株式会社ブリヂストン 四半期報告書 第102期第3四半期(令和2年7月1日-令和2年9月30日)

提出書類 四半期報告書-第102期第3四半期(令和2年7月1日-令和2年9月30日)
提出日
提出者 株式会社ブリヂストン
カテゴリ 四半期報告書

                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社ブリヂストン(E01086)
                                                            四半期報告書
    【表紙】
     【提出書類】                  四半期報告書

     【根拠条文】                  金融商品取引法第24条の4の7第1項

     【提出先】                  関東財務局長

     【提出日】                  2020年11月12日

                       第102期第3四半期(自 2020年7月1日 至 2020年9月30日)

     【四半期会計期間】
     【会社名】                  株式会社ブリヂストン

                       BRIDGESTONE       CORPORATION

     【英訳名】
                       取締役 代表執行役           CEO  石 橋 秀 一

     【代表者の役職氏名】
     【本店の所在の場所】                  東京都中央区京橋三丁目1番1号

                       03(6836)3162

     【電話番号】
                       G財務経理本部長              井 上 智 裕

     【事務連絡者氏名】
     【最寄りの連絡場所】                  東京都中央区京橋三丁目1番1号

                       03(6836)3162

     【電話番号】
                       G財務経理本部長              井 上 智 裕

     【事務連絡者氏名】
     【縦覧に供する場所】                  株式会社東京証券取引所

                        (東京都中央区日本橋兜町2番1号)

                       株式会社名古屋証券取引所

                        (名古屋市中区栄三丁目8番20号)

                       証券会員制法人福岡証券取引所

                        (福岡市中央区天神二丁目14番2号)

                                 1/56







                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社ブリヂストン(E01086)
                                                            四半期報告書
    第一部【企業情報】
    第1【企業の概況】
     1【主要な経営指標等の推移】
                               第101期           第102期

               回次               第3四半期           第3四半期            第101期
                             連結累計期間           連結累計期間
                            自  2019年1月1日         自  2020年1月1日         自  2019年1月1日

              会計期間
                            至  2019年9月30日         至  2020年9月30日         至  2019年12月31日
                                 2,623,725           2,148,941           3,507,243

     売上収益
                       百万円
     (第3四半期連結会計期間)                            ( 883,799    )       ( 793,471    )
                                  263,116           10,187          335,510
     税引前四半期(当期)利益                  百万円
     親会社の所有者に帰属する四半期
                                  188,557          △ 24,118          240,111
     (当期)利益又は損失(△)
                       百万円
     (第3四半期連結会計期間)                             ( 89,853   )       ( △ 2,074   )
     親会社の所有者に帰属する四半期
                                  124,166          △ 126,165           227,517
                       百万円
     (当期)包括利益
                                 2,246,027           2,131,713           2,349,378
     親会社の所有者に帰属する持分                  百万円
                                 4,149,955           4,111,558           4,277,016
     総資産額                  百万円
     基本的1株当たり四半期(当期)
                                  258.97          △ 34.25          332.31
     利益又は損失(△)
                        円
     (第3四半期連結会計期間)                             ( 126.30   )       ( △ 2.95  )
     希薄化後1株当たり四半期(当期)
                                  258.54          △ 34.25          331.76
                        円
     利益又は損失(△)
                        %           54.1           51.8           54.9
     親会社所有者帰属持分比率
                                  296,892           315,026           505,029
     営業活動によるキャッシュ・フロー                  百万円
                                 △ 257,029          △ 141,666          △ 261,875
     投資活動によるキャッシュ・フロー                  百万円
                                 △ 173,253           70,677         △ 240,458
     財務活動によるキャッシュ・フロー                  百万円
     現金及び現金同等物の四半期末
                                  289,426           661,106           432,924
                       百万円
     (期末)残高
     (注)    1 当社は要約四半期連結財務諸表を作成しておりますので、提出会社の主要な経営指標等の推移につきまして
          は、記載しておりません。
        2 売上収益は、消費税等抜きで表示しております。
        3 上記指標は、国際会計基準(以下「IFRS」という。)により作成された要約四半期連結財務諸表及び連結
          財務諸表に基づいております。
     2【事業の内容】

        当第3四半期連結累計期間において、当社グループが営む事業の内容について、重要な変更はありません。また、
      主要な関係会社に異動はありません。
        なお、第1四半期連結会計期間より報告セグメントの区分を変更しております。詳細は、「第4                                            経理の状況 
      1 要約四半期連結財務諸表 要約四半期連結財務諸表注記 6.事業セグメント」に記載のとおりであります。
                                 2/56




                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社ブリヂストン(E01086)
                                                            四半期報告書
    第2【事業の状況】
     1【事業等のリスク】
        当第3四半期連結累計期間において、前連結会計年度の有価証券報告書に記載した「事業等のリスク」について重
      要な変更があった事項は次のとおりです。
        また、以下の見出しに付された番号は、前連結会計年度の有価証券報告書における「第一部 企業情報 第2 事
      業の状況 2 事業等のリスク」の項目番号に対応したものであり、文中の下線部分が変更箇所です。
     (3)   事業活動中断のリスク

