ワイエスフード株式会社 四半期報告書 第27期第3四半期(令和2年10月1日-令和2年12月31日)

提出書類 四半期報告書-第27期第3四半期(令和2年10月1日-令和2年12月31日)
提出日
提出者 ワイエスフード株式会社
カテゴリ 四半期報告書

                                                          EDINET提出書類
                                                    ワイエスフード株式会社(E03451)
                                                            四半期報告書
    【表紙】
     【提出書類】                   四半期報告書

     【根拠条文】                   金融商品取引法第24条の4の7第1項
     【提出先】                   福岡財務支局長
     【提出日】                   令和3年2月15日
     【四半期会計期間】                   第27期第3四半期(自 令和2年10月1日 至 令和2年12月31日)
     【会社名】                   ワイエスフード株式会社
     【英訳名】                   Y.S.FOOD     CO.,LTD.
     【代表者の役職氏名】                   代表取締役社長  緒方 正憲
     【本店の所在の場所】                   福岡県田川郡香春町大字鏡山字金山552番8
     【電話番号】                   0947(32)7382(代表)
     【事務連絡者氏名】                   取締役管理本部長 濱﨑 祐和
     【最寄りの連絡場所】                   福岡県田川郡香春町大字鏡山字金山552番8
     【電話番号】                   0947(32)7382(代表)
     【事務連絡者氏名】                   取締役管理本部長 濱﨑 祐和
     【縦覧に供する場所】                   株式会社東京証券取引所
                         (東京都中央区日本橋兜町2番1号)
                                 1/25













                                                          EDINET提出書類
                                                    ワイエスフード株式会社(E03451)
                                                            四半期報告書
    第一部【企業情報】
    第1【企業の概況】
     1【主要な経営指標等の推移】
                               第26期           第27期
               回次               第3四半期           第3四半期            第26期
                              累計期間           累計期間
                            自平成31年4月1日           自令和2年4月1日           自平成31年4月1日

              会計期間
                            至令和元年12月31日           至令和2年12月31日           至令和2年3月31日
                       (千円)         1,152,220            991,101          1,484,498
     売上高
     経常損失(△)                  (千円)          △ 58,000          △ 76,088         △ 281,500

     四半期純利益又は四半期(当期)純損
                       (千円)          △ 40,361           49,156         △ 357,155
     失(△)
     持分法を適用した場合の投資損失
                       (千円)           △ 413          △ 723         △ 1,108
     (△)
                       (千円)         1,002,050           1,354,050           1,002,050
     資本金
                        (株)         3,873,000           6,073,000           3,873,000

     発行済株式総数
                       (千円)         1,457,819           1,515,959           1,122,107

     純資産額
                       (千円)         3,052,263           2,991,033           2,720,200

     総資産額
     1株当たり四半期純利益又は
     1株当たり四半期(当期)純損失                   (円)          △ 10.42           10.41          △ 92.21
     (△)
     潜在株式調整後1株当たり四半期
                        (円)            -           -           -
     (当期)純利益
                        (円)            -           -           -
     1株当たり配当額
                        (%)           47.7           50.7           41.3

     自己資本比率
                               第26期           第27期

               回次               第3四半期           第3四半期
                              会計期間           会計期間
                            自令和元年10月1日           自令和2年10月1日
              会計期間
                            至令和元年12月31日           至令和2年12月31日
     1株当たり四半期純利益           又は
                                              1.21
                        (円)          △ 3.09
     1株当たり四半期純損失           (△)
     (注)1.売上高には、消費税等は含まれておりません。
         2 .第26期第3四半期累計期間及び第26期の                   潜在株式調整後1株当たり四半期(当期)純利益については、1株
           当たり四半期(当期)純損失であり、また、潜在株式が存在しないため記載しておりません。                                           第27期第3四
           半期累計期間の       潜在株式調整後1株当たり四半期純利益については、潜在株式が存在しないため記載してお
           りません。
     2【事業の内容】

        当第3四半期累計期間において、当社が営む事業の内容について、重要な変更はありません。また、主要な関係
       会社における異動もありません。
        なお、第3四半期会計期間より報告セグメントの区分を変更しております。詳細は、「第4                                             経理の状況       1 
       四半期財務諸表         注記事項(セグメント情報等)」に記載のとおりであります。
                                 2/25




                                                          EDINET提出書類
                                                    ワイエスフード株式会社(E03451)
                                                            四半期報告書
    第2【事業の状況】
     1【事業等のリスク】
       当第3四半期累計期間において、新たな事業等のリスクの発生、または、前事業年度の有価証券報告書に記載した
      事業等のリスクについて重要な変更はありません。
      (継続企業の前提に関する重要事象等について)

       当社は、第22期(平成28年3月期)以降第26期(令和2年3月期)まで5期連続経常損失を計上し、                                              当第3四半期累
      計期間においても営業損失及び経常損失を計上しており、                           また、令和2年3月31日現在の現金及び預金残高は120百
      万円となり、手元資金残高に比して短期及び1年内返済予定長期借入金残高は多額となっていたことに加え、新型コ
      ロナウイルス(COVID-19)感染症の影響に伴い、令和2年4月以降の当社の来店客数は顕著に減少し、                                              当3四半期累計
      期間においては、売上高が著しく減少し、営業損失及び経常損失を計上していることに加え、営業債務及び借入金の
      返済等の資金繰りに懸念が生じていたことから、継続企業の前提に重要な疑義を生じさせるような事象又は状況が存
      在していると認識しております。
       このような状況を解消するために、当社が、取引金融機関に対し借入の交渉を行った結果、令和2年5月及び8月
      に合計280百万円の資金調達を行うとともに、本社及び店舗におけるコスト圧縮を図るべく、人員配置の見直しに
      よって業務の効率化による人件費の抑制に加え、不動産評価(資産価値)の高い物件の売却の実施、さらに、資金繰
      りが圧迫している一因である債権の回収早期化に向けた得意先との交渉を強力に推進してまいりました。
       また、令和2年9月7日開催の第26回定時株主総会において、霞投資事業組合を割当先とする「第三者割当による
      募集株式の発行の件」について付議したことに加え、当社の経営に重要な影響を与えていた前取締役4名の退任の意
      向を受け、新体制に向け新たな取締役4名の選任についても付議しており、同株主総会において両案件とも承認可決
      されました。
       その結果、令和2年9月17日付で、霞投資事業組合より増加資本金として352百万円の払込が実行され、同日付で
      募集株式の発行を行っております。
       なお、霞投資事業組合より、当社の既存株主や従業員の利益にも配慮しつつ、当社株式を安定的かつ中長期的に保
      有するとともに、新たに役員選任について当社にご提案いただき、令和2年9月15日開催の取締役会において本瀨建
      を副社長に選定し、令和2年10月1日付での経営陣の新体制を構築し、採算性を重視した経営方針による経営効率化
      を図るとともに、経営陣と従業員が目的意識の共有化を図るとともに経営の客観性及び透明性の向上を図ってまいり
      ます。
       以上のことにより、当社は継続企業の前提に重要な疑義を生じさせるような事象又は状況は存在しているものと認
      識しておりますが、下記の施策等を引続き推進することにより                             、継続企業の前提に関する重要な疑義を生じさせるよ
      うな事象又は状況を解消できると考えており                    、継続企業の前提に関する重要な不確実性は認められないと判断してお
      ります。
        ①資金調達

