日本の未来図(米ドル投資型)、日本の未来図(円投資型) 有価証券報告書(内国投資信託受益証券) 第6期(令和1年10月8日-令和2年10月6日)

提出書類 有価証券報告書(内国投資信託受益証券)-第6期(令和1年10月8日-令和2年10月6日)
提出日
提出者 日本の未来図(米ドル投資型)、日本の未来図(円投資型)
カテゴリ 有価証券報告書(内国投資信託受益証券)

                                                          EDINET提出書類
                                               岡三アセットマネジメント株式会社(E12441)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
     【表紙】

      【提出書類】                      有価証券報告書

      【提出先】                      関東財務局長殿
      【提出日】                      2021年1月5日      提出
      【計算期間】                      第6期(自     2019年10月8日至        2020年10月6日)
      【ファンド名】                      日本の未来図(米ドル投資型)
                           日本の未来図(円投資型)
      【発行者名】                      岡三アセットマネジメント株式会社
      【代表者の役職氏名】                      代表取締役社長        塩川 克史
      【本店の所在の場所】                      東京都中央区京橋二丁目2番1号
      【事務連絡者氏名】                      窪田 英喜
      【連絡場所】                      東京都中央区京橋二丁目2番1号
      【電話番号】                      03-3516-1432
      【縦覧に供する場所】                      該当事項はありません。
                                  1/108














                                                          EDINET提出書類
                                               岡三アセットマネジメント株式会社(E12441)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
    第一部【ファンド情報】

    第1【ファンドの状況】

    1【ファンドの性格】

    (1)【ファンドの目的及び基本的性格】

      ■ ファンドの目的

          投資信託財産の成長を目指して運用を行います。
      ■ 信託金の限度額

          委託会社は、受託会社と合意のうえ、各ファンドについて金5,000億円を限度として信託金を
         追加することができます。委託会社は、受託会社と合意のうえ、この限度額を変更することが
         できます。
      ■ ファンドの商品分類

           ファンドは、一般社団法人投資信託協会が定める商品分類において、以下のとおりに分類さ
         れます。
        商品分類表(ファンドが該当する商品分類を網掛け表示しています。)

                                                  投資対象資産
             単位型・追加型                   投資対象地域
                                                  (収益の源泉)
                                                    株  式

                単位型                  国  内
                                                    債  券
                                 海  外                  不動産投信

                追加型
                                                   その他資産
                                 内  外                 (    )
                                                    資産複合

        属性区分表(ファンドが該当する属性区分を網掛け表示しています。)

            投資対象資産             決算頻度           投資対象地域              投資形態
                                  2/108






                                                          EDINET提出書類
                                               岡三アセットマネジメント株式会社(E12441)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
         株式              年1回          グローバル

          一般                       (  )
          大型株             年2回
          中小型株                       日本
                       年4回
         債券                        北米               ファミリーファンド
          一般              年6回
          公債              (隔月)          欧州
          社債
          その他債券             年12回          アジア
          クレジット属性             (毎月)
          (  )                       オセアニア
                       日々
         不動産投信                        中南米               ファンド・オブ・
                       その他                        ファンズ
         その他資産              (  )          アフリカ
         (投資信託証券(株式
                                 中近東
         一般  ) )
                                 (中東)
                                 エマージング

         資産複合
         (   )
          資産配分固定型
          資産配分変更型
         ※ファンドは、マザーファンドの受益証券(投資信託証券)を主要投資対象とするファミ

          リーファンド方式で運用を行うため、属性区分におけるファンドの投資対象資産は、「そ
          の他資産(投資信託証券)」となり、商品分類における投資対象資産(収益の源泉)であ
          る「株式」とは分類・区分が異なります。
    商品分類および属性区分の定義につきましては、下記をご覧下さい。なお、一般社団法人投資信託協会

    のホームページ(https://www.toushin.or.jp/)でもご覧いただけます。
    一般社団法人投資信託協会が定める「商品分類に関する指針」に基づくファンドの商品分類および属性

    区分は以下のとおりです。
    [商品分類表の定義]

       《単位型投信・追加型投信の区分》
         (1)単位型投信…当初、募集された資金が一つの単位として信託され、その後の追加設定は一
                   切行われないファンドをいう。
         (2)追加型投信…一度設定されたファンドであってもその後追加設定が行われ従来の信託財産
                   とともに運用されるファンドをいう。
       《投資対象地域による区分》
         (1)国内…目論見書又は投資信託約款において、組入資産による主たる投資収益が実質的に国
               内の資産を源泉とする旨の記載があるものをいう。
         (2)海外…目論見書又は投資信託約款において、組入資産による主たる投資収益が実質的に海
               外の資産を源泉とする旨の記載があるものをいう。
         (3)内外…目論見書又は投資信託約款において、国内及び海外の資産による投資収益を実質的
               に源泉とする旨の記載があるものをいう。
       《投資対象資産による区分》
         (1)株式…目論見書又は投資信託約款において、組入資産による主たる投資収益が実質的に株
               式を源泉とする旨の記載があるものをいう。
         (2)債券…目論見書又は投資信託約款において、組入資産による主たる投資収益が実質的に債
               券を源泉とする旨の記載があるものをいう。
         (3)不動産投信(リート)…目論見書又は投資信託約款において、組入資産による主たる投資
                                  3/108


                                                          EDINET提出書類
                                               岡三アセットマネジメント株式会社(E12441)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
                         収益が実質的に不動産投資信託の受益証券及び不動産投資法人の
                         投資証券を源泉とする旨の記載があるものをいう。
         (4)その他資産…目論見書又は投資信託約款において、組入資産による主たる投資収益が実質
                   的に上記(1)から(3)に掲げる資産以外の資産を源泉とする旨の記載があ
                   るものをいう。なお、その他資産と併記して具体的な収益の源泉となる資産
                   の名称記載も可とする。
         (5)資産複合…目論見書又は投資信託約款において、上記(1)から(4)に掲げる資産のうち複
                  数の資産による投資収益を実質的に源泉とする旨の記載があるものをいう。
       《独立した区分》
         (1)MMF(マネー・マネージメント・ファンド)…「MMF等の運営に関する規則」に定めるMMF
                                     をいう。
         (2)MRF(マネー・リザーブ・ファンド)…「MMF等の運営に関する規則」に定めるMRFをい
                                 う。
         (3)ETF…投資信託及び投資法人に関する法律施行令(平成12年政令480号)第12条第1号及び第
               2号に規定する証券投資信託並びに租税特別措置法(昭和32年法律第26号)第9条の4
               の2に規定する上場証券投資信託をいう。
       《補足分類》
         (1)インデックス型…目論見書又は投資信託約款において、各種指数に連動する運用成果を目
                     指す旨の記載があるものをいう。
         (2)特殊型…目論見書又は投資信託約款において、投資者に対して注意を喚起することが必要
                 と思われる特殊な仕組みあるいは運用手法の記載があるものをいう。なお、[属
                 性区分表の定義]で《特殊型》の小分類において「条件付運用型」に該当する場
                 合には当該小分類を括弧書きで付記するものとし、それ以外の小分類に該当する
                 場合には当該小分類を括弧書きで付記できるものとする。
    [属性区分表の定義]
       《投資対象資産による属性区分》
         (1)株式
           ①一般・・・次の大型株、中小型株属性にあてはまらないすべてのものをいう。
           ②大型株・・・目論見書又は投資信託約款において、主として大型株に投資する旨の記載が
                   あるものをいう。
           ③中小型株・・・目論見書又は投資信託約款において、主として中小型株に投資する旨の記
                    載があるものをいう。
         (2)債券
           ①一般・・・次の公債、社債、その他債券属性にあてはまらないすべてのものをいう。
           ②公債・・・目論見書又は投資信託約款において、日本国又は各国の政府の発行する国債
                  (地方債、政府保証債、政府機関債、国際機関債を含む。以下同じ。)に主と
                  して投資する旨の記載があるものをいう。
           ③社債・・・目論見書又は投資信託約款において、企業等が発行する社債に主として投資す
                  る旨の記載があるものをいう。
           ④その他債券・・・目論見書又は投資信託約款において、公債又は社債以外の債券に主とし
                     て投資する旨の記載があるものをいう。
           ⑤格付等クレジットによる属性・・・目論見書又は投資信託約款において、上記①から④の
                               「発行体」による区分のほか、特にクレジットに対し
                               て明確な記載があるものについては、上記①から④に
                               掲げる区分に加え「高格付債」「低格付債」等を併記
                               することも可とする。
         (3)不動産投信・・・これ以上の詳細な分類は行わないものとする。
         (4)その他資産・・・組入れている資産を記載するものとする。
         (5)資産複合・・・以下の小分類に該当する場合には当該小分類を併記することができる。
           ①資産配分固定型・・・目論見書又は投資信託約款において、複数資産を投資対象とし、組
                        入比率については固定的とする旨の記載があるものをいう。なお、
                        組み合わせている資産を列挙するものとする。
           ②資産配分変更型・・・目論見書又は投資信託約款において、複数資産を投資対象とし、組
                        入比率については、機動的な変更を行なう旨の記載があるもの若し
                        くは固定的とする旨の記載がないものをいう。なお、組み合わせて
                                  4/108

                                                          EDINET提出書類
                                               岡三アセットマネジメント株式会社(E12441)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
                        いる資産を列挙するものとする。
       《決算頻度による属性区分》
         (1)年1回・・・目論見書又は投資信託約款において、年1回決算する旨の記載があるものをい
                   う。
         (2)年2回・・・目論見書又は投資信託約款において、年2回決算する旨の記載があるものをい
                   う。
         (3)年4回・・・目論見書又は投資信託約款において、年4回決算する旨の記載があるものをい
                   う。
         (4)年6回(隔月)・・・目論見書又は投資信託約款において、年6回決算する旨の記載がある
                        ものをいう。
         (5)年12回(毎月)・・・目論見書又は投資信託約款において、年12回(毎月)決算する旨の
                        記載があるものをいう。
         (6)日々・・・目論見書又は投資信託約款において、日々決算する旨の記載があるものをい
                  う。
         (7)その他・・・上記属性にあてはまらないすべてのものをいう。
       《投資対象地域による属性区分(重複使用可能)》
         (1)グローバル・・・目論見書又は投資信託約款において、組入資産による投資収益が世界の
                     資産を源泉とする旨の記載があるものをいう。なお、「世界の資産」の
                     中に「日本」を含むか含まないかを明確に記載するものとする。
         (2)日本・・・目論見書又は投資信託約款において、組入資産による投資収益が日本の資産を
                  源泉とする旨の記載があるものをいう。
         (3)北米・・・目論見書又は投資信託約款において、組入資産による投資収益が北米地域の資
                  産を源泉とする旨の記載があるものをいう。
         (4)欧州・・・目論見書又は投資信託約款において、組入資産による投資収益が欧州地域の資
                  産を源泉とする旨の記載があるものをいう。
         (5)アジア・・・目論見書又は投資信託約款において、組入資産による投資収益が日本を除く
                   アジア地域の資産を源泉とする旨の記載があるものをいう。
         (6)オセアニア・・・目論見書又は投資信託約款において、組入資産による投資収益がオセア
                     ニア地域の資産を源泉とする旨の記載があるものをいう。
         (7)中南米・・・目論見書又は投資信託約款において、組入資産による投資収益が中南米地域
                   の資産を源泉とする旨の記載があるものをいう。
         (8)アフリカ・・・目論見書又は投資信託約款において、組入資産による投資収益がアフリカ
                    地域の資産を源泉とする旨の記載があるものをいう。
         (9)中近東(中東)・・・目論見書又は投資信託約款において、組入資産による投資収益が中
                       近東地域の資産を源泉とする旨の記載があるものをいう。
         (10)エマージング・・・目論見書又は投資信託約款において、組入資産による投資収益がエ
                       マージング地域(新興成長国(地域))の資産を源泉とする旨の記
                       載があるものをいう。
       《投資形態による属性区分》
         (1)ファミリーファンド・・・目論見書又は投資信託約款において、親投資信託(ファンド・
                          オブ・ファンズにのみ投資されるものを除く。)を投資対象と
                          して投資するものをいう。
         (2)ファンド・オブ・ファンズ・・・「投資信託等の運用に関する規則」第2条に規定するファ
                              ンド・オブ・ファンズをいう。
       《為替ヘッジによる属性区分》
         (1)為替ヘッジあり・・・目論見書又は投資信託約款において、為替のフルヘッジ又は一部の
                        資産に為替のヘッジを行う旨の記載があるものをいう。
         (2)為替ヘッジなし・・・目論見書又は投資信託約款において、為替のヘッジを行なわない旨
                        の記載があるもの又は為替のヘッジを行う旨の記載がないものをい
                        う。
       《インデックスファンドにおける対象インデックスによる属性区分》
         (1)日経225
         (2)TOPIX
         (3)その他の指数・・・上記指数にあてはまらないすべてのものをいう。
       《特殊型》
                                  5/108

                                                          EDINET提出書類
                                               岡三アセットマネジメント株式会社(E12441)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
         (1)ブル・ベア型…目論見書又は投資信託約款において、派生商品をヘッジ目的以外に用い、
                    積極的に投資を行うとともに各種指数・資産等への連動若しくは逆連動
                    (一  定倍の連動若しくは逆連動を含む。)を目指す旨の記載があるものを
                    いう。
         (2)条件付運用型…目論見書又は投資信託約款において、仕組債への投資又はその他特殊な仕
                    組みを用いることにより、目標とする投資成果(基準価額、償還価額、収
                    益分配金等)や信託終了日等が、明示的な指標等の値により定められる一
                    定の条件によって決定される旨の記載があるものをいう。
         (3)ロング・ショート型/絶対収益追求型…目論見書又は投資信託約款において、特定の市場
                                 に左右されにくい収益の追求を目指す旨若しくは
                                 ロング・ショート戦略により収益の追求を目指す
                                 旨の記載があるものをいう。
         (4)その他型…目論見書又は投資信託約款において、上記(1)から(3)に掲げる属性のいず
                  れにも該当しない特殊な仕組みあるいは運用手法の記載があるものをいう。
                                  6/108
















                                                          EDINET提出書類
                                               岡三アセットマネジメント株式会社(E12441)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
                                  7/108





















                                                          EDINET提出書類
                                               岡三アセットマネジメント株式会社(E12441)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
                                  8/108





















                                                          EDINET提出書類
                                               岡三アセットマネジメント株式会社(E12441)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
                                  9/108





















                                                          EDINET提出書類
                                               岡三アセットマネジメント株式会社(E12441)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
    (2)【ファンドの沿革】






          2014年10月31日               投資信託契約締結、設定、運用開始
    (3)【ファンドの仕組み】

       ■ ファミリーファンド方式

           ファミリーファンド方式とは、投資家から投資された資金をベビーファンドとしてまと
         め、その資金を主としてマザーファンドに投資することにより、実質的な運用をマザー
         ファンドで行う仕組みです。
       ■ ファンドの関係法人とその役割





                                 10/108






                                                          EDINET提出書類
                                               岡三アセットマネジメント株式会社(E12441)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
        関係法人                             役割









     委託会社             投資信託契約に基づき、投資信託財産の運用指図、投資信託財産の計算(基

                  準価額の計算)、収益分配金、償還金及び解約金の支払い、投資信託説明書
                  (交付目論見書)、投資信託説明書(請求目論見書)および運用報告書の作
                  成・交付等を行います。
     受託会社
                  投資信託契約に基づき、投資信託財産の保管・管理・計算、委託会社の指図
                  に基づく投資信託財産の処分等を行います。
     再信託受託会社
                  受託会社との再信託契約に基づき、所定の事務を行います。
     販売会社             委託会社との間に締結した「投資信託受益権の取扱い等に関する契約」に基
                  づき、受益権の募集の取扱い、投資信託説明書(交付目論見書)、投資信託
                  説明書(請求目論見書)及び運用報告書の交付の取扱い、解約請求の受付、
                  買取請求の受付・実行、収益分配金、償還金及び解約金の支払事務等を行い
                  ます。
      ■ 委託会社の概況(2020年10月末日現在)

        ◆ 資本金

           10億円
        ◆ 委託会社の沿革

           1964年10月       6日        「日本投信委託株式会社」設立
           1987年    6月27日           第三者割当増資の実施(新資本金 4億5,000万円)
           1990年    6月30日           第三者割当増資の実施(新資本金 10億円)
                                 11/108


                                                          EDINET提出書類
                                               岡三アセットマネジメント株式会社(E12441)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
           2008年    4月  1日        岡三投資顧問株式会社と合併し、商号を「岡三アセットマネ
                          ジメント株式会社」に変更
        ◆ 大株主の状況

              名  称                  住  所              持株数       持株比率
        岡三興業株式会社                 東京都中央区日本橋小網町9番9号                     253,400株        45.68%
        株式会社岡三証券グループ                 東京都中央区日本橋1丁目17番6号                     174,801株        31.51%
        岡三にいがた証券株式会社                 新潟県長岡市大手通1丁目5番地5                     40,150株        7.24%
    2【投資方針】

    (1)【投資方針】

       ■ 基本方針

           ファンドは、投資信託財産の成長を目指して運用を行います。
       ■ 運用方法

       a 投資対象

           日本未来戦略マザーファンド(以下、「マザーファンド」といいます。)の受益証券を主要
          投資対象とします。
       b 投資態度

         <米ドル投資型>

         イ.マザーファンドの受益証券への投資を通じて、主として、わが国の金融商品取引所上場(上

            場予定を含みます。)株式に実質的に投資を行い、投資信託財産の成長を目指して運用を行
            います。なお、投資環境によっては新興市場の株式に積極的に投資を行う場合があります。
         ロ.投資候補銘柄の選定にあたっては、わが国の将来の諸問題に対して、従来の常識を超えた技

            術、発想で取り組むことが期待される企業に着目して、ボトムアップ・アプローチにより
            銘柄を選定します。
         ハ.ポートフォリオの構築にあたっては、企業の成長性、ROE(自己資本利益率)や利益率等の

            業績動向を含む定量分析、信用リスク等を含む定性分析、バリュエーション、業種別比率
            等を勘案して行います。
         ニ.円建て資産について、原則として円売り米ドル買いの外国為替予約取引等を行い、米ドルへ

            の投資効果を享受することを目指します。純資産総額に対する円売り米ドル買いの外国為
            替予約取引等の額は、原則として高位とすることを基本とします。
         ホ.株式の実質組入比率は高位を保つことを基本とします。

         へ.資金動向、市況動向等によっては上記のような運用ができない場合があります。

                                 12/108


                                                          EDINET提出書類
                                               岡三アセットマネジメント株式会社(E12441)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
         <円投資型>
         イ.マザーファンドの受益証券への投資を通じて、主として、わが国の金融商品取引所上場(上

            場予定を含みます。)株式に実質的に投資を行い、投資信託財産の成長を目指して運用を行
            います。なお、投資環境によっては新興市場の株式に積極的に投資を行う場合があります。
         ロ.投資候補銘柄の選定にあたっては、わが国の将来の諸問題に対して、従来の常識を超えた技

            術、発想で取り組むことが期待される企業に着目して、ボトムアップ・アプローチにより
            銘柄を選定します。
         ハ.ポートフォリオの構築にあたっては、企業の成長性、ROE(自己資本利益率)や利益率等の

            業績動向を含む定量分析、信用リスク等を含む定性分析、バリュエーション、業種別比率
            等を勘案して行います。
         ニ.株式の実質組入比率は高位を保つことを基本とします。

         ホ.株式以外の資産の実質投資割合は、原則として投資信託財産総額の50%以下とします。

         へ.資金動向、市況動向等によっては上記のような運用ができない場合があります。

    (2)【投資対象】

       ■ 投資の対象とする資産の種類

          ファンドにおいて投資の対象とする資産の種類は、次に掲げるものとします。
       <米ドル投資型>

       a 次に掲げる特定資産(「特定資産」とは、投資信託及び投資法人に関する法律第2条第1項で定
          めるものをいいます。以下同じ。)
          イ.有価証券
          ロ.デリバティブ取引に係る権利(金融商品取引法第2条第20項に規定するものをいい、先物取
            引等、スワップ取引、金利先渡取引、為替先渡取引に限ります。)
          ハ.金銭債権
          ニ.約束手形
       b 次に掲げる特定資産以外の資産

          イ.為替手形
       <円投資型>

       a 次に掲げる特定資産(「特定資産」とは、投資信託及び投資法人に関する法律第2条第1項で定
          めるものをいいます。以下同じ。)
          イ.有価証券
          ロ.デリバティブ取引に係る権利(金融商品取引法第2条第20項に規定するものをいい、先物取
            引等、スワップ取引、金利先渡取引に限ります。)
          ハ.金銭債権
          ニ.約束手形
       b 次に掲げる特定資産以外の資産

                                 13/108


                                                          EDINET提出書類
                                               岡三アセットマネジメント株式会社(E12441)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
          イ.為替手形
       ■ 運用の指図範囲

       <米ドル投資型>

       a 有価証券
           委託会社は、信託金を、主として岡三アセットマネジメント株式会社を委託者とし、みずほ
          信託銀行株式会社を受託者として締結された親投資信託である日本未来戦略マザーファンド
          (以下、「マザーファンド」といいます。)の受益証券のほか、次の有価証券(金融商品取引
          法第2条第2項の規定により有価証券とみなされる同項各号に掲げる権利を除きます。)に投資
          することを指図します。
          イ.株券または新株引受権証書
          ロ.国債証券
          ハ.地方債証券
          ニ.特別の法律により法人の発行する債券
          ホ.社債券(新株引受権証券と社債券とが一体となった新株引受権付社債券(以下「分離型新
            株引受権付社債券」といいます。)の新株引受権証券を除きます。)
          ヘ.資産の流動化に関する法律に規定する特定社債券(金融商品取引法第2条第1項第4号で定め
            るものをいいます。)
          ト.特別の法律により設立された法人の発行する出資証券(金融商品取引法第2条第1項第6号で
            定めるものをいいます。)
          チ.協同組織金融機関の優先出資に関する法律に規定する優先出資証券(金融商品取引法第2条
            第1項第7号で定めるものをいいます。)
          リ.資産の流動化に関する法律に規定する優先出資証券又は新優先出資引受権を表示する証券
            (金融商品取引法第2条第1項第8号で定めるものをいいます。)
          ヌ.コマーシャル・ペーパー
          ル.新株引受権証券(分離型新株引受権付社債券の新株引受権証券を含みます。以下同じ。)
            および新株予約権証券
          ヲ.外国または外国の者の発行する証券または証書で、イ.からル.までの証券または証書の性
            質を有するもの
          ワ.投資信託または外国投資信託の受益証券(金融商品取引法第2条第1項第10号で定めるもの
            をいい、振替受益権を含みます。)
          カ.投資証券もしくは投資法人債券または外国投資証券(金融商品取引法第2条第1項第11号で
            定めるものをいいます。)
          ヨ.外国貸付債権信託受益証券(金融商品取引法第2条第1項第18号で定めるものをいいま
            す。)
          タ.オプションを表示する証券または証書(金融商品取引法第2条第1項第19号で定めるものを
            いい、有価証券に係るものに限ります。)
          レ.預託証書(金融商品取引法第2条第1項第20号で定めるものをいいます。)
          ソ.外国法人が発行する譲渡性預金証書
          ツ.指定金銭信託の受益証券(金融商品取引法第2条第1項第14号で定める受益証券発行信託の
            受益証券に限ります。)
          ネ.抵当証券(金融商品取引法第2条第1項第16号で定めるものをいいます。)
          ナ.貸付債権信託受益権であって金融商品取引法第2条第1項第14号で定める受益証券発行信託
            の受益証券に表示されるべきもの
          ラ.外国の者に対する権利でナ.の有価証券の性質を有するもの
       b 金融商品

           委託会社は、信託金を、上記の有価証券のほか、以下の金融商品(金融商品取引法第2条第2
          項の規定により有価証券とみなされる同項各号に掲げる権利を含みます。)により運用するこ
          とを指図することができます。
                                 14/108


                                                          EDINET提出書類
                                               岡三アセットマネジメント株式会社(E12441)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
          イ.預金
          ロ.指定金銭信託(金融商品取引法第2条第1項第14号に規定する受益証券発行信託を除きま
            す。)
          ハ.コール・ローン
          ニ.手形割引市場において売買される手形
          ホ.貸付債権信託受益権であって金融商品取引法第2条第2項第1号で定めるもの
          ヘ.外国の者に対する権利でホ.の権利の性質を有するもの
       c 特別な場合の運用指図

           ファンドの設定、一部解約、償還および投資環境の変動等への対応等で、委託会社が運用上
          必要と認めるときには、委託会社は、信託金を、上記の金融商品により運用することの指図が
          できます。
       <円投資型>

       a 有価証券
           委託会社は、信託金を、主として岡三アセットマネジメント株式会社を委託者とし、みずほ
          信託銀行株式会社を受託者として締結された親投資信託である日本未来戦略マザーファンド
          (以下、「マザーファンド」といいます。)の受益証券のほか、次の有価証券(金融商品取引
          法第2条第2項の規定により有価証券とみなされる同項各号に掲げる権利を除くものとし、本邦
          通貨表示のものに限ります。)に投資することを指図します。
          イ.株券または新株引受権証書
          ロ.国債証券
          ハ.地方債証券
          ニ.特別の法律により法人の発行する債券
          ホ.社債券(新株引受権証券と社債券とが一体となった新株引受権付社債券(以下「分離型新
            株引受権付社債券」といいます。)の新株引受権証券を除きます。)
          ヘ.資産の流動化に関する法律に規定する特定社債券(金融商品取引法第2条第1項第4号で定め
            るものをいいます。)
          ト.特別の法律により設立された法人の発行する出資証券(金融商品取引法第2条第1項第6号で
            定めるものをいいます。)
          チ.協同組織金融機関の優先出資に関する法律に規定する優先出資証券(金融商品取引法第2条
            第1項第7号で定めるものをいいます。)
          リ.資産の流動化に関する法律に規定する優先出資証券又は新優先出資引受権を表示する証券
            (金融商品取引法第2条第1項第8号で定めるものをいいます。)
          ヌ.コマーシャル・ペーパー
          ル.新株引受権証券(分離型新株引受権付社債券の新株引受権証券を含みます。以下同じ。)
            および新株予約権証券
          ヲ.外国または外国の者の発行する証券または証書で、イ.からル.までの証券または証書の性
            質を有するもの
          ワ.投資信託または外国投資信託の受益証券(金融商品取引法第2条第1項第10号で定めるもの
            をいい、振替受益権を含みます。)
          カ.投資証券もしくは投資法人債券または外国投資証券(金融商品取引法第2条第1項第11号で
            定めるものをいいます。)
          ヨ.外国貸付債権信託受益証券(金融商品取引法第2条第1項第18号で定めるものをいいま
            す。)
          タ.オプションを表示する証券または証書(金融商品取引法第2条第1項第19号で定めるものを
            いい、有価証券に係るものに限ります。)
          レ.預託証書(金融商品取引法第2条第1項第20号で定めるものをいいます。)
          ソ.外国法人が発行する譲渡性預金証書
          ツ.指定金銭信託の受益証券(金融商品取引法第2条第1項第14号で定める受益証券発行信託の
            受益証券に限ります。)
                                 15/108


                                                          EDINET提出書類
                                               岡三アセットマネジメント株式会社(E12441)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
          ネ.抵当証券(金融商品取引法第2条第1項第16号で定めるものをいいます。)
          ナ.貸付債権信託受益権であって金融商品取引法第2条第1項第14号で定める受益証券発行信託
            の受益証券に表示されるべきもの
          ラ.外国の者に対する権利でナ.の有価証券の性質を有するもの
       b 金融商品

           委託会社は、信託金を、上記の有価証券のほか、以下の金融商品(金融商品取引法第2条第2
          項の規定により有価証券とみなされる同項各号に掲げる権利を含みます。)により運用するこ
          とを指図することができます。
          イ.預金
          ロ.指定金銭信託(金融商品取引法第2条第1項第14号に規定する受益証券発行信託を除きま
            す。)
          ハ.コール・ローン
          ニ.手形割引市場において売買される手形
          ホ.貸付債権信託受益権であって金融商品取引法第2条第2項第1号で定めるもの
          ヘ.外国の者に対する権利でホ.の権利の性質を有するもの
       c 特別な場合の運用指図

           ファンドの設定、一部解約、償還および投資環境の変動等への対応等で、委託会社が運用上
          必要と認めるときには、委託会社は、信託金を、上記の金融商品により運用することの指図が
          できます。
      (参考)ファンドが投資するマザーファンドの概要

       日本未来戦略マザーファンド
        委託会社           岡三アセットマネジメント株式会社
        基本方針           投資信託財産の成長を目指して運用を行います。
        投資対象           わが国の金融商品取引所上場(上場予定を含みます。)株式を主要投資対象
                  とします。
        投資態度           ① 主として、わが国の金融商品取引所上場(上場予定を含みます。)株式
                     に投資を行い、投資信託財産の成長を目指して運用を行います。なお、
                     投資環境によっては新興市場の株式に積極的に投資を行う場合がありま
                     す。
                  ② 投資候補銘柄の選定にあたっては、わが国の将来の諸問題に対して、従
                     来の常識を超えた技術、発想で取り組むことが期待される企業に着目し
                     て、ボトムアップ・アプローチにより銘柄を選定します。
                  ③ ポートフォリオの構築にあたっては、企業の成長性、ROE(自己資本利益
                     率)や利益率等の業績動向を含む定量分析、信用リスク等を含む定性分
                     析、バリュエーション、業種別比率等を勘案して行います。
                  ④ 株式の組入比率は高位を保つことを基本とします。
                  ⑤ 株式以外の資産の投資割合は、原則として投資信託財産総額の50%以下
                     とします。
                  ⑥ 資金動向、市況動向等によっては上記のような運用ができない場合があ
                     ります。
                                 16/108




