高金利国際機関債ファンド(毎月決算型) 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)

提出書類 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
提出日
提出者 高金利国際機関債ファンド(毎月決算型)
カテゴリ 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)

                                                          EDINET提出書類
                                              明治安田アセットマネジメント株式会社(E12448)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     【表紙】

      【提出書類】                   有価証券届出書

      【提出先】                   関東財務局長 殿

      【提出日】                   2021年2月22日       提出

      【発行者名】                   明治安田アセットマネジメント株式会社

      【代表者の役職氏名】                   代表取締役社長   大崎 能正

      【本店の所在の場所】                   東京都千代田区大手町二丁目3番2号

      【事務連絡者氏名】                   植村 吉二

                         連絡場所     東京都千代田区大手町二丁目3番2号
      【電話番号】                   03-6700-4111
      【届出の対象とした募集内国投資信託受                   高金利国際機関債ファンド(毎月決算型)

       益証券に係るファンドの名称】
      【届出の対象とした募集内国投資信託受                   上限 1,000億円
       益証券の金額】
      【縦覧に供する場所】                   該当事項はありません。
                                  1/104














                                                          EDINET提出書類
                                              明治安田アセットマネジメント株式会社(E12448)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    第一部【証券情報】

    (1)【ファンドの名称】
      高金利国際機関債ファンド(毎月決算型)(以下「当ファンド」ということがあります。)
    (2)【内国投資信託受益証券の形態等】
      ①追加型証券投資信託の受益権(以下「受益権」といいます。)
      ②当初の1口当たり元本は、1円(1万口当たり元本金額1万円)です。
      ③当ファンドについて、委託会社の依頼により、信用格付業者から提供され、若しくは閲覧に供された信
       用格付、または信用格付業者から提供され、若しくは閲覧に供される予定の信用格付けはありません。
      ※ファンドの受益権は、社債、株式等の振替に関する法律(以下、「社振法」といいます。)の規定の適
       用を受け、受益権の帰属は、後述の「(11)振替機関に関する事項」に記載の振替機関および当該振
       替機関の下位の口座管理機関(社振法第2条に規定する「口座管理機関」をいい、振替機関を含め、以
       下「振替機関等」といいます。)の振替口座簿に記載または記録されることにより定まります(以下、
       振替口座簿に記載または記録されることにより定まる受益権を「振替受益権」といいます。)。委託会
       社である明治安田アセットマネジメント株式会社は、やむを得ない事情等がある場合を除き、当該振替
       受益権を表示する受益証券を発行しません。また、振替受益権には無記名式や記名式の形態はありませ
       ん。
    (3)【発行(売出)価額の総額】
      上限 1,000億円とします。
    (4)【発行(売出)価格】
      ①取得申込受付日の翌営業日の基準価額※とします。
      ②取得申込の受付は、販売会社の営業日の午後3時までとします。なお、当該受付時間を過ぎてからの申
       込は、翌営業日の取扱いとします。
      ③基準価額は委託会社の営業日に日々計算されます。基準価額は販売会社または下記へお問合わせくださ
       い。また、原則として、計算日の翌日付の日本経済新聞朝刊に掲載されます。
      ※「基準価額」とは、ファンドの資産総額から負債総額を控除した金額(純資産総額)を計算日における


       受益権総口数で除して得た1口当たりの価額をいいます。なお、便宜上1万口当たりに換算した価額で
       表示されます。
    (5)【申込手数料】
      ①取得申込受付日の翌営業日の基準価額に、3.3%(税抜3.0%)を上限として、販売会社が定める料率を
       乗じて得た額とします。詳しくは、お申込みの販売会社までお問合わせください。
      ②分配金再投資コース※の場合、収益分配金は税金を差し引いた後、自動的に無手数料で再投資されま
       す。
      ※分配金再投資コースでは、自動継続投資契約(計算期末に支払われる収益分配金で当ファンドの買付を
       自動的に行うことに関して、当ファンドの当初取得申込時にあらかじめ指定する契約。販売会社により
       名称が異なる場合があります。)を販売会社と結びます。
    (6)【申込単位】
      ①販売会社が定める単位とします。詳しくは販売会社へお問合わせください。
       取得申込者が販売会社との間で、自動継続投資契約および定時定額購入取引に関する契約等を締結した
       場合、当該契約に規定する単位とします。
      ②当ファンドには、収益分配金の受取方法により「分配金受取りコース」と「分配金再投資コース」があ
       ります。いずれのコースも販売会社が定めるお申込単位となります。なお、収益分配金の受取方法を途
       中で変更することはできません。詳しくは販売会社までお問合せください。
      ※自動継続投資契約に基づく収益分配金の再投資については、1口単位とします。
      ※販売会社により、どちらか一方のコースのみお取扱いとなる場合があります。
    (7)【申込期間】
      2021  年2月23日から2021年8月23日まで
      ※申込期間は、上記期間満了前に有価証券届出書を提出することによって更新されます。
    (8)【申込取扱場所】
      申込取扱場所は原則として販売会社の本支店、営業所等とします。
      販売会社については下記へお問合わせください。
                                  2/104



                                                          EDINET提出書類
                                              明治安田アセットマネジメント株式会社(E12448)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
      ※販売会社と販売会社以外の取次会社が取次契約を結ぶことにより、当該取次会社がファンドの取扱いを
       当該販売会社に取次ぐ場合があります。
    (9)【払込期日】
      申込者は、申込金額(取得申込受付日の翌営業日の基準価額×申込口数)に申込手数料および当該手数料
      に係る消費税等に相当する金額を加算した額(申込代金)を、販売会社の指定した期日までに販売会社に
      支払うものとします。詳しくは販売会社へお問合わせください。
      振替受益権に係る各取得申込受付日の発行価額の総額は、当該申込みに係る追加信託が行われる日に委託
      会社の指定する口座を経由して、受託会社の指定するファンド口座に払い込まれます。
    (10)【払込取扱場所】
      申込を受付けた販売会社とします。                   申込代金は販売会社にお支払いください。
      販売会社につきましては、「(8)申込取扱場所」をご参照下さい。
    (11)【振替機関に関する事項】
      振替機関は株式会社証券保管振替機構です。
    (12)【その他】
      ①申込証拠金
       該当事項はありません。
      ②本邦以外の地域における発行
       該当事項はありません。
      ③決算日
       毎月24日(休業日の場合は翌営業日)
      ④振替受益権について
       ファンドの受益権は、社振法の規定の適用を受け、上記「(11)振替機関に関する事項」に記載の振
       替機関の振替業にかかる業務規程等の規則にしたがって取扱われるものとします。
       ファンドの分配金、償還金、換金代金は、社振法および上記「(11)振替機関に関する事項」に記載
       の振替機関の業務規程その他の規則にしたがって支払われます。
                                  3/104












                                                          EDINET提出書類
                                              明治安田アセットマネジメント株式会社(E12448)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    第二部【ファンド情報】

    第1【ファンドの状況】
    1【ファンドの性格】
    (1)【ファンドの目的及び基本的性格】
      ①高金利国際機関債ファンド(毎月決算型)は、世界の国際機関債等へ投資をすることにより、信託財産
       の中長期的な成長と安定的な収益の確保を目指して運用を行います。
      ②当ファンドは一般社団法人投資信託協会が定める分類方法において以下の通りとなっております。

      ※当ファンドが該当する商品分類・属性区分を網掛け表示しています。

      ・商品分類表

          単位型・追加型                  投資対象地域             投資対象資産(収益の源泉)
                                               株  式
             単位型                 国  内                  債  券
                             海  外                 不動産投信
             追加型                 内  外             その他資産(    )
                                               資産複合
    <商品分類表(網掛け表示部分)の定義>

      追加型
       一度設定されたファンドであってもその後追加設定が行われ従来の信託財産とともに運用されるファン
       ドをいいます。
      海外
       目論見書または投資信託約款において、組入資産による主たる投資収益が実質的に海外の資産を源泉と
       する旨の記載があるものをいいます。
      債券
       目論見書または投資信託約款において、組入資産による主たる投資収益が実質的に債券を源泉とする旨
       の記載があるものをいいます。
                                  4/104










                                                          EDINET提出書類
                                              明治安田アセットマネジメント株式会社(E12448)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    ・ 属性区分表
       投資対象資産            決算頻度         投資対象地域            投資形態          為替ヘッジ
      株式           年1回           グローバル

       一般                     (日本含む)
       大型株           年2回
       中小型株                     日本
                 年4回
      債券                     北米            ファミリー            あり
       一般           年6回                        ファンド
       公債           (隔月)           欧州
       社債
       その他債券           年12回           アジア
       クレジット属性          (毎月)
       (  )                    オセアニア            ファンド・            なし
                 日々                      オブ・ファンズ
      不動産投信                     中南米
                 その他
      その他資産           (  )           アフリカ
      (投資信託証券
      (債券 公債))                     中近東
                           (中東)
      資産複合
      (  )                     エマージング
       資産配分固定型
       資産配分変更型
    <属性区分表(網掛け表示部分)の定義>

      その他資産(投資信託証券(債券 公債))
       目論見書または投資信託約款において、株式、債券、不動産投信ではないその他資産である投資信託証
       券(親投資信託など)を通じて、主として日本国または各国の政府の発行する国債(地方債、政府保証
       債、政府機関債、国際機関債を含みます。以下同じ。)に投資を行う旨の記載があるものをいいます。
      年12回(毎月)
       目論見書又は投資信託約款において、年12回(毎月)決算する旨の記載があるものをいいます。
      グローバル(日本含む)、エマージング
       目論見書又は投資信託約款において、組入資産による投資収益が世界およびエマージング地域(新興成
       長国(地域))の資産を源泉とする旨の記載があるものをいいます。なお、「世界およびエマージング
       地域(新興成長国(地域))の資産」の中には「日本」を含みます。
      ファミリーファンド
       目論見書または投資信託約款において、親投資信託(ファンド・オブ・ファンズにのみ投資されるもの
       を除く。)を投資対象として投資するものをいいます。
      為替ヘッジなし
       目論見書または投資信託約款において、為替のヘッジを行わない旨の記載があるものまたは為替のヘッ
       ジを行う旨の記載がないものをいいます。
      ※属性区分に記載している「為替ヘッジ」は、対円での為替リスクに対するヘッジの有無を記載しており

       ます。
      (注)上記各表のうち網掛け表示のない商品分類および属性区分の定義については、一般社団法人投資信

         託協会のホームページ(アドレス:https://www.toushin.or.jp/)で閲覧が可能です。
      ③信託金の限度額:上限 1,000億円

       ※委託会社は、受託会社と合意のうえ、当該限度額を変更することができます。
      ④ファンドの特色

      高金利通貨建国際機関債等への投資
      ・マザーファンドを通じて、相対的に金利が高い通貨建債券への投資を行います。
                                  5/104


                                                          EDINET提出書類
                                              明治安田アセットマネジメント株式会社(E12448)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
      ・主として、世界の5大陸通貨(ブラジル・レアル(南アメリカ)、メキシコ・ペソ(北アメリカ)、ト
       ルコ・リラ(ユーラシア)、南アフリカ・ランド(アフリカ)、オーストラリア・ドル(オーストラリ
       ア))に均等に通貨分散を行います。
      ※資金動向、市況動向等によっては、上記のような運用ができない場合があります。







                                  6/104












                                                          EDINET提出書類
                                              明治安田アセットマネジメント株式会社(E12448)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
      国際機関債への投資
      ・各マザーファンドを通じて投資する国際機関債等は、原則として、取得時においてAAA格相当の格付けを
       取得しているものに限ります。
       ※格付とは、債券などの元本および利息の支払能力などを専門的な第三者(信用格付業者等)が評価し
        た意見です。格付けは随時見直され、格付が高い債券ほど安全性が高いとされています                                               (以下同
        じ。)    。
       ※Moody's社では、Aaaを最高の格付として、Aa、A、Baa、Ba(以下略)という順にランク付けしていま







        す。
        また同じ格付のカテゴリーでも、Moody's社の1、2、3はそれぞれ上位、中位、下位に位置すること
        を指します。
      ・新興国通貨建国際機関債マザーファンドを通じて投資する4通貨の外貨建資産について、カントリーリ

       スク・市場リスク等が増大する場合には、豪ドル建資産を増やすことや円建の国債等に投資する場合が
       あり、さらに、豪ドル債マザーファンドを通じて投資する豪ドル建ソブリン債等について、前記リスク
       等が増大する場合には、円建の国債等に投資する場合があります。
      ・実質組入外貨建資産の為替変動リスクに対するヘッジは原則として行いません。

                                  7/104








                                                          EDINET提出書類
                                              明治安田アセットマネジメント株式会社(E12448)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
      ポートフォリオ構築プロセス
      ※上記ポートフォリオ構築・運用プロセスは、今後変更となる場合があります。






    (2)【ファンドの沿革】

      2008  年12月10日 信託契約の締結、ファンドの設定、運用開始
    (3)【ファンドの仕組み】

      ①ファンドの仕組み
       運用にあたってはファミリーファンド方式を採用し、主として、新興国通貨建国際機関債マザーファン
       ドおよび豪ドル債マザーファンドの各受益証券に投資することにより、実質的な運用をマザーファンド
       (以下「親投資信託」ともいいます。)で行う仕組みになっています。
      ※「ファミリーファンド方式」とは、お客さまからご投資いただいた資金をベビーファンドとしてまと
       め、その資金を主としてマザーファンドに投資することにより、実質的な運用をマザーファンドで行う
       仕組みです。
                    ※損益はすべて投資者である受益者に帰属します。



                                  8/104







                                                          EDINET提出書類
                                              明治安田アセットマネジメント株式会社(E12448)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
      ②委託会社等及びファンドの関係法人
      1 .委託会社(委託者)             :   明治安田アセットマネジメント株式会社
       信託財産の運用指図、投資信託説明書(目論見書)及び運用報告書の作成等を行います。
      2 .受託会社(受託者)             :   野村信託銀行株式会社
       信託財産の保管・管理業務等を行います。
      3 .販売会社
       ファンドの販売会社として募集・販売の取扱い、一部解約実行の請求の受付け、収益分配金、償還金等
       の支払い、運用報告書の交付等を行います。
      ※1  信託契約










       委託会社と受託会社との間において「信託契約(信託約款)」を締結しており、委託会社及び受託会社
       の業務、受益者の権利、投資信託財産の運用・評価・管理、収益の分配、信託期間、償還等を規定して
       います。
      ※2  投資信託受益権の取扱に関する契約
       委託会社と販売会社との間において「投資信託受益権の取扱に関する契約」を締結しており、販売会社
       が行う募集・販売等の取扱い、収益分配金及び償還金の支払い、買取り及び解約の取扱い等を規定して
       います。
                                  9/104






                                                          EDINET提出書類
                                              明治安田アセットマネジメント株式会社(E12448)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
      ③委託会社等の概況
      1 .資本金の額(本書提出日現在)                               10億円
      2 .委託会社の沿革
        1986  年11月:     コスモ投信株式会社設立
        1998  年10月:     ディーアンドシーキャピタルマネージメント株式会社と合併、商号を「コスモ
                投信投資顧問株式会社」に変更
        2000  年  2月:    商号を「明治ドレスナー投信株式会社」に変更
                明治ドレスナー・アセットマネジメント株式会社と合併、商号を「明治ドレス
        2000  年  7月:
                ナー・アセットマネジメント株式会社」に変更
                商号を「     MDAMアセットマネジメント株式会社                     」に変更
        2009  年  4月:
                安田投信投資顧問株式会社と合併、                   商号を「明治安田アセットマネジメント株
        2010  年10月:
                式会社」に変更。
      3 .大株主の状況(本書提出日現在)

                                                 発行済株式総数
                                            所有
          氏名又は名称                    住 所                    に対する所有
                                            株式数
                                                  株式数の割合
      明治安田生命保険相互会社                東京都千代田区丸の内二丁目1番1号                     17,539    株     92.86   %
                      ドイツ,     60323    フランクフルト・
      アリアンツ・グローバル・
      インベスターズ                アム・マイン,        ボッケンハイマー・
                                            1,261   株      6.68  %
      ゲー・エム・ベー・ハー                ラントシュトラーセ           42‐44
      富国生命保険相互会社                東京都千代田区内幸町2‐2‐2                        87 株      0.46  %

                                 10/104













                                                          EDINET提出書類
                                              明治安田アセットマネジメント株式会社(E12448)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    2【投資方針】
    (1)【投資方針】
      ①運用方針
       このファンドは、信託財産の中長期的な成長と安定的な収益の確保を目指して運用を行います。
      ②投資対象
       新興国通貨建国際機関債マザーファンド受益証券および豪ドル債マザーファンド受益証券(以下これら
       を総称して「各マザーファンド」ということがあります。)を主要投資対象とします。
      ③投資態度
       1 .各マザーファンドへの投資を通じて、世界の国際機関債等へ投資をすることにより、信託財産の中長
        期的な成長と安定的な収益の確保を目指して運用を行います。
       2 .各マザーファンドを通じて投資する国際機関債等は、原則として、取得時においてAAA格相当の格付
        けを取得しているものに限ります。
       3 .新興国通貨建国際機関債マザーファンド及び豪ドル債マザーファンドを通じて投資する各国通貨への
        実質投資比率(以下「基本配分比率」といいます)は、原則として均等配分とします。なお、基本配
        分比率には一定の許容幅を設け、一定以上乖離した場合にはリバランスを行います。
       4 .新興国通貨建国際機関債マザーファンドを通じて投資する4通貨の外貨建資産について、カントリー
        リスク・市場リスク等が増大する場合には、豪ドル建資産を増やすことや円建の国債等に投資する場
        合があり、さらに、豪ドル債マザーファンドを通じて投資する豪ドル建ソブリン債等について、前記
        リスク等が増大する場合には、円建の国債等に投資する場合があります。
       5 .実質組入外貨建資産の為替変動リスクに対するヘッジは原則として行いません。
      ※資金動向、市況動向等によっては上記のような運用ができない場合があります。
                                 11/104














                                                          EDINET提出書類
                                              明治安田アセットマネジメント株式会社(E12448)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    (参考)各マザーファンドの概要
    「新興国通貨建国際機関債マザーファンド」

      運用の基本方針
      1 基本方針
       この投資信託は、信託財産の中長期的な成長と安定的な収益の確保を目指して運用を行います。
      2 運用方法
      (1)投資対象
       相対的に金利の高い新興国通貨建で信用力の高い国際機関債を主要投資対象とします。
      (2)投資態度
       ①主として新興国通貨建(ブラジル・レアル、メキシコ・ペソ、トルコ・リラ、南アフリカ・ランド)
        の国際機関債等へ分散投資をすることにより、信託財産の中長期的な成長と安定的な収益の確保を目
        指して運用を行います。
       ②原則として、投資する国際機関債等は取得時においてAAA相当格の格付けを取得しているものに限りま
        す。
       ③新興国通貨への投資比率は、均等配分(以下「基本配分比率」といいます。)を基本とします。な
        お、基本配分比率には一定の許容幅を設け、一定以上乖離した場合にはリバランスを行います。
       ④ファンドの組入債券の平均残存期間は、原則として5年以内とします。
       ⑤利回り水準や流動性等を勘案して銘柄選択を行います。
       ⑥組入外貨建資産の為替変動リスクに対するヘッジは原則として行いません。
       ⑦資金動向、市況動向等によっては上記のような運用ができない場合があります。
      (3)投資制限
       ①株式への投資は、転換社債の転換および新株予約権(新株予約権付社債のうち会社法第236条第1項第
        3号の財産が当該新株予約権付社債についての社債であって当該社債と当該新株予約権がそれぞれ単
        独で存在し得ないことをあらかじめ明確にしているもの(以下会社法施行前の旧商法第341条ノ3第1
        項第7号および第8号の定めがある新株予約権付社債を含め「転換社債型新株予約権付社債」といい
        ます。)の新株予約権に限ります。)の行使により取得した株券、新株引受権証券および新株予約権
        証券の権利行使により取得した株券、社債権者割当または株主割当により取得した株券および優先株
        券に限るものとし、株式への直接投資は行いません。
       ②株式への投資割合は、信託財産の純資産総額の10%以下とします。
       ③新株引受権証券および新株予約権証券への投資割合は、取得時において信託財産の純資産総額の10%
        以下とします。
       ④同一銘柄の株式への投資割合は、信託財産の純資産総額の5%以下とします。
       ⑤同一銘柄の新株引受権証券および新株予約権証券への投資割合は、信託財産の純資産総額の5%以下
        とします。
       ⑥同一銘柄の転換社債ならびに転換社債型新株予約権付社債への投資割合は、信託財産の純資産総額の
        10%以下とします。
       ⑦外貨建資産への投資割合には制限を設けません。
       ⑧投資信託証券への投資割合は、信託財産の純資産総額の5%以下とします。
       ⑨有価証券先物取引等は、約款所定の範囲で行います。
       ⑩スワップ取引は、約款所定の範囲で行います。
                                 12/104







                                                          EDINET提出書類
                                              明治安田アセットマネジメント株式会社(E12448)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    「豪ドル債マザーファンド」
      運用の基本方針
      1 基本方針
       この投資信託は、信託財産の中長期的な成長と安定的な収益の確保を目指して運用を行います。
      2 運用方法
      (1)投資対象
       豪ドル建国際機関債、ソブリン債(国債、政府機関債等)及び豪ドル建地方債を主要投資対象としま
       す。
      (2)投資態度
       ①主として豪ドル建国際機関債、ソブリン債(国債、政府機関債等)及び豪ドル建地方債へ分散投資を
        することにより、信託財産の中長期的な成長と安定的な収益の確保を目指して運用を行います。
       ②原則として、投資する国際機関債、ソブリン債及び地方債等は取得時においてAAA相当格の格付けを取
        得しているものに限ります。
       ③ファンドの組入債券の平均残存期間は、原則として5年以内とします。
       ④利回り水準や流動性等を勘案して銘柄選択を行います。
       ⑤組入外貨建資産の為替変動リスクに対するヘッジは原則として行いません。
       ⑥資金動向、市況動向等によっては上記のような運用ができない場合があります。
      (3)投資制限
       ①株式への投資は、転換社債の転換および新株予約権(転換社債型新株予約権付社債の新株予約権に限
        ります。)の行使により取得した株券、新株引受権証券および新株予約権証券の権利行使により取得
        した株券、社債権者割当または株主割当により取得した株券および優先株券に限るものとし、株式へ
        の直接投資は行いません。
       ②株式への投資割合は、信託財産の純資産総額の10%以下とします。
       ③新株引受権証券および新株予約権証券への投資割合は、取得時において信託財産の純資産総額の10%
        以下とします。
       ④同一銘柄の株式への投資割合は、信託財産の純資産総額の5%以下とします。
       ⑤同一銘柄の新株引受権証券および新株予約権証券への投資割合は、信託財産の純資産総額の5%以下
        とします。
       ⑥同一銘柄の転換社債ならびに転換社債型新株予約権付社債への投資割合は、信託財産の純資産総額の
        10%以下とします。
       ⑦外貨建資産への投資割合には制限を設けません。
       ⑧投資信託証券への投資割合は、信託財産の純資産総額の5%以下とします。
       ⑨有価証券先物取引等は、約款所定の範囲で行います。
       ⑩スワップ取引は、約款所定の範囲で行います。
                                 13/104









                                                          EDINET提出書類
                                              明治安田アセットマネジメント株式会社(E12448)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    (2)【投資対象】
      ①この信託において投資の対象とする資産の種類は、次に掲げるものとします。
       1 .次に掲げる特定資産(「特定資産」とは、投資信託及び投資法人に関する法律第2条第1項で定める
        ものをいいます。以下同じ。)
        イ.有価証券
        ロ.デリバティブ取引に係る権利(金融商品取引法第2条第20項に規定するものをいい、約款に定め
           るものに限ります。)
        ハ.約束手形(金融商品取引法第2条第1項第15号に掲げるものを除きます。)
        ニ.金銭債権
       2 .次に掲げる特定資産以外の資産
        イ.為替手形
      ②委託会社は、信託金を、主として新興国通貨建国際機関債マザーファンドおよび豪ドル債マザーファン
       ドの受益証券のほか、次の有価証券に投資することを指図します。
       1 .転換社債の転換および新株予約権(転換社債型新株予約権付社債の新株予約権に限ります。)の行使
        により取得した株券、新株引受権証券および新株予約権証券の権利行使により取得した株券、社債権
        者割当または株主割当により取得した株券および優先株券
       2 .国債証券
       3 .地方債証券
       4 .特別の法律により法人の発行する債券
       5 .社債券(新株引受権証券と社債券とが一体となった新株引受権付社債券(以下「分離型新株引受権付
        社債券」といいます。)の新株引受権証券を除きます。)
       6 .特定目的会社に係る特定社債券(金融商品取引法第2条第1項第4号で定めるものをいいます。)
       7 .特別の法律により設立された法人の発行する出資証券(金融商品取引法第2条第1項第6号で定める
        ものをいいます。)
       8 .協同組織金融機関に係る優先出資証券(金融商品取引法第2条第1項第7号で定めるものをいいま
        す。)
       9 .特定目的会社に係る優先出資証券または新優先出資引受権を表示する証券(金融商品取引法第2条第
        1項第8号で定めるものをいいます。)
       10 .コマーシャル・ペーパー
       11 .新株引受権証券(分離型新株引受権付社債券の新株引受権証券を含みます。以下同じ。)および新
         株予約権証券
       12 .外国または外国の者の発行する証券または証書で、前各号の証券または証書の性質を有するもの
       13 .投資信託または外国投資信託の受益証券(金融商品取引法第2条第1項第10号で定めるものをいい
         ます。)
       14 .投資証券もしくは投資法人債券または外国投資証券(金融商品取引法第2条第1項第11号で定める
         ものをいいます。)
       15 .外国貸付債権信託受益証券(金融商品取引法第2条第1項第18号で定めるものをいいます。)
       16 .オプションを表示する証券または証書(金融商品取引法第2条第1項第19号で定めるものをいい、
         有価証券に係るものに限ります。)
       17 .預託証書(金融商品取引法第2条第1項第20号で定めるものをいいます。)
       18 .外国法人が発行する譲渡性預金証書
       19 .指定金銭信託の受益証券(金融商品取引法第2条第1項第14号で定める受益証券発行信託の受益証
         券に限ります。)
       20 .貸付債権信託受益権であって金融商品取引法第2条第1項第14号で定める受益証券発行信託の受益
         証券に表示されるべきもの
       21 .外国の者に対する権利で前20.の有価証券の性質を有するもの
       なお、1.の証券、12.ならびに17.の証券または証書のうち1.の証券の性質を有するものを以下「株
       式」といい、2.から6.までの証券および12.ならびに17.の証券または証書のうち2.から6.までの
       証券の性質を有するものおよび14.に記載する証券のうち投資法人債券を以下「公社債」といい、13.
       および14.の証券(ただし、投資法人債券を除きます。)を以下「投資信託証券」といいます。
      ③委託会社は、信託金を、上記②の有価証券のほか、次に掲げる金融商品(金融商品取引法第2条第2項
       の規定により有価証券とみなされる同項各号に掲げる権利を含みます。)により運用することを指図す
       ることができます。
       1 .預金
       2 .指定金銭信託(金融商品取引法第2条第1項第14号に規定する受益証券発行信託を除きます。)
       3 .コール・ローン
       4 .手形割引市場において売買される手形
       5 .貸付債権信託受益権であって金融商品取引法第2条第2項第1号で定めるもの
                                 14/104


