大日本コンサルタント株式会社 臨時報告書

提出書類 臨時報告書 異動 子会社化
提出日
提出者 大日本コンサルタント株式会社
カテゴリ 臨時報告書

                                                          EDINET提出書類
                                                 大日本コンサルタント株式会社(E04924)
                                                             臨時報告書
    【表紙】
    【提出書類】                       臨時報告書

    【提出先】                       関東財務局長

    【提出日】                       2021年2月12日

    【会社名】                       大日本コンサルタント株式会社

    【英訳名】                       NIPPON    ENGINEERING      CONSULTANTS      CO.,LTD.

    【代表者の役職氏名】                       代表取締役社長執行役員  新井 伸博

    【本店の所在の場所】                       東京都千代田区神田練塀町300番地

    【電話番号】                       03(5298)2051(代表)

    【事務連絡者氏名】                       執行役員 業務統括部統括部長  税所 博文

    【最寄りの連絡場所】                       東京都千代田区神田練塀町300番地

    【電話番号】                       03(5298)2051(代表)

    【事務連絡者氏名】                       執行役員 業務統括部統括部長  税所 博文

    【縦覧に供する場所】                       株式会社東京証券取引所

                          ( 東京都中央区日本橋兜町2番1号               )
                                 1/2










                                                          EDINET提出書類
                                                 大日本コンサルタント株式会社(E04924)
                                                             臨時報告書
    1【提出理由】
       当社は、2021年2月12日開催の取締役会において、株式会社ダイヤコンサルタント(以下「ダイヤコンサルタ
      ント」といいます。)の株式を取得し(以下「本株式取得」といいます。)、子会社化するための株式譲渡契約
      (以下「本株式譲渡契約」といいます。)を締結することを決議しました。その結果、特定子会社の異動が生じ
      る見込みとなりましたので、金融商品取引法第24条の5第4項及び企業内容等の開示に関する内閣府令第19条2
      項第3号の規定に基づき、本臨時報告書を提出するものであります。
    2【報告内容】

     (1)当該異動に係る特定子会社の名称、住所、代表者の氏名、資本金の額及び事業の内容
      名称                 株式会社ダイヤコンサルタント
      住所                 東京都千代田区三番町6番地3
                       代表取締役社長            野口 泰彦
      代表者の氏名
      資本金の額                 455百万円
                       三菱マテリアル系列の建設コンサルタント事業会社であり、全国を対象に
      事業の内容
                       地質調査を主力として地盤解析などを手掛けている
     ( 2)当該異動の前後における当社の所有に係る当該特定子会社の議決権の数及び当該特定子会社の総株主等の議

       決権に対する割合
        ①  当社の所有に係る当該特定子会社の議決権の数
         異動前  0個
         異動後  20,600個
         ※本株式譲渡契約においては、ダイヤコンサルタントによる三菱マテリアルからの自己株式取得(以下
          「本自己株式取得」といいます。)が実行されない場合には、当社にて追加で最大1,770,000株を株式
          取得する(以下「本追加株式取得」といいます。)ことを規定しておりますが、上記異動後の所有予
          定株式数については本追加株式取得を見込んでおりません。
        ②  当該特定子会社の総株主等の議決権に対する割合

         異動前  0.0%
         異動後  85.5%
         ※異動後の議決権所有割合の計算においては、当社の異動後の所有予定株式数である2,060,000株に係る
          議決権数20,600個を分子とし、2020年12月31日現在のダイヤコンサルタントの発行済株式総数
          (4,700,000株)から本自己株式取得により取得する見込みである株式数2,440,000株(本自己株式取
          得の上限である2,640,000株からダイヤコンサルタント従業員持株会が所有するダイヤコンサルタント
          株式(200,000株)を控除した株式数)を減算し、本自己株式取得の後に自己株式処分によりダイヤコ
          ンサルタント従業員持株会へ割り当てる予定の自己株式150,000株を加算した合計2,410,000株に係る
          議決権数24,100個を分母として計算しております。なお、同日付で提出した株式移転に係る臨時報告
          書に記載のとおり、2021年7月14日(予定)を効力発生日とする共同株式移転により、ダイヤコンサ
          ルタントの普通株式1株に対して、当社及びダイヤコンサルタントの完全親会社となるDNホールディ
          ングス株式会社の普通株式1株が割当交付される予定です。結果、当社の所有に係る当該特定子会社
          の議決権の数は0個、当該特定子会社の総株主等の議決権に対する割合は0.0%となる予定です。
     (3)当該異動の理由及びその年月日

        ①  異動の理由
          本株式取得の実施によりダイヤコンサルタントは当社の子会社となり、また、ダイヤコンサルタント
         の資本金の額が当社の資本金の額の100分の10以上に相当し、ダイヤコンサルタントは当社の特定子会社
         に該当するためです。
        ②  異動の年月日

         2021年7月1日(予定)
                                                       以上
                                 2/2

PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

書類提出日で検索

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2020年12月21日

新規上場の通知機能を追加しました。Myページにて通知の設定が行えます。

2020年9月22日

企業・投資家の個別ページに掲載情報を追加しました。また、併せて細かい改修を行いました。

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。

スポンサーリンク