿区揚場町         1番18号

     (注) 上記の払込取扱場所での申込みの取扱いは行いません。
                                  4/173



                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社ジーネクスト(E36398)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    4  【株式の引受け】
                                     引受株式数

      引受人の氏名又は名称                    住所                     引受けの条件
                                      (株)
                                           1.買取引受けによります。
    SMBC日興証券株式会社              東京都千代田区丸の内三丁目3番1号
                                           2.引受人は新株式払込金と
    大和証券株式会社              東京都千代田区丸の内一丁目9番1号
                                             して、払込期日までに払
                                             込取扱場所へ引受価額と
    みずほ証券株式会社              東京都千代田区大手町一丁目5番1号
                                             同額を払込むことといた
    マネックス証券株式会社              東京都港区赤坂一丁目12番32号
                                             します。
                  東京都中央区日本橋茅場町一丁目5番
                                           3.引受手数料は支払われま
    いちよし証券株式会社
                  8号
                                      未定
                                             せん。ただし、発行価格
    丸三証券株式会社              東京都千代田区麹町三丁目3番6
                                             と引受価額との差額の総
                  大阪府大阪市中央区今橋一丁目8番12
                                             額は引受人の手取金とな
    岩井コスモ証券株式会社
                  号
                                             ります。
    水戸証券株式会社              東京都中央区日本橋二丁目3番10号
                  東京都中央区日本橋茅場町一丁目4番
    極東証券株式会社
                  7号
    松井証券株式会社              東京都千代田区麹町一丁目4番地
          計                ―            350,000           ―
     (注)   1.各引受人の引受株式数は、2021年3月9日に決定する予定であります。
       2.上記引受人と発行価格決定日(2021年3月17日)に元引受契約を締結する予定であります。
       3.引受人は、上記引受株式数のうち、2,000株を上限として、全国の販売を希望する引受人以外の金融商品取
         引業者に販売を委託する方針であります。
    5  【新規発行による手取金の使途】

     (1)  【新規発行による手取金の額】
        払込金額の総額(円)                 発行諸費用の概算額(円)                   差引手取概算額(円)

               363,860,000                   8,000,000                 355,860,000

     (注)   1.払込金額の総額は、会社法上の払込金額の総額とは異なり、新規発行に際して当社に払い込まれる引受価額
         の総額であり、有価証券届出書提出時における想定発行価格(1,130円)を基礎として算出した見込額であり
         ます。
       2.引受手数料は支払わないため、発行諸費用の概算額は、これ以外の費用を合計したものであります。また、
         消費税及び地方消費税(以下「消費税等」という。)は含まれておりません。
     (2)  【手取金の使途】

       上記の手取概算額355,860千円に本第三者割当増資の手取概算額上限86,399千円と合わせた、手取概算額合計上限
      442,259千円について、           当社の主たるソリューションである「Discoveriez」の更なる機能強化や新機能開発等を行
      うにあたり必要となる優秀な人材を確保するため、エンジニア、営業及びカスタマーサクセス等の人件費・採用
      費、さらに、当社サービスの認知度向上のための広告宣伝費として充当する予定であります。具体的には以下のと
      おりであります。
      ①「Discoveriez」の機能強化                133,000    千円

      (2022年3月期:66,000千円、2023年3月期:67,000千円)
      当社の主たるソリューションである「Discoveriez」の標準機能を増やし、より魅力あるソリューションに高めてい
      くことが収益向上への成功要因の一つとなります。具体的には、スマートフォン対応や音声認識等の要素技術の研
      究などの強化に充当する予定であります。
      ②エンジニア、営業及びカスタマーサクセス等の人件費・採用費                                122,659    千円

      (2022年3月期:        40,886   千円、2023年3月期:          81,773   千円)
      当社は、国内DX市場において顧客対応窓口向けのソリューションを提供していますが、事業規模及び事業領域の更
      なる拡大のためには、特に営業部門・開発部門において一層の人員採用の強化が必要であると考えております。そ
      のための資金として、採用費及び人件費に充当する予定であります。
                                  5/173


                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社ジーネクスト(E36398)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      ③当社サービスの認知度向上のための広告宣伝費                         184,800    千円

      (2022年3月期:        34,800   千円、2023年3月期:          150,000    千円)
      今後継続的に当社システム「Discoveriez」の認知度の向上を図っていくための広告宣伝費として充当する予定であ
      ります。
       残額については、2023年3月期以降の将来の新規事業や海外進出に備え、運転資金に充当する予定です。

      なお、上記調達資金については、各々の具体的な充当時期までは、安全性の高い金融商品等で運用していく方針で
      あります。
                                  6/173

















                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社ジーネクスト(E36398)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    第2   【売出要項】
    1  【売出株式(引受人の買取引受による売出し)】

      2021年3月17日に決定される予定の引受価額にて、当社と元引受契約を締結する予定の後記「2 売出しの条件(引
     受人の買取引受による売出し) (2)                 ブックビルディング方式」に記載の金融商品取引業者(以下「第2 売出要項」
     において「引受人」という。)は、下記売出人から買取引受けを行い、当該引受価額と異なる価額(売出価格、発行価
     格と同一の価格)で売出しを行います。引受人は株式受渡期日に引受価額の総額を売出人に支払い、引受人の買取引受
     による売出しにおける売出価格の総額との差額は引受人の手取金といたします。売出人は、引受人に対して引受手数
     料を支払いません。
                              売出価額の総額           売出しに係る株式の所有者の

       種類           売出数(株)
                                (円)          住所及び氏名又は名称
            入札方式のうち入札
       ―                    ―        ―           ―
            による売出し
            入札方式のうち入札
       ―                    ―        ―           ―
            によらない売出し
                                      東京都江東区
                                      横治 祐介
                                                    90,000株
                                      神奈川県川崎市麻生区
                                      綾部 陽一郎
                                                    63,500株
                                      千葉県船橋市
                                      近藤 康紀
                                                    20,000株
            ブックビルディング
    普通株式                     206,500      233,345,000
            方式
                                      東京都品川区
                                      岩井 豪海
                                                    16,000株
                                      東京都目黒区
                                      加藤 晋吾
                                                    12,000株
                                      東京都墨田区
                                      久保川 信孝
                                                     5,000株
    計(総売出株式)            ―         206,500      233,345,000                ―
     (注)   1.上場前の売出しを行うに際しての手続き等は、取引所の「有価証券上場規程施行規則」により規定されてお
         ります。
       2.本募集における株式の発行を中止した場合には、引受人の買取引受による売出しも中止いたします。
       3.売出数等については今後変更される可能性があります。
       4.本募集及び引受人の買取引受による売出しに伴い、その需要状況等を勘案しオーバーアロットメントによる
         売出しを行う場合があります。
         オーバーアロットメントによる売出しに関しましては、後記「募集又は売出しに関する特別記載事項 2 
         オーバーアロットメントによる売出し等について」をご参照ください。
       5.本募集及び引受人の買取引受による売出しに関連して、ロックアップに関する合意がなされておりますが、
         その内容に関しましては、後記「募集又は売出しに関する特別記載事項 4 ロックアップについて」をご
         参照ください。
       6.振替機関の名称及び住所は、前記「第1 募集要項 1 新規発行株式」の(注)5に記載した振替機関と同
         一であります。
       7.売出価額の総額は、有価証券届出書提出時における想定売出価格(1,130円)で算出した見込額であります。
                                  7/173





                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社ジーネクスト(E36398)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    2  【売出しの条件(引受人の買取引受による売出し)】
     (1)  【入札方式】
      ①  【入札による売出し】
        該当事項はありません。
      ②  【入札によらない売出し】

        該当事項はありません。
     (2)  【ブックビルディング方式】

                     申込株     申込

    売出価格     引受価額                              引受人の住所及び氏名             元引受契
               申込期間      数単位     証拠金     申込受付場所
     (円)     (円)                                又は名称          約の内容
                      (株)     (円)
               自 2021年
                               引受人の本店
     未定                                 東京都千代田区丸の内三丁目
          未定    3月18日(木)            未定                           未定
                               及び全国各支
     (注)1                  100               3番1号
          (注)2     至 2021年           (注)2                           (注)3
                               店
     (注)2                                 SMBC日興証券株式会社
              3月23日(火)
     (注)   1.売出価格の決定方法は、前記「第1 募集要項 3 募集の条件 (2)                                   ブックビルディング方式」の(注)1
         と同様であります。
       2.売出価格、引受価額及び申込証拠金は、本募集における発行価格、引受価額及び申込証拠金とそれぞれ同一
         といたします。ただし、申込証拠金には、利息をつけません。
       3.引受人の引受価額による買取引受けによることとし、その他元引受契約の内容、売出しに必要な条件は、売
         出価格決定日(2021年3月17日)に決定する予定であります。なお、元引受契約においては、引受手数料は支
         払われません。ただし、売出価格と引受価額との差額の総額は引受人の手取金となります。
       4.上記引受人と売出価格決定日に元引受契約を締結する予定であります。
       5.株式受渡期日は、上場(売買開始)日の予定であります。引受人の買取引受による売出しに係る株式は、機構
         の「株式等の振替に関する業務規程」に従い、機構にて取扱いますので、上場(売買開始)日から売買を行う
         ことができます。
       6.申込みの方法は、申込期間内に上記申込受付場所へ申込証拠金を添えて申込みをするものといたします。
       7.上記引受人の販売方針は、前記「第1 募集要項 3 募集の条件 (2)                                    ブックビルディング方式」の(注)
         7に記載した販売方針と同様であります。
                                  8/173











                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社ジーネクスト(E36398)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    3  【売出株式(オーバーアロットメントによる売出し)】
                              売出価額の総額           売出しに係る株式の所有者の

       種類           売出数(株)
                                (円)          住所及び氏名又は名称
            入札方式のうち入札
       ―                    ―        ―           ―
            による売出し
            入札方式のうち入札
       ―                    ―        ―           ―
            によらない売出し
            ブックビルディング                         東京都千代田区丸の内三丁目3番1号
    普通株式                     83,400      94,242,000
            方式                         SMBC日興証券株式会社
    計(総売出株式)            ―         83,400      94,242,000               ―
     (注)   1.オーバーアロットメントによる売出しは、本募集及び引受人の買取引受による売出しに伴い、その需要状況
         等を勘案した上で行われる、SMBC日興証券株式会社が貸株人より借り入れる当社普通株式の売出しであ
         ります。なお、上記売出数は上限の株式数を示したものであり、需要状況等により減少する場合、又はオー
         バーアロットメントによる売出しが全く行われない場合があります。
         オーバーアロットメントによる売出しに関しましては、後記「募集又は売出しに関する特別記載事項 2 
         オーバーアロットメントによる売出し等について」をご参照ください。
       2.上場前の売出しを行うに際しての手続き等は、取引所の定める「有価証券上場規程施行規則」により規定さ
         れております。
       3.本募集における株式の発行を中止した場合には、オーバーアロットメントによる売出しも中止いたします。
       4.振替機関の名称及び住所は、「第1 募集要項 1 新規発行株式」の(注)5に記載した振替機関と同一で
         あります。
       5.売出価額の総額は、有価証券届出書提出時における想定売出価格(1,130円)で算出した見込額であります。
    4  【売出しの条件(オーバーアロットメントによる売出し)】

     (1)  【入札方式】
      ①  【入札による売出し】
        該当事項はありません。
      ②  【入札によらない売出し】

        該当事項はありません。
     (2)  【ブックビルディング方式】

     売出価格              申込株数単位        申込証拠金                引受人の住所及び         元引受契約

            申込期間                      申込受付場所
      (円)               (株)       (円)                氏名又は名称         の内容
           自 2021年
                                 SMBC日興証券
      未定     3月18日(木)                 未定
                       100         株式会社の本店及             ―        ―
     (注)1      至 2021年                (注)1
                                 び全国各支店
           3月23日(火)
     (注)   1.売出価格及び申込証拠金については、引受人の買取引受による売出しにおける売出価格及び申込証拠金とそ
         れぞれ同一とし、売出価格決定日に決定する予定であります。ただし、申込証拠金には、利息をつけませ
         ん。
       2.株式受渡期日は、上場(売買開始)日の予定であります。オーバーアロットメントによる売出しに係る株式
         は、機構の「株式等の振替に関する業務規程」に従い、機構にて取扱いますので、上場(売買開始)日から売
         買を行うことができます。
       3.申込みの方法は、申込期間内に上記申込受付場所へ申込証拠金を添えて申込みをするものといたします。
       4.SMBC日興証券株式会社の販売方針は、前記「第1 募集要項 3 募集の条件 (2)                                           ブックビルディン
         グ方式」の(注)7に記載した販売方針と同様であります。
                                  9/173





                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社ジーネクスト(E36398)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    【募集又は売出しに関する特別記載事項】
    1 東京証券取引所マザーズへの上場について

      当社は前記「第1 募集要項」における募集株式及び前記「第2 売出要項」における売出株式を含む当社普通株
     式について、SMBC日興証券株式会社を主幹事会社として東京証券取引所マザーズへの上場を予定しております。
    2 オーバーアロットメントによる売出し等について

      本募集及び引受人の買取引受による売出しに伴い、その需要状況等を勘案し、83,400株を上限として、本募集及び
     引受人の買取引受による売出しの主幹事会社であるSMBC日興証券株式会社が貸株人より借り入れる当社普通株式
     (以下「借入株式」という。)の売出し(オーバーアロットメントによる売出し)を行う場合があります。なお、当該売
     出株式数は上限の株式数を示したものであり、需要状況等により減少する場合、又はオーバーアロットメントによる
     売出しが全く行われない場合があります。
      これに関連して、オーバーアロットメントによる売出しが行われる場合は、当社はSMBC日興証券株式会社に対
     して、オーバーアロットメントによる売出しに係る株式数を上限として、本第三者割当増資の割当を受ける権利(以下
     「グリーンシューオプション」という。)を、2021年4月22日を行使期限として付与します。
      SMBC日興証券株式会社は、借入株式の返還を目的として、上場(売買開始)日から2021年4月22日までの間(以下
     「シンジケートカバー取引期間」という。)、オーバーアロットメントによる売出しに係る株式数の範囲内で東京証券
     取引所において当社普通株式の買付(以下「シンジケートカバー取引」という。)を行う場合があり、当該シンジケー
     トカバー取引で買付けられた株式は借入株式の返還に充当されます。なお、シンジケートカバー取引期間内において
     も、SMBC日興証券株式会社の判断で、シンジケートカバー取引を全く行わない、又はオーバーアロットメントに
     よる売出しに係る株式数に至らない株式数でシンジケートカバー取引を終了させる場合があります。
      SMBC日興証券株式会社は、オーバーアロットメントによる売出しに係る株式数からシンジケートカバー取引に
     より買付けた株式数を控除した株式数についてのみ、グリーンシューオプションを行使し本第三者割当増資の割当に
     応じる予定であります。したがって、本第三者割当増資における発行数の全部又は一部につき申込みが行われず、そ
     の結果、失権により本第三者割当増資における最終的な発行数が減少する、又は発行そのものが全く行われない場合
     があります。
      SMBC日興証券株式会社が本第三者割当増資に応じる場合には、SMBC日興証券株式会社はオーバーアロット
     メントによる売出しによる手取金をもとに払込みを行います。
      オーバーアロットメントによる売出しが行われるか否か及びオーバーアロットメントによる売出しが行われる場合
     の売出数については、2021年3月17日に決定されます。オーバーアロットメントによる売出しが行われない場合は、
     SMBC日興証券株式会社による貸株人からの当社普通株式の借り入れは行われません。したがって、SMBC日興
     証券株式会社はグリーンシューオプションを全く行使しないため、失権により、本第三者割当増資による新株式発行
     は全く行われません。また、東京証券取引所におけるシンジケートカバー取引も行われません。
                                 10/173








                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社ジーネクスト(E36398)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    3 第三者割当増資について
      上記「2 オーバーアロットメントによる売出し等について」に記載のSMBC日興証券株式会社を割当先とする
     本第三者割当増資について、当社が2021年2月22日開催の取締役会において決議した内容は、以下のとおりでありま
     す。
    (1)   募集株式の数                当社普通株式 83,400株
    (2)   募集株式の払込金額                未定(注)1

                      増加する資本金の額は、割当価格に基づき、会社計算規則第14条第1項に
                      従い算出される資本金等増加限度額の2分の1の金額とし、計算の結果1
       増加する資本金及び資本準備金
    (3)                  円未満の端数が生じたときは、その端数を切り上げるものとします。ま
       に関する事項
                      た、増加する資本準備金の額は、当該資本金等増加限度額から上記の増加
                      する資本金の額を減じた額とします。(注)2
    (4)   払込期日                2021年4月27日(火)
     (注)   1.募集株式の払込金額(会社法上の払込金額)は、1株につき、前記「第1 募集要項 3 募集の条件 (2)
         ブックビルディング方式」に記載の本募集における払込金額(会社法上の払込金額)と同一とし、2021年3月
         9日開催予定の取締役会において決定します。
       2.割当価格は、1株につき、前記「第1 募集要項 3 募集の条件 (2)                                    ブックビルディング方式」に記載
         の本募集における引受価額と同一とし、2021年3月17日に決定します。 
    4 ロックアップについて

      本募集及び引受人の買取引受による売出しに関し、貸株人かつ売出人である横治祐介、売出人である久保川信孝、
     当社株主である大河原麗偉、三橋健太郎、村田実、岩佐光平、横治たまみ及び内山繭子並びに当社新株予約権者であ
     る堀越亮、大和田夏実、鈴木謙太、林絢子、今成匡宏、酒井由香、吉原奈緒美、内山周彦、伊藤芳信及び山﨑薫は、
     SMBC日興証券株式会社(以下「主幹事会社」という。)に対して、本募集及び引受人の買取引受による売出しに係
     る元引受契約締結日に始まり、上場(売買開始)日から起算して180日目の2021年9月20日までの期間中は、主幹事会社
     の事前の書面による承諾を受けることなく、元引受契約締結日に自己の計算で保有する当社普通株式(潜在株式を含
     む。)及び当社普通株式を取得する権利を有する有価証券の発行、譲渡又は売却等を行わない旨を約束しております。
      売出人である近藤康紀、当社株主である井上瑞樹、浜野哲也、川崎祐一、豊福康友及びTFK CAPITAL PARTNERS 
     PTE. LTD.並びに当社新株予約権者である天地知也は、主幹事会社に対して、本募集及び引受人の買取引受による売
     出しに係る元引受契約締結日に始まり、上場(売買開始)日から起算して90日目の2021年6月22日までの期間中は、主
     幹事会社の事前の書面による承諾を受けることなく、元引受契約締結日に自己の計算で保有する当社普通株式(潜在株
     式を含む。)及び当社普通株式を取得する権利を有する有価証券の発行、譲渡又は売却等を行わない旨を約束しており
     ます。
      売出人である岩井豪海及び加藤晋吾、当社株主である保科泰輔、酒井崇匡、橋本好真、安江祥光、奥本康寛、飯塚
     健、足立隆之、白石尚久、鍵和田尚秀、渡辺剛、河本太輔、田中次郎、綾部良介、柚木庸輔、鈴木良尚、森山聡及び
     目黒慎吾は、主幹事会社に対して、本募集及び引受人の買取引受による売出しに係る元引受契約締結日に始まり、上
     場(売買開始)日から起算して90日目の2021年6月22日までの期間中は、主幹事会社の事前の書面による承諾を受ける
     ことなく、元引受契約締結日に自己の計算で保有する当社普通株式(潜在株式を含む。)及び当社普通株式を取得する
     権利を有する有価証券の発行、譲渡又は売却等(ただし、その売却価格が募集における発行価格又は売出しにおける
     売出価格の1.5倍以上であって、主幹事会社を通して行う東京証券取引所での売却等は除く。)を行わない旨を約束し
     ております。
      また、当社は、主幹事会社に対し、本募集及び引受人の買取引受による売出しに係る元引受契約締結日に始まり、
     上場(売買開始)日から起算して180日目の2021年9月20日までの期間中は、主幹事会社の事前の書面による承諾を受け
     ることなく、当社普通株式及び当社普通株式を取得する権利あるいは義務を有する有価証券の発行又は売却(本第三者
     割当増資に係る新株式発行並びに株式分割による新株式発行等及びストック・オプションに係る新株予約権の発行を
     除く。)を行わないことに合意しております。
      なお、上記のいずれの場合においても、主幹事会社は、その裁量で当該合意内容の一部若しくは全部につき解除
     し、又はその制限期間を短縮する権限を有しております。
      上記のほか、当社は、取引所の定める「有価証券上場規程施行規則」の規定に基づき、上場前の第三者割当等によ
     る募集株式等の割当に関し、割当を受けた者との間で継続所有等の確約を行っております。その内容については、
     「第四部 株式公開情報 第2 第三者割当等の概況」をご参照ください。
                                 11/173


                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社ジーネクスト(E36398)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    第3   【その他の記載事項】
     新株式発行並びに株式売出届出目論見書に記載しようとする事項

      (1)  表紙と裏表紙に当社のロゴ

                                 を記載いたします。
      (2)  表紙の次に「1.        MISSION・VISION」~「5.            業績等の推移」をカラー印刷したものを記載いたします。

                                 12/173


















                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社ジーネクスト(E36398)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                                 13/173





















                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社ジーネクスト(E36398)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                                 14/173





















                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社ジーネクスト(E36398)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                                 15/173





















                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社ジーネクスト(E36398)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                                 16/173





















                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社ジーネクスト(E36398)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                                 17/173





















                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社ジーネクスト(E36398)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                                 18/173





















                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社ジーネクスト(E36398)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                                 19/173





















                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社ジーネクスト(E36398)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    第二部     【企業情報】
    第1 【企業の概況】

    1 【主要な経営指標等の推移】

     (1)  連結経営指標等
           回次           第18期       第19期

          決算年月           2019年3月       2020年3月

    売上高            (千円)       505,294       531,252

    経常損失(△)            (千円)      △ 109,902      △ 183,480

    親会社株主に帰属する
                (千円)      △ 110,064      △ 184,433
    当期純損失(△)
    包括利益            (千円)      △ 109,577      △ 184,731
    純資産額            (千円)      △ 238,998       △ 96,449

    総資産額            (千円)       187,916       242,871

    1株当たり純資産額             (円)      △ 99.73      △ 30.09

    1株当たり当期純損失
                 (円)      △ 46.44      △ 63.49
    金額(△)
    潜在株式調整後1株当
                 (円)         ―       ―
    たり当期純利益金額
    自己資本比率             (%)      △ 127.6       △ 39.9
    自己資本利益率             (%)         ―       ―

    株価収益率             (倍)         ―       ―

    営業活動による
                (千円)      △ 137,098      △ 119,604
    キャッシュ・フロー
    投資活動による
                (千円)       △ 2,904      △ 2,210
    キャッシュ・フロー
    財務活動による
                (千円)       123,063       233,095
    キャッシュ・フロー
    現金及び現金同等物の
                (千円)       14,479       125,657
    期末残高
    従業員数             (名)         29       39
     (注)   1.当社は第18期より連結財務諸表を作成しております。
       2.売上高には、消費税等は含まれておりません。
       3.潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、潜在株式は存在するものの、当社株式は非上場であ
         り、期中平均株価が把握できないため、また、1株当たり当期純損失であるため、記載しておりません。
       4.自己資本利益率については、親会社株主に帰属する当期純損失を計上しているため、記載しておりません。
       5.株価収益率は当社株式が非上場であるため記載しておりません。
       6.第18期及び第19期の連結財務諸表については、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、東邦監
         査法人により監査を受けております。
       7.従業員数は就業人員(当社グループから当社グループ外への出向者を除き、当社グループ外から当社グルー
         プへの出向者を含む。)であり、臨時雇用者数は、従業員数の100分の10未満であるため記載を省略しており
         ます。
       8.当社は2019年3月29日付で普通株式1株につき40株の分割、2020年12月22日付で普通株式1株につき50株の
         分割を行っております。第18期の期首に当該株式分割が行われたと仮定して、1株当たり純資産額及び1株
         当たり当期純損失金額(△)を算定しております。
                                 20/173



                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社ジーネクスト(E36398)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     (2) 提出会社の経営指標等
           回次           第15期       第16期       第17期       第18期       第19期

          決算年月           2016年3月       2017年3月       2018年3月       2019年3月       2020年3月

    売上高            (千円)       259,040       357,980       460,200       505,028       526,203

    経常利益又は経常損失
                (千円)      △ 35,987        9,687     △ 231,331      △ 108,576      △ 180,622
    (△)
    当期純利益又は
                (千円)      △ 35,659        9,507     △ 245,421      △ 108,866      △ 181,788
    当期純損失(△)
    資本金            (千円)       40,000       45,000       87,500       99,900       263,550
    発行済株式総数             (株)        800       900      1,140       48,080       64,445

    純資産額            (千円)       13,334       27,841      △ 157,579      △ 241,646       △ 96,134

    総資産額            (千円)       182,462       199,775       173,414       182,682       238,266

    1株当たり純資産額             (円)     33,335.44       30,935.17      △ 138,227.79        △ 100.52       △ 29.83

                          ―       ―       ―       ―       ―
    1株当たり配当額
                 (円)
    (1株当たり中間配当額)
                         ( ―)       ( ―)       ( ―)       ( ―)       ( ―)
    1株当たり当期純利益
    金額又は1株当たり
                 (円)    △ 60,367.82       11,880.28      △ 241,358.57         △ 45.94      △ 62.27
    当期純損失金額(△)
    潜在株式調整後1株当
                 (円)         ―       ―       ―       ―       ―
    たり当期純利益金額
    自己資本比率             (%)        7.3       13.9      △ 90.9      △ 132.3       △ 40.3
    自己資本利益率             (%)         ―      46.2        ―       ―       ―

    株価収益率             (倍)         ―       ―       ―       ―       ―

    配当性向             (%)         ―       ―       ―       ―       ―

    従業員数             (名)         20       26       19       16       23

     (注)   1.売上高について、第17期までは税込方式ですが、第18期からは税抜方式で記載しており消費税等は含まれて
         おりません。
       2.第15期及び第17期の潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、潜在株式が存在しないため、ま
         た、1株当たり当期純損失であるため、記載しておりません。
         第16期の潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、潜在株式が存在しないため、記載しており
         ません。
         第18期及び第19期の潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、潜在株式は存在するものの、当
         社株式は非上場であり、期中平均株価が把握できないため、また、1株当たり当期純損失であるため、記載
         しておりません。
       3.第15期、第17期、第18期及び第19期の自己資本利益率については、当期純損失を計上しているため記載して
         おりません。
       4.株価収益率は当社株式が非上場であるため記載しておりません。
       5.1株当たり配当額及び配当性向については、無配のため、記載しておりません。
       6.第18期及び第19期の財務諸表については、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、東邦監査法
         人により監査を受けておりますが、第15期、第16期及び第17期の財務諸表については、「会社計算規則」
         (平成18年法務省令第13号)に基づき算出しており、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づく東邦
         監査法人の監査を受けておりません。
       7.従業員数は、就業人員(当社から他社への出向者を除き、他社から当社への出向者を含む。)であり、臨時雇
         用者数は、従業員数の100分の10未満であるため記載を省略しております。
                                 21/173




                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社ジーネクスト(E36398)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       8.当社は2019年3月29日付で普通株式1株につき40株の分割、2020年12月22日付で普通株式1株につき50株の
         分割を行っております。第18期の期首に当該株式分割が行われたと仮定して、1株当たり純資産額及び1株
         当たり当期純損失金額(△)を算定しております。
       9.2019年3月29日付で普通株式1株につき40株の分割、2020年12月22日付で普通株式1株につき50株の分割を
         行っております。そこで、東京証券取引所自主規制法人の引受担当者宛通知「『新規上場申請のための有価
         証券報告書(Ⅰの部)』の作成上の留意点について」(平成24年8月21日付東証上審第133号)に基づき、第15
         期の期首に当該株式分割が行われたと仮定して算定した場合の1株当たり指標の推移を参考までに掲げる
         と、以下のとおりとなります。なお、第15期、第16期及び第17期の数値(1株当たり配当額についてはすべ
         ての数値)については、東邦監査法人の監査を受けておりません。
           回次           第15期       第16期       第17期       第18期       第19期

          決算年月           2016年3月       2017年3月       2018年3月       2019年3月       2020年3月

    1株当たり純資産額             (円)        8.33       15.47       △69.11       △100.52        △29.83

    1株当たり当期純利益
    金額又は1株当たり当             (円)      △30.18         5.94      △120.68         △45.94        △62.27
    期純損失金額(△)
    潜在株式調整後1株当
                 (円)         ―       ―       ―       ―       ―
    たり当期純利益金額
    1株当たり配当額             (円)         ―       ―       ―       ―       ―
                                 22/173














                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社ジーネクスト(E36398)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    2 【沿革】
      当社は、「お客さまの声で、世界を変える」をミッションとし、顧客対応窓口向けシステムの開発及び販売を目的
     として、現在の株式会社ジーネクストの前身である有限会社ジーネクストを設立いたしました。
      その後、お客さま相談室向け専門サービス「CRMotion」の開発・販売事業を中心に、顧客対応に関するクラウド
     サービス「Bizサービス」の開発・販売、ミャンマーにてIT関連のオフショア開発等を手がけ、「顧客対応窓口の業務
     システム」に特化した事業を展開するグループへと成長してまいりました。直近で既存のサービスを進化させた、顧
     客対応に特化したプラットフォーム「Discoveriez」を主力として展開しております。
      当社の考えるプラットフォームとは、複数のインフラをシームレスにつなげ、サービスを提供しやすくするための
     共通基盤を指します。「Discoveriez」は企業側の設定でマスタ情報の作成、検索、表示可能な機能が利用可能であ
     り、また電話交換機やメール、API(※1)の提供など他のサービスやデータベースとの連携が可能であることから、
     顧客対応に利用可能な基盤としてのプラットフォームであると考えております。
      有限会社設立後の企業集団に係る経緯は、以下のとおりであります。
       年月                           概要

     2001年7月       コンピュータシステムの設計及び維持管理、導入保守に関する運用管理、データベースの設計、企
            画、開発及び提携業務並びにデータベース構築のコンサルティング、ソフトウェアの開発及び販売
            を目的に東京都新宿区神楽坂三丁目4番1号に有限会社ジーネクストを設立(資本金 3,000千円)
     2003年4月       お客さま相談室専門サービス「CRMotion」を提供開始
     2005年4月       有限会社ジーネクストから株式会社ジーネクストに商号変更

     2008年11月       ソフトウェアの開発を目的にベトナム社会主義共和国ハノイ市に子会社VNEXT                                    Joint   Stock   Company

            (現VNEXT     Software     Joint   Stock   Company)を設立(資本金 1,000,000,000VND)
     2012年4月       本店所在地を東京都千代田区飯田橋四丁目7番1号へ移転
     2014年5月       ソフトウェアの開発を目的にミャンマー連邦共和国ヤンゴン市に連結子会社G-NEXT                                      Company

            Limited(株式会社ジーネクスト               ミャンマー)を設立(資本金 25,300USD)
     2018年3月       子会社VNEXT      Joint   Stock   Companyの全株式を売却
     2018年10月       顧客対応業務向けサービスとして、ナレッジのサービス「QA                            Doc」を提供開始

            顧客対応業務向けサービスとして、音声認識のサービス「BizVoice」を提供開始
     2019年4月       顧客対応業務向けサービスとして、顧客管理サービス「BizCRM」を提供開始
            顧客対応業務向けサービスとして、メール返信文自動サジェストサービス「BizMail」を提供開始
     2019年11月       「CRMotion」、「BizCRM」、「QA                Doc」、「BizVoice」、及び「BizMail」を統合して顧客対応DXプ
            ラットフォーム「Discoveriez」にリニューアル
     (※1)API
         Application      Programming      Interfaceの略。ソフトウェアからOS(オペレーティングシステム)の機能を利用す
         るための仕様またはインターフェースの総称で、アプリケーションの開発を容易にするためのソフトウェア
         資源のこと。
                                 23/173







                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社ジーネクスト(E36398)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    3 【事業の内容】
      当社グループは、「お客さまの声で世界を変える」というミッションのもと、顧客対応をDX(デジタル・トランス
     フォーメーション)(※1)化するプラットフォーム「Discoveriez」を、様々な規模・業種の企業向けに、主にクラウ
     ド形式で提供しております。顧客対応業務とは、「コンタクトセンター」や「お客様相談室」など企業と顧客を繋ぐ
     窓口に寄せられる、お問い合わせやクレームなどの対応業務です。顧客と実際に対面する場合もありますが、基本的
     には電話やメール、チャットなどで対応します。
      「Discoveriez」は、複雑化していく顧客対応業務をデジタルの力で効率化し、顧客対応で集まるお客さまの声を、
     経営判断やリスクマネジメント、品質管理、新商品開発、マーケティングなど、企業の事業活動に反映させ、様々な
     プロセスの可視化や、実行フローのマネジメントを強みとするICT(※2)プラットフォームとなっております。
      DXに取り組む企業が多くなって来ている中、顧客対応分野においては各個人の知識やノウハウに依存し属人化しや
     すいため、顧客対応のDXへの取り組みが企業にとって難易度が高いのが現状です。また、事業の単純なICTによる効率
     化のみがDXへの取り組みとなってしまい、本来のDXである改革まで至ることが、さらに難易度が高いのが実情だと認
     識しております。
      当社グループは、国内大手企業を中心に多数の導入実績も含め「お客さまの声」と向かい合うサービスを提供して
     おり、これまで培った知識・経験・ノウハウを活かしたプラットフォームである「Discoveriez」を提供することによ
     り、企業のDXの実現をサポートしてまいります。
      顧客対応に関連するUI(※3)/UX(※4)                   による業務効率化に加え、お客さまの声から企業活動において発生するリ
     スクを早期に発見するリスクマネジメントの機能や、社内外のステークホルダーにお客さまの声を一気通貫で共有す
     ることのできる機能を持つプラットフォームを提供することで、「Discoveriez」を導入する企業に対し、お客さまと
     の持続的な信頼関係の向上と、企業経営を支援してまいります。
      (サービス概要)

