株式会社新生銀行 四半期報告書 第21期第2四半期(令和2年7月1日-令和2年9月30日)

提出書類 四半期報告書-第21期第2四半期(令和2年7月1日-令和2年9月30日)
提出日
提出者 株式会社新生銀行
カテゴリ 四半期報告書

                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社新生銀行(E03530)
                                                            四半期報告書
    【表紙】
     【提出書類】                   四半期報告書

     【根拠条文】                   金融商品取引法第24条の4の7第1項
     【提出先】                   関東財務局長
     【提出日】                   2020年11月19日
     【四半期会計期間】                   第21期第2四半期(自 2020年7月1日 至 2020年9月30日)
     【会社名】                   株式会社新生銀行
     【英訳名】                   Shinsei    Bank,   Limited
     【代表者の役職氏名】                   代表取締役社長 最高経営責任者 工藤 英之
     【本店の所在の場所】                   東京都中央区日本橋室町二丁目4番3号
     【電話番号】                   03-6880-7000(代表)
     【事務連絡者氏名】                   グループ財務管理部セクションヘッド                   平山 實
     【最寄りの連絡場所】                   東京都中央区日本橋室町二丁目4番3号
     【電話番号】                   03-6880-7000(代表)
     【事務連絡者氏名】                   グループ財務管理部セクションヘッド                   平山 實
     【縦覧に供する場所】                   株式会社新生銀行大阪支店
                         (大阪市北区小松原町2番4号)
                         株式会社新生銀行名古屋支店
                         (名古屋市中村区名駅三丁目28番12号)
                         株式会社新生銀行大宮支店
                         (さいたま市大宮区桜木町一丁目9番地1)
                         株式会社新生銀行柏支店
                         (千葉県柏市柏一丁目4番3号)
                         株式会社新生銀行横浜支店
                         (横浜市西区南幸一丁目1番1号)
                         株式会社新生銀行神戸支店
                         (神戸市中央区三宮町三丁目7番6号)
                         株式会社東京証券取引所
                         (東京都中央区日本橋兜町2番1号)
                                  1/105









                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社新生銀行(E03530)
                                                            四半期報告書
    第一部【企業情報】
    第1【企業の概況】
     1【主要な経営指標等の推移】
       当行は、特定事業会社(企業内容等の開示に関する内閣府令第17条の15第2項に規定する事業を行う会社)に該当
      するため、第2四半期会計期間については、中間(連結)会計期間に係る主要な経営指標等の推移を掲げておりま
      す。
      (1)最近3中間連結会計期間及び最近2連結会計年度に係る主要な経営指標等の推移
                         2018年度中間       2019年度中間       2020年度中間
                                               2018年度       2019年度
                         連結会計期間       連結会計期間       連結会計期間
                        (自2018年       (自2019年       (自2020年       (自2018年       (自2019年
                          4月1日         4月1日         4月1日         4月1日         4月1日
                         至2018年        至2019年        至2020年        至2019年        至2020年
                          9月30日)         9月30日)         9月30日)         3月31日)         3月31日)
     連結経常収益                百万円      187,397       197,467       182,100       372,243       399,503
     連結経常利益                百万円       29,658       31,751       19,996       55,397       51,036
     親会社株主に帰属する中間純利益                百万円       27,689       28,148       13,316        ――       ――
     親会社株主に帰属する当期純利益                百万円       ――       ――       ――      52,319       45,575
     連結中間包括利益                百万円       28,016       23,343       12,499        ――       ――
     連結包括利益                百万円       ――       ――       ――      49,492       36,307
     連結純資産額                百万円      873,283       911,215       913,028       896,642       910,485
     連結総資産額                百万円     9,535,522       9,840,799       10,323,952        9,571,172       10,226,571
     1株当たり純資産額                円     3,547.97       3,774.10       4,043.30       3,636.92       3,913.40
     1株当たり中間純利益                円      110.73       115.80        58.35        ――       ――
     1株当たり当期純利益                円       ――       ――       ――      211.24       190.59
     潜在株式調整後1株当たり中間純利益                円      110.72       115.79        58.34        ――       ――
     潜在株式調整後1株当たり当期純利益                円       ――       ――       ――      211.22       190.55
     自己資本比率                %       9.1       9.2       8.8       9.3       8.8
     営業活動によるキャッシュ・フロー                百万円       83,918        4,095      △ 40,532       13,946       306,515
     投資活動によるキャッシュ・フロー                百万円     △ 128,035        34,351       60,988      △ 152,545        49,153
     財務活動によるキャッシュ・フロー                百万円      △ 37,252       △ 9,497      △ 10,072      △ 50,158      △ 23,193
     現金及び現金同等物の中間期末(期
                     百万円     1,353,305       1,274,726       1,588,612       1,245,870       1,578,264
     末)残高
     従業員数                       5,302       5,430       5,657       5,179       5,349
                     人
     [外、平均臨時従業員数]                      [1,104  ]     [1,371  ]     [1,422  ]     [1,161  ]     [1,389  ]
     (注)1.当行及び国内連結子会社の消費税及び地方消費税の会計処理は、税抜方式によっております。
         2.自己資本比率は、((中間)期末純資産の部合計-(中間)期末新株予約権-(中間)期末非支配株主持
          分)を(中間)期末資産の部合計で除して算出しております。
         3.従業員数は、        無期転換制度に基づく業務限定社員、                 嘱託及び臨時従業員の平均雇用人員を[ ]内に外書きで
          記載しております。
                                  2/105







                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社新生銀行(E03530)
                                                            四半期報告書
      (2)当行の最近3中間会計期間及び最近2事業年度に係る主要な経営指標等の推移
         回次         第19期中         第20期中         第21期中         第19期         第20期
        決算年月         2018年9月         2019年9月         2020年9月         2019年3月         2020年3月
     経常収益       百万円         78,252         86,654         66,151         164,135         170,640
     経常利益       百万円         15,811         22,272         4,344         38,630         33,938
     中間純利益       百万円         14,842         22,695          560         ――         ――
     当期純利益       百万円          ――         ――         ――        35,443         33,180
     資本金       百万円        512,204         512,204         512,204         512,204         512,204
     発行済株式総数        千株        259,034         259,034         259,034         259,034         259,034
     純資産額       百万円        827,350         858,029         841,415         848,640         853,629
     総資産額       百万円       8,288,448         8,339,160         8,665,920         8,328,595         8,686,696
     預金残高       百万円       5,785,772         5,600,675         6,091,864         5,636,286         5,995,082
     貸出金残高       百万円       4,798,700         4,925,420         5,094,183         4,932,610         5,040,819
     有価証券残高       百万円       1,525,920         1,361,487         1,203,863         1,445,927         1,265,800
     1株当たり配当
             円          -         -         -        10.00         10.00
     額
     自己資本比率        %         10.0         10.3         9.7         10.2         9.8
     従業員数                2,279         2,249         2,270         2,248         2,208
     [外、平均臨時従        人
                      [314 ]       [332 ]       [321 ]       [328 ]       [331 ]
     業員数]
     (注)1.消費税及び地方消費税の会計処理は、税抜方式によっております。
        2.自己資本比率は、((中間)期末純資産の部合計-(中間)期末新株予約権)を(中間)期末資産の部合計
          で除して算出しております。
         3.  従業員数は、無期転換制度に基づく業務限定社員、嘱託及び臨時従業員の平均雇用人員を[ ]内に外書きで
          記載しております。
     2【事業の内容】

        当行グループ(2020年9月30日現在、当行、子会社180社(うち株式会社アプラスフィナンシャル、昭和リース株
      式会社、新生フィナンシャル株式会社、新生インベストメント&ファイナンス株式会社及びUDC                                            Finance    Limitedの
      連結子会社93社、非連結子会社87社)、及び関連会社42社(うち日盛金融控股股份有限公司等の持分法適用会社42
      社)により構成)は、『法人業務』及び『個人業務』を通じて、お客さまへ幅広い金融商品・サービスを提供してい
      ます。『法人業務』及び『個人業務』は、それぞれが提供する金融商品・サービス別のセグメントから構成されてお
      ります。
       当第2四半期連結累計期間において、当行グループ(当行および当行の関係会社)が営む事業の内容については、

      重要な変更はありません。
       当第2四半期連結累計期間において、UDC                    Finance    Limitedは全株式の取得により、連結子会社といたしました。
      なお、UDC     Finance    Limitedを連結子会社としたことによる当行グループの報告セグメントの区分に変更はありませ
      ん。
                                  3/105






                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社新生銀行(E03530)
                                                            四半期報告書
    第2【事業の状況】
     1【事業等のリスク】
        当第2四半期連結累計期間において、新たな事業等のリスクの発生、または、前事業年度の有価証券報告書に記載
      した事業等のリスクについての重要な変更はありません。
     2【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

       以下の記載における将来に関する事項は、当四半期連結会計期間の末日現在において判断したものであります。
      〔金融経済環境〕

       当中間連結会計期間において、国内外の経済環境は新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の世界的な拡大の影響
      を大きく受けました。海外経済は、米国や欧州で4~6月期の経済が記録的な落ち込みとなりました。各国で経済活
      動が再開し、景況感は底を打ったものの、国や地域によっては感染症の再拡大がみられるなど、予断を許さない状況
      が続いています。
        日本経済は、4~6月期の実質GDP成長率(2次速報値)が前期比マイナス7.9%となり、大幅な落ち込みとなりま
      した。7月以降は生産や輸出の回復がみられるものの、消費の回復ペースが鈍く、雇用環境の悪化も続いており、経
      済の回復ペースが緩やかなものにとどまることが懸念される状況です。
        こうした状況下で、世界各国では大規模な財政・金融政策が実施されています。日本では、日本銀行が3月以降、
      感染症対応として、①新型コロナ対応資金繰り支援特別プログラム、②円貨・外貨の上限を設けない潤沢な供給、③
      ETFなどの積極的な買入れを3つの柱とする、大規模な金融政策を実施しています。また、政府は4月に続いて、6
      月にも大規模な経済対策を打ち出しました。9月には菅新政権が発足しましたが、経済政策はアベノミクスを継承す
      るとしています。
        金融市場を概観すると、国内金利は、長期金利(10年国債利回り)が日本銀行による資産買入れ増額の観測が高
      まった4月後半に一時マイナス0.05%程度まで低下しました。その後、緩やかに水準を戻して以降はプラス圏で推移
      し、9月末には0.03%程度と3月末と同水準になりました。
        為替相場については、米ドル・円は、5月に各国の経済活動の再開期待から、一時円安・米ドル高で推移する局面
      もありました。しかし、6月以降は米国でより緩和的な方向での金融政策の長期目標の変更見込みや、米国での感染
      症拡大の懸念などを背景に、概ね円高・米ドル安基調で推移し、9月末には105円台(3月末比約3円の円高・米ド
      ル安)となりました。一方、ユーロ・円は、7月に欧州連合(EU)首脳会議で合意された7,500億ユーロの復興基金
      や、欧州各国での経済活動再開への期待を背景に、概ね円安・ユーロ高基調で推移し、9月末には123円台(同比約
      5円の円安・ユーロ高)となりました。
        最後に日経平均株価については、7月に国内での感染症の再拡大の様相が強まり、弱含む局面もありましたが、各
      種政策の効果や、経済活動再開への期待から、概ね上昇基調で推移し、9月末の終値で2万3,185円程度(同比約
      4,268円の上昇)となりました。
       以上のような金融経済環境のもと、                 当中間連結会計期間において、経常収益は                   1,821億円     (前年同期比      153億円減

      少 )、経常費用は       1,621億円     (同比   36億円減少     )、  経常利益は199億円         (同比   117億円減少      )となりました。        さらに、
      特別損益、法人税等合計、非支配株主に帰属する中間                         純損失   を加除した結果、当中間連結会計期間の親会社株主に帰
      属する   中間  純利益は133億円        (前年同期比      148億円減少      )となりました。
                                  4/105







                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社新生銀行(E03530)
                                                            四半期報告書
       当中間連結会計期間の財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析は、以下のとおりであります。
        連結損益の状況

                           前中間連結会計期間           当中間連結会計期間               増減
                              (億円)           (億円)           (億円)
     業務粗利益                             1,215           1,102           △112

       資金利益                             667           618           △49

       非資金利益                             547           484           △63

     経費                              738           727           △11

     実質業務純益                              476           375          △101

     与信関連費用                              165           174            9

     与信関連費用加算後実質業務純益                              311           200          △110

     のれん・無形資産償却額                               11           12            1

     その他利益                               12            9          △3

     税金等調整前中間純利益                              312           197          △115

     法人税等合計                               31           65           33

     非支配株主に帰属する中間純利益                              △1           △0            0

     親会社株主に帰属する中間純利益                              281           133          △148

     (注)1.上記の区分表記は経営管理上のものであり、基本的に単体(経営健全化ベース)と同様の基準で作成してお
           りますが、開示の適切性の観点から必要な組み替えを行っております。
         2.中間連結損益計算書においては、のれん償却額及び無形資産償却額は経費の中に含まれております。
         3.与信関連費用加算後実質業務純益(セグメント利益の合計)=業務粗利益-経費-与信関連費用
       上表にある非資金利益は、役務取引等利益、特定取引利益、その他業務利益から構成されています。

        役務取引等利益は、主に、不動産ファイナンスやプロジェクトファイナンスなどの貸出業務にかかる手数料収益、

      リテールバンキング業務での投資信託や保険商品の販売などにかかる手数料収益、コンシューマーファイナンス業務
      での保証業務関連収益、ペイメント業務にかかる手数料収益などにより構成されます。
       特定取引利益は、お客さまとの取引に伴うデリバティブ収益のほか、当行の自己勘定で実行された取引からの収益

      で構成されます       。
       その他業務利益は、リース収益・割賦収益、金銭の信託運用損益、トレジャリー業務による有価証券売却損益など

      により構成されます。
                                  5/105







                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社新生銀行(E03530)
                                                            四半期報告書
        1.経営成績の分析
          当中間連結会計期間における主な項目の分析は、以下のとおりであります。

         (1)業務粗利益

           資金利益については、海外金利低下に伴う利息収入の減少や個人向け無担保カードローン業務における利息
          収入の減少等により、前年同期に比べて                  減少  しました。
           非資金利益(役務取引等利益、特定取引利益、その他業務利益等の合計)については、アプラスフィナン
          シャルにおいてショッピングクレジット等の主要業務が伸長したものの、前年同期に計上した保有株式の売却
          益がなくなったことに加えて、法人業務での手数料収入及びデリバティブ関連収益の減少や、リテールバンキ
          ングでの資産運用商品の販売関連収益の減少等により、                          前年同期に比べて        減少  しました。
         (2)経費

           人件費・物件費といった経費については、前期の子会社買収に伴い経費が増加したものの、システム関連費
          用を中心とした抑制的な経費運営等により、前年同期に比べて                             減少  しました。
         (3)与信関連費用

           与信関連費用については、個人向け無担保カードローン業務において貸倒引当金繰入額が減少したものの、
          新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染拡大による貸出先の業況悪化に伴い貸倒引当金を積み増したこ
          と等により、前年同期に比べて              増加  しました。
         (4)その他利益

           その他利益については、前年同期に比べて                    減少  しました。     利息返還損失引当金については、近時の利息返還
          動向に基づき、将来の過払負担をカバーするために、必要額を再計算した結果、全体で9億円の取崩超とな
          り、当該金額を利息返還損失引当金戻入益へ計上しました。
         (5)  法人税等合計

           法人税等合計については、繰延税金資産を一部取り崩したこと等により法人税等合計が65億円(費用)とな
          りました。
         (6)セグメント別の業績

           「法人業務」は、顧客基盤の拡充や収益力の強化に向けた取り組みが成果を上げつつあることや、昭和リー
          スにおいて前期の子会社買収に伴う収益の増加があったものの、前年同期に計上した保有株式の売却益がなく
          なったことに加えて、法人営業や               ストラクチャードファイナンス業務における手数料収入の減少や、デリバ
          ティブ関連収益の減少等により、業務粗利益は前年同期に比べて                              減少  しました。与信関連費用は、             新型コロナ
          ウイルス感染症(COVID-19)の感染拡大による貸出先の業況悪化に伴い貸倒引当金を積み増したこと等により
          増加  しました。その結果、          セグメント利益       は前年同期に比べて         減少  しました。
           「個人業務」について、まずリテールバンキングは、                         資産運用商品の販売関連収益が減少したこと等                     により
          業務粗利益が      減少  したことから、       セグメント損益       は前年同期に比べて         減少  しました。
           次にコンシューマーファイナンスは、レイク事業の利息収入が減少したものの、アプラスフィナンシャルの
          ショッピングクレジットの取り扱いが増加したこと等により、業務粗利益は前年同期に比べて                                           増加  しました。
          与信関連費用は、個人向け無担保カードローン業務における貸出債権の残高減少を主因に                                         減少  しました。その
          結果、   セグメント利益       は前年同期に比べて         増加  しました。
           「経営勘定/その他」の            セグメント損益       は、前年同期に比べて          減少  しました。
                                  6/105






                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社新生銀行(E03530)
                                                            四半期報告書
           セグメント別の業績
                           前中間連結会計期間           当中間連結会計期間               増減
                              (億円)           (億円)           (億円)
                                セグメント           セグメント           セグメント

                          業務粗利益           業務粗利益           業務粗利益
                                 利益           利益           利益
     法人業務                        372      137      314      38     △58      △99

     個人業務                        778      130      777      163      △0      33

       リテールバンキング                       142       5     136      △8      △6     △13

       コンシューマーファイナンス                       635      125      641      172       6     47

     経営勘定/その他                         64      42      10     △1     △53      △43

              合計              1,215       311     1,102       200     △112      △110

           詳細は、「第4 経理の状況」中、                 「1 中間連結財務諸表」            の「セグメント情報等」をご覧ください。

        2.財政状態の分析

          当中間連結会計期間末において、総資産は                    10兆3,239億      円(前連結会計年度末比           973億円増加      )となりました。
          主要勘定残高

                            前連結会計年度          当中間連結会計期間               増減
                              (億円)           (億円)           (億円)
     資産の部合計                            102,265           103,239             973

      うち有価証券                            9,570           8,532          △1,038

      うち貸出金                            51,104           52,041             937

                                              190
      うちのれん・無形資産                             131                       58
      うち繰延税金資産                             169           144           △24

      うち支払承諾見返                            5,265           5,442            177

      うち貸倒引当金                           △1,079           △1,096             △16

     負債の部合計                             93,160           94,109             948

      うち預金・譲渡性預金                            63,051           63,939             888

      うち借用金                            8,819           8,804            △15

      うち社債                            1,665           3,533           1,868

      うち支払承諾                            5,265           5,442            177

                                  9,104           9,130             25
     純資産の部合計
                                  7/105






                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社新生銀行(E03530)
                                                            四半期報告書
         (1)貸出金
           貸出金は、個人向け貸出において住宅ローン残高やコンシューマーファイナンス業務での残高が減少した一
          方で、ストラクチャードファイナンス業務での残高が着実に積みあがったことや、2020年9月にUDC                                              Finance
          Limitedを連結したこと等により、                全体では    5兆2,041億円       (前連結会計年度末比          937億円増加      )となりまし
          た。
          ① 国内・海外別貸出金残高の状況

           ○ 業種別貸出状況(末残・構成比)
                              前連結会計年度                当中間連結会計期間
             業種別
                          金額(百万円)         構成比(%)        金額(百万円)         構成比(%)
     国内(除く特別国際金融取引勘定分)                        4,846,375         100.00         4,800,552         100.00
                              198,972
      製造業                                 4.10         205,681         4.29
                                  0
      農業,林業                                 0.00            9      0.00
      漁業                           50      0.00           -       -
      鉱業,採石業,砂利採取業                           317       0.01           715       0.02
      建設業                         11,887        0.24         11,515        0.24
      電気・ガス・熱供給・水道業                        366,329         7.56         399,774         8.33
      情報通信業                         49,413        1.02         44,365        0.92
      運輸業,郵便業                        194,171         4.01         197,028         4.10
      卸売業,小売業                        105,238         2.17         110,484         2.30
      金融業,保険業                        532,168        10.98         520,594        10.84
      不動産業                        670,585        13.84         662,535        13.80
      各種サービス業                        382,807         7.90         374,915         7.81
      地方公共団体                         62,621        1.29         54,079        1.13
      その他                       2,271,813         46.88        2,218,853         46.22
     海外及び特別国際金融取引勘定分                         264,028        100.00          403,566        100.00
      政府等                           -       -           4      0.00
      金融機関                         33,171        12.56          29,061        7.20
      その他                        230,857        87.44         374,499        92.80
                                      -                  -
              合計                5,110,404                 5,204,118
     (注)1.「国内」とは、当行及び国内連結子会社であります。
         2.「海外」とは、海外連結子会社であります。
                                  8/105









                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社新生銀行(E03530)
                                                            四半期報告書
          ② 金融再生法の開示基準に基づく債権の状況(単体)
            不良債権については、金融再生法ベースの開示債権(単体)において、当中間会計期間末は                                           338億   円(前
           事業年度末は176億円)、不良債権比率は                   0.64  %(前事業年度末は0.34%)と、引き続き低水準を維持して
           おります。
            資産の査定は、「金融機能の再生のための緊急措置に関する法律」(平成10年法律第132号)第6条に基

           づき、当行の中間貸借対照表の社債(当該社債を有する金融機関がその元本の償還及び利息の支払の全部又
           は一部について保証しているものであって、当該社債の発行が金融商品取引法(昭和23年法律第25号)第2
           条第3項に規定する有価証券の私募によるものに限る。)、貸出金、外国為替、その他資産中の未収利息及
           び仮払金、支払承諾見返の各勘定に計上されるもの並びに中間貸借対照表に注記することとされている有価
           証券の貸付けを行っている場合のその有価証券(使用貸借又は賃貸借契約によるものに限る。)について債
           務者の財政状態及び経営成績等を基礎として次のとおり区分するものであります。
            1.破産更生債権及びこれらに準ずる債権

               破産更生債権及びこれらに準ずる債権とは、破産手続開始、更生手続開始、再生手続開始の申立て
              等の事由により経営破綻に陥っている債務者に対する債権及びこれらに準ずる債権をいう。
            2.危険債権
               危険債権とは、債務者が経営破綻の状態には至っていないが、財政状態及び経営成績が悪化し、契
              約に従った債権の元本の回収及び利息の受取りができない可能性の高い債権をいう。
            3.要管理債権
               要管理債権とは、3カ月以上延滞債権及び貸出条件緩和債権をいう。
            4.正常債権
               正常債権とは、債務者の財政状態及び経営成績に特に問題がないものとして、上記1から3までに
              掲げる債権以外のものに区分される債権をいう。
            金融再生法の開示基準に基づく債権(単体)

                            2020年3月31日           2020年9月30日              増減
             債権の区分
                            金額(億円)           金額(億円)           金額(億円)
     破産更生債権及びこれらに準ずる債権                               23           46           23
     危険債権                              125           242           116
     要管理債権                               28           49           21
     正常債権                             51,479           51,753             274
                                  9/105









                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社新生銀行(E03530)
                                                            四半期報告書
         (2)有価証券
           有価証券は      8,532億    円(前連結会計年度末比           1,038億円減少       )となり、このうち、日本国債の残高は                  3,105億
          円(同比    500億円減少      )となりました。
           有価証券

                            前連結会計年度          当中間連結会計期間               増減
                              (億円)           (億円)           (億円)
                                   277           326            48

     株式
                                  5,295           4,733           △561
     債券
                                  3,605           3,105           △500
      国債
                                    -           -           -
      地方債
                                  1,689           1,628            △60
      社債
                                  3,997           3,472           △525
     その他
                                  9,570           8,532          △1,038
              合計
         (3)預金・譲渡性預金

           預金・譲渡性預金は          6兆3,939億      円(前連結会計年度末比           888億円増加)となり          、引き続き、当行の安定的な
          資金調達基盤の重要な柱である個人のお客さまからの預金を中心に各ビジネスを積極的に推進するのに十分な
          水準を維持しております。
           預金・譲渡性預金期末残高

                            前連結会計年度          当中間連結会計期間               増減
                              (億円)           (億円)           (億円)
                                  58,492           59,553            1,061

     預金
                                  26,809           26,823             14
      流動性預金
                                  26,521           27,092             571
      定期性預金
                                  5,160           5,636            476
      その他
                                  4,559           4,386           △173
     譲渡性預金
                                  63,051           63,939             888
     預金および譲渡性預金合計
     (注) 「流動性預金」=通知預金+普通預金+当座預金、「定期性預金」=定期預金
         (4)社債

           社債は、2020年9月にUDC             Finance    Limitedを連結したこと等により、                3,533   億円(前連結会計年度末比
          1,868億円増加       )となりました。
         (5)純資産の部

           純資産は、公的資金返済の道筋をつけることを目指して、資本の状況や収益力、1株当たりの価値等に鑑み
          行われた2020年       5月13日開催の取締役会決議に基づく                 自己株式の取得を進めたものの、親会社株主に帰属する
          中間純利益の計上により、            9,130億円     (前連結会計年度末比          25億円増加     )となりました。
                                 10/105





                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社新生銀行(E03530)
                                                            四半期報告書
     3.キャッシュ・フローの状況の分析、資本の財源及び資金の流動性
       当中間連結会計期間における連結キャッシュ・フローにつきましては、営業活動によるキャッシュ・フローは、                                                    預
      金の増加、資金運用による収入等と、コールマネー等の減少、借入金の返済による支出等により                                            405億円の支出       (前
      中間連結会計期間は         40億円の収入      )、投資活動によるキャッシュ・フローは、有価証券等の売却・償還による収入
      が、取得による支出を上回ったこと等により                    609億円の収入       (同  343億円の収入       )、財務活動によるキャッシュ・フ
      ローは、自己株式の取得等により               100億円の支出       (同  94億円の支出      )となりました。この結果、当中間連結会計期間
      末における現金及び現金同等物の残高は、前連結会計年度末比                             103億円増加      し、  1兆5,886億円      となりました。
       当中間連結会計期間末における銀行法に基づく連結自己資本比率(バーゼルⅢ、国内基準)は                                            10.92%    となり、引

      き続き十分な水準を確保しております。
      (自己資本比率の状況)

      (参考)

        自己資本比率は、銀行法第14条の2の規定に基づき、銀行がその保有する資産等に照らし自己資本の充実の状況が
      適当であるかどうかを判断するための基準(平成18年金融庁告示第19号)に定められた算式に基づき、連結ベースと
      単体ベースの双方について算出しております。
        なお、当行は、国内基準を適用のうえ、信用リスク・アセットの算出においては基礎的内部格付手法、オペレー
      ショナル・リスク相当額の算出においては粗利益配分手法を採用するとともに、マーケット・リスク規制を導入して
      おります。
      連結自己資本比率(国内基準)

                                                     (単位:億円)
                             2020年3月31日           2020年9月30日             増減
     1.連結自己資本比率(2/3)                             11.21   %         10.92   %       △0.29   %
                                              8,235            10

     2.連結における自己資本の額                              8,224
                                              75,355           1,989
     3.リスク・アセットの額                              73,366
                                              6,990           195
     4.連結総所要自己資本額                              6,795
      単体自己資本比率(国内基準)

                                                     (単位:億円)
                             2020年3月31日           2020年9月30日             増減
     1.自己資本比率(2/3)                             13.36   %         12.89   %       △0.47   %
                                              8,186           △59

