株式会社ヴィッツ 有価証券報告書 第24期(令和1年9月1日-令和2年8月31日)

提出書類 有価証券報告書-第24期(令和1年9月1日-令和2年8月31日)
提出日
提出者 株式会社ヴィッツ
カテゴリ 有価証券報告書

                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社ヴィッツ(E34739)
                                                           有価証券報告書
    【表紙】
     【提出書類】                   有価証券報告書

     【根拠条文】                   金融商品取引法第24条第1項
     【提出先】                   東海財務局長
     【提出日】                   2020年11月26日
     【事業年度】                   第24期(自 2019年9月1日 至 2020年8月31日)
     【会社名】                   株式会社ヴィッツ
     【英訳名】                   WITZ   Corporation
     【代表者の役職氏名】                   代表取締役社長  服部 博行
     【本店の所在の場所】                   名古屋市中区栄二丁目13番1号
     【電話番号】                   052-220-1218
     【事務連絡者氏名】                   専務取締役 脇田 周爾
     【最寄りの連絡場所】                   名古屋市中区栄二丁目13番1号
     【電話番号】                   052-220-1218
     【事務連絡者氏名】                   専務取締役 脇田 周爾
     【縦覧に供する場所】                   株式会社東京証券取引所
                         (東京都中央区日本橋兜町2番1号)
    (注)第24期第1四半期連結会計期間より、日付の表示を和暦から西暦に変更しております。

                                  1/101












                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社ヴィッツ(E34739)
                                                           有価証券報告書
    第一部【企業情報】
    第1【企業の概況】
     1【主要な経営指標等の推移】
      (1)連結経営指標等
                   回次              第21期       第22期       第23期       第24期
                  決算年月              2017年8月       2018年8月       2019年8月       2020年8月

                           (千円)     2,166,307       2,375,816       2,300,593       2,222,802
          売上高
                           (千円)      208,174       223,754       304,449       331,091
          経常利益
                           (千円)      138,814       135,527       230,659       221,977
          親会社株主に帰属する当期純利益
                           (千円)      143,872       140,868       235,546       226,861
          包括利益
                           (千円)      316,684       466,797      1,683,384       1,893,467
          純資産額
                           (千円)      851,912      1,101,110       2,233,018       2,439,164
          総資産額
                           (円)      107.20       154.73       411.01       461.75
          1株当たり純資産額
                           (円)       49.49       46.98       69.76       54.76
          1株当たり当期純利益金額
          潜在株式調整後1株当たり当期純利
                           (円)        -       -     67.50       53.49
          益金額
                           (%)       36.26       41.23       74.62       76.74
          自己資本比率
                           (%)       59.22       35.53       21.76       12.55
          自己資本利益率
                           (倍)        -       -     34.75       66.75
          株価収益率
                           (千円)      223,272       136,941       244,570       220,571
          営業活動によるキャッシュ・フロー
                           (千円)      △ 26,918      △ 50,827       62,946     △ 214,714
          投資活動によるキャッシュ・フロー
                           (千円)      △ 14,279      △ 35,767      953,475      △ 39,918
          財務活動によるキャッシュ・フロー
                           (千円)      317,578       367,923      1,628,916       1,594,855
          現金及び現金同等物の期末残高
                           (人)        135       147       166       173
          従業員数
     (注)1.当社は第21期より連結財務諸表を作成しております。
         2.売上高には、消費税等は含まれておりません。
         3.第21期及び第22期の潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、潜在株式は存在したものの、当
           社株式は非上場であったため、期中平均株価が把握できないため記載しておりません。
         4.第21期及び第22期の株価収益率については、当社株式は非上場であったため、記載しておりません。
         5.従業員数は就業人員(当社グループからグループ外への出向者を除き、グループ外から当社グループへの出
           向者を含む。)であります。なお、臨時従業員数はその総数が従業員の100分の10未満であるため記載を省
           略しております。
         6.第21期以降の連結財務諸表については、「連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和51
           年大蔵省令第28号)に基づき作成しており、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、仰星監査
           法人の監査を受けております。
         7.2018年11月1日付で普通株式1株につき1,000株の株式分割を、2019年9月1日付で普通株式1株につき2
           株の株式分割を行っておりますが、第21期の期首に当該株式分割が行われたと仮定し、1株当たり純資産
           額、1株当たり当期純利益金額及び潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額を算定しております。
         8.当社株式は2019年4月8日に東京証券取引所マザーズに上場したため、第23期の潜在株式調整後1株当たり
           当期純利益金額については、新規上場日から第23期末日までの平均株価を期中平均株価とみなして算定して
           おります。
         9.「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」(企業会計基準第28号                                  平成30年2月16日)等を第23期連結
           会計年度の期首から適用しており、第21期及び第22期に係る主要な経営指標等については、当該会計基準等
           を遡って適用した後の指標等となっております。
                                  2/101



                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社ヴィッツ(E34739)
                                                           有価証券報告書
      (2)提出会社の経営指標等
              回次              第20期       第21期       第22期       第23期       第24期
             決算年月              2016年8月       2017年8月       2018年8月       2019年8月       2020年8月

                      (千円)     1,790,011       2,147,319       2,340,577       2,249,443       2,145,632
     売上高
                      (千円)      172,026       208,852       187,456       269,345       297,461
     経常利益
                      (千円)       51,063      143,801       116,365       212,146       202,966
     当期純利益
                      (千円)       75,000       79,879       88,589      583,789       583,789
     資本金
                       (株)       1,400       1,441       1,467     2,027,000       4,054,000
     発行済株式総数
                      (千円)      154,917       304,977       430,837      1,624,581       1,811,260
     純資産額
                      (千円)      655,973       849,852      1,052,345       2,159,584       2,339,675
     総資産額
                       (円)       55.33      105.82       146.84       400.74       446.79
     1株当たり純資産額
                            2,500.00       5,500.00       6,000.00         8.00       6.00
     1株当たり配当額
                       (円)
     (うち1株当たり中間配当額)                         ( - )     ( - )     ( - )     ( - )     ( - )
                       (円)       18.24       51.27       40.33       64.16       50.07
     1株当たり当期純利益金額
     潜在株式調整後1株当たり当期純利
                       (円)        -       -       -     62.08       48.91
     益金額
                       (%)       23.62       35.89       40.94       75.23       77.42
     自己資本比率
                       (%)       40.35       62.54       31.63       20.64       11.81

     自己資本利益率
                       (倍)        -       -       -     37.78       73.00
     株価収益率
                       (%)       6.85       5.36       7.44       6.23      11.98
     配当性向
                       (人)        131       125       138       155       157
     従業員数
                       (%)        -       -       -       -     151.0
     株主総利回り
     (比較指標:配当込みTOPIX)                  (%)        ( - )     ( - )     ( - )     ( - )    ( 109.8   )
                                                 7,520
                       (円)        -       -       -            4,510
     最高株価
                                                ※2,615
                                                 5,000
                       (円)        -       -       -             851
     最低株価
                                                ※2,420
     (注)1.売上高には、消費税等は含まれておりません。
         2.第20期     から  第22期の潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、潜在株式は存在したものの、当
           社株式は非上場であったため、期中平均株価が把握できないため記載しておりません。
         3.第20期から第22期までの株価収益率については、当社株式は非上場であるため、記載しておりません。
         4.従業員数は就業人員(当社から社外への出向者を除き、社外から当社への出向者を含む。)であります。な
           お、臨時従業員数はその総数が従業員の100分の10未満であるため記載を省略しております。
         5.第21期以降の財務諸表については、「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和38年大蔵
           省令第59号)に基づき作成しており、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、仰星監査法人の
           監査を受けております。
           なお、第20期については、「会社計算規則」(平成18年法務省令第13号)の規定に基づき算出した各数値を
           記載しております。また、当該各数値については、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づく仰星
           監査法人の監査を受けておりません。
         6.2018年11月1日付で普通株式1株につき1,000株の株式分割を、2019年9月1日付で普通株式1株につき2
           株の株式分割を行っておりますが、第20期の期首に当該株式分割が行われたと仮定し、1株当たり純資産
           額、1株当たり当期純利益金額及び潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額を算定しております。
         7.当社株式は2019年4月8日に東京証券取引所マザーズ市場に上場したため、第23期の潜在株式調整後1株当
           たり当期純利益金額については、新規上場日から第23期末日までの平均株価を期中平均株価とみなして算定
           しております。
         8.第20期から第23期までの株主総利回り及び比較指標については、当社株式が2019年4月8日に東京証券取引
           所マザーズに上場し、それ以前は非上場であったため記載しておりません。
                                  3/101


                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社ヴィッツ(E34739)
                                                           有価証券報告書
           なお、第24期の株主総利回り及び比較指数は、第23期事業年度末の株価又は株価指数を基準として算定して
           おります。
         9.最高株価及び最低株価は東京証券取引所マザーズ及び東京証券取引所市場第一部におけるものであります。
           なお、2019年4月8日付で同取引所に株式を上場いたしましたので、同日以前の株価については該当事項は
           ありません。
         10.最高株価及び最低株価に記載の※印は株式分割(2019年9月1日付で1株につき2株の割合で株式分割)に
           よる権利落後の最高株価及び最低株価を示しております。
                                  4/101


















                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社ヴィッツ(E34739)
                                                           有価証券報告書
     2【沿革】
    当社は“技術”と“社員”に責任を持つ、技術志向の会社を作りたいと考え、技術の進化を的確に捉え、進化する技術を
    活用して社会に貢献する企業とすることを目的として、1997年6月11日に株式会社ソフィックス名古屋として設立してお
    ります。
    当社設立以後の当社グループに係る主要事項は次のとおりであります。
      1997年6月        株式会社ソフィックス名古屋として名古屋市中区に会社設立(資本金1,000万円)し、工作機械制

              御ソフトウェア請負を開始
      1999年4月        制御ソフトウェア技術をベースに家電分野へ進出
      2000年3月        自動車分野へ進出
      2000年10月        社名を株式会社ヴィッツに変更
      2004年4月        自動車国際標準仕様RTOS(OSEK/VDX仕様)を開発
      2005年7月        名古屋市中区に白川事業所を設置
      2005年8月        中小企業向けの公的研究事業(産官学連携)による研究を本格的に実施これ以降、毎年数本の研究
              事業を継続的に実施
      2005年10月        FlexRay通信ミドルウェアを開発
      2007年2月        同区内(名古屋市中区)に本社移転(白川事業所と統合)
      2008年4月        研究成果を活用した機能安全事業を開始(後に機能安全開発部を設置)
      2008年9月        大阪市北区に大阪事業所を開設
      2010年3月        東京都千代田区に東京事業所を開設
      2010年4月        国際認証機関       独  T Ü V S Ü D より、機能安全規格          IEC  61508   SIL-4   ソフトウェア開発プロセス認証
              を国内で初めて取得
      2011年9月        自動車及び産業機械向けのリアルタイムオペレーションシステム(商品名:OWLSシリーズ)の販売
              を開始
      2012年3月        国際認証機関       独  T Ü V S Ü D より、自動車向け機能安全規格               ISO  26262   ASIL-3    ソフトウェア開発プ
              ロセス認証を世界で初めて取得同時に、国内4社の認証取得コンサルティングを行い、コンサル先
              企業も認証を取得
      2012年11月        札幌市中央区に札幌事業所を開設
      2013年2月        名古屋市中区に先端技術の調査・研究、コンサルティングを行う株式会社アトリエを設立
      2013年8月        同区内(東京都千代田区)に東京事業所を移転
      2014年3月        同区内(大阪市北区)に大阪事業所を移転
      2014年5月        同区内(札幌市中央区)に札幌事業所を移転
      2014年9月        横浜市港北区に横浜事業所を開設
      2016年5月        国際認証機関       独  T Ü V S Ü D より、制御機器セキュリティ規格                IEC  62443   に準拠した      Security
              Operating     System    のセキュリティコンセプトに関する                 Technical     Report    を取得
      2016年6月        横浜事業所を閉鎖(東京事業所に集約)
      2016年10月        沖縄県那覇市にソフトウェア検証・実装業務を専門的に行う株式会社ヴィッツ沖縄を連結子会社
              (100%)として設立
      2016年12月        沖縄県うるま市に沖縄分室を開設
      2017年3月        株式会社アトリエ(現・連結子会社)の株式を追加取得
      2019年4月        東京証券取引所マザーズに株式を上場
      2020年7月        東京証券取引所市場第一部へ市場変更
                                  5/101






                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社ヴィッツ(E34739)
                                                           有価証券報告書
     3【事業の内容】
        当社グループは当社(株式会社ヴィッツ)及び、連結子会社(株式会社アトリエ及び、株式会社ヴィッツ沖縄)で
      構成されております。
        事業構造としては、主に製品メーカに対して組込ソフトウェアを提供する「組込システム事業」、シミュレーショ
      ン環境を提供する「システムズエンジニアリング事業」及びSafety                               & Securityコンサルティングを提供する「機能
      安全開発事業」の3つを主たる業務としており、「その他」として子会社における研究事業の推進やソフトウェア開
      発の検証事業等を行っております               (下図、「当社       グループの     事業セグメントと事業構成図」参照)                 。
        なお、事業の区分は「第5 経理の状況 1 連結財務諸表等(1)連結財務諸表 注記事項」に掲げるセグメン
      トの区分と同一であります。
        当社グループの事業セグメントと事業構成図

        当社は設立以来、「半歩先の技術で人々の生活を豊かにする」を企業理念として掲げております。                                             人々が毎日利用






      する製品の多くは、組込システムと呼ばれる製品であり、その代表例は自動車、デジタル家電、白物家電、スマート
      デバイスなどがあげられます。これらの製品の機能や性能は組込ソフトウェアにより実現されております。当社グ
      ループは顧客企業から信頼されうる安全な組込ソフトウェアを提供するとともに、近未来社会で必要となる新技術や
      新たな課題へいち早く対応することにより、人々の生活を豊かにすることを支援いたします                                          (下図、「未来社会を支
      える当社    グループの     技術と支援サービス」参照)             。
        未来社会を支える当社          グループの     技術と支援サービス

                                  6/101









                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社ヴィッツ(E34739)
                                                           有価証券報告書
      ●組込システムと組込ソフトウェアとは
        人々が日々の暮らしの中で利用する電子機器                    (電子制御を伴った電気炊飯器、デジタルテレビ、自動車                           等)のこ
      とを組込機器と呼びます。この組込機器は、マイクロコンピュータと呼ばれる小型のコンピュータを搭載し、このコ
      ンピュータを含むハードウェアとコンピュータを動作させるソフトウェアで構成されてお                                         ります。このハードウェア
      とソフトウェアを合わせて組込システムと呼び、ソフトウェアを組込ソフトウェアと呼びます。
        一般的に組込システムは、機器を動作させるため長時間動作や省電力などの要求レベルが高く、また、自動車や大
      型機械などはその動作が人命を預かるため、信頼性・安全性などが要求されます。
        また、組込機器の多くで利用する通信技術や安全(SafetyやSecurity)技術はIoT/CPS世界実現のための必須の基
      盤技術であると当社グループは考えております。
        安全性が重要とされる組込システムの開発には、エンジニアリングに加え、安全に開発するためのコンサルティン





      グ、開発支援などが必要です。また、製品によっては現実社会での試験が困難(例えば、自動運転は安全性、社会許
      容性、法規などの問題で公道での試験が困難)であるため、網羅的に試験を行うための仮想環境など、開発支援環境
      が必要となります。
        組込ソフトウェア開発、リアルタイムオペレーティングシステム、自動運転技術、機能安全や組込セキュリティ支
      援、仮想化技術等を個別にサービス提供する国内ソフトウェア開発企業は多数ありますが、当社はこれらのすべての
      サービスを1社(グループ)で提供することができるという特徴があります。
        また、組込ソフ       トウェアは組込装置(例:自動車、家電など)と一体をなして開発されるために、大手メーカ又は
      その子会社が手掛けることがありますが、当社グループはこのような企業系列に属していない独立系の企業グループ
      です。そのため系列や製品分野を超えた企業へのサービス提供が可能であります。
                                  7/101









                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社ヴィッツ(E34739)
                                                           有価証券報告書
      (1)組込システム事業
        当社グループは、設立以来、組込システムに関するソフトウェア開発を                                 主要な   事業基盤としております。組込シス
      テム事業の具体的な内容は、国内外顧客(産業機械メーカ、自動車メーカ、自動車部品メーカ、デジタル家電メー
      カ、建設機械メーカなど)に対して、                 組込ソフトウェアの受託開発業務「制御ソフトウェアエンジニアリングサービ
      ス」を提供しております。また、これら顧客企業向けに「リアルタイムオペレーティングシステム(RTOS)開発、販
      売」を実施しております。
        また、近年は自動車メーカに「組込セキュリティ支援」サービスを提供しております。これは、自動車をはじめと
      する多くの製品分野で外部ネットワークとの接続による新たなサービスの提供を開始しておりますが、それに伴い発
      生するセキュリティ課題の解決を支援するものです。これら当社グループが提供するソリューションは、今後成長が
      期待されるIoT/CPSの基盤技術であり、下図                    、「組込技術は分野共通の中核技術」                 に示すように、       産業分野全域に必
      要な技術要素であります。そのため幅広い分野の顧客企業を対象としております。
              組込技術は分野共通の中核技術

       組込システム事業の主な提供サービスの概要は以下のとおりとなります。





      ●制御ソフトウェアエンジニアリングサービス

        当社が提供する自動車及び組込システム向けの制御ソフトウェアエンジニアリングサービスは、様々な産業で利用
      される基盤技術であります。特に、近年電子化が急速に進展する自動車関連向けの制御ソフトウェアエンジニアリン
      グサービスは      当社の中核技術となっております               。また、自社で保有する自動車向けRTOS(欧州の規格で実質的な標準
      仕様であるAUTOSARやOSEK/VDX仕様のOS)のカスタマイズやインテグレーションサービスを自動車メーカや自動車部
      品メーカに提供しており、制御ソフトウェアエンジニアリングサービスとのシナジー効果を高めております。
      ●リアルタイムオペレーティングシステム(RTOS)開発、販売

        主に自動車と産業機器に特化したRTOSを自社開発し、販売提供しております。いずれもOWLS(オウルズ)という名
      称にて販売しております(Owls               for  Automotive,      Owls   for  Industry)。また、機能安全に対応したRTOSやセキュリ
      ティ機能を付加したモデルもラインアップしております。
        これらのRTOSは       ソフトウェア部品の         製品として     販売しているため、顧客企業ごとに専用ソフトウェアを提供する                              ソ
      フトウェア開発支援サービスと比較して利益率が高いという特徴があります。
                                  8/101






                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社ヴィッツ(E34739)
                                                           有価証券報告書
      ●自動運転技術支援サービス
        自動車や各種ロボットなどが自律的に動作し、人々の生活を支援する社会が現実味をおびてきました。
        当社グループは、来るべき自律システム社会を支える基盤技術を得るため、                                   経済産業省の研究事業を活用し、積雪
      路面での自動運転を実現するための技術研究を実施いたしました。この研究では世界的に研究が進められている“ダ
      イナミックマップ”(※)が活用できない積雪路面で、雪道を判別                               し安全に走行するための基礎技術を開発し、その
      技術を過疎化地域で活用することを目的としております。
      ※ダイナミックマップとは高精度な三次元地図情報や動的に更新される道路状況などを組み合わせた地図情報です。
        自動運転ではカメラなどで認識した人工構造物(信号、センターライン、側溝など)とダイナミックマップ情報を
        比較して、自己位置を推定します。
        当社グループは、自動車メーカ各社が自動運転をはじめとする自律システムを開発する場合に、研究活動で得たセ
      ンサー技術や人工知能を活用した判断技術の                    提供を開始いたしました。            提供先は自動運転車両開発メーカ及び自動運
      転車両への電装部品のサプライヤーとなります。
        自動運転走行実験の様子

       自動運転に必要なシミュレータ及びセンシング技術





       ※SLAM(Simultaneous            Localization       And  Mapping):各種センサーなどを用いて移動中の自身の位置を測定し、





                                 同時にローカルな地図を作成する機能。
                                  9/101





                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社ヴィッツ(E34739)
                                                           有価証券報告書
      ●組込セキュリティ支援
        コネクテッドカーの普及に伴いクルマが「繋がる」ことで車載セキュリティが重要になっており、国際的な安全基
      準が策定され、まもなく施行されることとなっております。
        当社は保有する車載ソフトウェア開発ノウハウと研究活動成果である組込ソフトウェア向けセキュリティ対応のノ
      ウハウを活かして、組込セキュリティ支援事業                      (セキュリティコンサルタント、セキュリティ脅威分析支援、セキュ
      リティプロセス構築支援、セキュリティ教育、セキュリティ対応ソフトウェア開発、SIRT支援サービス)を提供して
      おります。
        製品のセキュリティインシデント活動を担う                     SIRT   支援サービスについては、近年の需要増を受け、子会社である
      株式会社ヴィッツ沖縄と連携し、機密情報やノウハウは顧客ごとに守りつつ、米国発の脆弱性データベースの調査と
      対策など汎用的な作業を効率化し運用コスト低減に貢献するものとなっております。
        組込セキュリティ支援は、当社の事業拡大を実現する重要なサービスと位置付けており、自動車メーカや自動車部
      品メーカはじめ多くの組込機器開発企業に幅広く提供すべく、当社グループで体制を強化しております。
      (2)システムズエンジニアリング事業

        システムズエンジニアリングとは「システムの実現を成功させることができる複数の専門分野にまたがるアプロー
      チ及び手段」と定義されております。すなわち複数の専門分野(例えば、電気工学、機械工学、ソフトウェア工学な
      ど)を統合し、束ねるためのアプローチを指します                        (下図、「システムズエンジニアリングのイメージ図(自動運転
      システムを例にして説明)」参照)                。
        システムの定義は、「ハードウェア、ソフトウェア、人、情報、技術、サービスなどの支援要素で定義された目的
      を成し遂げるための、相互作用する要素を組み合わせたもの」であるため、システムズエンジニアリングは複数のシ
      ステムを並列・階層的に接続して目的を達成することになります。例えば自動運転システムは、自動車システム、交
      通システム、経路探査システム、人間行動システムなど多岐にわたるシステムを連携して実現される、システムズエ
      ンジニアリングに        より解決するべきシス          テムであります。
        自動車システムなど複雑なシステムに対して効率的な開発をするために、近年はモデルと呼ばれる表記法(様々な
      モデル表記が実在します)が用いられるようになってきております。当社グループは、設立3年目の1999年から                                                   モデ
      ル表記法を利用した         モデルベース開発を実施しております。
        具体的な内容としては、「自動運転/先進安全向けシミュレーション技術による開発支援」、「車載制御モデル開
      発」、「車載制御シミュレーション開発」などの事業を実施しております。
      システムズエンジニアリングのイメージ図(自動運転システムを例にして説明)

                                 10/101










                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社ヴィッツ(E34739)
                                                           有価証券報告書
       システムズエンジニアリング事業の主な提供サービスの概要は以下のとおりとなります。
      ●自動運転/先進安全向けシミュレーション技術による開発支援

        自動車関連企業を対象に、自動運転の検証を目的とし                         た仮想環境技術を提供しております。
        自動運転車両の開発には莫大な走行時間(走行距離)による検証が必要となりますが、日本では研究段階の車両を
      公道で走行させることができる地域が限られており、申請手続きも煩雑であるため、検証が進まないという課題があ
      ります。当社は、コンピュータ上で公道走行と同じ仮想環境を作ることができ、また、様々な天候状況なども再現で
      きます。したがって、自動運転車両の研究開発には仮想環境技術の活用は必須であるといえます。
        さらに、自動運転技術の更なる高度化を支援する、リスクポテンシャルシンセサイザ―の提供を開始いたしまし
      た。この技術は近未来のリスクをシミュレーションし、自動運転の判断を司る人工知能の高度化を支援するための製
      品であります。
       当社が    提供  している自動運転シミュレータの例
      ●車載制御モデル開発/車載制御シミュレーション開発





        「車載制御モデル開発/車載制御シミュレーション開発」は、自動車を構成する各種部品の動作をつかさどるソフ
      トウェアをモデル表記図で作成するとともに、シミュレーションを活用して開発の早期化や品質向上を実現するため
      の技術を提供しております。
        中でも自動車制御システムのラピッドプロトタイピング開発(製品開発で用いられる試作手法)であるHILSシステ
      ムを得意としております。HILSは、開発するシステムの周辺装置の完成を待つことなく、開発を進めることができま
      す。下   図「HILS(Hardware          In  the  Loop   Simulation      )のシステム例」では、開発対象となるエンジンシステムの周
      辺装置には、トランスミッションなどの多くのシステムが必要となります。通常、自動車開発ではエンジンやトラン
      スミッションなどは同時に開発されるため、エンジン開発でトランスミッションの開発完了を待たず、HILSと呼ばれ
      るシミュレータ技術を利用します。
                                 11/101








                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社ヴィッツ(E34739)
                                                           有価証券報告書
        この例では、エンジンECUのHILSモデルを示します。開発対象のエンジン制御(ソフトウェアもしくはモデル)を







      実際のECU上で動作させ、エンジンを通常動作させて試験を実施します。エンジンには各種センサー(O2センサー、
      温度センサー)が搭載されています。それらのセンサー類は実物もしくはプラントモデル内で模擬します。またエン
      ジンと連携をするサブシステムや外部環境はプラントモデルを作成して、あたかも実際の環境であるかのようにエン
      ジンシステムと連携します。これにより車両完成前であっても各種の試験を実施することができます。これ                                                 らのシ
      ミュレーション環境を当社グループは提供しております。
      ●人工知能の安全活用技術の提供

        2020年3月まで公的研究費             ( 日本政府および英国政府            ) を活用して人工知能の安全活用技術に関する研究を行っ
      てきました。これらの研究成果を                「SEAMS    ガイドライン」にまとめております。
        自律制御の開発を行うメーカ及び研究機関にガイドラインの販売、技術の提供をしております。
      (3)機能安全開発事業

        当社グループは2008年から            工作機械メーカ、自動車関連メーカなど製品の安全性が求められるメーカ向けに、                                      機能
      安全(Safety       & Security)     コンサル    ティングを実施しております。
        機能安全とは、コンピュータを用いた制御装置に対し、監視装置や防護装置などの付加機能によるリスクの低減を
      施すことです(下図、「本質安全と機能安全                     ~踏切の安全例~」参照)。
        自動車や電車などの装置は、人々の生活に不可欠な存在になっております。これらの装置は膨大なソフトウェアを
      利用して機能を提供しております。このような装置が何らかの問題(ハードウェアの故障やソフトウェアの不具合)
      で動作が不安定になったり機能を停止した場合には、人々に危害を及ぼす危険があります。例をあげると、自動車・
      電車などのブレーキが何らかの原因で動作しなくなった場合には、重大な事故につながりかねません。
        当社グループは機能安全の考え方を規定した機能安全規格を取得(産業機械やプラント工場などの機能安全である
      IEC  61508のソフトウェアプロセス認証を国内で初めて取得(2010年)、自動車の機能安全規格ISO                                           26262のソフト
      ウェアプロセス認証を世界で初めて取得(2012年))しております。
                                 12/101






                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社ヴィッツ(E34739)
                                                           有価証券報告書
       機能安全開発事業の主な提供サービスの概要は以下のとおりとなります。
      ● コンサルティング/安全対策用技術コンテンツ販売

        当社グループは、機能安全規格に対応したソフトウェア開発プロセスに関する認証を第三者認証機関であるドイツ
      TÜV  SÜDから取得しております。当該認証取得にあたって、安全なソフトウェア開発のための装置全体に何らかのソ
      フトウェア防御策を施す技術的な対策と、ソフトウェアの不具合が少なくなるよう開発するための開発プロセスの2
      つの対応を習得しております。              当該認証取得で得られた経験や規格への対応方法を活かして、機能安全規格に準拠し
      た開発を行いたい企業にコンサルティングサービスを提供しております。
        また、コンサルティングサービスのひとつとして機能安全規格に関する認証を取得したいと考える企業が認証に必
      要な各種ドキュメントや、機能安全規格に準拠するソフトウェア開発プロセスにかかる規定文書などを作成するサー
      ビスを提供しております。
        さらに、安全対策用技術コンテンツ販売については、認証取得に必要なソフトウェア設計エビデンスのフォーマッ
      ト、対策方法をまとめた資料などを販売しております。
      ●ソフトウェア開発支援ツール輸入、販売

        機能安全をはじめ、信頼性の高いソフトウェアを設計するためには、人手による確認だけでは不十分です。当社は
      信頼性などを向上させるための支援ツールをドイツのソフトウェアツールメーカなどから輸入し、販売しておりま
      す。
      ●教育サービス

        当社グループは、機能安全規格の解説、安全性の考え方などの教育をセミナー形式で実施しております。
      (4)その他

        その他事業は、当社の子会社である「株式会社アトリエ」と「株式会社ヴィッツ沖縄」が行っており、いずれも当
      社との協業により実施しております。
      ●ソフトウェア開発に関する新技術及び規格調査

        当社グループに必要な新技術の調査及びソフトウェア開発に関する新規格調査を行っております。ソフトウェア開
      発に関する進歩は急速に進んでおり、短期間で新たな対応規格が数多く公開されます。多くの規格は実施するべき項
      目が記載されておりますが、“なぜ実施する必要があるのか”といった規格の背景や、“どこまでやれば十分か”と
      いった対応範囲などは明確に記載されていないのが現状です。
        国立研究開発法人産業技術総合研究所に所属し、規格策定や調査を担当した技術メンバーが中心となり、新規格の
      調査を行い、顧客企業へ調査結果を提供するサービスを行っております。
      ●組込ソフトウェア評価・開発支援

