中央日本土地建物グループ株式会社 有価証券届出書(通常方式)

提出書類 有価証券届出書(通常方式)
提出日
提出者 中央日本土地建物グループ株式会社
カテゴリ 有価証券届出書(通常方式)

                                                          EDINET提出書類
                                               中央日本土地建物グループ株式会社(E35360)
                                                      有価証券届出書(通常方式)
    【表紙】
    【提出書類】                       有価証券届出書

    【提出先】                       関東財務局長

    【提出日】                       2021年2月22日

    【会社名】                       中央日本土地建物グループ株式会社

    【英訳名】                       Chuo-Nittochi       Group   Co.,   Ltd.

    【代表者の役職氏名】                       代表取締役社長  平松 哲郎

    【本店の所在の場所】                       東京都千代田区霞が関一丁目4番1号

    【電話番号】                       03(3501)6609

    【事務連絡者氏名】                       経理部長  内田 盛康

    【最寄りの連絡場所】                       東京都千代田区霞が関一丁目4番1号

    【電話番号】                       03(3501)6609

    【事務連絡者氏名】                       経理部長  内田 盛康

    【届出の対象とした募集有価証券の種類】                       社債

                           一般募集 第1回無担保社債(5年債)                         5,000百万円

    【届出の対象とした募集金額】
                           一般募集 第2回無担保社債(7年債)                         2,000百万円
                                   計                7,000百万円
                           (注) 一般募集の金額は有価証券届出書提出日現在の見込額であ
                              る。
    【安定操作に関する事項】                       該当事項なし

    【縦覧に供する場所】                       該当事項なし

                                  1/160







                                                          EDINET提出書類
                                               中央日本土地建物グループ株式会社(E35360)
                                                      有価証券届出書(通常方式)
    第一部     【証券情報】
    第1   【募集要項】

    1  【新規発行社債(短期社債を除く。)(5年債)】

    銘柄              中央日本土地建物グループ株式会社第1回無担保社債(社債間限定同順位特約付)

    記名・無記名の別              ―

    券面総額又は振替社債の総額
                   金5,000百万円(注)12.
    (円)
    各社債の金額(円)              1億円
    発行価額の総額(円)              金5,000百万円(有価証券届出書提出日現在の見込額である。)

    発行価格(円)              各社債の金額100円につき金100円

                   未定
                   (2021年3月5日に仮条件の提示を行い、需要状況を勘案したうえで、2021年3月
    利率(%)
                   11日または2021年3月12日のいずれかの日(以下「利率決定日」という。)に決定
                   する予定である。)
    利払日              毎年3月18日及び9月18日
                   1.利息支払の方法及び期限
                    (1)  本社債の利息は、払込期日の翌日から償還期日までこれをつけ、2021年9
                      月18日を第1回の利息支払期日としてその日までの分を支払い、その後毎
                      年3月及び9月の各18日にその日までの前半か年分を支払う。
                    (2)  利息を支払うべき日が銀行休業日にあたるときは、その前銀行営業日にこ
    利息支払の方法                 れを繰り上げる。
                    (3)  半か年に満たない期間につき利息を支払うときは、その半か年の日割を
                      もってこれを計算する。
                    (4)  償還期日後は利息をつけない。
                   2.利息の支払場所
                     別記((注)11.「元利金の支払」)記載のとおり。
    償還期限              2026年3月18日
                   1.償還金額
                     各社債の金額100円につき金100円
                   2.償還の方法及び期限
                    (1)  本社債の元金は、2026年3月18日にその総額を償還する。
                    (2)  償還すべき日が銀行休業日にあたるときは、その前銀行営業日にこれを繰
    償還の方法
                      り上げる。
                    (3)  本社債の買入消却は、払込期日の翌日以降、別記「振替機関」欄記載の振
                      替機関が別途定める場合を除き、いつでもこれを行うことができる。
                   3.償還元金の支払場所
                     別記((注)11.「元利金の支払」)記載のとおり。
    募集の方法              一般募集
                   各社債の金額100円につき金100円とし、払込期日に払込金に振替充当する。
    申込証拠金(円)
                   申込証拠金には利息をつけない。
    申込期間              2021年3月12日(注)13.
    申込取扱場所              別項引受金融商品取引業者の本店及び国内各支店

    払込期日              2021年3月18日

                                  2/160




                                                          EDINET提出書類
                                               中央日本土地建物グループ株式会社(E35360)
                                                      有価証券届出書(通常方式)
                   株式会社証券保管振替機構
    振替機関
                   東京都中央区日本橋茅場町二丁目1番1号
                   本社債には担保及び保証は付されておらず、また本社債のために特に留保されて
    担保
                   いる資産はない。
                   当社は、当社が国内で既に発行した、または当社が国内で今後発行する他の無担
                   保社債(ただし、当社が2020年8月31日付吸収分割により日本土地建物株式会社か
                   ら承継した無担保社債及び本社債と同時に発行する第2回無担保社債(社債間限定
                   同順位特約付)を含み、別記「財務上の特約(その他の条項)」欄で定義する担付切
                   換条項が特約されている無担保社債を除く。)に担保権を設定する場合には、本社
                   債にも担保付社債信託法に基づき、同順位の担保権を設定する。したがって、本
    財務上の特約(担保提供制限)
                   社債は、当社が国内で既に発行した、または当社が国内で今後発行する他の無担
                   保社債(ただし、当社が2020年8月31日付吸収分割により日本土地建物株式会社か
                   ら承継した無担保社債及び本社債と同時に発行する第2回無担保社債(社債間限定
                   同順位特約付)を含み、別記「財務上の特約(その他の条項)」欄で定義する担付切
                   換条項が特約されている無担保社債を除く。)以外の債権に対しては劣後すること
                   がある。
                   本社債には担付切換条項等その他の財務上の特約は付されていない。担付切換条
                   項とは、純資産額維持条項等当社の財務指標に一定の事由が生じた場合に期限の
    財務上の特約(その他の条項)
                   利益を喪失する旨の特約を解除するために担保権を設定する旨の特約または当社
                   が自らいつでも担保権を設定することができる旨の特約をいう。
     (注)   1.信用格付業者から提供され、もしくは閲覧に供される予定の信用格付
         本社債について、当社は株式会社日本格付研究所(以下「JCR」という。)からA-(シングルAマイナス)
         の信用格付を利率決定日に取得する予定である。
         JCRの信用格付は、格付対象となる債務について約定どおり履行される確実性の程度を等級をもって示す
         ものである。
         JCRの信用格付は、債務履行の確実性の程度に関してのJCRの現時点での総合的な意見の表明であり、
         当該確実性の程度を完全に表示しているものではない。また、JCRの信用格付は、デフォルト率や損失の
         程度を予想するものではない。JCRの信用格付の評価の対象には、価格変動リスクや市場流動性リスクな
         ど、債務履行の確実性の程度以外の事項は含まれない。
         JCRの信用格付は、格付対象の発行体の業績、規制などを含む業界環境などの変化に伴い見直され、変動
         する。また、JCRの信用格付の付与にあたり利用した情報は、JCRが格付対象の発行体及び正確で信頼
         すべき情報源から入手したものであるが、当該情報には、人為的、機械的またはその他の理由により誤りが
         存在する可能性がある。
         本社債の申込期間中に本社債に関してJCRが公表する情報へのリンク先は、JCRのホームページ
         (https://www.jcr.co.jp/)の「ニュースリリース」右端「一覧を見る」をクリックして表示される「ニュー
         スリリース」(https://www.jcr.co.jp/release/)に掲載される予定である。なお、システム障害等何らかの
         事情により情報を入手することができない可能性がある。その場合の連絡先は以下のとおり。
         JCR:電話番号 03-3544-7013
       2.社債、株式等の振替に関する法律の規定の適用
         本社債は、その全部について社債、株式等の振替に関する法律(以下「社債等振替法」という。)第66条第2
         号の定めに従い社債等振替法の規定の適用を受けることとする旨を定めた社債であり、社債等振替法第67条
         第2項に定める場合を除き、社債券を発行することができない。
       3.社債の管理
         本社債には会社法第702条ただし書に基づき、社債管理者は設置されておらず、社債権者は自ら本社債を管
         理し、または本社債に係る債権の実現を保全するために必要な一切の行為を行う。
       4.財務代理人、発行代理人及び支払代理人
         株式会社みずほ銀行
       5.期限の利益喪失に関する特約
         当社は、次の各場合に該当したときは、直ちに本社債について期限の利益を失う。
        (1)  当社が別記「償還の方法」欄第2項または別記「利息支払の方法」欄第1項の規定に違背したとき。
        (2)  当社が別記「財務上の特約(担保提供制限)」欄の規定に違背したとき。
        (3)  当社が本社債以外の社債について期限の利益を喪失し、または期限が到来してもその弁済をすることがで
          きないとき。
        (4)  当社が社債を除く借入金債務について期限の利益を喪失したとき、もしくは当社以外の社債またはその他
          の借入金債務に対して当社が行った保証債務について履行義務が発生したにもかかわらず、その履行をす
          ることができないとき。ただし、当該債務の合計額(邦貨換算後)が5億円を超えない場合は、この限りで
          はない。
        (5)  当社が、破産手続開始、民事再生手続開始もしくは会社更生手続開始の申立てをし、または取締役会にお
          いて解散(合併の場合を除く。)の決議を行ったとき。
        (6)  当社が、破産手続開始、民事再生手続開始もしくは会社更生手続開始の決定、または特別清算開始の命令
          を受けたとき。
                                  3/160



                                                          EDINET提出書類
                                               中央日本土地建物グループ株式会社(E35360)
                                                      有価証券届出書(通常方式)
       6.社債権者に通知する場合の公告の方法
         本社債に関し社債権者に対し公告を行う場合は、法令に別段の定めがあるときを除き、当社定款所定の電子
         公告によりこれを行うものとする。ただし、事故その他やむを得ない事由によって電子公告によることがで
         きない場合は、当社定款所定の新聞紙並びに東京都及び大阪市において発行する各1種以上の新聞紙(ただ
         し、重複するものがあるときはこれを省略することができる。)によりこれを行う。
       7.社債要項の公示
         当社は、その本店に本社債の社債要項の謄本を備え置き、その営業時間中、一般の閲覧に供する。
       8.社債要項の変更
        (1)  本社債の社債要項に定められた事項(ただし、本(注)4.を除く。)の変更は、法令に定めがあるときを除
          き、社債権者集会の決議を要する。ただし、社債権者集会の決議は、裁判所の認可を受けなければ、その
          効力を生じない。
        (2)  裁判所の認可を受けた前号の社債権者集会の決議は、本社債の社債要項と一体をなすものとする。
       9.社債権者集会に関する事項
        (1)  本社債及び本社債と同一の種類(会社法の定めるところによる。)の社債(以下「本種類の社債」と総称す
          る。)の社債権者集会は、当社がこれを招集するものとし、社債権者集会の日の3週間前までに社債権者
          集会を招集する旨及び会社法第719条各号所定の事項を本(注)6.に定める方法により公告する。
        (2)  本種類の社債の社債権者集会は、東京都においてこれを行う。
        (3)  本種類の社債の総額(償還済みの額を除く。また、当社が有する本種類の社債の金額の合計額は算入しな
          い。)の10分の1以上にあたる本種類の社債を有する社債権者は、本種類の社債に関する社債等振替法第
          86条第3項に定める書面を当社に提示したうえ、社債権者集会の目的である事項及び招集の理由を記載し
          た書面を当社に提出して、本種類の社債の社債権者集会の招集を請求することができる。
       10.費用の負担
         以下に定める費用は当社の負担とする。
        (1)  本(注)6.に定める公告に関する費用
        (2)  本(注)9.に定める社債権者集会に関する費用
       11.元利金の支払
         本社債に係る元利金は、社債等振替法及び別記「振替機関」欄記載の振替機関の業務規程その他の規則に
         従って支払われる。
       12.券面総額又は振替社債の総額については、有価証券届出書提出日現在の見込額であるが、需要状況を勘案し
         た上で増減することがあり、2021年3月11日または2021年3月12日のいずれかの日に正式に決定する予定で
         ある。なお、最も増額した場合は、第2回無担保社債と合計で10,000百万円となることがある。
       13.申込期間については、上記のとおり内定しているが、利率決定日において正式に決定する予定である。な
         お、申込期間については、需要状況を勘案したうえで、繰り上げることがある。当該需要状況の把握期間は
         最長で2021年3月5日から2021年3月12日までを予定しているが、実際の利率の決定については、2021年3
         月11日または2021年3月12日のいずれかの日を予定している。したがって、申込期間が最も繰り上がった場
         合は、「2021年3月11日」となることがある。
                                  4/160










                                                          EDINET提出書類
                                               中央日本土地建物グループ株式会社(E35360)
                                                      有価証券届出書(通常方式)
    2  【社債の引受け及び社債管理の委託(5年債)】
     (1)  【社債の引受け】
                                     引受金額

     引受人の氏名又は名称                    住所                       引受けの条件
                                     (百万円)
                                            1.引受人は、本社債の全
                                              額につき、買取引受を
                                              行う。
    みずほ証券株式会社            東京都千代田区大手町一丁目5番1号                        5,000
                                            2.本社債の引受手数料は
                                              各社債の金額100円に
                                              つき金40銭とする。
         計                ―               5,000         ―
     (注) 引受人の氏名又は名称及びその住所並びに引受けの条件については、上記のとおり内定しているが、引受金額
        については、2021年3月11日または2021年3月12日のいずれかの日に正式に決定し、利率決定日に買取引受契
        約を締結する予定である。
     (2)  【社債管理の委託】

       該当事項なし
                                  5/160















                                                          EDINET提出書類
                                               中央日本土地建物グループ株式会社(E35360)
                                                      有価証券届出書(通常方式)
    3  【新規発行社債(短期社債を除く。)(7年債)】
    銘柄              中央日本土地建物グループ株式会社第2回無担保社債(社債間限定同順位特約付)

    記名・無記名の別              ―

    券面総額又は振替社債の総額
                   金2,000百万円(注)12.
    (円)
    各社債の金額(円)              1億円
    発行価額の総額(円)              金2,000百万円(有価証券届出書提出日現在の見込額である。)

    発行価格(円)              各社債の金額100円につき金100円

                   未定
                   (2021年3月5日に仮条件の提示を行い、需要状況を勘案したうえで、2021年3月
    利率(%)
                   11日または2021年3月12日のいずれかの日(以下「利率決定日」という。)に決定
                   する予定である。)
    利払日              毎年3月18日及び9月18日
                   1.利息支払の方法及び期限
                    (1)  本社債の利息は、払込期日の翌日から償還期日までこれをつけ、2021年9
                      月18日を第1回の利息支払期日としてその日までの分を支払い、その後毎
                      年3月及び9月の各18日にその日までの前半か年分を支払う。
                    (2)  利息を支払うべき日が銀行休業日にあたるときは、その前銀行営業日にこ
    利息支払の方法                 れを繰り上げる。
                    (3)  半か年に満たない期間につき利息を支払うときは、その半か年の日割を
                      もってこれを計算する。
                    (4)  償還期日後は利息をつけない。
                   2.利息の支払場所
                     別記((注)11.「元利金の支払」)記載のとおり。
    償還期限              2028年3月17日
                   1.償還金額
                     各社債の金額100円につき金100円
                   2.償還の方法及び期限
                    (1)  本社債の元金は、2028年3月17日にその総額を償還する。
                    (2)  償還すべき日が銀行休業日にあたるときは、その前銀行営業日にこれを繰
    償還の方法
                      り上げる。
                    (3)  本社債の買入消却は、払込期日の翌日以降、別記「振替機関」欄記載の振
                      替機関が別途定める場合を除き、いつでもこれを行うことができる。
                   3.償還元金の支払場所
                     別記((注)11.「元利金の支払」)記載のとおり。
    募集の方法              一般募集
                   各社債の金額100円につき金100円とし、払込期日に払込金に振替充当する。
    申込証拠金(円)
                   申込証拠金には利息をつけない。
    申込期間              2021年3月12日(注)13.
    申込取扱場所              別項引受金融商品取引業者の本店及び国内各支店

    払込期日              2021年3月18日

                                  6/160






                                                          EDINET提出書類
                                               中央日本土地建物グループ株式会社(E35360)
                                                      有価証券届出書(通常方式)
                   株式会社証券保管振替機構
    振替機関
                   東京都中央区日本橋茅場町二丁目1番1号
                   本社債には担保及び保証は付されておらず、また本社債のために特に留保されて
    担保
                   いる資産はない。
                   当社は、当社が国内で既に発行した、または当社が国内で今後発行する他の無担
                   保社債(ただし、当社が2020年8月31日付吸収分割により日本土地建物株式会社か
                   ら承継した無担保社債及び本社債と同時に発行する第1回無担保社債(社債間限定
                   同順位特約付)を含み、別記「財務上の特約(その他の条項)」欄で定義する担付切
                   換条項が特約されている無担保社債を除く。)に担保権を設定する場合には、本社
                   債にも担保付社債信託法に基づき、同順位の担保権を設定する。したがって、本
    財務上の特約(担保提供制限)
                   社債は、当社が国内で既に発行した、または当社が国内で今後発行する他の無担
                   保社債(ただし、当社が2020年8月31日付吸収分割により日本土地建物株式会社か
                   ら承継した無担保社債及び本社債と同時に発行する第1回無担保社債(社債間限定
                   同順位特約付)を含み、別記「財務上の特約(その他の条項)」欄で定義する担付切
                   換条項が特約されている無担保社債を除く。)以外の債権に対しては劣後すること
                   がある。
                   本社債には担付切換条項等その他の財務上の特約は付されていない。担付切換条
                   項とは、純資産額維持条項等当社の財務指標に一定の事由が生じた場合に期限の
    財務上の特約(その他の条項)
                   利益を喪失する旨の特約を解除するために担保権を設定する旨の特約または当社
                   が自らいつでも担保権を設定することができる旨の特約をいう。
     (注)   1.信用格付業者から提供され、もしくは閲覧に供される予定の信用格付
         本社債について、当社は株式会社日本格付研究所(以下「JCR」という。)からA-(シングルAマイナス)
         の信用格付を利率決定日に取得する予定である。
         JCRの信用格付は、格付対象となる債務について約定どおり履行される確実性の程度を等級をもって示す
         ものである。
         JCRの信用格付は、債務履行の確実性の程度に関してのJCRの現時点での総合的な意見の表明であり、
         当該確実性の程度を完全に表示しているものではない。また、JCRの信用格付は、デフォルト率や損失の
         程度を予想するものではない。JCRの信用格付の評価の対象には、価格変動リスクや市場流動性リスクな
         ど、債務履行の確実性の程度以外の事項は含まれない。
         JCRの信用格付は、格付対象の発行体の業績、規制などを含む業界環境などの変化に伴い見直され、変動
         する。また、JCRの信用格付の付与にあたり利用した情報は、JCRが格付対象の発行体及び正確で信頼
         すべき情報源から入手したものであるが、当該情報には、人為的、機械的またはその他の理由により誤りが
         存在する可能性がある。
         本社債の申込期間中に本社債に関してJCRが公表する情報へのリンク先は、JCRのホームページ
         (https://www.jcr.co.jp/)の「ニュースリリース」右端「一覧を見る」をクリックして表示される「ニュー
         スリリース」(https://www.jcr.co.jp/release/)に掲載される予定である。なお、システム障害等何らかの
         事情により情報を入手することができない可能性がある。その場合の連絡先は以下のとおり。
         JCR:電話番号 03-3544-7013
       2.社債、株式等の振替に関する法律の規定の適用
         本社債は、その全部について社債、株式等の振替に関する法律(以下「社債等振替法」という。)第66条第2
         号の定めに従い社債等振替法の規定の適用を受けることとする旨を定めた社債であり、社債等振替法第67条
         第2項に定める場合を除き、社債券を発行することができない。
       3.社債の管理
         本社債には会社法第702条ただし書に基づき、社債管理者は設置されておらず、社債権者は自ら本社債を管
         理し、または本社債に係る債権の実現を保全するために必要な一切の行為を行う。
       4.財務代理人、発行代理人及び支払代理人
         株式会社みずほ銀行
       5.期限の利益喪失に関する特約
         当社は、次の各場合に該当したときは、直ちに本社債について期限の利益を失う。
        (1)  当社が別記「償還の方法」欄第2項または別記「利息支払の方法」欄第1項の規定に違背したとき。
        (2)  当社が別記「財務上の特約(担保提供制限)」欄の規定に違背したとき。
        (3)  当社が本社債以外の社債について期限の利益を喪失し、または期限が到来してもその弁済をすることがで
          きないとき。
        (4)  当社が社債を除く借入金債務について期限の利益を喪失したとき、もしくは当社以外の社債またはその他
          の借入金債務に対して当社が行った保証債務について履行義務が発生したにもかかわらず、その履行をす
          ることができないとき。ただし、当該債務の合計額(邦貨換算後)が5億円を超えない場合は、この限りで
          はない。
        (5)  当社が、破産手続開始、民事再生手続開始もしくは会社更生手続開始の申立てをし、または取締役会にお
          いて解散(合併の場合を除く。)の決議を行ったとき。
        (6)  当社が、破産手続開始、民事再生手続開始もしくは会社更生手続開始の決定、または特別清算開始の命令
          を受けたとき。
                                  7/160



                                                          EDINET提出書類
                                               中央日本土地建物グループ株式会社(E35360)
                                                      有価証券届出書(通常方式)
       6.社債権者に通知する場合の公告の方法
         本社債に関し社債権者に対し公告を行う場合は、法令に別段の定めがあるときを除き、当社定款所定の電子
         公告によりこれを行うものとする。ただし、事故その他やむを得ない事由によって電子公告によることがで
         きない場合は、当社定款所定の新聞紙並びに東京都及び大阪市において発行する各1種以上の新聞紙(ただ
         し、重複するものがあるときはこれを省略することができる。)によりこれを行う。
       7.社債要項の公示
         当社は、その本店に本社債の社債要項の謄本を備え置き、その営業時間中、一般の閲覧に供する。
       8.社債要項の変更
        (1)  本社債の社債要項に定められた事項(ただし、本(注)4.を除く。)の変更は、法令に定めがあるときを除
          き、社債権者集会の決議を要する。ただし、社債権者集会の決議は、裁判所の認可を受けなければ、その
          効力を生じない。
        (2)  裁判所の認可を受けた前号の社債権者集会の決議は、本社債の社債要項と一体をなすものとする。
       9.社債権者集会に関する事項
        (1)  本社債及び本社債と同一の種類(会社法の定めるところによる。)の社債(以下「本種類の社債」と総称す
          る。)の社債権者集会は、当社がこれを招集するものとし、社債権者集会の日の3週間前までに社債権者
          集会を招集する旨及び会社法第719条各号所定の事項を本(注)6.に定める方法により公告する。
        (2)  本種類の社債の社債権者集会は、東京都においてこれを行う。
        (3)  本種類の社債の総額(償還済みの額を除く。また、当社が有する本種類の社債の金額の合計額は算入しな
          い。)の10分の1以上にあたる本種類の社債を有する社債権者は、本種類の社債に関する社債等振替法第
          86条第3項に定める書面を当社に提示したうえ、社債権者集会の目的である事項及び招集の理由を記載し
          た書面を当社に提出して、本種類の社債の社債権者集会の招集を請求することができる。
       10.費用の負担
         以下に定める費用は当社の負担とする。
       (1)  本(注)6.に定める公告に関する費用
       (2)  本(注)9.に定める社債権者集会に関する費用
       11.元利金の支払
         本社債に係る元利金は、社債等振替法及び別記「振替機関」欄記載の振替機関の業務規程その他の規則に
         従って支払われる。
       12.券面総額又は振替社債の総額については、有価証券届出書提出日現在の見込額であるが、需要状況を勘案し
         た上で増減することがあり、2021年3月11日または2021年3月12日のいずれかの日に正式に決定する予定で
         ある。なお、最も増額した場合は、第1回無担保社債と合計で10,000百万円となることがある。
       13.申込期間については、上記のとおり内定しているが、利率決定日において正式に決定する予定である。な
         お、申込期間については、需要状況を勘案したうえで、繰り上げることがある。当該需要状況の把握期間は
         最長で2021年3月5日から2021年3月12日までを予定しているが、実際の利率の決定については、2021年3
         月11日または2021年3月12日のいずれかの日を予定している。したがって、申込期間が最も繰り上がった場
         合は、「2021年3月11日」となることがある。
                                  8/160










                                                          EDINET提出書類
                                               中央日本土地建物グループ株式会社(E35360)
                                                      有価証券届出書(通常方式)
    4  【社債の引受け及び社債管理の委託(7年債)】
     (1)  【社債の引受け】
                                     引受金額

     引受人の氏名又は名称                    住所                       引受けの条件
                                     (百万円)
                                            1.引受人は、本社債の全
                                              額につき、買取引受を
                                              行う。
    みずほ証券株式会社            東京都千代田区大手町一丁目5番1号                        2,000
                                            2.本社債の引受手数料は
                                              各社債の金額100円に
                                              つき金40銭とする。
         計                ―               2,000         ―
     (注) 引受人の氏名又は名称及びその住所並びに引受けの条件については、上記のとおり内定しているが、引受金額
        については、2021年3月11日または2021年3月12日のいずれかの日に正式に決定し、利率決定日に買取引受契
        約を締結する予定である。
     (2)  【社債管理の委託】

       該当事項なし
                                  9/160















                                                          EDINET提出書類
                                               中央日本土地建物グループ株式会社(E35360)
                                                      有価証券届出書(通常方式)
    5  【新規発行による手取金の使途】
     (1)  【新規発行による手取金の額】
       払込金額の総額(百万円)                 発行諸費用の概算額(百万円)                   差引手取概算額(百万円)

                  7,000                   51                6,949

     (注)   1.上記金額は、第1回無担保社債及び第2回無担保社債の合計金額である。
       2.上記金額は、有価証券届出書提出日現在の見込額である。
     (2)  【手取金の使途】

       本社債の払込金額7,000百万円から発行諸費用の概算額51百万円を控除した差引手取概算額6,949百万円は、全額
      を2021年6月30日までにコマーシャル・ペーパー償還資金に充当し、残額が発生する場合は借入金返済資金に充当
      する予定です。
    第2   【売出要項】

     該当事項なし

    第3   【第三者割当の場合の特記事項】

     該当事項なし

    第4   【その他の記載事項】

     特に社債発行届出目論見書に記載しようとしている事項は、以下のとおりであります。

     ・表紙に当社のロゴマークである                                           を記載いたします。

                                 10/160










                                                          EDINET提出書類
                                               中央日本土地建物グループ株式会社(E35360)
                                                      有価証券届出書(通常方式)
    第二部     【企業情報】
    第1   【企業の概況】

    1  【主要な経営指標等の推移】

      当社は、共同株式移転の方式により2020年4月1日に日本土地建物株式会社(以下、日本土地建物という)と中央不
     動産株式会社(以下、中央不動産という)との経営統合により設立されました。第1期連結会計年度及び第1期事業年
     度は2020年4月1日から2021年3月31日までとなっており、本有価証券届出書現在において第1期連結会計年度末及び
     第1期事業年度末が到来していないため、「主要な経営指標等の推移」については記載しておりません。
    (参考)

     株式移転により当社の完全子会社となった日本土地建物及び中央不動産の「主要な経営指標等の推移」については以
    下のとおりです。
                                 11/160
















                                                          EDINET提出書類
                                               中央日本土地建物グループ株式会社(E35360)
                                                      有価証券届出書(通常方式)
    日本土地建物
     (1)  日本土地建物の連結経営指標等
           回次           第74期      第75期      第76期      第77期      第78期      第79期
          決算年月           2015年10月      2016年10月      2017年10月      2018年10月      2019年3月      2020年3月

    営業収益            (百万円)       78,346      74,645      65,674      58,306      27,734      72,132

    経常利益            (百万円)       13,633      14,482      15,308      15,487       8,764      17,937

    親会社株主に帰属する
                (百万円)       15,975      11,534      18,621      10,973      10,912      16,015
    当期純利益
    包括利益            (百万円)       34,327       6,316      46,306      20,035      △1,722       △853
    純資産額            (百万円)      149,413      154,880      199,934      218,668      215,878      211,552

    総資産額            (百万円)      607,605      626,863      674,414      739,691      719,668      745,000

    1株当たり純資産額             (円)    60,557.17      62,738.03      81,234.17      88,922.56      87,697.03      86,813.79

    1株当たり当期純利益             (円)     6,577.91      4,749.35      7,667.36      4,517.69      4,492.61      6,586.51

    潜在株式調整後
                 (円)        ―      ―      ―      ―      ―      ―
    1株当たり当期純利益
    自己資本比率             (%)       24.2      24.3      29.3      29.2      29.6      28.3
    自己資本利益率             (%)       12.7       7.7      10.7       5.3      5.3      7.6

    株価収益率             (倍)        ―      ―      ―      ―      ―      ―

    営業活動による
                (百万円)       25,397      21,647      18,384       5,871     △1,293       14,123
    キャッシュ・フロー
    投資活動による
                (百万円)      △19,004      △43,825       △2,828      △40,292       22,798     △39,175
    キャッシュ・フロー
    財務活動による
                (百万円)      △9,789       21,361      △9,736       36,540     △14,720       33,724
    キャッシュ・フロー
    現金及び現金同等物
                (百万円)       15,661      14,845      20,664      22,783      29,568      36,963
    の期末残高
    従業員数             (名)      1,014      1,087      1,078      1,078      1,072      1,044
     (注)   1 営業収益には、消費税等は含まれておりません。
       2 潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、潜在株式がないため、記載しておりません。
       3 当社株式は非上場であり、株価の算定が困難なため、株価収益率を記載しておりません。
       4 従業員数は、就業人員数を表示しております。
       5 「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」(企業会計基準第28号 2018年2月16日)等を第77期末から適
         用し、第76期に係る主要な経営指標等については、当該会計基準等を遡って適用した後の指標等となってお
         ります。
       6 2019年1月30日開催の第77期定時株主総会決議により、決算期を10月31日から3月31日に変更しました。
         従って、第78期は2018年11月1日から2019年3月31日の5ヶ月間となっております。
                                 12/160






                                                          EDINET提出書類
                                               中央日本土地建物グループ株式会社(E35360)
                                                      有価証券届出書(通常方式)
     (2)  日本土地建物の経営指標等
           回次           第74期      第75期      第76期      第77期      第78期      第79期
          決算年月           2015年10月      2016年10月      2017年10月      2018年10月      2019年3月      2020年3月

    営業収益            (百万円)       58,539      58,541      46,426      40,401      20,306      55,756

    経常利益            (百万円)       10,209      10,943      12,070      12,459       8,730      14,928

    当期純利益            (百万円)       16,432       9,497      17,626       9,417      7,977      14,179

    資本金            (百万円)       17,000      17,000      17,000      17,000      17,000      17,000

    発行済株式総数             (株)    2,604,000      2,604,000      2,604,000      2,604,000      2,604,000      2,479,400

    純資産額            (百万円)      136,067      139,377      182,472      199,085      193,600      190,338

    総資産額            (百万円)      546,840      565,284      613,614      657,273      658,166      688,327

    1株当たり純資産額             (円)    54,879.19      56,214.11      73,595.35      80,295.82      78,083.74      76,768.00

    1株当たり配当額                   300.00
                             400.00      400.00      400.00      160.00      400.00
                 (円)
                             (160.00)      (160.00)      (160.00)        (―)    (200.00)
    (1株当たり中間配当額)                  (120.00)
    1株当たり当期純利益             (円)     6,627.47      3,830.60      7,109.34      3,798.20      3,217.49      5,718.85
    潜在株式調整後
                 (円)        ―      ―      ―      ―      ―      ―
    1株当たり当期純利益
    自己資本比率             (%)       24.9      24.7      29.7      30.3      29.4      27.7
    自己資本利益率             (%)       14.5       6.9      11.0       4.9      4.1      7.4

    株価収益率             (倍)        ―      ―      ―      ―      ―      ―

    配当性向             (%)       4.5      10.4       5.6      10.5       5.0      7.0

    従業員数             (名)       304      307      292      310      308      325

     (注)   1 営業収益には、消費税等は含まれておりません。
       2 潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、潜在株式がないため、記載しておりません。
       3 当社株式は非上場であり、株価の算定が困難なため、株価収益率を記載しておりません。
       4 従業員数は、就業人員数を表示しております。
       5 「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」(企業会計基準第28号 2018年2月16日)等を第77期末から適
         用し、第76期に係る主要な経営指標等については、当該会計基準等を遡って適用した後の指標等となってお
         ります。
       6 2019年1月30日開催の第77期定時株主総会決議により、決算期を10月31日から3月31日に変更しました。
         従って、第78期は2018年11月1日から2019年3月31日の5ヶ月間となっております。
     (最近5年間の株主総利回りの推移)