     2.単体における自己資本の額                              8,245
                                              63,492           1,807
     3.リスク・アセットの額                              61,684
                                              5,473           115
     4.単体総所要自己資本額                              5,358
                                 11/105







                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社新生銀行(E03530)
                                                            四半期報告書
     4.会計上の見積り及び当該見積りに用いた仮定
       前事業年度の有価証券報告書に記載した「経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分
      析」  中の会計上の見積り及び当該見積りに用いた仮定の記載について重要な変更はありません。
       なお、    新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に伴う会計上の見積りに用いた仮定につきましては一部実施した軽
      微な変更を含め、「第4 経理の状況 1 中間連結財務諸表 注記事項                                    中間連結財務諸表作成のための基本とな
      る重要な事項 4.会計方針に関する事項 (7)貸倒引当金の計上基準 (追加情報)」に記載のとおりでありま
      す。
     5.経営方針・経営戦略等、経営上の目標の達成状況を判断するための客観的な指標等

       当第2四半期連結累計期間において、重要な変更はありません。
     6.優先的に対処すべき事業上及び財務上の課題

       当第2四半期連結累計期間において、重要な変更はありません。
                                 12/105
















                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社新生銀行(E03530)
                                                            四半期報告書
      (単体情報)
     (参考)
      当行の単体情報のうち、参考として以下の情報を掲げております。
     1.損益状況(単体)

      (1)損益の概要
                             前中間会計期間           当中間会計期間             増減

                              (百万円)           (百万円)           (百万円)
                               (A)           (B)         (B)-(A)
      業務粗利益                             58,125           45,406         △12,719

       (除く金銭の信託運用損益)
                                  56,831           44,121         △12,710
       資金利益                           52,287           44,201         △8,085
       役務取引等利益                          △2,371           △4,732          △2,360
         うち金銭の信託運用損益                         1,294           1,285           △8
       特定取引利益                           3,126           1,801         △1,325
       その他業務利益                           5,082           4,136          △946
         うち債券関係損益                         4,473           3,082         △1,390
      経費(除く臨時処理分)
                                  36,305           34,520         △1,784
       人件費                           13,836           13,657           △178
       物件費                           19,981           18,160         △1,821
         うちのれん償却額                           83           83          -
       税金                           2,487           2,702           214
      業務純益(一般貸倒引当金繰入前)
                                  20,526            9,600        △10,925
      一般貸倒引当金繰入額(1)
                                  △1,607             401         2,009
      業務純益                             22,134            9,199        △12,934
      実質業務純益                             21,820           10,886         △10,934
      臨時損益(除く金銭の信託運用損益)
                                  △1,138           △6,058          △4,919
       株式等関係損益                           2,647            100        △2,546
       不良債権処理額(2)
                                   4,209           5,990          1,780
         貸出金償却                           15          1,319          1,304
         個別貸倒引当金純繰入額                         4,247           4,773           526
         特定海外債権引当勘定繰入額                           -           -          -
         償却債権取立益(△)
                                   △53           △103           △50
         貸倒引当金戻入益(△)
                                    -           -          -
         その他の債権売却損等                           -           -          -
       その他臨時損益                            423          △168          △592
      経常利益                             22,272            4,344        △17,928
      特別損益                             1,840           △510         △2,351
       うち固定資産処分損益及び減損損失                           △211           △245           △34
      税引前中間純利益                             24,113            3,833        △20,279
      法人税、住民税及び事業税                              243           635          392
      法人税等調整額                             1,174           2,638          1,463
      中間純利益                             22,695             560       △22,135
    (参考)

      コア業務純益
                                  16,053            6,518         △9,535
       (除く投資信託解約損益)
                                  16,053            6,518         △9,535
      与信関連費用(1)+(2)
                                   2,601           6,391          3,789
                                 13/105



                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社新生銀行(E03530)
                                                            四半期報告書
     (注)1.業務粗利益=(資金運用収支+金銭の信託運用見合費用)+役務取引等収支+特定取引収支+その他業務収
          支+金銭の信託運用損益
           金銭の信託運用損益は           、 本来業務にかかる損益ととらえております。
         2.コア業務純益=業務純益+一般貸倒引当金繰入額-債券関係損益
         3.業務純益=業務粗利益(除く金銭の信託運用損益)-経費(除く臨時処理分)-一般貸倒引当金繰入額
         4.実質業務純益=業務粗利益-経費(除く臨時処理分)
         5.「金銭の信託運用見合費用」とは、金銭の信託取得に係る資金調達費用であり、金銭の信託運用損益が臨時
          損益に計上されているため、業務費用から控除されているものであります。
         6.臨時損益とは、中間損益計算書中「その他経常収益・費用」から一般貸倒引当金繰入額を除き、退職給付費
          用のうち臨時費用処理分等を加えたものであります。本表では、さらに金銭の信託運用損益を除いた金額を記
          載しております。
         7.債券関係損益=国債等債券売却益+国債等債券償還益-国債等債券売却損-国債等債券償還損-国債等債券
          償却
         8.株式等関係損益=株式等売却益-株式等売却損-株式等償却
         9.前中間会計期間の貸倒引当金は全体で2,639百万円の繰入超(うち、一般貸倒引当金については1,607百万円
          の取崩)となっております。また当中間会計期間の貸倒引当金は全体で                                 5,174百万円の繰入超          (うち、一般貸
          倒引当金については         401百万円の繰入        ) となっております。
     2.利鞘(国内業務部門)(単体)

                          前中間会計期間(%)           当中間会計期間(%)              増減(%)
                              (A)           (B)         (B)-(A)
     (1)資金運用利回                   ①          1.60           1.42          △0.18

        貸出金利回                          1.85           1.65          △0.20

        有価証券利回                          1.32           0.87          △0.45

     (2)資金調達原価                   ②          1.10           1.09          △0.01

       資金調達利回                 ③          0.01           0.05           0.04

        預金利回                         △0.00            0.03           0.03

     (3)総資金利鞘                 ①-②            0.50           0.33          △0.17

     (4)資金運用利回-資金調達利回                 ①-③            1.59           1.37          △0.22

     (注)1.「国内業務部門」とは本邦店の居住者向け円建諸取引であります(但し特別国際金融取引勘定を除く)。
         2.預金には譲渡性預金を含んでおります。
     3.ROE(単体)

                          前中間会計期間(%)           当中間会計期間(%)              増減(%)
                              (A)           (B)         (B)-(A)
     実質業務純益ベース                             5.11           2.56          △2.55

     業務純益ベース(一般貸倒引当金繰入前)                             4.81           2.26          △2.55

     業務純益ベース                             5.19           2.17          △3.02

     中間純利益ベース                             5.32           0.13          △5.19

                                 14/105





                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社新生銀行(E03530)
                                                            四半期報告書
     4.預金・貸出金の状況(単体)
      (1)預金・貸出金の残高
                              前事業年度          当中間会計期間             増減
                               (百万円)           (百万円)          (百万円)
                                (A)           (B)         (B)-(A)
      預金(末残)                           6,451,032           6,530,491            79,459

      預金(平残)                           6,113,358           6,307,075            193,717

      貸出金(末残)                           5,040,819           5,094,183            53,364

      貸出金(平残)                           4,896,230           5,056,675            160,445

     (注)預金には譲渡性預金を含んでおります。
      (2)個人・法人別預金残高(国内)

                              前事業年度          当中間会計期間             増減
                               (百万円)           (百万円)          (百万円)
                                (A)           (B)         (B)-(A)
      個人                           4,654,891           4,812,941            158,049

      法人                           1,339,808           1,277,757           △62,050

                計                 5,994,699           6,090,698            95,999

     (注)譲渡性預金及び特別国際金融取引勘定分を除いております。
      (3)消費者ローン残高

                              前事業年度          当中間会計期間             増減
                               (百万円)           (百万円)          (百万円)
                                (A)           (B)         (B)-(A)
      住宅ローン残高                           1,150,020           1,142,939            △7,080

      その他ローン残高                            240,716           219,616          △21,100

                計                 1,390,736           1,362,555           △28,180

      (4)中小企業等貸出金

                             前事業年度          当中間会計期間              増減
                              (A)           (B)         (B)-(A)
     中小企業等貸出金残高             ①    百万円         3,364,865           3,199,981           △164,884

     総貸出金残高             ②    百万円         4,777,125           4,814,207             37,082

     中小企業等貸出金比率             ①/②     %          70.44           66.47           △3.97

     中小企業等貸出先件数             ③     件         560,820           522,794           △38,026

     総貸出先件数             ④     件         561,261           523,222           △38,039

     中小企業等貸出先件数比率             ③/④     %          99.92           99.92           △0.00

     (注)1.貸出金残高には、海外店分及び特別国際金融取引勘定分は含まれておりません。
         2.中小企業等とは、資本金3億円(ただし、卸売業は1億円、小売業、飲食業、物品賃貸業等は5千万円)以
          下の会社又は常用する従業員が300人(ただし、卸売業、物品賃貸業等は100人、小売業、飲食業は50人)以下
          の会社及び個人であります。
                                 15/105



                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社新生銀行(E03530)
                                                            四半期報告書
     3【経営上の重要な契約等】
       当第2四半期連結会計期間において、経営上の重要な契約等の決定又は締結等はありません。
                                 16/105




















                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社新生銀行(E03530)
                                                            四半期報告書
    第3【提出会社の状況】
     1【株式等の状況】
      (1)【株式の総数等】
        ①【株式の総数】
                 種類                       発行可能株式総数(株)
                普通株式                                 400,000,000

                  計                               400,000,000

        ②【発行済株式】

             第2四半期会計期間末
                                      上場金融商品取引所
                         提出日現在発行数(株)
             現在発行数(株)
       種類                              名又は登録認可金融               内容
                         (2020年11月19日)
             (2020年9月30日)                         商品取引業協会名
                                                 完全議決権株式であ
                                                 り、権利内容に何ら限
                                       東京証券取引所
                                                 定のない当行における
                 259,034,689            259,034,689
      普通株式
                                       (市場第一部)
                                                 標準となる株式であ
                                                 り、単元株式数は100
                                                 株であります。
                 259,034,689            259,034,689            ――           ――
        計
      (2)【新株予約権等の状況】

        ①【ストックオプション制度の内容】
          該当事項はありません。
        ②【その他の新株予約権等の状況】

          該当事項はありません。
      (3)【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

           該当事項はありません。
      (4)【発行済株式総数、資本金等の推移】

                 発行済株式       発行済株式                     資本準備金       資本準備金
                               資本金増減額       資本金残高
         年月日        総数増減数       総数残高                     増減額       残高
                                (百万円)       (百万円)
                  (千株)       (千株)                    (百万円)       (百万円)
     2020年7月1日~
                    -       259,034       -       512,204       -        79,465
     2020年9月30日
                                 17/105







                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社新生銀行(E03530)
                                                            四半期報告書
      (5)【大株主の状況】
                                                   2020年9月30日現在
                                                      発行済株式
                                                      (自己株式
                                                      を除く。)
                                                所有株式数
                                                      の総数に対
           氏名又は名称                        住所
                                                (千株)
                                                      する所有株
                                                      式数の割合
                                                      (%)
                         東京都千代田区有楽町1丁目12-1

                                                  26,912       12.03
     預金保険機構
                         新有楽町ビルヂング内
                         東京都港区六本木1丁目6-1                         26,833       12.00

     SBIホールディングス株式会社
                         東京都千代田区丸の内3丁目4-2                         20,000       8.94

     株式会社整理回収機構
     日本マスタートラスト信託銀行株式会社

                                                  13,688       6.12
                         東京都港区浜松町2丁目11番3号
     (信託口)
     SSBTC   CLIENT    OMNIBUS    ACCOUNT

                         ONE  LINCOLN    STREET,    BOSTON    MA  USA  02111
     (常任代理人 香港上海銀行 東京支店                                              8,457       3.78
                         (東京都中央区日本橋3丁目11-1)
     カストディ業務部)
     株式会社日本カストディ銀行(信託口)                    東京都中央区晴海1丁目8-12                          7,196       3.21

     株式会社日本カストディ銀行

                         東京都中央区晴海1丁目8-12                          4,053       1.81
     (信託口9)
                         25  BANK   STREET,    CANARY    WHARF,    LONDON,    E14

     JP  MORGAN    CHASE   BANK   385781
                         5JP,   UNITED    KINGDOM
                                                   3,129       1.40
     (常任代理人 株式会社みずほ銀行 決
                         (東京都港区港南2丁目15-1 品川インターシ
     済営業部)
                         ティA棟)
     STATE   STREET    BANK   AND  TRUST   COMPANY     P.O.BOX    351  BOSTON    MASSACHUSETTS       02101
     505103                    U.S.A.
                                                   3,124       1.39
     (常任代理人 株式会社みずほ銀行 決                    (東京都港区港南2丁目15-1 品川インターシ
     済営業部)                    ティA棟)
     株式会社日本カストディ銀行
                         東京都中央区晴海1丁目8-12                          3,015       1.34
     (信託口5)
                                   ――               116,412       52.07

              計
     (注)1.当行の知り得る範囲で、実質所有により記載しております。
         2.  2020年7月30日付で公衆の縦覧に供されている変更報告書において、ダルトン・インベストメンツ・エルエ
          ルシー(Dalton        Investments      LLC)が2020年7月27日現在で以下の株式を所有している旨が記載されている
          ものの、当行として2020年9月30日現在における実質所有株式数の確認ができませんので、上記大株主の状
          況には含めておりません。
                                 18/105





                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社新生銀行(E03530)
                                                            四半期報告書
         なお、当該報告書の内容は以下のとおりであります。
                                                      株券等
                                                保有株券等
                                                の数
                氏名又は名称                     住所
                                                      保有割合
                                                 (千株)
                                                       (%)(*1)
                            米国カリフォルニア州90404、サンタモニ
         ダルトン・インベストメンツ・エルエル
                            カ市、クロバーフィールド・ブルヴァー                      10,360      4.00
         シー(Dalton       Investments      LLC)
                            ド1601、スイート5050N
                                     ――              10,360      4.00

                  合計
        (*1)当該報告書に記載された2020年7月27日現在の発行済株式等総数(259,034,689株)に対する割合。

         3.  2020年8月7日付で公衆の縦覧に供されている変更報告書において、エフエムアール エルエルシー(FMR

          LLC)及びその共同保有者であるナショナル ファイナンシャル サービス エルエルシー(National
          Financial     Services     LLC)が2020年7月31日現在で以下の株式を所有している旨が記載されているものの、
          当行として2020年9月30日現在における実質所有株式数の確認ができませんので、上記大株主の状況には含
          めておりません。
         なお、当該報告書の内容は以下のとおりであります。

                                                       株券等
                                                 保有株券
                                                 等の数
                氏名又は名称                     住所
                                                       保有割合
                                                 (千株)
                                                       (%)(*1)
          エフエムアール エルエルシー(FMR
                             米国 02210 マサチューセッツ州ボス
                                                   11,018      4.25
                             トン、サマー・ストリート245
          LLC)
          ナショナル ファイナンシャル サービ
                             米国 02210 マサチューセッツ州ボス
          ス エルエルシー(National              Financial
                                                     0    0.00
                             トン、シーポート・ブルバード 200
          Services     LLC)
                                     ――             11,018      4.25

                  合計
        (*1)当該報告書に記載された2020年7月31日現在の発行済株式等総数(259,034,689株)に対する割合。

                                 19/105









                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社新生銀行(E03530)
                                                            四半期報告書
      (6)【議決権の状況】
        ①【発行済株式】
                                                  2020年9月30日現在
                          株式数(株)           議決権の数(個)
            区分                                        内容
                           -            ――            -
     無議決権株式
     議決権制限株式(自己株式等)                      -            ――            -
     議決権制限株式(その他)                      -             -            -

     完全議決権株式(自己株式等)                         35,483,400         ――

                      普通株式                           単元株式数100株
     完全議決権株式(その他)                         223,524,800          2,235,248      (注)1
                      普通株式
                                26,489       ――      (注)2
     単元未満株式                 普通株式
                              259,034,689          ――            ――
     発行済株式総数
                           ――             2,235,248            ――
     総株主の議決権
     (注)1.株式会社証券保管振替機構名義の株式が800株(議決権8個)含まれております。
         2.当行所有の自己株式が70株含まれております。
        ②【自己株式等】

                                                  2020年9月30日現在
                                                   発行済株式総数に
                           自己名義所有        他人名義所有        所有株式数の
      所有者の氏名
                                                   対する所有株式数
                 所有者の住所
                           株式数(株)        株式数(株)        合計(株)
      又は名称
                                                   の割合(%)
               東京都中央区日本橋室町
                            35,483,400          -      35,483,400            13.69
     株式会社新生銀行
               二丁目4番3号
                   ――         35,483,400          -      35,483,400            13.69
         計
     (注)上記「①発行済株式」の「完全議決権株式(自己株式等)」の内訳であります。
     2【役員の状況】

      該当事項はありません。
                                 20/105









                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社新生銀行(E03530)
                                                            四半期報告書
    第4【経理の状況】
      1.当行は、特定事業会社(企業内容等の開示に関する内閣府令第17条の15第2項に規定する事業を行う会社)に該
        当するため、第2四半期会計期間については、中間連結財務諸表及び中間財務諸表を作成しております。
      2.当行の中間連結財務諸表は、「中間連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(平成11年大蔵省令

        第24号。以下、「中間連結財務諸表規則」という。)に基づいて作成しておりますが、資産及び負債の分類並びに
        収益及び費用の分類は、「銀行法施行規則」(昭和57年大蔵省令第10号)に準拠しております。
      3.当行の中間財務諸表は、「中間財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和52年大蔵省令第38

        号。以下、「中間財務諸表等規則」という。)に基づいて作成しておりますが、資産及び負債の分類並びに収益及
        び費用の分類は、「銀行法施行規則」(昭和57年大蔵省令第10号)に準拠しております。
      4.当行は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、中間連結会計期間(自2020年4月1日 至2020年

        9月30日)の中間連結財務諸表及び中間会計期間(自2020年4月1日 至2020年9月30日)の中間財務諸表につい
        て、有限責任監査法人トーマツの中間監査を受けております。
                                 21/105















                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社新生銀行(E03530)
                                                            四半期報告書
     1【中間連結財務諸表】
      (1)【中間連結貸借対照表】
                                                   (単位:百万円)
                                 前連結会計年度             当中間連結会計期間
                                (2020年3月31日)              (2020年9月30日)
     資産の部
                                     ※9  1,614,134            ※9  1,659,232
       現金預け金
                                        63,575              55,092
       買入金銭債権
                                    ※2 ,※9  213,707           ※2 ,※9  201,005
       特定取引資産
                                      ※9  415,107             ※9  393,858
       金銭の信託
                                 ※1 ,※2 ,※9 ,※15  957,040       ※1 ,※2 ,※9 ,※15  853,226
       有価証券
                              ※3 ,※4 ,※5 ,※6 ,※7 ,※8 ,※9 ,※10  ※3 ,※4 ,※5 ,※6 ,※7 ,※8 ,※9 ,※10
       貸出金
                                       5,110,404              5,204,118
                                        73,879              64,578
       外国為替
                                      ※9  193,445             ※9  198,307
       リース債権及びリース投資資産
                                  ※3 ,※4 ,※5 ,※6 ,※9 ,※11      ※3 ,※4 ,※5 ,※6 ,※9 ,※11
       その他資産
                                       1,007,605              1,102,339
                                     ※9 ,※12  69,414           ※9 ,※12  66,195
       有形固定資産
                                     ※13 ,※14  67,073           ※13 ,※14  70,985
       無形固定資産
                                         5,683              5,952
       退職給付に係る資産
                                        16,977              14,479
       繰延税金資産
                                        526,520              544,275
       支払承諾見返
                                       △ 107,998             △ 109,694
       貸倒引当金
                                      10,226,571              10,323,952
       資産の部合計
     負債の部
                                     ※9  5,849,211            ※9  5,955,334
       預金
                                        455,950              438,627
       譲渡性預金
                                        165,000               95,000
       コールマネー及び売渡手形
                                       ※9  38,956             ※9  11,069
       売現先勘定
                                      ※9  350,407             ※9  311,171
       債券貸借取引受入担保金
                                        183,943              172,846
       特定取引負債
                                      ※9  881,991             ※9  880,491
       借用金
                                          687             1,208
       外国為替
                                        221,300              227,200
       短期社債
                                                    ※9  353,368
                                        166,500
       社債
                                      ※9  404,973             ※9  359,438
       その他負債
                                         8,560              4,928
       賞与引当金
                                          47              23
       役員賞与引当金
                                         8,422              8,459
       退職給付に係る負債
                                          50              17
       役員退職慰労引当金
                                          621              577
       睡眠預金払戻損失引当金
                                         3,513              3,406
       睡眠債券払戻損失引当金
                                        49,308              43,365
       利息返還損失引当金
                                          119              115
       繰延税金負債
                                      ※9  526,520             ※9  544,275
       支払承諾
                                       9,316,086              9,410,924
       負債の部合計
                                 22/105






                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社新生銀行(E03530)
                                                            四半期報告書
                                                   (単位:百万円)

                                 前連結会計年度             当中間連結会計期間
                                (2020年3月31日)              (2020年9月30日)
     純資産の部
                                        512,204              512,204
       資本金
                                        78,506              78,538
       資本剰余金
                                        389,600              400,609
       利益剰余金
                                       △ 61,097             △ 70,508
       自己株式
                                        919,214              920,843
       株主資本合計
                                         4,755              4,637
       その他有価証券評価差額金
                                       △ 15,719             △ 16,532
       繰延ヘッジ損益
                                        △ 1,670             △ 1,529
       為替換算調整勘定
                                        △ 3,585             △ 3,532
       退職給付に係る調整累計額
                                       △ 16,219             △ 16,957
       その他の包括利益累計額合計
       新株予約権                                   125              149
                                         7,364              8,992
       非支配株主持分
                                        910,485              913,028
       純資産の部合計
                                      10,226,571              10,323,952
     負債及び純資産の部合計
                                 23/105














                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社新生銀行(E03530)
                                                            四半期報告書
      (2)【中間連結損益計算書及び中間連結包括利益計算書】
        【中間連結損益計算書】
                                                   (単位:百万円)
                                前中間連結会計期間              当中間連結会計期間
                                (自 2019年4月1日              (自 2020年4月1日
                                至 2019年9月30日)               至 2020年9月30日)
                                        197,467              182,100
     経常収益
                                        76,720              68,774
       資金運用収益
        (うち貸出金利息)                                70,187              64,582
        (うち有価証券利息配当金)                                 5,095              3,105
                                        29,426              26,618
       役務取引等収益
                                         5,036              2,383
       特定取引収益
                                       ※1  72,235             ※1  74,743
       その他業務収益
                                       ※2  14,048             ※2  9,581
       その他経常収益
                                        165,715              162,104
     経常費用
                                         9,931              6,892
       資金調達費用
        (うち預金利息)                                 2,767              2,279
        (うち借用金利息)                                 1,301              1,571
        (うち社債利息)                                  113              237
                                        13,760              13,056
       役務取引等費用
                                       ※3  45,874             ※3  46,347
       その他業務費用
                                       ※4  75,203             ※4  74,171
       営業経費
                                       ※5  20,945             ※5  21,635
       その他経常費用
                                        31,751              19,996
     経常利益
     特別利益                                      0              0
                                        ※6  512            ※6  261
     特別損失
                                        31,239              19,735
     税金等調整前中間純利益
     法人税、住民税及び事業税                                    1,392              2,918
                                         1,806              3,588
     法人税等調整額
                                         3,199              6,506
     法人税等合計
                                        28,039              13,228
     中間純利益
     非支配株主に帰属する中間純損失(△)                                    △ 109              △ 87

                                        28,148              13,316

     親会社株主に帰属する中間純利益
                                 24/105










                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社新生銀行(E03530)
                                                            四半期報告書
        【中間連結包括利益計算書】
                                                   (単位:百万円)
                                前中間連結会計期間              当中間連結会計期間
                                (自 2019年4月1日              (自 2020年4月1日
                                至 2019年9月30日)               至 2020年9月30日)
                                        28,039              13,228
     中間純利益
                                        △ 4,695              △ 729
     その他の包括利益
                                        △ 3,233              △ 671
       その他有価証券評価差額金
                                        △ 1,783              △ 812
       繰延ヘッジ損益
                                         △ 144              △ 19
       為替換算調整勘定
                                          49              52
       退職給付に係る調整額
                                          416              721
       持分法適用会社に対する持分相当額
                                        23,343              12,499
     中間包括利益
     (内訳)
                                        23,513              12,618
       親会社株主に係る中間包括利益
                                         △ 169             △ 118
       非支配株主に係る中間包括利益
                                 25/105
















                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社新生銀行(E03530)
                                                            四半期報告書
      (3)【中間連結株主資本等変動計算書】
           前中間連結会計期間(自 2019年4月1日 至 2019年9月30日)
                                                      (単位:百万円)
                                      株主資本
                      資本金       資本剰余金        利益剰余金         自己株式       株主資本合計
     当期首残高                   512,204         78,506        346,562        △ 37,729        899,544
     当中間期変動額
      剰余金の配当
                                        △ 2,452               △ 2,452
      親会社株主に帰属する中間純利益                                   28,148                28,148
      自己株式の取得                                          △ 9,207       △ 9,207
      自己株式の処分
                                 △ 53                132         78
      利益剰余金から資本剰余金への振
                                  53       △ 53                -
      替
      非支配株主との取引に係る親会社
                                 △ 0                        △ 0
      の持分変動
      連結子会社の新株予約権の失効に
                                          -                -
      よる増加高
      連結子会社増加による減少高                                    -                -
      連結子会社減少による減少高                                    △ 0               △ 0
      その他有価証券評価差額金から利
                                         △ 29               △ 29
      益剰余金への振替
      株主資本以外の項目の当中間期変
      動額(純額)
     当中間期変動額合計                     -        △ 0      25,613        △ 9,075        16,537
     当中間期末残高                   512,204         78,506        372,176        △ 46,804        916,082
                           その他の包括利益累計額

                                                  非支配株主
                   その他有価               退職給付に     その他の包
                                             新株予約権          純資産合計
                         繰延ヘッジ     為替換算調
                                                  持分
                   証券評価差               係る調整累     括利益累計
                         損益     整勘定
                   額金               計額     額合計
     当期首残高                10,041    △ 16,391     △ 1,527      378   △ 7,500      99    4,498    896,642
     当中間期変動額
      剰余金の配当                                                   △ 2,452
      親会社株主に帰属する中間純利益
                                                         28,148
      自己株式の取得                                                   △ 9,207
      自己株式の処分                                                     78
      利益剰余金から資本剰余金への振
                                                           -
      替
      非支配株主との取引に係る親会社
                                                          △ 0
      の持分変動
      連結子会社の新株予約権の失効に
                                                           -
      よる増加高
      連結子会社増加による減少高                                                     -
      連結子会社減少による減少高                                                    △ 0
      その他有価証券評価差額金から利
                                                          △ 29
      益剰余金への振替
      株主資本以外の項目の当中間期変
                     △ 1,592    △ 1,783    △ 1,278      47   △ 4,606      26    2,616    △ 1,964
      動額(純額)
     当中間期変動額合計                △ 1,592    △ 1,783    △ 1,278      47   △ 4,606      26    2,616     14,573
     当中間期末残高                 8,448    △ 18,174     △ 2,806      425   △ 12,106      125    7,114    911,215
                                 26/105





