帝国通信工業株式会社 四半期報告書 第99期第3四半期(令和2年10月1日-令和2年12月31日)

提出書類 四半期報告書-第99期第3四半期(令和2年10月1日-令和2年12月31日)
提出日
提出者 帝国通信工業株式会社
カテゴリ 四半期報告書

                                                          EDINET提出書類
                                                     帝国通信工業株式会社(E01782)
                                                            四半期報告書
    【表紙】
    【提出書類】               四半期報告書

    【根拠条文】               金融商品取引法第24条の4の7第1項

    【提出先】               関東財務局長

    【提出日】               2021年2月8日

    【四半期会計期間】               第99期第3四半期(自            2020年10月1日         至   2020年12月31日)

    【会社名】               帝国通信工業株式会社

    【英訳名】               Teikoku    Tsushin    Kogyo   Co.,Ltd.

    【代表者の役職氏名】               代表取締役社長 羽生 満寿夫

    【本店の所在の場所】               川崎市中原区苅宿45番1号

    【電話番号】               (044)422-3171        (代表)

    【事務連絡者氏名】               取締役上席執行役員 丸山 睦雄

    【最寄りの連絡場所】               川崎市中原区苅宿45番1号

    【電話番号】               (044)422-3831

    【事務連絡者氏名】               取締役上席執行役員 丸山 睦雄

    【縦覧に供する場所】               株式会社東京証券取引所

                    (東京都中央区日本橋兜町2番1号)
                                 1/19









                                                          EDINET提出書類
                                                     帝国通信工業株式会社(E01782)
                                                            四半期報告書
    第一部     【企業情報】
    第1   【企業の概況】

    1  【主要な経営指標等の推移】

                            第98期            第99期

            回次              第3四半期            第3四半期             第98期
                          連結累計期間            連結累計期間
                         自   2019年4月1日          自   2020年4月1日          自   2019年4月1日
           会計期間
                         至   2019年12月31日          至   2020年12月31日          至   2020年3月31日
    売上高               (千円)          9,765,407            8,574,563           12,499,701
    経常利益               (千円)           759,027            402,806            748,173

    親会社株主に帰属する
    四半期純利益又は
                   (千円)           216,828            318,184           △ 84,105
    親会社株主に帰属する
    当期純損失(△)
    四半期包括利益又は包括利益               (千円)           772,941            408,218           △ 176,342
    純資産額               (千円)          22,149,179            21,186,617            21,202,255

    総資産額               (千円)          25,780,933            24,890,932            24,575,857

    1株当たり四半期純利益又は
                    (円)            22.06            32.33           △ 8.55
    1株当り当期純損失(△)
    潜在株式調整後1株当たり
                    (円)            22.03            32.29             ―
    四半期(当期)純利益
    自己資本比率                (%)            84.2            83.5            84.5
                            第98期            第99期

            回次              第3四半期            第3四半期
                          連結会計期間            連結会計期間
                         自   2019年10月1日          自   2020年10月1日
           会計期間
                         至   2019年12月31日          至   2020年12月31日
    1株当たり四半期純利益                (円)           19.71            29.81
     (注)   1.当社は四半期連結財務諸表を作成しておりますので、提出会社の主要な経営指標等の推移については記載し
         ておりません。
       2.売上高には消費税等は含まれておりません。
       3.第98期の潜在株式調整後1株当たり当期純利益については、潜在株式は存在するものの、1株当たり当期純
         損失であるため、記載しておりません。
    2  【事業の内容】

      当第3四半期連結累計期間において、当社グループ(当社及び当社の関係会社)が営む事業の内容について、重要
     な変更はありません。
      また、主要な関係会社についても異動はありません。
                                 2/19





                                                          EDINET提出書類
                                                     帝国通信工業株式会社(E01782)
                                                            四半期報告書
    第2   【事業の状況】
    1  【事業等のリスク】

      当第3四半期連結累計期間において、新たに発生した事業等のリスクはありません。
      また、前事業年度の有価証券報告書に記載した事業等のリスクについて重要な変更はありません。
    2  【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

