日本新興成長企業株ファンド 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)

提出書類 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
提出日
提出者 日本新興成長企業株ファンド
カテゴリ 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)

                                                          EDINET提出書類
                                               野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     【表紙】

      【提出書類】                      有価証券届出書

      【提出先】                      関東財務局長殿
      【提出日】                      2021年1月28日       提出
      【発行者名】                      野村アセットマネジメント株式会社
      【代表者の役職氏名】                      CEO兼代表取締役社長            中川 順子
      【本店の所在の場所】                      東京都江東区豊洲二丁目2番1号
      【事務連絡者氏名】                      松井 秀仁
      【電話番号】                      03-6387-5000
      【届出の対象とした募集(売出)内国投資                      日本新興成長企業株ファンド
      信託受益証券に係るファンドの名称】
      【届出の対象とした募集(売出)内国投資                      2,000億円を上限とします。
      信託受益証券の金額】
      【縦覧に供する場所】                      該当事項はありません。
                                 1/88














                                                          EDINET提出書類
                                               野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    第一部【証券情報】

    (1)【ファンドの名称】

       日本新興成長企業株ファンド

       (以下「ファンド」といいます。なお、ファンドの愛称を「新進気鋭」とします。)
    (2)【内国投資信託受益証券の形態等】

       追加型証券投資信託・受益権(以下「受益権」といいます。)

       ■信用格付■

       信用格付業者から提供され、もしくは閲覧に供された信用格付はありません。また、信用格付業者から提
       供され、もしくは閲覧に供される予定の信用格付はありません。
       ファンドの受益権は、社債、株式等の振替に関する法律(「社振法」といいます。以下同じ。)の規定の

       適用を受け、受益権の帰属は、後述の「(11)                        振替機関に関する事項」に記載の振替機関及び当該振替機
       関の下位の口座管理機関(社振法第2条に規定する「口座管理機関」をいい、振替機関を含め、以下「振
       替機関等」といいます。)の振替口座簿に記載または記録されることにより定まります(以下、振替口座
       簿に記載または記録されることにより定まる受益権を「振替受益権」といいます。)。委託者である野村
       アセットマネジメント株式会社は、やむを得ない事情等がある場合を除き、当該振替受益権を表示する受
       益証券を発行しません。また、振替受益権には無記名式や記名式の形態はありません。
    (3)【発行(売出)価額の総額】

        2,000億円を上限とします。

    (4)【発行(売出)価格】

                    ※
        取得申込日の基準価額            とします。
          ※「基準価額」とは、純資産総額をその時の受益権口数で除して得た額をいいます。なお、ファンドにおいて
            は1万口当たりの価額で表示されます。
        ファンドの基準価額については下記の照会先までお問い合わせ下さい。

           野村アセットマネジメント株式会社
           サポートダイヤル 0120-753104                 (フリーダイヤル)
             <受付時間> 営業日の午前9時~午後5時
           インターネットホームページ http://www.nomura-am.co.jp/
    (5)【申込手数料】

                                  ※
       ①取得申込日の基準価額に、3.3%(税抜3.0%)以内                             で販売会社が独自に定める率を乗じて得た額とし
                                 2/88


                                                          EDINET提出書類
                                               野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
        ます。
          ※詳しくは販売会社にお問い合わせください。
       ②収益分配金を再投資する場合には無手数料とします。
    (6)【申込単位】

                   ※
       1口単位または1円単位             (当初元本1口=1円)
        ※分配金を再投資する場合には1口単位となります。
       なお、販売会社や申込形態によっては、申込単位が上記と異なる場合等があります。詳しくは販売会社に
       お問い合わせください。
    (7)【申込期間】

        2021年1月29日から2022年1月25日まで

        *なお、申込期間は、上記期間満了前に有価証券届出書を提出することによって更新されます。
    (8)【申込取扱場所】

       ファンドの申込取扱場所(以下「販売会社」といいます。)については下記の照会先までお問い合わせ下

        さい。
           野村アセットマネジメント株式会社
           サポートダイヤル 0120-753104                 (フリーダイヤル)
             <受付時間> 営業日の午前9時~午後5時
           インターネットホームページ http://www.nomura-am.co.jp/
    (9)【払込期日】

        販売会社の定める期日までに申込代金を申込みの販売会社にお支払いください。

           ※詳しくは、販売会社にお問い合わせください。
        各取得申込日の発行価額の総額は、各販売会社によって、追加信託が行なわれる日に、「委託者」
        (または「委託会社」といいます。)の指定する口座を経由して、「受託者」(または「受託会社」
        といいます。)の指定するファンド口座に払い込まれます。
    (10)【払込取扱場所】

       申込代金は申込みの販売会社にお支払いください。払込取扱場所についてご不明の場合は、下記の照会先

       までお問い合わせ下さい。
           野村アセットマネジメント株式会社
           サポートダイヤル 0120-753104                 (フリーダイヤル)
             <受付時間> 営業日の午前9時~午後5時
           インターネットホームページ http://www.nomura-am.co.jp/
                                 3/88


                                                          EDINET提出書類
                                               野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    (11)【振替機関に関する事項】

       ファンドの受益権に係る振替機関は下記の通りです。

           株式会社証券保管振替機構
    (12)【その他】

       該当事項はありません。

                                 4/88

















                                                          EDINET提出書類
                                               野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    第二部【ファンド情報】

    第1【ファンドの状況】

    1【ファンドの性格】

    (1)【ファンドの目的及び基本的性格】

      ◆わが国の株式を主要投資対象とし、信託財産の成長を目標に積極的な運用を行なうことを基本とします。

      ◆株式への投資にあたっては、わが国の金融商品取引所に上場されている(上場予定を含みます。)新興成
           ※
       長企業    の株式から、売上の成長性等に着目し、特に中期的な成長が期待できる銘柄を選定します。
         ※当ファンドにおいて「新興成長企業」とは、独自のビジネスモデルや新市場の創造等により、社会
          に新しい付加価値を提供し、中長期に亘って業績の拡大が期待できる企業を指します。
      ◆ポートフォリオの構築にあたっては、成長見通し、株価の割安性、流動性等を勘案して組入銘柄と投資比
       率を決定します。なお、株式上場後10年未満の銘柄を中心に投資を行ない、ポートフォリオ全体の株式上
       場経過年数の加重平均は10年を超えないことを基本とします
    ■信託金の限度額■

       信託金限度額は、800億円です。ただし、受託者と合意のうえ、当該信託金限度額を変更することができ
      ます。
    <商品分類>

    一般社団法人投資信託協会が定める「商品分類に関する指針」に基づくファンドの商品分類は以下の通りで
    す。
    なお、ファンドに該当する商品分類及び属性区分は下記の表中に                                 網掛け表示      しております。
                       ( 日本新興成長企業株ファンド                )

    《商品分類表》
                                             投資対象資産
          単位型・追加型                  投資対象地域
                                             (収益の源泉)
                                               株  式

                              国  内
            単 位 型                                債  券
                              海  外                不動産投信

                                              その他資産

            追 加 型
                              内  外                  (  )
                                               資産複合

    《属性区分表》

           投資対象資産                   決算頻度                投資対象地域
                                 5/88


                                                          EDINET提出書類
                                               野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
      株式                        年1回                グローバル
       一般
       大型株                        年2回                  日本
       中小型株
                              年4回                  北米
      債券
       一般                        年6回                  欧州
       公債                        (隔月)
       社債                                         アジア
       その他債券                        年12回
       クレジット属性                       (毎月)                 オセアニア
       (  )
                              日々                 中南米
      不動産投信
                              その他                 アフリカ
      その他資産                        (  )
      (  )                                         中近東
                                               (中東)
      資産複合
      (  )                                        エマージング
       資産配分固定型
       資産配分変更型
    上記、商品分類及び属性区分の定義については、下記をご覧ください。

    なお、下記一般社団法人投資信託協会のホームページでもご覧頂けます。
    《一般社団法人投資信託協会インターネットホームページアドレス》  http://www.toushin.or.jp/
    ◆一般社団法人投資信託協会が定める「商品分類に関する指針」に基づくファンドの商品分類及び属性区分は

      以下の通りです。(2013年2月21日現在)
    <商品分類表定義>

    [単位型投信・追加型投信の区分]
      (1)単位型投信…当初、募集された資金が一つの単位として信託され、その後の追加設定は一切行われないファンドを
              いう。
      (2)追加型投信…一度設定されたファンドであってもその後追加設定が行われ従来の信託財産とともに運用されるファ
              ンドをいう。
    [投資対象地域による区分]
      (1)国内…目論見書又は投資信託約款において、組入資産による主たる投資収益が実質的に国内の資産を源泉とする旨
           の記載があるものをいう。
      (2)海外…目論見書又は投資信託約款において、組入資産による主たる投資収益が実質的に海外の資産を源泉とする旨
           の記載があるものをいう。
      (3)内外…目論見書又は投資信託約款において、国内及び海外の資産による投資収益を実質的に源泉とする旨の記載が
           あるものをいう。
    [投資対象資産による区分]
      (1)株式…目論見書又は投資信託約款において、組入資産による主たる投資収益が実質的に株式を源泉とする旨の記載
           があるものをいう。
      (2)債券…目論見書又は投資信託約款において、組入資産による主たる投資収益が実質的に債券を源泉とする旨の記載
           があるものをいう。
      (3)不動産投信(リート)…目論見書又は投資信託約款において、組入資産による主たる投資収益が実質的に不動産投資
                  信託の受益証券及び不動産投資法人の投資証券を源泉とする旨の記載があるものをいう。
      (4)その他資産…目論見書又は投資信託約款において、組入資産による主たる投資収益が実質的に上記(1)から(3)に掲
              げる資産以外の資産を源泉とする旨の記載があるものをいう。なお、その他資産と併記して具体的な
              収益の源泉となる資産の名称記載も可とする。
      (5)資産複合…目論見書又は投資信託約款において、上記(1)から(4)に掲げる資産のうち複数の資産による投資収益を
             実質的に源泉とする旨の記載があるものをいう。
    [独立した区分]
      (1)MMF(マネー・マネージメント・ファンド)…「MMF等の運営に関する規則」に定めるMMFをいう。
      (2)MRF(マネー・リザーブ・ファンド)…「MMF等の運営に関する規則」に定めるMRFをいう。
                                 6/88

                                                          EDINET提出書類
                                               野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
      (3)ETF…投資信託及び投資法人に関する法律施行令(平成12年政令480号)第12条第1号及び第2号に規定する証券投資信
          託並びに租税特別措置法(昭和32年法律第26号)第9条の4の2に規定する上場証券投資信託をいう。
    [補足分類]
      (1)インデックス型…目論見書又は投資信託約款において、各種指数に連動する運用成果を目指す旨の記載があるもの
                をいう。
      (2)特殊型…目論見書又は投資信託約款において、投資者に対して注意を喚起することが必要と思われる特殊な仕組み
            あるいは運用手法の記載があるものをいう。なお、下記の属性区分で特殊型の小分類において「条件付運
            用型」に該当する場合には当該小分類を括弧書きで付記するものとし、それ以外の小分類に該当する場合
            には当該小分類を括弧書きで付記できるものとする。
    <属性区分表定義>

    [投資対象資産による属性区分]
      株式
      (1)一般…次の大型株、中小型株属性にあてはまらないすべてのものをいう。
      (2)大型株…目論見書又は投資信託約款において、主として大型株に投資する旨の記載があるものをいう。
      (3)中小型株…目論見書又は投資信託約款において、主として中小型株に投資する旨の記載があるものをいう。
      債券
      (1)一般…次の公債、社債、その他債券属性にあてはまらないすべてのものをいう。
      (2)公債…目論見書又は投資信託約款において、日本国又は各国の政府の発行する国債(地方債、政府保証債、政府機関
           債、国際機関債を含む。以下同じ。)に主として投資する旨の記載があるものをいう。
      (3)社債…目論見書又は投資信託約款において、企業等が発行する社債に主として投資する旨の記載があるものをい
           う。
      (4)その他債券…目論見書又は投資信託約款において、公債又は社債以外の債券に主として投資する旨の記載があるも
              のをいう。
      (5)格付等クレジットによる属性…目論見書又は投資信託約款において、上記(1)から(4)の「発行体」による区分のほ
                      か、特にクレジットに対して明確な記載があるものについては、上記(1)から(4)に
                      掲げる区分に加え「高格付債」「低格付債」等を併記することも可とする。
      不動産投信…これ以上の詳細な分類は行わないものとする。
      その他資産…組入れている資産を記載するものとする。
      資産複合…以下の小分類に該当する場合には当該小分類を併記することができる。
      (1)資産配分固定型…目論見書又は投資信託約款において、複数資産を投資対象とし、組入比率については固定的とす
                る旨の記載があるものをいう。なお、組み合わせている資産を列挙するものとする。
      (2)資産配分変更型…目論見書又は投資信託約款において、複数資産を投資対象とし、組入比率については、機動的な
                変更を行なう旨の記載があるもの若しくは固定的とする旨の記載がないものをいう。なお、組み合
                わせている資産を列挙するものとする。
    [決算頻度による属性区分]
      (1)年1回…目論見書又は投資信託約款において、年1回決算する旨の記載があるものをいう。
      (2)年2回…目論見書又は投資信託約款において、年2回決算する旨の記載があるものをいう。
      (3)年4回…目論見書又は投資信託約款において、年4回決算する旨の記載があるものをいう。
      (4)年6回(隔月)…目論見書又は投資信託約款において、年6回決算する旨の記載があるものをいう。
      (5)年12回(毎月)…目論見書又は投資信託約款において、年12回(毎月)決算する旨の記載があるものをいう。
      (6)日々…目論見書又は投資信託約款において、日々決算する旨の記載があるものをいう。
      (7)その他…上記属性にあてはまらないすべてのものをいう。
    [投資対象地域による属性区分(重複使用可能)]
      (1)グローバル…目論見書又は投資信託約款において、組入資産による投資収益が世界の資産を源泉とする旨の記載が
              あるものをいう。なお、「世界の資産」の中に「日本」を含むか含まないかを明確に記載するものと
              する。
      (2)日本…目論見書又は投資信託約款において、組入資産による投資収益が日本の資産を源泉とする旨の記載があるも
           のをいう。
      (3)北米…目論見書又は投資信託約款において、組入資産による投資収益が北米地域の資産を源泉とする旨の記載があ
           るものをいう。
      (4)欧州…目論見書又は投資信託約款において、組入資産による投資収益が欧州地域の資産を源泉とする旨の記載があ
           るものをいう。
      (5)アジア…目論見書又は投資信託約款において、組入資産による投資収益が日本を除くアジア地域の資産を源泉とす
            る旨の記載があるものをいう。
      (6)オセアニア…目論見書又は投資信託約款において、組入資産による投資収益がオセアニア地域の資産を源泉とする
              旨の記載があるものをいう。
      (7)中南米…目論見書又は投資信託約款において、組入資産による投資収益が中南米地域の資産を源泉とする旨の記載
                                 7/88

                                                          EDINET提出書類
                                               野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
            があるものをいう。
      (8)アフリカ…目論見書又は投資信託約款において、組入資産による投資収益がアフリカ地域の資産を源泉とする旨の
             記載があるものをいう。
      (9)中近東(中東)…目論見書又は投資信託約款において、組入資産による投資収益が中近東地域の資産を源泉とする旨
               の記載があるものをいう。
      (10)エマージング…目論見書又は投資信託約款において、組入資産による投資収益がエマージング地域(新興成長国(地
               域))の資産を源泉とする旨の記載があるものをいう。
    [投資形態による属性区分]
      (1)ファミリーファンド…目論見書又は投資信託約款において、親投資信託(ファンド・オブ・ファンズにのみ投資され
                  るものを除く。)を投資対象として投資するものをいう。
      (2)ファンド・オブ・ファンズ…「投資信託等の運用に関する規則」第2条に規定するファンド・オブ・ファンズをい
                     う。
    [為替ヘッジによる属性区分]
      (1)為替ヘッジあり…目論見書又は投資信託約款において、為替のフルヘッジ又は一部の資産に為替のヘッジを行う旨
                の記載があるものをいう。
      (2)為替ヘッジなし…目論見書又は投資信託約款において、為替のヘッジを行なわない旨の記載があるもの又は為替の
                ヘッジを行う旨の記載がないものをいう。
    [インデックスファンドにおける対象インデックスによる属性区分]
      (1)日経225
      (2)TOPIX
      (3)その他の指数…上記指数にあてはまらないすべてのものをいう。
    [特殊型]
      (1)ブル・ベア型…目論見書又は投資信託約款において、派生商品をヘッジ目的以外に用い、積極的に投資を行うとと
               もに各種指数・資産等への連動若しくは逆連動(一定倍の連動若しくは逆連動を含む。)を目指す旨
               の記載があるものをいう。
      (2)条件付運用型…目論見書又は投資信託約款において、仕組債への投資又はその他特殊な仕組みを用いることによ
               り、目標とする投資成果(基準価額、償還価額、収益分配金等)や信託終了日等が、明示的な指標等
               の値により定められる一定の条件によって決定される旨の記載があるものをいう。
      (3)ロング・ショート型/絶対収益追求型…目論見書又は投資信託約款において、特定の市場に左右されにくい収益の追
                          求を目指す旨若しくはロング・ショート戦略により収益の追求を目指す旨の
                          記載があるものをいう。
      (4)その他型…目論見書又は投資信託約款において、上記(1)から(3)に掲げる属性のいずれにも該当しない特殊な仕組
             みあるいは運用手法の記載があるものをいう。
    (2)【ファンドの沿革】

      2018年11月16日             信託契約締結、ファンドの設定日、運用開始

    (3)【ファンドの仕組み】

                                 8/88







                                                          EDINET提出書類
                                               野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
         ファンド                    日本新興成長企業株ファンド








      委託会社(委託者)                     野村アセットマネジメント株式会社
      受託会社(受託者)                        野村信託銀行株式会社
        ■委託会社の概況(2020年12月末現在)■

         ・名称
           野村アセットマネジメント株式会社
         ・資本金の額
           17,180百万円
         ・会社の沿革
           1959年12月1日                 野村證券投資信託委託株式会社として設立
           1997年10月1日                 投資顧問会社である野村投資顧問株式会社と合併して野村
                            アセット・マネジメント投信株式会社に商号を変更
           2000年11月1日                 野村アセットマネジメント株式会社に商号を変更
         ・大株主の状況
             名称                    住所             所有株式数        比率
      野村ホールディングス株式会社                     東京都中央区日本橋1-13-1                  5,150,693株        100%
    2【投資方針】


    (1)【投資方針】

      ◆株式への投資にあたっては、わが国の金融商品取引所に上場されている(上場予定を含みます。)新興

            ※
       成長企業     の株式から、売上の成長性等に着目し、特に中期的な成長が期待できる銘柄を選定します。
                                 9/88


                                                          EDINET提出書類
                                               野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
        ※当ファンドにおいて「新興成長企業」とは、独自のビジネスモデルや新市場の創造等により、社会に
         新しい付加価値を提供し、中長期に亘って業績の拡大が期待できる企業を指します。
      ◆ポートフォリオの構築にあたっては、成長見通し、株価の割安性、流動性等を勘案して組入銘柄と投資
       比率を決定します。なお、株式上場後10年未満の銘柄を中心に投資を行ない、ポートフォリオ全体の株
       式上場経過年数の加重平均は10年を超えないことを基本とします。
                        ■ポートフォリオ構築プロセス■

               *上記のポートフォリオ構築プロセスは、今後変更となる場合があります。







      ◆株式の組入比率は、原則として高位を基本とします。

      資金動向、市況動向等によっては上記のような運用ができない場合があります。

    (2)【投資対象】

        わが国の株式を主要投資対象とします。

        ①投資の対象とする資産の種類(信託約款)

          この信託において投資の対象とする資産の種類は、次に掲げるものとします。
           1.次に掲げる特定資産(「特定資産」とは、投資信託及び投資法人に関する法律第2条第1項で定
            めるものをいいます。以下同じ。)
            イ.有価証券
            ロ.デリバティブ取引(金融商品取引法第2条第20項に規定するものをいい、後述の「(5)投資
               制限   ④および⑤」に定めるものに限ります。)に係る権利
            ハ.約束手形(イに掲げるものに該当するものを除きます。)
            ニ.金銭債権(イ及びハに掲げるものに該当するものを除きます。)
           2.次に掲げる特定資産以外の資産
            イ.為替手形
                                10/88


                                                          EDINET提出書類
                                               野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
        ②有価証券の指図範囲等(信託約款)
          委託者は、信託金を、次の有価証券(金融商品取引法第2条第2項の規定により有価証券とみなされ
         る同項各号に掲げる権利を除きます。)に投資することを指図します。
           1.株券または新株引受権証書
           2.国債証券
           3.地方債証券
           4.特別の法律により法人の発行する債券
           5.社債券(新株引受権証券と社債券とが一体となった新株引受権付社債券の新株引受権証券を含
            みます。なお、社債券のうちで、新株予約権付社債のうち会社法第236条第1項第3号の財産が
            当該新株予約権付社債についての社債であって当該社債と当該新株予約権がそれぞれ単独で存
            在し得ないことをあらかじめ明確にしているもの、ならびに会社法施行前の旧商法第341条ノ3
            第1項第7号および第8号の定めがある新株予約権付社債を総称して以下「転換社債型新株予約
            権付社債」といいます。)
           6.特定目的会社に係る特定社債券(金融商品取引法第2条第1項第4号で定めるものをいいま
            す。)
           7.特別の法律により設立された法人の発行する出資証券(金融商品取引法第2条第1項第6号で定
            めるものをいいます。)
           8.協同組織金融機関に係る優先出資証券(金融商品取引法第2条第1項第7号で定めるものをいい
            ます。)
           9.特定目的会社に係る優先出資証券または新優先出資引受権を表示する証券(金融商品取引法第
            2条第1項第8号で定めるものをいいます。)
           10.コマーシャル・ペーパー
           11.新株引受権証券および新株予約権証券
           12.外国または外国の者の発行する証券または証書で、前各号の証券または証書の性質を有する
            もの
           13.投資信託または外国投資信託の受益証券(金融商品取引法第2条第1項第10号で定めるものを
            いいます。)
           14.投資証券、新投資口予約権証券または外国投資証券(金融商品取引法第2条第1項第11号で定
            めるものをいいます。)
           15.外国貸付債権信託受益証券(金融商品取引法第2条第1項第18号で定めるものをいいます。)
           16.オプションを表示する証券または証書(金融商品取引法第2条第1項第19号で定めるものをい
            います。)
           17.受益証券発行信託の受益証券(金融商品取引法第2条第1項第14号で定めるものをいいま
            す。)
           18.預託証書(金融商品取引法第2条第1項第20号で定めるものをいいます。)
           19.外国法人が発行する譲渡性預金証書
           20.外国の者に対する権利で、貸付債権信託受益権であって第17号の有価証券に表示されるべき
            権利の性質を有するもの
           21.抵当証券(金融商品取引法第2条第1項第16号で定めるものをいいます。)
         なお、第1号の証券または証書ならびに第12号、第17号および第18号の証券または証書のうち第1号の
         証券または証書の性質を有するものを以下「株式」といい、第2号から第6号までの証券ならびに第12
         号、第17号および第18号の証券または証書のうち第2号から第6号までの証券の性質を有するものを以
                                11/88


