NEXT FUNDS ラッセル野村小型コア・インデックス連動型上場投信 訂正有価証券届出書(内国投資信託受益証券)

                                                          EDINET提出書類
                                               野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                              訂正有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     【表紙】

      【提出書類】                      訂正有価証券届出書

      【提出先】                      関東財務局長殿
      【提出日】                      2021年1月18日       提出
      【発行者名】                      野村アセットマネジメント株式会社
      【代表者の役職氏名】                      CEO兼代表取締役社長            中川 順子
      【本店の所在の場所】                      東京都江東区豊洲二丁目2番1号
      【事務連絡者氏名】                      松井 秀仁
      【電話番号】                      03-6387-5000
      【届出の対象とした募集(売出)内国投資                      NEXT FUNDS ラッセル野村小型コア・インデックス連動型上場投
      信託受益証券に係るファンドの名称】                      信
      【届出の対象とした募集(売出)内国投資                      1兆2,000億円を上限とします。
      信託受益証券の金額】
      【縦覧に供する場所】                      株式会社東京証券取引所
                           (東京都中央区日本橋兜町2番1号)
                                 1/55














                                                          EDINET提出書類
                                               野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                              訂正有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    1【有価証券届出書の訂正届出書の提出理由】

     2020年9月30日付をもって提出した有価証券届出書(以下「原届出書」といいます。)において、上場投資信
    託(ETF)の設定・交換の決済に係る清算制度に対応するため、および投資家の利便性向上の観点から、設定・
    交換に関する約款変更による記載事項の変更があります。また、委託会社の情報に変更事項がありますので、
    本訂正届出書を提出するものです。
    2【訂正の内容】

     原届出書の訂正事項につきましては、<訂正前>および<訂正後>に記載している下線部                                               は訂正部分を示
    し、<更新後>の記載事項は原届出書の更新後の内容を示します。
                                 2/55

















                                                          EDINET提出書類
                                               野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                              訂正有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    第一部【証券情報】

    (4)発行(売出)価格

      <訂正前>

                                 ※
       取得申込受付日        (取得申込日の翌営業日)            の基準価額      とします
       なお、取得申込受付日の             前営業日(以下「取得申込日」といいます。)の                        午後  4 時までに、取得申込みが行な
     われかつ当該取得申込みにかかる販売会社所定の事務手続が完了したものを当該取得申込受付日の受付分と
     します。
        ※「基準価額」とは、純資産総額をその時の受益権口数で除して得た額をいいます。なお、ファンドにおいては10
          口当りの価額で表示されます。
       ファンドの基準価額については下記の照会先までお問い合わせ下さい。

           野村アセットマネジメント株式会社
           サポートダイヤル 0120-753104                 (フリーダイヤル)
             <受付時間> 営業日の午前9時~午後5時
           インターネットホームページ http://www.nomura-am.co.jp/
      <訂正後>

                    ※
       取得申込受付日の基準価額              とします
       なお、取得申込受付日の午後               3 時までに、取得申込みが行なわれかつ当該取得申込みにかかる販売会社所定
     の事務手続が完了したものを当該取得申込受付日の受付分                              とします。ただし、取得申込者が、対象株価指数
     の構成銘柄である株式の発行会社等である場合の時限は、午後2時                                  とします。
        ※「基準価額」とは、純資産総額をその時の受益権口数で除して得た額をいいます。なお、ファンドにおいては10
          口当りの価額で表示されます。
       ファンドの基準価額については下記の照会先までお問い合わせ下さい。

           野村アセットマネジメント株式会社
           サポートダイヤル 0120-753104                 (フリーダイヤル)
             <受付時間> 営業日の午前9時~午後5時
           インターネットホームページ http://www.nomura-am.co.jp/
    (6)申込単位

      <訂正前>

            ※
       1ユニット      以上1ユニット単位
        ※「ユニット」とは、対象株価指数に連動すると委託者が想定する1単位の株式のポートフォリオに相当する口数
          の受益権をいいます。
          委託者は、取得申込日の2営業日前までに、当該取得申込日における申込ユニット数に応じた現物株式のポート
          フォリオ(以下「指定株式ポートフォリオ」といいます。)の詳細(銘柄および数量)を決定し、販売会社に提示
          します。
                                 3/55


                                                          EDINET提出書類
                                               野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                              訂正有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
          1ユニットの受益権の口数は、10口の整数倍とし、取得申込受付日に委託者が定めます。
      <訂正後>

            ※
       1ユニット      以上1ユニット単位
        ※「ユニット」とは、対象株価指数に連動すると委託者が想定する1単位の株式のポートフォリオに相当する口数
          の受益権をいいます。
          委託者は、取得申込         受付  日の2営業日前までに、当該取得申込                 受付  日における申込ユニット数に応じた現物株式
          のポートフォリオ(以下「指定株式ポートフォリオ」といいます。)の詳細(銘柄および数量)を決定し、販売会
          社に提示します。
          1ユニットの受益権の口数は、10口の整数倍とし、取得申込受付日に委託者が定めます。
    (9)払込期日

      <訂正前>

       投資者は、指定株式ポートフォリオを取得申込日から起算して                                3 営業日目までに、販売会社に保護預けをす

              (※)
     るものとします          。なお、指定株式ポートフォリオの時価評価額が申込ユニットの評価額(申込ユニットの
     受益権の口数に取得申込受付日の基準価額を乗じて得た額とします。以下同じ。)に満たない場合は、投資者
     は、その差額に相当する金銭を取得申込日から起算して                            3 営業日目までに販売会社に支払うものとします。ま
     た、投資者は、申込手数料ならびに当該手数料にかかる消費税等に相当する金額を取得申込日から起算して                                                       3
     営業日目までに販売会社に支払うものとします。
       各取得申込受付日の発行価額の総額に相当する株式等は、各販売会社によって、追加信託が行なわれる日
     に、受託者の指定するファンド口座に移管されます。(株式等に金銭が含まれる場合は、当該金銭について
     は、各販売会社によって、追加信託が行なわれる日に、委託者の指定する口座を経由して、受託者の指定す
     るファンド口座に払い込まれます。)
        (※)投資者が、指定株式ポートフォリオに含まれる株式の発行会社またはその子会社(会社法第2条第3号に規定す
          る子会社をいい、当該発行会社またはその子会社を以下「発行会社等」といいます。)である場合には、原則
          として、投資者は、指定株式ポートフォリオにおける当該株式の時価総額に相当する金額および、当該株式を
          信託財産において取得するために必要な経費に相当する金額(当該時価総額の0.15%の額)を当該株式に代えて
          金銭にて、取得申込日から起算して                3 営業日目までに販売会社に支払うものとします。
      <訂正後>

       投資者は、指定株式ポートフォリオを取得申込                        受付  日から起算して        2 営業日目までに、販売会社に保護預け

                (※)
     をするものとします            。なお、指定株式ポートフォリオの時価評価額が申込ユニットの評価額(申込ユニッ
     トの受益権の口数に取得申込受付日の基準価額を乗じて得た額とします。以下同じ。)に満たない場合は、投
     資者は、その差額に相当する金銭を取得申込                       受付  日から起算して        2 営業日目までに販売会社に支払うものとし
     ます。また、投資者は、申込手数料ならびに当該手数料にかかる消費税等に相当する金額を取得申込                                                    受付  日
     から起算して       2 営業日目までに販売会社に支払うものとします                        。
        *販売会社が、別途詳細を定める場合があります。詳しくは、販売会社にお問い合わせください                                                  。
       各取得申込受付日の発行価額の総額に相当する株式等は、各販売会社によって、追加信託が行なわれる日
     に、受託者の指定するファンド口座に移管されます。(株式等に金銭が含まれる場合は、当該金銭について
     は、各販売会社によって、追加信託が行なわれる日に、委託者の指定する口座を経由して、受託者の指定す
                                 4/55


                                                          EDINET提出書類
                                               野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                              訂正有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     るファンド口座に払い込まれます。)                    ただし、販売会社が、指定株式ポートフォリオ等の受渡しまたは支払
                          *
     いの債務の負担を金融商品取引清算機関                     (金融商品取引法第2条第29項に規定する金融商品取引清算機関と
     し、  以下、「清算機関」といいます。)に申込み、これを清算機関が負担する場合には、上記の手続きは清
     算機関の定めに従って清算機関を介して行なわれます。
        *金融商品取引清算機関は、「株式会社日本証券クリアリング機構」とします。
        (※)投資者が、指定株式ポートフォリオに含まれる株式の発行会社またはその子会社(会社法第2条第3号に規定す
          る子会社をいい、当該発行会社またはその子会社を以下「発行会社等」といいます。)である場合には、原則
          として、投資者は、指定株式ポートフォリオにおける当該株式の時価総額に相当する金額および、当該株式を
          信託財産において取得するために必要な経費に相当する金額(当該時価総額の0.15%の額)を当該株式に代えて
          金銭にて、取得申込         受付  日から起算して       2 営業日目までに販売会社に支払うものとします。
                                 5/55

















                                                          EDINET提出書類
                                               野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                              訂正有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    第二部【ファンド情報】

    第1【ファンドの状況】

    1ファンドの性格

    (3)ファンドの仕組み

      <更新後>

        ■委託会社の概況(2020年8月末現在)■

         ・名称
           野村アセットマネジメント株式会社
         ・資本金の額
           17,180百万円
         ・会社の沿革
           1959年12月1日                 野村證券投資信託委託株式会社として設立
           1997年10月1日                 投資顧問会社である野村投資顧問株式会社と合併して野村
                            アセット・マネジメント投信株式会社に商号を変更
           2000年11月1日                 野村アセットマネジメント株式会社に商号を変更
         ・大株主の状況
             名称                    住所             所有株式数        比率
      野村ホールディングス株式会社                     東京都中央区日本橋1-13-1                  5,150,693株        100%
    第2【管理及び運営】


    1申込(販売)手続等

      <訂正前>

     申込期間中の各営業日に、受益権の募集が行なわれます。

     取得申込みの受付けについては、取得申込受付日の                          前営業日の      午後  4 時までに、取得申込みが行なわれかつ当
    該取得申込みにかかる販売会社所定の事務手続が完了したものを当該取得申込受付日の受付分とします。
     委託者は、原則として、次の各号の期日および期間(以下「申込不可日」という場合があります。)について
    は、受益権の取得申込の受付けを停止します。
        1.毎月最終営業日の前営業日
        2.対象株価指数(Russell/Nomura Small Cap Core インデックス)の構成銘柄の配当落日および権利
         落日の各々前営業日から起算して2営業日以内
        3.対象株価指数の銘柄変更実施日および銘柄株数変更実施日の各々5営業日前から起算して6営業日以内
        4.ファンドの計算期間終了日(決算日)の3営業日前から起算して3営業日以内(ただし、計算期間終了日
         が休日(営業日でない日をいいます。)の場合は、当該計算期間終了日の4営業日前から起算して4営
         業日以内)
                                 6/55


                                                          EDINET提出書類
                                               野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                              訂正有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
        5.前各号のほか、委託者が、運用の基本方針に沿った運用に支障を来すおそれのあるやむを得ない事情
         が生じたものと認めたとき
     なお、上記各号に該当する期日および期間であっても、信託財産の状況、資金動向、市況動向等を鑑み、信
    託財産に及ぼす影響が軽微である等と判断される期日および期間(第5号に掲げるものを除く。)については、
    受益権の取得申込を受付ける場合があります。
     ファンドの申込(販売)手続についてご不明な点がある場合には、下記の照会先までお問い合わせ下さい。
        野村アセットマネジメント株式会社
        サポートダイヤル 0120-753104                 (フリーダイヤル)
          <受付時間> 営業日の午前9時~午後5時
        インターネットホームページ http://www.nomura-am.co.jp/
     販売の単位は、1ユニット以上1ユニット単位とします。なお、「ユニット」とは、対象株価指数に連動する
    と委託者が想定する1単位の株式のポートフォリオに相当する口数の受益権をいいます。
     1ユニットの受益権の口数は、10口の整数倍とし、取得申込受付日に委託者が定めます。
     委託者は、取得申込日の2営業日前までに、申込ユニット数に応じた現物株式のポートフォリオ(以下「指定
    株式ポートフォリオ」といいます。)を販売会社に提示します。
     取得申込者は、取得申込のユニット数に応じた指定株式ポートフォリオを取得申込日から起算して                                                  3 営業日目
                             (※)
    までに、販売会社に保護預けをするものとします                           。
      (※)取得申込者が、対象株価指数の構成銘柄である株式の発行会社等である場合には、原則として取得申込者は、指定
        株式ポートフォリオにおける当該発行会社の株式の時価総額に相当する金額を当該株式に代えて金銭をもって支払
        うものとします。なお、この場合、取得申込者は、当該発行会社の株式を信託財産において取得するために必要な
        経費に相当する金額(当該株式の時価総額の0.15%の額)をあわせて支払うものとします。
     なお、指定株式ポートフォリオの時価評価額が申込ユニットの評価額に満たない場合は、取得申込者は、そ
    の差額に相当する金銭を取得申込日から起算して                         3 営業日目までに販売会社に支払うものとします。
     受益権の販売価額は、取得申込受付日の基準価額とします。
     金融商品取引所(金融商品取引法第2条第16項に規定する金融商品取引所をいいます。)等における取引の停
    止、決済機能の停止その他やむを得ない事情があるときは、信託約款の規定に従い、委託者の判断でファンド
    の受益権の取得申込みの受付けを中止すること、および既に受付けた取得申込みの受付けを取り消す場合があ
    ります。
    ※取得申込者は販売会社に、取得申込と同時にまたは予め                              当該取得申込者が         受益権の振替を行うための振替機

      関等の口座を       申し出る     ものとし、当該口座に当該取得申込者に係る口数の増加の記載または記録が行なわれ
      ます。なお、販売会社は、当該取得申込に要する指定株式ポートフォリオ等(取得申込者が、対象株価指数
      の構成銘柄である株式の発行会社等である場合の当該株式の個別銘柄時価総額に相当する金額および必要な
      経費に相当する金額を含みます。以下この項において同じ。)の受渡しまたは支払いと引き換えに、当該口
      座に当該取得申込者に係る口数の増加の記載または記録を行なうことができます。受託者は、追加信託にか
      かる指定株式ポートフォリオ等について受入れまたは振替済の通知を受けた場合には、振替機関に対し追加
      信託が行われた旨を通知するものとします。委託者は、追加信託により分割された受益権について、振替機
      関等の振替口座簿への新たな記載または記録をするため社振法に定める事項の振替機関への通知を行なうも
      のとします。振替機関等は、委託者から振替機関への通知があった場合、社振法の規定にしたがい、その備
      える振替口座簿への新たな記載または記録を行ないます。
      <訂正後>

