株式会社ジーエヌアイグループ 四半期報告書 第20期第3四半期(令和2年7月1日-令和2年9月30日)

提出書類 四半期報告書-第20期第3四半期(令和2年7月1日-令和2年9月30日)
提出日
提出者 株式会社ジーエヌアイグループ
カテゴリ 四半期報告書

                                                          EDINET提出書類
                                                 株式会社ジーエヌアイグループ(E05712)
                                                            四半期報告書
    【表紙】
     【提出書類】                   四半期報告書

     【根拠条文】                   金融商品取引法第24条の4の7第1項
     【提出先】                   関東財務局長
     【提出日】                   2020年11月13日
                         第20期第3四半期(自 2020年7月1日 至 2020年9月30日)
     【四半期会計期間】
     【会社名】                   株式会社ジーエヌアイグループ
                         GNI  Group   Ltd.
     【英訳名】
     【代表者の役職氏名】                   取締役代表執行役社長兼CEO  イン・ルオ
     【本店の所在の場所】                   東京都中央区日本橋本町二丁目2番2号
                         03(6214)3600(代表)
     【電話番号】
     【事務連絡者氏名】                   取締役代表執行役CFO  トーマス・イーストリング
     【最寄りの連絡場所】                   東京都中央区日本橋本町二丁目2番2号
                         03(6214)3600(代表)
     【電話番号】
     【事務連絡者氏名】                   取締役代表執行役CFO  トーマス・イーストリング
     【縦覧に供する場所】                   株式会社東京証券取引所
                         (東京都中央区日本橋兜町2番1号)
                                 1/34













                                                          EDINET提出書類
                                                 株式会社ジーエヌアイグループ(E05712)
                                                            四半期報告書
    第一部【企業情報】
    第1【企業の概況】
     1【主要な経営指標等の推移】
                              第19期           第20期
              回次               第3四半期           第3四半期            第19期
                            連結累計期間           連結累計期間
                           自 2019年1月1日           自 2020年1月1日           自 2019年1月1日

             会計期間
                           至 2019年9月30日           至 2020年9月30日           至 2019年12月31日
                                5,333,815           6,953,581           7,446,067
     売上収益
                     (千円)
     (第3四半期連結会計期間)                           ( 1,914,375     )      ( 2,572,775     )
                     (千円)            952,762          1,379,802           1,197,491
     税引前四半期(当期)利益
                     (千円)            735,884           897,040           629,918
     四半期(当期)利益
     親会社の所有者に帰属する四半期
                                 280,079           466,972           181,841
     (当期)利益                (千円)
     (第3四半期連結会計期間)                            ( 101,456    )       ( 222,492    )
                     (千円)            275,978           620,597           397,697
     四半期(当期)包括利益合計
     親会社の所有者に帰属する四半期
                     (千円)            △ 4,262          243,891            41,811
     (当期)包括利益
                     (千円)          10,919,593           10,701,983           10,692,126
     親会社の所有者に帰属する部分
                     (千円)          20,381,036           21,888,137           20,607,389
     資産合計
     基本的1株当たり四半期(当期)
                                   6.69           10.76            4.30
     利益                 (円)
     (第3四半期連結会計期間)                             ( 2.39  )         ( 5.12  )
     希薄化後1株当たり四半期(当
                      (円)             6.50           10.43            4.17
     期)利益
                      (%)             53.6           48.9           51.9
     親会社所有者帰属部分比率
     営業活動による正味キャッシュ・
                     (千円)            507,817          1,249,673            788,587
     フロー
     投資活動による正味キャッシュ・
                     (千円)           △ 634,299          △ 196,025          △ 153,122
     フロー
     財務活動による正味キャッシュ・
                     (千円)           2,662,424            △ 92,618          2,218,118
     フロー
     現金及び現金同等物の四半期末
                     (千円)           7,300,189           8,569,573           7,674,361
     (期末)残高
     (注)1.当社は要約四半期連結財務諸表を作成していますので、提出会社の主要な経営指標等の推移については記載
           しておりません。
         2.売上収益には、消費税等は含まれておりません。
         3.2019年9月4日付で普通株式1株につき3株の割合で株式分割を行っております。前連結会計年度の期首に
           当該株式分割が行われたと仮定して、「基本的1株当たり四半期(当期)利益」及び「希薄化後1株当たり
           四半期(当期)利益」を算定しております。
         4.上記指標は、国際会計基準(IFRS)により作成した要約四半期連結財務諸表及び連結財務諸表に基づいてお
           ります。
                                 2/34





                                                          EDINET提出書類
                                                 株式会社ジーエヌアイグループ(E05712)
                                                            四半期報告書
     2【事業の内容】
       当社グループは、連結財務諸表提出会社(当社)と連結子会社                              13 社で構成されており、その事業内容を医薬品事業
      と医療機器事業に区分しています。医薬品事業では、中国市場におけるアイスーリュイの製造・販売と、アイスー
      リュイの追加適応症及びF351を主力とする臨床試験活動を行っております。医療機器事業では、米国を拠点とし、当
      社グループが独自に開発した医療機器(生体材料)の製造及び販売を行っています。
       当第3四半期連結累計期間における、各セグメントに係る主要な関係会社の異動は、概ね次のとおりであります。
      <医薬品> 主要な関係会社の異動はありません。
      <医療機器>主要な関係会社の異動はありません。
                                 3/34


















                                                          EDINET提出書類
                                                 株式会社ジーエヌアイグループ(E05712)
                                                            四半期報告書
    第2【事業の状況】
     1【事業等のリスク】
       当第3四半期連結累計期間において、当四半期報告書に記載した事業の状況、経理の状況等に関する事項のうち、
      投資者の判断に重要な影響を及ぼす可能性のある事項の発生または前事業年度の有価証券報告書に記載した「事業等
      のリスク」についての重要な変更はありません。
        なお、新型コロナウイルスの感染拡大による当社グループの事業及び業績への影響につきましては、以下のとおり
      であります。
        当社グループの従業員及び関係者へ新型コロナウイルス感染防止対策を実施するとともに、製品の供給維持を中心
      とした事業の継続的運営をはかっております。現在、製品供給等の事業運営に関する懸念はございません。
        しかしながら、       米国における新型コロナウイルス感染拡大の影響は当四半期も継続しており、病院側での患者受け
      入れの制限は緩和されましたが、患者が外科的措置を受けようとしないため、手術の件数は前年比で減少傾向が続い
      ています。このような状況が全国の医療機器事業に影響を与えております。他方、中国市場での医薬品事業が好調で
      あるため、現時点においては業績予想を修正するには至らないとの見通しであります。                                        また、開発中のプロジェクト
      によっては、実施中の治験等の進捗が影響を受けております。
        今後とも、当社グループの従業員及び関係者への感染防止対策を実施するとともに事業活動及び業績への影響に留
      意して取り組んで参ります。
     2【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

      文中の将来に関する事項は、当第3四半期連結会計期間の末日現在において判断したものであります。
      (1)財政状態及び経営成績の状況

         当第3四半期連結累計期間において、当社グループは、引き続き新型コロナウイルス感染拡大による影響を考
        慮しながら、事業計画の遂行を行い、前年同期比で増収、増益を達成いたしました。
         売上収益は6,953,581千円となり、前年同期比30.4%増加しました。また、売上総利益も5,828,542千円となり
        前年同期比24.4%増加しました。これは主に、医薬品事業セグメントの売上が引き続き堅調に推移したことによ
        るものです。
         営業利益は1,411,945千円となり、前年同期比30.6%増加しました。売上総利益が増加したことに加え、販売費
        及び一般管理費を効率的に費消したことにより、収益性が改善したためです。
         四半期利益につきましては、897,040千円と前年同期比21.9%増加となりました。
         なお、北京コンチネント薬業有限公司(以下、BCという。)の上場申請の事前準備のため、2020年9月に当社
        グループは肝線維症のF351(中国国内のみ)、急性肝不全・慢性肝不全急性時(ACLF)治療薬のF573、慢性閉塞
        性肺疾患(COPD)のF528、肺動脈性肺高血圧症(PAH)のF230について知的財産権をBCに譲渡等いたしました。特
        にF351の知的財産権は、今後、BCが中国において新薬承認申請(NDA)を行う際に必要となります。
        ①医薬品事業
          主力製品であるアイスーリュイは医薬品事業セグメントの売上収益の約90%を占めており、中国市場での売上
         収益は引き続き好調であったため、                前第3四半期と比較して           46.0%増加しました。また、ヘルスケア製品の売上
         収益も順調に伸びております。
          この結果、当第3四半期連結累計期間の売上収益は5,756,719千円(前年同期比45.9%増)、セグメント利益
         は982,683千円(前年同期比149.6%増)となりました。
        ②医療機器事業
          米国における新型コロナウイルス感染拡大の影響は当第3四半期も継続しており、病院側での患者受け入れの
         制限は緩和されましたが、患者が外科的措置を受けようとしないため、手術の件数は前年比で減少傾向が続いて
         います。このような状況が全国の医療機器産業のビジネスに影響を与えております。この結果、当第3四半期連
         結累計期間の売上収益は1,196,861千円(前年同期比13.8%減)、セグメント利益は426,822千円(前年同期比
         37.9%減)となりました。
          当社グループでは、従来の顧客である医療機器業者以外に新たな顧客開拓を行っており、これにより業績の
         早期回復に努めて参ります。
                                 4/34