      当社グループは顧客対応DXプラットフォーム「Discoveriez」を開発し、顧客対応業務が必要な企業に対して提供し
     ております。
      「Discoveriez」は、コールセンターで受け付けた顧客からの電話、メールやチャットなどの内容を一元化し、社内
     の各部署・社外などステークホルダーとの情報共有、ワークフローによる対応処理の承認や記録、リスクマネジメン
     ト、品質管理・新商品開発情報、集計や分析などをシームレスに管理することができるクラウド方式で提供されるソ
     フトウェアです。
     (サービスの主な特徴)

     (1)  使いやすいUI/UX
       「Discoveriez」は使いやすいUI/UXを実現することで、システム教育コストを下げ、効率化、工数の削減に貢献
      します。そのことによる負担軽減・パフォーマンス向上により顧客対応の充実を図り、顧客満足度の向上を実現し
      ます。
       使いやすいUI/UXを実現するために下記の特徴があります。
        a.基本的に1画面で収まる画面構成
        b.次に何をやればいいのかサジェスト表示
        c.クリック数の少ない仕様設計
        d.プログラミング無しで画面設定変更可能
     (2)  カスタマイズマスタ・APIによる連携機能

       各業務の情報が別々のシステムで管理されており、また連携していないため横断的に情報が検索できないなど、
      情報の連携・統合には多くの企業で課題があると認識しています。「Discoveriez」は、各種データベースをプログ
      ラミング無しで構築することが可能です。また、APIによる連携機能を用意しており、様々なマスタ情報を取り込む
      ことが可能です。
                                 24/173




                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社ジーネクスト(E36398)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       加えて、CTIやチャットツール、APIが公開されている他社のSFA(※5)やCRM(※6)等の他システムと連携するこ
      とも可能です。
     (3)  組織間の共有化・見える化が容易に

       「Discoveriez」は、ワークフロー機能と細かな情報管理機能により、情報共有を安心・安全に実現します。組織
      内で情報共有による効率化はもちろん、サプライヤーをはじめとした各ステークホルダーとの情報共有にも利活用
      可能です。例えば、商品開発・品質管理・マーケティングなど、効率化だけでなく会社の長期的な利益につながる
      DXをサポートします。
     (4)  重大リスクの防止、全社的な危機管理をサポート

       重大なインシデントは時に会社に甚大な被害を与えます。「Discoveriez」は会社に甚大な被害を与える前に、                                                   リ
      スクを小さな段階で検知する機能を備えております。                         インシデント対応における顧客の離反を防ぎ、クレーマーか
      らファンへの転化を促進します。例えば、顧客対応中に                          リスクを発見し、関係部門・関係者へメールでアラート発
      動する   など、複数のオペレーターが、バラバラに受けているリスク情報や目検確認リスクを検知できるため、抜け
      漏れミスと属人化を低減します。「お客さまの声」から経営課題を設定することで、全社で統一された危機管理・
      品質管理ができるようになります。
     (サービスの主な機能)

     (1)  あらゆるVOC(※7)データを一元管理
       「Discoveriez」は、電話・メール・手紙などあらゆるチャネルと連携し、VOCを一元化し履歴管理することがで
      きます。また、各部門への対応を依頼する「ワークフロー機能」を標準で実装しています。属人化を減らすための
      「FAQ」機能や、「商品DB・販売店DB」などが受付情報と連携し、顧客対応業務をサポートします。
     (2)  リスクマネジメント機能により異常を確認し、安全・安心な対応をアシスト

       商品の異常やお客さまからの指摘内容をチェックして迅速に連絡・対応することは、顧客対応業務の中でも非常
      に重要です。「Discoveriez」ではご指摘内容を受け付けた時点でリスク要因を抽出し、アラートを出すことで素早
      いアクションを促します。
     (3)  2Wayコミュニケーション(※8)により、ポータル(※9)から全社へ同時に情報を配信

       顧客対応業務の現場には、質問・相談・ご指摘以外に、商品やサービスへの改善やご要望が集まります。
      「Discoveriez」では、これら幅広いVOCを集計・分析・報告するだけでなく、相互に意見交換のできるポータル環
      境で全社に配信することができます。さらにその対応履歴を全社員が確認でき、VOCの活用を促進します。
     (4)  個人情報保護に配慮したセキュリティ機能

       「Discoveriez」では、それぞれの情報に対して閲覧権限レベルを設定できます。さらにご指摘内容の原文とマス
      ク処理したテキスト保存とするなど、きめ細かな設定が可能です。
     (5)  使いやすいUI/UXにより業務効率化を実現する機能を標準搭載

       ミスの少ないオペレーション機能と使いやすいUIに加え、報告書に入力項目を自動反映し、簡単に帳票作成でき
      る機能を搭載しております。非定型的な集計や分析やきめ細かな検索機能を活用することで、業務効率化をサポー
      トします。
     (6)  CTI(※10)システムとの豊富な連携実績

       「Discoveriez」は国内外多くのCTIシステムと連携が可能です。顧客からの受信前の「顧客履歴」表示や、受話
      中の録音された音声は自動的に「Discoveriez」の案件情報として紐付きます。IVR(※11)やACD(※12)と個人情
      報保護を組み合わせた機能により、オペレーターの初動対応を支援します。
                                 25/173



                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社ジーネクスト(E36398)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     (「Discoveriez」利用イメージ)
     (「Discoveriez」活用事例)









                                 26/173











                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社ジーネクスト(E36398)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                                 27/173





















                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社ジーネクスト(E36398)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     (ビジネスモデル)








      業界知のあるPM(Project            Manager)及び営業によるニーズヒアリングにより、強固な顧客基盤の構築に加え、顧客
     対応窓口に関連した業界団体への参画、定期的な意見交換を実施しているため、顧客対応情報の集積・ノウハウの蓄
     積に繋がり、「Discoveriez」の機能改善や拡充に繋がるという好循環システムを醸成しております。
                                 28/173











                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社ジーネクスト(E36398)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      なお、当社グループの事業セグメントは、「顧客対応DXプラットフォーム事業」の単一セグメントでありますが、
     クラウド事業、オンプレ事業の2つのサービスに区分できます。
      ① クラウド事業

        従来のオンプレミス型顧客対応窓口向けサービスで培ったノウハウをクラウド型に昇華した、汎用性の高いプ
       ラットフォーム「Discoveriez」               を提供しております         。運用に際して、これまでの豊富な実績から得た知見を活か
       した業界ごとのテンプレートを用意しているため、迅速な運用開始を支援します。当社グループでは業界知や蓄
       積したデータの分析により、顧客の声からビジネスのリスクやチャンスを発見・予測する技術を開発しており、
       セルフカスタマイズが可能な基本機能に加えて、AIを使った独自のサービスなど用途に応じたオプション機能を
       多数用意しております。また、当社グループの開発力を活かし、顧客ニーズを素早く「                                        Discoveriez」の機能とし
       て フィードバックすることで、顧客満足度を高める取り組みを行っております。
        料金体系は導入料+ライセンス利用料となっております。なお、2021年3月期第3四半期連結累計期間のクラ
       ウド事業売上におけるフロー売上(導入料等)とストック売上(ライセンス利用料)の比率の推移は下表のとお
       りであります。月々のライセンス利用料の売上貢献度よりもサービス導入料の売上貢献度が高いため、フロー売
       上(導入料等)の比率がストック売上(ライセンス利用料)の比率よりも高くなる傾向にあります。
                     2021年3月期          2021年3月期          2021年3月期          2021年3月期

                     第1  四半期        第2四   半期       第3四   半期       第3四   半期
                     連結会計期間          連結会計期間          連結会計期間          連結累計期間
            売上額   (千円)           61,403          94,292         192,140          347,836
    フロー売上
    (導入料等)
            売上比率    (%)           75.5          81.1          87.9          83.6
    ストック売上
            売上額   (千円)           19,945          21,990          26,525          68,461
    (ライセンス
            売上比率    (%)           24.5          18.9          12.1          16.4
     利用料)
      ② オンプレ事業






        オンプレミス型の顧客対応窓口向けサービス(「Discoveriez」)です。ユーザー企業のBCP対策及び情報資産管
       理の観点から、自社サーバーで構築・運用を求められた際に、ワンストップで提供いたします。加えて、各ユー
       ザー企業の業務フローに合わせた機能をカスタマイズで構築します。
        料金体系は導入料+メンテナンス・保守費用となっております。
                                 29/173





                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社ジーネクスト(E36398)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      当社グループの「顧客対応DXプラットフォーム事業」の事業系統図は、以下のとおりです。なお、協力会社には、

     当社システムの導入支援、保守・運用サポート等の経験豊富な知識・技術を持つSier等が含まれております。
      (※1)    DX







         Digital    Transformation(デジタル・トランスフォーメーション)の略語であり、デジタル技術を浸透させる
         ことで人々の生活をより良いものへと変革すること。
      (※2)ICT
         Information      and  Communication       Technology(情報通信技術)の略で、通信技術を活用したコミュニケー
         ションのこと。情報処理だけではなく、インターネットのような通信技術を利用した産業やサービスなどの
         総称。
      (※3)    UI
         User   Interface(ユーザーインタフェース)の略語で、ユーザーがPCでやり取りをする際の入力や表示方法な
         どの仕組みのこと。
      (※4)    UX
         User   Experience(ユーザーエクスペリエンス)の略語で、サービスなどによって得られるユーザー体験のこ
         と。
      (※5)    SFA
         Sales   Force   Automation(セールス・フォース・オートメーション)の略であり、様々な製品を販売するセー
         ルスフォース(営業部隊)に対して徹底的な営業支援をすることで効率化すること。
      (※6)    CRM
         Customer     Relationship       Management      (カスタマー・リレーションシップ・マネジメント)の略語であり、顧
         客満足度と顧客ロイヤルティの向上を通して、売上の拡大と収益性の向上を目指す経営戦略・手法のこと。
      (※7)    VOC
         「Voice    of  the  Customer」の略語であり、指摘・要望・お褒め等の顧客の声のこと。
      (※8)    2Wayコミュニケーション
         情報の送り手と情報の受け手が相互間に情報をキャッチボールする双方向のコミュニケーションのこと。
      (※9)    ポータル
         一般的にユーザーがインターネットを利用する際の入り口のことを指すが、「Discoveriez」ではダッシュ
         ボード、情報共有する機能のこと               。
      (※10)    CTI
         CTIとはComputer        Telephony     Integrationの略語であり、電話やFAXをコンピュータシステムの一部として統
         合、連携させたシステムの総称であり、多くのコールセンターで利用されている。「Discoveriez」では本
         システムと連携することで、電話番号を表示させたり、音声を録音することなどが可能となる。
      (※11)    IVR
         「Interactive       Voice   Response」の略であり、音声自動応答のこと。
      (※12)    ACD
         「Automatic      Call   Distribution」の略であり、コールセンターなどで、電話の着信をオペレーターに分配
         する機能や装置のこと。
                                 30/173


                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社ジーネクスト(E36398)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    4 【関係会社の状況】
                                       議決権の所有

                                 主要な事業
         名称           住所        資本金           (又は被所有)          関係内容
                                  の内容
                                        割合(%)
    (連結子会社)
                                              当社の販売するシス
                                 顧客対応DX
                                              テムの開発及び保守
                 ミャンマー連邦共           122,700     プラット
    G-NEXT    Company    Limited
                                           74.4   業務等を委託してお
                 和国ヤンゴン市            USドル    フォーム事
                                              ります。
                                 業
                                              役員の兼任1名
     (注)   1.特定子会社に該当する会社はありません。
       2.有価証券届出書又は有価証券報告書を提出している会社はありません。
                                 31/173

















                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社ジーネクスト(E36398)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    5  【従業員の状況】
     (1)  連結会社の状況
                                               2021年1月31日現在
             セグメントの名称                            従業員数(名)
    顧客対応DXプラットフォーム事業                                            41

                合計                                41

     (注)   1.臨時雇用者数は、従業員数の100分の10未満であるため記載を省略しております。
       2.当社グループは「顧客対応DXプラットフォーム事業」のみの単一セグメントであるため、グループ全体の従
         業員数を記載しております。
       3.従業員数が最近1年間において、10名増加しておりますが、事業拡大のため人員採用を積極的に行ったため
         であります。
     (2)  提出会社の状況

                                               2021年1月31日現在
       従業員数(名)             平均年齢(歳)            平均勤続年数(年)             平均年間給与(千円)
               29            36.6              3.2            5,959

     (注)   1.臨時雇用者数は、従業員数の100分の10未満であるため記載を省略しております。
       2.平均年間給与は、賞与及び基準外賃金を含んでおります。
       3.当社は「顧客対応DXプラットフォーム事業」のみの単一セグメントであるため、セグメント情報との関連に
         ついては、記載しておりません。
       4.従業員数が最近1年間において、7名増加しておりますが、事業拡大のため人員採用を積極的に行ったため
         であります。
     (3)  労働組合の状況

       当社グループの労働組合は結成されておりませんが、労使関係は円満であり、特記すべき事項はありません。
                                 32/173











                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社ジーネクスト(E36398)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    第2 【事業の状況】
    1  【経営方針、経営環境及び対処すべき課題等】

      文中の将来に関する事項は、本書提出日現在において当社が判断したものであります。本項目を含む、本書におけ
     る当社グループに関連する見通し、計画、目標等の将来に関する記述は、当社グループが現在入手している情報に基
     づき本書提出日時点における予測等を基礎としてなされたものであり、その達成を保証するものではありません。
       (1)経営方針

      当社グループは、ミッションとして「お客さまの声で世界を変える」を掲げております。当社グループは、創業以
     来お客さまの声を利活用することで会社を成長させている企業様のサポートを多数してまいりました。今後は、今ま
     で培ったノウハウを活かしたプラットフォームを広めていくことで、お客さまの声を活用する企業を増やし、そのよ
     うな企業が増えることで日本を変え、さらに世界を変えて行きたいと考えております。
      また、ビジョンとして「テクノロジーの力で顧客対応のデジタルシフトを支援」を掲げております。ICTの利活用に
     おいては、アナログなスキルをどれだけ改善しても本質的な解決にはならないと考えております。当社グループはICT
     を活用することで、企業活動で存在する情報を繋ぎ、まとめることで効率化をサポートすることはもちろん、今まで
     見えなかった情報を可視化・分析し、経営判断や新商品の開発、品質管理、マーケティングなど会社の事業活動に貢
     献することで、クライアント企業の成長に貢献いたします。
      (2)経営戦略等

      当社のミッションである「お客さまの声で世界を変える」の実現のため、当社グループは顧客対応DXプラット
     フォーム「Discoveriez」をオンライン・オフライン問わず顧客対応が必要な様々な企業に提供することを推進してま
     いります。また、企業に提供する事で生まれるノウハウをフィードバックすることでプラットフォームの機能を強化
     し、高い顧客満足度と新規営業への貢献など、顧客基盤を固めていくと共に、競争力があるプラットフォーム開発を
     目指すことで、販売や事業提携等の戦略的パートナーシップの構築にも力を入れてまいります。
      (3)経営上の目標の達成状況を判断するための客観的な指標等

      当社グループは、持続的な成長と企業価値の向上を目指しており、主な経営指標として売上高、営業利益を特に重
     視しております。当社グループの経営上の目標達成状況を判断するための客観的な指標は、クラウド事業及びオンプ
     レ事業共に新規導入件数であると考えております。
      既存顧客営業の強化や追加オプション機能(音声認識機能、店舗検索機能等)をはじめとしたアップセル・クロス
     セルサービスの開発、導入等の施策を推進すると共に、適正な人員規模・人材配置による事業運営に努めてまいりま
     す。
      (4)経営環境

      当社グループ事業は、顧客対応部門向けサービスが主な市場となっております。
      生産年齢人口減少に伴う人手不足を背景とした働き方改革が推進される一方、企業の顧客対応部門は新型コロナウ
     イルスの世界的流行の昨今においても、受付件数の増加や対応内容の複雑化、チャットやSNSなど問い合わせのチャネ
     ルの増加などに直面          していると認識しております              。人手不足の中でも担当者増員無しで対応するケースも少なくな
     く、増員無しでの環境の中でも多様な情報処理対応が求められてきているとの観測もあります。また企業の業務スタ
     イルはテレワークの活用が進んでいる一方、企業内での情報共有が希薄化、顧客対応についてのナレッジ不足深刻化
     や、情報連携の弱体化とリスク感知力の低下進行が想定されております。
      近年、企業は効率性重視から持続可能性重視(ESG、SDGsに対する意識強化)に転換する中、顧客満足度向上に向け
     て、顧客対応部門への期待は大きいと考えられます。同時にインシデント対応や危機対応への対応としても顧客対応
     部門の重要性はますます高くなってまいります。
      当社グループは、市場の拡大・変化及び競合企業の動向など経営環境の変化に対応すべく、顧客対応DXプラット
     フォーム「Discoveriez」を中心に常にフィードバックを活かしていく体制を構築することで、持続的な成長の実現に
     取り組んでまいります。
                                 33/173




                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社ジーネクスト(E36398)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      (5)優先的に対処すべき事業上及び財務上の課題

      当社の対処すべき主な課題は以下のとおりであります。
     ①  ユーザビリティの更なる向上

       当社グループの主力サービスである「Discoveriez」が今後も継続的に成長していくためには、より幅広い業種の
      顧客に支持されていくと共に、継続的に利用していただく必要があると考えております。そのためには、当該サー
      ビスの競争優位性の源泉となっているユーザビリティの維持向上が必要不可欠であると認識しております。当社グ
      ループでは、従来の国内開発に加え、オフショア開発の導入、ミャンマーに開発拠点を設立する等、開発リソース
      の確保に注力してまいりました。今後も顧客のニーズを迅速に把握し、継続的に「Discoveriez」の機能強化に注力
      することにより、競合他社との差別化を図っていきます。
     ②  新規顧客の獲得

       近年のSNSなどの発展に伴い顧客の声は重要性を増しており、企業は対応を誤ると企業価値を毀損するなど多大な
      リスクを負うことになります。当社グループの「Discoveriez」は業界知及び、蓄積したデータの分析により、顧客
      の声からビジネスのリスクやチャンスの発見・予測を行う機能を実装しております。当社グループは
      「Discoveriez」の継続的な機能強化により更なる信頼度を高めると共に、新規顧客の獲得に努めてまいります。ま
      た、顧客対応窓口向けの相談窓口として「next相談室」を拡張し、ナレッジを提供してまいります。大企業への導
      入拡大に向けて基本機能や連携サービスを強化すると共に、SMB(※1)への導入拡大に向けては、プロモーション強
      化及び代理店開拓に努めてまいります。
     ③  システムの安定性の確保

       当社グループは、インターネット上で顧客にサービスを提供しており、システムの安定稼働の確保は必要不可欠
      であります。安定してサービスを提供していくため顧客の増加に合わせた適切なインフラ環境の構築の強化を継続
      的に行い、システムの安定性の確保に努めてまいります。
     ④  人材の確保と育成

       当社グループが持続的に成長するためには、優秀な人材を数多く確保・育成することが重要であると認識してお
      ります。特にサービス利便性及び機能の向上のためには、優秀なエンジニアの継続的な採用が課題であると認識し
      ております。
       当社グループは、従業員の多様な働き方を推進し採用力を高めるとともに、既存人材の能力及び技術の向上のた
      め、教育・研修体制の充実化を進めていく方針であります。
     ⑤  内部管理体制の強化

       クラウド事業を推進するにあたり、情報セキュリティを含む内部統制体制への信頼性確保の重要性が高まってお
      ります。当社グループは、統制の仕組み化(ルール化、見える化、効率化)をより一層強化すると共に、財務、人
      事、広報、法務等、それぞれの分野でコア人材となり得る高い専門性や豊富な経験を有している人材を採用するこ
      とで、更なる内部管理体制の強化を図り、より一層のコーポレート・ガバナンスの充実に努めてまいります。
     ⑥  利益及びキャッシュ・フローの創出

       当社グループは、事業拡大を目指して、開発投資を中心に積極的な先行投資を進めており、2020年3月期は営業
      損失を計上しております。
       当社の収益の中心であるクラウド事業の新規導入件数が伸びることで、先行投資として計上される開発費用が売
      上高に占める割合は低下しており、今後も中長期的な利益及びキャッシュ・フローの最大化に努めてまいります。
      (※1)     SMB

         中小企業のこと。Small           to  Medium    Businessの省略表記。
                                 34/173




                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社ジーネクスト(E36398)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    2  【事業等のリスク】
      当社グループの事業の状況、経理の状況等に関する事項のうち、投資者の判断に重要な影響を及ぼす可能性のある
     事項には、以下のようなものがあります。また、必ずしもそのようなリスク要因に該当しない事項につきましても、
     投資者の投資判断上重要であると考えられる事項につきましては、投資者に対する積極的な情報開示の観点から記載
     しております。
      当社グループはこれらのリスクの発生可能性を十分に認識したうえで、発生の回避及び発生した場合の迅速な対応
     に努める方針です。なお、文中の将来に関する事項は、本書提出日現在において当社グループが判断したものであ
     り、将来において発生の可能性のあるすべてのリスクを網羅するものではありません。
     (1)  事業環境について

       当社グループは顧客対応窓口に特化したインシデント/クレーム情報を活用する『顧客対応DXプラットフォー
      ム』の開発・提供を主力事業としておりますが、当社グループ事業の発展のためには、社会的ニーズや関連市場の
      拡大が必要であると考えております。しかしながら、当社グループが事業環境の変化に適切に対応できなかった場
      合、または、新たな法的規制の導入等の予期せぬ原因により関連市場の成長が鈍化した場合、                                            当該リスクが顕在化
      する可能性の程度や時期を正確に予測することはできませんが、                              当社グループの業績に影響を及ぼす可能性があり
      ます。
     (2)  クラウド市場の動向について

       当社グループが事業を展開するクラウド市場は急速な成長を続けております。当社グループの提供する
      「Discoveriez」はクラウド市場の継続的な成長を前提として事業の拡大を見込んでおります。しかしながら、クラ
      ウド市場において、今後新たな法的規制の導入、技術革新の停滞などの要因により、クラウド市場の拡大が想定通
      りに進まなかった場合には、             当該リスクが顕在化する可能性の程度や時期を正確に予測することはできませんが、
      当社グループの新規契約数が鈍化する可能性など、当社グループの経営成績及び財政状態に影響を及ぼす可能性が
      あります。
     (3)  技術革新について

       当社グループの「顧客対応DXプラットフォーム事業」においては、顧客のニーズに対応したサービスの拡充・開
      発を適時かつ継続的に行うことが重要となっております。
       クラウドサービスを取り巻く技術革新のスピードは大変速く、顧客ニーズに合致するクラウドサービスを提供し
      続けるためには、常に先進的な技術ノウハウを投入し、適時に当社グループ独自のサービスを構築していく必要が
      あります。このため、当社グループは、エンジニアの採用・育成に努めるとともに、技術的な知見・ノウハウの取
      得に注力しております。しかしながら、かかる知見やノウハウの獲得に困難が生じた場合、技術革新に対する当社
      グループの対応が遅れた場合又は競合他社がより優れたサービスを展開した場合には、当社グループの競争力が低
      下する可能性があります。更に、新技術への対応のために追加的なシステム投資、人件費などの支出が拡大する可
      能性があります。このように、当社グループが技術革新に対して、適時かつ適切に対応することができなかった場
      合には、    当該リスクが顕在化する可能性の程度や時期を正確に予測することはできませんが、                                       当社グループの技術
      力低下とそれに伴うサービスの質の低下、そして競争力や業界での地位の低下を招くほか、対応のための支出の増
      大により、当社グループの経営成績及び財政状態に影響を及ぼす可能性があります。
     (4)  システムトラブルについて

       当社グループのサービスは、インターネットを介して提供されております。安定的なサービスを提供するため
      に、当社グループサイトへの急激なアクセス増加や予測不可能な様々な要因によって起こるコンピュータシステム
      のダウンに備えたサーバー設備の増強、コンピュータウィルスやハッカーの侵入等に対するセキュリティの強化、
      定期的なバックアップ、システムの多重化等によるシステム管理体制の構築等により、システム障害に対する万全
      の備えに努めております。
       しかしながら、大規模なプログラム不良や自然災害、事故、不正アクセス、その他何らかの要因によりシステム
      障害やネットワークの切断等予測不能なトラブルが発生し復旧遅延が生じた場合、                                      当該リスクが顕在化する可能性
      の程度や時期を正確に予測することはできませんが、                         またサービス継続に支障が生じた場合には、当社グループの
      サービスに対する信頼性の低下やクレーム発生その他の要因により、当社グループの経営成績及び財政状態に影響
      を及ぼす可能性があります。
                                 35/173


                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社ジーネクスト(E36398)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     (5)  競合について
       当社グループは、『顧客対応窓口の業務システム』を含めた顧客対応での事業を行っており、創業以来、『顧客
      対応窓口の業務システム』に特化してシステムの開発・運営をし続けてきたことで独自の開発ノウハウを蓄積し競
      争力の源泉となっております。しかしながら、今後既存企業との競争の激化や、新たな企業の参入も予想されま
      す。当社グループは企業ニーズに応じた機能強化や、顧客企業とのデータ/ナレッジの共有化による開発強化などに
      より他社との差別化及び競争力の強化に努めてまいります。なお、競合企業の参入はクラウド市場における『顧客
      対応窓口の業務システム』の市場拡大及び認知度向上につながるものと考えられ、当社グループにも相応のメリッ
      トがあるものと考えておりますが、過度な価格競争等を含む競争の激化が生じた場合や、当社グループにおける十
      分な差別化が図れず競争力が低下した場合には、                       当該リスクが顕在化する可能性の程度や時期を正確に予測するこ
      とはできませんが、         当社グループの経営成績及び財政状態に影響を及ぼす可能性があります。
     (6)  海外子会社について

       当社グループは、ミャンマーの子会社においてサービスの開発及び保守業務の一部を委託しており、当該国の政
      治・経済・社会情勢の変動に起因して生じる予期せぬ事態、各種法令・規則の変更等により当地における事業の継
      続が困難となる等のカントリーリスクを有しております。カントリーリスクについては顧問契約を締結している現
      地の会計事務所や法律事務所と情報を共有し適切に対応することでリスクヘッジを行っております。しかしなが
      ら、  当該リスクが顕在化する可能性の程度や時期を正確に予測することはできませんが、                                       このようなリスクが顕在
      化した場合、当社グループの経営成績及び業績に影響を及ぼす可能性があります。なお、2020年3月期(第19期)及
      び2021年3月期(第20期)第3四半期連結累計期間において当社グループの連結売上高に占めるミャンマー子会社の
      売上の割合は僅少であるため、重要性は乏しいと考えております。
       また、当社グループの連結財務諸表作成にあたっては、在外連結子会社の財務諸表を円貨換算しており、為替変
      動による期間損益の円貨換算額が増減するリスクが存在します。これらの為替変動リスクは、                                            当該リスクが顕在化
      する可能性の程度や時期を正確に予測することはできませんが、                              当社グループの経営成績及び財政状態に影響を及
      ぼす可能性があります。
     (7)  解約について

       当社グループのサービスを導入した顧客企業に、当社グループのサービスを継続利用することで生じるストック
      売上につきましては、顧客企業数の拡大等により増加傾向にあります。                                 なお、2021年3月期第3四半期連結累計期
      間において、クラウド事業におけるストック売上比率は16.4%、ストック売上は68,461千円となっております。                                                   さら
      に、ストック売上拡大を目的に当社グループでは機能強化や企業ニーズの把握によるサービス機能の充実、積極的
      な技術革新の導入等に取り組んでおります。しかしながら、顧客企業が望むサービス機能の充実や技術革新に対応
      できない等の理由により当社グループの提供するサービスの競争力低下等によって解約が増加し、ストック売上が
      伸びなかった場合は、          当該リスクが顕在化する可能性の程度や時期を正確に予測することはできませんが、                                       当社グ
      ループの経営成績及び財政状態に影響を及ぼす可能性があります。
     (8)  特定の外注先への依存について

       当社グループは、開発業務の要件定義・設計書作成などの上流工程については内製化しておりますが、製造工程
      の一部については外注しており、特定の外注先への依存度が高まっております。当社グループは当該外注先と長年
      にわたり良好な関係を維持しており、安定的な供給を受ける体制となっておりますが、何らかの理由により、当該
      外注先における経営戦略の変更、収益の悪化、品質の問題等が発生した場合には、                                      当該リスクが顕在化する可能性
      の程度や時期を正確に予測することはできませんが、                         当社グループの事業運営や業績に影響を与える可能性があり
      ます。当社グループでは、新しい外注先候補の選定を進めており、特定の外注先に業務が集中しないように努めて
      まいります。
     (9)  情報の流出に係るリスク

       当社グループは、事業活動において取引先企業等の機密情報                            (問い合わせ窓口に届いた個人情報含む)                    や取引先
      関係者及び従業員の個人情報等を保有しています。これらの情報に関してセキュリティ対策を施していますが、同
      情報が人的及び技術的な過失や、違法または不正なアクセス等により漏えいした場合、機密情報を保護できなかっ
      たことへの責任追及や、それに伴う規制措置の対象となる可能性があります。このような事象が発生した場合に
      は、  当該リスクが顕在化する可能性の程度や時期を正確に予測することはできませんが、                                       取引先及び市場からの信
      頼が毀損され、結果として競争上の優位性の喪失や事業、当社グループの業績や財政状態に影響を及ぼす可能性が
                                 36/173

                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社ジーネクスト(E36398)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      あります。
    (10)   特定人物への依存について

       当社グループの代表取締役である横治祐介は、当社グループ設立以来当社グループの事業に深く関与しており、
      また、顧客対応窓口システムに関する豊富な知識と経験を有しており、経営戦略の構築やその実行に際して重要な
      役割を担っております。当社グループは、特定の人物に依存しない体制を構築すべく組織体制の強化を図り、当該
      代表取締役に過度に依存しない経営体制の整備を進めておりますが、何らかの理由により当該代表取締役の当社グ
      ループにおける業務執行が困難になった場合、                      当該リスクが顕在化する可能性の程度や時期を正確に予測すること
      はできませんが、        当社グループの経営成績及び財政状態に影響を及ぼす可能性があります。
    (11)   人材の獲得、育成及び確保について

       当社グループは、積極的に優秀な人材を採用し、社内教育等を行うことによって体制の拡充を図っております。
      しかしながら、適切な人材を十分に確保できず、あるいは在職中の従業員が退職するなどした場合には、                                                 当該リス
      クが顕在化する可能性の程度や時期を正確に予測することはできませんが、                                   当社グループの業績に影響を及ぼす可
      能性があります。また、今後の事業拡大に向け、特に営業人員の確保が重要となりますが、採用が計画どおり進ま
      なかった場合、あるいは営業人員の流出が生じた場合には、                            当該リスクが顕在化する可能性の程度や時期を正確に
      予測することはできませんが、               事業拡大の制約となり、当社グループの経営成績及び財政状態に影響を及ぼす可能
      性があります。
    (12)   知的財産権について

       当社グループでは提供サービスの商標権等必要な知的財産権については登録を行い、また当社グループによる第
      三者の知的財産権侵害の可能性については、専門家と連携を取り調査可能な範囲で対応を行っております。しかし
      ながら、当社の事業領域に関する第三者の知的財産権の完全な把握は困難であり、万一、当社グループが第三者の
      知的財産権を侵害した場合には、                当該リスクが顕在化する可能性の程度や時期を正確に予測することはできません
      が、  当該第三者から損害賠償請求や使用差止請求等の訴えを起こされる可能性があり、これらに対する対価の支払
      いやこれらに伴うサービス内容の変更の必要等が発生する可能性があります。
       また、当社のようなクラウド型サービスの市場では、特許出願によって自社の非公開技術やノウハウが開示され
      るというデメリットが大きいのに対して、自社で開発したプログラムやノウハウ等を自社サービスに使用しつつ、
      社外秘として秘密管理することにより、自社独自のサービスを提供することのメリットが大きいと考えられるた
      め、当社はあえて特許出願を行わないクローズド戦略を採用しております。それにより、当社グループが保有する
      知的財産権について、第三者により侵害される可能性があるほか、当社グループが保有する知的財産権の法的権利
      化ができない場合もあります。               当該リスクが顕在化する可能性の程度や時期を正確に予測することはできません
      が、  こうした場合、当社グループの経営成績及び財政状態に影響を及ぼす可能性があります。
       なお、当社グループはこれまで、特許権、商標権、意匠権等の知的財産権に関しては、他社の知的財産権を侵害
      したとして損害賠償や使用差止めの請求を受けたことはなく、知的財産権の侵害を行っていないものと認識してお
      ります。
    (13)   過年度における継続的な損失計上について

       当社グループは、過年度において、「顧客対応DXプラットフォーム事業」にかかる継続的な事業成長を図るた
      め、積極的な人材採用とシステム開発を実施しており、「第二部 企業情報 第1 企業の概況 1主要な経営指
      標等の推移」に記載のとおり、2018年3月期(第17期)から最近連結会計年度である2020年3月期(第19期)におい
      て、継続的な売上高拡大が図られたものの、先行的な費用負担により、利益面では損失計上が継続しており、債務
      超過となっておりました。
       足許の2021年3月期(第20期)第3四半期連結累計期間においては、第三者割当増資の実施に加えて、顧客の拡大
      等により売上高が増加したこと、及び売上原価の低減等により黒字転換し、債務超過も解消しております。
       当社グループ主力事業である「顧客対応DXプラットフォーム事業」は、クラウド型サービスの売上高の増加か
      ら、顧客企業からのストック売上は増加しているものの、                           現状ではフロー売上比率の方がストック売上比率よりも
      高いため、     顧客企業獲得や組織規模拡大のための費用負担が拡大した場合には、                                当該リスクが顕在化する可能性の
      程度や時期を正確に予測することはできませんが、                        継続した利益計上が実現出来ない可能性があります。                         なお、
      2021年3月期第3四半期連結累計期間において、クラウド事業におけるストック売上比率は16.4%、ストック売上は
      68,461千円となっております。
                                 37/173

                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社ジーネクスト(E36398)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    (14)   訴訟等について