                                                          EDINET提出書類
                                               岡三アセットマネジメント株式会社(E12441)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
        主要な投資制限           ① 株式(新株引受権証券および新株予約権証券を含みます。)への投資割
                     合には制限を設けません。
                  ② 投資信託証券(上場投資信託証券等を除きます。)への投資割合は、投
                     資信託財産の純資産総額の5%以下とします。
                  ③ 外貨建資産への投資は行いません。
                  ④ 一般社団法人投資信託協会規則に定める一の者に対する株式等エクス
                     ポージャー、債券等エクスポージャーおよびデリバティブ等エクスポー
                     ジャーの投資信託財産の純資産総額に対する比率は、原則として、それ
                     ぞれ10%、合計で20%以内とすることとし、当該比率を超えることと
                     なった場合には、一般社団法人投資信託協会規則に従い当該比率以内と
                     なるよう調整を行うこととします。
        決算           毎年10月6日(休業日の場合は翌営業日)に決算を行います。
                  投資信託財産から生ずる利益は、信託終了時まで投資信託財産中に留保し、
                  期中には分配を行いません。
        信託報酬           ありません。
        その他           ・デリバティブ取引等に係る投資制限
                  デリバティブ取引等については、一般社団法人投資信託協会規則の定めるとこ
                  ろに従い、合理的な方法により算出した額が投資信託財産の純資産総額を超え
                  ないものとします。
    (3)【運用体制】


      ■ 運用体制、内部管理および意思決定を監督する組織

          ファンドの運用体制、内部管理および意思決定を監督する組織は、以下のようになります。
       会議名または部署名                               役割









                                 17/108


                                                          EDINET提出書類
                                               岡三アセットマネジメント株式会社(E12441)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
       運用委員会             運用本部及び投資情報部で開催する「ストラテジー会議」で策定され
       (月1回開催)             た投資環境分析と運用の基本方針案に基づいて検討を行い、運用の基
                     本方針を決定します。また、運用に関する内規の制定及び改廃のほ
                     か、運用ガイドライン等運用のリスク管理に関する事項を決定しま
                     す。委員長は審議・検討結果を取締役会へ報告します。
       運用戦略会議             運用委員会で決定された運用の基本方針に基づいた個別ファンドの具
       (月1回開催)             体的な投資戦略について検討を行います。
       運用部             ファンドマネージャーは、運用戦略会議で検討された投資戦略に基づ

                     き、ファンド毎に具体的な運用計画を策定し、運用計画・運用実施計
                     画に基づいて、運用の指図を行います。
       運用分析会議             運用のパフォーマンス向上、運用の適正性の確保、および運用のリス
       (月1回開催)             ク管理に資することを目的に、個別ファンドの運用パフォーマンスを
                     分析・検証・評価し、運用部にフィードバックを行います。
       売買分析会議             運用財産に係る運用の適切性確保に資することを目的にファンドの有
       (月1回開催)             価証券売買状況や組入れ状況など、日々、リスク管理部、トレーディ
                     ング部が行っている運用の指図に関するチェック状況の報告・指摘を
                     行います。議長は会議の結果を取締役会へ報告します。
       業務審査委員会             運用の指図において発生した事務処理ミスや社内規程等に抵触した事
       (原則月1回開催)             項などについて審議し、判断を行います。委員長はその結果を取締役
                     会へ報告します。
       コンプライアンス部             運用業務にかかわる関係法令及び社内諸規則等の遵守状況の点検並び
       (3名程度)             に点検結果に基づく運用本部への指導を行います。
       リスク管理部             「運用の指図に関する検証規程」に基づき、投資信託財産の運用の指
       (6名程度)             図につき、法令諸規則等に定める運用の指図に関する事項の遵守状況
                     の確認を行います。発注前の検証として、発注内容が法令諸規則等に
                     照らして適当であるのか伝票又はオーダー・マネジメント・システム
                     のコンプライアンスチェック機能を利用して確認を行い、発注後の検
                     証として、運用指図結果の適法性又は適正性について確認を行いま
                     す。
       トレーディング部             有価証券、デリバティブ取引等の発注に関し、法令諸規則等に基づい
       (7名程度)             て最良執行に努めています。また、運用指図の結果について最良執行
                     の観点からの検証・分析を行います。
       ■ 社内規程

          委託会社では、ファンドの運用に関する社内規程において、運用を行うに当たって遵守すべき
         事項等を定め、ファンドの商品性に則った適切な運用を行っています。
          また、委託会社では、リスク管理規程において、運用に関するリスク管理方針を定め、運用本
         部及び運用本部から独立した部署が、運用の指図について運用の基本方針や法令諸規則等に照ら
         して適切かどうかのモニタリング・検証を通じて、運用リスクの管理を行っています。
       ■ ファンドの関係法人(販売会社を除く)に対する管理体制等

          「受託会社」または「再信託受託会社」に対しては、日々の基準価額および純資産照合、月次
         の勘定残高照合などを行っております。
      ※ 運用体制等につきましては、2020年10月末日現在のものであり、変更になることがあります。

    (4)【分配方針】

       ■ 毎年10月6日(休業日の場合は翌営業日)に決算を行い、原則として、以下の方針に基づき収益

         分配を行います。
                                 18/108

                                                          EDINET提出書類
                                               岡三アセットマネジメント株式会社(E12441)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
       a 分配対象収益の範囲

           繰越分を含めた経費控除後の配当等収益と売買益(評価益を含みます。)等の全額としま
          す。繰越分を含めた経費控除後の配当等収益には、マザーファンドの配当等収益のうち、投資
          信託財産に帰属すべき配当等収益を含むものとします。
       b 分配対象収益についての分配方針

           分配金額は、委託会社が分配可能額、基準価額水準等を勘案して決定します。ただし、分配
          可能額が少額の場合や基準価額水準によっては、収益分配を行わないことがあります。
       c 留保益の運用方針

           収益分配に充てなかった留保益については、運用の基本方針と同一の運用を行います。
       d 収益分配金は、決算日から起算して、原則として、5営業日までに販売会社を通じて支払いを開

          始します。
       ■ 分配金再投資コースの場合、収益分配金は、税金を差し引いた後、決算日の基準価額で再投資い

         たします。
       ◆ 収益分配金は、決算日において振替機関等の振替口座簿に記載または記録されている受益者

          (当該収益分配金に係る決算日以前において一部解約が行われた受益権に係る受益者を除きま
          す。また、当該収益分配金に係る決算日以前に設定された受益権で取得申込代金支払前のため
          販売会社の名義で記載または記録されている受益権については原則として取得申込者としま
          す。)にお支払いします。また、分配金再投資コースの場合、再投資により増加した受益権
          は、振替口座簿に記載または記録されます。
    (5)【投資制限】

     <約款に基づく投資制限>
     <米ドル投資型>

       ■ マザーファンドの受益証券への投資割合には制限を設けません。
       ■ 株式(新株引受権証券および新株予約権証券を含みます。)への実質投資割合には制限を設けま
         せん。
       ■ 投資信託証券(マザーファンドの受益証券および上場投資信託証券等を除きます。)への実質投
         資割合は、投資信託財産の純資産総額の5%以下とします。
       ■ 外貨建資産への実質投資割合には制限を設けません。
       ■ 一般社団法人投資信託協会規則に定める一の者に対する株式等エクスポージャー、債券等エクス
         ポージャーおよびデリバティブ等エクスポージャーの投資信託財産の純資産総額に対する比率
         は、原則として、それぞれ10%、合計で20%以内とすることとし、当該比率を超えることとなっ
         た場合には、一般社団法人投資信託協会規則に従い当該比率以内となるよう調整を行うこととし
         ます。
       ■ 投資する株式等の範囲

       a 委託会社が投資することを指図する株式、新株引受権証券および新株予約権証券は、取引所に
          上場されている株式の発行会社の発行するものとします。ただし、株主割当または社債権者割
          当により取得する株式、新株引受権証券および新株予約権証券については、この限りではあり
          ません。
       b 上記aの規定にかかわらず、上場予定の株式、新株引受権証券および新株予約権証券で目論見
          書等において上場されることが確認できるものについては、委託会社が投資することを指図す
          ることができるものとします。
                                 19/108


                                                          EDINET提出書類
                                               岡三アセットマネジメント株式会社(E12441)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
       ■ 信用取引の指図、目的および指図範囲

       a 委託会社は、投資信託財産の効率的な運用に資するため、信用取引により株券を売付けること
          の指図をすることができます。なお、当該売付けの決済については、株券の引渡しまたは買戻
          しにより行うことの指図をすることができるものとします。
       b 上記aの信用取引の指図は、次に掲げる有価証券の発行会社の発行する株券について行うこと
          ができるものとし、かつ次に掲げる株券数の合計数を超えないものとします。
          イ.投資信託財産に属する株券および新株引受権証書の権利行使により取得する株券
          ロ.株式分割により取得する株券
          ハ.有償増資により取得する株券
          ニ.売出しにより取得する株券
          ホ.投資信託財産に属する転換社債の転換請求および新株予約権付社債のうち会社法第236条第
            1項第3号の財産が当該新株予約権付社債についての社債であって当該社債と当該新株予約
            権がそれぞれ単独で存在し得ないことをあらかじめ明確にしているもの(会社法施行前の
            旧商法第341条ノ3第1項第7号および第8号の定めがある新株予約権付社債を含め「転換社債
            型新株予約権付社債」といいます。)の新株予約権の行使により取得可能な株券
          ヘ.投資信託財産に属する新株引受権証券および新株引受権付社債券の新株引受権の行使、ま
            たは、投資信託財産に属する新株予約権証券および新株予約権付社債券の新株予約権(上
            記ホ.を除きます。)の行使により取得可能な株券
       ■ 先物取引等の指図および目的

       a 委託会社は、投資信託財産に属する資産の効率的な運用に資するため、ならびに価格変動リス
          クを回避するため、わが国の取引所における有価証券先物取引、有価証券指数等先物取引およ
          び有価証券オプション取引ならびに外国の取引所等におけるこれらの取引と類似の取引を行う
          ことの指図をすることができます。なお、選択権取引は、オプション取引に含めて取り扱うも
          のとします。(以下同じ。)
       b 委託会社は、投資信託財産に属する資産の効率的な運用に資するため、ならびに為替変動リス
          クを回避するため、わが国の取引所における通貨にかかる先物取引および外国の取引所等にお
          ける通貨にかかる先物取引ならびにオプション取引を行うことの指図をすることができます。
       c 委託会社は、投資信託財産に属する資産の効率的な運用に資するため、ならびに価格変動リス
          クを回避するため、わが国の取引所における金利にかかる先物取引およびオプション取引なら
          びに外国の取引所等におけるこれらの取引と類似の取引を行うことの指図をすることができま
          す。
       ■ スワップ取引の指図、目的および指図範囲

       a 委託会社は、投資信託財産に属する資産の効率的な運用に資するため、および価格変動リスク
          を回避するため、ならびに為替変動リスクを回避するため、異なった通貨、異なった受取り金
          利、または異なった受取り金利とその元本を一定の条件のもとに交換する取引(以下、「ス
          ワップ取引」といいます。)を行うことの指図をすることができます。
       b スワップ取引の指図にあたっては、当該取引の契約期間が、原則として信託期間を超えないも
          のとします。ただし、当該取引が当該信託期間内で全部解約が可能なものについてはこの限り
          ではありません。
       c スワップ取引の指図にあたっては、当該投資信託財産にかかるスワップ取引の想定元本の総額
          (マザーファンドの投資信託財産にかかるスワップ取引の想定元本の総額のうち投資信託財産
          に属するとみなした額を含みます。以下、同じ。)が、投資信託財産の純資産総額を超えない
          ものとします。なお、投資信託財産の一部解約等の事由により、投資信託財産の純資産総額が
          減少して、スワップ取引の想定元本の総額が投資信託財産の純資産総額を超えることとなった
          場合には、委託会社は、すみやかに、その超える額に相当するスワップ取引の一部の解約を指
          図するものとします。
       d 上記cにおいて、マザーファンドの投資信託財産にかかるスワップ取引の想定元本の総額のう
          ち投資信託財産に属するとみなした額とは、マザーファンドの投資信託財産にかかるスワップ
                                 20/108


                                                          EDINET提出書類
                                               岡三アセットマネジメント株式会社(E12441)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
          取引の想定元本の総額に、マザーファンドの投資信託財産の純資産総額に占める投資信託財産
          に属するマザーファンドの受益証券の時価総額の割合を乗じて得た額をいいます。
       e スワップ取引の評価は、当該取引契約の相手方が市場実勢金利等をもとに算出した価額で評価
          するものとします。
       f 委託会社は、スワップ取引を行うにあたり担保の提供あるいは受入れが必要と認めたときは、
          担保の提供あるいは受入れの指図を行うものとします。
       ■ 金利先渡取引および為替先渡取引の指図、目的および指図範囲

       a 委託会社は、投資信託財産に属する資産の効率的な運用に資するため、および価格変動リスク
          を回避するため、ならびに為替変動リスクを回避するため、金利先渡取引および為替先渡取引
          を行うことの指図をすることができます。
       b 金利先渡取引および為替先渡取引の指図にあたっては、当該取引の決済日が、原則として信託
          期間を超えないものとします。ただし、当該取引が当該信託期間内で全部解約が可能なものに
          ついてはこの限りではありません。
       c 金利先渡取引の指図にあたっては、当該投資信託財産にかかる金利先渡取引の想定元本の総額
          (マザーファンドの投資信託財産にかかる金利先渡取引の想定元本の総額のうち投資信託財産
          に属するとみなした額を含みます。以下、同じ。)が、保有金利商品の時価総額(マザーファ
          ンドの投資信託財産に属する金利商品の時価総額のうち投資信託財産に属するとみなした額を
          含みます。以下、同じ。)を超えないものとします。なお、投資信託財産の一部解約等の事由
          により、保有金利商品の時価総額が減少して、金利先渡取引の想定元本の総額が保有金利商品
          の時価総額を超えることとなった場合には、委託会社は、すみやかに、その超える額に相当す
          る金利先渡取引の一部の解約を指図するものとします。
       d 上記cにおいて、マザーファンドの投資信託財産にかかる金利先渡取引の想定元本の総額のう
          ち投資信託財産に属するとみなした額とは、マザーファンドの投資信託財産にかかる金利先渡
          取引の想定元本の総額に、マザーファンドの投資信託財産の純資産総額に占める投資信託財産
          に属するマザーファンドの受益証券の時価総額の割合を乗じて得た額をいいます。また、マ
          ザーファンドの投資信託財産に属する金利商品の時価総額のうち投資信託財産に属するとみな
          した額とは、投資信託財産に属するマザーファンドの受益証券の時価総額に、マザーファンド
          の投資信託財産の純資産総額に占める金利商品の時価総額の割合を乗じて得た額をいいます。
       e 為替先渡取引の指図にあたっては、当該投資信託財産にかかる為替先渡取引の想定元本の総額
          が、保有外貨建資産(外国通貨表示の有価証券(以下、「外貨建有価証券」といいます。)、
          預金、その他の資産をいいます。以下同じ。)の時価総額を超えないものとします。なお、投
          資信託財産の一部解約等の事由により、保有外貨建資産の時価総額が減少して、為替先渡取引
          の想定元本の総額が保有外貨建資産の時価総額を超えることとなった場合には、委託会社は、
          すみやかに、その超える額に相当する為替先渡取引の一部の解約を指図するものとします。
       f 金利先渡取引および為替先渡取引の評価は、当該取引契約の相手方が市場実勢金利等をもとに
          算出した価額で評価するものとします。
       g 委託会社は、金利先渡取引および為替先渡取引を行うにあたり担保の提供あるいは受入れが必
          要と認めたときは、担保の提供あるいは受入れの指図を行うものとします。
      ■ デリバティブ取引等に係る投資制限

           デリバティブ取引等については、一般社団法人投資信託協会規則の定めるところに従い、合
         理的な方法により算出した額が投資信託財産の純資産総額を超えないものとします。
      ■ 特別の場合の外貨建有価証券への投資制限

           外貨建有価証券への投資については、わが国の国際収支上の理由等により特に必要と認めら
         れる場合には、制約されることがあります。
      ■ 外国為替予約取引の指図、目的および指図範囲

       a 委託会社は、投資信託財産の効率的な運用に資するため、および為替変動リスクを回避するた
          め、外国為替の売買の予約取引の指図をすることができます。
                                 21/108


                                                          EDINET提出書類
                                               岡三アセットマネジメント株式会社(E12441)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
       b 上記aの予約取引の指図は、投資信託財産にかかる為替の買予約の合計額と売予約の合計額と
          の差額につき円換算した額が、投資信託財産の純資産総額を超えないものとします。ただし、
          投 資信託財産に属する外貨建資産の為替変動リスクを回避するためにする当該予約取引の指図
          については、この限りではありません。
       c 上記bの限度額を超えることとなった場合には、委託会社は、所定の期間内に、その超える額
          に相当する為替予約の一部を解消するための外国為替の売買の予約取引の指図をするものとし
          ます。
     <円投資型>

       ■ マザーファンドの受益証券への投資割合には制限を設けません。
       ■ 株式(新株引受権証券および新株予約権証券を含みます。)への実質投資割合には制限を設けま
         せん。
       ■   投資信託証券(マザーファンドの受益証券および上場投資信託証券等を除きます。)への実質投
         資割合は、投資信託財産の純資産総額の5%以下とします。
       ■ 外貨建資産への投資は行いません。
       ■ 一般社団法人投資信託協会規則に定める一の者に対する株式等エクスポージャー、債券等エクス
         ポージャーおよびデリバティブ等エクスポージャーの投資信託財産の純資産総額に対する比率
         は、原則として、それぞれ10%、合計で20%以内とすることとし、当該比率を超えることとなっ
         た場合には、一般社団法人投資信託協会規則に従い当該比率以内となるよう調整を行うこととし
         ます。
       ■ 投資する株式等の範囲

       a 委託会社が投資することを指図する株式、新株引受権証券および新株予約権証券は、取引所に
          上場されている株式の発行会社の発行するものとします。ただし、株主割当または社債権者割
          当により取得する株式、新株引受権証券および新株予約権証券については、この限りではあり
          ません。
       b 上記aの規定にかかわらず、上場予定の株式、新株引受権証券および新株予約権証券で目論見
          書等において上場されることが確認できるものについては、委託会社が投資することを指図す
          ることができるものとします。
       ■ 信用取引の指図、目的および指図範囲

       a 委託会社は、投資信託財産の効率的な運用に資するため、信用取引により株券を売付けること
          の指図をすることができます。なお、当該売付けの決済については、株券の引渡しまたは買戻
          しにより行うことの指図をすることができるものとします。
       b 上記aの信用取引の指図は、次に掲げる有価証券の発行会社の発行する株券について行うこと
          ができるものとし、かつ次に掲げる株券数の合計数を超えないものとします。
          イ.投資信託財産に属する株券および新株引受権証書の権利行使により取得する株券
          ロ.株式分割により取得する株券
          ハ.有償増資により取得する株券
          ニ.売出しにより取得する株券
          ホ.投資信託財産に属する転換社債の転換請求および新株予約権付社債のうち会社法第236条第
            1項第3号の財産が当該新株予約権付社債についての社債であって当該社債と当該新株予約
            権がそれぞれ単独で存在し得ないことをあらかじめ明確にしているもの(会社法施行前の
            旧商法第341条ノ3第1項第7号および第8号の定めがある新株予約権付社債を含め「転換社債
            型新株予約権付社債」といいます。)の新株予約権の行使により取得可能な株券
          ヘ.投資信託財産に属する新株引受権証券および新株引受権付社債券の新株引受権の行使、ま
            たは、投資信託財産に属する新株予約権証券および新株予約権付社債券の新株予約権(上
            記ホ.を除きます。)の行使により取得可能な株券
       ■ 先物取引等の指図および目的

       a 委託会社は、投資信託財産に属する資産の効率的な運用に資するため、ならびに価格変動リス
                                 22/108


                                                          EDINET提出書類
                                               岡三アセットマネジメント株式会社(E12441)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
          クを回避するため、わが国の取引所における有価証券先物取引、有価証券指数等先物取引およ
          び有価証券オプション取引ならびに外国の取引所等におけるこれらの取引と類似の取引を行う
          こ との指図をすることができます。なお、選択権取引は、オプション取引に含めて取り扱うも
          のとします。(以下同じ。)
       b 委託会社は、投資信託財産に属する資産の効率的な運用に資するため、ならびに価格変動リス
          クを回避するため、わが国の取引所における金利にかかる先物取引およびオプション取引なら
          びに外国の取引所等におけるこれらの取引と類似の取引を行うことの指図をすることができま
          す。
       ■ スワップ取引の指図、目的および指図範囲

       a 委託会社は、投資信託財産に属する資産の効率的な運用に資するため、ならびに価格変動リス
          クを回避するため、異なった受取り金利、または異なった受取り金利とその元本を一定の条件
          のもとに交換する取引(以下、「スワップ取引」といいます。)を行うことの指図をすること
          ができます。
       b スワップ取引の指図にあたっては、当該取引の契約期間が、原則として信託期間を超えないも
          のとします。ただし、当該取引が当該信託期間内で全部解約が可能なものについてはこの限り
          ではありません。
       c スワップ取引の指図にあたっては、当該投資信託財産にかかるスワップ取引の想定元本の総額
          (マザーファンドの投資信託財産にかかるスワップ取引の想定元本の総額のうち投資信託財産
          に属するとみなした額を含みます。以下、同じ。)が、投資信託財産の純資産総額を超えない
          ものとします。なお、投資信託財産の一部解約等の事由により、投資信託財産の純資産総額が
          減少して、スワップ取引の想定元本の総額が投資信託財産の純資産総額を超えることとなった
          場合には、委託会社は、すみやかに、その超える額に相当するスワップ取引の一部の解約を指
          図するものとします。
       d 上記cにおいて、マザーファンドの投資信託財産にかかるスワップ取引の想定元本の総額のう
          ち投資信託財産に属するとみなした額とは、マザーファンドの投資信託財産にかかるスワップ
          取引の想定元本の総額に、マザーファンドの投資信託財産の純資産総額に占める投資信託財産
          に属するマザーファンドの受益証券の時価総額の割合を乗じて得た額をいいます。
       e スワップ取引の評価は、当該取引契約の相手方が市場実勢金利等をもとに算出した価額で評価
          するものとします。
       f 委託会社は、スワップ取引を行うにあたり担保の提供あるいは受入れが必要と認めたときは、
          担保の提供あるいは受入れの指図を行うものとします。
       ■ 金利先渡取引の指図、目的および指図範囲

       a 委託会社は、投資信託財産に属する資産の効率的な運用に資するため、ならびに価格変動リス
          クを回避するため、金利先渡取引を行うことの指図をすることができます。
       b 金利先渡取引の指図にあたっては、当該取引の決済日が、原則として信託期間を超えないもの
          とします。ただし、当該取引が当該信託期間内で全部解約が可能なものについてはこの限りで
          はありません。
       c 金利先渡取引の指図にあたっては、当該投資信託財産にかかる金利先渡取引の想定元本の総額
          (マザーファンドの投資信託財産にかかる金利先渡取引の想定元本の総額のうち投資信託財産
          に属するとみなした額を含みます。以下、同じ。)が、保有金利商品の時価総額(マザーファ
          ンドの投資信託財産に属する金利商品の時価総額のうち投資信託財産に属するとみなした額を
          含みます。以下、同じ。)を超えないものとします。なお、投資信託財産の一部解約等の事由
          により、保有金利商品の時価総額が減少して、金利先渡取引の想定元本の総額が保有金利商品
          の時価総額を超えることとなった場合には、委託者は、すみやかに、その超える額に相当する
          金利先渡取引の一部の解約を指図するものとします。
       d 前項において、マザーファンドの投資信託財産にかかる金利先渡取引の想定元本の総額のうち
          投資信託財産に属するとみなした額とは、マザーファンドの投資信託財産にかかる金利先渡取
          引の想定元本の総額に、マザーファンドの投資信託財産の純資産総額に占める投資信託財産に
          属するマザーファンドの受益証券の時価総額の割合を乗じて得た額をいいます。また、マザー
                                 23/108


                                                          EDINET提出書類
                                               岡三アセットマネジメント株式会社(E12441)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
          ファンドの投資信託財産に属する金利商品の時価総額のうち投資信託財産に属するとみなした
          額とは、投資信託財産に属するマザーファンドの受益証券の時価総額に、マザーファンドの投
          資 信託財産の純資産総額に占める金利商品の時価総額の割合を乗じて得た額をいいます。
       e 金利先渡取引の評価は、当該取引契約の相手方が市場実勢金利等をもとに算出した価額で評価
          するものとします。
       f 委託会社は、金利先渡取引を行うにあたり担保の提供あるいは受入れが必要と認めたときは、
          担保の提供あるいは受入れの指図を行うものとします。
      ■ デリバティブ取引等に係る投資制限

           デリバティブ取引等については、一般社団法人投資信託協会規則の定めるところに従い、合
         理的な方法により算出した額が投資信託財産の純資産総額を超えないものとします。
       <各ファンド共通>

       ■ 有価証券の貸付の指図、目的および指図範囲

       a 委託会社は、投資信託財産の効率的な運用に資するため、投資信託財産に属する株式および公
          社債を次の範囲内で貸付の指図をすることができます。
          イ.株式の貸付は、貸付時点において、貸付株式の時価合計額が、投資信託財産で保有する株
            式の時価合計額を超えないものとします。
          ロ.公社債の貸付は、貸付時点において、貸付公社債の額面金額の合計額が、投資信託財産で
            保有する公社債の額面金額の合計額を超えないものとします。
       b 上記aに定める限度額を超えることとなった場合には、委託会社は、すみやかに、その超える
          額に相当する契約の一部の解約を指図するものとします。
       c 委託会社は、有価証券の貸付にあたって必要と認めたときは、担保の受入れの指図を行うもの
          とします。
       ■ 資金の借入れ

       a 委託会社は、投資信託財産の効率的な運用ならびに運用の安定性をはかるため、一部解約に伴
          う支払資金の手当て(一部解約に伴う支払資金の手当てのために借入れた資金の返済を含みま
          す。)を目的として、または再投資にかかる収益分配金の支払資金の手当てを目的として、資
          金借入(コール市場を通じる場合を含みます。)の指図をすることができます。なお、当該借
          入金をもって有価証券等の運用は行わないものとします。
       b 一部解約に伴う支払資金の手当てにかかる借入期間は、受益者への解約代金支払開始日から投
          資信託財産で保有する有価証券等の売却代金の受渡日までの間または受益者への解約代金支払
          開始日から投資信託財産で保有する有価証券等の解約代金入金日までの間もしくは受益者への
          解約代金支払開始日から投資信託財産で保有する有価証券等の償還金の入金日までの期間が5営
          業日以内である場合の当該期間とし、資金借入額は当該有価証券等の売却代金、有価証券等の
          解約代金および有価証券等の償還金の合計額を限度とします。
       c 収益分配金の再投資にかかる借入期間は、投資信託財産から収益分配金が支弁される日からそ
          の翌営業日までとし、資金借入額は、収益分配金の再投資額を限度とします。
       d 借入金の利息は、投資信託財産中より支弁します。
       <関係法令に基づく投資制限>

        a 委託会社は、投資信託財産に関し、金利、通貨の価格、金融商品市場における相場その他の指
          標に係る変動その他の理由により発生し得る危険に対応する額としてあらかじめ委託会社が定
          めた合理的な方法により算出した額が当該投資信託財産の純資産額を超えることとなる場合に
          おいて、デリバティブ取引(新株予約権証券、新投資口予約権証券またはオプションを表示す
          る証券もしくは証書に係る取引および選択権付債券売買を含みます。)を行い、または継続す
          ることを受託会社に指図しないものとします。
        b 委託会社は、投資信託財産に関し、信用リスク(保有する有価証券その他の資産について取引
                                 24/108


                                                          EDINET提出書類
                                               岡三アセットマネジメント株式会社(E12441)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
          の相手方の債務不履行その他の理由により発生し得る危険をいいます。)を適正に管理する方
          法としてあらかじめ委託会社が定めた合理的な方法に反することとなる取引を行うことを受託
          会 社に指図しないものとします。
        c 委託会社は、同一の法人の発行する株式について、委託会社が運用の指図を行う全ての委託者
          指図型投資信託につき投資信託財産として有する当該株式に係る議決権の総数が、当該株式に
          係る議決権の総数に100分の50を乗じて得た数を超えることとなる場合において、当該株式を
          投資信託財産をもって取得することを受託会社に指図することはできません。
    3【投資リスク】

       投資者の皆さまの投資元本は保証されているものではなく、基準価額の下落により、損失を被

       り、投資元本を割り込むことがあります。
       投資信託は預貯金と異なります。投資信託財産に生じた利益及び損失は、すべて投資者の皆さ
       まに帰属します。
       ファンドは、国内の株式等値動きのある有価証券等に投資しますので、組入れた有価証券等の
       価格の下落等の影響により、基準価額が下落し、損失を被ることがあります。また、「米ドル
       投資型」は、為替相場の変動により損失を被ることがあります。
    <投資リスク>

      ■ 株価変動リスク

          株式の価格は、株式の発行会社の業績や財務状況、株式市場の需給、政治・経済状況等の影響
         により変動します。
          投資した株式の価格の上昇は、ファンドの基準価額の上昇要因となり、投資した株式の価格の
         下落は、ファンドの基準価額の下落要因となります。
          投資した株式の価格の下落の影響で、ファンドの基準価額が下落し、損失を被る可能性があり
         ます。
       ■ 為替変動リスク

