フィデリティ・USハイ・イールド・ファンド(資産成長型) 半期報告書(内国投資信託受益証券) 第8期(令和2年5月23日-令和3年5月24日)

提出書類 半期報告書(内国投資信託受益証券)-第8期(令和2年5月23日-令和3年5月24日)
提出日
提出者 フィデリティ・USハイ・イールド・ファンド(資産成長型)
カテゴリ 半期報告書(内国投資信託受益証券)

                                                          EDINET提出書類
                                                   フィデリティ投信株式会社(E12481)
                                                  半期報告書(内国投資信託受益証券)
    【表紙】
      【提出書類】                半期報告書

      【提出先】                関東財務局長殿

      【提出日】                2021年2月18日        提出

                      第8期中(自 2020年5月23日 至 2020年11月22日)

      【計算期間】
                      フィデリティ・USハイ・イールド・ファンド(資産成長型)

      【ファンド名】
      【発行者名】                フィデリティ投信株式会社

      【代表者の役職氏名】                代表取締役社長  デレック・ヤング

      【本店の所在の場所】                東京都港区六本木七丁目7番7号

      【事務連絡者氏名】                照沼 加奈子

      【連絡場所】                東京都港区六本木七丁目7番7号

                      03-4560-6000

      【電話番号】
      【縦覧に供する場所】                該当事項はありません。

                                 1/45












                                                          EDINET提出書類
                                                   フィデリティ投信株式会社(E12481)
                                                  半期報告書(内国投資信託受益証券)
      1【ファンドの運用状況】
       (1)【投資状況】

                                              (2020年12月30日現在)
                                       時価合計            投資比率

            資産の種類                国・地域
                                        (円)            (%)
                                      38,538,608,784                 100.16

     親投資信託受益証券                        日本
     預金・その他の資産(負債控除後)                         -          △62,852,414                △0.16

          合計(純資産総額)                             38,475,756,370                 100.00

    (注)投資比率とは、ファンドの純資産総額に対する当該資産の時価の比率をいいます。
    (参考)マザーファンドの投資状況

    フィデリティ・USハイ・イールド・マザーファンド
                                              (2020年12月30日現在)
                                       時価合計            投資比率

            資産の種類                国・地域
                                        (円)            (%)
                                      21,294,430,989                  3.77
                            アメリカ
     株式
                                         46,576,615                0.01
                           バミューダ
                                         5,308,641               0.00
                          ルクセンブルグ
                                      21,346,316,245                  3.78
                             小計
                                        181,853,991                0.03
                            アメリカ
     新株予約権証券
                                        181,853,991                0.03
                             小計
                                      404,298,075,873                  71.55
                            アメリカ
     社債券
                                      19,942,834,725                  3.53
                             カナダ
                                      16,041,872,667                  2.84
                            オランダ
                                      12,185,207,331                  2.16
                          ルクセンブルグ
                                       8,734,078,174                 1.55
                           ケイマン諸島
                                       6,470,920,524                 1.15
                            フランス
                                       5,353,064,691                 0.95
                          マーシャル諸島
                                       4,395,543,498                 0.78
                           バミューダ
                                       3,883,648,613                 0.69
                            イギリス
                                       3,584,105,112                 0.63
                           アイルランド
                                       3,155,589,506                 0.56
                             パナマ
                                       2,201,240,588                 0.39
                          オーストラリア
                                       1,672,422,216                 0.30
                            リベリア
                                       1,358,235,675                 0.24
                           オーストリア
                          イギリス領バー
                                       1,166,144,850                 0.21
                            ジン諸島
                                        547,012,663                0.10
                           イスラエル
                                        358,188,919                0.06
                           ポーランド
                                 2/45


                                                          EDINET提出書類
                                                   フィデリティ投信株式会社(E12481)
                                                  半期報告書(内国投資信託受益証券)
                                      495,348,185,625                  87.66
                             小計
     預金・その他の資産(負債控除後)                         -         48,203,399,461                  8.53
          合計(純資産総額)                            565,079,755,322                 100.00

    (注)投資比率とは、マザーファンドの純資産総額に対する当該資産の時価の比率をいいます。
    その他資産の投資状況

                                              (2020年12月30日現在)
                                     時価合計             投資比率

         資産の種類               国・地域
                                      (円)
                                                   (%)
     為替予約取引(売建)                                 215,291,221                 △0.04
                         日本
                                    23,462,691,306                    4.15
     貸付債権                   アメリカ
    (注1)為替予約取引の時価については、原則として対顧客先物売買相場の仲値で評価しています。
    (注2)貸付債権の時価については、価格情報会社の提供する価額等で評価しております。
                                 3/45















                                                          EDINET提出書類
                                                   フィデリティ投信株式会社(E12481)
                                                  半期報告書(内国投資信託受益証券)
       (2)【運用実績】
        ①【純資産の推移】
          2020年12月末日および同日前1年以内における各月末ならびに下記計算期間末の純資産の推
         移は次のとおりです。
                    純資産総額       純資産総額        1口当たり純資産額             1口当たり純資産額

                     (百万円)       (百万円)           (円)             (円)
     期      年月日
                     (分配落)       (分配付)          (分配落)             (分配付)
         (2014年5月22日)              10,575       10,575             1.0242             1.0242

     1期
         (2015年5月22日)              17,285       17,285             1.2541             1.2541

     2期
         (2016年5月23日)              17,646       17,646             1.1027             1.1027

     3期
         (2017年5月22日)              23,781       23,781             1.2686             1.2686

     4期
         (2018年5月22日)              27,318       27,318             1.3025             1.3025

     5期
         (2019年5月22日)              27,829       27,829             1.3591             1.3591

     6期
         (2020年5月22日)              32,049       32,049             1.2608             1.2608

     7期
                       33,705          -          1.4124               -

         2019年12月末日
                       33,588          -          1.4009               -

         2020年1月末日
                       33,211          -          1.3856               -

         2020年2月末日
                       28,430          -          1.1862               -

         2020年3月末日
                       30,399          -          1.2196               -

         2020年4月末日
                       32,933          -          1.2840               -

         2020年5月末日
                       35,221          -          1.2962               -

         2020年6月末日
                       36,223          -          1.3139               -

         2020年7月末日
                       36,800          -          1.3384               -

         2020年8月末日
                       36,628          -          1.3263               -

         2020年9月末日
                       36,082          -          1.3155               -

         2020年10月末日
                       37,164          -          1.3571               -

         2020年11月末日
                       38,475          -          1.3767               -

         2020年12月末日
                                 4/45






                                                          EDINET提出書類
                                                   フィデリティ投信株式会社(E12481)
                                                  半期報告書(内国投資信託受益証券)
        ②【分配の推移】
                                       1口当たりの分配金(円)
                  期
                                                       0.0000
     第1期
                                                       0.0000
     第2期
                                                       0.0000
     第3期
                                                       0.0000
     第4期
                                                       0.0000
     第5期
                                                       0.0000
     第6期
                                                       0.0000
     第7期
        ③【収益率の推移】

                                           収益率(%)
                  期
                                                         2.4
     第1期
                                                        22.4
     第2期
                                                       △12.1
     第3期
                                                        15.0
     第4期
                                                         2.7
     第5期
                                                         4.3
     第6期
                                                        △7.2
     第7期
     第8期中
                                                         6.9
     自 2020年5月23日 至 2020年11月22日
    (注)収益率とは、計算期間末の基準価額(分配付)から前計算期間末の基準価額(分配落)を控除し
    た額を直前の計算期間末の基準価額(分配落)で除して得た数に100を乗じて得た数字です。なお、小
    数点以下2桁目を四捨五入し、小数点以下1桁目まで表示しております。
                                 5/45










                                                          EDINET提出書類
                                                   フィデリティ投信株式会社(E12481)
                                                  半期報告書(内国投資信託受益証券)
      2【設定及び解約の実績】
          下記計算期間中の設定および解約の実績ならびに当該計算期間末の発行済数量は次のとおり
         です。
                             設定数量           解約数量           発行済数量

               期
                              (口)           (口)           (口)
                            10,783,471,642             457,647,020          10,325,824,622

     第1期
                            9,905,404,648           6,448,455,755           13,782,773,515
     第2期
                            6,674,367,820           4,454,267,550           16,002,873,785
     第3期
                            11,104,988,368            8,361,710,038           18,746,152,115
     第4期
                            10,965,516,263            8,736,880,361           20,974,788,017
     第5期
                            5,884,571,347           6,383,022,689           20,476,336,675
     第6期
                            9,849,246,545           4,906,063,856           25,419,519,364
     第7期
     第8期中
                            5,274,806,362           3,287,899,216           27,406,426,510
     自 2020年5月23日
     至 2020年11月22日
    (注)本邦外における設定及び解約はありません。
                                 6/45













                                                          EDINET提出書類
                                                   フィデリティ投信株式会社(E12481)
                                                  半期報告書(内国投資信託受益証券)
      3【ファンドの経理状況】
     ファンドの中間財務諸表は、「中間財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和52年
    大蔵省令第38号)ならびに同規則第38条の3、第57条の2の規定により、「投資信託財産の計算に関す
    る規則」(平成12年総理府令第133号)に基づいて作成しております。
     なお、中間財務諸表に記載している金額は、円単位で表示しております。
     ファンドは、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第8期中間計算期間(2020年5月

    23日から2020年11月22日まで)の中間財務諸表について、有限責任監査法人トーマツにより中間監査を
    受けております。
                                 7/45

















                                                          EDINET提出書類
                                                   フィデリティ投信株式会社(E12481)
                                                  半期報告書(内国投資信託受益証券)
       【フィデリティ・USハイ・イールド・ファンド(資産成長型)】
       (1)【中間貸借対照表】
                                                    (単位:円)
                                 第7期計算期間             第8期中間計算期間
                                2020年5月22日現在              2020年11月22日現在
     資産の部
       流動資産
        金銭信託                              10,165,477              133,661,863
        親投資信託受益証券                            32,046,832,712              36,921,264,146
                                      266,503,531              334,246,135
        未収入金
        流動資産合計                            32,323,501,720              37,389,172,144
       資産合計                             32,323,501,720              37,389,172,144
     負債の部
       流動負債
        未払解約金                              10,165,477              153,964,440
        未払受託者報酬                               3,490,562              3,998,103
        未払委託者報酬                              258,305,190              295,862,809
                                       1,960,326              3,135,811
        その他未払費用
        流動負債合計                              273,921,555              456,961,163
       負債合計                               273,921,555              456,961,163
     純資産の部
       元本等
        元本                            25,419,519,364              27,406,426,510
        剰余金
          中間剰余金又は中間欠損金(△)                           6,630,060,801              9,525,784,471
          (分配準備積立金)                           4,260,694,122              3,776,830,797
                                    32,049,580,165              36,932,210,981
        元本等合計
       純資産合計                             32,049,580,165              36,932,210,981
     負債純資産合計                               32,323,501,720              37,389,172,144
                                 8/45