       当社グループは、その事業活動の遂行過程において、取引先及び従業員等により提起される訴訟その他の法的手
      続の当事者となるリスクを有しています。これらの手続は結果の予測が困難であり、多額の費用が必要となった
      り、事業活動に影響を及ぼしたりする可能性があります。さらに、これらの手続きにおいて当社グループの責任を
      問うような判断がなされた場合には、                  当該リスクが顕在化する可能性の程度や時期を正確に予測することはできま
      せんが、    当社グループの経営成績及び財政状態に影響を及ぼす可能性があります。
       なお、当社グループでは、本書提出日現在において業績に影響を及ぼす訴訟や紛争は生じておりません。
    (15)   税務上の繰越欠損金について

       当社グループは税務上の繰越欠損金を有しており、期限内にこれら繰越欠損金の繰越控除を受ける予定でありま
      す。しかしながら、当社グループの業績が順調に推移することで繰越欠損金を上回る課税所得が発生した場合に
      は、  当該リスクが顕在化する可能性の程度や時期を正確に予測することはできませんが、                                       所定の税率に基づく法人
      税等の納税負担が発生するため、当期純損益及びキャッシュ・フローに影響を与える可能性があります。
    (16)   資金使途について

       今回計画している公募増資による調達資金の使途につきましては、現時点では、事業拡大に伴い増加する人件費
      等や採用活動費及び「Discoveriez」の更なる機能強化のための開発費用等に充当することを計画しております。
       しかしながら、当社グループを取り巻く経営環境は変化が激しく、計画どおりに資金を使用したとしても、期待
      どおりの効果を上げられない可能性があります。また、急激な市場環境の変化に柔軟に対応するため、上記計画以
      外の使途に充当する可能性があります。                   当該リスクが顕在化する可能性の程度や時期を正確に予測することはでき
      ませんが、     そのような場合は速やかに資金使途の変更について開示を行う予定であります。
    (17)   新株予約権の行使による株式価値の希薄化について

       当社グループでは、役職員(元役職員を含む)に対して、インセンティブを目的として新株予約権を付与してお
      り、本書提出日現在における発行済株式総数(3,732,200株)に対する潜在株式(367,600株)の割合は9.8%となってお
      ります。    当該リスクが顕在化する可能性の程度や時期を正確に予測することはできませんが、                                       これら新株予約権が
      行使された場合には、当社グループの株式が新たに発行され、既存株主が有する株式の価値及び議決権が希薄化す
      る可能性があります。
    (18)   法的規制等について

       当社グループは、当社グループの事業を制限する直接的かつ特有の法的規制は本書提出日時点において存在しな
      いと考えております。しかしながら、今後、当社グループの事業を直接的に制限する法的規制がなされた場合、ま
      た、従来の法的規制の運用に変更がなされた場合には、当社グループの事業展開は制約を受ける可能性がありま
      す。当社グループとしては引き続き法令を遵守した事業運営を行っていくべく、今後も法令遵守体制の強化や社内
      教育などを行っていく方針ですが、今後当社グループの事業が新たな法的規制の対象となった場合には、                                                 当該リス
      クが顕在化する可能性の程度や時期を正確に予測することはできませんが、                                   当社グループの経営成績及び財政状態
      に影響を及ぼす可能性があります。
    (19)   配当政策について

       当社グループは、設立以来配当を実施した実績はありませんが、株主に対する利益還元を重要な経営課題として
      認識しております。しかしながら、現在当社グループは成長過程にあると考えており、内部留保の充実を図り、収
      益基盤の多様化や収益力強化のための投資に充当することにより、更なる事業拡大を目指すことが株主に対する利
      益還元につながると考えております。
       将来的には、各期の経営成績及び財政状態を勘案しながら株主に対して利益還元を実施していく方針ではありま
      すが、現時点において配当実施の可能性及びその実施時期等については未定であります。なお、当該リスクが顕在
      化する可能性の程度や時期を正確に予測することは難しいと考えております。
    (20)   新型コロナウイルス感染症による影響について

       新型コロナウイルスの感染拡大により国内外の社会・経済が深刻な状況に陥り、景気の不透明感は一層強まって
      おります。特に連結子会社のあるミャンマー国内では、新型コロナウイルスの感染防止のため、厳格な移動制限が
                                 38/173

                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社ジーネクスト(E36398)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      実施されており、ロックダウンを行っております。そのため、新規の営業活動も制限され、既存顧客中心となって
      おります。当社グループとしましては、リモートでの営業活動やセミナー開催、在宅勤務が実施できる環境等の備
      え を進め、今後の市場環境を注視しながら取り組んでまいります。事態の収束に時間を要する場合、                                              当該リスクが
      顕在化する可能性の程度や時期を正確に予測することはできませんが、                                  外出自粛に伴う対面による営業活動の減
      少、新規顧客のシステム導入時期の見直し、展示会や商談会の延期に伴う対面による各製品のPR機会の減少等によ
      り、当社グループの経営成績に影響を与える可能性があります。
     (21)   小規模組織であることについて

       当社グループは本書提出日時点、小規模な組織であり、業務執行上必要最低限の人数での組織編成となっており
      ます。また、今後は事業の拡大に応じて人材の採用・育成を行うとともに業務執行体制の充実を図っていく方針で
      あります。しかしながら、これらの施策が適時適切に遂行されなかった場合、または、従業員の予期せぬ退職が重
      なった場合には、        当該リスクが顕在化する可能性の程度や時期を正確に予測することはできませんが、                                       当社の経営
      成績及び財政状態に影響を及ぼす可能性があります。
                                 39/173
















                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社ジーネクスト(E36398)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    3  【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】
     (1)  経営成績等の状況の概要
       当社グループ(当社及び連結子会社)の財政状態、経営成績及びキャッシュ・フロー(以下「経営成績等」という」
      の状況の概要は次のとおりであります。
      ① 財政状態及び経営成績の状況

       a.財政状態の状況
        第19期連結会計年度(自 2019年4月1日 至 2020年3月31日)
        (資産)
         当連結会計年度末における流動資産は238,646千円となり、前連結会計年度末に比べ58,807千円増加いたしま
        した。これは、主に決算月の納品案件が減少したことにより、売掛金が30,057千円減少した一方で、                                               第三者割
        当増資等    により、現金及び預金が113,170千円増加したことによるものであります。固定資産は4,224千円とな
        り、前連結会計年度末に比べ3,853千円減少いたしました。これは、主に有形固定資産が減価償却費及び減損損
        失の計上により1,990千円減少したことによるものであります。
         この結果、総資産は、242,871千円となり、前連結会計年度末に比べ、54,954千円増加いたしました。
        (負債)

         当連結会計年度末における流動負債は195,549千円となり、前連結会計年度末に比べ1,841千円減少いたしま
        した。これは主に、人員増加に伴い人件費や経費が増加したことにより、未払費用が12,963千円増加した一方
        で、決算月の仕入高が減少したことにより、買掛金が22,685千円減少したことによるものであります。固定負
        債は143,770千円となり、前連結会計年度末に比べ85,754千円減少いたしました。これは主に、長期借入金が
        85,912千円減少したことによるものであります。
         この結果、負債合計は、339,320千円となり、前連結会計年度末に比べ、87,595千円減少いたしました。
        (純資産)

         当連結会計年度末における純資産は△96,449千円となり、前連結会計年度末に比べ142,549千円増加いたしま
        した。これは主に、親会社株主に帰属する当期純損失184,433千円の計上により利益剰余金が減少した一方で、
        第三者割当増資により、資本金及び資本剰余金がそれぞれ、163,650千円増加したことによるものであります。
        第20期第3四半期連結累計期間(自 2020年4月1日 至 2020年12月31日)

        (資産)
         当第3四半期連結会計期間末における総資産は632,974千円となり、前連結会計年度末に比べ390,103千円増
        加しました。これは主に、第三者割当増資等により現金及び預金が311,381千円増加したこと等によるものであ
        ります。
        (負債)

         当第3四半期連結会計期間末における負債は407,247千円となり、前連結会計年度末に比べ67,927千円増加し
        ました。これは主に、長期借入金が107,439千円増加したこと等によるものであります。
        (純資産)

         当第3四半期連結会計期間末における純資産は225,727千円となり、前連結会計年度末に比べ322,176千円増
        加しました。これは主に、第三者割当増資により資本金及び資本剰余金がそれぞれ132,587千円増加したこと等
        によるものであります。
                                 40/173




                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社ジーネクスト(E36398)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       b.経営成績の状況

        第19期連結会計年度(自 2019年4月1日 至 2020年3月31日)
         当連結会計年度におけるわが国経済は、企業業績の回復、雇用・所得環境の改善などにより、長らく景気は
        緩やかな回復傾向が続いておりましたが、足元では新型コロナウイルス感染症の世界規模での流行が発生して
        おり、先行きは不透明な状況となっております。
         当社グループの主たる事業領域であるクラウド基盤市場では、既存情報システムのオンプレミスからクラウ
        ドへの移行だけでなく、DX(デジタル・トランスフォーメーション)の実現を目的としたサービス利用の拡大
        により堅調に推移しております。
         このような環境のもと、当連結会計年度において当社グループは、顧客対応に特化したプラットフォーム
        「Discoveriez」の新規顧客の獲得とともに、提供サービスのアップセル・クロスセルの促進による既存顧客と
        の取引拡大にも注力してまいりました。一方で、個別案件のカスタマイズが発生したことにより、粗利率は下
        落しました。さらに、「Discoveriez」の基盤開発並びに機能強化の先行投資を行ったことにより、研究開発費
        も増加しました。
         この結果、当連結会計年度は、売上高531,252千円(前年同期比5.1%増)、営業損失は178,382千円(前年同期
        は営業損失104,662千円)、当期純損失は184,645千円(前年同期は当期純損失110,192千円)、親会社株主に帰属
        する当期純損失は184,433千円(前年同期は親会社株主に帰属する当期純損失110,064千円)となりました。
         なお、当社は「顧客対応DXプラットフォーム事業」のみの単一セグメントであるため、セグメントごとの記
        載はしておりません。
        第20期第3四半期連結累計期間(自 2020年4月1日 至 2020年12月31日)

          当第3四半期連結累計期間におけるわが国の経済は、米中貿易摩擦や英国のEU離脱問題などの影響が不透明
        な状況が継続していた中で、新型コロナウイルス感染症の影響により、国内外の経済が急激に悪化することと
        なり、金融市場の急落や有効求人倍率の低下等、さらに先行きの不透明感が高くなっております。
         当社グループの主たる事業領域であるクラウド基盤市場では、既存情報システムのオンプレミスからクラウ
        ドへの移行だけでなく、DXの実現を目的としたサービス利用の拡大により堅調に推移しております。
         このような環境のもと、当第3四半期連結累計期間において当社グループは、顧客対応に特化したプラット
        フォーム「Discoveriez」の新規顧客の獲得とともに、提供サービスのアップセル・クロスセルの促進による既
        存顧客との取引拡大にも注力してまいりました。また、過年度より「Discoveriez」の基盤開発並びに機能強化
        の先行投資を行ってきた結果、個別案件のカスタマイズ費用低減等により粗利率が改善しました。
         以上の結果、当第3四半期連結累計期間の売上高は551,058千円、営業利益は65,421千円、経常利益は65,921
        千円、親会社株主に帰属する四半期純利益は56,607千円となりました
         なお、当社グループは、顧客対応DXプラットフォーム事業のみの単一セグメントであるため、セグメント情
        報に関連付けた記載を行っておりません。
      ② キャッシュ・フローの状況

       第19期連結会計年度(自 2019年4月1日 至 2020年3月31日)
        当連結会計年度末における現金及び現金同等物(以下「資金」という)は、125,657千円となり、前連結会計年度
       末に比べ、111,177千円増加いたしました。
        当連結会計年度における各キャッシュ・フローの状況とそれらの要因は次のとおりであります。
       (営業活動によるキャッシュ・フロー)

        当連結会計年度における営業活動による資金は、119,604千円の支出(前連結会計年度は137,098千円の支出)と
       なりました。これは主に、売上債権の減少額30,000千円、たな卸資産の減少額19,301千円、未払費用の増加額
       13,052千円等の増加要因があった一方で、税金等調整前当期純損失184,355千円の計上、仕入債務の減少額22,685
       千円等の減少要因があったことによるものであります。
       (投資活動によるキャッシュ・フロー)

        当連結会計年度における投資活動による資金は、2,210千円の支出(前連結会計年度は2,904千円の支出)となり
       ました。これは主に、定期預金等の預入による支出が2,351千円あったことによるものであります。
                                 41/173


                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社ジーネクスト(E36398)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       (財務活動によるキャッシュ・フロー)
        当連結会計年度における財務活動による資金は233,095千円の収入(前連結会計年度は123,063千円の収入)とな
       りました。これは主に、新株発行による収入が327,300千円あったことによるものであります。
                                 42/173




















                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社ジーネクスト(E36398)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      ③ 生産、受注及び販売の状況
       a.生産実績
         当社グループが提供するサービスの性格上、生産実績の記載に馴染まないため、記載を省略しております。
       b.受注実績

         当社グループが提供するサービスの性格上、受注実績の記載に馴染まないため、記載を省略しております。
       c.販売実績

         第19期連結会計年度及び第20期第3四半期連結累計期間における販売実績は、次のとおりであります。な
        お、当社グループは「顧客対応DXプラットフォーム事業」の単一セグメントであるため、サービス区分別で記
        載しております。
                                             第20期第3四半期

                         第19期連結会計年度
                                              連結累計期間
                         (自 2019年4月1日
                                            (自 2020年4月1日
                         至 2020年3月31日)
       サービス区分
                                             至 2020年12月31日)
                    販売高(千円)            前年同期比(%)              販売高(千円)
    クラウド事業                     246,904              164.2              416,297

    オンプレ事業                     185,556              95.1             103,067

    その他                      98,791              61.9              31,692

         合計                531,252              105.1              551,058

     (注)   1.上記の金額には、消費税等は含まれておりません。
         その他には、一定期間の間最低限の仕事量を保証するラボ型開発、コンサルティング業務等が含まれており
         ます。
       2.  第20期第3四半期連結累計期間において、クラウド事業の販売実績に著しい変動がありました。これは、既
         存情報システムのオンプレミスからクラウドへの移行だけでなく、DX(デジタル・トランスフォーメーショ
         ン)の実現を目的としたサービス利用の拡大により堅調に推移していることによるものであります。
       3.最近2連結会計年度及び第20期第3四半期連結累計期間の主な相手先別の販売実績及び当該販売実績の総販
         売実績に対する割合は次のとおりであります。
                                               第20期第3四半期

                      第18期連結会計年度            第19期連結会計年度
                                                連結累計期間
                     (自 2018年4月1日            (自 2019年4月1日
                                              (自 2020年4月1日
                      至 2019年3月31日)            至 2020年3月31日)
             相手先
                                              至 2020年12月31日)
                      金額      割合      金額      割合      金額      割合
                      (千円)       (%)      (千円)       (%)      (千円)       (%)
          サッポログループマ
                         ―      ―    80,994       15.2      8,497       1.5
          ネジメント㈱
          ポーターズ㈱             53,104       10.5     63,192       11.9     18,668        3.4
          ㈱パイプドビッツ             64,022       12.7     26,940        5.1     4,487       0.8

          ヱスビー食品㈱             51,683       10.2      8,231       1.5     6,565       1.2

       4.上記の金額には、消費税等は含まれておりません。

                                 43/173





                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社ジーネクスト(E36398)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     (2)  経営者の視点による経営成績等の状況に関する分析・検討内容
       経営者の視点による当社グループの経営成績等の状況に関する認識及び分析・検討内容は次のとおりでありま
      す。
       なお、文中の将来に関する事項は、提出日現在において判断したものであります。
      ① 重要な会計上の見積り及び当該見積りに用いた仮定

        当社グループの連結財務諸表は、我が国において一般に公正妥当と認められている会計基準に基づき作成され
       ております。連結財務諸表の作成に当たり、資産及び負債又は損益の状況に影響を与える会計上の見積りは、過
       去の実績等の連結財務諸表作成時に入手可能な情報に基づき合理的に判断しておりますが、実際の結果は見積り
       特有の不確実性があるため、これらの見積りと異なる場合があります。
        当社グループの連結財務諸表の作成に当たって採用している重要な会計方針は、「第5 経理の状況 1 連
       結財務諸表等 (1)連結財務諸表 注記事項 連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項」に記載しており
       ます  が、会計上の見積り及び当該見積りに用いた仮定のうち、以下の項目が重要であると認識しております。
        なお、新型コロナウイルス感染症の感染拡大に伴う会計上の見積もりについては、「第5 経理の状況 1 
       連結財務諸表等 (1)連結財務諸表 注記事項(追加情報)」に記載しております。
      (工事進行基準)

       当社グループは新規受注案件のうち、一定の要件を満たす契約については工事進行基準(工事進捗度の見積りは
      原価比例法)を適用しております。
       工事進行基準の適用にあたって、受注収益総額、開発原価総額及び当連結会計年度末における開発進捗率を合理
      的に見積る必要があります。
       工事進行基準による収益計上の基礎となる開発原価総額は、合理的で信頼性のある実行予算に基づいて見積りを
      行っておりますが、想定していなかった原価の発生等により当該見積りの見直しが必要となった場合、当社グルー
      プの財政状態及び経営成績に影響を及ぼす可能性があります。
      ② 経営成績等の状況に関する認識及び分析・検討内容

       第19期連結会計年度(自 2019年4月1日 至 2020年3月31日)
        当社グループの当連結会計年度の経営成績等は、次のとおりであります。
       a.売上高
         当連結会計年度の売上高は、531,252千円(前連結会計年度比5.1%増)となりました。これは主に、オンプレ
        ミスからクラウドへの移行が促進された結果、クラウド事業で順調に新規案件が獲得できたことと、既存顧客
        の解約率が低く推移しているため、既存顧客に対するアップセル・クロスセル及びライセンス収入が増加した
        ことによるものであります。
       b.売上原価、売上総利益

         当連結会計年度の売上原価は、396,861千円(前連結会計年度比8.8%増)となりました。                                         売上原価を構成する
        ものとしては、主に「Discoveriez」の開発の外注費と開発部門の人件費でありますが、                                         案件増加に伴い開発の
        外注費等が増加したことによるものであります。
         以上の結果、当連結会計年度の売上総利益は、134,391千円(前連結会計年度比4.3%減)となりました。
       c.販売費及び一般管理費、営業損失

         当連結会計年度の販売費及び一般管理費は、312,774千円(前連結会計年度比27.6%増)となりました。これは
        主に、事業規模拡大         及び管理体制強化に伴い、開発部門部及び管理部門の人員増強により                                人件費等が増加した
        ことによるものであります。
         以上の結果、当連結会計年度の営業損失は、178,382千円(前連結会計年度比70.4%増)となりました。
       d.営業外損益、経常損失

         当連結会計年度の営業外収益は、871千円(前連結会計年度比38.6%増)となりました。これは主に、受取利息
        によるものであります。一方で、営業外費用は、5,968千円(前連結会計年度比1.7%増)となりました。これは
        主に、   借入金増加に伴い支払利息も増加したこと                   によるものであります。
         以上の結果、当連結会計年度の経常損失は、183,480千円(前連結会計年度比66.9%増)となりました。
                                 44/173

                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社ジーネクスト(E36398)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       e.特別損益、親会社株主に帰属する当期純損失

         当連結会計年度において特別利益は発生しておりません。一方で、特別損失は、875千円(前連結会計年度は
        発生なし)となりました。これは、                有形固定資産について          減損損失を計上したことによるものであります。
         以上の結果、当連結会計年度の税金等調整前当期純損失は、184,355千円(前連結会計年度比67.7%増)とな
        り、法人税等を290千円計上したことにより、親会社株主に帰属する当期純損失は、184,433千円(前連結会計年
        度比67.6%増)となりました。
                                 45/173


















                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社ジーネクスト(E36398)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       第20期第3四半期連結累計期間(自 2020年4月1日 至 2020年12月31日)
        当社グループの当第3四半期連結累計期間の経営成績等は、次のとおりであります。
        a.売上高
         当第3四半期連結累計期間の売上高は、551,058千円となりました。これは主に、引き続きオンプレミスから
        クラウドへの移行が堅調であることに加えて、既存顧客のリプレイス需要も高まり、クラウド事業での新規案
        件が獲得できたことによるものであります。
       b.売上原価、売上総利益

         当第3四半期連結累計期間の売上原価は、216,028千円となりました。これは主に、新規案件の増加に伴い人
        件費及び外注費が増加したことによるものであります。
         以上の結果、当第3四半期連結累計期間の売上総利益は、335,029千円となりました。
       c.販売費及び一般管理費、営業利益

         当第3四半期連結累計期間の販売費及び一般管理費は、269,608千円となりました。これは主に、                                             事業規模拡
        大及び管理体制強化に伴い、開発部門、営業部門及び管理部門の人員増強により                                     人件費が増加したことによる
        ものであります。
         以上の結果、当第3四半期連結累計期間の営業利益は、65,421千円となりました。
       d.営業外損益、経常損失

         当第3四半期連結累計期間の営業外収益は、7,378千円となりました。これは主に、新型コロナウイルス感染
        症の影響から助成金を受給したこと等によるものであります。一方で、営業外費用は、6,878千円となりまし
        た。これは主に、上場関連費用及び支払利息によるものであります。
         以上の結果、当第3四半期連結累計期間の経常利益は、65,921千円となりました。
       e.特別損益、親会社株主に帰属する四半期純利益

         当第3四半期連結累計期間において特別利益及び特別損失は発生しておりません。
         以上の結果、当第3四半期連結累計期間の税金等調整前四半期純利益は、65,921千円となり、法人税等を
        10,058千円計上したことにより、親会社株主に帰属する四半期純利益は、56,607千円となりました。
        なお、当社グループの財政状態及びキャッシュ・フローの状況の分析等は「(1)経営成績等の状況の概要」に記

       載しております。
      ③ 資本の財源及び資金の流動性についての分析

        当社グループにおける資金需要は、主として人件費、外注費等の運転資金であります。短期運転資金は自己資
       金及び金融機関からの短期借入を基本としており、設備投資や長期運転資金の調達につきましては、金融機関か
       らの長期借入、及びエクイティファイナンスを基本としており、これらの資金調達方法の優先順位等は、資金需
       要の額や用途に合わせて都度最適な方法を選択しております。
        なお当連結会計年度末における借入金の残高は228,499千円であります。また、当連結会計年度末における現金
       及び現金同等物の残高は125,657千円となります。
      ④ 経営成績に重要な影響を与える要因について

        経営成績に重要な影響を与える要因については、「2 事業等のリスク」をご参照下さい。
      ⑤ 経営者の問題意識と今後の方針に関して

        経営者の問題意識と今後の方針については、「1 経営方針、経営環境及び対処すべき課題等」をご参照下さ
       い。
      ⑥ 経営方針、経営戦略、経営上の目標の達成状況を判断するための客観的な指標等

        「第2 事業の状況 1 経営方針、経営環境及び対処すべき課題等」に記載のとおり、当社グループは持続
       的な成長と企業価値の向上を目指しており、主な経営指標として売上高、営業利益を特に重視しております。経
       営上の目標達成状況を判断するための客観的な指標は、新規導入件数であると考えております。                                             今後もこの指標
                                 46/173


                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社ジーネクスト(E36398)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       を目標として経営を行うことにより、企業の成長性及び効率性の確保を図る所存であります。
        2021年3月期第3四半期連結累計期間末時点においては、クラウドサービスの導入企業数が19件増加し、その
       結果営業利益は黒字転換となっております。現時点では目標達成に向けて予定通り進捗していると評価しており
       ます。
    重視する指標の推移                                               (単位:千円)

                                                 2021年3月期
              期間              2019年3月期          2020年3月期
                                              第3四半期連結累計期間
    売上高                           505,294          531,252            551,058
    営業利益又は      営業損失(△)                    △104,662          △178,382             65,421
    クラウド事業              新規導入件数                4          12            19
    オンプレ事業              新規導入件数                5          3            0
                                 47/173
















                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社ジーネクスト(E36398)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    4  【経営上の重要な契約等】
     (1)  技術受入契約
       相手先       相手先の                  契約

                     契約品目                  契約期間          契約内容
       の名称       所在地                 締結日
                                     2017年4月1日~
    VNEXT   Software
             ベ  ト  ナ  ラボ契約型ソフト
                                     2018年3月31日          ソフトウェア開発
    Joint   Stock      ム ハノ     ウェア開発業務委          2017年4月1日
                                     (以後1年毎の自動          及びその関連業務
             イ市     託※
    Company
                                     更新)
     ※ある一定期間で発注する仕事量の最低保証を行うソフトウェア開発の契約
    5  【研究開発活動】

     第19期連結会計年度(自 2019年4月1日 至 2020年3月31日)
      当連結会計年度の研究開発活動は、顧客対応に特化したプラットフォーム「Discoveriez」の基盤開発及びAI技術の

     調査研究等であり、研究開発費は               71,659   千円であります。
      研究開発体制について、専属で行う部署は存在しておりませんが、システムの基盤開発、自然言語処理、テキスト
     マイニング、強化学習等のAI技術を研究し、相談室業務の効率向上に大きく寄与する新たな製品の開発・サービスの
     提供を行ってまいります。
      なお、当社グループは「顧客対応DXプラットフォーム事業」のみの単一セグメントであるため、セグメント別の記
     載を省略しております。
     第20期第3四半期連結累計期間(自 2020年4月1日 至 2020年12月31日)

      当第3四半期連結累計期間の当社グループの研究開発費の総額は                              58,651   千円であります。

      当第3四半期連結累計期間において、当社グループの研究開発活動に重要な変更はありません。なお、当社グルー
     プは「顧客対応DXプラットフォーム事業」のみの単一セグメントであるため、セグメント別の記載を省略しておりま
     す。
                                 48/173











                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社ジーネクスト(E36398)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    第3 【設備の状況】
    1 【設備投資等の概要】

     第19期連結会計年度(自 2019年4月1日 至 2020年3月31日)
      当連結会計年度において、特記すべき設備投資は行っておりません。
      また、当連結会計年度において減損損失875千円を計上しております。減損損失の内容につきましては、「第5                                                    経
     理の状況 1連結財務諸表等 (1)連結財務諸表 注記事項(連結損益計算書関係)※4                                        減損損失について」に記載の
     とおりであります。
      なお、当連結会計年度において、重要な設備の除却、売却はありません。
      当社グループは「顧客対応DXプラットフォーム事業」のみの単一セグメントであるため、セグメント別の記載を省
     略しております。
     第20期第3四半期連結累計期間(自 2020年4月1日 至 2020年12月31日)

      当第3四半期連結累計期間において、特記すべき設備投資は行っておりません。
     また、当第3四半期連結累計期間において、重要な設備の除却、売却はありません。
     当社グループは「顧客対応DXプラットフォーム事業」のみの単一セグメントであるため、セグメント別の記載を省略
     しております。
                                 49/173














                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社ジーネクスト(E36398)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    2 【主要な設備の状況】
      当社グループにおける主要な設備は、次のとおりであります。
     (1)  提出会社
                                               2020年3月31日現在
                                   帳簿価額
       事業所名                                             従業員数
                設備の内容
       (所在地)                                              (名)
                         建物附属設備        工具、器具及び備品             合計
                          (千円)          (千円)          (千円)
        本社
                事務所設備                0          0          0     23
     (東京都千代田区)
     (注)   1.現在休止中の主要な設備はありません。
       2.本社の事務所は賃借しているものであり、年間賃借料は12,504千円であります。
       3.当社グループの事業セグメントは単一セグメントであるため、セグメント情報の記載は省略しております。
       4.従業員数は就業人員であり、臨時雇用者数(アルバイト・パートタイマーを含み、人材派遣会社からの派遣
         社員は除く。)は、従業員数の100分の10未満であるため記載を省略しております。
     (2)  在外子会社

       重要性がないため、記載を省略しております。
    3  【設備の新設、除却等の計画】(2021年1月31日現在)

     (1)  重要な設備の新設等
       重要な設備の新設等の計画はありません。
     (2)  重要な設備の除却等

       重要な設備の除却等の計画はありません。
                                 50/173












                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社ジーネクスト(E36398)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    第4 【提出会社の状況】
    1 【株式等の状況】

     (1) 【株式の総数等】
      ①  【株式の総数】
                種類                       発行可能株式総数(株)

               普通株式                                    10,750,000

                計                                   10,750,000

      ② 【発行済株式】

                             上場金融商品取引所名又は

        種類           発行数(株)                               内容
                            登録認可金融商品取引業協会名
                                           完全議決権株式であり、株主
                                           としての権利内容に何ら限定
                                           のない当社における標準とな
      普通株式                3,732,200           非上場
                                           る株式です。
                                           なお、単元株式数は100株で
                                           あります。
        計               3,732,200            ―               ―
     (注)   1.2020年11月19日開催の取締役会において、A種優先株式すべてにつき、定款に定める取得条項に基づき取得
         することを決議し、2020年12月3日付で自己株式として取得し、対価として普通株式を交付しております。
         また、取得したA種優先株式は、2020年12月3日付で会社法第178条に基づきすべて消却しております。
       2.2020年12月4日開催の臨時株主総会において定款変更が決議され、同日付で1単元を100株とする単元株制
         度を採用しております。
       3.2020年12月4日開催の取締役会決議により、2020年12月22日付で普通株式1株につき50株の割合で株式分割
         を行っております。
                                 51/173











                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社ジーネクスト(E36398)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     (2) 【新株予約権等の状況】
      ①  【ストックオプション制度の内容】
     第1回新株予約権          2018年6月27日定時株主総会決議
    決議年月日                   2018年6月27日
                        当社取締役 2
    付与対象者の区分及び人数(名)
                        当社従業員 12
    新株予約権の数(個)※                   32[20](注)1
    新株予約権の目的となる株式の種類、
                        普通株式     1,280[40,000](注)1、7
    内容及び数(株)※
    新株予約権の行使時の払込金額(円)※                   10,000[200](注)2、7
    新株予約権の行使期間※                   2020年7月12日~2028年6月18日(注)3

    新株予約権の行使により株式を
                        発行価格  10,000[200]
    発行する場合の株式の発行価格
                        資本組入額        5,000[100](注)7
    及び資本組入額(円)※
    新株予約権の行使の条件※                   (注)4
    新株予約権の譲渡に関する事項※                   新株予約権の譲渡については、取締役会の承認を要するものとする。

    組織再編成行為に伴う新株予約権の
                        (注)6
    交付に関する事項※
      ※  最近事業年度の末日(2020年3月31日)における内容を記載しております。最近事業年度の末日から提出日の前月
       末現在(2021年1月31日)にかけて変更された事項については、提出日の前月末現在における内容を[                                               ]内に記
       載しており、その他の事項については最近事業年度の末日における内容から変更はありません。
     (注)   1.新株予約権1個につき目的となる株式数は、1株であります。
         なお、新株予約権を割り当てる日(以下「割当日」という。)以降、当社が当社普通株式の分割(株式無償割
         当を含む。)または併合を行う場合、次の算式により目的となる株式の数を調整するものとする。ただし、
         かかる調整は、新株予約権のうち、当該時点で権利行使されていない新株予約権の目的となる株式の数につ
         いて行われ、調整の結果生じる1株未満の端数については、これを切り捨てる。
          調整後株式数      = 調整前株式数      × 分割・併合の比率
         また、割当日以降、当社が吸収合併、新設合併、吸収分割、新設分割、株式交換もしくは株式移転を行なう
         場合またはその他やむを得ない事由が生じた場合には、新株予約権の目的となる株式の数は、合理的な範囲
         で取締役会決議により調整されるものとする。
       2.新株予約権の割当日以降、当社が当社普通株式の分割(株式無償割当を含む。)または併合を行う場合、次の
         算式により行使価額を調整し、1円未満の端数は切り上げる。
                               1
          調整後行使価額       = 調整前行使価額       ×
                            分割・併合の比率
         また、当社が当社普通株式につき行使価額を下回る払込金額で募集株式の発行または自己株式の処分を行う
         場合(当社普通株式に転換される証券もしくは転換できる証券または当社普通株式の交付を請求できる新株
         予約権(新株予約権付社債に付されたものを含む。)の転換または行使の場合を除く。)は、次の算式により
         行使価額を調整し、調整により生じる1円未満の端数は切り上げる。
                                   新規発行株式数        × 1株当たり払込金額
                           既発行株式数      +
                                         1株当たり時価
          調整後行使価額       = 調整前行使価額       ×
                                  既発行株式数+新規発行株式数
         上記算式において「既発行株式数」とは、当社普通株式に係る発行済株式総数から当社普通株式に係る自己
         株式数を控除した数とし、当社普通株式に係る自己株式の処分を行う場合には、「新規発行株式数」を「処
         分する自己株式数」、「1株当たり払込金額」を「1株当たり処分金額」と読み替えるものとする。
         さらに、上記のほか、割当日以降、当社が吸収合併、新設合併、吸収分割、新設分割、株式交換もしくは株
         式移転を行なう場合又はその他やむを得ない事由が生じた場合には、行使価額は、合理的な範囲で取締役会
         決議により調整されるものとする。
       3.新株予約権を行使することができる期間
         新株予約権を行使する期間の最終日が会社の休日にあたるときは、その前営業日を最終日とする。
       4.新株予約権の行使の条件に関する事項は次のとおりであります。
         ① 新株予約権の割当を受けた者(以下「新株予約権者」という。)は、権利行使時において、当社または当
           社子会社の取締役、監査役、従業員、顧問もしくは関係協力者のいずれかの地位にあることを要する。
           ただし、当該新株予約権者が任期満了によって退任または定年退職した場合、もしくは取締役会が正当
           な理由があると認めた場合は、この限りではない。
         ② 新株予約権者が死亡した場合、その相続人による新株予約権の権利行使は認めないものとする。
                                 52/173