                                                          EDINET提出書類
                                              明治安田アセットマネジメント株式会社(E12448)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
       6 .外国の者に対する権利で前5.の権利の性質を有するもの
                                 15/104




















                                                          EDINET提出書類
                                              明治安田アセットマネジメント株式会社(E12448)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    (3)【運用体制】
      当ファンドの運用体制は以下の通りです。
      ①投資政策委員会にて、マクロ経済環境・市況環境に関する分析、資産配分・資産毎の運用戦略に関する
       検討を行います。
      ②ファンドの運用担当者は、投資政策委員会における分析・検討等を踏まえて運用計画を策定し、運用計
       画に基づき、有価証券等の売買をトレーディング部門に指図します。
      ③ファンドに関する運用の基本規程等の遵守状況の管理、運用資産のリスク管理は、運用部門から独立し
       たコンプライアンス・リスク管理部、運用企画部が中心となって行います。
      ④投資管理委員会にて、ファンドの運用パフォーマンスの評価等を行い、これを運用部門にフィードバッ
       クすることにより、より精度の高い運用体制を維持するよう努めています。
      ※ファンドの運用体制等は、本書提出日現在のものであり、今後変更となることがあります。また、委託













       会社のホームページ(https://www.myam.co.jp/)の会社案内から、運用体制に関する情報がご覧いただ
       けます。
                                 16/104




                                                          EDINET提出書類
                                              明治安田アセットマネジメント株式会社(E12448)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
      <受託会社に対する管理体制>
       当社では、受託会社または受託会社の再信託先に対しては、日々の純資産照合、月次の勘定残高照合な
       どを行っています。また、受託業務の内部統制の有効性についての監査人による報告書を、受託会社よ
       り受け取っております。
    (4)【分配方針】

      ①収益分配方針
       毎月24日(決算日が休業日の場合は翌営業日)に決算を行い、原則として以下の方針に基づき分配を行
       います。
       1 .分配対象額の範囲は、経費控除後の繰越分を含めた利子・配当収入と売買益(評価益を含みます。)
        等の全額とします。
       2 .収益分配金額は、基準価額水準、市況動向等を勘案して決定します。ただし、必ず分配を行うもので
        はありません。
       3 .収益分配にあてず信託財産内に留保した利益の運用については、特に制限を設けず、委託会社の判断
        に基づき、元本部分と同一の運用を行います。
      ②収益の分配方式
       1 .信託財産から生ずる毎計算期末における利益は、次の方法により処理します。
         a .配当金、利子、貸付有価証券に係る品貸料およびこれ等に類する収益から支払利息を控除した額
          (以下「配当等収益」といいます。)は、諸経費、信託報酬および当該信託報酬に係る消費税等
          に相当する金額を控除した後、その残金を受益者に分配することができます。なお、次期以降の
          分配金にあてるため、その一部を分配準備積立金として積み立てることができます。
         b .売買損益に評価損益を加減した利益金額(以下「売買益」といいます。)は、諸経費、信託報酬
          および当該信託報酬に係る消費税等に相当する金額を控除し、繰越欠損金のあるときは、その全
          額を売買益をもって補てんした後、受益者に分配することができます。なお、次期以降の分配に
          あてるため、分配準備積立金として積み立てることができます。
       2 .毎計算期末において信託財産につき生じた損失は、次期に繰越します。
      ③収益分配金の支払い
       収益分配金は、毎計算期間終了日後1ヵ月以内の委託会社の指定する日から(原則として決算日から起
       算して5営業日までに)、決算日において振替機関等の振替口座簿に記載または記録されている受益者
       (当該収益分配金にかかる決算日以前において一部解約が行われた受益権にかかる受益者を除きます。
       また、当該収益分配金にかかる決算日以前に設定された受益権で取得申込代金支払前のため販売会社の
       名義で記載または記録されている受益権については原則として取得申込者とします。)に支払います。
       収益分配金の支払いは、販売会社において行います。なお、分配金再投資コースでお申込みの受益権に
       かかる収益分配金は、原則として税金を差し引いた後、決算日の基準価額で翌営業日に自動的に再投資
       され、再投資により増加した受益権は、振替口座簿に記載または記録されます。
      ※将来の収益分配金の支払いおよびその金額について示唆・保証するものではありません。

                                 17/104








                                                          EDINET提出書類
                                              明治安田アセットマネジメント株式会社(E12448)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     ●収益分配金に関する留意事項●
      ・分配金は、預貯金の利息とは異なり、投資信託の純資産から支払われますので、分配金が支払われる
       と、その金額相当分、基準価額は下がります。
       ※上記は投資信託での分配金の支払いをイメージ図にしたものです。



      ・分配金は、計算期間中に発生した収益(経費控除後の配当等収益および評価益を含む売買益)を超えて
       支払われる場合があります。その場合、当期決算日の基準価額は前期決算日と比べて下落することにな
       ります。また、分配金の水準は、必ずしも計算期間におけるファンドの収益率を示すものではありませ
       ん。
     (注)分配対象額は、①経費控除後の配当等収益、②経費控除後の評価益を含む売買益、③分配準備積立金、④収益






         調整金です。分配金は、分配方針に基づき、分配対象額から支払われます。
      ※上記はイメージであり、実際の分配金額や基準価額を示唆するものではありません。
      ・投資者のファンドの購入価額によっては、分配金の一部または全部が、実質的には元本の一部払戻しに
       相当する場合があります。ファンドの購入後の運用状況により、分配金額より基準価額の値上がりが小
       さかった場合も同様です            。
      普通分配金…個別元本(投資者(受益者)のファンドの購入価額)を上回る部分からの分配金です。




      元本払戻金(特別分配金)…個別元本を下回る部分からの分配金です。分配後の投資者(受益者)の個別元本
                      は、元本払戻金(特別分配金)の額だけ減少します。
      ※普通分配金に対する課税については、後述の「4 手数料等及び税金 (5)課税上の取扱い」をご覧くだ
       さい。
    (5)【投資制限】

    <投資信託約款に基づく主な投資制限>
      ①株式への投資制限
                                 18/104


                                                          EDINET提出書類
                                              明治安田アセットマネジメント株式会社(E12448)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
       株式への投資は、転換社債の転換および新株予約権(転換社債型新株予約権付社債の新株予約権に限り
       ます。)の行使により取得した株券、新株引受権証券および新株予約権証券の権利行使により取得した
       株 券、社債権者割当または株主割当により取得した株券および優先株券に限るものとし、株式への直接
       投資は行いません。
       株式への実質投資割合は、信託財産の純資産総額の10%以下とします。
       ※実質投資割合とは、当ファンドが保有するある種類の資産の評価額が当ファンドの純資産総額に占め
        る比率(「組入比率」といいます。)と、当該同一種類の資産のマザーファンドにおける組入比率に
        当該マザーファンド受益証券の当ファンドにおける組入比率を乗じて得た率を合計したものをいいま
        す(以下同じ。)。
      ②外貨建資産への投資制限
       外貨建資産への実質投資割合には制限を設けません。
      ③新株引受権証券等の投資制限
       新株引受権証券および新株予約権証券への実質投資割合は、取得時において信託財産の純資産総額の
       5%以下とします。
      ④同一銘柄の株式への投資制限
       同一銘柄の株式への実質投資割合は純資産総額の5%以下とします。
      ⑤同一銘柄の新株引受権証券等への投資制限
       同一銘柄の新株引受権証券および新株予約権証券への実質投資割合は、信託財産の純資産総額の5%以
       下とします。
      ⑥同一銘柄の転換社債等への投資制限
       同一銘柄の転換社債ならびに転換社債型新株予約権付社債への実質投資割合は、信託財産の純資産総額
       の10%以下とします。
      ⑦投資信託証券の投資制限
       投資信託証券(マザーファンド受益証券を除きます。)への実質投資割合は、信託財産の純資産総額の
       5%以下とします。
      ⑧投資する株式等の範囲
       1 .委託会社が投資することを指図する株式、新株引受権証券および新株予約権証券は、金融商品取引所
        に上場されている株式の発行会社の発行するもの、金融商品取引所に準ずる市場において取引されて
        いる株式の発行会社の発行するものとします。ただし、株主割当または社債権者割当により取得する
        株式、新株引受権証券および新株予約権証券については、この限りではありません。
       2 .上記1.の規定にかかわらず、上場予定または登録予定の株式、新株引受権証券および新株予約権証
        券で目論見書等において上場または登録されることが確認できるものについては、委託会社が投資す
        ることを指図することができるものとします。
      ⑨信用リスク集中回避のための投資制限
       一般社団法人投資信託協会規則に定める一の者に対する株式等エクスポージャー、債券等エクスポー
       ジャーおよびデリバティブ等エクスポージャーの信託財産の純資産総額に対する比率は、原則として、
       それぞれ100分の10、合計で100分の20を超えないものとし、当該比率を超えることとなった場合には、
       委託会社は、一般社団法人投資信託協会規則に従い当該比率以内となるよう調整を行なうこととしま
       す。
                                 19/104








                                                          EDINET提出書類
                                              明治安田アセットマネジメント株式会社(E12448)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
      ⑩信用取引の指図範囲
       1 .委託会社は、信託財産の効率的な運用に資するため、信用取引により株券を売付けることの指図をす
        ることができます。なお、当該売付けの決済については、株券の引き渡しまたは買戻しにより行うこ
        との指図をすることができるものとします。
       2 .上記1.の信用取引の指図は、当該売付けに係る建玉の時価総額が信託財産の純資産総額の範囲内と
        します。
       3 .信託財産の一部解約等の事由により、上記2.の売付けに係る建玉の時価総額が信託財産の純資産総
        額を超えることとなった場合には、委託会社は速やかに、その超える額に相当する売付けの一部を決
        済するための指図をするものとします。
      ⑪先物取引等の運用指図・目的・範囲
       1 .委託会社は、信託財産に属する資産の効率的な運用に資するため、ならびに価格変動リスクを回避す
        るため、わが国の金融商品取引所における有価証券先物取引(金融商品取引法第28条第8項第3号イ
        に掲げるものをいいます。)、有価証券指数等先物取引(金融商品取引法第28条第8項第3号ロに掲
        げるものをいいます。)および有価証券オプション取引(金融商品取引法第28条第8項第3号ハに掲
        げるものをいいます。)ならびに外国の金融商品取引所におけるこれらの取引と類似の取引を行うこ
        との指図をすることができます。なお、選択権取引は、オプション取引に含めるものとします(以下
        同じ。)。
       2 .委託会社は、信託財産に属する資産の効率的な運用に資するため、ならびに為替変動リスクを回避す
        るため、わが国の金融商品取引所における通貨に係る先物取引ならびに外国の金融商品取引所におけ
        る通貨に係る先物取引およびオプション取引を行うことの指図をすることができます。
       3 .委託会社は、信託財産に属する資産の効率的な運用に資するため、ならびに価格変動リスクを回避す
        るため、わが国の金融商品取引所における金利に係る先物取引およびオプション取引ならびに外国の
        金融商品取引所におけるこれらの取引と類似の取引を行うことの指図をすることができます。
      ⑫スワップ取引の運用指図・目的・範囲
       1 .委託会社は、信託財産に属する資産の効率的な運用に資するためならびに価格変動リスクおよび為替
        変動リスクを回避するため、異なった通貨、異なった受取金利または異なった受取金利とその元本を
        一定の条件のもとに交換する取引(以下「スワップ取引」といいます。)を行うことの指図をするこ
        とができます。
       2 .スワップ取引の指図にあたっては、当該取引の契約期限が、原則として信託期間を超えないものとし
        ます。ただし、当該取引が当該信託期間内で全部解約が可能なものについてはこの限りではありませ
        ん。
       3 .スワップ取引の指図にあたっては、当該信託財産に係るスワップ取引の想定元本の総額とマザーファ
        ンドの信託財産に係るスワップ取引の想定元本の総額のうち信託財産に属するとみなした額との合計
        額(以下「スワップ取引の想定元本の合計額」といいます。以下本項において同じ。)が、信託財産
        の純資産総額を超えないものとします。なお、信託財産の一部解約等の事由により、上記純資産総額
        が減少して、スワップ取引の想定元本の合計額が信託財産の純資産総額を超えることとなった場合に
        は、委託会社は速やかに、その超える額に相当するスワップ取引の一部の解約を指図するものとしま
        す。
       4 .上記3.においてマザーファンドの信託財産に係るスワップ取引の想定元本の総額のうち信託財産に
        属するとみなした額とは、マザーファンドの信託財産に係るスワップ取引の想定元本の総額にマザー
        ファンドの信託財産の純資産総額に占める信託財産に属するマザーファンドの時価総額の割合を乗じ
        て得た額をいいます。
       5 .スワップ取引の評価は、当該取引契約の相手方が市場実勢金利等をもとに算出した価額で評価するも
        のとします。
       6 .委託会社は、スワップ取引を行うにあたり担保の提供あるいは受入れが必要と認めたときは、担保の
        提供あるいは受入れの指図を行うものとします。
      ⑬金利先渡取引および為替先渡取引の運用指図
       1 .委託会社は、信託財産に属する資産の効率的な運用に資するため、金利先渡取引および為替先渡取引
        を行うことの指図をすることができます。
       2 .金利先渡取引および為替先渡取引の指図にあたっては、当該取引の決済日が、原則として信託期間を
        超えないものとします。ただし、当該取引が当該信託期間内で全部解約が可能なものについてはこの
        限りではありません。
       3 .金利先渡取引および為替先渡取引の評価は、当該取引契約の相手方が市場実勢金利等をもとに算出し
        た価額で評価するものとします。
       4 .委託会社は、金利先渡取引および為替先渡取引を行うにあたり担保の提供あるいは受入れが必要と認
        めたときは、担保の提供あるいは受入れの指図を行うものとします。
       5 .「金利先渡取引」は、当事者間において、あらかじめ将来の特定の日(以下「決済日」といいま
        す。)における決済日から一定の期間を経過した日(以下「満期日」といいます。)までの期間に係
                                 20/104


                                                          EDINET提出書類
                                              明治安田アセットマネジメント株式会社(E12448)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
        る国内または海外において代表的利率として公表される預金契約または金銭の貸借契約に基づく債権
        の利率(以下「指標利率」といいます。)の数値を取り決め、その取り決めに係る数値と決済日にお
        け る当該指標利率の現実の数値との差にあらかじめ元本として定めた金額および当事者間で約定した
        日数を基準とした数値を乗じた額を決済日における当該指標利率の現実の数値で決済日における現在
        価値に割り引いた額の金銭の授受を約する取引をいいます。
       6 .「為替先渡取引」は、当事者間において、あらかじめ決済日から満期日までの期間に係る為替スワッ
        プ取引(同一の相手方との間で直物外国為替取引および当該直物外国為替取引と反対売買の関係に立
        つ先物外国為替取引を同時に約定する取引をいいます。以下本項において同じ。)のスワップ幅(当
        該直物外国為替取引に係る外国為替相場と当該先物外国為替取引に係る外国為替相場との差を示す数
        値をいいます。以下本項において同じ。)を取り決め、その取り決めに係るスワップ幅から決済日に
        おける当該為替スワップ取引の現実のスワップ幅を差し引いた値にあらかじめ元本として定めた金額
        を乗じた額を決済日における指標利率の数値で決済日における現在価値に割り引いた額の金銭または
        その取り決めに係るスワップ幅から決済日における当該為替スワップ取引の現実のスワップ幅を差し
        引いた値にあらかじめ元本として定めた金額を乗じた金額とあらかじめ元本として定めた金額につい
        て決済日を受渡日として行った先物外国為替取引を決済日における直物外国為替取引で反対売買した
        ときの差金に係る決済日から満期日までの利息とを合算した額を決済日における指標利率の数値で決
        済日における現在価値に割り引いた額の金銭の授受を約する取引をいいます。
      ⑭デリバティブ取引等に係る投資制限
       デリバティブ取引等については、一般社団法人投資信託協会の規則に定める合理的な方法により算出し
       た額が、信託財産の純資産総額を超えないものとします。
      ⑮有価証券の貸付けの指図および範囲
       1 .委託会社は、信託財産の効率的な運用に資するため、信託財産に属する株式および公社債を次の範囲
        内で貸付けの指図をすることができます。
         a .株式の貸付けは、貸付時点において、貸付株式の時価合計額が、信託財産で保有する株式の時価
          合計額の50%を超えないものとします。
         b .公社債の貸付けは、貸付時点において、貸付公社債の額面金額の合計額が、信託財産で保有する
          公社債の額面金額の合計額の50%を超えないものとします。
       2 .上記1.に定める限度額を超えることとなった場合には、委託会社は速やかに、その超える額に相当
        する契約の一部の解約を指図するものとします。
       3 .委託会社は、有価証券の貸付けにあたって必要と認めたときは、担保の受入れの指図を行うものとし
        ます。
      ⑯公社債の空売りの指図範囲
       1 .委託会社は、信託財産の効率的な運用に資するため、信託財産の計算においてする信託財産に属さな
        い公社債を売付けることの指図をすることができます。なお、当該売付けの決済については、公社債
        (信託財産により借入れた公社債を含みます。)の引き渡しまたは買戻しにより行うことの指図をす
        ることができるものとします。
       2 .上記1.の売付けの指図は、当該売付けにかかる公社債の時価総額が信託財産の純資産総額の範囲内
        とします。
       3 .信託財産の一部解約等の事由により、上記2.の売付けにかかる公社債の時価総額が信託財産の純資
        産総額を超えることとなった場合には、委託会社は速やかに、その超える額に相当する売付けの一部
        を決済するための指図を行うものとします。
      ⑰公社債の借入れ
       1 .委託会社は、信託財産の効率的な運用に資するため、公社債の借入れの指図を行うことができます。
        なお、当該公社債の借入れを行うにあたり担保の提供が必要と認めたときは、担保の提供の指図を行
        うものとします。
       2 .上記1.の指図は、当該借入れにかかる公社債の時価総額が信託財産の純資産総額の範囲内としま
        す。
       3 .信託財産の一部解約等の事由により、上記2.の借入れにかかる公社債の時価総額が信託財産の純資
        産総額を超えることとなった場合には、委託会社は速やかに、その超える額に相当する借入れた公社
        債の一部を返還するための指図を行うものとします。
       4 .上記1.の借入れにかかる品借料は信託財産中から支弁します。
      ⑱特別の場合の外貨建有価証券への投資制限
       外貨建有価証券への投資については、わが国の国際収支上の理由等により特に必要と認められる場合に
       は、制約されることがあります。
      ⑲外国為替予約取引の指図
       1 .委託会社は、信託財産の効率的な運用に資するため、外国為替の売買の予約取引の指図をすることが
        できます。
                                 21/104


                                                          EDINET提出書類
                                              明治安田アセットマネジメント株式会社(E12448)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
       2 .上記1.の予約取引の指図は、信託財産に係る為替の買予約の合計額と売予約の合計額との差額につ
        き円換算した額が、信託財産の純資産総額を超えないものとします。ただし、信託財産に属する外貨
        建資産(マザーファンドの信託財産に属する外貨建資産のうち信託財産に属するとみなした額を含み
        ま す。)の為替変動リスクを回避するためにする当該予約取引の指図については、この限りではあり
        ません。
       3 .上記2.の限度額を超えることとなった場合には、委託会社は所定の期間内に、その超える額に相当
        する為替予約の一部を解消するための外国為替の売買の予約取引の指図をするものとします。
       4 .上記2.において信託財産に属するとみなした額とは、信託財産に属するマザーファンド受益証券の
        時価総額にマザーファンドの信託財産の純資産総額に占める外貨建資産の時価総額の割合を乗じて得
        た額をいいます。
                                 22/104

















                                                          EDINET提出書類
                                              明治安田アセットマネジメント株式会社(E12448)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
      ⑳資金の借入れ
       1 .委託会社は、信託財産の効率的な運用ならびに運用の安定性に資するため、一部解約に伴う支払資金
        の手当て(一部解約に伴う支払資金の手当てのために借入れた資金の返済を含みます。)を目的とし
        て、および再投資に係る収益分配金の支払資金の手当てを目的として、資金借入れ(コール市場を通
        じる場合を含みます。)の指図をすることができます。なお、当該借入金をもって有価証券等の運用
        は行わないものとします。
       2 .上記1.の資金借入額は、次に掲げる要件を満たす範囲内の額とします。
         a .一部解約に伴う支払資金の手当てにあたっては、一部解約金の支払資金の手当のために行った有
          価証券等の売却または解約等ならびに有価証券等の償還による受取りの確定している資金の額の
          範囲内
         b .再投資に係る収益分配金の支払資金の手当てにあたっては、収益分配金の再投資額の範囲内
         c .借入れ指図を行う日における信託財産の純資産総額の10%以内
       3 .一部解約に伴う支払資金の手当てのための借入期間は、受益者への解約代金支払開始日から信託財産
        で保有する有価証券等の売却代金の受渡日までの間または受益者への解約代金支払開始日から信託財
        産で保有する有価証券等の解約代金入金日までの間もしくは受益者への解約代金支払開始日から信託
        財産で保有する有価証券等の償還金の入金日までの期間が5営業日以内である場合の当該期間としま
        す。
       4 .再投資に係る収益分配金の支払資金の手当てのための借入期間は、信託財産から収益分配金が支弁さ
        れる日からその翌営業日までとします。
       5 .借入金の利息は信託財産中から支弁します。
    <法律等で規制される投資制限>

      ①同一法人の発行する株式への投資制限
       委託会社は、同一の法人の発行する株式を、その運用の指図を行う全ての委託者指図型投資信託につ
       き、投資信託財産として有する当該株式に係る議決権の総数が、当該株式に係る議決権の総数に100分の
       50の率を乗じて得た数を超えることとなる場合においては、投資信託財産をもって取得することを受託
       会社に指図しないものとします。
      ②デリバティブ取引の投資制限
       委託会社は、信託財産に関し、金利、通貨の価格、金融商品市場における相場その他の指標に係る変動
       その他の理由により発生し得る危険に対応する額としてあらかじめ委託会社が定めた合理的な方法によ
       り算出した額が当該信託財産の純資産額を超えることとなる場合において、デリバティブ取引(新株予
       約権証券またはオプションを表示する証券もしくは証書に係る取引および選択権付債券売買を含みま
       す。)を行い、または継続することを受託会社に指図しないものとします。
                                 23/104










                                                          EDINET提出書類
                                              明治安田アセットマネジメント株式会社(E12448)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    3【投資リスク】
    (1)ファンドのリスクと留意点
      高金利国際機関債ファンド(毎月決算型)は、マザーファンドを通じて債券(公社債)など値動きのある
      証券に投資します(外貨建資産には為替変動リスクもあります。)ので、基準価額は変動します。
      したがって、金融機関の預貯金と異なり投資元本は保証されず、元本を割り込むおそれがあります。ま
      た、ファンドの信託財産に生じた利益および損失は、すべて受益者に帰属します。
      なお、ファンドが有する主なリスク等は、以下のとおりです。
      ①値動きの主な要因
       1 .債券価格変動リスク
         債券(公社債等)の価格は、金融情勢・金利変動および信用度等の影響を受けて変動します。一般に
         債券の価格は、市中金利の水準が上昇すると下落します。保有する債券価格の下落は、ファンドの基
         準価額を下げる要因となります。
       2 .為替変動リスク
         外貨建資産への投資については、為替変動による影響を受けます。ファンドが保有する外貨建資産の
         価格が現地通貨ベースで上昇する場合であっても、当該現地通貨が対円で下落(円高)する場合、円
         ベースでの評価額は下落することがあります。為替の変動(円高)は、ファンドの基準価額を下げる
         要因となります。
       3 .カントリーリスク
         投資対象国の経済や政治等の不安定性に伴う有価証券市場の混乱により当該投資国に投資した資産の
         価値が大きく下落することがあります。また、新興国への投資は一般的に先進国と比べてカントリー
         リスクが高まる場合があります。
       4 .信用リスク
         投資している有価証券等の発行体において、利払いや償還金の支払い遅延等の債務不履行が起こる可
         能性があります。
         また、有価証券への投資等ファンドに関する取引において、取引の相手方の業績悪化や倒産等による
         契約不履行が起こる可能性があります。
       ※基準価額の変動要因は上記に限定されるものではありません。
      ②その他のリスク・留意点

       ●有価証券を売買しようとする際、需要または供給が少ない場合、希望する時期・価格・数量による売買
        ができなくなることがあります。
       ●当ファンドは、ファミリーファンド方式で運用を行います。ファミリーファンド方式には運用の効率性
        等の利点がありますが、マザーファンドにおいて他のベビーファンドの追加設定・解約等に伴う売買等
        を行う場合には、当ファンドの基準価額は影響を受けることがあります。
       ●資金動向、市況動向等によっては、投資方針に沿う運用ができない場合があります。
       ●収益分配は、計算期間中に発生した運用収益(経費控除後の配当等収益および売買益(評価益を含みま
        す。))を超えて行われる場合があるため、分配水準は必ずしも当該計算期間中の収益率を示すもので
        はありません。
        投資者の個別元本(追加型投資信託を保有する投資者毎の取得元本)の状況により、分配金額の全部ま
        たは一部が、実質的に元本の一部払戻しに相当する場合があります。
        分配金は純資産から支払われるため、分配金支払いに伴う純資産の減少により基準価額が下落する要因
        となります。当該計算期間中の運用収益を超える分配を行う場合、当期決算日の基準価額は前期決算日
        の基準価額と比べ下落することとなります。
        当ファンドのお取引に関しては、金融商品取引法第37条の6の規定(いわゆるクーリング・
        オフ)の適用はありません。
    (2)リスク管理体制

      ファンドの運用にあたっては、社内規程や運用計画に基づき、運用部門が運用プロセスの中でリスクコン
      トロールを行います。また、運用部門から独立した部署により諸リスクの状況が確認され、各種委員会等
      において協議・報告される体制となっています。
      ①コンプライアンス・リスク管理委員会は、法令諸規則・社内規程等の遵守状況、運用資産のリスク管理
       状況等を把握・管理し、必要に応じて指示・指摘を行います。
      ②投資管理委員会は、運用パフォーマンスの評価・分析、トレーディング分析、運用スタイル・運用方針
       との整合性、投資信託財産の運用リスク等を把握・管理し、必要に応じて指導・指摘を行います。
                                 24/104



                                                          EDINET提出書類
                                              明治安田アセットマネジメント株式会社(E12448)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
      ※ファンドのリスク管理体制等は、本書提出日現在のものであり、今後変更となることがあります。





                                 25/104















                                                          EDINET提出書類
                                              明治安田アセットマネジメント株式会社(E12448)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    (3)参考情報
                                 26/104




















                                                          EDINET提出書類
                                              明治安田アセットマネジメント株式会社(E12448)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    <代表的な資産クラスの指数について>
     東証株価指数(TOPIX)                は、東京証券取引所           市場第一部(以下、東証市場第一部ということがありま

