アジア開発キャピタル株式会社 四半期報告書 第101期第3四半期(令和2年10月1日-令和2年12月31日)

提出書類 四半期報告書-第101期第3四半期(令和2年10月1日-令和2年12月31日)
提出日
提出者 アジア開発キャピタル株式会社
カテゴリ 四半期報告書

                                                          EDINET提出書類
                                                 アジア開発キャピタル株式会社(E04298)
                                                            四半期報告書
    【表紙】
     【提出書類】                   四半期報告書

     【根拠条文】                   金融商品取引法第24条の4の7第1項
     【提出先】                   関東財務局長
     【提出日】                   2021年2月15日
     【四半期会計期間】                   第101期第3四半期(自 2020年10月1日 至 2020年12月31日)
     【会社名】                   アジア開発キャピタル株式会社
     【英訳名】                   Asia   Development      Capital    Co.  Ltd.
     【代表者の役職氏名】                   代表取締役社長  アンセム              ウォン    シュウセン
     【本店の所在の場所】                   東京都中央区月島1丁目2番13号 ワイズビルディング 4F
     【電話番号】                   (03)5534-9614(代表)
     【事務連絡者氏名】                   社長室 天神雄一郎
     【最寄りの連絡場所】                   東京都中央区月島1丁目2番13号 ワイズビルディング 4F
     【電話番号】                   (03)5534-9614(代表)
     【事務連絡者氏名】                   社長室 天神雄一郎
     【縦覧に供する場所】                   株式会社東京証券取引所
                         (東京都中央区日本橋兜町2番1号)
                                 1/24













                                                          EDINET提出書類
                                                 アジア開発キャピタル株式会社(E04298)
                                                            四半期報告書
    第一部【企業情報】
    第1【企業の概況】
     1【主要な経営指標等の推移】
                              第100期           第101期
              回次              第3四半期連結           第3四半期連結             第100期
                              累計期間           累計期間
                              自2019年           自2020年           自2019年

                              4月1日           4月1日           4月1日
             会計期間
                              至2019年           至2020年           至2020年
                              12月31日           12月31日           3月31日
                     (千円)            828,402           463,695          1,055,381
     売上高
     経常損失(△)                (千円)           △ 491,788          △ 313,587          △ 802,458
     親会社株主に帰属する四半期(当
                     (千円)           △ 796,435          △ 326,396         △ 1,116,882
     期)純損失(△)
                     (千円)           △ 754,310          △ 320,901         △ 1,067,661
     四半期包括利益又は包括利益
                     (千円)           1,852,832           3,218,579           1,539,481
     純資産額
                     (千円)           2,254,733           3,408,425           2,022,460
     総資産額
     1株当たり四半期(当期)純損失
                      (円)            △ 1.69          △ 0.48          △ 2.36
     (△)
     潜在株式調整後1株当たり四半期
                      (円)              -           -           -
     (当期)純利益
                      (%)            82.18           94.43           76.12
     自己資本比率
                              第100期           第101期

              回次              第3四半期連結           第3四半期連結
                              会計期間           会計期間
                              自2019年           自2020年

                              10月1日           10月1日
             会計期間
                              至2019年           至2020年
                              12月31日           12月31日
     1株当たり四半期純損失(△)

                       (円)           △ 0.49          △ 0.10
     (注)1.当社は四半期連結財務諸表を作成しておりますので、提出会社の主要な経営指標等の推移については記載し

           ておりません。
         2.  売上高には、消費税等は含んでおりません。
         3.  第100期第3四半期連結累計期間及び第101期第3四半期連結累計期間の潜在株式調整後1株当たり四半期純
           利益につきましては、潜在株式は存在するものの1株当たり四半期純損失であるため記載しておりません。
           また、第100期の潜在株式調整後1株当たり当期純利益につきましては、潜在株式が存在せず、また、1株
           当たり当期純損失であるため記載しておりません。
     2【事業の内容】

     当社グループ(当社及び当社の関係会社)は、当社(アジア開発キャピタル株式会社)、連結子会社8社                                                 および持分法
    適用会社1社      により構成されており、投資事業を行っております。
     当第3四半期連結累計期間において、                  事業の内容の変更はありません。
     なお、現在報告セグメントは「投資事業」のみとなっております。
                                 2/24




                                                          EDINET提出書類
                                                 アジア開発キャピタル株式会社(E04298)
                                                            四半期報告書
    第2【事業の状況】
     1【事業等のリスク】
        当社グループは、前連結会計年度まで14期連続して経常損失を計上しており、また、当第3四半期連結累計期間
       においても320百万円の営業損失を計上しております。このため、継続企業の前提に関する重要な疑義を生じさせる
       ような状況が存在しております。
        当該状況を解消、または改善するため、以下の対応策を講じてまいります。
        ①  優良な投資案件の選定と実行

         当社は、日本およびアジアを中心とする地域における経済的・社会的貢献を標榜し、投資事業を柱とした事業
        創造を行ってまいりました。しかしながら、新型コロナウイルス感染症の影響や香港の経済事情の不安定化を踏
        まえ、当面、海外での事業投資については慎重な対応を行うこととし、国内での事業に注力することで、当社グ
        ループの経常的な利益、キャッシュ・フローの確保に努めることにより、当社グループの収益基盤の安定化、財
        務体質の強化を図ってまいります。
         新たな金融事業として貸金事業を実施し、既存の大手金融機関の与信の対象になりにくい個人や中小事業会社
        に対する資金調達手段を提供することで、当社の当該顧客層に対する審査、与信管理、回収等のノウハウを発揮
        し適切なリスク管理の下で収益性の高い金融事業の拡大を目指します。また、当社のコア事業の投資事業におい
        ても、有価証券投資等に加え、その他収益性の高い事業にも積極的に取り組み、投資事業全体の規模拡大を目指
        します。これら2つを主要事業とし、高収益体質の新たな投資金融事業会社へと脱皮することを目指してまいり
        ます。
        ②  財政状態の改善

