株式会社エス・サイエンス 四半期報告書 第102期第2四半期(令和2年7月1日-令和2年9月30日)

提出書類 四半期報告書-第102期第2四半期(令和2年7月1日-令和2年9月30日)
提出日
提出者 株式会社エス・サイエンス
カテゴリ 四半期報告書

                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社エス・サイエンス(E01300)
                                                            四半期報告書
    【表紙】

    【提出書類】                     四半期報告書

    【根拠条文】                     金融商品取引法第24条の4の7第1項

    【提出先】                     関東財務局長

    【提出日】                     2020年11月13日

    【四半期会計期間】                     第102期第2四半期(自            2020年7月1日         至   2020年9月30日)

    【会社名】                     株式会社エス・サイエンス

    【英訳名】                     S Science    Company,     Ltd.

    【代表者の役職氏名】                     代表取締役会長 品 田 守 敏

    【本店の所在の場所】                     東京都中央区銀座八丁目9番13号

    【電話番号】                     03―3573―3721(代表)

    【事務連絡者氏名】                     常務取締役 甲 佐 邦 彦

    【最寄りの連絡場所】                     東京都中央区銀座八丁目9番13号

    【電話番号】                     03―3573―3721(代表)

    【事務連絡者氏名】                     常務取締役 甲 佐 邦 彦

    【縦覧に供する場所】                     株式会社東京証券取引所

                          (東京都中央区日本橋兜町2番1号)

                                 1/22









                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社エス・サイエンス(E01300)
                                                            四半期報告書
    第一部 【企業情報】
    第1 【企業の概況】

    1  【主要な経営指標等の推移】

                                        第102期

                             第101期
             回次                          第2四半期            第101期
                          第2四半期累計期間
                                       連結累計期間
                          自   2019年4月1日         自   2020年4月1日         自   2019年4月1日
            会計期間
                          至   2019年9月30日         至   2020年9月30日         至   2020年3月31日
    売上高                 (千円)           303,517           521,253           587,700
    経常損失(△)                 (千円)          △ 102,081          △ 105,265          △ 293,156

    当期純利益又は四半期純損失(△)                 (千円)          △ 119,061              ―         117,623

    親会社株主に帰属する
                     (千円)             ―       △ 110,847              ―
    四半期純損失(△)
    四半期包括利益又は包括利益                 (千円)             ―       △ 110,726              ―
    純資産額                 (千円)          2,251,496           1,953,933           2,064,663

    総資産額                 (千円)          2,428,564           2,158,996           2,216,181

    1株当たり当期純利益金額
                      (円)           △ 1.18          △ 1.10           1.17
    又は四半期純損失金額(△)
    潜在株式調整後1株当たり
                     (円)             ─           ─           ─
    四半期(当期)純利益金額
    自己資本比率                 (%)            92.7           90.5           93.2
    営業活動による
                     (千円)          △ 123,591           △ 54,742          △ 129,622
    キャッシュ・フロー
    投資活動による
                     (千円)           15,708          △ 39,457           641,227
    キャッシュ・フロー
    財務活動による
                     (千円)            △ 30          △ 92          △ 63
    キャッシュ・フロー
    現金及び現金同等物の
                     (千円)           288,535           813,698           907,990
    四半期末(期末)残高
                                        第102期

                             第101期
             回次                          第2四半期
                          第2四半期会計期間
                                       連結会計期間
                          自   2019年7月1日         自   2020年7月1日
            会計期間
                          至   2019年9月30日         至   2020年9月30日
    1株当たり四半期純損失金額(△)                 (円)           △ 0.37          △ 0.47
     (注)   1 当社は四半期連結財務諸表を作成しておりますので、提出会社の主要な経営指標等の推移については記載し

         ておりません。
       2 売上高には、消費税及び地方消費税(以下「消費税等」という)は含まれておりません。
       3 当社は、第1四半期連結会計期間より四半期連結財務諸表を作成しているため、第101期第2四半期連結累
         計期間及び第101期連結会計年度に代えて、第101期第2四半期累計期間及び第101期事業年度について記載
         しております。
       4 潜在株式調整後1株当たり四半期(当期)純利益金額につきましては、潜在株式が存在しないため記載して
         おりません。
                                 2/22




                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社エス・サイエンス(E01300)
                                                            四半期報告書
    2  【事業の内容】
      第1四半期連結会計期間におきまして、株式会社なごみ設計の株式を取得したことにより、第1四半期連結会計期
     間より同社を連結の範囲に含めております。
      第1四半期連結会計期間におきまして、報告セグメントを「ニッケル事業」、「不動産事業」、「教育事業」及び
     「リフォーム関連事業」の4つのセグメントに変更しております。詳細は「第4 経理の状況 1 四半期連結財務
     諸表 注記事項(セグメント情報等)」に記載のとおりであります。
                                 3/22


