     す。)の時価総額の動きをあらわす株価指数であり、株式会社東京証券取引所(以下「東京証券取引所」
     といいます。)が算出、公表を行っています。東証市場第一部に上場しているすべての銘柄を計算の対象
     としていますので、日本の株式市場のほぼ全体の資産価値の動きを表しています。
     東証株価指数(TOPIX)は東京証券取引所の知的財産であり、株価指数の算出、指数値の公表、利用
     などTOPIXに関する全ての権利およびTOPIXの商標に関する全ての権利は東京証券取引所が有し
     ます。東京証券取引所はTOPIXの指数値の算出若しくは公表の方法の変更、TOPIXの指数値の算
     出若しくは公表の停止またはTOPIXの商標の変更若しくは使用の停止を行うことができます。東京証
     券取引所はTOPIXの商標の使用若しくはTOPIXの指数の利用に関して得られる結果について何ら
     保証、言及をするものではありません。
     MSCI-KOKUSAI       は、MSCI     Inc.が算出する日本を除く世界主要国の株式市場を捉える指数として広く認知され

     ているものであり、MSCI-KOKUSAI                   指数に関する著作権等の知的財産権、その他一切の権利はMSCI                                   Inc.に
     帰属します。MSCI          Inc.は当ファンドの運用成果等に関し一切責任はありません。
     MSCI  エマージング・マーケット・インデックス                       は、MSCI     Inc.が算出する新興国の株価の動きを表す代表的

     な指数であり、MSCI           エマージング・マーケット・インデックスに関する著作権等の知的財産権、その他一
     切の権利はMSCI         Inc.に帰属します。MSCI              Inc.は当ファンドの運用成果等に関し一切責任はありません。
     NOMURA    -BPI(国債)        は、日本国債の市場全体の動向を表す、野村證券株式会社によって計算、公表されて

     いる投資収益指数で、野村證券株式会社の知的財産です。野村證券株式会社は、当ファンドの運用成果等
     に関し一切責任はありません。
     FTSE  世界国債インデックス            は、FTSE     Fixed    Income    LLCにより運営され、世界主要国の国債の総合収益率を

     各市場の時価総額で加重平均した債券インデックスです。このインデックスのデータは、情報提供のみを
     目的としており、FTSE             Fixed    Income    LLCは、当該データの正確性および完全性を保証せず、またデータの
     誤謬、脱漏または遅延につき何ら責任を負いません。このインデックスに対する著作権等の知的財産その
     他一切の権利はFTSE           Fixed    Income    LLCに帰属します。
     JP モルガンGBI-EMグローバル・ダイバーシファイド                           (JPモルガン・ガバメント・ボンド・インデック

     ス・エマージング・マーケッツ・グローバル・ダイバーシファイド)は、J.P.Morgan                                              Securities       LLC(JP
     モルガン)が公表している、エマージング諸国の国債を中心とした債券市場の合成パフォーマンスを表す
     指数として広く認知されているものであり、JPモルガンの知的財産です。JPモルガンは当ファンドの
     運用成果等に関し一切責任はありません。
                                 27/104









                                                          EDINET提出書類
                                              明治安田アセットマネジメント株式会社(E12448)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    4【手数料等及び税金】
    (1)【申込手数料】
      ①申込手数料は、取得申込受付日の翌営業日の基準価額に申込口数を乗じた額に、3.3%(税抜3.0%)を
       上限として、販売会社が別途定める料率を乗じて得た額とします。詳細については、お申込みの各販売
       会社までお問合わせください。
       ※購入時手数料は、購入時の商品説明、事務手続き等の対価として販売会社にお支払いいただきます。
       ※「税抜」における税とは、消費税および地方消費税(以下「消費税等」といいます。)相当額をいい
        ます(以下同じ。)。
      ②分配金再投資コースでお申込みの受益者が販売会社との間で結んだ「自動継続投資契約(販売会社によ
       り名称が異なる場合があります。以下同じ。)」に基づいて収益分配金を再投資する場合は無手数料と
       します。
    (2)【換金(解約)手数料】

      解約手数料および信託財産留保額はありません。
    (3)【信託報酬等】

      ファンドの純資産総額に対し、年1.21%(税抜1.1%)の率を乗じて得た額がファンドの計算期間を通じて
      毎日計上され、ファンドの日々の基準価額に反映されます。なお、毎計算期末または信託終了のとき、信
      託財産中から支払われます。
      <内訳>
           配分                        料率(年率)
          委託会社                       0.55  %(税抜0.5%)
          販売会社                      0.605   %(税抜0.55%)
          受託会社                      0.055   %(税抜0.05%)
           合計                      1.21  %(税抜1.1%)
       ※「税抜」における税とは、消費税等相当額をいいます。
      <内容>
          支払い先                          役務の内容
                  ファンドの運用、基準価額の算出、法定書類(目論見書、運用報告書、有
          委託会社         価証券報告書・届出書等)の作成・印刷・交付および届出等にかかる費用
                  の対価
                  購入後の情報提供、運用報告書等各種書類の送付、口座内でのファンドの
          販売会社
                  管理等の対価
          受託会社         ファンド財産の管理、委託会社からの指図の実行等の対価
           合計        運用管理費用(信託報酬)=運用期間中の日々の基準価額×信託報酬率
                                 28/104








                                                          EDINET提出書類
                                              明治安田アセットマネジメント株式会社(E12448)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    (4)【その他の手数料等】
      ファンドは以下の費用も負担します。
      ①信託財産の監査にかかる費用(監査費用)として監査法人に年0.0055%(税抜0.005%)を支払う他、有
       価証券等の売買の際に売買仲介人に支払う売買委託手数料、先物取引・オプション取引等に要する費
       用、資産を外国で保管する場合に当該資産の保管や資金の送金等に要する費用として保管銀行に支払う
       保管費用、その他信託事務の処理に要する費用等がある場合には、信託財産でご負担いただきます。
      ②信託財産において一部解約に伴う支払資金の手当て等を目的として資金借入れの指図を行った場合、当
       該借入金の利息は信託財産中より支弁します。
      ※その他の費用については、運用状況等により変動しますので、事前に料率、上限額等を表示することが
       できません。また、監査費用は監査法人等によって見直され、変更される場合があります。
      ※当該手数料等の合計額については、投資者の皆さまの保有期間等に応じて異なりますので、表示するこ
       とができません。
    (5)【課税上の取扱い】

      ①個人、法人別の課税の取扱いについて
       1 .個人の受益者に対する課税
       <収益分配金(普通分配金)に対する課税>
        個人の受益者が支払いを受ける収益分配金のうち課税扱いとなる普通分配金については、以下の税率
        による源泉徴収(申告不要)となります。なお、確定申告による申告分離課税または総合課税を選択
        することもできます。
        収益分配金のうち所得税法上課税対象となるのは普通分配金のみであり、元本払戻金(特別分配金)
        は課税されません。
                     税率
           20.315    %(所得税15.315%、地方税5%)

       <一部解約時および償還時に対する課税>

        一部解約時および償還時の差益(解約価額および償還価額から取得費(申込手数料(税込)を含みま
        す。)を控除した利益)については、譲渡所得とみなされ、以下の税率による申告分離課税が適用さ
        れます。なお、源泉徴収ありの特定口座を選択している場合は、源泉徴収(原則として、確定申告は
        不要)となります。
                     税率
           20.315    %(所得税15.315%、地方税5%)

       <損益通算について>

         一部解約時および償還時の損失については、確定申告等により、上場株式等(特定公社債、公募公
         社債投資信託を含みます。以下同じ。)の譲渡益と相殺することができ、上場株式等の配当所得
         (申告分離課税を選択した収益分配金・配当金に限ります。)および利子所得の金額との損益通算
         も可能となります。また、翌年以後3年間、上場株式等の譲渡益および配当等・利子から繰越控除
         することができます。一部解約時および償還時の差益については、他の上場株式等との譲渡損との
         相殺が可能となります。
         詳しくは販売会社にお問合わせください。
       2 .法人の受益者に対する課税
        法人の受益者が支払いを受ける収益分配金のうち課税扱いとなる普通分配金ならびに一部解約時およ
        び償還時の個別元本超過額については、以下の税率で源泉徴収されます。地方税の源泉徴収はありま
        せん。収益分配金のうち所得税法上課税対象となるのは普通分配金のみであり、元本払戻金(特別分
        配金)は課税されません。源泉徴収された所得税は、法人税の額から控除できます。
                   税率
             15.315    %(所得税15.315%)

      ②個別元本方式について

       1 .追加型株式投資信託について、受益者毎の信託時の受益権の価額等(申込手数料および当該申込手数
        料にかかる消費税等相当額は含まれません。)が当該受益者の元本(個別元本)にあたります。
       2 .受益者が同一ファンドの受益権を複数回取得した場合、個別元本は、当該受益者が追加信託を行うつ
        ど当該受益者の受益権口数で加重平均することにより算出されます。同一ファンドを複数の販売会社
        で取得する場合については各販売会社毎に、個別元本の算出が行われます。また、同一取扱販売会社
                                 29/104

                                                          EDINET提出書類
                                              明治安田アセットマネジメント株式会社(E12448)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
        であっても複数支店で同一ファンドを取得する場合は当該支店毎に、「分配金受取りコース」と「分
        配金再投資コース」の両コースで取得する場合はコース別に、個別元本の計算が行われる場合があり
        ま す。
       3 .受益者が元本払戻金(特別分配金)を受取った場合、収益分配金発生時にその個別元本から当該元本
        払戻金(特別分配金)を控除した額が、その後の当該受益者の個別元本となります。
      ③収益分配金の課税について

       収益分配金には、課税扱いとなる「普通分配金」と、非課税扱いとなる「元本払戻金(特別分配金)」
       (受益者毎の元本の一部払い戻しに相当する部分)があります。
       1 .収益分配金落ち後の基準価額が、当該受益者の個別元本と同額の場合または受益者の個別元本を上
        回っている場合には、当該収益分配金の全額が普通分配金となります。
       2 .収益分配金落ち後の基準価額が、受益者の個別元本を下回っている場合には、その下回る部分の額が
        元本払戻金(特別分配金)となり、当該収益分配金から当該元本払戻金(特別分配金)を控除した額
        が普通分配金となります。なお、収益分配金の発生時に、その個別元本から元本払戻金(特別分配
        金)を控除した額がその後の受益者の個別元本になります。
       1 .の場合

       2 .の場合





      ※上記の図はイメージ図であり、個別元本、基準価額および分配金の各水準等を示唆するものではありま




       せん。
      ※課税上は、株式投資信託として取扱われます。

      ※当ファンドは、配当控除・益金不算入制度の適用はありません。
      ※公募株式投資信託は税法上、少額投資非課税制度「愛称:NISA(ニーサ)、ジュニアNISA(ニーサ)」
       の適用対象です。
      <少額投資非課税制度「NISA(ニーサ)、ジュニアNISA(ニーサ)」をご利用の場合>
       NISA  (ニーサ)をご利用の場合、毎年、年間120万円の範囲で新たに購入した公募株式投資信託等から生
       じる配当所得及び譲渡所得が5年間非課税となります。他の口座で生じた配当所得や譲渡所得との損益
       通算はできません。ご利用になることができるのは、満20歳以上の方で、販売会社で非課税口座を開設
       する等、一定の条件に該当する方が対象となります。
       ジュニアNISA(ニーサ)をご利用の場合、毎年、年間80万円の範囲で新たに購入した公募株式投資信託
       等から生じる配当所得及び譲渡所得が5年間非課税となります。未成年者のために、原則として親権者
                                 30/104


                                                          EDINET提出書類
                                              明治安田アセットマネジメント株式会社(E12448)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
       等が代理で運用を行い、18歳まで払出しが制限されます。ご利用になることができるのは、20歳未満ま
       での方で、販売会社で非課税口座を開設する等、一定の条件に該当する方が対象となります。
       詳しくは、販売会社へお問合わせください。
      ※外国税額控除の適用となった場合には、分配時の税金が上記と異なる場合があります。
      ※上記は2020年12月末現在のものですので、税法が改正された場合等は、上記内容が変更されることがあ
       ります。
      ※課税上の取扱いの詳細につきましては、税務専門家に確認されることをお勧めいたします。
                                 31/104


















                                                          EDINET提出書類
                                              明治安田アセットマネジメント株式会社(E12448)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    5【運用状況】
      以下は2020年12月30日現在の運用状況です。
      ※投資比率とは、ファンドの純資産総額に対する当該資産の時価比率をいいます。
      ※投資比率の合計は四捨五入の関係で合わない場合があります。
      ※マザーファンドの運用状況は、当ファンドの後に続きます。
    (1)【投資状況】

              資産の種類                国/地域          時価合計(円)            投資比率(%)
      親投資信託受益証券                         日本           1,439,170,077                98.72

      現金・預金・その他の資産(負債控除後)                         ―            18,688,846               1.28

                 合計(純資産総額)                         1,457,858,923               100.00

    (2)【投資資産】

      ①【投資有価証券の主要銘柄】
      イ.評価額上位銘柄明細
                                 帳簿価額       帳簿価額      評価額      評価額      投資
                           数量又は
      順  国/
            種類       銘柄名               単価       金額      単価      金額      比率
      位  地域
                           額面総額
                                  (円)       (円)      (円)      (円)      (%)
                新興国通貨建

          親投資信託
                国際機関債マザー
      1 日本                   794,433,045        1.4406    1,144,460,244       1.4513    1,152,960,678       79.09
           受益証券
                ファンド
          親投資信託      豪ドル債

      2 日本                   130,504,491        2.1836     284,969,606      2.1931     286,209,399      19.63
           受益証券     マザーファンド
      ロ.種類別投資比率

                  種類                       投資比率(%)
              親投資信託受益証券                             98.72

                  合計                          98.72

      ②【投資不動産物件】

       該当事項はありません。
      ③【その他投資資産の主要なもの】

       該当事項はありません。
                                 32/104






                                                          EDINET提出書類
                                              明治安田アセットマネジメント株式会社(E12448)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    (3)【運用実績】
      ①【純資産の推移】
                               純資産総額(円)               1 万口当たり純資産額(円)
               期別
                            (分配落)         (分配付)         (分配落)        (分配付)
       第5期特定期間末          (2011   年  5月24日)
                           11,122,205,384         11,244,006,695             10,958        11,078
       第6期特定期間末          (2011   年11月24日)        12,922,232,087         13,070,685,508             8,705        8,805
       第7期特定期間末          (2012   年  5月24日)
                           10,892,588,492         11,018,395,817             8,658        8,758
       第8期特定期間末          (2012   年11月26日)        10,151,301,518         10,265,174,215             8,915        9,015
       第9期特定期間末          (2013   年  5月24日)
                           12,756,195,042         12,892,805,697             10,271        10,381
       第10期特定期間末          (2013   年11月25日)        12,712,515,412         12,870,889,868             8,830        8,940
       第11期特定期間末          (2014   年  5月26日)
                           11,764,545,307         11,919,222,082             8,366        8,476
       第12期特定期間末          (2014   年11月25日)        10,135,761,561         10,241,521,050             8,625        8,715
       第13期特定期間末          (2015   年  5月25日)
                            7,733,876,177         7,805,985,832             7,508        7,578
       第14期特定期間末          (2015   年11月24日)         5,723,921,469         5,767,663,528             6,543        6,593
       第15期特定期間末          (2016   年  5月24日)
                            4,388,238,775         4,428,302,741             5,477        5,527
       第16期特定期間末          (2016   年11月24日)         3,828,251,024         3,852,901,365             5,436        5,471
       第17期特定期間末          (2017   年  5月24日)
                            3,523,531,284         3,545,572,681             5,595        5,630
       第18期特定期間末          (2017   年11月24日)         3,094,982,359         3,114,974,145             5,418        5,453
       第19期特定期間末          (2018   年  5月24日)
                            2,591,720,037         2,609,777,147             5,024        5,059
       第20期特定期間末          (2018   年11月26日)         2,203,975,261         2,215,377,686             4,832        4,857
       第21期特定期間末          (2019   年  5月24日)
                            1,918,992,731         1,929,614,814             4,517        4,542
       第22期特定期間末          (2019   年11月25日)         1,875,625,113         1,885,786,442             4,615        4,640
       第23期特定期間末          (2020   年  5月25日)
                            1,521,931,201         1,531,717,772             3,888        3,913
       第24期特定期間末          (2020   年11月24日)         1,454,292,028         1,461,755,029             3,897        3,917
                 2019  年12月末日         1,900,336,103               ―       4,727          ―
                 2020  年  1月末日
                            1,826,993,244               ―       4,594          ―
                     2月末日
                            1,740,646,944               ―       4,413          ―
                     3月末日
                            1,522,696,442               ―       3,884          ―
                     4月末日
                            1,493,771,092               ―       3,811          ―
                     5月末日
                            1,535,396,375               ―       3,924          ―
                     6月末日
                            1,531,922,607               ―       3,926          ―
                     7月末日
                            1,505,783,633               ―       3,916          ―
                     8月末日
                            1,487,607,550               ―       3,906          ―
                     9月末日
                            1,427,786,167               ―       3,774          ―
                    10月末日           1,380,621,529               ―       3,694          ―
                    11月末日           1,458,546,167               ―       3,911          ―
                    12月末日           1,457,858,923               ―       4,015          ―
    ( 注)分配付の金額は、特定期間末の金額に当該特定期間末の分配金を加算した金額です。
                                 33/104


                                                          EDINET提出書類
                                              明治安田アセットマネジメント株式会社(E12448)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
      ②【分配の推移】
           期                  計算期間                 1 万口当たりの分配金(円)
        第5期特定期間          2010  年11月25日~2011年          5月24日                           720
        第6期特定期間          2011  年  5月25日~2011年11月24日                                   700

        第7期特定期間          2011  年11月25日~2012年          5月24日                           600
        第8期特定期間          2012  年  5月25日~2012年11月26日                                   600
        第9期特定期間          2012  年11月27日~2013年          5月24日                           620
        第10期特定期間          2013  年  5月25日~2013年11月25日                                   660
        第11期特定期間          2013  年11月26日~2014年          5月26日                           660
        第12期特定期間          2014  年  5月27日~2014年11月25日                                   560
        第13期特定期間          2014  年11月26日~2015年          5月25日                           480
        第14期特定期間          2015  年  5月26日~2015年11月24日                                   360
        第15期特定期間          2015  年11月25日~2016年          5月24日                           300
        第16期特定期間          2016  年  5月25日~2016年11月24日                                   210
        第17期特定期間          2016  年11月25日~2017年          5月24日                           210
        第18期特定期間          2017  年  5月25日~2017年11月24日                                   210

        第19期特定期間          2017  年11月25日~2018年          5月24日                           210
        第20期特定期間          2018  年  5月25日~2018年11月26日                                   170
        第21期特定期間          2018  年11月27日~2019年          5月24日                           150
        第22期特定期間          2019  年  5月25日~2019年11月25日                                   150
        第23期特定期間          2019  年11月26日~2020年          5月25日                           150
        第24期特定期間          2020  年  5月26日~2020年11月24日                                   145
      ③【収益率の推移】

           期                  計算期間                     収益率(%)
        第5期特定期間          2010  年11月25日~2011年          5月24日                           2.4
        第6期特定期間          2011  年  5月25日~2011年11月24日                                  △14.2
        第7期特定期間          2011  年11月25日~2012年          5月24日                           6.4
        第8期特定期間          2012  年  5月25日~2012年11月26日                                   9.9
        第9期特定期間          2012  年11月27日~2013年          5月24日                           22.2
        第10期特定期間          2013  年  5月25日~2013年11月25日                                  △7.6
        第11期特定期間          2013  年11月26日~2014年          5月26日                           2.2
        第12期特定期間          2014  年  5月27日~2014年11月25日                                   9.8

        第13期特定期間          2014  年11月26日~2015年          5月25日                          △7.4
        第14期特定期間          2015  年  5月26日~2015年11月24日                                  △8.1
        第15期特定期間          2015  年11月25日~2016年          5月24日                          △11.7
        第16期特定期間          2016  年  5月25日~2016年11月24日                                   3.1
        第17期特定期間          2016  年11月25日~2017年          5月24日                           6.8
        第18期特定期間          2017  年  5月25日~2017年11月24日                                   0.6
                                 34/104


                                                          EDINET提出書類
                                              明治安田アセットマネジメント株式会社(E12448)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
        第19期特定期間          2017  年11月25日~2018年          5月24日                          △3.4
        第20期特定期間          2018  年  5月25日~2018年11月26日                                  △0.4

        第21期特定期間          2018  年11月27日~2019年          5月24日                          △3.4
        第22期特定期間          2019  年  5月25日~2019年11月25日                                   5.5
        第23期特定期間          2019  年11月26日~2020年          5月25日                          △12.5
        第24期特定期間          2020  年  5月26日~2020年11月24日                                   4.0
    ( 注)各特定期間の収益率は、特定期間末の基準価額(分配落ち)に当該特定期間の分配金を加算し、当該特定期間の直前の特
      定期間末の基準価額(分配落ち。以下「前期末基準価額」といいます。)を控除した額を前期末基準価額で除して得た数
      に100を乗じた数です。
    (4)【設定及び解約の実績】

           期                計算期間               設定口数(口)          解約口数(口)
        第5期特定期間         2010  年11月25日~2011年          5月24日              4,834,393,222           815,472,461
        第6期特定期間         2011  年  5月25日~2011年11月24日                       6,651,228,309          1,955,995,522
        第7期特定期間         2011  年11月25日~2012年          5月24日              1,650,085,995          3,914,695,559
        第8期特定期間         2012  年  5月25日~2012年11月26日                       1,099,209,744          2,292,672,536
        第9期特定期間         2012  年11月27日~2013年          5月24日              5,236,183,137          4,204,302,346
        第10期特定期間          2013  年  5月25日~2013年11月25日                       4,079,434,967          2,100,907,654
        第11期特定期間          2013  年11月26日~2014年          5月26日              2,035,230,752          2,371,383,590
        第12期特定期間          2014  年  5月27日~2014年11月25日                       1,178,145,476          3,488,616,102

        第13期特定期間          2014  年11月26日~2015年          5月25日              1,007,113,486          2,456,788,523
        第14期特定期間          2015  年  5月26日~2015年11月24日                        419,141,787         1,972,109,209
        第15期特定期間          2015  年11月25日~2016年          5月24日               250,367,323          985,985,931
        第16期特定期間          2016  年  5月25日~2016年11月24日                        109,980,714         1,079,819,320
        第17期特定期間          2016  年11月25日~2017年          5月24日               190,173,114          935,585,768
        第18期特定期間          2017  年  5月25日~2017年11月24日                        257,530,953          843,133,955
        第19期特定期間          2017  年11月25日~2018年          5月24日                75,854,225          628,618,920
        第20期特定期間          2018  年  5月25日~2018年11月26日                        75,291,700          673,495,943
        第21期特定期間          2018  年11月27日~2019年          5月24日                57,987,078          370,123,768
        第22期特定期間          2019  年  5月25日~2019年11月25日                        38,223,505          222,525,107
        第23期特定期間          2019  年11月26日~2020年          5月25日                46,379,525          196,282,575
        第24期特定期間          2020  年  5月26日~2020年11月24日                        54,702,956          237,831,225
                                 35/104





                                                          EDINET提出書類
                                              明治安田アセットマネジメント株式会社(E12448)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    (参考)
    Ⅰ.新興国通貨建国際機関債マザーファンド
    (1)投資状況
              資産の種類                国/地域         時価合計(円)            投資比率(%)
      特殊債券                        国際機関            1,103,880,875                95.74

      現金・預金・その他の資産(負債控除後)                          ―            49,112,466               4.26

                 合計(純資産総額)                         1,152,993,341                100.00

    (2)投資資産

      ①投資有価証券の主要銘柄
      イ.評価額上位銘柄明細
                            帳簿価額     帳簿価額      評価額     評価額              投資
                       数量又は                           利率
      順 国/
          種類      銘柄名             単価     金額     単価     金額        償還期限     比率
      位 地域
                       額面総額                           (%)
                             (円)     (円)     (円)     (円)             (%)
            EUROPEAN
       国際  特殊
      1                33,600,000       714.13    239,950,233       710.68    238,791,168        9  2021/3/31     20.71
       機関  債券  INVT  BK 9%
            INT  BK
       国際  特殊
      2                35,200,000       534.20    188,040,028       532.88    187,574,539        8 2021/11/16     16.27
       機関  債券  RECON&DEV     8%
            EUROPEAN
       国際  特殊
      3                12,760,000      1,349.16     172,153,581      1,356.58     173,100,373      8.75   2021/9/18     15.01
       機関  債券  INVT  BK 8.75%
       国際  特殊
            INTL  FIN  CORP  6.2%
      4                 5,000,000     2,040.00     102,000,435      2,054.57     102,728,775       6.2   2022/7/27     8.91
       機関  債券
       国際  特殊
            INTL  FIN  CORP  7.5%
      5                 4,820,000     2,092.48     100,857,776      2,101.83     101,308,591       7.5   2022/5/9     8.79
       機関  債券
            EUROPEAN
       国際  特殊
      6                 3,800,000     1,942.83     73,827,806      1,970.29     74,871,362      2.85   2022/12/13      6.49
       機関  債券  INVT  BK 2.85%
            ASIAN   DEV
       国際  特殊
      7                 4,300,000     1,468.35     63,139,144      1,458.71     62,724,848      20.5   2022/2/14     5.44
       機関  債券  BANK  20.5%
            EUROPEAN
       国際  特殊
      8                10,420,000       518.63    54,041,944       518.89    54,068,984      4.75   2021/1/19     4.69
       機関  債券  INVT  BK 4.75%
            EUROPEAN
       国際  特殊
      9                 6,000,000      748.20    44,892,249       746.14    44,768,908     8.375    2022/7/29     3.88
       機関  債券  INVT  BK 8.375%
            INTL  FIN
       国際  特殊
      10                 8,290,000      516.19    42,792,764       518.53    42,986,377      4.75   2021/4/29     3.73
       機関  債券  CORP  4.75%
       国際  特殊
            ASIAN   DEV  BANK  14%
      11                 1,500,000     1,390.84     20,862,660      1,397.13     20,956,950       14   2021/3/5     1.82
       機関  債券
      ロ.種類別投資比率

                 種類                    投資比率(%)
                特殊債券                        95.74

                 合計                       95.74

      ②投資不動産物件

       該当事項はありません。
                                 36/104


                                                          EDINET提出書類
                                              明治安田アセットマネジメント株式会社(E12448)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
      ③その他投資資産の主要なもの

       該当事項はありません。
                                 37/104




















                                                          EDINET提出書類
                                              明治安田アセットマネジメント株式会社(E12448)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    Ⅱ.豪ドル債マザーファンド
    (1)投資状況
               資産の種類                  国/地域         時価合計(円)          投資比率(%)
      特殊債券                            国際機関            282,232,249             98.61

      現金・預金・その他の資産(負債控除後)                             ―           3,972,482            1.39

                    合計(純資産総額)                          286,204,731            100.00

    (2)投資資産

      ①投資有価証券の主要銘柄
      イ.評価額上位銘柄明細
                          帳簿価額      帳簿価額      評価額      評価額              投資
                     数量又は                            利率
      順  国/
          種類     銘柄名            単価      金額      単価      金額        償還期限     比率
      位  地域
                     額面総額                            (%)
                           (円)      (円)      (円)      (円)              (%)
             EUROPEAN

