株式会社ビーイング 意見表明報告書

提出書類 意見表明報告書
提出日
提出者 株式会社ビーイング
カテゴリ 意見表明報告書

                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社ビーイング(E05052)
                                                           意見表明報告書
    【表紙】
    【提出書類】                     意見表明報告書

    【提出先】                     関東財務局長

    【提出日】                     2021年2月9日

    【報告者の名称】                     株式会社ビーイング

    【報告者の所在地】                     三重県津市桜橋1丁目312番地

    【最寄りの連絡場所】                     三重県津市桜橋1丁目312番地

    【電話番号】                     (059)227-2932

    【事務連絡者氏名】                     常務取締役経理部長 後藤 伸悟

    【縦覧に供する場所】                     株式会社ビーイング

                          (三重県津市桜橋1丁目312番地)
                         株式会社東京証券取引所
                          (東京都中央区日本橋兜町2番1号)
     (注1) 本書中の「当社」とは、株式会社ビーイングをいいます。
     (注2) 本書中の「公開買付者」とは、有限会社トゥルースをいいます。
     (注3) 本書中の記載において、計数が四捨五入又は切捨てされている場合、合計として記載される数値は計数の総
         和と必ずしも一致しません。
     (注4) 本書中の「法」とは、金融商品取引法(昭和23年法律第25号。その後の改正を含みます。)をいいます。
     (注5) 本書中の「株券等」とは、株式に係る権利をいいます。
     (注6) 本書中の記載において、日数又は日時の記載がある場合は、特段の記載がない限り、日本国における日数又
         は日時を指すものとします。
     (注7) 本書中の「営業日」とは、行政機関の休日に関する法律(昭和63年法律第91号。その後の改正を含みます。)
         第1条第1項各号に掲げる日を除いた日をいいます。
     (注8) 本書の提出に係る公開買付け(以下「本公開買付け」といいます。)は、法で定められた手続及び情報開示基
         準に従い実施されるものです。
                                 1/25










                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社ビーイング(E05052)
                                                           意見表明報告書
    1  【公開買付者の氏名又は名称及び住所又は所在地】
      名 称  有限会社トゥルース
      所在地  三重県津市半田1113番地2
    2  【公開買付者が買付け等を行う株券等の種類】

      普通株式
    3  【当該公開買付けに関する意見の内容、根拠及び理由】

     (1)  意見の内容
       当社は、2021年2月8日開催の取締役会において、下記「(2)意見の根拠及び理由」に記載の根拠及び理由に基づ
      き、本公開買付けに賛同する旨の意見を表明するとともに、当社の株主の皆様に対し、本公開買付けへの応募を推
      奨することを決議いたしました。
       なお、上記取締役会決議は、下記「(6)本公開買付価格の公正性を担保するための措置及び利益相反を回避するた
      めの措置等、本公開買付けの公正性を担保するための措置」の「⑦ 当社における利害関係を有しない取締役全員
      (監査等委員を含む。)の承認」に記載の方法により決議されております。
     (2)  意見の根拠及び理由

       本「(2)意見の根拠及び理由」の記載のうち、公開買付者に関する記載については、公開買付者から受けた説明に
      基づいております。
      ① 本公開買付けの概要
        公開買付者は、当社の代表取締役社長である津田誠氏(以下「津田誠氏」といいます。)により、1996年12月12
       日付で設立された有限会社であり、当社の普通株式(以下「当社株式」といいます。)の取得及び保有を主たる目
       的としているとのことです。本書提出日現在、当社の代表取締役会長であり主要株主である津田能成氏(以下「津
       田能成氏」といいます。)(所有する公開買付者の株式数:2株、公開買付者の発行済株式総数に占める割合(注
       1):3.23%)及び津田能成氏の長男であり当社の代表取締役社長である津田誠氏(所有する公開買付者の株式数:
       60株、公開買付者の発行済株式総数に占める割合:96.77%)が、公開買付者の発行済株式の全て(合計62株)を所
       有しているとのことです。なお、本書提出日現在、公開買付者は、株式会社東京証券取引所(以下「東京証券取引
       所」といいます。)JASDAQ(スタンダード)市場へ上場している当社株式を2,850,000株(所有割合(注2):
       36.34%)所有しており、当社の主要株主である筆頭株主です。
        今般、公開買付者は、当社株式の全て(ただし、当社が所有する自己株式を除きます。)を取得し、当社株式を
       非公開化することを目的とする一連の取引(以下「本取引」といいます。)の一環として、本公開買付けを実施す
       ることを2021年2月8日に決定したとのことです。なお、本取引は、マネジメント・バイアウト(MBO)(注3)
       に該当し、公開買付者及び当社の代表取締役を兼務する津田能成氏(所有する当社株式数:1,520,100株、所有割
       合:19.38%)並びに公開買付者の取締役及び当社の代表取締役社長を兼務する津田誠氏(本書提出日現在、当社株
       式を所有しておりません。)は、本取引後も継続して当社の経営にあたることを、また、津田能成氏の配偶者であ
       り、公開買付者の取締役及び当社の取締役(監査等委員)を兼務する津田由美子氏(以下「津田由美子氏」といいま
       す。)(所有する当社株式数:381,800株、所有割合:4.87%)は、本取引後も継続して当社の取締役(監査等委員)
       として職務を遂行することを予定しているとのことです。公開買付者と当社のその他の取締役との間には、本公
       開買付け後の役員就任について特段の合意はないとのことです。
        (注1) 小数点以下第三位を四捨五入しております。以下同じです。
        (注2) 「所有割合」とは、当社が2021年2月8日に公表した2021年3月期第3四半期決算短信〔日本基準〕
            (連結)(以下「当社四半期決算短信」といいます。)に記載された2020年12月31日現在の当社の発行済
            株式数(8,257,600株)から、当社四半期決算短信に記載された当社が同日現在所有する自己株式数
            (415,227株)を控除した株式数(7,842,373)株に対する割合(なお、小数点以下第三位を四捨五入してお
            ります。)をいい、以下同じとします。
        (注3) 「マネジメント・バイアウト(MBO)」とは、一般に、買収対象会社の経営陣が、買収資金の全部又
            は一部を出資して、買収対象会社の事業の継続を前提として買収対象会社の株式を取得する取引をい
            います。
                                 2/25



                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社ビーイング(E05052)
                                                           意見表明報告書
        本公開買付けの開始にあたり、公開買付者は、津田能成氏(所有株式数:1,520,100株、所有割合:19.38%)及
       び津田由美子氏(所有株式数:381,800株、所有割合:4.87%)(以下、総称して「本応募予定株主」といいます。)
       から、それぞれが所有する当社株式の全て(本応募予定株主の所有株式数の合計:1,901,900株、所有割合の合
       計:24.25%)について、本公開買付けに応募する意向であることを確認しているとのことです。なお、津田能成
       氏及び津田由美子氏は、当社の役員持株会の会員であり、役員持株会を通じた持分としてそれぞれ1,246株(小数
       点以下切捨て、所有割合:0.02%)及び412株(小数点以下切捨て、所有割合:0.01%)に相当する当社株式を間接
       的に所有しておりますが、上記津田能成氏及び津田由美子氏が所有する1,520,100株及び381,800株には、役員持
       株会を通じた持分として間接的に所有している当社株式は含まれていないとのことです。また、公開買付者は、
       津田能成氏及び津田由美子氏において、それぞれが役員持株会を通じた持分として間接的に所有している当社株
       式を、本公開買付けに際して役員持株会から引き出して、本公開買付けに応募する予定がないことを確認してい
       るとのことです。
        公開買付者は、本公開買付けにおいて2,378,200株(所有割合:30.33%)を買付予定数の下限として設定してお
       り、本公開買付けに応募された株券等(以下「応募株券等」といいます。)の総数が買付予定数の下限(2,378,200
       株)に満たない場合は、公開買付者は、応募株券等の全部の買付け等を行わないとのことです。なお、買付予定数
       の下限(2,378,200株)は、当社四半期決算短信に記載された2020年12月31日現在の当社の発行済株式総数
       (8,257,600株)から、同日現在の当社が所有する自己株式数(415,227株)を控除した株式数(7,842,373株)に係る議
       決権の数(78,423個)の3分の2(52,282個)から公開買付者の有する議決権の数(28,500個)を控除し、当社の単元
       株式数である100株を乗じた数としているとのことです。買付予定数の下限を設定したのは、本取引においては当
       社株式を非公開化して当社を公開買付者の完全子会社とすることを目的としているところ、下記「(5)本公開買付
       け後の組織再編等の方針(いわゆる二段階買収に関する事項)」に記載の株式併合の手続を実施する際には、会社
       法(平成17年法律第86号。その後の改正を含みます。以下同じとします。)第309条第2項に規定する株主総会にお
       ける特別決議が要件とされていることから、本取引の実施を着実に遂行すべく、本公開買付け後に公開買付者が
       当社の総株主の総議決権数の3分の2以上を所有することとなるようにするためとのことです。他方、本公開買
       付けは、公開買付者が当社株式の全て(ただし、当社が所有する自己株式を除きます。)を取得することにより当
       社株式を非公開化することを企図しているため、買付予定数の上限は設けておらず、応募株券等の総数が買付予
       定数の下限(2,378,200株)以上の場合は、応募株券等の全ての買付け等を行うとのことです。
        公開買付者は、本公開買付けが成立したものの本公開買付けにより当社株式の全て(ただし、当社が所有する自
       己株式を除きます。)を取得できなかった場合には、本公開買付けの成立後に、下記「(5)本公開買付け後の組織
       再編等の方針(いわゆる二段階買収に関する事項)」に記載のとおり、当社の株主を公開買付者のみとするための
       一連の手続(以下「本完全子会社化手続」といいます。)を実施することを予定しているとのことです。
        公開買付者は、本公開買付けが成立した場合、株式会社三重銀行(以下「三重銀行」といいます。)から
       4,520,000,000円を上限として借入れ(以下「本銀行融資」といいます。)を受けることを予定しており、かかる資
       金をもって、本公開買付けの資金決済等に充当する予定とのことです。本銀行融資に係る融資条件の詳細は、三
       重銀行と別途協議の上、本銀行融資に係る融資契約において定めることとされているとのことですが、本銀行融
       資に係る融資契約では、公開買付者が本書提出日現在所有する当社株式及び公開買付者が本公開買付けにより取
       得する当社株式が担保に供されること、本銀行融資に関して津田能成氏及び津田誠氏を公開買付者の連帯保証人
       とすること、並びに下記「(5)本公開買付け後の組織再編等の方針(いわゆる二段階買収に関する事項)」に記載の
       一連の手続を通じて当社が公開買付者の完全子会社となった後は、本銀行融資に関して、当社を公開買付者の連
       帯保証人とすることが予定されているとのことです。
                                 3/25






                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社ビーイング(E05052)
                                                           意見表明報告書
      ② 公開買付者が本公開買付けの実施を決定するに至った背景、目的及び意思決定の過程、並びに本公開買付け成
        立後の経営方針
       (ⅰ)公開買付者が本公開買付けの実施を決定するに至った背景、目的及び意思決定の過程
         当社は、1984年9月にコンピュータ関連販売会社のイリイ三重株式会社として設立され、その後1987年4月
        に現在の社名である株式会社ビーイングに商号変更しました。1987年7月より土木工事積算システムのソフト
        ウェアの販売を開始することなどにより業容を拡大し、1990年9月の福岡営業所の開設を皮切りに、全国に15
        の営業拠点、3つの開発拠点、及び1つのサポートセンターを開設しております。当社は、1999年10月には日
        本証券業協会に当社株式を店頭登録し、その後、2004年12月には株式会社ジャスダック証券取引所(以下「ジャ
        スダック証券取引所」といいます。)に当社株式を上場し、2010年4月に行われたジャスダック証券取引所と株
        式会社大阪証券取引所(以下「大阪証券取引所」といいます。)の合併に伴い、大阪証券取引所(JASDAQ市
        場)に上場し、同年10月に大阪証券取引所ヘラクレス市場、同取引所JASDAQ市場及び同取引所NEO市場
        の各市場の統合に伴い、大阪証券取引所JASDAQに上場いたしました。2013年7月に行われた東京証券取
        引所と大阪証券取引所の統合に伴い、現在は東京証券取引所JASDAQ(スタンダード)市場に上場しており
        ます。なお、公開買付者は、1998年9月30日、当社の第1回新株引受権付社債の新株引受権の行使により、当
        社株式20,000株(出資比率(各時点の当社の発行済株式総数に占める公開買付者の所有株式数の割合をいい、小
        数点以下第三位を四捨五入しております。以下同じです。):16.67%)を取得したとのことです。その後、1999
        年3月31日、当社が当社株式の額面を500円から50円に変更するとともに1株につき5株の割合で株式分割を実
        施したため、公開買付者が所有する当社株式数は1,000,000株(出資比率:16.67%)となり、さらに同年7月15
        日、当社が1株につき1.2株の割合で株式分割を実施したため、公開買付者が所有する当社株式数は1,200,000
        株(出資比率:16.67%)となったとのことです。公開買付者は、当社が日本証券業協会に店頭登録した1999年10
        月29日において、当社株式1,200,000株(出資比率:14.63%)を所有しておりましたが、2006年12月7日付で津
        田能成氏から当社株式1,650,000株(所有割合(注4):20.70%)を譲り受けて、当社株式を2,850,000株(所有割
        合(注4):35.75%)所有することにより、当社の主要株主兼筆頭株主となり、現在、当社株式2,850,000株(所
        有割合:36.34%)を所有するに至っております。
         (注4) ここでいう「所有割合」とは、当社が2006年11月17日に公表した平成19年3月期中間決算短信(非連
             結)に記載された2006年9月30日現在の発行済株式総数(8,257,600株)から、同日現在の当社が所有
             する自己株式数(286,400株)を控除した株式数(7,971,200株)に対する割合(なお、小数点以下第三位
             を四捨五入しております。)をいいます。
         当社グループは、本書提出日現在、当社、連結子会社4社、非連結子会社1社及び関連会社1社の計7社(以