                                 7/55


                                                          EDINET提出書類
                                               野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                              訂正有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     申込期間中の各営業日に、受益権の募集が行なわれます。
     取得申込みの受付けについては、取得申込受付日の午後                            3 時までに、取得申込みが行なわれかつ当該取得申込
    みにかかる販売会社所定の事務手続が完了したものを当該取得申込受付日の受付分                                          とします。ただし、取得申
    込者が、対象株価指数の構成銘柄である株式の発行会社等である場合の時限は、午後2時                                             とします。
     委託者は、原則として、次の各号の期日および期間(以下「申込不可日」という場合があります。)について
    は、受益権の取得申込の受付けを停止します。
        1.毎月最終営業日の前営業日
        2.対象株価指数(Russell/Nomura Small Cap Core インデックス)の構成銘柄の配当落日および権利
         落日の各々前営業日から起算して2営業日以内
        3.対象株価指数の銘柄変更実施日および銘柄株数変更実施日の各々5営業日前から起算して6営業日以内
        4.ファンドの計算期間終了日(決算日)の3営業日前から起算して3営業日以内(ただし、計算期間終了日
         が休日(営業日でない日をいいます。)の場合は、当該計算期間終了日の4営業日前から起算して4営
         業日以内)
        5.前各号のほか、委託者が、運用の基本方針に沿った運用に支障を来すおそれのあるやむを得ない事情
         が生じたものと認めたとき
     なお、上記各号に該当する期日および期間であっても、信託財産の状況、資金動向、市況動向等を鑑み、信
    託財産に及ぼす影響が軽微である等と判断される期日および期間(第5号に掲げるものを除く。)については、
    受益権の取得申込を受付ける場合があります。
     ファンドの申込(販売)手続についてご不明な点がある場合には、下記の照会先までお問い合わせ下さい。
        野村アセットマネジメント株式会社
        サポートダイヤル 0120-753104                 (フリーダイヤル)
          <受付時間> 営業日の午前9時~午後5時
        インターネットホームページ http://www.nomura-am.co.jp/
     販売の単位は、1ユニット以上1ユニット単位とします。なお、「ユニット」とは、対象株価指数に連動する
    と委託者が想定する1単位の株式のポートフォリオに相当する口数の受益権をいいます。
     1ユニットの受益権の口数は、10口の整数倍とし、取得申込受付日に委託者が定めます。
     委託者は、取得申込           受付  日の2営業日前までに、申込ユニット数に応じた現物株式のポートフォリオ(以下
    「指定株式ポートフォリオ」といいます。)を販売会社に提示します。
     取得申込者は、取得申込のユニット数に応じた指定株式ポートフォリオを取得申込                                          受付  日から起算して        2 営業
                                (※)
    日目までに、販売会社に保護預けをするものとします                             。
      (※)取得申込者が、対象株価指数の構成銘柄である株式の発行会社等である場合には、原則として取得申込者は、指定
        株式ポートフォリオにおける当該発行会社の株式の時価総額に相当する金額を当該株式に代えて金銭をもって支払
        うものとします。なお、この場合、取得申込者は、当該発行会社の株式を信託財産において取得するために必要な
        経費に相当する金額(当該株式の時価総額の0.15%の額)をあわせて支払うものとします。
     販売会社が、別途詳細を定める場合があります。詳しくは、販売会社にお問い合わせください。
     なお、   取得申込者が、対象株価             指 数の構成銘柄である株式の発行会社等である場合、取得申込みを当該取得

    申込者から受付けた第一種金融商品取引業者(第一種金融商品取引業者が対象株価指数の構成銘柄である株式
    の発行会社等に該当する場合に、当該第一種金融商品取引業者が自己勘                                     定 で取得申込みを行なうときを含むも
    のとします。次項において同じ。)は、取得申込みを取次ぐ際に委託者にその旨を通知するものとします。
     当該通知が取得申込みの取次ぎの際に行なわれなかった場合において、そのことによって信託財産その他に
    損害が生じたときには、取得申込みを取次いだ第一種金融商品取引業者がその責を負うものとします。
     なお、指定      株式ポートフォリオの時価評価額が申込ユニットの評価額に満たない場合は、取得申込者は、そ
                                 8/55


                                                          EDINET提出書類
                                               野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                              訂正有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    の差額に相当する金銭を取得申込                 受付  日から起算して        2 営業日目までに販売会社に支払うものとします                        。
     販売会社が、別途詳細を定める場合があります。詳しくは、販売会社にお問い合わせください                                                。
     受益権の販売価額は、取得申込受付日の基準価額とします。
     金融商品取引所(金融商品取引法第2条第16項に規定する金融商品取引所をいいます。)等における取引の停
    止、決済機能の停止その他やむを得ない事情があるときは、信託約款の規定に従い、委託者の判断でファンド
    の受益権の取得申込みの受付けを中止すること、および既に受付けた取得申込みの受付けを取り消す場合があ
    ります。
    ※取得申込者は販売会社に、取得申込と同時にまたは予め                              、自己のために開設されたこの信託の                    受益権の振替

      を行  な うための振替機関等の口座を               示す  ものとし、当該口座に当該取得申込者に係る口数の増加の記載また
      は記録が行なわれます。なお、販売会社は、当該取得申込に要する指定株式ポートフォリオ等(取得申込者
      が、対象株価指数の構成銘柄である株式の発行会社等である場合の当該株式の個別銘柄時価総額に相当する
      金額および必要な経費に相当する金額を含みます。以下この項において同じ。)の受渡しまたは支払いと引
      き換えに、当該口座に当該取得申込者に係る口数の増加の記載または記録を行なうことができます。                                                    また、
                 *
      金融商品取引清算機関            の業務方法書に定めるところにより、取得申込みを                           受 付けた販売会社が、当該取得
      申込みの受付けによって生じる指定株式ポートフォリオの委                               託者  への受渡し等の債務の負担を清算機関に申
      込み、これを清算機関が負担する場合に                     は、  振替機関等における清算機関の名義の口座に口数の増加の記載
      または記録が行なわれ、取得申込者が自己のために開設されたこの信託の受益権の振替を行なうための振替
      機関等の口座における口数の増加の記載または記録は、清算機関と販売会社(販売会社による清算機関への
      債務の負担の申込みにおいて、当該販売会社の委託を受けて金融商品取引法第2条第27項に定める有価証券
      等清算取次ぎが行なわれる場合には、当該有価証券等清算取次ぎを行なう金融商品取引業者または登録金融
      機関を含みます。)との間で振替機関等を介して行なわれます。
        *金融商品取引清算機関は、「株式会社日本証券クリアリング機構」とします。
     受託者は、      追加信託にかかる指定株式ポートフォリオ等について受入れまたは振替済の通知を受けた場合に
    は、振替機関に対し追加信託が行われた旨を通知するものとします。委託者は、追加信託により分割された受
    益権について、振替機関等の振替口座簿への新たな記載または記録をするため社振法に定める事項の振替機関
    への通知を行なう         ものとします。ただし、清算機関の業務方法書に定めるところにより、当該指定株式ポート
    フォリオ等の委託者への受渡しまたは支払いの債務を清算機関が負担する場合には、受託者は、委託者の指図
    に基づき、当該指定株式ポートフォリオ等についての受入れまたは振替済の通知にかかわらず、振替機関に対
    し追加信託が行なわれた旨を通知する                   ものとします。
     振替機関等は、委託者から振替機関への通知があった場合、社振法の規定にしたがい、その備える振替口座
    簿への新たな記載または記録を行ないます。
    2換金(解約)手続等

      <訂正前>

    (a)信託の一部解約(解約請求制)

       受益者は、自己に帰属する受益権について、信託期間中において一部解約の実行を請求することができま
      せん。
                                 9/55



                                                          EDINET提出書類
                                               野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                              訂正有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    (b)受益権と信託財産に属する株式との交換

      (交換請求)
       受益者は、自己に帰属する受益権につき、委託者に対し、交換請求受付日の                                       前営業日(「交換申込日」と
      いい  ま す。)ま    でに、一定口数以上の受益権をもって、当該受益権と当該受益権の信託財産に対する持分に
      相当する株式との交換(「交換」といいます。)を請求することができます。                                       なお  、交換   申込日   の 午後4時ま
      で に委託者に交換        の 連絡をして受理されたも             の を 、 交換の申込み       とし  て取扱い     ます。
       上記にかかわらず、委託者は、次の各号の期日または期間における交換請求については、原則として、当
      該交換請求の受付けを停止します。
         1.毎月最終営業日およびその前営業日
         2.対象株価指数の構成銘柄の配当落日および権利落日の各々前営業日
         3.対象株価指数の銘柄変更実施日および銘柄株数変更実施日の各々5営業日前から起算して7営業日以
          内
         4.ファンドの計算期間終了日(毎年7月15日)の3営業日前から起算して3営業日以内(ただし、計算期
          間終了日が休日(営業日でない日をいいます。)の場合は、当該計算期間終了日の4営業日前から
          起算して4営業日以内)
         5.前各号のほか、委託者が、運用の基本方針に沿った運用に支障を来すおそれのあるやむを得ない事
          情が生じたものと認めたとき
       ただし、委託者は、上記各号に該当する期日および期間における交換請求であっても、信託財産の状況、
      資金動向、市況動向等を鑑み、信託財産に及ぼす影響が軽微である等と判断される期日および期間(第5号
      に掲げるものを除く。)における交換請求については、当該交換請求の受付けを行なうことができます。
       なお、交換請求の受付けを停止したときは、受益者は、当該受付け停止以前に行なった当日の交換の請求
      を撤回できます。ただし、受益者がその交換の請求を撤回しない場合には、当該交換は、当該受付け停止を
      解除した後の最初の基準価額の計算日に交換の請求を受付けたものとします。
       交換の単位は、信託財産に属する銘柄の株式の構成比率に相当する比率により構成され、委託者が対象株
      価指数に連動すると想定する、1単位の現物株式のポートフォリオを構成する銘柄の株式につき取引所売買
      単位の整数倍の株数と交換するために必要な口数を基礎として委託者が別に定めるもの(以下「最小交換口
      数」といいます。)とし、10万口以上とします。なお、将来において対象株価指数の変動(値上がり)などに
      より、基準とする口数は変更されることがあります。
       受益者が、交換の請求をするときは、販売会社に対し、振替受益権をもって行なうものとします。
       販売会社は、振替機関の定める方法により、振替受益権の抹消に係る手続きを行なうものとします。当該
      抹消に係る手続きおよび交換株式に係る振替請求が行なわれた後に、振替機関は、当該交換に係る受益権の
      口数と同口数の振替受益権を抹消するものとし、社振法の規定にしたがい振替機関等の口座に交換の請求を
      行なった受益者に係る当該口数の減少の記載または記録が行なわれます。受託者は、委託者の交換の指図に
      基づいて、交換にかかる振替受益権については、振替口座簿における抹消の手続きおよび抹消の確認をもっ
      て、当該振替受益権を受け入れ抹消したものとして取り扱います。
       交換の価額は、交換請求受付日の基準価額とします。販売会社は、受益者が交換を行なうとき、当該受益
      者から販売会社が独自に定める手数料および当該手数料に係る消費税等に相当する金額を徴することができ
      るものとします。
       金融商品取引所等における取引の停止、決済機能の停止その他やむを得ない事情があるときは、信託約款
      の規定に従い、委託者の判断で交換の請求の受付けを停止すること、およびすでに受付けた交換請求の受付
      けを取り消す場合があります。また、交換請求の受付けが中止された場合には、受益者は、当該受付け停止
                                10/55


                                                          EDINET提出書類
                                               野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                              訂正有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
      以前に行なった当日の交換の請求を撤回できます。ただし、受益者がその交換の請求を撤回しない場合に
      は、当該交換は、当該受付け停止を解除した後の最初の基準価額の計算日に交換の請求を受付けたものとし
      ま す。
      (交換で交付する銘柄・株数の計算)
       受益者が交換によって取得できる銘柄・株数は、交換請求受付日                                 (交換申込日の翌営業日)             のファンドの保
      有銘柄および基準価額に基づいて計算された銘柄・株数とし、株数については取引所売買単位(以下「単位
      株数」といいます。)の整数倍とします。
       なお、具体的な計算方法は、原則として以下の通りです。
         Ⅰ交換   申込日の翌営業        日における、信託財産中の株式時価総額のうち、交換口数分の概算株式時価総
          額を計算します。
         Ⅱ上記Ⅰで求めた時価総額に、ファンドが保有している銘柄の時価構成比率を乗じ、銘柄毎の時価で
          除した各銘柄の株数を計算します。
         Ⅲ上記Ⅱで求めた各銘柄の株数を、単位株数の整数倍に、単位株数未満を四捨五入することにより調
          整します。(これを「仮交換ポートフォリオ」とします。)
         Ⅳ上記Ⅲで求めた仮交換ポートフォリオに各銘柄の時価を乗じ、仮交換ポートフォリオの時価総額を
          計算します。
         Ⅴ上記Ⅳで求めた仮交換ポートの時価総額が上記Ⅰで求めた交換口数分の概算株式時価総額を下回っ
          ている場合は、当該仮交換ポートフォリオを交換ポートフォリオとします。
          逆に、上回っている場合は仮交換ポートフォリオについて、以下の調整を行ないます。
            (ⅰ)上記Ⅲにおける四捨五入の結果、繰り上げた金額(「繰り上げた株数×当該銘柄の株価」
               をいい、以下「繰上金額」といいます。)が一番大きい銘柄を1単位株数分減じ、これを新
               たな仮交換ポートフォリオとします。
            (ⅱ)新たな仮交換ポートフォリオの時価総額が上記Ⅰで求めた交換口数分の概算株式時価総額
               を下回っている場合は、当該仮交換ポートフォリオを交換ポートフォリオとします。
               逆に、上回っている場合は、Ⅲにおける繰上金額が次に大きい銘柄を1単位株数分減じ、
               これを新たな仮交換ポートフォリオとします。
            (ⅲ)上記(ⅱ)を繰り返します。
         Ⅵ原則として、上記Ⅴで求めた交換ポートフォリオを構成する銘柄・株数が交換で交付する銘柄・株
          数となります。
       なお、交換を請求した受益者が複数いる場合等において、四捨五入による丸め誤差の影響等により、各受
      益者毎の交換株数の合計がファンドで保有する株数を超えてしまう銘柄が生じた場合等には、交換ポート
      フォリオから当該銘柄を1単位株数分減じる等の調整を行なう場合があります。
        ※交換により交付する銘柄は、必ずしも対象株価指数を構成する全ての銘柄になる訳ではありません。
         また、交換により交付する個別銘柄の構成比は、必ずしも対象株価指数を構成する個別銘柄の構成比
         と等しくなる訳ではありません。
      (交換する受益権口数の確定)
       委託者は、受益者が最小交換口数以上の振替受益権を委託者に提示して交換の請求を行ない、その請求を
      受付けた場合には、受益者から提示された口数の受益権から受益者が取得できる個別銘柄の株数を計算し、
      交換に要する受益権の口数(1口未満の端数があるときは、1口に切上げます。以下「交換必要口数」といい
      ます。)を確定します。
       委託者は、受託者に対し、交換必要口数の受益権と信託財産に属する株式のうち取引所売買単位の整数倍
      となる株式を交換するよう指図します。ただし、交換の請求を行なった受益者が、対象株価指数の構成銘柄
                                11/55