        イ.当社は、当面の厳しい事業環境を乗り越えるべく、今後も引き続きメインバンクを中心に既存取引銀行との緊
          密な関係を維持しつつ、継続的な支援をいただくことを前提とした資金計画の見直しを行うとともに、必要資
          金の調達を交渉中であります。
        ロ.当社は令和2年9月7日開催の第26回定時株主総会により、第三者割当による新株式の発行が決定し、約352
          百万円の資金調達しました。今後も、資金調達をはじめ、財務基盤の強化・安定を図るための諸施策を講じて
          まいります。
        ハ.資金繰りが圧迫している一因である債権の回収につきましては、売上債権の回収早期化に向けた得意先との話
          し合いを強力に推進してまいります。
        ②外食事業の再建

         令和2年5月をもって、山小屋ラーメン創業50周年を迎え、改めて企業理念である「一杯のラーメンをお客様に
        満足していただく」という創業当時からの理念にのっとり、「美味しさ」と「快適な食の空間」を追求し、「一品
        一品の商品」と「一人一人のお客様」に誠実であり続けることに努めてまいります。
         また、本社工場の生産稼働率を向上させるために、メディアを活用した新メニューの定期導入に加え、同業他社
        に対する中華麺や焼豚の販売、さらに一般消費者に向けた外販事業の強化についても取り組んでまいります。
        ③固定資産の売却

         収益性の高い賃貸物件を除き、不動産評価(資産価値)の高い物件の売却を実施し、有利子負債の返済や、外食
        事業における店舗出店舗資金やメンテナンス及びリニューアルでの資金に充当いたします。
                                 3/25



                                                          EDINET提出書類
                                                    ワイエスフード株式会社(E03451)
                                                            四半期報告書
        ④人員再配置によるコスト圧縮

         本社及び店舗におけるコスト圧縮を図るべく、組織体系の変更による人員配置の見直しによって業務の効率化を
        図り、間接部門から営業部門への人員再配置等を行っております。こうした施策により、追加的な採用を最小限に
        留め人件費を抑制してまいります。
        ⑤経営方針の明確化と経営資源の最適化

         当社の業績に大きく影響を与えている貸倒引当金を今後も増加させないためには社内ガバナンスの強化は必須で
        あると認識し、令和2年9月7日開催の第26回定時株主総会において、経営陣の新体制を構築し、継続企業の前提
        に疑義を生じさせるような状況の解消に向けての施策・試案・進捗状況の確認等の横断的な議論・判断の場とすべ
        く運営いたします。
         このような会議体において採算性を重視した経営方針による経営効率化を推進中であり、経営陣と従業員が目的
        意識の共有化を図るとともに経営の客観性及び透明性の向上を図ってまいります。
     2【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

        文中の将来に関する事項は、当四半期会計期間の末日現在において判断したものであります。
      (1)   財政状態及び経営成績の状況
         当第3四半期累計期間におけるわが国経済は、新型コロナウイルス感染症の世界的な感染拡大による影響で急
        速に景気が悪化しており、依然として先行き不透明な状況が続いております。
         外食産業におきましては、同業種はもとより他業種との競争激化、原材料価格の高騰や継続的な採用難・パー
        トアルバイトの時給の上昇、新型コロナウイルス感染症拡大防止に向けた休業要請や外出自粛による来店客数の激
        減などもあり各社大幅に売上高が減少し、先行きの見通せない非常に厳しい経営環境が続いております。
         このような状況の中、当社におきましては、「一杯のラーメンをお客様に満足していただく」という創業当時
        からの理念にのっとり、「美味しさと快適な食の空間」の追求、「食の安心・安全」の維持向上に取組み、お客様
        一人一人に誠実であり続けることに、より一層邁進してまいるとともに、前事業年度の有価証券報告書の対処すべ
        き課題で述べた施策である「資金調達」、「外食事業の再建」、「固定資産の売却」、「人員再配置によるコスト
        圧縮」に注力し、「経営方針の明確化と経営資源の最適化」に努め、収益構造の改善及び強固な企業体質づくりを
        取組んでおります。
         この結果、当事業年度の経営成績は、売上高991百万円(前年同期は売上高1,152百万円)、営業損失70百万円
        (前年同期は営業損失35百万円)、経常損失76百万円(前年同期は経常損失58百万円)となり、四半期純損益につきま
        しては、固定資産売却益122百万円等もあり、四半期純利益49百万円(前年同期は四半期純損失40百万円)となり
        ました。
         セグメントの業績は、次のとおりであります。
         当社の事業につきましては、ラーメン店及びラーメン店のフランチャイズ・チェーン本部の経営を主とした
        「外食事業」、当社が所有する店舗用地等の不動産賃貸を主とした「不動産賃貸事業」、ラーメン等の製品を主要
        販売品目とした「外販事業」に加え、当社が指定管理者として経営している『ほうじょう温泉ふじ湯の里』の「温
        泉事業」、さらに、店舗衛生管理及び感染症対策、HACCP認証取得支援業務等を目的とした「衛生事業」を報告セ
        グメントとしております。
         なお、新規事業として令和2年6月より開始していた「温泉事業」を「その他」に含めておりましたが、当第
        3四半期会計期間より量的な重要性が増したことから、また、令和2年10月より開始した「衛生事業」に重要性が
        あることから、それぞれ報告セグメントとして記載する方法に変更しております。
                                 4/25







                                                          EDINET提出書類
                                                    ワイエスフード株式会社(E03451)
                                                            四半期報告書
        (外食事業)

        当第3四半期累計期間におきましては、令和2年11月より期間限定で「角煮ラーメン」を販売しご好評いただい
       ておりますが、       新型コロナウイルス感染症の影響の影響により外出自粛による来店客数の激減                                    、国内店舗の減少、
       休業及び営業時間の縮小があったことから、店舗売上高及び食材取引高が減収となりました。
        以上のことから、当第3四半期累計期間の売上高は850百万円(前年同期比21.1%減)となり、営業利益0百万円
       (前年同期比96.8%減)となりました。
        店舗数の増減につきましては、合計で4店舗(直営2店舗、FC1店舗、海外1店舗)の新規出店を行いました
       が、契約満了及び中途解約による店舗の閉店10店舗(直営2店舗、FC店3店舗、海外3店舗、その他2店舗)、
       FC店から直営店へ転換した店舗が4店舗、直営店からFC店へ転換した店舗が1店舗                                        あったことから、前事業年
       度末に比べ6店舗減少し142店舗(直営店8店舗、FC店96店舗、海外38店舗)となりました。
       (不動産賃貸事業)

