株式会社TOKYO BASE 四半期報告書 第13期第3四半期(令和2年9月1日-令和2年11月30日)

提出書類 四半期報告書-第13期第3四半期(令和2年9月1日-令和2年11月30日)
提出日
提出者 株式会社TOKYO BASE
カテゴリ 四半期報告書

                                                          EDINET提出書類
                                                 株式会社TOKYO BASE(E31742)
                                                            四半期報告書
    【表紙】
     【提出書類】                   四半期報告書

     【根拠条文】                   金融商品取引法第24条の4の7第1項
     【提出先】                   関東財務局長
     【提出日】                   2021年1月14日
     【四半期会計期間】                   第13期第3四半期(自 2020年9月1日 至 2020年11月30日)
     【会社名】                   株式会社TOKYO BASE
     【英訳名】                   TOKYO BASE Co.,Ltd.
     【代表者の役職氏名】                   代表取締役CEO  谷 正人
     【本店の所在の場所】                   東京都渋谷区渋谷一丁目2番5号
     【電話番号】                   03-6712-6842(代表)
     【事務連絡者氏名】                   取締役CFO 中水 英紀
     【最寄りの連絡場所】                   東京都渋谷区渋谷一丁目2番5号
     【電話番号】                   03-6712-6842(代表)
     【事務連絡者氏名】                   取締役CFO 中水 英紀
     【縦覧に供する場所】                   株式会社東京証券取引所
                         (東京都中央区日本橋兜町2番1号)
                                 1/17













                                                          EDINET提出書類
                                                 株式会社TOKYO BASE(E31742)
                                                            四半期報告書
    第一部【企業情報】
    第1【企業の概況】
     1【主要な経営指標等の推移】
                                 第13期
                回次               第3四半期連結             第12期
                                 累計期間
                               自2020年3月1日           自2019年3月1日

               会計期間
                               至2020年11月30日           至2020年2月29日
                         (千円)         10,549,912           15,247,308
     売上高
                         (千円)           103,682          1,291,040
     経常利益
     親会社株主に帰属する四半期純損失(△)
                         (千円)          △ 112,259           933,174
     又は親会社株主に帰属する当期純利益
                         (千円)          △ 100,402           932,251
     四半期包括利益又は包括利益
                         (千円)          3,217,160           5,875,281
     純資産額
                         (千円)          7,447,640          10,603,301
     総資産額
     1株当たり四半期純損失(△)又は1株当
                          (円)           △ 2.38          19.65
     たり当期純利益
     潜在株式調整後1株当たり
                          (円)              -         19.50
     四半期(当期)純利益
                          (%)            43.1           55.3
     自己資本比率
                               第13期

               回次              第3四半期連結
                               会計期間
                            自2020年9月1日

              会計期間
                            至2020年11月30日
                                   4.23
     1株当たり四半期純利益金額                  (円)
     (注)1.当社は、前連結会計年度末より連結財務諸表を作成しているため、第12期第3四半期連結累計期間及び第12
           期第3四半期連結会計期間については記載しておりません。
         2.当社は四半期連結財務諸表を作成しておりますので、提出会社の主要な経営指標等の推移については記載し
           ておりません。
         3.  売上高には     、消費税等は含まれておりません               。
         4.  第13期第3四半期連結累計期間の潜在株式調整後1株当たり四半期純利益については、潜在株式は存在する
           ものの1株当たり四半期純損失であるため記載しておりません。
         5.  2020年11月13日開催の取締役会決議に基づき、自己株式5,000,000株の取得を行いました。この結果、当第
           3四半期連結累計期間において自己株式が2,560,000千円増加し、当第3四半期連結会計期間末において自
           己株式が2,660,160千円となっております。
     2【事業の内容】

       当第3四半期連結累計期間において、当グループ(当社および当社の関係会社)が営む事業の内容について、重要
      な変更はありません。また、主要な                関係会社における異動もありません。
                                 2/17





                                                          EDINET提出書類
                                                 株式会社TOKYO BASE(E31742)
                                                            四半期報告書
    第2【事業の状況】
     1【事業等のリスク】
       当第3四半期連結累計期間において、新たな事業等のリスクの発生、または、前事業年度の有価証券報告書に記載
      した事業等のリスクについて重要な変更はありません。
     2【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