                                                          EDINET提出書類
                                                 株式会社ジーエヌアイグループ(E05712)
                                                            四半期報告書
                        販売費及び一般管理費並びに研究開発費
                                                     (単位:千円)
                         前第3四半期連結累計期間              当第3四半期連結累計期間                差額
                                △3,024,827              △3,495,866         △471,038
       販売費及び一般管理費
                                △1,164,288              △1,404,315         △240,026
        人件費
                                 △557,211              △855,911        △298,699
       研究開発費
        当第3四半期連結累計期間の販売費及び一般管理費は、前第3四半期連結累計期間に比べ471,038千円増加し、

       3,495,866千円となりました。販売費及び一般管理費の増加は、アイスーリュイ関連のマーケティング費用および人
       件費の増加に伴うものです。また、研究開発費の増加は、創薬パイプラインおよび研究プログラムへの継続的な投
       資によるものです。
                            金融収益及び金融費用

                                                     (単位:千円)
                         前第3四半期連結累計期間              当第3四半期連結累計期間                差額
                                  31,709              40,068        8,358
       金融収益
                                 △160,142               △72,211         87,931
       金融費用
        金融収益

         当第3四半期連結累計期間の金融収益は、前第3四半期連結累計期間の31,709千円と比べて、8,358千円増加
        し、40,068千円となりました。
        金融費用
         当第3四半期連結累計期間の金融費用は、前第3四半期連結累計期間の160,142千円と比べて、87,931千円減少
        し、72,211千円となりました。この減少は主に当第3四半期連結累計期間における当社および連結子会社の外貨
        建て資産および負債に関わる為替差損の減少によるものです。
      (2)財政状態に関する分析

                              連結財政状態
                                                     (単位:千円)
                       前連結会計年度            当第3四半期連結会計期間                  差額
                            20,607,389              21,888,137            1,280,748
       資産合計
                             7,511,555              8,243,681            732,125
       負債合計
                            13,095,833              13,644,456             548,622
       資本合計
        資産合計

         当第3四半期連結会計期間における資産合計は、前連結会計年度末に比べて1,280,748千円増加し、21,888,137
        千円となりました。
        負債合計
         当第3四半期連結会計期間における負債合計は、前連結会計年度末に比べて732,125千円増加し、8,243,681千
        円となりました。
        資本合計
         当第3四半期連結会計期間における資本合計は、前連結会計年度末に比べて548,622千円増加し、13,644,456千
        円となりました。
                                 5/34





                                                          EDINET提出書類
                                                 株式会社ジーエヌアイグループ(E05712)
                                                            四半期報告書
                           連結キャッシュ・フロー
                                                     (単位:千円)
                         前第3四半期連結累計期間             当第3四半期連結累計期間                差額
                                  507,817            1,249,673         741,856
       営業活動によるキャッシュ・フロー
                                 △634,299             △196,025         438,274
       投資活動によるキャッシュ・フロー
                                 2,662,424              △92,618       △2,755,043
       財務活動によるキャッシュ・フロー
        営業活動によるキャッシュ・フロー

          当第3四半期連結累計期間の営業活動によるキャッシュ・フローは、前第3四半期連結累計期間の507,817千
         円の収入と比べて741,856千円増加し、1,249,673千円の収入となりました。主な増加要因は、税引前四半期利益
         の増加によるものであります。
        投資活動によるキャッシュ・フロー
          当第3四半期連結累計期間の投資活動によるキャッシュ・フローは、前第3四半期連結累計期間の634,299千
         円の支出と比べて438,274千円減少し、196,025千円の支出となりました。主な支出は、有形固定資産の取得によ
         る支出であります。
        財務活動によるキャッシュ・フロー
          当第3四半期連結累計期間の財務活動によるキャッシュ・フローは、前第3四半期連結累計期間の2,662,424
         千円の収入と比べて2,755,043千円減少し、92,618千円の支出となりました。主な支出は、連結の範囲の変更を
         伴わない子会社株式の取得による支出であります。
      (3)事業上及び財務上の対処すべき課題

       当第3四半期連結累計期間において、当社グループの事業上及び財務上の対処すべき課題に重要な変更はありませ
      ん。また新たに生じた課題はありません。
      (4)研究開発活動

      〔研究活動〕
         当社グループの創薬活動はCullgen                Inc.(以下、Cullgenという。)とその子会社を中心に展開しており、同社
        は、新しい創薬基盤技術であるuSMITE™(ユビキチン化を介した標的タンパク質分解誘導技術)を活用した、が
        ん、炎症性疾患及び自己免疫疾患の新たな治療における革新的な新規化合物を見出し、医薬品として開発を行う
        目的で設立されました。
         Cullgenは、標的タンパク質分解技術の重要なステップである新規E3リガンドを特定・評価するための独自の
        プラットフォームを確立し、7つの新しい分解剤の開発に注力しております。そのうちの1つを2021年中にIND申
        請することを目指しています。
      〔開発活動〕

      ■アイスーリュイ〔中国語:艾思瑞                 、英語:Etuary        (一般名:ピルフェニドン)             〕
                       ®        ®
        放射線性肺炎(RP)
         当社グループは、アイスーリュイの2番目の適応症として、RP治療薬の第3相臨床試験前パイロット試験を実施
        しております。これは、反復投与、多施設でのオープン試験を行うものです。前事業年度第2四半期に治験実施計
        画書の登録基準が変更され、2020年9月末時点で72名の被験者が登録されております。
        糖尿病腎症(DN)

         DNは、Ⅰ型糖尿病またはⅡ型糖尿病により引き起こされる慢性腎臓病です。中国では9,240万人が糖尿病に脅か
        されており、このうち20~30%がⅠ型糖尿病またはⅡ型糖尿病を患い、腎疾患を引き起こすと言われております。
        本第1相臨床試験につきましては、2020年9月末時点で予備研究として14名の治験者が登録されております。
        結合組織疾患を伴う間質性肺疾患(CTD-ILD)

         2016年9月、結合組織疾患の患者の肺の炎症や線維症を引き起こすCTD-ILDの治療に対する4番目のアイスー
        リュイ適応症のNMPA承認を受けました。このINDの承認により、全身性硬化症(強皮症)と皮膚筋炎(DM)の2つの適
        応症について、直接第3相臨床試験に移行することが承認されました。
         2018年6月には、強皮症およびDMの治療を対象とした第3相臨床試験の各段階において、無作為、二重盲検、プ
        ラセボ・コントロール、52週間の試験に第1期被験者を登録しました。強皮症には144名、DM試験には152名の被験
        者が登録される予定で、           2020年9月末時点で、それぞれ12名、33名の被験者が登録されております。
                                 6/34


                                                          EDINET提出書類
                                                 株式会社ジーエヌアイグループ(E05712)
                                                            四半期報告書
        じん肺治療薬      ( Pneumoconiosis        Disease    )
         2019年5月、当社グループは、アイスーリュイの適応症として、じん肺治療薬としてIND申請に対する承認を
        NMPAより取得しました。じん肺疾患は、肺に炎症や瘢痕化(線維化)を引き起こす慢性的な肺疾患で、吸い込まれ
        た粉塵や微粒子が、肺の細胞に蓄積することによって引き起こされます。中国には、およそ43万3千人の患者様が
        おり、更に、適格な診断を受けていない患者様が、最大60万人いると推定されており、中国のみならず、世界中で
        アンメット・メディカル・ニーズ(有効な治療方法がない疾患に対する医療ニーズ)が存在しております。                                                 北京コ
        ンチネント薬業有限公司           は、病院と提携して治験実施計画書を策定し、第3相臨床試験の準備を進めて参ります。
        ■F351(肝線維症等治療薬)

         F351(一般名:ヒドロニドン)は、当社グループの医薬品ポートフォリオにおける重要な創薬候補化合物であり、
        他の世界の主要医薬品市場へ臨床開発活動を拡大する戦略の重要な部分を占めています。
         F351は、アイスーリュイの誘導体である新規開発化合物であり、肝星細胞の増殖及び内臓の線維化に重要な役割
        を果たすTGF-β伝達経路の両方の阻害剤です。当社グループは中国、日本、豪州、カナダ、米国及び欧州各国を含
        む主要な国でのF351の特許権を保有しております。
        中国 -      2020年8月にF351の第2相臨床試験が完了いたしました。本臨床試験は中国におけるB型肝炎ウイルス由