                                                          EDINET提出書類
                                               野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                              訂正有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
      である株式の発行会社等である場合には、原則として、委託者は、交換必要口数から当該発行会社の株式の
      個別銘柄時価総額に相当する口数を除いた口数の受益権と、取引所売買単位の整数倍となる株式(当該発行
      会 社の株式を除きます。)を交換するよう指図するものとします。この場合の個別銘柄時価総額は、交換請
      求受付日の基準価額の計算日における当該発行会社の株式の金融商品取引所の終値(終値のないものについ
      てはそれに準ずる価額とし、店頭売買有価証券市場で取引される銘柄の株式については最終価格又はこれに
      準ずるものとして合理的に算出した価格。)に上記「交換で交付する銘柄・株数の計算」に基づき計算され
      た株数を乗じて得た金額とします。
       なお、交換の請求を行なう受益者が、対象株価指数の構成銘柄である株式の発行会社等である場合、当該
      交換の請求を当該受益者から受付けた第一種金融商品取引業者(第一種金融商品取引業者が対象株価指数の
      構成銘柄である株式の発行会社等に該当する場合に、当該第一種金融商品取引業者が自己勘定で交換を請求
      するときを含むものとします。)は、交換の請求を取次ぐ際に委託者にその旨を                                         書面をもって       通知するもの
      とします。当該通知が交換の請求の取次ぎの際に行なわれなかった場合において、そのことによって信託財
      産その他に損害が生じたときには、交換の請求を取次いだ第一種金融商品取引業者がその責を負うものとし
      ます。
       委託者は、交換請求受付日の翌営業日以降、交換によって抹消されることとなる振替受益権と同口数の受
      益権を失効したものとして取扱うこととし、受託者は、当該受益権にかかる振替受益権が交換株式の振替日
      に抹消済みであることを確認するものとします。
       委託者は、金融商品取引所等における取引の停止、決済機能の停止その他やむを得ない事情があるとき
      は、交換の請求の受付けを停止することおよびすでに受付けた交換の請求の受付けを取り消すことができま
      す。
       なお、交換請求の受付けを停止したときは、受益者は、当該受付け停止以前に行なった当日の交換の請求
      を撤回できます。ただし、受益者がその交換の請求を撤回しない場合には、当該交換は、当該受付け停止を
      解除した後の最初の基準価額の計算日に交換の請求を受付けたものとします。
      (交換による株式の交付等)
       受託者は、販売会社による振替受益権の抹消に係る手続きが行なわれたことを確認したときには、委託者
      の指図に従い、振替機関の定める方法により信託財産に属する交換株式に係る振替請求を行なうものとしま
      す。受益者への交換株式の交付に際しては、原則として交換請求受付日から起算して3営業日目から、振替
      機関等の口座に交換の請求を行なった受益者に係る株数の増加の記載または記録が行なわれます。
       (注)販売会社は、振替機関の定める方法により、振替受益権の抹消に係る手続きを行なうものとします。
       当該抹消に係る手続きおよび交換株式に係る振替請求が行なわれた後に、振替機関は、当該交換に係る受
       益権の口数と同口数の振替受益権を抹消するものとし、社振法の規定にしたがい振替機関等の口座に交換
       の請求を行なった受益者に係る当該口数の減少の記載または記録が行なわれます。委託者は、交換請求受
       付日の翌営業日以降、交換によって抹消されることとなる振替受益権と同口数の受益権を失効したものと
       して取扱うこととし、受託者は、委託者の交換の指図に基づいて、交換にかかる振替受益権については、
       振替口座簿における抹消の手続きおよび交換有価証券の振替日における抹消の確認をもって、当該振替受
       益権を受け入れ抹消したものとして取り扱います。
       受益証券をお手許で保有されている方は、個別に振替受益権とするための所要の手続きが必要であり、こ
       の手続きには時間を要しますので、ご留意ください。
    (c)受益権の買取り(買取請求制)

       販売会社は、次の各号に該当する場合で、受益者の請求があるときは、その受益権を買取ります。ただ
      し、第2号の場合の請求は、信託終了日の2営業日前までとします。
                                12/55


                                                          EDINET提出書類
                                               野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                              訂正有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
         1.交換により生じた取引所売買単位未満の振替受益権
         2.受益権を上場したすべての金融商品取引所において上場廃止になったとき
       受益権の買取価額は、買取申込みを受付けた日の基準価額とします。
       販売会社は、受益権の買取りを行なうときは、販売会社が独自に定める手数料および当該手数料に係る消
      費税等に相当する金額を徴することができるものとします。
       販売会社は、金融商品取引所等における取引の停止、決済機能の停止その他やむを得ない事情があるとき
      は、委託者と協議のうえ、受益権の買取りを中止すること、および既に受付けた受益権の買取りを取り消す
      場合があります。
       また、受益権の買取りが停止された場合には、受益者は買取り停止以前に行なった当日の買取り請求を撤
      回できます。ただし、受益者がその買取り請求を撤回しない場合には、当該受益権の買取価額は、買取り停
      止を解除した後の最初の基準価額の計算日に買取り申込みを受付けたものとして、当該日の基準価額としま
      す。
      上記(a)、(b)及び(c)の詳細については下記の照会先までお問い合わせ下さい。

        野村アセットマネジメント株式会社
        サポートダイヤル 0120-753104                 (フリーダイヤル)
          <受付時間> 営業日の午前9時~午後5時
        インターネットホームページ http://www.nomura-am.co.jp/
      <訂正後>

    (a)信託の一部解約(解約請求制)

       受益者は、自己に帰属する受益権について、信託期間中において一部解約の実行を請求することができま
      せん。
    (b)受益権と信託財産に属する株式との交換

      (交換請求)
       受益者は、自己に帰属する受益権につき、委託者に対し、交換請求受付日の                                       午後3時    までに、一定口数以
      上の受益権をもって、当該受益権と当該受益権の信託財産に対する持分に相当する株式との交換(「交換」
      といいます。)を請求することができます。                      ただし   、交換   の請求を行なう受益者が、対象株価指数                     の 構成銘
      柄 で ある株式     の 発行会社等である場合           の 時限は   、 午後2時    とします。
       上記にかかわらず、委託者は、次の各号の期日または期間における交換請求については、原則として、当
      該交換請求の受付けを停止します。
         1.毎月最終営業日およびその前営業日
         2.対象株価指数の構成銘柄の配当落日および権利落日の各々前営業日
         3.対象株価指数の銘柄変更実施日および銘柄株数変更実施日の各々5営業日前から起算して7営業日以
          内
         4.ファンドの計算期間終了日(毎年7月15日)の3営業日前から起算して3営業日以内(ただし、計算期
          間終了日が休日(営業日でない日をいいます。)の場合は、当該計算期間終了日の4営業日前から
          起算して4営業日以内)
         5.前各号のほか、委託者が、運用の基本方針に沿った運用に支障を来すおそれのあるやむを得ない事
          情が生じたものと認めたとき
                                13/55


                                                          EDINET提出書類
                                               野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                              訂正有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
       ただし、委託者は、上記各号に該当する期日および期間における交換請求であっても、信託財産の状況、
      資金動向、市況動向等を鑑み、信託財産に及ぼす影響が軽微である等と判断される期日および期間(第5号
      に 掲げるものを除く。)における交換請求については、当該交換請求の受付けを行なうことができます。
       なお、交換請求の受付けを停止したときは、受益者は、当該受付け停止以前に行なった当日の交換の請求
      を撤回できます。ただし、受益者がその交換の請求を撤回しない場合には、当該交換は、当該受付け停止を
      解除した後の最初の基準価額の計算日に交換の請求を受付けたものとします。
       交換の単位は、信託財産に属する銘柄の株式の構成比率に相当する比率により構成され、委託者が対象株
      価指数に連動すると想定する、1単位の現物株式のポートフォリオを構成する銘柄の株式につき取引所売買
      単位の整数倍の株数と交換するために必要な口数を基礎として委託者が別に定めるもの(以下「最小交換口
      数」といいます。)とし、10万口以上とします。なお、将来において対象株価指数の変動(値上がり)などに
      より、基準とする口数は変更されることがあります。
       受益者が、交換の請求をするときは、販売会社に対し、振替受益権をもって行なうものとします。
       販売会社は、振替機関の定める方法により、振替受益権の抹消に係る手続きを行なうものとします。                                                    な
      お、清算機関の業務方法書に定めるところにより、当該販売会社が、振替受益権の委託者への受渡しの債務
      の負担を清算機関に申込み、これを清算機関が負担する場合には、清算機関が振替受益権の抹消に係る手続
      きを行ないます。         当該抹消に係る手続きおよび交換株式に係る振替請求が行なわれた後に、振替機関は、当
      該交換に係る受益権の口数と同口数の振替受益権を抹消するものとし、社振法の規定にしたがい振替機関等
      の口座に交換の請求を行なった受益者に係る当該口数の減少の記載または記録が行なわれます。受託者は、
      委託者の交換の指図に基づいて、交換にかかる振替受益権については、振替口座簿における抹消の手続きお
      よび抹消の確認をもって、当該振替受益権を受け入れ抹消したものとして取り扱います。
       交換の価額は、交換請求受付日の基準価額とします。販売会社は、受益者が交換を行なうとき、当該受益
      者から販売会社が独自に定める手数料および当該手数料に係る消費税等に相当する金額を徴することができ
      るものとします。
       金融商品取引所等における取引の停止、決済機能の停止その他やむを得ない事情があるときは、信託約款
      の規定に従い、委託者の判断で交換の請求の受付けを停止すること、およびすでに受付けた交換請求の受付
      けを取り消す場合があります。また、交換請求の受付けが中止された場合には、受益者は、当該受付け停止
      以前に行なった当日の交換の請求を撤回できます。ただし、受益者がその交換の請求を撤回しない場合に
      は、当該交換は、当該受付け停止を解除した後の最初の基準価額の計算日に交換の請求を受付けたものとし
      ます。
      (交換で交付する銘柄・株数の計算)
       受益者が交換によって取得できる銘柄・株数は、交換請求受付日のファンドの保有銘柄および基準価額に
      基づいて計算された銘柄・株数とし、株数については取引所売買単位(以下「単位株数」といいます。)の整
      数倍とします。
       なお、具体的な計算方法は、原則として以下の通りです。
         Ⅰ交換   請求受付     日における、信託財産中の株式時価総額のうち、交換口数分の概算株式時価総額を計
          算します。
         Ⅱ上記Ⅰで求めた時価総額に、ファンドが保有している銘柄の時価構成比率を乗じ、銘柄毎の時価で
          除した各銘柄の株数を計算します。
         Ⅲ上記Ⅱで求めた各銘柄の株数を、単位株数の整数倍に、単位株数未満を四捨五入することにより調
          整します。(これを「仮交換ポートフォリオ」とします。)
         Ⅳ上記Ⅲで求めた仮交換ポートフォリオに各銘柄の時価を乗じ、仮交換ポートフォリオの時価総額を
          計算します。
                                14/55


                                                          EDINET提出書類
                                               野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                              訂正有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
         Ⅴ上記Ⅳで求めた仮交換ポートの時価総額が上記Ⅰで求めた交換口数分の概算株式時価総額を下回っ
          ている場合は、当該仮交換ポートフォリオを交換ポートフォリオとします。
          逆に、上回っている場合は仮交換ポートフォリオについて、以下の調整を行ないます。
            (ⅰ)上記Ⅲにおける四捨五入の結果、繰り上げた金額(「繰り上げた株数×当該銘柄の株価」
               をいい、以下「繰上金額」といいます。)が一番大きい銘柄を1単位株数分減じ、これを新
               たな仮交換ポートフォリオとします。
            (ⅱ)新たな仮交換ポートフォリオの時価総額が上記Ⅰで求めた交換口数分の概算株式時価総額
               を下回っている場合は、当該仮交換ポートフォリオを交換ポートフォリオとします。
               逆に、上回っている場合は、Ⅲにおける繰上金額が次に大きい銘柄を1単位株数分減じ、
               これを新たな仮交換ポートフォリオとします。
            (ⅲ)上記(ⅱ)を繰り返します。
         Ⅵ原則として、上記Ⅴで求めた交換ポートフォリオを構成する銘柄・株数が交換で交付する銘柄・株
          数となります。
       なお、交換を請求した受益者が複数いる場合等において、四捨五入による丸め誤差の影響等により、各受
      益者毎の交換株数の合計がファンドで保有する株数を超えてしまう銘柄が生じた場合等には、交換ポート
      フォリオから当該銘柄を1単位株数分減じる等の調整を行なう場合があります。
        ※交換により交付する銘柄は、必ずしも対象株価指数を構成する全ての銘柄になる訳ではありません。
         また、交換により交付する個別銘柄の構成比は、必ずしも対象株価指数を構成する個別銘柄の構成比
         と等しくなる訳ではありません。
      (交換する受益権口数の確定)
       委託者は、受益者が最小交換口数以上の振替受益権を委託者に提示して交換の請求を行ない、その請求を
      受付けた場合には、受益者から提示された口数の受益権から受益者が取得できる個別銘柄の株数を計算し、
      交換に要する受益権の口数(1口未満の端数があるときは、1口に切上げます。以下「交換必要口数」といい
      ます。)を確定します。
       委託者は、受託者に対し、交換必要口数の受益権と信託財産に属する株式のうち取引所売買単位の整数倍
      となる株式を交換するよう指図します。ただし、交換の請求を行なった受益者が、対象株価指数の構成銘柄
      である株式の発行会社等である場合には、原則として、委託者は、交換必要口数から当該発行会社の株式の
      個別銘柄時価総額に相当する口数を除いた口数の受益権と、取引所売買単位の整数倍となる株式(当該発行
      会社の株式を除きます。)を交換するよう指図するものとします。この場合の個別銘柄時価総額は、交換請
      求受付日の基準価額の計算日における当該発行会社の株式の金融商品取引所の終値(終値のないものについ
      てはそれに準ずる価額とし、店頭売買有価証券市場で取引される銘柄の株式については最終価格又はこれに
      準ずるものとして合理的に算出した価格。)に上記「交換で交付する銘柄・株数の計算」に基づき計算され
      た株数を乗じて得た金額とします。
       なお、交換の請求を行なう受益者が、対象株価指数の構成銘柄である株式の発行会社等である場合、当該
      交換の請求を当該受益者から受付けた第一種金融商品取引業者(第一種金融商品取引業者が対象株価指数の
      構成銘柄である株式の発行会社等に該当する場合に、当該第一種金融商品取引業者が自己勘定で交換を請求
      するときを含むものとします。)は、交換の請求を取次ぐ際に委託者にその旨を通知するものとします。当
      該通知が交換の請求の取次ぎの際に行なわれなかった場合において、そのことによって信託財産その他に損
      害が生じたときには、交換の請求を取次いだ第一種金融商品取引業者がその責を負うものとします。
       委託者は、交換請求受付日の翌営業日以降、交換によって抹消されることとなる振替受益権と同口数の受
      益権を失効したものとして取扱うこととし、受託者は、当該受益権にかかる振替受益権が交換株式の振替日
      に抹消済みであることを確認するものとします。
                                15/55


                                                          EDINET提出書類
                                               野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                              訂正有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
       委託者は、金融商品取引所等における取引の停止、決済機能の停止その他やむを得ない事情があるとき
      は、交換の請求の受付けを停止することおよびすでに受付けた交換の請求の受付けを取り消すことができま
      す。
       なお、交換請求の受付けを停止したときは、受益者は、当該受付け停止以前に行なった当日の交換の請求
      を撤回できます。ただし、受益者がその交換の請求を撤回しない場合には、当該交換は、当該受付け停止を
      解除した後の最初の基準価額の計算日に交換の請求を受付けたものとします。
      (交換による株式の交付等)
       受託者は、販売会社による振替受益権の抹消に係る手続きが行なわれたことを確認したときには、委託者
      の指図に従い、振替機関の定める方法により信託財産に属する交換株式に係る振替請求を行なうものとしま
      す。  ただし、清算機関の業務方法書に定めるところにより、交換の請求を受付けた販売会社が、振替受益権
      の委託者への受渡しの債務の負担を清算機関に申込み、これを清算機関が負担する場合には、受託者は、振
      替受益権の抹消に係る手続きにかかわらず、委託者の指図に従い、振替機関の定める方法により信託財産に
      属する交換株式に係る振替請求を行なうものとします。                            受益者への交換株式の交付に際しては、原則として
      交換請求受付日から起算して3営業日目から、振替機関等の口座に交換の請求を行なった受益者に係る株数
      の増加の記載または記録が行なわれます。
       (注)販売会社は、振替機関の定める方法により、振替受益権の抹消に係る手続きを行なうものとします。
       当該抹消に係る手続きおよび交換株式に係る振替請求が行なわれた後に、振替機関は、当該交換に係る受
       益権の口数と同口数の振替受益権を抹消するものとし、社振法の規定にしたがい振替機関等の口座に交換
       の請求を行なった受益者に係る当該口数の減少の記載または記録が行なわれます。委託者は、交換請求受
       付日の翌営業日以降、交換によって抹消されることとなる振替受益権と同口数の受益権を失効したものと
       して取扱うこととし、受託者は、委託者の交換の指図に基づいて、交換にかかる振替受益権については、
       振替口座簿における抹消の手続きおよび交換有価証券の振替日における抹消の確認をもって、当該振替受
       益権を受け入れ抹消したものとして取り扱います。
       受益証券をお手許で保有されている方は、個別に振替受益権とするための所要の手続きが必要であり、こ
       の手続きには時間を要しますので、ご留意ください。
    (c)受益権の買取り(買取請求制)