         当社は、2020年10月6日、既存金融事業の拡大及び新規金融事業への参入のための資金調達を目的として、香
        港証券取引所上場の投資会社Sun               Hung   Kai  & Co.  Limitedの子会社であるSun             Hung   Kai  Strategic     Capital
        Limited、及び当社の筆頭株主である個人投資家・須田忠雄氏の2者に対し、第三者割当による新株式及び第14
        回新株予約権の発行を実施いたしました。調達金額は、新株式の発行により2,000,000千円、第14回新株予約権
        の行使により1,899,000千円(全て行使された場合)であります。
         今後も引き続き、運転資金を確保した上で、新たな中核事業への投融資、および投資先の事業展開を遂行する
        ため、株式、新株予約権による直接調達、金融機関等からの借入による間接調達等、各種の資金調達の可能性を
        検討し、財政状態の健全化を図ってまいります。
        ③  子会社の収益力の強化

         アジアビジネスファイナンス株式会社(旧社名:株式会社アライド・ビジネス・ファイナンス)は、売掛債権
        担保融資に限定せず、株式担保融資、不動産担保融資まで取扱商品の範囲を拡大し、貸金事業を行ってまいりま
        す。
         アジアインベストメントファンド株式会社(旧社名:クリアスエナジーインベストメント株式会社)は、有価
        証券投資等の投資事業全般に加え、その他収益性の高い分野の商取引にも積極的に取り組んでまいります。
        ④  経費削減

         当社グループは、収益基盤の改善を進めるために、組織体制の見直しを行い、事業活動の効率化を図るととも
        に、人件費等を含む経費の削減に取り組み、事業運営コスト削減を徹底して行い、更なる収益力の強化に努めて
        おります。今後もこの方針を継続していく所存です。
        なお、上記の対策については実施途上であり、今後の事業環境や経済情勢によっては意図した効果が得られない可

      能性もあるため、現時点においては継続企業の前提に関する不確実性が認められます。
        なお、当第3四半期連結累計期間において、新たな事業等のリスクの発生、または、前連結会計年度の有価証券報
      告書に記載した事業等のリスクについての重要な変更はありません。
                                 3/24




                                                          EDINET提出書類
                                                 アジア開発キャピタル株式会社(E04298)
                                                            四半期報告書
     2【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】
        文中の将来に関する事項は、当四半期連結会計期間の末日現在において判断したものであります。
       (1)経営成績の分析

        当第3四半期連結累計期間における我が国経済は、新型コロナウイルス感染症の拡大に伴う世界的な経済活動の
       停滞により、極めて厳しい状況となっております。また、先行きにつきましても、新型コロナウイルス感染症の再
       拡大・長期化の兆しがみられるなど、不透明な状況となっております。
        このような経営環境の下で、当社グループは、収益事業の確立によって財務体質を改善すべく、新規投資案件の
       探索や既存投資先の業績改善に取り組んでまいりました。
        その結果、当第3四半期連結累計期間の業績につきましては、売上高は463百万円(前年同期比44.0%減)となり
       ました。営業費用につきましては、本社部門を中心とした経費削減等はありましたが営業損失が320百万円(前年同
       期は373百万円の営業損失)、経常損失は313百万円(前年同期は491百万円の経常損失)、親会社株主に帰属する四
       半期純損失は326百万円(前年同期は796百万円の親会社株主に帰属する四半期純損失)となりました。
       (2)財政状態の分析

        (資産)
        当第3四半期連結会計期間末の総資産につきましては、前連結会計年度末に比べ1,385百万円(68.5%増)増加
       し、3,408百万円となりました。
        主な増減は、営業貸付金の増加798百万円、受取手形及び売掛金の増加482百万円、有価証券の増加118百万円、ま
       た現金及び預金の減少169百万円であります。
        (負債)
        当第3四半期連結会計期間末の負債につきましては、前連結会計年度末に比べ293百万円(60.6%減)減少し、
       189百万円となりました。
        主な増減は、短期借入金の減少394百万円であります。
        (純資産)
        当第3四半期連結会計期間末の純資産につきましては、前連結会計年度末に比べ1,679百万円(109.0%増)増加
       し、3,218百万円となりました。
        主な増減は、資本金の増加1,000百万円、資本剰余金の増加1,000百万円、また親会社株主に帰属する四半期純損
       失の計上等による利益剰余金の減少326百万円であります。
       (3)優先的に対処すべき事業上及び財務上の対処すべき課題

         当第3四半期連結累計期間において、当社グループの事業上及び財務上の対処すべき課題について、重要な変更
        はありません。
       (4)研究開発活動

         特記すべき事項はありません。
       (5)従業員数

         特記すべき事項はありません。
                                 4/24







                                                          EDINET提出書類
                                                 アジア開発キャピタル株式会社(E04298)
                                                            四半期報告書
       (6)仕入および営業の実績
        ①仕入実績
         当第3四半期連結累計期間の仕入実績は次のとおりであります。
               セグメントの名称                        金額           前年同期比
      投資事業                                   275,418    千円           52.3%減
                  合計                      275,418千円              52.3%減
        ②営業実績

         当第3四半期連結累計期間の事業別収入は次のとおりであります。
               セグメントの名称                        金額           前年同期比
      投資事業                                   463,695千円              44.0%減
                  合計                      463,695千円              44.0%減
       (7)主要な設備

         特記すべき事項はありません。
       (8)経営成績に重要な影響を与える要因

         当社グループが計画する事業戦略や事業展開は、主に投資によるものであり、当初の計画が予定通りに遂行でき
        る保証はありません。このため、企業買収、企業提携その他必要な行為を行い、あるいは有効な対策を講じるのが
        遅れた場合、または何らかの理由によりこれらを実行し得なかった場合には、当社グループの業績に影響を及ぼす
        可能性があります。
       (9)経営戦略の現状と見通し

       当社グループ      の今後の戦略は下記の通りです。
       (基本戦略)

         当社は、新たな金融事業として貸金事業を実施し、既存の大手金融機関の与信の対象になりにくい個人や中小
        事業会社に対する資金調達手段を提供することで、当社の当該顧客層に対する審査、与信管理、回収等のノウハ
        ウを発揮し適切なリスク管理の下で収益性の高い金融事業の拡大を目指します。また、当社のコア事業の投資事
        業においても、有価証券投資等に加え、その他収益性の高い事業にも積極的に取り組み、投資事業全体の規模拡
        大を目指します。これら2つを主要事業とし、高収益体質の新たな投資金融事業会社へと脱皮することを目指し
        てまいります。
         当社が当期から実施している新たな金融ビジネスの概要は下記の通りです。