                                                          EDINET提出書類
                                                   フィデリティ投信株式会社(E12481)
                                                  半期報告書(内国投資信託受益証券)
       (2)【中間損益及び剰余金計算書】
                                                    (単位:円)
                                第7期中間計算期間              第8期中間計算期間
                                自 2019年5月23日              自 2020年5月23日
                                至 2019年11月22日              至 2020年11月22日
     営業収益
                                      443,069,083             2,603,168,265
       有価証券売買等損益
       営業収益合計                               443,069,083             2,603,168,265
     営業費用
       受託者報酬                                3,241,326              3,998,103
       委託者報酬                               239,861,275              295,862,809
                                       2,941,683              3,157,860
       その他費用
       営業費用合計                               246,044,284              303,018,772
     営業利益又は営業損失(△)                                197,024,799             2,300,149,493
     経常利益又は経常損失(△)                                197,024,799             2,300,149,493
     中間純利益又は中間純損失(△)                                197,024,799             2,300,149,493
     一部解約に伴う中間純利益金額の分配額又は一部解
                                      △ 4,925,967             208,802,237
     約に伴う中間純損失金額の分配額(△)
     期首剰余金又は期首欠損金(△)                               7,352,790,731              6,630,060,801
     剰余金増加額又は欠損金減少額                               1,718,347,195              1,682,774,572
       中間追加信託に伴う剰余金増加額又は欠損金減少
                                     1,718,347,195              1,682,774,572
       額
     剰余金減少額又は欠損金増加額                                775,593,965              878,398,158
       中間一部解約に伴う剰余金減少額又は欠損金増加
                                      775,593,965              878,398,158
       額
                                          -              -
     分配金
     中間剰余金又は中間欠損金(△)                               8,497,494,727              9,525,784,471
                                 9/45












                                                          EDINET提出書類
                                                   フィデリティ投信株式会社(E12481)
                                                  半期報告書(内国投資信託受益証券)
       (3)【中間注記表】
    (重要な会計方針に係る事項に関する注記)
     有価証券の評価基準及び評価方法                    親投資信託受益証券
                          移動平均法に基づき、時価で評価しております。時価評価に
                         あたっては、親投資信託受益証券の基準価額に基づいて評価し
                         ております。
    (中間貸借対照表に関する注記)

                                  第7期計算期間             第8期中間計算期間
                項 目
                                 2020年5月22日現在              2020年11月22日現在
     1.元本の推移
                                  20,476,336,675         円     25,419,519,364         円
       期首元本額
                                   9,849,246,545        円      5,274,806,362        円
       期中追加設定元本額
                                   4,906,063,856        円      3,287,899,216        円
       期中一部解約元本額
                                  25,419,519,364         口     27,406,426,510         口
     2.受益権の総数
                                       1.2608    円          1.3476    円
     3.1口当たり純資産額
    (中間損益及び剰余金計算書に関する注記)

             第7期中間計算期間                            第8期中間計算期間
             自 2019年5月23日                            自 2020年5月23日
             至 2019年11月22日                            至 2020年11月22日
     信託財産の運用の指図に係る権限の全部又は一部                            信託財産の運用の指図に係る権限の全部又は一部
     を委託するために要する費用として、委託者報酬                            を委託するために要する費用として、委託者報酬
     の中から支弁している額                            の中から支弁している額
      純資産総額に対して年率0.35%以内の額                            純資産総額に対して年率0.33%以内の額
    (金融商品に関する注記)

    金融商品の時価等に関する事項
     1.中間貸借対照表計上額、時                    中間貸借対照表計上額は中間計算期末の時価で計上しているた
       価及びその差額                め、その差額はありません。
     2.時価の算定方法                   (1)有価証券
                        売買目的有価証券
                         重要な会計方針に係る事項に関する注記「有価証券の評価基準
                        及び評価方法」に記載しております。
                        (2)上記以外の金融商品
                         短期間で決済されることから、時価は帳簿価額と近似している
                        ため、当該金融商品の帳簿価額を時価としております。
     3.金融商品の時価等に関する                    金融商品の時価には、市場価格に基づく価額のほか、市場価格
       事項についての補足説明                がない場合には合理的に算定された価額が含まれております。
                         当該価額の算定においては一定の前提条件等を採用しているた
                        め、異なる前提条件等によった場合、当該価額が異なることもあ
                        ります。
                                10/45



                                                          EDINET提出書類
                                                   フィデリティ投信株式会社(E12481)
                                                  半期報告書(内国投資信託受益証券)
    (デリバティブ取引に関する注記)
      該当事項はありません。
    (重要な後発事象に関する注記)

      該当事項はありません。
                                11/45


















                                                          EDINET提出書類
                                                   フィデリティ投信株式会社(E12481)
                                                  半期報告書(内国投資信託受益証券)
    (参考情報)
     ファンドは、「フィデリティ・USハイ・イールド・マザーファンド」受益証券を主要投資対象とし
    ており、中間貸借対照表の資産の部に計上された「親投資信託受益証券」は、すべて同親投資信託の受
    益証券です。
     なお、同親投資信託の状況は以下のとおりです。
    「フィデリティ・USハイ・イールド・マザーファンド」の状況

     なお、以下に記載した情報は監査対象外であります。
       (1)貸借対照表

                             2020年5月22日現在                2020年11月22日現在
              区 分
                                金額(円)                金額(円)
     資産の部
     流動資産
                                  11,406,487,458                 8,966,735,639
      預金
                                   7,796,277,075                  41,958,508
      金銭信託
                                  12,120,274,550                18,735,277,995
      株式
                                    17,152,184                17,028,259
      新株予約権証券
                                 488,195,524,520                502,632,488,926
      社債券
                                  39,278,159,742                31,145,043,378
      貸付債権
                                      391,257               72,489,714
      派生商品評価勘定
                                   3,697,731,816                8,832,944,775
      未収入金
                                   6,930,869,246                6,839,453,019
      未収利息
                                    198,767,269                112,153,463
      前払費用
                                 569,641,635,117                577,395,573,676
     流動資産合計
                                 569,641,635,117                577,395,573,676
     資産合計
     負債の部
     流動負債
                                         -             344,525
      派生商品評価勘定
                                   4,108,248,900                7,820,970,263
      未払金
                                   7,360,246,175                6,246,061,977
      未払解約金
                                       15,064                 2,686
      その他未払費用
                                  11,468,510,139                14,067,379,451
     流動負債合計
                                  11,468,510,139                14,067,379,451
     負債合計
     純資産の部
     元本等
                                 180,127,796,075                168,706,247,790
      元本
      剰余金
       剰余金又は欠損金(△)                            378,045,328,903                394,621,946,435
                                 558,173,124,978                563,328,194,225
     元本等合計
                                 558,173,124,978                563,328,194,225
     純資産合計
                                 569,641,635,117                577,395,573,676
     負債純資産合計
                                12/45



                                                          EDINET提出書類
                                                   フィデリティ投信株式会社(E12481)
                                                  半期報告書(内国投資信託受益証券)
       (2)注記表
    (重要な会計方針に係る事項に関する注記)
     1.有価証券の評価基準及び評価                   (1)株式、新株予約権証券
       方法
                          移動平均法に基づき、原則として時価で評価しております。
                         時価評価にあたっては、金融商品取引所又は店頭市場における
                         最終相場(最終相場のないものについては、それに準ずる価
                         額)、又は金融商品取引業者等から提示される気配相場に基づ
                         いて評価しております。
                         (2)特殊債券、社債券
                          個別法に基づき、原則として時価で評価しております。時価
                         評価にあたっては、金融商品取引所又は店頭市場における最終
                         相場(最終相場のないものについては、それに準ずる価額)、
                         又は金融商品取引業者等から提示される気配相場に基づいて評
                         価しております。
     2.貸付債権の評価基準及び評価
                         貸付債権
       方法
                          原則として時価で評価しております。時価評価にあたって
                         は、価格情報会社の提供する価額等で評価しております。
     3.デリバティブの評価基準及び                   為替予約取引
       評価方法
                          為替予約の評価は、原則として、わが国における計算期間末
                         日の対顧客先物売買相場の仲値によって計算しております。
     4.その他財務諸表作成のための                   外貨建取引等の処理基準
       基本となる重要な事項
                          外貨建取引については、「投資信託財産の計算に関する規
                         則」(平成12年総理府令第133号)第60条に基づき、取引発生時
                         の外国通貨の額をもって記録する方法を採用しております。但
                         し、同第61条に基づき、外国通貨の売却時において、当該外国
                         通貨に加えて、外貨建資産等の外貨基金勘定及び外貨建各損益
                         勘定の前日の外貨建純資産額に対する当該売却外国通貨の割合
                         相当額を当該外国通貨の売却時の外国為替相場等で円換算し、
                         前日の外貨基金勘定に対する円換算した外貨基金勘定の割合相
                         当の邦貨建資産等の外国投資勘定と、円換算した外貨基金勘定
                         を相殺した差額を為替差損益とする計理処理を採用しておりま
                         す。
                                13/45







                                                          EDINET提出書類
                                                   フィデリティ投信株式会社(E12481)
                                                  半期報告書(内国投資信託受益証券)
    (貸借対照表に関する注記)
                 項 目                 2020年5月22日現在             2020年11月22日現在

     1.元本の推移
       期首元本額                            208,075,378,859          円    180,127,796,075          円
       期中追加設定元本額                            10,429,820,794         円     6,206,138,878        円
       期中一部解約元本額                            38,377,403,578         円    17,627,687,163         円
     2.期末元本額及びその内訳
       フィデリティ・USハイ・イールド・ファンド                            163,745,697,904          円    151,339,777,602          円
       フィデリティ・USハイ・イールド・ファンド
                                    10,341,691,207         円    11,057,250,201         円
       (資産成長型)
       フィデリティ・USハイ・イールド・ファンド
                                    5,995,030,042        円     5,726,614,477        円
       (適格機関投資家専用)
       フィデリティ・USハイ・イールド・ファンド
                                       4,432,778      円      59,798,502       円
       (為替ヘッジあり)
       フィデリティ・USハイ・イールド・ファンド
                                      15,049,542       円      498,584,987       円
       (資産成長型)(為替ヘッジあり)
       フィデリティ・USハイ・イールド・ファンド
                                      25,894,602       円      24,222,021       円
       VA(適格機関投資家専用)
                   計                180,127,796,075          円    168,706,247,790          円
                                   180,127,796,075          口    168,706,247,790          口
     3 .受益権の総数
                                        3.0988    円         3.3391    円
     4.1口当たり純資産額
                                14/45












                                                          EDINET提出書類
                                                   フィデリティ投信株式会社(E12481)
                                                  半期報告書(内国投資信託受益証券)
    (金融商品に関する注記)
    金融商品の時価等に関する事項
     1.貸借対照表計上額、時価及びその                        貸借対照表計上額は期末の時価で計上しているため、そ
       差額                    の差額はありません。
     2.時価の算定方法                       (1)有価証券
                             売買目的有価証券
                             重要な会計方針に係る事項に関する注記「有価証券の評
                            価基準及び評価方法」に記載しております。
                            (2)貸付債権
                             重要な会計方針に係る事項に関する注記「貸付債権の評
                            価基準及び評価方法」に記載しております。
                            (3)デリバティブ取引
                             「デリバティブ取引に関する注記」に記載しておりま
                            す。
                            (4)上記以外の金融商品
                             短期間で決済されることから、時価は帳簿価額と近似し
                            ているため、当該金融商品の帳簿価額を時価としておりま
                            す。
     3.金融商品の時価等に関する事項に                        金融商品の時価には、市場価格に基づく価額のほか、市
       ついての補足説明                    場価格がない場合には合理的に算定された価額が含まれて
                            おります。
                             当該価額の算定においては一定の前提条件等を採用して
                            いるため、異なる前提条件等によった場合、当該価額が異
                            なることもあります。
                             また、デリバティブ取引に関する契約額等はあくまでも
                            デリバティブ取引における名目的な契約額であり、当該金
                            額自体がデリバティブ取引のリスクの大きさを示すもので
                            はありません。
                                15/45









                                                          EDINET提出書類
                                                   フィデリティ投信株式会社(E12481)
                                                  半期報告書(内国投資信託受益証券)
    (デリバティブ取引に関する注記)
    取引の時価等に関する事項
      通貨関連
                   2020年5月22日         現在              2020年11月22日         現在
               契約額等          時価      評価損益       契約額等          時価      評価損益
                (円)         (円)       (円)       (円)         (円)       (円)
                     う                       う
        種類
                     ち                       ち
                     1                       1
                     年                       年
                     超                       超
     市場取引以外の取
     引
      為替予約取引

