藤久株式会社 四半期報告書 第61期第2四半期(令和2年10月1日-令和2年12月31日)

提出書類 四半期報告書-第61期第2四半期(令和2年10月1日-令和2年12月31日)
提出日
提出者 藤久株式会社
カテゴリ 四半期報告書

                                                          EDINET提出書類
                                                        藤久株式会社(E03211)
                                                            四半期報告書
    【表紙】
     【提出書類】                   四半期報告書

     【根拠条文】                   金融商品取引法第24条の4の7第1項

     【提出先】                   東海財務局長

     【提出日】                   2021年2月15日

     【四半期会計期間】                   第61期第2四半期(自           2020年10月1日        至  2020年12月31日)

     【会社名】                   藤  久  株式会社

     【英訳名】                   FUJIKYU    CORPORATION

     【代表者の役職氏名】                   代表取締役社長  堤 智章

     【本店の所在の場所】                   名古屋市名東区高社一丁目210番地

     【電話番号】                   (052)774-1181(代表)

     【事務連絡者氏名】                   経営企画部長  筒井 和宏

     【最寄りの連絡場所】                   名古屋市名東区高社一丁目210番地

     【電話番号】                   (052)774-1181(代表)

     【事務連絡者氏名】                   経営企画部長  筒井 和宏

     【縦覧に供する場所】                   株式会社東京証券取引所

                         (東京都中央区日本橋兜町2番1号)

                         株式会社名古屋証券取引所

                         (名古屋市中区栄三丁目8番20号)

                                 1/20










                                                          EDINET提出書類
                                                        藤久株式会社(E03211)
                                                            四半期報告書
    第一部【企業情報】
    第1【企業の概況】

     1【主要な経営指標等の推移】

                              第60期           第61期
              回次                                      第60期
                           第2四半期累計期間           第2四半期累計期間
                           自   2019年7月1日         自   2020年7月1日         自   2019年7月1日
             会計期間
                           至   2019年12月31日         至   2020年12月31日         至   2020年6月30日
                      (千円)         8,832,710           10,899,750           22,349,393
     売上高
     経常利益又は経常損失(△)                 (千円)         △ 951,725           970,653           749,503
     四半期(当期)純利益又は四半期純
                      (千円)        △ 1,378,681            823,600           282,583
     損失(△)
                      (千円)             -           -           -
     持分法を適用した場合の投資利益
                      (千円)         2,375,850           3,125,840           3,125,840
     資本金
                       (株)         4,205,000           12,301,000            6,150,500
     発行済株式総数
                      (千円)         5,734,833           9,554,554           8,880,416
     純資産額
                      (千円)         11,810,117           14,291,197           14,430,220
     総資産額
     1株当たり四半期(当期)純利益又は
                       (円)         △ 163.95            66.96           32.26
     1株当たり四半期純損失(△)
     潜在株式調整後1株当たり四半期
                       (円)            -           -           -
     (当期)純利益
                       (円)            -          12.50           25.00
     1株当たり配当額
                       (%)           48.6           66.9           61.5
     自己資本比率
                      (千円)        △ 1,438,182             71,992          2,444,655
     営業活動によるキャッシュ・フロー
                      (千円)          △ 55,448          △ 26,957            3,189
     投資活動によるキャッシュ・フロー
                      (千円)          174,192          △ 199,614          △ 286,311
     財務活動によるキャッシュ・フロー
     現金及び現金同等物の
                      (千円)         1,662,191           4,988,582           5,143,162
     四半期末(期末)残高
                              第60期           第61期

              回次
                           第2四半期会計期間           第2四半期会計期間
                           自   2019年10月1日         自   2020年10月1日
             会計期間
                           至   2019年12月31日         至   2020年12月31日
     1株当たり四半期純利益又は1株
                                             23.12
                       (円)          △ 66.49
     当たり四半期純損失(△)
     (注)1      当社は、四半期連結財務諸表を作成しておりませんので、連結会計年度に係る主要な経営指標等の推移に
           ついては記載しておりません。
         2   売上高には、消費税等は含まれておりません。
         3   持分法を適用した場合の投資利益については、関連会社がないため記載しておりません。
         4   第60期第2四半期累計期間における潜在株式調整後1株当たり四半期純利益については、1株当たり四半
           期純損失であり、また、潜在株式が存在しないため記載しておりません。
           第60期及び第61期第2四半期累計期間における潜在株式調整後1株当たり四半期(当期)純利益について
           は、潜在株式が存在しないため記載しておりません。
         5   2020年10月1日付で普通株式1株につき2株の割合で株式分割を行っております。第60期の期首に当該株
           式分割が行われたと仮定し、1株当たり四半期(当期)純利益又は1株当たり四半期純損失を算定してお
           ります。
                                 2/20


                                                          EDINET提出書類
                                                        藤久株式会社(E03211)
                                                            四半期報告書
     2【事業の内容】
        当第2四半期累計期間において、当社が営む事業の内容について、重要な変更はありません。
    第2【事業の状況】

     1【事業等のリスク】

        当第2四半期累計期間において、新たに発生した事業等のリスクはありません。
        また、前事業年度の有価証券報告書に記載した事業等のリスクについて重要な変更はありません。
        なお、新型コロナウイルス感染症拡大による事業への影響については、引続き今後の状況を注視してまいります。
     2【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