       国際   特殊
      1               1,460,000     9,166.72     133,834,211      9,120.99     133,166,594       4.75    2024/8/7     46.53
       機関   債券  INVT  BK 4.75%
             AFRICAN    DEV

       国際   特殊
      2                910,000    8,409.83      76,529,536      8,373.65      76,200,229      5.25   2022/3/23     26.62
       機関   債券  BANK  5.25%
             EUROPEAN

       国際   特殊
      3                900,000    8,142.91      73,286,195      8,096.15      72,865,426      6.25    2021/6/8     25.46
       機関   債券  INVT  BK 6.25%
      ロ.種類別投資比率

                 種類                     投資比率(%)
                特殊債券                        98.61

                 合計                       98.61

      ②投資不動産物件

       該当事項はありません。
      ③その他投資資産の主要なもの

       該当事項はありません。
                                 38/104







                                                          EDINET提出書類
                                              明治安田アセットマネジメント株式会社(E12448)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    <参考情報>
     以下の事項は交付目論見書の運用実績に記載されているものです。
                                 39/104




















                                                          EDINET提出書類
                                              明治安田アセットマネジメント株式会社(E12448)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
                                 40/104





















                                                          EDINET提出書類
                                              明治安田アセットマネジメント株式会社(E12448)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    第2【管理及び運営】
    1【申込(販売)手続等】
    (1)取得のお申込みの際には、販売会社に取引口座を開設していただきます。
        ※販売会社と販売会社以外の取次会社が取次契約を結ぶことにより、当該取次会社がファンドの取扱
         いを当該販売会社に取次ぐ場合があります。
    (2)取得申込者は販売会社に、取得申込と同時にまたは予め当該取得申込者が受益権の振替を行うための
        振替機関等の口座を申し出るものとし、当該口座に当該取得申込者に係る口数の増加の記載または記
        録が行われます。なお、販売会社は、当該取得申込の代金の支払いと引き換えに、当該口座に当該取
        得申込者に係る口数の増加の記載または記録を行うことができます。
    (3)取得価額は取得申込受付日の翌営業日の基準価額とします。取得申込者は、申込金額(取得申込受付
        日の翌営業日の基準価額に申込口数を乗じた額)、申込手数料および申込手数料に対する消費税等に
        相当する額の合計額(申込代金)を、販売会社が指定する期日までに販売会社においてお支払いいた
        だきます。
        基準価額につきましては、取扱販売会社または下記委託会社にてご確認いただけます。また、原則と
        して、計算日の翌日付の日本経済新聞朝刊に掲載されます。
    (4)申込手数料は、取得申込受付日の翌営業日の基準価額に、3.3%(税抜3.0%)を上限として、販売会


        社が別途定める料率を乗じて得た額とします。
        ※「税抜」における税とは、消費税等相当額をいいます。
        ※申込手数料につきましては、お申込みの販売会社にお問合わせください。
        ※分配金再投資コースでお申込みの受益者が販売会社との間で結んだ自動継続投資契約に基づいて収
         益分配金を再投資する場合は無手数料とします。
    (5)申込単位は、販売会社が定める単位とします。
        ※自動継続投資契約に基づく収益分配金の再投資については、1口単位とします。
    (6)ファンドのお申込みには、収益の分配が行われるごとに分配金を受益者に支払う「分配金受取りコー
        ス」と、分配金は税金を差し引いた後、自動的に無手数料でファンドに再投資する「分配金再投資
        コース」があります。分配金の受取方法を途中で変更することはできません。
        ※「分配金再投資コース」を選択する場合には、取得申込者は、販売会社との間で自動継続投資契約
         を締結する必要があります。
        ※販売会社により「分配金受取りコース」と「分配金再投資コース」のどちらか一方のコースのみの
         お取扱いとなる場合があります。詳しくは販売会社までお問合わせください。
        ※「分配金再投資コース」で当ファンドの取得申込みをする場合であっても、販売会社によっては、
         分配金を定期的に受取るための定期引出契約(販売会社により異なる名称を用いる場合がありま
         す。)または「分配金出金」に関する契約を締結することにより、分配金を受取ることができる場
         合があります。
    (7)申込期間中における取得申込みの受付時間は、原則として午後3時までとし、当該受付時間を過ぎた
        場合は翌営業日の受付けとして取扱います。
        ※ただし、ニューヨークの銀行、ニューヨーク証券取引所、ロンドンの銀行、ロンドン証券取引所、
         シドニーの銀行、オーストラリア証券取引所のいずれかが休業日の場合(以下「申込不可日」といい
         ます。)には、取得の申込みはできません。(申込不可日は販売会社または委託会社において確認す
         ることができます。)
    (8)委託会社は、金融商品取引所等における取引の停止、外国為替取引の停止、決済機能の停止その他や
        むを得ない事情(投資対象国における非常事態(金融危機、デフォルト、重大な政策変更や資産凍結
        を含む規制の導入、自然災害、クーデターや重大な政治体制の変更、戦争等)による市場の閉鎖もし
        くは流動性の極端な減少等)があるときは、取得申込みの受付けを中止することおよびすでに受付け
        た取得申込みの受付けを取消すことがあります。
    2【換金(解約)手続等】

    ・信託の一部解約(解約請求制)
    (1)受益者が一部解約の実行の請求をするときは、販売会社に対し、振替受益権をもって行うものとしま
        す。
    (2)一部解約の価額(解約価額)は、一部解約請求受付日の翌営業日の基準価額とします。また、当該金
        額は請求を受付けた日から起算して、原則として6営業日目から受益者に支払います。
        基準価額につきましては、取扱販売会社または下記委託会社にてご確認いただけます。また、原則と
        して、計算日の翌日付の日本経済新聞朝刊に掲載されます。
                                 41/104


                                                          EDINET提出書類
                                              明治安田アセットマネジメント株式会社(E12448)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    (3)換金の請求を行う受益者は、その口座が開設されている振替機関等に対して当該受益者の請求に係る


        この信託契約の一部解約を委託会社が行うのと引き換えに、当該一部解約に係る受益権の口数と同口
        数の抹消の申請を行うものとし、社振法の規定にしたがい当該振替機関等の口座において当該口数の
        減少の記載または記録が行われます。
    (4)換金手数料はありません。
    (5)換金単位は、販売会社が定める単位とします。
        ※自動継続投資契約にかかる受益権については1口の整数倍をもって一部解約の実行を請求すること
         ができます。
    (6)一部解約の実行の請求の受付時間は、原則として午後3時までとし、当該受付時間を過ぎた場合は翌
        営業日の受付けとなります。
        ※ただし申込不可日には、換金の請求はできません。(申込不可日については、前記「1 申込(販
         売)手続等」をご覧ください。また、販売会社または委託会社において確認することができま
         す。)
    (7)委託会社は、金融商品取引所等における取引の停止、外国為替取引の停止、決済機能の停止その他や
        むを得ない事情(投資対象国における非常事態(金融危機、デフォルト、重大な政策変更や資産凍結
        を含む規制の導入、自然災害、クーデターや重大な政治体制の変更、戦争等)による市場の閉鎖もし
        くは流動性の極端な減少等)があるときは、一部解約の実行の請求の受付けを中止することおよびす
        でに受付けた一部解約の実行の請求の受付けを取消すことがあります。
    (8)上記により、一部解約の実行の請求の受付けが中止された場合には、受益者は当該受付中止以前に
        行った当日の一部解約の実行の請求を撤回できます。ただし、受益者がその一部解約の実行の請求を
        撤回しない場合には、一部解約の価額は、当該受付中止を解除した後の最初の基準価額の計算日に一
        部解約の実行の請求を受付けたものとして上記の規定に準じて計算された価額とします。
    (9)信託財産の資金管理を円滑に行うために大口の解約請求には制限を設ける場合があります。
                                 42/104












                                                          EDINET提出書類
                                              明治安田アセットマネジメント株式会社(E12448)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    3【資産管理等の概要】
    (1)【資産の評価】
      基準価額とは、信託財産に属する資産(受入担保金代用有価証券および借入有価証券を除きます。)を法
      令および一般社団法人投資信託協会規則に従って時価により評価して得た信託財産の資産総額から負債総
      額を控除した金額(以下「純資産総額」といいます。)を、計算日における受益権総口数で除した金額を
      いいます。便宜上1万口当たりに換算した価額で表示されます。
      なお、ファンドの主な投資対象の評価方法は以下の通りです。
      主な資産の種類            評価方法
      親投資信託受益証券            基準価額計算日の基準価額で評価します。
      公社債等            原則として、基準価額計算日※における以下のいずれかの価額で評価しま
                   す。
                   ①日本証券業協会発表の売買参考統計値(平均値)
                   ②金融商品取引業者、銀行等の提示する価額(売気配相場を除きます。)
                   ③価格情報会社の提供する価額
                   ※外国で取引されているものについては、原則として、基準価額計算日の
                    前日とします。
      外貨建資産            原則として、基準価額計算日の対顧客相場の仲値で円換算を行います。
                   また、予約為替の評価は、原則としてわが国における計算日の対顧客先物
                   売買相場の仲値によるものとします。
      基準価額につきましては、取扱販売会社または下記委託会社にてご確認いただけます。また、原則とし
      て、計算日の翌日付の日本経済新聞朝刊に掲載されます。
    (2)【保管】


      該当事項はありません。
    (3)【信託期間】

      この信託の期間は無期限です。
    (4)【計算期間】

      ファンドの計算期間は、毎月25日から翌月24日までとすることを原則とします。
      ※各計算期間終了日に該当する日(以下「該当日」といいます。)が休業日のときは、その翌営業日を当
       該計算期間の終了日とし、その翌日より次の計算期間が開始されるものとします。
    (5)【その他】

      ①信託の終了および繰上償還条項
       1 .委託会社は、信託期間中において、信託契約の一部を解約することにより受益権の口数が30億口を下
        回ることとなった場合、またはこの信託契約を解約することが受益者のため有利であると認めるとき
        あるいはやむを得ない事情が発生したときは、受託会社と合意のうえ、この信託契約を解約し、信託
        を終了させることができます。この場合において、委託会社は、あらかじめ、解約しようとする旨を
        監督官庁に届け出ます。
       2 .委託会社は、上記1.の事項について、書面による決議(以下「書面決議」といいます。)を行いま
        す。この場合において、あらかじめ、書面決議の日ならびに信託契約の解約の理由などの事項を定
        め、当該決議の日の2週間前までに、この信託契約に係る知れている受益者に対し、書面をもってこ
        れらの事項を記載した書面決議の通知を発します。
       3 .上記2.の書面決議において、受益者(委託会社および当ファンドの信託財産に当ファンドの受益権
        が属するときの当該受益権に係る受益者としての受託会社を除きます。以下本項において同じ。)は
        受益権の口数に応じて、議決権を有し、これを行使することができます。なお、知れている受益者が
        議決権を行使しないときは、当該知れている受益者は書面決議について賛成するものとみなします。
       4 .上記2.の書面決議は議決権を行使することができる受益者の議決権の3分の2以上に当たる多数を
        もって行います。
       5 .上記2.から4.までの規定は、委託会社が信託契約の解約について提案をした場合において、当該提
        案につき、この信託契約に係るすべての受益者が書面又は電磁的記録により同意の意思表示をしたと
                                 43/104


                                                          EDINET提出書類
                                              明治安田アセットマネジメント株式会社(E12448)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
        きには適用しません。また、信託財産の状態に照らし、真にやむを得ない事情が生じている場合で
        あって、上記2.から4.までの手続を行うことが困難な場合においては適用しません。
      ②信託契約に関する監督官庁の命令
       委託会社は、監督官庁よりこの信託契約の解約の命令を受けたときは、その命令にしたがい、信託契約
       を解約し信託を終了させます。
      ③委託会社の登録取消等に伴う取扱い
       委託会社が監督官庁より登録の取消を受けたとき、解散したときまたは業務を廃止したときは、委託会
       社は、この信託契約を解約し信託を終了させます。ただし、監督官庁が、この信託契約に関する委託会
       社の業務を他の投資信託委託会社に引き継ぐことを命じたときは、「⑦信託約款の変更等」の書面決議
       が否決された場合を除き、この信託は、当該投資信託委託会社と受託会社との間において存続します。
      ④受託会社の辞任および解任に伴う取扱い
       受託会社は、委託会社の承諾を受けてその任務を辞任することができます。受託会社がその任務に違反
       して信託財産に著しい損害を与えたことその他重要な事由があるときは、委託会社または受益者は、裁
       判所に受託会社の解任を申立てることができます。受託会社が辞任した場合、または裁判所が受託会社
       を解任した場合、委託会社は、「⑦信託約款の変更等」の規定にしたがい、新受託会社を選任します。
       なお、受益者は、上記によって行う場合を除き、受託会社を解任することはできないものとします。
       委託会社が新受託会社を選任できないときは、委託会社はこの信託契約を解約し、信託を終了させま
       す。
      ⑤償還金について
       償還金は、信託終了日後1ヵ月以内の委託会社の指定する日から(原則として償還日(償還日が休業日
       の場合は当該償還日の翌営業日)から起算して5営業日までに)、償還日において振替機関等の振替口
       座簿に記載または記録されている受益者(償還日以前において一部解約が行われた受益権にかかる受益
       者を除きます。また、当該償還日以前に設定された受益権で取得申込代金支払前のため販売会社の名義
       で記載または記録されている受益権については原則として取得申込者とします。)に支払います。償還
       金の支払いは、販売会社の営業所等において行うものとします。
      ⑥委託会社の事業の譲渡および承継に伴う取扱い
       1 .委託会社は、事業の全部又は一部を譲渡することがあり、これに伴い、この信託契約に関する事業を
        譲渡することがあります。
       2 .委託会社は、分割により事業の全部又は一部を承継させることがあり、これに伴い、この信託契約に
        関する事業を承継させることがあります。
      ⑦信託約款の変更等
       1 .委託会社は、受益者の利益のため必要と認めるときまたはやむを得ない事情が発生したときは、受託
        会社と合意のうえ、この信託約款を変更することまたはこの信託と他の信託との併合(投資信託及び
        投資法人に関する法律第16条第2号に規定する「委託者指図型投資信託の併合」をいいます。以下同
        じ。)を行うことができるものとし、あらかじめ、変更または併合しようとする旨およびその内容を
        監督官庁に届け出ます。なお、この信託約款は、本項に定める以外の方法によって変更することがで
        きないものとします。
       2 .委託会社は、上記1.の事項のうちその内容が重要なもの(変更事項にあってはその変更の内容が重
        大なものに該当する場合に限り、併合事項にあってはその併合が受益者の利益に及ぼす影響が軽微な
        ものに該当する場合を除き、以下、合わせて「重大な約款変更等」といいます。)について、書面決
        議を行います。この場合において、あらかじめ、書面決議の日ならびに重大な約款の変更等の内容お
        よびその理由などの事項を定め、当該決議の日の2週間前までに、この信託約款に係る知れている受
        益者に対し、書面をもってこれらの事項を記載した書面決議の通知を発します。
       3 .上記2.の書面決議において、受益者(委託会社およびこの信託の信託財産にこの信託の受益権が属
        するときの当該受益権に係る受益者としての受託会社を除きます。以下本項において同じ。)は受益
        権の口数に応じて、議決権を有し、これを行使することができます。なお、知れている受益者が議決
        権を行使しないときは、当該知れている受益者は書面決議について賛成するものとみなします。
       4 .上記2.の書面決議は議決権を行使することができる受益者の議決権の3分の2以上に当たる多数を
        もって行います。
       5 .書面決議の効力は、この信託のすべての受益者に対してその効力を生じます。
       6 .上記2.から5.までの規定は、委託会社が重大な約款の変更等について提案をした場合において、当
        該提案につき、この信託約款に係るすべての受益者が書面又は電磁的記録により同意の意思表示をし
        たときには適用しません。
       7 .上記各項の規定にかかわらず、この投資信託において併合の書面決議が可決された場合にあっても、
        当該併合に係る一又は複数の他の投資信託において当該併合の書面決議が否決された場合は、当該他
        の投資信託との併合を行うことはできません。
       8 .委託会社は、監督官庁の命令に基づいてこの信託約款を変更しようとするときは、上記の規定にした
        がいます。
                                 44/104


                                                          EDINET提出書類
                                              明治安田アセットマネジメント株式会社(E12448)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
      ⑧反対受益者の受益権買取請求の不適用
       この信託は、受益者が信託約款の規定による一部解約の実行の請求を行なったときは、委託会社が信託
       契約の一部の解約をすることにより当該請求に応じ、当該受益権の公正な価格が当該受益者に一部解約
       金として支払われることとなる委託者指図型投資信託に該当するため、信託約款に規定する信託契約の
       解約または重大な約款の変更等を行なう場合、投資信託及び投資法人に関する法律第18条第1項に定める
       反対受益者による受益権の買取請求の規定の適用を受けません。
      ⑨運用報告書
       委託会社は、5月および11月の計算期間終了時および償還時に作成のうえ、交付運用報告書は、販売会
       社を通じて信託財産にかかる知れている受益者に交付します。
       委託会社は、投資信託及び投資法人に関する法律第14条第1項に定める運用報告書の交付に代えて、運
       用報告書に記載すべき事項を電磁的方法により受益者に提供することができます。この場合において、
       委託会社は、運用報告書を交付したものとみなします。
       ただし、委託会社は、受益者から運用報告書の交付の請求があった場合には、これを交付するものとし
       ます。
      ⑩その他のディスクロージャー資料について
       委託会社は、通常、月次の運用レポートを作成しており、販売会社にて入手可能です。また、委託会社
       のホームページにおいても入手可能です。
      ⑪公告
       1 .委託会社が受益者に対してする公告は、電子公告の方法により行い、次のアドレスに掲載します。
         https://www.myam.co.jp/
       2 .前項の電子公告による公告をすることができない事故その他やむを得ない事由が生じた場合の公告
        は、日本経済新聞に掲載します。
      ⑫他の受益者の氏名等の開示の請求の制限
       この信託の受益者は、委託会社または受託会社に対し、次に掲げる事項の開示の請求を行うことはでき
       ません。
       1 .他の受益者の氏名または名称および住所
       2 .他の受益者が有する受益権の内容
      ⑬関係法人との契約の更改等に関する手続き
       委託会社と販売会社との間で締結された「投資信託受益権の取扱に関する契約」は、契約期間満了日の
       3ヵ月前までに委託会社および販売会社いずれかから別段の意思表示がない限り、1年毎に自動更新さ
       れます。また、本契約が終了した場合は、受益者に対する支払事務等において受益者に不測の損害を与
       えぬよう協議します。
                                 45/104










                                                          EDINET提出書類
                                              明治安田アセットマネジメント株式会社(E12448)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    4【受益者の権利等】
     受益者の有する主な権利は次の通りです。
    (1)収益分配金に対する請求権
      ①受益者は委託会社の決定した収益分配金を持分に応じて請求する権利を有します。
      ②決算日において振替機関等の振替口座簿に記載または記録されている受益者(当該収益分配金にかかる
       決算日以前において一部解約が行われた受益権にかかる受益者を除きます。また、当該収益分配金にか
       かる計算期間の末日以前に設定された受益権で取得申込代金支払前のため販売会社の名義で記載または
       記録されている受益権については原則として取得申込者とします。)の収益分配金は、原則として税控
       除後、毎計算期間終了日後1ヵ月以内の委託会社の指定する日(原則として決算日から起算して5営業日
       までに)から、販売会社を通じて、受益者に支払いを開始します。
      ③受益者が、収益分配金についてその支払開始日から5年間その支払いを請求しないときは、その権利を失
       い、その金銭は、委託会社に帰属します。
      ④分配金再投資コースにお申込みされている受益者の収益分配金については、販売会社を通じて、自動継
       続投資契約に基づき、原則として税控除後、決算日の基準価額で翌営業日に再投資され、再投資により
       増加した受益権は、振替口座簿に記載または記録されます。
    (2)償還金に対する請求権
      ①受益者はファンドにかかる償還金を持分に応じて請求する権利を有します。
      ②償還日において振替機関等の振替口座簿に記載または記録されている受益者(償還日以前において一部
       解約が行われた受益権にかかる受益者を除きます。また、当該償還日以前に設定された受益権で取得申
       込代金支払前のため販売会社の名義で記載または記録されている受益権については原則として取得申込
       者とします。)の償還金は、信託終了日後1ヵ月以内の委託会社の指定する日(原則として償還日(償還
       日が休業日の場合は翌営業日)から起算して5営業日までに)から、販売会社を通じて、受益者に支払い
       を開始します。
      ③受益者が、信託終了による償還金についてその支払開始日から10年間その支払いを請求しないときは、
       その権利を失い、その金銭は、委託会社に帰属します。
    (3)換金(解約)請求権
      受益者は、販売会社を通じて委託会社に換金(解約)請求する権利を有します。
    (4)帳簿閲覧請求権
      受益者は、委託会社に対し、その営業時間内に、当該受益者に係る信託財産に関する帳簿書類の閲覧また
      は謄写を請求することができます。
    (5)反対者の買取請求権
      信託契約の解約、または重大な約款の変更等を行う場合には、書面決議において当該解約または重大な約
      款の変更等に反対した受益者は、受託会社に対し、自己に帰属する受益権を、信託財産をもって買取るべ
      き旨を請求することができます。
      ただし、この信託は、受益者が信託約款の規定による一部解約の実行の請求を行ったときは、委託会社が
      信託契約の一部の解約をすることにより当該請求に応じ、当該受益権の公正な価格が当該受益者に一部解
      約金として支払われることとなる委託者指図型投資信託に該当するため、信託約款に規定する信託契約の
      解約または重大な約款の変更等を行う場合において、投資信託及び投資法人に関する法律第18条第1項に定
      める反対受益者による受益権の買取請求の規定の適用を受けません。
                                 46/104








                                                          EDINET提出書類
                                              明治安田アセットマネジメント株式会社(E12448)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    第3【ファンドの経理状況】
    (1) 当ファンドの財務諸表は、「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和38年大蔵省令第59号)並び

       に同規則第2条の2の規定により、「投資信託財産の計算に関する規則」(平成12年総理府令第133号)に基づいて作成
       しております。
        なお、財務諸表に記載している金額は、円単位で表示しております。
    (2) 当ファンドの計算期間は6ヵ月未満であるため、財務諸表は6ヵ月毎に作成しております。

    (3) 当ファンドは、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第24                                     期特定期間     (2020年5月26日から2020年11月

       24日まで)の財務諸表について、EY新日本有限責任監査法人による監査を受けております。
                                 47/104
















                                                          EDINET提出書類
                                              明治安田アセットマネジメント株式会社(E12448)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     1【財務諸表】

     高金利国際機関債ファンド(毎月決算型)
     (1)【貸借対照表】
                                                     (単位:円)
                                 第23期特定期間末              第24期特定期間末
                                (2020年5月25日現在)              (2020年11月24日現在)
      資産の部
       流動資産
                                       52,403,300              48,583,195
         金銭信託
                                     1,482,924,175              1,416,318,143
         親投資信託受益証券
                                     1,535,327,475              1,464,901,338
         流動資産合計
                                     1,535,327,475              1,464,901,338
       資産合計
      負債の部
       流動負債
                                        9,786,571              7,463,001
         未払収益分配金
                                        2,082,496              1,762,473
         未払解約金
                                         68,963              62,510
         未払受託者報酬
                                        1,448,189              1,312,691
         未払委託者報酬
                                         10,055               8,635
         その他未払費用
                                       13,396,274              10,609,310
         流動負債合計
                                       13,396,274              10,609,310
       負債合計
      純資産の部
       元本等
                                     3,914,628,782              3,731,500,513
         元本
         剰余金
                                    △ 2,392,697,581             △ 2,277,208,485
          期末剰余金又は期末欠損金(△)
                                        3,803,380               314,984
          (分配準備積立金)
                                     1,521,931,201              1,454,292,028
         元本等合計
                                     1,521,931,201              1,454,292,028
       純資産合計
                                     1,535,327,475              1,464,901,338
      負債純資産合計
                                 48/104









                                                          EDINET提出書類
                                              明治安田アセットマネジメント株式会社(E12448)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     (2)【損益及び剰余金計算書】

                                                     (単位:円)
                                  第23期特定期間              第24期特定期間
                                (自 2019年11月26日              (自 2020年5月26日
                                 至 2020年5月25日)                至 2020年11月24日)
      営業収益
                                     △ 216,041,537               68,393,968
       有価証券売買等損益
                                     △ 216,041,537               68,393,968
       営業収益合計
      営業費用
                                         466,955              411,861
       受託者報酬
                                        9,805,942              8,648,953
       委託者報酬
                                         71,218              62,773
       その他費用
                                       10,344,115               9,123,587
       営業費用合計
                                     △ 226,385,652               59,270,381
      営業利益又は営業損失(△)
                                     △ 226,385,652               59,270,381
      経常利益又は経常損失(△)
                                     △ 226,385,652               59,270,381
      当期純利益又は当期純損失(△)
      一部解約に伴う当期純利益金額の分配額又は一部解
                                      △ 1,359,713               745,862
      約に伴う当期純損失金額の分配額(△)
                                    △ 2,188,906,719             △ 2,392,697,581
      期首剰余金又は期首欠損金(△)
                                      107,025,824              145,603,883
      剰余金増加額又は欠損金減少額
       当期一部解約に伴う剰余金増加額又は欠損金減
                                      107,025,824              145,603,883
       少額
                                       26,457,375              33,484,469
      剰余金減少額又は欠損金増加額
       当期追加信託に伴う剰余金減少額又は欠損金増
                                       26,457,375              33,484,469
       加額
                                       59,333,372              55,154,837
      分配金
                                    △ 2,392,697,581             △ 2,277,208,485
      期末剰余金又は期末欠損金(△)
                                 49/104











                                                          EDINET提出書類
                                              明治安田アセットマネジメント株式会社(E12448)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    (3)【注記表】
    (重要な会計方針に係る事項に関する注記)
      1.運用資産の評価基準及び               親投資信託受益証券
        評価方法             移動平均法に基づき、親投資信託受益証券の基準価額で評価しております。
      2.費用・収益の計上基準               有価証券売買等損益の計上基準
                     約定日基準で計上しております。
      3.その他               当ファンドの特定期間は、前期末が休日のため、2020年5月26日から2020年11月
                     24日までとなっております。
    (貸借対照表に関する注記)

               第23期特定期間末                          第24期特定期間末
             (2020年5月25日現在)                          (2020年11月24日現在)
      1.特定期間の末日における受益権の総数                          1.特定期間の末日における受益権の総数
                        3,914,628,782口                          3,731,500,513口
      2.投資信託財産計算規則第55条の6第1項第10号に規                          2.投資信託財産計算規則第55条の6第1項第10号に規
        定する額                          定する額
        元本の欠損                          元本の欠損
                        2,392,697,581円                          2,277,208,485円
      3.特定期間の末日における1単位当たりの純資産の額                          3.特定期間の末日における1単位当たりの純資産の額
        1口当たり純資産額                          1口当たり純資産額
                            0.3888円                          0.3897円
        (10,000口当たり純資産額)                          (10,000口当たり純資産額)
                           (3,888円)                          (3,897円)
                                 50/104