      売建               - -        -      -  6,204,108,198       -  6,131,963,009       72,145,189

      アメリカ・ドル               - -        -      -  6,204,108,198       -  6,131,963,009       72,145,189

      買建          436,015,659      -   436,406,916         391,257          - -        -      -

      アメリカ・ドル          436,015,659      -   436,406,916         391,257          - -        -      -

     合計          436,015,659      -   436,406,916         391,257     6,204,108,198       -  6,131,963,009       72,145,189

    (注1)時価の算定方法

        1.対顧客先物相場の仲値が発表されている外貨については以下のように評価しております。

           (1)予約為替の受渡し日(以下「当該日」という。)の対顧客先物相場の仲値が発表さ
              れている場合は、当該予約為替は当該対顧客先物相場の仲値により評価しておりま
              す。
           (2)当該日の対顧客先物相場の仲値が発表されていない場合は、以下の方法によってお
              ります。
             ①  当該日を超える対顧客先物相場が発表されている場合には、発表されている対顧客
              先物相場のうち当該日に最も近い前後二つの対顧客先物相場の仲値をもとに算出し
              たレートにより評価しております。
             ②  当該日を超える対顧客先物相場が発表されていない場合には、当該日に最も近い発
              表されている対顧客先物相場の仲値により評価しております。
        2.対顧客先物相場の仲値が発表されていない外貨については、対顧客相場の仲値により評
          価しております。
    (注2)デリバティブ取引にヘッジ会計は適用されておりません。

    (重要な後発事象に関する注記)

      該当事項はありません。
                                16/45




                                                          EDINET提出書類
                                                   フィデリティ投信株式会社(E12481)
                                                  半期報告書(内国投資信託受益証券)
      4【委託会社等の概況】
       (1)【資本金の額】

    (2020年12月末日現在)

          資本金の額                                   金10億円

          発行する株式の総数                                   80,000株

          発行済株式総数                                   20,000株

          最近5年間における資本金の額の増減                               該当事項はありません。

       (2)【事業の内容及び営業の状況】

        「投資信託及び投資法人に関する法律」に定める投資信託委託会社である委託会社は、証券投資

       信託の設定を行なうとともに「金融商品取引法」に定める金融商品取引業者としてその運用(投資
       運用業)を行なっています。また「金融商品取引法」に定める投資助言業務を行なっています。
        2020年12月30日現在、委託会社の運用する証券投資信託は、追加型株式投資信託161本、親投資
       信託45本で、親投資信託を除いた純資産の合計は総額3,271,492,252,013円です。
       (3)【その他】

        委託会社に関し、訴訟事件その他委託会社に重要な影響を与えた事実および重要な影響を与える

       ことが予想される事実は存在しておりません。
                                17/45











                                                          EDINET提出書類
                                                   フィデリティ投信株式会社(E12481)
                                                  半期報告書(内国投資信託受益証券)
      5【委託会社等の経理状況】
        当社の財務諸表は、「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和38年大蔵省令

        第59号。以下「財務諸表等規則」という。)並びに同規則第2条の規定に基づき、「金融商品取
        引業等に関する内閣府令」(平成19年内閣府令第52号)に基づいて作成しております。
        当社の中間財務諸表は、「中間財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和52年

        大蔵省令第38号)並びに同規則第38条および第57条の規定に基づき、「金融商品取引業等に関す
        る内閣府令」(平成19年内閣府令第52号)に基づいて作成しております。
        財務諸表の金額については、千円未満の端数を切り捨てて記載しております。

        当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第34期事業年度(2019年4月1日か

        ら2020年3月31日まで)の財務諸表について、PwCあらた有限責任監査法人により監査を受け
        ております。第35期事業年度の中間会計期間(2020年4月1日から2020年9月30日まで)の中間財
        務諸表について、PwCあらた有限責任監査法人により中間監査を受けております。
        当社は財務諸表の適正性を確保するための特段の取り組みを行っております。

        具体的には、企業会計基準及び同適用指針、日本公認会計士協会が公表する委員会報告等の公開
        情報、各種関係諸法令の改廃に応じて、当社として必要な対応を適時に協議しております。
                                18/45














                                                          EDINET提出書類
                                                   フィデリティ投信株式会社(E12481)
                                                  半期報告書(内国投資信託受益証券)
       (1)【貸借対照表】
                                                    (単位:千円)
                                    第33期               第34期

                                 (2019年3月31日)               (2020年3月31日)
    資産の部

     流動資産
      現金及び預金                                 1,427,907               1,814,655
      立替金                                  100,317               77,706
      前払費用                                   13,866               23,391
      未収委託者報酬                                 5,388,448               5,452,894
      未収収益                                  741,116               633,653
      未収入金                     *1              150,419               558,652
      未収還付法人税等                                   50,510               42,699
                                         120,394                 -
      未収還付消費税等
      流動資産計                                 7,992,981               8,603,652
     固定資産
      無形固定資産
                                          7,487               7,487
        電話加入権
        無形固定資産合計                                  7,487               7,487
      投資その他の資産
        長期貸付金                    *1            23,346,748               2,420,123
        長期差入保証金                                  25,145               14,570
        繰延税金資産                                1,089,396                227,879
                                           430               230
        その他
        投資その他の資産合計                                24,461,720               2,662,803
      固定資産計                                 24,469,207               2,670,290
    資産合計                                   32,462,188               11,273,943
    負債の部
     流動負債
      預り金                                   30,687                 37
      未払金                     *1
        未払手数料                                2,369,952               2,403,887
        その他未払金                                1,653,290               1,209,713
      未払費用                                  592,634               518,188
      未払消費税等                                     -            344,568
      賞与引当金                                 1,469,810                750,040
                                           931               355
      その他流動負債
      流動負債合計                                 6,117,307               5,226,791
     固定負債
      長期賞与引当金                                  298,547               316,834
      退職給付引当金                                 4,712,577               1,906,773
                                           -            370,080
      関係会社引当金
      固定負債合計                                 5,011,125               2,593,688
     負債合計                                  11,128,432               7,820,479
    純資産の部
     株主資本
      資本金                                 1,000,000               1,000,000
      利益剰余金
        利益準備金                                 100,000               250,000
        その他利益剰余金
                                       20,233,755               2,203,463
        繰越利益剰余金
        利益剰余金合計                                20,333,755               2,453,463
      株主資本合計                                 21,333,755               3,453,463
     純資産合計                                  21,333,755               3,453,463
     負債・純資産合計                                  32,462,188               11,273,943
                                19/45





                                                          EDINET提出書類
                                                   フィデリティ投信株式会社(E12481)
                                                  半期報告書(内国投資信託受益証券)
       (2)【損益計算書】
                                                    (単位:千円)
                                    第33期               第34期

                                (自 2018年4月1日               (自 2019年4月1日
                                 至 2019年3月31日)               至 2020年3月31日)
    営業収益

     委託者報酬                                  38,212,229               36,061,978
                                        3,152,985               2,825,039
     その他営業収益
    営業収益計                                   41,365,214               38,887,017
    営業費用
                           *1
     支払手数料                                  17,804,844               16,651,629
     広告宣伝費                                   504,887               700,958
     調査費
      調査費                                  606,194               393,179
      委託調査費                                 7,658,693               6,973,949
     営業雑経費
      通信費                                   35,533               31,784
      印刷費                                   63,293               61,362
      協会費                                   30,701               24,701
                                          2,487                282
      諸会費
    営業費用計                                   26,706,635               24,837,847
    一般管理費
     給料
      給料・手当                                 2,408,072               2,507,196
      賞与                                 1,717,394               2,193,019
     福利厚生費                                   580,285               612,591
     交際費                                    22,538               24,462
     旅費交通費                                   156,818               154,257
     租税公課                                    96,478              110,239
     弁護士報酬                                    9,625               9,913
     不動産賃貸料・共益費                                   598,215               610,202
     支払ロイヤリティ                                   305,883                 -
     退職給付費用                                   210,619               212,987
     消耗器具備品費                                    8,177               8,261
     事務委託費                                  6,249,198               4,925,533
                                         325,845               330,336
     諸経費
    一般管理費計
                                       12,689,151               11,698,999
    営業利益                                   1,969,426               2,350,170
    営業外収益
     受取利息                      *1              139,478               104,125
     保険配当金                                    8,570               7,305
                                          6,818               3,555
     雑益
    営業外収益計                                    154,868               114,986
    営業外費用
     寄付金                                      41               -
                                         90,627               11,668
     為替差損
    営業外費用計                                     90,668               11,668
    経常利益                                   2,033,626               2,453,488
    特別利益
                           *2                -            797,838
     賞与引当金戻入益
    特別利益計                                       -            797,838
    特別損失
     特別退職金                                    49,075               29,218
                                           -               16
     事務過誤損失
    特別損失計                                     49,075               29,235
    税引前当期純利益                                   1,984,550               3,222,091
    法人税、住民税及び事業税
                                         385,388               240,866
                                         296,615               861,516
    法人税等調整額
    法人税等合計                                    682,003              1,102,382
    当期純利益                                   1,302,546               2,119,707
                                20/45




                                                          EDINET提出書類
                                                   フィデリティ投信株式会社(E12481)
                                                  半期報告書(内国投資信託受益証券)
       (3)【株主資本等変動計算書】
      第33期    (自  2018年4月1日       至  2019年3月31日)
    (単位:千円)

                                    株主資本
                                   利益剰余金
                                  その他利益剰余金
                                            利益剰余金
                   資本金                                 株主資本合計
                           利益準備金
                                              合計
                                  繰越利益剰余金
     当期首残高               1,000,000          100,000       18,931,208         19,031,208         20,031,208
     当期変動額
      当期純利益                  -         -     1,302,546         1,302,546         1,302,546
      株主資本以外の項目
                        -         -         -         -         -
      の当期変動額(純額)
     当期変動額合計                   -         -     1,302,546         1,302,546         1,302,546
     当期末残高               1,000,000          100,000       20,233,755         20,333,755         21,333,755
                     評価・換算差額等

                その他有価証券評         評価・換算差額等
                                   純資産合計
                   価差額金          合計
     当期首残高
                        -         -     20,031,208
     当期変動額
      当期純利益                  -         -     1,302,546
      株主資本以外の項目
                        -         -         -
      の当期変動額(純額)
     当期変動額合計                   -         -     1,302,546
     当期末残高
                        -         -     21,333,755
      第34期    (自  2019年4月1日       至  2020年3月31日)

    (単位:千円)
                                    株主資本
                                   利益剰余金
                                  その他利益剰余金
                                            利益剰余金
                   資本金                                 株主資本合計
                           利益準備金
                                              合計
                                  繰越利益剰余金
     当期首残高               1,000,000          100,000       20,233,755         20,333,755         21,333,755
     当期変動額
      準備金の積立                  -      150,000        (150,000)            -         -
      剰余金の配当                  -         -    (20,000,000)         (20,000,000)         (20,000,000)
      当期純利益                  -         -     2,119,707         2,119,707         2,119,707
      株主資本以外の項目
                        -         -         -         -         -
      の当期変動額(純額)
     当期変動額合計                   -      150,000      (18,030,293)         (17,880,293)         (17,880,293)
     当期末残高               1,000,000          250,000        2,203,463         2,453,463         3,453,463
                     評価・換算差額等

                その他有価証券評         評価・換算差額等
                                   純資産合計
                   価差額金          合計
     当期首残高
                        -         -     21,333,755
     当期変動額
      準備金の積立                  -         -         -
      剰余金の配当                  -         -    (20,000,000)
      当期純利益
                        -         -     2,119,707
      株主資本以外の項目
                        -         -         -
      の当期変動額(純額)
     当期変動額合計                   -         -    (17,880,293)
     当期末残高
                        -         -     3,453,463
                                21/45