        下、総称して「当社グループ」といいます。)で構成されており、主に業務用パッケージソフトウェアの企画及
        び開発、並びにそれに伴うコンサルティング・サービス及びネットワーク関連サービスの提供を行っていると
        ころ、当社グループの事業は、(A)建設関連事業、(B)生産性向上コンサルティング事業、及び(C)設備関連
        事業の3つの事業セグメントに分類されます。なお、かかる各事業の詳細は以下のとおりです。
        (A)建設関連事業

          建設関連事業においては、当社、株式会社ラグザイア及びBeing(Myanmar)Co.,Ltd.(連結子会社)、株式会
         社ビーイングDC(非連結子会社)並びにProgressive                         Labs   Ltd.(関連会社)を中心とする当社グループにおい
         て、土木工事積算システム「Gaia(ガイア)」を中心とした建設業向けアプリケーションと、TOC(制約条件
         の理論)という経営哲学に基づいたプロジェクト管理手法を中心としたTOC関連アプリケーションを開発・
         販売しております。
        (B)生産性向上コンサルティング事業

          生産性向上コンサルティング事業においては、2019年1月に当社から会社分割により新設された株式会社
         ビーイングコンサルティング(連結子会社)を中心として、企業に対してTOC(制約条件の理論)という経営
         哲学に基づいたプロジェクト管理手法を用いた生産性向上のためのコンサルティング・サービスを提供して
         おります。当該事業においては、建設関連業以外にも国内外の製造・サービス・IT業などの多様な業種向け
         に、TOC(制約条件の理論)に基づいた生産性向上のためのコンサルティング・サービスを提供しており、
         当社としては、当該事業を当社における第二の柱となる事業として確立することを目指しています。
        (C)設備関連事業

          設備関連事業においては、株式会社プラスバイプラス(連結子会社)にて、主として電気・水道設備の工事
         業者向けの工事図面、見積書などの作成を支援するCADソフトウェアとして「PlusCAD(プラスキャド)」な
         どを販売しております。
                                 4/25



                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社ビーイング(E05052)
                                                           意見表明報告書
         当社グループは、「感謝・感恩・報恩」の企業理念のもと、お客様に対して他社よりも遥かに高い好感を与
        える商品及びサービスを提供することを経営の基本方針とし、ニッチ市場において高いシェアを確保すること
        を経営の基本戦略としており、これらの取り組みを通じて、お客様との間に継続的な営みを形成し、高付加価
        値型のビジネスを展開し、企業価値の向上を図ることを目指しています。
         当該経営方針のもと、当社グループは、高い市場シェアを有する建設関連事業における土木工事積算システ
        ム及びその顧客である建設業者との繋がりを強みと認識しており、これらを積極的に活用した事業展開を進め
        てまいりました。
         しかしながら、津田能成氏は、2018年8月初旬から、土木工事積算システム関連のソフトウェアの販売事業
        への依存度が高い事業構造を有する当社グループの事業存続を確実なものとしていく施策を検討する中で、当
        社グループの業績が、当社グループを取り巻く経済情勢の変化、特に建設業界の景況変化に影響されやすいこ
        とに強く懸念を持つようになるとともに、当社グループの手掛けるソフトウェアビジネス及びインターネット
        ビジネスの市場においては、継続的な新製品導入と急速な技術革新などを特徴とする厳しい競争が生じてお
        り、かかる厳しい競争市場の中で、顧客に受け入れられる製品を開発する能力を維持・向上し続けるための当
        社グループの態勢整備の重要性について認識するようになったとのことです。
         かかる懸念及び認識を背景として、具体的には、当社グループとして今後のさらなる成長を達成するために
        は、津田能成氏としては、現在、当社グループにおいて、特に以下のような課題があると考えるようになった
        とのことです。
         まず、当社の第36期(自 2019年4月1日 至 2020年3月31日)事業年度において、当社グループの総売上
        高は6,487,066千円であるところ、そのうち建設関連事業、生産性向上コンサルティング事業及び設備関連事業
        における各売上高は、それぞれ4,472,054千円(構成比68.94%)、244,620千円(同3.77%)及び1,770,391千円(同
        27.29%)となっており、当社グループの売上高は、かかる3つの事業セグメントのうち建設関連事業の売上高
        に依存しております。さらに建設関連事業の売上高(4,472,054千円)のうち土木工事積算システム関連のソフト
        ウェアの販売に係る売上高(3,608,539千円)が占める割合は80%(建設関連事業に占める割合80.69%)を超え、
        当社グループの連結売上高全体(6,487,066千円)に占める割合においても55%(連結売上高全体に占める割合
        55.63%)を超える状況となっております。このように当社グループの売上高の構成は、3つの事業セグメント
        のうち建設関連事業の売上高、とりわけ建設関連事業における土木工事積算システム関連のソフトウェアの販
        売に係る売上高に依存し、かかる土木工事積算システム関連のソフトフェアの販売事業の業績が当社グループ
        全体の業績に大きな影響を及ぼす事業構造となっています。かかる事業構造を有する当社グループにおいて
        は、対象となる顧客が、主として公共工事の入札に参加する土木建設業者に限定されており、建設業界の景況
        変化に影響されやすいうえ、公共工事が抑制され、又は建設業者の淘汰が進む場合には、土木工事積算システ
        ム関連のソフトウェアの需要に悪影響が生じ、当社グループ全体の業績の悪化につながる可能性があるという
        課題を有しています。また、当社は、土木工事積算システムの著作権を有しておりますが、その開発技術には
        特許権は存在しません。そのため、既に汎用機メーカー、ソフトウェアハウス等の企業が当社グループの製品
        と同様の機能をもった競合製品を販売し、競争は激化しております。一方、国土交通省中央建設業審議会基本
        問題小委員会第19回議事録(2018年2月13日開催)及び当該委員会にて配布された「建設産業をめぐる現状と課
        題」と題する国土交通省作成資料によれば、当社グループの主要な顧客が属する建設業界においては、建設技
        能労働者329万人のうち55歳以上の者は113万人であって、全建設技能労働者のうち、55歳以上の者が占める割
        合が34.35%と、高齢化が進行し、次世代への技術承継が課題であるとされており、また、29歳以下の建設技能
        労働者が36.6万人である一方で60歳以上の建設技能労働者が81.1万人となっており、今後大量の離職が見込ま
        れるため、建設業の担い手の確保、業務の生産性の向上が大きな課題と指摘されております。当社グループで
        は、継続的な技術開発と新製品の投入を通じて、土木工事積算システムの分野における競争力の維持・向上を
        図っておりますが、当社グループが今後も競争力を維持・向上していくためには、かかる建設業界の状況を踏
        まえ、国土交通省が推進するi-Construction(アイ・コンストラクション)(注5)の施策に従い、ICT(情報通信
        技術)を用いて、業務の生産性向上に課題を抱える建設事業者の現場運営を支援できるソリューション群の開
        発・販売を進めていくことが急務となっています。
         (注5)      i-Construction(アイ・コンストラクション)とは、国土交通省が掲げる生産性革命プロジェクトの
             うちの一つであり、調査・測量から設計、施工、検査、維持管理に至るまでの全てのプロセスでICT
             (情報通信技術)を導入することによって、建設生産システム全体の生産性向上を図り、もって魅力
             ある建設現場を目指す取組みをいいます。
                                 5/25



                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社ビーイング(E05052)
                                                           意見表明報告書
         なお、かかる当社グループの置かれた事業環境を踏まえ、当社グループは、そのコア事業が属する土木工事
        積算システムの分野における競争力の維持・向上を図るため、土木工事積算システムのクラウド・サービス化
        を重要な戦略として位置付けているところ、主力商品である土木工事積算システム「Gaia」シリーズにおい
        て、初のクラウド版となる「Gaia                Cloud」(注6)を開発し、2020年8月より、その販売を開始しました。もっ
        とも、当社グループの「Gaia」シリーズ販売額における2021年3月期末時点のクラウド・サービス販売比率は
        10%(想定値)にとどまる見込みであり、その販売商品のクラウド・サービス化をより推進していくことが引き
        続き重要な課題となっています。
         (注6) 「Gaia        Cloud」は、当社グループが販売してきた従来のオンプレミス(注7)版ソフトウェアとは異
             なり、当社グループの用意するクラウドサービスプラットフォームから、インターネット経由でコ
             ンピューティング、データベース、ストレージ、アプリケーションをオンデマンドで利用すること
             ができるサービスになります。かかるサービスを利用する建設業者は、積算に必要なデータをダウ
             ンロードの手間なく常に最新の状態で利用することができるとともに、設計書や仕様書のデータを
             取込むことにより全自動で積算が完了する「全自動積算」機能を活用することによって、複雑・高
             度化する建設業者の積算業務をより効率的に行い、その生産性を向上することが可能となります。
         (注7) オンプレミスとは、情報システムのハードウェアを使用者が自ら管理するデータセンターその他の
             設備内に設置し、運用する形態をいいます。
         津田能成氏は、このような課題を抱える当社グループが今後もさらなる成長を達成するためには、短期的に

        は財務的負担となる可能性がありながらも、中長期的に企業価値の向上につながる施策への戦略的投資を積極
        的かつ迅速に行うことにより、当社グループの事業構造を改革し、事業領域を多角化するとともに、当社グ
        ループを取り巻く厳しい事業環境に適合した経営体制を構築することが不可欠と考え、具体的には、2020年6
        月初旬、以下の施策を実施することにより、さらなる当社グループの企業価値の拡大を図ることが必要と考え
        るに至ったとのことです。
        (ア)土木積算分野依存の事業構造からの脱却
          土木工事積算システム関連のソフトウェアの販売事業への依存度が高い当社グループにおいては、対象と
         なる顧客が、主として公共工事の入札に参加する土木建設業者に限定されており、公共工事が抑制され、又
         は建設業者の淘汰が進む場合には、当社グループの業績に大きな悪影響が及ぶ可能性があることから、津田
         能成氏は、当社グループを土木積算分野依存の事業構造から脱却させて、広く建設総合分野へ進出させるこ
         とが必須と考えているとのことです。とりわけ、国土交通省が推進するi-Construction施策を踏まえ、当社
         グループがコア事業としている土木積算分野以外の建設総合分野においても、建設ICT本格導入への対応、コ
         スト削減などを始めとして構造的な改善の余地のある分野が存在していることを勘案し、津田能成氏は、当
         社グループが現在取り組んでいるクラウド・サービス事業の研究開発を加速させ、早期に土木積算分野以外
         の建設総合分野においてもクラウド・サービスの事業化に着手すべきと考えているとのことです。
        (イ)人材育成及び付加価値の高いサービスを広く提供できる体制の強化

          当社グループにおいては、生産性向上コンサルティング事業を第二の柱となるべき事業として確立するこ
         とを目指しており、2019年1月に当社から会社分割により新設された株式会社ビーイングコンサルティング
         を中心として、企業に対してTOC(制約条件の理論)という経営哲学に基づいたプロジェクト管理手法を用
         いた生産性向上のためのコンサルティング・サービスを提供するとともに、TOC(制約条件の理論)を活用
         したTOC関連アプリケーションを開発・販売しております。津田能成氏は、当社グループが主要顧客とす
         る建設業界に属する企業以外の企業へのTOC関連アプリケーションの販売にも注力するとともに、生産性
         向上コンサルティング事業において、TOC(制約条件の理論)を活用した課題解決型コンサルティング・
         サービスのコンサルタントを養成するなどして、単なるモノの販売を超えたより付加価値の高いサービスを
         広く提供できる体制を早期に構築できるよう注力すべきと考えているとのことです。
                                 6/25





