新家工業株式会社 四半期報告書 第157期第3四半期(令和2年10月1日-令和2年12月31日)

提出書類 四半期報告書-第157期第3四半期(令和2年10月1日-令和2年12月31日)
提出日
提出者 新家工業株式会社
カテゴリ 四半期報告書

                                                          EDINET提出書類
                                                       新家工業株式会社(E02258)
                                                            四半期報告書
    【表紙】
    【提出書類】                    四半期報告書

    【根拠条文】                    金融商品取引法第24条の4の7第1項

    【提出先】                    近畿財務局長

    【提出日】                    2021年2月12日

    【四半期会計期間】                    第157期第3四半期(自           2020年10月1日        至  2020年12月31日)

    【会社名】                    新家工業株式会社

    【英訳名】                    ARAYA   INDUSTRIAL      CO.,   LTD.

    【代表者の役職氏名】                    代表取締役社長  井 上 智 司

    【本店の所在の場所】                    大阪市中央区南船場二丁目12番12号

    【電話番号】                    (06)6253-0221(代表)

    【事務連絡者氏名】                    常務取締役管理本部長  浜 田 哲 洋

    【最寄りの連絡場所】                    大阪市中央区南船場二丁目12番12号

    【電話番号】                    (06)6253-0221(代表)

    【事務連絡者氏名】                    常務取締役管理本部長  浜 田 哲 洋

    【縦覧に供する場所】                    株式会社東京証券取引所

                         (東京都中央区日本橋兜町2番1号)

                                 1/20









                                                          EDINET提出書類
                                                       新家工業株式会社(E02258)
                                                            四半期報告書
    第一部     【企業情報】
    第1   【企業の概況】

    1  【主要な経営指標等の推移】

                               第156期          第157期

               回次                第3四半期          第3四半期           第156期
                              連結累計期間          連結累計期間
                             自 2019年4月1日         自 2020年4月1日         自 2019年4月1日
              会計期間
                             至 2019年12月31日         至 2020年12月31日         至 2020年3月31日
                        (百万円)
    売上高                              31,251          26,893          41,046
                        (百万円)

    経常利益                               1,121           453         1,464
    親会社株主に帰属する
                        (百万円)
                                    659         1,010           706
    四半期(当期)純利益
                        (百万円)
    四半期包括利益又は包括利益                                848         1,794           △ 61
                        (百万円)

    純資産額                              25,733          26,143          24,823
                        (百万円)

    総資産額                              48,364          45,934          46,166
                          (円)

    1株当たり四半期(当期)純利益                              118.33          181.37          126.88
    潜在株式調整後1株当たり
                          (円)
                                    -          -          -
    四半期(当期)純利益
                          (%)
    自己資本比率                               49.9          53.3          50.3
                               第156期          第157期

               回次                第3四半期          第3四半期
                              連結会計期間          連結会計期間
                             自 2019年10月1日         自 2020年10月1日
              会計期間
                             至 2019年12月31日         至 2020年12月31日
                          (円)
    1株当たり四半期純利益                               52.10          24.54
     (注)   1 当社は四半期連結財務諸表を作成しており、提出会社の主要な経営指標等の推移については記載しておりま
         せん。
       2 売上高には、消費税等は含まれておりません。
       3 潜在株式調整後1株当たり四半期(当期)純利益については、潜在株式が存在しないため記載しておりませ
         ん。
    2  【事業の内容】

      当第3四半期連結累計期間において、当社及び当社の関係会社において営まれている事業の内容に重要な変更はあ
     りません。
                                 2/20






                                                          EDINET提出書類
                                                       新家工業株式会社(E02258)
                                                            四半期報告書
    第2   【事業の状況】
    1  【事業等のリスク】

      当第3四半期連結累計期間において、新たに発生した事業等のリスクはありません。
     また、前事業年度の有価証券報告書に記載した事業等のリスクについて重要な変更はありません。
    2  【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

      文中の将来に関する事項は、当四半期連結会計期間の末日現在において当社グループ(当社及び連結子会社)が判

     断したものであります。
     (1)  財政状態及び経営成績の状況

       当第3四半期連結累計期間における我が国経済は、新型コロナウイルス感染症が世界の経済活動に大きな影響を
      及ぼし、厳しい状況にあるなか、中国経済は回復基調にあるものの、世界経済は依然として予断を許さない状況が
      続いております。
       このような状況のもと鋼管業界におきましては、新型コロナウイルスの影響により様々な分野で需要が低迷する
      なかで自動車関連は回復傾向にあり、また、物流倉庫などの物件も堅調に推移しながらも、設備関連は企業の投資
      抑制の動きが強く、総じて低調な動きとなりました。一方で、原材料価格は中国経済の回復による需要の増加や自
      動車生産の急回復などにより鉄鋼原料に逼迫感がみられ、原材料価格は上昇基調にあります。
       当社グループといたしましては、このような厳しい経営環境の中、製品の価格是正や安定供給に努め、主力の鋼
      管事業を中心に様々な顧客ニーズに柔軟かつ迅速な対応を図るよう積極的な営業展開を実施するとともに、設備稼
      働率の向上とコスト削減に努力しました。
       この結果、当第3四半期連結累計期間の売上高は26,893百万円(前年同期比13.9%減)、営業利益338百万円(前
      年同期比63.3%減)、経常利益453百万円(前年同期比59.6%減)となり、親会社株主に帰属する四半期純利益は
      1,010百万円(前年同期比53.2%増)となりました。
       セグメントの業績は、次のとおりであります。