                                                          EDINET提出書類
                                                   フィデリティ投信株式会社(E12481)
                                                  半期報告書(内国投資信託受益証券)
     重要な会計方針
     1.有価証券の評価基準及び評価方法
        その他有価証券
          時価のあるもの
             期末日の市場価格等に基づく時価法(評価差額は全部純資産直入法により処理し、売却原価は総平均法
             により算定)を採用しております。
          時価のないもの
             総平均法による原価法を採用しております。
     2.引当金の計上基準

        (1)退職給付引当金
          従業員の退職給付に備えるため、当事業年度末における退職給付債務の見込額に基づき当期末において発生
          していると認められる額を計上しております。退職給付見込額を当期までの期間に帰属させる方法について
          は、期間定額基準によっております。
          過去勤務債務については、その発生時の従業員の平均残存勤務期間以内の一定の年数(10年)による按分額を
          定額法により費用処理しております。数理計算上の差異については、発生年度に全額費用処理しておりま
          す。
        (2)賞与引当金、長期賞与引当金
          従業員に対して支給する賞与の支出に充てるため、賞与支給見込額の当期負担額を計上しております。
        (3)関係会社引当金
          親会社により負担された当社のインセンティブ・シェア・プランによる業績連動型特別賞与について、将来
          親会社に対し支払いを行う可能性を勘案し、親会社との契約に基づき当期末において発生していると認めら
          れる額を計上しております。
     3.その他財務諸表作成のための基本となる重要な事項

        (1)消費税等の会計処理
           消費税及び地方消費税の会計処理は税抜方式によっております。
        (2)グループ通算制度への移行に係る税効果会計
          「連結納税制度からグループ通算制度への移行に係る税効果会計の適用に関する取扱い」
          (実務対応報告第39号 2020年3月31日)第3項により、繰延税金資産及び繰延税金負債の額については、改正
          前の税法の規定に基づいております。
     (未適用の会計基準等)
        1.「収益認識に関する会計基準」(企業会計基準第29号                          2020年3月31日)
         「収益認識に関する会計基準の適用指針」(企業会計基準適用指針第30号                                  2020年3月31日)
        (1)概要
        収益認識に関する包括的な会計基準であります。収益は、次の5つのステップを適用し認識されます。
        ステップ1     : 顧客との契約を識別する。
        ステップ2     : 契約における履行義務を識別する。
        ステップ3     : 取引価格を算定する。
        ステップ4     : 契約における履行義務に取引価格を配分する。
        ステップ5     : 履行義務を充足した時に又は充足するにつれて収益を認識する。
        (2)適用予定日
          2022年3月期の期首より適用予定であります。
        (3)当該会計基準等の適用による影響
          影響額は、当財務諸表の作成時において評価中であります。
        2.  「時価の算定に関する会計基準」                (企業会計基準第30号           令和元年7月4日)

         「時価の算定に関する会計基準の適用指針」(企業会計基準適用指針第31号                                   令和元年7月4日)
         「金融商品に関する会計基準」(企業会計基準第10号                         令和元年7月4日)
        (1)概要
        国際的な会計基準の定めとの比較可能性を向上させるため、「時価の算定に関する会計基準」及び「時価の算定
        に関する会計基準の適用指針」(以下「時価算定会計基準等」という。)が開発され、時価の算定方法に関する
        ガイダンス等が定められました。時価算定会計基準等は次の項目の時価に適用されます。
        ・「金融商品に関する会計基準」における金融商品
        (2)適用予定日
          2022年3月期の期首より適用予定であります。
        (3)当該会計基準等の適用による影響
          影響額は、当財務諸表の作成時において評価中であります。
                                22/45



                                                          EDINET提出書類
                                                   フィデリティ投信株式会社(E12481)
                                                  半期報告書(内国投資信託受益証券)
     注記事項
     (貸借対照表関係)

     *1  関係会社に対する資産及び負債は次のとおりであります。
                          第33期                第34期
                       (2019年3月31日)                (2020年3月31日)
          未収入金              108,246    千円            481,355    千円
                        1,254,001     千円            909,606    千円
         その他未払金
                       21,850,000      千円           1,880,000     千円
          長期貸付金
     (損益計算書関係)

     *1  関係会社との取引に係るものが次のとおり含まれております。
                         第33期                 第34期
                      (自  2018年4月1日               (自  2019年4月1日
                       至  2019年3月31日)               至  2020年3月31日)
          営業費用             11,203,862      千円           9,335,190     千円
                        61,374    千円             43,406    千円
          受取利息
     *2  特別利益に計上されている賞与引当金戻入益

     当社グループは当会計期間において賞与引当金の見積期間(7月1日から6月30日を1月1日から12月31日に)の改定を行
     いました。これに伴い、2019年6月30日時点で計上されていた賞与引当金のうち797,838千円を取り崩し、当会計期間に
     おいて賞与引当金戻入益として認識しております。
     (株主資本等変動計算書関係)

     第33期    (自  2018年4月1日       至  2019年3月31日)
      発行済株式の種類及び総数に関する事項
                   当事業年度期首        当事業年度増加        当事業年度減少         当事業年度末
                     株式数        株式数        株式数        株式数
         発行済株式
          普通株式            20,000    株                     20,000    株
                                  -        -
           合計           20,000    株                     20,000    株
                                  -        -
     第34期    (自  2019年4月1日       至  2020年3月31日)

     1. 発行済株式の種類及び総数に関する事項
                   当事業年度期首        当事業年度増加        当事業年度減少         当事業年度末
                     株式数        株式数        株式数        株式数
         発行済株式
          普通株式            20,000    株                     20,000    株
                                  -        -
           合計           20,000    株                     20,000    株
                                  -        -
     2. 配当に関する事項

     ①  金銭による配当
     該当事項はありません。
     ②    金銭以外による配当
     2019年11月29日の取締役会において、次のとおり決議しております。
     (1)  配当財産の種類                        長期貸付金
     (2)  配当財産の帳簿価格    20,000,000                   千円
     (3)  1株当たりの配当額       1,000                   千円
     (4)  効力発生日                      2019年11月29日
     (リース取引関係)

     該当事項はありません。
     (金融商品関係)

     1. 金融商品の状況に関する事項
      (1)金融商品に対する取組方針
      当社は、資金運用について短期的な預金及びグループ会社への貸付金に限定しております。
      また、所要資金は自己資金で賄っており、銀行借入、社債発行等による資金調達は行っておりません。
                                23/45





                                                          EDINET提出書類
                                                   フィデリティ投信株式会社(E12481)
                                                  半期報告書(内国投資信託受益証券)
      (2)金融商品の内容及びそのリスク
      預金は、銀行の信用リスクに晒されておりますが、預金に関しては数行に分散して預入しており、リスクの軽減を
      図っております。営業債権である未収委託者報酬および未収収益、未収入金については、それらの源泉である預り純
      資産を数行の信託銀行に分散して委託しておりますが、信託銀行はその受託資産を自己勘定と分別して管理している
      ため、仮に信託銀行が破綻又は債務不履行等となった場合でも、これら営業債権が信用リスクに晒されることは無い
      と考えております。未収入金及びその他未払金の一部には、海外の関連会社との取引により生じた外貨建ての資産・
      負債を保有しているため、為替相場の変動による市場リスクに晒されております。
      (3)金融商品に係るリスク管理体制

      信用リスク(取引先の契約不履行等に係るリスク)の管理
      預金に係る銀行の信用リスクに関しては、口座開設時及びその後も継続的に銀行の信用力を評価し、格付けの高い金
      融機関でのみで運用し、預金に係る信用リスクを管理しております。
      未収委託者報酬及び未収収益は、投資信託または取引相手ごとに残高を管理し、当社が運用している資産の中から報
      酬を徴収するため、信用リスクは僅少であります。
      また、未収入金は、概ね、海外の関連会社との取引により生じたものであり、原則、翌月中に決済が行われる事によ
      り、回収が不能となるリスクは僅少であります。
      市場リスク(為替や金利等の変動リスク)の管理

      当社は、原則、為替変動や価格変動に係るリスクに対して、ヘッジ取引を行っておりません。外貨建ての営業債権債
      務について、月次ベースで為替変動リスクを測定し、モニタリングを実施しております。
      また、外貨建ての債権債務に関する為替の変動リスクに関しては、個別の案件ごとに毎月残高照合等を行い、リスク
      を管理しております。
      流動性リスク(支払期日に支払いを実行できなくなるリスク)の管理

      当社は、日々資金残高管理を行っております。また、適時に資金繰予定表を作成・更新するとともに、手許流動性
      (最低限必要な運転資金)を状況に応じて見直し・維持することなどにより、流動性リスクを管理しております。
     2. 金融商品の時価に関する事項

      貸借対照表計上額、時価及びこれらの差額については、次のとおりであります。
      なお、時価を把握することが極めて困難と認められるものは含まれておりません。
     第33期    (2019年3月31日)

                   貸借対照表計上額           時価        差額
                     (千円)        (千円)        (千円)
     (1)  現金及び預金              1,427,907        1,427,907            -
     (2)  未収委託者報酬              5,388,448        5,388,448            -
     (3)  未収収益               741,116        741,116           -
     (4)  未収入金               150,419        150,419           -
     (5)  長期貸付金              23,346,748        23,346,748            -
          資産計           31,054,638        31,054,638            -
     (1)  未払手数料              2,369,952        2,369,952            -
     (2)  その他未払金              1,653,290        1,653,290            -
     (3)  未払費用               592,634        592,634           -
          負債計            4,615,876        4,615,876            -
     第34期    (2020年3月31日)

                   貸借対照表計上額           時価        差額
                     (千円)        (千円)        (千円)
     (1)  現金及び預金              1,814,655        1,814,655            -
     (2)  未収委託者報酬              5,452,894        5,452,894            -
     (3)  未収収益               633,653        633,653           -
     (4)  未収入金               558,652        558,652           -
     (5)  長期貸付金              2,420,123        2,420,123            -
          資産計           10,879,977        10,879,977            -
     (1)  未払手数料              2,403,887        2,403,887            -
     (2)  その他未払金              1,209,713        1,209,713            -
     (3)  未払費用               518,188        518,188           -
     (4)  未払消費税等               344,568        344,568           -
          負債計            4,476,356        4,476,356            -
                                24/45





                                                          EDINET提出書類
                                                   フィデリティ投信株式会社(E12481)
                                                  半期報告書(内国投資信託受益証券)
     (注)   1.  金融商品の時価の算定方法に関する事項
     第33期    (2019年3月31日)
       資産
       (1)  現金及び預金、(2)         未収委託者報酬、(3)          未収収益、(4)       未収入金
       これらは短期間で決済され、時価は帳簿価額にほぼ等しいことから、当該帳簿価額によっております。
       (5)  長期貸付金
       変動金利によるものであり、時価はほぼ帳簿価額に等しいことから、当該帳簿価額によっております。
       負債
       (1)  未払手数料、(2)        その他未払金、(3)         未払費用
       短期間で決済され、時価は帳簿価額にほぼ等しいことから、当該帳簿価額によっております。
     第34期    (2020年3月31日)

       資産
       (1)  現金及び預金、(2)         未収委託者報酬、(3)          未収収益、(4)       未収入金
       これらは短期間で決済され、時価は帳簿価額にほぼ等しいことから、当該帳簿価額によっております。
       (5)  長期貸付金
       変動金利によるものであり、時価はほぼ帳簿価額に等しいことから、当該帳簿価額によっております。
       負債
       (1)  未払手数料、(2)        その他未払金、(3)         未払費用、(4)       未払消費税等
       短期間で決済され、時価は帳簿価額にほぼ等しいことから、当該帳簿価額によっております。
     (注)   2.  金銭債権及び満期のある有価証券の決算日後の償還予定額

