JASDAQ-TOP20上場投信 半期報告書(内国投資信託受益証券) 第11期(令和2年7月9日-令和3年7月8日)

提出書類 半期報告書(内国投資信託受益証券)-第11期(令和2年7月9日-令和3年7月8日)
提出日
提出者 JASDAQ-TOP20上場投信
カテゴリ 半期報告書(内国投資信託受益証券)

                                                          EDINET提出書類
                                          シンプレクス・アセット・マネジメント株式会社(E14415)
                                                  半期報告書(内国投資信託受益証券)
     【表紙】

      【提出書類】                      半期報告書

      【提出先】                      関東財務局長殿
      【提出日】                      2021年4月8日      提出
      【計算期間】                      第11期中(自      2020年7月9日至        2021年1月8日)
      【ファンド名】                      JASDAQ-TOP20上場投信
      【発行者名】                      シンプレクス・アセット・マネジメント株式会社
      【代表者の役職氏名】                      代表取締役社長        水嶋 浩雅
      【本店の所在の場所】                      東京都千代田区丸の内一丁目5番1号
      【事務連絡者氏名】                      山口 節一
      【連絡場所】                      東京都千代田区丸の内一丁目5番1号
      【電話番号】                      03-5208-5211
      【縦覧に供する場所】                      株式会社東京証券取引所
                           東京都中央区日本橋兜町2番1号
                                 1/36














                                                          EDINET提出書類
                                          シンプレクス・アセット・マネジメント株式会社(E14415)
                                                  半期報告書(内国投資信託受益証券)
    1【ファンドの運用状況】

    【JASDAQ-TOP20上場投信】

    以下の運用状況は2021年             1月29日現在です。
    ・投資比率とはファンドの純資産総額に対する当該資産の時価比率をいいます。
    (1)【投資状況】

             資産の種類                 国・地域          時価合計(円)            投資比率(%)

               株式                日本              872,636,400            99.09
     コール・ローン等、その他資産(負債控除後)                          ―               7,974,540            0.91
                合計(純資産総額)                             880,610,940            100.00
    (2)【運用実績】

    ①【純資産の推移】

                           純資産総額(百万円)              1口当たり純資産額(円)

                                                     東京証券取引所
             期別
                                                     取引価格(円)
                          分配落ち        分配付き       分配落ち       分配付き
      第1計算期間末         (2011年    7月  8日)         1,031        1,035       1,473       1,479       1,475
      第2計算期間末         (2012年    7月  8日)          788        797      1,126       1,139       1,121
      第3計算期間末         (2013年    7月  8日)         5,288        5,288       7,331       7,331       7,300
      第4計算期間末         (2014年    7月  8日)         3,196        3,196       5,772       5,772       5,770
      第5計算期間末         (2015年    7月  8日)         2,284        2,291       4,452       4,466       4,385
      第6計算期間末         (2016年    7月  8日)         1,114        1,129       3,567       3,616       3,530
      第7計算期間末         (2017年    7月  8日)         1,202        1,207       4,479       4,499       4,490
      第8計算期間末         (2018年    7月  8日)         1,092        1,098       4,451       4,477       4,450
      第9計算期間末         (2019年    7月  8日)          834        842      3,833       3,871       3,830
     第10計算期間末         (2020年    7月  8日)          917        922      4,392       4,415       4,420
                 2020年    1月末日          900        ―     4,311        ―      4,315
                     2月末日          769        ―     3,682        ―      3,705
                     3月末日          686        ―     3,288        ―      3,260
                     4月末日          768        ―     3,679        ―      3,665
                     5月末日          890        ―     4,264        ―      4,275
                     6月末日          905        ―     4,336        ―      4,330
                     7月末日          907        ―     4,347        ―      4,390
                     8月末日          868        ―     4,655        ―      4,655
                     9月末日          893        ―     4,789        ―      4,790
                    10月末日             868        ―     4,654        ―      4,670
                    11月末日             914        ―     4,899        ―      4,970
                    12月末日             898        ―     5,174        ―      5,140
                                 2/36


                                                          EDINET提出書類
                                          シンプレクス・アセット・マネジメント株式会社(E14415)
                                                  半期報告書(内国投資信託受益証券)
                 2021年    1月末日          880        ―     5,072        ―      5,060
    (注)計算期間末が東京証券取引所の休業日にあたる場合、東京証券取引所取引価格は直前営業日の終値を表示しています。

    ②【分配の推移】

          期                    期間                 1口当たりの分配金(円)

         第1期       2010年12月      2日~2011年      7月  8日                           5.8000
         第2期       2011年    7月  9日~2012年      7月  8日                           13.3000
         第3期       2012年    7月  9日~2013年      7月  8日                           0.0000
         第4期       2013年    7月  9日~2014年      7月  8日                           0.0000
         第5期       2014年    7月  9日~2015年      7月  8日                           14.0000
         第6期       2015年    7月  9日~2016年      7月  8日                           49.0000
         第7期       2016年    7月  9日~2017年      7月  8日                           20.0000
         第8期       2017年    7月  9日~2018年      7月  8日                           26.0000
         第9期       2018年    7月  9日~2019年      7月  8日                           38.0000
         第10期        2019年    7月  9日~2020年      7月  8日                           23.0000
        当中間期        2020年    7月  9日~2021年      1月  8日                             ―
    ③【収益率の推移】

          期                    期間                    収益率(%)

         第1期       2010年12月      2日~2011年      7月  8日                           △8.14
         第2期       2011年    7月  9日~2012年      7月  8日                           △22.67
         第3期       2012年    7月  9日~2013年      7月  8日                           551.07
         第4期       2013年    7月  9日~2014年      7月  8日                           △21.27
         第5期       2014年    7月  9日~2015年      7月  8日                           △22.63
         第6期       2015年    7月  9日~2016年      7月  8日                           △18.78
         第7期       2016年    7月  9日~2017年      7月  8日                            26.13
         第8期       2017年    7月  9日~2018年      7月  8日                           △0.04
         第9期       2018年    7月  9日~2019年      7月  8日                           △13.03
         第10期        2019年    7月  9日~2020年      7月  8日                            15.18
        当中間期        2020年    7月  9日~2021年      1月  8日                            23.34
    (注)各計算期間の収益率は、計算期間末の基準価額(分配落ち)に当該計算期間の分配金を加算し、当該計算期間の直前の

      計算期間末の基準価額(分配落ち。以下「前期末基準価額」といいます。)を控除した額を前期末基準価額で除して得
      た数に100を乗じた数です。
                                 3/36




                                                          EDINET提出書類
                                          シンプレクス・アセット・マネジメント株式会社(E14415)
                                                  半期報告書(内国投資信託受益証券)
    2【設定及び解約の実績】

    【JASDAQ-TOP20上場投信】

          期                期間              設定口数(口)            解約口数(口)

         第1期       2010年12月      2日~2011年      7月  8日               700,000               0
         第2期       2011年    7月  9日~2012年      7月  8日                  0            0
         第3期       2012年    7月  9日~2013年      7月  8日               399,720            378,247
         第4期       2013年    7月  9日~2014年      7月  8日               98,109           265,773
         第5期       2014年    7月  9日~2015年      7月  8日                  0         40,543
         第6期       2015年    7月  9日~2016年      7月  8日                  0         200,916
         第7期       2016年    7月  9日~2017年      7月  8日                  0         43,867
         第8期       2017年    7月  9日~2018年      7月  8日               50,786            73,812
         第9期       2018年    7月  9日~2019年      7月  8日                3,710           31,489
         第10期        2019年    7月  9日~2020年      7月  8日                7,749           16,556
        当中間期        2020年    7月  9日~2021年      1月  8日                  0         35,243
    (注)第1計算期間の設定口数には、当初設定口数を含みます。

    (注)解約口数は交換口数を表示しております。
                                 4/36












                                                          EDINET提出書類
                                          シンプレクス・アセット・マネジメント株式会社(E14415)
                                                  半期報告書(内国投資信託受益証券)
    3【ファンドの経理状況】

    1.当ファンドの中間財務諸表は、「中間財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和52年大蔵
      省令第38号)並びに同規則第38条の3及び第57条の2の規定により、「投資信託財産の計算に関する規則」
      (平成12年総理府令第133号)に基づいて作成しております。
      なお、中間財務諸表に記載している金額は、円単位で表示しております。
    2.当ファンドは、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、当中間計算期間(2020年                                                  7月  9日から

      2021年    1月  8日まで)の中間財務諸表について、PwCあらた有限責任監査法人による中間監査を受けてお
      ります。
                                 5/36

















                                                          EDINET提出書類
                                          シンプレクス・アセット・マネジメント株式会社(E14415)
                                                  半期報告書(内国投資信託受益証券)
    【JASDAQ-TOP20上場投信】

    (1)【中間貸借対照表】

                                                      (単位:円)
                                    第10期             当中間計算期間末
                                (2020年    7月  8日現在)         (2021年    1月  8日現在)
     資産の部
       流動資産
                                       465,953,006               647,795,152
        コール・ローン
                                       915,522,800               932,528,800
        株式
                                         423,000              1,656,600
        未収配当金
                                          17,110
        未収利息                                                   -
                                         989,629               291,880
        その他未収収益
                                      1,382,905,545               1,582,272,432
        流動資産合計
                                      1,382,905,545               1,582,272,432
       資産合計
     負債の部
       流動負債
                                        4,804,033
        未払収益分配金                                                   -
                                         701,690               860,320
        未払受託者報酬
                                        3,943,273               4,694,632
        未払委託者報酬
                                           512               699
        未払利息
                                       454,000,000               634,000,000
        受入担保金
                                        2,170,812               2,155,218
        その他未払費用
                                       465,620,320               641,710,869
        流動負債合計
                                       465,620,320               641,710,869
       負債合計
     純資産の部
       元本等
                                       336,282,310               279,541,080
        元本
        剰余金
                                       581,002,915               661,020,483
          中間剰余金又は中間欠損金(△)
                                         166,845               166,845
          (分配準備積立金)
                                       917,285,225               940,561,563
        元本等合計
                                       917,285,225               940,561,563
       純資産合計
                                      1,382,905,545               1,582,272,432
     負債純資産合計
                                 6/36









                                                          EDINET提出書類
                                          シンプレクス・アセット・マネジメント株式会社(E14415)
                                                  半期報告書(内国投資信託受益証券)
    (2)【中間損益及び剰余金計算書】