        文中の将来に関する事項は、当四半期会計期間の末日現在において判断したものであります。
      (1)  経営成績の状況
         当第2四半期累計期間の経営成績は、                  売上高108億99百万円(前年同四半期比23.4%増)、営業利益9億65百万
        円(前年同四半期9億48百万円の営業損失)、経常利益9億70百万円(前年同四半期9億51百万円の経常損失)及
        び四半期純利益8億23百万円(前年同四半期13億78百万円の四半期純損失)となりました。
         各部門別の経営成績は、次のとおりであります。
        (店舗販売部門)
         当第2四半期累計期間における店舗展開につきまして、退店では「クラフトハートトーカイ」15店舗、「クラフ
        トパーク」1店舗及び「サントレーム」4店舗の合計20店舗を閉鎖いたしました。この結果、当第2四半期会計期
        間末の総店舗数は399店舗となりました。
         店舗運営面につきましては、新規出店の抑制と不採算店舗の退店を推進しながらも、「                                        ①会員制度の進化、②教
        室運営の拡大、③システム面の刷新、④美観修繕の実施」を重点目標として定め、収益向上に繋げるべく取り組ん
        でまいりました。①会員制度の進化につきましては、ランクアップ制度の導入や新アプリ導入による電子化への切
        替促進について検討を進めております。手芸専門店の有効会員数は、店舗の実績に応じた成果報酬制度を導入し入
        会獲得者数の向上に努めた結果、前事業年度末の1,461千名から、当第2四半期会計期間末は1,488千名と約27千名
        の増加   となりました。②教室運営の拡大につきましては、新しい生活様式に合わせた非接触型のWeb講習会の確
        立に向け、導入店舗数を増やしてトライアルを進めております。③システム面の刷新につきましては、お客様の利
        便性改善のため、実店舗と            EC  の基幹システムを統合するプラットフォーム開発に着手しており、2021年7月の稼
        働を目指し、一部店舗でのトライアルを進めております。④美観修繕の実施につきましては、老朽化の目立つ路面
        店5店舗の外観修繕を2020年12月に実施しました。今後も本事業年度内に19店舗の外観修繕を計画しております。
        また、これからのクラフトハートトーカイにおけるスタンダードな店舗(モデル店舗)を構築するため、内装や什
        器設備までを変更する大規模な改装を2021年2月に3店舗計画しております。
         商品区分別では、生地部門の売上高が前年同四半期比で64.3%増と好調でした。中でも、全店で販売を強化した
        ガーゼ生地、人気漫画「鬼滅の刃」関連の生地、エコバッグ関連の生地の販売が好調でした。ガーゼ生地について
        は、手作りマスクを中心に販売が好調で、前事業年度のピーク時と比較すると少し落ち着きつつはありますが、前
        年同四半期比では大きな売上増加となりました。人気漫画「鬼滅の刃」関連の生地については、前年同四半期には
        取扱いがなかった商品のため売上増加となりました。特に映画が公開された10月以降は、好調に推移し大きな売上
        増加となりました。2020年7月のレジ袋有料化に伴い、手づくりエコバッグ用途の生地について、推奨販売を強化
        しました。店舗実績に応じて従業員のボーナスが追加となる成果報酬制度の対象としたことで、大きな売上増加と
        なりました。
         和洋裁部門も売上高が前年同四半期比で25.5%増と好調でした。中でも、生地部門の販売と連動し道具類、ゴ
        ム、糸、ミシンの販売が好調でした。ミシンについては、前事業年度では消費税の増税前の駆け込み需要により9
        月に大きな売上加算がありましたが、本事業年度では生地部門の販売と連動して7月より好調に推移し、前年同四
        半期の売上を大きく上回る結果となりました。
         これらの結果、当部門の売上高は、103億47百万円(前年同四半期比24.3%増)となりました。
        (通信販売部門)
         通信販売部門では売上高の拡大と、部門利益の黒字化に向けた業務の効率化を重点目標に取り組んでまいりまし
        た。売上高の拡大は、店舗販売部門と同様に生地部門がガーゼ生地、                                人気漫画「鬼滅の刃」関連の生地               、エコバッ
        グ関連生地の販売の好調により前年同四半期を大きく上回る結果となりました。課題である部門利益の黒字化につ
        いては、プロジェクトチームの取組みにより、事業所や物流拠点の整備によりコスト低減が進みました。今後は業
        務の効率化によるコスト低減だけでなく、売上拡大に向け店舗とECの相互送客を強化してまいります。
         これらの結果、当部門の売上高は、5億34百万円(前年同四半期比10.0%増)となりました。
                                 3/20



                                                          EDINET提出書類
                                                        藤久株式会社(E03211)
                                                            四半期報告書
        (その他の部門)
         当部門の内容は不動産賃貸であり、売上高は18百万円(前年同四半期比5.2%減)となりました。
         当社はセグメント情報を記載しておりません。

         当第2四半期累計期間における事業部門別及び商品区分別売上高等は、次のとおりであります。
                              売上高(千円)

                     前第2四半期累計期間             当第2四半期累計期間
           区分                                     前年同四半期比(%)
                      (自  2019年7月1日           (自  2020年7月1日
                      至  2019年12月31日)            至  2020年12月31日)
      店舗販売部門                      8,327,541             10,347,131               124.3%
       毛糸                      433,124             418,281              96.6%
       手芸用品                     2,083,825             2,003,598               96.2%
       生地                     2,237,779             3,676,222              164.3%
       和洋裁服飾品                     2,853,877             3,581,593              125.5%
       衣料品                      219,075             177,968              81.2%
       生活雑貨                      214,975             259,946             120.9%
       その他                      284,884             229,521              80.6%
      通信販売部門                       485,649             534,122             110.0%
       毛糸                      35,526             29,234             82.3%
       手芸用品                      145,424             150,634             103.6%
       生地                      55,407             109,330             197.3%
       和洋裁服飾品                      68,607             94,049             137.1%
       衣料品                      53,087             48,601             91.5%
       生活雑貨                      127,184             102,272              80.4%
       その他                        412              -            0%
      その他の部門                       19,519             18,496             94.8%
           合計                8,832,710             10,899,750               123.4%
     (注)1      店舗販売部門のその他は、主に会員制による入会金の収入であります。
         2   通信販売部門のその他は、保険受取手数料収入であります。
         3   その他の部門は、不動産賃貸であります。
         4   和洋裁服飾品の区分には、ミシンが含まれております。
         5   上記金額には、消費税等は含まれておりません。
                                 4/20