       文中の将来に関する事項は、当四半期連結会計期間の末日現在において判断したものであります。
       なお、当社は、2020年2月期より連結財務諸表を作成しているため、前第3四半期連結累計期間との比較について
      は記載しておりません。
      (1)業績の状況
         当第3四半期連結累計期間(2020年3月1日から2020年11月30日)におけるわが国経済は、国内外における新型
        コロナウイルス感染症拡大            の影響による企業収益の低下や雇用環境の悪化が続いており、極めて厳しい状況にあり
        ます。景気の先行きについては、新型コロナウイルス感染症拡大の防止策を講じつつ、社会経済活動レベルの段階
        的引き上げや各種政策の効果等により持ち直しの動きがみられたものの、同感染症の感染再拡大の懸念が顕在化
        し、より一層不透明感が増す状況となっております。
         当社の属する衣料品小売業界におきましては、外出自粛に伴う来店客数の減少、営業時間の短縮、休業やインバ
        ウンド客数の大幅な減少に加え、収入不安による一層の節約志向の高まりから慎重な購買行動が続いており、非常
        に厳しい環境となりました。
         このような状況のもとで、当社は、                 新型コロナウイルス感染症拡大による緊急事態宣言を受けての                             営業時間の短

        縮や臨時休業による売上の大幅な減少、                  営業再開後は持ち直しがみられたものの外出自粛に伴う来店客数の減少、
        インバウンド客数の大幅な減少等により実店舗で苦戦を強いられましたが、MD強化プロジェクトによる商品力強
        化、出店及び既存店増床による売場面積の拡大、中国事業の拡大、自社EC強化、店舗運営力の強化に取り組んで
        まいりました。
         当第3四半期連結累計期間においては、足元の売上を支えるべく顧客販売強化による売上確保、SNSを活用し
        た商品提案及び販促施策の強化によるEC売上の最大化を図るとともに、優良な仕入先の確保、商品開発強化の一
        環としてSTUDIOUS業態自社オリジナルブランドのローンチ、インフルエンサーブランドを取り扱う新規D
        toC業態(NEW MARKET TOKYO)のローンチ、MD及びEC強化や店長育成等の社内プロジェク
        ト発足による組織力強化及び人材採用、実店舗12店舗の出店(内、中国6店舗)、4店舗の増床・改装、香港の不
        採算店舗の退店、ファミリーセール等の実施による旧商品消化促進と在庫適正化、2021年秋冬シーズンにローンチ
        する新業態開発準備等、今後の成長及び利益確保に向けた取り組みも進めてまいりました。
        (連結業績)                         単位:千円

                                  2021年2月期
                                   第3四半期
                                  連結累計期間
                                 (自  2020年3月1日
                                 至   2020年11月30日)
        売上高                              10,549,912
        売上総利益                              5,085,826

        販売費及び一般管理費                              4,953,304

        営業利益                               132,522

        経常利益                               103,682

        税金等調整前四半期純損失(△)                               △56,939

        親会社株主に帰属する四半期純損失(△)                              △112,259

         当第3四半期連結累計期間の業績は、売上高が10,549,912千円、売上総利益が5,085,826千円、販売費及び一般
        管理費が4,953,304千円、営業利益が132,522千円、経常利益が103,682千円、税金等調整前四半期純損失が56,939
        千円、親会社株主に帰属する四半期純損失が112,259千円となりました。
         販売費及び一般管理費の補足として、人件費は従業員に対する固定給与を従来通りの金額で100%を支給(臨時
        休業期間中の人件費は特別損失として計上)、EC売上の最大化を目的としたクーポン施策等の販売促進費の活
        用、一方で利益確保を目的として、役員報酬の一定期間の減額や実店舗の臨時休業期間中の家賃の減額交渉等によ
        る抑制を致しました。
                                 3/17