                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社ジーネクスト(E36398)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         ③ 新株予約権者は、以下の各号に定める期間に応じた個数の限度で、本新株予約権を行使することができ
           るものとする。
          (1)  当社の株式がいずれかの金融商品取引所において上場する日(以下「株式公開日」という。)まで:
            0個
          (2)  株式公開日の翌日から株式公開日後6月を経過する日まで:本割当数の25%に相当する個数(小数点
            以下四捨五入。以下本条において同じ。)まで
          (3)  株式公開日後6月を経過した日から株式公開日後1年を経過する日まで:本割当数の50%に相当する
            個数まで
          (4)  株式公開日後1年を経過した日から株式公開日後2年を経過する日まで:本割当数の75%に相当する
            個数まで
          (5)  株式公開日後2年を経過した日以降:本割当数の100%に相当する個数まで
         ④ その他本新株予約権の行使の条件は、当社と新株予約権者との間で締結する「新株予約権割当契約書」
           に定めるところによる。
       5.新株予約権の取得事由
         ① 当社は、新株予約権者が権利行使をする前に、当社が消滅会社となる合併契約承認の議案又は当社が完
           全子会社となる株式交換契約承認もしくは株式移転計画承認の議案につき株主総会で承認された場合
           (株主総会決議が不要の場合は、取締役会決議がなされた場合)は、当社が別に定める日をもって、無償
           で新株予約権を取得することができる。
         ② 当社は、新株予約権者が新株予約権の行使の条件に規定する新株予約権の行使の条件に該当しなくなっ
           た場合は、当該新株予約権を無償で取得することができる。
       6.当社が組織再編行為を実施する際の新株予約権の取扱い
         当社が合併(当社が合併により消滅する場合に限る。)、吸収分割、新設分割、株式交換又は株式移転(以上
         を総称して以下「組織再編行為」という。)をする場合において、組織再編行為の効力発生日において残存
         する新株予約権(以下「残存新株予約権」という。)の新株予約権者に対し、それぞれの場合につき、会社法
         第236条第1項第8号のイからホまでに掲げる株式会社(以下「再編対象会社」という。)の新株予約権を以
         下の条件に基づきそれぞれ交付することとする。この場合においては、残存新株予約権は消滅し、再編対象
         会社は新株予約権を新たに発行するものとする。ただし、以下の条件に沿って再編対象会社の新株予約権を
         交付する旨を、合併契約、吸収分割契約、新設分割計画、株式交換契約または株式移転計画において定めた
         場合に限るものとする。
         ① 交付する再編対象会社の新株予約権の数
           残存新株予約権の新株予約権者が保有する新株予約権の数と同一の数をそれぞれ交付するものとする。
         ② 新株予約権の目的である再編対象会社の株式の種類
           再編対象会社の普通株式とする。
         ③ 新株予約権の目的である再編対象会社の株式の数
           組織再編行為の条件等を勘案のうえ、新株予約権の目的となる株式の種類及び数に準じて決定する。
         ④ 新株予約権の行使に際して出資される財産の価額
           交付される各新株予約権の行使に際して出資される財産の価額は、組織再編行為の条件等を勘案のう
           え、新株予約権の行使に際して出資される財産の価額で定められた行使価額を調整して得られる再編後
           払込金額に上記③に従って決定される当該新株予約権の目的である再編対象会社の株式の数を乗じて得
           られる金額とする。
         ⑤ 新株予約権を行使することができる期間
           新株予約権を行使することができる期間に定める新株予約権を行使できる期間の開始日と組織再編行為
           の効力発生日のうちいずれか遅い日から、新株予約権を行使することができる期間に定める新株予約権
           を行使することができる期間の満了日までとする。
         ⑥ 新株予約権の行使の条件
           新株予約権の行使の条件に準じて決定する。
         ⑦ 増加する資本金及び資本準備金に関する事項
           増加する資本金お資及び準備金に関する事項に準じて決定する。
         ⑧ 譲渡による新株予約権の取得の制限
           譲渡による新株予約権の取得については、再編対象会社の承認を要するものとする。
         ⑨ 新株予約権の取得事由
           新株予約権の取得事由に準じて決定する。
       7.2019年3月15日開催の取締役会決議により、2019年3月29日付で普通株式1株につき40株、2020年12月4日
         開催の取締役会決議により、2020年12月22日付で普通株式1株につき50株の割合で分割を行っております。
         これにより、「新株予約権の目的となる株式の種類、内容及び数」、「新株予約権の行使時の払込金額」及
         び「新株予約権の行使により株式を発行する場合の株式の発行価格及び資本組入額」が調整されておりま
         す。
                                 53/173





                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社ジーネクスト(E36398)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     第2回新株予約権          2019年3月26日臨時株主総会決議
    決議年月日                   2019年3月26日
                        当社従業員 6
    付与対象者の区分及び人数(名)
                        社外協力者 1
    新株予約権の数(個)※                   580[555](注)1
    新株予約権の目的となる株式の種類、
                        普通株式     580[27,750](注)1、7
    内容及び数(株)※
    新株予約権の行使時の払込金額(円)※                   10,000[200](注)2、7
    新株予約権の行使期間※                   2021年4月5日~2029年3月14日(注)3

    新株予約権の行使により株式を
                        発行価格  10,000[200]
    発行する場合の株式の発行価格
                        資本組入額        5,000[100](注)7
    及び資本組入額(円)※
    新株予約権の行使の条件※                   (注)4
    新株予約権の譲渡に関する事項※                   新株予約権の譲渡については、取締役会の承認を要するものとする。

    組織再編成行為に伴う新株予約権の
                        (注)6
    交付に関する事項※
      ※  最近事業年度の末日(2020年3月31日)における内容を記載しております。最近事業年度の末日から提出日の前月
       末現在(2021年1月31日)にかけて変更された事項については、提出日の前月末現在における内容を[                                               ]内に記
       載しており、その他の事項については最近事業年度の末日における内容から変更はありません。
     (注)   1.新株予約権1個につき目的となる株式数は、1株であります。
         なお、新株予約権を割り当てる日(以下「割当日」という。)以降、当社が当社普通株式の分割(株式無償割
         当を含む。)または併合を行う場合、次の算式により目的となる株式の数を調整するものとする。ただし、
         かかる調整は、新株予約権のうち、当該時点で権利行使されていない新株予約権の目的となる株式の数につ
         いて行われ、調整の結果生じる1株未満の端数については、これを切り捨てる。
          調整後株式数      = 調整前株式数      × 分割・併合の比率
         また、割当日以降、当社が吸収合併、新設合併、吸収分割、新設分割、株式交換もしくは株式移転を行なう
         場合またはその他やむを得ない事由が生じた場合には、新株予約権の目的となる株式の数は、合理的な範囲
         で取締役会決議により調整されるものとする。
       2.新株予約権の割当日以降、当社が当社普通株式の分割(株式無償割当を含む。)または併合を行う場合、次の
         算式により行使価額を調整し、1円未満の端数は切り上げる。
                               1
          調整後行使価額       = 調整前行使価額       ×
                            分割・併合の比率
         また、当社が当社普通株式につき行使価額を下回る払込金額で募集株式の発行または自己株式の処分を行う
         場合(当社普通株式に転換される証券もしくは転換できる証券または当社普通株式の交付を請求できる新株
         予約権(新株予約権付社債に付されたものを含む。)の転換または行使の場合を除く。)は、次の算式により
         行使価額を調整し、調整により生じる1円未満の端数は切り上げる。
                                   新規発行株式数        × 1株当たり払込金額
                           既発行株式数      +
                                         1株当たり時価
          調整後行使価額       = 調整前行使価額       ×
                                 既発行株式数+新規発行株式数
         上記算式において「既発行株式数」とは、当社普通株式に係る発行済株式総数から当社普通株式に係る自己
         株式数を控除した数とし、当社普通株式に係る自己株式の処分を行う場合には、「新規発行株式数」を「処
         分する自己株式数」、「1株当たり払込金額」を「1株当たり処分金額」と読み替えるものとする。
         さらに、上記のほか、割当日以降、当社が吸収合併、新設合併、吸収分割、新設分割、株式交換もしくは株
         式移転を行なう場合又はその他やむを得ない事由が生じた場合には、行使価額は、合理的な範囲で取締役会
         決議により調整されるものとする。
       3.新株予約権を行使することができる期間
         新株予約権を行使する期間の最終日が会社の休日にあたるときは、その前営業日を最終日とする。
       4.新株予約権の行使の条件に関する事項は次のとおりであります。
         ① 新株予約権の割当を受けた者(以下「新株予約権者」という。)は、権利行使時において、当社または当
           社子会社の取締役、監査役、従業員、顧問もしくは関係協力者のいずれかの地位にあることを要する。
           ただし、当該新株予約権者が任期満了によって退任または定年退職した場合、もしくは取締役会が正当
           な理由があると認めた場合は、この限りではない。
         ② 新株予約権者が死亡した場合、その相続人による新株予約権の権利行使は認めないものとする。
         ③ 新株予約権者は、以下の各号に定める期間に応じた個数の限度で、本新株予約権を行使することができ
           るものとする。
                                 54/173


                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社ジーネクスト(E36398)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
          (1)  当社の株式がいずれかの金融商品取引所において上場する日(以下「株式公開日」という。)まで:
            0個
          (2)  株式公開日の翌日から株式公開日後6月を経過する日まで:本割当数の25%に相当する個数(小数点
            以下四捨五入。以下本条において同じ。)まで
          (3)  株式公開日後6月を経過した日から株式公開日後1年を経過する日まで:本割当数の50%に相当する
            個数まで
          (4)  株式公開日後1年を経過した日から株式公開日後2年を経過する日まで:本割当数の75%に相当する
            個数まで
          (5)  株式公開日後2年を経過した日以降:本割当数の100%に相当する個数まで
         ④ その他本新株予約権の行使の条件は、当社と新株予約権者との間で締結する「新株予約権割当契約書」
           に定めるところによる。
       5.新株予約権の取得事由
         ① 当社は、新株予約権者が権利行使をする前に、当社が消滅会社となる合併契約承認の議案又は当社が完
           全子会社となる株式交換契約承認もしくは株式移転計画承認の議案につき株主総会で承認された場合
           (株主総会決議が不要の場合は、取締役会決議がなされた場合)は、当社が別に定める日をもって、無償
           で新株予約権を取得することができる。
         ② 当社は、新株予約権者が新株予約権の行使の条件に規定する新株予約権の行使の条件に該当しなくなっ
           た場合は、当該新株予約権を無償で取得することができる。
       6.当社が組織再編行為を実施する際の新株予約権の取扱い
         当社が合併(当社が合併により消滅する場合に限る。)、吸収分割、新設分割、株式交換又は株式移転(以上
         を総称して以下「組織再編行為」という。)をする場合において、組織再編行為の効力発生日において残存
         する新株予約権(以下「残存新株予約権」という。)の新株予約権者に対し、それぞれの場合につき、会社法
         第236条第1項第8号のイからホまでに掲げる株式会社(以下「再編対象会社」という。)の新株予約権を以
         下の条件に基づきそれぞれ交付することとする。この場合においては、残存新株予約権は消滅し、再編対象
         会社は新株予約権を新たに発行するものとする。ただし、以下の条件に沿って再編対象会社の新株予約権を
         交付する旨を、合併契約、吸収分割契約、新設分割計画、株式交換契約または株式移転計画において定めた
         場合に限るものとする。
         ① 交付する再編対象会社の新株予約権の数
           残存新株予約権の新株予約権者が保有する新株予約権の数と同一の数をそれぞれ交付するものとする。
         ② 新株予約権の目的である再編対象会社の株式の種類
           再編対象会社の普通株式とする。
         ③ 新株予約権の目的である再編対象会社の株式の数
           組織再編行為の条件等を勘案のうえ、新株予約権の目的となる株式の種類及び数に準じて決定する。
         ④ 新株予約権の行使に際して出資される財産の価額
           交付される各新株予約権の行使に際して出資される財産の価額は、組織再編行為の条件等を勘案のう
           え、新株予約権の行使に際して出資される財産の価額で定められた行使価額を調整して得られる再編後
           払込金額に上記③に従って決定される当該新株予約権の目的である再編対象会社の株式の数を乗じて得
           られる金額とする。
         ⑤ 新株予約権を行使することができる期間
           新株予約権を行使することができる期間に定める新株予約権を行使できる期間の開始日と組織再編行為
           の効力発生日のうちいずれか遅い日から、新株予約権を行使することができる期間に定める新株予約権
           を行使することができる期間の満了日までとする。
         ⑥ 新株予約権の行使の条件
           新株予約権の行使の条件に準じて決定する。
         ⑦ 増加する資本金及び資本準備金に関する事項
           増加する資本金及び資本準備金に関する事項に準じて決定する。
         ⑧ 譲渡による新株予約権の取得の制限
           譲渡による新株予約権の取得については、再編対象会社の承認を要するものとする。
         ⑨ 新株予約権の取得事由
           新株予約権の取得事由に準じて決定する。
       7.2020年12月4日開催の取締役会決議により、2020年12月22日付で普通株式1株につき50株の割合で分割を
         行っております。これにより、「新株予約権の目的となる株式の種類、内容及び数」、「新株予約権の行使
         時の払込金額」及び「新株予約権の行使により株式を発行する場合の株式の発行価格及び資本組入額」が調
         整されております。
                                 55/173




                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社ジーネクスト(E36398)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     第3回新株予約権
     2019年6月25日定時株主総会決議(2019年6月14日及び2019年12月18日並びに2020年3月19日開催の取締役会決議)
    決議年月日                     2019年6月14日            2019年12月18日            2020年3月19日
    付与対象者の区分及び人数(名)                     当社従業員 2            当社従業員 1            当社従業員 5

    新株予約権の数(個)※                      50(注)1            135(注)1           865[815](注)1

    新株予約権の目的となる株式の種類、                    普通株式 50[2,500]            普通株式 135[6,750]            普通株式 865[40,750]
    内容及び数(株)※                      (注)1   、7         (注)1   、7         (注)1   、7
    新株予約権の行使時の払込金額(円)※                   20,000[400](注)2         、7
                         2021年6月28日~            2021年12月18日~            2022年3月19日~
    新株予約権の行使期間※
                        2029年6月13日(注)3            2029年12月17日(注)3            2030年3月18日(注)3
    新株予約権の行使により株式を
                        発行価格 20,000[400]
    発行する場合の株式の発行価格
                        資本組入額      10,00[200](注)7
    及び資本組入額(円)※
    新株予約権の行使の条件※                   (注)4
    新株予約権の譲渡に関する事項※                   新株予約権の譲渡については、取締役会の承認を要するものとする。

    組織再編成行為に伴う新株予約権の
                        (注)6
    交付に関する事項※
      ※  最近事業年度の末日(2020年3月31日)における内容を記載しております。最近事業年度の末日から提出日の前月
       末現在(2021年1月31日)にかけて変更された事項については、提出日の前月末現在における内容を[                                               ]内に記
       載しており、その他の事項については最近事業年度の末日における内容から変更はありません。
     (注)   1.新株予約権1個につき目的となる株式数は、1株であります。
         なお、新株予約権を割り当てる日(以下「割当日」という。)以降、当社が当社普通株式の分割(株式無償割
         当を含む。)または併合を行う場合、次の算式により目的となる株式の数を調整するものとする。ただし、
         かかる調整は、新株予約権のうち、当該時点で権利行使されていない新株予約権の目的となる株式の数につ
         いて行われ、調整の結果生じる1株未満の端数については、これを切り捨てる。
          調整後株式数      = 調整前株式数      × 分割・併合の比率
         また、割当日以降、当社が吸収合併、新設合併、吸収分割、新設分割、株式交換もしくは株式移転を行なう
         場合またはその他やむを得ない事由が生じた場合には、新株予約権の目的となる株式の数は、合理的な範囲
         で取締役会決議により調整されるものとする。
       2.新株予約権の割当日以降、当社が当社普通株式の分割(株式無償割当を含む。)または併合を行う場合、次の
         算式により行使価額を調整し、1円未満の端数は切り上げる。
                               1
          調整後行使価額       = 調整前行使価額       ×
                            分割・併合の比率
         また、当社が当社普通株式につき行使価額を下回る払込金額で募集株式の発行または自己株式の処分を行う
         場合(当社普通株式に転換される証券もしくは転換できる証券または当社普通株式の交付を請求できる新株
         予約権(新株予約権付社債に付されたものを含む。)の転換または行使の場合を除く。)は、次の算式により
         行使価額を調整し、調整により生じる1円未満の端数は切り上げる。
                                   新規発行株式数        × 1株当たり払込金額
                           既発行株式数      +
                                         1株当たり時価
          調整後行使価額       = 調整前行使価額       ×
                                  既発行株式数+新規発行株式数
         上記算式において「既発行株式数」とは、当社普通株式に係る発行済株式総数から当社普通株式に係る自己
         株式数を控除した数とし、当社普通株式に係る自己株式の処分を行う場合には、「新規発行株式数」を「処
         分する自己株式数」、「1株当たり払込金額」を「1株当たり処分金額」と読み替えるものとする。
         さらに、上記のほか、割当日以降、当社が吸収合併、新設合併、吸収分割、新設分割、株式交換もしくは株
         式移転を行なう場合又はその他やむを得ない事由が生じた場合には、行使価額は、合理的な範囲で取締役会
         決議により調整されるものとする。
       3.新株予約権を行使することができる期間
         新株予約権を行使する期間の最終日が会社の休日にあたるときは、その前営業日を最終日とする。
       4.新株予約権の行使の条件に関する事項は次のとおりであります。
         ① 新株予約権の割当を受けた者(以下「新株予約権者」という。)は、権利行使時において、当社または当
           社子会社の取締役、監査役、従業員、顧問もしくは関係協力者のいずれかの地位にあることを要する。
           ただし、当該新株予約権者が任期満了によって退任または定年退職した場合、もしくは取締役会が正当
           な理由があると認めた場合は、この限りではない。
         ② 新株予約権者が死亡した場合、その相続人による新株予約権の権利行使は認めないものとする。
         ③ 新株予約権者は、以下の各号に定める期間に応じた個数の限度で、本新株予約権を行使することができ
                                 56/173


                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社ジーネクスト(E36398)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
           るものとする。
          (1)  当社の株式がいずれかの金融商品取引所において上場する日(以下「株式公開日」という。)まで:
            0個
          (2)  株式公開日の翌日から株式公開日後6月を経過する日まで:本割当数の25%に相当する個数(小数点
            以下四捨五入。以下本条において同じ。)まで
          (3)  株式公開日後6月を経過した日から株式公開日後1年を経過する日まで:本割当数の50%に相当する
            個数まで
          (4)  株式公開日後1年を経過した日から株式公開日後2年を経過する日まで:本割当数の75%に相当する
            個数まで
          (5)  株式公開日後2年を経過した日以降:本割当数の100%に相当する個数まで
         ④ その他本新株予約権の行使の条件は、当社と新株予約権者との間で締結する「新株予約権割当契約書」
           に定めるところによる。
       5.新株予約権の取得事由
         ① 当社は、新株予約権者が権利行使をする前に、当社が消滅会社となる合併契約承認の議案又は当社が完
           全子会社となる株式交換契約承認もしくは株式移転計画承認の議案につき株主総会で承認された場合
           (株主総会決議が不要の場合は、取締役会決議がなされた場合)は、当社が別に定める日をもって、無償
           で新株予約権を取得することができる。
         ② 当社は、新株予約権者が新株予約権の行使の条件に規定する新株予約権の行使の条件に該当しなくなっ
           た場合は、当該新株予約権を無償で取得することができる。
       6.当社が組織再編行為を実施する際の新株予約権の取扱い
         当社が合併(当社が合併により消滅する場合に限る。)、吸収分割、新設分割、株式交換又は株式移転(以上
         を総称して以下「組織再編行為」という。)をする場合において、組織再編行為の効力発生日において残存
         する新株予約権(以下「残存新株予約権」という。)の新株予約権者に対し、それぞれの場合につき、会社法
         第236条第1項第8号のイからホまでに掲げる株式会社(以下「再編対象会社」という。)の新株予約権を以
         下の条件に基づきそれぞれ交付することとする。この場合においては、残存新株予約権は消滅し、再編対象
         会社は新株予約権を新たに発行するものとする。ただし、以下の条件に沿って再編対象会社の新株予約権を
         交付する旨を、合併契約、吸収分割契約、新設分割計画、株式交換契約または株式移転計画において定めた
         場合に限るものとする。
         ① 交付する再編対象会社の新株予約権の数
           残存新株予約権の新株予約権者が保有する新株予約権の数と同一の数をそれぞれ交付するものとする。
         ② 新株予約権の目的である再編対象会社の株式の種類
           再編対象会社の普通株式とする。
         ③ 新株予約権の目的である再編対象会社の株式の数
           組織再編行為の条件等を勘案のうえ、新株予約権の目的となる株式の種類及び数に準じて決定する。
         ④ 新株予約権の行使に際して出資される財産の価額
           交付される各新株予約権の行使に際して出資される財産の価額は、組織再編行為の条件等を勘案のう
           え、新株予約権の行使に際して出資される財産の価額で定められた行使価額を調整して得られる再編後
           払込金額に上記③に従って決定される当該新株予約権の目的である再編対象会社の株式の数を乗じて得
           られる金額とする。
         ⑤ 新株予約権を行使することができる期間
           新株予約権を行使することができる期間に定める新株予約権を行使できる期間の開始日と組織再編行為
           の効力発生日のうちいずれか遅い日から、新株予約権を行使することができる期間に定める新株予約権
           を行使することができる期間の満了日までとする。
         ⑥ 新株予約権の行使の条件
           新株予約権の行使の条件に準じて決定する。
         ⑦ 増加する資本金及び資本準備金に関する事項
           増加する資本金及び資本準備金に関する事項に準じて決定する。
         ⑧ 譲渡による新株予約権の取得の制限
           譲渡による新株予約権の取得については、再編対象会社の承認を要するものとする。
         ⑨ 新株予約権の取得事由
           新株予約権の取得事由に準じて決定する。
       7.2020年12月4日開催の取締役会決議により、2020年12月22日付で普通株式1株につき50株の割合で分割を
         行っております。これにより、「新株予約権の目的となる株式の種類、内容及び数」、「新株予約権の行使
         時の払込金額」及び「新株予約権の行使により株式を発行する場合の株式の発行価格及び資本組入額」が調
         整されております。
                                 57/173




                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社ジーネクスト(E36398)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     第4回新株予約権
     2019年9月27日臨時株主総会決議(2019年9月18日及び2019年12月18日並びに2020年3月19日開催の取締役会決議)
    決議年月日                     2019年9月18日            2019年12月18日            2020年3月19日
                          当社取締役 1                        当社取締役 1
    付与対象者の区分及び人数(名)                                 当社取締役 1
                          当社監査役 2                        当社監査役 1
    新株予約権の数(個)※                       95(注)1            685(注)1           895(注)1
                                      普通株式 685           普通株式 895
    新株予約権の目的となる株式の種類、                    普通株式 95[4,750]
                                       [34,250]           [44,750]
    内容及び数(株)※                      (注)1、7
                                       (注)1、7           (注)1、7
    新株予約権の行使時の払込金額(円)※                   20,000[400](注)2、7
                         2021年10月1日~            2021年12月18日~            2022年3月19日~
    新株予約権の行使期間※
                        2029年9月17日(注)3            2029年12月17日(注)3            2030年3月18日(注)3
    新株予約権の行使により株式を
                       発行価格 20,000[400]
    発行する場合の株式の発行価格
                       資本組入額      10,000[200](注)7
    及び資本組入額(円)※
    新株予約権の行使の条件※                   (注)4
    新株予約権の譲渡に関する事項※                   新株予約権の譲渡については、取締役会の承認を要するものとする。

    組織再編成行為に伴う新株予約権の
                        (注)6
    交付に関する事項※
      ※  最近事業年度の末日(2020年3月31日)における内容を記載しております。最近事業年度の末日から提出日の前月
       末現在(2021年1月31日)にかけて変更された事項については、提出日の前月末現在における内容を[                                               ]内に記
       載しており、その他の事項については最近事業年度の末日における内容から変更はありません。
     (注)   1.新株予約権1個につき目的となる株式数は、1株であります。
         なお、新株予約権を割り当てる日(以下「割当日」という。)以降、当社が当社普通株式の分割(株式無償割
         当を含む。)または併合を行う場合、次の算式により目的となる株式の数を調整するものとする。ただし、
         かかる調整は、新株予約権のうち、当該時点で権利行使されていない新株予約権の目的となる株式の数につ
         いて行われ、調整の結果生じる1株未満の端数については、これを切り捨てる。
          調整後株式数      = 調整前株式数      × 分割・併合の比率
         また、割当日以降、当社が吸収合併、新設合併、吸収分割、新設分割、株式交換もしくは株式移転を行なう
         場合またはその他やむを得ない事由が生じた場合には、新株予約権の目的となる株式の数は、合理的な範囲
         で取締役会決議により調整されるものとする。
       2.新株予約権の割当日以降、当社が当社普通株式の分割(株式無償割当を含む。)または併合を行う場合、次の
         算式により行使価額を調整し、1円未満の端数は切り上げる。
                               1
          調整後行使価額       = 調整前行使価額       ×
                            分割・併合の比率
         また、当社が当社普通株式につき行使価額を下回る払込金額で募集株式の発行または自己株式の処分を行う
         場合(当社普通株式に転換される証券もしくは転換できる証券または当社普通株式の交付を請求できる新株
         予約権(新株予約権付社債に付されたものを含む。)の転換または行使の場合を除く。)は、次の算式により
         行使価額を調整し、調整により生じる1円未満の端数は切り上げる。
                                   新規発行株式数        × 1株当たり払込金額
                           既発行株式数      +
                                         1株当たり時価
          調整後行使価額       = 調整前行使価額       ×
                                  既発行株式数+新規発行株式数
         上記算式において「既発行株式数」とは、当社普通株式に係る発行済株式総数から当社普通株式に係る自己
         株式数を控除した数とし、当社普通株式に係る自己株式の処分を行う場合には、「新規発行株式数」を「処
         分する自己株式数」、「1株当たり払込金額」を「1株当たり処分金額」と読み替えるものとする。
         さらに、上記のほか、割当日以降、当社が吸収合併、新設合併、吸収分割、新設分割、株式交換もしくは株
         式移転を行なう場合又はその他やむを得ない事由が生じた場合には、行使価額は、合理的な範囲で取締役会
         決議により調整されるものとする。
       3.新株予約権を行使することができる期間
         新株予約権を行使する期間の最終日が会社の休日にあたるときは、その前営業日を最終日とする。
       4.新株予約権の行使の条件に関する事項は次のとおりであります。
         ① 新株予約権の割当を受けた者(以下「新株予約権者」という。)は、権利行使時において、当社または当
           社子会社の取締役、監査役、従業員、顧問もしくは関係協力者のいずれかの地位にあることを要する。
           ただし、当該新株予約権者が任期満了によって退任または定年退職した場合、もしくは取締役会が正当
           な理由があると認めた場合は、この限りではない。
         ② 新株予約権者が死亡した場合、その相続人による新株予約権の権利行使は認めないものとする。
                                 58/173


                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社ジーネクスト(E36398)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         ③ 新株予約権者は、以下の各号に定める期間に応じた個数の限度で、本新株予約権を行使することができ
           るものとする。
          (1)  当社の株式がいずれかの金融商品取引所において上場する日(以下「株式公開日」という。)まで:
            0個
          (2)  株式公開日の翌日から株式公開日後6月を経過する日まで:本割当数の25%に相当する個数(小数点
            以下四捨五入。以下本条において同じ。)まで
          (3)  株式公開日後6月を経過した日から株式公開日後1年を経過する日まで:本割当数の50%に相当する
            個数まで
          (4)  株式公開日後1年を経過した日から株式公開日後2年を経過する日まで:本割当数の75%に相当する
            個数まで
          (5)  株式公開日後2年を経過した日以降:本割当数の100%に相当する個数まで
         ④ その他本新株予約権の行使の条件は、当社と新株予約権者との間で締結する「新株予約権割当契約書」
           に定めるところによる。
       5.新株予約権の取得事由
         ① 当社は、新株予約権者が権利行使をする前に、当社が消滅会社となる合併契約承認の議案又は当社が完
           全子会社となる株式交換契約承認もしくは株式移転計画承認の議案につき株主総会で承認された場合
           (株主総会決議が不要の場合は、取締役会決議がなされた場合)は、当社が別に定める日をもって、無償
           で新株予約権を取得することができる。
         ② 当社は、新株予約権者が新株予約権の行使の条件に規定する新株予約権の行使の条件に該当しなくなっ
           た場合は、当該新株予約権を無償で取得することができる。
       6.当社が組織再編行為を実施する際の新株予約権の取扱い
         当社が合併(当社が合併により消滅する場合に限る。)、吸収分割、新設分割、株式交換又は株式移転(以上
         を総称して以下「組織再編行為」という。)をする場合において、組織再編行為の効力発生日において残存
         する新株予約権(以下「残存新株予約権」という。)の新株予約権者に対し、それぞれの場合につき、会社法
         第236条第1項第8号のイからホまでに掲げる株式会社(以下「再編対象会社」という。)の新株予約権を以
         下の条件に基づきそれぞれ交付することとする。この場合においては、残存新株予約権は消滅し、再編対象
         会社は新株予約権を新たに発行するものとする。ただし、以下の条件に沿って再編対象会社の新株予約権を
         交付する旨を、合併契約、吸収分割契約、新設分割計画、株式交換契約または株式移転計画において定めた
         場合に限るものとする。
         ① 交付する再編対象会社の新株予約権の数
           残存新株予約権の新株予約権者が保有する新株予約権の数と同一の数をそれぞれ交付するものとする。
         ② 新株予約権の目的である再編対象会社の株式の種類
           再編対象会社の普通株式とする。
         ③ 新株予約権の目的である再編対象会社の株式の数
           組織再編行為の条件等を勘案のうえ、新株予約権の目的となる株式の種類及び数に準じて決定する。
         ④ 新株予約権の行使に際して出資される財産の価額
           交付される各新株予約権の行使に際して出資される財産の価額は、組織再編行為の条件等を勘案のう
           え、新株予約権の行使に際して出資される財産の価額で定められた行使価額を調整して得られる再編後
           払込金額に上記③に従って決定される当該新株予約権の目的である再編対象会社の株式の数を乗じて得
           られる金額とする。
         ⑤ 新株予約権を行使することができる期間
           新株予約権を行使することができる期間に定める新株予約権を行使できる期間の開始日と組織再編行為
           の効力発生日のうちいずれか遅い日から、前記(4)に定める新株予約権を行使することができる期間の
           満了日までとする。
         ⑥ 新株予約権の行使の条件
           新株予約権の行使の条件に準じて決定する。
         ⑦ 増加する資本金及び資本準備金に関する事項
           増加する資本金及び資本準備金に関する事項に準じて決定する。
         ⑧ 譲渡による新株予約権の取得の制限
           譲渡による新株予約権の取得については、再編対象会社の承認を要するものとする。
         ⑨ 新株予約権の取得事由
           新株予約権の取得事由に準じて決定する。
       7.2020年12月4日開催の取締役会決議により、2020年12月22日付で普通株式1株につき50株の割合で分割を
         行っております。これにより、「新株予約権の目的となる株式の種類、内容及び数」、「新株予約権の行使
         時の払込金額」及び「新株予約権の行使により株式を発行する場合の株式の発行価格及び資本組入額」が調
         整されております。
                                 59/173




                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社ジーネクスト(E36398)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     第5回新株予約権 2020年6月30日定時株主総会決議(2020年7月16日及び2020年11月12日開催の取締役会決議)
    決議年月日                        2020年7月16日                  2020年11月12日
                            当社取締役 1
    付与対象者の区分及び人数(名)                                          当社従業員 11
                            当社従業員 6
    新株予約権の数(個)※                         2,352(注)1                  645(注)1
    新株予約権の目的となる株式の種類、
                         普通株式 117,600(注)1、7                  普通株式 32,250(注)1、7
    内容及び数(株)※
    新株予約権の行使時の払込金額(円)※                   400(注)2、7
                            2022年7月16日~                  2022年11月12日~
    新株予約権の行使期間※
                           2030年7月15日(注)3                  2030年11月11日(注)3
    新株予約権の行使により株式を
                        発行価格  400
    発行する場合の株式の発行価格
                        資本組入額 200(注)7
    及び資本組入額(円)※
    新株予約権の行使の条件※                   (注)4
    新株予約権の譲渡に関する事項※                   新株予約権の譲渡については、取締役会の承認を要するものとする。

    組織再編成行為に伴う新株予約権の
                        (注)6
    交付に関する事項※
      ※  提出日の前月末現在(2021年1月31日)における内容を記載しております。
     (注)   1.新株予約権1個につき目的となる株式数は、1株であります。
         なお、新株予約権を割り当てる日(以下「割当日」という。)以降、当社が当社普通株式の分割(株式無償割
         当を含む。)または併合を行う場合、次の算式により目的となる株式の数を調整するものとする。ただし、
         かかる調整は、新株予約権のうち、当該時点で権利行使されていない新株予約権の目的となる株式の数につ
         いて行われ、調整の結果生じる1株未満の端数については、これを切り捨てる。
          調整後株式数      = 調整前株式数      × 分割・併合の比率
         また、割当日以降、当社が吸収合併、新設合併、吸収分割、新設分割、株式交換もしくは株式移転を行なう
         場合またはその他やむを得ない事由が生じた場合には、新株予約権の目的となる株式の数は、合理的な範囲
         で取締役会決議により調整されるものとする。
       2.新株予約権の割当日以降、当社が当社普通株式の分割(株式無償割当を含む。)または併合を行う場合、次の
         算式により行使価額を調整し、1円未満の端数は切り上げる。
                               1
          調整後行使価額       = 調整前行使価額       ×
                            分割・併合の比率
         また、当社が当社普通株式につき行使価額を下回る払込金額で募集株式の発行または自己株式の処分を行う
         場合(当社普通株式に転換される証券もしくは転換できる証券または当社普通株式の交付を請求できる新株
         予約権(新株予約権付社債に付されたものを含む。)の転換または行使の場合を除く。)は、次の算式により
         行使価額を調整し、調整により生じる1円未満の端数は切り上げる。
                                   新規発行株式数        × 1株当たり払込金額
                           既発行株式数      +
                                         1株当たり時価
          調整後行使価額       = 調整前行使価額       ×
                                  既発行株式数+新規発行株式数
         上記算式において「既発行株式数」とは、当社普通株式に係る発行済株式総数から当社普通株式に係る自己
         株式数を控除した数とし、当社普通株式に係る自己株式の処分を行う場合には、「新規発行株式数」を「処
         分する自己株式数」、「1株当たり払込金額」を「1株当たり処分金額」と読み替えるものとする。
         さらに、上記のほか、割当日以降、当社が吸収合併、新設合併、吸収分割、新設分割、株式交換もしくは株
         式移転を行なう場合又はその他やむを得ない事由が生じた場合には、行使価額は、合理的な範囲で取締役会
         決議により調整されるものとする。
       3.新株予約権を行使することができる期間
         新株予約権を行使する期間の最終日が会社の休日にあたるときは、その前営業日を最終日とする。
       4.新株予約権の行使の条件に関する事項は次のとおりであります。
         ① 新株予約権の割当を受けた者(以下「新株予約権者」という。)は、権利行使時において、当社または当
           社子会社の取締役、監査役、従業員、顧問もしくは関係協力者のいずれかの地位にあることを要する。
           ただし、当該新株予約権者が任期満了によって退任または定年退職した場合、もしくは取締役会が正当
           な理由があると認めた場合は、この限りではない。
         ② 新株予約権者が死亡した場合、その相続人による新株予約権の権利行使は認めないものとする。
         ③ 新株予約権者は、以下の各号に定める期間に応じた個数の限度で、本新株予約権を行使することができ
           るものとする。
          (1)  当社の株式がいずれかの金融商品取引所において上場する日(以下「株式公開日」という。)まで:
            0個
                                 60/173