                                                      (単位:円)
                                  前中間計算期間               当中間計算期間
                                (自 2019年      7月  9日       (自 2020年      7月  9日
                                至 2020年      1月  8日)       至 2021年      1月  8日)
     営業収益
                                        5,595,900               4,384,800
       受取配当金
                                         102,649                81,531
       受取利息
                                       149,629,357               191,403,767
       有価証券売買等損益
                                        4,725,614               5,545,244
       その他収益
                                       160,053,520               201,415,342
       営業収益合計
     営業費用
                                          91,461               105,934
       支払利息
                                         748,649               860,320
       受託者報酬
                                        4,161,455               4,694,632
       委託者報酬
                                        1,908,038               2,155,218
       その他費用
                                        6,909,603               7,816,104
       営業費用合計
                                       153,143,917               193,599,238
     営業利益又は営業損失(△)
                                       153,143,917               193,599,238
     経常利益又は経常損失(△)
                                       153,143,917               193,599,238
     中間純利益又は中間純損失(△)
     一部交換に伴う中間純利益金額の分配額又は一部交
                                            -               -
     換に伴う中間純損失金額の分配額(△)
                                       483,985,521               581,002,915
     期首剰余金又は期首欠損金(△)
                                        22,428,927
     剰余金増加額又は欠損金減少額                                                      -
       中間一部交換に伴う剰余金増加額又は欠損金減少
                                            -               -
       額
       中間追加信託に伴う剰余金増加額又は欠損金減少
                                        22,428,927
                                                           -
       額
                                        40,434,640               113,581,670
     剰余金減少額又は欠損金増加額
       中間一部交換に伴う剰余金減少額又は欠損金増加
                                        40,434,640               113,581,670
       額
       中間追加信託に伴う剰余金減少額又は欠損金増加
                                            -               -
       額
                                            -               -
     分配金
                                       619,123,725               661,020,483
     中間剰余金又は中間欠損金(△)
                                 7/36









                                                          EDINET提出書類
                                          シンプレクス・アセット・マネジメント株式会社(E14415)
                                                  半期報告書(内国投資信託受益証券)
    (3)【中間注記表】

    (重要な会計方針に係る事項に関する注記)

    有価証券の評価基準及び評価方法                  株式

                       移動平均法に基づき、以下の通り原則として時価で評価しております。
                      (1)金融商品取引所等に上場されている有価証券
                       金融商品取引所等に上場されている有価証券は、原則として金融商品取引所等に
                      おける計算期間末日の最終相場(外貨建証券の場合は計算期間末日において知りう
                      る直近の最終相場)で評価しております。
                       計算期間末日に当該金融商品取引所等の最終相場がない場合には、当該金融商品
                      取引所等における直近の日の最終相場で評価しておりますが、直近の日の最終相場
                      によることが適当でないと認められた場合は、当該金融商品取引所等における計算
                      期間末日又は直近の日の気配相場で評価しております。
                      (2)金融商品取引所等に上場されていない有価証券
                       当該有価証券については、原則として、日本証券業協会発表の売買参考統計値
                      (平均値)、金融機関の提示する価額(ただし、売気配相場は使用しない)又は価
                      格提供会社の提供する価額のいずれかから入手した価額で評価しております。
                      (3)時価が入手できなかった有価証券
                       適正な評価額を入手できなかった場合又は入手した評価額が時価と認定できない
                      事由が認められた場合は、投資信託委託会社が忠実義務に基づいて合理的事由を
                      もって時価と認めた価額もしくは受託者と協議のうえ両者が合理的事由をもって時
                      価と認めた価額で評価しております。
    (中間貸借対照表に関する注記)

                         第10期                    当中間計算期間末

         区分
                      (2020年    7月  8日現在)                (2021年    1月  8日現在)
    1.   信託財産に係る期首
       元本額、期中追加設
       定元本額及び期中交
       換元本額
                期首元本額                350,461,580円      期首元本額                336,282,310円
                期中追加設定元本額                 12,475,890円      期中追加設定元本額                     -円
                期中交換元本額                 26,655,160円      期中交換元本額                 56,741,230円
    2.   受益権の総数                           208,871口                      173,628口
    3.   株式貸借取引          有価証券の消費貸借契約により貸し付けた有価証券                       有価証券の消費貸借契約により貸し付けた有価証券
                は次の通りであります。                      は次の通りであります。
                           株式 435,533,300円                                 株式 617,097,000円
    (中間損益及び剰余金計算書に関する注記)

    該当事項はありません。

    (金融商品に関する注記)
    金融商品の時価等に関する事項
                                 8/36


                                                          EDINET提出書類
                                          シンプレクス・アセット・マネジメント株式会社(E14415)
                                                  半期報告書(内国投資信託受益証券)
                              第10期                 当中間計算期間末

                           (2020年    7月  8日現在)             (2021年    1月  8日現在)
           項目
    1.中間貸借対照表計上額、時価及びそ                   貸借対照表計上額は期末の時価で計上                    中間貸借対照表計上額は中間期末の時
      の差額                 しているためその差額はありません。                   価で計上しているためその差額はありま
                                          せん。
    2.時価の算定方法                  (1)有価証券                   (1)有価証券
                       「注記表(重要な会計方針に係る事項                    「中間注記表(重要な会計方針に係る
                      に関する注記)」に記載しております。                   事項に関する注記)」に記載しておりま
                                          す。
                      (2)デリバティブ取引                   (2)デリバティブ取引
                       該当事項はありません。                   同左
                      (3)上記以外の金融商品                   (3)上記以外の金融商品
                       上記以外の金融商品(コール・ローン                   同左
                      等)は、短期間で決済され、時価は帳簿
                      価額と近似していることから、当該金融
                      商品の帳簿価額を時価としております。
    3.金融商品の時価等に関する事項につ                   金融商品の時価には、市場価格に基づ                   同左
      いての補足説明                 く価額のほか、市場価格がない場合には
                      合理的に算出された価額が含まれており
                      ます。当該価額の算定においては一定の
                      前提条件等を採用しているため、異なる
                      前提条件等によった場合、当該価額が異
                      なることもあります。
    (有価証券に関する注記)

    該当事項はありません。
    (デリバティブ取引等に関する注記)

    取引の時価等に関する事項
    該当事項はありません。

    (1口当たり情報に関する注記)


                 第10期                          当中間計算期間末

             (2020年     7月  8日現在)                     (2021年     1月  8日現在)
         1口当たりの純資産額           4,392円                  1口当たりの純資産額           5,417円
                                 9/36




                                                          EDINET提出書類
                                          シンプレクス・アセット・マネジメント株式会社(E14415)
                                                  半期報告書(内国投資信託受益証券)
    4【委託会社等の概況】

    (1)【資本金の額】

       資本金の額等(        2021年1月末      現在)
        ①資本金        370百万円
        ②発行する株式の総数               12,000株
        ③発行済株式の総数                  7,400株
        ④直近5ヵ年における主な資本金の額の増減
         該当事項はございません。
    (2)【事業の内容及び営業の状況】

     ・「投資信託及び投資法人に関する法律」に定める投資信託委託会社である委託会社は、証券投資信託の設
       定を行うとともに「金融商品取引法」に定める金融商品取引業者としてその運用(投資運用業)を行って
       います。また「金融商品取引法」に定める投資助言業務および第二種金融商品取引業務を行っています。
     ・委託会社が運用する証券投資信託は                   2021年1月29日       現在、以下の通りです。(親投資信託を除きます。)
            ファンドの種類                本数       純資産総額(百万円)
          追加型株式投資信託                           575,035
                            75
          単位型株式投資信託                           108,559
                            39
          単位型公社債投資信託                            14,570
                            7
              合計                       698,164
                           121
    (3)【その他】

    (1)定款の変更
        委託会社の定款の変更に関しては、株主総会の決議が必要です。
    (2)訴訟事件その他の重要事項
        委託会社に重要な影響を与えた事実、または与えると予想される訴訟事件などは発生していません。
                                10/36










                                                          EDINET提出書類
                                          シンプレクス・アセット・マネジメント株式会社(E14415)
                                                  半期報告書(内国投資信託受益証券)
    5【委託会社等の経理状況】

    (1)年次財務諸表
    1.  委託会社の財務諸表は、「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和38年大蔵省令第
       59号、以下「財務諸表等規則」という)第2条に基づき、同規則及び「金融商品取引業等に関する内閣府
       令」(平成19年8月6日 内閣府令第52号)により作成しております。
        財務諸表に記載している金額については、千円未満の端数を切り捨てにより表示しております。
    2.  委託会社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第21期事業年度(自2019年4月1日 至

       2020年3月31日)の財務諸表について、有限責任                         あずさ監査法人により監査を受けております。
    (2)中間財務諸表

    1.  委託会社の中間財務諸表は「中間財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和52年大蔵
       省令第38号、以下「中間財務諸表等規則」という)第38条及び第57条の規定に基づき、同規則及び「金融
       商品取引業等に関する内閣府令」(平成19年8月6日 内閣府令第52号)により作成しております。
        中間財務諸表に記載している金額については、千円未満の端数を切り捨てにより表示しております。
    2.  委託会社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、当中間会計期間(自2020年4月1日 至

       2020年9月30日)の中間財務諸表について、有限責任                           あずさ監査法人による中間監査を受けております。
    (1)【貸借対照表】

                                                    (単位:千円)

                              前事業年度                  当事業年度
                      期別
                           (2019年3月31日現在)                  (2020年3月31日現在)
    科目
                              金  額                  金  額
    (資産の部)
     Ⅰ流動資産
       1 現金・預金                              1,988,187                  2,951,245
       2 直販顧客分別金信託                                 100                  100
       3 前払費用                                21,079                  16,636
       4 未収委託者報酬                               284,450                  307,663
       5 未収運用受託報酬                               511,284                  693,545
       6 未収投資助言報酬                                1,063                   -
       7 未収還付法人税等                               407,066                    -
       8 未収還付消費税等                                96,067                    -
       9 その他                                50,085                  89,364
      流動資産計
                                     3,359,384                  4,058,555
     Ⅱ固定資産
       1 有形固定資産                                16,543                  20,005
        (1)建物付属設備                *1     12,128             *1     11,127
        (2)器具備品                *1     4,414            *1     8,878
       2 無形固定資産                                 761                  761
        (1)電話加入権                       761                  761
       3 投資その他の資産                               103,711                  104,149
        (1)投資有価証券                     28,912                  26,135
        (2)長期差入保証金                     74,129                  75,075
        (3)長期前払費用                       670                 2,939
      固定資産計                               121,016                  124,916
                                     3,480,400                  4,183,472
     資産合計
                                11/36