                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社エス・サイエンス(E01300)
                                                            四半期報告書
    第2 【事業の状況】
    1  【事業等のリスク】

     (継続企業の前提に関する重要事象等)
      当社は前期2020年3月期に投資有価証券の売却により、最終当期純利益を確保したものの、営業損失やマイナスの
     営業キャッシュ・フローを計上しました。2021年3月期においては、2020年4月1日に株式会社なごみ設計を子会社
     化し、売上増や営業利益の黒字化を目指して取り組んでおりましたが、コロナショックの影響が長引き、想定以上に
     ニッケル事業をはじめとする売上の落ち込みが続いており、2021年3月期第2四半期においては、当社グループとし
     て営業損失、四半期純損失を計上しております。このため「継続的な営業損失又は営業キャッシュ・フローのマイナ
     ス」が見込まれ、2021年3月期第2四半期においては、継続企業の前提に関する重要事象等が存在しております。当
     社グループはこの状況を一刻も早く解消するために、新たな資金調達も念頭に置きながら、新規事業の実現化に向け
     て着手しております。また、子会社化した株式会社なごみ設計におきましても、戦略的な事業拡大を推進しておりま
     す。
      なお資金計画においては、重要な不確実性は認められないため、継続企業の前提に関する注記の必要はないものと
     判断しております。
    2  【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

       文中の将来に関する事項は、当四半期報告書提出日現在において当社が判断したものであります。
      なお、当社グループは、第1四半期連結会計期間より連結財務諸表を作成しているため、前年同四半期等との比較
     については記載しておりません。
     (1)財政状態

      当第2四半期連結会計期間末の資産につきましては、流動資産は1,960百万円となりました。主な内訳は、現金及
     び預金828百万円、商品及び製品755百万円であります。固定資産は198百万円となりました。主な内訳は、のれん93
     百万円であります。 
      当第2四半期連結会計期間末の負債につきましては、流動負債は124百万円となりました。主な内訳は、支払手形
     及び買掛金41百万円、未払法人税等34百万円であります。固定負債は80百万円となりました。
      当第2四半期連結会計期間末の純資産合計は、1,953百万円となり、自己資本比率は90.5%となりました。
     (2)経営成績

      当第2四半期連結累計期間におけるわが国経済は、国内外で拡大する新型コロナウイルス感染症の影響が継続して
     おり、その収束は依然として見通せない状況にあり、景気の先行きは不透明な状況が続いております。
      このような状況の下、当第2四半期連結累計期間の業績は、売上高521百万円、営業損失133百万円、経常損失105
     百万円、親会社株主に帰属する四半期純損失110百万円となりました。
      セグメントの業績は次の通りであります。

      ① ニッケル事業
      前年同期に比べ販売数量が減少したことにより、売上高は246百万円となりました。セグメント利益(営業利益)
     は22百万円となりました。
      ② 不動産事業
      販売用不動産の売却収入等があり、売上高は107百万円となりました。セグメント利益(営業利益)は10百万円と
     なりました。
      ③ 教育事業
      前期で事業が終了し、フランチャイズのロイヤルティーのみで売上高は3百万円となりました。セグメント損失
     (営業損失)は、10百万円となりました。
      ④ リフォーム関連事業
      売上高は164百万円となりました。セグメント損失(営業損失)は、13百万円となりました。
                                 4/22



                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社エス・サイエンス(E01300)
                                                            四半期報告書
      (3)   キャッシュ・フローの状況
      当第2四半期連結累計期間末における現金及び現金同等物(以下、「資金」という。)は、813百万円と期首より
     94百万円減少となりました。
      (営業活動によるキャッシュ・フロー)
      営業活動の結果減少した資金は54百万円となりました。その主な要因は、税金等調整前四半期純損失が107百万
     円、仕入債務の減少額117百万円に対し、たな卸資産の減額175百万円等があったことを反映したものであります。
      (投資活動によるキャッシュ・フロー)
       投資活動の結果減少した資金は39百万円となりました。その主な要因は、連結の範囲の変更を伴う子会社株式の
      取得による支出70百万円に対し、預け金の回収による収入30百万円等があったことを反映したものであります。
      (財務活動によるキャッシュ・フロー)
       財務活動の結果減少した資金は0.09百万円となりました。その要因は、配当金の支払額0.08百万円等があったこ
      とを反映したものであります。
     (4)優先的に対処すべき事業上及び財務上の課題

      当第2四半期連結累計期間において、当社グループの優先的に対処すべき事業上及び財務上の課題に重要な変更及
     び新たに生じた課題はありません。
     (5)研究開発活動