                                                          EDINET提出書類
                                              明治安田アセットマネジメント株式会社(E12448)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    (損益及び剰余金計算書に関する注記)
               第23期特定期間                          第24期特定期間
              (自 2019年11月26日                          (自 2020年5月26日
               至 2020年5月25日)                          至 2020年11月24日)
      分配金の計算過程                          分配金の計算過程
      第130期(2019年11月26日から2019年12月24日まで)                          第136期(2020年5月26日から2020年6月24日まで)
      計算期間末における分配対象額55,918,935円(10,000口                          計算期間末における分配対象額46,753,946円(10,000口
      当たり138円70銭)のうち、10,078,387円(10,000口当                          当たり119円89銭)のうち、9,748,878円(10,000口当た
      たり25円00銭)を分配金額としております。                          り25円00銭)を分配金額としております。
              項目          金額または口数                項目          金額または口数
       配当等収益額(費用控除後)               A    10,199,688     円  配当等収益額(費用控除後)               A    9,339,707    円
       有価証券売買等損益額                          有価証券売買等損益額
                      B        -円                  B        -円
       (費用控除後、繰越欠損金補填後)                          (費用控除後、繰越欠損金補填後)
       収益調整金額               C    34,627,577     円  収益調整金額               C    33,634,830     円
       分配準備積立金額               D    11,091,670     円  分配準備積立金額               D    3,779,409    円
       分配対象額(A+B+C+D)               E    55,918,935     円  分配対象額(A+B+C+D)               E    46,753,946     円
       期末受益権口数               F   4,031,354,883      口  期末受益権口数               F   3,899,551,478      口
       10,000口当たりの分配対象額                          10,000口当たりの分配対象額
                      G     138 円 70 銭                  G     119 円 89 銭
       (E÷F×10,000)                          (E÷F×10,000)
       10,000口当たりの分配金額               H      25円  00銭   10,000口当たりの分配金額               H      25円  00銭
       分配金額(F×H÷10,000)               I    10,078,387     円  分配金額(F×H÷10,000)               I    9,748,878    円
      第131期(2019年12月25日から2020年1月24日まで)                          第137期(2020年6月25日から2020年7月27日まで)

      計算期間末における分配対象額54,866,346円(10,000口                          計算期間末における分配対象額45,703,148円(10,000口
      当たり136円98銭)のうち、10,012,264円(10,000口当                          当たり118円62銭)のうち、9,631,233円(10,000口当た
      たり25円00銭)を分配金額としております。                          り25円00銭)を分配金額としております。
              項目          金額または口数                項目          金額または口数
       配当等収益額(費用控除後)               A    9,316,808    円  配当等収益額(費用控除後)               A    9,134,906    円
       有価証券売買等損益額                          有価証券売買等損益額
                      B        -円                  B        -円
       (費用控除後、繰越欠損金補填後)                          (費用控除後、繰越欠損金補填後)
       収益調整金額               C    34,428,606     円  収益調整金額               C    33,245,173     円
       分配準備積立金額               D    11,120,932     円  分配準備積立金額               D    3,323,069    円
       分配対象額(A+B+C+D)               E    54,866,346     円  分配対象額(A+B+C+D)               E    45,703,148     円
       期末受益権口数               F   4,004,905,950      口  期末受益権口数               F   3,852,493,473      口
       10,000口当たりの分配対象額                          10,000口当たりの分配対象額
                      G     136 円 98 銭                  G     118 円 62 銭
       (E÷F×10,000)                          (E÷F×10,000)
       10,000口当たりの分配金額               H      25円  00銭   10,000口当たりの分配金額               H      25円  00銭
       分配金額(F×H÷10,000)               I    10,012,264     円  分配金額(F×H÷10,000)               I    9,631,233    円
                                 51/104







                                                          EDINET提出書類
                                              明治安田アセットマネジメント株式会社(E12448)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
      第132期(2020年1月25日から2020年2月25日まで)                          第138期(2020年7月28日から2020年8月24日まで)
      計算期間末における分配対象額53,378,198円(10,000口                          計算期間末における分配対象額43,137,956円(10,000口
      当たり135円22銭)のうち、9,868,726円(10,000口当た                          当たり113円23銭)のうち、9,523,639円(10,000口当た
      り25円00銭)を分配金額としております。                          り25円00銭)を分配金額としております。
              項目          金額または口数                項目          金額または口数
       配当等収益額(費用控除後)               A    9,160,607    円  配当等収益額(費用控除後)               A    7,460,344    円
       有価証券売買等損益額                          有価証券売買等損益額
                      B        -円                  B        -円
       (費用控除後、繰越欠損金補填後)                          (費用控除後、繰越欠損金補填後)
       収益調整金額               C    33,957,355     円  収益調整金額               C    32,888,656     円
       分配準備積立金額               D    10,260,236     円  分配準備積立金額               D    2,788,956    円
       分配対象額(A+B+C+D)               E    53,378,198     円  分配対象額(A+B+C+D)               E    43,137,956     円
       期末受益権口数               F   3,947,490,613      口  期末受益権口数               F   3,809,455,726      口
       10,000口当たりの分配対象額                          10,000口当たりの分配対象額
                      G     135 円 22 銭                  G     113 円 23 銭
       (E÷F×10,000)                          (E÷F×10,000)
       10,000口当たりの分配金額               H      25円  00銭   10,000口当たりの分配金額               H      25円  00銭
       分配金額(F×H÷10,000)               I    9,868,726    円  分配金額(F×H÷10,000)               I    9,523,639    円
      第133期(2020年2月26日から2020年3月24日まで)                          第139期(2020年8月25日から2020年9月24日まで)

      計算期間末における分配対象額50,122,846円(10,000口                          計算期間末における分配対象額41,289,849円(10,000口
      当たり127円91銭)のうち、9,795,822円(10,000口当た                          当たり109円21銭)のうち、9,450,822円(10,000口当た
      り25円00銭)を分配金額としております。                          り25円00銭)を分配金額としております。
              項目          金額または口数                項目          金額または口数
       配当等収益額(費用控除後)               A    6,927,081    円  配当等収益額(費用控除後)               A    7,921,204    円
       有価証券売買等損益額                          有価証券売買等損益額
                      B        -円                  B        -円
       (費用控除後、繰越欠損金補填後)                          (費用控除後、繰越欠損金補填後)
       収益調整金額               C    33,733,444     円  収益調整金額               C    32,650,219     円
       分配準備積立金額               D    9,462,321    円  分配準備積立金額               D     718,426   円
       分配対象額(A+B+C+D)               E    50,122,846     円  分配対象額(A+B+C+D)               E    41,289,849     円
       期末受益権口数               F   3,918,328,933      口  期末受益権口数               F   3,780,328,909      口
       10,000口当たりの分配対象額                          10,000口当たりの分配対象額
                      G     127 円 91 銭                  G     109 円 21 銭
       (E÷F×10,000)                          (E÷F×10,000)
       10,000口当たりの分配金額               H      25 円 00銭   10,000口当たりの分配金額               H      25 円 00銭
       分配金額(F×H÷10,000)               I    9,795,822    円  分配金額(F×H÷10,000)               I    9,450,822    円
                                 52/104









                                                          EDINET提出書類
                                              明治安田アセットマネジメント株式会社(E12448)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
      第134期(2020年3月25日から2020年4月24日まで)                          第140期(2020年9月25日から2020年10月26日まで)
      計算期間末における分配対象額47,615,568円(10,000口                          計算期間末における分配対象額40,167,461円(10,000口
      当たり121円57銭)のうち、9,791,602円(10,000口当た                          当たり107円54銭)のうち、9,337,264円(10,000口当た
      り25円00銭)を分配金額としております。                          り25円00銭)を分配金額としております。
              項目          金額または口数                項目          金額または口数
       配当等収益額(費用控除後)               A    7,299,852    円  配当等収益額(費用控除後)               A    8,703,936    円
       有価証券売買等損益額                          有価証券売買等損益額
                      B        -円                  B        -円
       (費用控除後、繰越欠損金補填後)                          (費用控除後、繰越欠損金補填後)
       収益調整金額               C    33,735,735     円  収益調整金額               C    31,463,525     円
       分配準備積立金額               D    6,579,981    円  分配準備積立金額               D        -円
       分配対象額(A+B+C+D)               E    47,615,568     円  分配対象額(A+B+C+D)               E    40,167,461     円
       期末受益権口数               F   3,916,640,917      口  期末受益権口数               F   3,734,905,920      口
       10,000口当たりの分配対象額                          10,000口当たりの分配対象額
                      G     121 円 57 銭                  G     107 円 54 銭
       (E÷F×10,000)                          (E÷F×10,000)
       10,000口当たりの分配金額               H      25 円 00銭   10,000口当たりの分配金額               H      25 円 00銭
       分配金額(F×H÷10,000)               I    9,791,602    円  分配金額(F×H÷10,000)               I    9,337,264    円
      第135期(2020年4月25日から2020年5月25日まで)                          第141期(2020年10月27日から2020年11月24日まで)

      計算期間末における分配対象額47,332,102円(10,000口                          計算期間末における分配対象額38,590,257円(10,000口
      当たり120円90銭)のうち、9,786,571円(10,000口当た                          当たり103円41銭)のうち、7,463,001円(10,000口当た
      り25円00銭)を分配金額としております。                          り20円00銭)を分配金額としております。
              項目          金額または口数                項目          金額または口数
       配当等収益額(費用控除後)               A    9,514,265    円  配当等収益額(費用控除後)               A    7,777,985    円
       有価証券売買等損益額                          有価証券売買等損益額
                      B        -円                  B        -円
       (費用控除後、繰越欠損金補填後)                          (費用控除後、繰越欠損金補填後)
       収益調整金額               C    33,742,151     円  収益調整金額               C    30,812,272     円
       分配準備積立金額               D    4,075,686    円  分配準備積立金額               D        -円
       分配対象額(A+B+C+D)               E    47,332,102     円  分配対象額(A+B+C+D)               E    38,590,257     円
       期末受益権口数               F   3,914,628,782      口  期末受益権口数               F   3,731,500,513      口
       10,000口当たりの分配対象額                          10,000口当たりの分配対象額
                      G     120 円 90 銭                  G     103 円 41 銭
       (E÷F×10,000)                          (E÷F×10,000)
       10,000口当たりの分配金額               H      25 円 00銭   10,000口当たりの分配金額               H      20 円 00銭
       分配金額(F×H÷10,000)               I    9,786,571    円  分配金額(F×H÷10,000)               I    7,463,001    円
                                 53/104









                                                          EDINET提出書類
                                              明治安田アセットマネジメント株式会社(E12448)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    (金融商品に関する注記)
     1.金融商品の状況に関する事項
                         第23期特定期間                    第24期特定期間
                       (自 2019年11月26日                    (自 2020年5月26日
                        至 2020年5月25日)                    至 2020年11月24日)
      1.金融商品に対する取組             当ファンドは、投資信託及び投資法人に                    当ファンドは、投資信託及び投資法人に
        方針           関する法律第2条第4項に定める証券投資                    関する法律第2条第4項に定める証券投資
                   信託であり、信託約款に規定する「運用                    信託であり、信託約款に規定する「運用
                   の基本方針」に従い、有価証券等の金融                    の基本方針」に従い、有価証券等の金融
                   商品に対して投資として運用することを                    商品に対して投資として運用することを
                   目的としております。                    目的としております。
      2.金融商品の内容及び金             当ファンドが保有する金融商品の種類                    当ファンドが保有する金融商品の種類
        融商品に係るリスク           は、有価証券、コール・ローン等の金銭                    は、有価証券、コール・ローン等の金銭
                   債権及び金銭債務であります。                    債権及び金銭債務であります。
                   当ファンドが保有する有価証券の詳細は                    当ファンドが保有する有価証券の詳細は
                   「(その他の注記)」の「2.有価証券関                    「(その他の注記)」の「2.有価証券関
                   係」に記載しております。これらは金利                    係」に記載しております。これらは金利
                   変動リスク、為替変動リスクなどの市場                    変動リスク、為替変動リスクなどの市場
                   リスク、信用リスク、及び流動性リスク                    リスク、信用リスク、及び流動性リスク
                   に晒されております。                    に晒されております。
      3.金融商品に係るリスク             委託会社においては運用部門から独立し                    委託会社においては運用部門から独立し
        管理体制           たリスク管理に関する委員会を設け投資                    たリスク管理に関する委員会を設け投資
                   リスクの管理を行っております。信託約                    リスクの管理を行っております。信託約
                   款の遵守状況、市場リスク、信用リスク                    款の遵守状況、市場リスク、信用リスク
                   および流動性リスク等モニターしてお                    および流動性リスク等モニターしてお
                   り、ガイドラインに沿った運用を行って                    り、ガイドラインに沿った運用を行って
                   いるかにつき定期的なフォロー及び                    いるかにつき定期的なフォロー及び
                   チェックを実施しております。                    チェックを実施しております。
                   市場リスクについてはファンド運用状況                    市場リスクについてはファンド運用状況
                   の継続モニタリングを実施し、各種委員                    の継続モニタリングを実施し、各種委員
                   会においてパフォーマンス動向や業種配                    会においてパフォーマンス動向や業種配
                   分等のポートフォリオ特性分析などファ                    分等のポートフォリオ特性分析などファ
                   ンドの運用状況を報告します。                    ンドの運用状況を報告します。
                   信用リスクについては格付けその他発行                    信用リスクについては格付けその他発行
                   体等に関する情報を収集、分析のうえ                    体等に関する情報を収集、分析のうえ
                   ファンドの商品特性に照らして組入れ銘                    ファンドの商品特性に照らして組入れ銘
                   柄の信用リスク管理をしております。                    柄の信用リスク管理をしております。
                   また流動性リスクについては市場流動性                    また流動性リスクについては市場流動性
                   の状況を把握し流動性リスクを管理して                    の状況を把握し流動性リスクを管理して
                   おります。                    おります。
      4.金融商品の時価等に関             金融商品の時価には、市場価格に基づく                    金融商品の時価には、市場価格に基づく
        する事項の補足説明           価額のほか、市場価格がない場合には合                    価額のほか、市場価格がない場合には合
                   理的に算定された価額が含まれておりま                    理的に算定された価額が含まれておりま
                   す。当該価額の算定においては一定の前                    す。当該価額の算定においては一定の前
                   提条件等を採用しているため、異なる前                    提条件等を採用しているため、異なる前
                   提条件等によった場合、当該価額が異な                    提条件等によった場合、当該価額が異な
                   ることもあります。                    ることもあります。
                                 54/104







                                                          EDINET提出書類
                                              明治安田アセットマネジメント株式会社(E12448)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     2.金融商品の時価等に関する事項
                        第23期特定期間                    第24期特定期間
                       (自 2019年11月26日                    (自 2020年5月26日
                        至 2020年5月25日)                    至 2020年11月24日)
      1.貸借対照表計上額、            貸借対照表上の金融商品は原則としてすべ                    貸借対照表上の金融商品は原則としてすべ

        時価及び差額          て時価で評価しているため、貸借対照表計                    て時価で評価しているため、貸借対照表計
                  上額と時価との差額はありません。                    上額と時価との差額はありません。
      2.時価の算定方法            親投資信託受益証券                    親投資信託受益証券
                  「重要な会計方針に係る事項に関する注                    「重要な会計方針に係る事項に関する注
                  記」に記載しております。                    記」に記載しております。
                  コール・ローン等の金銭債権及び金銭債務                    コール・ローン等の金銭債権及び金銭債務
                  これらの科目は短期間で決済されるため、                    これらの科目は短期間で決済されるため、
                  帳簿価額は時価と近似していることから、                    帳簿価額は時価と近似していることから、
                  当該帳簿価額を時価としております。                    当該帳簿価額を時価としております。
    (関連当事者との取引に関する注記)

     第23期特定期間(自 2019年11月26日 至 2020年5月25日)
        該当事項はございません。
     第24期特定期間(自 2020年5月26日 至 2020年11月24日)

        該当事項はございません。
    (その他の注記)

     1.元本の移動
                         第23期特定期間                    第24期特定期間
                        (自 2019年11月26日                    (自 2020年5月26日
                         至 2020年5月25日)                    至 2020年11月24日)
      期首元本額
                               4,064,531,832円                    3,914,628,782円
      期中追加設定元本額
                                46,379,525円                    54,702,956円
      期中一部解約元本額
                                196,282,575円                    237,831,225円
     2.有価証券関係

     売買目的有価証券
                    第23期特定期間                       第24期特定期間
                  (自 2019年11月26日                       (自 2020年5月26日
                   至 2020年5月25日)                       至 2020年11月24日)
        種類    最終の計算期間の損益に含まれた評価差額(円)                       最終の計算期間の損益に含まれた評価差額(円)
      親投資信託
                             73,637,374                       41,622,165
      受益証券
        合計                      73,637,374                       41,622,165
                                 55/104





                                                          EDINET提出書類
                                              明治安田アセットマネジメント株式会社(E12448)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     3.デリバティブ取引関係
     第23期特定期間末(2020年5月25日現在)
        該当事項はございません。
     第24期特定期間末(2020年11月24日現在)

        該当事項はございません。
    (4)【附属明細表】

    第1 有価証券明細表
    (1)株式(2020年11月24日現在)
        該当事項はございません。
    (2)株式以外の有価証券                            (2020年11月24日現在)

                         銘柄
          種類                            総口数(口)         評価額(円)        備考
      親投資信託受益証券          新興国通貨建国際機関債マザーファンド                       811,789,335        1,134,232,058
      親投資信託受益証券          豪ドル債マザーファンド                       132,796,387         282,086,085
          合計                              944,585,722        1,416,318,143
    第2 デリバティブ取引及び為替予約取引の契約額等及び時価の状況表

       該当事項はございません。
                                 56/104












                                                          EDINET提出書類
                                              明治安田アセットマネジメント株式会社(E12448)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    (参考)
     当ファンドは「新興国通貨建国際機関債マザーファンド、豪ドル債マザーファンド」受益証券を主要投資対象としており、
     貸借対照表の資産の部に計上された親投資信託受益証券は、すべて同親投資信託の受益証券です。
     同親投資信託の状況は次の通りです。
     また、以下に記載した情報は、監査の対象外であります。
                       新興国通貨建国際機関債マザーファンド

    (1)貸借対照表

                                        (2020年11月24日現在)
                  科目                         金額(円)
      資産の部
       流動資産
        金銭信託                                             9,275,715
        特殊債券                                           1,091,627,464
        未収利息                                             30,695,671
        前払費用                                             2,651,469
       流動資産合計                                            1,134,250,319
      資産合計                                             1,134,250,319
      負債の部
       流動負債
        その他未払費用                                                831
       流動負債合計                                                 831
      負債合計                                                  831
      純資産の部
       元本等
        元本                                            811,789,335
        剰余金
         剰余金又は欠損金(△)                                           322,460,153
       元本等合計                                            1,134,249,488
      純資産合計                                             1,134,249,488
      負債純資産合計                                             1,134,250,319
                                 57/104








                                                          EDINET提出書類
                                              明治安田アセットマネジメント株式会社(E12448)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    (2)注記表
    (重要な会計方針に係る事項に関する注記)
      1.運用資産の評価基準及び評価方法                    (1)特殊債券
                             個別法に基づき、原則として時価で評価しております。時価評
                             価にあたっては、価格情報会社の提供する価額等で評価してお
                             ります。
                          (2)為替予約取引
                             個別法に基づき、計算日において予約為替の受渡日の対顧客先
                             物売買相場の仲値で評価しております。
      2.外貨建資産・負債の本邦通貨への                    信託財産に属する外貨建資産・負債の円換算は、原則として、わが国
                          における計算日の対顧客電信売買相場の仲値によって計算しておりま
        換算基準
                          す。
                          なお、外貨建資産等の会計処理は「投資信託財産計算規則」第60条及
                          び第61条に基づいております。
      3.費用・収益の計上基準                    有価証券売買等損益及び為替予約による為替差損益の計上基準
                          約定日基準で計上しております。
      4.その他                    貸借対照表は、ファンドの特定期間末の2020年11月24日現在でありま
                          す。
                          なお、当親投資信託の計算期間は、前期末が休日のため、2019年11月
                          26日から2020年11月24日までとなっております。
    (その他の注記)

                          (2020年11月24日現在)
      1.元本の移動
        対象期間(自 2020年5月26日 至 2020年11月24日)の元本状況
        期首(2020年5月26日)の元本額
                                                   873,253,594円
        対象期間中の追加設定元本額
                                                        -円
        対象期間中の一部解約元本額
                                                    61,464,259円
        2020年11月24日現在の元本額の内訳 ※
        高金利国際機関債ファンド(毎月決算型)
                                                   811,789,335円
                         計
                                                   811,789,335円
      2.対象期間の末日における1単位当たりの純資産の額
        1口当たり純資産額
                                                      1.3972円
        (10,000口当たり純資産額)
                                                     (13,972円)
     ※当該親投資信託受益証券を投資対象とする証券投資信託ごとの元本額
                                 58/104








                                                          EDINET提出書類
                                              明治安田アセットマネジメント株式会社(E12448)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    (3)附属明細表
    第1 有価証券明細表
    (1)株式(2020年11月24日現在)
       該当事項はございません。
    (2)株式以外の有価証券                            (2020年11月24日現在)

          種類             銘柄            券面総額          評価額         備考
      特殊債券
                EUROPEAN     INVT   BK  4.75%                     10,412,706.00
      メキシコペソ                               10,420,000
                INTL   FIN  CORP   4.75%                       8,245,234.00
                                     8,290,000
                INT  BK  RECON&DEV     8%                     36,231,219.20
                                     35,200,000
                                             54,889,159.20
      小計                               53,910,000
                                             (285,972,519)
                INTL   FIN  CORP   7.5%                       4,206,000.00

      ブラジルレアル                               4,000,000
                INTL   FIN  CORP   7.5%                        599,355.00
                                      570,000
                INTL   FIN  CORP   7.5%                        262,875.00
                                      250,000
                INTL   FIN  CORP   6.2%                       5,125,650.00
                                     5,000,000
                EUROPEAN     INVT   BK  2.85%                      3,709,940.00
                                     3,800,000
                                             13,903,820.00
      小計                               13,620,000
                                             (267,648,535)
                EUROPEAN     INVT   BK  9%                     34,083,840.00

      南アフリカランド                               33,600,000
                EUROPEAN     INVT   BK  9%                      3,043,200.00
                                     3,000,000
                EUROPEAN     INVT   BK  8.375%                      6,376,740.00
                                     6,000,000
                                             43,503,780.00
      小計                               42,600,000
                                             (295,390,666)
                ASIAN   DEV  BANK   14%                       1,490,190.00

      トルコリラ                               1,500,000
                EUROPEAN     INVT   BK  8.75%                     12,296,684.40
                                     12,760,000
                ASIAN   DEV  BANK   20.5%                       4,509,938.90
                                     4,300,000
                                             18,296,813.30
      小計                               18,560,000
                                             (242,615,744)
                                             1,091,627,464

      特殊債券計
                                            (1,091,627,464)
                                             1,091,627,464

      合計
                                            (1,091,627,464)
    (注1)通貨種類毎の小計欄の( )内は、邦貨換算額であります。
    (注2)合計金額欄の( )内は、外貨建有価証券に係るもので、内書であります。
    (注3)通貨の表示は、外貨についてはその通貨の単位、邦貨については円単位で表示しております。
                                 59/104




                                                          EDINET提出書類
                                              明治安田アセットマネジメント株式会社(E12448)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    (注4)有価証券の内訳
          通貨            銘柄数           組入債券時価比率             合計額に対する比率
      メキシコペソ            特殊債券3銘柄                       25.2%              26.2%
      ブラジルレアル            特殊債券3銘柄                       23.6%              24.5%
      南アフリカランド            特殊債券2銘柄                       26.0%              27.1%
      トルコリラ            特殊債券3銘柄                       21.4%              22.2%
    第2 デリバティブ取引及び為替予約取引の契約額等及び時価の状況表

       該当事項はございません。
                                 60/104

















                                                          EDINET提出書類
                                              明治安田アセットマネジメント株式会社(E12448)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    (参考)
     以下に記載した情報は、監査の対象外であります。
                          豪ドル債マザーファンド

    (1)貸借対照表

                                        (2020年11月24日現在)
                  科目                         金額(円)
      資産の部
       流動資産
        預金                                               29,574
        金銭信託                                             3,289,964
        特殊債券                                            274,583,506
        未収利息                                             4,187,531
       流動資産合計                                             282,090,575
      資産合計                                              282,090,575
      負債の部
       流動負債
        その他未払費用                                                230
       流動負債合計                                                 230
      負債合計                                                  230
      純資産の部
       元本等
        元本                                            132,796,387
        剰余金
         剰余金又は欠損金(△)                                           149,293,958
       元本等合計                                             282,090,345
      純資産合計                                              282,090,345
      負債純資産合計                                              282,090,575
                                 61/104









                                                          EDINET提出書類
                                              明治安田アセットマネジメント株式会社(E12448)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    (2)注記表
    (重要な会計方針に係る事項に関する注記)
      1.運用資産の評価基準及び評価方法                    (1)特殊債券
                             個別法に基づき、原則として時価で評価しております。時価評
                             価にあたっては、価格情報会社の提供する価額等で評価してお
                             ります。
                          (2)為替予約取引
                             個別法に基づき、計算日において予約為替の受渡日の対顧客先
                             物売買相場の仲値で評価しております。
      2.外貨建資産・負債の本邦通貨への                    信託財産に属する外貨建資産・負債の円換算は、原則として、わが国
                          における計算日の対顧客電信売買相場の仲値によって計算しておりま
        換算基準
                          す。
                          なお、外貨建資産等の会計処理は「投資信託財産計算規則」第60条及
                          び第61条に基づいております。
      3.費用・収益の計上基準                    有価証券売買等損益及び為替予約による為替差損益の計上基準
                          約定日基準で計上しております。
      4.その他                    貸借対照表は、ファンドの特定期間末の2020年11月24日現在でありま
                          す。
                          なお、当親投資信託の計算期間は、前期末が休日のため、2019年11月
                          26日から2020年11月24日までとなっております。
    (その他の注記)

                          (2020年11月24日現在)
      1.元本の移動
        対象期間(自 2020年5月26日 至 2020年11月24日)の元本状況
        期首(2020年5月26日)の元本額
                                                   156,981,944円
        対象期間中の追加設定元本額
                                                        -円
        対象期間中の一部解約元本額
                                                    24,185,557円
        2020年11月24日現在の元本額の内訳 ※
        高金利国際機関債ファンド(毎月決算型)
                                                   132,796,387円
                         計
                                                   132,796,387円
      2.対象期間の末日における1単位当たりの純資産の額
        1口当たり純資産額
                                                      2.1242円
        (10,000口当たり純資産額)
                                                     (21,242円)
     ※当該親投資信託受益証券を投資対象とする証券投資信託ごとの元本額
                                 62/104








                                                          EDINET提出書類
                                              明治安田アセットマネジメント株式会社(E12448)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    (3)附属明細表
    第1 有価証券明細表
    (1)株式(2020年11月24日現在)
       該当事項はございません。
    (2)株式以外の有価証券                            (2020年11月24日現在)