     第33期    (2019年3月31日)
                     1年以内       1年超5年以内        5年超10年以内          10年超
                     (千円)        (千円)        (千円)         (千円)
     現金及び預金                 1,427,907            -        -        -
     未収委託者報酬                 5,388,448            -        -        -
     未収収益                  741,116           -        -        -
     未収入金                  150,419           -        -        -
           合計           7,707,892            -        -        -
      金銭債権のうち長期貸付金(23,346,748千円)については、契約上返済期限の定めがないため、上記に含めておりませ
      ん。
     第34期    (2020年3月31日)

                     1年以内       1年超5年以内        5年超10年以内          10年超
                     (千円)        (千円)        (千円)         (千円)
     現金及び預金                 1,814,655            -        -        -
     未収委託者報酬                 5,452,894            -        -        -
     未収収益                  633,653           -        -        -
     未収入金
                       558,652           -        -        -
           合計           8,459,855            -        -        -
      金銭債権のうち長期貸付金(2,420,123千円)については、契約上返済期限の定めがないため、上記に含めておりませ
      ん。
     (有価証券関係)

     第33期    (2019年3月31日)
     1.その他有価証券
     該当事項はありません。
     2.当事業年度中に売却したその他有価証券                    (自  2018年4月1日       至  2019年3月31日)

     該当事項はありません。
     第34期    (2020年3月31日)

     1.その他有価証券
     該当事項はありません。
     2.当事業年度中に売却したその他有価証券                    (自  2019年4月1日       至  2020年3月31日)

     該当事項はありません。
     (デリバティブ取引関係)

     該当事項はありません。
                                25/45





                                                          EDINET提出書類
                                                   フィデリティ投信株式会社(E12481)
                                                  半期報告書(内国投資信託受益証券)
     (退職給付関係)
     第33期    (自  2018年4月1日       至  2019年3月31日)
     1.採用している退職給付制度の概要
      当社は確定給付型年金制度及び確定拠出型年金制度を採用しております。
     2.確定給付型年金制度

      (1)退職給付債務の期首残高と期末残高の調整表
                               (千円)
      退職給付債務の期首残高                        4,776,447
       勤務費用                        177,913
       利息費用                         7,651
       数理計算上の差異の発生額                        △35,733
       退職給付の支払額                       △341,816
       制度改定による変動額                           -
       為替変動による影響額                        120,471
       その他                         △225
      退職給付債務の期末残高                        4,704,708
      (2)退職給付債務の期末残高と貸借対照表に計上された退職給付引当金の調整表

                               (千円)
      非積立型制度の退職給付債務                        4,704,708
      未認識過去勤務費用                          7,869
      貸借対照表に計上された負債と資産の純額                        4,712,577
      退職給付引当金                        4,712,577

      貸借対照表に計上された負債と資産の純額                        4,712,577
      (3)  退職給付費用及びその内訳項目の金額

                               (千円)
       勤務費用                         177,913
       利息費用                          7,651
       数理計算上の差異の費用処理額                        △35,733
       過去勤務債務の費用処理額                         △1,874
      確定給付型年金制度に係る退職給付費用                         147,957
      (4)  数理計算上の計算基礎に関する事項

       当事業年度末における主要な数理計算上の計算基礎
       割引率    0.4%
     3.確定拠出制度

       当社の確定拠出制度への要拠出額は86,210千円であります。
     第34期    (自  2019年4月1日       至  2020年3月31日)

     1.採用している退職給付制度の概要
      当社は確定給付型年金制度及び確定拠出型年金制度を採用しております。
     2.確定給付型年金制度

      (1)退職給付債務の期首残高と期末残高の調整表
                               (千円)
      退職給付債務の期首残高                        4,704,708
       勤務費用                        168,372
       利息費用                         7,558
       数理計算上の差異の発生額                        △31,353
       退職給付の支払額                      △2,920,688
       制度改定による変動額                           -
       為替変動による影響額                        △11,362
       その他                        △16,455
      退職給付債務の期末残高                        1,900,779
      (2)退職給付債務の期末残高と貸借対照表に計上された退職給付引当金の調整表

                               (千円)
      非積立型制度の退職給付債務                        1,900,779
      未認識過去勤務費用                          5,994
      貸借対照表に計上された負債と資産の純額                        1,906,773
      退職給付引当金                        1,906,773
      貸借対照表に計上された負債と資産の純額                        1,906,773
                                26/45



                                                          EDINET提出書類
                                                   フィデリティ投信株式会社(E12481)
                                                  半期報告書(内国投資信託受益証券)
      (3)退職給付費用及びその内訳項目の金額
                               (千円)
       勤務費用                        168,372
       利息費用                         7,558
       数理計算上の差異の費用処理額                        △31,353
       過去勤務債務の費用処理額                        △1,874
      確定給付型年金制度に係る退職給付費用                         142,702
      (4)数理計算上の計算基礎に関する事項

       当事業年度末における主要な数理計算上の計算基礎
       割引率    0.5%
     3.確定拠出制度

       当社の確定拠出制度への要拠出額は87,966千円であります。
     (ストック・オプション等関係)

     該当事項はありません。
     (税効果会計関係)

     1.繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別の内訳
                             第33期         第34期
                           (2019年3月31日)         (2020年3月31日)
                                (千円)        (千円)
     繰延税金資産
      未払費用                         101,830        140,844
      賞与引当金                         441,058        217,927
      退職給付引当金                        1,451,987         583,853
      資産除去債務                          2,685        2,685
      その他                         116,978        242,912
     繰延税金資産小計                         2,114,538        1,188,221
      評価性引当額                        △803,096        △812,395
     繰延税金資産合計                         1,311,444         375,826
     繰延税金負債

      未払金                         186,975        147,947
      長期貸付金                         △35,073            0
     繰延税金負債合計                          222,048        147,947
     繰延税金資産又は繰延税金負債(△)の純額                         1,089,396         227,879

     2.法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との間に重要な差異があるときの、当該差異の原因となった主

     要な項目別の内訳
                            第33期          第34期
                          (2019年3月31日)          (2020年3月31日)
     法定実効税率                           30.62%        30.62%
     (調整)
     交際費等永久に損金に算入されない項目                           1.81%        3.34%
     評価性引当額                           1.90%       △0.28%
     過年度法人税等                          △0.04%         0.49%
     その他                           0.08%        0.04%
     税効果会計適用後の法人税等の負担率                           34.38%        34.21%
     (資産除去債務関係)

     当社は建物所有者との間で事業用不動産賃貸借契約を締結しており、賃借期間終了時に原状回復する義務を有している
     ため、契約及び法令上の資産除去債務を認識しております。なお、当該賃貸借契約に関連する長期差入保証金(敷金)が
     計上されているため、資産除去債務の負債計上に代えて、当該敷金の回収が最終的に見込めないと認められる金額を合
     理的に見積り、直接減額しております。
     (賃貸等不動産関係)

     該当事項はありません。
                                27/45




                                                          EDINET提出書類
                                                   フィデリティ投信株式会社(E12481)
                                                  半期報告書(内国投資信託受益証券)
     (セグメント情報等)
     セグメント情報
     第33期    (自  2018年4月1日       至  2019年3月31日)        及び   第34期    (自  2019年4月1日       至  2020年3月31日)
      当社は資産運用業の単一セグメントであるため、記載を省略しております。
     関連情報

     第33期    (自  2018年4月1日       至  2019年3月31日)
     1.サービスごとの情報
     単一のサービス区分の外部顧客への営業収益が損益計算書の営業収益の90%を超えるため、記載を省略しております。
     2.地域ごとの情報

      (1)売上高
       本邦の外部顧客への売上高が損益計算書の売上高の90%を超えるため、記載を省略しております。
      3.主要な顧客ごとの情報                                         (単位:千円)

                                           関連するサービス
                 投資信託の名称                    委託者報酬
                                              の種類
         フィデリティ・USハイ・イールド・ファンド                            10,579,865      投資信託の運用
      フィデリティ・US          リート・ファンドB(為替ヘッジなし)
                                      9,025,455      投資信託の運用
            フィデリティ・日本成長株・ファンド                           5,447,177      投資信託の運用
     第34期    (自  2019年4月1日       至  2020年3月31日)

     1.サービスごとの情報
     単一のサービス区分の外部顧客への営業収益が損益計算書の営業収益の90%を超えるため、記載を省略しております。
     2.地域ごとの情報

      (1)売上高
       本邦の外部顧客への売上高が損益計算書の売上高の90%を超えるため、記載を省略しております。
      3.主要な顧客ごとの情報                                         (単位:千円)

                                           関連するサービス
                 投資信託の名称                    委託者報酬
                                              の種類
         フィデリティ・USハイ・イールド・ファンド                                  投資信託の運用
                                      8,974,384
      フィデリティ・US          リート・ファンドB(為替ヘッジなし)
                                      8,352,497      投資信託の運用
            フィデリティ・日本成長株・ファンド                           5,276,573      投資信託の運用
                                28/45











                                                          EDINET提出書類
                                                   フィデリティ投信株式会社(E12481)
                                                  半期報告書(内国投資信託受益証券)
     関連当事者情報
     第33期    (自  2018年4月1日       至  2019年3月31日)
      関連当事者との取引
      (1)財務諸表提出会社の親会社
                           議決権等
                                関連当事
                           の所有(                取引金額            期末残高
          会社等の    会社等の         事業の内
      種類            資本金             者との関     取引の内容             科目
           名称    所在地          容   被所有)
                                            (注2)            (注2)
                                 係
                            割合
                   千米ドル                           千円            千円
                                     委託調査等報
                                                 未収入金
                                               -          82,094
              英 領 バ               投資顧問
                                      酬 (注3)
              ミ ュ ー       投資顧問    被所有間    契約の再
           FIL
      親会社
                     6,981
              ダ、ペン           業       委任等役
                           接100   %
                                     共通発生経費
          Limited
                                                  未払金
                                            6,977,863            557,126
              ブローク                  員の兼任
                                     負担額   (注4)
              市
                     千円                         千円            千円
                                     金銭の貸付
                                                 長期貸付金
                                             450,000          21,850,000
                                      (注1)
          フィデリ
                                     利息の受取
          テ ィ ・                   当社事業
                                                 未収入金
                                             61,374            20,309
                       グループ
                                      (注1)
          ジ ャ パ 東京都港              被所有直    活動の管
      親会社                 会社経営
                   4,510,000
          ン・ホー     区                 理等役員
                           接100   %
                                     共通発生経費
                        管理
                                                  未払金
          ルディン                      の兼任
                                             429,152            81,239
                                     負担額   (注4)
          グス株式
          会社
                                     連結法人税の
                                                  未払金
                                               -          294,863
                                     個別帰属額
                   千米ドル                           千円            千円
          FIL  Asia   シンガ

                       グループ
              ポール、              被所有間         共通発生経費
          Holdings
      親会社                 会社経営         営業取引                  未払金
                    189,735                        3,796,845            314,928
              ブルバー
                            接100%         負担額   (注4)
           Pte.
                        管理
               ド市
          Limited
      (2)財務諸表提出会社と同一の親会社をもつ会社

