フィリピン株ファンド 半期報告書(内国投資信託受益証券) 第11期(令和2年5月19日-令和2年11月18日)

提出書類 半期報告書(内国投資信託受益証券)-第11期(令和2年5月19日-令和2年11月18日)
提出日
提出者 フィリピン株ファンド
カテゴリ 半期報告書(内国投資信託受益証券)

                                                          EDINET提出書類
                                            キャピタル アセットマネジメント株式会社(E14714)
                                                  半期報告書(内国投資信託受益証券)
    【表紙】

      【提出書類】                   半期報告書

      【提出先】                   関東財務局長 殿
      【提出日】                   2021年2月18日        提出
                         第11期中(自 2020年5月19日 至 2020年11月18日)
      【計算期間】
      【ファンド名】                   フィリピン株ファンド
                         キャピタル       アセットマネジメント株式会社
      【発行者名】
      【代表者の役職氏名】                   代表取締役 山崎 年喜
      【本店の所在の場所】                   東京都千代田区内神田一丁目13番7号
      【事務連絡者氏名】                   飯塚 英夫
      【連絡場所】                   東京都千代田区内神田一丁目13番7号
                         03-5259-7401
      【電話番号】
      【縦覧に供する場所】                   該当事項はありません。
                                 1/46














                                                          EDINET提出書類
                                            キャピタル アセットマネジメント株式会社(E14714)
                                                  半期報告書(内国投資信託受益証券)
    1【ファンドの運用状況】
    (1)【投資状況】
    「フィリピン株ファンド」
                                                 (2020年12月30日現在)
               資産の種類                    時価合計(円)              投資比率(%)
    株式
                                       675,818,176                 94.80
                  内 フィリピン                     675,818,176                 94.80
    コール・ローン、その他の資産(負債控除後)                                   37,076,662                 5.20
    純資産総額                                   712,894,838                 100.00
    (注)投資比率は、ファンドの純資産総額に対する当該資産の時価比率をいいます。
                                 2/46
















                                                          EDINET提出書類
                                            キャピタル アセットマネジメント株式会社(E14714)
                                                  半期報告書(内国投資信託受益証券)
    (2)【運用実績】

     ①【純資産の推移】
    2020年12月末日および同日前1年以内における各月末ならびに下記計算期末の純資産の推移は次の通りで
    す。
                     純資産総額           純資産総額         1口当たりの         1口当たりの
                      (分配落)           (分配付)          純資産額         純資産額
                       (円)           (円)       (分配落)(円)         (分配付)(円)
       第1計算期間末日
                      731,806,153           951,141,670           1.0009         1.3009
       (2011年     5月18日)
       第2計算期間末日
                     1,340,999,938           1,500,907,686             1.0063         1.1263
       (2012年     5月18日)
       第3計算期間末日
                     1,144,463,740           1,605,517,180             1.4397         2.0197
       (2013年5月20日)
       第4計算期間末日
                     1,051,399,224           1,192,698,882             1.1161         1.2661
       (2014年5月19日)
       第5計算期間末日
                     1,292,114,951           1,431,053,330             1.3950         1.5450
       (2015年5月18日)
       第6計算期間末日
                      892,872,621           951,677,176           1.0629         1.1329
       (2016年5月18日)
       第7計算期間末日
                      876,179,123           889,186,131           1.0104         1.0254
       (2017年5月18日)
       第8計算期間末日
                      812,092,233           812,092,233           0.9849         0.9849
       (2018年5月18日)
       第9計算期間末日
                      714,443,445           714,443,445           0.9296         0.9296
       (2019年5月20日)
       第10計算期間末日
                      543,309,927           543,309,927           0.6742         0.6742
       (2020年5月18日)
     第11期中間計算期間末日
                      690,060,714                -      0.8455           -
       (2020年11月18日)
       2019年 12月末日               706,444,786                -      0.9869           -
       2020年      1月末日
                      653,428,920                -      0.9236           -
             2月末日         625,250,843                -      0.8807           -
             3月末日         498,968,256                -      0.6359           -
             4月末日         538,267,914                -      0.6862           -
             5月末日         563,381,518                -      0.6796           -
             6月末日         642,068,734                -      0.7516           -
             7月末日         598,619,198                -      0.7173           -
             8月末日         617,093,422                -      0.7279           -
             9月末日         615,609,929                -      0.7245           -
            10月末日          633,797,410                -      0.7622           -
            11月末日          667,715,987                -      0.8212           -
            12月末日          712,894,838                -      0.8653           -
                                 3/46



                                                          EDINET提出書類
                                            キャピタル アセットマネジメント株式会社(E14714)
                                                  半期報告書(内国投資信託受益証券)
     ②【分配の推移】

                   計算期間                      1口当たりの分配金(円)
                  第1計算期間                             0.3000
                  第2計算期間                             0.1200
                  第3計算期間                             0.5800
                  第4計算期間                             0.1500
                  第5計算期間                             0.1500
                  第6計算期間                             0.0700
                  第7計算期間                             0.0150
                  第8計算期間                             0.0000
                  第9計算期間                             0.0000
                  第10計算期間                              0.0000
             2020年5月19日~2020年11月18日                                     -
     ③【収益率の推移】

                   計算期間                         収益率(%)
                  第1計算期間                               30.1
                  第2計算期間                               12.5
                  第3計算期間                              100.7
                  第4計算期間                              △12.1
                  第5計算期間                               38.4
                  第6計算期間                              △18.8
                  第7計算期間                              △3.5
                  第8計算期間                              △2.5
                  第9計算期間                              △5.6
                  第10計算期間                              △27.5
             2020年5月19日~2020年11月18日                                    25.4
    (注)「収益率」とは、各計算期間ごとに計算期末の基準価額(分配付の額)から当該計算期間の直前の計
       算期末の基準価額(分配落の額。以下「前期末基準価額」)を控除した額を前期末基準価額で除して
       得た額に100を乗じて得た比率をいいます。
       収益率は、小数第2位を四捨五入しております。
                                 4/46







                                                          EDINET提出書類
                                            キャピタル アセットマネジメント株式会社(E14714)
                                                  半期報告書(内国投資信託受益証券)
    2【設定及び解約の実績】
    下記計算期間中の設定および解約の実績は次の通りです。
             計算期間                設定数量(口)          解約数量(口)         発行済数量(口)
                             1,448,566,607           717,448,214          731,118,393
            第1計算期間
            第2計算期間                  974,916,057          373,469,883        1,332,564,567
            第3計算期間                 1,299,329,898          1,836,974,740           794,919,725
            第4計算期間                 1,058,436,863           911,358,862          941,997,726
            第5計算期間                  631,797,707          647,539,570          926,255,863
            第6計算期間                  349,217,054          435,407,839          840,065,078
            第7計算期間                  228,146,003          201,077,167          867,133,914
            第8計算期間                  246,093,175          288,715,548          824,511,541
            第9計算期間                  122,284,853          178,248,751          768,547,643
            第10計算期間                  192,220,460          154,870,752          805,897,351
       2020年5月19日~2020年11月18日                       160,983,422          150,719,369          816,161,404
    (注)設定口数には、当初募集期間中の設定口数を含みます。
                                 5/46














                                                          EDINET提出書類
                                            キャピタル アセットマネジメント株式会社(E14714)
                                                  半期報告書(内国投資信託受益証券)
    3【ファンドの経理状況】
     1.   当ファンドの中間財務諸表は、「中間財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和

        52年大蔵省令第38号)並びに同規則第38条の3及び第57条の2の規定により、「投資信託財産の計
        算に関する規則」(平成12年総理府令第133号)に基づいて作成しております。
        なお、中間財務諸表に記載している金額は、円単位で表示しております。
     2.   当ファンドは、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第11期中間計算期間(2020年5

        月19日から2020年11月18日まで)の中間財務諸表について、監査法人五大による中間監査を受けて
        おります。
                                 6/46

















                                                          EDINET提出書類
                                            キャピタル アセットマネジメント株式会社(E14714)
                                                  半期報告書(内国投資信託受益証券)
    中間財務諸表

      【フィリピン株ファンド】
    (1)【中間貸借対照表】
                                                  (単位:円)
                               第10期計算期間             第11期中間計算期間
                             (2020年5月18日現在)              (2020年11月18日現在)
      資産の部
       流動資産

                                    17,465,134              16,505,508

        預金
                                    29,314,584              22,891,521

        コール・ローン
                                    502,986,727              658,812,669

        株式
                                      61,399              458,171

        未収配当金
                                    549,827,844              698,667,869

        流動資産合計
                                    549,827,844              698,667,869

      資産合計
      負債の部

       流動負債

                                      679,237             2,554,379

        未払解約金
                                      201,161              209,200

        未払受託者報酬
                                     4,694,519              4,882,576

        未払委託者報酬
                                      943,000              961,000

        その他未払費用
                                     6,517,917              8,607,155

        流動負債合計
                                     6,517,917              8,607,155

       負債合計
      純資産の部

       元本等

                                    805,897,351              816,161,404

        元本
        剰余金

                                  △ 262,587,424             △ 126,100,690

         中間剰余金又は中間欠損金(△)
                                     1,317,622              1,107,604

          (分配準備積立金)
                                    543,309,927              690,060,714

        元本等合計
                                    543,309,927              690,060,714

       純資産合計
                                    549,827,844              698,667,869

      負債純資産合計
                                 7/46





                                                          EDINET提出書類
                                            キャピタル アセットマネジメント株式会社(E14714)
                                                  半期報告書(内国投資信託受益証券)
    (2)【中間損益及び剰余金計算書】
                                                  (単位:円)
                               第10期中間計算期間             第11期中間計算期間
                               (自 2019年       5月21日       (自 2020年       5月19日
                               至 2019年11月20日)               至 2020年11月18日)
      営業収益
                                     2,167,675             3,629,700

       受取配当金
                                     30,814,559             129,635,917

       有価証券売買等損益
                                     13,036,313             12,438,264

       為替差損益
                                     46,018,547             145,703,881

       営業収益合計
      営業費用

                                       6,978             10,188

       支払利息
                                      237,735             209,200

       受託者報酬
                                     5,548,168             4,882,576

       委託者報酬
                                     1,351,937             1,444,250

       その他費用
                                     7,144,818             6,546,214

       営業費用合計
                                     38,873,729             139,157,667

      営業利益又は営業損失(△)
                                     38,873,729             139,157,667

      経常利益又は経常損失(△)
                                     38,873,729             139,157,667

      中間純利益又は中間純損失(△)
      一部解約に伴う中間純利益金額の分配額

      又は一部解約に伴う中間純損失金額の                               2,443,154             11,019,620
      分配額(△)
                                    △ 54,104,198            △ 262,587,424

      期首剰余金又は期首欠損金(△)
                                     4,548,939             47,698,697