          種類              銘柄            券面総額          評価額         備考
      特殊債券
                EUROPEAN     INVT   BK  6.25%                      929,556.00
      オーストラリアドル                                900,000
                AFRICAN    DEV  BANK   5.25%                      970,694.27
                                      910,000
                EUROPEAN     INVT   BK  4.75%                     1,697,542.00
                                     1,460,000
                                              3,597,792.27
      小計                               3,270,000
                                             (274,583,506)
                                               274,583,506

      特殊債券計
                                             (274,583,506)
                                               274,583,506

      合計
                                             (274,583,506)
    (注1)通貨種類毎の小計欄の( )内は、邦貨換算額であります。
    (注2)合計金額欄の( )内は、外貨建有価証券に係るもので、内書であります。
    (注3)通貨の表示は、外貨についてはその通貨の単位、邦貨については円単位で表示しております。
    (注4)有価証券の内訳
           通貨            銘柄数           組入債券時価比率             合計額に対する比率
      オーストラリアドル            特殊債券3銘柄                       97.3%              100.0%
    第2 デリバティブ取引及び為替予約取引の契約額等及び時価の状況表

       該当事項はございません。
                                 63/104









                                                          EDINET提出書類
                                              明治安田アセットマネジメント株式会社(E12448)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    2【ファンドの現況】
      (2020年12月30日現在)
      【純資産額計算書】
      Ⅰ 資産総額                                        1,462,159,733        円 
      Ⅱ 負債総額                                          4,300,810      円 
      Ⅲ 純資産総額(Ⅰ-Ⅱ)                                        1,457,858,923        円 
      Ⅳ 発行済口数                                        3,630,596,174        口 
      Ⅴ 1口当たり純資産額(Ⅲ/Ⅳ)                                            0.4015    円 
        (1万口当たり純資産額)                                            (4,015     円)
      (参考)

      新興国通貨建国際機関債マザーファンド
      純資産額計算書
      Ⅰ 資産総額                                        1,152,994,067        円 
      Ⅱ 負債総額                                              726  円 
      Ⅲ 純資産総額(Ⅰ-Ⅱ)                                        1,152,993,341        円 
      Ⅳ 発行済口数                                         794,433,045       口 
      Ⅴ 1口当たり純資産額(Ⅲ/Ⅳ)                                            1.4513    円 
        (1万口当たり純資産額)                                           (14,513     円)
      豪ドル債マザーファンド

      純資産額計算書
      Ⅰ 資産総額                                         286,204,980       円 
      Ⅱ 負債総額                                              249  円 
      Ⅲ 純資産総額(Ⅰ-Ⅱ)                                         286,204,731       円 
      Ⅳ 発行済口数                                         130,504,491       口 
      Ⅴ 1口当たり純資産額(Ⅲ/Ⅳ)                                            2.1931    円 
        (1万口当たり純資産額)                                           (21,931     円)
                                 64/104








                                                          EDINET提出書類
                                              明治安田アセットマネジメント株式会社(E12448)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    第4【内国投資信託受益証券事務の概要】
    (1)名義書換の事務等
        該当事項はありません。
        委託会社は、この信託の受益権を取扱う振替機関が社振法の規定により主務大臣の指定を取消された
        場合または当該指定が効力を失った場合であって、当該振替機関の振替業を承継する者が存在しない
        場合その他やむを得ない事情がある場合を除き、当該振替受益権を表示する受益証券を発行しませ
        ん。
        したがって、受益者は、委託会社がやむを得ない事情等により受益証券を発行する場合を除き、無記
        名式受益証券から記名式受益証券への変更の請求、記名式受益証券から無記名式受益証券への変更の
        請求、受益証券の再発行の請求を行わないものとします。
    (2)受益者に対する特典
        該当事項はありません。
    (3)受益権の譲渡
        ①受益者は、その保有する受益権を譲渡する場合には、当該受益者の譲渡の対象とする受益権が記載
         または記録されている振替口座簿に係る振替機関等に振替の申請をするものとします。
        ②前項の申請のある場合には、上記①の振替機関等は、当該譲渡に係る譲渡人の保有する受益権の口
         数の減少および譲受人の保有する受益権の口数の増加につき、その備える振替口座簿に記載または
         記録するものとします。ただし、上記①の振替機関等が振替先口座を開設したものでない場合に
         は、譲受人の振替先口座を開設した他の振替機関等(当該他の振替機関等の上位機関を含みま
         す。)に社振法の規定にしたがい、譲受人の振替先口座に受益権の口数の増加の記載または記録が
         行われるよう通知するものとします。
        ③上記①の振替について、委託会社は、当該受益者の譲渡の対象とする受益権が記載または記録され
         ている振替口座簿に係る振替機関等と譲受人の振替先口座を開設した振替機関等が異なる場合等に
         おいて、委託会社が必要と認めたときまたはやむをえない事情があると判断したときは、振替停止
         日や振替停止期間を設けることができます。
    (4)受益権の譲渡制限および譲渡の対抗要件
        譲渡制限はありません。ただし、受益権の譲渡は、振替口座簿への記載または記録によらなければ、
        委託会社および受託会社に対抗することができません。
    (5)受益権の再分割
        委託会社は、受託会社と協議のうえ、社振法に定めるところにしたがい、一定日現在の受益権を均等
        に再分割できるものとします。
    (6)質権口記載又は記録の受益権の取扱いについて
        振替機関等の振替口座簿の質権口に記載または記録されている受益権にかかる収益分配金の支払い、
        一部解約の実行の請求の受付け、一部解約金および償還金の支払い等については、約款の規定による
        ほか、民法その他の法令等にしたがって取扱われます。
    (7)償還金
        償還金は、償還日において振替機関等の振替口座簿に記載または記録されている受益者(償還日以前
        において一部解約が行われた受益権にかかる受益者を除きます。また、当該償還日以前に設定された
        受益権で取得申込代金支払前のため販売会社の名義で記載または記録されている受益権については原
        則として取得申込者とします。)に支払います。
                                 65/104







                                                          EDINET提出書類
                                              明治安田アセットマネジメント株式会社(E12448)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    第三部【委託会社等の情報】

    第1【委託会社等の概況】
    1【委託会社等の概況】
    (1)資本金の額
      本書提出日現在の資本金の額:                        10 億円
      会社が発行する株式総数:                       33,220    株

      発行済株式総数:                       18,887    株

       <過去5年間における資本金の額の推移>
        該当事項はありません。
    (2)委託会社の機構

      ①会社の意思決定機構
       経営の意思決定機関として取締役会をおきます。取締役会は、法令、定款に定める事項ならびに本会社
       の業務執行に関する重要事項を決定するほか、執行役員を選任し、本会社の業務執行を委任します。執
       行役員は取締役会において決定された基本方針に則り、本会社の業務執行を行います。
      ②投資運用の意思決定機構
       1 .投資政策委員会にて、マクロ経済環境・市況環境に関する分析、資産配分・資産毎の運用戦略に関す
        る検討を行います。
       2 .ファンドの運用担当者は、投資政策委員会における分析・検討等を踏まえて運用計画を策定し、運用
        計画に基づき、有価証券等の売買をトレーディング部門に指図します。
       3 .ファンドの運用の基本規程等の遵守状況の管理、運用資産のリスク管理は、運用部門から独立したコ
        ンプライアンス・リスク管理部、運用企画部が行います。
       4 .投資管理委員会にて、ファンドの運用パフォーマンスの評価等を行い、これを運用部門にフィード
        バックすることにより、より精度の高い運用体制を維持するよう努めています。
    2【事業の内容及び営業の概況】

      「投資信託及び投資法人に関する法律」に定める投資信託委託会社である委託会社は、証券投資信託の設
      定を行うとともに「金融商品取引法」に定める金融商品取引業者としてその運用(投資運用業)およびそ
      の受益権の募集又は私募(第二種金融商品取引業)を行っています。また「金融商品取引法」に定める投
      資助言業務を行っています。
      2020  年12月30日現在、委託会社が運用の指図を行っている証券投資信託は以下の通りです(ただし、親投
      資信託を除きます。)。
                種類                  本数             純資産総額
                       追加型            158  本       1,748,902,328,029           円
          株式投資信託
                       単位型             11  本         88,158,996,722         円
         公社債投資信託              単位型              5 本         21,242,347,449         円
                合計                    174  本       1,858,303,672,200           円
                                 66/104







                                                          EDINET提出書類
                                              明治安田アセットマネジメント株式会社(E12448)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    3【委託会社等の経理状況】
       1.財務諸表の作成方法について

         委託会社である明治安田アセットマネジメント株式会社(以下「委託会社」という。)の財務諸表は、
        「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和38年大蔵省令第59号。以下「財務諸表等規
        則」という。)並びに同規則第2条の規定により、「金融商品取引業等に関する内閣府令」(平成19年内閣
        府令第52号)に基づいて作成しております。
       2.監査証明について

         委託会社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、事業年度(2019年4月1日から2020年3月31
        日まで)の財務諸表について、有限責任                     あずさ監査法人により監査を受けております。
                                 67/104

















                                                          EDINET提出書類
                                              明治安田アセットマネジメント株式会社(E12448)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    (1)【貸借対照表】
                                            (単位:千円)
                             前事業年度              当事業年度
                           (2019年3月31日)              (2020年3月31日)
      資産の部
       流動資産
       現金・預金                         8,783,641              8,487,669
       前払費用                          166,084              149,996
       未収委託者報酬                         1,653,543              1,573,822
       未収運用受託報酬                          124,755              130,905
       未収投資助言報酬                          256,406              261,532
       差入保証金                              -           181,690
                                    186               38
       その他
       流動資産合計                         10,984,617              10,785,656
       固定資産
       有形固定資産
                                ※1                ※1
         建物
                                  167,904                4,057
                                ※1              ※1
         器具備品
                                  153,164              123,677
                                  35,501               6,336
         建設仮勘定
         有形固定資産合計                         356,569              134,071
       無形固定資産
         ソフトウェア                          60,361              95,476
         電話加入権                          6,662              6,662
         ソフトウェア仮勘定                          13,000                 -
                                     3                 -
         その他
         無形固定資産合計                          80,028              102,138
       投資その他の資産
         投資有価証券                          2,022                 -
         長期差入保証金                         181,690              300,000
         長期前払費用                          4,920              2,889
         前払年金費用                          45,606               9,979
                                  43,576              122,271
         繰延税金資産
         投資その他の資産合計                         277,816              435,140
       固定資産合計                          714,413              671,350
      資産合計                          11,699,031              11,457,007
                                 68/104








                                                          EDINET提出書類
                                              明治安田アセットマネジメント株式会社(E12448)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
                                            (単位:千円)
                             前事業年度              当事業年度
                           (2019年3月31日)              (2020年3月31日)
      負債の部
       流動負債
       預り金                           87,372              55,062
       未払金                          917,223              869,140
         未払収益分配金                           134              143
         未払手数料                         600,682              539,255
         その他未払金                         316,406              329,741
       未払費用                           40,858              34,549
       未払法人税等                          398,894              247,148
       未払消費税等                           93,070              140,907
       賞与引当金                          125,179              130,550
                                     -            62,571
       資産除去債務
       流動負債合計                         1,662,600              1,539,930
       固定負債
                                  58,882                 -
       資産除去債務
       固定負債合計                           58,882                 -
       負債合計                          1,721,483              1,539,930
      純資産の部
       株主資本
       資本金                         1,000,000              1,000,000
       資本剰余金
         資本準備金                         660,443              660,443
                                 2,854,339              2,854,339
         その他資本剰余金
         資本剰余金合計                        3,514,783              3,514,783
       利益剰余金
         利益準備金                          83,040              83,040
         その他利益剰余金
          別途積立金                        3,092,001              3,092,001
                                 2,287,707              2,227,250
          繰越利益剰余金
         利益剰余金合計                        5,462,748              5,402,292
       株主資本合計                         9,977,532              9,917,076
       評価・換算差額等
                                     15               -
       その他有価証券評価差額金
       評価・換算差額等合計                             15               -
       純資産合計                          9,977,548              9,917,076
      負債・純資産合計                          11,699,031              11,457,007
                                 69/104






                                                          EDINET提出書類
                                              明治安田アセットマネジメント株式会社(E12448)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    (2)【損益計算書】
                                            (単位:千円)
                             前事業年度              当事業年度
                          (自 2018年4月         1日     (自 2019年4月         1日
                           至 2019年3月31日)               至 2020年3月31日)
      営業収益
       委託者報酬                          6,438,402              6,850,468
       受入手数料                            4,468              1,793
       運用受託報酬                          1,821,257              1,919,226
                                  581,193              555,313
       投資  助言報酬
      営業収益合計                           8,845,322              9,326,801
      営業費用
       支払手数料                          2,241,473              2,330,306
       広告宣伝費                           43,065              62,095
       公告費                             375              750
       調査費                          1,580,451              1,683,927
       調査費                          584,064              661,179
       委託調査費                          996,386             1,022,747
       委託計算費                           365,866              363,070
       営業雑経費                           157,569              143,974
       通信費                           22,936              20,446
       印刷費                          118,976              106,638
       協会費                           9,325              12,628
       諸会費                           5,804              4,261
                                    525                0
       営業雑費
      営業費用合計                           4,388,800              4,584,125
      一般管理費
       給料                          1,657,528              1,846,336
       役員報酬                           76,585              76,381
       給料・手当                         1,269,478              1,413,822
       賞与                          311,465              356,133
       賞与引当金繰入                           125,179              130,550
       法定福利費                           251,898              276,448
       福利厚生費                           31,313              33,441
       交際費                            2,071              3,232
       寄付金                             200              200
       旅費交通費                           34,359              32,621
       租税  公課                         71,711              71,876
       不動産賃     借料                      202,713              207,615
       退職給付費用                           84,659              110,387
       固定資産減価償却費                           88,029              104,847
       事務委託費                           98,081              139,713
                                  99,121              76,644
       諸経費
      一般管理費合計                           2,746,868              3,033,916
      営業利益                           1,709,653              1,708,759
                                 70/104




                                                          EDINET提出書類
                                              明治安田アセットマネジメント株式会社(E12448)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
                                            (単位:千円)
                             前事業年度              当事業年度
                          (自 2018年4月         1日     (自 2019年4月         1日
                           至 2019年3月31日)               至 2020年3月31日)
      営業外収益
       受取  利息                           179              208
       受取配当金                              -              2
       投資有価証券売却益                              -              37
       償還  金等時効完成分                          7,169                31
                                 ※1              ※1
       保険  契約返戻金・配当金
                                   1,332              1,389
       為替差益                              -             473
                                    691             1,400
       雑益
      営業外収益合計                             9,373              3,543
      営業外費用
       為替差損                              48               -
       投資有価証券売却損                              -              8
       時効成立後支払償還金                               -            2,312
                                   1,547                997
       雑損失
      営業外費用合計                             1,596              3,317
      経常利益                           1,717,430              1,708,985
      特別損失
                                              ※2
                                     -
       移転関連費用
                                                168,847
      特別損失合計                               -           168,847
      税引前当期純利益                           1,717,430              1,540,137
      法人税、住民税及び事業税                            548,652              490,515
                                 △  19,999             △  78,687
      法人税等調整額
      法人税等合計                            528,652              411,827
      当期純利益                           1,188,777              1,128,310
                                 71/104










                                                          EDINET提出書類
                                              明治安田アセットマネジメント株式会社(E12448)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    (3)【株主資本等変動計算書】
    前事業年度 (自 2018年4月1日 至 2019年3月31日)
                                                  (単位:千円)
                                    株主資本
                                        資本剰余金
                     資本金
                             資本準備金         その他資本剰余金           資本剰余金合計
     当期首残高                1,000,000           660,443          2,854,339          3,514,783
     当期変動額
      剰余金の配当
      当期純利益
      株主資本以外の項目の
      当期変動額(純額)
     当期変動額合計                     -          -           -          -
     当期末残高                1,000,000           660,443          2,854,339          3,514,783
                                    株主資本

                               利益剰余金
                             その他利益剰余金                      株主資本
                                           利益剰余金
                                                     合計
                    利益準備金
                                   繰越利益
                                             合計
                           別途積立金
                                    剰余金
     当期首残高                 83,040      3,092,001        2,032,929        5,207,971        9,722,754
     当期変動額
      剰余金の配当                               △933,999        △933,999        △933,999
      当期純利益                               1,188,777        1,188,777        1,188,777
      株主資本以外の項目の
      当期変動額(純額)
     当期変動額合計                    -        -     254,777        254,777        254,777
     当期末残高                 83,040      3,092,001        2,287,707        5,462,748        9,977,532
                         評価・換算差額等

                                          純資産合計
                    その他有価証券          評価・換算差額等
                     評価差額金            合計
     当期首残高                       -           -      9,722,754
     当期変動額
      剰余金の配当                                        △933,999
      当期純利益                                        1,188,777
      株主資本以外の項目の
                           15           15          15
      当期変動額(純額)
     当期変動額合計                      15           15       254,793
     当期末残高                      15           15      9,977,548
                                 72/104






                                                          EDINET提出書類
                                              明治安田アセットマネジメント株式会社(E12448)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    当事業年度 (自 2019年4月1日 至 2020年3月31日) 
                                                  (単位:千円)
                                    株主資本
                                        資本剰余金
                     資本金
                             資本準備金         その他資本剰余金           資本剰余金合計
     当期首残高                1,000,000           660,443          2,854,339          3,514,783
     当期変動額
      剰余金の配当
      当期純利益
      株主資本以外の項目の
      当期変動額(純額)
     当期変動額合計                     -          -           -          -
     当期末残高                1,000,000           660,443          2,854,339          3,514,783
                                    株主資本

                                利益剰余金
                              その他利益剰余金                      株主資本
                                           利益剰余金
                                                     合計
                    利益準備金
                                    繰越利益
                                             合計
                           別途積立金
                                    剰余金
     当期首残高                  83,040      3,092,001        2,287,707        5,462,748        9,977,532
     当期変動額
      剰余金の配当                              △1,188,766        △1,188,766        △1,188,766
      当期純利益                                1,128,310        1,128,310        1,128,310
      株主資本以外の項目の
      当期変動額(純額)
     当期変動額合計                    -        -    △60,456        △60,456        △60,456
     当期末残高                  83,040      3,092,001        2,227,250        5,402,292        9,917,076
                         評価・換算差額等

                                          純資産合計
                    その他有価証券          評価・換算差額等
                     評価差額金            合計
     当期首残高                      15           15      9,977,548
     当期変動額
      剰余金の配当                                      △1,188,766
      当期純利益                                       1,128,310
      株主資本以外の項目の
                          △15           △15          △15
      当期変動額(純額)
     当期変動額合計                     △15           △15        △60,472
     当期末残高                       -           -     9,917,076
                                 73/104






                                                          EDINET提出書類
                                              明治安田アセットマネジメント株式会社(E12448)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    [ 注記事項]
    (重要な会計方針)

      1 .有価証券の評価基準及び評価方法
       その他   有価証券
        時価のあるもの
         決算期末日の市場価格等に基づく時価法(評価差額は、全部純資産直入法により処理し、売却原
        価は移動平均法により算定しております。)
      2 .固定資産の減価償却方法

       (1)有形固定資産
        定額法
         なお、主な耐用年数は次のとおりであります。
        建物   6年~18年
        器具備品 3年~20年
       (2)無形固定資産
        定額法
         なお、自社利用のソフトウェアについては、社内における利用可能期間(5年)に基づく定額法を
        採用しております。
      3 .引当金の計上基準

       (1)賞与引当金は、従業員賞与の支給に充てるため、当事業年度に見合う支給見込額に基づき計上
        しております。
       (2)退職給付引当金は、従業員に対する退職金の支払に備えるため、当事業年度末における退職給
        付債務及び年金資産の見込額に基づき、当事業年度末において発生していると認められる額を、簡
        便法により計上しております。
      4 .その他財務諸表作成のための基本となる重要な事項

       消費税等の会計処理方法
         消費税及び地方消費税の会計処理は税抜方式によっております。
    (貸借対照表関係)

      ※1  有形固定資産の減価償却累計額は次のとおりであります。
                               前事業年度                 当事業年度
                             (2019年3月31日)                 (2020年3月31日)
         建物                        50,882   千円             68,745   千円
         器具備品                       283,070    千円             342,079    千円
    (損益計算書関係)

      ※1  各科目に含まれている関係会社に対するものは次のとおりであります。
                               前事業年度
                                                当事業年度
                            (自 2018年4月         1日
                                            (自 2019年4月         1日
                             至 2019年3月31日)                  至 2020年3月31日)
         保険契約返戻金・配当金                        1,332   千円              1,389   千円
     ※2  移設関連費用

       当社は次の資産グループについて減損損失を計上しました。
         建物付属設備                    149,274    千円
         システム関係                     9,877   千円

         什器備品                     9,319   千円

         少額資産                      376  千円

        当社はすべての資産を一体としてグルーピングをしておりますが、2019年11月28日の取締役会における現在
        の虎ノ門36森ビルから大手町プレイスへの移転の決議に伴い、新オフィスへの移転が不可能な資産について
        は、別途グルーピングを実施しております。
        当該資産グループは新オフィスへの移転が決定したことに伴い、除去が決定していることから、帳簿価額を
        回収可能価額まで減額し、減損損失を移設関連費用として計上しております。当該資産グループの回収可能
        価額は他の転用や売却が困難であることから0円としております。
                                 74/104


                                                          EDINET提出書類
                                              明治安田アセットマネジメント株式会社(E12448)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    (株主資本等変動計算書関係)

    前事業年度 (自 2018年4月1日 至 2019年3月31日)
    1. 発行済株式に関する事項
        株式の種類         当事業年度期首              増加          減少        当事業年度末
        普通株式             18,887   株           -          -       18,887   株
    2. 自己株式に関する事項

      該当事項はありません。
    3. 新株予約権等に関する事項

      該当事項はありません。
    4. 配当に関する事項

     (1)配当金支払額
         決議      株式の種類       配当金の総額        1 株当たり配当額           基準日       効力発生日
      2018  年6月27日
               普通株式      933,999,924      円   49,452   円00銭     2018  年3月31日      2018  年6月27日
       定時株主総会
     (2)基準日が当事業年度に属する配当のうち、配当の効力発生日が翌事業年度となるもの

         決議      株式の種類      配当の原資       配当金の総額         1 株当たり配当額           基準日       効力発生日
      2019  年6月20日
               普通株式      利益剰余金      1,188,766,667       円   62,941   円00銭     2019  年3月31日      2019  年6月20日
      定時株主総会
    当事業年度 (自 2019年4月1日 至 2020年3月31日)

    1. 発行済株式に関する事項
        株式の種類         当事業年度期首              増加          減少        当事業年度末
        普通株式             18,887   株           -          -       18,887   株
    2. 自己株式に関する事項

      該当事項はありません。
    3. 新株予約権等に関する事項

      該当事項はありません。
    4. 配当に関する事項

     (1)配当金支払額
         決議      株式の種類       配当金の総額         1 株当たり配当額           基準日       効力発生日
      2019  年6月20日
               普通株式      1,188,766,667       円   62,941   円00銭     2019  年3月31日      2019  年6月20日
      定時株主総会
     (2)基準日が当事業年度に属する配当のうち、配当の効力発生日が翌事業年度となるもの

         決議      株式の種類      配当の原資       配当金の総額         1 株当たり配当額           基準日       効力発生日
      2020  年6月30日
               普通株式      利益剰余金      1,128,309,380       円   59,740   円00銭     2020  年3月31日      2020  年6月30日
      定時株主総会
    (リース取引関係)

       オペレーティング・リース取引のうち解約不能のものに係る未経過リース料
                                           (単位:千円)
                        前事業年度                 当事業年度
                    (自 2018年4月         1日        (自 2019年4月         1日
                                      至 2020年3月31日)
                     至 2019年3月31日)
       1 年内                        8,789                 8,789
       1 年超                        20,507                 11,718
       合計                        29,296                 20,507
    (金融商品関係)

    1. 金融商品の状況に関する事項
     (1)金融商品に対する取組方針
                                 75/104


                                                          EDINET提出書類
                                              明治安田アセットマネジメント株式会社(E12448)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
       当社は、資金運用について財務内容の健全性を損なうことのないよう、主に安全性の高い金融資産で運用し
      ております。
     (2)金融商品の内容及びそのリスク並びに金融商品にかかるリスク管理体制
       営業債権である未収委託者報酬、未収運用受託報酬は、主に当社が運用指図を行う信託財産より支弁され、
      当社は当該信託財産の内容を把握しており、当該営業債権の回収にかかるリスクは僅少であります。また、営
      業債権である未収投資助言報酬は、顧客の信用リスクに晒されており、投資助言先ごとに期日管理及び残高管
      理を行うとともに、四半期ごとに回収可能性を把握する体制としております。差入保証金は、賃貸借契約先に
      対する敷金であり、差入先の信用リスクに晒されております。差入先の信用リスクについては、資産の自己査
      定及び・償却引当規程に従い、定期的に管理をしております。投資有価証券は全て事業推進目的で保有してい
      る証券投資信託であり、基準価格の変動リスクにさらされております。価格変動リスクについては、定期的に
      時価の把握を行い管理をしております。
       営業債務である未払手数料、並びにその他未払金は、1年以内の支払期日です。
    2. 金融商品の時価等に関する事項

     貸借対照表計上額、時価及びこれらの差額については、次のとおりであります。
     前事業年度 (2019年3月31日)

                      貸借対照表計上額               時価            差額
                        (千円)            (千円)            (千円)
       (1)   現金・預金                 8,783,641            8,783,641                -
       (2)   未収委託者報酬                 1,653,543            1,653,543                -
       (3)   未収運用受託報酬                  124,755            124,755               -
       (4)   未収投資助言報酬                  256,406            256,406               -
       (5)投資有価証券
          その他有価証券                      2,022            2,022              -
       (6)   長期差入保証金                  181,690            184,263             2,572
       資産計                   11,002,059            11,004,632              2,572
       (1)   未払手数料                  600,682            600,682               -
       (2)   その他未払金                  316,406            316,406               -
       負債計                     917,089            917,089               -
     当事業年度 (2020年3月31日)

                      貸借対照表計上額               時価            差額
                        (千円)            (千円)            (千円)
       (1)   現金・預金                 8,487,669            8,487,669                -
       (2)   未収委託者報酬                 1,573,822            1,573,822                -
       (3)   未収運用受託報酬                  130,905            130,905               -
       (4)   未収投資助言報酬                  261,532            261,532               -
       (5)投資有価証券
          その他有価証券                         -            -            -
       (6)差入保証金                     181,690            181,690               -
       (7)   長期差入保証金                  300,000            287,008           △12,991
       資産計                   10,935,620            10,922,629             △12,991
       (1)   未払手数料                  539,255            539,255               -
       (2)   その他未払金                  329,741            329,741               -
       負債計                     868,997            868,997               -
    (注1)金融商品の時価の算定方法
       資産
       (1)現金・預金、(2)未収委託者報酬、(3)未収運用受託報酬、(4)未収投資助言報酬、
        (6)差入保証金
         これらは短期間で決済されるため、時価は帳簿価額にほぼ等しいことから、当該帳簿価額によっており
         ます。
       (5)投資有価証券
         投資信託は基準価額によっております。
        (7)   長期差入保証金
         長期差入保証金の時価の算定は、その将来キャッシュフローを、国債の利回り等適切な指標で割り引い
         た現在価値により算定しております。
       負債
       (1)未払手数料、(2)その他未払金
                                 76/104