      (鋼管関連)

       普通鋼製品につきましては、自動車関連や物流倉庫などの物件、それに伴うパレットの需要は底堅く推移してい
      る一方、個人消費の落ち込みから住宅関連は低調で、建材需要も大型物件の一部に動きはあるものの、中型・小型
      の物件は延期や中止など低調に推移しました。
       ステンレス鋼製品につきましては、食品・飲料、水処理関連の需要が比較的堅調に推移しているものの、建築関
      連や設備関連は依然として動きは鈍く低調に推移しました。また、ステンレス原材料については、市場価格に値上
      げの動きがみられました。
       この結果、当セグメントの売上高は26,140百万円(前年同期比14.3%減)、営業利益は34百万円(前年同期比
      94.7%減)となりました。
      (自転車関連)

       国内の自転車市場は、コロナ禍における健康志向の高まりや密回避の自転車通勤・通学などにより、自転車需要
      は大幅に増加しました。この需要は、日本国内に限らず、世界的に拡大したことから自転車部品が不足し、完成自
      転車の納期が大幅に遅延するといったように、市中在庫は逼迫しています。
       このような状況のなか、当社の「アラヤ」及び「ラレー」ブランドのスポーツ用自転車については、安定供給に
      努めると共に、期中に新モデルを投入した効果もあり、堅調な販売状況となりました。
       この結果、当セグメントの売上高は327百万円(前年同期比6.4%減)、営業損失は61百万円(前年同期は営業損
      失69百万円)となりました。
                                 3/20





                                                          EDINET提出書類
                                                       新家工業株式会社(E02258)
                                                            四半期報告書
      (不動産等賃貸)
       不動産等賃貸収入につきましては、東京都大田区の地代収入を中心に、関西工場リム工場跡地の地代収入や東京
      都江東区の自社ビル「アラヤ清澄白河ビル」の賃貸収入、大阪府茨木市の地代収入などにより、安定した業績をあ
      げております。
       この結果、当セグメントの売上高は416百万円(前年同期比8.7%増)、営業利益は358百万円(前年同期比11.0%
      増)となりました。
       資産、負債及び純資産の状況

       (資産)
         当第3四半期連結会計期間末の総資産は45,934百万円となり、前連結会計年度末に比べ232百万円減少しまし
        た。流動資産は26,998百万円となり952百万円の減少となりました。これは主に、受取手形及び売掛金の減少
        1,380百万円であります。固定資産は18,935百万円となり720百万円の増加となりました。これは主に、投資有
        価証券の増加824百万円であります。
       (負債)

         当第3四半期連結会計期間末の負債合計は19,790百万円となり、前連結会計年度末に比べ1,552百万円減少し
        ました。流動負債は14,490百万円となり2,907百万円の減少となりました。これは主に、支払手形及び買掛金の
        減少1,162百万円、短期借入金の減少823百万円であります。固定負債は5,299百万円となり1,354百万円の増加
        となりました。これは主に、長期借入金の増加1,351百万円であります。
       (純資産)

         当第3四半期連結会計期間末の純資産は26,143百万円となり、前連結会計年度末に比べ1,320百万円増加しま
        した。これは主に、利益剰余金の増加536百万円、その他有価証券評価差額金の増加571百万円であります。
     (2)  事業上及び財務上の対処すべき課題

       当第3四半期連結累計期間において、当社グループの事業上及び財務上の対処すべき課題に変更及び新たに生じ
      た課題はありません。
       なお、当社は財務及び事業の方針の決定を支配する者の在り方に関する基本方針を定めており、その内容等(会
      社法施行規則第118条第3号に掲げる事項)は次のとおりであります。
      一 基本方針の内容

         当社は、当社の財務及び事業の方針の決定を支配する者は、当社の経営理念、企業価値のさまざまな源泉、
        当社を支えるステークホルダーとの信頼関係を充分に理解し、当社の企業価値ひいては株主共同の利益を中長
        期的に確保、向上させる者でなければならないと考えております。
         上場会社である当社の株式は、基本的に株主、投資家の皆様による自由な取引が認められており、当社の株
        式に対する敵対的な大量買付け等についても、当社としてこれを一概に否定するものではありません。
         しかしながら、当社は、企業価値ひいては株主共同の利益を侵害するおそれのある大量買付けを行おうとす
        る者は、当社の財務及び事業の方針の決定を支配する者として不適切であると考えています。当社は、株主等
        を含めた“社会との共生関係”に基盤を置いた確固たる理念のもとに各事業の運営が行われることこそが企業
        経営の本質であり、それにより、企業価値ひいては株主共同の利益の確保、向上が図れるものと考えておりま
        す。
         今後、当社の企業価値ひいては株主共同の利益の確保、向上を損なうような大量買付けが行われた場合、当
        社取締役会は、株主の皆様に対し当該大量買付行為の適否について判断するに十分な情報及び時間的余裕が与
        えられるべきであるとともに、当社の企業価値ひいては株主共同の利益の確保、向上を侵害するような大量買
        付けに対しては適時適切な対抗措置が必要であると考えます。
                                 4/20