                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社ジーネクスト(E36398)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
          (2)  株式公開日の翌日から株式公開日後6月を経過する日まで:本割当数の25%に相当する個数(小数点
            以下四捨五入。以下本条において同じ。)まで
          (3)  株式公開日後6月を経過した日から株式公開日後1年を経過する日まで:本割当数の50%に相当する
            個数まで
          (4)  株式公開日後1年を経過した日から株式公開日後2年を経過する日まで:本割当数の75%に相当する
            個数まで
          (5)  株式公開日後2年を経過した日以降:本割当数の100%に相当する個数まで
         ④ その他本新株予約権の行使の条件は、当社と新株予約権者との間で締結する「新株予約権割当契約書」
           に定めるところによる。
       5.新株予約権の取得事由
         ① 当社は、新株予約権者が権利行使をする前に、当社が消滅会社となる合併契約承認の議案又は当社が完
           全子会社となる株式交換契約承認もしくは株式移転計画承認の議案につき株主総会で承認された場合
           (株主総会決議が不要の場合は、取締役会決議がなされた場合)は、当社が別に定める日をもって、無償
           で新株予約権を取得することができる。
         ② 当社は、新株予約権者が新株予約権の行使の条件に規定する新株予約権の行使の条件に該当しなくなっ
           た場合は、当該新株予約権を無償で取得することができる。
       6.当社が組織再編行為を実施する際の新株予約権の取扱い
         当社が合併(当社が合併により消滅する場合に限る。)、吸収分割、新設分割、株式交換又は株式移転(以上
         を総称して以下「組織再編行為」という。)をする場合において、組織再編行為の効力発生日において残存
         する新株予約権(以下「残存新株予約権」という。)の新株予約権者に対し、それぞれの場合につき、会社法
         第236条第1項第8号のイからホまでに掲げる株式会社(以下「再編対象会社」という。)の新株予約権を以
         下の条件に基づきそれぞれ交付することとする。この場合においては、残存新株予約権は消滅し、再編対象
         会社は新株予約権を新たに発行するものとする。ただし、以下の条件に沿って再編対象会社の新株予約権を
         交付する旨を、合併契約、吸収分割契約、新設分割計画、株式交換契約または株式移転計画において定めた
         場合に限るものとする。
         ① 交付する再編対象会社の新株予約権の数
           残存新株予約権の新株予約権者が保有する新株予約権の数と同一の数をそれぞれ交付するものとする。
         ② 新株予約権の目的である再編対象会社の株式の種類
           再編対象会社の普通株式とする。
         ③ 新株予約権の目的である再編対象会社の株式の数
           組織再編行為の条件等を勘案のうえ、新株予約権の目的となる株式の種類及び数に準じて決定する。
         ④ 新株予約権の行使に際して出資される財産の価額
           交付される各新株予約権の行使に際して出資される財産の価額は、組織再編行為の条件等を勘案のう
           え、新株予約権の行使に際して出資される財産の価額で定められた行使価額を調整して得られる再編後
           払込金額に上記③に従って決定される当該新株予約権の目的である再編対象会社の株式の数を乗じて得
           られる金額とする。
         ⑤ 新株予約権を行使することができる期間
           新株予約権を行使することができる期間に定める新株予約権を行使できる期間の開始日と組織再編行為
           の効力発生日のうちいずれか遅い日から、前記(4)に定める新株予約権を行使することができる期間の
           満了日までとする。
         ⑥ 新株予約権の行使の条件
           新株予約権の行使の条件に準じて決定する。
         ⑦ 増加する資本金及び資本準備金に関する事項
           増加する資本金及び資本準備金に関する事項に準じて決定する。
         ⑧ 譲渡による新株予約権の取得の制限
           譲渡による新株予約権の取得については、再編対象会社の承認を要するものとする。
         ⑨ 新株予約権の取得事由
           新株予約権の取得事由に準じて決定する。
       7.2020年12月4日開催の取締役会決議により、2020年12月22日付で普通株式1株につき50株の割合で分割を
         行っております。これにより、「新株予約権の目的となる株式の種類、内容及び数」、「新株予約権の行使
         時の払込金額」及び「新株予約権の行使により株式を発行する場合の株式の発行価格及び資本組入額」が調
         整されております。
                                 61/173





                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社ジーネクスト(E36398)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     第6回新株予約権
    決議年月日                   2020年11月12日
                        当社従業員 6
    付与対象者の区分及び人数(名)
                        社外協力者 6
    新株予約権の数(個)※                   325(注)1
    新株予約権の目的となる株式の種類、
                        普通株式 16,250(注)1、7
    内容及び数(株)※
    新株予約権の行使時の払込金額(円)※                   440(注)2、7
    新株予約権の行使期間※                   2022年11月12日~2030年11月11日(注)3

    新株予約権の行使により株式を
                        発行価格  440
    発行する場合の株式の発行価格
                        資本組入額 220(注)7
    及び資本組入額(円)※
    新株予約権の行使の条件※                   (注)4
    新株予約権の譲渡に関する事項※                   新株予約権の譲渡については、取締役会の承認を要するものとする。

    組織再編成行為に伴う新株予約権の
                        (注)6
    交付に関する事項※
      ※  提出日の前月末現在(2021年1月31日)における内容を記載しております。
     (注)   1.新株予約権1個につき目的となる株式数は、1株であります。
         なお、新株予約権を割り当てる日(以下「割当日」という。)以降、当社が当社普通株式の分割(株式無償割
         当を含む。)または併合を行う場合、次の算式により目的となる株式の数を調整するものとする。ただし、
         かかる調整は、新株予約権のうち、当該時点で権利行使されていない新株予約権の目的となる株式の数につ
         いて行われ、調整の結果生じる1株未満の端数については、これを切り捨てる。
          調整後株式数      = 調整前株式数      × 分割・併合の比率
         また、割当日以降、当社が吸収合併、新設合併、吸収分割、新設分割、株式交換もしくは株式移転を行なう
         場合またはその他やむを得ない事由が生じた場合には、新株予約権の目的となる株式の数は、合理的な範囲
         で取締役会決議により調整されるものとする。
       2.新株予約権の割当日以降、当社が当社普通株式の分割(株式無償割当を含む。)または併合を行う場合、次の
         算式により行使価額を調整し、1円未満の端数は切り上げる。
                               1
          調整後行使価額       = 調整前行使価額       ×
                            分割・併合の比率
         また、当社が当社普通株式につき行使価額を下回る払込金額で募集株式の発行または自己株式の処分を行う
         場合(当社普通株式に転換される証券もしくは転換できる証券または当社普通株式の交付を請求できる新株
         予約権(新株予約権付社債に付されたものを含む。)の転換または行使の場合を除く。)は、次の算式により
         行使価額を調整し、調整により生じる1円未満の端数は切り上げる。
                                   新規発行株式数        × 1株当たり払込金額
                           既発行株式数      +
                                         1株当たり時価
          調整後行使価額       = 調整前行使価額       ×
                                  既発行株式数+新規発行株式数
         上記算式において「既発行株式数」とは、当社普通株式に係る発行済株式総数から当社普通株式に係る自己
         株式数を控除した数とし、当社普通株式に係る自己株式の処分を行う場合には、「新規発行株式数」を「処
         分する自己株式数」、「1株当たり払込金額」を「1株当たり処分金額」と読み替えるものとする。
         さらに、上記のほか、割当日以降、当社が吸収合併、新設合併、吸収分割、新設分割、株式交換もしくは株
         式移転を行なう場合又はその他やむを得ない事由が生じた場合には、行使価額は、合理的な範囲で取締役会
         決議により調整されるものとする。
       3.新株予約権を行使することができる期間
         新株予約権を行使する期間の最終日が会社の休日にあたるときは、その前営業日を最終日とする。
       4.新株予約権の行使の条件に関する事項は次のとおりであります。
         ① 新株予約権の割当を受けた者(以下「新株予約権者」という。)は、権利行使時において、当社または当
           社子会社の取締役、監査役、従業員、顧問もしくは関係協力者のいずれかの地位にあることを要する。
           ただし、当該新株予約権者が任期満了によって退任または定年退職した場合、もしくは取締役会が正当
           な理由があると認めた場合は、この限りではない。
         ② 新株予約権者が死亡した場合、その相続人による新株予約権の権利行使は認めないものとする。
         ③ 新株予約権者は、以下の各号に定める期間に応じた個数の限度で、本新株予約権を行使することができ
           るものとする。
          (1)  当社の株式がいずれかの金融商品取引所において上場する日(以下「株式公開日」という。)まで:
            0個
                                 62/173


                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社ジーネクスト(E36398)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
          (2)  株式公開日の翌日から株式公開日後6月を経過する日まで:本割当数の25%に相当する個数(小数点
            以下四捨五入。以下本条において同じ。)まで
          (3)  株式公開日後6月を経過した日から株式公開日後1年を経過する日まで:本割当数の50%に相当する
            個数まで
          (4)  株式公開日後1年を経過した日から株式公開日後2年を経過する日まで:本割当数の75%に相当する
            個数まで
          (5)  株式公開日後2年を経過した日以降:本割当数の100%に相当する個数まで
         ④ その他本新株予約権の行使の条件は、当社と新株予約権者との間で締結する「新株予約権割当契約書」
           に定めるところによる。
       5.新株予約権の取得事由
         ① 当社は、新株予約権者が権利行使をする前に、当社が消滅会社となる合併契約承認の議案又は当社が完
           全子会社となる株式交換契約承認もしくは株式移転計画承認の議案につき株主総会で承認された場合
           (株主総会決議が不要の場合は、取締役会決議がなされた場合)は、当社が別に定める日をもって、無償
           で新株予約権を取得することができる。
         ② 当社は、新株予約権者が新株予約権の行使の条件に規定する新株予約権の行使の条件に該当しなくなっ
           た場合は、当該新株予約権を無償で取得することができる。
       6.当社が組織再編行為を実施する際の新株予約権の取扱い
         当社が合併(当社が合併により消滅する場合に限る。)、吸収分割、新設分割、株式交換又は株式移転(以上
         を総称して以下「組織再編行為」という。)をする場合において、組織再編行為の効力発生日において残存
         する新株予約権(以下「残存新株予約権」という。)の新株予約権者に対し、それぞれの場合につき、会社法
         第236条第1項第8号のイからホまでに掲げる株式会社(以下「再編対象会社」という。)の新株予約権を以
         下の条件に基づきそれぞれ交付することとする。この場合においては、残存新株予約権は消滅し、再編対象
         会社は新株予約権を新たに発行するものとする。ただし、以下の条件に沿って再編対象会社の新株予約権を
         交付する旨を、合併契約、吸収分割契約、新設分割計画、株式交換契約または株式移転計画において定めた
         場合に限るものとする。
         ① 交付する再編対象会社の新株予約権の数
           残存新株予約権の新株予約権者が保有する新株予約権の数と同一の数をそれぞれ交付するものとする。
         ② 新株予約権の目的である再編対象会社の株式の種類
           再編対象会社の普通株式とする。
         ③ 新株予約権の目的である再編対象会社の株式の数
           組織再編行為の条件等を勘案のうえ、新株予約権の目的となる株式の種類及び数に準じて決定する。
         ④ 新株予約権の行使に際して出資される財産の価額
           交付される各新株予約権の行使に際して出資される財産の価額は、組織再編行為の条件等を勘案のう
           え、新株予約権の行使に際して出資される財産の価額で定められた行使価額を調整して得られる再編後
           払込金額に上記③に従って決定される当該新株予約権の目的である再編対象会社の株式の数を乗じて得
           られる金額とする。
         ⑤ 新株予約権を行使することができる期間
           新株予約権を行使することができる期間に定める新株予約権を行使できる期間の開始日と組織再編行為
           の効力発生日のうちいずれか遅い日から、前記(4)に定める新株予約権を行使することができる期間の
           満了日までとする。
         ⑥ 新株予約権の行使の条件
           新株予約権の行使の条件に準じて決定する。
         ⑦ 増加する資本金及び資本準備金に関する事項
           増加する資本金及び資本準備金に関する事項に準じて決定する。
         ⑧ 譲渡による新株予約権の取得の制限
           譲渡による新株予約権の取得については、再編対象会社の承認を要するものとする。
         ⑨ 新株予約権の取得事由
           新株予約権の取得事由に準じて決定する。
       7.2020年12月4日開催の取締役会決議により、2020年12月22日付で普通株式1株につき50株の割合で分割を
         行っております。これにより、「新株予約権の目的となる株式の種類、内容及び数」、「新株予約権の行使
         時の払込金額」及び「新株予約権の行使により株式を発行する場合の株式の発行価格及び資本組入額」が調
         整されております。
                                 63/173





                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社ジーネクスト(E36398)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      ②  【ライツプランの内容】
        該当事項はありません。
      ③  【その他の新株予約権等の状況】

        該当事項はありません。
                                 64/173



















                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社ジーネクスト(E36398)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     (3)  【発行済株式総数、資本金等の推移】
                発行済株式       発行済株式                     資本準備金       資本準備金

                              資本金増減額       資本金残高
        年月日        総数増減数       総数残高                     増減額       残高
                               (千円)       (千円)
                  (株)       (株)                    (千円)       (千円)
      2017年3月31日            普通株式       普通株式
                                 5,000      45,000         ―       ―
        (注)1            100       900
      2017年5月2日            普通株式       普通株式
                                15,000       60,000         ―       ―
        (注)2             60      960
      2017年8月25日            普通株式       普通株式
                                10,000       70,000         ―       ―
        (注)3             40     1,000
      2018年3月30日            普通株式       普通株式
                                17,500       87,500       17,500       17,500
        (注)4            140      1,140
      2018年6月29日            普通株式       普通株式
                                 7,600      95,100       7,600      25,100
        (注)5             38     1,178
      2018年7月31日            普通株式       普通株式
                                 4,800      99,900       4,800      29,900
        (注)6             24     1,202
      2019年3月29日            普通株式       普通株式
                                   ―     99,900         ―     29,900
        (注)7           46,878       48,080
      2019年6月28日            普通株式       普通株式
                                17,650      117,550       17,650       47,550
        (注)8           1,765      49,845
      2019年7月31日            普通株式       普通株式
                                60,000      177,550       60,000      107,550
        (注)9           6,000      55,695
      2019年9月30日            普通株式       普通株式
                                86,000      263,550       86,000      193,550
        (注)10           8,600      64,445
                      A種優先株式
      2020年11月19日         A種優先株式          10,199
                                132,587       396,137       132,587       326,137
        (注)11           10,199      普通株式
                          64,445
                A種優先株式
      2020年12月3日            △10,199       普通株式
                                   ―    396,137         ―    326,137
        (注)12          普通株式        74,644
                   10,199
      2020年12月22日
                 3,657,556       3,732,200           ―    396,137         ―    326,137
        (注)13
     (注)   1.有償第三者割当
         発行価格            50,000円
         資本組入額           50,000円
         割当先  横治祐介
       2.有償第三者割当
         発行価格            250,000円
         資本組入額           250,000円
         割当先 井上瑞樹、藤川剛史
       3.有償第三者割当
         発行価格            250,000円
         資本組入額           250,000円
         割当先  浜野哲也
       4.有償第三者割当
         発行価格            250,000円
         資本組入額           125,000円
         割当先  横治祐介、近藤康紀、橋本好真、渡辺剛、安江祥光、鍵和田尚秀、酒井崇匡、河本太輔、綾部良
               介、豊福康友、加藤晋吾、保科泰輔
       5.有償第三者割当
         発行価格            400,000円
         資本組入額           200,000円
         割当先  田中次郎、岩井豪海、白石尚久、奥本康寛、三橋健太郎
       6.有償第三者割当
         発行価格            400,000円
         資本組入額           200,000円
         割当先  豊福康友、大河原麗偉、川崎祐一、目黒慎吾、足立隆之
       7.2019年3月15日開催の取締役会決議により、2019年3月29日付で普通株式1株につき40株の分割を行ってお
         ります。
       8.  有償第三者割当
         発行価格            20,000円
                                 65/173


                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社ジーネクスト(E36398)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         資本組入額           10,000円
         割当先  橋本好真、渡辺剛、河本太輔、鍵和田尚秀、岩井豪海、野口浩輔、玉乃淳、齊藤友紀、合同会社
               グッドウィズ
       9.  有償第三者割当
         発行価格            20,000円
         資本組入額           10,000円
         割当先  浜野哲也、酒井崇匡、保科泰輔、豊福康友、加藤晋吾、田中次郎、足立隆之、宮林隆吉、三宅裕
               之、古田彰、時田菜摘子、大竹裕隆、中村旭宏、片山康史
       10.  有償第三者割当
         発行価格            20,000円
         資本組入額           10,000円
         割当先  井上瑞樹、飯塚健、川崎祐一、糸永洋三、中内奈々、田上洋平、喜夛國友、菅下清廣、スガシタ
               パートナーズ株式会社、平子雄一
       11.  有償第三者割当
         発行価格            26,000円
         資本組入額           13,000円
         割当先  三菱UFJキャピタル7号投資事業有限責任組合、DG                             Lab  Fund   II  E.L.P.    Cayman、井上瑞樹、柴
               田祥行、室井淳司、ヤマモリ商事株式会社、山崎令二郎、堀内泰司、宮林隆吉、福井元明、小林
               さと子
       12.  優先株式の取得及び消却
         当社は、A種優先株式のすべてにつき、定款に定める取得条項に基づき2020年12月3日付で自己株式として
         取得し、対価として普通株式を交付しております。また、当社が取得したA種優先株式は、2020年12月3日
         付で会社法第178条に基づきすべて消却しております。
       13.2020年12月4日開催の取締役会決議により、2020年12月22日付で普通株式1株につき50株の分割を行ってお
         ります。
     (4)  【所有者別状況】

                                               2021年1月31日現在
                       株式の状況     (1単元の株式数        100  株)
                                                      単元未満
      区分                           外国法人等                    株式の状況
           政府及び
                     金融商品     その他の                 個人
                                                       (株)
           地方公共     金融機関                                 計
                     取引業者      法人               その他
            団体
                               個人以外      個人
    株主数
              ―     ―     ―      5     1     ―      55      61      ―
    (人)
    所有株式数
              ―     ―     ―    3,201      400      ―    33,717      37,318       400
    ( 単元  )
    所有株式数
              ―     ―     ―    8.58     1.07      ―    90.35     100.00        ―
    の割合(%)
                                 66/173









                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社ジーネクスト(E36398)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     (5)  【議決権の状況】
      ①  【発行済株式】
                                               2021年1月31日現在
           区分           株式数(株)         議決権の数(個)                内容
    無議決権株式                    ―          ―              ―

    議決権制限株式(自己株式等)                    ―          ―              ―

    議決権制限株式(その他)                    ―          ―              ―

    完全議決権株式(自己株式等)                    ―          ―              ―

                                        完全議決権株式であり、権利内容に
                                        何ら限定のない当社における標準と
                    普通株式
    完全議決権株式(その他)                               37,318    なる株式であります。
                                        なお、単元株式数は100株でありま
                        3,731,800
                                        す。
    単元未満株式                       400      ―              ―
    発行済株式総数                    3,732,200         ―              ―

    総株主の議決権                    ―           37,318            ―

     (注)   1.2020年12月4日開催の臨時株主総会において定款変更が決議され、同日付で1単元を100株とする単元株制
         度を採用しております。
       2.2020年12月4日開催の取締役会決議により、2020年12月22日付で普通株式1株につき50株の割合で株式分割
         を行っております。
      ② 【自己株式等】

        該当事項はありません。
                                 67/173











                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社ジーネクスト(E36398)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    2 【自己株式の取得等の状況】
       【株式の種類等】
       会社法第155条第1号に該当するA種優先株式の取得
     (1) 【株主総会決議による取得の状況】

       該当事項はありません。
     (2)  【取締役会決議による取得の状況】

               区分                  株式数(株)             価額の総額(円)

    取締役会(2020年11月19日)での決議状況
                                A種優先株式 10,199                        ―
    (取得期間2020年12月3日)
    最近事業年度前における取得自己株式                                     ―              ―
    最近事業年度における取得自己株式                                     ―              ―

    残存決議株式の総数及び価額の総額                                     ―              ―

    最近事業年度の末日現在の未行使割合(%)                                     ―              ―

    最近期間における取得自己株式                           A種優先株式 10,199                        ―

    提出日現在の未行使割合(%)                                     ―              ―

     (注) 当社は、2020年11月19日開催の取締役会において、A種優先株式のすべてにつき、定款に定める取得条項に基
        づき取得することを決議し、2020年12月3日付で自己株式として取得し、対価として普通株式を交付しており
        ます。また、当社が取得したA種優先株式は、2020年12月3日付で会社法第178条に基づきすべて消却しており
        ます。
     (3)  【株主総会決議又は取締役会決議に基づかないものの内容】

       該当事項はありません。
                                 68/173










                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社ジーネクスト(E36398)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     (4)  【取得自己株式の処理状況及び保有状況】
                           最近事業年度                   最近期間

           区分
                               処分価額の総額                  処分価額の総額
                       株式数(株)                  株式数(株)
                                 (円)                  (円)
    引き受ける者の募集を行った
                            ―         ―         ―         ―
    取得自己株式
                                       A種優先株式
    消却の処分を行った取得自己株式                        ―         ―                  ―
                                            10,199
    合併、株式交換、会社分割に係る
                            ―         ―         ―         ―
    移転を行った取得自己株式
    その他(―)                        ―         ―         ―         ―
    保有自己株式数                        ―         ―         ―         ―

     (注) 2020年11月19日開催の取締役会決議により、2020年12月3日付で会社法第178条に基づき上記の自己株式を消却
        しております。
    3 【配当政策】

      当社は、株主に対する利益還元を経営の重要課題の一つとして位置付けておりますが、財務体質の強化と事業拡大
     のための内部留保の充実等を図り、収益基盤の多様化や収益力強化のための投資に充当することが株主に対する最大
     の利益還元につながると認識しております。
      このことから創業以来配当は実施しておらず、今後においても当面は内部留保の充実を図る方針であります。
      内部留保資金については、財務体質の強化と人員の拡充・育成をはじめとした収益基盤の多様化や収益力強化のた
     めの投資に活用する方針であります。
      将来的には、収益力の強化や事業基盤の整備を実施しつつ、内部留保の充実状況及び企業を取り巻く事業環境を勘
     案した上で、株主に対して安定的かつ継続的な利益還元を実施する方針でありますが、現時点において配当実施の可
     能性及びその実施時期等については未定であります。
      なお、剰余金の配当決定機関は、期末配当については株主総会、中間配当については取締役会でありますが、当社
     は期末配当として年1回行うことを基本方針としております。また、当社は中間配当を取締役会決議によって行うこ
     とができる旨を定款に定めております。
                                 69/173










                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社ジーネクスト(E36398)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    4  【コーポレート・ガバナンスの状況等】
     (1)  【コーポレート・ガバナンスの概要】
      コーポレート・ガバナンスに関する基本的な考え方
       当社は、社会へ貢献できるサービスを提供することで、継続的に収益を拡充し、企業価値を向上させ、株主をは
      じめとしたユーザー、取引先、従業員等のステークホルダーの利益を最大化するために、コーポレート・ガバナン
      スの確立が不可欠であると認識しております。具体的には、実効性のある内部統制システムの整備をはじめとし
      て、適切なリスク管理体制の整備、コンプライアンス体制の強化、並びにこれらを適切に監査する体制の強化が重
      要であると考えております。
      ① 会社統治の体制の概要及び当該体制を採用する理由

        当社は、会社法に基づく機関として株主総会、取締役会、監査役会及び会計監査人を設置しております。当社
       事業に精通した取締役を中心とする取締役会が経営の基本方針や重要な業務の執行決定を行うとともに、全員が
       社外監査役で構成される監査役会において、各分野での専門性を持つ監査役が公正かつ独立の立場から監査を行
       う体制が、経営の健全性、透明性及び効率性を確保するために有用と判断しております。
       a.取締役会







         当社の取締役会は、取締役5名(うち社外取締役2名)で構成され、原則として月1回の定時取締役会及び必
        要に応じて臨時取締役会を開催しております。
         取締役会においては、法令及び定款、「取締役会規程」に基づき、経営の基本方針、経営に関する重要事項
        などについて意思決定を行うとともに、取締役の職務の執行を監督しております。
         なお、取締役会には監査役3名(うち社外監査役3名)が出席し、必要に応じ意見陳述をする等、取締役の業
        務執行状況を監査しております。
         代表取締役は取締役会の議長として取締役会を統括するとともに、取締役会の決議を執行し、当社の業務全
        般を統括しております。
       b.監査役会

         当社の監査役会は、常勤監査役               信原   寛子が議長を務め、非常勤監査役                齊藤   友紀、非常勤監査役          江本   卓
        也の監査役3名(うち社外監査役3名)で構成され、「監査役会規程」、「監査役監査基準」に従い、原則とし
        て月1回、定期的に開催し、監査計画の策定や監査の実施状況等、監査役相互での情報共有を実施しておりま
        す。
         監査役は、取締役会への出席に加え、取締役、執行役員、従業員、会計監査人への聴取や重要な書類等の閲
        覧を通じて、法令等違反の有無を監査するとともに、経営の妥当性、効率性及び公正性等を確認し、助言や提
        言を行うほか、取締役会の意思決定プロセスや取締役の業務執行状況について監査を行っております。
                                 70/173


                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社ジーネクスト(E36398)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      ② 企業統治に関するその他の事項
       (a)  内部統制システムの整備の状況
         当社は、会社法及び会社法施行規則に基づき、内部統制システムの構築に関わる基本方針を以下の通り定め
        ております。
       1.取締役及び使用人の職務の執行が法令及び定款に適合することを確保するための体制

         (1)  「リスク管理規程」を制定運用する。
         (2)  内部監査及び監査役監査を実施し、職務の執行が法令及び定款に適合していることを確認する。
         (3)  コンプライアンス規程において、内部通報制度に関する規定を設け、業務執行に係るコンプライアン
           ス違反及びそのおそれに関して、通報・相談を受け付けるための窓口を設置する。
         (4)  会社規程集(定款を含む)を整備し、取締役及び使用人が常に目をとおせる状態にする。
       2.取締役の職務の執行に係る情報の保存及び管理に関する体制

         (1)  職務の執行に係る文書その他の情報は、「文書管理規程」を制定し、保存・管理をする。なお、保
           存・管理体制は必要に応じて見直し等を行う。
       3.損失の危険の管理に関する規程その他の体制

         (1)  損失の危険(以下、「リスク」という。)の予防及び発生したリスクへの対処につき「リスク管理規
           程」を制定・運用する。
         (2)  各取締役及び執行役員は、その所掌の範囲のリスクを洗出し、常に状況を把握するとともに定期的に
           取締役会に報告する。
         (3)  内部監査人による内部監査の実施及び指摘事項がある場合、適切かつ速やかに対処する。
       4.取締役の職務の執行が効率的に行われることを確保するための体制

         (1)  「職務権限規程」等職務執行に関連する規程を整備・運用する。
         (2)  各組織単位に取締役又は執行役員を置き、所定の権限を持ち職務執行するとともに、毎月業務執行状
           況を取締役会に報告する。
         (3)  「稟議規程」に基づき各階層の決裁者が業務執行内容をチェックし、執行段階での牽制機能が働くよ
           うにする。
         (4)  代表取締役、取締役、執行役員による取締役会を実施し、経営状況を共有するとともに、各組織の活
           動状況を把握し取締役自らの業務執行の効率化を図る。
       5.監査役がその職務を補助すべき使用人を置くことを求めた場合における当該使用人に関する事項

         (1)  監査役の求めに応じて、取締役会は監査役と協議のうえ、監査役補助人を任命し、当該監査業務の補
           助に当たらせる。
       6.監査役補助人の取締役からの独立性に関する事項

         (1)  監査役補助人は、監査役の指揮命令に従って、監査業務を補佐するものとする。
         (2)  当該監査役補助人の任免、異動、人事考課、懲罰については、監査役の同意を得たうえで行うものと
           し、取締役からの独立性を確保するものとする。
       7.監査役補助人に対する指示の実効性の確保に関する事項

         (1)  監査役補助人が監査役の指揮命令に従う旨を取締役及び使用人に周知徹底する。
                                 71/173




                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社ジーネクスト(E36398)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       8.取締役及び使用人ならびに子会社の役員及び使用人が監査役に報告するための体制と当該報告をしたこと
         を理由として不利な取扱いを受けないことを確保するための体制
         (1)  取締役及び使用人ならびに子会社の役員及び使用人は、監査役の要請に応じて報告をするとともに、
           職務執行の状況、経営に重大な影響を及ぼす事実等の重要事項について、適時・適切に監査役または
           監査役会に直接または関係部署を通じて報告し、監査役と情報を共有する。
         (2)  監査役は、取締役会等重要な会議に出席し、付議事項について情報を共有する。
         (3)  重要な稟議書は、決裁者による決裁後監査役に回付され、業務執行状況が逐一報告される体制とす
           る。
         (4)  前3項の報告を行った者に対し、内部通報制度に関する規程に基づいて、報告したことを理由とする
           不利な扱いを禁止する。
       9.監査役の職務の執行について生ずる費用等の処理に係る方針に関する事項

         (1)  監査役が職務の執行について生ずる費用等の請求をしたときは、当該監査役の職務の執行に必要でな
           いと認められた場合を除き、速やかに当該費用の精算処理を行う。
       10.その他監査役の監査が実効的に行われることを確保するための体制

         (1)  監査役は、取締役会に出席し、業務の進捗状況を常に把握できる体制とする。
         (2)  内部監査人、会計監査人との定期的な連絡会を設け連携を深め、実効的監査が行えるようにする。
       11.財務報告の信頼性を確保するための体制

         (1)  財務報告の信頼性を確保するための内部統制システムの整備を経営上の最重要事項の一つとして位置
           付け、財務報告の信頼性確保を推進する。
         (2)  内部統制が有効に機能する体制構築を図り、財務報告における虚偽記載リスクを低減し、未然に防ぐ
           ように管理する。
         (3)  財務報告の信頼性を確保するために、内部監査人が核となる評価チームにより、業務プロセスのリス
           ク評価を継続的に実施するとともに、評価結果を代表取締役に報告する。
         (4)  必要に応じて、金融商品取引法等の関連法令との適合性を考慮したうえで、諸規程の整備及び運用を
           行う。
       12.当社グループにおける業務の適正を確保するための体制

         (1)  「関係会社管理規程」に基づき、子会社の経営について管理部を中心に、その自主性を尊重しつつ、
           重要事項について事前協議を行う。また、子会社の業績、経営計画の進捗状況、その他特に報告を求
           めた事項について定期的に報告を求めるとともに、当該子会社において重要な事象が発生した場合に
           は適宜報告を求める。
         (2)  管理部及び内部監査人が子会社のコンプライアンス体制やリスク管理体制を監視すると同時に、子会
           社の内部統制システムの状況を監査し、整備・運用を指導する。
         (3)  子会社の取締役を当社から派遣し、子会社の取締役の職務執行及び経営の適法性・効率性などにつ
           き、監視・監督または監査を行う。
         (4)  子会社の取締役の職務執行、コンプライアンス体制及びリスク管理体制の状況ならびにその他上記(1)
           から(3)において認識した重要事項に関して、当社の取締役会、監査役会等に報告する。
       13.  反社会的勢力との取引排除に向けた基本的考え方及びその整備状況

         (1)  当社は、反社会的勢力に対する毅然とした対応を取ること、反社会的勢力との一切の関係を拒絶する
           ことを社内規程に定め、すべての取締役及び監査役並びに使用人に周知徹底する。
         (2)  反社会的勢力による不当要求、組織暴力及び犯罪行為に対しては、顧問弁護士、警察等の外部専門機
           関と連携し、解決を図る体制を整備する。
                                 72/173



                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社ジーネクスト(E36398)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       (b)  リスク管理体制の整備状況
         取締役会では、リスク管理の全社的推進とリスク管理に必要な情報の共有化を図り、コンプライアンスの徹
        底と社会的信用の向上を図っております。また、内部通報制度も整備されており、コンプライアンス違反等に
        関する相談・通報を受けています。クレーム台帳も作成しており、事故・クレームの発生状況その他リスク管
        理に関する当社の現況及び問題点、新たなリスク要因も検討しております。
       (c)  内部監査及び監査役監査の状況

         当社では代表取締役が任命する内部監査責任者及び内部監査担当者が、内部監査を実施しております。内部
        監査は、「内部監査規程」に基づき、会社の業務運営が法令ならびに会社の規程類を遵守して適正に行われて
        いるかを評価することを目的としております。
         監査役監査については、監査役監査計画に基づいて、取締役会をはじめとする重要な会議に出席するととも
        に取締役及び各部門へのヒアリングや重要書類の閲覧を行い、取締役の職務執行及び意思決定についての監査
        を行っております。監査の結果については、原則として月1回開催される監査役会において情報共有を図って
        おります。
         なお、内部監査責任者、内部監査担当者、監査役及び会計監査人は適宜打合せを行い、情報共有や相互の協
        力等の連携を図っております。
       (d)  子会社の業務の適正を確保するための体制の整備状況