      文中の将来に関する事項は、当四半期連結会計期間の末日現在において当社グループ(当社及び連結子会社)が判断
     したものであります。
     (1)  財政状態及び経営成績の状況
       当第3四半期連結累計期間の世界経済は、第1四半期では新型コロナウイルス感染症の世界的な拡大により、各
      国において都市封鎖等経済活動が抑制され、急激に景気が減速しました。第2四半期に入り、緩やかに経済活動が
      再開し景気回復の兆しを見せているものの、第3四半期に入り新型コロナウイルス感染症が再拡大をしており、世
      界経済の先行きは不透明感が継続しております。
       米国や欧州では個人消費や企業業績は大幅に悪化しており、アジアでは中国に於いて感染拡大の収束が見え始
      め、経済活動の回復がみられるものの、個人消費の悪化など極めて先行きは不透明な状況にあります。我が国の経
      済も新型コロナウイルス感染症の再拡大により企業業績も悪化、個人消費の落ち込みや海外経済悪化の影響を受
      け、非常に厳しい状況となりました。
       当社グループの属するエレクトロニクス業界においては、中国を中心に自動車関連市場が上向いておりますが、
      新型コロナウイルス感染症の影響がサプライチェーンにも出始めており、全体では部品の需要が弱含みで推移しま
      した。
       このような状況の中、当社グループは、関連事業所においてカーボンニュートラルを念頭に空調設備を導入せず
      自然外気を取り入れる構造の建物が当四半期末に完成しました。また、省人化、無人化など生産性向上とコストダ
      ウンを目的とした設備投資を引き続き推し進めております。一方、在宅勤務、時差出勤など、新型コロナウイルス
      感染症対策を行うことで感染防止に努め、材料、素材や部品調達からお客様までのサプライチェーンを確保すると
      共に、固定費の抑制に努めてまいりました。
       この結果、当第3四半期連結累計期間の連結売上高は                         85億74百万円      (前年同期比12.2%減)となりました。営業
      利益は   3億63百万円      (前年同期比46.3%減)、経常利益は                  4億2百万円      (前年同期比46.9%減)、親会社株主に帰
      属する四半期純利益は          3億18百万円      (前年同期比46.7%増)となりました。
       セグメントごとの経営成績は次のとおりであります。

      ①電子部品
        当第3四半期においてはゲーム機市場向けは堅調を維持しており、自動車電装向け、生活家電向けが上向いて
       おり全体として回復基調でしたが、新型コロナウイルス感染症の停滞による上半期の落ち込みをカバーできませ
       んでした。
        この結果、電子部品の売上高は81億80百万円(前年同期比12.3%減)となり、営業利益は3億38百万円(前年
       同期比46.3%減)となりました。
       当事業の地域別の経営成績は次のとおりであります。

       a.日本
         新型コロナウイルス感染症が再拡大する中、不透明感が強まっていますが、巣ごもり需要が追い風となった
        生活家電向け部品や、自動車電装向けが、上半期と比べ順調に回復しました。
         しかしながら、上期の新型コロナウイルス感染症の影響は大きく、売上高は45億51百万円(前年同期比3.1%
        減)、営業利益は1億97百万円(前年同期比34.8%減)となりました。
                                 3/19




                                                          EDINET提出書類
                                                     帝国通信工業株式会社(E01782)
                                                            四半期報告書
       b.アジア
         中国市場が回復してきており、可変抵抗器・エアコン向け固定抵抗器・通信機や液晶画面調整用半固定抵抗
        器は増加傾向ですが、その他アジア地区に於ける、デジタルカメラ・ビデオカメラ向け操作ブロックなどは落
        ち込みました。
         この結果、売上高は34億77百万円(前年同期比22.1%減)、営業利益は1億39百万円(前年同期比58.3%
        減)となりました。
       c.北米

         自動車電装向けが在庫調整の影響から低調でした。
         この結果、売上高は1億52百万円(前年同期比9.7%減)、営業利益は0百万円(前年同期は2百万円の営業
        損失)となりました。
      ②その他

        企業の設備投資の落ち込みが影響し、その他事業の売上高は3億93百万円(前年同期比9.8%減)、営業利益は
       6百万円(前年同期比77.9%減)となりました。
       財政状態の状況は次のとおりであります。

       当第3四半期連結会計期間末の財政状態につきましては、総資産が前連結会計年度末に比べ3億15百万円増加し
      248億90百万円となりました。その内訳は、流動資産が3億90百万円減少し153億42百万円、固定資産が7億5百万
      円増加し95億48百万円となりました。
       負債は前連結会計年度末に比べ3億30百万円増加し37億4百万円となりました。その内訳は、流動負債が2億22
      百万円増加し23億18百万円、固定負債が1億8百万円増加し13億86百万円となりました。
       これらの結果、純資産は前連結会計年度末に比べ15百万円減少し211億86百万円となり、自己資本比率は前連結会
      計年度末の84.5%から83.5%となりました。
     (2)  優先的に対処すべき事業上及び財務上の課題