      剰余金増加額又は欠損金減少額
       中間一部解約に伴う剰余金増加額

                                     4,548,939             47,698,697
       又は欠損金減少額
                                      982,936            39,350,010

      剰余金減少額又は欠損金増加額
       中間追加信託に伴う剰余金減少額

                                      982,936            39,350,010
       又は欠損金増加額
                                    △ 14,107,620            △ 126,100,690

      中間剰余金又は中間欠損金(△)
                                 8/46







                                                          EDINET提出書類
                                            キャピタル アセットマネジメント株式会社(E14714)
                                                  半期報告書(内国投資信託受益証券)
    (3)【中間注記表】
    (重要な会計方針に係る事項に関する注記)
     1.有価証券の評価基準及び評価方法                   株式
                       移動平均法に基づき、原則として時価で評価しております。
                       時価評価にあたっては、外国金融商品市場又は店頭市場における最終相場(最終
                       相場のないものについては、それに準ずる価額)、又は金融商品取引業者等から
                       提示される気配相場に基づいて評価しております。
     2.デリバティブ等の評価基準及び                   為替予約取引
      評価方法                  個別法に基づき、原則として時価で評価しております。
                       時価評価にあたっては、原則として計算日において予約為替の受渡日の対顧客先
                       物相場の仲値で評価しております。
     3.収益及び費用の計上基準                   受取配当金
                       受取配当金は、原則として株式の配当落ち日において、確定配当金額又は予想配
                       当金額を計上しております。
     4.その他中間財務諸表作成のための                   外貨建取引等の処理基準
      基本となる重要な事項                  外貨建取引については、「投資信託財産の計算に関する規則」(平成12年総理府
                       令第133号)第60条に基づき、取引発生時の外国通貨の額をもって記録する方法
                       を採用しております。但し、同第61条に基づき、外国通貨の売却時において、当
                       該外国通貨に対して、外貨建資産等の外貨基金勘定及び外貨建各損益勘定の前日
                       の外貨建純資産額に対する当該売却外国通貨の割合相当額を当該外国通貨の売却
                       時の外国為替相場等で円換算し、前日の外貨基金勘定に対する円換算した外貨基
                       金勘定の割合相当の邦貨建資産等の外国投資勘定と、円換算した外貨基金勘定を
                       相殺した差額を為替差損益とする計理処理を採用しております。
    (中間貸借対照表に関する注記)

                             第10期計算期間                  第11期中間計算期間
             項目
                           (2020年5月18日現在)                  (2020年11月18日現在)
     1.  期首元本額
                                   768,547,643円                   805,897,351円
       期中追加設定元本額                            192,220,460円                   160,983,422円
       期中一部解約元本額                            154,870,752円                   150,719,369円
     2.  計算期間末日における受益権の総数
                                   805,897,351口                   816,161,404口
     3.  元本の欠損                 貸借対照表上の純資産額が元本総額を                   中間貸借対照表上の純資産額が元本総
                        下回っており、その差額は262,587,424                   額を下回っており、その差額は
                        円であります。                   126,100,690円であります。
    (中間損益及び剰余金計算書に関する注記)

                            第10期中間計算期間                   第11期中間計算期間
                            自 2019年      5月21日             自 2020年      5月19日
             項目
                            至 2019年11月20日                   至 2020年11月18日
     その他費用の内訳                   主に、印刷費用769,000円であります。                   主に、印刷費用796,000円であります。
                                 9/46





                                                          EDINET提出書類
                                            キャピタル アセットマネジメント株式会社(E14714)
                                                  半期報告書(内国投資信託受益証券)
    (金融商品に関する注記)

     金融商品の時価等に関する事項
                                     第10期計算期間及び
             項目
                                     第11期中間計算期間
     1.貸借対照表計上額、時価及び                  貸借対照表計上額は期末の時価で計上しているため、その差額はありません。
      その差額
     2.時価の算定方法                  (1)有価証券
                         「注記表(重要な会計方針に係る事項に関する注記)」の「有価証券の評価基
                         準及び評価方法」に記載しております。
                        (2)デリバティブ取引
                         「注記表(重要な会計方針に係る事項に関する注記)」の「デリバティブ等の
                         評価基準及び評価方法」に記載しております。
                        (3)上記以外の金融商品
                         短期間で決済されることから、時価は帳簿価額と近似しているため、当該帳
                         簿価額を時価としております。
     3.金融商品の時価等に関する事項                  金融商品の時価には、市場価格に基づく価額のほか、市場価格がない場合には合
                        理的に算定された価額が含まれております。当該価額の算定においては一定の前
      についての補足説明
                        提条件等を採用しているため、異なる前提条件等によった場合、当該価額が異な
                        ることもあります。
    (デリバティブ取引等に関する注記)

     該当事項はありません。
    (1口当たり情報)

                             第10期計算期間                  第11期中間計算期間
                           (2020年5月18日現在)                  (2020年11月18日現在)
     1口当たり純資産額                                0.6742円                   0.8455円
     (1万口当たり純資産額)                                (6,742円)                   (8,455円)
                                10/46










                                                          EDINET提出書類
                                            キャピタル アセットマネジメント株式会社(E14714)
                                                  半期報告書(内国投資信託受益証券)
    4【委託会社等の概況】(2020年12月末現在)
     (1)【資本金の額】
        ①  資本金の額
         280百万円
        ②  会社が発行可能な株式総数
         40,000株
        ③  発行済株式総数
         8,595株
        ④  過去5年間における資本金の増減
         該当事項はありません。
     (2)【事業の内容及び営業の状況】

      委託会社は、「投資信託及び投資法人に関する法律」に定める投資信託委託会社で、証券投資信託の
      設定を行うとともに「金融商品取引法」に定める金融商品取引業者としてその運用(投資運用業)を
      行っております。また、「金融商品取引法」に定める投資助言業務を行っております。
      2020年12月末現在、委託会社の運用する証券投資信託は、以下の通りです。

                   種類                   本数          純資産総額
         公募       追加型        株式投資信託              10本            41,910百万円

      (親投資信託を除く)
     (3)【その他】

        訴訟事件その他重要事項
        該当事項はありません。
    5【委託会社等の経理状況】

    1)当社の財務諸表は、「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和38年大蔵省令第59

       号。以下「財務諸表等規則」という。)並びに同規則第2条の規定に基づき、「金融商品取引業等に
       関する内閣府令」(平成19年内閣府令第52号)に基づいて作成しております。
       また、当社の中間財務諸表は、「中間財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和52
       年大蔵省令第38号。以下「中間財務諸表等規則」という。)並びに同規則第38条及び第57条の規定に
       基づき、「金融商品取引業等に関する内閣府令」(平成19年内閣府令第52号)に基づいて作成してお
       ります。
       なお、財務諸表及び中間財務諸表の記載金額は千円未満の端数を切り捨てて表示しております。
    2)当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、事業年度(2019年4月1日から2020年3

       月31日まで)の財務諸表並びに中間会計期間(2020年4月1日から2020年9月30日まで)の中間財務諸
       表について、監査法人五大により監査及び中間監査を受けております。
                                11/46





                                                          EDINET提出書類
                                            キャピタル アセットマネジメント株式会社(E14714)
                                                  半期報告書(内国投資信託受益証券)
    (1)【貸借対照表】

                               前事業年度                  当事業年度
                              (2019年3月31日)                  (2020年3月31日)
                      注記
            区分                   金額(千円)                  金額(千円)
                      番号
          (資産の部)
     Ⅰ 流動資産
      1 現金及び預金                                226,169                  195,767
      2 未収委託者報酬                                 59,588                  64,846
      3 未収運用受託報酬                                 2,244                  1,564
      4 立替金                                 8,402                  5,653
      5 前払費用                                 5,162                  3,454
                                       1,272                  1,263
      6 その他
      流動資産合計
                                      302,838                  272,551
     Ⅱ 固定資産
      1 有形固定資産                ※1                 11,886                  6,306
      (1)建物                        2,349                    -
      (2)器具備品                        5,949                  3,654
      (3)リース資産                        3,588                  2,652
      2 無形固定資産                                 2,552                  1,552
      (1)電話加入権                          52                  52
      (2)ソフトウエア                        2,500                  1,500
      3 投資その他の資産                                 69,618                  7,148
      (1)投資有価証券                        59,088                  7,128
      (2)敷金                        10,530                    -
      (3)その他                          -                  20
      固定資産合計                                 84,057                  15,007
      資産合計
                                      386,896                  287,558
                                12/46








                                                          EDINET提出書類
                                            キャピタル アセットマネジメント株式会社(E14714)
                                                  半期報告書(内国投資信託受益証券)
                               前事業年度                  当事業年度

                             (2019年3月31日)                  (2020年3月31日)
                      注記
            区分                  金額(千円)                  金額(千円)
                      番号
          (負債の部)
     Ⅰ 流動負債
      1 未払金                                 6,807                  6,686
      2 未払代行手数料                                 29,337                  32,342
      3 未払費用                                 6,059                  4,887
      4 未払法人税等                                 2,167                  2,670
      5 未払消費税等                                   -                6,185
      6 賞与引当金                                 5,400                    -
      7 預り金                                 4,435                  3,071
                                        994                 1,019
      8 リース債務
      流動負債合計
                                       55,202                  56,863
     Ⅱ 固定負債
      1 長期未払金                                  2,229                  2,229
      2 退職給付引当金                                  1,811                  6,045
                                       2,956                  1,937
      3 リース債務
      固定負債合計                                 6,997                 10,211
      負債合計
                                       62,199                  67,074
         (純資産の部)
     Ⅰ 株主資本
      1 資本金                                280,000                  280,000
      2 資本剰余金                                 26,243                  2,385
      (1)資本準備金                        26,243                  2,385
      3 利益剰余金                                 20,363                 △61,901
      (1)利益準備金                          -                1,653
      (2)その他利益剰余金
                              20,363                 △63,555
         繰越利益剰余金
      株主資本合計
                                      326,606                  220,484
     Ⅱ 評価・換算差額等
                                      △1,910                     -
      1 その他有価証券評価差額金
      評価・換算差額等合計                                △1,910                     -
      純資産合計                                324,696                  220,484
      負債及び純資産合計
                                      386,896                  287,558
                                13/46





                                                          EDINET提出書類
                                            キャピタル アセットマネジメント株式会社(E14714)
                                                  半期報告書(内国投資信託受益証券)
    (2)【損益計算書】