        <米ドル投資型>
          円建て資産について、原則として円売り米ドル買いの外国為替予約取引等を行うため、米ドル
         の対円での為替変動の影響を大きく受けます。米ドルに対する円高は、ファンドの基準価額の下
         落要因となり、米ドルに対する円安は、ファンドの基準価額の上昇要因となります。
          米ドルの金利が円の金利より低い場合には、これらの金利差相当分がコストとなります。
        <円投資型>
          円建て資産について、外国為替予約取引等を行わないため、為替変動リスクはありません。
      ■ 信用リスク

          有価証券等の発行体の破綻や財務状況の悪化、および有価証券等の発行体の財務状況に関す
         る外部評価の変化等の影響により、投資した有価証券等の価格が大きく下落することや、投資
         資金が回収不能となる場合があります。このような場合には、ファンドの基準価額が下落し、
         損失を被る可能性があります。
       ※ 基準価額の変動要因は上記のリスクに限定されるものではありません。

    <留意事項>

       ・ ファンドのお取引に関しては、金融商品取引法第37条の6の規定(いわゆるクーリングオフ)の

          適用はありません。
       ・ 投資信託は預金商品や保険商品ではなく、預金保険、保険契約者保護機構の保護の対象ではあり

                                 25/108


                                                          EDINET提出書類
                                               岡三アセットマネジメント株式会社(E12441)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
          ません。また、登録金融機関が取り扱う投資信託は、                            投資者保護基金の対象とはなりません。
       ・ 分配金は、預貯金の利息とは異なり、ファンドの純資産から支払われますので、分配金が支払

         われると、その金額相当分、基準価額は下がります。分配金は、計算期間中に発生した収益を
         超えて支払われる場合があるため、分配金の水準は、必ずしも計算期間におけるファンドの収
         益率を示すものではありません。また、投資者の購入価額によっては、分配金の一部または全
         部が、実質的には元本の一部払戻しに相当する場合があります。ファンド購入後の運用状況に
         より、分配金額より基準価額の値上がりが小さかった場合も同様です。
       ・ ファンドは、ファミリーファンド方式で運用を行います。ファンドが投資対象とするマザー

         ファンドを他のベビーファンドが投資対象としている場合に、当該他のベビーファンドにおい
         て追加設定および一部解約等がなされた場合には、その結果として、マザーファンドにおいて
         も売買等が生じ、ファンドの基準価額が影響を受けることがあります。
    <投資リスクに対する管理体制>

        ・ 運用委員会において、運用に関する内規の制定および改廃のほか、運用ガイドライン等

           運用のリスク管理に関する事項を決定します。
        ・ リスク管理部は、投資信託財産の運用の指図につき法令、投資信託協会諸規則、社内規

           程及び投資信託約款等(以下、「法令諸規則等」という。)に定める運用の指図に関す
           る事項の遵守状況を確認します。
           リスク管理部は、原則として日々、次に掲げる方法による検証を行います。

           ① 運用の指図に関する帳票の確認
           ② 検証システムにより抽出される運用の実施状況に関するデータの確認
           ③ その他検証を行うために必要な行為
           発注前の検証は、運用実施に関する内規に基づき、発注内容が法令諸規則等に照らして

           適当であるかどうか伝票又はオーダー・マネジメント・システムのコンプライアンス
           チェック機能を利用して確認を行います。発注後の検証は、運用指図結果の適法性又は
           適正性について確認を行います。
        ・ 運用分析会議におけるファンドの運用パフォーマンスの分析・検証・評価や、売買分析

           会議におけるファンドの組入有価証券の評価損率や格付状況、有価証券売買状況や組入
           状況の報告等により、全社的に投資リスクを把握し管理を行います。
                                 26/108







                                                          EDINET提出書類
                                               岡三アセットマネジメント株式会社(E12441)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
                                 27/108





















                                                          EDINET提出書類
                                               岡三アセットマネジメント株式会社(E12441)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
    4【手数料等及び税金】










    (1)【申込手数料】

          申込金額(取得申込日の基準価額に申込口数を乗じて得た額)に、販売会社が独自に定める
         手数料率を乗じて得た額
          手数料率の上限は、3.3%(税抜3.0%)です。手数料率は変更となる場合があります。詳細
         につきましては、販売会社にご確認下さい。
         ◆ 申込手数料は、ファンドの商品説明および販売事務手続き等の対価として販売会社に支払

            われます。
         ◆ 「分配金再投資コース」の取得申込者が、収益分配金の再投資によりファンドを買付ける場

            合には、無手数料とします。詳細につきましては、販売会社又は委託会社にお問い合わせ下
            さい。
          お問合わせ先(照会先)

          岡三アセットマネジメント株式会社 フリーダイヤル 0120-048-214
                               (受付時間:営業日の午前9時~午後5時)
                               ホームページ https://www.okasan-am.jp
    (2)【換金(解約)手数料】

          ありません。
                                 28/108


                                                          EDINET提出書類
                                               岡三アセットマネジメント株式会社(E12441)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
    (3)【信託報酬等】

       ■ 信託報酬の総額及びその配分
           信託報酬の総額は、計算期間を通じて毎日、ファンドの純資産総額に年率1.694%(税抜
          1.54%)を乗じて得た額とします。信託報酬は日々計上され、ファンドの基準価額に反映され
          ます。
           信託報酬は、「委託会社」、「販売会社」及び「受託会社」の間で次のように配分します。

                                          委託した資金の運用の対価です。
              委託会社          年率0.825%(税抜0.75%)
                                          運用報告書等各種書類の送付、口座

              販売会社          年率0.825%(税抜0.75%)                  内でのファンドの管理、購入後の情
                                          報提供等の対価です。
                                          運用財産の管理、委託会社からの指
              受託会社          年率0.044%(税抜0.04%)
                                          図の実行の対価です。
       ■ 信託報酬の支払い時期

          毎計算期間の最初の6ヵ月終了日および毎計算期末または信託終了のとき、投資信託財産中か
         ら支弁します。
    (4)【その他の手数料等】

       ■ ファンドの組入有価証券の売買委託手数料、先物・オプション取引等の売買委託手数料は、受

          益者の負担とし、投資信託財産中から支弁します。なお、マザーファンドの当該売買委託手数
          料につきましては、間接的に受益者の負担となります。
       ■ ファンドの財務諸表の監査費用は、計算期間を通じて毎日、投資信託財産の純資産総額に年率

          0.011%(税抜0.01%)を乗じて得た額とし、日々計上され、ファンドの基準価額に反映されま
          す。毎計算期間の最初の6ヵ月終了日および毎計算期末または信託終了のとき投資信託財産中
          から支弁します。
       ■ ファンドの解約に伴う支払資金の手当て又は再投資にかかる収益分配金の支払資金の手当てを

          目的とした借入金の利息は、受益者の負担とし、投資信託財産中から支弁します。
       ■ ファンドの投資信託財産に関する租税、信託事務の処理に要する諸費用、受託会社の立替えた

          立替金の利息は、受益者の負担とし、投資信託財産中から支弁します。なお、マザーファンド
          の当該費用につきましては、間接的に受益者の負担となります。
       ※ 上記の他、投資信託約款の規定に基づく運用指図等により生じた費用をご負担いただく場合が

          あります。その他の手数料等につきましては、財務諸表の監査費用を除き、運用状況等により
          変動するものであり、事前に金額もしくはその上限額またはこれらの計算方法を示すことはで
          きません。
    (5)【課税上の取扱い】

          ファンドは、課税上、株式投資信託として取り扱われます。

          公募株式投資信託は税法上、少額投資非課税制度、未成年者少額投資非課税制度の適用対象
         です。
                                 29/108


                                                          EDINET提出書類
                                               岡三アセットマネジメント株式会社(E12441)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
       ■ 個人受益者に対する課税

         ◆収益分配金に対する課税

            収益分配金のうち課税扱いとなる普通分配金は、配当所得として、以下の税率による源泉
          徴収が行われます。確定申告は不要ですが、確定申告による総合課税または申告分離課税のい
          ずれかを選択することもできます。
         ◆償還金および解約金に対する課税

            償還価額および解約価額から取得費(申込手数料および申込手数料に係る消費税等相当額
          を含みます。)を控除した利益は、譲渡所得となり、以下の税率による申告分離課税が適用さ
          れます。ただし、特定口座(源泉徴収選択口座)をご利用の場合には、原則として確定申告は
          不要です。
          ※償還時および解約時の差損(譲渡損失)については、確定申告等により、上場株式等の譲渡
           益と相殺することができ、申告分離課税を選択した上場株式等の配当所得との損益通算も可
           能です。
           償還時および解約時の差益(譲渡益)については、他の上場株式等の譲渡損と相殺すること
           ができ、損益通算が可能となります。
           また、特定公社債等(公募公社債投資信託を含みます。)の利子所得および譲渡所得等との
           損益通算も可能です。
          2037年12月31日までは、復興特別所得税(所得税額×2.1%相当額)がかかります。

                    期間                            税率
         2014年1月1日以降         2037年12月31日まで                20.315%(所得税15%、復興特別所得税0.315%、地方税5%)
         2038年1月1日以降                           20%(所得税15%、地方税5%)
       ■ 法人受益者に対する課税

            収益分配金のうち課税扱いとなる普通分配金ならびに償還時及び解約時の個別元本超過額

          については、以下の税率による源泉徴収が行われます。なお、地方税の源泉徴収はありませ
          ん。
          2037年12月31日までは、復興特別所得税(所得税額×2.1%相当額)がかかります。

                    期間                            税率
         2014年1月1日以降         2037年12月31日まで                15.315%(所得税15%、復興特別所得税0.315%)
         2038年1月1日以降                           15%(所得税15%)
         ※  普通分配金、元本払戻金(特別分配金)とは

            収益分配金には、課税扱いとなる「普通分配金」と、非課税扱いとなる「元本払戻金(特

           別分配金)」があります。
            基準価額(分配落)が受益者の個別元本と同額の場合または上回っている場合には、分配
           金の全額が普通分配金となります。
            基準価額(分配落)が受益者の個別元本を下回っている場合には、その下回る部分の額が
           元本払戻金(特別分配金)となり、分配金から元本払戻金(特別分配金)を控除した額が普
           通分配金となります。元本払戻金(特別分配金)は、元本の一部払戻しに相当し、非課税扱
           いとなります。
         ※  個別元本とは

                                 30/108


                                                          EDINET提出書類
                                               岡三アセットマネジメント株式会社(E12441)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
            個別元本とは、原則として、受益者毎の信託時の受益権の価額(申込手数料および申込手

           数料に係る消費税等相当額は含まれません。)をいい、追加信託のつど当該口数により加重
           平均されます。
            ただし、複数の販売会社でファンドを買付けた場合は、販売会社ごとに個別元本の算出が

           行われます。
            また、同一販売会社であっても、複数口座でファンドを買付けた場合には口座ごとに、
           「分配金受取りコース」と「分配金再投資コース」を併用する場合にはコースごとに、個別
           元本の算出が行われることがあります。
            受益者が、元本払戻金(特別分配金)を受け取った場合、個別元本は、分配金発生時の個

           別元本から元本払戻金(特別分配金)を控除した額となります。
         ※  少額投資非課税制度「愛称:NISA(ニーサ)」、未成年者少額投資非課税制度「愛称:

           ジュニアNISA(ジュニアニーサ)」をご利用の場合
            毎年、一定額の範囲で新たに購入した公募株式投資信託などから生じる配当所得及び譲渡

           所得が一定期間非課税となります。ご利用になれるのは、販売会社で非課税口座を開設する
           など、一定の条件に該当する方が対象となります。詳しくは、販売会社にお問い合わせくだ
           さい。
       ■ その他

         ・ <米ドル投資型>

           配当控除の適用はありません。
           <円投資型>

           原則として、配当控除の適用が可能です。
         ・ 買取請求による換金の場合の課税上の取扱い及び損益通算等につきましては、取得申込みを

           取り扱った販売会社にお問い合わせ下さい。
         ・ 外国税額控除の適用となった場合には、分配時の税金が上記と異なる場合があります。

       ※ 上記の内容は2020年10月末日現在の税法に基づくものであり、税法が改正された場合には変更

          になることがあります。課税上の取扱いの詳細につきましては、税務専門家等にご確認される
          ことをお勧めします。
    5【運用状況】

       2020年10月30日現在の運用状況は、以下の通りです。
       投資比率は、ファンドの純資産総額に対する当該資産の時価の比率をいいます。また、小数点以下第3位

      を四捨五入しており、合計と合わない場合があります。
    (1)【投資状況】

    日本の未来図(米ドル投資型)

                                 31/108


                                                          EDINET提出書類
                                               岡三アセットマネジメント株式会社(E12441)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
             資産の種類                 国/地域          時価合計(円)            投資比率(%)

    親投資信託受益証券                       日本                  915,465,808            98.02
    コール・ローン等、その他の資産(負債控除後)                       ―                   18,476,701            1.98
    合計(純資産総額)                                         933,942,509            100.00
    日本の未来図(円投資型)

             資産の種類                 国/地域          時価合計(円)            投資比率(%)

    親投資信託受益証券                       日本                  498,626,575            99.03
    コール・ローン等、その他の資産(負債控除後)                       ―                   4,889,236            0.97
    合計(純資産総額)                                         503,515,811            100.00
    (参考)日本未来戦略マザーファンド

             資産の種類                 国/地域          時価合計(円)            投資比率(%)

    株式                       日本                 1,342,790,780              94.96
    コール・ローン等、その他の資産(負債控除後)                       ―                   71,328,638            5.04
    合計(純資産総額)                                        1,414,119,418             100.00
    (2)【投資資産】

    ①【投資有価証券の主要銘柄】

    日本の未来図(米ドル投資型)

                                  帳簿価額      帳簿価額       評価額      評価額     投資

       国/
    順位       種類        銘柄名          数量      単価      金額      単価      金額     比率
       地域
                                  (円)      (円)      (円)      (円)     (%)
     1 日本    親投資信託    日本未来戦略マザーファンド              609,132,882        1.5256     929,293,125        1.5029     915,465,808     98.02
          受益証券
    (種類別投資比率)

                  種類                     投資比率(%)

    親投資信託受益証券                                            98.02
    合計                                            98.02
    日本の未来図(円投資型)

                                 32/108



                                                          EDINET提出書類
                                               岡三アセットマネジメント株式会社(E12441)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
                                  帳簿価額      帳簿価額       評価額      評価額     投資
       国/
    順位       種類        銘柄名          数量      単価      金額      単価      金額     比率
       地域
                                  (円)      (円)      (円)      (円)     (%)
     1 日本    親投資信託    日本未来戦略マザーファンド              331,776,283        1.5256     506,157,898        1.5029     498,626,575     99.03
          受益証券
    (種類別投資比率)

                  種類                     投資比率(%)

    親投資信託受益証券                                            99.03
    合計                                            99.03
    (参考)日本未来戦略マザーファンド

                                  帳簿価額      帳簿価額       評価額      評価額     投資

       国/
    順位       種類      銘柄名      業種     数量      単価      金額      単価      金額    比率
       地域
                                  (円)      (円)      (円)      (円)    (%)
     1 日本    株式     ショーボンドホール        建設業       11,300      5,160.00      58,308,000       5,020.00      56,726,000     4.01
              ディングス
     2 日本    株式     日本M&Aセンター        サービス        8,300     6,100.00      50,630,000       6,110.00      50,713,000     3.59
                       業
     3 日本    株式     村田製作所        電気機器        6,500     6,840.00      44,460,000       7,267.00      47,235,500     3.34
     4 日本    株式     ソフトバンクグループ        情報・通        6,500     6,961.42      45,249,238       6,793.00      44,154,500     3.12
                       信業
     5 日本    株式     テルモ        精密機器       11,000      4,110.00      45,210,000       3,837.00      42,207,000     2.98
     6 日本    株式     トヨタ自動車        輸送用機        6,200     6,958.00      43,139,600       6,803.00      42,178,600     2.98
                       器
     7 日本    株式     日立製作所        電気機器       11,800      3,619.53      42,710,556       3,502.00      41,323,600     2.92
     8 日本    株式     クボタ        機械       21,900      1,919.00      42,026,100       1,810.50      39,649,950     2.80
     9 日本    株式     キーエンス        電気機器         800    49,160.00      39,328,000       47,250.00      37,800,000     2.67
     10 日本    株式     ウエストホールディン        建設業       10,400      2,864.00      29,785,600       3,565.00      37,076,000     2.62
              グス
     11 日本    株式     ダイフク        機械        3,400     10,550.00      35,870,000       10,730.00      36,482,000     2.58
     12 日本    株式     日本電子        電気機器       11,000      3,575.00      39,325,000       3,310.00      36,410,000     2.57
     13 日本    株式     キッコーマン        食料品        7,000     5,620.00      39,340,000       5,180.00      36,260,000     2.56
     14 日本    株式     野村総合研究所        情報・通       11,600      3,075.00      35,670,000       3,095.00      35,902,000     2.54
                       信業
     15 日本    株式     M&Aキャピタルパー        サービス        7,600     4,895.00      37,202,000       4,700.00      35,720,000     2.53
              トナーズ        業
     16 日本    株式     五洋建設        建設業       52,300      677.00     35,407,100        661.00     34,570,300     2.44
     17 日本    株式     島津製作所        精密機器       10,700      3,210.00      34,347,000       2,971.00      31,789,700     2.25
     18 日本    株式     日本電産        電気機器        2,900     10,055.00      29,159,500       10,500.00      30,450,000     2.15
     19 日本    株式     Zホールディングス        情報・通       41,300      717.00     29,612,100        725.10     29,946,630     2.12
                       信業
     20 日本    株式     岩谷産業        卸売業        6,300     4,092.56      25,783,160       4,730.00      29,799,000     2.11
     21 日本    株式     サカタのタネ        水産・農        8,000     3,785.00      30,280,000       3,680.00      29,440,000     2.08
                       林業
     22 日本    株式     浜松ホトニクス        電気機器        5,600     5,290.00      29,624,000       5,240.00      29,344,000     2.08
     23 日本    株式     リコー        電気機器       42,700      694.15     29,640,625        682.00     29,121,400     2.06
     24 日本    株式     ニトリホールディング        小売業        1,300     21,580.00      28,054,000       21,550.00      28,015,000     1.98
              ス
     25 日本    株式     ペプチドリーム        医薬品        5,000     4,830.00      24,150,000       4,825.00      24,125,000     1.71
     26 日本    株式     エムスリー        サービス        3,400     6,450.00      21,930,000       7,027.00      23,891,800     1.69
                       業
                                 33/108


                                                          EDINET提出書類
                                               岡三アセットマネジメント株式会社(E12441)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
     27 日本    株式     アドバンテスト        電気機器        3,900     6,064.86      23,652,963       6,030.00      23,517,000     1.66
     28 日本    株式     朝日インテック        精密機器        7,200     3,365.00      24,228,000       3,235.00      23,292,000     1.65
     29 日本    株式     パン・パシフィック・        小売業       10,400      2,406.00      25,022,400       2,222.00      23,108,800     1.63
              インターナショナルホ
     30 日本    株式     デジタルガレージ        情報・通        6,200     3,725.00      23,095,000       3,705.00      22,971,000     1.62
                       信業
    (種類別及び業種別投資比率)

                                             投資比率

        種類       国内/外国                業種
                                              (%)
    株式          国内      水産・農林業                             2.08
                    建設業                             9.08
                    食料品                             2.56
                    化学                             4.57
                    医薬品                             1.71
                    ガラス・土石製品                             1.46
                    機械                             6.37
                    電気機器                            23.44
                    輸送用機器                             2.98
                    精密機器                             6.88
                    陸運業                             2.38
                    海運業                             1.01
                    情報・通信業                            10.30
                    卸売業                             3.65
                    小売業                             5.16
                    不動産業                             1.06
                    サービス業                            10.28
    合計                                            94.96
    ②【投資不動産物件】

    日本の未来図(米ドル投資型)

    該当事項はありません。
    日本の未来図(円投資型)

    該当事項はありません。
    (参考)日本未来戦略マザーファンド

    該当事項はありません。
    ③【その他投資資産の主要なもの】

    日本の未来図(米ドル投資型)

                                 34/108


                                                          EDINET提出書類
                                               岡三アセットマネジメント株式会社(E12441)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
                            買建/                            投資比率
       種類            通貨                数量     帳簿価額(円)        評価額(円)
                             売建                            (%)
    為替予約取引                 アメリカドル       買建     8,700,000.00        918,763,124        909,759,000        97.41
    日本の未来図(円投資型)

    該当事項はありません。

    (参考)日本未来戦略マザーファンド

    該当事項はありません。

    (3)【運用実績】

    ①【純資産の推移】

    日本の未来図(米ドル投資型)

                                                基準価額(円)

                               純資産総額(円)
                                                 (1口当たり)
                           (分配落)         (分配付)         (分配落)         (分配付)
    第1期計算期間末           (2015年10月      6日)       4,136,966,286         4,136,966,286            1.0966         1.0966
    第2期計算期間末           (2016年10月      6日)       2,985,788,523         2,985,788,523            0.8744         0.8744
    第3期計算期間末           (2017年10月      6日)       2,490,221,268         2,490,221,268            1.2065         1.2065
    第4期計算期間末           (2018年10月      9日)       1,911,618,461         1,911,618,461            1.3349         1.3349
    第5期計算期間末           (2019年10月      7日)       1,310,359,566         1,310,359,566            1.1945         1.1945
    第6期計算期間末           (2020年10月      6日)        975,048,611         975,048,611           1.3739         1.3739
                  2019年10月末日         1,355,009,732              ―       1.2743           ―
                     11月末日         1,341,645,648              ―       1.3107           ―
                     12月末日         1,300,578,775              ―       1.3581           ―
                  2020年    1月末日      1,175,928,722              ―       1.3177           ―
                      2月末日      1,033,569,218              ―       1.1819           ―
                      3月末日      1,001,410,421              ―       1.1492           ―
                      4月末日      1,031,727,469              ―       1.1886           ―
                      5月末日      1,052,977,005              ―       1.2916           ―
                      6月末日      1,009,616,073              ―       1.3130           ―
                      7月末日       940,793,287             ―       1.2602           ―
                      8月末日       950,826,053             ―       1.3202           ―
                      9月末日       976,191,226             ―       1.3681           ―
                     10月末日          933,942,509             ―       1.3397           ―
                                 35/108


                                                          EDINET提出書類
                                               岡三アセットマネジメント株式会社(E12441)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
    日本の未来図(円投資型)

                                                基準価額(円)

                               純資産総額(円)
                                                 (1口当たり)
                           (分配落)         (分配付)         (分配落)         (分配付)
    第1期計算期間末           (2015年10月      6日)       2,209,228,706         2,209,228,706            1.0093         1.0093
    第2期計算期間末           (2016年10月      6日)       1,871,828,079         1,871,828,079            0.9357         0.9357
    第3期計算期間末           (2017年10月      6日)       1,402,291,075         1,402,291,075            1.1847         1.1847
    第4期計算期間末           (2018年10月      9日)       1,043,425,746         1,043,425,746            1.2885         1.2885
    第5期計算期間末           (2019年10月      7日)        676,385,394         676,385,394           1.1901         1.1901
    第6期計算期間末           (2020年10月      6日)        519,819,707         519,819,707           1.3696         1.3696
                  2019年10月末日          649,413,986             ―       1.2454           ―
                     11月末日          650,790,174             ―       1.2713           ―
                     12月末日          635,971,614             ―       1.3149           ―
                  2020年    1月末日       595,718,755             ―       1.2786           ―
                      2月末日       492,013,584             ―       1.1404           ―
                      3月末日       474,135,056             ―       1.1159           ―
                      4月末日       497,199,059             ―       1.1716           ―
                      5月末日       527,872,699             ―       1.2665           ―
                      6月末日       516,848,850             ―       1.2840           ―
                      7月末日       502,318,917             ―       1.2679           ―
                      8月末日       513,444,919             ―       1.3203           ―
                      9月末日       518,250,186             ―       1.3622           ―
                     10月末日          503,515,811             ―       1.3481           ―
    ②【分配の推移】

    日本の未来図(米ドル投資型)

                                                   分配金

                             期間
                                                 (1口当たり)
    第1期計算期間            2014年10月31日~2015年10月              6日                          0.0000円
    第2期計算期間            2015年10月      7日~2016年10月        6日                          0.0000円
    第3期計算期間            2016年10月      7日~2017年10月        6日                          0.0000円
    第4期計算期間            2017年10月      7日~2018年10月        9日                          0.0000円
    第5期計算期間            2018年10月10日~2019年10月              7日                          0.0000円
    第6期計算期間            2019年10月      8日~2020年10月        6日                          0.0000円
    日本の未来図(円投資型)

                                 36/108


                                                          EDINET提出書類
                                               岡三アセットマネジメント株式会社(E12441)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
                                                   分配金
                             期間
                                                 (1口当たり)
    第1期計算期間            2014年10月31日~2015年10月              6日                          0.0000円
    第2期計算期間            2015年10月      7日~2016年10月        6日                          0.0000円
    第3期計算期間            2016年10月      7日~2017年10月        6日                          0.0000円
    第4期計算期間            2017年10月      7日~2018年10月        9日                          0.0000円
    第5期計算期間            2018年10月10日~2019年10月              7日                          0.0000円
    第6期計算期間            2019年10月      8日~2020年10月        6日                          0.0000円
    ③【収益率の推移】

    日本の未来図(米ドル投資型)

                             期間                    収益率(%)

    第1期計算期間            2014年10月31日~2015年10月              6日                             9.7
    第2期計算期間            2015年10月      7日~2016年10月        6日                           △20.3
    第3期計算期間            2016年10月      7日~2017年10月        6日                            38.0
    第4期計算期間            2017年10月      7日~2018年10月        9日                            10.6
    第5期計算期間            2018年10月10日~2019年10月              7日                           △10.5
    第6期計算期間            2019年10月      8日~2020年10月        6日                            15.0
    (注)収益率は期間騰落率です。小数点以下第2位を四捨五入しております。

    日本の未来図(円投資型)

                             期間                    収益率(%)

    第1期計算期間            2014年10月31日~2015年10月              6日                             0.9
    第2期計算期間            2015年10月      7日~2016年10月        6日                            △7.3
    第3期計算期間            2016年10月      7日~2017年10月        6日                            26.6
    第4期計算期間            2017年10月      7日~2018年10月        9日                             8.8
    第5期計算期間            2018年10月10日~2019年10月              7日                            △7.6
    第6期計算期間            2019年10月      8日~2020年10月        6日                            15.1
    (注)収益率は期間騰落率です。小数点以下第2位を四捨五入しております。

    (4)【設定及び解約の実績】

    日本の未来図(米ドル投資型)

             期間                設定数量(口)                   解約数量(口)

    第1期計算期間                               4,231,873,911                    459,498,458
    第2期計算期間                                214,763,328                   572,543,452
                                 37/108


                                                          EDINET提出書類
                                               岡三アセットマネジメント株式会社(E12441)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
    第3期計算期間                                49,413,096                 1,400,038,090
    第4期計算期間                                156,636,001                   788,623,065
    第5期計算期間                                92,549,969                  427,556,760
    第6期計算期間                                10,872,318                  398,152,358
    日本の未来図(円投資型)

             期間                設定数量(口)                   解約数量(口)

    第1期計算期間                               2,448,870,161                    260,083,993
    第2期計算期間                                 7,863,431                  196,087,204
    第3期計算期間                                 2,444,541                  819,342,532
    第4期計算期間                                 1,521,437                  375,387,576
    第5期計算期間                                   1,389                241,468,012
    第6期計算期間                                  339,500                 189,127,288
    ≪参考情報≫

                                 38/108













                                                          EDINET提出書類
                                               岡三アセットマネジメント株式会社(E12441)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
                                 39/108





















                                                          EDINET提出書類
                                               岡三アセットマネジメント株式会社(E12441)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
    第2【管理及び運営】



















                                 40/108


                                                          EDINET提出書類
                                               岡三アセットマネジメント株式会社(E12441)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
    1【申込(販売)手続等】

       ■ 取得申込受付日

        <米ドル投資型>
          取得申込みは、申込期間における販売会社の営業日(ただし、委託会社の休業日を除きま
         す。)に行うことができます。
          ただし、取引所における取引の停止、外国為替取引の停止、決済機能の停止、その他やむを得
         ない事情があるときは、取得申込みの受付を中止することや、すでに受付けた取得申込みの受付
         を取消すことがあります。
        <円投資型>

          取得申込みは、申込期間における販売会社の営業日(ただし、委託会社の休業日を除きま
         す。)に行うことができます。
          ただし、取引所における取引の停止、決済機能の停止、その他やむを得ない事情があるとき
         は、取得申込みの受付を中止することや、すでに受付けた取得申込みの受付を取消すことがあり
         ます。
       ■ 取得申込受付時間

          原則として、午後3時までとし、販売会社所定の事務手続きが完了した場合に、当日の受付と
         して取り扱います。この時間を過ぎての申込みは、翌営業日の取扱いとなります。
       ■ 取得申込手続