                                                          EDINET提出書類
                                                       新家工業株式会社(E02258)
                                                            四半期報告書
      二 取組みの具体的な内容
       ① 会社の支配に関する基本方針の実現に資する特別な取組み
         当社は、企業価値ひいては株主共同の利益の確保、向上のため、以下に掲げる経営理念を礎として、「社会
        に信頼される企業」を目指して弛まぬ努力を続けております。
        一、常に技術と品質の向上に努め創造と革新に挑戦する
        一、公正かつ誠実に企業運営し社会の発展に貢献する
        一、自然と調和し国際社会と共生する
        一、お客様を大切にし、株主・取引先との相互繁栄をはかり従業員の福祉向上を目指す
         当社は1903年創業以来100年を超える歴史の中で培われた製造技術、とりわけ金属加工の分野において“信頼
        度の高い技術”の蓄積をもとに、輸送機器関連事業、鉄鋼関連事業を中心に社会に役立つ製品・商品・サービ
        スを提供してまいりました。その用途は自転車、オートバイ、自動車、家具、住宅、店舗、福祉機器、産業機
        械、生産設備、その他諸設備等それぞれの分野で幅広く活用され、社会に有用な役割を果たすべく不断の研
        究・技術開発に挑戦しております。特にロールフォーミング技術を駆使した塑性形状加工技術は、長年に亘っ
        て蓄積されたノウハウとそれを実現する熟練度の高い生産技術に支えられ、今後とも大きな可能性を秘めてい
        るところであります。
         当社は、顧客の要望に応えるために提案型営業を展開し、社会のニーズに柔軟かつ的確に対応する体制作り
        を積極的に進めております。当社において企業価値の源泉となるべき事業内容は種々ございますが、各事業が
        社会に果たす役割を明確に認識しつつ、短期的かつ一時的な利益追求の製品・商品のみならず、株主・投資
        者、顧客・仕入先等の取引先、従業員、地域社会等を含めた“社会との共生関係”に基盤を置いた確固たる理
        念のもとに各事業の運営が行われることこそが、当社における企業経営の本質であり、それにより、企業価値
        ひいては株主共同の利益の確保、向上が図れるものと考えております。
         当社はかかる使命感と信念のもと、金属加工分野を中心に様々な社会的な役割を担うべき製品・商品を開
        発、提供する不断の努力を重ね、企業価値ひいては株主共同の利益の中長期的な確保、向上に邁進してまいり
        ます。
       ② 会社の支配に関する基本方針に照らして不適切な者によって当社の財務及び事業の方針の決定が支配される

         ことを防止するための取組み
         当社は、2020年6月25日開催の第156期定時株主総会において、当社の企業価値ひいては株主共同の利益の確
        保、向上を目的として、有効期間を2023年6月開催予定の定時株主総会の終結の時までとした、当社株券等の
        大量買付け等への対応策            (以下「本プラン」といいます。)の継続について承認されました。
         本プランは、当社の株券等の大量買付者に対し、大量買付者の名称及び住所または所在地等を記載した意向
        表明書ならびに大量買付け等の目的、方法及びその内容、大量買付け等の価額の算定根拠、大量買付け後の当
        社及び当社グループの経営方針、事業計画、資本政策ならびに配当政策等の必要情報の提供など、事前に明定
        した手続の遵守を求めるとともに、大量買付者が同手続に違反した場合及び当該大量買付け等が当社の企業価
        値ひいては株主共同の利益に対する明白な侵害をもたらすおそれのある場合等に、独立委員会の勧告を踏まえ
        た当社取締役会または株主総会の決議に基づき、新株予約権の無償割当て等を内容とする対抗措置を発動する
        買収防衛策です。
                                 5/20









                                                          EDINET提出書類
                                                       新家工業株式会社(E02258)
                                                            四半期報告書
      三  ①及び②の取組みについての取締役会の判断及びその判断に係る理由