         貸金事業は、当社子会社であるアジアビジネスファイナンス株式会社(旧商号:株式会社アライド・ビジネ
        ス・ファイナンス。以下、「ABF」といいます。)が担当いたします。同社は東京都において2020年5月29日付で
        貸金業の登録を行っております。
         当初は売掛債権担保融資に特化した貸金事業を行うべくスタートいたしましたが、資金需要者の有する売掛債
        権の傾向が新型コロナウイルス感染症拡大の影響により不安定になったため、従来のノウハウに基づく担保評価
        では資金需要者のニーズに対して満足な結果でお応えすることが難しくなりました。その一方で資金の需要は多
        く、資金需要者のニーズにお応えするため、現時点においては株式や不動産を担保とする融資をメインに取り扱
        うことといたしました。今後につきましても、日本経済の環境の変化に応じ、取扱商品の追加を行ってまいりま
        す。
                                 5/24






                                                          EDINET提出書類
                                                 アジア開発キャピタル株式会社(E04298)
                                                            四半期報告書
       (10)経営者の問題認識と今後の方針について
         当社グループは、第2〔事業の状況〕1〔事業等のリスク〕に記載の通り、継続企業の前提に関する重要な疑
        義を生じさせるような状況が存在しております。ついては、当該状況を解消、または改善するため、以下の対応
        策を講じてまいります。
         ①  優良な投資案件の選定と実行

         当社は、日本およびアジアを中心とする地域における経済的・社会的貢献を標榜し、投資事業を柱とした事業
        創造を行ってまいりました。しかしながら、新型コロナウイルス感染症の影響や香港の経済事情の不安定化を踏
        まえ、当面、海外での事業投資については慎重な対応を行うこととし、国内での事業に注力することで、当社グ
        ループの経常的な利益、キャッシュ・フローの確保に努めることにより、当社グループの収益基盤の安定化、財
        務体質の強化を図ってまいります。
         新たな金融事業として貸金事業を実施し、既存の大手金融機関の与信の対象になりにくい個人や中小事業会社
        に対する資金調達手段を提供することで、当社の当該顧客層に対する審査、与信管理、回収等のノウハウを発揮
        し適切なリスク管理の下で収益性の高い金融事業の拡大を目指します。また、当社のコア事業の投資事業におい
        ても、有価証券投資等に加え、その他収益性の高い事業にも積極的に取り組み、投資事業全体の規模拡大を目指
        します。これら2つを主要事業とし、高収益体質の新たな投資金融事業会社へと脱皮することを目指してまいり
        ます。
         ②  財政状態の改善

         当社は、2020年10月6日、既存金融事業の拡大及び新規金融事業への参入のための資金調達を目的として、香
        港証券取引所上場の投資会社Sun               Hung   Kai  & Co.  Limitedの子会社であるSun             Hung   Kai  Strategic     Capital
        Limited、及び当社の筆頭株主である個人投資家・須田忠雄氏の2者に対し、第三者割当による新株式及び第14
        回新株予約権の発行を実施いたしました。調達金額は、新株式の発行により2,000,000千円、第14回新株予約権
        の行使により1,899,000千円(全て行使された場合)であります。
         今後も引き続き、運転資金を確保した上で、新たな中核事業への投融資、および投資先の事業展開を遂行する
        ため、株式、新株予約権による直接調達、金融機関等からの借入による間接調達等、各種の資金調達の可能性を
        検討し、財政状態の健全化を図ってまいります。
         ③  子会社の収益力の強化

         アジアビジネスファイナンス株式会社(旧社名:株式会社アライド・ビジネス・ファイナンス)は、                                              売掛債権
        担保融資に限定せず、株式担保融資、不動産担保融資まで取扱商品の範囲を拡大し、貸金事業を行ってまいりま
        す。
         アジアインベストメントファンド株式会社(旧社名:クリアスエナジーインベストメント株式会社)は、有価
        証券投資等の投資事業全般に加え、その他収益性の高い分野の商取引にも積極的に取り組んでまいります。
        ④  経費削減

         当社グループは、収益基盤の改善を進めるために、組織体制の見直しを行い、事業活動の効率化を図るととも
        に、人件費等を含む経費の削減に取り組み、事業運営コスト削減を徹底して行い、更なる収益力の強化に努めて
        おります。今後もこの方針を継続していく所存です。
                                 6/24







                                                          EDINET提出書類
                                                 アジア開発キャピタル株式会社(E04298)
                                                            四半期報告書
     3【経営上の重要な契約等】
       当第3四半期連結会計期間において、経営上の重要な契約等の決定又は締結等はありません。
                                 7/24




















                                                          EDINET提出書類
                                                 アジア開発キャピタル株式会社(E04298)
                                                            四半期報告書
    第3【提出会社の状況】
     1【株式等の状況】
      (1)【株式の総数等】
        ①【株式の総数】
                 種類                       発行可能株式総数(株)
       普通株式                                         1,889,000,000

                  計                              1,889,000,000

        ②【発行済株式】

              第3四半期会計期間末
                                       上場金融商品取引所名
                          提出日現在発行数(株)
              現在発行数(株)
        種類                               又は登録認可金融商品               内容
                           (2021年2月15日)
              (2020年12月31日)                         取引業協会名
                                      東京証券取引所
                 1,139,102,123            1,139,102,123
     普通株式                                             単元株式数 100株
                                      市場第二部
                 1,139,102,123            1,139,102,123              -           -
        計
     (注)1.「提出日現在発行数」欄には、2021年2月1日からこの四半期報告書提出日までの新株予約権の行使により
           発行された株式数は含まれておりません。
      (2)【新株予約権等の状況】

        ①【ストックオプション制度の内容】
          該当事項はありません。
                                 8/24












                                                          EDINET提出書類
                                                 アジア開発キャピタル株式会社(E04298)
                                                            四半期報告書
        ②【その他の新株予約権等の状況】
         当第3四半期会計期間において会社法に基づき発行した新株予約権は、次のとおりであります。
      決議年月日 ※                            2020年9月29日
      新株予約権のうち自己新株予約権の数 ※                              ―