           来の肝線維症患者に対するF351の安全性ならびに有効性を検証する無作為、二重盲検、プラセボ・コント
           ロール、多施設、用量逓増試験です。
            無作為抽出された168名の患者について、4つの用量逓増グループ(プラセボ、180mg/日(60mgを1日3
           回)、270mg/日(90mgを1日3回)、360mg/日(120mgを日3回))を設定し、第1のエンドポイント評価項
           目として、F351の処方前と処方後の肝生検による病理解析においてIshak                                  Scoring    SystemによるIshakスコ
           アの軽減度合いとしました。それに次ぐエンドポイント評価項目として、B型肝炎ウイルスDNAの滴定量の
           減少、フィブロスキャンによる肝硬度の減少、肝炎の炎症スコアの減少、ALT(アラニンアミノトランス
           フェラーゼ)数値の改善、などが測定されました。本臨床試験では52週間の治療後の第1エンドポイント評
           価項目における肝線維症のIshakスコアについてプラセボ群(p=0.025)に対して統計的に有意な改善結果が
           得られ、270mg/日(90mgを1日3回)のグループが最も良好なIshakスコアを示しました。これは2018年9
           月に第2相臨床試験中間解析において独立データモニタリング委員会(IDMC)が示した安全性・有効性に関
           する報告と一致しております。
            2020年9月26日には第2相臨床試験の最終報告会が上海で開催され、8つの臨床センターの関係者が出
           席し、F351が肝線維症患者にとって、安全かつ効果的であると結論付けました。
            なお、冒頭で述べましたようにF351の中国における知的財産権は2020年9月にBCへ譲渡いたしました。
        米国 -      米国の開発活動は、中国の第2相臨床試験の結果が発表されるまで一時保留しておりましたが、当社グ

           ループは、中国における第2相臨床試験で収集されたデータに基づき、米国で実施可能な第2相臨床試験
           の疾患適応および用法・用量をすべく、検討しております。
        ■タミバロテン(急性前骨髄球性白血病(APL)治療薬)

        タミバロテンはAPLの治療薬です。APLは急性骨髄性白血病の一種で、前骨髄球が「がん化」する白血病です。共
       同開発者である東光薬品工業株式会社および当社グループのGNI                              Hong   Kong   Limitedは、2015年10月に「アムノレイ
       ク®錠2mg     (一般名:タミバロテン)」を輸入医薬品としてNMPAに登録申請いたしました。
        その後、東光製薬工業株式会社は、NMPAの審査やNMPAから求められた追加データを提出しましたが、この申請は
       却下されました。ただし、NMPAは臨床試験を継続することによる再申請の可能性も示しておりますので、当社は追
       加試験を行い許可取得に向けた今後の進め方を東光製薬工業株式会社と協議して参ります。
        ■F573(急性肝不全・慢性肝不全急性時(ACLF)治療薬)

         F573はアイスーリュイ及びF351に次ぐ3番目の創薬候補化合物として、カスパーゼを阻害する可能性を持つ強い
        ジペプチド化合物であり、B型肝炎ウイルス(HBV)、C型肝炎ウイルス(HCV)、アルコール性肝硬変による重症肝炎に
        関連して発生する細胞死や炎症反応に重要な化合物です。
         2019年3月にF573に関する権利はGNI                 Hong   Kong   LimitedよりContinent           Pharmaceutical        Inc.に譲渡されてお
        り、  当社グループは治験実施計画書を作成し、第1相臨床試験実施の準備をしておりました。2020年9月に仁安病
        院より第1相臨床試験実施の承認を受け、第1相臨床試験において使用する人類遺伝子情報の届け出をHGRA(Human
        Genetics     Resources     Administration)に提出しております。なお、冒頭で述べましたようにF573の知的財産権は
        2020年9月にBCへ譲渡いたしました。
      以上の結果、当第3四半期連結累計期間における当社グループの研究開発費の総額は、855,                                          911  千円となりました。

                                 7/34



                                                          EDINET提出書類
                                                 株式会社ジーエヌアイグループ(E05712)
                                                            四半期報告書
     3【経営上の重要な契約等】
       当第3四半期連結会計期間において、経営上の重要な契約等の決定または締結はありません。
                                 8/34




















                                                          EDINET提出書類
                                                 株式会社ジーエヌアイグループ(E05712)
                                                            四半期報告書
    第3【提出会社の状況】
     1【株式等の状況】
      (1)【株式の総数等】
        ①【株式の総数】
                                        発行可能株式総数(株)
                 種類
                                                      90,000,000
                普通株式
                                                      90,000,000
                  計
        ②【発行済株式】

               第3四半期会計期間
                                     上場金融商品取引所
                         提出日現在発行数(株)
               末現在発行数(株)
         種類                             名又は登録認可金融               内容
                          (2020年11月13日)
               (2020年9月30日)                      商品取引業協会名
                                      東京証券取引所
                   43,508,649            43,513,149
        普通株式                                        単元株式数100株
                                       (マザーズ)
                   43,508,649            43,513,149          -           -
         計
    (注)提出日現在発行数には、2020年11月1日からこの四半期報告書提出日までの新株予約権の行使により発行された株
        式数は、含まれておりません。
                                 9/34














                                                          EDINET提出書類
                                                 株式会社ジーエヌアイグループ(E05712)
                                                            四半期報告書
      (2)【新株予約権等の状況】
        ①【ストックオプション制度の内容】
           当第3四半期会計期間において発行した新株予約権は、次のとおりであります。
    2020年6月19日取締役会決議(第45回新株予約権)

             決議年月日                           2020年6月19日
                                       当社の取締役 7
                                       当社の従業員 4
     付与対象者の区分及び人数(名)
                                       子会社の取締役 1
                                       子会社の従業員 2
     新株予約権の数(個)※                                    19,750
     新株予約権の目的となる株式の種類、内容及
                                      普通株式 1,975,000
     び数(株)※
     新株予約権の行使時の払込金額(円)※                                     1,634
     新株予約権の行使期間※

                                 自 2022年4月1日  至 2030年4月22日
                           1.新株予約権の行使により株式を発行する場合の株式1株の発行価格
                            本新株予約権の行使により交付する当社普通株式1株の発行価格
                            は、行使請求に係る各本新株予約権の行使に際して払い込むべき金
                            額の総額に、行使請求に係る各本新株予約権の発行価額の総額を加
                            えた額を、別記「新株予約権の目的となる株式の数」欄記載の対象
                            株式数で除した額とする。
     新株予約権の行使により株式を発行する場合
                           2.新株予約権の行使により株式を発行する場合における増加する資本
     の株式の発行価格と資本組入額※
                            金及び資本準備金
                            本新株予約権の行使により当社普通株式を発行する場合において増
                            加する資本金の額は、会社計算規則第17条第1項の規定に従い算出
                            される資本金等増加限度額の2分の1の金額とし(計算の結果1円
                            未満の端数を生じる場合はその端数を切り上げた額とする。)、当
                            該資本金等増加限度額から増加する資本金の額を減じた額を増加す
                            る資本準備金の額とする。
                           1.本新株予約権の割当てを受けた者(以下、「新株予約権者」とい
                             う。)は、2021年12月期または2022年12月期のいずれかの事業年
                             度において当社の有価証券報告書に記載される売上総利益が、下
                             記に掲げる各金額を超過した場合、各新株予約権者に割り当てら
                             れた新株予約権のうち当該各号に掲げる割合(以下、「行使可能
                             割合」という。)を限度として当該売上総利益の水準を最初に充
                             たした期の有価証券報告書の提出日の翌月1日から行使すること
                             ができる。
                             (a)2021年12月期の売上総利益が11,920百万円を超過した場合
                                行使可能割合:50%
     新株予約権の行使の条件※
                             (b)2022年12月期の売上総利益が16,960百万円を超過した場合
                                行使可能割合:100%
                             なお、売上総利益の判定においては、当社の有価証券報告書に記
                             載される連結損益計算書(連結損益計算書を作成していない場
                             合、損益計算書)における売上総利益を参照するものとし、参照
                             すべき項目の概念に重要な変更があった場合には、別途参照すべ
                             き指標を当社取締役会にて定めるものとする。
                             また、行使可能割合の計算において、各新株予約権者の行使可能
                             な本新株予約権の数に1個未満の端数が生じる場合は、これを切り
                             捨てた数とする。
                                10/34



                                                          EDINET提出書類
                                                 株式会社ジーエヌアイグループ(E05712)
                                                            四半期報告書
                           2.新株予約権者が死亡した場合、新株予約権者の相続人がこれを行
                             使することができる。
                           3.本新株予約権の行使によって、当社の発行済株式総数が当該時点
                             における発行可能株式総数を超過することとなるときは、当該本
                             新株予約権の行使を行うことはできない。
                           4.各本新株予約権1個未満の行使を行うことはできない。
                           5.上記1に記載した2021年12月期又は2021年12月期の連結損益計算書
                             の確定前に、(1)当社が消滅会社となる合併契約が株主総会で承認
                             されたとき、又は当社が完全子会社となる株式交換契約若しくは
                             株式移転計画が株主総会で承認されたとき(ただし、いずれの場
     新株予約権の行使の条件※
                             合でも、存続会社又は当社の完全親会社の新株予約権が新たに発
                             行される場合を除く。)、(2)当社の全て若しくは実質的に全ての
                             資産が売却されるとき、又は(3)当社の総株主の議決権の50%に相
                             当する株式を第三者が取得するときには、上記にかかわらず、当
                             社はその旨新株予約権者に通知し、新株予約権者は当該通知受領
                             後15日間、割当てを受けた新株予約権のうち未行使のもの全てを
                             行使することができる。
                            6.新株予約権者は、新株予約権の権利行使時においても、当社また
                             は当社関係会社の取締役、監査役または従業員であることを要し
                             ないものとする。
                           譲渡による本新株予約権の取得については、当社取締役会の決議によ
     新株予約権の譲渡に関する事項※
                           る承認を要するものとする。
     組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に関
                           該当事項はありません。
     する事項※
     ※ 新株予約権の発行時(2020年7月6日)における内容を記載しております。
        ②【その他の新株予約権等の状況】
          該当事項はありません。
                                11/34