                                                          EDINET提出書類
                                                        藤久株式会社(E03211)
                                                            四半期報告書
      (2)財政状態の分析
        (資産)
          当第2四半期会計期間末における総資産は、前事業年度末に比べ                              1億39百万円減少し、142億91百万円となり
         ました。流動資産は1億34百万円増加し、固定資産は2億73百万円減少しております。資産の減少は、主に商品
         が4億60百万円増加したものの、現金及び預金が44百万円、受取手形及び売掛金が60百万円、その他流動資産に
         含まれております営業未収入金等が2億19百万円、有形固定資産が2億79百万円がそれぞれ減少したことによる
         ものであります。
        (負債)
          当第2四半期会計期間末における負債は、前事業年度末に比べ8億13百万円減少し、47億36百万円となりまし
         た。流動負債は7億26百万円減少し、固定負債は86百万円減少しております。負債の減少は、主に電子記録債務
         が80百万円増加したものの、支払手形及び買掛金が52百万円、その他流動負債に含まれております未払金等が6
         億26百万円、リース債務が45百万円、役員退職慰労引当金が27百万円がそれぞれ減少したことによるものであり
         ます。
        (純資産)
          当第2四半期会計期間末における純資産は、前事業年度末に比べ6億74百万円増加し、95億54百万円となりま
         した。純資産の増加は、主に利益剰余金が6億69百万円増加したことによるものであります。
      (3)キャッシュ・フローの状況

          当第2四半期累計期間における現金及び現金同等物(以下「資金」という。)は、前事業年度末に比べ1億54
         百万円減少し、49億88百万円となりました。
         各キャッシュ・フローの状況とそれらの要因は次のとおりであります。
        (営業活動によるキャッシュ・フロー)
          営業活動の結果得られた資金は、71百万円(前年同四半期は使用した資金14億38百万円)となりました。主な
         プラス要因は、税引前四半期純利益9億69百万円であります。主なマイナス要因は、たな卸資産の増加額4億60
         百万円及び未払金の減少額4億60百万円であります。
        (投資活動によるキャッシュ・フロー)
          投資活動の結果使用した資金は、26百万円(前年同四半期は使用した資金55百万円)となりました。主なプラ
         ス要因は、有形固定資産の売却による収入2億75百万円であります。主なマイナス要因は、無形固定資産の取得
         による支出1億3百万円及び資産除去債務の履行による支出86百万円によるものであります。
        (財務活動によるキャッシュ・フロー)
          財務活動の結果使用した資金は、1億99百万円(前年同四半期は得られた資金1億74百万円)となりました。
         これは、リース債務の返済による支出45百万円及び配当金の支払額1億53百万円によるものであります。
      (4)事業上及び財務上の対処すべき課題

         当第2四半期累計期間において、当社が対処すべき課題について重要な変更はありません。
      (5)研究開発活動

         該当事項はありません。
     3【経営上の重要な契約等】

        当第2四半期会計期間において、経営上の重要な契約等の決定または締結等はありません。
                                 5/20







                                                          EDINET提出書類
                                                        藤久株式会社(E03211)
                                                            四半期報告書
    第3【提出会社の状況】

     1【株式等の状況】

      (1)【株式の総数等】
        ①【株式の総数】
                 種類                        発行可能株式総数(株)
                普通株式                                  40,000,000
                  計                                40,000,000

     (注) 2020年8月20日開催の取締役会決議により、2020年10月1日付で株式分割に伴う定款変更を行い、発行可能
          株式総数は20,000,000株増加し、40,000,000株となっております。
        ②【発行済株式】

            第2四半期会計期間末
                                      上場金融商品取引所
                         提出日現在発行数(株)
              現在発行数(株)
       種類                               名又は登録認可金融               内容
                          (2021年2月15日)
             (2020年12月31日)                         商品取引業協会名
                                       東京証券取引所
                                        (市場第一部)
                                                 単元株式数は100株で
                 12,301,000              12,301,000
      普通株式
                                       名古屋証券取引所          あります。
                                        (市場第一部)
                 12,301,000              12,301,000           -           -
       計
     (注)     2020年10月1日付で普通株式1株につき2株の割合で株式分割を行い、発行済株式総数は6,150,500株増加
          し、12,301,000株となっております。
      (2)【新株予約権等の状況】

        ①【ストックオプション制度の内容】
          該当事項はありません。
        ②【その他の新株予約権等の状況】

          該当事項はありません。
      (3)【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

          該当事項はありません。
      (4)【発行済株式総数、資本金等の推移】

                  発行済株式       発行済株式                     資本準備金       資本準備金
                                資本金増減額        資本金残高
         年月日         総数増減数        総数残高                      増減額        残高
                                 (千円)       (千円)
                   (株)       (株)                     (千円)       (千円)
     2020年10月1日
                  6,150,500       12,301,000           -    3,125,840           -     749,990
     (注)
     (注)     2020年10月1日付で普通株式1株につき2株の割合で株式分割を行い、発行済株式総数は6,150,500株増加
          し、12,301,000株となっております。
                                 6/20






                                                          EDINET提出書類
                                                        藤久株式会社(E03211)
                                                            四半期報告書
      (5)【大株主の状況】
                                                 2020年12月31日現在
                                                発行済株式(自己株式を
                                          所有株式数
                                                除く。)の総数に対する
          氏名又は名称                     住所
                                           (千株)
                                                所有株式数の割合(%)
                                            2,787            22.66