                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社ビーイング(E05052)
                                                           意見表明報告書
        (ウ)クラウド・サービス化を加速させるための商品開発投資
          津田能成氏は、上記の当社グループの事業領域の多角化等に関する施策のみならず、当社グループのコア
         事業たる土木工事積算システム関連のソフトウェアの販売事業における当社グループの競争力を維持・向上
         させるため、当社グループの販売商品のクラウド・サービス化をより一層強力に推進していくことが重要と
         考えているとのことです。土木工事積算システム関連のソフトウェアの販売分野においては、既に汎用機
         メーカー、ソフトウェアハウス等の企業が当社の製品と同様の機能をもった競合製品を販売し、競争は激化
         しております。津田能成氏は、会計関連のソフトウェア分野においてクラウド・サービス化が急速に進展し
         たことを踏まえ、今後、土木積算システムのソフトウェアの分野においても、同様にクラウド・サービス化
         が急速に拡大し、積算に必要な各種データベースの集積が企業競争力の源泉となる一方で、従来型パッケー
         ジソフトウェアの販売戦略では顧客ニーズを捉えきれなくなるものと考えているとのことです。そのため、
         津田能成氏としては、当社グループが主力商品としている土木工事積算システム「Gaia」シリーズのクラウ
         ド・サービス化を早期に完了させ、高付加価値サービスの追加投入を図るとともに、他の商品ラインにおい
         ても、クラウド・サービス化を前提とした商品開発投資をさらに加速すべきと考えているとのことです。
         津田能成氏は、当社グループの中長期的な成長を実現するためには、上記(ア)から(ウ)の施策などにより、

        当社グループの事業領域を多角化すべく、建設総合事業分野へ進出するための事業投資、課題解決型コンサル
        ティング・サービスのコンサルタント養成投資、さらには、現在の主力商品ラインを含めた商品群のクラウ
        ド・サービス化を加速させるための商品開発投資などが必要であると考えるに至ったとのことです。
         しかしながら、津田能成氏としては、これらの投資施策により、中長期的にみれば当社グループの大きな成
        長及び収益の拡大が見込まれると考えているものの、直ちに当社グループの収益には反映されない可能性があ
        るのみならず、これらの投資施策の実施には多額の資金と開発人員等を要する一方で、当社グループがその主
        力事業としている土木工事積算システムのクラウド・サービス化の推進は、当社グループの売上高を一時的に
        減少させ、当社グループの営業損益は赤字になることが想定され、キャッシュ・フローの悪化も懸念されると
        考えているとのことです。
         現在、当社グループの「Gaia」シリーズ販売額における2021年3月期末時点のクラウド・サービス販売比率
        は10%(想定値)にとどまり、当面オンプレミス版ソフトウェアとの併売が続く見通しですが、津田能成氏は、
        当社グループが置かれている市場での厳しい競争その他の事業環境等を踏まえると、当社グループにおいては
        その商品群のクラウド・サービス化を早期に推進し、当社グループにおけるクラウド・サービス販売比率を5
        年内に少なくとも70%程度、最大100%へ引き上げていく必要があると考えているとのことです。津田能成氏
        は、かかる施策を推進していくためには、クラウド・サービスの開発に多額の資金と開発人員が必要となるほ
        か、当該クラウド・サービスを維持していく上で、公共入札の制度変更に伴う機能の改善や修正、対応データ
        範囲の拡大や更新データのタイムリーな提供などを実現するための開発及び運用工数を確保する必要があり、
        当社グループは従前のビジネス・モデル及び組織体制全体をクラウド・サービスの運営に適合させる必要にも
        迫られることになると考えているとのことです。
         また、現在のクラウド・サービスは利用期間に応じて課金されるサービスであるため、津田能成氏は、当社
        グループが従前より販売しているオンプレミス版ソフトウェアに係る商品をクラウド・サービスへと移行した
        場合には、オンプレミス版ソフトウェアとして販売した場合と比べて、当該商品に係る販売初年度に認識する
        売上高は概ね5分の1に小さくなるものと考えているとのことです。そのため、当社グループにおける販売商
        品のクラウド・サービス化を推進し、仮に当社グループの主力商品である土木工事積算システム「Gaia」シ
        リーズの販売に占めるクラウド版「Gaia                   Cloud」の割合を今後5年間において増加させていった場合には、た
        とえ「Gaia」シリーズのユーザー数が一定あるいは増加していても、当社グループの売上高は一時的に減少
        し、開発及び運用費用の増加を吸収することができず、2022年3月期以降の数年間の営業損益は赤字になる可
        能性が高いものと考えているとのことです。
                                 7/25




                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社ビーイング(E05052)
                                                           意見表明報告書
         加えて、当社グループが従前より販売しているオンプレミス版ソフトウェアにおいては、リース会社を経由
        して販売するビジネス・モデルとなっていますが、クラウド・サービスについても同様にリース会社を経由す
        ることで、リース会社より将来5年分の売上金を前受収受するビジネス・モデルを想定しています。津田能成
        氏は、かかるビジネス・モデルを維持できるか不確実な状況にあるものと考えており、リース会社の取組み方
        針や顧客動向によって、当社グループにおけるリース取引の比率が大きく減少した場合には、前受収益の減少
        に伴って当社グループのキャッシュ・フローの悪化が見込まれるものと考えているとのことです。
         津田能成氏としては、上記の(ア)から(ウ)の施策等を強力に推進する必要があるものと考えるに至ったもの

        の、かかる施策を実施することによって生じる当社グループの短期的な収益の悪化やそれに伴う株価の下落等
        の悪影響の回避を意識するあまり、当社グループでは、クラウド・サービスへの移行に伴う損益及びキャッ
        シュ・フローへの短期的な悪影響をできるだけ緩和すべく、急激なクラウド・サービス化の推進に慎重な計画
        を前提とした保守的な事業戦略を取ってきたものと考えており、上場会社においては、四半期ごとに業績の開
        示が義務付けられ、顧客に対して受託者責任を負う機関投資家を含む幅広い株主から、中長期的な企業価値向
        上とともに短期的な利益確保を求められる側面もあるところ、その要求に応えながら当社グループを土木積算
        分野依存の事業構造から脱却させるとともに、その取扱商品のクラウド・サービスへの移行を加速させること
        には限界があることから、2020年6月初旬には、短期的な収益や株価動向にとらわれることなく、当社グルー
        プに必要とされる施策を実施するためには非公開化を実施する必要があるとの認識を持つに至ったとのことで
        す。
         津田能成氏は、当社株式の非公開化を実行する場合、2010年6月から当社の取締役及び2019年6月からは代
        表取締役社長に就任して、当社の事業に精通している津田誠氏とともにマネジメント・バイアウト(MBO)を
        実施することが、津田能成氏が考える施策の実行力強化の観点から必要不可欠であると判断し、2020年6月中
        旬に、津田誠氏及び当社の株主でもある津田由美子氏に当社株式の非公開化を検討していることを伝え、当社
        株式の非公開化に関し、本公開買付けを含む本取引の実行の是非、実行する場合における本取引の諸条件並び
        に本取引後の当社の経営方針等について、2020年6月下旬より、具体的な検討を始めたとのことです。
         かかる検討を踏まえ、津田能成氏としては、津田能成氏が考える施策により、中長期的にみれば当社グルー
        プの大きな成長及び収益の拡大が見込まれると考えているものの、短期的には当社グループの売上高は一時的
        に大幅に減少し、当社グループの営業損益は複数年に亘り、赤字になる可能性も想定され、キャッシュ・フ
        ローの悪化も懸念されることから、当社株式の上場を維持したまま、津田能成氏の考える施策を実施すれば、
        資本市場からの十分な評価を得ることができず、当社株式の株価に悪影響を及ぼす等の不利益を当社の株主の
        皆様に与える可能性があるものと考えたとのことです。また、このような施策を早期に実施することと、上場
        を維持しつつ当社事業の成長に伴う株価の継続的な上昇及び配当の増額を求める投資家の期待に応え続けるこ
        とを両立させるのは困難と考えるに至り、2020年7月初旬、上場廃止に伴い当社の株主の皆様に不利益が生じ
        るおそれを回避しつつ、当社の中長期的な企業価値向上とさらなる成長を図るためには、本取引により当社株
        式を非公開化することこそが、当社の株主の皆様に売却機会を提供しつつ、中長期的な視点から抜本的かつ機
        動的に上記の各施策を迅速かつ果敢に実践するために最も有効な手段であるとの結論に至ったとのことです。
         また、津田能成氏は、当社株式の非公開化を実行する場合、2010年6月から当社の取締役に、2019年6月か
        らは当社の代表取締役社長に就任して、当社の事業に精通している津田誠氏とともに本公開買付けを含む本取
        引を実行することが、津田能成氏が考える施策の実行力強化の観点から必要不可欠であること、公開買付者は
        津田誠氏が発行済株式総数の96.77%を所有し、津田能成氏及び津田誠氏がその取締役を務める法人であること
        から、本取引を実行することにより当社の所有と経営を一致させ、当社の意思決定の迅速化と上記施策の実行
        力強化を実現するのに最も適切な主体であると考えたこと、自然人に比して半永続的な存続が可能となる法人
        である公開買付者を借入人とすることにより、津田能成氏個人では調達不能な資金調達が可能になること、及
        びすでに当社株式を所有する公開買付者を本公開買付けの実施主体とすることにより担保提供能力の観点から
        金融機関の協力を得やすいと考えたことから、有限会社トゥルースを公開買付者としたとのことです。
                                 8/25




                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社ビーイング(E05052)
                                                           意見表明報告書
         そして、公開買付者は、2020年8月5日、当社に対して、本取引の実施に係る初期的な提案を正式に行うと
        ともに、同年9月中旬から同年12月下旬まで当社に対するデュー・ディリジェンスを実施したとのことです。
        公開買付者は、2020年12月24日に当社に対して当社の事業計画等に対する質疑応答を実施し、当該質疑応答の
        結果を踏まえ、2021年1月5日に当社に対して、本公開買付価格を780円とする旨の提案を行ったとのことで
        す。その後、公開買付者は、同年1月15日、本特別委員会(下記「③ 当社が本公開買付けに賛同するに至った
        意思決定の過程及び理由」において定義します。以下同じです。)において、当社株式の市場価格に対するプレ
        ミアムが十分ではないとして当該価格をもって妥当な取引条件であるとの判断には至らなかったことから、本
        特別委員会から交渉の指示を受けた当社より、本公開買付価格の再検討の要請を受けたため、同年1月18日、
        当社に対して、当社の株式価値の基本的な考え方を確認するなどして再検討を行い、同年1月21日に当社に対
        して、本公開買付価格を830円とする旨の提案を再度行ったとのことです。その後さらに、2021年1月26日には
        当社から公開買付者に対して事業計画資料の追加開示がなされたことを踏まえ、本特別委員会から当該追加開
        示資料を基礎として再交渉を行うよう指示を受けた当社から、同年1月29日、さらなる本公開買付価格の引上
        げを要請されたことから、2021年2月1日、当社に対して本公開買付価格を900円としたい旨の最終提案を行っ
        たとのことです。かかる交渉を経て、公開買付者は、当社に対して実施したデュー・ディリジェンスの結果、
        本公開買付けと同様にMBOによる完全子会社化を目的とした過去のMBOの実例(公開買付届出書において、
        マネジメント・バイアウト(MBO)に該当する旨の記載のある2020年1月1日以降に公表され2021年1月31日
        までの間に成立した最近のMBO案件)におけるプレミアム率の平均値、当社取締役会における本公開買付けへ
        の賛同の可否、当社株式の直近6ヶ月間の市場株価動向、当社との協議・交渉の結果及び本公開買付けに対す
        る応募の見通し等を勘案するとともに、2021年2月1日、当社から、公開買付者の本公開買付価格を900円とし
        たい旨の最終提案に合意する旨の通知を受けた結果、最終的に2021年2月8日に本公開買付価格を900円とし、
        本取引の一環として本公開買付けを実施することを決定したとのことです。
       (ⅱ)本公開買付け後の経営方針

         本取引の実行後においては、公開買付者の発行済株式の全てを保有する津田能成氏及び津田誠氏が実質的な
        当社の株主となりますが、所有と経営を一致させることでよりスピード感を持って、時には大胆にリスクを
        とった経営判断を断行する予定とのことです。具体的には、当社グループの事業領域を多角化すべく、建設総
        合事業分野へ進出するためのクラウド・サービス関連事業の事業化投資、課題解決型コンサルティング・サー
        ビスのコンサルタント養成投資、さらには、現行商品ラインのクラウド・サービス化のための商品開発投資等
        を進める予定とのことです。また、現在、当社における主力商品となっている土木工事積算システムのソフト
        ウェアの販売については、中長期的にさらなる収益力向上が見込めるクラウド・サービスへの移行を強く推し
        進める予定とのことです。
         なお、公開買付者の代表取締役及び株主であり当社の代表取締役会長を兼務する津田能成氏並びに公開買付
        者の取締役及び当社の代表取締役社長を兼務する津田誠氏は、本取引後も継続して当社の経営にあたること
        を、また、公開買付者の取締役及び当社の取締役(監査等委員)を兼務する津田由美子氏は、本取引後も継続し
        て当社の取締役(監査等委員)として職務を遂行することを予定しているとのことです。また、公開買付者と当
        社のその他の取締役との間には、本公開買付け後の役員就任について特段の合意はないとのことですが、本公
        開買付け実施後の当社の役員構成を含む経営体制の詳細については、本公開買付け成立後、当社と協議しなが
        ら決定していく予定とのことです。
                                 9/25