        沖縄県の若い人材を活用した組込ソフトウェア評価・開発支援を行っております。沖縄県はソフトウェア産業にお
      いて現在発展途上の状況であるため、ソフトウェア開発などを実現するには技術者教育と開発などの経験が必要とな
      ります。
        当社グループでは若年層技術者にソフトウェアの評価、組込機器の画面開発など、比較的開発が容易な部位を担当
      させるとともに、ソフトウェア開発の教育を実施しております。
        評価や画面開発など多数の技術者を必要とする業務を若年技術者を活用することにより、当社グループ全体での開
      発コストの削減に寄与しております。
        沖縄県は雇用費用が低いため、ソフトウェア開発の試験、組込機器の画面開発など、比較的要求される技術が低い
      開発を担当し、当社グループ全体での開発コストの削減に寄与しております。
                                 13/101






                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社ヴィッツ(E34739)
                                                           有価証券報告書
        [事業系統図]
       [用語の定義]








      本書記載内容に対する理解を容易にするために、また、正しい理解をいただくために、本書で使用する用語の定義と
      解説を以下に記載します。
                                                    (五十音順)
     用語              用語の定義
     インテグレーション              インテグレーションとは統合の意味をもつ英単語です。

                   複数の要素を組み合わせて1つに統合することを意味します。
                   本文書では、コンピュータシステム上にリアルタイムオペレーティングシステムや他
                   のサービスプログラムと、機能実現をするアプリケーションプログラムを統合するこ
                   とを意味しています。
     開発プロセス              ソフトウェア開発において、開発プロセスとは、ソフトウェアの開発手順や工程、要
                   因、成果物、進め方などの基本的な考えを定義したもの。
     仮想化技術              一般にはコンピュータのリソースを抽象化する技術を示す。
                   本書では、自動車の設計開発や検証過程で実車を用いず、コンピュータを用いたシ
                   ミュレーションや、自動運転技術の向上のために必要な走行テストをコンピュータ上
                   で実現するための技術を仮想化技術と定義する。
     機能安全              「監視装置や防護装置などの付加機能によるリスク低減策」であり、安全方策(安全
                   を確保する為の考え方)の1つである。人間、財産、環境などに危害を及ぼすリスク
                   を、機能や装置の働きにより、許容可能なまでに低減する一つの手法である。
     機能安全規格              コンピュータを利用して装置を制御する場合のシステムレベルでの安全性立証をする
                   安全規格を指す。一般産業機器向けの基本規格(IEC                         61508)や自動車向け規格(ISO
                   26262)がある。
     組込システム              特定の機能を実現するために機械や装置等に組み込まれるコンピュータシステムを指
                   す。PC等の汎用的なシステムと対比され、特定の機能を実現する目的で組み込まれ
                   る。産業用機器、医療用機器、家庭用機器等、制御を必要とする多くの製品に用いら
                   れている。
                                 14/101



                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社ヴィッツ(E34739)
                                                           有価証券報告書
     用語              用語の定義
     組込セキュリティ              単にソフトウェアのセキュリティはIT系を指すことが多い。

                   組込セキュリティはITセキュリティと守るべき資産や動作環境などが異なるため、同
                   種の対応では実施できないため区別される。ここでは組込システムを対象としたセ
                   キュリティを組込セキュリティとしている。
     組込ソフトウェア              組込システムは、ハードウェアとソフトウェアから構成されており、組込ソフトウェ
                   アはソフトウェア部位を示す。
                   特定機能を実現するために開発されており、汎用のもの、独自のもの、両方を組み合
                   わせたものがある。
     形式手法              ソフトウェア工学における数学を基盤としたソフトウェア及びハードウェアシステム
                   の仕様記述、開発、検証の技術である。
     システムズエンジニアリング              システムの実現を成功させることができる複数の専門分野にまたがるアプローチ及び
                   手段を指す。
                   システムズエンジニアリングは、技術分野には依存しない仕事の仕方である。ここで
                   言うシステムとは、ハードウェア、ソフトウェア、情報、設備、組織、社会、人間な
                   ど、相互作用し合う要素を組み合せたあらゆるものを含む。
     自動運転技術              自動運転車とは、人間が運転操作を行わなくとも自動で走行できる自動車のことを指
                   し、自動運転技術は自動運転車を実現するための多様な技術の集まりを指す。
     人工知能              人間の知的能力をコンピュータ上で実現する、様々な技術・ソフトウェア・コン
                   ピュータシステムを指す。
     セマンティックセグメンテー              画像認識技術の一種。ディープラーニング(深層学習)を中心とした機械学習を利用
     ション              し、画像内の物を認識するもの。
     センサーフュージョン              検出するべき対象を確実に認識できるセンサーが存在しない場合、検出原理の異なる
                   複数のセンサーを組み合わせて、認識を高める方法。
                   フュージョンは融合を示すため、センサー融合の意味を持つ。
     ソフトウェア開発プロセス認              本文中で使用する「ソフトウェア開発プロセス認証」とは、機能安全規格が要求する
     証              開発プロセスを十分に満たしたと第三者認証機関が判断した場合に認証される、認証
                   書もしくは認証されたプロセスを示す。
     プラットフォーム              コンピュータやシステムの基礎部分となるものを指す。通常、ハードウェア及び(又
                   は)オペレーティングシステムを指す。
                   本書ではソフトウェアアプリケーションの基礎部分を指す。
     モデル              動作条件や機能などを図などで示すこと。
     モデルベース開発              シミュレーション技術を活用することで、品質と生産性の向上を両立させることがで
                   きる開発プロセス。上流工程でモデルを作成し、シミュレーションを行うことで設計
                   品質の向上効果がある。また、上流工程で作成したモデルはプログラムの自動生成、
                   リアルタイムシミュレータ(HILS)を使った検証など、すべての工程で活用でき、生
                   産性、品質向上に効果を発揮する。
     ラピッドプロトタイピング開              製品開発で用いられる試作の手法です。
     発              高速(rapid)に試作(prototyping)することを目的とした開発手法を示します。本書で
                   説明している、HILSシステムは、ラピッドプロトタイピング開発の一例となります。
     リアルタイムオペレーティン              Real-time     operating     systemの略称。
     グシステム
                   リアルタイムシステムのためのオペレーティングシステム(OS)である。OSの主要な
                   機能である資源管理において、時間資源の優先度に基づく配分と実行時間の予測可能
                   性を提供することに特化している。
     AGL              Automotive      Grade   Linuxの略称。
                   The  Linux   Foundationが2012年に発足させたワーキンググループ。Connected                               Carの共
                   通基盤となるLinuxベースのソフトウェアスタックを開発するオープンソース共同開発
                   プロジェクトの名称。
                                 15/101




                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社ヴィッツ(E34739)
                                                           有価証券報告書
     用語              用語の定義
     AUTOSAR              AUTomotive      Open   System    ARchitectureの略称

                   2003年に発足した自動車業界のグローバル開発パートナーシップである。活動目的
                   は、インフォテインメントを除く領域で、車載電子制御ユニット用の共通標準ソフト
                   ウェアアーキテクチャを策定、確立することである。さまざまな車種やプラット
                   フォームに対応できる拡張性、ソフトウェアの可搬性、可用性への配慮、安全要求へ
                   の対応、多種多様なパートナーとの協業、天然資源のサステナブルな利用、車両の
                   「製品ライフサイクル」全般にわたる保守性などを目標とする。
                   なお、本書では当該用語を単に団体名称として使う場合と、当該団体が策定した各種
                   仕様、さらには仕様に準拠したソフトウェアモジュールの名称として利用する。
     Connected     Car         常時インターネットに接続できる機能を備えた自動車のこと。自動車がインターネッ
                   トにつながることで、さまざまな情報を収集・活用できるだけでなく、自動車から情
                   報を配信することもできる車両を指す。
     CPS              Cyber-Physical        Systemの略称。
                   現実世界(フィジカル空間)でのセンサーネットワークが生みだす膨大な観測データ
                   などの情報について、サイバー空間の強力なコンピューティング能力と結びつけ数値
                   化し定量的に分析することで、これまで「経験と勘」に頼っていた事象を効率化し、
                   より高度な社会を実現するために、「あらゆる社会システムの効率化」「新産業の創
                   出」「知的生産性の向上」などを目指すサービス及びシステムを指す。
     ECU              Electronic      Control    Unitの略、Engine         Control    Unit   の略の場合もある。
                   車に搭載されているコンピュータを指す。
                   現在販売されている自動車は、全て電子制御化されており、各センサーからの情報を
                   ECUがクルマの状況に合わせ、理想となる「燃料噴射量」を調整し、「点火時期」の進
                   角・遅角、各「動弁機構」などを制御している。
                   また、エンジン制御だけではなく、AT、CVTなどトランスミッションの制御、ABS、EBD
                   の制動系など、車の進化に伴いECUの役割も多様化している。
     FlexRay              FlexRay    Consortiumによって開発された、自動車などの車載ネットワーク(車載LAN)
                   の通信プロトコル(ビークルバス)の1つである。
     HILS              Hardware     In  the  Loop   Simulatorの略称。
                   主に自動車で発達した技術で、エンジンや車両挙動等を模擬した数式をリアルタイム
                   に実行することで、実機を模擬したシミュレーションを行うことが可能な開発用シ
                   ミュレータを指す。
     IEC  61508            IEC(国際電気標準会議)が制定した基本安全規格(basic                           safety    publication)であ
                   り、プロセス産業における電気・電子・プログラマブル電子(Electrical・
                   Electronic・Programmable             Electronic)(以下、E/E/PE)機能安全に関する国際規格
                   である。E/E/PEの機能又は故障・障害によって人命、環境、財産に大きな影響を与え
                   るものなどを対象とする。機械だけで構成する装置はIEC                           61508の対象外である。IEC
                   61508は、プラント、発電所、機械、鉄道、医療機器、家電やシステムのリスクを軽減
                   するために使用するコンピュータ・ソフトウェアを含むE/E/PEによる安全性を高める
                   ための機能安全規格である。
     IEC  62443            制御システムを対象とするセキュリティに関する標準規格。
     IoT              Internet     of  Thingsの略称。
                   様々な「モノ(物)」がインターネットに接続され(単に繋がるだけではなく、モノ
                   がインターネットのように繋がる)、情報交換することにより相互に制御する仕組み
                   である。それによる社会の実現も指す。「物のインターネット」と表記された例もあ
                   る。
     IoTデバイス              IoTとしてインターネットに接続される機器を指す。
                   代表例:スマートフォン、ネットワークカメラなど。
     ISO/SAE21434              自動車サイバーセキュリティの国際規格。WP29                      法規要件の実現手段として参照。
                   2020   年  2月   DIS  発行。
                   ※DIS:Draft       International       Standard
     ISO  26262            自動車の電気/電子に関する機能安全についての国際規格。IEC                              61508を自動車分野に
                   適用したもの。
                                 16/101


                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社ヴィッツ(E34739)
                                                           有価証券報告書
     用語              用語の定義
     MILS              Model   In  the  Loop   Simulatorの略称。

                   制御対象となる装置の動作をモデルで記述し、外部環境モデルと結合して動作させる
                   シミュレーション環境を指す。
     OSEK              Offene    Systeme    und  deren   Schnittstellen        für  die  Elektronik      im  Kraftfahrzeugの
                   略称。
                   自動車制御を行うエンジンコントロールユニット(ECU)で用いるプログラムの業界標
                   準作成を目標としてドイツの自動車産業が1993年に設立したプロジェクトである。                                      ま
                   た、そのプロジェクトが規定したオペレーティングシステム仕様も指す。
                   本書ではオペレーティングシステム仕様を指す。
                   なお、OSEKと同様のプロジェクトであったVDXが協調路線をとり、OSEK/VDXとして表記
                   する場合もある。
     RTOS              「リアルタイムオペレーティングシステム」参照。
     SILS              Software     In  the  Loop   Simulatorの略称。
                   制御装置と制御対象等のシステム全体を、すべてソフトウェアでシミュレーションす
                   る事で、ソフトウェア環境のみで制御開発が可能となるシミュレータ環境を指す。
     SIRT              Security     Incident     Response     Teamの略称。
                   脆弱性情報を収集、分析を実施する組織を指す。
     T Ü V S Ü D           認証、試験、検査、ナレッジサービス、トレーニングビジネスを提供している世界第
                   6位の第三者認証機関である。
     μITRON              組込システム向けのリアルタイムオペレーティングシステム(OS)                               の仕様名称です。
                   μは小型を意味し、マイコンと呼ばれる小型コンピュータで利用することを示してお
                   ります。
                   ITRON   は、産業向けのOSであるIndustrial                 TRON   の略称であり、TRONは仕様を策定す
                   るプロジェクト団体の名称です。
                                 17/101












                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社ヴィッツ(E34739)
                                                           有価証券報告書
     4【関係会社の状況】
                                         議決権の所
                           資本金      主要な事業の        有割合又は
          名称           住所                               関係内容
                           (千円)      内容        被所有割合
                                          (%)
    (連結子会社)

                                               ・役員の兼任3名
     株式会社アトリエ            名古屋市中区           16,300     その他            74.8   ・研究事業推進・コンサル
                                               ティングの委託
                                               ・役員の兼任3名
     株式会社ヴィッツ沖縄            沖縄県那覇市           10,000     その他           100.0    ・ソフトウェア開発の検証
                                               等委託
     (注)1.「主要な事業の内容」欄には、セグメントの名称を記載しております。
         2.上記の他、持分法非適用関連会社1社があります。
                                 18/101
















                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社ヴィッツ(E34739)
                                                           有価証券報告書
     5【従業員の状況】
      (1)連結会社の状況
                                                  2020年8月31日現在
                                          従業員数(人)
              セグメントの名称
                                                      72
      組込システム事業
                                                      55
      システムズエンジニアリング事業
                                                      12
      機能安全開発事業
                                                     139
       報告セグメント計
                                                      16
      その他
      全社(共通)                                                 18
                                                     173

                 合計
     (注)1.従業員数は就業人員(当社グループからグループ外への出向者を除き、グループ外から当社グループへの出
           向者を含む。)であります。なお、                臨時従業員数はその総数が従業員の100分の10未満であるため記載を省
           略しております。
         2.その他として記載されている従業員数は、株式会社アトリエ及び株式会社ヴィッツ沖縄に所属しているもの
           であります。
         3.全社(共通)として記載されている従業員数は、総務部、品質保証室、戦略営業室及び内部監査室に所属し
           ているものであります。
      (2)提出会社の状況

                                                  2020年8月31日現在
        従業員数(人)              平均年齢(歳)             平均勤続年数(年)              平均年間給与(円)
             157             35.01              7.02           5,419,947

                                          従業員数(人)

              セグメントの名称
                                                      72
      組込システム事業
                                                      55
      システムズエンジニアリング事業
                                                      12
      機能安全開発事業
                                                     139
       報告セグメント計
      全社(共通)                                                 18
                                                     157

                 合計
     (注)1.従業員数は就業人員(当社から社外への出向者を除き、社外から当社への出向者を含む。)であり                                                   ます。な
           お、臨時従業員数はその総数が従業員の100分の10未満であるため記載を省略しております。
         2.平均年間給与は、賞与及び基準外賃金を含んでおります。
         3.全社(共通)として記載されている従業員数は、総務部、品質保証室、戦略営業室及び内部監査室に所属し
           ているものであります。
      (3)労働組合の状況

        当社グループの労働組合は結成されておりませんが、労使関係は円満に推移しております。
                                 19/101





                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社ヴィッツ(E34739)
                                                           有価証券報告書
    第2【事業の状況】
     1【経営方針、経営環境及び対処すべき課題等】
       文中の将来に関する事項は              当連結会計年度末現在において当社グループが判断したものであります。
      (1)会社の経営の基本方針・経営戦略
        当社は「進化する技術を用いて、豊かな未来社会の創造に貢献する」ことを基本理念としております。
      当社の社名である“WITZ”とは、ドイツ語で“賢い”を意味する言葉です。私たちは、豊かで快適な社会を築くため
      に必要な技術を世界に先駆けて習得・提供し、社名があらわす“賢い”企業としての活動を実現したいと考えており
      ます。
        “Creating      Life   of  Your   Dreams~半歩先の技術で人々の生活を豊かに~”をキャッチフレーズに掲げ、来るべ
       きIoTやCPS/DXの進展を支え、快適で便利な近未来社会の実現を支援してまいります。
        この基本理念を実現するため、当社は”次世代事業の創生”と”収益性の向上”を経営戦略としております。持
       続的な"収益性の向上"のためには、"次世代事業の創生"が不可欠であり、また、"次世代事業の創生"に必要な研究
       開発資金を生み出すためには、"収益性の向上"が不可欠であります。両戦略に基づき着実に成果を出すことが、当
       社の持続的な成長につながり、ひいては豊かな未来社会の創造に貢献するものと考えております。
      (2)目標とする経営指標

        当社は安定的な経営を実現するために目標とする経営指標として、売上総利益率を重要な経営指標として位置づ
       け、高付加価値事業の比率を高めるとともに、品質管理及びコスト管理を徹底し、                                      利益率   の向上に努めてまいりま
       す。
      (3)経営環境、優先的に対処すべき事業上及び財務上の課題

        当社グループを取り巻く環境は、全世界規模で組込システムの大きな変革期を迎えており、人工知能、IoT、自動
       運転、DX、MaaS        サービスプラットフォームなど当社が注力している技術                          が今まで以上に重要になると予見されま
       す 。その変革を追い風に当社技術を提供する自律化システムの開発市場は広がっております。これらの市場に的確
       なタイミングで的確な技術を提供することが重要であると考えております。そのための技術習得・調査・研究に注
       力するとともに、現在提供できる技術を適切なタイミング・質・価格で提供し、組込セキュリティ、モデルベース
       開発、自動運転・先進安全向けのシミュレーション技術、人工知能、オペレーティングシステム、自動車制御技
       術、DX、MaaSに関する事業拡大を実現いたします。
        なお、当連結会計年度においては新型コロナウイルス感染症により、当社グループの業績に影響があった他、研
       究開発についても活動自粛等により遅延している状況であります。しかし、CASE関連事業や新分野の事業である半
       導体検査装置等はコロナ禍においても堅調に推移しており、引き続き注力していく計画です。また、当社の持続的
       な成長を実現するためにも、新型コロナウイルス感染症の今後の経過を注視しつつ、積極的に研究開発活動を推進
       してまいります。
        このような経営環境の下、当社グループは以下のものを課題として認識し、対処してまいります。
                                 20/101









                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社ヴィッツ(E34739)
                                                           有価証券報告書
        ①経営基盤の強化
         当社グループは、自動車向け制御ソフトウェアを中核とした組込ソフトウェア開発や自動運転の実用化を加速
        する仮想環境シミュレーションの提供並びに電子制御機器の安全を立証するための機能安全コンサルティング
        サービスを提供しております。今後、既存の組込ソフトウェア開発や基盤ソフトウェア開発の収益性を向上させ
        るとともに、さらに成長が見込まれる人工知能の安全活用技術や自動運転技術から派生する各種センシング(セ
        ンサーを用いて距離や画像などを認識することや認識技術を示します)、セマンティックセグメンテーション技
        術などの成長分野に経営資源を集中させることにより、中長期的な成長を目指しております。
          イ.  IoT/CPSに関する組込技術と自律化技術の強化について

           組込システム事業では、サプライヤー、メーカ及び既存顧客企業と信頼関係を築くと同時に、当該顧客の
          課題解決を実現することにより、顧客企業からの信頼と安心に基づく事業展開を実現しております。同時
          に、当社の優位技術である組込セキュリティ技術、機能安全支援技術やAUTOSARに代表されるリアルタイムオ
          ペレーティングシステム技術は技術的難易度が高く、かつ、新たな課題に対処する技術だけに、他社の参入
          が難しい事業分野です。当社はこれらの優位技術を融合させ、ワンストップで提供することにより安定的な
          規模拡大と収益を確保しております。
           システムズエンジニアリング事業では、自動運転車両開発や電気自動車(EVカー)に対して顧客企業が活

          発に技術開発を行っていることに伴い、当該事業の柱である仮想環境シミュレーション、HIL-S/SIL-S/MIL-S
          に代表される制御シミュレーション技術などの提供を拡大しております。さらに、自動車制御システム開発
          が従来型のソフトウェア開発からモデルベース開発へと移行が急速に進み、モデルベース開発技術も拡大し
          ております。今後は当該技術の技術者育成に取り組み、さらなるサービスの向上、提供規模の拡大を図りま
          す。
           機能安全開発事業では、自動車・建設機械をはじめとする装置のSafety                                  & Securityコンサルティングを実

          施しております。2010年頃より開始した我が国における機能安全規格への対応に先駆けて、当社はそれより
          前の2009年からコンサルティング事業を開始しております。初期は自動車メーカ、大手電装部品サプライ
          ヤーが機能安全対応の中心プレーヤでしたが、現在は徐々に対応の裾野が広がり中小企業の機能安全対応が
          進んでおります。当社は機能安全コンサルティングのサービスだけでなく、人材不足が深刻な顧客企業に対
          し、当社技術者による機能安全開発支援サービスを一気通貫で提供しております。対応の中心となる企業が
          大企業から中小企業に移行しているため、要望される件数は多くなるものの、1件当たりの事業規模は小さ
          くなる傾向にあります。そのため、機能安全開発事業の大規模な事業展開が難しくなりつつあります。そこ
          で、セキュリティなどのコンサルティングサービスと合わせたサービスを進めるなどの対応により、売上規
          模の維持・拡大を図ります。
           また、中長期的な成長と制御製品の自律化(自動運転や自律ロボットなど)を見込み、自律化に必須とな

          る技術の支援サービスの展開を目指しております。
           具体的な取組みとして、自律化システムの中核となる人工知能の安全活用と自動運転技術に必要なセマン
          ティックセグメンテーション技術に関する取組みがあります。
           従来、人工知能は購買予測、嗜好品推測などに活用されておりますが、現在は自動運転や生活支援ロボッ
          トなどの自律化に活用されつつあります。一方で、人工知能への教育を誤ると、危険な結果をだす人工知能
          を作ることになります(事実、一部の人工知能の発言が問題となった事例もあります)。制御機器への活用
          は、前述のような人工知能の暴走により重篤なインシデントが発生する恐れがあり、人工知能の安全活用は
          大変重要な意味を持つことになります。残念ながら人工知能研究は、機能向上・性能向上が優先されるあま
          り、安全性の観点からの研究事例は少ないのが現状です。そのため、今後、人工知能の制御機器への活用に
          おいては障害となることが予想されます。
           セマンティックセグメンテーション技術は、人工知能技術と組み合わせて使用される、自動運転技術の実
          現に向けた環境認識技術であり、カメラなどから取得した情報から車や人、樹木、路面など人や物の認識を
          つかさどります。当社では特に積雪環境におけるセマンティックセグメンテーション技術の高度化を進めて
          おり、雪道自動運転を実現するための技術提供を試みます。さらに、当該技術は多分野への応用(除雪車
          両、道路工事用重機などの自律化など)も視野に入れております。
           これら技術の組み合わせにより、当社中長期事業の中核技術とするように積極的な投資と技術集積を行っ
          ております。
                                 21/101



                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社ヴィッツ(E34739)
                                                           有価証券報告書
          ロ.管理体制の強化
           当社は設立以来、少人数の管理部門で運営しておりました。しかし今後の事業運営及び事業拡大に対応す
          るため、内部管理体制について一層の充実を図る必要があると認識しております。
           当社は2016年8月期より、管理体制の強化を行い、経理・人事部門を設立、内部監査室の設置を行いまし
          た。
           更なる事業規模の拡大に備え、管理体制を今以上に強化してまいります。
          ハ.情報システムの充実

           今後、事業規模の拡大に伴い、業務処理量、管理コストが増加していくものと予想しております。当社グ
          ループは、そのような経営環境の変化に対応する情報システムの充実を図ることを重要な経営課題の一つと
          して、情報システムの拡充による業務処理の効率化を推進しております。
           業容の拡大を支え成長戦略を推進するうえで、変化に強く柔軟な対応が可能となる情報システムの機能性
          を強化するとともに、業務効率の改善に努めてまいります。
          ニ.セキュリティ対策の強化

           顧客が要求する組織単位(部署)でのセキュリティ対策(セキュリティルーム、入退室管理、データへの
          アクセス制限など)を実施しております。
           社員教育を含めた、セキュリティインフラの対策を強化し、顧客及び一般社会に影響を及ぼすことのない
          セキュリティ対策強化を実施いたします。
        ②営業力強化と新規事業の開拓

         当社グループは、1.営業組織の強化 2.顧客との関係強化 3.新たな事業分野への事業開拓 を積極的
        に推進し、強固な事業基盤の構築と拡大を図ることが当社グループの事業収益の改善・拡大につながるものと考
        えております。
         当社の営業組織は、2015年から営業グループとして活動を開始しております。それ以前は、営業組織は存在せ
        ず、当社グループの売上は、             既存顧客からの継続的かつ安定的な注文と、当社Webサイトへの問い合わせをきっか
        けとした新規顧客からの依頼によるものでした。当社Webサイトへの主な問い合わせは、リアルタイムオペレー
        ティングシステム技術や、機能安全開発、組込セキュリティ技術に関するものであり、同種のサービスを提供す
        る国内企業が極端に少ない当社に優位性のあるサービスです。この営業スタイルにおいても成長を実現してまい
        りましたが、企業規模も大きくなり、かつ、不況時への備えとして営業を組織化しております。2016年に新設し
        た戦略営業室を中心に、半導体等の商社との連携、展示会への積極的な出展、新技術に関するプレスリリースや
        新聞及びテレビニュースなどを積極的に活用し、営業活動を強化しております。また、2017年より営業支援ツー
        ルを導入し、全社で営業状況の確認ができる環境を整えております。
         顧客が抱える課題を把握し、課題解決のための活動を強化する、また、将来顧客が直面するであろう技術課題
        を、当社が得意とする先行研究にて解決方法を模索し、研究成果を活用した支援を行うことに                                           より、強固な信頼
        と信望を勝ち取ることができると考えております。
         自動車分野は電動自動車、Connected                  Carと呼ばれるネットワーク連携自動車、自動運転技術などの製品化に向
        けて盛んな研究投資と製品化のためのコストダウンが進んでおります。                                 また、自動車分野で利活用される技術は
        多くの分野で活用可能であり、これらの技術を一般モデル化して多分野に応用することは効果的です。当社は自
        動車で蓄積した技術を多分野へ適応する提案を積極的に行い、新たな事業分野に進出して当社グループの事業規
        模の拡大を狙ってまいります。
        ③コーポレート・ガバナンスの充実と内部管理体制の強化

         当社グループは、持続的な成長と企業価値の向上のためには、コーポレート・ガバナンスの充実が不可欠であ
        ると認識しております。また、子会社経営及び関連会社の管理、当社運営管理のためには体制強化が必要であ
        り、人員増強とともに、教育研修を行ってまいります。当社社外役員には大手企業役員及び大学教授を選任して
        おります。さらに、監査役は大手企業の経営担当者、金融機関、ソフトウェア開発企業経営等を経験し、専門的
        な知識と豊富な実務経験を持つ者を選任しており、独立した視点から経営の監査を行っております。今後も、内
        部管理体制の拡充を進め、健全で成長力のある経営を目指してまいります。
                                 22/101




                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社ヴィッツ(E34739)
                                                           有価証券報告書
     2【事業等のリスク】
        有価証券報告書に記載した事業の状況、経理の状況等に関する事項のうち、経営者が連結会社の財政状態、経営成
      績及びキャッシュ・フローの状況に重要な影響を与える可能性があると認識している主要なリスクは、以下のとおり
      であります。また、必ずしも事業上のリスクに該当しない事項についても、投資家の投資判断において重要であると
      考えられる事項については積極的に開示しております。
        当社グループは、これらのリスクの発生の可能性を認識した上で、発生の回避及び発生した場合の対応に努める方
      針ではありますが、本株式に関する投資判断は、以下の記載事項及び本項目以外の記載事項を、慎重に検討したうえ
      で行われる必要があると考えられます。
        なお、文中における将来に関する事項は、当連結会計年度末現在において当社が判断したものであり、当社グルー
      プの事業又は本株式の投資に関する全てのリスクを網羅するものではありません。
       (1)関連市場及び顧客経営状態に関連するリスクについて

        (リスクが顕在化した場合に当社グループの経営成績等の状況に与える影響の内容)
          当社グループの顧客層は、自動車、デジタル家電メーカ、産業機械メーカ、建設機械メーカなど様々な分野に
         及んでおります。
          大幅な為替変動や、グローバルな政策要因、地政学的要因等によって、それらの産業全体が業績に悪影響を
         被った場合、当社グループの経営成績及び財政状態に悪影響を及ぼす可能性があります。
          また、当社グループが提供するサービスは、顧客企業の数年先に発売される製品に関連するため顧客企業の研
         究事業や未来製品に関する投資計画に影響を与えるほどの事象が発生した場合、当社グループの経営成績及び財
         政状態に悪影響を及ぼす可能性があります。
        (リスクが顕在化する可能性の程度や時期)
          当該リスクは毎期顕在化する可能性があるものと認識しております。
        (リスクへの対応策)
          当社グループは、これら顧客企業の個別の経営状態の変動に関しては、様々な産業セクターへの営業活動を
         行ってその影響をできるだけ小さくすることによって、関連市場及び顧客経営状態に関するリスクの低減に努め
         ております。
       (2)特定取引先及び特定産業分野への依存について