        ・ 買収防衛策に関する指針に適合していること
          本プランは、2005年5月27日に経済産業省・法務省から公表された「企業価値・株主共同の利益の確保又
         は向上のための買収防衛策に関する指針」が定める3原則                            (①企業価値・株主共同の利益の確保・向上の原
         則、②事前開示・株主意思の原則、③必要性・相当性確保の原則)ならびに、経済産業省に設置された企業
         価値研究会が2008年6月30日に公表した「近時の諸環境の変化を踏まえた買収防衛策の在り方」の定める指
         針に適合しております。
        ・ 本プランが会社の支配に関する基本方針に沿うものであること
          当社は、当社の財務及び事業の方針の決定を支配する者は、当社の経営理念、企業価値のさまざまな源
         泉、当社を支えるステークホルダーとの信頼関係を十分に理解し、当社の企業価値ひいては株主共同の利益
         を中長期的に確保、向上させる者でなければならず、企業価値ひいては株主共同の利益を侵害するおそれの
         ある大量買付けを行おうとする者は、当社の財務及び事業の方針の決定を支配する者として不適切であると
         考えます。
          本プランは、このような企業価値ひいては株主共同の利益を侵害するおそれのある買収からの防衛をその
         目的及び内容としており、当社における会社の支配に関する基本方針に沿うものであります。
        ・ 本プランが当社の株主共同の利益を損なうものではないこと
          本プランは、企業価値ひいては株主共同の利益を侵害するおそれのある大量買付けを行おうとする者から
         当社を防衛することをその目的及び内容としており、株主共同の利益を損なうものではありません。
          このことは、本プランが、継続(導入)に際して株主総会決議による承認を得ることとしていること、独
         立委員会を設置し、その勧告を最大限尊重するとしていること、対抗措置の発動要件の合理性・客観性を確
         保していること、有効期間を3年としていること、株主の意思によりいつでも本プランを廃止できること、
         デッドハンド型買収防衛策でないこと及び事前開示を充実させていることなどからも明白です。
        ・ 本プランが当社役員の地位の維持を目的とするものではないこと
          本プランは、当社の企業価値ひいては株主共同の利益の確保、向上のために導入するものであり、当社役
         員の地位の維持を目的とするものではありません。
          このことは、本プランが対抗措置の発動につき社外の独立した委員から構成される独立委員会の勧告を最
         大限尊重するという枠組みを取っていることなどからも明白です。
     (3)  研究開発活動

       当第3四半期連結累計期間の研究開発費の総額は21百万円であります。また、研究開発活動の状況に重要な変更
      はありません。
    3  【経営上の重要な契約等】

      当第3四半期連結会計期間において、経営上の重要な契約等は行っておりません。
                                 6/20









                                                          EDINET提出書類
                                                       新家工業株式会社(E02258)
                                                            四半期報告書
    第3   【提出会社の状況】
    1  【株式等の状況】

     (1)  【株式の総数等】
      ①  【株式の総数】
                種類                       発行可能株式総数(株)

               普通株式                          16,000,000

                計                         16,000,000

      ②  【発行済株式】

              第3四半期会計期間            提出日現在        上場金融商品取引所

        種類       末現在発行数(株)           発行数(株)        名又は登録認可金融                内容
              ( 2020年12月31日       )  (2021年2月12日)          商品取引業協会名
                                  東京証券取引所             単元株式数は
      普通株式           6,045,326          6,045,326
                                   市場第一部          100株であります。
        計          6,045,326          6,045,326         ―            ―
     (2)  【新株予約権等の状況】

      ①  【ストックオプション制度の内容】
       該当事項はありません。
      ②  【その他の新株予約権等の状況】

       該当事項はありません。
     (3)  【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

       該当事項はありません。
     (4)  【発行済株式総数、資本金等の推移】

                発行済株式       発行済株式                     資本準備金       資本準備金

                              資本金増減額       資本金残高
        年月日        総数増減数       総数残高                     増減額       残高
                               (百万円)       (百万円)
                 (千株)       (千株)                    (百万円)       (百万円)
    2020年10月1日~
                  -        6,045      -        3,940      -        4,155
    2020年12月31日
     (5)  【大株主の状況】

       当四半期会計期間は第3四半期会計期間であるため、記載事項はありません。
                                 7/20






                                                          EDINET提出書類
                                                       新家工業株式会社(E02258)
                                                            四半期報告書
     (6)  【議決権の状況】
       当第3四半期会計期間末日現在の「議決権の状況」については、株主名簿の記載内容が確認できないため、記載
      することができないことから、直前の基準日(2020年9月30日)に基づく株主名簿による記載をしております。
      ①  【発行済株式】
                                               2020年9月30日       現在
          区分           株式数(株)         議決権の数(個)                内容
    無議決権株式                   ―          ―              ―

    議決権制限株式(自己株式等)                   ―          ―              ―

    議決権制限株式(その他)                   ―          ―              ―

                   (自己保有株式)
    完全議決権株式(自己株式等)                              ―              ―
                    普通株式      476,900
                    普通株式
    完全議決権株式(その他)                                55,513            ―
                        5,551,300
    単元未満株式                普通株式       17,126        ―      1単元(100株)未満の株式
    発行済株式総数                    6,045,326          ―              ―

    総株主の議決権                   ―            55,513            ―

     (注)   1 「完全議決権株式(その他)」欄の普通株式には、証券保管振替機構名義の株式が500株含まれておりま
         す。また、「議決権の数」欄には同機構名義の完全議決権株式に係る議決権の数5個が含まれております。
       2 「単元未満株式」欄の普通株式には、当社所有の自己株式94株が含まれております。
      ②  【自己株式等】

                                               2020年9月30日       現在
                                                   発行済株式
                               自己名義       他人名義      所有株式数
       所有者の氏名                                           総数に対する
                    所有者の住所          所有株式数       所有株式数        の合計
        又は名称                                           所有株式数
                                (株)       (株)       (株)
                                                   の割合(%)
                 大阪市中央区
       (自己保有株式)
                                476,900         -    476,900        7.88
      新家工業株式会社
                 南船場二丁目12番12号
          計             ―          476,900         -    476,900        7.88
     (注) 当第3四半期会計期間末(2020年12月31日)の自己保有株式は477,000株(発行済株式総数に対する所有株式数