                                                          EDINET提出書類
                                                 株式会社TOKYO BASE(E31742)
                                                            四半期報告書
         特別損益の主な要因は、新型コロナウイルス感染症拡大の影響による休業に対する雇用調整助成金130,463千円
        を特別利益として計上、一方で、臨時休業期間中の人件費及び減価償却費の合計149,499千円(臨時休業等による
        損失)及びSTUDIOUS MENS 福岡店の退店、UNITED TOKYO池袋店のリニューアルに向け
        た MENS及びWOMENS単独店の2店舗、香港銅鑼湾地区の3店舗(STUDIOUS TOKYO、UNI
        TED TOKYO、PUBLIC TOKYO)、PUBLIC TOKYO 福岡店等の減損損失132,913千
        円等を特別損失として計上いたしました。
        (補足情報)

        ①業態別売上高                                   単位:千円
                                   2021年2月期
                                    第3四半期
                                                 (参考)
                                   連結累計期間
                                                前年同期比
                                  (自  2020年3月1日
                                                (増減率)
                                  至   2020年11月30日)
        STUDIOUS                               5,003,778            △9.5%
        UNITED TOKYO                               3,404,801            △2.0%
        PUBLIC TOKYO                               1,434,386             5.5%

        TOKYO DEPARTMENT STORE                                684,862            12.7%

        NEW MARKET TOKYO                                 22,084             -

        全社合計                               10,549,912             △3.8%

        (注)前年同期比については、前年同期の個別決算数値と対比した参考情報であります。
         業態別では、PUBLIC TOKYO業態及びTOKYO DEPARTMENT STORE業態は増収と
        なりましたが、STUDIOUS業態及びUNITED TOKYO業態は減収となりました。新型コロナウイル
        ス感染症拡大による緊急事態宣言を受けての                    営業時間の短縮や臨時休業による売上の大幅な減少                        、営業再開後は持
        ち直しがみられたものの外出自粛に伴う来店客数の減少、インバウンド客数の大幅な減少の影響等により、実店舗
        が減収となっております。
        ②業態別売上高既存前年同期比

                                     2021年2月期
                                      第3四半期
                                     連結累計期間
                                    (自  2020年3月1日
                                    至   2020年11月30日)
        STUDIOUS                                     82.6%
                                             90.9%
        UNITED TOKYO
        PUBLIC TOKYO                                     86.3%

        TOKYO DEPARTMENT STORE                                    109.6%

        NEW MARKET TOKYO                                       -

        全社合計                                     87.6%

                                 4/17






                                                          EDINET提出書類
                                                 株式会社TOKYO BASE(E31742)
                                                            四半期報告書
        ③出退店及び店舗数
                                                       当四半期
                                            当会計年度
                                  前連結会
                   業態                                    連結会計
                                  計年度末
                                       出店    退店    増減    (改装)
                                                        年度末
        STUDIOUS                             28    4    1    3  (3)       31
        UNITED TOKYO                             17    3    2    1  (1)       18