       当第3四半期連結累計期間において、当社グループが対処すべき課題について重要な変更はありません。
     (3)  研究開発活動

       当第3四半期連結累計期間におけるグループ全体の研究開発活動の金額は3億93百万円であります。
       なお、当第3四半期連結累計期間において、当社グループの研究開発活動の状況に重要な変更はありません。
    3  【経営上の重要な契約等】

      当第3四半期連結会計期間において、経営上の重要な契約等の決定又は締結等はありません。
                                 4/19








                                                          EDINET提出書類
                                                     帝国通信工業株式会社(E01782)
                                                            四半期報告書
    第3   【提出会社の状況】
    1  【株式等の状況】

     (1)  【株式の総数等】
      ①  【株式の総数】
                種類                       発行可能株式総数(株)

               普通株式                                    15,901,600

                 計                                  15,901,600

      ②  【発行済株式】

             第3四半期会計期間末                        上場金融商品取引所

                         提出日現在発行数(株)
       種類        現在発行数(株)                       名又は登録認可金融               内容
                          (2021年2月8日)
              ( 2020年12月31日       )                商品取引業協会名
                                     ㈱東京証券取引所

                                                 単元株式数は100株
      普通株式             10,141,833            10,141,833
                                                 であります。
                                     市場第1部
       計           10,141,833            10,141,833           ―           ―

     (2)  【新株予約権等の状況】

      ①  【ストックオプション制度の内容】
       該当事項はありません。
      ②  【その他の新株予約権等の状況】

       該当事項はありません。
     (3)  【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

       該当事項はありません。
     (4)  【発行済株式総数、資本金等の推移】

                発行済株式       発行済株式                     資本準備金       資本準備金

                              資本金増減額        資本金残高
        年月日        総数増減数        総数残高                      増減額        残高
                                (千円)       (千円)
                 (千株)       (千株)                     (千円)       (千円)
    2020年10月1日~
                     ―     10,141         ―    3,453,078           ―    5,456,313
    2020年12月31日
     (5)  【大株主の状況】

       当四半期会計期間は第3四半期会計期間であるため、記載事項はありません。
                                 5/19






                                                          EDINET提出書類
                                                     帝国通信工業株式会社(E01782)
                                                            四半期報告書
     (6)  【議決権の状況】
       当第3四半期会計期間末日現在の「議決権の状況」については、株主名簿の記載内容が確認できないため、記載
      することができないことから、直前の基準日(2020年9月30日)に基づく株主名簿による記載をしております。
      ①  【発行済株式】
                                                2020年12月31日       現在
           区分             株式数(株)           議決権の数(個)               内容
    無議決権株式                      ―            ―             ―

    議決権制限株式(自己株式等)                      ―            ―             ―

    議決権制限株式(その他)                      ―            ―             ―

                     普通株式        293,100

    完全議決権株式(自己株式等)                                  ―             ―
                     普通株式       9,785,500

    完全議決権株式(その他)                                     97,855          ―
                     普通株式        63,233

    単元未満株式                                  ―             ―
    発行済株式総数                       10,141,833           ―             ―

    総株主の議決権                      ―               97,855          ―

      ②  【自己株式等】

                                                2020年12月31日       現在
                              自己名義       他人名義       所有株式数
                                                  発行済株式総数
    所有者の氏名又は名称              所有者の住所           所有株式数       所有株式数        の合計      に対する所有株
                                                  式数の割合(%)
                               (株)       (株)       (株)
    帝国通信工業㈱           川崎市中原区苅宿45番1号                293,100          ―     293,100          2.89
         計            ―          293,100          ―     293,100          2.89

    2  【役員の状況】

       該当事項はありません。
                                 6/19










                                                          EDINET提出書類
                                                     帝国通信工業株式会社(E01782)
                                                            四半期報告書
    第4   【経理の状況】
    1.  四半期連結財務諸表の作成方法について

      当社の四半期連結財務諸表は、「四半期連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(平成19年内閣府令
     第64号)に基づいて作成しております。
    2.  監査証明について

      当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第3四半期連結会計期間(2020年10月1日から2020年
     12月31日まで)及び第3四半期連結累計期間(2020年4月1日から2020年12月31日まで)に係る四半期連結財務諸表につ
     いて、有限責任監査法人トーマツによる四半期レビューを受けております。
                                 7/19

