                                                          EDINET提出書類
                                               野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
         下「公社債」といい、第13号および第14号の証券ならびに第17号の証券または証書のうち第13号およ
         び第14号の証券の性質を有するものを以下「投資信託証券」といいます。
        ③金融商品の指図範囲等(信託約款)
          委託者は、信託金を、上記②に掲げる有価証券のほか、次に掲げる金融商品(金融商品取引法第2
         条第2項の規定により有価証券とみなされる同項各号に掲げる権利を含みます。)により運用するこ
         とを指図することができます。
           1.預金
           2.指定金銭信託(上記②に掲げるものを除く。)
           3.コール・ローン
           4.手形割引市場において売買される手形
           5.貸付債権信託受益権であって、金融商品取引法第2条第2項第1号で定めるもの
           6.外国の者に対する権利で前号の権利の性質を有するもの
        ④その他の投資対象
         1.先物取引等
         2.スワップ取引
    (3)【運用体制】

       ファンドの運用体制は以下の通りです。

     当社では、ファンドの運用に関する社内規程として、運用担当者に関する規程並びにスワップ取引、信








     用リスク管理、資金の借入、外国為替の予約取引等、信用取引等に関して各々、取扱い基準を設けてお
     ります。
        ファンドを含む委託会社における投資信託の内部管理及び意思決定を監督する組織等は以下の通りで

                                12/88


                                                          EDINET提出書類
                                               野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
       す。
    ≪委託会社によるファンドの関係法人(販売会社を除く)に対する管理体制等≫












     当社では、「受託会社」または受託会社の再信託先に対しては、日々の純資産照合、月次の勘定残高照合な
     どを行っています。また、受託業務の内部統制の有効性についての監査人による報告書を、受託会社より受
     け取っております。
     運用の外部委託を行う場合、「運用の外部委託先」に対しては、外部委託先が行った日々の約定について、
     投資ガイドラインに沿ったものであるかを確認しています。また、コンプライアンスレポートの提出を義務
     付け、定期的に管理状況に関する報告を受けています。さらに、外部委託先の管理体制、コンプライアンス
     体制等について調査ならびに評価を行い、定期的に商品に関する委員会に報告しています。
      ファンドの運用体制等は今後変更となる場合があります。

    (4)【分配方針】

        毎決算時に、原則として以下の方針に基づき分配を行ないます。

         ①分配対象額の範囲は、経費控除後の繰越分を含めた配当等収益と売買益(評価益を含みます。)等
          の全額とします。
         ②収益分配金額は、上記①の範囲内で、基準価額水準等を勘案して委託者が決定します。
                                13/88


                                                          EDINET提出書類
                                               野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
         ③留保益の運用については、特に制限を設けず、委託者の判断に基づき、元本部分と同一の運用を行
          ないます。
        *委託会社の判断により分配を行なわない場合もあります。また、将来の分配金の支払いおよびその金

         額について示唆、保証するものではありません。
        ◆ファンドの決算日

         原則として      毎年11月7日      (休業日の場合は翌営業日)を決算日とします。
    (5)【投資制限】

      ①運用の基本方針 2.運用方法 (3)投資制限(信託約款)

       ・ 株式への投資割合には制限を設けません。
       ・外貨建資産への投資割合は、信託財産の純資産総額の10%以下とします。
       ・同一銘柄の株式への投資割合は、信託財産の純資産総額の10%以内とします。
       ・新株引受権証券および新株予約権証券への投資割合は、信託財産の純資産総額の20%以内とします。
       ・同一銘柄の新株引受権証券および新株予約権証券への投資割合は、信託財産の純資産総額の10%以内と
        します。
       ・同一銘柄の転換社債ならびに転換社債型新株予約権付社債への投資割合は、信託財産の純資産総額の
        10%以内とします。
       ・投資信託証券への投資割合は、信託財産の純資産総額の5%以内とします。
       ・一般社団法人投資信託協会規則に定める合理的な方法により算出した額が、信託財産の純資産総額を超
        えることとなるデリバティブ取引等(同規則に定めるデリバティブ取引等をいいます。)の利用は行な
        いません。
       ・一般社団法人投資信託協会規則に定める一の者に対する株式等エクスポージャー、債券等エクスポー
        ジャーおよびデリバティブ等エクスポージャーの信託財産の純資産総額に対する比率は、原則としてそ
        れぞれ10%、合計で20%以内とすることとし、当該比率を超えることとなった場合には、同規則に従い
        当該比率以内となるよう調整を行なうこととします。
      ②投資する株式等の範囲(信託約款)
        (ⅰ)委託者が投資することを指図する株式、新株引受権証券および新株予約権証券は、金融商品取引所
          に上場されている株式の発行会社の発行するものおよび金融商品取引所に準ずる市場において取引
          されている株式の発行会社の発行するものとします。ただし、株主割当または社債権者割当により
          取得する株式、新株引受権証券および新株予約権証券については、この限りではありません。
        (ⅱ)上記(ⅰ)の規定にかかわらず、上場予定または登録予定の株式、新株引受権証券および新株予約権
          証券で目論見書等において上場または登録されることが確認できるものについては委託者が投資す
          ることを指図することができるものとします。
      ③信用取引の指図範囲(信託約款)
        (ⅰ)委託者は、信託財産の効率的な運用に資するため、信用取引により株券を売り付けることの指図を
          することができます。なお、当該売り付けの決済については、株券の引き渡しまたは買い戻しによ
          り行なうことの指図をすることができるものとします。
        (ⅱ)上記(ⅰ)の信用取引の指図は、次の各号に掲げる有価証券の発行会社の発行する株券について行な
          うことができるものとし、かつ次の各号に掲げる株券数の合計数を超えないものとします。
           1.信託財産に属する株券および新株引受権証書の権利行使により取得する株券
                                14/88


                                                          EDINET提出書類
                                               野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
           2.株式分割により取得する株券
           3.有償増資により取得する株券
           4.売り出しにより取得する株券
           5.信託財産に属する転換社債の転換請求および新株予約権(転換社債型新株予約権付社債の新
             株予約権に限ります。)の行使により取得可能な株券
           6.信託財産に属する新株引受権証券および新株引受権付社債券の新株引受権の行使、または信
             託財産に属する新株予約権証券および新株予約権付社債券の新株予約権(前号のものを除き
             ます。)の行使により取得可能な株券
      ④先物取引等の運用指図・目的・範囲(信託約款)
        (ⅰ)委託者は、信託財産が運用対象とする有価証券の価格変動リスクを回避するため、わが国の金融商
          品取引所における有価証券先物取引(金融商品取引法第28条第8項第3号イに掲げるものをいいま
          す。以下同じ。)、有価証券指数等先物取引(金融商品取引法第28条第8項第3号ロに掲げるものを
          いいます。以下同じ。)および有価証券オプション取引(金融商品取引法第28条第8項第3号ハに掲
          げるものをいいます。以下同じ。)ならびに外国の金融商品取引所におけるこれらの取引と類似の
          取引を次の範囲で行なうことの指図をすることができます。なお、選択権取引はオプション取引に
          含めるものとします(以下同じ。)。
           1.先物取引の売建およびコール・オプションの売付の指図は、建玉の合計額が、ヘッジの対象と
             する有価証券(以下「ヘッジ対象有価証券」といいます。)の時価総額の範囲内とします。
           2.先物取引の買建およびプット・オプションの売付の指図は、建玉の合計額が、ヘッジ対象有価
             証券の組入可能額(組入ヘッジ対象有価証券を差し引いた額)に信託財産が限月までに受取
             る組入公社債、組入外国貸付債権信託受益証券、組入貸付債権信託受益権、組入抵当証券お
             よび組入指定金銭信託の受益証券の利払金および償還金を加えた額を限度とし、且つ信託財
             産が限月までに受取る組入有価証券に係る利払金および償還金等(株式、株価指数に係る先
             物取引の買建においては、信託財産が未収配当金として計上している額を含むものとし、こ
             の額には信託財産が当該限月を超えて受取る配当金も含まれます。)ならびに「(2)投資対象
             ③」第1号から第4号に掲げる金融商品で運用している額の範囲内とします。
           3.コール・オプションおよびプット・オプションの買付の指図は、本条で規定する全オプション
             取引に係る支払いプレミアム額の合計額が取引時点の信託財産の純資産総額の5%を上回らな
             い範囲内とします。
        (ⅱ)委託者は、信託財産に属する資産の為替変動リスクを回避するため、わが国の金融商品取引所にお
          ける通貨に係る先物取引ならびに外国の金融商品取引所における通貨に係る先物取引およびオプ
          ション取引を次の範囲で行なうことの指図をすることができます。
           1.先物取引の売建およびコール・オプションの売付の指図は、建玉の合計額が、為替の売予約
             と合せてヘッジ対象とする外貨建資産(外国通貨表示の有価証券(以下「外貨建有価証券」
             といいます。)、預金その他の資産をいいます。以下同じ。)の時価総額の範囲内としま
             す。
           2.先物取引の買建およびプット・オプションの売付の指図は、建玉の合計額が、為替の買予約
             と合せて、外貨建有価証券の買付代金等実需の範囲内とします。
           3.コール・オプションおよびプット・オプションの買付の指図は、支払いプレミアム額の合計
             額が取引時点の保有外貨建資産の時価総額の5%を上回らない範囲内とし、且つ本条で規定す
             る全オプション取引に係る支払いプレミアム額の合計額が取引時点の信託財産の純資産総額
             の5%を上回らない範囲内とします。
                                15/88


                                                          EDINET提出書類
                                               野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
        (ⅲ)委託者は、信託財産に属する資産の価格変動リスクを回避するため、わが国の金融商品取引所にお
          ける金利に係る先物取引およびオプション取引ならびに外国の金融商品取引所におけるこれらの取
          引 と類似の取引を次の範囲で行なうことの指図をすることができます。
           1.先物取引の売建およびコール・オプションの売付の指図は、建玉の合計額が、ヘッジ対象と
             する金利商品(信託財産が1年以内に受け取る組入有価証券の利払金および償還金等ならびに
             「(2)投資対象③」第1号から第4号に掲げる金融商品で運用されているものをいい、以下
             「ヘッジ対象金利商品」といいます。)の時価総額の範囲内とします。
           2.先物取引の買建およびプット・オプションの売付の指図は、建玉の合計額が、信託財産が限
             月までに受取る組入有価証券に係る利払金および償還金等ならびに「(2)投資対象③」第1号
             から第4号に掲げる金融商品で運用している額(以下本号において「金融商品運用額等」とい
             います。)の範囲内とします。ただし、ヘッジ対象金利商品が外貨建で、信託財産の外貨建
             資産組入可能額(約款上の組入可能額から保有外貨建資産の時価総額を差引いた額をいいま
             す。以下同じ。)に信託財産が限月までに受取る外貨建組入公社債および組入外国貸付債権
             信託受益証券ならびに外貨建組入貸付債権信託受益権の利払金および償還金を加えた額が当
             該金融商品運用額等の額より少ない場合には外貨建資産組入可能額に信託財産が限月までに
             受取る外貨建組入有価証券に係る利払金および償還金等を加えた額を限度とします。
           3.コール・オプションおよびプット・オプションの買付の指図は、支払いプレミアム額の合計
             額が取引時点のヘッジ対象金利商品の時価総額の5%を上回らない範囲内とし、且つ本条で規
             定する全オプション取引に係る支払いプレミアム額の合計額が取引時点の信託財産の純資産
             総額の5%を上回らない範囲内とします。
      ⑤スワップ取引の運用指図・目的・範囲(信託約款)
        (ⅰ)委託者は、信託財産に属する資産の価格変動リスクおよび為替変動リスクを回避するため、異なっ
          た通貨、異なった受取り金利または異なった受取り金利とその元本を一定の条件のもとに交換する
          取引(以下「スワップ取引」といいます。)を行なうことの指図をすることができます。
        (ⅱ)スワップ取引の指図にあたっては、当該取引の契約期限が、原則として信託期間を超えないものと
          します。ただし、当該取引が当該信託期間内で全部解約が可能なものについてはこの限りではあり
          ません。
        (ⅲ)スワップ取引の指図にあたっては、当該信託財産にかかるスワップ取引の想定元本の合計額が、信
          託財産の純資産総額を超えないものとします。なお、信託財産の一部解約等の事由により、上記純
          資産総額が減少して、スワップ取引の想定元本の合計額が信託財産の純資産総額を超えることと
          なった場合には、委託者は速やかに、その超える額に相当するスワップ取引の一部の解約を指図す
          るものとします。
        (ⅳ)スワップ取引の評価は、当該取引契約の相手方が                            提示する価額、価格情報会社が提供する価額等、法
          令および一般社団法人投資信託協会規則に従って                        評価するものとします。
        (ⅴ)委託者は、スワップ取引を行なうにあたり担保の提供あるいは受入れが必要と認めたときは、担保
          の提供あるいは受入れの指図を行なうものとします。
      ⑥有価証券の貸付の指図および範囲(信託約款)
        (ⅰ)委託者は、信託財産の効率的な運用に資するため、信託財産に属する株式および公社債を次の各号
          の範囲内で貸付の指図をすることができます。
           1.株式の貸付は、貸付時点において、貸付株式の時価合計額が、信託財産で保有する株式の時
            価合計額の50%を超えないものとします。
           2.公社債の貸付は、貸付時点において、貸付公社債の額面金額の合計額が、信託財産で保有す
                                16/88


                                                          EDINET提出書類
                                               野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
            る公社債の額面金額の合計額の50%を超えないものとします。
        (ⅱ)上記(ⅰ)に定める限度額を超えることとなった場合には、委託者は速やかに、その超える額に相当
          する契約の一部の解約を指図するものとします。
        (ⅲ)委託者は、有価証券の貸付にあたって必要と認めたときは、担保の受入れの指図を行なうものとし
          ます。
      ⑦特別の場合の外貨建有価証券への投資制限(信託約款)
         外貨建有価証券への投資については、わが国の国際収支上の理由等により特に必要と認められる場合
        には、制約されることがあります。
      ⑧外国為替予約取引の指図(信託約款)
        (ⅰ)委託者は、信託財産に属する外貨建資産について、当該外貨建資産の為替ヘッジのため、外国為替
          の売買の予約取引の指図をすることができます。
        (ⅱ)委託者は、外国為替の売買の予約取引を行なうにあたり担保の提供あるいは受入れが必要と認めた
          ときは、担保の提供あるいは受入れの指図を行なうものとします。
      ⑨資金の借入れ(信託約款)
        (ⅰ)委託者は、信託財産の効率的な運用ならびに運用の安定性をはかるため、一部解約に伴う支払資金
          の手当て(一部解約に伴う支払資金の手当てのために借入れた資金の返済を含みます。)を目的と
          して、または再投資にかかる収益分配金の支払資金の手当てを目的として、資金借入れ(コール市
          場を通じる場合を含みます。)の指図をすることができます。なお、当該借入金をもって有価証券
          等の運用は行なわないものとします。
        (ⅱ)一部解約に伴う支払資金の手当てにかかる借入期間は、受益者への解約代金支払開始日から信託財
          産で保有する有価証券等の売却代金の受渡日までの間または受益者への解約代金支払開始日から信
          託財産で保有する有価証券等の解約代金入金日までの間もしくは受益者への解約代金支払開始日か
          ら信託財産で保有する有価証券等の償還金の入金日までの期間が5営業日以内である場合の当該期間
          とし、資金借入額は当該有価証券等の売却代金、有価証券等の解約代金および有価証券等の償還金
          の合計額を限度とします。ただし、資金の借入額は、借入れ指図を行なう日における信託財産の純
          資産総額の10%を超えないこととします。
        (ⅲ)収益分配金の再投資にかかる借入期間は信託財産から収益分配金が支弁される日からその翌営業日
          までとし、資金借入額は収益分配金の再投資額を限度とします。
        (ⅳ)借入金の利息は信託財産中より支弁します。
      ⑩同一の法人の発行する株式への投資制限(投資信託及び投資法人に関する法律第9条)
         同一の法人の発行する株式について、次の(ⅰ)の数が(ⅱ)の数を超えることとなる場合には、当該株
        式を信託財産で取得することを受託会社に指図しないものとします。
           (ⅰ)委託者が運用の指図を行なうすべてのファンドで保有する当該株式に係る議決権の総数
           (ⅱ)当該株式に係る議決権の総数に100分の50の率を乗じて得た数
    3【投資リスク】

    ≪基準価額の変動要因≫

       ファンドの基準価額は、投資を行なっている有価証券等の値動きによる影響を受けますが、これらの                                                   運用
      による損益はすべて投資者の皆様に帰属します。
       したがって、ファンドにおいて、                 投資者の皆様の投資元金は保証されているものではなく、基準価額の下
      落により、損失を被り、投資元金が割り込むことがあります。なお、投資信託は預貯金と異なります。
                                17/88


                                                          EDINET提出書類
                                               野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
      [株価変動リスク]

        ファンドは株式に投資を行ないますので、株価変動の影響を受けます。またファンドは、中小型株にも
        投資を行ないますので、株式市場全体の動きとファンドの基準価額の動きが大きく異なる場合がありま
        す。
          ※基準価額の変動要因は上記に限定されるものではありません。
    ≪その他の留意点≫

      ◆ファンドのお取引に関しては、金融商品取引法第37条の6の規定(いわゆるクーリング・オフ)の適用は
       ありません。
      ◆資金動向、市況動向等によっては、また、不慮の出来事等が起きた場合には、投資方針に沿った運用がで
       きない場合があります。
      ◆ファンドが組み入れる有価証券の発行体において、利払いや償還金の支払いが滞る可能性があります。
      ◆有価証券への投資等ファンドにかかる取引にあたっては、取引の相手方の倒産等により契約が不履行にな
       る可能性があります。
      ◆ファンドは、大型株に比べ相対的に市場の流動性が低い中小型株にも投資を行ないますので、ファンドに
       大量の資金変動が生じた場合等には機動的に証券を売買できない場合があります。
      ◆ファンドは、計算期間中に発生した運用収益(経費控除後の配当等収益および評価益を含む売買益)を超
       えて分配を行なう場合があります。したがって、ファンドの分配金の水準は必ずしも計算期間における
       ファンドの収益率を示唆するものではありません。
       投資者の個別元本(追加型投資信託を保有する投資者毎の取得元本)の状況によっては、分配金額の一部
       または全部が、実質的に元本の一部払戻しに相当する場合があります。
       分配金は、預貯金の利息とは異なりファンドの純資産から支払われますので、分配金支払い後の純資産は
       その相当額が減少することとなり、基準価額が下落する要因となります。計算期間中に運用収益があった
       場合においても、当該運用収益を超えて分配を行なった場合、当期決算日の基準価額は前期決算日の基準
       価額と比べて下落することになります。
    ≪ 委託会社におけるリスクマネジメント体制                      ≫

       リスク管理関連の委員会
        ◆パフォーマンスの考査
         投資信託の信託財産についてパフォーマンスに基づいた定期的な考査(分析、評価)の結果の報告、
         審議を行ないます。
        ◆運用リスクの管理
         投資信託の信託財産の運用リスクを把握、管理し、その結果に基づき運用部門その他関連部署への是
         正勧告を行なうことにより、適切な管理を行ないます。
                                18/88





                                                          EDINET提出書類
                                               野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
        リスク管理体制図
     ※投資リスクに関する管理体制等は今後変更となる場合があります。






                                19/88















                                                          EDINET提出書類
                                               野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    4【手数料等及び税金】


















    (1)【申込手数料】

                                20/88


                                                          EDINET提出書類
                                               野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
       ①取得申込日の基準価額に、3.3%(申込手数料および当該申込手数料にかかる消費税等に相当する率)
                 ※
        (税抜3.0%)以内          で販売会社が独自に定める率を乗じて得た額とします。
         ※詳しくは、販売会社にお問い合わせ下さい。販売会社については、「サポートダイヤル」までお問い合わせ下
          さい。
       ②収益分配金を再投資する場合には無手数料とします。
       購入時手数料は、商品及び関連する投資環境の説明および情報提供等、ならびに購入に関する事務コスト

       の対価として、購入時に頂戴するものです。
    (2)【換金(解約)手数料】

       換金手数料はありません。

    (3)【信託報酬等】

        信託報酬の総額は、ファンドの計算期間を通じて毎日、ファンドの純資産総額に年1.815%(税抜年

       1.65%)の率(「信託報酬率」といいます。)を乗じて得た額とします。ファンドの信託報酬は、日々計
       上され、ファンドの基準価額に反映されます。なお、毎計算期間の最初の6ヵ月終了日および毎計算期末
       または信託終了のときファンドから支払われます。
       信託報酬率の配分については、次の通り(税抜)とします。
           <委託会社>           <販売会社>           <受託会社>
            年0.80%           年0.80%           年0.05%
     ≪支払先の役務の内容≫

         <委託会社>               <販売会社>               <受託会社>
      ファンドの運用とそれに               購入後の情報提供、運用               ファンドの財産の保管・
      伴う調査、受託会社への               報告書等各種書類の送               管理、委託会社からの指
      指図、法定書面等の作               付、口座内でのファンド               図の実行等
      成、基準価額の算出等               の管理および事務手続き
                    等
    (4)【その他の手数料等】

       ①ファンドにおいて一部解約に伴う支払資金の手当て等を目的として資金借入れの指図を行なった場合、

        当該借入金の利息はファンドから支払われます。
       ②ファンドに関する租税、信託事務の処理に要する諸費用および受託者の立替えた立替金の利息等は、受
        益者の負担とし、ファンドから支払われます。
       ③ファンドに関する組入有価証券の売買の際に発生する売買委託手数料、売買委託手数料に係る消費税等
        に相当する金額、先物取引・オプション取引等に要する費用、外貨建資産の保管等に要する費用はファ
        ンドから支払われます。
       ④監査法人等に支払うファンドの監査に係る費用および当該監査費用に係る消費税等に相当する金額は、
        信託報酬支払いのときにファンドから支払われます。
                                       ※
       ⑤ファンドにおいて一部解約の実行に伴い、信託財産留保額                                 をご負担いただきます。信託財産留保額
                                21/88