                                                          EDINET提出書類
                                                 株式会社ジーエヌアイグループ(E05712)
                                                            四半期報告書
      (3)【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】
          該当事項はありません。
      (4)【発行済株式総数、資本金等の推移】

             発行済株式総数        発行済株式総数        資本金増減額        資本金残高        資本準備金       資本準備金残高

       年月日
              増減数(株)        残高(株)        (千円)        (千円)      増減額(千円)         (千円)
     2020年7月1日~

                 103,200      43,508,649         48,944      8,265,650         48,944       8,225,650
     2020年9月30日
        (注)新株予約権の行使による増加であります。

      (5)【大株主の状況】

        当四半期会計期間は第3四半期会計期間であるため、記載事項はありません。
                                12/34
















                                                          EDINET提出書類
                                                 株式会社ジーエヌアイグループ(E05712)
                                                            四半期報告書
      (6)【議決権の状況】
        ①【発行済株式】
                                                  2020年9月30日現在
                          株式数(株)           議決権の数(個)
             区分                                        内容
                               -         -            -
     無議決権株式
     議決権制限株式(自己株式等)                          -         -            -
     議決権制限株式(その他)                          -         -            -

                       (自己保有株式)
     完全議決権株式(自己株式等)                                    -            -
                                1,200
                       普通株式
     完全議決権株式(その他)                        43,390,200              433,902          -
                       普通株式
                                14,049         -            -
     単元未満株式数                  普通株式
                             43,405,449           -            -
     発行済株式総数
                               -            433,902          -
     総株主の議決権
    (注)当第3四半期会計期間末日現在の「発行済株式」については、株主名簿の記載内容が確認できず、記載すること
        ができないことから、直前の基準日(2020年6月30日)に基づく株主名簿による記載をしております。
        ②【自己株式等】
                                           2020年9月30日現在
                                              発行済株式総
                                自己名義所有       所有株式数の       数に対する所
      所有者の氏名又は名称               所有者の住所
                                株式数(株)       合計(株)       有株式数の割
                                              合(%)
     (自己保有株式)
                  東京都中央区日本橋本町
                                   1,200       1,200        0.00
     株式会社
                  二丁目2番2号
     ジーエヌアイグループ
                        -           1,200       1,200        0.00
           計
     2【役員の状況】

       前事業年度の有価証券報告書提出後、当四半期累計期間における役員の異動はありません。
                                13/34










                                                          EDINET提出書類
                                                 株式会社ジーエヌアイグループ(E05712)
                                                            四半期報告書
    第4【経理の状況】
     1.要約四半期連結財務諸表の作成方法について
       当社の要約四半期連結財務諸表は、「四半期連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(平成19年内
      閣府令第64号)第93条の規定により、国際会計基準第34号「期中財務報告」に準拠して作成しております。
     2.監査証明について

       当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第3四半期連結会計期間(2020年7月1日から2020
      年9月30日まで)及び第3四半期連結累計期間(2020年1月1日から2020年9月30日まで)に係る要約四半期連結財
      務諸表について、EY新日本有限責任監査法人による四半期レビューを受けております。
                                14/34

















                                                          EDINET提出書類
                                                 株式会社ジーエヌアイグループ(E05712)
                                                            四半期報告書
     1【要約四半期連結財務諸表】
      (1)【要約四半期連結財政状態計算書】
                                                     (単位:千円)
                                前連結会計年度               当第3四半期連結会計期間
                          注記
                               (2019年12月31日)                 (2020年9月30日)
                          番号
     資産
      非流動資産
                                     2,399,936                 2,382,653
       有形固定資産
                                      393,696                 748,000
       使用権資産
                                     4,768,650                 4,608,540
       のれん
                                     1,843,081                 1,741,856
       その他の無形資産
                                         16                 16
       繰延税金資産
                          6            599,385                 581,776
       その他の金融資産
                                      361,390                    -
       その他の非流動資産
                                     10,366,157                 10,062,843
       非流動資産合計
      流動資産

                                      806,978                 913,414
       棚卸資産
                                     1,188,778                 1,547,171
       営業債権及びその他の債権
                          6            403,237                 405,037
       その他の金融資産
                                      167,877                 390,097
       その他の流動資産
                                     7,674,361                 8,569,573
       現金及び現金同等物
                                     10,241,232                 11,825,294
       流動資産合計
                                     20,607,389                 21,888,137
      資産合計
     負債及び資本

      非流動負債
                          6            981,950                 724,473
       借入金
                                      174,871                 242,793
       リース負債
                                      216,196                 254,433
       繰延税金負債
                          6           2,753,815                 2,699,714
       その他の金融負債
                                      168,547                 165,447
       その他の非流動負債
                                     4,295,382                 4,086,863
       非流動負債合計
      流動負債

                                      271,812                 488,235
       営業債務及びその他の債務
                          6            690,823                1,109,308
       借入金
                                      190,840                  86,722
       リース負債
                                      185,565                 219,854
       未払法人所得税
                          6           1,375,982                 1,487,661
       その他の金融負債
                                      501,147                 765,035
       その他の流動負債
                                     3,216,173                 4,156,817
       流動負債合計
                                     7,511,555                 8,243,681
      負債合計
      資本

                          11           8,212,985                 8,265,650
       資本金
                          10,11            4,273,412                 3,899,798
       資本剰余金
                                       △ 472                △ 472
       自己株式
                                    △ 1,764,904                △ 1,297,931
       利益剰余金
                                      △ 28,894                △ 165,060
                          10
       その他の資本の構成要素
       親会社の所有者に帰属する部分合計                              10,692,126                 10,701,983
                                     2,403,706                 2,942,472
                          10
       非支配持分
                                     13,095,833                 13,644,456
       資本合計
                                     20,607,389                 21,888,137
      資本及び負債の合計
                                15/34


                                                          EDINET提出書類
                                                 株式会社ジーエヌアイグループ(E05712)
                                                            四半期報告書
      (2)【要約四半期連結損益計算書及び要約四半期連結包括利益計算書】
        【要約四半期連結損益計算書】
         【第3四半期連結累計期間】
                                                     (単位:千円)
                               前第3四半期連結累計期間                 当第3四半期連結累計期間
                            注記
                                (自 2019年1月1日                (自 2020年1月1日
                            番号
                                至 2019年9月30日)                 至 2020年9月30日)
                            8          5,333,815                6,953,581
     売上収益
                                       △ 649,992              △ 1,125,039
     売上原価
     売上総利益                                  4,683,823                5,828,542
                                      △ 3,024,827               △ 3,495,866

      販売費及び一般管理費
                                       △ 557,211               △ 855,911
      研究開発費
                                        12,669                16,858
      その他の収益
                                       △ 33,259               △ 81,678
      その他の費用
                                       1,081,196                1,411,945
     営業利益
                            9            31,709                40,068

      金融収益
                                       △ 160,142               △ 72,211
                            9
      金融費用
                                        952,762               1,379,802
     税引前四半期利益
                                       △ 216,877               △ 482,762
      法人所得税費用
                                        735,884                897,040
     四半期利益
     四半期利益の帰属

                                        280,079                466,972
      親会社の所有者
                                        455,804                430,067
      非支配持分
     1株当たり四半期利益

      基本的1株当たり四半期利益(円)                      7             6.69               10.76
      希薄化後1株当たり四半期利益(円)                      7             6.50               10.43
                                16/34










                                                          EDINET提出書類
                                                 株式会社ジーエヌアイグループ(E05712)
                                                            四半期報告書
         【第3四半期連結会計期間】
                                                     (単位:千円)
                               前第3四半期連結会計期間                 当第3四半期連結会計期間
                            注記
                                (自 2019年7月1日                (自 2020年7月1日
                            番号
                                至 2019年9月30日)                 至 2020年9月30日)
                                       1,914,375                2,572,775
     売上収益
                                       △ 255,702               △ 383,971
     売上原価
     売上総利益                                  1,658,673                2,188,803
                                       △ 979,683              △ 1,283,251

      販売費及び一般管理費
                                       △ 252,850               △ 273,442
      研究開発費
                                          597             △ 45,905
      その他の収益
                                       △ 26,992               △ 35,984
      その他の費用
     営業利益                                   399,744                550,219
                                          518              15,544