        (リスクが顕在化した場合に当社グループの経営成績等の状況に与える影響の内容)
          当社グループの主たる売上は自動車分野であり                     、 その多くは主要取引先からの             受注  となっております。この           自
         動車関連市場は自動運転技術の革新などにより今後も拡大していくと考え                                  ており、    革新技術への対応として、            当
         社グループは      自動運転関連技術、仮想化技術、人工知能安全活用技術などの研究事業に注力し、革新技術の提供
         サービスの準備を進めております。このような活動を通じ、自動車関連市場の当社技術への需要はさらに高まる
         と考えており、当該         技術  分野は最重要市場と位置付けております。このように当社グループは特定の取引先及び
         特定の産業分野への依存が高い状態となっており、当該取引先及び産業からの受注が減少した場合、                                              当社グルー
         プの  経営成績及び財政状態          に悪影響を及ぼす可能性があります。
        (リスクが顕在化する可能性の程度や時期)
          自動車産業が大きな変革期を迎えており、当面の間、当該リスクが顕在化する可能性は低いと考えております
         が、20~30年程度後にはメーカの役割も変化し当該リスクが顕在化する可能性があると認識しております。
        (リスクへの対応策)
          当社グループは、特定の取引先及び特定の産業分野に依存する事業構造から脱却するよう、他の産業分野への
         展開や顧客開拓に尽力することによって、特定取引先及び特定産業分野への依存に関するリスクの低減に努めて
         おります。
       (3)品質不良による損害賠償のリスクについて

        (リスクが顕在化した場合に当社グループの経営成績等の状況に与える影響の内容)
          組込システム事業のエンジニアリングサービス、リアルタイムオペレーティングシステム販売などにおいて、
         品質不良や納期遅延による損害賠償が発生する可能性があります。特に自動車向けは品質や納期に関する要求が
         厳密であり、      場合によっては瑕疵対応や            損害賠償を求められる可能性があります。万が一にも当社グループの責
         による品質不良や納期遅延による損害賠償請求が発生し、当社の加入しているIT賠償保険では損害賠償額を十分
         にカバーできなかった場合、当社グループの経営成績及び財政状態に悪影響を及ぼす可能性があります。
        (リスクが顕在化する可能性の程度や時期)
          当該リスクに常に晒されておりますが、顕在化する可能性は低いものと認識しております。
        (リスクへの対応策)
          当社グループは、業務受注時から受注審議会、開発途中におけるプロジェクト評価会を実施しており、品質不
         良による損害賠償のリスクの低減に努めております。
                                 23/101


                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社ヴィッツ(E34739)
                                                           有価証券報告書
       (4)不採算プロジェクトの発生について

        (リスクが顕在化した場合に当社グループの経営成績等の状況に与える影響の内容)
          当社グループのエンジニアリングサービスで不採算プロジェクトが発生する可能性があり、当社の管理不良な
         どにより    不採算プロジェクトが発生し             た場合、    当社グループの経営成績及び財政状態に悪影響を及ぼす可能性が
         あります。
        (リスクが顕在化する可能性の程度や時期)
          当該リスクに常に晒されておりますが、顕在化する可能性は低いものと認識しております。
        (リスクへの対応策)
          当社グループは、受注前にプロジェクトに内在するリスク(技術的、採算的、人材リソース的)について十分
         に検討する受注審議会を設け、可能な限り受注前に内在するリスクを解決し、また、リスクが取り除けない場合
         には事業の将来性などを勘案し受注可否を判断しております。さらに受注後は全プロジェクト個別に                                              品質管理、
         予算管理、スケジュール管理を実施することによって、不採算プロジェクトの発生リスクの低減に努めておりま
         す。
       (5)人材の確保と人件費、外注費の高騰について

        (リスクが顕在化した場合に当社グループの経営成績等の状況に与える影響の内容)
          当社グループの事業継続及び拡大においては、来るべきIoT/CPS関連技術の革新に対応しうる技術者、管理体
         制強化に伴う管理部門、当社技術を広く提供するための営業部門への有能な人材確保が必要であります。                                                しかし
         ながら、計画どおりの採用が実現できない場合、技術者の確保が十分にできない場合、働き方改革への対策や優
         秀な人材確保に関する経費増、外注費やオフショア費用高騰、在籍人材の流出などにより、当社グループの経営
         成績及び財政状態に悪影響を及ぼす可能性があります。
        (リスクが顕在化する可能性の程度や時期)
          当該リスクは数年単位で顕在化する可能性があると認識しております。
        (リスクへの対応策)
          当社グループでは、有能な技術者及び次世代経営幹部の採用を進めており、また、組織活性化と優秀な人材の
         定着への対策を図ることによって人材の確保と人件費、外注費の高騰に関するリスクの低減に努めております。
       (6)法令違反、法的規制に関するリスクについて

        (リスクが顕在化した場合に当社グループの経営成績等の状況に与える影響の内容)
          当社グループの事業において、税制や商取引、労働問題、知的財産権など様々な法的規制を受けており、万が
         一これらの法規制、ルールを遵守できなかった場合、当社グループの経営成績及び財政状態に悪影響を及ぼす可
         能性があります。
        (リスクが顕在化する可能性の程度や時期)
          当該リスクが顕在化する可能性の程度や時期につきましては、現時点では予測困難であると認識しておりま
         す。
        (リスクへの対応策)
          当社グループは、コンプライアンス重視のもと、これらの法規制やルールを遵守した経営を行うことによっ
         て、法令違反、法的規制に関するリスクの低減に努めております。
       (7)その他訴訟等による損害賠償責任に関するリスクについて

        (リスクが顕在化した場合に当社グループの経営成績等の状況に与える影響の内容)
          当社グループの提供するエンジニアリングサービスは、ソフトウェアの開発が主たるサービスとなります。そ
         のため、他社から何らかの知的財産権の侵害についての申し立てを受ける可能性は否定できません。当社グルー
         プが保有している個人情報や組込ソフトウェア開発に関する仕様、顧客企業が保持する技術情報などが社外に流
         出するリスクが存在します。また安全衛生上や労務上の問題により訴訟が発生する可能性があります。何らかの
         事由によって訴訟となる事案が発生し、当社が賠償を求められた場合、当社グループの                                        経営成績及び財政状態          に
         悪影響を及ぼす可能性があります。
        (リスクが顕在化する可能性の程度や時期)
          当該リスクが顕在化する可能性の程度や時期につきましては、現時点では予測困難であると認識しておりま
         す。
        (リスクへの対応策)
          当社グループは、セキュリティ委員会を設置し、各種情報の管理体制を強化すると同時に、セキュリティ教
         育、eラーニングによる教育などを行っております。また労働安全や労働災害に関しても従業員のワークライ
         フ・バランスを重視した経営を行うことによって、訴訟等による損害賠償責任に関するリスクの低減に努めてお
         ります。
                                 24/101


                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社ヴィッツ(E34739)
                                                           有価証券報告書
       (8)新型コロナウイルス感染症に関するリスクについて

        (リスクが顕在化した場合に当社グループの経営成績等の状況に与える影響の内容)
          新型コロナウイルス感染症の影響により、新たな開発案件において計画縮小や中止、開始時期の延期などが発
         生する可能性があります。また、当社グループ内で感染者が確認された場合には開発リソースが不足する可能性
         があり、これらのリスクが顕在化した場合、当社グループの経営成績及び財政状態に悪影響を及ぼす可能性があ
         ります。
        (リスクが顕在化する可能性の程度や時期)
          有効なワクチンや治療薬等が開発され普及するまでは当該リスクが顕在化する可能性は高いものと認識してお
         ります。
        (リスクへの対応策)
          当社グループの従業員及びその家族の健康に配慮し、マスク着用やアルコール消毒、手洗いうがいの徹底、毎
         日の体調報告、テレワークの実施やテレビ会議の活用等の感染防止策に取り組むことによって、事業への影響を
         最小限に抑えるよう日々努めております。
                                 25/101
















                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社ヴィッツ(E34739)
                                                           有価証券報告書
     3【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】
      (1)経営成績等の状況の概要
          当連結会計年度における当社グループの財政状態、経営成績及びキャッシュ・フロー(以下「経営成績等」と
         いう。)の状況の概要は次のとおりであります。
        ① 経営成績の状況

           当連結会計年度における我が国経済は、米中貿易問題や英国のEU離脱問題等を巡る世界経済の先行き不透明
          感に加え、新型コロナウイルスのパンデミックにより、生産活動の停滞、個人消費の失速、雇用環境の悪化な
          ど経済活動は大幅に落ち込み、厳しい状況が続きました。
           このような経済環境の悪化により、当連結会計年度における当社グループの経営成績は、主たる事業分野で
          ある自動車関連の組込ソフトウェアが影響を受けた他、下半期においては新たな開発案件の計画縮小や中止、
          開始時期の延期などが発生しました。
           しかし、当社が優位性を発揮するCASE(Connected,                         Autonomous,      Shared    & Services,     Electric)は、自動
          車技術変革のキーテクノロジーであり、各種開発の需要は高止まりの状況にあります。そのため、自動運転/
          先進安全シミュレータ開発や組込セキュリティサービス等の先進・高付加価値な事業分野は好調に推移してお
          りましたが、他の分野における減収分を吸収しきれず、売上高は前年同期比減収となりました。
           一方で、営業利益及び経常利益においては、外注施策の厳格化、不採算案件の発生を防止する体制の強化な
          どによる売上総利益率の改善の他、コロナ禍による研究開発活動の時期調整・出張や採用活動の抑制、前連結
          会計年度に実施した保険解約による保険料の減少などが寄与し、前年同期比増益となりました。
           また、親会社株主に帰属する当期純利益においては、前期発生した特別利益(一部取締役から役員退職慰労
          金の辞退を受けたことによる役員退職慰労金戻入額)がなく前年同期比減益となりました。
           この結果、当連結会計年度の業績は、売上高                     2,222,802千円       (前年同期比      3.4%減    )、営業利益      336,760千円

          (前年同期比      33.7%増    )、経常利益      331,091千円      (前年同期比      8.8%増    )、親会社株主に帰属する当期純利益
          221,977千円      (前年同期比      3.8%減    )となりました。
           セグメント別の経営成績は、次のとおりであります。

          a.組込システム事業
           当セグメントにおいては、自動車・産業製品向けの制御ソフトウェア、リアルタイムオペレーティングシ
          ステムなどのソフトウェアプラットフォーム提供、組込セキュリティなどの受託を行っております。経営成
          績の状況としましては、前述した経済環境の悪化により、自動車関連の組込ソフトウェアが影響を受けた
          他、下半期においては新たな開発案件の計画縮小や中止、開始時期の延期などが発生したため、売上高は前
          年同期比減となりましたが、前期上半期において抱えていた不採算案件が解消されたことや外注施策の厳格
          化、コロナ禍による研究や出張の抑制などによりセグメント利益は改善されました。
           この結果、売上高は          1,227,953千円(前年同期比1.7%減)、セグメント利益(営業利益)は314,585千円
          (前年同期比33.1%増)となりました。
          b.システムズエンジニアリング事業

           当セグメントにおいては、自動車関連のシミュレーション及びモデルベース開発技術の提案・開発・提供
          とデジタルコンシューマ機器向けの基盤技術提供を行っております。経営成績の状況としましては、先進・
          高付加価値な事業分野が好調に推移したものの、期初における人事異動等により当セグメント内の一部のプ
          ロジェクトが組込システム事業に移管したため売上高は前年同期比減となりましたが、高付加価値案件の増
          加による利益率の改善が寄与し増益となりました。
           この結果、      売上高は    748,078千円      (前年同期比1.0%減)、            セグメント利益(営業利益)は260,520千円                    (前
          年同期比7.6%増)         となりました。
          c.機能安全開発事業

           当セグメントにおいては、近年の電子機器装置の安全性を担保するために必要なコンサルティング・安全
          性分析支援と安全性の高いソフトウェア開発を行うためのソフトウェア開発プロセス作成の支援を行ってお
          ります。経営成績の状況としましては、当セグメントの事業が市場経済の悪化の影響を先行的に受けやすい
          ことに伴い、受注に至るまでの期間の長期化や受注規模の縮小などの影響を受けたため、前年同期比で減収
          減益となりました。
           この結果、売上高は          169,428千円      (前年同期比      30.6%減    )、  セグメント利益(営業利益)は55,474千円                   (前
          年同期比    46.8%減    )となりました。
                                 26/101



                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社ヴィッツ(E34739)
                                                           有価証券報告書
          d.その他
           当セグメントにおいては、株式会社アトリエ、株式会社ヴィッツ沖縄が含まれております。主に株式会社
          ヴィッツ沖縄における工作機械向け案件の受注増のため前年同期比で増収となりましたが、一方で、両子会
          社において、将来のグループ全体の収益性向上に向けて人材の育成・増強や業務体制の改善コストを増加さ
          せており減益となりました。
           この結果、      売上高は    156,234千円      (前年同期比13.7%増)、            セグメント利益(営業利益)は22,280千円                   (前
          年同期比30.8%減)         となりました。
        ② キャッシュ・フローの状況

           当連結会計年度末における現金及び現金同等物(以下「資金」という。)は                                    、 1,594,855千円       (前期比
          34,061千円減)       となりました。
           当連結会計年度における各キャッシュ・フローの状況とそれらの主な要因は次のとおりであります。
          a.営業活動によるキャッシュ・フロー

           営業活動の結果獲得した資金は               220,571千円      (前連結会計年度は         244,570千円      の獲得)となりました。この主
          な要因は、保険解約返戻金の計上               12,395千円     、売上債権の増加額         48,560千円     、仕入債務の減少額         11,859千円     、
          法人税等の支払額        88,573千円     等による資金の減少があったものの、税金等調整前当期純利益の計上                                324,687千
          円 、減価償却費の計上         18,111千円     、退職給付に係る負債の増加額              13,401千円     、賞与引当金の増加額          11,860千
          円 、たな卸資産の減少額          12,965千円     等の資金の増加があったことによるものであります。
          b.投資活動によるキャッシュ・フロー

           投資活動の結果減少した資金は               214,714千円      (前連結会計年度は         62,946千円     の獲得)となりました。この主
          な要因は、保険積立金の解約による収入                  25,283千円     等による資金の増加があったものの、定期預金の預入によ
          る支出   200,000千円      、有形固定資産の取得による支出               14,631千円     、保険積立金の積立による支出              22,610千円     等
          による資金の減少があったことによるものであります。
          c.財務活動によるキャッシュ・フロー

           財務活動の結果減少した資金は               39,918千円     (前連結会計年度は         953,475千円      の獲得)となりました。この主
          な要因は、長期借入金の返済による支出                  1,008千円     、市場変更費用の支払額           22,157千円     、配当金の支払額
          16,189千円     等による資金の減少があったことによるものであります。
                                 27/101











                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社ヴィッツ(E34739)
                                                           有価証券報告書
        ③ 生産、受注及び販売の実績
         a.生産実績
           当連結会計年度における生産実績をセグメントごとに示すと、次のとおりであります。
                            当連結会計年度
                           (自 2019年9月1日
          セグメントの名称                                     前年同期比(%)
                            至 2020年8月31日)
      組込システム事業    (千円)                               879,832                    92.1

      システムズエンジニアリング事業
                                     482,191                    98.5
                  (千円)
      機能安全開発事業    (千円)                                78,283                   72.2
       報告セグメント計   (千円)                             1,440,307                     92.7

      その他         (千円)                                37,011                   167.3

             合計   (千円)                       1,477,318                     93.8

    (注)1.金額は製造原価によっております。
        2.上記の金額には、消費税等は含まれておりません。
         b.受注実績

           当連結会計年度における受注実績をセグメントごとに示すと、次のとおりであります。
                                      当連結会計年度
                                    (自 2019年9月1日
                                     至 2020年8月31日)
          セグメントの名称
                        受注高(千円)         前年同期比(%)         受注残高(千円)         前年同期比(%)

      組込システム事業    (千円)                     1,165,630           102.6         88,473          58.7
      システムズエンジニアリング事業
                           755,402          100.9        177,275          104.3
                  (千円)
      機能安全開発事業    (千円)                      165,241           66.7        22,995          84.6
       報告セグメント計   (千円)                    2,086,274            97.8        288,744           83.0
      その他         (千円)                      83,342          140.8         14,000          175.0

             合計   (千円)              2,169,617            99.0        302,744           85.1

    (注)1.セグメント間の取引については相殺消去しております。
        2.金額は販売価格によっております。
        3.上記の金額には、消費税等は含まれておりません。
                                 28/101








                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社ヴィッツ(E34739)
                                                           有価証券報告書
         c.販売実績
           当連結会計年度における販売実績をセグメントごとに示すと、次のとおりであります。
                            当連結会計年度
                           (自 2019年9月1日
          セグメントの名称                                     前年同期比(%)
                            至 2020年8月31日)
      組込システム事業    (千円)

                                    1,227,953                     98.3
      システムズエンジニアリング事業
                                     748,078                    99.0
                  (千円)
      機能安全開発事業    (千円)
                                     169,428                    69.4
       報告セグメント計   (千円)                             2,145,460                     95.4
      その他         (千円)                                77,342                   151.0
             合計   (千円)                       2,222,802                     96.6

    (注)1.セグメント間の取引については相殺消去しております。
        2.最近2連結会計年度の主な相手先別の販売実績及び当該販売実績の総販売実績に対する割合は次のとおりであ
          ります。
                            前連結会計年度                  当連結会計年度
                           (自 2018年9月1日                  (自 2019年9月1日
                            至 2019年8月31日)                    至 2020年8月31日)
            相手先
                        金額(千円)          割合(%)         金額(千円)          割合(%)

      トヨタ自動車㈱                      291,737           12.7        424,350           19.1

      アイシン精機㈱                      369,784           16.1        280,563           12.6

        3.上記の金額には、消費税等は含まれておりません。
                                 29/101












                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社ヴィッツ(E34739)
                                                           有価証券報告書
      (2)経営者の視点による経営成績等の状況に関する分析・検討内容
          経営者の視点による当社グループの経営成績等の状況に関する認識及び分析・検討内容は次のとおりでありま
         す。
          なお、文中の将来に関する事項は、当連結会計年度末現在において判断したものであります。
         ① 財政状態

          a.資産
           当連結会計年度末における資産合計は、                  2,439,164千円       (前連結会計年度末比          9.2%増    )となり、流動資産合
          計 2,161,599千円       (前連結会計年度末比          9.7%増    )、固定資産合計        277,565千円      (前連結会計年度末比          5.8%増    )
          となりました。
           流動資産の主な内訳は、現金及び預金                  1,794,855千円       (前連結会計年度末比          10.2%増    )、受取手形及び売掛
          金 197,135千円      (前連結会計年度末比          32.7%増    )、仕掛品     133,832千円      (前連結会計年度末比          8.8%減    )であり
          ます。
           固定資産の主な内訳は、有形固定資産                  29,803千円     (前連結会計年度末比          26.6%増    )、無形固定資産        10,276千
          円 (前連結会計年度末比          26.4%減    )、保険積立金       121,924千円      (前連結会計年度末比          16.4%増    )、繰延税金資
          産 85,287千円     (前連結会計年度末比          8.2%増    )であります。
          b.負債

          当連結会計年度末における負債合計は、                  545,697千円      (前連結会計年度末比          0.7%減    )となり、流動負債合計
         325,619千円      (前連結会計年度末比          5.1%減    )、固定負債合計        220,077千円      (前連結会計年度末比          6.5%増    )とな
         りました。
           流動負債の主な内訳は、買掛金               50,554千円     (前連結会計年度末比          19.0%減    )、未払法人税等        68,901千円     (前
          連結会計年度末比        10.8%増    )、未払消費税等        48,342千円     (前連結会計年度末比          39.4%増    )、賞与引当金
          102,079千円      (前連結会計年度末比          13.1%増    )であります。
           固定負債の主な内訳は、            長期未払金     91,495千円     (前連結会計年度末比          7.9%増    )、退職給付に係る負債
          126,500千円      (前連結会計年度末比          11.8%増    )であります。
          c.純資産

           当連結会計年度末における純資産合計は、                    1,893,467千円       (前連結会計年度末比          12.5%増    )となりました。
          主な内訳は、資本金583,789千円(前連結会計年度末同額)、資本剰余金518,278千円(前連結会計年度末同
          額)、利益剰余金769,914千円(前連結会計年度末比36.5%増)でありま                                 す。
         ② 経営成績

          a.売上高、売上原価及び売上総利益
           当連結会計年度の売上高は             2,222,802千円       (前年度同期比       3.4%減    )であり、前連結会計年度より              77,790千円
          減少  いたしました。主な要因としましては、、当社が優位性を発揮するCASE(Connected,                                       Autonomous,
          Shared    & Services,     Electric)など先進・高付加価値な事業分野が好調に推移したものの、前述したパンデ
          ミック等に伴う経済環境の悪化により、自動車関連の組込ソフトウェアの減収、新たな開発案件の計画縮小や
          中止又は開始時期の延期などが発生したことによるものであります。
           また、売上原価は         1,477,066千円       (前年同期比      5.6%減    )、  売上総利益は、745,736千円             (前年同期比      1.3%
          増 )となりました。これは、外注施策の厳格化、不採算案件の発生を防止する体制の強化などによる売上総利
          益率の改善の他、コロナ禍による出張抑制等が寄与したこと等によるものであります。
           以上により、経営上の目標の達成状況を判断するための客観的な経営指標に掲げている売上総利益率は、前
          連結会計年度の32.0%に対して当連結会計年度は33.5%と1.5ポイント上昇しており、当社の経営戦略の1つ
          である“収益性の向上”に向けた施策が奏功しているものと認識しております。
           なお、当社が認識している経営成績に重要な影響を与える要因については、「第2 事業の状況 2 事業
          等のリスク」に記載したとおりであります。
          b.販売費及び一般管理費並びに営業利益

           当連結会計年度の販売費及び一般管理費は                    408,975千円      (前年同期比      15.5%減    )であり、前連結会計年度よ
          り 74,972千円減少       いたしました。主な要因としましては、コロナ禍による研究開発活動の時期調整・出張や採
          用活動の抑制、前連結会計年度に実施した保険解約による保険料の減少などが寄与したことによるものであり
          ます。この結果、        営業利益は336,760千円           (前年同期比      33.7%増    )となり、前年連結会計年度より               84,844千円
          増加  いたしました。
                                 30/101



                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社ヴィッツ(E34739)
                                                           有価証券報告書
          c.営業外損益及び経常利益
           当連結会計年度の営業外収益は               16,583千円     であります。また、当連結会計年度の営業外費用は                        22,252千円     で
          あります。この結果、          経常利益は331,091千円           (前年同期比      8.8%増    )となり、前連結会計年度より              26,642千円
          増加  いたしました。主な要因としましては、営業利益が84,844千円増加した一方で、前期計上した営業外収益
          (役員退職用積立保険等の整理による保険解約返戻金)が発生しなかったことによるものであります。
          d.親会社株主に帰属する当期純利益

           当連結会計年度の特別利益にて固定資産売却益を                        127千円    、特別損失にて投資有価証券評価損を                 6,530千円     計
          上しております。また、法人税等を                97,825千円     、非支配株主に帰属する当期純利益を                 4,884千円     計上しており
          ます。この結果、        親会社株主に帰属する当期純利益は221,977千円                      (前年同期比      3.8%減    )となり、前連結会計
          年度より    8,682千円減少       いたしました。
           主な要因としましては、経常利益が26,642千円増加した一方で、前期計上した特別利益(一部の取締役から
          役員退職慰労金の辞退を受けたことによる役員退職慰労金戻入額)が発生しなかったこと、また、当期におい
          て新たに特別損失(投資有価証券評価損)が発生したことによるものであります。
         ③ キャッシュ・フローの状況の分析・検討内容並びに資本の財源及び資金の流動性に係る情報

           当連結会計年度における資金の増減額は34,061千円の減少(前年同期は1,260,992千円の増加)であり、前
          連結会計年度より        1,295,054千円減少         いたしました。主な要因としましては、定期預金の預入による支出の増
          加及び保険積立金の解約による収入の減少等により投資活動によるキャッシュ・フローが                                         277,660千円減少        し
          たこと、株式の発行による収入の減少等により財務活動によるキャッシュ・フローが                                       993,393千円減少        したこ
          と等によるものであります。
           以上の結果、当連結会計年度末における資金の残高は                          1,594,855千円       ( 前期比34,061千円減         )となりました
          が、当面事業を継続していく上で十分な流動性を確保しております。また、当社の経営戦略の1つである“次
          世代事業の創生”のための研究開発資金を十分に確保できているものと認識しております。
           また、当社グループは、事業上必要な流動性と資金の源泉を安定的に確保することを基本方針としており、
          営業活動によるキャッシュ・フローのほか、一部資金を銀行借入等により調達しております。
         ④ 重要な会計上の見積り及び当該見積りに用いた仮定

           当社グループの連結財務諸表はわが国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して作成
          しております。この連結財務諸表の作成には、経営者による会計方針の選択・適用、資産・負債及び収益・費
          用の報告金額及び開示に影響を与える見積りを必要としております。経営者はこれらの見積りについて過去の
          実績等を勘案し合理的に判断しておりますが、実際の結果は見積り特有の不確実性が含まれているため、予測
          不能な前提条件や仮定の変化により経営成績等に影響を及ぼす可能性があります。
           当社グループの連結財務諸表で採用する重要な会計方針及び新型コロナウイルス感染症拡大の影響を踏まえ

          た会計上の見積りについては、「第5 経理の状況 1連結財務諸表等 (1)連結財務諸表 注記事項(連結
          財務諸表作成のための基本となる重要な事項)及び(追加情報)」に記載しておりますが、特に次の事項にお
          ける会計上の見積りの判断が経営成績及び財政状態に重要な影響を及ぼすと考えております。
          (繰延税金資産)

           当社グループは、過去及び当期の課税所得の発生状況と、合理的に見積りをした将来の課税所得をもって回
          収可能性があると判断した将来減算一時差異等について、繰延税金資産を計上しております。
           見積りの前提とした将来の仮定に変動が生じ課税所得が減少した場合、繰延税金資産の減額が必要となる可
          能性があります。
                                 31/101






                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社ヴィッツ(E34739)
                                                           有価証券報告書
     4【経営上の重要な契約等】
     契約会社名        相手方の名称         契約書名             契約内容             契約期間
                                                2003年4月1日から
     ㈱ヴィッツ        トヨタ自動車㈱         業務委託取引基本契約書             業務委託取引の基本契約             2004年3月31日まで
                                                以後1年ごとの自動更新
                                 32/101



















                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社ヴィッツ(E34739)
                                                           有価証券報告書
     5【研究開発活動】
       当社グループは、組込ソフトウェアに係る産業分野横断型共通課題を解決するための研究活動を実施しておりま
      す。
       近年、IoT/CPSなどと呼ばれるデジタル情報社会において、人々の生活を支える機器(IoTデバイス)が情報収集ば
      かりでなく、便利な支援装置・ロボットなどとして活用されております。
       これらの製品における組込ソフトウェアの重要性は増しており、急速な技術の進歩に伴い、自律化・ネットワーク
      接続などに関連した課題が大きな問題となりつつあります。当社はこれらの課題解決に向けた研究開発を実施してお
      ります。
      また、気候変動等により多発・大規模化する自然災害の発生や新型コロナウィルス感染拡大防止の対策など、従来の
      方式では対応できない課題が浮き彫りとなり、人々の生活様式、事業環境、生産現場である工場等において、新しい
      生活、新しい普通         (New   Normal)    へ対応することが必要となりました。当社は特に工場の高度化をこれまでと異なる
      アプローチで支援したいと考えております。そこで                        DX  や  DXの考えを取り入れたデジタルツインを新たな研究項目
      と位置付けて、New         Normal    に対応できる技術獲得に努めてまいります。
       さらに、高齢化が進む我が国で、高齢者の移動と地域公共交通の維持は重要な課題であります。当社は北海道北広

      島市と連携し地域に密着した地域課題の解決のための実証実験を実施しており、今後、MaaS事業を当社の新たなサー
      ビスに加えていきたいと考えております。
       当連結会計年度の研究活動は以下の項目を重点項目として研究開発を実施しております。
       当連結会計年度における研究開発費の総額(当社グループ研究費用と公的資金の合算)は、                                           11,168   千円  でありま
      す。なお、研究開発活動は当社グループ内で横断的に実施しているため、セグメント単位ではなく研究別の報告とな
      ります。
      (1)地域密着型Town           MaaS

       地方都市の高齢化率は高く、高齢者の移動支援は地方自治体の重要な住民サービスであります。しかし、地方都市
      の公共交通は交通料金だけでは維持管理が難しく、多くの公金を投入して維持しているのが現状です。
       一方、MaaS       (Mobility     as  a Service    ) として、デマンド型移動支援              (乗車したい場所まで迎えがくるなど、要求
      に応じる形式での移動サービス)               などとして、多くの地域で高齢者移動の新しいサービスとして実証実験が行われて
      おります。しかし、これらのサービスは今まで以上にサービス維持費用がかかり、現在の状況では採算がとれず、継
      続性に課題があります。
       当社グループは、デマンド型移動支援とエンターテイメントを掛け合わせ、充実した移動時間・情報提供サービス
      により、利用者からの課金を公共交通の維持費用に還元する利益循環型                                 地域密着     Town   MaaS   の研究事業を北海道北
      広島市と連携し実施しております。採算性・継続性のある地域移動サービスを実現し、他地域へも展開していきたい
      と考えております。
      (2)DX     および    デジタルツイン

       製造現場のデジタル化が進み新しいサービスが次々に提案されております。また、IoT機器の導入やサービスの活
      用により新しい価値を提供するデジタルトランスフォーメーション(DX)も加速的に進んでおります。当社グループ
      は、製造現場にデジタルツインを導入し、安全化と効率化を両立した次世代工場の実現を支援する「SF                                                Twin」の研
      究開発を推進しております。
       「SF    Twin」は当社の中核技術であるIoT技術、シミュレーション技術および機能安全技術を活用し、工場の稼働を
      連携させるソリューションであります。10秒先の危険を予測することで、工場の生産効率を落とすことなく稼働し続
      けるという、新しい価値を提供いたします。
       あわせて、自動運転システムを評価する仮想環境である「WARXSS」、交通リスクを予測する「リスクポテンシャル
      シンセサイザ―」を高度化する研究開発を引き続き推進いたします。
      (3)人工知能の安全活用技術