                                                          EDINET提出書類
                                               野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
        は、基準価額に0.3%の率を乗じて得た額を1口当たりに換算して、換金する口数に応じてご負担いただ
        きます。
        ※「信託財産留保額」とは、償還時まで投資を続ける投資家との公平性の確保やファンド残高の安定的な推移を図
         るため、クローズド期間の有無に関係なく、信託期間満了前の解約に対し解約者から徴収する一定の金額をい
         い、信託財産に繰り入れられます。
       *これらの費用等の中には、運用状況等により変動するものがあり、事前に料率、上限額等を表示するこ

        とができないものがあります。
    (5)【課税上の取扱い】

       課税上は、株式投資信託として取扱われます。

       ■個人、法人別の課税について■
       ◆個人の投資家に対する課税
        <収益分配金に対する課税>
          分配金のうち課税扱いとなる普通分配金については、20.315%(国税(所得税及び復興特別所得税)
          15.315%および地方税5%)の税率による源泉徴収が行なわれます。なお、確定申告により、申告分
          離課税もしくは総合課税のいずれかを選択することもできます。
         なお、配当控除の適用があります。
        <換金(解約)時および償還時の差益(譲渡益)に対する課税>
          換金(解約)時および償還時の差益(譲渡益)については、申告分離課税により20.315%(国税15.315%
          および地方税5%)の税率が適用され、源泉徴収口座を選択した場合は20.315%の税率により源泉徴
          収が行なわれます。
        ≪損益通算について≫

        以下の所得間で損益通算が可能です。上場株式等の配当所得については申告分離課税を選択したものに
        限ります。
                                       (注2)
         《利子所得》                                      《配当所得》
                      《上場株式等に係る譲渡所得等》
                    特定  公社債、     公募  公社債投資信託、上場株

           (注1)
                                           ・上場株式の配当
    ・ 特定  公社債      の利子
                    式、公募株式投資信託の
                                           ・公募株式投資信託の収益
    ・ 公募  公社債投資信託の収益
                             ・譲渡益
                                            分配金
      分配金
                             ・譲渡損
        (注1)「特定公社債」とは、国債、地方債、外国国債、公募公社債、上場公社債、2015年12月31日以前に発行され
            た公社債(同族会社が発行した社債を除きます。)などの一定の公社債をいいます。
        (注2)株式等に係る譲渡所得等について、上場株式等に係る譲渡所得等とそれ以外の株式等に係る譲渡所得等に区
            分し、別々の分離課税制度とすることとされ、原則として、これら相互の通算等ができないこととされま
            した。
        ※上場株式、公募株式投資信託は税法上、少額投資非課税制度「愛称:NISA(ニーサ)」の適用対象で

         す。NISAをご利用の場合、毎年、一定額の範囲で新たに購入した公募株式投資信託などから生じる配
         当所得及び譲渡所得が一定期間非課税となります。他の口座で生じた配当所得や譲渡所得との損益通
         算はできません。販売会社で非課税口座を開設するなど、一定の条件に該当する方が対象となりま
         す。詳しくは、販売会社にお問い合わせください。
                                22/88


                                                          EDINET提出書類
                                               野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
       ◆法人の投資家に対する課税
        分配金のうち課税扱いとなる普通分配金ならびに換金(解約)時および償還時の個別元本超過額について
                                ※
        は、15.315%(国税15.315%)の税率で源泉徴収                         が行なわれます。なお、地方税の源泉徴収はありませ
        ん。
          ※源泉税は所有期間に応じて法人税額から控除
        税金の取扱いの詳細については税務専門家等にご確認されることをお勧めします。

       ■換金(解約)時および償還時の課税について■

        [個人の投資家の場合]
                            ※
          換金(解約)時および償還時の差益                   については、譲渡所得とみなして課税が行われます。
           ※換金(解約)時および償還時の価額から取得費(申込手数料(税込)を含む)を控除した利益を譲渡益と
            して課税対象となります。
        [法人の投資家の場合]
          換金(解約)時および償還時の個別元本超過額が源泉徴収の対象(配当所得)となります。
       なお、買取りによるご換金について、詳しくは販売会社にお問い合わせください。
       ■個別元本について■

       ◆追加型投資信託を保有する受益者毎の取得元本をいいます。
       ◆受益者が同一ファンドの受益権を複数回取得した場合や受益者が元本払戻金(特別分配金)を受け取っ
        た場合などには、当該受益者の個別元本が変わりますので、詳しくは販売会社へお問い合わせくださ
        い。
       ■分配金の課税について■

       ◆分配金には、課税扱いとなる「普通分配金」と、非課税扱いとなる「元本払戻金(特別分配金)」(受
        益者毎の元本の一部払戻しに相当する部分)があります。
       ①分配金落ち後の基準価額が受益者の個別元
        本と同額の場合または受益者の個別元本を
        上回っている場合には分配金の全額が普通
        分配金となります。
       ②分配金落ち後の基準価額が受益者の個別元


        本を下回っている場合には、その下回る部
        分の額が元本払戻金(特別分配金)とな
        り、分配金から元本払戻金(特別分配金)
        を控除した額が普通分配金となります。な
        お、受益者が元本払戻金(特別分配金)を
        受け取った場合、分配金発生時にその個別
        元本から元本払戻金(特別分配金)を控除
        した額が、その後の受益者の個別元本とな
        ります。
       ※上図はあくまでもイメージ図であり、個別元本や基準価額、分配金の各水準等を示唆するものではありません。
     *外貨建資産への投資により外国税額控除の適用となった場合には、分配時の税金が上記と異なる場合があ

       ります。
                                23/88


                                                          EDINET提出書類
                                               野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     *税法が改正された場合等は、上記「(5)課税上の取扱い」の内容(2020年11月末現在)が変更になる場合が
       あります。
    5【運用状況】

    以下は   2020年11月30日        現在  の運用状況であります。
    また、投資比率とはファンドの純資産総額に対する当該資産の時価比率をいいます。
    (1)【投資状況】

             資産の種類                 国/地域          時価合計(円)            投資比率(%)

    株式                           日本             4,306,985,900              96.81
    現金・預金・その他資産(負債控除後)                           ―              141,477,281             3.18
                合計(純資産総額)                            4,448,463,181             100.00
    (2)【投資資産】

    ①【投資有価証券の主要銘柄】

                                   簿価      簿価      評価      評価    投資

       国/
    順位       種類      銘柄名      業種     数量      単価      金額      単価      金額    比率
       地域
                                  (円)      (円)      (円)      (円)     (%)
     1 日本    株式     アトラエ        サービス       46,900      2,806.00     131,601,400        3,070.00     143,983,000     3.23
                       業
     2 日本    株式     ベルシステム24ホー        サービス       83,200      1,664.00     138,444,800        1,603.00     133,369,600     2.99
               ルディングス        業
     3 日本    株式     ティーケーピー        不動産業       42,900      2,972.00     127,498,800        2,962.00     127,069,800     2.85
     4 日本    株式     日総工産        サービス       165,100       776.00     128,117,600        752.00     124,155,200     2.79
                       業
     5 日本    株式     コプロ・ホールディン        サービス       39,800      3,195.00     127,161,000        3,090.00     122,982,000     2.76
               グス        業
     6 日本    株式     ラクト・ジャパン        卸売業       41,000      3,155.43     129,372,966        2,943.00     120,663,000     2.71
     7 日本    株式     マクアケ        情報・通       11,100     12,810.00      142,191,000       10,720.00      118,992,000     2.67
                       信業
     8 日本    株式     MS-Japan        サービス       149,700       821.00     122,903,700        792.00     118,562,400     2.66
                       業
     9 日本    株式     オロ        情報・通       30,300      3,680.00     111,504,000        3,890.00     117,867,000     2.64
                       信業
     10 日本    株式     GMOフィナンシャル        情報・通        6,400     19,930.00      127,552,000       18,350.00      117,440,000     2.64
               ゲート        信業
     11 日本    株式     ヤマシンフィルタ        機械       104,700      1,082.00     113,285,400        1,066.00     111,610,200     2.50
     12 日本    株式     プレミアグループ        その他金       49,700      2,048.00     101,785,600        2,245.00     111,576,500     2.50
                       融業
     13 日本    株式     チームスピリット        情報・通       50,800      2,676.00     135,940,800        2,177.00     110,591,600     2.48
                       信業
     14 日本    株式     カチタス        不動産業       35,600      3,410.00     121,396,000        3,100.00     110,360,000     2.48
     15 日本    株式     テクノプロ・ホール        サービス       12,500      7,190.00      89,875,000       8,800.00     110,000,000     2.47
               ディングス        業
     16 日本    株式     ファイバーゲート        情報・通       51,500      2,020.00     104,030,000        2,128.00     109,592,000     2.46
                       信業
     17 日本    株式     ラクスル        情報・通       21,600      5,470.00     118,152,000        5,070.00     109,512,000     2.46
                       信業
     18 日本    株式     アルヒ        その他金       53,700      2,128.00     114,273,600        1,921.00     103,157,700     2.31
                       融業
                                24/88


                                                          EDINET提出書類
                                               野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     19 日本    株式     カナミックネットワー        情報・通       126,500       887.00     112,205,500        814.00     102,971,000     2.31
               ク        信業
     20 日本    株式     M&Aキャピタルパー        サービス       16,200      5,920.00      95,904,000       6,300.00     102,060,000     2.29
               トナーズ        業
     21 日本    株式     イー・ギャランティ        その他金       49,200      2,175.16     107,018,336        2,067.00     101,696,400     2.28
                       融業
     22 日本    株式     ジャパンエレベーター        サービス       20,400      4,430.00      90,372,000       4,865.00      99,246,000     2.23
               サービスホールディン        業
     23 日本    株式     GMOフィナンシャル        証券、商       146,500       623.00     91,269,500        675.00     98,887,500     2.22
               ホールディングス        品先物取
                       引業
     24 日本    株式     ランサーズ        情報・通       110,100      1,107.00     121,880,700        836.00     92,043,600     2.06
                       信業
     25 日本    株式     SHIFT        情報・通        5,500     14,750.00      81,125,000       15,470.00      85,085,000     1.91
                       信業
     26 日本    株式     BASE        情報・通        8,800     12,540.00      110,352,000        9,590.00      84,392,000     1.89
                       信業
     27 日本    株式     Chatwork        情報・通       61,900      2,294.95     142,057,952        1,345.00      83,255,500     1.87
                       信業
     28 日本    株式     ジンズホールディング        小売業       11,700      7,950.00      93,015,000       7,110.00      83,187,000     1.87
               ス
     29 日本    株式     スシローグローバル        小売業       23,400      3,365.00      78,741,000       3,320.00      77,688,000     1.74
               ホールディングス
     30 日本    株式     グッドパッチ        サービス       26,400      3,285.00      86,724,000       2,923.00      77,167,200     1.73
                       業
    種類別及び業種別投資比率

        種類      国内/国外                 業種              投資比率(%)

        株式        国内    機械                             2.50
                    精密機器                             1.57
                    陸運業                             0.20
                    情報・通信業                            38.87
                    卸売業                             2.71
                    小売業                             3.61
                    証券、商品先物取引業                             2.22
                    その他金融業                             7.11
                    不動産業                             5.33
                    サービス業                            32.65
       合  計                                         96.81
    ②【投資不動産物件】

    該当事項はありません。
    ③【その他投資資産の主要なもの】

    該当事項はありません。

    (3)【運用実績】

    ①【純資産の推移】

                                25/88

                                                          EDINET提出書類
                                               野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    2020年11月末日及び同日前1年以内における各月末並びに下記決算期末の純資産の推移は次の通りです。

                             純資産総額(百万円)                 1口当たり純資産額(円)

                           (分配落)         (分配付)         (分配落)         (分配付)
    第1計算期間             (2019年11月      7日)        12,742         12,742         0.9472         0.9472
    第2計算期間             (2020年11月      9日)        4,818         4,879        1.3330         1.3500
                  2019年11月末日             12,099           ―       1.0410           ―
                     12月末日             9,860          ―       1.0322           ―
                  2020年    1月末日          8,728          ―       0.9916           ―
                      2月末日          7,010          ―       0.8187           ―
                      3月末日          6,132          ―       0.7429           ―
                      4月末日          7,014          ―       0.8784           ―
                      5月末日          7,244          ―       1.0393           ―
                      6月末日          5,842          ―       1.0677           ―
                      7月末日          5,084          ―       1.0513           ―
                      8月末日          5,096          ―       1.1853           ―
                      9月末日          4,859          ―       1.2635           ―
                     10月末日             4,580          ―       1.2559           ―
                     11月末日             4,448          ―       1.2640           ―
    ②【分配の推移】

                            計算期間                    1口当たりの分配金

       第1計算期間         2018年11月16日~2019年11月              7日                          0.0000円
       第2計算期間         2019年11月      8日~2020年11月        9日                          0.0170円
    ③【収益率の推移】

                            計算期間                       収益率

       第1計算期間         2018年11月16日~2019年11月              7日                           △5.3%
       第2計算期間         2019年11月      8日~2020年11月        9日                           42.5%
    ※各計算期間の収益率は、計算期間末の基準価額(分配付の額)から当該計算期間の直前の計算期間末の基準価額(分配落

     の額。以下「前期末基準価額」といいます。)を控除した額を前期末基準価額で除して得た数に100を乗じて得た数を記
     載しております。なお、小数点以下2桁目を四捨五入し、小数点以下1桁目まで表示しております。
    (4)【設定及び解約の実績】

                      計算期間              設定口数        解約口数        発行済み口数

      第1計算期間        2018年11月16日~2019年11月              7日        19,956,672,160         6,503,857,971         13,452,814,189
      第2計算期間        2019年11月      8日~2020年11月        9日        1,302,352,657        11,140,558,721          3,614,608,125
                                26/88


                                                          EDINET提出書類
                                               野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    ※本邦外における設定及び解約の実績はありません。
    ≪参考情報≫

                                27/88



















                                                          EDINET提出書類
                                               野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    第2【管理及び運営】

    1【申込(販売)手続等】

      ・申込期間中の各営業日に受益権の募集が行なわれます。

      ・取得申込みの受付けについては、午後3時までに取得申込みが行われかつ当該取得申込みの受付けにかか
       る販売会社所定の事務手続きが完了したものを当日の申込み分とします。
       ファンドの申込(販売)手続についてご不明な点がある場合には、下記の照会先までお問い合わせ下さい。

            野村アセットマネジメント株式会社
            サポートダイヤル 0120-753104                 (フリーダイヤル)
              <受付時間> 営業日の午前9時~午後5時
            インターネットホームページ http://www.nomura-am.co.jp/
      ・販売の単位は、1口単位または1円単位(当初元本1口=1円)(分配金を再投資する場合には1口単

       位)とします。
       ■積立方式■

                                          ※
         販売会社によっては、「定時定額購入サービス」等に関する契約                                  を締結した場合、当該契約で規定す
       る取得申込の単位でお申込みいただけます。
        ※当該契約または規定については、同様の権利義務関係を規定する名称の異なる契約または規定を使用することが
         あります。
      ・受益権の販売価額は、取得申込日の基準価額とします。

      ・販売会社の定める期日までに申込代金を申込みの販売会社に支払うものとします。
        ※詳しくは販売会社にお問い合わせください。
      ・金融商品取引所(金融商品取引法第2条第16項に規定する金融商品取引所および金融商品取引法第2条第8
       項第3号ロに規定する外国金融商品市場をいいます。以下同じ。なお、金融商品取引所を単に「取引所」
       という場合があり、取引所のうち、有価証券の売買または金融商品取引法第28条第8項第3号もしくは同項
       第5号の取引を行なう市場ないしは当該市場を開設するものを「証券取引所」という場合があります。)
       等における取引の停止、外国為替取引の停止、決済機能の停止その他やむを得ない事情があるときは、受
       益権の取得申込の受付けを中止することおよびすでに受付けた取得申込の受付けを取り消す場合がありま
       す。
     ※購入のお申込みの方法ならびに単位等について、販売会社によっては上記と異なる場合があります。詳し

      くは販売会社にお問い合わせください。
    2【換金(解約)手続等】

      ・受益者は、委託者に1口単位または1円単位で一部解約の実行を請求することができます。

      ・受益者が一部解約の実行の請求をするときは、販売会社に対し、振替受益権をもって行なうものとしま
       す。
                                28/88


                                                          EDINET提出書類
                                               野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
      ・一部解約の実行の請求の受付けについては、午後3時までに、解約請求のお申込みが行われかつ、その解
       約請求のお申込みの受付けにかかる販売会社所定の事務手続が完了したものを当日のお申込み分としま
       す。
      ・換金価額は、換金申込日の基準価額から信託財産留保額を差し引いた価額となります。
        ファンドの基準価額については下記の照会先までお問い合わせ下さい。

                野村アセットマネジメント株式会社
                サポートダイヤル 0120-753104                 (フリーダイヤル)
                  <受付時間> 営業日の午前9時~午後5時
                インターネットホームページ http://www.nomura-am.co.jp/
      ・原則として、1日1件3億円を超える換金は行なえません。また、別途、大口換金について、1日1件3億円以

       下の金額であっても制限を設ける場合があります。
      ・解約代金は、原則として一部解約の実行の請求日から起算して5営業日目から販売会社において支払いま
       す。
      ・金融商品取引所等における取引の停止、外国為替取引の停止、決済機能の停止その他やむを得ない事情が
       あるときは、一部解約の実行の請求の受付けを中止すること、および既に受付けた一部解約の実行の請求
       の受付けを取り消す場合があります。
      ・一部解約の実行の請求の受付けが中止された場合には、受益者は当該受付け中止以前に行なった当日の一
       部解約の実行の請求を撤回できます。ただし、受益者がその一部解約の実行の請求を撤回しない場合に
       は、当該受益権の一部解約の価額は、当該受付け中止を解除した後の最初の基準価額の計算日に一部解約
       の実行の請求を受付けたものとして信託約款の規定に準じて計算された価額とします。
     ※換金のお申込みの方法ならびに単位等について、販売会社によっては上記と異なる場合があります。詳し

      くは販売会社にお問い合わせください。
    3【資産管理等の概要】

    (1)【資産の評価】

      <基準価額の計算方法>

        基準価額とは、計算日において、信託財産に属する資産(受入担保金代用有価証券を除きます。)を法
       令および一般社団法人投資信託協会規則にしたがって時価または一部償却原価法により評価して得た信託
       財産の資産総額から負債総額を控除した金額(「純資産総額」といいます。)を、計算日における受益権
       口数で除して得た額をいいます。なお、ファンドにおいては1万口当たりの価額で表示されます。
       ファンドの主な投資対象の評価方法は以下の通りです。

            対象                       評価方法
            株式      原則として、基準価額計算日の金融商品取引所の最終相場で評価します。
       ファンドの基準価額については下記の照会先までお問い合わせ下さい。

           野村アセットマネジメント株式会社
                                29/88


                                                          EDINET提出書類
                                               野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
           サポートダイヤル 0120-753104                 (フリーダイヤル)
             <受付時間> 営業日の午前9時~午後5時
           インターネットホームページ http://www.nomura-am.co.jp/
    (2)【保管】

       ファンドの受益権の帰属は、振替機関等の振替口座簿に記載または記録されることにより定まり、受益証

       券を発行しませんので、受益証券の保管に関する該当事項はありません。
    (3)【信託期間】

       2028年11月7日までとします(2018年11月16日設定)。

       なお、委託者は、信託期間満了前に、信託期間の延長が受益者に有利であると認めたときは、受託者と協
       議のうえ、信託期間を延長することができます。
    (4)【計算期間】

       原則として、毎年11月8日から翌年11月7日までとします。

       なお、各計算期間終了日に該当する日(以下「該当日」といいます。)が休業日のとき、各計算期間終了
       日は該当日の翌営業日とし、その翌日より次の計算期間が開始されるものとします。ただし、最終計算期
       間の終了日は、信託期間の終了日とします。
    (5)【その他】

       (a)ファンドの繰上償還条項

          委託者は、信託終了前に、信託契約の一部を解約することにより受益権の口数が30億口を下回った
          場合、この信託契約を解約することが受益者のため有利であると認めるとき、またはやむを得ない
          事情が発生したときは、受託者と合意のうえ、この信託契約を解約し、信託を終了させることがで
          きます。この場合において、委託者は、あらかじめ、解約しようとする旨を監督官庁に届け出ま
          す。
       (b)信託期間の終了
        (ⅰ)委託者は、上記「(a)ファンドの繰上償還条項」に従い信託期間を終了させるには、書面による
          決議(以下「書面決議」といいます。)を行ないます。この場合において、あらかじめ、書面決議
          の日ならびに信託契約の解約の理由などの事項を定め、当該決議の日の2週間前までに、この信託
          契約に係る知れている受益者に対し、書面をもってこれらの事項を記載した書面決議の通知を発し
          ます。
        (ⅱ)上記(ⅰ)の書面決議において、受益者(委託者およびこの信託の信託財産にこの信託の受益権が
          属するときの当該受益権に係る受益者としての受託者を除きます。)は受益権の口数に応じて、議
          決権を有し、これを行使することができます。なお、知れている受益者が議決権を行使しないとき
          は、当該知れている受益者は書面決議について賛成するものとみなします。
        (ⅲ)上記(ⅰ)の書面決議は議決権を行使することができる受益者の議決権の3分の2以上に当たる多数
          をもって行ないます。
                                30/88