      当社株式は非上場でありますので、該当事項はありません。
     (最近5年間の事業年度別最高・最低株価)

      当社株式は非上場でありますので、該当事項はありません。
                                 13/160





                                                          EDINET提出書類
                                               中央日本土地建物グループ株式会社(E35360)
                                                      有価証券届出書(通常方式)
    中央不動産
     主要な経営指標等の推移
           回次           第85期       第86期       第87期       第88期       第89期
          決算年月           2016年3月       2017年3月       2018年3月       2019年3月       2020年3月

    営業収益           (百万円)        13,797       13,882       13,824       14,053       14,470

    経常利益           (百万円)         3,060       3,719       4,037       4,568       4,732

    当期純利益           (百万円)         2,366       2,165       3,237       3,886       3,830

    持分法を適用した場合
               (百万円)          138       163       171       223       137
    の投資利益
    資本金           (百万円)         2,730       2,730       2,730       2,730       2,730
    発行済株式数            (株)      6,427,800       6,427,800       6,427,800       6,427,800       6,427,800

    純資産額           (百万円)        65,943       68,673       75,945       74,397       74,352

    総資産額           (百万円)        214,383       213,462       219,028       210,205       216,571

    1株当たり純資産額            (円)      10,259.18       10,683.87       11,815.11       11,574.39       11,567.37

    1株当たり配当額            (円)        40.00       40.00       50.00       50.00       74.00

    (1株当たり
                         (―)       (―)       (―)       (―)       (―)
    中間配当額)
    1株当たり当期純利益            (円)       368.21       336.87       503.66       604.56       595.86
    潜在株式調整後
                (円)         ―       ―       ―       ―       ―
    1株当たり当期純利益
    自己資本比率            (%)        30.8       32.2       34.7       35.4       34.3
    自己資本利益率            (%)         3.6       3.2       4.5       5.2       5.1

    株価収益率            (倍)         ―       ―       ―       ―       ―

    配当性向            (%)        10.9       11.9        9.9       8.3       12.4

    営業活動による
               (百万円)          ―       ―      5,234       5,420       6,919
    キャッシュ・フロー
    投資活動による
               (百万円)          ―       ―     △3,141        △284      △10,110
    キャッシュ・フロー
    財務活動による
               (百万円)          ―       ―     △3,591       △4,920        6,080
    キャッシュ・フロー
    現金及び現金同等物の
               (百万円)         5,437       7,037       5,538       5,755       8,644
    期末残高
    従業員数            (名)         92       91       89       91       93
                                 14/160






                                                          EDINET提出書類
                                               中央日本土地建物グループ株式会社(E35360)
                                                      有価証券届出書(通常方式)
     (注)   1 営業収益には、消費税は含まれておりません。
       2 潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、潜在株式がないため、記載しておりません。
       3 当社株式は非上場であり、株価の算定が困難なため、株価収益率を記載しておりません。
       4 従業員数は、就業人員数を表示しております。
       5 「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」(企業会計基準第28号 2018年2月16日)等を第88期の期首か
         ら適用し、第87期に係る主要な経営指標等については、当該会計基準を遡って適用した後の指標となってお
         ります。
       6 当社は金融商品取引法上の監査を受けておらず、また会社法上の連結計算書類を作成していないため、関連
         会社の決算期の統一を実施しておりません。これに伴い、「持分法を適用した場合の投資利益」については
         各期における各関連会社の直近の当期純利益に議決権比率を乗じたものの単純合計を記載しております。
       7 第85期・第86期においてキャッシュ・フロー計算書を作成していないことから、「営業活動によるキャッ
         シュ・フロー」「投資活動によるキャッシュ・フロー」「財務活動によるキャッシュ・フロー」は記載して
         おりません。
                                 15/160

















                                                          EDINET提出書類
                                               中央日本土地建物グループ株式会社(E35360)
                                                      有価証券届出書(通常方式)
    2 【沿革】
       年月                           事項
      2019年3月        日本土地建物と中央不動産(以下「両社」という)は、各取締役会の決議に基づき、共同で株
             式移転の方法により共同持株会社を設立し経営統合を行うことについて経営統合に関する基
             本合意書を締結
      2019年10月        両社は、株主総会の承認を前提として、本株式移転により共同で当社を設立することについ
             て、10月17日の取締役会において本株式移転に関する「株式移転計画」の作成及び両社の経
             営統合に関する「経営統合契約書」の締結を決議
      2019年10月        両社は、上記の決議に基づき「株式移転計画」を作成、「経営統合契約書」を締結
      2019年12月        両社の臨時株主総会において、両社が共同で株式移転の方法により当社を設立し、両社がそ
             の完全子会社となることを定めた前記「株式移転計画」を承認
      2020年4月        両社が株式移転の方法により当社を設立
      2020年11月        当社取締役会において2021年4月1日(予定)で連結子会社間の事業別組織再編を決議
     なお、当社の完全子会社となりました日本土地建物及び中央不動産の沿革につきましては、以下のとおりでありま

    す。
    日本土地建物

       年月                           事項
      1954年5月        「勧友ビルディング株式会社」として設立、資本金20百万円
      1961年12月        「浪速建物株式会社」を合併し、社名を「勧銀土地建物株式会社」に変更、同社より淀屋橋
             勧銀ビル(現 日土地淀屋橋ビル)を継承、大阪支社(現 関西支社)を開設
      1974年1月        社名を「日本土地建物株式会社」に変更
      1992年11月        「日土地総合管理株式会社」(現「日土地ビルサービス株式会社」、連結子会社)を設立、ビ
             ル総合管理部門を業務移管
             「日本土地建物販売株式会社」を設立
      1996年11月        「霞が関ホーム株式会社」(現「日土地建設株式会社」、連結子会社)設立
      2001年7月        「日本土地建物販売株式会社」と「勧業不動産株式会社」が合併、「勧業日土地販売株式会
             社」(現「日本土地建物販売株式会社」、連結子会社)となる
      2004年1月        資本金50億円に増資
      2008年7月        「日土地アセットマネジメント株式会社」が金融商品取引業登録
             資本金170億円に増資
      2014年11月        「日新建物株式会社」と事業統合(吸収分割)
      2015年2月        非上場オープンエンド型私募リート「日本土地建物プライベートリート投資法人」組成
      2016年8月        住宅マスターブランド「BAUS(バウス)」による事業展開を開始
      2016年9月        オープンイノベーションオフィス「SENQ(センク)」事業を開始
      2016年11月        京橋エドグラン グランドオープン
      2019年3月        中央不動産株式会社と経営統合に関する基本合意書を締結
      2020年4月        株式移転により共同持株会社「中央日本土地建物グループ株式会社」を設立
    中央不動産

       年月                           事項
      1953年4月        第一地所株式会社設立
      1963年5月        澁澤エステートサービス株式会社設立
      1980年11月        中央不動産株式会社設立
      2004年6月        中央不動産株式会社が澁澤エステートサービス株式会社を100%子会社化
      2004年12月        中央不動産株式会社と第一地所株式会社が合併
      2006年7月        中央不動産株式会社と澁澤エステートサービス株式会社が合併
      2019年3月        日本土地建物株式会社と経営統合に関する基本合意書を締結
      2020年4月        株式移転により共同持株会社「中央日本土地建物グループ株式会社」を設立
                                 16/160





                                                          EDINET提出書類
                                               中央日本土地建物グループ株式会社(E35360)
                                                      有価証券届出書(通常方式)
    3 【事業の内容】
      当社は共同株式移転の方式により、2020年4月1日に日本土地建物及び中央不動産の完全親会社として設立されま
     した。
      当社グループは、当社及び連結子会社10社ほかにより構成され、その主要な事業、及び当該各事業における当社及
     び関係会社の位置づけは次のとおりであります。なお、セグメントと同一の区分であります。
     都市開発事業           ……  日本土地建物㈱及び中央不動産㈱は、東京都心6区(千代田区、中央区、港区、新宿区、
                  渋谷区、品川区)を中心にオフィスビル・商業施設等の事業用不動産の取得、開発、及び
                  賃貸、運営業務を行っております。
                  日本土地建物販売㈱ほかにおいても、事業用不動産の賃貸、運営業務を行っております。
                  日土地ビルサービス㈱及び中央ビルマネジメント㈱は、当社グループ保有物件を中心にオ
                  フィスビル・商業施設等の管理運営、PM(プロパティマネジメント)を行っております。
                  日土地建設㈱及び中央ビルテクノ㈱は、当社グループ保有物件を中心に建築工事、ビルリ
                  ニューアル工事を行っております。
     住宅事業           ……  日本土地建物㈱及び中央不動産㈱は、首都圏を中心にマンション・戸建住宅の企画、開
                  発、販売をしております。また、ファミリー向けマンションを始め、学生マンション、老
                  健施設等の賃貸業務を行っております。
     不動産ソリューション           ……  日本土地建物㈱、中央不動産㈱及び日本土地建物販売㈱は、不動産売買・賃貸借の仲介を
     事業             行っております。
                  日本土地建物㈱及び中央不動産㈱は、不動産鑑定評価業務を行っております。また、日本
                  土地建物㈱は顧客企業のCRE(企業保有不動産)戦略支援を行っております。
     資産運用事業           ……  日土地アセットマネジメント㈱は、不動産ファンドの企画・組成・運用をしております。
                  日土地ビルサービス㈱及び中央ビルマネジメント㈱は、不動産ファンド等のPM(プロパ
                  ティマネジメント)をしております。
                  日本土地建物㈱は、不動産証券化等に関わるコンサルティング業務をしております。
     その他           ……  ㈱レイクウッドコーポレーションは、神奈川県及び山梨県においてゴルフ場の運営などを
                  しております。
                                 17/160











                                                          EDINET提出書類
                                               中央日本土地建物グループ株式会社(E35360)
                                                      有価証券届出書(通常方式)
      主な事業の系統図は次のとおりであります。
                                 18/160




















                                                          EDINET提出書類
                                               中央日本土地建物グループ株式会社(E35360)
                                                      有価証券届出書(通常方式)
      なお、当社グループは2021年4月1日に連結子会社間の事業再編を行う予定であり、再編後の主な事業の系統図は
     次のとおりであります。
                                 19/160




















                                                          EDINET提出書類
                                               中央日本土地建物グループ株式会社(E35360)
                                                      有価証券届出書(通常方式)
    4 【関係会社の状況】
      当社は共同株式移転の方式により、2020年4月1日に日本土地建物及び中央不動産の完全親会社として設立されま
     した。第1期連結会計年度は2020年4月1日から2021年3月31日までとなっており、本有価証券届出書提出日現在に
     おいて第1期連結会計年度末が到来していないため、2020年9月30日現在における主要な関係会社を記載しておりま
     す。
                                       議決権の
                      資本金又は
                               主要な事業        所有割合又は
        会社名         住所      出資金                          関係内容
                                の内容       被所有割合
                       (百万円)
                                        (%)
    (連結子会社)
                            都市開発事業、住宅
                                             経営管理・指導
                            事業、不動産ソ
    日本土地建物㈱           東京都                        (所有)     資金貸借
                        17,000    リューション事業、
    (注)2、4           千代田区                         100.0     事務所の賃借
                            資産運用事業、その
                                             役員の兼任9名
                            他事業
                            都市開発事業、住宅                 経営管理・指導
    中央不動産㈱           東京都
                         2,730    事業、不動産ソ            100.0     資金貸借
    (注)2、4           千代田区
                            リューション事業                 役員の兼任3名
                東京都             不動産販売、不動産            100.0
    日本土地建物販売㈱                      450                   ―
                千代田区             仲介、不動産賃貸           (100.0)
                            オフィスビル、商業
                東京都             施設等の管理・運            100.0
    日土地ビルサービス㈱                      80                   ―
                千代田区             営、プロパティマネ           (100.0)
                            ジメント
                            建築工事、ビルリ
                東京都             ニューアル工事、工            100.0
    日土地建設㈱                      80                   役員の兼任1名
                千代田区             事の企画・設計・監           (100.0)
                            理
    日土地アセットマネジ           東京都             不動産ファンドの組            70.0
                          80                   役員の兼任1名
    メント㈱           千代田区             成・運用           (70.0)
                            オフィスビル、商業
    中央ビルマネジメント           東京都             施設等の管理・運            100.0
                          30                   役員の兼任1名
    ㈱           千代田区             営、プロパティマネ           (100.0)
                            ジメント
                            建築工事、ビルリ
                東京都             ニューアル工事、工            100.0
    中央ビルテクノ㈱                      20                   ―
                千代田区             事の企画・設計・監           (100.0)
                            理
    ㈱レイクウッドコーポ           神奈川県                         100.0
                          480   ゴルフ場の経営                 ―
    レーション           中郡大磯町                        (100.0)
    (同)クスノキを営業者
                東京都                         ―
    とする匿名組合                     3,900    不動産賃貸                 ―
                中央区                        〔100.0〕
    (注)2
    (持分法適用関連会社)
                東京都                         24.9
    日新建物㈱                      90  不動産賃貸                 ―
                港区                        (24.9)
    ㈱データ・キーピン           東京都                         49.0
                          120   保管棚賃貸業                 役員の兼任1名
    グ・サービス           千代田区                        (49.0)
    ㈱トータル保険サービ           東京都                         42.1
                          350   総合保険代理店                 ―
    ス           中央区                        (42.1)
                東京都             不動産賃貸・管理事            50.0
    峰岸不動産㈱                      48                   役員の兼任1名
                中央区             業           (50.0)
    (その他の関係会社)
                            不動産賃貸・管理、
                東京都                        (被所有)
    清和綜合建物㈱                     1,225    有効活用、有価証券                 役員の兼任2名
                千代田区                         15.35
                            の保有、運用
                                 20/160





                                                          EDINET提出書類
                                               中央日本土地建物グループ株式会社(E35360)
                                                      有価証券届出書(通常方式)
     (注)   1 「議決権の所有割合」欄の()内は間接所有割合を内数で示しており、〔 〕内は出資総額に対する出資比率
         であります。
       2 特定子会社であります。
       3 上記子会社及び持分法適用関連会社並びにその他の関係会社は、有価証券届出書又は有価証券報告書を提出
         しておりません。
       4 日本土地建物(株)と中央不動産(株)については、売上高(連結会社相互間の内部売上高を除く。)の連結売上
         高に占める割合が10%を超えております。
          主要な損益情報等         (2020年9月期)

                                                 (単位:百万円)
                             日本土地建物(株)                中央不動産(株)
          営業収益                           31,009                7,269
          経常利益                            9,397                2,437
          当期純利益                            7,630                1,674
          純資産                           229,855                76,357
          総資産                           742,614                215,066
                                 21/160
















                                                          EDINET提出書類
                                               中央日本土地建物グループ株式会社(E35360)
                                                      有価証券届出書(通常方式)
    5  【従業員の状況】
     (1)  連結会社における状況
                                               2021年1月31日現在
             セグメントの名称                            従業員数(名)
    都市開発事業                                            301

    住宅事業                                            67

    不動産ソリューション事業                                            245

    資産運用事業                                            65

    その他                                            418

    全社(共通)                                            140

                合計                               1,236

     (注)   1 従業員数は、就業人員数(当社グループからグループ外への出向者を除き、グループ外から当社グループへ
         の出向者を含みます。)であります。
       2 臨時従業員数(雇用契約期間が1年未満の契約社員を含み、派遣社員を除く。)は従業員数の100分の10未満で
         あるため記載を省略しております。
     (2)  提出会社の状況

                                               2021年1月31日現在
       従業員数(名)             平均年齢(歳)            平均勤続年数(年)             平均年間給与(千円)
               47            53.1              8.3              ―

     (注)   1 従業員数は、就業人員数(当社から社外への出向者を除き、社外から当社への出向者を含みます。)でありま
         す。
       2 臨時従業員数(雇用契約期間が1年未満の契約社員を含み、派遣社員を除く。)は従業員数の100分の10未満で
         あるため記載を省略しております。
       3 従業員については、日本土地建物株式会社及び中央不動産株式会社からの出向者であり、平均勤続年数につ
         いては、各社での勤続年数を通算しております。また、全て「全社(共通)」に所属しております。
       4 当社は、2020年4月1日設立であり、平均年間給与については記載を省略しております。
     (3)  労働組合の状況

       当社の従業員は、中央不動産㈱及び日本土地建物㈱からの出向者であるため、労働組合は組織されておりませ
      ん。なお、連結子会社のうち日本土地建物㈱には労働組合が組織されておりますが、労使関係は良好で、特記すべ
      き事項はありません。
                                 22/160








                                                          EDINET提出書類
                                               中央日本土地建物グループ株式会社(E35360)
                                                      有価証券届出書(通常方式)
    第2 【事業の状況】
    1  【経営方針、経営環境及び対処すべき課題等】

      経営方針、経営環境及び対処すべき課題等は以下の通りであります。なお、将来に関する事項については、別段の
     記載のない限り、本届出書提出日現在において判断したものであります。
     (1)  経営方針
       当社グループは日本土地建物株式会社と中央不動産株式会社とが経営統合し、2020年4月1日に発足した総合不
      動産グループです。日本土地建物、中央不動産のそれぞれが創業以来60年超を有する歴史の中で培ってきた総合不
      動産会社としての経験、ノウハウをもとに、東京丸の内、京橋におけるオフィス賃貸事業をはじめ、市街地再開発
      事業、オープンイノベーションオフィス「SENQ(センク)」の運営、「BAUS(バウス)」ブランドによる住宅開発・分
      譲事業を展開しながら、CRE戦略支援(顧客企業が保有する不動産の有効活用による企業価値向上戦略の支援)を軸と
      した不動産ソリューション事業、資産運用事業にも取り組んでおります。
       当社グループは、統合により拡充されたグループ内の営業・財務基盤の更なる強化を図るとともに、未来を見据
      えた新たな挑戦や成長への投資にも積極的に取り組み、「変化の潮流に挑戦し、期待を超える価値を共創する総合
      不動産グループ」を目指してまいります。
       少子高齢化の進展、デジタル技術の革新などを背景に、不動産に関わるお客様のニーズはますます多様化してお
      ります。こうした中、当社グループはあらゆるステークホルダーの皆さまと「未来を共創する」総合不動産グルー
      プとして発展を続け、人と社会に安心と感動を提供してまいります。
      目標とする経営指標

       経営指標につきましては、ビジネスモデルに合わせて、種々の指標をバランスよく総合的に見ていくべきと考え
      ております。
       具体的には、持続的な成長、財務基盤の強化の観点から、期間収益力を示す「経常利益」、財務安全性を示す
      「純資産額と総資産額との比率」、借入金等の返済力に関係する「有利子負債のEBITDA倍率」などを注視してまい
      りたいと思います。
       なお、以下の(3)に記載のとおり、経営統合の第2フェーズとしてのグループ再編を準備しておりますので、来年
      度以降、必要に応じて目標とする経営指標も見直してまいります。
     (2)  経営環境

       今後のわが国経済は、米国、欧州等でコロナワクチン接種が始まったものの、新型コロナウイルスの収束時期は
      未だ見通せず、先行き不透明な状況が当面継続するものと思われます。一方で新型コロナウイルス禍はテレワーク
      の急速な進展や、企業のデジタルトランスフォーメーション(DX)への取り組みを加速させ、withコロナ、afterコ
      ロナを見据えた働き方改革、新たな生活様式への対応の動きが広がりつつあります。
     (3)  経営戦略

       上記(2)の経営環境のもと、当社グループは経営統合の第2フェーズとして、2021年4月に当社中核子会社である
      日本土地建物と中央不動産及び両社傘下各社を「都市開発・分譲・賃貸」、「仲介・鑑定・CRE戦略支援」、「ビル
      管理」等の各事業別の子会社に再編いたします。
       この事業別子会社再編の実行により、グループ内の営業・財務基盤の一元化による安定した経営基盤の構築、投
      資戦略や各事業部門の専門機能の更なる強化を進め、持続的な成長実現に努めてまいります。
     (4)  優先すべき事業上及び財務上の課題

       上記(3)の経営統合の第2フェーズにあたっては、当社を核とするグループ経営管理体制の更なる整備、事業別組
      織再編での有機的で実効性の高い組織・運営体制の構築、実務面では業務フロー及び各種システムの統一等、相互
      理解を更に深めながら事業別子会社再編、ビジネスモデルの再構築を円滑に進め、統合シナジー効果を早期に実現
      することが、優先的に対処すべき課題です。
                                 23/160




                                                          EDINET提出書類
                                               中央日本土地建物グループ株式会社(E35360)
                                                      有価証券届出書(通常方式)
       各事業別の対処すべき課題については以下の通りです。
       (都市開発事業)
        都市開発事業については、現在進行中の再開発・建替えプロジェクト等の着実な推進と早期収益化を目指すと
       ともに、エリアやアセットタイプの多様化など、不動産ポートフォリオ戦略に沿った新規投資を進めることで事
       業成長を図ってまいります。
        また、ワークスタイルの変化や技術革新への対応を進めてまいります。
       (住宅事業)
        住宅事業については、当社住宅ブランド「BAUS(バウス)」を顧客に選ばれるブランドへと成長させてまいりま
       す。
        また、情報収集力強化等による用地取得の強化、コスト削減、マーケット分析力強化などによる収益力の強化
       を図ってまいります。
       (不動産ソリューション事業)
        不動産ソリューション事業については、経営統合により強化された顧客基盤と情報収集力、専門性を活用し、
       新たな顧客や事業の開拓・展開を推進し、顧客層の拡大と将来の安定したフィー獲得の基盤づくりを図ってまい
       ります。
       (資産運用事業)
        資産運用事業については、新たなビジネスフィールドも視野に入れた運用資産の新規積み上げを図ると共にDX
       (デジタルトランスフォーメーション)への取り組みやESG(環境・社会・ガバナンス)向上へも積極的に対応してま
       いります。ESG対応についてはGRESB認証の評点向上を目指してまいります。
    2  【事業等のリスク】

      有価証券届出書に記載した事業の状況、経理の状況等に関する事項のうち、投資家の判断に影響を及ぼす可能性の
     ある事項には、以下のようなものがあります。
      なお、文中における将来に関する事項は、本届出書提出日現在において判断したものであります。
      また、これらのリスクが顕在化する可能性の程度や時期・顕在化した場合に当社グループの経営成績及び財務状況
     等に与える影響の定量的な内容については、合理的な予見が難しいため記載しておりません                                          。
     (1)  有利子負債依存について
       当社グループは、設備投資資金及び運転資金の多くを借入金や社債に依存しているため、総資産に占める有利子
      負債の比率が高い水準にあります。当社グループでは外部格付けを取得し、その維持、向上を図っております。
       しかし、有利子負債に占める固定金利比率が高いため、今後の金利上昇の影響は短期的には限定的ですが、中長
      期的には、金利上昇の影響を受け、当社グループの経営成績及び財政状態が影響を受ける可能性があります。
       また、金融機関の融資スタンスの厳格化や当社格付けの低下などにより、資金調達が困難となった場合には、当
      社グループの経営成績及び財政状態が影響を受ける可能性があります。
       このため、有利子負債については、引続き固定金利での調達を主体とすることに加えて、一定の資金調達枠の確
      保、投資期間とのマッチング、調達期限の到来期の分散、調達手法の多様化、投資リターンや全体的な財務状況、
      中長期的な将来見通し等を総合的に勘案し、適正な残高水準と内容を保つよう管理、運営することにより、リスク
      の低減に取り組んでおります。
     (2)  都市開発事業について

       当社グループは、東京都心6区を中心にオフィスビルを保有し、都市開発事業を行っております。しかし、景気動
      向の影響を受け、不動産市場が悪化した場合、賃料水準の下落、稼働率の低下などにより、当社グループの経営成
      績及び財政状態が影響を受ける可能性があります。
       このため、日頃よりテナントのニーズ把握及びサービス向上に努めるとともに、保有物件の立地、用途、稼働状
      況、収支等を踏まえた個別運用方針の定期的な見直しを行う等、リスクの低減に取り組んでおります。
     (3)  法的規制について

       当社グループが行う事業は、「宅地建物取引業法」、「建設業法」、「不動産の鑑定評価に関する法律」、「金
      融商品取引法」、「都市計画法」、「借地借家法」などの法令の他、各自治体制定の条例などによる規制を受けて
      おります。また、SPCを活用した不動産投資では、「資産の流動化に関する法律」などによる規制を受けており
      ます。
                                 24/160


                                                          EDINET提出書類
                                               中央日本土地建物グループ株式会社(E35360)
                                                      有価証券届出書(通常方式)
       しかし、将来における、これらの規制の改廃によって、当社グループの経営成績及び財政状態が影響を受ける可
      能性があります。
       このため、当社グループではリスク管理・コンプライアンス統括部が中心となり、法令順守のための定期的な勉
      強会の開催等を行い、コンプライアンスの周知・徹底を図るとともに、法令改正の都度、迅速にその内容を関係部
      署に伝達し、必要な対応策の検討等を開始する体制をとっております                                。
     (4)  不動産価格の下落について

       当社グループが保有する不動産(土地・建物)について、将来、経済状況、需給バランスの悪化等の要因により、
      価格が著しく下落した場合、当該資産の売却等による実現損計上、棚卸資産の評価に関する会計基準や固定資産の
      減損会計にかかる会計基準適用による評価減計上が、当社グループの経営成績及び財政状態に影響を及ぼす可能性
      があります。
       また、SPCを活用した不動産投資についても、投資対象不動産の価格下落による評価減計上などにより、当社
      グループの経営成績及び財政状態が影響を受ける可能性があります。
       このため、当社グループでは不動産市況の現状と将来見通し、及び、保有不動産の運用状況、評価額等を定期的
      に分析し、個別運用方針及び全体的なポートフォリオ運営方針の見直しを行う等、リスクの低減に取り組んでおり
      ます   。
     (5)  株式保有について

       当社グループは、多くの上場株式を保有しております。株式市場全体で大幅な株価下落が生じるような場合に
      は、評価損の発生により、当社グループの経営成績及び財政状態が影響を受ける可能性があります。
       このため、当社グループでは時価評価額の変動状況のタイムリーなモニタリングを行うとともに、定期的な保有
      意義の見直しを経たうえで残高圧縮を行う等、リスクの低減に向け取り組んでおります。また、株価急変時や売却
      決定銘柄の株価変動リスクを回避するためのヘッジ手法等に関しても継続的に検討しております。
     (6)  災害等による影響について

       地震や風水害等の災害、戦争、暴動、テロ、感染症の流行その他突発的な事故等が発生した場合、経済や従業員
      の働き方、社会の生活行動に広範な影響を与え、当社グループの経営成績及び財政状態が影響を受ける可能性があ
      ります。
       このため、当該リスクについては、当社総務部が主管部署となり災害等発生時の安全対策やBCPの整備、BCM訓練
      等を行い、影響を最小限にとどめる取り組みを行っております。
       新型コロナウイルスの拡大は、少なくとも一定期間継続するものと仮定しておりますが、不確定要素が多いこと
      から、今後さらに長期化した場合、賃料の減少、開発プロジェクトの計画スケジュール変更や、住宅分譲における
      需要面への影響等、当社グループの経営成績及び財政状態が影響を受ける可能性があります。当社グループでは政
      府や自治体からの要請等を踏まえ、保有ビルの感染予防対策実施や社員の在宅勤務の実施等、感染拡大防止に努め
      ております      。
                                 25/160








                                                          EDINET提出書類
                                               中央日本土地建物グループ株式会社(E35360)
                                                      有価証券届出書(通常方式)
    3  【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】
      当社は、共同株式移転の方式により2020年4月1日付で中央不動産株式会社と日本土地建物株式会社の完全親会社
     として設立されました。第1期連結会計年度及び第1期事業年度は2020年4月1日から2021年3月31日となってお
     り、本有価証券届出書提出日現在において第1期連結会計年度末及び第1期事業年度末が到来していないため、前連
     結会計年度及び前中間連結会計期間との対比は行っておりませんが、本件①経営成績等の状況の後段において、(参考
     情報)として一部未監査の計数は含まれておりますものの、当社連結の比較情報及び2019年3月期及び2020年3月期の
     日本土地建物・中央不動産の比較情報を記載しております。
     (1)  経営成績等の状況の概要
      ① 経営成績等の状況
        2021年3月期中間連結会計期間のわが国経済は、新型コロナウイルス感染症の拡大を受けて、急速に悪化しま
       した。政府や自治体による企業活動や市民生活の自粛要請などもあり、企業業績や個人消費も大きく落ち込みま
       した。
        不動産業界においては、賃貸オフィス市場ではテレワークの浸透などをきっかけに、オフィス機能やスペース
       を見直す動きがあり、都心部の空室率も上昇に転じました。一方、住宅市場では、外出自粛要請期間中のモデル
       ルーム閉鎖など、新築分譲マンション販売に一部影響が見られましたが、販売活動再開後は回復傾向にありま
       す。
        このような事業環境の下、当社グループでは、都市開発事業においては商業施設の飲食店舗などを中心に、入
       居テナントからの賃料の支払猶予や減額要請などの影響がみられました。一方で新たな中規模オフィスブランド
       の第1号物件となる「REVZO(レブゾ)虎ノ門」や、「東京虎ノ門グローバルスクエア」が竣工しました。
        また、「PMO日本橋江戸通」、「芝浦ルネサイトタワー」の一部持分を売却する一方で、「虎ノ門セントラルビ
       ル」、「ホテルグレイスリー田町」の一部持分を取得し、賃貸不動産ポートフォリオの見直しをすすめました。
        住宅事業においては、マンション分譲では、「バウス西葛西清新町」、「バウス品川戸越」、「バウス瑞江」
       など、戸建分譲では、「バウスガーデン市川国府台」、「バウスガーデン宮崎台」、「バウスガーデン西荻南」
       などの販売が進みました。また、有料老人ホーム「サニーライフ練馬高野台」(練馬高野台一丁目プロジェクト)
       が竣工しました。
        不動産ソリューション事業においては、コロナ禍により従来の対面営業に影響がありましたが、オンラインシ
       ステム等を利用した営業活動を展開するなど、引き続き迅速で最適な不動産ソリューションの提供に努めまし
       た。
        日本土地建物販売においては、効率的かつ効果的な営業体制の構築を図り、お客様の多様な不動産ニーズにお
       応えするため、八重洲支店と上野支店を統合し、新たに東京支店を開設しました。
        資産運用事業においては、日土地アセットマネジメントが運用する私募リート「日本土地建物プライベート
       リート投資法人」において、都内の賃貸住宅1物件のほか、新たなアセットタイプとして千葉県と宮城県の物流
       施設2物件を新規に取得いたしました。これによりポートフォリオの用途分散・地域分散を図りました。
        新型コロナウィルスの感染拡大による影響は、少なくとも一定期間継続するものと仮定して、会計上の見積を
       行っております。しかしながら、不確定要素が多いことから、今後さらに長期化した場合、賃料の減少、開発プ
       ロジェクトの計画スケジュール変更や、住宅分譲における需要面への影響等、当中間連結会計期間以降の当社グ
       ループの財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況に影響を及ぼすおそれがあります。
        以上の結果、当中間連結会計期間の営業収益は46,511百万円、営業利益は10,633百万円、経常利益は11,644百
       万円、親会社株主に帰属する中間純利益は95,500百万円となりました。
                                 26/160






                                                          EDINET提出書類
                                               中央日本土地建物グループ株式会社(E35360)
                                                      有価証券届出書(通常方式)
       (営業収益・営業利益)
        セグメント別の業績は次のとおりであります。
       (a)  都市開発事業
         当セグメントにおきましては、主力であるオフィスビル・商業施設等の賃貸収入を中心に、営業収益は
        25,503百万円、セグメント利益(営業利益)は10,009百万円となりました。
       (b)  住宅事業
         当セグメントにおきましては、「バウス西葛西清新町」、「バウス品川戸越」及び「バウス瑞江」などの住
        宅分譲収入並びにマンション賃貸収入などを計上し、営業収益は15,865百万円、セグメント利益(営業利益)は
        2,803百万円となりました。
       (c)  不動産ソリューション事業
         当セグメントにおきましては、不動産仲介手数料、鑑定評価・各種コンサルティング手数料に加え、事業用
        不動産の転売収入などを計上し、営業収益は2,897百万円、セグメント利益(営業利益)は408百万円となりまし
        た。
       (d)  資産運用事業
         当セグメントにおきましては、「日本土地建物プライベートリート投資法人」を含むファンドからのアセッ
        トマネジメントフィー、アクイジションフィーなどを計上し、営業収益は1,432百万円、セグメント利益(営業
        利益)は311百万円となりました。
       (e)  その他
         当中間連結会計期間においては、営業収益は1,227百万円となりましたが、新型コロナウィルス感染症による
        ゴルフ場収入の減少などにより、セグメント損失(営業損失)は323百万円となりました。
       (営業外損益・経常損益)