       自動運転技術・自律ロボットなどの技術進化には、人工知能の利活用が必要不可欠です。しかし、人工知能の高度
      化は世界各国の研究者により進められておりますが、人工知能の安全活用研究                                    に関する論文発表は少なく、活発に研
      究が実施されている状況ではありません。
       そもそも、人工知能は判断結果を導き出す方法が明確でなく、一般的なソフトウェアなどに求められる安全分析は
      実施できません(安全分析はソフトウェアの構造が明確であり、明確な構造を順次破壊した場合の挙動を分析しま
      す。人工知能は内部構造が不明な巨大なブラックボックスであるため、従来型の                                     内部構造が明確であることを前提と
      している    安全分析では解析できません)。
       そのため     従来型の分析手法を利用した方法での人工知能の安全立証は困難であります                                   。
       本研究では、従来分析とは異なる方法                  (期待する動作を前提とする分析モデルなど)                     で人工知能の判断結果を評価
      できる研究を実施しております。
                                 33/101


                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社ヴィッツ(E34739)
                                                           有価証券報告書
      (4)組込セキュリティ

       CASEやMaaSと言った時代となり自動車などの組込システムもインターネットに接続されるようになり、セキュリ
      ティ対策も必須となってきました。当社グループは組込セキュリティの重要性を認識し、2013年より組込セキュリ
      ティに関する研究を実施し、ISO/SAE21434、WP29(自動車基準調和世界フォーラム)に対応する為のコンサル、プロセ
      ス構築、脅威分析/脆弱性分析等の技術支援、SIRTの支援等の事業化をしておりますが、セキュリティに対しては常
      に新しい攻撃が生み出されるため、継続的に研究活動を実施しております。
      (5)自動運転技術

       当社グループは積雪路面での自動運転研究を行ってきました。これまでの研究成果を活用して特殊環境での環境認
      識技術や特殊環境でのリスク予測や検知に関する研究を継続実施いたします。
      (6)基盤ソフトウェア

       組込システムが利用する基本ソフトウェア(RTOS)の研究を継続して実施しております。組込装置は常に進化して
      おり、その進化に合わせて新たな機能が求められます。今後は、自律化システムに必要な機能への対応を進めてまい
      ります。
                                 34/101















                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社ヴィッツ(E34739)
                                                           有価証券報告書
    第3【設備の状況】
     1【設備投資等の概要】
         当連結会計年度中において実施いたしました当社グループの設備投資の総額は16,376千円であります。
         セグメント別の主な設備投資は次のとおりであります。
                                                     (単位:千円)
                セグメント               設備投資額               主な内容

                                   3,400

        組込システム事業                               内装設備工事、備品購入
                                    276

        システムズエンジニアリング事業                               備品購入
                                       内装設備工事、備品購入、
                                   12,699
        共通
                                       ソフトウェア取得
                                   16,376
        合計
         なお、当連結会計年度において重要な設備の除却、売却等はありません。
     2【主要な設備の状況】

       当社グループにおける主要な設備は、次のとおりであります。
      (1)提出会社
                                             2020年8月31日現在
                                       帳簿価額
                                    工具、器
             事業所名                        具及び備              従業員数
                    セグメントの
                          設備の内容      建物及び          ソフト
             (所在地)       名称                 品並びに          合計    (人)
                                構築物          ウエア
                                    車両運搬         (千円)
                                (千円)         (千円)
                                    具
                                    (千円)
                    組込システム
                    事業、システ
                          製造、開発設
          本社          ムズエンジニ
                          備及びソフト
                                 19,771     7,207     9,258    36,237      119
                    アリング事
          (名古屋市中区)
                          ウェア
                    業、機能安全
                    開発事業
                    組込システム
                    事業、システ
          大阪事業所          ムズエンジニ      製造、開発設
                                   -    131     -    131     13
          (大阪市北区)          アリング事      備等
                    業、機能安全
                    開発事業
          東京事業所

                    組込システム      製造、開発設
                                  391     316     -    707     19
          (東京都千代田区)          事業      備等
                          製造、開発設

          札幌事業所
                    組込システム
                          備及びソフト        383     576     685    1,644      5
          (札幌市中央区)          事業
                          ウェア
          組込システム事業領域
                    組込システム      製造、開発設
          沖縄分室                         604     -     -    604      1
                    事業      備等
          (沖縄県うるま市)
         (注)1.現在休止中の主要な設備はありません。
            2.上記の金額には、消費税等は含まれておりません。
            3.本社及び各事業所は建物を賃借しており、当連結会計年度の賃借料は69,560千円であります。
            4.従業員数は就業人員(当社から社外への出向者を除き、社外から当社への出向者を含む。)であり
              ます。なお、臨時従業員数はその総数が従業員の100分の10未満であるため記載を省略しておりま
              す。
                                 35/101



                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社ヴィッツ(E34739)
                                                           有価証券報告書
      (2)国内子会社
                                             2020年8月31日現在
                                       帳簿価額
                                    工具、器
                事業所名     セグメント               具及び備              従業員数
           会社名                設備の内容     建物及び         ソフトウエ
                      の名称               品並びに          合計
                (所在地)                                   (人)
                                構築物           ア
                                    車両運搬
                                              (千円)
                                (千円)         (千円)
                                    具
                                    (千円)
                本社
          ㈱ヴィッツ沖                 製造、開発
                (沖縄県那覇      その他             239     181     -    420     14
          縄                 設備等
                市)
         (注)1.現在休止中の主要な設備はありません。
            2.上記の金額には、消費税等は含まれておりません。
            3.本社は提出会社から建物を賃借しており、当連結会計年度の賃借料は2,060千円であります。
            4.従業員数は就業人員(当社グループからグループ外への出向者を除き、グループ外から当社グルー
              プへの出向者を含む。)であります。なお、臨時従業員数はその総数が従業員の100分の10未満であ
              るため記載を省略しております。
     3【設備の新設、除却等の計画】

       当社グループの設備投資については、景気予測、業界動向、投資効率等を総合的に勘案して策定しております。
       設備計画は原則的に連結会社各社が個別に策定しておりますが、計画策定に当たっては取締役会において提出会社
      を中心に調整をはかっております。
       なお、当連結会計年度末現在における重要な設備の新設、改修計画は次のとおりであります。
      (1)重要な設備の新設等

                               投資予定金額              着手及び完了予定年月
      会社名          セグメント                        資金調達               完成後の
                       設備の内容
            所在地
                              総額    既支払額
      事業所名            の名称                        方法              増加能力
                                              着手     完了
                             (千円)     (千円)
           名古屋市       全社                            2019年     2021年
      当社本社                 基幹システム        52,000     1,970    増資資金                (注)3
           中区      (共通)                             5月     8月
           名古屋市       全社    社内ICTイン                       2019年     2021年
      当社本社                         21,000     4,598    増資資金                (注)3
           中区      (共通)     フラ                        5月     8月
           名古屋市       全社    本社増床                       2019年     2021年
      当社本社                         40,900     8,032    増資資金                (注)3
           中区      (共通)     (注)2                        5月     8月
      (注)1.上記の金額には消費税等は含まれておりません。
          2.上記の投資予定金額は、敷金及び保証金27,000千円及び新本社の建物附属設備等13,900千円であります。
          3.完成後の増加能力については、計数的把握が困難であるため、記載を省略しております。
      (2)重要な設備の除却等

       該当事項はありません。
                                 36/101







                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社ヴィッツ(E34739)
                                                           有価証券報告書
    第4【提出会社の状況】
     1【株式等の状況】
      (1)【株式の総数等】
        ①【株式の総数】
                 種類                       発行可能株式総数(株)
       普通株式                                       11,680,000

                  計                             11,680,000

        ②【発行済株式】

            事業年度末現在発行数
                                    上場金融商品取引所名又
                       提出日現在発行数(株)
               (株)
      種類                             は登録認可金融商品取引                 内容
                        (2020年11月26日)
            (2020年8月31日)                        業協会名
                                                完全議決権株式であり、
                                                権利内容に何ら限定のな
                                    東京証券取引所
                                                い当社における標準とな
                4,054,000            4,054,000
     普通株式                               市場第一部
                                                る株式であります。なお
                                                単元株式数は100株であ
                                                ります。
                4,054,000            4,054,000            -            -
       計
    (注)2020年7月31日付で、東京証券取引所マザーズから市場第一部へ市場変更しております。
      (2)【新株予約権等の状況】
        ①【ストックオプション制度の内容】
          ストックオプション制度の内容は「第5 経理の状況 1 連結財務諸表等 (1)連結財務諸表 注記事項」
         の(ストック・オプション等関係)に記載しております。
        ②【ライツプランの内容】

          該当事項はありません。
        ③【その他の新株予約権等の状況】

          該当事項はありません。
      (3)【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

           該当事項はありません。
                                 37/101








                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社ヴィッツ(E34739)
                                                           有価証券報告書
      (4)【発行済株式総数、資本金等の推移】
                発行済株式総数        発行済株式総       資本金増減額        資本金残高       資本準備金増       資本準備金残
         年月日
                増減数(株)        数残高(株)        (千円)       (千円)      減額(千円)       高(千円)
      2017年8月10日
                      41      1,441       4,879       79,879        4,879       10,379
    (注)1.
      2018年8月10日
                      26      1,467       8,710       88,589        8,710       19,089
    (注)2.
      2018年11月1日
                  1,465,533       1,467,000           -     88,589         -     19,089
    (注)3.
      2019年4月5日
                   340,000              414,460              414,460
                         1,807,000               503,049              433,549
    (注)4.
      2019年5月9日
                    60,000              73,140              73,140
                         1,867,000               576,189              506,689
    (注)5.
      2019年6月28日
                   160,000               7,600              7,600
                         2,027,000               583,789              514,289
    (注)6.
      2019年9月1日
                  2,027,000
                         4,054,000           -     583,789          -     514,289
    (注)7.
     (注)1.有償第三者割当
         割当先 ヴィッツ従業員持株会
            41株
           発行価格   238,000円
           資本組入額  119,000円
         2.有償第三者割当
         割当先 ヴィッツ従業員持株会
            26株
           発行価格   670,000円
           資本組入額  335,000円
         3.株式分割(1:1,000)により、発行済株式総数は1,465,533株増加しております。
         4.有償一般募集(ブックビルディング方式による募集)
            発行価格    2,650円
            引受価額    2,438円
            資本組入額   1,219円
            払込金総額  828,920千円
         5.有償第三者割当(オーバーアロットメントによる売出しに関連した第三者割当増資)
            発行価格    2,438円
            資本組入額   1,219円
            割当先     東海東京証券株式会社
         6.新株予約権の行使による増加であります。
         7.株式分割(1:2)により、発行済株式総数は2,027,000株増加しております。
                                 38/101







                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社ヴィッツ(E34739)
                                                           有価証券報告書
      (5)【所有者別状況】
                                                    2020年8月31日現在
                          株式の状況(1単元の株式数           100 株)
                                                       単元未満株
       区分                             外国法人等                   式の状況
            政府及び地           金融商品取     その他の法
                  金融機関                          個人その他       計    (株)
            方公共団体           引業者     人
                                  個人以外      個人
     株主数(人)           -     5     28     20     19      1    2,868     2,941       -
     所有株式数
                -     93    1,856     18,839       525      2   19,210     40,525      1,500
     (単元)
     所有株式数の割
                -    0.2     4.6     46.5      1.3     0.0     47.4      100      -
     合(%)
      (6)【大株主の状況】

                                                  2020年8月31日現在
                                                   発行済株式(自己
                                                   株式を除く。)の
                                           所有株式数
                                                   総数に対する所有
          氏名又は名称                    住所
                                            (千株)
                                                   株式数の割合
                                                   (%)
     株式会社Office        Hat          名古屋市港区福屋2丁目27                          720        17.76

     株式会社SNA                 愛知県一宮市浅井町尾関字寺西3                          520        12.82
                      愛知県刈谷市朝日町2丁目1                          300         7.40

     アイシン精機株式会社
                      愛知県丹羽郡大口町下小口5丁目25-1                          300         7.40
     オークマ株式会社
                                                200         4.93
     森川 聡久                 岐阜県大垣市
                                                200         4.93
     大西 秀一                 愛知県知立市
                                                200         4.93
     武田 英幸                 名古屋市瑞穂区
                                                100         2.46
     服部 博行                 名古屋市港区
                                                100         2.46
     脇田 周爾                 愛知県一宮市
                      名古屋市中区栄2丁目13-1                           97        2.39
     ヴィッツ従業員持株会
                               -                2,737         67.51

             計
                                 39/101









                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社ヴィッツ(E34739)
                                                           有価証券報告書
      (7)【議決権の状況】
        ①【発行済株式】
                                                  2020年8月31日現在
                            株式数(株)          議決権の数(個)
              区分                                       内容
                                    -       -           -
      無議決権株式
      議決権制限株式(自己株式等)                              -       -           -
      議決権制限株式(その他)                              -       -           -

      完全議決権株式(自己株式等)                              -       -           -

                                                 権利内容に何ら限定
                                                 のない当社における
                                                 標準となる株式であ
      完全議決権株式(その他)                           4,052,500         40,525
                          普通株式
                                                 ります。なお、単元
                                                 株式数は100株であ
                                                 ります。
                                  1,500        -           -
      単元未満株式                     普通株式
                                4,054,000          -           -
      発行済株式総数
                                    -      40,525            -
      総株主の議決権
    (注)1.2019年9月1日付で普通株式1株につき2株の割合で株式分割を行っております。これにより、発行済株式総
          数は2,027,000株増加し、4,054,000株となっております。
        2.「単元未満株式」欄の普通株式には、当社所有の自己株式30株が含まれております。
        ②【自己株式等】

          該当事項はありません。
                                 40/101












                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社ヴィッツ(E34739)
                                                           有価証券報告書
     2【自己株式の取得等の状況】
      【株式の種類等】 会社法第155条第7号に該当する普通株式の取得
      (1)【株主総会決議による取得の状況】

           該当事項はありません。
      (2)【取締役会決議による取得の状況】

           該当事項はありません。
      (3)【株主総会決議又は取締役会決議に基づかないものの内容】

                 区分                   株式数(株)            価額の総額(円)
      当事業年度における取得自己株式                                     30           71,730
      当期間における取得自己株式                                     -             -
      (4)【取得自己株式の処理状況及び保有状況】

                                当事業年度                 当期間
               区分
                                   処分価額の総額                処分価額の総額
                           株式数(株)                株式数(株)
                                     (円)                (円)
       引き受ける者の募集を行った取得自己株
                                -        -        -        -
       式
       消却の処分を行った取得自己株式                          -        -        -        -
       合併、株式交換、会社分割に係る移転を
                                -        -        -        -
       行った取得自己株式
       その他
                                -        -        -        -
       (   -   )
       保有自己株式数                          30      -          30      -
     3【配当政策】

        当社は、財務体質の強化と事業拡大のための内部留保の充実を図ることは重要であると考えております。一方、株
      主に対する利益還元は、会社の事業活動の本質であり重要事項であります。当社は事業継続性と株主からの出資に値
      する価値・利益還元のバランスを見極めた配当政策を行います。
        当事業年度の配当につきましては、このような配当政策に基づき、普通配当4円に記念配当2円を加え、1株当た
      り6円の配当を実施することを決定いたしました。
                           配当金の総額(円)                  1株当たり配当額(円)

           決議年月日
          2020年11月26日
                              24,323,820                     6
          定時株主総会決議
        今後の配当政策もこれまで同様に、事業継続性と株主に対する安定的かつ継続的な利益還元のバランスを取りなが

      ら配当を実施する方針であります。内部留保資金につきましては、新技術の獲得に伴う研究事業や事業拡大を目的と
      した中長期的な事業資源として利用していく予定であります。
        なお、剰余金の配当を行う場合、年1回の期末配当を基本方針としており、配当の決定機関は株主総会となってお
      ります。また、当社は中間配当を毎年2月末日を基準日として、取締役会の決議によって行うことができる旨を定款
      に定めております。
                                 41/101





                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社ヴィッツ(E34739)
                                                           有価証券報告書
     4【コーポレート・ガバナンスの状況等】
      (1)【コーポレート・ガバナンスの概要】
        ① コーポレート・ガバナンスに関する基本的な考え方
           当社は、「ヴィッツ基本理念」とCSR(Corporate                       Social    Responsibility)方針「情報技術の活用により、
          人々の豊かな社会生活を持続的に維持・実現するための活動方針」のもと、常に半歩先の技術で人々の生活を
          豊かにするよう努力してまいりました。
           すべてのステークホルダーから信頼される企業であり続けるために、コーポレート・ガバナンスの充実を経
          営上の重要課題の一つと認識し、整備を進めております。この考え方に基づき、透明で健全性の高い企業経営
          を目指し、コンプライアンスの徹底を経営の基本と位置付け、あらゆる法令やルールを厳格に遵守し、誠実で
          公正な企業活動を推進してまいります。
           これらの考えを当社では以下のキャッチフレーズとして事業活動を実施しております。

           “Creating       Life   of  Your   Dreams~半歩先の技術で人々の生活を豊かに~”
           なお、当社における支配株主はおりません。

          Ⅰ.「ヴィッツ基本理念」

           1.情報技術を高度化し、より良い社会の実現と人々の豊かな生活の実現に貢献します。
           2.先進的技術の導入と革新的技術の創造を試み、世界で活躍できる技術集団を目指します。
           3.顧客の要望するサービスを提供し、適正な利益を確保することで、企業・社員がともに発展する礎を構
           築します。
           4.ビジネスパートナーとの良好な関係の構築と適正な利益を享受する機会を提供し、信頼される企業であ
           り続けます。
           5.情報技術の活用により、新たな革新的社会サービスの創出に寄与します。
          Ⅱ.CSR方針「情報技術の活用により、人々の豊かな社会生活を持続的に維持・実現するための活動方針」

           <お客様>
           1.私たちは、技術の進化を明確にとらえ、常に半歩先の技術を提供し顧客企業の更なる発展に寄与しま
           す。
           2.私たちは、開発する製品の品質と技術情報管理に注意を払い、適切な管理をします。
           3.私たちは、法令を順守し事業活動に関わる個人情報保護の徹底に努めます。
           <従業員>

           1.私たちは、常に日常業務における創意工夫に努め、努力を怠らず、効率的な仕事を目指すことで勤務時
           間の削減を図り、ワークライフ・バランスの実現を目指します。
           2.私たちは、それぞれの個性を認め合い、十分なコミュニケーションを心掛けることで、快適で働きやす
           い職場を築きます。
           3.私たちは、常に自己研鑽に励むとともに、自らの能力を最大限発揮して職場が自己実現の場となるよう
           努めます。
           4.私たちは、全社員が安心して働けるよう、安全で健康的な職場環境を整えるともに、明るく快適な職場
           づくりに取り組みます。
           <取引先>

           1.私たちは、長期的な事業継続をもとに相互に信頼を構築し、共に発展するよう努めます。
           2.私たちは、法令を順守した公正かつ自由な取引を行い、取引先企業から信頼される企業であり続けま
           す。
          <株主>

           1.私たちは、株主利益を守り、長期的な成長と企業価値を高める活動を行います。
           2.私たちは、事業・財務状況や成果を適時かつ適正に開示します。
          <地域社会>

           1.私たちは、人々の豊かな生活を継続的に維持・実現できるために、効果的な情報技術の活用を提案・支
           援します。
           2.私たちは、情報技術の進化を的確に捉え、進化に即したサービスを提供し続けます。
        ② 企業統治の体制の概要及び当該企業統治の体制を採用する理由
                                 42/101


                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社ヴィッツ(E34739)
                                                           有価証券報告書
           当社は、機関設計として監査役会設置会社を採用しており、取締役会、監査役会をはじめとする以下記載の
          体制を企業統治の根幹とし、コーポレート・ガバナンスの実効性を確保しております。当社の事業規模及び事
          業 内容を総合的に勘案した結果、当該体制が経営環境の変化に柔軟に対応できる体制であり、当社にとって最
          適であると考えております            。
         イ.会社の機関の内容
           当社は、取締役会設置会社であり、かつ監査役会設置会社であります。当社の経営上の意思決定、執行及び
          監督に関する機関は以下のとおりであります。
         a.取締役会
             当社の取締役会は、取締役             9 名(うち社外取締役         4 名)で構成され、定例の取締役会を毎月1回、ま
            た、必要に応じて臨時の取締役会を随時開催しております。経営方針、年度予算その他重要な事項に関す
            る意思決定や月次予算統制その他重要事項の報告により業務執行及び各取締役の職務執行状況の監督を
            行っております。
            (構成員の氏名等)
             取締役会の構成員は、「(2)役員の状況 ①役員一覧」に記載の役員であり、議長は代表取締役社長
             服部博行であります。
         b.監査役会及び監査役
             当社の監査役会は常勤監査役1名及び非常勤監査役3名、合計4名で構成され、4名全員が社外監査役
            であります。監査役は、取締役会、経営会議及びその他の重要会議へ出席し意見を述べる他、重要な決裁
            書類の閲覧等を通して、取締役の業務執行状況を監査しております。各監査役は監査計画に基づき監査を
            実施し、監査役会を毎月1回開催する他、必要に応じて臨時の監査役会を随時開催しております。また、
            内部監査担当者及び会計監査人と定期的に会合を開催して情報の共有を行い、相互に連携を図っておりま
            す。
            (構成員の氏名等)
             監査役会の構成員は、「(2)役員の状況 ①役員一覧」に記載の常勤監査役及び監査役であり、議長は
             常勤監査役      成田晴哉であります。
         c.内部監査室
             当社は、代表取締役社長直轄の内部監査室(3名)を設置しております。内部監査担当者は、業務の有
            効性及び効率性等を担保することを目的として、代表取締役社長による承認を得た内部監査計画に基づい
            て内部監査を実施し、監査結果を代表取締役社長に報告するとともに、監査対象となった被監査部門に対
            して業務改善等のために指摘を行い、後日、改善状況を確認します。内部監査担当者は、監査役及び会計
            監査人と定期的に会合を開催しており、監査に必要な情報の共有を行い、相互に連携を図っております。
            (構成員の氏名等)
             内部監査室の構成員は、内部監査室長                  松岡裕介、石崎聡、脇田直樹であります。
                                 43/101









                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社ヴィッツ(E34739)
                                                           有価証券報告書
         ロ.当社のコーポレート・ガバナンス体制
           当社のコーポレート・ガバナンス体制の模式図は以下のとおりであります。
         ハ.内部統制システムの整備の状況








          当社は会社法及び会社法施行規則に定める業務の適正性を確保するための体制として、「内部統制システムの
         整備に関する基本方針」を定めており、その基本方針に基づき内部統制システムの運用を行っております。その
         概要は以下のとおりであります。
                                 44/101











                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社ヴィッツ(E34739)
                                                           有価証券報告書
         a.取締役及び使用人の職務の執行が法令及び定款に適合することを確保するための体制
         (1)取締役及び使用人           (以下役職員という)         の職務執行が法令及び定款に適合することを確保するため、「行動
           規範」を制定し、周知・徹底を図る。
         (2)「取締役会規程」をはじめとする諸規程を整備し、                          役職員   への周知・徹底を行う。
         (3)   役職員   は「コンプライアンス管理規程」に従い、法令、定款及び社会規範を遵守した行動をとる。
         (4)「コンプライアンス委員会」を設置し、コンプライアンスに関する取組みについて統括するとともに、社
           内でのコンプライアンスの周知徹底を図る。
         (5)コンプライアンスに関するリスク管理を行うことを目的とした「内部通報窓口に関する規程」を制定して
           おり、社内及び社外の通報窓口を設置することで、不正行為の未然防止及び早期発見に努める。
         (6)「内部監査規程」に基づき、社長直轄の内部監査室による内部監査を実施し、                                      役職員   の職務の執行が適切
           に行われているか検証する。
         b.取締役の職務の執行に係る情報の保存及び管理に対する体制

         (1)「文書管理規程」に基づき、取締役会議事録、契約書等の職務に係る重要書類を適切に保管・管理を行
           う。なお、取締役及び監査役はこれらの文書を常時閲覧することができる。
         (2)不正な取得、使用及び開示その他社外への流出を防止するために「営業秘密管理規程」及び「個人情報保
           護規程」を定め、会社及び個人に関する情報の適切な管理を行う。
         (3)各法令及び証券取引所の定める諸規則等の要求に従い、会社情報を適時適切に開示する。
         c.損失の危険の管理に関する規程その他の体制

         (1)当社の危機回避及び危機が発生した場合の当社被害の最小化を目的とする「リスク管理規程」を制定し、
           リスクの事前把握及びリスクマネジメント・システムの構築に努める。
         (2)「リスク管理委員会」を原則として年4回開催し、広範なリスク管理についての協議を行い、必要に応じ
           てリスクへの対策を検討・実施する。
         (3)緊急事態発生の際には、社長は直ちに緊急対策本部を設置し、情報の収集・分析、対応策・再発防止策の
           検討・実施等を行い、事態の早期解決に努める。
         d.取締役の職務の執行が効率的に行われることを確保するための体制

         (1)取締役会は、「取締役会規程」に基づき、毎月1回開催するほか、必要に応じて随時開催する。
         (2)「組織規程」、「業務分掌規程」、「職務権限規程」及び「稟議規程」に従って、迅速な意思決定及び効
           率的な職務執行を行う。
         e.当社及び子会社から成る企業集団における業務の適正を確保するための体制

         (1)当社及び子会社          (以下当社グループという)            は、「経営理念」、「スローガン」、「行動規範」、「コンプ
           ライアンス管理規程」、「財務報告に係る内部統制の基本方針」等を共有する。
         (2)子会社の管理に関する事項については、「関係会社管理規程」にこれを定め、子会社の業務の適正の確保
           に努める。
         (3)当社は、子会社の経営内容を的確に把握するため、子会社に対し、必要に応じて報告書の提出を求める。
         (4)子会社に対する監査は、当社「監査役監査基準」及び「内部監査規程」に基づき、当社監査役及び内部監
           査室がこれを実施する。
         (5)当社グループの役職員が、法令違反等の疑義のある行為等について所属会社または当社へ相談・通報する
           仕組みとして内部通報窓口を設置する。当社グループの役職員が通報等をしたことを理由に不利益な取扱
           いを行ってはならない旨を規定し、遵守する。
         (6)子会社には当社の取締役及び監査役を派遣し、経営を把握し業務の適正化を監視する。
         f.監査役がその職務を補助すべき使用人を置くことを求めた場合における当該使用人に関する事項及びその使

          用人の取締役からの独立性に関する事項
         (1)監査役がその職務を補助すべき使用人を求めた場合は、監査役の意見、関係者の意見を十分考慮して、適
            切な使用人を配置するものとする。
         (2)当該使用人の人事評価・異動については、監査役の意見を尊重した上で行うものとし、当該使用人の取締
            役からの独立性を確保する。
                                 45/101



                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社ヴィッツ(E34739)
                                                           有価証券報告書
         g.取締役及び使用人が監査役に報告をするための体制その他の監査役への報告に関する体制                                          等
         (1)   当社グループの役職員          は、法定事項のみならず、当社に重大な影響を及ぼす事項、その他法令に違反する
           事実等が発生又は発生する恐れがあると認識した場合は、速やかに監査役に報告する。                                        また、当社グルー
           プの役職員が監査役に報告等をしたことを理由に不利益な取扱いを行ってはならない旨を規定し、遵守す
           る。
         (2)取締役は、取締役会等の重要な会議において随時その担当する業務の執行状況を報告する。
         (3)内部監査室は、監査役に内部監査の実施状況を随時報告する。
         h.その他監査役の監査が実効的に行われることを確保するための体制                                等

         (1)取締役との定期的な意見交換の実施や監査役と内部監査担当者との連携が図れる環境の整備により、                                                 役職
           員 との適切な意思疎通及び監査業務の実効性を確保する。
         (2)監査役は、必要に応じて公認会計士・弁護士等の専門家の意見を求めることができる。
         (3)監査役が、職務の執行に必要な費用の前払い等の請求をしたときは、速やかに当該費用または債務を適切
           に処理する。
         i.反社会的勢力排除に向けた基本的な考え方

         (1)「反社会的勢力に対する対応マニュアル」を制定し、健全な会社経営のため、反社会的勢力とは一切関わ
           りを持たず、不当な要求に対しては断固としてこれを拒否する。
         (2)「反社会的勢力に対する対応マニュアル」に基づき、当社グループの役職員に反社会的勢力排除に向けた
           方針及び対応策を周知・徹底する。
         j.財務報告の信頼性を確保するための体制

          財務報告の信頼性を確保するため、金融商品取引法に基づく内部統制報告書の有効かつ適切な提出に向け、内
         部統制システムの運用を行うこととする。また、その仕組みが適正に機能することを継続的に評価し、必要な是
         正を行うこととする。
         ニ.リスク管理体制の整備状況

          当社は、業務上発生する可能性がある各種リスク(プロジェクト遂行上のリスク、取引関連リスク、従業員の
         雇用及び待遇に関する訴訟などのリスクなど)を正確に把握、分析し、適切に対処すべく継続的にリスク管理体
         制の強化に取り組んでおります。緊急事態が発生した場合、あるいはその発生が予想される場合には代表取締役
         社長又は取締役が責任者となり、迅速な対応を行い、緊急事態の拡大を最小限にとどめ、早期に解決するよう努
         めております。
        ③ 取締役の定数