                                                          EDINET提出書類
                                               野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
        (ⅳ)上記(ⅰ)から(ⅲ)までの規定は、委託者が信託契約の解約について提案をした場合において、当
          該提案につき、この信託契約に係るすべての受益者が書面又は電磁的記録により同意の意思表示を
          し たときには適用しません。また、信託財産の状態に照らし、真にやむを得ない事情が生じている
          場合であって、上記(ⅰ)から(ⅲ)までに規定するこの信託契約の解約の手続を行なうことが困難な
          場合には適用しません。
        (ⅴ)委託者は、監督官庁よりこの信託契約の解約の命令を受けたときは、その命令にしたがい、信託
          契約を解約し信託を終了させます。
        (ⅵ)委託者が監督官庁より登録の取消を受けたとき、解散したときまたは業務を廃止したときは、委
          託者は、この信託契約を解約し、信託を終了させます。ただし、監督官庁がこの信託契約に関する
          委託者の業務を他の投資信託委託会社に引き継ぐことを命じたときは、この信託は、下記「(d)信
          託約款の変更等」の書面決議が否決となる場合を除き、当該投資信託委託会社と受託者との間にお
          いて存続します。
       (c)運用報告書
        ファンドの決算時および償還時に交付運用報告書を作成し、知れている受益者に対して交付します。
       (d)信託約款の変更等
        (ⅰ)委託者は、受益者の利益のため必要と認めるときまたはやむを得ない事情が発生したときは、受
          託者と合意のうえ、この信託約款を変更することまたはこの信託と他の信託との併合(投資信託及
          び投資法人に関する法律第16条第2号に規定する「委託者指図型投資信託の併合」をいいます。)
          を行なうことができるものとし、あらかじめ、変更または併合しようとする旨およびその内容を監
          督官庁に届け出ます。なお、この信託約款は本条に定める以外の方法によって変更することができ
          ないものとします。
        (ⅱ)委託者は、上記(ⅰ)の事項(上記(ⅰ)の変更事項にあってはその変更の内容が重大なものに該当
          する場合に限り、併合事項にあってはその併合が受益者の利益に及ぼす影響が軽微なものに該当す
          る場合を除き、以下、合わせて「重大な約款の変更等」といいます。)について、書面決議を行な
          います。この場合において、あらかじめ、書面決議の日ならびに重大な約款の変更等の内容および
          その理由などの事項を定め、当該決議の日の2週間前までに、この信託約款に係る知れている受益
          者に対し、書面をもってこれらの事項を記載した書面決議の通知を発します。
        (ⅲ)上記(ⅱ)の書面決議において、受益者(委託者およびこの信託の信託財産にこの信託の受益権が
          属するときの当該受益権に係る受益者としての受託者を除きます。)は受益権の口数に応じて、議
          決権を有し、これを行使することができます。なお、知れている受益者が議決権を行使しないとき
          は、当該知れている受益者は書面決議について賛成するものとみなします。
        (ⅳ)上記(ⅱ)の書面決議は議決権を行使することができる受益者の議決権の3分の2以上に当たる多数
          をもって行ないます。
        (ⅴ)書面決議の効力は、この信託のすべての受益者に対してその効力を生じます。
        (ⅵ)上記(ⅱ)から(ⅴ)までの規定は、委託者が重大な約款の変更等について提案をした場合におい
          て、当該提案につき、この信託約款に係るすべての受益者が書面又は電磁的記録により同意の意思
          表示をしたときには適用しません。
        (ⅶ)上記(ⅰ)から(ⅵ)の規定にかかわらず、この投資信託において併合の書面決議が可決された場合
          にあっても、当該併合にかかる一又は複数の他の投資信託において当該併合の書面決議が否決され
          た場合は、当該他の投資信託との併合を行なうことはできません。
       (e)公告
        委託者が受益者に対してする公告は、電子公告の方法により行ない、次のアドレスに掲載します。
                                31/88


                                                          EDINET提出書類
                                               野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
                 http://www.nomura-am.co.jp/
        なお、電子公告による公告をすることができない事故その他やむを得ない事由が生じた場合の公告
        は、日本経済新聞に掲載します。
       (f)受託者の辞任および解任に伴う取扱い
        (ⅰ)受託者は、委託者の承諾を受けてその任務を辞任することができます。受託者がその任務に違反
          して信託財産に著しい損害を与えたことその他重要な事由があるときは、委託者または受益者は、
          裁判所に受託者の解任を申立てることができます。受託者が辞任した場合、または裁判所が受託者
          を解任した場合、委託者は、上記「(d)信託約款の変更等」にしたがい、新受託者を選任します。
          なお、受益者は、上記によって行なう場合を除き、受託者を解任することはできないものとしま
          す。
        (ⅱ)委託者が新受託者を選任できないときは、委託者はこの信託契約を解約し、信託を終了させま
          す。
       (g)反対受益者の受益権買取請求の不適用
        この信託は、受益者が一部解約の実行の請求を行なったときは、委託者が信託契約の一部の解約をす
        ることにより当該請求に応じ、当該受益権の公正な価格が当該受益者に一部解約金として支払われる
        こととなる委託者指図型投資信託に該当するため、信託契約の解約または重大な約款の変更等を行な
        う場合において、投資信託及び投資法人に関する法律第18条第1項に定める反対受益者による受益権の
        買取請求の規定の適用を受けません。
       (h)他の受益者の氏名等の開示の請求の制限
        受益者は、委託者または受託者に対し、次に掲げる事項の開示の請求を行なうことはできません。
          1.他の受益者の氏名または名称および住所
          2.他の受益者が有する受益権の内容
       (i)関係法人との契約の更新に関する手続
        委託者と販売会社との間で締結する「募集・販売等に関する契約」は、契約終了の3ヵ月前までに当
        事者の一方から別段の意思表示のないときは、原則1年毎に自動的に更新されるものとします。
        なお、運用の外部委託を行なう場合は、委託者と運用の委託先との間で締結する「運用指図に関する
        権限の委託契約」は、契約終了の3ヵ月前までに当事者の一方から更新しない旨を書面によって通知が
        ない限り、1年毎に自動的に更新されるものとします。但し、当該契約はファンドの償還日に終了する
        ものとします。
    4【受益者の権利等】

       受益者の有する主な権利は次の通りです。

    ①収益分配金に対する請求権
     ■収益分配金の支払い開始日■
        収益分配金は、決算日において振替機関等の振替口座簿に記載または記録されている受益者(当該収益
       分配金にかかる決算日以前において一部解約が行なわれた受益権にかかる受益者を除きます。また、当該
       収益分配金にかかる決算日以前に設定された受益権で取得申込代金支払前のため販売会社の名義で記載ま
       たは記録されている受益権については原則として取得申込者とします。)に、原則として決算日から起算
       して5営業日までに支払いを開始します。販売会社でお受取りください。
        累積投資契約を結んでいる場合には、税金を差引いた後、自動的に無手数料で再投資されます。この場
       合の受益権の価額は、各計算期間終了日(決算日)の基準価額とします。
                                32/88


                                                          EDINET提出書類
                                               野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
        なお、再投資により増加した受益権は、振替口座簿に記載または記録されます。
     ■収益分配金請求権の失効■
       受益者は、収益分配金を支払開始日から5年間支払請求しないと権利を失います。
    ②償還金に対する請求権
     ■償還金の支払い開始日■
        償還金は、償還日において振替機関等の振替口座簿に記載または記録されている受益者(償還日以前に
       おいて一部解約が行なわれた受益権にかかる受益者を除きます。また、当該償還日以前に設定された受益
       権で取得申込代金支払前のため販売会社の名義で記載または記録されている受益権については原則として
       取得申込者とします。)に、原則として償還日(償還日が休業日の場合は翌営業日)から起算して5営業日
       までに支払いを開始します。
     ■償還金請求権の失効■
        受益者は、償還金を支払開始日から10年間支払請求しないと権利を失います。
    ③換金(解約)請求権
       受益者は、一部解約の実行を請求することができます。詳しくは、前述の「2 換金(解約)手続等」を
       ご参照下さい。
                                33/88














                                                          EDINET提出書類
                                               野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    第3【ファンドの経理状況】

    日本新興成長企業株ファンド
    (1)当ファンドの財務諸表は、「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和38年大蔵省令第59号)(以下

    「財務諸表等規則」という。)ならびに同規則第2条の2の規定により、「投資信託財産の計算に関する規則」(平成12年総理
    府令第133号)(以下「投資信託財産計算規則」という。)に基づいて作成しております。なお、財務諸表に記載している金額
    は、円単位で表示しております。
    (2)当ファンドは、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第2期計算期間(2019年11月8日から2020年11月9日ま

    で)の財務諸表について、EY新日本有限責任監査法人による監査を受けております。
    1【財務諸表】

                                34/88
















                                                          EDINET提出書類
                                               野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    (1)【貸借対照表】

                                                      (単位:円)
                                    第1期               第2期
                                (2019年11月      7日現在)         (2020年11月      9日現在)
     資産の部
       流動資産
                                       649,008,815               316,487,984
        コール・ローン
                                      12,240,570,300                4,688,857,700
        株式
                                       135,717,884                71,477,694
        未収入金
                                        29,000,926                9,128,350
        未収配当金
                                      13,054,297,925                5,085,951,728
        流動資産合計
                                      13,054,297,925                5,085,951,728
       資産合計
     負債の部
       流動負債
                                        64,574,564               11,019,932
        未払金
                                                       61,448,338
        未払収益分配金                                    -
                                       127,033,810               142,932,068
        未払解約金
                                        3,634,251               1,581,631
        未払受託者報酬
                                       116,295,946                50,612,078
        未払委託者報酬
                                           711               245
        未払利息
                                         217,994                94,832
        その他未払費用
                                       311,757,276               267,689,124
        流動負債合計
                                       311,757,276               267,689,124
       負債合計
     純資産の部
       元本等
                                      13,452,814,189                3,614,608,125
        元本
        剰余金
                                                     1,203,654,479
          期末剰余金又は期末欠損金(△)                             △ 710,273,540
                                                     1,194,246,987
                                            -
          (分配準備積立金)
                                      12,742,540,649                4,818,262,604
        元本等合計
                                      12,742,540,649                4,818,262,604
       純資産合計
                                      13,054,297,925                5,085,951,728
     負債純資産合計
                                35/88










                                                          EDINET提出書類
                                               野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    (2)【損益及び剰余金計算書】

                                                      (単位:円)
                                    第1期               第2期
                                 自 2018年11月16日               自 2019年11月        8日
                                 至 2019年11月        7日       至 2020年11月        9日
     営業収益
                                        97,733,469               61,708,610
       受取配当金
                                                     2,413,619,792
       有価証券売買等損益                               △ 208,245,037
                                         191,297                5,968
       その他収益
                                                     2,475,334,370
                                      △ 110,320,271
       営業収益合計
     営業費用
                                         500,646               146,015
       支払利息
                                        6,523,007               3,980,224
       受託者報酬
                                       208,735,952               127,367,012
       委託者報酬
                                         391,259               238,691
       その他費用
                                       216,150,864               131,731,942
       営業費用合計
                                                     2,343,602,428
                                      △ 326,471,135
     営業利益又は営業損失(△)
                                                     2,343,602,428
                                      △ 326,471,135
     経常利益又は経常損失(△)
                                                     2,343,602,428
                                      △ 326,471,135
     当期純利益又は当期純損失(△)
     一部解約に伴う当期純利益金額の分配額又は一部解
                                                     1,019,580,149
                                       △ 13,096,193
     約に伴う当期純損失金額の分配額(△)
     期首剰余金又は期首欠損金(△)                                       -         △ 710,273,540
                                       210,141,073               651,354,078
     剰余金増加額又は欠損金減少額
       当期一部解約に伴う剰余金増加額又は欠損金減少
                                       210,141,073               544,524,036
       額
       当期追加信託に伴う剰余金増加額又は欠損金減少
                                                      106,830,042
                                            -
       額
                                       607,039,671
     剰余金減少額又は欠損金増加額                                                      -
       当期追加信託に伴う剰余金減少額又は欠損金増加
                                       607,039,671
                                                           -
       額
                                                       61,448,338
                                            -
     分配金
                                                     1,203,654,479
                                      △ 710,273,540
     期末剰余金又は期末欠損金(△)
                                36/88










                                                          EDINET提出書類
                                               野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    (3)【注記表】

    (重要な会計方針に係る事項に関する注記)

    1.運用資産の評価基準及び評価方法                  株式

                      原則として時価で評価しております。
                      時価評価にあたっては、市場価格のある有価証券についてはその最終相場(計算日
                      に最終相場のない場合には、直近の日の最終相場)で評価しております。
    2.費用・収益の計上基準                  受取配当金
                      原則として配当落ち日において、確定配当金額又は予想配当金額を計上しておりま
                      す。
                      投資信託受益証券については、原則として収益分配金落ち日において、当該収益分
                      配金額を計上しております。
                      有価証券売買等損益
                      約定日基準で計上しております。
    3.金融商品の時価等に関する事項の補                  金融商品の時価には、市場価格に基づく価額のほか、市場価格がない場合には合理
      足説明                的に算定された価額が含まれております。当該価額の算定においては一定の前提条
                      件等を採用しているため、異なる前提条件等によった場合、当該価額が異なること
                      もあります。
    4.その他                  当ファンドの計算期間は、信託約款の規定により、2019年11月                             8日から2020年11月
                      9日までとなっております。
    (貸借対照表に関する注記)

                 第1期                            第2期

              2019年11月      7日現在                      2020年11月      9日現在
    1.   計算期間の末日における受益権の総数                         1.   計算期間の末日における受益権の総数
                        13,452,814,189口                             3,614,608,125口
    2.   投資信託財産計算規則第55条の6第1項第10号に規定す
       る額
        元本の欠損                  710,273,540円

    3.   計算期間の末日における1単位当たりの純資産の額                         2.   計算期間の末日における1単位当たりの純資産の額
        1口当たり純資産額                     0.9472円        1口当たり純資産額                     1.3330円
        (10,000口当たり純資産額)                    (9,472円)        (10,000口当たり純資産額)                    (13,330円)
    (損益及び剰余金計算書に関する注記)

                 第1期                            第2期

               自 2018年11月16日                           自 2019年11月     8日
               至 2019年11月     7日                      至 2020年11月     9日
      1. 分配金の計算過程                           1. 分配金の計算過程
           項目                            項目
       費用控除後の配当等収益額              A          0円     費用控除後の配当等収益額              A      29,356,279円
       費用控除後・繰越欠損金補填              B          0円     費用控除後・繰越欠損金補填              B     1,226,339,046円
       後の有価証券売買等損益額                            後の有価証券売買等損益額
                                37/88


                                                          EDINET提出書類
                                               野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
       収益調整金額               C        872,641円       収益調整金額               C       9,407,492円
       分配準備積立金額              D          0円     分配準備積立金額              D          0円
       当ファンドの分配対象収益額            E=A+B+C+D         872,641円       当ファンドの分配対象収益額            E=A+B+C+D      1,265,102,817円
       当ファンドの期末残存口数              F    13,452,814,189口          当ファンドの期末残存口数              F     3,614,608,125口
       10,000口当たり収益分配対象           G=E/F×10,000            0円     10,000口当たり収益分配対象           G=E/F×10,000          3,499円
       額                            額
       10,000口当たり分配金額              H          0円     10,000口当たり分配金額              H         170円
       収益分配金金額           I=F×H/10,000            0円     収益分配金金額           I=F×H/10,000        61,448,338円
     2.  追加情報
       2016年1月29日の日本銀行による「マイナス金利付き
       量的・質的金融緩和」の導入発表後、国内短期金融市
       場では利回り水準が低下しております。この影響によ
       り、利息に相当する額を当ファンドが実質的に負担す
       る場合には受取利息のマイナスまたは支払利息として
       表示しております。
    (金融商品に関する注記)

    (1)金融商品の状況に関する事項
                 第1期                            第2期

              自  2018年11月16日                           自  2019年11月      8日
              至  2019年11月      7日                     至  2020年11月      9日
    1.金融商品に対する取組方針                            1.金融商品に対する取組方針
    当ファンドは、投資信託及び投資法人に関する法律第2条第                            同左
    4項に定める証券投資信託であり、信託約款に規定する運用
    の基本方針に従い、有価証券等の金融商品に対して投資とし
    て運用することを目的としております。
    2.金融商品の内容及びその金融商品に係るリスク                            2.金融商品の内容及びその金融商品に係るリスク
    当ファンドが保有する金融商品の種類は、有価証券、コー                            同左
    ル・ローン等の金銭債権及び金銭債務であります。
    当ファンドが保有する有価証券の詳細は、(その他の注記)の
    2  有価証券関係に記載しております。
    これらは、株価変動リスクなどの市場リスク、信用リスク及
    び流動性リスクにさらされております。
    3.金融商品に係るリスク管理体制                            3.金融商品に係るリスク管理体制
                                38/88






                                                          EDINET提出書類
                                               野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    委託会社においては、独立した投資リスク管理に関する委員                            同左
    会を設け、パフォーマンスの考査及び運用リスクの管理を行
    なっております。
    ○市場リスクの管理
    市場リスクに関しては、資産配分等の状況を常時、分析・把
    握し、投資方針に沿っているか等の管理を行なっておりま
    す。
    ○信用リスクの管理
    信用リスクに関しては、発行体や取引先の財務状況等に関す
    る情報収集・分析を常時、継続し、格付等の信用度に応じた
    組入制限等の管理を行なっております。
    ○流動性リスクの管理
    流動性リスクに関しては、必要に応じて市場流動性の状況を
    把握し、取引量や組入比率等の管理を行なっております。
    (2)金融商品の時価等に関する事項

                 第1期                            第2期

              2019年11月      7日現在                      2020年11月      9日現在
    1.貸借対照表計上額、時価及び差額                            1.貸借対照表計上額、時価及び差額
      貸借対照表上の金融商品は原則としてすべて時価で評価し                            同左
      ているため、貸借対照表計上額と時価との差額はありませ
      ん。
    2.時価の算定方法                            2.時価の算定方法
                                  同左
      株式
       (重要な会計方針に係る事項に関する注記)に記載して
      おります。
      コール・ローン等の金銭債権及び金銭債務
       これらの科目は短期間で決済されるため、帳簿価額は時
      価と近似していることから、当該帳簿価額を時価としてお
      ります。
    (関連当事者との取引に関する注記)

                 第1期                            第2期

              自  2018年11月16日                           自  2019年11月      8日
              至  2019年11月      7日                     至  2020年11月      9日
    市場価格その他当該取引に係る公正な価格を勘案して、一般                            同左
    の取引条件と異なる関連当事者との取引は行なわれていない
    ため、該当事項はございません。
    (その他の注記)

    1  元本の移動
                 第1期                            第2期

              自  2018年11月16日                           自  2019年11月      8日
              至  2019年11月      7日                     至  2020年11月      9日
    期首元本額                          -円  期首元本額                    13,452,814,189円
                                39/88

                                                          EDINET提出書類
                                               野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    期中追加設定元本額                    19,956,672,160円        期中追加設定元本額                    1,302,352,657円
    期中一部解約元本額                    6,503,857,971円        期中一部解約元本額                    11,140,558,721円
    2  有価証券関係

    売買目的有価証券
                             第1期                    第2期

                          自  2018年11月16日                   自  2019年11月      8日
           種類
                          至  2019年11月      7日             至  2020年11月      9日
                       損益に含まれた評価差額(円)                    損益に含まれた評価差額(円)

    株式                              383,385,814                   1,176,299,298

           合計                       383,385,814                   1,176,299,298

    3  デリバティブ取引関係

    該当事項はありません。

    (4)【附属明細表】


    第1 有価証券明細表

    (1)株式(2020年11月9日現在)
                                                       (単位:円)

                                                評価額

     種類      通貨            銘柄            株式数                       備考
                                            単価         金額
    株式      日本円     フィル・カンパニー                       6,000      2,106.00        12,636,000
                ヤマシンフィルタ                      104,700       1,082.00        113,285,400
                メニコン                      11,300       7,770.00        87,801,000
                メタウォーター                       2,900      2,518.00         7,302,200
                メディアドゥ                       3,000      7,530.00        22,590,000
                SHIFT                       5,500      14,750.00         81,125,000
                GMOグローバルサイン・ホール                       2,800      12,010.00         33,628,000
                ディングス
                マークラインズ                      26,200       2,470.00        64,714,000
                カナミックネットワーク                      126,500        887.00       112,205,500
                ユーザベース                      12,300       3,615.00        44,464,500
                オロ                      30,300       3,680.00        111,504,000
                GMOフィナンシャルゲート                       6,400      19,930.00        127,552,000
                ラクスル                      23,300       5,470.00        127,451,000
                メルカリ                      11,500       4,550.00        52,325,000
                チームスピリット                      50,800       2,676.00        135,940,800
                リックソフト                      11,700       4,250.00        49,725,000
                                40/88

                                                          EDINET提出書類
                                               野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
                サーバーワークス                      11,900       5,650.00        67,235,000
                カオナビ                      10,100       6,090.00        61,509,000
                Sansan                       8,200      6,830.00        56,006,000
                Chatwork                      60,700       2,313.00        140,399,100
                ギフティ                      16,400       3,030.00        49,692,000
                HENNGE                       6,300      8,400.00        52,920,000
                BASE                       8,800      12,540.00        110,352,000
                マクアケ                      11,100      12,810.00        142,191,000
                ランサーズ                      110,100       1,107.00        121,880,700
                JTOWER                       2,400      7,600.00        18,240,000
                ロコガイド                       7,800      4,520.00        35,256,000
                ファイバーゲート                      60,000       2,020.00        121,200,000
                ラクト・ジャパン                      40,300       3,155.00        127,146,500
                ジンズホールディングス                      11,700       7,950.00        93,015,000
                スシローグローバルホールディング                      28,500       3,365.00        95,902,500
                ス
                GMOフィナンシャルホールディン                      152,600        623.00       95,069,800
                グス
                アルヒ                      64,000       2,128.00        136,192,000
                プレミアグループ                      49,700       2,048.00        101,785,600
                イー・ギャランティ                      47,700       2,179.00        103,938,300
                ティーケーピー                      47,700       2,972.00        141,764,400
                カチタス                      37,400       3,410.00        127,534,000
                弁護士ドットコム                       4,200      14,590.00         61,278,000
                テクノプロ・ホールディングス                      15,800       7,190.00        113,602,000
                KeePer技研                      26,800       1,567.00        41,995,600
                イー・ガーディアン                      16,400       3,565.00        58,466,000
                M&Aキャピタルパートナーズ                      19,900       5,920.00        117,808,000
                シンメンテホールディングス                      16,300        828.00       13,496,400
                ベルシステム24ホールディングス                      83,200       1,664.00        138,444,800
                アトラエ                      46,900       2,806.00        131,601,400
                ベイカレント・コンサルティング                       3,700      17,040.00         63,048,000
                MS-Japan                      149,700        821.00       122,903,700
                ジャパンエレベーターサービスホー                      25,200       4,430.00        111,636,000
                ルディン
                日総工産                      165,100        776.00       128,117,600
                キュービーネットホールディングス                      42,300       1,595.00        67,468,500
                マネジメントソリューションズ                      25,300       1,554.00        39,316,200
                コプロ・ホールディングス                      40,600       3,195.00        129,717,000
                サイバー・バズ                      15,200       2,961.00        45,007,200
                グッドパッチ                      26,400       3,285.00        86,724,000
                Retty                      14,300       2,430.00        34,749,000
              小計
                銘柄数:55                                    4,688,857,700
                                41/88


                                                          EDINET提出書類
                                               野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
                組入時価比率:97.3%                                       100.0%
           合計                                         4,688,857,700
    (注1)比率は左より組入時価の純資産に対する比率、及び各小計欄の合計金額に対する比率であります。

    (2)株式以外の有価証券(2020年11月9日現在)
    該当事項はありません。

    第2   デリバティブ取引及び為替予約取引の契約額等及び時価の状況表

    該当事項はありません。

                                42/88
















                                                          EDINET提出書類
                                               野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    2【ファンドの現況】

    【純資産額計算書】

                                   2020年11月30日現在

    Ⅰ 資産総額                               4,491,639,438       円 

    Ⅱ 負債総額                                43,176,257     円 
    Ⅲ 純資産総額(Ⅰ-Ⅱ)                               4,448,463,181       円 
    Ⅳ 発行済口数                               3,519,486,296       口 
    Ⅴ 1口当たり純資産額(Ⅲ/Ⅳ)                                   1.2640   円 
    第4【内国投資信託受益証券事務の概要】