                                                          EDINET提出書類
                                                     帝国通信工業株式会社(E01782)
                                                            四半期報告書
    1 【四半期連結財務諸表】
      (1)  【四半期連結貸借対照表】
                                                   (単位:千円)
                                前連結会計年度            当第3四半期連結会計期間
                                (2020年3月31日)              (2020年12月31日)
     資産の部
      流動資産
        現金及び預金                              10,214,055               8,869,508
                                                  ※1  3,267,938
        受取手形及び売掛金                              2,342,902
                                                   ※1  622,187
        電子記録債権                               589,506
        商品及び製品                              1,151,783              1,100,077
        仕掛品                               562,139              528,163
        原材料及び貯蔵品                               589,052              613,707
        その他                               286,705              347,398
                                       △ 3,276             △ 6,450
        貸倒引当金
        流動資産合計                              15,732,870              15,342,533
      固定資産
        有形固定資産
         建物及び構築物(純額)                             1,526,998              1,432,543
         機械装置及び運搬具(純額)                             1,237,509              1,164,289
                                      1,094,242              1,494,467
         その他(純額)
         有形固定資産合計                             3,858,750              4,091,300
        無形固定資産
                                        70,837              75,342
        投資その他の資産
         投資有価証券                             1,896,774              2,429,368
         退職給付に係る資産                             2,465,177              2,442,727
         その他                              556,295              514,508
                                       △ 4,848             △ 4,848
         貸倒引当金
         投資その他の資産合計                             4,913,399              5,381,756
        固定資産合計                              8,842,987              9,548,399
      資産合計                               24,575,857              24,890,932
     負債の部
      流動負債
        支払手形及び買掛金                               604,218              585,529
        電子記録債務                               427,224              457,975
        短期借入金                                49,887              41,690
        未払法人税等                                66,328              59,008
        賞与引当金                               329,018              236,867
        役員賞与引当金                                5,000                ―
                                       614,165              937,081
        その他
        流動負債合計                              2,095,843              2,318,152
      固定負債
        退職給付に係る負債                               119,141              142,026
                                      1,158,616              1,244,136
        その他
        固定負債合計                              1,277,758              1,386,162
      負債合計                                3,373,602              3,704,315
                                 8/19





                                                          EDINET提出書類
                                                     帝国通信工業株式会社(E01782)
                                                            四半期報告書
                                                   (単位:千円)
                                前連結会計年度            当第3四半期連結会計期間
                                (2020年3月31日)              (2020年12月31日)
     純資産の部
      株主資本
        資本金                              3,453,078              3,453,078
        資本剰余金                              5,456,313              5,456,313
        利益剰余金                              12,019,692              11,926,589
                                      △ 745,460             △ 715,081
        自己株式
        株主資本合計                              20,183,623              20,120,899
      その他の包括利益累計額
        その他有価証券評価差額金                               401,734              796,133
        為替換算調整勘定                               △ 94,782             △ 352,703
                                       273,676              216,649
        退職給付に係る調整累計額
        その他の包括利益累計額合計                               580,628              660,079
      新株予約権
                                        11,637               7,768
                                       426,366              397,869
      非支配株主持分
      純資産合計                               21,202,255              21,186,617
     負債純資産合計                                 24,575,857              24,890,932
                                 9/19














                                                          EDINET提出書類
                                                     帝国通信工業株式会社(E01782)
                                                            四半期報告書
      (2)  【四半期連結損益計算書及び四半期連結包括利益計算書】
       【四半期連結損益計算書】
        【第3四半期連結累計期間】
                                                   (単位:千円)
                              前第3四半期連結累計期間              当第3四半期連結累計期間
                               (自 2019年4月1日              (自 2020年4月1日
                                至 2019年12月31日)               至 2020年12月31日)
     売上高                                 9,765,407              8,574,563
                                      6,599,311              5,853,611
     売上原価
     売上総利益                                 3,166,096              2,720,951
     販売費及び一般管理費                                 2,488,982              2,357,257
     営業利益                                  677,113              363,694
     営業外収益
      受取利息                                 41,566              32,702
      受取配当金                                 73,507              51,384
      受取賃貸料                                 49,308              42,303
      助成金収入                                  6,953              36,935
                                        31,989              24,107
      その他
      営業外収益合計                                 203,326              187,433
     営業外費用
      支払利息                                  3,319              1,633
      固定資産賃貸費用                                 23,665              20,267
      為替差損                                 46,714              115,986
                                        47,713              10,433
      その他
      営業外費用合計                                 121,412              148,321
     経常利益                                  759,027              402,806
     特別利益
                                     ※1  161,036
                                                        ―
      固定資産売却益
      特別利益合計                                 161,036                 ―
     特別損失
                                     ※2  463,783
                                                        ―
      関係会社清算損
      特別損失合計                                 463,783                 ―
     税金等調整前四半期純利益                                  456,280              402,806
     法人税等                                  213,147               82,997
     四半期純利益                                  243,132              319,808
     非支配株主に帰属する四半期純利益                                   26,304               1,624
     親会社株主に帰属する四半期純利益                                  216,828              318,184
                                10/19