        PUBLIC TOKYO                             12    5    1    4    -      16

        TOKYO DEPARTMENT STORE                             1   -    -    -     -      1

        NEW MARKET TOKYO                             -    1   -    1    -      1

        全社合計                             58    13    4    9  (4)       67

         当第3四半期連結累計期間の店舗展開については以下の通りです。
        ・STUDIOUS業態
         WOMENSの旗艦店舗の路面店「STUDIOUS WOMENS 表参道店」を出店
         業態として中国本土2号店目となる「STUDIOUS TOKYO 深圳店」を深圳市福田区へ出店
         MENS 大阪店を42.3坪から85.7坪へ増床しリニューアル
         WOMENS 大阪店を16.8坪から31.4坪へ増床しリニューアル
         MENS 福岡店を退店
         業態として中国本土3号店目となる「STUDIOUS TOKYO 北京店」を北京市朝陽区へ出店
         MENS 新宿店を50.4坪から66.4坪へ増床しリニューアル
         新規開業の心斎橋パルコに「STUDIOUS WOMENS 心斎橋店」を出店
        ・UNITED TOKYO業態
         中国本土へ業態初進出の「UNITED TOKYO 北京店」を北京三里屯地区へ出店
         UNITED TOKYO 香港店を退店
         MENS単独店21.1坪とWOMENS単独店25.0坪を移設統合し、「UNITED TOKYO 池袋店」とし
         て85.4坪へ増床しリニューアル
         業態として中国本土2号店目となる「UNITED TOKYO 上海店」を上海市黄浦区へ出店
         新規開業の心斎橋パルコに「UNITED TOKYO 心斎橋店」を出店
        ・PUBLIC TOKYO業態
         WOMENS単独店の「PUBLIC TOKYO WOMENS 横浜店」を出店
         中国本土へ業態初進出の「PUBLIC TOKYO 北京店」を北京三里屯地区へ出店
         二子玉川ライズに「PUBLIC TOKYO 二子玉川店」を出店
         PUBLIC TOKYO 香港店を退店
         業態として中国本土2号店目となる「PUBLIC TOKYO 上海店」を上海市黄浦区へ出店
         新規開業の心斎橋パルコに「PUBLIC TOKYO 心斎橋店」を出店
        ・NEW MARKET TOKYO業態
         インフルエンサーブランドを展開するDtoC業態をローンチ
         この結果、当第3四半期連結会計期間末における店舗数は、STUDIOUS業態が31店舗(内、ECが3店

        舗)、UNITED TOKYO業態が18店舗(内、ECが2店舗)、PUBLIC TOKYO業態が16店舗
        (内、ECが2店舗)、TOKYO DEPARTMENT STORE業態が1店舗(ECのみ)、NEW M
        ARKET TOKYO業態が1店舗(ECのみ)の合計67店舗となりました。
        なお、実店舗は全58店舗となり、国内48店舗、海外10店舗となりました。
                                 5/17






                                                          EDINET提出書類
                                                 株式会社TOKYO BASE(E31742)
                                                            四半期報告書
      (2)財政状態の分析
         当第3四半期連結会計期間末の総資産は、前連結会計年度末に比べて3,155,660千円減少し、7,447,640千円とな
        りました。これは主に、売掛金が448,747千円、商品が108,853千円、有形固定資産が320,658千円、差入保証金が
        135,619千円増加したものの、現金及び預金が4,321,272千円減少したためであります。
         負債は、前連結会計年度末に比べて497,540千円減少し、4,230,480千円となりました。これは主に、未払法人税
        等が241,763千円、長期借入金が448,962千円減少した一方で、買掛金が35,368千円、未払費用が88,411千円、ポイ
        ント引当金が40,852千円増加したためであります。
         純資産は、前連結会計年度末に比べて2,658,120千円減少し、3,217,160千円となりました。これは主に、利益剰
        余金が112,259千円減少したこと及び自己株式2,560,000千円を取得したためであります。
      (3)事業上及び財務上の対処すべき課題

         当  第3四半期連結累計期間において、当社グループが対処すべき課題について重要な変更はありません。
      (4)  研究開発活動

         該当事項はありません。
      (5)従業員数

         当第3四半期連結累計期間において、主として業容の拡大に伴う定期及び期中採用により従業員数が大幅に増加
        し、  325  人となりました。
         なお、従業員数は就業人員数であり、臨時雇用者数を含んでおりません。
     3【経営上の重要な契約等】

       当第   3 四半期連結会計期間において、経営上の重要な契約等の決定又は締結等はありません。
                                 6/17













                                                          EDINET提出書類
                                                 株式会社TOKYO BASE(E31742)
                                                            四半期報告書
    第3【提出会社の状況】
     1【株式等の状況】
      (1)【株式の総数等】
        ①【株式の総数】
                                        発行可能株式総数(株)
                 種類
                                                 144,000,000
        普通株式
                                                 144,000,000
                  計
        ②【発行済株式】

              第3四半期会計期間末現
                                       上場金融商品取引所
                          提出日現在発行数(株)
              在発行数(株)
        種類                               名又は登録認可金融              内容
                            (2021年1月14日)
              (2020年11月30日)                         商品取引業協会名
                                                 完全議決権株式であ
                                                 り、権利内容に何ら
                                                 限定のない、当社に
                                       東京証券取引所
                    47,662,800            47,662,800
     普通株式                                            おける標準となる株
                                       市場第一部
                                                 式であります。単元
                                                 株式数は100株であり
                                                 ます。
                    47,662,800            47,662,800           -           -
         計
     (注)「提出日現在発行数」欄には、2021年1月1日からこの四半期報告書提出日までの新株予約権の行使により
         発行された株式数は含まれておりません。
      (2)【新株予約権等の状況】

