室町ケミカル株式会社 有価証券届出書(新規公開時)

提出書類 有価証券届出書(新規公開時)
提出日
提出者 室町ケミカル株式会社
カテゴリ 有価証券届出書(新規公開時)

                                                          EDINET提出書類
                                                     室町ケミカル株式会社(E36350)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    【表紙】
    【提出書類】                     有価証券届出書

    【提出先】                     福岡財務支局長

    【提出日】                     2021年1月21日

    【会社名】                     室町ケミカル株式会社

    【英訳名】                     MUROMACHI     CHEMICALS     INC.

    【代表者の役職氏名】                     代表取締役社長  青木 淳一

    【本店の所在の場所】                     福岡県大牟田市新勝立町一丁目38番5

    【電話番号】                     0944-41-2131

    【事務連絡者氏名】                     取締役 管理本部長  井内 聡

    【最寄りの連絡場所】                     福岡県大牟田市新勝立町一丁目38番5

    【電話番号】                     0944-41-2131

    【事務連絡者氏名】                     取締役 管理本部長  井内 聡

    【届出の対象とした募集(売出)有価証券の                     株式

    種類】
    【届出の対象とした募集(売出)金額】                     募集金額
                         ブックビルディング方式による募集                           634,865,000      円

                         売出金額
                         (引受人の買取引受による売出し)
                         ブックビルディング方式による売出し                           385,000,000      円
                         (オーバーアロットメントによる売出し)
                         ブックビルディング方式による売出し                           169,785,000      円
                         (注) 募集金額は、有価証券届出書提出時における見込額(会社法上の払
                            込金額の総額)であり、売出金額は、有価証券届出書提出時におけ
                            る見込額であります。
    【縦覧に供する場所】                      室町ケミカル株式会社 東京支社

                         (東京都千代田区神田駿河台三丁目4番地)
                                  1/150




                                                          EDINET提出書類
                                                     室町ケミカル株式会社(E36350)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    第一部     【証券情報】
    第1   【募集要項】

    1  【新規発行株式】

        種類          発行数(株)                      内容

                           完全議決権株式であり、権利内容に何ら限定のない当社におけ
                   970,000    (注)2
       普通株式                    る標準となる株式であります。なお、単元株式数は100株であり
                           ます。
     (注)   1.2021年1月21日開催の取締役会決議によっております。
       2.発行数については、2021年1月21日開催の取締役会において決議された公募による自己株式の処分に係る募集
        株式数970,000株であります。本有価証券届出書の対象とした募集(以下「本募集」という。)は、金融商品取
        引法第二条に規定する定義に関する内閣府令第9条第1号に定める売付けの申込み又は買付けの申込みの勧誘で
        あります。なお、2021年2月4日開催予定の取締役会において変更される可能性があります。
       3.当社は、野村證券株式会社に対し、上記引受株式数のうち、73,500株を上限として、福利厚生を目的に当社従
        業員持株会を当社が指定する販売先(親引け先)として要請する予定であります。
        なお、親引けは、日本証券業協会の定める「株券等の募集等の引受け等に係る顧客への配分に関する規則」に
        従い、発行者が指定する販売先への売付け(販売先を示唆する等実質的に類似する行為を含む。)であります。
       4.当社の定める振替機関の名称及び住所は、以下のとおりであります。
        名称:株式会社証券保管振替機構
        住所:東京都中央区日本橋茅場町二丁目1番1号
       5.上記とは別に、2021年1月21日開催の取締役会において、野村證券株式会社を割当先とする当社普通株式
        220,500株の第三者割当増資を行うことを決議しております。
        なお、その内容については、「募集又は売出しに関する特別記載事項 2.第三者割当増資とシンジケートカ
        バー取引について」をご参照下さい。
                                  2/150












                                                          EDINET提出書類
                                                     室町ケミカル株式会社(E36350)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    2  【募集の方法】
      2021年2月16日に決定される予定の引受価額にて、当社と元引受契約を締結する予定の後記「4 株式の引受け」欄
     記載の金融商品取引業者(以下「第1 募集要項」において「引受人」という。)は、買取引受けを行い、当該引受価
     額と異なる価額(発行価格)で本募集を行います。引受価額は2021年2月4日開催予定の取締役会において決定される会
     社法上の払込金額以上の価額となります。引受人は払込期日までに引受価額の総額を当社に払込み、本募集における
     発行価格の総額との差額は引受人の手取金といたします。当社は、引受人に対して引受手数料を支払いません。
      なお、本募集は、株式会社東京証券取引所(以下「取引所」という。)の定める「有価証券上場規程施行規則」第233
     条に規定するブックビルディング方式(株式の取得の申込みの勧誘時において発行価格又は売出価格に係る仮条件を投
     資家に提示し、株式に係る投資家の需要状況を把握したうえで発行価格等を決定する方法をいう。)により決定する価
     格で行います。
             区分             発行数(株)        発行価額の総額(円)            資本組入額の総額(円)

    入札方式のうち入札による募集                          ―            ―            ―

    入札方式のうち入札によらない募集                          ―            ―            ―

    ブックビルディング方式                       970,000          634,865,000                 ―

          計(総発行株式)                  970,000          634,865,000                 ―

     (注)   1.全株式を引受人の買取引受けにより募集いたします。
       2.上場前の公募を行うに際しての手続き等は、取引所の有価証券上場規程施行規則により規定されております。
       3.発行価額の総額は、会社法上の払込金額の総額であり、有価証券届出書提出時における見込額であります。
       4.本募集は、自己株式の処分により行われるものであり、払込金額の総額は資本組入れされません。
       5.有価証券届出書提出時における想定発行価格(770円)で算出した場合、本募集における発行価格の総額(見込
        額)は   746,900,000      円となります。
       6.本募集並びに「第2 売出要項 1 売出株式(引受人の買取引受による売出し)」及び「2 売出しの条件
        (引受人の買取引受による売出し)」における「引受人の買取引受による売出し」にあたっては、需要状況を勘
        案し、オーバーアロットメントによる売出しを行う場合があります。
        なお、オーバーアロットメントによる売出しについては、「第2 売出要項 3 売出株式(オーバーアロッ
        トメントによる売出し)」及び「4 売出しの条件(オーバーアロットメントによる売出し)」をご参照下さ
        い。
       7.本募集に関連して、ロックアップに関する合意がなされております。その内容については、「募集又は売出し
        に関する特別記載事項 3.ロックアップについて」をご参照下さい。
                                  3/150









                                                          EDINET提出書類
                                                     室町ケミカル株式会社(E36350)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    3  【募集の条件】
     (1)  【入札方式】
      ①  【入札による募集】
        該当事項はありません。
      ②  【入札によらない募集】

        該当事項はありません。
     (2)  【ブックビルディング方式】

                    資本    申込株                   申込

    発行価格     引受価額     払込金額
                                 申込期間                  払込期日
                   組入額     数単位                   証拠金
     (円)     (円)     (円)
                    (円)     (株)                   (円)
     未定     未定     未定     ―          自 2021年2月17日(水)              未定
                          100                      2021年2月25日(木)
     (注)1     (注)1     (注)2     (注)3          至 2021年2月22日(月)             (注)4
     (注)   1.発行価格は、ブックビルディング方式によって決定いたします。
        発行価格は、2021年2月4日に仮条件を決定し、当該仮条件による需要状況、上場日までの価格変動リスク等を
        総合的に勘案した上で、2021年2月16日に引受価額と同時に決定する予定であります。
        仮条件は、事業内容、経営成績及び財政状態、事業内容等の類似性が高い上場会社との比較、価格算定能力が
        高いと推定される機関投資家等の意見その他を総合的に勘案して決定する予定であります。
        需要の申込みの受付けに当たり、引受人は、当社株式が市場において適正な評価を受けることを目的に、機関
        投資家等を中心に需要の申告を促す予定であります。
       2.払込金額は、会社法上の払込金額であり、2021年2月4日開催予定の取締役会において決定される予定でありま
        す。また、「2 募集の方法」の冒頭に記載のとおり、発行価格と会社法上の払込金額及び2021年2月16日に
        決定される予定の引受価額とは各々異なります。発行価格と引受価額との差額の総額は、引受人の手取金とな
        ります。
       3.本募集は、自己株式の処分により行われるものであり、払込金額は資本組入れされません。
       4.申込証拠金は、発行価格と同一の金額とし、利息をつけません。申込証拠金のうち引受価額相当額は、払込期
        日に自己株式の処分に対する払込金に振替充当いたします。
       5.株式受渡期日は、2021年2月26日(金)(以下「上場(売買開始)日」という。)の予定であります。本募集に係る
        株式は、株式会社証券保管振替機構(以下「機構」という。)の「株式等の振替に関する業務規程」に従い、機
        構にて取扱いますので、上場(売買開始)日から売買を行うことができます。
       6.申込みの方法は、申込期間内に後記申込取扱場所へ申込証拠金を添えて申込みをするものといたします。
       7.申込みに先立ち、2021年2月8日から2021年2月15日までの間で引受人に対して、当該仮条件を参考として需要
        の申告を行うことができます。当該需要の申告は変更又は撤回することが可能であります。
        販売に当たりましては、取引所の「有価証券上場規程」に定める株主数基準の充足、上場後の株式の流通性の
        確保等を勘案し、需要の申告を行わなかった投資家にも販売が行われることがあります。
        引受人は、公平かつ公正な販売に努めることとし、自社で定める配分に関する基本方針及び社内規程等に従
        い、販売を行う方針であります。配分に関する基本方針については引受人の店頭における表示又はホームペー
        ジにおける表示等をご確認下さい。
       8.引受価額が会社法上の払込金額を下回る場合は本募集を中止いたします。
      ①  【申込取扱場所】

        後記「4 株式の引受け」欄記載の引受人の全国の本支店及び営業所で申込みの取扱いをいたします。
      ② 【払込取扱場所】

                  店名                          所在地

    株式会社福岡銀行 大牟田支店                               福岡県大牟田市有明町一丁目2番11

     (注)   上記の払込取扱場所での申込みの取扱いは行いません。
                                  4/150




                                                          EDINET提出書類
                                                     室町ケミカル株式会社(E36350)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    4  【株式の引受け】
                                     引受株式数

     引受人の氏名又は名称                     住所                     引受けの条件
                                      (株)
    野村證券株式会社             東京都中央区日本橋一丁目13番1号
                                           1.買取引受けによります。
                                           2.引受人は自己株式の処分に
    FFG証券株式会社             福岡県福岡市中央区天神二丁目13番1号
                                            対する払込金として、2021
    みずほ証券株式会社             東京都千代田区大手町一丁目5番1号
                                            年2月25日までに払込取扱
                                            場所へ引受価額と同額を払
    株式会社SBI証券             東京都港区六本木一丁目6番1号                     未定
                                            込むことといたします。
                                           3.引受手数料は支払われませ
    大和証券株式会社             東京都千代田区丸の内一丁目9番1号
                                            ん。ただし、発行価格と引
    楽天証券株式会社             東京都港区南青山二丁目6番21号
                                            受価額との差額の総額は引
                                            受人の手取金となります。
    岡三証券株式会社             東京都中央区日本橋一丁目17番6号
          計                ―            970,000           ―

     (注)   1.2021年2月4日開催予定の取締役会において各引受人の引受株式数が決定される予定であります。
       2.上記引受人と発行価格決定日(2021年2月16日)に元引受契約を締結する予定であります。
       3.引受人は、上記引受株式数のうち2,000株を上限として、全国の販売を希望する引受人以外の金融商品取引業
        者に販売を委託する方針であります。
                                  5/150














                                                          EDINET提出書類
                                                     室町ケミカル株式会社(E36350)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    5  【新規発行による手取金の使途】
     (1)  【新規発行による手取金の額】
       払込金額の総額(円)                 発行諸費用の概算額(円)                   差引手取概算額(円)

              687,148,000                    4,000,000                683,148,000

     (注)   1.払込金額の総額、発行諸費用の概算額及び差引手取概算額は、本募集における自己株式の処分に係る金額であ
        ります。
       2.払込金額の総額は、会社法上の払込金額の総額とは異なり、自己株式の処分に際して当社に払い込まれる引受
        価額の総額であり、有価証券届出書提出時における想定発行価格(                               770  円)を基礎として算出した見込額であり
        ます。
       3.発行諸費用の概算額には、消費税及び地方消費税(以下「消費税等」という。)は含まれておりません。
       4.引受手数料は支払わないため、発行諸費用の概算額は、これ以外の費用を合計したものであります。
     (2)  【手取金の使途】

       上記の手取概算額        683,148    千円については、「1           新規発行株式」の(注)5.に記載の第三者割当増資の手取概算額
      上限  156,202    千円と合わせて、①医薬品製造設備導入の費用の一部として                            539,350    千円、②借入金返済の充当分とし
      て300,000千円を充当する予定です。
       ①  製造設備導入

        医薬品事業において、現在計画している原薬の製造設備導入(2023年5月期着工開始、2024年5月期稼働予定)
       に 539,350千円を2023年5月期及び2024年5月期に充当する予定です。
       ②  借入金の返済

        当社は、これまで事業拡大のために設備投資を行っており、その資金は銀行からの借入れによって調達してお
       りました。財務体質の改善を図るために、その借入金の返済資金として300,000千円(2021年5月期に200,000千
       円、2022年5月期に100,000千円)               を充当する予定です         。
       なお、具体的な充当時期までは、安全性の高い金融商品等で運用する予定です。

      (注)   設備資金の内容については、「第二部 企業情報 第3 設備の状況 3 設備の新設、除却等の計画」の項

        をご参照下さい。
                                  6/150









                                                          EDINET提出書類
                                                     室町ケミカル株式会社(E36350)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    第2   【売出要項】
    1  【売出株式(引受人の買取引受による売出し)】

      2021年2月16日に決定される予定の引受価額にて、当社と元引受契約を締結する予定の後記「2 売出しの条件(引
     受人の買取引受による売出し) (2)ブックビルディング方式」に記載の金融商品取引業者(以下「第2 売出要項」に
     おいて「引受人」という。)は、下記売出人から買取引受けを行い、当該引受価額と異なる価額(売出価格、発行価格
     と同一の価格)で売出し(以下「引受人の買取引受による売出し」という。)を行います。引受人は株式受渡期日に引受
     価額の総額を売出人に支払い、引受人の買取引受による売出しにおける売出価格の総額との差額は引受人の手取金と
     いたします。売出人は、引受人に対して引受手数料を支払いません。
                                         売出しに係る株式の所有者の

                              売出価額の総額
       種類            売出数(株)
                                 (円)
                                          住所及び氏名又は名称
             入札方式のうち入札に
       ―                     ―        ―          ―
             よる売出し
             入札方式のうち入札に
       ―                     ―        ―          ―
             よらない売出し
                                       長野県北佐久郡軽井沢町


             ブックビルディング
    普通株式                      500,000      385,000,000       村山ひとみ
             方式
                                                   500,000株
    計(総売出株式)             ―        500,000      385,000,000               ―


     (注)   1.上場前の売出しを行うに際しての手続き等は、取引所の有価証券上場規程施行規則により規定されておりま
        す。
       2.本募集における自己株式の処分を中止した場合には、引受人の買取引受による売出しも中止いたします。
       3.売出価額の総額は、有価証券届出書提出時における想定売出価格(770円)で算出した見込額であります。
       4.売出数等については今後変更される可能性があります。
       5.振替機関の名称及び住所は、「第1 募集要項 1 新規発行株式」の(注)4.に記載した振替機関と同一であ
        ります。
       6.本募集並びに引受人の買取引受による売出しにあたっては、需要状況を勘案し、オーバーアロットメントによ
        る売出しを行う場合があります。
        なお、オーバーアロットメントによる売出しについては、「3 売出株式(オーバーアロットメントによる売
        出し)」及び「4 売出しの条件(オーバーアロットメントによる売出し)」をご参照下さい。
       7.引受人の買取引受による売出しに関連して、ロックアップに関する合意がなされております。その内容につい
        ては、「募集又は売出しに関する特別記載事項 3.ロックアップについて」をご参照下さい。
                                  7/150







                                                          EDINET提出書類
                                                     室町ケミカル株式会社(E36350)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    2  【売出しの条件(引受人の買取引受による売出し)】
     (1)  【入札方式】
      ①  【入札による売出し】
        該当事項はありません。
      ②  【入札によらない売出し】

        該当事項はありません。
     (2)  【ブックビルディング方式】

                         申込

                     申込株
    売出価格     引受価額                                             元引受契約
               申込期間          証拠金    申込受付場所        引受人の住所及び氏名又は名称
                     数単位
     (円)     (円)                                             の内容
                     (株)
                         (円)
              自 2021年
     未定                        引受人の本店
          未定    2月17日(水)            未定           東京都中央区日本橋一丁目13番1号                   未定
     (注)1                 100       及び全国各支
          (注)2     至 2021年           (注)2           野村證券株式会社                  (注)3
     (注)2                        店
              2月22日(月)
     (注)   1.売出価格の決定方法は、「第1 募集要項 3 募集の条件 (2)ブックビルディング方式」の(注)1.と同様
        であります。
       2.売出価格及び申込証拠金は、本募集における発行価格及び申込証拠金とそれぞれ同一となります。ただし、申
        込証拠金には、利息をつけません。
        引受人の買取引受による売出しにおける引受価額は、本募集における引受価額と同一となります。
       3.引受人の引受価額による買取引受によることとし、その他元引受契約の内容、売出しに必要な条件は、売出価
        格決定日(2021年2月16日)に決定する予定であります。
        なお、元引受契約においては、引受手数料は支払われません。ただし、売出価格と引受価額との差額の総額は
        引受人の手取金となります。
       4.上記引受人と売出価格決定日に元引受契約を締結する予定であります。
       5.株式受渡期日は、上場(売買開始)日の予定であります。引受人の買取引受による売出しに係る株式は、機構の
        「株式等の振替に関する業務規程」に従い、機構にて取扱いますので、上場(売買開始)日から売買を行うこと
        ができます。
       6.申込みの方法は、申込期間内に上記申込受付場所へ申込証拠金を添えて申込みをするものといたします。
       7.上記引受人の販売方針は、「第1 募集要項 3 募集の条件 (2)ブックビルディング方式」の(注)7.に記
        載した販売方針と同様であります。
                                  8/150










                                                          EDINET提出書類
                                                     室町ケミカル株式会社(E36350)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    3  【売出株式(オーバーアロットメントによる売出し)】
                                           売出しに係る株式の所有者の

                                売出価額の総額
       種類            売出数(株)
                                   (円)
                                            住所及び氏名又は名称
             入札方式のうち入札に
        ―                      ―        ―          ―
             よる売出し
             入札方式のうち入札に
        ―                      ―        ―          ―
             よらない売出し
             ブックビルディング
                                        東京都中央区日本橋一丁目13番1号
    普通株式                       220,500      169,785,000
                                        野村證券株式会社   220,500株
             方式
    計(総売出株式)              ―         220,500      169,785,000               ―
     (注)   1.オーバーアロットメントによる売出しは、本募集並びに引受人の買取引受による売出しに伴い、その需要状況
        を勘案し、野村證券株式会社が行う売出しであります。したがってオーバーアロットメントによる売出しに係
        る売出株式数は上限株式数を示したものであり、需要状況により減少若しくは中止される場合があります。
       2.オーバーアロットメントによる売出しに関連して、                         当社は、2021年1月21日開催の取締役会において、野村證
        券株式会社を割当先とする当社普通株式220,500株の第三者割当増資の決議を行っております。また、                                               野村證
        券株式会社は、東京証券取引所においてオーバーアロットメントによる売出しに係る売出株式数を上限とする
        当社普通株式の買付け(以下「シンジケートカバー取引」という。)を行う場合があります。
        なお、その内容については、「募集又は売出しに関する特別記載事項 2.                                   第三者割当増資       とシンジケートカ
        バー取引について」をご参照下さい。
       3.上場前の売出しを行うに際しての手続き等は、取引所の有価証券上場規程施行規則により規定されておりま
        す。
       4.本募集における自己株式の処分を中止した場合には、オーバーアロットメントによる売出しも中止いたしま
        す。
       5.売出価額の総額は、有価証券届出書提出時における想定売出価格(770円)で算出した見込額であります。
       6.振替機関の名称及び住所は、「第1 募集要項 1 新規発行株式」の(注)4.に記載した振替機関と同一であ
        ります。
                                  9/150












                                                          EDINET提出書類
                                                     室町ケミカル株式会社(E36350)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    4  【売出しの条件(オーバーアロットメントによる売出し)】
     (1)  【入札方式】
      ①  【入札による売出し】
        該当事項はありません。
      ②  【入札によらない売出し】

        該当事項はありません。
     (2)  【ブックビルディング方式】

                    申込株

                         申込
     売出価格                                                元引受契約
             申込期間       数単位          申込受付場所        引受人の住所及び氏名又は名称
                        証拠金
      (円)                                                の内容
                         (円)
                     (株)
             自 2021年
                             野村證券株式会
      未定      2月17日(水)             未定
                      100       社の本店及び全                ―           ―
      (注)1      至 2021年            (注)1
                             国各支店
            2月22日(月)
     (注)   1.売出価格及び申込証拠金については、引受人の買取引受による売出しにおける売出価格及び申込証拠金とそれ
        ぞれ同一とし、売出価格決定日に決定する予定であります。ただし、申込証拠金には、利息をつけません。
       2.株式受渡期日は、引受人の買取引受による売出しにおける株式受渡期日と同じ上場(売買開始)日の予定であり
        ます。オーバーアロットメントによる売出しに係る株式は、機構の「株式等の振替に関する業務規程」に従
        い、機構にて取扱いますので、上場(売買開始)日から売買を行うことができます。
       3.申込みの方法は、申込期間内に上記申込受付場所へ申込証拠金を添えて申込みをするものといたします。
       4.野村證券株式会社の販売方針は、「第2 売出要項 2 売出しの条件(引受人の買取引受による売出し) 
        (2)ブックビルディング方式」の(注)7.に記載した販売方針と同様であります。
                                 10/150













                                                          EDINET提出書類
                                                     室町ケミカル株式会社(E36350)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    【募集又は売出しに関する特別記載事項】
     1.東京証券取引所JASDAQ(スタンダード)への上場について
       当社は、「第1 募集要項」における募集株式及び「第2 売出要項」における売出株式を含む当社普通株式に
      ついて、野村證券株式会社を主幹事会社として、東京証券取引所JASDAQ(スタンダード)への上場を予定して
      おります。
     2.  第三者割当増資        とシンジケートカバー取引について

       オーバーアロットメントによる売出しの対象となる当社普通株式は、オーバーアロットメントによる売出しのた
      めに、主幹事会社が当社株主である村山哲朗(以下「貸株人」という。)より借入れる株式であります。これに関
      連して、当社は、2021年1月21日開催の取締役会において、主幹事会社を割当先とする当社普通株式220,500株の第
      三者割当増資(以下「本件第三者割当増資」という。)を行うことを決議しております。本件第三者割当増資の会
      社法上の募集事項については、以下のとおりであります。
      (1)   募集株式の数             当社普通株式 220,500株
      (2)   募集株式の払込金額             未定 (注)1

                     増加する資本金の額は割当価格を基礎とし、会社計算規則第14条第1項に基づき
                     算出される資本金等増加限度額の2分の1の金額とし、計算の結果1円未満の端数
        増加する資本金及び資本
      (3)                が生じたときは、その端数を切り上げるものとする。また、増加する資本準備金
        準備金に関する事項
                     の額は、資本金等増加限度額から増加する資本金の額を減じた額とする。 (注)
                     2
      (4)   払込期日             2021年3月26日(金)
     (注)   1.募集株式の払込金額(会社法上の払込金額)は、2021年2月4日開催予定の取締役会において決定される予定の
        「第1 募集要項」における自己株式の処分の払込金額(会社法上の払込金額)と同一とする予定でありま
        す。
       2.割当価格は、2021年2月16日に決定される予定の「第1 募集要項」における自己株式の処分の引受価額と同
        一とする予定であります。
       また、主幹事会社は、2021年2月26日から2021年3月22日までの間、貸株人から借入れる株式の返却を目的とし

      て、東京証券取引所においてオーバーアロットメントによる売出しに係る売出株式数を上限とするシンジケートカ
      バー取引を行う場合があります。
       主幹事会社は、上記シンジケートカバー取引により取得した株式について、当該株式数については、割当てに応
      じない予定でありますので、その場合には本件第三者割当増資における発行数の全部又は一部につき申込みが行わ
      れず、その結果、失権により本件第三者割当増資における最終的な発行数が減少する、又は発行そのものが全く行
      われない場合があります。また、シンジケートカバー取引期間内においても、主幹事会社の判断でシンジケートカ
      バー取引を全く行わないか若しくは上限株式数に至らない株式数でシンジケートカバー取引を終了させる場合があ
      ります。
                                 11/150








                                                          EDINET提出書類
                                                     室町ケミカル株式会社(E36350)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     3.ロックアップについて
       本募集並びに引受人の買取引受による売出しに関連して、貸株人である村山哲朗並びに当社株主である青木淳
      一、服部英法、大辻正高及び穗苅久美は、主幹事会社に対し、元引受契約締結日から上場(売買開始)日(当日を
      含む)後90日目の2021年5月26日までの期間中、主幹事会社の事前の書面による同意なしには、当社普通株式の売却
      等(ただし、オーバーアロットメントによる売出しのために当社普通株式を貸し渡すこと等は除く。)を行わない
      旨合意しております。
       加えて、当社は主幹事会社に対し、元引受契約締結日から上場(売買開始)日(当日を含む)後180日目の2021年
      8月24日までの期間中、主幹事会社の事前の書面による同意なしには、当社普通株式の発行、当社普通株式に転換若
      しくは交換される有価証券の発行又は当社普通株式を取得若しくは受領する権利を付与された有価証券の発行等
      (ただし、本募集、株式分割、ストックオプションとしての新株予約権の発行及びオーバーアロットメントによる
      売出しに関連し、2021年1月21日開催の当社取締役会において決議された主幹事会社を割当先とする第三者割当増資
      等を除く。)を行わない旨合意しております。
       なお、上記のいずれの場合においても、主幹事会社はその裁量で当該合意の内容を一部若しくは全部につき解除
      できる権限を有しております。
       上記のほか、当社は、取引所の定める「有価証券上場規程施行規則」の規定に基づき、上場前の第三者割当等に
      よる募集株式等の割当等に関し、当社株式の割当を受けた者(室町ケミカルグループ従業員持株会、青木淳一、髙
      宮一仁、井内聡、井ノ口浩俊、中村弘、田中知樹及び髙橋智)及び当社新株予約権の割当を受けた者との間に継続
      所有等の確約を行っております。その内容については、「第四部 株式公開情報 第2 第三者割当等の概況」を
      ご参照下さい。
                                 12/150














                                                          EDINET提出書類
                                                     室町ケミカル株式会社(E36350)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    第3   【その他の記載事項】
     自己株式の処分並びに株式売出届出目論見書に記載しようとする事項
     (1)  表紙に当社のロゴマーク

                                           を記載いたします。
     (2)  表紙の次に「経営理念」~「業績等の推移」をカラー印刷したものを記載いたします。

                                 13/150


















                                                          EDINET提出書類
                                                     室町ケミカル株式会社(E36350)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                                 14/150





















                                                          EDINET提出書類
                                                     室町ケミカル株式会社(E36350)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                                 15/150





















                                                          EDINET提出書類
                                                     室町ケミカル株式会社(E36350)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                                 16/150





















                                                          EDINET提出書類
                                                     室町ケミカル株式会社(E36350)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                                 17/150





















                                                          EDINET提出書類
                                                     室町ケミカル株式会社(E36350)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                                 18/150





















                                                          EDINET提出書類
                                                     室町ケミカル株式会社(E36350)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                                 19/150





















                                                          EDINET提出書類
                                                     室町ケミカル株式会社(E36350)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                                 20/150





















                                                          EDINET提出書類
                                                     室町ケミカル株式会社(E36350)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    第二部     【企業情報】
    第1 【企業の概況】

    1 【主要な経営指標等の推移】
     (1) 連結経営指標等
            回次             第73期       第74期

           決算年月             2019年5月       2020年5月

    売上高               (千円)      5,420,018       5,280,306

    経常利益               (千円)       90,996       271,851

    親会社株主に帰属する
                   (千円)       28,913       31,570
    当期純利益
    包括利益               (千円)       24,659       21,397
    純資産額               (千円)       182,392          -

    総資産額               (千円)      4,619,342           -

    1株当たり純資産額               (円)       91.20         -

    1株当たり当期純利益               (円)       14.46       15.75

    潜在株式調整後
                   (円)         -       -
    1株当たり当期純利益
    自己資本比率               (%)        3.9        -
    自己資本利益率               (%)        16.9        -

    株価収益率               (倍)         -       -

    営業活動による
                   (千円)       342,095        88,920
    キャッシュ・フロー
    投資活動による
                   (千円)      △ 311,293       136,697
    キャッシュ・フロー
    財務活動による
                   (千円)      △ 22,590       42,227
    キャッシュ・フロー
    現金及び現金同等物
                   (千円)       613,958       880,950
    の期末残高
    従業員数
                            199        -
                   (名)
                           〔 62 〕     〔 -〕
    〔ほか、平均臨時雇用人員〕
     (注)   1.売上高には、消費税等は含まれておりません。
       2.第73期における潜在株式調整後1株当たり当期純利益については、潜在株式が存在しないため、記載しており
        ません。第74期の潜在株式調整後1株当たり当期純利益については、新株予約権の残高がありますが、当社株
        式は非上場であり、期中平均株価が把握できないため記載しておりません。
       3.株価収益率は当社株式が非上場であるため記載しておりません。
       4.第73期及び第74期の連結財務諸表については、                       「連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭
        和51年大蔵省令第28号)に基づき作成しており                      、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、有限責
        任監査法人トーマツにより監査を受けております。
       5.連結子会社でありました室町(上海)商貿有限公司につきましては、2019年11月末に清算しており、第74期に
        おいては連結貸借対照表を作成していないため、第74期の純資産額・総資産額・1株当たり純資産額・自己資
        本比率・自己資本利益率及び従業員数を記載しておりません。また、現金及び現金同等物の期末残高は、個別
        財務諸表ベースの数値を記載しております。
       6.2020年9月14日開催の取締役会決議により、2020年10月15日付で普通株式1株につき5株の割合で株式分割を
        行っております。第73期の期首に当該株式分割が行われたと仮定し、                                1株当たり純資産額及び1株当たり当期純
        利益を算定しております。
       7.従業員数は就業人員数であり、従業員数の〔                      〕は、臨時従業員の年間平均雇用人員数(1日7時間45分換算)
        を外書きしております。なお、臨時従業員は、パートタイマー及び嘱託契約の従業員を含み、派遣社員を除い
        ております。
                                 21/150


                                                          EDINET提出書類
                                                     室町ケミカル株式会社(E36350)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     (2)  提出会社の経営指標等
            回次            第70期       第71期       第72期        第73期       第74期

           決算年月            2016年5月       2017年5月       2018年5月       2019年5月       2020年5月

    売上高              (千円)      4,038,850       4,447,013       4,536,959        5,392,119       5,280,306

    経常利益又は経常損失
                  (千円)       168,170       104,896       △ 20,164       108,133       278,285
    (△)
    当期純利益又は当期純損失
                  (千円)       166,889       △ 22,340      △ 87,833       111,979        34,391
    (△)
    資本金              (千円)       60,000       60,000       60,000        60,000       60,000
    発行済株式総数              (株)     1,010,000       1,010,000       1,010,000        1,010,000        775,000

    純資産額              (千円)       169,550       173,474        71,409       178,641       252,253

    総資産額              (千円)      3,896,943       4,399,118       4,683,399        4,588,635       4,785,967

    1株当たり純資産額              (円)       423.87       433.68       178.52        89.32       101.92

    1株当たり配当額                        6       6       3        3       3
                  (円)
    (1株当たり中間配当額)                       ( -)       ( -)       ( -)       ( -)       ( -)
    1株当たり当期純利益又は
                  (円)       417.22       △ 55.85      △ 219.58        55.99       17.16
    1株当たり当期純損失(△)
    潜在株式調整後
                  (円)         -       -       -        -       -
    1株当たり当期純利益
    自己資本比率              (%)        4.4       3.9       1.5        3.9       5.3
    自己資本利益率              (%)        98.4        -       -      89.6       16.0