      新株予約権の目的となる株式の種類及び数 ※                            普通株式 422,000,000株

      新株予約権の行使時の払込金額 ※                            1個当たり 4,500円

      新株予約権の行使期間 ※                            自 2020年10月6日 至 2023年10月5日

                                 発行価格 1株につき4.5円
                                 資本組入額
                                  本新株予約権の行使により当社普通株式を発行する場
      新株予約権の行使により株式を発行する場合の
                                 合において増加する資本金の額は、会社計算規則第17条
      株式の発行価格および資本組入額(円) ※
                                 第1項の規定に従い算出される資本金等増加限度額の2分
                                 の1の金額(計算の結果1円未満の端数を生じる場合はそ
                                 の端数を切上げた額)とする。
                                 1.本新株予約権の行使によって、当社の発行済株式総数
                                   が当該時点における発行可能株式総数を超過するこ
                                   ととなるときは、当該本新株予約権の行使を行うこ
                                   とはできない。
                                 2.各本新株予約権の一部行使はできない。
      新株予約権の行使の条件 ※
                                 3.取引所における当社普通株式の普通取引の終値が、本
                                   新株予約権の行使を行う日の直前の5取引日(当日付
                                   けで終値のない日数を除く。)連続で行使価額の
                                   300%を超える場合、本新株予約権の行使について
                                   は、当社取締役会の承認を要するものとする。
                                 本新株予約権の譲渡については、当社取締役会の承認を
      新株予約権の譲渡に関する事項 ※
                                 要するものとする。
      組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に関する事項
                                 該当事項はありません。
       ※
      金銭以外の財産を新株予約権の行使の際に出資の目的と
                                 該当事項はありません。
      する場合には、その旨並びに当該財産の内容及び価額
       ※ 新株予約権の発行時(2020年10月6日)における内容を記載しております。
      (3)【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

          該当事項はありません。
      (4)【発行済株式総数、資本金等の推移】

               発行済株式総        発行済株式総
                              資本金増減額        資本金残高       資本準備金増       資本準備金残
        年月日       数増減数        数残高
                               (千円)        (千円)      減額(千円)       高(千円)
                 (千株)       (千株)
     2020年10月1日~
                  666,666      1,139,102       1,000,000        5,325,783       1,000,000        1,756,000
     2020年12月31日(注)
       (注)有償第三者割当増資によるものです。
           発行価格         3円
           資本組入額 1.5円
           割当先 Sun      Hung   Kai  Strategic     Capital    Limited
               須田 忠雄氏
      (5)【大株主の状況】

          当四半期会計期間は第3四半期会計期間であるため、記載事項はありません。
                                 9/24



                                                          EDINET提出書類
                                                 アジア開発キャピタル株式会社(E04298)
                                                            四半期報告書
      (6)【議決権の状況】
         当第3四半期会計期間末日現在の「議決権の状況」については、株主名簿の記載内容が確認できないため、記載
        することができないことから、直前の基準日(2020年9月30日)に基づく株主名簿による記載をしております。
        ①【発行済株式】

                                                 2020年12月31日現在
                           株式数(株)           議決権の数(個)
             区分                                        内容
                                  -       -            -
     無議決権株式
     議決権制限株式(自己株式等)                             -       -            -
     議決権制限株式(その他)                             -       -            -

     完全議決権株式(自己株式等)                           15,900         -            -

                        普通株式
     完全議決権株式(その他)                         472,407,000            4,724,070           -
                        普通株式
                                                1単元(100株)未満
                                12,556         -
     単元未満株式                   普通株式
                                                の株式
                              472,435,456           -            -
     発行済株式総数
                                  -        4,724,070           -
     総株主の議決権
     (注)「完全議決権株式(自己株式等)」欄の普通株式は、すべて当社保有の自己株式であります。
        ②【自己株式等】

                                                  2020年12月31日現在
                                                 発行済株式総数に対
                          自己名義所有        他人名義所有        所有株式数の
      所有者の氏名又は
                                                 する所有株式数の割
                 所有者の住所
                          株式数(株)        株式数(株)        合計(株)
      名称
                                                 合(%)
     (自己保有株式)
                東京都中央区月島1
                             15,900          -      15,900            0.00
     アジア開発キャピタ
                丁目2番13号
     ル株式会社
                    -         15,900          -      15,900            0.00
         計
     2【役員の状況】

       前事業年度の有価証券報告書提出日後、当四半期累計期間における役員の異動は、次のとおりであります。
       (1)   新任役員
                                                所有株式
                                                       就任
                                                 数
      役職名     氏 名       生年月日               略歴           任期
                                                      年月日
                                                (千株)
                         2014年7月 麴町税務署所長
                         2015年8月 松田勉税理士事務所所
                                                      2020年
                                               -
      監査役     松田 勉     1954年10月31日生               長(現任)                  (注)
                                                      11月30日
                         2020年11月 当社監査役就任(現
                               任)
       (注)退任した監査役の補欠として就任したため、任期は前任者の任期満了の時である2024年3月期に係る定時株
       主総会の終結の時までであります。
                                10/24




                                                          EDINET提出書類
                                                 アジア開発キャピタル株式会社(E04298)
                                                            四半期報告書
       (2)   退任役員

            役職名                 氏名                 異動年月日
       監査役               小笠原 耕司                        2020年11月30日

       (3)   役職の異動

          新役職名            旧役職名               氏名            異動年月日
       代表取締役社長            代表取締役副社長            アンセム ウォン シュウセン                  2020年12月24日

       取締役会長            取締役            横井 直道                  2020年11月24日

       取締役            代表取締役社長            網屋 信介                  2020年11月24日

       (4)   異動後の役職の男女別人数及び女性の比率

           男性8名 女性-名  (役員のうち女性の比率-%)
                                11/24















                                                          EDINET提出書類
                                                 アジア開発キャピタル株式会社(E04298)
                                                            四半期報告書
    第4【経理の状況】
     1.四半期連結財務諸表の作成方法について
       当社の四半期連結財務諸表は、「四半期連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(平成19年内閣府
      令第64号)に基づいて作成しております。
     2.監査証明について