                               前事業年度                  当事業年度
                             (自 2018年4月1日                  (自 2019年4月1日
                             至 2019年3月31日)                   至 2020年3月31日)
                      注記
            区分                   金額(千円)                  金額(千円)
                      番号
     Ⅰ 営業収益
      1 委託者報酬                                694,849                  550,521
                                       44,978                  44,253
      2 運用受託報酬
       営業収益合計                                739,828                  594,774
     Ⅱ 営業費用
      1 支払手数料                ※1                301,333                  264,759
      2 広告宣伝費                                 8,569                  2,665
      3 調査費                                 30,733                  25,168
      4 委託計算費                                 25,752                  25,261
      5 営業雑経費                                 23,397                  21,938
       (1) 通信費                       2,142                  1,730
       (2) 協会費                       1,381                  1,365
       (3) 印刷費                       19,873                  18,842
       営業費用合計                                389,786                  339,792
     Ⅲ 一般管理費
      1 給料                                 192,022                  191,831
       (1) 役員報酬                       44,690                  33,600
       (2) 給料・手当                      113,410                  127,018
       (3) 賞与                       5,187                  4,565
       (4) 賞与引当金繰入額                       5,400                    -
       (5) 退職給付費用                       2,181                  4,670
       (6) 法定福利費                       21,152                  21,976
      2 旅費交通費                                 6,010                  6,758
      3 租税公課                                 4,002                  4,866
      4 不動産賃借料                                 19,402                  17,888
      5 減価償却費                                 5,137                  5,323
      6 業務委託費                ※1                 70,731                  47,570
                                       28,684                  34,691
      7 その他一般管理費
       一般管理費合計                                325,990                  308,929
       営業利益
                                       24,051                 △53,947
     Ⅳ 営業外収益
      1 受取利息                                   9                  2
      2 調査業務受託収入                                  960                 3,780
      3 為替差益                                  567                   -
                                        220                   56
      4 雑収入
       営業外収益合計                                 1,757                  3,838
     Ⅴ 営業外費用
      1 支払利息                                  112                   87
                                14/46


                                                          EDINET提出書類
                                            キャピタル アセットマネジメント株式会社(E14714)
                                                  半期報告書(内国投資信託受益証券)
      2 為替差損                                   -                 215
      3 雑損失                                   0                 -
       営業外費用合計                                  112                  303
     経常利益                                  25,696                 △50,411
     Ⅵ 特別利益
                                        180                  -
      1 投資有価証券償還益
       特別利益合計                                   180                   -
     Ⅶ 特別損失
      1 固定資産除却損                ※2                   73                2,252
      2 投資有価証券売却損                                 1,261                    -
      3 投資有価証券評価損                                   -                10,249
                                         -                2,521
      4 投資有価証券償還損
       特別損失合計                                 1,334                 15,024
      税引前当期純利益
                                       24,542                 △65,436
      又は税引前当期純損失
      法人税、住民税及び事業税                                  290                  290
      当期純利益又は当期純損失
                                       24,252                 △65,726
                                15/46













                                                          EDINET提出書類
                                            キャピタル アセットマネジメント株式会社(E14714)
                                                  半期報告書(内国投資信託受益証券)
    (3)【株主資本等変動計算書】

    前事業年度(自 2018年4月1日 至 2019年3月31日)                (単位:千円)
                                                       評価・
                                  株主資本
                                                      換算差額等
                           資本剰余金         利益剰余金
                                    その他利益                   その他
                                            自己    株主資本
                               その他
                    資本金                  剰余金                  有価証券
                          資本
                                            株式     合計
                               資本
                                                      評価差額金
                         準備金
                                     繰越利益
                               剰余金
                                     剰余金
    当期首残高                280,000      55,251        -    △29,008        -   306,243        1,075
    当期変動額
    資本準備金から
                         △29,008       29,008
    その他資本剰余金への振替
    欠損填補                          △29,008        29,008
    自己株式の取得                                       △3,888      △3,888
    自己株式の消却                           △3,888             3,888
    当期純利益                                   24,252           24,252
     繰越利益剰余金から
                                3,888      △3,888
     その他資本剰余金への振替
     株主資本以外の項目の
                                                         △2,985
     当期変動額(純額)
    当期変動額合計                  -  △29,008         -     49,371       -    20,363       △2,985
    当期末残高                280,000      26,243        -     20,363       -   326,606       △1,910
    当事業年度(自 2019年4月1日 至 2020年3月31日)                (単位:千円)

                                                       評価・
                                  株主資本
                                                      換算差額等
                           資本剰余金            利益剰余金
                                          その他利益              その他
                                                株主資本
                               その他
                    資本金                       剰余金            有価証券
                          資本           利益
                                                  合計
                               資本
                                                      評価差額金
                         準備金           準備金
                                          繰越利益
                               剰余金
                                           剰余金
    当期首残高                280,000      26,243        -      -     20,363     326,606       △1,910
    当期変動額
    資本準備金から
                         △26,243       26,243
    その他資本剰余金への振替
    剰余金の配当                      2,385    △26,243       1,653     △18,192      △40,396
    当期純損失(△)                                       △65,726      △65,726
     株主資本以外の項目の
                                                          1,910
     当期変動額(純額)
    当期変動額合計                  -  △23,857         -    1,653     △83,919     △106,122         1,910
    当期末残高                280,000       2,385       -    1,653     △63,555      220,484          -
                                16/46



                                                          EDINET提出書類
                                            キャピタル アセットマネジメント株式会社(E14714)
                                                  半期報告書(内国投資信託受益証券)
    [重要な会計方針]

     1 有価証券の評価基準および                   その他有価証券
       評価方法                  時価のあるもの
                          決算日の市場価格等に基づく時価法(評価差額は全部純資産直入法により
                          処理し、売却原価は、移動平均法により算定)を採用しております。
                         時価のないもの
                          移動平均法による原価法を採用しております。
     2 固定資産の減価償却の方法                   (1)有形固定資産(リース資産を除く)
                          定率法によっております。
                          なお、主な耐用年数は以下の通りであります。
                           器具備品   4年~5年
                        (2)無形固定資産(リース資産を除く)
                          定額法を採用しております。
                          なお、自社利用のソフトウェアについては、社内における利用可能期間(5
                          年)に基づいております。
                        (3)リース資産
                          リース期間を耐用年数とし、残存価額を零とする定額法を採用しておりま
                          す。
     3 引当金の計上基準                   賞与引当金
                         従業員の賞与の支払いに備えるため、支払見込額を計上しております。
                        退職給付引当金
                         従業員の退職給付に備えるため、当事業年度末における退職給付債務の見込
                         額に基づき計上しております。
                         退職給付引当金及び退職給付費用の計算に、退職給付に係る期末自己都合要
                         支給額を退職給付債務とする方法を用いた簡便法を採用しております。
     4 その他財務諸表作成のための                   (1)消費税等の会計処理
       基本となる重要な事項                  税抜方式によっております。
                        (2)連結納税制度の適用
                          連結納税制度を適用しております。
                        (3)連結納税制度からグループ通算制度への移行に係る税効果会計の適用
                          当社は、「所得税法等の一部を改正する法律」(令和2年法律8号)におい
                          て創設されたグループ通算制度への移行及びグループ通算制度への移行にあ
                          わせて単体納税制度の見直しが行われた項目については、「連結納税制度か
                          らグループ通算制度への移行に係る税効果会計の適用に関する取扱い」(実
                          務対応報告第39号2020年3月31日)第3項の取扱いにより、「税効果会計に
                          係る会計基準の適用指針」(企業会計基準適用指針第28号 2018年2月16
                          日)第44項の定めを適用せず、繰延税金資産及び繰延税金負債の額につい
                          て、改正前の税法の規定に基づいております。
                                17/46






                                                          EDINET提出書類
                                            キャピタル アセットマネジメント株式会社(E14714)
                                                  半期報告書(内国投資信託受益証券)
    (未適用の会計基準等)

      ・「収益認識に関する会計基準」(企業会計基準第29号 2018年3月30日 企業会計基準委員会)
      ・「収益認識に関する会計基準の適用指針」(企業会計基準適用指針第30号 2018年3月30日 企業
       会計基準委員会)
    (1)概要
       国際会計基準審議会(IASB)及び米国財務会計基準審議会(FASB)は、共同して収益認識に関する
        包括的な会計基準の開発を行い、2014年5月に「顧客との契約から生じる収益」(IASBにおいては
        IFRS第15号、FASBにおいてはTopic606)を公表しており、IFRS第15号は2018年1月1日以降開始す
        る事業年度から、Topic606は2017年12月15日より後に開始する事業年度から適用される状況を踏ま
        え、企業会計基準委員会において、収益認識に関する包括的な会計基準が開発され、適用指針と合
        わせて公表されたものです。
    (2)適用予定日
        2022年3月期の期首から適用します。
    (3)当該会計基準等の適用による影響
       「収益認識に関する会計基準」等の適用による財務諸表に与える影響額については、現時点で評価
        中であります。
    [注記事項]

    (貸借対照表関係)
                前事業年度
                                            当事業年度
              (2019年3月31日)
                                          (2020年3月31日)
     ※1.有形固定資産の減価償却累計額                            ※1.有形固定資産の減価償却累計額
         建物                              2,023千円              器具備品                  7,203千円
         器具備品                   8,014千円             リース資産                        2,028千円
         リース資産                        1,092千円
    (損益計算書関係)

                前事業年度
                                            当事業年度
              (自 2018年4月1日
                                          (自 2019年4月1日
              至 2019年3月31日)
                                          至 2020年3月31日)
     ※1.関係会社との取引に係るものが次のとおり含まれてお                            ※1.関係会社との取引に係るものが次のとおり含まれてお
       ります。                            ります。
         支払手数料                     58,908千円                       業務委託費                      36,960千円
         業務委託費                     53,389千円
     ※2.固定資産除却損の内容は次のとおりであります。                            ※2.固定資産除却損の内容は次のとおりであります。

         器具備品                          73千円                        建物                          2,209千円
                                     器具備品                           43千円
                                18/46





                                                          EDINET提出書類
                                            キャピタル アセットマネジメント株式会社(E14714)
                                                  半期報告書(内国投資信託受益証券)
    (株主資本等変動計算書関係)

     前事業年度(自 2018年4月1日 至 2019年3月31日)
      1.発行済株式の種類及び総数並びに自己株式の種類及び株式数に関する事項
                    当事業年度期首            当事業年度           当事業年度          当事業年度末
                      株式数         増加株式数           減少株式数            株式数
                      (株)           (株)           (株)           (株)
       発行済株式
        普通株式                  8,705            -         △110           8,595
          合計                8,705            -         △110           8,595
       自己株式
        普通株式                    -          110         △110            -
          合計                  -          110         △110            -
       (注)当社及びキャピタル・パートナーズ証券(株)は株式移転方式による共同持株会社を2018年10
          月1日に設立いたしましたが、株式移転に関して行使される会社法806条1項に定める反対株主
          の株式買取請求に係る株式の買取りによって、自己株式を取得し、同日消却いたしました。
      2.配当に関する事項