                                                          EDINET提出書類
                                                     帝国通信工業株式会社(E01782)
                                                            四半期報告書
       【四半期連結包括利益計算書】
        【第3四半期連結累計期間】
                                                   (単位:千円)
                              前第3四半期連結累計期間              当第3四半期連結累計期間
                               (自 2019年4月1日              (自 2020年4月1日
                                至 2019年12月31日)               至 2020年12月31日)
     四半期純利益                                  243,132              319,808
     その他の包括利益
      その他有価証券評価差額金                                 200,907              395,223
      為替換算調整勘定                                 430,308             △ 249,230
                                      △ 101,407              △ 57,583
      退職給付に係る調整額
      その他の包括利益合計                                 529,808               88,409
     四半期包括利益                                  772,941              408,218
     (内訳)
      親会社株主に係る四半期包括利益                                 743,328              397,635
      非支配株主に係る四半期包括利益                                 29,613              10,582
                                11/19















                                                          EDINET提出書類
                                                     帝国通信工業株式会社(E01782)
                                                            四半期報告書
     【注記事項】
      (追加情報)
                         当第3四半期連結累計期間
                     (自    2020年4月1日         至   2020年12月31日)
     当社及び国内連結子会社は、「所得税法等の一部を改正する法律」(令和2年法律第8号)において創設されたグ
    ループ通算制度への移行及びグループ通算制度への移行にあわせて単体納税制度の見直しが行われた項目について
    は、「連結納税制度からグループ通算制度への移行に係る税効果会計の適用に関する取扱い」(実務対応報告第39
    号 2020年3月31日)第3項の取扱いにより、「税効果会計に係る会計基準の適用指針」(企業会計基準適用指針第
    28号 2018年2月16日)第44項の定めを適用せず、繰延税金資産及び繰延税金負債の額について、改正前の税法の規
    定に基づいております。
      (四半期連結貸借対照表関係)

     ※1.四半期連結会計期間末日満期手形の会計処理については、手形交換日をもって決済処理しております。
        なお、当第3四半期連結会計期間末日が金融機関の休日であったため、次の四半期連結会計期間末日満期手形
       が、四半期連結会計期間末残高に含まれております。
                            前連結会計年度              当第3四半期連結会計期間
                            ( 2020年3月31日       )         ( 2020年12月31日       )
        受取手形                             ―               60,297千円
        電子記録債権                             ―               3,607
      (四半期連結損益計算書関係)

     ※1.固定資産売却益
       前第3四半期連結累計期間(自                2019年4月1日        至    2019年12月31日       )
        主に賃貸用不動産の建物及び構築物、土地の売却によるものであります。
       当第3四半期連結累計期間(自                2020年4月1日        至    2020年12月31日       )

        該当事項はありません。
     ※2.関係会社清算損

       前第3四半期連結累計期間(自                2019年4月1日        至    2019年12月31日       )
        連結子会社P.T.ノーブルバタムの清算手続きが完了したことに伴う為替換算調整勘定取崩額であります。
       当第3四半期連結累計期間(自                2020年4月1日        至    2020年12月31日       )

        該当事項はありません。
      (四半期連結キャッシュ・フロー計算書関係)

       当第3四半期連結累計期間に係る四半期連結キャッシュ・フロー計算書は作成しておりません。なお、第3四半
      期連結累計期間に係る減価償却費(無形固定資産に係る償却費を含む。)は、次のとおりであります。
                          前第3四半期連結累計期間                 当第3四半期連結累計期間

                           (自    2019年4月1日              (自    2020年4月1日
                           至   2019年12月31日       )       至   2020年12月31日       )
        減価償却費                           497,146千円                 503,223千円
                                12/19