                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社ビーイング(E05052)
                                                           意見表明報告書
      ③ 当社が本公開買付けに賛同するに至った意思決定の過程及び理由
        当社は、上記「② 公開買付者が本公開買付けの実施を決定するに至った背景、目的及び意思決定の過程、並
       びに本公開買付け成立後の経営方針」の「(ⅰ)公開買付者が本公開買付けの実施を決定するに至った背景、目的
       及び意思決定の過程」に記載のとおり、2020年8月5日、公開買付者からマネジメント・バイアウト(MBO)の
       手法による当社株式の非公開化の初期的な提案を受けました。これを受けて、当社は、下記「(6)本公開買付価格
       の公正性を担保するための措置及び利益相反を回避するための措置等、本公開買付けの公正性を担保するための
       措置」に記載のとおり、本公開買付価格の公正性その他本公開買付けを含む本取引の公正性を担保すべく、2020
       年8月7日に当社のファイナンシャル・アドバイザー及び第三者算定機関としてSMBC日興証券株式会社(以下
       「SMBC日興証券」といいます。)を、同年9月3日にリーガル・アドバイザーとして森・濱田松本法律事務所
       を、下記の特別委員会の承認を得られることを条件としてそれぞれ選任いたしました。そして、当社は、本取引
       が構造的な利益相反の問題及び情報の非対称性の問題が類型的に存する取引に該当することに鑑み、これらの問
       題に対応し、本取引の公正性を担保するため、リーガル・アドバイザーである森・濱田松本法律事務所から受け
       た本取引に関する意思決定の過程、方法その他の本取引に関する意思決定に当たっての留意点等についての法的
       助言を踏まえ、公開買付者から独立した立場で、当社の企業価値の向上及び当社の一般株主の皆様の利益の確保
       の観点から本取引に係る検討、交渉及び判断を行うための体制の構築を開始いたしました。
        当社は、2020年9月3日に開催した臨時取締役会において、特別委員会(以下「本特別委員会」といいます。)
       (本特別委員会の設置までの経緯、構成及び具体的な活動内容等については、下記「(6)本公開買付価格の公正性
       を担保するための措置及び利益相反を回避するための措置等、本公開買付けの公正性を担保するための措置」の
       「④ 当社における独立した特別委員会の設置及び答申書の取得」をご参照ください。)を設置する旨を決議し、
       本特別委員会を同日設置するとともに、本特別委員会に対し、(a)本公開買付けについて当社取締役会が賛同する
       べきか否か、及び、当社株主に対して本公開買付けへの応募を推奨するべきか否かを検討し、当社取締役会に勧
       告を行うこと、(b)当社取締役会における本公開買付けについての決定が、当社の少数株主にとって不利益なもの
       ではないかを検討し、当社取締役会に意見を述べること、また、当社取締役会における本公開買付け後に予定さ
       れている当社の完全子会社化の決定が、当社の少数株主にとって不利益なものではないかを検討し、当社取締役
       会に意見を述べること(総称して、以下「本諮問事項」といいます。)について諮問いたしました(なお、諮問事項
       (a)の検討に際しては、①当社の企業価値の向上に資するかという観点から、本取引が合理性を有するものといえ
       るか検討・判断するとともに、②当社の一般株主の利益を図る観点から、取引条件の妥当性及び手続の公正性(本
       取引のために講じられた公正性担保措置の内容を含みます。)について検討・判断するものとし、また、必要に応
       じて公開買付者との交渉過程にも関与するものとして諮問しております。)。また、当社は、上記臨時取締役会に
       おいて、当社取締役会における本取引に関する意思決定については、本公開買付けへの賛否を含め、本特別委員
       会の判断内容を最大限尊重して行うこと、及び本特別委員会が取引条件が妥当でないと判断した場合には、本公
       開買付けに賛同しないこととすることを決議するとともに、本特別委員会に対し、必要に応じて取引条件等につ
       いて公開買付者と直接交渉を行うこと、本取引のために講じるべき公正性担保措置の程度を検討し、必要に応じ
       て意見・提言すること、本諮問事項に関する答申を行うに際し、必要に応じ、自らの財務若しくは法務等のアド
       バイザーを選任すること(この場合の費用は当社が負担するものとされております。)、又は当社の財務若しくは
       法務等のアドバイザーを指名し、若しくは承認(事後承認を含みます。)すること、並びに当社の役職員から本公
       開買付けの検討及び判断に必要な情報を受領することについて権限を付与することを決議いたしました。
        これを受けて、本特別委員会は、上記の権限に基づき、2020年9月9日、(ⅰ)当社において、公開買付者及び
       当社からの独立性に問題がない旨を確認の上、ファイナンシャル・アドバイザーとしてSMBC日興証券を、
       リーガル・アドバイザーとして森・濱田松本法律事務所をそれぞれ選任することを承認するとともに、(ⅱ)下記
       「(6)本公開買付価格の公正性を担保するための措置及び利益相反を回避するための措置等、本公開買付けの公正
       性を担保するための措置」の「④ 当社における独立した特別委員会の設置及び答申書の取得」及び「⑤ 特別
       委員会における独立したリーガル・アドバイザーからの助言の取得」に記載のとおり、公開買付者及び当社から
       独立した独自のリーガル・アドバイザーとして弁護士法人漆間法律事務所(なお、同事務所における本取引の担当
       弁護士が2020年12月30日付で正信法律事務所を設立したため、同日以降は正信法律事務所が選任されており、以
       下では本特別委員会のリーガル・アドバイザーは「正信法律事務所」と表記しています。)を選任し、本取引に係
       る検討・交渉を行う体制を構築しました。
                                10/25



                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社ビーイング(E05052)
                                                           意見表明報告書
        また、当社は、下記「(6)本公開買付価格の公正性を担保するための措置及び利益相反を回避するための措置
       等、本公開買付けの公正性を担保するための措置」の「⑥ 当社における独立した検討体制の構築」に記載のと
       おり、公開買付者から独立した立場で、本取引に係る検討、交渉及び判断を行うための体制(本取引に係る検討、
       交渉及び判断に関与する当社の役職員の範囲及びその職務を含みます。)を当社の社内に構築するとともに、かか
       る検討体制に独立性の観点から問題がないことについて本特別委員会の承認を受けております。
        かかる体制の下で、当社は、SMBC日興証券から当社株式の価値算定結果に関する報告、公開買付者との交
       渉方針に関する助言その他の財務的見地からの助言を受けるとともに、森・濱田松本法律事務所から本取引にお
       ける手続の公正性を確保するための対応についてのガイダンスその他の法的助言を受け、これらを踏まえ、本取
       引の是非及び取引条件の妥当性について慎重に検討を行ってまいりました。また、本特別委員会は、本取引に係
       る公開買付者の提案内容を踏まえ、当社の事業内容、事業環境並びに既存の事業計画の内容等について当社経営
       陣と複数回協議を行い、本取引が当社の企業価値に与える影響について検討を重ねました。
        また、当社は、2021年1月5日に、公開買付者より本公開買付価格を1株当たり780円とする提案を受領し、以
       降、当社のファイナンシャル・アドバイザーであるSMBC日興証券から聴取した当社の株式価値の試算結果や
       公開買付者との交渉方針等を含めた財務的な意見を踏まえ、公開買付者との間で、本公開買付価格を含む本取引
       に関する取引条件について継続的に協議及び交渉を行ってまいりました。さらに、当社は、公開買付者との間の
       本取引に係る協議・交渉の経緯及び内容等につき本特別委員会に適時に報告し、また、本特別委員会との間で随
       時方針等を協議しつつ、公開買付者との協議・交渉を進めてまいりました。具体的には、当社は、公開買付者よ
       り、2021年1月5日に本公開買付価格に関する最初の提案(1株当たり780円)を受領したものの、SMBC日興証
       券から受けた当社の株式価値算定に係る試算結果の報告内容や本公開買付けと同様にMBOによる完全子会社化
       を目的とした過去のMBOの実例(公開買付届出書において、マネジメント・バイアウト(MBO)に該当する旨の
       記載のある2019年1月1日以降に公表され2020年12月31日までの間に成立した最近のMBO案件)におけるプレミ
       アム水準等を踏まえた上で、本特別委員会において、当該価格をもって妥当な価格に達していないと判断したこ
       とから、同年1月15日に、本特別委員会から交渉の指示を受けた当社は、公開買付者に対して、本公開買付価格
       の再検討の要請を行いました。その後、当社は、公開買付者より、同年1月21日に、本公開買付価格を830円とす
       る旨の提案を受領しましたが、SMBC日興証券から受けた当社の株式価値算定に係る試算結果の報告内容や本
       公開買付けと同様にMBOによる完全子会社化を目的とした過去のMBOの実例(公開買付届出書において、マネ
       ジメント・バイアウト(MBO)に該当する旨の記載のある2019年1月1日以降に公表され2020年12月31日までの
       間に成立した最近のMBO案件)におけるプレミアム水準等を踏まえた上で、本特別委員会において、当該価格を
       もっていまだ妥当な価格に達していないと判断したことから、同年1月29日に、本特別委員会から再交渉の指示
       を受けた当社は、公開買付者に対して、さらなる本公開買付価格の引上げの要請を行いました。その結果、当社
       は、同年2月1日に、公開買付者より、以下に記載するとおり当社の株主の皆様に対して合理的な価格により株
       式の売却機会を提供するものと当社が判断する、本公開買付価格を1株当たり900円とする最終提案を受けるに至
       りました。
        そして、同年2月1日の公開買付者の最終提案を受け、本特別委員会は、当社がSMBC日興証券から提出を
       受けたSMBC日興証券作成の当社の株式価値の算定結果に関する2021年2月8日付株式価値算定書(以下「当社
       株式価値算定書」といいます。)も考慮した上で、(ⅰ)本公開買付けについて、当社取締役会がこれに賛同し、か
       つ、当社株主に対して本公開買付けへの応募を推奨することは相当であると思料する旨、(ⅱ)当社取締役会が本
       公開買付けに賛同し、かつ、当社株主に対して本公開買付けへの応募を推奨する旨の決定を行うことは、当社の
       少数株主にとって不利益なものではないと思料する旨、及び本公開買付けが成立した後に予定されている当社の
       完全子会社化の決定を行うことも、当社の少数株主にとって不利益なものではないと思料する旨、並びに(ⅲ)①
       本取引は当社の企業価値向上に資することを企図するものであり、本取引は合理性を有するものと認められ、②
       本取引の取引条件は妥当性を有し、また、本取引の手続は公正性を有するものと認められると思料する旨の2021
       年2月8日付答申書(以下「本答申書」といいます。)を作成し、当社は、2021年2月8日、本特別委員会から本
       答申書の提出を受けました(本答申書の概要については、下記「(6)本公開買付価格の公正性を担保するための措
       置及び利益相反を回避するための措置等、本公開買付けの公正性を担保するための措置」の「④ 当社における
       独立した特別委員会の設置及び答申書の取得」をご参照ください。)。
                                11/25



                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社ビーイング(E05052)
                                                           意見表明報告書
        その上で、当社は、2021年2月8日開催の当社取締役会において、森・濱田松本法律事務所から受けた本取引
       に関する意思決定の過程、方法その他の本取引に関する意思決定に当たっての留意点等についての法的助言、当
       社株式価値算定書の内容を踏まえつつ、上記本特別委員会から提出された本答申書の内容を最大限に尊重しなが
       ら、本取引に関する諸条件について企業価値向上の観点から慎重に検討を行いました。
        当社グループは、現在、建設関連事業、設備関連事業及び生産性向上コンサルティング事業の3つのセグメン