        営業外収益は、受取配当金、持分法による投資利益等により3,460百万円となりました。また、営業外費用は、
       支払利息等により2,450百万円となりました。これらにより、経常利益は11,644百万円となりました。
       (特別損益)

        特別利益は、固定資産売却益及び経営統合に伴う負ののれん発生益等により90,478百万円となりました。一
       方、特別損失は、固定資産除却損、建替関連損失等により、3,090百万円となりました。
       (親会社株主に帰属する中間純利益)

        税金等調整前中間純利益99,032百万円を計上し、法人税等で3,476百万円を計上した結果、親会社株主に帰属す
       る中間純利益は95,500百万円となりました。
                                 27/160









                                                          EDINET提出書類
                                               中央日本土地建物グループ株式会社(E35360)
                                                      有価証券届出書(通常方式)
       (参考情報)
        当中間連結会計期間に対応する前年同一期間との業績比較及び事業セグメント利益の状況は以下の通りです。
       なお、前年同一期間の数値は、前期の各社中間決算実績を合算の上、会社間取引及び未実現利益を消去して算出
       した参考数値であり、会計監査は受けておりません。(以下の表の計数は億円単位未満を四捨五入しておりま
       す。)
                                                  (単位:億円)
                      (参考)前年同一期間           当中間連結会計期間                   増減率
           区分                                  増減額
                      (2019年4月~9月)           (2020年4月~9月)                   (%)
    営業収益                          408           465       +57      +14.0
    営業利益                          107           106       △1      △0.5
    経常利益                          120           116       △4      △3.1
    親会社株主に帰属する中間純利益                          118           955      +837      +707.4
    (参考:前年同一期間)                                                  (単位:億円)

                           不動産
       区分     都市開発事業       住宅事業      ソリュー     資産運用事業        その他      調整額      連結合計
                          ション事業
    営業収益            262       90      24      14      21      △3      408
    営業損益            107       13       5      3      2     △22       107
    (当中間連結会計期間)                                                 (単位:億円)

                           不動産
       区分     都市開発事業       住宅事業      ソリュー     資産運用事業        その他      調整額      連結合計
                          ション事業
    営業収益            255      159       29      14      12      △4      465
    営業損益            100       28       4      3     △3      △26       106
     なお、当社の完全子会社である日本土地建物及び中央不動産の業績比較は以下の通りです。

    日本土地建物(連結)

                                                  (単位:億円)
                      (参考)                              増減率
         区分                      2019年4月~2020年3月              増減額
                  (2018年4月~2019年3月)                                   (%)
    営業収益                        629             721       93     +14.8
    営業利益                        142             157       16     +11.0
    経常利益                        163             179       16      +9.8
    親会社株式に帰属する当期
                            161             160       △1      △0.6
    純利益
      第78期において決算期を10月31日から3月31日に変更しており、当該期は2018年11月1日から2019年3月31日の5ヶ
     月となっております。これに伴い上記の2018年4月~2019年3月については当該期間に係る連結決算実績を基礎とし
     て算定した参考数値であり、会計監査は受けておりません。
    中央不動産(単体)

                                                  (単位:億円)
                                                    増減率
         区分         2018年4月~2019年3月             2019年4月~2020年3月              増減額
                                                    (%)
    営業収益                        141             145        4     +3.0
    営業利益                        50             52       2     +3.1
    経常利益                        46             47       2     +3.6
    当期純利益                        39             38      △1      △1.4
                                 28/160



                                                          EDINET提出書類
                                               中央日本土地建物グループ株式会社(E35360)
                                                      有価証券届出書(通常方式)
      ② 財政状態の状況
       (資産)
        当中間連結会計期間末の総資産は1,108,098百万円となりました。主な内訳は、現金及び預金が62,041百万円、
       販売用不動産が50,637百万円、建物が168,604百万円、土地が519,409百万円、投資有価証券が242,518百万円であ
       ります。
       (負債)
        負債は734,389百万円となりました。主な内訳は、短期借入金が57,484百万円、コマーシャル・ペーパーが
       27,000百万円、1年内返済予定の長期借入金が86,688百万円、社債が35,000百万円、長期借入金が386,134百万
       円、長期預り敷金保証金が43,027百万円、繰延税金負債が75,736百万円であります。
       (純資産)
        純資産は373,708百万円となりました。主な内訳は、利益剰余金231,480百万円をはじめ、株主資本が290,661百
       万円、その他有価証券評価差額金82,442百万円をはじめ、その他の包括利益累計額が82,627百万円であります。
      ③ キャッシュ・フローの状況

        当中間連結会計期間のキャッシュ・フローは、
         営業活動によるキャッシュ・フロー                    10,640百万円
         投資活動によるキャッシュ・フロー                   △17,144百万円
         財務活動によるキャッシュ・フロー                    22,156百万円
        となり、現金及び現金同等物は15,652百万円増加し、株式移転に伴う現金及び現金同等物の増加額9,425百万円
       と合わせ、中間期末残高は62,041百万円となりました。
       (営業活動によるキャッシュ・フロー)

        税金等調整前中間純利益99,032百万円、減価償却費5,123百万円、負ののれん発生益△86,345百万円などを計上
       し、たな卸資産の減少1,186百万円等による資金増加の一方、売上債権の増加△2,216百万円、仕入債務の減少△
       2,489百万円、法人税等の支払額△3,452百万円などによる資金減少の結果、10,640百万円の収入となりました。
       (投資活動によるキャッシュ・フロー)
        有形固定資産の売却による収入6,390百万円、投資有価証券の売却による収入1,439百万円などによる資金増加
       の一方、有形固定資産の取得による支出△22,620百万円、保有不動産に係る建替関連費用の支出△1,343百万円、
       投資有価証券の取得による支出△631百万円などによる資金減少の結果、17,144百万円の支出となりました。
       (財務活動によるキャッシュ・フロー)
        借入金の借入・返済によるネット収入3,228百万円、コマーシャル・ペーパーの純増減額20,000百万円などによ
       り、22,156百万円の収入となりました。
      ④ 生産、受注及び販売の状況

       a 生産実績
        該当事項はありません。
                                 29/160







                                                          EDINET提出書類
                                               中央日本土地建物グループ株式会社(E35360)
                                                      有価証券届出書(通常方式)
       b 受注実績
        当中間連結会計期間の受注実績をセグメントごとに示すと、次のとおりであります。
        セグメントの名称             受注金額(百万円)          前年同期比(%)         受注残高(百万円)          前年同期比(%)
    都市開発事業                       959          ―         447          ―
    住宅事業                        7         ―          0         ―
           合計                967          ―         448          ―
     (注) 上記金額には、消費税等は含まれておりません。
       c 販売実績

        当中間連結会計期間の販売実績をセグメントごとに示すと、次のとおりであります。
        セグメントの名称             販売金額(百万円)          前年同期比(%)         販売件数(戸・件)          前年同期比(%)
    住宅事業                      12,158           ―         198          ―
    不動産ソリューション事業                      1,403           ―          5         ―
           合計               13,562           ―         203          ―
     (注)   1 上記金額には消費税等は含まれておりません。
       2 住宅事業の販売金額、販売戸数には、他社との共同事業によるマンション分譲等が含まれております。
     (2)  経営者の視点による経営成績等の状況に関する分析・検討内容

       経営者の視点による当社グループの経営成績等の状況に関する認識及び分析・検討内容は次のとおりでありま
      す。なお、文中の将来に関する事項は、本有価証券届出書提出日現在において判断したものであります。
      ① 経営成績等の状況に関する分析等

        当中間連結会計期間においては、新型コロナウイルスの感染拡大、政府による緊急事態宣言発令の中、テナン
       トを始めとしたお客さま、お取引さま、当社グループ社員などステークホルダーの安全を最優先に図りながら、
       また、飲食業を始めとしたテナントからの賃料猶予・減免などの要請に適正に対応しつつ、収益維持、積み上げ
       に取り組んでまいりました。
        なお、当社グループの当中間連結会計期間における経営成績等については、「(1)                                      経営成績等の状況の概要」
       に記載のとおりであります。
       a.  経営成績の状況に関する分析等

         当中間会計期間は当社設立初年度であるため、本来対比すべき前中間会計期間実績に代えて、設立統合母体
        会社である日本土地建物及び中央不動産の両グループの既往実績に基づき、当社が参考値として算出した前年
        同一期間値(「(1)         経営成績等の状況の概要 ①              経営成績等の状況 (参考情報)」の2019年4月~9月の計
        数)との対比で、億円単位で記載をいたします。
         当中間連結会計期間の営業収益は465億円で、前年同一期間対比57億円の増収となりました。
         このうち、土地建物賃貸収入は267億円で、前年同一期間対比7億円の増収となりました。コロナ禍により商
        業施設の飲食店舗などを中心に入居テナントからの減額要請などの影響がありましたが、新規取得・稼働物件
        等もあり増収となったものであります。
         販売用不動産売上は136億円で、前年同一期間対比64億円の増収となりました。「バウス西葛西清新町」、
        「バウス品川戸越」、「バウス瑞江」、「バウスガーデン市川国府台」「バウスガーデン宮崎台」「バウス
        ガーデン西荻南」などのバウスシリーズの住宅分譲の販売が進み増収となったものであります。
         営業収益のうちのその他63億円で、前年同一期間対比13億円の減収となりました。コロナ禍によるゴルフ場
        収入、その他役務等収入の減少により、減収となったものであります。
         当中間連結会計期間の営業利益は106億円で、前年同一期間対比1億円の減益となりました。これは営業総利
        益が2億円の増益であった一方、住宅販売の増加に対応する業務委託費及び当年度の統合一時費用等の要因で
        販管費負担が3億円増加したことが主要因であります。
                                 30/160



                                                          EDINET提出書類
                                               中央日本土地建物グループ株式会社(E35360)
                                                      有価証券届出書(通常方式)
         同じく経常利益は116億円で、前年同一期間対比4億円の減益となりました。このうち受取配当金、持分法に
        よる投資利益等の営業外収益は1億円の減少、営業外費用は2億円増加しております。営業外費用の増加は統
        合に伴う資金調達構造の見直しや手元流動性の積み増し等に伴う金融費用等が主要因であります。
         同じく親会社株主に帰属する中間純利益は955億円で、前年同一期間対比837億円の増益となりました。これ
        は経営統合による負ののれん発生益863億円の計上が主要因であります。
         当中間連結会計期間のセグメント別営業利益の状況等は以下のとおりです。
         都市開発事業の営業利益は100億円で、前年同一期間対比約7億円の減益となりました。これは前年同一期間
        で販売用不動産利益15億円の計上があったことが主要因です。この要因を除きますと、主力であるオフィスビ
        ル・商業施設等の賃貸利益は約7億円の増益でありました。当中間連結会計期間では新たな中規模オフィスブ
        ランドの第1号物件となる「REVZO(レブゾ)虎ノ門」や、「東京虎ノ門グローバルスクエア」が竣工し、「虎
        ノ門セントラルビル」、「ホテルグレイスリー田町」の一部持分を取得した一方、「PMO日本橋江戸通」、「芝
        浦ルネサイトタワー」の一部持分を売却する等、賃貸不動産ポートフォリオの見直しに努めております。
         住宅事業の営業利益は28億円で、前年同一期間対比約15億円の増益となりました。「バウス西葛西清新
        町」、「バウス品川戸越」、「バウス瑞江」、「バウスガーデン市川国府台」「バウスガーデン宮崎台」「バ
        ウスガーデン西荻南」などのバウスシリーズの住宅分譲の販売が進んだことが主要因です。また、当中間連結
        会計期間では賃貸運用物件として、有料老人ホーム「サニーライフ練馬高野台」が竣工するなど、バウスシ
        リーズを中心としながら、立地とニーズに合わせた各種住宅関連物件の提供に努めてまいります。
         不動産ソリューション事業の営業利益は4億円で、前年同一期間対比約1億円の減益となりました。同事業
        の収益は不動産仲介手数料、鑑定評価・各種コンサルティング手数料、事業用不動産の転売収入が中心となり
        ますが、コロナ禍により期中の不動産取引の動きが少なかったこと等が主要因です。このような状況の中、オ
        ンラインシステム等を利用した営業活動を展開しているほか、日本土地建物販売の八重洲支店と上野支店を統
        合し、新たに東京支店を開設する等、効率的かつ効果的な営業体制の構築を図り、お客様の多様な不動産ニー
        ズにお応えするべく努めてまいります。
         資産運用事業の営業利益は3億円で、前年同一期間対比で微増となりました。同事業の収益はファンドから
        のアセットマネジメントフィー、アクイジションフィーなどが主体であり、日土地アセットマネジメントが運
        用する私募リート「日本土地建物プライベートリート投資法人」においては、都内の賃貸住宅1物件のほか、
        新たなアセットタイプとして千葉県と宮城県の物流施設2物件を新規に取得し、ポートフォリオの用途分散・
        地域分散を図っております。これらにより同社全体の預かり資産も着実に増加しております。
         その他の営業利益は△3億円で、前年同一期間対比約5億円の減益となりました。これは、コロナ禍による
        ゴルフ場収益の減少等が主要因であります。
       b.  財政状態の状況に関する分析等

         財政状態の状況の概要は以下のとおりです。
         (資産)
         当中間連結会計期間末の総資産は1,108,098百万円となりました。主な内訳は、現金及び預金が62,041百万
        円、販売用不動産が50,637百万円、有形固定資産700,899百万円(うち建物168,604百万円、土地519,409百万円
        等)、投資有価証券が242,518百万円であります。流動資産である販売用不動産、及び、賃貸等不動産を中心と
        した有形固定資産を合わせると総資産の約7割を占めております。
         (負債)
         当中間連結会計期間末の負債は734,389百万円となりました。主な内訳は、有利子負債592,695百万円(うち
        短期借入金57,484百万円、コマーシャル・ペーパー27,000百万円、1年内返済予定の長期借入金86,688百万
        円、社債35,000百万円、長期借入金386,134百万円等)、長期預り敷金保証金が43,027百万円、繰延税金負債が
        75,736百万円であります。長短借入金、社債等の有利子負債は592,695百万円と負債全体の約8割を占めてお
        ります。また、統合に伴うグループ内の資金調達構造を整備するため、2020年8月に日本土地建物から当社あ
        てに無担保普通社債35,000百万円を会社分割の手法により移管を行っております。
                                 31/160




                                                          EDINET提出書類
                                               中央日本土地建物グループ株式会社(E35360)
                                                      有価証券届出書(通常方式)
         (資本)
         当中間連結会計期間末の純資産は373,708百万円となりました。主な内訳は、利益剰余金231,480百万円を含
        む株主資本が290,661百万円、その他有価証券評価差額金82,442百万円をはじめ、その他の包括利益累計額が
        82,627百万円であります。結果として純資産額と総資産額との比率は約34%となっております。
         財政状態の状況に関する分析は以下のとおりです。

         当中間連結会計期間は当社設立初年度であり、株式移転による経営統合の要因で期初に大きく残高が変動し
        ておりますので、当該経営統合による要因と、それ以外の要因に大きく区分し、経営統合後の実質的な期初比
        増減の内容を記載しております。なお、以下は当社の内部管理上の計数に基づいており、億円単位で記載をい
        たします。
         (資産)

         当中間連結会計期間末の総資産は11,081億円で、経営統合による要因2,738億円を除きますと期初比893億円
        増加いたしました。この期初比増減の内訳は、現金及び預金が期初比157億円増加、販売用不動産(含む仕掛及
        び信託受益権)が期初比16億円減少、有形固定資産が期初比129億円増加、投資有価証券が期初比554億円増
        加、などであります。
         現金及び預金の期初比157億円増加は、新型コロナウィルスの感染拡大に伴う不確実性に対応するため手元
        流動性を積上げたことによるものであります。
         販売用不動産(含む仕掛及び信託受益権)の期初比16億円減少は、購入・造成による増加約90億円、販売によ
        る減少約100億円などによるものであります。
         有形固定資産の期初比129億円増加は、取得・設備投資による増加約230億円、売却・除却による減少約40億
        円、減価償却による減少約50億円などによるものであります。
         投資有価証券の期初比554億円増加は、上場株式の株価上昇に伴い、時価評価額が増加したことが主要因で
        あります。
         (負債)
         当中間連結会計期間末の負債は7,344億円で、経営統合による要因1,581億円を除きますと期初比429億円増
        加いたしました。この期初比増減の内訳は、有利子負債が期初比233億円増加、繰延税金負債が期初比168億円
        増加、などであります。
         有利子負債の期初比233億円増加は、手元流動性の積上げ、及び、有形固定資産の増加、すなわち取得・設
        備投資等への充当が主要因であります。
         繰延税金負債の期初比168億円増加は、上場株式の株価上昇に伴うその他有価証券評価差額金の増加に対応
        する税効果分が主要因であります。
         (資本)
         当中間連結会計期間末の純資産は3,737億円で、経営統合による要因1,157億円を除きますと期初比464億円
        増加いたしました。
         この期初比増加の内訳は、親会社株主に帰属する中間純利益955億円から負ののれん発生益863億円を控除し
        た92億円の利益剰余金の増加、上場株価の株価上昇に伴うその他有価証券評価差額金387億円の増加、などで
        あります。
       c. キャッシュ・フローの状況に関する分析等

         営業活動によるキャッシュ・フローは、10,640百万円の収入となりました。内訳は、税金等調整前中間純利
        益99,032百万円、減価償却費5,123百万円、負ののれん発生益△86,345百万円などを計上し、たな卸資産の減少
        1,186百万円等による資金増加の一方、売上債権の増加△2,216百万円、仕入債務の減少△2,489百万円、法人税
        等の支払額△3,452百万円などによる資金減少であります。このうち、たな卸資産の減少は主として住宅販売が
        進み販売用不動産残高が減少したものであります。また、売上債権の増加、及び、仕入債務の減少により合わ
        せて短期的なキャッシュ・アウト・フロー要因が約47億円発生しております。この要因を除きますと、長期的
        な投資等への本源的原資となる税引後のキャッシュ・フローは約153億円でありました。
                                 32/160



                                                          EDINET提出書類
                                               中央日本土地建物グループ株式会社(E35360)
                                                      有価証券届出書(通常方式)
         投資活動によるキャッシュ・フローは、17,144百万円の支出となりました。内訳は、有形固定資産の売却に
        よる収入6,390百万円、投資有価証券の売却による収入1,439百万円などによる資金増加の一方、有形固定資産
        の取得による支出△22,620百万円、保有不動産に係る建替関連費用の支出△1,343百万円、投資有価証券の取得
        による支出△631百万円などによる資金減少であります。このように投資活動によるキャッシュ・フローは、主
        に賃貸等不動産の投資額から売却額を控除したネット投資額であります。当中間連結会計期間においては、上
        記の営業活動によるキャッシュ・フローを若干上回る水準となりましたが、後述の財務活動によるキャッ
        シュ・フローで一部カバーをした形となっております。
         財務活動によるキャッシュ・フローは、22,156百万円の収入となりました。内訳は、借入金の借入・返済に
        よるネット収入3,228百万円、コマーシャル・ペーパーの純増減額20,000百万円などであります。このうち
        15,652百万円は手元流動性の積上げに充当しており、残額の6,504百万円は営業活動によるキャッシュ・イン・
        フローと合わせて、投資活動のキャッシュ・アウト・フローに充当しております。また、短期調達手段である
        コマーシャル・ペーパーは、当中間連結会計期間においては手元流動性の積上げ等に充当しております。
       d. 資本の財源及び資金の流動性

         当中間連結会計期間末における有利子負債は592,695百万円となりました。引続き長期・固定での資金調達を
        主とすることにより、安定した財務基盤の構築を図りつつ、調達手段の多様化を目指し、無担保普通社債にて
        当中間連結会計期間末までに35,000百万円の資金調達を行っております。なお、良好な資金調達環境のもと、
        継続して低金利での資金調達を行っております。
       e. 経営指標の状況

         経営指標につきましては、ビジネスモデルに合わせて、種々の指標をバランスよく総合的に見ていくべきと
        考えております。この中で、注視すべき指標の当中間連結会計期間の実績は以下のとおりです。
         なお、2021年4月に向けて経営統合第2フェーズとしてグループ内再編を準備しておりますので、来年度は
        目標とすべき指標等を見直してまいります。
         当中間連結会計期間の経常利益は116億円で、前年同一期間対比4億円の減益となりました。
         コロナ禍、及び、経営統合に伴う一時コストの発生も重なったものの、当中間連結会計期間の減益幅は比較
        的小幅にとどまっておりますが、今後の環境変化等には十分留意してまいります。
         当中間連結会計期間末の純資産額と総資産額との比率は約34%となりました。また、純資産額、総資産額に
        それぞれ含まれるその他有価証券評価差額金の影響を控除した場合での比率は約29%となっております。増減
        の大きい保有上場株式の評価益ポジションに依拠しないよう、後者の比率の状況も注視してまいります。
         当中間連結会計期間の有利子負債のEBITDA倍率は約16(年間換算ベース)となりました。統合母体会社のこれ
        までの実績も概ね10台半ばから10台後半でありました。
         成長に向けた投資が先行すると同指標が上昇いたしますが、中長期的な不動産市況、将来収益見通し等も踏
        まえて同指標の動向を注視し、運営してまいります。
      ② 重要な会計上の見積り及び当該見積りに用いた仮定

        当社グループの連結財務諸表は、わが国において一般に公正妥当と認められる会計基準に基づき作成されてお
       ります。この連結財務諸表の作成においては、資産、負債、収益及び費用の報告額に影響を及ぼす見積り及び仮
       定を用いておりますが、これらの見積り及び仮定に基づく数値は、見積り特有の不確実性があるため、実際の結
       果と異なる可能性があります。
        当社グループが中間連結財務諸表の作成に際して採用している重要な会計方針、会計上の見積り及び当該見積
       りに用いた仮定のうち重要なものは、「第5 経理の状況 1 中間連結財務諸表等 (1)                                           中間連結財務諸表 
       注記事項 (中間連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項)及び(追加情報)」に記載のとおりでありま
       す。)
                                 33/160




                                                          EDINET提出書類
                                               中央日本土地建物グループ株式会社(E35360)
                                                      有価証券届出書(通常方式)
    4  【経営上の重要な契約等】
     (1)  当社は、2020年4月1日付で、日本土地建物及び中央不動産との間において、両社の業務の健全かつ適切な運営
      を確保するとともに、一体的運用を図ることによりグループとしての企業価値を高めること等を目的として、それ
      ぞれの経営状況を管理・指導するための経営管理契約を締結しております。
     (2)  当社グループ内の組織再編に伴う吸収合併契約及び吸収分割契約
       当社グループ各社の顧客基盤やノウハウの一元化等を通じて、お客さまに提供するサービスレベルを一層向上さ
      せることを展望し、当社は2020年11月30日開催の取締役会において、当社の連結子会社である日本土地建物株式会
      社及び中央不動産株式会社等は、2020年12月17日開催の取締役会において、2021年4月1日付で当社の連結子会社
      7社間の吸収合併及び吸収分割等による事業別組織再編を決議いたしました。また、各社において必要とされる合
      併契約及び吸収分割契約等を2021年1月8日付で締結し、株主総会等の承認を2021年1月27日付で得ております。
       なお、本組織再編については、無対価での合併・分割等を予定しているため、各子会社における資本金に異動は
      ありません。
       また、本組織再編は当社傘下の子会社の再編であり、本組織再編前後において、当社連結ベースの資産、負債等
      の財政状態には影響は生じない見込みです。
       なお、当該組織再編の概要は以下の通りとなります。

      (ア)   現物配当による日本土地建物販売株式会社の完全子会社化
        当社の連結子会社である日本土地建物が全株式を直接保有する日本土地建物販売株式会社の全株式を、2021年
       4月1日付(予定)で当社へ現物配当することによる完全子会社化。
      (イ)   日本土地建物販売株式会社を吸収分割承継会社とする吸収分割

       ① 対象となる事業の名称及びその事業の内容
        a.  事業名称:日本土地建物の不動産ソリューション事業
          事業内容:不動産コンサルティング、不動産鑑定評価
        b.  事業名称:中央不動産の営業部門の事業
          事業内容:不動産売買・賃貸借の仲介、不動産鑑定評価
       ② 企業結合日
         2021年4月1日(予定)
       ③ 企業結合の法的形式
         中央不動産及び日本土地建物を吸収分割会社、日本土地建物販売株式会社を吸収分割承継会社とする吸収分
         割
       ④ 結合後企業の名称
         中央日土地ソリューションズ株式会社
      (ウ)   日本土地建物を吸収合併存続会社とする吸収合併

       ① 結合当事企業の名称及びその事業の内容
        ⅰ.吸収合併存続会社
          名称  :日本土地建物
          事業内容:オフィスビル・商業施設等の開発・賃貸・管理、マンション・戸建住宅等の開発・販売・賃貸
        ⅱ.吸収合併消滅会社
          名称  :中央不動産
          事業内容:不動産の所有・賃貸・管理
       ② 企業結合日
         2021年4月1日(予定)
       ③ 企業結合の法的形式
         中央不動産を吸収合併消滅会社、日本土地建物を吸収合併存続会社とする吸収合併
       ④ 結合後企業の名称
         中央日本土地建物株式会社
                                 34/160



                                                          EDINET提出書類
                                               中央日本土地建物グループ株式会社(E35360)
                                                      有価証券届出書(通常方式)
      (エ)   日土地ビルサービス株式会社を吸収合併存続会社とする吸収合併
       ① 結合当事企業の名称及びその事業の内容
        ⅰ.吸収合併存続会社
          名称  :日土地ビルサービス株式会社
          事業内容:プロパティマネジメント、不動産の運営管理
        ⅱ.吸収合併消滅会社
          名称  :中央ビルマネジメント株式会社
          事業内容:プロパティマネジメント
       ② 企業結合日
         2021年4月1日(予定)
       ③ 企業結合の法的形式
         中央ビルマネジメント株式会社を吸収合併消滅会社、日土地ビルサービス株式会社を吸収合併存続会社とす
         る吸収合併
       ④ 結合後企業の名称
         中央日土地ビルマネジメント株式会社
      (オ)   日土地建設株式会社を吸収合併存続会社とする吸収合併

       ① 結合当事企業の名称及びその事業の内容
        ⅰ.吸収合併存続会社
          名称  :日土地建設株式会社
          事業内容:建設工事・リニューアル工事、工事の企画・設計・監理
        ⅱ.吸収合併消滅会社
          名称  :中央ビルテクノ株式会社
          事業内容:建物設備工事・設計・施工・請負・保守管理
       ② 企業結合日
         2021年4月1日(予定)
       ③ 企業結合の法的形式
         中央ビルテクノ株式会社を吸収合併消滅会社、日土地建設株式会社を吸収合併存続会社とする吸収合併
       ④ 結合後企業の名称
         中央日土地ファシリティーズ株式会社
      (カ)   現物配当による中央日土地ビルマネジメント株式会社の完全子会社化

        2021年4月1日付(予定)で吸収合併した中央日本土地建物株式会社が全株式を直接保有する中央日土地ビルマ
       ネジメント株式会社の全株式を、2021年4月1日付(予定)で当社へ現物配当することによる完全子会社化。
    5  【研究開発活動】

      該当事項はありません。
                                 35/160







                                                          EDINET提出書類
                                               中央日本土地建物グループ株式会社(E35360)
                                                      有価証券届出書(通常方式)
    第3   【設備の状況】
    1  【設備投資等の概要】

      当社グループは都市開発事業並びに住宅事業を中心に業務を行っており、賃貸の用に供するための物件の取得・購
     入・建設に加え、既存ビルのリニューアル・都市開発事業の拡充・情報化投資等、当社グループ保有物件及びポート
     フォリオの付加価値を高めるための設備投資を実施しており、当中間連結会計期間における主な取得物件は以下と
     なっております。
                                                  (単位:百万円)
        設備の名称             所在地        セグメントの名称          設備の内容・用途           設備投資額
    虎ノ門セントラルビル              東京都港区          都市開発事業          貸事務所               6,007

    コニシビル              東京都港区          都市開発事業          貸店舗事務所               4,351

    東京YBビル              東京都品川区          都市開発事業          貸事務所               2,969

    ホテルグレイスリー田町              東京都港区          都市開発事業          ホテル               1,729

      なお、当中間連結会計期間のセグメント別の設備投資額(有形固定資産、無形固定資産の取得価額。金額には消費税

     等は含まれておりません。)は次のとおりであります。
        セグメントの名称                 設備投資額(百万円)                    構成比(%)
    都市開発事業                               20,471                   92.5

    住宅事業                                1,314                   5.9

    不動産ソリューション事業                                 14                 0.1

        報告セグメント計                           21,800                   98.5

    その他                                 275                  1.2

    調整額                                 61                 0.3

            合計                        22,137                  100.0

      当中間連結会計期間の設備の譲渡は次のとおりであります。

     (1)  提出会社
       当中間連結会計期間において、重要な設備の譲渡はありません。
     (2)  国内子会社

                                             帳簿価額(単位:百万円)
                          セグメントの             土地面積
                                 設備の内容
      会社名       設備の名称        所在地
                                  ・用途
                            名称            (㎡)
                                            土地    建物   その他    合計
    日本土地建物㈱       PMO日本橋江戸通       東京都中央区       都市開発事業       貸事務所         499   1,136    1,172     25  2,334
     (注)   1 上記の金額には消費税等は含まれておりません。
       2 帳簿価額のうち、その他には建物、土地、建設仮勘定以外の有形固定資産(リース資産を含む)の合計を表示
         しております。
       3 PMO日本橋江戸通は区分所有権の譲渡であります。
                                 36/160





                                                          EDINET提出書類
                                               中央日本土地建物グループ株式会社(E35360)
                                                      有価証券届出書(通常方式)
    2  【主要な設備の状況】
     (1)  提出会社
       当中間連結会計期間末において重要な設備はありません。
     (2)  国内子会社

                                                        従業
                                           帳簿価額(単位:百万円)
                                     土地面積
                          セグメントの      設備の内容
      会社名       設備の名称        所在地                                   員数
                           名称     ・用途
                                      (㎡)
                                          土地    建物   その他    合計
                                                        (人)
                               貸店舗
           京橋エドグラン        東京都中央区       都市開発事業             3,057   27,418    18,211     190  45,821     3
    日本土地建物㈱
                               事務所
           グランフロント                    貸店舗
                   大阪市北区       都市開発事業            43,168    18,889    7,612    142  26,645     -
           大阪                    事務所
           新大崎勧業
                   東京都品川区       都市開発事業      貸事務所       3,540   10,700    2,128     2  12,831     -
           ビルディング
                               貸事務所
           西新宿ビル        東京都新宿区       都市開発事業             4,241    8,596    3,931     71  12,600     2
                               住宅
           淀屋橋ビル        大阪市中央区       都市開発事業      貸事務所       2,297   12,149      -    -  12,149    35
                               貸店舗
           虎ノ門東洋ビル        東京都港区       都市開発事業             869  11,311     108    0  11,419     -
                               事務所
           汐留芝離宮                    貸店舗
                   東京都港区       都市開発事業             1,139    8,397    1,875     12  10,286     -
           ビルディング                    事務所
                               貸店舗
           京橋イーストビル        東京都中央区       都市開発事業             829   8,164    1,728     12  9,905    -
                               事務所
                               貸店舗
           大崎ウィズタワー        東京都品川区       都市開発事業             3,511    4,114    4,649     48  8,812    -
                               事務所
           京橋ビル        東京都中央区       都市開発事業      貸事務所       1,551    5,463    2,650     19  8,133    -
           内幸町ビル        東京都千代田区       都市開発事業      貸事務所        877   7,805    149    -  7,954    -
           大崎                    貸店舗
                   東京都品川区       都市開発事業             1,365    5,105    2,739     63  7,908    -
           ブライトタワー                    事務所
           千葉市稲毛区
                   千葉市稲毛区       都市開発事業      貸店舗       24,030    6,868    767    -  7,635    -
           商業施設
           芝浦ルネサイト
                   東京都港区       都市開発事業      貸事務所       1,158    5,984    1,540     7  7,531    -
           タワー
           新六本木ビル        東京都港区       都市開発事業      貸事務所       1,439    6,949    533    10  7,493    -
           REVZO虎ノ門        東京都港区       都市開発事業      貸事務所        501   4,337    2,099    128   6,565    -
           磯村ビル        東京都港区       都市開発事業      貸事務所        604   5,186    1,178     2  6,367    -
           ラティス青山                    貸店舗
                   東京都港区       都市開発事業             1,124    3,242    2,964     63  6,269    -
           スクエア                    事務所
           山下町ビル        横浜市中区       都市開発事業      貸事務所       1,532    3,520    2,526     13  6,061    3
           虎ノ門セントラル
                   東京都港区       都市開発事業      貸事務所        548   5,219    761    -  5,981    -
           ビル
                               貸店舗
                               事務所
           日土地ビル        東京都千代田区       都市開発事業      当社グルー       3,985    3,707    2,174     30  5,912   702
                               プ本社・
                               事務所
           東京虎ノ門グロー
                   東京都港区       都市開発事業      貸事務所        434   3,705    2,080     -  5,785    -
           バルスクエア
           REVZO日本橋
                   東京都中央区       都市開発事業      建設予定地        844   5,609     -    -  5,609    -
           堀留町
           青山ビル        東京都港区       都市開発事業      貸事務所        766   4,018    1,144     17  5,181    -
           虎ノ門イースト
                   東京都港区       都市開発事業      貸事務所        601   4,007    878    20  4,907    -
           ビル
           日本橋イースト
                   東京都中央区       都市開発事業      貸事務所       1,248    2,849    1,626     3  4,479    -
           ビル
                               貸店舗
           コニシビル        東京都港区       都市開発事業             338   4,048    300    -  4,348    -
                               事務所
                               貸店舗
           名古屋ビル        名古屋市中区       都市開発事業             3,346    1,200    3,134     9  4,345    10
                               事務所
           ザ・マナー西麻布        東京都港区       住宅事業      貸共同住宅       2,113    2,899    1,194     66  4,160    -
                               貸店舗
           NT虎ノ門ビル        東京都港区       都市開発事業             288   3,683    212    -  3,896    -
                               事務所
                                 37/160