        ・災害、戦争・テロ・暴動、社会的・政治的混乱など
         当社グループは、開発・生産・流通・販売・調達などの事業活動をグローバルに展開しており、さまざまな国や
        地域における大規模な地震や風水害などの自然災害や、戦争・テロ・暴動、ボイコット、感染症、エネルギー供給
        障害、交通機能障害を含む社会的・政治的混乱などのリスクにさらされています。さらに、国内外における政治
        的・経済的条件の急激かつ大幅な変動などの要因により、当社グループの事業活動の継続に支障をきたす可能性が
        あり、その結果、当社グループの業績及び財政状態に悪影響を及ぼす可能性があります。
         当社グループの事業活動の中核として重要な拠点が多数所在している日本における地震災害リスクに対しては、
        当社グループは耐震診断の結果に基づき優先順位をつけて耐震補強工事を計画的に進めております。さらに、地震
        災害が発生した場合の迅速な初期対応の推進及び業務を早期に復旧継続させることを目的とした事業継続計画(B
        CP:Business        Continuity      Plan)の策定など、具体的に進めております。また、                        新型インフルエンザや新型コロ
        ナウイルスなどの未知なる病原体が引き起こす感染症の拡大に対しても、従業員・家族・関係者の生命と安全の確
        保を最優先しながら事業損失の最小化を図るための事業継続計画の策定を進めております。                                          しかしながら、実際に
        発生した場合には、操業の中断・縮小、施設等の損害、多額の復旧費用などにより、当社グループの業績及び財政
        状態に悪影響を及ぼす可能性があります。
         また、当社グループの特定商品や特定原材料を集中的に生産している拠点で事業活動の継続に支障をきたすよう
        な事態が生じた場合は、供給義務を果たせないことによる顧客からの信頼の喪失や賠償責任の追及につながる可能
        性もあり、その場合には、当社グループの業績及び財政状態に悪影響を及ぼす可能性があります。
                                 3/56










                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社ブリヂストン(E01086)
                                                            四半期報告書
     2【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】
       当社グループは、第1四半期連結会計期間よりIFRSを適用しており、前第3四半期連結累計期間及び前連結会
      計年度の数値もIFRSに組み替えて比較分析を行っております。また、文中の将来に関する事項は、当四半期報告
      書提出日現在において、判断したものであります。
      (1)   業績の状況

         第1四半期連結会計期間から、セグメント区分を変更しております。また、前年同期の数値について新たなセ
        グメント区分に組み替えたうえで、前年同期比の数値を計算しております。
        ①  業績全般

                                                  増減
                          当第3四半期         前第3四半期
                          連結累計期間         連結累計期間
                                              金額         比率
                               億円         億円         億円          %
                           21,489         26,237
       売上収益                                     △4,748            △18
                            1,184         2,572                   △54
       調整後営業利益                                     △1,388
                              434       2,791
       営業利益                                     △2,356            △84
                              102       2,631
       税引前四半期利益                                     △2,529            △96
       親会社の所有者に帰属する四半期利益
                             △241                             -
                                     1,886        △2,127
       又は損失(△)
       当第3四半期連結累計期間(2020年1月1日から2020年9月30日)の当社グループを取り巻く環境は、第1~2四半

      期における新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響によるグローバルでのタイヤ需要低迷後、第3四半期に入り
      ヒト・モノの移動制限緩和、経済活動再開などの動きが見られましたが、依然、COVID-19拡大前の水準までの回復に
      は至らず、前年に対し悪化しました。
       第3四半期はグローバルのタイヤ需要回復に伴い、生産・販売ともに大きく改善しましたが、対前年では未だ厳し
      い事業環境が継続しており、当社グループの当第3四半期連結累計期間の売上収益は21,489億円(前年同期比18%
      減)、調整後営業利益は1,184億円(前年同期比54%減)、営業利益は434億円(前年同期比84%減)、税引前四半期利益
      は102億円(前年同期比96%減)、親会社の所有者に帰属する四半期損益は241億円の損失(前年同期は1,886億円の利
      益)となりました。
       このような状況の下、当社はお客さま・従業員・関係者の生命と安全を最優先とした組織対応を継続しながらも、
      各地域でのタイヤ需要回復を捉えるべく生産・販売活動を本格的に再開しており、第2四半期に一時休業を実施した
      工場についても全拠点で既に操業再開の上、稼働率を段階的に引き上げております。加えて、財務面では引き続き、
      キャッシュオリエンテッド経営に基づく徹底した経費・コストコントロールを継続しております。
       また、当社は、この危機を中長期視点での改革の機会と捉えつつ、新たな経営体制での本質的競争力強化に着手し
      ております。第3四半期には「稼ぐ力の再構築」に向けた経費・コスト構造改革を強力に推進し、フランス・ベ
      チューン工場の閉鎖協議を9月に開始、また、南アフリカ・ポートエリザベス工場の11月での閉鎖を発表しました。
      さらに、中長期事業戦略の実行体制構築を見据えた独自のHRX計画を策定しており、今後、経営執行体制・人事制度
      の刷新に取り組んでまいります。
                                 4/56






                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社ブリヂストン(E01086)
                                                            四半期報告書
        ②  セグメント別業績
                                                  増減
                            当第3四半期        前第3四半期
                            連結累計期間        連結累計期間
                                              金額        比率
                                億円        億円        億円         %
                             5,268        6,668
               売上収益                             △1,401           △21
       日本
                               263        758
               調整後営業利益                               △495         △65
                            10,367        12,542
               売上収益                             △2,175           △17
       米州
                               875                        △38
               調整後営業利益                      1,407         △532
                             4,055        4,818
               売上収益                               △763         △16
       欧州・ロシア・
       中近東・イン
               調整後営業利益又は
                                                         -
                               △99        145       △245
       ド・アフリカ
               損失(△)
                             2,868        3,528
               売上収益                               △660         △19
       中国・アジア・
       大洋州
                               165                        △45
               調整後営業利益                        304       △138
                               876      1,375
               売上収益                               △499         △36
       その他
                               △84                          -
               調整後営業     損失(△)                   △48        △36
                            21,489        26,237
               売上収益                             △4,748           △18
       連結   合計
                             1,184        2,572
               調整後営業利益                             △1,388           △54
       当第3四半期連結累計期間(2020年1月1日から2020年9月30日)の各セグメントにおける業績は、第1四半期~第