         基準日が当事業年度に属する配当のうち、配当の効力発生日が翌事業年度となるもの
                         配当金              1株当たり
         (決議)        株式の種類        の総額      配当金の原資         配当額       基準日      効力発生日
                         (千円)               (円)
                               その他資本剰余
       2019年6月11日                                        2019年       2019年
                  普通株式        40,396     金及び利益剰余          4,700
        定時株主総会                                       3月31日       7月30日
                               金
     当事業年度(自 2019年4月1日 至 2020年3月31日)

       1.発行済株式の種類及び総数に関する事項
                    当事業年度期首            当事業年度           当事業年度          当事業年度末
                      株式数         増加株式数           減少株式数            株式数
                      (株)           (株)           (株)           (株)
       発行済株式
        普通株式                  8,595            -           -         8,595
          合計                8,595            -           -         8,595
      2.配当に関する事項

         配当金支払額
                         配当金       1株当たり
         (決議)        株式の種類        の総額        配当額         基準日          効力発生日
                         (千円)        (円)
       2019年6月11日                                   2019年           2019年
                  普通株式        40,396        4,700
        定時株主総会                                  3月31日           7月30日
                                19/46




                                                          EDINET提出書類
                                            キャピタル アセットマネジメント株式会社(E14714)
                                                  半期報告書(内国投資信託受益証券)
    (リース取引関係)

    (借主側)
    1.ファイナンス・リース取引
       所有権移転外ファインス・リース取引
       ① リース資産の内容
         有形固定資産
         通話録音装置付電話機一式であります。
       ② リース資産の減価償却の方法
         重要な会計方針「2.固定資産の減価償却の方法」に記載のとおりであります。
    (金融商品関係)

    1.金融商品の状況に関する事項
    (1)金融商品に関する取組方針
        当社は、経営方針に基づいて資金調達計画を決定いたしますが、当事業年度においては増資による
        資金調達は行っておりません。また、当事業年度において銀行借入れによる調達も行っておりませ
        ん。
    (2)金融商品の内容及びそのリスク
        営業債権は、主として契約により規定され、受託銀行において分別保管されている信託財産から支
        払われる委託者報酬の未収分の計上に限定されるため、信用リスクに晒されることはほとんどない
        と認識しております。
        投資有価証券は、経営方針に基づき投資及び売却を行っており、外貨運用も含まれるため、為替の
        変動リスクおよび価格の変動リスクにも晒されています。
    (3)金融商品にかかるリスク管理体制
       ① 信用リスク(取引先の契約不履行にかかるリスク)の管理
         当社における契約履行者は、受託銀行において分別保管されている信託財産であり、営業債権に
         ついては、受託銀行とともに、取引先ごとに期日および残高管理をしております。信用リスクに
         晒されることはほとんどないと認識しております。
       ② 市場リスク(為替や時価などの変動リスク)の管理
         投資有価証券は、有価証券投資に関する基本方針に基づき、経営会議の決議により投資が行わ
         れ、為替の変動リスクおよび価格の変動リスクについては、月次ベースで管理されています。
       ③ 資金調達にかかる流動性リスク(支払期日に支払を実行できなくなるリスク)の管理
         当社は、銀行借入による資金調達を行っておらず、親会社を含めた投資家からの出資に依存して
         資金調達を行います。資金管理責任者は、常に資金繰りの状況を把握し、資金の調達または運用
         に関して的確な施策を講じるとともに、手元流動性の維持等により流動性リスクを管理していま
         す。
    (4)金融商品の時価等に関する事項についての補足説明
        金融商品の時価には、市場価格にもとづく価額のほか、市場価格がない場合には合理的に算定され
        た価額が含まれています。当該価額の算定においては変動原因を織り込んでいるため、異なる前提
        条件等を採用することにより、当該価額が変動することはあり得ます。
    2.金融商品の時価等に関する事項

       貸借対照表計上額、時価およびこれらの差額については、次の通りです。なお、時価を把握すること
       が極めて困難と認められるものは含まれておりません。
                                20/46



                                                          EDINET提出書類
                                            キャピタル アセットマネジメント株式会社(E14714)
                                                  半期報告書(内国投資信託受益証券)
    前事業年度(2019年3月31日)                                                (単位:千円)

              種類              貸借対照表計上額               時価           差額
    (1)現金及び預金                              226,169            226,169             -
    (2)未収委託者報酬                               59,588            59,588            -
    (3)未収運用受託報酬                               2,244            2,244            -
    (4)立替金                               8,402            8,402            -
    (5)投資有価証券                               59,088            59,088            -
    (6)敷金                               10,530            10,530            -
       資産計                            366,022            366,022             -
    (1)未払金                               6,807            6,807            -
    (2)未払代行手数料                               29,337            29,337            -
    (3)未払費用                               6,059            6,059            -
    (4)未払法人税等                               2,167            2,167            -
    (5)預り金                               4,435            4,435            -
    (6)リース債務                               3,951            3,949           △1
       負債計                             52,759            52,757            △1
    当事業年度(2020年3月31日)                                                (単位:千円)

              種類              貸借対照表計上額               時価           差額
    (1)現金及び預金                              195,767            195,767             -
    (2)未収委託者報酬                               64,846            64,846            -
    (3)未収運用受託報酬                               1,564            1,564            -
    (4)立替金                               5,653            5,653            -
    (5)投資有価証券                               7,128            7,128            -
       資産計                            274,960            274,960             -
    (1)未払金                               6,686            6,686            -
    (2)未払代行手数料                               32,342            32,342            -
    (3)未払費用                               4,887            4,887            -
    (4)未払法人税等                               2,670            2,670            -
    (5)未払消費税等                               6,185            6,185            -
    (6)預り金                               3,071            3,071            -
    (7)リース債務                               2,956            2,956            0
       負債計                             58,800            58,800             0
    (注1)金融商品の時価の算定方法及び投資有価証券に関する事項

    資産
     ① 現金及び預金、未収委託者報酬、未収運用受託報酬、立替金、預け金
        短期間で決済されるものであるため、時価は帳簿価額と近似していることから、当該帳簿価額に
        よっております。
     ② 投資有価証券
        取引金融機関等から提示された価格によっております。また、保有目的ごとの有価証券に関する事
        項については、注記事項「有価証券関係」をご参照下さい。
     ③ 敷金
                                21/46


                                                          EDINET提出書類
                                            キャピタル アセットマネジメント株式会社(E14714)
                                                  半期報告書(内国投資信託受益証券)
        合理的に見積もった将来キャッシュ・フローを、残存期間に対応する国債の利回りで割り引いた現
        在価値によって算定しております。
        なお、当事業年度の敷金については、短期間で返還される見込みであることから、当該帳簿価額に
        よっております。
    負債

     ① 未払金、未払代行手数料、未払費用、未払法人税等、未払消費税等、預り金
        これらは、短期間で決済されるものであるため、時価は帳簿価額にほぼ等しいことから、当該帳簿
        価額によっております。
     ② リース債務
        将来のキャッシュ・フローに信用リスクを加味した利率で割り引いた現在価値により算出しており
        ます。
    (注2)時価を把握することが極めて困難と認められる金融商品の貸借対照表計上額

                                                    (単位:千円)
                           前事業年度                    当事業年度
                         (2019年3月31日)                    (2020年3月31日)
         長期未払金                            2,229                    2,229
           合計                          2,229                    2,229
       長期未払金については、正確に将来キャッシュ・フローを見積ることができず、時価を把握するこ
       とが極めて困難と認められることから、上表には含めておりません。
    (注3)金銭債権及び満期のある有価証券の決算日後の償還予定額

      前事業年度(2019年3月31日)                                              (単位:千円)
                                 1年超          5年超
                       1年以内                               10年超
                                 5年以内          10年以内
      現金及び預金                    226,169             -          -          -
      未収委託者報酬                    59,588            -          -          -
      未収運用受託報酬                     2,244            -          -          -
      立替金                     8,402            -          -          -
      敷金                    10,510            -          -          20
      合計                    306,914             -          -          20
      当事業年度(2020年3月31日)                                              (単位:千円)

                                 1年超          5年超
                       1年以内                               10年超
                                 5年以内          10年以内
      現金及び預金                    195,767             -          -          -
      未収委託者報酬                    64,846            -          -          -
      未収運用受託報酬                     1,564            -          -          -
      立替金                     5,653            -          -          -
      合計                    267,832             -          -          -
                                22/46




                                                          EDINET提出書類
                                            キャピタル アセットマネジメント株式会社(E14714)
                                                  半期報告書(内国投資信託受益証券)
    (注4)リース債務の決算日後の返済予定額

      前事業年度(2019年3月31日)                                              (単位:千円)
                        1年超        2年超        3年超        4年超
                1年以内                                       5年超
                        2年以内        3年以内        4年以内        5年以内
      リース債務              994       1,019        1,045         891        -        -
         合計           994       1,019        1,045         891        -        -
      当事業年度(2020年3月31日)                                              (単位:千円)

                        1年超        2年超        3年超        4年超
                1年以内                                       5年超
                        2年以内        3年以内        4年以内        5年以内
      リース債務             1,019        1,045         891        -        -        -
         合計          1,019        1,045         891        -        -        -
    (有価証券関係)

    1.その他有価証券で時価のあるもの
    前事業年度(2019年3月31日)                                                (単位:千円)
                    種類        貸借対照表計上額             取得原価            差額
               (1)株式                   27,408           26,897             511
     貸借対照表計上額が
               (2)債券                     -           -           -
       取得原価を
               (3)その他                     -           -           -
       超えるもの
                    小計               27,408           26,897             511
               (1)株式                     -           -           -
     貸借対照表計上額が
               (2)債券                     -           -           -
       取得原価を
               (3)その他                   31,679           34,101           △2,422
       超えないもの
                    小計               31,679           34,101           △2,422
               計                    59,088           60,998           △1,910
    当事業年度(2020年3月31日)                                                (単位:千円)

                    種類        貸借対照表計上額             取得原価            差額
               (1)株式                     -           -           -
     貸借対照表計上額が
               (2)債券                     -           -           -
       取得原価を
               (3)その他                     -           -           -
       超えるもの
                    小計                 -           -           -
               (1)株式                    7,128           7,128             -
     貸借対照表計上額が
               (2)債券                     -           -           -
       取得原価を
               (3)その他                     -           -           -
       超えないもの
                    小計               7,128           7,128             -
               計                    7,128           7,128             -
    2.売却したその他有価証券

    前事業年度(自 2018年4月1日 至 2019年3月31日)                                                (単位:千円)
          区分             売却額            売却益の合計額              売却損の合計額
    (1)株式                          -              -              -
                                23/46


                                                          EDINET提出書類
                                            キャピタル アセットマネジメント株式会社(E14714)
                                                  半期報告書(内国投資信託受益証券)
    (2)債券                          -              -              -
    (3)その他                         8,732                -           △1,261
          計                   8,732                -           △1,261
                                24/46



