    株価収益率              (倍)         -       -       -        -       -

    配当性向              (%)        1.4        -       -       1.1       3.5

    従業員数                       157       182       199        199       196

                  (名)
    〔ほか、平均臨時
                          〔 51 〕     〔 64 〕     〔 71 〕     〔 62 〕     〔 66 〕
    雇用人員〕
     (注)   1.売上高には、消費税等は含まれておりません。
       2.第70期から第73期における潜在株式調整後1株当たり当期純利益については、潜在株式が存在しないため、記
        載しておりません。第74期の潜在株式調整後1株当たり当期純利益については、新株予約権の残高があります
        が、当社株式は非上場であり、期中平均株価が把握できないため記載しておりません。
       3.株価収益率は当社株式が非上場であるため記載しておりません。
       4.主要な経営指標等のうち、第70期から第72期については、会社計算規則(平成18年法務省令第13号)の規定に基
        づき算出した各数値を記載しており、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づく有限責任監査法人
        トーマツの監査を受けておりません。
       5.第73期及び第74期の財務諸表については、                     「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和38年
        大蔵省令第59号)に基づき作成しており、                    金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、有限責任監査
        法人トーマツにより監査を受けております。
       6.第71期及び第72期の自己資本利益率については、当期純損失であるため記載しておりません。
       7.第71期及び第72期の配当性向については、1株当たり当期純損失であるため記載しておりません。
       8.第71期における当期純損失の要因は、固定資産に係る減損損失等を特別損失に計上したことによるものです。
       9.第72期における当期純損失の要因は、繰延税金資産の回収可能性に関する会社分類が変更となったことから、
        繰延税金資産が減少し、法人税等調整額が前期より増加したことによるものです。
       10.第67期にムロマチテクノス株式会社を子会社化したことにより、自己株式を保有することとなったため、純資
        産額及び自己資本比率が小さくなっております。また、自己株式を第70期から第73期までは610千株保有して
        おりましたが、2020年5月21日付で自己株式を235千株消却、2020年5月29日付で95千株を                                         第三者割当の方法に
        より処分    いたしましたため、第74期では280千株となっております。これにより、第74期の発行済株式総数は
        235千株減少して775千株となっております。また、2020年9月14日開催の取締役会決議により、2020年10月15
        日付で普通株式1株につき5株の割合で株式分割を行っており、発行済株式総数は3,100千株増加して3,875千株
        となっております。
       11.2020年9月14日開催の取締役会決議により、2020年10月15日付で普通株式1株につき5株の割合で株式分割を
        行っております。第73期の期首に当該株式分割が行われたと仮定し、                                1株当たり純資産額及び1株当たり当期純
        利益を算定しております。
       12.従業員数は就業人員数であり、従業員数の〔                       〕は、臨時従業員の年間平均雇用人員数(1日7時間45分換算)
                                 22/150

                                                          EDINET提出書類
                                                     室町ケミカル株式会社(E36350)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
        を外書きしております。なお、臨時従業員は、パートタイマー及び嘱託契約の従業員を含み、派遣社員を除い
        ております。
       13.当社は2020年10月15日付で              普通株式1株につき5株の割合で株式分割を行っております。
        そこで、    東京証券取引所自主規制法人(現 日本取引所自主規制法人)の引受担当者宛通知「『新規上場申請
        のための有価証券報告書(Ⅰの部)』の作成上の留意点について」(平成24年8月21日付東証上審第133号)に
        基づき、第70期の期首に当該株式分割が行われたと仮定して算定した場合の1株当たり指標の推移を参考まで
        に掲げると以下のとおりとなります。
        なお、第70期、第71期及び第72期の数値(1株当たり配当額についてはすべての数値)については、                                              有限責任
        監査法人トーマツ        の監査を受けておりません。
            回次            第70期       第71期       第72期        第73期       第74期
           決算年月            2016年5月       2017年5月       2018年5月       2019年5月       2020年5月

    1株当たり純資産額              (円)       84.77       86.73       35.70        89.32       101.92

    1株当たり当期純利益又は
                  (円)       83.44      △11.17       △43.91         55.99       17.16
    1株当たり当期純損失(△)
    潜在株式調整後
                  (円)         -       -       -        -       -
    1株当たり当期純利益
    1株当たり配当額                      1.20       1.20       0.60        0.60       0.60
                  (円)
    (1株当たり中間配当額)                       (-)       (-)       (-)        (-)       (-)
                                 23/150















                                                          EDINET提出書類
                                                     室町ケミカル株式会社(E36350)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    2 【沿革】
       年月                           概要

    1917年    1月    売薬の製造販売を目的として、福岡県直方町(現                       直方市)に「大洋製薬合資会社」を設立する。

    1924年11月        福岡県福岡市東区馬出に移転し、商号を「天洋社」に改称する。

    1938年11月        福岡県福岡市南区塩原に本社・工場を新設し、移転する。

    1944年    6月    戦時企業整備(県内の製薬会社を1社にする制度)により会社を解散し、一時廃業する。

    1947年    7月    戦後、「鉄ペプトン製薬有限会社」として再設立する。

    1948年    1月    販売会社として、「株式会社天洋社」を再設立する。

    1950年    7月    「株式会社天洋社」を「鉄ペプトン製薬有限会社」に合併し、社名を「天洋社薬品有限会社」とす

            る。
    1952年    7月    社名を「天洋社薬品工業株式会社」と改称する。
    1971年    1月    ムロマチテクノス株式会社(旧室町化学工業株式会社)の資本参加により、「ムロマチグループ」

            の一員となる。
    1996年11月        福岡市都市計画により、本社・工場に立退要求があり、福岡県大牟田市に本社・工場を新設移転す
            る。
    1998年    8月    ムロマチグループとの関係を明確にするため、「室町ケミカル株式会社」に社名を変更する。
    1999年    9月    医薬品事業拡大のため、本社に医薬品第二工場を新設する。

    1999年10月        化成品部門でISO9001の認証を取得する。

    2003年    4月    本社に流通倉庫を新設する。

    2005年    5月    健康食品の企画販売会社として「天洋社薬品株式会社」を設立する。

    2005年    9月    東京都中央区日本橋室町に室町ケミカル株式会社東京支店及び天洋社薬品株式会社東京営業所を開

            設する。
    2006年    6月    本社に健康食品ゼリー製造用のクリーン工場を新設し、健康食品ゼリー事業を開始する。
    2006年11月        自動車部品用のプラスチックめっき工場を新設し、表面処理事業を開始する。

    2009年    7月    本社に事務所棟を新設する。

    2010年    3月    機能性樹脂コンパウンド工場を新設する。

    2010年    8月    表面処理事業より撤退する。

    2010年12月        中華人民共和国上海市に独自資本で「室町(上海)商貿有限公司」を設立する。

    2011年    2月    医薬品原料増産のため、医薬品第三工場を新設する。

    2011年    3月    ディーゼル排ガス処理用尿素水工場を新設し、尿素水事業を開始する。

    2011年10月        ムロマチテクノス株式会社よりつくば工場を事業譲渡で取得する。

    2012年12月        ムロマチテクノス株式会社所有の室町ケミカル株式会社株式6,300株を買受け、自己株式とする。

    2013年10月        本社近郊の土地を購入し、自動移動ラック導入の新勝立倉庫を新設する。

    2013年10月        東京支店を東京都千代田区神田駿河台へ移転する。

    2014年10月        医薬品原薬合成事業への本格的な参入を目的として、                         東進ケミカル株式会社の全株式を取得し

            100%子会社化する。
                                 24/150



                                                          EDINET提出書類
                                                     室町ケミカル株式会社(E36350)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       年月                           概要
    2014年12月        ムロマチテクノス株式会社を吸収合併する。

    2016年    6月    つくば工場にインキ接着剤工場を新設する。

    2016年10月        機能性樹脂コンパウンド事業より撤退する。

    2016年11月        本社に医薬品ゼリー工場を新設する。

    2017年    5月    東進ケミカル株式会社を吸収合併し、埼玉工場とする。

    2017年    8月    本社に医薬品合成工場を新設する。

    2018年    6月    天洋社薬品株式会社を吸収合併する。

    2019年    5月    室町(上海)商貿有限公司の営業活動を停止する。(2019年11月清算手続完了)

    2019年12月        埼玉工場を閉鎖する。

    2020年    1月    埼玉県和光市に埼玉開発センターを開設する。

                                 25/150















                                                          EDINET提出書類
                                                     室町ケミカル株式会社(E36350)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    3  【事業の内容】
      当社は、1917年(大正6年)に売薬の製造販売を目的として設立されて以降、医薬品をはじめとしたさまざまな事業
     に取り組んでまいりました。その結果現在は、医薬品・健康食品・化学品の3つの事業を軸に、長年培ってきた化学技
     術を核とした技術を活かし、製品・サービスを提供しています。
      報告セグメント             製品カテゴリ                    主要製商品・サービス

                             ポリスチレンスルホン酸           Ca、ワルファリンカリウム、
                医薬品合成・精製等
                             ヒスタミン二塩酸塩
    医薬品事業           輸入原薬              バルプロ酸     Na、バラシクロビル塩酸塩
                その他              ラジオアイソトープ

    健康食品事業           ゼリー              スティックタイプゼリー、            Tパウチタイプゼリー

                イオン交換樹脂              デュオライト™、レバチット®、ムロマック®

                             RO膜  (逆浸透膜)、NF膜(限外濾過膜)、UF膜(精密濾過膜)

                分離膜・水処理装置
                             純水製造装置、軟水製造装置
    化学品事業
                             アミノ酸精製、       AdBlue®製造
                受託加工
                             接着剤等機能材料の混合、分散、リパック
                その他              水処理部材、機能性接着剤

     (1)  医薬品事業

      原薬(医薬品の有効成分)の販売・製造を主に行っております。
      中国、インド、オランダなどの原薬メーカー等から国内の製薬会社や医薬品商社の求める原薬を調達するほか、自
     社での原薬合成、原薬の異物除去や精製などの加工を行い販売しています。自社内で日本薬局方に基づいた試験・分
     析ができる体制も持っており、原薬の輸入・製造・加工・分析・試験と、原薬のトータルサービスを提供していま
     す。
      当社は、原薬商社としての機能と原薬メーカーとしての機能をあわせ持ちます。商社としての経験から、原薬製造
     のための原料や中間体を海外メーカーから直接調達でき、メーカーとしての経験から自社試験による時間短縮・コス
     ト削減、開拓した調達先の品質向上指導などにより付加価値を高めることができます。
      ①  医薬品合成・精製等

       本社工場に医薬品合成工場を有し、原薬の製造を行っております。また、海外から輸入した原薬の精製や異物除
      去などの加工や医薬品と同等の環境で製造を必要とする化成品(医薬品の添加剤など)の製造も行っております。
       主要製品及びそれを有効成分とする医薬品の主な効能は以下のとおりです。
         ポリスチレンスルホン酸Ca…腎不全に伴う高カリウム血症
         ワルファリンカリウム…抗凝固薬
         ヒスタミン二塩酸塩…診断用薬
      ②  輸入原薬

       中国、インド、オランダなどの原薬製造会社から国内製薬会社の求める原薬を調達し販売しております。
       主要製品及びそれを有効成分とする医薬品の主な効能は以下のとおりです。
         バルプロ酸Na…てんかん、躁病及び躁うつ病の躁状態
         バラシクロビル塩酸塩…単純ヘルペスウイルス及び水痘・帯状疱疹ウイルス
                                 26/150




                                                          EDINET提出書類
                                                     室町ケミカル株式会社(E36350)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      ③  その他
       医薬品や農薬の研究等に使用されるラジオアイソトープ(放射性同位元素。放射線を出す性質のある元素であ
      り、化合物の追跡や分析に使用される)の輸入販売や保管サービスを行っております。そのほか、医薬品ゼリーの
      製造や産業資材などの輸出入も行っております。
     (2)  健康食品事業

      ゼリー
       事業開始当初より、主にスティックゼリータイプの健康食品の                             企画・   製造を行っております。           健康食品の通信販
      売を行う会社や健康食品メーカーなどからの受託製造を主に行っており、商品設計から関わるODM(Original
      Design    Manufacturingの略。発注元企業のブランド名で販売される製品の生産のみを行うOEM(Original                                             Equipment
      Manufacturing)に対し、ODMは企画や設計、製造までを行う。)が大多数を占めています。当社は、長年の経験か
      ら得た高度なマスキング(味や匂いを包み隠す)技術を有しております。健康・美容成分は苦みや匂いのためその
      ままでは摂取しづらいケースもありますが、味や香り、食感などを調整し、食べやすく美味しい製品として提供し
      ております。
     (3)  化学品事業

      液体処理関連製品の販売・加工を主に行っており、主力製品はイオン交換樹脂および分離膜です。
      イオン交換樹脂や分離膜は、純水(不純物を含まない水)の製造をはじめ、液体の精製、濃縮、脱色、金属回収な
     ど様々な用途に活用されています。
      当社は、国内外のメーカーから様々な性能のイオン交換樹脂や分離膜を仕入れ販売するほか、用途に合わせて洗浄
     や加工などを行い、主に国内の化学メーカーや機械メーカー、商社などへ販売しています。
      また、イオン交換樹脂や分離膜の再生処理も行っています。
      当社は、純水製造以外の用途の液体処理案件への対応を得意としています。自社内の分析・開発部門で、イオン交
     換樹脂や使用する液体の分析・試験ができ、長年培ってきたノウハウがあります。さらに様々なメーカーからの商品
     調達に加え、自社で保有する設備を使用して加工をすることで、顧客の求める処理に最適な製品の選定や使用方法の
     提案を行うことに努めています。
      ①  イオン交換樹脂

       イオン交換樹脂はイオン交換(物質中のイオンと溶液中のイオンを入れ替える)機能を持つ合成樹脂であり、純
      水の製造や排水中の重金属除去など様々な分野に使用されています。DDPスペシャルティ・プロダクツ社製の                                                  デュオ
      ライト™    やランクセス社製のレバチット®をはじめとした様々なメーカーのイオン交換樹脂に加え、顧客の要求に合
      わせ、当社で加工をしたイオン交換樹脂の販売を行っております。国内でも数少ないイオン交換樹脂の再生・乾
      燥・粉砕等の加工設備を保有しており、顧客のニーズにあった処理を行うことができます。
      ②  分離膜・水処理装置

       分離膜は細孔の空いた膜で、用途に合わせた孔径の膜を使用し濾過や濃縮などを行うことができます。各種メー
      カーの分離膜を販売するほか、分離膜の再生・洗浄も行っております。また、イオン交換樹脂や分離膜を組み込ん
      だ水処理装置の販売も行っております。
      ③  受託加工

       当社の製造設備を使用し、顧客から預かった溶液の精製処理のほか、ディーゼル車の排気ガスを浄化するAdBlue®
      の製造を行っております。また、機能性接着剤(導電性、速乾性、紫外線硬化などの機能を持った接着剤)などの
      混合及び分散(粉体の粒径が揃い、流体や他の成分中へ均一に混ざること)、使用する分量で小分けするなどのリ
      パック加工も行っております。
                                 27/150




                                                          EDINET提出書類
                                                     室町ケミカル株式会社(E36350)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      ④  その他
       水処理に使用される消耗品や試験用の部材の販売を行っております。また、工業用アロンアルフア®をはじめとし
      た機能性接着剤の販売、主に電子産業向けに帯電防止フィルム(静電気の蓄積を防ぐフィルム)やクリーンルーム
      で使用する消耗品などの販売も行っております。
      事業の系統図は、次のとおりであります。

    4 【関係会社の状況】








                                        議決権の所有

                            資本金      主要な事業
         名称           住所                    (又は被所有)           関係内容
                            (元)      の内容
                                         割合(%)
    (連結子会社)
                                                当社の化学品事業の海
                  中華人民共和国                              外拠点として、化成品
    室町(上海)商貿有限公司                      7,912,207.77       化学品事業            100
                  上海市徐滙区                              を販売しております。
                                                役員の兼任1名
     (注)   1.「主要な事業の内容欄」には、セグメント情報に記載された名称を記載しております。
       2.特定子会社であります。
       3.有価証券届出書又は有価証券報告書を提出している会社はありません。
       4. 室町(上海)商貿有限公司は             2019年5月期で営業活動を停止し、2019年11月末に会社清算手続が完了しており
        ます。
                                 28/150






                                                          EDINET提出書類
                                                     室町ケミカル株式会社(E36350)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    5  【従業員の状況】
     (1)  提出会社の状況
                                                2020年12月31日現在
        従業員数(名)              平均年齢(歳)             平均勤続年数(年)             平均年間給与(千円)
               191
                             39.5              7.0             4,273
               ( 56 )
             セグメントの名称                            従業員数(名)

                                                         41
    医薬品事業
                                                         ( 1 )
                                                         25
    健康食品事業
                                                        ( 43 )
                                                         49
    化学品事業
                                                         ( 6 )
                                                         76
    全社(共通)
                                                         ( 6 )
                                                        191
                合計
                                                        ( 56 )
     (注)   1. 従業員数は就業人員数であり、              従業員数欄(外書)は、臨時従業員の最近1年間の平均雇用人員(1日7時間45分
        換算)であります。
       2.臨時従業員は、パートタイマー及び嘱託契約の従業員を含み、派遣社員を除いております。
       3.全社(共通)は、総務及び経理等の管理部門の従業員であります。
     (2)  労働組合の状況

       当社において労働組合は結成されておりませんが、労使関係は円満であり、特記すべき事項はありません。
                                 29/150












                                                          EDINET提出書類
                                                     室町ケミカル株式会社(E36350)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    第2 【事業の状況】
    1  【経営方針、経営環境及び対処すべき課題等】

      文中の将来に関する事項は、本書提出日現在において、当社が判断したものであります。
     (1)  会社の経営の基本方針

       当社は「私たちは人々との出会いを大切にし、常に新たなチャレンジと実現化の努力により生きがいと豊かさを
      提供し、健全な発展を通して社会に貢献する経営を目指します。」を経営理念とし、「医薬品」「健康食品」「化
      学品」の3つの事業で培ってきた多彩な製造・加工技術を糧にし、環境に配慮した安心・安全な製品・サービスを提
      供し続けることをミッションに掲げ、事業を展開しております。
     (2)  目標とする経営指標

       当社は中期的には売上の拡大と併せて、より収益力を高めていくことが必要と考えております。3事業それぞれの
      顧客ニーズ、市場動向を見据えた新たな取り組み、当社保有設備を活用した付加価値の高い製品拡販、海外展開を
      事業拡大の施策として売上拡大を目指します。併せて生産効率の向上を図りながら、売上高総利益率、売上高経常
      利益率の向上を目指す方針であります。
     (3)  経営環境及び優先的に対処すべき課題等

       現在の国内及び世界経済は、新型コロナウイルスの世界的感染拡大により経済活動に深刻な影響を及ぼしてお
      り、当面厳しい状況が続くと見込まれます。そのような環境の下、当社では以前から取り組んでいた不採算事業の
      見直しにより、医薬品・健康食品・化学品の主力3事業に注力する体制を整えてまいりました。これら3事業に経営
      資源を集中し、問題解決型の企業として技術力の向上を続けるとともに、新たな成長エンジンを創出していくべ
      く、以下の施策に取り組んでまいります。
      ①  [医薬品事業]       輸入原薬のシェア拡大

       当社の輸入原薬の売上高は年々増加しておりますが、引き続き増加に向け取り組んでまいります。
       海外を含めた多くの原薬メーカーと取引があり、製薬会社のニーズに適した調達先を発掘していますが、目的の
      原薬を取り扱っていても、品質が日本の要求レベルに届かないメーカーもあります。それらのメーカーについて
      は、当社の原薬メーカーとしての知見を活かし、品質管理や薬事対応のサポートを行うことにより、採用率を向上
      させてまいります。採用実績のある原薬を他社へ横展開することで売上拡大を図っていきます。
      ②  [医薬品事業]       受託加工・開発案件の獲得

       自社での原薬合成・受託加工に関しては、生産部門を本社工場へ集約、開発部門を埼玉開発センターに集約し、
      生産・開発能力の向上を図ると共に、                  少量から量産まで対応可能な開発・生産体制を整えました。これらの資源を
      活かし、研究用の少量合成案件や精製・異物除去などの                          原薬合成以外の       受託加工案件も獲得し、取引の拡大につな
      げてまいります。また、医薬品の添加剤や、食品・化粧品・化学品原料の製造など、原薬以外の化成品で医薬品と
      同等の環境で製造を必要とするものについても、医薬品製造で培った技術と管理手法を活用し対応してまいりま
      す。
                                 30/150






                                                          EDINET提出書類
                                                     室町ケミカル株式会社(E36350)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      ③  [健康食品事業]        マーケティング力の向上
       当社健康食品事業では、錠剤関連など不採算事業の縮小を行い、当社の強みであるゼリータイプの健康食品製造
      に注力する体制が整いました。一方、事業縮小で減少した売上の回復が急務と考えております。機能性成分(必須
      の栄養素ではないが、健康維持などの機能的効果が期待される成分)をおいしくする技術に加え、マーケティング
      力の向上に力を入れ、より訴求力の高い製品を開発することを課題として取り組んでいます。
      ④  [健康食品事業]        新包装形態Tパウチ・ショットの拡販

       新包装形態であるTパウチ・ショット                 (注)  タイプの設備を導入し、製造・製品開発を進めております。                            Tパウチ・
      ショットタイプは飲みきりサイズですがスティックタイプより容量が大きく、スティックタイプでは必要成分を摂
      取するのに不足していた領域をカバーすることができます。国内でTパウチ充填機を導入しているメーカーはまだ少
      なく、拡販に向け、充填機メーカー及び包材メーカーと連携して営業活動を展開してまいります。
      (注)   オリヒロ株式会社と共同印刷株式会社が共同開発した液体パッケージ(容量30g~100g)。開封位置のわかり
        やすさと、直線カット性による開封のしやすさ、内容物のこぼしにくさが特長の液体・粘体用ミニパウチ「T
        パウチ」にマチをつけ、スタンディング型にした製品です。
      ⑤  [化学品事業]       海外イオン交換樹脂メーカーとの協業による製品開発

       当社化学品事業では、強みである液体処理技術を活かすため、製商品の強化は重要なものと考えております。近
      年、技術力の高い海外イオン交換樹脂メーカーとの関係を深め、次のような製品の共同開発に取り組んでいます。
       ・既存品の代替
        イオン交換樹脂の市場は、イオン交換樹脂メーカーの工場閉鎖や大規模半導体工場の増加などの影響で需給
       ひっ迫傾向にありますが、既存製品に対し品質や価格、性能で優位性のある代替品の拡販を進めてまいります。
       ・特殊ニーズへの対応
        当社の得意とする純水製造以外の液体処理分野では、案件ごとに異なるニーズへの対応を求められます。排水
       中の有価金属回収や食品の風味改善など、特殊用途に対応できる製品を共同開発し、案件獲得を進めてまいりま
       す。
      ⑥  [化学品事業]       注力する事業分野

       今後需要が増加すると考えている、エネルギー産業や精密機器産業向けのイオン交換樹脂の拡販を強化してまい
      ります。
       エネルギー産業では、家庭用燃料電池をはじめとした燃料電池システムに使用されるイオン交換樹脂の拡販を
      行ってまいります。精密機器産業では、回路の小型化・高集積化によって、極限まで不純物が含まれない薬品が求
      められてきており、高純度のイオン交換樹脂のニーズが高まっております。
       これらの分野では、「オーバースペックで高価格」「長納期化」といった課題を抱えているケースもあり、「必
      要性能を満たす」「性能に応じた適正価格品」を「より短納期」で供給できる体制を構築してまいります。
      ⑦  開発  案件立ち上げのスピードアップに向けた連携

       各事業での開発案件の立ち上げを迅速に行うため、営業・開発・生産・品質保証の各部門のさらなる連携強化が
      必要と考えております。
      ⑧  従業員の意欲、能力の向上

       当社は、従業員の目標設定、業績等の査定方法を明確化し、従業員の評価の適正化を図るとともに、より充実し
      た教育研修の実施により人材を育成していく体制を強化していくことも課題であると考えております。
                                 31/150





                                                          EDINET提出書類
                                                     室町ケミカル株式会社(E36350)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    2  【事業等のリスク】
      以下において、当社の事業展開その他に関するリスク要因となる可能性があると考えられる主な事項を記載してお
     ります。また、必ずしもそのようなリスク要因に該当しない事項についても投資家の投資判断上、重要であると考え
     られる事項については、投資家に対する積極的な情報開示の観点から以下に開示しております。
      文中における将来に関する事項は、本書提出日現在において当社が判断したものであります。なお、当社は、これ
     らのリスクの発生可能性を認識したうえで、発生の回避及び発生した場合の対応に努める方針です。また、以下の記
     載は本株式への投資に関連するリスクを全て網羅するものではありませんので、この点にご留意ください。
     (1)  原材料・商品の仕入について

       医薬品原薬は、それを使用する医薬品メーカー等が製造する特定の製剤の仕様に応じて主に海外から継続的に調
      達しております。当社の原薬輸入及び製剤製造用原材料仕入に係る価格が市況変動及び為替相場等の事情によって
      急激に変動した場合、当社の経営成績及び財政状態等に影響を及ぼす可能性があります。また、海外原薬メーカー
      の経営状態、販売方針、供給体制、許認可及び現地政情等の影響により、原薬の調達が遅延、難航あるいは不可能
      となった場合には、当社の経営成績及び財政状態等に影響を及ぼす可能性があります。
     (2)  市場及び顧客動向について

       医薬品事業に関して原薬及び製剤の販売量は当該製剤の市場での需要変動、競合製品の動向等による影響を受け
      る可能性があります。商材の特性上特定の相手先との取引に依存する割合が比較的高く、2020年5月期における当社
      の売上高の     20.9%   は 不二化学薬品株式会社           (医薬品卸売業、資本金5,000万円、売上高21,475百万円(2019年9月
      期))   に対するものであります。顧客の販売戦略の変更や生産・在庫調整等が取引額に大きく影響する可能性があ
      ります。また、当社の取引先が企業再編、あるいは資本変更等により他社の傘下に入ること等が発生した場合に
      は、その親会社等の意思決定に取引先動向が左右されることから取引額が減少し、当社の経営成績及び財政状態等
      に影響を及ぼす可能性があります。健康食品事業に関しては大手健康食品メーカーだけではなく医薬品大手メー
      カーが健康食品業界に新規参入してきており、ガリバー企業の影響で当社の販売機会喪失につながった場合、当社
      の経営成績及び財政状態等に影響を及ぼす可能性があります。化学品事業に関しては中国や韓国からの安い水処理
      商材が日本へ輸入されております。これらが製品技術を付けてきた時に一気に価格競争が激化し、当社の経営成績
      及び財政状態等に影響を及ぼす可能性があります。
     (3)  許認可及び法的規制に関するリスク

       当社は医薬品原薬の販売及び医薬品の製造販売等の事業に関して薬機法(医薬品、医療機器等の品質、有効性及
      び安全性の確保等に関する法律)、薬機法施行規則及びそれらに関するGMP(医薬品の製造管理及び品質管理に関す
      る基準)、GQP(医薬品の品質管理の基準に関する基準)関連法令の規制を受けており、主に次頁の承認・許認可等
      を受けております。当社は、当該許認可等を受け、また維持すべく諸条件及び関係法令の遵守を徹底しており、現
      時点において当該許認可等の取消又は停止等の行政処分事例は発生しておりません。しかし、意図せぬ法令違反等
      によりこれらの許認可に対し行政庁より許可の取り消しや業務の停止等、不利益処分が下された場合には、当社の
      経営成績及び財政状態等に影響を及ぼす恐れがあります。
       また、健康食品そのものを単独に規定する法律は存在せず、健康食品の明確な定義もありません。しかしながら
      販売者が、健康食品等を特定疾病や身体機能への効果を標ぼうし販売すると、医薬品等を規定する「薬機法」にお
      ける無許可無認可医薬品の販売としてみなされることになります。その他の法的規制としては、飲食に起因する衛
      生上の危害の発生防止及び公衆衛生の向上・増進を図る見地から、食品の規格・添加物・衛生管理・営業許可を定
      めた「食品衛生法」、商品及び役務の取引に関連する不当な景品類及び表示による顧客の誘引を防止するため、私
      的独占の禁止及び公正取引の確保に関する法律の特例を定めることにより公正な競争を確保し、もって一般消費者
      の利益を確保することを目的とした「不当景品類及び不当表示防止法」、健康増進の総合的な推進に関した基本的
      な事項を定めるとともに国民の健康の増進を図るための措置を講ずることを定めた「健康増進法」、食品の安全性
      の確保に関し、基本理念及び施策の策定に係わる基本方針を定め、関係者の責任及び役割を明らかにすることによ
      り、食品の安全性の確保を総合的に推進することを目的とした「食品安全基本法」があります。
                                 32/150



                                                          EDINET提出書類
                                                     室町ケミカル株式会社(E36350)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       当社としては、法律を遵守するよう最善の注意と努力を行うとともに、監督諸官庁に対する報告及び照会・指導
      の要請並びに立会いの受け入れを行い、指導内容に対しては迅速に改善をすることで対応しております。しかしな
      がら予期しない法律又は規制の変更及び現行の法的規制における法令の解釈・適用によって新たな対策が必要に
      なった場合には、当社の事業、経営成績及び財政状態等に影響を及ぼす可能性があります。
       当社の主要な承認・許認可等は以下のとおりです。
       許認可等の名称                所管官庁等            有効期間          主な許認可取消事由
    医薬品製造業許可証              福岡県                5年      薬機法第75条第1項
    医薬品販売業許可証              福岡県/東京都                6年      薬機法第75条第1項
    向精神薬輸入業者免許書              厚生労働省                5年      麻薬及び向精神薬取締法第51条
    毒物劇物一般販売業登録票              大牟田市/東京都/茨城県                6年      毒物及び劇物取締法第19条第4項
    毒物劇物製造業登録票              厚生労働省                5年      毒物及び劇物取締法第19条第4項
    毒物劇物輸入業登録票              厚生労働省                5年      毒物及び劇物取締法第19条第4項
    菓子製造業(パン以外)              福岡県南筑後保険福祉環境事務所                6年      食品衛生法第55条、第56条
    清涼飲料水製造業              福岡県南筑後保険福祉環境事務所                6年      食品衛生法第55条、第56条
    JISマーク表示制度認証              一般財団法人日本品質保証機構                3年      JIS  Q 1001:2009 15
     (4)  品質に関するリスク

       当社は、取り扱う医薬品原薬や製剤、健康食品の製造の品質に関して、取扱及び生産工程での管理徹底、継続的
      な研究開発によりその維持・向上に取り組んでおり、日本国内のGMP(医薬品の製造管理及び品質管理に関する基
      準)及び食品GMPの品質基準に適合する生産体制を備えております。しかしながら、外的要因等の影響によりこうし
      た生産体制の維持が困難となり製品の品質低下が生じた場合、社会的信用力や営業上の競争力が低下することによ
      り、当社の経営成績及び財政状態は重大な影響を受ける可能性があります。
       当社では、品質管理基準等に適合するよう細心の注意を払い品質保証に取り組んでおりますが、原薬供給もしく
      は開発製造、受託製造を行う医薬品に関して品質保証の取組みの範囲を超えてこれらの事態による販売中止、製品
      回収もしくは損害賠償等が発生した場合、当社の経営成績及び財政状態等に影響を及ぼす可能性があります。
       また、医薬品の発売後に予期していなかった副作用が発生したり、製造過程での製品への異物混入等が発見され
      る、あるいは薬機法に基づく再審査や再評価において、品質、有効性もしくは安全性に関して不適当と評価される
      可能性があります。
       輸入供給する原薬についても、特に海外における原薬製造の部分においては日本国内の種々の基準や規制に適合
      する製品が供給されるよう、継続した製造工程や製造環境等のコントロールが不可欠であり、納品後に異物混入が
      見つかるなどして回収を余儀なくされる場合があります。
     (5)  薬価改定及び政府による制度見直し等の影響について