        の割合7.89%)となっております。
    2  【役員の状況】

       該当事項はありません。
                                 8/20








                                                          EDINET提出書類
                                                       新家工業株式会社(E02258)
                                                            四半期報告書
    第4   【経理の状況】
    1.四半期連結財務諸表の作成方法について

      当社の四半期連結財務諸表は、「四半期連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(平成19年内閣府令
     第64号)に基づいて作成しております。
    2.監査証明について

      当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第3四半期連結会計期間(2020年10月1日から2020年
     12月31日まで)及び第3四半期連結累計期間(2020年4月1日から2020年12月31日まで)に係る四半期連結財務諸表につ
     いて、有限責任監査法人トーマツにより四半期レビューを受けております。
                                 9/20

















                                                          EDINET提出書類
                                                       新家工業株式会社(E02258)
                                                            四半期報告書
    1 【四半期連結財務諸表】
     (1)  【四半期連結貸借対照表】
                                                  (単位:百万円)
                                前連結会計年度            当第3四半期連結会計期間
                                (2020年3月31日)              (2020年12月31日)
     資産の部
      流動資産
        現金及び預金                                7,874              7,629
                                                    ※2  7,234
        受取手形及び売掛金                                8,615
                                                    ※2  4,778
        電子記録債権                                3,634
        有価証券                                  -              499
        商品及び製品                                5,669              5,038
        仕掛品                                  543              481
        原材料及び貯蔵品                                1,378              1,089
        その他                                  304              314
                                         △ 67             △ 66
        貸倒引当金
        流動資産合計                                27,951              26,998
      固定資産
        有形固定資産
         建物(純額)                               5,170              5,035
         土地                               4,645              4,612
                                        2,471              2,343
         その他(純額)
         有形固定資産合計                               12,287              11,991
        無形固定資産
                                         153              393
        投資その他の資産
         投資有価証券                               5,252              6,076
         退職給付に係る資産                                 13              -
         その他                                508              474
                                         △ 0             △ 0
         貸倒引当金
         投資その他の資産合計                               5,773              6,550
        固定資産合計                                18,214              18,935
      資産合計                                 46,166              45,934
                                10/20










                                                          EDINET提出書類
                                                       新家工業株式会社(E02258)
                                                            四半期報告書
                                                  (単位:百万円)
                                前連結会計年度            当第3四半期連結会計期間
                                (2020年3月31日)              (2020年12月31日)
     負債の部
      流動負債
                                                    ※2  6,511
        支払手形及び買掛金                                7,674
                                                    ※2  1,640
        電子記録債務                                1,398
        短期借入金                                5,231              4,408
        1年内返済予定の長期借入金                                  -              183
        未払法人税等                                  108               40
        賞与引当金                                  383              174
        事業構造改善引当金                                  247               -
                                                    ※2  1,531
                                        2,353
        その他
        流動負債合計                                17,397              14,490
      固定負債
        長期借入金                                1,050              2,401
        役員退職慰労引当金                                  40              35
        環境対策引当金                                  19              55
        退職給付に係る負債                                2,130              1,929
        資産除去債務                                   7              7
                                         697              870
        その他
        固定負債合計                                3,945              5,299
      負債合計                                 21,343              19,790
     純資産の部
      株主資本
        資本金                                3,940              3,940
        資本剰余金                                4,171              4,171
        利益剰余金                                15,436              15,973
                                        △ 695             △ 695
        自己株式
        株主資本合計                                22,853              23,389
      その他の包括利益累計額
        その他有価証券評価差額金                                1,301              1,873
        繰延ヘッジ損益                                  -              △ 1
        為替換算調整勘定                                △ 460             △ 361
                                        △ 493             △ 421
        退職給付に係る調整累計額
        その他の包括利益累計額合計                                  348             1,089
      非支配株主持分                                  1,620              1,664
      純資産合計                                 24,823              26,143
     負債純資産合計                                   46,166              45,934
                                11/20







                                                          EDINET提出書類
                                                       新家工業株式会社(E02258)
                                                            四半期報告書
     (2)  【四半期連結損益計算書及び四半期連結包括利益計算書】
      【四半期連結損益計算書】
       【第3四半期連結累計期間】
                                                  (単位:百万円)
                              前第3四半期連結累計期間              当第3四半期連結累計期間
                               (自 2019年4月1日              (自 2020年4月1日
                                至 2019年12月31日)               至 2020年12月31日)
     売上高                                   31,251              26,893
                                        25,969              22,418
     売上原価
     売上総利益                                   5,282              4,475
     販売費及び一般管理費                                   4,359              4,136
     営業利益                                    922              338
     営業外収益
      受取利息                                    5              22
      受取配当金                                   166              123
      仕入割引                                    18              16
                                          87              71
      その他
      営業外収益合計                                   277              233
     営業外費用
      支払利息                                    21              26
      売上割引                                    21              18
      為替差損                                    8              52
                                          26              21
      その他
      営業外費用合計                                    77              118
     経常利益                                   1,121               453
     特別利益
                                                     ※1  676
      固定資産売却益                                    2
                                                     ※2  167
                                          -
      事業構造改善引当金戻入額
      特別利益合計                                    2             843
     特別損失
                                       ※3  16
      災害による損失                                                  -
                                          9              0
      固定資産除却損
      特別損失合計                                    26               0
     税金等調整前四半期純利益                                   1,097              1,295
     法人税、住民税及び事業税
                                         113              104
                                         222              134
     法人税等調整額
     法人税等合計                                    336              239
     四半期純利益                                    761             1,056
     非支配株主に帰属する四半期純利益                                    101               46
     親会社株主に帰属する四半期純利益                                    659             1,010
                                12/20