        ・ 取得申込者は、販売会社に、取得申込と同時にまたはあらかじめ当該取得申込者が受益権の振
          替を行うための振替機関等の口座を申し出るものとし、当該口座に当該取得申込者に係る口数
          の増加の記載または記録が行われます。なお、販売会社は、当該取得申込の代金の支払いと引
          き換えに、当該口座に当該取得申込者に係る口数の増加の記載または記録を行うことができま
          す。委託会社は、分割された受益権について、振替機関等の振替口座簿への新たな記載または
          記録をするため社債、株式等の振替に関する法律(以下「社振法」といいます。)に定める事
          項の振替機関への通知を行うものとします。振替機関等は、委託会社から振替機関への通知が
          あった場合、社振法の規定にしたがい、その備える振替口座簿への新たな記載または記録を行
          います。受託会社は、追加信託により生じた受益権については追加信託のつど、振替機関の定
          める方法により、振替機関へ当該受益権に係る信託を設定した旨の通知を行います。
        ・ 取得申込方法には、「分配金受取りコース」と「分配金再投資コース」の2つのコースがあり
          ます。ファンドからお支払いする収益分配金のお受取りをご希望される取得申込者は「分配金
          受取りコース」を、収益分配金を自動的に再投資することをご希望される取得申込者は「分配
          金再投資コース」をお申込み下さい。
        ・ 「分配金再投資コース」を選択された取得申込者は、販売会社との間で、ファンドに係る累積
          投資約款(別の名称で同様の権利義務関係を規定するものを含みます。)に基づく収益分配金
          の再投資等に係る契約を結んでいただきます。また、分配金再投資コースで「定時定額購入
          サービス」をご利用の取得申込者は、販売会社との間で定時定額購入サービスに関する取り決
          めを行っていただきます。
        ・ 申込単位は、販売会社が定める単位とします。詳細につきましては、販売会社にご確認くださ
          い。
        ・ 1口当たりの発行価格は、取得申込日の基準価額とします。
          なお、「分配金再投資コース」の取得申込者が、ファンドに係る累積投資契約(別の名称で同
          様の権利義務関係を規定する契約を含みます。)に基づき、収益分配金の再投資によりファン
          ドを買付ける場合は、決算日の基準価額とします。
          基準価額は、毎営業日(委託会社の営業日をいいます。)計算し、販売会社又は委託会社にお
          問い合わせいただければいつでもお知らせします。
                                 41/108


                                                          EDINET提出書類
                                               岡三アセットマネジメント株式会社(E12441)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
        ・ 申込代金は、1口当たりの発行価格に申込口数を乗じて得た申込金額に、申込手数料(消費税
          等相当額を含みます。)を加算した額です。
        ・ 申込代金は、取得申込みを取り扱った販売会社の本・支店等でお支払い下さい。詳細につきま
          しては、販売会社又は委託会社にお問い合わせ下さい。
        ・ 申込代金の払込期日については、販売会社が定める期日までにお支払い下さい。詳細につきま
          しては、販売会社にお問い合わせ下さい。
          お問合わせ先(照会先)

          岡三アセットマネジメント株式会社 フリーダイヤル 0120-048-214
                               (受付時間:営業日の午前9時~午後5時)
                               ホームページ https://www.okasan-am.jp
    2【換金(解約)手続等】

       ■ 換金申込受付日

          受益者は、販売会社の営業日(ただし、委託会社の休業日を除きます。)に、販売会社を通じ
         て、換金の請求をすることができます。
       ■ 換金申込受付時間

          原則として、午後3時までとし、販売会社所定の事務手続きが完了した場合に、当日の受付と
         して取り扱います。この時間を過ぎての申込みは、翌営業日の取扱いとなります。
       ■ 解約請求制による換金手続

        ・ 受益者は、取得申込みを取り扱った販売会社を通じて委託会社に、販売会社の定める単位を
          もって、解約の請求をすることができます。
          解約単位につきましては、販売会社にお問い合わせ下さい。
        ・ 受益者は、その口座が開設されている振替機関等に対して当該受益者の請求に係るこの投資信
          託契約の一部解約を委託会社が行うのと引き換えに、当該一部解約に係る受益権の口数と同口
          数の抹消の申請を行うものとし、社振法の規定にしたがい当該振替機関等の口座において当該
          口数の減少の記載または記録が行われます。
        ・ 解約価額は、解約請求受付日の基準価額とします。解約価額については、取得申込みを取り
          扱った販売会社にお問い合わせ下さい。
        ・ 解約手数料はありません。また、信託財産留保額もありません。
        ・ 解約代金は、解約請求受付日から起算して、原則として、5営業日目から販売会社を通じてお
          支払いします。
       ■ 解約請求の受付の中止及び取消

        <米ドル投資型>
        ・ 取引所における取引の停止、外国為替取引の停止、決済機能の停止、その他やむを得ない事情
          があるときは、解約請求の受付を中止することや、すでに受付けた解約請求の受付を取消すこ
          とがあります。
        <円投資型>
        ・ 取引所における取引の停止、決済機能の停止、その他やむを得ない事情があるときは、解約請
          求の受付を中止することや、すでに受付けた解約請求の受付を取消すことがあります。
        <各ファンド共通>
        ・ 解約請求の受付が中止された場合には、受益者は当該受付の中止以前に行った当日の解約請求
          を撤回できます。ただし、受益者がその解約請求を撤回しない場合には、当該解約価額は、当
          該受付再開後の最初の基準価額の計算日に解約請求を受付けたものとして計算された価額とし
          ます。
       ※ 買取によるご換金については、販売会社にお問い合わせ下さい。

                                 42/108

                                                          EDINET提出書類
                                               岡三アセットマネジメント株式会社(E12441)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
          お問合わせ先(照会先)

          岡三アセットマネジメント株式会社 フリーダイヤル 0120-048-214
                               (受付時間:営業日の午前9時~午後5時)
                               ホームページ https://www.okasan-am.jp
    3【資産管理等の概要】

    (1)【資産の評価】

       ■ 基準価額の計算方法

           基準価額は、投資信託財産に属する資産(受入担保金代用有価証券を除きます。)を法令及
         び一般社団法人投資信託協会規則に従って時価または一部償却原価法により評価して得た投資信
         託財産の資産総額から負債総額を控除した金額(以下、「純資産総額」といいます。)を、計算
         日における受益権総口数で除した金額をいいます。
           なお、基準価額は、便宜上1万口当たりで表示されることがあります。
       ■ マザーファンドの評価

           ファンドが主要投資対象とするマザーファンドは、マザーファンドの基準価額で評価しま
         す。
       ■ 株式の評価

          マザーファンドを通じて投資するわが国の金融商品取引所上場株式は、原則として、取引所に
         おける最終相場で評価します。
       ■ 外貨建資産の円換算、予約為替の評価

           外貨建資産の円換算については、原則として、わが国における計算日の対顧客電信売買相場
         の仲値によって計算します。また、予約為替の評価は、原則として、わが国における計算日の対
         顧客先物売買相場の仲値によるものとします。
       ■ 基準価額に関する照会方法等

          基準価額は、毎営業日(委託会社の営業日をいいます。)計算し、販売会社又は委託会社にお
         問い合わせいただければいつでもお知らせします。
          お問合わせ先(照会先)

          岡三アセットマネジメント株式会社 フリーダイヤル 0120-048-214
                               (受付時間:営業日の午前9時~午後5時)
                               ホームページ https://www.okasan-am.jp
          なお、基準価額は、計算日の翌日付の日本経済新聞に1万口当たりで掲載されます。掲載に関す

         る権利は株式会社日本経済新聞社にあり、掲載されない場合もあります。また、基準価額は、掲
         載後変更される場合がありますので、販売会社又は委託会社で確認して下さい。
    (2)【保管】

          該当事項はありません。
                                 43/108


                                                          EDINET提出書類
                                               岡三アセットマネジメント株式会社(E12441)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
    (3)【信託期間】

          信託期間は、2014年10月31日から2024年10月4日までとします。

          ただし、投資信託契約の解約(繰上償還)の規定により信託を終了させる場合があります。ま
         た、受益者に有利である場合等は、信託期間を延長することがあります。
    (4)【計算期間】

          計算期間は、原則として、毎年10月7日から翌年10月6日までとします。また、各計算期間終了
         日に該当する日(以下「該当日」といいます。)が休業日のとき、各計算期間終了日は該当日の
         翌営業日とし、その翌日より次の計算期間が開始されるものとします。
    (5)【その他】

      ■ 投資信託契約の解約

        a 委託会社は、信託期間中において、この信託を終了させることが受益者のため有利であると
          認めるとき、投資信託契約の一部を解約することにより受益権口数が5億口を下回ったとき、
          またはやむを得ない事情が発生したときは、受託会社と合意のうえ、この投資信託契約を解
          約し、信託を終了させることができます。この場合において、委託会社は、あらかじめ、解
          約しようとする旨を監督官庁に届出ます。
        b 委託会社は、aの事項について、書面による決議(以下「書面決議」といいます。)を行いま
          す。この場合において、あらかじめ、書面決議の日ならびに投資信託契約の解約の理由など
          の事項を定め、当該決議の日の2週間前までに、この投資信託契約にかかる知れている受益者
          に対し、書面をもってこれらの事項を記載した書面決議の通知を発します。
        c bの書面決議において、受益者(委託会社およびこの信託の投資信託財産にこの信託の受益
          権が属するときの当該受益権にかかる受益者としての受託会社を除きます。以下同じ。)は
          受益権の口数に応じて、議決権を有し、これを行使することができます。なお、知れている
          受益者が議決権を行使しないときは、当該知れている受益者は書面決議について賛成するも
          のとみなします。
        d bの書面決議は議決権を行使することができる受益者の議決権の3分の2以上に当たる多数を
          もって行います。
        e bからdまでの規定は、委託会社が投資信託契約の解約について提案をした場合において、
          当該提案につき、この投資信託契約にかかるすべての受益者が書面または電磁的記録により
          同意の意思表示をしたときには適用しません。また、投資信託財産の状態に照らし、真にや
          むを得ない事情が生じている場合であってbからdまでの手続きを行うことが困難な場合に
          は適用しません。
      ■ 投資信託契約に関する監督官庁の命令

        a 委託会社は、監督官庁よりこの投資信託契約の解約の命令を受けたときは、その命令に従
          い、投資信託契約を解約し、信託を終了させます。
        b 委託会社は、監督官庁の命令に基づいてこの投資信託約款を変更しようとするときは、投資
          信託約款の変更等の規定にしたがいます。
      ■ 委託会社の登録取消等に伴う取扱い

        a 委託会社が監督官庁より登録の取消を受けたとき、解散したときまたは業務を廃止したとき
          は、委託会社は、この投資信託契約を解約し、信託を終了させます。
        b aの規定にかかわらず、監督官庁がこの投資信託契約に関する委託会社の業務を他の投資信
          託委託会社に引継ぐことを命じたときは、この信託は、投資信託約款の変更等の書面決議で
                                 44/108


                                                          EDINET提出書類
                                               岡三アセットマネジメント株式会社(E12441)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
          否決された場合を除き、当該他の投資信託委託会社と受託会社の間において存続します。
      ■ 委託会社の事業の譲渡および承継に伴う取扱い

        a 委託会社は、事業の全部または一部を譲渡することがあり、これに伴い、この投資信託契約
          に関する事業を譲渡することがあります。
        b 委託会社は、分割により事業の全部または一部を承継させることがあり、これに伴い、この
          投資信託契約に関する事業を承継させることがあります。
      ■ 受託会社の辞任および解任に伴う取扱い

        a 受託会社は、委託会社の承諾を受けてその任務を辞任することができます。受託会社がその
          任務に違反して投資信託財産に著しい損害を与えたことその他重要な事由があるときは、委
          託会社または受益者は、裁判所に受託会社の解任を申立てることができます。受託会社が辞
          任した場合、または裁判所が受託会社を解任した場合、委託会社は、投資信託約款の変更等
          の規定にしたがい、新受託会社を選任します。なお、受益者は、上記によって行う場合を除
          き、受託会社を解任することはできないものとします。
        b 委託会社が新受託会社を選任できないときは、委託会社はこの投資信託契約を解約し、信託
          を終了させます。
      ■ 投資信託約款の変更等

        a 委託会社は、受益者の利益のため必要と認めるときまたはやむを得ない事情が発生したとき
          は、受託会社と合意のうえ、この投資信託約款を変更することまたはこの信託と他の信託と
          の併合(投資信託及び投資法人に関する法律第16条第2号に規定する「委託者指図型投資信託
          の併合」をいいます。以下同じ。)を行うことができるものとし、あらかじめ、変更または
          併合しようとする旨およびその内容を監督官庁に届出ます。なお、この投資信託約款は、こ
          の投資信託約款の変更等に定める以外の方法によって変更することができないものとしま
          す。
        b 委託会社は、aの事項(投資信託約款の変更事項にあっては、その内容が重大なものに該当す
          る場合に限り、併合にあっては、その併合が受益者の利益に及ぼす影響が軽微なものに該当
          する場合を除き、以下、合わせて「重大な約款の変更等」といいます。)について、書面決
          議を行います。この場合において、あらかじめ、書面決議の日ならびに重大な約款の変更等
          の内容およびその理由などの事項を定め、当該決議の日の2週間前までに、この投資信託約款
          にかかる知れている受益者に対し、書面をもってこれらの事項を記載した書面決議の通知を
          発します。
        c bの書面決議において、受益者(委託会社およびこの信託の投資信託財産にこの信託の受益
          権が属するときの当該受益権にかかる受益者としての受託会社を除きます。以下同じ。)は
          受益権の口数に応じて、議決権を有し、これを行使することができます。なお、知れている
          受益者が議決権を行使しないときは、当該知れている受益者は書面決議について賛成するも
          のとみなします。
        d bの書面決議は議決権を行使することができる受益者の議決権の3分の2以上に当たる多数を
          もって行います。
        e 書面決議の効力は、この信託のすべての受益者に対してその効力を生じます。
        f bからeまでの規定は、委託会社が重大な約款の変更等について提案をした場合において、
          当該提案につき、この投資信託約款にかかるすべての受益者が書面または電磁的記録により
          同意の意思表示をしたときには適用しません。
        g aからfまでの規定にかかわらず、この投資信託において併合の書面決議が可決された場合
          にあっても、当該併合にかかる一または複数の他の投資信託において当該併合の書面決議が
          否決された場合は、当該他の投資信託との併合を行うことはできません。
       ■ 反対受益者の受益権買取請求の不適用

          ファンドは、受益者が一部解約の実行の請求を行ったときは、委託会社が投資信託契約の一部
         の解約をすることにより当該請求に応じ、当該受益権の公正な価格が当該受益者に一部解約金と
                                 45/108


                                                          EDINET提出書類
                                               岡三アセットマネジメント株式会社(E12441)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
         して支払われることとなる委託者指図型投資信託に該当するため、投資信託契約の解約(繰上償
         還)または重大な約款の変更等を行う場合において、投資信託及び投資法人に関する法律第18条
         第 1項に定める反対受益者による受益権の買取請求の規定の適用を受けません。
       ■ 他の受益者の氏名等の開示の請求の制限

          受益者は、委託会社または受託会社に対し、「他の受益者の氏名または名称および住所」、
         「他の受益者が有する受益権の内容」の開示の請求を行うことはできません。
       ■ 運用報告書の交付

          委託会社は、毎計算期間終了後および償還時に、期中の運用経過等を記載した交付運用報告書
         を作成し、知れている受益者に、販売会社を通じて交付します。
          運用報告書(全体版)は、委託会社のホームページに掲載します。ただし、受益者から運用報
         告書(全体版)の請求があった場合には、これを交付します。
          https://www.okasan-am.jp
       ■ 公告

          委託会社が受益者に対してする公告は、電子公告の方法により行い、次のアドレスに掲載しま
         す。
          https://www.okasan-am.jp
          なお、電子公告による公告をすることができない事故その他やむを得ない事由が生じた場合の
         公告は、日本経済新聞に掲載します。
      ■ 信託事務の再信託

          受託会社は、ファンドに係る信託事務の処理の一部について株式会社日本カストディ銀行と再
         信託契約を締結し、これを委託することができます。
          この場合、株式会社日本カストディ銀行は、再信託契約に基づいて所定の事務を行います。
      ■ 関係法人との契約の更改等に関する手続等

       ◆ 販売会社との契約更改

           委託会社は、販売会社との間の「投資信託受益権の取扱い等に関する契約(別の名称で同様
          の権利義務関係を規定する契約を含みます。)」に基づき、受益権の募集の取扱い等を販売会
          社に委託しています。
           この契約の有効期間は、契約締結日から1年で、期間満了の3ヵ月前までに委託会社又は販売
          会社から別段の申し出が無いときは自動的に1年間更新され、その後も同様とします。
       ◆ 変更内容の開示

           販売会社との契約または投資信託約款を変更した場合において、委託会社が変更内容につい
          て速やかに開示する必要があると認めるときは、有価証券届出書の訂正届出書を関東財務局長
          に提出することにより、変更内容を開示します。
    4【受益者の権利等】

      ■ ファンドの受益権

           受益権は、その取得申込口数に応じて、取得申込者に帰属します。
           受益権は、信託の日時を異にすることにより差異を生ずることはありません。
      ■ 収益分配金に対する請求権

            受益者は、ファンドに係る収益分配金を持分に応じて請求する権利を有します。
                                 46/108


                                                          EDINET提出書類
                                               岡三アセットマネジメント株式会社(E12441)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
            収益分配金は、計算期間終了日から起算して、原則として、5営業日までに販売会社を通じ
           て受益者に支払いを開始します。前記にかかわらず、分配金再投資コースのあるファンドで
           当 該コースを申込んだ受益者に対しては、原則として、毎計算期間終了日の翌営業日に、収
           益分配金が販売会社に交付されます。販売会社は、受益者に対し、計算期間終了日の基準価
           額をもって収益分配金の再投資に係る受益権の売付を行います。
            受益者が、収益分配金について支払い開始日から5年間その支払いを請求しないときは、そ
           の権利を失い、受託会社から交付を受けた金銭は、委託会社に帰属します。
         ◆ 収益分配金は、決算日において振替機関等の振替口座簿に記載または記録されている受益者

           (当該収益分配金に係る決算日以前において一部解約が行われた受益権に係る受益者を除き
           ます。また、当該収益分配金に係る決算日以前に設定された受益権で取得申込代金支払前の
           ため販売会社の名義で記載または記録されている受益権については原則として取得申込者と
           します。)にお支払いします。また、分配金再投資コースの場合、再投資により増加した受
           益権は、振替口座簿に記載または記録されます。
      ■ 償還金に対する請求権

            受益者は、ファンドに係る償還金を持分に応じて請求する権利を有します。
            償還金は、償還日(償還日が休業日の場合は翌営業日)から起算して、原則として、5営業
           日までに販売会社を通じて受益者に支払いを開始します。
            受益者が、償還金について支払開始日から10年間その支払いを請求しないときは、その権
           利を失い、受託会社から交付を受けた金銭は、委託会社に帰属します。
         ◆ 償還金は、償還日において振替機関等の振替口座簿に記載または記録されている受益者(償

           還日以前において一部解約が行われた受益権に係る受益者を除きます。また、当該償還日以
           前に設定された受益権で取得申込代金支払前のため販売会社の名義で記載または記録されて
           いる受益権については原則として取得申込者とします。)にお支払いします。
      ■ 換金に係る権利

           受益者は、委託会社に対して、解約請求を行う権利を有します。
      ■ 書類の閲覧権

           受益者は、委託会社に対して、当該受益者に係る投資信託財産に関する書類の閲覧又は謄写
           を請求することができます。
                                 47/108








                                                          EDINET提出書類
                                               岡三アセットマネジメント株式会社(E12441)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
    第3【ファンドの経理状況】

    1.当ファンドの財務諸表は、「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和38年大蔵省令

      第59号)並びに同規則第2条の2の規定により、「投資信託財産の計算に関する規則」(平成12年総理府
      令第133号)に基づいて作成しております。
      なお、財務諸表に記載している金額は、円単位で表示しております。
    2.当ファンドは、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第6期計算期間(2019年10月                                                    8日から

      2020年10月       6日まで)の財務諸表について、東陽監査法人により監査を受けております。
    1【財務諸表】

                                 48/108
















                                                          EDINET提出書類
                                               岡三アセットマネジメント株式会社(E12441)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
    【日本の未来図(米ドル投資型)】

    (1)【貸借対照表】

                                                      (単位:円)
                                    第5期               第6期
                                (2019年10月      7日現在)         (2020年10月      6日現在)
     資産の部
       流動資産
                                         629,600              1,486,490
        金銭信託
                                        30,097,868               21,168,370
        コール・ローン
                                      1,293,938,753                961,504,281
        親投資信託受益証券
                                          91,554               596,253
        派生商品評価勘定
                                        19,901,458
                                                           -
        未収入金
                                      1,344,659,233                984,755,394
        流動資産合計
                                      1,344,659,233                984,755,394
       資産合計
     負債の部
       流動負債
                                        16,914,842
        派生商品評価勘定                                                   -
                                        5,935,446               1,235,013
        未払解約金
                                         295,467               218,623
        未払受託者報酬
                                        11,079,933                8,198,431
        未払委託者報酬
                                            19               13
        未払利息
                                          73,960               54,703
        その他未払費用
                                        34,299,667                9,706,783
        流動負債合計
                                        34,299,667                9,706,783
       負債合計
     純資産の部
       元本等
                                     *1 1,096,976,480               *1 709,696,440
        元本
        剰余金
                                       213,383,086               265,352,171
          期末剰余金又は期末欠損金(△)
                                       269,623,531               205,921,432
          (分配準備積立金)
                                      1,310,359,566                975,048,611
        元本等合計
                                     *2 1,310,359,566               *2 975,048,611
       純資産合計
                                      1,344,659,233                984,755,394
     負債純資産合計
                                 49/108









                                                          EDINET提出書類
                                               岡三アセットマネジメント株式会社(E12441)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
    (2)【損益及び剰余金計算書】

                                                      (単位:円)
                                    第5期               第6期
                                 自 2018年10月10日               自 2019年10月        8日
                                 至 2019年10月        7日       至 2020年10月        6日
     営業収益
                                            57               163
       受取利息
                                                      183,040,556
       有価証券売買等損益                                △ 122,332,727
                                                       7,458,343
                                       △ 39,833,490
       為替差損益
                                                      190,499,062
                                      △ 162,166,160
       営業収益合計
     営業費用
                                          30,472               12,722
       支払利息
                                         644,351               487,112
       受託者報酬
                                        24,163,261               18,266,734
       委託者報酬
                                         172,834               129,199
       その他費用
                                        25,010,918               18,895,767
       営業費用合計
                                                      171,603,295
                                      △ 187,177,078
     営業利益又は営業損失(△)
                                                      171,603,295
                                      △ 187,177,078
     経常利益又は経常損失(△)
                                                      171,603,295
                                      △ 187,177,078
     当期純利益又は当期純損失(△)
     一部解約に伴う当期純利益金額の分配額又は一部解
                                                       45,519,108
                                       △ 42,362,446
     約に伴う当期純損失金額の分配額(△)
                                       479,635,190               213,383,086
     期首剰余金又は期首欠損金(△)
                                        19,883,582                3,768,913
     剰余金増加額又は欠損金減少額
       当期追加信託に伴う剰余金増加額又は欠損金減少
                                        19,883,582                3,768,913
       額
                                       141,321,054                77,884,015
     剰余金減少額又は欠損金増加額
       当期一部解約に伴う剰余金減少額又は欠損金増加
                                       141,321,054                77,884,015
       額
                                           *1 -              *1 -
     分配金
                                       213,383,086               265,352,171
     期末剰余金又は期末欠損金(△)
                                 50/108











                                                          EDINET提出書類
                                               岡三アセットマネジメント株式会社(E12441)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
    (3)【注記表】

    (重要な会計方針に係る事項に関する注記)
                                        第6期

                   期 別
                                     自  2019年10月      8日
    項 目
                                     至  2020年10月      6日
    1.有価証券の評価基準及び評価方法                  親投資信託受益証券
                      移動平均法に基づき、原則として時価で評価しております。時価評価に当たって
                      は、親投資信託受益証券の基準価額に基づいて評価しております。
    2.デリバティブの評価基準及び評価方                  外国為替予約取引

      法
                      個別法に基づき、原則として、計算日の対顧客先物売買相場の仲値により計算して
                      おります。
    3.収益及び費用の計上基準                  有価証券売買等損益

                      約定日基準で計上しております。
                      為替差損益

                      約定日基準で計上しております。
    4.その他財務諸表作成のための基本と                  計算期間の取扱い

      なる重要な事項
                      当ファンドの計算期間は、前期末が休日のため、2019年10月                            8日から2020年10月         6
                      日までとなっております。
    (貸借対照表に関する注記)


                 第5期                            第6期

             (2019年10月       7日現在)                     (2020年10月       6日現在)
    *1.   当該計算期間の末日における受益権の総数                         *1.   当該計算期間の末日における受益権の総数
                         1,096,976,480口                             709,696,440口
    *2.   当該計算期間の末日における1単位当たりの純資産の額                         *2.   当該計算期間の末日における1単位当たりの純資産の額

        1口当たりの純資産額                     1.1945円        1口当たりの純資産額                     1.3739円
        (10,000口当たりの純資産額                    11,945円)        (10,000口当たりの純資産額                    13,739円)
    (損益及び剰余金計算書に関する注記)

                                 51/108



                                                          EDINET提出書類
                                               岡三アセットマネジメント株式会社(E12441)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
                 第5期                            第6期
              自  2018年10月10日                           自  2019年10月      8日
              至  2019年10月      7日                     至  2020年10月      6日
     *1.  分配金の計算過程                           *1.  分配金の計算過程
       費用控除後の配当等収          A              0円    費用控除後の配当等収          A         9,305,382円
       益額                            益額
       費用控除後・繰越欠損          B              0円    費用控除後・繰越欠損          B         24,144,380円
       金補填後の有価証券売                            金補填後の有価証券売
       買等損益額                            買等損益額
       収益調整金額           C          37,933,622円         収益調整金額           C          59,430,739円
       分配準備積立金額          D        269,623,531円         分配準備積立金額          D        172,471,670円
       当ファンドの分配対象          E=A+B+C+D        307,557,153円         当ファンドの分配対象          E=A+B+C+D        265,352,171円
       収益額                            収益額
       当ファンドの期末残存          F       1,096,976,480口          当ファンドの期末残存          F        709,696,440口
       口数                            口数
       10,000口当たり収益分          G=E/F*10,000           2,803円      10,000口当たり収益分          G=E/F*10,000           3,738円
       配対象額                            配対象額
       10,000口当たり分配金          H              0円    10,000口当たり分配金          H              0円
       額                            額
       収益分配金金額          I=F*H/10,000              0円    収益分配金金額          I=F*H/10,000              0円
    (金融商品に関する注記)

    1.金融商品の状況に関する事項
                               第5期                   第6期

                   期 別
                            自  2018年10月10日                  自  2019年10月      8日
    項 目
                            至  2019年10月      7日            至  2020年10月      6日
    1.金融商品に対する取組方針                  当ファンドは証券投資信託であり、信託                   同左
                      約款に規定する「運用の基本方針」に従
                      い、有価証券等の金融商品を投資対象と
                      して運用することを目的としておりま
                      す。
                                 52/108







                                                          EDINET提出書類
                                               岡三アセットマネジメント株式会社(E12441)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
                               第5期                   第6期
                   期 別
                            自  2018年10月10日                  自  2019年10月      8日
    項 目
                            至  2019年10月      7日            至  2020年10月      6日
    2.金融商品の内容及び当該金融商品に                  当ファンドが運用する主な有価証券は、                   同左
      係るリスク                売買目的の有価証券であります。保有す
                      る有価証券の詳細は、「(4)附属明細
                      表」に記載しております。当該有価証券
                      を保有した際の主要なリスクは、価格変
                      動リスク、為替変動リスク等の市場リス
                      ク、信用リスク、カントリーリスク及び
                      流動性リスク等です。その他、保有する
                      コール・ローン等の金銭債権及び金銭債
                      務につきましては、信用リスク等を有し
                      ております。
                      なお、当ファンドでは、デリバティブ取
                      引として、為替変動リスクを回避し、安
                      定的な利益の確保を図ることを目的とし
                      た為替予約取引を利用しております。為
                      替予約取引の主要なリスクは、為替相場
                      の変動による価格変動リスクです。
    3.金融商品に係るリスク管理体制                  当ファンドの委託会社の運用委員会にお                   同左

                      いて、運用に関する内規の制定及び改
                      廃、運用ガイドライン等運用のリスク管
                      理に関する事項の決定を行うほか、リス
                      ク管理部及びコンプライアンス部におい
                      て、「運用の指図に関する検証規程」に
                      基づき、投資信託財産の運用の指図につ
                      いて、法令、投資信託協会諸規則、社内
                      規程及び投資信託約款に定める運用の指
                      図に関する事項の遵守状況を確認してお
                      ります。また、運用分析会議における
                      ファンドの運用パフォーマンスの分析・
                      検証・評価や、売買分析会議における
                      ファンドの組入有価証券の評価損率や格
                      付状況、有価証券売買状況や組入状況の
                      報告等により、全社的に投資リスクを把
                      握し管理を行っております。
                      なお、デリバティブ取引の管理について
                      は、取引権限及び取引限度額等を定めた
                      社内規定を制定しており、デリバティブ
                      取引のうち店頭デリバティブ取引の執行
                      については、運用部長の承認を得て行っ
                      ております。
    2.金融商品の時価等に関する事項


                                 53/108



                                                          EDINET提出書類
                                               岡三アセットマネジメント株式会社(E12441)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
                   期 別
                               第5期                   第6期
                          (2019年10月       7日現在)            (2020年10月       6日現在)
    項 目
    1.  貸借対照表額、時価及び差額                 貸借対照表上の金融商品は原則として全                   同左
                      て時価で評価しているため、貸借対照表
                      計上額と時価との差額はありません。
    2.  時価の算定方法                 時価の算定方法は、「重要な会計方針に                   同左