      2四半期にかけてのCOVID-19によるグローバルでのタイヤ需要低迷後、第3四半期に入り一定の市況回復が見られま
      したが、対前年では未だ厳しい事業環境が継続し、以下のとおりとなりました。
      [日本]

       乗用車及び小型トラック用タイヤ並びにトラック・バス用タイヤの販売本数は前年同期を大幅に下回りました。こ
      の結果、売上収益は5,268億円(前年同期比21%減)となり、調整後営業利益は263億円(前年同期比65%減)となりまし
      た。
      [米州]

       北米タイヤ事業において、乗用車及び小型トラック用タイヤ、並びにトラック・バス用タイヤの販売本数は前年同
      期を大幅に下回りました。この結果、売上収益は10,367億円(前年同期比17%減)となり、調整後営業利益は875億円
      (前年同期比38%減)となりました。
      [欧州・ロシア・中近東・インド・アフリカ]

       欧州では、乗用車及び小型トラック用タイヤ、並びにトラック・バス用タイヤの販売本数は前年同期を大幅に下回
      りました。この結果、売上収益は4,055億円(前年同期比16%減)となり、調整後営業損益は99億円の損失(前年同期は
      145億円の利益)となりました。
      [中国・アジア・大洋州]

       乗用車及び小型トラック用タイヤ、並びにトラック・バス用タイヤの販売本数は前年同期を大幅に下回りました。
      この結果、売上収益は2,868億円(前年同期比19%減)となり、調整後営業利益は165億円(前年同期比45%減)となりま
      した。
      (注)   セグメント別の金額はセグメント間の取引を含んでおり、連結合計の金額はそれらを消去した後の数値であり

         ます。
                                 5/56




                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社ブリヂストン(E01086)
                                                            四半期報告書
      (2)   財政状態の状況
         当第3四半期連結会計期間末における財政状態の状況は以下のとおりであります。
        (資産)

         資産合計は、現金及び現金同等物が2,282億円増加したものの、営業債権及びその他の債権が818億円、棚卸資産

        が1,140億円、有形固定資産が1,321億円、それぞれ減少したことなどから、前連結会計年度末に比べ1,655億円減
        少し、41,116億円となりました。
        (負債)

         負債合計は、営業債務及びその他の債務が1,193億円、未払法人所得税等が200億円、それぞれ減少したものの、

        流動負債の社債及び借入金が1,938億円増加したことなどから、前連結会計年度末に比べ614億円増加し、19,360億
        円となりました。
        (資本)

         資本合計は、その他の資本の構成要素が994億円、配当金(親会社の所有者)により915億円、親会社の所有者に

        帰属する四半期損失の計上により241億円、それぞれ減少したことなどから、前連結会計年度末に比べ2,269億円減
        少し、21,756億円となりました。
         その結果、親会社所有者帰属持分比率は、51.8%となり、前連結会計年度末に比べ3.1ポイントの減少となりま

        した。
                                 6/56












                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社ブリヂストン(E01086)
                                                            四半期報告書
      (3)   キャッシュ・フローの状況
                                                   増減
                             当第3四半期          前第3四半期
                             連結累計期間          連結累計期間
                                                   金額
                                   億円          億円          億円
                                          2,969
       営業活動によるキャッシュ・フロー                        3,150                     +181
                              △1,417
       投資活動によるキャッシュ・フロー                                  △2,570          +1,154
       財務活動によるキャッシュ・フロー                           707       △1,733          +2,439
                                            △88
       現金及び現金同等物に係る換算差額                         △159                     △70
       現金及び現金同等物の増減額                        2,282         △1,422          +3,704
                                4,329          4,339
       現金及び現金同等物の          期首残高                                     △10
       売却目的で保有する資産に含まれる現金
                                    -        △23
                                                      + 23
       及び現金同等物
                                6,611          2,894
       現金及び現金同等物の第3四半期末残高                                            +3,717
       当第3四半期連結累計期間における当社グループの現金及び現金同等物(以下「資金」)は、全体で2,282億円増加

      (前年同期は1,445億円の減少)し、当第3四半期連結累計期間末には6,611億円となりました。
      (営業活動によるキャッシュ・フロー)

       営業活動による資金収支は、3,150億円の収入(前年同期比181億円の収入増)となりました。これは、営業債務及び
      その他の債務の減少額672億円(前年同期は627億円の減少)や、法人所得税の支払額611億円(前年同期は694億円)
      などがあったものの、税引前四半期利益102億円(前年同期は2,631億円)や、減価償却費及び償却費1,995億円(前年同
      期は2,014億円)、営業債権及びその他の債権の減少額524億円(前年同期は228億円の増加)、棚卸資産の減少額
      1,017億円(前年同期は216億円の増加)などがあったことによるものです。
      (投資活動によるキャッシュ・フロー)

       投資活動による資金収支は、1,417億円の支出(前年同期比1,154億円の支出減)となりました。これは、有形固定資
      産の取得による支出1,493億円(前年同期は2,018億円)などによるものです。
      (財務活動によるキャッシュ・フロー)

       財務活動による資金収支は707億円の収入(前年同期は1,733億円の支出)となりました。これは、短期借入金の返済
      による支出2,072億円(前年同期は177億円)や、リース負債の返済による支出423億円(前年同期は404億円)、配当金の
      支払額(親会社の所有者)914億円(前年同期は1,176億円)などがあったものの、短期借入れによる収入3,027億円
      (前年同期は1,050億円)や、長期借入れによる収入1,167億円(前年同期は4億円)などによるものです。
                                 7/56