                                                          EDINET提出書類
                                               中央日本土地建物グループ株式会社(E35360)
                                                      有価証券届出書(通常方式)
                                                        従業
                                           帳簿価額(単位:百万円)
                                     土地面積
                          セグメントの      設備の内容
      会社名       設備の名称        所在地                                   員数
                           名称     ・用途
                                      (㎡)
                                          土地    建物   その他    合計
                                                        (人)
                               貸店舗
           千葉ビル        千葉市中央区       都市開発事業             1,883    1,959    1,925     4  3,889    -
                               事務所
           西北ビル        東京都新宿区       都市開発事業      貸事務所       1,398    2,969    623    0  3,593    -
           厚木市事業用地        神奈川県厚木市       都市開発事業      建設予定地       13,126    3,320     -    -  3,320    -
                                      1,111
           上野ビル        東京都台東区       都市開発事業      貸事務所           2,390    902    0  3,293    -
                                       (243)
           アパートメンツ
                   東京都目黒区       住宅事業      貸共同住宅       1,941    2,386    733    0  3,120    -
           東山
           谷町四丁目ビル        大阪市中央区       都市開発事業      貸事務所        859   1,819    1,248     27  3,095    -
           東京YBビル        東京都品川区       都市開発事業      貸事務所        806   2,059    904    -  2,964    -
                               貸店舗
           赤坂日ノ樹ビル        東京都港区       都市開発事業             279   2,360    560    0  2,921    -
                               事務所
           八重洲二丁目
                   東京都中央区       都市開発事業      建設予定地        178   2,861     -    1  2,863    -
           事業用地
                               貸店舗
           京都四条通ビル        京都市下京区       都市開発事業             679   2,088    600    1  2,690    -
                               事務所
           ソアラノーム
                   東京都目黒区       住宅事業      貸共同住宅       3,000    1,827    818    14  2,660    -
           碑文谷
                               貸店舗
           河原町ビル        京都市中京区       都市開発事業             537   2,032    502    3  2,538    -
                               事務所
           西麻布三丁目
                   東京都港区       都市開発事業      建設予定地        535   2,375     -    -  2,375    -
           事業用地
           ソアラノーム
                   東京都杉並区       住宅事業      貸共同住宅       3,495    963   1,315     45  2,323    -
           荻窪天沼
                               貸店舗
           五反田ビル        東京都品川区       都市開発事業             844   1,757    528    1  2,287    -
                               事務所
           目黒センタービル        東京都品川区       都市開発事業      貸事務所        882   2,006    268    1  2,277    3
           バウスステージ
                   東京都港区       住宅事業      貸共同住宅      (1,837)     804   1,305    123   2,232    -
           広尾
                               貸店舗
           IKOZA        神奈川県大和市       都市開発事業            (5,322)      -  2,136     41  2,178    -
                               事務所
                               貸店舗
           大崎ブライトコア        東京都品川区       都市開発事業             725   1,093    1,057     23  2,174    -
                               事務所
           Azabu   Manor
                   東京都港区       住宅事業      貸共同住宅       2,391    1,076    1,019     56  2,152    -
           御徒町ビル        東京都台東区       都市開発事業      貸事務所        836   1,006    1,036     54  2,097    -
           パークハビオ
                   東京都渋谷区       住宅事業      貸共同住宅        629   1,506    549    4  2,060    -
           渋谷神山町
           南榎町ハイツ        東京都新宿区       住宅事業      賃貸住宅       1,323    1,865    175    8  2,049    -
           バウスステージ
                   東京都港区       住宅事業      貸共同住宅        936   1,179    729    32  1,941    -
           南青山
           市谷ビル        東京都新宿区       都市開発事業      貸事務所       1,702    1,755    167    1  1,924    -
           エフスペース                    貸店舗
                   広島市中区       都市開発事業             686   1,238    666    1  1,906    -
           八丁堀ビル                    事務所
           ソアラプラザ鶴見        横浜市鶴見区       住宅事業      貸店舗住宅       1,093    1,227    525    14  1,767    -
           ホテルグレイス
                   東京都港区       都市開発事業      貸宿泊施設        689   1,289    421    8  1,719    -
           リー田町
           北新宿ビル        東京都新宿区       都市開発事業      貸店舗        869   1,567    109    0  1,676    -
           仙台事業用地        仙台市青葉区       都市開発事業      貸地        775   1,615     -    -  1,615    -
           神田ビル        東京都千代田区       都市開発事業      貸事務所        283   1,333    254    3  1,591    -
           ソアラノーム
                   東京都目黒区       住宅事業      貸共同住宅       1,672    558    954    44  1,556    -
           大岡山
                               貸店舗
           大森ビル        東京都品川区       都市開発事業             888   1,401    143    0  1,544    -
                               事務所
           サニーライフ
                   東京都練馬区       住宅事業      貸厚生施設      (2,229)      -  1,434     74  1,508    -
           練馬高野台
                                 38/160




                                                          EDINET提出書類
                                               中央日本土地建物グループ株式会社(E35360)
                                                      有価証券届出書(通常方式)
                                                        従業
                                           帳簿価額(単位:百万円)
                                     土地面積
                          セグメントの      設備の内容
      会社名       設備の名称        所在地                                   員数
                           名称     ・用途
                                      (㎡)
                                          土地    建物   その他    合計
                                                        (人)
           丸の内センター
                   東京都千代田区       都市開発事業      貸事務所      5,580.32    80,784    8,353    195  89,332    15
    中央不動産㈱
           ビル
           新丸の内センター
                   東京都千代田区       都市開発事業      貸事務所      2,237.54    21,761    8,336     68  30,166     -
           ビル
                   東京都東
           ひばりが丘              都市開発事業      貸地     52,670.00     6,914     ―    2  6,917    -
                   久留米市
           新橋ホテル        東京都港区       都市開発事業      貸宿泊施設       669.22    3,699    890    10  4,600    -
           南船場ハートビル        大阪市中央区       都市開発事業      貸事務所      1,826.73     2,662    1,281     4  3,948    13
           赤坂クロシェット
                   東京都港区       都市開発事業      貸事務所      1,073.39     2,789    342    0  3,132    -
           ビル
           アンビエンテ経堂        東京都世田谷区       住宅事業      貸共同住宅      4,594.67     1,575    1,412     41  3,030    -
           レガーロ西早稲田        東京都新宿区       住宅事業      貸共同住宅       856.41    1,879    1,026     1  2,908    -
           元住吉国際学生寮        川崎市中原区       住宅事業      貸共同住宅      1,538.11     1,452    859    32  2,344    -
           DJ落合駅前        東京都新宿区       住宅事業      貸共同住宅       971.61    1,823    513    4  2,340    -
           中野ビル        東京都中野区       都市開発事業      貸事務所       528.15    1,954    375    -  2,329    -
           三田SSビル        東京都港区       都市開発事業      貸事務所       389.15    1,727    575    -  2,303    -
           神田第二中央ビル        東京都千代田区       都市開発事業      貸事務所       626.47    1,597    626    0  2,224    16
           アンビエンテ駒込        東京都北区       住宅事業      貸共同住宅       955.45     505   1,391     45  1,941    -
           茗荷谷研修所        東京都文京区       都市開発事業      貸研修施設      3,707.61     1,569    357    6  1,933    -
           DJ根津駅前        東京都文京区       住宅事業      貸共同住宅       445.13    1,467    334    1  1,803    -
           広島第一ビル        広島市中区       都市開発事業      貸事務所       822.88    1,340    398    1  1,740    -
           内神田中央ビル        東京都千代田区       都市開発事業      貸事務所       473.79    1,231    485    0  1,717    -
           DJ上馬        東京都世田谷区       住宅事業      貸共同住宅      2,517.70     1,178    516    8  1,703    -
           堀留中央ビル        東京都中央区       都市開発事業      貸事務所       966.86     367   1,259     2  1,629    -
           セントラル白楽        横浜市神奈川区       住宅事業      貸共同住宅      1,207.71     1,010    568    3  1,581    -
                                                        従業

                                           帳簿価額(単位:百万円)
                                     土地面積
                          セグメントの      設備の内容
      会社名       設備の名称        所在地                                   員数
                           名称     ・用途
                                      (㎡)
                                          土地    建物   その他    合計
                                                        (人)
                               貸事務所
    日本土地建物
           ゲートシティ大崎        東京都品川区       都市開発事業             1,375    3,635    1,418     21  5,075    -
                               住宅
    販売㈱
           横浜西口第二ビル        横浜市西区       都市開発事業      貸事務所        462   1,101    414    0  1,515    8
           横浜西口第一ビル        横浜市西区       都市開発事業      貸事務所        413   1,101    404    0  1,506    -
           レイクウッド        神奈川県中郡            ゴルフ場     1,404,504
                          その他                3,815    1,402    544   5,763   205
    ㈱レイクウッド
           ゴルフクラブ        大磯町            施設      (369,121)
    コーポレーショ
           平塚富士見        神奈川県            ゴルフ場     1,257,023
    ン
                          その他                1,756    598    565   2,921   153
           カントリークラブ        足柄上郡中井町            施設      (254,122)
    (同)クスノキを
           熊本ショッピング        熊本県上益城郡
    営業者とする匿                      都市開発事業      貸店舗      206,231    7,265   12,555     240  20,061     -
           センター        嘉島町
    名組合
                                 39/160







                                                          EDINET提出書類
                                               中央日本土地建物グループ株式会社(E35360)
                                                      有価証券届出書(通常方式)
     (注)   1 土地面積中の( )内は借地権、定期借地権の面積であります。
       2 上記の金額には消費税等は含まれておりません。
       3 帳簿価額のうち、土地には土地及び借地権の合計、その他には建物、土地、建設仮勘定以外の有形固定資産
         (リース資産を含む)の合計を表示しております。なお、連結会社間の未実現利益等については、調整を行っ
         ておりません。
       4 複数設備に関しビル管理を担当している従業員も存在しておりますが、2020年9月現在の主たる勤務設備を
         基礎として従業員数を記載しております。また、上記に記載している主要な設備以外に勤務する従業員も存
         在するため、連結ベースの従業員数とは一致しません。
       5 上記の他、連結会社以外からの主要な賃借設備の内容は、下記のとおりであります。
         国内子会社
                                                      賃借面積
            会社名         設備の名称           所在地      セグメントの名称         設備の内容
                                                      (㎡)
                  京橋エドグラン           東京都中央区        都市開発事業        転貸用建物          16,913
          日本土地建物㈱
                  京橋イーストビル           東京都中央区        都市開発事業        転貸用建物          1,863
                  霞が関コモンゲート           東京都千代田区        都市開発事業        転貸用建物          1,806
                  大崎ウィズタワー           東京都品川区        都市開発事業        転貸用建物          1,261
                  第2ローレルビル           東京都港区        都市開発事業        転貸用建物          1,144
                  新大崎勧業ビルディング           東京都品川区        都市開発事業        転貸用建物           818
                  蔵前セントラルビル           東京都台東区        都市開発事業        転貸用建物           638
                  西新橋ビル           東京都港区        都市開発事業        転貸用建物           380
                  RECビル           東京都千代田区        都市開発事業        転貸用建物           186
    3  【設備の新設、除却等の計画】

     (1)  重要な設備の新設等
                                           投資予定額(百万円)
                                     セグメント                着手及び
      会社名        設備の名称        所在地     設備の内容・用途
                                      の名称               完了予定
                                            総額    既支払額
                           貸共同住宅店舗
                       東京都    鉄筋コンクリート造                          2019年9月
    中央不動産㈱        (仮称)中野ビル建替計画                          住宅事業       4,237     2,489
                       中野区    地上14階建                          ~2023年2月
                           延床面積4,045㎡
     (注) 今後必要な資金は自己資金、借入金等により賄う予定であります。
     (2)  重要な設備の除却等

       当中間連結会計期間において、新たに確定した重要な設備の除却等の計画はありません。
                                 40/160









                                                          EDINET提出書類
                                               中央日本土地建物グループ株式会社(E35360)
                                                      有価証券届出書(通常方式)
    第4【提出会社の状況】
    1  【株式等の状況】

     (1)  【株式の総数等】
      ①  【株式の総数】
                種類                       発行可能株式総数(株)
               普通株式                                    10,000,000

                計                                   10,000,000

      ②  【発行済株式】

                            上場金融商品取引所名
                  発行数(株)
       種類                     又は登録認可金融商品                   内容
                 (提出日現在)
                              取引業協会名
                                        完全議決権株式であり、剰余金の配
                                        当に関する請求権その他の権利内容
                                        に何ら限定のない、当社における標
      普通株式                3,604,833          非上場
                                        準となる株式です。なお、当社は種
                                        類株式発行会社ではありません。
                                        単元株式数は50株です。
        計              3,604,833           ―               ―
     (2)  【新株予約権等の状況】

      ①  【ストックオプション制度の内容】
        該当事項はありません。
      ②  【ライツプランの内容】

        該当事項はありません。
      ③  【その他の新株予約権等の状況】

        該当事項はありません。
     (3)  【発行済株式総数、資本金等の状況】

                 発行済株式       発行済株式      資本金増減額       資本金残高       資本準備金       資本準備金
        年月日         総数増減数       総数残高                     増減額       残高
                  (千株)       (千株)      (百万円)       (百万円)       (百万円)       (百万円)
    2020年4月1日        (注1)       3,668       3,668      10,000       10,000       10,000       10,000
    2020年8月31日        (注2)        △63      3,604        ―     10,000         ―     10,000

     (注)   1   2020年4月1日付で日本土地建物及び中央不動産による共同株式移転の方式により当社が設立され、発行済
         株式総数が3,668,543株、資本金及び資本準備金がそれぞれ10,000百万円増加しております。
       2   2020年8月20日開催の取締役会の決議により、2020年8月31日を消却日として自己株式63,710株の消却を実
         施し、発行済株式数は3,604,833株となっております。
                                 41/160





                                                          EDINET提出書類
                                               中央日本土地建物グループ株式会社(E35360)
                                                      有価証券届出書(通常方式)
     (4)  【所有者別状況】
                                               2020年9月30日現在
                       株式の状況(1単元の株式数50株)
                                                    単元未満
      区分                           外国法人等                  株式の状況
           政府及び
                     金融商品     その他の                個人
                                                     (株)
           地方公共     金融機関                                計
                     取引業者      法人               その他
            団体
                               個人以外      個人
    株主数
              ―      9     1     55     ―     ―     297     362      ―
    (人)
    所有株式数
              ―    9,105      700    59,105       ―     ―    3,177     72,087       483
    (単元)
    所有株式数
              ―    12.63      0.97     81.99       ―     ―    4.41    100.00        ―
    の割合(%)
     (5)  【大株主の状況】

                                               2021年1月31日現在
                                              発行済株式(自己株式を
                                        所有株式数
         氏名又は名称                    住所                 除く。)の総数に対する
                                         (千株)
                                              所有株式数の割合(%)
    清和綜合建物株式会社                千代田区丸の内一丁目6番1号                       537           14.91
    株式会社有終コーポレーション                中央区日本橋三丁目12番2号                       279           7.75

    名古屋ビルディング株式会社                名古屋市中区錦一丁目19番24号                       266           7.39

    日新建物株式会社                港区虎ノ門一丁目1番10号                       203           5.65

    東京センチュリー株式会社                千代田区神田練塀町3番地                       201           5.59

    損害保険ジャパン株式会社                新宿区西新宿一丁目26番1号                       160           4.44

    ケイ・エス・オー株式会社                千代田区九段北四丁目1番10号                       148           4.12

    清水建設株式会社                中央区京橋二丁目16番1号                       116           3.24

    株式会社みずほ銀行                千代田区大手町一丁目5番5号                       109           3.03

    株式会社竹中工務店                大阪市中央区本町四丁目1番13号                        99           2.74

           計                  ―             2,123            58.91

     (注) 所有株式数は千株未満を切捨表示しております。
                                 42/160








                                                          EDINET提出書類
                                               中央日本土地建物グループ株式会社(E35360)
                                                      有価証券届出書(通常方式)
     (6)  【議決権の状況】
      ①  【発行済株式】
                                               2021年1月31日現在
           区分           株式数(株)         議決権の数(個)                内容
    無議決権株式                        ―          ―          ―

    議決権制限株式(自己株式等)                        ―          ―          ―

    議決権制限株式(その他)                        ―          ―          ―

                    (相互保有株式)
    完全議決権株式(自己株式等)                                 ―       単元株式数50株
                    普通株式     102,550
                    普通株式
    完全議決権株式(その他)                               70,036           同上
                        3,501,800
                    普通株式
    単元未満株式                                 ―          ―
                           483
    発行済株式総数                    3,604,833             ―          ―
    総株主の議決権                        ―        70,036            ―

      ②  【自己株式等】

                                               2021年1月31日現在
                               自己名義      他人名義      所有株式数      発行済株式総数
      所有者の氏名
                   所有者の住所           所有株式数      所有株式数       の合計      に対する所有
       又は名称
                                (株)      (株)      (株)    株式数の割合(%)
    (相互保有株式)
    勧友商事株式会社           港区虎ノ門一丁目1番10号                 85,900        ―    85,900          2.38
    峰岸不動産株式会社           中央区日本橋三丁目12番2号                 16,650        ―    16,650          0.46
         計             ―          102,550         ―    102,550          2.84
                                 43/160











                                                          EDINET提出書類
                                               中央日本土地建物グループ株式会社(E35360)
                                                      有価証券届出書(通常方式)
    2  【自己株式の取得等の状況】
       【株式の種類等】         会社法第155条第13号による普通株式の取得
     (1)  【株主総会決議による取得の状況】
       該当事項はありません。
     (2)  【取締役会決議による取得の状況】

       該当事項はありません。
     (3)  【株主総会決議又は取締役会決議に基づかないものの内容】

               区分                  株式数(株)            価額の総額(百万円)
    最近事業年度における取得自己株式                                     ―              ―

    最近期間における取得自己株式                                   63,710               1,237

     (4)  【取得自己株式の処理状況及び保有状況】

                           最近事業年度                   最近期間
           区分
                               処分価額の総額                  処分価額の総額
                       株式数(株)                  株式数(株)
                                (百万円)                  (百万円)
    引き受ける者の募集を行った取得
                            ―         ―         ―         ―
    自己株式
    消却の処分を行った取得自己株式                        ―         ―       63,710          1,237
    合併、株式交換、会社分割に係る
                            ―         ―         ―         ―
    移転を行った取得自己株式
    その他                        ―         ―         ―         ―
    保有自己株式数                        ―         ―         ―         ―

     (注)   1.当社は、2020年4月1日に共同株式移転の方式により、日本土地建物と中央不動産の完全親会社として設立
         されました。これに伴い決算期を経過していないため、最近事業年度における取得自己株式の処理状況及び
         保有状況については記載しておりません。
       2.なお、最近期間には2020年4月1日から本届出書提出日までの取得自己株式の処理状況及び保有状況を記載
         しております。
    3  【配当政策】

      当社は、株主への安定的な利益還元を重要な課題の一つと考え、業績に対応した配当を実施することを基本とした
     うえで、今後の事業展開、内部留保の充実及び配当性向等を総合的に勘案して決定することとしております。
      この方針のもと、当中間連結会計期間の配当につきましては、1株当たり中間配当200円といたしました。
      内部留保金については、今後の設備投資等の資金需要に備える所存です。
      なお、当社は、会社法第454条第5項に規定する中間配当を行うことができる旨を定款に定めており、剰余金の配当
     は中間配当及び期末配当の年2回を基本としておりますが、配当の決定機関は、中間配当は取締役会、期末配当は株
     主総会であります。
      (注) 基準日が当中間連結会計期間に属する剰余金の配当は以下のとおりであります。
                              配当金の総額               1株当たり配当額
              決議年月日
                               (百万円)                 (円)
         2020年11月30日
                                       720                200
         取締役会決議
                                 44/160




                                                          EDINET提出書類
                                               中央日本土地建物グループ株式会社(E35360)
                                                      有価証券届出書(通常方式)
    4  【コーポレート・ガバナンスの状況等】
     (1)  【コーポレート・ガバナンスの概要】
      ① コーポレート・ガバナンスに関する基本的な考え方
        当社のコーポレート・ガバナンスに関する基本的な考え方は、迅速な意思決定と業務執行体制の確立を通じ
       て、株主の信頼と期待に応え、企業価値を継続的に高めていくことであると考えております。
      ② 企業統治の体制の概要
       ・当社は、株主総会の下に法定機関である取締役会、監査役会を置くほか、代表取締役社長の諮問機関である経
        営会議を置いております。
       ・また、当社は経営意思決定の迅速化を図るとともに、業務執行機能を強化するため、執行役員制度を導入して
        おります。
       ・提出日現在、当社の取締役は9名(内、代表取締役2名)、執行役員は8名(内、取締役兼務2名、常務執行役員
        5名、執行役員1名)であります。
       ・その他、取締役会や経営会議を補佐するとともに、関係会社を含めた業務活動全般を管理・監督する部署とし
        て、経営企画部を設置し、同部運営の経営会議などにより、グループとしての内部統制の充実とリスク管理の
        強化を図っております。
       ・会計監査人につきましては、EY新日本有限責任監査法人に委嘱し会社法監査及び金融商品取引法監査を受け
        ており、正確な経営情報・財務情報の提供に配慮しております。
       ・顧問弁護士からは、法律上の判断を必要とする場合等に、適宜、助言・指導を受けております。
       a.内部統制システムの整備の状況

        イ.取締役・使用人の職務執行が法令及び定款に適合することを確保するための体制
         ・当社グループは、コンプライアンスを経営の基本原則と位置付け、当社グループの役職員が、法令諸規則
          等を遵守し、高い倫理観を持ち誠実かつ公正な企業活動を遂行できるよう体制整備を行っております。
         ・コンプライアンスに関する担当部署を設置し、コンプライアンス規程を定め、当社グループにおけるコン
          プライアンス推進計画を策定・実施し、コンプライアンス状況を取締役会等に報告しております。また、
          法令・社内規程・行動規範の違反や疑義のある行為に関する内部通報制度を定めております。
         ・内部監査に関する担当部署を設置し、内部監査規程を定め、当社グループにおける内部監査計画を策定・
          実施し、コンプライアンス体制や管理状況等に係る監査を実施し、その結果を取締役会等に報告する体制
          としております。
        ロ.取締役の職務の執行に係る情報の保存及び管理に関する事項
         ・当社グループは、情報保護・管理の重要性を十分認識し、取締役の職務執行に係る情報資産を適切に保
          存・管理する体制整備を行っております。
         ・情報管理に関する担当部署を設置し、情報管理規程を定め、当社グループの情報資産の適切な管理を行
          い、取締役及び監査役が当社グループの情報資産を常時閲覧できる状態を確保しております。
        ハ.損失の危険の管理に関する規程その他の体制
         ・当社グループは、事業活動全般における様々なリスク事象を十分に認識し、業務やリスク毎の特性に応じ
          て適切に管理する体制整備を行っております。
         ・リスク管理に関する担当部署を設置し、リスク管理規程を定め、当社グループにおけるリスク管理推進計
          画を策定・実践し、取締役会等に報告しております。また、緊急時におけるBCM対応・防災対策等につ
          いては、必要な訓練計画を策定・実践しております。なお、多額の投資等、当社グループ各社のリスク管
          理に関する重要な意思決定事項に関しては、グループ各社において当該リスクを分析・評価し、当社の取
          締役会で決定しております。
         ・内部監査に関する担当部署は、内部監査規程を定め、当社グループにおける内部監査計画を策定・実施
          し、リスク管理体制や管理状況等に係る監査を実施し、その結果を取締役会等に報告する体制としており
          ます。
                                 45/160




                                                          EDINET提出書類
                                               中央日本土地建物グループ株式会社(E35360)
                                                      有価証券届出書(通常方式)
        ニ.取締役の職務の執行が効率的に行われることを確保するための体制
         ・当社グループは、持株会社形態による事業別組織や執行役員制度を導入し、「取締役会規程」「組織規
          程」等の規程類を整備し、当社グループ経営の意思決定の迅速化や取締役の職務の効率性を確保する体制
          整備を行っております。
         ・取締役会は、法令で定められた事項や経営に関する重要な事項等の意思決定及び業務執行状況の監督を行
          うべく、多様な知識・経験・能力の具備状況を考慮した役員構成とし、取締役会の実効性を確保しており
          ます。
         ・取締役会は、当社グループの経営計画に基づき、当社グループ各社の経営方針や目標・施策等の徹底や業
          績管理を行っております。なお、取締役会は、必要に応じて目標の修正や経営資源の配分を見直すなど経
          営効率の改善策を決定しております。
        ホ.(当社グループから成る企業集団)子会社における業務の適正を確保するための体制
         ・当社は、子会社における業務の適正を確保すべく、子会社管理に関する規程類を整備するとともに、当社
          の取締役会で決定した当社グループの経営計画等に基づき、子会社より取締役等の職務の遂行に関する報
          告を受ける体制整備を行っております。
         ・子会社は、当社の取締役会で決定した当社グループの経営計画に基づき、経営方針や目標・施策等の徹底
          や業績管理を行っております。
         ・子会社は、当社の規程類に即して「取締役会規程」「組織規程」等の規程類を整備し、子会社の取締役の
          職務の効率性を確保しております。
         ・子会社におけるコンプライアンスやリスク管理を担当する部署は、規程類を整備するとともに、子会社に
          おける当該計画を策定・実践し、その状況を子会社及び当社の取締役会に報告しております。
         ・内部監査に関する担当部署は、子会社におけるコンプライアンス及びリスク管理に関する管理体制や管理
          状況等に係る監査を実施し、その結果を子会社及び当社の取締役会等に報告する体制としております。
        へ.監査役がその職務を補助すべき使用人を置くことを求めた場合における当該使用人に関する体制、並びに
          その使用人の取締役からの独立性及び当該使用人に対する指示の実効性の確保に関する事項
         ・監査役は、内部監査に関する担当部署の社員に、監査業務に必要な事項を命令することができるものと
          し、監査役より監査業務に必要な命令を受けた社員は、その命令に関して、取締役の指揮命令を受けない
          ものとしております。
         ・監査役より監査業務に必要な命令を受けた社員は、監査役より命令を受けた業務を他の業務に優先して遂
          行するものとし、監査役より命令を受けた業務を行ったことを理由として不利な取扱いを受けないものと
          しております。
        ト.取締役・使用人またはこれらの者から報告を受けた者が監査役に報告するための体制、その他監査が実効
          的に行われることを確保するための体制
         ・当社グループの取締役・使用人またはこれらの者から報告を受けた者は、監査役に対して、法定の事項に
          加え当社グループに重大な影響を及ぼす事項、内部監査の実施状況等を速やかに報告することとしており
          ます。また、監査役に対して当該報告をした者が当該報告をしたことを理由として不利な取扱いを受けな
          いものとしております。
         ・監査役は、取締役会等に出席し、業務執行状況の確認、取締役等との意見交換を行うことができることと
          しております。
         ・監査役がその職務の執行について、費用の前払い等を請求したときは、速やかに当該費用または債務を処
          理することとしております。
        チ.業務の適正を確保するための体制の運用状況の概要
         ・上記aイ・ロ・ニに記載のとおりです。
                                 46/160





                                                          EDINET提出書類
                                               中央日本土地建物グループ株式会社(E35360)
                                                      有価証券届出書(通常方式)
       b.リスク管理体制の整備の状況
        ・上記    a ハ  に記載のとおりです。
       c.子会社の業務の適正を確保するための体制整備の状況
        ・上記    a ホ  に記載のとおりです。
       d.役員報酬の内容
        ・当社の成立の日から当社の最初の定時株主総会終結の時までの当社の取締役及び監査役の報酬、賞与その他
         の職務執行の対価として当社から受ける財産上の利益は、取締役については年額350百万円以内(ただし、使
         用人兼務取締役の使用人分給与を含まない)とし、監査役については年額100百万円以内とする旨を定款に定
         めております。
       e.責任限定契約の内容の概要
        ・当社は、取締役及び監査役との間において、会社法第427条第1項の規定に基づき、同法第423条第1項の損
         害賠償責任を限定する契約を締結することができる旨を定款で定めております。当該契約に基づく賠償限度
         額は法令で定める「最低責任限度額」を限度としております。
      ③ 取締役に関する事項
       a.取締役の定数及び任期
        ・当社の取締役は12名以内とする旨定款に定めております。
        ・当社の取締役の任期は、選任後1年以内に終了する事業年度のうち最終のものに関する定時株主総会終結の
         時までとする旨定款に定めております。
       b.取締役の選任の決議要件
        ・当社は、取締役の選任決議について、議決権を行使することができる株主の議決権の3分の1以上を有する
         株主が出席し、その議決権の過半数をもって行う旨定款に定めております。また、取締役の選任決議は累積
         投票によらないものとする旨を定款に定めております。
      ④ 株主総会決議に関する事項
       a.取締役会で決議できる株主総会決議事項
        ・当社は、会社法第454条第5項の規定により、取締役会の決議をもって毎年9月30日を基準日として中間配当
         を行うことができる旨を定款に定めております。これは株主への機動的な利益還元を目的とするものであり
         ます。
       b.株主総会の特別決議要件
        ・当社は、会社法第309条第2項に定める株主総会の決議は、議決権を行使することができる株主の議決権の3
         分の1以上を有する株主が出席し、その議決権の3分の2以上をもって行う旨定款に定めております。これ
         は、株主総会における特別決議の定足数を緩和することにより、株主総会の円滑な運営を行うことを目的と
         するものであります。
                                 47/160