      金融収益
                                       △ 51,485               △ 3,845
      金融費用
                                        348,778                561,918
     税引前四半期利益
                                       △ 114,039               △ 191,667
      法人所得税費用
                                        234,738                370,250
     四半期利益
     四半期利益の帰属

                                        101,456                222,492
      親会社の所有者
                                        133,282                147,757
      非支配持分
     1株当たり四半期利益

      基本的1株当たり四半期利益(円)                      7             2.39                5.12
      希薄化後1株当たり四半期利益(円)                      7             2.31                4.94
                                17/34











                                                          EDINET提出書類
                                                 株式会社ジーエヌアイグループ(E05712)
                                                            四半期報告書
        【要約四半期連結包括利益計算書】
         【第3四半期連結累計期間】
                                                     (単位:千円)
                              前第3四半期連結累計期間                  当第3四半期連結累計期間
                               (自 2019年1月1日                 (自 2020年1月1日
                               至 2019年9月30日)                  至 2020年9月30日)
                                      735,884                 897,040
     四半期利益
     その他の包括利益

      純損益にその後に振替えられる可能性の
      ある項目
                                     △ 459,906                △ 276,442
       在外営業活動体の換算差額
                                     △ 459,906                △ 276,442
       その他の包括利益合計
                                      275,978                 620,597
     四半期包括利益合計
     四半期包括利益の帰属

                                      △ 4,262                243,891
      親会社の所有者
                                      280,240                 376,705
      非支配持分
                                18/34














                                                          EDINET提出書類
                                                 株式会社ジーエヌアイグループ(E05712)
                                                            四半期報告書
         【第3四半期連結会計期間】
                                                     (単位:千円)
                              前第3四半期連結会計期間                  当第3四半期連結会計期間
                               (自 2019年7月1日                 (自 2020年7月1日
                               至 2019年9月30日)                  至 2020年9月30日)
                                      234,738                 370,250
     四半期利益
     その他の包括利益

      純損益にその後に振替えられる可能性の
      ある項目
                                     △ 100,571                 △ 15,232
       在外営業活動体の換算差額
                                     △ 100,571                 △ 15,232
       その他の包括利益合計
                                      134,167                 355,018
     四半期包括利益合計
     四半期包括利益の帰属

                                       71,504                 163,918
      親会社の所有者
                                       62,663                 191,099
      非支配持分
                                19/34















                                                          EDINET提出書類
                                                 株式会社ジーエヌアイグループ(E05712)
                                                            四半期報告書
      (3)【要約四半期連結持分変動計算書】
           前第3四半期連結累計期間(自 2019年1月1日 至 2019年9月30日)
                                                     (単位:千円)
                                 親会社の所有者に帰属する部分
                                              その他の資本の構成要素
               注記
               番号
                   資本金     資本剰余金      自己株式      利益剰余金
                                                在外営業活動
                                          新株予約権             合計
                                                体の換算差額
     2019年1月1日残高
                   7,511,950      3,352,602        △ 407   △ 1,946,745       68,836      28,838      97,675
      四半期利益                 -      -      -    280,079        -      -      -
      その他の包括利益                 -      -      -      -      -   △ 284,342     △ 284,342
     四半期包括利益合計                  -      -      -    280,079        -   △ 284,342     △ 284,342
       支配継続子会社に対
                10       -    452,631        -      -      -    △ 1,480     △ 1,480
       する持分の変動
       分配金の支払                -      -      -      -      -      -      -
       新株の発行         11     693,806      693,806        -      -   △ 41,098        -   △ 41,098
       新株予約権の戻入
                      -     631      -      -     △ 631      -     △ 631
       株式発行費用                -    △ 5,165       -      -      -      -      -
       株式報酬取引                -      -      -      -    28,314        -    28,314
       非支配持分への売建
       プット・オプション         6       -    113,027        -      -      -   △ 25,060     △ 25,060
       負債の変動
     所有者との取引額合計               693,806     1,254,931         -      -   △ 13,415     △ 26,540     △ 39,956
     2019年9月30日残高               8,205,756      4,607,534        △ 407   △ 1,666,665       55,420     △ 282,044     △ 226,623
                  親会社の所有

                  者に帰属する
               注記
                    部分     非支配持分      資本合計
               番号
                    合計
     2019年1月1日残高              9,015,074       992,861     10,007,936
      四半期利益              280,079      455,804      735,884
      その他の包括利益              △ 284,342     △ 175,564     △ 459,906
     四半期包括利益合計
                    △ 4,262     280,240      275,978
       支配継続子会社に対
                10    451,151     1,325,784      1,776,936
       する持分の変動
       分配金の支払                -   △ 96,795     △ 96,795
       新株の発行
                11    1,346,513         -   1,346,513
       新株予約権の戻入                -      -      -
       株式発行費用              △ 5,165       -    △ 5,165
       株式報酬取引              28,314        -    28,314
       非支配持分への売建
       プット・オプション         6     87,966     △ 103,465      △ 15,498
       負債の変動
     所有者との取引額合計              1,908,781      1,125,523      3,034,305
     2019年9月30日残高              10,919,593      2,398,626      13,318,220
                                20/34





                                                          EDINET提出書類
                                                 株式会社ジーエヌアイグループ(E05712)
                                                            四半期報告書
           当第3四半期連結累計期間(自 2020年1月1日 至 2020年9月30日)
                                                     (単位:千円)
                                 親会社の所有者に帰属する部分
                                              その他の資本の構成要素
               注記
               番号
                   資本金     資本剰余金      自己株式      利益剰余金
                                                在外営業活動
                                          新株予約権             合計
                                                体の換算差額
     2020年1月1日残高               8,212,985      4,273,412        △ 472   △ 1,764,904       96,199     △ 125,094      △ 28,894
      四半期利益
                      -      -      -    466,972        -      -      -
      その他の包括利益
                      -      -      -      -      -   △ 223,080     △ 223,080
     四半期包括利益合計                  -      -      -    466,972        -   △ 223,080     △ 223,080
       支配継続子会社に対
                10       -   △ 218,801        -      -      -    63,035      63,035
       する持分の変動
       分配金の支払
                      -      -      -      -      -      -      -
       新株の発行         11     52,664      52,664        -      -    △ 4,016       -    △ 4,016
       新株予約権の発行                -      -      -      -    21,725        -    21,725
       株式報酬取引
                      -      -      -      -    38,832        -    38,832
       非支配持分への売建
       プット・オプション         6       -   △ 51,652        -      -      -   △ 32,662     △ 32,662
       負債の変動
       その他                -   △ 155,823        -      -      -      -      -
     所有者との取引額合計                52,664     △ 373,613        -      -    56,541      30,373      86,914
     2020年9月30日残高               8,265,650      3,899,798        △ 472   △ 1,297,931       152,741     △ 317,801     △ 165,060
                  親会社の所有

                  者に帰属する
                    部分
               注記
                        非支配持分      資本合計
               番号
                    合計
     2020年1月1日残高

                   10,692,126      2,403,706      13,095,833
      四半期利益              466,972      430,067      897,040
      その他の包括利益              △ 223,080      △ 53,361     △ 276,442
     四半期包括利益合計               243,891      376,705      620,597
       支配継続子会社に対
                10    △ 155,765      115,218      △ 40,546
       する持分の変動
       分配金の支払                -   △ 189,459     △ 189,459
       新株の発行         11    101,312        -    101,312
       新株予約権の発行              21,725        -    21,725
       株式報酬取引
                     38,832        -    38,832
       非支配持分への売建
       プット・オプション
                6    △ 84,315      80,476      △ 3,838
       負債の変動
       その他             △ 155,823      155,823        -
     所有者との取引額合計
                   △ 234,034      162,059      △ 71,974
     2020年9月30日残高
                   10,701,983      2,942,472      13,644,456
                                21/34





                                                          EDINET提出書類
                                                 株式会社ジーエヌアイグループ(E05712)
                                                            四半期報告書
      (4)【要約四半期連結キャッシュ・フロー計算書】
                                                     (単位:千円)
                              前第3四半期連結累計期間                  当第3四半期連結累計期間
                          注記
                               (自 2019年1月1日                 (自 2020年1月1日
                          番号
                               至 2019年9月30日)                  至 2020年9月30日)
     営業活動によるキャッシュ・フロー
                                      952,762                1,379,802
      税引前四半期利益
                                      173,741                 210,936
      減価償却費
                                     △ 267,877                △ 103,814
      営業債権及びその他の債権の増減額
                                       22,451                 33,788
      営業債務及びその他の債務の増減額
                                     △ 164,562                △ 120,735
      棚卸資産の増減額
                                      142,442                  3,019
      金融収益及び金融費用
                                     △ 142,520                 235,202
      その他
                                      716,437                1,638,199
       小計
      利息の受取額                                 29,081                 42,658
                                      △ 50,010                △ 38,461
      利息の支払額
                                     △ 187,691                △ 392,722
      法人所得税の支払額
                                      507,817                1,249,673
      営業活動による正味キャッシュ・フロー
     投資活動によるキャッシュ・フロー