       当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第3四半期連結会計期間(2020年10月1日から2020
      年12月31日まで)及び第3四半期連結累計期間(2020年4月1日から2020年12月31日まで)に係る四半期連結財務諸
      表について、アスカ監査法人による四半期レビューを受けております。
                                12/24

















                                                          EDINET提出書類
                                                 アジア開発キャピタル株式会社(E04298)
                                                            四半期報告書
     1【四半期連結財務諸表】
      (1)【四半期連結貸借対照表】
                                                   (単位:千円)
                                 前連結会計年度            当第3四半期連結会計期間
                                (2020年3月31日)              (2020年12月31日)
     資産の部
       流動資産
                                        271,189              101,927
        現金及び預金
                                        86,734              569,022
        受取手形及び売掛金
                                        102,351              220,464
        有価証券
                                        60,408              69,713
        商品
                                        902,043             1,700,132
        営業貸付金
                                        112,762              243,306
        その他
                                        △ 3,240             △ 3,268
        貸倒引当金
                                       1,532,249              2,901,298
        流動資産合計
       固定資産
        有形固定資産
          建物及び構築物(純額)                               57,863              46,448
          工具、器具及び備品(純額)                               7,238              4,694
                                        25,663              26,402
          機械装置及び運搬具(純額)
                                        90,765              77,546
          有形固定資産合計
        無形固定資産
                                         7,233              1,808
          のれん
                                        12,351               6,226
          ソフトウエア
                                        19,584               8,034
          無形固定資産合計
        投資その他の資産
                                         9,493              10,712
          投資有価証券
                                        320,343              358,094
          関係会社株式
                                        137,862               43,260
          破産更生債権等
                                        36,554              52,400
          差入保証金
                                        13,469               8,969
          その他
                                       △ 137,862              △ 51,890
          貸倒引当金
                                        379,861              421,545
          投資その他の資産合計
                                        490,210              507,126
        固定資産合計
                                       2,022,460              3,408,425
       資産合計
                                13/24









                                                          EDINET提出書類
                                                 アジア開発キャピタル株式会社(E04298)
                                                            四半期報告書
                                                   (単位:千円)

                                 前連結会計年度            当第3四半期連結会計期間
                                (2020年3月31日)              (2020年12月31日)
     負債の部
       流動負債
                                        10,233               5,602
        支払手形及び買掛金
                                        394,263                 -
        短期借入金
                                        23,000              55,397
        未払金
                                         2,563              5,383
        未払法人税等
                                         4,335              3,777
        資産除去債務
                                        26,745              97,077
        その他
                                        461,142              167,237
        流動負債合計
       固定負債
                                        12,766              14,007
        退職給付に係る負債
                                         9,069              8,600
        長期未払金
                                        21,836              22,607
        固定負債合計
                                        482,978              189,845
       負債合計
     純資産の部
       株主資本
                                       4,325,783              5,325,783
        資本金
                                        751,905             1,751,905
        資本剰余金
                                      △ 3,511,115             △ 3,837,512
        利益剰余金
                                        △ 5,954             △ 5,954
        自己株式
                                       1,560,619              3,234,222
        株主資本合計
       その他の包括利益累計額
                                       △ 21,137             △ 15,643
        為替換算調整勘定
                                       △ 21,137             △ 15,643
        その他の包括利益累計額合計
                                       1,539,481              3,218,579
       純資産合計
                                       2,022,460              3,408,425
     負債純資産合計
                                14/24











                                                          EDINET提出書類
                                                 アジア開発キャピタル株式会社(E04298)
                                                            四半期報告書
      (2)【四半期連結損益計算書及び四半期連結包括利益計算書】
        【四半期連結損益計算書】
         【第3四半期連結累計期間】
                                                   (単位:千円)
                              前第3四半期連結累計期間              当第3四半期連結累計期間
                                (自 2019年4月1日              (自 2020年4月1日
                                至 2019年12月31日)               至 2020年12月31日)
                                        828,402              463,695
     売上高
                                        607,603              319,018
     売上原価
                                        220,799              144,676
     売上総利益
                                        593,988              465,061
     販売費及び一般管理費
     営業損失(△)                                 △ 373,189             △ 320,384
     営業外収益
                                          704             1,211
       受取利息及び配当金
                                        11,177                -
       為替差益
                                          -            37,384
       持分法による投資利益
                                         4,121              8,334
       その他
                                        16,003              46,929
       営業外収益合計
     営業外費用
                                        18,590              16,447
       支払利息
                                          -            14,676
       為替差損
                                        115,677                 -
       持分法による投資損失
                                          -             8,630
       貸倒引当金繰入額
                                          333              378
       その他
                                        134,602               40,132
       営業外費用合計
     経常損失(△)                                 △ 491,788             △ 313,587
     特別利益
                                          114               73
       固定資産売却益
                                        89,700                -
       新株予約権戻入益
                                        89,814                73
       特別利益合計
     特別損失
                                          -             8,355
       投資有価証券評価損
                                        109,937                 -
       投資有価証券売却損
                                          514               -
       固定資産除却損
                                          -             1,700
       固定資産売却損
                                        10,351                -
       減損損失
                                        271,703                 -
       事業撤退損
                                        392,506               10,055
       特別損失合計
     税金等調整前四半期純損失(△)                                 △ 794,481             △ 323,568
                                         1,954              2,827
     法人税、住民税及び事業税
                                         1,954              2,827
     法人税等合計
     四半期純損失(△)                                 △ 796,435             △ 326,396
     親会社株主に帰属する四半期純損失(△)                                 △ 796,435             △ 326,396
                                15/24







                                                          EDINET提出書類
                                                 アジア開発キャピタル株式会社(E04298)
                                                            四半期報告書
        【四半期連結包括利益計算書】
         【第3四半期連結累計期間】
                                                   (単位:千円)
                              前第3四半期連結累計期間              当第3四半期連結累計期間
                                (自 2019年4月1日              (自 2020年4月1日
                                至 2019年12月31日)               至 2020年12月31日)
     四半期純損失(△)                                 △ 796,435             △ 326,396
     その他の包括利益
                                        80,717                -
       その他有価証券評価差額金
                                       △ 38,592               5,494
       為替換算調整勘定
                                        42,124               5,494
       その他の包括利益合計
                                       △ 754,310             △ 320,901
     四半期包括利益
     (内訳)
                                       △ 754,310             △ 320,901
       親会社株主に係る四半期包括利益
                                16/24
