     合同会社エメラルド                 東京都千代田区丸の内3丁目1番1号
                                            1,701            13.83
     後 藤 薫 徳                 愛知県瀬戸市
                      愛知県瀬戸市坊金町247-1                     1,688            13.72
     GOTO株式会社
                                             571            4.65
     藤久取引先持株会                 名古屋市名東区高社1丁目210番地
                                             237            1.93
     藤久従業員持株会                 名古屋市名東区高社1丁目210番地
     日本マスタートラスト信託銀行株式
                                             197            1.61
                      東京都港区浜松町2丁目11番3号
     会社(信託口)
                                             145            1.18
     中 野 置 瀬 子                 愛知県一宮市
     株式会社日本カストディ銀行(信託
                                             135            1.10
                      東京都中央区晴海1丁目8番12号
     口)
                                             115            0.93
     株式会社名古屋銀行                 名古屋市中区錦3丁目19番17号
                                             115            0.93
     株式会社愛知銀行                 名古屋市中区栄3丁目14番12号
                               -             7,693            62.55
             計
     (注)1      上記所有株式のうち、信託業務に係る株式数は次のとおりであります。
           日本マスタートラスト信託銀行株式会社(信託口)                          197千株
           株式会社日本カストディ銀行(信託口)                          135千株
         2   鈴蘭合同会社と合同会社エメラルドが合併し、合同会社エメラルドが主要株主である筆頭株主となりまし
           た。
      (6)【議決権の状況】

        ①【発行済株式】
                                                  2020年12月31日現在
                       株式数(株)           議決権の数(個)
           区分                                        内容
                              -            -         -
     無議決権株式
     議決権制限株式(自己株式等)                         -            -         -
     議決権制限株式(その他)                         -            -         -

                    (自己保有株式)
     完全議決権株式(自己株式等)                                     -         -
                              800
                    普通株式
     完全議決権株式(その他)                     12,298,700             122,987            -
                    普通株式
                             1,500             -         -
     単元未満株式               普通株式
                          12,301,000                -         -
     発行済株式総数
                              -         122,987            -
     総株主の議決権
     (注)     「単元未満株式」欄の普通株式数には、自己保有株式68株が含まれております。
                                 7/20





                                                          EDINET提出書類
                                                        藤久株式会社(E03211)
                                                            四半期報告書
        ②【自己株式等】
                                                 2020年12月31日現在
                                                   発行済株式総数に
                          自己名義         他人名義        所有株式数の
      所有者の氏名
                                                   対する所有株式数
               所有者の住所
                        所有株式数(株)         所有株式数(株)           合計(株)
       又は名称
                                                     の割合(%)
     (自己保有株式)
              名古屋市名東区
                              800          -         800         0.00
              高社一丁目210番地
     藤久株式会社
                  -            800          -         800         0.00
         計
     2【役員の状況】

        前事業年度の有価証券報告書の提出日後、当第2四半期累計期間における役員の異動はありません。
        なお、当四半期会計期間終了後、2021年1月21日開催の取締役会において、執行役員制度の導入について決議しま
      した。執行役員制度の導入により、業務執行機能を強化するとともに、経営に携わる人材登用の機会を拡大すること
      で次世代の経営層の育成を図ります。新任となる執行役員は以下のとおりであります。
     新役職名             旧役職名             氏名             新任年月日

     副社長執行役員                  -           中松 健一          2021年2月5日

     執行役員
                  経営企画部長                筒井 和宏          2021年2月16日
     経営企画部長
     執行役員
                  通販部長                加知 伸幸          2021年2月16日
     通販部長
                                 8/20













                                                          EDINET提出書類
                                                        藤久株式会社(E03211)
                                                            四半期報告書
    第4【経理の状況】

     1.四半期財務諸表の作成方法について

        当社の四半期財務諸表は、「四半期財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(平成19年内閣府令第63
      号)に基づいて作成しております。
     2.監査証明について

        当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第2四半期会計期間(2020年10月1日から2020年12
      月31日まで)及び第2四半期累計期間(2020年7月1日から2020年12月31日まで)に係る四半期財務諸表について、
      栄監査法人による四半期レビューを受けております。
     3.四半期連結財務諸表について

        当社は子会社がないため、四半期連結財務諸表は作成しておりません。
                                 9/20
















                                                          EDINET提出書類
                                                        藤久株式会社(E03211)
                                                            四半期報告書
     1【四半期財務諸表】
      (1)【四半期貸借対照表】
                                                    (単位:千円)
                                  前事業年度            当第2四半期会計期間
                                (2020年6月30日)              (2020年12月31日)
     資産の部
       流動資産
                                       5,143,162              5,098,582
        現金及び預金
                                        307,849              247,513
        受取手形及び売掛金
                                         2,159               540
        電子記録債権
                                       5,186,901              5,647,517
        商品
                                          955              357
        貯蔵品
                                       1,014,040               795,014
        その他
                                        △ 2,028             △ 1,596
        貸倒引当金
                                      11,653,040              11,787,929
        流動資産合計
       固定資産
        有形固定資産
          建物(純額)                              193,147              185,823
                                        913,814              644,957
          土地
          リース資産(純額)                               18,507              16,212
                                        23,523              22,323
          その他(純額)
                                       1,148,992               869,317
          有形固定資産合計
        無形固定資産                                95,765              220,207
        投資その他の資産
                                       1,331,799              1,204,490
          差入保証金
                                        200,621              209,252
          その他
                                       1,532,421              1,413,742
          投資その他の資産合計
                                       2,777,179              2,503,267
        固定資産合計
                                      14,430,220              14,291,197
       資産合計
                                10/20











                                                          EDINET提出書類
                                                        藤久株式会社(E03211)
                                                            四半期報告書
                                                    (単位:千円)