                                                          EDINET提出書類
                                            キャピタル アセットマネジメント株式会社(E14714)
                                                  半期報告書(内国投資信託受益証券)
     当事業年度(自 2019年4月1日 至 2020年3月31日)

      該当事項はありません。
    3.減損処理を行った有価証券

      当事業年度において、有価証券について10,249千円減損処理を行っております。
      なお、減損処理にあたっては、事業年度末における時価が取得原価に比べ50%以上下落した場合には
      すべて減損処理を行い、30~50%程度下落した場合には、当該金額の重要性、回復可能性等を考慮し
      て必要と認められた額について減損処理を行っております。
    (退職給付関係)

    1.採用している退職給付制度の概要
      当社は、退職金規程に基づく退職一時金制度を採用しております。
      なお、退職給付債務の算定にあたり、退職給付に係る期末自己都合要支給額を退職給付債務とする方
      法を用いた簡便法を適用しております。
    2.簡便法を適用した退職給付制度

     (1)簡便法を適用した制度の、退職給付引当金の期首残高と期末残高の調整表
                                前事業年度                 当事業年度
                              (自 2018年4月1日                 (自 2019年4月1日
                              至 2019年3月31日)                  至 2020年3月31日)
                                        千円                 千円
     退職給付引当金の期首残高                                  -                1,811
      退職給付費用                                2,048                 4,670
      退職給付の支払額                                △236                 △436
     退職給付引当金の期末残高                                 1,811                 6,045
     (2)退職給付債務の期末残高と貸借対照表に計上された退職給付引当金の調整表

                                前事業年度                 当事業年度
                               (2019年3月31日)                 (2020年3月31日)
                                        千円                 千円
     非積立型制度の退職給付債務                                1,811                 6,045
     貸借対照表に計上された負債と資産の純額                                 1,811                 6,045
     退職給付引当金                                 1,811                 6,045
     貸借対照表に計上された負債と資産の純額                                 1,811                 6,045
     (3)退職給付費用

                                前事業年度                 当事業年度
                               (2019年3月31日)                 (2020年3月31日)
                                        千円                 千円
     簡便法で計算した退職給付費用                                2,048                 4,670
     出向者に係わる退職給付負担金等                                  132                  -
              合計                        2,181                 4,670
                                25/46



                                                          EDINET提出書類
                                            キャピタル アセットマネジメント株式会社(E14714)
                                                  半期報告書(内国投資信託受益証券)
    (税効果会計関係)

    1. 繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別の内訳
                前事業年度                            当事業年度
              (2019年3月31日)                            (2020年3月31日)
                             千円                            千円
     繰延税金資産                            繰延税金資産
       賞与引当金                                    1,653              未払事業税                                      728
       未払事業税                                      619             退職給付引当金                                   1,851
       退職給付引当金                             554      投資有価証券減損損失                                3,138
       投資有価証券評価差額金                               584              繰越欠損金(注1)                               139,827
       繰越欠損金(注1)                               123,177                  その他                              757
       その他                            1,344
                                  繰延税金資産小計                         146,302
     繰延税金資産小計                         127,934
                                   税務上の繰越欠損金に
       税務上の繰越欠損金に
                                   係る評価性引当額(注1)                          △139,827
       係る評価性引当額(注1)                          △123,177
                                   将来減算一時差異の合計に
       将来減算一時差異の合計に
                                   係る評価性引当額                       △6,475
       係る評価性引当額                       △4,757
                                   評価性引当額小計                    △146,302
       評価性引当額小計                    △127,934
                                   繰延税金資産合計                         -
       繰延税金資産合計                         -
    (注) 1. 税務上の繰越欠損金及びその繰延税金資産の繰越期限別の金額

    前事業年度(2019年3月31日)                                                 (単位:千円)

                     1年超      2年超      3年超      4年超
              1年以内      2年以内      3年以内      4年以内      5年以内        5年超        合計
    税務上の繰越
                -      -      -      -      -      123,177        123,177
    欠損金(※1)
    評価性引当額           -      -      -      -      -     △123,177        △123,177

    繰延税金資産           -      -      -      -      -       -        -

    (※1)税務上の繰越欠損金は、法定実効税率を乗じた額であります。

    当事業年度(2020年3月31日)                                                 (単位:千円)

                     1年超       2年超       3年超      4年超
              1年以内      2年以内       3年以内       4年以内      5年以内       5年超        合計
    税務上の繰越
               -      -       -       -      -      139,827        139,827
    欠損金(※1)
    評価性引当額           -      -       -       -      -     △139,827        △139,827

    繰延税金資産           -      -       -       -      -       -        -

    (※1)税務上の繰越欠損金は、法定実効税率を乗じた額であります。

                                26/46



                                                          EDINET提出書類
                                            キャピタル アセットマネジメント株式会社(E14714)
                                                  半期報告書(内国投資信託受益証券)
    2. 法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との間に重要な差異があるときの、当該差異

       の原因となった項目別の内訳
                前事業年度                            当事業年度
              (2019年3月31日)                            (2020年3月31日)
     法定実効税率                                      30.62%              税引前当期純損失を計上しているため、記載を省略してお

                                  ります。
    (調整)
     交際費等永久に損金に算入されない項目                           8.58%
     住民税均等割                                    1.18%
     評価性引当額の増減                              △39.23%
     その他                        0.03%
     税効果会計適用後の法人税等の負担率                       1.18%
    (セグメント情報等)

    [セグメント情報]
     当社は資産運用業の単一セグメントであるため、記載を省略しております。
    [関連情報]

     1.サービスごとの情報
        単一のサービスの区分の外部顧客への売上高が損益計算書の売上高の90%を超えるため、記載を省
        略しております。
     2.地域ごとの情報

     (1)営業収益
         本邦の外部顧客への売上高が損益計算書の売上高の90%を超えるため、記載を省略しておりま
         す。
     (2)有形固定資産
         有形固定資産はすべて本邦に所在しております。
     3.主要な顧客ごとの情報

    前事業年度(自 2018年4月1日 至 2019年3月31日)                                                (単位:千円)
           投資信託の名称                     営業収益              関連するサービスの種類
          CAMベトナムファンド                      277,329                 投資運用業
       ベトナム成長株インカムファンド                         332,431                 投資運用業
    当事業年度(自 2019年4月1日 至 2020年3月31日)                                                (単位:千円)

           投資信託の名称                     営業収益              関連するサービスの種類
          CAMベトナムファンド                      122,572                 投資運用業
       ベトナム成長株インカムファンド                         367,724                 投資運用業
                                27/46




                                                          EDINET提出書類
                                            キャピタル アセットマネジメント株式会社(E14714)
                                                  半期報告書(内国投資信託受益証券)
    (関連当事者情報)

     1.  関連当事者との取引
       (ア)財務諸表提出会社の親会社及び主要株主等
       前事業年度(自 2018年4月1日 至 2019年3月31日)
                              議決権等
                          事業の          関連           取引          期末
          会社等の           資本金         の所有          取引の
     種類           所在地          内容         当事者            金額     科目     残高
         名称又は氏名           (百万円)         (被所有)            内容
                         又は職業          との関係            (千円)          (千円)
                              割合(%)
         キャヒ゜タル      フィ
                              (被所有)
                 東京都                       業務委託費の
         ナンシャル
     親会社                 1,000   持株会社     直接    業務委託            18,480     -     -
                千代田区                       支払(注2)
         ホールテ゛ィン
                               100.0
         ク゛ス㈱
       当事業年度(自 2019年4月1日 至 2020年3月31日)

                              議決権等
                          事業の          関連           取引          期末
          会社等の           資本金         の所有          取引の
     種類           所在地          内容         当事者            金額     科目     残高
         名称又は氏名           (百万円)         (被所有)            内容
                         又は職業          との関係            (千円)          (千円)
                              割合(%)
         キャヒ゜タル      フィ
                              (被所有)
                 東京都                       業務委託費の
         ナンシャル
     親会社                 1,000   持株会社     直接    業務委託            36,960     -     -
                千代田区                       支払(注2)
         ホールテ゛ィン
                               100.0
         ク゛ス㈱
      (イ)財務諸表提出会社と同一の親会社を持つ会社等及び財務諸表提出会社のその他の関係会社の子

          会社等
       前事業年度(自 2018年4月1日 至 2019年3月31日)

                          事業の    議決権等     関連           取引          期末
          会社等の            資本金                   取引の
     種類            所在地          内容    の被所有     当事者           金額     科目     残高
         名称又は氏名            (百万円)                    内容
                          又は職業     割合(%)     との関係           (千円)          (千円)
                                       証券代行
                                                   未払代行
                                       手数料の支払        78,603          2,778
                                                    手数料
                                       (注1)
     同一の

         キャヒ゜タル・
     親会社            東京都         金融商品             業務委託費の
         ハ゜ートナース゛              1,000         -   業務委託            34,909     -     -
     を持つ            千代田区         取扱会社             支払(注2)
         証券㈱
     会社
                                       調査業務受託

                                                960    -     -
                                       収入(注2)
       当事業年度(自 2019年4月1日 至 2020年3月31日)

                          事業の    議決権等     関連           取引          期末
          会社等の            資本金                   取引の
     種類            所在地          内容    の被所有     当事者           金額     科目     残高
         名称又は氏名            (百万円)                    内容
                          又は職業     割合(%)     との関係           (千円)          (千円)
                                       証券代行
                                                   未払代行
                                       手数料の支払        35,330          2,237
                                                    手数料
                                       (注1)
     同一の
         キャヒ゜タル・
     親会社            東京都         金融商品
         ハ゜ートナース゛              1,000         -   業務委託    調査業務受託
     を持つ            千代田区         取扱会社                     3,780     -     -
         証券㈱                               収入(注2)
     会社
                                       建物の賃借
                                               11,754     -     -
                                       (注3)
                                28/46


                                                          EDINET提出書類
                                            キャピタル アセットマネジメント株式会社(E14714)
                                                  半期報告書(内国投資信託受益証券)
     上記金額のうち、取引金額には消費税等が含まれておらず、期末残高には消費税等が含まれておりま

    す。
     取引条件及び取引条件の決定方針等
       (注1)支払手数料については、一般的な契約条件を参考に価格およびその他の条件を決定しており
           ます。
       (注2)提供する業務内容に基き、交渉のうえ価格等を決定しております。
       (注3)使用面積割合等に基き、賃貸料金額等の取引条件を決定しております。
     キャピタル・パートナーズ証券(株)は、2018年10月1日の共同株式移転による持株会社(キャピタル 
     フィナンシャル ホールディングス(株))の設立までは当社の親会社でありました。
     2.親会社又は重要な関連会社に関する注記

     (1)  親会社情報
        キャピタル       フィナンシャルホールディングス株式会社(非上場)
     (2)  重要な関連会社の要約財務諸表
        該当事項はありません。
     (1株当たり情報          )