                      係る事項に関する注記」に記載しており
                      ます。この他、コール・ローン等は短期
                      間で決済され、時価は帳簿価格と近似し
                      ていることから、当該帳簿価格を時価と
                      しております。
    3.  金融商品の時価等に関する事項につ                 デリバティブ取引の時価に関する契約額                   同左

      いての補足説明                等については、あくまでもデリバティブ
                      取引における名目的な契約額、又は計算
                      上の想定元本であり、当該金額自体がデ
                      リバティブ取引のリスクの大きさを示す
                      ものではありません。
    (関連当事者との取引に関する注記)


                 第5期                            第6期

              自  2018年10月10日                           自  2019年10月      8日
              至  2019年10月      7日                     至  2020年10月      6日
    該当事項はありません。                            同左
    (重要な後発事象に関する注記)

                               第6期

                            自  2019年10月      8日
                            至  2020年10月      6日
    該当事項はありません。
    (その他の注記)

    1.元本の移動
                 第5期                            第6期

             (2019年10月       7日現在)                     (2020年10月       6日現在)
    投資信託財産に係る元本の状況                            投資信託財産に係る元本の状況
    期首元本額                    1,431,983,271円        期首元本額                    1,096,976,480円
    期中追加設定元本額                      92,549,969円      期中追加設定元本額                      10,872,318円
                                 54/108


                                                          EDINET提出書類
                                               岡三アセットマネジメント株式会社(E12441)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
                 第5期                            第6期
             (2019年10月       7日現在)                     (2020年10月       6日現在)
    期中一部解約元本額                     427,556,760円       期中一部解約元本額                     398,152,358円
    2.有価証券関係

    売買目的有価証券の当計算期間の損益に含まれた評価差額
    第5期(自     2018年10月10日         至  2019年10月      7日)

                                                      (単位:円)

             種 類                     当計算期間の損益に含まれた評価差額

          親投資信託受益証券                                            △82,543,169
              合計                                         △82,543,169
    第6期(自     2019年10月      8日  至  2020年10月      6日)

                                                      (単位:円)

             種 類                     当計算期間の損益に含まれた評価差額

          親投資信託受益証券                                             145,586,974
              合計                                         145,586,974
    3.デリバティブ取引関係

     取引の時価等に関する事項
    第5期(2019年10月          7日現在)

                                                      (単位:円)

       区分        種 類          契約額等                    時 価         評価損益

                                  うち1年超
     市場取引以外       為替予約取引
      の取引
            買建
              アメリカドル            1,274,467,288               -    1,257,644,000          △16,823,288
            合計             1,274,467,288               -    1,257,644,000          △16,823,288
    第6期(2020年10月          6日現在)

                                                      (単位:円)

       区分        種 類          契約額等                    時 価         評価損益

                                  うち1年超
     市場取引以外       為替予約取引
      の取引
             買建
                                 55/108


                                                          EDINET提出書類
                                               岡三アセットマネジメント株式会社(E12441)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
              アメリカドル             918,123,747              -     918,720,000            596,253
            合計              918,123,747              -     918,720,000            596,253
    (注)時価の算定方法

      ・為替予約取引
       1.計算期間末日に対顧客先物相場の仲値が発表されている外貨については以下のように評価しております。
        (1)計算期間末日において為替予約の受渡日の対顧客先物相場が発表されている場合は、当該為替予約は当該仲値で
         評価しております。
        (2)計算期間末日において当該日の対顧客先物相場の仲値が発表されていない場合は、以下の方法によっておりま
         す。
         ①計算期間末日に当該日を超える対顧客先物相場が発表されている場合には、発表されている対顧客先物相場の
          うち当該日に最も近い前後二つの先物相場の仲値をもとに計算したレートを用いております。
         ②計算期間末日に当該日を超える対顧客先物相場が発表されていない場合には、当該日に最も近い発表されてい
          る対顧客先物相場の仲値を用いております。
       2.計算期間末日に対顧客先物相場の仲値が発表されていない外貨については、計算期間末日の対顧客相場の仲値で評
        価しております。
    (4)【附属明細表】

    1.有価証券明細表

     ①株式
      該当事項はありません。

     ②株式以外の有価証券

       種類        通貨             銘柄            券面総額           評価額       備考

    親投資信託受益        日本円         日本未来戦略マザーファンド                     630,246,645           961,504,281
    証券
            計
                     銘柄数:1                     630,246,645           961,504,281
                     組入時価比率:98.6%                                  100.0%
            合計                                         961,504,281
    (注)1.比率は左より組入時価の純資産に対する比率、及び各小計欄の各合計金額に対する比率であります。

      2.親投資信託受益証券の券面総額欄には、口数を表示しております。
    2.デリバティブ取引及び為替予約取引の契約額等、時価の状況表

    「(その他の注記)3.デリバティブ取引関係」に表示しております。

                                 56/108





                                                          EDINET提出書類
                                               岡三アセットマネジメント株式会社(E12441)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
    【日本の未来図(円投資型)】

    (1)【貸借対照表】

                                                      (単位:円)
                                    第5期               第6期
                                (2019年10月      7日現在)         (2020年10月      6日現在)
     資産の部
       流動資産
                                         230,267               578,209
        金銭信託
                                        11,007,850                8,233,994
        コール・ローン
                                       671,120,307               516,566,088
        親投資信託受益証券
                                       682,358,424               525,378,291
        流動資産合計
                                       682,358,424               525,378,291
       資産合計
     負債の部
       流動負債
                                                       1,232,279
        未払解約金                                    -
                                         154,142               111,646
        未払受託者報酬
                                        5,780,360               4,186,769
        未払委託者報酬
                                            7               5
        未払利息
                                          38,521               27,885
        その他未払費用
                                        5,973,030               5,558,584
        流動負債合計
                                        5,973,030               5,558,584
       負債合計
     純資産の部
       元本等
                                      *1 568,331,642              *1 379,543,854
        元本
        剰余金
                                       108,053,752               140,275,853
          期末剰余金又は期末欠損金(△)
                                       152,332,048               132,428,066
          (分配準備積立金)
                                       676,385,394               519,819,707
        元本等合計
                                      *2 676,385,394              *2 519,819,707
       純資産合計
                                       682,358,424               525,378,291
     負債純資産合計
                                 57/108










                                                          EDINET提出書類
                                               岡三アセットマネジメント株式会社(E12441)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
    (2)【損益及び剰余金計算書】

                                                      (単位:円)
                                    第5期               第6期
                                 自 2018年10月10日               自 2019年10月        8日
                                 至 2019年10月        7日       至 2020年10月        6日
     営業収益
                                            33               39
       受取利息
                                                       93,660,935
                                       △ 68,429,364
       有価証券売買等損益
                                                       93,660,974
                                       △ 68,429,331
       営業収益合計
     営業費用
                                          16,030                2,943
       支払利息
                                         342,114               243,245
       受託者報酬
                                        12,829,197                9,121,669
       委託者報酬
                                          85,940               61,019
       その他費用
                                        13,273,281                9,428,876
       営業費用合計
                                                       84,232,098
                                       △ 81,702,612
     営業利益又は営業損失(△)
                                                       84,232,098
                                       △ 81,702,612
     経常利益又は経常損失(△)
                                                       84,232,098
                                       △ 81,702,612
     当期純利益又は当期純損失(△)
     一部解約に伴う当期純利益金額の分配額又は一部解
                                                       16,150,117
                                       △ 25,792,142
     約に伴う当期純損失金額の分配額(△)
                                       233,627,481               108,053,752
     期首剰余金又は期首欠損金(△)
                                           262             106,354
     剰余金増加額又は欠損金減少額
       当期追加信託に伴う剰余金増加額又は欠損金減少
                                           262             106,354
       額
                                        69,663,521               35,966,234
     剰余金減少額又は欠損金増加額
       当期一部解約に伴う剰余金減少額又は欠損金増加
                                        69,663,521               35,966,234
       額
                                           *1 -              *1 -
     分配金
                                       108,053,752               140,275,853
     期末剰余金又は期末欠損金(△)
                                 58/108











                                                          EDINET提出書類
                                               岡三アセットマネジメント株式会社(E12441)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
    (3)【注記表】

    (重要な会計方針に係る事項に関する注記)
                                        第6期

                   期 別
                                     自  2019年10月      8日
    項 目
                                     至  2020年10月      6日
    1.有価証券の評価基準及び評価方法                  親投資信託受益証券
                      移動平均法に基づき、原則として時価で評価しております。時価評価に当たって
                      は、親投資信託受益証券の基準価額に基づいて評価しております。
    2.収益及び費用の計上基準                  有価証券売買等損益

                      約定日基準で計上しております。
    3.その他財務諸表作成のための基本と                  計算期間の取扱い

      なる重要な事項
                      当ファンドの計算期間は、前期末が休日のため、2019年10月                            8日から2020年10月         6
                      日までとなっております。
    (貸借対照表に関する注記)


                 第5期                            第6期

             (2019年10月       7日現在)                     (2020年10月       6日現在)
    *1.   当該計算期間の末日における受益権の総数                         *1.   当該計算期間の末日における受益権の総数
                          568,331,642口                            379,543,854口
    *2.   当該計算期間の末日における1単位当たりの純資産の額                         *2.   当該計算期間の末日における1単位当たりの純資産の額

        1口当たりの純資産額                     1.1901円        1口当たりの純資産額                     1.3696円
        (10,000口当たりの純資産額                    11,901円)        (10,000口当たりの純資産額                    13,696円)
    (損益及び剰余金計算書に関する注記)

                 第5期                            第6期

              自  2018年10月10日                           自  2019年10月      8日
              至  2019年10月      7日                     至  2020年10月      6日
     *1.  分配金の計算過程                           *1.  分配金の計算過程
       費用控除後の配当等収          A              0円    費用控除後の配当等収          A         4,932,533円
       益額                            益額
       費用控除後・繰越欠損          B              0円    費用控除後・繰越欠損          B         25,838,087円
       金補填後の有価証券売                            金補填後の有価証券売
       買等損益額                            買等損益額
       収益調整金額           C           364,348円       収益調整金額           C          7,847,787円
                                 59/108


                                                          EDINET提出書類
                                               岡三アセットマネジメント株式会社(E12441)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
                 第5期                            第6期
              自  2018年10月10日                           自  2019年10月      8日
              至  2019年10月      7日                     至  2020年10月      6日
       分配準備積立金額          D        152,332,048円         分配準備積立金額          D        101,657,446円
       当ファンドの分配対象          E=A+B+C+D        152,696,396円         当ファンドの分配対象          E=A+B+C+D        140,275,853円
       収益額                            収益額
       当ファンドの期末残存          F        568,331,642口         当ファンドの期末残存          F        379,543,854口
       口数                            口数
       10,000口当たり収益分          G=E/F*10,000           2,686円      10,000口当たり収益分          G=E/F*10,000           3,695円
       配対象額                            配対象額
       10,000口当たり分配金          H              0円    10,000口当たり分配金          H              0円
       額                            額
       収益分配金金額          I=F*H/10,000              0円    収益分配金金額          I=F*H/10,000              0円
    (金融商品に関する注記)

    1.金融商品の状況に関する事項
                               第5期                   第6期

                   期 別
                            自  2018年10月10日                  自  2019年10月      8日
    項 目
                            至  2019年10月      7日            至  2020年10月      6日
    1.金融商品に対する取組方針                  当ファンドは証券投資信託であり、信託                   同左
                      約款に規定する「運用の基本方針」に従
                      い、有価証券等の金融商品を投資対象と
                      して運用することを目的としておりま
                      す。
    2.金融商品の内容及び当該金融商品に                  当ファンドが運用する主な有価証券は、                   同左

      係るリスク                売買目的の有価証券であります。保有す
                      る有価証券の詳細は、「(4)附属明細
                      表」に記載しております。当該有価証券
                      を保有した際の主要なリスクは、価格変
                      動リスク等の市場リスク、信用リスク及
                      び流動性リスク等です。その他、保有す
                      るコール・ローン等の金銭債権及び金銭
                      債務につきましては、信用リスク等を有
                      しております。
                                 60/108






                                                          EDINET提出書類
                                               岡三アセットマネジメント株式会社(E12441)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
                               第5期                   第6期
                   期 別
                            自  2018年10月10日                  自  2019年10月      8日
    項 目
                            至  2019年10月      7日            至  2020年10月      6日
    3.金融商品に係るリスク管理体制                  当ファンドの委託会社の運用委員会にお                   同左
                      いて、運用に関する内規の制定及び改
                      廃、運用ガイドライン等運用のリスク管
                      理に関する事項の決定を行うほか、リス
                      ク管理部及びコンプライアンス部におい
                      て、「運用の指図に関する検証規程」に
                      基づき、投資信託財産の運用の指図につ
                      いて、法令、投資信託協会諸規則、社内
                      規程及び投資信託約款に定める運用の指
                      図に関する事項の遵守状況を確認してお
                      ります。また、運用分析会議における
                      ファンドの運用パフォーマンスの分析・
                      検証・評価や、売買分析会議における
                      ファンドの組入有価証券の評価損率や格
                      付状況、有価証券売買状況や組入状況の
                      報告等により、全社的に投資リスクを把
                      握し管理を行っております。
    2.金融商品の時価等に関する事項


                   期 別

                               第5期                   第6期
                          (2019年10月       7日現在)            (2020年10月       6日現在)
    項 目
    1.  貸借対照表額、時価及び差額                 貸借対照表上の金融商品は原則として全                   同左
                      て時価で評価しているため、貸借対照表
                      計上額と時価との差額はありません。
    2.  時価の算定方法                 時価の算定方法は、「重要な会計方針に                   同左

                      係る事項に関する注記」に記載しており
                      ます。この他、コール・ローン等は短期
                      間で決済され、時価は帳簿価格と近似し
                      ていることから、当該帳簿価格を時価と
                      しております。
    (関連当事者との取引に関する注記)


                 第5期                            第6期

              自  2018年10月10日                           自  2019年10月      8日
              至  2019年10月      7日                     至  2020年10月      6日
    該当事項はありません。                            同左
                                 61/108


                                                          EDINET提出書類
                                               岡三アセットマネジメント株式会社(E12441)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
    (重要な後発事象に関する注記)

                               第6期

                            自  2019年10月      8日
                            至  2020年10月      6日
    該当事項はありません。
    (その他の注記)

    1.元本の移動
                 第5期                            第6期

             (2019年10月       7日現在)                     (2020年10月       6日現在)
    投資信託財産に係る元本の状況                            投資信託財産に係る元本の状況
    期首元本額                     809,798,265円       期首元本額                     568,331,642円
    期中追加設定元本額                        1,389円    期中追加設定元本額                       339,500円
    期中一部解約元本額                     241,468,012円       期中一部解約元本額                     189,127,288円
    2.有価証券関係

    売買目的有価証券の当計算期間の損益に含まれた評価差額
    第5期(自     2018年10月10日         至  2019年10月      7日)

                                                      (単位:円)

             種 類                     当計算期間の損益に含まれた評価差額

          親投資信託受益証券                                            △43,689,103
              合計                                         △43,689,103
    第6期(自     2019年10月      8日  至  2020年10月      6日)

                                                      (単位:円)

             種 類                     当計算期間の損益に含まれた評価差額

          親投資信託受益証券                                             76,015,394
              合計                                          76,015,394
    3.デリバティブ取引関係

     該当事項はありません。

                                 62/108



                                                          EDINET提出書類
                                               岡三アセットマネジメント株式会社(E12441)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
    (4)【附属明細表】

    1.有価証券明細表

     ①株式
      該当事項はありません。

     ②株式以外の有価証券

       種類        通貨             銘柄            券面総額           評価額       備考

    親投資信託受益        日本円         日本未来戦略マザーファンド                     338,598,642           516,566,088
    証券
            計
                     銘柄数:1                     338,598,642           516,566,088
                     組入時価比率:99.4%                                  100.0%
            合計                                         516,566,088
    (注)1.比率は左より組入時価の純資産に対する比率、及び各小計欄の各合計金額に対する比率であります。

      2.親投資信託受益証券の券面総額欄には、口数を表示しております。
    2.デリバティブ取引及び為替予約取引の契約額等、時価の状況表

     該当事項はありません。

    (参考)


       「日本の未来図(米ドル投資型)」「日本の未来図(円投資型)」は、「日本未来戦略マザーファ
      ンド」受益証券を主要投資対象としております。貸借対照表の資産の部に計上された「親投資信託受益
      証券」は、当該マザーファンドの受益証券です。
       マザーファンドの経理状況は参考情報であり、監査証明の対象ではありません。

    日本未来戦略マザーファンド

    貸借対照表

                                                      (単位:円)
                         期 別    注記番      2019年10月      7日現在        2020年10月      6日現在
                              号
     科 目
                                      金額              金額
     資産の部
       流動資産
        金銭信託                                 3,038,546              4,685,101
        コール・ローン                                145,256,989              66,718,231
        株式                               1,828,664,100              1,401,926,800
                                         8,038,900              4,744,950
        未収配当金
                                       1,984,998,535              1,478,075,082
        流動資産合計
                                       1,984,998,535              1,478,075,082
       資産合計
     負債の部
       流動負債
                                 63/108

                                                          EDINET提出書類
                                               岡三アセットマネジメント株式会社(E12441)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
                         期 別    注記番      2019年10月      7日現在        2020年10月      6日現在
                              号
     科 目
                                      金額              金額
        未払解約金                                 19,901,458                   -
        未払利息                                     96              42
                                            274              337
        その他未払費用
                                         19,901,828                 379
        流動負債合計
                                         19,901,828                 379
       負債合計
     純資産の部
       元本等
        元本                      *1         1,510,305,942               968,845,287
        剰余金
                                        454,790,765              509,229,416
          剰余金又は欠損金(△)
                                       1,965,096,707              1,478,074,703
        元本等合計
                                       1,965,096,707              1,478,074,703
       純資産合計                       *2
                                       1,984,998,535              1,478,075,082
     負債純資産合計
    注記表

    (重要な会計方針に係る事項に関する注記)

                   期 別

                                     自  2019年10月      8日
                                     至  2020年10月      6日
    項 目
    1.有価証券の評価基準及び評価方法                  株式
                      移動平均法に基づき、原則として時価で評価しております。時価評価に当たって
                      は、金融商品取引所における最終相場(最終相場のないものについては、それに準
                      ずる価額)、又は第一種金融商品取引業者等から提示される気配相場に基づいて評
                      価しております。
    2.収益及び費用の計上基準                  受取配当金

                      原則として、配当落ち日において、その金額が確定している場合には当該金額を、
                      未だ確定していない場合には予想配当金額を計上しております。
                      有価証券売買等損益

                      約定日基準で計上しております。
    (貸借対照表に関する注記)


              2019年10月      7日現在                      2020年10月      6日現在

    *1.   当該計算期間の末日における受益権の総数                         *1.   当該計算期間の末日における受益権の総数
                         1,510,305,942口                             968,845,287口
    *2.   当該計算期間の末日における1単位当たりの純資産の額                         *2.   当該計算期間の末日における1単位当たりの純資産の額

        1口当たりの純資産額                     1.3011円        1口当たりの純資産額                     1.5256円
        (10,000口当たりの純資産額                    13,011円)        (10,000口当たりの純資産額                    15,256円)
    (金融商品に関する注記)

    1.金融商品の状況に関する事項
                                 64/108

                                                          EDINET提出書類
                                               岡三アセットマネジメント株式会社(E12441)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
                   期 別

                            自  2018年10月10日                  自  2019年10月      8日
                            至  2019年10月      7日            至  2020年10月      6日
    項 目
    1.金融商品に対する取組方針                  当ファンドは証券投資信託であり、信託                   同左
                      約款に規定する「運用の基本方針」に従
                      い、有価証券等の金融商品を投資対象と
                      して運用することを目的としておりま
                      す。
    2.金融商品の内容及び当該金融商品に                  当ファンドが運用する主な有価証券は、                   同左

      係るリスク                売買目的の有価証券であります。保有す
                      る有価証券の詳細は、「附属明細表」に
                      記載しております。当該有価証券を保有
                      した際の主要なリスクは、価格変動リス
                      ク等の市場リスク、信用リスク及び流動
                      性リスク等です。その他、保有するコー
                      ル・ローン等の金銭債権及び金銭債務に
                      つきましては、信用リスク等を有してお
                      ります。
    3.金融商品に係るリスク管理体制                  当ファンドの委託会社の運用委員会にお                   同左

                      いて、運用に関する内規の制定及び改
                      廃、運用ガイドライン等運用のリスク管
                      理に関する事項の決定を行うほか、リス
                      ク管理部及びコンプライアンス部におい
                      て、「運用の指図に関する検証規程」に
                      基づき、投資信託財産の運用の指図につ
                      いて、法令、投資信託協会諸規則、社内
                      規程及び投資信託約款に定める運用の指
                      図に関する事項の遵守状況を確認してお
                      ります。また、運用分析会議における
                      ファンドの運用パフォーマンスの分析・
                      検証・評価や、売買分析会議における
                      ファンドの組入有価証券の評価損率や格
                      付状況、有価証券売買状況や組入状況の
                      報告等により、全社的に投資リスクを把
                      握し管理を行っております。
    2.金融商品の時価等に関する事項


                   期 別

                           2019年10月      7日現在             2020年10月      6日現在
    項 目
    1.貸借対照表額、時価及び差額                  貸借対照表上の金融商品は原則として全                   同左
                      て時価で評価しているため、貸借対照表
                      計上額と時価との差額はありません。
                                 65/108


                                                          EDINET提出書類
                                               岡三アセットマネジメント株式会社(E12441)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
    2.時価の算定方法                  時価の算定方法は、「重要な会計方針に                   同左
                      係る事項に関する注記」に記載しており
                      ます。この他、コール・ローン等は短期
                      間で決済され、時価は帳簿価格と近似し
                      ていることから、当該帳簿価格を時価と
                      しております。
    (その他の注記)


    1.元本の移動
                            2019年10月      7日現在

    投資信託財産に係る元本の状況
    期首                                                 2018年10月10日
    期首元本額                                                 2,069,771,734円
    期首より2019年10月          7日までの追加設定元本額
                                                      46,137,207円
    期首より2019年10月          7日までの一部解約元本額
                                                      605,602,999円
    期末元本額                                                 1,510,305,942円
    2019年10月      7日現在の元本の内訳(*)
    日本の未来図(米ドル投資型)                                                  994,496,006円
    日本の未来図(円投資型)                                                  515,809,936円
                            2020年10月      6日現在


    投資信託財産に係る元本の状況
                                                     2019年10月      8日
    期首
    期首元本額                                                 1,510,305,942円
    期首より2020年10月          6日までの追加設定元本額
                                                      92,131,463円
    期首より2020年10月          6日までの一部解約元本額
                                                      633,592,118円
    期末元本額                                                  968,845,287円
    2020年10月      6日現在の元本の内訳(*)
    日本の未来図(米ドル投資型)                                                  630,246,645円
    日本の未来図(円投資型)                                                  338,598,642円
    *は当該親投資信託受益証券を投資対象とする証券投資信託毎の元本額

    2.有価証券関係

    売買目的有価証券の当計算期間の損益に含まれた評価差額
    2019年10月      7日現在

                                                      (単位:円)

             種 類                     当計算期間の損益に含まれた評価差額

                                 66/108


                                                          EDINET提出書類
                                               岡三アセットマネジメント株式会社(E12441)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
              株式                                          52,462,814
              合計                                          52,462,814

    2020年10月      6日現在

                                                      (単位:円)

             種 類                     当計算期間の損益に含まれた評価差額

              株式                                         212,127,377

              合計                                         212,127,377

    3.デリバティブ取引関係

     該当事項はありません。

    附属明細表



    1.有価証券明細表

     ①株式
                                                評価額

     種類      通貨            銘柄             株数                       備考
                                            単価         金額
    株式    日本円        日本水産                      62,400        450.00       28,080,000
                サカタのタネ                       8,000      3,785.00        30,280,000
                ウエストホールディングス                      10,400       2,864.00        29,785,600
                ショーボンドホールディングス                      11,300       5,160.00        58,308,000
                五洋建設                      52,300        677.00       35,407,100
                キッコーマン                       7,000      5,620.00        39,340,000
                富士フイルムホールディングス                       2,900      5,145.00        14,920,500
                ファンケル                       6,100      3,505.00        21,380,500
                クミアイ化学工業                      14,200       1,080.00        15,336,000
                ユニ・チャーム                       3,100      4,687.00        14,529,700
                ペプチドリーム                       5,000      4,830.00        24,150,000
                MARUWA                       1,900      9,530.00        18,107,000
                クボタ                      24,800       1,919.00        47,591,200
                ダイフク                       3,400      10,550.00         35,870,000
                                 67/108


                                                          EDINET提出書類
                                               岡三アセットマネジメント株式会社(E12441)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
                安川電機                       5,500      4,195.00        23,072,500
                日本電産                       2,900      10,055.00         29,159,500
                富士通                       2,800      14,120.00         39,536,000
                アンリツ                      14,500       2,460.00        35,670,000
                キーエンス                        800     49,160.00         39,328,000
                日本電子                      11,000       3,575.00        39,325,000
                浜松ホトニクス                       7,700      5,290.00        40,733,000
                村田製作所                       6,500      6,840.00        44,460,000
                東京エレクトロン                        500     27,050.00         13,525,000
                トヨタ自動車                       6,200      6,958.00        43,139,600
                テルモ                      11,000       4,110.00        45,210,000
                島津製作所                      10,700       3,210.00        34,347,000
                朝日インテック                       7,200      3,365.00        24,228,000
                東海旅客鉄道                        900     15,450.00         13,905,000
                ヤマトホールディングス                       8,100      2,694.00        21,821,400
                商船三井                       6,100      2,184.00        13,322,400
                野村総合研究所                      11,600       3,075.00        35,670,000
                BASE                       2,000      13,300.00         26,600,000
                マクアケ                       2,700      9,720.00        26,244,000
                Zホールディングス                      41,300        717.00       29,612,100
                デジタルガレージ                       6,200      3,725.00        23,095,000
                エヌ・ティ・ティ・データ                      10,800       1,346.00        14,536,800
                ソフトバンクグループ                       4,900      6,913.00        33,873,700
                岩谷産業                       5,100      3,965.00        20,221,500
                トラスコ中山                       8,100      2,640.00        21,384,000
                ネクステージ                      12,400       1,274.00        15,797,600
                パン・パシフィック・インターナ                      10,400       2,406.00        25,022,400
                ショナルホ
                ニトリホールディングス                       1,300      21,580.00         28,054,000
                ファーストリテイリング                        300     66,700.00         20,010,000
                日本M&Aセンター                       8,300      6,100.00        50,630,000
                エムスリー                       3,400      6,450.00        21,930,000
                プレステージ・インターナショナル                      18,100        927.00       16,778,700
                オリエンタルランド                       1,300      14,940.00         19,422,000
                M&Aキャピタルパートナーズ                       7,600      4,895.00        37,202,000
                ユーピーアール                       5,000      4,395.00        21,975,000
        計
                銘柄数:49                                    1,401,926,800
                組入時価比率:94.8%                                       100.0%
        合 計                                           1,401,926,800
    (注)比率は左より組入時価の純資産に対する比率、及び各小計欄の合計金額に対する比率であります。

     ②株式以外の有価証券

                                 68/108


                                                          EDINET提出書類
                                               岡三アセットマネジメント株式会社(E12441)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
      該当事項はありません。

    2.デリバティブ取引及び為替予約取引の契約額等、時価の状況表

     該当事項はありません。

                                 69/108


















                                                          EDINET提出書類
                                               岡三アセットマネジメント株式会社(E12441)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
    2【ファンドの現況】

    【純資産額計算書】

    日本の未来図(米ドル投資型)

                                 (2020年10月30日現在)

    Ⅰ 資産総額                                943,455,185      円 

    Ⅱ 負債総額                                 9,512,676     円 
    Ⅲ 純資産総額(Ⅰ-Ⅱ)                                933,942,509      円 
    Ⅳ 発行済数量                                697,153,040      口 
    Ⅴ 1単位当たり純資産額(Ⅲ/Ⅳ)                                   1.3397   円 
    日本の未来図(円投資型)

                                 (2020年10月30日現在)

    Ⅰ 資産総額                                504,099,581      円 

    Ⅱ 負債総額                                  583,770    円 
    Ⅲ 純資産総額(Ⅰ-Ⅱ)                                503,515,811      円 
    Ⅳ 発行済数量                                373,496,904      口 
    Ⅴ 1単位当たり純資産額(Ⅲ/Ⅳ)                                   1.3481   円 
    (参考)日本未来戦略マザーファンド

                                 (2020年10月30日現在)

    Ⅰ 資産総額                               1,467,413,303       円 

    Ⅱ 負債総額                                53,293,885     円 
    Ⅲ 純資産総額(Ⅰ-Ⅱ)                               1,414,119,418       円 
    Ⅳ 発行済数量                                940,909,165      口 
    Ⅴ 1単位当たり純資産額(Ⅲ/Ⅳ)                                   1.5029   円 
    第4【内国投資信託受益証券事務の概要】

      ■ 名義書換についてその手続、取扱場所、取次所、代理人の名称及び住所並びに手数料

          該当事項はありません。
      ■   受益者    等に対する特典

          該当事項はありません。
      ■   内国  投資信託受益証券の譲渡制限の内容

          該当事項はありません。
                                 70/108

                                                          EDINET提出書類
                                               岡三アセットマネジメント株式会社(E12441)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
      ■   受益権    について