                                                          EDINET提出書類
                                               中央日本土地建物グループ株式会社(E35360)
                                                      有価証券届出書(通常方式)
     (2)  【役員の状況】
      ① 役員一覧男性13名 女性0名(役員のうち女性の比率-%)
                                                     所有株式数
       役職名        氏名      生年月日                略歴              任期
                                                       (株)
                           2005年4月      ㈱みずほコーポレート銀行 執行役員 
                                人事部長
                           2007年4月      同行 常務取締役
                           2011年4月      同行 取締役副頭取
                           2013年5月      日新建物㈱ 副社長執行役員
     代表取締役社長       平 松 哲 郎       1955年8月28日                               (注)3      250
                           2014年1月      同社 代表取締役社長(2014年11月退任)
                           2014年10月      日本土地建物㈱ 取締役
                           2014年11月      同社 代表取締役社長(現任)
                           2016年6月      富士電機㈱ 監査役(現任)
                           2020年4月      当社代表取締役社長就任(現任)
                           2004年4月      ㈱みずほコーポレート銀行 金融法人第一部
                                長
                           2005年4月      ㈱みずほ銀行 経営企画部長
                           2006年3月      同行 執行役員 経営企画部長
                           2007年4月      同行 執行役員 銀座支店長
                           2008年4月      同行 常務執行役員 ITシステムグループ長
                           2009年6月      みずほ情報総研㈱ 代表取締役副社長
                           2011年6月      ㈱みずほ銀行 常務執行役員
    代表取締役副社長        福 澤 俊 彦       1956年12月30日                               (注)3      -
                                ITシステムグループ長
                           2013年4月      みずほ信託銀行㈱ 代表取締役副社長
                           2015年6月      ㈱ユウシュウ建物 代表取締役社長(2018年
                                6月退任)
                           2016年5月      アフラック・インコーポレーテッド 取締役
                                (現任)
                           2018年6月      中央不動産㈱ 代表取締役社長(現任)
                           2020年4月      当社代表取締役副社長就任(現任)
                           2009年11月      日本土地建物㈱ 都市開発事業本部 
                                都市開発第一部長
                           2010年11月      同社 都市開発事業本部 都市開発部長
                           2012年5月      同社 執行役員 都市開発事業本部 
                                都市開発部長
                           2015年1月      同社 取締役執行役員 都市開発部長
       取締役      阿 部   徹       1960年8月20日                               (注)3      800
                           2016年1月      同社 取締役常務執行役員 都市開発部長兼
                                関西支社都市開発部長
                           2017年1月      同社 取締役常務執行役員 都市開発事業部
                                担当
                           2018年7月      同社 取締役常務執行役員 都市開発事業
                                部 投資開発部担当(現任)
                           2020年4月      当社取締役就任(現任)
                                 48/160









                                                          EDINET提出書類
                                               中央日本土地建物グループ株式会社(E35360)
                                                      有価証券届出書(通常方式)
                                                     所有株式数
       役職名        氏名      生年月日                略歴              任期
                                                       (株)
                           2010年11月      日本土地建物㈱ 都市開発事業本部 
                                資産マネジメント部長
                           2012年5月      同社 執行役員 都市開発事業本部 
                                資産マネジメント部長
                           2013年10月      同社 執行役員 資産マネジメント部担当補
                                佐 住宅事業部長
       取締役      掛 川 耕 一       1962年11月6日                               (注)3      300
                                日本土地建物販売㈱ 執行役員
                           2015年11月      日本土地建物㈱ 執行役員 住宅事業部担当
                           2016年1月      同社 取締役常務執行役員 住宅事業部担当
                           2016年11月      同社 取締役常務執行役員 住宅企画部 
                                住宅事業開発部 住宅事業推進部担当(現任)
                           2020年4月      当社取締役就任(現任)
                           2004年11月      ㈱みずほ銀行 銀座通支店長
                           2006年3月      同行 本店長
                           2007年4月      同行 執行役員 本店長
                           2009年4月      同行 常務執行役員
                           2011年4月      同行 取締役副頭取
                           2013年6月      中央不動産㈱ 代表取締役副社長
                           2015年6月      同社 代表取締役社長(2018年6月退任)
       取締役      矢 野 正 敏       1956年8月3日                               (注)3      -
                           2016年6月      清和綜合建物㈱ 監査役
                           2018年6月      同社 代表取締役社長(現任)
                                中央不動産㈱ 監査役(2020年3月退任)
                           2019年1月      日本土地建物㈱ 監査役(2020年3月退任)
                           2019年6月      セイコーホールディングス㈱ 監査役(現任)
                           2020年4月      当社取締役就任(現任)
                           1978年11月      財団法人日本不動産研究所入所
                           1982年2月      不動産鑑定士登録
                           2010年10月      財団法人日本不動産研究所 企画部長
                           2012年11月      一般財団法人日本不動産研究所 総務部長
                           2013年11月      同研究所 理事 総務部長
       取締役      岡   淳 二       1953年7月21日                               (注)3      -
                           2014年11月      同研究所 理事 企画部長
                           2017年11月      同研究所 常務理事 企画部長兼総務部長
                           2018年12月      同研究所 常務理事 企画部長
                           2020年4月      日本土地建物㈱ 取締役(現任)
                                当社取締役就任(現任)
                           2020年12月      一般財団法人日本不動産研究所 顧問
                                 49/160











                                                          EDINET提出書類
                                               中央日本土地建物グループ株式会社(E35360)
                                                      有価証券届出書(通常方式)
                                                     所有株式数
       役職名        氏名      生年月日                略歴              任期
                                                       (株)
                           2008年4月      ㈱損害保険ジャパン 常務執行役員 
                                四国本部長
                           2009年4月      同社 常務執行役員(自動車メーカー担当)
                           2011年4月      同社 常務執行役員 神奈川本部長兼
                                神奈川業務部長
                           2012年4月      同社 マーケティング部顧問
       取締役      田 島 幸 広       1955年9月20日                               (注)3      -
                           2012年4月      ㈱プライムアシスタンス 代表取締役社長
                                (2017年3月退任)
                           2014年1月      日新建物㈱ 取締役(2014年11月退任)
                           2014年10月      日本土地建物㈱ 取締役(現任)
                           2016年6月      ㈱ファルテック 取締役(2020年6月退任)
                           2020年4月      当社取締役就任(現任)
                           1994年4月      弁護士登録(第二東京弁護士会所属)
                           1997年9月      中島経営法律事務所 入所
                           2001年4月      同事務所 パートナー(現任)
       取締役      栗 原 正 一       1963年11月27日                               (注)3      -
                           2013年1月      日本土地建物㈱ 取締役(現任)
                           2020年4月      当社取締役就任(現任)
                           2008年8月      古河林業㈱ 山林事業本部長
                           2009年10月      同社 常務取締役兼山林事業本部長
                           2010年4月      同社 代表取締役社長(現任)
                           2015年6月      白銅㈱ 取締役(現任)
       取締役      古 河 潤 一       1968年3月27日                               (注)3      -
                           2018年6月      公益財団法人渋沢栄一記念財団 理事(現任)
                           2019年6月      中央不動産㈱ 取締役(現任)
                           2020年4月      当社取締役就任(現任)
                           2005年4月      ㈱みずほコーポレート銀行 金融法人第一部
                                長
                           2007年4月      同行 執行役員 ヒューマンリソースマネジ
                                メント部長
                           2009年4月      ㈱みずほ銀行 常務執行役員
                           2011年4月      日本土地建物㈱ 常務執行役員 
                                都市開発事業本部 都市開発部総括担当 
                                リーシング推進部担当
                           2012年1月      同社 代表取締役専務執行役員
                                都市開発事業本部 都市開発部 戦略開発部
                                総括担当 リーシング推進部担当
       監査役      間 山 公 晴       1955年9月9日                               (注)4      250
                           2012年5月      同社 代表取締役専務執行役員
                                都市開発事業本部 都市開発部 戦略開発
                                部 リーシング推進部 平塚プロジェクト推
                                進室総括担当
                           2013年10月      同社 代表取締役 副社長執行役員
                           2014年11月      同社 代表取締役副社長 副社長執行役員
                                (2020年3月退任)
                           2018年7月      ㈱レイクウッドコーポレーション 
                                代表取締役社長(2020年3月退任)
                           2020年4月      当社常勤監査役就任(現任)
                           2020年6月      日本土地建物㈱ 監査役(現任)
                                 50/160








                                                          EDINET提出書類
                                               中央日本土地建物グループ株式会社(E35360)
                                                      有価証券届出書(通常方式)
                                                     所有株式数
       役職名        氏名      生年月日                略歴              任期
                                                       (株)
                           2002年4月      ㈱みずほ銀行 市川支店長
                           2003年3月      同行 四条支店長
                           2005年4月      同行 公共企画部長
                           2007年5月      同行 京都中央支店長
                           2009年5月      日新建物㈱入社
                           2010年1月      同社 執行役員事業本部副本部長
                           2011年1月      同社 常務執行役員
                           2014年11月      日本土地建物㈱ 常務執行役員 人事部 
                                財務部 経理部 コンプライアンス統括室 
       監査役      服 部 武 司       1958年1月11日                               (注)4      150
                                内部監査室担当
                           2015年11月      同社 常務執行役員 営業戦略部 CRE営業
                                部 CREコンサルティング部 鑑定部担当
                                日本土地建物販売㈱取締役専務執行役員
                           2018年1月      同社 常務執行役員 営業戦略部 CRE営業
                                部 CREコンサルティング部総括担当 コン
                                プライアンス統括室担当
                           2019年6月      同社 監査役(現任)
                           2020年4月      当社常勤監査役就任(現任)
                           2002年4月      ㈱みずほ銀行 青森支店長
                           2002年10月      同行 足立支店長
                           2004年7月      同行 札幌中央支店長
                           2006年8月      同行 札幌支店長
                           2007年4月      同行 業務部支店業務 第二ユニット担当部
                                長
                           2008年4月      同行 名古屋支店長
       監査役      赤 澤 由 英       1957年2月7日                               (注)4      -
                           2009年4月      同行 執行役員 名古屋支店長
                           2010年4月      同行 常務執行役員
                           2012年4月      清水建設㈱ 常務執行役員
                           2015年6月      名古屋ビルディング㈱ 代表取締役社長(現
                                任)
                           2016年6月      中央不動産㈱ 監査役(現任)
                           2020年4月      当社監査役就任(現任)
                           2009年6月      富国生命保険相互会社 財務企画部長
                           2016年4月      同社 執行役員 財務企画部長
                           2016年7月      同社 取締役執行役員 財務企画部長(現任)
       監査役      渡 部 毅 彦       1962年4月29日                               (注)4      -
                           2018年1月      日本土地建物㈱ 監査役(現任)
                           2020年4月      富国生命保険相互会社 取締役常務執行役員
                                (現任)
                                当社監査役就任(現任)
                                                       1,750
                            計
     (注)   1 取締役岡淳二氏、田島幸広氏、栗原正一氏及び古河潤一氏は、社外取締役であります。
       2 監査役赤澤由英氏及び渡部毅彦氏は、社外監査役であります。
       3 取締役の任期は、2020年4月1日である当社の設立日より、2021年3月期に係る定時株主総会の終結の時ま
         でであります。
       4 監査役の任期は、2020年4月1日である当社の設立日より、2024年3月期に係る定時株主総会の終結の時ま
         でであります。
       5 当社は2020年4月1日より、執行役員制度を導入しております。
         本有価証券届出書提出日現在、執行役員は8名(内2名は取締役を兼務)であります。
                                 51/160







                                                          EDINET提出書類
                                               中央日本土地建物グループ株式会社(E35360)
                                                      有価証券届出書(通常方式)
      ② 社外役員の状況
       ・当社では、社外取締役4名、社外監査役2名を選任しております。各社外役員と当社との人的関係、資本的関
        係又は取引関係その他の利害関係は以下の通りであります。
        役職名          氏名       当社との関係
        社外取締役          岡 淳二       同氏は一般財団法人日本不動産研究所の顧問を務めております。当社
                         と同研究所との間では研究レポートの購入などの取引がありますが、
                         取引の規模等に照らして、株主・投資家の判断に影響を及ぼすおそれ
                         はないと判断しております。
                         同氏個人と当社との間では人的関係、資本的関係又は取引関係その他
                         の利害関係はありません。
        社外取締役          田島 幸広       同氏個人と当社との間では人的関係、資本的関係又は取引関係その他
                         の利害関係はありません。
        社外取締役          栗原 正一       同氏個人と当社との間では人的関係、資本的関係又は取引関係その他
                         の利害関係はありません。
        社外取締役          古河 潤一       同氏個人と当社との間では人的関係、資本的関係又は取引関係その他
                         の利害関係はありません。
        社外監査役          赤澤 由英       同氏は名古屋ビルディング㈱の代表取締役社長を兼任しており、当社
                         グループは同社との間でお互いに株式を保有しておりますが、当社と
                         の人的関係、資本的関係、または取引関係その他の利害関係において
                         当社の他の一般株主との利益相反が生じる恐れはないと判断しており
                         ます。
                         同氏個人と当社との間では人的関係、資本的関係又は取引関係その他
                         の利害関係はありません。
        社外監査役          渡部 毅彦       同氏は富国生命保険相互会社の取締役常務執行役員であります。当社
                         グループは同社と資金借入の取引がありますが、取引の規模等に照ら
                         して、株主・投資家の判断に影響を及ぼすおそれはないと判断してお
                         ります。
                         同氏個人と当社との間では人的関係、資本的関係又は取引関係その他
                         の利害関係はありません。
                                 52/160










                                                          EDINET提出書類
                                               中央日本土地建物グループ株式会社(E35360)
                                                      有価証券届出書(通常方式)
     (3)  【監査の状況】
      ① 監査役監査の状況
       ・監査役は4名(内、社外監査役2名)で構成されており、各監査役は監査の方針、業務の分担に従い、取締役の
        職務執行について監査を行っております。なお、定例の監査役会において相互に職務の状況を行うことにより
        認識を共有しております。
       ・監査役の間山公晴氏は、金融機関及び当社グループ等事業会社において経営に携わり、幅広い見識と豊富な経
        験を有しております。また、監査役の服部武司氏は、金融機関及び当社グループ等事業会社において経営に携
        わり、幅広い見識と豊富な経験を有しており、且つ、経理財務部門の担当役員としての経験による財務及び会
        計に関する相当程度の知見を有しております。
       ・社外監査役の赤澤由英氏は、金融機関及び事業会社において経営に携わり、幅広い見識と豊富な経験を有して
        おります。また、社外監査役の渡部毅彦氏は、富国生命保険相互会社の資産運用・財務部門の担当役員として
        財務及び会計に関する相当程度の知見を有しております。
       ・監査役は原則として全員が取締役会に出席し、その他にも内部監査及びコンプライアンスを中心とした会社の
        活動状況を把握するとともに、必要に応じて当該担当部門と連携して個別の業務執行の状況を確認し、取締役
        の職務執行について厳正な監査を行っています。なお、個々の監査役の出席状況については次のとおりであり
        ます。
               氏名                開催回数                 出席回数
              間山 公晴                  6回                 6回
              服部 武司                  6回                 6回
              赤澤 由英                  6回                 6回
              渡部 毅彦                  6回                 5回
       ・当事業年度の監査役会においては、監査方針や監査計画策定、監査報告書の作成、会計監査人の選定、会計監
        査人の報酬、取締役会の付議議案内容、監査役選定等に関して審議いたしました。
        また、監査役は取締役会やリスク管理・コンプライアンス委員会等重要な会議に出席するとともに議事録や決
        裁書類の閲覧等を行い、コンプライアンスを中心とした会社の状況を把握しました。また、内部監査部から定
        期的に報告を受けるとともに会計監査人との会合を実施しております。
      ② 内部監査の状況

       ・当社では内部監査部門として内部監査部(8名)を設置し、内部監査規程に基づき当社グループ各社の内部監査
        体制を統括しております。内部監査部では当社及び当社グループ各社において定期的に監査を実施し、その監
        査結果を検証の上、内部統制システムの充実のための指示、提言を行うとともに、内部統制状況について取締
        役会に報告を行っております。
       ・当社グループ各社においても、内部監査部門ないしは内部監査担当者を設置し、当社内部監査部の指示のも
        と、定期的に監査を実施しております。
       ・内部監査部、監査役及び会計監査人は、必要に応じ相互に情報及び意見の交換を行うなど連携を密にして、監
        査の実効性と効率の向上を図っております。
                                 53/160







                                                          EDINET提出書類
                                               中央日本土地建物グループ株式会社(E35360)
                                                      有価証券届出書(通常方式)
      ③ 会計監査の状況
       a.所属する監査法人名
         EY新日本有限責任監査法人
       b.継続監査期間
         49年間(1971年以降)
         上記は、2020年4月1日に実施された、日本土地建物と中央不動産の株式移転による当社設立の際、取得企
         業とされた日本土地建物の監査期間を含めております。
       c.業務を執行した公認会計士の氏名
         指定有限責任社員 業務執行社員 植村 文雄(継続監査年数1年)
         指定有限責任社員 業務執行社員 八幡 正博(継続監査年数1年)
       d.監査業務に係る補助者の構成
         当社は2020年4月1日に設立され、第1期連結会計年度は2020年4月1日から2021年3月31日までとなって
         おり、本有価証券届出書提出日現在において第1期連結会計年度末が到来していないため、監査業務に係る
         補助者の構成については確定しておりません。
       e.監査法人の選定方針と理由
         当社は、会計監査人の選定及び評価に際しては、当社の広範な業務内容に対応して効率的な監査業務を実施
         することができる一定の規模を持ち、審査体制が整備され、監査日数、監査期間及び具体的な監査実施要領
         並びに監査費用が合理的かつ妥当であり、相応の監査実績などを勘案し総合的に判断のうえ選定しておりま
         す。
      ④ 監査報酬の内容等
       a.監査公認会計士等に対する報酬の内容
         当社は2020年4月1日に設立され、第1期連結会計年度は2020年4月1日から2021年3月31日までとなって
         おり、本有価証券届出書提出日現在において第1期連結会計年度末が到来していないため、監査公認会計士
         等に対する報酬については確定しておりません。
       b.監査報酬の決定方針
         当社は監査公認会計士等に対する監査報酬を決定するにあたり、監査公認会計士等より提示される監査計画
         の内容をもとに、監査工数等の妥当性を勘案、協議し、会社法第399条に基づき、監査役会の同意を得た上で
         決定することとしております。
     (4)  【役員の報酬等】

       当社は非上場会社のため、該当事項はありません。
     (5)  【株式の保有状況】

       当社は非上場会社のため、該当事項はありません。
                                 54/160








                                                          EDINET提出書類
                                               中央日本土地建物グループ株式会社(E35360)
                                                      有価証券届出書(通常方式)
    第5   【経理の状況】
    1 連結財務諸表及び財務諸表について
      当社は2020年4月1日に設立され、第1期連結会計年度は2020年4月1日から2021年3月31日までとなっており、
     本有価証券届出書提出日現在において第1期連結会計年度末が到来していないため、「連結財務諸表」については記
     載しておりません。
      同様に第1期事業年度末が到来していないため、「財務諸表」については記載しておりません。
    2 中間連結財務諸表及び中間財務諸表の作成方法について

     (1)  当社の中間連結財務諸表は、「中間連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(平成11年大蔵省令第
      24号)に基づいて作成しております。
     (2)  当社の中間財務諸表は、「中間財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和52年大蔵省令第38号)
      に基づいて作成しております。
     (3)  当社は、2020年4月1日設立のため、前連結会計年度以前に係る記載はしておりません。
    3 監査証明について

      当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、中間連結会計期間(2020年4月1日から2020年9月30
     日まで)及び中間会計期間(2020年4月1日から2020年9月30日まで)の中間連結財務諸表並びに中間財務諸表につい
     て、EY新日本有限責任監査法人により中間監査を受けております。
    4 連結財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組みについて

      当社は、連結財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組みを行っております。具体的には、会計基準等の内
     容を適切に把握し、又は会計基準等の変更等について的確に対応することができる体制を整備するため、EY新日本
     有限責任監査法人が主催するセミナー等への参加並びに会計専門書の定期購読を行っております。
                                 55/160












                                                          EDINET提出書類
                                               中央日本土地建物グループ株式会社(E35360)
                                                      有価証券届出書(通常方式)
    1  【中間連結財務諸表等】
     (1)  【中間連結財務諸表】
      ①  【中間連結貸借対照表】
                                   (単位:百万円)
                               当中間連結会計期間
                                (2020年9月30日)
     資産の部
      流動資産
                                     ※2  62,041
        現金及び預金
        営業未収入金                                3,932
        完成工事未収入金                                  311
        商品                                  46
        販売用不動産                                50,637
        仕掛販売用不動産                                5,538
        販売用不動産信託受益権                                6,215
        その他                                6,874
                                         △ 1
        貸倒引当金
        流動資産合計                               135,596
      固定資産
        有形固定資産
                                   ※1 ,※2  321,744
         建物
                                      △ 153,140
          減価償却累計額
          建物(純額)                             168,604
                                      ※2  6,515
         構築物
                                       △ 4,137
          減価償却累計額
          構築物(純額)                              2,378
         機械装置及び運搬具
                                        3,045
                                       △ 2,427
          減価償却累計額
          機械装置及び運搬具(純額)                               618
                                      ※2  5,077
         工具、器具及び備品
                                       △ 4,149
          減価償却累計額
          工具、器具及び備品(純額)                               928
                                   ※1 ,※2  519,409
         土地
         リース資産                                969
                                        △ 594
          減価償却累計額
          リース資産(純額)                               375
                                      ※1  8,585
         建設仮勘定
         有形固定資産合計                              700,899
        無形固定資産
         借地権                               3,414
                                         582
         その他
         無形固定資産合計                               3,996
        投資その他の資産
                                     ※1  242,518
         投資有価証券
                                     ※1  15,798
         出資金
         敷金及び保証金                               6,084
                                 56/160





                                                          EDINET提出書類
                                               中央日本土地建物グループ株式会社(E35360)
                                                      有価証券届出書(通常方式)
                                   (単位:百万円)
                               当中間連結会計期間
                                (2020年9月30日)
         繰延税金資産                                850
         その他                               2,525
                                        △ 171
         貸倒引当金
         投資その他の資産合計                              267,604
        固定資産合計                               972,501
      資産合計                                1,108,098
     負債の部
      流動負債
        営業未払金                                3,609
                                     ※1  57,484
        短期借入金
        コマーシャル・ペーパー                                27,000
                                    ※1 ,※2  86,688
        1年内返済予定の長期借入金
        未払法人税等                                3,307
        前受金                                4,639
        賞与引当金                                  796
                                        5,356
        その他
        流動負債合計                               188,881
      固定負債
        社債                                35,000
                                   ※1 ,※2  386,134
        長期借入金
        長期預り敷金保証金                                43,027
        繰延税金負債                                75,736
        退職給付に係る負債                                2,751
        役員退職慰労引当金                                  738
                                        2,118
        その他
        固定負債合計                               545,507
      負債合計                                 734,389
     純資産の部
      株主資本
        資本金                                10,000
        資本剰余金                                50,023
        利益剰余金                               231,480
                                        △ 841
        自己株式
        株主資本合計                               290,661
      その他の包括利益累計額
        その他有価証券評価差額金                                82,442
        繰延ヘッジ損益                                △ 234
                                         419
        退職給付に係る調整累計額
        その他の包括利益累計額合計                                82,627
      非支配株主持分                                   419
      純資産合計                                 373,708
     負債純資産合計                                 1,108,098
                                 57/160





                                                          EDINET提出書類
                                               中央日本土地建物グループ株式会社(E35360)
                                                      有価証券届出書(通常方式)
      ②  【中間連結損益計算書及び中間連結包括利益計算書】
       【中間連結損益計算書】
                                   (単位:百万円)
                               当中間連結会計期間
                               (自 2020年4月1日
                                至 2020年9月30日)
     営業収益                                   46,511
                                        29,712
     営業原価
     営業総利益                                   16,799
                                      ※1  6,165
     販売費及び一般管理費
     営業利益                                   10,633
     営業外収益
      受取利息                                    0
      受取配当金                                  2,638
      持分法による投資利益                                   571
                                         249
      その他
      営業外収益合計                                  3,460
     営業外費用
      支払利息                                  2,030
      支払手数料                                   276
                                         143
      その他
      営業外費用合計                                  2,450
     経常利益                                   11,644
     特別利益
                                      ※2  3,218
      固定資産売却益
      投資有価証券売却益                                   168
      受取補償金                                   328
      負ののれん発生益                                 86,345
                                         418
      段階取得に係る差益
      特別利益合計                                 90,478
     特別損失
      固定資産除却損                                  1,606
      建替関連損失                                  1,343
                                         141
      本社統合費用
      特別損失合計                                  3,090
     税金等調整前中間純利益                                   99,032
     法人税、住民税及び事業税
                                        3,880
                                        △ 404
     法人税等調整額
     法人税等合計                                   3,476
     中間純利益                                   95,555
     非支配株主に帰属する中間純利益                                     54
     親会社株主に帰属する中間純利益                                   95,500
                                 58/160







                                                          EDINET提出書類
                                               中央日本土地建物グループ株式会社(E35360)
                                                      有価証券届出書(通常方式)
       【中間連結包括利益計算書】
                                   (単位:百万円)
                               当中間連結会計期間
                               (自 2020年4月1日
                                至 2020年9月30日)
     中間純利益                                   95,555
     その他の包括利益
      その他有価証券評価差額金                                 38,800
      繰延ヘッジ損益                                  △ 30
      退職給付に係る調整額                                  △ 19
                                         △ 82
      持分法適用会社に対する持分相当額
      その他の包括利益合計                                 38,667
     中間包括利益                                  134,223
     (内訳)
      親会社株主に係る中間包括利益                                 134,168
      非支配株主に係る中間包括利益                                    54
                                 59/160















                                                          EDINET提出書類
                                               中央日本土地建物グループ株式会社(E35360)
                                                      有価証券届出書(通常方式)
      ③  【中間連結株主資本等変動計算書】
     当中間連結会計期間(自           2020年4月1日 至          2020年9月30日)
                                          (単位:百万円)
                              株主資本
                資本金      資本剰余金       利益剰余金        自己株式      株主資本合計
    当期首残高              17,000       13,761       136,932        △ 538     167,155
    当中間期変動額
     株式移転による変動            △ 7,000       37,499              △ 1,541       28,957
     剰余金の配当                            △ 952             △ 952
     親会社株主に帰属す
                                95,500              95,500
     る中間純利益
     自己株式の消却                    △ 1,237              1,237         -
     株主資本以外の項目
     の当中間期変動額
     (純額)
    当中間期変動額合計             △ 7,000       36,261       94,548        △ 303     123,506
    当中間期末残高              10,000       50,023       231,480        △ 841     290,661
                        その他の包括利益累計額

                                           非支配株主持分        純資産合計
               その他有価証券              退職給付に係る       その他の包括利益
                      繰延ヘッジ損益
               評価差額金              調整累計額       累計額合計
    当期首残高              43,724        △ 203       439      43,960        436     211,552
    当中間期変動額
     株式移転による変動                                                 28,957
     剰余金の配当                                                 △ 952
     親会社株主に帰属す
                                                      95,500
     る中間純利益
     自己株式の消却                                                   -
     株主資本以外の項目
     の当中間期変動額             38,717        △ 30      △ 19     38,667        △ 17     38,650
     (純額)
    当中間期変動額合計              38,717        △ 30      △ 19     38,667        △ 17     162,156
    当中間期末残高              82,442        △ 234       419      82,627        419     373,708
                                 60/160










                                                          EDINET提出書類
                                               中央日本土地建物グループ株式会社(E35360)
                                                      有価証券届出書(通常方式)
      ④  【中間連結キャッシュ・フロー計算書】
                                   (単位:百万円)
                               当中間連結会計期間
                               (自 2020年4月1日
                                至 2020年9月30日)
     営業活動によるキャッシュ・フロー
      税金等調整前中間純利益                                 99,032
      減価償却費                                  5,123
      負ののれん発生益                                △ 86,345
      段階取得に係る差損益(△は益)                                  △ 418
      建替関連損失                                  1,343
      貸倒引当金の増減額(△は減少)                                    0
      賞与引当金の増減額(△は減少)                                    13
      退職給付に係る負債の増減額(△は減少)                                  △ 57
      受取利息及び受取配当金                                 △ 2,639
      支払利息                                  2,030
      持分法による投資損益(△は益)                                  △ 571
      有形固定資産売却損益(△は益)                                 △ 3,218
      固定資産除却損                                  1,606
      投資有価証券売却損益(△は益)                                  △ 168
      受取補償金                                  △ 328
      売上債権の増減額(△は増加)                                 △ 2,216
      たな卸資産の増減額(△は増加)                                  1,186
      敷金及び保証金の増減額(△は増加)                                    95
      預り敷金及び保証金の増減額(△は減少)                                   429
      仕入債務の増減額(△は減少)                                 △ 2,489
                                         741
      その他
      小計                                 13,149
      利息及び配当金の受取額
                                        2,639
      利息の支払額                                 △ 2,024
      補償金の受取額                                   328
                                       △ 3,452
      法人税等の支払額
      営業活動によるキャッシュ・フロー                                 10,640
     投資活動によるキャッシュ・フロー
      有形固定資産の取得による支出                                △ 22,620
      有形固定資産の売却による収入                                  6,390
      投資有価証券の取得による支出                                  △ 631
      投資有価証券の売却による収入                                  1,439
      長期貸付けによる支出                                  △ 90
      出資金の払込による支出                                   △ 1
      出資金の回収による収入                                    0
      建替関連費用の支出                                 △ 1,343
                                        △ 287
      その他
      投資活動によるキャッシュ・フロー                                △ 17,144
                                 61/160






                                                          EDINET提出書類
                                               中央日本土地建物グループ株式会社(E35360)
                                                      有価証券届出書(通常方式)
                                   (単位:百万円)
                               当中間連結会計期間
                               (自 2020年4月1日
                                至 2020年9月30日)
     財務活動によるキャッシュ・フロー
      短期借入金の純増減額(△は減少)                                  3,000
      コマーシャル・ペーパーの純増減額(△は減
                                        20,000
      少)
      長期借入れによる収入                                 32,491
      長期借入金の返済による支出                                △ 32,262
      リース債務の返済による支出                                  △ 47
      配当金の支払額                                  △ 952
                                         △ 72
      非支配株主への配当金の支払額
      財務活動によるキャッシュ・フロー                                 22,156
     現金及び現金同等物の増減額(△は減少)                                   15,652
     現金及び現金同等物の期首残高                                   36,963
                                      ※2  9,425
     株式移転に伴う現金及び現金同等物の増加額
                                     ※1  62,041
     現金及び現金同等物の中間期末残高
                                 62/160















                                                          EDINET提出書類
                                               中央日本土地建物グループ株式会社(E35360)
                                                      有価証券届出書(通常方式)
     【注記事項】
      (中間連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項)
    1   連結の範囲に関する事項
     (1)   連結子会社の数        10 社
          連結子会社の名称
        日本土地建物㈱、日本土地建物販売㈱、日土地ビルサービス㈱、日土地建設㈱、
        日土地アセットマネジメント㈱、㈱レイクウッドコーポレーション、(同)クスノキを営業者とする匿名組合、
        中央不動産㈱、中央ビルマネジメント㈱、中央ビルテクノ㈱
     (2)  主要な非連結子会社の名称等
        虎ノ門リアルエステート㈱
       連結の範囲から除いた理由
        非連結子会社は、いずれも小規模会社であり、合計の総資産、売上高、中間純損益及び利益剰余金(持分に見
       合う額)等はいずれも中間連結財務諸表に重要な影響を及ぼしていないため、連結の範囲から除外しておりま
       す。 
    2   持分法の適用に関する事項
     (1)  持分法を適用した関連会社数
        5 社
       主要な会社等の名称
        日新建物㈱
        ㈱データ・キーピング・サービス
        ㈱トータル保険サービス
        峰岸不動産㈱
     (2)  持分法を適用しない非連結子会社及び関連会社のうち主要な会社等の名称等
            虎ノ門リアルエステート㈱
          持分法を適用しない理由
        持分法非適用会社は、それぞれ中間純損益及び利益剰余金(持分に見合う額)等からみて、持分法の対象から
       除いても中間連結財務諸表に及ぼす影響が軽微であり、かつ、全体としても重要性が乏しいため、持分法の適用
       範囲から除外しております。
    3 連結子会社の中間決算日等に関する事項
       連結子会社のうち、(同)クスノキを営業者とする匿名組合の中間決算日は6月30日であります。
       中間連結財務諸表の作成にあたっては、同日現在の中間財務諸表を使用し、中間連結決算日との間に生じた重要
      な取引については、連結上必要な調整を行っております。
       その他の連結子会社の中間決算日は、中間連結決算日と一致しております。
    4 会計方針に関する事項
     (1)  重要な資産の評価基準及び評価方法
        ①有価証券
          a満期保有目的の債券
            償却原価法(定額法)
          bその他有価証券
            時価のあるもの
         中間連結会計期間末日の市場価格等に基づく時価法(評価差額は、全部純資産直入法により処理し、売却原
        価は、移動平均法により算定)
            時価のないもの
         移動平均法による原価法
        ②デリバティブ
            時価法
                                 63/160