        当社が所有する店舗用地等の有効活用を目的とした賃貸事業を行っており、当第3四半期累計期間の売上高は25
       百万円(前年同期比12.5%減)、営業利益2百万円(前年同期比226.8%増)となりました。
       (外販事業)

        当社は、ラーメン等の製品を主要販売品目とする外販に加え、インターネット通販サイトにおける通信販売及び
       一般小売先向け卸し、委託販売による小売りを行っております。
        当第3四半期累計期間における外販事業の売上高は40百万円(前年同期比15.1%増)となり、営業損失3百万円
       (前年同期は営業損失11百万円)              となりました。
       (温泉事業)

        当社は、令和2年6月より、福岡県田川郡福智町「ほうじょう温泉ふじ湯の里」の指定管理者となり、同施設の
       経営を行っております。
        当第3四半期累計期間における温泉事業の売上高は42百万円となり、営業損失12百万円となりました。
       (衛生事業)

        新型コロナウイルス感染症の拡大以降、外食産業だけでなく、全ての生活・経済環境において感染症予防、対策
       が求められております。各業界で様々な取り組みが行われている中、当社は、「お客様の為に店舗内衛生管理にお
       いて、安心、安全に食して頂ける店舗作りを提案、提供し、実行する」ことを通じて、新しい生活様式における安
       心と安全の価値を創造することを目的に、衛生事業を行っております。
        主に、世界最先端のテクノロジーで、感染症対策に最も重要な表面付着菌を含む空間すべてのウイルス・細菌を
       不活性化する空間除菌器「SterilizAir                  ステライザ」の正規販売代理店として、同製品の販売とともに、HACCP認証
       取得支援におけるソフトウエア販売を行っております。
        当第3四半期累計期間における衛生事業の売上高は25百万円となり、営業損失5百万円となりました。
       (その他)

        当社は、FC加盟店などに飲食店用の厨房設備の販売                          を行っております。
        当第3四半期累計期間におけるその他事業の売上高は6百万円(前年同期比24.0%減)となり、営業利益1百万
       円(前年同期比6.5%減)となりました。
                                 5/25







                                                          EDINET提出書類
                                                    ワイエスフード株式会社(E03451)
                                                            四半期報告書
     (2)   財政状態の分析

       (資産)
         当第3四半期会計期間末における流動資産は、前会計年度末に比べ398百万円増加し794百万円となりました。こ
        れは主に第三者割当増資の要因により現金及び預金が388百万円増加したこと等によるものであります。
         一方、    固定資産につきましては、            前事業年度末      に比べ127百万円減少し2,196百万円となり、これは主に、東京都
        江東区の土地及び建物等の売却及び有形固定資産の減価償却費により、有形固定資産が117百万円減少したこと等
        によるものであります。
         この結果、総資産は2,991百万円となり、                    前事業年度末      に比べ270百万円の増加となりました。
       (負債)

         当第3四半期会計期間末における流動負債は、前事業年度末に比べ195百万円減少し、661百万円となりました。
         これは主に、短期借入金の返済200百万円があったこと等によるものであります。
         一方、固定負債につきましては、長期借入金の純増等の理由から、前事業年度末に比べ72百万円増加し、813百
        万円となりました。
         この結果、負債合計は1,475百万円となり、                     前事業年度     末に比べ123百万円の減少となりました。
       (純資産)

         当第3四半期会計期間末における純資産合計は1,515百万円となり、                                前事業年度     末に比べ393百万円増加いたしま
        した。これは主に、         第三者割当増資により資本金352百万円及び四半期純利益49百万円の増加があったことに                                        よる
        ものであります。
         この結果、自己資本比率は50.7%(                 前事業年度     末は41.3%)となりました。
     (3)   優先的に対処すべき事業上及び財務上の課題

         優先的に対処すべき事業上及び財務上の課題については、「第2 事業の状況 1 事業等のリスク」に記載の
        通りであります。
     (4)研究開発活動

        特記すべき事項はありません。
     3【経営上の重要な契約等】

       当第3四半期会計期間において、経営上の重要な契約等の決定又は締結等はありません。
                                 6/25










                                                          EDINET提出書類
                                                    ワイエスフード株式会社(E03451)
                                                            四半期報告書
    第3【提出会社の状況】
     1【株式等の状況】
      (1)【株式の総数等】
        ①【株式の総数】
                 種類                       発行可能株式総数(株)
        普通株式                                          15,492,000

                  計                                15,492,000

    (注)令和2年9月7日開催の定時株主総会において定款の一部変更が行われ、発行可能株式総数は同日より
       7,492,000株増加し、15,492,000株となっております。
        ②【発行済株式】

              第3四半期会計期間末現
                                       上場金融商品取引所名
                          提出日現在発行数(株)
              在発行数(株)
        種類                               又は登録認可金融商品               内容
                           (令和3年2月15日)
              (令和2年12月31日)                          取引業協会名
                                        東京証券取引所

                                                   単元株式数
                                        JASDAQ
                   6,073,000             6,073,000
     普通株式
                                                   100株
                                        (スタンダード)
                   6,073,000             6,073,000            -           -

        計
      (2)【新株予約権等の状況】

        ①【ストックオプション制度の内容】
           該当事項はありません。
        ②【その他の新株予約権等の状況】

           該当事項はありません。
      (3)【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

           該当事項はありません。
      (4)【発行済株式総数、資本金等の推移】

               発行済株式総        発行済株式総        資本金増減額        資本金残高       資本準備金増        資本準備金残
        年月日
               数増減数(株)        数残高(株)         (千円)        (千円)      減額(千円)        高(千円)
     令和2年10月1日~
                     -    6,073,000           -    1,354,050           -     799,750
     令和2年12月31日
      (5)【大株主の状況】

           当四半期会計期間は第3四半期会計期間であるため、記載事項はありません。
                                 7/25







                                                          EDINET提出書類
                                                    ワイエスフード株式会社(E03451)
                                                            四半期報告書
      (6)【議決権の状況】
           当第3四半期会計期間末日現在の「議決権の状況」については、株主名簿の記載内容が確認できないため、
          記載することができないことから、直前の基準日(令和2年9月30日)に基づく株主名簿による記載をしてお
          ります。
        ①【発行済株式】