                                                          EDINET提出書類
                                          シンプレクス・アセット・マネジメント株式会社(E14415)
                                                  半期報告書(内国投資信託受益証券)
                                                    (単位:千円)

                              前事業年度                  当事業年度
                     期別
                           (2019年3月31日現在)                  (2020年3月31日現在)
    科目
                              金  額                  金  額
    (負債の部)
     Ⅰ流動負債
       1 預り金                                83,298                  73,364
       2 未払金                              1,115,830                  1,420,140
       3 関係会社未払金                                4,860                  4,950
       4 未払費用                                16,471                  19,548
       5 未払法人税等                                  -               350,928
       6 未払消費税等                                  -                23,597
                                       9,121                 17,009
       7 前受金
      流動負債計
                                     1,229,582                  1,909,538
     Ⅱ固定負債
       1 資産除去債務                                24,654                  24,894
                                      16,586                   443
       2 繰延税金負債
      固定負債計                                41,241                  25,338
                                     1,270,823                  1,934,876
     負債合計
    (純資産の部)

     Ⅰ株主資本
       1 資本金                               370,000                  370,000
       2 利益剰余金
        (1)利益準備金                     92,500                  92,500
        (2)その他利益剰余金
        繰越利益剰余金                   1,748,206                  1,790,060
                                     1,840,706                  1,882,560
       利益剰余金計
      株主資本計                              2,210,706                  2,252,560
     Ⅱ評価・換算差額等
                                     △  1,129                △  3,965
       1 その他有価証券評価差額金
                                     △  1,129                △  3,965
      評価・換算差額等計
     純資産合計                               2,209,576                  2,248,595
                                     3,480,400                  4,183,472
     負債・純資産合計
    (2)【損益計算書】


                                                    (単位:千円)

                              前事業年度                  当事業年度
                            (自   2018年4月     1日          (自   2019年4月     1日
                      期別
                             至  2019年3月31日)                至  2020年3月31日)
    科目
                              金  額                  金  額
     Ⅰ営業収益

       1 委託者報酬
                            3,051,139                  2,564,725
                                12/36


                                                          EDINET提出書類
                                          シンプレクス・アセット・マネジメント株式会社(E14415)
                                                  半期報告書(内国投資信託受益証券)
       2 運用受託報酬
                            1,408,907                  2,747,460
       3 投資助言報酬
                              9,512       4,469,560            -     5,312,186
     Ⅱ営業費用
       1 支払手数料
                             201,275                  208,965
       2 調査費
       (1)調査費                      39,573                  37,225
       (2)委託調査費                     235,599                  138,052
       3 委託計算費
                             14,043                  18,336
       4 通信費
                              2,560                  2,508
                                      493,052                  405,087
     Ⅲ一般管理費
       1 給料
       (1)役員報酬                    1,392,600                  1,352,600
       (2)給料・手当                     380,772                  383,233
       (3)賞与・退職金等                    1,030,954                  1,338,197
       2 交際費
                              4,363                  7,253
       3 旅費交通費
                             25,772                  20,835
       4 業務事務委託費
                             13,570                  15,835
       5 租税公課
                             37,123                  48,325
       6 不動産賃借料
                             109,033                  112,369
       7 固定資産減価償却費
                              5,611                  7,258
       8 諸経費
                        *1    160,134        3,159,935     *1    174,055        3,459,964
      営業利益
                                      816,571                 1,447,134
     Ⅳ営業外収益
       1 受取利息
                              5,229                   452
       2 為替差益
                             36,235                    -
       3 受取配当金
                               -                 320
       4 還付加算金
                               -                4,645
       5 その他の営業外収益
                               32                  -
                                      41,497                  5,417
     Ⅴ営業外費用
       1 為替差損
                               -                6,384
       2 その他の営業外費用                       545         545         -       6,384
      経常利益
                                      857,523                 1,446,168
     Ⅵ特別損失
      1 固定資産除却損
                               -         -        806         806
      税引前当期純利益
                                      857,523                 1,445,361
      法人税、住民税及び事業税                      196,358                  419,603
                                             △  16,101
                             15,657        212,016                  403,501
      法人税等調整額
                                      645,507                 1,041,860
      当期純利益
    (3)【株主資本等変動計算書】


      前事業年度(自 2018年4月1日 至 2019年3月31日)

                                                     (単位:千円)
                                                評価・換算
                              株主資本
                                                 差額等
                            利益剰余金
                                                       純資産合計
                             その他                    その他
                                          株主資本
                 資本金           利益剰余金                     有価証券
                                   利益剰余金
                                13/36


                                                          EDINET提出書類
                                          シンプレクス・アセット・マネジメント株式会社(E14415)
                                                  半期報告書(内国投資信託受益証券)
                      利益準備金               合計       合計     評価差額金
                              繰越
                            利益剰余金
                                                   △  68
    当期首残高             370,000       92,500     3,502,704       3,595,204       3,965,204             3,965,136
    当期変動額
                            △  2,400,005     △  2,400,005                  △  2,400,005
     剰余金の配当               -      -                △2,400,005           -
     当期純利益               -      -    645,507       645,507       645,507         -    645,507
     株主資本以外の項目の
                                                  △  1,061     △  1,061
                    -      -       -       -       -
     当期変動額(純額)
                            △  1,754,497     △  1,754,497             △  1,061   △  1,755,559
    当期変動額合計                -      -                △1,754,497
                                                  △  1,129
    当期末残高             370,000       92,500     1,748,206       1,840,706       2,210,706             2,209,576
      当事業年度(自 2019年4月1日 至 2020年3月31日)

                                                     (単位:千円)
                                                評価・換算
                              株主資本
                                                 差額等
                            利益剰余金
                                                       純資産合計
                             その他                    その他
                                          株主資本
                 資本金           利益剰余金                     有価証券
                                   利益剰余金
                                           合計
                      利益準備金
                                                評価差額金
                                    合計
                              繰越
                            利益剰余金
                                                  △  1,129
    当期首残高             370,000       92,500     1,748,206       1,840,706       2,210,706             2,209,576
    当期変動額
                            △  1,000,006     △  1,000,006                  △  1,000,006
     剰余金の配当               -      -                △1,000,006           -
     当期純利益               -      -   1,041,860       1,041,860       1,041,860          -   1,041,860
     株主資本以外の項目の
                                                  △  2,835     △  2,835
                    -      -       -       -       -
     当期変動額(純額)
                                                  △  2,835
    当期変動額合計                -      -     41,853       41,853       41,853             39,018
                                                  △  3,965
    当期末残高             370,000       92,500     1,790,060       1,882,560       2,252,560             2,248,595
    [重要な会計方針]

    1.有価証券の評価基準及び評価方法
      その他有価証券
      時価のあるもの
       決算期末日の市場価格等に基づく時価法(評価差額は全部純資産直入法により処理し、売却原価は、移動
      平均法により算定)
    2.固定資産の減価償却の方法

      (1)有形固定資産
          主として定率法によっております。ただし、2016年4月1日以降に取得した建物付属設備について
         は、定額法によっております。
          なお、主な耐用年数は以下のとおりであります。
           建物付属設備 10年~18年
           器具備品            3年~15年
      (2)無形固定資産

          定額法によっております。
          なお、自社利用のソフトウェアについては、社内における見込み利用可能期間(3年又は5年)に基
         づく定額法を採用しております。
    3.その他財務諸表作成のための基本となる重要な事項

                                14/36


                                                          EDINET提出書類
                                          シンプレクス・アセット・マネジメント株式会社(E14415)
                                                  半期報告書(内国投資信託受益証券)
      消費税等の処理方法
       消費税等の会計処理は税抜方式によっております。
    [未適用の会計基準等]

    「収益認識に関する会計基準」等
      ・「収益認識に関する会計基準」(企業会計基準第29号 平成30年3月30日 企業会計基準委員会)
      ・「収益認識に関する会計基準の適用指針」(企業会計基準適用指針第30号 平成30年3月30日 企業会計
       基準委員会)
     (1)概要

         国際会計基準審議会(IASB)及び米国財務会計基準審議会(FASB)は、共同して収益認識に関する包
        括的な会計基準の開発を行い、2014年5月に「顧客との契約から生じる収益」(IASBにおいてはIFRS第15
        号、FASBにおいてはTopic606)を公表しており、IFRS第15号は2018年1月1日以後開始する事業年度か
        ら、Topic606は2017年12月15日より後に開始する事業年度から適用される状況を踏まえ、企業会計基準
        委員会において、収益認識に関する包括的な会計基準が開発され、適用指針と合わせて公表されたもの
        です。
         企業会計基準委員会の収益認識に関する会計基準の開発にあたっての基本的な方針として、IFRS第15
        号と整合性を図る便益の1つである財務諸表間の比較可能性の観点から、IFRS第15号の基本的な原則を
        取り入れることを出発点とし、会計基準を定めることとされ、また、これまで我が国で行われてきた実
        務等に配慮すべき項目がある場合には、比較可能性を損なわない範囲で代替的な取扱いを追加すること
        とされております。
     (2)適用予定日

         2022年3月期の期首から適用します。
     (3)当該会計基準等の適用による影響

         「収益認識に関する会計基準」等の適用による財務諸表に与える影響額については、現時点で評価中
        であります。
    [注記事項]

    (貸借対照表関係)
    *1有形固定資産の減価償却累計額は以下のとおりであります。
                         前事業年度                 当事業年度
                       (2019年3月31日)                 (2020年3月31日)
     建物付属設備                    44,763千円                 47,834千円
     器具備品                    21,446千円                 18,376千円
     計                    66,210千円                 66,210千円
    (損益計算書関係)

    *1関係会社との取引に係るものは、以下のとおりであります。
                         前事業年度                 当事業年度
                      (自 2018年4月1日                 (自 2019年4月1日
                       至 2019年3月31日)                 至 2020年3月31日)
     諸経費                    18,000千円                 18,000千円
    (株主資本等変動計算書関係)