      定期預金の純増減額(△は増加)                               △ 177,925                    -
                          12           △ 293,323                △ 138,277
      有形固定資産の取得による支出
                                       2,071                   -
      有形固定資産の売却による収入
                                         -              △ 43,083
      使用権資産の取得による支出
                                      △ 45,224                △ 19,754
      無形資産の取得による支出
                                      △ 14,532                    -
      差入保証金・敷金の増加による支出
                                       5,089                 5,089
      貸付金の回収による収入
                                     △ 110,454                    -
      投資有価証券の取得による支出
                                     △ 634,299                △ 196,025
      投資活動による正味キャッシュ・フロー
     財務活動によるキャッシュ・フロー

                                      △ 3,687                232,166
      短期借入金増減額
                                     △ 313,980                 △ 75,000
      長期借入金の返済による支出
      新株予約権の行使による株式の発行によ
                          11           1,346,513                  101,312
      る収入
                                         -               21,725
      新株予約権の発行による収入
                          10           1,775,840                  142,074
      非支配持分からの払込による収入
                                      △ 96,795                △ 189,459
      非支配持分への分配金の支払による支出
      連結の範囲の変更を伴わない子会社株式
                                         -             △ 265,707
      の取得による支出
                                      △ 45,465                △ 59,730
      リース負債の返済による支出
                                     2,662,424                  △ 92,618
      財務活動による正味キャッシュ・フロー
                                     △ 105,515                 △ 65,817

      現金及び現金同等物に係る換算差額
                                     2,430,427                  895,211
      現金及び現金同等物の増減額
                                     4,869,762                 7,674,361
      現金及び現金同等物の期首残高
                                     7,300,189                 8,569,573
      現金及び現金同等物の四半期末残高
                                22/34




                                                          EDINET提出書類
                                                 株式会社ジーエヌアイグループ(E05712)
                                                            四半期報告書
      【要約四半期連結財務諸表注記】
        1.報告企業
          株式会社ジーエヌアイグループ(以下、「当社」)は日本国に所在する株式会社です。登記されている事務所
         の住所及び事業の主たる場所は、東京都中央区日本橋本町二丁目2番2号です。当社及びその子会社(以下、
         「当社グループ」)は医薬品関連事業及び医療機器関連事業を行っております。
          当社の連結子会社である北京コンチネント薬業有限公司、上海ジェノミクス有限公司、GNI                                           Hong   Kong
         Limited、GNI       Tianjin    Limited、上海ジェノミクステクノロジー有限公司、Cullgen                            (Shanghai),      Inc.及び上海
         リーフ国際貿易有限公司は、中国における臨床試験、医薬品の開発及び製造販売、抗体製造販売、創薬関連の研
         究受託等の医薬品関連事業を行っております。米国においては、連結子会社のGNI                                      USA,   Inc.及びCullgen        Inc.
         が医薬品開発を行っております。
          当社の連結子会社であるBerkeley                 Advanced     Biomaterials       LLCは、生体材料を含む医療機器の開発、製造及び
         販売等の医療機器関連事業を行っております。
          当社グループの2020年9月30日に終了する第3四半期連結会計期間の要約四半期連結財務諸表は、2020年11月
         13日に取締役代表執行役社長兼CEOイン・ルオ及び取締役代表執行役CFOトーマス・イーストリングによって承認
         されております。
        2.作成の基礎

          (1)IFRSに準拠している旨の事項
            当社グループの要約四半期             連結財務諸表は、国際会計基準第34号「期中財務報告」に準拠して作成してお
           ります。
            当社グループは、「四半期連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(平成19年内閣府令第
           64号)第1条の2に掲げる「指定国際会計基準特定会社」の要件を満たしていることから、同第93条の規定
           を適用しております。
            本要約四半期連結財務諸表には年次の連結財務諸表で要求される全ての情報が含まれていないため、2019
           年12月31日に終了した連結会計年度の当社グループの連結財務諸表と併せて利用されるべきものです。
          (2)測定の基礎

            当社グループの要約四半期連結財務諸表は、(3.重要な会計方針)で記載されているとおり、公正価値
           で測定されている金融商品等を除き、取得原価を基礎として作成しております。
          (3)機能通貨及び表示通貨

            当社グループの要約四半期連結財務諸表は、当社の機能通貨である日本円を表示通貨としており、千円未
           満を切り捨てて表示しております。
        3.重要な会計方針

          本要約四半期連結財務諸表において適用する重要な会計方針は、前連結会計年度の連結財務諸表において適用
         した会計方針と同様であります。
          なお、当第3四半期連結累計期間の法人所得税費用は、見積年次実効税率を基に算定しております。
        4.重要な会計上の見積り及び見積りを伴う判断

          要約四半期連結財務諸表の作成に当たり、経営者は、会計方針の適用並びに資産、負債、収益及び費用の報告
         額に影響を及ぼす見積り、判断及び仮定の設定を行っております。
          会計上の見積りの結果は、その性質上、実際の結果とは異なる可能性があります。
          見積り及びその基礎となる仮定は継続して見直され、会計上の見積りの見直しによる影響は、その見積りを見
         直した会計期間と将来の会計期間において認識されます。
          本要約四半期連結財務諸表の金額に重要な影響を与える見積り、判断及び仮定の設定は、原則として前連結会
         計年度に係る連結財務諸表と同様です。
          重要な会計上の見積り及び見積りを伴う判断については、現時点で入手し得る最新の情報に基づいて行ってお
         りますが、新型コロナウイルス感染症の影響については、感染拡大の規模や終息時期の見通しが依然不透明な状
         況にあります。しかしながら、中国で経済活動が徐々に再開されているのを起点として、今後各地域において経
         済活動が再開されるのに伴い、治験の進捗及び需要が回復すると仮定しております。したがって、前連結会計年
         度末時点において予測した状況からの変更は見込んでおりません。
                                23/34



                                                          EDINET提出書類
                                                 株式会社ジーエヌアイグループ(E05712)
                                                            四半期報告書
        5.事業セグメント
         (1)報告セグメントの概要
           当社グループの報告セグメントは、当社グループの構成単位のうち、分離された財務情報が入手可能であ
          り、取締役会が、経営資源の配分の決定及び業績を評価するために、定期的に検討を行う対象となっているも
          のであります。
           当社グループは、その事業内容を医薬品事業と医療機器事業の二つに区分しております。医薬品事業では、
          医薬品の研究開発、製造、販売及び受託研究などを行っており、医療機器事業では、生体材料を含む医療機器
          の研究開発、製造及び販売を行っております。
           各報告セグメントの主要製品は以下のとおりであります。
     報告セグメント                        会社名                       主要製品
             株式会社ジーエヌアイグループ、北京コンチネント薬業有限公司、
                                                  アイスーリュイ、医
             上海ジェノミクス有限公司、             GNI  Hong   Kong   Limited、GNI       Tianjin    Limited    、
     医薬品事業                                             薬品開発、その他医
             上海ジェノミクステクノロジー有限公司、Cullgen                        (Shanghai),      Inc.、GNI
                                                  薬品、試薬
             USA,   Inc.、Cullgen       Inc.、上海リーフ国際貿易有限公司
             Berkeley     Advanced     Biomaterials       LLC
     医療機器事業                                             生体材料
                                24/34















                                                          EDINET提出書類
                                                 株式会社ジーエヌアイグループ(E05712)
                                                            四半期報告書
         (2)報告セグメントの売上収益及び損益
           当社グループの報告セグメント情報は以下のとおりです。
           前第3四半期連結累計期間(自 2019年1月1日 至 2019年9月30日)
                                                    (単位:千円)
                        報告セグメント
                                            調整額         連結
                医薬品事業        医療機器事業           合計
      売上収益
      (1)外部顧客への
                  3,945,279         1,388,535         5,333,815                  5,333,815
                                                 -
        売上収益
      (2)セグメント間
        の内部売上収              -         -         -         -         -
        益又は振替高
                  3,945,279         1,388,535         5,333,815                  5,333,815
         計                                       -
                   393,648         687,041        1,080,689            506      1,081,196

      セグメント利益
                                                       31,709

                                             金融収益
                                             金融費用        △ 160,142

                                                       952,762
                                         税引前四半期利益
     (注)1 セグメント間の内部売上収益又は振替高は、独立企業間価格に基づいております。
         2   セグメント利益の調整額は、各報告セグメントに配分していない全社費用等であります。全社費用は、主に
           報告セグメントに帰属しない一般管理費であります。
         3 セグメント利益は、要約四半期連結損益計算書の営業利益を用いております。
           当第3四半期連結累計期間(自 2020年1月1日 至 2020年9月30日)

                                                    (単位:千円)
                        報告セグメント
                                            調整額         連結
                医薬品事業        医療機器事業           合計
      売上収益
      (1)外部顧客への
                  5,756,719         1,196,861         6,953,581                  6,953,581
                                                 -
        売上収益
      (2)セグメント間
                             15,292         15,292
        の内部売上収              -                        △ 15,292           -
        益又は振替高
                  5,756,719         1,212,154         6,968,874                  6,953,581
         計                                    △ 15,292
                   982,683         426,822        1,409,505           2,439       1,411,945