                                                          EDINET提出書類
                                                 アジア開発キャピタル株式会社(E04298)
                                                            四半期報告書
      【注記事項】
        (継続企業の前提に関する事項)
        当社グループは、前連結会計年度まで14期連続して経常損失を計上しており、また、当第3四半期連結累計期間
       においても     320,384    千円の営業損失を計上しております。このため、継続企業の前提に関する重要な疑義を生じさ
       せるような状況が存在しております。
        当社グループは、当該重要事象等を解消し、または改善するため、以下の対応策を講じてまいります。
        ①  優良な投資案件の選定と実行

         当社は、日本およびアジアを中心とする地域における経済的・社会的貢献を標榜し、投資事業を柱とした事業
        創造を行ってまいりました。しかしながら、新型コロナウイルス感染症の影響や香港の経済事情の不安定化を踏
        まえ、当面、海外での事業投資については慎重な対応を行うこととし、国内での事業に注力することで、当社グ
        ループの経常的な利益、キャッシュ・フローの確保に努めることにより、当社グループの収益基盤の安定化、財
        務体質の強化を図ってまいります。
         新たな金融事業として貸金事業を実施し、既存の大手金融機関の与信の対象になりにくい個人や中小事業会社
        に対する資金調達手段を提供することで、当社の当該顧客層に対する審査、与信管理、回収等のノウハウを発揮
        し適切なリスク管理の下で収益性の高い金融事業の拡大を目指します。また、当社のコア事業の投資事業におい
        ても、有価証券投資等に加え、その他収益性の高い事業にも積極的に取り組み、投資事業全体の規模拡大を目指
        します。これら2つを主要事業とし、高収益体質の新たな投資金融事業会社へと脱皮することを目指してまいり
        ます。
        ②  財政状態の改善

         当社は、2020年10月6日、既存金融事業の拡大及び新規金融事業への参入のための資金調達を目的として、香
        港証券取引所上場の投資会社Sun               Hung   Kai  & Co.  Limitedの子会社であるSun             Hung   Kai  Strategic     Capital
        Limited、及び当社の筆頭株主である個人投資家・須田忠雄氏の2者に対し、第三者割当による新株式及び第14
        回新株予約権の発行を実施いたしました。調達金額は、新株式の発行により2,000,000千円、第14回新株予約権
        の行使により1,899,000千円(全て行使された場合)であります。
         今後も引き続き、運転資金を確保した上で、新たな中核事業への投融資、および投資先の事業展開を遂行する
        ため、株式、新株予約権による直接調達、金融機関等からの借入による間接調達等、各種の資金調達の可能性を
        検討し、財政状態の健全化を図ってまいります。
        ③  子会社の収益力の強化

         アジアビジネスファイナンス株式会社(旧社名:株式会社アライド・ビジネス・ファイナンス)は、売掛債権
        担保融資に限定せず、株式担保融資、不動産担保融資まで取扱商品の範囲を拡大し、貸金事業を行ってまいりま
        す。
         アジアインベストメントファンド株式会社(旧社名:クリアスエナジーインベストメント株式会社)は、有価
        証券投資等の投資事業全般に加え、その他収益性の高い分野の商取引にも積極的に取り組んでまいります。
        ④  経費削減

         当社グループは、収益基盤の改善を進めるために、組織体制の見直しを行い、事業活動の効率化を図るととも
        に、人件費等を含む経費の削減に取り組み、事業運営コスト削減を徹底して行い、更なる収益力の強化に努めて
        おります。今後もこの方針を継続していく所存です。
        しかしながら、上記の子会社運営と事業投資が当社の意図する通りの成果をもたらすかどうかは不明確であるた

       め、現時点では継続企業の前提に関する重要な不確実性が認められます。
        なお、四半期連結財務諸表は継続企業を前提として作成しており、継続企業の前提に関する重要な不確実性の影
       響を四半期連結財務諸表に反映しておりません。
                                17/24





                                                          EDINET提出書類
                                                 アジア開発キャピタル株式会社(E04298)
                                                            四半期報告書
        (連結の範囲又は持分法適用の範囲の変更)
        該当事項はありません。
        (四半期連結財務諸表の作成にあたり適用した特有の会計処理)

        該当事項はありません。
        (追加情報)

        (新型コロナウイルス感染症の感染拡大の影響に関する会計上の見積り)
         前連結会計年度の有価証券報告書の(追加情報)(新型コロナウイルス感染症の感染拡大の影響に関する会計上
        の見積り)に記載した新型コロナウイルス感染症拡大の影響に関する仮定について重要な変更はありません。
                                18/24

















                                                          EDINET提出書類
                                                 アジア開発キャピタル株式会社(E04298)
                                                            四半期報告書
        (四半期連結貸借対照表関係)
        該当事項はありません。
        (四半期連結キャッシュ・フロー計算書関係)

        当第3四半期連結累計期間に係る四半期連結キャッシュ・フロー計算書は作成しておりません。なお、第3四半
       期連結累計期間に係る減価償却費(のれんを除く無形固定資産に係る償却費を含む。)およびのれんの償却額は、
       次のとおりであります。
                            前第3四半期連結累計期間                当第3四半期連結累計期間
                            (自 2019年4月1日                (自 2020年4月1日
                             至 2019年12月31日)                至 2020年12月31日)
         減価償却費                       48,933千円                21,579千円
         のれんの償却額                       7,004千円                4,963千円
        (株主資本等関係)

         Ⅰ   前第3四半期連結累計期間(自 2019年4月1日 至 2019年12月31日)
          1.配当に関する事項
            該当事項はありません。
          2.株主資本の金額の著しい変動

            該当事項はありません          。
         Ⅱ   当第3四半期連結累計期間(自 2020年4月1日 至 2020年12月31日)

          1.配当に関する事項
            該当事項はありません。
          2.株主資本の金額の著しい変動

            当社は、2020年10月6日付で、               Sun  Hung   Kai  Strategic     Capital    Limited及び須田        忠雄氏から     第三者割
           当増資の払込みを受けました。この結果、当第3四半期連結累計期間において資本金が1,000,000千円、資
           本準備金が1,000,000千円増加し、当第3四半期連結会計期間末において資本金が5,325,783千円、資本準備
           金が1,756,000千円となっております。
        (セグメント情報等)