                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社新生銀行(E03530)
                                                            四半期報告書
           当中間連結会計期間(自 2020年4月1日 至 2020年9月30日)
                                                      (単位:百万円)
                                      株主資本
                      資本金       資本剰余金        利益剰余金         自己株式       株主資本合計
     当期首残高
                        512,204         78,506        389,600        △ 61,097        919,214
     当中間期変動額
      剰余金の配当                                  △ 2,307               △ 2,307
      親会社株主に帰属する中間純利益                                   13,316                13,316
      自己株式の取得
                                                △ 9,543       △ 9,543
      自己株式の処分                           △ 40                132         91
      利益剰余金から資本剰余金への振
                                  40       △ 40                -
      替
      非支配株主との取引に係る親会社
                                  32                        32
      の持分変動
      連結子会社の新株予約権の失効に
                                          0                0
      よる増加高
      連結子会社増加による減少高                                    △ 0               △ 0
      連結子会社減少による減少高                                    -                -
      その他有価証券評価差額金から利
                                          39                39
      益剰余金への振替
      株主資本以外の項目の当中間期変
      動額(純額)
     当中間期変動額合計
                          -        32      11,008        △ 9,411        1,629
     当中間期末残高                   512,204         78,538        400,609        △ 70,508        920,843
                           その他の包括利益累計額

                                                  非支配株主
                   その他有価               退職給付に     その他の包
                                             新株予約権          純資産合計
                         繰延ヘッジ     為替換算調
                                                  持分
                   証券評価差               係る調整累     括利益累計
                         損益     整勘定
                   額金               計額     額合計
     当期首残高                 4,755    △ 15,719     △ 1,670    △ 3,585    △ 16,219      125    7,364    910,485
     当中間期変動額
      剰余金の配当                                                   △ 2,307
      親会社株主に帰属する中間純利益                                                   13,316
      自己株式の取得                                                   △ 9,543
      自己株式の処分
                                                           91
      利益剰余金から資本剰余金への振
                                                           -
      替
      非支配株主との取引に係る親会社
                                                           32
      の持分変動
      連結子会社の新株予約権の失効に
                                                           0
      よる増加高
      連結子会社増加による減少高                                                    △ 0
      連結子会社減少による減少高
                                                           -
      その他有価証券評価差額金から利
                                                           39
      益剰余金への振替
      株主資本以外の項目の当中間期変
                     △ 117    △ 812     140      52    △ 738      23    1,628      913
      動額(純額)
     当中間期変動額合計                 △ 117    △ 812     140      52    △ 738      23    1,628     2,543
     当中間期末残高
                     4,637    △ 16,532     △ 1,529    △ 3,532    △ 16,957      149    8,992    913,028
                                 27/105






                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社新生銀行(E03530)
                                                            四半期報告書
      (4)【中間連結キャッシュ・フロー計算書】
                                                   (単位:百万円)
                                前中間連結会計期間              当中間連結会計期間
                                (自 2019年4月1日              (自 2020年4月1日
                                至 2019年9月30日)               至 2020年9月30日)
     営業活動によるキャッシュ・フロー
                                        31,239              19,735
       税金等調整前中間純利益
       減価償却費(リース賃貸資産を除く)                                  7,045              7,074
                                         1,045              1,109
       のれん償却額
                                          102              173
       無形資産償却額
                                          216              229
       減損損失
       持分法による投資損益(△は益)                                 △ 1,428             △ 1,704
       貸倒引当金の増減(△)                                   496             1,417
       賞与引当金の増減額(△は減少)                                 △ 3,722             △ 3,632
       退職給付に係る資産の増減額(△は増加)                                  △ 308             △ 268
       退職給付に係る負債の増減額(△は減少)                                   △ 65              37
       睡眠預金払戻損失引当金の増減額(△は減少)                                    -             △ 44
       睡眠債券払戻損失引当金の増減額(△は減少)                                  △ 200             △ 106
       利息返還損失引当金の増減額(△は減少)                                 △ 6,799             △ 5,943
       その他の引当金の増減額(△は減少)                                   △ 18             △ 57
                                       △ 76,720             △ 68,774
       資金運用収益
                                         9,931              6,892
       資金調達費用
       有価証券関係損益(△)                                 △ 8,965             △ 3,632
       金銭の信託の運用損益(△は運用益)                                 △ 1,319             △ 1,724
       為替差損益(△は益)                                  12,450               △ 220
       固定資産処分損益(△は益)                                    21              30
                                       △ 21,988              12,701
       特定取引資産の純増(△)減
       特定取引負債の純増減(△)                                  18,301             △ 11,097
                                       △ 14,804              29,223
       貸出金の純増(△)減
       預金の純増減(△)                                  86,304              106,146
       譲渡性預金の純増減(△)                                 △ 82,049             △ 17,322
       借用金(劣後特約付借入金を除く)の純増減
                                       △ 85,021             △ 74,624
       (△)
       社債(劣後特約付社債を除く)の純増減(△)                                 △ 20,100              48,500
                                        75,858             △ 18,556
       預け金(現金同等物を除く)の純増(△)減
                                       △ 40,335               8,483
       買入金銭債権の純増(△)減
                                          476               -
       債券貸借取引支払保証金の純増(△)減
       コールマネー等の純増減(△)                                 180,117              △ 97,886
       債券貸借取引受入担保金の純増減(△)                                 △ 55,276             △ 39,236
                                       △ 25,835               9,821
       外国為替の純増(△)減
       短期社債(負債)の純増減(△)                                  48,600               5,900
                                        78,663              71,236
       資金運用による収入
                                        △ 9,612             △ 8,314
       資金調達による支出
                                         1,682              1,296
       運用目的の金銭の信託の純増(△)減
                                 28/105







                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社新生銀行(E03530)
                                                            四半期報告書
                                                   (単位:百万円)

                                前中間連結会計期間              当中間連結会計期間
                                (自 2019年4月1日              (自 2020年4月1日
                                至 2019年9月30日)               至 2020年9月30日)
                                         2,272              3,327
       リース債権及びリース投資資産の純増(△)減
                                       △ 95,146             △ 19,220
       その他
                                         5,105             △ 39,027
       小計
                                        △ 1,010             △ 1,505
       法人税等の支払額
                                         4,095             △ 40,532
       営業活動によるキャッシュ・フロー
     投資活動によるキャッシュ・フロー
                                      △ 1,132,141              △ 826,326
       有価証券の取得による支出
                                       1,078,891               776,601
       有価証券の売却による収入
                                        130,615              143,388
       有価証券の償還による収入
                                       △ 95,372             △ 84,705
       金銭の信託の設定による支出
                                        61,950              104,390
       金銭の信託の解約、売却及び配当による収入
       有形固定資産(リース賃貸資産を除く)の取得に
                                        △ 1,678              △ 777
       よる支出
       無形固定資産(リース賃貸資産を除く)の取得に
                                        △ 3,108             △ 5,133
       よる支出
       連結の範囲の変更を伴う子会社株式の取得による
                                        △ 4,715             △ 46,990
       支出
                                         △ 89              542
       その他
                                        34,351              60,988
       投資活動によるキャッシュ・フロー
     財務活動によるキャッシュ・フロー
                                         2,197              1,814
       非支配株主からの払込みによる収入
                                        △ 2,452             △ 2,307
       配当金の支払額
                                         △ 33             △ 19
       非支配株主への配当金の支払額
                                        △ 9,207             △ 9,543
       自己株式の取得による支出
       連結の範囲の変更を伴わない子会社株式の取得に
                                          △ 0             △ 15
       よる支出
                                        △ 9,497             △ 10,072
       財務活動によるキャッシュ・フロー
                                         △ 93             △ 36
     現金及び現金同等物に係る換算差額
     現金及び現金同等物の増減額(△は減少)                                   28,856              10,347
                                       1,245,870              1,578,264
     現金及び現金同等物の期首残高
                                     ※1  1,274,726            ※1  1,588,612
     現金及び現金同等物の中間期末残高
                                 29/105









                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社新生銀行(E03530)
                                                            四半期報告書
      【注記事項】
        (中間連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項)
    1.連結の範囲に関する事項

     (1)  連結子会社                      93 社
      主要な会社名
       株式会社アプラスフィナンシャル
       昭和リース株式会社
       新生フィナンシャル株式会社
       新生信託銀行株式会社
       新生証券株式会社
       新生インベストメント&ファイナンス株式会社
       UDC  Finance    Limited
      (連結の範囲の変更)
       UDC   Finance    Limitedは株式の取得により、株式会社エス・エル・セレスは重要性が増加したことにより、当中間
      連結会計期間から連結しております。
     (2)  非連結子会社              87社

      主要な会社名
       エス・エル・パシフィック株式会社
       ワールド開発工業株式会社他16社は、支配が一時的であるため、中間連結財務諸表規則第5条第1項第1号によ
      り、連結の範囲から除外しております。
       エス・エル・パシフィック株式会社他32社は、匿名組合方式による賃貸事業を行う営業者であり、その資産及び損
      益は実質的に匿名組合員に帰属し、当該子会社及びその親会社には帰属しないものであり、かつ、当該子会社との間
      に重要な取引がないため、中間連結財務諸表規則第5条第1項第2号により、連結の範囲から除外しております。
       その他の非連結子会社は、その資産、経常収益、中間純損益(持分に見合う額)、利益剰余金(持分に見合う額)
      及びその他の包括利益累計額(持分に見合う額)等からみて、連結の範囲から除いても企業集団の財政状態及び経営
      成績に関する合理的な判断を妨げない程度に重要性が乏しいため、連結の範囲から除外しております。
    2.持分法の適用に関する事項

     (1)  持分法適用の非連結子会社               0 社
     (2)  持分法適用の関連会社               42 社
      主要な会社名
       日盛金融控股股份有限公司
      (持分法適用の範囲の変更)
       新生青山パートナーズ5号投資事業有限責任組合は清算により、持分法の適用対象から除いております。
     (3)  持分法非適用の非連結子会社              87 社
      主要な会社名
       エス・エル・パシフィック株式会社
       エス・エル・パシフィック株式会社他32                   社 は、匿名組合方式による賃貸事業を行う営業者であり、その資産及び損
      益は実質的に匿名組合員に帰属し、当該子会社及びその親会社には帰属しないものであり、かつ、当該子会社との間
      に重要な取引がないため、中間連結財務諸表規則第7条第1項第2号により、持分法の適用対象から除いておりま
      す 。
       その他の持分法非適用の非連結子会社は、中間純損益(持分に見合う額)、利益剰余金(持分に見合う額)及びそ
      の他の包括利益累計額(持分に見合う額)等からみて、持分法の適用対象から除いても中間連結財務諸表に重要な影
      響を与えないため、持分法の適用対象から除いております。
     (4)  持分法非適用の関連会社              0    社
                                 30/105





                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社新生銀行(E03530)
                                                            四半期報告書
    3.連結子会社の中間決算日等に関する事項

     (1)連結子会社の中間決算日は次のとおりであります。
       9月末日              58社
       12月24日              1社
       3月末日              5社
       6月16日              1社
       6月末日              26社
       7月末日              1社
       8月末日              1社
     (2)9月末日以外の日を中間決算日とする連結子会社のうち、7社については、9月末日現在で実施した仮決算に基づ
      く中間財務諸表により、           1社については、6月末日現在で実施した仮決算に基づく中間財務諸表により、                                     また、その
      他の連結子会社については、それぞれの中間決算日の中間財務諸表により連結しております。
       中間連結決算日と上記の中間決算日等との間に生じた重要な取引については、必要な調整を行っております。
    4.会計方針に関する事項

     (1)特定取引資産・負債の評価基準及び収益・費用の計上基準
       金利、通貨の価格、金融商品市場における相場その他の指標に係る短期的な変動、市場間の格差等を利用して利益
      を得る等の目的(以下、「特定取引目的」という。)の取引については、取引の約定時点を基準とし、中間連結貸借
      対照表上「特定取引資産」及び「特定取引負債」に計上するとともに、当該取引からの損益を中間連結損益計算書上
      「特定取引収益」及び「特定取引費用」に計上しております                            。
       特定取引資産及び特定取引負債の評価は、有価証券及び金銭債権等については中間連結決算日の時価により、ス
      ワップ・先物・オプション取引等の派生商品については中間連結決算日において決済したものとみなした額により
      行っております       。
       また、特定取引収益及び特定取引費用の損益計上は、当中間連結会計期間中の受払利息等に、有価証券及び金銭債
      権等については前連結会計年度末と当中間連結会計期間末における評価損益の増減額を、派生商品については前連結
      会計年度末と当中間連結会計期間末におけるみなし決済からの損益相当額の増減額を加えております                                              。
       なお、特定取引資産及び特定取引負債に含まれる派生商品のみなし決済額の見積りに当たり、流動性リスク及び信
      用リスクを加味した評価を行っております                   。
     (2)有価証券の評価基準及び評価方法
      ① 有価証券の評価は、売買目的有価証券(特定取引を除く)については時価法(売却原価は移動平均法により算
       定)、満期保有目的の債券については移動平均法による償却原価法(定額法)、持分法非適用の非連結子会社株式
       及び関連会社株式については移動平均法による原価法、その他有価証券については原則として中間連結決算日の市
       場価格等に基づく時価法(売却原価は移動平均法により算定)、ただし時価を把握することが極めて困難と認めら
       れるものについては移動平均法による原価法により行っております。また、匿名組合等への出資金については、組
       合等の直近の財務諸表等に基づいて、組合等の財産の持分相当額を純額で計上しております。
        なお、その他有価証券の評価差額については、時価ヘッジの適用により損益に反映させた額を除き、全部純資産
       直入法により処理しております。
      ②   金銭の信託において信託財産を構成している有価証券の評価は、上記①と同じ方法により行っております。
     (3)デリバティブ取引の評価基準及び評価方法
       デリバティブ取引(特定取引目的の取引を除く)の評価は、時価法により行っております。
     (4)買入金銭債権の評価基準及び評価方法
       売買目的の買入金銭債権(特定取引を除く)の評価は、時価法により行っております。
     (5)固定資産の減価償却の方法
      ① 有形固定資産        (借手側のリース資産を除く)
        有形固定資産は、建物及び当行の動産のうちパソコン以外の電子計算機(ATM等)については主として定額法、
       その他の動産については主として定率法により償却し、年間減価償却費見積額を期間により按分し計上しておりま
       す。また、主な耐用年数は次のとおりであります。
        建物:3年~50       年
        その他:2年~20        年
                                 31/105



                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社新生銀行(E03530)
                                                            四半期報告書
        また、有形リース資産は、リース期間を償却年数とし、リース期間満了時のリース資産の見積処分価額を残存価

       額とする定額法により償却しております。
      ② 無形固定資産        (借手側のリース資産を除く)
        無形固定資産のうち無形資産は、                連結子会社     に対する支配権獲得時における全面時価評価法の適用により計上さ
       れたものであり、商権価値(顧客関係)は級数法又は定額法、契約価値(サブリース契約関係)は定額法により償
       却しております。また、償却期間は次のとおりであります。
        商権価値(顧客関係)          :8年~20     年
        契約価値(サブリース契約関係)               :契約残存年数
        また、のれん及び2010年3月末日以前に発生した負ののれんの償却については、主として20年間で均等償却して

       おります。ただし、重要性の乏しいものについては、発生年度に一括償却しております。
        上記以外の無形固定資産は、定額法により償却しております。なお、自社利用のソフトウェアについては、当行
       及び連結子会社で定める利用可能期間(主として5                        年~15   年)に基づいて償却しております。
      ③   リース資産(借手側)
        所有権移転ファイナンス・リース取引に係る「無形固定資産」中のリース資産は、自己所有の固定資産に適用す
       る償却方法と同一の方法により償却しております。
        所有権移転外ファイナンス・リース取引に係る「有形固定資産」中のリース資産は、リース期間を耐用年数とし
       た定額法により償却しております。なお、残存価額については、リース契約上に残価保証の取決めがあるものは当
       該残価保証額とし、それ以外のものは零としております                          。
     (6)繰延資産の処理方法
       社債発行費はその他資産に計上し、社債の償還期間にわたり定額法により償却しております                                          。
       また、社債は償却原価法(定額法)に基づいて算定された価額をもって中間連結貸借対照表価額としております。
     (7)貸倒引当金の計上基準
       当行及び国内信託銀行子会社の貸倒引当金は、予め定めている償却・引当基準に則り、次のとおり計上しておりま
      す 。
       破産、特別清算等、法的に経営破綻の事実が発生している債務者(以下、「破綻先」という。)に係る債権及びそ
      れと同等の状況にある債務者(以下、「実質破綻先」という。)に係る債権については、以下のなお書きに記載され
      ている直接減額後の帳簿価額から、担保の処分可能見込額及び保証による回収可能見込額を控除し、その残額を計上
      しております。また、現在は経営破綻の状況にないが、今後経営破綻に陥る可能性が大きいと認められる債務者(以
      下、「破綻懸念先」という。)に係る債権については、以下の大口債務者に係る債権を除き、債権額から、担保の処
      分可能見込額及び保証による回収可能見込額を控除し、                          その残額に対して今後3年間の予想損失額を見込んで計上し
      ております。
       当行では破綻懸念先、貸出条件緩和債権等を有する債務者及び従来よりキャッシュ・フロー見積法(後述)による
      引当を行っていた債務者で、今後の債権の元本の回収及び利息の受取りに係るキャッシュ・フローを合理的に見積も
      ることができる債務者のうち、与信額が一定額以上の大口債務者に係る債権については、当該キャッシュ・フローを
      貸出条件緩和実施前の約定利子率で割引いた金額と債権の帳簿価額との差額を貸倒引当金とする方法(キャッシュ・
      フロー見積法)により計上しております。また、将来キャッシュ・フローを合理的に見積もることが困難な債務者の
      うち与信額が一定額以上の大口債務者に係る債権については、個別的に残存期間を算定し、その残存期間に対応する
      今後の一定期間における予想損失額を計上しております                          。
       上記以外の債権については、貸出金等の予想損失額を見込んで計上しており、予想損失額は、ポートフォリオの特
      性に応じて、一般事業法人向けローン、不動産ノンリコースローン、プロジェクトファイナンス及び個人向け商品別
      にグルーピングを行ったうえで、主として各々の平均残存期間の貸倒実績又は倒産実績を基礎とした貸倒実績率又は
      倒産確率の過去の一定期間における平均値に基づき損失率を求め、これに将来見込み等必要な修正を加えて算出して
      おります。
       特定海外債権については、対象国の政治経済情勢等に起因して生ずる損失見込額を特定海外債権引当勘定として計
      上しております       。
       すべての債権は、資産の自己査定基準に基づき、営業推進部署及び審査部署が資産査定を実施し、当該部署から独
      立したリスク統括担当部署が査定結果を検証しており、その査定結果に基づいて上記の引当を行っております                                                  。
       国内信託銀行子会社以外の連結子会社の貸倒引当金は、一般債権については過去の貸倒実績率等を勘案して必要と
      認めた額を、貸倒懸念債権等特定の債権については、個別に回収可能性を勘案し、回収不能見込額をそれぞれ計上し
      ております     。
                                 32/105


                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社新生銀行(E03530)
                                                            四半期報告書
       なお、当行及び一部の連結子会社では破綻先及び実質破綻先に対する担保・保証付債権等については、原則として
      債権額から担保の評価額及び保証による回収が可能と認められる額を控除した残額を取立不能見込額として債権額か
      ら直接減額しており、その金額は               51,822   百万円(前連結会計年度末は48,787百万円)であります。
      (追加情報)
       新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染拡大やそれに伴う経済活動停滞による影響は概ね2021年3月末頃ま
      でに収束するものの、一部の特定債務者向け貸出金等の信用リスクに対する影響はさらに数年程度続くものと想定
      し、当行及び一部の連結子会社の特定債務者及び特定業種向け貸出金等の信用リスクに大きな影響があるとの仮定を
      置いております。なお、当該仮定については、足許の状況を踏まえ、前連結会計年度末に想定した一部の特定債務者
      向け貸出金等の信用リスクに対する影響を及ぼす期間に関して変更しております。
       こうした仮定のもと、当該影響から予想される損失に備えるため、当中間連結会計期間において影響があると見込
      まれる特定債務者及び特定業種の見直しを行い、特定債務者の債務者区分を予想される業績悪化の状況を踏まえて修
      正するとともに、当該特定業種ポートフォリオの貸倒実績に予想される業績悪化の状況に基づく修正を加えた予想損
      失率によって、貸倒引当金6,652百万円(前連結会計年度末は7,011百万円)を計上しております。
       なお、当該金額は現時点の最善の見積りであるものの見積りに用いた仮定の不確実性は高く、新型コロナウイルス
      感染症(COVID-19)の感染状況やその経済環境への影響が変化した場合には、第3四半期連結会計期間以降において
      増減する可能性があります。
     (8)賞与引当金の計上基準
       賞与引当金は、従業員への賞与の支払いに備えるため、従業員に対する賞与の支給見込額のうち、当中間連結会計
      期間に帰属する額を計上しております。
     (9)役員賞与引当金の計上基準
       役員賞与引当金は、役員への賞与の支払いに備えるため、役員に対する賞与の支給見込額のうち、当中間連結会計
      期間に帰属する額を計上しております。
    (10  ) 役員退職慰労引当金の計上基準
       役員退職慰労引当金は、一部の              連結子会社の役員への退職慰労金の支払いに備えるため、役員に対する退職慰労金
      の支給見積額のうち、当中間連結会計期間末までに発生していると認められる額を計上しております。
    (11)睡眠預金払戻損失引当金の計上基準
       睡眠預金払戻損失引当金は、負債計上を中止した預金について、預金者からの払戻請求に備えるため、将来の払戻
      請求に応じて発生する損失を見積り必要と認める額を計上しております。
    (12)睡眠債券払戻損失引当金の計上基準
       睡眠債券払戻損失引当金は、負債計上を中止した債券について、債券保有者からの払戻請求に備えるため、将来の
      払戻請求に応じて発生する損失を見積り必要と認める額を計上しております。
    (13)利息返還損失引当金の計上基準
       連結子会社の利息返還損失引当金は、将来の利息返還の請求に伴う損失に備えるため、過去の返還実績等を勘案し
      た必要額を計上しております。
    (14)退職給付に係る会計処理の方法
       退職給付に係る負債は、当中間連結会計期間末における退職給付債務から年金資産の額を控除した額を計上してお
      ります(ただし、年金資産の額が退職給付債務を超える場合は退職給付に係る資産として計上)。
       退職給付債務の算定にあたり、退職給付見込額を当中間連結会計期間末までの期間に帰属させる方法については、
      給付算定式基準によっております。また、過去勤務費用及び数理計算上の差異の損益処理方法は次のとおりでありま
      す。
       過去勤務費用:その発生時の従業員の平均残存勤務期間(10.00年)による定額法により損益処理
       数理計算上の差異:各連結会計年度の発生時の従業員の平均残存勤務期間(7.49~12.13年)による定額法により
                按分した額を、主としてそれぞれの発生年度から損益処理
       なお、一部の連結子会社は、退職給付に係る負債及び退職給付費用の計算に、退職給付に係る当中間連結会計期間
      末の自己都合要支給額を退職給付債務とする方法を用いた簡便法を適用しております。
    (15)重要な収益及び費用の計上基準
     ①信販業務の収益の計上基準
        信販業務の収益の計上は、期日到来基準とし、主として次の方法によっております。
      (アドオン方式契約)
       信用購入あっせん(包括・個別)                            7・8分法
       信用保証(保証料契約時一括受領)                            7・8分法
       信用保証(保証料分割受領)                                          定額法
                                 33/105


                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社新生銀行(E03530)
                                                            四半期報告書
      (残債方式契約)

       信用購入あっせん(包括・個別)                                        残債方式
       信用保証(保証料分割受領)                                          残債方式
        (注)計上方法の内容は次のとおりであります。
        (イ)7・8分法とは、手数料総額を分割回数の積数で按分し、各返済期日到来の都度積数按分額を収益計上する
         方法であります。
        (ロ)残債方式とは、元本残高に対して一定率の料率で手数料を算出し、各返済期日の都度算出額を収益計上す
         る方法であります。
     ②リース業務の収益及び費用の計上基準
        ファイナンス・リース取引に係る収益及び費用については、リース期間中の各期に受け取るリース料を各期にお
       いてリース収益として計上し、当該金額からリース期間中の各期に配分された利息相当額を差し引いた額をリース
       原価として処理しております。
        なお、「リース取引に関する会計基準」(企業会計基準第13号)適用初年度開始前に取引が開始した所有権移転
       外ファイナンス・リース取引については、同会計基準適用初年度の前年度末(2008年3月31日)における固定資産
       の適正な帳簿価額(減価償却累計額控除後)をリース投資資産の同会計基準適用初年度期首の価額として計上して
       おります。これにより、リース取引を主たる事業とする連結子会社において、原則的な処理を行った場合に比べ、
       税金等調整前中間純利益は34百万円増加(前中間連結会計期間は33百万円増加)しております。
     ③消費者金融業務の収益の計上基準
        消費者金融専業の連結子会社の貸出金に係る未収利息については、利息制限法上限利率又は約定利率のいずれか
       低い利率により計上しております。
    (16)外貨建の資産及び負債の本邦通貨への換算基準
       当行の外貨建資産及び負債は、取得時の為替相場による円換算額を付す持分法非適用の非連結子会社株式及び関連
      会社株式を除き、中間連結決算日の為替相場による円換算額を付しております。
       連結子会社の外貨建資産及び負債については、それぞれの中間決算日等の為替相場により換算しております                                                 。
    (17)重要なヘッジ会計の方法
     ① 金利リスク・ヘッジ
        当行の金融資産・負債から生じる金利リスクに対するヘッジ会計の方法は、繰延ヘッジによっております                                                。
        「銀行業における金融商品会計基準適用に関する会計上及び監査上の取扱い」(日本公認会計士協会業種別監査
       委員会報告第24号 2002年2月13日。以下、「業種別監査委員会報告第24号」という。)に規定する繰延ヘッジの
       ヘッジ有効性評価の方法については、相場変動を相殺するヘッジについて、ヘッジ対象となる預金・貸出金等と
       ヘッジ手段である金利スワップ取引等を一定の期間毎にグルーピングのうえ特定し評価しております。また、
       キャッシュ・フローを固定するヘッジについては、ヘッジ対象とヘッジ手段の金利変動要素の相関関係の検証によ
       り有効性を評価しております             。
        一部の国内連結子会社のヘッジ会計の方法は、繰延ヘッジ又は金利スワップの特例処理によっており、国際財務
       報告基準(IFRS)を適用している               一部の在外連結子会社については、キャッシュ・フロー・ヘッジを適用してお
       り、ヘッジ手段に関する公正価値の変動額のうち、ヘッジ有効部分はその他の包括利益(「繰延ヘッジ損益」に含
       めて計上)として認識し、ヘッジ非有効部分は純損益として認識しております。
     ②為替変動リスク・ヘッジ
        当行の外貨建金融資産・負債から生じる為替変動リスクに対するヘッジ会計の方法は、繰延ヘッジ又は時価ヘッ
       ジによっております。
        「銀行業における外貨建取引等の会計処理に関する会計上及び監査上の取扱い」(日本公認会計士協会業種別監
       査委員会報告第25号 2002年7月29日。以下、「業種別監査委員会報告第25号」という。)に規定する繰延ヘッジ
       のヘッジ有効性評価の方法については、外貨建金銭債権債務等の為替変動リスクを減殺する目的で行う通貨スワッ
       プ取引及び為替スワップ取引等をヘッジ手段とし、ヘッジ対象である外貨建金銭債権債務等に見合うヘッジ手段の
       外貨ポジション相当額が存在することを確認することによりヘッジの有効性を評価しております。
        また、外貨建有価証券(債券以外)の為替変動リスクをヘッジするため、事前にヘッジ対象となる外貨建有価証
       券の銘柄を特定し、当該外貨建有価証券について外貨ベースで取得原価以上の直先負債が存在していること等を条
       件に包括ヘッジとして繰延ヘッジ及び時価ヘッジを適用しております。
                                 34/105