    前事業年度(自 2018年4月1日 至 2019年3月31日)
     1.発行済株式の種類及び総数に関する事項                                         (単位:株)
               当事業年度期首             増加          減少        当事業年度末
                     7,400           -          -        7,400
     普通株式
                                15/36


                                                          EDINET提出書類
                                          シンプレクス・アセット・マネジメント株式会社(E14415)
                                                  半期報告書(内国投資信託受益証券)
                     7,400           -          -        7,400
     合計
     2.配当に関する事項

    (1)配当金支払額
                      配当金の総額        1株当たり配当額
        決議       株式の種類                           基準日         効力発生日
                       (千円)         (円)
     2018年6月27日
                普通株式        2,400,005           324,325      2018年3月31日           2018年6月30日
     定時株主総会
    (2)基準日が当事業年度に属する配当のうち、配当の効力発生日が翌事業年度となるもの

                      配当金の総額        1株当たり配当額
        決議       株式の種類                           基準日         効力発生日
                       (千円)         (円)
     2019年6月27日
                普通株式        1,000,006           135,136      2019年3月31日           2019年6月30日
     定時株主総会
    当事業年度(自 2019年4月1日 至 2020年3月31日)

     1.発行済株式の種類及び総数に関する事項                                         (単位:株)
               当事業年度期首             増加          減少        当事業年度末
                     7,400           -          -        7,400
     普通株式
                     7,400           -          -        7,400
     合計
     2.配当に関する事項

    (1)配当金支払額
                      配当金の総額        1株当たり配当額
        決議       株式の種類                           基準日         効力発生日
                       (千円)         (円)
     2019年6月27日
                普通株式        1,000,006           135,136      2019年3月31日           2019年6月30日
     定時株主総会
    (2)基準日が当事業年度に属する配当のうち、配当の効力発生日が翌事業年度となるもの

       以下の決議を予定しております。
                      配当金の総額        1株当たり配当額
        決議       株式の種類                           基準日         効力発生日
                       (千円)         (円)
     2020年6月25日
                普通株式         850,001          114,865      2020年3月31日           2020年6月30日
     定時株主総会
    (リース取引関係)

    1.オペレーティング・リース取引のうち解約不能のものに係る未経過リース料
                                             (単位:千円)
                         前事業年度                 当事業年度
                       (2019年3月31日)                 (2020年3月31日)
     1年以内                           63,443                 63,443
     1年超                           158,609                  95,165
     合計                           222,052                 158,609
    (金融商品に関する注記)

    1.金融商品の状況に関する事項
     (1)金融商品に関する取組方針
           当社は、投資運用業及び投資助言業などの金融サービス事業を行っています。そのため、資金運用
         については、短期的で安全性の高い金融資産に限定し、財務体質の健全性、安全性、流動性の確保を
         第一とし、顧客利益に反しない運用を行っています。
                                16/36


                                                          EDINET提出書類
                                          シンプレクス・アセット・マネジメント株式会社(E14415)
                                                  半期報告書(内国投資信託受益証券)
     (2)金融商品の内容およびそのリスク
           営業債権である未収委託者報酬、未収運用受託報酬及び未収投資助言報酬は、当社が運用を委託さ
         れている信託財産から回収を行っており、回収に係る信用リスクは僅少と判断しております。
           投資有価証券は、当社設定の投資信託に対するシードマネーであり、市場価格の変動リスクに晒さ
         れております。
           長期差入保証金については、オフィスおよび社宅の敷金であります。
           営業債権である未収委託者報酬、未収運用受託報酬及び未収投資助言報酬と、営業債務である未払
         金及び関係会社未払金は、すべて1年以内の支払期日であります。なお、営業債務の支払のタイミン
         グは、営業債権とほぼ連動しており、営業債権及び営業債務の流動性リスクは僅少と判断しておりま
         す。
     (3)金融商品に係るリスク管理体制

         ①  信用リスク
            営業債権は、当社が運用を委託されている信託財産から回収を行っており、回収に係る信用リ
           スクは僅少であります。当社は、営業債権の算出の基となる各ファンドの純資産について信託銀
           行と定期的に残高照合し、ファンドごとに期日及び残高を管理しております。
         ②  流動性リスク
            上記のとおり、営業債務の支払のタイミングは、営業債権とほぼ連動しており、営業債権及び
           営業債務の流動性リスクは僅少であります。
         ③  市場リスク
            当社は、外貨建ての預金及び営業債権について、月次ベースで為替変動リスクを測定し、モニ
           タリングを実施しております。また投資有価証券に関しては、定期的に時価や発行体(投資先企
           業)の財務状況等を把握し、保有状況の継続的な見直しを行っております。
    2.金融商品の時価等に関する事項

      貸借対照表計上額、時価およびこれらの差額については、次のとおりであります。
     前事業年度(2019年3月31日)                                          (単位:千円)
                         貸借対照表
                                      時価           差額
                          計上額
     (1)  現金・預金
                           1,988,187           1,988,187               -
     (2)  未収委託者報酬
                            284,450           284,450              -
     (3)  未収運用受託報酬
                            511,284           511,284              -
     (4)  未収投資助言報酬
                              1,063           1,063             -
     (5)  未収還付法人税等
                            407,066           407,066              -
     (6)  未収還付消費税等
                             96,067           96,067             -
     (7)  長期差入保証金
                             74,129           74,129             -
     (8)  投資有価証券
                                                      -
                             28,912           28,912
       その他有価証券
          資産計                  3,391,160           3,391,160               -
     (1)  未払金
                           1,115,830           1,115,830               -
     (2)  関係会社未払金
                              4,860           4,860             -
          負債計                  1,120,690           1,120,690               -
     当事業年度(2020年3月31日)                                          (単位:千円)

                         貸借対照表
                                      時価           差額
                          計上額
     (1)  現金・預金
                           2,951,245           2,951,245               -
     (2)  未収委託者報酬
                             307,663           307,663              -
     (3)  未収運用受託報酬
                             693,545           693,545              -
                                17/36


                                                          EDINET提出書類
                                          シンプレクス・アセット・マネジメント株式会社(E14415)
                                                  半期報告書(内国投資信託受益証券)
     (8)  投資有価証券
                                                      -
                             26,135           26,135
       その他有価証券
          資産計                  3,978,589           3,978,589               -
     (1)  未払金
                           1,420,140           1,420,140               -
     (3)  未払法人税等
                             350,928           350,928              -
          負債計                  1,771,068           1,771,068               -
    (注1)金融商品の時価の算定方法に関する事項

     (資産)
     (1)現金・預金、(2)未収委託者報酬、(3)未収運用受託報酬、(4)未収投資助言報酬、
     (5)未収還付法人税等、(6)未収還付消費税等
         これらはすべて短期で決済されるため、時価は帳簿価額と近似していることから、当該帳簿価額に
        よっております。
     (7)長期差入保証金
         長期差入保証金の時価については、賃貸借契約の内容及び敷金の性質から帳簿価額にほぼ等しいた
        め、当該帳簿価額によっております。
     (8)投資有価証券
         投資有価証券は当社設定の投資信託であります。これらの時価は公表されている基準価格によってお
        ります。
     (負債)

     (1)未払金、(2)関係会社未払金、(3)未払法人税等
         これらはすべて短期で決済されるため、時価は帳簿価額と近似していることから、当該帳簿価額に
        よっております。
    (注2)金融債権等の決算日後の償還予定額

       前事業年度(2019年3月31日)                                          (単位:千円)
                                  1年超         5年超
                         1年以内                          10年超
                                 5年以内        10年以内
       (1)  現金・預金
                         1,988,187             -         -         -
       (2)  未収委託者報酬
                          284,450            -         -         -
       (3)  未収運用受託報酬
                          511,284            -         -         -
       (4)  未収投資助言報酬
                            1,063          -         -         -
       (5)  未収還付法人税等
                          407,066            -         -         -
       (6)  未収還付消費税等
                           96,067           -         -         -
       (7)  長期差入保証金
                             -      74,129           -         -
       (8)  投資有価証券
                             -         -      20,136           -
         その他有価証券のうち
         満期があるもの
           合計              3,288,119          74,129         20,136           -
       当事業年度(2020年3月31日)                                          (単位:千円)

                                  1年超         5年超
                         1年以内                          10年超
                                 5年以内        10年以内
       (1)  現金・預金
                                      -         -         -
                         2,951,245
       (2)  未収委託者報酬
                                      -         -         -
                          307,663
       (3)  未収運用受託報酬
                                      -         -         -
                          693,545
       (8)  投資有価証券
         その他有価証券のうち
         満期があるもの                    -        101       17,826           -
           合計              3,952,454            101       17,826           -
                                18/36


                                                          EDINET提出書類
                                          シンプレクス・アセット・マネジメント株式会社(E14415)
                                                  半期報告書(内国投資信託受益証券)
    (注3)社債、長期借入金、リース債務及びその他の有利子負債の決算日後の返済予定額

     該当事項はありません。
    (有価証券関係)

      1.その他有価証券
      前事業年度(2019年3月31日)                                      (単位:千円)
                       貸借対照表
            区分                      取得原価            差額
                        計上額
      貸借対照表計上額が
      取得原価を超えるもの
        投資信託受益証券                    20,136           20,000            136
            小計               20,136           20,000            136
      貸借対照表計上額が
      取得原価を超えないもの
        投資信託受益証券                    8,776          10,000          △1,224
            小計                8,776          10,000          △1,224
            合計               28,912           30,000          △1,088
      当事業年度(2020年3月31日)                                      (単位:千円)

                       貸借対照表
            区分                      取得原価            差額
                        計上額
      貸借対照表計上額が
      取得原価を超えるもの
        投資信託受益証券                     101           100            1
            小計                 101           100            1
      貸借対照表計上額が
      取得原価を超えないもの
        投資信託受益証券                    26,034           30,000          △3,966
            小計               26,034           30,000          △3,966
            合計               26,135           30,100          △3,964
    (デリバティブ取引関係)

      該当事項はありません。
    (退職給付関係)

      該当事項はありません。
    (持分法損益等)

      該当事項はありません。
    (税効果会計関係)