         【セグメント情報】
        当社グループは、投資事業の単一セグメントであるため、記載を省略しております。
                                19/24









                                                          EDINET提出書類
                                                 アジア開発キャピタル株式会社(E04298)
                                                            四半期報告書
        (1株当たり情報)
     1株当たり四半期純損失及び算定上の基礎は、以下のとおりであります。
                              前第3四半期連結累計期間                当第3四半期連結累計期間
                              (自    2019年4月1日             (自    2020年4月1日
                               至   2019年12月31日)              至   2020年12月31日)
     (1)1株当たり四半期純損失(△)                                △1円69銭                △0円48銭
      (算定上の基礎)
       親会社株主に帰属する四半期純損失(△)
                                     △796,435                △326,396
       (千円)
       普通株主に帰属しない金額(千円)                                  -                -
       普通株式に係る親会社株主に帰属する四半
                                     △796,435                △326,396
       期純損失(△)(千円)
       普通株式の期中平均株式数(千株)                               472,419                683,328
      (注) 潜在株式調整後1株当たり四半期純利益については、潜在株式は存在するものの1株当たり四半期純損失で
          あるため記載しておりません。
                                20/24















                                                          EDINET提出書類
                                                 アジア開発キャピタル株式会社(E04298)
                                                            四半期報告書
        (重要な後発事象)
         1.包括的業務提携に関する基本合意
           当社は2021年2月15日開催の取締役会において、ワンアジア証券株式会社(以下、「OAS社」といいます。)
          と 包括的業務提携(以下、「本業務提携」といいます。)                          を行う基本合意書を締結することについて決議致し
          ました。
          (1)   本業務提携     の理由

           当社筆頭株主の親会社である新鴻基有限公司                      SUN  HUNG   KAI  & CO.  LIMITED(SEHK:0086)(以下、「SHK
          社」といいます。)およびOAS社筆頭株主の親会社である金山能源集團有限公司                                      KING   STONE   ENERGY    GROUP
          LIMITED(SEHK:0663)(以下、「KS社」といいます。)は、いずれも香港証券取引所のメインボードの上場
          企業であります。KS社は、銀鉱石の採掘、天然ガス・石油開発といった資源事業に加え、金融事業として資産
          ファイナンス業務、ファクタリング事業を行っております。
           また、OAS社は、2001年2月設立以来、証券仲介業を中心に業務を行ってきました。株式相場の売買委託手
          数料が減少している上、手数料自由化に伴う引き下げ競争も激化し、大幅減収に追い込まれる中小証券企業の
          淘汰が本格化しております。OAS社はM&A仲介事業等の新規事業への進出を試みましたが、結果を出すことがで
          きず、収益改善の兆しが見えなかったことから、2020年6月に経営陣を刷新し、コロナ禍の中で経営改革を断
          行し、管理体制及び全組織の再構築を徹底的に進行させております。
           SHK社とKS社並びにKS社の筆頭株主(49.04%)である北京大学青鳥グループ                                     BEIJING    BEIDA   JADE   BIRD
          GROUP(以下、「BJB社」といいます。)は長年中国・香港で協業関係があり、以前から日本の金融資本市場に
          興味を持っておりました。そうした中、当社はSHK社からKS社及びBJB社、OAS社の紹介を受け、当社を含めた5
          社間による資本業務提携の打診・相談が2020年の夏より始まりました。当社はグループ子会社を通して、投資
          業  アジアインベストメントファンド株式会社(ASIA                       INVESTMENT      FUND   CO.  LTD.)及び貸金業         アジアビジネ
          スファイナンス株式会社(ASIA               BUSINESS     FINANCE    CO.  LTD.)を既存業務として行っております。この度OAS
          社との本業務提携により、証券業へ事業範囲を広げる事が可能となり、当社グループのコア事業である投資業
          に、より厚みを持たせる事を想定しております。また、当社の筆頭株主の親会社であるSHK社グループおよび
          系列証券会社であるEVERBRIGHT               SUN  HUNG   KAI  LIMITEDとのシナジー効果を活かすことで、当社の経営課題の
          解決や総合的に事業基盤の拡大や事業成長等に寄与することが可能と考えられることから、このたび本業務提
          携の基本合意書の締結を行い、諸準備を双方で協力・実施することといたします。このことが両社において一
          日でも早く利益を創出し、社会的信用の向上に繋がるものと判断いたしております。
          (2)   業務提携の基本合意先の概要

            名称               ワンアジア証券株式会社
            所在地               東京都千代田区丸の内三丁目3番1号

            代表者の役職・氏名               代表取締役 鬼木 康男

                           金融商品取引業(証券業)
            事業内容
            資本金               970百万円

          (3)   基本合意締結日 2021年2月15日

         2.資金の借入

           当社は2021年2月9日に以下のとおり借入を実行致しました。
          ① 資金使途   運転資金
          ② 借入先    FIRST            ASIAN   HOLDINGS     LIMITED
          ③ 借入金額   8,100千香港ドル
          ④ 利率     12%
          ⑤ 借入実行日  2021年2月9日
     2【その他】

      (1)決算日後の状況
         該当事項はありません。
      (2)訴訟
         該当事項はありません。
                                21/24


                                                          EDINET提出書類
                                                 アジア開発キャピタル株式会社(E04298)
                                                            四半期報告書
    第二部【提出会社の保証会社等の情報】
           該当事項はありません。
                                22/24




















                                                          EDINET提出書類
                                                 アジア開発キャピタル株式会社(E04298)
                                                            四半期報告書
                       独立監査人の四半期レビュー報告書
                                                     2021年2月15日

    アジア開発キャピタル株式会社

      取締役会 御中
                             アスカ監査法人

                              東京事務所
                              指定社員

                                      公認会計士
                                             佐藤  浩司         印
                              業務執行社員
                              指定社員

                                      公認会計士
                                             今井  修二         印
                              業務執行社員
    監査人の結論