                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社新生銀行(E03530)
                                                            四半期報告書
     ③ 連結会社間取引等

        デリバティブ取引のうち連結会社間及び特定取引勘定とそれ以外の勘定との間の内部取引については、ヘッジ手
       段として指定している金利スワップ取引及び通貨スワップ取引等に対して、業種別監査委員会報告第24号及び同第
       25号に基づき、恣意性を排除し厳格なヘッジ運営が可能と認められる対外カバー取引の基準に準拠した運営を行っ
       ているため、当該金利スワップ取引及び通貨スワップ取引等から生じる収益及び費用は消去せずに損益認識又は繰
       延処理を行っております。
    (18)中間連結キャッシュ・フロー計算書における資金の範囲
       中間連結キャッシュ・フロー計算書における資金の範囲は、中間連結貸借対照表上の「現金預け金」のうち現金、
      日本銀行への預け金及びその他の無利息預け金であります。
    (19)消費税等の会計処理
       当行及び国内連結子会社の消費税及び地方消費税の会計処理は、税抜方式によっております。
    (20)連結納税制度の適用
       当行及び一部の国内連結子会社は、連結納税制度を適用しております。
    (21)   連結納税制度からグループ通算制度への移行に係る税効果会計の適用
       当行及び一部の国内連結子会社は、「所得税法等の一部を改正する法律」(令和2年法律第8号)において創設さ
      れたグループ通算制度への移行及びグループ通算制度への移行にあわせて単体納税制度の見直しが行われた項目につ
      いては、「連結納税制度からグループ通算制度への移行に係る税効果会計の適用に関する取扱い」(実務対応報告第
      39号   2020年3月31日)第3項の取扱いにより、「税効果会計に係る会計基準の適用指針」(企業会計基準適用指針第
      28号   2018年2月16日)第44項の定めを適用せず、繰延税金資産及び繰延税金負債の額について、改正前の税法の規定
      に基づいております。
                                 35/105













                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社新生銀行(E03530)
                                                            四半期報告書
        (追加情報)
       (当行の連結子会社が保有するLimited                     Partnershipに対する出資持分に係る損失発生)
         当行の連結子会社であるShinsei                    NIB  (Cayman)      Limited(中間決算日:6月末日)がLimited                     Partnerとし
        て出資するNew           NIB  Partners     LP(General      Partner:New       NIB  GP  LP)の投資先であるNIBC            HOLDING    N.V.(以
        下、「NIBC」という。)は、2020年7月10日付でBlackstone                                Group   Inc.傘下のFlora        Acquisition      B.V.との間
        で、Flora         Acquisition      B.V.を公開買付者とするNIBCの発行済普通株式の公開買付に係る公開買付価格の修正に
        関する契約を締結しました。New                   NIB  Partners     LPは当該修正契約に関連した売却契約に基づき、2020年12月末
        までに保有する全てのNIBC株式をFlora                      Acquisition      B.V.に譲渡する予定であります。この譲渡が成立した場
        合、New        NIB  Partners     LPにてNIBC株式の譲渡による損失が計上されることとなり、Shinsei                                NIB(Cayman)
        LimitedのNew           NIB  Partners     LPに対する出資持分割合に相当する約2,700百万円(2020年9月末為替換算)の損
        失が生じる可能性があります。
       (自己株式の取得)

         当行は、2020年5月13日の取締役会において、会社法第459条第1項の規定による定款の定めに基づき、自己
        株式の取得に係る事項を決議いたしました。
       1.自己株式の取得を行う理由

         公的資金返済の道筋をつける取り組みの一環として、現在の当行の資本の状況や収益力、1株当たりの価値な
        どに鑑み、自己株式の取得を行うものであります。これにより、充分な資本の維持を前提としつつ、適切な資本
        政策の実施を通じて、1株当たりの価値の向上を目指してまいります。
       2.取得に係る事項の内容

       (1)取得する株式の種類      普通株式
       (2)取得する株式の総数      20.5百万株(上限)
                         (発行済株式総数(自己株式を除く)の8.88%)
       (3)株式の取得価額の総額     205億円(上限)
       (4)取得期間           2020年5月14日から2021年3月31日まで
       上記取締役会決議に基づき、次のとおり自己株式の取得を実施いたしました。

       (1)取得した株式の種類      普通株式
       (2)取得した株式の総数      10,294,700株
       (3)株式の取得価額の総額     13,599,769,700円
       (4)取得期間           2020年5月14日から2020年10月31日まで
       (5)取得方法           東京証券取引所における市場買付
                                 36/105









                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社新生銀行(E03530)
                                                            四半期報告書
        (中間連結貸借対照表関係)
    ※1.非連結子会社及び関連会社の株式又は出資金の総額

                                前連結会計年度               当中間連結会計期間
                               (2020年3月31日)                (2020年9月30日)
        株式                           62,445   百万円             68,468   百万円
                                  ( 3,656   百万円)
        (うち共同支配企業に対する投資の金額)                                          (4,084百万円)
        出資金                           11,514   百万円             10,096   百万円
    ※2.無担保の消費貸借契約(債券貸借取引)により借り入れている有価証券、現先取引並びに現金担保付債券貸借取

      引等により受け入れている有価証券及びデリバティブ取引の担保として受け入れている有価証券のうち、売却又は
      (再)担保という方法で自由に処分できる権利を有する有価証券は次のとおりであります。
                                前連結会計年度               当中間連結会計期間
                               (2020年3月31日)                (2020年9月30日)
        当中間連結会計期間末(前連結会計年度                           5,561   百万円             2,745   百万円
        末)に当該処分をせずに所有している有
        価証券
    ※3.貸出金のうち、破綻先債権額及び延滞債権額は次のとおりであります。

                                前連結会計年度               当中間連結会計期間
                               (2020年3月31日)                (2020年9月30日)
        破綻先債権額                           4,555   百万円             3,616   百万円
        延滞債権額                           35,335   百万円             48,216   百万円
        なお、破綻先債権とは、元本又は利息の支払の遅延が相当期間継続していることその他の事由により元本又は利
      息の取立て又は弁済の見込みがないものとして未収利息を計上しなかった貸出金(貸倒償却を行った部分を除く。
      以下、「未収利息不計上貸出金」という。)のうち、法人税法施行令(昭和40年政令第97号)第96条第1項第3号
      イからホまでに掲げる事由又は同項第4号に規定する事由が生じている貸出金であります。
        また、延滞債権とは、未収利息不計上貸出金であって、破綻先債権及び債務者の経営再建又は支援を図ることを
      目的として利息の支払を猶予した貸出金以外の貸出金であります。
        「その他資産」に含まれる割賦売掛金のうち、破綻先債権額及び延滞債権額は次のとおりであります。
                                前連結会計年度               当中間連結会計期間
                               (2020年3月31日)                (2020年9月30日)
        破綻先債権額                             3 百万円               71 百万円
        延滞債権額                           5,643   百万円             6,585   百万円
    ※4.貸出金のうち、3カ月以上延滞債権額は次のとおりであります。

                                前連結会計年度               当中間連結会計期間
                               (2020年3月31日)                (2020年9月30日)
        3カ月以上延滞債権額                            646  百万円             1,550   百万円
        なお、3カ月以上延滞債権とは、元本又は利息の支払が、約定支払日の翌日から3月以上遅延している貸出金で破
      綻先債権及び延滞債権に該当しないものであります。
        「その他資産」に含まれる割賦売掛金のうち、3カ月以上延滞債権額は次のとおりであります。
                                前連結会計年度               当中間連結会計期間
                               (2020年3月31日)                (2020年9月30日)
        3カ月以上延滞債権額                            265  百万円              209  百万円
                                 37/105





                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社新生銀行(E03530)
                                                            四半期報告書
    ※5.貸出金のうち、貸出条件緩和債権額は次のとおりであります。
                                前連結会計年度               当中間連結会計期間
                               (2020年3月31日)                (2020年9月30日)
        貸出条件緩和債権額                           46,680   百万円             54,870   百万円
        なお、貸出条件緩和債権とは、債務者の経営再建又は支援を図ることを目的として、金利の減免、利息の支払猶
      予、元本の返済猶予、債権放棄その他の債務者に有利となる取決めを行った貸出金で、破綻先債権、延滞債権及び
      3カ月以上延滞債権に該当しないものであります。
        「その他資産」に含まれる割賦売掛金のうち、貸出条件緩和債権額は次のとおりであります。
                                前連結会計年度               当中間連結会計期間
                               (2020年3月31日)                (2020年9月30日)
        貸出条件緩和債権額                           1,007   百万円             2,596   百万円
    ※6.貸出金のうち、破綻先債権額、延滞債権額、3カ月以上延滞債権額及び貸出条件緩和債権額の合計額は次のとお

      りであります。
                                前連結会計年度               当中間連結会計期間
                               (2020年3月31日)                (2020年9月30日)
        合計額                           87,217   百万円            108,254    百万円
        「その他資産」に含まれる割賦売掛金のうち、破綻先債権額、延滞債権額、3カ月以上延滞債権額及び貸出条件
      緩和債権額の合計額は次のとおりであります。
                                前連結会計年度               当中間連結会計期間
                               (2020年3月31日)                (2020年9月30日)
        合計額                           6,920   百万円             9,462   百万円
        なお、上記3.から6.に掲げた債権額は、貸倒引当金控除前の金額であります。
    ※7.手形割引は、「銀行業における金融商品会計基準適用に関する会計上及び監査上の取扱い」(日本公認会計士協

      会業種別監査委員会報告第24号 2002年2月13日)に基づき金融取引として処理しております。これにより受け
      入れた銀行引受手形、商業手形、荷付為替手形及び買入外国為替等は、売却又は(再)担保という方法で自由に処
      分できる権利を有しておりますが、その額面金額は                          次のとおりであります。
               前連結会計年度                      当中間連結会計期間
              (2020年3月31日)                       (2020年9月30日)
                  1,855   百万円                     810  百万円
    ※8.   ローン・パーティシペーションで、「ローン・パーティシペーションの会計処理及び表示」(日本公認会計士協

      会会計制度委員会報告第3号                2014年11月28日        )に基づいて、参加者に売却したものとして会計処理した貸出債権
      の元本の残高の総額は次のとおりであります。
               前連結会計年度                      当中間連結会計期間
              (2020年3月31日)                       (2020年9月30日)
                  6,813   百万円                    6,471   百万円
        原債務者に対する貸出債権として会計処理した参加元本金額のうち、中間連結貸借対照表(連結貸借対照表)
      計上額は次のとおりであります。
               前連結会計年度                      当中間連結会計期間
              (2020年3月31日)                       (2020年9月30日)
                 15,527   百万円                    13,965   百万円
                                 38/105





                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社新生銀行(E03530)
                                                            四半期報告書
    ※9.担保に      供している資産は次のとおりであります。
                                前連結会計年度               当中間連結会計期間
                               (2020年3月31日)                (2020年9月30日)
        担保に供している資産
         現金預け金                            10百万円                10 百万円
         特定取引資産                          5,051百万円                5,049   百万円
         金銭の信託                           236百万円                304  百万円
         有価証券                         422,778百万円                363,289    百万円
         貸出金                         896,986百万円                950,127    百万円
         リース債権及びリース投資資産                          2,309百万円                8,868   百万円
         その他資産                          67,537百万円               157,644    百万円
         有形固定資産                          4,255百万円                3,323   百万円
        担保資産に対応する債務

         預金                          1,099百万円                1,023   百万円
         売現先勘定                          38,956百万円                11,069   百万円
         債券貸借取引受入担保金                         347,377百万円                311,171    百万円
         借用金                         355,969百万円                404,783    百万円
         社債                            -百万円             138,368    百万円
         その他負債                            16百万円                17 百万円
         支払承諾                           331百万円                269  百万円
       上記のほか、「その他資産」には、金融商品等差入担保金、全銀ネット差入担保金、保証金、先物取引差入証拠
      金、外国為替差入証拠金           及び現先取引に係る差入保証金              が含まれておりますが、その金額は次のとおりであります。
                                前連結会計年度               当中間連結会計期間
                               (2020年3月31日)                (2020年9月30日)
        金融商品等差入担保金                           69,129百万円                59,250   百万円
        全銀ネット差入担保金                           50,000百万円                50,000   百万円
        保証金                           14,227百万円                14,122   百万円
        先物取引差入証拠金                           4,783百万円                5,709   百万円
        外国為替差入証拠金                            195百万円                169  百万円
        現先取引に係る差入保証金                             47百万円                -百万円
    ※10.   当座貸越契約及び貸付金に係るコミットメントライン契約は、顧客からの融資実行の申し出を受けた場合に、契

      約上規定された条件について違反がない限り、一定の限度額まで資金を貸し付けることを約する契約であります。
      これらの契約に係る融資未実行残高は、次のとおりであります。
                                前連結会計年度               当中間連結会計期間
                               (2020年3月31日)                (2020年9月30日)
        融資未実行残高                         2,231,14    3 百万円           2,366,243     百万円
         うち原契約期間が1年以内のもの又は                         1,923,7    57 百万円           2,035,432     百万円
         任意の時期に無条件で取消可能なもの
        なお、これらの契約の多くは、融資実行されずに終了するものであるため、融資未実行残高そのものが必ずしも
      当行及び連結子会社の将来のキャッシュ・フローに影響を与えるものではありません。これらの契約の多くには、
      金融情勢の変化、債権の保全及びその他相当の事由があるときは、当行及び連結子会社が実行申し込みを受けた融
      資の拒絶又は契約極度額の減額をすることができる旨の条項が付けられております。また、契約時において必要に
      応じて不動産・有価証券等の担保を徴求するほか、契約後も定期的に予め定めている社内手続に基づき顧客の業況
      等を把握し、必要に応じて契約の見直し、与信保全上の措置等を講じております。
                                 39/105





                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社新生銀行(E03530)
                                                            四半期報告書
    ※11.   その他資産には、割賦売掛金が含まれております。
                                前連結会計年度               当中間連結会計期間
                               (2020年3月31日)                (2020年9月30日)
        割賦売掛金                          670,716    百万円            792,829    百万円
    ※12.有形固定資産の減価償却累計額

                                前連結会計年度               当中間連結会計期間
                               (2020年3月31日)                (2020年9月30日)
        減価償却累計額                           70,596   百万円             71,065   百万円
    ※13.のれん及び負ののれんは相殺して無形固定資産に含めて表示しております。

        相殺前の金額は、次のとおりであります。
                                前連結会計年度               当中間連結会計期間
                               (2020年3月31日)                (2020年9月30日)
        のれん                           13,346百万円                19,219   百万円
        負ののれん                           2,719百万円                2,538   百万円
        差引額                           10,626百万円                16,681百万円
    ※14.無形固定資産には、連結子会社に対する支配権獲得時における全面時価評価法の適用により計上された無形資産が

      含まれております。
                                前連結会計年度               当中間連結会計期間
                               (2020年3月31日)                (2020年9月30日)
        無形資産                           2,496   百万円             2,322百万円
    ※15.   「有価証券」中の社債のうち、有価証券の私募(金融商品取引法第2条第3項)による社債に対する当行の保証債

      務の額
              前連結会計年度                     当中間連結会計期間
             (2020年3月31日)                      (2020年9月30日)
               3,480   百万円                   3,430   百万円
    16.連結子会社における営業取引としての偶発債務(動産引取予約)は次のとおりであります。

              前連結会計年度                     当中間連結会計期間

             (2020年3月31日)                      (2020年9月30日)
                655  百万円                    582  百万円
                                 40/105








                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社新生銀行(E03530)
                                                            四半期報告書
        (中間連結損益計算書関係)
     ※1.その他業務収益には、次のものを含んでおります。

                               前中間連結会計期間                当中間連結会計期間
                              (自    2019年4月1日             (自    2020年4月1日
                               至   2019年9月30日)              至   2020年9月30日)
        リース収入                          39,099百万円                40,819百万円
        割賦収入                          17,849百万円                18,171百万円
     ※2.    その他経常収益には、次のものを含んでおります。

                               前中間連結会計期間                当中間連結会計期間
                              (自    2019年4月1日             (自    2020年4月1日
                               至   2019年9月30日)              至   2020年9月30日)
        償却債権取立益                           3,239   百万円             3,332   百万円
        金銭の信託運用益                           1,662百万円                1,859百万円
        持分法による投資利益                           1,428   百万円             1,704   百万円
        利息返還損失引当金戻入益                           1,249   百万円              968  百万円
        株式等売却益                           5,163   百万円              750  百万円
     ※3.その他業務費用には、次のものを含んでおります。

                               前中間連結会計期間                当中間連結会計期間
                              (自    2019年4月1日             (自    2020年4月1日
                               至   2019年9月30日)              至   2020年9月30日)
        リース原価                          35,395百万円                37,018百万円
     ※4.営業経費には、次のものを含んでおります。

                               前中間連結会計期間                当中間連結会計期間
                              (自    2019年4月1日             (自    2020年4月1日
                               至   2019年9月30日)              至   2020年9月30日)
        人件費                          28,993百万円                29,638百万円
        のれん償却額                           1,045百万円                1,109百万円
        無形資産償却額(注)                            102百万円                173百万円
       (注)連結子会社に対する支配権獲得時における全面時価評価法の適用により計上された無形資産の償却額で

          あります。
     ※5.その他経常費用には、次のものを含んでおります。

                               前中間連結会計期間                当中間連結会計期間
                              (自    2019年4月1日             (自    2020年4月1日
                               至   2019年9月30日)              至   2020年9月30日)
        貸倒引当金繰入額                          19,451百万円                19,101百万円
     ※6.特別損失には、次のものを含んでおります。

                               前中間連結会計期間                当中間連結会計期間
                              (自    2019年4月1日             (自    2020年4月1日
                               至   2019年9月30日)              至   2020年9月30日)
        減損損失                            216百万円                229百万円
        持分変動損失(注)                            270百万円                - 百万円
       (注)   持分変動損失は持分法適用関連会社の自己株式の処分に伴うものであります。

                                 41/105




                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社新生銀行(E03530)
                                                            四半期報告書
      前中間連結会計期間の減損損失には、当行の以下の資産に係る減損損失を含んでおります。

                                                     金額
          場  所           用  途                 種類
                                                   (百万円)
        東京都等           店舗等           建物及びその他の有形固定資産                        16
        東京都・福岡県等           システム関連資産           その他の有形固定資産及びソフトウェア                        174
                                                     190
                            計
      当行グループは、管理会計上の区分を考慮して資産グループを決定しております。
      事業環境等を勘案し、個人業務において廃止を決定した店舗及びATM等の資産を個別に遊休資産とみなし、回収可能
     価額を零として帳簿価額全額を減損しております。また、利用及び開発を中止したソフトウェア等のシステム関連の遊
     休資産についても、同様に帳簿価額全額を減損しております。
      上記の減損損失のうち、建物に関するものは16百万円、その他の有形固定資産に関するものは23百万円、ソフトウェ
     アに関するものは151百万円であります。
      当中間連結会計期間の減損損失には、当行の以下の資産に係る減損損失を含んでおります。

                                                     金額
          場  所           用  途                 種類
                                                   (百万円)
        兵庫県・東京都等           支店店舗等           建物及びその他の有形固定資産                        147
        東京都・大阪府等           システム関連資産           その他の有形固定資産及びソフトウェア                        77
                            計                         224
      当行グループは、管理会計上の区分を考慮して資産グループを決定しております。
      事業環境等を勘案し、個人業務において廃止を決定した店舗等の資産を個別に遊休資産とみなし、回収可能価額を零
     として帳簿価額全額を減損しております。また、利用及び開発を中止したソフトウェア等のシステム関連の遊休資産
     についても、同様に帳簿価額全額を減損しております。
      上記の減損損失のうち、建物に関するものは130百万円、その他の有形固定資産に関するものは35百万円、ソフトウ
     ェアに関するものは58百万円であります。
                                 42/105












                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社新生銀行(E03530)
                                                            四半期報告書
        (中間連結株主資本等変動計算書関係)
    前中間連結会計期間(自 2019年4月1日 至 2019年9月30日)
      1.発行済株式の種類及び総数並びに自己株式の種類及び株式数に関する事項                                                 (単位:千株)

                当連結会計年度                             当中間連結会計
                          当中間連結会計          当中間連結会計
                                                        摘要
                期首株式数          期間増加株式数          期間減少株式数          期間末株式数
     発行済株式

      普通株式              259,034            -          -       259,034

         合計           259,034            -          -       259,034

     自己株式

      普通株式              13,760          5,803           49        19,514    (注)1、2

         合計            13,760          5,803           49        19,514

    (注)1.     自己株式の増加は、市場買付による自己株式の取得による増加であります。
       2.     自己株式の減少は、譲渡制限付株式報酬としての自己株式の処分による減少であります。
      2.新株予約権に関する事項

        新株予約権は、すべて当行及び一部の連結子会社のストック・オプションとしての新株予約権であります                                                。当中
       間連結会計期間末における残高は、当行が76百万円、連結子会社が48百万円であります。
      3.配当に関する事項

     (1)当中間連結会計期間中の配当金支払額
                        配当金の総額        1株当たり配当額
       (決議)        株式の種類                            基準日         効力発生日
                        (百万円)          (円)
      2019年5月15日
                普通株式         2,452         10.00       2019年3月31日          2019年5月30日
       取締役会
     (2)   基準日が当中間連結会計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が当中間連結会計期間の末日後となるもの

         該当ありません。
                                 43/105










                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社新生銀行(E03530)
                                                            四半期報告書
    当中間連結会計期間(自 2020年4月1日 至 2020年9月30日)
      1.発行済株式の種類及び総数並びに自己株式の種類及び株式数に関する事項                                                 (単位:千株)

                当連結会計年度                             当中間連結会計
                          当中間連結会計          当中間連結会計
                                                        摘要
                期首株式数          期間増加株式数          期間減少株式数          期間末株式数
     発行済株式

      普通株式              259,034            -          -       259,034

         合計           259,034            -          -       259,034

     自己株式

      普通株式              28,290          7,254           62        35,483    (注)1、2

         合計            28,290          7,254           62        35,483

    (注)1.     自己株式の増加は、市場買付による自己株式の取得による増加であります。
       2.     自己株式の減少は、譲渡制限付株式報酬としての自己株式の処分による減少であります。
      2.新株予約権に関する事項

        新株予約権は、すべて当行及び一部の連結子会社のストック・オプションとしての新株予約権であります                                                。当中
       間連結会計期間末における残高は、当行が101百万円、連結子会社が47百万円であります。
      3.配当に関する事項

     (1)当中間連結会計期間中の配当金支払額
                        配当金の総額        1株当たり配当額
       (決議)        株式の種類                            基準日         効力発生日
                        (百万円)          (円)
      2020年5月13日
                普通株式         2,307         10.00       2020年3月31日          2020年6月30日
       取締役会
     (2)   基準日が当中間連結会計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が当中間連結会計期間の末日後となるもの

         該当ありません。
        (中間連結キャッシュ・フロー計算書関係)


     ※1.現金及び現金          同等物の中間期末残高と中間連結貸借対照表に掲記されている科目の金額との関係

                               前中間連結会計期間                当中間連結会計期間

                              (自 2019年4月1日                (自 2020年4月1日
                               至 2019年9月30日)                至 2020年9月30日)
     現金預け金勘定                            1,309,158百万円                1,659,232     百万円
     有利息預け金(日本銀行への預け金を除く)
                                  △34,432百万円                △70,620    百万円
     現金及び現金同等物                            1,274,726百万円                1,588,612     百万円
                                 44/105






                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社新生銀行(E03530)
                                                            四半期報告書
        (リース取引関係)
     1.ファイナンス・リース取引

     (  借手側)
      (1)    リース資産の内容
       ①     所有権移転ファイナンス・リース取引
        無形固定資産
         ソフトウェアであります。
       ②     所有権移転外ファイナンス・リース取引
        有形固定資産
         主として建物、工具、器具及び備品であります。
      (2)    リース資産の減価償却の方法
        中間連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項「4.会計方針に関する事項」の「(5)固定資産の減価償
       却の方法」に記載のとおりであります。
     (  貸手側)

      (1)    リース投資資産の内訳
                                              (単位:百万円)
                        前連結会計年度
                                         当中間連結会計期間
                      (2020年3月31日)                  (2020年9月30日)
                                 151,804                  154,677
         リース料債権部分
                                  5,709                  6,216
         見積残存価額部分
                                △18,220                  △19,975
         受取利息相当額
                                   662                  630
         その他
                                 139,955
         リース投資資産                                         141,548
      (2)    リース債権及びリース投資資産に係るリース料債権部分の回収予定額

                                              (単位:百万円)
                        前連結会計年度                 当中間連結会計期間
                                         (2020年9月30日)
                      (2020年3月31日)
                            リース投資資産に                  リース投資資産に
                   リース債権に係る                  リース債権に係る
                            係るリース料債権                  係るリース料債権
                   リース料債権部分                  リース料債権部分
                            部分                  部分
                        16,756         53,717         17,669         45,555
         1年内
                        13,805         30,893         13,155         35,805
         1年超2年内
                        9,312         23,577          9,727         26,186
         2年超3年内
                        6,826         16,441          6,586         17,818
         3年超4年内
                        4,046         10,188          4,867         10,516
         4年超5年内
                        4,945         16,984          6,914         18,793
         5年超
                        55,693         151,804          58,921         154,677
            合 計
                                 45/105






                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社新生銀行(E03530)
                                                            四半期報告書
     2.オペレーティング・リース取引
     オペレーティング・リース取引のうち解約不能のものに係る未経過リース料
     (借手側)
                                              (単位:百万円)
                        前連結会計年度
                                         当中間連結会計期間
                      (2020年3月31日)                  (2020年9月30日)
                                  4,402                  4,147
            1年内
                                 12,119                  10,954
            1年超
                                 16,522                  15,102
            合 計
     (貸手側)

                                              (単位:百万円)
                        前連結会計年度
                                         当中間連結会計期間
                      (2020年3月31日)                  (2020年9月30日)
                                  8,744                  8,228
            1年内
                                 24,097                  23,562
            1年超
                                 32,841                  31,791
            合 計
                                 46/105