        ①【ストックオプション制度の内容】
        該当事項はありません。
        ②【その他の新株予約権等の状況】

        該当事項はありません。
                                 7/17










                                                          EDINET提出書類
                                                 株式会社TOKYO BASE(E31742)
                                                            四半期報告書
      (3)【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】
          該当事項はありません。
      (4)【発行済株式総数、資本金等の推移】

                 発行済株式総                             資本準備金増

                        発行済株式総       資本金増減額        資本金残高              資本準備金残
                 数増減数                             減額
         年月日
                        数残高(株)        (千円)       (千円)             高(千円)
                   (株)                            (千円)
     2020年9月1日~
                    36,000     47,662,800           216     409,874         216     393,874
     2020年11月30日
      (5)【大株主の状況】

        当四半期会計期間は第3四半期会計期間であるため、記載事項はありません。
      (6)【議決権の状況】

        当第3四半期会計期間末日現在の「議決権の状況」については、株主名簿の記載内容が確認できないため、記載
       することができないことから、直前の基準日(2020年8月31日)に基づく株主名簿による記載をしております。
                                 8/17















                                                          EDINET提出書類
                                                 株式会社TOKYO BASE(E31742)
                                                            四半期報告書
        ①【発行済株式】
                                                  2020年11月30日現在
                          株式数(株)           議決権の数(個)
             区分                                        内容
                                  -       -            -
     無議決権株式
     議決権制限株式(自己株式等)                             -       -            -
     議決権制限株式(その他)                             -       -            -

     完全議決権株式(自己株式等)                          132,400          -            -

                       普通株式
                                                完全議決権株式であり、
                                                権利内容に何ら限定のな
                                                い、当社における標準と
     完全議決権株式(その他)                        47,488,100             474,881
                       普通株式
                                                なる株式であります。単
                                                元株式数は100株でありま
                                                     す。
                                6,300         -            -
     単元未満株式                  普通株式
                             47,626,800           -            -
     発行済株式総数
                                  -         474,881          -
     総株主の議決権
    (注)「単元未満株式」欄の普通株式には、当社所有の自己株式が18株含まれております。
        ②【自己株式等】

                                                  2020年11月30日現在
                                                    発行済株式総数
                             自己名義所有        他人名義所有        所有株式数の        に対する所有株
      所有者の氏名又は名称              所有者の住所
                             株式数(株)        株式数(株)        合計(株)        式数の割合
                                                    (%)
                  東京都渋谷区
         株式会社
                               132,400          -     132,400         0.28
      TOKYO BASE
                  渋谷一丁目2番5号
                      -         132,400          -     132,400         0.28
          計
    (注)当社は、2020年11月13日開催の取締役会決議に基づき、自己株式5,000,000株の取得を行いました。この結果、当
        第3四半期連結会計期間末において自己株式が5,132,418株となっております。
     2【役員の状況】

       該当事項はありません。
                                 9/17








                                                          EDINET提出書類
                                                 株式会社TOKYO BASE(E31742)
                                                            四半期報告書
    第4【経理の状況】
     1.四半期連結財務諸表の作成方法について
       当社の四半期連結財務諸表は、「四半期連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(平成19年内閣府
      令第64号)に基づいて作成しております。
       なお、当社は、前連結会計年度末より連結財務諸表を作成しているため、四半期連結損益計算書及び四半期連結包
      括利益計算書に係る比較情報を記載しておりません。
     2.監査証明について

       当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第3四半期連結会計期間(2020年9月1日から2020
      年11月30日まで)及び第3四半期連結累計期間(2020年3月1日から2020年11月30日まで)に係る四半期連結財務諸
      表について、三優監査法人による四半期レビューを受けております。
                                10/17

