    (1)受益証券の名義書換えの事務等

      該当事項はありません。
      ファンドの受益権の帰属は、振替機関等の振替口座簿に記載または記録されることにより定まり、この信託
      の受益権を取り扱う振替機関が社振法の規定により主務大臣の指定を取り消された場合または当該指定が効
      力を失った場合であって、当該振替機関の振替業を承継する者が存在しない場合その他やむを得ない事情が
      ある場合を除き、当該振替受益権を表示する受益証券を発行しません。
      なお、受益者は、委託者がやむを得ない事情等により受益証券を発行する場合を除き、無記名式受益証券か
      ら記名式受益証券への変更の請求、記名式受益証券から無記名式受益証券への変更の請求、受益証券の再発
      行の請求を行なわないものとします。
    (2)受益者に対する特典
      該当事項はありません。
    (3)受益権の譲渡
      ①受益者は、その保有する受益権を譲渡する場合には、当該受益者の譲渡の対象とする受益権が記載または
       記録されている振替口座簿に係る振替機関等に振替の申請をするものとします。
      ②上記①の申請のある場合には、上記①の振替機関等は、当該譲渡に係る譲渡人の保有する受益権の口数の
       減少および譲受人の保有する受益権の口数の増加につき、その備える振替口座簿に記載または記録するも
       のとします。ただし、上記①の振替機関等が振替先口座を開設したものでない場合には、譲受人の振替先
       口座を開設した他の振替機関等(当該他の振替機関等の上位機関を含みます。)に社振法の規定にしたが
       い、譲受人の振替先口座に受益権の口数の増加の記載または記録が行なわれるよう通知するものとしま
       す。
      ③委託者は、上記①の振替について、当該受益者の譲渡の対象とする受益権が記載または記録されている振
       替口座簿に係る振替機関等と譲受人の振替先口座を開設した振替機関等が異なる場合等において、委託者
       が必要と認めるときまたはやむをえない事情があると判断したときは、振替停止日や振替停止期間を設け
       ることができます。
    (4)受益権の譲渡の対抗要件
      受益権の譲渡は、振替口座簿への記載または記録によらなければ、委託者および受託者に対抗することがで
      きません。
    (5)受益権の再分割
      委託者は、受託者と協議のうえ、一定日現在の受益権を均等に再分割できるものとします。
                                43/88

                                                          EDINET提出書類
                                               野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    (6)質権口記載又は記録の受益権の取扱い
      振替機関等の振替口座簿の質権口に記載または記録されている受益権にかかる収益分配金の支払い、一部解
      約の実行の請求の受付け、一部解約金および償還金の支払い等については、約款の規定によるほか、民法そ
      の他の法令等にしたがって取り扱われます。
                                44/88



















                                                          EDINET提出書類
                                               野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    第三部【委託会社等の情報】

    第1【委託会社等の概況】

    1【委託会社等の概況】

     (1)資本金の額

        2020年12月末現在、17,180百万円
        会社が発行する株式総数  20,000,000株
        発行済株式総数                     5,150,693株
        過去5年間における主な資本金の額の増減:該当事項はありません。
     (2)会社の機構

       (a)会社の意思決定機構
         当社は監査等委員会設置会社であり、会社の機関として株主総会、取締役会のほか代表取締役および
        監査等委員会を設けております。各機関の権限は以下のとおりです。
        株主総会
         株主により構成され、取締役・会計監査人の選任・解任、剰余金の配当の承認、定款変更・合併等の
        重要事項の承認等を行います。
        取締役会
         取締役により構成され、当社の業務につき意思決定を行います。また代表取締役等を選任し、取締役
        の職務の執行を監督します。
        代表取締役・業務執行取締役
         代表取締役を含む各業務執行取締役は、当社の業務の執行を行います。代表取締役は当社を代表いた
        します。また取締役会により委任された一定の事項について、代表取締役を含む業務執行取締役で構成
        される経営会議が意思決定を行います。なお、当社は執行役員制度を導入しており、経営会議の構成員
        には執行役員が含まれます。
        監査等委員会
         監査等委員である取締役3名以上(但し、過半数は社外取締役)で構成され、取締役の職務執行の適
        法性および妥当性に関する監査を行うとともに、株主総会に提出する会計監査人の選任・解任・不再任
        に関する議案の内容や監査等委員である取締役以外の取締役の選任・解任・辞任および報酬等について
        の監査等委員会としての意見を決定します。
                                45/88






                                                          EDINET提出書類
                                               野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
       (b)投資信託の運用体制
    2【事業の内容及び営業の概況】















      「投資信託及び投資法人に関する法律」に定める投資信託委託会社である委託者は、証券投資信託の設定

     を行うとともに「金融商品取引法」に定める金融商品取引業者としてその運用(投資運用業)を行っていま
     す。また「金融商品取引法」に定める第二種金融商品取引業に係る業務の一部及び投資助言業務を行ってい
     ます。
       委託者の運用する証券投資信託は2020年11月30日現在次の通りです(ただし、親投資信託を除きます。)。
                種類           本数      純資産総額(百万円)

                                46/88


                                                          EDINET提出書類
                                               野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
            追加型株式投資信託               1,002          34,133,915
            単位型株式投資信託                187           812,813
           追加型公社債投資信託                 14         6,053,475
           単位型公社債投資信託                 483          1,657,715
                合計           1,686          42,657,919
    3【委託会社等の経理状況】


       1.委託会社である野村アセットマネジメント株式会社(以下「委託会社」という)の財務諸表は、「財務

        諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和38年大蔵省令第59号、以下「財務諸表等規則」
        という)、ならびに同規則第2条の規定に基づき、「金融商品取引業等に関する内閣府令」(平成19年8月
        6日内閣府令第52号)により作成しております。
        委託会社の中間財務諸表は、「中間財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和52年大
        蔵省令第38号、以下「中間財務諸表等規則」という)、ならびに同規則第38条及び第57条の規定に基づ
        き、「金融商品取引業等に関する内閣府令」(平成19年8月6日内閣府令第52号)により作成しておりま
        す。
       2.財務諸表及び中間財務諸表の記載金額は、百万円未満の端数を切り捨てて表示しております。

       3.委託会社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、事業年度(2019年4月1日から2020年3

        月31日まで)の財務諸表ならびに中間会計期間(2020年4月1日から2020年9月30日まで)の中間財務諸表に
        ついて、EY新日本有限責任監査法人の監査及び中間監査を受けております。
    (1)【貸借対照表】

                        前事業年度                       当事業年度        

                          (2019年3月31日)               (2020年3月31日)
                    注記
           区分                金額(百万円)               金額(百万円)
                    番号
          (資産の部)
     流動資産
                                   1,562
      現金・預金                                           2,626
                                  45,493
      金銭の信託                                           41,524
                                  19,900
      有価証券                                           24,399
                                    27
      前払費用                                            106
                                    500
      未収入金                                            522
                                  25,246
      未収委託者報酬                                           23,936
                                   5,933
      未収運用受託報酬                                           4,336
                                    269
      その他                                             71
      貸倒引当金                             △15              △14
          流動資産計                         98,917              97,509
     固定資産
      有形固定資産                              714              645
                                47/88


                                                          EDINET提出書類
                                               野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
       建物             ※2       320               295
       器具備品             ※2       393               349
      無形固定資産                             6,438              5,894
       ソフトウェア                    6,437               5,893
       その他                      0               0
      投資その他の資産                            18,608              16,486
       投資有価証券                    1,562               1,437
       関係会社株式                   12,631               10,171
       従業員長期貸付金                      -              16
       長期差入保証金                     235               329
       長期前払費用                     22               19
       前払年金費用                    2,001               1,545
       繰延税金資産                    2,694               2,738
       その他                     168               229
       貸倒引当金                      -              △0
       投資損失引当金                    △707                 -
          固定資産計                         25,761              23,026
          資産合計                       124,679              120,536
                        前事業年度                       当事業年度        

                          (2019年3月31日)               (2020年3月31日)
                    注記
           区分                金額(百万円)               金額(百万円)
                    番号
          (負債の部)
     流動負債
      預り金                              145              157
      未払金                            16,709              15,279
       未払収益分配金                      0               0
       未払償還金                      25               3
       未払手数料                    7,724               6,948
       関係会社未払金                    7,422               7,262
       その他未払金                    1,535               1,063
      未払費用              ※1              11,704              10,290
      未払法人税等                             1,560              1,564
      前受収益                              29              26
      賞与引当金                             3,792              3,985
      その他                               -              67
         流動負債計                         33,942              31,371
     固定負債
      退職給付引当金                             3,219              3,311
      時効後支払損引当金                              558              572
         固定負債計                         3,777              3,883
          負債合計                        37,720              35,254
         (純資産の部)
     株主資本                             86,924              85,270
      資本金                            17,180              17,180
      資本剰余金                             13,729              13,729
       資本準備金                     11,729               11,729
       その他資本剰余金                      2,000               2,000
      利益剰余金                             56,014              54,360
       利益準備金                       685               685
                                48/88


                                                          EDINET提出書類
                                               野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
       その他利益剰余金                     55,329               53,675
        別途積立金                     24,606               24,606
        繰越利益剰余金                     30,723               29,069
     評価・換算差額等                               33              10
      その他有価証券評価差額金                               33              10
          純資産合計                         86,958              85,281
        負債・純資産合計                          124,679              120,536
    (2)【損益計算書】

                            前事業年度               当事業年度

                          (自 2018年4月1日               (自 2019年4月1日
                          至 2019年3月31日)               至 2020年3月31日)
                     注記
           区分                金額(百万円)               金額(百万円)
                     番号
     営業収益
      委託者報酬                            119,196              115,736
      運用受託報酬                            21,440              17,170
      その他営業収益                              355              340
          営業収益計                        140,992              133,247
     営業費用
      支払手数料                            42,675              39,435
      広告宣伝費                             1,210              1,006
      公告費                               0              -
      調査費                            30,082              26,833
       調査費                    5,998               5,696
       委託調査費                   24,083               21,136
      委託計算費                             1,311              1,342
      営業雑経費                             5,435              5,823
       通信費                      92               75
       印刷費                     970               958
       協会費                      86               92
       諸経費                    4,286               4,696
          営業費用計                        80,715              74,440
     一般管理費
      給料                            11,113              11,418
       役員報酬                     379               109
       給料・手当                    7,067               7,173
       賞与                    3,666               4,134
      交際費                              107               86
      旅費交通費                              514              391
      租税公課                             1,048              1,029
      不動産賃借料                             1,223              1,227
      退職給付費用                             1,474              1,486
      固定資産減価償却費                             2,835              2,348
      諸経費                            10,115              10,067
         一般管理費計                         28,433              28,055
          営業利益                        31,843              30,751
                                49/88


                                                          EDINET提出書類
                                               野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
                           前事業年度              当事業年度

                         (自 2018年4月1日
                                        (自 2019年4月1日
                          至 2019年3月31日)
                                        至 2020年3月31日)
                    注記
           区分                金額(百万円)              金額(百万円)
                    番号
     営業外収益
      受取配当金               ※1      6,538              4,936
      受取利息                       0              0
      その他                      424              309
         営業外収益計                         6,964              5,246
     営業外費用
      支払利息                ※1        1              -
      金銭の信託運用損                       489              230
      投資事業組合等評価損
                             -             146
      時効後支払損引当金繰入額                        43              18
      為替差損                      34              23
      その他                      17              23
         営業外費用計                          585              443
          経常利益                       38,222              35,555
     特別利益
      投資有価証券等売却益                      20              21
      関係会社清算益               ※3        29               -
      株式報酬受入益                      85              59
          特別利益計                         135               81
     特別損失
      投資有価証券等評価損                      938              119
      関係会社株式評価損                      161             1,591
      固定資産除却損               ※2       310               67
      投資損失引当金繰入額                      707               -
          特別損失計                        2,118              1,778
        税引前当期純利益                         36,239              33,858
     法人税、住民税及び事業税                             10,196               9,896

     法人税等調整額                              370              △34
          当期純利益                        25,672              23,996

    (3)【株主資本等変動計算書】

      前事業年度(自 2018年4月1日 至 2019年3月31日)
                                                    (単位:百万円)
                                   株主資本
                        資本剰余金                  利益剰余金
                                       その他利益剰余金
                                                       株 主 
                         その他    資 本                     利 益
                                             繰 
               資本金                                         資 本
                    資 本              利 益
                         資 本    剰余金                     剰余金
                                       別 途     越  
                                                        合 計
                    準備金              準備金
                         剰余金    合 計                     合 計
                                       積立金     利 益
                                             剰余金
                                50/88


                                                          EDINET提出書類
                                               野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     当期首残高           17,180     11,729    2,000    13,729      685   24,606      29,876      55,168      86,078
     当期変動額
      剰余金の配当                                      △24,826      △24,826      △24,826
      当期純利益                                       25,672      25,672      25,672
      株主資本以外の
      項目の当期変動
      額(純額)
     当期変動額合計             -     -    -     -     -     -     846      846      846
     当期末残高           17,180     11,729    2,000    13,729      685   24,606      30,723      56,014      86,924
                                 (単位:百万円)

                    評価・換算差額等
                                  純資産合計
                 その他有価証         評価・換算
                 券評価差額金         差額等合計
     当期首残高                  11        11       86,090

     当期変動額
      剰余金の配当                                △24,826
      当期純利益                                 25,672
      株主資本以外の項目
      の当期変動額(純                 21        21         21
      額)
     当期変動額合計                  21        21        868
     当期末残高                  33        33       86,958
      当事業年度(自 2019年4月1日 至 2020年3月31日)

                                                    (単位:百万円)
                                   株主資本
                       資本剰余金                  利益剰余金
                                       その他利益剰余金
                                                       株 主 
                        その他    資 本                      利 益
                                             繰 
              資本金                                          資 本
                   資 本              利 益
                        資 本    剰余金                      剰余金
                                       別 途      越  
                                                        合 計
                   準備金              準備金
                        剰余金    合 計                      合 計
                                       積立金      利 益
                                            剰余金
     当期首残高          17,180     11,729    2,000    13,729       685    24,606      30,723      56,014      86,924
     当期変動額
      剰余金の配当                                      △25,650      △25,650      △25,650
      当期純利益                                       23,996      23,996      23,996
      株主資本以外
      の項目の当期
      変動額(純
      額)
                                51/88


                                                          EDINET提出書類
                                               野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     当期変動額合計            -     -    -     -     -     -    △1,653      △1,653      △1,653
     当期末残高          17,180     11,729    2,000    13,729       685    24,606      29,069      54,360      85,270
                                 (単位:百万円)

                    評価・換算差額等
                                  純資産合計
                 その他有価証        評価・換算
                 券評価差額金        差額等合計
     当期首残高                 33        33       86,958

     当期変動額
      剰余金の配当                                △25,650
      当期純利益                                 23,996
      株主資本以外の項目
      の当期変動額(純               △23        △23         △23
      額)
     当期変動額合計                △23        △23        △1,676
     当期末残高                 10        10       85,281
    [重要な会計方針]

     1.有価証券の評価基準及び評価方法                   (1)  子会社株式及び関連会社株式              …  移動平均法による原価法

                        (2)  その他有価証券

                         時価のあるもの        …   決算期末日の市場価格等に基づく時価法
                                   (評価差額は全部純資産直入法により処理し、
                                   売却原価は移動平均法により算定しておりま
                                   す。)
                         時価のないもの        …   移動平均法による原価法
     2.金銭の信託の評価基準及び評価方                    時価法

       法
     3.固定資産の減価償却の方法                   (1)  有形固定資産

                           定率法を採用しております。ただし、1998年4月1日以降に取得
                          した建物(附属設備を除く)、並びに2016年4月1日以降に取得した
                          建物附属設備及び構築物については、定額法を採用しておりま
                          す。
                           主な耐用年数は以下の通りであります。
                             建物         38~50年
                             附属設備          8~15年
                             構築物           20年
                             器具備品          4~15年
                        (2)  無形固定資産及び投資その他の資産

                           定額法を採用しております。なお、自社利用のソフトウェアに
                          ついては、社内における利用可能期間(5年)に基づく定額法に
                          よっております。
     4.引当金の計上基準                   (1)  貸倒引当金

                           一般債権については貸倒実績率により、貸倒懸念債権等特定の
                          債権については個別に回収可能性を検討し、回収不能見込額を計
                          上しております。
                        (2)  賞与引当金

                           賞与の支払いに備えるため、支払見込額を計上しております。
                                52/88


                                                          EDINET提出書類
                                               野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
                        (3)  退職給付引当金

                           従業員の退職給付に備えるため、退職一時金及び確定給付型企
                          業年金について、当事業年度末における退職給付債務及び年金資
                          産の見込額に基づき計上しております。
                         ①  退職給付見込額の期間帰属方法
                           退職給付債務の算定にあたり、退職給付見込額を当事業年度末
                          までの期間に帰属させる方法については、給付算定式基準によっ
                          ております。
                         ②  数理計算上の差異及び過去勤務費用の費用処理方法
                           確定給付型企業年金に係る数理計算上の差異は、その発生時の
                          従業員の平均残存勤務期間以内の一定の年数による定額法によ
                          り、発生した事業年度の翌期から費用処理することとしておりま
                          す。また、退職一時金に係る数理計算上の差異は、発生した事業
                          年度の翌期に一括して費用処理することとしております。
                           退職一時金及び確定給付型企業年金に係る過去勤務費用は、その
                          発生時の従業員の平均残存勤務期間以内の一定の年数による定額法
                          により、発生した事業年度から費用処理することとしております。
                        (4)  時効後支払損引当金

                           時効成立のため利益計上した収益分配金及び償還金について、
                          受益者からの今後の支払請求に備えるため、過去の支払実績に基
                          づく将来の支払見込額を計上しております。
     5.消費税等の会計処理方法                    消費税及び地方消費税の会計処理は、税抜き方式によっており、控

                        除対象外消費税及び地方消費税は、当期の費用として処理しておりま
                        す。
     6.連結納税制度の適用                    連結納税制度を適用しております。

                         なお、当社は、「所得税法等の一部を改正する法律」(令和2年法律
                        第8号)において創設されたグループ通算制度への移行及びグループ通
                        算制度への移行にあわせて単体納税制度の見直しが行われた項目につ
                        いては、「連結納税制度からグループ通算制度への移行に係る税効果
                        会計の適用に関する取扱い」(実務対応報告第39号 2020年3月31
                        日)第3項の取扱いにより、「税効果会計に係る会計基準の適用指
                        針」(企業会計基準適用指針第28号 2018年2月16日)第44項の定め
                        を適用せず、繰延税金資産及び繰延税金負債の額について、改正前の
                        税法の規定に基づいております。
    [未適用の会計基準等]

       ・「収益認識に関する会計基準」(企業会計基準第29号 2020年3月31日)
       ・「収益認識に関する会計基準の適用指針」(企業会計基準適用指針第30号 2020年3月31日)
       (1)概要
          収益認識に関する包括的な会計基準であります。収益は、次の5つのステップを適用し認識されま
       す。
           ステップ1:顧客との契約を識別する。
           ステップ2:契約における履行義務を識別する。
           ステップ3:取引価格を算定する。
           ステップ4:契約における履行義務に取引価格を配分する。
           ステップ5:履行義務を充足した時に又は充足するにつれて収益を認識する。
       (2)適用予定日
         2022年3月期の期首より適用予定であります。
       (3)当該会計基準等の適用による影響
          影響額は、当財務諸表の作成時において評価中であります。
                                53/88


                                                          EDINET提出書類
                                               野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
       ・「時価の算定に関する会計基準」(企業会計基準第30号 2019年7月4日)

       ・「時価の算定に関する会計基準の適用指針」(企業会計基準適用指針第31号 2019年7月4日)
       ・「金融商品に関する会計基準」(企業会計基準第10号 2019年7月4日)
       ・「金融商品の時価等の開示に関する適用指針」(企業会計基準適用指針第19号 2020年3月31日)
       (1)概要
         国際的な会計基準の定めとの比較可能性を向上させるため、「時価の算定に関する会計基準」及び
        「時価の算定に関する会計基準の適用指針(以下「時価算定会計基準等」という。)が開発され、時価
        の算定方法に関するガイダンス等が定められました。時価算定会計基準等は次の項目の時価に適用され
        ます。
        ・「金融商品に関する会計基準」における金融商品
         また「金融商品の時価等の開示に関する適用指針」が改訂され、金融商品の時価のレベルごとの内訳
        等の注記事項が定められました。
       (2)適用予定日
         2022年3月期の期首より適用予定であります。
       (3)当該会計基準等の適用による影響
         影響額は、当財務諸表の作成時において評価中であります。
       ・「会計方針の開示、会計上の変更及び誤謬の訂正に関する会計基準」(企業会計基準第24号 2020年3

       月31日)
       (1)概要
         関連する会計基準等の定めが明らかでない場合に、採用した会計処理の原則及び手続きの概要を示す
        ことを目的とするものです。
       (2)適用予定日
         2021年3月期の年度末より適用予定であります。
       ・「会計上の見積りの開示に関する会計基準(企業会計基準第31号 2020年3月31日)

       (1)概要
         当年度の財務諸表に計上した金額が会計上の見積りによるもののうち、翌年度の財務諸表に重要な影
        響を及ぼすリスクがある項目における会計上の見積りの内容について、財務諸表利用者の理解に資する
        情報を開示することを目的とするものです。
       (2)適用予定日
          2021年3月期の年度末より適用予定であります。
    [注記事項]


    ◇ 貸借対照表関係

               前事業年度末                           当事業年度末

              (2019年3月31日)                           (2020年3月31日)
     ※1.関係会社に対する資産及び負債                           ※1.関係会社に対する資産及び負債
        区分掲記されたもの以外で各科目に含まれている                           区分掲記されたもの以外で各科目に含まれている
       ものは、次のとおりであります。                           ものは、次のとおりであります。
        未払費用                1,434百万円          未払費用                 1,296百万円
                                54/88

                                                          EDINET提出書類
                                               野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     ※2.有形固定資産より控除した減価償却累計額                           ※2.有形固定資産より控除した減価償却累計額

                                   建物                 761百万円
        建物                 736百万円
                                   器具備品                2,347
        器具備品                3,106
                                   合計                3,109
        合計                3,842
    ◇ 損益計算書関係

               前事業年度                           当事業年度

             (自 2018年4月1日                           (自 2019年4月1日
              至 2019年3月31日)                           至 2020年3月31日)
     ※1.関係会社に係る注記                           ※1.関係会社に係る注記
        区分掲記されたもの以外で関係会社に対するもの                           区分掲記されたもの以外で関係会社に対するもの
       は、次のとおりであります。                           は、次のとおりであります。
        受取配当金                6,531百万円           受取配当金                4,931百万円
        支払利息
                          1
     ※2.固定資産除却損                           ※2.固定資産除却損