                                                          EDINET提出書類
                                                     帝国通信工業株式会社(E01782)
                                                            四半期報告書
      (株主資本等関係)
     Ⅰ   前第3四半期連結累計期間(自                2019年4月1日        至   2019年12月31日       )
      1.配当金支払額
                    配当金の総額        1株当たり
       (決議)       株式の種類                       基準日        効力発生日        配当の原資
                     (千円)      配当額(円)
    2019年6月27日
              普通株式        245,691         25.0   2019年3月31日         2019年6月28日         利益剰余金
    定時株主総会
    2019年11月6日
              普通株式        245,924         25.0   2019年9月30日         2019年12月5日         利益剰余金
    取締役会
      2.基準日が当第3四半期連結累計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が当第3四半期連結会計期間の末

       日後となるもの
        該当事項はありません。
     Ⅱ   当第3四半期連結累計期間(自                2020年4月1日        至   2020年12月31日       )

      1.配当金支払額
                    配当金の総額        1株当たり
       (決議)       株式の種類                       基準日        効力発生日        配当の原資
                     (千円)      配当額(円)
    2020年6月26日
              普通株式        245,911         25.0   2020年3月31日         2020年6月29日         利益剰余金
    定時株主総会
    2020年11月5日
              普通株式        147,729         15.0   2020年9月30日         2020年12月3日         利益剰余金
    取締役会
      2.基準日が当第3四半期連結累計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が当第3四半期連結会計期間の末

       日後となるもの
        該当事項はありません。
                                13/19












                                                          EDINET提出書類
                                                     帝国通信工業株式会社(E01782)
                                                            四半期報告書
      (セグメント情報等)
      【セグメント情報】
     Ⅰ   前第3四半期連結累計期間(自                2019年4月1日        至   2019年12月31日       )
      1.報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
                          報告セグメント
                                                 四半期連結損益
                                            調整額
                                                  計算書計上額
                    電子部品
                                            (千円)
                            その他         計
                                                   (千円)
                     (千円)
                                            (注)2
                            (千円)        (千円)
                                                   (注)3
                     (注)1
    売上高
      外部顧客への売上高                 9,328,480         436,927       9,765,407           ―    9,765,407

      セグメント間の内部売上高
                       4,307       237,218        241,525       △ 241,525          ―
      又は振替高
           計          9,332,787         674,146      10,006,933        △ 241,525       9,765,407
    セグメント利益                  631,059        30,043       661,102        16,011       677,113

     (注)   1.電子部品の地域別の内訳は下記のとおりであります。

                    日本      アジア       北米       計     調整額     電子部品合計
                    (千円)      (千円)      (千円)      (千円)       (千円)       (千円)
      売上高
        外部顧客への売上高             4,697,248      4,462,655       168,575     9,328,480          ―   9,328,480

       地域間の内部売上高
                   3,311,165      2,782,184          ―   6,093,350      △6,089,042          4,307
       又は振替高
           計        8,008,414      7,244,840       168,575     15,421,830      △6,089,042        9,332,787
      地域別利益又は損失(△)              302,457      334,551      △2,083      634,925       △3,866       631,059

       2.セグメント利益の調整額は、セグメント間取引消去であります。
       3.セグメント利益は、四半期連結損益計算書の営業利益と調整をおこなっております。
      2.報告セグメントごとの固定資産の減損損失又はのれん等に関する情報

        該当事項はありません。
                                14/19









                                                          EDINET提出書類
                                                     帝国通信工業株式会社(E01782)
                                                            四半期報告書
     Ⅱ   当第3四半期連結累計期間(自                2020年4月1日        至   2020年12月31日       )
      1.報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
                          報告セグメント
                                                 四半期連結損益
                                            調整額
                                                  計算書計上額
                    電子部品
                                            (千円)
                            その他         計
                                                   (千円)
                     (千円)
                                            (注)2
                            (千円)        (千円)
                                                   (注)3
                     (注)1
    売上高
      外部顧客への売上高                 8,180,633         393,929       8,574,563           ―    8,574,563

      セグメント間の内部売上高
                       3,842       275,164        279,006       △ 279,006          ―
      又は振替高
           計          8,184,475         669,093       8,853,569        △ 279,006       8,574,563
    セグメント利益                  338,824         6,633       345,458        18,236       363,694

     (注)   1.電子部品の地域別の内訳は下記のとおりであります。

                    日本      アジア       北米       計     調整額     電子部品合計
                    (千円)      (千円)      (千円)      (千円)       (千円)       (千円)
      売上高
        外部顧客への売上高             4,551,009      3,477,320       152,302     8,180,633          ―   8,180,633