     当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、「経理の状況」に掲げられているアジア開発キャ
    ピタル株式会社の2020年4月1日から2021年3月31日までの連結会計年度の第3四半期連結会計期間(2020年10月1日か
    ら2020年12月31日まで)及び第3四半期連結累計期間(2020年4月1日から2020年12月31日まで)に係る四半期連結財務
    諸表、すなわち、四半期連結貸借対照表、四半期連結損益計算書、四半期連結包括利益計算書及び注記について四半期レ
    ビューを行った。
     当監査法人が実施した四半期レビューにおいて、上記の四半期連結財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認め
    られる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して、アジア開発キャピタル株式会社及び連結子会社の2020年12月31日現在
    の財政状態並びに同日をもって終了する第3四半期連結累計期間の経営成績を適正に表示していないと信じさせる事項が
    全ての重要な点において認められなかった。
    監査人の結論の根拠

     当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に準拠して四半期レビューを行っ
    た。四半期レビューの基準における当監査法人の責任は、「四半期連結財務諸表の四半期レビューにおける監査人の責
    任」に記載されている。当監査法人は、我が国における職業倫理に関する規定に従って、会社及び連結子会社から独立し
    ており、また、監査人としてのその他の倫理上の責任を果たしている。当監査法人は、結論の表明の基礎となる証拠を入
    手したと判断している。
    継続企業の前提に関する重要な不確実性

     継続企業の前提に関する注記に記載されているとおり、会社は、前連結会計年度まで14期連続して経常損失を計上し、
    当第3四半期連結累計期間においても320,384千円の営業損失を計上していることから、継続企業の前提に重要な疑義を
    生じさせるような事象又は状況が存在しており、現時点では継続企業の前提に関する重要な不確実性が認められる。な
    お、当該事象又は状況に対する対応策及び重要な不確実性が認められる理由については当該注記に記載されている。四半
    期連結財務諸表は継続企業を前提として作成されており、このような重要な不確実性の影響は四半期連結財務諸表に反映
    されていない。
     当該事項は、当監査法人の結論に影響を及ぼすものではない。
    強調事項

    1.重要な後発事象に記載されているとおり、会社は、2021年2月15日開催の取締役会において、ワンアジア証券株式会
      社と包括的業務提携を行う基本合意書を締結することについて決議した。
    2.重要な後発事象に記載されているとおり、会社は、2021年2月9日に資金の借入を実行した。
     当該事項は、当監査法人の結論に影響を及ぼすものではない。
    四半期連結財務諸表に対する経営者並びに監査役及び監査役会の責任

     経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して四半期連結財
    務諸表を作成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない四半期連結財務諸表を
    作成し適正に表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     四半期連結財務諸表を作成するに当たり、経営者は、継続企業の前提に基づき四半期連結財務諸表を作成することが適
    切であるかどうかを評価し、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に基づいて継続
    企業に関する事項を開示する必要がある場合には当該事項を開示する責任がある。
     監査役及び監査役会の責任は、財務報告プロセスの整備及び運用における取締役の職務の執行を監視することにある。
                                23/24





                                                          EDINET提出書類
                                                 アジア開発キャピタル株式会社(E04298)
                                                            四半期報告書
    四半期連結財務諸表の四半期レビューにおける監査人の責任
     監査人の責任は、監査人が実施した四半期レビューに基づいて、四半期レビュー報告書において独立の立場から四半期
    連結財務諸表に対する結論を表明することにある。
     監査人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に従って、四半期レビューの過程を通じ
    て、職業的専門家としての判断を行い、職業的懐疑心を保持して以下を実施する。
    ・ 主として経営者、財務及び会計に関する事項に責任を有する者等に対する質問、分析的手続その他の四半期レビュー
     手続を実施する。四半期レビュー手続は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に準拠して実施され
     る年度の財務諸表の監査に比べて限定された手続である。
    ・ 継続企業の前提に関する事項について、重要な疑義を生じさせるような事象又は状況に関して重要な不確実性が認め
     られると判断した場合には、入手した証拠に基づき、四半期連結財務諸表において、我が国において一般に公正妥当と
     認められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して、適正に表示されていないと信じさせる事項が認められないかど
     うか結論付ける。また、継続企業の前提に関する重要な不確実性が認められる場合は、四半期レビュー報告書において
     四半期連結財務諸表の注記事項に注意を喚起すること、又は重要な不確実性に関する四半期連結財務諸表の注記事項が
     適切でない場合は、四半期連結財務諸表に対して限定付結論又は否定的結論を表明することが求められている。監査人
     の結論は、四半期レビュー報告書日までに入手した証拠に基づいているが、将来の事象や状況により、企業は継続企業
     として存続できなくなる可能性がある。
    ・ 四半期連結財務諸表の表示及び注記事項が、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作成
     基準に準拠していないと信じさせる事項が認められないかどうかとともに、関連する注記事項を含めた四半期連結財務
     諸表の表示、構成及び内容、並びに四半期連結財務諸表が基礎となる取引や会計事象を適正に表示していないと信じさ
     せる事項が認められないかどうかを評価する。
    ・ 四半期連結財務諸表に対する結論を表明するために、会社及び連結子会社の財務情報に関する証拠を入手する。監査
     人は、四半期連結財務諸表の四半期レビューに関する指示、監督及び実施に関して責任がある。監査人は、単独で監査
     人の結論に対して責任を負う。
     監査人は、監査役及び監査役会に対して、計画した四半期レビューの範囲とその実施時期、四半期レビュー上の重要な
    発見事項について報告を行う。
     監査人は、監査役及び監査役会に対して、独立性についての我が国における職業倫理に関する規定を遵守したこと、並
    びに監査人の独立性に影響を与えると合理的に考えられる事項、及び阻害要因を除去又は軽減するためにセーフガードを
    講じている場合はその内容について報告を行う。
    利害関係

     会社及び連結子会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はな
    い。
                                                         以 上

     (注)1.上記は四半期レビュー報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(四半期報

           告書提出会社)が別途保管しております。
         2.XBRLデータは四半期レビューの対象には含まれていません。
                                24/24











PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

書類提出日で検索

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2020年12月21日

新規上場の通知機能を追加しました。Myページにて通知の設定が行えます。

2020年9月22日

企業・投資家の個別ページに掲載情報を追加しました。また、併せて細かい改修を行いました。

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。

スポンサーリンク