       トで事業を行っており、各セグメントを、建設関連事業はコアビジネス、設備関連事業は成長分野、生産性向上
       コンサルティング事業は将来投資から成長分野への発展途上と位置づけ、意思決定及び経営資源の配分を行って
       おります。
        当社グループが長期的に成長するためには、比重の大きいコアビジネスである建設関連事業において一段の飛
       躍をすることが欠かせませんが、建設関連事業の中核商品である土木工事積算システム(商品名Gaia)の対象顧客
       は、公共事業を直接受注する建設業者に限定されております。建設許可業者数は、国土交通省土地・建設産業局
       建設業課が2019年5月10日に公表した資料「建設業許可業者数調査の結果について-建設業許可業者の現況(平成
       31年3月末現在)-」によれば1999年度末の約60万業者をピークに2割減少し、2012年度に約47万業者になって以
       降、近年はおおむね横ばいで推移しております。Gaiaの対象顧客である公共事業を直接受注する建設業者数も、
       ほぼ同様の推移と考えられ、当社グループは、土木工事積算システムの販売市場において、公共工事の入札に参
       加する建設業者のうち測量業者や建設コンサルティング業者を除いた当社がターゲットとする顧客層に対する当
       社の土木工事積算システムの販売実績から推定すると約35%のシェアを有していると考えているものの、今後建
       設業者数の増加が見込みにくい現状に照らせば、土木工事積算システムのみに頼った現状の経営のままでは、短
       期的に事業規模を維持し、一定の利益を確保することは可能であっても、長期的な成長は難しいと考えておりま
       す。
        そのため、当社グループは、2014年より、当社グループの強みである土木工事積算システムの販売市場におけ
       る約35%のシェアを活かしながら、他の商品やサービスを展開し、新たな収益機会を実現することを目標とする
       商品開発計画「MilkyWay構想」(以下「本構想」といいます。)を推し進めており、2020年8月に、本構想の第1
       弾としてクラウド版の土木工事積算システム「Gaia                        Cloud」を投入いたしました。また、本構想においては、今
       後、基本的に「Gaia          Cloud」と同じプラットフォーム上で稼働し、高度な連携が可能な商品群を開発する予定で
       す。さらに、当社グループは、これらの商品群を活用しクラウドならではのサービスを開発し、提案してまいり
       ます。
        当社グループは、上記のとおり、成長戦略を進めていく上で、避けて通れない道として「Gaia                                            Cloud」を投入
       いたしましたが、これにより当社のビジネスモデルは現在転換点に直面しております。クラウド版の商品は、こ
       れまでのオンプレミス版と比較して売上高の計上タイミングが後ろ倒しになるため、今後数年間当社グループの
       売上高は概ね横ばいで推移し、2021年3月期及び2024年3月期には減少することが見込まれております。また、
       その間においても、本構想を実現するための商品開発投資は続ける予定であり、売上高が増加しない中での開発
       投資の負担により、相当期間赤字が継続することを見込んでおります。さらにクラウド版においては、前受収益
       の減少など財務的なマイナス・インパクトを受ける可能性も認識しており、その場合は営業キャッシュ・フロー
       の大幅な赤字をともなうことが想定されます。
        このような状況にある当社グループにおいて、公開買付者による提案は、(ⅰ)相当期間にわたり痛みを伴うビ
       ジネスモデルの転換を果断に推進するためには、上場を維持した状態での実行は難しいと考えられること、(ⅱ)
       このようなビジネスモデルの転換の成否は明らかではなく、場合によっては回収までさらに長期間を要するリス
       クがあること、及び(ⅲ)小規模組織にあって相対的に高額である上場維持コスト負担を軽減できることから、当
       社の経営課題を解決するとともに、株主様への利益還元の機会を提供できるものと考えております。加えて、非
       公開化による知名度低下等のデメリットは雇用等においても影響は僅少と考えられること、株式市場からの資金
       調達の実績がなく今後の投資に係る資金調達は金融機関からの融資により行う予定であること、MBO実行後は
       一時的に財務体質が悪化し投資が制限されるものの、合理的な期間で経営判断を実施できる体制を整えられると
       考えられることなど、非公開化により生じるデメリットは少ないとも考えました。
        以上を踏まえ、当社取締役会は、2021年2月8日付で、本公開買付けを含む本取引により当社株式を非公開化
       することが、当社の企業価値の向上に資するものであると判断いたしました。
                                12/25



                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社ビーイング(E05052)
                                                           意見表明報告書
        また、本公開買付価格(900円)が、(a)下記「(3)算定に関する事項」の「② 算定の概要」に記載されているS
       MBC日興証券による当社株式の株式価値の算定結果のうち、市場株価法に基づく算定結果のレンジの上限を上
       回っており、また、DCF法に基づく算定結果のレンジの範囲内にあること、(b)本公開買付けの公表日の前営業
       日である2021年2月5日の東京証券取引所JASDAQ(スタンダード)市場における当社株式の終値665円に対し
       て35.34%(小数点以下第三位を四捨五入。以下、株価に対するプレミアム率の計算において同じです。)、2021年
       2月5日までの過去1ヶ月間の終値単純平均値638円(小数点以下を四捨五入。以下、終値単純平均値の計算にお
       いて同じです。)に対して41.07%、過去3ヶ月間の終値単純平均値638円に対して41.07%、過去6ヶ月間の終値
       単純平均値619円に対して45.40%のプレミアムがそれぞれ加算されており、合理的なプレミアムが付されている
       と考えられること、(c)下記「(6)本公開買付価格の公正性を担保するための措置及び利益相反を回避するための
       措置等、本公開買付けの公正性を担保するための措置」に記載の利益相反を解消するための措置が採られている
       こと等、少数株主の利益への配慮がなされていると認められること、(d)上記利益相反を解消するための措置が採
       られた上で、当社と公開買付者の間で独立当事者間の取引における協議・交渉と同等の協議・交渉が複数回行わ
       れた上で決定された価格であること、(e)本特別委員会が、事前に交渉方針を確認するとともに、適時にその状況
       の報告を受け、交渉上重要な局面において意見、指示、要請等を行った上で、本公開買付価格について妥当であ
       る旨の意見を述べていること等を踏まえ、当社取締役会は、本公開買付価格及び本公開買付けに係るその他の諸
       条件は当社の株主の皆様にとって妥当であり、本公開買付けは、株主の皆様に対して、合理的な株式の売却の機
       会を提供するものであると判断いたしました。
        以上より、当社は、本取引が当社の企業価値の向上に資するものであるとともに、本公開買付価格を含む本取
       引に係る取引条件は妥当なものであると判断し、2021年2月8日開催の当社取締役会において、本公開買付けに
       賛同する旨の意見を表明するとともに、当社の株主の皆様に対し、本公開買付けへの応募を推奨することを決議
       いたしました。
        当該取締役会の意思決定過程の詳細については、下記「(6)本公開買付価格の公正性を担保するための措置及び
       利益相反を回避するための措置等、本公開買付けの公正性を担保するための措置」の「⑦ 当社における利害関
       係を有しない取締役全員(監査等委員を含む。)の承認」をご参照ください。
     (3)  算定に関する事項

      ① 算定機関の名称並びに当社及び公開買付者との関係
        当社は、本公開買付けに関する意見を決定するにあたり、公開買付者から提示された公開買付価格に対する意
       思決定の過程における公正性を担保するために、本特別委員会の承認を得て、公開買付者及び当社から独立した
       ファイナンシャル・アドバイザー及び第三者算定機関であるSMBC日興証券に対し、当社株式の価値の算定を
       依頼し、2021年2月8日付で当社株式価値算定書を取得いたしました。
        SMBC日興証券は、公開買付者及び当社の関連当事者には該当せず、本公開買付けを含む本取引に関して、
       重要な利害関係を有しておりません。なお、SMBC日興証券に対する報酬には、本取引の成立等を条件に支払
       われる成功報酬が含まれております。
     ② 算定の概要

       当社は、SMBC日興証券に対して、当社株式の価値の算定を依頼し、2021年2月8日付で、SMBC日興証券
      から当社株式価値算定書を受領しました。SMBC日興証券は、当社からの依頼に基づき、当社の事業の現状、将
      来の事業計画等の開示を受けるとともに、それらに関する説明を受け、それらの情報を踏まえて当社株式の価値を
      算定しております。なお、当社はSMBC日興証券から本公開買付価格の公正性に関する意見(フェアネス・オピニ
      オン)は取得しておりません。
       SMBC日興証券は、当社株式が東京証券取引所JASDAQ(スタンダード)市場に上場しており市場株価が存
      在することから市場株価法を、将来の事業活動の状況を算定に反映するためDCF法を用いて当社株式の価値算定
      を行っております。前記各手法を用いて算定された当社株式1株当たりの価値の範囲は、以下のとおりです。
       市場株価法            :619円~638円

       DCF法             :891円~1,052円
                                13/25



                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社ビーイング(E05052)
                                                           意見表明報告書
        市場株価法では、2021年2月5日を算定基準日とする東京証券取引所JASDAQ(スタンダード)市場における
      当社株式の直近1ヶ月間の終値単純平均値638円、直近3ヶ月間の終値単純平均値638円及び直近6ヶ月間の終値単
      純平均値619円を基に、当社株式の1株当たりの価値の範囲を619円から638円までと算定しております。
       DCF法では、2020年12月末を基準日として、2021年3月期から2030年3月期までの当社の将来の収益予想(2021
      年3月期は2021年1月から2021年3月の3ヶ月間)に基づき、当社が2021年3月期第3四半期以降に生み出すと見込
      まれるフリー・キャッシュ・フローを一定の割引率で現在価値に割り引いて企業価値や株式価値を算定し、当社株
      式の1株当たりの価値の範囲を891円から1,052円までと算定しております。DCF法における継続価値の算定につ
      いては永久成長法及びマルチプル法により算出しております。具体的には永久成長法では永久成長率として-
      0.25%~0.25%を使用し、マルチプル法ではEBITDAマルチプルとして6.84~8.36倍を使用しております。また、割
      引率は7.87~9.61%を使用しております。なお、割引率には加重平均資本コスト(Weighted                                             Average    Cost   of
      Capital,     WACC)を使用しております。加重平均資本コストは、当社の市場データその他の情報を用いて資本資産価
      格モデル(Capital         Asset   Pricing    Model,    CAPM)で計算した株主資本コストと、当社の負債コストを、当社の資本構
      成で加重平均することで計算しています。
       SMBC日興証券がDCF法による分析の前提とした当社作成の連結財務予測(以下「本事業計画」といいま
      す。)は以下のとおりです。なお、本事業計画については大幅な増減益を見込んでいる事業年度が含まれておりま
      す。具体的には、2022年3月期から2025年3月期にかけて、主力事業としている土木工事積算システムのクラウ
      ド・サービス化に伴い一時的に売上高が減少し4期連続営業損失を見込んでおり、2026年3月期にはクラウド・
      サービス化の影響が一巡して営業損益の黒字転換を見込んでいます。加えて、2027年3月期から2029年3月期にか
      けては、過年度に受注したクラウド・サービスの売上高の繰越計上と安定的な新規受注を計画しており、営業利益
      の大幅な増益を見込んでいます。また、本取引の実行により実現することが期待されるシナジー効果については、
      現時点において見積もることが困難であるため、本事業計画には加味しておりません。
                                                  (単位:百万円)
                    2021年
                           2022年        2023年        2024年        2025年
                    3月期
                           3月期        3月期        3月期        3月期
                   (3ヶ月間)
    売上高                  1,740        6,571        6,710        6,367        6,920
                      △  62      △  36      △  181      △  672      △  371
    営業利益
                      △  44              △  122      △  613      △  312
    EBITDA                           26
    フリー・キャッシュ・フ
                                             △  260      △  868
                       106        716        436
    ロー
                    2026年        2027年        2028年        2029年        2030年

                    3月期        3月期        3月期        3月期        3月期
    売上高                  7,459        7,775        8,077        8,241        8,248
    営業利益                   151        429        703        847        834

    EBITDA                   210        488        761        898        875

    フリー・キャッシュ・フ
                    △  1,064       △  564       △  66
                                               324        524
    ロー
       SMBC日興証券は、当社株式の株式価値の算定に際し、当社から提供を受けた情報及び一般的に公開された情

      報等を原則としてそのまま採用し、それらの資料及び情報等が、全て正確かつ完全なものであることを前提として
      おり、独自にそれらの正確性及び完全性の検証を行っておりません。また、当社の資産及び負債(簿外資産及び負
      債、その他偶発債務を含みます。)に関して独自の評価・査定を行っておらず、第三者機関への鑑定又は査定の依頼
      も行っておりません。加えて、当社の財務予測に関する情報については、当社の経営陣による現時点で得られる最
      善の予測と判断に基づき合理的に作成されたことを前提としております。
                                14/25




                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社ビーイング(E05052)
                                                           意見表明報告書
     (4)  上場廃止となる見込み及びその事由
       当社株式は、本書提出日現在、東京証券取引所JASDAQ(スタンダード)市場に上場されていますが、公開買
      付者は、本公開買付けにおいて買付予定数の上限を設定していないため、本公開買付けの結果次第では、当社株式
      は東京証券取引所の上場廃止基準に従い、所定の手続を経て上場廃止となる可能性があります。また、本公開買付
      けの成立時点では当該基準に該当しない場合でも、本公開買付け成立後に、下記「(5)本公開買付け後の組織再編等
      の方針(いわゆる二段階買収に関する事項)」に記載された本完全子会社化手続の実施を予定しているとのことです
      ので、当該手続が実施された場合、当社株式は所定の手続を経て上場廃止となります。なお、上場廃止後は、当社
      株式を東京証券取引所JASDAQ(スタンダード)市場において取引することはできません。
     (5)  本公開買付け後の組織再編等の方針(いわゆる二段階買収に関する事項)

       公開買付者は、本公開買付けにより当社株式の全て(ただし、当社が所有する自己株式を除きます。)を取得する
      ことができなかった場合には、本公開買付けの成立後、以下の方法により、当社株式の全て(ただし、当社が所有す
      る自己株式を除きます。)を取得することを目的として本完全子会社化手続を実行することを予定しているとのこと
      です。
       具体的には、本公開買付けの成立により、公開買付者が所有する当社の総株主の議決権の合計が90%以上となる