                                                          EDINET提出書類
                                               中央日本土地建物グループ株式会社(E35360)
                                                      有価証券届出書(通常方式)
      ③たな卸資産
        販売用不動産、仕掛販売用不動産及び販売用不動産信託受益権
         個別法による原価法(貸借対照表価額は収益性の低下に基づく簿価切下げの方法により算定)
     (2)  重要な減価償却資産の減価償却の方法
        ①有形固定資産(リース資産を除く)
        定率法を採用しております。
        但し、1998年4月1日以降に取得した建物(建物附属設備は除く)並びに2016年4月1日以降に取得した建物附
       属設備及び構築物については、定額法を採用しております。
        ②無形固定資産(リース資産を除く)
         定額法を採用しております。
        なお、自社利用のソフトウェアについては、社内における利用可能期間(5年)に基づく定額法を採用しており
       ます。
        ③リース資産(所有権移転外ファイナンス・リース取引に係るリース資産)
        リース期間を耐用年数とし、残存価額を零(リース契約上に残価保証の取り決めがある場合は当該残価保証
       額)として算定する定額法
     (3)  重要な引当金の計上基準
        ①貸倒引当金
        債権の貸倒れに備えるため、一般債権については貸倒実績率により、貸倒懸念債権等特定の債権については、
       個別に回収可能性を検討し、回収不能見込額を計上しております。
        ②賞与引当金
        従業員に対して支給する賞与に充てるため、支給見込額に基づき計上しております。
        ③役員退職慰労引当金
        役員の退職慰労金の支給に充てるため、内規に基づく中間期末要支給額を計上しております。
     (4)  退職給付に係る会計処理の方法
      ①退職給付見込額の期間帰属方法
        退職給付債務の算定にあたり、退職給付見込額を当中間連結会計期間末までの期間に帰属させる方法について
       は、期間定額基準によっております。
      ②数理計算上の差異の費用処理方法
        数理計算上の差異は、各連結会計年度の発生時における従業員の平均残存勤務期間以内の一定の年数による定
       額法により按分した額をそれぞれ発生の翌連結会計年度から費用処理することとしております。
      ③小規模企業等における簡便法の採用
        一部の連結子会社は、退職給付に係る負債及び退職給付費用の計算に、退職一時金制度については、退職給付
       に係る中間期末自己都合要支給額を退職給付債務とし、企業年金制度については、直近の年金財政計算上の数理
       債務をもって退職給付債務とする方法を用いた簡便法を適用しております。
     (5)  重要なヘッジ会計の方法
        ①ヘッジ会計の方法
        金利スワップは、原則として繰延ヘッジによっております。なお、特例処理の要件を満たしている金利スワッ
       プについては、特例処理によっております。
        ②ヘッジ手段とヘッジ対象
        <ヘッジ手段>        金利スワップ
        <ヘッジ対象>        借入金
        ③ヘッジ方針
        将来の金利変動リスクを回避するために金利スワップ取引を利用しており、投機目的の取引は行わない方針で
       あります。
                                 64/160




                                                          EDINET提出書類
                                               中央日本土地建物グループ株式会社(E35360)
                                                      有価証券届出書(通常方式)
        ④ヘッジ有効性評価の方法
        ヘッジ対象のキャッシュフローの変動の累計とヘッジ手段のキャッシュフローの変動の累計とを比較し、両者
       の変動額等を基礎に判定しております。但し、特例処理によっている金利スワップについては、有効性の判定を
       省略しております。
     (6)  中間連結キャッシュ・フロー計算書における資金の範囲
        手許現金、随時引き出し可能な預金及び取得日から3ヶ月以内に満期日の到来する流動性の高い、容易に換金
       可能であり、かつ、価値の変動について僅少なリスクしか負わない短期的な投資からなっております。
     (7)  その他中間連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項
          消費税等の会計処理
        消費税及び地方消費税の会計処理は、税抜方式によっております。
      (追加情報)

    (新型コロナウイルス感染症の感染拡大の影響に関する会計上の見積り)
      新型コロナウイルス感染症の影響については、今後の広がり方や収束時期等を正確に予測することは困難な状況に
     ありますが、外部情報源の情報等を踏まえ、少なくとも一定期間継続するものと仮定し、繰延税金資産の回収可能性
     の見積りを行うなど会計上の見積りを行っております。
      しかしながら、新型コロナウイルス感染症拡大による影響は不確定要素が多いことから、今後さらに長期化した場
     合、賃料の減少、開発プロジェクトの計画スケジュール変更や、住宅分譲における需要面への影響等、当中間連結会
     計期間以降の当社グループの財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況に影響を及ぼす可能性があります。
                                 65/160













                                                          EDINET提出書類
                                               中央日本土地建物グループ株式会社(E35360)
                                                      有価証券届出書(通常方式)
      (中間連結貸借対照表関係)
    ※1 担保資産及び担保付債務
        担保に供している資産は次のとおりであります。
                             当中間連結会計期間
                              (2020年9月30日)
        建物                          82,852百万円
        土地                         335,586百万円
        建設仮勘定                           226百万円
        投資有価証券                          63,940百万円
        出資金                          1,750百万円
         計
                                 484,355百万円
        担保付債務は次のとおりであります。

                             当中間連結会計期間
                              (2020年9月30日)
        短期借入金                          17,684百万円
        1年内返済予定の長期借入金                          50,964百万円
        長期借入金                         214,735百万円
         計
                                 283,384百万円
    ※2 ノンリコース債務

        借入金に含まれるノンリコース債務は次のとおりであります。 
                             当中間連結会計期間
                              (2020年9月30日)
        1年内返済予定の長期借入金                           708百万円
        長期借入金                          17,376百万円
        ノンリコース債務に対応する資産は次のとおりであります。  

                             当中間連結会計期間
                              (2020年9月30日)
        現金及び預金                          1,825百万円
        建物                          12,555百万円
        構築物                           239百万円
        工具、器具及び備品                            0百万円
        土地                          7,265百万円
                                 66/160








                                                          EDINET提出書類
                                               中央日本土地建物グループ株式会社(E35360)
                                                      有価証券届出書(通常方式)
      (中間連結損益計算書関係)
    ※1    販売費及び一般管理費の主な項目
                             当中間連結会計期間
                            (自 2020年4月1日
                             至 2020年9月30日)
        広告費                           426  百万円
        役員報酬                           337  百万円
        給料諸手当                          2,422   百万円
        賞与引当金繰入額                           540  百万円
        退職給付費用                           194  百万円
        役員退職慰労引当金繰入額                            87 百万円
        業務委託費                           461  百万円
        租税公課                           753  百万円
    ※2 固定資産売却益の内容

                             当中間連結会計期間
                            (自 2020年4月1日
                             至 2020年9月30日)
        土地                          2,865百万円
        建物他                           352百万円
        計                          3,218百万円
                                 67/160













                                                          EDINET提出書類
                                               中央日本土地建物グループ株式会社(E35360)
                                                      有価証券届出書(通常方式)
      (中間連結株主資本等変動計算書関係)
     当中間連結会計期間(自 2020年4月1日 至 2020年9月30日)
     1 発行済株式に関する事項
      株式の種類         当連結会計年度期首              増加           減少       当中間連結会計期間末
    普通株式(株)                   ―       3,668,543            63,710         3,604,833
    (注)    普通株式数の増加は、2020年4月1日付で日本土地建物株式会社及び中央不動産株式会社による共同株式移転の
       方式により当社が設立され、新株を発行したことによるものです。また、普通株式数の減少は、2020年8月20日
       開催取締役会決議により、2020年8月31日を消却日として自己株式の消却を実施したことによるものです。
     2 自己株式に関する事項

      株式の種類         当連結会計年度期首              増加           減少       当中間連結会計期間末
    普通株式(株)                   ―        122,953           63,710           59,243
    (注)    自己株式数の増加は、2020年4月1日付で共同株式移転の方式による完全親会社として当社が設立されたことに
       より、日本土地建物株式会社及び中央不動産株式会社が相互に保有していた株式に対し、それぞれ当社の新株と
       して交付されたことによるものです。また、同日付で持分法適用会社が保有していた両社株式に対し、当社の新
       株が交付されたため、その持分が増加しております。
       自己株式数の減少は、上記において日本土地建物株式会社及び中央不動産株式会社が保有する当社株式を当社へ
       現物配当した後に、2020年8月20日開催取締役会決議により、2020年8月31日を以って自己株式の消却を実施し
       たことによるものです。
     3 配当に関する事項

      (1)   配当金支払額
        当社は、2020年4月1日に共同株式移転により設立された共同持株会社であるため、配当金の支払額は下記の
       完全子会社の定時株主総会において決議された金額であります。
       (日本土地建物㈱)

                       配当金の総額        1株当たり
       決議       株式の種類                          基準日         効力発生日
                        (百万円)       配当額(円)
    2020年6月29日
               普通株式            495       200   2020年3月31日          2020年6月30日
    定時株主総会
    (注)   中央不動産㈱が保有していた株式に係る配当を含めて記載しております。
       (中央不動産㈱)

                       配当金の総額        1株当たり
       決議       株式の種類                          基準日         効力発生日
                        (百万円)       配当額(円)
    2020年6月29日
               普通株式            475        74   2020年3月31日          2020年6月30日
    定時株主総会
    (注)   日本土地建物㈱が保有していた株式に係る配当を含めて記載しております。
      (2)   基準日が当中間連結会計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が当中間連結会計期間後となるもの

                          配当金の総額        1株当たり
       決議      株式の種類      配当の原資                       基準日        効力発生日
                          (百万円)       配当額(円)
    2020年11月30日
              普通株式      利益剰余金           720       200   2020年9月30日         2020年12月25日
    取締役会
                                 68/160





                                                          EDINET提出書類
                                               中央日本土地建物グループ株式会社(E35360)
                                                      有価証券届出書(通常方式)
      (中間連結キャッシュ・フロー計算書関係)
    ※1 現金及び現金同等物の中間期末残高と中間連結貸借対照表に掲記されている科目の金額との関係
        当社グループにおいては現金及び現金同等物の範囲を現金及び預金勘定としているので、現金及び現金同等物
       の範囲と現金及び預金勘定は一致しております。
    ※2 株式移転により新たに連結子会社となった会社の資産及び負債の主な内訳

        株式移転により新たに中央不動産株式会社及びその関係会社を連結したことに伴う連結開始時の資産及び負債
       の主な内訳は次のとおりであります。
        資産合計                      275,339百万円
        うち有形固定資産                      235,834百万円
        負債合計                      158,076百万円
        うち1年内返済予定の長期借入金                       29,782百万円
        うち長期借入金                       76,322百万円
        うち繰延税金負債                       32,195百万円
      (リース取引関係)

    1 ファイナンス・リース取引(借主側)
     所有権移転外ファイナンス・リース取引
      ①リース資産の内容
       有形固定資産
        主として賃貸ビルに係る設備であります。
      ②リース資産の減価償却の方法
        中間連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項「4.会計方針に関する事項 (2)                                           重要な減価償却資産
       の減価償却の方法」に記載のとおりであります。
    2 オペレーティング・リース取引

      オペレーティング・リース取引のうち、解約不能のものに係る未経過リース料
    (借主側)
                             (単位:百万円)
                       当中間連結会計期間
                       (2020年9月30日)
    1年内                              420
    1年超                             5,230

    合計                             5,650

    (貸主側)

                             (単位:百万円)
                       当中間連結会計期間
                       (2020年9月30日)
    1年内                            16,381
    1年超                            51,263

    合計                            67,644

                                 69/160




                                                          EDINET提出書類
                                               中央日本土地建物グループ株式会社(E35360)
                                                      有価証券届出書(通常方式)
      (金融商品関係)
      金融商品の時価等に関する事項
       中間連結貸借対照表計上額、時価及びこれらの差額については、次のとおりであります。なお、時価を把握する
      ことが極めて困難と認められる金融商品((注2)参照)や子会社株式及び関連会社株式は次表には含めておりま
      せん。
     当中間連結会計期間(2020年9月30日)

                                                 (単位:百万円)
                         中間連結貸借対照表
                                        時価           差額
                            計上額
    (1)   現金及び預金                         62,041           62,041             ―
    (2)   有価証券及び投資有価証券
        ①満期保有目的債券                           10           10           0
        ②その他有価証券                        171,709           171,709             ―
            資産計                   233,760           233,760              0
    (1)   短期借入金                         57,484           57,484             ―
    (2)   コマーシャル・ペーパー                         27,000           27,000             ―
    (3)   社債                         35,000           34,556           △443
       1年内返済予定の長期借入金
    (4)                           472,822           474,630            1,808
       及び長期借入金
            負債計                   592,307           593,671            1,364
    デリバティブ取引                             449           449           ―
    (注1)金融商品の時価の算定方法並びに有価証券及びデリバティブ取引に関する事項

       資 産
       (1)現金及び預金
          これらは短期間で決済されるものであるため、時価は帳簿価額と近似していることから、当該帳簿価額に
          よっております。
       (2)有価証券及び投資有価証券
          これらの時価については、株式等は取引所の価格、債券は日本証券業協会の公表価格(公社債店頭売買参
          考統計値)、投資信託は公表されている基準価額によっております。
          また、保有目的ごとの有価証券については、「有価証券関係」注記を参照ください。
       負   債

       (1)短期借入金及び(2)コマーシャル・ペーパー
          これらは短期間で決済されるものであるため、時価は帳簿価額と近似していることから、当該帳簿価額に
          よっております。
       (3)社債
          当社の発行する公募社債は日本証券業協会が公表する売買参考価格によっております。  
       (4)1年内返済予定の長期借入金及び長期借入金
          上記のうち、変動金利によるものは、短期間で市場金利を反映することから、時価は帳簿価額と近似して
          いると考えられるため、当該帳簿価額によっております。固定金利によるものは、元利金の合計額を、新
          規に同様の借入を行った場合に想定される利率で割り引いた現在価値により算定しております。なお、変
          動金利によるもののうち、金利スワップの特例処理の対象とされたものは、当該金利スワップと一体とし
          て処理された元利金の合計額を、固定金利によるものと同様の利率で割り引いて算定する方法によってお
          ります。
       デリバティブ取引

       (デリバティブ取引関係)の注記を参照下さい。
                                 70/160




                                                          EDINET提出書類
                                               中央日本土地建物グループ株式会社(E35360)
                                                      有価証券届出書(通常方式)
    (注2)時価を把握することが極めて困難と認められる金融商品
                                (単位:百万円)
     区分                       2020年9月30日
     ①非上場株式等*1                                25,548
     ②出資金等*2                                15,798
     ③長期預り敷金保証金*3                                43,027
     (*1)   非上場株式等については、市場価格がなく、時価を把握することが極めて困難と認められるため、時価開示の対
       象としておりません。
     (*2)   出資金等については、市場価格がなく、時価を把握することが極めて困難と認められるため、時価開示の対象と
       しておりません。
     (*3)   賃貸物件における賃借人から預託されている受入敷金保証金は、市場価格がなく、かつ、賃借人の入居から退去
       までの実質的な預託期間を算定することは困難であり、その他の預託金等についても、実質的な預託期間を算定
       することは困難であることから、合理的なキャッシュ・フローを見積ることが極めて困難と認められるため、時
       価開示の対象としておりません。
      (有価証券関係)

     1 満期保有目的の債券
     当中間連結会計期間(2020年9月30日)
                                                 (単位:百万円)
         区分        中間連結貸借対照表計上額                  時価             差額
    時価が中間連結貸借対照表
    計上額を超えるもの
     国債                         10             10              0
         合計                   10             10              0
     2 その他有価証券

     当中間連結会計期間(2020年9月30日)
                                                 (単位:百万円)
                  中間連結決算日における
         区分                          取得原価              差額
                  中間連結貸借対照表計上額
    中間連結貸借対照表計上額
    が取得原価を超えるもの
      株式                      162,883              42,854             120,029
      その他                       1,399              358            1,041

         小計                 164,282              43,212             121,070

    中間連結貸借対照表計上額
    が取得原価を超えないもの
      株式                       7,426             9,453            △2,026
         小計                  7,426             9,453            △2,026

         合計                 171,709              52,665             119,043

     (注) その他有価証券で時価のあるものについては、時価が取得原価に比べて50%以上下落した場合は全銘柄、時価
        が取得原価に比べて30%以上50%未満下落した場合は、個別銘柄ごとに時価の回復可能性等を判定し、減損処
        理を実施しております。
                                 71/160




                                                          EDINET提出書類
                                               中央日本土地建物グループ株式会社(E35360)
                                                      有価証券届出書(通常方式)
      (デリバティブ取引関係)
     1.ヘッジ会計が適用されていないデリバティブ取引
       該当事項はありません。
     2.ヘッジ会計が適用されているデリバティブ取引

      金利関連
     当中間連結会計期間(2020年9月30日)
                                                  (単位:百万円)
     ヘッジ会計の          デリバティブ                          契約額等のうち
                       主なヘッジ対象          契約額等                   時価
       方法        取引の種類等                            1年超
             金利スワップ取引
    原則的処理方法                   長期借入金             23,000         23,000         △449
              支払固定・
               受取変動 
             金利スワップ取引
    金利スワップ
              支払固定・
                       長期借入金             77,818         60,179         (*)
    の特例処理
               受取変動
     (注)時価の算定方法 取引先金融機関等から提示された価格等に基づき算定しております。
     (*)   金利スワップの特例処理によるものは、ヘッジ対象とされている長期借入金と一体として処理されているた
        め、その時価は、当該長期借入金の時価に含めて記載しております。
      (賃貸等不動産関係)

      当社及び一部の子会社では、東京都その他の地域において、賃貸オフィスビルや賃貸住宅等を所有しております。
      これら賃貸等不動産及び賃貸等不動産として使用される部分を含む不動産の中間連結貸借対照表計上額、期中増減
     額及び時価は次のとおりであります。
                                     (単位:百万円)
                                  当中間連結会計期間
                                 (自    2020年4月1日
                                  至   2020年9月30日)
                          期首残高               512,622
              中間連結貸借対照表計
                          期中増減額               15,215
              上額
    賃貸等不動産
                          中間期末残高               527,838
              中間期末時価                           729,289
                          期首残高               169,412
              中間連結貸借対照表計
    賃貸等不動産とし
                          期中増減額               △2,617
              上額
    て使用される部分
                          中間期末残高               166,794
    を含む不動産
              中間期末時価                           236,862
     (注)   1 中間連結貸借対照表計上額は、取得原価から減価償却累計額を控除した金額であります。
       2 期中増減額のうち、当中間連結会計期間の主な増加は、物件取得15,541百万円、竣工物件に係る資産計上処
         理4,161百万円であり、主な減少は、物件売却3,155百万円、減価償却費4,698百万円であります。
       3 中間期末の時価は、主として「不動産鑑定評価基準」に基づいて自社で算定した金額(指標等を用いて調整
         を行ったものを含む。)であります。
       4 賃貸用オフィスビルの一部については、当社及び一部の子会社が使用しているため、賃貸等不動産として使
         用される部分を含む不動産としております。
                                 72/160





                                                          EDINET提出書類
                                               中央日本土地建物グループ株式会社(E35360)
                                                      有価証券届出書(通常方式)
      (企業結合等関係)
    Ⅰ  企業結合
    1.企業結合の概要
     (1)  被取得企業の名称及び事業の内容
       中央不動産株式会社 不動産業
     (2)  企業結合を行った主な理由
        中央不動産株式会社及び日本土地建物株式会社(以下、「両社」という。)                                    は、これまで長年にわたって各事
       業部門で親密な交流を継続してまいりましたが、両社の持つ営業基盤や財務基盤を一元化し拡充させることで、
       不動産業界での競争力を高め、経営環境の変化に応じた新たな成長戦略を確立するとともに総合不動産業として
       更に発展すべく、経営統合することで合意に至りました。
        今後は、安定した事業基盤をベースに投資戦略や各事業部門の専門機能の更なる強化を進め、持続的な成長実
       現に努めてまいります。また、両社が長年にわたり築き上げてきた信頼を第一に、多様な不動産ニーズに迅速・
       的確にお応えしていくことを通じて、お客さまとともに成長していく企業グループを目指すとともに、役職員が
       働き甲斐や一体感を持ってチャレンジできる新たな企業文化の確立にも取り組んでまいります。
     (3)  企業結合日
       2020年4月1日
     (4)  企業結合の法的形式
       株式移転による共同持株会社の設立
     (5)  結合後企業の名称
       中央日本土地建物グループ株式会社
     (6)  取得した議決権比率
       100%
     (7)  取得企業を決定するに至った主な根拠
       企業結合に関する会計基準上の取得決定要素に基づいております。
    2.連結財務諸表に含まれる被取得企業の業績の期間
      2020年4月1日から2020年9月30日
    3.被取得企業の取得原価及び対価の種類ごとの内訳
             株式移転直前に保有していた中央不動産の普通株式と交換された共同持株会社
      取得の対価                                               398百万円
             の普通株式
             企業結合日に交付した共同持株会社の普通株式                                       30,100百万円
      取得原価                                              30,499百万円
    4.株式の種類別の移転比率及びその算定方法並びに交付株式数
     (1)  株式の種類別の移転比率
       ①  日本土地建物株式会社の普通株式1株に対し、共同持株会社の普通株式1株
       ②  中央不動産株式会社の普通株式1株に対し、共同持株会社の普通株式0.185株
     (2)  算定方法
       本株式移転に用いられる株式移転比率の合意にあたって公正性を期すため、日本土地建物株式会社は株式会社A
      GSコンサルティングを、中央不動産株式会社は本間・田中会計事務所をそれぞれ第三者算定機関として株式移転
      比率の算定を依頼しました。             これら第三者機関による算定・分析結果を参考に、それぞれ両社の財務の状況、資産
      の状況、将来の見通し等の要因を総合的に勘案し、両社間で株式移転比率について慎重に交渉・協議を重ねた結
      果、日本土地建物株式会社においては2019年10月25日に、中央不動産株式会社においては2019年10月17日に、開催
      された両社の各取締役会において最終的に上記4(1)記載の株式移転比率が妥当であるとの判断に至り、本株式移転
      における株式移転比率を決定し、合意いたしました。
     (3)  交付株式数
       普通株式:3,668,543株
    5.被取得企業の取得原価と取得するに至った取引ごとの取得原価の合計額との差額
      段階取得に係る差益 418百万円
                                 73/160




                                                          EDINET提出書類
                                               中央日本土地建物グループ株式会社(E35360)
                                                      有価証券届出書(通常方式)
    6.企業結合日に受け入れた資産及び引き受けた負債の額並びにその主な内訳
     (1)  資産の額
                          275,339百万円
       うち有形固定資産                      235,834百万円
     (2)  負債の額
                          158,076百万円
       うち1年内返済予定の長期借入金                      29,782百万円
       うち長期借入金                      76,322百万円
       うち繰延税金負債                      32,195百万円
    7.負ののれん発生益の金額及び発生原因
     (1)  負ののれん発生益の金額
       86,345百万円
     (2)  発生原因
       取得原価が受け入れた資産及び引き受けた負債に配分された純額を下回ったため、その差額を負ののれん発生益
      として認識しております。
    Ⅱ  共通支配下の取引等

    1.取引の概要
     (1)  対象となった事業の名称
       日本土地建物株式会社において発行した社債に係る権利義務
     (2)  企業結合日
       2020年8月31日
     (3)  企業結合の法的形式
       日本土地建物株式会社を分割会社とし、当社を承継会社とする吸収分割です。
     (4)  結合後企業の名称
       変更はありません。
     (5)  その他取引の概要に関する事項
       ア.本件分割の目的
         当社は、2020年4月1日付で、中央不動産株式会社及び日本土地建物株式会社により、共同株式移転の方式
        によって設立されました。本分割の目的は、日本土地建物株式会社において発行した社債に係る権利義務を承
        継することにより、当社グループにおける資金調達の一元化を企図したものです。
       イ.吸収分割に係る割当ての内容
         本件分割に関し、当社は日本土地建物株式会社に対し、対価を交付しません。
       ウ.承継する権利義務
         本件分割に際し、当社が日本土地建物株式会社から承継する権利義務は、次の各社債による資金調達・償
        還・管理業務に関する資産、負債、契約上の地位その他の権利義務で、承継する債務と同額の現預金並びに同
        社が締結している本業務にかかる一切の契約に関する契約上の地位及びこれらに基づき発生した一切の権利義
        務であり、雇用契約を除きます。また、当社が承継する権利義務は、法令上承継可能な本業務に係る免許、許
        可、認可、承認、登録届出等並びに明示的に移転・承継の対象とされた債務以外の本業務に関連するすべての
        債務(契約に基づき生じるものを含み、未発生のものその他の潜在債務も含む)であります。
              銘柄           発行額(残高)             償還期限
        第1回無担保社債                   7,000百万円         2022年10月26日
        第2回無担保社債                   3,000百万円         2024年10月24日
        第3回無担保社債                   7,000百万円         2023年10月25日
        第4回無担保社債                   3,000百万円         2028年10月25日
        第5回無担保社債                   10,000百万円         2025年2月20日
        第6回無担保社債                   5,000百万円         2030年2月20日
              合計             35,000百万円            ―
         なお、当社が承継する債務は、免責的債務引受の方法によって承継しております。
                                 74/160



                                                          EDINET提出書類
                                               中央日本土地建物グループ株式会社(E35360)
                                                      有価証券届出書(通常方式)
       エ.吸収分割承継会社の資本金及び資本準備金
         当社は、本件分割により資本金及び準備金の額は増加をしておりません。
    2.実施した会計処理の概要
        「企業結合に関する会計基準」(企業会計基準第21号                          平成31年1月16日)及び「企業結合会計基準及び事業分
       離等会計基準に関する適用指針」(企業会計基準適用指針第10号                              平成31年1月16日)に基づき、共通支配下の取
       引等として処理しております。
                                 75/160


















                                                          EDINET提出書類
                                               中央日本土地建物グループ株式会社(E35360)
                                                      有価証券届出書(通常方式)
      (セグメント情報等)
     【セグメント情報】
     1   報告セグメントの概要
       当社グループの報告セグメントは、当社グループの構成単位のうち分離された財務情報が入手可能であり、経営
      者が経営資源の配分の決定及び業績を評価するために、定期的に検討を行う対象となっているものです。
       当社グループは、総合不動産業として、都市開発事業、住宅事業を中心に多角的に事業を展開しており、「都市
      開発事業」、「住宅事業」、「不動産ソリューション事業」及び「資産運用事業」の4つを報告セグメントとして
      おります。
       各セグメントの内容は以下の通りであります。 
        都市開発事業      :オフィスビル・商業施設等の企画・開発・賃貸・運営等
        住宅事業                           :マンション・戸建住宅等の企画・開発・賃貸・販売等
        不動産ソリューション事業:不動産仲介、不動産鑑定評価、コンサルティング
        資産運用事業                      :不動産ファンドの組成・運用、不動産証券化に関わるコンサルティング
     2   報告セグメントごとの営業収益、利益又は損失、資産、その他の項目の金額の算定方法

       報告されている事業セグメントの会計処理の方法は、「中間連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項」
      における記載と概ね同一であります。セグメント間の内部営業収益又は振替高は市場実勢価格に基づいておりま
      す。
     3   報告セグメントごとの営業収益、利益又は損失、資産、その他の項目の金額に関する情報

      当中間連結会計期間(自             2020年4月1日         至   2020年9月30日)
                                                  (単位:百万円)
                          報告セグメント
                                                     中間連結
                           不動産ソ
                                           その他     調整額
                                                     財務諸表
                 都市開発               資産運用
                            リュー
                                           (注)1     (注)2
                      住宅事業                 計
                                                     計上額
                           ション事
                  事業               事業
                             業
    営業収益
     外部顧客への営業収益
                  25,340     15,865      2,737     1,421     45,366      1,145       ―    46,511
     セグメント間の内部
                   162      ―     159      10     332      82   △ 414      ―
     営業収益又は振替高
          計        25,503     15,865      2,897     1,432     45,698      1,227     △ 414    46,511
    セグメント利益又は損失
                  10,009      2,803      408     311    13,533      △ 323   △ 2,575     10,633
    (△)
    セグメント資産             672,839     137,451      11,131      3,763    825,186      10,494     272,416     1,108,098
    その他の項目
     減価償却費              4,049      794      4     0   4,848      165      79    5,093
     有形固定資産及び
                  20,471      1,314       14     ―   21,800       275      61    22,137
     無形固定資産の増加額
     (注)   1 「その他」の区分は報告セグメントに含まれていない事業セグメントであり、ゴルフ場事業などを含んで
         おります。
       2 調整額は以下のとおりであります。
         (1)セグメント利益又は損失の調整額△2,575百万円には、セグメント間取引消去△79百万円及び各報告セ
            グメントに配分していない全社費用△2,496百万円が含まれております。
            全社費用は、主に報告セグメントに帰属しない一般管理費であります。
         (2)セグメント資産の調整額272,416百万円には、各報告セグメントに配分していない全社資産274,694百
            万円及びセグメント間消去△2,277百万円が含まれております。
            全社資産は、主に報告セグメントに帰属しない投資有価証券、現金及び預金等であります。
       3 セグメント利益は、中間連結損益計算書の営業利益と調整を行っております。
                                 76/160




                                                          EDINET提出書類
                                               中央日本土地建物グループ株式会社(E35360)
                                                      有価証券届出書(通常方式)
     【関連情報】
      当中間連結会計期間(自             2020年4月1日         至   2020年9月30日)
     1   製品及びサービスごとの情報
        セグメント情報に同様の情報を開示しているため、記載を省略しております。
     2   地域ごとの情報

      (1)  営業収益
        本邦以外の外部顧客への営業収益がないため、該当事項はありません。
      (2)  有形固定資産

        本邦以外に所在している有形固定資産がないため、該当事項はありません。
     3   主要な顧客ごとの情報

       外部顧客への売上高のうち、中間連結損益計算書の売上高の10%以上を占める相手先がないため記載はありませ
      ん。
     【報告セグメントごとの固定資産の減損損失に関する情報】

      当中間連結会計期間(自             2020年4月1日         至   2020年9月30日)
       該当事項はありません。 
     【報告セグメントごとののれんの償却額及び未償却残高に関する情報】

      当中間連結会計期間(自             2020年4月1日         至   2020年9月30日)
       該当事項はありません。
     【報告セグメントごとの負ののれん発生益に関する情報】

      当中間連結会計期間(自             2020年4月1日         至   2020年9月30日)
       2020年4月1日付で中央不動産株式会社及び日本土地建物株式会社が当社の完全子会社となったことに伴い、負
      ののれん発生益86,345百万円を計上しております。
       なお、本件負ののれん発生益は、特別損益に含まれており、報告セグメントに配分しておりません。
                                 77/160










                                                          EDINET提出書類
                                               中央日本土地建物グループ株式会社(E35360)
                                                      有価証券届出書(通常方式)
      (1株当たり情報)
       1株当たり純資産額及び算定上の基礎並びに1株当たり中間純利益金額及び算定上の基礎は、以下のとおりであ
      ります。
                                   当中間連結会計期間
                 項目
                                   (2020年9月30日)
    (1)  1株当たり純資産額
                                       105,282.80円
     (算定上の基礎)

      純資産の部の合計額(百万円)                                   373,708

      純資産の部の合計額から控除する金額(百万円)                                     419

      (うち非支配株主持分)                                     (419)

      普通株式に係る中間期末の純資産額(百万円)                                   373,289

      普通株式の発行済株式数(株)                                  3,604,833

      普通株式の自己株式数(株)                                    59,243

      1株当たり純資産額の算定に用いられた
                                        3,545,590
      中間期末の普通株式の数(株)
                                   当中間連結会計期間

                 項目                 (自 2020年4月1日
                                   至 2020年9月30日)
    (2)  1株当たり中間純利益金額
                                       26,935.09円
     (算定上の基礎)

      親会社株主に帰属する中間純利益金額(百万円)                                    95,500

      普通株主に帰属しない金額(百万円)                                      ―

      普通株式に係る親会社株主に帰属する
                                          95,500
      中間純利益金額(百万円)
      普通株式の期中平均株式数(株)                                  3,545,590
     (注) 潜在株式調整後1株当たり中間純利益金額については、潜在株式がないため記載しておりません。
                                 78/160









                                                          EDINET提出書類
                                               中央日本土地建物グループ株式会社(E35360)
                                                      有価証券届出書(通常方式)
    (重要な後発事象)
    (共通支配下の取引等)
      当社は、2020年11月30日開催の取締役会において、当社の連結子会社である中央不動産株式会社及び日本土地建物
     株式会社等は、2020年12月17日開催の取締役会において、2021年4月1日付で当社の連結子会社7社間の吸収合併及
     び吸収分割等による事業別組織再編に係る決議をいたしました。
     1.取引の概要