      該当事項はありません。
     (6)経営成績に重要な影響を与える要因及び経営戦略の現状と見通し

      当第2四半期連結累計期間において、当社グループの経営成績に重要な影響を与える要因に重要な変更はありませ
     ん。
    3  【経営上の重要な契約等】

      当第2四半期連結会計期間において、経営上の重要な契約等は行われておりません。
                                 5/22











                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社エス・サイエンス(E01300)
                                                            四半期報告書
    第3   【提出会社の状況】
    1  【株式等の状況】

     (1) 【株式の総数等】
      ① 【株式の総数】
                種類                      発行可能株式総数(株)

               普通株式                                    200,000,000

                計                                  200,000,000

     (注)「発行可能株式総数」欄には、2020年9月30日現在の当社定款に記載されている株式の総数を記載しておりま
     す。
      ② 【発行済株式】

                         提出日現在

              第2四半期会計期間
                                 上場金融商品取引所
              末現在発行数(株)
        種類                  発行数(株)        名又は登録認可金融                内容
                                 商品取引業協会名
              ( 2020年9月30日       )
                        (2020年11月13日)
                                 東京証券取引所

                                           単元株式数は100株でありま
       普通株式          100,593,749          100,593,749
                                           す。
                                 (市場第一部)
        計         100,593,749          100,593,749           ―            ―

     (2)  【新株予約権等の状況】

      ①  【ストックオプション制度の内容】
       該当事項はありません。
      ②  【その他の新株予約権等の状況】

       該当事項はありません。
     (3)  【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

        該当事項はありません。
                                 6/22









                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社エス・サイエンス(E01300)
                                                            四半期報告書
     (4)  【発行済株式総数、資本金等の推移】
                発行済株式       発行済株式       資本金増減額       資本金残高       資本準備金       資本準備金

        年月日        総数増減数        総数残高                      増減額       残高
                 (株)       (株)       (千円)       (千円)       (千円)       (千円)
      2020年7月1日
         ~
                    ─   100,593,749            ─   1,500,000           ─     5,029
      2020年9月30日
     (5)  【大株主の状況】

                                          2020年9月30日       現在
                                                  発行済株式
                                                  (自己株式を
                                           所有株式数        除く。)の
         氏名又は名称                     住所
                                            (千株)      総数に対する
                                                  所有株式数
                                                  の割合(%)
    株式会社エルアイイーエイチ                東京都江東区南砂2-36-11                         15,057        14.97
    ツバメ工業株式会社                愛媛県四国中央市川之江町2415                          4,995        4.97

    日本マスタートラスト信託銀行
                    東京都港区浜松町2-11-3                          4,248        4.22
    株式会社(信託口)
    品 田 守 敏                神奈川県横浜市中区                          2,300        2.29
    株式会社日本カストディ銀行(信
                    東京都中央区晴海1-8-12                          1,787        1.78
    託口5)
    小 菅 守                東京都江東区                          1,500        1.49
    前   田   喜   美   子

                    北海道河東郡                          1,458        1.45
    望 月 保 幸                千葉県流山市                          1,313        1.31

    株式会社日本カストディ銀行(信
                    東京都中央区晴海1-8-12                          1,127        1.12
    託口)
    株式会社日本カストディ銀行(信
                    東京都中央区晴海1-8-12                           914       0.91
    託口6)
           計                   ―                34,701        34.50
     (注) 上記のほか当社所有の自己株式1千株があります。
                                 7/22









                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社エス・サイエンス(E01300)
                                                            四半期報告書
     (6)  【議決権の状況】
      ① 【発行済株式】
                                               2020年9月30日       現在
           区分           株式数(株)         議決権の数(個)                内容
    無議決権株式                    ―          ―              ―

    議決権制限株式(自己株式等)                    ―          ―              ―

    議決権制限株式(その他)                    ―          ―              ―

                    (自己保有株式)
                                        権利内容に何ら限定のない当社にお
    完全議決権株式(自己株式等)                              ―
                    普通株式
                                        ける標準となる株式
                          1,600
                    普通株式
    完全議決権株式(その他)                              1,005,325             同上
                       100,532,500
                    普通株式
    単元未満株式                              ―             同上
                          59,649
    発行済株式総数                   100,593,749          ―              ―
    総株主の議決権                    ―          1,005,325              ―

     (注)   1 「完全議決権株式(その他)」欄の普通株式には、証券保管振替機構名義の株式が7,766株(議決権77個)含ま
         れております。
       2 「単元未満株式」欄の普通株式には、当社所有の自己株式45株が含まれております。
      ② 【自己株式等】