                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社ブリヂストン(E01086)
                                                            四半期報告書
      (4)   経営方針・経営戦略等並びに事業上及び財務上の対処すべき課題
         当社グループを取り巻く事業環境は、国際関係・政治・経済・環境問題・技術革新といったあらゆる面で大転
        換期にあり、また頻発する自然災害や感染症問題により、社会構造や消費者意識も大きく変化していると認識し
        ております。
         こうした中、当社グループは、2020年からを第三の創業(Bridgestone                                  3.0)と位置づけ、新たなチャプターへ
        と踏み出しております。創業者の経営理念である「最高の品質で社会に貢献」という変わらぬ「使命」を果たす
        ため、「2050年にサステナブルなソリューションカンパニーとして社会価値・顧客価値を持続的に提供している
        会社であり続ける」ことをビジョンとし、それを実現するための中長期事業戦略に沿って経営を進めておりま
        す。
         当社グループは、サステナビリティを経営の中核に据え、社会・お客様・パートナーの皆様と新たな価値の共
        創に取り組んでおります。当社グループの「強みと特性(コアコンピタンス)」を活かしたイノベーションでソ
        リューションを提供し、お客様の困りごとの解決や人々の生活の質(Quality                                    of  life)の向上に貢献することで
        新たな価値を創造するとともに、地域社会や地球との共生に向けて、社会課題の解決やSDGsの達成に積極的
        に貢献してまいります。このように、当社グループ独自のソリューション活動を通じて社会価値と顧客価値を両
        立させながら創造し、それを拡大していくことで競争優位性の獲得にもつなげ、社会・お客様・パートナーの皆
        様と共に持続的な成長を目指していくのが、当社の描くサステナビリティを中核とした新たな成長戦略です。
         この事業戦略の中核となる当社グループ独自のソリューションのプラットフォーム「Bridgestone                                              T&DPaaS
        (Bridgestone       Tire   and  Diversified      Products     as  a Solution)」を本格的に推進し、タイヤ・ゴム事業をさら
        に強化して確固たる地位を築きながらソリューション事業を推進拡大することによって、モビリティシステム全
        体を支えてまいります。
         また、COVID-19の拡大に対しては、当社グループは、お客様・お取引先様、従業員やその家族、地域社会の安
        全・安心を最優先に、関係機関と連携して感染拡大の抑止に努めてまいります。また、自社で生産する簡易マス
        クを生産拠点のある各地域へ提供する等、当社グループの資産や技術を活用した取り組みを通じて社会・地域に
        積極的に貢献してまいります。
         最後に、当社グループのブリヂストンサイクル株式会社において、同社が2003年9月から2015年5月に製造し
        ましたハンドルロック「一発二錠」を搭載した自転車・電動アシスト自転車について、ハンドルロックケースの
        破損などが原因で錠が誤作動し、走行時にハンドル操作が出来なくなることによる事故が発生しています。対象
        製品については、2019年6月より無償点検・改修を実施しております。当社グループは今回の件を真摯に受け止
        め、引き続き安心・安全をお客様にご提供してまいります。
        (注)   「一発二錠」とは、ハンドルロック(前錠)と後輪錠(サークロック)を組み合わせた錠前システムで、後輪錠

           (サークロック)の施錠・開錠と連動してハンドルロック(前錠)も施錠・開錠します。
      (5)   研究開発活動

         当第3四半期連結累計期間におけるグループ全体の研究開発費は712億円であります。
         また、当第3四半期連結累計期間における研究開発活動の状況の重要な変更は次のとおりであります。
         (研究成果)

        ①  鉱山の生産性向上に貢献する建設・鉱山車両用タイヤ「Bridgestone                                MASTERCORE(マスターコア)」を開発
          内製スチールコードをはじめとした素材、構造、製造技術を含む当社独自の新技術を結集し、断トツの高耐久
         性能を実現させた強靭なタイヤ「Bridgestone                     MASTERCORE」を開発しました。お客様ごとに異なる鉱山現場やオ
         ペレーション計画に合わせて「カスタマイズ」することで、最適な性能を提供し、車両稼働時間の最大化や車両
         運搬効率の向上といったお客様の生産性向上に貢献できると考えています。
        ②  車両走行中の安全性を高めるタイヤモニタリングシステムをマイクロソフトコーポレーションと協働で開発

          より安全なクルマ社会の実現に向けて、Microsoft                         Connected     Vehicle    Platformを活用し、走行中のタイヤト
         ラブルをリアルタイムで検出することで、ドライバーに危険を知らせることができる世界初のモニタリングシス
         テムを開発しました。当システムはドライバーへ危険を認知させるだけでなく、道路管理者等に道路のくぼみや
         その他危険要因の存在を通知することができます。また、道路トラブル情報を近隣車両とクラウド上で共有する
         ことによりタイヤトラブルを未然に回避するなど、将来の自動運転化に貢献できると考えています。
                                 8/56



                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社ブリヂストン(E01086)
                                                            四半期報告書
      (6)   生産、受注及び販売の実績
        ①  生産実績
          当第3四半期連結累計期間における生産実績をセグメントごとに示すと、次のとおりであります。
                セグメントの名称                       金額(百万円)             前年同期比(%)
                   日本                     362,790             △14.7

                   米州                     757,126             △24.3

          欧州・ロシア・中近東・インド・アフリカ                              315,339             △27.0

               中国・アジア・大洋州                         214,817             △25.2

                  その他                      33,391              △4.3

                   合計                    1,683,463               △22.8

        (注)   1 金額は、販売価格によっております。
          2 金額には、消費税等は含まれておりません。
        ②  受注実績

          当社グループは、少数の特殊製品(特殊ホース等)について受注生産を行うほかは、すべて見込生産でありま
         す。
        ③  販売実績

          当第3四半期連結累計期間における販売実績をセグメントごとに示すと、次のとおりであります。
                セグメントの名称                       金額(百万円)             前年同期比(%)
                   日本                     405,970             △21.4