                                  前事業年度            当第2四半期会計期間
                                (2020年6月30日)              (2020年12月31日)
     負債の部
       流動負債
                                       1,155,511              1,103,465
        支払手形及び買掛金
                                       1,084,940              1,165,227
        電子記録債務
                                        82,600              68,559
        リース債務
                                        234,590              200,284
        未払法人税等
                                        58,109              65,928
        賞与引当金
                                        64,392              64,255
        ポイント引当金
                                        69,229              25,221
        事業構造改善引当金
                                        88,050              44,365
        資産除去債務
                                       1,606,010               979,812
        その他
                                       4,443,435              3,717,119
        流動負債合計
       固定負債
                                        85,446              53,624
        リース債務
                                        34,893               7,497
        役員退職慰労引当金
                                        795,298              784,158
        資産除去債務
                                        190,730              174,242
        その他
                                       1,106,368              1,019,522
        固定負債合計
                                       5,549,803              4,736,642
       負債合計
     純資産の部
       株主資本
                                       3,125,840              3,125,840
        資本金
                                        806,070              806,070
        資本剰余金
                                       4,948,535              5,618,384
        利益剰余金
                                         △ 976             △ 976
        自己株式
                                       8,879,469              9,549,318
        株主資本合計
       評価・換算差額等
                                          946             5,236
        その他有価証券評価差額金
                                          946             5,236
        評価・換算差額等合計
                                       8,880,416              9,554,554
       純資産合計
                                      14,430,220              14,291,197
     負債純資産合計
                                11/20









                                                          EDINET提出書類
                                                        藤久株式会社(E03211)
                                                            四半期報告書
      (2)【四半期損益計算書】
        【第2四半期累計期間】
                                                    (単位:千円)
                               前第2四半期累計期間              当第2四半期累計期間
                                (自    2019年7月1日            (自    2020年7月1日
                                至   2019年12月31日)            至   2020年12月31日)
                                       8,832,710              10,899,750
     売上高
                                       3,774,058              4,369,379
     売上原価
                                       5,058,652              6,530,370
     売上総利益
                                     ※1  6,007,470            ※1  5,564,375
     販売費及び一般管理費
     営業利益又は営業損失(△)                                 △ 948,818              965,995
     営業外収益
                                          718              544
       受取利息
                                          930              876
       受取配当金
                                          500               -
       協賛金収入
                                         1,794              3,333
       受取手数料
                                         1,416                22
       受取保険金
                                         1,636              3,362
       その他
                                         6,996              8,138
       営業外収益合計
     営業外費用
                                         8,058              1,251
       支払利息
                                          -             1,764
       コミットメントフィー
                                         1,845               465
       その他
                                         9,903              3,480
       営業外費用合計
     経常利益又は経常損失(△)                                 △ 951,725              970,653
     特別利益
                                          -             6,157
       固定資産売却益
                                          -             6,157
       特別利益合計
     特別損失
                                          456              936
       固定資産除却損
                                        208,014               1,683
       減損損失
                                         3,226                -
       投資有価証券評価損
                                      ※2  123,580
                                                         -
       事業構造改善引当金繰入額
                                       ※3  23,233             ※3  5,035
       事業構造改善費用
                                        358,511               7,655
       特別損失合計
     税引前四半期純利益又は税引前四半期純損失(△)                                △ 1,310,237               969,156
     法人税、住民税及び事業税                                   68,586              145,555
                                         △ 141               -
     法人税等調整額
                                        68,444              145,555
     法人税等合計
     四半期純利益又は四半期純損失(△)                                △ 1,378,681               823,600
                                12/20








                                                          EDINET提出書類
                                                        藤久株式会社(E03211)
                                                            四半期報告書
      (3)【四半期キャッシュ・フロー計算書】
                                                      (単位:千円)
                                 前第2四半期累計期間              当第2四半期累計期間
                                  (自    2019年7月1日            (自    2020年7月1日
                                  至   2019年12月31日)            至   2020年12月31日)
     営業活動によるキャッシュ・フロー
       税引前四半期純利益又は税引前四半期純損失(△)                                 △ 1,310,237               969,156
                                          28,806              35,158
       減価償却費
                                          208,014               1,683
       減損損失
       貸倒引当金の増減額(△は減少)                                     22             △ 432
       賞与引当金の増減額(△は減少)                                    9,157              7,819
       ポイント引当金の増減額(△は減少)                                   △ 5,298              △ 136
       役員退職慰労引当金の増減額(△は減少)                                    1,034             △ 27,396
       事業構造改善引当金の増減額(△は減少)                                   123,580                 -
                                          △ 1,648             △ 1,420
       受取利息及び受取配当金
                                           8,058              1,251
       支払利息
                                            -             1,764
       コミットメントフィー
       固定資産売却損益(△は益)                                     -            △ 6,157
                                            456              936
       固定資産除却損
                                          23,233               5,035
       事業構造改善費用
       投資有価証券評価損益(△は益)                                    3,226                -
       売上債権の増減額(△は増加)                                  △ 17,356              61,954
       たな卸資産の増減額(△は増加)                                  △ 601,166             △ 460,017
       営業未収入金の増減額(△は増加)                                  △ 14,568              181,154
       未収消費税等の増減額(△は増加)                                   12,214                -
       差入保証金の増減額(△は増加)                                   31,179              117,909
       仕入債務の増減額(△は減少)                                   305,572               28,240
       未払金の増減額(△は減少)                                  △ 159,648             △ 460,561
       未払消費税等の増減額(△は減少)                                  △ 27,030             △ 305,826
                                          96,343              135,279
       その他
                                        △ 1,286,055               285,394
       小計
       利息及び配当金の受取額                                    1,480              1,343
                                          △ 8,005             △ 1,251
       利息の支払額
                                            -            △ 1,557
       コミットメントフィーの支払額
                                          △ 7,533             △ 43,164
       事業構造改善費用の支払額
                                         △ 138,609             △ 168,772
       法人税等の支払額
                                            540               -
       法人税等の還付及び還付加算金の受取額
                                        △ 1,438,182                71,992
       営業活動によるキャッシュ・フロー
     投資活動によるキャッシュ・フロー
                                            -           △ 110,000
       定期預金の預入による支出
                                          60,000                -
       定期預金の払戻による収入
                                         △ 35,849              △ 1,572
       有形固定資産の取得による支出
                                            -            275,013
       有形固定資産の売却による収入
                                         △ 27,317             △ 103,588
       無形固定資産の取得による支出
                                           △ 308             △ 314
       投資有価証券の取得による支出
                                         △ 51,972             △ 86,496
       資産除去債務の履行による支出
                                         △ 55,448             △ 26,957
       投資活動によるキャッシュ・フロー
     財務活動によるキャッシュ・フロー
       短期借入金の増減額(△は減少)                                   250,000                 -
                                         △ 75,807             △ 45,862
       リース債務の返済による支出
                                            -           △ 153,751
       配当金の支払額
                                          174,192             △ 199,614
       財務活動によるキャッシュ・フロー
     現金及び現金同等物の増減額(△は減少)                                  △ 1,319,438              △ 154,579
                                         2,981,629              5,143,162
     現金及び現金同等物の期首残高
                                        ※ 1,662,191             ※ 4,988,582
     現金及び現金同等物の四半期末残高
                                13/20