      セグメント利益
                                                       40,068

                                             金融収益
                                             金融費用         △ 72,211

                                                      1,379,802
                                         税引前四半期利益
     (注)1 セグメント間の内部売上収益又は振替高は、独立企業間価格に基づいております。
         2   セグメント利益の調整額は、各報告セグメントに配分していない全社費用等であります。全社費用は、主に
           報告セグメントに帰属しない一般管理費であります                        。
         3 セグメント利益は、要約四半期連結損益計算書の営業利益を用いております。
                                25/34





                                                          EDINET提出書類
                                                 株式会社ジーエヌアイグループ(E05712)
                                                            四半期報告書
        6.金融商品の公正価値
         (1)金融商品の公正価値
           金融資産および負債の公正価値及び要約四半期連結財政状態計算書における帳簿価額は以下のとおりです。
                                                     (単位:千円)
                         前連結会計年度末                  当第3四半期連結会計期間

                        (2019年12月31日)                    (2020年9月30日)
                      帳簿価額          公正価値          帳簿価額          公正価値

     金融資産

                         41,685          41,374          41,542          41,109
       敷金保証金
                         29,970          31,962          24,881          26,243
       貸付金
                         534,514          534,514          527,229          527,229
       出資金
                         606,171          607,852          593,652          594,582
           計
     金融負債
                        1,672,774          1,662,526          1,833,782          1,820,096
       借入金
                          7,894          7,894          61,632          61,632
       預り保証金
       非支配持分に係る売建
                        4,121,904          4,121,904          4,125,742          4,125,742
       プット・オプション負債
                        5,802,572          5,792,325          6,021,158          6,007,472
           計
         (2)公正価値の測定方法

           金融資産及び金融負債の公正価値は、以下のとおり算定しております。
          (敷金保証金及び貸付金)

           敷金保証金及び貸付金は契約ごとに分類し、その契約期間に応じて国債の利回り等適切な指標に信用リスク
          を加味した利率で割り引く方法より、公正価値を見積っております。
          (借入金)

           短期借入金は、短期間で決済されるものであるため、公正価値は帳簿価額に近似しております。
           長期借入金は、元利金の合計額を同様の新規借入を行った場合に想定される利率で割り引いて算定する方法
          により、公正価値を見積っております。
           ただし、変動金利による長期借入金は、短期間で市場金利を反映し、また、信用状態は実行後大きく異なっ
          ていないことから、公正価値は帳簿価額に近似しております。
          (出資金)

           出資金は、非上場会社の持分であるため、純資産価値に基づき一定の調整を加える評価技法を用いておりま
          す。
          (預り保証金)

           預り保証金は、その将来キャッシュ・フローを期日までの期間に応じて国債の利回り等適切な指標に信用リ
          スクを加味した利率で割り引く方法により、公正価値を見積っております。
          (非支配持分に係る売建プット・オプション負債)

           非支配持分に係る売建プット・オプション負債は、将来キャッシュ・フローを割り引く方法により、償還金
          額の現在価値を見積っております。なお、現在価値は帳簿価額に近似しております。
          (上記以外の金融商品)

           上記以外の金融商品は主に短期間で決済されるものであるため、公正価値は帳簿価額に近似しております。
                                26/34



                                                          EDINET提出書類
                                                 株式会社ジーエヌアイグループ(E05712)
                                                            四半期報告書
          (3)公正価値ヒエラルキー
           金融商品の公正価値は、公正価値の測定に利用するインプットをもとに、それぞれのレベルを以下のように
          分類しております。
          レベル1:同一の資産又は負債の活発な市場における(無調整の)市場価格により測定された公正価値
          レベル2:レベル1以外の直接又は間接的に観察可能な指標を用いて測定された公正価値
          レベル3:重要な観察可能でない指標を用いて測定された公正価値
           公正価値の測定に複数のインプットを使用している場合には、その公正価値の測定の全体において重要な最

          も低いレベルのインプットに基づいて公正価値のレベルを決定しております。公正価値ヒエラルキーのレベル
          間の振替は、各四半期の期首時点で発生したものとして認識しております。なお、前連結会計年度および当連
          結会計年度において、レベル1とレベル2の間における振替はありません。
          前連結会計年度(2019年12月31日)

                                                     (単位:千円)
                            レベル1        レベル2        レベル3         合計
          金融資産
           償却原価で測定される金融資産
                                 -      41,374          -      41,374
            敷金保証金
                                 -      31,962          -      31,962
            貸付金
           純損益を通じて公正価値で測定
           する金融資産
                                 -        -      534,514        534,514
            出資金
                                 -      73,337        534,514        607,851
                 計
          金融負債
           償却原価で測定される金融負債
                                 -     1,662,526            -     1,662,526
            借入金
                                 -       7,894          -       7,894
            預り保証金
           非支配持分に係る売建プット・
                                 -        -     4,121,904        4,121,904
           オプション負債
                                 -     1,670,420        4,121,904        5,792,325
                 計
                                27/34









                                                          EDINET提出書類
                                                 株式会社ジーエヌアイグループ(E05712)
                                                            四半期報告書
          当第3四半期連結会計期間(2020年9月30日)
                                                     (単位:千円)
                            レベル1        レベル2        レベル3         合計
          金融資産
           償却原価で測定される金融資産
                                 -      41,109          -      41,109
            敷金保証金
                                 -      26,243          -      26,243
            貸付金
           純損益を通じて公正価値で測定
           する金融資産
                                 -        -      527,229        527,229
            出資金
                                 -      67,353        527,229        594,582
                 計
          金融負債
           償却原価で測定される金融負債
                                 -     1,820,096            -     1,820,096
            借入金
                                 -      61,632          -      61,632
            預り保証金
           非支配持分に係る売建プット・
                                 -        -     4,125,742        4,125,742
           オプション負債
                                 -     1,881,729        4,125,742        6,007,472
                 計
           レベル3に区分される金融商品については、前第3四半期連結累計期間及び当第3四半期連結累計期間にお

          いて、重要な変動は生じておりません。
                                28/34












                                                          EDINET提出書類
                                                 株式会社ジーエヌアイグループ(E05712)
                                                            四半期報告書
        7.1株当たり四半期利益
         (1)基本的1株当たり四半期利益
           各第3四半期連結累計期間における基本的1株当たり四半期利益及びその算定上の基礎は、以下のとおりで
          す。
                                前第3四半期連結累計期間               当第3四半期連結累計期間

                                (自 2019年1月1日               (自 2020年1月1日
                                 至 2019年9月30日)               至 2020年9月30日)
     親会社の所有者に帰属する四半期利益(千円)                                    280,079

                                                        466,972
     発行済普通株式の期中平均株式数(株)                                   41,893,349
                                                      43,412,312
     基本的1株当たり四半期利益(円)                                      6.69
                                                         10.76
           各第3四半期連結会計期間における基本的1株当たり四半期利益及びその算定上の基礎は、以下のとおりで

          す。
                                前第3四半期連結会計期間               当第3四半期連結会計期間
                                (自 2019年7月1日               (自 2020年7月1日
                                 至 2019年9月30日)               至 2020年9月30日)
     親会社の所有者に帰属する四半期利益(千円)                                    101,456

                                                        222,492
     発行済普通株式の期中平均株式数(株)                                   42,431,172
                                                      43,436,919
     基本的1株当たり四半期利益(円)                                      2.39
                                                         5.12
         (2)希薄化後1株当たり四半期利益

           各第3四半期連結累計期間における希薄化後1株当たり四半期利益及びその算定上の基礎は、以下のとおり
          です。
                                前第3四半期連結累計期間               当第3四半期連結累計期間
                                (自 2019年1月1日               (自 2020年1月1日
                                 至 2019年9月30日)               至 2020年9月30日)
     親会社の所有者に帰属する四半期利益(千円)                                    280,079               466,972

     発行済普通株式の期中平均株式数(株)                                   41,893,349

                                                      43,412,312
     希薄化効果の影響調整:
     ストック・オプション(株)                                   1,191,733               1,372,743

     希薄化効果後期中平均株式数(株)                                   43,085,082               44,785,055
     希薄化後1株当たり四半期利益(円)                                      6.50

                                                         10.43
           各第3四半期連結会計期間における希薄化後1株当たり四半期利益及びその算定上の基礎は、以下のとおり

          です。
                                前第3四半期連結会計期間               当第3四半期連結会計期間
                                (自 2019年7月1日               (自 2020年7月1日
                                 至 2019年9月30日)               至 2020年9月30日)
     親会社の所有者に帰属する四半期利益(千円)                                    101,456

                                                        222,492
     発行済普通株式の期中平均株式数(株)                                   42,431,172

                                                      43,436,919
     希薄化効果の影響調整:
     ストック・オプション(株)                                   1,527,133