                   米州                    1,032,431               △17.2

          欧州・ロシア・中近東・インド・アフリカ                              399,990             △15.8

               中国・アジア・大洋州                         250,291             △18.0

                  その他                      60,228             △24.4

                 全社又は消去                          32           + 8.0

                   合計                    2,148,941               △18.1

        (注)   金額には、消費税等は含まれておりません。
      (7)   主要な設備

        設備の新設、除却等の計画
         当第3四半期連結累計期間において、「欧州・ロシア・中近東・インド・アフリカ」セグメントにおける
        BRIDGESTONE      FRANCE    S.A.S.は、2020年9月に同社が保有するべチューン工場の閉鎖に向けて関係者と協議を開始
        しております。
     3【経営上の重要な契約等】

        該当事項はありません。
                                 9/56





                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社ブリヂストン(E01086)
                                                            四半期報告書
    第3【提出会社の状況】
     1【株式等の状況】
      (1)【株式の総数等】
        ①【株式の総数】
                 種類                        発行可能株式総数(株)

                普通株式                          1,450,000,000

                  計                         1,450,000,000

        ②【発行済株式】

               第3四半期会計期間末

                                      上場金融商品取引所名
                           提出日現在発行数(株)
                現在発行数(株)
        種類                              又は登録認可金融商品               内容
                            (2020年11月12日)
                (2020年9月30日)                      取引業協会名
                                      東京証券取引所

                                      名古屋証券取引所
                    713,698,221            713,698,221
       普通株式                               福岡証券取引所            単元株式数100株
                                      東京、名古屋は市場
                                      第一部に上場
                    713,698,221            713,698,221

         計                                  -           -
      (2)【新株予約権等の状況】

        ①【ストックオプション制度の内容】
          該当事項はありません。
        ②【その他の新株予約権等の状況】

          該当事項はありません。
      (3)【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

          該当事項はありません。
      (4)【発行済株式総数、資本金等の推移】

                 発行済株式       発行済株式                     資本準備金       資本準備金

                               資本金増減額        資本金残高
         年月日        総数増減数        総数残高                      増減額        残高
                                (百万円)       (百万円)
                  (千株)       (千株)                     (百万円)       (百万円)
      自 2020年7月1日
                      -     713,698          -     126,354          -     122,079
      至 2020年9月30日
      (5)【大株主の状況】

          当四半期会計期間は第3四半期会計期間であるため、記載事項はありません。
                                10/56






                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社ブリヂストン(E01086)
                                                            四半期報告書
      (6)【議決権の状況】
         当第3四半期会計期間末日現在の「議決権の状況」については、株主名簿の記載内容が確認できないため、記
        載することができないことから、直前の基準日(2020年6月30日)に基づく株主名簿による記載をしております。
        ①【発行済株式】

                                                (2020年6月30日現在)
                         株式数(株)            議決権の数(個)
            区分                                       内容
                                -             -       -
     無議決権株式
     議決権制限株式(自己株式等)                           -             -       -
     議決権制限株式(その他)                           -             -       -

                     (自己保有株式)
                                            -
                            9,580,000
                     普通株式
     完全議決権株式(自己株式等)                                              -
                     (相互保有株式)
                                            -
                             10,000
                     普通株式
     完全議決権株式(その他)                      703,829,000              7,038,290           -
                     普通株式
                             279,221               -       -
     単元未満株式                普通株式
                           713,698,221                 -       -
     発行済株式総数
                                -         7,038,290           -
     総株主の議決権
     (注)   1 「完全議決権株式(その他)」欄の株式数には、株式会社証券保管振替機構名義の株式が1,600株含まれてお
          ります。
        2 「完全議決権株式(その他)」及び「総株主の議決権」欄の議決権の数には、いずれも株式会社証券保管振替
          機構名義の株式に係る議決権が16個含まれております。
        ②【自己株式等】

                                                (2020年6月30日現在)
                                自己名義      他人名義      所有株式数      発行済株式総数
        所有者の氏名
                               所有株式数      所有株式数       の合計      に対する所有
                     所有者の住所
         又は名称
                                 (株)      (株)      (株)    株式数の割合(%)
                  東京都中央区京橋
                                9,580,000          -   9,580,000           1.34
     ㈱ブリヂストン
                  三丁目1番1号
     ブリヂストンタイヤ
                  長野県松本市小屋南
                                 10,000        -    10,000          0.00
     長野販売㈱
                  二丁目18番20号
                                9,590,000          -   9,590,000           1.34
           計
                       -
                                11/56








                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社ブリヂストン(E01086)
                                                            四半期報告書
     2【役員の状況】
       前事業年度の有価証券報告書提出日後、当四半期累計期間における役員の異動は、次のとおりであります。
            新役職名                   旧役職名               氏名       異動年月日
     取締役
                        取締役
     兼 BSEMIA         Supervisory      Board
                        代表執行役      COO 兼 社長
                                            江 藤 彰 洋        2020年7月1日
     Chair
                        兼 BSJP分掌
     代表執行役      Global       COO
     兼 Global         CAO           代表執行役      副会長
                                            東   正 浩        2020年7月1日
     兼 BSJP分掌 BSJP              C EO・     Gソリューション戦略・財務・人事分掌
                        兼 G直需戦略分掌
     日本事業社長
     兼 日本タイヤ事業管掌
     (注)   1 江藤彰洋は、2020年6月30日付で代表執行役及び執行役を退任しております。
        2 略称の意味は、次のとおりであります。
          CAO   :Chief    Administration        Officer
                                12/56
