        器具備品                   3百万円        器具備品                  7百万円
        ソ   フ   ト   ウ   ェ                 ソ  フ  ト  ウ  ェ
                          307                           59
        ア                                     ア       
        合計                  310         合計                 67
    ※3.関係会社清算益

       関係会社清算益は、関係会社の清算にともなう
      清算配当です。
    ◇   株主資本等変動計算書関係

       前事業年度(自 2018年4月1日 至 2019年3月31日)

      1.  発行済株式の種類及び総数に関する事項

     株式の種類       当事業年度期首株式数            当事業年度増加株式数            当事業年度減少株式数            当事業年度末株式数
      普通株式           5,150,693株                -            -      5,150,693株

      2.  剰余金の配当に関する事項

       (1)配当財産が金銭である場合における当該金銭の総額
           2018年5月14日開催の取締役会において、次のとおり決議しております。
            普通株式の配当に関する事項
            配当金の総額                     24,826百万円
            配当の原資                      利益剰余金
            1株当たり配当額                        4,820円
            基準日                     2018年3月31日
            効力発生日                     2018年6月25日
       (2)   基準日が当事業年度に属する配当のうち、配当の効力発生日が翌事業年度となるもの

           2019年5月15日開催の取締役会において、次のとおり決議しております。
            普通株式の配当に関する事項
            配当金の総額                   25,650百万円
            配当の原資                    利益剰余金
                                55/88


                                                          EDINET提出書類
                                               野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
            1株当たり配当額                     4,980円
            基準日                  2019年3月31日
            効力発生日                  2019年6月28日
       当事業年度(自 2019年4月1日 至 2020年3月31日)

      1.  発行済株式の種類及び総数に関する事項

     株式の種類       当事業年度期首株式数            当事業年度増加株式数            当事業年度減少株式数            当事業年度末株式数
      普通株式           5,150,693株                -            -      5,150,693株

      2.  剰余金の配当に関する事項

       (1)配当財産が金銭である場合における当該金銭の総額
           2019年5月15日開催の取締役会において、次のとおり決議しております。
            普通株式の配当に関する事項
            配当金の総額                     25,650百万円
            配当の原資                      利益剰余金
            1株当たり配当額                        4,980円
            基準日                     2019年3月31日
            効力発生日                     2019年6月28日
       (2)   基準日が当事業年度に属する配当のうち、配当の効力発生日が翌事業年度となるもの

           2020年5月19日開催の取締役会において、次のとおり決議しております。
            普通株式の配当に関する事項
            配当金の総額                     23,950百万円
            配当の原資                      利益剰余金
            1株当たり配当額                        4,650円
            基準日                     2020年3月31日
            効力発生日                     2020年6月30日
    ◇ 金融商品関係

      前事業年度(自         2018年4月1日         至  2019年3月31日)

      1.  金融商品の状況に関する事項

       (1)金融商品に対する取組方針
          当社は、投資信託の運用を業として行っており、自社が運用する投資信託の商品性維持等を目的と
         して、当該投資信託を特定金外信託を通じ保有しております。特定金外信託を通じ行っているデリバ
         ティブ取引については、保有する投資信託にかかる将来の為替及び価格の変動によるリスクの軽減を
         目的としているため、投資信託保有残高の範囲内で行うこととし、投機目的のためのデリバディブ取
         引は行わない方針であります。
          なお、余資運用に関しては、譲渡性預金等安全性の高い金融資産で運用し、資金調達に関しては、
         親会社である野村ホールディングス株式会社及びその他の金融機関からの短期借入による方針であり
         ます。
       (2)金融商品の内容及びそのリスク並びにリスク管理体制

                                56/88


                                                          EDINET提出書類
                                               野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
          特定金外信託を通じ保有している投資信託につきましては、為替変動リスクや価格変動リスクに晒
         されておりますが、その大部分については為替予約、株価指数先物、債券先物などのデリバティブ取
         引 によりヘッジしております。また、株式につきましては、政策投資として、あるいは業務上の関係
         維持を目的として保有しておりますが、価格変動リスクに晒されております。有価証券及び投資有価
         証券並びに金銭の信託については財務部が管理しており、定期的に時価や発行体の財務状況を把握
         し、その内容を経営に報告しております。
          デリバティブ取引の実行及び管理については、財務部及び運用調査本部で行っております。デリバ
         ティブ取引については、取引相手先として高格付を有する金融機関に限定しているため信用リスクは
         ほとんどないと認識しております。財務部は月に一度デリバティブ取引の内容を含んだ財務報告を経
         営会議で行っております。
          また、営業債権である未収委託者報酬は、投資信託約款に基づき、信託財産から委託者に対して支
         払われる信託報酬の未払金額であり、信託財産は受託銀行において分別保管されているため、信用リ
         スクはほとんどないと認識しております。同じく営業債権である未収運用受託報酬は、投資顧問契約
         に基づき、運用受託者に対して支払われる報酬の未払金額であります。この未収運用受託報酬は、信
         託財産から運用受託者に対して支払われる場合は、信託財産が信託銀行において分別保管されている
         ため、信用リスクはほとんどないと認識しており、顧客から直接運用受託者に対して支払われる場合
         は、当該顧客の信用リスクにさらされておりますが、顧客ごとに決済期日および残高を管理すること
         により、回収懸念の早期把握や回収リスクの軽減を図っております。
      2.  金融商品の時価等に関する事項

          2019年3月31日における貸借対照表計上額、時価、及びこれらの差額については次のとおりです。な
         お、時価を把握することが極めて困難と認められるものは、次表には含めておりません。
                                                (単位:百万円)
                            貸借対照表計上額               時価         差額
     (1)現金・預金                               1,562          1,562          -
     (2)金銭の信託                              45,493          45,493           -
     (3)未収委託者報酬                              25,246          25,246           -
     (4)未収運用受託報酬                               5,933          5,933          -
     (5)有価証券及び投資有価証券                              19,900          19,900           -
       その他有価証券                            19,900          19,900           -
             資産計                      98,136          98,136           -
     (6)未払金                              16,709          16,709           -
       未払収益分配金                                 0          0        -
       未払償還金                                 25          25        -
       未払手数料                               7,724          7,724          -
       関係会社未払金                            7,422          7,422          -
       その他未払金                               1,535          1,535          -
     (7)未払費用                              11,704          11,704           -
     (8)未払法人税等                               1,560          1,560          -
             負債計                      29,974          29,974           -
                                57/88


                                                          EDINET提出書類
                                               野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     注1:金融商品の時価の算定方法並びに有価証券に関する事項
      (1)  現金・預金
       短期間で決済されるため、時価は帳簿価額とほぼ等しいことから、当該帳簿価額によっております。
      (2)  金銭の信託

       信託財産は、主として投資信託、デリバティブ取引、その他の資産(コールローン・委託証拠金等)で
      構成されております。これらの時価について投資信託については基準価額、デリバティブ取引に関して
      は、上場デリバティブ取引は取引所の価格、為替予約取引は先物為替相場、店頭デリバティブ取引は取引
      先金融機関から提示された価格等によっております。また、その他の資産については短期間で決済される
      ため、時価は帳簿価額とほぼ等しいことから、当該帳簿価額によっております。
      (3)未収委託者報酬、(4)未収運用受託報酬

       これらは短期間で決済されるため、時価は帳簿価額とほぼ等しいことから、当該帳簿価額によっており
      ます。
      (5)  有価証券及び投資有価証券

       その他有価証券
       譲渡性預金は短期間で決済されるため、時価は帳簿価額とほぼ等しいことから、当該帳簿価額によって
      おります。また、保有目的ごとの有価証券に関する注記事項については、「有価証券関係」注記を参照く
      ださい。
      (6)  未払金、(7)       未払費用、(8)        未払法人税等

      これらは短期間で決済されるため、時価は帳簿価額とほぼ等しいことから、当該帳簿価額によっておりま
      す。
     注2:非上場株式等(貸借対照表計上額:投資有価証券1,562百万円、関係会社株式12,631百万円)は、市場

        価格がなく、かつ将来キャッシュフローを見積もることなどができず、時価を把握することが極めて困
        難と認められるため、「有価証券及び投資有価証券」には含めておりません。なお、当事業年度におい
        て、非上場株式について1,100百万円(投資有価証券938百万円、関係会社株式161百万円)減損処理を
        行っております。
     注3:金銭債権及び満期のある有価証券の決算日後の償還予定額

                                         (単位:百万円)
                                1年超       5年超
                        1年以内                    10年超
                               5年以内      10年以内
       預金                   1,562         -       -       -
       金銭の信託                   45,493         -       -       -
       未収委託者報酬                   25,246         -       -       -
       未収運用受託報酬                   5,933         -       -       -
       有価証券及び投資有価証券
        その他有価証券                   19,900         -       -       -
                                58/88


                                                          EDINET提出書類
                                               野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
       合計                   98,136         -       -       -
      当事業年度(自         2019年4月1日         至  2020年3月31日)


      1.  金融商品の状況に関する事項

       (1)金融商品に対する取組方針
          当社は、投資信託の運用を業として行っており、自社が運用する投資信託の商品性維持等を目的と
         して、当該投資信託を特定金外信託を通じ保有しております。特定金外信託を通じ行っているデリバ
         ティブ取引については、保有する投資信託にかかる将来の為替及び価格の変動によるリスクの軽減を
         目的としているため、投資信託保有残高の範囲内で行うこととし、投機目的のためのデリバディブ取
         引は行わない方針であります。
          なお、余資運用に関しては、譲渡性預金等安全性の高い金融資産で運用し、資金調達に関しては、
         親会社である野村ホールディングス株式会社及びその他の金融機関からの短期借入による方針であり
         ます。
       (2)金融商品の内容及びそのリスク並びにリスク管理体制

          特定金外信託を通じ保有している投資信託につきましては、為替変動リスクや価格変動リスクに晒
         されておりますが、その大部分については為替予約、株価指数先物、債券先物などのデリバティブ取
         引によりヘッジしております。また、株式につきましては、政策投資として、あるいは業務上の関係
         維持を目的として保有しておりますが、価格変動リスクに晒されております。有価証券及び投資有価
         証券並びに金銭の信託については財務部が管理しており、定期的に時価や発行体の財務状況を把握
         し、その内容を経営に報告しております。
          デリバティブ取引の実行及び管理については、財務部及び運用調査本部で行っております。デリバ
         ティブ取引については、取引相手先として高格付を有する金融機関に限定しているため信用リスクは
         ほとんどないと認識しております。財務部は月に一度デリバティブ取引の内容を含んだ財務報告を経
         営会議で行っております。
          また、営業債権である未収委託者報酬は、投資信託約款に基づき、信託財産から委託者に対して支
         払われる信託報酬の未払金額であり、信託財産は受託銀行において分別保管されているため、信用リ
         スクはほとんどないと認識しております。同じく営業債権である未収運用受託報酬は、投資顧問契約
         に基づき、運用受託者に対して支払われる報酬の未払金額であります。この未収運用受託報酬は、信
         託財産から運用受託者に対して支払われる場合は、信託財産が信託銀行において分別保管されている
         ため、信用リスクはほとんどないと認識しており、顧客から直接運用受託者に対して支払われる場合
         は、当該顧客の信用リスクにさらされておりますが、顧客ごとに決済期日および残高を管理すること
         により、回収懸念の早期把握や回収リスクの軽減を図っております。
      2.  金融商品の時価等に関する事項

          2020年3月31日における貸借対照表計上額、時価、及びこれらの差額については次のとおりです。な
         お、時価を把握することが極めて困難と認められるものは、次表には含めておりません。
                                                (単位:百万円)
                                59/88

                                                          EDINET提出書類
                                               野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
                            貸借対照表計上額               時価         差額
     (1)現金・預金                               2,626          2,626          -
     (2)金銭の信託                              41,524          41,524           -
     (3)未収委託者報酬                              23,936          23,936           -
     (4)未収運用受託報酬                               4,336          4,336          -
     (5)有価証券及び投資有価証券                              24,399          24,399           -
       その他有価証券                            24,399          24,399           -
             資産計                      96,823          96,823           -
     (6)未払金                              15,279          15,279           -
       未払収益分配金                                 0          0        -
       未払償還金                                 3          3        -
       未払手数料                               6,948          6,948          -
       関係会社未払金                               7,262          7,262          -
       その他未払金                               1,063          1,063          -
     (7)未払費用                              10,290          10,290           -
     (8)未払法人税等                               1,564          1,564          -
             負債計                      27,134          27,134           -
     注1:金融商品の時価の算定方法並びに有価証券に関する事項

      (1)  現金・預金
       短期間で決済されるため、時価は帳簿価額とほぼ等しいことから、当該帳簿価額によっております。
      (2)  金銭の信託

       信託財産は、主として投資信託、デリバティブ取引、その他の資産(コールローン・委託証拠金等)で
      構成されております。これらの時価について投資信託については基準価額、デリバティブ取引に関して
      は、上場デリバティブ取引は取引所の価格、為替予約取引は先物為替相場、店頭デリバティブ取引は取引
      先金融機関から提示された価格等によっております。また、その他の資産については短期間で決済される
      ため、時価は帳簿価額とほぼ等しいことから、当該帳簿価額によっております。
      (3)未収委託者報酬、(4)未収運用受託報酬

       これらは短期間で決済されるため、時価は帳簿価額とほぼ等しいことから、当該帳簿価額によっており
      ます。
      (5)  有価証券及び投資有価証券

       その他有価証券
       譲渡性預金及びコマーシャル・ペーパーは短期間で決済されるため、時価は帳簿価額とほぼ等しいことか
      ら、当該帳簿価額によっております。また、保有目的ごとの有価証券に関する注記事項については、「有
      価証券関係」注記を参照ください。
      (6)  未払金、(7)       未払費用、(8)        未払法人税等


                                60/88


                                                          EDINET提出書類
                                               野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
       これらは短期間で決済されるため、時価は帳簿価額とほぼ等しいことから、当該帳簿価額によっており
       ます。
     注2:非上場株式等(貸借対照表計上額:投資有価証券1,437百万円、関係会社株式10,171百万円)は、市場

        価格がなく、かつ将来キャッシュフローを見積もることなどができず、時価を把握することが極めて困
        難と認められるため、「有価証券及び投資有価証券」には含めておりません。当事業年度において、非
        上場株式について2,416百万円(投資有価証券117百万円、関係会社株式2,298百万円)減損処理を行って
        おります。なお、関係会社株式に係る評価損は、過年度に計上しておりました関係会社株式に対する投
        資損失引当金の戻入益707百万円と相殺し、関係会社株式評価損1,591百万円を特別損失に計上しており
        ます。
     注3:金銭債権及び満期のある有価証券の決算日後の償還予定額

                                         (単位:百万円)
                                1年超       5年超
                        1年以内                     10年超
                               5年以内       10年以内
       預金                   2,626          -      -      -
       金銭の信託                  41,524          -      -      -
       未収委託者報酬                  23,936          -      -      -
       未収運用受託報酬                   4,336          -      -      -
       有価証券及び投資有価証券
        その他有価証券                  24,399          -      -      -
       合計                  96,823          -      -      -
    ◇ 有価証券関係

      前事業年度      (自   2018年4月1日         至  2019年3月31日)

      1.売買目的有価証券(2019年3月31日)

        該当事項はありません。
      2.満期保有目的の債券(2019年3月31日)

        該当事項はありません。
      3.子会社株式及び関連会社株式(2019年3月31日)

        該当事項はありません。
      4.その他有価証券(2019年3月31日)

                 貸借対照表       取得原価        差額

         区分         計上額
                 (百万円)       (百万円)       (百万円)
     貸借対照表計上額が取
     得原価を超えるもの
      株式                -       -       -
                                61/88


                                                          EDINET提出書類
                                               野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
         小計            -       -       -
     貸借対照表計上額が取
     得原価を超えないもの
      譲渡性預金             19,900       19,900         -
         小計          19,900       19,900         -
         合計          19,900       19,900         -
      5.事業年度中に売却したその他有価証券(自                        2018年4月1日         至  2019年3月31日)

       該当事項はありません。
      当事業年度      (自   2019年4月1日         至  2020年3月31日)


      1.売買目的有価証券(2020年3月31日)

        該当事項はありません。
      2.満期保有目的の債券(2020年3月31日)

        該当事項はありません。
      3.子会社株式及び関連会社株式(2020年3月31日)

        該当事項はありません。
      4.その他有価証券(2020年3月31日)

                 貸借対照表       取得原価        差額

         区分         計上額
                 (百万円)       (百万円)       (百万円)
     貸借対照表計上額が取
     得原価を超えるもの
      株式                -       -       -
         小計            -       -       -
     貸借対照表計上額が取
     得原価を超えないもの
      譲渡性預金             4,400       4,400         -
      コマーシャル・ペー
                   19,999       19,999
      パー
         小計          24,399       24,399         -
         合計          24,399       24,399         -
      5.事業年度中に売却したその他有価証券(自                        2019年4月1日        至  2020年3月31日)

       該当事項はありません。
                                62/88



                                                          EDINET提出書類
                                               野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
      ◇ 退職給付関係
                   前事業年度(自 2018年4月1日 至 2019年3月31日)

         1.採用している退職給付制度の概要

           当社は、確定給付型の制度として確定給付型企業年金制度及び退職一時金制度を、また確
          定拠出型の制度として確定拠出年金制度を設けております。
         2.確定給付制度

         (1)  退職給付債務の期首残高と期末残高の調整表
            退職給付債務の期首残高                            21,398   百万円
             勤務費用                              951
             利息費用                              179
             数理計算上の差異の発生額                             1,672
             退職給付の支払額                             △737
             過去勤務費用の発生額                             71
             その他                              15
            退職給付債務の期末残高                            23,551
         (2)  年金資産の期首残高と期末残高の調整表

            年金資産の期首残高                            17,373   百万円
             期待運用収益                              434
             数理計算上の差異の発生額                             △241
             事業主からの拠出額                              483
             退職給付の支払額                             △579
            年金資産の期末残高                            17,469
         (3)  退職給付債務及び年金資産の期末残高と貸借対照表に計上された退職給付引当金

            及び前払年金費用の調整表
            積立型制度の退職給付債務                             20,181   百万円
            年金資産                            △17,469
                                         2,712
            非積立型制度の退職給付債務                             3,369
            未積立退職給付債務                             6,082
            未認識数理計算上の差異                            △5,084
            未認識過去勤務費用                              220
            貸借対照表上に計上された負債と資産の純額                             1,218
            退職給付引当金                             3,219

            前払年金費用                            △2,001
            貸借対照表上に計上された負債と資産の純額                             1,218
         (4)  退職給付費用及びその内訳項目の金額

            勤務費用                              951  百万円
            利息費用                              179
            期待運用収益                             △434
            数理計算上の差異の費用処理額                              598
            過去勤務費用の費用処理額                             △38
            確定給付制度に係る退職給付費用                             1,255
         (5)  年金資産に関する事項

           ①年金資産の主な内容
            年金資産合計に対する主な分類毎の比率は、次の通りです。
            債券                              47%
            株式                              41%
            生保一般勘定                              12%
            その他                              0%
            合計                             100%
                                63/88


                                                          EDINET提出書類
                                               野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
           ②長期期待運用収益率の設定方法
            年金資産の長期期待運用収益率を決定するため、現在及び予想される年金資産の配分
            と、年金資産を構成する多様な資産からの現在及び将来期待される長期の収益率を考慮
            しております。
         (6)  数理計算上の計算基礎に関する事項

            当事業年度末における主要な数理計算上の計算基礎
            確定給付型企業年金制度の割引率                             0.7%
            退職一時金制度の割引率                             0.4%
            長期期待運用収益率                             2.5%
         3.確定拠出制度

           当社の確定拠出制度への要拠出額は、197百万円でした。
                   当事業年度(自 2019年4月1日 至 2020年3月31日)


         1.採用している退職給付制度の概要

           当社は、確定給付型の制度として確定給付型企業年金制度及び退職一時金制度を、また確
          定拠出型の制度として確定拠出年金制度を設けております。
         2.確定給付制度

         (1)  退職給付債務の期首残高と期末残高の調整表
            退職給付債務の期首残高                            23,551   百万円
             勤務費用                            1,034
             利息費用                             154
             数理計算上の差異の発生額                            △138
             退職給付の支払額                            △858
             その他                              17
            退職給付債務の期末残高                            23,761
         (2)  年金資産の期首残高と期末残高の調整表

            年金資産の期首残高                            17,469   百万円
             期待運用収益                             436
             数理計算上の差異の発生額                            △393
             事業主からの拠出額                             566
             退職給付の支払額                            △666
            年金資産の期末残高                            17,413
         (3)  退職給付債務及び年金資産の期末残高と貸借対照表に計上された退職給付引当金

            及び前払年金費用の調整表
            積立型制度の退職給付債務                            20,462   百万円
            年金資産                           △17,413
                                         3,048
            非積立型制度の退職給付債務                            3,299
            未積立退職給付債務                            6,347
            未認識数理計算上の差異                           △4,764
            未認識過去勤務費用                             185
            貸借対照表上に計上された負債と資産の純額                            1,766
            退職給付引当金                            3,311

            前払年金費用                           △1,545
            貸借対照表上に計上された負債と資産の純額                            1,766
                                64/88




                                                          EDINET提出書類
                                               野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
         (4)  退職給付費用及びその内訳項目の金額
            勤務費用                            1,034   百万円
            利息費用                             154
            期待運用収益                            △436
            数理計算上の差異の費用処理額                             572
            過去勤務費用の費用処理額                             △35
            確定給付制度に係る退職給付費用                            1,289
         (5)  年金資産に関する事項

           ①年金資産の主な内容
            年金資産合計に対する主な分類毎の比率は、次の通りです。
            債券                             57%
            株式                             24%
            生保一般勘定                             12%
            生保特別勘定                              7%
            その他                              0%
            合計                             100%
           ②長期期待運用収益率の設定方法

            年金資産の長期期待運用収益率を決定するため、現在及び予想される年金資産の配分
            と、年金資産を構成する多様な資産からの現在及び将来期待される長期の収益率を考慮
            しております。
         (6)  数理計算上の計算基礎に関する事項

            当事業年度末における主要な数理計算上の計算基礎
            確定給付型企業年金制度の割引率                             0.6%
            退職一時金制度の割引率                             0.5%
            長期期待運用収益率                             2.5%
         3.確定拠出制度