       販売会社は、次の各号に該当する場合で、受益者の請求があるときは、その受益権を買取ります。ただ
      し、第2号の場合の請求は、信託終了日の2営業日前までとします。
         1.交換により生じた取引所売買単位未満の振替受益権
         2.受益権を上場したすべての金融商品取引所において上場廃止になったとき
       受益権の買取価額は、買取申込みを受付けた日の基準価額とします。
       販売会社は、受益権の買取りを行なうときは、販売会社が独自に定める手数料および当該手数料に係る消
      費税等に相当する金額を徴することができるものとします。
       販売会社は、金融商品取引所等における取引の停止、決済機能の停止その他やむを得ない事情があるとき
      は、委託者と協議のうえ、受益権の買取りを中止すること、および既に受付けた受益権の買取りを取り消す
      場合があります。
       また、受益権の買取りが停止された場合には、受益者は買取り停止以前に行なった当日の買取り請求を撤
      回できます。ただし、受益者がその買取り請求を撤回しない場合には、当該受益権の買取価額は、買取り停
      止を解除した後の最初の基準価額の計算日に買取り申込みを受付けたものとして、当該日の基準価額としま
      す。
                                16/55


                                                          EDINET提出書類
                                               野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                              訂正有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
      上記(a)、(b)及び(c)の詳細については下記の照会先までお問い合わせ下さい。
        野村アセットマネジメント株式会社
        サポートダイヤル 0120-753104                 (フリーダイヤル)
          <受付時間> 営業日の午前9時~午後5時
        インターネットホームページ http://www.nomura-am.co.jp/
                                17/55


















                                                          EDINET提出書類
                                               野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                              訂正有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    第三部【委託会社等の情報】

    第1【委託会社等の概況】

    3委託会社等の経理状況

     <更新後>

       1.委託会社である野村アセットマネジメント株式会社(以下「委託会社」という)の財務諸表は、「財務

        諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和38年大蔵省令第59号、以下「財務諸表等規則」
        という)、ならびに同規則第2条の規定に基づき、「金融商品取引業等に関する内閣府令」(平成19年8月
        6日内閣府令第52号)により作成しております。
        委託会社の中間財務諸表は、「中間財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和52年大
        蔵省令第38号、以下「中間財務諸表等規則」という)、ならびに同規則第38条及び第57条の規定に基づ
        き、「金融商品取引業等に関する内閣府令」(平成19年8月6日内閣府令第52号)により作成しておりま
        す。
       2.財務諸表及び中間財務諸表の記載金額は、百万円未満の端数を切り捨てて表示しております。

       3.委託会社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、事業年度(2019年4月1日から2020年3

        月31日まで)の財務諸表ならびに中間会計期間(2020年4月1日から2020年9月30日まで)の中間財務諸表に
        ついて、EY新日本有限責任監査法人の監査及び中間監査を受けております。
    (1)貸借対照表

                        前事業年度                       当事業年度        

                          (2019年3月31日)               (2020年3月31日)
                    注記
           区分                金額(百万円)               金額(百万円)
                    番号
          (資産の部)
     流動資産
                                   1,562
      現金・預金                                           2,626
                                  45,493
      金銭の信託                                           41,524
                                  19,900
      有価証券                                           24,399
                                    27
      前払費用                                            106
                                    500
      未収入金                                            522
                                  25,246
      未収委託者報酬                                           23,936
                                   5,933
      未収運用受託報酬                                           4,336
                                    269
      その他                                             71
      貸倒引当金                             △15              △14
          流動資産計                         98,917              97,509
     固定資産
      有形固定資産                              714              645
       建物             ※2       320               295
       器具備品             ※2       393               349
      無形固定資産                             6,438              5,894
                                18/55


                                                          EDINET提出書類
                                               野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                              訂正有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
       ソフトウェア                    6,437               5,893
       その他                      0               0
      投資その他の資産                            18,608              16,486
       投資有価証券                    1,562               1,437
       関係会社株式                   12,631               10,171
       従業員長期貸付金                      -              16
       長期差入保証金                     235               329
       長期前払費用                     22               19
       前払年金費用                    2,001               1,545
       繰延税金資産                    2,694               2,738
       その他                     168               229
       貸倒引当金                      -              △0
       投資損失引当金                    △707                 -
          固定資産計                         25,761              23,026
          資産合計                       124,679              120,536
                        前事業年度                       当事業年度        

                          (2019年3月31日)               (2020年3月31日)
                    注記
           区分                金額(百万円)               金額(百万円)
                    番号
          (負債の部)
     流動負債
      預り金                              145              157
      未払金                            16,709              15,279
       未払収益分配金                      0               0
       未払償還金                      25               3
       未払手数料                    7,724               6,948
       関係会社未払金                    7,422               7,262
       その他未払金                    1,535               1,063
      未払費用              ※1              11,704              10,290
      未払法人税等                             1,560              1,564
      前受収益                              29              26
      賞与引当金                             3,792              3,985
      その他                               -              67
         流動負債計                         33,942              31,371
     固定負債
      退職給付引当金                             3,219              3,311
      時効後支払損引当金                              558              572
         固定負債計                         3,777              3,883
          負債合計                        37,720              35,254
         (純資産の部)
     株主資本                             86,924              85,270
      資本金                            17,180              17,180
      資本剰余金                             13,729              13,729
       資本準備金                     11,729               11,729
       その他資本剰余金                      2,000               2,000
      利益剰余金                             56,014              54,360
       利益準備金                       685               685
       その他利益剰余金                     55,329               53,675
        別途積立金                     24,606               24,606
        繰越利益剰余金                     30,723               29,069
                                19/55


                                                          EDINET提出書類
                                               野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                              訂正有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     評価・換算差額等                               33              10
      その他有価証券評価差額金                               33              10
          純資産合計                         86,958              85,281
        負債・純資産合計                          124,679              120,536
    (2)損益計算書

                            前事業年度               当事業年度

                          (自 2018年4月1日               (自 2019年4月1日
                          至 2019年3月31日)               至 2020年3月31日)
                     注記
           区分                金額(百万円)               金額(百万円)
                     番号
     営業収益
      委託者報酬                            119,196              115,736
      運用受託報酬                            21,440              17,170
      その他営業収益                              355              340
          営業収益計                        140,992              133,247
     営業費用
      支払手数料                            42,675              39,435
      広告宣伝費                             1,210              1,006
      公告費                               0              -
      調査費                            30,082              26,833
       調査費                    5,998               5,696
       委託調査費                   24,083               21,136
      委託計算費                             1,311              1,342
      営業雑経費                             5,435              5,823
       通信費                      92               75
       印刷費                     970               958
       協会費                      86               92
       諸経費                    4,286               4,696
          営業費用計                        80,715              74,440
     一般管理費
      給料                            11,113              11,418
       役員報酬                     379               109
       給料・手当                    7,067               7,173
       賞与                    3,666               4,134
      交際費                              107               86
      旅費交通費                              514              391
      租税公課                             1,048              1,029
      不動産賃借料                             1,223              1,227
      退職給付費用                             1,474              1,486
      固定資産減価償却費                             2,835              2,348
      諸経費                            10,115              10,067
         一般管理費計                         28,433              28,055
          営業利益                        31,843              30,751
                                20/55



                                                          EDINET提出書類
                                               野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                              訂正有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
                           前事業年度              当事業年度
                         (自 2018年4月1日
                                        (自 2019年4月1日
                          至 2019年3月31日)
                                        至 2020年3月31日)
                    注記
           区分                金額(百万円)              金額(百万円)
                    番号
     営業外収益
      受取配当金               ※1      6,538              4,936
      受取利息                       0              0
      その他                      424              309
         営業外収益計                         6,964              5,246
     営業外費用
      支払利息                ※1        1              -
      金銭の信託運用損                       489              230
      投資事業組合等評価損
                             -             146
      時効後支払損引当金繰入額                        43              18
      為替差損                      34              23
      その他                      17              23
         営業外費用計                          585              443
          経常利益                       38,222              35,555
     特別利益
      投資有価証券等売却益                      20              21
      関係会社清算益               ※3        29               -
      株式報酬受入益                      85              59
          特別利益計                         135               81
     特別損失
      投資有価証券等評価損                      938              119
      関係会社株式評価損                      161             1,591
      固定資産除却損               ※2       310               67
      投資損失引当金繰入額                      707               -
          特別損失計                        2,118              1,778
        税引前当期純利益                         36,239              33,858
     法人税、住民税及び事業税                             10,196               9,896

     法人税等調整額                              370              △34
          当期純利益                        25,672              23,996

    (3)株主資本等変動計算書

      前事業年度(自 2018年4月1日 至 2019年3月31日)
                                                    (単位:百万円)
                                   株主資本
                        資本剰余金                  利益剰余金
                                       その他利益剰余金
                                                       株 主 
                         その他    資 本                     利 益
                                             繰 
               資本金                                         資 本
                    資 本              利 益
                         資 本    剰余金                     剰余金
                                       別 途     越  
                                                        合 計
                    準備金              準備金
                         剰余金    合 計                     合 計
                                       積立金     利 益
                                             剰余金
     当期首残高           17,180     11,729    2,000    13,729      685   24,606      29,876      55,168      86,078
                                21/55


                                                          EDINET提出書類
                                               野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                              訂正有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     当期変動額
      剰余金の配当                                      △24,826      △24,826      △24,826
      当期純利益                                       25,672      25,672      25,672
      株主資本以外の
      項目の当期変動
      額(純額)
     当期変動額合計             -     -    -     -     -     -     846      846      846
     当期末残高           17,180     11,729    2,000    13,729      685   24,606      30,723      56,014      86,924
                                 (単位:百万円)

                    評価・換算差額等
                                  純資産合計
                 その他有価証         評価・換算
                 券評価差額金         差額等合計
     当期首残高                  11        11       86,090

     当期変動額
      剰余金の配当                                △24,826
      当期純利益                                 25,672
      株主資本以外の項目
      の当期変動額(純                 21        21         21
      額)
     当期変動額合計                  21        21        868
     当期末残高                  33        33       86,958
      当事業年度(自 2019年4月1日 至 2020年3月31日)

                                                    (単位:百万円)
                                   株主資本
                       資本剰余金                  利益剰余金
                                       その他利益剰余金
                                                       株 主 
                        その他    資 本                      利 益
                                             繰 
              資本金                                          資 本
                   資 本              利 益
                        資 本    剰余金                      剰余金
                                       別 途      越  
                                                        合 計
                   準備金              準備金
                        剰余金    合 計                      合 計
                                       積立金      利 益
                                            剰余金
     当期首残高          17,180     11,729    2,000    13,729       685    24,606      30,723      56,014      86,924
     当期変動額
      剰余金の配当                                      △25,650      △25,650      △25,650
      当期純利益                                       23,996      23,996      23,996
      株主資本以外
      の項目の当期
      変動額(純
      額)
     当期変動額合計            -     -    -     -     -     -    △1,653      △1,653      △1,653
                                22/55


                                                          EDINET提出書類
                                               野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                              訂正有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     当期末残高          17,180     11,729    2,000    13,729       685    24,606      29,069      54,360      85,270
                                 (単位:百万円)

                    評価・換算差額等
                                  純資産合計
                 その他有価証        評価・換算
                 券評価差額金        差額等合計
     当期首残高                 33        33       86,958

     当期変動額
      剰余金の配当                                △25,650
      当期純利益                                 23,996
      株主資本以外の項目
      の当期変動額(純               △23        △23         △23
      額)
     当期変動額合計                △23        △23        △1,676
     当期末残高                 10        10       85,281
    [重要な会計方針]

     1.有価証券の評価基準及び評価方法                   (1)  子会社株式及び関連会社株式              …  移動平均法による原価法

                        (2)  その他有価証券

                         時価のあるもの        …   決算期末日の市場価格等に基づく時価法
                                   (評価差額は全部純資産直入法により処理し、
                                   売却原価は移動平均法により算定しておりま
                                   す。)
                         時価のないもの        …   移動平均法による原価法
     2.金銭の信託の評価基準及び評価方                    時価法

       法
     3.固定資産の減価償却の方法                   (1)  有形固定資産

                           定率法を採用しております。ただし、1998年4月1日以降に取得
                          した建物(附属設備を除く)、並びに2016年4月1日以降に取得した
                          建物附属設備及び構築物については、定額法を採用しておりま
                          す。
                           主な耐用年数は以下の通りであります。
                             建物         38~50年
                             附属設備          8~15年
                             構築物           20年
                             器具備品          4~15年
                        (2)  無形固定資産及び投資その他の資産

                           定額法を採用しております。なお、自社利用のソフトウェアに
                          ついては、社内における利用可能期間(5年)に基づく定額法に
                          よっております。
     4.引当金の計上基準                   (1)  貸倒引当金

                           一般債権については貸倒実績率により、貸倒懸念債権等特定の
                          債権については個別に回収可能性を検討し、回収不能見込額を計
                          上しております。
                        (2)  賞与引当金

                           賞与の支払いに備えるため、支払見込額を計上しております。
                                23/55


                                                          EDINET提出書類
                                               野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                              訂正有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
                        (3)  退職給付引当金
                           従業員の退職給付に備えるため、退職一時金及び確定給付型企
                          業年金について、当事業年度末における退職給付債務及び年金資
                          産の見込額に基づき計上しております。
                         ①  退職給付見込額の期間帰属方法
                           退職給付債務の算定にあたり、退職給付見込額を当事業年度末
                          までの期間に帰属させる方法については、給付算定式基準によっ
                          ております。
                         ②  数理計算上の差異及び過去勤務費用の費用処理方法
                           確定給付型企業年金に係る数理計算上の差異は、その発生時の
                          従業員の平均残存勤務期間以内の一定の年数による定額法によ
                          り、発生した事業年度の翌期から費用処理することとしておりま
                          す。また、退職一時金に係る数理計算上の差異は、発生した事業
                          年度の翌期に一括して費用処理することとしております。
                           退職一時金及び確定給付型企業年金に係る過去勤務費用は、その
                          発生時の従業員の平均残存勤務期間以内の一定の年数による定額法
                          により、発生した事業年度から費用処理することとしております。
                        (4)  時効後支払損引当金

                           時効成立のため利益計上した収益分配金及び償還金について、
                          受益者からの今後の支払請求に備えるため、過去の支払実績に基
                          づく将来の支払見込額を計上しております。
     5.消費税等の会計処理方法                    消費税及び地方消費税の会計処理は、税抜き方式によっており、控

                        除対象外消費税及び地方消費税は、当期の費用として処理しておりま
                        す。
     6.連結納税制度の適用                    連結納税制度を適用しております。

                         なお、当社は、「所得税法等の一部を改正する法律」(令和2年法律
                        第8号)において創設されたグループ通算制度への移行及びグループ通
                        算制度への移行にあわせて単体納税制度の見直しが行われた項目につ
                        いては、「連結納税制度からグループ通算制度への移行に係る税効果
                        会計の適用に関する取扱い」(実務対応報告第39号 2020年3月31
                        日)第3項の取扱いにより、「税効果会計に係る会計基準の適用指
                        針」(企業会計基準適用指針第28号 2018年2月16日)第44項の定め
                        を適用せず、繰延税金資産及び繰延税金負債の額について、改正前の
                        税法の規定に基づいております。
    [未適用の会計基準等]

       ・「収益認識に関する会計基準」(企業会計基準第29号 2020年3月31日)
       ・「収益認識に関する会計基準の適用指針」(企業会計基準適用指針第30号 2020年3月31日)
       (1)概要
          収益認識に関する包括的な会計基準であります。収益は、次の5つのステップを適用し認識されま
       す。
           ステップ1:顧客との契約を識別する。
           ステップ2:契約における履行義務を識別する。
           ステップ3:取引価格を算定する。
           ステップ4:契約における履行義務に取引価格を配分する。
           ステップ5:履行義務を充足した時に又は充足するにつれて収益を認識する。
       (2)適用予定日
         2022年3月期の期首より適用予定であります。
       (3)当該会計基準等の適用による影響
          影響額は、当財務諸表の作成時において評価中であります。
                                24/55