           当社の取締役の定数は10名以内とする旨定款に定めております。
        ④ 中間配当

           当社は、取締役会の決議によって、毎年2月末日の最終の株主名簿に記載又は記録された株主又は登録株式
          質権者に対し、会社法第454条第5項の規定に基づく中間配当を行うことができる旨を定款に定めておりま
          す。これは、中間配当を取締役会の権限とすることにより、株主への機動的な利益還元を可能とすることを目
          的としております。
        ⑤ 取締役及び監査役の責任免除

           当社は、取締役(取締役であったものを含む。)及び監査役(監査役であったものを含む。)が期待される
          役割を十分に発揮できるように、会社法第426条第1項の規定により、任務を怠ったことによる取締役(取締
          役であったものを含む。)及び監査役(監査役であったものを含む。)の損害賠償責任を、法令の限度におい
          て、取締役会の決議によって免除することができる旨を定款に定めております。
        ⑥ 責任限定契約の内容の概要

           当社と取締役(業務執行取締役等であるものを除く。)及び監査役は、会社法第427条第1項の規定に基づ
          き、同法第423条第1項の損害賠償責任を限定する契約を締結しております。当該契約に基づく損害賠償責任
          の限度額は、法令の定める最低責任限度額としております。なお、当該責任限定が認められるのは、法令に定
          める要件に該当するときに限られます。
                                 46/101



                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社ヴィッツ(E34739)
                                                           有価証券報告書
        ⑦ 株主総会の特別決議要件
           当社は、株主総会の円滑な運営を行うことを目的として、会社法第309条第2項に定める株主総会の特別決
          議要件について、議決権を行使することができる株主の議決権の3分の1以上を有する株主が出席し、その議
          決権の3分の2以上をもって行う旨を定款に定めております。
        ⑧ 取締役の選任の決議要件

           当社は、取締役の選任決議として、議決権を行使することができる株主の議決権の3分の1以上を有する株
          主が出席し、その議決権の過半数をもって行う旨を定款に定めております。また、取締役の選任決議は累積投
          票によらない旨を定款に定めております。
        ⑨ 自己株式の取得

           当社は、自己の株式の取得について、経済情勢の変化に対応して財務政策等の経営諸政策を機動的に遂行す
          ることを可能とするため、会社法第165条第2項の規定に基づき、取締役会の決議によって市場取引等により
          自己の株式を取得することができる旨定款に定めております。
                                 47/101
















                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社ヴィッツ(E34739)
                                                           有価証券報告書
      (2)【役員の状況】
        ① 役員一覧
          男性  13 名 女性    -名 (役員のうち女性の比率              -%)
                                                       所有株式数
         役職名         氏名      生年月日                略歴             任期
                                                        (株)
                              1989年4月      ㈱メイテック入社
                              1997年6月      ㈱ソフィックス名古屋
                                    (現:当社)設立、入社
                              2007年6月      当社  取締役
                              2010年10月
                                    当社  常務取締役     CTO
                              2013年2月      ㈱アトリエ     設立  代表取締役社長
        取締役社長
                                                        820,000
                              2013年6月      アーク・システム・ソリューション
                 服部博行     1967年3月23日      生                       (注)3
        (代表取締役)
                                                        (注)7
                                    ズ㈱  取締役
                              2014年10月
                                    当社  専務取締役     CTO
                              2015年12月      当社  代表取締役社長(現任)
                              2016年10月      ㈱ヴィッツ沖縄設立        代表取締役社長
                              2017年10月      ㈱アトリエ     取締役会長(現任)
                              2017年10月      ㈱ヴィッツ沖縄      取締役会長(現任)
                              1981年4月      ㈱メイテック入社
                              1997年6月      ㈱ソフィックス名古屋
                                    (現:当社)設立発起人
                                    取締役
        専務取締役                                                620,000
                              2005年10月      当社  常務取締役
                 脇田周爾     1958年10月3日      生                       (注)3
        総務部担当
                                                        (注)8
                              2007年6月      当社  代表取締役社長
                              2015年12月      当社  取締役会長
                              2016年10月      ㈱ヴィッツ沖縄      取締役(現任)
                              2019年2月      当社  専務取締役(現任)
                              1990年4月      ㈱松下電器情報システム名古屋研究
                                    所入社
                              2008年1月      船井電機㈱入社
                              2013年2月      当社入社
                              2014年4月      当社  部長
         取締役
                              2014年11月      当社  執行役員
      組込サービス事業担当
                 武田英幸     1967年12月20日      生                       (注)3     200,000
                              2016年10月
                                    ㈱ヴィッツ沖縄      取締役(非常勤)
         (注)8
                              2016年11月      当社  取締役
                              2017年10月      ㈱ヴィッツ沖縄      代表取締役社長(現
                                    任)
                              2020年11月      当社  取締役   CDO(現任)
                              2001年4月      当社入社

                              2010年10月      当社  デジタル家電開発部部長
                              2014年11月      当社  執行役員    システムズエンジニ
                                    アリング事業領域部長
                              2016年2月      アーク・システム・ソリューション
         取締役
                                    ズ㈱  取締役(非常勤)
     システムズエンジニアリング事             大西秀一     1976年9月3日      生
                                                   (注)3     200,000
                              2016年11月      当社  取締役
         業担当
                              2017年10月      ㈱アトリエ     取締役(非常勤)
                              2020年7月      同社  代表取締役副社長(非常勤)
                                    (現任)
                              2020年11月
                                    当社  取締役   CSO(現任)
                              1999年4月      共立コンピューターサービス㈱             入
                                    社
                              1999年9月      ㈱ソフィックス名古屋
                                    (現:当社)入社
         取締役
                              2012年10月      当社  機能安全開発部部長
     トラストシステムコンサルティ
                 森川聡久     1976年1月14日      生
                                                   (注)3     200,000
                              2014年11月      当社  執行役員    機能安全開発部部長
        ング事業担当
                              2015年2月
         (注)8                           ㈱アトリエ     取締役(非常勤)
                              2016年11月
                                    当社  取締役(現任)
                              2018年2月      アーク・システム・ソリューション
                                    ズ㈱  取締役(非常勤)(現任)
                                 48/101


                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社ヴィッツ(E34739)
                                                           有価証券報告書
                                                       所有株式数
         役職名         氏名      生年月日                略歴             任期
                                                        (株)
                              1974年4月      オークマ㈱入社
                              2006年10月      当社  取締役(非常勤)(現任)
                              2007年6月      オークマ㈱     取締役
         取締役        領木正人     1953年5月19日      生                       (注)3        -
                              2011年6月      同社  常務取締役
                              2014年6月
                                    同社  専務取締役(現任)
                              2014年6月      オークマ興産㈱      取締役社長
                              1982年4月      日本電気㈱入社

                              2004年4月      公立大学法人兵庫県立大学           大学院応
                                    用情報科学研究科       教授(現任)
                              2016年11月      当社  取締役(非常勤)(現任)
         取締役        中本幸一     1958年2月20日      生                       (注)3        -
                              2017年4月      国立大学法人名古屋大学大学院情報
                                    学研究科附属組込みシステム研究セ
                                    ンター特任教授(現任)
                              2020年4月      公立大学法人兵庫県立大学           大学院応
                                    用情報科学研究科       研究科長(現任)
                              1983年4月  トヨタ自動車㈱入社
                              2007年1月  同社        レクサス電子設計部        部長
                              2012年1月  同社        第2電子開発部      部長
                              2014年1月  アイシン精機㈱            技術企画部     主査
                              2014年4月  同社        常務役員
         取締役        植中裕史     1960年2月18日      生                       (注)3      1,000
                              2016年4月  同社        専務役員
                              2017年6月  同社        取締役
                              2019年4月  同社        取締役・執行役員
                              2019年6月  同社        執行役員(現任)
                              2019年11月         当社  取締役(非常勤)(現任)
                              1979年6月  弁護士登録(東京弁護士会)
                              1982年9月  三宅坂法律事務所設立
                              1994年8月  日比谷シティ法律事務所設立
                              2000年4月  東京弁護士会            弁護士倫理特別委員会
                                    委員長
                              2006年4月  東京弁護士会            副会長
         取締役        並木政一     1952年7月27日      生
                                                   (注)3        -
                              2013年4月  日本弁護士連合会             常務理事
                              2017年6月  同社        取締役
                              2018年6月  ㈱飯能ゴルフ倶楽部              監査役
                              2020年6月  同社        取締役(現任)
                              2020年11月         当社  取締役(非常勤)(現任)
                              1975年4月      ㈱名古屋銀行入行
                              1996年6月      同行蟹江支店      支店長
                              1999年4月      同行営業統括部      主任推進役
                              2000年6月      同行大曾根支店      支店長
                              2002年6月      同行東新町支店      支店長
                              2003年10月      ㈱宇佐美鉱油出向
                              2005年12月      ㈱名古屋銀行退行
        常勤監査役         成田晴哉     1952年11月19日      生                       (注)4        -
                              2006年1月      ㈱宇佐美鉱油入社
                              2006年12月      同社  取締役
                              2009年12月      同社  取締役財務人事本部長
                              2012年12月      同社  常務取締役
                              2014年12月      同社  専務取締役
                              2017年1月
                                    当社  監査役(現任)
                              2017年2月
                                    ㈱アトリエ     監査役(現任)
                              1991年4月      アイシン精機㈱入社
                              2014年10月
                                    当社  監査役(非常勤)(現任)
         監査役        金子裕市     1968年7月23日      生
                                                   (注)4        -
                              2019年1月      アイシン精機㈱      総合企画部部長(現
                                    任)
                                 49/101




                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社ヴィッツ(E34739)
                                                           有価証券報告書
                                                       所有株式数
         役職名         氏名      生年月日                略歴             任期
                                                        (株)
                              1972年4月      トヨタ自動車工業㈱(現:トヨタ自
                                    動車㈱)入社
                              1997年1月      アイシン精機㈱      出向
                              1998年2月      同社  入社  電子系技術部長
                              2002年6月      同社  参与
                              2006年3月      同社  技監
         監査役        上田政博     1946年3月3日      生                       (注)4        -
                              2007年2月      アイシン・コムクルーズ㈱(現:ア
                                    イシン・ソフトウェア㈱)
                                    取締役社長
                              2010年5月      同社  顧問
                              2017年8月      当社  監査役(非常勤)(現任)
                              1982年4月      松下電器産業㈱(現:パナソニック
                                    ㈱入社
                              2001年4月      同社九州マルチメディアシステム研
                                    究所  所長
                              2002年2月      同社アプライアンスソフト開発セン
                                    ター  所長
                              2007年4月      パナソニックR&Dセンターベトナム㈲
                                    社長
                              2010年6月      パナソニックR&Dセンター中国㈲ 総
         監査役        東幸哉    1957年9月22日      生
                                                   (注)4        -
                                    経理
                              2012年10月      パナソニック      アドバンストテクノロ
                                    ジー㈱   取締役社長
                              2017年10月      同社  顧問
                              2017年11月      当社  監査役(非常勤)(現任)
                              2019年10月      ArchiTek㈱     理事(現任)
                             計                          2,041,000

     (注)1.取締役          領木正人氏、中本幸一氏、植中裕史氏及び並木政一氏は、社外取締役であります。
         2.監査役      成田晴哉氏、金子裕市氏、上田政博氏及び東幸哉氏は、社外監査役であります。
         3.2020年11月26日開催の定時株主総会終結の時から2022年8月期にかかる定時株主総会終結の時まででありま
           す。
         4.2018年11月29日開催の定時株主総会終結の時から2022年8月期にかかる定時株主総会終結の時まででありま
           す。
         5.当社では、意思決定・監督と執行の分離による取締役会の活性化のため、執行役員制度を導入しておりま
           す。執行役員は2名で、先進技術開発部                   部長   服部孝治及び先進CPS技術開発部               部長兼    先進技術開発部        応
           用基盤技術室及びMaaS事業室              担当部長兼      経営企画室      室長   森川智之であります。
         6.  取締役社長(代表取締役)服部博行の所有株式数は、同氏の資産管理会社である株式会社Office                                                H
           atが所有する株式数を含んでおります。
         7.  専務取締役      脇田周爾の所有株式数は、同氏の資産管理会社である株式会社SNAが所有する株式数を含ん
           でおります。
         8.2020年9月1日付の組織変更に伴い、事業セグメントの名称を組込システム事業から組込サービス事業へ、
           機能安全開発事業からトラストシステムコンサルティング事業へそれぞれ変更しております。
                                 50/101






                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社ヴィッツ(E34739)
                                                           有価証券報告書
         ② 社外役員の状況
          当社の社外取締役は4名、社外監査役は4名であります。
         ・社外取締役       領木正人氏は、オークマ株式会社の専務取締役であります。同社と当社との間には営業取引の関
          係があります。また、同社は当社株式の7.40%を保有する大株主です。
         ・社外取締役       中本幸一氏は、公立大学法人兵庫県立大学の教授であり、また、国立大学法人名古屋大学の特任
          教授であります。両法人と当社との間に特別な関係はありません。
         ・ 社外取締役      植中裕史氏は、       アイシン精機株式会社の執行役員であります。同社と当社との間には営業取引の
          関係があります。また同社は当社株式の7.40%を保有する大株主です。なお、同氏は当社株式を1,000株所有
          しており、同氏と当社との間には資本的関係があります。
         ・社外取締役       並木政一氏と当社との間には特別な関係はありません。
         ・社外監査役       金子裕市氏は、アイシン精機株式会社の総合企画部部長であります。同社と当社との間には営業
          取引の関係があります。また同社は当社株式の7.40%を保有する大株主です。
         ・社外監査役       東幸哉氏は、ArchiTek株式会社の理事であります。ArchiTek株式会社と当社との間には特別な関
          係はありません。
         ・社外監査役       成田晴哉氏及び上田政博氏と当社との間には特別な関係はありません。
         ・当社では、社外取締役           又は社外監査役       を選任するための独立性に関する基準又は方針は定めておりませんが、

          選任にあたっては株式会社東京証券取引所の独立役員の独立性に関する判断基準を参考にしております。
         ・当社は、社外取締役及び社外監査役が企業統治において果たす機能及び役割として、経営監視機能の客観性及
          び中立性を確保し、株主及び投資家の信頼に応えるコーポレート・ガバナンス体制の実現を図ることであると
          考えております。
         ・当社は社外取締役を          4 名、社外監査役を4名選任しており、出席した取締役会において独立した立場で適宜発
          言すること等により、企業統治において重要な役割を果たしているため、選任状況は適切であると判断してお
          ります。また、東京証券取引所が定める独立役員の要件を満たす取締役                                 中本幸一氏     及び並木政一氏、        監査役
          成田晴哉氏及び上田政博氏の             4 名を独立役員に指定しております。
        ③ 社外取締役又は社外監査役による監督又は監査と内部監査、監査役監査及び会計監査との相互連携並びに内部

          統制部門との関係
          社外取締役     4名  は、取締役会において客観的かつ専門的分野から必要な助言及び監督機能を十分に果たしてお
         ります。
          社外監査役4名のうち1名は常勤監査役に就任しており、日々の経営において、社外役員としての客観的見地
         から監視を行っており、非常勤監査役とも定期的に情報共有を図っております。
          重要な会議や報告についても、常勤の社外役員により日常的に監視が行われ、必要に応じて、社内の様々な部
         門に対して、調査等を実施しております。
          内部監査との連携につきましては、内部監査室との定期的な情報共有のほか、日常的に相互の意見交換、質問
         等を行っており、内部監査の有効性に関する監視、検証を行うほか、相互の連携した監査も実施しております。
          会計監査との連携につきましては、会計監査人に対し、必要に応じて随時、相互の意見交換、質問等を行って
         おり、監査役監査の有効性に資する情報交換、会計監査の適性性に係る監視、検証を行っております。また、会
         計監査人との監査報告会を定期に実施し、情報共有を行っております。
          内部統制    部門  との連携につきましては、常勤監査役が内部統制の整備及び運用状況に関し内部統制部門より報
         告を受け、監視・検証を行っております。また、社外監査役は取締役会で内部統制部門から報告を受けるととも
         に、監査役会において常勤監査役から当該状況の報告を受け、情報を共有しております。
                                 51/101






                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社ヴィッツ(E34739)
                                                           有価証券報告書
      (3)【監査の状況】
        ① 監査役監査の状況
          当社の監査役会は、常勤監査役1名及び非常勤監査役3名で構成され4名全員が社外監査役であります。各監
         査役は取締役会に出席して経営の状況を監視するとともに、監査方針・計画に従って分担して重要会議への出
         席、主要な事業所・子会社の往査を行っております。また、会計監査人及び内部監査室との連携による三様監査
         により実効性の高い監査に努めております。
          監査役成田晴哉氏は、金融機関及び事業会社での業務経験を通じ財務及び会計に関する相当程度の知見を有し
         ております。
          当事業年度において当社は監査役会を月1回開催しており、必要に応じて適宜臨時開催しております。個々の
         監査役の出席状況については、次のとおりであります。
          氏 名             開催回数                  出席回数
         成田 晴哉               15                  15
         金子 裕市               15                  15
         上田 政博               15                  15
         東  幸哉               15                  15
          監査役会における主な検討事項は、監査役監査方針及び監査計画の決定、内部統制体制の整備・運用の状況、
         会計監査人の監査の方法及び結果の相当性、会計監査人の選任及び不再任に関する事項、会計監査人に対する報
         酬等の同意、監査報告書の作成等です。
          監査役会の活動の状況としては、内部監査室及と情報交換・意見交換・合同監査を行い、連携を密にして監査
         の実効性と効率性の向上に努めました。会計監査人とは四半期毎の連絡会や事業部門に対する合同監査を行い課
         題の共有化に努めました。また、監査役全員が当期の全ての取締役会に出席し、議事運営、決議内容等を監査
         し、必要により意見表明を行いました。加えて、監査役会と代表取締役・専務取締役との定例会合を開催し、監
         査所見に基づく提言や監査役会と社外取締役との連絡会での意見交換に基づく提言も行っております。
          常勤監査役の活動の状況としては、監査役会で定めた役割分担に沿って、重要会議への出席、契約書・決裁書
         等の閲覧、主要な事業所・子会社の業務・財産状況の監査を行いました。
        ② 内部監査の状況

          当社における内部監査は、代表取締役直轄の内部監査室に3名所属し、内部監査規程に基づき各部門の業務遂
         行が法令や社内規程に違反することのないように検証・評価をしております。監査結果については代表取締役へ
         の報告と被監査部門へのフィードバックを行い、改善の必要がある場合は当該部門に是正の指示をしておりま
         す。
          なお、監査役会、内部監査室、会計監査人は相互に連携して、三様監査の体制の元、課題・改善事項等の情報
         を共有し、効果的且つ効率的な監査を実施するように努めております。
        ③ 会計監査の状況

          a.監査法人の名称
            仰星監査法人
          b.継続監査期間

            4年
          c.  業務を執行した公認会計士

            小川  薫
            元雄 幸人
          d.監査業務に係る補助者の構成

            当社の会計監査業務に係る補助者は、公認会計士4名、公認                            会計士試験合格者、システム監査技術者を
            含むその他5名であります。
          e.監査法人の選定方針と理由

            監査法人の選任にあたり、監査品質、職業倫理、独立性、職業的専門家としての監査遂行力及び監査報
            酬等を総合的に勘案し、決定しております。現任の監査法人は、上記要素に加え当社の業務を広く理解し
            正確かつ効率的な監査体制が整備されていると判断して選定いたしました。
                                 52/101



                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社ヴィッツ(E34739)
                                                           有価証券報告書
          f.監査役及び監査役会による監査法人の評価
            当社の監査役会は、第45回及び第46回監査役会で監査法人に対して評価を行っております。監査法人か
            ら必要な資料の提出と説明により監査品質の状況を検討いたしました。加えて、過年度の監査チームの監
            査状況(職業倫理、独立性、職業的専門家としての監査遂行力、三様監査による連携、情報の提供、監査
            役からの質問や相談事項の対応等)を検討した結果、監査法人の職務の遂行に問題はないと評価しており
            ます。
        ④ 監査報酬の内容等

          a.監査公認会計士等に対する報酬
                      前連結会計年度                       当連結会計年度
         区分
               監査証明業務に基づく           非監査業務に基づく報           監査証明業務に基づく           非監査業務に基づく報
               報酬(千円)           酬(千円)           報酬(千円)           酬(千円)
                     13,000            1,500           13,000              -

        提出会社
                       -           -            -           -
       連結子会社
                     13,000            1,500           13,000              -
         計
     (注)提出会社における前連結会計年度の非監査業務の内容は、東京証券取引所マザーズ上場に係るコンフォートレ
         ター作成業務となっております。
                                 53/101














                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社ヴィッツ(E34739)
                                                           有価証券報告書
          b.監査公認会計士等と同一のネットワークに対する報酬(a.を除く)
            該当事項はありません。
          c .その他の重要な監査証明業務に基づく報酬の内容

            該当事項はありません。
          d .監査報酬の決定方針

            監査法人の見積り等の資料をもとに、監査計画、往査予定日数等を勘案し、監査役会の同意を得て決定
            しております。
          e.監査役会が会計監査人の報酬等に同意した理由

            監査役会は、会計監査人の監査計画の内容、会計監査の職務執行状況及び実績及び今期の報酬見積もり
            の算定根拠などが適切かどうかについて必要な検証を行った結果、会計監査人の報酬等の額は合理的な水
            準であると判断し、同意致しました。
      (4)【役員の報酬等】

        ① 役員の報酬等の額又はその算定方法の決定に関する方針に係る事項
           当社の取締役及び監査役の報酬額は、株主総会で承認された報酬限度額内で算定しております。
           2017年8月30日開催の臨時株主総会において、当社の取締役の報酬額は年額200,000千円以内(ただし、使
          用人給与分を含まない。)、監査役の報酬額は年額100,000千円以内と決議頂いて                                     おり、基本報酬はこの枠内
          で決定を    いたします。当該決議時点の取締役の員数は7名、監査役の員数は4名であります。本報告書提出日
          現在、対象となる役員の員数は、取締役9名(定款で定める員数は10名以内)、監査役4名(定款で定める員
          数は4名以内)となります。
           これらの報酬額の決定方針は、役位や会社への貢献度等を勘案して支給することとしております。                                             また、当
          社の役員の報酬等の額またはその算出方法の決定に関する方針の決定権限を有する者は、取締役会により一任
          された取締役であり、その権限の内容及び裁量の範囲は、担当職務、各期の業績、貢献度等を総合的に勘案し
          て決定する権限を有しております。                当事業年度の役員の報酬については                2019年11月28日       に決議しております。
           なお、2020年11月13日開催の取締役会において、取締役の指名及び報酬等に係る手続きの公平性・透明性・
          客観性を強化し、コーポレートガバナンスの一層の充実を図るため、取締役会の任意の諮問機関として「指名
          報酬委員会」を設置し、2020年11月26日の取締役会において代表取締役1名、独立社外取締役2名を構成員と
          した委員3名を選任し、その内独立社外取締役1名を委員長に選任いたしました。指名報酬委員会は、取締役
          会の諮問に応じて、取締役の選任・解任に関する株主総会決議事項、代表取締役及び役付取締役の選定・解職
          に関する事項、取締役の報酬等に関する事項等について審議し、取締役会に対して答申いたします。
          (基本報酬)

           当事業年度における当社の役員の報酬等の額は、取締役については、株主総会後の取締役会により一任され
          た代表取締役と社外取締役が方針に基づき協議の上決定しており、監査役については株主総会後の監査役会に
          おいて監査役の協議により決定しております。
          (譲渡制限付株式報酬制度の導入)

           当社は2020年10月13日開催の取締役会において、役員報酬制度見直しの一環として譲渡制限付株式報酬制度
          (以下、「本制度」といいます。)の導入を決議し、本制度に関する議案を2020年11月26日開催の第24期定時
          株主総会(以下、「本株主総会」といいます。)に付議し、本株主総会において承認・可決されております。
           1.本制度の導入の目的
            当社の取締役(社外取締役を除きます。以下「対象取締役」といいます。)に、当社の企業価値の持続的
           な向上を図るインセンティブを付与すると共に、株主の皆様と一層の価値共有を進めることを目的として、
           基本報酬枠とは別枠で、新たに譲渡制限付株式の付与のための金銭報酬債権を報酬として支給することとし
           ております。
           2.本制度の概要
            本制度に基づき       対象取締役に対して支給される金銭報酬債権の総額は、年額50,000千円以内(ただし、使
           用人給与分を含みません。)といたします。各対象取締役への具体的な支給時期及び配分については、取締
           役会において決定いたします。本制度により、当社が新たに発行又は処分する普通株式の総数は年50千株以
           内(ただし、本株主総会の決議の日以降の日を効力発生日とする当社普通株式の株式分割(当社の普通株式
                                 54/101


                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社ヴィッツ(E34739)
                                                           有価証券報告書
           の無償割当てを含みます。)又は株式併合が行われるなど株式数の調整を必要とするやむを得ない事由が生
           じたときは、発行又は処分される株式数を合理的に調整することができるものとします。)といたします。
            また、本制度により発行又は処分される当社の普通株式の1株当たりの払込金額は、取締役会決議の日の
           前営業日における東京証券取引所における当社の普通株式の終値(同日に取引が成立していない場合は、そ
           れに先立つ直近取引日の終値)を基礎として、対象取締役に特に有利とならない範囲において取締役会にお
           いて決定いたします。
            なお、本制度による当社の普通株式の発行又は処分に当たっては、当社と対象取締役との間で譲渡制限付
           株式割当契約(以下「本割当契約」といいます。)を締結するものとし、その内容として、次の事項が含ま
           れることとします。
           ①  対象取締役は、あらかじめ定められた期間、本割当契約により割当てを受けた当社の普通株式について
            譲渡、担保権の設定その他の処分をしてはならないこと
           ②  一定の事由が生じた場合には当社が当該普通株式を無償で取得すること
            なお、   本制度においては、当社子会社の取締役に対しても、対象取締役に対するものと同様の譲渡制限付
           き株式報酬を取締役会の決議により支給し、当社の普通株式を新たに発行又は処分する予定です。
                                 55/101
















                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社ヴィッツ(E34739)
                                                           有価証券報告書
        ②   役員区分ごとの報酬等の総額、報酬等の種類別の総額及び対象となる役員の員数

                               報酬等の種類別の総額(千円)
                   報酬等の総額                                対象となる役員
         役員区分
                                 ストック・
                    (千円)                               の員数(名)
                           基本報酬             賞与    退職慰労金
                                 オプション
    取締役
                      73,971      73,971         -      -      -        5
    (社外取締役を除く。)
    監査役
                         -      -      -      -      -        -
    (社外監査役を除く。)
                       8,040      8,040        -      -      -        4
    社外役員
    (注)社外役員のうち、社外取締役                2名  、社外監査役1名については役員報酬等を支払っておりません。
        ③ 役員ごとの報酬等の総額等

           報酬等の総額が1億円以上の報酬を受けている役員が存在しないため、記載しておりません。
      (5)【株式の保有状況】

        ① 投資株式の区分の基準及び考え方
           当社は、専ら株式の価値の変動又は株式に係る配当によって利益を受けることを目的として保有する株式を
          純投資目的である投資株式とし、当社の成長戦略に沿った業務提携関係の構築に繋がり、当社の企業価値向上
          に寄与すると考えられるもの等、それら以外の株式を純投資目的以外の目的である投資株式に区分しておりま
          す。
        ② 保有目的が純投資目的以外の目的である投資株式

          a.保有方針及び保有の合理性を検証する方法並びに個別銘柄の保有の適否に関する取締役会等における検証
          の内容
           当社は、保有目的が純投資目的である投資株式と純投資目的以外の目的である投資株式の区分について、投
          資株式のうち保有目的が純投資目的以外の目的であるものをいわゆる政策保有株式とみなし、当社の持続的成
          長と中長期的な企業価値の向上に資すると判断する場合に限り保有する方針としております。
           保有株式については、毎年取締役会において、保有目的、保有に伴うリターンやリスク等を総合的に勘案の
          上、保有の適否を検証しております。なお、保有の妥当性がないと判断した株式については、売却を行うなど
          の縮減を図ります。
          b.銘柄数及び貸借対照表計上額

                        銘柄数       貸借対照表計上額の
                       (銘柄)        合計額(千円)
                           1           3,459

          非上場株式
                           -             -
          非上場株式以外の株式
          (当事業年度において株式数が増加した銘柄)

           該当事項はありません。
          (当事業年度において株式数が減少した銘柄)

           該当事項はありません。
        ③ 保有目的が純投資目的である投資株式

           該当事項はありません。
                                 56/101




                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社ヴィッツ(E34739)
                                                           有価証券報告書
    第5【経理の状況】
     1.連結財務諸表及び財務諸表の作成方法について
      (1)当社の連結財務諸表は、「連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和51年大蔵省令第28号)
        に基づいて作成しております。
      (2)当社の財務諸表は、「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和38年大蔵省令第59号。以下
        「財務諸表等規則」という。)に基づいて作成しております。
         また、当社は、特例財務諸表提出会社に該当し、財務諸表等規則第127条の規定により財務諸表を作成しており
        ます。
     2.監査証明について

       当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、連結会計年度(2019年9月1日から2020年8月31日
      まで)の連結財務諸表及び事業年度(2019年9月1日から2020年8月31日まで)の財務諸表について、仰星監査法人
      による監査を受けております。
     3.連結財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組みについて

       当社は、連結財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組みを行っております。具体的には、会計基準等の内
      容及び改正等を適切に把握し的確に対応するために、適切な財務報告のための社内体制構築、セミナーの参加などを
      通じて、積極的な専門知識の蓄積並びに情報収集活動に努めております。
                                 57/101