           当社の確定拠出制度への要拠出額は、202百万円でした。
    ◇ 税効果会計関係


               前事業年度末                            当事業年度末

               (2019年3月31日)                            (2020年3月31日)
     1.繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別の                            1.繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別の
      内訳                            内訳
      繰延税金資産                       百万円     繰延税金資産                       百万円
       賞与引当金                       1,175      賞与引当金                      1,235
       退職給付引当金                        998     退職給付引当金                      1,026
       関係会社株式評価減                        51    関係会社株式評価減                       762
       投資有価証券評価減                        708     投資有価証券評価減                       462
       未払事業税                        288     未払事業税                       285
       時効後支払損引当金                        172     時効後支払損引当金                       177
       減価償却超過額                        171     減価償却超過額                       171
       ゴルフ会員権評価減                        192     ゴルフ会員権評価減                       167
       関係会社株式売却損                        148     関係会社株式売却損                       148
       未払社会保険料                        82    未払社会保険料                        97
                              633                            219
       その他                            その他
      繰延税金資産小計                        4,625      繰延税金資産小計                      4,754
      評価性引当額                            評価性引当額
                            △1,295                            △1,532
      繰延税金資産合計                        3,329     繰延税金資産合計                       3,222
      繰延税金負債                            繰延税金負債
       その他有価証券評価差額金                        15    その他有価証券評価差額金                        4
                              620                            478
       前払年金費用                            前払年金費用
      繰延税金負債合計                         635    繰延税金負債合計                        483
      繰延税金資産の純額                        2,694     繰延税金資産の純額                       2,738
                                65/88


                                                          EDINET提出書類
                                               野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     2.法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率                            2.法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率
      との差異の原因となった主な項目別の内訳                            との差異の原因となった主な項目別の内訳
      法定実効税率                      31.0%      法定実効税率                      31.0%
      (調整)                            (調整)
      交際費等永久に損金に算入されない項                       0.1%      交際費等永久に損金に算入されない項                       0.0%
      目                            目
      受取配当金等永久に益金に算入され                            受取配当金等永久に益金に算入され
      ない項目                      △5.6%       ない項目                      △4.4%
      タックスヘイブン税制                       2.6%      タックスヘイブン税制                       2.6%
      外国税額控除                      △0.6%       外国税額控除                      △0.7%
      外国子会社からの受取配当に係る外                            外国子会社からの受取配当に係る外
      国源泉税                       0.3%      国源泉税                       0.2%
      その他                       1.3%      その他                       0.4%
      税効果会計適用後の法人税等の負担                            税効果会計適用後の法人税等の負担率
                            29.1%                            29.1%
      率
    ◇ セグメント情報等


      前事業年度(自 2018年4月1日 至 2019年3月31日)

     1.セグメント情報

        当社は投資運用業の単一セグメントであるため、記載を省略しております。
     2.関連情報

      (1)製品・サービスごとの情報
          当社の製品・サービス区分の決定方法は、損益計算書の営業収益の区分と同一であることから、製
        品・サービスごとの営業収益の記載を省略しております。
      (2)地域ごとの情報

        ①  売上高
          本邦の外部顧客からの営業収益に区分した金額が損益計算書の営業収益の90%を超えるため、地域
          ごとの営業収益の記載を省略しております。
        ②  有形固定資産
          本邦に所在している有形固定資産の金額が貸借対照表の有形固定資産の金額の90%を超えるため、
          地域ごとの有形固定資産の記載を省略しております。
      (3)主要な顧客ごとの情報

         外部顧客からの営業収益のうち、損益計算書の営業収益の10%以上を占める相手先がないため、主要
        な顧客ごとの営業収益の記載を省略しております。
      当事業年度(自 2019年4月1日 至 2020年3月31日)

     1.セグメント情報

        当社は投資運用業の単一セグメントであるため、記載を省略しております。
     2.関連情報

      (1)製品・サービスごとの情報
          当社の製品・サービス区分の決定方法は、損益計算書の営業収益の区分と同一であることから、製
        品・サービスごとの営業収益の記載を省略しております。
                                66/88


                                                          EDINET提出書類
                                               野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
      (2)地域ごとの情報
        ①  売上高
          本邦の外部顧客からの営業収益に区分した金額が損益計算書の営業収益の90%を超えるため、地域
          ごとの営業収益の記載を省略しております。
        ②  有形固定資産
          本邦に所在している有形固定資産の金額が貸借対照表の有形固定資産の金額の90%を超えるため、
          地域ごとの有形固定資産の記載を省略しております。
      (3)主要な顧客ごとの情報

         外部顧客からの営業収益のうち、損益計算書の営業収益の10%以上を占める相手先がないため、主要
        な顧客ごとの営業収益の記載を省略しております。
    ◇ 関連当事者情報

    前事業年度(自 2018年4月1日 至 2019年3月31日)

     1.関連当事者との取引

        (ア)親会社及び法人主要株主等
                             議決権等                 取引         期末

          会社等                        関連当事者との
     種類          所在地     資本金    事業の内容      の所有           取引の内容      金額     科目    残高
          の名称                          関係
                            (被所有)割合                 (百万円)         (百万円)
                                         資金の借入
                                               3,000
                                         (*1)
                                                  短期借入
                                                         -
         野村ホール                     (被所有)     資産の賃貸借
                                                  金
               東京都      594,492
     親会社    ディングス株               持株会社      直接    及び購入等
                                         資金の返済       3,000
               中央区     (百万円)
         式会社                     100%
                                  役員の兼任
                                         借入金利息
                                                 1 未払費用       -
                                         の支払
        (イ)子会社等

        該当はありません。
        (ウ)兄弟会社等

                             議決権等                 取引         期末
          会社等                        関連当事者との
     種類          所在地     資本金    事業の内容      の所有           取引の内容      金額    科目    残高
          の名称                          関係
                             (被所有)割合                 (百万円)         (百万円)
                                  当社投資信託
                                  の募集の取扱
                                         投資信託に
                                  及び売出の取
                                         係る事務代
     親会社の    野村證券株式      東京都      10,000              扱ならびに投                未払手数
                         証券業      -          行手数料の       34,646        6,410
     子会社    会社      中央区     (百万円)               資信託に係る                料
                                         支払(*2)
                                  事務代行の委
                                  託等
                                  役員の兼任
        (エ)役員及び個人主要株主等

           該当はありません。
     (注)1.上記の金額のうち、取引金額には消費税等が含まれておらず、期末残高には消費税等が含まれております。

       2.取引条件及び取引条件の決定方針等
         (*1) 資金の借入については、市場金利を勘案して利率を合理的に決定しております。
         (*2) 投資信託に係る事務代行手数料については、商品性等を勘案し総合的に決定しております。
                                67/88


                                                          EDINET提出書類
                                               野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     2.親会社又は重要な関連会社に関する注記

        (1)親会社情報
          野村ホールディングス㈱(東京証券取引所、名古屋証券取引所、シンガポール証券取引所、
           ニューヨーク証券取引所に上場)
        (2)重要な関連会社の要約財務諸表

          該当はありません。
    当事業年度(自 2019年4月1日 至 2020年3月31日)

     1.関連当事者との取引

        (ア)親会社及び法人主要株主等
           該当はありません。
        (イ)子会社等

           該当はありません。
        (ウ)兄弟会社等

                             議決権等                 取引          期末
          会社等                       関連当事者との
     種類         所在地    資本金    事業の内容      の所有           取引の内容      金額     科目     残高
          の名称                         関係
                            (被所有)割合                 (百万円)          (百万円)
                                  当社投資信託
                                  の募集の取扱
                                        投資信託に
                                  及び売出の取
                                        係る事務代
     親会社の    野村證券株式      東京都      10,000             扱ならびに投                未払手数
                                        行手数料の       31,378          5,536
                        証券業      -
     子会社    会社      中央区     (百万円)              資信託に係る                料
                                        支払(*1)
                                  事務代行の委
                                  託等
                                  役員の兼任
                                        コマーシャ       20,000   有価証券       19,999
                                        ル ・ ペ ー
                                        パーの購入
                                        (*2)
                                       有価証券受          その他営業
                                                0          0
                                       取利息          外収益
        (エ)役員及び個人主要株主等

           該当はありません。
     (注)1.上記の金額のうち、取引金額には消費税等が含まれておらず、期末残高には消費税等が含まれております。

       2.取引条件及び取引条件の決定方針等
         (*1) 投資信託に係る事務代行手数料については、商品性等を勘案し総合的に決定しております。
         (*2) コマーシャル・ペ-パーの購入については、市場金利を勘案して利率を合理的に決定しております。
     2.親会社又は重要な関連会社に関する注記

        (1)親会社情報
          野村ホールディングス㈱(東京証券取引所、名古屋証券取引所、シンガポール証券取引所、
                                68/88

                                                          EDINET提出書類
                                               野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
           ニューヨーク証券取引所に上場)
        (2)重要な関連会社の要約財務諸表

          該当はありません。
    ◇ 1株当たり情報

               前事業年度                           当事業年度
             (自 2018年4月1日                           (自 2019年4月1日
              至 2019年3月31日)                           至 2020年3月31日)
     1株当たり純資産額                   16,882円89銭       1株当たり純資産額                   16,557円31銭

     1株当たり当期純利益                    4,984円30銭       1株当たり当期純利益                    4,658円88銭
     潜在株式調整後1株当たり当期純利益については、潜在                           潜在株式調整後1株当たり当期純利益については、潜在

     株式が存在しないため記載しておりません。                           株式が存在しないため記載しておりません。
     1株当たり当期純利益の算定上の基礎                           1株当たり当期純利益の算定上の基礎

      損益計算書上の当期純利益                  25,672百万円         損益計算書上の当期純利益                  23,996百万円
      普通株式に係る当期純利益                  25,672百万円         普通株式に係る当期純利益                  23,996百万円
      普通株主に帰属しない金額の主要な内訳                           普通株主に帰属しない金額の主要な内訳
       該当事項はありません。                           該当事項はありません。
      普通株式の期中平均株式数                  5,150,693株        普通株式の期中平均株式数                  5,150,693株
      中間財務諸表



        ◇中間貸借対照表
                                     2020年9月30日現在

                             注記
                 区分                    金額(百万円)
                             番号
                (資産の部)
         流動資産
           現金・預金                                  2,307
           金銭の信託                                  40,828
           有価証券                                  10,500
           未収委託者報酬                                  24,249
           未収運用受託報酬                                  4,560
           その他                                   894
           貸倒引当金                                   △14
                流動資産計                             83,326
         固定資産
           有形固定資産                  ※1                 2,998
           無形固定資産                                  5,462
            ソフトウェア                                 5,461
            その他                                   0
           投資その他の資産                                  15,942
            投資有価証券                                 1,701
            関係会社株式                                 10,171
            前払年金費用                                 1,429
            繰延税金資産                                 2,003
            その他                                  636
                固定資産計                             24,403
                                69/88

                                                          EDINET提出書類
                                               野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
                資産合計                            107,730
                                     2020年9月30日現在

                             注記
                 区分                     金額(百万円)
                             番号
                (負債の部)
         流動負債
            未払金                                  11,513
             未払収益分配金                                    0
             未払償還金                                    0
             未払手数料                                  6,651
             関係会社未払金                                  4,007
             その他未払金                 ※2                  853
           未払費用                                   9,953
           未払法人税等                                   1,444
           賞与引当金                                   2,005
           その他                                    147
                流動負債計                              25,063
         固定負債
           退職給付引当金                                   3,350
           時効後支払損引当金                                    579
           資産除去債務                                   1,371
                固定負債計                              5,300
                負債合計                             30,364
               (純資産の部)
         株主資本                                     77,365
           資本金                                  17,180
           資本剰余金                                  13,729
            資本準備金                                 11,729
            その他資本剰余金                                  2,000
           利益剰余金                                  46,455
            利益準備金                                   685
            その他利益剰余金                                 45,770
             別途積立金                                24,606
             繰越利益剰余金                                21,163
         評価・換算差額等                                       0
           その他有価証券評価差額金                                     0
                純資産合計                              77,366
              負債・純資産合計                               107,730
       ◇中間損益計算書

                                    自 2020年4月       1日
                                    至 2020年9月30日
                             注記
                 区分                    金額(百万円)
                             番号
         営業収益
           委託者報酬                                   52,814

           運用受託報酬                                   7,648

           その他営業収益                                     178

                営業収益計                              60,641

         営業費用

           支払手数料                                   16,811

           調査費                                   11,994

           その他営業費用                                   3,835

                                70/88


                                                          EDINET提出書類
                                               野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
                営業費用計                              32,641
         一般管理費                    ※1                 13,883

         営業利益                                     14,115

         営業外収益                    ※2                  6,145

         営業外費用                    ※3                   33

         経常利益                                     20,227

         特別利益                    ※4                  2,228

         特別損失                    ※5                   445

         税引前中間純利益                                     22,011

         法人税、住民税及び事業税                                      5,226

         法人税等調整額                                       739

         中間純利益                                     16,045

    ◇中間株主資本等変動計算書

       当中間会計期間(自 2020年4月1日 至 2020年9月30日)
                                                   (単位:百万円)
                                  株主資本
                       資本剰余金                  利益剰余金
                                       その他利益剰余金                 株 主
                        その他    資 本                     利 益
               資本金                                         資 本
                    資 本              利 益
                                           繰 越 
                        資 本    剰余金                     剰余金
                                      別 途
                                                       合 計
                    準備金              準備金
                                            利 益
                        剰余金    合 計                     合 計
                                      積立金
                                            剰余金
     当期首残高          17,180     11,729    2,000    13,729      685    24,606      29,069      54,360      85,270
     当中間期変動額
      剰余金の配当                                      △23,950      △23,950      △23,950
      中間純利益                                       16,045      16,045      16,045
      株主資本以外の
      項目の
      当中間期変動額
      (純額)
     当中間期変動額
                 -     -    -     -     -     -   △7,905      △7,905      △7,905
     合計
     当中間期末残高          17,180     11,729     2,000    13,729      685    24,606      21,163      46,455      77,365
                                   (単位:百万円)

                      評価・換算差額等
                                     純資産合計
                   その他有価証         評価・換算
                   券評価差額金         差額等合計
                                71/88


                                                          EDINET提出書類
                                               野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     当期首残高                   10         10      85,281
     当中間期変動額
      剰余金の配当                                  △23,950
      中間純利益                                   16,045
      株主資本以外の項目の
      当中間期変動額(純                 △10         △10         △10
      額)
     当中間期変動額合計                  △10         △10       △7,915
     当中間期末残高                    0         0      77,366
     [重要な会計方針]

         1 有価証券の評価基準及び評価                (1)  子会社株式及び関連会社株式…移動平均法による原価法

           方法              (2)  その他有価証券
                           時価のあるもの…        中間決算日の市場価格等に基づく時価法
                                   (評価差額は全部純資産直入法により処
                                   理し、売却原価は移動平均法により算定
                                   しております。)
                           時価のないもの…        移動平均法による原価法
         2 運用目的の金銭の信託の評価                時価法によっております。

           基準及び評価方法
         3 固定資産の減価償却の方法                (1)  有形固定資産

                             定率法を採用しております。ただし、1998年4月1日以降
                            に取得した建物(附属設備を除く)、並びに2016年4月1日以
                            降に取得した建物附属設備及び構築物については、定額法
                            によっております。
                          (2)  無形固定資産及び投資その他の資産

                             定額法を採用しております。なお、自社利用のソフト
                            ウェアについては、社内における利用可能期間(5年)に基づ
                            く定額法によっております。
         4 引当金の計上基準                (1)  貸倒引当金

                             一般債権については貸倒実績率等により、貸倒懸念債権
                            等特定の債権については個別に回収可能性を検討し、回収
                            不能見込額を計上しております。 
                          (2)  賞与引当金
                             賞与の支払に備えるため、支払見込額を計上しておりま
                            す。 
                          (3)  退職給付引当金
                             従業員の退職給付に備えるため、退職一時金及び確定給
                            付型企業年金について、当事業年度末における退職給付債
                            務及び年金資産の見込額に基づき、当中間会計期間末にお
                            いて発生していると認められる額を計上しております。
                           ① 退職給付見込額の期間帰属方法
                             退職給付債務の算定にあたり、退職給付見込額を当中間
                            会計期間末までの期間に帰属させる方法については、給付
                            算定式基準によっております。
                           ②  数理計算上の差異及び過去勤務費用の費用処理方法
                             確定給付型企業年金に係る数理計算上の差異は、その発
                            生時の従業員の平均残存勤務期間以内の一定の年数による
                            定額法により、発生した事業年度の翌期から費用処理する
                            こととしております。また、退職一時金に係る数理計算上
                            の差異は、発生した事業年度の翌期に一括して費用処理す
                            ることとしております。
                             退職一時金及び確定給付型企業年金に係る過去勤務費用
                            は、その発生時の従業員の平均残存勤務期間以内の一定の
                            年数による定額法により、発生した事業年度から費用処理
                            することとしております。
                                72/88

                                                          EDINET提出書類
                                               野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
                          (4)  時効後支払損引当金
                             時効成立のため利益計上した収益分配金及び償還金につ
                            いて、受益者からの今後の支払請求に備えるため、過去の
                            支払実績に基づく将来の支払見込額を計上しております。
         5 消費税等の会計処理                 消費税及び地方消費税の会計処理は、税抜き方式によっており

                          ます。
         6 連結納税制度の適用                 連結納税制度を適用しております。

                          なお、当社は、「所得税法等の一部を改正する法律」(令和2年
                          法律第8号)において創設されたグループ通算制度への移行及び
                          グループ通算制度への移行にあわせて単体納税制度の見直しが
                          行われた項目については、「連結納税制度からグループ通算制
                          度への移行に係る税効果会計の適用に関する取扱い」(実務対
                          応報告第39号 2020年3月31日)第3項の取扱いにより、「税効
                          果会計に係る会計基準の適用指針」(企業会計基準適用指針第
                          28号 2018年2月16日)第44項の定めを適用せず、繰延税金資産
                          及び繰延税金負債の額について、改正前の税法の規定に基づい
                          ております。
     [注記事項]


        ◇中間貸借対照表関係
                            2020年9月30日現在

         ※1 有形固定資産の減価償却累計額
                               648百万円
         ※2 消費税等の取扱い

            仮払消費税等及び仮受消費税等は、相殺のうえ、金額的重要性が乏しいため、流動負債の
            「その他未払金」に含めて表示しております。
        ◇中間損益計算書関係

                              自 2020年4月       1日
                              至 2020年9月30日
         ※1 減価償却実施額
               有形固定資産                180百万円
               無形固定資産               1,125百万円
         ※2 営業外収益のうち主要なもの

               受取配当金               4,540百万円
               金銭信託運用益               1,360百万円
         ※3   営業外費用のうち主要なもの

               時効後支払損引当金繰入                10百万円
               為替差損                 9百万円
         ※4 特別利益の内訳

               投資有価証券等売却益                71百万円
               株式報酬受入益                26百万円
               移転補償金               2,130百万円
         ※5 特別損失の内訳

               投資有価証券等評価損                36百万円
               固定資産除却損                 2百万円
               事務所移転費用                406百万円
                                73/88


                                                          EDINET提出書類
                                               野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
      ◇中間株主資本等変動計算書関係

                              自 2020年4月       1日
                              至 2020年9月30日
         1 発行済株式に関する事項
                株式の種類       当事業年度期首          増加      減少    当中間会計期間末
                普通株式        5,150,693株          -      -     5,150,693株
         2 配当に関する事項

            配当金支払額
             2020年5月19日開催の取締役会において、次のとおり決議しております。
             ・普通株式の配当に関する事項
               (1)配当金の総額                        23,950百万円
               (2)1株当たり配当額                          4,650円
               (3)基準日                       2020年3月31日
               (4)効力発生日                       2020年6月30日
      ◇金融商品関係

         当中間会計期間         (自   2020年4月1日        至  2020年9月30日)
         金融商品の時価等に関する事項

          2020年9月30日における中間貸借対照表計上額、時価、及びこれらの差額については次のとおりで
         す。なお、時価を把握することが極めて困難と認められるものは、次表には含めておりません。
                                                 (単位:百万円)
                             中間貸借対照表計上額                時価        差額
        (1)現金・預金                               2,307         2,307         -
        (2)金銭の信託                              40,828         40,828         -
        (3)未収委託者報酬                              24,249         24,249         -
        (4)未収運用受託報酬                               4,560         4,560         -
        (5)有価証券及び投資有価証券
          その他有価証券                            10,500         10,500         -
               資産計                      82,445         82,445         -
        (6)未払金                              11,513         11,513         -
          未払収益分配金                                 0         0       -
          未払償還金                                 0         0       -
          未払手数料                               6,651         6,651         -
          関係会社未払金                             4,007         4,007
          その他未払金                                853         853        -
        (7)未払費用                               9,953         9,953         -
        (8)未払法人税等                               1,444         1,444         -
               負債計                      22,911         22,911         -
     注1:金融商品の時価の算定方法並びに有価証券に関する事項

      (1)  現金・預金
        短期間で決済されるため、時価は帳簿価額とほぼ等しいことから、当該帳簿価額によっております。
                                74/88


                                                          EDINET提出書類
                                               野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
      (2)  金銭の信託
        信託財産は、主として投資信託、デリバティブ取引、その他の資産(コールローン・委託証拠金等)で
       構成されております。これらの時価について投資信託については基準価額、デリバティブ取引に関して
       は、上場デリバティブ取引は取引所の価格、為替予約取引は先物為替相場、店頭デリバティブ取引は取引
       先金融機関から提示された価格等によっております。また、その他の資産については短期間で決済される
       ため、時価は帳簿価額とほぼ等しいことから、当該帳簿価額によっております。
      (3)  未収委託者報酬、(4)           未収運用受託報酬

        これらは短期間で決済されるため、時価は帳簿価額とほぼ等しいことから、当該帳簿価額によっており
       ます。
      (5)  有価証券及び投資有価証券

        その他有価証券
        これらの時価について、株式は取引所の価格によっております。また、譲渡性預金は短期間で決済され
       るため、時価は帳簿価額とほぼ等しいことから、当該帳簿価額によっております。
        また、保有目的ごとの有価証券に関する注記事項については、「有価証券関係」注記を参照ください。
      (6)  未払金、(7)       未払費用、(8)        未払法人税等

        これらは短期間で決済されるため、時価は帳簿価額とほぼ等しいことから、当該帳簿価額によっており
       ます。
     注2:非上場株式等(中間貸借対照表計上額:投資有価証券1,701百万円、関係会社株式10,171百万円)は、

        市場価格がなく、かつ将来キャッシュフローを見積もることなどができず、時価を把握することが極め
        て困難と認められるため、「(5)有価証券及び投資有価証券」には含めておりません。なお、当中間会
        計期間において、非上場株式について35百万円(投資有価証券35百万円)減損処理を行っております。
       ◇有価証券関係


        当中間会計期間末          (2020年9月30日)
        1.満期保有目的の債券(2020年9月30日)

         該当事項はありません。
        2.子会社株式及び関連会社株式(2020年9月30日)

         該当事項はありません。
        3.その他有価証券(2020年9月30日)

                   中間貸借対照表        取得原価       差額

            区分         計上額
                    (百万円)       (百万円)      (百万円)
                                75/88