                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社ブリヂストン(E01086)
                                                            四半期報告書
    第4【経理の状況】
     1.要約四半期連結財務諸表の作成方法について
       当社の要約四半期連結財務諸表は、「四半期連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(平成19年内
      閣府令第64号)第93条の規定により、国際会計基準第34号「期中財務報告」に準拠して作成しております。
     2.監査証明について

       当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第3四半期連結会計期間(2020年7月1日から2020年
      9月30日まで)及び第3四半期連結累計期間(2020年1月1日から2020年9月30日まで)に係る要約四半期連結財務諸
      表について、有限責任監査法人トーマツによる四半期レビューを受けております。
     3.連結財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組み及びIFRSに基づいて連結財務諸表等

       を適正に作成することができる体制の整備について
       当社は、連結財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組み及びIFRSに基づいて連結財務諸表等を適正に
      作成することができる体制の整備を行っております。その内容は以下のとおりであります。
      (1)  会計基準等の内容を適切に把握し、連結財務諸表等に反映できる体制を整備するため、公益財団法人財務会計基
        準機構に加入し、情報収集を行うと共に、同財団法人等が主催する各種セミナーに参加しております。
      (2 ) IFRSに基づく適正な連結財務諸表を作成するために、IFRSに準拠したグループ会計方針を作成し、これ
        に基づいて会計処理を行っております。グループ会計方針は、国際会計基準審議会が公表するプレスリリースや基
        準書を随時入手し、最新の基準の把握及び当社への影響の検討を行った上で、適時に内容の更新を行っておりま
        す。
                                13/56














                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社ブリヂストン(E01086)
                                                            四半期報告書
     1【要約四半期連結財務諸表】
      (1)【要約四半期連結財政状態計算書】
                                                   当第3四半期
                                移行日         前連結会計年度
                                                   連結会計期間
                         注記
                             (2019年1月1日)           (2019年12月31日)
                                                  (2020年9月30日)
                                百万円           百万円           百万円
     資産
      流動資産
                                  433,916           432,924           661,106
       現金及び現金同等物
                                  781,916           755,344           673,580
       営業債権及びその他の債権
                                  645,924           630,162           516,169
       棚卸資産
                          18         25,867           14,311           6,607
       その他の金融資産
                                   78,435           80,643           73,861
       その他の流動資産
       小計                          1,966,059           1,913,385           1,931,322
                                   1,788           5,023          13,366
       売却目的で保有する非流動資産
      流動資産合計                           1,967,847           1,918,408           1,944,688
      非流動資産
                          8       1,515,042           1,555,170           1,423,091
       有形固定資産
                                  322,670           298,569           295,104
       使用権資産
                                   41,382           98,346           96,726
       のれん
                                   49,710          113,664           114,075
       無形資産
                          9        48,014           47,071           22,941
       持分法で会計処理されている投資
                          18        217,306           140,462           112,382
       その他の金融資産
                                   57,379           60,711           61,193
       繰延税金資産
                                   33,327           44,616           41,359
       その他の非流動資産
                                 2,284,830           2,358,608           2,166,870
      非流動資産合計
                                 4,252,677           4,277,016           4,111,558
     資産合計
                                14/56











                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社ブリヂストン(E01086)
                                                            四半期報告書
                                                   当第3四半期

                                移行日         前連結会計年度
                                                   連結会計期間
                         注記
                             (2019年1月1日)           (2019年12月31日)
                                                  (2020年9月30日)
                                百万円           百万円           百万円
     負債及び資本
      負債
       流動負債
                                  497,173           453,069           333,720
        営業債務及びその他の債務
                         10,18         191,556           135,442           329,195
        社債及び借入金
                                   52,097           52,827           52,030
        リース負債
                                   35,404           51,506           31,490
        未払法人所得税等
                          18         24,996           27,628           22,080
        その他の金融負債
                                   33,080           34,931           52,227
        引当金
                                  123,190           138,980           161,520
        その他の流動負債
                                  957,495           894,383           982,261
        小計
        売却目的で保有する非流動資産に
                                     -          953           11
        直接関連する負債
       流動負債合計                           957,495           895,336           982,272
       非流動負債
                         10,18         209,977           405,514           412,481
        社債及び借入金
                                  271,179           250,685           248,879
        リース負債
                          18         11,824           12,937           11,297
        その他の金融負債
                                  207,928           211,619           200,147
        退職給付に係る負債
                                   24,212           23,348           19,972
        引当金
                                   46,613           44,243           29,312
        繰延税金負債
                                   29,077           30,856           31,626
        その他の非流動負債
                                  800,810           979,203           953,715
       非流動負債合計
                                 1,758,306           1,874,539           1,935,987
      負債合計
      資本
                                  126,354           126,354           126,354
       資本金
                                  121,998           121,998           122,030
       資本剰余金
                          11        △ 32,648         △ 232,330          △ 38,680
       自己株式
                                  118,815           42,661          △ 56,745
       その他の資本の構成要素
                                 2,105,280           2,290,696           1,978,754
       利益剰余金
       親会社の所有者に帰属する持分合計                          2,439,799           2,349,378           2,131,713
                                   54,572           53,099           43,858
       非支配持分
                                 2,494,371           2,402,477           2,175,572
      資本合計
                                 4,252,677           4,277,016           4,111,558
     負債及び資本合計
                                15/56