                           議決権等
                                関連当事
                           の所有(
                                            取引金額            期末残高
          会社等の              事業の内
      属性        所在地     資本金             者との関     取引の内容             科目
           名称              容   被所有)
                                            (注2)            (注2)
                                 係
                            割合
                     千円                         千円            千円
                                     共通発生経費
                                                  未払金
                                             600,501            23,643
                                     負担額   (注4)
                                当社設定
      同一の親    フィデリ
              東京都港                  投資信託
      会社をも    ティ証券              証券業     なし
                   9,257,500
                                     投資信託販売
               区                 の募集・
      つ会社    株式会社
                                     に係る代行手
                                                  未払金
                                             877,675            174,703
                                 販売
                                     数料  (注5)
                   千米ドル                           千円            千円

           FIL
          Investme
           nt 
                                当社事業
     同一の親        香港、セ
                                     共通発生経費
          Manage
                       証券投資         活動への
     会社をも        ントラル               なし                      未払金
                    22,897                         717,522            71,425
           ment             顧問業        サービス     負担額   (注4)
     つ会社        市
                                の提供
          (Hong
          Kong)
          Limited
                   千米ドル                           千円            千円
           FIL

              ルクセン
     同一の親
          (Luxemb
              ブルグ、          証券投資         商標使用     ロイヤリティ
     会社をも                       なし                      未払金
                     1,676                        305,883            127,244
          ourg)   ルクセン          顧問業         契約     の支払
     つ会社
              ブルグ市
           S.A.
                                29/45



                                                          EDINET提出書類
                                                   フィデリティ投信株式会社(E12481)
                                                  半期報告書(内国投資信託受益証券)
      取引条件及び取引条件の決定方針等
      (注1)   資金の貸付については、市場金利等を勘案して利率を合理的に決定しております。
      (注2)   取引金額には消費税等を含めておりません。期末残高には消費税等を含めております。
      (注3)   当社の主要な事業領域である投信・投資顧問業から包括的に発生する収益であります。
      (注4)   共通発生経費については、直課可能なものは実際発生額に基づき、直課不可能なものは各社の規模に応じた一
        定の比率により負担しております。
      (注5)   代行手数料については、一般取引条件を基に、両社協議の上合理的に決定しております。
     第34期    (自  2019年4月1日       至  2020年3月31日)

      関連当事者との取引
      (1)財務諸表提出会社の親会社
                           議決権等
                                関連当事
                           の所有(
                                            取引金額            期末残高
          会社等の    会社等の         事業の内
      種類            資本金             者との関     取引の内容             科目
           名称    所在地          容   被所有)
                                            (注2)            (注2)
                                 係
                            割合
                   千米ドル                           千円            千円
              英 領 バ               投資顧問     委託調査等報
                                                 未収入金
                                               -         477,134
              ミ ュ ー       投資顧問    被所有間    契約の再
           FIL                           酬 (注3)
      親会社
                     6,981
              ダ、ペン           業       委任等役
                           接100   %
          Limited
                                     共通発生経費
              ブローク                  員の兼任                  未払金
                                            6,299,993            495,523
                                     負担額   (注4)
              市
                     千円                         千円            千円
                                     貸付金の回収
                                                 長期貸付金
                                            19,970,000            1,880,000
                                      (注1)
                                     利息の受取
                                                 未収入金
                                             43,406            4,221
          フィデリ
                                      (注1)
          テ ィ ・                   当社事業
                       グループ
                                     共通発生経費
          ジ ャ パ 東京都港              被所有直    活動の管
                                                  未払金
                                             406,439            81,434
      親会社                 会社経営
                   4,510,000
                                     負担額   (注4)
          ン・ホー      区                 理等役員
                           接100   %
                        管理
          ルディン                      の兼任
                                     連結法人税の
          グス株式
                                     個別帰属額
                                                  未払金
          会社
                                               -          66,142
                                     剰余金の配当             未払金
                                            20,000,000               -
                   千米ドル                           千円            千円

          FIL  Asia   シンガ
                       グループ
              ポール、              被所有間         共通発生経費
          Holdings
      親会社                 会社経営         営業取引                  未払金
                    189,735                        2,628,757            266,506
              ブルバー
                            接100%         負担額   (注4)
           Pte.
                        管理
               ド市
          Limited
                                30/45









                                                          EDINET提出書類
                                                   フィデリティ投信株式会社(E12481)
                                                  半期報告書(内国投資信託受益証券)
      (2)財務諸表提出会社と同一の親会社をもつ会社
                            議決権等
                                関連当事
                            の所有(                取引金額            期末残高
          会社等の              事業の内
      属性        所在地     資本金             者との関     取引の内容             科目
           名称              容   被所有)
                                            (注2)            (注2)
                                 係
                             割合
                     千円                         千円            千円
                                     共通発生経費

                                                  未払金
                                             637,950
                                                          4,469
                                当社設定
                                     負担額   (注4)
      同一の親    フィデリ
              東京都港                  投資信託
      会社をも    ティ証券              証券業     なし
                   10,007,500
               区                 の募集・
                                     投資信託販売
      つ会社    株式会社
                                                  未払金
                                 販売
                                     に係る代行手
                                             801,519
                                                         174,463
                                     数料  (注5)
                    千米ドル                           千円            千円
           FIL
          Investme
           nt 
                                当社事業
     同一の親        香港、セ
          Manage                          共通発生経費
                       証券投資         活動への
     会社をも        ントラル               なし                     未払金
                    22,897                         784,703            108,258
           ment             顧問業        サービス
                                     負担額   (注4)
     つ会社        市
                                の提供
          (Hong
          Kong)
          Limited
      取引条件及び取引条件の決定方針等
      (注1)   資金の貸付については、市場金利等を勘案して利率を合理的に決定しております。
      (注2)   取引金額には消費税等を含めておりません。期末残高には消費税等を含めております。
      (注3)   当社の主要な事業領域である投信・投資顧問業から包括的に発生する収益であります。
      (注4)   共通発生経費については、直課可能なものは実際発生額に基づき、直課不可能なものは各社の規模に応じた一
        定の比率により負担しております。
      (注5)   代行手数料については、一般取引条件を基に、両社協議の上合理的に決定しております。
     (1株当たり情報)

                               第33期                  第34期
                             (自  2018年4月1日                (自  2019年4月1日
                             至  2019年3月31日)                 至  2020年3月31日)
     1株当たり純資産額                        1,066,687円79銭                   172,673円19銭
                              65,127円34銭                  105,985円40銭
     1株当たり当期純利益
     (注1)1.    なお潜在株式調整後1株当たり当期純利益については、潜在株式が存在しないため記載しておりません。
     2.  1株当たり当期純損失金額又は1株当たり当期純利益金額の算定上の基礎は、以下のとおりであります。
                                 第33期                第34期

                               (自  2018年4月1日              (自  2019年4月1日
               項目
                               至  2019年3月31日)               至  2020年3月31日)
            当期純利益(千円)                     1,302,546                2,119,707
        普通株主に帰属しない金額(千円)                          -                -
        普通株式に係る当期純利益(千円)
                                 1,302,546                2,119,707
             期中平均株式数                    20,000株                20,000株
     (重要な後発事象)

     該当事項はありません。
                                31/45






                                                          EDINET提出書類
                                                   フィデリティ投信株式会社(E12481)
                                                  半期報告書(内国投資信託受益証券)
       中間財務諸表
          (1)中間貸借対照表

                                          第35期中間会計期間末
                                           (2020年9月30日)
                                        金額
                               注記                    構成比
                  科目
                                       (千円)
                               番号                     (%)
       (資産の部)
       Ⅰ 流動資産
           現金及び預金                               4,007,734
           未収委託者報酬                               5,702,350
           未収収益                                488,665
           未収入金                                145,661
           その他                                378,818
             流動資産計                                           79.8
                                         10,723,230
       Ⅱ    固定資産

           無形固定資産                                  7,487
           投資その他の資産
            長期貸付金                              2,420,239
            長期差入保証金                                13,505
            会員預託金                                  230
            繰延税金資産                                269,109
            投資その他の資産計                                            20.1
                                          2,703,083
            固定資産計                                            20.2
                                          2,710,570
                資産合計                         13,433,800               100.0
                                32/45










                                                          EDINET提出書類
                                                   フィデリティ投信株式会社(E12481)
                                                  半期報告書(内国投資信託受益証券)
                                          第35期中間会計期間末
                                           (2020年9月30日)
                                        金額
                               注記                    構成比
                 科目
                                       (千円)
                               番号                     (%)
       (負債の部)
       Ⅰ 流動負債
           未払手数料                               2,506,075
           その他未払金                               1,009,787
           未払費用                                280,610
           未払法人税等                                625,098
           賞与引当金                               1,382,837
           その他                      *1           295,660
            流動負債計                                             45.4
                                          6,100,069
       Ⅱ 固定負債

           長期賞与引当金                                496,786
           退職給付引当金                               1,967,827
           関係会社引当金                                370,080
            固定負債計                                             21.1
                                          2,834,694
             負債合計                             8,934,763               66.5
       (純資産の部)

         株主資本

          資本金                                   1,000,000
          利益剰余金
           利益準備金                                    250,000
           その他利益剰余金
                                          3,249,036
             繰越利益剰余金
            利益剰余金合計
                                          3,499,036
          株主資本合計
                                          4,499,036               33.5
             純資産合計                             4,499,036               33.5
            負債・純資産合計                              13,433,800               100.0

                                33/45







                                                          EDINET提出書類
                                                   フィデリティ投信株式会社(E12481)
                                                  半期報告書(内国投資信託受益証券)
          (2)中間損益計算書
                                            第35期中間会計期間
                                             自    2020年4月1日
                                             至  2020年9月30日
                                            金額
                                   注記                   百分比
                   科目
                                          (千円)
                                   番号                    (%)
       Ⅰ 営業収益

           委託者報酬                                  16,838,005
           その他営業収益                                   1,166,982
            営業収益計                                            100.0
                                             18,004,987
       Ⅱ 営業費用及び一般管理費                                      16,410,876           91.1

           営業利益                                              8.9

                                              1,594,110
       Ⅲ 営業外収益                                                  0.2
                                                36,355
                                    *2
       Ⅳ 営業外費用                                            -       -
           経常利益                                              9.1
                                              1,630,465
       Ⅴ 特別利益                                            -       -
       Ⅵ 特別損失                                         1,808         0.0
           特別退職金                                     1,808         0.0
           税引前中間純利益                                              9.0
                                              1,628,657
           法人税等                                              3.2
                                               583,084
                                    *1
           中間純利益                                              5.8
                                              1,045,573
                                34/45











                                                          EDINET提出書類
                                                   フィデリティ投信株式会社(E12481)
                                                  半期報告書(内国投資信託受益証券)
     重要な会計方針
                                     第35期中間会計期間
                                     自    2020年4月1日
              項目
                                     至  2020年9月30日
      1.引当金の計上基準                   (1)退職給付引当金
                           従業員の退職給付に備えるため、当事業年度末における退

                           職給付債務の見込額に基づき、当中間会計期間末において
                           発生していると認められる額を計上しております。退職給
                           付見込額を当事業年度末までの期間に帰属させる方法につ
                           いては、期間定額基準によっております。
                           過去勤務債務については、その発生時の従業員の平均残存

                           勤務期間以内の一定の年数(10年)による按分額を定額法
                           により費用処理しております。数理計算上の差異について
                           は、発生年度に全額費用処理しております。
                         (2)賞与引当金、長期賞与引当金
                           従業員に対して支給する賞与の支出に充てるため、賞与支

                           給見込額の当中間会計期間負担額を計上しております。
                         (3)関係会社引当金
                           親会社により負担された当社のインセンティブ・シェア・

                           プランによる業績連動型特別賞与について、将来親会社に
                           対し支払いを行う可能性が高いため、親会社との契約に基
                           づき当中間会計期間末において発生していると認められる
                           額を計上しております。
      2 その他中間財務諸表作成の                  (1)  消費税等の会計処理
        ための基本となる重要な事                    消費税及び地方消費税の会計処理は税抜方式によっており
        項                    ます。
                         (2)  グループ通算制度への移行に係る税効果会計