          ファンドの受益権は、振替制度における振替受益権であるため、委託会社は、この信託の受益
         権を取り扱う振替機関が社振法の規定により主務大臣の指定を取り消された場合または当該指定
         が効力を失った場合であって、当該振替機関の振替業を承継する者が存在しない場合その他やむ
         を得ない事情がある場合を除き、当該振替受益権を表示する受益証券を発行しません。
          なお、受益者は、委託会社がやむを得ない事情等により受益証券を発行する場合を除き、無記
         名式受益証券から記名式受益証券への変更の請求、記名式受益証券から                                      無記名式     受益証券への変
         更の請求、受益証券の再発行の請求を行わないものとします。
        ○受益権の譲渡

         ① 受益者は、その保有する受益権を譲渡する場合には、当該受益者の譲渡の対象とする受益権
            が記載または記録されている振替口座簿に係る振替機関等に振替の申請をするものとしま
            す。
         ② 前項の申請のある場合には、上記①の振替機関等は、当該譲渡に係る譲渡人の保有する受益
            権の口数の減少および譲受人の保有する受益権の口数の増加につき、その備える振替口座
            簿に記載または記録するものとします。ただし、上記①の振替機関等が振替先口座を開設
            したものでない場合には、譲受人の振替先口座を開設した他の振替機関等(当該他の振替
            機関等の上位機関を含みます。)に社振法の規定にしたがい、譲受人の振替先口座に受益
            権の口数の増加の記載または記録が行われるよう通知するものとします。
         ③ 上記①の振替について、委託会社は、当該受益者の譲渡の対象とする受益権が記載または記
            録されている振替口座簿に係る振替機関等と譲受人の振替先口座を開設した振替機関等が
            異なる場合等において、委託会社が必要と認めたときまたはやむを得ない事情があると判
            断したときは、振替停止日や振替停止期間を設けることができます。
        ○受益権の譲渡の対抗要件

          受益権の譲渡は、振替口座簿への記載または記録によらなければ、委託会社およ                                           び受託会社に
         対抗することができません。
        ○受益権の再分割

          委託会社は、受託会社と協議のうえ、社債、株式等の振替に関する法律に定めるところにした
         がい、一定日現在の受益権を均等に再分割できるものとします。
        ○質権口記載又は記録の受益権の取扱いについて

          振替機関等の振替口座簿の質権口に記載または記録されている受益権に係る収益分配金の支払
         い、解約請求の受付、解約金および償還金の支払い等については、投資信託約款の規定によるほ
         か、民法その他の法令等にしたがって取り扱われます。
                                 71/108







                                                          EDINET提出書類
                                               岡三アセットマネジメント株式会社(E12441)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
    第二部【委託会社等の情報】

    第1【委託会社等の概況】

    1【委託会社等の概況】

      (2020年10月末日現在)
      (1)資本金の額                                      10億円

           会社が発行する株式の総数                               2,600,000株
           発行済株式の総数                                554,701株
           最近5年間における主な資本金の額の増減                                   なし
      (2)委託会社の機構

        〈委託会社の意思決定機構〉
          委託会社は、12名以内で構成される取締役会により運営されます。
          取締役は、委託会社の株主であることを要しません。
          取締役は、株主総会において株主によって選任され、その任期は選任後2年以内に終了
         する事業年度の内最終のものに関する定時株主総会の終結のときまでとします。
          取締役会は、社長1名を選定するほか、会長、副社長、専務取締役、および常務取締役
         を若干名選任することができます。また、取締役会は取締役の中から代表取締役を若干名
         選定することができます。
          取締役会は、法令に別段の定めがある場合を除き、原則として、社長が招集します。取
         締役会の議長は、原則として、社長がこれにあたります。
          取締役会の決議は、法令に別段の定めがある場合を除き、取締役の過半数が出席したう
         えで、出席した取締役の過半数をもって決します。
        〈運用の意思決定機構〉
          運用委員会は、月1回、運用本部及び投資情報部で開催する「ストラテジー会議」で策
         定された投資環境分析と運用の基本方針案に基づいて検討を行い、運用の基本方針を決定
         します。
          また、運用に関する内規の制定及び改廃のほか、運用ガイドライン等運用のリスク管理
         に関する事項を決定します。委員長は審議・検討結果を取締役会へ報告します。
          運用戦略会議は、月1回、運用委員会で決定された運用の基本方針に基づいた個別ファ
         ンドの具体的な投資戦略について検討を行います。
          ファンドマネージャーは、運用戦略会議で検討された投資戦略に基づき、ファンド毎に
         具体的な運用計画を策定し、運用計画・運用実施計画に基づいて、運用の指図を行いま
         す。
          運用分析会議は、月1回、運用のパフォーマンス向上、運用の適正性の確保、および運
         用のリスク管理に資することを目的に、個別ファンドの運用パフォーマンスを分析・検
         証・評価し、運用本部にフィードバックを行います。
          売買分析会議は、月1回、運用財産に係る運用の適切性確保に資することを目的にファ
         ンドの有価証券売買状況や組入れ状況など、日々、リスク管理部、トレーディング部が
         行っている運用の指図に関するチェック状況の報告・指摘を行います。議長は会議の結果
         を取締役会へ報告します。
    2【事業の内容及び営業の概況】

                                 72/108


                                                          EDINET提出書類
                                               岡三アセットマネジメント株式会社(E12441)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
      当社は、「投資信託及び投資法人に関する法律」に定める投資信託委託会社として証券投資信託の設
      定を行うとともに、「金融商品取引法」に定める金融商品取引業者として、その運用(投資運用業)
      及びその受益権の募集又は私募(第二種金融商品取引業)を行っています。また、「金融商品取引
      法」に定める投資一任契約にかかる投資運用業、投資助言・代理業を行っています。
      2020年10月末日現在、委託会社の運用する証券投資信託は以下のとおりです。(親投資信託を除く。)

              種類                本数(本)                純資産総額(億円)
          追加型株式投資信託                             151                 9,622
          追加型公社債投資信託                               3               2,476
          単位型株式投資信託                              55                 867
          単位型公社債投資信託                               7                 134
              合計                         216                13,101
       ※純資産総額について、億円未満を切り捨てているため、合計と合わない場合があります。
    3【委託会社等の経理状況】

    (1)当社の財務諸表は、「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和38年大蔵省令第
       59号)ならびに同規則第2条の規定に基づき、「金融商品取引業等に関する内閣府令」(平成19年内
       閣府令第52号)により作成しております。
       財務諸表の金額については、千円未満の端数を切り捨てて記載しております。
    (2)当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、前事業年度(自2019年4月1日至2020年3

       月31日)の財務諸表について、東陽監査法人の監査を受けております。
    (3)当社の中間財務諸表は「中間財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和52年大蔵

       省令第38号)、ならびに同規則第38条及び第57条の規定に基づいて「金融商品取引業等に関する内
       閣府令」(平成19年内閣府令第52号)により作成しております。
       なお、中間財務諸表の金額については、千円未満の端数を切り捨てて記載しております。
    (4)当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、当中間会計期間(自2020年4月1日至2020

       年9月30日)の中間財務諸表について、東陽監査法人の中間監査を受けております。
    (1)【貸借対照表】


                                                     (単位:千円)
                                前事業年度                 当事業年度
                             (2019年3月31日現在)                 (2020年3月31日現在)
     資産の部
      流動資産
       現金及び預金                             15,708,895                 11,807,346
       有価証券                               90,390                464,800
       未収委託者報酬                              1,080,542                  939,305
       未収運用受託報酬                               14,356                 14,133
       未収投資助言報酬                               11,660                 11,959
       前払費用                               66,647                 64,503
       未収入金                                5,399                22,805
       未収収益                               19,886                 13,659
       その他の流動資産                                4,904                50,481
                                 73/108


                                                          EDINET提出書類
                                               岡三アセットマネジメント株式会社(E12441)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
       流動資産合計
                                     17,002,683                 13,388,994
      固定資産
       有形固定資産
         建物               ※1               228,682     ※1            216,836
         器具備品               ※1                37,985    ※1             59,198
         有形固定資産合計
                                      266,667                 276,035
       無形固定資産
         ソフトウェア                               6,782                 4,399
         電話加入権                               2,122                 2,122
         無形固定資産合計
                                       8,904                 6,521
       投資その他の資産
         投資有価証券                             1,647,347                 1,109,287
         親会社株式                              348,548                 290,033
         長期差入保証金                              232,079                 231,146
         前払年金費用                              31,734                 23,941
         繰延税金資産                              59,229                 61,623
         その他                              25,580                 24,980
         貸倒引当金                             △14,510                 △14,510
         投資その他の資産合計
                                     2,330,010                 1,726,502
       固定資産合計
                                     2,605,582                 2,009,059
     資産合計
                                     19,608,265                 15,398,053
                                前事業年度                 当事業年度


                             (2019年3月31日現在)                 (2020年3月31日現在)
     負債の部
      流動負債
       預り金                                15,536                 6,352
       前受投資助言報酬                                 631                627
       未払金                               625,305                544,430
         未払収益分配金                                 5                3
         未払償還金                               5,001                5,001
         未払手数料                              512,821                431,312
         その他未払金                              107,476                108,112
       未払費用                               202,822                162,268
       未払法人税等                               105,393                116,262
       未払消費税等                                  ―              62,714
       賞与引当金                                11,400                 8,800
       流動負債合計
                                       961,089                901,455
      固定負債
       退職給付引当金                               310,078                323,196
       役員退職慰労引当金                                17,880                22,830
       資産除去債務                                89,658                90,582
       長期未払金                                67,901                29,100
       固定負債合計
                                       485,518                465,709
      負債合計
                                      1,446,608                1,367,165
     純資産の部
      株主資本
       資本金                              1,000,000                1,000,000
                                 74/108


                                                          EDINET提出書類
                                               岡三アセットマネジメント株式会社(E12441)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
       資本剰余金 
         資本準備金                              566,500                566,500
       資本剰余金合計
                                       566,500                566,500
       利益剰余金
         利益準備金                              179,830                179,830
         その他利益剰余金
          別途積立金                            5,718,662                5,718,662
          繰越利益剰余金                            10,500,468                 6,382,996
         利益剰余金合計
                                     16,398,960                12,281,488
       株主資本合計
                                     17,965,460                13,847,988
      評価・換算差額等
       その他有価証券評価差額金                               196,196                182,899
       評価・換算差額等合計
                                       196,196                182,899
      純資産合計
                                     18,161,657                14,030,887
      負債・純資産合計
                                     19,608,265                15,398,053
    (2)【損益計算書】


                                                     (単位:千円)
                               前事業年度                  当事業年度
                             (自 2018年4月1日                 (自 2019年4月1日
                              至 2019年3月31日)                 至 2020年3月31日)
     営業収益
      委託者報酬                               10,964,360                10,157,808
      運用受託報酬                                 40,492                33,847
      投資助言報酬                                 28,800                28,878
         営業収益合計
                                     11,033,653                10,220,534
     営業費用
      支払手数料                               5,343,010                4,745,695
      広告宣伝費                                183,752                162,932
      公告費                                   ―                118
      受益権管理費                                 17,749                17,200
      調査費                               1,601,396                1,731,126
       調査費                               305,474                296,917
       委託調査費                              1,295,921                1,434,208
      委託計算費                                272,941                261,181
      営業雑経費                                340,974                352,370
       通信費                                57,308                57,912
       印刷費                               216,118                225,307
       諸経費                                56,348                58,103
       協会費                                8,137                7,869
       諸会費                                3,061                3,177
         営業費用合計
                                      7,759,824                7,270,626
     一般管理費
       給料                              1,490,747                1,333,803
         役員報酬                              120,600                109,200
         給料・手当                             1,364,335                1,223,313
        賞与                                5,811                1,290
       交際費                                21,170                14,908
       寄付金                                16,786                15,991
                                 75/108

                                                          EDINET提出書類
                                               岡三アセットマネジメント株式会社(E12441)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
       旅費交通費                                39,050                32,341
       租税公課                                51,822                46,444
       不動産賃借料                               219,956                215,864
       賞与引当金繰入                                11,400                 6,910
       退職給付費用                                78,631                66,223
       役員退職慰労引当金繰入                                6,500                4,950
       固定資産減価償却費                                31,740                34,494
       諸経費                               336,645                308,860
         一般管理費合計
                                      2,304,450                2,080,793
     営業利益
                                       969,377                869,115
                              前事業年度                  当事業年度


                            (自 2018年4月1日                  (自 2019年4月1日
                             至 2019年3月31日)                    至 2020年3月31日)
     営業外収益
      受取配当金                   ※1             36,327    ※1             27,286
      受取利息                                 1,329                 1,295
      約款時効収入                                   3                 2
      雑益                                 2,989                 1,517
        営業外収益合計
                                       40,650                 30,101
     営業外費用
      固定資産除却損                   ※2               253   ※2                0
      為替差損                                  257                  71
      雑損                                  94                 ―
        営業外費用合計
                                        605                  71
     経常利益
                                     1,009,422                  899,144
     特別利益
      有価証券償還益                                  ―               27,529
      投資有価証券売却益                                  646                1,542
      投資有価証券償還益                                  71                 195
      親会社株式売却益                                130,424                    ―
        特別利益合計
                                      131,141                  29,268
     特別損失
      有価証券償還損                                  ―               28,197
      投資有価証券売却損                                13,131                  5,890
      投資有価証券償還損                                 1,560                  380
      ゴルフ会員権売却損                                  ―                 229
      ゴルフ会員権評価損                                 1,125                   ―
        特別損失合計
                                       15,816                 34,698
     税引前当期純利益
                                     1,124,747                  893,714
       法人税、住民税及び事業税
                                      338,839                 274,953
       法人税等調整額                                10,269                 3,474
        法人税等合計
                                      349,108                 278,427
     当期純利益
                                      775,639                 615,286
                                 76/108



                                                          EDINET提出書類
                                               岡三アセットマネジメント株式会社(E12441)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
    (3)【株主資本等変動計算書】

    前事業年度(自 2018年4月1日 至 2019年3月31日)

                                                      (単位:千円)
                            株主資本                    評価・換算差額等
                  資本剰余金             利益剰余金
                                                         純資産
                                                その他有    評価・換
                              その他利益剰余金             株主資本
                     資本剰
                                                         合計
             資本金                                   価証券評    算差額等
                 資本準        利益準             利益剰余金
                                            合計
                     余金合
                             別途積立    繰越利益剰
                                                価差額金     合計
                  備金        備金              合計
                      計
                              金    余金
             1,000,000     566,500    566,500    179,830    5,718,662     9,766,079     15,664,571     17,231,071     472,532    472,532    17,703,603
     当期首残高
     当期変動額

                                  △41,250     △41,250     △41,250              △41,250

      剰余金の配当
                                  775,639     775,639     775,639              775,639

      当期純利益
      株主資本以外の項
      目の事業年度中の
                                                △276,335    △276,335     △276,335
      変動額(純額)
               -    -    -    -     -   734,389     734,389     734,389    △276,335    △276,335      458,053
     当期変動額合計
             1,000,000     566,500    566,500    179,830    5,718,662    10,500,468     16,398,960     17,965,460     196,196    196,196    18,161,657

     当期末残高
    当事業年度(自 2019年4月1日 至 2020年3月31日)

                                                      (単位:千円)
                           株主資本                      評価・換算差額等
               資本剰余金             利益剰余金
                                                 その他    評価・
                                                         純資産
                                            株主資本     有価証    換算差
                          その他利益剰余金
                  資本剰
                                                         合計
          資本金                              自己株式
              資本準        利益準             利益剰余金
                                             合計    券評価    額等合
                  余金合
                         別途積立     繰越利益
              備金        備金              合計
                                                 差額金     計
                   計
                           金    剰余金
     当期首残
                                          -
          1,000,000     566,500    566,500    179,830    5,718,662     10,500,468     16,398,960         17,965,460     196,196    196,196   18,161,657
     高
     当期変動
     額
      剰余金
                               △37,125     △37,125         △37,125            △37,125
      の配当
      当期純
                               615,286     615,286         615,286            615,286
      利益
      自己株
                                       △4,695,634    △4,695,634            △4,695,634
      式の取
      得
      自己株
                              △4,695,634     △4,695,634     4,695,634                    -
      式の消
      却
      株主資
      本以外
      の項目
      の事業
                                                 △13,297    △13,297    △13,297
      年度中
      の変動
      額(純
      額)
     当期変動
                                          -
            -    -    -    -    -  △4,117,472     △4,117,472         △4,117,472     △13,297    △13,297   △4,130,769
     額合計
     当期末残
                                          -
          1,000,000     566,500    566,500    179,830    5,718,662     6,382,996     12,281,488         13,847,988     182,899    182,899   14,030,887
     高
    [注記事項]

    (重要な会計方針)
    1.有価証券の評価基準及び評価方法
     その他有価証券
                                 77/108

                                                          EDINET提出書類
                                               岡三アセットマネジメント株式会社(E12441)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
       時価のあるもの
        決算日の市場価格等に基づく時価法(評価差額は全部純資産直入法により処理し、売却原価は総平均法
        により算定)
       時価のないもの
        総平均法による原価法
    2.固定資産の減価償却の方法

    (1)  有形固定資産
        定率法により償却しております。ただし、1998年4月1日以降に取得した建物(建物附属設備を除く)並
       びに2016年4月1日以降に取得した建物附属設備及び構築物については、定額法を採用しております。
        なお、主な耐用年数は以下のとおりです。
         建物      15~18年
         器具備品 4~15年
    (2)  無形固定資産
        定額法により償却しております。
        なお、自社利用のソフトウェアについては、社内における利用可能期間(5年)に基づく定額法により
       償却しております。
    3.引当金の計上基準

    (1)  貸倒引当金
        債権の貸倒れによる損失に備えるため、一般債権については貸倒実績率により、貸倒懸念債権等特定の
        債権については個別に回収可能性を勘案し、回収不能見込額を計上しております。
    (2)  賞与引当金
        従業員の賞与支給に備えるため、当社所定の計算方法による支給見込額を計上しております。
    (3)  退職給付引当金
        従業員の退職給付に備えるため、当事業年度末における退職給付債務及び年金資産の見込額に基づき計
        上しております。
       ①  退職給付見込額の期間帰属方法
        退職給付債務の算定にあたり、退職給付見込額を当事業年度末までの期間に帰属させる方法について
        は、給付算定式基準によっております。
       ②  数理計算上の差異の費用処理方法
        数理計算上の差異は、各事業年度の発生時における従業員の平均残存勤務期間以内の一定の年数(5
        年)による定額法により按分した額をそれぞれ発生の翌事業年度から費用処理しております。
    (4)  役員退職慰労引当金
        役員の退職慰労金の支出に備えるため、当社内規に基づく期末要支給見積額を計上しております。
    4.外貨建の資産及び負債の本邦通貨への換算基準

        外貨建金銭債権債務は、期末日の直物為替相場により円貨に換算し、換算差額は損益として処理してお
        ります。
    5.その他財務諸表作成のための基本となる重要な事項

       消費税等の会計処理方法
        消費税及び地方消費税の会計処理は、税抜方式によっております。
    (未適用の会計基準等)

    1.収益認識に関する会計基準等
      ・「収益認識に関する会計基準」(企業会計基準第29号                            2020年3月31日)
      ・「収益認識に関する会計基準の適用指針」(企業会計基準適用指針第30号                                       2020年3月31日)
    (1)  概要

                                 78/108


                                                          EDINET提出書類
                                               岡三アセットマネジメント株式会社(E12441)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
     収益認識に関する包括的な会計基準であります。収益は、次の5つのステップを適用し認識されます。
      ステップ1:顧客との契約を識別する。
      ステップ2:契約における履行義務を識別する。
      ステップ3:取引価格を算定する。
      ステップ4:契約における履行義務に取引価格を配分する。
      ステップ5:履行義務を充足した時に又は充足するにつれて収益を認識する。
    (2)  適用予定日

      2022年3月期の期首より適用予定であります。
    (3)  当該会計基準等の適用による影響

     影響額は、当財務諸表の作成時において評価中であります。
    2.時価の算定に関する会計基準等

      ・「時価の算定に関する会計基準」(企業会計基準第30号 2019年7月4日)
     ・「時価の算定に関する会計基準の適用指針」(企業会計基準適用指針第31号2019年7月4日)
      ・「棚卸資産の評価に関する会計基準」(企業会計基準第9号 2019年7月4日)
      ・「金融商品に関する会計基準」(企業会計基準第10号 2019年7月4日)
    (1)  概要

      国際的な会計基準の定めとの比較可能性を向上させるため、「時価の算定に関する会計基準」及び「時価の
    算定に関する会計基準の適用指針」(以下「時価算定会計基準等」という。)が開発され、時価の算定方法に関
    するガイダンス等が定められました。時価算定会計基準等は次の項目の時価に適用されます。
     ・「金融商品に関する会計基準」における金融商品
     ・「棚卸資産の評価に関する会計基準」におけるトレーディング目的で保有する棚卸資産
    (2)  適用予定日

     2022年3月期の期首より適用予定であります。
    (3)  当該会計基準等の適用による影響

     影響額は、当財務諸表の作成時において評価中であります。
    (貸借対照表関係)

    ※1有形固定資産の減価償却累計額
                                前事業年度                当事業年度
                               ( 2019年3月31日)               (2020年3月31日)
     建物                                25,616千円                37,598千円
     器具備品                               97,870    〃            108,705    〃
     計                               123,486    〃            146,303    〃
    (損益計算書関係)

    ※1各科目に含まれている関係会社に対するものは、次のとおりであります。
                                 前事業年度                当事業年度
                               ( 自 2018年4月1日             ( 自 2019年4月1日
                                至 2019年3月31日)                至 2020年3月31日)
     受取配当金                                12,720千円                8,480千円
    ※2固定資産除却損の内訳は次のとおりであります。

                                 79/108


                                                          EDINET提出書類
                                               岡三アセットマネジメント株式会社(E12441)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
                                 前事業年度                当事業年度
                               ( 自 2018年4月1日             ( 自 2019年4月1日
                                至 2019年3月31日)                至 2020年3月31日)
     器具備品                                 253千円                 0千円
    (株主資本等変動計算書関係)

    前事業年度(自         2018年4月1日       至  2019年3月31日)
    1.  発行済株式及び自己株式に関する事項
                    当事業年度期首          当事業年度増加          当事業年度減少           当事業年度末
         株式の種類
                      株式数          株式数          株式数          株式数
       発行済株式
        普通株式(株)                 825,000             ―          ―        825,000
       自己株式
        普通株式(株)                     ―          ―          ―           ―
    2.剰余金の配当に関する事項

                                    1株当たり
          決議        株式の種類        配当金の総額                  基準日        効力発生日
                                   配当額(円)
                           (千円)
       2018年6月21日
                     普通株式          41,250         50    2018年3月31日          2018年6月22日
       定時株主総会
    3.  基準日が当事業年度に属する配当のうち、配当の効力発生日が翌事業年度となるもの

         決議      株式の種類       配当金の       配当金の       1株当たり         基準日        効力発生日
                      総額(千円)        原資     配当額(円)
       2019年6月20日
                 普通株式        37,125     利益剰余金           45    2019年3月31日         2019年6月21日
       定時株主総会
    当事業年度(自         2019年4月1日       至  2020年3月31日)


    1.発行済株式及び自己株式に関する事項
                    当事業年度期首          当事業年度増加          当事業年度減少           当事業年度末
         株式の種類
                      株式数          株式数          株式数          株式数
       発行済株式
        普通株式(株)                825,000             ―        270,299          554,701
       自己株式
        普通株式(株)                    ―        270,299          270,299             ―
      (変動事由の概要)
       1.  自己株式の普通株式数の増加270,299株は、取締役会決議による自己株式の取得によるものです。
       2.  発行済株式の普通株式数及び自己株式の普通株式数の減少270,299株は、取締役会決議による自己株
        式の消却によるものです。
    2.剰余金の配当に関する事項

                                    1株当たり
          決議        株式の種類        配当金の総額                  基準日        効力発生日
                                   配当額(円)
                           (千円)
       2019年6月20日
                   普通株式            37,125         45    2019年3月31日          2019年6月21日
       定時株主総会
                                 80/108


                                                          EDINET提出書類
                                               岡三アセットマネジメント株式会社(E12441)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
    3.  基準日が当事業年度に属する配当のうち、配当の効力発生日が翌事業年度となるもの
         決議      株式の種類       配当金の       配当金の       1株当たり         基準日        効力発生日
                      総額(千円)        原資     配当額(円)
       2020年6月23日
                普通株式         22,188     利益剰余金           40    2020年3月31日         2020年6月24日
       定時株主総会
    (リース取引関係)

    1.  ファイナンス・リース取引
     該当事項はありません。
    2.  オペレーティング・リース取引

     (借主側)
      オペレーティング・リース取引のうち解約不能のものに係る未経過リース料
                                                     (単位:千円)
                                 前事業年度                当事業年度
                                (2019年3月31日)                (2020年3月31日)
     1年以内
                                      226,338                 226,338 
     1年超
                                      396,091                 169,753 
     合計
                                      622,429                 396,091 
    (金融商品関係)

      1.金融商品の状況に関する事項
     (1)金融商品に対する取組方針
          当社は、金融商品取引法に定める投資運用業、投資助言・代理業及び第二種金融商品取引業を営ん
         でおります。これらの事業を当社では、自己資金で行っております。
          一方、資金運用については、短期的な預金及び債券、投資有価証券での運用を行っております。な
         お、デリバティブ取引は行っておりません。
      (2)金融商品の内容及びそのリスク

          当社が保有する主な金融資産は現金及び預金、有価証券、未収委託者報酬、投資有価証券、親会社
         株式及び差入保証金であります。
          預金は預入先金融機関の信用リスクに晒されております。有価証券、投資有価証券及び親会社株式
         は発行体の信用リスクやマーケットリスク等に晒されております。未収委託者報酬は投資信託財産中
         から当社(委託者)が得られる報酬であり、未収であるものであります。差入保証金は、主に本店の
         賃貸に伴うものであり、差入先の信用リスクに晒されております。
          金融負債の主なものは、未払金(未払手数料)、未払法人税等であります。未払金(未払手数料)
         は委託者報酬中から当社が販売会社に支払うべき手数料であり、未払いのものであります。
      (3)金融商品に係るリスク管理体制

          当社は経営の健全化及び経営資源の効率化を目的として、リスク管理体制の強化を図り、適切なリ
         スク・コントロールに努めております。金融資産に関わる信用リスク、マーケットリスク等を管理す
         るため、社内規程等に従い、ポジション枠や与信枠等の適切な管理に努めております。
     2.金融商品の時価等に関する事項

        貸借対照表計上額、時価及びこれらの差額については、次のとおりであります。なお時価を把握するこ
       とが極めて困難と認められるものは含まれておりません((注2)参照)。
           前事業年度(2019年3月31日)

                                                     (単位:千円)
                                 81/108

                                                          EDINET提出書類
                                               岡三アセットマネジメント株式会社(E12441)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
                            貸借対照表計上額               時価          差額
            (1)  現金及び預金                  15,708,895           15,708,895              ―
            (2)  有価証券                    90,390           90,390            ―
            (3)  未収委託者報酬                  1,080,542           1,080,542              ―
            (4)  投資有価証券                  1,093,486           1,093,486              ―
            (5)  親会社株式                   348,548           348,548            ―
            (6)  長期差入保証金                   232,079           232,995         △  1,083
            (7)  未払金(未払手数料)                   512,821           512,821            ―
            (8)  未払法人税等                   105,393           105,393            ―
           当事業年度(2020年3月31日)

                                                     (単位:千円)
                            貸借対照表計上額               時価          差額
            (1)  現金及び預金                  11,807,346           11,807,346              ―
            (2)  有価証券                   464,800           464,800            ―
            (3)  未収委託者報酬                   939,305           939,305            ―
            (4)  投資有価証券                   555,426           555,426            ―
            (5)  親会社株式                   290,033           290,033            ―
            (6)  長期差入保証金                   231,146           230,085         △  1,061
            (7)  未払金(未払手数料)                   431,312           431,312            ―
            (8)  未払法人税等                   116,262           116,262            ―
    (注1)金融商品の時価の算定方法

      (1)現金及び預金、(3)未収委託者報酬、(7)未払金(未払手数料)、(8)未払法人税等
        これらは短期間で決済されるため、時価は帳簿価額にほぼ等しいことから、当該帳簿価額によっており
       ます。
      (2)有価証券、(4)投資有価証券、(5)親会社株式

        これらの時価について、上場株式は取引所の価格、債券は取引所の価格又は日本証券業協会が公表する
       価格等、投資信託は公表されている基準価額等によっております。また、保有目的ごとの有価証券に関す
       る事項については、注記事項「有価証券関係」をご参照下さい。
       (6)  長期差入保証金

        合理的に見積りした差入保証金の返還予定時期に基づき、リスクフリーレートで割引率を算出し割引計
       算をしております。
    (注2)時価を把握することが極めて困難と認められる金融商品の貸借対照表計上額

                                                     (単位:千円)
                           前事業年度                   当事業年度
             区分
                          ( 2019年3月31日)                  (2020年3月31日)
           非上場株式                 553,861                   553,861
          非上場株式については、市場価額がなく、時価を把握することが極めて困難と認められるため、
         「(4)投資有価証券」には含めておりません。
    (注3)金銭債権及び満期のある有価証券の決算日後の償還予定額

       前事業年度(2019年3月31日)
                                                     (単位:千円)
                         1年以内         1年超        5年超        10年超
                                  5年以内        10年以内
       現金及び預金                    15,708,895             ―        ―        ―
       未収委託者報酬                     1,080,542            ―        ―        ―
       有価証券及び投資有価証券
                                 82/108