                                                          EDINET提出書類
                                                        藤久株式会社(E03211)
                                                            四半期報告書
      【注記事項】
        (追加情報)
        (新型コロナウイルス感染症の感染拡大の影響に関する会計上の見積り)
         前事業年度の有価証券報告書に記載した(追加情報)(新型コロナウイルス感染症の感染拡大の影響に関す
        る会計上の見積り)の仮定について重要な変更はありません。
        (四半期貸借対照表関係)

          1.当座貸越契約(借手側)
           当社においては、運転資金の効率的な調達を行うため当座貸越契約を締結しております。
           これら契約に基づく借入未実行残高は次のとおりであります。
                                前事業年度              当第2四半期会計期間
                              (2020年6月30日)                 (2020年12月31日)
          当座貸越極度額                        300,000千円                 300,000千円
          借入実行残高                          -                 -
           差引額                       300,000                 300,000
          2.  シンジケートローン

           当社においては、運転資金を安定的かつ機動的に調達することを目的として、2020年3月25日付で㈱名古
          屋銀行をアレンジャーとする金融機関5行によるタームアウト型コミットメントライン契約を締結しており
          ます。この契約には以下の財務制限条項が付されています。
          ①   2022年6月に終了する決算期及びそれ以降に終了する借入人の各年度の決算期の末日における借入人の
           単体の貸借対照表における純資産の部の金額が、それぞれ2021年6月に終了する決算期の末日における借
           入人の単体の貸借対照表における純資産の部の金額の75%の金額以上であること。
          ②   2023年6月に終了する決算期及びそれ以降に終了する借入人の各年度の決算期に係る借入人の単体の損
           益計算書に示される償却前経常損益が、それぞれ2期連続して損失とならないこと。なお、初回判定は
           2022年6月期決算期及び2023年6月期決算期とする。
          ③   2020年6月に終了する決算期及びそれ以降に終了する借入人の各年度の決算期の末日における借入人の
           単体の貸借対照表における「短期借入金」、「長期借入金」及び「社債」の合計金額が、それぞれ38億円
           を上回らないこと。
          ④   2023年6月に終了する決算期及びそれ以降に終了する借入人の各年度の決算期の末日における借入人の
           単体の貸借対照表における実質借入金(当該貸借対照表における「短期借入金」、「長期借入金」及び
           「社債」の合計金額から、当該貸借対照表から算出される所要運転資金(当該貸借対照表における「受取
           手形(割引・裏書譲渡手形を除く)。」、「売掛金」及び「棚卸資産」の合計金額から、当該貸借対照表
           における「支払手形(設備支払手形を除く。)」及び「買掛金」の合計金額を控除した金額をいう。)及
           び当該貸借対照表における「現預金」の合計金額を控除した金額をいう。)を、当該決算期に係る借入人
           の単体の損益計算書における「税引前当期純利益」及び「減価償却費」の合計金額で除した数値がそれぞ
           れ10を超えないこと。
           上記の財務制限条項のいずれかに抵触した場合、金利の引き上げが行われます。なお、これら契約に基づ

          く借入未実行残高は次のとおりであります。
                                前事業年度              当第2四半期会計期間
                              (2020年6月30日)                 (2020年12月31日)
          シンジケートローン契約極度額                       3,500,000千円                 3,500,000     千円
          借入実行残高                          -                 -
                                3,500,000                 3,500,000
           差引額
                                14/20





                                                          EDINET提出書類
                                                        藤久株式会社(E03211)
                                                            四半期報告書
        (四半期損益計算書関係)
         ※1 販売費及び一般管理費のうち主要な費目及び金額は、次のとおりであります。
                            前第2四半期累計期間                 当第2四半期累計期間
                            (自    2019年7月1日              (自    2020年7月1日
                             至   2019年12月31日)               至   2020年12月31日)
     給与及び賞与                              1,943,102     千円             1,776,335     千円
                                     24,220                 65,928
     賞与引当金繰入額
                                     33,680                 28,633
     退職給付費用
                                     5,269                  801
     役員退職慰労引当金繰入額
                                      431                △ 288
     貸倒引当金繰入額
                                   1,497,205                 1,412,842
     地代家賃
         ※2 事業構造改善引当金繰入額

          前第2四半期累計期間(自              2019年7月1日         至   2019年12月31日)
           当社は、2019年8月9日に発表した「藤久リボーンプラン」に基づき、不採算店舗の閉鎖及び本部人員の
          リストラクチャリング等を推し進めております。その過程で、今後発生が見込まれる費用                                         123,580    千円を、
          事業構造改善引当金繰入額として計上しております。
         ※3 事業構造改善費用の内訳は、                次のとおりであります。