                                                 令和2年12月31日現在
                            株式数(株)           議決権の数(個)
              区分                                       内容
                                   -       -           -
      無議決権株式
      議決権制限株式(自己株式等)                              -       -           -
      議決権制限株式(その他)                              -       -           -
      完全議決権株式(自己株式等)                              -       -           -
      完全議決権株式(その他)                          6,072,500             60,725         -
                           普通株式
                                   500       -           -
      単元未満株式                     普通株式
                                6,073,000          -           -
      発行済株式総数
                                   -          60,725         -
      総株主の議決権
    (注)「完全議決権株式(その他)」欄には、証券保管振替機構名義の株式が200株含まれております。また、「議決権
         の数」欄には、同機構名義の完全議決権株式に係る議決権の数2個が含まれております。
        ②【自己株式等】

         該当事項はありません。
     2【役員の状況】

       該当事項はありません。
                                 8/25












                                                          EDINET提出書類
                                                    ワイエスフード株式会社(E03451)
                                                            四半期報告書
    第4【経理の状況】
     1.四半期財務諸表の作成方法について
       当社の四半期財務諸表は、「四半期財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(平成19年内閣府令第63
      号)に基づいて作成しております。
     2.監査証明について

       当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第3四半期会計期間(令和2年10月1日から令和2
      年12月31日まで)及び第3四半期累計期間(令和2年4月1日から令和2年12月31日まで)に係る四半期財務諸表に
      ついて、HLB      Meisei    有限責任監査法人による四半期レビューを受けております。
     3.四半期連結財務諸表について

       四半期連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則(平成19年内閣府令第64号)第5条第2項により、当
      社では、子会社の資産、売上高、損益、利益剰余金及びキャッシュ・フローその他の項目から見て、当企業集団の財
      政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況に関する合理的な判断を誤らせない程度に重要性が乏しいものとし
      て、四半期連結財務諸表は作成しておりません。
                                 9/25















                                                          EDINET提出書類
                                                    ワイエスフード株式会社(E03451)
                                                            四半期報告書
     1【四半期財務諸表】
      (1)【四半期貸借対照表】
                                                   (単位:千円)
                                  前事業年度            当第3四半期会計期間
                                (令和2年3月31日)              (令和2年12月31日)
     資産の部
       流動資産
                                        120,919              509,519
        現金及び預金
                                        146,351              164,996
        売掛金
                                        80,795              100,816
        商品及び製品
                                         1,160              1,737
        仕掛品
                                        18,614              16,940
        原材料及び貯蔵品
                                        119,870               76,315
        その他
                                       △ 91,757             △ 75,937
        貸倒引当金
                                        395,954              794,388
        流動資産合計
       固定資産
        有形固定資産
          建物(純額)                              671,687              619,768
                                       1,306,286              1,247,736
          土地
                                        52,992              45,800
          その他
                                       2,030,967              1,913,305
          有形固定資産合計
                                        34,482              37,632
        無形固定資産
        投資その他の資産
                                        271,541              305,047
          長期貸付金
                                        412,404              381,670
          その他
                                       △ 425,150             △ 441,011
          貸倒引当金
                                        258,796              245,706
          投資その他の資産合計
                                       2,324,246              2,196,644
        固定資産合計
                                       2,720,200              2,991,033
       資産合計
     負債の部
       流動負債
                                        76,975              83,632
        買掛金
                                        300,000              100,000
        短期借入金
                                        299,109              260,598
        1年内返済予定の長期借入金
                                         6,833              6,233
        未払法人税等
                                         8,364                80
        賞与引当金
                                          231              454
        ポイント引当金
                                        165,706              210,857
        その他
                                        857,219              661,856
        流動負債合計
       固定負債
                                        475,362              560,285
        長期借入金
                                        61,373              55,841
        退職給付引当金
                                        61,463              37,012
        役員退職慰労引当金
                                        68,624              67,469
        資産除去債務
                                        74,049              92,608
        その他
                                        740,873              813,217
        固定負債合計
                                       1,598,093              1,475,073
       負債合計
     純資産の部
       株主資本
                                       1,002,050              1,354,050
        資本金
                                        831,588              831,588
        資本剰余金
                                       △ 712,993             △ 663,837
        利益剰余金
                                       1,120,644              1,521,801
        株主資本合計
       評価・換算差額等
                                         1,462             △ 5,841
        その他有価証券評価差額金
                                         1,462             △ 5,841
        評価・換算差額等合計
                                       1,122,107              1,515,959
       純資産合計
                                       2,720,200              2,991,033
     負債純資産合計
                                10/25


                                                          EDINET提出書類
                                                    ワイエスフード株式会社(E03451)
                                                            四半期報告書
      (2)【四半期損益計算書】
        【第3四半期累計期間】
                                                   (単位:千円)
                                前第3四半期累計期間               当第3四半期累計期間
                               (自 平成31年4月1日              (自 令和2年4月1日
                               至 令和元年12月31日)               至 令和2年12月31日)
                                       1,152,220               991,101
     売上高
                                        615,430              528,132
     売上原価
                                        536,789              462,968
     売上総利益
                                        571,820              533,946
     販売費及び一般管理費
     営業損失(△)                                  △ 35,031             △ 70,977
     営業外収益
                                         4,966              2,504
       受取利息
                                          877               0
       受取配当金
                                          -             1,993
       助成金収入
                                         6,420              4,611
       その他
                                        12,264               9,109
       営業外収益合計
     営業外費用
                                         8,275              8,722
       支払利息
                                        24,310               4,744
       貸倒引当金繰入額
                                         2,648               753
       その他
                                        35,233              14,220
       営業外費用合計
     経常損失(△)                                  △ 58,000             △ 76,088
     特別利益
                                         5,688             122,888
       固定資産売却益
                                        15,438               4,472
       保険解約返戻金
                                          -             6,778
       その他
                                        21,126              134,138
       特別利益合計
     特別損失
                                          -             3,606
       固定資産売却損
                                          -             1,008
       その他
                                          -             4,615
       特別損失合計
     税引前四半期純利益又は税引前四半期純損失(△)                                  △ 36,874              53,435
                                         3,487              4,278
     法人税、住民税及び事業税
                                         3,487              4,278
     法人税等合計
     四半期純利益又は四半期純損失(△)                                  △ 40,361              49,156
                                11/25









                                                          EDINET提出書類
                                                    ワイエスフード株式会社(E03451)
                                                            四半期報告書
      【注記事項】
        (追加情報)
         (表示方法の変更)
          (四半期貸借対照表関係)
            前事業年度において、「投資その他の資産」に含めていた「長期貸付金」及び「貸倒引当金」は、金額的
           重要性が増したため、当事業年度より独立掲記することとしました。この表示方法の変更を反映させるた
           め、前事業年度の財務諸表の組替えを行っております。
            この結果、前事業年度の貸借対照表において、「投資その他の資産」に表示していた258,796千円は、
           「長期貸付金」271,541千円、「その他」412,404千円、「貸倒引当金」△425,150千円として組み替えてお
           ります。
         (新型コロナウイルス感染症の感染拡大に伴う会計上の見積りについて)

            当第3四半期累計期間          において、新たな追加情報の発生及び前事業年度の有価証券報告書に記載した情報
           等についての重要な変更はありません。
                                12/25
