      場合には、公開買付者は、本公開買付けの決済の完了後速やかに会社法第179条に基づき、当社の株主(公開買付者
      及び当社を除きます。)の全員(以下「売渡株主」といいます。)に対し、その所有する当社株式の全てを売り渡すこ
      とを請求(以下「株式売渡請求」といいます。)する予定とのことです。株式売渡請求においては、売渡株主の所有
      する当社株式1株当たりの対価として、本公開買付価格と同額の金銭を売渡株主に対して交付することを定める予
      定とのことです。この場合、公開買付者は、その旨を当社に通知し、当社に対し株式売渡請求の承認を求めるとの
      ことです。当社がその取締役会の決議により株式売渡請求を承認した場合には、関係法令の定める手続に従い、当
      社の株主の個別の承諾を要することなく、公開買付者は、株式売渡請求において定めた取得日をもって、売渡株主
      の全員からその所有する当社株式の全部を取得するとのことです。この場合、売渡株主がそれぞれ所有していた当
      社株式の対価として、公開買付者は、当該各株主に対し、本公開買付価格と同額の金銭を交付する予定とのことで
      す。なお、当社の取締役会は、公開買付者より株式売渡請求がなされた場合には、かかる株式売渡請求を承認する
      予定です。
       株式売渡請求に関連する少数株主の権利保護を目的とした会社法上の規定として、会社法第179条の8その他関係
      法令の定めに従って、売渡株主は、裁判所に対してその所有する当社株式の売買価格の決定の申立てを行うことが
      できる旨が定められています。なお、上記申立てがなされた場合の売買価格は、最終的には裁判所が判断すること
      になります。
       他方で、本公開買付けの成立後、公開買付者が所有する当社の総株主の議決権の割合が90%未満である場合に
      は、公開買付者は、会社法第180条に基づき当社株式の併合を行うこと(以下「株式併合」といいます。)及び株式併
      合の効力発生を条件として単元株式数の定めを廃止する旨の定款の一部変更を行うことを付議議案に含む臨時株主
      総会(以下「本臨時株主総会」といいます。)の開催を当社に要請する予定とのことです。また、公開買付者は、当
      社の企業価値向上の観点から、本臨時株主総会を可能な限り早期に開催することが望ましいと考えており、本公開
      買付けの決済の開始日後の近接する日(本書提出日現在においては、2021年5月中旬を予定しているとのことで
      す。)が本臨時株主総会の基準日となるように、本公開買付けにおける買付け等の期間(以下「公開買付期間」とい
      います。)中に基準日設定公告を行うことを当社に対して要請する予定とのことです。なお、公開買付者は、本臨時
      株主総会において上記各議案に賛成する予定とのことです。
                                15/25






                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社ビーイング(E05052)
                                                           意見表明報告書
       本臨時株主総会において株式併合の議案についてご承認をいただいた場合には、株式併合がその効力を生ずる日
      において、当社の株主は、本臨時株主総会においてご承認をいただいた株式併合の割合に応じた数の当社株式を所
      有することとなります。株式併合をすることにより株式の数に1株に満たない端数が生じるときは、端数が生じた
      当社の株主に対して、会社法第235条その他の関係法令の定める手続に従い、当該端数の合計数(合計した数に1株
      に満たない端数がある場合には、当該端数は切り捨てられます。以下同じとします。)に相当する当社株式を当社又
      は公開買付者に売却することによって得られる金銭が交付されることとなります。当該端数の合計数に相当する当
      社株式の売却価格については、当該売却の結果、本公開買付けに応募されなかった当社の各株主(公開買付者及び当
      社を除きます。)に交付される金銭の額が、本公開買付価格に当該各株主が所有していた当社株式の数を乗じた価格
      と同一となるように算定した上で、裁判所に対して任意売却許可の申立てを行うよう当社に要請する予定とのこと
      です。また、当社株式の併合の割合は本書提出日現在において未定ですが、公開買付者は当社の発行済株式の全て
      (ただし、当社が所有する自己株式を除きます。)を所有することとなるよう、本公開買付けに応募されなかった当
      社の株主(公開買付者及び当社を除きます。)の所有する当社株式の数が1株に満たない端数となるように決定する
      よう当社に対して要請する予定とのことです。当社は本公開買付けが成立した場合には、公開買付者によるこれら
      の要請に応じます。
       株式併合に関連する少数株主の権利保護を目的とした会社法上の規定として、株式併合がなされた場合であっ
      て、株式併合をすることにより株式の数に1株に満たない端数が生じるときは、会社法第182条の4及び第182の5
      その他の関係法令の定めに従って、当社の株主は、当社に対して、その所有する株式のうち1株に満たない端数と
      なるものの全部を公正な価格で買い取ることを請求することできる旨及び裁判所に対して当社株式の価格決定の申
      立てを行うことができる旨が会社法上定められています。上記のとおり、株式併合においては、本公開買付けに応
      募されなかった当社の株主(公開買付者及び当社を除きます。)の所有する当社株式の数は1株に満たない端数とな
      る予定とのことですので、株式併合に反対する当社の株主は、上記申立てを行うことができることになる予定で
      す。なお、上記申立てがなされた場合の当社株式の買取価格は、最終的には裁判所が判断することになります。
       上記の各手続については、関係法令についての改正、施行、当局の解釈等の状況によっては、実施の方法及び時
      期に変更が生じる可能性があるとのことです。ただし、その場合でも本公開買付けに応募されなかった当社の各株
      主(公開買付者及び当社を除きます。)に対しては最終的に金銭を交付する方法が採用される予定であり、その場合
      に当該各株主に交付される金銭の額については、本公開買付価格に当該各株主が所有していた当社株式の数を乗じ
      た価格と同一になるよう算定される予定とのことです。
       上記の本臨時株主総会を開催する場合、具体的な手続及びその実施時期等については、公開買付者と協議の上、
      決定次第、当社が速やかに公表する予定です。なお、本公開買付けは、本臨時株主総会における当社株主の皆様の
      賛同を勧誘するものでは一切ありません。また、本公開買付けへの応募又は上記の各手続における税務上の取扱い
      については、当社の株主の皆様において自らの責任にて税理士等の専門家にご確認いただきますようお願いいたし
      ます。
     (6)  本公開買付価格の公正性を担保するための措置及び利益相反を回避するための措置等、本公開買付けの公正性を

       担保するための措置
       公開買付者及び当社は、本公開買付けを含む本取引がマネジメント・バイアウト(MBO)の一環として行われる
      ものであり、構造的な利益相反の問題及び情報の非対称性の問題が類型的に存在する取引に該当することに鑑み、
      本公開買付価格の公正性の担保、本公開買付けの実施を決定するに至る意思決定の過程における恣意性の排除及び
      利益相反の回避の観点から、本公開買付けを含む本取引の公正性を担保するため、以下の措置を実施いたしまし
      た。
       なお、公開買付者としては、本公開買付けにおいて、いわゆる「マジョリティ・オブ・マイノリティ」(majority
      of  minority)の買付予定数の下限を設定しておりませんが、下記①乃至⑧までの措置を通じて、当社の少数株主の
      利益には十分配慮がなされているものと考えているとのことです。
       なお、以下の記載のうち、公開買付者において実施した措置については、公開買付者から受けた説明に基づいて
      おります。
                                16/25




                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社ビーイング(E05052)
                                                           意見表明報告書
      ① 公開買付者における独立したファイナンシャル・アドバイザー及び第三者算定機関からの株式価値算定書の取
        得
        公開買付者は、本公開買付価格の妥当性を判断するため、公開買付者、津田能成氏、津田誠氏、津田由美子氏
       及び当社の関連当事者には該当しない、独立したファイナンシャル・アドバイザー及び第三者算定機関であるト
       キワユナイテッドパートナーズLLP(以下「トキワユナイテッドパートナーズ」といいます。)に対し、2020年12月
       24日に、当社の株式価値の算定を依頼したとのことです。なお、トキワユナイテッドパートナーズは、本公開買
       付けに関して重要な利害関係を有していないとのことです。トキワユナイテッドパートナーズは、複数の株式価
       値算定手法の中から本公開買付けにおける算定手法を検討した結果、市場株価法及びDCF法の各手法を用いて
       当社株式の価値の算定を行い、公開買付者は2021年2月8日付でトキワユナイテッドパートナーズから株式価値
       算定書を取得したとのことです。また、公開買付者は、トキワユナイテッドパートナーズから本公開買付価格の
       公正性に関する意見(フェアネス・オピニオン)を取得していないとのことです。
        トキワユナイテッドパートナーズが採用した手法及び当該手法に基づいて算定された当社株式1株当たりの株
       式価値の範囲は、以下のとおりです。
        市場株価法     :619円~665円
        DCF法      :834円~938円
        市場株価法では、本公開買付け実施についての公表日の前営業日である2021年2月5日の東京証券取引所JA
       SDAQ(スタンダード)市場における当社株式の株価終値665円、同日までの直近1ヶ月間の株価終値単純平均値
       638円、同日までの直近3ヶ月間の株価終値単純平均値638円及び同日までの直近6ヶ月間の株価終値単純平均値
       619円を基に619円~665円と算定されているとのことです。
        DCF法では2022年3月期から2030年3月期までの9期間の当社の事業計画に基づく収益予測や投資計画等、
       合理的と考える前提を考慮した上で、当社が2022年3月期以降生み出すフリー・キャッシュ・フローを、事業リ
       スクに応じた適切な割引率で現在価値に割り戻して評価した株式価値を基に834円~938円と算定されているとの
       ことです。トキワユナイテッドパートナーズがDCF法に用いた当社の2022年3月期から2030年3月期までの事
       業計画においては、大幅な増減益を見込んでいる事業年度が含まれているとのことです。具体的には、2022年3
       月期から2025年3月期にかけて、主力事業としている土木工事積算システムのクラウド・サービス化に伴い一時
       的に売上高が減少し4期連続営業損失を見込んでおり、2026年3月期にはクラウド・サービス化の影響が一巡し
       て営業損益の黒字転換を見込んでいるとのことです。2027年3月期から2030年3月期にかけて、過年度受注した
       クラウド・サービスの繰越売上高と安定的な新規受注を計画して営業利益の大幅な増益を見込んでいるとのこと
       です。なお、本取引の実行により実現することが期待されるシナジー効果については、現時点において具体的に
       見積もることが困難であるため、反映していないとのことです。
        公開買付者は、トキワユナイテッドパートナーズから取得した株式価値算定書の株式価値算定結果を参考にし
       つつ、当社に対して2020年9月中旬より同年12月下旬までに実施したデュー・ディリジェンスの結果、本公開買
       付けと同様にMBOによる完全子会社化を目的とした過去のMBOの実例(公開買付届出書において、マネジメン
       ト・バイアウト(MBO)に該当する旨の記載のある2020年1月1日以降に公表され2021年1月31日までの間に成
       立した最近のMBO案件)におけるプレミアム率の平均値、当社取締役会における本公開買付けへの賛同の可否、
       当社株式の直近6ヶ月間の市場株価動向、当社との協議・交渉の結果及び本公開買付けに対する応募の見通し等
       を勘案した結果、2021年2月8日に本公開買付価格を900円と決定したとのことです。
        本公開買付価格は、本公開買付け実施についての公表日の前営業日である2021年2月5日の東京証券取引所J
       ASDAQ(スタンダード)市場における当社株式の株価終値665円に対して35.34%、同日までの直近1ヶ月間の
       株価終値の単純平均値638円に対して41.07%、同日までの直近3ヶ月間の株価終値の単純平均値638円に対して
       41.07%及び同日までの直近6ヶ月間の株価終値の単純平均値619円に対して45.40%のプレミアムをそれぞれ加え
       た価格であるとのことです。また、本書提出日の前営業日である2021年2月8日の東京証券取引所JASDAQ
       (スタンダード)市場における当社株式の株価終値668円に対して34.73%のプレミアムを加えた価格であるとのこ
       とです。
                                17/25




                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社ビーイング(E05052)
                                                           意見表明報告書
      ② 当社における独立したファイナンシャル・アドバイザー及び第三者算定機関からの株式価値算定書の取得
        当社は、公開買付者から提示された本公開買付価格に対する意思決定の過程における公正性を担保するため
       に、公開買付者及び当社から独立したファイナンシャル・アドバイザー及び第三者算定機関であるSMBC日興
       証券に対して、当社株式の価値算定を依頼し、2021年2月8日付でSMBC日興証券より当社株式価値算定書を
       取得しました。当該株式価値算定書の概要は、上記「(3)算定に関する事項」をご参照ください。
        なお、SMBC日興証券は、公開買付者及び当社の関連当事者には該当せず、本公開買付けを含む本取引に関
       して、重要な利害関係を有しておりません。
      ③ 当社における独立した法律事務所からの助言の取得

        当社は、本取引に係る当社取締役会の意思決定の過程における公正性及び適正性を担保するために、公開買付
       者及び当社から独立したリーガル・アドバイザーとして森・濱田松本法律事務所を選任し、同事務所から、本取
       引において手続の公正性を担保するために講じるべき措置、本取引の諸手続並びに本取引に係る当社の意思決定
       の方法及びその過程等に関する助言を含む法的助言を受けております。
        なお、森・濱田松本法律事務所は、公開買付者及び当社の関連当事者には該当せず、本公開買付けを含む本取
       引に関して、重要な利害関係を有しておりません。また、森・濱田松本法律事務所に対する報酬は、業務に係る
       稼働時間に一定の時間単価を乗じた金額を基礎として算出された金額とする予定であり、成功報酬を採用してお
       りません。
      ④ 当社における独立した特別委員会の設置及び答申書の取得