                            前事業年度                    当事業年度
                          (自 2018年4月1日                    (自 2019年4月1日
           項目
                          至 2019年3月31日)                     至 2020年3月31日)
     1株当たり純資産額                             37,777円39銭                    25,652円61銭
     1株当たり当期純利益金額又は
     1株当たり当期純損失金額                             2,803円68銭                   △7,647円01銭
                      なお、潜在株式調整後1株当たり当期純                    なお、潜在株式調整後1株当たり当期純
                      利益金額については、潜在株式が存在し                    利益金額については、1株当たり当期純
                      ないため記載しておりません。                    損失であり、また、潜在株式が存在しな
                                          いため記載しておりません。
     (注1)1株当たり純資産額の算定上の基礎は、以下のとおりであります。

                                                     (単位:千円)
                                      前事業年度             当事業年度
                    項目
                                     2019年3月31日             2020年3月31日
        純資産の部の合計額                                  324,696             220,484
        純資産の部の合計額から控除する金額                                     -             -
        普通株式に係る純資産額                                  324,696             220,484
        1株当たり純資産の算定に用いられる普通株式の数                                   8,595             8,595
     (注2)1株当たり当期純利益金額の算定上の基礎は、以下のとおりであります。

                                                     (単位:千円)
                                      前事業年度             当事業年度
                                    (自 2018年4月1日             (自 2019年4月1日
                    項目
                                    至 2019年3月31日)              至 2020年3月31日)
        当期純利益金額                                   24,252            △65,726
        普通株主に帰属しない金額                                     -             -
        普通株式に係る当期純利益金額                                   24,252            △65,726
                                29/46


                                                          EDINET提出書類
                                            キャピタル アセットマネジメント株式会社(E14714)
                                                  半期報告書(内国投資信託受益証券)
        普通株式の期中平均株式数(株)                                   8,650             8,595
                                30/46




















                                                          EDINET提出書類
                                            キャピタル アセットマネジメント株式会社(E14714)
                                                  半期報告書(内国投資信託受益証券)
    中間財務諸表等

    1 中間財務諸表
    (1)  中間貸借対照表
                               当中間会計期間
                              (2020年9月30日)
                        注記
            区分                   金額(千円)
                        番号
           (資産の部)
     Ⅰ 流動資産
      1 現金及び預金                                188,496
      2 未収委託者報酬                                 79,669
      3 未収運用受託報酬                                 1,649
      4 立替金                                 3,934
      5 前払費用                                 3,570
                                        10
      6 その他
      流動資産合計
                                     277,331
     Ⅱ 固定資産
      1 有形固定資産                  ※1               4,928
      (1)器具備品                         2,744
      (2)リース資産                         2,184
      2 無形固定資産                                 1,052
      (1)電話加入権                           52
      (2)ソフトウエア                         1,000
      3 投資その他の資産                                 5,680
      (1)投資有価証券                         5,660
      (2)保証金                           20
      固定資産合計                                 11,661
      資産合計
                                     288,992
                                31/46








                                                          EDINET提出書類
                                            キャピタル アセットマネジメント株式会社(E14714)
                                                  半期報告書(内国投資信託受益証券)
                               当中間会計期間

                              (2020年9月30日)
                        注記
            区分                   金額(千円)
                        番号
           (負債の部)
     Ⅰ 流動負債
      1 未払金                                 4,422
      2 未払代行手数料                                 38,775
      3 未払費用                                 6,123
      4 未払法人税等                                 2,605
      5 預り金                                 2,766
      6 リース債務                                1,032
                                      6,252
      7 その他                  ※2
      流動負債合計
                                      61,979
     Ⅱ 固定負債
      1 長期未払金                                 373
      2 リース債務                                1,417
                                      6,616
      3 退職給付引当金
      固定負債合計                                8,407
      負債合計
                                      70,386
          (純資産の部)
     Ⅰ 株主資本
      1 資本金                                280,000
      2 資本剰余金                                 2,385
      (1)資本準備金                         2,385
      3 利益剰余金                                △64,409
      (1)利益準備金                         1,653
      (2)その他利益剰余金
                             △66,063
         繰越利益剰余金
      株主資本合計
                                     217,975
     Ⅱ 評価・換算差額等

                                       629
      1 その他有価証券評価差額金
      評価・換算差額等合計                                  629
      純資産合計                                218,605
      負債及び純資産合計
                                     288,992
                                32/46





                                                          EDINET提出書類
                                            キャピタル アセットマネジメント株式会社(E14714)
                                                  半期報告書(内国投資信託受益証券)
    (2)  中間損益計算書

                               当中間会計期間
                              (自 2020年4月1日
                              至 2020年9月30日)
                       注記
            区分                   金額(千円)
                       番号
     Ⅰ 営業収益
      1 委託者報酬                               288,437
                                      12,733
      2 運用受託報酬
       営業収益合計                               301,170
     Ⅱ 営業費用
      1 支払手数料                               139,458
      2 広告宣伝費                                 114
      3 調査費                                14,505
      4 委託計算費                                12,370
      5 営業雑経費                                3,970
       (1) 通信費                        416
       (2) 協会費                        688
       (3) 印刷費                       2,865
       営業費用合計                              170,419
     Ⅲ 一般管理費
      1 給料                                89,331
       (1) 役員報酬                       19,117
       (2) 給料・手当                       55,775
       (3) 退職給付費用                       3,825
       (4) 法定福利費                       10,614
      2 旅費交通費                                 273
      3 租税公課                                2,693
      4 不動産賃借料                                7,867
      5 減価償却費                 ※1               1,878
      6 業務委託費                                21,690
                                      10,525
      7 その他一般管理費
       一般管理費合計                               134,261
       営業損失(△)
                                     △3,510
                                33/46






                                                          EDINET提出書類
                                            キャピタル アセットマネジメント株式会社(E14714)
                                                  半期報告書(内国投資信託受益証券)
                               当中間会計期間

                              (自 2020年4月1日
                              至 2020年9月30日)
                        注記
            区分                   金額(千円)
                        番号
     Ⅳ 営業外収益
      1 受取利息                                  0
                                      1,266
      2 雑収入
       営業外収益合計                                1,266
     Ⅴ 営業外費用
                                        34
      1 支払利息
                                        85
      2 為替差損
       営業外費用合計                                  119
       経常損失(△)                              △2,363
       税引前中間純損失(△)                              △2,363
       法人税、住民税及び事業税                                145
       中間純損失(△)
                                     △2,508
                                34/46













                                                          EDINET提出書類
                                            キャピタル アセットマネジメント株式会社(E14714)
                                                  半期報告書(内国投資信託受益証券)
    (重要な会計方針)

                                      当中間会計期間
                                     (自 2020年4月1日
             項目
                                      至 2020年9月30日)
     1 有価証券の評価基準および                   その他有価証券
       評価方法                  時価のあるもの
                          中間期末日の市場価格等に基づく時価法(評価差額は全部純資産直入法に
                          より処理し、売却原価は、移動平均法により算定)を採用しております。
                         時価のないもの
                          移動平均法による原価法を採用しております。
     2 固定資産の減価償却の方法                   (1)有形固定資産(リース資産を除く。)
                          定率法によっております。
                          なお、主な耐用年数は以下の通りであります。
                           器具備品   4年~5年
                        (2)無形固定資産(リース資産を除く。)
                          定額法を採用しております。
                          なお、自社利用のソフトウェアについては、社内における利用可能期間
                          (5年)に基づいております。
                        (3)リース資産
                          リース期間を耐用年数とし、残存価額を零とする定額法を採用しておりま
                          す。
     3 引当金の計上基準                   退職給付引当金
                         従業員の退職給付に備えるため、当中間会計期間末における退職給付債務の
                         見込額に基づき計上しております。
                         退職給付引当金及び退職給付費用の計算に、退職給付に係る期末自己都合要
                         支給額を退職給付債務とする方法を用いた簡便法を採用しております。
     4 その他財務諸表作成のための                   (1)消費税等の会計処理
       基本となる重要な事項                   税抜方式によっております。
                        (2)連結納税制度の適用
                          連結納税制度を適用しております。
                        (3)連結納税制度からグループ通算制度への移行に係る税効果会計の適用
                          当社は、「所得税法等の一部を改正する法律」(令和2年法律8号)にお
                          いて創設されたグループ通算制度への移行及びグループ通算制度への移行
                          にあわせて単体納税制度の見直しが行われた項目については、「連結納税
                          制度からグループ通算制度への移行に係る税効果会計の適用に関する取扱
                          い」(実務対応報告第39号2020年3月31日)第3項の取扱いにより、「税効
                          果会計に係る会計基準の適用指針」(企業会計基準適用指針第28号 2018
                          年2月16日)第44項の定めを適用せず、繰延税金資産及び繰延税金負債の額
                          について、改正前の税法の規定に基づいております。
                                35/46





                                                          EDINET提出書類
                                            キャピタル アセットマネジメント株式会社(E14714)
                                                  半期報告書(内国投資信託受益証券)
    [注記事項]

    (中間貸借対照表関係)
                             当中間会計期間
                            (2020年9月30日)
     ※1.有形固定資産の減価償却累計額は次の通りであります。
         器具備品   8,114千円
         リース資産  2,496千円
     ※2.仮払消費税等及び仮受消費税等は相殺の上、流動負債の「その他」に含めて表示しております。
    (中間損益計算書関係)

                             当中間会計期間
                            (自 2020年4月1日
                            至 2020年9月30日)
     ※1.減価償却費の内容は次の通りであります。
         有形固定資産減価償却費額                     1,378千円
         無形固定資産減価償却費額                       499千円
    (金融商品関係)

       当中間会計期間(2020年9月30日)
       金融商品の時価などに関する事項
        2020年9月30日における中間貸借対照表計上額、時価及びこれらの差額については、次の通りであ
        ります。なお、時価を把握することが極めて困難と認められるものは含まれておりません。
                                                     (単位:千円)
                       中間貸借対照表計上額                 時価             差額
     (1)現金及び預金                          188,496             188,496                -
     (2)未収委託者報酬                          79,669             79,669               -
     (3)未収運用受託報酬                           1,649             1,649              -
     (4)立替金                           3,934             3,934              -
     (5)投資有価証券                           5,660             5,660              -
      資産計                          279,409             279,409                -
     (1)未払金                           4,422             4,422              -
     (2)未払代行手数料                          38,775             38,775               -
     (3)未払費用                           6,123             6,123              -
     (4)未払法人税等                           2,605             2,605              -
     (5)預り金                           2,766             2,766              -
     (6)リース債務                           2,450             2,450               0
      負債計                          57,144             57,144                0
    (注1)金融商品の時価の算定方法並びに投資有価証券に関する事項