                                                          EDINET提出書類
                                                    ワイエスフード株式会社(E03451)
                                                            四半期報告書
        (四半期キャッシュ・フロー計算書関係)
          当第3四半期累計期間に係る四半期キャッシュ・フロー計算書は作成しておりません。なお、第3四半期累計
         期間に係る減価償却費(無形固定資産に係る償却費を含む。)は、次のとおりであります。
                             前第3四半期累計期間                当第3四半期累計期間
                            (自 平成31年4月1日                (自 令和2年4月1日
                             至 令和元年12月31日)                至 令和2年12月31日)
         減価償却費                          71,999千円                61,379千円
        (株主資本等関係)

     Ⅰ 前第3四半期累計期間(自平成31年4月1日 至令和元年12月31日)
      該当事項はありません。
     Ⅱ 当第3四半期累計期間(自令和2年4月1日 至令和2年12月31日)

        当社は、令和2年9月17日付で、霞投資事業組合から第三者割当増資の払込みを受けました。この結果、当第2四
      半期累計期間において資本金が352,000千円増加し、当第2四半期会計期間末において資本金が1,354,050千円となっ
      ております。
        (持分法損益等)

                                 前事業年度              当第3四半期      会計期間

                              (令和2年3月31日)                (令和2年12月31日)
     関連会社に対する投資の金額                                 18,035千円                18,035千円
     持分法を適用した場合の投資の金額                                 12,754千円                11,432千円
                              前第3四半期累計期間                当第3四半期累計期間

                             (自 平成31年4月1日                (自 令和2年4月1日
                              至 令和元年12月31日)                至 令和2年12月31日)
     持分法を適用した場合の投資損失の金額                                 △413千円                △723千円
                                13/25











                                                          EDINET提出書類
                                                    ワイエスフード株式会社(E03451)
                                                            四半期報告書
        (セグメント情報等)
         【セグメント情報】
    Ⅰ 前第3四半期累計期間(自平成31年4月1日 至令和元年12月31日)
    1.報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
                                                (単位:千円)
                     報告セグメント
                                                   四半期
                                   その他          調整額    損益計算書
                                         合計
                     不動産
                                   (注)1          (注)2      計上額
               外食事業          外販事業      計
                    賃貸事業
                                                  (注)3
     売上高

     (1)外部顧客に対す
               1,079,020      28,992     34,991   1,143,004       9,215   1,152,220        -  1,152,220
       る売上高
     (2)セグメント間の
                  -     -     -     -     -     -     -      -
       内部売上高又は
       振替高
               1,079,020      28,992     34,991   1,143,004       9,215   1,152,220        -  1,152,220
         計
     セグメント利益
                26,279      728  △ 11,600     15,406     1,309    16,715    △ 51,746     △ 35,031
     又は損失(△)
     (注)1.「その他」の区分は、報告セグメントに含まれない事業セグメントであり、飲食店用の厨房設備の販売等を
           含んでおります。
        2.セグメント利益又は損失(△)の調整額△51,746千円は、各報告セグメントに配分していない全社費用であ
           ります。全社費用は主に報告セグメントに帰属しない管理部門に係る費用であります。
        3.セグメント利益又は損失(△)は、四半期損益計算書の営業損失(△)と調整を行っております。
     2.報告セグメントごとの固定資産の減損損失又はのれん等に関する情報
        該当事項はありません。
                                14/25












                                                          EDINET提出書類
                                                    ワイエスフード株式会社(E03451)
                                                            四半期報告書
    Ⅱ 当第3四半期累計期間(自令和2年4月1日 至令和2年12月31日)

    1.報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
                                                     (単位:千円)
                        報告セグメント
                                                        四半期
                                          その他         調整額    損益計算書
                                               合計
                   不動産
                                          (注)1         (注)2     計上額
              外食事業         外販事業     温泉事業     衛生事業      計
                  賃貸事業
                                                       (注)3
     売上高

     (1)外部顧客に対
              850,821     25,374     40,271     42,614     25,020    984,102      6,999    991,101       -   991,101
       する売上高
     (2)セグメント間
                 -     -     -     -     -     -     -     -     -     -
       の内部売上高
       又は振替高
              850,821     25,374     40,271     42,614     25,020    984,102      6,999    991,101       -   991,101
        計
     セグメント利益
                836    2,379    △ 3,181   △ 12,437    △ 5,207   △ 17,610     1,223   △ 16,386    △ 54,590    △ 70,977
     又は損失(△)
     (注)1.「その他」の区分は、報告セグメントに含まれない事業セグメントであり、飲食店用の厨房設備の販売等を
           含んでおります。
        2.セグメント利益又は損失(△)の調整額△54,590千円は、各報告セグメントに配分していない全社費用であ
           ります。全社費用は主に報告セグメントに帰属しない管理部門に係る費用であります。
        3.セグメント利益又は損失(△)は、四半期損益計算書の営業損失(△)と調整を行っております。
     2.報告セグメントごとの固定資産の減損損失又はのれん等に関する情報
        該当事項はありません。
     3.報告セグメントの変更等に関する事項
        新規事業として令和2年6月より開始していた「温泉事業」を「その他」に含めておりましたが、当第3四半期
      会計期間より量的な重要性が増したことから、また、令和2年10月より開始した「衛生事業」に重要性があることか
      ら、それぞれ報告セグメントとして記載する方法に変更しております。
                                15/25











                                                          EDINET提出書類
                                                    ワイエスフード株式会社(E03451)
                                                            四半期報告書
        (1株当たり情報)
         1株当たり四半期純利益又は1株当たり四半期純損失及び算定上の基礎は、以下のとおりであります。
                                前第3四半期累計期間               当第3四半期累計期間
                               (自 平成31年4月1日               (自 令和2年4月1日
                                至 令和元年12月31日)               至 令和2年12月31日)
     1株当たり四半期純利益又は1株当たり四半期純損
                                     △10円42銭                10円41銭
     失(△)
     (算定上の基礎)
      四半期純利益又は四半期純損失(△)(千円)                                △40,361                49,156

      普通株主に帰属しない金額(千円)                                   -               -

      普通株式に係る四半期純利益又は普通株式に係る
                                      △40,361                49,156
      四半期純損失(△)(千円)
      普通株式の期中平均株式数(株)                                3,873,000               4,721,000
    (注)    前第3四半期累計期間の潜在株式調整後1株当たり四半期純利益については、1株当たり四半期純損失であり、
        また、潜在株式が存在しないため記載しておりません。当第3四半期累計期間の潜在株式調整後1株当たり四半期
        純利益については、潜在株式が存在しないため記載しておりません。
                                16/25