                                                          EDINET提出書類
                                               岡三アセットマネジメント株式会社(E12441)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
        その他有価証券のうち満期があるもの
        その他
                              90,390        612,770        141,852           ―
       長期差入保証金                         ―       5,741          ―     226,338
       合計                    16,879,828          618,511        141,852        226,338
       当事業年度(2020年3月31日)

                                                     (単位:千円)
                         1年以内         1年超        5年超        10年超
                                  5年以内        10年以内
       現金及び預金                    11,807,346             ―        ―        ―
       未収委託者報酬                      939,305           ―        ―        ―
       有価証券及び投資有価証券
        その他有価証券のうち満期があるもの
        その他
                             464,800        123,493         62,592          ―
       長期差入保証金                         ―       4,808          ―     226,338
       合計                    13,211,451          128,302         62,592       226,338
    (有価証券関係)

     1.その他有価証券
        前事業年度(2019年3月31日)
                                                     (単位:千円)
              区分             種類         貸借対照表        取得原価        差額
                                      計上額
          貸借対照表計上額が
          取得原価を超えるも            (1)株式
          の                             647,368        328,806       318,562
                      (2)債券
                        ①国債・地方債等                  ―        ―       ―
                        ②社債                  ―        ―       ―
                        ③その他                  ―        ―       ―
                      (3)その他                 158,705        136,300        22,405
              小計                         806,073        465,106       340,967
          貸借対照表計上額が
          取得原価を超えない            (1)株式
          もの                              10,465        12,350       △1,885
                      (2)債券
                        ①国債・地方債等                  ―        ―       ―
                        ②社債                  ―        ―       ―
                        ③その他                  ―        ―       ―
                      (3)その他                 715,886        772,183       △56,297
              小計                         726,351        784,533       △58,182
              合計                        1,532,425        1,249,639        282,785
        (注)非上場株式(貸借対照表計上額 553,861千円)については、市場価格がなく、時価を把握

            することが極めて困難と認められることから、上表の「その他有価証券」には含めておりま
            せん。
        当事業年度(2020年3月31日)

                                                     (単位:千円)
              区分             種類         貸借対照表        取得原価        差額
                                      計上額
          貸借対照表計上額が
          取得原価を超えるも            (1)株式
          の                             626,317        328,806       297,511
                      (2)債券
                        ①国債・地方債等                  ―        ―       ―
                        ②社債                  ―        ―       ―
                        ③その他                  ―        ―       ―
                      (3)その他                  89,006        80,000        9,006
                                 83/108

                                                          EDINET提出書類
                                               岡三アセットマネジメント株式会社(E12441)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
              小計                         715,323        408,806       306,517
          貸借対照表計上額が
          取得原価を超えない            (1)株式
          もの                              7,930       12,350       △4,420
                      (2)債券
                        ①国債・地方債等                  ―        ―       ―
                        ②社債                  ―        ―       ―
                        ③その他                  ―        ―       ―
                      (3)その他                 587,006        625,483       △38,477
              小計                         594,936        637,833       △42,897
              合計                        1,310,259        1,046,639        263,619
        (注)非上場株式(貸借対照表計上額 553,861千円)については、市場価格がなく、時価を把握

            することが極めて困難と認められることから、上表の「その他有価証券」には含めておりま
            せん。
     2.事業年度中に売却したその他有価証券

          前事業年度(自2018年4月1日               至2019年3月31日)
                                                    (単位:千円)
                 種類             売却額         売却益の           売却損の
                                       合計額           合計額
          (1)株式                     283,000          130,424               ―
          (2)債券
            ①国債・地方債等                      ―          ―             ―
            ②社債                      ―          ―             ―
            ③その他                      ―          ―             ―
          (3)その他                     251,515            646           13,131
              合計                  534,515          131,070             13,131
         当事業年度      (自2019年4月1日          至2020年3月31日)

                                                    (単位:千円)
                 種類             売却額         売却益の           売却損の
                                       合計額           合計額
          (1)株式                        ―          ―             ―
          (2)債券
            ①国債・地方債等                      ―          ―             ―
            ②社債                      ―          ―             ―
            ③その他                      ―          ―             ―
          (3)その他                     137,652           1,542             5,890
              合計                  137,652           1,542             5,890
    3.減損処理を行った有価証券

        前事業年度(自2018年4月1日               至2019年3月31日)
         該当ありません。
        当事業年度(自2019年4月1日               至2020年3月31日)

         該当ありません。
         時価のある株式等については、決算日の時価が取得原価に比べ50%以上下落した場合には、原則とし

        て減損処理を行い、30%以上50%未満下落した場合には、回復可能性があると認められるものを除き、
        減損処理を行っております。
    (デリバティブ取引関係)

       当社は、デリバティブ取引を利用していないため該当事項はありません。
    (退職給付関係)

     1.採用している退職給付制度の概要
                                 84/108

                                                          EDINET提出書類
                                               岡三アセットマネジメント株式会社(E12441)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
        当社の退職給付制度は、確定拠出年金制度(証券総合型DC岡三プラン)、確定給付企業年金制度及び
       退職一時金制度から構成されております。
     2.確定給付制度

      (1)退職給付債務の期首残高と期末残高の調整表
                                                     (単位:千円)
                                 前事業年度                当事業年度
                               ( 自 2018年4月1日             ( 自 2019年4月1日
                                至 2019年3月31日)                至 2020年3月31日)
     退職給付債務の期首残高                                 595,688                611,083
       勤務費用                                 54,500                52,355
       利息費用                                   416                ―
       数理計算上の差異の発生額                                △13,891                △38,262
       退職給付の支払額                                △25,631                △52,705
       その他                                   ―              6,061
     退職給付債務の期末残高                                 611,083                578,531
      (2)年金資産の期首残高と期末残高の調整表

                                                     (単位:千円)
                                 前事業年度                当事業年度
                               ( 自 2018年4月1日             ( 自 2019年4月1日
                                至 2019年3月31日)                至 2020年3月31日)
     年金資産の期首残高                                 343,897                350,120
       期待運用収益                                 1,719                1,750
       数理計算上の差異の発生額                                △4,398               △10,103
       事業主からの拠出額                                 17,595                15,462
       退職給付の支払額                                △8,692               △29,100
     年金資産の期末残高                                 350,120                328,129
      (3)退職給付債務及び年金資産の期末残高と貸借対照表に計上された退職給付引当金及び前払年金費用の

    調整表
                                                     (単位:千円)
                                 前事業年度                当事業年度
                               ( 2019年3月31日)               (2020年3月31日)
     積立型制度の退職給付債務                                 296,922                280,958
     年金資産                                △350,120                △328,129
                                      △53,197                △47,171
     非積立型制度の退職給付債務                                 314,160                297,572
     未積立退職給付債務                                 260,962                250,401
     未認識数理計算上の差異                                  17,380                48,853
     貸借対照表に計上された負債と資産の純額                                 278,343                299,255
     退職給付引当金                                 310,078                323,196

     前払年金費用                                  31,734                23,941
     貸借対照表に計上された負債と資産の純額                                 278,343                299,255
    (4)退職給付費用及びその内訳項目の金額

                                 85/108


                                                          EDINET提出書類
                                               岡三アセットマネジメント株式会社(E12441)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
                                                     (単位:千円)
                                 前事業年度                当事業年度
                               ( 自 2018年4月1日             ( 自 2019年4月1日
                                至 2019年3月31日)                至 2020年3月31日)
     勤務費用                                  54,500                52,355
     利息費用                                    416                ―
     期待運用収益                                 △1,719                △1,750
     数理計算上の差異の費用処理額                                  11,368                3,313
     確定給付制度に係る退職給付費用                                  64,566                53,917
      (5)年金資産に関する事項

        ①  年金資産の主な内訳
         年金資産合計に対する主な分類ごとの比率は、次のとおりであります。
                                 前事業年度                当事業年度
                               ( 2019年3月31日)               (2020年3月31日)
     株式                                  37.8%                33.4%
     一般勘定                                  31.1%                32.4%
     債券                                  18.2%                21.6%
     その他
                                       12.9%                12.6%
     合計
                                       100.0%                100.0%
        ②  長期期待運用収益率の設定方法
         年金資産の長期期待運用収益率は、保有する年金資産のポートフォリオ、過去の運用実績、運用方
        針、及び市場の動向等を考慮し設定しております。
      (6)数理計算上の計算基礎に関する事項

         主要な数理計算上の計算基礎(加重平均で表わしております。)
                                 前事業年度                当事業年度
                               ( 自 2018年4月1日             ( 自 2019年4月1日
                                至 2019年3月31日)                至 2020年3月31日)
     割引率                                  0.00%                0.03%
     長期期待運用収益率                                  0.50%                0.50%
    3.  確定拠出制度

       当社の確定拠出制度への要拠出額は、前事業年度13,786千円、当事業年度12,134千円であります。
    (税効果会計関係)

    1.繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別内訳
                                                     (単位:千円)
                                 前事業年度                当事業年度
                               (2019年3月31日)                (2020年3月31日)
     繰延税金資産
       退職給付引当金
                                       94,946                98,962
       役員退職慰労引当金
                                        5,474                6,990
       賞与引当金
                                        3,490                2,694
       ゴルフ会員権評価損
                                        2,182                 918
                                 86/108


                                                          EDINET提出書類
                                               岡三アセットマネジメント株式会社(E12441)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
       貸倒引当金
                                        4,442                4,442
       その他有価証券評価差額金
                                       17,815                13,135
       投資有価証券評価損
                                        2,817                2,817
       資産除去債務
                                       27,453                27,736
       未払事業税
                                        8,927                8,720
      未払不動産賃借料
                                       32,672                20,791
      その他
                                        4,884                4,915
     繰延税金資産の合計
                                       205,108                192,125
     繰延税金負債
      その他有価証券評価差額金
                                       104,404                93,855
      未収配当金
                                        6,003                4,098
       資産除去債務に対応する除去費用
                                       25,753                25,216
       前払年金費用
                                        9,717                7,330
     繰延税金負債の合計
                                       145,878                130,501
     繰延税金資産(負債)の純額
                                       59,229                61,623
    2.法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との差異の原因となった主な項目別の内訳

    前事業年度(2019年3月31日)
     法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との間の差異が法定実効税率の100分の5以下であるため注記を省
    略しております。
    当事業年度(2020年3月31日)

     法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との間の差異が法定実効税率の100分の5以下であるため注記を省
    略しております。
    (資産除去債務関係)

       資産除去債務のうち貸借対照表に計上しているもの
     1.当該資産除去債務の概要
       本店の不動産賃貸借契約に伴う原状回復義務であります。
     2.当該資産除去債務の金額の算定方法

       使用見込期間を取得から50年と見積り、割引率は1.030%を使用して資産除去債務の金額を計算しており
       ます。
     3.当該資産除去債務の総額の増減

                                                     (単位:千円)
                                 前事業年度               当事業年度
                                ( 自 2018年4月1日            ( 自 2019年4月1日
                                 至 2019年3月31日)               至 2020年3月31日)
                                  88,744                     89,658
     期首残高
                                     ―                     ―
     有形固定資産の取得に伴う増加額
                                    914                     923
     時の経過による調整額
                                     ―                     ―
     資産除去債務の履行による減少額
                                  89,658                     90,582
     期末残高
     (セグメント情報等)

      1.セグメント情報
       (1)報告セグメントの概要
          当社の報告セグメントは、当社の構成単位のうち分離された財務情報が入手可能であり、取締役会
                                 87/108


                                                          EDINET提出書類
                                               岡三アセットマネジメント株式会社(E12441)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
         が、経営資源の配分の決定及び業績を評価するために、定期的に検討を行う対象となっているもので
         あります。
          当社は「投資信託部門」及び「投資顧問部門」ごとに、経営戦略を立案・決定し、経営資源の配分
         及び業績の評価を行っております。
          なお、「投資顧問部門」のセグメントの売上高、利益又は損失の金額及び資産の額がいずれも事業
         セグメントの合計額の10%未満でありますので、報告セグメントは「投資信託部門」のみでありま
         す。
          報告セグメントである「投資信託部門」では投資信託の運用、商品開発等を行っております。
         報告セグメントが1つであり、開示情報としての重要性が乏しいため、セグメント情報の記載を省略
         しております。
       (2)報告セグメントごとの売上高、利益又は損失、資産、負債その他の項目の金額の算定方法

          報告セグメントが1つであり、開示情報としての重要性が乏しいため、セグメント情報の記載を省略
         しております。
       (3)報告セグメントごとの売上高、利益又は損失、資産、負債その他の項目の金額に関する情報

          前事業年度      (自2018年4月1日          至2019年3月31日)
          報告セグメントが1つであり、開示情報としての重要性が乏しいため、セグメント情報の記載を省略
         しております。
          当事業年度(自2019年4月1日               至2020年3月31日)

          報告セグメントが1つであり、開示情報としての重要性が乏しいため、セグメント情報の記載を省略
         しております。
       (4)報告セグメント合計額と財務諸表計上額との差額及び当該差額の主な内容(差異調整に関する事

       項)
          前事業年度      (自2018年4月1日          至2019年3月31日)
          報告セグメントが1つであり、開示情報としての重要性が乏しいため、セグメント情報の記載を省略
         しております。
          当事業年度(自2019年4月1日               至2020年3月31日)

          報告セグメントが1つであり、開示情報としての重要性が乏しいため、セグメント情報の記載を省略
         しております。
      2.関連情報

        前事業年度      (自2018年4月1日          至2019年3月31日)
         (1)  製品及びサービスごとの情報
          単一の製品・サービスの区分の外部顧客への営業収益が損益計算書の営業収益の90%を超えるた
          め、記載を省略しております。
         (2)  地域ごとの情報
          ①  営業収益
          本邦の外部顧客への営業収益が損益計算書の営業収益の90%を超えるため、記載を省略しておりま
          す。
          ②  有形固定資産
          本邦以外に所在している有形固定資産がないため、該当事項はありません。
         (3)  主要な顧客ごとの情報
          該当事項はありません。
        当事業年度(自2019年4月1日 至2020年3月31日)

         (1)  製品及びサービスごとの情報
                                 88/108


                                                          EDINET提出書類
                                               岡三アセットマネジメント株式会社(E12441)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
          単一の製品・サービスの区分の外部顧客への営業収益が損益計算書の営業収益の90%を超えるた
          め、記載を省略しております。
         (2)  地域ごとの情報
          ①  営業収益
          本邦の外部顧客への営業収益が損益計算書の営業収益の90%を超えるため、記載を省略しておりま
          す。
          ②  有形固定資産
          本邦以外に所在している有形固定資産がないため、該当事項はありません。
         (3)  主要な顧客ごとの情報
          該当事項はありません。
      3.報告セグメントごとの固定資産の減損損失に関する情報

          該当事項はありません。
      4.報告セグメントごとののれんの償却額及び未償却残高に関する情報

          該当事項はありません。
      5.報告セグメントごとの負ののれん発生益に関する情報

          該当事項はありません。
    (関連当事者情報)

      1.関連当事者との取引
      財務諸表提出会社と関連当事者との取引
      前事業年度(自        2018年4月1日       至  2019年3月31日)
         財務諸表提出会社と同一の親会社を持つ会社等

                                議決権等
             会社等の        資本金又は     事業の内
                                の所有    関連当事者           取引金額         期末残高
         種類     名称又は     所在地     出資金     容又は職               取引の内容           科目
                                (被所     との関係           (千円)         (千円)
              氏名        (千円)      業
                                有)割合
                                被所有    当社ファン      支払手数料           未払
       同一の親会社       岡三証券     東京都                              2,526,525         275,275
                      5,000,000      証券業     直 接    ドの募集取      の支払           手 数
       を持つ会社       株式会社     中央区                              (注1)         (注1)
                                 2.30%    扱      (注2)           料
       (注)    1.上記の取引金額には消費税等が含まれておらず、期末残高には消費税等が含まれております。
           2.取引条件及び取引条件の決定方針
             過去の取引条件及びファンドの商品性を勘案して決定しております。
     当事業年度(自        2019年4月1日       至  2020年3月31日)

         財務諸表提出会社と同一の親会社を持つ会社等

                                議決権等
             会社等の        資本金又は     事業の内
                                の所有    関連当事者           取引金額         期末残高
         種類     名称又は     所在地     出資金     容又は職               取引の内容           科目
                                (被所     との関係           (千円)         (千円)
              氏名        (千円)      業
                                有) 割合
                                被所有    当社ファン      支払手数料           未払
       同一の親会社       岡三証券     東京都                              2,453,627         239,547
                      5,000,000      証券業     直 接    ドの募集取      の支払           手 数
       を持つ会社       株式会社     中央区                              (注1)         (注1)
                                 3.43%    扱      (注2)           料
       (注)    1.上記の取引金額には消費税等が含まれておらず、期末残高には消費税等が含まれております。
           2.取引条件及び取引条件の決定方針
             過去の取引条件及びファンドの商品性を勘案して決定しております。
      2.親会社又は重要な関連会社に関する注記

                                 89/108


                                                          EDINET提出書類
                                               岡三アセットマネジメント株式会社(E12441)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
      (1)親会社情報
        株式会社岡三証券グループ(東京証券取引所に上場)
      (2)重要な関連会社の要約財務情報

         該当事項はありません。
      (1株当たり情報)

                                 前事業年度                当事業年度
                               (2019年3月31日)                (2020年3月31日)
     1株当たり純資産額                               22,014円13銭                25,294円50銭
     1株当たり当期純利益金額                                 940円16銭                897円68銭
     (注)1.潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、潜在株式がないため記載しておりません。
       2.1株当たり当期純利益金額の算定上の基礎は、以下のとおりです。
                                 前事業年度                当事業年度
                               ( 自 2018年4月1日             ( 自 2019年4月1日
                                 至 2019年3月31日)                至 2020年3月31日)
     当期純利益金額                                775,639千円                615,286千円
     普通株主に帰属しない金額
                                          ―                ―
     普通株式に係る当期純利益                                775,639千円                615,286千円
     普通株式の期中平均株式数                                 825,000株                685,419株
       3.1株当たり純資産額の算定上の基礎は、以下のとおりです。

                                   前事業年度               当事業年度
                                  (2019年3月31日)               (2020年3月31日)
     純資産の部の合計額                                18,161,657千円              14,030,887千円
     純資産の部から控除する合計額
                                           ―              ―
     普通株式に係る期末の純資産額                                18,161,657千円              14,030,887千円
     1株当たり純資産額の算定に用いられた期末の
     普通株式の数                                  825,000株              554,701株
      (重要な後発事象)

       該当事項はありません。
     中間財務諸表

    (1)[中間貸借対照表]
                                 (単位:千円)
                               当中間会計期間
                              (2020年9月30日)
     資産の部
      流動資産
       現金及び預金                              11,998,458
       有価証券                               464,724
       未収委託者報酬                               865,845
       未収運用受託報酬                                6,663
       未収投資助言報酬                                27,181
       その他の流動資産                                68,893
       流動資産合計
                                     13,431,766
      固定資産
       有形固定資産                ※1               260,332
                                       16,299
       無形固定資産
                                      1,651,782
       投資その他の資産
                                 90/108


                                                          EDINET提出書類
                                               岡三アセットマネジメント株式会社(E12441)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
                                      1,373,658
         投資有価証券
                                       292,634
         その他
                                      △14,510
         貸倒引当金
       固定資産合計                              1,928,414
     資産合計                                15,360,181
                                 (単位:千円)


                               当中間会計期間
                              (2020年9月30日)
     負債の部
      流動負債
       預り金                                77,238
       前受運用受託報酬                                1,087
       前受投資助言報酬                                  26
       未払金                               513,049
         未払収益分配金                                 3
         未払償還金                               5,001
         未払手数料                              391,959
         その他未払金                              116,085
       賞与引当金                                1,306
       未払法人税等                                47,708
       その他流動負債                ※2               219,967
       流動負債合計
                                       860,383
      固定負債
       退職給付引当金                               314,791
       役員退職慰労引当金                                11,880
       長期未払金                                9,700
       資産除去債務                                91,048
       固定負債合計
                                       427,420
      負債合計
                                      1,287,804
     純資産の部
      株主資本
       資本金                              1,000,000
       資本剰余金 
         資本準備金                              566,500
       資本剰余金合計
                                       566,500
       利益剰余金
         利益準備金                              179,830
         その他利益剰余金
          別途積立金                            5,718,662
          繰越利益剰余金                            6,436,792
         利益剰余金合計
                                     12,335,284
       株主資本合計
                                     13,901,784
      評価・換算差額等
       その他有価証券評価差額金                               170,592
       評価・換算差額等合計
                                       170,592
      純資産合計
                                     14,072,377
     負債・純資産合計
                                     15,360,181
                                 91/108


                                                          EDINET提出書類
                                               岡三アセットマネジメント株式会社(E12441)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
       (2)[中間損益計算書]

                                 (単位:千円)
                              当中間会計期間
                             (自 2020年4月1日
                              至 2020年9月30日)
     営業収益
      委託者報酬                               4,261,056
      運用受託報酬                                 12,466
      投資助言報酬                                 14,439
     営業収益合計
                                      4,287,962
     営業費用
                                      3,143,946
     一般管理費                                1,014,867
     営業利益
                                       129,147
     営業外収益                ※1
                                       61,155
     営業外費用                ※2                  26,198
     経常利益
                                       164,104
     特別利益                ※3
                                        2,391
     特別損失                                    -
     税引前中間純利益
                                       166,496
     法人税、住民税及び事業税
                                       36,875
     法人税等調整額                                  53,636
     法人税等合計
                                       90,512
     中間純利益
                                       75,983
    (3)[中間株主資本等変動計算書]


    当中間会計期間(自 2020年4月1日 至 2020年9月30日)
                                                  (単位:千円)
                            株主資本                    評価・換算差額等
                   資本剰余金             利益剰余金
                                                    評価・
                                                         純資産
                                                その他有
                                           株主資本         換算差
                              その他利益剰余金
                     資本剰
                                                         合計
             資本金                                   価証券評
                 資本準        利益準             利益剰余金
                                            合計        額等合
                     余金合
                             別途積立     繰越利益
                                                価差額金
                  備金        備金              合計
                                                     計
                      計
                              金    剰余金
             1,000,000     566,500    566,500    179,830    5,718,662     6,382,996     12,281,488     13,847,988     182,899    182,899    14,030,887
     当期首残高
     当中間期変動額

                                  △22,188     △22,188     △22,188             △22,188

      剰余金の配当
                                   75,983     75,983     75,983             75,983

      中間純利益
      株主資本以外の項
      目の当中間期変動
                                                △12,306    △12,306     △12,306
      額(純額)
     当中間期変動額合
               -    -    -    -     -   53,795     53,795     53,795   △12,306    △12,306      41,489
     計
             1,000,000     566,500    566,500    179,830    5,718,662     6,436,792     12,335,284     13,901,784     170,592    170,592    14,072,377
     当中間期末残高
    重要な会計方針

                                 92/108


                                                          EDINET提出書類
                                               岡三アセットマネジメント株式会社(E12441)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
    1.有価証券の評価基準及び評価方法
       その他有価証券
       時価のあるもの
        中間決算日の市場価格等に基づく時価法(評価差額は全部純資産直入法により処理し、売却原価は総平
        均法により算定)
       時価のないもの
        総平均法による原価法
    2.固定資産の減価償却の方法
    (1)  有形固定資産
        定率法を採用しております。ただし、1998年4月1日以降に取得した建物(建物附属設備を除く)並びに
        2016年4月1日以降に取得した建物附属設備及び構築物については、定額法を採用しております。
        なお、主な耐用年数は以下のとおりです。
         建物   15~18年
         器具備品 4~15年
    (2)  無形固定資産
        定額法を採用しております。
        なお、自社利用のソフトウェアについては、社内における利用可能期間(5年)に基づく定額法を採用し
        ております。
    3.引当金の計上基準

    (1)  貸倒引当金
        債権の貸倒れによる損失に備えるため、一般債権については貸倒実績率により、貸倒懸念債権等特定の
        債権については個別に回収可能性を勘案し、回収不能見込額を計上しております。
    (2)  賞与引当金
        従業員の賞与支給に備えるため、当社所定の計算方法による支給見込額の当中間会計期間負担額を計上
        しております。
    (3)  退職給付引当金
        従業員の退職給付に備えるため、当事業年度末における退職給付債務及び年金資産の見込額に基づき、
        当中間会計期間末において発生していると認められる額を計上しております。
       ①  退職給付見込額の期間帰属方法
        退職給付債務の算定にあたり、退職給付見込額を当中間会計期間末までの期間に帰属させる方法につい
        ては、給付算定式基準によっております。
       ②  数理計算上の差異の費用処理方法
        数理計算上の差異は、各事業年度の発生時における従業員の平均残存勤務期間以内の一定の年数(5
        年)による定額法により按分した額をそれぞれ発生の翌事業年度から費用処理しております。
    (4)  役員退職慰労引当金
       役員の退職慰労金の支出に備えるため、当社内規に基づく中間期末要支給見積額を計上しております。
    4.外貨建の資産及び負債の本邦通貨への換算基準
       外貨建金銭債権債務は、中間決算日の直物為替相場により円貨に換算し、換算差額は損益として処理して
       おります。
    5.その他中間財務諸表作成のための基本となる重要な事項
       消費税等の会計処理方法
       消費税及び地方消費税の会計処理は、税抜方式によっております。
       注記事項

    (中間貸借対照表関係)
    ※1有形固定資産の減価償却累計額
                                 93/108


                                                          EDINET提出書類
                                               岡三アセットマネジメント株式会社(E12441)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
                                当中間会計期間
                               (  2020年9月30日)
     建物                               43,580千円
     器具備品                                116,000 〃
     計                                159,580 〃
    ※2消費税等の取扱い

     仮払消費税等及び仮受消費税等は相殺のうえ、流動負債の「その他流動負債」に含めて表示しております。
    (中間損益計算書関係)

    ※1営業外収益の主要項目は、次のとおりであります。
                                当中間会計期間
                               (  自  2020年4月1日
                                至 2020年9月30日)
     受取配当金                                13,005千円
     受取補償金                                25,964    〃
     受取保険金
                                      20,000    〃
    ※2営業外費用の主要項目は、次のとおりであります。

                                当中間会計期間
                               (  自  2020年4月1日
                                至 2020年9月30日)
     支払補償費                                25,964千円
    ※3特別利益の主要項目は、次のとおりであります。

                                当中間会計期間
                               (  自  2020年4月1日
                                至 2020年9月30日)
     投資有価証券売却益                                 2,391千円
    4減価償却実施額は、次のとおりであります。

                                当中間会計期間
                               (  自  2020年4月1日
                                至 2020年9月30日)
      有形固定資産                                 18,211千円
      無形固定資産                                  976  〃
    (中間株主資本等変動計算書関係)

    当中間会計期間(自           2020年4月1日       至  2020年9月30日)
    1.発行済株式に関する事項
                    当事業年度期首          当中間会計期間増加         当中間会計期間減少           当中間会計期間末
         株式の種類
       普通株式(株)                  554,701         ―         ―             554,701
    2.剰余金の配当に関する事項

                                 94/108


                                                          EDINET提出書類
                                               岡三アセットマネジメント株式会社(E12441)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
          決議       株式の種類       配当金の総額         1株当たり          基準日         効力発生日
                         (千円)       配当額(円)
       2020年6月23日           普通株式          22,188          40     2020年3月31日          2020年6月24日
       定時株主総会
    (リース取引関係)

    1.ファイナンス・リース取引
      該当事項はありません。
    2.  オペレーティング・リース取引

     (借主側)
      オペレーティング・リース取引のうち解約不能のものに係る未経過リース料
                                   当中間会計期間
                                  (2020年9月30日)
                                       千円
                                  226,338
     1年以内
                                        〃
                                  56,584
     1年超
                                        〃
                                  282,922
     合計
    (金融商品関係)

     当中間会計期間(2020年9月30日)
     金融商品の時価等に関する事項
       2020年9月30日における中間貸借対照表計上額、時価及びこれらの差額については、次のとおりでありま
       す。なお時価を把握することが極めて困難と認められるものは含まれておりません((注2)参照)。
                                             (単位:千円)
                        中間貸借対照表計上額                時価         差額
        (1)現金及び預金                     11,998,458           11,998,458             ―
        (2)有価証券                       464,724           464,724           ―
        (3)未収委託者報酬                       865,845           865,845           ―
        (4)投資有価証券                       819,797           819,797           ―
        (5)未払金(未払手数料)                       391,959           391,959           ―
        (6)未払法人税等                        47,708           47,708          ―
    (注1)金融商品の時価の算定方法

      (1)現金及び預金、(3)未収委託者報酬、(5)未払金(未払手数料)、(6)未払法人税等
        これらは短期間で決済されるため、時価は帳簿価額にほぼ等しいことから、当該帳簿価額によっており
       ます。
      (2)有価証券、(4)投資有価証券
        これらの時価について、上場株式は取引所の価格、債券は取引所の価格又は日本証券業協会が公表する
       価格等、投資信託は公表されている基準価額等によっております。また、保有目的ごとの有価証券に関す
       る事項については、注記事項「有価証券関係」をご参照下さい。
    (注2)時価を把握することが極めて困難と認められる金融商品の中間貸借対照表計上額

                                 (単位:千円)
                                 95/108


                                                          EDINET提出書類
                                               岡三アセットマネジメント株式会社(E12441)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
                          当中間会計期間
             区分
                         (  2020年9月30日)
           非上場株式                 553,861
         非上場株式については、市場価額がなく、時価を把握することが極めて困難と認められるため、
         「(4)投資有価証券」には含めておりません。
    (有価証券関係)