    資産
     (1)現金及び預金、(2)未収委託者報酬、(3)未収運用受託報酬、(4)立替金
       これらは、短期間で決済されるものであるため、時価は帳簿価額と近似していることから、当該帳簿
       価額によっております。
     (5)投資有価証券
       取引金融機関等から提示された価格によっております。
                                36/46


                                                          EDINET提出書類
                                            キャピタル アセットマネジメント株式会社(E14714)
                                                  半期報告書(内国投資信託受益証券)
       また、保有目的ごとの有価証券に関する事項については、注記事項「有価証券関係」をご参照下さ
       い。
                                37/46




















                                                          EDINET提出書類
                                            キャピタル アセットマネジメント株式会社(E14714)
                                                  半期報告書(内国投資信託受益証券)
    負債

     (1)未払金、(2)未払代行手数料、(3)未払費用、(4)未払法人税等、(5)預り金
       これらは、短期間で決済されるものであるため、時価は帳簿価額にほぼ等しいことから、当該帳簿価
       額によっております。
     (6)リース債務
       将来のキャッシュ・フローに信用リスクを加味した利率で割り引いた現在価値により算出しておりま
       す。
    (注2)時価を把握することが極めて困難と認められる金融商品

         長期未払金(中間貸借対照表計上額373千円)については、正確に将来キャッシュ・フローを見
         積もることができず、時価を把握することが極めて困難と認められることから、上表には含めて
         おりません。
    (注3)金融商品の時価等に関する事項についての補足説明

         金融商品の時価には、市場価格に基づく価額のほか、市場価格がない場合には合理的に算定され
         た価額が含まれております。当該価額の算定においては変動要因を織り込んでいるため、異なる
         前提条件等を採用することにより、当該価額が変動することがあり得ます。
    (有価証券関係)

       当中間会計期間(2020年9月30日)
        1.子会社株式及び関連会社株式で時価のあるもの

          該当ありません。
        2.その他有価証券で時価のあるもの
                                                     (単位:千円)
                        種類     中間貸借対照表価額             取得原価            差額
                      (1)株式              5,660           5,030            629
        中間貸借対照表計上額が
        取得原価を超えるもの
                        小計            5,660           5,030            629
                      (1)株式                -           -           -
        中間貸借対照表計上額が
        取得原価を超えないもの
                        小計              -           -           -
                 合計                   5,660           5,030            629
       (注)減損処理にあたっては、中間会計期間末における時価が取得原価に比べ50%以上下落した場
           合にはすべて減損処理を行い、30~50%程度下落した場合には、当該金額の重要性、回復能
           性等を考慮して必要と認められた額について減損処理を行っております。
    (セグメント情報等)

     [セグメント情報]
      当中間会計期間(自 2020年4月1日 至 2020年9月30日)
       当社は資産運用業の単一セグメントであるため、記載を省略しております。
                                38/46




                                                          EDINET提出書類
                                            キャピタル アセットマネジメント株式会社(E14714)
                                                  半期報告書(内国投資信託受益証券)
     [関連情報]

      当中間会計期間(自 2020年4月1日 至 2020年9月30日)
     1.サービスごとの情報
        単一のサービスの区分の外部顧客への売上高が中間損益計算書の売上高の90%を超えるため、記載
        を省略しております。
     2.地域ごとの情報

     (1)営業収益
          本邦の外部顧客への売上高が中間損益計算書の売上高の90%を超えるため、記載を省略してお
         ります。
     (2)有形固定資産
          有形固定資産はすべて本邦に所在しております。
     3.主要な顧客ごとの情報

                                                     (単位:千円)
               投資信託の名称                   営業収益             関連するサービスの種類
         CAM ベトナムファンド                               48,436          投資運用業
         ベトナム成長株インカムファンド                              207,945          投資運用業
     (1株当たり情報)

                                             当中間会計期間
                                            (自 2020年4月1日
                     項目
                                            至 2020年9月30日)
         1株当たり純資産額                                             25,434円04銭
         1株当たり中間純損失(△)                                              △291円84銭
                                      なお、潜在株式調整後1株当たり中間純利益金額
                                      については、1株当たり中間純損失であり、ま
                                      た、潜在株式が存在しないため記載しておりませ
                                      ん。
       (注1)1株当たり純資産額の算定上の基礎は、以下のとおりであります。

                                             当中間会計期間
                     項目
                                            (2020年9月30日)
        純資産の部の合計額(千円)                                                218,605
        普通株式に係る中間会計期間末の純資産額(千円)                                                218,605
        普通株式の中間会計期間末株式数(株)                                                 8,595
       (注2)1株当たり中間純損失(△)の算定上の基礎は、以下のとおりであります。

                                             当中間会計期間
                                            (自 2020年4月1日
                     項目
                                            至 2020年9月30日)
        中間純損失(△)(千円)                                                △2,508
        普通株主に帰属しない金額(千円)                                                  -
        普通株式に係る中間純損失(△)(千円)                                                △2,508
        普通株式の期中平均株式数(株)                                                 8,595
                                39/46


                                                          EDINET提出書類
                                            キャピタル アセットマネジメント株式会社(E14714)
                                                  半期報告書(内国投資信託受益証券)
                                40/46





















                                                          EDINET提出書類
                                            キャピタル アセットマネジメント株式会社(E14714)
                                                  半期報告書(内国投資信託受益証券)
                    独 立 監 査 人 の 監 査 報 告 書
                                                    2020年6月17日

    キャピタル       アセットマネジメント株式会社
      取締役会 御中
                              監 査 法 人           五     大


                                指定社員

                                        公認会計士
                                              宮村   和哉    ㊞
                                業務執行社員
     監査意見

      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づく監査証明を行うため、「委託会社等の経理状況」に掲げられている
     キャピタル     アセットマネジメント株式会社の2019年4月1日から2020年3月31日までの第17期事業年度の財務諸表、すなわち、貸借対
     照表、損益計算書、株主資本等変動計算書、重要な会計方針及びその他の注記について監査を行った。
      当監査法人は、上記の財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して、キャピタル                                                  アセットマ
     ネジメント株式会社の2020年3月31日現在の財政状態及び同日をもって終了する事業年度の経営成績を、全ての重要な点において適正に
     表示しているものと認める。
     監査意見の根拠

      当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に準拠して監査を行った。監査の基準における当監査法人の責
     任は、「財務諸表監査における監査人の責任」に記載されている。当監査法人は、我が国における職業倫理に関する規定に従って、会社
     から独立しており、また、監査人としてのその他の倫理上の責任を果たしている。当監査法人は、意見表明の基礎となる十分かつ適切な
     監査証拠を入手したと判断している。
     財務諸表に対する経営者並びに監査役の責任

      経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して財務諸表を作成し適正に表示することにあ
     る。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない財務諸表を作成し適正に表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整
     備及び運用することが含まれる。
      財務諸表を作成するに当たり、経営者は、継続企業の前提に基づき財務諸表を作成することが適切であるかどうかを評価し、我が国に
     おいて一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に基づいて継続企業に関する事項を開示する必要がある場合には当該事項を開示する
     責任がある。
      監査役の責任は、財務報告プロセスの整備及び運用における取締役の職務の執行を監視することにある。
     財務諸表監査における監査人の責任

      監査人の責任は、監査人が実施した監査に基づいて、全体としての財務諸表に不正又は誤謬による重要な虚偽表示がないかどうかにつ
     いて合理的な保証を得て、監査報告書において独立の立場から財務諸表に対する意見を表明することにある。虚偽表示は、不正又は誤謬
     により発生する可能性があり、個別に又は集計すると、財務諸表の利用者の意思決定に影響を与えると合理的に見込まれる場合に、重要
     性があると判断される。
      監査人は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に従って、監査の過程を通じて、職業的専門家としての判断を行
     い、職業的懐疑心を保持して以下を実施する。
     ・  不正又は誤謬による重要な虚偽表示リスクを識別し、評価する。また、重要な虚偽表示リスクに対応した監査手続を立案し、実施す
      る。監査手続の選択及び適用は監査人の判断による。さらに、意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手する。
     ・  財務諸表監査の目的は、内部統制の有効性について意見表明するためのものではないが、監査人は、リスク評価の実施に際して、状
      況に応じた適切な監査手続を立案するために、監査に関連する内部統制を検討する。
     ・  経営者が採用した会計方針及びその適用方法の適切性、並びに経営者によって行われた会計上の見積りの合理性及び関連する注記事
      項の妥当性を評価する。
                                41/46


                                                          EDINET提出書類
                                            キャピタル アセットマネジメント株式会社(E14714)
                                                  半期報告書(内国投資信託受益証券)
     ・  経営者が継続企業を前提として財務諸表を作成することが適切であるかどうか、また、入手した監査証拠に基づき、継続企業の前提
      に重要な疑義を生じさせるような事象又は状況に関して重要な不確実性が認められるかどうか結論付ける。継続企業の前提に関する重
      要な不確実性が認められる場合は、監査報告書において財務諸表の注記事項に注意を喚起すること、又は重要な不確実性に関する財務
      諸 表の注記事項が適切でない場合は、財務諸表に対して除外事項付意見を表明することが求められている。監査人の結論は、監査報告
      書日までに入手した監査証拠に基づいているが、将来の事象や状況により、企業は継続企業として存続できなくなる可能性がある。
     ・  財務諸表の表示及び注記事項が、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠しているかどうかとともに、関
      連する注記事項を含めた財務諸表の表示、構成及び内容、並びに財務諸表が基礎となる取引や会計事象を適正に表示しているかどうか
      を評価する。
      監査人は、監査役に対して、計画した監査の範囲とその実施時期、監査の実施過程で識別した内部統制の重要な不備を含む監査上の重
     要な発見事項、及び監査の基準で求められているその他の事項について報告を行う。
     利害関係

      会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                          以 上

     (※)1.     上記は、監査報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社が別途保管
          しております。
        2.  財務諸表の範囲にはXBRLデータ自体は含まれていません。

                                42/46














                                                          EDINET提出書類
                                            キャピタル アセットマネジメント株式会社(E14714)
                                                  半期報告書(内国投資信託受益証券)
                  独 立 監 査 人 の 中 間 監 査 報 告 書
                                                    2020年12月18日

    キャピタル       アセットマネジメント株式会社
      取締役会 御中
                              監 査 法 人           五     大


                                指定社員

                                        公認会計士
                                              宮村   和哉    ㊞
                                業務執行社員
     中間監査意見

      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づく監査証明を行うため、「委託会社等の経理状況」に掲げられている
     キャピタル     アセットマネジメント株式会社の2020年4月1日から2021年3月31日までの第18期事業年度の中間会計期間(2020年4月1
     日から2020年9月30日まで)に係る中間財務諸表、すなわち、中間貸借対照表、中間損益計算書、重要な会計方針及びその他の注記につ
     いて中間監査を行った。
      当監査法人は、上記の中間財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認められる中間財務諸表の作成基準に準拠して、キャピタル
     アセットマネジメント株式会社の2020年9月30日現在の財政状態及び同日をもって終了する中間会計期間(2020年4月1日から2020年9
     月30日まで)の経営成績に関する有用な情報を表示しているものと認める。
     中間監査意見の根拠