                                                       1,609,174
     希薄化効果後期中平均株式数(株)                                   43,958,305
                                                      45,046,093
     希薄化後1株当たり四半期利益(円)                                      2.31
                                                         4.94
    (注)当社は、2019年9月4日付で普通株式1株につき3株の割合で株式分割を行っております。前第3四半期連結累計
    期間の期首に当該株式分割が行われたと仮定して、「基本的1株当たり四半期利益」及び「希薄化後1株当たり四半期利
    益」を算定しております。
                                29/34


                                                          EDINET提出書類
                                                 株式会社ジーエヌアイグループ(E05712)
                                                            四半期報告書
        8.売上収益
          当社グループは、医薬品事業及び医療機器事業を基本にして組織が構成されており、当社の取締役会が、経営
         資源の配分の決定及び業績の評価をするために、定期的に検討を行う対象としていることから、これらの事業で
         計上する収益を売上収益として表示しております。また、売上収益は顧客の所在地に基づき地域別に分解してい
         ます。
          これらの分解した売上収益と各報告セグメントの売上収益の関連は以下のとおりです。
    前第3四半期連結累計期間(自 2019年1月1日 至 2019年9月30日)

                                                     (単位:千円)
                          医薬品事業           医療機器事業            合計
     日本                            19,023              -         19,023

                                3,926,256
     中国                                           -       3,926,256
                                    -        1,388,535           1,388,535
     米国
                                3,945,279            1,388,535           5,333,815
      合計
         医薬品事業では、医薬品の研究開発、製造、販売及び受託研究等を行っており、国内外の卸売業者、医療機関、

        研究期間等を主な顧客としております。
         医療品機器事業では、生体材料を含む医療機器の研究開発、製造及び販売を行っており、国内外の卸売業者、医
        療機関等を主な顧客としております。
         これらの事業における製品の販売等に係る収益は、前連結会計年度に係る連結財務諸表において適用した会計方
        針と同一の会計方針に従って、会計処理をしております。
    当第3四半期連結累計期間(自 2020年1月1日 至 2020年9月30日)

                                                     (単位:千円)
                          医薬品事業           医療機器事業            合計
     日本                            12,332              -         12,332

                                5,744,386
     中国                                           -       5,744,386
                                    -        1,196,861           1,196,861
     米国
                                5,756,719            1,196,861           6,953,581
      合計
         医薬品事業では、医薬品の研究開発、製造、販売及び受託研究等を行っており、国内外の卸売業者、医療機関、

        研究機関等を主な顧客としております。
         医療品機器事業では、生体材料を含む医療機器の研究開発、製造及び販売を行っており、国内外の卸売業者、医
        療機関等を主な顧客としております。
         これらの事業における製品の販売等に係る収益は、前連結会計年度に係る連結財務諸表において適用した会計方
        針と同一の会計方針に従って、会計処理をしております。
                                30/34







                                                          EDINET提出書類
                                                 株式会社ジーエヌアイグループ(E05712)
                                                            四半期報告書
        9.金融収益及び金融費用
          当第3四半期連結累計期間における金融収益40,068千円には、主に受取利息が含まれており、金融費用72,211
         千円には、主に支払利息及び為替差損が含まれております。
        10.非支配持分の取得・支配継続子会社に対する持分の変動

          前第3四半期連結累計期間においては、                   2019年2月に、Continent            Pharmaceuticals        Inc.がGNI     USA  Inc.から
         同社が投資有価証券として所有しているIriSys                      LLCの15.02%の持分、さらに、GNI                Hong   Kong   Limitedから同社
         が所有しているF573の権利をそれぞれ現物出資により取得しました。その結果、非支配持分が36,427千円減少
         し、資本剰余金と在外営業活動体の換算差額がそれぞれ29,971千円、6,455千円増加しました。
          2019年4月に、Cullgen            Inc.が大手グローバルベンチャーキャピタルであるSequoia                            Capital    Chinaと
         Highlight     Capitalから1,600万米ドルのシリーズA投資を受けました。当該投資に対して同社は優先株式を発行
         しております。当該優先株式は当社グループにおいて、全体として資本性金融商品に分類された結果、非支配持
         分と資本剰余金がそれぞれ1,318,033千円と464,859千円増加し、在外営業活動体の換算差額が7,052千円減少し
         ました。なお、当該優先株式は、発行後5年が経過した後の状況変化により再分類される可能性があります。
          当第3四半期連結累計期間においては、2020年9月に、Continent                                Pharmaceuticals        Inc.による一部の非支配

         株主の株式の買い戻し、及び北京コンチネント薬業有限公司による第3者割当による新株の発行が行われまし
         た。その結果、資本剰余金が218,801千円減少し、非支配持分と                             在外営業活動体の換算差額がそれぞれ                 115,218千
         円 と63,035千円増加しました。
        11.資本及びその他の資本項目

         新株予約権の行使による株式の発行による収入
          前第3四半期連結累計期間において、新株予約権の一部について権利行使があり、693,806千円を資本金に、
         693,806千円を資本剰余金に組み入れております。
          当第3四半期連結累計期間において、新株予約権の一部について権利行使があり、52,664千円を資本金に、

         52,664千円を資本剰余金に組み入れております。
        12.有形固定資産の取得による支出

          当第3四半期連結累計期間の有形固定資産の取得による支出138,277千円は、主に連結子会社北京コンチネン
         ト薬業有限公司及びCullgen             (Shanghai)      Inc.が行った有形固定資産の取得によるものです。
        13.重要な後発事象

          該当事項はありません。
                                31/34









                                                          EDINET提出書類
                                                 株式会社ジーエヌアイグループ(E05712)
                                                            四半期報告書
     2【その他】
       該当事項はありません。
                                32/34




















                                                          EDINET提出書類
                                                 株式会社ジーエヌアイグループ(E05712)
                                                            四半期報告書
    第二部【提出会社の保証会社等の情報】
           該当事項はありません。
                                33/34




















                                                          EDINET提出書類
                                                 株式会社ジーエヌアイグループ(E05712)
                                                            四半期報告書
                       独立監査人の四半期レビュー報告書
                                                     2020年11月13日
    株式会社ジーエヌアイグループ
      取締役会 御中
                           EY新日本有限責任監査法人

                            指定有限責任社員

                                      公認会計士
                                             矢崎 弘直        ㊞
                            業務執行社員
                            指定有限責任社員

                                      公認会計士
                                             三辻 雅樹        ㊞
                            業務執行社員
     当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、「経理の状況」に掲げられている株式会社ジーエヌ

    アイグループの2020年1月1日から2020年12月31日までの連結会計年度の第3四半期連結会計期間(2020年7月1日から
    2020年9月30日まで)及び第3四半期連結累計期間(2020年1月1日から2020年9月30日まで)に係る要約四半期連結財
    務諸表、すなわち、要約四半期連結財政状態計算書、要約四半期連結損益計算書、要約四半期連結包括利益計算書、要約
    四半期連結持分変動計算書、要約四半期連結キャッシュ・フロー計算書及び要約四半期連結財務諸表注記について四半期
    レビューを行った。
    要約四半期連結財務諸表に対する経営者の責任

     経営者の責任は、「四半期連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」第93条の規定により国際会計基準第
    34号「期中財務報告」に準拠して要約四半期連結財務諸表を作成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬
    による重要な虚偽表示のない要約四半期連結財務諸表を作成し適正に表示するために経営者が必要と判断した内部統制を
    整備及び運用することが含まれる。
    監査人の責任

     当監査法人の責任は、当監査法人が実施した四半期レビューに基づいて、独立の立場から要約四半期連結財務諸表に対
    する結論を表明することにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に準
    拠して四半期レビューを行った。
     四半期レビューにおいては、主として経営者、財務及び会計に関する事項に責任を有する者等に対して実施される質
    問、分析的手続その他の四半期レビュー手続が実施される。四半期レビュー手続は、我が国において一般に公正妥当と認
    められる監査の基準に準拠して実施される年度の財務諸表の監査に比べて限定された手続である。
     当監査法人は、結論の表明の基礎となる証拠を入手したと判断している。
    監査人の結論

     当監査法人が実施した四半期レビューにおいて、上記の要約四半期連結財務諸表が、国際会計基準第34号「期中財務報
    告」に準拠して、株式会社ジーエヌアイグループ及び連結子会社の2020年9月30日現在の財政状態、同日をもって終了す
    る第3四半期連結会計期間及び第3四半期連結累計期間の経営成績並びに第3四半期連結累計期間のキャッシュ・フロー
    の状況を適正に表示していないと信じさせる事項がすべての重要な点において認められなかった。
    利害関係

     会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                        以 上
     (注)1 上記は四半期レビュー報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(四半期報

          告書提出会社)が別途保管しております。
         2 XBRLデータは四半期レビューの対象には含まれていません。
                                34/34





PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

書類提出日で検索

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2020年12月21日

新規上場の通知機能を追加しました。Myページにて通知の設定が行えます。

2020年9月22日

企業・投資家の個別ページに掲載情報を追加しました。また、併せて細かい改修を行いました。

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。

スポンサーリンク