                                               2020年9月30日       現在
                                                   発行済株式
                               自己名義       他人名義      所有株式数
       所有者の氏名                                           総数に対する
                    所有者の住所          所有株式数       所有株式数        の合計
        又は名称                                           所有株式数
                                (株)       (株)       (株)
                                                   の割合(%)
    (自己保有株式)             東京都中央区銀座八丁目9
                                 1,600      ─        1,600       0.00
    株式会社エス・サイエンス             番13号
          計             ―           1,600      ─        1,600       0.00
    2  【役員の状況】

      前事業年度の有価証券報告書提出後、当四半期累計期間における役員の異動は、次のとおりであります。
    (1)役職の異動
       新役職名           旧役職名            氏名          異動年月日

                              福村   康廣

       取締役社長           取締役副社長                      2020年9月29日
                              甲佐   邦彦

       常務取締役           取締役社長                      2020年9月29日
                                 8/22






                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社エス・サイエンス(E01300)
                                                            四半期報告書
    第4   【経理の状況】
    1.四半期連結財務諸表の作成方法について

      当社の四半期連結財務諸表は、「四半期連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(平成19年内閣府令
     第64号)に基づいて作成しております。
      なお、当社は第1四半期連結会計期間より四半期連結財務諸表を作成しているため、比較情報を記載しておりませ
     ん。
    2.監査証明について

      当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第2四半期連結会計期間(2020年7月1日から2020年
     9月30日まで)及び第2四半期連結累計期間(2020年4月1日から2020年9月30日まで)に係る四半期連結財務諸表につ
     いて、KDA監査法人により四半期レビューを受けております。
    3.  四半期連結財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組について

      当社は、連結財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組を行っております。具体的には、会計基準等の内容
     を適切に把握し、また会計基準等の変更等について的確に対応するための体制を整備するため、各種セミナーや研修
     に参加しております。
                                 9/22














                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社エス・サイエンス(E01300)
                                                            四半期報告書
    1  【四半期連結財務諸表】
     (1)  【四半期連結貸借対照表】
                                    (単位:千円)
                              当第2四半期連結会計期間
                                (2020年9月30日)
     資産の部
      流動資産
        現金及び預金                               828,698
        受取手形及び売掛金                               180,965
        有価証券                               137,227
        商品及び製品                               755,527
        仕掛品                                9,443
        その他                                51,561
                                       △ 2,797
        貸倒引当金
        流動資産合計                              1,960,626
      固定資産
        有形固定資産                                6,303
        無形固定資産
                                        93,042
         のれん
         無形固定資産合計                               93,042
        投資その他の資産
         その他                              143,719
                                      △ 44,696
         貸倒引当金
         投資その他の資産合計                               99,022
        固定資産合計                               198,369
      資産合計                                2,158,996
     負債の部
      流動負債
        支払手形及び買掛金                                41,230
        短期借入金                                3,000
        未払法人税等                                34,404
        賞与引当金                                2,045
                                        43,819
        その他
        流動負債合計                               124,499
      固定負債
        役員退職慰労引当金                                62,400
        退職給付に係る負債                                14,685
        資産除去債務                                1,622
                                        1,853
        その他
        固定負債合計                                80,562
      負債合計                                 205,062
                                10/22







                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社エス・サイエンス(E01300)
                                                            四半期報告書
                                    (単位:千円)
                              当第2四半期連結会計期間
                                (2020年9月30日)
     純資産の部
      株主資本
        資本金                              1,500,000
        資本剰余金                               821,313
        利益剰余金                              △ 367,412
                                         △ 88
        自己株式
        株主資本合計                              1,953,812
      その他の包括利益累計額
                                         121
        その他有価証券評価差額金
        その他の包括利益累計額合計                                  121
      純資産合計                                1,953,933
     負債純資産合計                                 2,158,996
                                11/22















                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社エス・サイエンス(E01300)
                                                            四半期報告書
     (2)  【四半期連結損益計算書及び四半期連結包括利益計算書】
      【四半期連結損益計算書】
       【第2四半期連結累計期間】
                                    (単位:千円)
                              当第2四半期連結累計期間
                               (自 2020年4月1日
                                至 2020年9月30日)
     売上高                                  521,253
                                       441,279
     売上原価
     売上総利益                                   79,973
                                     ※  213,448
     販売費及び一般管理費
     営業損失(△)                                 △ 133,474
     営業外収益
      受取利息                                    0
      受取配当金                                  4,038
      貸倒引当金戻入額                                   697
      有価証券評価益                                 20,335
      受取賃貸料                                  2,997
                                        1,243
      その他
      営業外収益合計                                 29,311
     営業外費用
                                        1,102
      その他
      営業外費用合計                                  1,102
     経常損失(△)                                 △ 105,265
     特別損失
                                        2,707
      子会社株式評価損
      特別損失合計                                  2,707
     税金等調整前四半期純損失(△)                                 △ 107,973
     法人税、住民税及び事業税                                   2,874
     法人税等合計                                   2,874
     四半期純損失(△)                                 △ 110,847
     非支配株主に帰属する四半期純利益                                      -
     親会社株主に帰属する四半期純損失(△)                                 △ 110,847
                                12/22