      当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる中間監査の基準に準拠して中間監査を行った。中間監査の基準における当
     監査法人の責任は、「中間財務諸表監査における監査人の責任」に記載されている。当監査法人は、我が国における職業倫理に関する規
     定に従って、会社から独立しており、また、監査人としてのその他の倫理上の責任を果たしている。当監査法人は、中間監査の意見表明
     の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手したと判断している。
     中間財務諸表に対する経営者並びに監査役の責任

      経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる中間財務諸表の作成基準に準拠して中間財務諸表を作成し有用な情報を
     表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない中間財務諸表を作成し有用な情報を表示するために経営者が
     必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
      中間財務諸表を作成するに当たり、経営者は、継続企業の前提に基づき中間財務諸表を作成することが適切であるかどうかを評価し、
     我が国において一般に公正妥当と認められる中間財務諸表の作成基準に基づいて継続企業に関する事項を開示する必要がある場合には当
     該事項を開示する責任がある。
      監査役の責任は、財務報告プロセスの整備及び運用における取締役の職務の執行を監視することにある。
     中間財務諸表監査における監査人の責任

      監査人の責任は、監査人が実施した中間監査に基づいて、全体としての中間財務諸表の有用な情報の表示に関して投資者の判断を損な
     うような重要な虚偽表示がないかどうかの合理的な保証を得て、中間監査報告書において独立の立場から中間財務諸表に対する意見を表
     明することにある。虚偽表示は、不正又は誤謬により発生する可能性があり、個別に又は集計すると、中間財務諸表の利用者の意思決定
     に影響を与えると合理的に見込まれる場合に、重要性があると判断される。
      監査人は、我が国において一般に公正妥当と認められる中間監査の基準に従って、中間監査の過程を通じて、職業的専門家としての判
     断を行い、職業的懐疑心を保持して以下を実施する。
     ・  不正又は誤謬による中間財務諸表の重要な虚偽表示リスクを識別し、評価する。また、重要な虚偽表示リスクに対応する中間監査手
      続を立案し、実施する。中間監査手続の選択及び適用は監査人の判断による。さらに、中間監査の意見表明の基礎となる十分かつ適切
      な監査証拠を入手する。なお、中間監査手続は、年度監査と比べて監査手続の一部が省略され、監査人の判断により、不正又は誤謬に
      よる中間財務諸表の重要な虚偽表示リスクの評価に基づいて、分析的手続等を中心とした監査手続に必要に応じて追加の監査手続が選
      択及び適用される。
                                43/46


                                                          EDINET提出書類
                                            キャピタル アセットマネジメント株式会社(E14714)
                                                  半期報告書(内国投資信託受益証券)
     ・  中間財務諸表監査の目的は、内部統制の有効性について意見表明するためのものではないが、監査人は、リスク評価の実施に際し
      て、状況に応じた適切な中間監査手続を立案するために、中間財務諸表の作成と有用な情報の表示に関連する内部統制を検討する。
     ・  経営者が採用した会計方針及びその適用方法並びに経営者によって行われた会計上の見積りの合理性及び関連する注記事項の妥当性
      を評価する。
     ・  経営者が継続企業を前提として中間財務諸表を作成することが適切であるかどうか、また、入手した監査証拠に基づき、継続企業の
      前提に重要な疑義を生じさせるような事象又は状況に関して重要な不確実性が認められるかどうか結論付ける。継続企業の前提に関す
      る重要な不確実性が認められる場合は、中間監査報告書において中間財務諸表の注記事項に注意を喚起すること、又は重要な不確実性
      に関する中間財務諸表の注記事項が適切でない場合は、中間財務諸表に対して除外事項付意見を表明することが求められている。監査
      人の結論は、中間監査報告書日までに入手した監査証拠に基づいているが、将来の事象や状況により、企業は継続企業として存続でき
      なくなる可能性がある。
     ・  中間財務諸表の表示及び注記事項が、我が国において一般に公正妥当と認められる中間財務諸表の作成基準に準拠しているかどうか
      とともに、関連する注記事項を含めた中間財務諸表の表示、構成及び内容、並びに中間財務諸表が基礎となる取引や会計事象に関して
      有用な情報を表示しているかどうかを評価する。
      監査人は、監査役に対して、計画した中間監査の範囲とその実施時期、中間監査の実施過程で識別した内部統制の重要な不備を含む中
     間監査上の重要な発見事項、及び中間監査の基準で求められているその他の事項について報告を行う。
     利害関係

      会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                          以 上

    (※)1.     上記は、監査報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社が別途保管
          しております。
        2.  財務諸表の範囲にはXBRLデータ自体は含まれていません。

                                44/46












                                                          EDINET提出書類
                                            キャピタル アセットマネジメント株式会社(E14714)
                                                  半期報告書(内国投資信託受益証券)
                         独立監査人の中間監査報告書
                                                    2021年1月21日

    キャピタル       アセットマネジメント株式会社
      取締役会 御中
                              監 査 法 人           五     大


                                指定社員

                                        公認会計士
                                              宮村   和哉    ㊞
                                業務執行社員
     中間監査意見

      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づく監査証明を行うため、「ファンドの経理状況」に掲げられている
     フィリピン株ファンドの2020年5月19日から2020年11月18日までの中間計算期間の中間財務諸表、すなわち、中間貸借対照表、中間損益
     及び剰余金計算書並びに中間注記表について中間監査を行った。
      当監査法人は、上記の中間財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認められる中間財務諸表の作成基準に準拠して、フィリピン
     株ファンドの2020年11月18日現在の信託財産の状態及び同日をもって終了する中間計算期間(2020年5月19日から2020年11月18日まで)
     の損益の状況に関する有用な情報を表示しているものと認める。
     中間監査意見の根拠

      当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる中間監査の基準に準拠して中間監査を行った。中間監査の基準における当
     監査法人の責任は、「中間財務諸表監査における監査人の責任」に記載されている。当監査法人は、我が国における職業倫理に関する規
     定に従って、キャピタル          アセットマネジメント株式会社及びファンドから独立しており、また、監査人としてのその他の倫理上の責任
     を果たしている。当監査法人は、中間監査の意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手したと判断している。
     中間財務諸表に対する経営者の責任

      経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる中間財務諸表の作成基準に準拠して中間財務諸表を作成し有用な情報を
     表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない中間財務諸表を作成し有用な情報を表示するために経営者が
     必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
      中間財務諸表を作成するに当たり、経営者は、継続企業の前提に基づき中間財務諸表を作成することが適切であるかどうかを評価し、
     我が国において一般に公正妥当と認められる中間財務諸表の作成基準に基づいて継続企業に関する事項を開示する必要がある場合には当
     該事項を開示する責任がある。
     中間財務諸表監査における監査人の責任

      監査人の責任は、監査人が実施した中間監査に基づいて、全体として中間財務諸表の有用な情報の表示に関して投資者の判断を損なう
     ような重要な虚偽表示がないかどうかの合理的な保証を得て、中間監査報告書において独立の立場から中間財務諸表に対する意見を表明
     することにある。虚偽表示は、不正又は誤謬により発生する可能性があり、個別に又は集計すると、中間財務諸表の利用者の意思決定に
     影響を与えると合理的に見込まれる場合に、重要性があると判断される。
      監査人は、我が国において一般に公正妥当と認められる中間監査の基準に従って、中間監査の過程を通じて、職業的専門家としての判
     断を行い、職業的懐疑心を保持して以下を実施する。
     ・  不正又は誤謬による中間財務諸表の重要な虚偽表示リスクを識別し、評価する。また、重要な虚偽表示リスクに対応する中間監査手
      続を立案し、実施する。中間監査手続の選択及び適用は監査人の判断による。さらに、中間監査の意見表明の基礎となる十分かつ適切
      な監査証拠を入手する。なお、中間監査手続は、年度監査と比べて監査手続の一部が省略され、監査人の判断により、不正又は誤謬に
      よる中間財務諸表の重要な虚偽表示リスクの評価に基づいて、分析的手続等を中心とした監査手続に必要に応じて追加の監査手続が選
      択及び適用される。
     ・  中間財務諸表監査の目的は、内部統制の有効性について意見表明するためのものではないが、監査人は、リスク評価の実施に際し
      て、状況に応じた適切な中間監査手続を立案するために、中間財務諸表の作成と有用な情報の表示に関連する内部統制を検討する。
                                45/46


                                                          EDINET提出書類
                                            キャピタル アセットマネジメント株式会社(E14714)
                                                  半期報告書(内国投資信託受益証券)
     ・  経営者が採用した会計方針及びその適用方法並びに経営者によって行われた会計上の見積りの合理性及び関連する注記事項の妥当性
      を評価する。
     ・  経営者が継続企業を前提として中間財務諸表を作成することが適切であるかどうか、また、入手した監査証拠に基づき、継続企業の
      前提に重要な疑義を生じさせるような事象又は状況に関して重要な不確実性が認められるかどうか結論付ける。継続企業の前提に関す
      る重要な不確実性が認められる場合は、中間監査報告書において中間財務諸表の注記事項に注意を喚起すること、又は重要な不確実性
      に関する中間財務諸表の注記事項が適切でない場合は、中間財務諸表に対して除外事項付意見を表明することが求められている。監査
      人の結論は、中間監査報告書日までに入手した監査証拠に基づいているが、将来の事象や状況により、ファンドは継続企業として存続
      できなくなる可能性がある。
     ・  中間財務諸表の表示及び注記事項が、我が国において一般に公正妥当と認められる中間財務諸表の作成基準に準拠しているかどうか
      とともに、関連する注記事項を含めた中間財務諸表の表示、構成及び内容、並びに中間財務諸表が基礎となる取引や会計事象に関して
      有用な情報を表示しているかどうかを評価する。
      監査人は、経営者に対して、計画した中間監査の範囲とその実施時期、中間監査の実施過程で識別した内部統制の重要な不備を含む中
     間監査上の重要な発見事項、及び中間監査の基準で求められているその他の事項について報告を行う。
     利害関係

      キャピタル     アセットマネジメント株式会社及びファンドと当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載
     すべき利害関係はない。
                                                          以 上

     (※)1.     上記は、監査報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社が別途保管
          しております。
        2.  財務諸表の範囲にはXBRLデータ自体は含まれていません。

                                46/46












PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

書類提出日で検索

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2020年12月21日

新規上場の通知機能を追加しました。Myページにて通知の設定が行えます。

2020年9月22日

企業・投資家の個別ページに掲載情報を追加しました。また、併せて細かい改修を行いました。

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。

スポンサーリンク