                                                          EDINET提出書類
                                               野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                              訂正有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
       ・「時価の算定に関する会計基準」(企業会計基準第30号 2019年7月4日)
       ・「時価の算定に関する会計基準の適用指針」(企業会計基準適用指針第31号 2019年7月4日)
       ・「金融商品に関する会計基準」(企業会計基準第10号 2019年7月4日)
       ・「金融商品の時価等の開示に関する適用指針」(企業会計基準適用指針第19号 2020年3月31日)
       (1)概要
         国際的な会計基準の定めとの比較可能性を向上させるため、「時価の算定に関する会計基準」及び
        「時価の算定に関する会計基準の適用指針(以下「時価算定会計基準等」という。)が開発され、時価
        の算定方法に関するガイダンス等が定められました。時価算定会計基準等は次の項目の時価に適用され
        ます。
        ・「金融商品に関する会計基準」における金融商品
         また「金融商品の時価等の開示に関する適用指針」が改訂され、金融商品の時価のレベルごとの内訳
        等の注記事項が定められました。
       (2)適用予定日
         2022年3月期の期首より適用予定であります。
       (3)当該会計基準等の適用による影響
         影響額は、当財務諸表の作成時において評価中であります。
       ・「会計方針の開示、会計上の変更及び誤謬の訂正に関する会計基準」(企業会計基準第24号 2020年3

       月31日)
       (1)概要
         関連する会計基準等の定めが明らかでない場合に、採用した会計処理の原則及び手続きの概要を示す
        ことを目的とするものです。
       (2)適用予定日
         2021年3月期の年度末より適用予定であります。
       ・「会計上の見積りの開示に関する会計基準(企業会計基準第31号 2020年3月31日)

       (1)概要
         当年度の財務諸表に計上した金額が会計上の見積りによるもののうち、翌年度の財務諸表に重要な影
        響を及ぼすリスクがある項目における会計上の見積りの内容について、財務諸表利用者の理解に資する
        情報を開示することを目的とするものです。
       (2)適用予定日
          2021年3月期の年度末より適用予定であります。
    [注記事項]


    ◇ 貸借対照表関係

               前事業年度末                           当事業年度末

              (2019年3月31日)                           (2020年3月31日)
     ※1.関係会社に対する資産及び負債                           ※1.関係会社に対する資産及び負債
        区分掲記されたもの以外で各科目に含まれている                           区分掲記されたもの以外で各科目に含まれている
       ものは、次のとおりであります。                           ものは、次のとおりであります。
        未払費用                1,434百万円          未払費用                 1,296百万円
                                25/55


                                                          EDINET提出書類
                                               野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                              訂正有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     ※2.有形固定資産より控除した減価償却累計額                           ※2.有形固定資産より控除した減価償却累計額
        建物                 736百万円          建物                 761百万円
                                   器具備品                2,347
        器具備品                3,106
                                   合計                3,109
        合計                3,842
    ◇ 損益計算書関係

               前事業年度                           当事業年度

             (自 2018年4月1日                           (自 2019年4月1日
              至 2019年3月31日)                           至 2020年3月31日)
     ※1.関係会社に係る注記                           ※1.関係会社に係る注記
        区分掲記されたもの以外で関係会社に対するもの                           区分掲記されたもの以外で関係会社に対するもの
       は、次のとおりであります。                           は、次のとおりであります。
        受取配当金                6,531百万円           受取配当金                4,931百万円
        支払利息
                          1
     ※2.固定資産除却損                           ※2.固定資産除却損

        器具備品                   3百万円        器具備品                  7百万円
        ソ   フ   ト   ウ   ェ                 ソ  フ  ト  ウ  ェ
                          307                           59
        ア                                     ア       
        合計                  310         合計                 67
    ※3.関係会社清算益

       関係会社清算益は、関係会社の清算にともなう
      清算配当です。
    ◇   株主資本等変動計算書関係

       前事業年度(自 2018年4月1日 至 2019年3月31日)

      1.  発行済株式の種類及び総数に関する事項

     株式の種類       当事業年度期首株式数            当事業年度増加株式数            当事業年度減少株式数            当事業年度末株式数
      普通株式           5,150,693株                -            -      5,150,693株

      2.  剰余金の配当に関する事項

       (1)配当財産が金銭である場合における当該金銭の総額
           2018年5月14日開催の取締役会において、次のとおり決議しております。
            普通株式の配当に関する事項
            配当金の総額                     24,826百万円
            配当の原資                      利益剰余金
            1株当たり配当額                        4,820円
            基準日                     2018年3月31日
            効力発生日                     2018年6月25日
       (2)   基準日が当事業年度に属する配当のうち、配当の効力発生日が翌事業年度となるもの

           2019年5月15日開催の取締役会において、次のとおり決議しております。
            普通株式の配当に関する事項
            配当金の総額                   25,650百万円
            配当の原資                    利益剰余金
            1株当たり配当額                     4,980円
                                26/55


                                                          EDINET提出書類
                                               野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                              訂正有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
            基準日                  2019年3月31日
            効力発生日                  2019年6月28日
       当事業年度(自 2019年4月1日 至 2020年3月31日)

      1.  発行済株式の種類及び総数に関する事項

     株式の種類       当事業年度期首株式数            当事業年度増加株式数            当事業年度減少株式数            当事業年度末株式数
      普通株式           5,150,693株                -            -      5,150,693株

      2.  剰余金の配当に関する事項

       (1)配当財産が金銭である場合における当該金銭の総額
           2019年5月15日開催の取締役会において、次のとおり決議しております。
            普通株式の配当に関する事項
            配当金の総額                     25,650百万円
            配当の原資                      利益剰余金
            1株当たり配当額                        4,980円
            基準日                     2019年3月31日
            効力発生日                     2019年6月28日
       (2)   基準日が当事業年度に属する配当のうち、配当の効力発生日が翌事業年度となるもの

           2020年5月19日開催の取締役会において、次のとおり決議しております。
            普通株式の配当に関する事項
            配当金の総額                     23,950百万円
            配当の原資                      利益剰余金
            1株当たり配当額                        4,650円
            基準日                     2020年3月31日
            効力発生日                     2020年6月30日
    ◇ 金融商品関係

      前事業年度(自         2018年4月1日         至  2019年3月31日)

      1.  金融商品の状況に関する事項

       (1)金融商品に対する取組方針
          当社は、投資信託の運用を業として行っており、自社が運用する投資信託の商品性維持等を目的と
         して、当該投資信託を特定金外信託を通じ保有しております。特定金外信託を通じ行っているデリバ
         ティブ取引については、保有する投資信託にかかる将来の為替及び価格の変動によるリスクの軽減を
         目的としているため、投資信託保有残高の範囲内で行うこととし、投機目的のためのデリバディブ取
         引は行わない方針であります。
          なお、余資運用に関しては、譲渡性預金等安全性の高い金融資産で運用し、資金調達に関しては、
         親会社である野村ホールディングス株式会社及びその他の金融機関からの短期借入による方針であり
         ます。
       (2)金融商品の内容及びそのリスク並びにリスク管理体制

          特定金外信託を通じ保有している投資信託につきましては、為替変動リスクや価格変動リスクに晒
                                27/55


                                                          EDINET提出書類
                                               野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                              訂正有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
         されておりますが、その大部分については為替予約、株価指数先物、債券先物などのデリバティブ取
         引によりヘッジしております。また、株式につきましては、政策投資として、あるいは業務上の関係
         維 持を目的として保有しておりますが、価格変動リスクに晒されております。有価証券及び投資有価
         証券並びに金銭の信託については財務部が管理しており、定期的に時価や発行体の財務状況を把握
         し、その内容を経営に報告しております。
          デリバティブ取引の実行及び管理については、財務部及び運用調査本部で行っております。デリバ
         ティブ取引については、取引相手先として高格付を有する金融機関に限定しているため信用リスクは
         ほとんどないと認識しております。財務部は月に一度デリバティブ取引の内容を含んだ財務報告を経
         営会議で行っております。
          また、営業債権である未収委託者報酬は、投資信託約款に基づき、信託財産から委託者に対して支
         払われる信託報酬の未払金額であり、信託財産は受託銀行において分別保管されているため、信用リ
         スクはほとんどないと認識しております。同じく営業債権である未収運用受託報酬は、投資顧問契約
         に基づき、運用受託者に対して支払われる報酬の未払金額であります。この未収運用受託報酬は、信
         託財産から運用受託者に対して支払われる場合は、信託財産が信託銀行において分別保管されている
         ため、信用リスクはほとんどないと認識しており、顧客から直接運用受託者に対して支払われる場合
         は、当該顧客の信用リスクにさらされておりますが、顧客ごとに決済期日および残高を管理すること
         により、回収懸念の早期把握や回収リスクの軽減を図っております。
      2.  金融商品の時価等に関する事項

          2019年3月31日における貸借対照表計上額、時価、及びこれらの差額については次のとおりです。な
         お、時価を把握することが極めて困難と認められるものは、次表には含めておりません。
                                                (単位:百万円)
                            貸借対照表計上額               時価         差額
     (1)現金・預金                               1,562          1,562          -
     (2)金銭の信託                              45,493          45,493           -
     (3)未収委託者報酬                              25,246          25,246           -
     (4)未収運用受託報酬                               5,933          5,933          -
     (5)有価証券及び投資有価証券                              19,900          19,900           -
       その他有価証券                            19,900          19,900           -
             資産計                      98,136          98,136           -
     (6)未払金                              16,709          16,709           -
       未払収益分配金                                 0          0        -
       未払償還金                                 25          25        -
       未払手数料                               7,724          7,724          -
       関係会社未払金                            7,422          7,422          -
       その他未払金                               1,535          1,535          -
     (7)未払費用                              11,704          11,704           -
     (8)未払法人税等                               1,560          1,560          -
             負債計                      29,974          29,974           -
     注1:金融商品の時価の算定方法並びに有価証券に関する事項

                                28/55


                                                          EDINET提出書類
                                               野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                              訂正有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
      (1)  現金・預金
       短期間で決済されるため、時価は帳簿価額とほぼ等しいことから、当該帳簿価額によっております。
      (2)  金銭の信託

       信託財産は、主として投資信託、デリバティブ取引、その他の資産(コールローン・委託証拠金等)で
      構成されております。これらの時価について投資信託については基準価額、デリバティブ取引に関して
      は、上場デリバティブ取引は取引所の価格、為替予約取引は先物為替相場、店頭デリバティブ取引は取引
      先金融機関から提示された価格等によっております。また、その他の資産については短期間で決済される
      ため、時価は帳簿価額とほぼ等しいことから、当該帳簿価額によっております。
      (3)未収委託者報酬、(4)未収運用受託報酬

       これらは短期間で決済されるため、時価は帳簿価額とほぼ等しいことから、当該帳簿価額によっており
      ます。
      (5)  有価証券及び投資有価証券

       その他有価証券
       譲渡性預金は短期間で決済されるため、時価は帳簿価額とほぼ等しいことから、当該帳簿価額によって
      おります。また、保有目的ごとの有価証券に関する注記事項については、「有価証券関係」注記を参照く
      ださい。
      (6)  未払金、(7)       未払費用、(8)        未払法人税等

      これらは短期間で決済されるため、時価は帳簿価額とほぼ等しいことから、当該帳簿価額によっておりま
      す。
     注2:非上場株式等(貸借対照表計上額:投資有価証券1,562百万円、関係会社株式12,631百万円)は、市場

        価格がなく、かつ将来キャッシュフローを見積もることなどができず、時価を把握することが極めて困
        難と認められるため、「有価証券及び投資有価証券」には含めておりません。なお、当事業年度におい
        て、非上場株式について1,100百万円(投資有価証券938百万円、関係会社株式161百万円)減損処理を
        行っております。
     注3:金銭債権及び満期のある有価証券の決算日後の償還予定額

                                         (単位:百万円)
                                1年超       5年超
                        1年以内                    10年超
                               5年以内      10年以内
       預金                   1,562         -       -       -
       金銭の信託                   45,493         -       -       -
       未収委託者報酬                   25,246         -       -       -
       未収運用受託報酬                   5,933         -       -       -
       有価証券及び投資有価証券
        その他有価証券                   19,900         -       -       -
       合計                   98,136         -       -       -
                                29/55


                                                          EDINET提出書類
                                               野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                              訂正有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
      当事業年度(自         2019年4月1日         至  2020年3月31日)


      1.  金融商品の状況に関する事項

       (1)金融商品に対する取組方針
          当社は、投資信託の運用を業として行っており、自社が運用する投資信託の商品性維持等を目的と
         して、当該投資信託を特定金外信託を通じ保有しております。特定金外信託を通じ行っているデリバ
         ティブ取引については、保有する投資信託にかかる将来の為替及び価格の変動によるリスクの軽減を
         目的としているため、投資信託保有残高の範囲内で行うこととし、投機目的のためのデリバディブ取
         引は行わない方針であります。
          なお、余資運用に関しては、譲渡性預金等安全性の高い金融資産で運用し、資金調達に関しては、
         親会社である野村ホールディングス株式会社及びその他の金融機関からの短期借入による方針であり
         ます。
       (2)金融商品の内容及びそのリスク並びにリスク管理体制

          特定金外信託を通じ保有している投資信託につきましては、為替変動リスクや価格変動リスクに晒
         されておりますが、その大部分については為替予約、株価指数先物、債券先物などのデリバティブ取
         引によりヘッジしております。また、株式につきましては、政策投資として、あるいは業務上の関係
         維持を目的として保有しておりますが、価格変動リスクに晒されております。有価証券及び投資有価
         証券並びに金銭の信託については財務部が管理しており、定期的に時価や発行体の財務状況を把握
         し、その内容を経営に報告しております。
          デリバティブ取引の実行及び管理については、財務部及び運用調査本部で行っております。デリバ
         ティブ取引については、取引相手先として高格付を有する金融機関に限定しているため信用リスクは
         ほとんどないと認識しております。財務部は月に一度デリバティブ取引の内容を含んだ財務報告を経
         営会議で行っております。
          また、営業債権である未収委託者報酬は、投資信託約款に基づき、信託財産から委託者に対して支
         払われる信託報酬の未払金額であり、信託財産は受託銀行において分別保管されているため、信用リ
         スクはほとんどないと認識しております。同じく営業債権である未収運用受託報酬は、投資顧問契約
         に基づき、運用受託者に対して支払われる報酬の未払金額であります。この未収運用受託報酬は、信
         託財産から運用受託者に対して支払われる場合は、信託財産が信託銀行において分別保管されている
         ため、信用リスクはほとんどないと認識しており、顧客から直接運用受託者に対して支払われる場合
         は、当該顧客の信用リスクにさらされておりますが、顧客ごとに決済期日および残高を管理すること
         により、回収懸念の早期把握や回収リスクの軽減を図っております。
      2.  金融商品の時価等に関する事項

          2020年3月31日における貸借対照表計上額、時価、及びこれらの差額については次のとおりです。な
         お、時価を把握することが極めて困難と認められるものは、次表には含めておりません。
                                                (単位:百万円)
                            貸借対照表計上額               時価         差額
                                30/55

                                                          EDINET提出書類
                                               野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                              訂正有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     (1)現金・預金                               2,626          2,626          -
     (2)金銭の信託                              41,524          41,524           -
     (3)未収委託者報酬                              23,936          23,936           -
     (4)未収運用受託報酬                               4,336          4,336          -
     (5)有価証券及び投資有価証券                              24,399          24,399           -
       その他有価証券                            24,399          24,399           -
             資産計                      96,823          96,823           -
     (6)未払金                              15,279          15,279           -
       未払収益分配金                                 0          0        -
       未払償還金                                 3          3        -
       未払手数料                               6,948          6,948          -
       関係会社未払金                               7,262          7,262          -
       その他未払金                               1,063          1,063          -
     (7)未払費用                              10,290          10,290           -
     (8)未払法人税等                               1,564          1,564          -
             負債計                      27,134          27,134           -
     注1:金融商品の時価の算定方法並びに有価証券に関する事項