                                                          EDINET提出書類
                                              明治安田アセットマネジメント株式会社(E12448)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
         これらは短期間で決済されるため、時価は帳簿価額にほぼ等しいことから、当該帳簿価額によっており
         ます。
    (注2)金銭債権及び満期がある有価証券の決算日後の償還予定額

     前事業年度 (2019年3月31日)
                               1年超         5年超
                      1年以内                           10年超
                               5年以内        10年以内
                      (千円)                           (千円)
                               (千円)         (千円)
       現金・預金                8,783,536             -         -         -
       未収委託者報酬                1,653,543             -         -         -
       未収運用受託報酬                 124,755            -         -         -
       未収投資助言報酬                 256,406            -         -         -
       投資有価証券
        その他有価証券のう
                           -      1,004           -         -
        ち満期のあるもの
       長期差入保証金                     -         -      181,690            -
       合計                10,818,241            1,004        181,690            -
     当事業年度 (2020年3月31日)

                                1年超         5年超
                      1年以内                           10年超
                               5年以内        10年以内
                      (千円)                           (千円)
                               (千円)         (千円)
       現金・預金                8,487,669             -         -         -
       未収委託者報酬                1,573,822             -         -         -
       未収運用受託報酬                 130,905            -         -         -
       未収投資助言報酬                 261,532            -         -         -
       投資有価証券
        その他有価証券のう
                            -         -         -         -
        ち満期のあるもの
       差入保証金                 181,690            -         -         -
       長期差入保証金                     -         -     300,000            -
       合計                10,635,620              -     300,000            -
    (有価証券関係)

    1. その他有価証券
     前事業年度 (2019年3月31日)
                      貸借対照表計上額              取得原価             差額
            区分
                        (千円)            (千円)            (千円)
       貸借対照表計上額が取得
       原価を超えるもの
        株式                        -            -            -
        債券                        -            -            -
        その他(投資信託)                    2,022            2,000             22
          小計                  2,022            2,000             22
       貸借対照表計上額が取得
       原価を超えないもの
        株式                        -            -            -
        債券                        -            -            -
        その他(投資信託)                       -            -            -
          小計                    -            -            -
          合計                      2,022            2,000             22
    当事業年度(2020年3月31日)

      該当事項はありません。
    2. 事業年度中に売却したその他有価証券

     前事業年度(自 2018年4月1日 至 2019年3月31日)
      該当事項はありません。
                                 77/104


                                                          EDINET提出書類
                                              明治安田アセットマネジメント株式会社(E12448)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     当事業年度(自 2019年4月1日 至 2020年3月31日)
          区分             売却額            売却益の合計額             売却損の合計額
     その他(投資信託)                       2,028               37              8
    3. 減損処理を行った有価証券

     該当事項はありません。
    (デリバティブ取引関係)

    当社はデリバティブ取引を全く利用しておりませんので該当事項はありません。
    (退職給付関係)

    前事業年度(自 2018年4月1日 至 2019年3月31日)
    1 .採用している退職給付制度の概要
      当社は、確定給付型の制度として確定給付企業年金制度及び退職一時金制度を併用しております。
      なお、当社が有する確定給付企業年金制度及び退職一時金制度は、簡便法により退職給付引当金(前払年金費
      用)及び退職給付費用を計算しております。
    2 .簡便法を適用した確定給付制度
     (1)簡便法を適用した制度の、前払年金費用の期首残高と期末残高の調整表
        前払年金費用の期首残高                             △65,364       千円
         退職給付費用                              84,659      〃
         退職給付の支払額                                 -   〃
         制度への拠出額                             △64,901       〃
        前払年金費用の期末残高                             △45,606       〃
     (2)退職給付債務及び年金資産の期末残高と貸借対照表に計上された前払年金費用の調整表

        積立型制度の退職給付債務                             702,199      千円
        年金資産                            △748,078        〃
                                    △45,879       〃
        非積立型制度の退職給付債務                                273    〃
        貸借対照表に計上された負債と資産の純額                             △45,606       〃
        前払年金費用                             △45,606       〃

        貸借対照表に計上された負債と資産の純額                             △45,606       〃
     (3)退職給付費用

        簡便法で計算した退職給付費用                              84,659      千円
    当事業年度(自 2019年4月1日 至 2020年3月31日)

    1 .採用している退職給付制度の概要
      当社は、確定給付型の制度として確定給付企業年金制度及び退職一時金制度を併用しております。
      なお、当社が有する確定給付企業年金制度及び退職一時金制度は、簡便法により退職給付引当金(前払年金費
      用)及び退職給付費用を計算しております。
    2 .簡便法を適用した確定給付制度

     (1)簡便法を適用した制度の、前払年金費用の期首残高と期末残高の調整表
        前払年金費用の期首残高                             △45,606       千円
         退職給付費用                             110,387       〃
         退職給付の支払額                                 -   〃
         制度への拠出額                             △74,761       〃
        前払年金費用の期末残高                             △9,979       〃
     (2)退職給付債務及び年金資産の期末残高と貸借対照表に計上された前払年金費用の調整表

        積立型制度の退職給付債務                             742,154      千円
        年金資産                            △752,407        〃
                                    △10,252       〃
        非積立型制度の退職給付債務                                273    〃
        貸借対照表に計上された負債と資産の純額                             △9,979       〃
        前払年金費用                             △9,979       〃

                                 78/104


                                                          EDINET提出書類
                                              明治安田アセットマネジメント株式会社(E12448)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
        貸借対照表に計上された負債と資産の純額                             △9,979       〃
     (3)退職給付費用

        簡便法で計算した退職給付費用                             110,387      千円
    (ストック・オプション等関係)

      該当事項はありません。
    (税効果会計関係)

    1 .繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別内訳
                                 前事業年度               当事業年度
                               (2019年3月31日)               (2020年3月31日)
      繰延税金資産
       賞与引当金繰入限度超過額                              38,330     千円          39,974    千円
       未払事業税                              24,142     〃         18,922     〃
       資産除去債務                              18,029     〃         19,159     〃
       減損損失                                 -  〃         51,701     〃
                                    9,379     〃          9,384    〃
       その他
                                         〃              〃
      繰延税金資産小計
                                   89,882              139,142
                                  △19,573      〃         △1,494     〃
      評価性引当額
                                         〃              〃
      繰延税金資産合計
                                   70,308              137,647
      繰延税金負債
       資産除去費用                             △12,760      〃        △12,321      〃
       前払年金費用                             △13,964      〃         △3,055     〃
                                     △7   〃            -  〃
       その他有価証券評価差額金
                                         〃              〃
      繰延税金負債合計                             △26,732               △15,376
                                         〃              〃
      繰延税金資産の純額                              43,576              122,271
    2 .法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との差異の原因となった主な項目別の内訳

                                 前事業年度               当事業年度
                               (2019年3月31日)               (2020年3月31日)
      法定実効税率                                 -   %          30.62     %
      (調整)
      交際費等永久に損金に算入されない項目                                 -  〃           0.04    〃
      評価性引当額の増減                                 -  〃          -1.18    〃
      雇用拡大促進税制の特別控除                                 -  〃          -2.90    〃
      住民税均等割                                 -  〃           0.15    〃
      税効果会計適用後の法人税等の負担率                                 -   %          26.73     %
    ( 注) 前事業年度は、法定実効税率と税効果適用後の法人税等の負担率との間の差異が法定実効税率の100分の5以

        下であるため注記を省略しています。
    (持分法損益等)

    該当事項はありません。
    (企業結合等関係)

    該当事項はありません。
    (資産除去債務関係)

    資産除去債務のうち貸借対照表に計上しているもの
    1. 当該資産除去債務の概要 
     本社施設の不動産賃貸借契約に伴う原状回復義務であります。
    2. 当該資産除去債務の金額の算定方法

     使用見込期間を主たる資産の取得から耐用年数満了時(15年)としており、割引率は0.027%~1.314%を適用し
     ております。
    3. 当該資産除去債務の総額の増減

                                 79/104


                                                          EDINET提出書類
                                              明治安田アセットマネジメント株式会社(E12448)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
                               前事業年度                当事業年度
                            (自 2018年4月         1日       (自 2019年4月         1日
                             至 2019年3月31日)                 至 2020年3月31日)
       期首残高                          58,490    千円            58,882    千円
       有形固定資産の取得に伴う増加額                             -  〃              -  〃
       時の経過による調整額                            391   〃             396   〃
       見積もりの変更による増加額                             -  〃            3,291    〃
       期末残高                          58,882    千円            62,571    千円
    4. 当該資産除去債務の見積もりの変更

      当事業年度において不動産賃貸借契約に伴う原状回復義務等として計上していた資産除去債務について、オフィ
      ス 移転の決議に伴い         、見積もりの変更を行っております。
    (賃貸等不動産関係)

     該当事項はありません。
    (セグメント情報等)

     [セグメント情報]
      当社の事業は、資産運用サービスの提供を行う単一セグメントであるため、記載を省略しております。
     [関連情報]

      前事業年度 (自 2018年4月1日 至 2019年3月31日)
      1.製品及びサービスごとの情報
                                                    (単位:千円)
                      投資信託        投資信託        投資顧問        投資顧問
                                                        合計
                     (運用業務)        (販売業務)        (投資一任)        (投資助言)
        外部顧客への営業収益               6,438,402           4,468      1,821,257          581,193     8,845,322
       2. 地域ごとの情報

       (1)営業収益
         本邦の外部顧客への営業収益に区分した金額が損益計算書の営業収益の90%を超えるため、地域ごとの
          営業収益の記載を省略しております。
       (2)有形固定資産
         本邦に所在している有形固定資産の金額が貸借対照表の有形固定資産の金額の90%を超えるため、地域
          ごとの有形固定資産の記載を省略しております。
      3.主要な顧客ごとの情報

        外部顧客への営業収益のうち、損益計算書の                       営業収益     の10%以上を占める相手先がないため、記載はありま
        せん。
      当事業年度 (自 2019年4月1日 至 2020年3月31日)

      1.製品及びサービスごとの情報
                                                    (単位:千円)
                      投資信託        投資信託        投資顧問        投資顧問
                                                        合計
                     (運用業務)        (販売業務)        (投資一任)        (投資助言)
        外部顧客への       営業収益        6,850,468           1,793      1,919,226          555,313     9,326,801
       2. 地域ごとの情報

       (1)営業収益
         本邦の外部顧客への営業収益に区分した金額が損益計算書の営業収益の90%を超えるため、地域ごとの
          営業収益の記載を省略しております。
       (2)有形固定資産
         本邦に所在している有形固定資産の金額が貸借対照表の有形固定資産の金額の90%を超えるため、地域
          ごとの有形固定資産の記載を省略しております。
      3.主要な顧客ごとの情報

        外部顧客への       営業収益     のうち、損益計算書の           営業収益     の10%以上を占める相手先がないため、記載はありま
        せん。
     [報告セグメントごとの固定資産の減損損失に関する情報]

                                 80/104

                                                          EDINET提出書類
                                              明治安田アセットマネジメント株式会社(E12448)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
      前事業年度(自 2018年4月1日 至 2019年3月31日)
       該当事項はありません。
       当事業年度(自 2019年4月1日 至 2020年3月31日)

       当社は単一セグメントであるため、記載を省略しております。
     [報告セグメントごとののれん償却額及び未償却残高に関する情報]

      前事業年度(自 2018年4月1日 至 2019年3月31日)
       該当事項はありません。
       当事業年度(自 2019年4月1日 至 2020年3月31日)

       該当事項はありません。
     [報告セグメントごとの負ののれん発生益に関する情報]

      前事業年度(自 2018年4月1日 至 2019年3月31日)
       該当事項はありません。
       当事業年度(自 2019年4月1日 至 2020年3月31日)

       該当事項はありません。
                                 81/104















                                                          EDINET提出書類
                                              明治安田アセットマネジメント株式会社(E12448)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    (関連当事者情報)
    1 .関連当事者との取引
    財務諸表提出会社の親会社及び法人主要株主等
    前事業年度 (自 2018年4月1日 至 2019年3月31日)
                              議決権等の
                    資本金又                            取引         期末
          会社等                事業の      所有     関連当事者      取引の
      種類          所在地     は出資金                            金額     科目     残高
          の名称                内容    (被所有)       との関係      内容
                    ( 百万円)                           ( 千円)         ( 千円)
                              割合(%)
                                    資  産  運  用
                                                    未収投
                                           投資助
               東京都                     サービスの
                                                406,364    資助言     215,154
         明治安田                     (被所有)
                                           言報酬
               千代田区           生命          提供、当社
                                                    報酬
     親会社    生命保険           260,000           直接
               丸の内          保険業           投信商品の
         相互会社                      92.86
                                            支払        未払
                2-1-1                     販売、及び
                                                438,123         126,032
                                           手数料         手数料
                                    役員の兼任
    当事業年度 (自 2019年4月1日 至 2020年3月31日)

                              議決権等の
                    資本金又                            取引         期末
          会社等                事業の      所有     関連当事者      取引の
      種類          所在地     は出資金                            金額     科目     残高
          の名称                内容    (被所有)       との関係      内容
                    ( 百万円)                           ( 千円)         ( 千円)
                              割合(%)
                                    資  産  運  用
                                                    未収投
                                           投資助
               東京都                     サービスの
                                                410,511    資助言     229,693
         明治安田                     (被所有)
                                           言報酬
               千代田区           生命          提供、当社
                                                    報酬
     親会社    生命保険           250,000           直接
               丸の内          保険業           投信商品の
         相互会社                      92.86
                                            支払        未払
                2-1-1                     販売、及び
                                                470,663         143,178
                                           手数料         手数料
                                    役員の兼任
    (注1)取引条件ないし取引条件の決定方針等

    投資助言報酬並びに支払手数料については、契約に基づき決定しております。
    (注2)上記取引金額には消費税等は含まれておらず、期末残高には消費税等が含まれております。
    2 .親会社又は重要な関連会社に関する注記

     親会社情報
      明治安田生命保険相互会社(非上場)
    (1株当たり情報)

                                     前事業年度              当事業年度
                                  (自 2018年4月         1日     (自 2019年4月         1日
                                   至 2019年3月31日)               至 2020年3月31日)
      1 株当たり純資産額                                528,275    円96銭          525,074    円18銭
      1 株当たり当期純利益金額                                 62,941   円57銭           59,740   円05銭
     (注)1.潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、潜在株式が存在しないため記載しておりませ
           ん。
         2 .算定上の基礎は、以下のとおりであります。
       1 株当たり純資産額

                                          前事業年度           当事業年度
                                        (2019年3月31日)           (2020年3月31日)
      貸借対照表の純資産の部の合計額(千円)                                       9,977,548           9,917,076
      普通株式に係る純資産額(千円)                                       9,977,548           9,917,076
      差額の主な内訳                                           -           -
      普通株式の発行済株式数(株)                                         18,887           18,887
      普通株式の自己株式数(株)                                           -           -
      1 株当たり純資産額の算定に用いられた普通株式の数(株)                                        18,887           18,887
       1 株当たり当期純利益金額

                                 82/104


                                                          EDINET提出書類
                                              明治安田アセットマネジメント株式会社(E12448)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
                                     前事業年度              当事業年度
                                  (自 2018年4月         1日     (自 2019年4月         1日
                                   至 2019年3月31日)               至 2020年3月31日)
      当期純利益(千円)                                    1,188,777              1,128,310
      普通株主に帰属しない金額(千円)                                        -              -
      普通株式に係る当期純利益(千円)                                    1,188,777              1,128,310
      普通株式の期中平均株式数(株)                                     18,887              18,887
    (重要な後発事象)

    該当事項はありません。
                                 83/104

















                                                          EDINET提出書類
                                              明治安田アセットマネジメント株式会社(E12448)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
               委託会社の最近中間会計期間における経理の状況
       1. 中間財務諸表の作成方法について

         委託会社である明治安田アセットマネジメント株式会社(以下「委託会社」という。)の中間財務諸表は、「中間財
        務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和52年大蔵省令第38号)並びに同規則第38条・第57条の規定に
        より、「金融商品取引業等に関する内閣府令」(平成19年内閣府令第52号)に基づいて作成しております。
       2. 監査証明について

         委託会社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、当中間会計期間(2020年4月1日から2020年9月30日ま
        で)の中間財務諸表について、有限責任                   あずさ監査法人の中間監査を受けております。
                                 84/104

















                                                          EDINET提出書類
                                              明治安田アセットマネジメント株式会社(E12448)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     中間財務諸表
      ①中間貸借対照表
                                                  ( 単位:千円)
                            当中間会計期間末
                            (2020年9月30日)
        資産の部
         流動資産
          現金・預金                         7,553,336
          未収委託者報酬                         1,505,761
          未収運用受託報酬                          377,357
          未収投資助言報酬                          262,331
                                    327,965
          その他
          流動資産合計                           10,026,752
         固定資産
          有形固定資産
                                   ※1
           建物
                                     3,901
                                  ※1
           器具備品
                                    102,122
                                    17,336
           建設仮勘定
           有形固定資産合計                         123,359
          無形固定資産
           ソフトウェア                           85,102
           電話加入権                           6,662
                                     2,800
           ソフトウェア仮勘定
           無形固定資産合計                          94,565
          投資その他の資産
           投資有価証券                          1,002
           長期差入保証金                         300,000
           長期前払費用                          2,042
           前払年金費用                         166,176
                                    75,747
           繰延税金資産
           投資その他の資産合計                         544,969
          固定資産合計                          762,894
         資産合計                          10,789,646
                                 85/104









                                                          EDINET提出書類
                                              明治安田アセットマネジメント株式会社(E12448)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
                                                  ( 単位:千円)
                            当中間会計期間末
                            (2020年9月30日)
        負債の部
         流動負債
          未払手数料                            471,375
          未払法人税等                            237,194
          賞与引当金                            152,328
          資産除去債務                             62,571
                                  ※2
          その他
                                    543,073
          流動負債合計                           1,466,542
         負債合計                           1,466,542
        純資産の部
         株主資本
          資本金                           1,000,000
          資本剰余金
           資本準備金                            660,443
                                   2,854,339
           その他資本剰余金
           資本剰余金合計                           3,514,783
          利益剰余金
           利益準備金                             83,040
           その他利益剰余金
            別途積立金                           3,092,001
                                   1,633,276
            繰越利益剰余金
           利益剰余金合計                           4,808,318
          株主資本合計
                                   9,323,102
         評価・換算差額等
                                       1
          その他有価証券評価差額金
          評価・換算差額等合計                               1
         純資産合計                           9,323,103
        負債・純資産合計                           10,789,646
                                 86/104










                                                          EDINET提出書類
                                              明治安田アセットマネジメント株式会社(E12448)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
      ②中間損益計算書
                                                   ( 単位:千円)
                             当中間会計期間
                           (自 2020年4月        1日
                            至 2020年9月30日)
        営業収益
         委託者報酬                            3,049,524
         受入手数料                              2,046
         運用受託報酬                             910,917
         投資助言報酬                             277,180
                                      1,666
         その他収益
        営業収益合計                            4,241,335
        営業費用
         支払手数料                             958,680
                                    1,019,796
         その他営業費用
        営業費用合計                            1,978,476
                                  ※1
        一般管理費
                                    1,476,400
        営業利益                             786,457
                                    ※2
        営業外収益
                                      2,092
                                       568
        営業外費用
        経常利益                             787,982
        特別利益
                                        -
                                     ※3
        特別損失
                                       533
        税引前中間純利益                             787,448
        法人税、住民税及び事業税
                                     206,590
                                     46,522
        法人税等調整額
        法人税等合計                             253,113
        中間純利益                             534,335
                                 87/104










                                                          EDINET提出書類
                                              明治安田アセットマネジメント株式会社(E12448)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
      ③中間株主資本等変動計算書
      当中間会計期間          (自 2020年4月1日 至 2020年9月30日)
                                                  (単位:千円)
                                    株主資本
                                        資本剰余金
                      資本金
                             資本準備金        その他資本剰余金            資本剰余金合計
     当期首残高                 1,000,000         660,443           2,854,339          3,514,783
     当中間期変動額
      剰余金の配当
      中間純利益
      株主資本以外の項目の
      当中間期変動額(純額)
     当中間期変動額合計                     -        -            -          -
     当中間期末残高                 1,000,000         660,443           2,854,339          3,514,783
                                    株主資本

                                利益剰余金
                              その他利益剰余金                     株主資本
                                           利益剰余金
                                                    合計
                    利益準備金
                                   繰越利益
                                            合計
                           別途積立金
                                    剰余金
     当期首残高                                               9,917,076
                       83,040      3,092,001        2,227,250        5,402,292
     当中間期変動額
      剰余金の配当                              △1,128,309        △1,128,309        △1,128,309
      中間純利益                                534,335        534,335        534,335
      株主資本以外の項目の
      当中間期変動額(純額)
     当中間期変動額合計                    -       -    △593,974        △593,974        △593,974
     当中間期末残高                  83,040      3,092,001        1,633,276        4,808,318        9,323,102
                         評価・換算差額等

                                          純資産合計
                     その他有価証券          評価・換算差額等
                      評価差額金            合計
     当期首残高                        -          -      9,917,076
     当中間期変動額
      剰余金の配当                                       △1,128,309
      中間純利益                                         534,335
      株主資本以外の項目の
                             1          1          1
      当中間期変動額(純額)
     当中間期変動額合計                        1          1      △593,972
     当中間期末残高                        1          1      9,323,103
                                 88/104







                                                          EDINET提出書類
                                              明治安田アセットマネジメント株式会社(E12448)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    [ 注記事項]
    (重要な会計方針)

                           当中間会計期間
                         (自 2020年4月        1日
                          至 2020年9月30日)
        1 .有価証券の評価基準及び評価方法
         その他   有価証券
          時価のあるもの
          中間決算日の市場価格等に基づく時価法(評価差額は、全部純資産直入法により処理し、売却
          原価は移動平均法により算定しております。)
        2 . 固定資産の減価償却方法

         (1)  有形固定資産
           定額法
           なお、主な耐用年数は次のとおりであります。
           建物   6年~18年
           器具備品 3年~20年
         (2)  無形固定資産
           定額法
           なお、自社利用のソフトウェアについては、社内における利用可能期間(5年)に基づく定額法
           を採用しております。
        3 .引当金の計上基準

         (1)  賞与引当金は、従業員賞与の支給に充てるため、当中間会計期間に見合う支給見込額に基づき
           計上しております。
         (2)  退職給付引当金は、従業員に対する退職金の支払に備えるため、当中間会計期間末における退
           職給付債務及び年金資産の見込額に基づき、当中間会計期間末において発生していると認めら
           れる額を、簡便法により計上しております。
        4 .その他中間財務諸表作成のための基本となる重要な事項

         消費税等の会計処理方法
         消費税及び地方消費税の会計処理は税抜方式によっております。
    (会計方針の変更)

      該当事項はありません。
    (表示方法の変更)

      該当事項はありません。
    (中間貸借対照表関係)

                          当中間会計期間末
                          (2020年9月30日)
        ※1  有形固定資産の減価償却累計額は次のとおりで                      あります。
                       建物                  68,902   千円
                       器具備品                 353,234    千円
        ※2  仮払消費税等及び仮受消費税等は、相殺のうえ、金額的重要性が乏しいため、流動負債の「そ

         の他」に含めて表示しております。
                                 89/104





                                                          EDINET提出書類
                                              明治安田アセットマネジメント株式会社(E12448)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    (中間損益計算書関係)
                          当中間会計期間
                         (自 2020年4月        1日
                          至 2020年9月30日)
        ※1  当中間会計期間末の減価償却実施額は次のとおりであります。
                       有形固定資産                  25,539   千円
                       無形固定資産                  16,387   千円
        ※2  営業外収益のうち主なもの

                       保険契約返戻金・配当金                  1,496   千円
        ※3  特別損失のうち主なもの

                       オフィス移転関連費用                   533  千円
    (中間株主資本等変動計算書関係)

                                 当中間会計期間
                               (自 2020年4月        1日
                                至 2020年9月30日)
       1 . 発行済株式に関する事項
          株式の種類         当事業年度期首             増加          減少       当中間会計期間末
          普通株式             18,887   株          -          -       18,887   株
       2 . 自己株式に関する事項

          該当事項はありません。
       3 . 新株予約権等に関する事項

          該当事項はありません。
       4 . 配当に関する事項

       (1)  配当金支払額
            決議       株式の種類       配当金の総額        1 株当たり配当額          基準日       効力発生日
          2020  年6月30日
                    普通株式      1,128,309,380       円   59,740   円00銭     2020  年3月31日      2020  年6月30日
          定時株主総会
       (2)  基準日が当中間会計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が当中間会計期間後となるもの

         該当事項はありません。
    ( リース取引関係)

       オペレーティング・リース取引のうち解約不能のものに係る未経過リース料
                                    (単位:千円)
                            当中間会計期間
                          (自 2020年4月        1日
                           至 2020年9月30日)
       1 年内                                256,059
       1 年超                               1,840,387
            合計                           2,096,446
    (注)中途解約不能な定期建物賃貸借契約における契約期間内の地代家賃を記載しております。

                                 90/104





                                                          EDINET提出書類
                                              明治安田アセットマネジメント株式会社(E12448)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    ( 金融商品関係)
      金融商品の時価等に関する事項
        2020年9月30日における中間貸借対照表計上額、時価及びこれらの差額については、次のとおりであります。
                                                  (単位:千円)
                       中間貸借対照表計上額                時価            差額
       (1)  現金・預金                    7,553,336            7,553,336                -
       (2)  未収委託者報酬                    1,505,761            1,505,761                -
       (3)  未収運用受託報酬                     377,357            377,357               -
       (4)  未収投資助言報酬                     262,331            262,331               -
       (5)  投資有価証券
         その他有価証券                        1,002            1,002              -
       (6)  差入保証金                     181,690            181,690
       (7)  長期差入保証金                     300,000            288,506            △11,493
       資産計                     10,181,480            10,169,986             △11,493
       (1)  未払手数料                     471,375            471,375               -
       負債計                       471,375            471,375               -
      (注1)金融商品の時価の算定方法

        資産
        (1)  現金  ・預金、(2)未収委託者報酬、(3)未収運用受託報酬、(4)未収投資助言報酬
         これらは短期間で決済されるため、時価は帳簿価額にほぼ等しいことから、当該帳簿価額によって                                                 おります    。
        (5)  投資有価証券
         投資信託は基準価額によっております。
        (6)  差入保証金
         これらは短期間で決済されるため、時価は帳簿価額にほぼ等しいことから、当該帳簿価額によっております。
        (7)  長期差入保証金
         長期差入保証金の時価の算定は、その将来キャッシュフローを、国債の利回り等適切な指標で割り引いた現在価値に
         より算定しております。
        負債
        (1)未払手数料   
         短期間で決済されるため、時価は帳簿価額にほぼ等しいことから、当該帳簿価額によっております。
                                 91/104