       医療用医薬品は政府の制定する薬価基準により保険価格が定められております。2017年に政府が打ち出した薬価
      制度抜本改革に向けた基本方針においては、定期的に実施される薬価改定が2年ごとから1年ごとへと改められ、販
      売が好調な品目等において薬価の引き下げ等が行われた場合の影響が予想されます。
       薬価改定後には、医薬品製造販売における販売価格低下、利益幅減少等の影響や、原薬販売における需要変動や
      販売価格低下、利益幅減少等の影響が生じ、政府による医療保険制度抜本改革と併せ当社の経営成績及び財政状態
      等に影響を及ぼす可能性があります。
     (6)  競合に関するリスク

       当社では、医薬品事業について自社で分析を行う設備を有しており、日本国内の品質基準への対応の面で取引先
      からも相応の評価を得ております。また、医薬品製造販売においても少量多品種生産に対応可能な工場を保有する
      ことから製造受託において競合他社に比べ優位な部分もあるものと考えております。しかしながら、競合他社の分
      析設備導入や同種工場新設によっては当社の優位性が損なわれ経営成績及び財政状態等に影響を及ぼす可能性があ
      ります。
       健康食品事業については、スティックゼリーの製造において、高速充填機を複数台所有し、中規模・大規模の案
      件にも対応できる体制を有しております。しかしながら、競合他社の設備導入等による増産対応によっては当社の
      優位性が損なわれ経営成績及び財政状態等に影響を及ぼす可能性があります。
       化学品事業についてはイオン交換樹脂の粉砕・乾燥設備を保有しているのは国内でも稀であり、長年の加工実績
                                 33/150


                                                          EDINET提出書類
                                                     室町ケミカル株式会社(E36350)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      により培われた技術は直ぐに真似出来ない領域まで来ています。しかしながら、一般的な水処理用途(純水製造
      等)で使用される製品については、特別な技術を必要とせず価格面による優位性が第一となり、取り扱う競合他社
      も 多く、取引額の減少から経営成績及び財政状態等に影響を及ぼす可能性があります。
     (7)  知的財産権に係る紛争に関するリスク

       物質、製法、用途、製剤等に関する特許権等、他者の権利の存否が製品開発に大きな影響をもたらすため、当社
      は特許権を中心とした知的財産権に関し調査を実施しております。しかしながら、当社と知財権者との見解の相違
      から、無効審判請求の申立を含む法的紛争に発展する可能性(当社が原告)や特許抵触の疑義があることを理由に
      法的紛争に発展する可能性(当社が被告)が想定され、そのような場合には判決の内容により当社の経営成績及び
      財政状態等に影響を及ぼす可能性があります。
     (8)  設備・固定資産に関するリスク

       当社は、固定資産を多数所有しており、経済情勢の変化等に伴ってそれらの資産価値が著しく変動し、経営成績
      及び財政状態等に影響を与える可能性があります。
       また、当社が保有する製造設備の中には、導入から長期間が経過した資産も含まれます。適時適切な修繕・メン
      テナンス・更新等を計画実施しておりますが、老朽化による予期せぬ機器不具合や不慮の故障により製造スケ
      ジュールに影響が生じる可能性があります。
       設備導入に際しては、事前に収益性や投資回収可能性に関する十分な検討を行っておりますが、新規開発品目の
      販売開始時期の遅延、又は販売予定数量の減少等が発生し、当初の事業計画からの大幅な乖離が生じた場合、固定
      資産の減損処理を行う必要が生じる等、当社の経営成績及び財政状態等に影響を及ぼす可能性があります。
     (9)  研究開発に関するリスク

       当社は、取引先からの開発依頼案件、受託案件に関する研究開発活動、製法や品質の分析活動を行っておりま
      す。これらの活動は、製造販売、業務受託に先行して開始する場合が多々ありますが、必ずしも見込んだ収益獲得
      につながらない可能性があり、これらの活動を通じて過大な先行投資が行われた場合には、当社の経営成績及び財
      政状態等に影響を及ぼす可能性があります。また、新規開発商品を市場に出す際に、承認手続き等が必要な場合に
      は計画的に対応しておりますが、当社又は取引先メーカー等において計画どおりの承認取得ができない場合には市
      場への供給に遅延が生じ、当社の経営成績及び財政状態等に影響を及ぼす可能性があります。
     (10)   自然災害、事故等に係るリスク

       当社の工場拠点は福岡県、茨城県にあり、自然災害等で両拠点同時に被害を受ける可能性は低いと考えられま
      す。しかし、医薬品、健康食品、化学品全ての生産拠点は福岡県に集中し、当社の工場は全てにおいて直ちに代替
      が効くものではないことから、災害や事故等が発生した場合、製造設備等への損害、製造ラインの停止、取引先や
      工場近隣住民への補償等により、当社の事業、経営成績及び財政状態等に影響を及ぼす可能性があります。
       新型コロナウイルス感染症に対しては、当社では、従業員の安全確保のため、在宅勤務や時差出勤の実施、事務
      所内のソーシャルディスタンスの確保、不急の出張・外出の自粛、Web会議等の活用、手指の消毒・マスク着用の推
      進、検温等の体調管理など感染拡大防止に向けた取り組みを実行し、安定した製品・サービスの提供に努めており
      ますが、従業員に感染者が発生した場合、一時的に工場の操業や営業活動の停止をするなどの対応が必要となる可
      能性があります。また、新型コロナウイルス感染拡大や長期化により、取引先の業績悪化や方針変更が発生した場
      合、開発案件の停止や取引の遅延、縮小などで、当社の経営成績及び財政状態等に影響を及ぼす可能性がありま
      す。
     (11)   金利変動について

       当社では、金融機関からの借入によって製造設備、運転資金その他必要な資金を調達しておりますが、有利子負
      債の金額は売上高に比して多額なものであると認識しています。今後、市場において金利が上昇した場合には当社
      の借入金利も上昇することが予想され、当社の経営成績及び財政状態等に影響を及ぼす可能性があります。なお、
      当社の借入金には財務制限条項が付されている契約があり、                            これらには純資産の減少及び経常損失の計上に関する
      財務制限条項が付されております。万一、当社の業績が悪化し、財務制限条項に抵触した場合には、当該契約によ
      る借入金の返済を求められる結果、当社の                   財政状態等     に影響を及ぼす可能性があります。
     (12)   売掛金回収に関するリスク

                                 34/150

                                                          EDINET提出書類
                                                     室町ケミカル株式会社(E36350)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       当社では、取引先各社との売掛取引に際しては十分な与信管理の元で販売を行っておりますが、予期せぬ取引先
      の倒産等により貸倒れが発生した場合には、当社の経営成績及び財政状態等に影響を及ぼす可能性があります。
     (13)   税務上の繰越欠損金について

       当社は、過去の子会社吸収合併により、税務上の繰越欠損金が存在しております。当社の事業が順調に推移する
      ことにより、繰越欠損金が解消した場合には、法人税、住民税及び事業税の金額が増加することとなり、当社の経
      営成績及びキャッシュ・フローに影響を及ぼす可能性があります。
     (14)   安全性確保及び環境保全に関するリスク

       製造、分析、研究の過程等で使用し、又は発生する化学物質の中には、人体、生態系、その他環境に悪影響を与
      える可能性のある物質も含まれます。当社は、関連諸法令の遵守を徹底すると共に、有害物質の漏洩防止及び適法
      適切な廃棄処理を徹底し、土壌汚染、水質汚濁及び悪臭その他環境被害の発生防止に取り組んでおります。しかし
      ながら、取り扱う物質の特性上予期し得ない現象や結果が発生する可能性も否定はできず、万一事業活動に関係す
      る環境問題が発生した場合には、損害賠償義務の発生やブランドイメージの毀損等経営に影響を与える結果となる
      可能性があります。また、関連諸法令の改定に伴って多額の対策費用が発生する場合等においても、当社の事業、
      経営成績及び財政状態等に影響を及ぼす可能性があります。
     (15)   人材確保について

       当社は今後の事業継続・拡大のため質の高い人材を継続的に確保していくことが重要な課題であると認識し人材
      確保に注力しておりますが、周辺情勢の変動により人材を十分に確保できなかった場合には当社の経営成績及び財
      政状態等に影響を及ぼす可能性があります。
     (16)   特定の経営者への依存について

       当社の代表取締役会長である村山哲朗は、当社の創業家出身であり、当社の経営方針決定において重要な役割を
      果たしております。2019年に代表取締役社長を後任に譲り、ガバナンス体制の構築のみならずノウハウや経験の伝
      承の面からも人材の強化を図っており、経営層、従業員共に適材適所に配置した体制を築いており、事業承継は進
      んでおりますが、不測の事態により同氏の業務遂行が困難になった場合、人脈や業界内でのネットワーク等の面で
      影響がでる可能性は否定できず、当社の経営成績及び財政状態等に影響を及ぼす可能性があります。
     (17)   機密情報の管理に係るリスク

       当社は、各事業における業務受託等において、取引先の生産計画や新製品の開発に関する機密性の高い情報を取
      得する場合があります。当社では、機密情報の授受に際し秘密保持契約締結を徹底しているほか、従業員教育やIT
      統制を通じて機密情報の管理の徹底を図っておりますが、万が一情報漏洩等が発生した場合には、当社の信用の失
      墜等により、経営成績及び財政状態等に影響を及ぼす可能性があります。
     (18)   大株主のリスクについて

       当社の代表取締役会長であり、筆頭株主である村山哲朗の本書提出日現在での議決権所有割合(自己株式を除
      く)は44.44%であります。また、同氏の配偶者である村山ひとみの議決権を合算した所有割合は64.65%となって
      おります。
       上場時の売出によって支配株主ではなくなる予定ですが、同氏は引き続き当社の筆頭株主となる見通しでありま
      す。議決権の行使に当たっては、株主共同利益を追求するとともに少数株主の利益にも配慮する方針であります。
      しかしながら、何らかの事情によって、同氏が当社株式をやむを得ず売却することとなった場合、当社株式の市場
      価格に影響を及ぼす可能性があります。
                                 35/150




                                                          EDINET提出書類
                                                     室町ケミカル株式会社(E36350)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    3  【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】
      当社の財政状況、経営成績及びキャッシュ・フローの状況                           (以下、「経営成績等」という。)の概要は次のとおり
     であります。なお、第75期第2四半期会計期間及び第2四半期累計期間については、連結子会社が存在しないため、四
     半期連結財務諸表は作成しておりません。
     (1)  経営成績の状況

      第74期連結会計年度(自 2019年6月1日 至 2020年5月31日)
       当連結会計年度における世界経済は、米中貿易摩擦の影響や英国のEU離脱問題、中東地域を巡る情勢等、先行き
      に不透明感が漂う中で低調に推移しました。わが国の経済においては、緩やかながら企業収益や雇用・所得環境の
      改善が見られていたものの消費税率引上げや相次ぐ自然災害の影響が懸念される状況が続きました。2020年初頭か
      らは、新型コロナウイルスの世界的な感染拡大が社会生活と経済活動に深刻な影響を及ぼしており、当面極めて厳
      しい状況が続くと見込まれています。
       当社においても、海外の物流遅延や活動の自粛による新規案件の進捗遅れなど、部分的な影響は発生しておりま
      すが、取引先とも連携し、現時点では大きな影響には発展しないと見込んでおります。
       このような状況の中、当社は、前年度から実施しておりました不採算事業の縮小・撤退を行い、基盤事業への経
      営資源の集中に取り組んでまいりました。その結果、売上高は減少となりましたが、販売費を中心に経費削減が奏
      功し、減収増益となりました。
       当連結会計年度における売上高は、5,280,306千円と前年同期と比べ139,711千円(2.6%減)の減収となり、利益
      については、営業利益は、299,040千円と前年同期と比べ181,667千円(154.8%増)の増益、経常利益は、271,851
      千円と前年同期と比べ180,854千円(198.7%増)の増益、親会社株主に帰属する当期純利益は、31,570千円と前年
      同期と比べ2,657千円(9.2%増)の増益となりました。
       セグメントの業績を示すと、次のとおりであります。

      ①  医薬品事業
       当セグメントにおきましては、               てんかん薬用原薬の販売先の拡大や抗炎症薬用原薬の新規採用などにより輸入原
      薬の販売が好調に推移したこと、また農薬業界におけるラジオアイソトープの需要増加により売上を堅調に伸ばす
      ことができました        。その結果、売上高は、2,558,968千円と前年同期と比べ152,810千円(6.4%増)の増収、営業利
      益は、445,907千円と前年同期と比べ147,977千円(49.7%増)の増益となりました。
      ②  健康食品事業

       当セグメントにおきましては、              錠剤関連及び自社ゼリー製品の販売縮小に加え、大型OEM案件の終了があり、売上
      が減少しました。利益面に関しては前年度から実施しておりました不採算事業からの撤退の効果が出て販売管理費
      を中心に圧縮ができておりますが、結果として営業損失となりました                                。その結果、売上高は、1,092,322千円と前年
      同期と比べ419,399千円(27.7%減)の減収、営業損失は、102,005千円と前年同期と比べ78,280千円の増益(前年
      同期は180,286千円の営業損失)となりました。 
      ③  化学品事業

       当セグメントにおきましては、               半導体製造関連向けイオン交換樹脂の需要が増加したことに加え、前年度に開始
      したアミノ酸精製案件における増産や燃料電池向けイオン交換樹脂の提供開始などにより好調に推移しましたが、
      販売管理費の増加により営業利益は減益となりました                          。その結果、売上高は、1,629,015千円と前年同期と比べ
      126,877千円(8.4%増)の増収、営業損失は、44,860千円と前年同期と比べ44,591千円の減益(前年同期は268千円
      の営業損失)となりました。
                                 36/150





                                                          EDINET提出書類
                                                     室町ケミカル株式会社(E36350)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      第75期第2四半期累計期間(自 2020年6月1日 至 2020年11月30日)
       当第2四半期累計期間におけるわが国経済は、新型コロナウイルス感染症の影響により、依然厳しい状況ではあり
      ますが、各種政策等の効果もあり持ち直しの動きも見られつつありました。しかし、感染者が再び増加傾向にある
      など、先行きは不透明な状態が続いております。当社においても、感染拡大防止に配慮しつつ事業活動を継続して
      まいりました。
       この結果、当第2四半期累計期間における経営成績は、売上高2,482,735千円、営業利益243,617千円、経常利益
      219,550千円、四半期純利益75,649千円となりました。
       セグメントの業績を示すと、次のとおりであります。

      ①  医薬品事業
       原料変更の申請を行っていた原薬について、承認の遅れにより当期の納入開始が遅れ、計画を下回って推移して
      おります。一方、第1四半期に引き続きラジオアイソトープの売上は計画を上回っており、ポリスチレンスルホン酸
      Caの売上も堅調に推移しております。
       その結果、医薬品事業における売上高は1,273,738千円、営業利益は270,224千円となりました。
      ②  健康食品事業

       新型コロナウイルス感染症の拡大に伴い、対面販売を行っている取引先では注文が伸び悩みました。一方、通信
      販売を行っている取引先は販売が好調な取引先も多く、TV通販で販売している当社自社ゼリーについても好調な販
      売となりました。
       その結果、健康食品事業における売上高は381,322千円、営業損失は40,652千円となりました。
      ③  化学品事業

       新型コロナウイルス感染症の拡大に伴い、装置導入の延期や保留が発生している取引先がありますが、半導体製
      造向けや医薬品製造向けのイオン交換樹脂の販売を中心に全体的には堅調に推移しております。
       その結果、化学品事業における売上高は827,673千円、営業利益は14,045千円となりました。
     (2)  財政状態の状況

      第74期連結会計年度(自 2019年6月1日 至 2020年5月31日)
       当連結会計年度については、連結貸借対照表を作成していないため、前連結会計年度の                                         単体数値と比較し記載し
      ております。
      ①  資産

       当事業年度末における総資産は、前事業年度末に比べて197,331千円増加し、4,785,967千円となりました。これ
      は主として、電子記録債権が435,286千円増加、現金及び預金が279,792千円増加、建物が243,817千円減少、機械及
      び装置が230,213千円減少、土地が118,625千円減少したことによるものです。
      ②  負債

       当事業年度末における負債合計は、前事業年度末に比べて123,719千円増加し、4,533,714千円となりました。こ
      れは主として、短期借入金が1,162,000千円増加、1年内返済予定の長期借入金が411,529千円減少、長期借入金が
      750,206千円減少したことによるものです。
      ③  純資産

       当事業年度末における純資産は、前事業年度末に比べて73,612千円増加し、252,253千円となりました。その結
      果、自己資本比率は、5.3%となりました。
                                 37/150




                                                          EDINET提出書類
                                                     室町ケミカル株式会社(E36350)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      第75期第2四半期累計期間(自 2020年6月1日 至 2020年11月30日)
      ①  資産
       当第2四半期会計期間末における総資産は、前事業年度末に比べて199,355千円減少し、4,586,612千円となりまし
      た。これは主として、受取手形が144,502千円減少、売掛金が119,770千円減少、建物が92,862千円減少、機械及び
      装置が73,999千円減少したことによるものです。
      ②  負債

       当第2四半期会計期間末における負債合計は、前事業年度末に比べて277,633千円減少し、4,256,080千円となりま
      した。これは主として、長期借入金が151,240千円減少したことによるものです。
      ③  純資産

       当第2四半期会計期間末における純資産は、前事業年度末に比べて78,278千円増加し、330,531千円となりまし
      た。その結果、自己資本比率は、7.2%となりました。
     (3)  キャッシュ・フローの状況

       連結キャッシュ・フロー計算書については連結貸借対照表を作成していないため、当連結会計年度に関わる「現
      金及び現金同等物の期末残高」は個別財務諸表ベースの数値を記載しております。
      第74期連結会計年度(自 2019年6月1日 至 2020年5月31日)

       当連結会計年度末における現金及び現金同等物は880,950千円と前年同期末と比べ266,991千円(43.5%)の増加
      となりました。
       営業活動によるキャッシュ・フローは、88,920千円の収入(前年同期は342,095千円の収入)となりました。これ
      は主に、売上債権の増加額455,555千円、たな卸資産の増加額111,158千円などによるキャッシュの減少、減価償却
      費218,295千円、減損損失296,634千円などによるキャッシュの増加によるものです。
       投資活動によるキャッシュ・フローは、136,697千円の収入(前年同期は311,293千円の支出)となりました。こ
      れは主に、有形固定資産の取得による支出58,864千円、有形固定資産の売却による収入155,160千円、保険積立金の
      解約による収入64,293千円などによるものです。
       財務活動によるキャッシュ・フローは、42,227千円の収入(前年同期は22,590千円の支出)となりました。これ
      は主に、長期借入金の返済による支出2,811,735千円、短期借入金の増加による収入1,162,000千円、長期借入れに
      よる収入1,650,000千円などによるものです。
      第75期第2四半期累計期間(自 2020年6月1日 至 2020年11月30日)

       当第2四半期会計期間末における現金及び現金同等物は、1,132,438千円となりました。
       営業活動によるキャッシュ・フローは、406,665千円の収入となりました。これは主に、その他の負債の減少額
      132,889千円などによるキャッシュの減少、売上債権の減少額275,026千円、減損損失136,633千円などによるキャッ
      シュの増加によるものです。
       投資活動によるキャッシュ・フローは、48,620千円の支出となりました。これは主に、有形固定資産の取得によ
      る支出42,826千円などによるものです。
       財務活動によるキャッシュ・フローは、106,557千円の支出となりました。これは主に、長期借入金の返済による
      支出104,312千円などによるものです。
                                 38/150






                                                          EDINET提出書類
                                                     室町ケミカル株式会社(E36350)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     (4)  生産実績
       第74期連結会計年度及び第75期第2四半期累計期間における生産実績をセグメントごとに示すと、次のとおりであ
      ります。
                        第74期連結会計年度                   第75期第2四半期累計期間
                   (自   2019年6月1日       至  2020年5月31日)         (自   2020年6月1日       至  2020年11月30日)
       セグメントの名称
                                前年同期比
                      金額(千円)                        金額(千円)
                                 (%)
    医薬品事業                      776,498         107.1                   288,067
    健康食品事業                      816,577          74.6                   276,879

    化学品事業                      846,861         135.9                   379,189

          合計               2,439,937           99.9                   944,136

     (注)   1.金額は、製造原価によっております。
       2.上記の金額には、消費税等は含まれておりません。
       3.第74期連結会計年度において、健康食品事業及び化学品事業に著しい変動がありました。これは主に健康食品
        事業での錠剤関連製品の販売縮小、化学品事業での需要増加及び                              燃料電池向けイオン交換樹脂の提供開始                  によ
        るものです。
     (5)  受注実績

       当社は一部受注実績の記載になじまない商材があるため、当該記載を省略しております。
     (6)  販売実績

       第74期連結会計年度及び第75期第2四半期累計期間における販売実績をセグメントごとに示すと、次のとおりであ
      ります。
                        第74期連結会計年度                   第75期第2四半期累計期間
                   (自   2019年6月1日       至  2020年5月31日)         (自   2020年6月1日       至  2020年11月30日)
       セグメントの名称
                                前年同期比
                      金額(千円)                        金額(千円)
                                 (%)
    医薬品事業                     2,558,968          106.4                  1,273,738
    健康食品事業                     1,092,322           72.3                   381,322

    化学品事業                     1,629,015          108.4                   827,673

          合計               5,280,306           97.4                  2,482,735

     (注)   1.主な相手先別の販売実績及び当該販売実績の総販売実績に対する割合
                     第73期連結会計年度             第74期連結会計年度            第75期第2四半期累計期間
                      (自   2018年6月1日           (自   2019年6月1日           (自   2020年6月1日
                      至   2019年5月31日)            至   2020年5月31日)            至    2020年11月30日)
            相手先
                     金額(千円)        割合(%)      金額(千円)       割合(%)      金額(千円)       割合(%)
        不二化学薬品株式会社             1,077,655        19.9     1,105,704        20.9      612,769       24.7

       2.上記の金額には、消費税等は含まれておりません。
       3.第74期連結会計年度において、健康食品事業に著しい変動がありました。これは主に健康食品事業での錠剤関
        連製品の販売縮小によるものです。
                                 39/150





                                                          EDINET提出書類
                                                     室町ケミカル株式会社(E36350)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     (7)  経営者の視点による経営成績等の状況に関する分析・検討内容等
       経営者の視点による当社の経営成績等の状況に関する認識及び分析・検討内容は次のとおりであります。
       なお、文中の将来に関する事項は、本書提出日現在において判断したものであります。
      ①  経営成績等の状況に関する認識及び分析・検討内容

       経営成績の分析
       第74期連結会計年度(自 2019年6月1日 至 2020年5月31日)
        当連結会計年度における経営成績の状況の概要は「(1)経営成績の状況」に記載のとおりでありますが、主要な
       表示科目に沿った認識及び分析は次のとおりであります                          。
        ・売上高

         当連結会計年度における売上高は、5,280,306千円と前年同期と比べ139,711千円(2.6%減)の減収となりま
        した。
         医薬品事業、化学品事業においてはおおむね好調に推移しましたが、健康食品事業での、錠剤関連製品の販
        売縮小による売上減少が大きく影響しました。
        ・売上総利益

         当連結会計年度における売上総利益は、1,584,891千円と前年同期と比べ119,309千円(8.1%増)の増益とな
        りました。
         医薬品事業の輸入原薬において収益性の高い品目の売上増加、埼玉工場の閉鎖による製造経費の減少があり
        ました。健康食品事業では売上は減少したものの、販売縮小に伴い収益性の低い製品が減少したことや製造量
        の変化に合わせ生産体制の見直しを行ったことで売上総利益への影響を抑えることができたと考えています。
        ・営業利益

         当連結会計年度における営業利益は、299,040千円と前年同期と比べ181,667千円(154.8%増)の増益となり
        ました。
         健康食品事業において、自社ゼリー製品のドラッグストア等店舗経由の販売や自社サイトでの販売を終了
        し、販売戦略費を大きく低減しました。
        ・経常利益

         当連結会計年度における経常利益は、271,851千円と前年同期と比べ180,854千円(198.7%増)の増益となり
        ました。
         大牟田市及び福岡県からの助成金を営業外収益として計上しております。
        ・親会社株主に帰属する当期純利益

         当連結会計年度における親会社株主に帰属する当期純利益は、31,570千円と前年同期と比べ2,657千円
        (9.2%増)の増益となりました。
         医薬品事業及び健康食品事業で減損損失を特別損失として計上しております。医薬品事業では医薬品合成工
        場について、当期に大型の開発案件の中止が決定したことにより、投資回収の可能性が低いと判断し減損損失
        となりました。健康食品事業では錠剤関係設備について、売上縮小により投資回収の可能性が低いと判断し減
        損損失となりました。また、医薬品事業では閉鎖した埼玉工場の土地の売却が無事まとまり、特別利益として
        計上しております。
                                 40/150





                                                          EDINET提出書類
                                                     室町ケミカル株式会社(E36350)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       第75期第2四半期累計期間(自 2020年6月1日 至 2020年11月30日)
        当第2四半期累計期間における経営成績の状況の概要は「(1)経営成績の状況」に記載のとおりでありますが、
       主要な表示科目に沿った認識及び分析は次のとおりであります。
        ・売上高

         当第2四半期累計期間における売上高は、2,482,735千円となりました。
         化学品事業においてはおおむね好調に推移しましたが、医薬品事業及び健康食品事業では、新型コロナウイ
        ルス感染症の影響もあり、売上の減少がありました。
        ・売上総利益

         当第2四半期累計期間における売上総利益は、836,001千円となりました。
         健康食品事業において販売終了となった製品が収益性の低い製品であったことや、化学品事業において収益
        性の高い品目の売上が増加していることなどから、売上総利益率が良化しました。
        ・営業利益

         当第2四半期累計期間における営業利益は、243,617千円となりました。
         新型コロナウイルス感染症の影響により、旅費交通費を中心に販売管理費は計画を下回って推移しました。
        ・経常利益

         当第2四半期累計期間における経常利益は、219,550千円となりました。
         営業外費用の主なものは、支払利息及び為替差損となります。
        ・四半期純利益

         当第2四半期累計期間における四半期純利益は、75,649千円となりました。
         健康食品事業で減損損失を特別損失として計上しております。新型コロナウイルス感染症の影響による、売
        上減少、新規案件の獲得減少により、投資回収の可能性が低下したと判断し減損損失となりました。
       経営成績等の状況を踏まえた、経営方針及び課題への取り組みについては「1                                     経営方針、経営環境及び対処すべ

      き課題等」に記載のとおりであります。
      ②  財政状態の分析

        財政状態の分析・検討内容については、「(2)                     財政状態の状況」に記載のとおりであります。
      ③  キャッシュ・フローの状況の分析・検討内容並びに資本の財源及び資金の流動性に係る情報

        キャッシュ・フローの状況の分析・検討内容については、「(3)                              キャッシュ・フローの状況」に記載のとおり
       であります。
        当社の運転資金需要のうち主なものは、原材料の仕入のほか、製造経費、販売費及び一般管理費等の営業費用

       であります。投資を目的とした資金需要は、主に設備投資によるものであります。                                      これらの短期及び長期的な必
       要資金は自己資金や金融機関からの借入金を中心とし、金融商品等での運用や投機的な取引を行わないことを基
       本としています。
        資金の流動性については、事業計画、投資計画に応じた現金及び預金残高の確保と必要に応じて外部資金の調

       達を行うことにより維持していきます。なお                    、通常時は、月商の1.5倍を目安に現預金の残高を確保することとし
       ております。
                                 41/150




                                                          EDINET提出書類
                                                     室町ケミカル株式会社(E36350)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      ④  重要な会計上の見積り及び当該見積りに用いた仮定
        当社の連結財務諸表は、わが国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して作成しており
       ます。   この連結財務諸表を作成するにあたって、資産、負債、収益及び費用の報告額に影響を及ぼす見積り及び
       仮定を用いておりますが、これらの見積り及び仮定に基づく数値は実際の結果と異なる可能性があります。
        連結財務諸表等の作成に当たって用いた会計上の見積り及び仮定のうち、重要なものは以下のとおりでありま
       す。
       繰延税金資産の回収可能性

        当社は、繰延税金資産について、将来の利益計画に基づいた課税所得が十分に確保できることや、回収可能性
       があると判断した将来減算一時差異等について繰延税金資産を計上しております。繰延税金資産の回収可能性
       は、将来の課税所得の見積りに依存するため、その見積りの前提とした条件や仮定に変更が生じ減少した場合、
       繰延税金資産が減額され税金費用が計上される可能性があります。
       固定資産の減損処理

        当社は、固定資産のうち減損の兆候がある資産又は資産グループについて、当該資産又は資産グループから得
       られる割引前将来キャッシュ・フローの総額が帳簿価額を下回る場合には、帳簿価額を回収可能価額まで減額
       し、当該減少額を減損損失として計上しております。減損の兆候の把握、減損損失の認識及び測定に当たっては
       慎重に検討しておりますが、事業計画や市場環境の変化により、その見積り額の前提とした条件や仮定に変更が
       生じ減少した場合、減損処理が必要となる可能性があります。
      ⑤  経営成績に重要な影響を与える要因について

        当社の経営成績等に重要な影響を与える要因については、「2 事業等のリスク」に記載してお                                            ります。
      ⑥  経営者の問題意識と今後の課題について

        経営者の問題意識と今後の課題については、「1 経営方針、経営環境及び対処すべき課題等 (3)                                               経営環境
       及び優先的に対処すべき課題等              」に記載しております。
      ⑦  経営方針、経営戦略、経営上の目標達成を判断するための客観的指標等

        当社は、「1 経営方針、経営環境及び対処すべき課題等 (2)                              目標とする経営指標         」に記載のとおり、         売上
       高総利益率、売上高経常利益率を重要指標としております。第74期連結会計年度は、上記「                                          ①  経営成績等の状況
       に関する認識及び分析・検討内容」に記載のとおり、収益性の低い製品の販売縮小等により、売上は減少したも
       のの、売上総利益及び経常利益は増加し、売上高総利益率及び売上高経常利益率も改善しました。今後も原価及
       び経費の低減を図りつつ、売上の拡大に努めてまいります。
                      第73期連結会計年度             第74期連結会計年度            第75期第2四半期累計期間
                      (自   2018年6月1日          (自   2019年6月1日          (自   2020年6月1日
                       至  2019年5月31日)           至  2020年5月31日)           至  2020年11月30日)
       売上高(千円)                    5,420,018             5,280,306             2,482,735
       売上総利益(千円)                    1,465,582             1,584,891              836,001
       売上高総利益率(%)                       27.04             30.02             33.67
       経常利益(千円)                      90,996            271,851             219,550
       売上高経常利益率(%)                       1.68             5.15             8.84
    4  【経営上の重要な契約等】

      該当事項はありません。
                                 42/150




                                                          EDINET提出書類
                                                     室町ケミカル株式会社(E36350)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    5  【研究開発活動】
     当社はセグメントごとに開発部門を置き、次のとおり研究開発活動を行っております。
     (1)  医薬品事業

       医薬品事業では、2020年1月に埼玉開発センターとして埼玉県和光市に開発拠点を開設し、これまで本社及び埼玉
      工場で行っておりました研究開発活動を集約しました。医薬品原薬や医薬品製剤の新商品開発及び受託案件の検討
      を継続的に行っております。
     (2)  健康食品事業

       健康食品事業では、本社に開発部門を置き、OEM顧客が要望する機能成分の苦みや臭みなどをマスキングする処方
      組の検討や試作を行うとともに、消費者ニーズに即した商品やトレンドを反映した商品の開発を行っております。
     (3)  化学品事業

       化学品事業では、本社に開発部門を置き、イオン交換樹脂等の用途開発や用途開発したイオン交換樹脂等を用い
      た水処理装置の設計を継続的に行っております。
     第74期連結会計年度(自 2019年6月1日 至 2020年5月31日)

      当連結会計年度における当社が支出した研究開発費の総額は                            25,624   千円であります。
      セグメントごとの研究開発活動は次のとおりです。
     (1)  医薬品事業

       止瀉薬用原薬の開発や、医薬品ゼリー製剤の開発などを行い、医薬品事業における当連結会計年度の研究開発費
      の額は   19,524   千円となりました。
     (2)  健康食品事業

       顧客要望の実現化により23品目を上市し、                    健康食品事業における当連結会計年度の研究開発費の額は                           883  千円とな
      りました。
     (3)  化学品事業

       海外メーカーとのイオン交換樹脂の共同開発などを継続して行っており、化学品事業における当連結会計年度の
      研究開発費の額は        5,215   千円となりました。
     第75期第2四半期累計期間(自 2020年6月1日 至 2020年11月30日)