      (1)  現金・預金
       短期間で決済されるため、時価は帳簿価額とほぼ等しいことから、当該帳簿価額によっております。
      (2)  金銭の信託

       信託財産は、主として投資信託、デリバティブ取引、その他の資産(コールローン・委託証拠金等)で
      構成されております。これらの時価について投資信託については基準価額、デリバティブ取引に関して
      は、上場デリバティブ取引は取引所の価格、為替予約取引は先物為替相場、店頭デリバティブ取引は取引
      先金融機関から提示された価格等によっております。また、その他の資産については短期間で決済される
      ため、時価は帳簿価額とほぼ等しいことから、当該帳簿価額によっております。
      (3)未収委託者報酬、(4)未収運用受託報酬

       これらは短期間で決済されるため、時価は帳簿価額とほぼ等しいことから、当該帳簿価額によっており
      ます。
      (5)  有価証券及び投資有価証券

       その他有価証券
       譲渡性預金及びコマーシャル・ペーパーは短期間で決済されるため、時価は帳簿価額とほぼ等しいことか
      ら、当該帳簿価額によっております。また、保有目的ごとの有価証券に関する注記事項については、「有
      価証券関係」注記を参照ください。
      (6)  未払金、(7)       未払費用、(8)        未払法人税等


       これらは短期間で決済されるため、時価は帳簿価額とほぼ等しいことから、当該帳簿価額によっており
                                31/55


                                                          EDINET提出書類
                                               野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                              訂正有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
       ます。
     注2:非上場株式等(貸借対照表計上額:投資有価証券1,437百万円、関係会社株式10,171百万円)は、市場

        価格がなく、かつ将来キャッシュフローを見積もることなどができず、時価を把握することが極めて困
        難と認められるため、「有価証券及び投資有価証券」には含めておりません。当事業年度において、非
        上場株式について2,416百万円(投資有価証券117百万円、関係会社株式2,298百万円)減損処理を行って
        おります。なお、関係会社株式に係る評価損は、過年度に計上しておりました関係会社株式に対する投
        資損失引当金の戻入益707百万円と相殺し、関係会社株式評価損1,591百万円を特別損失に計上しており
        ます。
     注3:金銭債権及び満期のある有価証券の決算日後の償還予定額

                                         (単位:百万円)
                                1年超       5年超
                        1年以内                     10年超
                               5年以内       10年以内
       預金                   2,626          -      -      -
       金銭の信託                  41,524          -      -      -
       未収委託者報酬                  23,936          -      -      -
       未収運用受託報酬                   4,336          -      -      -
       有価証券及び投資有価証券
        その他有価証券                  24,399          -      -      -
       合計                  96,823          -      -      -
    ◇ 有価証券関係

      前事業年度      (自   2018年4月1日         至  2019年3月31日)

      1.売買目的有価証券(2019年3月31日)

        該当事項はありません。
      2.満期保有目的の債券(2019年3月31日)

        該当事項はありません。
      3.子会社株式及び関連会社株式(2019年3月31日)

        該当事項はありません。
      4.その他有価証券(2019年3月31日)

                 貸借対照表       取得原価        差額

         区分         計上額
                 (百万円)       (百万円)       (百万円)
     貸借対照表計上額が取
     得原価を超えるもの
      株式                -       -       -
         小計            -       -       -
                                32/55


                                                          EDINET提出書類
                                               野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                              訂正有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     貸借対照表計上額が取
     得原価を超えないもの
      譲渡性預金             19,900       19,900         -
         小計          19,900       19,900         -
         合計          19,900       19,900         -
      5.事業年度中に売却したその他有価証券(自                        2018年4月1日         至  2019年3月31日)

       該当事項はありません。
      当事業年度      (自   2019年4月1日         至  2020年3月31日)


      1.売買目的有価証券(2020年3月31日)

        該当事項はありません。
      2.満期保有目的の債券(2020年3月31日)

        該当事項はありません。
      3.子会社株式及び関連会社株式(2020年3月31日)

        該当事項はありません。
      4.その他有価証券(2020年3月31日)

                 貸借対照表       取得原価        差額

         区分         計上額
                 (百万円)       (百万円)       (百万円)
     貸借対照表計上額が取
     得原価を超えるもの
      株式                -       -       -
         小計            -       -       -
     貸借対照表計上額が取
     得原価を超えないもの
      譲渡性預金             4,400       4,400         -
      コマーシャル・ペー
                   19,999       19,999
      パー
         小計          24,399       24,399         -
         合計          24,399       24,399         -
      5.事業年度中に売却したその他有価証券(自                        2019年4月1日        至  2020年3月31日)

       該当事項はありません。
      ◇ 退職給付関係

                                33/55


                                                          EDINET提出書類
                                               野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                              訂正有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
                   前事業年度(自 2018年4月1日 至 2019年3月31日)

         1.採用している退職給付制度の概要

           当社は、確定給付型の制度として確定給付型企業年金制度及び退職一時金制度を、また確
          定拠出型の制度として確定拠出年金制度を設けております。
         2.確定給付制度

         (1)  退職給付債務の期首残高と期末残高の調整表
            退職給付債務の期首残高                            21,398   百万円
             勤務費用                              951
             利息費用                              179
             数理計算上の差異の発生額                             1,672
             退職給付の支払額                             △737
             過去勤務費用の発生額                             71
             その他                              15
            退職給付債務の期末残高                            23,551
         (2)  年金資産の期首残高と期末残高の調整表

            年金資産の期首残高                            17,373   百万円
             期待運用収益                              434
             数理計算上の差異の発生額                             △241
             事業主からの拠出額                              483
             退職給付の支払額                             △579
            年金資産の期末残高                            17,469
         (3)  退職給付債務及び年金資産の期末残高と貸借対照表に計上された退職給付引当金

            及び前払年金費用の調整表
            積立型制度の退職給付債務                             20,181   百万円
            年金資産                            △17,469
                                         2,712
            非積立型制度の退職給付債務                             3,369
            未積立退職給付債務                             6,082
            未認識数理計算上の差異                            △5,084
            未認識過去勤務費用                              220
            貸借対照表上に計上された負債と資産の純額                             1,218
            退職給付引当金                             3,219

            前払年金費用                            △2,001
            貸借対照表上に計上された負債と資産の純額                             1,218
         (4)  退職給付費用及びその内訳項目の金額

            勤務費用                              951  百万円
            利息費用                              179
            期待運用収益                             △434
            数理計算上の差異の費用処理額                              598
            過去勤務費用の費用処理額                             △38
            確定給付制度に係る退職給付費用                             1,255
         (5)  年金資産に関する事項

           ①年金資産の主な内容
            年金資産合計に対する主な分類毎の比率は、次の通りです。
            債券                              47%
            株式                              41%
            生保一般勘定                              12%
            その他                              0%
            合計                             100%
           ②長期期待運用収益率の設定方法

            年金資産の長期期待運用収益率を決定するため、現在及び予想される年金資産の配分
            と、年金資産を構成する多様な資産からの現在及び将来期待される長期の収益率を考慮
            しております。
                                34/55

                                                          EDINET提出書類
                                               野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                              訂正有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
         (6)  数理計算上の計算基礎に関する事項

            当事業年度末における主要な数理計算上の計算基礎
            確定給付型企業年金制度の割引率                             0.7%
            退職一時金制度の割引率                             0.4%
            長期期待運用収益率                             2.5%
         3.確定拠出制度

           当社の確定拠出制度への要拠出額は、197百万円でした。
                   当事業年度(自 2019年4月1日 至 2020年3月31日)


         1.採用している退職給付制度の概要

           当社は、確定給付型の制度として確定給付型企業年金制度及び退職一時金制度を、また確
          定拠出型の制度として確定拠出年金制度を設けております。
         2.確定給付制度

         (1)  退職給付債務の期首残高と期末残高の調整表
            退職給付債務の期首残高                            23,551   百万円
             勤務費用                            1,034
             利息費用                             154
             数理計算上の差異の発生額                            △138
             退職給付の支払額                            △858
             その他                              17
            退職給付債務の期末残高                            23,761
         (2)  年金資産の期首残高と期末残高の調整表

            年金資産の期首残高                            17,469   百万円
             期待運用収益                             436
             数理計算上の差異の発生額                            △393
             事業主からの拠出額                             566
             退職給付の支払額                            △666
            年金資産の期末残高                            17,413
         (3)  退職給付債務及び年金資産の期末残高と貸借対照表に計上された退職給付引当金

            及び前払年金費用の調整表
            積立型制度の退職給付債務                            20,462   百万円
            年金資産                           △17,413
                                         3,048
            非積立型制度の退職給付債務                            3,299
            未積立退職給付債務                            6,347
            未認識数理計算上の差異                           △4,764
            未認識過去勤務費用                             185
            貸借対照表上に計上された負債と資産の純額                            1,766
            退職給付引当金                            3,311

            前払年金費用                           △1,545
            貸借対照表上に計上された負債と資産の純額                            1,766
         (4)  退職給付費用及びその内訳項目の金額

            勤務費用                            1,034   百万円
            利息費用                             154
            期待運用収益                            △436
            数理計算上の差異の費用処理額                             572
            過去勤務費用の費用処理額                             △35
            確定給付制度に係る退職給付費用                            1,289
                                35/55


                                                          EDINET提出書類
                                               野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                              訂正有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
         (5)  年金資産に関する事項
           ①年金資産の主な内容
            年金資産合計に対する主な分類毎の比率は、次の通りです。
            債券                             57%
            株式                             24%
            生保一般勘定                             12%
            生保特別勘定                              7%
            その他                              0%
            合計                             100%
           ②長期期待運用収益率の設定方法

            年金資産の長期期待運用収益率を決定するため、現在及び予想される年金資産の配分
            と、年金資産を構成する多様な資産からの現在及び将来期待される長期の収益率を考慮
            しております。
         (6)  数理計算上の計算基礎に関する事項

            当事業年度末における主要な数理計算上の計算基礎
            確定給付型企業年金制度の割引率                             0.6%
            退職一時金制度の割引率                             0.5%
            長期期待運用収益率                             2.5%
         3.確定拠出制度

           当社の確定拠出制度への要拠出額は、202百万円でした。
    ◇ 税効果会計関係


               前事業年度末                            当事業年度末

               (2019年3月31日)                            (2020年3月31日)
     1.繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別の                            1.繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別の
      内訳                            内訳
      繰延税金資産                       百万円     繰延税金資産                       百万円
       賞与引当金                       1,175      賞与引当金                      1,235
       退職給付引当金                        998     退職給付引当金                      1,026
       関係会社株式評価減                        51    関係会社株式評価減                       762
       投資有価証券評価減                        708     投資有価証券評価減                       462
       未払事業税                        288     未払事業税                       285
       時効後支払損引当金                        172     時効後支払損引当金                       177
       減価償却超過額                        171     減価償却超過額                       171
       ゴルフ会員権評価減                        192     ゴルフ会員権評価減                       167
       関係会社株式売却損                        148     関係会社株式売却損                       148
       未払社会保険料                        82    未払社会保険料                        97
                              633                            219
       その他                            その他
      繰延税金資産小計                        4,625      繰延税金資産小計                      4,754
      評価性引当額                            評価性引当額
                            △1,295                            △1,532
                             3,329                            3,222
      繰延税金資産合計                            繰延税金資産合計
      繰延税金負債                            繰延税金負債
       その他有価証券評価差額金                        15    その他有価証券評価差額金                        4
                              620                            478
       前払年金費用                            前払年金費用
      繰延税金負債合計                         635    繰延税金負債合計                        483
      繰延税金資産の純額                        2,694     繰延税金資産の純額                       2,738
                                36/55





                                                          EDINET提出書類
                                               野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                              訂正有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     2.法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率                            2.法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率
      との差異の原因となった主な項目別の内訳                            との差異の原因となった主な項目別の内訳
      法定実効税率                      31.0%      法定実効税率                      31.0%
      (調整)                            (調整)
      交際費等永久に損金に算入されない項                       0.1%      交際費等永久に損金に算入されない項                       0.0%
      目                            目
      受取配当金等永久に益金に算入され                            受取配当金等永久に益金に算入され
      ない項目                      △5.6%       ない項目                      △4.4%
      タックスヘイブン税制                       2.6%      タックスヘイブン税制                       2.6%
      外国税額控除                      △0.6%       外国税額控除                      △0.7%
      外国子会社からの受取配当に係る外                            外国子会社からの受取配当に係る外
      国源泉税                       0.3%      国源泉税                       0.2%
      その他                       1.3%      その他                       0.4%
      税効果会計適用後の法人税等の負担                            税効果会計適用後の法人税等の負担率
                            29.1%                            29.1%
      率
    ◇ セグメント情報等


      前事業年度(自 2018年4月1日 至 2019年3月31日)

     1.セグメント情報

        当社は投資運用業の単一セグメントであるため、記載を省略しております。
     2.関連情報

      (1)製品・サービスごとの情報
          当社の製品・サービス区分の決定方法は、損益計算書の営業収益の区分と同一であることから、製
        品・サービスごとの営業収益の記載を省略しております。
      (2)地域ごとの情報

        ①  売上高
          本邦の外部顧客からの営業収益に区分した金額が損益計算書の営業収益の90%を超えるため、地域
          ごとの営業収益の記載を省略しております。
        ②  有形固定資産
          本邦に所在している有形固定資産の金額が貸借対照表の有形固定資産の金額の90%を超えるため、
          地域ごとの有形固定資産の記載を省略しております。
      (3)主要な顧客ごとの情報

         外部顧客からの営業収益のうち、損益計算書の営業収益の10%以上を占める相手先がないため、主要
        な顧客ごとの営業収益の記載を省略しております。
      当事業年度(自 2019年4月1日 至 2020年3月31日)

     1.セグメント情報

        当社は投資運用業の単一セグメントであるため、記載を省略しております。
     2.関連情報

      (1)製品・サービスごとの情報
          当社の製品・サービス区分の決定方法は、損益計算書の営業収益の区分と同一であることから、製
        品・サービスごとの営業収益の記載を省略しております。
                                37/55


                                                          EDINET提出書類
                                               野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                              訂正有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
      (2)地域ごとの情報
        ①  売上高
          本邦の外部顧客からの営業収益に区分した金額が損益計算書の営業収益の90%を超えるため、地域
          ごとの営業収益の記載を省略しております。
        ②  有形固定資産
          本邦に所在している有形固定資産の金額が貸借対照表の有形固定資産の金額の90%を超えるため、
          地域ごとの有形固定資産の記載を省略しております。
      (3)主要な顧客ごとの情報

         外部顧客からの営業収益のうち、損益計算書の営業収益の10%以上を占める相手先がないため、主要
        な顧客ごとの営業収益の記載を省略しております。
    ◇ 関連当事者情報

    前事業年度(自 2018年4月1日 至 2019年3月31日)

     1.関連当事者との取引

        (ア)親会社及び法人主要株主等
                             議決権等                 取引         期末

          会社等                        関連当事者との
     種類          所在地     資本金    事業の内容      の所有           取引の内容      金額     科目    残高
          の名称                          関係
                            (被所有)割合                 (百万円)         (百万円)
                                         資金の借入
                                               3,000
                                         (*1)
                                                  短期借入
                                                         -
         野村ホール                     (被所有)     資産の賃貸借
                                                  金
               東京都      594,492
     親会社    ディングス株               持株会社      直接    及び購入等
                                         資金の返済       3,000
               中央区     (百万円)
         式会社                     100%
                                  役員の兼任
                                         借入金利息
                                                 1 未払費用       -
                                         の支払
        (イ)子会社等