                            前第2四半期累計期間                 当第2四半期累計期間
                            (自    2019年7月1日              (自    2020年7月1日
                             至   2019年12月31日)               至   2020年12月31日)
     閉鎖店舗費用等                                4,946千円                 2,325千円
     退職特別支援金および再就職支援費用                                18,286                  2,709
      計                               23,233                  5,035
        (四半期キャッシュ・フロー計算書関係)

         ※   現金及び現金同等物の四半期末残高と四半期貸借対照表に掲記されている科目の金額との関係
                            前第2四半期累計期間                 当第2四半期累計期間
                            (自    2019年7月1日              (自    2020年7月1日
                             至   2019年12月31日)               至   2020年12月31日)
     現金及び預金勘定                              1,662,191千円                 5,098,582千円
     預入期間3カ月超の定期預金                                  -              △110,000
     現金及び現金同等物                              1,662,191                 4,988,582
                                15/20









                                                          EDINET提出書類
                                                        藤久株式会社(E03211)
                                                            四半期報告書
        (株主資本等関係)
         前第2四半期累計期間(自              2019年7月1日         至   2019年12月31日)
         1.配当金支払額
           該当事項はありません。
         2.基準日が当第2四半期累計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が当第2四半期会計期間の末日後

           となるもの
           該当事項はありません。
         当第2四半期累計期間(自              2020年7月1日         至   2020年12月31日)

          1.配当金支払額
                    配当金の総額        1株当たり
        決議      株式の種類                       基準日        効力発生日        配当の原資
                      (千円)      配当額(円)
     2020年9月29日
               普通株式        153,751        25.00    2020年6月30日         2020年9月30日         利益剰余金
     定時株主総会
     (注) 2020年10月1日付で普通株式1株につき2株の割合で株式分割を行っております。2020年6月30日を基準日
          とする1株当たり配当額については、当該株式分割前の実際の配当金の額を記載しております。
         2.基準日が当第2四半期累計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が当第2四半期会計期間の末日後

           となるもの
                    配当金の総額        1株当たり
        決議      株式の種類                       基準日        効力発生日        配当の原資
                     (千円)       配当額(円)
     2021年2月15日
               普通株式        153,751        12.50     2020年12月31日         2021年3月1日         利益剰余金
     取締役会
        (セグメント情報等)

         【セグメント情報】
           当社は、手芸用品及び生活雑貨等の店舗販売及び通信販売を主要業務とし、ほかに不動産賃貸を営んでお
          りますが、店舗販売及び通信販売事業の割合が高く開示情報としての重要性が乏しいと考えられることか
          ら、セグメント情報の記載を省略しております。
        (1株当たり情報)

          1株当たり四半期純利益又は1株当たり四半期純損失及び算定上の基礎は、次のとおりであります。
                                 前第2四半期累計期間              当第2四半期累計期間
                                 (自    2019年7月1日           (自    2020年7月1日
                 項目
                                  至   2019年12月31日)            至   2020年12月31日)
     1株当たり四半期純利益又は             1株当たり
                           (円)             △163.95                66.96
     四半期純損失(△)
      (算定上の基礎)
      四半期純利益又は四半期純損失(△)                    (千円)            △1,378,681                823,600

      普通株主に帰属しない金額                    (千円)                 -              -

      普通株式に係る四半期純利益又は四半期
                          (千円)            △1,378,681                823,600
      純損失(△)
      普通株式の期中平均株式数                     (株)             8,409,132              12,300,132
     (注)1      前 第2四半期累計期間における潜在株式調整後1株当たり四半期純利益については、1株当たり四半期純
           損失であり、また、潜在株式が存在しないため記載しておりません。
           当 第2四半期累計期間における潜在株式調整後1株当たり四半期純利益については、                                      潜在株式が存在しな
           いため記載しておりません。
         2   2020年10月1日付で普通株式1株につき2株の割合で株式分割を行っております。前事業年度の期首に当
           該株式分割が行われたと仮定し、1株当たり四半期純利益又は1株当たり四半期純損失を算定しておりま
           す。
                                16/20



                                                          EDINET提出書類
                                                        藤久株式会社(E03211)
                                                            四半期報告書
        (重要な後発事象)
        ( 持株会社体制への移行          )
          当社は、2021年2月15日開催の取締役会において、株主総会の承認が得られることを前提として、持株会社体
         制へ移行することについて検討を開始することを決議いたしました。
         1.持株会社体制への移行の背景と目的

           コロナウイルス感染症を背景とした手作りマスク需要および巣ごもり消費の拡大を受けて、当社は社会から
          のニーズ    や期待が高まっていると認識しております。一方、長期的な視点において当社が属する手芸業界は、
          趣味の多様化と愛好者の高齢化を背景としてユーザーが減少傾向であるとともに、他業種からの参入をはじめ
          競争が進んでおり、経営環境は一段と厳しさを増すことが予想されます。アフターコロナの時代まで見据える
          と、当社を取り巻く経営環境や事業フィールドも大きく変化することが想定され、自らが変革する組織へと成
          長する必要があります。
           かかる厳しい環境下において、当社が保有する約140万名の会員基盤を他社とのアライアンスに積極活用す
          ることで、役務提供取引やM&Aにより業容を拡大し、現在主力である手芸用品以外の女性向け商品・サービ
          スの提供を充実させることは、当社にとって中期目標を達成するうえで不可欠であると考えております。
           持株会社体制へ移行することにより、今後、社会や業界の変化に柔軟に対応しながら、当社が成長および継
          続的な企業価値の向上を図っていけるものと判断し、持株会社体制への移行について検討を開始することを決
          定いたしました。
         2.今後の見通し

           持株会社体制への具体的な移行方法、日程、移行後の組織体制等の詳細については、今後の検討を重ねて決
          定次第お知らせいたします。
     2【その他】