      当第2四半期累計期間における当社が支出した研究開発費の総額は                              10,425   千円であります。
      セグメントごとの研究開発活動は次のとおりです。
     (1)  医薬品事業

       新規合成原薬案件への対応や、医薬品ゼリー製剤の開発などを行い、医薬品事業における当第2四半期累計期間の
      研究開発費の額は        6,981   千円となりました。
     (2)  健康食品事業

       顧客要望の実現化により10            品目を上市し、健康食品事業における当第2四半期累計期間の研究開発費の額は                                     377  千
      円となりました。
     (3)  化学品事業

       海外メーカーとのイオン交換樹脂の共同開発などを継続して行っており、化学品事業における当第2四半期累計期
      間の研究開発費の額は          3,066   千円となりました。
                                 43/150



                                                          EDINET提出書類
                                                     室町ケミカル株式会社(E36350)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    第3 【設備の状況】
    1  【設備投資等の概要】

     第74期連結会計年度(自 2019年6月1日 至 2020年5月31日)
      当連結会計年度の設備投資については、製造設備の増強などを目的とした設備投資を継続的に実施しております。
      当連結会計年度の設備投資の総額は                 65,016   千円であり、セグメントごとの設備投資について示すと、次のとおりで

     あります。
     (1)  医薬品事業

       当連結会計年度の主な設備投資は、                合成工場での、新規品目製造のための配管工事等を中心とする                             、総額   7,245   千
      円の投資を実施しました。
       なお、当連結会計年度において埼玉工場を閉鎖し、総額118,625千円の土地の売却及び総額60,236千円の固定資産
      の除却を行いました。
     (2)  健康食品事業

       当連結会計年度の主な設備投資は、                製造室の空調更新等を中心とする               総額  4,361   千円の投資を実施しました。
       なお、重要な設備の除却又は売却はありません。
     (3)  化学品事業

       当連結会計年度の主な設備投資は、                 アミノ酸精製設備用の排水処理装置を中心とする                       総額  23,445   千円の投資を実
      施しました。
       なお、重要な設備の除却又は売却はありません。
     (4)  全社共通

       当連結会計年度の主な設備投資は、                 本社工場におけるインフラ設備の更新、工場建屋施設の更新を中心とする総
      額 29,964   千円の投資を実施しました            。
       なお、重要な設備の除却又は売却はありません。
     第75期第2四半期累計期間(自 2020年6月1日 至 2020年11月30日)

      当第2四半期累計期間の設備投資の総額は                   21,257   千円であり、セグメントごとの設備投資について示すと、次のとお

     りであります。
     (1)  医薬品事業

       当第2四半期累計期間の主な設備投資は、製造設備の部品更新を中心に、総額                                   760  千円の投資を実施しました。
       なお、重要な設備の除却又は売却はありません。
     (2)  健康食品事業

       当第2四半期累計期間の主な設備投資は、製造用ポンプの更新のため、総額                                  134  千円の投資を実施しました。
       なお、重要な設備の除却又は売却はありません。
     (3)  化学品事業

       当第2四半期累計期間の主な設備投資は、イオン交換樹脂の測定装置の購入やつくば工場における移送補助装置の
      導入  を中心とする      総額  4,384   千円の投資を実施しました。
       なお、重要な設備の除却又は売却はありません。
                                 44/150



                                                          EDINET提出書類
                                                     室町ケミカル株式会社(E36350)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     (4)  全社共通
       当第2四半期累計期間の主な設備投資は、当社HPの更新や物流用フォークリフト購入                                       を中心とする総額        15,978   千円
      の投資を実施しました          。
       なお、重要な設備の除却又は売却はありません。
    2 【主要な設備の状況】

     (1) 提出会社
                                                 2020年5月31日現在
                                  帳簿価額(千円)
     事業所名      セグメン      設備の                                      従業員数
                      建物     機械装置       土地     リース
     (所在地)      トの名称      内容                                       (名)
                                            その他      合計
                     及び構築物      及び運搬具      (面積㎡)       資産
     本社化学
           化学品
     品工場                              -
                 工場      31,570     143,016              -    1,145     175,732       16
     (福岡県                              (-)
           事業
    大牟田市)
     本社医薬
           医薬品
     品工場                              -
                 工場      87,494      11,446             -    1,081     100,021       25
     (福岡県                              (-)
           事業
    大牟田市)
     本社食品
          健康食品
      工場                              -                     17
                 工場      89,393      51,571             -    5,085     146,049
     (福岡県                              (-)                     (47)
           事業
    大牟田市)
     つくば工
           化学品
      場                           10,515                        8
                 工場      14,137      10,246             -     854    35,753
     (茨城県                            (3,650)                       (4)
           事業
     下妻市)
      本社
           共通
                                 207,438                        81
     (福岡県           事務所      272,321      26,589            4,985     19,508     530,842
                                 (30,949)                        (7)
          (全社)
    大牟田市)
     東京支社
           共通
                                                         26
     (東京都           事務所       4,333       -     -      -     621     4,955
                                                         (5)
          (全社)
    千代田区)
     (注)   1.現在休止中の主要な設備はありません。
       2.上記の金額には消費税等は含まれておりません。
       3.他の者から賃借している主要な設備はありません。
       4.従業員数は就業人員数であり、従業員数の(                      )は、臨時従業員の年間平均雇用人員数(1日7時間45分換算)を
        外書きしております。なお、臨時従業員は、パートタイマー及び嘱託契約の従業員を含み、派遣社員を除いて
        おります。
     (2)  在外子会社

       室町(上海)商貿有限公司は             2019年11月末で清算結了しております。
    3  【設備の新設、除却等の計画】                 (2020年12月31日現在)

     (1) 重要な設備の新設等
                           投資予定額
     事業所名              設備の                   資金調達
           セグメント                                      完了予定      完成後の
                                           着手年月
                          総額     既支払額
            の名称                                      年月     増加能力
     (所在地)                内容                   方法
                         (千円)      (千円)
    本社医薬品
                                     自己資金、
      工場      医薬品                                2023年     2024年
                                     借入金及び                 500~700t
                 原薬製造設備         600,000         -
     (福岡県
                                     自己株式処                 /年
            事業                               5月期     5月期
                                     分資金
     大牟田市)
      (注)   1.上記の金額には、消費税等は含まれておりません。
        2.新規原薬製造に向けた検討を開始しており、総額、着手・完了予定年月、完成後の増加能力は現時点での想
         定値となります。
     (2)  重要な設備の除却等

       該当事項はありません。
                                 45/150



                                                          EDINET提出書類
                                                     室町ケミカル株式会社(E36350)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    第4 【提出会社の状況】
    1 【株式等の状況】

     (1) 【株式の総数等】
      ① 【株式の総数】
                種類                       発行可能株式総数(株)

               普通株式                                      10,000,000

                 計                                    10,000,000

     (注)   2020年9月14日開催の取締役会決議により、2020年10月14日付で発行可能株式総数は7,000,000株増加し、
       10,000,000株となっております。
      ② 【発行済株式】

                            上場金融商品取引所名又は

        種類          発行数(株)                                内容
                           登録認可金融商品取引業協会名
                                           完全議決権株式であり、権利内容
                                           に何ら限定のない当社における標
       普通株式              3,875,000            非上場
                                           準となる株式であります。なお、
                                           単元株式数は100株であります。
        計            3,875,000             -                -
     (注)   1.2020年9月14日開催の取締役会決議により、2020年10月15日付で普通株式1株を5株に分割する株式分割が行わ
        れ、発行済株式総数は3,100,000株増加し、3,875,000株となっております。
       2.2020年10月14日開催の臨時株主総会決議により、2020年10月14日付で1単元を100株とする単元株制度を採用し
        ております。
                                 46/150












                                                          EDINET提出書類
                                                     室町ケミカル株式会社(E36350)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     (2) 【新株予約権等の状況】
      ①  【ストックオプション制度の内容】
    決議年月日                         2020年5月20日

                             当社取締役 6
    付与対象者の区分及び人数(名)
                             当社従業員 54 (注)6
    新株予約権の数(個)※                         86,770 (注)1
    新株予約権の目的となる株式の種類、内容及び数
                             普通株式 86,770         [433,850] (注)1,4
    (株)※
                             460  [92] (注)2,4
    新株予約権行使時の払込金額(円)※
    新株予約権の行使期間※                         2022年3月14日~2030年3月13日 (注)5

                             発行価格  460        [92] 
    新株予約権の行使により株式を発行する場合の株式
    の発行価格及び資本金組入額(円)※                         資本組入額 230        [46] (注)3,4
                             ①新株予約権の割当を受けた者(以下「新株予約権者」とい
                             う。)は、権利行使時においても、当社又は当社子会社の取締
                             役、監査役、従業員、顧問、社外協力者の地位又はこれに準じ
                             た地位を有していなければならない。ただし、取締役及び監査
                             役の任期満了による退任又は従業員の定年退職の場合、又は取
                             締役会が正当な理由があると認めた場合は、この限りではな
    新株予約権行使の条件※
                             い。
                             ②新株予約権の行使は、当社普通株式に係る株式がいずれかの
                             金融商品取引所に上場することを条件とする。
                             ③新株予約権者が死亡した場合、その相続人による新株予約権
                             の権利行使は認めないものとする。
                             新株予約権の譲渡については、取締役会の承認を要するものと
    新株予約権の譲渡に関する事項※
                             する。
    組織再編行為に伴う新株予約権の交付に関する事                         当社と新株予約権の割当てを受けた者との間で締結した「第1
    項※                         回新株予約権割当契約書」で定めるところによる。
     ※  最近事業年度の末日(2020年5月31日)における内容を記載しております。最近事業年度の末日から提出日の前月
      末現在(2020年12月31日)にかけて変更された事項については、提出日の前月末現在における内容を[                                                ]内に記載
      しており、その他の事項については最近事業年度の末日における内容から変更はありません。
     (注)   1.新株予約権1個につき目的となる株式数は当事業年度の末日現在は1株、提出日の前月末現在は5株でありま

        す。ただし、新株予約権の割当日後、当社が株式分割、株式併合を行う場合は、次の算式により付与株式数を
        調整、調整の結果生じる1株未満の端数はこれを切り捨てます。
            調整後付与株式数=調整前付与株式数×分割・併合の比率
       2.新株予約権の割当日後、当社が株式分割、株式併合を行う場合は、次の算式により払込金額を調整し、調整に
        より生ずる1円未満の端数は切り上げます。
                                1       
            調整後払込金額=調整前払込金額×分割・併合の比率
        また、新株予約権の割当日後に行使価額を下回る価額で新株式の発行又は自己株式の処分を行う場合は、次の
        算式により払込金額を調整し、調整により生ずる1円未満の端数は切り上げます。
                    既発行株式数×調整前払込金額+新規発行株式数×1株当たり払込金額
            調整後払込金額=       既発行株式数 + 新規発行株式数
       3.(1)新株予約権の行使により株式を発行する場合における増加する資本金の額は、会社計算規則第17条第1項に
          従い算出される資本金等増加限度額の2分の1の金額とし、計算の結果生じる1円未満の端数は、これを切り
          上げます。
        (2)新株予約権の行使により株式を発行する場合における増加する資本準備金の額は、上記(1)                                           記載の資本金等
          増加限度額から上記(1)に定める増加する資本金の額を減じた額とします。
       4.2020年9月14日開催の当社取締役会の決議に基づき、2020年10月15日付をもって普通株式1株を5株に分割した
        ことにより、「新株予約権の目的となる株式の種類、内容及び数」、「新株予約権の行使時の払込金額」及び
        「新株予約権の行使により株式を発行する場合の株式の発行価格及び資本組入額」が調整されております。
       5.権利行使の最終日が当社の休日にあたる場合には、その前営業日を権利行使の最終日とします。
       6.退職等により従業員1名580株分の権利が喪失しております。
                                 47/150



                                                          EDINET提出書類
                                                     室町ケミカル株式会社(E36350)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      ②  【ライツプランの内容】
       該当事項はありません。
      ③  【その他の新株予約権等の状況】

       該当事項はありません。
     (3)  【発行済株式総数、資本金等の推移】

                 発行済株式       発行済株式       資本金増減額        資本金残高       資本準備金       資本準備金

        年月日         総数増減数        総数残高                      増減額        残高
                  (株)       (株)       (千円)       (千円)       (千円)       (千円)
    2020年5月21日

                  △235,000        775,000          -     60,000         -       -
     (注)1.
    2020年10月15日

                  3,100,000       3,875,000           -     60,000         -       -
     (注)2.
     (注)   1.自己株式消却による減少であります。

       2.株式分割(1:5)によるものです。
     (4)  【所有者別状況】

                                                2020年12月31      日現在
                       株式の状況(1単元の株式数             100  株)
                                                     単元未満
      区分                          外国法人等                     株式の状況
           政府及び
                    金融商品     その他の                 個人
                                                      (株)
           地方公共     金融機関                                 計
                    取引業者      法人               その他
            団体
                              個人以外      個人
    株主数
              -     -     -     -     -     -      14      14      -
    (人)
    所有株式数
              -     -     -     -     -     -    38,750      38,750        -
    (単元)
    所有株式数
              -     -     -     -     -     -      100      100      -
    の割合(%)
     (注)   1.自己株式     1,400,000株      は、「個人      その他」に14,000単元含まれております。
       2.2020年9月14日開催の取締役会決議により、2020年10月15日付で普通株式1株を5株に分割する株式分割を行っ
        ております。
                                 48/150








                                                          EDINET提出書類
                                                     室町ケミカル株式会社(E36350)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     (5)  【議決権の状況】
      ① 【発行済株式】
                                                 2020年12月31日現在
           区分            株式数(株)         議決権の数(個)                 内容
    無議決権株式                    -          -              -

    議決権制限株式(自己株式等)                    -          -              -

    議決権制限株式(その他)                    -          -              -

                                         権利内容に何ら限定のない当社にお

                     (自己保有株式)
    完全議決権株式(自己株式等)                               -      ける標準となる株式であります。な
                     普通株式    1,400,000
                                         お、単元株式数は100株であります。
                     普通株式    2,475,000

    完全議決権株式(その他)                                24,750    同上
    単元未満株式                    -          -              -

    発行済株式総数                     3,875,000          -              -

    総株主の議決権                    -            24,750            -

     (注)   2020年9月14日開催の取締役会決議により、2020年10月15日付で普通株式1株を5株に分割する株式分割が行わ
       れ、発行済株式数は3,100,000株増加し、3,875,000株となっております。
      ② 【自己株式等】

                                                2020年12月31日現在
                                                     発行済株式
                                自己名義       他人名義      所有株式数
       所有者の氏名                                             総数に対する
                     所有者の住所           所有株式数       所有株式数        の合計
        又は名称                                            所有株式数
                                 (株)       (株)       (株)
                                                     の割合(%)
                  福岡県大牟田市新勝立町
    (自己保有株式)
                                1,400,000        -      1,400,000         36.13
    室町ケミカル株式会社
                  一丁目38番5
          計             -         1,400,000        -      1,400,000         36.13
                                 49/150










                                                          EDINET提出書類
                                                     室町ケミカル株式会社(E36350)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    2 【自己株式の取得等の状況】
       【株式の種類等】              普通株式
     (1) 【株主総会決議による取得の状況】

       該当事項はありません。
     (2) 【取締役会決議による取得の状況】

       該当事項はありません。
     (3) 【株主総会決議又は取締役会決議に基づかないものの内容】

       該当事項はありません。
     (4) 【取得自己株式の処理状況及び保有状況】

                              最近事業年度                  最近期間

             区分
                                  処分価額の総額                 処分価額の総額
                          株式数(株)                 株式数(株)
                                   (千円)                 (千円)
    引き受ける者の募集を行った取得自己株式                           -         -         -         -
    消却の処分を行った取得自己株式                         235,000         158,852           -         -

    合併、株式交換、会社分割に係る移転を
                               -         -         -         -
    行った取得自己株式
    その他
                             95,000         43,700           -         -
    (第三者割当による自己株式の処分)
    保有自己株式数                         280,000        -        1,400,000         -
     (注)   2020年9月14日開催の取締役会決議により、2020年10月15日付で普通株式1株を5株に分割する株式分割が行わ
       れ、保有自己株式数は1,120,000株増加し、1,400,000株となっております。
    3 【配当政策】

      当社は、株主の皆様へ安定的な配当を行うことを基本としております。業績、配当性向に加え、企業体質強化・事
     業の継続的成長のための内部留保にも配慮しながら、総合的に勘案する方針をとっております。内部留保資金につき
     ましては、中長期的な観点から成長が見込まれる分野の事業拡大に向けた設備投資や人材発掘を中心に有効活用して
     まいります。
      当社の剰余金の配当は、年1回の期末配当を行うことを基本方針としております。配当の決定機関は株主総会であり
     ます。第74期事業年度の期末配当金につきましては、当期の業績、今後の事業環境及び事業の継続的成長のための内
     部留保などを総合的に勘案し、1株につき3円の普通配当を実施することを決定いたしました。
      なお、当社は中間配当を行うことができる旨を定款に定めており、中間配当の決定機関は取締役会であります。こ
     のほか、基準日を定めて剰余金の配当をすることができる旨を定款に定めております。
      基準日が第74期事業年度に属する剰余金の配当は、以下のとおりです。

                             配当金の総額             1株当たり配当額
               決議年月日
                              (千円)              (円)
              2020年8月27日
                                     1,485             3.00
             定時株主総会決議
     (注)   2020年9月14日開催の取締役会決議により、2020年10月15日付で普通株式1株を5株に分割する株式分割を行って
       おります。当該株式分割が第74期の期首に行われたと仮定した場合の1株当たり配当額は0.60円であります。
                                 50/150




                                                          EDINET提出書類
                                                     室町ケミカル株式会社(E36350)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    4  【コーポレート・ガバナンスの状況等】
     (1)  【コーポレート・ガバナンスの概要】
      ①  コーポレート・ガバナンスに関する基本的な考え方
       当社は、中長期的な企業価値の向上を目指した経営を推進するための基礎として、当社の企業規模に適したコー
      ポレート・ガバナンス体制の構築とその強化に取組んでいます。具体的には、次の三つを実施することで、コーポ
      レート・ガバナンスの充実を図っております。
       a.  執行側から独立した社外取締役を含む取締役会が、経営に対する実効性の高い監督を行い、透明かつ公正な経

        営の仕組みを構築する。
       b.  取締役会が経営に関する基本方針やその他重要事項について決定するとともに、役員と各本部長等により構成

        される経営会議を毎月開催し、業務執行に関する迅速な意思決定を行う。
       c.  監査役は、社外取締役や内部監査室、会計監査人と緊密な連携を図ることにより、有効性、実効性の高い監査

        を実施する。
      ②  企業統治の体制の概要及び当該体制を採用する理由

       当社のコーポレート・ガバナンス体制は次の図のとおりです。
        a.  企業統治の体制の概要







        当社は、会社の機関として株主総会、取締役会、監査役会、会計監査人を設置しております。
        取締役会は代表取締役社長の青木淳一を議長とし、取締役である村山哲朗、服部英法、髙宮一仁、井内聡、井
       ノ口浩俊、中村弘、山本洋臣(社外取締役)の8名で構成されており、うち1名が社外取締役であります。取締役
       会は年12回定期的に開催されるほか、必要に応じて臨時招集できる体制となっております。
        取締役会では業務執行上の重要な事項に関する意思決定や方針決定を行うほか、取締役の業務執行を監督して
       おります。
        監査役会は常勤監査役である田中知樹を議長とし、髙橋智(社外監査役)、井口浩明(社外監査役)の3名で構
       成されており、うち2名が社外監査役であります。
        監査役3名は、取締役会に出席するほか、重要な会議に出席し、取締役の業務の執行を監視するとともに適宜、
       提言、助言を行い、年12回、定期的に監査役会を開催しております。
        当社は、有限責任監査法人トーマツとの間で監査契約を締結し、適時適切な監査が実施されております。
        経営会議は、取締役、監査役、本部長・事業部長、経理部長、総務部長、経営企画室長により構成され、毎月1
       回開催されております。各本部の業務執行状況の報告や重要案件の進捗報告等により、状況の把握や課題の検
       討、意思決定を行い、必要に応じて取締役会に議案として上程しております。
        なお、取締役は村山哲朗、青木淳一、服部英法、髙宮一仁、井内聡、井ノ口浩俊、中村弘、山本洋臣(社外取
                                 51/150

                                                          EDINET提出書類
                                                     室町ケミカル株式会社(E36350)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       締役)の8名、監査役は田中知樹、髙橋智(社外監査役)、井口浩明(社外監査役)の3名、本部長・事業部長は
       塩野谷涼、坂谷孝、境忠司、石橋慎也の4名、経理部長は島大輔の1名、総務部長は高田雄一の1名、経営企画室長
       は 取締役の井内聡が兼務しています。
        コンプライアンス委員会及びリスク管理委員会は、代表取締役社長の青木淳一を委員長とし、取締役、監査
       役、本部長・事業部長により構成されております。コンプライアンス委員会は、コンプライアンス活動に必要な
       情報の共有を図るため、また、コンプライアンスの状況を把握し、コンプライアンス違反を未然に防止するとと
       もに、コンプライアンス違反があった場合に対応するために、設置されております。リスク管理委員会は、会社
       の運営に関する全社的・総括的なリスク管理の報告及び対応策検討の場として、設置されております。どちらも
       経営会議と同日に毎月1回開催されるほか、対処案件が発生した場合は都度臨時で開催されております。
        なお、取締役は村山哲朗、青木淳一、服部英法、髙宮一仁、井内聡、井ノ口浩俊、中村弘、山本洋臣(社外取
       締役)の8名、監査役は田中知樹、髙橋智(社外監査役)、井口浩明(社外監査役)の3名、本部長・事業部長は
       塩野谷涼、坂谷孝、境忠司、石橋慎也の4名です。
        内部監査室は、代表取締役社長直轄の部門として設置されており、内部監査室長と他部署兼務の室員2名で構成
       されております。内部監査計画に基づき、規程の順守状況や業務執行状況を監査し、代表取締役社長へ報告して
       おります。
       b.  当該体制を採用する理由

        当社がこのような体制を採用している理由は、この体制が、当社の企業規模に即しており、透明・公正かつ迅
       速な経営とガバナンス強化に資するものと考えているからです。
      ③  企業統治に関するその他の事項

       a.  内部統制システムの整備状況
        当社は、取締役会で決議した「業務の適正を確保するための体制(内部統制システム)に関する基本方針」に基
       づき、法令遵守体制、リスク管理体制、情報管理体制等の構築と運用を図っています。基本方針の内容は以下の
       とおりです。
        (a)  取締役及び使用人の職務の執行が法令及び定款に適合することを確保するための体制

        イ  コンプライアンスを確保するための基礎として、「室町ケミカル企業倫理基本方針」、を定める。また役
          員は、コンプライアンス活動を率先垂範する。
        ロ  コンプライアンス委員会を設置し、「室町ケミカル企業倫理基本方針」に基づき、コンプライアンス推進
          体制を構築し、コンプライアンス経営を推進する。
        ハ  コンプライアンス委員会で決定された基本方針に基づき、コンプライアンス所管部門が取締役及び使用人
          への教育研修等の具体的な施策を企画・立案・推進する。教育研修を通じて、各人のコンプライアンスに
          対する意識向上を図る。
        ニ  内部通報規程を定め、通報・相談窓口を社内・社外に設置することにより、不正行為の早期発見と是正を
          図る。
        (b)  取締役の職務の執行に係る情報の保存及び管理に関する体制
          株主総会・取締役会の議事録、経営及び業務執行に関わる重要な情報については、法令及び「文書管理規
         程」「情報セキュリティ規程」等の関連規程に従い、適切に記録し、定められた期間保存・管理する。
        (c)  損失の危険の管理に関する規程その他の体制
        イ  リスク管理委員会を設置して、当社及びグループ各社の事業活動に伴うリスクを的確に把握し、その顕在
          化を防ぐための施策を推進する。
        ロ  危機管理規程に則り、各部門はその担当業務に関連して発生しうるリスクの管理を行う。
          全社的な管理を必要とするリスクについてはリスク管理委員会がリスクを評価した上で対応方針を決定
          し、これに基づき適切な体制を構築する。
        ハ  リスク発生時には緊急対策本部を設置し、これにあたる。
        (d)  取締役の職務の執行が効率的に行われることを確保するための体制
        イ  定例の取締役会を原則として毎月1回開催し、経営の基本方針など重要事項の決定並びに取締役の業務執行
          状況の監督等を行う。
        ロ  取締役会で決定された経営の基本方針などに則って業務を執行する執行役員を設置することで、業務執行
                                 52/150


                                                          EDINET提出書類
                                                     室町ケミカル株式会社(E36350)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
          と監督を分離し、意思決定プロセスの迅速化を図る。
        ハ  業務執行に当たっては業務分掌規程、職務権限規程において責任と権限を定める。
        (e)  当社及び子会社からなる企業集団における業務の適正を確保するための体制
          「関係会社管理規程」に基づき、関係会社の管理は、事業部管掌取締役が統括し、毎月職務執行のモニタ
         リングを行い、必要に応じて取締役会への報告を行う。
        (f)  監査役の職務を補助すべき使用人に関する体制
        イ  当社は、監査役の職務を補助する使用人は配置していないが、取締役会は監査役会と必要に応じて協議を
          行い、当該使用人を任命及び配置することができる。
        ロ  補助すべき期間中は、指名された使用人への指揮権は監査役に移譲されたものとし、取締役の指揮命令は
          受けない。
        (g)  取締役及び使用人が監査役に報告をするための体制その他の監査役への報告に関する体制
        イ  取締役は、会社に著しい損害を及ぼすおそれのある事実があることを発見したときは、法令に従い、直ち
          に監査役に報告する。
        ロ  監査役は、取締役会のほか、重要な意思決定の過程及び業務の執行状況を把握するため、経営会議に出席
          をするとともに、主要な稟議書を閲覧する。
        ハ  監査役はアドバイザーとしてリスク管理委員会に出席し、必要な報告を受ける。
        ニ  監査役は内部統制システムの構築状況及び運用状況についての報告を取締役及び使用人から定期的に受け
          るほか、必要と判断した事項については取締役及び使用人に対して報告を求めることができる。
        ホ  監査役に対する報告をした者は当該報告をしたことを理由として不利な取扱いを受けないものとする。
        (h)  その他監査役の監査が実効的に行われることを確保するための体制
        イ  監査役は、会社の業務及び財産の状況の調査その他の監査職務の遂行にあたり、内部監査部門と緊密な連
          携を保ち、効率的・実効的な監査を実施する。
        ロ  監査役の職務を執行する上で必要となる費用は、会社が支払うものとする。
        (i)  反社会勢力排除に向けた基本方針及び体制
        イ  市民社会の秩序または安全に脅威を与える反社会的勢力および団体に対して毅然とした姿勢で臨み、不当
          または不法な要求に一切応じないことを基本方針として「反社会的勢力に対する基本方針」を定め、全役
          員・従業員に周知徹底する。
        ロ  警察当局および暴力追放運動推進センター等の外部専門機関との連携による情報収集、組織的な対応が可
          能となる体制の整備、正常な取引関係を含めた一切の関係の排除に取り組む。
       b.  リスク管理体制の整備の状況

        リスク管理体制につきましては、リスク管理委員会のなかで、各部門からのリスク情報を共有するとともに、
       社会情勢等を踏まえた様々な事項について議論を行い、対応を進めています。
       c.  法令遵守体制の整備の状況

        法令遵守体制につきましては、コンプライアンス活動に必要な情報の共有を図るため、また、コンプライアン
       スの状況を把握し、コンプライアンス違反を未然に防止するとともに、コンプライアンス違反があった場合に対
       応するために、コンプライアンス委員会を設置しております。また、従業員等からの組織的又は個人的なコンプ
       ライアンス違反事案等に関する相談及び通報の窓口を社内外に設置しております。
                                 53/150






                                                          EDINET提出書類
                                                     室町ケミカル株式会社(E36350)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      ④  責任限定契約の内容の概要
       当社と社外取締役山本洋臣及び監査役3名は、会社法第427条第1項の規定に基づき、同法第423条第1項の損害賠
      償責任を限定する契約を締結しております。当該契約に基づく損害賠償責任の限度額は、会社法第425条第1項に定
      める最低責任限度額です。なお、当該責任限定が認められるのは、当該社外取締役又は監査役が責任の原因となっ
      た職務の遂行について善意でかつ重大な過失がないときに限られます。
      ⑤  取締役及び監査役の責任免除

       当社は、会社法第426条第1項の規定により、取締役会の決議をもって同法第423条第1項の行為に関する取締役
      及び監査役(取締役及び監査役であった者を含む。)の責任を法令の限度において免除することができる旨定款に
      定めております。これは、取締役及び監査役が職務を遂行するにあたり、その能力を十分に発揮して、期待される
      役割を果たしうる環境を整備することを目的とするものであります。
      ⑥  取締役に関する事項

       a.  取締役の員数及び任期
        当社は、取締役の員数は9名以内、任期は選任後1年以内に終了する事業年度のうち最終のものに関する定時株
       主総会の終結の時までとする旨を定款に定めております。
       b.  取締役の選任の決議要件

        当社は、取締役の選任決議について、議決権を行使することができる株主の議決権の3分の1以上を有する株主
       が出席し、その議決権の過半数をもって行う旨定款に定めております。
        また、取締役の選任決議は、累積投票によらないものとする旨定款に定めております。
      ⑦ 株主総会の特別決議要件

        当社は、会社法第309条第2項に定める株主総会の特別決議要件について、議決権を行使することができる株主
       の議決権の3分の1以上を有する株主が出席し、その議決権の3分の2以上をもって行う旨定款に定めております。
       これは、株主総会における特別決議の定足数を緩和することにより、株主総会の円滑な運営を行うことを目的と
       するものであります。
      ⑧  取締役会決議事項とした株主総会決議事項

       a.自己株式の取得
        当社は、会社法165条第2項の規定により、取締役会の決議によって市場取引等により、自己の株式を取得する
       ことができる旨定款に定めております。これは、経営環境の変化に応じた機動的な資本政策の遂行を可能にする
       ことを目的とするものであります。
       b.中間配当

        当社は、会社法454条第5項の規定により、取締役会の決議によって毎年11月30日を基準日として中間配当をす
       ることができる旨定款に定めております。これは、株主への機動的な利益還元を可能にすることを目的とするも
       のであります。
                                 54/150






                                                          EDINET提出書類
                                                     室町ケミカル株式会社(E36350)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     (2)  【役員の状況】
      ①役員一覧
      男性  11 名 女性    -名(役員のうち女性の比率             -%)
                                                      所有株式数