        該当はありません。
        (ウ)兄弟会社等

                             議決権等                 取引         期末
          会社等                        関連当事者との
     種類          所在地     資本金    事業の内容      の所有           取引の内容      金額    科目    残高
          の名称                          関係
                             (被所有)割合                 (百万円)         (百万円)
                                  当社投資信託
                                  の募集の取扱
                                         投資信託に
                                  及び売出の取
                                         係る事務代
     親会社の    野村證券株式      東京都      10,000              扱ならびに投                未払手数
                         証券業      -          行手数料の       34,646        6,410
     子会社    会社      中央区     (百万円)               資信託に係る                料
                                         支払(*2)
                                  事務代行の委
                                  託等
                                  役員の兼任
        (エ)役員及び個人主要株主等

           該当はありません。
     (注)1.上記の金額のうち、取引金額には消費税等が含まれておらず、期末残高には消費税等が含まれております。

       2.取引条件及び取引条件の決定方針等
         (*1) 資金の借入については、市場金利を勘案して利率を合理的に決定しております。
         (*2) 投資信託に係る事務代行手数料については、商品性等を勘案し総合的に決定しております。
                                38/55


                                                          EDINET提出書類
                                               野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                              訂正有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     2.親会社又は重要な関連会社に関する注記

        (1)親会社情報
          野村ホールディングス㈱(東京証券取引所、名古屋証券取引所、シンガポール証券取引所、
           ニューヨーク証券取引所に上場)
        (2)重要な関連会社の要約財務諸表

          該当はありません。
    当事業年度(自 2019年4月1日 至 2020年3月31日)

     1.関連当事者との取引

        (ア)親会社及び法人主要株主等
           該当はありません。
        (イ)子会社等

           該当はありません。
        (ウ)兄弟会社等

                             議決権等                 取引          期末
          会社等                       関連当事者との
     種類         所在地    資本金    事業の内容      の所有           取引の内容      金額     科目     残高
          の名称                         関係
                            (被所有)割合                 (百万円)          (百万円)
                                  当社投資信託
                                  の募集の取扱
                                        投資信託に
                                  及び売出の取
                                        係る事務代
     親会社の    野村證券株式      東京都      10,000             扱ならびに投                未払手数
                                        行手数料の       31,378          5,536
                        証券業      -
     子会社    会社      中央区     (百万円)              資信託に係る                料
                                        支払(*1)
                                  事務代行の委
                                  託等
                                  役員の兼任
                                        コマーシャ       20,000   有価証券       19,999
                                        ル ・ ペ ー
                                        パーの購入
                                        (*2)
                                       有価証券受          その他営業
                                                0          0
                                       取利息          外収益
        (エ)役員及び個人主要株主等

           該当はありません。
     (注)1.上記の金額のうち、取引金額には消費税等が含まれておらず、期末残高には消費税等が含まれております。

       2.取引条件及び取引条件の決定方針等
         (*1) 投資信託に係る事務代行手数料については、商品性等を勘案し総合的に決定しております。
         (*2) コマーシャル・ペ-パーの購入については、市場金利を勘案して利率を合理的に決定しております。
     2.親会社又は重要な関連会社に関する注記

        (1)親会社情報
          野村ホールディングス㈱(東京証券取引所、名古屋証券取引所、シンガポール証券取引所、
                                39/55

                                                          EDINET提出書類
                                               野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                              訂正有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
           ニューヨーク証券取引所に上場)
        (2)重要な関連会社の要約財務諸表

          該当はありません。
    ◇ 1株当たり情報

               前事業年度                           当事業年度
             (自 2018年4月1日                           (自 2019年4月1日
              至 2019年3月31日)                           至 2020年3月31日)
     1株当たり純資産額                   16,882円89銭       1株当たり純資産額                   16,557円31銭

     1株当たり当期純利益                    4,984円30銭       1株当たり当期純利益                    4,658円88銭
     潜在株式調整後1株当たり当期純利益については、潜在                           潜在株式調整後1株当たり当期純利益については、潜在

     株式が存在しないため記載しておりません。                           株式が存在しないため記載しておりません。
     1株当たり当期純利益の算定上の基礎                           1株当たり当期純利益の算定上の基礎

      損益計算書上の当期純利益                  25,672百万円         損益計算書上の当期純利益                  23,996百万円
      普通株式に係る当期純利益                  25,672百万円         普通株式に係る当期純利益                  23,996百万円
      普通株主に帰属しない金額の主要な内訳                           普通株主に帰属しない金額の主要な内訳
       該当事項はありません。                           該当事項はありません。
      普通株式の期中平均株式数                  5,150,693株        普通株式の期中平均株式数                  5,150,693株
      中間財務諸表



        ◇中間貸借対照表
                                     2020年9月30日現在

                             注記
                 区分                    金額(百万円)
                             番号
                (資産の部)
         流動資産
           現金・預金                                  2,307
           金銭の信託                                  40,828
           有価証券                                  10,500
           未収委託者報酬                                  24,249
           未収運用受託報酬                                  4,560
           その他                                   894
           貸倒引当金                                   △14
                流動資産計                             83,326
         固定資産
           有形固定資産                  ※1                 2,998
           無形固定資産                                  5,462
            ソフトウェア                                 5,461
            その他                                   0
           投資その他の資産                                  15,942
            投資有価証券                                 1,701
            関係会社株式                                 10,171
            前払年金費用                                 1,429
            繰延税金資産                                 2,003
            その他                                  636
                固定資産計                             24,403
                                40/55

                                                          EDINET提出書類
                                               野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                              訂正有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
                資産合計                            107,730
                                     2020年9月30日現在

                             注記
                 区分                     金額(百万円)
                             番号
                (負債の部)
         流動負債
            未払金                                  11,513
             未払収益分配金                                    0
             未払償還金                                    0
             未払手数料                                  6,651
             関係会社未払金                                  4,007
             その他未払金                 ※2                  853
           未払費用                                   9,953
           未払法人税等                                   1,444
           賞与引当金                                   2,005
           その他                                    147
                流動負債計                              25,063
         固定負債
           退職給付引当金                                   3,350
           時効後支払損引当金                                    579
           資産除去債務                                   1,371
                固定負債計                              5,300
                負債合計                             30,364
               (純資産の部)
         株主資本                                     77,365
           資本金                                  17,180
           資本剰余金                                  13,729
            資本準備金                                 11,729
            その他資本剰余金                                  2,000
           利益剰余金                                  46,455
            利益準備金                                   685
            その他利益剰余金                                 45,770
             別途積立金                                24,606
             繰越利益剰余金                                21,163
         評価・換算差額等                                       0
           その他有価証券評価差額金                                     0
                純資産合計                              77,366
              負債・純資産合計                               107,730
       ◇中間損益計算書

                                    自 2020年4月       1日
                                    至 2020年9月30日
                             注記
                 区分                    金額(百万円)
                             番号
         営業収益
           委託者報酬                                   52,814

           運用受託報酬                                   7,648

           その他営業収益                                     178

                営業収益計                              60,641

         営業費用

           支払手数料                                   16,811

           調査費                                   11,994

           その他営業費用                                   3,835

                                41/55


                                                          EDINET提出書類
                                               野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                              訂正有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
                営業費用計                              32,641
         一般管理費                    ※1                 13,883

         営業利益                                     14,115

         営業外収益                    ※2                  6,145

         営業外費用                    ※3                   33

         経常利益                                     20,227

         特別利益                    ※4                  2,228

         特別損失                    ※5                   445

         税引前中間純利益                                     22,011

         法人税、住民税及び事業税                                      5,226

         法人税等調整額                                       739

         中間純利益                                     16,045

    ◇中間株主資本等変動計算書

       当中間会計期間(自 2020年4月1日 至 2020年9月30日)
                                                   (単位:百万円)
                                  株主資本
                       資本剰余金                  利益剰余金
                                       その他利益剰余金                 株 主
                        その他    資 本                     利 益
               資本金                                         資 本
                    資 本              利 益
                                           繰 越 
                        資 本    剰余金                     剰余金
                                      別 途
                                                       合 計
                    準備金              準備金
                                            利 益
                        剰余金    合 計                     合 計
                                      積立金
                                            剰余金
     当期首残高          17,180     11,729    2,000    13,729      685    24,606      29,069      54,360      85,270
     当中間期変動額
      剰余金の配当                                      △23,950      △23,950      △23,950
      中間純利益                                       16,045      16,045      16,045
      株主資本以外の
      項目の
      当中間期変動額
      (純額)
     当中間期変動額
                 -     -    -     -     -     -   △7,905      △7,905      △7,905
     合計
     当中間期末残高          17,180     11,729     2,000    13,729      685    24,606      21,163      46,455      77,365
                                   (単位:百万円)

                      評価・換算差額等
                                     純資産合計
                   その他有価証         評価・換算
                   券評価差額金         差額等合計
                                42/55


                                                          EDINET提出書類
                                               野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                              訂正有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     当期首残高                   10         10      85,281
     当中間期変動額
      剰余金の配当                                  △23,950
      中間純利益                                   16,045
      株主資本以外の項目の
      当中間期変動額(純                 △10         △10         △10
      額)
     当中間期変動額合計                  △10         △10       △7,915
     当中間期末残高                    0         0      77,366
     [重要な会計方針]

         1 有価証券の評価基準及び評価                (1)  子会社株式及び関連会社株式…移動平均法による原価法

           方法              (2)  その他有価証券
                           時価のあるもの…        中間決算日の市場価格等に基づく時価法
                                   (評価差額は全部純資産直入法により処
                                   理し、売却原価は移動平均法により算定
                                   しております。)
                           時価のないもの…        移動平均法による原価法
         2 運用目的の金銭の信託の評価                時価法によっております。

           基準及び評価方法
         3 固定資産の減価償却の方法                (1)  有形固定資産

                             定率法を採用しております。ただし、1998年4月1日以降
                            に取得した建物(附属設備を除く)、並びに2016年4月1日以
                            降に取得した建物附属設備及び構築物については、定額法
                            によっております。
                          (2)  無形固定資産及び投資その他の資産

                             定額法を採用しております。なお、自社利用のソフト
                            ウェアについては、社内における利用可能期間(5年)に基づ
                            く定額法によっております。
         4 引当金の計上基準                (1)  貸倒引当金

                             一般債権については貸倒実績率等により、貸倒懸念債権
                            等特定の債権については個別に回収可能性を検討し、回収
                            不能見込額を計上しております。 
                          (2)  賞与引当金
                             賞与の支払に備えるため、支払見込額を計上しておりま
                            す。 
                          (3)  退職給付引当金
                             従業員の退職給付に備えるため、退職一時金及び確定給
                            付型企業年金について、当事業年度末における退職給付債
                            務及び年金資産の見込額に基づき、当中間会計期間末にお
                            いて発生していると認められる額を計上しております。
                           ① 退職給付見込額の期間帰属方法
                             退職給付債務の算定にあたり、退職給付見込額を当中間
                            会計期間末までの期間に帰属させる方法については、給付
                            算定式基準によっております。
                           ②  数理計算上の差異及び過去勤務費用の費用処理方法
                             確定給付型企業年金に係る数理計算上の差異は、その発
                            生時の従業員の平均残存勤務期間以内の一定の年数による
                            定額法により、発生した事業年度の翌期から費用処理する
                            こととしております。また、退職一時金に係る数理計算上
                            の差異は、発生した事業年度の翌期に一括して費用処理す
                            ることとしております。
                             退職一時金及び確定給付型企業年金に係る過去勤務費用
                            は、その発生時の従業員の平均残存勤務期間以内の一定の
                            年数による定額法により、発生した事業年度から費用処理
                            することとしております。
                                43/55

                                                          EDINET提出書類
                                               野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                              訂正有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
                          (4)  時効後支払損引当金
                             時効成立のため利益計上した収益分配金及び償還金につ
                            いて、受益者からの今後の支払請求に備えるため、過去の
                            支払実績に基づく将来の支払見込額を計上しております。
         5 消費税等の会計処理                 消費税及び地方消費税の会計処理は、税抜き方式によっており

                          ます。
         6 連結納税制度の適用                 連結納税制度を適用しております。

                          なお、当社は、「所得税法等の一部を改正する法律」(令和2年
                          法律第8号)において創設されたグループ通算制度への移行及び
                          グループ通算制度への移行にあわせて単体納税制度の見直しが
                          行われた項目については、「連結納税制度からグループ通算制
                          度への移行に係る税効果会計の適用に関する取扱い」(実務対
                          応報告第39号 2020年3月31日)第3項の取扱いにより、「税効
                          果会計に係る会計基準の適用指針」(企業会計基準適用指針第
                          28号 2018年2月16日)第44項の定めを適用せず、繰延税金資産
                          及び繰延税金負債の額について、改正前の税法の規定に基づい
                          ております。
     [注記事項]


        ◇中間貸借対照表関係
                            2020年9月30日現在

         ※1 有形固定資産の減価償却累計額
                               648百万円
         ※2 消費税等の取扱い

            仮払消費税等及び仮受消費税等は、相殺のうえ、金額的重要性が乏しいため、流動負債の
            「その他未払金」に含めて表示しております。
        ◇中間損益計算書関係

                              自 2020年4月       1日
                              至 2020年9月30日
         ※1 減価償却実施額
               有形固定資産                180百万円
               無形固定資産               1,125百万円
         ※2 営業外収益のうち主要なもの

               受取配当金               4,540百万円
               金銭信託運用益               1,360百万円
         ※3   営業外費用のうち主要なもの

               時効後支払損引当金繰入                10百万円
               為替差損                 9百万円
         ※4 特別利益の内訳

               投資有価証券等売却益                71百万円
               株式報酬受入益                26百万円
               移転補償金               2,130百万円
         ※5 特別損失の内訳

               投資有価証券等評価損                36百万円
               固定資産除却損                 2百万円
               事務所移転費用                406百万円
                                44/55


                                                          EDINET提出書類
                                               野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                              訂正有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
      ◇中間株主資本等変動計算書関係

                              自 2020年4月       1日
                              至 2020年9月30日
         1 発行済株式に関する事項
                株式の種類       当事業年度期首          増加      減少    当中間会計期間末
                普通株式        5,150,693株          -      -     5,150,693株
         2 配当に関する事項

            配当金支払額
             2020年5月19日開催の取締役会において、次のとおり決議しております。
             ・普通株式の配当に関する事項
               (1)配当金の総額                        23,950百万円
               (2)1株当たり配当額                          4,650円
               (3)基準日                       2020年3月31日
               (4)効力発生日                       2020年6月30日
      ◇金融商品関係

         当中間会計期間         (自   2020年4月1日        至  2020年9月30日)
         金融商品の時価等に関する事項

          2020年9月30日における中間貸借対照表計上額、時価、及びこれらの差額については次のとおりで
         す。なお、時価を把握することが極めて困難と認められるものは、次表には含めておりません。
                                                 (単位:百万円)
                             中間貸借対照表計上額                時価        差額
        (1)現金・預金                               2,307         2,307         -
        (2)金銭の信託                              40,828         40,828         -
        (3)未収委託者報酬                              24,249         24,249         -
        (4)未収運用受託報酬                               4,560         4,560         -
        (5)有価証券及び投資有価証券
          その他有価証券                            10,500         10,500         -
               資産計                      82,445         82,445         -
        (6)未払金                              11,513         11,513         -
          未払収益分配金                                 0         0       -
          未払償還金                                 0         0       -
          未払手数料                               6,651         6,651         -
          関係会社未払金                             4,007         4,007
          その他未払金                                853         853        -
        (7)未払費用                               9,953         9,953         -
        (8)未払法人税等                               1,444         1,444         -
               負債計                      22,911         22,911         -
     注1:金融商品の時価の算定方法並びに有価証券に関する事項

      (1)  現金・預金
        短期間で決済されるため、時価は帳簿価額とほぼ等しいことから、当該帳簿価額によっております。
                                45/55