         当社は子会社であるG-Next             Company    Limitedを有しております。当社は、以下のとおり当該子会社の管理を
        行っております。
         イ 関係会社に関する業務については、「関係会社管理規程」及び「業務分掌規程」に基づき、管理部が担
           当することとしております。
         ロ 子会社の経営上の重要な意思決定については、当社において取締役会への報告を行います。また、当社
           代表取締役である横治           祐介は、G-Next        Company    Limitedの取締役を兼任しており、子会社の取締役会に
           おける審議及び決議に参加しております。
         ハ 内部監査担当者は、「内部監査規程」に基づき、子会社の内部監査を行います。
         ニ 監査役は、「監査役監査実施基準」に基づき、取締役及び従業員等から、子会社管理の状況について報
           告又は説明を受け、関係資料の閲覧を行います。
       (e)  責任限定契約

         当社は、会社法第427条第1項に基づき、監査役との間において、会社法第423条第1項の損害賠償責任を限
        定する契約を締結しております。当該契約に基づく損害賠償責任限度額は、法令が定める額としております。
        なお、当該責任限定が認められるのは、監査役が責任の原因となった職務の遂行について善意でかつ重大な過
        失がないときに限られます。
       (f)  取締役の任期

         当社は、取締役の任期を2年とする旨を定款に定めております。
       (g)  取締役の定数

         当社は、取締役の定数を10名以内とする旨を定款に定めております。
       (h)  取締役の選任決議

         当社は、取締役の選任決議は、議決権を行使することができる株主の議決権の3分の1以上を有する株主が
        出席し、その議決権の過半数をもって行う旨を定款に定めております。その他、取締役の選任決議は累積投票
        によらない旨も定款に定めております。
                                 73/173




                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社ジーネクスト(E36398)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       (i)  株主総会の特別決議要件
         当社は、会社法第309条第2項に定める決議は、議決権を行使することができる株主の議決権の3分の1以上
        を有する株主が出席し、その議決権の3分の2以上をもって行う旨を定款に定めております。これは、株主総
        会における特別決議の定足数を緩和することにより、株主総会の円滑な運営を行うことを目的とするものであ
        ります。
       (j)  取締役及び監査役の責任免除

         当社は、会社法第426条第1項の規定により、取締役会の決議によって、同法第423条第1項の取締役及び監
        査役(取締役及び監査役であった者を含む)の損害賠償責任を法令の限度において免除することができる旨を定
        款に定めております。当該責任免除が認められるのは、当該役員が責任の原因となった職務の遂行において善
        意かつ重大な過失がないときに限られます。これは、取締役及び監査役が、期待される役割を十分に発揮する
        こと等を目的とするものであります。
                                 74/173
















                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社ジーネクスト(E36398)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     (2)  【役員の状況】
      ① 役員一覧
    男性  6 名 女性    2 名(役員のうち女性の比率            25 %)
                                                    所有株式数
        役職名         氏名       生年月日               略歴            任期
                                                      (株)
                              2000年4月      魔法株式会社      入社
                              2001年7月      有限会社ジーネクスト設立(現当
               横治  祐介
       代表取締役               1977年7月13日                           (注)3   1,573,000
                                    社)、代表取締役社長就任
                              2005年4月      当社設立、代表取締役 就任(現
                                    任)
                              2005年4月      当社  入社
                              2005年4月      当社 取締役 就任
                              2010年2月      株式会社アルファアイティシステ
                                    ム 入社
                              2010年7月      株式会社enish      入社
        取締役
               大河原   麗偉
                      1982年7月2日                           (注)3     75,000
        CTO
                              2015年5月      株式会社カプコン 入社
                              2015年10月      株式会社サイバーエージェント 
                                    入社
                              2016年7月      当社  入社
                              2018年7月      当社  取締役CTO 就任(現任)
                              1995年4月      株式会社丸井 入社
                              2006年12月      新日本監査法人(現EY新日本有限
                                    責任監査法人)      入所
        取締役
               三ヶ尻   秀樹
                      1971年2月13日                           (注)3      ―
        CFO
                              2019年1月      株式会社ココペリ       入社  執行役員
                                    CFO
                              2019年11月      当社  取締役CFO 就任(現任)
                              1983年4月      麒麟麦酒株式会社(現キリンホー
                                    ルディングス株式会社) 入社
                              2011年3月      同社 営業本部マーケティング部
                                    商品開発研究所長
                              2013年3月      同社 R&D本部技術統括部プラ
                                    ス―アイ推進室長兼経営企画部新
                                    市場創造室長
               渡辺  尚武
        取締役              1960年8月13日                           (注)3      ―
                              2014年1月      同社 CSV本部デジタルマーケ
                                    ティング室長(経営企画部新市場
                                    創造室長兼ブランド戦略部プラス
                                    ―アイ推進室長)
                              2020年1月      有限会社渡辺エステート 取締
                                    役 就任(現任)
                              2020年7月      当社  取締役 就任(現任)
                              1991年6月      生活協同組合コープとうきょう 
                                    理事 就任
                              1999年6月      東京都生活協同組合連合会 理
                                    事 就任
                              2001年6月      日本生活協同組合連合会 理事 
                                    就任
                              2003年8月      全国労働者共済生活協同組合連合
                                    会 理事 就任
                              2007年10月      全国消費者団体連絡会事務局            入
                                    局
        取締役        阿南 久      1950年2月17日        2008年5月      全国消費者団体連絡会 事務局長              (注)3      ―
                              2012年8月      消費者庁 長官 就任
                              2014年10月      一般社団法人消費者市民社会をつ
                                    くる会 代表理事 就任(現任)
                              2015年6月      雪印メグミルク株式会社 取締
                                    役 就任(現任)
                              2016年12月      公益財団法人横浜市消費者協会 
                                    理事長 就任(現任)
                              2017年7月      認定NPO法人消費者スマイル基
                                    金 理事長 就任(現任)
                              2020年12月      当社  取締役 就任(現任)
                                 75/173



                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社ジーネクスト(E36398)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                                                    所有株式数
        役職名         氏名       生年月日               略歴            任期
                                                      (株)
                              2003年10月      新日本監査法人(現EY新日本有限
                                    責任監査法人)      入所
                              2014年9月      ソーラーフロンティア株式会社
               信原  寛子
       常勤監査役               1980年2月11日                           (注)4      ―
                                    入社
                              2016年7月      EY税理士法人      入所
                              2019年4月      当社  監査役 就任(現任)
                              2007年11月      司法研修所     入所
                              2008年12月      阿部隆徳国際法律特許事務所            入
                                    所
                              2009年9月      TOMO法律事務所      開業
                              2016年9月      株式会社Preferred        Networks    入
                                    社
               齊藤  友紀
        監査役              1979年10月22日                           (注)4     25,000
                              2018年11月      株式会社メルカリ       入社
                              2019年2月      株式会社博報堂DYホールディング
                                    ス フェロー    就任
                              2019年4月      当社  監査役 就任(現任)
                              2019年7月      株式会社アーリーワークス 監査
                                    役 就任(現任)
                              2003年10月      新日本監査法人(現EY新日本有限
                                    責任監査法人)入所
                              2016年7月      金融庁総務企画局(現企画市場局)
               江本  卓也                  企業開示課     出向
        監査役              1978年7月26日                           (注)4      ―
                              2019年9月      江本公認会計士事務所 設立(現
                                    任)
                              2019年11月      当社  監査役 就任(現任)
                            計                         1,673,000
     (注)   1.取締役 渡辺尚武、阿南久は、社外取締役であります。
       2.監査役 信原寛子、齊藤友紀、江本卓也は、社外監査役であります。
       3.取締役の任期は、2020年12月4日開催の臨時株主総会終結の時から、選任後2年以内に終了する事業年度の
         うち、最終のものに関する定時株主総会終結の時までであります。
       4.監査役の任期は、2020年12月4日開催の臨時株主総会終結の時から、選任後4年以内に終了する事業年度の
         うち、最終のものに関する定時株主総会終結の時までであります。
       5.当社では、取締役会の一層の活性化を促し、取締役会の意思決定・業務執行の監督機能と各事業部の業務執
         行機能を明確に区分し、経営効率の向上を図るために執行役員制度を導入しております。
         本書提出日現在における執行役員は次の2名です。
                   役職名                       氏名

                                村田   実
         執行役員営業部長
                                三橋   健太郎
         執行役員経営企画室長
                                 76/173








                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社ジーネクスト(E36398)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      ② 社外役員の状況
        当社は、経営の意思決定機能を持つ取締役会に対し、監査役会を構成する監査役3名を社外監査役とすること
       で、経営への監視機能を強化しております。コーポレート・ガバナンスにおいて、社外からの客観的かつ中立な
       立場での経営監視機能が重要であると考えており、社外監査役は取締役会に出席し、社外監査役は定期的に監査
       を実施することによって、外部からの経営監視機能の実効性を十分に確保しております。
        社外取締役及び社外監査役を選任する為の独立性に関する基準又は方針は定めておりませんが、会社法に定め
       る社外取締役、社外監査役の要件を満たすことに加え、株式会社東京証券取引所が定める「独立性基準」を参考
       に経歴や当社との関係を踏まえ、判断しております。
        社外取締役の渡辺尚武氏は、事業会社にてデジタルマーケティングの部門長を務め、顧客の声の分析や接点の
       強化などに関する深い知見を有しており、それらを当社の経営に活かしていただいております。渡辺尚武氏と当
       社の間には、資本関係、人的関係、取引関係及びその他の利害関係はありません。
        社外取締役の阿南久氏は、消費者庁などの公的組織や複数の消費者関連団体のトップを歴任し、消費者の目
       線・行動・対応・ルールなど消費者に関連する全般の事項に深い知見を有して、それらを当社の経営に活かして
       いただいております。阿南久氏と当社の間には、資本関係、人的関係、取引関係及びその他の利害関係はありま
       せん。
        社外監査役の信原寛子氏は、監査法人及び事業会社並びに税理士法人に勤務し、幅広い見識と豊富な経験を有
       しており、同氏は当社の新株予約権65個(潜在株式3,250株)を保有しておりますが、それ以外に当社との間に、
       資本関係、人的関係、取引関係及びその他の利害関係はありません。
        社外監査役の齊藤友紀氏は、弁護士として企業法務に精通しており、また事業会社にも在籍していることか
       ら、幅広い見識と豊富な経験を有しており、それらを当社の経営に活かしていただいております。同氏は当社の
       普通株式25,000株と新株予約権30個(潜在株式1,500株)を保有しておりますが、それ以外に当社との間に、資本
       関係、人的関係、取引関係及びその他の利害関係はありません。
        社外監査役の江本卓也氏は、公認会計士としての高度な専門的知識を有しており、それらを当社の経営に活か
       していただいております。同氏は当社の新株予約権30個(潜在株式1,500株)を保有しておりますが、それ以外に
       当社との間に、資本関係、人的関係、取引関係及びその他の利害関係はありません。
      ③ 社外取締役及び社外監査役による監督または監査と内部監査、監査役監査及び会計監査人との相互連携並びに

       内部統制部門との関係
        内部監査は、内部監査責任者及び内部監査担当者を任命し、業務活動に関して、運営状況、業務実施の有効性
       及び正確性について監査を行い、その結果を代表取締役に対して報告しております。社外監査役は、代表取締役
       が専任した内部監査責任者より内部監査計画並びに内部監査、内部統制の運用状況、監査役監査及び会計監査の
       結果について適宜報告を受けております。
        監査役は、監査役会で策定した監査計画に基づいて当社の業務全般について常勤監査役を中心として計画的か
       つ効果的な監査を実施しております。また、取締役会その他重要な会議に出席し、取締役との意見交換、重要な
       決裁書類等の閲覧を通じ監査を実施しております。
        また、「(3)      監査の状況」に記載の通り、内部監査責任者、監査役及び会計監査人は定期的に会合を実施する
       ことで、相互連携を図っております。
                                 77/173







                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社ジーネクスト(E36398)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     (3)  【監査の状況】
      ① 監査役監査の状況
        当社における監査役監査は、監査役会制度を採用しております。常勤監査役1名及び非常勤監査役2名の3名
       で構成されており、3名全員が社外監査役であります。
        常勤監査役信原寛子氏は、監査法人及び事業会社並びに税理士法人に勤務し、幅広い見識と豊富な経験を有し
       ております。監査役齊藤友紀氏は、弁護士として企業法務に精通しており、また事業会社にも在籍していること
       から幅広い見識と豊富な経験を有しております。また、社外監査役江本卓也氏は、公認会計士としての高度な専
       門的知識を有しております。
        監査役は、監査役会で策定した監査計画に基づいて、当社及び連結子会社の業務全般について、常勤監査役を
       中心として計画的かつ網羅的な監査を実施しております。
        毎月の定例監査役会のほか、必要に応じて臨時監査役会を開催しております。常勤監査役は、取締役会のほ
       か、代表取締役との意見交換会を行う等、常に取締役の業務執行を監視できる体制となっております。また、内
       部監査責任者及び会計監査人と随時情報交換や意見交換を行うほか、定期的に三者によるミーティングを行う等
       連携を密にし、監査機能の向上を図っております。
        最近事業年度において監査役会を月1回開催しており、個々の監査役の出席状況については次のとおりであり
       ます。
            氏名         開催回数          出席回数
           信原   寛子
                       13          13
           齊藤   友紀
                       13          13
           江本   卓也
                       5          5
      ② 内部監査の状況

        当社における内部監査は、内部監査責任者が内部監査規程に基づき、グループ会社を含む各部門の業務活動に
       関して、運営状況、業務実施の有効性及び正確性、コンプライアンスの遵守状況等についての監査を定期的に行
       い、代表取締役に報告しております。
        また、内部監査結果及び是正状況については、監査役に報告し、意見交換を行っております。
      ③ 会計監査の状況

       a 監査法人の名称
         東邦監査法人
         当社は、当該監査法人と監査契約を締結し、2019年3月期より準金融商品取引法監査(金融商品取引法第193
        条の2第1項に準じた監査)を受けております。
       b 継続監査期間

         2年間
       c 業務を執行した公認会計士

         指定社員 公認会計士 矢崎 英城氏
         指定社員 公認会計士 木戸 秀徳氏
       d 監査業務に係る補助者の構成

         受嘱者の社員、または職員のうちから指定社員が指名する者
         公認会計士     4名
         その他       2名
                                 78/173




                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社ジーネクスト(E36398)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       e 監査法人の選定方針と理由
         会計監査人の選任・再任については、当社の業務内容に対応して効率的かつ効果的な監査業務を実施するこ
        とができる一定の規模を持つこと、審査体制が整備されていること、監査計画、具体的な監査実施要領及び監
        査費用が合理的かつ妥当であること、過去の監査実績等により総合的に判断しております。
        東邦監査法人を会計監査人とした理由は、同監査法人の品質管理体制、独立性、専門性並びに監査報酬等を総
        合的に勘案した結果、適任と判断したためであります。
       f 監査役及び監査役会による監査法人の評価

         監査役及び監査役会は、会計監査人に対して評価を行っております。この評価については、監査役会が当該
        会計監査人と定期的に緊密なコミュニケーションを図っており、適時かつ適切に意見交換や監査状況を把握し
        ております。その結果、会計監査人の職務執行に問題はないと評価し、東邦監査法人の再任を決議いたしまし
        た。
      ④ 監査報酬の内容等

       a 監査公認会計士等に対する報酬の内容
                 最近連結会計年度の前連結会計年度                         最近連結会計年度

        区分
                監査証明業務に           非監査業務に          監査証明業務に           非監査業務に
                基づく報酬(千円)           基づく報酬(千円)           基づく報酬(千円)           基づく報酬(千円)
       提出会社               8,100            ―         9,900            ―
      連結子会社                 ―           ―           ―           ―

         計             8,100            ―         9,900            ―

       b 監査公認会計士等と同一のネットワークに対する報酬(aを除く)

        (最近連結会計年度の前連結会計年度)
         該当事項はありません。
        (最近連結会計年度)

         該当事項はありません。
       c その他の重要な監査証明業務に基づく報酬の内容

        (最近連結会計年度の前連結会計年度)
         該当事項はありません。
        (最近連結会計年度)

         該当事項はありません。
       d 監査報酬の決定方針

         当社として監査公認会計士等に対する監査報酬の決定方針は、策定しておりませんが、監査法人より提示さ
        れた見積提案をもとに、監査計画、監査内容、監査日数等の要素を勘案して検討し、監査役会の同意を得て決
        定する手続きを実施しております。
                                 79/173





                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社ジーネクスト(E36398)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       e 監査役会が会計監査人の報酬等に同意した理由
         取締役会が提案した会計監査人に対する報酬等に対して、当社の監査役会は、会計監査人の監査計画の内
        容、会計監査の職務遂行状況及び報酬見積りなどが当社の事業規模や事業内容に適切であるかどうかについて
        必要な検証を行ったうえで、会計監査人の報酬等の額について同意の判断を行っております。
     (4)  【役員の報酬等】

      ① 役員の報酬等の額又はその算定方法の決定に関する方針
        当社の取締役及び監査役の報酬、賞与、その他の職務執行の対価として、当社から受ける財産上の利益(以下、
       「報酬等」)は株主総会の決議によって総額を決定する旨を定款で定めております。各取締役の報酬等の額又はそ
       の算定方法の決定に関する方針の決定権限を有する者は、取締役会より委任された代表取締役が、株主総会が決
       定した報酬等総額の限度内において担当職務、各期の業績、貢献度等を総合的に考慮して決定しております。各
       監査役の報酬等は、株主総会が決定した報酬等総額の限度内において常勤、非常勤の別、業務分担の状況を考慮
       して、監査役の協議により決定しております。
        なお、2005年4月22日開催の定時株主総会において取締役の報酬限度額は200,000千円、監査役の報酬限度額は
       30,000千円と決議しております。
      ② 役員区分ごとの報酬等の総額、報酬等の種類別総額及び対象となる役員の員数

                               報酬等の種類別の総額(千円)

                                                   対象となる
                 報酬等の総額
        役員区分                                           役員の員数
                   (千円)
                                                    (名)
                           固定報酬       業績連動報酬         退職慰労金
    取締役
                     34,698        34,698          ―        ―        4
    (社外取締役を除く。)
    監査役
                       ―        ―        ―        ―       ―
    (社外監査役を除く。)
    社外取締役                  600        600         ―        ―        1
    社外監査役                 6,500        6,500          ―        ―        3

    合計                 41,798        41,798          ―        ―        8

     (注) 報酬等の総額及び対象となる役員の員数には、2020年3月30日付で取締役を辞任した取締役1名を含んでおり
        ます。
      ③ 役員ごとの連結報酬等の総額等

        連結報酬等の額が1億円以上である者が存在しないため、記載しておりません。
      ④ 使用人兼務役員の使用人給与のうち、重要なもの

        該当事項はありません。
     (5)  【株式の保有状況】

      ① 投資株式の区分の基準及び考え方
        当社は、保有目的が純投資目的の株式及び純投資目的以外の目的の株式のいずれも保有しておりません。
      ② 保有目的が純投資目的以外の目的である投資株式

        該当事項はありません。
      ③ 保有目的が純投資目的である投資株式

        該当事項はありません。
                                 80/173



                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社ジーネクスト(E36398)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    第5   【経理の状況】
    1 連結財務諸表及び四半期連結財務諸表並びに財務諸表の作成方法について

     (1)  当社の連結財務諸表は、「連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和51年大蔵省令第28号。以
      下「連結財務諸表規則」という。)に基づいて作成しております。
     (2)  当社の四半期連結財務諸表は、「四半期連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(平成19年内閣府

      令第64号)に基づいて作成しております。
     (3)  当社の財務諸表は、「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和38年大蔵省令第59号。以下「財

      務諸表等規則」という。)に基づいて作成しております。
      また、当社は、特例財務諸表提出会社に該当し、財務諸表等規則第127条の規定により財務諸表を作成しておりま
      す。
    2 監査証明について

     (1)  当社は、金融商品取引法第193条の2                 第1項の規定に基づき、前連結会計年度(2018年4月1日から2019年3月31
      日まで)及び当連結会計年度(2019年4月1日から2020年3月31日まで)の連結財務諸表並びに前事業年度(2018年4
      月1日から2019年3月31日まで)及び当事業年度(2019年4月1日から2020年3月31日まで)の財務諸表について、東
      邦監査法人により監査を受けております。
     (2)  当社は、金融商品取引法第193条の2                 第1項の規定に基づき、第3四半期連結会計期間(2020年10月1日から2020

      年12月31日まで)及び第3四半期連結累計期間(2020年4月1日から2020年12月31日まで)に係る四半期連結財務諸表
      について、東邦監査法人により四半期レビューを受けております。
    3 連結財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組みについて

      当社は、連結財務諸表等の適正性を確保するための特段の取り組みを行っております。具体的には、定期刊行物の
     購読及び証券会社や監査法人等が主催するセミナーへの参加により、会計基準等の理解を促し、また会計基準の新設
     や変更等に適切に対応できる体制を整備しております。
                                 81/173










                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社ジーネクスト(E36398)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    1 【連結財務諸表等】
     (1) 【連結財務諸表】
      ①  【連結貸借対照表】
                                                   (単位:千円)
                                前連結会計年度              当連結会計年度
                                (2019年3月31日)              (2020年3月31日)
     資産の部
      流動資産
                                     ※1  26,151           ※1  139,322
        現金及び預金
        売掛金                                75,864              45,807
        仕掛品                                56,100              36,799
        未収消費税等                                13,759                ―
                                        7,963              16,718
        その他
        流動資産合計                               179,839              238,646
      固定資産
        有形固定資産
         建物附属設備                               5,204              4,725
                                       △ 3,873             △ 4,724
          減価償却累計額及び減損損失累計額
          建物附属設備(純額)                              1,330                0
         工具、器具及び備品
                                        2,931              1,345
                                       △ 1,863              △ 937
          減価償却累計額及び減損損失累計額
          工具、器具及び備品(純額)                              1,068               407
         有形固定資産合計                               2,398               407
        投資その他の資産
                                        5,679              3,816
         その他
         投資その他の資産合計                               5,679              3,816
        固定資産合計                                8,077              4,224
      資産合計                                 187,916              242,871
                                 82/173











                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社ジーネクスト(E36398)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                                                   (単位:千円)
                                前連結会計年度              当連結会計年度
                                (2019年3月31日)              (2020年3月31日)
     負債の部
      流動負債
        買掛金                                64,097              41,412
        短期借入金                                5,172              1,236
                                     ※1   90,312            ※1   85,912
        1年内返済予定の長期借入金
        未払金                                7,199              13,549
        未払費用                                5,394              18,357
        未払法人税等                                1,045              3,430
        前受金                                4,104                ―
        前受収益                                12,288              17,558
        受注損失引当金                                  ―             6,504
                                        7,778              7,587
        その他
        流動負債合計                               197,391              195,549
      固定負債
                                    ※1   227,263            ※1   141,351
        長期借入金
                                        2,261              2,419
        退職給付に係る負債
        固定負債合計                               229,524              143,770
      負債合計                                 426,915              339,320
     純資産の部
      株主資本
        資本金                                99,900              263,550
        資本剰余金                                29,900              193,550
                                      △ 370,619             △ 555,052
        利益剰余金
        株主資本合計                              △ 240,819              △ 97,952
      その他の包括利益累計額
                                        1,076               990
        為替換算調整勘定
        その他の包括利益累計額合計                                1,076               990
      非支配株主持分                                   744              512
      純資産合計                                △ 238,998              △ 96,449
     負債純資産合計                                  187,916              242,871
                                 83/173









                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社ジーネクスト(E36398)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       【四半期連結貸借対照表】
                                    (単位:千円)
                              当第3四半期連結会計期間
                                (2020年12月31日)
     資産の部
      流動資産
        現金及び預金                               450,703
        売掛金                               139,026
        仕掛品                                13,795
                                        20,433
        その他
        流動資産合計                               623,958
      固定資産
        有形固定資産
         建物附属設備                               4,725
          減価償却累計額及び減損損失累計額                             △ 4,724
          建物附属設備(純額)                                0
         工具、器具及び備品                               1,247
          減価償却累計額及び減損損失累計額                             △ 1,103
                                         144
          工具、器具及び備品(純額)
         有形固定資産合計                                144
        無形固定資産
         ソフトウエア                               3,211
                                        2,785
         ソフトウエア仮勘定
         無形固定資産合計                               5,996
        投資その他の資産
                                        2,875
         その他
         投資その他の資産合計                               2,875
        固定資産合計                                9,016
      資産合計                                 632,974
                                 84/173











                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社ジーネクスト(E36398)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                                    (単位:千円)
                              当第3四半期連結会計期間
                                (2020年12月31日)
     負債の部
      流動負債
        買掛金                                16,781
        短期借入金                                  ―
        1年内返済予定の長期借入金                                47,861
        未払金                                15,012
        未払費用                                24,542
        未払法人税等                                13,157
        前受収益                                11,646
                                        26,073
        その他
        流動負債合計                               155,074
      固定負債
        長期借入金                               248,790
                                        3,382
        退職給付に係る負債
        固定負債合計                               252,172
      負債合計                                 407,247
     純資産の部
      株主資本
        資本金                               396,137
        資本剰余金                               326,922
                                      △ 498,444
        利益剰余金
        株主資本合計                               224,614
      その他の包括利益累計額
                                         793
        為替換算調整勘定
        その他の包括利益累計額合計                                  793
      非支配株主持分                                   319
      純資産合計                                 225,727
     負債純資産合計                                  632,974
                                 85/173










                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社ジーネクスト(E36398)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      ②  【連結損益計算書及び連結包括利益計算書】
       【連結損益計算書】
                                                   (単位:千円)
                                前連結会計年度              当連結会計年度
                               (自 2018年4月1日              (自 2019年4月1日
                                至 2019年3月31日)               至 2020年3月31日)
     売上高                                  505,294              531,252
                                                   ※1   396,861
                                       364,901
     売上原価
     売上総利益                                  140,393              134,391
                                   ※2 ,※3   245,056          ※2 ,※3   312,774
     販売費及び一般管理費
     営業損失(△)                                 △ 104,662             △ 178,382
     営業外収益
      受取利息                                    3             673
      受取配当金                                    1              1
      助成金収入                                   500               ―
      還付消費税等                                    ―              128
                                         123               68
      その他
      営業外収益合計                                   628              871
     営業外費用
      支払利息                                  5,703              5,809
                                         164              158
      その他
      営業外費用合計                                  5,868              5,968
     経常損失(△)                                 △ 109,902             △ 183,480
     特別損失
                                                     ※4   875
                                          ―
      減損損失
      特別損失合計                                    ―              875
     税金等調整前当期純損失(△)                                 △ 109,902             △ 184,355
     法人税、住民税及び事業税                                    290              290
     法人税等合計                                    290              290
     当期純損失(△)                                 △ 110,192             △ 184,645
     非支配株主に帰属する当期純損失(△)
                                        △ 127             △ 212
                                      △ 110,064             △ 184,433
     親会社株主に帰属する当期純損失(△)
                                 86/173










                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社ジーネクスト(E36398)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       【連結包括利益計算書】
                                                   (単位:千円)
                                前連結会計年度              当連結会計年度
                               (自 2018年4月1日              (自 2019年4月1日
                                至 2019年3月31日)               至 2020年3月31日)
     当期純損失(△)                                 △ 110,192             △ 184,645
     その他の包括利益
                                         615              △ 85
      為替換算調整勘定
                                      ※1   615           ※1   △  85
      その他の包括利益合計
     包括利益                                 △ 109,577             △ 184,731
     (内訳)
      親会社株主に係る包括利益                                △ 109,449             △ 184,518
      非支配株主に係る包括利益                                  △ 127             △ 212
                                 87/173
















                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社ジーネクスト(E36398)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       【四半期連結損益計算書及び四半期連結包括利益計算書】
        【四半期連結損益計算書】
         【第3四半期連結累計期間】
                                    (単位:千円)
                              当第3四半期連結累計期間
                               (自 2020年4月1日
                                至 2020年12月31日)
     売上高                                  551,058
                                       216,028
     売上原価
     売上総利益                                  335,029
                                    ※1   269,608
     販売費及び一般管理費
     営業利益                                   65,421
     営業外収益
      受取利息                                   460
      受取配当金                                    0
      助成金収入                                  6,460
      雑収入                                   430
                                          25
      為替差益
      営業外収益合計                                  7,378
     営業外費用
      支払利息                                  3,378
                                        3,500
      上場関連費用
      営業外費用合計                                  6,878
     経常利益                                   65,921
     税金等調整前四半期純利益                                   65,921
     法人税、住民税及び事業税                                   10,058
     法人税等合計                                   10,058
     四半期純利益                                   55,862
     非支配株主に帰属する四半期純損失(△)                                   △ 745
     親会社株主に帰属する四半期純利益                                   56,607
                                 88/173











                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社ジーネクスト(E36398)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
        【四半期連結包括利益計算書】
         【第3四半期連結累計期間】
                                    (単位:千円)
                              当第3四半期連結累計期間
                               (自 2020年4月1日
                                至 2020年12月31日)
     四半期純利益                                   55,862
     その他の包括利益
                                        △ 216
      為替換算調整勘定
      その他の包括利益合計                                  △ 216
     四半期包括利益                                   55,645
     (内訳)
      親会社株主に係る四半期包括利益                                 56,410
      非支配株主に係る四半期包括利益                                  △ 765
                                 89/173
















                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社ジーネクスト(E36398)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      ③  【連結株主資本等変動計算書】
     前連結会計年度(自 2018年4月1日 至 2019年3月31日)
                                                  (単位:千円)
                                  株主資本
                  資本金          資本剰余金           利益剰余金          株主資本合計
    当期首残高                 87,500           17,500         △ 260,554          △ 155,554
    当期変動額
     新株の発行                12,400           12,400                     24,800
     親会社株主に帰属す
                                          △ 110,064          △ 110,064
     る当期純損失(△)
     株主資本以外の項目
     の
     当期変動額(純額)
    当期変動額合計                 12,400           12,400         △ 110,064          △ 85,264
    当期末残高                 99,900           29,900         △ 370,619          △ 240,819
                    その他の包括利益累計額

                                       非支配株主
                            その他の
                                                 純資産合計
                  為替換算
                                        持分
                            包括利益
                  調整勘定
                            累計額合計
    当期首残高                   461           461           736        △ 154,356
    当期変動額
     新株の発行                                                 24,800
     親会社株主に帰属す
                                                     △ 110,064
     る当期純損失(△)
     株主資本以外の項目
     の
                       615           615            7          622
     当期変動額(純額)
    当期変動額合計                   615           615            7        △ 84,642
    当期末残高                  1,076           1,076            744        △ 238,998
                                 90/173











                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社ジーネクスト(E36398)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     当連結会計年度(自 2019年4月1日 至 2020年3月31日)
                                                  (単位:千円)
                                  株主資本
                  資本金          資本剰余金           利益剰余金          株主資本合計
    当期首残高                 99,900           29,900         △ 370,619          △ 240,819
    当期変動額
     新株の発行                163,650           163,650                     327,300
     親会社株主に帰属す
                                          △ 184,433          △ 184,433
     る当期純損失(△)
     株主資本以外の項目
     の
     当期変動額(純額)
    当期変動額合計                 163,650           163,650          △ 184,433           142,866
    当期末残高                 263,550           193,550          △ 555,052          △ 97,952
                    その他の包括利益累計額

                                       非支配株主
                            その他の
                                                 純資産合計
                  為替換算
                                        持分
                            包括利益
                  調整勘定
                            累計額合計
    当期首残高                  1,076           1,076            744        △ 238,998
    当期変動額
     新株の発行                                                327,300
     親会社株主に帰属す
                                                     △ 184,433
     る当期純損失(△)
     株主資本以外の項目
     の
                      △ 85          △ 85         △ 231          △ 316
     当期変動額(純額)
    当期変動額合計                  △ 85          △ 85         △ 231         142,549
    当期末残高                   990           990           512         △ 96,449
                                 91/173











                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社ジーネクスト(E36398)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      ④  【連結キャッシュ・フロー計算書】
                                                   (単位:千円)
                                前連結会計年度              当連結会計年度
                               (自 2018年4月1日              (自 2019年4月1日
                                至 2019年3月31日)               至 2020年3月31日)
     営業活動によるキャッシュ・フロー
      税金等調整前当期純損失(△)                                △ 109,902             △ 184,355
      減価償却費                                  7,686              1,619
      長期前払費用償却額                                  1,759              1,862
      減損損失                                    ―              875
      受注損失引当金の増減額(△は減少)                                    ―             6,504
      退職給付に係る負債の増減額(△は減少)                                  △ 776              157
      受取利息及び受取配当金                                   △ 4            △ 674
      支払利息                                  5,703              5,809
      売上債権の増減額(△は増加)                                 40,355              30,000
      たな卸資産の増減額(△は増加)                                △ 55,225              19,301
      仕入債務の増減額(△は減少)                                △ 21,339             △ 22,685
      未払消費税等の増減額(△は減少)                                △ 20,269              15,208
      未収入金の増減額(△は増加)                                    ―            △ 7,863
      前受金の増減額(△は減少)                                  4,104             △ 4,104
      前受収益の増減額(△は減少)                                 12,288               5,270
      未払費用の増減額(△は減少)                                  1,031              13,052
      未払金の増減額(△は減少)                                  3,993              6,350
                                        △ 905              401
      その他
      小計                                △ 131,501             △ 113,269
      利息及び配当金の受取額
                                          4             673
      利息の支払額                                 △ 4,587             △ 5,962
                                       △ 1,013             △ 1,045
      法人税等の支払額
      営業活動によるキャッシュ・フロー                                △ 137,098             △ 119,604
     投資活動によるキャッシュ・フロー
      定期預金の預入による支出                                △ 10,540              △ 2,351
      定期預金の払戻による収入                                 10,186                360
      有形固定資産の取得による支出                                  △ 230             △ 219
                                       △ 2,319                ―
      長期前払費用の取得による支出
      投資活動によるキャッシュ・フロー                                 △ 2,904             △ 2,210
     財務活動によるキャッシュ・フロー
      短期借入金の純増減額(△は減少)                                △ 52,478              △ 3,892
      長期借入れによる収入                                 300,000                 ―
      長期借入金の返済による支出                                △ 149,258              △ 90,312
                                        24,800              327,300
      株式の発行による収入
      財務活動によるキャッシュ・フロー                                 123,063              233,095
     現金及び現金同等物に係る換算差額                                    117             △ 103
     現金及び現金同等物の増減額(△は減少)                                  △ 16,821              111,177
     現金及び現金同等物の期首残高                                   31,301              14,479
                                     ※1   14,479           ※1   125,657
     現金及び現金同等物の期末残高
                                 92/173