                                                          EDINET提出書類
                                              明治安田アセットマネジメント株式会社(E12448)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    ( 有価証券関係)
    1. その他有価証券
      当中間会計期間末(2020年9月30日)
                                                  (単位:千円)
                       中間  貸借対照表計上額             取得原価             差額
       中間  貸借対照表計上額が取得
       原価を超えるもの
        株式                          -           -            -
        債券                          -           -            -
        その他(投資信託)                       1,002           1,000              2
          小計                     1,002           1,000              2
       中間  貸借対照表計上額が取得
       原価を超えないもの
        株式                          -           -            -
        債券                          -           -            -
        その他(投資信託)                         -           -            -
          小計                       -           -            -
          合計                        1,002           1,000              2
    2. 当中間会計期間中に         売却したその他有価証券 

     該当事項はありません。
    3. 減損処理を行った有価証券

     該当事項はありません。
    ( デリバティブ取引関係)

     該当事項はありません。
    ( ストック・オプション等関係)

     該当事項はありません。
    ( 企業結合等関係)

     該当事項はありません。
    ( 持分法損益等)

     該当事項はありません。
    ( 資産除去債務関係)

      当中間会計期間(自          2020年4月1日       至  2020年9月30日)
        資産除去債務のうち中間貸借対照表に計上しているもの
        当中間会計期間における当該資産除去債務の総額の増減は次のとおりであります。
          期首残高                     62,571   千円

          有形固定資産の取得に伴う増加額                          -
                                    -
          時の経過による調整額
          当中間会計期間末残高                     62,571   千円
    ( 賃貸等不動産関係)

     該当事項はありません。
                                 92/104





                                                          EDINET提出書類
                                              明治安田アセットマネジメント株式会社(E12448)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    ( セグメント情報等)
     [セグメント情報]
      当社の事業は、資産運用サービスの提供を行う単一セグメントであるため、記載を省略しております。
     [関連情報]

      当中間会計期間(自            2020年4月1日       至  2020年9月30日)
      1.製品及びサービスごとの情報
                                                    (単位:千円)
                    投資信託       投資信託       投資顧問       投資顧問
                                                 その他      合計
                   (運用業務)       (販売業務)       (投資一任)       (投資助言)
         外部顧客への売上高            3,049,524          2,046      910,917       277,180     1,666    4,241,335
      2. 地域ごとの情報

      (1)営業収益
         本邦の外部顧客への営業収益に区分した金額が中間損益計算書の営業収益の90%を超えるため、地域ごとの営業
         収益の記載を省略しております。
      (2)有形固定資産
         本邦に所在している有形固定資産の金額が中間貸借対照表の有形固定資産の金額の90%を超えるため、地域ごと
         の有形固定資産の記載を省略しております。
      3. 主要な顧客ごとの情報

       外部顧客への営業収益のうち、中間損益計算書の営業収益の10%以上を占める相手先がないため、記載はありませ
       ん。
     [報告セグメントごとの固定資産の減損損失に関する情報]

      該当事項はありません。
     [報告セグメントごとののれん償却額及び未償却残高に関する情報]

      該当事項はありません。
     [報告セグメントごとの負ののれん発生益に関する情報]

      該当事項はありません。
                                 93/104










                                                          EDINET提出書類
                                              明治安田アセットマネジメント株式会社(E12448)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    (1 株当たり情報)
                             当中間会計期間
                           (自 2020年4月        1日
                            至 2020年9月30日)
        1 株当たり純資産額                                493,625    円45銭
        1 株当たり中間純利益金額                                 28,291   円17銭
        (注)   1 . 潜在株式調整後1株当たり中間純利益金額については、潜在株式が存在しないため記載して
            おりません。
           2 . 1 株当たり中間純利益金額の算定上の基礎は、以下のとおりであります。
                                    当中間会計期間
                                  (自 2020年4月        1日
                                   至 2020年9月30日)
        中間純利益金額(千円)                                    534,335
        普通株主に帰属しない金額(千円)                                       -
        普通株式に係る中間純利益金額(千
                                           534,335
        円)
        普通株式の期中平均株式数(株)                                    18,887
    ( 重要な後発事象)

       該当事項はありません。
                                 94/104














                                                          EDINET提出書類
                                              明治安田アセットマネジメント株式会社(E12448)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    4【利害関係人との取引制限】
      委託会社は、「金融商品取引法」の定めるところにより、利害関係人との取引について、次に掲げる行為
      が禁止されています。
    (1)自己又はその取締役若しくは執行役との間における取引を行うことを内容とした運用を行うこと(投
        資者の保護に欠け、若しくは取引の公正を害し、又は金融商品取引業の信用を失墜させるおそれがな
        いものとして内閣府令で定めるものを除きます。)。
    (2)運用財産相互間において取引を行うことを内容とした運用を行うこと(投資者の保護に欠け、若しく
        は取引の公正を害し、又は金融商品取引業の信用を失墜させるおそれがないものとして内閣府令で定
        めるものを除きます。)。
    (3)通常の取引の条件と異なる条件であって取引の公正を害するおそれのある条件で、委託会社の親法人
        等(委託会社の総株主等の議決権の過半数を保有していることその他の当該金融商品取引業者と密接
        な関係を有する法人その他の団体として政令で定める要件に該当する者をいいます。以下(4)
        (5)において同じ。)又は子法人等(委託会社が総株主等の議決権の過半数を保有していることそ
        の他の当該金融商品取引業者と密接な関係を有する法人その他の団体として政令で定める要件に該当
        する者をいいます。以下同じ。)と有価証券の売買その他の取引又は店頭デリバティブ取引を行うこ
        と。
    (4)委託会社の親法人等又は子法人等の利益を図るため、その行う投資運用業に関して運用の方針、運用
        財産の額若しくは市場の状況に照らして不必要な取引を行うことを内容とした運用を行うこと。
    (5)上記(3)(4)に掲げるもののほか、委託会社の親法人等又は子法人等が関与する行為であって、
        投資者の保護に欠け、若しくは取引の公正を害し、又は金融商品取引業の信用を失墜させるおそれの
        あるものとして内閣府令で定める行為。
    5【その他】

    (1)定款の変更
        委託会社の定款の変更に関しては、株主総会の決議が必要となります。
    (2)訴訟事件その他の重要事項
        該当事項はありません。
                                 95/104












                                                          EDINET提出書類
                                              明治安田アセットマネジメント株式会社(E12448)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    第2【その他の関係法人の概況】
    1【名称、資本金の額及び事業の内容】
    (1)受託会社
                                               (2020年3月末現在)
                         資本金の額

             名称                             事業の内容
                         (百万円)
                                 銀行法に基づき銀行業を営むとともに、金融

      野村信託銀行株式会社                     35,000      機関の信託業務の兼営等に関する法律(兼営
                                 法)に基づき信託業務を営んでいます。
    (2)販売会社

                                               (2020年3月末現在)
                         資本金の額
             名称                             事業の内容
                         (百万円)
      株式会社京都銀行                      42,103
      株式会社名古屋銀行                      25,090
      株式会社但馬銀行                      5,481
      株式会社栃木銀行                      27,408     銀行法に基づき銀行業を営んでいます。
      株式会社東京スター銀行※1                      26,000
      株式会社愛媛銀行※1                      21,365
      株式会社静岡中央銀行※1                      2,000
                                 協同組合による金融事業に関する法律に基づ
      全国信用協同組合連合会※2                     111,875
                                 き金融事業を営んでいます。
      楽天証券株式会社                      7,495
      株式会社SBI証券                      48,323
      日産証券株式会社                      1,500
                                 「金融商品取引法」に定める第一種金融商品
      明和證券株式会社                        511
                                 取引業を営んでいます。
      au  カブコム証券株式会社                    7,196
      松井証券株式会社                      11,945
      岡三にいがた証券株式会社※1                        852
      ※1 現在新規の販売を停止しております。
      ※2 全国信用協同組合連合会との間に取交わされた「証券投資信託受益証券の取次ぎに関する契約書」に
        基づいて、取次登録金融機関(信用組合)の本支店または出張所においても募集等の取次ぎを行いま
        す。
                                 96/104







                                                          EDINET提出書類
                                              明治安田アセットマネジメント株式会社(E12448)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    2【関係業務の概要】
    (1)受託会社
        受託銀行として、ファンドの信託財産の保管・管理・計算、外国証券を保管・管理する外国の保管銀
        行への指図・連絡、その他付随する業務等を行います。
    (2)販売会社
        ファンドの販売会社として、募集・販売の取扱い、受益者に対する運用報告書の交付、信託契約の一
        部解約に関する事務、収益分配金の再投資に関する事務、一部解約金・収益分配金・償還金の支払い
        に関する事務等を行います。
    3【資本関係】

    (1)受託会社
        該当事項はありません。
    (2)販売会社
        該当事項はありません。
                                 97/104
















                                                          EDINET提出書類
                                              明治安田アセットマネジメント株式会社(E12448)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    第3【その他】
    (1)目論見書の表紙等に委託会社のロゴ・マーク、図案、キャッチ・コピー、投資家あるいは受益者向け
        メッセージ等を採用し、ファンドの形態等の記載をすることがあります。
    (2)交付目論見書の表紙に、以下の内容を記載することがあります。
        ・金融商品取引法第13条の規定に基づく目論見書である旨
        ・目論見書の使用開始日
        ・委託会社の金融商品取引業者登録番号、設立年月日、資本金、委託会社の投資信託財産の合計純資
         産総額
        ・詳細情報の入手方法
         ①委託会社のホームページアドレス                   (当該アドレスをコード化した図形等も含みます。)                             、電話番
          号および受付時間等
         ②請求目論見書の入手方法および投資信託約款(以下「約款」という。)が請求目論見書に掲載さ
          れている旨
        ・届出の効力に関する事項について、次に掲げるいずれかの内容を記載する場合があります。
         ①届出をした日および当該届出の効力の発生の有無を確認する方法
         ②届出をした日、届出が効力を生じている旨および効力発生日
        ・商品内容に関して重大な変更を行う場合には、投資信託及び投資法人に関する法律                                              (昭和26年法律
         第198号)に基づき事前に受益者の意向を確認する旨
        ・投資信託の財産は受託会社において信託法に基づき分別管理されている旨
        ・請求目論見書は投資者の請求により販売会社から交付される旨および当該請求を行った場合にはそ
         の旨の記録をしておくべきである旨
        ・「ご購入に際しては、本書の内容を十分にお読みください。」との趣旨を示す記載
    (3)届出書第一部「証券情報」、第二部「ファンド情報」の主たる内容を要約し、「1.ファンドの目
        的・特色」、「2.投資リスク」、「4.手続・手数料等」として、交付目論見書に記載します。
    (4)交付目論見書に商品分類および属性区分の一覧表を掲載します。
    (5)交付目論見書の「3.運用実績」に委託会社のホームページアドレス                                         (当該アドレスをコード化した
        図形等も含みます。)を掲載することがあります。またこれらのアドレスにアクセスすることにより
        最新の運用状況を入手できる旨を記載することがあります。
    (6)請求目論見書に約款を掲載し、届出書第一部「証券情報」、第二部「ファンド情報」の詳細な内容につ
        いては、当該約款を参照する旨を記載することで届出書の内容とすることがあります。
    (7)届出書第一部「証券情報」、第二部「ファンド情報」の記載内容については、投資家の理解に資するた
        め、当該内容を説明した図表等を付加し、交付目論見書に記載することがあります。
    (8)目論見書は電子媒体等として使用されるほかインターネットなどに掲載される場合があります。
    (9)投信評価機関、投信評価会社等からファンドに対するレーティングを取得し、当該レーティングを使
        用することがあります。
    (10)目論見書の別称として、次を用いることがあります。
        「投資信託説明書(目論見書)」
        「投資信託説明書(交付目論見書)」
        「投資信託説明書(請求目論見書)」
    (11)交付目論見書に金融商品取引法第37条の3の規定に基づく契約締結前書面に関する事項を記載する
        ことがあります。
                                 98/104







                                                          EDINET提出書類
                                              明治安田アセットマネジメント株式会社(E12448)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
                         独立監査人の監査報告書
                                                   2020年6月5日
     明治安田アセットマネジメント株式会社
      取締役会 御中
                        有限責任      あずさ監査法人

                         東京事務所

                         指定有限責任社員

                                      公認会計士        熊 木 幸 雄 ㊞
                         業  務  執  行  社  員
                         指定有限責任社員

                                      公認会計士        蓑 輪 康 喜 ㊞
                         業  務  執  行  社  員
     監査意見

      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づく監査証明を行うため、「委託
     会社等の経理の状況」に掲げられている明治安田アセットマネジメント株式会社の2019年4月1日
     から2020年3月31日までの第34期事業年度の財務諸表、すなわち、貸借対照表、損益計算書、株主
     資本等変動計算書、重要な会計方針及びその他の注記について監査を行った。
      当監査法人は、上記の財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準
     に準拠して、明治安田アセットマネジメント株式会社の2020年3月31日現在の財政状態及び同日を
     もって終了する事業年度の経営成績を、全ての重要な点において適正に表示しているものと認め
     る。
     監査意見の根拠

      当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に準拠して監査を行っ
     た。監査の基準における当監査法人の責任は、「財務諸表監査における監査人の責任」に記載され
     ている。当監査法人は、我が国における職業倫理に関する規定に従って、会社から独立しており、
     また、監査人としてのその他の倫理上の責任を果たしている。当監査法人は、意見表明の基礎とな
     る十分かつ適切な監査証拠を入手したと判断している。
     財務諸表に対する経営者及び監査等委員会の責任
      経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して財務諸
     表を作成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない財務
     諸表を作成し適正に表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含
     まれる。
      財務諸表を作成するに当たり、経営者は、継続企業の前提に基づき財務諸表を作成することが適
     切であるかどうかを評価し、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に基づい
     て継続企業に関する事項を開示する必要がある場合には当該事項を開示する責任がある。
      監査等委員会の責任は、財務報告プロセスの整備及び運用における取締役の職務の執行を監視す
     ることにある。
                                 99/104






                                                          EDINET提出書類
                                              明治安田アセットマネジメント株式会社(E12448)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     財務諸表監査における監査人の責任

      監査人の責任は、監査人が実施した監査に基づいて、全体としての財務諸表に不正又は誤謬によ
     る重要な虚偽表示がないかどうかについて合理的な保証を得て、監査報告書において独立の立場か
     ら財務諸表に対する意見を表明することにある。虚偽表示は、不正又は誤謬により発生する可能性
     があり、個別に又は集計すると、財務諸表の利用者の意思決定に影響を与えると合理的に見込まれ
     る場合に、重要性があると判断される。
      監査人は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に従って、監査の過程を通じ
     て、職業的専門家としての判断を行い、職業的懐疑心を保持して以下を実施する。
     ・  不正又は誤謬による重要な虚偽表示リスクを識別し、評価する。また、重要な虚偽表示リスク
      に対応した監査手続を立案し、実施する。監査手続の選択及び適用は監査人の判断による。さ
      らに、意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手する。
     ・  財務諸表監査の目的は、内部統制の有効性について意見表明するためのものではないが、監査
      人は、リスク評価の実施に際して、状況に応じた適切な監査手続を立案するために、監査に関
      連する内部統制を検討する。
     ・  経営者が採用した会計方針及びその適用方法の適切性、並びに経営者によって行われた会計上
      の見積りの合理性及び関連する注記事項の妥当性を評価する。
     ・  経営者が継続企業を前提として財務諸表を作成することが適切であるかどうか、また、入手し
      た監査証拠に基づき、継続企業の前提に重要な疑義を生じさせるような事象又は状況に関して
      重要な不確実性が認められるかどうか結論付ける。継続企業の前提に関する重要な不確実性が
      認められる場合は、監査報告書において財務諸表の注記事項に注意を喚起すること、又は重要
      な不確実性に関する財務諸表の注記事項が適切でない場合は、財務諸表に対して除外事項付意
      見を表明することが求められている。監査人の結論は、監査報告書日までに入手した監査証拠
      に基づいているが、将来の事象や状況により、企業は継続企業として存続できなくなる可能性
      がある。
     ・  財務諸表の表示及び注記事項が、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準
      に準拠しているかどうかとともに、関連する注記事項を含めた財務諸表の表示、構成及び内
      容、並びに財務諸表が基礎となる取引や会計事象を適正に表示しているかどうかを評価する。
      監査人は、監査等委員会に対して、計画した監査の範囲とその実施時期、監査の実施過程で識別
     した内部統制の重要な不備を含む監査上の重要な発見事項、及び監査の基準で求められているその
     他の事項について報告を行う。
     利害関係

      会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係
     はない。
                                                        以 上

     (注)1.上記は監査報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社が

          別途保管しております。
        2.      XBRL   データは監査の対象には含まれていません。
                                100/104






                                                          EDINET提出書類
                                              明治安田アセットマネジメント株式会社(E12448)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
                      独立監査人の監査報告書

                                             2021年1月15日

    明治安田アセットマネジメント株式会社

     取 締 役 会  御 中

                     EY 新日本有限責任監査法人

                     東  京  事  務  所

                      指定有限責任社員

                                 公認会計士        森重 俊寛  ㊞
                      業  務  執  行  社  員
                      指定有限責任社員

                                 公認会計士        福村 寛   ㊞
                      業  務  執  行  社  員
    監査意見

      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づく監査証明を行うため、
    「ファンドの経理状況」に掲げられている高金利国際機関債ファンド(毎月決算型)の2020
    年5月26日から2020年11月24日までの特定期間の財務諸表、すなわち、貸借対照
    表、損益及び剰余金計算書、注記表並びに附属明細表について監査を行った。
      当監査法人は、上記の財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の
    基準に準拠して、高金利国際機関債ファンド(毎月決算型)の2020年11月24日現在の信
    託財産の状態及び同日をもって終了する特定期間の損益の状況を、全ての重要な点において適
    正に表示しているものと認める。
    監査意見の根拠

     当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に準拠して監査を
    行った。監査の基準における当監査法人の責任は、「財務諸表監査における監査人の責任」に
    記載されている。当監査法人は、我が国における職業倫理に関する規定に従って、明治安田ア
    セットマネジメント株式会社及びファンドから独立しており、また、監査人としてのその他の
    倫理上の責任を果たしている。当監査法人は、意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠
    を入手したと判断している。
    財務諸表に対する経営者の責任

     経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して財
    務諸表を作成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示の
    ない財務諸表を作成し適正に表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用
    することが含まれる。
      財務諸表を作成するに当たり、経営者は、継続企業の前提に基づき財務諸表を作成すること
    が適切であるかどうかを評価し、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準
    に基づいて継続企業に関する事項を開示する必要がある場合には当該事項を開示する責任があ
    る。
    財務諸表監査における監査人の責任

     監査人の責任は、監査人が実施した監査に基づいて、全体としての財務諸表に不正又は誤謬
    による重要な虚偽表示がないかどうかについて合理的な保証を得て、監査報告書において独立
    の立場から財務諸表に対する意見を表明することにある。虚偽表示は、不正又は誤謬により発
    生する可能性があり、個別に又は集計すると、財務諸表の利用者の意思決定に影響を与えると
    合理的に見込まれる場合に、重要性があると判断される。
     監査人は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に従って、監査の過程を
    通じて、職業的専門家としての判断を行い、職業的懐疑心を保持して以下を実施する。
                                101/104


                                                          EDINET提出書類
                                              明治安田アセットマネジメント株式会社(E12448)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    ・ 不正又は誤謬による重要な虚偽表示リスクを識別し、評価する。また、重要な虚偽表示リ
      スクに対応した監査手続を立案し、実施する。監査手続の選択及び適用は監査人の判断によ
      る。さらに、意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手する。
    ・ 財務諸表監査の目的は、内部統制の有効性について意見表明するためのものではないが、
      監査人は、リスク評価の実施に際して、状況に応じた適切な監査手続を立案するために、監
      査に関連する内部統制を検討する。
    ・ 経営者が採用した会計方針及びその適用方法の適切性、並びに経営者によって行われた会
      計上の見積りの合理性及び関連する注記事項の妥当性を評価する。
    ・ 経営者が継続企業を前提として財務諸表を作成することが適切であるかどうか、また、入
      手した監査証拠に基づき、継続企業の前提に重要な疑義を生じさせるような事象又は状況に
      関して重要な不確実性が認められるかどうか結論付ける。継続企業の前提に関する重要な不
      確実性が認められる場合は、監査報告書において財務諸表の注記事項に注意を喚起するこ
      と、又は重要な不確実性に関する財務諸表の注記事項が適切でない場合は、財務諸表に対し
      て除外事項付意見を表明することが求められている。監査人の結論は、監査報告書日までに
      入手した監査証拠に基づいているが、将来の事象や状況により、ファンドは継続企業として
      存続できなくなる可能性がある。
    ・ 財務諸表の表示及び注記事項が、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の
      基準に準拠しているかどうかとともに、関連する注記事項を含めた財務諸表の表示、構成及
      び内容、並びに財務諸表が基礎となる取引や会計事象を適正に表示しているかどうかを評価
      する。
     監査人は、経営者に対して、計画した監査の範囲とその実施時期、監査の実施過程で識別し
    た内部統制の重要な不備を含む監査上の重要な発見事項、及び監査の基準で求められているそ
    の他の事項について報告を行う。
    利害関係

     明治安田アセットマネジメント株式会社及びファンドと当監査法人又は業務執行社員との間
    には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                    以  上
    (注)1.上記は監査報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社が別途保管しており
         ます。
       2 .XBRLデータは監査の対象には含まれていません。
                                102/104










                                                          EDINET提出書類
                                              明治安田アセットマネジメント株式会社(E12448)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
                        独立監査人の中間監査報告書
                                                   2020年11月18日
     明治安田アセットマネジメント株式会社
      取締役会 御中
                        有限責任      あずさ監査法人

                         東京事務所

                         指定有限責任社員

                                      公認会計士        熊 木 幸 雄 ㊞
                         業  務  執  行  社  員
                         指定有限責任社員

                                      公認会計士        小 林 広 樹 ㊞
                         業  務  執  行  社  員
     中間監査意見

      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づく監査証明を行うため、「委託
     会社等の経理状況」に掲げられている明治安田アセットマネジメント株式会社の2020年4月1日か
     ら2021年3月31日までの第35期事業年度の中間会計期間(2020年4月1日から2020年9月30日ま
     で)に係る中間財務諸表、すなわち、中間貸借対照表、中間損益計算書、中間株主資本等変動計算
     書、重要な会計方針及びその他の注記について中間監査を行った。
      当監査法人は、上記の中間財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認められる中間財務諸
     表の作成基準に準拠して、明治安田アセットマネジメント株式会社の2020年9月30日現在の財政状
     態並びに同日をもって終了する中間会計期間(2020年4月1日から2020年9月30日まで)の経営成
     績に関する有用な情報を表示しているものと認める。
     中間監査意見の根拠

      当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる中間監査の基準に準拠して中間監査
     を行った。中間監査の基準における当監査法人の責任は、「中間財務諸表監査における監査人の責
     任」に記載されている。当監査法人は、我が国における職業倫理に関する規定に従って、会社から
     独立しており、また、監査人としてのその他の倫理上の責任を果たしている。当監査法人は、中間
     監査の意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手したと判断している。
     中間財務諸表に対する経営者及び監査等委員会                          の 責任

      経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる中間財務諸表の作成基準に準拠し
     て中間財務諸表を作成し有用な情報を表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な
     虚偽表示のない中間財務諸表を作成し有用な情報を表示するために経営者が必要と判断した内部統
     制を整備及び運用することが含まれる。
      中間財務諸表を作成するに当たり、経営者は、継続企業の前提に基づき中間財務諸表を作成する
     ことが適切であるかどうかを評価し、我が国において一般に公正妥当と認められる中間財務諸表の
     作成基準に基づいて継続企業に関する事項を開示する必要がある場合には当該事項を開示する責任
     がある。
      監査等委員会の責任は、財務報告プロセスの整備及び運用における取締役の職務の執行を監視す
     ることにある。
                                103/104





                                                          EDINET提出書類
                                              明治安田アセットマネジメント株式会社(E12448)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     中間財務諸表監査における監査人の責任

      監査人の責任は、監査人が実施した中間監査に基づいて、全体として中間財務諸表の有用な情報
     の表示に関して投資者の判断を損なうような重要な虚偽表示がないかどうかの合理的な保証を得
     て、中間監査報告書において独立の立場から中間財務諸表に対する意見を表明することにある。虚
     偽表示は、不正又は誤謬により発生する可能性があり、個別に又は集計すると、中間財務諸表の利
     用者の意思決定に影響を与えると合理的に見込まれる場合に、重要性があると判断される。
      監査人は、我が国において一般に公正妥当と認められる中間監査の基準に従って、中間監査の過
     程を通じて、職業的専門家としての判断を行い、職業的懐疑心を保持して以下を実施する。
     ・  不正又は誤謬による中間財務諸表の重要な虚偽表示リスクを識別し、評価する。また、重要な
      虚偽表示リスクに対応する中間監査手続を立案し、実施する。中間監査手続の選択及び適用は
      監査人の判断による。さらに、中間監査の意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入
      手する。なお、中間監査手続は、年度監査と比べて監査手続の一部が省略され、監査人の判断
      により、不正又は誤謬による中間財務諸表の重要な虚偽表示リスクの評価に基づいて、分析的
      手続等を中心とした監査手続に必要に応じて追加の監査手続が選択及び適用される。
     ・  中間財務諸表監査の目的は、内部統制の有効性について意見表明するためのものではないが、
      監査人は、リスク評価の実施に際して、状況に応じた適切な中間監査手続を立案するために、
      中間財務諸表の作成と有用な情報の表示に関連する内部統制を検討する。
     ・  経営者が採用した会計方針及びその適用方法並びに経営者によって行われた会計上の見積りの
      合理性及び関連する注記事項の妥当性を評価する。
     ・  経営者が継続企業を前提として中間財務諸表を作成することが適切であるかどうか、また、入
      手した監査証拠に基づき、継続企業の前提に重要な疑義を生じさせるような事象又は状況に関
      して重要な不確実性が認められるかどうか結論付ける。継続企業の前提に関する重要な不確実
      性が認められる場合は、中間監査報告書において中間財務諸表の注記事項に注意を喚起するこ
      と、又は重要な不確実性に関する中間財務諸表の注記事項が適切でない場合は、中間財務諸表
      に対して除外事項付意見を表明することが求められている。監査人の結論は、中間監査報告書
      日までに入手した監査証拠に基づいているが、将来の事象や状況により、企業は継続企業とし
      て存続できなくなる可能性がある。
     ・  中間財務諸表の表示及び注記事項が、我が国において一般に公正妥当と認められる中間財務諸
      表の作成基準に準拠しているかどうかとともに、関連する注記事項を含めた中間財務諸表の表
      示、構成及び内容、並びに中間財務諸表が基礎となる取引や会計事象に関して有用な情報を表
      示しているかどうかを評価する。
      監査人は、監査等委員会に対して、計画した中間監査の範囲とその実施時期、中間監査の実施過
     程で識別した内部統制の重要な不備を含む中間監査上の重要な発見事項、及び中間監査の基準で求
     められているその他の事項について報告を行う。
     利害関係

      会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係
     はない。
                                                        以 上

     (注)1.上記は監査報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社が

          別途保管しております。
        2.      XBRL   データは監査の対象には含まれていません。
                                104/104





PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

書類提出日で検索

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2020年12月21日

新規上場の通知機能を追加しました。Myページにて通知の設定が行えます。

2020年9月22日

企業・投資家の個別ページに掲載情報を追加しました。また、併せて細かい改修を行いました。

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。

スポンサーリンク