                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社ブリヂストン(E01086)
                                                            四半期報告書
      (2)【要約四半期連結損益計算書】
        【第3四半期連結累計期間】
                                 前第3四半期連結累計期間               当第3四半期連結累計期間
                                  (自 2019年1月1日              (自 2020年1月1日
                            注記
                                  至 2019年9月30日)               至 2020年9月30日)
                                     百万円              百万円
                            6,13            2,623,725              2,148,941
     売上収益
                                        1,631,035              1,389,818
     売上原価
     売上総利益                                    992,690              759,123
                             14            744,912              655,193
     販売費及び一般管理費
                             15             41,560               7,875
     その他の収益
                                          10,249              68,358
                            9,15
     その他の費用
     営業利益                                    279,089               43,447
                             16             10,541               5,216
     金融収益
                             16             23,369              17,332
     金融費用
                             9               -            18,322
     持分法株式に係る減損損失
                                         △ 3,143             △ 2,821
     持分法による投資損益(△は損失)
     税引前四半期利益                                    263,116               10,187
                                          69,023              31,620
     法人所得税費用
                                         194,093              △ 21,432
     四半期利益又は損失(△)
     四半期利益又は損失(△)の帰属

                                         188,557              △ 24,118
      親会社の所有者
                                          5,537              2,685
      非支配持分
                                         194,093              △ 21,432
      四半期利益又は損失(△)
     1株当たり四半期利益又は損失(△)

      基本的1株当たり四半期利益又は損失(△)
                             17             258.97              △ 34.25
      (円)
      希薄化後1株当たり四半期利益又は損失
                             17             258.54              △ 34.25
      (△)(円)
                                16/56










                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社ブリヂストン(E01086)
                                                            四半期報告書
        【第3四半期連結会計期間】
                                 前第3四半期連結会計期間               当第3四半期連結会計期間
                                  (自 2019年7月1日              (自 2020年7月1日
                            注記
                                  至 2019年9月30日)               至 2020年9月30日)
                                     百万円              百万円
                                         883,799              793,471
     売上収益
                                         538,763              507,559
     売上原価
     売上総利益                                    345,035              285,912
                                         242,187              220,492
     販売費及び一般管理費
                                          31,224               4,989
     その他の収益
                                          3,435              46,724
     その他の費用
     営業利益                                    130,638               23,685
                                          2,067              1,102
     金融収益
                                          7,008              4,366
     金融費用
                                            -             △ 120
     持分法株式に係る減損損失
                                          △ 195              798
     持分法による投資損益(△は損失)
                                         125,501               21,339
     税引前四半期利益
                                          33,935              21,778
     法人所得税費用
                                          91,566               △ 439
     四半期利益又は損失(△)
     四半期利益又は損失(△)の帰属

                                          89,853              △ 2,074
      親会社の所有者
                                          1,713              1,635
      非支配持分
                                          91,566               △ 439
      四半期利益又は損失(△)
     1株当たり四半期利益又は損失(△)

      基本的1株当たり四半期利益又は損失(△)
                             17             126.30              △ 2.95
      (円)
      希薄化後1株当たり四半期利益又は損失
                             17             126.09              △ 2.95
      (△)(円)
                                17/56










                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社ブリヂストン(E01086)
                                                            四半期報告書
      (3)【要約四半期連結包括利益計算書】
        【第3四半期連結累計期間】
                                 前第3四半期連結累計期間               当第3四半期連結累計期間
                                  (自 2019年1月1日              (自 2020年1月1日
                             注記
                                  至 2019年9月30日)               至 2020年9月30日)
                                     百万円              百万円
     四半期利益又は損失(△)                                    194,093              △ 21,432
     その他の包括利益

      純損益に振り替えられることのない項目
       その他の包括利益を通じて測定する金融資産
                                          △ 169            △ 4,772
       の公正価値の純変動
                                          △ 559            △ 8,407
       確定給付制度の再測定
       持分法適用会社におけるその他の包括利益に
                                           △ 6             △ 4
       対する持分
      純損益に振り替えられることのない項目合計                                    △ 734            △ 13,182
      純損益に振り替えられる可能性のある項目

                                         △ 60,827             △ 93,105
       在外営業活動体の換算差額
       キャッシュ・フロー・ヘッジの公正価値の変
                                          △ 445              586
       動額の有効部分
       持分法適用会社におけるその他の包括利益に
                                         △ 1,624             △ 1,773
       対する持分
                                         △ 62,897             △ 94,292
      純損益に振り替えられる可能性のある項目合計
                                         △ 63,631             △ 107,474

      税引後その他の包括利益
                                         130,463             △ 128,906

     四半期包括利益
     四半期包括利益の帰属

                                         124,166             △ 126,165
      親会社の所有者
                                          6,297             △ 2,741
      非支配持分
                                         130,463             △ 128,906
      四半期包括利益
                                18/56









                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社ブリヂストン(E01086)
                                                            四半期報告書
        【第3四半期連結会計期間】
                                 前第3四半期連結会計期間               当第3四半期連結会計期間
                                  (自 2019年7月1日              (自 2020年7月1日
                             注記
                                  至 2019年9月30日)               至 2020年9月30日)
                                     百万円              百万円
     四半期利益又は損失(△)                                     91,566               △ 439
     その他の包括利益

      純損益に振り替えられることのない項目
       その他の包括利益を通じて測定する金融資産
                                           187             4,096
       の公正価値の純変動
                                          △ 115              102
       確定給付制度の再測定
       持分法適用会社におけるその他の包括利益に
                                           △ 6              1
       対する持分
                                            66             4,199
      純損益に振り替えられることのない項目合計
      純損益に振り替えられる可能性のある項目

                                         △ 26,332             △ 19,630
       在外営業活動体の換算差額
       キャッシュ・フロー・ヘッジの公正価値の変
                                          △ 853              134
       動額の有効部分
       持分法適用会社におけるその他の包括利益に
                                          △ 647             △ 901
       対する持分
                                         △ 27,832             △ 20,397
      純損益に振り替えられる可能性のある項目合計
                                         △ 27,766             △ 16,198