       地域間の内部売上高
                   3,087,064      2,304,370          ―   5,391,435      △5,387,593          3,842
       又は振替高
           計        7,638,074      5,781,691       152,302     13,572,068      △5,387,593        8,184,475
      地域別利益              197,210      139,545        496    337,251        1,572      338,824

       2.セグメント利益の調整額は、セグメント間取引消去であります。
       3.セグメント利益は、四半期連結損益計算書の営業利益と調整をおこなっております。
      2.報告セグメントごとの固定資産の減損損失又はのれん等に関する情報

        該当事項はありません。
                                15/19










                                                          EDINET提出書類
                                                     帝国通信工業株式会社(E01782)
                                                            四半期報告書
      (1株当たり情報)
       1株当たり四半期純利益及び算定上の基礎並びに潜在株式調整後1株当たり四半期純利益及び算定上の基礎は、
      以下のとおりであります。
                               前第3四半期連結累計期間             当第3四半期連結累計期間
                                (自    2019年4月1日           (自    2020年4月1日
                                至   2019年12月31日       )    至   2020年12月31日       )
    (1)1株当たり四半期純利益                                   22円06銭             32円33銭
     (算定上の基礎)

     親会社株主に帰属する四半期純利益(千円)

                                       216,828             318,184
     普通株主に帰属しない金額(千円)

                                          ―             ―
     普通株式に係る親会社株主に帰属する

                                       216,828             318,184
     四半期純利益(千円)
     普通株式の期中平均株式数(千株)

                                        9,831             9,841
    (2)潜在株式調整後1株当たり四半期純利益                                   22円03銭             32円29銭

     (算定上の基礎)

     親会社株主に帰属する四半期純利益調整額(千円)                                      ―             ―

     普通株式増加数(千株)                                      11             12

    希薄化効果を有しないため、潜在株式調整後1株当た

    り四半期純利益の算定に含めなかった潜在株式で、前                                      ―             ―
    連結会計年度末から重要な変動があったものの概要
    2  【その他】

      第99期(2020年4月1日から2021年3月31日まで)中間配当について、2020年11月5日開催の取締役会において、
     2020年9月30日の株主名簿に記載された株主に対し、次のとおり中間配当を行うことを決議いたしました。
       イ.中間配当による配当金の総額                         147,729千円
       ロ.1株当たりの金額                         15円00銭
       ハ.支払請求の効力発生日及び支払開始日                         2020年12月3日
                                16/19









                                                          EDINET提出書類
                                                     帝国通信工業株式会社(E01782)
                                                            四半期報告書
    第二部     【提出会社の保証会社等の情報】
     該当事項はありません。

                                17/19



















                                                          EDINET提出書類
                                                     帝国通信工業株式会社(E01782)
                                                            四半期報告書
                    独立監査人の四半期レビュー報告書
                                                    2021年2月8日

    帝国通信工業株式会社
     取締役会      御中
                       有限責任監査法人         トーマツ

                       東京事務所
                        指定有限責任社員

                                   公認会計士       三 澤  幸 之 助            印
                        業務執行社員
                        指定有限責任社員

                                   公認会計士       五 十 嵐  勝 彦            印
                        業務執行社員
    監査人の結論

     当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、「経理の状況」に掲げられている帝国通信工業株
    式会社の2020年4月1日から2021年3月31日までの連結会計年度の第3四半期連結会計期間(2020年10月1日から2020
    年12月31日まで)及び第3四半期連結累計期間(2020年4月1日から2020年12月31日まで)に係る四半期連結財務諸
    表、すなわち、四半期連結貸借対照表、四半期連結損益計算書、四半期連結包括利益計算書及び注記について四半期レ
    ビューを行った。
     当監査法人が実施した四半期レビューにおいて、上記の四半期連結財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認
    められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して、帝国通信工業株式会社及び連結子会社の2020年12月31日現在の財
    政状態及び同日をもって終了する第3四半期連結累計期間の経営成績を適正に表示していないと信じさせる事項が全て
    の重要な点において認められなかった。
    監査人の結論の根拠

     当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に準拠して四半期レビューを行っ
    た。四半期レビューの基準における当監査法人の責任は、「四半期連結財務諸表の四半期レビューにおける監査人の責
    任」に記載されている。当監査法人は、我が国における職業倫理に関する規定に従って、会社及び連結子会社から独立
    しており、また、監査人としてのその他の倫理上の責任を果たしている。当監査法人は、結論の表明の基礎となる証拠
    を入手したと判断している。
    四半期連結財務諸表に対する経営者並びに監査役及び監査役会の責任