                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社新生銀行(E03530)
                                                            四半期報告書
        (金融商品関係)
      金融商品の時価等に関する事項
      中間連結貸借対照表(連結貸借対照表)計上額、時価及びこれらの差額は、次のとおりであります。なお、時価を把
    握することが極めて困難と認められる非上場株式等は、次表には含めておりません((注2)参照)。また、重要性の乏
    しい科目等は次表には含めておりません。
      前連結会計年度(2020年3月31日)
                                               (単位:百万円)
                              連結貸借対照表                   差額
                                         時価
                                計上額                (△は損)
    (1)  現金預け金
                                 1,614,134        1,614,134            -
    (2)  買入金銭債権
                                   1,931        1,931          -
       売買目的の買入金銭債権
                                   61,519        61,760          240
       その他の買入金銭債権(*1)
    (3)  特定取引資産
                                   5,533        5,533          -
       売買目的有価証券
    (4)  金銭の信託(*1)                            413,160        417,817         4,657
    (5)  有価証券
                                     0        0        -
        売買目的有価証券
                                  277,173        278,770         1,596
        満期保有目的の債券
                                  564,117        564,117           -
        その他有価証券
        関連会社株式
                                   57,841        40,534       △17,307
                                 5,110,404
    (6)  貸出金 (*2)
                                  △71,925
        貸倒引当金
                                 5,038,478
                                         5,231,042         192,564
                                  193,445
    (7)  リース債権及びリース投資資産
                                  △6,128
       見積残存価額(*3)
                                  △1,384
       貸倒引当金
                                  185,932        193,897         7,965
    (8)  その他資産
                                  670,716
        割賦売掛金
                                  △11,443
         割賦利益繰延
                                  △10,763
         貸倒引当金
                                  648,510        709,012         60,502
                                                   250,218
    資産計                             8,868,332        9,118,551
    (1)  預金
                                 5,849,211        5,847,831          1,379
    (2)  譲渡性預金
                                  455,950        456,012          △62
    (3)  コールマネー及び売渡手形
                                  165,000        165,000           -
    (4)  売現先勘定
                                   38,956        38,956          -
    (5)  債券貸借取引受入担保金
                                  350,407        350,407           -
    (6)  借用金
                                  881,991        882,211         △220
    (7)  短期社債
                                  221,300        221,300           -
    (8)  社債
                                  166,500        165,928          571
    負債計                             8,129,316        8,127,649          1,667
    デリバティブ取引(*4)
                                   11,859        11,859          -
     ヘッジ会計が適用されていないもの
     ヘッジ会計が適用されているもの                              △1,165        △1,165           -
                                                     -
    デリバティブ取引計                              10,693        10,693
                                 47/105




                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社新生銀行(E03530)
                                                            四半期報告書
                                              (単位:百万円)
                                  契約額等             時価
    その他
                                       526,520            12,759
      債務保証契約(*5)
    (*1)買入金銭債権及び金銭の信託に対する貸倒引当金については、重要性が乏しいため、連結貸借対照表計上額から直

    接減額しております。
    (*2)貸出金のうち、連結子会社が保有する消費者金融債権について、将来の利息返還の請求に伴う損失に備えるため、
    49,308百万円の利息返還損失引当金を計上しておりますが、当該引当金の一部には、将来貸出金に充当される可能性のあ
    るものが含まれております。
    (*3)リース投資資産については、所有権移転外ファイナンス・リース取引に係る見積残存価額を控除しております。
    (*4)特定取引資産・負債及びその他資産・負債に計上しているデリバティブ取引を一括して表示しております。
      デリバティブ取引によって生じた正味の債権・債務は純額で表示しており、合計で正味の債務となる項目について
    は、△で表示しております。
    (*5)債務保証契約の「契約額等」は、「支払承諾」の連結貸借対照表計上額を記載しております。
                                 48/105















                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社新生銀行(E03530)
                                                            四半期報告書
      当中間連結会計期間(2020年9月30日)
                                               (単位:百万円)
                              中間連結貸借                   差額
                                         時価
                              対照表計上額                 (△は損)
    (1)  現金預け金
                                 1,659,232        1,659,232            -
    (2)  買入金銭債権
                                                     -
                                   1,958        1,958
       売買目的の買入金銭債権
                                                     228
                                   53,006        53,234
       その他の買入金銭債権(*1)
    (3)  特定取引資産
                                   5,129        5,129          -
       売買目的有価証券
    (4)  金銭の信託(*1)
                                  391,225        395,268         4,043
    (5)  有価証券
                                                     -
                                     0        0
        売買目的有価証券
                                                    1,103
                                  216,227        217,330
        満期保有目的の債券
                                  516,543        516,543
        その他有価証券                                             -
                                   61,127        52,744
        関連会社株式                                          △8,383
    (6)  貸出金(*2)                           5,204,118
                                  △68,772
        貸倒引当金
                                 5,135,346        5,306,414         171,068
    (7)  リース債権及びリース投資資産                            198,307
                                  △6,605
       見積残存価額(*3)
                                  △1,455
       貸倒引当金
                                  190,246        198,695         8,449
    (8)  その他資産
                                  792,829
        割賦売掛金
                                  △12,273
         割賦利益繰延
                                  △11,138
         貸倒引当金
                                  769,417        830,477         61,059
    資産計                             8,999,461        9,237,029         237,568
    (1)  預金
                                 5,955,334        5,953,608          1,725
    (2)  譲渡性預金
                                  438,627        438,737         △109
    (3)  コールマネー及び売渡手形                                               -
                                   95,000        95,000
    (4)  売現先勘定                                               -
                                   11,069        11,069
    (5)  債券貸借取引受入担保金                                               -
                                  311,171        311,171
    (6)  借用金
                                  880,491        880,515          △23
    (7)  短期社債                                               -
                                  227,200        227,200
    (8)  社債
                                  353,368        353,068          300
    負債計                             8,272,262        8,270,369          1,892
    デリバティブ取引(*4)
                                                     -
                                   19,319
     ヘッジ会計が適用されていないもの                                       19,319
                                   3,190
     ヘッジ会計が適用されているもの                                       3,190          -
                                                     -
    デリバティブ取引計                              22,509        22,509
                                              (単位:百万円)

                                  契約額等             時価
    その他
      債務保証契約(*5)                                 544,275            15,506
                                 49/105




                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社新生銀行(E03530)
                                                            四半期報告書
    (*1)買入金銭債権及び金銭の信託に対する貸倒引当金については、重要性が乏しいため、中間連結貸借対照表計上額か
    ら直接減額しております。
    (*2)貸出金のうち、連結子会社が保有する消費者金融債権について、将来の利息返還の請求に伴う損失に備えるため、
    43,365百万円の利息返還損失引当金を計上しておりますが、当該引当金の一部には、将来貸出金に充当される可能性の
    あるものが含まれております。
    (*3)リース投資資産については、所有権移転外ファイナンス・リース取引に係る見積残存価額を控除しております。
    (*4)特定取引資産・負債及びその他資産・負債に計上しているデリバティブ取引を一括して表示しております。
      デリバティブ取引によって生じた正味の債権・債務は純額で表示しており、合計で正味の債務となる項目について
    は、△で表示しております。
    (*5)債務保証契約の「契約額等」は、「支払承諾」の中間連結貸借対照表計上額を記載しております。
    (注1) 金融商品の時価の算定方法

    資産
     (1)現金預け金
      満期のない預け金については、時価は帳簿価額と近似していることから、当該帳簿価額を時価としております。満期
    のある預け金については、預入期間が短期間(6カ月以内)であるものがほとんどを占め、時価は帳簿価額と近似してい
    ることから、当該帳簿価額を時価としております。
     (2)買入金銭債権
      買入金銭債権については、取引金融機関から提示された価格又は割引現在価値によって算定した価格によっておりま
    す。
     (3)特定取引資産
      特定取引目的で保有する債券等の有価証券については、市場価格、取引金融機関から提示された価格又は割引現在価
    値によって算定した価格によっております。
     (4)金銭の信託
      金銭の信託については、信託財産の構成物である資産の内容に応じて、割引現在価値等によって算定した価格を時価
    としております。
      なお、満期保有目的の金銭の信託及びその他の金銭の信託に関する注記事項については、「(金銭の信託関係)」に
    記載しております。
     (5)有価証券
      株式については取引所の価格によっております。債券及び投資信託については、市場価格、取引金融機関等から提示
    された価格又は割引現在価値によって算定した価格によっております。
     なお、満期保有目的の債券及びその他有価証券に関する注記事項については、「(有価証券関係)」に記載しておりま
    す。
     (6)貸出金
      貸出金のうち、固定金利によるものについては約定キャッシュ・フローを、変動金利によるものについては中間連結
    決算日(連結決算日)時点のフォワードレートに基づいた見積りキャッシュ・フロー(金利スワップの特例処理の対象と
    された貸出金については、その金利スワップのレートを反映したキャッシュ・フロー)を、見積期間に対応したリスクフ
    リーレートに内部格付に対応したCDSスプレッド等(担保考慮後)の信用リスクを加味した利率で割り引いて時価を算定
    しております。なお、住宅ローンについては、見積期間に対応したリスクフリーレートに同様の新規貸出を行った場合に
    想定されるスプレッドを加味した利率で割り引いて時価を算定しております。また、消費者金融債権については、商品種
    類や対象顧客に基づく類似のキャッシュ・フローを生み出すと考えられる単位毎に、期待損失率を反映した見積りキャッ
    シュ・フローを、見積期間に対応したリスクフリーレートに一定の経費率等を加味した利率で割り引いて時価を算定して
    おります。
     破綻先、実質破綻先及び破綻懸念先に対する債権等については、キャッシュ・フロー見積法又は担保及び保証による回
    収見込額等に基づいて貸倒見積高を算定しているため、時価は中間連結決算日(連結決算日)における中間連結貸借対照
    表(連結貸借対照表)上の債権等計上額から貸倒引当金計上額を控除した金額に近似しており、当該価額を時価としてお
    ります。
     (7)リース債権及びリース投資資産
      リース債権及びリース投資資産については、リース対象資産の商品分類等に基づく単位毎に、主として約定キャッ
    シュ・フローを、同様の新規契約を行った場合に想定される利率で割り引いて時価を算定しております。
                                 50/105




                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社新生銀行(E03530)
                                                            四半期報告書
      (8)割賦売掛金
      割賦売掛金については、商品種類に基づく単位毎に、主として期限前返済による影響を反映した見積りキャッシュ・
    フローを、リスクフリーレートに信用リスク及び一定の経費率等を加味した利率で割り引いて時価を算定しております。
    負債

    (1)預金、及び(2)譲渡性預金
      当座預金、普通預金など預入期間の定めがない要求払預金については、中間連結決算日(連結決算日)に要求された
    場合の支払額(帳簿価額)を時価とみなしております。また、その他の預金で預入期間があっても短期間(6カ月以内)
    のものは、時価が帳簿価額に近似していることから、当該帳簿価額を時価としております。
      定期預金及び譲渡性預金については、満期までの約定キャッシュ・フローを、見積期間に対応したリスクフリーレー
    トに同様の預金を新規に受け入れた場合に想定されるスプレッドを加味した利率で割り引いて時価を算定しております。
    (3)コールマネー及び売渡手形、               (4)売現先勘定       及び(5)債券貸借取引受入担保金
      約定期間が短期間(3カ月以内)であるものがほとんどを占め、時価は帳簿価額と近似していることから、当該帳簿価
    額を時価としております。
    (6)借用金
      借用金のうち、固定金利によるものについては、約定キャッシュ・フロー(金利スワップの特例処理の対象とされた
    借用金については、その金利スワップのレートを反映したキャッシュ・フロー)を、変動金利によるものについては、中
    間連結決算日(連結決算日)時点のフォワードレートに基づいた見積りキャッシュ・フローを、当行及び連結子会社の信
    用リスクを反映した調達金利により割り引いて時価を算定しております。
    (7)短期社債
      約定期間が短期間(1年以内)のものについては、時価は帳簿価額と近似していることから、当該帳簿価額を時価とし
    ております。
    (8)社債
     公募債で市場価格の存在するものについては、当該市場価格を時価としております。
    市場価格のない社債のうち、変動金利によるものについては、中間連結決算日時点のフォワードレートに基づいた見積り
    キャッシュ・フローを、調達金利により割り引いて時価を算定しております。
    また、市場価格のないMTNプログラムによる社債については、見積りキャッシュ・フローを直近3カ月の法人預金等によ
    る実績調達金利の平均値に基づいた利率によって割り引いて時価を算定しております。
    デリバティブ取引

      デリバティブ取引については、取引所の価格、割引現在価値やオプション価格計算モデル等により算定した価額に
    よっております。
    その他

    債務保証契約
      契約上の保証料の将来キャッシュ・フローと同様の新規契約を実行した場合に想定される保証料の将来キャッシュ・
    フローとの差額を割り引いて算定した現在価値を時価としております。
                                 51/105








                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社新生銀行(E03530)
                                                            四半期報告書
    (注2)    時価を把握することが極めて困難と認められる金融商品の中間連結貸借対照表(連結貸借対照表)計上額は次の
         とおりであり、金融商品の時価情報の「資産(5)有価証券」には含まれておりません。
                                         (単位:百万円)
                        前連結会計年度             当中間連結会計期間
            区分
                       (2020年3月31日)              (2020年9月30日)
    ①非上場株式(*1)(*2)                            19,745              23,767
    ②組合出資金等(*1)(*2)                            38,161              35,560
            合計                    57,907              59,327
    (*1)非上場株式については、市場価格がなく、時価を把握することが極めて困難と認められることから時価開示の対象
       とはしておりません。また、組合出資金等のうち、組合財産が非上場株式など時価を把握することが極めて困難と
       認められるもので構成されているものについては、時価開示の対象とはしておりません。
    (*2)前連結会計年度において、非上場株式について1,837百万円、組合出資金等について2,453百万円の減損処理を行っ
       ております。
       当中間連結会計期間において、非上場株式について203百万円、組合出資金等について902百万円の減損処理を行っ
       ております。
                                 52/105















                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社新生銀行(E03530)
                                                            四半期報告書
        (有価証券関係)
      (注1)中間連結貸借対照表(連結貸借対照表)の「有価証券」のほか、「買入金銭債権」中の有価証券として会計

         処理している信託受益権を含めて記載しております。
      (注2)「子会社株式及び関連会社株式」については、中間財務諸表における注記事項として記載しております。
      1.満期保有目的の債券

       前連結会計年度(2020年3月31日現在)
                        連結貸借対照表計上額                 時価            差額
                  種類
                          (百万円)             (百万円)            (百万円)
      時価が連結貸借対照
                国債              277,173             278,770             1,596
      表計上額を超えるも
                  小計             277,173             278,770             1,596
      の
      時価が連結貸借対照
                国債                 -             -            -
      表計上額を超えない
                  小計               -             -            -
      もの
             合計                  277,173             278,770             1,596
       当中間連結会計期間(2020年9月30日現在)

                       中間連結貸借対照表計上額                  時価            差額
                  種類
                          (百万円)             (百万円)            (百万円)
      時価が中間連結貸借
                国債              216,227             217,330             1,103
      対照表計上額を超え
                  小計             216,227             217,330             1,103
      るもの
      時価が中間連結貸借
                国債                 -             -            -
      対照表計上額を超え
                  小計               -             -            -
      ないもの
             合計                  216,227             217,330             1,103
                                 53/105











                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社新生銀行(E03530)
                                                            四半期報告書
      2.その他有価証券
       前連結会計年度(2020年3月31日現在)
                        連結貸借対照表計上額                取得原価             差額
                  種類
                          (百万円)             (百万円)            (百万円)
                株式               8,955             4,872            4,083
                債券              75,358             74,537             820
                 国債             35,479             35,262             216
                 地方債               -             -            -
      連結貸借対照表計上
      額が取得原価を超え            社債             39,878             39,275             603
      るもの
                その他              113,153             110,648             2,504
                 外国証券             80,480             78,524            1,955
                 その他             32,673             32,123             549
                  小計             197,467             190,058             7,408
                株式               1,697             1,877            △179
                債券              176,759             178,676            △1,916
                 国債             47,939             48,520            △581
                 地方債               -             -            -
      連結貸借対照表計上
      額が取得原価を超え            社債             128,820             130,155            △1,334
      ないもの
                その他              220,865             224,755            △3,890
                 外国証券             220,755             224,631            △3,876
                 その他               109             123           △14
                  小計             399,322             405,309            △5,986
            合計                  596,790             595,367             1,422
       当中間連結会計期間(2020年9月30日現在)

                       中間連結貸借対照表計上額                 取得原価             差額
                  種類
                          (百万円)             (百万円)            (百万円)
                株式               9,850             4,709            5,140
                債券              62,554             61,922             632
                 国債             37,319             37,255              63
                 地方債               -             -            -
      中間連結貸借対照表
      計上額が取得原価を            社債             25,235             24,666             568
      超えるもの
                その他              105,252             103,562             1,690
                 外国証券             79,198             77,883            1,315
                 その他             26,053             25,678             374
                  小計             177,657             170,194             7,463
                株式               1,673             1,888            △214
                債券              194,351             197,130            △2,779
                 国債             56,979             57,479            △500
                 地方債               -             -            -
      中間連結貸借対照表
      計上額が取得原価を            社債             137,372             139,650            △2,278
      超えないもの
                その他              168,915             169,827             △912
                 外国証券             168,794             169,704             △910
                 その他               120             123            △2
                  小計             364,939             368,846            △3,906
            合計                  542,597             539,040             3,556
                                 54/105



                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社新生銀行(E03530)
                                                            四半期報告書
      3.減損処理を行った有価証券
       売買目的有価証券以外の有価証券(時価を把握することが極めて困難なものを除く)のうち、当該有価証券の時価
      が取得原価に比べて著しく下落したものについては、原則として時価が取得原価まで回復する見込みがないものとみ
      なして、当該時価をもって中間連結貸借対照表計上額(連結貸借対照表計上額)とし、評価差額を当中間連結会計期
      間(前連結会計年度)の損失として処理(以下、「減損処理」という。)しております。
       前連結会計年度における減損処理額は1,083百万円(株式660百万円、社債422百万円)であります。
       当中間連結会計期間における減損処理額は94百万円(社債94百万円)であります。
       時価が「著しく下落した」と判断するための基準は、資産の自己査定基準における有価証券発行会社の区分毎に次
      のとおり定めております。
         破綻先、実質破綻先、破綻懸念先     時価が取得原価に比べて下落
         要注意先                時価が取得原価に比べて30%以上下落
         正常先                 時価が取得原価に比べて50%以上下落
       なお、破綻先とは破産、特別清算等、法的に経営破綻の事実が発生している発行会社、実質破綻先とは破綻先と同
      等の状況にある発行会社、破綻懸念先とは現在は経営破綻の状況にないが今後経営破綻に陥る可能性が大きいと認め
      られる発行会社、要注意先とは今後の管理に注意を要する発行会社であります。また、正常先とは破綻先、実質破綻
      先、破綻懸念先及び要注意先以外の発行会社であります。
                                 55/105















                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社新生銀行(E03530)
                                                            四半期報告書
        (金銭の信託関係)
      1.満期保有目的の金銭の信託

       前連結会計年度(2020年3月31日現在)
         該当ありません。
       当中間連結会計期間(2020年9月30日現在)

         該当ありません。
      2.その他の金銭の信託(運用目的及び満期保有目的以外)

       前連結会計年度(2020年3月31日現在)
                                       うち連結貸借対照表          うち連結貸借対照表

                連結貸借対照表
                         取得原価         差額     計上額が取得原価を          計上額が取得原価を
                  計上額
                         (百万円)        (百万円)         超えるもの          超えないもの
                 (百万円)
                                         (百万円)          (百万円)
      その他の金銭の信託             405,811        406,663         △851          1,060         △1,912

      (注)「うち連結貸借対照表計上額が取得原価を超えるもの」「うち連結貸借対照表計上額が取得原価を超えないも
          の」はそれぞれ「差額」の内訳であります。
       当中間連結会計期間(2020年9月30日現在)

                                       うち中間連結貸借対          うち中間連結貸借対

                中間連結貸借対
                         取得原価         差額     照表計上額が取得原          照表計上額が取得原
                 照表計上額
                         (百万円)        (百万円)        価を超えるもの          価を超えないもの
                 (百万円)
                                         (百万円)          (百万円)
      その他の金銭の信託             385,859        388,702        △2,843            367        △3,210

      (注)「うち中間連結貸借対照表計上額が取得原価を超えるもの」「うち中間連結貸借対照表計上額が取得原価を超
          えないもの」はそれぞれ「差額」の内訳であります。
                                 56/105











                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社新生銀行(E03530)
                                                            四半期報告書
        (その他有価証券評価差額金)
       中間連結貸借対照表(連結貸借対照表)に計上されているその他有価証券評価差額金の内訳は、次のとおりであり

       ます。
      前連結会計年度(2020年3月31日現在)

                                          金額(百万円)
      評価差額                                              △1,275

       その他有価証券(注)                                              △423

       その他の金銭の信託                                              △851

      (△)繰延税金負債                                                 86

      その他有価証券評価差額金(持分相当額調整前)                                              △1,362

      (△)非支配株主持分相当額                                                △22

      (+)持分法適用会社が所有するその他有価証券に係る
                                                     6,095
        評価差額金のうち親会社持分相当額
      その他有価証券評価差額金                                               4,755
      (注) 時価を把握することが極めて困難な有価証券に区分している投資事業有限責任組合等の構成資産であるその
          他有価証券に係る評価差額等(損)1,846百万円が含まれております。
      当中間連結会計期間(2020年9月30日現在)

                                          金額(百万円)
      評価差額                                              △1,442

       その他有価証券(注)                                              1,400

       その他の金銭の信託                                             △2,843

      (△)繰延税金負債                                                590

      その他有価証券評価差額金(持分相当額調整前)                                              △2,033

      (△)非支配株主持分相当額                                                △36

      (+)持分法適用会社が所有するその他有価証券に係る
                                                     6,634
        評価差額金のうち親会社持分相当額
      その他有価証券評価差額金                                               4,637
      (注) 時価を把握することが極めて困難な有価証券に区分している投資事業有限責任組合等の構成資産であるその
          他有価証券に係る評価差額等(損)2,155百万円が含まれております。
                                 57/105







                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社新生銀行(E03530)
                                                            四半期報告書
        (デリバティブ取引関係)
          1.ヘッジ会計が適用されていないデリバティブ取引
           ヘッジ会計が適用されていないデリバティブ取引について、取引の対象物の種類ごとの中間連結決算日(連
          結決算日)における契約額又は契約において定められた元本相当額、時価及び評価損益並びに当該時価の算定
          方法は、次のとおりであります。なお、契約額等については、その金額自体がデリバティブ取引に係る市場リ
          スクを示すものではありません。
           デリバティブ取引の評価に際しては、合理的な方法に基づいて算定した信用リスク及び流動性リスクを特定
          取引資産等の減価により反映させており、前連結会計年度末における減価額の合計はそれぞれ、1,843百万円
          及び1,918百万円、当中間連結会計期間末における減価額の合計はそれぞれ、1,690百万円及び1,688百万円で
          あります。なお、以下の各取引に記載されている数値は、当該信用リスク及び流動性リスク減価前の数値であ
          ります。
       (1)金利関連取引

       前連結会計年度(2020年3月31日現在)
                                 契約額等のうち
                          契約額等                  時価        評価損益
      区分          種類                  1年超のもの
                          (百万円)                  (百万円)          (百万円)
                                   (百万円)
          金利先物
           売建                     -         -         -         -
           買建                   48,240         1,250          75         75
     金融商品
     取引所
          金利オプション
                                        -
           売建                     -                 -         -
                               -         -         -         -
           買建
          金利先渡契約
                               -         -         -         -
           売建
                               -         -         -         -
           買建
          金利スワップ
           受取固定・支払変動                  4,406,002         3,965,040          180,075         180,075
           受取変動・支払固定                  4,155,776         3,674,089         △161,410         △161,410
           受取変動・支払変動                  1,731,522         1,541,791           1,484         1,484
                              1,000         1,000           3         3
           受取固定・支払固定
          金利スワップション
      店頭
           売建                   830,365         533,365         △2,377         △1,443
           買建                   559,348         527,567          1,786          692
          金利オプション
           売建                   17,222         17,222          △60         197
           買建                   14,137         14,137           31        △49
          その他
                               -         -         -         -
           売建
                               -         -         -         -
           買建
                           ――         ――
            合   計                                   19,608         19,626
     (注)1.上記取引については時価評価を行い、評価損益を連結損益計算書に計上しております。
        2.時価の算定
          取引所取引については、東京金融取引所等における最終の価格によっております。店頭取引については、
         割引現在価値やオプション価格計算モデル等により算定しております。
                                 58/105





                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社新生銀行(E03530)
                                                            四半期報告書
       当中間連結会計期間(2020年9月30日現在)
                                 契約額等のうち
                          契約額等                  時価        評価損益
      区分          種類                  1年超のもの
                          (百万円)                  (百万円)          (百万円)
                                   (百万円)
          金利先物
                                        -
           売建                    1,250                  △0         △0
                                        -
           買建                   24,882                   59         59
     金融商品
     取引所
          金利オプション
                               -         -         -         -
           売建
                               -         -         -         -
           買建
          金利先渡契約
                               -         -         -         -
           売建
                               -         -         -         -
           買建
          金利スワップ
           受取固定・支払変動                  4,280,411         3,752,526          168,622         168,622
           受取変動・支払固定                  4,115,213         3,481,181         △151,942         △151,942
           受取変動・支払変動                  1,780,697         1,601,995           △422         △422
                              1,000         1,000           2         2
           受取固定・支払固定
      店頭
          金利スワップション
           売建                   713,700         460,600           161        1,035
           買建                   507,782         443,091          1,496          734
          金利オプション
           売建                   16,976         14,976          △44          84
           買建                   20,285         20,285          124         124
          その他
                               -         -         -         -
           売建
                               -         -         -         -
           買建
                           ――         ――
            合   計                                   18,056         18,296
     (注)1.上記取引については時価評価を行い、評価損益を中間連結損益計算書に計上しております。
        2.時価の算定
          取引所取引については、東京金融取引所等における最終の価格によっております。店頭取引については、
         割引現在価値やオプション価格計算モデル等により算定しております。
                                 59/105









                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社新生銀行(E03530)
                                                            四半期報告書
       (2)通貨関連取引
      前連結会計年度(2020年3月31日現在)
                                 契約額等のうち
                          契約額等                  時価        評価損益
      区分          種類                  1年超のもの
                          (百万円)                 (百万円)         (百万円)
                                  (百万円)
          通貨先物
                               -         -         -         -
           売建
                               -         -         -         -
           買建
     金融商品
     取引所
          通貨オプション
                               -         -         -         -
           売建
                               -         -         -         -
           買建
          通貨スワップ                   523,007         499,811          6,516         6,516
          為替予約
           売建                  1,256,078          72,525        △5,096         △5,096
           買建                   824,500         76,570        △1,022         △1,022
          通貨オプション
      店頭
           売建                   824,749         430,229        △26,988          7,248
           買建                   720,203         387,121         21,480         △874
          その他
                               -         -         -         -
           売建
                               -         -         -         -
           買建
                           ――         ――
            合   計                                  △5,110          6,770
     (注)1.上記取引については時価評価を行い、評価損益を連結損益計算書に計上しております。
        2.時価の算定
          割引現在価値やオプション価格計算モデル等により算定しております。
       当中間連結会計期間(2020年9月30日現在)

                                 契約額等のうち
                          契約額等                  時価        評価損益
      区分          種類                  1年超のもの
                          (百万円)                 (百万円)         (百万円)
                                  (百万円)
          通貨先物
                               -         -         -         -
           売建
                               -         -         -         -
           買建
     金融商品
     取引所
          通貨オプション
                               -         -         -         -
           売建
                               -         -         -         -
           買建
          通貨スワップ                   549,083         506,986          6,310         6,310
          為替予約
           売建                  1,058,553          79,888        △2,147         △2,147
           買建                   644,176         77,373         2,557         2,557
          通貨オプション
      店頭
           売建                   791,762         419,662        △19,438          12,522
           買建                   738,784         386,750         16,036        △5,562
          その他
                               -         -         -         -
           売建
                               -         -         -         -
           買建
                           ――         ――
            合   計                                   3,318        13,680
     (注)1.上記取引については時価評価を行い、評価損益を中間連結損益計算書に計上しております。
        2.時価の算定
          割引現在価値やオプション価格計算モデル等により算定しております。
                                 60/105