                          「連結納税制度からグループ通算制度への移行に係る税効
                          果会計の適用に関する取扱い」(実務対応報告第39号                              2020
                          年3月31日) 第3項により、繰延税金資産及び繰延税金負債
                          の額については、改正前の税法の規定に基づいておりま
                          す。
                                35/45








                                                          EDINET提出書類
                                                   フィデリティ投信株式会社(E12481)
                                                  半期報告書(内国投資信託受益証券)
     注記事項
     (中間貸借対照表関係)
                                    第35期中間会計期間末
              項目
                                      2020年9月30日
                         仮払消費税等及び仮受消費税等は相殺のうえ、流動負債の「そ
      *1 消費税等の取扱い
                         の他」に含めて表示しております。
     (中間損益計算書関係)

                                     第35期中間会計期間
              項目
                                     自   2020年4月1日
                                     至   2020年9月30日
                         税金費用については、簡便法による税効果会計を適用している
      *1 税金費用の取扱い
                         ため、法人税等調整額は法人税等に含めて表示しております。
                         営業外収益のうち主要な項目は以下のとおりであります。
      *2 営業外収益の主要な項目
                         貸付金利息 9,976千円
                         為替差益 16,837千円
     (リース取引関係)

     第35期中間会計期間(自             2020年4月1日 至          2020年9月30日)
       該当事項はありません。
                                36/45













                                                          EDINET提出書類
                                                   フィデリティ投信株式会社(E12481)
                                                  半期報告書(内国投資信託受益証券)
     (金融商品関係)
     第35期中間会計期間(2020年9月30日)
       金融商品の時価等に関する事項
         2020年9月30日における中間貸借対照表計上額、時価及びこれらの差額については、次のとおり
         であります。
         なお、時価を把握することが極めて困難と認められるものは含まれておりません。((注)2.
         参照)
                         中間貸借対照表計上額                時価           差額

                            (千円)           (千円)           (千円)
         (1)現金及び預金
                               4,007,734         4,007,734                  -
         (2)未収委託者報酬
                               5,702,350         5,702,350                  -
         (3)未収収益
                                488,665         488,665                 -
         (4)未収入金
                                145,661         145,661                 -
         (5)長期貸付金
                               2,420,239         2,420,239                  -
             資産計
                               12,764,651         12,764,651                   -
         (1)未払手数料
                               2,506,075         2,506,075                  -
         (2)その他未払金
                               1,009,787         1,009,787                  -
             負債計
                               3,515,863         3,515,863                  -
     (注)    1.金融商品の時価の算定方法に関する事項

         資産
         (1)現金及び預金、(2)未収委託者報酬、(3)未収収益、(4)未収入金
           これらは短期間で決済され、時価は帳簿価額にほぼ等しいことから、当該帳簿価額によっ
           ております。
         (5)長期貸付金
           変動金利によるものであり、時価はほぼ帳簿価額に等しいことから、当該帳簿価額によっ
           ております。
         負  債
         (1)未払手数料、(2)その他未払金
           短期間で決済され、時価は帳簿価額にほぼ等しいことから、当該帳簿価額によっておりま
           す。
         2.時価を把握することが極めて困難と認められる金融商品

           該当事項はありません。
                                37/45








                                                          EDINET提出書類
                                                   フィデリティ投信株式会社(E12481)
                                                  半期報告書(内国投資信託受益証券)
     (有価証券関係)
         第35期中間会計期間(2020年9月30日)
         該当事項はありません。
     (デリバティブ取引関係)

         第35期中間会計期間(2020年9月30日)
         該当事項はありません。
     (ストックオプション等関係)

         第35期中間会計期間(自             2020年4月1日        至  2020年9月30日)
         該当事項はありません。
     (資産除去債務関係)

         第35期中間会計期間(2020年9月30日)
         当社は建物所有者との間で事業用不動産賃貸借契約を締結しており、賃借期間終了時に原状回
         復する義務を有しているため、契約及び法令上の資産除去債務を認識しております。なお、当
         該賃貸借契約に関連する長期差入保証金(敷金)が計上されているため、資産除去債務の負債
         計上に代えて、当該敷金の回収が最終的に見込めないと認められる金額を合理的に見積り、直
         接減額しております。
     (持分法損益等)

         第35期中間会計期間(自             2020年4月1日        至  2020年9月30日)
         該当事項はありません。
     (賃貸等不動産関係)

         第35期中間会計期間(2020年9月30日)
         該当事項はありません。
                                38/45












                                                          EDINET提出書類
                                                   フィデリティ投信株式会社(E12481)
                                                  半期報告書(内国投資信託受益証券)
     (セグメント情報等)
      セグメント情報
         第35期中間会計期間(自             2020年4月1日        至  2020年9月30日)
         当社は資産運用業の単一セグメントであるため、記載を省略しております。
      関連情報

         第35期中間会計期間(自             2020年4月1日        至  2020年9月30日)
         1.サービスごとの情報
         単一のサービス区分の外部顧客への営業収益が中間損益計算書の営業収益の90%を超えるた
         め、記載を省略しております。
         2.地域ごとの情報

         本邦の外部顧客への営業収益が中間損益計算書の営業収益の90%を超えるため、記載を省略し
         ております。
         3.主要な顧客ごとの情報

                                       委託者報酬
                                                関連するサービス
                   投資信託の名称
                                       (単位:千円)
                                                   の種類
          フィデリティ・USハイ・イールド・ファンド
                                        3,849,561         投資信託の運用
            フィデリティ・USリート・ファンドB
                                        3,491,756         投資信託の運用
                  (為替ヘッジなし)
             フィデリティ・日本成長株・ファンド
                                        2,693,083         投資信託の運用
     (1株当たり情報)

                                           第35期中間会計期間
                                           自    2020年4月1日
                                            至  2020年9月30日
          1株当たり純資産額                                         224,951.84円
          1株当たり中間純利益金額                                          52,278.66円
          (算定上の基礎)
          中間純利益金額                                        1,045,573千円
          普通株主に帰属しない金額
                                                         -
          普通株式に係る中間純利益金額                                        1,045,573千円
          普通株式の期中平均株式数                                           20,000株
         (注)   潜在株式調整後1株当たり中間純利益金額については、潜在株式が存在しないため記載し

            ておりません。
     (重要な後発事象)


         該当事項はありません。
                                39/45





                                                          EDINET提出書類
                                                   フィデリティ投信株式会社(E12481)
                                                  半期報告書(内国投資信託受益証券)
                   独 立 監 査 人 の 監 査 報 告 書
                                                     2020年6月10日
      フィデリティ投信株式会社

      取 締 役 会 御 中
                           PwCあらた有限責任監査法人

                               東京事務所
                           指定有限責任社員
                                     公認会計士 大畑 茂
                           業務執行社員
    監査意見


     当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づく監査証明を行うため、「委託会社等の経理状況」に
    掲げられているフィデリティ投信株式会社の2019年4月1日から2020年3月31日までの第34期事業年度の財務諸表、すな
    わち、貸借対照表、損益計算書、株主資本等変動計算書、重要な会計方針及びその他の注記について監査を行った。
     当監査法人は、上記の財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して、フィデリ
    ティ投信株式会社の2020年3月31日現在の財政状態及び同日をもって終了する事業年度の経営成績を、全ての重要な点に
    おいて適正に表示しているものと認める。
    監査意見の根拠
     当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に準拠して監査を行った。監査の基準における
    当監査法人の責任は、「財務諸表監査における監査人の責任」に記載されている。当監査法人は、我が国における職業倫
    理に関する規定に従って、会社から独立しており、また、監査人としてのその他の倫理上の責任を果たしている。当監査
    法人は、意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手したと判断している。
    財務諸表に対する経営者及び監査役の責任
     経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して財務諸表を作成し適正に表示
    することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない財務諸表を作成し適正に表示するために経営者が
    必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     財務諸表を作成するに当たり、経営者は、継続企業の前提に基づき財務諸表を作成することが適切であるかどうかを評
    価し、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に基づいて継続企業に関する事項を開示する必要があ
    る場合には当該事項を開示する責任がある。
     監査役の責任は、財務報告プロセスの整備及び運用における取締役の職務の執行を監視することにある。
    財務諸表監査における監査人の責任
     監査人の責任は、監査人が実施した監査に基づいて、全体としての財務諸表に不正又は誤謬による重要な虚偽表示がな
    いかどうかについて合理的な保証を得て、監査報告書において独立の立場から財務諸表に対する意見を表明することにあ
    る。虚偽表示は、不正又は誤謬により発生する可能性があり、個別に又は集計すると、財務諸表の利用者の意思決定に影
    響を与えると合理的に見込まれる場合に、重要性があると判断される。
     監査人は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に従って、監査の過程を通じて、職業的専門家とし
    ての判断を行い、職業的懐疑心を保持して以下を実施する。
    ・ 不正又は誤謬による重要な虚偽表示リスクを識別し、評価する。また、重要な虚偽表示リスクに対応した監査手続を
      立案し、実施する。監査手続の選択及び適用は監査人の判断による。さらに、意見表明の基礎となる十分かつ適切な
      監査証拠を入手する。
    ・ 財務諸表監査の目的は、内部統制の有効性について意見表明するためのものではないが、監査人は、リスク評価の実
      施に際して、状況に応じた適切な監査手続を立案するために、監査に関連する内部統制を検討する。
    ・ 経営者が採用した会計方針及びその適用方法の適切性、並びに経営者によって行われた会計上の見積りの合理性及び
      関連する注記事項の妥当性を評価する。
    ・ 経営者が継続企業を前提として財務諸表を作成することが適切であるかどうか、また、入手した監査証拠に基づき、
      継続企業の前提に重要な疑義を生じさせるような事象又は状況に関して重要な不確実性が認められるかどうか結論付
      ける。継続企業の前提に関する重要な不確実性が認められる場合は、監査報告書において財務諸表の注記事項に注意
      を喚起すること、又は重要な不確実性に関する財務諸表の注記事項が適切でない場合は、財務諸表に対して除外事項
      付意見を表明することが求められている。監査人の結論は、監査報告書日までに入手した監査証拠に基づいている
      が、将来の事象や状況により、企業は継続企業として存続できなくなる可能性がある。
                                40/45



                                                          EDINET提出書類
                                                   フィデリティ投信株式会社(E12481)
                                                  半期報告書(内国投資信託受益証券)
    ・ 財務諸表の表示及び注記事項が、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠しているかどう
      かとともに、関連する注記事項を含めた財務諸表の表示、構成及び内容、並びに財務諸表が基礎となる取引や会計事
      象を適正に表示しているかどうかを評価する。
    ・ 財務諸表に対する意見を表明するために、財務諸表に含まれる構成単位の財務情報に関する十分かつ適切な監査証拠
      を入手する。監査人は、構成単位の財務情報に関する監査の指示、監督及び実施に関して責任がある。監査人は、単
      独で監査意見に対して責任を負う。
     監査人は、監査役に対して、計画した監査の範囲とその実施時期、監査の実施過程で識別した内部統制の重要な不備を
    含む監査上の重要な発見事項、及び監査の基準で求められているその他の事項について報告を行う。
    利害関係
     会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                      以    上
    (注)1. 上記は監査報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社が別途保管しておりま

          す。
        2. XBRLデータは監査の対象には含まれていません。
                                41/45















                                                          EDINET提出書類
                                                   フィデリティ投信株式会社(E12481)
                                                  半期報告書(内国投資信託受益証券)
                独 立 監 査 人 の 中 間 監 査 報 告 書
                                                     2020年12月4日
    フィデリティ投信株式会社