                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社エス・サイエンス(E01300)
                                                            四半期報告書
      【四半期連結包括利益計算書】
       【第2四半期連結累計期間】
                                    (単位:千円)
                              当第2四半期連結累計期間
                               (自 2020年4月1日
                                至 2020年9月30日)
     四半期純損失(△)                                 △ 110,847
     その他の包括利益
                                         120
      その他有価証券評価差額金
      その他の包括利益合計                                   120
     四半期包括利益                                 △ 110,726
     (内訳)
      親会社株主に係る四半期包括利益                                △ 110,726
      非支配株主に係る四半期包括利益                                    -
                                13/22
















                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社エス・サイエンス(E01300)
                                                            四半期報告書
     (3)  【四半期連結キャッシュ・フロー計算書】
                                    (単位:千円)
                              当第2四半期連結累計期間
                               (自 2020年4月1日
                                至 2020年9月30日)
     営業活動によるキャッシュ・フロー
      税金等調整前四半期純損失(△)                                △ 107,973
      減価償却費                                  1,276
      のれん償却額                                  4,896
      子会社株式評価損                                  2,707
      有価証券評価損益(△は益)                                △ 20,335
      受取利息及び受取配当金                                 △ 4,038
      退職給付引当金の増減額(△は減少)                                  1,016
      役員退職慰労引当金の増減額(△は減少)                                  1,460
      貸倒引当金の増減額(△は減少)                                 △ 1,346
      売上債権の増減額(△は増加)                                 47,240
      仕入債務の増減額(△は減少)                                △ 117,837
      たな卸資産の増減額(△は増加)                                 175,184
      前渡金の増減額(△は増加)                                △ 35,670
      前払費用の増減額(△は増加)                                   377
      未収入金の増減額(△は増加)                                 △ 2,164
      預け金の増減額(△は増加)                                  △ 904
      未払金の増減額(△は減少)                                △ 11,211
      未払費用の増減額(△は減少)                                 △ 1,853
      預り金の増減額(△は減少)                                    13
      前受金の増減額(△は減少)                                  4,153
      未収又は未払消費税等の増減額(△は減少)                                  6,988
      未払法人税等(外形標準課税)の増減額(△は
                                       △ 3,124
      減少)
                                        10,336
      その他
      小計                                △ 50,808
      利息及び配当金の受取額
                                        3,420
                                       △ 7,354
      法人税等の支払額
      営業活動によるキャッシュ・フロー                                △ 54,742
     投資活動によるキャッシュ・フロー
      連結の範囲の変更を伴う子会社株式の取得によ
                                      △ 70,382
      る支出
      出資金の回収による収入                                   250
      預け金の回収による収入                                 30,000
      敷金及び保証金の回収による収入                                  1,397
                                        △ 722
      その他
      投資活動によるキャッシュ・フロー                                △ 39,457
                                14/22







                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社エス・サイエンス(E01300)
                                                            四半期報告書
                                    (単位:千円)
                              当第2四半期連結累計期間
                               (自 2020年4月1日
                                至 2020年9月30日)
     財務活動によるキャッシュ・フロー
      配当金の支払額                                  △ 89
                                         △ 2
      その他
      財務活動によるキャッシュ・フロー                                  △ 92
     現金及び現金同等物の増減額(△は減少)                                  △ 94,292
     現金及び現金同等物の期首残高                                  907,990
                                     ※  813,698
     現金及び現金同等物の四半期末残高
                                15/22

















                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社エス・サイエンス(E01300)
                                                            四半期報告書
     【注記事項】
      (連結の範囲又は持分法適用の範囲の変更)
      第1四半期連結会計期間より、株式会社なごみ設計の株式を取得したため、連結の範囲に含めております。
      (追加情報)