                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社ヴィッツ(E34739)
                                                           有価証券報告書
     1【連結財務諸表等】
      (1)【連結財務諸表】
        ①【連結貸借対照表】
                                                   (単位:千円)
                                 前連結会計年度              当連結会計年度
                                (2019年8月31日)              (2020年8月31日)
     資産の部
       流動資産
                                       1,628,916              1,794,855
        現金及び預金
                                        148,574              197,135
        受取手形及び売掛金
                                          68              68
        商品及び製品
                                                    ※2  133,832
                                        146,747
        仕掛品
                                          359              308
        原材料及び貯蔵品
                                        28,851              32,120
        前払費用
                                        17,936               3,278
        その他
                                         △ 690               -
        貸倒引当金
                                       1,970,764              2,161,599
        流動資産合計
       固定資産
        有形固定資産
                                        28,919              38,850
          建物及び構築物
                                       △ 13,467             △ 17,460
           減価償却累計額
           建物及び構築物(純額)                             15,452              21,389
          その他                               53,116              57,061
                                       △ 45,025             △ 48,647
           減価償却累計額
           その他(純額)                              8,090              8,413
                                        23,543              29,803
          有形固定資産合計
        無形固定資産                                13,966              10,276
        投資その他の資産
                                       ※1  12,082             ※1  5,551
          投資有価証券
                                        78,853              85,287
          繰延税金資産
                                        104,780              121,924
          保険積立金
                                        29,027              24,722
          その他
                                        224,744              237,485
          投資その他の資産合計
                                        262,254              277,565
        固定資産合計
                                       2,233,018              2,439,164
       資産合計
                                 58/101









                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社ヴィッツ(E34739)
                                                           有価証券報告書
                                                   (単位:千円)

                                 前連結会計年度              当連結会計年度
                                (2019年8月31日)              (2020年8月31日)
     負債の部
       流動負債
                                        62,414              50,554
        買掛金
                                         1,008              1,008
        1年内返済予定の長期借入金
                                        62,169              68,901
        未払法人税等
                                        34,667              48,342
        未払消費税等
                                        90,219              102,079
        賞与引当金
                                        10,475               2,960
        製品保証引当金
                                                     ※2  2,155
                                          -
        受注損失引当金
                                        82,065              49,617
        その他
                                        343,018              325,619
        流動負債合計
       固定負債
                                         1,640               632
        長期借入金
                                         1,820              1,449
        繰延税金負債
                                         5,287                -
        役員退職慰労引当金
                                        113,098              126,500
        退職給付に係る負債
                                        84,767              91,495
        長期未払金
                                        206,614              220,077
        固定負債合計
                                        549,633              545,697
       負債合計
     純資産の部
       株主資本
                                        583,789              583,789
        資本金
                                        518,278              518,278
        資本剰余金
                                        564,153              769,914
        利益剰余金
                                          -             △ 71
        自己株式
                                       1,666,220              1,871,910
        株主資本合計
                                        17,163              21,556
       非支配株主持分
                                       1,683,384              1,893,467
       純資産合計
                                       2,233,018              2,439,164
     負債純資産合計
                                 59/101










                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社ヴィッツ(E34739)
                                                           有価証券報告書
        ②【連結損益計算書及び連結包括利益計算書】
         【連結損益計算書】
                                                   (単位:千円)
                                 前連結会計年度               当連結会計年度
                               (自 2018年9月1日              (自 2019年9月1日
                                至 2019年8月31日)               至 2020年8月31日)
                                       2,300,593              2,222,802
     売上高
                                     ※1  1,564,729            ※1  1,477,066
     売上原価
                                        735,864              745,736
     売上総利益
                                    ※2 ,※3  483,948           ※2 ,※3  408,975
     販売費及び一般管理費
                                        251,915              336,760
     営業利益
     営業外収益
                                        68,173              12,422
       保険解約返戻金
                                          890              947
       保険事務手数料
                                          994              731
       受取手数料
                                         2,584              2,077
       消費税差額
                                          71              403
       その他
                                        72,713              16,583
       営業外収益合計
     営業外費用
                                          64              31
       支払利息
                                          208               36
       為替差損
                                        11,024                -
       株式交付費
                                         8,882                -
       上場関連費用
                                          -            22,157
       市場変更費用
                                          -              27
       その他
                                        20,180              22,252
       営業外費用合計
                                        304,449              331,091
     経常利益
     特別利益
                                                      ※4  127
                                          -
       固定資産売却益
                                        30,000                -
       役員退職慰労金戻入額
                                        30,000                127
       特別利益合計
     特別損失
                                          -             6,530
       投資有価証券評価損
                                         ※5  52
                                                         -
       固定資産除却損
                                          52             6,530
       特別損失合計
                                        334,396              324,687
     税金等調整前当期純利益
     法人税、住民税及び事業税                                   97,613              104,630
                                         1,236             △ 6,805
     法人税等調整額
                                        98,850              97,825
     法人税等合計
                                        235,546              226,861
     当期純利益
                                         4,886              4,884
     非支配株主に帰属する当期純利益
                                        230,659              221,977
     親会社株主に帰属する当期純利益
         【連結包括利益計算書】

                                                   (単位:千円)
                                 前連結会計年度               当連結会計年度
                               (自 2018年9月1日              (自 2019年9月1日
                                至 2019年8月31日)               至 2020年8月31日)
                                        235,546              226,861
     当期純利益
                                        235,546              226,861
     包括利益
     (内訳)
                                        230,659              221,977
       親会社株主に係る包括利益
                                         4,886              4,884
       非支配株主に係る包括利益
                                 60/101



                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社ヴィッツ(E34739)
                                                           有価証券報告書
        ③【連結株主資本等変動計算書】
          前連結会計年度(自 2018年9月1日 至 2019年8月31日)
                                                     (単位:千円)
                             株主資本
                                               非支配株主持分       純資産合計
                 資本金      資本剰余金      利益剰余金       自己株式      株主資本合計
     当期首残高             88,589      23,078      342,295         -    453,962       12,834      466,797
     当期変動額
      新株の発行
                  495,200      495,200                   990,400             990,400
      剰余金の配当                         △ 8,802            △ 8,802            △ 8,802
      親会社株主に帰属する
                              230,659             230,659             230,659
      当期純利益
      自己株式の取得                                       -             -

      株主資本以外の項目の

                                                  4,329      4,329
      当期変動額(純額)
     当期変動額合計             495,200      495,200      221,857         -   1,212,257        4,329     1,216,587
     当期末残高
                  583,789      518,278      564,153         -   1,666,220        17,163     1,683,384
          当連結会計年度(自 2019年9月1日 至 2020年8月31日)

                                                     (単位:千円)
                             株主資本
                                               非支配株主持分       純資産合計
                 資本金      資本剰余金      利益剰余金       自己株式      株主資本合計
     当期首残高             583,789      518,278      564,153         -   1,666,220        17,163     1,683,384
     当期変動額
      新株の発行
                                             -             -
      剰余金の配当                        △ 16,216            △ 16,216            △ 16,216
      親会社株主に帰属する
                              221,977             221,977             221,977
      当期純利益
      自己株式の取得                                △ 71      △ 71            △ 71

      株主資本以外の項目の

                                                  4,392      4,392
      当期変動額(純額)
     当期変動額合計               -      -    205,761        △ 71    205,689       4,392      210,082
     当期末残高
                  583,789      518,278      769,914        △ 71   1,871,910        21,556     1,893,467
                                 61/101








                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社ヴィッツ(E34739)
                                                           有価証券報告書
        ④【連結キャッシュ・フロー計算書】
                                                   (単位:千円)
                                 前連結会計年度               当連結会計年度
                               (自 2018年9月1日              (自 2019年9月1日
                                至 2019年8月31日)               至 2020年8月31日)
     営業活動によるキャッシュ・フロー
                                        334,396              324,687
       税金等調整前当期純利益
                                        20,573              18,111
       減価償却費
       退職給付に係る負債の増減額(△は減少)                                  13,968              13,401
       賞与引当金の増減額(△は減少)                                  16,582              11,860
       製品保証引当金の増減額(△は減少)                                  △ 797            △ 7,515
       受注損失引当金の増減額(△は減少)                                 △ 21,261               2,155
       役員退職慰労引当金の増減額(△は減少)                                △ 108,620              △ 5,287
                                       △ 68,173             △ 12,395
       保険解約返戻金
                                          64              31
       支払利息
                                        11,024                -
       株式交付費
                                         8,882                -
       上場関連費用
                                          -            22,157
       市場変更費用
       投資有価証券評価損益(△は益)                                    -             6,530
       売上債権の増減額(△は増加)                                 △ 18,840             △ 48,560
       たな卸資産の増減額(△は増加)                                 101,101               12,965
       仕入債務の増減額(△は減少)                                 △ 73,095             △ 11,859
       長期未払金の増減額(△は減少)                                  84,767               6,728
                                        63,726             △ 23,835
       その他
                                        364,300              309,176
       小計
       利息の支払額                                   △ 64             △ 31
                                       △ 119,664              △ 88,573
       法人税等の支払額又は還付額(△は支払)
                                        244,570              220,571
       営業活動によるキャッシュ・フロー
     投資活動によるキャッシュ・フロー
                                          -           △ 200,000
       定期預金の預入による支出
                                        △ 6,648             △ 14,631
       有形固定資産の取得による支出
                                         △ 800            △ 2,895
       無形固定資産の取得による支出
                                        △ 6,314                -
       差入保証金の差入による支出
                                       △ 18,505             △ 22,610
       保険積立金の積立による支出
                                        96,178              25,283
       保険積立金の解約による収入
                                         △ 964              139
       その他
                                        62,946             △ 214,714
       投資活動によるキャッシュ・フロー
     財務活動によるキャッシュ・フロー
                                        △ 7,658             △ 1,008
       長期借入金の返済による支出
                                        979,375                 -
       株式の発行による収入
                                        △ 8,882                -
       上場関連費用の支払額
                                          -           △ 22,157
       市場変更費用の支払額
                                          -             △ 71
       自己株式の取得による支出
                                        △ 8,802             △ 16,189
       配当金の支払額
                                         △ 557             △ 492
       非支配株主への配当金の支払額
                                        953,475              △ 39,918
       財務活動によるキャッシュ・フロー
                                          -              -
     現金及び現金同等物に係る換算差額
     現金及び現金同等物の増減額(△は減少)                                 1,260,992               △ 34,061
                                        367,923             1,628,916
     現金及び現金同等物の期首残高
                                      ※ 1,628,916             ※ 1,594,855
     現金及び現金同等物の期末残高
                                 62/101





                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社ヴィッツ(E34739)
                                                           有価証券報告書
        【注記事項】
         (連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項)
          1.連結の範囲に関する事項
          (1) 連結子会社の数          2 社
            連結子会社の名称
             株式会社アトリエ
             株式会社ヴィッツ沖縄
          (2) 非連結子会社の名称等
            該当事項はありません。
          2.持分法の適用に関する事項

          (1) 持分法を適用した非連結子会社及び関連会社の数
            該当事項はありません。
          (2) 持分法を適用していない非連結子会社及び関連会社の名称等
            ① 非連結子会社
             該当事項はありません。
            ② 関連会社
             アーク・システム・ソリューションズ株式会社
          (3) 持分法を適用していない関連会社は、当期純損益(持分に見合う額)及び利益剰余金(持分に見合う
             額)等からみて、持分法の対象から除いても連結財務諸表に及ぼす影響が軽微であり、かつ、全体とし
             ても重要性がないため持分法の適用範囲から除外しております。
          3.連結子会社の事業年度等に関する事項

           すべての連結子会社の事業年度の末日は連結決算日と一致しております。
          4.会計方針に関する事項

          (1) 重要な資産の評価基準及び評価方法
            ① 有価証券
             イ.持分法を適用していない関連会社株式
              移動平均法による原価法によっております。
             ロ.その他有価証券
              時価のないもの
               移動平均法による原価法によっております。
            ② たな卸資産
             イ.商品及び製品、         原材料及び貯蔵品
              最終仕入原価法による原価法             (貸借対照表価額は収益性の低下に基づく簿価切下げの方法により算
              定)によっております。
             ロ.仕掛品
              個別法による原価法(貸借対照表価額は収益性の低下に基づく簿価切下げの方法により算定)によっ
              ております。
          (2) 重要な減価償却資産の減価償却の方法

            ① 有形固定資産
             定率法によっております。
             ただし、    2016年4月1日以後に取得した建物附属設備について                         は、定額法     によっております。
             なお、主な耐用年数は以下のとおりであります。
              建物及び構築物 8年~15年
              その他     4年~15年
            ② 無形固定資産
             定額法   によっております。
             なお、ソフトウエア(自社利用)については、社内における利用可能期間(5年間)に基づいておりま
             す。
                                 63/101



                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社ヴィッツ(E34739)
                                                           有価証券報告書
          (3) 重要な繰延資産の処理方法
            株式交付費は、支出時に全額費用処理しております。
          (4) 重要な引当金の計上基準

            ① 貸倒引当金
             債権の貸倒れによる損失に備えるため、一般債権については貸倒実績率により、貸倒懸念債権等特定の
             債権については個別に回収可能性を勘案し、回収不能見込額を計上しております。
            ② 賞与引当金
             従業員に対して支給する賞与の支出に充てるため、将来の支給見込額のうち当連結会計年度の負                                            担額を
             計上しております。
            ③ 製品保証引当金
             ソフトウエア販売後の無償で補修すべき費用に備えるため、過去の実績に基づく見込額を計上して
             おります。
            ④ 受注損失引当金
             ソフトウエアの請負契約に基づく開発のうち、当連結会計年度末で損失の発生が見込まれ、かつ、当該
             損失額を合理的に見積もることが可能なものについては、将来の損失見込額を計上しております。
            ⑤ 役員退職慰労引当金
             役員の退職慰労金の支給に備えるため、内規に基づく当連結会計年度末要支給額を計上しております。
             なお、2018年11月29日開催の第22期定時株主総会の終結の時をもって、当社の取締役及び監査役の役員
             退職慰労金制度を廃止し、役員退職慰労金制度廃止までの在任期間に対応する役員退職慰労金を各氏の
             退任時に打切り支給することについて承認を得ております。
             また、一部の連結子会社についても、2020年7月13日開催の第23回定例取締役会の終結の時をもって、
             取締役の役員退職慰労金制度を廃止し、役員退職慰労金制度廃止までの在任期間に対応する役員退職慰
             労金を各氏の退任時に打切り支給することについて承認を得ております。
             これに伴い、当社及び一部の連結子会社の「役員退職慰労引当金」を取崩し、打切り支給額の未払い分
             である91,495千円を固定負債の「長期未払金」として表示しております。
          (5) 重要な収益及び費用の計上基準

            受注制作のソフトウエア開発プロジェクトに係る収益及び費用の計上基準
             ① 当連結会計年度末までの進捗部分について成果の確実性が認められるプロジェクト
              工事進行基準(プロジェクトの進捗率の見積りは原価比例法)を適用しております。
             ② その他プロジェクト
              工事完成基準を適用しております。
          (6) 退職給付に係る会計処理の方法

            当社及び連結子会社は、退職給付に係る負債及び退職給付費用の計算に退職給付に係る期末自己都合要支
            給額を退職給付債務とする方法を用いた簡便法を適用しております。
          (7) 連結キャッシュ・フロー計算書における資金の範囲

            連結キャッシュ・フロー計算書における                  資金(現金及び現金同等物)は手許現金及び随時引き出し可能な
            預金及び容易に換金可能であり、かつ、価値の変動について僅少なリスクしか負わない取得日から3ヶ月
            以内に償還期限の到来する短期投資からなっております。
          (8) その他連結財務諸表作成のための重要な事項

            消費税等の会計処理
             消費税及び地方消費税の会計処理は、税抜方式によっております。
                                 64/101





                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社ヴィッツ(E34739)
                                                           有価証券報告書
         (未適用の会計基準等)
          (収益認識に関する会計基準等)
          ・「収益認識に関する会計基準」(企業会計基準第29号 2020年3月31日 企業会計基準委員会)
          ・「収益認識に関する会計基準の適用指針」(企業会計基準適用指針第30号 2020年3月31日 企業会計基準
           委員会)
          ・「金融商品の時価等の開示に関する適用指針」(企業会計基準適用指針第19号 2020年3月31日 企業会計
           基準委員会)
          (1) 概要

            国際会計基準審議会(IASB)及び米国財務会計基準審議会(FASB)は、共同して収益認識に関する包括
           的な会計基準の開発を行い、2014年5月に「顧客との契約から生じる収益」(IASBにおいてはIFRS第15
           号、FASBにおいてはTopic606)を公表しており、IFRS第15号は2018年1月1日以後開始する事業年度か
           ら、Topic606は2017年12月15日より後に開始する事業年度から適用される状況を踏まえ、企業会計基準委
           員会において、収益認識に関する包括的な会計基準が開発され、適用指針と合わせて公表されたもので
           す。
            企業会計基準委員会の収益認識に関する会計基準の開発にあたっての基本的な方針として、IFRS第15号
           と整合性を図る便益の1つである財務諸表間の比較可能性の観点から、IFRS第15号の基本的な原則を取り
           入れることを出発点とし、会計基準を定めることとされ、また、これまで我が国で行われてきた実務等に
           配慮すべき項目がある場合には、比較可能性を損なわせない範囲で代替的な取扱いを追加することとされ
           ております。
          (2) 適用予定日

           2022年8月期の期首から適用します。
          (3) 当該会計基準等の適用による影響

           「収益認識に関する会計基準」等の適用による連結財務諸表に与える影響額については、現時点で評価中
           であります。
          (時価の算定に関する会計基準等)

          ・「時価の算定に関する会計基準」(企業会計基準第30号 2019年7月4日 企業会計基準委員会)
          ・「棚卸資産の評価に関する会計基準」(企業会計基準第9号 2019年7月4日 企業会計基準委員会)
          ・「金融商品に関する会計基準」(企業会計基準第10号 2019年7月4日 企業会計基準委員会)
          ・「時価の算定に関する会計基準の適用指針」(企業会計基準適用指針第31号 2019年7月4日 企業会計基
           準委員会)
          ・「金融商品の時価等の開示に関する適用指針」(企業会計基準適用指針第19号 2020年3月31日 企業会計
           基準委員会)
          (1) 概要

             国際会計基準審議会(IASB)及び米国財務会計基準審議会(FASB)が、公正価値測定についてほぼ同じ
            内容の詳細なガイダンス(国際財務報告基準(IFRS)においてはIFRS第13号「公正価値測定」、米国会計
            基準においてはAccounting             Standards     CodificationのTopic          820「公正価値測定」)を定めている状況を
            踏まえ、企業会計基準委員会において、主に金融商品の時価に関するガイダンス及び開示に関して、日本
            基準を国際的な会計基準との整合性を図る取組みが行われ、「時価の算定に関する会計基準」等が公表さ
            れたものです。
             企業会計基準委員会の時価の算定に関する会計基準の開発にあたっての基本的な方針として、統一的な
            算定方法を用いることにより、国内外の企業間における財務諸表の比較可能性を向上させる観点から、
            IFRS第13号の定めを基本的にすべて取り入れることとされ、また、これまで我が国で行われてきた実務等
            に配慮し、財務諸表間の比較可能性を大きく損なわせない範囲で、個別項目に対するその他の取扱いを定
            めることとされております。
          (2) 適用予定日

           2022年8月期の期首から適用します。
                                 65/101



                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社ヴィッツ(E34739)
                                                           有価証券報告書
          (3) 当該会計基準等の適用による影響
           「時価の算定に関する会計基準」等の適用による連結財務諸表に与える影響額については、                                          現時点で未定
           であります。
          ( 会計上の見積りの開示に関する会計基準                  )

          ・「会計上の見積りの開示に関する会計基準」(企業会計基準第31号 2020年3月31日 企業会計基準委員
           会)
          (1) 概要

             国際会計基準審議会(IASB)が2003年に公表した国際会計基準(IAS)第1号「財務諸表の表示」(以
            下「IAS    第1号」)第125項において開示が求められている「見積りの不確実性の発生要因」について、
            財務諸表利用者にとって有用性が高い情報として日本基準においても注記情報として開示を求めることを
            検討するよう要望が寄せられ、企業会計基準委員会において、会計上の見積りの開示に関する会計基準
            (以下「本会計基準」)が開発され、公表されたものです。
             企業会計基準委員会の本会計基準の開発にあたっての基本的な方針として、個々の注記を拡充するので
            はなく、原則(開示目的)を示したうえで、具体的な開示内容は企業が開示目的に照らして判断すること
            とされ、開発にあたっては、IAS第1号第125項の定めを参考とすることとしたものです。
          (2) 適用予定日

           2021年8月期の年度末から適用します。
          ( 会計方針の開示、会計上の変更及び誤謬の訂正に関する会計基準                              )

          ・「会計方針の開示、会計上の変更及び誤謬の訂正に関する会計基準」(企業会計基準第24号 2020年3月31
           日 企業会計基準委員会)
          (1) 概要

             「関連する会計基準等の定めが明らかでない場合に採用した会計処理の原則及び手続」に係る注記情報
            の充実について検討することが提言されたことを受け、企業会計基準委員会において、所要の改正を行
            い、会計方針の開示、会計上の変更及び誤謬の訂正に関する会計基準として公表されたものです。
             なお、「関連する会計基準等の定めが明らかでない場合に採用した会計処理の原則及び手続」に係る注
            記情報の充実を図るに際しては、関連する会計基準等の定めが明らかな場合におけるこれまでの実務に影
            響を及ぼさないために、企業会計原則注解(注1-2)の定めを引き継ぐこととされております。
          (2)適用予定日

           2021年8月期の年度末から適用します。
         (表示方法の変更)

          (連結損益計算書)
           前連結会計年度において、「営業外収益」の「その他」に含めていた「消費税差額」は、営業外収益の総
          額の100分の10を超えたため、当連結会計年度より独立掲記することとしました。この表示方法の変更を反映
          させるため、前連結会計年度の連結財務諸表の組替えを行っております。
           この結果、前連結会計年度の連結損益計算書において、「営業外収益」の「その他」に表示していた2,655
          千円は、「消費税差額」2,584千円、「その他」71千円として組み替えております。
         (追加情報)

           新型コロナウイルス感染症拡大は、当社グループの事業活動に影響を及ぼしておりますが、今後の広がり方
          や収束時期等を予測することが極めて困難なことから、当連結会計年度末時点で入手可能な外部情報等を踏ま
          えて、2021年8月期の一定期間にわたり当該影響が継続するとの仮定のもと、繰延税金資産の回収可能性等の
          会計上の見積りを行っております。今後これらの見積りの前提とした条件や仮定に変更が生じた場合、翌連結
          会計年度以降の連結財務諸表において重要な影響を与える可能性があります。
                                 66/101





                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社ヴィッツ(E34739)
                                                           有価証券報告書
         (連結貸借対照表関係)
    ※1 関連会社に対するものは、次のとおりであります。
                              前連結会計年度                 当連結会計年度
                             (2019年8月31日)                 (2020年8月31日)
      投資有価証券(株式)                               2,092千円                 2,092千円
    ※2 損失が見込まれるソフトウェアの請負開発契約に係るたな卸資産と受注損失引当金は、相殺せずに両建てで表示し

      ております。受注損失引当金に対応するたな卸資産の額は次のとおりであります。
                              前連結会計年度                 当連結会計年度
                             (2019年8月31日)                 (2020年8月31日)
      仕掛品                                 -千円               18,487千円
                                 67/101
















                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社ヴィッツ(E34739)
                                                           有価証券報告書
         (連結損益計算書関係)
      ※1 売上原価
       ①期末たな卸高は収益性の低下に伴う簿価切下額後の金額であり、次のたな卸資産評価損額が売上原価に含まれて
         おります。
             前連結会計年度                  当連結会計年度
           (自 2018年9月1日                 (自 2019年9月1日
            至 2019年8月31日)                   至 2020年8月31日)
                     17 千円                - 千円
       ②売上原価に含まれている受注損失引当金繰入額

             前連結会計年度                 当連結会計年度
           (自 2018年9月1日                 (自 2019年9月1日
            至 2019年8月31日)                 至 2020年8月31日)
                  △21,261千円                   2,155千円
      ※2 販売費及び一般管理費のうち主要な費目及び金額は次のとおりであります。

                              前連結会計年度                  当連結会計年度
                            (自 2018年9月1日                 (自 2019年9月1日
                             至 2019年8月31日)                   至 2020年8月31日)
      減価償却費                               5,007   千円               4,769   千円
                                     85,982                 84,086
      役員報酬
                                     80,930                 76,654
      給与及び手当
                                     7,632                 7,042
      退職給付費用
                                     8,912                 10,530
      賞与引当金繰入額
                                     6,146                 1,440
      役員退職慰労引当金繰入額
                                     42,820                 11,168
      研究開発費
      ※3 一般管理費に含まれる研究開発費の総額

                               前連結会計年度                  当連結会計年度
                            (自 2018年9月1日                 (自 2019年9月1日
                             至 2019年8月31日)                   至 2020年8月31日)
     研究開発費                                42,820   千円              11,168   千円
      ※4 固定資産売却益の内容は次のとおりであります。

                              前連結会計年度                 当連結会計年度
                            (自 2018年9月1日                 (自 2019年9月1日
                             至 2019年8月31日)                 至 2020年8月31日)
     その他有形固定資産                                  -千円                 127千円
      ※5 固定資産除却損の内容は次のとおりであります。

                              前連結会計年度                 当連結会計年度
                            (自 2018年9月1日                 (自 2019年9月1日
                             至 2019年8月31日)                 至 2020年8月31日)
     その他有形固定資産                                  52千円                 -千円
         (連結包括利益計算書関係)

          該当事項はありません。
                                 68/101




                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社ヴィッツ(E34739)
                                                           有価証券報告書
         (連結株主資本等変動計算書関係)
          前連結会計年度(自 2018年9月1日 至 2019年8月31日)
           1.発行済株式の種類及び総数に関する事項
                       当連結会計年度         当連結会計年度         当連結会計年度         当連結会計年度末
                       期首株式数(株)         増加株式数(株)         減少株式数(株)         株式数(株)
      普通株式                       1,467       2,025,533             -      2,027,000

     (注)1.2018年11月1日付で普通株式1株につき1,000株の株式分割を行っております。これにより発行済株式の総
           数は1,465,533株増加しております。
         2.2019年4月5日付で払込みを受けました公募増資及び2019年5月9日付で払込みを受けましたオーバーア
           ロットメントによる売出しに関連して行う第三者割当増資による新株式発行により、発行済株式の総数は
           400,000株増加しております。
         3.2019年6月28日付で第1回新株予約権が全て行使されたことにより、発行済株式の総数は160,000株増加し
           ております。
           2.新株予約権及び自己新株予約権に関する事項

            親会社(提出会社)のストック・オプションとして第2回新株予約権を発行しておりますが、付与時の当
            社株式は非上場であり、「単位当たりの本源的価値」は0であるため、残高はありません。
            なお、第1回新株予約権は当連結会計年度に全て権利行使されました。
           3.配当に関する事項

            (1)配当金支払額
                        配当金の総額        1株当たり配当額
                 株式の種類                            基準日        効力発生日
     (決議)                    (千円)          (円)
     2018年11月29日
                普通株式             8,802         6,000    2018年8月31日         2018年11月30日
     定時株主総会
            (2)基準日が当連結会計年度に属する配当のうち、配当の効力発生日が翌連結会計年度となるもの

                    配当金の総額              1株当たり配
              株式の種類              配当の原資                基準日        効力発生日
     (決議)                (千円)             当額(円)
     2019年11月28日
              普通株式         16,216    利益剰余金             8  2019年8月31日         2019年11月29日
     定時株主総会
     (注)2018年11月1日付で普通株式1株につき1,000株の株式分割を行っております。
                                 69/101









                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社ヴィッツ(E34739)
                                                           有価証券報告書
          当連結会計年度(自 2019年9月1日 至 2020年8月31日)
           1.発行済株式の種類及び総数に関する事項
                       当連結会計年度         当連結会計年度         当連結会計年度         当連結会計年度末
                       期首株式数(株)         増加株式数(株)         減少株式数(株)         株式数(株)
      普通株式                     2,027,000         2,027,000             -      4,054,000

     (注)2019年9月1日付で普通株式1株につき2株の株式分割を行っております。
           2.自己株式の種類及び総数に関する事項

                       当連結会計年度         当連結会計年度         当連結会計年度         当連結会計年度末
                       期首株式数(株)         増加株式数(株)         減少株式数(株)         株式数(株)
      普通株式                        -         30         -         30

     (注)普通株式の自己株式の株式数の増加30株は、単元未満株式の買取りによる増加であります。
           3.新株予約権及び自己新株予約権に関する事項

            親会社(提出会社)のストック・オプションとして第2回新株予約権を発行しておりますが、付与時の当
            社株式は非上場であり、「単位当たりの本源的価値」は0であるため、当連結会計年度末残高はありませ
            ん。なお、第2回新株予約権は、権利行使期間の初日が到来しておりません。
           4.配当に関する事項

            (1)配当金支払額
                        配当金の総額        1株当たり配当額
                 株式の種類                            基準日        効力発生日
     (決議)                    (千円)          (円)
     2019年11月28日
                普通株式            16,216            8  2019年8月31日         2019年11月29日
     定時株主総会
     (注)2018年11月1日付で普通株式1株につき1,000株の株式分割を行っております。
            (2)基準日が当連結会計年度に属する配当のうち、配当の効力発生日が翌連結会計年度となるもの

                    配当金の総額              1株当たり配
              株式の種類              配当の原資                基準日        効力発生日
     (決議)                (千円)             当額(円)
     2020年11月26日
              普通株式         24,323    利益剰余金             6  2020年8月31日         2020年11月27日
     定時株主総会
     (注)2019年9月1日付で普通株式1株につき2株の株式分割を行っております。
         (連結キャッシュ・フロー計算書関係)