                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社新生銀行(E03530)
                                                            四半期報告書
       (3)株式関連取引
       前連結会計年度(2020年3月31日現在)
                                 契約額等のうち
                          契約額等                  時価        評価損益
      区分          種類                  1年超のもの
                          (百万円)                 (百万円)         (百万円)
                                  (百万円)
          株式指数先物
           売建                     461         -         7         7
           買建                    1,137          -       △198         △198
          株式指数オプション
     金融商品
           売建                    8,172          -       △523          224
     取引所
           買建                   11,125           -        450        △534
          個別株オプション
                               -         -         -         -
           売建
                               -         -         -         -
           買建
          有価証券店頭オプション
           売建                    2,800          -      △1,051          △377
           買建                    3,172          -       1,686         1,116
          有価証券店頭指数等スワップ
           株価指数変化率受取・短期
                               -         -         -         -
      店頭
           変動金利支払
           短期変動金利受取・株価指
                               -         -         -         -
           数変化率支払
          その他
           売建                     -         -         -         -
           買建                     -         -         -         -
                           ――         ――
            合   計                                    371         237
     (注)1.上記取引については時価評価を行い、評価損益を連結損益計算書に計上しております。
        2.時価の算定
          取引所取引については、大阪取引所等における最終の価格によっております。店頭取引については、
         割引現在価値やオプション価格計算モデル等により算定しております。
                                 61/105










                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社新生銀行(E03530)
                                                            四半期報告書
       当中間連結会計期間(2020年9月30日現在)
                                 契約額等のうち
                          契約額等                  時価        評価損益
      区分          種類                  1年超のもの
                          (百万円)                 (百万円)         (百万円)
                                  (百万円)
          株式指数先物
           売建                    1,391          -        △1         △1
                                        -
           買建                    1,137                   21         21
          株式指数オプション
     金融商品
           売建                    7,712          -       △828         △103
     取引所
           買建                   11,125           -        217        △768
          個別株オプション
                               -         -         -         -
           売建
                               -         -         -         -
           買建
          有価証券店頭オプション
           売建                    2,800          -      △1,454          △780
           買建                    3,172          -       2,516         1,946
          有価証券店頭指数等スワップ
           株価指数変化率受取・短期
                               -         -         -         -
      店頭
           変動金利支払
           短期変動金利受取・株価指
                               -         -         -         -
           数変化率支払
          その他
           売建                     -         -         -         -
           買建                     -         -         -         -
                           ――         ――
            合   計                                    470         314
     (注)1.上記取引については時価評価を行い、評価損益を中間連結損益計算書に計上しております。
        2.時価の算定
          取引所取引については、大阪取引所等における最終の価格によっております。店頭取引については、
         割引現在価値やオプション価格計算モデル等により算定しております。
                                 62/105










                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社新生銀行(E03530)
                                                            四半期報告書
       (4)債券関連取引
      前連結会計年度(2020年3月31日現在)
                                 契約額等のうち
                          契約額等                  時価        評価損益
      区分          種類                  1年超のもの
                          (百万円)                 (百万円)         (百万円)
                                  (百万円)
          債券先物
                                        -
           売建                    2,948                  △58         △58
                                        -
           買建                   22,323                  △38         △38
     金融商品
     取引所
          債券先物オプション
                               -         -         -         -
           売建
                               -         -         -         -
           買建
          債券店頭オプション
                               -         -         -         -
           売建
                               -         -         -         -
           買建
      店頭
          その他
                               -         -         -         -
           売建
                               -         -         -         -
           買建
                           ――         ――
            合   計                                    △96         △96
     (注)1.上記取引については時価評価を行い、評価損益を連結損益計算書に計上しております。
        2.時価の算定
          取引所取引については、大阪取引所等における最終の価格によっております。店頭取引については、
         オプション価格計算モデル等により算定しております。
       当中間連結会計期間(2020年9月30日現在)

                                 契約額等のうち
                          契約額等                  時価        評価損益
      区分          種類                  1年超のもの
                          (百万円)                 (百万円)         (百万円)
                                  (百万円)
          債券先物
                                        -
           売建                    6,128                  △4         △4
                                        -
           買建                   40,374                   67         67
     金融商品
     取引所
          債券先物オプション
                               -         -         -         -
           売建
                               -         -         -         -
           買建
          債券店頭オプション
                               -         -         -         -
           売建
                               -         -         -         -
           買建
      店頭
          その他
                               -         -         -         -
           売建
                               -         -         -         -
           買建
                           ――         ――
            合   計                                     62         62
     (注)1.上記取引については時価評価を行い、評価損益を中間連結損益計算書に計上しております。
        2.時価の算定
          取引所取引については、大阪取引所等における最終の価格によっております。店頭取引については、
         オプション価格計算モデル等により算定しております。
                                 63/105





                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社新生銀行(E03530)
                                                            四半期報告書
       (5)商品関連取引
       前連結会計年度(2020年3月31日現在)
       該当ありません。
       当中間連結会計期間(2020年9月30日現在)

       該当ありません。
       (6)クレジット・デリバティブ取引

      前連結会計年度(2020年3月31日現在)
                                 契約額等のうち
                          契約額等                  時価        評価損益
      区分          種類                  1年超のもの
                          (百万円)                 (百万円)         (百万円)
                                  (百万円)
          クレジット・デフォルト・オ
          プション
           売建                   39,000         35,000         △518         △518
      店頭     買建                   39,000         35,000         1,365         1,365
          その他
                               -         -         -         -
           売建
                               -         -         -         -
           買建
            合   計                ――         ――            847         847
     (注)1.上記取引については時価評価を行い、評価損益を連結損益計算書に計上しております。
        2.時価の算定
          割引現在価値等により算定しております。
        3.「売建」は信用リスクの引受取引、「買建」は信用リスクの引渡取引であります。
       当中間連結会計期間(2020年9月30日現在)

                                 契約額等のうち
                          契約額等                  時価        評価損益
      区分          種類                  1年超のもの
                          (百万円)                 (百万円)         (百万円)
                                  (百万円)
          クレジット・デフォルト・オ
          プション
           売建                   35,000         33,500          417         417
           買建                   35,000         33,500          371         371
      店頭
          その他
                               -         -         -         -
           売建
                               -         -         -         -
           買建
                           ――         ――
            合   計                                    789         789
     (注)1.上記取引については時価評価を行い、評価損益を中間連結損益計算書に計上しております。
        2.時価の算定
          割引現在価値等により算定しております。
        3.「売建」は信用リスクの引受取引、「買建」は信用リスクの引渡取引であります。
                                 64/105






                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社新生銀行(E03530)
                                                            四半期報告書
          2.ヘッジ会計が適用されているデリバティブ取引
           ヘッジ会計が適用されているデリバティブ取引について、取引の対象物の種類ごと、ヘッジ会計の方法別の
          中間連結決算日(連結決算日)における契約額又は契約において定められた元本相当額及び時価並びに当該時
          価の算定方法は、次のとおりであります。なお、契約額等については、その金額自体がデリバティブ取引に係
          る市場リスクを示すものではありません。
       (1)金利関連取引

       前連結会計年度(2020年3月31日現在)
                                           契約額等のうち
                                    契約額等                  時価
     ヘッジ会計の
                                            1年超のもの
                 種類        主なヘッジ対象
       方法
                                    (百万円)                  (百万円)
                                             (百万円)
             金利スワップ
                        貸出金、その他有価証
                       券(債券)、預金、譲
     原則的処理方法
              受取固定・支払変動                          113,000         103,000         2,518
                       渡性預金等の有利息の
                       金融資産・負債
              受取変動・支払固定                          159,970         149,970        △17,567
             金利スワップ
     金利スワップの
                                         -
              受取固定・支払変動           貸出金、借用金                           -
     特例処理
                                                      (注)3.
                                       24,563
              受取変動・支払固定                                   21,452
             金利スワップ
     キャッシュ・
                                         -
              受取固定・支払変動           社債                           -
                                                          -
     フロー・ヘッジ
                                                          -
                                         -
              受取変動・支払固定                                     -
            合   計                ――          ――         ――         △15,048
     (注)1.主として「銀行業における金融商品会計基準適用に関する会計上及び監査上の取扱い」(日本公認会計士協
          会業種別監査委員会報告第24号 2002年2月13日)に基づき、繰延ヘッジによっております。
        2.時価の算定
          割引現在価値等により算定しております。
        3.金利スワップの特例処理によるものは、ヘッジ対象とされている貸出金、借用金と一体として処理されて
          いるため、その時価は「(金融商品関係)」の当該貸出金、借用金の時価に含めて記載しております。
     当中間連結会計期間(2020年9月30日現在)

                                           契約額等のうち
                                    契約額等                  時価
     ヘッジ会計の
                                            1年超のもの
                 種類        主なヘッジ対象
       方法
                                    (百万円)                  (百万円)
                                             (百万円)
             金利スワップ
                        貸出金、その他有価証
                       券(債券)、預金、譲
     原則的処理方法
              受取固定・支払変動                          113,000         103,000         2,216
                       渡性預金等の有利息の
                       金融資産・負債
              受取変動・支払固定                          159,526         149,526        △16,398
             金利スワップ
     金利スワップの
                                         -         -
              受取固定・支払変動           貸出金、借用金
     特例処理
                                                      (注)3.
              受取変動・支払固定                          22,723         20,335
             金利スワップ
     キャッシュ・
                                         -         -
                                                          -
             受取固定・支払変動           社債
     フロー・ヘッジ
             受取変動・支払固定                          100,413         65,668
                                                          -
                                     ――         ――
            合   計                ――                            △14,182
     (注)1.主として「銀行業における金融商品会計基準適用に関する会計上及び監査上の取扱い」(日本公認会計士協
          会業種別監査委員会報告第24号 2002年2月13日)に基づき、繰延ヘッジによっております。
        2.時価の算定
          割引現在価値等により算定しております。
        3.金利スワップの特例処理によるものは、ヘッジ対象とされている貸出金、借用金と一体として処理されて
          いるため、その時価は「(金融商品関係)」の当該貸出金、借用金の時価に含めて記載しております。
        4.キャッシュ・フロー・ヘッジにより処理している取引は、国際財務報告基準(IFRS)                                              を 適用している
          在外子会社における取引であります。
                                 65/105


                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社新生銀行(E03530)
                                                            四半期報告書
      (2)通貨関連取引
       前連結会計年度(2020年3月31日現在)
                                           契約額等のうち
                                    契約額等                  時価
     ヘッジ会計
                                            1年超のもの
                種類         主なヘッジ対象
      の方法
                                    (百万円)                  (百万円)
                                             (百万円)
                        外貨建の貸出金、有
     原則的処理
           通貨スワップ            価証券、預金、外国為               288,711         258,299         13,882
     方法
                       替等
            合   計                ――          ――         ――           13,882
     (注)1.主として「銀行業における外貨建取引等の会計処理に関する会計上及び監査上の取扱い」(日本公認会計士
          協会業種別監査委員会報告第25号 2002年7月29日)に基づき、繰延ヘッジによっております。
        2.時価の算定
          割引現在価値等により算定しております。
       当中間連結会計期間(2020年9月30日現在)

                                           契約額等のうち
                                    契約額等                  時価
     ヘッジ会計
                                            1年超のもの
                種類         主なヘッジ対象
      の方法
                                    (百万円)                  (百万円)
                                             (百万円)
                        外貨建の貸出金、有
     原則的処理
                                      267,691         236,045         17,373
           通貨スワップ            価証券、預金、外国為
     方法
                       替等
                                     ――         ――
            合   計                ――                             17,373
     (注)1.主として「銀行業における外貨建取引等の会計処理に関する会計上及び監査上の取扱い」(日本公認会計士
          協会業種別監査委員会報告第25号 2002年7月29日)に基づき、繰延ヘッジによっております。
        2.時価の算定
          割引現在価値等により算定しております。
       (3)株式関連取引

       前連結会計年度(2020年3月31日現在)
       該当ありません。
       当中間連結会計期間(2020年9月30日現在)

       該当ありません。
       (4)債券関連取引

       前連結会計年度(2020年3月31日現在)
       該当ありません。
       当中間連結会計期間(2020年9月30日現在)

       該当ありません。
                                 66/105







                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社新生銀行(E03530)
                                                            四半期報告書
        (ストック・オプション等関係)
    1.ストック・オプション等にかかる費用計上額及び科目名

                    前中間連結会計期間               当中間連結会計期間
                   (自 2019年4月1日               (自 2020年4月1日
                    至 2019年9月30日)               至 2020年9月30日)
         営業経費                 106百万円               117百万円

    2.付与したストック・オプションの内容

     当行
     前中間連結会計期間(自 2019年4月1日 至 2019年9月30日)

                                  第4回新株予約権(株式報酬型)

      付与対象者の区分及び人数                              当行取締役 2名

      株式の種類別のストック・オプションの数(注)                              普通株式 18,170株

      付与日                               2019年5月30日

      権利確定条件                           権利確定条件の定めはありません

      対象勤務期間                           対象勤務期間の定めはありません

                                   2019年5月31日から
      権利行使期間
                                   2049年5月30日まで
      権利行使価格                                 1円
      付与日における公正な評価単価                                1,489円

     (注) 株式数に換算して記載しております。
     当中間連結会計期間(自 2020年4月1日 至 2020年9月30日)

                                  第5回新株予約権(株式報酬型)

      付与対象者の区分及び人数                              当行取締役 2名

      株式の種類別のストック・オプションの数(注)                              普通株式 19,290株

      付与日                               2020年5月29日

      権利確定条件                           権利確定条件の定めはありません

      対象勤務期間                           対象勤務期間の定めはありません

                                   2020年5月30日から
      権利行使期間
                                   2050年5月29日まで
      権利行使価格                                 1円
      付与日における公正な評価単価                                1,310円

     (注) 株式数に換算して記載しております。
                                 67/105





                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社新生銀行(E03530)
                                                            四半期報告書
    3.付与した譲渡制限付株式の内容

     前中間連結会計期間(自 2019年4月1日 至 2019年9月30日)

                                   2019年4月19日付与

                       当行執行役員及びグループ本社チーフオフィサー、並びにシニアオフィサー
      付与対象者の区分及び人数
                                       35名
      付与数                             普通株式  36,886株
      付与日                              2019年4月19日
      勤務対象期間                        自 2019年4月1日  至 2020年3月31日
      譲渡制限期間                        自 2019年4月19日  至 2022年4月18日
                      譲渡制限期間中継続して、当行又は当行の子会社の取締役等の役位にあったこと
                      を条件とし、譲渡制限期間の満了時に解除します。
                      ただし、対象執行役員等が、譲渡制限期間満了時までに当行又は当行の子会社の
                      取締役等のいずれの役位を喪失した場合には、対象執行役員等の譲渡制限期間に
      解除条件                係る在職期間(月単位)を12で除した数(その数が1を超える場合は、1とす
                      る。)を乗じた数の株数(ただし、計算の結果、1株未満の端数が生ずる場合
                      は、これを切り捨てる。)の本割当株式につき譲渡制限を解除することができ、
                      譲渡制限が解除される対象とならない割当株式は、当該解除後速やかに当行が当
                      然に無償で取得します。
      付与日における公正な評価単価                                1,599円
                                   2019年7月18日付与

      付与対象者の区分及び人数                       当行取締役(社外取締役を除く取締役)  2名

      付与数                             普通株式  12,232株

      付与日                              2019年7月18日
      勤務対象期間                     自 2019年6月19日  至 第20期定時株主総会開催日
      譲渡制限期間                        自 2019年7月18日  至 2022年7月17日
                      譲渡制限期間中継続して、当行又は当行の子会社の取締役等の役位にあったこと
                      を条件とし、譲渡制限期間の満了時に解除します。
                      ただし、対象取締役が、譲渡制限期間満了時までに当行又は当行の子会社の取締
                      役等のいずれの役位を喪失した場合には、対象取締役の譲渡制限期間に係る在職
      解除条件                期間(月単位)を12で除した数(その数が1を超える場合は、1とする。)を乗
                      じた数の株数(ただし、計算の結果、1株未満の端数が生ずる場合は、これを切
                      り捨てる。)の本割当株式につき譲渡制限を解除することができ、譲渡制限が解
                      除される対象とならない割当株式は、当該解除後速やかに当行が当然に無償で取
                      得します。
      付与日における公正な評価単価                                1,635円
                                 68/105







                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社新生銀行(E03530)
                                                            四半期報告書
     当中間連結会計期間(自 2020年4月1日 至 2020年9月30日)
                                   2020年5月8日付与

                       当行執行役員及びグループ本社チーフオフィサー、並びにシニアオフィサー
      付与対象者の区分及び人数
                                       34名
      付与数                             普通株式  37,392株
      付与日                              2020年5月8日
      勤務対象期間                        自 2020年4月1日  至 2021年3月31日
      譲渡制限期間                        自 2020年5月8日  至 2023年5月7日
                      譲渡制限期間中継続して、当行又は当行の子会社の取締役等の役位にあったこと
                      を条件とし、譲渡制限期間の満了時に解除します。
                      ただし、対象執行役員等が、譲渡制限期間満了時までに当行又は当行の子会社の
                      取締役等のいずれの役位を喪失した場合には、対象執行役員等の譲渡制限期間に
      解除条件                係る在職期間(月単位)を12で除した数(その数が1を超える場合は、1とす
                      る。)を乗じた数の株数(ただし、計算の結果、1株未満の端数が生ずる場合
                      は、これを切り捨てる。)の本割当株式につき譲渡制限を解除することができ、
                      譲渡制限が解除される対象とならない割当株式は、当該解除後速やかに当行が当
                      然に無償で取得します。
      付与日における公正な評価単価                                1,524円
                                   2020年7月16日付与

      付与対象者の区分及び人数                       当行取締役(社外取締役を含む取締役)  7名

      付与数                             普通株式  24,629株

      付与日                              2020年7月16日
      勤務対象期間                     自 2020年6月17日  至 第21期定時株主総会開催日
      譲渡制限期間                        自 2020年7月16日  至 2023年7月15日
                      譲渡制限期間中継続して、当行又は当行の子会社の取締役等の役位にあったこと
                      を条件とし、譲渡制限期間の満了時に解除します。
                      ただし、対象取締役が、譲渡制限期間満了時までに当行又は当行の子会社の取締
                      役等のいずれの役位を喪失した場合には、対象取締役の譲渡制限期間に係る在職
      解除条件                期間(月単位)を12で除した数(その数が1を超える場合は、1とする。)を乗
                      じた数の株数(ただし、計算の結果、1株未満の端数が生ずる場合は、これを切
                      り捨てる。)の本割当株式につき譲渡制限を解除することができ、譲渡制限が解
                      除される対象とならない割当株式は、当該解除後速やかに当行が当然に無償で取
                      得します。
      付与日における公正な評価単価                                1,421円
                                 69/105








                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社新生銀行(E03530)
                                                            四半期報告書
        (セグメント情報等)
         【セグメント情報】
          1.報告セグメントの概要

            当行グループの報告セグメントは、当行グループの構成単位のうち分離された財務情報が入手可能であ
           り、経営資源の配分の決定及び業績を評価するために、経営会議が、定期的に検討を行う対象となっている
           ものであります。
            当行グループは、『法人業務』及び『個人業務』を通じ、お客様へ幅広い金融商品・サービスを提供して
           います。『法人業務』及び『個人業務』は、それぞれが提供する金融商品・サービス別のセグメントから構
           成されており、『法人業務』は「法人営業」、「ストラクチャードファイナンス」、「プリンシパルトラン
           ザクションズ」、「昭和リース」、「市場営業」、「その他金融市場」を報告セグメントに、『個人業務』
           は「リテールバンキング」、「新生フィナンシャル」、「アプラスフィナンシャル」を報告セグメントとし
           ております。また、『法人業務』及び『個人業務』のいずれにも属さない業務を『経営勘定/その他』と位
           置づけ、「トレジャリー」を報告セグメントとしております。
            『法人業務』の「法人営業」セグメントは事業法人、公共法人、金融法人向けの金融商品・サービス、ア
           ドバイザリー業務及び信託業務を、「ストラクチャードファイナンス」セグメントはノンリコースローン等
           の不動産金融業務、建設・不動産業を営む事業法人向けの金融商品・サービス、プロジェクトファイナンス
           やスペシャルティファイナンス(M&Aファイナンス等)に関する金融商品・サービスを、「プリンシパルト
           ランザクションズ」セグメントはプライベートエクイティ業務や事業承継業務、クレジットトレーディング
           に関連する金融商品・サービス等を、「昭和リース」セグメントはリースを中心とする金融商品・サービス
           を提供しております。「市場営業」セグメントは、外国為替、デリバティブ、株式関連、その他のキャピタ
           ルマーケッツ業務を、「その他金融市場」セグメントは、新生証券株式会社による証券業務、アセットマネ
           ジメント業務及びウェルスマネージメント業務等を提供しております。
            『個人業務』の「リテールバンキング」セグメントは個人向けの金融取引・サービスを、「新生フィナン
           シャル」セグメントは無担保カードローンおよび信用保証業務(新生フィナンシャル、新生銀行カードロー
           ン  エル(旧新生銀行カードローン               レイク)、レイクALSA)を提供しております。「アプラスフィナンシャ
           ル」セグメントはショッピングクレジット、カード、ローン、ペイメント業務を提供しております。また、
           『個人業務』の「その他個人」には、その他子会社の損益が含まれております。
            『経営勘定/その他』の「トレジャリー」セグメントはALM業務、資本性を含む資金調達業務を行ってお
           ります。
          2.報告セグメントごとの業務粗利益、利益又は損失、資産、負債その他の項目の金額の算定方法

            報告されている事業セグメントの会計処理方法は、事業セグメント間の資金収支及び経費のうち間接業務
           の経費を除き、「中間連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項」における記載と概ね同一でありま
           す。
            事業セグメント間の資金収支については内部の仕切レートを基準に算出しております。また、経費のうち
           間接業務の経費については、予め決められた経費配賦ルールに基づき、期初に設定した予算に応じて各事業
           セグメントに賦課しております。
                                 70/105








                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社新生銀行(E03530)
                                                            四半期報告書
          3.報告セグメントごとの業務粗利益、利益又は損失、資産、負債その他の項目の金額に関する情報
            前中間連結会計期間(自 2019年4月1日 至 2019年9月30日)

                                             (単位:百万円)
                                 法人業務
                法人営業      ストラク      プリンシパル      昭和リース      市場営業      その他金融市
                       チャードファ      トランザク                   場
                       イナンス      ションズ
       業務粗利益            10,833       8,859      4,714      6,941      4,070      1,854

        資金利益
                   5,075      5,735      1,374      △ 135     1,541       293
        (△は損失)
        非資金利益
                   5,757      3,124      3,340      7,076      2,529      1,561
        (△は損失)
       経費            6,363      4,193      2,064      5,132      1,699      1,573
       与信関連費用
                   1,129      1,373        48     △ 70     △ 20      △ 6
       (△は益)
       セグメント利益
                   3,340      3,292      2,601      1,879      2,391       287
       (△は損失)
       セグメント資産           1,597,026      1,774,505       183,480      581,225      369,837       44,368
       セグメント負債
                  1,194,897       121,479       7,856      2,775     197,218       61,611
       その他の項目
        持分法投資利益
                     -      -     1,495       168       -      -
        持分法適用会社
                     -      -     66,612       1,290        -      -
        への投資金額
                           個人業務                 経営勘定/その他            合計

                リテールバン          コンシューマーファイナンス               トレジャリー      その他
                キング
                       新生フィナン      アプラスフィ      その他個人
                       シャル      ナンシャル
       業務粗利益            14,284      34,071      28,834        629     6,161       248     121,504

        資金利益
                   12,000      34,601       4,922       484      894       0    66,789
        (△は損失)
        非資金利益
                   2,283      △ 529     23,911        145     5,266       248     54,715
        (△は損失)
       経費            13,744      16,813      19,168        940      799     1,358      73,851
       与信関連費用
                     4     6,933      7,158       △ 20      -       1    16,530
       (△は益)
       セグメント利益
                    535     10,324       2,507      △ 289     5,362     △ 1,110      31,121
       (△は損失)
       セグメント資産
                  1,171,830       521,585     1,173,150        54,587      605,658         0   8,077,256
       セグメント負債           4,563,762        46,530      432,675        117       -      -   6,628,923
       その他の項目
        持分法投資利益             -      -      -     △ 235       -      -     1,428
        持分法適用会社
                     -      -      -     6,539        -      -     74,442
        への投資金額
                                 71/105




                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社新生銀行(E03530)
                                                            四半期報告書
      (注)   1.一般事業会社の売上高に代えて、経営管理上の業務粗利益を記載しております。経営管理上の業務粗利益は、資金運用収支、
           役務取引等収支、特定取引収支、その他業務収支、金銭の信託運用損益、株式関連損益等の合計であり、収支とは、収益と費
           用の差額であります。これらの収支及び損益は、当行グループ本来の業務による収益と費用を表したものであります。
          2.経費は、営業経費から、のれん償却額、無形資産償却額及び臨時的な費用を控除したものであります。なお、臨時的な費用に
           は、退職給付費用の数理計算上の差異の償却及びその他臨時費用が含まれております。
          3.与信関連費用は、貸倒引当金繰入額、貸倒引当金戻入益、貸出金償却、債権処分損及び償却債権取立益によって構成されてお
           ります。
          4.セグメント資産は、買入金銭債権、特定取引資産、金銭の信託、有価証券、貸出金、リース債権及びリース投資資産、その他
           資産のうち割賦売掛金、有形リース資産、無形リース資産及び支払承諾見返によって構成されております。
          5.セグメント負債は、預金、譲渡性預金、債券、特定取引負債及び支払承諾によって構成されております。
          6.  各事業セグメントに配賦していない資産及び負債について、関連する収益及び費用については合理的な配賦基準で各事業セグ
           メントに配賦しているものがあります。例えば、借用金利息は業務粗利益の一部としてセグメント利益に含めておりますが、
           借用金については各セグメント負債への配賦は行っておりません。また、減価償却費についても経費の一部としてセグメント
           利益に含めておりますが、固定資産の各セグメント資産への配賦は行っておりません。
          7.『経営勘定/その他』の「その他」には、報告セグメントに含まれない損益、資産および負債、予算配賦した経費の予実差異の
           金額、セグメント間取引消去額等が含まれております。
                                 72/105















                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社新生銀行(E03530)
                                                            四半期報告書
            当中間連結会計期間(自 2020年4月1日 至 2020年9月30日)
                                             (単位:百万円)
                                 法人業務
                法人営業      ストラク      プリンシパル      昭和リース      市場営業      その他金融市
                       チャードファ      トランザク                   場
                       イナンス      ションズ
       業務粗利益            7,314      9,723      4,014      7,252      2,197       914

        資金利益
                   5,705      6,237      1,317        79      555      207
        (△は損失)
        非資金利益
                   1,608      3,486      2,697      7,172      1,641       706
        (△は損失)
       経費
                   5,891      4,547      2,008      5,534      1,600      1,418
       与信関連費用
                    942     5,064       275      302       -      28
       (△は益)
       セグメント利益
                    480      111     1,730      1,414       596     △ 532
       (△は損失)
       セグメント資産           1,626,652      1,911,875       192,459      577,659      307,032       39,983
       セグメント負債           1,410,610       137,126       6,849      1,885     170,523       34,486
       その他の項目
        持分法投資利益
                     -      -     1,594      △ 234       -      -
        持分法適用会社
                     -      -     68,934       1,031        -      -
        への投資金額
                           個人業務                 経営勘定/その他            合計