       役職名        氏名      生年月日                略歴             任期
                                                       (株)
                           1978年4月      株式会社大賀薬局入社
                           1982年4月
                                 当社入社
                           1983年7月
                                 当社取締役就任
                           1997年3月      当社代表取締役社長就任
     代表取締役会長        村山 哲朗       1953年4月18日                              (注)3     1,100,000
                           2005年5月      当社代表取締役社長
                                  兼  天洋社薬品株式会社        取締役
                           2017年8月      当社代表取締役社長        兼 CEO就任
                           2019年12月
                                 当社代表取締役会長就任(現任)
                           1986年4月      カネボウ株式会社(現         株式会社カネボウ
                                 化粧品)入社
                           2005年3月      日東グラステックス株式会社入社
                           2007年4月      日東紡績株式会社入社
                           2010年7月      当社入社
                           2011年10月      当社下妻事業部      工場長(部長)
     代表取締役社長        青木 淳一       1965年8月30日                              (注)3      250,000
                           2013年8月      当社執行役員      つくば工場長(部長)
                           2014年6月      当社執行役員      生産本部長
                           2015年8月      当社取締役就任
                           2016年8月      当社常務取締役就任
                           2019年12月      当社代表取締役社長就任(現任)
                           1979年4月      久光製薬株式会社入社
                           2012年6月      当社入社    経営企画室長(部長)
                           2013年1月      当社執行役員      西日本営業本部長
                                  兼  経営企画室長
                           2013年6月      当社執行役員      営業本部長
                                  兼  経営企画室長
                           2013年8月      当社取締役就任
     取締役副社長        服部 英法       1955年5月11日                              (注)3      150,000
                           2014年8月      当社常務取締役就任
                           2016年8月      当社専務取締役就任
                           2017年3月      当社専務取締役
                                  兼  天洋社薬品株式会社        取締役
                           2017年6月      当社専務取締役
                                  兼  天洋社薬品株式会社        代表取締役
                           2017年8月      当社代表取締役副社長         兼 COO就任
                           2019年12月      当社取締役副社長就任(現任)
                           1980年4月
                                 兼松株式会社入社
                           2000年4月      株式会社CHINTAI入社
                           2001年1月      サンミック商事株式会社(現            日本紙通商
                                 株式会社)入社
                           2004年5月      株式会社イノアックコーポレーション入
                                 社
                           2012年6月      ムロマチテクノス株式会社(現            当社)   入
      常務取締役        髙宮 一仁       1958年2月1日                              (注)3      42,500
                                 社 海外事業部長
                           2013年1月
                                 同社国際部長
                           2014年12月      当社入社    執行役員    国際部長
                           2015年6月      当社執行役員      医薬国際部長
                           2017年6月
                                 当社執行役員      営業本部長
                           2017年8月
                                 当社取締役就任
                           2019年12月
                                 当社常務取締役就任(現任)
                           1998年4月
                                 株式会社旭精機入社
                           2006年10月      リコー九州株式会社(現          リコージャパン
                                 株式会社)入社
                           2007年1月
                                 当社入社
                           2012年4月
                                 当社総務部長
                           2015年6月
       取締役                          当社総務部長      兼 経営企画室長(部長)
              井内 聡      1974年6月28日                              (注)3      15,000
      管理本部長                      2016年6月
                                 当社経営企画室長
                           2017年6月
                                 当社管理本部長      兼 経営企画室長
                           2017年8月      当社執行役員      管理本部長
                                  兼  経営企画室長
                           2018年8月      当社取締役管理本部長
                                  兼  経営企画室長就任(現任)
                                 55/150



                                                          EDINET提出書類
                                                     室町ケミカル株式会社(E36350)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                                                      所有株式数
       役職名        氏名      生年月日                略歴             任期
                                                       (株)
                           1987年4月      日之出工業株式会社(現          東洋平成ポリ
                                 マー株式会社)入社
                           2002年12月
                                 株式会社ピラミッド入社
                           2010年9月
                                 当社入社
                           2011年10月
                                 ムロマチテクノス株式会社出向
                           2012年4月      同社電子事業部長
                           2013年1月
                                 同社機能材料部長
                           2014年12月
       取締役                          当社機能材料部長
             井ノ口 浩俊       1963年2月15日                              (注)3      15,000
                           2015年6月
                                 当社営業3部長
     化学品事業部長
                           2017年6月      当社化学品3部長
                           2017年12月      当社化学品事業部       本部長
                                  兼  機能材営業部長
                           2018年6月      当社執行役員      化学品事業部長
                                  兼  機能材営業部長
                           2019年12月      当社取締役化学品事業部長
                                  兼  機能材営業部長就任(現任)
                           1989年4月      九州不二サッシ株式会社(現            不二ライト
                                 メタル株式会社)入社
                           1993年2月
                                 東洋電工株式会社入社
                           1995年2月      東泉工業株式会社(現         株式会社山本工作
                                 所)入社
                           1998年2月
                                 当社入社
                           2012年4月
                                 当社第1製造部長
       取締役       中村 弘      1971年1月31日                              (注)3      15,000
                           2013年1月
                                 当社福岡工場長(部長)
                           2017年6月
                                 当社品質管理本部長
                           2017年8月      当社執行役員      品質管理本部長
                           2019年4月      当社執行役員      生産本部長
                           2019年12月
                                 当社取締役生産本部長就任
                           2020年10月
                                 当社取締役就任(現任)
                           1993年4月
                                 西日本鉄道株式会社入社
                           2001年11月      トーマツコンサルティング株式会社               (現
                                 デロイトトーマツコンサルティング合同
                                 会社  )入社
                           2011年10月
                                 有限責任監査法人トーマツへ転籍
       取締役       山本 洋臣       1969年8月8日                              (注)3        -
                           2019年1月      山本経営会計事務所設立
                                 代表(現任)
                           2019年8月
                                 当社取締役就任(現任)
                           2020年11月      ミライズファイナンシャルアドバイザ
                                 リー合同会社設立 代表社員(現任)
                           1977年4月      日本海薬品株式会社(現          株式会社サン
                                 キ)入社
                           1979年4月
                                 室町化学工業株式会社(現           当社)入社
                           2002年2月
                                 当社入社
      常勤監査役        田中 知樹      1953年12月18日        2006年4月                      (注)4      7,500
                                 当社技術部長
                           2008年4月      当社技術部長      兼 品質保証部長
                           2010年4月      当社技術部長      兼 開発部長
                           2012年4月
                                 当社技術部長
                           2014年8月
                                 当社監査役就任(現任)
                           1995年4月
                                 株式会社かずさアカデミアパーク入社
                           2004年4月      株式会社ワークスアプリケーションズ入
                                 社
                           2005年7月
                                 デンタルサポート株式会社入社
                           2006年9月      株式会社スタートトゥデイ(現            株式会社
                                 ZOZO)入社
       監査役       髙橋 智      1972年3月17日                              (注)4      5,000
                           2010年8月      株式会社アクロスザシー設立
                                 代表取締役(現任)
                           2014年10月
                                 株式会社アイリッジ社外監査役
                           2016年10月      株式会社シェアードリサーチ社外監査役
                                 (現任)
                           2017年8月
                                 当社監査役就任(現任)
                           1980年4月
                                 東京国税局入局
                           2010年7月
                                 福岡税務署     副署長
                           2015年7月
                                 福岡国税局調査査察部         部長
                           2016年7月
                                 博多税務署     署長
       監査役       井口 浩明       1957年2月2日                              (注)4        -
                           2017年8月      井口浩明税理士事務所設立
                                 代表(現任)
                           2018年8月
                                 当社監査役就任(現任)
                           2020年11月
                                 株式会社ヤマサキ社外監査役(現任)
                                                      1,600,000
                            計
                                 56/150



                                                          EDINET提出書類
                                                     室町ケミカル株式会社(E36350)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     (注)   1.取締役 山本洋臣は、社外取締役であります。
       2.監査役 髙橋智及び井口浩明は、社外監査役であります。
       3.2020年12月22日開催の臨時株主総会終結の時から1年以内に終了する事業年度のうち最終のものに関する定時
        株主総会終結の時までであります。
       4.2020年12月22日開催の臨時株主総会終結の時から4年以内に終了する事業年度のうち最終のものに関する定時
        株主総会終結の時までであります。
      ②社外役員の状況

       当社の社外取締役は1名、社外監査役は2名であります。
       当社は、コーポレート・ガバナンスの充実を経営上の重要課題と位置づけており、社外取締役及び社外監査役を
      選任し、独立した立場から監督及び監査を十分に行える体制を整備し、経営監視機能の強化に努めております。
       社外取締役の山本洋臣は、監査法人でのコンサルティング業務経験及び会計事務所経営を通じての会社の経営に
      関する豊富な知識・経験に基づき、経営計画、事業戦略等についての助言を頂くことで、経営体制の強化ができる
      と判断し、選任しています。山本氏は、新株予約権による潜在株式5,000株を所有しておりますが、それ以外に人的
      関係、資本的関係、又は取引関係その他の利害関係はありません。
       社外監査役の髙橋智は、           IPO支援サービスを提供する会社の代表であり、上場企業での管理部門責任者及び社外監
      査役経験があること、また、現在当社以外の社外監査役も1社務めており、経営・財務・会計等に関する相当程度の
      知見を有しているため、監査役として適任であると判断し、選任しています。髙橋氏は、当社の普通株式5,000株を
      所有しておりますが、それ以外に人的関係、資本的関係、又は取引関係その他の利害関係はありません。
       社外監査役の井口浩明は、            税理士資格を有し、博多税務署長を務めるなど、税務署での長い経験があり、財務・
      会計・税務等に関する相当程度の知見を有しているため、監査役として適任であると判断し、選任しています。当
      社との関係は、人的関係、資本的関係、又は取引関係その他の利害関係はありません。
       社外取締役又は社外監査役が提出会社の企業統治において果たす機能及び役割に関しては、コーポレート・ガバ
      ナンスにおいて、外部からの客観的、中立的立場からの経営監視の機能が重要と考えており、社外取締役による取
      締役会の監督機能、社外監査役による独立した立場からの監査が実施されることにより、外部からの経営監視機能
      が十分に機能する体制となっております。
       当社においては、社外取締役又は社外監査役を選任するための会社からの独立性に関する基準又は方針を明確に
      は定めておりませんが、選任に当たっては、経歴や当社との関係を踏まえて、当社経営陣からの独立した立場で社
      外役員としての職務を遂行できる十分な独立性が確保できることを前提に判断しております。
      ③社外取締役又は社外監査役による監督又は監査と内部監査、監査役監査及び会計監査との相互連携並びに内部統

      制部門との関係
       社外監査役は、常勤監査役から内部監査担当者及び会計監査人との連携状況についての報告を受け、必要に応じ
      て内部監査、会計監査人との相互連携を図るとともに、管理部門との連携を密にして経営情報を入手しておりま
      す。また、社外取締役を含む取締役は監査役と適宜会合を持ち意思疎通を図っていくこととしております。
     (3)  【監査の状況】

      ①  監査役監査の状況
       監査役会は、常勤監査役1名、独立性を有した監査役2名から構成されております。監査役会で定められた監査方
      針、監査計画に基づいて、取締役会や経営会議等の重要な会議に出席しているほか、重要書類の閲覧、取締役及び
      各部門長とのヒアリングや内部監査室との意見交換等を通じ、業務執行状況や会計処理に関する監査を行っており
      ます。また、監査役及び内部監査室は、定期的に会計監査人と三者によるミーティングを行うとともに、内部統制
      部門と意見交換を行い、相互の連携を深め、監査の実効性及び効率性の向上を図っております。
       なお、監査役の髙橋智は、IPO支援サービスを提供する会社の代表であり、上場企業での管理部門責任者及び社外
      監査役経験があり、経営・財務・会計等に関する相当程度の知見を有しています。監査役の井口浩明は、税理士資
      格を有し、博多税務署長を務めるなど、税務署での長い経験があり、財務・会計・税務等に関する相当程度の知見
      を有しています。
                                 57/150



                                                          EDINET提出書類
                                                     室町ケミカル株式会社(E36350)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       当事業年度において当社は監査役会を月1回開催しており、個々の監査役の出席状況については次のとおりであり
      ます。
           氏名           開催回数            出席回数
         田中 知樹              12回            12回
         髙橋  智              12回            12回
         井口 浩明              12回            12回
       監査役会における主な検討事項として、監査計画の策定、監査報告書の作成、取締役会・経営会議の議事内容の
      確認、内部監査室との連携、監査法人の監査の方法及び結果の相当性等があります。
       また、常勤監査役の活動として、取締役及び使用人とのコミュニケーション、取締役会その他重要な会議への出
      席、稟議書の確認、営業日報の確認、接待交際費の確認、実地棚卸の立会確認、会計監査人からの監査の実施状
      況・結果報告の確認、日本監査役協会の研修及び情報取得等を行っております。
      ②  内部監査の状況

       当社の内部監査は、代表取締役直轄の内部監査室を設置し、専従者1名及び兼務者2名体制で実施しております。
      内部監査室は事業年度毎に内部監査計画書を作成し、各部門の業務活動全般に関し、業務分掌、職務権限、社内諸
      規程やコンプライアンス等の観点から適正かつ効率的に行われているかを監査しております。監査結果は、代表取
      締役及び監査役に報告しております。
      ③  会計監査の状況

       a.  監査法人の名称
        有限責任監査法人トーマツ
       b.継続監査期間

        2019年5月期以降の2年間
       c.  業務を執行した公認会計士

        指定有限責任社員 業務執行社員 公認会計士 増村 正之
        指定有限責任社員 業務執行社員 公認会計士 宮嵜  健
       d.  監査業務に係る補助者の構成

        当社の会計監査業務         に係る補助者の構成は、公認会計士15名、その他16名であります。
       e.  監査法人の選定方針と理由

        当社は、会計監査人の選定にあたって、公益社団法人日本監査役協会が公表する「会計監査人の評価及び選定
       基準策定に関する監査役等の実務指針」を踏まえて監査役会が策定した「会計監査人の                                         評価及び選定基準        」に基
       づき、会計監査人候補者から会計監査人の概要、監査の実施体制等、監査報酬の見積額について書面を入手し、
       面談、質問等を通じて検討を行った上で選定することとしております。現会計監査人の有限責任監査法人トーマ
       ツは、監査法人としての実績、当社の業務規模に対して監査業務を充分対応しうる体制を有していたこと、監査
       計画、監査内容、監査日程等に対する監査費用が合理時かつ妥当であったこと等を総合的に判断して選定してお
       ります。
        なお、監査役会は、会計監査人を上記「会計監査人の                         評価及び選定基準        」に基づき、会計監査人に求められる
       独立性、専門性及び品質管理等の評価を行った上で、再任又は不再任の決定を行うこととしております。
        また、監査役会は、会計監査人が会社法第340条第1項各号に規定される事項に該当すると認められる場合に、
       監査役全員の同意に基づき会計監査人を解任いたします。この場合、監査役会が選定した監査役は、解任後最初
       に招集される株主総会におきまして、会計監査人を解任した旨と解任の理由を報告いたします。
                                 58/150



                                                          EDINET提出書類
                                                     室町ケミカル株式会社(E36350)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       f.  監査役及び監査役会による監査法人の評価
        監査役会は、公益社団法人日本監査役協会が公表する「会計監査人の評価及び選定基準策定に関する監査役等
       の実務指針」を踏まえて策定した、独立性、専門性及び品質管理等に係る評価基準に基づき、会計監査人に対す
       る年次評価を行うこととしております。
        なお、有限責任監査法人トーマツについては、上記評価基準に基づく評価の結果、当社の会計監査人として適
       切であると評価しております。
      ④  監査報酬の内容等

       a.  監査公認会計士等に対する報酬の内容
                 最近連結会計年度の前連結会計年度                          最近連結会計年度

        区分
                監査証明業務に            非監査業務に           監査証明業務に            非監査業務に
                基づく報酬(千円)           基づく報酬(千円)           基づく報酬(千円)           基づく報酬(千円)
       提出会社               16,500            6,000           19,000            3,000
      連結子会社                 -           -           -           -

        計             16,500            6,000           19,000            3,000

     (注)   当社における非監査業務の内容は、                最近連結会計年度の前連結会計年度においては、                       内部統制構築に関する助言
       指導業務等、      最近連結会計年度においては、「収益認識に関する会計基準」の適用による会計方針の検討に関す
       る助言指導業務等であります             。
       b.     監査公認会計士等と同一のネットワークに対する報酬(a.を除く)

                 最近連結会計年度の前連結会計年度                          最近連結会計年度
        区分
                監査証明業務に            非監査業務に           監査証明業務に            非監査業務に
                基づく報酬(千円)           基づく報酬(千円)           基づく報酬(千円)           基づく報酬(千円)
       提出会社                 -          2,350             -          2,200
      連結子会社                 -           -           -           -

        計               -          2,350             -          2,200

     (注)   当社における非監査業務の内容は、                最近連結会計年度の前連結会計年度                及び  最近連結会計年度        ともに、税務申告
       業務に関するアドバイザリー業務等であります。
       c.  その他の重要な監査証明業務に基づく報酬の内容

        該当事項はありません。
       d.  監査報酬の決定方針

        当社の監査公認会計士等に対する監査報酬の決定方針は、監査公認会計士等の監査計画、監査内容、監査日程
       等を十分に勘案したうえで、監査役会の同意を得て決定することとしています。
       e.  監査役会が会計監査人の報酬等に同意した理由

        当社監査役会は、日本監査役協会が公表する「会計監査人との連携に関する実務指針」を踏まえ、取締役、社
       内関係部署及び会計監査人からの必要な資料の入手や報告を通じて、前事業年度における職務執行状況や報酬額
       の見積もりの算定根拠、並びに当事業年度の会計監査人の監査計画の内容及び報酬額の見積もりの妥当性を検討
       した結果、会計監査人の報酬等につき相当であると判断し、会社法第399条第1項の同意を行っております。
                                 59/150




                                                          EDINET提出書類
                                                     室町ケミカル株式会社(E36350)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     (4)  【役員の報酬等】
      ①  役員の報酬等の額又はその算定方法の決定に関する方針
       役員の報酬につきましては、業績連動報酬の体系ではありませんが、世間水準及び会社の業績や、従業員給与と
      のバランスを考慮し、取締役の報酬等につきましては、株主総会で決議された報酬限度額の範囲内で、取締役会の
      決議により一任された代表取締役社長が、各取締役の職務の内容及び実績・成果等を勘案して、報酬額を決定して
      おります。監査役の報酬等につきましては、株主総会で決議された報酬限度額の範囲内で、監査役の協議を経て決
      定しております。当社の取締役の報酬等の総額等に関する株主総会決議年月日は2010年6月14日であり、取締役の報
      酬額を「年額150百万円以内」と決議しております(決議時点の取締役の員数は10名)。また、監査役の報酬は、
      2017年8月31日に「年額20百万円以内」と決議しております(決議時点の監査役の員数は3名)。
       当事業年度の取締役の報酬は、2019年8月29日開催の取締役会の決議をもって決定をし、監査役の報酬は、監査役
      の協議で決定をしております。なお、2019年12月12日開催の臨時株主総会及び株主総会において、取締役の選任及
      び役付役員の選任を行い、取締役会の決議をもって取締役報酬を決定しております。
      ②  役員区分ごとの報酬等の総額、報酬等の種類別の総額及び対象となる役員の員数

                                 報酬等の種類別の総額(千円)
                                                     対象となる
                   報酬等の総額
          役員区分                                           役員の員数
                     (千円)
                                                      (名)
                             固定報酬        業績連動報酬         退職慰労金
      取締役
                       99,040         99,040           -         -       7
      (社外取締役を除く。)
      監査役
                       7,200         7,200          -         -       1
      (社外監査役を除く。)
      社外役員                 9,750         8,250          -       1,500         4
      ③  役員ごとの連結報酬等の総額等

       報酬等の総額が1億円以上である者が存在しないため、記載しておりません。
      ④  使用人兼務役員の使用人分給与のうち重要なもの

         総額(千円)          対象となる役員の員数(人)                       内容
              18,926                  2  使用人としての給与であります。
     (5)  【株式の保有状況】

      ①  投資株式の区分の基準及び考え方
        当社は、保有目的が純投資目的である投資株式と純投資目的以外の目的である投資株式の区分について、株価
       の値上がり、又は配当による利益確保を目的として保有する株式を純投資目的である投資株式とし、取引先との
       関係強化、情報収集等を目的として保有する株式は、純投資目的以外の目的である投資株式としております。
      ②  保有目的が純投資目的以外の目的である投資株式

       a.  保有方針及び保有の合理性を検証する方法並びに個別銘柄の保有の適否に関する取締役会等における検証の内
        容
         当社は、事業上重要な取引先との安定的・長期的な取引関係の構築、業務提携、又は協働ビジネス展開の円
        滑化及び強化等の観点から、資本コスト等を踏まえ当社の中長期的な企業価値の向上を目的として、係る取引
        先の株式を政策的に保有しております。政策保有株式については、取締役会で検証しており、政策保有先ごと
        に中長期的な経済合理性や当社の事業戦略等の観点から中長期的な企業価値の向上という目的に資するかどう
        かを判断し、      資本コスト・取引状況を鑑み、               保有意義の薄れた株式については、政策保有先の状況等を勘案し
        たうえで売却を進めるものとしております。また、議決権行使につきましては、議案の内容を精査し企業価値
        向上を期待できるかなど総合的に判断しております。
                                 60/150



                                                          EDINET提出書類
                                                     室町ケミカル株式会社(E36350)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       b.  銘柄数及び貸借対照表計上額
                             貸借対照表計上額の
                      銘柄数
                      (銘柄)
                              合計額(千円)
        非上場株式               1               401
        非上場株式以外の株式               2             46,342
        (最近事業年度において株式数が増加した銘柄)

                            株式数の増加に係る取得
                      銘柄数
                                             株式数の増加の理由
                      (銘柄)
                             価額の合計額(千円)
        非上場株式               -                -          -
        非上場株式以外の株式               1              1,968    業務提携関係の維持・強化
        (最近事業年度において株式数が減少した銘柄)

                            株式数の減少に係る売却
                      銘柄数
                      (銘柄)
                             価額の合計額(千円)
        非上場株式              -                -
        非上場株式以外の株式              -                -
       c.  特定投資株式及びみなし保有株式の銘柄ごとの株式数、貸借対照表計上額等に関する情報

    特定投資株式

               当事業年度         前事業年度
                                                      当社の株
                                    保有目的、定量的な保有効果
       銘柄        株式数(株)         株式数(株)                              式の保有
                                     及び株式数が増加した理由
                                                       の有無
              貸借対照表計上額         貸借対照表計上額
                (千円)         (千円)
                                 取引関係(アロンアルフア®販売関連)等の
                 39,206.68         37,458.01
                                強化のため、取引先持株会の会員として保有
                                しており、毎月一定額を拠出していることに
                                より、株式数が増加しております。定量的な
    東亞合成株式会社                                                    無
                                保有効果によって今後更なる売上増加の見込
                   40,422         43,900
                                みを立てることは困難ですが、保有目的の適
                                切性、リスクに対する資本コストの比較等に
                                より保有の合理性を検証しております。
                                 取引関係(原薬販売先の親会社)先として
                  1,000.00         1,000.00
                                保有しております。定量的な保有効果によっ
                                て今後更なる売上増加の見込みを立てること
    科研製薬株式会社                                                    無
                                は困難ですが、保有目的の適切性、リスクに
                   5,920         5,140
                                対する資本コストの比較等により保有の合理
                                性を検証しております。
    みなし保有株式

     該当事項はありません。
      ③  保有目的が純投資目的である投資株式

       該当事項はありません。
      ④  当事業年度中に投資株式の保有目的を純投資目的から純投資目的以外の目的に変更したもの

       該当事項はありません。
      ⑤  当事業年度中に投資株式の保有目的を純投資目的以外の目的から純投資目的に変更したもの

       該当事項はありません。
                                 61/150




                                                          EDINET提出書類
                                                     室町ケミカル株式会社(E36350)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    第5   【経理の状況】
     1 連結財務諸表及び財務諸表並びに四半期財務諸表の作成方法について
      (1) 当社の連結財務諸表は、「連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和51年大蔵省令第28号)
        に基づいて作成しております。
      (2) 当社の財務諸表は、「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和38年大蔵省令第59号)に基づ

        いて作成しております。
      (3)  当社の四半期財務諸表は、「四半期財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(平成19年内閣府令第

        63号)に基づいて作成しております。
     2 監査証明について

      (1)  当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、前連結会計年度(2018年6月1日から2019年5月31日
        まで)及び当連結会計年度(2019年6月1日から2020年5月31日まで)の連結財務諸表並びに前事業年度(2018年6月1
        日から2019年5月31日まで)及び当事業年度(2019年6月1日から2020年5月31日まで)の財務諸表について、有限責
        任監査法人トーマツにより監査を受けております。
      (2)  当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第2四半期会計期間(2020年9月1日から2020年11月

        30日まで)及び第2四半期累計期間(2020年6月1日から2020年11月30日まで)に係る四半期財務諸表について、有
        限責任監査法人トーマツによる四半期レビューを受けております。
     3 連結財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組みについて

      当社は、連結財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組みを行っております。具体的には、会計基準等の内
     容を適切に把握し、会計基準等の変更等について的確に対応することができる体制を整備するため、監査法人との連
     携や各種セミナー等への積極的な参加を行っております。
     4 連結財務諸表及び四半期連結財務諸表について

      当社は、唯一の子会社でありました室町(上海)商貿有限公司が2019年11月末日をもって清算いたしましたので、
     当連結会計年度末において、連結子会社はありません。このことにより、当連結会計年度に関わる連結貸借対照表は
     作成しておりません。
      連結株主資本等変動計算書については連結貸借対照表を作成していないため、当連結会計年度末残高は貸借対照表
     の数値を記載しております。
      また、連結キャッシュ・フロー計算書については連結貸借対照表を作成していないため、当連結会計年度に関わる
     「現金及び現金同等物の期末残高」は個別財務諸表ベースの数値を記載しております。
      なお、第2四半期会計期間及び第2四半期累計期間については、連結子会社が存在しないため、四半期連結財務諸表
     は作成しておりません。
                                 62/150







                                                          EDINET提出書類
                                                     室町ケミカル株式会社(E36350)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    1 【連結財務諸表等】
     (1) 【連結財務諸表】
      ①  【連結貸借対照表】
                                    (単位:千円)
                                前連結会計年度
                                (2019年5月31日)
     資産の部
      流動資産
                                     ※1  613,958
        現金及び預金
        受取手形及び売掛金                              1,165,081
                                     ※2  183,827
        電子記録債権
        商品及び製品                               255,974
        仕掛品                                73,940
        原材料及び貯蔵品                               294,331
                                        38,701
        その他
        流動資産合計                              2,625,815
      固定資産
        有形固定資産
                                    ※1  1,364,112
         建物及び構築物
                                      △ 610,690
          減価償却累計額
          建物及び構築物(純額)                             753,422
                                    ※1  1,486,944
         機械装置及び運搬具
                                     △ 1,010,375
          減価償却累計額
          機械装置及び運搬具(純額)                             476,568
         工具、器具及び備品
                                       320,817
                                      △ 256,364
          減価償却累計額
          工具、器具及び備品(純額)                             64,453
                                     ※1  379,056
         土地
         リース資産                               3,720
                                       △ 1,674
          減価償却累計額
          リース資産(純額)                              2,046
         建設仮勘定
                                        2,545
                                        2,837
         その他
         有形固定資産合計                             1,680,928
        無形固定資産
                                        25,691
         ソフトウエア
         無形固定資産合計                               25,691
        投資その他の資産
                                     ※1  49,442
         投資有価証券
         長期貸付金                               1,652
         繰延税金資産                              116,871
                                       118,940
         その他
         投資その他の資産合計                              286,906
        固定資産合計                              1,993,526
      資産合計                                4,619,342
                                 63/150





                                                          EDINET提出書類
                                                     室町ケミカル株式会社(E36350)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                                    (単位:千円)
                                前連結会計年度
                                (2019年5月31日)
     負債の部
      流動負債
                                     ※1  431,687
        支払手形及び買掛金
        電子記録債務                               158,528
                                   ※1 ,※3  488,000
        短期借入金
                                     ※1  817,081
        1年内返済予定の長期借入金
        リース債務                                  803
        未払法人税等                                  569
        賞与引当金                               169,600
                                       262,918
        その他
        流動負債合計                              2,329,188
      固定負債
                                    ※1  1,938,246
        長期借入金
        リース債務                                1,406
        役員退職慰労引当金                               105,920
        退職給付に係る負債                                16,140
        資産除去債務                                42,077
                                        3,971
        その他
        固定負債合計                              2,107,761
      負債合計                                4,436,950
     純資産の部
      株主資本
        資本金                                60,000
        利益剰余金                               514,554
                                      △ 412,341
        自己株式
        株主資本合計                               162,213
      その他の包括利益累計額
        その他有価証券評価差額金                                13,285
                                        6,893
        為替換算調整勘定
        その他の包括利益累計額合計                                20,179
      純資産合計                                 182,392
     負債純資産合計                                 4,619,342
                                 64/150









                                                          EDINET提出書類
                                                     室町ケミカル株式会社(E36350)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      ②  【連結損益計算書及び連結包括利益計算書】
       【連結損益計算書】
                                                   (単位:千円)
                                前連結会計年度              当連結会計年度
                                (自 2018年6月1日              (自 2019年6月1日
                                至 2019年5月31日)               至 2020年5月31日)
     売上高                                 5,420,018              5,280,306
                                    ※1  3,954,436            ※1  3,695,414
     売上原価
     売上総利益                                 1,465,582              1,584,891
     返品調整引当金繰入額
                                        2,883                ―
                                        3,236              2,124
     返品調整引当金戻入額
     差引売上総利益                                 1,465,935              1,587,016
     販売費及び一般管理費
      役員報酬                                 109,440              114,490
      役員退職慰労引当金繰入額                                  5,250              13,050
      給料及び手当                                 466,009              439,524
      賞与引当金繰入額                                 87,323              102,313
      退職給付費用                                 13,457              13,895
      法定福利費及び厚生費                                 114,607              112,018
      減価償却費                                 38,668              30,541
                                     ※2  30,358            ※2  25,624
      研究開発費
                                       483,446              436,518
      その他
      販売費及び一般管理費合計                                1,348,562              1,287,975
     営業利益                                  117,373              299,040
     営業外収益
      受取利息                                    54              25
      受取配当金                                  1,311              1,300
      補助金収入                                    ―            23,750
      為替差益                                    ―             1,550
      保険返戻金                                  7,602                ―
                                        4,623              6,997
      その他
      営業外収益合計                                 13,591              33,623
     営業外費用
      支払利息                                 33,039              30,666
      為替差損                                  2,043                ―
      支払手数料                                    ―            19,800
                                        4,885              10,346
      その他
      営業外費用合計                                 39,968              60,812
     経常利益                                   90,996              271,851
     特別利益
                                       ※3  746          ※3  36,532
      固定資産売却益
      投資有価証券売却益                                  1,382                ―
                                          ―            64,293
      保険解約返戻金
      特別利益合計                                  2,128             100,826
     特別損失
                                      ※4  6,695
      固定資産売却損                                                  ―
                                      ※5  5,225           ※5  65,403
      固定資産除却損
                                     ※6  137,173            ※6  296,634
      減損損失
      特別損失合計                                 149,095              362,037
                                 65/150




                                                          EDINET提出書類
                                                     室町ケミカル株式会社(E36350)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                                                   (単位:千円)
                                前連結会計年度              当連結会計年度
                                (自 2018年6月1日              (自 2019年6月1日
                                至 2019年5月31日)               至 2020年5月31日)
     税金等調整前当期純利益又は税金等調整前当期純損
                                      △ 55,969              10,639
     失(△)
     法人税、住民税及び事業税
                                        1,138              1,127
                                      △ 86,021             △ 22,058
     法人税等調整額
     法人税等合計                                  △ 84,882             △ 20,930
     当期純利益                                   28,913              31,570
     親会社株主に帰属する当期純利益                                   28,913              31,570
       【連結包括利益計算書】

                                                   (単位:千円)
                                前連結会計年度              当連結会計年度
                                (自 2018年6月1日              (自 2019年6月1日
                                至 2019年5月31日)               至 2020年5月31日)
     当期純利益                                   28,913              31,570
     その他の包括利益
      その他有価証券評価差額金                                 △ 3,547             △ 3,279
                                        △ 706            △ 6,893
      為替換算調整勘定
                                     ※1   △  4,253          ※1   △  10,173
      その他の包括利益合計
     包括利益                                   24,659              21,397
     (内訳)
      親会社株主に係る包括利益                                 24,659              21,397
      非支配株主に係る包括利益                                    ―              ―
                                 66/150












                                                          EDINET提出書類
                                                     室町ケミカル株式会社(E36350)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      ③  【連結株主資本等変動計算書】
       前連結会計年度(自 2018年6月1日 至 2019年5月31日)
                                          (単位:千円)
                             株主資本
                 資本金        利益剰余金         自己株式        株主資本合計
    当期首残高               60,000        486,841        △ 412,341         134,499
    当期変動額
     剰余金の配当                      △ 1,200                △ 1,200
     親会社株主に帰属
                            28,913                 28,913
     する当期純利益
     株主資本以外の項目
     の当期変動額(純
     額)
    当期変動額合計                 ―       27,713          ―       27,713
    当期末残高               60,000        514,554        △ 412,341         162,213
                      その他の包括利益累計額

                                          純資産合計
               その他有価証券                 その他の包括利益
                       為替換算調整勘定
                評価差額金                 累計額合計
    当期首残高               16,833         7,600        24,433        158,933
    当期変動額
     剰余金の配当                                        △ 1,200
     親会社株主に帰属
                                             28,913
     する当期純利益
     株主資本以外の項目
                   △ 3,547         △ 706       △ 4,253        △ 4,253
     の当期変動額(純
     額)
    当期変動額合計               △ 3,547         △ 706       △ 4,253        23,459
    当期末残高               13,285         6,893        20,179        182,392
                                 67/150