    (四半期連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項)
     当社は、第1四半期連結会計期間より四半期連結財務諸表を作成しております。四半期連結財務諸表作成のための基
    本となる重要な事項は以下のとおりであります。
    1.連結の範囲に関する事項
     (1)連結子会社の数 1社
        連結子会社の名称
        株式会社なごみ設計
     (2)非連結子会社の数 2社
        非連結子会社の名称
        志村産業株式会社
        株式会社ガイド
       志村産業株式会社は、小規模であり、合計の総資産、売上高、四半期純損益及び利益剰余金等は、いずれも四半
      期連結財務諸表に重要な影響を及ぼしていないため、連結の範囲に含めておりません。株式会社ガイドは2020年3
      月31日の株主総会の決議により解散し、現在清算手続き中のため、連結の範囲に含めておりません。
    2.有価証券の評価基準及び評価方法

     (1)  子会社株式及び関連会社株式
       移動平均法による原価法
     (2)  売買目的有価証券
       時価法(売却原価は移動平均法により算定)
     (3)  その他有価証券
       時価のあるもの
       決算日の市場価格等に基づく時価法(評価差額は全部純資産直入法により処理し、売却原価は移動平均法により算
       定)
       時価のないもの
       移動平均法による原価法
    3. たな卸資産の評価基準及び評価方法

       評価基準は原価法(収益性の低下による簿価切下げの方法)によっております。
     (1)   商品、製品、原材料及び仕掛品
       (ニッケル事業)
       先入先出法
       (その他の事業)
       先入先出法
     (2)   貯蔵品
       先入先出法
     (3)   販売用不動産
       個別法
     (4)   未成工事支出金
       個別法
                                16/22




                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社エス・サイエンス(E01300)
                                                            四半期報告書
    4. 固定資産の減価償却の方法
     (1)   有形固定資産(リース資産を除く)
       定率法(ただし、1998年4月1日以降に取得した建物(附属設備は除く)並びに2016年4月1日以降に取得した建物
      附属設備及び構築物については定額法)を採用しております。
       なお、主な耐用年数は以下のとおりです。
       建物及び構築物            10年~50年
       機械装置及び車両運搬具             2年~10年
       また、2007年3月31日以前に取得したものについては、償却可能限度額まで償却が終了した翌年から5年間で均
      等償却する方法によっております。
     (2)   無形固定資産
       定額法を採用しております。
       なお、自社利用のソフトウェアについては、社内における利用可能期間(5年)に基づいております。
     (3)   リース資産
       所有権移転外ファイナンス・リース取引に係るリース資産
       リース期間を耐用年数とし、残存価額をゼロとして算定する定額法によっております。
    5.引当金の計上基準

     (1)   貸倒引当金
       売上債権、貸付金等の貸倒損失に備えるため、一般債権については貸倒実績率により、貸倒懸念債権等特定の債
      権については、個別に回収可能性を検討し、回収不能見込額を計上しております。
     (2)   賞与引当金
       従業員の賞与の支給に備えるため、支給見込額を計上しております。
     (3)   退職給付引当金
       当社は、従業員の退職給付に備えるため、当四半期連結会計期間までにおける退職給付債務の見込額に基づき計
      上しております。
     (4)   役員退職慰労引当金
       役員の退職慰労金の支給に充てるため、取締役会の内規に基づき計上しております。
     (5)   工事損失引当金
       工事受注契約に係る将来の損失に備えるため、工事受注契約に係る損失見込額を計上しております。
    6.のれんの償却方法及び償却期間

      10年間の定額法により償却しております。
    7.完成工事高及び完成工事原価の計上基準

       完成工事高の計上は、当連結会計年度末までの進捗部分について成果の確実性が認められる工事については工事
      進行基準(工事の進捗率の見積もりは原価比例法)を、その他の工事については工事完成基準を適用しておりま
      す。
    8.  四半期連結キャッシュ・フロー計算書における資金の範囲

       手許現金、随時引き出し可能な預金及び容易に換金可能であり、かつ、価値の変動について僅少なリスクしか負
      わない取得日から3ヶ月以内に償還期限の到来する短期的な投資からなっております。
    9.その他四半期連結財務諸表作成のための重要な事項

     (1)   消費税等の会計処理
       消費税及び地方消費税の会計処理は税抜き方式を採用しております。
     (2)   販売用不動産について
       販売用不動産のうち一定基準を超える特定物件に関わる借入金利息を当該たな卸資産の取得価額に算入する方法
      を採用しております。
                                17/22


                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社エス・サイエンス(E01300)
                                                            四半期報告書
     (会計上の見積もりを行う上での新型コロナウイルス感染症の影響の考え方)
     (リフォーム関連事業)
       のれんに関する新型コロナウイルス感染拡大に関する影響は、企業結合日の経営状況等を勘案して会計上の見積
      りを行っており、当四半期連結会計期間末において当該事業の見積りの要素を大きく変更する状況には至っていな
      いと考えております。しかしながら、今後、経済状況がさらに悪化した場合、のれんの評価等の会計上の見積り金
      額に影響を及ぼす可能性があります。
      (四半期連結損益計算書関係)