                リテールバン          コンシューマーファイナンス               トレジャリー      その他
                キング
                       新生フィナン      アプラスフィ      その他個人
                       シャル      ナンシャル
       業務粗利益            13,620      33,884      29,022       1,258      1,016        70    110,288

        資金利益
                   12,314      33,800       4,354       547     △ 3,239        0    61,881
        (△は損失)
        非資金利益
                   1,305        83     24,667        711     4,255        70     48,407
        (△は損失)
       経費            14,217      16,168      18,924       1,231       787      408     72,739
       与信関連費用
                    264     4,666      6,286      △ 367       -      △ 1    17,460
       (△は益)
       セグメント利益
                   △ 861     13,049       3,811       395      228     △ 336     20,088
       (△は損失)
       セグメント資産
                  1,153,668       493,746     1,268,944        53,795      430,899      230,672     8,287,390
       セグメント負債           4,816,988        42,684      487,012       2,851        -      62   7,111,083
       その他の項目
        持分法投資利益             -      -     △ 12      357       -      -     1,704
        持分法適用会社
                     -      -      572     7,420        -      -     77,958
        への投資金額
                                 73/105





                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社新生銀行(E03530)
                                                            四半期報告書
      (注)   1.一般事業会社の売上高に代えて、経営管理上の業務粗利益を記載しております。経営管理上の業務粗利益は、資金運用収支、
           役務取引等収支、特定取引収支、その他業務収支、金銭の信託運用損益、株式関連損益等の合計であり、収支とは、収益と費
           用の差額であります。これらの収支及び損益は、当行グループ本来の業務による収益と費用を表したものであります。
          2.経費は、営業経費から、のれん償却額、無形資産償却額及び臨時的な費用を控除したものであります。なお、臨時的な費用に
           は、退職給付費用の数理計算上の差異の償却及びその他臨時費用が含まれております。
          3.与信関連費用は、貸倒引当金繰入額、貸倒引当金戻入益、貸出金償却、債権処分損及び償却債権取立益によって構成されてお
           ります。
          4.セグメント資産は、買入金銭債権、特定取引資産、金銭の信託、有価証券、貸出金、リース債権及びリース投資資産、その他
           資産のうち割賦売掛金、有形リース資産、無形リース資産及び支払承諾見返によって構成されております。
          5.セグメント負債は、預金、譲渡性預金、債券、特定取引負債及び支払承諾によって構成されております。
          6.  各事業セグメントに配賦していない資産及び負債について、関連する収益及び費用については合理的な配賦基準で各事業セグ
           メントに配賦しているものがあります。例えば、借用金利息は業務粗利益の一部としてセグメント利益に含めておりますが、
           借用金については各セグメント負債への配賦は行っておりません。また、減価償却費についても経費の一部としてセグメント
           利益に含めておりますが、固定資産の各セグメント資産への配賦は行っておりません。
          7.『経営勘定/その他』の「その他」には、報告セグメントに含まれない損益、資産および負債、予算配賦した経費の予実差異の
           金額、セグメント間取引消去額等が含まれております。「その他」のセグメント資産およびセグメント負債には、当第2四半期
           に当行が発行済み株式の100%を取得したUDC                 Finance   Limitedが含まれております。
                                 74/105















                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社新生銀行(E03530)
                                                            四半期報告書
          4.報告セグメントの合計額と中間連結財務諸表計上額との差額及び当該差額の主な内容(差異調整に関する
            事項)
           (1)セグメント利益の合計額と中間連結損益計算書の経常利益計上額
                                           (単位:百万円)

                   利益            前中間連結会計期間           当中間連結会計期間

                                      31,121           20,088
          セグメント利益計
                                      △1,045           △1,109
          のれん償却額
                                       △102           △173
          無形資産償却額
          臨時的な費用                            △200           △130
           睡眠預金の収益計上額
                                        577            80
          利息返還損失引当金戻入益
                                       1,249            968
          その他
                                        152           272
          中間連結損益計算書の経常利益                            31,751           19,996
           (2)セグメント資産の合計額と中間連結貸借対照表の資産計上額

                                           (単位:百万円)

                   資産            前中間連結会計期間           当中間連結会計期間

                                     8,077,256
                                                8,287,390
          セグメント資産計
          現金預け金                          1,309,158
                                                1,659,232
          債券貸借取引支払保証金                            1,642
                                                    -
          外国為替                            55,691
                                                 64,578
          割賦売掛金を除くその他資産                           383,636
                                                 309,509
          有形リース資産を除く有形固定資産                            20,622
                                                 21,584
          無形リース資産を除く無形固定資産                            67,452
                                                 70,919
          退職給付に係る資産                            11,239
                                                  5,952
          繰延税金資産                            12,650
                                                 14,479
          貸倒引当金
                                                △109,694
                                     △98,552
          中間連結貸借対照表の資産合計                          9,840,799           10,323,952
                                 75/105










                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社新生銀行(E03530)
                                                            四半期報告書
           (3)セグメント負債の合計額と中間連結貸借対照表の負債計上額
                                           (単位:百万円)

                   負債            前中間連結会計期間           当中間連結会計期間

                                     6,628,923           7,111,083
          セグメント負債計
                                      345,000            95,000
          コールマネー及び売渡手形
                                      39,216           11,069
          売現先勘定
                                      454,953           311,171
          債券貸借取引受入担保金
                                      679,557           880,491
          借用金
                                        780          1,208
          外国為替
                                      239,600           227,200
          短期社債
                                      72,235           353,368
          社債
                                      395,892           359,438
          その他負債
          賞与引当金
                                       4,913           4,928
          役員賞与引当金
                                        31           23
          退職給付に係る負債
                                       8,357           8,459
          役員退職慰労引当金
                                        46           17
          睡眠債券払戻損失引当金
                                       3,563           3,406
          睡眠預金払戻損失引当金
                                         -          577
          利息返還損失引当金
                                      56,225           43,365
          繰延税金負債
                                        287           115
                                     8,929,583           9,410,924
          中間連結貸借対照表の負債合計
          【関連情報】

          前中間連結会計期間(自 2019年4月1日 至 2019年9月30日)
           1.サービスごとの情報

                                                  (単位:百万円)

                                   有価証券
                      貸出業務      リース業務            販売信用業務        その他       合計
                                   投資業務
          外部顧客に対する
                       73,426      39,099      15,526      26,617      42,798      197,467
          経常収益
           (注)一般企業の売上高に代えて、経常収益を記載しております。
           2.地域ごとの情報

           (1) 経常収益
            当行グループは、本邦の外部顧客に対する経常収益に区分した金額が中間連結損益計算書の経常収益の金
           額の90%を超えるため、記載を省略しております。
           (2) 有形固定資産

            当行グループは、本邦に所在している有形固定資産の金額が中間連結貸借対照表の有形固定資産の金額の
           90%を超えるため、記載を省略しております。
           3.主要な顧客ごとの情報

            特定の顧客に対する経常収益で中間連結損益計算書の経常収益の10%以上を占めるものがないため、記載
           を省略しております。
                                 76/105





                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社新生銀行(E03530)
                                                            四半期報告書
           当中間連結会計期間(自 2020年4月1日 至 2020年9月30日)
           1.サービスごとの情報

                                                  (単位:百万円)

                                   有価証券
                      貸出業務      リース業務            販売信用業務        その他       合計
                                   投資業務
          外部顧客に対する
                       67,914      40,819       7,476      27,554      38,336      182,100
          経常収益
           (注)一般企業の売上高に代えて、経常収益を記載しております。
           2.地域ごとの情報

           (1) 経常収益
            当行グループは、本邦の外部顧客に対する経常収益に区分した金額が中間連結損益計算書の経常収益の金
           額の90%を超えるため、記載を省略しております。
           (2) 有形固定資産

            当行グループは、本邦に所在している有形固定資産の金額が中間連結貸借対照表の有形固定資産の金額の
           90%を超えるため、記載を省略しております。
           3.主要な顧客ごとの情報

            特定の顧客に対する経常収益で中間連結損益計算書の経常収益の10%以上を占めるものがないため、記載
           を省略しております。
                                 77/105













                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社新生銀行(E03530)
                                                            四半期報告書
         【報告セグメントごとの固定資産の減損損失に関する情報】
          前中間連結会計期間(自 2019年4月1日 至 2019年9月30日)
                                             (単位:百万円)
                                 法人業務
                法人営業      ストラク      プリンシパル      昭和リース      市場営業      その他金融市
                       チャードファ      トランザク                   場
                       イナンス      ションズ
        減損損失             3      -      -      -       0      -

                                                        合計

                           個人業務                 経営勘定/その他
                リテールバン                         トレジャリー      その他
                          コンシューマーファイナンス
                キング
                       新生フィナン      アプラスフィ      その他個人
                       シャル      ナンシャル
        減損損失             5      24      15      -      -      168      216

          当中間連結会計期間(自 2020年4月1日 至 2020年9月30日)

                                             (単位:百万円)
                                 法人業務
                法人営業      ストラク      プリンシパル      昭和リース      市場営業      その他金融市
                       チャードファ      トランザク                   場
                       イナンス      ションズ
        減損損失             0      -      -      -       0      -

                                                        合計

                           個人業務                 経営勘定/その他
                リテールバン                         トレジャリー      その他
                          コンシューマーファイナンス
                キング
                       新生フィナン      アプラスフィ      その他個人
                       シャル      ナンシャル
        減損損失            141       13      -      -      -      74      229

                                 78/105








                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社新生銀行(E03530)
                                                            四半期報告書
         【報告セグメントごとののれんおよび無形資産の償却額及び未償却残高に関する情報】
         前中間連結会計期間(自 2019年4月1日 至 2019年9月30日)
                                            (単位:百万円)
                                法人業務
               法人営業      ストラク      プリンシパル      昭和リース      市場営業      その他金融市
                      チャードファ      トランザク                   場
                      イナンス      ションズ
      当中間期償却額

       のれん
                    -      -      △ 0     1,091        -      -
       無形資産             -      -      -      102       -      -
      当中間期末残高
       のれん             -      -      △ 1    11,924        -      -
       無形資産             -      -      -      588       -      -
                                                       合計

                          個人業務                 経営勘定/その他
               リテールバン                         トレジャリー      その他
                         コンシューマーファイナンス
               キング
                      新生フィナン      アプラスフィ      その他個人
                      シャル      ナンシャル
      当中間期償却額

       のれん             23     △ 70      -      -      -      -     1,045
       無形資産             -      -      -      -      -      -      102
      当中間期末残高
       のれん            932     △ 1,954       522       -      -      -     11,422
       無形資産             -      -     2,084        -      -      -     2,672
                                 79/105










                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社新生銀行(E03530)
                                                            四半期報告書
         当中間連結会計期間(自 2020年4月1日 至 2020年9月30日)
                                            (単位:百万円)
                                法人業務
               法人営業      ストラク      プリンシパル      昭和リース      市場営業      その他金融市
                      チャードファ      トランザク                   場
                      イナンス      ションズ
      当中間期償却額

       のれん             -      -      △ 0     1,091        -      -
       無形資産             -      -      -      86      -      -
      当中間期末残高
       のれん             -      -      △ 1     9,740        -      -
       無形資産
                    -      -      -      399       -      -
                                                       合計

                          個人業務                 経営勘定/その他
               リテールバン                         トレジャリー      その他
                         コンシューマーファイナンス
               キング
                      新生フィナン      アプラスフィ      その他個人
                      シャル      ナンシャル
      当中間期償却額

       のれん             47     △ 70      29      10      -      -     1,109
       無形資産
                    -      -      86      -      -      -      173
      当中間期末残高
       のれん
                   836     △ 1,814       537      222       -     7,161      16,681
       無形資産             -      -     1,923        -      -      -     2,322
         【報告セグメントごとの負ののれんの発生益に関する情報】

         前中間連結会計期間(自 2019年4月1日 至 2019年9月30日)
           該当事項はありません。
         当中間連結会計期間(自 2020年4月1日 至 2020年9月30日)

           該当事項はありません。
                                 80/105








                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社新生銀行(E03530)
                                                            四半期報告書
        (企業結合等関係)
    (株式の取得による会社等の買収)
     当行は、2020年6月2日付でANZ               Bank   New  Zealand    Limited(以下、「ANZ」という。)と締結した株式譲渡契約に基
    づき、2020年9月1日にANZの子会社であるUDC                      Finance    Limitedの全株式を取得し、完全子会社化いたしました。
    1.企業結合の概要

    (1)被取得企業の名称及びその事業の内容
       被取得企業の名称   UDC                Finance    Limited
       事業の内容      個人向けオートローン
                  法人向けの資産担保ファイナンス
                  オートディーラーに対する在庫ファイナンス
    (2)企業結合を行った主な理由
       本株式取得により収益拡大を図るためであります。
    (3)企業結合日
       2020年9月1日
    (4)企業結合の法的形式
       現金を対価とする株式取得
    (5)結合後企業の名称
       結合後企業の名称に変更はありません。
    (6)取得した議決権比率
       100%
    (7)取得企業を決定するに至った主な根拠
       当行が、現金を対価として株式を取得したことによります。
    2.当中間連結会計期間に係る中間連結財務諸表に含まれている被取得企業の業績の期間

     2020年9月30日をみなし取得日としているため、当中間連結会計期間においては貸借対照表のみを連結しており、被取
    得企業の業績を含んでおりません。
    3.被取得企業の取得原価及び対価の種類ごとの内訳

      取得の対価   現金   46,990百万円                    (659百万ニュージーランドドル)
      取得原価         46,990百万円                    (659百万ニュージーランドドル)
      なお、上記換算は企業結合日の為替レートに基づいております。
    4.主要な取得関連費用の内容及び金額

     アドバイザリーに対する報酬・手数料等   495百万円
    5.発生したのれんの金額、発生原因、償却方法及び償却期間

    (1)発生したのれんの金額
       7,161百万円
       なお、のれんの金額は取得原価の配分が終了していないため、暫定的に算定した金額であります。
    (2)発生原因
       今後の事業展開によって期待される超過収益力であります。
    (3)償却方法及び償却期間
       投資効果の発現する期間を見積り、合理的な期間で償却する予定であります。
    6.企業結合日に受け入れた資産及び引き受けた負債の額並びにその主な内訳

    (1)資産の額
       資産合計                  249,562百万円
       うち、貸出金                122,853百万円
       うち、その他資産(割賦売掛金)       104,016百万円
    (2)負債の額
       負債合計                  210,697百万円
       うち、借用金                                          62,541百万円
       うち、社債                 138,368百万円
    (注)企業結合日における識別可能資産および負債の特定を精査中であり、取得原価の配分は完了しておりません。よっ
    て、上記は暫定的な金額であります。
                                 81/105


                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社新生銀行(E03530)
                                                            四半期報告書
    7.企業結合契約に規定される条件付取得対価の内容及びそれらの今後の会計処理方針

     株式譲渡契約に基づき、取得対価には取得時の既存債権に対する貸倒引当金とこれに対応する今後一定期間内に発生し
    た実際の貸倒損失との差額相当について一定の範囲内で事後的に精算を行う条件が付されており、これにより最終的な取
    得対価が変動する可能性があります。取得対価の変動が発生した場合には、取得時に発生したものとみなして取得原価を
    修正し、のれんの金額及びのれんの償却額を修正することとしております。
    8.  企業結合が中間連結会計期間開始の日に完了したと仮定した場合の当中間連結会計期間の中間連結損益計算書に及ぼ

    す影響の概算額及び算定方法
     現時点で合理的な算定が困難であるため、記載を省略しております。
                                 82/105

















                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社新生銀行(E03530)
                                                            四半期報告書
        (1株当たり情報)
    1.1株当たり純資産額

                                   前連結会計年度             当中間連結会計期間
                                  (2020年3月31日)              (2020年9月30日)
     1株当たり純資産額                                 3,913円40銭              4,043円30銭

    (注)1株当たり純資産額の算定上の基礎は、次のとおりであります。
                                   前連結会計年度             当中間連結会計期間
                                  (2020年3月31日)              (2020年9月30日)
     純資産の部の合計額                      百万円            910,485              913,028

     純資産の部の合計額から控除する金額                      百万円             7,490              9,142

      うち新株予約権                      百万円              125              149

      うち非支配株主持分                      百万円             7,364              8,992

     普通株式に係る中間期末(期末)の純資産額                      百万円            902,994              903,886

     1株当たり純資産額の算定に用いられた中間期
                            千株            230,743              223,551
     末(期末)の普通株式の数
                                 83/105














                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社新生銀行(E03530)
                                                            四半期報告書
    2.1株当たり中間純利益及び算定上の基礎並びに潜在株式調整後1株当たり中間純利益及び算定上の基礎
                                前中間連結会計期間               当中間連結会計期間
                               (自 2019年4月1日               (自 2020年4月1日
                                至 2019年9月30日)               至 2020年9月30日)
     (1)1株当たり中間純利益                                 115円80銭                58円35銭

      (算定上の基礎)

       親会社株主に帰属する中間純利益                   百万円             28,148               13,316

       普通株主に帰属しない金額                   百万円               -               -

       普通株式に係る親会社株主に帰属する
                          百万円             28,148               13,316
       中間純利益
       普通株式の期中平均株式数                   千株            243,061               228,192
     (2)潜在株式調整後1株当たり中間純利益                                 115円79銭                58円34銭

      (算定上の基礎)

       親会社株主に帰属する中間純利益調整額                   百万円               -               -

       普通株式増加数                   千株               41               60

        うち新株予約権                   千株               41               60

     希薄化効果を有しないため、潜在株式調整                         連結子会社(OJBC         Co.  Ltd)     連結子会社(OJBC         Co.  Ltd)
     後1株当たり中間純利益の算定に含めなか
                              (1)A種優先株式        1,750,000株        (1)A種優先株式        1,750,000株
     った潜在株式の概要
                              (2)B種優先株式        150,000株        (2)B種優先株式        150,000株
                              (3)C種優先株式        19,400,000株        (3)C種優先株式        19,400,000株
                              (4)D種優先株式        600,000株        (4)D種優先株式        600,000株
                              (5)新株予約権3種類(同社B                (5)新株予約権3種類(同社B
                               種優先株式1,859,460個)。               種優先株式1,786,540個)。
                                 84/105











                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社新生銀行(E03530)
                                                            四半期報告書
        (重要な後発事象)
    (共通支配下の取引等)
     当行は2020年10月30日付取締役会において、連結子会社である株式会社アプラスフィナンシャル(以下、「対象会社」
    という。)の非支配株主に対して、その所有する普通株式(以下、「対象会社普通株式」という。)の全てを当行に売り
    渡すことの請求(以下、「本株式売渡請求」という。)を行うことを決議し、同日付で対象会社に通知いたしました。こ
    れを受けて、対象会社の取締役会は同日付で本株式売渡請求を承認する旨の決議をいたしました。
    1.取引の概要

    (1)結合当事企業の名称及びその事業の内容
       結合当事企業の名称:株式会社アプラスフィナンシャル
       事業の内容    :事業持株会社
    (2)企業結合日
       2020年12月1日(予定)
    (3)企業結合の法的形式
       非支配株主からの株式取得
    (4)結合後企業の名称
       変更はありません。
    (5)その他取引の概要に関する事項
        本株式売渡請求により当行が追加取得する対象会社の株式の議決権比率は5.1%であり、2020年12月1日の本売渡
       請求の効力発生をもって、対象会社は当行の完全子会社となる予定です。また、これに伴い、対象会社普通株式は
       東京証券取引所市場第一部において2020年11月27日付で上場廃止となる予定であります。
        本件は、中期経営戦略の更なる推進に向けたグループベースのリソース最適化及び意思決定の全体最適化を実現
       するとともに、2017年に当行に設置したグループ本社を通じ、より高度なグループガバナンスも実現していくこと
       を目的としております。
    2.実施する会計処理の概要

     「企業結合に関する会計基準」(企業会計基準第21号                          2019年1月16日)及び「企業結合会計基準及び事業分離等会計
    基準に関する適用指針」(企業会計基準適用指針第10号                          2019年1月16日)に基づき共通支配下の取引等のうち、非支配
    株主との取引として処理する予定であります。
    3.子会社株式の追加取得に関する事項

     取得原価及び対価の種類ごとの内訳
      取得の対価       現金  6,624百万円
      取得原価            6,624百万円
    4.非支配株主との取引に係る当行の持分変動に関する事項

    (1)資本剰余金の主な変動要因
       子会社株式の追加取得
    (2)非支配株主との取引によって変動する資本剰余金の金額
       現時点では確定しておりません。
                                 85/105







                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社新生銀行(E03530)
                                                            四半期報告書
     2【その他】
        該当事項はありません。
                                 86/105




















                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社新生銀行(E03530)
                                                            四半期報告書
     3 【中間財務諸表】
      (1)【中間貸借対照表】
                                                   (単位:百万円)
                                  前事業年度             当中間会計期間
                                (2020年3月31日)              (2020年9月30日)
     資産の部
                                     ※8  1,475,672            ※8  1,546,146
       現金預け金
                                        42,795              32,864
       買入金銭債権
                                        206,547              194,847
       特定取引資産
                                      ※8  312,128             ※8  289,608
       金銭の信託
                                ※1 ,※2 ,※8 ,※10  1,265,800       ※1 ,※2 ,※8 ,※10  1,203,863
       有価証券
                                ※3 ,※4 ,※5 ,※6 ,※7 ,※8 ,※9    ※3 ,※4 ,※5 ,※6 ,※7 ,※8 ,※9
       貸出金
                                       5,040,819              5,094,183
                                        73,879              64,578
       外国為替
                                        234,006              210,214
       その他資産
                                      ※8  234,006             ※8  210,214
        その他の資産
                                        12,435              11,489
       有形固定資産
                                        25,631              24,728
       無形固定資産
                                         6,940              7,101
       前払年金費用
                                         2,731               322
       繰延税金資産
                                        18,787              22,165
       支払承諾見返
                                       △ 31,480             △ 36,195
       貸倒引当金
                                       8,686,696              8,665,920
       資産の部合計
     負債の部
                                     ※8  5,995,082            ※8  6,091,864
       預金
                                        455,950              438,627
       譲渡性預金
                                        165,000               95,000
       コールマネー
                                       ※8  38,956             ※8  11,069
       売現先勘定
                                      ※8  345,357             ※8  306,119
       債券貸借取引受入担保金
                                        182,969              172,324
       特定取引負債
                                      ※8  342,683             ※8  384,531
       借用金
                                          687             1,208
       外国為替
                                        116,500              175,000
       社債
                                        162,115              120,114
       その他負債
                                         1,532              2,241
        未払法人税等
                                          12               9
        リース債務
                                         7,307              7,387
        資産除去債務
                                      ※8  153,262             ※8  110,475
        その他の負債
                                         4,840              2,493
       賞与引当金
                                          621              577
       睡眠預金払戻損失引当金
                                         3,513              3,406
       睡眠債券払戻損失引当金
                                       ※8  18,787             ※8  22,165
       支払承諾
                                       7,833,066              7,824,504
       負債の部合計
                                 87/105







                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社新生銀行(E03530)
                                                            四半期報告書
                                                   (単位:百万円)

                                  前事業年度             当中間会計期間
                                (2020年3月31日)              (2020年9月30日)
     純資産の部
                                        512,204              512,204
       資本金
                                        79,465              79,465
       資本剰余金
                                        79,465              79,465
        資本準備金
                                        338,529              336,742
       利益剰余金
                                        15,734              16,195
        利益準備金
                                        322,795              320,546
        その他利益剰余金
                                        322,795              320,546
          繰越利益剰余金
                                       △ 61,097             △ 70,508
       自己株式
                                        869,102              857,903
       株主資本合計
       その他有価証券評価差額金                                   624             △ 424
                                       △ 16,174             △ 16,164
       繰延ヘッジ損益
                                       △ 15,549             △ 16,589
       評価・換算差額等合計
                                          76              101
       新株予約権
                                        853,629              841,415
       純資産の部合計
                                       8,686,696              8,665,920
     負債及び純資産の部合計
                                 88/105














                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社新生銀行(E03530)
                                                            四半期報告書
      (2)【中間損益計算書】
                                                   (単位:百万円)
                                 前中間会計期間              当中間会計期間
                                (自 2019年4月1日              (自 2020年4月1日
                                至 2019年9月30日)               至 2020年9月30日)
                                        86,654              66,151
     経常収益
                                        60,697              49,648
       資金運用収益
        (うち貸出金利息)                                49,701              43,240
        (うち有価証券利息配当金)                                 9,782              5,549
                                        10,304               6,616
       役務取引等収益
                                         3,126              1,801
       特定取引収益
                                       ※1  7,109             ※1  6,316
       その他業務収益
                                       ※2  5,416             ※2  1,769
       その他経常収益
                                        64,381              61,807
     経常費用
                                         8,427              5,529
       資金調達費用
        (うち預金利息)                                 2,769              2,282
        (うち社債利息)                                  42              169
                                        13,971              12,636
       役務取引等費用
                                       ※3  2,024             ※3  2,178
       その他業務費用
                                       ※4  36,505             ※4  34,651
       営業経費
                                       ※5  3,452             ※5  6,811
       その他経常費用
                                        22,272               4,344
     経常利益
                                       ※6  2,109
     特別利益                                                    0
                                        ※7  268            ※7  510
     特別損失
                                        24,113               3,833
     税引前中間純利益
                                          243              635
     法人税、住民税及び事業税
                                         1,174              2,638
     法人税等調整額
                                         1,417              3,273
     法人税等合計
                                        22,695                560
     中間純利益
                                 89/105











                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社新生銀行(E03530)
                                                            四半期報告書
      (3)【中間株主資本等変動計算書】
           前中間会計期間(自 2019年4月1日 至 2019年9月30日)
                                                      (単位:百万円)
                                     株主資本
                           資本剰余金              利益剰余金
                                         その他利益
                                                       株主資本
                  資本金                        剰余金         自己株式
                           その他資本     資本剰余金              利益剰余金           合計
                      資本準備金              利益準備金
                            剰余金     合計              合計
                                         繰越利益
                                          剰余金
     当期首残高             512,204     79,465      -   79,465     15,243    292,611     307,855    △ 37,729    861,796
     当中間期変動額
      剰余金の配当
                                       490   △ 2,943    △ 2,452         △ 2,452
      中間純利益                                     22,695     22,695         22,695
      自己株式の取得                                              △ 9,207    △ 9,207
      自己株式の処分                       △ 53    △ 53                  132     78
      利益剰余金から資本剰余金
                              53     53         △ 53    △ 53         -
      への振替
      株主資本以外の項目の
      当中間期変動額(純額)
     当中間期変動額合計                -     -     -     -    490   19,698     20,189    △ 9,075    11,113
     当中間期末残高
                  512,204     79,465      -   79,465     15,734    312,310     328,044    △ 46,804    872,910
                          評価・換算差額等

                                            新株予約権        純資産合計
                  その他有価証券                評価・換算差額等
                           繰延ヘッジ損益
                   評価差額金                  合計
     当期首残高
                       4,719       △ 17,925       △ 13,205          49      848,640
     当中間期変動額
      剰余金の配当                                                  △ 2,452
      中間純利益                                                  22,695
      自己株式の取得
                                                        △ 9,207
      自己株式の処分                                                    78
      利益剰余金から資本剰余金
                                                          -
      への振替
      株主資本以外の項目の
                      △ 1,330        △ 422       △ 1,752          27      △ 1,725
      当中間期変動額(純額)
     当中間期変動額合計                 △ 1,330        △ 422       △ 1,752          27       9,388
     当中間期末残高                  3,389       △ 18,347       △ 14,958          76      858,029
                                 90/105