                                                          EDINET提出書類
                                                     室町ケミカル株式会社(E36350)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       当連結会計年度(自 2019年6月1日 至 2020年5月31日)
                                                  (単位:千円)
                                  株主資本
                 資本金        資本剰余金         利益剰余金         自己株式        株主資本合計
    当期首残高               60,000          ―      514,554        △ 412,341         162,213
    当期変動額
     剰余金の配当                               △ 1,200                △ 1,200
     連結子会社の清算                                5,963                 5,963
     親会社株主に帰属
                                     31,570                 31,570
     する当期純利益
     自己株式の処分                      △ 20,517                 64,217         43,700
     自己株式処分差損の
                            20,517        △ 20,517                   ―
     振替
     自己株式の消却                      △ 158,852                 158,852           ―
     利益剰余金から
                            158,852        △ 158,852                   ―
     資本剰余金への振替
     株主資本以外の項目
     の当期変動額(純
     額)
    当期変動額合計                 ―         ―      △ 143,035         223,070         80,034
    当期末残高               60,000          ―      371,518        △ 189,271         242,247
                      その他の包括利益累計額

                                          純資産合計
               その他有価証券                 その他の包括利益
                       為替換算調整勘定
                評価差額金                 累計額合計
    当期首残高               13,285         6,893        20,179        182,392
    当期変動額
     剰余金の配当                                        △ 1,200
     連結子会社の清算                                        5,963
     親会社株主に帰属
                                             31,570
     する当期純利益
     自己株式の処分                                        43,700
     自己株式処分差損の
                                               ―
     振替
     自己株式の消却                                          ―
     利益剰余金から
                                               ―
     資本剰余金への振替
     株主資本以外の項目
                   △ 3,279        △ 6,893       △ 10,173        △ 10,173
     の当期変動額(純
     額)
    当期変動額合計               △ 3,279        △ 6,893       △ 10,173         69,860
    当期末残高               10,006          ―       10,006        252,253
                                 68/150







                                                          EDINET提出書類
                                                     室町ケミカル株式会社(E36350)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      ④  【連結キャッシュ・フロー計算書】
                                                   (単位:千円)
                                前連結会計年度              当連結会計年度
                                (自 2018年6月1日              (自 2019年6月1日
                                至 2019年5月31日)               至 2020年5月31日)
     営業活動によるキャッシュ・フロー
      税金等調整前当期純利益又は税金等調整前当期
                                      △ 55,969              10,639
      純損失(△)
      減価償却費                                 270,506              218,295
      減損損失                                 137,173              296,634
      賞与引当金の増減額(△は減少)                                 52,483              23,479
      その他の引当金の増減額(△は減少)                                 △ 2,699              12,770
      受取利息及び受取配当金                                 △ 1,365             △ 1,325
      支払利息                                 33,039              30,666
      固定資産除却損                                  5,225              65,403
      固定資産売却損益(△は益)                                  5,949             △ 36,532
      売上債権の増減額(△は増加)                                △ 85,720             △ 455,555
      たな卸資産の増減額(△は増加)                                △ 45,040             △ 111,158
      仕入債務の増減額(△は減少)                                △ 67,779             △ 12,797
      退職給付に係る負債の増減額(△は減少)                                 △ 1,440              △ 548
      その他の資産の増減額(△は増加)                                 52,154              △ 5,573
                                        77,430              84,981
      その他の負債の増減額(△は減少)
      小計                                 373,948              119,380
      利息及び配当金の受取額
                                        1,365              1,325
      利息の支払額                                △ 32,943             △ 32,083
      法人税等の支払額                                 △ 2,662              △ 767
                                        2,386              1,066
      法人税等の還付額
      営業活動によるキャッシュ・フロー                                 342,095               88,920
     投資活動によるキャッシュ・フロー
      有形固定資産の取得による支出                                △ 361,939              △ 58,864
      有形固定資産の売却による収入                                   560            155,160
      有形固定資産の除却による支出                                    ―           △ 23,029
      無形固定資産の売却による収入                                    50              ―
      投資有価証券の取得による支出                                 △ 1,927             △ 1,968
      投資有価証券の売却による収入                                 52,943                ―
      保険積立金の解約による収入                                    ―            64,293
      貸付けによる支出                                 △ 1,935              △ 270
                                         953             1,375
      貸付金の回収による収入
      投資活動によるキャッシュ・フロー                                △ 311,293              136,697
                                 69/150








                                                          EDINET提出書類
                                                     室町ケミカル株式会社(E36350)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                                                   (単位:千円)
                                前連結会計年度              当連結会計年度
                                (自 2018年6月1日              (自 2019年6月1日
                                至 2019年5月31日)               至 2020年5月31日)
     財務活動によるキャッシュ・フロー
      短期借入金の純増減額(△は減少)                                △ 30,000             1,162,000
      長期借入れによる収入                                 900,000             1,650,000
      長期借入金の返済による支出                                △ 890,587            △ 2,811,735
      リース債務の返済による支出                                  △ 803             △ 537
      配当金の支払額                                 △ 1,200             △ 1,200
                                          ―            43,700
      自己株式の処分による収入
      財務活動によるキャッシュ・フロー                                △ 22,590              42,227
     現金及び現金同等物に係る換算差額                                   △ 655             △ 854
     現金及び現金同等物の増減額(△は減少)                                   7,554             266,991
     現金及び現金同等物の期首残高                                  606,403              613,958
                                     ※1  613,958            ※1  880,950
     現金及び現金同等物の期末残高
                                 70/150















                                                          EDINET提出書類
                                                     室町ケミカル株式会社(E36350)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      【注記事項】
       (連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項)
     前連結会計年度(自 2018年6月1日 至 2019年5月31日)
     1 連結の範囲に関する事項
      すべての子会社を連結しております。
       連結子会社の数
        1社
       連結子会社の名称
        室町(上海)商貿有限公司
     2 持分法の適用に関する事項

      該当事項はありません。
     3 連結子会社の事業年度等に関する事項

      連結子会社である室町(上海)商貿有限公司の決算日は、12月31日であります。連結財務諸表の作成にあたっては
     3月31日を仮決算日として作成しております。
     4 会計方針に関する事項

      (1)  重要な資産の評価基準及び評価方法
       ①  有価証券
        その他有価証券
         時価のあるもの
          決算期末日の市場価格等に基づく時価法(評価差額は、全部純資産直入法により処理し、売却原価は、移動
         平均法により算定)
         時価のないもの
          主として移動平均法による原価法
       ②  たな卸資産

         通常の販売目的で保有するたな卸資産
          評価基準は原価法(収益性の低下による簿価切下げの方法)
        a.  商品・原材料・貯蔵品
         主として総平均法
        b.  製品・仕掛品

         主として総平均法
      (2)  重要な減価償却資産の減価償却の方法

       ①  有形固定資産(リース資産を除く)
        定率法を採用しております。ただし、1998年4月1日以降に取得した建物(建物附属設備は除く)並びに2016年4月
       1日以降に取得した建物附属設備及び構築物については、定額法を採用しております。
        なお、主な耐用年数は次のとおりであります。
          建物及び構築物               8~45年
          機械装置及び運搬具           5~12年
                                 71/150




                                                          EDINET提出書類
                                                     室町ケミカル株式会社(E36350)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       ②  無形固定資産(リース資産を除く)
        定額法を採用しております。
        なお、主な償却年数は次のとおりであります。
          ソフトウエア                    5年
       ③  リース資産

        所有権移転外ファイナンス・リース取引に係るリース資産
         リース期間を耐用年数とし、残存価額を零とする定額法を採用しております。
      (3)  重要な引当金の計上基準

       ①  賞与引当金
        従業員に対して支給する賞与の支出に充てるため、支給見込額に基づき当連結会計年度に見合う分を計上して
       おります。
       ②  役員退職慰労引当金

        役員の退職慰労金の支出に備えるため、役員退職慰労金規程に基づく期末要支給額を計上しております。
      (4)  退職給付に係る会計処理の方法

        従業員の退職給付に備えるため、当連結会計年度末における退職給付債務から中小企業退職金共済からの給付
       見込額を控除した額を退職給付に係る負債として計上しております。なお、退職給付に係る負債及び退職給付費
       用の計算に、退職給付に係る期末自己都合要支給額を退職給付債務とする方法を用いた簡便法を適用しておりま
       す。
      (5)  重要な外貨建の資産又は負債の本邦通貨への換算の基準

        外貨建金銭債権債務は、連結決算日の直物為替相場により円貨に換算し、換算差額は損益として処理しており
       ます。なお、在外子会社の資産及び負債並びに収益及び費用は、連結決算日の直物為替相場により円貨に換算
       し、換算差額は純資産の部における為替換算調整勘定に含めております。
      (6)  連結キャッシュ・フロー計算書における資金の範囲

        手許現金、随時引き出し可能な預金及び容易に換金可能であり、かつ、価値の変動について僅少なリスクしか
       負わない取得日から3か月以内に償還期限の到来する短期的な投資からなっております。
      (7)  その他連結財務諸表作成のための重要な事項

        消費税等の会計処理
         消費税及び地方消費税の会計処理は、税抜方式によっております。
                                 72/150







                                                          EDINET提出書類
                                                     室町ケミカル株式会社(E36350)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     当連結会計年度(自 2019年6月1日 至 2020年5月31日)
     1 連結の範囲に関する事項
      連結子会社であった室町(上海)商貿有限公司は2019年11月末にて清算しております。従って、当連結会計年度に
     おいては、連結損益計算書、連結包括利益計算書、連結株主資本等変動計算書及び連結キャッシュ・フロー計算書の
     み作成しております。
     2 持分法の適用に関する事項

      該当事項はありません。
     3 連結子会社の事業年度等に関する事項

      連結子会社であった室町(上海)商貿有限公司の決算日は12月31日ですが、清算結了日である2019年11月30日まで
     を連結の対象としております。
     4 会計方針に関する事項

      (1)  重要な資産の評価基準及び評価方法
       ①  有価証券
        その他有価証券
         時価のあるもの
          決算期末日の市場価格等に基づく時価法(評価差額は、全部純資産直入法により処理し、売却原価は、移動
         平均法により算定)
         時価のないもの
          主として移動平均法による原価法
       ②  たな卸資産

        通常の販売目的で保有するたな卸資産
         評価基準は原価法(収益性の低下による簿価切下げの方法)
        a.  商品・原材料・貯蔵品
         主として総平均法
        b.  製品・仕掛品

         主として総平均法
      (2)  重要な減価償却資産の減価償却の方法

       ①  有形固定資産(リース資産を除く)
        定率法を採用しております。ただし、1998年4月1日以降に取得した建物(建物附属設備は除く)並びに2016年4月
       1日以降に取得した建物附属設備及び構築物については、定額法を採用しております。
        なお、主な耐用年数は次のとおりであります。
          建物及び構築物               8~45年
          機械装置及び運搬具           5~12年
       ②  無形固定資産(リース資産を除く)

        定額法を採用しております。
        なお、主な償却年数は次のとおりであります。
          ソフトウエア                    5年
       ③  リース資産

        所有権移転外ファイナンス・リース取引に係るリース資産
         リース期間を耐用年数とし、残存価額を零とする定額法を採用しております。
                                 73/150


                                                          EDINET提出書類
                                                     室町ケミカル株式会社(E36350)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      (3)  重要な引当金の計上基準
       ①  賞与引当金
        従業員に対して支給する賞与の支出に充てるため、支給見込額に基づき当連結会計年度に見合う分を計上して
       おります。
       ②  役員退職慰労引当金

        役員の退職慰労金の支出に備えるため、役員退職慰労金規程に基づく期末要支給額を計上しております。
      (4)  退職給付に係る会計処理の方法

        従業員の退職給付に備えるため、当連結会計年度末における退職給付債務から中小企業退職金共済からの給付
       見込額を控除した額を退職給付に係る負債として計上しております。なお、退職給付に係る負債及び退職給付費
       用の計算に、退職給付に係る期末自己都合要支給額を退職給付債務とする方法を用いた簡便法を適用しておりま
       す。
      (5)  重要な外貨建の資産又は負債の本邦通貨への換算の基準

        外貨建金銭債権債務は、連結決算日の直物為替相場により円貨に換算し、換算差額は損益として処理しており
       ます。なお、在外子会社の資産及び負債並びに収益及び費用は、連結決算日の直物為替相場により円貨に換算し
       ております。
      (6)  連結キャッシュ・フロー計算書における資金の範囲

        手許現金、随時引き出し可能な預金及び容易に換金可能であり、かつ、価値の変動について僅少なリスクしか
       負わない取得日から3か月以内に償還期限の到来する短期的な投資からなっております。
      (7)  その他連結財務諸表作成のための重要な事項

        消費税等の会計処理
         消費税及び地方消費税の会計処理は、税抜方式によっております。
                                 74/150











                                                          EDINET提出書類
                                                     室町ケミカル株式会社(E36350)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       (未適用の会計基準等)
     前連結会計年度(自 2018年6月1日 至 2019年5月31日)
     ・「収益認識に関する会計基準」(企業会計基準第29号 2020年3月31日 企業会計基準委員会)
     ・「収益認識に関する会計基準の適用指針」(企業会計基準適用指針第30号 2020年3月31日 企業会計基準委員会)
      (1)概要

       本会計基準等は、収益認識に関する包括的な会計基準であり、その基本となる原則は、約束した財又はサービス
      の顧客への移転を当該財又はサービスと交換に企業が権利を得ると見込む対価の額で描写するように、収益を認識
      することであります。
       基本となる原則に従って収益を認識するために、次の5つのステップを適用します。
        ステップ1:顧客との契約を識別する。
        ステップ2:契約における履行義務を識別する。
        ステップ3:取引価格を算定する。
        ステップ4:契約における履行義務に取引価格を配分する。
        ステップ5:履行義務を充足した時に又は充足するにつれて収益を認識する。
      (2)適用予定日

        2022年5月期の期首から適用します。
      (3)当該会計基準等の適用による影響

        「収益認識に関する会計基準」等の適用による連結財務諸表に与える影響額については、現時点で評価中であ
       ります。
     当連結会計年度(自 2019年6月1日 至 2020年5月31日)

     ・「収益認識に関する会計基準」(企業会計基準第29号 2020年3月31日 企業会計基準委員会)
     ・「収益認識に関する会計基準の適用指針」(企業会計基準適用指針第30号 2020年3月31日 企業会計基準委員会)
      (1)概要

       本会計基準等は、収益認識に関する包括的な会計基準であり、その基本となる原則は、約束した財又はサービス
      の顧客への移転を当該財又はサービスと交換に企業が権利を得ると見込む対価の額で描写するように、収益を認識
      することであります。
       基本となる原則に従って収益を認識するために、次の5つのステップを適用します。
        ステップ1:顧客との契約を識別する。
        ステップ2:契約における履行義務を識別する。
        ステップ3:取引価格を算定する。
        ステップ4:契約における履行義務に取引価格を配分する。
        ステップ5:履行義務を充足した時に又は充足するにつれて収益を認識する。
      (2)適用予定日

        2022年5月期の期首から適用します。
      (3)当該会計基準等の適用による影響

        「収益認識に関する会計基準」等の適用による連結財務諸表に与える影響額については、現時点で評価中であ
       ります。
                                 75/150




                                                          EDINET提出書類
                                                     室町ケミカル株式会社(E36350)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       (追加情報)
     前連結会計年度(自 2018年6月1日 至 2019年5月31日)
      該当事項はありません。
     当連結会計年度(自 2019年6月1日 至 2020年5月31日)

      該当事項はありません。
       (連結貸借対照表関係)

    ※1  担保資産及び担保付債務
      担保に供している資産及び担保付債務は次のとおりであります。
                              前連結会計年度

                              (2019年5月31日)
        現金及び預金                         33,000   千円
        建物及び構築物                         321,425    千円
        機械装置及び運搬具                         320,625    千円
        土地                         289,222    千円
        投資有価証券                         36,683   千円
        計                        1,000,957     千円
                              前連結会計年度

                              (2019年5月31日)
        短期借入金                         348,000    千円
        長期借入金
                                1,436,319     千円
        (1年内返済予定の長期借入金を含む)
        買掛金                         22,674   千円
        計                        1,806,993     千円
    ※2  受取手形及び電子記録債権割引高

                              前連結会計年度

                              (2019年5月31日)
        電子記録債権割引高                         261,719千円
    ※3  当社は、短期運転資金を機動的かつ安定的に調達するため取引銀行4行と当座借越契約を締結しております。これら

     の契約に基づく連結会計年度末の借入未実行残高は次のとおりであります。
                              前連結会計年度

                              (2019年5月31日)
        当座借越極度額の総額                         900,000    千円
        借入実行残高                         488,000    千円
        差引額                         412,000    千円
                                 76/150






                                                          EDINET提出書類
                                                     室町ケミカル株式会社(E36350)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       (連結損益計算書関係)
    ※1  期末たな卸高は収益性の低下による簿価切下後の金額であり、次のたな卸資産評価損が売上原価に含まれておりま
      す。
                前連結会計年度                          当連結会計年度

               (自    2018年6月1日                       (自    2019年6月1日
                至   2019年5月31日)                        至   2020年5月31日)
                    66,928千円                           283千円
    ※2  一般管理費に含まれる研究開発費の総額は、次のとおりであります。

                              前連結会計年度                 当連結会計年度

                             (自    2018年6月1日              (自    2019年6月1日
                             至   2019年5月31日)               至   2020年5月31日)
        研究開発費                         30,358   千円              25,624   千円
    ※3  固定資産売却益の内容は、次のとおりであります。

                              前連結会計年度                 当連結会計年度

                             (自    2018年6月1日              (自    2019年6月1日
                             至   2019年5月31日)               至   2020年5月31日)
        機械装置及び運搬具                           246  千円                87 千円
        工具、器具及び備品                           499  千円                - 千円
        土地                           - 千円              36,445   千円
        合計                           746  千円              36,532   千円
    ※4  固定資産売却損の内容は、次のとおりであります。

                              前連結会計年度                 当連結会計年度

                             (自    2018年6月1日              (自    2019年6月1日
                             至   2019年5月31日)               至   2020年5月31日)
        工具、器具及び備品                           400  千円                - 千円
        ソフトウエア                          6,295   千円                - 千円
        合計                          6,695   千円                - 千円
    ※5  固定資産除却損の内容は、次のとおりであります。

                              前連結会計年度                 当連結会計年度

                             (自    2018年6月1日              (自    2019年6月1日
                             至   2019年5月31日)               至   2020年5月31日)
        建物及び構築物                          4,408   千円              57,089   千円
        機械装置及び運搬具                            0 千円              2,977   千円
        工具、器具及び備品                           816  千円               617  千円
        ソフトウエア                           - 千円              2,333   千円
        建物解体費用                           - 千円              2,385   千円
        合計                          5,225   千円              65,403   千円
                                 77/150






                                                          EDINET提出書類
                                                     室町ケミカル株式会社(E36350)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    ※6  減損損失
     前連結会計年度(自           2018年6月1日        至   2019年5月31日)
      前連結会計年度において、当社グループは以下の資産グループについて減損損失を計上しております。
            場所             用途                     種類
                                 建物及び構築物、機械装置及び運搬具、
        福岡県大牟田市          医薬品ゼリー製剤製造設備
                                 工具、器具及び備品
      当社グループは、原則として、商材を基準としてグルーピングを行っております。
      医薬品ゼリー製剤の事業計画との乖離があり、回収可能性の見込みが立たないことから、資産について回収可能価
     額が帳簿価額を下回った資産グループの帳簿価額を回収可能価額まで減額し、当該減少額を減損損失(137,173千円)
     として特別損失に計上しました。その内訳は、建物及び構築物47,241千円、機械装置及び運搬具87,596千円、工具、
     器具及び備品2,335千円であります。
      なお、回収可能価額は使用価値により測定しており、将来キャッシュ・フローがマイナスの場合は回収可能価額を
     零とみなしております。
     当連結会計年度(自           2019年6月1日        至   2020年5月31日)

      当連結会計年度において、当社グループは以下の資産グループについて減損損失を計上しております。
            場所             用途                     種類
                                 建物及び構築物、機械装置及び運搬具、
        ①福岡県大牟田市          医薬品合成設備
                                 工具、器具及び備品
        ②福岡県大牟田市          健康食品錠剤製造設備               建物及び構築物、機械装置及び運搬具
      当社グループは、原則として、商材を基準としてグルーピングを行っております。
      上記資産グループについて、減損損失の認識に至った経緯等は次のとおりであります。
      ①  医薬品合成の事業計画との乖離があり、回収可能性の見込みが立たないことから、資産について回収可能価額が
       帳簿価額を下回った資産グループの帳簿価額を回収可能価額まで減額し、当該減少額を減損損失(288,125千円)
       として特別損失に計上しました。その内訳は、建物及び構築物144,769千円、機械装置及び運搬具134,194千円、
       工具、器具及び備品9,161千円であります。
       回収可能価額は使用価値により測定しており、将来キャッシュ・フローを8.00%で割り引いて算定しておりま
       す。
      ②  健康食品における錠剤の事業縮小を決定したことに伴い、                            当連結会計年度において、全額減損損失(8,508千
       円)  として特別損失に計上しました。その内訳は、建物及び構築物864千円、機械装置及び運搬具7,644千円であ
       ります。
       なお、回収可能価額は使用価値により測定しており、将来キャッシュ・フローがマイナスの場合は回収可能価額
       を零とみなしております。
       (連結包括利益計算書関係)

    ※1  その他の包括利益に係る組替調整額及び税効果額
                                                   (単位:千円)
                              前連結会計年度                 当連結会計年度
                             (自    2018年6月1日              (自    2019年6月1日
                             至   2019年5月31日)               至   2020年5月31日)
        その他有価証券評価差額金
          当期発生額                          △3,705                 △4,667
                                  △1,382                   -
          組替調整額
            税効果調整前
                                  △5,088                 △4,667
                                   1,540                 1,387
            税効果額
            その他有価証券評価差額金                          △3,547                 △3,279
        為替換算調整勘定
                                   △706                △6,893
         当期発生額
               その他の包括利益合計                   △4,253                △10,173
                                 78/150



                                                          EDINET提出書類
                                                     室町ケミカル株式会社(E36350)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       (連結株主資本等変動計算書関係)
     前連結会計年度(自 2018年6月1日 至 2019年5月31日)
     1 発行済株式に関する事項
       株式の種類         当連結会計年度期首               増加           減少        当連結会計年度末
    普通株式(株)                1,010,000               -           -       1,010,000
     2 自己株式に関する事項

       株式の種類         当連結会計年度期首               増加           減少        当連結会計年度末
    普通株式(株)                 610,000              -           -        610,000
     3 配当に関する事項

      (1)  配当金支払額
                       配当金の総額        1株当たり配当額
        決議        株式の種類                            基準日        効力発生日
                         (千円)          (円)
    2018年8月30日
                普通株式            1,200           3  2018年5月31日         2018年8月31日
    定時株主総会
      (2)  基準日が当連結会計年度に属する配当のうち、配当の効力発生日が翌連結会計年度となるもの

                          配当金の総額        1株当たり
       決議      株式の種類      配当の原資                       基準日        効力発生日
                           (千円)      配当額(円)
    2019年8月29日
              普通株式      利益剰余金          1,200         3  2019年5月31日         2019年8月30日
    定時株主総会
     当連結会計年度(自 2019年6月1日 至 2020年5月31日)

     1 発行済株式に関する事項
       株式の種類         当連結会計年度期首               増加           減少        当連結会計年度末
    普通株式(株)                1,010,000               -        235,000           775,000
     (注)普通株式の減少235,000株は、自己株式の消却によるものであります。
     2 自己株式に関する事項

       株式の種類         当連結会計年度期首               増加           減少        当連結会計年度末
    普通株式(株)                 610,000              -        330,000           280,000
     (注)普通株式の減少は、自己株式の消却によるものが235,000株、自己株式の処分によるものが95,000株であります。
     3 配当に関する事項

      (1)  配当金支払額
                       配当金の総額        1株当たり配当額
        決議        株式の種類                            基準日        効力発生日
                         (千円)          (円)
    2019年8月29日
                普通株式            1,200           3  2019年5月31日         2019年8月30日
    定時株主総会
      (2)  基準日が当連結会計年度に属する配当のうち、配当の効力発生日が翌連結会計年度となるもの

                          配当金の総額        1株当たり
       決議      株式の種類      配当の原資                       基準日        効力発生日
                           (千円)      配当額(円)
    2020年8月27日
              普通株式      利益剰余金          1,485         3  2020年5月31日         2020年8月28日
    定時株主総会
                                 79/150




                                                          EDINET提出書類
                                                     室町ケミカル株式会社(E36350)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       (連結キャッシュ・フロー計算書関係)
    ※1  現金及び現金同等物の期末残高と連結貸借対照表に掲記されている科目の金額との関係は、次のとおりでありま
      す。
                              前連結会計年度                 当連結会計年度

                             (自    2018年6月1日              (自    2019年6月1日
                             至   2019年5月31日)               至   2020年5月31日)
        現金及び預金                         613,958    千円             880,950    千円
        預入期間が3か月を超える定期預金                           - 千円                - 千円
        現金及び現金同等物                         613,958    千円             880,950    千円
       (リース取引関係)

     前連結会計年度(2019年5月31日)
     1 ファイナンス・リース取引
      重要性が乏しいため記載を省略しております。
     2 オペレーティング・リース取引

      (借主側)
       オペレーティング・リース取引のうち解約不能のものに係る未経過リース料
       1年内                          9,504   千円
       1年超                         18,217   千円
       合計                         27,722   千円
     当連結会計年度(2020年5月31日)

     当連結会計年度については、連結貸借対照表を作成していないため、財務諸表の注記事項として記載しております。
                                 80/150











                                                          EDINET提出書類
                                                     室町ケミカル株式会社(E36350)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       (金融商品関係)
     前連結会計年度(自 2018年6月1日 至 2019年5月31日)
     1 金融商品の状況に関する事項
      (1)   金融商品に対する取組方針
        当社グループは、主に医薬品・健康食品の製造販売事業を行うための設備投資計画に照らして、必要な資金(主
       に銀行借入)を調達しております。短期的な運転資金を銀行借入により調達しております。デリバティブ取引は行
       わない方針であります。
      (2)  金融商品の内容及びそのリスク

        営業債権である受取手形、電子記録債権及び売掛金は、顧客の信用リスクに晒されております。投資有価証券
       は、主に取引先企業との業務に関連する株式であり、市場価格の変動リスクに晒されております。
        営業債務である支払手形、電子記録債務及び買掛金は、ほとんど1年以内の支払期日であります。借入金及び
       ファイナンス・リース取引に係るリース債務は、主に設備投資に必要な資金の調達を目的としたものであり、償
       還日は決算日後、最長で5年後であります。
      (3)  金融商品に係るリスク管理体制

       ①  信用リスク(取引先の契約不履行等に係るリスク)の管理
        当社は、受取手形、電子記録債権及び売掛金に係る顧客の信用リスクは、与信管理規程に沿ってリスク低減を
       図っております。業務推進部が主要な取引先の状況を定期的にモニタリングし、取引相手ごとに期日及び残高を
       管理するとともに、財務状況等の悪化等による回収懸念の早期把握や軽減を図っております。
       ②  市場リスクの管理

        投資有価証券については、定期的に時価や発行体(取引先企業)の財務状況等を把握し、また、取引先企業との
       関係を勘案して保有状況を継続的に見直しております。
       ③  資金調達に係る流動性リスク(支払期日に支払いを実行できなくなるリスク)の管理

        当社は、各部署からの報告に基づき経理部が適時に資金繰計画を作成・更新するとともに、手許流動性を連結
       売上高の1.5か月分相当に維持することなどにより、流動性リスクを管理しております。
      (4)  金融商品の時価等に関する事項についての補足説明

        金融商品の時価には、市場価格に基づく価額のほか、市場価格がない場合には合理的に算定された価額が含ま
       れております。当該価額の算定においては変動要因を織り込んでいるため、異なる前提条件等を採用することに
       より、当該価額が変動することもあります。
      (5)  信用リスクの集中

        当期の連結決算日現在における営業債権のうち47%が特定の大口顧客に対するものであります。
                                 81/150







                                                          EDINET提出書類
                                                     室町ケミカル株式会社(E36350)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     2 金融商品の時価等に関する事項
      連結貸借対照表計上額、時価及びこれらの差額については、次のとおりであります。なお、時価を把握することが
     極めて困難と認められるものは、次表には含めておりません((注2)を参照ください。)。
                       連結貸借対照表計上額                時価            差額

                          (千円)            (千円)            (千円)
    (1) 現金及び預金                         613,958            613,958               -
    (2) 受取手形及び売掛金                        1,165,081            1,165,081                -
    (3)  電子記録債権
                              183,827            183,827               -
    (4)  投資有価証券
                              49,040            49,040              -
           資産計                  2,011,908            2,011,908                -
    (1) 支払手形及び買掛金                         431,687            431,687               -
    (2)  電子記録債務
                              158,528            158,528               -
    (3)  短期借入金
                              488,000            488,000               -
    (4)  長期借入金
                             2,755,327            2,749,199             △6,127
           負債計                  3,833,543            3,827,415             △6,127
    (注1)   金融商品の時価の算定方法並びに有価証券及びデリバティブ取引に関する事項
     資   産
      (1)  現金及び預金、(2)         受取手形及び売掛金、並びに(3)電子記録債権
        これらはすべて短期で決済されるため、時価は帳簿価額と近似していることから、当該帳簿価額によっており
       ます。
      (4)  投資有価証券

        これらの時価について、株式は取引所の価格によっております。
        また、保有目的ごとの有価証券に関する注記事項については、「有価証券関係」注記を参照ください。 
     負   債

      (1)  支払手形及び買掛金、(2)            電子記録債務、並びに(3)            短期借入金
        これらはすべて短期で決済されるものであるため、時価は帳簿価額と近似していることから、当該帳簿価額に
       よっております。
      (4)  長期借入金

        これらの時価については、元利金の合計額を、新規に同様の借入を行った場合に想定される利率で割り引いた
       現在価値により算定しております。なお、1年内返済予定の金額を含めて記載しております。
    (注2)   時価を把握することが極めて困難と認められる金融商品の連結貸借対照表計上額

                          (単位:千円)
          区分            2019年5月31日
        非上場株式                401
       これらについては、市場価格がなく、時価を把握することが極めて困難と認められることから、「(4)投資有価証
      券」には含めておりません。
                                 82/150







                                                          EDINET提出書類
                                                     室町ケミカル株式会社(E36350)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    (注3)   金銭債権の連結決算日後の償還予定額
                                       1年超       5年超
                               1年以内                      10年超
                                       5年以内       10年以内
                                (千円)                      (千円)
                                       (千円)       (千円)
    現金及び預金                            613,958          -       -       -
    受取手形及び売掛金                           1,165,081           -       -       -
    電子記録債権                            183,827          -       -       -
                合計                1,962,867           -       -       -
    (注4)   長期借入金、リース債務及びその他の有利子負債の連結決算日後の返済予定額

                         1年超       2年超       3年超       4年超
                 1年以内                                     5年超
                        2年以内       3年以内       4年以内       5年以内
                 (千円)                                    (千円)
                        (千円)       (千円)       (千円)       (千円)
    短期借入金              488,000          -       -       -       -       -
    長期借入金              817,081       892,104       541,584       357,380       129,978        17,200
        合計         1,305,081        892,104       541,584       357,380       129,978        17,200
     当連結会計年度(自 2019年6月1日 至 2020年5月31日)

     当連結会計年度については、連結貸借対照表を作成していないため、財務諸表の注記事項として記載しております。
       (有価証券関係)

     1 その他有価証券
      前連結会計年度(2019年5月31日)
                       連結貸借対照表計上額               取得原価             差額
            区分
                          (千円)            (千円)            (千円)
    連結貸借対照表計上額が取得原価を
    超えるもの
     株式                          43,900            23,722            20,177
            小計                   43,900            23,722            20,177

    連結貸借対照表計上額が取得原価を
    超えないもの
     株式                           5,140            6,262           △1,122
            小計                   5,140            6,262           △1,122

            合計                   49,040            29,984            19,055

    (注)   非上場株式(連結貸借対照表計上額401千円)については、市場価格がなく、時価を把握することが極めて困難と
    認められることから、上表の「その他有価証券」には含めておりません。
      当連結会計年度(2020年5月31日)