     (1)現物配当による日本土地建物販売株式会社の完全子会社化
         当社の連結子会社である日本土地建物株式会社が全株式を直接                             保有する日本土地建物販売株式会社の全株式
        を、2021年4月1日付(予定)で当社へ現物配当することによる完全子会社化。
     (2)日本土地建物販売株式会社を吸収分割承継会社とする吸収分割

       ①対象となる事業の名称及びその事業の内容
        a.  事業名称:日本土地建物株式会社の不動産ソリューション事業
         事業内容:不動産コンサルティング、不動産鑑定評価
        b.  事業名称:中央不動産株式会社の営業部門の事業
         事業内容:不動産売買・賃貸借の仲介、不動産鑑定評価
       ②企業結合日
        2021年4月1日(予定)
       ③企業結合の法的形式
        中央不動産株式会社及び日本土地建物株式会社を吸収分割会社、日本土地建物販売株式会社を吸収分割承継会
        社とする吸収分割
       ④結合後企業の名称
        中央日土地ソリューションズ株式会社
     (3)日本土地建物株式会社を吸収合併存続会社とする吸収合併

       ①結合当事企業の名称及びその事業の内容
       ⅰ.吸収合併存続会社
         名称  :日本土地建物株式会社
         事業内容:オフィスビル・商業施設等の開発・賃貸・管理、マンション・戸建住宅等の開発・販売・賃貸
       ⅱ.吸収合併消滅会社
         名称  :中央不動産株式会社
         事業内容:不動産の所有・賃貸・管理
       ②企業結合日
        2021年4月1日(予定)
       ③企業結合の法的形式
        中央不動産株式会社を吸収合併消滅会社、日本土地建物株式会社を吸収合併存続会社とする吸収合併
       ④結合後企業の名称
        中央日本土地建物株式会社
     (4)日土地ビルサービス株式会社を吸収合併存続会社とする吸収合併

       ①結合当事企業の名称及びその事業の内容
       ⅰ.吸収合併存続会社
         名称  :日土地ビルサービス株式会社
         事業内容:プロパティマネジメント、不動産の運営管理
                                 79/160




                                                          EDINET提出書類
                                               中央日本土地建物グループ株式会社(E35360)
                                                      有価証券届出書(通常方式)
       ⅱ.吸収合併消滅会社
         名称  :中央ビルマネジメント株式会社
         事業内容:プロパティマネジメント
       ②企業結合日
        2021年4月1日(予定)
       ③企業結合の法的形式
        中央ビルマネジメント株式会社を吸収合併消滅会社、日土地ビルサービス株式会社を吸収合併存続会社とする
        吸収合併
       ④結合後企業の名称
        中央日土地ビルマネジメント株式会社
     (5)日土地建設株式会社を吸収合併存続会社とする吸収合併

       ①結合当事企業の名称及びその事業の内容
       ⅰ.吸収合併存続会社
         名称  :日土地建設株式会社
         事業内容:建設工事・リニューアル工事、工事の企画・設計・監理
       ⅱ.吸収合併消滅会社
         名称  :中央ビルテクノ株式会社
         事業内容:建物設備工事・設計・施工・請負・保守管理
       ②企業結合日
        2021年4月1日(予定)
       ③企業結合の法的形式
        中央ビルテクノ株式会社を吸収合併消滅会社、日土地建設株式会社を吸収合併存続会社とする吸収合併
       ④結合後企業の名称
        中央日土地ファシリティーズ株式会社
     (6)現物配当による中央日土地ビルマネジメント株式会社の完全子会社化

         2021年4月1日付(予定)で吸収合併した                    中央日本土地建物株式会社が全株式を直接                   保有する中央日土地ビ
        ルマネジメント株式会社の全株式を、2021年4月1日付(予定)で当社へ現物配当することによる完全子会社
        化。
     (7)取引の目的を含む取引の概要

         中央日本土地建物グループは、中央不動産グループと日本土地建物グループが経営統合により、営業基盤や
        財務基盤を一元化し拡充させることで、不動産業界での競争力を高め、経営環境の変化に応じた新たな成長戦
        略を確立するとともに総合不動産業として更に発展することを目標としております。具体的には2020年4月1
        日付にて株式移転の方式により共同持株会社として当社が設立され、傘下の連結子会社7社を2021年4月1日
        付にて事業別子会社(「都市開発・分譲・賃貸」「仲介・鑑定・CRE戦略支援」「ビル管理」等)へ再編するこ
        とにより、投資戦略や各事業部門の専門機能の更なる強化を進め、持続的な成長実現に努めて参る所存であり
        ます。なお、本事業別組織再編につきましては、2021年1月開催予定の当社の臨時株主総会決議を前提として
        おります。
     2.実施する会計処理の概要

        「企業結合に関する会計基準」(企業会計基準第21号 2019年1月16日)及び「企業結合会計基準及び事業分
       離等会計基準に関する適用指針」(企業会計基準適用指針第10号 2019年1月16日)に基づき、共通支配下の取
       引として処理を行う予定であります。
                                 80/160




                                                          EDINET提出書類
                                               中央日本土地建物グループ株式会社(E35360)
                                                      有価証券届出書(通常方式)
      ⑤  【連結附属明細表】
        当社は2020年4月1日に日本土地建物と中央不動産との経営統合により設立されました。第1期連結会計年度
       は2020年4月1日から2021年3月31日までとなっており、本有価証券届出書提出日現在において第1期連結会計
       年度末が到来していないため、「連結附属明細表」については記載しておりません。
     (2) 【その他】

       該当事項はありません。
                                 81/160


















                                                          EDINET提出書類
                                               中央日本土地建物グループ株式会社(E35360)
                                                      有価証券届出書(通常方式)
    2  【中間財務諸表等】
     (1)  【中間財務諸表】
      ①  【中間貸借対照表】
                                   (単位:百万円)
                                当中間会計期間
                                (2020年9月30日)
     資産の部
      流動資産
        現金及び預金                                36,554
        関係会社短期貸付金                                68,650
                                         564
        その他
        流動資産合計                               105,769
      固定資産
        無形固定資産
         ソフトウエア                                 10
                                          34
         その他
         無形固定資産合計                                 44
        投資その他の資産
         関係会社株式                              177,490
                                          55
         繰延税金資産
         投資その他の資産合計                              177,545
        固定資産合計                               177,590
      資産合計                                 283,359
     負債の部
      流動負債
        営業未払金                                  25
        短期借入金                                7,500
        コマーシャル・ペーパー                                27,000
        1年内返済予定の長期借入金                                2,924
        預り金                                  783
        賞与引当金                                  43
                                        1,012
        その他
        流動負債合計                                39,288
      固定負債
        社債                                35,000
        長期借入金                                28,716
                                          7
        役員退職慰労引当金
        固定負債合計                                63,723
      負債合計                                 103,011
                                 82/160







                                                          EDINET提出書類
                                               中央日本土地建物グループ株式会社(E35360)
                                                      有価証券届出書(通常方式)
                                   (単位:百万円)
                                当中間会計期間
                                (2020年9月30日)
     純資産の部
      株主資本
        資本金                                10,000
        資本剰余金
         資本準備金                               10,000
                                       157,490
         その他資本剰余金
         資本剰余金合計                              167,490
        利益剰余金
         その他利益剰余金                               2,857
                                        2,857
          繰越利益剰余金
         利益剰余金合計                               2,857
        株主資本合計                               180,347
      純資産合計                                 180,347
     負債純資産合計                                  283,359
                                 83/160















                                                          EDINET提出書類
                                               中央日本土地建物グループ株式会社(E35360)
                                                      有価証券届出書(通常方式)
      ②  【中間損益計算書】
                                   (単位:百万円)
                                当中間会計期間
                               (自 2020年4月1日
                                至 2020年9月30日)
     営業収益                                   3,842
                                         342
     営業原価
     営業総利益                                   3,499
     販売費及び一般管理費                                    695
     営業利益                                   2,804
                                        ※1  0
     営業外収益
     経常利益                                   2,804
     税引前中間純利益                                   2,804
     法人税、住民税及び事業税
                                          1
                                         △ 55
     法人税等調整額
     法人税等合計                                    △ 53
     中間純利益                                   2,857
                                 84/160















                                                          EDINET提出書類
                                               中央日本土地建物グループ株式会社(E35360)
                                                      有価証券届出書(通常方式)
      ③  【中間株主資本等変動計算書】
     当中間会計期間(自         2020年4月1日 至          2020年9月30日)
                                                 (単位:百万円)
                                  株主資本
                              資本剰余金                  利益剰余金
                                            その他利益
                資本金
                                             剰余金
                              その他資本       資本剰余金              利益剰余金
                       資本準備金
                               剰余金        合計              合計
                                            繰越利益
                                             剰余金
    当期首残高               ―       ―       ―       ―       ―       ―
    当中間期変動額
     株式移転による増加             10,000       10,000       158,727       168,727
     中間純利益                                          2,857       2,857
     自己株式の取得
     自己株式の消却                           △ 1,237      △ 1,237
    当中間期変動額合計              10,000       10,000       157,490       167,490        2,857       2,857
    当中間期末残高              10,000       10,000       157,490       167,490        2,857       2,857
                   株主資本

                              純資産合計

                       株主資本
                自己株式
                        合計
    当期首残高               ―       ―       ―

    当中間期変動額
     株式移転による増加                    178,727       178,727
     中間純利益                    2,857       2,857
     自己株式の取得            △ 1,237      △ 1,237      △ 1,237
     自己株式の消却             1,237        ―       ―
    当中間期変動額合計               ―     180,347       180,347
    当中間期末残高               ―     180,347       180,347
                                 85/160










                                                          EDINET提出書類
                                               中央日本土地建物グループ株式会社(E35360)
                                                      有価証券届出書(通常方式)
     【注記事項】
      (重要な会計方針)
    1.資産の評価基準及び評価方法
      有価証券
       子会社株式
        移動平均法による原価法
    2.固定資産の減価償却の方法
      無形固定資産
       定額法を採用しております。
       なお、自社利用のソフトウェアについて社内における利用可能期間(5年)に基づく定額法を採用しております。
    3.引当金の計上基準
     (1)  賞与引当金
       従業員に対して支給する賞与に充てるため、支給見込額に基づき計上しております。
     (2)  役員退職慰労引当金
       役員の退職慰労金の支給に充てるため、内規に基づく中間期末要支給額を計上しております。
    4.その他中間財務諸表作成のための基本となる重要な事項
      消費税等の会計処理
       消費税及び地方消費税の会計処理は税抜方式によっております。
       仮払消費税等及び仮受消費税等は両建で表示しており、流動資産その他に含まれている仮払消費税等は46百万円
      であり、流動負債その他に含まれている仮受消費税等は78百万円であります。
      (追加情報)

    (新型コロナウイルス感染症の感染拡大の影響に関する会計上の見積り)
      新型コロナウイルス感染症の影響については、今後の広がり方や収束時期等を正確に予測することは困難な状況に
     ありますが、外部情報源の情報等を踏まえ、少なくとも一定期間継続するものと仮定し、繰延税金資産の回収可能性
     の見積りを行うなど会計上の見積りを行っております。
      しかしながら、新型コロナウイルス感染症拡大による影響は不確定要素が多いことから、今後さらに長期化した場
     合、子会社における賃料の減少、開発プロジェクトの計画スケジュール変更や、住宅分譲における需要面への影響等
     を通じて、当中間会計期間以降の当社の財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況に影響を及ぼす可能性が
     あります。
      (中間貸借対照表関係)

      該当事項はありません。
      (中間損益計算書関係)

    ※1    営業外収益の主要項目
                           当中間会計期間
                         (自 2020年4月1日
                          至 2020年9月30日)
    受取利息                            0百万円
     2   減価償却実施額

                           当中間会計期間
                         (自 2020年4月1日
                          至 2020年9月30日)
    無形固定資産                            2百万円
                                 86/160




                                                          EDINET提出書類
                                               中央日本土地建物グループ株式会社(E35360)
                                                      有価証券届出書(通常方式)
      (有価証券関係)
      子会社株式は、市場価格がなく、時価を把握することが極めて困難と認められるため、子会社株式の時価を記載し
     ておりません。
      なお、時価を把握することが極めて困難と認められる子会社株式の中間貸借対照表計上額は次のとおりでありま
     す。
                                    (単位:百万円)
                               当中間会計期間
                              (2020年9月30日)
       子会社株式
                                       177,490
               合計
                                       177,490
      (企業結合等関係)

       中間連結財務諸表の「注記事項(企業結合等関係)」に同一の内容を記載しているため、注記を省略しておりま
      す。
      (重要な後発事象)

      (共通支配下の取引等)
        中間連結財務諸表の「注記事項(重要な後発事象)」に同一の内容を記載しているため、注記を省略しておりま
       す。
      ④  【附属明細表】

        当社は2020年4月1日に日本土地建物と中央不動産との経営統合により設立されました。第1期事業年度は
       2020年4月1日から2021年3月31日までとなっており、本有価証券届出書提出日現在において第1期事業年度末
       が到来していないため、「附属明細表」については記載しておりません。
     (2)  【主な資産及び負債の内容】

       当社は2020年4月1日に日本土地建物と中央不動産との経営統合により設立されました。第1期事業年度は2020
      年4月1日から2021年3月31日までとなっており、本有価証券届出書提出日現在において第1期事業年度末が到来
      していないため、「主な資産及び負債の内容」については記載しておりません。
                                 87/160










                                                          EDINET提出書類
                                               中央日本土地建物グループ株式会社(E35360)
                                                      有価証券届出書(通常方式)
     (3)  【その他】
      中間配当に関する取締役会の決議を次のとおり行っております。
       決議年月日       2020年11月30日
       中間配当金の総額                   720,966,600円
       1株当たりの額                                     200円
      株式移転により当社完全子会社となった日本土地建物株式会社の最近2連結会計年度の連結財務諸表及び中央不動

     産株式会社の最近2事業年度の財務諸表は以下のとおりです。
                                 88/160


















                                                          EDINET提出書類
                                               中央日本土地建物グループ株式会社(E35360)
                                                      有価証券届出書(通常方式)
    日本土地建物
    1 連結財務諸表の作成方法について

      当社の連結財務諸表は、「連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和51年大蔵省令第28号)に基
     づいて作成しております。
    2 監査証明について

      当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、2019年4月1日から2020年3月31日までの連結会計年
     度の連結財務諸表について、EY新日本有限責任監査法人の監査を受けております。
    3 決算期変更について

      2019年1月30日開催の第77期定時株主総会における定款一部変更の決議により、決算期を10月31日から3月31日に
     変更しました。
      従って、前連結会計年度は2018年11月1日から2019年3月31日までの5ヶ月間となっております。
                                 89/160















                                                          EDINET提出書類
                                               中央日本土地建物グループ株式会社(E35360)
                                                      有価証券届出書(通常方式)
    1  連結財務諸表等
     (1)  連結財務諸表
      ①  連結貸借対照表
                                                  (単位:百万円)
                                前連結会計年度              当連結会計年度
                                (2019年3月31日)              (2020年3月31日)
     資産の部
      流動資産
                                      ※3  29,568             ※3  36,963
        現金及び預金
        営業未収入金                                1,975              1,679
        完成工事未収入金                                  268              119
        商品                                  50              51
                                      ※2  41,087
        販売用不動産                                              48,571
        仕掛販売用不動産                                5,228              9,199
        販売用不動産信託受益権                                6,170              6,215
        前払費用                                  475              529
        未収消費税等                                1,076                -
        その他                                1,987              1,660
                                         △0              △0
        貸倒引当金
        流動資産合計                                87,887              104,989
      固定資産
        有形固定資産
                                    ※2,※3   233,321            ※2,※3   236,444
         建物
                                      △102,176              △108,273
          減価償却累計額
          建物(純額)                             131,145              128,171
                                      ※3  4,825             ※3  4,897
         構築物
                                       △2,987              △3,140
          減価償却累計額
          構築物(純額)                              1,838              1,757
         機械装置及び運搬具
                                        3,050              2,974
                                       △2,321              △2,381
          減価償却累計額
          機械装置及び運搬具(純額)                               728              592
                                                     ※3  3,584
         工具、器具及び備品
                                        3,472
                                       △2,847              △2,883
          減価償却累計額
          工具、器具及び備品(純額)                               624              700
                                    ※2,※3   299,541            ※2,※3   310,228
         土地
         リース資産                                980              885
                                        △600              △553
          減価償却累計額
          リース資産(純額)                               379              331
         建設仮勘定                               2,278              10,404
         有形固定資産合計                              436,537              452,185
        無形固定資産
         借地権                               3,012              2,962
                                         483              402
         その他
         無形固定資産合計                               3,496              3,364
        投資その他の資産
                                    ※1,※2   159,754            ※1,※2   159,613
         投資有価証券
                                     ※1,※2   23,144            ※1,※2   15,792
         出資金
         長期貸付金                                187              187
         長期前払費用                               1,067               897
                                 90/160




                                                          EDINET提出書類
                                               中央日本土地建物グループ株式会社(E35360)
                                                      有価証券届出書(通常方式)
                                                  (単位:百万円)
                                前連結会計年度              当連結会計年度
                                (2019年3月31日)              (2020年3月31日)
         敷金及び保証金                               5,896              6,133
         繰延税金資産                                739              755
         その他                               1,086              1,207
                                        △130              △127
         貸倒引当金
         投資その他の資産合計                              191,746              184,459
        固定資産合計                               631,780              640,010
      資産合計                                 719,668              745,000
     負債の部
      流動負債
        営業未払金                                2,871              4,896
                                      ※2  58,829             ※2  49,065
        短期借入金
        コマーシャル・ペーパー                                8,000              7,000
                                     ※2,※3   51,892            ※2,※3   54,422
        1年内返済予定の長期借入金
        未払費用                                  341              372
        未払法人税等                                1,948              1,038
        未払消費税等                                  932              685
        前受金                                2,759              3,286
        預り金                                  523              621
        賞与引当金                                  710              724
                                         779              257
        その他
        流動負債合計                               129,589              122,370
      固定負債
        社債                                20,000              35,000
                                    ※2,※3   281,346            ※2,※3   312,057
        長期借入金
        長期預り敷金保証金                                33,738              33,648
        繰延税金負債                                35,103              26,742
        退職給付に係る負債                                2,704              2,309
        役員退職慰労引当金                                  687              751
                                         619              567
        その他
        固定負債合計                               374,199              411,077
      負債合計                                 503,789              533,447
     純資産の部
      株主資本
        資本金                                17,000              17,000
        資本剰余金                                16,785              13,761
        利益剰余金                               122,270              136,932
                                       △3,809               △538
        自己株式
        株主資本合計                               152,245              167,155
      その他の包括利益累計額
        その他有価証券評価差額金                                60,815              43,724
        繰延ヘッジ損益                                △228              △203
                                         183              439
        退職給付に係る調整累計額
        その他の包括利益累計額合計                                60,769              43,960
      非支配株主持分                                  2,863               436
      純資産合計                                 215,878              211,552
     負債純資産合計                                  719,668              745,000
                                 91/160




                                                          EDINET提出書類
                                               中央日本土地建物グループ株式会社(E35360)
                                                      有価証券届出書(通常方式)
      ②  連結損益計算書及び連結包括利益計算書
       連結損益計算書
                                                  (単位:百万円)
                                前連結会計年度              当連結会計年度
                               (自  2018年11月1日            (自  2019年4月1日
                                至   2019年3月31日)             至   2020年3月31日)
     営業収益                                   27,734              72,132
                                                    ※1  46,054
                                        16,550
     営業原価
     営業総利益                                   11,183              26,077
     販売費及び一般管理費
      広告宣伝費                                   456             1,071
      役員報酬                                   198              497
      給料及び手当                                  1,311              4,009
      賞与引当金繰入額                                   377              433
      退職給付費用                                   143              325
      役員退職慰労引当金繰入額                                    62              153
      業務委託費                                   274              756
      租税公課                                   528             1,243
                                         616             1,853
      その他
      販売費及び一般管理費合計                                  3,969              10,346
     営業利益                                   7,213              15,731
     営業外収益
      受取利息                                    0              1
      受取配当金                                  2,424              4,795
      持分法による投資利益                                   436              692
                                         144              584
      その他
      営業外収益合計                                  3,006              6,073
     営業外費用
      支払利息                                  1,241              2,982
                                         215              886
      その他
      営業外費用合計                                  1,456              3,868
     経常利益                                   8,764              17,937
     特別利益
                                      ※2  3,407             ※2  1,294
      固定資産売却益
                                        3,268               805
      投資有価証券売却益
      特別利益合計                                  6,676              2,099
     特別損失
                                                      ※3  627
      固定資産売却損                                    -
                                        ※4  52              ※4  8
      固定資産除却損
      投資有価証券評価損                                    -             506
      本社統合費用                                    -             471
                                          -              1
      その他
      特別損失合計                                    52             1,615
     税金等調整前当期純利益                                   15,387              18,422
     法人税、住民税及び事業税
                                        2,513              3,500
                                        1,303             △1,035
     法人税等調整額
     法人税等合計                                   3,816              2,465
     当期純利益                                   11,571              15,956
     非支配株主に帰属する当期純利益又は非支配株主に
                                         659              △58
     帰属する当期純損失(△)
     親会社株主に帰属する当期純利益                                   10,912              16,015
                                 92/160




                                                          EDINET提出書類
                                               中央日本土地建物グループ株式会社(E35360)
                                                      有価証券届出書(通常方式)
       連結包括利益計算書
                                                  (単位:百万円)
                                前連結会計年度              当連結会計年度
                               (自  2018年11月1日            (自  2019年4月1日
                                至   2019年3月31日)             至   2020年3月31日)
     当期純利益                                   11,571              15,956
     その他の包括利益
      その他有価証券評価差額金                                △13,163              △17,091
      繰延ヘッジ損益                                  △146                25
      退職給付に係る調整額                                    25              255
                                         △9               0
      持分法適用会社に対する持分相当額
                                     ※1  △13,294             ※1  △16,809
      その他の包括利益合計
     包括利益                                  △1,722               △853
     (内訳)
      親会社株主に係る包括利益                                 △2,381               △794
      非支配株主に係る包括利益                                   659              △58
                                 93/160















                                                          EDINET提出書類
                                               中央日本土地建物グループ株式会社(E35360)
                                                      有価証券届出書(通常方式)
      ③  連結株主資本等変動計算書
     前連結会計年度(自         2018年11月1日        至  2019年3月31日)
                                          (単位:百万円)
                              株主資本
                資本金      資本剰余金       利益剰余金        自己株式      株主資本合計
    当期首残高              17,000       16,785       111,952       △3,809       141,927
    当期変動額
     剰余金の配当                            △595              △595
     親会社株主に帰属す
                                10,912              10,912
     る当期純利益
     連結範囲の変動                             -              -
     自己株式の消却                      -              -       -
     連結子会社株式の取
                           -                     -
     得による持分の増減
     持分法適用会社に対
     する持分変動に伴う                                    -       -
     自己株式の増減
     株主資本以外の項目
     の当期変動額(純
     額)
    当期変動額合計                -       -     10,317         -     10,317
    当期末残高              17,000       16,785       122,270       △3,809       152,245
                        その他の包括利益累計額

                                           非支配株主持分        純資産合計
              その他有価証券評              退職給付に係る調       その他の包括利益
                      繰延ヘッジ損益
                価差額金              整累計額       累計額合計
    当期首残高              73,988        △81        157      74,064        2,676      218,668
    当期変動額
     剰余金の配当                                                 △595
     親会社株主に帰属す
                                                      10,912
     る当期純利益
     連結範囲の変動                                            -       -
     自己株式の消却                                                   -
     連結子会社株式の取
                                                 -       -
     得による持分の増減
     持分法適用会社に対
     する持分変動に伴う                                                   -
     自己株式の増減
     株主資本以外の項目
     の当期変動額(純            △13,173        △146        25     △13,294         187     △13,107
     額)
    当期変動額合計             △13,173        △146        25     △13,294         187     △2,789
    当期末残高              60,815        △228        183      60,769        2,863      215,878
                                 94/160







                                                          EDINET提出書類
                                               中央日本土地建物グループ株式会社(E35360)
                                                      有価証券届出書(通常方式)
     当連結会計年度(自         2019年4月1日        至  2020年3月31日)
                                          (単位:百万円)
                              株主資本
                資本金      資本剰余金       利益剰余金        自己株式      株主資本合計
    当期首残高              17,000       16,785       122,270       △3,809       152,245
    当期変動額
     剰余金の配当                            △892              △892
     親会社株主に帰属す
                                16,015              16,015
     る当期純利益
     連結範囲の変動                            △461              △461
     自己株式の消却                    △3,239               3,239         -
     連結子会社株式の取
                          216                     216
     得による持分の増減
     持分法適用会社に対
     する持分変動に伴う                                    32       32
     自己株式の増減
     株主資本以外の項目
     の当期変動額(純
     額)
    当期変動額合計                -     △3,023        14,661        3,271       14,910
    当期末残高              17,000       13,761       136,932        △538      167,155
                        その他の包括利益累計額

                                           非支配株主持分        純資産合計
              その他有価証券評              退職給付に係る調       その他の包括利益
                      繰延ヘッジ損益
                価差額金              整累計額       累計額合計
    当期首残高              60,815        △228        183      60,769        2,863      215,878
    当期変動額
     剰余金の配当                                                 △892
     親会社株主に帰属す
                                                      16,015
     る当期純利益
     連結範囲の変動                                         △1,917       △2,378
     自己株式の消却                                                   -
     連結子会社株式の取
                                               △416       △200
     得による持分の増減
     持分法適用会社に対
     する持分変動に伴う                                                  32
     自己株式の増減
     株主資本以外の項目
     の当期変動額(純            △17,090          25       255     △16,809         △92     △16,902
     額)
    当期変動額合計             △17,090          25       255     △16,809        △2,426       △4,326
    当期末残高              43,724        △203        439      43,960        436     211,552
                                 95/160







                                                          EDINET提出書類
                                               中央日本土地建物グループ株式会社(E35360)
                                                      有価証券届出書(通常方式)
      ④  連結キャッシュ・フロー計算書
                                                  (単位:百万円)
                                前連結会計年度              当連結会計年度
                               (自  2018年11月1日            (自  2019年4月1日
                                至   2019年3月31日)             至   2020年3月31日)
     営業活動によるキャッシュ・フロー
      税金等調整前当期純利益                                 15,387              18,422
      減価償却費                                  3,247              7,593
      貸倒引当金の増減額(△は減少)                                   △0              △2
      賞与引当金の増減額(△は減少)                                    1              13
      退職給付に係る負債の増減額(△は減少)                                    7              61
      受取利息及び受取配当金                                 △2,425              △4,797
      支払利息                                  1,241              2,982
      持分法による投資損益(△は益)                                  △436              △692
      有形固定資産売却損益(△は益)                                 △3,407               △666
      固定資産除却損                                    52               8
      投資有価証券売却損益(△は益)                                 △3,268               △804
      投資有価証券評価損益(△は益)                                    -             506
      本社統合費用                                    -             471
      売上債権の増減額(△は増加)                                   127              444
      たな卸資産の増減額(△は増加)                                △10,770              △11,322
      敷金及び保証金の増減額(△は増加)                                  △244              △237
      預り敷金及び保証金の増減額(△は減少)                                   709              543
      仕入債務の増減額(△は減少)                                  △794              3,740
                                        △529               543
      その他
      小計                                 △1,100               16,808
      利息及び配当金の受取額
                                        2,432              4,797
      利息の支払額                                 △1,278              △2,946
                                       △1,346              △4,536
      法人税等の支払額又は還付額(△は支払)
      営業活動によるキャッシュ・フロー                                 △1,293               14,123
     投資活動によるキャッシュ・フロー
      有形固定資産の取得による支出                                △13,303              △23,759
      有形固定資産の売却による収入                                 36,307               1,129
      投資有価証券の取得による支出                                 △5,406              △18,559
      投資有価証券の売却による収入                                  6,188               806
      貸付金の回収による収入                                    -             330
      出資金の払込による支出                                  △595                -
      出資金の回収による収入                                    34             1,130
                                        △427              △252
      その他
      投資活動によるキャッシュ・フロー                                 22,798             △39,175
                                 96/160







                                                          EDINET提出書類
                                               中央日本土地建物グループ株式会社(E35360)
                                                      有価証券届出書(通常方式)
                                                  (単位:百万円)
                                前連結会計年度              当連結会計年度
                               (自  2018年11月1日            (自  2019年4月1日
                                至   2019年3月31日)             至   2020年3月31日)
     財務活動によるキャッシュ・フロー
      短期借入金の純増減額(△は減少)                                 16,282              △9,764
      コマーシャル・ペーパーの純増減額(△は減
                                        8,000             △1,000
      少)
      長期借入れによる収入                                 22,980              85,301
      長期借入金の返済による支出                                △60,884              △52,098
      社債の発行による収入                                    -            15,000
      リース債務の返済による支出                                  △41              △47
      配当金の支払額                                  △595              △892
      非支配株主への配当金の支払額                                  △305              △454
      連結の範囲の変更を伴わない子会社株式の取得
                                          -            △200
      による支出
      非支配株主への払戻による支出                                    -           △2,118
                                        △157                -
      その他
      財務活動によるキャッシュ・フロー                                △14,720               33,724
     現金及び現金同等物の増減額(△は減少)                                   6,784              8,672
     現金及び現金同等物の期首残高
                                        22,783              29,568
                                          -           △1,277
     連結除外に伴う現金及び現金同等物の減少額
                                      ※1  29,568             ※1  36,963
     現金及び現金同等物の期末残高
                                 97/160













                                                          EDINET提出書類
                                               中央日本土地建物グループ株式会社(E35360)
                                                      有価証券届出書(通常方式)
     [注記事項]
     (連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項)
    1 連結の範囲に関する事項
     (1)  連結子会社の数  6社
       連結子会社の名称
        日本土地建物販売㈱、日土地ビルサービス㈱、日土地建設㈱、
        日土地アセットマネジメント㈱、㈱レイクウッドコーポレーション、(同)クスノキを営業者とする匿名組合
        有限会社ネオパス・エフアイエスを営業者とする匿名組合は、清算結了したため、連結の範囲より除外してお
       ります。
     (2)  主要な非連結子会社の名称等
       虎ノ門リアルエステート㈱
      (連結の範囲から除いた理由)
        非連結子会社は、いずれも小規模会社であり、合計の総資産、売上高、当期純損益及び利益剰余金(持分に見合
       う額)等は、いずれも連結財務諸表に重要な影響を及ぼしていないため、連結の範囲から除外しております。
    2 持分法の適用に関する事項

     (1)  持分法を適用した関連会社数  3社
       持分法適用会社の名称
        日新建物㈱
        ㈱データ・キーピング・サービス
        ㈱トータル保険サービス
     (2)  持分法を適用しない非連結子会社及び関連会社のうち主要な会社等の名称
       虎ノ門リアルエステート㈱
      (持分法を適用しない理由)
        持分法非適用会社は、それぞれ当期純損益及び利益剰余金(持分に見合う額)等からみて、持分法の対象から除
       いても連結財務諸表に及ぼす影響が軽微であり、かつ、全体としても重要性が乏しいため、持分法の適用範囲か
       ら除外しております。
    3 連結子会社の事業年度等に関する事項

       連結子会社のうち、合同会社クスノキを営業者とする匿名組合の決算日は12月31日であります。
       連結財務諸表の作成にあたっては、同日現在の財務諸表を使用し、連結決算日との間に生じた重要な取引につい
      ては、連結上必要な調整を行っております。
       その他の連結子会社の決算日は、連結決算日と一致しております。
    4 会計方針に関する事項

     (1)  重要な資産の評価基準及び評価方法
      ① 有価証券
       a 満期保有目的の債券
         償却原価法(定額法)
       b その他有価証券
         時価のあるもの
          決算期末日の市場価格等に基づく時価法(評価差額は全部純資産直入法により処理し、売却原価は移動平均
         法により算定)
         時価のないもの
          移動平均法による原価法
      ② デリバティブ取引により生ずる債権及び債務
         時価法
      ③ たな卸資産
        販売用不動産、仕掛販売用不動産及び販売用不動産信託受益権
         個別法による原価法(貸借対照表価額は収益性の低下に基づく簿価切下げの方法により算定)
                                 98/160