                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社ジーネクスト(E36398)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      【注記事項】
       (連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項)
     前連結会計年度(自 2018年4月1日 至 2019年3月31日)
      1 連結の範囲に関する事項
        すべての子会社を連結しております。
        連結子会社の数 1社
        連結子会社の名称 G-NEXT             Company    Limited
      2 連結子会社の事業年度等に関する事項

        連結子会社の決算日は、連結決算日と一致しております。
      3 会計方針に関する事項

       (1)  重要な資産の評価基準及び評価方法
         たな卸資産
          仕掛品
           個別法による原価法(貸借対照表価額は収益性の低下による簿価切り下げの方法により算定)を採用して
          おります。
       (2)  重要な減価償却資産の減価償却の方法

         有形固定資産
          定率法を採用しております。
          ただし、工具、器具及び備品は定額法によっております。
          なお、主な耐用年数は次のとおりであります。
          建物附属設備                 10年
          工具、器具及び備品 3年
       (3)  退職給付に係る会計処理の方法

         当社は、退職給付に係る負債及び退職給付費用の計算に、退職給付に係る期末自己都合要支給額を退職給付
        債務とする方法を用いた簡便法を適用しております。
       (4)  重要な収益及び費用の計上基準

         受注制作のソフトウェア開発プロジェクトに係る売上高及び売上原価の計上基準
         ① 当連結会計年度末までの進捗部分について成果の確実性が認められるプロジェクト
           工事進行基準(プロジェクトの進捗率の見積りは原価比例法)
         ② その他のプロジェクト
           工事完成基準
       (5)  重要な外貨建の資産又は負債の本邦通貨への換算の基準

         外貨建金銭債権債務は、連結決算日の直物為替相場により円貨に換算し、換算差額は損益として処理してお
        ります。なお、在外子会社等の資産及び負債は、連結決算日の直物為替相場により円貨に換算し、収益及び費
        用は期中平均相場により円貨に換算し、換算差額は純資産の部における為替換算調整勘定及び非支配株主持分
        に含めております。
       (6)  連結キャッシュ・フロー計算書における資金の範囲

         手許現金、随時引き出し可能な預金及び容易に換金可能であり、かつ、価値の変動について僅少なリスクし
        か負わない取得日から3ヶ月以内に償還期限の到来する短期的な投資からなっております。
                                 93/173



                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社ジーネクスト(E36398)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       (7)  その他連結財務諸表作成のための重要な事項
         消費税等の会計処理
          消費税等の会計処理は、税抜方式によっております。
     当連結会計年度(自 2019年4月1日 至 2020年3月31日)

      1 連結の範囲に関する事項
        すべての子会社を連結しております。
        連結子会社の数 1社
        連結子会社の名称 G-NEXT             Company    Limited
      2 連結子会社の事業年度等に関する事項

        連結子会社の決算日は9月30日であります。
        連結財務諸表の作成にあたっては連結決算日現在で実施した仮決算に基づく財務諸表を使用しております。
      3 会計方針に関する事項

       (1)  重要な資産の評価基準及び評価方法たな卸資産の評価基準及び評価方法
         たな卸資産
          仕掛品
           個別法による原価法(貸借対照表価額は収益性の低下による簿価切り下げの方法により算定)を採用して
          おります。
       (2)  重要な減価償却資産の減価償却の方法

         有形固定資産(リース資産を除く)
          定率法を採用しております。
          ただし、工具、器具及び備品は定額法によっております。
          なお、主な耐用年数は次のとおりであります。
          建物附属設備              10年
          工具、器具及び備品 3~4年
       (3)  重要な引当金の計上基準

         受注損失引当金
          受注契約に係る将来の損失に備えるため、当連結会計年度末における受注契約に係る損失見込額を計上し
         ております。
       (4)  退職給付に係る会計処理の方法

         当社は、退職給付に係る負債及び退職給付費用の計算に、退職給付に係る期末自己都合要支給額を退職給付
        債務とする方法を用いた簡便法を適用しております。
       (5)  重要な収益及び費用の計上基準

         受注制作のソフトウェア開発プロジェクトに係る売上高及び売上原価の計上基準
         ① 当連結会計年度末までの進捗部分について成果の確実性が認められるプロジェクト
           工事進行基準(プロジェクトの進捗率の見積りは原価比例法)
         ② その他のプロジェクト
           工事完成基準
                                 94/173




                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社ジーネクスト(E36398)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       (6)  重要な外貨建の資産又は負債の本邦通貨への換算の基準
         外貨建金銭債権債務は、連結決算日の直物為替相場により円貨に換算し、換算差額は損益として処理してお
        ります。なお、在外子会社等の資産及び負債は、連結決算日の直物為替相場により円貨に換算し、収益及び費
        用は期中平均相場により円貨に換算し、換算差額は純資産の部における為替換算調整勘定及び非支配株主持分
        に含めております。
       (7)  連結キャッシュ・フロー計算書における資金の範囲

         手許現金、随時引き出し可能な預金及び容易に換金可能であり、かつ、価値の変動について僅少なリスクし
        か負わない取得日から3ヶ月以内に償還期限の到来する短期的な投資からなっております。
       (8)  その他連結財務諸表作成のための重要な事項

         消費税等の会計処理
          消費税等の会計処理は、税抜方式によっております。
       (未適用の会計基準等)

     前連結会計年度(自 2018年4月1日 至 2019年3月31日)
     ・「収益認識に関する会計基準」(企業会計基準第29号 2018年3月30日 企業会計基準委員会)
     ・「収益認識に関する会計基準の適用指針」(企業会計基準適用指針第30号 2018年3月30日 企業会計基準委員会)
     (1)  概要

       収益認識に関する包括的な会計基準であります。収益は、次の5つのステップを適用し認識されます。
       ステップ1:顧客との契約を識別する。
       ステップ2:契約における履行義務を識別する。
       ステップ3:取引価格を算定する。
       ステップ4:契約における履行義務に取引価格を配分する。
       ステップ5:履行義務を充足した時に又は充足するにつれて収益を認識する。
     (2)  適用予定日

       2022年3月期の期首より適用予定であります。
     (3)  当該会計基準等の適用による影響

       「収益認識に関する会計基準」等の適用による連結財務諸表に与える影響額については、現時点で評価中であり
      ます。
                                 95/173








                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社ジーネクスト(E36398)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     当連結会計年度(自 2019年4月1日 至 2020年3月31日)
     ・「収益認識に関する会計基準」(企業会計基準第29号 2020年3月31日 企業会計基準委員会)
     ・「収益認識に関する会計基準の適用指針」(企業会計基準適用指針第30号 2020年3月31日 企業会計基準委員会)
     (1)  概要

       収益認識に関する包括的な会計基準であります。収益は、次の5つのステップを適用し認識されます。
       ステップ1:顧客との契約を識別する。
       ステップ2:契約における履行義務を識別する。
       ステップ3:取引価格を算定する。
       ステップ4:契約における履行義務に取引価格を配分する。
       ステップ5:履行義務を充足した時に又は充足するにつれて収益を認識する。
     (2)  適用予定日

       2022年3月期の期首より適用予定であります。
     (3)  当該会計基準等の適用による影響

       「収益認識に関する会計基準」等の適用による連結財務諸表に与える影響額については、現時点で評価中であり
      ます。
       ・「時価の算定に関する会計基準」(企業会計基準第30号 2019年7月4日 企業会計基準委員会)

       ・「棚卸資産の評価に関する会計基準」(企業会計基準第9号 2019年7月4日 企業会計基準委員会)
       ・「金融商品に関する会計基準」(企業会計基準第10号 2019年7月4日 企業会計基準委員会)
       ・「時価の算定に関する会計基準の適用指針」(企業会計基準適用指針第31号 2019年7月4日 企業会計基準委
        員会)
       ・「金融商品の時価等の開示に関する適用指針」(企業会計基準適用指針第19号 2020年3月31日 企業会計基準
        委員会)
     (1)  概要

       国際会計基準審議会(IASB)及び米国財務会計基準審議会(FASB)が、公正価値測定についてほぼ同じ内容の詳細な
      ガイダンス(国際財務報告基準(IFRS)においてはIFRS第13号「公正価値測定」、米国会計基準においてはAccounting
      Standards     CodificationのTopic          820「公正価値測定」)を定めている状況を踏まえ、企業会計基準委員会におい
      て、主に金融商品の時価に関するガイダンス及び開示に関して、日本基準を国際的な会計基準との整合性を図る取
      組みが行われ、「時価の算定に関する会計基準」等が公表されたものです。
       企業会計基準委員会の時価の算定に関する会計基準の開発にあたっての基本的な方針として、統一的な算定方法

      を用いることにより、国内外の企業間における財務諸表の比較可能性を向上させる観点から、IFRS第13号の定めを
      基本的にすべて取り入れることとされ、また、これまで我が国で行われてきた実務等に配慮し、財務諸表間の比較
      可能性を大きく損なわせない範囲で、個別項目に対するその他の取扱いを定めることとされております。
     (2)  適用予定日

       2022年3月期の期首から適用します。
     (3)  当該会計基準等の適用による影響

       「時価の算定に関する会計基準」等の適用による連結財務諸表に与える影響額については、現時点で未定であり
      ます。
                                 96/173



                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社ジーネクスト(E36398)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       (追加情報)
     前連結会計年度(自 2018年4月1日 至 2019年3月31日)
      該当事項はありません。
     当連結会計年度(自 2019年4月1日 至 2020年3月31日)

      新型コロナウイルスの感染拡大により国内外の社会・経済が深刻な状況に陥り、景気の不透明感は一層強まってお
     ります。当社グループでは工事進行基準の適用に係る進捗率の算定の会計上の見積りについて、案件の進捗が順調に
     推移し、新型コロナウイルス感染症による影響は軽微であることを前提として会計上の見積りを行っております。
      なお、新型コロナウイルスによる経済活動への影響は不確実性が高いため、上記仮定に変化が生じた場合には、翌
     連結会計年度の財政状態・経営成績に影響を及ぼす可能性があります。
       (連結貸借対照表関係)

    ※1 担保資産及び担保付債務
       担保に供している資産及び担保付債務は次のとおりであります。
                              前連結会計年度                当連結会計年度

                             (2019年3月31日)                (2020年3月31日)
       現金及び預金                          6,019   千円             6,020   千円
       計                          6,019   千円             6,020   千円
                              前連結会計年度                当連結会計年度

                             (2019年3月31日)                (2020年3月31日)
       長期借入金                         211,308    千円            152,088    千円
       計                         211,308    千円            152,088    千円
                                 97/173












                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社ジーネクスト(E36398)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       (連結損益計算書関係)
    ※1 売上原価に含まれている受注損失引当金繰入額は次のとおりであります。
                              前連結会計年度                当連結会計年度

                            (自 2018年4月1日                (自 2019年4月1日
                             至 2019年3月31日)                至 2020年3月31日)
       受注損失引当金繰入額                           ― 千円             6,504   千円
    ※2 販売費及び一般管理費のうち主要な費目及び金額は、次のとおりであります。

                              前連結会計年度                当連結会計年度

                            (自 2018年4月1日                (自 2019年4月1日
                             至 2019年3月31日)                至 2020年3月31日)
       役員報酬                         22,088   千円             41,798   千円
       給料及び手当                         48,624                67,804
       退職給付費用                           204                157
    ※3 一般管理費に含まれる研究開発費の総額は、次のとおりであります。

                              前連結会計年度                当連結会計年度

                            (自 2018年4月1日                (自 2019年4月1日
                             至 2019年3月31日)                至 2020年3月31日)
                                60,487   千円             71,659   千円
    ※4 減損損失について

     当連結会計年度(自 2019年4月1日 至 2020年3月31日)
     当社グループは以下の資産グループについて減損損失を計上しました。

            場所             用途            種類          減損損失(千円)
       東京本社             事務所            建物附属設備                      696
       東京本社             事業用資産            工具、器具及び備品                      178

        当社グループは「顧客対応DXプラットフォーム事業」を単一の事業として行っており、事業用資産については
       当社及び連結子会社の各社それぞれを一つのキャッシュ・フロー生成単位として識別し、グルーピングを行って
       います。当社は営業キャッシュ・フローが継続してマイナスであることが見込まれること等から保有する固定資
       産を回収可能額まで減額し、当該減少額875千円を減損損失として計上しており、その内訳は、建物附属設備696
       千円、工具、器具及び備品178千円です。
        なお、当社資産グループの回収可能価額は使用価値により算出していますが、将来キャッシュ・フローが見込
       めない等の事由により、具体的な割引率は算定せず、使用価値を1円として減損損失を測定しています。
                                 98/173







                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社ジーネクスト(E36398)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       (連結包括利益計算書関係)
    ※1 その他の包括利益に係る組替調整額及び税効果額
                              前連結会計年度                当連結会計年度

                            (自 2018年4月1日                (自 2019年4月1日
                             至 2019年3月31日)                至 2020年3月31日)
       為替換算調整勘定
                                 615千円               △85千円
        当期発生額
              その他の包括利益合計
                                 615千円               △85千円
                                 99/173


















                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社ジーネクスト(E36398)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       (連結株主資本等変動計算書関係)
     前連結会計年度(自 2018年4月1日 至 2019年3月31日)
     1 発行済株式に関する事項
      株式の種類         当連結会計年度期首              増加           減少        当連結会計年度末

    普通株式(株)                  1,140          46,940             ―         48,080
     (注) 当社は、2019年3月15日の取締役会決議により、2019年3月29日付で普通株式1株につき40株の割合で株式分割
        を行っております。
       (変動事由の概要)
        第三者割当増資による増加 62株
        株式分割による増加  46,878株
     2 自己株式に関する事項

       該当事項はありません。
     3 新株予約権等に関する事項

                                  目的となる株式の数(株)

                                                   当連結会計
                      目的となる
      会社名         内訳                                    年度末残高
                            当連結会計                  当連結
                      株式の種類
                                    増加      減少
                                                    (千円)
                             年度期首                 会計年度末
            第1回ストック・
            オプションとしての            ―        ―      ―      ―      ―      ―
            新株予約権
     提出会社
            第2回ストック・
            オプションとしての            ―        ―      ―      ―      ―      ―
            新株予約権
               合計                 ―      ―      ―      ―      ―
     (注) 第1回ストック・オプションとしての新株予約権、第2回ストック・オプションとしての新株予約権は、権利
        行使期間の初日が到来しておりません。
     4 配当に関する事項

       該当事項はありません。
                                100/173










                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社ジーネクスト(E36398)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     当連結会計年度(自 2019年4月1日 至 2020年3月31日)
     1 発行済株式に関する事項
      株式の種類         当連結会計年度期首              増加           減少        当連結会計年度末
    普通株式(株)                 48,080           16,365             ―         64,445
       (変動事由の概要)
        第三者割当増資による増加 16,365株
     2 自己株式に関する事項

       該当事項はありません。
     3 新株予約権等に関する事項

                                  目的となる株式の数(株)
                                                   当連結会計
                      目的となる
      会社名         内訳                                    年度末残高
                            当連結会計                  当連結
                      株式の種類
                                    増加      減少
                                                    (千円)
                             年度期首                 会計年度末
            第1回ストック・オ
            プションとしての新            ―        ―      ―      ―      ―      ―
            株予約権
            第2回ストック・オ
            プションとしての新            ―        ―      ―      ―      ―      ―
            株予約権
     提出会社
            第3回ストック・オ
            プションとしての新            ―        ―      ―      ―      ―      ―
            株予約権
            第4回ストック・オ
            プションとしての新            ―        ―      ―      ―      ―      ―
            株予約権
               合計                 ―      ―      ―      ―      ―
     (注) 第1回新株予約権(ストック・オプションとしての新株予約権)、第2回新株予約権(ストック・オプションとし
        ての新株予約権)、第3回新株予約権(ストック・オプションとしての新株予約権)、第4回新株予約権(ストッ
        ク・オプションとしての新株予約権)は、権利行使期間の初日が到来しておりません。
     4 配当に関する事項

       該当事項はありません。
                                101/173









                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社ジーネクスト(E36398)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       (連結キャッシュ・フロー計算書関係)
    ※1 現金及び現金同等物の期末残高と連結貸借対照表に掲記されている科目の金額との関係は、次のとおりでありま
       す。
                              前連結会計年度                当連結会計年度

                            (自 2018年4月1日                (自 2019年4月1日
                             至 2019年3月31日)                至 2020年3月31日)
       現金及び預金                         26,151   千円            139,322    千円
       預入期間が3か月を
                               △11,672     〃           △13,665     〃
       超える定期預金等
       現金及び現金同等物                         14,479   千円            125,657    千円
                                102/173

















                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社ジーネクスト(E36398)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       (金融商品関係)
     前連結会計年度(自 2018年4月1日 至 2019年3月31日)
     1 金融商品の状況に関する事項
      (1)  金融商品に対する取組方針
        当社グループは、資金運用については、元本割れとなるリスクのないものを中心として安全性の高い短期的な
       預金等に限定し、投機的な取引はデリバティブ取引を含めて行わない方針であります。資金調達については、資
       金計画に基づき、必要な資金を自己資金及び金融機関からの借入による調達で賄っております。
      (2)  金融商品の内容及びそのリスク

        営業債権である売掛金は、顧客の信用リスクに晒されております。
        営業債務である買掛金、未払金及び                 未払法人税等は       そのほとんどが1年以内の支払期日となっておりますが、
       外貨建てのものについては、為替変動のリスクに晒されております。                                短期借入金及び       長期借入金は、主に運転資
       金として銀行等金融機関から資金を調達しており、このうち一部は、金利変動リスクに晒されております。
      (3)  金融商品に係るリスク管理体制

       ①   信用リスク(取引先の契約不履行等に係るリスク)の管理
         当社は、与信管理規程に従い、営業債権について主要な取引先の状況を定期的にモニタリングし、取引相手
        ごとに期日及び残高を管理するとともに、財務状況等の悪化等による回収懸念の早期把握や軽減を図っており
        ます。
       ②   市場リスクの管理
         為替変動リスクについては、損失を最小限に抑えるため、為替の変動を定期的にモニタリングしておりま
        す。
       ③   資金調達に係る流動性リスク(支払期日に支払いを実行できなくなるリスク)の管理
         当社は、各部署からの報告に基づき管理部門が適時に資金繰り計画を作成・更新するとともに、手許流動性
        を維持することなどにより、流動性リスクを管理しております。
      (4)  金融商品の時価等に関する事項についての補足説明

        金融商品の時価には、市場価格に基づく価額のほか、市場価格がない場合には合理的に算定された価額が含ま
       れております。当該価額の算定においては変動要因を織り込んでいるため、異なる前提条件等を採用することに
       より、当該価額が変動することもあります。
                                103/173









                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社ジーネクスト(E36398)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     2 金融商品の時価等に関する事項
       連結貸借対照表計上額、時価及びこれらの差額については、次のとおりであります。なお、時価を把握すること
      が極めて困難と認められるものは、次表には含めておりません((注2)を参照ください。)。
                       連結貸借対照表計上額                時価            差額

                          (千円)            (千円)            (千円)
    (1)  現金及び預金
                              26,151            26,151              ―
    (2)  売掛金
                              75,864            75,864              ―
    (3)  未収還付消費税等
                              13,759            13,759              ―
           資産計                   115,775            115,775               ―
    (1)  買掛金
                              64,097            64,097              ―
    (2)  短期借入金
                               5,172            5,172              ―
    (3)  未払金
                               7,199            7,199              ―
    (4)  未払法人税等
                               1,045            1,045              ―
    (5)  長期借入金(*1)
                              317,575            307,242            △10,333
           負債計                   395,089            384,756            △10,333
     (*1) 1年以内に返済予定の長期借入金を含めております。
     (注1)    金融商品の時価の算定方法に関する事項

     資   産
      (1)  現金及び預金、(2)         売掛金、(3)      未収還付消費税等
      これらはすべて短期で決済されるため、時価は帳簿価額と近似していることから、当該帳簿価額によっておりま
      す。
     負   債

      (1)  買掛金、(2)      短期借入金、(3)        未払金、(4)      未払法人税等
      これらはすべて短期で決済されるものであるため、時価は帳簿価額と近似していることから、当該帳簿価額によっ
      ております。
      (5)  長期借入金

      長期借入金の時価については、元利金の合計額を、新規に同様の借入を行った場合に想定される利率で割り引いて
      算定する方法によっております。
     (注2)    時価を把握することが極めて困難と認められる金融商品の連結貸借対照表計上額

                         (単位:千円)
          区分            2019年3月31日
         出資金                50
     これらについては、市場価格がなく、時価を把握することが極めて困難と認められることから、時価開示の対象とは
     しておりません。
     (注3)    金銭債権及び満期がある有価証券の連結決算日後の償還予定額

                                       1年超       5年超

                               1年以内                      10年超
                                      5年以内       10年以内
                                (千円)                      (千円)
                                       (千円)       (千円)
    現金及び預金                             26,151         ―       ―       ―
    売掛金                             75,864         ―       ―       ―
                合計                 102,016          ―       ―       ―
                                104/173




                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社ジーネクスト(E36398)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     (注4)    長期借入金の連結決算日後の返済予定額
                        1年超       2年超       3年超       4年超
                 1年以内                                     5年超
                        2年以内       3年以内       4年以内       5年以内
                 (千円)                                    (千円)
                        (千円)       (千円)       (千円)       (千円)
    長期借入金              90,312       85,912       49,385       32,426       23,716       35,824
        合計          90,312       85,912       49,385       32,426       23,716       35,824
     当連結会計年度(自 2019年4月1日 至 2020年3月31日)

     1 金融商品の状況に関する事項
      (1)  金融商品に対する取組方針
        当社グループは、資金運用については、元本割れとなるリスクのないものを中心として安全性の高い短期的な
       預金等に限定し、投機的な取引はデリバティブ取引を含めて行わない方針であります。資金調達については、資
       金計画に基づき、必要な資金を自己資金及び金融機関からの借入による調達で賄っております。
      (2)  金融商品の内容及びそのリスク

        営業債権である売掛金は、顧客の信用リスクに晒されております。
        営業債務である買掛金、未払金               及び未払費用、並びに未払法人税等、預り金                     は、そのほとんどが1年以内の支
       払期日となっておりますが、外貨建てのものについては、為替変動のリスクに晒されております。                                              短期借入金及
       び 長期借入金は、主に運転資金として銀行等金融機関から資金を調達しており、このうち一部は、金利変動リス
       クに晒されております。
      (3)  金融商品に係るリスク管理体制

       ①   信用リスク(取引先の契約不履行等に係るリスク)の管理
         当社は、与信管理規程に従い、営業債権について主要な取引先の状況を定期的にモニタリングし、取引相手
        ごとに期日及び残高を管理するとともに、財務状況等の悪化等による回収懸念の早期把握や軽減を図っており
        ます。
       ②   市場リスクの管理
         為替変動リスクについては、損失を最小限に抑えるため、為替の変動を定期的にモニタリングしておりま
        す。
       ③   資金調達に係る流動性リスク(支払期日に支払いを実行できなくなるリスク)の管理

         当社は、各部署からの報告に基づき管理部門が適時に資金繰り計画を作成・更新するとともに、手許流動性
        を維持することなどにより、流動性リスクを管理しております。
      (4)  金融商品の時価等に関する事項についての補足説明

        金融商品の時価には、市場価格に基づく価額のほか、市場価格がない場合には合理的に算定された価額が含ま
       れております。当該価額の算定においては変動要因を織り込んでいるため、異なる前提条件等を採用することに
       より、 当該価額が変動することもあります。
                                105/173







                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社ジーネクスト(E36398)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     2 金融商品の時価等に関する事項
       連結貸借対照表計上額、時価及びこれらの差額については、次のとおりであります。なお、時価を把握すること
      が極めて困難と認められるものは、次表には含めておりません((注2)を参照ください。)。
                       連結貸借対照表計上額                時価            差額

                          (千円)            (千円)            (千円)
    (1)  現金及び預金
                              139,322            139,322               ―
    (2)  売掛金
                              45,807            45,807              ―
           資産計                   185,129            185,129               ―
    (1)  買掛金
                              41,412            41,412              ―
    (2)  短期借入金
                               1,236            1,236              ―
    (3)  未払金
                              13,549            13,549              ―
    (4)  未払費用
                              18,357            18,357              ―
    (5)  未払法人税等
                               3,430            3,430              ―
    (6)  預り金
                               5,749            5,749              ―
    (7)  長期借入金(*1)
                              227,263            220,416            △6.846
           負債計                   310,999            304,152            △6.846
     (*1) 1年以内に返済予定の長期借入金を含めております。
     (注1)    金融商品の時価の算定方法に関する事項

     資   産
      (1)  現金及び預金、及び(2)           売掛金
      これらはすべて短期で決済されるため、時価は帳簿価額と近似していることから、当該帳簿価額によっておりま
      す。
     負   債

      (1)  買掛金、(2)      短期借入金、(3)        未払金、(4)      未払費用、(5)未払法人税等、及び(6)                  預り金
      これらはすべて短期で決済されるものであるため、時価は帳簿価額と近似していることから、当該帳簿価額によっ
      ております。
      (7)  長期借入金

      長期借入金の時価については、元利金の合計額を、新規に同様の借入を行った場合に想定される利率で割り引いて
      算定する方法によっております。
     (注2)    時価を把握することが極めて困難と認められる金融商品の連結貸借対照表計上額

                         (単位:千円)
          区分            2020年3月31日
         出資金                50
     これらについては、市場価格がなく、時価を把握することが極めて困難と認められることから、時価開示の対象とは
     しておりません。
     (注3)    金銭債権及び満期がある有価証券の連結決算日後の償還予定額

                                       1年超       5年超

                               1年以内                      10年超
                                      5年以内       10年以内
                                (千円)                      (千円)
                                       (千円)       (千円)
    現金及び預金                            139,322          ―       ―       ―
    売掛金                             45,807         ―       ―       ―
                合計                 185,129          ―       ―       ―
                                106/173



                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社ジーネクスト(E36398)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     (注4)    長期借入金の連結決算日後の返済予定額
                        1年超       2年超       3年超       4年超

                 1年以内                                     5年超
                        2年以内       3年以内       4年以内       5年以内
                 (千円)                                    (千円)
                        (千円)       (千円)       (千円)       (千円)
    長期借入金              85,912       49,385       32,426       23,716       14,216       21,608
        合計          85,912       49,385       32,426       23,716       14,216       21,608
                                107/173


















                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社ジーネクスト(E36398)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       (退職給付関係)
     前連結会計年度(自 2018年4月1日 至 2019年3月31日)
     1.採用している退職給付制度の概要
       当社は、従業員の退職給付に充てるため、退職一時金制度を採用しております。
       退職一時金制度では、退職給付として、給与と勤続期間に基づいた一時金を支給します。
       なお、当社が有する退職一時金制度は、簡便法により退職給付に係る負債及び退職給付費用を計算しておりま
      す。
     2.簡便法を適用した確定給付制度

      (1)  簡便法を適用した制度の、退職給付に係る負債の期首残高と期末残高の調整表
                                           (千円)
         退職給付に係る負債の期首残高                                   3,038
         退職給付費用                                    204
         退職給付の支払額                                   △981
         退職給付に係る負債の期末残高                                   2,261
      (2)  退職給付債務の期末残高と連結貸借対照表に計上された退職給付に係る負債の調整表

                                           (千円)
         非積立型制度の退職給付債務                                   2,261
         連結貸借対照表に計上された負債と資産の純額                                   2,261
         退職給付に係る負債                                   2,261

         連結貸借対照表に計上された負債と資産の純額                                   2,261
      (3)  退職給付費用

         簡便法で計算した退職給付費用                                  204千円
                                108/173











                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社ジーネクスト(E36398)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     当連結会計年度(自 2019年4月1日 至 2020年3月31日)
     1.採用している退職給付制度の概要
       当社は、従業員の退職給付に充てるため、退職一時金制度を採用しております。
       退職一時金制度では、退職給付として、給与と勤続期間に基づいた一時金を支給します。
       なお、当社が有する退職一時金制度は、簡便法により退職給付に係る負債及び退職給付費用を計算しておりま
      す。
     2.簡便法を適用した確定給付制度

      (1)  簡便法を適用した制度の、退職給付に係る負債の期首残高と期末残高の調整表
                                           (千円)
         退職給付に係る負債の期首残高                                   2,261
         退職給付費用                                    157
         退職給付の支払額                                    ―
         退職給付に係る負債の期末残高                                   2,419
      (2)  退職給付債務の期末残高と連結貸借対照表に計上された退職給付に係る負債の調整表

                                           (千円)
         非積立型制度の退職給付債務                                   2,419
         連結貸借対照表に計上された負債と資産の純額                                   2,419
         退職給付に係る負債                                   2,419

         連結貸借対照表に計上された負債と資産の純額                                   2,419
      (3)  退職給付費用

         簡便法で計算した退職給付費用                                  157千円
                                109/173











                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社ジーネクスト(E36398)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       (ストック・オプション等関係)
     前連結会計年度(自 2018年4月1日 至 2019年3月31日)
     1.ストック・オプションにかかる費用計上額及び科目名
       該当事項はありません。
     2.ストック・オプションの内容、規模及びその変動状況

       前連結会計年度(2019年3月期)において存在したストック・オプションを対象とし、ストック・オプションの数
      については、株式数に換算して記載しております。
       なお、2019年3月29日に普通株式1株につき40株、2020年12月22日に普通株式1株につき50株とする株式分割を
      行っておりますが、以下は、当該株式分割を反映した数値を記載しております。
     (1)  ストック・オプションの内容

                        第1回新株予約権                 第2回新株予約権
    決議年月日                   2018年6月27日                 2019年3月26日
                        当社取締役2                 当社従業員6
    付与対象者の区分及び人数(名)
                        当社従業員12                 外部協力者1
    株式の種類及び付与数(株)                   普通株式72,000                 普通株式31,500
    付与日                   2018年7月12日                 2019年4月5日
                        権利確定条件は定めておりませ                 権利確定条件は定めておりませ
                        ん。なお、細則については、当社                 ん。なお、細則については、当社
    権利確定条件                   と付与対象者の間で締結する「新                 と付与対象者の間で締結する「新
                        株予約権割当契約書」で定めてお                 株予約権割当契約書」で定めてお
                        ります。                 ります。
    対象勤務期間                   期間の定めはありません。                 期間の定めはありません。
    権利行使期間                   2020年7月12日~2028年6月18日                 2021年4月5日~2029年3月14日
     (2)  ストック・オプションの規模及びその変動状況

      ① ストック・オプションの数
                        第1回新株予約権                 第2回新株予約権
    決議年月日                   2018年6月27日                 2019年3月26日
    権利確定前(株)
    前連結会計年度末                                  ―                 ―
    付与                                72,000                 31,500
    失効                                 4,000                  ―
    権利確定                                  ―                 ―
    未確定残                                68,000                 31,500
    権利確定後(株)
    前連結会計年度末                                  ―                 ―
    権利確定                                  ―                 ―
    権利行使                                  ―                 ―
    失効                                  ―                 ―
    未行使残                                  ―                 ―
                                110/173




                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社ジーネクスト(E36398)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      ② 単価情報
    会社名                   第1回新株予約権                 第2回新株予約権
    決議年月日                   2018年6月27日                 2019年3月26日
    権利行使価格(円)                                  200                 200
    行使時平均株価(円)                                  ―                 ―
    付与日における公正な評価単価(円)                                  ―                 ―
     3.前連結会計年度に付与されたストック・オプションの公正な評価単価の見積方法

       ストック・オプション付与日時点において、当社株式は未公開株式であるため、ストック・オプションの公正な
      評価単価の見積方法を単位当たりの本源的価値の見積りによっております。
       また、単位当たりの本源的価値を算定する基礎となる当社株式の評価方法は、株価倍率法により算出した価格を
      総合的に勘案して決定しております。
     4.ストック・オプションの権利確定数の見積方法

       基本的には、将来の失効数の合理的な見積りは困難であるため、実績の失効数のみ反映させる方法を採用してお
      ります。
     5.ストック・オプションの本源的価値により算定を行う場合の当連結会計年度末における本源的価値の合計額及び

     当連結会計年度において権利行使されたストック・オプションの権利行使日における本源的価値の合計額
      (1)  当連結会計年度末における本源的価値の合計額

         ―千円
      (2)  当連結会計年度末において権利行使された本源的価値の合計額
         該当事項はありません。
                                111/173











                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社ジーネクスト(E36398)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     当連結会計年度(自 2019年4月1日 至 2020年3月31日)
     1.ストック・オプションにかかる費用計上額及び科目名
       該当事項はありません。
     2.ストック・オプションの内容、規模及びその変動状況

       当連結会計年度(2020年3月期)において存在したストック・オプションを対象とし、ストック・オプションの数
      については、株式数に換算して記載しております。
       なお、2019年3月29日に普通株式1株につき40株、                        2020年12月22日に普通株式1株につき50株                    とする株式分割を
      行っておりますが、以下は、当該株式分割を反映した数値を記載しております。
     (1)  ストック・オプションの内容

                    第1回新株予約権                 第2回新株予約権
    決議年月日                2018年6月27日                 2019年3月26日
                    当社取締役2                 当社従業員6
    付与対象者の区分及び人数(名)
                    当社従業員12                 外部協力者1
    株式の種類及び付与数(株)                普通株式72,000                 普通株式31,500
    付与日                2018年7月12日                 2019年4月5日
                    権利確定条件は定めておりませ                 権利確定条件は定めておりませ
                    ん。なお、細則については、当社                 ん。なお、細則については、当社
    権利確定条件                と付与対象者の間で締結する「新                 と付与対象者の間で締結する「新
                    株予約権割当契約書」で定めてお                 株予約権割当契約書」で定めてお
                    ります。                 ります。
    対象勤務期間                期間の定めはありません。                 期間の定めはありません。
    権利行使期間                2020年7月12日~2028年6月18日                 2021年4月5日~2029年3月14日
                    第3回-1新株予約権             第3回-2新株予約権             第3回-3新株予約権