          ※ 現金及び現金同等物の期末残高と連結貸借対照表に掲記されている科目の金額との関係
                              前連結会計年度                 当連結会計年度
                            (自 2018年9月1日                 (自 2019年9月1日
                             至 2019年8月31日)                   至 2020年8月31日)
     現金及び預金勘定                              1,628,916千円                 1,794,855千円
     預入期間が3ヶ月を超える定期預金                                  -              △200,000
     現金及び現金同等物                              1,628,916                 1,594,855
         (リース取引関係)

          重要性が乏しいため、注記を省略しております。
                                 70/101




                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社ヴィッツ(E34739)
                                                           有価証券報告書
         (金融商品関係)
          1.金融商品の状況に関する事項
           (1)金融商品に対する取組方針
             当社グループは、資金運用については安全性の高い金融資産で運用し、また、短期的な運転資金を銀行
            借入により調達しております。また、デリバティブ取引は行わない方針であります。
           (2)金融商品の内容及びそのリスク

             当社グループが保有する金融商品のうち、投資有価証券は、非上場株式であり、信用リスクに晒されて
            おります。
             営業債権である受取手形及び売掛金は、顧客の信用リスクに晒されております。また、営業債務である
            買掛金は、1年以内の支払期日であります。
             長期借入金は、変動金利の借入金であり金利の変動リスクに晒されております。
           (3)金融商品に係るリスク管理体制

            ①信用リスク等
             当社グループは、与信管理規程に従い、営業債権の回収について、取引先ごとの与信限度額を毎期見直
            し、財政状態の悪化等による回収懸念の早期把握や軽減を行っております。
             投資有価証券については、定期的に発行体の財務状態等を把握しております。
             変動金利の借入金の金利変動リスクについては、随時市場金利の動向を監視しております。
            ②資金調達に関する流動性リスク

             各部署からの報告に基づき担当部署が適時に資金繰計画を作成・更新するとともに、手元流動性の維持
            などにより流動性リスクを監視しております。
           (4)金融商品の時価等に関する事項についての補足説明

             金融商品の時価には、市場価格に基づく価額のほか、市場価格のない場合には合理的に算出された価額
            が含まれております。当該価額の算定においては一定の前提条件等を採用しているため、異なる前提条件
            等によった場合、当該価額が異なることがあります。
                                 71/101











                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社ヴィッツ(E34739)
                                                           有価証券報告書
          2.金融商品の時価等に関する事項
            連結貸借対照表計上額、時価及びこれらの差額については、次のとおりであります。なお、時価を把握す
           ることが極めて困難と認められるものは含まれておりません((注)2.参照)。
            前連結会計年度(2019年8月31日)
                         連結貸借対照表計上額
                                       時価(千円)            差額(千円)
                            (千円)
      (1)現金及び預金                         1,628,916            1,628,916               -

      (2)受取手形及び売掛金                          148,574            148,574              -
       資産計                        1,777,491            1,777,491               -

      (1)買掛金                           62,414            62,414              -

      (2)未払法人税等                           62,169            62,169              -
      (3)未払消費税等                           34,667            34,667              -

      (4)長期借入金※                           2,648            2,648             -
       負債計                         161,898            161,898              -

     ※.1年内返済予定の長期借入金を含めて記載しております。
            当連結会計年度(2020年8月31日)

                         連結貸借対照表計上額
                                       時価(千円)            差額(千円)
                            (千円)
      (1)現金及び預金                         1,794,855            1,794,855               -

      (2)受取手形及び売掛金                          197,135            197,135              -
       資産計                        1,991,990            1,991,990               -

      (1)買掛金                           50,554            50,554              -

      (2)未払法人税等                           68,901            68,901              -
      (3)未払消費税等                           48,342            48,342              -

      (4)長期借入金※                           1,640            1,640             -
       負債計                         169,439            169,439              -

     ※.1年内返済予定の長期借入金を含めて記載しております。
    (注)1.金融商品の時価の算定方法に関する事項

         資 産
          (1)現金及び預金、(2)受取手形及び売掛金
           これらは全て短期間で決済されるため、帳簿価額と近似していることから、当該帳簿価額によっておりま
          す。
         負 債

          (1)買掛金、(2)未払法人税等、(3)未払消費税等
           これらは全て短期間で決済されるため、帳簿価額と近似していることから、当該帳簿価額によっておりま
          す。
          (4)長期借入金
           変動金利によるものであり、短期間で市場金利を反映し、また当社グループの信用状態は借入実行後大きく
          異なっていないことから、時価は帳簿価額に近似していると考えられるため、当該帳簿価額によっておりま
          す。
                                 72/101



                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社ヴィッツ(E34739)
                                                           有価証券報告書
        2.時価を把握することが極めて困難と認められる金融商品
                                                     (単位:千円)
                                前連結会計年度                当連結会計年度

                 区分
                               (2019年8月31日)                (2020年8月31日)
          非上場株式                              12,082                 5,551

          長期未払金                              84,767                91,495

           非上場株式ついては、市場価格がなく、時価を把握することが極めて困難と認められることから、時価開示
          の対象としておりません。
           また、長期未払金については、役員退職慰労金の打切り支給に係る債務であり、当該役員の退職時期が特定
          されておらず、時価を把握することが極めて困難と考えられることから、時価開示の対象としておりません。
          3.金銭債権の連結決算日後の償還予定額

            前連結会計年度(2019年8月31日)
                                   1年超         5年超
                         1年以内                            10年超
                                   5年以内         10年以内
                         (千円)                            (千円)
                                   (千円)         (千円)
      現金及び預金                     1,628,916             -         -         -

      受取手形及び売掛金                      148,574            -         -         -
             合計              1,777,491             -         -         -

            当連結会計年度(2020年8月31日)

                                   1年超         5年超
                         1年以内                            10年超
                                   5年以内         10年以内
                         (千円)                            (千円)
                                   (千円)         (千円)
      現金及び預金                     1,794,855             -         -         -

      受取手形及び売掛金                      197,135            -         -         -
             合計              1,991,990             -         -         -

          4.長期借入金の連結決算日後の返済予定額

            前連結会計年度(2019年8月31日)
                          1年超       2年超       3年超       4年超
                  1年以内                                    5年超
                         2年以内       3年以内       4年以内       5年以内
                  (千円)                                    (千円)
                         (千円)       (千円)       (千円)       (千円)
      長期借入金               1,008       1,008        632        -       -       -

            当連結会計年度(2020年8月31日)

                          1年超       2年超       3年超       4年超
                  1年以内                                    5年超
                         2年以内       3年以内       4年以内       5年以内
                  (千円)                                    (千円)
                         (千円)       (千円)       (千円)       (千円)
      長期借入金               1,008        632        -       -       -       -

                                 73/101





                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社ヴィッツ(E34739)
                                                           有価証券報告書
         (有価証券関係)
          1.その他有価証券
          前連結会計年度(2019年8月31日)
                             連結貸借対照表
                     種類                  取得原価(千円)            差額(千円)
                             計上額(千円)
     連結貸借対照表計上額が

                     株式             12,082           12,082             -
     取得原価を超えないもの
          当連結会計年度(2020年8月31日)

                             連結貸借対照表
                     種類                  取得原価(千円)            差額(千円)
                             計上額(千円)
     連結貸借対照表計上額が

                     株式              5,551          12,082          △6,530
     取得原価を超えないもの
          2.減損処理を行った有価証券

          前連結会計年度(2019年8月31日)
           前連結会計年度において、減損処理を行った有価証券はありません。
          当連結会計年度(2020年8月31日)

           当連結会計年度において、有価証券について6,530千円(その他有価証券の株式6,530千円)減損処理を
          行っております。
         (退職給付関係)

          1.採用している退職給付制度の概要
           当社及び一部の連結子会社は、確定給付型の制度として退職一時金制度、確定拠出型の制度として確定拠出
           年金制度を設けてお         ります。また、一部の連結子会社においては、中小企業退職金共済制度を設けておりま
           す。
          2.確定給付制度

          (1)  簡便法を適用した制度の退職給付に係る負債の期首残高と期末残高の調整表
                                 前連結会計年度               当連結会計年度
                                (自 2018年9月1日               (自 2019年9月1日
                                 至 2019年8月31日)                 至 2020年8月31日)
     退職給付に係る負債の期首残高                                  99,130千円               113,098千円
      退職給付費用                                 18,400               16,548
                                       △4,431               △3,146
      退職給付の支払額
     退職給付に係る負債の期末残高                                 113,098               126,500
          (2)退職給付債務の期末残高と連結貸借対照表に計上された退職給付に係る負債に係る調整表

                                 前連結会計年度               当連結会計年度
                                (2019年8月31日)               (2020年8月31日)
     非積立型制度の退職給付債務                                 113,098千円               126,500千円
     連結貸借対照表に計上された負債と資産の純額                                 113,098               126,500
     退職給付に係る負債                                 113,098               126,500

     連結貸借対照表に計上された負債と資産の純額                                 113,098               126,500
          (3)  退職給付費用

             簡便法で計算した退職給付費用                   前連結会計年度18,400          千円     当連結会計年度16,548          千円
          3.確定拠出制度

                                 74/101


                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社ヴィッツ(E34739)
                                                           有価証券報告書
            当社及び連結子会社の確定拠出制度への要拠出額は、前連結会計年度31,315千円、当連結会計年度33,048
            千円であります。
                                 75/101




















                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社ヴィッツ(E34739)
                                                           有価証券報告書
         (ストック・オプション等関係)
          1.ストック・オプションに係る費用計上額及び科目名
           該当事項はありません。
          2.ストック・オプションの内容、規模及びその変動状況

           (1)ストック・オプションの内容
                             第1回新株予約権                  第2回新株予約権
     決議年月日                    2016年8月1日                  2018年11月29日

                                          当社取締役 5名
     付与対象者の区分及び人数                    当社取締役 5名                  当社監査役 1名
                                          当社従業員 21名
     株式の種類別のストック・オプションの
                         普通株式 320,000株                  普通株式 124,000株
     数(注)1
     付与日                    2016年8月2日                  2018年12月1日
                         新株予約権の割当てを受けた者は、                  新株予約権の割当てを受けた者は、
                         権利行使時において、当社又は当社                  権利行使時において、当社又は当社
                         関係会社の取締役又は従業員のいず                  関係会社の取締役、監査役又は従業
                         れかの地位を有している場合に限り                  員のいずれかの地位を有している場
     権利確定条件                    新株予約権を行使することができ                  合に限り新株予約権を行使すること
                         る。ただし、任期満了による退任、                  ができる。ただし、任期満了による
                         定年退職その他取締役会が正当な理                  退任、定年退職その他取締役会が正
                         由があると認めた場合はこの限りで                  当な理由があると認めた場合はこの
                         はない。                  限りではない。
     対象勤務期間                    期間の定めはありません。                  同左
                         2018年9月1日から2023年8月31日                  2021年1月1日から2025年12月31日
     権利行使期間
                         まで                  まで
     新株予約権の数(個)(注)2                           -                  600
     新株予約権の目的となる株式の種類、内
                                -              普通株式 120,000株
     容及び株式数(注)2
     新株予約権の行使時の払込金額(円)
                                -                  385
     (注)2
     新株予約権の行使により株式を発行する
                                            発行価格   385
     場合の株式の発行価格及び資本組入額                           -
                                            資本組入額  192.5
     (円)(注)2
                                          ①新株予約権の割当てを受けた者
                                          は、権利行使時において、当社又は
                                          当社関係会社の取締役、監査役又は
                                          従業員のいずれかの地位を有してい
                                          る場合に限り新株予約権を行使する
                                          ことができる。ただし、任期満了に
                                          よる退任、定年退職その他取締役会
                                          が正当な理由があると認めた場合は
                                -
     新株予約権の行使の条件 (注)2                                     この限りではない。
                                          ②新株予約権の割当てを受けた者が
                                          死亡した場合、その相続人は新株予
                                          約権を行使することができない。
                                          ③その他の条件は、株主総会決議及
                                          び取締役会決議に基づき、当社と新
                                          株予約権の割当てを受けた者との間
                                          で締結する「新株予約権割当契約」
                                          で定めるところによる。
                                          譲渡による新株予約権の取得につい
     新株予約権の譲渡に関する事項(注)2                           -          ては、当社取締役会の承認を要すも
                                          のとする。
                                 76/101

                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社ヴィッツ(E34739)
                                                           有価証券報告書
                             第1回新株予約権                  第2回新株予約権
     組織再編成行為に伴う新株予約権の交付

                                -                  -
     に関する事項(注)2
        (注)1.株式数に換算して記載しております。なお、2018年11月1日付で普通株式1株につき1,000株の割合で

             株式分割を、2019年9月1日付で普通株式1株につき2株の割合で株式分割を行っており、分割後の
             株式数に換算して記載しております。
           2.当連結会計年度末における内容を記載しております。なお、本報告書提出日の属する月の前月末
             (2020年10月31日)現在において、これらの事項に変更はありません。
           (追加情報)

           「第4 提出会社の状況 1 株式等の状況 (2)新株予約権等の状況 ①ストックオプション制度の
             内容」に記載すべき事項をストック・オプション等関係注記に集約して記載しております。
                                 77/101
















                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社ヴィッツ(E34739)
                                                           有価証券報告書
           (2)ストック・オプションの規模及びその変動状況
             当連結会計年度(2020年8月期)において存在したストック・オプションを対象とし、ストック・オプ
            ションの数については、株式数に換算して記載しております。
            ① ストック・オプションの数
                                 第2回新株予約権
            権利確定前               (株)

             前連結会計年度末                           120,000

             付与                             -

             失効                             -

             権利確定                             -

             未確定残                           120,000

            権利確定後               (株)

             前連結会計年度末                             -

             権利確定                             -

             権利行使                             -

             失効                             -

             未行使残                             -

           (注)2018年11月1日付で普通株式1株につき1,000株の割合で株式分割を、2019年9月1日付で普通株式
              1株につき2株の割合で株式分割を行っており、分割後の株式数に換算して記載しております。
            ② 単価情報

                                 第2回新株予約権
            権利行使価格               (円)               385

            行使時平均株価               (円)               -

            付与日における公正な評価単価               (円)               -

           (注)2018年11月1日付で普通株式1株につき1,000株の割合で株式分割を、2019年9月1日付で普通株式
              1株につき2株の割合で株式分割を行っており、分割後の株式数に基づいて権利行使価格を算定し
              ております。
          3.ストック・オプションの公正な評価単価の見積方法

           付与されたストック・オプションの公正な評価単価は、ストック・オプションの付与日において未公開企業
           であったため、本源的価値によっております。また、本源的価値を算定する基礎となる自社の株式の評価方
           法は、類似業種比準方式により算出しております。
          4.ストック・オプションの権利確定数の見積方法

           将来の失効数の合理的な見積もりは困難であるため、実績の失効数のみ反映させる方法を採用しておりま
           す。
          5.ストック・オプションの単位当たりの本源的価値により算定を行う場合の当連結会計年度末における本源

            的価値の合計額及び当連結会計年度において権利行使されたストック・オプションの権利行使日における
            本源的価値の合計額
            ①当連結会計年度末における本源的価値の合計額
             392,400千円
            ②当連結会計年度において権利行使されたストック・オプションの権利行使日における本源的価値の合計
             額
             該当事項はありません。
                                 78/101


                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社ヴィッツ(E34739)
                                                           有価証券報告書
         (税効果会計関係)
          1.繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別の内訳
                                     前連結会計年度             当連結会計年度
                                    (2019年8月31日)             (2020年8月31日)
           繰延税金資産
            賞与引当金                              27,667千円             31,312千円
            賞与引当金社会保険料                              4,155             4,733
            連結会社間内部利益消去                               423             405
            減価償却費                              1,245             1,217
            一括償却資産                              1,802             1,635
            敷金償却費                              3,909             4,945
            未払事業税                              5,184             5,541
            未払事業所税
                                           196             185
            製品保証引当金                              3,205              905
            受注損失引当金
                                           -             659
            在庫評価損
                                                         -
                                            5
            退職給付に係る負債                              34,621             38,725
            役員退職慰労引当金                              1,785               -
            長期未払金                              25,938             28,210
                                          1,034             1,022
            その他
                 小計
                                         111,174             119,501
                                        △31,633             △33,155
            評価性引当額
                 計
                                         79,540             86,345
           繰延税金負債
                                         △2,508             △2,508
            保険積立金
                                         △2,508             △2,508
                 計
                                         77,032             83,837
           繰延税金資産の純額
          2.法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との間に重要な差異があるときの、当該差異の原因

            となった主要な項目別の内訳
                   前連結会計年度                         当連結会計年度
                  (2019年8月31日)                         (2020年8月31日)
            法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の                         法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の
            負担率との間の差異が法定実効税率の100分の                         負担率との間の差異が法定実効税率の100分の
            5以下であるため注記を省略しております。                         5以下であるため注記を省略しております。
         (資産除去債務関係)

          当社は、事務所等の不動産賃貸借契約に基づく退去時における原状回復義務を資産除去債務として認識してお
          ります。
          なお、当連結会計年度末における資産除去債務は、負債計上に代えて、不動産賃貸借契約に関連する敷金の回
          収が最終的に見込めないと認められる金額を合理的に見積り、当連結会計年度の負担に属する金額を費用に計
          上する方法によっております。
                                 79/101





                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社ヴィッツ(E34739)
                                                           有価証券報告書
         (セグメント情報等)
          【セグメント情報】
           1.報告セグメントの概要
             当社グループの報告セグメントは、当社グループの構成単位のうち分離された財務情報が入手可能であ
             り、取締役会が、経営資源の配分の決定及び業績を評価するために、定期的に検討を行う対象となって
             いるものであります。
             当社グループは、当社各事業を統括する組織体制として2つの事業領域とコンサルティングサービスを
             主とする1つの部の合計3つをセグメント管理単位とし、さらに、2社の連結子会社で事業活動を展開
             しております。
             そして、「組込システム事業」「システムズエンジニアリング事業」「機能安全開発事業」の3つを報
             告セグメントとしております。
             「組込システム事業」は、自動車、産業機械などの制御装置向けのソフトウェア開発サービスを提供し
             ております。
             「システムズエンジニアリング事業」は、自動車向けのモデルベース技術の提供、自動運転などの仮想
             シミュレーション技術の提供などをしております。
             「機能安全開発事業」は、コンピュータを利用した制御装置(産業機械・自動車・建設機械など)の機
             能安全対応を支援するコンサルティングサービスを提供しております。
           2.報告セグメントごとの売上高、利益又は損失、資産、負債その他の項目の金額の算定方法

             報告されている事業セグメントの会計処理は、連結財務諸表を作成するために採用した会計処理の原則
             及び手続と同一であります。
             報告セグメントの利益は、営業利益ベースの数値であります。
             セグメント間の内部売上又は振替高は市場実勢価格に基づいております。
             なお、セグメント資産及び負債については、取締役会に対して定期的に提供しておらず、経営資源の配
             分決定及び業績評価の検討対象となっていないため、開示しておりません。
           3.報告セグメントごとの売上高、利益又は損失その他の項目の金額に関する情報

             前連結会計年度(自 2018年9月1日 至 2019年8月31日)
                                                     (単位:千円)
                              報告セグメント
                                               その他
                            システム
                                                       合計
                                               (注)1
                     組込システ       ズエンジ      機能安全
                                          計
                      ム事業      ニアリン      開発事業
                            グ事業
     売上高
                      1,249,314       755,966      244,103     2,249,385         51,208      2,300,593
      外部顧客への売上高
      セグメント間の内部売上高又は
                         -      -      -      -     86,158       86,158
      振替高
                      1,249,314       755,966      244,103     2,249,385        137,366      2,386,751
            計
                       236,396      242,107      104,239      582,743        32,189       614,933
     セグメント利益
     その他の項目

                        8,940      2,851      1,717      13,509         35     13,544
      減価償却費
     (注)1.「その他」の区分は、報告セグメントに含まれていない事業セグメントであり、子会社における研究事業の
           推進やソフトウェア開発の検証事業等であります。
         2.報告セグメントに対して特定の資産は配分しておりませんが、減価償却費等の関連費用は配分しておりま
           す。
         3.減価償却費には長期前払費用の償却額等が含まれております。
                                 80/101




                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社ヴィッツ(E34739)
                                                           有価証券報告書
             当連結会計年度(自 2019年9月1日 至 2020年8月31日)
                                                     (単位:千円)
                              報告セグメント
                                               その他
                            システム
                                                       合計
                                               (注)1
                     組込システ       ズエンジ      機能安全
                                          計
                      ム事業      ニアリン      開発事業
                            グ事業
     売上高
                      1,227,953       748,078      169,428     2,145,460         77,342      2,222,802
      外部顧客への売上高
      セグメント間の内部売上高又は
                         -      -      -      -     78,892       78,892
      振替高
                      1,227,953       748,078      169,428     2,145,460        156,234      2,301,694
            計
                       314,585      260,520       55,474      630,580        22,280       652,860
     セグメント利益
     その他の項目

                       10,876       1,220       133     12,230         156      12,386
      減価償却費
     (注)1.「その他」の区分は、報告セグメントに含まれていない事業セグメントであり、子会社における研究事業の
           推進やソフトウェア開発の検証事業等であります。
         2.報告セグメントに対して特定の資産は配分しておりませんが、減価償却費等の関連費用は配分しておりま
           す。
         3.減価償却費には長期前払費用の償却額等が含まれております。
         4.報告セグメント合計額と連結財務諸表計上額との差額及び当該差額の主な内容(差異調整に関する事項)
                                                     (単位:千円)

             売上高                 前連結会計年度                 当連結会計年度

     報告セグメント計                                2,249,385                 2,145,460
     「その他」の区分の売上高                                 137,366                 156,234
     セグメント間取引消去                                △86,158                 △78,892
     連結財務諸表の売上高                                2,300,593                 2,222,802
                                                     (単位:千円)

              利益                前連結会計年度                 当連結会計年度

     報告セグメント計                                 582,743                 630,580
     「その他」の区分の利益                                 32,189                 22,280
     全社費用(注)1                                △376,748                 △329,924
     その他の調整額(注)2                                 13,731                 13,824
     連結財務諸表の営業利益                                 251,915                 336,760
    (注)1.全社費用は、主に報告セグメントに帰属しない一般管理費及び研究開発費であります。
        2.その他の調整額は、営業取引と営業外取引の消去時に生じる差額等であります。
                                                     (単位:千円)

                    報告セグメント計             その他         調整額(注)         連結財務諸表計上額

         その他の項目
                    前連結     当連結     前連結     当連結     前連結     当連結     前連結     当連結
                   会計年度     会計年度     会計年度     会計年度     会計年度     会計年度     会計年度     会計年度
     減価償却費               13,509     12,230       35     156    7,028     5,724     20,573     18,111
    (注)減価償却費の調整額は、各報告セグメントに配分していない全社の減価償却費であります。
                                 81/101


                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社ヴィッツ(E34739)
                                                           有価証券報告書
          【関連情報】
           前連結会計年度(自 2018年9月1日 至 2019年8月31日)
            1.製品及びサービスごとの情報
             セグメント情報として、同様の情報が開示されているため、記載を省略しております。
            2.地域ごとの情報

             (1)売上高
              本邦の外部顧客への売上高が連結損益計算書の売上高の90%を超えているため、記載を省略しており
             ます。
             (2)有形固定資産

              本邦に所在している有形固定資産の金額が連結貸借対照表の有形固定資産の金額の90%を超えている
             ため、記載を省略しております。
            3.主要な顧客ごとの情報

                                                     (単位:千円)
         顧客の名称又は氏名                     売上高               関連するセグメント名
                                          組込システム事業、システムズエンジ
     アイシン精機㈱                                369,784
                                          ニアリング事業、機能安全開発事業
     パナソニック㈱オートモーティブ社                                300,854     組込システム事業、機能安全開発事業

                                          組込システム事業、システムズエンジ

     トヨタ自動車㈱                                291,737
                                          ニアリング事業、機能安全開発事業
           当連結会計年度(自 2019年9月1日 至 2020年8月31日)

            1.製品及びサービスごとの情報
             セグメント情報として、同様の情報が開示されているため、記載を省略しております。
            2.地域ごとの情報

             (1)売上高
              本邦の外部顧客への売上高が連結損益計算書の売上高の90%を超えているため、記載を省略しており
             ます。
             (2)有形固定資産

              本邦に所在している有形固定資産の金額が連結貸借対照表の有形固定資産の金額の90%を超えている
             ため、記載を省略しております。
            3.主要な顧客ごとの情報

                                                     (単位:千円)
         顧客の名称又は氏名                     売上高               関連するセグメント名
                                          組込システム事業、システムズエンジ
     トヨタ自動車㈱                                424,350
                                          ニアリング事業、機能安全開発事業
                                          組込システム事業、システムズエンジ
     アイシン精機㈱                                280,563
                                          ニアリング事業、機能安全開発事業
                                 82/101






                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社ヴィッツ(E34739)
                                                           有価証券報告書
          【報告セグメントごとの固定資産の減損損失に関する情報】
           該当事項はありません。
          【報告セグメントごとののれんの償却額及び未償却残高に関する情報】

           該当事項はありません。
          【報告セグメントごとの負ののれん発生益に関する情報】

           該当事項はありません。
         【関連当事者情報】

          関連当事者との取引
           連結財務諸表提出会社と関連当事者との取引
           連結財務諸表提出会社の親会社及び主要株主(会社等の場合に限る。)等
           前連結会計年度(自 2018年9月1日 至 2019年8月31日)
                             議決権等の
                    資本金又     事業の内
          会社等の名                   所有(被所     関連当事者           取引金額          期末残高
      種類          所在地    は出資金     容又は職               取引の内容           科目
                             有)割合
          称又は氏名                        との関係           (千円)          (千円)
                    (百万円)     業
                             (%)
                         自動車部
                         品、住生
                                  ソフトウェ
                         活・エネ
                             (被所有)     アの開発受
          アイシン精     愛知県刈         ルギー関               請負、派遣      278,214           81,797
     主要株主                             託等               売掛金
                     45,049        直接10.22
          機㈱     谷市         連製品、               等(注2)      (注3)          (注3)
                                  当社への役
                             (注4)
                         福祉関連
                                  員の派遣
                         製品の製
                         造・販売
           当連結会計年度(自 2019年9月1日 至 2020年8月31日)

           該当事項はありません。
     (注)1.上記金額のうち、取引金額には消費税等が含まれておらず、期末残高には消費税等が含まれております。

         2.価格等の取引条件は、市場の実勢価格等を参考にして、その都度交渉により決定しております。
         3.当社は東京証券取引所マザーズに上場し新たに株式を発行した結果、2019年4月8日をもってアイシン精機
           ㈱は主要株主に該当しなくなりました。取引金額及び期末残高は同日までの取引高及び同日現在の残高を記
           載しております。
         4.議決権等の被所有割合は(注)3.に記載の株式の発行の直前の割合を記載しております。
         (開示対象特別目的会社関係)

          該当事項はありません。
                                 83/101








                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社ヴィッツ(E34739)
                                                           有価証券報告書
         (1株当たり情報)
                                前連結会計年度                当連結会計年度
                              (自 2018年9月1日                (自 2019年9月1日
                               至 2019年8月31日)                  至 2020年8月31日)
     1株当たり純資産額                               411円01銭                461円75銭

     1株当たり当期純利益金額                               69円76銭                54円76銭

     潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額                               67円50銭                53円49銭

     (注)1.2018年11月1日付で普通株式1株につき1,000株の割合で株式分割を、2019年9月1日付で普通株式1株に
           つき2株の割合で株式分割を行っております。前連結会計年度の期首に当該株式分割が行われたと仮定して
           1株当たり純資産額、1株当たり当期純利益金額及び潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額を算定して
           おります。
         2.  当社株式は2019年4月8日に東京証券取引所マザーズ市場に上場したため、前連結会計年度の潜在株式調整
           後1株当たり当期純利益金額については、新規上場日から前連結会計年度末日までの平均株価を期中平均株
           価とみなして算定しております。
         3.1株当たり当期純利益金額及び潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額の算定上の基礎は、以下のとおり
           であります。
                                前連結会計年度                当連結会計年度
                              (自 2018年9月1日                (自 2019年9月1日
                               至 2019年8月31日)                  至 2020年8月31日)
     1株当たり当期純利益金額

      親会社株主に帰属する当期純利益金額
                                    230,659                221,977
      (千円)
      普通株主に帰属しない金額(千円)                                -                -
      普通株式に係る親会社株主に帰属する当期純
                                    230,659                221,977
      利益金額(千円)
      普通株式の期中平均株式数(株)                             3,306,384                4,053,978
     潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額

      親会社株主に帰属する当期純利益調整額
                                      -                -
      (千円)
      普通株式増加数(株)                              110,806                 96,161
      (うちストック・オプション(株))                             (110,806)                 (96,161)

     希薄化効果を有しないため、潜在株式調整後1
     株当たり当期純利益金額の算定に含めなかった
                                  -                -
     潜在株式の概要
                                 84/101







                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社ヴィッツ(E34739)
                                                           有価証券報告書
        ⑤【連結附属明細表】
         【社債明細表】
          該当事項はありません。
         【借入金等明細表】

                              当期首残高       当期末残高        平均利率
                区分                                     返済期限
                               (千円)       (千円)        (%)
     1年以内に返済予定の長期借入金                            1,008       1,008       1.375        -

     長期借入金(1年以内に返済予定のものを除く。)                            1,640        632      1.375     2021年~2022年

                合計                 2,648       1,640         -      -

     (注)1.平均利率については、期末借入金残高に対する加重平均利率を記載しております。
         2.長期借入金(1年以内に返済予定のものを除く。)の連結決算日後5年間の返済予定額は以下のとおりであ
           ります。
                           1年超2年以内        2年超3年以内        3年超4年以内        4年超5年以内
                             (千円)        (千円)        (千円)        (千円)
           長期借入金                      632         -        -        -