                                                          EDINET提出書類
                                                       新家工業株式会社(E02258)
                                                            四半期報告書
      【四半期連結包括利益計算書】
       【第3四半期連結累計期間】
                                                  (単位:百万円)
                              前第3四半期連結累計期間              当第3四半期連結累計期間
                               (自 2019年4月1日              (自 2020年4月1日
                                至 2019年12月31日)               至 2020年12月31日)
     四半期純利益                                    761             1,056
     その他の包括利益
      その他有価証券評価差額金                                    46              572
      繰延ヘッジ損益                                    -              △ 1
      為替換算調整勘定                                  △ 21              94
                                          62              72
      退職給付に係る調整額
      その他の包括利益合計                                    87              737
     四半期包括利益                                    848             1,794
     (内訳)
      親会社株主に係る四半期包括利益                                   747             1,750
      非支配株主に係る四半期包括利益                                   100               43
                                13/20















                                                          EDINET提出書類
                                                       新家工業株式会社(E02258)
                                                            四半期報告書
     【注記事項】
      (追加情報)
      新型コロナウイルス感染症の感染拡大が長期化する中で、当社グループの事業に与える影響を合理的に予測するこ
     とは困難を伴いますが、鋼管業界の需要に回復の兆しが見えることを踏まえ、前期末の仮定を変更せず、会計上の見
     積りの判断を行っております。しかしながら、依然として不確定な要素は多く、今後の動向を引き続き注視しており
     ます。
      (四半期連結貸借対照表関係)

       1  受取手形割引高
                                        当第3四半期連結会計期間

                            前連結会計年度
                                          ( 2020年12月31日       )
                           ( 2020年3月31日       )
         受取手形割引高                       50 百万円             45  百万円
      ※2  四半期連結会計期間末日満期手形等の会計処理については、手形交換日をもって決済処理しています。

          なお、当第3四半期連結会計期間末日が金融機関の休日であったため、次の四半期連結会計期間末日満期
         手形等が、四半期連結会計期間末残高に含まれています。
                                        当第3四半期連結会計期間

                            前連結会計年度
                                          ( 2020年12月31日       )
                           ( 2020年3月31日       )
         受取手形                         -            219百万円
         電子記録債権                         -            339百万円
         支払手形                         -            119百万円
         電子記録債務                         -            200百万円
         その他(設備関係支払手形)                         -             33百万円
      (四半期連結損益計算書関係)

      ※1 固定資産売却益
       当第3四半期連結累計期間(自                2020年4月1日        至    2020年12月31日       )
        固定資産売却益の内容は、主に連結子会社P.T.パブリック アラヤ インドネシアの工場の土地の売却益であ
       ります。
      ※2 事業構造改善引当金戻入額

       当第3四半期連結累計期間(自                2020年4月1日        至    2020年12月31日       )
        事業構造改善引当金戻入額は、当社関西工場内リム工場等の解体・撤去工事及び土壌改良工事に関連して発生
       する損失に備えるために計上した事業構造改善引当金の見直しによる取崩しであります。
      ※3 災害による損失

       前第3四半期連結累計期間(自                2019年4月1日        至    2019年12月31日       )
        2019年9月に発生した台風15号により被災した当社千葉工場の棚卸資産及び建物の毀損等の災害関連損失であ
       ります。なお、当社千葉工場の建物の毀損等の原状復旧費用については、合理的な見積額を計上しております。
                                14/20






                                                          EDINET提出書類
                                                       新家工業株式会社(E02258)
                                                            四半期報告書
      (四半期連結キャッシュ・フロー計算書関係)
        当第3四半期連結累計期間に係る四半期連結キャッシュ・フロー計算書は作成しておりません。なお、第3四
       半期連結累計期間に係る減価償却費(無形固定資産に係る償却費を含む。)は、次のとおりであります。
                          前第3四半期連結累計期間              当第3四半期連結累計期間

                           (自    2019年4月1日            (自    2020年4月1日
                           至    2019年12月31日       )     至   2020年12月31日       )
         減価償却費                       436百万円              524百万円
      (株主資本等関係)

        前第3四半期連結累計期間(自                 2019年4月1日        至    2019年12月31日       )
         1.配当金支払額
                                        1株当たり
              決議      株式の種類      配当の原資      配当金の総額              基準日     効力発生日
                                         配当額
           2019年6月27日                                    2019年      2019年
                     普通株式      利益剰余金        362百万円         65円
           定時株主総会                                   3月31日      6月28日
         2.基準日が当第3四半期連結累計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が当第3四半期連結会計期

           間の末日後となるもの
            該当事項はありません。

        当第3四半期連結累計期間(自                 2020年4月1日        至    2020年12月31日       )