                                                          EDINET提出書類
                                                    ワイエスフード株式会社(E03451)
                                                            四半期報告書
        (重要な後発事象)
         当社は、令和3年2月5日開催の当社取締役会において、会社法第236条、第238条及び第240条の規定に基づ
        き、当社の役員及び執行役員に対し第2回新株予約権を、また当社従業員に対し第3回新株予約権を発行するこ
        とを決議いたしました。
       Ⅰ ワイエスフード株式会社 第2回新株予約権

        イ 銘柄 ワイエスフード株式会社 第2回新株予約権
        ロ 新株予約権の内容
       (1)発行数
          4,256個(新株予約権1個につき100株)
          なお、本新株予約権を行使することにより交付を受けることができる株式の総数は、当社普通株式425,600株
         とし、下記(4)により本新株予約権にかかる付与株式数が調整された場合は、調整後付与株式数に本新株予
         約権の数を乗じた数とする。
       (2)発行価格

          本新株予約権1個当たりの発行価格は、200円とする。なお、当該金額は、第三者評価機関である株式会社プ
         ルータス・コンサルティングが、当社の株価情報等を考慮して、一般的なオプション価格算定モデルであるモン
         テカルロ・シミュレーションによって算出した結果を参考に決定したものである。
       (3)発行価額の総額

             113,635,200      円
       (4)新株予約権の目的となる株式の種類、内容及び数
          本新株予約権1個当たりの目的である株式の数(以下、「付与株式数」という。)は、当社普通株式100株と
         する。
          なお、付与株式数は、本新株予約権の割当日後、当社が株式分割(当社普通株式の無償割当てを含む。以下同
         じ。)または株式併合を行う場合、次の算式により調整されるものとする。ただし、かかる調整は、本新株予約
         権のうち、当該時点で行使されていない新株予約権の目的である株式の数についてのみ行われ、調整の結果生じ
         る1株未満の端数については、これを切り捨てるものとする。
          調整後付与株式数=調整前付与株式数×分割(または併合)の比率
          また、本新株予約権の割当日後、当社が合併、会社分割または資本金の額の減少を行う場合その他これらの場
         合に準じ付与株式数の調整を必要とする場合には、合理的な範囲で、付与株式数は適切に調整されるものとす
         る。
       (5)新株予約権の行使に際して払い込むべき金額

          本新株予約権の行使に際して出資される財産の価額は、1株当たりの払込金額(以下、「行使価額」とい

         う。)に、付与株式数を乗じた金額とする。
          行使価額は、本新株予約権発行にかかる取締役会決議日の前取引日である令和3年2月4日の東京証券取引所
         における終値である金265円とする。
          なお、本新株予約権の割当日後、当社が株式分割または株式併合を行う場合、次の算式により行使価額を調整
         し、調整による1円未満の端数は切り上げる。
                                         1
           調整後行使価額=調整前行使価額                   ×
                                   分割(または併合)の比率
          また、本新株予約権の割当日後、当社が当社普通株式につき時価を下回る価額で新株の発行または自己株式の
         処分を行う場合(新株予約権の行使に基づく新株の発行及び自己株式の処分並びに株式交換による自己株式の移
         転の場合を除く。)、次の算式により行使価額を調整し、調整による1円未満の端数は切り上げる。
                                    新  規  発  行      1株当たり

                                             ×
                            既発行
                                    株   式   数      払込金額
                                  +
                            株式数
                                      新規発行前の1株当たりの時価
           調  整  後     調  整  前
                 =        ×
           行使価額         行使価額
                                 既発行株式数       +  新規発行株式数
                                17/25


                                                          EDINET提出書類
                                                    ワイエスフード株式会社(E03451)
                                                            四半期報告書
          なお、上記算式において「既発行株式数」とは、当社普通株式にかかる発行済株式総数から当社普通株式にか
         かる自己株式数を控除した数とし、また、当社普通株式にかかる自己株式の処分を行う場合には、「新規発行株
         式数」を「処分する自己株式数」に読み替えるものとする。
          さらに、上記のほか、本新株予約権の割当日後、当社が他社と合併する場合、会社分割を行う場合、その他こ
         れらの場合に準じて行使価額の調整を必要とする場合には、当社は、合理的な範囲で適切に行使価額の調整を行
         うことができるものとする。
       (6)新株予約権の行使期間

          本新株予約権を行使することができる期間(以下、「行使期間」という)は、令和3年3月5日から令和13年
         3月4日までとする。
       (7)新株予約権の行使の条件

          ① 割当日から本新株予約権の行使期間の終期に至るまでの間に東京証券取引所における当社普通株式の普
            通取引終値の1ヶ月間(当日を含む21取引日)の平均値が一度でも行使価額に50%を乗じた価格を下
            回った場合、新株予約権者は残存するすべての本新株予約権を行使価額で行使期間の満期日までに行使
            しなければならないものとする。但し、次に掲げる場合に該当するときはこの限りではない。
          (a)  当社の開示情報に重大な虚偽が含まれることが判明した場合
          (b)  当社が法令や金融商品取引所の規則に従って開示すべき重要な事実を適正に開示していなかったことが
            判明した場合
          (c)  当社が上場廃止となったり、倒産したり、その他本新株予約権発行日において前提とされていた事情に
            大きな変更が生じた場合
          (d)  その他、当社が新株予約権者の信頼を著しく害すると客観的に認められる行為をなした場合
          ② 新株予約権者の相続人による本新株予約権の行使は認めない。
          ③ 本新株予約権の行使によって、当社の発行済株式総数が当該時点における発行可能株式総数を超過する
            こととなるときは、当該本新株予約権の行使を行うことはできない。
          ④ 各本新株予約権1個未満の行使を行うことはできない。
       (8)新株予約権の行使により株式を発行する場合の当該株式の発行価格のうちの資本組入額

          ① 本新株予約権の行使により株式を発行する場合における増加する資本金の額は、会社計算規則第17条第
            1項に従い算出される資本金等増加限度額の2分の1の金額とする。計算の結果1円未満の端数が生じ
            たときは、その端数を切り上げるものとする。
          ② 本新株予約権の行使により株式を発行する場合における増加する資本準備金の額は、上記①記載の資本
            金等増加限度額から、上記①に定める増加する資本金の額を減じた額とする。
       (9)   新株予約権の割当日

        令和3年3月5日
       (10)新株予約権の譲渡に関する事項

        本新株予約権の譲渡については、当社取締役会の承認を要するものとする。
       ハ 新株予約権の取得の申込みの勧誘の相手方の人数及びその内訳

        当社役員及び執行役員 14名 4,256個(425,600株)
       ニ 勧誘の相手方が提出会社に関係する会社として企業内容等の開示に関する内閣府令第2条第3項各号に規定す

        る会社の取締役、会計参与、執行役、監査役又は使用人である場合には、当該会社と提出会社との間の関係
        該当事項はありません。
       ホ 勧誘の相手方と提出会社との間の取決めの内容