    1.繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別の内訳
                           前事業年度                当事業年度
                         (2019年3月31日)                (2020年3月31日)
     繰延税金資産
      未払費用否認                          8,413千円                9,063千円
      未払事業税                              -           22,998千円
      その他有価証券評価差額金                           374千円              1,214千円
      資産除去債務                          7,549千円                7,622千円
                                19/36


                                                          EDINET提出書類
                                          シンプレクス・アセット・マネジメント株式会社(E14415)
                                                  半期報告書(内国投資信託受益証券)
     繰延税金資産小計                           16,337千円                40,900千円
      評価性引当額(注)                         △16,337千円                △40,900千円
     繰延税金資産合計                               -                -
     繰延税金負債
      還付事業税                         △15,879千円                     -
      その他有価証券評価差額金                           △41千円                △0千円
      固定資産(除去費用)                          △665千円                △443千円
      繰延税金負債合計                         △16,586千円                 △443千円
     繰延税金負債の純額                          △16,586千円                 △443千円
     (注)評価性引当額が24,562千円増加しております。この増加の主な内容は、未払事業税に係る評価性引当
    額が22,998千円増加したことによります。
    2.法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との間に重要な差異があるときの当該差異の原因と

      なった主要な項目別の内訳
                                前事業年度              当事業年度
                              (2019年3月31日)              (2020年3月31日)
     法定実効税率                                 30.6%              30.6%
     (調整)
     交際費等永久に損金に算入されない項目                                 0.1%              0.1%
     評価性引当額の増減                                △6.0%                1.7%
     特別税額控除                                   -            △4.5%
     その他                                △0.1%              △0.1%
     税効果会計適用後の法人税等の負担率                                 24.6%              27.8%
    (資産除去債務関係)

    資産除去債務のうち貸借対照表に計上しているもの
     (1)当該資産除去債務の概要
        オフィスの不動産賃貸借契約に伴う原状回復義務等であります。
     (2)当該資産除去債務の金額の算定方法

        使用見込期間を取得から15年半と見積り、割引率は0.56%から1.145%を使用して資産除去債務の金額を
        計算しております。
                             前事業年度                 当事業年度

                          (自 2018年4月1日                 (自 2019年4月1日
                           至 2019年3月31日)                 至 2020年3月31日)
       期首残高                      24,417千円                 24,654千円
       時の経過による調整額                        237千円                 240千円
       期末残高                      24,654千円                 24,894千円
    (セグメント情報等)

    セグメント情報
     当社の報告セグメントは、「投資運用・顧問業」という単一セグメントであるため、記載を省略しておりま
    す。
    関連情報

    1 製品及びサービスごとの情報
    前事業年度(自 2018年4月1日 至 2019年3月31日)
                                                (単位:千円)
                     投資信託          投資一任         投資助言           合計
                                20/36


                                                          EDINET提出書類
                                          シンプレクス・アセット・マネジメント株式会社(E14415)
                                                  半期報告書(内国投資信託受益証券)
     外部顧客への営業収益                 3,051,139          1,408,907           9,512       4,469,560
    当事業年度(自 2019年4月1日 至 2020年3月31日)

                                                 (単位:千円)
                       投資信託            投資一任              合計
     外部顧客への営業収益                     2,564,725            2,747,460            5,312,186
    2 地域ごとの情報

    (1)  営業収益
    前事業年度(自 2018年4月1日 至 2019年3月31日)
                                                 (単位:千円)
         日本           香港       英国バージン諸島             その他           合計
         3,068,617           1,191,692            140,081           69,168         4,469,560
    当事業年度(自 2019年4月1日 至 2020年3月31日)

                                                 (単位:千円)
         日本           香港       英国バージン諸島             その他           合計
         2,583,217           2,514,791            211,389           2,787        5,312,186
    (注)営業収益は顧客の所在地を基礎とし、国又は地域に分類しております。
    (2)  有形固定資産

      本邦に所在している有形固定資産の金額が貸借対照表の有形固定資産の金額の90%を超えるため、地域ごと
    の有形固定資産の記載を省略しております。
    3 主要な顧客ごとの情報

    前事業年度(自 2018年4月1日 至 2019年3月31日)
                                               (単位:千円)
              顧客の名称                   営業収益          関連するセグメント名
     シンプレクス・アセット・マネジメント
                                   1,191,692         投資運用・顧問業
     (香港)カンパニー・リミテッド
    当事業年度(自 2019年4月1日 至 2020年3月31日)

                                               (単位:千円)
              顧客の名称                   営業収益          関連するセグメント名
     シンプレクス・アセット・マネジメント
                                   2,514,791         投資運用・顧問業
     (香港)カンパニー・リミテッド
    報告セグメントごとの固定資産の減損損失に関する情報

    該当事項はありません。
    報告セグメントごとののれんの償却及び未償却残高に関する情報

    該当事項はありません。
    報告セグメントごとの負ののれん発生益に関する情報

    該当事項はありません。
    (関連当事者との取引)

     1.関連当事者との取引
     (1)  財務諸表提出会社の親会社等
     前事業年度(自 2018年4月1日 至 2019年3月31日)
                                21/36


                                                          EDINET提出書類
                                          シンプレクス・アセット・マネジメント株式会社(E14415)
                                                  半期報告書(内国投資信託受益証券)
                   資本金           議決権等
         会社等の           又は    事業の内容       の所有    関連当事者            取引金額          期末残高
     種  類
               所在地                          取引の内容            科目
          名称         出資金     又は職業      (被所有)     との関係           (千円)          (千円)
                   (千円)           割合(%)
         ㈱シン   プ レ
                                   持株会社形
          クス・
                              (被所有)
                                         経営指導
               東京都          子会社          式の子会社                関係会社
         ファイナン
                                         ・管理料
     親会社               370,000           直接・                 18,000          4,860
              千代田区          支配・管理           支配、役員                 未払金
         シャル・
                                          の支払
                               100%
                                    の兼任
         ホールディ
          ングス
     当事業年度(自 2019年4月1日 至 2020年3月31日)

                   資本金           議決権等
         会社等の           又は    事業の内容       の所有    関連当事者            取引金額          期末残高
     種  類
               所在地                          取引の内容            科目
          名称         出資金     又は職業      (被所有)     との関係           (千円)          (千円)
                   (千円)           割合(%)
         ㈱シン   プ レ
                                   持株会社形
          クス・
                              (被所有)
                                         経営指導
               東京都          子会社          式の子会社                関係会社
         ファイナン
                                         ・管理料
     親会社               370,000           直接・                 18,000          4,950
              千代田区          支配・管理           支配、役員                 未払金
         シャル・
                                          の支払
                               100%
                                    の兼任
         ホールディ
          ングス
      ( 注)取引条件および取引条件の決定方針等
         1.  取引金額は、一般の取引条件と同様に決定しております。
         2.  取引金額には消費税等は含まれておらず、期末残高には消費税等が含まれております。
     (2)  財務諸表提出会社の役員及び個人主要株主等

        該当事項はありません。
     (3)  財務  諸表提出会社の子会社等

        該当事項はありません。
     (4)  財務諸表提出会社と同一の親会社を持つ会社

     前事業年度(自 2018年4月1日 至 2019年3月31日)
                             議決権等
                   資本金
         会社等の              事業の内容       の所有    関連当事者            取引金額          期末残高
     種  類
              所在地     又は                    取引の内容            科目
          名称              又は職業     (被所有)     との関係            (千円)          (千円)
                   出資金
                             割合(%)
        シンプレク
                                  投資一任
     同一の   ス・グロー
              英国領                     契約
     親会社    バル・          50万     投資               運用受託報酬            未収運用
              バージン                 -                 74,248           2,253
     を持つ   インベスト           米ドル     運用業                の受取(注)           受託報酬
               諸島                    役員の
     会社   メンツ・リ
                                   兼任
         ミテッド
                                  投資一任     運用受託報酬       1,182,179

                                   契約    の受取(注)
                                                   未収運用      488,409
        シンプレク                                           受託報酬
        ス・アセッ
                                  投資助言     投資助言報酬
     同一の   ト・マネジ
                                                9,512
                                   契約    の受取(注)
     親会社    メント・           50 万   投資信託                            未収投資
                                22/36


                                                          EDINET提出書類
                                          シンプレクス・アセット・マネジメント株式会社(E14415)
                                                  半期報告書(内国投資信託受益証券)
     を持つ   (香港)・      香港    香港ドル     事務委託業        -                     助言報酬       1,063
                                  事務協力     委託調査費の
     会社    カンパ
                                               38,930
                                   関係      支払
        ニー・リミ
         テッド                                          未払金
                                                         11,395
                                   役員の    事務委託費の        14,406
                                   兼任      支払
     当事業年度(自 2019年4月1日 至 2020年3月31日)

                             議決権等
                   資本金
         会社等の              事業の内容      の所有    関連当事者            取引金額          期末残高
     種  類
              所在地     又は                    取引の内容            科目
          名称              又は職業     (被所有)     との関係            (千円)          (千円)
                   出資金
                             割合(%)
        シンプレク
                                  投資一任
     同一の   ス・グロー
              英国領                     契約     運用受託
     親会社    バル・          50万
              バージン         投資運用業        -         報酬の受取        1, 761    -       -
     を持つ   インベスト           米ドル
               諸島                    役員の      (注)
     会社   メンツ・リ
                                   兼任
         ミテッド
                                        運用受託
                                  投資一任
        シンプレク
                                        報酬の受取
                                              2,514,791
                                   契約
        ス・アセッ
                                         (注)
                                                   未収運用
                        投資
                                                         649,321
     同一の   ト・マネジ
                                                   受託報酬
                        運用業
                                  事務協力     委託調査費の
     親会社    メント・           50 万
                                               51,252
               香港                -
                                   関係      支払
     を持つ   (香港)・          香港ドル
                       投資信託
     会社    カンパ
                                                   未払金      22,  575
                       事務委託業
        ニー・リミ
                                   役員の    事務委託費の
                                               19,537
         テッド
                                   兼任      支払
       ( 注)取引条件および取引条件の決定方針等

          1.  取引金額は、一般の取引条件と同様に決定しております。
            シンプレクス・グローバル・インベストメンツ・リミテッド及びシンプレクス・アセット・マネ
            ジメント・(香港)・カンパニー・リミテッドとの投資顧問契約に基づき、予め定められた料率
            で計算された金額の受取り及び支払いを行っております。
          2.  取引金額には消費税等は含まれておらず、期末残高には消費税等が含まれております。
    2.親会社に関する注記