     当連結会計年度については、連結貸借対照表を作成していないため、財務諸表の注記事項として記載しております。
                                 83/150






                                                          EDINET提出書類
                                                     室町ケミカル株式会社(E36350)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     2 連結会計年度中に売却したその他有価証券
      前連結会計年度(自         2018年6月1日 至         2019年5月31日)
                       売却額            売却益の合計額              売却損の合計額
          区分
                       (千円)              (千円)              (千円)
     株式                        3,595              1,507               -
     その他                       49,348                -             124

          合計                  52,943              1,507               124

      当連結会計年度(自         2019年6月1日 至         2020年5月31日)

      該当事項はありません。
       (退職給付関係)

     1 採用している退職給付制度の概要
      当社は、確定給付型の制度として退職金規程に基づく退職一時金制度を設けており、給付額の一部を中小企業退職
     金共済制度からの給付金で充当しています。なお、当社が有する退職一時金制度は、簡便法により退職給付に係る負
     債及び退職給付費用を計算しております。
     2 簡便法を適用した確定給付制度

      (1)  簡便法を適用した制度の、退職給付に係る負債の期首残高と期末残高の調整表
                                     (単位:千円)
                                 前連結会計年度
                                (自    2018年6月1日
                                 至   2019年5月31日)
      退職給付に係る負債の期首残高                                   22,480
       退職給付費用                                   519
       退職給付の支払額                                 △6,859
      退職給付に係る負債の期末残高                                   16,140
      (2)  退職給付債務及び年金資産の期末残高と連結貸借対照表に計上された退職給付に係る負債及び退職給付に係る

       資産の調整表
                                     (単位:千円)
                                 前連結会計年度
                                 (2019年5月31日)
      非積立型制度の退職給付債務                                  172,697
      中小企業退職金共済制度による支給見込額                                 △156,557
      連結貸借対照表に計上された負債と資産の純額                                   16,140
      当連結会計年度については、連結貸借対照表を作成していないため、財務諸表の注記事項として記載しておりま

     す。
      (3)  退職給付費用

        簡便法で計算した退職給付費用 前連結会計年度519千円  当連結会計年度2,730千円
     3 確定拠出制度

      当社の確定拠出制度への要拠出額は、前連結会計年度22,257千円、当連結会計年度20,036千円であります。
                                 84/150




                                                          EDINET提出書類
                                                     室町ケミカル株式会社(E36350)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       (ストック・オプション等関係)
     前連結会計年度(自 2018年6月1日 至 2019年5月31日)
       該当事項はありません。
     当連結会計年度(自 2019年6月1日 至 2020年5月31日)

     1 ストック・オプションにかかる費用計上額及び科目名
       当社は、ストック・オプションの付与時点においては未公開企業であり、ストック・オプション等の単位当たり
      の本源的価値は零のため、費用計上はしておりません。
     2 ストック・オプションの内容、規模及びその変動状況

      (1)  ストック・オプションの内容
    会社名                  提出会社
    決議年月日                  2020年5月20日
                       当社取締役6
    付与対象者の区分及び人数(名)
                       当社従業員54
    株式の種類及び付与数(株) (注)                  普通株式 433,850
    付与日                  2020年5月21日
                       新株予約権者は、権利行使時においても、当社又は当社子会社の取締役、監
                       査役、従業員、顧問、社外協力者の地位又はこれに準じた地位を有していな
                       ければならない。
    権利確定条件                  ただし、取締役及び監査役の任期満了による退任又は従業員の定年退職の場
                       合、又は取締役会が正当な理由があると認めた場合は、この限りではない。
                       その他の条件は、当社と新株予約権の割当てを受けた者との間で締結した
                       「第1回新株予約権割当契約書」で定めるところによる。
    対象勤務期間                  対象期間の定めなし。
    権利行使期間                  2022年3月14日~2030年3月13日
     (注)   株式数に換算して記載しております。なお、2020年10月15日付で普通株式1株につき5株の割合で株式分割を行っ
       ているため、当該株式分割による調整後の株数を記載しております。
      (2)  ストック・オプションの規模及びその変動状況

       ①  ストック・オプションの数
      会社名                          提出会社
      決議年月日                         2020年5月20日
      権利確定前(株)
       前連結会計年度末                                   -
       付与                                 433,850
       失効                                   -
       権利確定                                   -
       未確定残                                 433,850
      権利確定後(株)                                   -
       前連結会計年度末                                   -
       権利確定                                   -
       権利行使                                   -
       失効                                   -
       未行使残                                   -
     (注)   株式数に換算して記載しております。なお、2020年10月15日付で普通株式1株につき5株の割合で株式分割を行っ
       ているため、当該株式分割による調整後の株数を記載しております。
                                 85/150



                                                          EDINET提出書類
                                                     室町ケミカル株式会社(E36350)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       ②  単価情報
       会社名                          提出会社
       決議年月日                         2020年5月20日
       権利行使価格(円)                                   92
       行使時平均株価(円)                                   -
       付与日における公正な評価単価(株)                                   -
     (注)   2020年10月15日付で普通株式1株につき5株の割合で株式分割を行っているため、当該株式分割による調整後の価
       格を記載しております。
     3 当連結会計年度に付与されたストック・オプションの公正な評価単価の見積方法

       当社株式は未公開株式であるため、公正な評価単価を本源的価値により算定しております。
     4 ストック・オプションの権利確定数の見積方法

       基本的には、将来の失効数の合理的な見積りは困難であるため、実績の失効数のみ反映させる方法を採用してお
      ります。
     5 ストック・オプションの単位当たりの本源的価値により算定を行う場合の当連結会計年度末における本源的価値の

     合計額及び当連結会計年度において権利行使されたストック・オプションの権利行使日における本源的価値の合計額
      (1)  当連結会計年度末における本源的価値の合計額

       -千円
      (2)  当連結会計年度に権利行使されたストック・オプションの権利行使日における本源的価値の合計額

       該当事項はありません。
                                 86/150












                                                          EDINET提出書類
                                                     室町ケミカル株式会社(E36350)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       (税効果会計関係)
     1 繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別の内訳
        前連結会計年度(2019年5月31日)
                                     (単位:千円)
                                  前連結会計年度
                                  (2019年5月31日)
       繰延税金資産
        退職給付に係る負債                                 4,887
        賞与引当金                                 57,823
        役員退職慰労引当金                                 32,072
        減損損失                                 87,504
        税務上の繰越欠損金(注)1                                295,420
        資産除去債務                                 14,486
        関係会社株式評価損                                 40,299
        棚卸資産評価損                                 33,349
                                        19,040
        その他
       繰延税金資産小計                                584,884
        税務上の繰越欠損金に係る評価性引当額(注)1
                                      △295,420
                                      △144,111
        将来減算一時差異等の合計に係る評価性引当額
       評価性引当額小計                               △439,531
       繰延税金資産合計                                145,352
       繰延税金負債

        その他有価証券評価差額金                                △5,770
                                       △22,710
        その他
       繰延税金負債合計                                △28,481
       繰延税金資産純額                                116,871
        当連結会計年度(2020年5月31日)

       当連結会計年度については、連結貸借対照表を作成していないため、記載しておりません。
     (注)   1.税務上の繰越欠損金及びその繰延税金資産の繰越期限別の金額

        前連結会計年度(2019年5月31日)
                        1年超     2年超     3年超     4年超
                  1年以内                            5年超       合計
                        2年以内     3年以内     4年以内     5年以内
     税務上の繰越欠損金(a)                -     -     -   252,997      2,977     39,445      295,420千円
     評価性引当額                -     -     -  △252,997      △2,977     △39,445      △295,420千円
     繰延税金資産                -     -     -     -     -     -        -
       (a)  税務上の繰越欠損金は、法定実効税率を乗じた額であります。
        当連結会計年度(2020年5月31日)

       当連結会計年度の繰越欠損金解消額については、連結貸借対照表を作成していないため、記載しておりません。
                                 87/150






                                                          EDINET提出書類
                                                     室町ケミカル株式会社(E36350)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     2 法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との間に重要な差異があるときの、当該差異の原因となった

      主要な項目別の内訳
                                  前連結会計年度

                                  (2019年5月31日)
       法定実効税率
                                        34.1%
       (調整)
       交際費等永久に損金に算入されない項目                                △1.8%
       受取配当金等永久に益金に算入されない項目                                 0.2%
       住民税均等割                                △2.0%
       評価性引当額の増減                                115.5%
       税率変更による影響                                 7.2%
                                       △1.5%
       その他
       税効果会計適用後の法人税等の負担率                                151.7%
       (企業結合等関係)

     前連結会計年度(自 2018年6月1日 至 2019年5月31日)
      共通支配下の取引等
       当社は、2018年3月14日開催の取締役会決議に基づき、2018年6月1日を効力発生日として、当社100%出資の連結
      子会社でありました天洋社薬品株式会社を吸収合併いたしました。
     1 企業結合の概要

      (1)  対象となった事業の名称及びその事業の内容
        事業の名称:天洋社薬品株式会社(当社の連結子会社)
        事業の内容:健康食品の販売
      ( 2)  企業結合日

        2018年6月1日
      ( 3)  企業結合の法的形式

        当社を存続会社、天洋社薬品株式会社を消滅会社とする吸収合併
      (4)  結合後企業の名称

        変更はありません。
      (5)  その他取引の概要に関する事項

        本合併は、健康食品事業経営の強化・拡大を図ることを目的としております。
     2 実施した会計処理の概要

      本吸収合併は、「企業結合に関する会計基準」(企業会計基準第21号 平成25年9月13日)及び「企業結合会計基準
     及び事業分離等会計基準に関する適用指針」(企業会計基準適用指針第10号 平成25年9月13日)に基づき、共通支配
     下の取引として処理しております。
     当連結会計年度(自 2019年6月1日 至 2020年5月31日)

      該当事項はありません。
                                 88/150





                                                          EDINET提出書類
                                                     室町ケミカル株式会社(E36350)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       (資産除去債務関係)
     前連結会計年度(2019年5月31日)
     資産除去債務のうち連結貸借対照表に計上しているもの
      (1)  当該資産除去債務の概要

        埼玉工場・つくば工場の建物及び建物付属設備におけるアスベスト撤去費用であります。
      (2)  当該資産除去債務の金額の算定方法

        金利の影響額が軽微であるため、割引計算を実施せず、合理的に見積もられた金額を資産除去債務に計上して
       おります。
      (3)  当該資産除去債務の総額の増減

        資産除去債務の総額の期中における増減は、ありません。
     当連結会計年度(2020年5月31日)

     当連結会計年度については、連結貸借対照表を作成していないため、財務諸表の注記事項として記載しております。
                                 89/150















                                                          EDINET提出書類
                                                     室町ケミカル株式会社(E36350)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       (セグメント情報等)
       【セグメント情報】
     前連結会計年度(自 2018年6月1日 至 2019年5月31日)
     1 報告セグメントの概要
      (1)  報告セグメントの決定方法
        当社の報告セグメントは、当社の構成単位のうち分離された財務情報が入手可能であり、取締役会が、経営資
       源の配分の決定及び業績を評価するために、定期的に検討を行う対象となっているものであります。
        当社は、事業形態別に「医薬品事業」、「健康食品事業」、「化学品事業」の3つを報告セグメントとしており
       ます。
      (2)  各報告セグメントに属する製品及びサービスの種類

        「医薬品事業」は、主に医薬品原薬の製造及び販売、輸出入をしております。
        「健康食品事業」は、主に健康食品の製造及び販売をしております。
        「化学品事業」は、主にイオン交換樹脂の再生処理及び純水製造装置等の製造及び販売、電子部品材料の製造
       及び加工・販売をしております。
     2 報告セグメントごとの売上高、利益又は損失、資産、負債その他の項目の金額の算定方法

      報告されている事業セグメントの会計処理の方法は、「連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項」におけ
     る記載と同一であります。
     3 報告セグメントごとの売上高、利益又は損失、資産、負債その他の項目の金額に関する情報

                                                   (単位:千円)
                                                    連結財務諸表
                           報告セグメント
                                              調整額
                                                     計上額
                                               (注)1
                 医薬品事業       健康食品事業        化学品事業         計
                                                      (注)2
    売上高
     外部顧客への売上高              2,406,157       1,511,722       1,502,138       5,420,018           -   5,420,018
     セグメント間の内部
                      -       -       -       -       -       -
     売上高又は振替高
         計         2,406,157       1,511,722       1,502,138       5,420,018           -   5,420,018
    セグメント利益又は損失
                   297,929      △ 180,286        △ 268     117,373          -    117,373
    (△)
    セグメント資産              1,773,312        829,238      1,077,223       3,679,775        939,565      4,619,342
    その他の項目
     減価償却費               139,942        52,933       77,630       270,506          -    270,506
     有形固定資産及び無形
                    39,746       63,606       34,433       137,786          -    137,786
     固定資産の増加額
     (注)   1.セグメント資産の調整額939,565千円は各報告セグメントに配分していない全社資産であります。全社資産
        は、主に余資運用資金(現金及び預金)、繰延税金資産等であります。
       2.セグメント利益は、連結損益計算書の営業利益と調整を行っております。
                                 90/150







                                                          EDINET提出書類
                                                     室町ケミカル株式会社(E36350)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     当連結会計年度(自 2019年6月1日 至 2020年5月31日)
     1 報告セグメントの概要
      (1)  報告セグメントの決定方法
        当社の報告セグメントは、当社の構成単位のうち分離された財務情報が入手可能であり、取締役会が、経営資
       源の配分の決定及び業績を評価するために、定期的に検討を行う対象となっているものであります。
        当社は、事業形態別に「医薬品事業」、「健康食品事業」、「化学品事業」の3つを報告セグメントとしており
       ます。
      (2)  各報告セグメントに属する製品及びサービスの種類

        「医薬品事業」は、主に医薬品原薬の製造及び販売、輸出入をしております。
        「健康食品事業」は、主に健康食品の製造及び販売をしております。
        「化学品事業」は、主にイオン交換樹脂の再生処理及び純水製造装置等の製造及び販売、電子部品材料の製造
       及び加工・販売をしております。
     2 報告セグメントごとの売上高、利益又は損失、資産、負債その他の項目の金額の算定方法

      報告されている事業セグメントの会計処理の方法は、「連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項」におけ
     る記載と同一であります。
     3 報告セグメントごとの売上高、利益又は損失、資産、負債その他の項目の金額に関する情報

                                                   (単位:千円)
                                                    連結財務諸表
                           報告セグメント
                                              調整額
                                                      計上額
                                               (注)1
                 医薬品事業       健康食品事業        化学品事業         計
                                                      (注)2
    売上高
     外部顧客への売上高              2,558,968       1,092,322       1,629,015       5,280,306           -    5,280,306
     セグメント間の内部
                      -       -       -       -       -       -
     売上高又は振替高
         計         2,558,968       1,092,322       1,629,015       5,280,306           -    5,280,306
    セグメント利益又は損失
                   445,907      △ 102,005       △ 44,860       299,040          -     299,040
    (△)
    セグメント資産              1,832,280        569,086      1,216,925       3,618,292       1,167,674       4,785,967
    その他の項目
     減価償却費               100,549        39,004       78,741       218,295          -     218,295
     有形固定資産及び無形
                    18,230       12,497       34,288       65,016         -     65,016
     固定資産の増加額
     (注)   1.セグメント資産の調整額1,167,674千円は各報告セグメントに配分していない全社資産であります。全社資産
        は、主に余資運用資金(現金及び預金)、繰延税金資産等であります。
       2.セグメント利益は、連結損益計算書の営業利益と調整を行っております。
       3.当連結会計年度については、連結貸借対照表を作成していないため、セグメント資産は個別財務諸表の数値を
        記載しております。
                                 91/150







                                                          EDINET提出書類
                                                     室町ケミカル株式会社(E36350)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       【関連情報】
     前連結会計年度(自 2018年6月1日 至 2019年5月31日)
     1 製品及びサービスごとの情報
      セグメント情報に同様の情報を開示しているため、記載を省略しております。
     2 地域ごとの情報

      (1)  売上高
        本邦の外部顧客への売上高が連結損益計算書の売上高の90%を超えるため、記載を省略しております。
      (2)  有形固定資産

        本邦に所在している有形固定資産の金額が連結貸借対照表の有形固定資産の金額の90%を超えるため、記載を
       省略しております。
     3 主要な顧客ごとの情報

                                                   (単位:千円)
        顧客の名称又は氏名                     売上高               関連するセグメント名
    不二化学薬品株式会社                               1,077,655      医薬品事業
     当連結会計年度(自 2019年6月1日 至 2020年5月31日)

     1 製品及びサービスごとの情報
      セグメント情報に同様の情報を開示しているため、記載を省略しております。
     2 地域ごとの情報

      (1)  売上高
        本邦の外部顧客への売上高が連結損益計算書の売上高の90%を超えるため、記載を省略しております。
      (2)  有形固定資産

        本邦に所在している有形固定資産の金額が連結貸借対照表の有形固定資産の金額の90%を超えるため、記載を
       省略しております。
     3 主要な顧客ごとの情報

                                                   (単位:千円)
        顧客の名称又は氏名                     売上高               関連するセグメント名
    不二化学薬品株式会社                               1,105,704      医薬品事業
                                 92/150







                                                          EDINET提出書類
                                                     室町ケミカル株式会社(E36350)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       【報告セグメントごとの固定資産の減損損失に関する情報】
       前連結会計年度(自 2018年6月1日 至 2019年5月31日)
                                                    (単位:千円)
                       報告セグメント
                                             その他
                                                     合計
            医薬品事業       健康食品事業         化学品事業          計
    減損損失          137,173           -        -     137,173           -     137,173
       当連結会計年度(自 2019年6月1日 至 2020年5月31日)

                                                    (単位:千円)
                       報告セグメント
                                             その他
                                                     合計
            医薬品事業       健康食品事業         化学品事業          計
    減損損失          288,125         8,508          -     296,634           -     296,634
       【報告セグメントごとののれんの償却額及び未償却残高に関する情報】

       前連結会計年度(自 2018年6月1日 至 2019年5月31日)
        該当事項はありません。
       当連結会計年度(自 2019年6月1日 至 2020年5月31日)

        該当事項はありません。
       【報告セグメントごとの負ののれん発生益に関する情報】

       前連結会計年度(自 2018年6月1日 至 2019年5月31日)
        該当事項はありません。
       当連結会計年度(自 2019年6月1日 至 2020年5月31日)

        該当事項はありません。
       【関連当事者情報】

     前連結会計年度(自 2018年6月1日 至 2019年5月31日)
     1 関連当事者との取引
      (1)  連結財務諸表提出会社と関連当事者との取引
       ①  連結財務諸表提出会社の非連結子会社及び関連会社等
        該当事項はありません。
       ②  連結財務諸表提出会社の役員及び主要株主(個人の場合に限る)等

                            議決権等
                  資本金又
        会社等の名称               事業の内容          関連当事者             取引金額        期末残高
                             の所有
    種類          所在地    は出資金                     取引の内容            科目
         又は氏名               又は職業          との関係             (千円)        (千円)
                            (被所有)
                   (千円)
                            割合(%)
                                       借入金債務
                       当社代表取
    役員   村山 哲朗        -     -          55.0   債務被保証             2,532,218      -      -
                                       被保証    (注)
                       締役社長
     (注)   銀行借入に対して債務保証を受けております。取引金額は、当連結会計年度末の借入残高を記載しております。
       なお、保証料の支払いは行っておりません。
      (2)  連結財務諸表提出会社の連結子会社と関連当事者との取引

        該当事項はありません。
                                 93/150



                                                          EDINET提出書類
                                                     室町ケミカル株式会社(E36350)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     2 親会社又は重要な関連会社に関する注記
      該当事項はありません。
     当連結会計年度(自 2019年6月1日 至 2020年5月31日)

     1 関連当事者との取引
      (1)  連結財務諸表提出会社と関連当事者との取引
       ①  連結財務諸表提出会社の非連結子会社及び関連会社等
        該当事項はありません。
       ②  連結財務諸表提出会社の役員及び主要株主(個人の場合に限る)等

                            議決権等
                  資本金又
        会社等の名称               事業の内容          関連当事者             取引金額        期末残高
                             の所有
    種類          所在地    は出資金                     取引の内容            科目
         又は氏名               又は職業          との関係             (千円)        (千円)
                            (被所有)
                   (千円)
                            割合(%)
                                       借入金債務被
                       当社代表取
    役員   村山 哲朗        -     -          44.4   債務被保証      保証        192,000     -      -
                       締役会長
                                       (注1)
                                       第三者割当に
                       当社代表取          自己株式の      よる自己株式
                                                    -      -
    役員   青木 淳一        -     -          10.1                 13,800
                       締役社長          処分      の処分
                                       (注2)
                                       第三者割当に
                       当社常務取          自己株式の      よる自己株式
    役員   髙宮 一仁        -     -          1.7                 3,910    -      -
                       締役          処分      の処分
                                       (注2)
                                       第三者割当に
                                 自己株式の      よる自己株式
    役員   井内 聡        -     -  当社取締役        0.6                 1,380    -      -
                                 処分      の処分
                                       (注2)
                                       第三者割当に
                                 自己株式の      よる自己株式
    役員   井ノ口 浩俊        -     -  当社取締役        0.6                 1,380    -      -
                                 処分      の処分
                                       (注2)
                                       第三者割当に
                                 自己株式の      よる自己株式
    役員   中村 弘        -     -  当社取締役        0.6                 1,380    -      -
                                 処分      の処分
                                       (注2)
                                       第三者割当に
                                 自己株式の      よる自己株式
    役員   田中 知樹        -     -  当社監査役        0.3                  690   -      -
                                 処分      の処分
                                       (注2)
                                       第三者割当に
                       当社社外監          自己株式の      よる自己株式
    役員   髙橋 智        -     -          0.2                  460   -      -
                       査役          処分      の処分
                                       (注2)
     (注)   1.銀行借入に対して債務保証を受けております。取引金額は、当連結会計年度末の借入残高を記載しておりま
        す。なお、保証料の支払いは行っておりません。
       2.第三者割当による自己株式の処分を行っております。処分価格は、第三者による株式価値の算定を勘案して合
        理的に決定しております。            なお、本自己株式の処分に関しましては、2020年4月14日開催の取締役会において
        承認されております。
      (2)  連結財務諸表提出会社の連結子会社と関連当事者との取引

        該当事項はありません。
     2 親会社又は重要な関連会社に関する注記

      該当事項はありません。
                                 94/150




                                                          EDINET提出書類
                                                     室町ケミカル株式会社(E36350)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       (1株当たり情報)
                            前連結会計年度                  当連結会計年度

                           (自    2018年6月1日                (自    2019年6月1日
                           至   2019年5月31日)                至   2020年5月31日)
    1株当たり純資産額                                91.20   円                 - 円
    1株当たり当期純利益                                14.46   円                15.75   円

     (注)   1.前連結会計年度の潜在株式調整後1株当たり当期純利益については、潜在株式が存在しないため記載しており
        ません。当連結会計年度において新株予約権の残高がありますが、当社株式は非上場であり、期中平均株価が
        把握できないため記載しておりません。
       2.当連結会計年度は連結貸借対照表を作成していないため、1株当たり純資産額は記載しておりません。
       3.当社は2020年10月15日付で普通株式1株につき5株の割合で株式分割を行っております。前連結会計年度の期首
        に当該株式分割が行われたと仮定して1株当たり純資産額及び1株当たり当期純利益を算定しております。
       4.1株当たり当期純利益の算定上の基礎は、以下のとおりであります。
                                   前連結会計年度              当連結会計年度

                                  (自    2018年6月1日           (自    2019年6月1日
                                  至   2019年5月31日)            至   2020年5月31日)
    1株当たり当期純利益
     親会社株主に帰属する当期純利益(千円)                                     28,913              31,570

     普通株主に帰属しない金額(千円)                                       -              -

     普通株式に係る親会社株主に帰属する
                                         28,913              31,570
     当期純利益(千円)
     普通株式の期中平均株式数(株)                                    2,000,000              2,003,882
                                              新株予約権の概要は「第
                                              4 提出会社の状況         1 株式
    希薄化効果を有しないため、潜在株式調整後1株当たり
                                           -  等の状況     (2)  新株予約権
    当期純利益の算定に含まれなかった潜在株式の概要
                                              等の状況」に記載のとおり
                                              であります。
       5.1株当たり純資産額の算定上の基礎は、以下のとおりであります。

                                   前連結会計年度
                                  (自    2018年6月1日
                                  至   2019年5月31日)
    純資産の部の合計額(千円)                                     182,392
    純資産の部から控除する金額(千円)                                       -

    普通株式に係る期末純資産額(千円)                                     182,392

    1株当たり純資産額の算定に用いられた期末の普通株式の
                                        2,000,000
    数(株)
                                 95/150







                                                          EDINET提出書類
                                                     室町ケミカル株式会社(E36350)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       (重要な後発事象)
     前連結会計年度(自 2018年6月1日 至 2019年5月31日)
      該当事項はありません。
     当連結会計年度(自 2019年6月1日 至 2020年5月31日)

       (株式分割)
        当社は、2020年9月14日開催の取締役会において株式分割による新株式の発行を行う旨の決議をし、2020年10月
       15日付で株式分割を行っております。当該株式分割の内容は、次のとおりです。
        1.目的

         当社株式の流動性向上と投資家層拡大を図るためです。
        2.株式分割の割合及び時期

         2020年10月15日付をもって2020年10月14日の株主名簿に記録された株主の所有株式を1株につき5株の割合を
        もって分割いたしました。
        3.分割により増加する株式数

         株式分割前の発行済株式総数     775,000株
         今回の分割により増加する株式数  3,100,000株
         株式分割後の発行済株式総数    3,875,000株
         株式分割後の発行可能株式総数                   10,000,000株
        4.1株当たり情報に及ぼす影響

         「1株当たり情報」は、当該株式分割が前連結会計年度の期首に行われたものと仮定して算出しております
        が、これによる影響については、当該箇所に記載しております。
        5.株式分割に伴う定款の一部変更

         今回の株式     分割  に伴い、会社法第184条第2項の規定に基づき、2020年10月14日をもって、当社定款第6条の
        発行可能株式総数を変更いたしました。                  変更の内容は以下のとおりです。
                                       (下線は変更箇所を示しております。)
         変更前の定款                        変更後の定款
         (発行可能株式総数)                        (発行可能株式総数)
         第6条 当会社の発行可能株式総数は、                        第6条 当会社の発行可能株式総数は、
         3,000,000株      とする。                   10,000,000株      とする。
      ⑤  【連結附属明細表】

       当連結会計年度については、連結貸借対照表を作成していないため記載を省略しております。
     (2) 【その他】

       該当事項はありません。
                                 96/150





                                                          EDINET提出書類
                                                     室町ケミカル株式会社(E36350)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    2 【財務諸表等】
     (1) 【財務諸表】
      ①  【貸借対照表】
                                                   (単位:千円)
                                 前事業年度              当事業年度
                                (2019年5月31日)              (2020年5月31日)
     資産の部
      流動資産
                                     ※1  601,157            ※1  880,950
        現金及び預金
                                                   ※3  305,386
        受取手形                               191,074
                                     ※2  183,827            ※3  619,113
        電子記録債権
        売掛金                               952,823              878,831
        商品及び製品                               254,249              411,768
        仕掛品                                73,940              22,949
        原材料及び貯蔵品                               294,331              300,594
        前渡金                                12,555              31,253
        前払費用                                15,473               9,909
                                        9,784              9,086
        その他
        流動資産合計                              2,589,217              3,469,844
      固定資産
        有形固定資産
                                    ※1  1,187,543             ※1  879,912
         建物
                                      △ 476,829             △ 413,016
          減価償却累計額
          建物(純額)                             710,713              466,896
                                     ※1  176,569            ※1  168,138
         構築物
                                      △ 133,861             △ 133,880
          減価償却累計額
          構築物(純額)                             42,708              34,258
                                    ※1  1,469,376            ※1  1,284,698
         機械及び装置
                                      △ 994,268            △ 1,039,804
          減価償却累計額
          機械及び装置(純額)                             475,108              244,894
         車両運搬具
                                        17,567              17,517
                                      △ 16,106             △ 16,914
          減価償却累計額
          車両運搬具(純額)                              1,460               602
         工具、器具及び備品
                                       318,811              280,131
                                      △ 254,358             △ 243,686
          減価償却累計額
          工具、器具及び備品(純額)                             64,453              36,445
         一括償却資産
                                        2,837              1,661
                                     ※1  379,056            ※1  260,431
         土地
         リース資産                               3,720              7,530
                                       △ 1,674             △ 2,545
          減価償却累計額
          リース資産(純額)                              2,046              4,985
         建設仮勘定                               2,545              12,718
         有形固定資産合計                             1,680,928              1,062,892
        無形固定資産
                                        25,691              16,754
         ソフトウエア
         無形固定資産合計                               25,691              16,754
                                 97/150





                                                          EDINET提出書類
                                                     室町ケミカル株式会社(E36350)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                                                   (単位:千円)
                                 前事業年度              当事業年度
                                (2019年5月31日)              (2020年5月31日)
        投資その他の資産
                                     ※1  49,442            ※1  46,743
         投資有価証券
         関係会社株式                               5,915                ―
         出資金                                 30              30
         長期貸付金                               1,652               547
         長期前払費用                               1,230               813
         繰延税金資産                              116,871              140,317
                                       117,654               48,022
         その他
         投資その他の資産合計                              292,798              236,474
        固定資産合計                              1,999,418              1,316,122
      資産合計                                4,588,635              4,785,967
                                 98/150
















                                                          EDINET提出書類
                                                     室町ケミカル株式会社(E36350)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                                                   (単位:千円)
                                 前事業年度              当事業年度
                                (2019年5月31日)              (2020年5月31日)
     負債の部
      流動負債
                                                   ※3  40,624
        支払手形                                52,250
                                                   ※3  161,328
        電子記録債務                               158,528
                                     ※1  369,920            ※1  356,259
        買掛金
                                   ※1 ,※4  488,000          ※1 ,※4  1,650,000
        短期借入金
                                     ※1  817,081            ※1  405,552
        1年内返済予定の長期借入金
        リース債務                                  803             1,656
        未払金                                37,495              52,666
        未払費用                               121,163              138,053
        未払法人税等                                  569             1,127
        前受金                                7,192              15,590
        預り金                                33,329              49,750
        賞与引当金                               169,600              193,079
                                        46,299              114,121
        その他
        流動負債合計                              2,302,233              3,179,810
      固定負債
                                    ※1  1,938,246            ※1  1,188,040
        長期借入金
        リース債務                                1,406              3,826
        退職給付引当金                                16,140              15,592
        役員退職慰労引当金                               105,920              118,690
        資産除去債務                                42,077              26,227
        返品調整引当金                                2,124                ―
                                        1,847              1,527
        その他
        固定負債合計                              2,107,761              1,353,903
      負債合計                                4,409,994              4,533,714
     純資産の部
      株主資本
        資本金                                60,000              60,000
        利益剰余金
         利益準備金                               7,536              7,656
         その他利益剰余金
          別途積立金                             350,000              350,000
          固定資産圧縮積立金                              3,883              3,679
                                       156,277               10,183
          繰越利益剰余金
         利益剰余金合計                              517,697              371,518
        自己株式                              △ 412,341             △ 189,271
        株主資本合計                               165,355              242,247
      評価・換算差額等
                                        13,285              10,006
        その他有価証券評価差額金
        評価・換算差額等合計                                13,285              10,006
      純資産合計                                 178,641              252,253
     負債純資産合計                                 4,588,635              4,785,967
                                 99/150





                                                          EDINET提出書類
                                                     室町ケミカル株式会社(E36350)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       【四半期貸借対照表】
                                    (単位:千円)
                               当第2四半期会計期間
                                (2020年11月30日)
     資産の部
      流動資産
        現金及び預金                              1,132,438
        受取手形                               160,883
        電子記録債権                               608,360
        売掛金                               759,061
        商品及び製品                               327,709
        仕掛品                                38,028
        原材料及び貯蔵品                               375,980
                                        46,152
        その他
        流動資産合計                              3,448,614
      固定資産
        有形固定資産
         建物(純額)                              374,033
         機械及び装置(純額)                              170,894
         土地                              260,431
                                        76,468
         その他(純額)
         有形固定資産合計                              881,828
        無形固定資産                                11,312
        投資その他の資産
         投資有価証券                               54,344
         繰延税金資産                              132,705
                                        57,808
         その他
         投資その他の資産合計                              244,857
        固定資産合計                              1,137,998
      資産合計                                4,586,612
                                100/150