    決議年月日                2019年6月14日             2019年12月18日             2020年3月19日
                    当社従業員      2        当社従業員      1        当社従業員      5

    付与対象者の区分及び人数(名)
                    普通株式     2,500         普通株式     6,750         普通株式     43,250

    株式の種類及び付与数(株)
    付与日                2019年6月28日             2019年12月18日             2020年3月19日
                    権利確定条件は定めておりません。なお、細則については、当社と付与対象者の間

    権利確定条件
                    で締結する「新株予約権割当契約書」で定めております。
    対象勤務期間                期間の定めはありません。

                    2021年6月28日~             2021年12月18日~             2022年3月19日~
    権利行使期間
                    2029年6月13日             2029年12月17日             2030年3月18日
                                112/173






                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社ジーネクスト(E36398)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                    第4回-1新株予約権             第4回-2新株予約権             第4回-3新株予約権

    決議年月日                2019年9月18日             2019年12月18日             2020年3月19日
                    当社取締役      1                     当社取締役      1
                                 当社取締役      1
    付与対象者の区分及び人数(名)
                    当社監査役      2                     当社監査役      1
                    普通株式     21,000         普通株式     34,250         普通株式     44,750
    株式の種類及び付与数(株)
    付与日                2019年10月1日             2019年12月18日             2020年3月19日
                    権利確定条件は定めておりません。なお、細則については、当社と付与対象者の間

    権利確定条件
                    で締結する「新株予約権割当契約書」で定めております。
    対象勤務期間                期間の定めはありません。

                    2021年10月1日~             2021年12月18日~             2022年3月19日~
    権利行使期間
                    2029年9月17日             2029年12月17日             2030年3月18日
     (2)  ストック・オプションの規模及びその変動状況

      ① ストック・オプションの数
                        第1回新株予約権                 第2回新株予約権
    決議年月日                   2018年6月27日                 2019年3月26日
    権利確定前(株)
    前連結会計年度末                                68,000                 31,500
    付与                                  ―                 ―
    失効                                 4,000                 2,500
    権利確定                                  ―                 ―
    未確定残                                64,000                 29,000
    権利確定後(株)
    前連結会計年度末                                  ―                 ―
    権利確定                                  ―                 ―
    権利行使                                  ―                 ―
    失効                                  ―                 ―
    未行使残                                  ―                 ―
                        第3回-1新株予約権            第3回-2新株予約権            第3回-3新株予約権

    決議年月日                   2019年6月14日            2019年12月18日            2020年3月19日
    権利確定前(株)
    前連結会計年度末                             ―            ―            ―
    付与                            2,500            6,750           43,250
    失効                             ―            ―            ―
    権利確定                             ―            ―            ―
    未確定残                            2,500            6,750           43,750
    権利確定後(株)
    前連結会計年度末                             ―            ―            ―
    権利確定                             ―            ―            ―
    権利行使                             ―            ―            ―
    失効                             ―            ―            ―
    未行使残                             ―            ―            ―
                                113/173



                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社ジーネクスト(E36398)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                        第4回-1新株予約権            第4回-2新株予約権            第4回-3新株予約権

    決議年月日                   2019年9月18日            2019年12月18日            2020年3月19日
    権利確定前(株)
    前連結会計年度末                             ―            ―            ―
    付与                           21,000            34,250            44,750
    失効                           16,250              ―            ―
    権利確定                             ―            ―            ―
    未確定残                            4,750           34,250            44,750
    権利確定後(株)
    前連結会計年度末                             ―            ―            ―
    権利確定                             ―            ―            ―
    権利行使                             ―            ―            ―
    失効                             ―            ―            ―
    未行使残                             ―            ―            ―
      ② 単価情報

    会社名                   第1回新株予約権                 第2回新株予約権
    決議年月日                   2018年6月27日                 2019年3月29日
    権利行使価格(円)                                  200                 200
    行使時平均株価(円)                                  ―                 ―
    付与日における公正な評価単価(円)                                  ―                 ―
    会社名                   第3回-1     新株予約権       第3回-2新株予約権            第3回-3新株予約権

    決議年月日                   2019年6月14日            2019年12月18日            2020年3月19日
    権利行使価格(円)                             400            400            400
    行使時平均株価(円)                             ―            ―            ―
    付与日における公正な評価単価(円)                             ―            ―            ―
                        第4回-1     新株予約権       第4回-2     新株予約権       第4回-3     新株予約権

    会社名
    決議年月日                   2019年9月18日            2019年12月18日            2020年3月19日
    権利行使価格(円)                             400            400            400
    行使時平均株価(円)                             ―            ―            ―
    付与日における公正な評価単価(円)                             ―            ―            ―
                                114/173







                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社ジーネクスト(E36398)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     3.当連結会計年度に付与されたストック・オプションの公正な評価単価の見積方法

       ストック・オプション付与日時点において、当社株式は未公開株式であるため、ストック・オプションの公正な
      評価単価の見積方法を単位当たりの本源的価値の見積りによっております。
       また、単位当たりの本源的価値を算定する基礎となる当社株式の評価方法は、株価倍率法により算出した価格を
      総合的に勘案して決定しております。
     4.ストック・オプションの権利確定数の見積方法

       基本的には、将来の失効数の合理的な見積りは困難であるため、実績の失効数のみ反映させる方法を採用してお
      ります。
     5.ストック・オプションの本源的価値により算定を行う場合の当連結会計年度末における本源的価値の合計額及び

     当連結会計年度において権利行使されたストック・オプションの権利行使日における本源的価値の合計額
      (1)  当連結会計年度末における本源的価値の合計額

         18,600千円
      (2)  当連結会計年度末において権利行使された本源的価値の合計額
         該当事項はありません。
                                115/173














                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社ジーネクスト(E36398)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       (税効果会計関係)
     前連結会計年度(自 2018年4月1日 至 2019年3月31日)
     1.繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別の内訳
       繰延税金資産

        未払事業税                                88 千円
        売上高加算調整額                              4,993   〃
        退職給付に係る負債                              1,336   〃
                                     109,533    〃
        税務上の繰越欠損金(注2)
       繰延税金資産小計
                                     115,952    千円
        税務上の繰越欠損金に係る評価性引当額(注2)                            △109,533     〃
                                     △6,419    〃
        将来減算一時差異等の合計に係る評価性引当額
       評価性引当額小計(注1)                             △115,952     〃
       繰延税金資産合計
                                        ― 千円
     (注)   1.評価性引当額が39,564千円増加しております。この増加の主な内容は、当社において税務上の繰越欠損金に

         係る評価性引当額を33,233千円追加的に認識したことに伴うものであります。
       2.税務上の繰越欠損金及びその繰延税金資産の繰越期限別の金額
        前連結会計年度(2019年3月31日)                               (千円)
                         1年超     2年超     3年超     4年超
                    1年以内                          5年超       合計
                         2年以内     3年以内     4年以内     5年以内
          税務上の繰越
                       ―     ―     ―     ―     ―    109,533       109,533
          欠損金(a)
          評価性引当額             ―     ―     ―     ―     ―   △109,533       △109,533
          繰延税金資産             ―     ―     ―     ―     ―       ―       ―
          (a)  税務上の繰越欠損金は、法定実効税率を乗じた額であります。
     2.法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との間に重要な差異があるときの、当該差異の原因となっ

      た主要な項目別の内訳
       税金等調整前当期純損失を計上しているため、記載を省略しております。

                                116/173










                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社ジーネクスト(E36398)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     当連結会計年度(自 2019年4月1日 至 2020年3月31日)
     1.繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別の内訳
       繰延税金資産

        未払事業税                               823  千円
        売上高加算調整額                              4,993   〃
        退職給付に係る負債                               740  〃
        受注損失引当金                              1,990   〃
        減価償却超過額                               231  〃
                                     160,987    〃
        税務上の繰越欠損金(注2)
       繰延税金資産小計
                                     169,766    千円
        税務上の繰越欠損金に係る評価性引当額(注2)                            △160,987     〃
                                     △8,778    〃
        将来減算一時差異等の合計に係る評価性引当額
       評価性引当額小計(注1)                             △169,766     〃
       繰延税金資産合計
                                        ― 千円
     (注)   1.評価性引当額が53,814千円増加しております。この増加の主な内容は、当社において税務上の繰越欠損金に

         係る評価性引当額を51,454千円追加的に認識したことに伴うものであります。
       2.税務上の繰越欠損金及びその繰延税金資産の繰越期限別の金額
        当連結会計年度(2020年3月31日)                               (千円)
                         1年超     2年超     3年超     4年超
                    1年以内                          5年超       合計
                         2年以内     3年以内     4年以内     5年以内
          税務上の繰越
                       ―     ―     ―     ―     ―    160,987       160,987
          欠損金(a)
          評価性引当額             ―     ―     ―     ―     ―   △160,987       △160,987
          繰延税金資産             ―     ―     ―     ―     ―       ―       ―
          (a)  税務上の繰越欠損金は、法定実効税率を乗じた額であります。
     2.法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との間に重要な差異があるときの、当該差異の原因となっ

      た主要な項目別の内訳
       税金等調整前当期純損失を計上しているため、記載を省略しております。

       (資産除去債務関係)

     前連結会計年度(自 2018年4月1日 至 2019年3月31日)
     当社グループは、本社事務所の不動産賃貸借契約に基づく退去時における原状回復義務を資産除去債務として認識し

    ておりますが、当該債務の総額に重要性が乏しいため、記載を省略しております。なお、当該資産除去債務に関して
    は、資産除去債務の負債計上に代えて、不動産賃貸借契約における敷金の回収が最終的に見込めないと認められる金額
    を合理的に見積り、そのうち当連結会計年度の負担に属する金額を費用に計上する方法によっております。
     当連結会計年度(自 2019年4月1日 至 2020年3月31日)

     当社グループは、本社事務所の不動産賃貸借契約に基づく退去時における原状回復義務を資産除去債務として認識し

    ておりますが、当該債務の総額に重要性が乏しいため、記載を省略しております。なお、当該資産除去債務に関して
    は、資産除去債務の負債計上に代えて、不動産賃貸借契約における敷金の回収が最終的に見込めないと認められる金額
    を合理的に見積り、そのうち当連結会計年度の負担に属する金額を費用に計上する方法によっております。
                                117/173




                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社ジーネクスト(E36398)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       (セグメント情報等)
       【セグメント情報】
     前連結会計年度(自 2018年4月1日 至 2019年3月31日)
      当社グループの事業セグメントは単一セグメントであるため、セグメント別の記載は省略しております。
     当連結会計年度(自 2019年4月1日 至 2020年3月31日)

      当社グループの事業セグメントは単一セグメントであるため、セグメント別の記載は省略しております。
       【関連情報】

     前連結会計年度(自 2018年4月1日 至 2019年3月31日)
     1 製品及びサービスごとの情報
                      (単位:千円)
                  外部顧客への売上高
    クラウド事業                    150,406
    オンプレ事業                    195,212
    その他                    159,675
    合計                    505,294
     2 地域ごとの情報

      (1)  売上高
        本邦の外部顧客への売上高が連結損益計算書の売上高の90%を超えるため、記載を省略しております。
      (2)  有形固定資産

                                                 (単位:    千円  )
            日本                ミャンマー                   合計
                   991                 1,406                  2,398
     3 主要な顧客ごとの情報

                                                 (単位:千円)
        顧客の名称又は氏名                     売上高              関連するセグメント名
    ㈱パイプドビッツ                               64,022    顧客対応DXプラットフォーム事業
    ポーターズ㈱                               53,104    顧客対応DXプラットフォーム事業
    ヱスビー食品㈱                               51,683    顧客対応DXプラットフォーム事業
     当連結会計年度(自 2019年4月1日 至 2020年3月31日)

     1 製品及びサービスごとの情報
                      (単位:千円)
                  外部顧客への売上高
    クラウド事業                    246,904
    オンプレ事業                     185,556
    その他                     98,791
    合計                     531,252
     2 地域ごとの情報

      (1)  売上高
        本邦の外部顧客への売上高が連結損益計算書の売上高の90%を超えるため、記載を省略しております。
                                118/173


                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社ジーネクスト(E36398)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      (2)  有形固定資産
                                                 (単位:    千円  )
            日本                ミャンマー                   合計
                    0                 407                  407
     3 主要な顧客ごとの情報

                                                 (単位:千円)
        顧客の名称又は氏名                     売上高              関連するセグメント名
    サッポログループマネジメント㈱                               80,994    顧客対応DXプラットフォーム事業
    ポーターズ㈱                               63,192    顧客対応DXプラットフォーム事業
     【報告セグメントごとの固定資産の減損損失に関する情報】

      前連結会計年度(自 2018年4月1日 至 2019年3月31日)
       該当事項はありません。
      当連結会計年度(自 2019年4月1日 至 2020年3月31日)

       当社グループは、顧客対応DXプラットフォーム事業のみの単一セグメントであるため、記載を省略しておりま
       す。
     【報告セグメントごとののれんの償却額及び未償却残高に関する情報】

      前連結会計年度(自 2018年4月1日 至 2019年3月31日)
       該当事項はありません。
      当連結会計年度(自 2019年4月1日 至 2020年3月31日)

       該当事項はありません。
     【報告セグメントごとの負ののれん発生益に関する情報】

      前連結会計年度(自 2018年4月1日 至 2019年3月31日)
       該当事項はありません。
      当連結会計年度(自 2019年4月1日 至 2020年3月31日)

       該当事項はありません。
                                119/173









                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社ジーネクスト(E36398)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       【関連当事者情報】
       前連結会計年度(自 2018年4月1日 至 2019年3月31日)
    1 関連当事者との取引
     (1)  連結財務諸表提出会社と関連当事者との取引
       連結財務諸表提出会社の役員及び主要株主(個人の場合に限る)等
                             議決権等

                    資本金又
         会社等の名称               事業の内容         関連当事者           取引金額          期末残高
                              の所有
     種類           所在地    は出資金                   取引の内容           科目
          又は氏名              又は職業         との関係           (千円)          (千円)
                             (被所有)
                    (千円)
                             割合(%)
                                       資金の借入
                                  資金の借入            5,200          5,200
                                                  仮受金
                                       (注1)
                                       当社の借入
                                  担保の受入     金に対する
                                             95,950            ―
                                                    ―
    主要
                              (被所有)
                                  (注2)     自宅の担保
                        当社代表
    株主     横治 祐介                      直接
                 ―    ―
                                       受入(注3)
                        取締役
                               48.82
    役員
                                       当社の借入
                                       金に対する
                                  債務被保証           317,575            ―
                                                    ―
                                       連帯保証
                                       (注3)
    役員及びそ
    の近親者が
    議決権の過                                   ICTコンサ
    半数を所有           東京都中                       ル・営業支
         ㈱BIラボ            3,000   ICTコンサル          業務委託            14,400          1,296
                                ―                  未払金
    している会           央区                       援業務
    社(当該会                                   (注4)
    社の子会社
    を含む)
       1.記載金額のうち、取引金額には消費税等が含まれておらず、期末残高には消費税等が含まれております。
       2.取引条件及び取引条件の決定方針等
        (注1)    当社は、代表取締役横治祐介より資金の借入を行っております。また、取引金額については資金の借
            入額を記載しております。なお、2019年7月に借入金を返済し、当該債務は解消しております。
        (注2)    当社は、銀行からの借入金に対して、代表取締役横治祐介より自宅の担保提供を受けております。な
            お、保証料の支払いは行っておりません。
        (注3)    当社は、銀行からの借入金に対して、代表取締役横治祐介より連帯保証を受けております。また、取
            引金額については資金の借入額を記載しております。なお、保証料の支払は行っておりません。
        (注4)    当社は、代表取締役横治祐介の親族である横治一樹が議決権の過半数を所有している株式会社BIラボ
            にICTコンサル・営業支援業務を委託しております。また、取引金額については年間の業務委託費用を
            記載しております。当該取引については、過去の新規顧客の獲得実績なども踏まえ一般的な取引条件
            で実施しております。なお、2019年3月に当該会社とは取引を解消しております。
     (2)  連結財務諸表提出会社の連結子会社と関連当事者との取引

       該当事項はありません。
    2 親会社又は重要な関連会社に関する注記

      該当事項はありません。
                                120/173







                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社ジーネクスト(E36398)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       当連結会計年度(自 2019年4月1日 至 2020年3月31日)
    1 関連当事者との取引
     (1)  連結財務諸表提出会社と関連当事者との取引
       連結財務諸表提出会社の役員及び主要株主(個人の場合に限る)等
                             議決権等

                    資本金又
          会社等の名称               事業の内容         関連当事者           取引金額          期末残高
                              の所有
     種類           所在地    は出資金                   取引の内容           科目
          又は氏名              又は職業         との関係           (千円)          (千円)
                             (被所有)
                     (千円)
                             割合(%)
                                       当社の借入
                                  担保の受入     金に対する
                                              70,726           ―
                                                  ―
                                  (注1)     自宅の担保
                              (被所有)
                                       提供(注2)
    主要株主                    当社代表
         横治 祐介             ―         直接
                 ―
    役員                    取締役
                                       当社の借入
                               48.82
                                       金に対する
                                  債務被保証            227,263            ―
                                                  ―
                                       連帯保証
                                       (注2)
       1.記載金額のうち、取引金額には消費税等が含まれておりません。
       2.取引条件及び取引条件の決定方針等
        (注1)    当社は、銀行からの借入金に対して、代表取締役横治祐介より自宅の担保提供を受けております。な
            お、保証料の支払いは行っておりません。
        (注2)    当社は、銀行からの借入金に対して、代表取締役横治祐介より連帯保証を受けております。また、取
            引金額については資金の借入額を記載しております。なお、保証料の支払は行っておりません。
     (2)  連結財務諸表提出会社の連結子会社と関連当事者との取引

       該当事項はありません。
    2 親会社又は重要な関連会社に関する注記

      該当事項はありません。
                                121/173












                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社ジーネクスト(E36398)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       (1株当たり情報)
                           前連結会計年度                  当連結会計年度

                         (自 2018年4月1日                  (自 2019年4月1日
                          至 2019年3月31日)                  至 2020年3月31日)
    1株当たり純資産額                              △99.73円                  △30.09円
    1株当たり当期純損失金額(△)                              △46.44円                  △63.49円

     (注)   1.潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、潜在株式は存在するものの、当社株式は非上場であ
         り、期中平均株価が把握できない               ため、また、1株当たり当期純損失であるため、記載しておりません。
       2.当社は、2019年3月15日開催の取締役会決議により、2019年3月29日付で普通株式1株につき40株、2020年
         12月4日開催の取締役会決議により、2020年12月22日付で普通株式1株につき50株の割合で株式分割を行っ
         ております。前連結会計年度の期首に当該株式分割が行われたと仮定し、1株当たり純資産額及び1株当た
         り当期純損失金額(△)を算定しております。
       3.1株当たり当期純損失金額(△)の算定上の基礎は、以下のとおりであります。
                                 前連結会計年度             当連結会計年度

                項目                (自 2018年4月1日             (自 2019年4月1日
                                至 2019年3月31日)             至 2020年3月31日)
    1株当たり当期純損失金額(△)
    親会社株主に帰属する当期純損失(△)                  (千円)

                                      △110,064             △184,433
    普通株主に帰属しない金額(千円)                                      ―             ―

    普通株式に係る親会社株主に
                                      △110,064             △184,433
    帰属する当期純損失(△)             (千円)
     普通株式の期中平均株式数(株)                                  2,370,000              2,905,146
                               新株予約権2種類(新株予             新株予約権4種類(新株予
                               約権の数1,990個)             約権の数4,585個)
                               概要は「第4 提出会社             概要は「第4 提出会社
    希薄化効果を有しないため、潜在株式調整後1株当た
                               の状況、1 株式等の状             の状況、1 株式等の状
    り当期純利益金額の算定に含まれなかった潜在株式の
                               況、(2)    新株予約権等の         況、(2)    新株予約権等の
    概要
                               状況」に記載のとおりで             状況」に記載のとおりで
                               あります。             あります。
       4.1株当たり純資産額の算定上の基礎は、以下のとおりであります。

                                 前連結会計年度             当連結会計年度

                項目
                                 (2019年3月31日)             (2020年3月31日)
    純資産の部の合計額(千円)                                  △238,998              △96,449
    純資産の部の合計額から控除する金額(千円)                                     744             512

     (うち非支配株主持分)(千円)                                   (744)             (512)

    普通株式に係る期末の純資産額(千円)                                  △239,742              △96,961

    1株当たり純資産額の算定に用いられた期末の
                                      2,404,000             3,222,250
    普通株式の数(株)
                                122/173






                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社ジーネクスト(E36398)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       (重要な後発事象)
     前連結会計年度(自 2018年4月1日 至 2019年3月31日)
      該当事項はありません。
     当連結会計年度(自 2019年4月1日 至 2020年3月31日)

      (第三者割当増資による新株式の発行)
       当社は、2020年11月6日開催の臨時株主総会において、第三者割当による新株式の発行を決議し、2020年11月19
      日に払込が完了いたしました。内容は以下のとおりであります。
      (1)  発行する新株式の種類及び数  A種優先株式 10,199株
      (2)  発行価額           1株につき 26,000円
      (3)  発行価額総額         265,174,000円
      (4)  資本組入額          1株につき 13,000円
      (5)  資本組入額総額        132,587,000円
      (6)  払込期日           2020年11月19日
      (7)  資金使途           今後の事業拡大を目的とする開発費、採用費
      (ストックオプションとしての新株予約権の発行)

      (第5回新株予約権)
       当社は、2020年6月30日開催の定時株主総会において、企業価値の一層の増大を図ることを目的に、役員及び従
      業員に対し、ストックオプションとして新株予約権を発行することを決議し、2020年7月16日に発行いたしまし
      た。
      (1)  新株予約権の付与日

        2020年7月16日
      (2)  付与対象者の区分及び人数
        当社取締役1名、当社従業員6名
      (3)  新株予約権の発行数
        2,352個
      (4)  新株予約権の目的となる株式の種類及び数
        当社普通株式2,352株(新株予約権1個につき1株)
      (5)  新株予約権の行使時の払込金額
        1株につき20,000円
      (6)  新株予約権の行使により株式を発行する場合の株式の発行価格及び資本組入額
        発行価格 :1株につき20,000円
        資本組入額:1株につき10,000円
      (7)  新株予約権の行使により株式を発行する場合の株式の発行価格の総額及び資本組入額の総額
        発行価格の総額 :47,040,000円
        資本組入額の総額:23,520,000円
      (8)  新株予約権の行使期間
        自 2022年7月16日 至 2030年7月15日
      (第5回新株予約権)

       当社は、2020年6月30日開催の定時株主総会において、企業価値の一層の増大を図ることを目的に、役員及び従
      業員に対し、ストックオプションとして新株予約権を発行することを決議し、2020年11月12日に発行いたしまし
      た。
      (1)  新株予約権の付与日

        2020年11月12日
      (2)  付与対象者の区分及び人数
        当社従業員11名
                                123/173


                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社ジーネクスト(E36398)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      (3)  新株予約権の発行数
        645個
      (4)  新株予約権の目的となる株式の種類及び数
        当社普通株式645株(新株予約権1個につき1株)
      (5)  新株予約権の行使時の払込金額
        1株につき20,000円
      (6)  新株予約権の行使により株式を発行する場合の株式の発行価格及び資本組入額
        発行価格 :1株につき20,000円
        資本組入額:1株につき10,000円
      (7)  新株予約権の行使により株式を発行する場合の株式の発行価格の総額及び資本組入額の総額
        発行価格の総額 :12,900,000円
        資本組入額の総額:6,450,000円
      (8)  新株予約権の行使期間
        自 2022年11月12日 至 2030年11月11日
      (第6回新株予約権)

       当社は、2020年11月6日開催の臨時株主総会において、企業価値の一層の増大を図ることを目的に、従業員及び
      社外協力者に対し、ストックオプションとして新株予約権を発行することを決議し、2020年11月12日に発行いたし
      ました。
      (1)  新株予約権の付与日

        2020年11月12日
      (2)  付与対象者の区分及び人数
        当社従業員6名、社外協力者6名
      (3)  新株予約権の発行数
        325個
      (4)  新株予約権の目的となる株式の種類及び数
        当社普通株式325株(新株予約権1個につき1株)
      (5)  新株予約権の行使時の払込金額
        1株につき22,000円
      (6)  新株予約権の行使により株式を発行する場合の株式の発行価格及び資本組入額
        発行価格 :1株につき22,000円
        資本組入額:1株につき11,000円
      (7)  新株予約権の行使により株式を発行する場合の株式の発行価格の総額及び資本組入額の総額
        発行価格の総額 :7,150,000円
        資本組入額の総額:3,575,000円
      (8)  新株予約権の行使期間
        自 2022年11月12日 至 2030年11月11日
      (優先株式の取得及び消却)

       当社は、2020年11月19日開催の取締役会において、A種優先株式のすべてにつき、定款の定める取得条項に基づ
      き取得することを決議し、2020年12月3日付で自己株式として取得し、対価として普通株式を交付しております。
       また当社が取得したA種優先株式は、2020年12月3日付で会社法第178条に基づきすべて消却しております。
      (1)  取得及び消却した株式数
        A種優先株式         10,199株
      (2)  交換により交付した普通株式数 10,199株
      (3)  交付後の発行済普通株式数   74,644株
      (株式分割)

       当社は、2020年12月4日開催の取締役会において、2020年12月22日付をもって株式分割を行うことを決議しまし
                                124/173


                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社ジーネクスト(E36398)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      た。
      (1)  株式分割の目的
        当社株式の流動性の向上と投資家層の拡大を図ることを目的とするものであります。
      (2)  株式分割の概要
       ① 分割の方法
         2020年12月21日最終の株主名簿に記載又は記録された株主の所有する普通株式を、1株につき50株の割合を
        もって分割しております。
       ② 分割により増加する株式数
         株式分割前の発行済株式総数                     74,644株
         今回の分割により増加する株式数                    3,657,556株
         株式分割後の発行済株式総数                   3,732,200株
         株式分割後の発行可能株式総数                   10,750,000株
       ③ 株式分割の効力発生日
         2020年12月22日
       ④ 新株予約権の行使価格の調整

         今回の株式分割に伴い、2020年12月22日以降に行使する新株予約権の行使価額を以下のとおり調整いたしま
        した。
                 名称              調整前行使価額                調整後行使価額
          第1回新株予約権                           10,000円                  200円
          第2回新株予約権                           10,000円                  200円
          第3回新株予約権                           20,000円                  400円
          第4回新株予約権                           20,000円                  400円
          第5回新株予約権                           20,000円                  400円
          第6回新株予約権                           22,000円                  440円
       ⑤ 1株当たり情報に及ぼす影響につきましては、当該箇所に記載しております。

                                125/173










                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社ジーネクスト(E36398)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      【注記事項】
       (追加情報)
       (新型コロナウイルスの感染拡大の影響について)
        新型コロナウイルス感染症の収束時期は依然として不透明でありますが、当社グループにおいては、重要な案
       件の延期等は生じておらず、事業活動に重大な支障は生じておりません。このため、当社グループにおいては、
       前連結会計年度末に設定した仮定を踏襲し、係る仮定の下で、工事進行基準の適用に係る進捗率の算定の会計上
       の見積りを行っております。
        しかしながら、当感染症拡大の今後の影響を正確に予測する事は困難であり、将来の不確実性が、当社グルー
       プが行う会計上の見積りの結果に影響を与える可能性があります。
       (四半期連結損益計算書関係)

     ※1販売費及び一般管理費のうち主要な費目及び金額は、次のとおりであります。
                          当第3四半期連結累計期間
                           (自 2020年4月1日
                           至 2020年12月31日)
       役員報酬                       32,114   千円
       給料及び手当                       65,323    〃
       研究開発費                       58,651    〃
       退職給付費用                        963   〃
       (四半期連結キャッシュ・フロー計算書関係)

        当第3四半期連結累計期間に係る四半期連結キャッシュ・フロー計算書は作成しておりません。なお、第3四
       半期連結累計期間に係る減価償却費(無形固定資産に係る償却費を含む。)は、次のとおりであります。
                            当第3四半期連結累計期間

                             (自 2020年4月1日
                             至 2020年12月31日)
        減価償却費                              391千円
       (株主資本等関係)

     当第3四半期連結累計期間(自 2020年4月1日 至 2020年12月31日)
    1   配当金支払額
      該当事項はありません。
    2   基準日が当第3四半期連結累計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が当第3四半期連結会計期間の末日後

      となるもの
      該当事項はありません。
    3 株主資本の金額の著しい変動

       当社は、2020年11月19日付で、三菱UFJキャピタル7号投資事業有限責任組合、DG                                       Lab  Fund   II  E.L.P.    Cayman、
      ELLY株式会社、ヤマモリ商事株式会社、井上瑞樹、室井淳司、山崎令二郎、堀内泰司、宮林隆吉、福井元明、小林
      さと子から、      第三者割当増資       による新株式発行により、資本金及び資本準備金がそれぞれ132,587千円増加しており
      ます。
       この結果、当第3四半期連結会計期間末において、資本金が396,137千円、資本準備金が326,137千円となってお
      ります。
       (セグメント情報等)

       【セグメント情報】
      当第3四半期連結累計期間(自 2020年4月1日 至 2020年12月31日)
       当社グループの事業セグメントは、「顧客対応DXプラットフォーム事業」のみの単一セグメントであるため、セ
      グメント情報の記載を省略しております。
                                126/173


                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社ジーネクスト(E36398)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       (1株当たり情報)
        1株当たり四半期純利益及び算定上の基礎は、以下のとおりであります。
                                  当第3四半期連結累計期間

                                   (自 2020年4月1日
                                   至 2020年12月31日)
     1株当たり四半期純利益                                     17円14銭
     (算定上の基礎)

      親会社株主に帰属する四半期純利益(千円)                                     56,607

      普通株主に帰属しない金額(千円)                                       ―

      普通株式に係る親会社株主に帰属する
                                           56,607
      四半期純利益(千円)
      普通株式の期中平均株式数(株)                                    3,303,617
     希薄化効果を有しないため、潜在株式調整後1株当たり四
     半期純利益の算定に含めなかった潜在株式で、前連結会計                                        ―
     年度末から重要な変動があったものの概要
     (注)   1.当社は、2020年12月22日付で普通株式1株につき50株の割合で株式分割を行っており、当連結会計年度の期
         首に当該株式分割が行われたと仮定して、1株当たり四半期純利益金額を算定しております。
       2.潜在株式調整後1株当たり四半期純利益については、潜在株式はあるものの、当社株式は非上場であり、期
         中平均株価が把握できないため、記載しておりません
       (重要な後発事象)

        該当事項はありません。
                                127/173












                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社ジーネクスト(E36398)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      ⑤  【連結附属明細表】(2020年3月31日現在)
       【社債明細表】
        該当事項はありません。
       【借入金等明細表】

                      当期首残高         当期末残高         平均利率

           区分                                       返済期限
                       (千円)         (千円)         (%)
    短期借入金                      5,172         1,236          0.0       ―
    1年以内に返済予定の長期借入金                     90,312         85,912          2.0       ―

    長期借入金(1年以内に                                           2021年4月10日~
                         227,263         141,351           1.9
    返済予定のものを除く)                                           2028年6月25日
           合計              322,747         228,499           ―      ―
     (注)   1.「平均利率」については、借入金等の期末残高に対する加重平均利率を記載しております。
       2.長期借入金(1年以内に返済予定のものを除く)の連結決算日後5年内における1年ごとの返済予定額の総額
                    1年超2年以内          2年超3年以内          3年超4年以内          4年超5年以内

             区分
                      (千円)          (千円)          (千円)          (千円)
          長期借入金               49,385          32,426          23,716          14,216
       【資産除去債務明細表】

        当連結会計年度期首及び当連結会計年度末における資産除去債務の金額が、当連結会計年度期首及び当連結会
       計年度末における負債及び純資産の合計額の100分の1以下であるため、連結財務諸表規則第92条の2の規定によ
       り記載を省略しております。
     (2)  【その他】

        該当事項はありません。
                                128/173











                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社ジーネクスト(E36398)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    2 【財務諸表等】
     (1) 【財務諸表】
      ①  【貸借対照表】
                                                   (単位:千円)
                                 前事業年度              当事業年度
                                (2019年3月31日)              (2020年3月31日)
     資産の部
      流動資産
                                     ※1   20,966           ※1   136,241
        現金及び預金
        売掛金                                75,413              44,057
        仕掛品                                56,100              36,799
        前払費用                                7,470              8,848
        未収消費税等                                13,759                ―
                                          ―             6,203
        未収入金
        流動資産合計                               173,711              232,149
      固定資産
        有形固定資産
         建物附属設備                                928               0
                                          62               0
         工具、器具及び備品
         有形固定資産合計                                991               0
        投資その他の資産
         関係会社株式                               2,300              2,300
         出資金                                 50              50
         長期前払費用                               3,042              1,679
                                        2,586              2,086
         差入保証金
         投資その他の資産合計                               7,979              6,116
        固定資産合計                                8,971              6,116
      資産合計                                 182,682              238,266
                                129/173











                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社ジーネクスト(E36398)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                                                   (単位:千円)
                                 前事業年度              当事業年度
                                (2019年3月31日)              (2020年3月31日)
     負債の部
      流動負債
                                     ※2   66,486            ※2   42,276
        買掛金
        短期借入金                                3,000                ―
                                     ※1   90,312            ※1   85,912
        1年内返済予定の長期借入金
        未払金                                7,199              13,353
        未払費用                                3,840              16,200
        未払法人税等                                  290             2,689
        未払消費税等                                  ―              386
        前受金                                4,104                ―
        預り金                                2,083              5,749
        前受収益                                12,288              17,558
        受注損失引当金                                  ―             6,504
                                        5,200                ―
        その他
        流動負債合計                               194,804              190,630
      固定負債
                                    ※1   227,263            ※1   141,351
        長期借入金
                                        2,261              2,419
        退職給付引当金
        固定負債合計                               229,524              143,770
      負債合計                                 424,329              334,401
     純資産の部
      株主資本
        資本金                                99,900              263,550
        資本剰余金
                                        29,900              193,550
         資本準備金
         資本剰余金合計