       (ⅰ)設置等の経緯
         上記「(2)意見の根拠及び理由」の「③ 当社が本公開買付けに賛同するに至った意思決定の過程及び理由」
        に記載のとおり、当社は、2020年9月3日に開催された当社臨時取締役会における決議により、本特別委員会
        を設置いたしましたが、本特別委員会の設置に先立ち、当社は、2020年8月5日、公開買付者からマネジメン
        ト・バイアウト(MBO)の手法による当社株式の非公開化の初期的な提案を受け、本取引が構造的な利益相反
        の問題及び情報の非対称性の問題が類型的に存する取引に該当することに鑑み、これらの問題に対応し、本取
        引の公正性を担保するため、リーガル・アドバイザーである森・濱田松本法律事務所から受けた本取引に関す
        る意思決定の過程、方法その他の本取引に関する意思決定に当たっての留意点等についての法的助言を踏ま
        え、公開買付者から独立した立場で、当社の企業価値の向上及び当社の一般株主の皆様の利益の確保の観点か
        ら本取引に係る検討、交渉及び判断を行うため、公開買付者及び当社から独立した中博氏(当社社外取締役)、
        大矢勝氏(当社社外取締役)並びに株価算定についての豊富な経験及び専門的な知識等を有する小木曽正人氏(社
        外有識者、公認会計士)の3名によって構成される本特別委員会を設置することを決議いたしました。そして、
        当社は、本特別委員会に対し、本諮問事項を諮問し、当社取締役会は、当社取締役会における本取引に関する
        意思決定については、本公開買付けへの賛否を含め、本特別委員会の判断内容を最大限尊重して行うこと、及
        び本特別委員会が取引条件が妥当でないと判断した場合には、本公開買付けに賛同しないこととすることを決
        議するとともに、本特別委員会に対し、必要に応じて取引条件等について公開買付者と直接交渉を行うこと、
        本取引のために講じるべき公正性担保措置の程度を検討し、必要に応じて意見・提言すること、本諮問事項に
        関する答申を行うに際し、必要に応じ、自らの財務若しくは法務等のアドバイザーを選任すること(この場合の
        費用は当社が負担するものとされております。)、又は当社の財務若しくは法務等のアドバイザーを指名し、若
        しくは承認(事後承認を含みます。)すること、並びに当社の役職員から本公開買付けの検討及び判断に必要な
        情報を受領することについての権限を付与することを決議いたしました。
         なお、本特別委員会の委員の報酬は、中博氏及び大矢勝氏については、当社の社外取締役であり、その職責
        に委員としての職務も含まれると考えられることから、固定額で支払うものとされており、本取引の公表や成
        立等を条件とする成功報酬は含まれておりません。また、社外有識者である小木曽正人氏については、本特別
        委員会の業務に係る稼働時間に時間単価を乗じて算出するものとされており、本取引の公表や成立等を条件と
        する成功報酬は含まれておりません。
                                18/25




                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社ビーイング(E05052)
                                                           意見表明報告書
       (ⅱ)検討の経緯
         本特別委員会は、2020年9月9日より2021年2月8日までの間に合計12回、合計約11時間にわたって開催さ
        れたほか、各会日間においても電子メールを通じて報告・情報共有、審議及び意思決定等を行う等して、本諮
        問事項についての協議及び検討を行いました。
         具体的には、本特別委員会は、まず、2020年9月9日、公開買付者及び当社から独立した独自のリーガル・
        アドバイザーとして正信法律事務所を選任する旨の決定をいたしました。
         また、本特別委員会は、同日、当社のファイナンシャル・アドバイザー及び第三者算定機関であるSMBC
        日興証券並びに当社のリーガル・アドバイザーである森・濱田松本法律事務所について、その独立性に問題が
        ないことを確認の上、その選任を承認しております。
         さらに、本特別委員会は、当社が社内に構築した本取引の検討体制(本取引に係る検討、交渉及び判断に関与
        する当社の役職員の範囲及びその職務を含みます。)に独立性の観点から問題がないことを確認の上、承認をし
        ております。
         その上で、本特別委員会は、正信法律事務所から受けた法的助言及び森・濱田松本法律事務所から聴取した
        意見を踏まえ、本取引において手続の公正性を確保するために講じるべき措置について検討を行っておりま
        す。
         本特別委員会は、公開買付者から、本取引に至る経緯、本取引の目的及び意義、本取引により生じる効果、
        本取引後の経営方針等について説明を受け、検討を行いました。また、当社からは、事業環境、経営課題、本
        取引の必要性等について説明を受け、質疑応答を行いました。さらに、SMBC日興証券より、当社株式の株
        式価値の算定方法及び結果、直近のマーケット情報等に関する説明を受け、質疑応答を行いました。なお、事
        業計画に関しては、作成過程において複数回、作成中の事業計画案の内容、重要な前提条件及び進捗状況等に
        ついて説明を受け、最終的な事業計画の内容、重要な前提条件及び作成経緯等の合理性について確認し、承認
        しております。
         また、公開買付者からの公開買付価格の提案について、SMBC日興証券及び森・濱田松本法律事務所から
        聴取した意見並びに正信法律事務所から受けた助言を踏まえて検討を行った上で、当社から公開買付者に対し
        て提案すべき公開買付価格を検討いたしました。
         さらに、本特別委員会は、森・濱田松本法律事務所から、複数回、当社が公表又は提出予定の本公開買付け
        に係るプレスリリース及び意見表明報告書の各ドラフト、並びに公開買付者が提出予定の本公開買付けに係る
        公開買付届出書のドラフトの内容について説明を受け、正信法律事務所から助言を受けつつ、充実した情報開
        示がなされる予定であることを確認しております。
       (ⅲ)判断内容

         本特別委員会は、以上の経緯の下で、本諮問事項について慎重に協議及び検討した結果、2021年2月8日
        に、当社取締役会に対し、大要以下の内容の本答申書を提出いたしました。
         (a)  答申内容

         (ア)   当社取締役会が、本公開買付けに賛同する旨の意見を表明するとともに、当社の株主に対し、本公開
            買付けへの応募を推奨することを決議することは相当であると考える。
         (イ)   当社取締役会において、本公開買付けに賛同する旨の意見を表明するとともに、当社の株主に対し、
            本公開買付けへの応募を推奨することを決議することは、当社の少数株主にとって不利益なものでは
            ないと考える。また、本公開買付け後に予定されている当社の完全子会社化の決定は、当社の少数株
            主にとって不利益なものではないと考える。
                                19/25





                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社ビーイング(E05052)
                                                           意見表明報告書
         (b)  答申の理由
         (ア)   以下の点より、本特別委員会は、当社を取り巻く事業環境及び当社の経営課題に照らし、当社の企業
            価値の向上に資するかという観点から、本取引が合理性を有すると判断するに至った。
            ・上記「(2)意見の根拠及び理由」の「② 公開買付者が本公開買付けの実施を決定するに至った背
             景、目的及び意思決定の過程、並びに本公開買付け成立後の経営方針」及び「③ 当社が本公開買
             付けに賛同するに至った意思決定の過程及び理由」に記載の当社及び公開買付者が有している当社
             を取り巻く事業環境及び当社の経営課題についての現状認識については、本特別委員会も同様の認
             識を有しており、本特別委員会として異存はない。
            ・また、上記の事業環境及び経営課題を踏まえ、当社経営陣からは、当社グループが長期的に成長す
             るため、土木工事積算システムの販売市場におけるシェアを活かしながら、新たな収益機会の実現
             を推し進める必要があり、2020年8月に投入したクラウド版の土木工事積算システムをはじめ、今
             後も新たな商品及びサービスを開発・提案していく予定であるものの、これにより売上高の計上タ
             イミングが後ろ倒しになるため、当社グループの今後数年間の売上高は概ね横ばいで推移し、2021
             年3月期及び2024年3月期には減少することが見込まれるとの認識が示されている。そして、その
             間においても商品開発投資は続ける予定であり、売上高が増加しない中での開発投資の負担によ
             り、相当期間にわたり赤字が継続することが見込まれ、また、クラウド版の土木工事積算システム
             は、前受収益の減少等の財務的なマイナス・インパクトを受ける可能性があり、その場合には営業
             キャッシュフローの大幅な赤字を伴うことが想定されるとの認識が示されている。
            ・さらに、当社経営陣からは、このような状況にある当社グループにおいて、(ⅰ)相当期間にわたり
             痛みを伴うビジネスモデルの転換を果断に推進するためには、上場を維持した状態での実行は難し
             いと考えられること、(ⅱ)当該ビジネスモデルの転換の成否は明らかではなく、回収までさらに長
             期間を要するリスクがあること、及び(ⅲ)本取引が実現すれば、上場維持コスト負担を軽減できる
             ことから、本取引により、当社の経営課題を解決するとともに、当社の一般株主への利益還元の機
             会を提供できるとの認識が示されている。加えて、非公開化による知名度低下等の影響は僅少と考
             えられること、今後の投資に係る資金調達は金融機関からの融資により行う予定であること、本取
             引実行後は一時的に財務体質が悪化し投資が制限されるものの、合理的な期間で経営判断を実施で
             きる体制を整えられると考えられること等、非公開化により生じるデメリットは少ないとの認識が
             示されている。
            ・本特別委員会としても、このような当社経営陣の説明は、当社を取り巻く事業環境及び当社の経営
             課題を前提としたもので、いずれも一定の合理性があるものと考えており、したがって、本取引
             は、当社グループが長期的に成長するために有効な選択肢であると思われる。
         (イ)   以下の点より、本特別委員会は、当社の一般株主の利益を図る観点から、本取引の取引条件の妥当性
            は確保されていると判断するに至った。
            ・市場株価に対する本公開買付価格のプレミアム水準は、2019年2月以降のMBO事例におけるプレ
             ミアム水準に照らして平均的な水準と認められる。
            ・本特別委員会は、早期から交渉方針等の説明を受けた上で、公開買付価格が当社の一般株主に不利
             益を与える価格とならぬよう議論を複数回にわたって行い、当該議論の結果を公開買付者との交渉
             方針に反映し、公開買付者との交渉は本特別委員会において決定された当該交渉方針の下、その指
             示に従って行われている。そして、かかる交渉を行ったことを通じて、結果として、公開買付者の
             当初提案価格である780円から120円(当初提案価格の約15%)の引き上げを実現している。
            ・SMBC日興証券作成の当社株式価値算定書における算定手法である市場株価平均法及びDCF法
             は、現在の評価実務に照らして一般的、合理的な手法であると考えられ、また、DCF法における
             割引率等の根拠に関する説明も合理的であって、その算定内容は現在の実務に照らして妥当なもの
             であると考えられる。また、DCF法の算定の前提となっている本事業計画の作成経緯及び当社の
             現状に照らして、本事業計画の採用は不合理なものではないと考えられる。当社株式価値算定書に
             おける当社株式の株式価値評価に照らして、本公開買付価格は、市場株価平均法の算定結果の上限
             値を超え、かつ、DCF法の算定結果の範囲内にある。
                                20/25



                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社ビーイング(E05052)
                                                           意見表明報告書
            ・その他本公開買付価格の決定プロセスの公正性を疑わせるような具体的事情は存在しないと認めら
             れる。
            ・一段階目として公開買付けを行い、二段階目として株式等売渡請求又は株式併合を行うという方法
             は、完全子会社化の取引においては一般的に採用されている方法であり、本取引の方法に不合理な
             点は認められない。
         (ウ)   以下の点より、本特別委員会は、当社の一般株主の利益を図る観点から、本取引の手続には公正性が
            認められると判断するに至った。
            ・当社取締役会は、当社及び公開買付者から独立した本特別委員会を設置している。
            ・本特別委員会が、当社やSMBC日興証券に対して、重要な局面で意見を述べ、指示や要請を行う
             ことで公開買付者との交渉は進められていた。
            ・本特別委員会は本特別委員会独自のリーガル・アドバイザーである正信法律事務所から助言を受け
             ている。
            ・当社は当社における独立したリーガル・アドバイザーである森・濱田松本法律事務所から法的助言
             を受けている。
            ・当社は当社における独立したファイナンシャル・アドバイザー兼第三者算定機関であるSMBC日
             興証券から当社株式価値算定書を取得している。
            ・当社は、公開買付者の取締役を兼任している当社の役職員が、当社と公開買付者との間の本取引に
             係る取引条件に関する協議・交渉過程、及び本事業計画の作成過程に関与しない体制を構築してい
             る。
            ・当社の取締役のうち、公開買付者の取締役を兼任している津田能成氏、津田誠氏及び津田由美子氏
             を2020年9月3日開催の取締役会以降、本取引に関する取締役会の審議及び決議(非公式の報告等を
             含む。)には参加させておらず、2021年2月8日に開催予定の取締役会においても本取引に関する審
             議及び決議には参加させない予定であり、さらに、津田能成氏、津田誠氏及び津田由美子氏を、当
             社の立場で、本取引に係る協議及び交渉に参加させていない。
            ・公開買付期間が法令に定められた最短期間(20営業日)よりも長期(30営業日)に設定されるととも
             に、当社は、公開買付者との間で、当社が公開買付者以外の対抗的買収提案者と接触することを制
             限するような合意は一切行なっておらず、いわゆる間接的なマーケット・チェックが行われている
             と認められる。
            ・本公開買付けでは、マジョリティ・オブ・マイノリティ条件は設定されない予定であるが、当社の
             企業価値向上に資すると考えられ、かつ取引条件の妥当性が認められる本取引に関して、マジョリ
             ティ・オブ・マイノリティ条件を設定することは、本公開買付けの成立を不安定なものとし、か
             えって本公開買付けに応募することを希望する一般株主の利益に資さない可能性もあることに加
             え、本取引では、当社において他に十分な公正性担保措置が講じられていることから、本公開買付
             けにおいて、マジョリティ・オブ・マイノリティ条件の設定がなされていないことは、本公開買付
             けにおける手続の公正性を損なうものではないと考えられる。
            ・適切な情報開示がなされる予定である。
            ・本取引については強圧性の問題が生じないように配慮のうえ、スクイーズアウト手続の適法性も確
             保されているといえる。
            ・その他本取引に係る協議、検討及び交渉の過程において、当社が公開買付者より不当な影響を受け
             たことを推認させる事実は認められない。
         (エ)   以上から、当社取締役会が、本公開買付けに賛同する旨の意見を表明するとともに、当社の株主に対
            し、本公開買付けへの応募を推奨することを決議することは相当であると考える。
         (オ)   また、当社取締役会において、本公開買付けに賛同する旨の意見を表明するとともに、当社の株主に
            対し、本公開買付けへの応募を推奨することを決議することは、当社の少数株主にとって不利益なも
            のではないと考える。さらに、本公開買付けが成立した後における公開買付者による当社の完全子会
            社化は、当社の少数株主にとって不利益なものではないと考える。
                                21/25