                                                          EDINET提出書類
                                                     室町ケミカル株式会社(E36350)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                                    (単位:千円)
                               当第2四半期会計期間
                                (2020年11月30日)
     負債の部
      流動負債
        支払手形                                20,686
        電子記録債務                               137,269
        買掛金                               385,925
                                    ※1  1,650,000
        短期借入金
        1年内返済予定の長期借入金                               452,480
        未払法人税等                                1,039
        賞与引当金                               182,201
                                       218,481
        その他
        流動負債合計                              3,048,083
      固定負債
        長期借入金                              1,036,800
        退職給付引当金                                14,816
        役員退職慰労引当金                               125,627
        資産除去債務                                26,227
                                        4,525
        その他
        固定負債合計                              1,207,997
      負債合計                                4,256,080
     純資産の部
      株主資本
        資本金                                60,000
        利益剰余金                               445,683
                                      △ 189,271
        自己株式
        株主資本合計                               316,412
      評価・換算差額等
                                        14,119
        その他有価証券評価差額金
        評価・換算差額等合計                                14,119
      純資産合計                                 330,531
     負債純資産合計                                 4,586,612
                                101/150









                                                          EDINET提出書類
                                                     室町ケミカル株式会社(E36350)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      ②  【損益計算書】
                                                   (単位:千円)
                                 前事業年度              当事業年度
                                (自 2018年6月1日              (自 2019年6月1日
                                至 2019年5月31日)               至 2020年5月31日)
     売上高
      製品売上高                                3,854,038              3,578,326
                                      1,538,080              1,701,980
      商品売上高
      売上高合計                                5,392,119              5,280,306
     売上原価
      製品期首たな卸高                                 113,956              200,986
                                      2,802,503              2,490,928
      当期製品製造原価
      合計                                2,916,459              2,691,914
      商品期首たな卸高
                                        58,841              53,263
                                      1,218,719              1,362,005
      当期商品仕入高
      合計                                1,277,561              1,415,268
      製品期末たな卸高
                                       200,986              292,560
                                        53,263              119,208
      商品期末たな卸高
      売上原価合計                                3,939,771              3,695,414
     売上総利益                                 1,452,347              1,584,891
     返品調整引当金繰入額
                                        2,772                ―
                                        3,236              2,124
     返品調整引当金戻入額
     差引売上総利益                                 1,452,812              1,587,016
     販売費及び一般管理費
      役員報酬                                 109,440              114,490
      役員退職慰労引当金繰入額                                  5,250              13,050
      給料及び手当                                 445,956              429,018
      賞与引当金繰入額                                 87,323              102,313
      退職給付費用                                 13,457              13,895
      法定福利費                                 93,700              100,508
      減価償却費                                 38,126              30,541
      研究開発費                                 30,358              25,624
                                       495,873              456,457
      その他
      販売費及び一般管理費合計                                1,319,487              1,285,898
     営業利益                                  133,324              301,118
     営業外収益
      受取利息                                    19              18
      受取配当金                                  1,311              1,300
      補助金収入                                    ―            23,750
      為替差益                                    ―             2,632
      保険返戻金                                  7,602                ―
                                        4,110              6,170
      その他
      営業外収益合計                                 13,043              33,871
     営業外費用
      支払利息                                 33,039              30,666
      手形売却損                                  1,376               937
      為替差損                                  2,512                ―
      支払手数料                                    ―            19,800
                                        1,305              5,300
      その他
      営業外費用合計                                 38,233              56,704
                                102/150




                                                          EDINET提出書類
                                                     室町ケミカル株式会社(E36350)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                                                   (単位:千円)
                                 前事業年度              当事業年度
                                (自 2018年6月1日              (自 2019年6月1日
                                至 2019年5月31日)               至 2020年5月31日)
                                       108,133              278,285
     経常利益
     特別利益
                                       ※1  746          ※1  36,532
      固定資産売却益
      投資有価証券売却益                                  1,382                ―
      保険解約返戻金                                    ―            64,293
                                        98,499                ―
      抱合せ株式消滅差益
      特別利益合計                                 100,628              100,826
     特別損失
                                      ※2  6,695
      固定資産売却損                                                  ―
                                      ※3  5,225           ※3  65,403
      固定資産除却損
      関係会社株式評価損                                 32,571                ―
      関係会社清算損                                    ―             3,613
                                       137,173              296,634
      減損損失
      特別損失合計                                 181,666              365,651
     税引前当期純利益                                   27,096              13,461
     法人税、住民税及び事業税
                                        1,138              1,127
                                      △ 86,021             △ 22,058
     法人税等調整額
     法人税等合計                                  △ 84,882             △ 20,930
     当期純利益                                  111,979               34,391
                                103/150













                                                          EDINET提出書類
                                                     室町ケミカル株式会社(E36350)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      【製造原価明細書】
                              前事業年度                 当事業年度

                            (自 2018年6月1日                 (自 2019年6月1日
                            至 2019年5月31日)                 至 2020年5月31日)
                     注記               構成比                 構成比
           区分                金額(千円)                 金額(千円)
                     番号                (%)                 (%)
    Ⅰ 材料費                          1,451,525        52.3         1,247,191        51.1
    Ⅱ 労務費                           725,193       26.1          673,728       27.6

                               600,546                 519,017

    Ⅲ 経費                 ※1                 21.6                 21.3
      当期総製造費用                                  100.0                 100.0

                              2,777,265                 2,439,937
                                99,178                 73,940

      仕掛品期首たな卸高
          合計

                              2,876,443                 2,513,877
                                73,940                 22,949

      仕掛品期末たな卸高
      当期製品製造原価

                              2,802,503                 2,490,928
     (注)    ※1    主な内訳は、次のとおりであります。

                項目             前事業年度(千円)                 当事業年度(千円)
         外注加工費                            117,663                 72,489

         減価償却費                            223,681                 187,584

         修繕費                             26,951                 49,189

         消耗品費                             42,569                 40,687

       (原価計算の方法)

       当社の原価計算は、総合原価計算による実際原価計算であります。
                                104/150










                                                          EDINET提出書類
                                                     室町ケミカル株式会社(E36350)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       【四半期損益計算書】
        【第2四半期累計期間】
                                    (単位:千円)
                               当第2四半期累計期間
                                (自 2020年6月1日
                                至 2020年11月30日)
     売上高                                 2,482,735
                                      1,646,733
     売上原価
     売上総利益                                  836,001
     販売費及び一般管理費
      給料及び手当                                 203,399
      法定福利費                                 45,708
      賞与引当金繰入額                                 43,812
      退職給付費用                                  4,804
      役員退職慰労引当金繰入額                                  6,937
                                       287,722
      その他
      販売費及び一般管理費合計                                 592,384
     営業利益                                  243,617
     営業外収益
      受取利息                                    2
      受取配当金                                   750
      補助金収入                                   567
      保険金収入                                   566
                                         515
      雑収入
      営業外収益合計                                  2,401
     営業外費用
      支払利息                                 14,573
      為替差損                                  7,562
                                        4,332
      その他
      営業外費用合計                                 26,468
     経常利益                                  219,550
     特別利益
                                          89
      固定資産売却益
      特別利益合計                                    89
     特別損失
      固定資産売却損                                   209
                                     ※1  136,633
      減損損失
                                         980
      固定資産除却損
      特別損失合計                                 137,823
     税引前四半期純利益                                   81,815
     法人税、住民税及び事業税
                                        1,039
                                        5,126
     法人税等調整額
     法人税等合計                                   6,165
     四半期純利益                                   75,649
                                105/150






                                                          EDINET提出書類
                                                     室町ケミカル株式会社(E36350)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      ③  【株主資本等変動計算書】
       前事業年度(自 2018年6月1日 至 2019年5月31日)
                                       (単位:千円)
                            株主資本
                               利益剰余金
                             その他利益剰余金
               資本金
                                         利益剰余金
                    利益準備金
                               固定資産     繰越利益
                                           合計
                         別途積立金
                               圧縮積立金      剰余金
    当期首残高            60,000      7,416     350,000      4,431     45,070     406,917
    当期変動額
     利益準備金の積立                  120               △ 120      ―
     剰余金の配当                                △ 1,200     △ 1,200
     固定資産圧縮積立金
                                 △ 547     547      ―
     の取崩
     当期純利益                                111,979     111,979
     株主資本以外の項目
     の当期変動額(純
     額)
    当期変動額合計              ―     120      ―    △ 547    111,206     110,779
    当期末残高            60,000      7,536     350,000      3,883     156,277     517,697
                  株主資本         評価・換算差額等

                          その他

                                    純資産合計
                    株主資本          評価・換算
               自己株式           有価証券
                     合計         差額等合計
                         評価差額金
    当期首残高           △ 412,341      54,576     16,833     16,833     71,409

    当期変動額
     利益準備金の積立                  ―                ―
     剰余金の配当                △ 1,200               △ 1,200
     固定資産圧縮積立金
                       ―                ―
     の取崩
     当期純利益                111,979                111,979
     株主資本以外の項目
                          △ 3,547     △ 3,547     △ 3,547
     の当期変動額(純
     額)
    当期変動額合計              ―   110,779     △ 3,547     △ 3,547     107,231
    当期末残高           △ 412,341     165,355      13,285     13,285     178,641
                                106/150








                                                          EDINET提出書類
                                                     室町ケミカル株式会社(E36350)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       当事業年度(自 2019年6月1日 至 2020年5月31日)
                                                  (単位:千円)
                                  株主資本
                       資本剰余金                   利益剰余金
                                        その他利益剰余金
               資本金
                    その他資本     資本剰余金                           利益剰余金
                               利益準備金
                                          固定資産     繰越利益
                     剰余金      合計                           合計
                                    別途積立金
                                         圧縮積立金      剰余金
    当期首残高            60,000       ―     ―    7,536     350,000      3,883     156,277     517,697
    当期変動額
     利益準備金の積立                            120               △ 120      ―
     剰余金の配当                                           △ 1,200     △ 1,200
     固定資産圧縮積立金
                                           △ 204     204      ―
     の取崩
     当期純利益                                           34,391     34,391
     自己株式の処分                △ 20,517     △ 20,517
     自己株式処分差損
                      20,517     20,517                     △ 20,517     △ 20,517
     の振替
     自己株式の消却               △ 158,852     △ 158,852
     利益剰余金から資本
                     158,852     158,852                     △ 158,852     △ 158,852
     剰余金への振替
     株主資本以外の項目
     の当期変動額(純
     額)
    当期変動額合計              ―     ―     ―     120      ―    △ 204   △ 146,093     △ 146,178
    当期末残高            60,000       ―     ―    7,656     350,000      3,679     10,183     371,518
                  株主資本         評価・換算差額等

                          その他

                                    純資産合計
                    株主資本          評価・換算
               自己株式           有価証券
                     合計         差額等合計
                         評価差額金
    当期首残高           △ 412,341     165,355      13,285     13,285     178,641

    当期変動額
     利益準備金の積立                  ―                ―
     剰余金の配当                △ 1,200               △ 1,200
     固定資産圧縮積立金
                       ―                ―
     の取崩
     当期純利益                34,391                34,391
     自己株式の処分           64,217     43,700                43,700
     自己株式処分差損
                       ―                ―
     の振替
     自己株式の消却           158,852       ―                ―
     利益剰余金から資本
                       ―                ―
     剰余金への振替
     株主資本以外の項目
                          △ 3,279     △ 3,279     △ 3,279
     の当期変動額(純
     額)
    当期変動額合計           223,070      76,891     △ 3,279     △ 3,279     73,612
    当期末残高           △ 189,271     242,247      10,006     10,006     252,253
                                107/150





                                                          EDINET提出書類
                                                     室町ケミカル株式会社(E36350)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      ④  【キャッシュ・フロー計算書】
       【四半期キャッシュ・フロー計算書】
                                    (単位:千円)
                               当第2四半期累計期間
                                (自 2020年6月1日
                                至 2020年11月30日)
     営業活動によるキャッシュ・フロー
      税引前四半期純利益                                 81,815
      減価償却費                                 66,391
      減損損失                                 136,633
      賞与引当金の増減額(△は減少)                                △ 10,878
      退職給付引当金の増減額(△は減少)                                  △ 775
      その他の引当金の増減額(△は減少)                                  6,937
      受取利息及び受取配当金                                  △ 752
      支払利息                                 14,573
      固定資産除却損                                   980
      固定資産売却損益(△は益)                                   120
      売上債権の増減額(△は増加)                                 275,026
      たな卸資産の増減額(△は増加)                                 △ 6,405
      仕入債務の増減額(△は減少)                                △ 13,165
      その他の資産の増減額(△は増加)                                  3,420
                                      △ 132,889
      その他の負債の増減額(△は減少)
      小計                                 421,032
      利息及び配当金の受取額
                                         752
      利息の支払額                                △ 14,189
      法人税等の支払額                                 △ 1,127
                                         198
      法人税等の還付額
      営業活動によるキャッシュ・フロー                                 406,665
     投資活動によるキャッシュ・フロー
      有形固定資産の取得による支出                                △ 42,826
      有形固定資産の売却による収入                                    95
      投資有価証券の取得による支出                                 △ 1,000
      貸付金の回収による収入                                   451
                                       △ 5,339
      敷金及び保証金の差入による支出
      投資活動によるキャッシュ・フロー                                △ 48,620
     財務活動によるキャッシュ・フロー
      長期借入金の返済による支出                                △ 104,312
      リース債務の返済による支出                                  △ 760
                                       △ 1,485
      配当金の支払額
      財務活動によるキャッシュ・フロー                                △ 106,557
     現金及び現金同等物に係る換算差額                                      0
     現金及び現金同等物の増減額(△は減少)                                  251,488
     現金及び現金同等物の期首残高                                  880,950
                                    ※1  1,132,438
     現金及び現金同等物の四半期末残高
                                108/150






                                                          EDINET提出書類
                                                     室町ケミカル株式会社(E36350)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      【注記事項】
       (重要な会計方針)
    前事業年度(自         2018年6月1日        至   2019年5月31日)
     1 資産の評価基準及び評価方法
      (1)  有価証券の評価基準及び評価方法
       ①  子会社株式
        移動平均法による原価法
       ②  その他有価証券
        時価のあるもの
         決算期末日の市場価格等に基づく時価法(評価差額は、全部純資産直入法により処理し、売却原価は、移動平
        均法により算定)
        時価のないもの
         移動平均法による原価法
      (2)  たな卸資産の評価基準及び評価方法

        主として総平均法による原価法(収益性の低下による簿価切下げの方法)
     2 固定資産の減価償却の方法

      (1) 有形固定資産(リース資産を除く)
        定率法を採用しております。ただし、1998年4月1日以降に取得した建物(建物附属設備は除く)並びに2016年4月
       1日以降に取得した建物附属設備及び構築物については、定額法を採用しております。
        なお、主な耐用年数は次のとおりであります。
         建物及び構築物   8~45年
         機械装置及び運搬具 5~12年
      (2) 無形固定資産(リース資産を除く)

        定額法を採用しております。なお、主な償却年数は次のとおりであります。
         ソフトウエア    5年
      (3) リース資産

        所有権移転外ファイナンス・リース取引に係るリース資産
         リース期間を耐用年数とし、残存価額を零とする定額法を採用しております。
     3 引当金の計上基準

      (1)  賞与引当金
        従業員に対して支給する賞与の支出に充てるため、支給見込額に基づき当事業年度に見合う分を計上しており
       ます。
      (2)  退職給付引当金

        従業員の退職給付に備えるため、当事業年度末における退職給付債務から中小企業退職金共済からの給付見込
       額を控除した額を退職給付に係る負債として計上しております。なお、退職給付に係る負債及び退職給付費用の
       計算に、退職給付に係る期末自己都合要支給額を退職給付債務とする方法を用いた簡便法を適用しております。
      (3)  役員退職慰労引当金

        役員の退職慰労金の支出に備えるため、役員退職慰労金規程に基づく期末要支給額を計上しております。
                                109/150




                                                          EDINET提出書類
                                                     室町ケミカル株式会社(E36350)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     4 その他財務諸表作成のための基本となる重要な事項
      (1)  重要な外貨建の資産又は負債の本邦通貨への換算の基準
        外貨建金銭債権債務は、決算日の直物為替相場により円貨に換算し、換算差額は損益として処理しておりま
       す。
      (2)  消費税等の会計処理

        消費税及び地方消費税の会計処理は、税抜方式によっております。
    当事業年度(自         2019年6月1日        至   2020年5月31日)

     1 資産の評価基準及び評価方法
      (1)  有価証券の評価基準及び評価方法
       ①  子会社株式
        移動平均法による原価法
       ②  その他有価証券

        時価のあるもの
         決算期末日の市場価格等に基づく時価法(評価差額は、全部純資産直入法により処理し、売却原価は、移動平
        均法により算定)
        時価のないもの
         移動平均法による原価法
      (2)  たな卸資産の評価基準及び評価方法

        主として総平均法による原価法(収益性の低下による簿価切下げの方法)
     2 固定資産の減価償却の方法

      (1) 有形固定資産(リース資産を除く)
        定率法を採用しております。ただし、1998年4月1日以降に取得した建物(建物附属設備は除く)並びに2016年4月
       1日以降に取得した建物附属設備及び構築物については、定額法を採用しております。
        なお、主な耐用年数は次のとおりであります。
         建物及び構築物   8~45年
         機械装置及び運搬具 5~12年
      (2) 無形固定資産(リース資産を除く)

        定額法を採用しております。なお、主な償却年数は次のとおりであります。
         ソフトウエア    5年
      (3) リース資産

        所有権移転外ファイナンス・リース取引に係るリース資産
         リース期間を耐用年数とし、残存価額を零とする定額法を採用しております。
                                110/150






                                                          EDINET提出書類
                                                     室町ケミカル株式会社(E36350)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     3 引当金の計上基準
      (1)  賞与引当金
        従業員に対して支給する賞与の支出に充てるため、支給見込額に基づき当事業年度に見合う分を計上しており
       ます。
      (2)  退職給付引当金

        従業員の退職給付に備えるため、当事業年度末における退職給付債務から中小企業退職金共済からの給付見込
       額を控除した額を退職給付に係る負債として計上しております。なお、退職給付に係る負債及び退職給付費用の
       計算に、退職給付に係る期末自己都合要支給額を退職給付債務とする方法を用いた簡便法を適用しております。
      (3)  役員退職慰労引当金
        役員の退職慰労金の支出に備えるため、役員退職慰労金規程に基づく期末要支給額を計上しております。
     4 その他財務諸表作成のための基本となる重要な事項

      (1)  重要な外貨建の資産又は負債の本邦通貨への換算の基準
        外貨建金銭債権債務は、決算日の直物為替相場により円貨に換算し、換算差額は損益として処理しておりま
       す。
      (2)  消費税等の会計処理

        消費税及び地方消費税の会計処理は、税抜方式によっております。
                                111/150














                                                          EDINET提出書類
                                                     室町ケミカル株式会社(E36350)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       (貸借対照表関係)
    ※1  担保資産及び担保付債務
      担保に供している資産及び担保付債務は次のとおりであります。
                               前事業年度                 当事業年度

                              (2019年5月31日)                 (2020年5月31日)
        現金及び預金                         33,000   千円              33,000   千円
        建物                         318,691    千円             146,196    千円
        構築物                          2,734   千円               163  千円
        機械及び装置                         320,625    千円             140,396    千円
        土地                         289,222    千円             170,597    千円
        投資有価証券                         36,683   千円              32,270   千円
        計                        1,000,957     千円             522,625    千円
                               前事業年度                 当事業年度

                              (2019年5月31日)                 (2020年5月31日)
        短期借入金                         348,000    千円             800,000    千円
        長期借入金                        1,436,319     千円            1,266,100     千円
        買掛金                         22,674   千円              17,795   千円
        計                        1,806,993     千円            2,083,895     千円
    ※2  受取手形及び電子記録債権割引高

                               前事業年度                 当事業年度

                              (2019年5月31日)                 (2020年5月31日)
        電子記録債権割引高                         261,719千円                   -千円
    ※3  期末日満期手形の会計処理については、手形交換日をもって決済処理しております。

      なお、期末日が金融機関の休日であったため、次の期末日満期手形が、期末残高に含まれております。
                               前事業年度                 当事業年度

                              (2019年5月31日)                 (2020年5月31日)
        受取手形                           - 千円              30,565   千円
        電子記録債権                           - 千円              11,196   千円
        支払手形                           - 千円              4,529   千円
        電子記録債務                           - 千円              10,005   千円
        計                           - 千円              56,297   千円
    ※4  当社は、当事業年度において短期運転資金を機動的かつ安定的に調達するため取引銀行5行とコミットメントライン

     契約(シンジケート方式)を締結しております。前事業年度においては当座借越契約を締結しておりましたが、当事業
     年度にて当座借越契約を解約しました。
      事業年度末における当座借越契約及びコミットメントに係る借入未実行残高等は次のとおりです。
                               前事業年度                 当事業年度
                              (2019年5月31日)                 (2020年5月31日)
        当座借越極度額の総額                         900,000    千円                - 千円
        コミットメントの総額                           - 千円            1,650,000     千円
        借入実行残高                         488,000    千円            1,650,000     千円
        差引額                         412,000    千円                - 千円
                                112/150




                                                          EDINET提出書類
                                                     室町ケミカル株式会社(E36350)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       (損益計算書関係)
    ※1  固定資産売却益の内容は、次のとおりであります。
                               前事業年度                 当事業年度

                             (自    2018年6月1日              (自    2019年6月1日
                             至   2019年5月31日)               至   2020年5月31日)
        機械及び装置                           - 千円                87 千円
        車両運搬具                           246  千円                - 千円
        工具、器具及び備品                           499  千円                - 千円
        土地                           - 千円              36,445   千円
        合計                           746  千円              36,532   千円
    ※2  固定資産売却損の内容は、次のとおりであります。

                               前事業年度                 当事業年度

                             (自    2018年6月1日              (自    2019年6月1日
                             至   2019年5月31日)               至   2020年5月31日)
        工具、器具及び備品                           400  千円                - 千円
        ソフトウェア                          6,295   千円                - 千円
        合計                          6,695   千円                - 千円
    ※3  固定資産除却損の内容は、次のとおりであります。

                               前事業年度                 当事業年度

                             (自    2018年6月1日              (自    2019年6月1日
                             至   2019年5月31日)               至   2020年5月31日)
        建物                          4,408   千円              56,872   千円
        構築物                           - 千円               217  千円
        機械及び装置                            0 千円              2,977   千円
        工具、器具及び備品                           816  千円               617  千円
        ソフトウェア                           - 千円              2,333   千円
        建物解体費用                           - 千円              2,385   千円
        合計                          5,225   千円              65,403   千円
                                113/150










                                                          EDINET提出書類
                                                     室町ケミカル株式会社(E36350)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       (リース取引関係)
     前事業年度(2019年5月31日)
      連結財務諸表の注記事項として記載しております。
     当事業年度(2020年5月31日)

     1 ファイナンス・リース取引
      重要性が乏しいため記載を省略しております。
     2 オペレーティング・リース取引

      (借主側)
       オペレーティング・リース取引のうち解約不能のものに係る未経過リース料
       1年内                          9,504   千円
       1年超                          8,712   千円
       合計                         18,217   千円
       (金融商品関係)

     前事業年度(自 2018年6月1日 至 2019年5月31日)
      連結財務諸表の注記事項として記載しております。
     当事業年度(自 2019年6月1日 至 2020年5月31日)

     1 金融商品の状況に関する事項
      (1)  金融商品に対する取組方針
        当社は、主に医薬品・健康食品の製造販売事業を行うための設備投資計画に照らして、必要な資金(主に銀行借
       入)を調達しております。短期的な運転資金を銀行借入により調達しております。デリバティブ取引は行わない方
       針であります。
      (2)  金融商品の内容及びそのリスク

        営業債権である受取手形、電子記録債権及び売掛金は、顧客の信用リスクに晒されております。投資有価証券
       は、主に取引先企業との業務に関連する株式であり、市場価格の変動リスクに晒されております。
        営業債務である支払手形、電子記録債務及び買掛金は、ほとんど1年以内の支払期日であります。借入金及び
       ファイナンス・リース取引に係るリース債務は、主に設備投資に必要な資金の調達を目的としたものであり、償
       還日は決算日後、最長で5年後であります。
      (3)  金融商品に係るリスク管理体制

       ①  信用リスク(取引先の契約不履行等に係るリスク)の管理
        当社は、受取手形、電子記録債権及び売掛金に係る顧客の信用リスクは、与信管理規程に沿ってリスク低減を
       図っております。業務推進部が主要な取引先の状況を定期的にモニタリングし、取引相手ごとに期日及び残高を
       管理するとともに、財務状況等の悪化等による回収懸念の早期把握や軽減を図っております。
       ②  市場リスクの管理

        投資有価証券については、定期的に時価や発行体(取引先企業)の財務状況等を把握し、また、取引先企業との
       関係を勘案して保有状況を継続的に見直しております。
       ③  資金調達に係る流動性リスク(支払期日に支払いを実行できなくなるリスク)の管理

        当社は、各部署からの報告に基づき経理部が適時に資金繰計画を作成・更新するとともに、手許流動性を売上
       高の1.5か月分相当に維持することなどにより、流動性リスクを管理しております。
                                114/150



                                                          EDINET提出書類
                                                     室町ケミカル株式会社(E36350)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      (4)  金融商品の時価等に関する事項についての補足説明
        金融商品の時価には、市場価格に基づく価額のほか、市場価格がない場合には合理的に算定された価額が含ま
       れております。当該価額の算定においては変動要因を織り込んでいるため、異なる前提条件等を採用することに
       より、当該価額が変動することもあります。
      (5)  信用リスクの集中

        当期の決算日現在における営業債権のうち41%が特定の大口顧客に対するものであります。
     2 金融商品の時価等に関する事項

      貸借対照表計上額、時価及びこれらの差額については、次のとおりであります。なお、時価を把握することが極め
     て困難と認められるものは、次表には含めておりません((注2)を参照ください。)。
                        貸借対照表計上額               時価            差額

                          (千円)            (千円)            (千円)
    (1)  現金及び預金
                              880,950            880,950               -
    (2)  受取手形
                              305,386            305,386               -
    (3)  電子記録債権
                              619,113            619,113               -
    (4)  売掛金
                              878,831            878,831               -
    (5)  投資有価証券
                              46,342            46,342              -
           資産計                  2,730,624            2,730,624                -
    (1)  支払手形
                              40,624            40,624              -
    (2)  電子記録債務
                              161,328            161,328               -
    (3)  買掛金
                              356,259            356,259               -
    (4)  短期借入金
                             1,650,000            1,650,000                -
    (5)  長期借入金
                             1,593,592            1,590,133             △3,458
           負債計                  3,801,804            3,798,346             △3,458
    (注1)   金融商品の時価の算定方法並びに有価証券及びデリバティブ取引に関する事項
     資   産
      (1)  現金及び預金、(2)         受取手形(3)電子記録債権、並びに(4)                   売掛金
        これらはすべて短期で決済されるため、時価は帳簿価額と近似していることから、当該帳簿価額によっており
       ます。
      (5)  投資有価証券

        これらの時価について、株式は取引所の価格によっております。
        また、保有目的ごとの有価証券に関する注記事項については、「有価証券関係」注記を参照ください。 
     負   債

      (1)  支払手形(2)      電子記録債務、(3)         買掛金、並びに(4)         短期借入金
        これらはすべて短期で決済されるものであるため、時価は帳簿価額と近似していることから、当該帳簿価額に
       よっております。
      (5)  長期借入金

        これらの時価については、元利金の合計額を、新規に同様の借入を行った場合に想定される利率で割り引いた
       現在価値により算定しております。なお、1年内返済予定の金額を含めて記載しております。
                                115/150






                                                          EDINET提出書類
                                                     室町ケミカル株式会社(E36350)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    (注2)   時価を把握することが極めて困難と認められる金融商品の貸借対照表計上額

                          (単位:千円)
          区分            2020年5月31日
        非上場株式                401
       これらについては、市場価格がなく、時価を把握することが極めて困難と認められることから、「(5)投資有価証
      券」には含めておりません。
    (注3)   金銭債権の決算日後の償還予定額

                                       1年超       5年超

                               1年以内                      10年超
                                       5年以内       10年以内
                                (千円)                      (千円)
                                       (千円)       (千円)
    現金及び預金                            880,950          -       -       -
    受取手形                            305,386          -       -       -
    電子記録債権                            619,113          -       -       -
    売掛金                            878,831          -       -       -
                合計                2,684,282           -       -       -
    (注4)   長期借入金、リース債務及びその他の有利子負債の決算日後の返済予定額

                         1年超       2年超       3年超       4年超

                 1年以内                                     5年超
                        2年以内       3年以内       4年以内       5年以内
                 (千円)                                    (千円)
                        (千円)       (千円)       (千円)       (千円)
    短期借入金             1,650,000           -       -       -       -       -
    長期借入金              405,552       202,480       202,480       165,880       617,200          -
        合計         2,055,552        202,480       202,480       165,880       617,200          -
                                116/150












                                                          EDINET提出書類
                                                     室町ケミカル株式会社(E36350)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       (有価証券関係)
     前事業年度(2019年5月31日)
     1 子会社株式及び関連会社株式
       子会社株式(貸借対照表価額5,915千円)は、市場価格がなく時価を把握することが極めて困難と認められるた
      め、子会社株式及び関連会社株式の時価を記載しておりません。
     2 その他有価証券

       連結財務諸表の注記事項として記載しております。
     3 売却したその他有価証券

       連結財務諸表の注記事項として記載しております。
     当事業年度(2020年5月31日)

     1 子会社株式及び関連会社株式
       該当事項はありません。
     2 その他有価証券

                        貸借対照表計上額              取得原価             差額
            区分
                          (千円)            (千円)            (千円)
    貸借対照表計上額が取得原価を
    超えるもの
     株式                          40,422            25,691            14,730
            小計                   40,422            25,691            14,730

    貸借対照表計上額が取得原価を
    超えないもの
     株式                           5,920            6,262            △342
            小計                   5,920            6,262            △342

            合計                   46,342            31,953            14,388

    (注)   非上場株式(貸借対照表計上額401千円)については、市場価格がなく、時価を把握することが極めて困難と認め
    られることから、上表の「その他有価証券」には含めておりません。
     3 売却したその他有価証券

       該当事項はありません。
                                117/150








                                                          EDINET提出書類
                                                     室町ケミカル株式会社(E36350)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       (退職給付関係)
     前事業年度(自 2018年6月1日 至 2019年5月31日)
      連結財務諸表の注記事項に記載しております。
     当事業年度(自 2019年6月1日 至 2020年5月31日)

     1 採用している退職給付制度の概要
      当社は、確定給付型の制度として退職金規程に基づく退職一時金制度を設けており、給付額の一部を中小企業退職
     金共済制度からの給付金で充当しています。なお、当社が有する退職一時金制度は、簡便法により退職給付引当金及
     び退職給付費用を計算しております。
     2 簡便法を適用した確定給付制度

      (1)  簡便法を適用した制度の、退職給付引当金の期首残高と期末残高の調整表
                                     (単位:千円)
                                  当事業年度
                                (自    2019年6月1日
                                 至   2020年5月31日)
      退職給付引当金の期首残高                                   16,140
       退職給付費用                                  2,730
       退職給付の支払額                                 △3,278
      退職給付引当金の期末残高                                   15,592
      (2)  退職給付債務及び年金資産の期末残高と貸借対照表に計上された退職給付引当金及び前払年金費用の調整表

                                     (単位:千円)
                                  当事業年度
                                 (2020年5月31日)
      非積立型制度の退職給付債務                                  174,881
      中小企業退職金共済制度による支給見込額                                 △159,289
      貸借対照表に計上された負債と資産の純額                                   15,592
      (3)  退職給付費用

        簡便法で計算した退職給付費用 当事業年度2,730千円
     3 確定拠出制度

      当社の確定拠出制度への要拠出額は、当事業年度20,036千円であります。
                                118/150









                               &n