     ※ 販売費及び一般管理費のうち主要な費目及び金額は、次のとおりであります。
                          当第2四半期連結累計期間
                            (自    2020年4月1日
                            至    2020年9月30日       )
       給与手当等                        67,807   千円
       租税公課                        40,557   千円
       減価償却費                         6,173   千円
       賞与引当金繰入額                         2,045   千円
       退職給付引当金繰入額                         1,016   千円
       役員退職慰労引当金繰入額                         1,460   千円
      (四半期連結キャッシュ・フロー計算書関係)

     ※ 現金及び現金同等物の四半期末残高と四半期連結貸借対照表に掲載されている科目の金額との関係は、次のとお
      りであります。  
                          当第2四半期連結累計期間
                            (自    2020年4月1日
                            至    2020年9月30日       )
       現金及び預金                        828,698千円
       拘束性預金                       △15,000千円
       現金及び現金同等物                        813,698千円
      (株主資本等関係)

       当第2四半期連結累計期間(自                2020年4月1日        至    2020年9月30日       )
        該当事項はありません。
                                18/22









                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社エス・サイエンス(E01300)
                                                            四半期報告書
      (セグメント情報等)
      【セグメント情報】
    Ⅰ   当第2四半期連結累計期間(自                2020年4月1日        至   2020年9月30日       )
     1.報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
                                                (単位:千円)
                             報告セグメント
                                                  合計
                                         リフォーム
                    ニッケル事業        不動産事業       教育事業
                                         関連事業
    売上高
      外部顧客への売上高                  246,094       107,508        3,457      164,193        521,253

           計           246,094       107,508        3,457      164,193        521,253

    セグメント利益又は
                       22,310       10,837      △ 10,789      △ 13,692         8,666
    セグメント損失(△)
     2.報告セグメントの利益又は損失の金額の合計額と四半期連結損益計算書計上額との差額及び当該差額の主な内容

      (差異調整に関する事項)
                                                (単位:千円)
               利 益                          金額
    報告セグメント計                                                8,666

    全社費用(注)                                              △142,140

    四半期連結損益計算書の営業損失(△)                                              △133,474

      (注)    全社費用は、主に報告セグメントに帰属しない一般管理費であります。
     3.報告セグメントごとの固定資産の減損損失又はのれん等に関する情報

      (のれんの金額の重要な変動)
      「リフォーム関連事業」セグメントにおいて、第1四半期連結会計期間に、株式会社なごみ設計の株式を取得し連
      結子会社化したことに伴い、のれんが93,042千円増加しております。
      (1株当たり情報)

       1株当たり四半期純損失金額及び算定上の基礎は次のとおりであります。
                          当第2四半期連結累計期間

             項目              (自    2020年4月1日
                           至   2020年9月30日       )
    1株当たり四半期純損失金額(△)(円)                                 △1.1
    (算定上の基礎)
    親会社株主に帰属する四半期純損失金額
                                   △110,847
    (△)(千円)
    普通株主に帰属しない金額(千円)                                  ─
    普通株式に係る親会社株主に帰属する
                                   △110,847
    四半期純損失金額(△)(千円)
    普通株式の期中平均株式数(千株)                                100,592
     (注)潜在株式調整後1株当たり四半期純利益金額については、潜在株式が存在しないため記載しておりません。
    2  【その他】

     該当事項はありません。
                                19/22



                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社エス・サイエンス(E01300)
                                                            四半期報告書
    第二部     【提出会社の保証会社等の情報】
     該当事項はありません。

                                20/22



















                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社エス・サイエンス(E01300)
                                                            四半期報告書
                    独立監査人の四半期レビュー報告書
                                                    2020年11月13日

    株式会社エス・サイエンス
     取締役会      御中
                       KDA監査法人
                        東京都中央区
                        指定社員

                                          関      本              享
                                   公認会計士                   印
                        業務執行社員
                        指定社員

                                          毛        利              優
                                   公認会計士                   印
                        業務執行社員
    監査人の結論

     当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、「経理の状況」に掲げられている株式会社エス・
    サイエンスの2020年4月1日から2021年3月31日までの連結会計年度の第2四半期連結会計期間(2020年7月1日から
    2020年9月30日まで)及び第2四半期連結累計期間(2020年4月1日から2020年9月30日まで)に係る四半期連結財務
    諸表、すなわち、四半期連結貸借対照表、四半期連結損益計算書、四半期連結包括利益計算書、四半期連結キャッ
    シュ・フロー計算書及び注記について四半期レビューを行った。
     当監査法人が実施した四半期レビューにおいて、上記の四半期連結財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認
    められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して、株式会社エス・サイエンス及び連結子会社の2020年9月30日現在
    の財政状態並びに同日をもって終了する第2四半期連結累計期間の経営成績及びキャッシュ・フローの状況を適正に表
    示していないと信じさせる事項が全ての重要な点において認められなかった。
    監査人の結論の根拠