        2021年2月15日開催の取締役会において、当期中間配当に関し、次のとおり決議いたしました。
         ①   配当金の総額
                                    153,751千円
         ②   1株当たりの金額
                                     12円50銭
         ③   支払請求の効力発生日及び支払開始日
                                  2021年3月1日
        (注)2020年12月31日現在の株主名簿に記載又は記録された株主に対し、支払を行います。
                                17/20











                                                          EDINET提出書類
                                                        藤久株式会社(E03211)
                                                            四半期報告書
    第二部【提出会社の保証会社等の情報】
          該当事項はありません。
                                18/20




















                                                          EDINET提出書類
                                                        藤久株式会社(E03211)
                                                            四半期報告書
                  独立監査人の四半期レビュー報告書

                                                2021年2月15日

    藤   久   株   式   会   社

       取   締   役   会   御   中

                        栄監査法人

                        名古屋事務所
                         代表社員

                                   公認会計士       横     井     陽     子    ㊞
                         業務執行社員
                         代表社員

                                   公認会計士
                                          玉     置     浩     一    ㊞
                         業務執行社員
    監査人の結論

     当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、「経理の状況」に掲げられている藤久株式会社の
    2020年7月1日から2021年6月30日までの第61期事業年度の第2四半期会計期間(2020年10月1日から2020年12月31日ま
    で)及び第2四半期累計期間(2020年7月1日から2020年12月31日まで)に係る四半期財務諸表、すなわち、四半期貸借
    対照表、四半期損益計算書            、四半期キャッシュ・フロー計算書及                 び注記について四半期レビューを行った。
     当監査法人が実施した四半期レビューにおいて、上記の四半期財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認められ
    る四半期財務諸表の作成基準に準拠して、藤久株式会社の2020年12月31日現在の財政状態及び同日をもって終了する第2
    四半期累計期間の経営成績及びキャッシュ・フローの状況を適正に表示していないと信じさせる事項が全ての重要な点に
    おいて認められなかった。
    監査人の結論の根拠

     当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に準拠して四半期レビューを行っ
    た。四半期レビューの基準における当監査法人の責任は、「四半期財務諸表の四半期レビューにおける監査人の責任」に
    記載されている。当監査法人は、我が国における職業倫理に関する規定に従って、会社から独立しており、また、監査人
    としてのその他の倫理上の責任を果たしている。当監査法人は、結論の表明の基礎となる証拠を入手したと判断してい
    る。
    四半期財務諸表に対する経営者並びに監査役及び監査役会の責任

     経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期財務諸表の作成基準に準拠して四半期財務諸表を
    作成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない四半期財務諸表を作成し適正に
    表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     四半期財務諸表を作成するに当たり、経営者は、継続企業の前提に基づき四半期財務諸表を作成することが適切である
    かどうかを評価し、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期財務諸表の作成基準に基づいて継続企業に関する
    事項を開示する必要がある場合には当該事項を開示する責任がある。
     監査役及び監査役会の責任は、財務報告プロセスの整備及び運用における取締役の職務の執行を監視することにある。
    四半期財務諸表の四半期レビューにおける                   監査人の責任

     監査人の責任は、監査人が実施した四半期レビューに基づいて、四半期レビュー報告書において独立の立場から四半期
    財務諸表に対する結論を表明することにある。
     監査人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に従って、四半期レビューの過程を通じ
    て、職業的専門家としての判断を行い、職業的懐疑心を保持して以下を実施する。
    ・  主として経営者、財務及び会計に関する事項に責任を有する者等に対                                する質問、分析的手続その他の四半期レビュー

     手続を実施する。四半期レビュー手続は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に準拠して実施され
     る年度の財務諸表の監査に比べて限定された手続である。
                                19/20



                                                          EDINET提出書類
                                                        藤久株式会社(E03211)
                                                            四半期報告書
    ・   継続企業の前提に関する事項について、重要な疑義を生じさせるような事象又は状況に関して重要な不確実性が認め
     られると判断した場合には、入手した証拠に基づき、四半期財務諸表において、我が国において一般に公正妥当と認め
     られる四半期財務諸表の作成基準に準拠して、適正に表示されていないと信じさせる事項が認められないかどうか結論
     付ける。また、継続企業の前提に関する重要な不確実性が認められる場合は、四半期レビュー報告書において四半期財
     務諸表の注記事項に注意を喚起すること、又は重要な不確実性に関する四半期財務諸表の注記事項が適切でない場合
     は、四半期財務諸表に対して限定付結論又は否定的結論を表明することが求められている。監査人の結論は、四半期レ
     ビュー報告書日までに入手した証拠に基づいているが、将来の事象や状況により、企業は継続企業として存続できなく
     なる可能性がある。
    ・   四半期財務諸表の表示及び注記事項が、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期財務諸表の作成基準に準
     拠していないと信じさせる事項が認められないかどうかとともに、関連する注記事項を含めた四半期財務諸表の表示、
     構成及び内容、並びに四半期財務諸表が基礎となる取引や会計事象を適正に表示していないと信じさせる事項が認めら
     れないかどうかを評価する。
     監査人は、監査役及び監査役会に対して、計画した四半期レビューの範囲とその実施時期、四半期レビュー上の重要な
    発見事項について報告を行う。
     監査人は、監査役及び監査役会に対して、独立性についての我が国における職業倫理に関する規定を遵守したこと、並
    びに監査人の独立性に影響を与えると合理的に考えられる事項、及び阻害要因を除去又は軽減するためにセーフガードを
    講じている場合はその内容について報告を行う。
    利害関係

     会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                        以   上
     (注)    1.上記は四半期レビュー報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(四半期報

           告書提出会社)が別途保管しております。
         2.XBRL      データは四半期レビューの対象には含                 まれていません。
                                20/20













PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

書類提出日で検索

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2020年12月21日

新規上場の通知機能を追加しました。Myページにて通知の設定が行えます。

2020年9月22日

企業・投資家の個別ページに掲載情報を追加しました。また、併せて細かい改修を行いました。

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。

スポンサーリンク