                                                          EDINET提出書類
                                               中央日本土地建物グループ株式会社(E35360)
                                                      有価証券届出書(通常方式)
     (2)  重要な減価償却資産の減価償却の方法
      ① 有形固定資産(リース資産を除く)
         定率法を採用しております。
         ただし、1998年4月1日以降に取得した建物(建物附属設備は除く)並びに2016年4月1日以降に取得した建
        物附属設備及び構築物については、定額法を採用しております。
      ② 無形固定資産(リース資産を除く)
         定額法を採用しております。
         なお、自社利用のソフトウェアについては、社内における利用可能期間(5年)に基づく定額法を採用してお
        ります。
      ③ リース資産(所有権移転外ファイナンス・リース取引に係るリース資産)
         リース期間を耐用年数とし、残存価額を零(リース契約上に残価保証の取り決めがある場合は当該残価保証
        額)として算定する定額法を採用しております。
     (3)  重要な引当金の計上基準

      ① 貸倒引当金
         債権の貸倒れに備えるため、一般債権については貸倒実績率により、貸倒懸念債権等特定の債権について
        は、個別に回収可能性を検討し、回収不能見込額を計上しております。
      ② 賞与引当金
         従業員に対して支給する賞与に充てるため、支給見込額に基づき計上しております。
      ③ 役員退職慰労引当金
         役員の退職慰労金の支給に充てるため、内規に基づく期末要支給額を計上しております。
     (4)  退職給付に係る会計処理の方法

      ① 退職給付見込額の期間帰属方法
         退職給付債務の算定にあたり、退職給付見込額を当連結会計年度末までの期間に帰属させる方法について
        は、期間定額基準によっております。
      ② 数理計算上の差異の費用処理方法
         数理計算上の差異は、各連結会計年度の発生時における従業員の平均残存勤務期間内の一定の年数による定
        額法により按分した額をそれぞれ発生の翌連結会計年度から費用処理することとしております。
      ③ 小規模企業等における簡便法の採用
         一部の連結子会社は、退職給付に係る負債及び退職給付費用の計算に、退職一時金制度については、退職給
        付に係る期末自己都合要支給額を退職給付債務とし、企業年金制度については、直近の年金財政計算上の数理
        債務をもって退職給付債務とする方法を用いた簡便法を適用しております。
     (5)  重要なヘッジ会計の方法

      ① ヘッジ会計の方法
         金利スワップは、原則として繰延ヘッジによっております。なお、特例処理の要件を満たしている金利ス
        ワップについては、特例処理によっております。
      ② ヘッジ手段とヘッジ対象
          ヘッジ手段          ヘッジ対象
          金利スワップ            借入金
      ③ ヘッジ方針
         将来の金利変動リスクを回避するために金利スワップを利用しており、投機目的の取引は行わない方針であ
        ります。
                                 99/160




                                                          EDINET提出書類
                                               中央日本土地建物グループ株式会社(E35360)
                                                      有価証券届出書(通常方式)
      ④ ヘッジ有効性評価の方法
         ヘッジ対象のキャッシュフローの変動の累計とヘッジ手段のキャッシュフローの変動の累計とを比較し、両
        者の変動額等を基礎に判定しております。ただし、特例処理によっている金利スワップについては、有効性の
        判定を省略しております。
     (6)  連結キャッシュ・フロー計算書における資金の範囲

        手許現金、随時引き出し可能な預金及び取得日から3ヶ月以内に満期日の到来する流動性の高い、容易に換金
       可能であり、かつ、価値の変動について僅少なリスクしか負わない短期的な投資からなっております。
     (7)  その他連結財務諸表作成のための重要な事項

       消費税等の会計処理
        消費税及び地方消費税の会計処理は、税抜方式によっております。
     (未適用の会計基準等)

    「収益認識に関する会計基準」(企業会計基準第29号 2020年3月31日)
    「収益認識に関する会計基準の適用指針」(企業会計基準適用指針第30号 2020年3月31日)
     (1)  概要
       収益認識に関する包括的な会計基準であります。収益は、次の5つのステップを適用し認識されます。
       ステップ1:顧客との契約を識別する。
       ステップ2:契約における履行義務を識別する。
       ステップ3:取引価格を算定する。
       ステップ4:契約における履行義務に取引価格を配分する。
       ステップ5:履行義務を充足した時に又は充足するにつれて収益を認識する。
     (2)  適用予定日
       2022年3月期の期首より適用予定であります。
     (3)  当該会計基準等の適用による影響
       影響額は、当連結財務諸表の作成時において評価中であります。
    「時価の算定に関する会計基準」(企業会計基準第30号 2019年7月4日)

    「時価の算定に関する会計基準の適用指針」(企業会計基準適用指針第31号 2019年7月4日)
    「棚卸資産の評価に関する会計基準」(企業会計基準第9号 2019年7月4日)
    「金融商品に関する会計基準」(企業会計基準第10号 2019年7月4日)
    「金融商品の時価等の開示に関する適用指針」(企業会計基準適用指針第19号 2020年3月31日)
     (1)  概要
       国際的な会計基準の定めとの比較可能性を向上させるため、「時価の算定に関する会計基準」及び「時価の算定
      に関する会計基準の適用指針」(以下「時価算定会計基準等」という。)が開発され、時価の算定方法に関するガイ
      ダンス等が定められました。時価算定会計基準等は次の項目の時価に適用されます。
      ・「金融商品に関する会計基準」における金融商品
      ・「棚卸資産の評価に関する会計基準」におけるトレーディング目的で保有する棚卸資産
       また「金融商品の時価等の開示に関する適用指針」が改訂され、金融商品の時価のレベルごとの内訳等の注記事
      項が定められました。
     (2)  適用予定日
       2022年3月期の期首より適用予定であります。
     (3)  当該会計基準等の適用による影響
       影響額は、当連結財務諸表の作成時において評価中であります。
                                100/160




                                                          EDINET提出書類
                                               中央日本土地建物グループ株式会社(E35360)
                                                      有価証券届出書(通常方式)
    「会計方針の開示、会計上の変更及び誤謬の訂正に関する会計基準」(企業会計基準第24号 2020年3月31日)
     (1)  概要
       関連する会計基準等の定めが明らかでない場合に、採用した会計処理の原則及び手続きの概要を示すことを目的
      とするものです。
     (2)  適用予定日
       2021年3月期の年度末より適用予定であります。
    「会計上の見積りの開示に関する会計基準」(企業会計基準第31号 2020年3月31日)

     (1)  概要
       当年度の財務諸表に計上した金額が会計上の見積りによるもののうち、翌年度の財務諸表に重要な影響を及ぼす
      リスクがある項目における会計上の見積りの内容について、財務諸表利用者の理解に資する情報を開示することを
      目的とするものです。
     (2)  適用予定日
       2021年3月期の年度末より適用予定であります。
     (追加情報)

     (新型コロナウイルス感染症の感染拡大の影響に関する会計上の見積り)
       新型コロナウイルス感染症の影響については、今後の広がり方や収束時期等を正確に予測することは困難な状況
      にありますが、外部情報源の情報等を踏まえ、少なくとも一定期間継続するものと仮定し、繰延税金資産の回収可
      能性の見積りを行うなど会計上の見積りを行っております。
       しかしながら、新型コロナウイルス感染症拡大による影響は不確定要素が多いことから、今後さらに長期化した
      場合、賃料の減少、開発プロジェクトの計画スケジュール変更や、住宅分譲における需要面への影響等、翌連結会
      計年度の当社グループの財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況に影響を及ぼす可能性があります。
                                101/160












                                                          EDINET提出書類
                                               中央日本土地建物グループ株式会社(E35360)
                                                      有価証券届出書(通常方式)
     (連結貸借対照表関係)
    ※1 非連結子会社及び関連会社に対するものは、次のとおりであります。
                            前連結会計年度                 当連結会計年度
                            (2019年3月31日)                 (2020年3月31日)
       投資有価証券                       13,970百万円                 34,582百万円
       出資金                       12,247百万円                 11,171百万円
    ※2 担保に供している資産及び担保付債務は、以下のとおりであります。

      (1)  担保に供している資産
                            前連結会計年度                 当連結会計年度
                            (2019年3月31日)                 (2020年3月31日)
       販売用不動産                       1,588百万円                  ―百万円
       建物                       74,352百万円                 67,807百万円
       土地                      159,285百万円                 153,011百万円
       投資有価証券                       55,850百万円                 36,580百万円
       出資金                       1,750百万円                 1,750百万円
       計                      292,826百万円                 259,149百万円
      (2)  上記に対応する債務
                            前連結会計年度                 当連結会計年度
                            (2019年3月31日)                 (2020年3月31日)
       短期借入金                       41,829百万円                 13,215百万円
       1年内返済予定の長期借入金                       22,482百万円                 19,418百万円
       長期借入金                      158,300百万円                 171,119百万円
       計                      222,611百万円                 203,752百万円
    ※3 ノンリコース債務

        借入金に含まれるノンリコース債務は次のとおりであります。
                            前連結会計年度                 当連結会計年度
                            (2019年3月31日)                 (2020年3月31日)
       1年内返済予定の長期借入金                        708百万円                 708百万円
       長期借入金                       19,517百万円                 17,730百万円
        ノンリコース債務に対応する資産は次のとおりであります。

                            前連結会計年度                 当連結会計年度
                            (2019年3月31日)                 (2020年3月31日)
       現金及び預金                       2,212百万円                 2,285百万円
       建物                       13,049百万円                 12,611百万円
       構築物                        261百万円                 241百万円
       工具、器具及び備品                         ―百万円                 0百万円
       土地                       7,265百万円                 7,265百万円
                                102/160







                                                          EDINET提出書類
                                               中央日本土地建物グループ株式会社(E35360)
                                                      有価証券届出書(通常方式)
     (連結損益計算書関係)
    ※1 通常の販売目的で保有するたな卸資産の収益性の低下による簿価切下額は、次のとおりであります。
                            前連結会計年度                 当連結会計年度
                           (自    2018年11月1日              (自    2019年4月1日
                           至   2019年3月31日)               至   2020年3月31日)
       営業原価                         ―百万円                561百万円
    ※2 固定資産売却益の内容は、次のとおりであります。

                            前連結会計年度                 当連結会計年度
                           (自    2018年11月1日              (自    2019年4月1日
                           至   2019年3月31日)               至   2020年3月31日)
       土地                        4,350百万円                 1,250百万円
       建物他                        △942百万円                  43百万円
       計                        3,407百万円                 1,294百万円
    ※3 固定資産売却損の内容は、次のとおりであります。

                            前連結会計年度                 当連結会計年度
                           (自    2018年11月1日              (自    2019年4月1日
                           至   2019年3月31日)               至   2020年3月31日)
       土地                         ―百万円                114百万円
       建物他                         ―百万円                512百万円
       計                         ―百万円                627百万円
    ※4 固定資産除却損の内容は、次のとおりであります。

                            前連結会計年度                 当連結会計年度
                           (自    2018年11月1日              (自    2019年4月1日
                           至   2019年3月31日)               至   2020年3月31日)
       建物                          5百万円                 8百万円
       構築物                         ―百万円                 0百万円
       機械装置及び運搬具                         ―百万円                 0百万円
       工具、器具及び備品                         ―百万円                 0百万円
       解体撤去費用                         47百万円                 ―百万円
       計                         52百万円                 8百万円
                                103/160










                                                          EDINET提出書類
                                               中央日本土地建物グループ株式会社(E35360)
                                                      有価証券届出書(通常方式)
     (連結包括利益計算書関係)
    ※1 その他の包括利益に係る組替調整額及び税効果額
                            前連結会計年度                 当連結会計年度
                           (自    2018年11月1日              (自    2019年4月1日
                           至   2019年3月31日)               至   2020年3月31日)
       その他有価証券評価差額金
        当期発生額
                             △18,973百万円                 △25,064百万円
        組替調整額
                                -百万円                506百万円
         税効果調整前
                             △18,973百万円                 △24,557百万円
         税効果額
                               5,809百万円                 7,466百万円
         その他有価証券評価差額金
                             △13,163百万円                 △17,091百万円
       繰延ヘッジ損益
        当期発生額                       △219百万円                  △4百万円
                                 8百万円                40百万円
        組替調整額
         税効果調整前
                               △211百万円                  36百万円
                                64百万円                △11百万円
         税効果額
         繰延ヘッジ損益                       △146百万円                  25百万円
       退職給付に係る調整額
        当期発生額
                                44百万円                392百万円
        組替調整額
                                △7百万円                △23百万円
         税効果調整前
                                37百万円                368百万円
         税効果額
                               △11百万円                △112百万円
         退職給付に係る調整額
                                25百万円                255百万円
       持分法適用会社に対する持分
       相当額
        当期発生額
                                △8百万円                  0百万円
                                △1百万円                 -百万円
        組替調整額
         持分法適用会社に対する
                                △9百万円                  0百万円
         持分相当額
            その他の包括利益合計                      △13,294百万円                 △16,809百万円
                                104/160









                                                          EDINET提出書類
                                               中央日本土地建物グループ株式会社(E35360)
                                                      有価証券届出書(通常方式)
     (連結株主資本等変動計算書関係)
     前連結会計年度(自 2018年11月1日 至 2019年3月31日)
     1 発行済株式に関する事項
      株式の種類         当連結会計年度期首              増加           減少        当連結会計年度末
    普通株式(株)                2,604,000              ―           ―       2,604,000
     2 自己株式に関する事項

      株式の種類         当連結会計年度期首              増加           減少        当連結会計年度末
    普通株式(株)                 175,009             ―           ―        175,009
     3 配当に関する事項

      (1)  配当金支払額
                          配当金の総額        1株当たり
       決議      株式の種類      配当の原資                       基準日        効力発生日
                           (百万円)       配当額(円)
    2019年1月30日
              普通株式      利益剰余金           595       240   2018年10月31日         2019年1月31日
    定時株主総会
      (2)  基準日が当連結会計年度に属する配当のうち、配当の効力発生日が翌連結会計年度となるもの

                          配当金の総額        1株当たり
       決議      株式の種類      配当の原資                       基準日        効力発生日
                           (百万円)       配当額(円)
    2019年6月26日
              普通株式      利益剰余金           396       160   2019年3月31日         2019年6月27日
    定時株主総会
                                105/160













                                                          EDINET提出書類
                                               中央日本土地建物グループ株式会社(E35360)
                                                      有価証券届出書(通常方式)
     当連結会計年度(自 2019年4月1日 至 2020年3月31日)
     1 発行済株式に関する事項
      株式の種類         当連結会計年度期首              増加           減少        当連結会計年度末
    普通株式(株)                2,604,000              ―        124,600          2,479,400
     (注) 発行済株式の総数の減少は、2020年3月31日付の自己株式の消却による減少であります。
     2 自己株式に関する事項

      株式の種類         当連結会計年度期首              増加           減少        当連結会計年度末
    普通株式(株)                 175,009             ―        127,432           47,577
     (注) 自己株式の株式数の減少は、持分法適用会社に対する持分減少及び2020年3月31日付の自己株式の消却による
        減少であります。
     3 配当に関する事項

      (1)  配当金支払額
                          配当金の総額        1株当たり
       決議      株式の種類      配当の原資                       基準日        効力発生日
                           (百万円)       配当額(円)
    2019年6月26日
              普通株式      利益剰余金           396       160   2019年3月31日         2019年6月27日
    定時株主総会
    2019年11月22日
              普通株式      利益剰余金           495       200   2019年9月30日         2019年12月25日
    取締役会
      (2)  基準日が当連結会計年度に属する配当のうち、配当の効力発生日が翌連結会計年度となるもの

                          配当金の総額        1株当たり
       決議      株式の種類      配当の原資                       基準日        効力発生日
                           (百万円)       配当額(円)
    2020年6月29日
              普通株式      利益剰余金           495       200   2020年3月31日         2020年6月30日
    定時株主総会
                                106/160











                                                          EDINET提出書類
                                               中央日本土地建物グループ株式会社(E35360)
                                                      有価証券届出書(通常方式)
     (連結キャッシュ・フロー計算書関係)
    ※1 現金及び現金同等物の期末残高と連結貸借対照表に掲記されている科目の金額との関係
       当社グループにおいては現金及び現金同等物の範囲を現金及び預金勘定としているので、現金及び現金同等物の
      範囲と現金及び預金勘定は一致しております。
     (リース取引関係)

    1 ファイナンス・リース取引
     (借主側)
     所有権移転外ファイナンス・リース取引
      ①リース資産の内容
       有形固定資産
        主として賃貸ビルに係る設備であります。
      ②リース資産の減価償却の方法
        連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項「4 会計方針に関する事項 (2)                                       重要な減価償却資産の減
       価償却の方法」に記載のとおりであります。
    2 オペレーティング・リース取引

       オペレーティング・リース取引のうち、解約不能のものに係る未経過リース料
                                                 (単位:百万円)
                         前連結会計年度                   当連結会計年度
                        (2019年3月31日)                   (2020年3月31日)
    1年内                                7                   7
    1年超                                15                   23

    合計                                22                   30

                                107/160












                                                          EDINET提出書類
                                               中央日本土地建物グループ株式会社(E35360)
                                                      有価証券届出書(通常方式)
     (金融商品関係)
    1.金融商品の状況に関する事項
     (1)  金融商品に対する取組方針
       当社グループは、資金運用については安全かつ流動性の高い預金等に限定し、また、資金調達については主に金
      融機関からの借入や社債の発行による方針であります。
     (2)  金融商品の内容及びそのリスク並びにリスク管理体制
       投資有価証券は、主に業務上の関係を有する企業の株式であり、市場価格の変動リスクに晒されておりますが、
      定期的に時価や発行体(取引先企業)の財務状況等を把握し、取引先企業との関係を勘案して保有状況を継続的に見
      直しております。
       借入金及び社債は、主に設備投資に必要な資金の調達を目的としたものであり、このうち一部は変動金利である
      ため、金利の変動リスクに晒されておりますが、その一部については、デリバティブ取引(金利スワップ取引)を利
      用してヘッジしております。
       デリバティブ取引は、資金調達に伴う利息について、金利スワップを行っております。また、当社グループの取
      引の相手方はいずれも信用度の高い金融機関であり、相手方の債務不履行による信用リスクは想定しておりませ
      ん。デリバティブ取引の執行は、代表権のある役員の決裁に基づき財務部が行っており、取引の状況についてはす
      べて財務部が統括しております。なお、デリバティブについては、実需の範囲で行うこととしております。
     (3)  金融商品の時価等に関する事項についての補足説明
       金融商品の時価には、市場価格に基づく価額のほか、市場価格がない場合には合理的に算定された価額が含まれ
      ております。当該価額の算定においては変動要因を織り込んでいるため、異なる前提条件を採用することにより、
      当該価額が変動することがあります。
    2.金融商品の時価等に関する事項

      連結貸借対照表計上額、時価及びこれらの差額については、次のとおりであります。なお、時価を把握することが
     極めて困難と認められる金融商品((注2)参照)や子会社株式及び関連会社株式は次表には含めておりません。
     前連結会計年度(2019年3月31日)

                                                 (単位:百万円)
                          連結貸借対照表
                                        時価           差額
                            計上額
    (1)   現金及び預金                         29,568           29,568             -
    (2)   投資有価証券
        ①満期保有目的債券                           65           66           1
        ②その他有価証券                        127,955           127,955             -
            資産計                   157,589           157,590              1
    (1)   短期借入金                         58,829           58,829             -
    (2)   コマーシャル・ペーパー                         8,000           8,000            -
    (3)   1年内返済予定の長期借入金                         51,892           51,892             -
    (4)   社債                         20,000           20,064             64
    (5)   長期借入金                        281,346           281,781             435
            負債計                   420,067           420,567             499
    デリバティブ取引                             329           329           -
                                108/160





                                                          EDINET提出書類
                                               中央日本土地建物グループ株式会社(E35360)
                                                      有価証券届出書(通常方式)
     当連結会計年度(2020年3月31日)
                                                 (単位:百万円)
                          連結貸借対照表
                                        時価           差額
                            計上額
    (1)   現金及び預金                         36,963           36,963             -
    (2)   投資有価証券
        ①満期保有目的債券                           10           10           0
        ②その他有価証券                        102,891           102,891             -
            資産計                   139,865           139,865              0
    (1)   短期借入金                         49,065           49,065             -
    (2)   コマーシャル・ペーパー                         7,000           7,000            -
    (3)   1年内返済予定の長期借入金                         54,422           54,422             -
    (4)   社債                         35,000           34,750           △249
    (5)   長期借入金                        312,057           310,523           △1,533
            負債計                   457,545           455,762           △1,783
    デリバティブ取引                             293           293           -
     (注1) 金融商品の時価の算定方法並びに有価証券及びデリバティブ取引に関する事項

      資 産
      (1)  現金及び預金
        これらは短期間で決済されるものであるため、時価は帳簿価額と近似していることから、当該帳簿価額によっ
        ております。
      (2)  投資有価証券
        これらの時価については、株式等は取引所の価格、債券は日本証券業協会の公表価格(公社債店頭売買参考統計
        値)、投資信託は公表されている基準価額によっております。
        また、保有目的ごとの有価証券については、(有価証券関係)の注記を参照下さい。
      負   債
      (1)  短期借入金、(2)        コマーシャル・ペーパー、(3)              1年内返済予定の長期借入金
        これらは短期間で決済されるものであるため、時価は帳簿価額と近似していることから、当該帳簿価額によっ
        ております。
      (4)  社債
        当社の発行する公募社債は日本証券業協会が公表する売買参考価格によっております。
      (5)  長期借入金
        長期借入金のうち、変動金利によるものは、短期間で市場金利を反映することから、時価は帳簿価額と近似し
        ていると考えられるため、当該帳簿価額によっております。固定金利によるものは、元利金の合計額を、新規
        に同様の借入を行った場合に想定される利率で割り引いた現在価値により算定しております。なお、変動金利
        によるもののうち、金利スワップの特例処理の対象とされたものは、当該金利スワップと一体として処理され
        た元利金の合計額を、固定金利によるものと同様の利率で割り引いて算定する方法によっております。
      デリバティブ取引
     (デリバティブ取引関係)の注記を参照下さい。
                                109/160






                                                          EDINET提出書類
                                               中央日本土地建物グループ株式会社(E35360)
                                                      有価証券届出書(通常方式)
     (注2) 時価を把握することが極めて困難と認められる金融商品の連結貸借対照表計上額
                                                 (単位:百万円)
            区分               2019年3月31日                 2020年3月31日
    ①非上場株式等*1                                17,762                 22,129
    ②出資金等*2                                23,144                 15,792
    ③長期預り敷金保証金*3                                33,738                 33,648
     (*1)   非上場株式等については、市場価格がなく、時価を把握することが極めて困難と認められるため、時価開示の対
       象としておりません。
     (*2)   出資金等については、市場価格がなく、時価を把握することが極めて困難と認められるため、時価開示の対象と
       しておりません。
     (*3)   賃貸物件における賃借人から預託されている受入敷金保証金は、市場価格がなく、かつ、賃借人の入居から退去
       までの実質的な預託期間を算定することは困難であり、その他の預託金等についても、実質的な預託期間を算定
       することは困難であることから、合理的なキャッシュ・フローを見積ることが極めて困難と認められるため、時
       価開示の対象としておりません。
     (注3) 金銭債権の連結決算日後の償還予定額

     前連結会計年度(2019年3月31日)
                                                 (単位:百万円)
                    1年以内        1年超5年以内          5年超10年以内            10年超
    現金及び預金                   29,568            ―          ―          ―
    投資有価証券
     満期保有目的債券(国債)                     55          10          ―          ―
     当連結会計年度(2020年3月31日)

                                                 (単位:百万円)
                    1年以内        1年超5年以内          5年超10年以内            10年超
    現金及び預金                   36,963            ―          ―          ―
    投資有価証券
     満期保有目的債券(国債)                     ―          10          ―          ―
     (注4) 社債、長期借入金及びその他の有利子負債の連結決算日後の返済予定額

     前連結会計年度(2019年3月31日)
                                                 (単位:百万円)
                         1年超       2年超       3年超       4年超
                  1年以内                                  5年超
                         2年以内       3年以内       4年以内       5年以内
    短期借入金               58,829         ―       ―       ―       ―       ―
    コマーシャル・ペーパー                8,000        ―       ―       ―       ―       ―
    社債                  ―       ―       ―     7,000       7,000       6,000
    長期借入金               51,892       50,472       54,084       38,903       56,468       81,416
    合計               118,721       50,472       54,084       45,903       63,468       87,416
     当連結会計年度(2020年3月31日)

                                                 (単位:百万円)
                         1年超       2年超       3年超       4年超
                  1年以内                                  5年超
                         2年以内       3年以内       4年以内       5年以内
    短期借入金               49,065         ―       ―       ―       ―       ―
    コマーシャル・ペーパー                7,000        ―       ―       ―       ―       ―
    社債                  ―       ―     7,000       7,000      13,000       8,000
    長期借入金               54,422       67,714       52,092       62,457       53,354       76,439
    合計               110,487       67,714       59,092       69,457       66,354       84,439
                                110/160



                                                          EDINET提出書類
                                               中央日本土地建物グループ株式会社(E35360)
                                                      有価証券届出書(通常方式)
     (有価証券関係)
    1 満期保有目的の債券
     前連結会計年度(2019年3月31日)
                                                 (単位:百万円)
         区分         連結貸借対照表計上額                 時価             差額
    時価が連結貸借対照表計
    上額を超えるもの
     国債                        65             66              1
         合計                   65             66              1
     当連結会計年度(2020年3月31日)

                                                 (単位:百万円)
         区分         連結貸借対照表計上額                 時価             差額
    時価が連結貸借対照表計
    上額を超えるもの
     国債                        10             10              0
         合計                   10             10              0
    2 その他有価証券

     前連結会計年度(2019年3月31日)
                                                 (単位:百万円)
         区分         連結貸借対照表計上額                取得原価              差額
    連結貸借対照表計上額が
    取得原価を超えるもの
     株式                      121,665              33,740             87,924
     その他                       1,388              358            1,029
         小計                 123,053              34,098             88,954
    連結貸借対照表計上額が
    取得原価を超えないもの
     株式                       4,901             6,186            △1,284
         小計                  4,901             6,186            △1,284
         合計                 127,955              40,284             87,670
     (注) その他有価証券で時価のあるものについては、時価が取得原価に比べて50%以上下落した場合は全銘柄、時価
        が取得原価に比べて30%以上50%未満下落した場合は、個別銘柄ごとに時価の回復可能性等を判定し減損処理
        を実施しております。
                                111/160







                                                          EDINET提出書類
                                               中央日本土地建物グループ株式会社(E35360)
                                                      有価証券届出書(通常方式)
     当連結会計年度(2020年3月31日)
                                                 (単位:百万円)
         区分         連結貸借対照表計上額                取得原価              差額
    連結貸借対照表計上額が
    取得原価を超えるもの
     株式                      95,858             31,722             64,135
     その他                       1,410              358            1,052
         小計                 97,269             32,081             65,188
    連結貸借対照表計上額が
    取得原価を超えないもの
     株式                       5,621             7,697            △2,075
         小計                  5,621             7,697            △2,075
         合計                 102,891              39,778             63,112
     (注) その他有価証券で時価のあるものについては、時価が取得原価に比べて50%以上下落した場合は全銘柄、時価
        が取得原価に比べて30%以上50%未満下落した場合は、個別銘柄ごとに時価の回復可能性等を判定し減損処理
        を実施しております。
    3 連結会計年度中に売却したその他有価証券

     前連結会計年度(自 2018年11月1日 至 2019年3月31日)
                                                 (単位:百万円)
         区分             売却額           売却益の合計額             売却損の合計額
    株式                        ―             ―             ―

    その他                        ―             ―             ―

         合計                   ―             ―             ―

     当連結会計年度(自 2019年4月1日 至 2020年3月31日)

                                                 (単位:百万円)
         区分             売却額           売却益の合計額             売却損の合計額
    株式                        531             173              ―

    その他                        ―             ―             ―

         合計                   531             173              ―

    4 減損処理を行った有価証券

      当連結会計年度において、投資有価証券について506百万円(その他有価証券の株式506百万円)減損処理を行ってお
     ります。
                                112/160






                                                          EDINET提出書類
                                               中央日本土地建物グループ株式会社(E35360)
                                                      有価証券届出書(通常方式)
     (デリバティブ取引関係)
    1 ヘッジ会計が適用されていないデリバティブ取引
      該当事項はありません。
    2 ヘッジ会計が適用されている取引

     金利関連
     前連結会計年度(2019年3月31日)
                                                 (単位:百万円)
     ヘッジ会計の          デリバティブ                          契約額等のうち
                       主なヘッジ対象          契約額等                  時価
       方法        取引の種類等                            1年超
             金利スワップ取引
    原則的処理方法                   長期借入金             20,000         20,000         △329
              支払固定・
               受取変動
             金利スワップ取引
    金利スワップ
              支払固定・           長期借入金             56,030         50,586          (*)
    の特例処理
               受取変動
     (注) 時価の算定方法 取引先金融機関等から提示された価格等に基づき算定しております。
     (*) 金利スワップの特例処理によるものは、ヘッジ対象とされている長期借入金と一体として処理されているた
        め、その時価は、当該長期借入金の時価に含めて記載しております。
     当連結会計年度(2020年3月31日)

                                                 (単位:百万円)
     ヘッジ会計の          デリバティブ                          契約額等のうち
                       主なヘッジ対象          契約額等                  時価
       方法        取引の種類等                            1年超
             金利スワップ取引
    原則的処理方法                   長期借入金             20,000         20,000         △293
              支払固定・
               受取変動
             金利スワップ取引
    金利スワップ
              支払固定・           長期借入金             51,586         49,442          (*)
    の特例処理
               受取変動
     (注) 時価の算定方法 取引先金融機関等から提示された価格等に基づき算定しております。
     (*) 金利スワップの特例処理によるものは、ヘッジ対象とされている長期借入金と一体として処理されているた
        め、その時価は、当該長期借入金の時価に含めて記載しております。
                                113/160










                                                          EDINET提出書類
                                               中央日本土地建物グループ株式会社(E35360)
                                                      有価証券届出書(通常方式)
     (退職給付関係)
    1 採用している退職給付制度の概要
       当社は確定給付型の制度として、退職一時金制度及び確定給付企業年金制度を設けております。
       また、連結子会社は、確定給付型の制度として退職一時金制度を設けております。
    2 確定給付制度

     (1)  退職給付債務の期首残高と期末残高の調整表((3)に掲げられた簡便法を適用した制度を除く)
                                 前連結会計年度              当連結会計年度
                                (自    2018年11月1日            (自    2019年4月1日
                                至   2019年3月31日)            至   2020年3月31日)
      退職給付債務の期首残高                              5,217百万円              5,264百万円
       勤務費用                               148百万円              353百万円
       利息費用                               15百万円              36百万円
       数理計算上の差異の発生額                              △51百万円              △401百万円
       退職給付の支払額                              △65百万円              △159百万円
      退職給付債務の期末残高                              5,264百万円              5,093百万円
     (2)  年金資産の期首残高と期末残高の調整表((3)に掲げられた簡便法を適用した制度を除く)

                                 前連結会計年度              当連結会計年度
                                (自    2018年11月1日            (自    2019年4月1日
                                至   2019年3月31日)            至   2020年3月31日)
      年金資産の期首残高                              2,884百万円              2,959百万円
       期待運用収益                               20百万円              47百万円
       数理計算上の差異の発生額                               △7百万円              △8百万円
       事業主からの拠出額                               72百万円              181百万円
       退職給付の支払額                              △10百万円              △37百万円
      年金資産の期末残高                              2,959百万円              3,141百万円
     (3)  簡便法を適用した制度の、退職給付に係る負債の期首残高と期末残高の調整表

                                 前連結会計年度              当連結会計年度
                                (自    2018年11月1日            (自    2019年4月1日
                                至   2019年3月31日)            至   2020年3月31日)
      退職給付に係る負債の期首残高                               386百万円              399百万円
       退職給付費用                               21百万円              57百万円
       退職給付の支払額                               △8百万円              △99百万円
      退職給付に係る負債の期末残高                               399百万円              357百万円
     (4)  退職給付債務及び年金資産の期末残高と連結貸借対照表に計上された退職給付に係る負債及び退職給付に係る資

      産の調整表
                                 前連結会計年度              当連結会計年度
                                 (2019年3月31日)              (2020年3月31日)
      積立型制度の退職給付債務                              3,290百万円              3,098百万円
      年金資産                             △2,959百万円              △3,141百万円
                                     331百万円              △42百万円
      非積立型制度の退職給付債務                              2,372百万円              2,352百万円
      連結貸借対照表に計上された負債と資産の純額                              2,704百万円              2,309百万円
      退職給付に係る負債                              2,704百万円              2,309百万円

      連結貸借対照表に計上された負債と資産の純額                              2,704百万円              2,309百万円
      (注) 簡便法を適用した制度を含みます。
                                114/160



                                &n