     当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に準拠して四半期レビューを行っ
    た。四半期レビューの基準における当監査法人の責任は、「四半期連結財務諸表の四半期レビューにおける監査人の責
    任」に記載されている。当監査法人は、我が国における職業倫理に関する規定に従って、会社及び連結子会社から独立
    しており、また、監査人としてのその他の倫理上の責任を果たしている。当監査法人は、結論の表明の基礎となる証拠
    を入手したと判断している。
    四半期連結財務諸表に対する経営者並びに監査役及び監査役会の責任

     経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して四半期連結
    財務諸表を作成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない四半期連結財務諸
    表を作成し適正に表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     四半期連結財務諸表を作成するに当たり、経営者は、継続企業の前提に基づき四半期連結財務諸表を作成することが
    適切であるかどうかを評価し、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に基づいて
    継続企業に関する事項を開示する必要がある場合には当該事項を開示する責任がある。
     監査役及び監査役会の責任は、財務報告プロセスの整備及び運用における取締役の職務の執行を監視することにあ
    る。
                                21/22





                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社エス・サイエンス(E01300)
                                                            四半期報告書
    四半期連結財務諸表の四半期レビューにおける監査人の責任
     監査人の責任は、監査人が実施した四半期レビューに基づいて、四半期レビュー報告書において独立の立場から四半
    期連結財務諸表に対する結論を表明することにある。
    監査人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に従って、四半期レビューの過程を通じ
    て、職業的専門家としての判断を行い、職業的懐疑心を保持して以下を実施する。
    ・ 主として経営者、財務及び会計に関する事項に責任を有する者等に対する質問、分析的手続その他の四半期レ
    ビュー手続を実施する。四半期レビュー手続は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に準拠して実
    施される年度の財務諸表の監査に比べて限定された手続である。
    ・   継続企業の前提に関する事項について、重要な疑義を生じさせるような事象又は状況に関して重要な不確実性が認
    められると判断した場合には、入手した証拠に基づき、四半期連結財務諸表において、我が国において一般に公正妥当
    と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して、適正に表示されていないと信じさせる事項が認められないか
    どうか結論付ける。また、継続企業の前提に関する重要な不確実性が認められる場合は、四半期レビュー報告書におい
    て四半期連結財務諸表の注記事項に注意を喚起すること、又は重要な不確実性に関する四半期連結財務諸表の注記事項
    が適切でない場合は、四半期連結財務諸表に対して限定付結論又は否定的結論を表明することが求められている。監査
    人の結論は、四半期レビュー報告書日までに入手した証拠に基づいているが、将来の事象や状況により、企業は継続企
    業として存続できなくなる可能性がある。
    ・   四半期連結財務諸表の表示及び注記事項が、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作
    成基準に準拠していないと信じさせる事項が認められないかどうかとともに、関連する注記事項を含めた四半期連結財
    務諸表の表示、構成及び内容、並びに四半期連結財務諸表が基礎となる取引や会計事象を適正に表示していないと信じ
    させる事項が認められないかどうかを評価する。
    ・   四半期連結財務諸表に対する結論を表明するために、会社及び連結子会社の財務情報に関する証拠を入手する。監
    査人は、四半期連結財務諸表の四半期レビューに関する指示、監督及び実施に関して責任がある。監査人は、単独で監
    査人の結論に対して責任を負う。
    監査人は、監査役及び監査役会に対して、計画した四半期レビューの範囲とその実施時期、四半期レビュー上の重要な
    発見事項について報告を行う。
     監査人は、監査役及び監査役会に対して、独立性についての我が国における職業倫理に関する規定を遵守したこと、
    並びに監査人の独立性に影響を与えると合理的に考えられる事項、及び阻害要因を除去又は軽減するためにセーフガー
    ドを講じている場合はその内容について報告を行う。
    利害関係

     会社及び連結子会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はな
    い。
                                                      以  上
     (注)1.上記は四半期レビュー報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(四半期

         報告書提出会社)が別途保管しております。
        2.XBRLデータは四半期レビューの対象には含まれていません。
                                22/22







PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

書類提出日で検索

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2020年12月21日

新規上場の通知機能を追加しました。Myページにて通知の設定が行えます。

2020年9月22日

企業・投資家の個別ページに掲載情報を追加しました。また、併せて細かい改修を行いました。

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。

スポンサーリンク