        取決めの内容は、当社と新株予約権者との間で締結する新株予約権割当契約において定めるものとする。
                                18/25




                                                          EDINET提出書類
                                                    ワイエスフード株式会社(E03451)
                                                            四半期報告書
       Ⅱ ワイエスフード株式会社 第3回新株予約権

        イ 銘柄 ワイエスフード株式会社 第3回新株予約権

        ロ 新株予約権の内容
       (1)発行数
          1,817個(新株予約権1個につき100株)

          なお、本新株予約権を行使することにより交付を受けることができる株式の総数は、当社普通株式181,700株
          とし、下記(4)により本新株予約権にかかる付与株式数が調整された場合は、調整後付与株式数に本新株
          予約権の数を乗じた数とする。
       (2)発行価格

          本新株予約権1個当たりの発行価格は、1,100円とする。なお、当該金額は、第三者評価機関である株式会社
         プルータス・コンサルティングが、当社の株価情報等を考慮して、一般的なオプション価格算定モデルである
         モンテカルロ・シミュレーションによって算出した結果を参考に決定したものである。
       (3)発行価額の総額

             50,149,200     円

       (4)新株予約権の目的となる株式の種類、内容及び数

          本新株予約権1個当たりの目的である株式の数(以下、「付与株式数」という。)は、当社普通株式100株と
         する。
          なお、付与株式数は、本新株予約権の割当日後、当社が株式分割(当社普通株式の無償割当てを含む。以下
         同じ。)または株式併合を行う場合、次の算式により調整されるものとする。ただし、かかる調整は、本新株
         予約権のうち、当該時点で行使されていない新株予約権の目的である株式の数についてのみ行われ、調整の結
         果生じる1株未満の端数については、これを切り捨てるものとする。
          調整後付与株式数=調整前付与株式数×分割(または併合)の比率
          また、本新株予約権の割当日後、当社が合併、会社分割または資本金の額の減少を行う場合その他これらの
         場合に準じ付与株式数の調整を必要とする場合には、合理的な範囲で、付与株式数は適切に調整されるものと
         する。
       (5)新株予約権の行使に際して払い込むべき金額

          本新株予約権の行使に際して出資される財産の価額は、1株当たりの払込金額(以下、「行使価額」とい
         う。)に、付与株式数を乗じた金額とする。
          行使価額は、本新株予約権発行にかかる取締役会決議日の前取引日である令和3年2月4日の東京証券取引
         所における終値である金265円とする。
          なお、本新株予約権の割当日後、当社が株式分割または株式併合を行う場合、次の算式により行使価額を調
         整し、調整による1円未満の端数は切り上げる。
                                         1
           調整後行使価額=調整前行使価額                   ×
                                   分割(または併合)の比率
          また、本新株予約権の割当日後、当社が当社普通株式につき時価を下回る価額で新株の発行または自己株式

         の処分を行う場合(新株予約権の行使に基づく新株の発行及び自己株式の処分並びに株式交換による自己株式
         の移転の場合を除く。)、次の算式により行使価額を調整し、調整による1円未満の端数は切り上げる。
                                19/25





                                                          EDINET提出書類
                                                    ワイエスフード株式会社(E03451)
                                                            四半期報告書
                                    新  規  発  行      1株当たり

                                             ×
                            既発行
                                    株   式   数      払込金額
                                  +
                            株式数
                                      新規発行前の1株当たりの時価
           調  整  後     調  整  前
                 =        ×
           行使価額         行使価額
                                 既発行株式数       +  新規発行株式数
          なお、上記算式において「既発行株式数」とは、当社普通株式にかかる発行済株式総数から当社普通株式に
         かかる自己株式数を控除した数とし、また、当社普通株式にかかる自己株式の処分を行う場合には、「新規発
         行株式数」を「処分する自己株式数」に読み替えるものとする。
          さらに、上記のほか、本新株予約権の割当日後、当社が他社と合併する場合、会社分割を行う場合、その他
         これらの場合に準じて行使価額の調整を必要とする場合には、当社は、合理的な範囲で適切に行使価額の調整
         を行うことができるものとする。
       (6)新株予約権の行使期間

          本新株予約権を行使することができる期間(以下、「行使期間」という)は、令和4年7月1日から令和13
         年3月4日までとする。
       (7)新株予約権の行使の条件

          ① 新株予約権者は、令和4年3月期から令和8年3月期における当社の有価証券報告書に記載された外食
            事業の売上高の額に応じ、以下のアないしウに定める新株予約権を行使することができる。
          なお、外食事業の売上高の判定においては、当社の有価証券報告書におけるセグメント情報に記載された外
            食事業の売上高の額を参照するものとし、国際財務報告基準の適用、決算期の変更等により参照すべき
            項目の概念に重要な変更があった場合には、別途参照すべき指標を当社取締役会にて定めるものとす
            る。
          ア 令和4年3月期から令和8年3月期における当社の有価証券報告書に記載された外食事業の売上高の額
            が一度でも1,600百万円を超過した場合、割り当てられた本新株予約権の数の30%まで
          イ 令和4年3月期から令和8年3月期における当社の有価証券報告書に記載された外食事業の売上高の額
            が一度でも1,800百万円を超過した場合、上記アに基づき行使した本新株予約権とあわせて、割り当てら
            れた本新株予約権の数の75%まで
          ウ 令和4年3月期から令和8年3月期における当社の有価証券報告書に記載された外食事業の売上高の額
            が一度でも2,000百万円を超過した場合、上記アおよびイに基づき行使した本新株予約権とあわせて、割
            り当てられた本新株予約権の数の100%まで
          ② 新株予約権者は、新株予約権の権利行使時においても、当社の取締役、監査役または従業員であること
            を要する。ただし、任期満了による退任、定年退職、その他正当な理由があると取締役会が認めた場合
            は、この限りではない。
          ③ 新株予約権者の相続人による本新株予約権の行使は認めない。
          ④ 本新株予約権の行使によって、当社の発行済株式総数が当該時点における発行可能株式総数を超過する
            こととなるときは、当該本新株予約権の行使を行うことはできない。
          ⑤ 各本新株予約権1個未満の行使を行うことはできない。
       (8)新株予約権の行使により株式を発行する場合の当該株式の発行価格のうちの資本組入額

          ① 本新株予約権の行使により株式を発行する場合における増加する資本金の額は、会社計算規則第17条第
            1項に従い算出される資本金等増加限度額の2分の1の金額とする。計算の結果1円未満の端数が生じ
            たときは、その端数を切り上げるものとする。
          ② 本新株予約権の行使により株式を発行する場合における増加する資本準備金の額は、上記①記載の資本
            金等増加限度額から、上記①に定める増加する資本金の額を減じた額とする。
       (9)   新株予約権の割当日