         【資産除去債務明細表】

         該当事項はありません。
      (2)【その他】

           当連結会計年度における四半期情報等
     (累計期間)                第1四半期          第2四半期          第3四半期         当連結会計年度
     売上高(千円)                    488,830         1,058,796          1,647,362          2,222,802
     税金等調整前四半期(当期)
                         44,969          135,159          238,574          324,687
     純利益(千円)
     親会社株主に帰属する四半期
                         30,701          90,577          159,278          221,977
     (当期)純利益(千円)
     1株当たり四半期(当期)純
                          7.57          22.34          39.29          54.76
     利益(円)
     (会計期間)                第1四半期          第2四半期          第3四半期          第4四半期

     1株当たり四半期純利益
                          7.57          14.77          16.95          15.47
     (円)
                                 85/101








                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社ヴィッツ(E34739)
                                                           有価証券報告書
     2【財務諸表等】
      (1)【財務諸表】
        ①【貸借対照表】
                                                   (単位:千円)
                                  前事業年度              当事業年度
                                (2019年8月31日)              (2020年8月31日)
     資産の部
       流動資産
                                       1,553,742              1,696,754
        現金及び預金
                                        13,716                -
        受取手形
                                        132,590              191,415
        売掛金
                                          68              68
        商品及び製品
                                        146,710              133,840
        仕掛品
                                          359              308
        原材料及び貯蔵品
                                        25,938              30,623
        前払費用
                                       ※ 19,473              ※ 5,509
        その他
                                         △ 690               -
        貸倒引当金
                                       1,891,909              2,058,519
        流動資産合計
       固定資産
        有形固定資産
                                        28,569              38,500
          建物
                                       △ 13,391             △ 17,350
           減価償却累計額
           建物(純額)                             15,178              21,150
                                        52,813              56,758
          その他
                                       △ 45,025             △ 48,526
           減価償却累計額
           その他(純額)                              7,788              8,232
                                        22,966              29,382
          有形固定資産合計
        無形固定資産
                                        13,633               9,943
          ソフトウエア
                                          332              332
          その他
                                        13,966              10,276
          無形固定資産合計
        投資その他の資産
                                         9,990              3,459
          投資有価証券
                                        27,132              27,132
          関係会社株式
                                        88,023              103,073
          保険積立金
                                        25,971              22,586
          敷金
                                        77,484              84,024
          繰延税金資産
                                         2,140              1,220
          その他
                                        230,742              241,496
          投資その他の資産合計
                                        267,675              281,155
        固定資産合計
                                       2,159,584              2,339,675
       資産合計
                                 86/101







                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社ヴィッツ(E34739)
                                                           有価証券報告書
                                                   (単位:千円)

                                  前事業年度              当事業年度
                                (2019年8月31日)              (2020年8月31日)
     負債の部
       流動負債
                                       ※ 71,648             ※ 60,080
        買掛金
                                       ※ 16,924             ※ 10,746
        未払金
                                        41,133              29,898
        未払費用
                                        55,781              63,019
        未払法人税等
                                        32,787              42,771
        未払消費税等
                                        88,303              99,657
        賞与引当金
                                        10,475               2,960
        製品保証引当金
                                          -             2,155
        受注損失引当金
                                        20,490               6,385
        その他
                                        337,546              317,674
        流動負債合計
       固定負債
                                        84,767              84,767
        長期未払金
                                        112,689              125,972
        退職給付引当金
                                        197,457              210,739
        固定負債合計
                                        535,003              528,414
       負債合計
     純資産の部
       株主資本
                                        583,789              583,789
        資本金
        資本剰余金
                                        514,289              514,289
          資本準備金
                                        514,289              514,289
          資本剰余金合計
        利益剰余金
                                         4,512              4,512
          利益準備金
          その他利益剰余金
                                        10,000              10,000
           別途積立金
                                        511,990              698,741
           繰越利益剰余金
                                        526,503              713,254
          利益剰余金合計
                                          -             △ 71
          自己株式
                                       1,624,581              1,811,260
        株主資本合計
                                       1,624,581              1,811,260
       純資産合計
                                       2,159,584              2,339,675
     負債純資産合計
                                 87/101









                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社ヴィッツ(E34739)
                                                           有価証券報告書
        ②【損益計算書】
                                                   (単位:千円)
                                  前事業年度               当事業年度
                               (自 2018年9月1日              (自 2019年9月1日
                                至 2019年8月31日)               至 2020年8月31日)
                                       2,249,443              2,145,632
     売上高
                                     ※1  1,581,131            ※1  1,457,804
     売上原価
                                        668,312              687,828
     売上総利益
                                      ※2  464,349             ※2  387,164
     販売費及び一般管理費
                                        203,962              300,663
     営業利益
     営業外収益
                                       ※1  14,725             ※1  14,555
       受取手数料
                                        68,173               1,648
       保険解約返戻金
                                       ※1  2,618             ※1  2,814
       その他
                                        85,517              19,019
       営業外収益合計
     営業外費用
                                        11,024                -
       株式交付費
                                         8,882                -
       上場関連費用
                                          -            22,157
       市場変更費用
                                          227               64
       その他
                                        20,134              22,221
       営業外費用合計
                                        269,345              297,461
     経常利益
     特別利益
                                        30,000                -
       役員退職慰労金戻入額
                                          -              127
       固定資産売却益
                                        30,000                127
       特別利益合計
     特別損失
                                          52              -
       固定資産除却損
                                          -             6,530
       投資有価証券評価損
                                          52             6,530
       特別損失合計
                                        299,293              291,057
     税引前当期純利益
     法人税、住民税及び事業税                                   85,910              94,631
                                         1,235             △ 6,540
     法人税等調整額
                                        87,146              88,090
     法人税等合計
                                        212,146              202,966
     当期純利益
                                 88/101









                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社ヴィッツ(E34739)
                                                           有価証券報告書
        ③【株主資本等変動計算書】
          前事業年度(自 2018年9月1日 至 2019年8月31日)
                                                     (単位:千円)
                                株主資本
                     資本剰余金              利益剰余金
                                                       純資産
                                 その他利益剰余金                  株主資本      合計
               資本金                               自己株式
                   資本準備     資本剰余     利益準備              利益剰余         合計
                   金     金合計     金     別途積立     繰越利益     金合計
                                金     剰余金
     当期首残高          88,589     19,089     19,089     3,632    10,000    309,526     323,159       -  430,837     430,837
     当期変動額
      新株の発行         495,200     495,200     495,200                           990,400     990,400
      剰余金の配当
                              880       △ 9,682    △ 8,802        △ 8,802    △ 8,802
      当期純利益                                212,146     212,146         212,146     212,146
      自己株式の取得                                               -     -
      株主資本以外の項
      目の当期変動額
                                                          -
      (純額)
     当期変動額合計          495,200     495,200     495,200      880     -  202,464     203,344       -  1,193,744     1,193,744
     当期末残高          583,789     514,289     514,289     4,512    10,000    511,990     526,503       -  1,624,581     1,624,581
          当事業年度(自 2019年9月1日 至 2020年8月31日)

                                                     (単位:千円)
                                株主資本
                     資本剰余金              利益剰余金
                                                       純資産
                                 その他利益剰余金                  株主資本      合計
               資本金                               自己株式
                   資本準備     資本剰余     利益準備              利益剰余         合計
                   金     金合計     金     別途積立     繰越利益     金合計
                                金     剰余金
     当期首残高          583,789     514,289     514,289     4,512    10,000    511,990     526,503       -  1,624,581     1,624,581
     当期変動額
      新株の発行                                               -     -
      剰余金の配当                               △ 16,216    △ 16,216        △ 16,216    △ 16,216
      当期純利益                                202,966     202,966         202,966     202,966
      自己株式の取得
                                                △ 71    △ 71    △ 71
      株主資本以外の項
      目の当期変動額                                                    -
      (純額)
     当期変動額合計
                 -     -     -     -     -  186,750     186,750      △ 71  186,678     186,678
     当期末残高          583,789     514,289     514,289     4,512    10,000    698,741     713,254      △ 71  1,811,260     1,811,260
                                 89/101







                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社ヴィッツ(E34739)
                                                           有価証券報告書
        【注記事項】
         (重要な会計方針)
          1.資産の評価基準及び評価方法
           (1)  有価証券
            ①  子会社及び関連会社株式
             移動平均法による原価法によっております。
            ②  その他有価証券
             時価のないもの
             移動平均法による原価法によっております。
           (2)  たな卸資産

            ①  商品及び製品、原材料及び貯蔵品
             最終仕入原価法による原価法             (貸借対照表価額は収益性の低下に基づく簿価切下げの方法により算
             定)によっております。
            ②  仕掛品
              個別法による原価法(貸借対照表価額は収益性の低下に基づく簿価切下げの方法により算定)によっ
             ております。
          2.固定資産の減価償却の方法

           (1)  有形固定資産
             定率法によっております。
             ただし、    2016年4月1日以後に取得した建物附属設備について                         は、定額法     によっております。
             なお、主な耐用年数は以下のとおりであります。
             建物  8年~15年
             その他 4年~15年
           (2)  無形固定資産
             定額法   によっております。
             ただし、ソフトウエア(自社利用)については、社内における利用可能期間(5年間)に基づいており
             ます。
          3.引当金の計上基準

           (1)  貸倒引当金
             債権の貸倒れによる損失に備えるため、一般債権については貸倒実績率により、貸倒懸念債権等特定の
             債権については個別に回収可能性を勘案し、回収不能見込額を計上しております。
           (2)  賞与引当金
             従業員に対して支給する賞与の支出に充てるため、将来の支給見込額のうち当事業年度の負                                          担額を計上
             しております。
           (3)  製品保証引当金
             ソフトウエア販売後の無償で補修すべき費用に備えるため、過去の実績に基づく見込額を計上しており
             ます。
           (4)  受注損失引当金
             ソフトウエアの請負契約に基づく開発のうち、当事業年度末で損失の発生が見込まれ、かつ当該損
             失額を合理的に見積もることが可能なものについては、将来の損失見込額を計上しております。
           (5)  退職給付引当金
             退職給付見込額は、簡便法(退職給付に係る期末自己都合要支給額)により計算しておりま                                          す。
                                 90/101





                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社ヴィッツ(E34739)
                                                           有価証券報告書
          4.  収益及び費用の計上基準

            受注制作のソフトウエア開発プロジェクトに係る収益及び費用の計上基準
            (1)当事業年度末までの進捗部分について成果の確実性が認められるプロジェクト
             工事進行基準(プロジェクトの進捗率の見積りは原価比例法)を適用しております。
            (2)その他プロジェクト
             工事完成基準を適用しております。
          5.その他財務諸表作成のための基本となる重要な事項

            消費税等の会計処理
            消費税及び地方消費税の会計処理は、税抜方式によっております。
         (追加情報)

           新型コロナウイルス感染症拡大は、当社の事業活動に影響を及ぼしておりますが、今後の広がり方や収束時
          期等を予測することが極めて困難なことから、当事業年度末時点で入手可能な外部情報等を踏まえて、2021年
          8月期の一定期間にわたり当該影響が継続するとの仮定のもと、繰延税金資産の回収可能性等の会計上の見積
          りを行っております。今後これらの見積りの前提とした条件や仮定に変更が生じた場合、翌事業年度以降の財
          務諸表において重要な影響を与える可能性があります。
                                 91/101














                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社ヴィッツ(E34739)
                                                           有価証券報告書
         (貸借対照表関係)
          ※ 関係会社に対する金銭債権及び金銭債務(区分表示したものを除く)
                               前事業年度                 当事業年度
                             (2019年8月31日)                 (2020年8月31日)
      短期金銭債権                               2,299千円                 2,230千円
      短期金銭債務                               12,725千円                 11,276千円
         (損益計算書関係)

          ※1 関係会社との取引高
                               前事業年度                 当事業年度
                            (自 2018年9月1日                 (自 2019年9月1日
                             至 2019年8月31日)                 至 2020年8月31日)
      営業取引による取引高                             114,111千円                  98,410千円
      営業取引以外の取引高                              15,390千円                 15,288千円
          ※2 販売費に属する費用のおおよその割合は前事業年度6.9%、当事業年度7.5%、一般管理費に属する費用

            のおおよその割合は前事業年度93.1%、当事業年度92.5%であります。
             販売費及び一般管理費のうち主要な費目及び金額は次のとおりであります。
                               前事業年度                  当事業年度
                            (自 2018年9月1日                 (自 2019年9月1日
                             至 2019年8月31日)                   至 2020年8月31日)
      減価償却費                               5,007   千円               4,769   千円
                                     83,990                 82,011
      役員報酬
                                     80,930                 76,654
      給与及び手当
                                     7,536                 6,946
      退職給付費用
                                     8,912                 10,530
      賞与引当金繰入額
                                     4,710                   -
      役員退職慰労引当金繰入額
                                     43,306                 10,085
      研究開発費
         (有価証券関係)

          前事業年度(2019年8月31日)
           子会社株式及び関連会社株式(貸借対照表計上額は、関係会社株式27,132千円)は、市場価格がなく、時価
          を把握することが極めて困難と認められることから、記載しておりません。
          当事業年度(2020年8月31日)

           子会社株式及び関連会社株式(貸借対照表計上額は、関係会社株式27,132千円)は、市場価格がなく、時価
          を把握することが極めて困難と認められることから、記載しておりません。
                                 92/101







                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社ヴィッツ(E34739)
                                                           有価証券報告書
         (税効果会計関係)
          1.繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別の内訳
                                      前事業年度             当事業年度
                                    (2019年8月31日)             (2020年8月31日)
           繰延税金資産
            賞与引当金                              27,021千円             30,495千円
            賞与引当金社会保険料                              4,054             4,596
            減価償却費                              1,245             1,212
            一括償却資産                              1,562             1,429
            敷金償却費                              3,909             4,945
            未払事業税                              4,708             5,035
            未払事業所税
                                           196             185
            製品保証引当金                              3,205              905
            受注損失引当金
                                           -             659
            在庫評価損
                                            5             -
            退職給付引当金                              34,483             38,547
            長期未払金                              25,938             25,938
                                          1,002              957
            その他
                 小計
                                         107,332             114,909
                                        △29,848             △30,884
            評価性引当額
                                         77,484             84,024
           繰延税金資産の合計
          2.法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との間に重要な差異があるときの、当該差異の原因

            となった主要な項目別の内訳
                    前事業年度                         当事業年度
                  (2019年8月31日)                         (2020年8月31日)
            法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の                         法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の
            負担率との間の差異が法定実効税率の100分の                         負担率との間の差異が法定実効税率の100分の
            5以下であるため注記を省略しております。                         5以下であるため注記を省略しております。
                                 93/101










                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社ヴィッツ(E34739)
                                                           有価証券報告書
        ④【附属明細表】
         【有形固定資産等明細表】
                                          当期末減価償
                  当期首残高      当期増加額      当期減少額      当期末残高      却累計額又は      当期償却額      差引当期末残
        資産の種類
                  (千円)      (千円)      (千円)      (千円)     償却累計額       (千円)     高(千円)
                                          (千円)
     有形固定資産
      建物              28,569       9,930       -     38,500      17,350       3,958      21,150
      その他              52,813       4,700       755     56,758      48,526       4,256      8,232
        有形固定資産計            81,383      14,631       755     95,259      65,877       8,215      29,382
     無形固定資産
      ソフトウエア              56,193       1,745       -     57,938      47,994       5,434      9,943
      その他               332       -      -      332      -      -      332
        無形固定資産計            56,526       1,745       -     58,271      47,994       5,434      10,276
    (注)1.「当期首残高」及び「当期末残高」は取得価額により記載しております。
        2.「建物」の「当期増加額」は主に本社内装工事によるものであります。
         【引当金明細表】

                                          当期減少額

                     当期首残高          当期増加額                    当期末残高
           科目
                                          (千円)
                      (千円)          (千円)                    (千円)
                                      -

      貸倒引当金                     690                    690           -
      賞与引当金                    88,303          99,657          88,303          99,657

      製品保証引当金                    10,475           2,960          10,475           2,960

      受注損失引当金                      -         2,155            -         2,155

      (2)【主な資産及び負債の内容】

           連結財務諸表を作成しているため、記載を省略しております。
      (3)【その他】

          該当事項はありません。
                                 94/101









                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社ヴィッツ(E34739)
                                                           有価証券報告書
    第6【提出会社の株式事務の概要】
      事業年度                 毎年9月1日から翌年8月31日まで

      定時株主総会                 毎年11月中

      基準日                 毎年8月31日

      剰余金の配当の基準日                 毎年8月31日、毎年2月末日

      1単元の株式数                 100株

      単元未満株式の買取り

                       東京都千代田区丸の内一丁目4番5号

       取扱場所
                       三菱UFJ信託銀行株式会社 証券代行部
                       東京都千代田区丸の内一丁目4番5号
       株主名簿管理人
                       三菱UFJ信託銀行株式会社
                       -

       取次所
       買取手数料                無料

                       電子公告により行う。ただし、やむを得ない事由により、電子公告によるこ

                       とができない場合は、日本経済新聞に掲載して行う。
      公告掲載方法
                       公告掲載URL
                       https://www.witz-inc.co.jp/
      株主に対する特典                 該当事項はありません。

     (注) 当社定款の定めにより、単元未満株主は次に掲げる権利以外の権利を行使することはできません。

          (1)会社法第189条第2項各号に掲げる権利
          (2)取得請求権付株式の取得を請求をする権利
          (3)募集株式又は募集新株予約権の割当てを受ける権利
                                 95/101









                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社ヴィッツ(E34739)
                                                           有価証券報告書
    第7【提出会社の参考情報】
     1【提出会社の親会社等の情報】
       当社は、金融商品取引法第24条の7第1項に規定する親会社等はありません。
     2【その他の参考情報】

       当事業年度の開始日から有価証券報告書提出日までの間に、次の書類を提出しております。
        (1)有価証券報告書及びその添付書類並びに確認書
          事業年度(第23期)(自 2018年9月1日 至 2019年8月31日)2019年11月28日東海財務局長に提出。
        (2)内部統制報告書及びその添付書類

          2019年11月28日東海財務局長に提出。
        (3)四半期報告書及び確認書

         (第24期第1四半期)(自 2019年9月1日 至 2019年11月30日)2020年1月10日東海財務局長に提出。
         (第24期第2四半期)(自 2019年12月1日 至 2020年2月29日)2020年4月13日東海財務局長に提出。
         (第24期第3四半期)(自 2020年3月1日 至 2020年5月31日)2020年7月13日東海財務局長に提出。
        (4)臨時報告書

          2019年11月29日東海財務局長に提出。
          企業内容等の開示に関する内閣府令第19条第2項第9号の2(株主総会における議決権行使の結果)の規定に
          基づく臨時報告書であります。
                                 96/101













                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社ヴィッツ(E34739)
                                                           有価証券報告書
    第二部【提出会社の保証会社等の情報】
           該当事項はありません。
                                 97/101




















                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社ヴィッツ(E34739)
                                                           有価証券報告書
                          独立監査人の監査報告書
                                                     2020年11月26日

    株式会社ヴィッツ

      取締役会 御中

                             仰星監査法人

                             名古屋事務所

                              指定社員

                                     公認会計士
                                            小川  薫        印
                              業務執行社員
                              指定社員

                                     公認会計士
                                            元雄 幸人        印
                              業務執行社員
    監査意見

     当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づく監査証明を行うため、「経理の状況」に掲げられて
    いる株式会社ヴィッツの2019年9月1日から2020年8月31日までの連結会計年度の連結財務諸表、すなわち、連結貸借対
    照表、連結損益計算書、連結包括利益計算書、連結株主資本等変動計算書、連結キャッシュ・フロー計算書、連結財務諸
    表作成のための基本となる重要な事項、その他の注記及び連結附属明細表について監査を行った。
     当監査法人は、上記の連結財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して、株式
    会社ヴィッツ及び連結子会社の2020年8月31日現在の財政状態並びに同日をもって終了する連結会計年度の経営成績及び
    キャッシュ・フローの状況を、全ての重要な点において適正に表示しているものと認める。
    監査意見の根拠

     当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に準拠して監査を行った。監査の基準における
    当監査法人の責任は、「連結財務諸表監査における監査人の責任」に記載されている。当監査法人は、我が国における職
    業倫理に関する規定に従って、会社及び連結子会社から独立しており、また、監査人としてのその他の倫理上の責任を果
    たしている。当監査法人は、意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手したと判断している。
    連結財務諸表に対する経営者並びに監査役及び監査役会の責任

     経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して連結財務諸表を作成し適正に
    表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない連結財務諸表を作成し適正に表示するために
    経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     連結財務諸表を作成するに当たり、経営者は、継続企業の前提に基づき連結財務諸表を作成することが適切であるかど
    うかを評価し、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に基づいて継続企業に関する事項を開示する
    必要がある場合には当該事項を開示する責任がある。
     監査役及び監査役会の責任は、財務報告プロセスの整備及び運用における取締役の職務の執行を監視することにある。
    連結財務諸表監査における監査人の責任

     監査人の責任は、監査人が実施した監査に基づいて、全体としての連結財務諸表に不正又は誤謬による重要な虚偽表示
    がないかどうかについて合理的な保証を得て、監査報告書において独立の立場から連結財務諸表に対する意見を表明する
    ことにある。虚偽表示は、不正又は誤謬により発生する可能性があり、個別に又は集計すると、連結財務諸表の利用者の
    意思決定に影響を与えると合理的に見込まれる場合に、重要性があると判断される。
     監査人は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に従って、監査の過程を通じて、職業的専門家とし
    ての判断を行い、職業的懐疑心を保持して以下を実施する。
    ・ 不正又は誤謬による重要な虚偽表示リスクを識別し、評価する。また、重要な虚偽表示リスクに対応した監査手続を
     立案し、実施する。監査手続の選択及び適用は監査人の判断による。さらに、意見表明の基礎となる十分かつ適切な監
     査証拠を入手する。
    ・ 連結財務諸表監査の目的は、内部統制の有効性について意見表明するためのものではないが、監査人は、リスク評価
     の実施に際して、状況に応じた適切な監査手続を立案するために、監査に関連する内部統制を検討する。
                                 98/101


                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社ヴィッツ(E34739)
                                                           有価証券報告書
    ・ 経営者が採用した会計方針及びその適用方法の適切性、並びに経営者によって行われた会計上の見積りの合理性及び
     関連する注記事項の妥当性を評価する。
    ・ 経営者が継続企業を前提として連結財務諸表を作成することが適切であるかどうか、また、入手した監査証拠に基づ
     き、継続企業の前提に重要な疑義を生じさせるような事象又は状況に関して重要な不確実性が認められるかどうか結論
     付ける。継続企業の前提に関する重要な不確実性が認められる場合は、監査報告書において連結財務諸表の注記事項に
     注意を喚起すること、又は重要な不確実性に関する連結財務諸表の注記事項が適切でない場合は、連結財務諸表に対し
     て除外事項付意見を表明することが求められている。監査人の結論は、監査報告書日までに入手した監査証拠に基づい
     ているが、将来の事象や状況により、企業は継続企業として存続できなくなる可能性がある。
    ・ 連結財務諸表の表示及び注記事項が、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠しているか
     どうかとともに、関連する注記事項を含めた連結財務諸表の表示、構成及び内容、並びに連結財務諸表が基礎となる取
     引や会計事象を適正に表示しているかどうかを評価する。
    ・ 連結財務諸表に対する意見を表明するために、会社及び連結子会社の財務情報に関する十分かつ適切な監査証拠を入
     手する。監査人は、連結財務諸表の監査に関する指示、監督及び実施に関して責任がある。監査人は、単独で監査意見
     に対して責任を負う。
     監査人は、監査役及び監査役会に対して、計画した監査の範囲とその実施時期、監査の実施過程で識別した内部統制の
    重要な不備を含む監査上の重要な発見事項、及び監査の基準で求められているその他の事項について報告を行う。
     監査人は、監査役及び監査役会に対して、独立性についての我が国における職業倫理に関する規定を遵守したこと、並
    びに監査人の独立性に影響を与えると合理的に考えられる事項、及び阻害要因を除去又は軽減するためにセーフガードを
    講じている場合はその内容について報告を行う。
    利害関係

     会社及び連結子会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はな
    い。
                                                         以 上
     (注)1.上記は監査報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(有価証券報告書提

           出会社)が別途保管しております。
         2.XBRLデータは監査の対象には含まれていません
                                 99/101











                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社ヴィッツ(E34739)
                                                           有価証券報告書
                          独立監査人の監査報告書
                                                     2020年11月26日

    株式会社ヴィッツ

      取締役会 御中

                             仰星監査法人

                             名古屋事務所

                              指定社員

                                     公認会計士
                                            小川  薫        印
                              業務執行社員
                              指定社員

                                     公認会計士
                                            元雄 幸人        印
                              業務執行社員
    監査意見

     当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づく監査証明を行うため、「経理の状況」に掲げられて
    いる株式会社ヴィッツの2019年9月1日から2020年8月31日までの第24期事業年度の財務諸表、すなわち、貸借対照表、
    損益計算書、株主資本等変動計算書、重要な会計方針、その他の注記及び附属明細表について監査を行った。
     当監査法人は、上記の財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して、株式会社
    ヴィッツの2020年8月31日現在の財政状態及び同日をもって終了する事業年度の経営成績を、全ての重要な点において適
    正に表示しているものと認める。
    監査意見の根拠

     当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に準拠して監査を行った。監査の基準における
    当監査法人の責任は、「財務諸表監査における監査人の責任」に記載されている。当監査法人は、我が国における職業倫
    理に関する規定に従って、会社から独立しており、また、監査人としてのその他の倫理上の責任を果たしている。当監査
    法人は、意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手したと判断している。
    財務諸表に対する経営者並びに監査役及び監査役会の責任

     経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して財務諸表を作成し適正に表示
    することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない財務諸表を作成し適正に表示するために経営者が
    必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     財務諸表を作成するに当たり、経営者は、継続企業の前提に基づき財務諸表を作成することが適切であるかどうかを評
    価し、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に基づいて継続企業に関する事項を開示する必要があ
    る場合には当該事項を開示する責任がある。
     監査役及び監査役会の責任は、財務報告プロセスの整備及び運用における取締役の職務の執行を監視することにある。
    財務諸表監査における監査人の責任

     監査人の責任は、監査人が実施した監査に基づいて、全体としての財務諸表に不正又は誤謬による重要な虚偽表示がな
    いかどうかについて合理的な保証を得て、監査報告書において独立の立場から財務諸表に対する意見を表明することにあ
    る。虚偽表示は、不正又は誤謬により発生する可能性があり、個別に又は集計すると、財務諸表の利用者の意思決定に影
    響を与えると合理的に見込まれる場合に、重要性があると判断される。
     監査人は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に従って、監査の過程を通じて、職業的専門家とし
    ての判断を行い、職業的懐疑心を保持して以下を実施する。
    ・ 不正又は誤謬による重要な虚偽表示リスクを識別し、評価する。また、重要な虚偽表示リスクに対応した監査手続を
     立案し、実施する。監査手続の選択及び適用は監査人の判断による。さらに、意見表明の基礎となる十分かつ適切な監
     査証拠を入手する。
    ・ 財務諸表監査の目的は、内部統制の有効性について意見表明するためのものではないが、監査人は、リスク評価の実
     施に際して、状況に応じた適切な監査手続を立案するために、監査に関連する内部統制を検討する。
                                100/101


                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社ヴィッツ(E34739)
                                                           有価証券報告書
    ・ 経営者が採用した会計方針及びその適用方法の適切性、並びに経営者によって行われた会計上の見積りの合理性及び
     関連する注記事項の妥当性を評価する。
    ・ 経営者が継続企業を前提として財務諸表を作成することが適切であるかどうか、また、入手した監査証拠に基づき、
     継続企業の前提に重要な疑義を生じさせるような事象又は状況に関して重要な不確実性が認められるかどうか結論付け
     る。継続企業の前提に関する重要な不確実性が認められる場合は、監査報告書において財務諸表の注記事項に注意を喚
     起すること、又は重要な不確実性に関する財務諸表の注記事項が適切でない場合は、財務諸表に対して除外事項付意見
     を表明することが求められている。監査人の結論は、監査報告書日までに入手した監査証拠に基づいているが、将来の
     事象や状況により、企業は継続企業として存続できなくなる可能性がある。
    ・ 財務諸表の表示及び注記事項が、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠しているかどう
     かとともに、関連する注記事項を含めた財務諸表の表示、構成及び内容、並びに財務諸表が基礎となる取引や会計事象
     を適正に表示しているかどうかを評価する。
     監査人は、監査役及び監査役会に対して、計画した監査の範囲とその実施時期、監査の実施過程で識別した内部統制の
    重要な不備を含む監査上の重要な発見事項、及び監査の基準で求められているその他の事項について報告を行う。
     監査人は、監査役及び監査役会に対して、独立性についての我が国における職業倫理に関する規定を遵守したこと、並
    びに監査人の独立性に影響を与えると合理的に考えられる事項、及び阻害要因を除去又は軽減するためにセーフガードを
    講じている場合はその内容について報告を行う。
    利害関係

     会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                         以 上
     (注)1.上記は監査報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(有価証券報告書提出

           会社)が別途保管しております。
         2.XBRLデータは監査の対象には含まれていません。
                                101/101













PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

書類提出日で検索

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2020年12月21日

新規上場の通知機能を追加しました。Myページにて通知の設定が行えます。

2020年9月22日

企業・投資家の個別ページに掲載情報を追加しました。また、併せて細かい改修を行いました。

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。

スポンサーリンク