        1.その他有価証券
         当中間会計期間(2020年9月30日)
                                                (単位:千円)
              区分             種類          中間貸借        取得原価         差額
                                     対照表
                                     計上額
          中間貸借対照表計上
          額が取得原価を超え
                      (1)株式
                                      614,806        341,156        273,650
          るもの
                      (2)債券
                        ①  国債・地方債等               ―        ―        ―
                        ②  社債               ―        ―        ―
                        ③  その他               ―        ―        ―
                      (3)その他                106,359         94,000        12,359
              小計
                                      721,165        435,156        286,009
          中間貸借対照表計上
          額が取得原価を超え
                      (1)株式
                                         ―        ―        ―
          ないもの
                      (2)債券
                        ①  国債・地方債等               ―        ―        ―
                        ②  社債               ―        ―        ―
                        ③  その他               ―        ―        ―
                      (3)その他                563,356        603,483       △40,127
              小計
                                      563,356        603,483       △40,127
              合計
                                     1,284,521        1,038,639         245,881
        (注)非上場株式(中間貸借対照表計上額 553,861千円)については、市場価格がなく、時価を

            把握することが極めて困難と認められることから、上表の「その他有価証券」には含めてお
            りません。
     (デリバティブ取引関係)

        当中間会計期間(2020年9月30日)
         当社は、デリバティブ取引を利用していないため該当事項はありません。
    (資産除去債務関係)

       資産除去債務のうち中間貸借対照表に計上しているもの
       当該資産除去債務の総額の増減
                                   当中間会計期間
                                  (  自  2020年4月1日
                                   至 2020年9月30
                                     日)
                                       千円
                                  90,582
     期首残高
                                 96/108


                                                          EDINET提出書類
                                               岡三アセットマネジメント株式会社(E12441)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
                                        〃
                                    466
     時の経過による調整額
                                        〃
                                  91,048
     当中間会計期間末残高
     (セグメント情報等)

        1.セグメント情報
         当中間会計期間(自2020年4月1日                  至2020年9月30日)
          当社は「投資信託部門」及び「投資顧問部門」ごとに、経営戦略を立案・決定し、経営資源の配分
         及び業績の評価を行っております。
         なお「投資顧問部門」のセグメントの営業収益、利益又は損失の金額及び資産の額がいずれも事業セ
         グメントの合計額の10%未満でありますので、報告セグメントは「投資信託部門」のみであります。
         報告セグメントである「投資信託部門」では投資信託の運用、商品開発等を行っております。報告セ
         グメントが1つであり、開示情報としての重要性が乏しいため、セグメント情報の記載を省略しており
         ます。
        2.関連情報

         当中間会計期間(自2020年4月1日 至2020年9月30日)
         (1)製品及びサービスごとの情報

          単一の製品・サービスの区分の外部顧客への営業収益が中間損益計算書の営業収益の90%を超える
          ため、記載を省略しております。
         (2)地域ごとの情報

          ①営業収益
           本邦の外部顧客への営業収益が中間損益計算書の営業収益の90%を超えるため、記載を省略して
           おります。
          ②有形固定資産
           本邦に所在している有形固定資産の金額が中間貸借対照表の有形固定資産の金額の90%を超える
           ため、記載を省略しております。
         (3)主要な顧客ごとの情報

           該当事項はありません。
        3.報告セグメントごとの固定資産の減損損失に関する情報

         当中間会計期間(自2020年4月1日 至2020年9月30日)
         該当事項はありません。
        4.報告セグメントごとののれんの償却額及び未償却残高に関する情報

         当中間会計期間(自2020年4月1日 至2020年9月30日)
         該当事項はありません。
        5.報告セグメントごとの負ののれん発生益に関する情報

         当中間会計期間(自2020年4月1日 至2020年9月30日)
         該当事項はありません。
    (1株当たり情報)

       1株当たり純資産額及び算定上の基礎並びに1株当たり中間純利益金額及び算定上の基礎は、以下のとお
       りであります。
                                      当中間会計期間
                                      (2020年9月30日)
     (1)1株当たり純資産額                                      25,369円30銭
                                 97/108


                                                          EDINET提出書類
                                               岡三アセットマネジメント株式会社(E12441)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
      (算定上の基礎)
        純資産の部の合計額(千円)                                     14,072,377
        純資産の部の合計額から控除する金額(千円)
                                                ―
        普通株式に係る中間期末(期末)の純資産額(千円)                                     14,072,377
       普通株式の発行済株式数(株)                                         554,701
        1株当たり純資産額の算定に用いられた
       中間期末(期末)の普通株式の数(株)                                         554,701
                                      当中間会計期間

                                     (  自  2020年4月1日
                                     至 2020年9月30日)
     (2)1株当たり中間純利益金額                                        136円98銭
      (算定上の基礎)
       中間純利益金額(千円)                                        75,983
       普通株主に帰属しない金額(千円)
                                                ―
       普通株式に係る中間純利益金額(千円)                                        75,983
       普通株式の期中平均株式数(株)                                       554,701
    (注)潜在株式調整後1株当たり中間純利益金額については、潜在株式は存在しないため、記載しておりません。
    (重要な後発事象)

       当社は、2020年11月20日開催の取締役会において、2020年12月1日に当社の親会社である株式会社岡三証
       券グループに対して6,000,000千円を極度額として貸付を行うことを決議し、2020年12月1日に5,000,000
       千円の貸付を実行しております。
    4【利害関係人との取引制限】

        委託会社は、「金融商品取引法」の定めるところにより、利害関係人との取引について、次に掲

       げる行為が禁止されています。
      ① 自己又はその取締役若しくは執行役との間における取引を行うことを内容とした運用を行うこと

        (投資者の保護に欠け、若しくは取引の公正を害し、又は金融商品取引業の信用を失墜させるお
        それがないものとして内閣府令で定めるものを除きます。)。
      ② 運用財産相互間において取引を行うことを内容とした運用を行うこと(投資者の保護に欠け、若
        しくは取引の公正を害し、又は金融商品取引業の信用を失墜させるおそれがないものとして内閣
        府令で定めるものを除きます。)。
      ③ 通常の取引の条件と異なる条件であって取引の公正を害するおそれのある条件で、委託会社の親
        法人等(委託会社の総株主等の議決権の過半数を保有していることその他の当該金融商品取引業
        者と密接な関係を有する法人その他の団体として政令で定める要件に該当する者をいいます。以
        下④⑤において同じ。)又は子法人等(委託会社が総株主等の議決権の過半数を保有しているこ
        とその他の当該金融商品取引業者と密接な関係を有する法人その他の団体として政令で定める要
        件に該当する者をいいます。以下同じ。)と有価証券の売買その他の取引又は店頭デリバティブ
        取引を行うこと。
      ④ 委託会社の親法人等又は子法人等の利益を図るため、その行う投資運用業に関して運用の方針、
        運用財産の額若しくは市場の状況に照らして不必要な取引を行うことを内容とした運用を行うこ
        と。
      ⑤ 上記③④に掲げるもののほか、委託会社の親法人等又は子法人等が関与する行為であって、投資
        者の保護に欠け、若しくは取引の公正を害し、又は金融商品取引業の信用を失墜させるおそれの
        あるものとして内閣府令で定める行為。
                                 98/108


                                                          EDINET提出書類
                                               岡三アセットマネジメント株式会社(E12441)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
    5【その他】

      (1)定款の変更等

           委託会社の定款の変更に関しては、株主総会の決議が必要です。
           委託会社は、事業の全部又は一部を譲渡することがあります。
           委託会社は、分割により事業の全部又は一部を承継させることがあります。
      (2)訴訟事件その他の重要事項

           該当事項はありません。
    第2【その他の関係法人の概況】

    1【名称、資本金の額及び事業の内容】

        (1)「受託会社」

          みずほ信託銀行株式会社
          ① 資本金の額
             2020年3月末日現在、247,369百万円
          ② 事業の内容
             銀行法に基づき銀行業を営むとともに、金融機関の信託業務の兼営等に関する法律(兼
             営法)に基づき信託業務を営んでいます。
        (2)「販売会社」(資本金の額は、2020年3月末日現在)

                名称             資本金の額(百万円)                    事業の内容
         株式会社 SBI証券                               48,323

                                            「金融商品取引法」に定める
         ひろぎん証券株式会社                               5,000
                                            第一種金融商品取引業を営ん
         益茂証券株式会社                                515
                                            でいます。
         楽天証券株式会社                               7,495
    2【関係業務の概要】

        (1)「受託会社」は、主に以下の業務を行います。

          ① 投資信託財産の保管、管理及び計算
          ② 委託会社の指図に基づく投資信託財産の処分
        (2)「販売会社」は、主に以下の業務を行います。

          ① 受益権の募集の取扱い
          ② 収益分配金の再投資
          ③ 収益分配金、償還金及び解約金の支払いの取扱い
          ④ 投資信託説明書(交付目論見書)、投資信託説明書(請求目論見書)、運用報告書の交付
            の取扱い
                                 99/108

                                                          EDINET提出書類
                                               岡三アセットマネジメント株式会社(E12441)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
          ⑤ 解約請求の受付、買取請求の受付・実行
    3【資本関係】

      (持株比率5.0%以上を記載します。)
       該当事項はありません。
    第3【参考情報】

        ファンドについては、当計算期間において以下の書類が提出されております。
               提出年月日                     提出書類
         2019年12月27日                  有価証券届出書
         2019年12月27日                  有価証券報告書
         2020年    7月  3日            有価証券届出書
         2020年    7月  3日            半期報告書
                                100/108















                                                          EDINET提出書類
                                               岡三アセットマネジメント株式会社(E12441)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
                      独  立  監  査  人  の  監  査  報  告  書
                                                    2020年6月23日
     岡三アセットマネジメント株式会社
      取 締 役 会  御中
                       東 陽 監 査 法 人

                         東京事務所
                         指定社     員

                                   公認会計士        榎倉昭夫 印
                         業務執行社      員
                         指定社     員

                                   公認会計士        大橋 睦 印
                         業務執行社      員
    監査意見

      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づく監査証明を行うため、「委託会
    社等の経理状況」に掲げられている岡三アセットマネジメント株式会社の2019年4月1日から2020年
    3月31日までの第56期事業年度の財務諸表、すなわち、                                貸借対照表、損益計算書、株主資本等変動計
    算書、重要な会計方針及びその他の注記                     について監査を行った。
      当監査法人は、上記の財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に
    準拠して、岡三アセットマネジメント株式会社の2020年3月31日現在の                                         財政状態及び同日をもって終
    了する事業年度の経営成績              を、全ての重要な点において適正に表示しているものと認める。
    監査意見の根拠

      当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に準拠して監査を行った。
    監査の基準における当監査法人の責任は、「財務諸表監査における監査人の責任」に記載されてい
    る。当監査法人は、我が国における職業倫理に関する規定に従って、会社から独立しており、また、
    監査人としてのその他の倫理上の責任を果たしている。当監査法人は、意見表明の基礎となる十分か
    つ適切な監査証拠を入手したと判断している。
    財務諸表に対する経営者並びに監査役及び監査役会の責任

      経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して財務諸表
    を作成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない財務諸表
    を作成し適正に表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれ
    る。
      財務諸表を作成するに当たり、経営者は、継続企業の前提に基づき財務諸表を作成することが適切
    であるかどうかを評価し、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に基づいて継
    続企業に関する事項を開示する必要がある場合には当該事項を開示する責任がある。
      監査役及び監査役会の責任は、財務報告プロセスの整備及び運用における取締役の職務の執行を監
    視することにある。
    財務諸表監査における監査人の責任

      監査人の責任は、監査人が実施した監査に基づいて、全体としての財務諸表に不正又は誤謬による
    重要な虚偽表示がないかどうかについて合理的な保証を得て、監査報告書において独立の立場から財
    務諸表に対する意見を表明することにある。虚偽表示は、不正又は誤謬により発生する可能性があ
    り、個別に又は集計すると、財務諸表の利用者の意思決定に影響を与えると合理的に見込まれる場合
    に、重要性があると判断される。
      監査人は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に従って、監査の過程を通じ
    て、職業的専門家としての判断を行い、職業的懐疑心を保持して以下を実施する。
                                101/108


                                                          EDINET提出書類
                                               岡三アセットマネジメント株式会社(E12441)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
    ・    不正又は誤謬による重要な虚偽表示リスクを識別し、評価する。また、重要な虚偽表示リスク
      に対応した監査手続を立案し、実施する。監査手続の選択及び適用は監査人の判断による。さら
      に、  意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手する。
    ・    財務諸表監査の目的は、内部統制の有効性について意見表明するためのものではないが、監査
      人は、リスク評価の実施に際して、状況に応じた適切な監査手続を立案するために、監査に関連す
      る内部統制を検討する。
    ・    経営者が採用した会計方針及びその適用方法の適切性、並びに経営者によって行われた会計上
      の見積りの合理性及び関連する注記事項の妥当性を評価する。
    ・    経営者が継続企業を前提として財務諸表を作成することが適切であるかどうか、また、入手し
      た監査証拠に基づき、継続企業の前提に重要な疑義を生じさせるような事象又は状況に関して重要
      な不確実性が認められるかどうか結論付ける。継続企業の前提に関する重要な不確実性が認められ
      る場合は、監査報告書において財務諸表の注記事項に注意を喚起すること、又は重要な不確実性に
      関する財務諸表の注記事項が適切でない場合は、財務諸表に対して除外事項付意見を表明すること
      が求められている。監査人の結論は、監査報告書日までに入手した監査証拠に基づいているが、将
      来の事象や状況により、企業は継続企業として存続できなくなる可能性がある。
    ・    財務諸表の表示及び注記事項が、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準
      に準拠しているかどうかとともに、関連する注記事項を含めた財務諸表の表示、構成及び内容、並
      びに財務諸表が基礎となる取引や会計事象を適正に表示しているかどうかを評価する。
      監査人は、監査役及び監査役会に対して、計画した監査の範囲とその実施時期、監査の実施過程で
    識別した内部統制の重要な不備を含む監査上の重要な発見事項、及び監査の基準で求められているそ
    の他の事項について報告を行う。
    利害関係

      会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係は
    ない。
                                                        以  上

    (注)1.上記は監査報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社が別途保管しております。

       2.XBRLデータは監査の対象には含まれていません。
                                102/108









                                                          EDINET提出書類
                                               岡三アセットマネジメント株式会社(E12441)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
                        独立監査人の監査報告書

                                                   2020年11月10日

     岡三アセットマネジメント株式会社
       取締役会 御中

                         東  陽  監  査  法  人
                     東京事務所
                          指定社     員

                                    公認会計士        宝金正典 印
                          業務執行社      員
                          指定社     員

                                    公認会計士        猿渡裕子 印
                          業務執行社      員
     監査意見

      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づく監査証明を行うため、「ファ
     ンドの経理状況」に掲げられている「日本の未来図(米ドル投資型)」の2019年10月8日から2020
     年10月6日までの計算期間の財務諸表、すなわち、貸借対照表、損益及び剰余金計算書、注記表並
     びに附属明細表について監査を行った。
      当監査法人は、上記の財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準
     に準拠して、「日本の未来図(米ドル投資型)」の2020年10月6日現在の信託財産の状態及び同日
     をもって終了する計算期間の損益の状況を、全ての重要な点において適正に表示しているものと認
     める。
     監査意見の根拠

      当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に準拠して監査を行っ
     た。監査の基準における当監査法人の責任は、「財務諸表監査における監査人の責任」に記載され
     ている。当監査法人は、我が国における職業倫理に関する規定に従って、岡三アセットマネジメン
     ト株式会社及びファンドから独立しており、また、監査人としてのその他の倫理上の責任を果たし
     ている。当監査法人は、意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手したと判断してい
     る。
     財務諸表に対する経営者の責任

      経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して財務諸
     表を作成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない財務
     諸表を作成し適正に表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含
     まれる。
      財務諸表を作成するに当たり、経営者は、継続企業の前提に基づき財務諸表を作成することが適
     切であるかどうかを評価し、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に基づい
     て継続企業に関する事項を開示する必要がある場合には当該事項を開示する責任がある。
     財務諸表監査における監査人の責任

      監査人の責任は、監査人が実施した監査に基づいて、全体としての財務諸表に不正又は誤謬によ
     る重要な虚偽表示がないかどうかについて合理的な保証を得て、監査報告書において独立の立場か
     ら財務諸表に対する意見を表明することにある。虚偽表示は、不正又は誤謬により発生する可能性
     があり、個別に又は集計すると、財務諸表の利用者の意思決定に影響を与えると合理的に見込まれ
     る場合に、重要性があると判断される。
      監査人は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に従って、監査の過程を通じ
     て、職業的専門家としての判断を行い、職業的懐疑心を保持して以下を実施する。
     ・ 不正又は誤謬による重要な虚偽表示リスクを識別し、評価する。また、重要な虚偽表示リスク
      に対応した監査手続を立案し、実施する。監査手続の選択及び適用は監査人の判断による。さら
      に、意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手する。
     ・ 財務諸表監査の目的は、内部統制の有効性について意見表明するためのものではないが、監査
      人は、リスク評価の実施に際して、状況に応じた適切な監査手続を立案するために、監査に関連
                                103/108


                                                          EDINET提出書類
                                               岡三アセットマネジメント株式会社(E12441)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
      する内部統制を検討する。
     ・ 経営者が採用した会計方針及びその適用方法の適切性、並びに経営者によって行われた会計上
      の見積りの合理性及び関連する注記事項の妥当性を評価する。
     ・ 経営者が継続企業を前提として財務諸表を作成することが適切であるかどうか、また、入手し
      た監査証拠に基づき、継続企業の前提に重要な疑義を生じさせるような事象又は状況に関して重
      要な不確実性が認められるかどうか結論付ける。継続企業の前提に関する重要な不確実性が認め
      られる場合は、監査報告書において財務諸表の注記事項に注意を喚起すること、又は重要な不確
      実性に関する財務諸表の注記事項が適切でない場合は、財務諸表に対して除外事項付意見を表明
      することが求められている。監査人の結論は、監査報告書日までに入手した監査証拠に基づいて
      いるが、将来の事象や状況により、ファンドは継続企業として存続できなくなる可能性がある。
     ・ 財務諸表の表示及び注記事項が、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準
      に準拠しているかどうかとともに、関連する注記事項を含めた財務諸表の表示、構成及び内容、
      並びに財務諸表が基礎となる取引や会計事象を適正に表示しているかどうかを評価する。
      監査人は、経営者に対して、計画した監査の範囲とその実施時期、監査の実施過程で識別した内
     部統制の重要な不備を含む監査上の重要な発見事項、及び監査の基準で求められているその他の事
     項について報告を行う。
     利害関係

      岡三アセットマネジメント株式会社及びファンドと当監査法人又は業務執行社員との間には、公
     認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                        以  上

    (注)1.上記は監査報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社が別途保管しております。

       2.XBRLデータは監査の対象には含まれていません。
                                104/108












                                                          EDINET提出書類
                                               岡三アセットマネジメント株式会社(E12441)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
                        独立監査人の監査報告書

                                                   2020年11月10日

     岡三アセットマネジメント株式会社
       取締役会 御中

                         東  陽  監  査  法  人
                     東京事務所
                          指定社     員

                                    公認会計士        宝金正典 印
                          業務執行社      員
                          指定社     員

                                    公認会計士        猿渡裕子 印
                          業務執行社      員
     監査意見

      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づく監査証明を行うため、「ファ
     ンドの経理状況」に掲げられている「日本の未来図(円投資型)」の2019年10月8日から2020年10
     月6日までの計算期間の財務諸表、すなわち、貸借対照表、損益及び剰余金計算書、注記表並びに
     附属明細表について監査を行った。
      当監査法人は、上記の財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準
     に準拠して、「日本の未来図(円投資型)」の2020年10月6日現在の信託財産の状態及び同日を
     もって終了する計算期間の損益の状況を、全ての重要な点において適正に表示しているものと認め
     る。
     監査意見の根拠

      当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に準拠して監査を行っ
     た。監査の基準における当監査法人の責任は、「財務諸表監査における監査人の責任」に記載され
     ている。当監査法人は、我が国における職業倫理に関する規定に従って、岡三アセットマネジメン
     ト株式会社及びファンドから独立しており、また、監査人としてのその他の倫理上の責任を果たし
     ている。当監査法人は、意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手したと判断してい
     る。
     財務諸表に対する経営者の責任

      経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して財務諸
     表を作成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない財務
     諸表を作成し適正に表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含
     まれる。
      財務諸表を作成するに当たり、経営者は、継続企業の前提に基づき財務諸表を作成することが適
     切であるかどうかを評価し、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に基づい
     て継続企業に関する事項を開示する必要がある場合には当該事項を開示する責任がある。
     財務諸表監査における監査人の責任

      監査人の責任は、監査人が実施した監査に基づいて、全体としての財務諸表に不正又は誤謬によ
     る重要な虚偽表示がないかどうかについて合理的な保証を得て、監査報告書において独立の立場か
     ら財務諸表に対する意見を表明することにある。虚偽表示は、不正又は誤謬により発生する可能性
     があり、個別に又は集計すると、財務諸表の利用者の意思決定に影響を与えると合理的に見込まれ
     る場合に、重要性があると判断される。
      監査人は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に従って、監査の過程を通じ
     て、職業的専門家としての判断を行い、職業的懐疑心を保持して以下を実施する。
     ・ 不正又は誤謬による重要な虚偽表示リスクを識別し、評価する。また、重要な虚偽表示リスク
      に対応した監査手続を立案し、実施する。監査手続の選択及び適用は監査人の判断による。さら
      に、意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手する。
     ・ 財務諸表監査の目的は、内部統制の有効性について意見表明するためのものではないが、監査
      人は、リスク評価の実施に際して、状況に応じた適切な監査手続を立案するために、監査に関連
                                105/108


                                                          EDINET提出書類
                                               岡三アセットマネジメント株式会社(E12441)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
      する内部統制を検討する。
     ・ 経営者が採用した会計方針及びその適用方法の適切性、並びに経営者によって行われた会計上
      の見積りの合理性及び関連する注記事項の妥当性を評価する。
     ・ 経営者が継続企業を前提として財務諸表を作成することが適切であるかどうか、また、入手し
      た監査証拠に基づき、継続企業の前提に重要な疑義を生じさせるような事象又は状況に関して重
      要な不確実性が認められるかどうか結論付ける。継続企業の前提に関する重要な不確実性が認め
      られる場合は、監査報告書において財務諸表の注記事項に注意を喚起すること、又は重要な不確
      実性に関する財務諸表の注記事項が適切でない場合は、財務諸表に対して除外事項付意見を表明
      することが求められている。監査人の結論は、監査報告書日までに入手した監査証拠に基づいて
      いるが、将来の事象や状況により、ファンドは継続企業として存続できなくなる可能性がある。
     ・ 財務諸表の表示及び注記事項が、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準
      に準拠しているかどうかとともに、関連する注記事項を含めた財務諸表の表示、構成及び内容、
      並びに財務諸表が基礎となる取引や会計事象を適正に表示しているかどうかを評価する。
      監査人は、経営者に対して、計画した監査の範囲とその実施時期、監査の実施過程で識別した内
     部統制の重要な不備を含む監査上の重要な発見事項、及び監査の基準で求められているその他の事
     項について報告を行う。
     利害関係

      岡三アセットマネジメント株式会社及びファンドと当監査法人又は業務執行社員との間には、公
     認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                        以  上

    (注)1.上記は監査報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社が別途保管しております。

       2.XBRLデータは監査の対象には含まれていません。
                                106/108












                                                          EDINET提出書類
                                               岡三アセットマネジメント株式会社(E12441)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
                    独立監査人の中間監査報告                     書

                                                   2020年12月2日
     岡三アセットマネジメント株式会社
      取締役会 御中
                      東 陽 監 査 法 人

                       東京事務所
                         指定社     員

                                   公認会計士        榎倉昭夫 印
                         業務執行社      員
                         指定社     員

                                   公認会計士        大橋 睦 印
                         業務執行社      員
    中間監査意見

      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づく監査証明を行うため、「委託会
    社等の経理状況」に掲げられている岡三アセットマネジメント株式会社の2020年4月1日から2021年
    3月31日までの第57期事業年度の中間会計期間(2020年4月1日から2020年9月30日まで)に係る中
    間財務諸表、すなわち、中間貸借対照表、中間損益計算書、中間株主資本等変動計算書、重要な会計
    方針及びその他の注記について中間監査を行った。
      当監査法人は、上記の中間財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認められる中間財務諸表
    の作成基準に準拠して、岡三アセットマネジメント株式会社の2020年9月30日現在の財政状態及び同
    日をもって終了する中間会計期間(2020年4月1日から2020年9月30日まで)の経営成績に関する有
    用な情報を表示しているものと認める。
    中間監査意見の根拠

      当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる中間監査の基準に準拠して中間監査を
    行った。中間監査の基準における当監査法人の責任は、「中間財務諸表監査における監査人の責任」
    に記載されている。当監査法人は、我が国における職業倫理に関する規定に従って、会社から独立し
    ており、また、監査人としてのその他の倫理上の責任を果たしている。当監査法人は、中間監査の意
    見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手したと判断している。
    中間財務諸表に対する経営者並びに監査役及び監査役会の責任

      経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる中間財務諸表の作成基準に準拠して
    中間財務諸表を作成し有用な情報を表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽
    表示のない中間財務諸表を作成し有用な情報を表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整
    備及び運用することが含まれる。
      中間財務諸表を作成するに当たり、経営者は、継続企業の前提に基づき中間財務諸表を作成するこ
    とが適切であるかどうかを評価し、我が国において一般に公正妥当と認められる中間財務諸表の作成
    基準に基づいて継続企業に関する事項を開示する必要がある場合には当該事項を開示する責任があ
    る。
      監査役及び監査役会の責任は、財務報告プロセスの整備及び運用における取締役の職務の執行を監
    視することにある。
    中間財務諸表監査における監査人の責任

      監査人の責任は、監査人が実施した中間監査に基づいて、全体として中間財務諸表の有用な情報の
    表示に関して投資者の判断を損なうような重要な虚偽表示がないかどうかの合理的な保証を得て、中
    間監査報告書において独立の立場から中間財務諸表に対する意見を表明することにある。虚偽表示
    は、不正又は誤謬により発生する可能性があり、個別に又は集計すると、中間財務諸表の利用者の意
                                107/108


                                                          EDINET提出書類
                                               岡三アセットマネジメント株式会社(E12441)
                                                有価証券報告書(内国投資信託受益証券)
    思決定に影響を与えると合理的に見込まれる場合に、重要性があると判断される。
      監査人は、我が国において一般に公正妥当と認められる中間監査の基準に従って、中間監査の過程
    を通じて、職業的専門家としての判断を行い、職業的懐疑心を保持して以下を実施する。
      ・   不正又は誤謬による中間財務諸表の重要な虚偽表示リスクを識別し、評価する。また、重要な

       虚偽表示リスクに対応する中間監査手続を立案し、実施する。中間監査手続の選択及び適用は監
       査人の判断による。さらに、中間監査の意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手す
       る。なお、中間監査手続は、年度監査と比べて監査手続の一部が省略され、監査人の判断によ
       り、不正又は誤謬による中間財務諸表の重要な虚偽表示リスクの評価に基づいて、分析的手続等
       を中心とした監査手続に必要に応じて追加の監査手続が選択及び適用される。
      ・   中間財務諸表監査の目的は、内部統制の有効性について意見表明するためのものではないが、
       監査人は、リスク評価の実施に際して、状況に応じた適切な中間監査手続を立案するために、中
       間財務諸表の作成と有用な情報の表示に関連する内部統制を検討する。
      ・   経営者が採用した会計方針及びその適用方法並びに経営者によって行われた会計上の見積りの
       合理性及び関連する注記事項の妥当性を評価する。
      ・   経営者が継続企業を前提として中間財務諸表を作成することが適切であるかどうか、また、入
       手した監査証拠に基づき、継続企業の前提に重要な疑義を生じさせるような事象又は状況に関し
       て重要な不確実性が認められるかどうか結論付ける。継続企業の前提に関する重要な不確実性が
       認められる場合は、中間監査報告書において中間財務諸表の注記事項に注意を喚起すること、又
       は重要な不確実性に関する中間財務諸表の注記事項が適切でない場合は、中間財務諸表に対して
       除外事項付意見を表明することが求められている。監査人の結論は、中間監査報告書日までに入
       手した監査証拠に基づいているが、将来の事象や状況により、企業は継続企業として存続できな
       くなる可能性がある。
      ・   中間財務諸表の表示及び注記事項が、我が国において一般に公正妥当と認められる中間財務諸
       表の作成基準に準拠しているかどうかとともに、関連する注記事項を含めた中間財務諸表の表
       示、構成及び内容、並びに中間財務諸表が基礎となる取引や会計事象に関して有用な情報を表示
       しているかどうかを評価する。
      監査人は、監査役及び監査役会に対して、計画した中間監査の範囲とその実施時期、中間監査の実
    施過程で識別した内部統制の重要な不備を含む中間監査上の重要な発見事項、及び中間監査の基準で
    求められているその他の事項について報告を行う。
    利害関係

      会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係は
    ない。
                                                        以  上

    (注)1.上記は中間監査報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社が別途保管しております。

       2.XBRLデータは監査の対象には含まれていません。
                                108/108






PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

書類提出日で検索

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2022年4月25日

社名の変更履歴が表示されるようになりました

2020年12月21日

新規上場の通知機能を追加しました。Myページにて通知の設定が行えます。

2020年9月22日

企業・投資家の個別ページに掲載情報を追加しました。また、併せて細かい改修を行いました。

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。