      取 締 役 会 御 中
                           PwCあらた有限責任監査法人

                               東京事務所
                           指定有限責任社員
                                     公認会計士 大 畑    茂
                           業務執行社員
    中間監査意見


     当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づく監査証明を行うため、「委託会社等の経理状況」に
    掲げられているフィデリティ投信株式会社の2020年4月1日から2021年3月31日までの第35期事業年度の中間会計期間
    (2020年4月1日から2020年9月30日まで)に係る中間財務諸表、すなわち、中間貸借対照表、中間損益計算書、重要な
    会計方針及びその他の注記について中間監査を行った。
     当監査法人は、上記の中間財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認められる中間財務諸表の作成基準に準拠し
    て、フィデリティ投信株式会社の2020年9月30日現在の財政状態及び同日をもって終了する中間会計期間(2020年4月1
    日から2020年9月30日まで)の経営成績に関する有用な情報を表示しているものと認める。
    中間監査意見の根拠
     当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる中間監査の基準に準拠して中間監査を行った。中間監査の
    基準における当監査法人の責任は、「中間財務諸表監査における監査人の責任」に記載されている。当監査法人は、我が
    国における職業倫理に関する規定に従って、会社から独立しており、また、監査人としてのその他の倫理上の責任を果た
    している。当監査法人は、中間監査の意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手したと判断している。
    中間財務諸表に対する経営者及び監査役の責任
     経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる中間財務諸表の作成基準に準拠して中間財務諸表を作成
    し有用な情報を表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない中間財務諸表を作成し有用な
    情報を表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     中間財務諸表を作成するに当たり、経営者は、継続企業の前提に基づき中間財務諸表を作成することが適切であるかど
    うかを評価し、我が国において一般に公正妥当と認められる中間財務諸表の作成基準に基づいて継続企業に関する事項を
    開示する必要がある場合には当該事項を開示する責任がある。
     監査役の責任は、財務報告プロセスの整備及び運用における取締役の職務の執行を監視することにある。
    中間財務諸表監査における監査人の責任
     監査人の責任は、監査人が実施した中間監査に基づいて、全体として中間財務諸表の有用な情報の表示に関して投資者
    の判断を損なうような重要な虚偽表示がないかどうかの合理的な保証を得て、中間監査報告書において独立の立場から中
    間財務諸表に対する意見を表明することにある。虚偽表示は、不正又は誤謬により発生する可能性があり、個別に又は集
    計すると、中間財務諸表の利用者の意思決定に影響を与えると合理的に見込まれる場合に、重要性があると判断される。
     監査人は、我が国において一般に公正妥当と認められる中間監査の基準に従って、中間監査の過程を通じて、職業的専
    門家としての判断を行い、職業的懐疑心を保持して以下を実施する。
    ・ 不正又は誤謬による中間財務諸表の重要な虚偽表示リスクを識別し、評価する。また、重要な虚偽表示リスクに対応
      する中間監査手続を立案し、実施する。中間監査手続の選択及び適用は監査人の判断による。さらに、中間監査の意
      見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手する。なお、中間監査手続は、年度監査と比べて監査手続の一部
      が省略され、監査人の判断により、不正又は誤謬による中間財務諸表の重要な虚偽表示リスクの評価に基づいて、分
      析的手続等を中心とした監査手続に必要に応じて追加の監査手続が選択及び適用される。
    ・ 中間財務諸表監査の目的は、内部統制の有効性について意見表明するためのものではないが、監査人は、リスク評価
      の実施に際して、状況に応じた適切な中間監査手続を立案するために、中間財務諸表の作成と有用な情報の表示に関
      連する内部統制を検討する。
    ・ 経営者が採用した会計方針及びその適用方法並びに経営者によって行われた会計上の見積りの合理性及び関連する注
      記事項の妥当性を評価する。
                                42/45



                                                          EDINET提出書類
                                                   フィデリティ投信株式会社(E12481)
                                                  半期報告書(内国投資信託受益証券)
    ・ 経営者が継続企業を前提として中間財務諸表を作成することが適切であるかどうか、また、入手した監査証拠に基づ
      き、継続企業の前提に重要な疑義を生じさせるような事象又は状況に関して重要な不確実性が認められるかどうか結
      論付ける。継続企業の前提に関する重要な不確実性が認められる場合は、中間監査報告書において中間財務諸表の注
      記事項に注意を喚起すること、又は重要な不確実性に関する中間財務諸表の注記事項が適切でない場合は、中間財務
      諸表に対して除外事項付意見を表明することが求められている。監査人の結論は、中間監査報告書日までに入手した
      監査証拠に基づいているが、将来の事象や状況により、企業は継続企業として存続できなくなる可能性がある。
    ・ 中間財務諸表の表示及び注記事項が、我が国において一般に公正妥当と認められる中間財務諸表の作成基準に準拠し
      ているかどうかとともに、関連する注記事項を含めた中間財務諸表の表示、構成及び内容、並びに中間財務諸表が基
      礎となる取引や会計事象に関して有用な情報を表示しているかどうかを評価する。
     監査人は、監査役に対して、計画した中間監査の範囲とその実施時期、中間監査の実施過程で識別した内部統制の重要
    な不備を含む中間監査上の重要な発見事項、及び中間監査の基準で求められているその他の事項について報告を行う。
    利害関係
     会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                      以    上
    (注)1.      上記は中間監査報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社が別途保管してお

          ります。
       2.      XBRLデータは中間監査の対象には含まれていません。
                                43/45















                                                          EDINET提出書類
                                                   フィデリティ投信株式会社(E12481)
                                                  半期報告書(内国投資信託受益証券)
                    独立監査人の中間監査報告書

                                                    2021年1月19日

    フィデリティ投信株式会社

       取   締   役   会    御    中

                       有限責任監査法人ト ー マ ツ

                           東   京   事   務   所
                        指定有限責任社員

                                 公認会計士
                                        山    田    信    之    印
                        業 務 執 行 社 員
    中間監査意見

      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づく監査証明を行うため、「ファンドの経理状
    況」に掲げられているフィデリティ・US                      ハイ・イールド・ファンド(資産成長型)の2020年5月23日から
    2020年11月22日までの中間計算期間の中間財務諸表、すなわち、中間貸借対照表、中間損益及び剰余金計算
    書並びに中間注記表について中間監査を行った。
      当監査法人は、上記の中間財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認められる中間財務諸表の作成
    基準に準拠して、フィデリティ・US                   ハイ・イールド・ファンド(資産成長型)の2020年11月22日現在の信託
    財産の状態及び同日をもって終了する中間計算期間(2020年5月23日から2020年11月22日まで)の損益の状況
    に関する有用な情報を表示しているものと認める。
    中間監査意見の根拠

      当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる中間監査の基準に準拠して中間監査を行っ
    た。中間監査の基準における当監査法人の責任は、「中間財務諸表監査における監査人の責任」に記載され
    ている。当監査法人は、我が国における職業倫理に関する規定に従って、フィデリティ投信株式会社及び
    ファンドから独立しており、また、監査人としてのその他の倫理上の責任を果たしている。当監査法人は、
    中間監査の意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手したと判断している。
    その他の事項

      ファンドの2020年5月22日をもって終了した前計算期間の中間計算期間に係る中間財務諸表は、前任監査人
    によって中間監査が実施されている。前任監査人は、当該中間財務諸表に対して2020年1月15日付けで有用な
    情報を表示している旨の意見を表明している。
    中間財務諸表に対する経営者の責任

      経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる中間財務諸表の作成基準に準拠して中間財
    務諸表を作成し有用な情報を表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない中
    間財務諸表を作成し有用な情報を表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用すること
    が含まれる。
      中間財務諸表を作成するに当たり、経営者は、継続企業の前提に基づき中間財務諸表を作成することが適
    切であるかどうかを評価し、我が国において一般に公正妥当と認められる中間財務諸表の作成基準に基づい
    て継続企業に関する事項を開示する必要がある場合には当該事項を開示する責任がある。
                                44/45



                                                          EDINET提出書類
                                                   フィデリティ投信株式会社(E12481)
                                                  半期報告書(内国投資信託受益証券)
    中間財務諸表監査における監査人の責任
      監査人の責任は、監査人が実施した中間監査に基づいて、全体として中間財務諸表の有用な情報の表示に
    関して投資者の判断を損なうような重要な虚偽表示がないかどうかの合理的な保証を得て、中間監査報告書
    において独立の立場から中間財務諸表に対する意見を表明することにある。虚偽表示は、不正又は誤謬によ
    り発生する可能性があり、個別に又は集計すると、中間財務諸表の利用者の意思決定に影響を与えると合理
    的に見込まれる場合に、重要性があると判断される。
      監査人は、我が国において一般に公正妥当と認められる中間監査の基準に従って、中間監査の過程を通じ
    て、職業的専門家としての判断を行い、職業的懐疑心を保持して以下を実施する。
    ・ 不正又は誤謬による中間財務諸表の重要な虚偽表示リスクを識別し、評価する。また、重要な虚偽表示
      リスクに対応する中間監査手続を立案し、実施する。中間監査手続の選択及び適用は監査人の判断によ
      る。さらに、中間監査の意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手する。なお、中間監査手続
      は、年度監査と比べて監査手続の一部が省略され、監査人の判断により、不正又は誤謬による中間財務諸
      表の重要な虚偽表示リスクの評価に基づいて、分析的手続等を中心とした監査手続に必要に応じて追加の
      監査手続が選択及び適用される。
    ・ 中間財務諸表監査の目的は、内部統制の有効性について意見表明するためのものではないが、監査人
      は、リスク評価の実施に際して、状況に応じた適切な中間監査手続を立案するために、中間財務諸表の作
      成と有用な情報の表示に関連する内部統制を検討する。
    ・ 経営者が採用した会計方針及びその適用方法並びに経営者によって行われた会計上の見積りの合理性及
      び関連する注記事項の妥当性を評価する。
    ・ 経営者が継続企業を前提として中間財務諸表を作成することが適切であるかどうか、また、入手した監
      査証拠に基づき、継続企業の前提に重要な疑義を生じさせるような事象又は状況に関して重要な不確実性
      が認められるかどうか結論付ける。継続企業の前提に関する重要な不確実性が認められる場合は、中間監
      査報告書において中間財務諸表の注記事項に注意を喚起すること、又は重要な不確実性に関する中間財務
      諸表の注記事項が適切でない場合は、中間財務諸表に対して除外事項付意見を表明することが求められて
      いる。監査人の結論は、中間監査報告書日までに入手した監査証拠に基づいているが、将来の事象や状況
      により、ファンドは継続企業として存続できなくなる可能性がある。
    ・ 中間財務諸表の表示及び注記事項が、我が国において一般に公正妥当と認められる中間財務諸表の作成
      基準に準拠しているかどうかとともに、関連する注記事項を含めた中間財務諸表の表示、構成及び内容、
      並びに中間財務諸表が基礎となる取引や会計事象に関して有用な情報を表示しているかどうかを評価す
      る。
      監査人は、経営者に対して、計画した中間監査の範囲とその実施時期、中間監査の実施過程で識別した内
    部統制の重要な不備を含む中間監査上の重要な発見事項、及び中間監査の基準で求められているその他の事
    項について報告を行う。
    利害関係

      フィデリティ投信株式会社及びファンドと当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定
    により記載すべき利害関係はない。
                                                       以 上
    (注)1.上記は中間監査報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社が別途保管してお

         ります。
       2.XBRLデータは中間監査の対象には含まれていません。
                                45/45





PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

書類提出日で検索

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2020年12月21日

新規上場の通知機能を追加しました。Myページにて通知の設定が行えます。

2020年9月22日

企業・投資家の個別ページに掲載情報を追加しました。また、併せて細かい改修を行いました。

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。

スポンサーリンク