                                                          EDINET提出書類
                                                 株式会社TOKYO BASE(E31742)
                                                            四半期報告書
     1【四半期連結財務諸表】
      (1)【四半期連結貸借対照表】
                                                   (単位:千円)
                                 前連結会計年度            当第3四半期連結会計期間
                                (2020年2月29日)              (2020年11月30日)
     資産の部
       流動資産
                                       6,143,021              1,821,749
        現金及び預金
                                        724,763             1,173,511
        売掛金
                                       1,811,691              1,920,544
        商品
                                        80,156              247,922
        その他
                                       8,759,632              5,163,727
        流動資産合計
       固定資産
        有形固定資産
          建物(純額)                              892,760             1,171,985
          工具、器具及び備品(純額)                               26,231              34,283
                                         1,344              34,725
          建設仮勘定
                                        920,336             1,240,994
          有形固定資産合計
        無形固定資産
                                        57,598              62,663
          ソフトウエア
                                        57,598              62,663
          無形固定資産合計
        投資その他の資産
                                        19,388                 -
          投資有価証券
                                        96,704              96,942
          繰延税金資産
                                        742,421              878,040
          差入保証金
                                         7,220              5,272
          その他
                                        865,733              980,255
          投資その他の資産合計
                                       1,843,668              2,283,912
        固定資産合計
                                      10,603,301               7,447,640
       資産合計
     負債の部
       流動負債
                                       1,272,049              1,307,418
        買掛金
                                       1,082,104              1,032,090
        1年内返済予定の長期借入金
                                        520,908              609,320
        未払費用
                                        241,763                 -
        未払法人税等
                                        73,026              33,992
        賞与引当金
                                        34,331              75,184
        ポイント引当金
                                        131,732              249,317
        その他
                                       3,355,916              3,307,322
        流動負債合計
       固定負債
                                       1,362,898               913,935
        長期借入金
                                         9,206              9,221
        資産除去債務
                                       1,372,104               923,157
        固定負債合計
                                       4,728,020              4,230,480
       負債合計
     純資産の部
       株主資本
                                        409,658              409,874
        資本金
                                        393,658              393,874
        資本剰余金
                                       5,164,990              5,052,730
        利益剰余金
                                       △ 100,160            △ 2,660,160
        自己株式
                                       5,868,146              3,196,318
        株主資本合計
       その他の包括利益累計額
                                         △ 540             11,316
        為替換算調整勘定
                                         △ 540             11,316
        その他の包括利益累計額合計
                                         7,675              9,525
       新株予約権
                                       5,875,281              3,217,160
       純資産合計
                                      10,603,301               7,447,640
     負債純資産合計
                                11/17


                                                          EDINET提出書類
                                                 株式会社TOKYO BASE(E31742)
                                                            四半期報告書
      (2)【四半期連結損益計算書及び四半期連結包括利益計算書】
        【四半期連結損益計算書】
         【第3四半期連結累計期間】
                                    (単位:千円)
                               当第3四半期連結累計期間
                               (自 2020年3月1日
                                至 2020年11月30日)
                                      10,549,912
     売上高
                                       5,464,086
     売上原価
                                       5,085,826
     売上総利益
                                       4,953,304
     販売費及び一般管理費
                                        132,522
     営業利益
     営業外収益
                                          139
       受取利息
                                         3,381
       助成金収入
                                         2,966
       その他
                                         6,487
       営業外収益合計
     営業外費用
                                         2,210
       支払利息
                                        29,887
       為替差損
                                         3,229
       その他
                                        35,327
       営業外費用合計
                                        103,682
     経常利益
     特別利益
                                        130,463
       雇用調整助成金
                                         5,050
       新株予約権戻入益
                                        135,513
       特別利益合計
     特別損失
                                        132,913
       減損損失
                                      ※1  149,499
       臨時休業等による損失
                                        13,721
       その他
                                        296,135
       特別損失合計
     税金等調整前四半期純損失(△)                                  △ 56,939
                                        55,320
     法人税等
     四半期純損失(△)                                 △ 112,259
     親会社株主に帰属する四半期純損失(△)                                 △ 112,259
                                12/17