       株式会社シンプレクス・ファイナンシャル・ホールディングス(東京証券取引所TOKYO                                             PRO  Marketに上
      場)
    (1株当たり情報)

               前事業年度                          当事業年度
            (自 2018年4月1日                          (自 2019年4月1日
             至 2019年3月31日)                          至 2020年3月31日)
     1株当たり純資産額                  298,591円46銭         1株当たり純資産額                  303,864円21銭
     1株当たり当期純利益金額                  87,230円71銭        1株当たり当期純利益金額                  140,791円94銭
      なお、潜在株式調整後1株当たり当期純利益金                          なお、潜在株式調整後1株当たり当期純利益金
     額については、潜在株式が存在しないため、記載                          額については、潜在株式が存在しないため、記載
     しておりません。                          しておりません。
    (注)1株当たり当期純利益金額の算定上の基礎は以下のとおりであります。
                                23/36


                                                          EDINET提出書類
                                          シンプレクス・アセット・マネジメント株式会社(E14415)
                                                  半期報告書(内国投資信託受益証券)
                            前事業年度                  当事業年度
     項目                    (自 2018年4月1日                  (自 2019年4月1日
                          至 2019年3月31日)                  至 2020年3月31日)
     当期純利益                           645,507千円                 1,041,860千円
     普通株主に帰属しない金額                                -                  -
     普通株式に係る当期純利益                           645,507千円                 1,041,860千円
     期中平均株式数                              7,400株                  7,400株
    (重要な後発事象)

      該当事項はありません。
    中間財務諸表

    (1)中間貸借対照表
                                     (単位:千円)
                               当中間会計期間末
                    期
                              (2020年9月30日現在)
     別            科目
                                 金  額
     (資産の部)
      Ⅰ流動資産
        1 現金・預金
                                        2,135,409
        2 直販顧客分別金信託
                                           100
        3 前払費用
                                          21,530
        4 未収委託者報酬
                                         511,360
        5 未収運用受託報酬
                                         322,371
        6 その他
                                         106,904
        流動資産計
                                        3,097,677
      Ⅱ固定資産
        1 有形固定資産
                                          17,702
         (1)建物付属設備                 *1       9,585
         (2)器具備品                 *1       8,116
        2 無形固定資産
                                           761
         (1)電話加入権                          761
        3 投資その他の資産
                                         109,361
         (1)投資有価証券                        32,473
         (2)長期差入保証金                        74,358
         (3)長期前払費用                        2,529
        固定資産計                                 127,825
                                        3,225,503
      資産合計
                                     (単位:千円)

                                当中間会計期間末
                    期別  
                              (2020年9月30日現在)
     科目
                                  金  額
     (負債の部)
      Ⅰ流動負債
        1 預り金
                                          75,048
        2 未払金
                                          96,461
        3 関係会社未払金
                                          4,950
        4 未払費用
                                          16,035
        5 未払法人税等
                                         457,858
                                24/36

                                                          EDINET提出書類
                                          シンプレクス・アセット・マネジメント株式会社(E14415)
                                                  半期報告書(内国投資信託受益証券)
        6 未払消費税等
                                         122,543
        7 前受金
                                          27,120
        流動負債計                                 800,018
      Ⅱ固定負債
        1 資産除去債務
                                          25,016
        2 繰延税金負債
                                          1,245
        固定負債計                                  26,261
                                         826,279
      負債合計
     (純資産の部)

      Ⅰ株主資本
        1 資本金
                                         370,000
        2 利益剰余金
         (1)利益準備金                        92,500
         (2)その他利益剰余金
          繰越利益剰余金                     1,935,262
                                        2,027,762
         利益剰余金計
        株主資本計                                2,397,762
       Ⅱ評価・換算差額等
        1 その他有価証券評価差額金
                                          1,461
                                          1,461
        評価・換算差額等計
      純資産合計                                  2,399,223
                                        3,225,503
     負債・純資産合計
    (2)中間損益計算書

                                     (単位:千円)
                                 当中間会計期間
                               (自   2020年4月      1日
                    期別 
                                至  2020年9月30日)
     科目
                                  金  額
      Ⅰ営業収益

       委託者報酬                                 2,089,155
       運用受託報酬                                  557,231
                                          1,918
       その他営業収益
       営業収益計                                 2,648,305
      Ⅱ営業費用                                   187,953
                               *1         1,032,756
      Ⅲ一般管理費
       営業利益
                                        1,427,595
      Ⅳ営業外収益
       受取利息                                    140
       受取配当金                                    160
       その他営業外収益                                    120
       営業外収益計
                                           420
      Ⅴ営業外費用
       為替差損                                   1,775
       営業外費用計                                   1,775
       経常利益                                 1,426,240
       税引前中間純利益
                                        1,426,240
       法人税、住民税及び事業税                                  431,147
                                25/36

                                                          EDINET提出書類
                                          シンプレクス・アセット・マネジメント株式会社(E14415)
                                                  半期報告書(内国投資信託受益証券)
                                          △  110
       法人税等調整額
                                         995,203
       中間純利益
    (3)中間株主資本等変動計算書

      当中間会計期間(自 2020年4月1日 至 2020年9月30日)                                               (単位:千円)
                                                評価・換算
                              株主資本
                                                 差額等
                            利益剰余金
                                                       純資産合計
                           その他利益                      その他
                 資本金           剰余金             株主資本合計       有価証券
                      利益            利益剰余金
                                                評価差額金
                      準備金              合計
                            繰越利益
                            剰余金
                                                  △ 3,965
    当期首残高             370,000     92,500       1,790,060       1,882,560       2,252,560             2,248,595
    当中間期変動額
                             △ 850,001      △ 850,001     △ 850,001            △ 850,001
     剰余金の配当              -     -                            -
     中間純利益              -     -      995,203       995,203       995,203        -     995,203
     株主資本以外の項目の
                    -     -        -       -       -     5,426       5,426
     当中間期変動額(純額)
    当中間期変動額合計               -     -      145,202       145,202       145,202       5,426      150,628
    当中間期末残高             370,000     92,500       1,935,262       2,027,762       2,397,762        1,461     2,399,223
    重要な会計方針

                期 別                   第  22  期  中  間  会  計  期  間

                                    (自 2020年4月 1日
     項 目 
                                     至 2020年9月       30日)
     1.有価証券の評価基準及び評価方法                    その他有価証券
                          時価のあるもの
                           決算期末日の市場価格等に基づく時価法(評価差額は全部純資産直入法に
                          より処理し、売却原価は、移動平均法により算定)
     2.固定資産の減価償却の方法                    (1)有形固定資産

                          主として定率法によっております。ただし、2016年4月1日以降に取得した
                         建物付属設備については、定額法によっております。
                          なお、主な耐用年数は以下のとおりであります。
                          建物付属設備 10年~18年
                          器具備品           3年~15年
                         (2)無形固定資産

                          定額法によっております。
                          なお、自社利用のソフトウェアについては、社内における見込み利用可能期
                         間(3年又は5年)に基づく定額法を採用しております。
     3.その他中間財務諸表作成のための                   消費税等の会計処理

     基本となる重要な事項                    消費税等の会計処理は、税抜方式によっております。
    注記事項

    (中間貸借対照表関係)
                                26/36


                                                          EDINET提出書類
                                          シンプレクス・アセット・マネジメント株式会社(E14415)
                                                  半期報告書(内国投資信託受益証券)
                       第  22  期  中  間  会  計  期  間  末
                           2020年9月30日現在
     ※1 有形固定資産の減価償却累計額

         建物付属設備           49,376千円
         器具備品             20,380千円
    (中間損益計算書関係)

                       第  22  期  中  間  会  計  期  間
                        (自 2020年4月 1日
                         至 2020年9月        30日)
     ※1 減価償却実施額

         有形固定資産           3,667千円
    (中間株主資本等変動計算書関係)

    第22期中間会計期間(自 2020年4月1日 至 2020年9月30日)
    1.発行済株式の種類及び総数に関する事項
                                                   (単位:株)
               当事業年度期首          当中間会計期間増加            当中間会計期間減少            当中間会計期間末

                 株式数           株式数            株式数           株式数
                     7,400             -           -         7,400

     普通株式
                     7,400             -           -         7,400

     合計
    2.配当に関する事項

     (1) 配当金支払額
                       配当金の総額         1株当たり配当額
        決議       株式の種類                            基準日         効力発生日
                        (千円)          (円)
     2020年6月25日
                普通株式          850,001          114,865      2020年3月31日          2020年6月30日
     定時株主総会
    (リ-ス取引関係)

                       第  22  期  中  間  会  計  期  間
                          (2020年9月       30日)
      1.オペレーティング・リース取引
        オペレーティング・リース取引のうち解約不能のものに係る未経過リース料
        一年以内             63,443千円
        一年超                                63,443千円
        合計                                 126,887千円
    (金融商品関係)

    第22期中間会計期間(2020年9月30日)
      2020年9月30日における中間貸借対照表計上額、時価およびこれらの差額については、次のとおりでありま

     す。
                                                   (単位:千円)
                   中間貸借対照表計上額                  時価              差額
                                27/36


                                                          EDINET提出書類
                                          シンプレクス・アセット・マネジメント株式会社(E14415)
                                                  半期報告書(内国投資信託受益証券)
     (1)現金・預金                     2,135,409              2,135,409                 ―
     (2)未収委託者報酬                      511,360              511,360                ―
     (3)未収運用受託報酬                      322,371              322,371                ―
     (4)投資有価証券
      その他有価証券
                           32,473              32,473               ―
         資産計                3,001,616              3,001,616                 ―
     (1)未払法人税等                      457,858              457,858                ―
         負債計                 457,858              457,858                ―
    注1)金融商品の時価の算定方法に関する事項

    (資産)
     (1)現金・預金、(2)未収委託者報酬、(3)未収運用受託報酬
       これらはすべて短期で決済されるため、時価は帳簿価額と近似していることから、当該帳簿価額によって
      おります。
     (4)投資有価証券

       投資有価証券は当社設定の投資信託であります。これらの時価は公表されている基準価格によっており
      ます。
    (負債)