                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社ビーイング(E05052)
                                                           意見表明報告書
      ⑤ 特別委員会における独立したリーガル・アドバイザーからの助言の取得
        本特別委員会は、上記「④ 当社における独立した特別委員会の設置及び答申書の取得」に記載のとおり、公
       開買付者及び当社から独立した独自のリーガル・アドバイザーとして正信法律事務所を選任し、本取引において
       手続の公正性を担保するために講じるべき措置、本取引の諸手続並びに本取引に係る本特別委員会の審議の方法
       及びその過程等に関する助言を含む法的助言を受けております。
        なお、正信法律事務所は、公開買付者及び当社の関連当事者には該当せず、本公開買付けを含む本取引に関し
       て、重要な利害関係を有しておりません。
      ⑥ 当社における独立した検討体制の構築

        当社は、上記「(2)意見の根拠及び理由」の「③ 当社が本公開買付けに賛同するに至った意思決定の過程及び
       理由」に記載のとおり、公開買付者から独立した立場で、当社の企業価値の向上及び当社の一般株主の皆様の利
       益の確保の観点から本取引に係る検討、交渉及び判断を行うための体制を当社の社内に構築いたしました。具体
       的には、当社は、当社と公開買付者との間の本取引に係る取引条件に関する協議・交渉過程においては、構造的
       な利益相反の問題による影響を受けるおそれを排除する観点から、公開買付者の代表取締役を兼任している津田
       能成氏(当社代表取締役会長)、公開買付者の取締役を兼任している津田誠氏(当社代表取締役社長)、及び公開買
       付者の取締役を兼任している津田由美子氏(当社取締役(監査等委員))は関与しないこととし、2021年2月8日に
       至るまでかかる取扱いを継続しております。また、かかる取扱いを含めて、当社の社内に構築した本取引の検討
       体制(本取引に係る検討、交渉及び判断に関与する当社の役職員の範囲及びその職務を含みます。)に独立性の観
       点から問題がないことについては、本特別委員会の承認を得ております。
      ⑦ 当社における利害関係を有しない取締役全員(監査等委員を含む。)の承認

        当社は、森・濱田松本法律事務所から受けた法的助言、SMBC日興証券から受けた財務的見地からの助言、
       当社株式価値算定書の内容、公開買付者との間で実施した複数回にわたる継続的な協議の内容及びその他の関連
       資料を踏まえつつ、本答申書において示された本特別委員会の判断内容を最大限尊重しながら、本公開買付けを
       含む本取引が当社の企業価値の向上に資するか否か、及び本公開買付価格を含む本取引に係る取引条件が妥当な
       ものか否かについて、慎重に協議・検討をいたしました。
        その結果、当社は、上記「(2)意見の根拠及び理由」の「③ 当社が本公開買付けに賛同するに至った意思決定
       の過程及び理由」に記載のとおり、2021年2月8日開催の当社取締役会において、当社の経営課題の解決及び株
       主様への利益還元の機会の提供という観点から、本取引が当社の企業価値の向上に資するものであるとともに、
       当社株式価値算定書の算定結果、本公開買付価格のプレミアム水準、公開買付者との交渉過程及び本公開買付価
       格の決定プロセス等に照らし、本公開買付価格を含む本取引に係る取引条件は妥当なものであると判断し、本公
       開買付けに賛同する旨の意見を表明するとともに、当社の株主の皆様に対し、本公開買付けへの応募を推奨する
       ことを決議いたしました。
        上記の当社取締役会においては、当社の取締役11名のうち、津田能成氏、津田誠氏及び津田由美子氏を除く8
       名が審議及び決議に参加し、決議に参加した取締役全員(監査等委員を含む。)の一致により上記の決議を行って
       おります。
        なお、当社の代表取締役会長である津田能成氏は、公開買付者の代表取締役を兼任していることから、本取引
       に関して当社との間で利益相反関係が存在するため、特別利害関係取締役として、上記の当社取締役会を含む本
       取引に係る当社取締役会の審議及び決議には一切参加しておらず、かつ、当社の立場において、本取引に係る検
       討並びに公開買付者との協議及び交渉に一切参加しておりません。また、当社の代表取締役社長である津田誠氏
       は公開買付者の取締役を兼任していることから、当社の取締役(監査等委員)の津田由美子氏は公開買付者の取締
       役を兼任していることから、いずれも本取引において特別の利害関係を有するおそれがあることを踏まえて、上
       記の当社取締役会を含む本取引に係る当社取締役会の審議及び決議には一切参加しておらず、かつ、当社の立場
       において、本取引に係る検討並びに公開買付者との協議及び交渉に一切参加しておりません。
                                22/25




                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社ビーイング(E05052)
                                                           意見表明報告書
      ⑧ 他の買付者からの買付機会を確保するための措置
        公開買付者は、公開買付期間として法令に定められた最短期間が20営業日であるところ、30営業日に設定して
       いるとのことです。公開買付期間を比較的長期に設定することにより、当社の株主の皆様に本公開買付けに対す
       る応募について適切な判断機会を確保するとともに、当社株式について公開買付者以外の者(以下「対抗的買収提
       案者」といいます。)にも対抗的な買付け等を行う機会を確保し、これをもって本公開買付価格の適正性を担保す
       ることを企図しているとのことです。
        また、公開買付者及び当社は、当社が対抗的買収提案者と接触することを禁止するような取引保護条項を含む
       合意等、当該対抗的買収提案者が当社との間で接触することを制限するような内容の合意を行っておりません。
       このように、上記公開買付期間の設定とあわせ、対抗的な買付け等の機会が確保されることにより、本公開買付
       けの公正性の担保に配慮しているとのことです。
        なお、本特別委員会は、市場における潜在的な買収者の有無を調査・検討する、いわゆる積極的なマーケッ
       ト・チェック(本取引の公表前における入札手続等を含みます。)については、公開買付者、津田能成氏及び津田
       由美子氏で当社株式の約60%をすでに保有しているため、積極的なマーケット・チェックが機能しにくいこと、
       上記のいわゆる間接的なマーケット・チェックが有効に機能し得ることから、積極的なマーケット・チェックを
       行っていないことをもって本公開買付けにおける手続の公正性を損なうものではない旨を判断しております。
        なお、公開買付者は、本応募予定株主から、それぞれが所有する当社株式の全て(津田能成氏については所有株

       式数1,520,100株、所有割合19.38%、津田由美子氏については所有株式数381,800株、所有割合:4.87%、本応募
       予定株主の所有株式数の合計1,901,900株、所有割合の合計:24.25%)について、本公開買付けに応募する意向で
       あることを確認しており、公開買付者が所有する当社株式数(所有株式数2,850,000株、所有割合36.34%)と本応
       募予定株主が応募する意向の当社株式(所有株式数1,901,900株、所有割合24.25%)の合計は、当社株式4,751,900
       株となり、その所有割合は60.59%となるとのことです。したがって、本公開買付けにおいて、これらを控除し
       て、いわゆる「マジョリティ・オブ・マイノリティ」(majority                               of  minority)の買付予定数の下限を設定する
       と、本公開買付けの成立を不安定なものとし、かえって本公開買付けに応募することを希望する少数株主の利益
       に資さない可能性もあるものと考えているとのことです。そのため、公開買付者は、本公開買付けにおいて買付
       予定数の下限を、当社四半期決算短信に記載された2020年12月31日現在の当社の発行済株式総数(8,257,600株)か
       ら、同日現在の当社が所有する自己株式数(415,227株)を控除した株式数(7,842,373株)に係る議決権数である
       (78,423個)の3分の2(52,282個)から公開買付者の有する議決権の数(28,500個)を控除し、当社の単元株式数で
       ある100株を乗じた数以上となるよう設定したものであるとのことです。また、公開買付者としては、本公開買付
       けにおいては、その公正性を担保するための上記①乃至⑧の措置を通じて、当社株主の利益には十分な配慮がな
       されていると考えているとのことです。
                                23/25









                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社ビーイング(E05052)
                                                           意見表明報告書
     (7)  公開買付者と当社の株主・取締役等との間における公開買付けへの応募に係る重要な合意に関する事項
       公開買付者は、本応募予定株主から、それぞれが所有する当社株式の全て(津田能成氏については所有株式数
      1,520,100株、所有割合19.38%、津田由美子氏については所有株式数381,800株、所有割合:4.87%、本応募予定株
      主の所有株式数の合計1,901,900株、所有割合の合計:24.25%)について、本公開買付けに応募する意向であること
      を確認しているとのことです。なお、津田能成氏及び津田由美子氏は、当社の役員持株会の会員であり、役員持株
      会を通じた持分としてそれぞれ1,246株(小数点以下切捨て、所有割合:0.02%)及び412株(小数点以下切捨て、所有
      割合:0.01%)に相当する当社株式を間接的に所有しているとのことですが、津田能成氏及び津田由美子氏が所有す
      る1,520,100株及び381,800株には、役員持株会を通じた持分として間接的に所有している当社株式は含まれていな
      いとのことです。また、公開買付者は、津田能成氏及び津田由美子氏において、それぞれが役員持株会を通じた持
      分として間接的に所有している当社株式を、本公開買付けに際して役員持株会から引き出して、本公開買付けに応
      募する予定がないことを確認しているとのことです。
     (8)  その他

       当社は、2020年11月10日付2021年3月期第2四半期決算短信〔日本基準〕(連結)において2021年3月期の期末配
      当予想を無配として公表しているところ、2021年2月8日開催の取締役会において、本公開買付けが成立すること
      を前提とすると、仮に当該予想に反し当社が2021年3月期の期末配当を行った場合には、本公開買付けに応募され
      る株主の皆様と応募されない株主の皆様との間に経済的効果の差異が生じる可能性があるため、株主様の間での公
      平性を確保する観点から、当該予想どおり2021年3月期の期末配当を行わないことを決議しております。
                                24/25














                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社ビーイング(E05052)
                                                           意見表明報告書
    4  【役員が所有する株券等の数及び当該株券等に係る議決権の数】
       氏名           役名            職名        所有株式数(株)           議決権の数(個)
    津田 能成           代表取締役会長               ―            1,521,346             15,213

    津田 誠           代表取締役社長               ―               ―           ―

    後藤 伸悟            常務取締役            経理部長               59,452             594

    井関 照彦            常務取締役           Gaia企画部長                10,470             104

    賀川 美穂             取締役           総務部長                979            9

                           建設営業部長兼
    花田 大作             取締役                           779            7
                             特販部長
    宇治川 浩一             取締役           開発部長                779            7
                  取締役
    大矢 勝            (監査等委員              ―               ―           ―
                 (常勤))
                  取締役
    楠井 嘉行                          ―               ―           ―
                (監査等委員)
                  取締役
    津田 由美子                          ―             382,212            3,822
                (監査等委員)
                  取締役
    中 博                          ―               ―           ―
                (監査等委員)
        計           ―            ―            1,976,017             19,756
     (注1) 役名、職名、所有株式数及び議決権の数は本書提出日現在のものです。
     (注2) 取締役(監査等委員)の大矢勝、楠井嘉行及び中博は、社外取締役であります。
     (注3) 所有株式数及び議決権の数は、それぞれ当社役員持株会を通じた所有株式数(小数点以下切捨て)及びそれら
         に係る議決権の数を含めた数を記載しております。
    5  【公開買付者又はその特別関係者による利益供与の内容】

      該当事項はありません。
    6  【会社の支配に関する基本方針に係る対応方針】

      該当事項はありません。
    7  【公開買付者に対する質問】

      該当事項はありません。
    8  【公開買付期間の延長請求】

      該当事項はありません。
                                25/25







PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

書類提出日で検索

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2020年12月21日

新規上場の通知機能を追加しました。Myページにて通知の設定が行えます。

2020年9月22日

企業・投資家の個別ページに掲載情報を追加しました。また、併せて細かい改修を行いました。

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。

スポンサーリンク