                                                          EDINET提出書類
                                               野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
        中間貸借対照表計上額
        が取得原価を超えない
        もの
         譲渡性預金              10,500      10,500         -
            小計           10,500      10,500         -
            合計           10,500      10,500         -
      ◇資産除去債務関係

        資産除去債務のうち貸借対照表に計上しているもの
        当該資産除去債務の総額の増減                                (単位:百万円)
                         自 2020年4月        1日
                         至 2020年9月30日
       期首残高                              -
       有形固定資産の取得に伴う増加                            1,371
       時の経過による調整額
                                     -
       中間期末残高                            1,371
      ◇セグメント情報等


        当中間会計期間(自 2020年4月1日 至 2020年9月30日)
        1.セグメント情報
         当社は投資運用業の単一セグメントであるため、記載を省略しております。
        2.関連情報

         (1)  製品・サービスごとの情報
           当社の製品・サービス区分の決定方法は、中間損益計算書の営業収益の区分と同一であることか
         ら、製品・サービスごとの営業収益の記載を省略しております。
         (2)  地域ごとの情報

          ①  売上高
           本邦の外部顧客からの営業収益に区分した金額が中間損益計算書の営業収益の90%を超えるため、
          地域ごとの営業収益の記載を省略しております。
          ②  有形固定資産
           本邦に所在している有形固定資産の金額が中間貸借対照表の有形固定資産の金額の90%を超えるた
          め、地域ごとの有形固定資産の記載を省略しております。
         (3)  主要な顧客ごとの情報

           外部顧客からの営業収益のうち、中間損益計算書の営業収益の10%以上を占める相手先がないた
          め、主要な顧客ごとの営業収益の記載を省略しております。
      ◇1株当たり情報

                          自 2020年4月       1日
                          至 2020年9月30日
                                76/88


                                                          EDINET提出書類
                                               野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
         1株当たり純資産額            15,020円52銭
         1株当たり中間純利益             3,115円15銭

          (注)1.潜在株式調整後1株当たり中間純利益につきましては、新株予約権付社債等潜在株
              式がないため、記載しておりません。
             2.1株当たり中間純利益の算定上の基礎は、以下のとおりであります。
               中間純利益                 16,045百万円
               普通株主に帰属しない金額                    -
               普通株式に係る中間純利益                 16,045百万円
               期中平均株式数                  5,150千株
    4【利害関係人との取引制限】


     委託者は、「       金融商品取引法        」の定めるところにより、利害関係人との取引について、次に掲げる行為が禁

    止されています。
      ①自己又はその取締役若しくは執行役との間における取引を行うことを内容とした運用を行うこと(投資者
       の保護に欠け、若しくは取引の公正を害し、又は金融商品取引業の信用を失墜させるおそれがないものと
       して内閣府令で定めるものを除きます。)。
      ②運用財産相互間において取引を行うことを内容とした運用を行うこと(投資者の保護に欠け、若しくは取
       引の公正を害し、又は金融商品取引業の信用を失墜させるおそれがないものとして内閣府令で定めるもの
       を除きます。)。
      ③通常の取引の条件と異なる条件であって取引の公正を害するおそれのある条件で、委託者の親法人等                                                     ( 委
       託者の総株主等の議決権の過半数を保有していることその他の当該金融商品取引業者と密接な関係を有す
       る法人その他の団体として政令で定める要件に該当する者をいいます。以下④⑤において同じ。                                                  )又は子
       法人等(    委託者が総株主等の議決権の過半数を保有していることその他の当該金融商品取引業者と密接な
       関係を有する法人その他の団体として政令で定める要件に該当する者をいいます。以下同じ。                                                ) と有価証
       券の売買その他の取引又は店頭デリバティブ取引を行うこと。
      ④委託者の親法人等又は子法人等の利益を図るため、その行う投資運用業に関して運用の方針、運用財産の
       額若しくは市場の状況に照らして不必要な取引を行うことを内容とした運用を行うこと。
      ⑤上記③④に掲げるもののほか、委託者の親法人等又は子法人等が関与する行為であって、投資者の保護に
       欠け、若しくは取引の公正を害し、又は金融商品取引業の信用を失墜させるおそれのあるものとして内閣
       府令で定める行為
    5【その他】

    (1)定款の変更

       委託者の定款の変更に関しては、株主総会の決議が必要です。
    (2)訴訟事件その他の重要事項
       委託者およびファンドに重要な影響を与えた事実、または与えると予想される事実はありません。
    第2【その他の関係法人の概況】

    1【名称、資本金の額及び事業の内容】

                                77/88

                                                          EDINET提出書類
                                               野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
      (1)受託者
                              *
           (a)名称                               (c)事業の内容
                       (b)資本金の額
                                 銀行法に基づき銀行業を営むとともに、金融機
     野村信託銀行株式会社                    35,000百万円        関の信託業務の兼営等に関する法律(兼営法)に
                                 基づき信託業務を営んでいます。
     *2020年11月末現在
      (2)販売会社

                              *
           (a)名称                               (c)事業の内容
                       (b)資本金の額
     池田泉州TT証券株式会社                     1,250百万円
     岩井コスモ証券株式会社                    13,500百万円

     株式会社SBI証券                    48,323百万円

     十六TT証券株式会社                     3,000百万円

                                 「金融商品取引法」に定める第一種金融商品取
                                 引業を営んでいます。
     東海東京証券株式会社                     6,000百万円
     南都まほろば証券株式会社                     3,000百万円

     西日本シティTT証券株式会社                     3,000百万円

     楽天証券株式会社                     7,495百万円

     *2020年11月末現在
    2【関係業務の概要】

      (1)受託者

         ファンドの受託会社(受託者)として、信託財産の保管・管理・計算、外国証券を保管・管理する外国
        の保管銀行への指図・連絡等を行ないます。
      (2)販売会社
         ファンドの取扱販売会社として、募集の取扱いを行ない、信託契約の一部解約に関する事務、一部解
        約金・収益分配金・償還金の支払いに関する事務等を行ないます。
    3【資本関係】

      (持株比率5.0%以上を記載します。)

      (1)受託者
       該当事項はありません。
      (2)販売会社
       該当事項はありません。
    第3【その他】

    (1)目論見書の表紙にロゴ・マークや図案を採用すること、またファンドの形態などの記載をすることがありま

      す。
    (2)目論見書の巻末に約款を掲載する場合があります。
                                78/88


                                                          EDINET提出書類
                                               野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    (3)届出書本文「第一部             証券情報」、「第二部            ファンド情報」に記載の内容について、投資者の理解を助ける
      ため、当該内容を説明した図表等を付加して目論見書の当該内容に関連する箇所に記載することがありま
      す。
    (4)目論見書は電子媒体等として使用されるほか、インターネットなどに掲載されることがあります。
    (5)目論見書は目論見書の別称として「投資信託説明書」と称して使用する場合があります。
    (6)目論見書の表紙裏等にインターネットホームページに加え、他のインターネットのアドレス(当該アドレス
      をコード化した図形等も含む)も掲載し、当該アドレスにアクセスすることにより基準価額等の情報を入
      手できる旨を記載する場合があります。
    (7)目論見書に当該委託会社の金融商品取引業者登録番号、当該委託会社が運用する投資信託財産の合計純資産
      総額および目論見書の使用を開始する日を記載する場合があります。
    (8)目論見書に投資信託の財産は受託会社において信託法に基づき分別管理されている旨を記載する場合があり
      ます。
                                79/88















                                                          EDINET提出書類
                                               野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
                      独立監査人の監査報告書

                                             2020年6月10日

     野村アセットマネジメント株式会社

      取 締 役 会  御 中
                     EY新日本有限責任監査法人

                     東京事務所
                     指定有限責任社員

                                  公認会計士          亀 井  純 子
                     業務執行社員
                     指定有限責任社員

                                  公認会計士          櫻 井  雄一郎
                     業務執行社員
                     指定有限責任社員

                                  公認会計士          津 村  健二郎
                     業務執行社員
     監査意見

      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づく監査証明を行うため、
     「委託会社等の経理状況」に掲げられている野村アセットマネジメント株式会社の2019年
     4月1日から2020年3月31日までの第61期事業年度の財務諸表、すなわち、貸借対照
     表、損益計算書、株主資本等変動計算書、重要な会計方針及びその他の注記について監査を
     行った。
      当監査法人は、上記の財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の
     基準に準拠して、野村アセットマネジメント株式会社の2020年3月31日現在の財政状態
     及び同日をもって終了する事業年度の経営成績を、全ての重要な点において適正に表示してい
     るものと認める。
     監査意見の根拠

      当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に準拠して監査を
     行った。監査の基準における当監査法人の責任は、「財務諸表監査における監査人の責任」に
     記載されている。当監査法人は、我が国における職業倫理に関する規定に従って、会社から独
     立しており、また、監査人としてのその他の倫理上の責任を果たしている。当監査法人は、意
     見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手したと判断している。
     財務諸表に対する経営者及び監査等委員会の責任

      経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して財
     務諸表を作成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示の
     ない財務諸表を作成し適正に表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用
     することが含まれる。
      財務諸表を作成するに当たり、経営者は、継続企業の前提に基づき財務諸表を作成すること
                                80/88


                                                          EDINET提出書類
                                               野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     が適切であるかどうかを評価し、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準
     に基づいて継続企業に関する事項を開示する必要がある場合には当該事項を開示する責任があ
     る。
      監査等委員会の責任は、財務報告プロセスの整備及び運用における取締役の職務の執行を監
     視することにある。
     財務諸表監査における監査人の責任

      監査人の責任は、監査人が実施した監査に基づいて、全体としての財務諸表に不正又は誤謬
     による重要な虚偽表示がないかどうかについて合理的な保証を得て、監査報告書において独立
     の立場から財務諸表に対する意見を表明することにある。虚偽表示は、不正又は誤謬により発
     生する可能性があり、個別に又は集計すると、財務諸表の利用者の意思決定に影響を与えると
     合理的に見込まれる場合に、重要性があると判断される。
      監査人は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に従って、監査の過程を
     通じて、職業的専門家としての判断を行い、職業的懐疑心を保持して以下を実施する。
     ・不正又は誤謬による重要な虚偽表示リスクを識別し、評価する。また、重要な虚偽表示リ
      スクに対応した監査手続を立案し、実施する。監査手続の選択及び適用は監査人の判断によ
      る。さらに、意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手する。
     ・財務諸表監査の目的は、内部統制の有効性について意見表明するためのものではないが、
      監査人は、リスク評価の実施に際して、状況に応じた適切な監査手続を立案するために、監
      査に関連する内部統制を検討する。
     ・経営者が採用した会計方針及びその適用方法の適切性、並びに経営者によって行われた会
      計上の見積りの合理性及び関連する注記事項の妥当性を評価する。
     ・経営者が継続企業を前提として財務諸表を作成することが適切であるかどうか、また、入
      手した監査証拠に基づき、継続企業の前提に重要な疑義を生じさせるような事象又は状況に
      関して重要な不確実性が認められるかどうか結論付ける。継続企業の前提に関する重要な不
      確実性が認められる場合は、監査報告書において財務諸表の注記事項に注意を喚起するこ
      と、又は重要な不確実性に関する財務諸表の注記事項が適切でない場合は、財務諸表に対し
      て除外事項付意見を表明することが求められている。監査人の結論は、監査報告書日までに
      入手した監査証拠に基づいているが、将来の事象や状況により、企業は継続企業として存続
      できなくなる可能性がある。
     ・財務諸表の表示及び注記事項が、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の
      基準に準拠しているかどうかとともに、関連する注記事項を含めた財務諸表の表示、構成及
      び内容、並びに財務諸表が基礎となる取引や会計事象を適正に表示しているかどうかを評価
      する。
      監査人は、監査等委員会に対して、計画した監査の範囲とその実施時期、監査の実施過程で
     識別した内部統制の重要な不備を含む監査上の重要な発見事項、及び監査の基準で求められて
     いるその他の事項について報告を行う。
                                81/88




                                                          EDINET提出書類
                                               野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     利害関係
      会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害
     関係はない。
                                                   以  上
     (注) 1.上記は監査報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社が別途保管して

          おります。
        2.XBRLデータは監査の対象には含まれていません。
                                82/88

















                                                          EDINET提出書類
                                               野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
                        独立監査人の監査報告書

                                               2020年12月18日

    野村アセットマネジメント株式会社

      取締役      会 御  中

                     EY新日本有限責任監査法人

                     東京事務          所

                     指定有限責任社員

                                 公認会計士          亀 井 純 子
                     業務執行社員
    監査意見

     当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づく監査証明を行うため、「ファ
    ンドの経理状況」に掲げられている日本新興成長企業株ファンドの2019年11月8日から202
    0年11月9日までの計算期間の財務諸表、すなわち、貸借対照表、損益及び剰余金計算書、注記表
    並びに附属明細表について監査を行った。
     当監査法人は、上記の財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に
    準拠して、日本新興成長企業株ファンドの2020年11月9日現在の信託財産の状態及び同日を
    もって終了する計算期間の損益の状況を、全ての重要な点において適正に表示しているものと認め
    る。
    監査意見の根拠

     当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に準拠して監査を行った。
    監査の基準における当監査法人の責任は、「財務諸表監査における監査人の責任」に記載されてい
    る。当監査法人は、我が国における職業倫理に関する規定に従って、野村アセットマネジメント株式
    会社及びファンドから独立しており、また、監査人としてのその他の倫理上の責任を果たしている。
    当監査法人は、意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手したと判断している。
    財務諸表に対する経営者の責任

     経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して財務諸表
    を作成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない財務諸表
    を作成し適正に表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれ
    る。
     財務諸表を作成するに当たり、経営者は、継続企業の前提に基づき財務諸表を作成することが適切
    であるかどうかを評価し、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に基づいて継
    続企業に関する事項を開示する必要がある場合には当該事項を開示する責任がある。
    財務諸表監査における監査人の責任

     監査人の責任は、監査人が実施した監査に基づいて、全体としての財務諸表に不正又は誤謬による
    重要な虚偽表示がないかどうかについて合理的な保証を得て、監査報告書において独立の立場から財
    務諸表に対する意見を表明することにある。虚偽表示は、不正又は誤謬により発生する可能性があ
    り、個別に又は集計すると、財務諸表の利用者の意思決定に影響を与えると合理的に見込まれる場合
    に、重要性があると判断される。
     監査人は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に従って、監査の過程を通じ
    て、職業的専門家としての判断を行い、職業的懐疑心を保持して以下を実施する。
    ・ 不正又は誤謬による重要な虚偽表示リスクを識別し、評価する。また、重要な虚偽表示リスク
      に対応した監査手続を立案し、実施する。監査手続の選択及び適用は監査人の判断による。さら
      に、意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手する。
                                83/88


                                                          EDINET提出書類
                                               野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    ・ 財務諸表監査の目的は、内部統制の有効性について意見表明するためのものではないが、監査
      人は、リスク評価の実施に際して、状況に応じた適切な監査手続を立案するために、監査に関連す
      る内部統制を検討する。
    ・ 経営者が採用した会計方針及びその適用方法の適切性、並びに経営者によって行われた会計上
      の見積りの合理性及び関連する注記事項の妥当性を評価する。
    ・ 経営者が継続企業を前提として財務諸表を作成することが適切であるかどうか、また、入手し
      た監査証拠に基づき、継続企業の前提に重要な疑義を生じさせるような事象又は状況に関して重要
      な不確実性が認められるかどうか結論付ける。継続企業の前提に関する重要な不確実性が認められ
      る場合は、監査報告書において財務諸表の注記事項に注意を喚起すること、又は重要な不確実性に
      関する財務諸表の注記事項が適切でない場合は、財務諸表に対して除外事項付意見を表明すること
      が求められている。監査人の結論は、監査報告書日までに入手した監査証拠に基づいているが、将
      来の事象や状況により、ファンドは継続企業として存続できなくなる可能性がある。
    ・ 財務諸表の表示及び注記事項が、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準
      に準拠しているかどうかとともに、関連する注記事項を含めた財務諸表の表示、構成及び内容、並
      びに財務諸表が基礎となる取引や会計事象を適正に表示しているかどうかを評価する。
     監査人は、経営者に対して、計画した監査の範囲とその実施時期、監査の実施過程で識別した内部
    統制の重要な不備を含む監査上の重要な発見事項、及び監査の基準で求められているその他の事項に
    ついて報告を行う。
    利害関係

     野村アセットマネジメント株式会社及びファンドと当監査法人又は業務執行社員との間には、公認
    会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                        以  上
     (注) 1.上記は監査報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は

           当社が別途保管しております。
        2.XBRLデータは監査の対象には含まれていません。
                                84/88












                                                          EDINET提出書類
                                               野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
                     独立監査人の中間監査報告書

                                            2020年11月25日

     野村アセットマネジメント株式会社

      取 締 役 会  御 中
                     EY新日本有限責任監査法人

                     東京事務所
                     指定有限責任社員

                                  公認会計士          亀 井 純 子
                     業務執行社員
                     指定有限責任社員

                                  公認会計士          津 村 健二郎
                     業務執行社員
                     指定有限責任社員

                                  公認会計士          水 永 真太郎
                     業務執行社員
     中間監査意見

      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づく監査証明を行うため、
     「委託会社等の経理状況」に掲げられている野村アセットマネジメント株式会社の2020年
     4月1日から2021年3月31日までの第62期事業年度の中間会計期間(2020年4月
     1日から2020年9月30日まで)に係る中間財務諸表、すなわち、中間貸借対照表、中間
     損益計算書、中間株主資本等変動計算書、重要な会計方針及びその他の注記について中間監査
     を行った。
      当監査法人は、上記の中間財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認められる中間財
     務諸表の作成基準に準拠して、野村アセットマネジメント株式会社の2020年9月30日現
     在の財政状態並びに同日をもって終了する中間会計期間(2020年4月1日から2020年
     9月30日まで)の経営成績に関する有用な情報を表示しているものと認める。
     中間監査意見の根拠

      当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる中間監査の基準に準拠して中間
     監査を行った。中間監査の基準における当監査法人の責任は、「中間財務諸表監査における監
     査人の責任」に記載されている。当監査法人は、我が国における職業倫理に関する規定に従っ
     て、会社から独立しており、また、監査人としてのその他の倫理上の責任を果たしている。当
     監査法人は、中間監査の意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手したと判断して
     いる。
     中間財務諸表に対する経営者並びに監査等委員会の責任

      経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる中間財務諸表の作成基準に準
     拠して中間財務諸表を作成し有用な情報を表示することにある。これには、不正又は誤謬によ
     る重要な虚偽表示のない中間財務諸表を作成し有用な情報を表示するために経営者が必要と判
                                85/88


                                                          EDINET提出書類
                                               野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
      中間財務諸表を作成するに当たり、経営者は、継続企業の前提に基づき中間財務諸表を作成
     することが適切であるかどうかを評価し、我が国において一般に公正妥当と認められる中間財
     務諸表の作成基準に基づいて継続企業に関する事項を開示する必要がある場合には当該事項を
     開示する責任がある。
      監査等委員会の責任は、財務報告プロセスの整備及び運用における取締役の職務の執行を監
     視することにある。
                                86/88


















                                                          EDINET提出書類
                                               野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     中間財務諸表監査における監査人の責任
      監査人の責任は、監査人が実施した中間監査に基づいて、全体として中間財務諸表の有用な
     情報の表示に関して投資者の判断を損なうような重要な虚偽表示がないかどうかの合理的な保
     証を得て、中間監査報告書において独立の立場から中間財務諸表に対する意見を表明すること
     にある。虚偽表示は、不正又は誤謬により発生する可能性があり、個別に又は集計すると、中
     間財務諸表の利用者の意思決定に影響を与えると合理的に見込まれる場合に、重要性があると
     判断される。
      監査人は、我が国において一般に公正妥当と認められる中間監査の基準に従って、中間監査
     の過程を通じて、職業的専門家としての判断を行い、職業的懐疑心を保持して以下を実施す
     る。
     ・不正又は誤謬による中間財務諸表の重要な虚偽表示リスクを識別し、評価する。また、重
      要な虚偽表示リスクに対応する中間監査手続を立案し、実施する。中間監査手続の選択及び
      適用は監査人の判断による。さらに、中間監査の意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査
      証拠を入手する。なお、中間監査手続は、年度監査と比べて監査手続の一部が省略され、監
      査人の判断により、不正又は誤謬による中間財務諸表の重要な虚偽表示リスクの評価に基づ
      いて、分析的手続等を中心とした監査手続に必要に応じて追加の監査手続が選択及び適用さ
      れる。
     ・中間財務諸表監査の目的は、内部統制の有効性について意見表明するためのものではない
      が、監査人は、リスク評価の実施に際して、状況に応じた適切な中間監査手続を立案するた
      めに、中間財務諸表の作成と有用な情報の表示に関連する内部統制を検討する。
     ・経営者が採用した会計方針及びその適用方法並びに経営者によって行われた会計上の見積
      りの合理性及び関連する注記事項の妥当性を評価する。
     ・経営者が継続企業を前提として中間財務諸表を作成することが適切であるかどうか、ま
      た、入手した監査証拠に基づき、継続企業の前提に重要な疑義を生じさせるような事象又は
      状況に関して重要な不確実性が認められるかどうか結論付ける。継続企業の前提に関する重
      要な不確実性が認められる場合は、中間監査報告書において中間財務諸表の注記事項に注意
      を喚起すること、又は重要な不確実性に関する中間財務諸表の注記事項が適切でない場合
      は、中間財務諸表に対して除外事項付意見を表明することが求められている。監査人の結論
      は、中間監査報告書日までに入手した監査証拠に基づいているが、将来の事象や状況によ
      り、企業は継続企業として存続できなくなる可能性がある。
     ・中間財務諸表の表示及び注記事項が、我が国において一般に公正妥当と認められる中間財
      務諸表の作成基準に準拠しているかどうかとともに、関連する注記事項を含めた中間財務諸
      表の表示、構成及び内容、並びに中間財務諸表が基礎となる取引や会計事象に関して有用な
      情報を表示しているかどうかを評価する。
      監査人は、監査等委員会に対して、計画した中間監査の範囲とその実施時期、中間監査の実
     施過程で識別した内部統制の重要な不備を含む中間監査上の重要な発見事項、及び中間監査の
     基準で求められているその他の事項について報告を行う。
                                87/88




                                                          EDINET提出書類
                                               野村アセットマネジメント株式会社(E12460)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     利害関係
      会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害
     関係はない。
                                                   以  上
     (注) 1.上記は中間監査報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社が別途保管し

          ております。
        2.XBRLデータは中間監査の対象には含まれていません。
                                88/88

















PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

書類提出日で検索

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2022年4月25日

社名の変更履歴が表示されるようになりました

2020年12月21日

新規上場の通知機能を追加しました。Myページにて通知の設定が行えます。

2020年9月22日

企業・投資家の個別ページに掲載情報を追加しました。また、併せて細かい改修を行いました。

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。