     (1)未払法人税等
       未払法人税等は短期で決済されるため、時価は帳簿価額と近似していることから、当該帳簿価額によって
      おります。
    (有価証券関係)

    1. その他有価証券
                                              (単位:千円)
       当中間会計年度(2020年9月30日)
                       中間貸借対照表
             区分                       取得原価            差額
                         計上額
       中間貸借対照表計上額が
       取得原価を超えるもの
        投資信託受益証券                     23,080           20,100           2,980
             小計                23,080           20,100           2,980
       中間貸借対照表計上額が
       取得原価を超えないもの
        投資信託受益証券                     9,393          10,000           △607
             小計                9,393          10,000           △607
             合計                32,473           30,100           2,373
    (デリバティブ取引関係)

      該当事項はありません。
      (資産除去債務関係)

    第22期中間会計期間(自 2020年4月1日 至 2020年9月30日)
      当中間会計期間における当該資産除去債務の総額の増減

        期首残高                                            24,894千円

        時の経過による調整額                                      121千円
        当中間会計期間の期末残高                                  25,016千円
                                28/36


                                                          EDINET提出書類
                                          シンプレクス・アセット・マネジメント株式会社(E14415)
                                                  半期報告書(内国投資信託受益証券)
    (セグメント情報等)
    第22期中間会計期間(自 2020年4月1日 至 2020年9月30日)
    セグメント情報

      当社の報告セグメントは、「投資運用・顧問業」という単一セグメントであるため、記載を省略しておりま
    す。
    関連情報

    1 製品及びサービスごとの情報
                                                (単位:千円)
                     投資信託          投資一任          その他          合計
     外部顧客への営業収益                  2,089,155           557,231          1,918       2,648,305
    2 地域ごとの情報

    (1) 営業収益
                                                 (単位:千円)
         日本           香港       英国バージン諸島             その他           合計
         2,097,914            505,666           36,000           8,723         2,648,305
    (注)営業収益は顧客の所在地を基礎とし、国又は地域に分類しております。
    (2) 有形固定資産

      本邦に所在している有形固定資産の金額が中間貸借対照表の有形固定資産の金額の90%を超えるため、地域
     ごとの有形固定資産の記載を省略しております。
    3 主要な顧客ごとの情報

                                                    (単位:千円)
                  顧客の名称                     営業収益        関連するセグメント名
     シンプレクス・アセット・マネジメント・(香港)・
                                         505,666       投資運用・顧問業
     カンパニー・リミテッド
    (注)委託者報酬については投資信託の受益者の情報を制度上把握していないため、記載を省略しておりま
    す。
    報告セグメントごとの固定資産の減損損失に関する情報

      該当事項はありません。
    報告セグメントごとののれんの償却及び未償却残高に関する情報

      該当事項はありません。
    報告セグメントごとの負ののれん発生益に関する情報

      該当事項はありません。
    (1株当たり情報)

                       第  22  期  中  間  会  計  期  間
                        (自 2020年4月 1日
                         至 2020年9月        30日)
                                29/36




                                                          EDINET提出書類
                                          シンプレクス・アセット・マネジメント株式会社(E14415)
                                                  半期報告書(内国投資信託受益証券)
      1株当たり純資産額           324,219円45銭

      1株当たり中間純利益金額        134,486円94銭
     (注)1.潜在株式調整後1株当たり中間純利益金額については、潜在株式が存在しないため、記載し

         ておりません。
        2.1株当たり中間純利益金額の算定の基礎は以下のとおりであります。

           中間純利益                   995,203千円

           普通株主に帰属しない金額                        -
           普通株式に係る中間純利益                   995,203千円
           期中平均株式数                     7,400   株
    (重要な後発事象)

       該当事項はありません。
                                30/36














                                                          EDINET提出書類
                                          シンプレクス・アセット・マネジメント株式会社(E14415)
                                                  半期報告書(内国投資信託受益証券)
                   独 立 監 査 人 の 監 査 報 告 書

                                                      2020年6月11日

    シンプレクス・アセット・マネジメント株式会社

      取 締 役 会 御 中
                          有限責任 あずさ監査法人

                             東京事務所
                          指定有限責任社員

                                        公認会計士      三 上 和 彦  印
                          業務執行社員
    監査意見

      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づく監査証明を行うため、「委託会社等の経理状況」に掲
    げられているシンプレクス・アセット・マネジメント株式会社の2019年4月1日から2020年3月31日までの第21期事業年度の
    財務諸表、すなわち、貸借対照表、損益計算書、株主資本等変動計算書、重要な会計方針及びその他の注記について監査を
    行った。
      当監査法人は、上記の財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して、シンプレ
    クス・アセット・マネジメント株式会社の2020年3月31日現在の財政状態及び同日をもって終了する事業年度の経営成績
    を、全ての重要な点において適正に表示しているものと認める。
    監査意見の根拠

      当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に準拠して監査を行った。監査の基準における
    当監査法人の責任は、「財務諸表監査における監査人の責任」に記載されている。当監査法人は、我が国における職業倫理
    に関する規定に従って、会社から独立しており、また、監査人としてのその他の倫理上の責任を果たしている。当監査法人
    は、意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手したと判断している。
    財務諸表に対する経営者及び監査役の責任

      経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して財務諸表を作成し適正に表示
    することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない財務諸表を作成し適正に表示するために経営者が必
    要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
      財務諸表を作成するに当たり、経営者は、継続企業の前提に基づき財務諸表を作成することが適切であるかどうかを評
    価し、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に基づいて継続企業に関する事項を開示する必要がある
    場合には当該事項を開示する責任がある。
      監査役の責任は、財務報告プロセスの整備及び運用における取締役の職務の執行を監視することにある。
    財務諸表監査における監査人の責任

      監査人の責任は、監査人が実施した監査に基づいて、全体としての財務諸表に不正又は誤謬による重要な虚偽表示がな
    いかどうかについて合理的な保証を得て、監査報告書において独立の立場から財務諸表に対する意見を表明することにあ
    る。虚偽表示は、不正又は誤謬により発生する可能性があり、個別に又は集計すると、財務諸表の利用者の意思決定に影響
    を与えると合理的に見込まれる場合に、重要性があると判断される。
      監査人は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に従って、監査の過程を通じて、職業的専門家とし
    ての判断を行い、職業的懐疑心を保持して以下を実施する。
    ・不正又は誤謬による重要な虚偽表示リスクを識別し、評価する。また、重要な虚偽表示リスクに対応した監査手続を立案
      し、実施する。監査手続の選択及び適用は監査人の判断による。さらに、意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証
      拠を入手する。
    ・財務諸表監査の目的は、内部統制の有効性について意見表明するためのものではないが、監査人は、リスク評価の実施に
      際して、状況に応じた適切な監査手続を立案するために、監査に関連する内部統制を検討する。
    ・経営者が採用した会計方針及びその適用方法の適切性、並びに経営者によって行われた会計上の見積りの合理性及び関連
      する注記事項の妥当性を評価する。
    ・経営者が継続企業を前提として財務諸表を作成することが適切であるかどうか、また、入手した監査証拠に基づき、継続
      企業の前提に重要な疑義を生じさせるような事象又は状況に関して重要な不確実性が認められるかどうか結論付ける。
                                31/36

                                                          EDINET提出書類
                                          シンプレクス・アセット・マネジメント株式会社(E14415)
                                                  半期報告書(内国投資信託受益証券)
      継続企業の前提に関する重要な不確実性が認められる場合は、監査報告書において財務諸表の注記事項に注意を喚起す
      ること、又は重要な不確実性に関する財務諸表の注記事項が適切でない場合は、財務諸表に対して除外事項付意見を表
      明 することが求められている。監査人の結論は、監査報告書日までに入手した監査証拠に基づいているが、将来の事象
      や状況により、企業は継続企業として存続できなくなる可能性がある。
    ・財務諸表の表示及び注記事項が、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠しているかどうかと
      ともに、関連する注記事項を含めた財務諸表の表示、構成及び内容、並びに財務諸表が基礎となる取引や会計事象を適
      正に表示しているかどうかを評価する。
      監査人は、監査役に対して、計画した監査の範囲とその実施時期、監査の実施過程で識別した内部統制の重要な不備を
    含む監査上の重要な発見事項、及び監査の基準で求められているその他の事項について報告を行う。
    利害関係

      会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                         以 上

    (注)1.上記は監査報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社が別途保管しております。

      2.XBRLデータは監査の対象には含まれていません。
                                32/36















                                                          EDINET提出書類
                                          シンプレクス・アセット・マネジメント株式会社(E14415)
                                                  半期報告書(内国投資信託受益証券)
                 独 立 監 査 人 の 中 間 監 査 報 告 書

                                                     2020年12月24日

    シンプレクス・アセット・マネジメント株式会社
     取 締 役 会 御 中
                               有限責任 あずさ監査法人

                                 東京事務所
                                指定有限責任社員

                                           公認会計士       米 永 隆 司  印
                                業務執行社員
    中間監査意見

     当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づく監査証明を行うため、「委託会社等の経理状況」に掲
    げられているシンプレクス・アセット・マネジメント株式会社の2020年4月1日から2021年3月31日                                             までの第22期事業年度の
    中間会計期間      (2020年4月1日から2020年9月30日まで)に係る中間財務諸表、すなわち、中間貸借対照表、中間損益計算
    書、中間株主資本等変動計算書、重要な会計方針及びその他の注記について中間監査を行った。
     当監査法人は、上記の中間財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認められる中間財務諸表の作成基準に準拠し
    て、シンプレクス・アセット・マネジメント株式会社の2020年9月30日現在の財政状態及び同日をもって終了する中間会
    計期間   (2020年4月1日から2020年9月30日まで)の経営成績に関する有用な情報を表示しているものと認める。
    中間監査意見の根拠

     当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる中間監査の基準に準拠して中間監査を行った。中間監査の基
    準における当監査法人の責任は、「中間財務諸表監査における監査人の責任」に記載されている。当監査法人は、我が国に
    おける職業倫理に関する規定に従って、会社から独立しており、また、監査人としてのその他の倫理上の責任を果たしてい
    る。当監査法人は、中間監査の意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手したと判断している。
    中間財務諸表に対する経営者及び監査役の責任