                                                          EDINET提出書類
                                               野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                              訂正有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
      (2)  金銭の信託
        信託財産は、主として投資信託、デリバティブ取引、その他の資産(コールローン・委託証拠金等)で
       構成されております。これらの時価について投資信託については基準価額、デリバティブ取引に関して
       は、上場デリバティブ取引は取引所の価格、為替予約取引は先物為替相場、店頭デリバティブ取引は取引
       先金融機関から提示された価格等によっております。また、その他の資産については短期間で決済される
       ため、時価は帳簿価額とほぼ等しいことから、当該帳簿価額によっております。
      (3)  未収委託者報酬、(4)           未収運用受託報酬

        これらは短期間で決済されるため、時価は帳簿価額とほぼ等しいことから、当該帳簿価額によっており
       ます。
      (5)  有価証券及び投資有価証券

        その他有価証券
        これらの時価について、株式は取引所の価格によっております。また、譲渡性預金は短期間で決済され
       るため、時価は帳簿価額とほぼ等しいことから、当該帳簿価額によっております。
        また、保有目的ごとの有価証券に関する注記事項については、「有価証券関係」注記を参照ください。
      (6)  未払金、(7)       未払費用、(8)        未払法人税等

        これらは短期間で決済されるため、時価は帳簿価額とほぼ等しいことから、当該帳簿価額によっており
       ます。
     注2:非上場株式等(中間貸借対照表計上額:投資有価証券1,701百万円、関係会社株式10,171百万円)は、

        市場価格がなく、かつ将来キャッシュフローを見積もることなどができず、時価を把握することが極め
        て困難と認められるため、「(5)有価証券及び投資有価証券」には含めておりません。なお、当中間会
        計期間において、非上場株式について35百万円(投資有価証券35百万円)減損処理を行っております。
       ◇有価証券関係


        当中間会計期間末          (2020年9月30日)
        1.満期保有目的の債券(2020年9月30日)

         該当事項はありません。
        2.子会社株式及び関連会社株式(2020年9月30日)

         該当事項はありません。
        3.その他有価証券(2020年9月30日)

                   中間貸借対照表        取得原価       差額

            区分         計上額
                    (百万円)       (百万円)      (百万円)
                                46/55


                                                          EDINET提出書類
                                               野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                              訂正有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
        中間貸借対照表計上額
        が取得原価を超えない
        もの
         譲渡性預金              10,500      10,500         -
            小計           10,500      10,500         -
            合計           10,500      10,500         -
      ◇資産除去債務関係

        資産除去債務のうち貸借対照表に計上しているもの
        当該資産除去債務の総額の増減                                (単位:百万円)
                         自 2020年4月        1日
                         至 2020年9月30日
       期首残高                              -
       有形固定資産の取得に伴う増加                            1,371
       時の経過による調整額
                                     -
       中間期末残高                            1,371
      ◇セグメント情報等


        当中間会計期間(自 2020年4月1日 至 2020年9月30日)
        1.セグメント情報
         当社は投資運用業の単一セグメントであるため、記載を省略しております。
        2.関連情報

         (1)  製品・サービスごとの情報
           当社の製品・サービス区分の決定方法は、中間損益計算書の営業収益の区分と同一であることか
         ら、製品・サービスごとの営業収益の記載を省略しております。
         (2)  地域ごとの情報

          ①  売上高
           本邦の外部顧客からの営業収益に区分した金額が中間損益計算書の営業収益の90%を超えるため、
          地域ごとの営業収益の記載を省略しております。
          ②  有形固定資産
           本邦に所在している有形固定資産の金額が中間貸借対照表の有形固定資産の金額の90%を超えるた
          め、地域ごとの有形固定資産の記載を省略しております。
         (3)  主要な顧客ごとの情報

           外部顧客からの営業収益のうち、中間損益計算書の営業収益の10%以上を占める相手先がないた
          め、主要な顧客ごとの営業収益の記載を省略しております。
      ◇1株当たり情報

                          自 2020年4月       1日
                          至 2020年9月30日
                                47/55


                                                          EDINET提出書類
                                               野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                              訂正有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
         1株当たり純資産額            15,020円52銭
         1株当たり中間純利益             3,115円15銭

          (注)1.潜在株式調整後1株当たり中間純利益につきましては、新株予約権付社債等潜在株
              式がないため、記載しておりません。
             2.1株当たり中間純利益の算定上の基礎は、以下のとおりであります。
               中間純利益                 16,045百万円
               普通株主に帰属しない金額                    -
               普通株式に係る中間純利益                 16,045百万円
               期中平均株式数                  5,150千株
                                48/55


















                                                          EDINET提出書類
                                               野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                              訂正有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
                      独立監査人の監査報告書

                                             2020年6月10日

     野村アセットマネジメント株式会社

      取 締 役 会  御 中
                     EY新日本有限責任監査法人

                     東京事務所
                     指定有限責任社員

                                  公認会計士          亀 井  純 子
                     業務執行社員
                     指定有限責任社員

                                  公認会計士          櫻 井  雄一郎
                     業務執行社員
                     指定有限責任社員

                                  公認会計士          津 村  健二郎
                     業務執行社員
     監査意見

      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づく監査証明を行うため、
     「委託会社等の経理状況」に掲げられている野村アセットマネジメント株式会社の2019年
     4月1日から2020年3月31日までの第61期事業年度の財務諸表、すなわち、貸借対照
     表、損益計算書、株主資本等変動計算書、重要な会計方針及びその他の注記について監査を
     行った。
      当監査法人は、上記の財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の
     基準に準拠して、野村アセットマネジメント株式会社の2020年3月31日現在の財政状態
     及び同日をもって終了する事業年度の経営成績を、全ての重要な点において適正に表示してい
     るものと認める。
     監査意見の根拠

      当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に準拠して監査を
     行った。監査の基準における当監査法人の責任は、「財務諸表監査における監査人の責任」に
     記載されている。当監査法人は、我が国における職業倫理に関する規定に従って、会社から独
     立しており、また、監査人としてのその他の倫理上の責任を果たしている。当監査法人は、意
     見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手したと判断している。
     財務諸表に対する経営者及び監査等委員会の責任

      経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して財
     務諸表を作成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示の
     ない財務諸表を作成し適正に表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用
     することが含まれる。
      財務諸表を作成するに当たり、経営者は、継続企業の前提に基づき財務諸表を作成すること
                                49/55


                                                          EDINET提出書類
                                               野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                              訂正有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     が適切であるかどうかを評価し、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準
     に基づいて継続企業に関する事項を開示する必要がある場合には当該事項を開示する責任があ
     る。
      監査等委員会の責任は、財務報告プロセスの整備及び運用における取締役の職務の執行を監
     視することにある。
     財務諸表監査における監査人の責任

      監査人の責任は、監査人が実施した監査に基づいて、全体としての財務諸表に不正又は誤謬
     による重要な虚偽表示がないかどうかについて合理的な保証を得て、監査報告書において独立
     の立場から財務諸表に対する意見を表明することにある。虚偽表示は、不正又は誤謬により発
     生する可能性があり、個別に又は集計すると、財務諸表の利用者の意思決定に影響を与えると
     合理的に見込まれる場合に、重要性があると判断される。
      監査人は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に従って、監査の過程を
     通じて、職業的専門家としての判断を行い、職業的懐疑心を保持して以下を実施する。
     ・不正又は誤謬による重要な虚偽表示リスクを識別し、評価する。また、重要な虚偽表示リ
      スクに対応した監査手続を立案し、実施する。監査手続の選択及び適用は監査人の判断によ
      る。さらに、意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手する。
     ・財務諸表監査の目的は、内部統制の有効性について意見表明するためのものではないが、
      監査人は、リスク評価の実施に際して、状況に応じた適切な監査手続を立案するために、監
      査に関連する内部統制を検討する。
     ・経営者が採用した会計方針及びその適用方法の適切性、並びに経営者によって行われた会
      計上の見積りの合理性及び関連する注記事項の妥当性を評価する。
     ・経営者が継続企業を前提として財務諸表を作成することが適切であるかどうか、また、入
      手した監査証拠に基づき、継続企業の前提に重要な疑義を生じさせるような事象又は状況に
      関して重要な不確実性が認められるかどうか結論付ける。継続企業の前提に関する重要な不
      確実性が認められる場合は、監査報告書において財務諸表の注記事項に注意を喚起するこ
      と、又は重要な不確実性に関する財務諸表の注記事項が適切でない場合は、財務諸表に対し
      て除外事項付意見を表明することが求められている。監査人の結論は、監査報告書日までに
      入手した監査証拠に基づいているが、将来の事象や状況により、企業は継続企業として存続
      できなくなる可能性がある。
     ・財務諸表の表示及び注記事項が、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の
      基準に準拠しているかどうかとともに、関連する注記事項を含めた財務諸表の表示、構成及
      び内容、並びに財務諸表が基礎となる取引や会計事象を適正に表示しているかどうかを評価
      する。
      監査人は、監査等委員会に対して、計画した監査の範囲とその実施時期、監査の実施過程で
     識別した内部統制の重要な不備を含む監査上の重要な発見事項、及び監査の基準で求められて
     いるその他の事項について報告を行う。
                                50/55




                                                          EDINET提出書類
                                               野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                              訂正有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     利害関係
      会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害
     関係はない。
                                                   以  上
     (注) 1.上記は監査報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社が別途保管して

          おります。
        2.XBRLデータは監査の対象には含まれていません。
                                51/55

















                                                          EDINET提出書類
                                               野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                              訂正有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
                     独立監査人の中間監査報告書

                                            2020年11月25日

     野村アセットマネジメント株式会社

      取 締 役 会  御 中
                     EY新日本有限責任監査法人

                     東京事務所
                     指定有限責任社員

                                  公認会計士          亀 井 純 子
                     業務執行社員
                     指定有限責任社員

                                  公認会計士          津 村 健二郎
                     業務執行社員
                     指定有限責任社員

                                  公認会計士          水 永 真太郎
                     業務執行社員
     中間監査意見

      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づく監査証明を行うため、
     「委託会社等の経理状況」に掲げられている野村アセットマネジメント株式会社の2020年
     4月1日から2021年3月31日までの第62期事業年度の中間会計期間(2020年4月
     1日から2020年9月30日まで)に係る中間財務諸表、すなわち、中間貸借対照表、中間
     損益計算書、中間株主資本等変動計算書、重要な会計方針及びその他の注記について中間監査
     を行った。
      当監査法人は、上記の中間財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認められる中間財
     務諸表の作成基準に準拠して、野村アセットマネジメント株式会社の2020年9月30日現
     在の財政状態並びに同日をもって終了する中間会計期間(2020年4月1日から2020年
     9月30日まで)の経営成績に関する有用な情報を表示しているものと認める。
     中間監査意見の根拠

      当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる中間監査の基準に準拠して中間
     監査を行った。中間監査の基準における当監査法人の責任は、「中間財務諸表監査における監
     査人の責任」に記載されている。当監査法人は、我が国における職業倫理に関する規定に従っ
     て、会社から独立しており、また、監査人としてのその他の倫理上の責任を果たしている。当
     監査法人は、中間監査の意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手したと判断して
     いる。
     中間財務諸表に対する経営者並びに監査等委員会の責任

      経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる中間財務諸表の作成基準に準
     拠して中間財務諸表を作成し有用な情報を表示することにある。これには、不正又は誤謬によ
     る重要な虚偽表示のない中間財務諸表を作成し有用な情報を表示するために経営者が必要と判
                                52/55


                                                          EDINET提出書類
                                               野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                              訂正有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
      中間財務諸表を作成するに当たり、経営者は、継続企業の前提に基づき中間財務諸表を作成
     することが適切であるかどうかを評価し、我が国において一般に公正妥当と認められる中間財
     務諸表の作成基準に基づいて継続企業に関する事項を開示する必要がある場合には当該事項を
     開示する責任がある。
      監査等委員会の責任は、財務報告プロセスの整備及び運用における取締役の職務の執行を監
     視することにある。
                                53/55


















                                                          EDINET提出書類
                                               野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                              訂正有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     中間財務諸表監査における監査人の責任
      監査人の責任は、監査人が実施した中間監査に基づいて、全体として中間財務諸表の有用な
     情報の表示に関して投資者の判断を損なうような重要な虚偽表示がないかどうかの合理的な保
     証を得て、中間監査報告書において独立の立場から中間財務諸表に対する意見を表明すること
     にある。虚偽表示は、不正又は誤謬により発生する可能性があり、個別に又は集計すると、中
     間財務諸表の利用者の意思決定に影響を与えると合理的に見込まれる場合に、重要性があると
     判断される。
      監査人は、我が国において一般に公正妥当と認められる中間監査の基準に従って、中間監査
     の過程を通じて、職業的専門家としての判断を行い、職業的懐疑心を保持して以下を実施す
     る。
     ・不正又は誤謬による中間財務諸表の重要な虚偽表示リスクを識別し、評価する。また、重
      要な虚偽表示リスクに対応する中間監査手続を立案し、実施する。中間監査手続の選択及び
      適用は監査人の判断による。さらに、中間監査の意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査
      証拠を入手する。なお、中間監査手続は、年度監査と比べて監査手続の一部が省略され、監
      査人の判断により、不正又は誤謬による中間財務諸表の重要な虚偽表示リスクの評価に基づ
      いて、分析的手続等を中心とした監査手続に必要に応じて追加の監査手続が選択及び適用さ
      れる。
     ・中間財務諸表監査の目的は、内部統制の有効性について意見表明するためのものではない
      が、監査人は、リスク評価の実施に際して、状況に応じた適切な中間監査手続を立案するた
      めに、中間財務諸表の作成と有用な情報の表示に関連する内部統制を検討する。
     ・経営者が採用した会計方針及びその適用方法並びに経営者によって行われた会計上の見積
      りの合理性及び関連する注記事項の妥当性を評価する。
     ・経営者が継続企業を前提として中間財務諸表を作成することが適切であるかどうか、ま
      た、入手した監査証拠に基づき、継続企業の前提に重要な疑義を生じさせるような事象又は
      状況に関して重要な不確実性が認められるかどうか結論付ける。継続企業の前提に関する重
      要な不確実性が認められる場合は、中間監査報告書において中間財務諸表の注記事項に注意
      を喚起すること、又は重要な不確実性に関する中間財務諸表の注記事項が適切でない場合
      は、中間財務諸表に対して除外事項付意見を表明することが求められている。監査人の結論
      は、中間監査報告書日までに入手した監査証拠に基づいているが、将来の事象や状況によ
      り、企業は継続企業として存続できなくなる可能性がある。
     ・中間財務諸表の表示及び注記事項が、我が国において一般に公正妥当と認められる中間財
      務諸表の作成基準に準拠しているかどうかとともに、関連する注記事項を含めた中間財務諸
      表の表示、構成及び内容、並びに中間財務諸表が基礎となる取引や会計事象に関して有用な
      情報を表示しているかどうかを評価する。
      監査人は、監査等委員会に対して、計画した中間監査の範囲とその実施時期、中間監査の実
     施過程で識別した内部統制の重要な不備を含む中間監査上の重要な発見事項、及び中間監査の
     基準で求められているその他の事項について報告を行う。
                                54/55




                                                          EDINET提出書類
                                               野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                              訂正有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     利害関係
      会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害
     関係はない。
                                                   以  上
     (注) 1.上記は中間監査報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社が別途保管し

          ております。
        2.XBRLデータは中間監査の対象には含まれていません。
                                55/55

















PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

書類提出日で検索

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2023年1月7日

2023年分の情報が更新されない問題、解消しました。

2023年1月6日

2023年分より情報が更新されない状態となっております。原因調査中です。

2022年4月25日

社名の変更履歴が表示されるようになりました

2020年12月21日

新規上場の通知機能を追加しました。Myページにて通知の設定が行えます。

2020年9月22日

企業・投資家の個別ページに掲載情報を追加しました。また、併せて細かい改修を行いました。

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。