     経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して四半期連結
    財務諸表を作成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない四半期連結財務諸
    表を作成し適正に表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     四半期連結財務諸表を作成するに当たり、経営者は、継続企業の前提に基づき四半期連結財務諸表を作成することが
    適切であるかどうかを評価し、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に基づいて
    継続企業に関する事項を開示する必要がある場合には当該事項を開示する責任がある。
     監査役及び監査役会の責任は、財務報告プロセスの整備及び運用における取締役の職務の執行を監視することにあ
    る。
                                18/19





                                                          EDINET提出書類
                                                     帝国通信工業株式会社(E01782)
                                                            四半期報告書
    四半期連結財務諸表の四半期レビューにおける監査人の責任
     監査人の責任は、監査人が実施した四半期レビューに基づいて、四半期レビュー報告書において独立の立場から四半
    期連結財務諸表に対する結論を表明することにある。
     監査人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に従って、四半期レビューの過程を通
    じて、職業的専門家としての判断を行い、職業的懐疑心を保持して以下を実施する。
    ・ 主として経営者、財務及び会計に関する事項に責任を有する者等に対する質問、分析的手続その他の四半期レ
     ビュー手続を実施する。四半期レビュー手続は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に準拠して
     実施される年度の財務諸表の監査に比べて限定された手続である。
    ・ 継続企業の前提に関する事項について、重要な疑義を生じさせるような事象又は状況に関して重要な不確実性が認
     められると判断した場合には、入手した証拠に基づき、四半期連結財務諸表において、我が国において一般に公正妥
     当と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して、適正に表示されていないと信じさせる事項が認められな
     いかどうか結論付ける。また、継続企業の前提に関する重要な不確実性が認められる場合は、四半期レビュー報告書
     において四半期連結財務諸表の注記事項に注意を喚起すること、又は重要な不確実性に関する四半期連結財務諸表の
     注記事項が適切でない場合は、四半期連結財務諸表に対して限定付結論又は否定的結論を表明することが求められて
     いる。監査人の結論は、四半期レビュー報告書日までに入手した証拠に基づいているが、将来の事象や状況により、
     企業は継続企業として存続できなくなる可能性がある。
    ・ 四半期連結財務諸表の表示及び注記事項が、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作
     成基準に準拠していないと信じさせる事項が認められないかどうかとともに、関連する注記事項を含めた四半期連結
     財務諸表の表示、構成及び内容、並びに四半期連結財務諸表が基礎となる取引や会計事象を適正に表示していないと
     信じさせる事項が認められないかどうかを評価する。
    ・ 四半期連結財務諸表に対する結論を表明するために、会社及び連結子会社の財務情報に関する証拠を入手する。監
     査人は、四半期連結財務諸表の四半期レビューに関する指示、監督及び実施に関して責任がある。監査人は、単独で
     監査人の結論に対して責任を負う。
     監査人は、監査役及び監査役会に対して、計画した四半期レビューの範囲とその実施時期、四半期レビュー上の重要
    な発見事項について報告を行う。
     監査人は、監査役及び監査役会に対して、独立性についての我が国における職業倫理に関する規定を遵守したこと、
    並びに監査人の独立性に影響を与えると合理的に考えられる事項、及び阻害要因を除去又は軽減するためにセーフガー
    ドを講じている場合はその内容について報告を行う。
    利害関係

     会社及び連結子会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はな
    い。
                                                        以 上

     (注)   1.上記は四半期レビュー報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(四半期報

        告書提出会社)が別途保管しております。
       2.XBRLデータは四半期レビューの対象には含まれていません。
                                19/19







PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

書類提出日で検索

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2023年2月15日

2023年1月より一部報告書の通知、表示が旧社名で通知、表示される現象が発生しておりました。対応を行い現在は解消しております。

2023年2月15日

メール通知設定可能件数を15件から25件に変更しました。

2023年1月7日

2023年分の情報が更新されない問題、解消しました。

2023年1月6日

2023年分より情報が更新されない状態となっております。原因調査中です。

2022年4月25日

社名の変更履歴が表示されるようになりました

2020年12月21日

新規上場の通知機能を追加しました。Myページにて通知の設定が行えます。

2020年9月22日

企業・投資家の個別ページに掲載情報を追加しました。また、併せて細かい改修を行いました。

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。