         1.配当金支払額
                                        1株当たり
              決議      株式の種類      配当の原資      配当金の総額              基準日     効力発生日
                                         配当額
           2020年6月25日                                    2020年      2020年
                     普通株式      利益剰余金        362百万円         65円
           定時株主総会                                   3月31日      6月26日
           2020年11月12日                                    2020年      2020年
                     普通株式      利益剰余金        111百万円         20円
           取締役会                                   9月30日      12月10日
         2.基準日が当第3四半期連結累計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が当第3四半期連結会計期

           間の末日後となるもの
            該当事項はありません。

                                15/20








                                                          EDINET提出書類
                                                       新家工業株式会社(E02258)
                                                            四半期報告書
      (セグメント情報等)
      【セグメント情報】
    Ⅰ   前第3四半期連結累計期間(自                2019年4月1日        至   2019年12月31日       )
     1.報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
                                                 (単位:百万円)
                                                    四半期連結
                       報告セグメント
                                                    損益計算書
                                     その他          調整額
                                           合計
                                      (注1)          (注2)
                                                     計上額
                      自転車    不動産等
                 鋼管関連                計
                                                     (注3)
                       関連     賃貸
    売上高

      外部顧客への売上高              30,510      349     383    31,243        8   31,251       -   31,251
     セグメント間の
                    -     -     -     -     -     -     -     -
     内部売上高又は振替高
          計        30,510      349     383    31,243        8   31,251       -   31,251
    セグメント利益又は損失
                   655    △ 69    323     909      1    910      11     922
    (△)
     (注)    1. 「その他」の区分は、報告セグメントに含まれない事業セグメントであり、機械設備・福祉機器の製造販
         売であります。
        2. セグメント利益又は損失(△)の調整額は、棚卸資産の調整等によるものであります。
        3. セグメント利益又は損失(△)は、四半期連結損益計算書の営業利益と調整を行っております。
     2.報告セグメントごとの固定資産の減損損失又はのれん等に関する情報

       該当事項はありません。
    Ⅱ   当第3四半期連結累計期間(自                2020年4月1日        至   2020年12月31日       )

     1.報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
                                                 (単位:百万円)
                                                    四半期連結
                       報告セグメント
                                                    損益計算書
                                     その他          調整額
                                           合計
                                      (注1)          (注2)
                                                     計上額
                      自転車    不動産等
                 鋼管関連                計
                                                     (注3)
                       関連     賃貸
    売上高

      外部顧客への売上高              26,140      327     416    26,884        9   26,893       -   26,893
     セグメント間の
                    -     -     -     -     -     -     -     -
     内部売上高又は振替高
          計        26,140      327     416    26,884        9   26,893       -   26,893
    セグメント利益又は損失
                    34    △ 61    358     331      2    333      4    338
    (△)
     (注)    1. 「その他」の区分は、報告セグメントに含まれない事業セグメントであり、機械設備・福祉機器の製造販
         売であります。
        2. セグメント利益又は損失(△)の調整額は、棚卸資産の調整等によるものであります。
        3. セグメント利益又は損失(△)は、四半期連結損益計算書の営業利益と調整を行っております。
     2.報告セグメントごとの固定資産の減損損失又はのれん等に関する情報

       該当事項はありません。
                                16/20





                                                          EDINET提出書類
                                                       新家工業株式会社(E02258)
                                                            四半期報告書
      (1株当たり情報)
       1株当たり四半期純利益及び算定上の基礎は、以下のとおりであります。
                               前第3四半期連結累計期間             当第3四半期連結累計期間

                                (自    2019年4月1日           (自    2020年4月1日
                                至   2019年12月31日       )    至   2020年12月31日       )
     1株当たり四半期純利益                                  118円33銭             181円37銭
        (算定上の基礎)

      親会社株主に帰属する四半期純利益
                                          659            1,010
                       (百万円)
      普通株主に帰属しない金額    (百万円)
                                          ―             ―
      普通株式に係る親会社株主に帰属する
                                          659            1,010
      四半期純利益          (百万円)
      普通株式の期中平均株式数    (千株)
                                         5,571             5,568
     (注) 潜在株式調整後1株当たり四半期純利益については、潜在株式が存在しないため記載しておりません。
      (重要な後発事象)

      該当事項はありません。

    2  【その他】

      第157期(2020年4月1日から2021年3月31日まで)中間配当について、2020年11月12日開催の取締役会において、

     2020年9月30日の株主名簿に記録された株主に対し、次のとおり中間配当を行うことを決議いたしました。
      ① 配当金の総額                                                        111百万円
      ② 1株当たりの金額                                20円00銭
      ③ 支払請求権の効力発生日及び支払開始日                         2020年12月10日
                                17/20











                                                          EDINET提出書類
                                                       新家工業株式会社(E02258)
                                                            四半期報告書
    第二部     【提出会社の保証会社等の情報】
     該当事項はありません。

                                18/20



















                                                          EDINET提出書類
                                                       新家工業株式会社(E02258)
                                                            四半期報告書
                    独立監査人の四半期レビュー報告書
                                                   2021年2月10日

    新家工業株式会社
     取締役会      御中
                       有限責任監査法人トーマツ

                          大阪事務所

                         指定有限責任社員

                                   公認会計士       中 田   明          印
                         業務執行社員
                         指定有限責任社員