          令和3年3月5日
       (10)新株予約権の譲渡に関する事項

          本新株予約権の譲渡については、当社取締役会の承認を要するものとする。
                                20/25



                                                          EDINET提出書類
                                                    ワイエスフード株式会社(E03451)
                                                            四半期報告書
       ハ 新株予約権の取得の申込みの勧誘の相手方の人数及びその内訳

          当社従業員 43名 1,817個(181,700株)
       ニ 勧誘の相手方が提出会社に関係する会社として企業内容等の開示に関する内閣府令第2条第3項各号に規定す

        る会社の取締役、会計参与、執行役、監査役又は使用人である場合には、当該会社と提出会社との間の関係
          該当事項はありません。
       ホ 勧誘の相手方と提出会社との間の取決めの内容

        取決めの内容は、当社と新株予約権者との間で締結する新株予約権割当契約において定めるものとする。
                                21/25

















                                                          EDINET提出書類
                                                    ワイエスフード株式会社(E03451)
                                                            四半期報告書
     2【その他】
        該当事項はありません。
                                22/25




















                                                          EDINET提出書類
                                                    ワイエスフード株式会社(E03451)
                                                            四半期報告書
    第二部【提出会社の保証会社等の情報】
           該当事項はありません。
                                23/25




















                                                          EDINET提出書類
                                                    ワイエスフード株式会社(E03451)
                                                            四半期報告書
                       独立監査人の四半期レビュー報告書
                                                   令和3年2月15日

    ワイエスフード株式会社

      取締役会 御中

                             HLB  Meisei    有限責任監査法人

                             東京都中央区
                            指定有限責任社員

                                      公認会計士
                                             武田 剛        印
                            業務執行社員
                            指定有限責任社員

                                      公認会計士
                                             町出 知則         印
                            業務執行社員
     監査人の結論

      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、「経理の状況」に掲げられているワイエスフー
     ド株式会社の令和2年4月1日から令和3年3月31日までの第27期事業年度の第3四半期会計期間(令和2年10月1日
     から令和2年12月31日まで)及び第3四半期累計期間(令和2年4月1日から令和2年12月31日まで)に係る四半期
     財務諸表、すなわち、四半期貸借対照表、四半期損益計算書及び注記について四半期レビューを行った。
      当監査法人が実施した四半期レビューにおいて、上記の四半期財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認め
     られる四半期財務諸表の作成基準に準拠して、ワイエスフード株式会社の令和2年12月31日現在の財政状態及び同日
     をもって終了する第3四半期累計期間の経営成績を適正に表示していないと信じさせる事項が全ての重要な点におい
     て認められなかった。
     監査人の結論の根拠

      当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に準拠して四半期レビューを
     行った。四半期レビューの基準における当監査法人の責任は、「四半期財務諸表の四半期レビューにおける監査人の
     責任」に記載されている。当監査法人は、我が国における職業倫理に関する規定に従って、会社から独立しており、
     また、監査人としてのその他の倫理上の責任を果たしている。当監査法人は、結論の表明の基礎となる証拠を入手し
     たと判断している。
     強調事項

      重要な後発事象に記載されているとおり、会社は、令和3年2月5日開催の取締役会において、当社役員及び執行
     役員に対し第2回新株予約権を、当社従業員に対し第3回新株予約権を発行することを決議した。
      当該事項は、当監査法人の結論に影響を及ぼすものではない。
     四半期財務諸表に対する経営者並びに監査役及び監査役会の責任

      経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期財務諸表の作成基準に準拠して四半期財務諸
     表を作成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない四半期財務諸表を作成
     し適正に表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
      四半期財務諸表を作成するに当たり、経営者は、継続企業の前提に基づき四半期財務諸表を作成することが適切で
     あるかどうかを評価し、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期財務諸表の作成基準に基づいて継続企業
     に関する事項を開示する必要がある場合には当該事項を開示する責任がある。
      監査役及び監査役会の責任は、財務報告プロセスの整備及び運用における取締役の職務の執行を監視することにあ
     る。
     四半期財務諸表の四半期レビューにおける監査人の責任

      監査人の責任は、監査人が実施した四半期レビューに基づいて、四半期レビュー報告書において独立の立場から四
     半期財務諸表に対する結論を表明することにある。
      監査人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に従って、四半期レビューの過程を
     通じて、職業的専門家としての判断を行い、職業的懐疑心を保持して以下を実施する。
     ・ 主として経営者、財務及び会計に関する事項に責任を有する者等に対する質問、分析的手続その他の四半期レ
     ビュー手続を実施する。四半期レビュー手続は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に準拠して
     実施される年度の財務諸表の監査に比べて限定された手続である。
                                24/25


                                                          EDINET提出書類
                                                    ワイエスフード株式会社(E03451)
                                                            四半期報告書
     ・   継続企業の前提に関する事項について、重要な疑義を生じさせるような事象又は状況に関して重要な不確実性が
     認められると判断した場合には、入手した証拠に基づき、四半期財務諸表において、我が国において一般に公正妥当
     と 認められる四半期財務諸表の作成基準に準拠して、適正に表示されていないと信じさせる事項が認められないかど
     うか結論付ける。また、継続企業の前提に関する重要な不確実性が認められる場合は、四半期レビュー報告書におい
     て四半期財務諸表の注記事項に注意を喚起すること、又は重要な不確実性に関する四半期財務諸表の注記事項が適切
     でない場合は、四半期財務諸表に対して限定付結論又は否定的結論を表明することが求められている。監査人の結論
     は、四半期レビュー報告書日までに入手した証拠に基づいているが、将来の事象や状況により、企業は継続企業とし
     て存続できなくなる可能性がある。
     ・   四半期財務諸表の表示及び注記事項が、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期財務諸表の作成基準
     に準拠していないと信じさせる事項が認められないかどうかとともに、関連する注記事項を含めた四半期財務諸表の
     表示、構成及び内容、並びに四半期財務諸表が基礎となる取引や会計事象を適正に表示していないと信じさせる事項
     が認められないかどうかを評価する。
      監査人は、監査役及び監査役会に対して、計画した四半期レビューの範囲とその実施時期、四半期レビュー上の重
     要な発見事項について報告を行う。
      監査人は、監査役及び監査役会に対して、独立性についての我が国における職業倫理に関する規定を遵守したこ
     と、並びに監査人の独立性に影響を与えると合理的に考えられる事項、及び阻害要因を除去又は軽減するためにセー
     フガードを講じている場合はその内容について報告を行う。
     利害関係

      会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                        以 上

     (注)1.上記は四半期レビュー報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(四半期報

           告書提出会社)が別途保管しております。
         2.  XBRLデータは四半期レビューの対象には                    含まれておりません。
                                25/25












PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

書類提出日で検索

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2020年12月21日

新規上場の通知機能を追加しました。Myページにて通知の設定が行えます。

2020年9月22日

企業・投資家の個別ページに掲載情報を追加しました。また、併せて細かい改修を行いました。

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。

スポンサーリンク