                                                          EDINET提出書類
                                                 株式会社TOKYO BASE(E31742)
                                                            四半期報告書
        【四半期連結包括利益計算書】
         【第3四半期連結累計期間】
                                    (単位:千円)
                               当第3四半期連結累計期間
                               (自 2020年3月1日
                                至 2020年11月30日)
     四半期純損失(△)                                 △ 112,259
     その他の包括利益
                                        11,857
       為替換算調整勘定
                                        11,857
       その他の包括利益合計
                                       △ 100,402
     四半期包括利益
     (内訳)
                                       △ 100,402
       親会社株主に係る四半期包括利益
                                           -
       非支配株主に係る包括利益
                                13/17
















                                                          EDINET提出書類
                                                 株式会社TOKYO BASE(E31742)
                                                            四半期報告書
      【注記事項】
        (連結の範囲又は持分法適用の範囲の変更)
         該当事項はありません。
        (四半期連結財務諸表の作成にあたり適用した特有の会計処理)

         (税金費用の計算)
          税金費用については、当第3四半期会計期間を含む連結会計年度の税引前当期純利益に対する税効果会計適用
         後の実効税率を合理的に見積り、税引前四半期純利益に当該見積実効税率を乗じて計算しております。
        (追加情報)

         (新型コロナウイルス感染症の感染拡大の影響に関する会計上の見積り)
          当第3四半期連結累計期間は、新型コロナウイルス感染症の感染拡大に伴う緊急事態宣言発令による店舗休
         業の影響を受けております。6月以降の店舗営業再開後の売上高は回復傾向にあるものの、引き続き感染リス
         クが残る中で一定の経済活動制限や行動様式の変化がみこまれるため、実店舗売上に影響を受ける状況が続い
         ております。このような状況を踏まえ、当第3四半期連結累計期間において、同感染症収束時期等を含む仮定
         につき、下記のとおり変更を行っております。
          当社グループは、お客様の購買意欲は今後徐々に回復するものの、新型コロナウイルス感染症の収束を見通
         すことは困難な状況であり、2022年2月期以降も同感染症の感染拡大の影響が継続するとの仮定を置き、会計
         上の見積りを行っております。
          なお、新型コロナウイルス感染症の感染拡大により、再び大規模な店舗休業を行う必要が生じた場合には、
         将来において不測の損失が発生する可能性があります。
        (四半期連結貸借対照表関係)

          当社においては、運転資金の効率的な調達を行うため取引銀行と当座貸越契約を締結しております。これら
         契約に基づく借入未実行残高は次のとおりであります。
                              前連結会計年度               当第3四半期連結会計期間

                             (2020年2月29日)                  (2020年11月30日)
        当座貸越極度額の総額                         800,000千円                  800,000千円
                                    -                  -
        借入実行残高
                                 800,000                  800,000
         差引額
        (四半期連結損益計算書関係)

        ※1 臨時休業等による損失
         新型コロナウイルス感染症の感染拡大に伴う緊急事態宣言発令等により実店舗を臨時休業致しました。この間
        に発生した人件費及び設備投資に関する減価償却費の合計額149,499千円を「臨時休業等による損失」として計上
        しております。
                                14/17








                                                          EDINET提出書類
                                                 株式会社TOKYO BASE(E31742)
                                                            四半期報告書
        (四半期連結キャッシュ・フロー計算書関係)
         当第3四半期連結累計期間に係る四半期連結キャッシュ・フロー計算書は作成しておりません。なお、第3四半
        期連結累計期間に係る減価償却費(無形固定資産に係る償却費を含む。)は、次のとおりであります。
                           当第3四半期連結累計期間
                            (自    2020年3月1日
                             至   2020年11月30日)
        減価償却費                        136,077千円
        (株主資本等関係)

         当第3四半期連結累計期間(自 2020年3月1日 至 2020年11月30日)
          1.配当金支払額
            該当事項はありません。
          2.基準日が当第3四半期連結累計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が当第3四半期連結会計期間

            の末日後となるもの
            該当事項はありません。
          3.株主資本の金額の著しい変動

             当社は、2020年11月13日開催の取締役会決議に基づき、自己株式5,000,000株の取得を行いました。こ
            の結果、当第3四半期連結累計期間において自己株式が2,560,000千円増加し、当第3四半期連結会計期
            間末において自己株式が2,660,160千円となっております。
        (セグメント情報等)