     経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる中間財務諸表の作成基準に準拠して中間財務諸表を作成し
    有用な情報を表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない中間財務諸表を作成し有用な情報
    を表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     中間財務諸表を作成するに当たり、経営者は、継続企業の前提に基づき中間財務諸表を作成することが適切であるかどう
    かを評価し、我が国において一般に公正妥当と認められる中間財務諸表の作成基準に基づいて継続企業に関する事項を開示
    する必要がある場合には当該事項を開示する責任がある。
     監査役の責任は、財務報告プロセスの整備及び運用における取締役の職務の執行を監視することにある。
    中間財務諸表監査における監査人の責任

     監査人の責任は、監査人が実施した中間監査に基づいて、全体として中間財務諸表の有用な情報の表示に関して投資者の
    判断を損なうような重要な虚偽表示がないかどうかの合理的な保証を得て、中間監査報告書において独立の立場から中間財
    務諸表に対する意見を表明することにある。虚偽表示は、不正又は誤謬により発生する可能性があり、個別に又は集計する
    と、中間財務諸表の利用者の意思決定に影響を与えると合理的に見込まれる場合に、重要性があると判断される。
     監査人は、我が国において一般に公正妥当と認められる中間監査の基準に従って、中間監査の過程を通じて、職業的専門
    家としての判断を行い、職業的懐疑心を保持して以下を実施する。
    ・不正又は誤謬による中間財務諸表の重要な虚偽表示リスクを識別し、評価する。また、重要な虚偽表示リスクに対応する
      中間監査手続を立案し、実施する。中間監査手続の選択及び適用は監査人の判断による。さらに、中間監査の意見表明
      の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手する。なお、中間監査手続は、年度監査と比べて監査手続の一部が省略さ
      れ、監査人の判断により、不正又は誤謬による中間財務諸表の重要な虚偽表示リスクの評価に基づいて、分析的手続等
      を中心とした監査手続に必要に応じて追加の監査手続が選択及び適用される。
    ・中間財務諸表監査の目的は、内部統制の有効性について意見表明するためのものではないが、監査人は、リスク評価の実
      施に際して、状況に応じた適切な中間監査手続を立案するために、中間財務諸表の作成と有用な情報の表示に関連する
      内部統制を検討する。
    ・経営者が採用した会計方針及びその適用方法並びに経営者によって行われた会計上の見積りの合理性及び関連する注記事
      項の妥当性を評価する。
    ・経営者が継続企業を前提として中間財務諸表を作成することが適切であるかどうか、また、入手した監査証拠に基づき、
      継続企業の前提に重要な疑義を生じさせるような事象又は状況に関して重要な不確実性が認められるかどうか結論付け
      る。継続企業の前提に関する重要な不確実性が認められる場合は、中間監査報告書において中間財務諸表の注記事項に
                                33/36


                                                          EDINET提出書類
                                          シンプレクス・アセット・マネジメント株式会社(E14415)
                                                  半期報告書(内国投資信託受益証券)
      注意を喚起すること、又は重要な不確実性に関する中間財務諸表の注記事項が適切でない場合は、中間財務諸表に対し
      て除外事項付意見を表明することが求められている。監査人の結論は、中間監査報告書日までに入手した監査証拠に基
      づ いているが、将来の事象や状況により、企業は継続企業として存続できなくなる可能性がある。
    ・中間財務諸表の表示及び注記事項が、我が国において一般に公正妥当と認められる中間財務諸表の作成基準に準拠してい
      るかどうかとともに、関連する注記事項を含めた中間財務諸表の表示、構成及び内容、並びに中間財務諸表が基礎とな
      る取引や会計事象に関して有用な情報を表示しているかどうかを評価する。
     監査人は、監査役に対して、計画した中間監査の範囲とその実施時期、中間監査の実施過程で識別した内部統制の重要な
    不備を含む中間監査上の重要な発見事項、及び中間監査の基準で求められているその他の事項について報告を行う。
    利害関係

     会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                         以 上

    (注)1.上記は中間監査報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社が別途保管しておりま

        す。
      2.XBRLデータは中間監査の対象には含まれていません。
                                34/36















                                                          EDINET提出書類
                                          シンプレクス・アセット・マネジメント株式会社(E14415)
                                                  半期報告書(内国投資信託受益証券)
                 独 立 監 査 人 の 中 間 監 査 報 告 書

                                                     2021年2月3日

    シンプレクス・アセット・マネジメント株式会社


      取 締 役 会 御 中

                              PwCあらた有限責任監査法人

                                  東京事務所
                               指定有限責任社員

                                          公認会計士      鶴 田 光 夫
                               業務執行社員
    中間監査意見

     当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づく監査証明を行うため、「ファンドの経理状況」に掲げ
    られているJASDAQ-TOP20上場投信の2020年7月9日から2021年1月8日までの中間計算期間の中間財務諸表、す
    なわち、    中間  貸借対照表、中間損益及び剰余金計算書並びに中間注記表について中間監査を行った。
     当監査法人は、上記の中間財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認められる中間財務諸表の作成基準に準拠し
    て、  JASDAQ-TOP20上場投信の2021年1月8日現在の信託財産の状態及び同日をもって終了する中間計算期間
    (2020年7月9日から2021年1月8日                  まで)の損益の状況に関する有用な情報を表示しているものと認める。
    中間監査意見の根拠

     当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる中間監査の基準に準拠して中間監査を行った。中間監査の基
    準における当監査法人の責任は、「中間財務諸表監査における監査人の責任」に記載されている。当監査法人は、我が国に
    おける職業倫理に関する規定に従って、シンプレクス・アセット・マネジメント株式会社及びファンドから独立しており、
    また、監査人としてのその他の倫理上の責任を果たしている。当監査法人は、中間監査の意見表明の基礎となる十分かつ適
    切な監査証拠を入手したと判断している。
    中間財務諸表に対する経営者の責任

     経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる中間財務諸表の作成基準に準拠して中間財務諸表を作成し
    有用な情報を表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない中間財務諸表を作成し有用な情報
    を表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     中間財務諸表を作成するに当たり、経営者は、継続企業の前提に基づき中間財務諸表を作成することが適切であるかどう
    かを評価し、我が国において一般に公正妥当と認められる中間財務諸表の作成基準に基づいて継続企業に関する事項を開示
    する必要がある場合には当該事項を開示する責任がある。
    中間財務諸表監査における監査人の責任

     監査人の責任は、監査人が実施した中間監査に基づいて、全体として中間財務諸表の有用な情報の表示に関して投資者の
    判断を損なうような重要な虚偽表示がないかどうかの合理的な保証を得て、中間監査報告書において独立の立場から中間財
    務諸表に対する意見を表明することにある。虚偽表示は、不正又は誤謬により発生する可能性があり、個別に又は集計する
    と、中間財務諸表の利用者の意思決定に影響を与えると合理的に見込まれる場合に、重要性があると判断される。
     監査人は、我が国において一般に公正妥当と認められる中間監査の基準に従って、中間監査の過程を通じて、職業的専門
    家としての判断を行い、職業的懐疑心を保持して以下を実施する。
    ・ 不正又は誤謬による中間財務諸表の重要な虚偽表示リスクを識別し、評価する。また、重要な虚偽表示リスクに対応す
      る中間監査手続を立案し、実施する。中間監査手続の選択及び適用は監査人の判断による。さらに、中間監査の意見表
      明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手する。なお、中間監査手続は、年度監査と比べて監査手続の一部が省略
      され、監査人の判断により、不正又は誤謬による中間財務諸表の重要な虚偽表示リスクの評価に基づいて、分析的手続
      等を中心とした監査手続に必要に応じて追加の監査手続が選択及び適用される。
    ・ 中間財務諸表監査の目的は、内部統制の有効性について意見表明するためのものではないが、監査人は、リスク評価の
      実施に際して、状況に応じた適切な中間監査手続を立案するために、中間財務諸表の作成と有用な情報の表示に関連す
      る内部統制を検討する。
    ・ 経営者が採用した会計方針及びその適用方法並びに経営者によって行われた会計上の見積りの合理性及び関連する注記
      事項の妥当性を評価する。
                                35/36


                                                          EDINET提出書類
                                          シンプレクス・アセット・マネジメント株式会社(E14415)
                                                  半期報告書(内国投資信託受益証券)
    ・ 経営者が継続企業を前提として中間財務諸表を作成することが適切であるかどうか、また、入手した監査証拠に基づ
      き、継続企業の前提に重要な疑義を生じさせるような事象又は状況に関して重要な不確実性が認められるかどうか結論
      付 ける。継続企業の前提に関する重要な不確実性が認められる場合は、中間監査報告書において中間財務諸表の注記事
      項に注意を喚起すること、又は重要な不確実性に関する中間財務諸表の注記事項が適切でない場合は、中間財務諸表に
      対して除外事項付意見を表明することが求められている。監査人の結論は、中間監査報告書日までに入手した監査証拠
      に基づいているが、将来の事象や状況により、ファンドは継続企業として存続できなくなる可能性がある。
    ・ 中間財務諸表の表示及び注記事項が、我が国において一般に公正妥当と認められる中間財務諸表の作成基準に準拠して
      いるかどうかとともに、関連する注記事項を含めた中間財務諸表の表示、構成及び内容、並びに中間財務諸表が基礎と
      なる取引や会計事象に関して有用な情報を表示しているかどうかを評価する。
     監査人は、経営者に対して、計画した中間監査の範囲とその実施時期、中間監査の実施過程で識別した内部統制の重要な
    不備を含む中間監査上の重要な発見事項、及び中間監査の基準で求められているその他の事項について報告を行う。
     監査人は、経営者に対して、独立性についての我が国における職業倫理に関する規定を遵守したこと、並びに監査人の独
    立性に影響を与えると合理的に考えられる事項、及び阻害要因を除去又は軽減するためにセーフガードを講じている場合は
    その内容について報告を行う。
    利害関係

     シンプレクス・アセット・マネジメント株式会社及びファンドと当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法
    の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                        以  上

    (注)1.上記は中間監査報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社が別途保管しておりま

        す。
      2.XBRLデータは中間監査の対象には含まれていません。
                                36/36













PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

書類提出日で検索

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2020年12月21日

新規上場の通知機能を追加しました。Myページにて通知の設定が行えます。

2020年9月22日

企業・投資家の個別ページに掲載情報を追加しました。また、併せて細かい改修を行いました。

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。

スポンサーリンク