                                   公認会計士       池 畑 憲二郎          印
                         業務執行社員
    監査人の結論

     当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、「経理の状況」に掲げられている新家工業株式会
    社の2020年4月1日から2021年3月31日までの連結会計年度の第3四半期連結会計期間(2020年10月1日から2020年12
    月31日まで)及び第3四半期連結累計期間(2020年4月1日から2020年12月31日まで)に係る四半期連結財務諸表、す
    なわち、四半期連結貸借対照表、四半期連結損益計算書、四半期連結包括利益計算書及び注記について四半期レビュー
    を行った。
     当監査法人が実施した四半期レビューにおいて、上記の四半期連結財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認
    められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して、新家工業株式会社及び連結子会社の2020年12月31日現在の財政状
    態及び同日をもって終了する第3四半期連結累計期間の経営成績を適正に表示していないと信じさせる事項が全ての重
    要な点において認められなかった。
    監査人の結論の根拠

     当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に準拠して四半期レビューを行っ
    た。四半期レビューの基準における当監査法人の責任は、「四半期連結財務諸表の四半期レビューにおける監査人の責
    任」に記載されている。当監査法人は、我が国における職業倫理に関する規定に従って、会社及び連結子会社から独立
    しており、また、監査人としてのその他の倫理上の責任を果たしている。当監査法人は、結論の表明の基礎となる証拠
    を入手したと判断している。
    四半期連結財務諸表に対する経営者及び監査等委員会の責任

     経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して四半期連結
    財務諸表を作成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない四半期連結財務諸
    表を作成し適正に表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     四半期連結財務諸表を作成するに当たり、経営者は、継続企業の前提に基づき四半期連結財務諸表を作成することが
    適切であるかどうかを評価し、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に基づいて
    継続企業に関する事項を開示する必要がある場合には当該事項を開示する責任がある。
     監査等委員会の責任は、財務報告プロセスの整備及び運用における取締役の職務の執行を監視することにある。
                                19/20





                                                          EDINET提出書類
                                                       新家工業株式会社(E02258)
                                                            四半期報告書
    四半期連結財務諸表の四半期レビューにおける監査人の責任
     監査人の責任は、監査人が実施した四半期レビューに基づいて、四半期レビュー報告書において独立の立場から四半
    期連結財務諸表に対する結論を表明することにある。
     監査人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に従って、四半期レビューの過程を通
    じて、職業的専門家としての判断を行い、職業的懐疑心を保持して以下を実施する。
    ・ 主として経営者、財務及び会計に関する事項に責任を有する者等に対する質問、分析的手続その他の四半期レ
     ビュー手続を実施する。四半期レビュー手続は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に準拠して
     実施される年度の財務諸表の監査に比べて限定された手続である。
    ・ 継続企業の前提に関する事項について、重要な疑義を生じさせるような事象又は状況に関して重要な不確実性が認
     められると判断した場合には、入手した証拠に基づき、四半期連結財務諸表において、我が国において一般に公正妥
     当と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して、適正に表示されていないと信じさせる事項が認められな
     いかどうか結論付ける。また、継続企業の前提に関する重要な不確実性が認められる場合は、四半期レビュー報告書
     において四半期連結財務諸表の注記事項に注意を喚起すること、又は重要な不確実性に関する四半期連結財務諸表の
     注記事項が適切でない場合は、四半期連結財務諸表に対して限定付結論又は否定的結論を表明することが求められて
     いる。監査人の結論は、四半期レビュー報告書日までに入手した証拠に基づいているが、将来の事象や状況により、
     企業は継続企業として存続できなくなる可能性がある。
    ・ 四半期連結財務諸表の表示及び注記事項が、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作
     成基準に準拠していないと信じさせる事項が認められないかどうかとともに、関連する注記事項を含めた四半期連結
     財務諸表の表示、構成及び内容、並びに四半期連結財務諸表が基礎となる取引や会計事象を適正に表示していないと
     信じさせる事項が認められないかどうかを評価する。
    ・ 四半期連結財務諸表に対する結論を表明するために、会社及び連結子会社の財務情報に関する証拠を入手する。監
     査人は、四半期連結財務諸表の四半期レビューに関する指示、監督及び実施に関して責任がある。監査人は、単独で
     監査人の結論に対して責任を負う。
     監査人は、監査等委員会に対して、計画した四半期レビューの範囲とその実施時期、四半期レビュー上の重要な発見
    事項について報告を行う。
     監査人は、監査等委員会に対して、独立性についての我が国における職業倫理に関する規定を遵守したこと、並びに
    監査人の独立性に影響を与えると合理的に考えられる事項、及び阻害要因を除去又は軽減するためにセーフガードを講
    じている場合はその内容について報告を行う。
    利害関係

     会社及び連結子会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はな
    い。
                                                       以   上
     (注)   1.上記は四半期レビュー報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(四半期報

        告書提出会社)が別途保管しております。
       2.XBRLデータは四半期レビューの対象には含まれていません。
                                20/20







PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

書類提出日で検索

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2022年4月25日

社名の変更履歴が表示されるようになりました

2020年12月21日

新規上場の通知機能を追加しました。Myページにて通知の設定が行えます。

2020年9月22日

企業・投資家の個別ページに掲載情報を追加しました。また、併せて細かい改修を行いました。

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。