         【セグメント情報】
          当第3四半期連結累計期間(自 2020年3月1日 至 2020年11月30日)
           当社グループは、衣料品販売事業の単一セグメントであるため、記載を省略しております。
        (1株当たり情報)

         1株当たり四半期純損失及び算定上の基礎は、以下のとおりであります。
                                         当第3四半期連結累計期間
                                          (自 2020年3月1日
                                           至 2020年11月30日)
        (1)1株当たり四半期純損失(△)                                        △2.38円

        (算定上の基礎)
         親会社株主に帰属する四半期純損失(△)       (千円)                                       △112,259

         普通株主に帰属しない金額              (千円)                                          -

         普通株式に係る親会社株主に帰属する四半期純損失(△)(千円)                                       △112,259

         普通株式の期中平均株式数(株)                                      47,223,618

        (注)当第3四半期連結累計期間の潜在株式調整後1株当たり四半期純利益については、潜在株式は存在するもの
           の1株当たり四半期純損失であるため記載しておりません。
        (重要な後発事象)

         該当事項はありません。
     2【その他】

       該当事項はありません。
                                15/17




                                                          EDINET提出書類
                                                 株式会社TOKYO BASE(E31742)
                                                            四半期報告書
    第二部【提出会社の保証会社等の情報】
      該当事項はありません。
                                16/17




















                                                          EDINET提出書類
                                                 株式会社TOKYO BASE(E31742)
                                                            四半期報告書
                       独立監査人の四半期レビュー報告書
                                                     2021年1月13日

    株式会社TOKYO BASE
      取締役会 御中
                             三優監査法人

                              指  定  社  員

                                      公認会計士
                                             齋藤 浩史       印
                              業務執行社員
                              指  定  社  員

                                      公認会計士
                                             宇野 公之       印
                              業務執行社員
     当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、「経理の状況」に掲げられている株式会社TO

    KYO BASEの2020年3月1日から2021年2月28日までの連結会計年度の第3四半期連結会計期間(20
    20年9月1日から2020年11月30日まで)及び第3四半期連結累計期間(2020年3月1日から2020年1
    1月30日まで)に係る四半期連結財務諸表、すなわち、四半期連結貸借対照表、四半期連結損益計算書、四半期連結包
    括利益計算書及び注記について四半期レビューを行った。
    四半期連結財務諸表に対する経営者の責任

     経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して四半期連結財
    務諸表を作成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない四半期連結財務諸表を
    作成し適正に表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
    監査人の責任

     当監査法人の責任は、当監査法人が実施した四半期レビューに基づいて、独立の立場から四半期連結財務諸表に対する
    結論を表明することにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に準拠し
    て四半期レビューを行った。
     四半期レビューにおいては、主として経営者、財務及び会計に関する事項に責任を有する者等に対して実施される質
    問、分析的手続その他の四半期レビュー手続が実施される。四半期レビュー手続は、我が国において一般に公正妥当と認
    められる監査の基準に準拠して実施される年度の財務諸表の監査に比べて限定された手続である。
     当監査法人は、結論の表明の基礎となる証拠を入手したと判断している。
    監査人の結論

     当監査法人が実施した四半期レビューにおいて、上記の四半期連結財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認め
    られる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して、株式会社TOKYO BASE及び連結子会社の2020年11月3
    0日現在の財政状態及び同日をもって終了する第3四半期連結累計期間の経営成績を適正に表示していないと信じさせる
    事項がすべての重要な点において認められなかった。
    利害関係

     会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                        以 上

     (注)1.上記は四半期レビュー報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(四半期報

           告書提出会社)が別途保管しております。
         2.XBRLデータは四半期レビューの対象には含まれていません。
                                17/17




PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

書類提出日で検索

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2020年12月21日

新規上場の通知機能を追加しました。Myページにて通知の設定が行えます。

2020年9月22日

企業・投資家の個別ページに掲載情報を追加しました。また、併せて細かい改修を行いました。

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。

スポンサーリンク