                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社新生銀行(E03530)
                                                            四半期報告書
           当中間会計期間(自 2020年4月1日 至 2020年9月30日)
                                                      (単位:百万円)
                                     株主資本
                           資本剰余金              利益剰余金
                                         その他利益
                                                       株主資本
                  資本金                        剰余金         自己株式
                           その他資本     資本剰余金              利益剰余金           合計
                      資本準備金              利益準備金
                            剰余金     合計              合計
                                         繰越利益
                                          剰余金
     当期首残高
                  512,204     79,465      -   79,465     15,734    322,795     338,529    △ 61,097    869,102
     当中間期変動額
      剰余金の配当                                 461   △ 2,768    △ 2,307         △ 2,307
      中間純利益                                      560     560         560
      自己株式の取得
                                                   △ 9,543    △ 9,543
      自己株式の処分                       △ 40    △ 40                  132     91
      利益剰余金から資本剰余金
                              40     40         △ 40    △ 40         -
      への振替
      株主資本以外の項目の
      当中間期変動額(純額)
     当中間期変動額合計                -     -     -     -    461   △ 2,248    △ 1,787    △ 9,411   △ 11,198
     当中間期末残高             512,204     79,465      -   79,465     16,195    320,546     336,742    △ 70,508    857,903
                          評価・換算差額等

                                            新株予約権        純資産合計
                  その他有価証券                評価・換算差額等
                           繰延ヘッジ損益
                   評価差額金                  合計
     当期首残高                   624      △ 16,174       △ 15,549          76      853,629
     当中間期変動額
      剰余金の配当
                                                        △ 2,307
      中間純利益                                                    560
      自己株式の取得                                                  △ 9,543
      自己株式の処分
                                                          91
      利益剰余金から資本剰余金
                                                          -
      への振替
      株主資本以外の項目の
                      △ 1,049          9      △ 1,040          25      △ 1,014
      当中間期変動額(純額)
     当中間期変動額合計
                      △ 1,049          9      △ 1,040          25      △ 12,213
     当中間期末残高                  △ 424      △ 16,164       △ 16,589          101       841,415
                                 91/105







                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社新生銀行(E03530)
                                                            四半期報告書
      【注記事項】
        (重要な会計方針)
    1.特定取引資産・負債の評価基準及び収益・費用の計上基準

      金利、通貨の価格、金融商品市場における相場その他の指標に係る短期的な変動、市場間の格差等を利用して利益
     を得る等の目的(以下、「特定取引目的」という。)の取引については、取引の約定時点を基準とし、中間貸借対照
     表上「特定取引資産」及び「特定取引負債」に計上するとともに、当該取引からの損益を中間損益計算書上「特定取
     引収益」及び「特定取引費用」に計上しております。
      特定取引資産及び特定取引負債の評価は、有価証券及び金銭債権等については中間決算日の時価により、スワッ
     プ・先物・オプション取引等の派生商品については中間決算日において決済したものとみなした額により行っており
     ます。
      また、特定取引収益及び特定取引費用の損益計上は、当中間会計期間中の受払利息等に、有価証券及び金銭債権等
     については前事業年度末と当中間会計期間末における評価損益の増減額を、派生商品については前事業年度末と当中
     間会計期間末におけるみなし決済からの損益相当額の増減額を加えております。
      なお、特定取引資産及び特定取引負債に含まれる派生商品のみなし決済額の見積りに当たり、流動性リスク及び信
     用リスクを加味した評価を行っております。
    2.有価証券の評価基準及び評価方法
     (1) 有価証券の評価は、売買目的有価証券(特定取引を除く)については時価法(売却原価は移動平均法により算
     定)、満期保有目的の債券については移動平均法による償却原価法(定額法)、子会社株式及び関連会社株式につい
     ては移動平均法による原価法、その他有価証券については原則として中間決算日の市場価格等に基づく時価法(売却
     原価は移動平均法により算定)、ただし時価を把握することが極めて困難と認められるものについては移動平均法に
     よる原価法により行っております。また、匿名組合等への出資金については、組合等の直近の財務諸表等に基づい
     て、組合等の財産の持分相当額を純額で計上しております。
      なお、その他有価証券の評価差額については、時価ヘッジの適用により損益に反映させた額を除き、全部純資産直
     入法により処理しております。
     (2) 金銭の信託において信託財産を構成している有価証券の評価は、上記(1)と同じ方法により行っております。
    3.デリバティブ取引の評価基準及び評価方法
      デリバティブ取引(特定取引目的の取引を除く)の評価は、時価法により行っております。
    4.買入金銭債権の評価基準及び評価方法
      売買目的の買入金銭債権(特定取引を除く)の評価は、時価法により行っております。
    5.固定資産の減価償却の方法
     (1)有形固定資産(リース資産を除く)
      有形固定資産は、建物及び動産のうちパソコン以外の電子計算機(ATM等)については定額法、その他の動産につい
     ては定率法により償却し、年間減価償却費見積額を期間により按分し計上しております。
      また、主な耐用年数は次のとおりであります。
       建 物         8年~20年
       その他         2年~20年
     (2)無形固定資産(リース資産を除く)
      無形固定資産は、定額法により償却しております。主な資産毎の償却期間は次のとおりであります。
                                 (行内における利用可能期間)
       自社利用のソフトウェア                    5年~10年
       のれん                    10年
     (3)リース資産
      所有権移転ファイナンス・リース取引に係る「有形固定資産」及び「無形固定資産」中のリース資産は、自己所有
     の固定資産に適用する償却方法と同一の方法により償却しております。
    6.繰延資産の処理方法
      社債発行費はその他の資産に計上し、社債の償還期間にわたり定額法により償却しております。
      また、社債は償却原価法(定額法)に基づいて算定された価額をもって中間貸借対照表価額としております。
                                 92/105





                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社新生銀行(E03530)
                                                            四半期報告書
    7.引当金の計上基準
     (1)貸倒引当金
      貸倒引当金は、予め定めている償却・引当基準に則り、次のとおり計上しております。
      破産、特別清算等、法的に経営破綻の事実が発生している債務者(以下、「破綻先」という。)に係る債権及びそ
     れと同等の状況にある債務者(以下、「実質破綻先」という。)に係る債権については、以下のなお書きに記載され
     ている直接減額後の帳簿価額から、担保の処分可能見込額及び保証による回収可能見込額を控除し、その残額を計上
     しております。また、現在は経営破綻の状況にないが、今後経営破綻に陥る可能性が大きいと認められる債務者(以
     下、「破綻懸念先」という。)に係る債権については、以下の大口債務者に係る債権を除き、債権額から、担保の処
     分可能見込額及び保証による回収可能見込額を控除し、その残額に対して、今後3年間の予想損失額を見込んで計上
     しております。
      破綻懸念先、貸出条件緩和債権等を有する債務者及び従来よりキャッシュ・フロー見積法(後述)による引当を行
     っていた債務者で、今後の債権の元本の回収及び利息の受取りに係るキャッシュ・フローを合理的に見積もることが
     できる債務者のうち、与信額が一定額以上の大口債務者に係る債権については、当該キャッシュ・フローを貸出条件
     緩和実施前の約定利子率で割引いた金額と債権の帳簿価額との差額を貸倒引当金とする方法(キャッシュ・フロー見
     積法)により計上しております。また、将来キャッシュ・フローを合理的に見積もることが困難な債務者のうち与信
     額が一定額以上の大口債務者に係る債権については、個別的に残存期間を算定し、その残存期間に対応する今後の一
     定期間における予想損失額を計上しております。
      上記以外の債権については、貸出金等の予想損失額を見込んで計上しており、予想損失額は、ポートフォリオの特
     性に応じて、一般事業法人向けローン、不動産ノンリコースローン、プロジェクトファイナンス及び個人向け商品別
     にグルーピングを行ったうえで、主として各々の平均残存期間の貸倒実績又は倒産実績を基礎とした貸倒実績率又は
     倒産確率の過去の一定期間における平均値に基づき損失率を求め、これに将来見込み等必要な修正を加えて算出して
     おります。
      特定海外債権については、対象国の政治経済情勢等に起因して生ずる損失見込額を特定海外債権引当勘定として計
     上しております。
      すべての債権は、資産の自己査定基準に基づき、営業推進部署及び審査部署が資産査定を実施し、当該部署から独
     立したリスク統括担当部署が査定結果を検証しており、その査定結果に基づいて上記の引当を行っております。
      なお、破綻先及び実質破綻先に対する担保・保証付債権等については、原則として債権額から担保の評価額及び保
     証による回収が可能と認められる額を控除した残額を取立不能見込額として債権額から直接減額しており、その金額
     は 6,190   百万円(前事業年度末は4,755百万円)であります。
     (追加情報)
      新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染拡大やそれに伴う経済活動停滞による影響は概ね2021年3月末頃ま
     でに収束するものの、一部の特定債務者向け貸出金等の信用リスクに対する影響はさらに数年程度続くものと想定
     し、当行の特定債務者及び特定業種向け貸出金等の信用リスクに大きな影響があるとの仮定を置いております。な
     お、当該仮定については、足許の状況を踏まえ、                      前事業年    度末に想定した一部の特定債務者向け貸出金等の信用リス
     クに対する影響を及ぼす期間に関して変更しております。
      こうした仮定のもと、当該影響から予想される損失に備えるため、当中                                  間会計期    間において影響があると見込まれ
     る特定債務者及び特定業種の見直しを行い、特定債務者の債務者区分を予想される業績悪化の状況を踏まえて修正す
     るとともに、当該特定業種ポートフォリオの貸倒実績に予想される業績悪化の状況に基づく修正を加えた予想損失率
     によって、貸倒引当金5,981百万円(前                  事業  年度末は6,021百万円)を計上しております。
      なお、当該金額は現時点の最善の見積りであるものの見積りに用いた仮定の不確実性は高く、新型コロナウイルス
     感染症(COVID-19)の感染状況やその経済環境への影響が変化した場合には、第3四半期会計期間以降において増減
     する可能性があります。
     (2)賞与引当金
      賞与引当金は、従業員への賞与の支払いに備えるため、従業員に対する賞与の支給見込額のうち、当中間会計期間
     に帰属する額を計上しております。
     (3)  退職給付引当金
      退職給付引当金は、従業員の退職給付に備えるため、当事業年度末における退職給付債務及び年金資産の見込額に
     基づき、当中間会計期間末において発生していると認められる額を計上しております。また、退職給付債務の算定に
     あたり、退職給付見込額を当中間会計期間末までの期間に帰属させる方法については給付算定式基準によっておりま
     す。
      なお、数理計算上の差異の損益処理方法は次のとおりであります。
      数理計算上の差異:各事業年度の発生時の従業員の平均残存勤務期間(7.49~12.13年)による定額法により按分し
               た額を、それぞれの発生年度から損益処理
     (4)睡眠預金払戻損失引当金
      睡眠預金払戻損失引当金は、負債計上を中止した預金について、預金者からの払戻請求に備えるため、将来の払戻
     請求に応じて発生する損失を見積り必要と認める額を計上しております。
                                 93/105


                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社新生銀行(E03530)
                                                            四半期報告書
     (5)睡眠債券払戻損失引当金
      睡眠債券払戻損失引当金は、負債計上を中止した債券について、債券保有者からの払戻請求に備えるため、将来の
     払戻請求に応じて発生する損失を見積り必要と認める額を計上しております。
    8.外貨建の資産及び負債の本邦通貨への換算基準
      外貨建資産及び負債は、取得時の為替相場による円換算額を付す子会社株式及び関連会社株式を除き、中間決算日
     の為替相場による円換算額を付しております。
    9.ヘッジ会計の方法
     (1)金利リスク・ヘッジ
      金融資産・負債から生じる金利リスクに対するヘッジ会計の方法は、繰延ヘッジによっております。
      「銀行業における金融商品会計基準適用に関する会計上及び監査上の取扱い」(日本公認会計士協会業種別監査委
     員会報告第24号 2002年2月13日。以下、「業種別監査委員会報告第24号」という。)に規定する繰延ヘッジのヘッ
     ジ有効性評価の方法については、相場変動を相殺するヘッジについて、ヘッジ対象となる預金・貸出金等とヘッジ手
     段である金利スワップ取引等を一定の期間毎にグルーピングのうえ特定し評価しております。また、キャッシュ・フ
     ローを固定するヘッジについては、ヘッジ対象とヘッジ手段の金利変動要素の相関関係の検証により有効性を評価し
     ております。
     (2)為替変動リスク・ヘッジ
      外貨建金融資産・負債から生じる為替変動リスクに対するヘッジ会計の方法は、繰延ヘッジ又は時価ヘッジによっ
     ております。
      「銀行業における外貨建取引等の会計処理に関する会計上及び監査上の取扱い」(日本公認会計士協会業種別監査
     委員会報告第25号 2002年7月29日。以下、「業種別監査委員会報告第25号」という。)に規定する繰延ヘッジの
     ヘッジ有効性評価の方法については、外貨建金銭債権債務等の為替変動リスクを減殺する目的で行う通貨スワップ取
     引及び為替スワップ取引等をヘッジ手段とし、ヘッジ対象である外貨建金銭債権債務等に見合うヘッジ手段の外貨ポ
     ジション相当額が存在することを確認することによりヘッジの有効性を評価しております。
      また、外貨建子会社株式及び関連会社株式並びに外貨建その他有価証券(債券以外)の為替変動リスクをヘッジす
     るため、事前にヘッジ対象となる外貨建有価証券の銘柄を特定し、当該外貨建有価証券について外貨ベースで取得原
     価以上の直先負債が存在していること等を条件に包括ヘッジとして繰延ヘッジ及び時価ヘッジを適用しております。
     (3)内部取引等
      デリバティブ取引のうち特定取引勘定とそれ以外の勘定との間の内部取引については、ヘッジ手段として指定して
     いる金利スワップ取引及び通貨スワップ取引等に対して、業種別監査委員会報告第24号及び同第25号に基づき、恣意
     性を排除し厳格なヘッジ運営が可能と認められる対外カバー取引の基準に準拠した運営を行っているため、当該金利
     スワップ取引及び通貨スワップ取引等から生じる収益及び費用は消去せずに損益認識又は繰延処理を行っておりま
     す。
    10.その他中間財務諸表作成のための基本となる重要な事項
     (1)退職給付に係る会計処理
      退職給付に係る未認識数理計算上の差異の会計処理の方法は、中間連結財務諸表における会計処理の方法と異なっ
     ております。
     (2)  消費税等の会計処理
      消費税及び地方消費税の会計処理は、税抜方式によっております。
     (3)連結納税制度の適用
      当行を連結納税親会社として、連結納税制度を適用しております。
     (4)   連結納税制度からグループ通算制度への移行に係る税効果会計の適用
      当行は、「所得税法等の一部を改正する法律」(令和2年法律第8号)において創設されたグループ通算制度への
     移行及びグループ通算制度への移行にあわせて単体納税制度の見直しが行われた項目については、「連結納税制度か
     らグループ通算制度への移行に係る税効果会計の適用に関する取扱い」(実務対応報告第39号                                           2020年3月31日)第3
     項の取扱いにより、「税効果会計に係る会計基準の適用指針」(企業会計基準適用指針第28号                                           2018年2月16日)第44
     項の定めを適用せず、繰延税金資産および繰延税金負債の額について、改正前の税法の規定に基づいております。
                                 94/105






                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社新生銀行(E03530)
                                                            四半期報告書
        (追加情報)
       (自己株式の取得)
         当行は、2020年5月13日の取締役会において、会社法第459条第1項の規定による定款の定めに基づき、自己株
        式の取得に係る事項を決議いたしました。
       1.自己株式の取得を行う理由

         公的資金返済の道筋をつける取り組みの一環として、現在の当行の資本の状況や収益力、1株当たりの価値な
        どに鑑み、自己株式の取得を行うものであります。これにより、充分な資本の維持を前提としつつ、適切な資本
        政策の実施を通じて、1株当たりの価値の向上を目指してまいります。
       2.取得に係る事項の内容

      (1)取得する株式の種類      普通株式
      (2)取得する株式の総数      20.5百万株(上限)
                        (発行済株式総数(自己株式を除く)の8.88%)
      (3)株式の取得価額の総額     205億円(上限)
      (4)取得期間           2020年5月14日から2021年3月31日まで
      上記取締役会決議に基づき、次のとおり自己株式の取得を実施いたしました。

      (1)取得した株式の種類      普通株式
      (2)取得した株式の総数      10,294,700株
      (3)株式の取得価額の総額     13,599,769,700円
      (4)取得期間           2020年5月14日から2020年10月31日まで
      (5)取得方法           東京証券取引所における市場買付
                                 95/105













                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社新生銀行(E03530)
                                                            四半期報告書
        (中間貸借対照表関係)
    ※1.関係会社の株式又は出資金の総額

                                 前事業年度               当中間会計期間
                               (2020年3月31日)                (2020年9月30日)
        株式                          379,547    百万円            428,320百万円
        出資金                           16,517百万円                15,996   百万円
    ※2.無担保の消費貸借契約(債券貸借取引)により借り入れている有価証券、現先取引並びに現金担保付債券貸借取

      引等により受け入れている有価証券及びデリバティブ取引の担保として受け入れている有価証券のうち、売却又は
      (再)担保という方法で自由に処分できる権利を有する有価証券は次のとおりであります。
                                 前事業年度               当中間会計期間
                               (2020年3月31日)                (2020年9月30日)
        当中間会計期間末(前事業年度末)に当                           5,561   百万円             2,745百万円
        該処分をせずに所有している有価証券
    ※3.貸出金のうち、破綻先債権額及び延滞債権額は次のとおりであります。

                                 前事業年度               当中間会計期間
                               (2020年3月31日)                (2020年9月30日)
        破綻先債権額                            521  百万円              610百万円
        延滞債権額                           14,310百万円                28,150   百万円
      なお、破綻先債権とは、元本又は利息の支払の遅延が相当期間継続していることその他の事由により元本又は利息の
     取立て又は弁済の見込みがないものとして未収利息を計上しなかった貸出金(貸倒償却を行った部分を除く。以下、
     「未収利息不計上貸出金」という。)のうち、法人税法施行令(昭和40年政令第97号)第96条第1項第3号イからホま
     でに掲げる事由又は同項第4号に規定する事由が生じている貸出金であります。
      また、延滞債権とは、未収利息不計上貸出金であって、破綻先債権及び債務者の経営再建又は支援を図ることを目的
     として利息の支払を猶予した貸出金以外の貸出金であります。
    ※4.貸出金のうち、3カ月以上延滞債権額は次のとおりであります。

                                 前事業年度               当中間会計期間
                               (2020年3月31日)                (2020年9月30日)
        3カ月以上延滞債権額                            350  百万円              575百万円
      なお、3カ月以上延滞債権とは、元本又は利息の支払が、約定支払日の翌日から3月以上遅延している貸出金で破綻
     先債権及び延滞債権に該当しないものであります。
    ※5.貸出金のうち、貸出条件緩和債権額は次のとおりであります。

                                 前事業年度               当中間会計期間
                               (2020年3月31日)                (2020年9月30日)
        貸出条件緩和債権額                           2,438   百万円             4,323百万円
      なお、貸出条件緩和債権とは、債務者の経営再建又は支援を図ることを目的として、金利の減免、利息の支払猶予、
     元本の返済猶予、債権放棄その他の債務者に有利となる取決めを行った貸出金で、破綻先債権、延滞債権及び3カ月以
     上延滞債権に該当しないものであります。
    ※6.貸出金のうち、破綻先債権額、延滞債権額、3カ月以上延滞債権額及び貸出条件緩和債権額の合計額は次のとおり

      であります。
                                 前事業年度               当中間会計期間
                               (2020年3月31日)                (2020年9月30日)
        合計額                           17,621   百万円             33,659百万円
      なお、上記3.から6.に掲げた債権額は、貸倒引当金控除前の金額であります。
                                 96/105




                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社新生銀行(E03530)
                                                            四半期報告書
    ※7.   ローン・パーティシペーションで、「ローン・パーティシペーションの会計処理及び表示」(日本公認会計士協会
      会計制度委員会報告第3号 2014年11月28日)に基づいて、参加者に売却したものとして会計処理した貸出債権の
      元本の残高の総額は次のとおりであります。
                前事業年度                      当中間会計期間
              (2020年3月31日)                       (2020年9月30日)
                6,813   百万円                    6,471百万円
       原債務者に対する貸出債権として会計処理した参加元本金額のうち、中間貸借対照表(貸借対照表)計上額は次の
      とおりであります。
                前事業年度                      当中間会計期間
              (2020年3月31日)                       (2020年9月30日)
               15,527   百万円                    13,965百万円
    ※8.担保に      供している資産は次のとおりであります。

                                 前事業年度               当中間会計期間
                               (2020年3月31日)                (2020年9月30日)
        担保に   供している資産
         現金預け金                             10百万円                10 百万円
         金銭の信託                             14百万円                14 百万円
         有価証券                          420,754百万円                362,271    百万円
         貸出金                          875,300百万円                837,893    百万円
        担保資産に対応する債務
         預金                           1,099百万円                1,023   百万円
         売現先勘定                           38,956百万円                11,069   百万円
         債券貸借取引受入担保金                          342,327百万円                306,119    百万円
         借用金                          271,883百万円                317,631    百万円
         その他の負債                             16百万円                17 百万円
         支払承諾                            331百万円               7,229   百万円
      上記のほか、「その他の資産」には、金融商品等差入担保金、全銀ネット差入担保金、保証金、先物取引差入証拠

     金、外国為替差入証拠金及び現先取引に係る差入保証金                          が含まれておりますが、その金額は次のとおりであります。
                                 前事業年度               当中間会計期間
                               (2020年3月31日)                (2020年9月30日)
        金融商品等差入担保金                           66,258百万円                56,158   百万円
        全銀ネット差入担保金                           50,000   百万円             50,000   百万円
        保証金                           8,754百万円                8,755   百万円
        先物取引差入証拠金                           4,782百万円                5,709   百万円
        外国為替差入証拠金                            195百万円                169  百万円
        現先取引に係る差入保証金                             47百万円                - 百万円
                                 97/105







                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社新生銀行(E03530)
                                                            四半期報告書
    ※9.   当座貸越契約及び貸付金に係るコミットメントライン契約は、顧客からの融資実行の申し出を受けた場合に、契約
      上規定された条件について違反がない限り、一定の限度額まで資金を貸付けることを約する契約であります。これら
      の契約に係る融資未実行残高は次のとおりであります。
                                 前事業年度               当中間会計期間
                               (2020年3月31日)                (2020年9月30日)
        融資未実行残高                         2,250,9    54 百万円           2,230,848百万円
         うち原契約期間が1年以内のもの又は                         1,936,439百万円                1,894,333     百万円
         任意の時期に無条件で取消可能なもの
       なお、これらの契約の多くは、融資実行されずに終了するものであるため、融資未実行残高そのものが必ずしも当
      行の将来のキャッシュ・フローに影響を与えるものではありません。これらの契約の多くには、金融情勢の変化、債
      権の保全及びその他相当の事由があるときは、当行が実行申し込みを受けた融資の拒絶又は契約極度額の減額をする
      ことができる旨の条項が付けられております。また、契約時において必要に応じて不動産・有価証券等の担保を徴求
      するほか、契約後も定期的に予め定めている行内手続に基づき顧客の業況等を把握し、必要に応じて契約の見直し、
      与信保全上の措置等を講じております。
    ※10.   「有価証券」中の社債のうち、有価証券の私募(金融商品取引法第2条第3項)による社債に対する当行の保証債

      務の額
                前事業年度                      当中間会計期間
              (2020年3月31日)                       (2020年9月30日)
                3,480百万円                       3,430百万円
                                 98/105














                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社新生銀行(E03530)
                                                            四半期報告書
        (中間損益計算書関係)
    ※1.その他業務収益には、次のものを含んでおります。

                                前中間会計期間                当中間会計期間
                              (自    2019年4月1日             (自    2020年4月1日
                               至   2019年9月30日)              至   2020年9月30日)
        外国為替売買益                           1,705百万円                2,432百万円
        国債等債券売却益                           5,265百万円                3,620百万円
    ※ 2 .その他経常収益には、次のものを含んでおります。

                                前中間会計期間                当中間会計期間
                              (自    2019年4月1日             (自    2020年4月1日
                               至   2019年9月30日)              至   2020年9月30日)
        償却債権取立益                            53百万円               103百万円
        株式等売却益                           3,297百万円                 109百万円
        金銭の信託運用益                           1,294百万円                1,298百万円
        睡眠預金の収益計上額                            577百万円                80百万円
    ※3.その他業務費用には、次のものを含んでおります。

                                前中間会計期間                当中間会計期間
                              (自    2019年4月1日             (自    2020年4月1日
                               至   2019年9月30日)              至   2020年9月30日)
        投資事業組合等損失                           1,162百万円                1,563百万円
    ※4.減価償却実施額は次のとおりであります。

                                前中間会計期間                当中間会計期間
                              (自    2019年4月1日             (自    2020年4月1日
                               至   2019年9月30日)              至   2020年9月30日)
        有形固定資産                           1,457百万円                1,172百万円
        無形固定資産                           2,326百万円                2,497百万円
    ※5.その他経常費用には、次のものを含んでおります。

                                前中間会計期間                当中間会計期間
                              (自    2019年4月1日             (自    2020年4月1日
                               至   2019年9月30日)              至   2020年9月30日)
        貸倒引当金繰入額                           2,639百万円                5,174百万円
        貸出金償却                            15百万円              1,319百万円
        株式等売却損                             0百万円               -百万円
        株式等償却                            650百万円                 8百万円
        金銭の信託運用損                             0百万円               13百万円
    ※6.特別利益には、次のものを含んでおります。

                                前中間会計期間                当中間会計期間
                              (自    2019年4月1日             (自    2020年4月1日
                               至   2019年9月30日)              至   2020年9月30日)
        関係会社株式償還益                           2,109百万円                 -百万円
    ※7.特別損失には、次のものを含んでおります。

                                前中間会計期間                当中間会計期間
                              (自    2019年4月1日             (自    2020年4月1日
                               至   2019年9月30日)              至   2020年9月30日)
        関係会社株式及び出資金の評価損                            57百万円               264百万円
                                 99/105



                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社新生銀行(E03530)
                                                            四半期報告書
        (有価証券関係)
       子会社株式及び関連会社株式

       前事業年度(2020年3月31日現在)
       時価のある子会社株式及び関連会社株式はありません。
       当中間会計期間(2020年9月30日現在)

       時価のある子会社株式及び関連会社株式はありません。
      (注)時価を把握することが極めて困難と認められる子会社株式及び関連会社株式の中間貸借対照表(貸借対照表)

        計上額
                                    (単位:百万円)
                        前事業年度           当中間会計期間
                      (2020年3月31日)            (2020年9月30日)
         子会社株式                   378,750            427,607

         関連会社株式                     797            713

         合計                   379,547            428,320

        (企業結合等関係)

    (株式の取得による会社等の買収)
     中間連結財務諸表「注記事項(企業結合等関係)」に同一の内容を記載しているため、注記を省略しております。
        (重要な後発事象)

    (共通支配下の取引等)
     中間連結財務諸表「注記事項(重要な後発事象)」に同一の内容を記載しているため、