      税引後その他の包括利益
                                          63,800             △ 16,637

     四半期包括利益
     四半期包括利益の帰属

                                          62,022             △ 16,475
      親会社の所有者
                                          1,778              △ 162
      非支配持分
                                          63,800             △ 16,637
      四半期包括利益
                                19/56










                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社ブリヂストン(E01086)
                                                            四半期報告書
      (4)【要約四半期連結持分変動計算書】
          前第3四半期連結累計期間(自 2019年1月1日 至 2019年9月30日)
                                  親会社の所有者に帰属する持分
                                            その他の資本の構成要素
                                                       その他の
                                                 キャッシュ
                                                       包括利益を
                                                  ・フロー
                                             在外          通じて測定
                      資本金     資本剰余金      自己株式
                                                 ・ヘッジの
                                      新株予約権      営業活動体            する金融
                                                 公正価値の
                                            の換算差額           資産の公正
                                                  変動額の
                                                        価値の
                                                  有効部分
                                                        純変動
                   注記
                      百万円      百万円      百万円      百万円      百万円      百万円      百万円
     2019年1月1日残高                  126,354      121,998     △ 32,648      3,452       -    1,742     113,620
      四半期利益                   -      -      -      -      -      -      -
                         -      -      -      -   △ 62,107     △ 1,412      △ 175
      その他の包括利益
     四半期包括利益合計
                         -      -      -      -   △ 62,107     △ 1,412      △ 175
      自己株式の取得                   -      -   △ 200,002        -      -      -      -

      自己株式の処分                   -      -     245     △ 152      -      -      -
      配当金             12      -      -      -      -      -      -      -
      その他の資本の構成要素から
                         -      -      -      -      -      -   △ 18,977
      利益剰余金への振替
                         -      -      -      -      -      -      -
      その他の増減
     所有者との取引額等合計                    -      -   △ 199,758      △ 152      -      -   △ 18,977
                       126,354      121,998     △ 232,406      3,301    △ 62,107       330    94,468
     2019年9月30日残高
                          親会社の所有者に帰属する持分

                      その他の資本の構成要素
                                            非支配持分       合計
                                 利益剰余金       合計
                     確定給付制度
                            合計
                      の再測定
                   注記
                      百万円      百万円      百万円      百万円      百万円      百万円
     2019年1月1日残高                    -   118,815     2,105,280      2,439,799       54,572    2,494,371
      四半期利益                   -      -   188,557      188,557      5,537     194,093
                        △ 697   △ 64,391       -   △ 64,391       760   △ 63,631
      その他の包括利益
     四半期包括利益合計
                        △ 697   △ 64,391     188,557      124,166      6,297     130,463
      自己株式の取得                   -      -    △ 233   △ 200,236        -   △ 200,236

      自己株式の処分                   -    △ 152     △ 93     △ 0     -     △ 0
      配当金             12      -      -   △ 117,701     △ 117,701      △ 9,442    △ 127,143
      その他の資本の構成要素から
                        697   △ 18,280      18,280       -      -      -
      利益剰余金への振替
                         -      -      -      -    △ 134     △ 134
      その他の増減
     所有者との取引額等合計                    697   △ 18,432     △ 99,748    △ 317,937      △ 9,576    △ 327,513
                         -    35,992    2,194,089      2,246,027       51,293    2,297,320
     2019年9月30日残高
                                20/56





                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社ブリヂストン(E01086)
                                                            四半期報告書
          当第3四半期連結累計期間(自 2020年1月1日 至 2020年9月30日)
                                  親会社の所有者に帰属する持分
                                            その他の資本の構成要素
                                                       その他の
                                                 キャッシュ
                                                       包括利益を
                                                  ・フロー
                                             在外          通じて測定
                      資本金     資本剰余金      自己株式
                                                 ・ヘッジの
                                      新株予約権      営業活動体            する金融
                                                 公正価値の
                                            の換算差額           資産の公正
                                                  変動額の
                                                        価値の
                                                  有効部分
                                                        純変動
                   注記
                      百万円      百万円      百万円      百万円      百万円      百万円      百万円
     2020年1月1日残高
                       126,354      121,998     △ 232,330      3,275    △ 18,968      △ 325    58,678
      四半期利益又は損失(△)                   -      -      -      -      -      -      -
                         -      -      -      -   △ 91,067      1,021     △ 4,775
      その他の包括利益
     四半期包括利益合計
                         -      -      -      -   △ 91,067      1,021     △ 4,775
      自己株式の取得                   -      -     △ 2     -      -      -      -

      自己株式の処分             11      -      -   193,652      △ 140      -      -      -
      配当金             12      -      -      -      -      -      -      -
      支配の喪失とならない子会社
                         -      32      -      -      -      -      -
      に対する所有者持分の変動
      その他の資本の構成要素から
                         -      -      -      -      -      -   △ 4,445
      利益剰余金への振替
      その他の増減                   -      -      -      -      -      -      -
     所有者との取引額等合計
                         -      32   193,650      △ 140      -      -   △ 4,445
                       126,354      122,030     △ 38,680      3,135    △ 110,035       697    49,458
     2020年9月30日残高
                          親会社の所有者に帰属する持分

                      その他の資本の構成要素
                                            非支配持分       合計
                                 利益剰余金       合計
                     確定給付制度
                            合計
                      の再測定
                   注記
                      百万円      百万円      百万円      百万円      百万円      百万円
     2020年1月1日残高                    -    42,661    2,290,696      2,349,378       53,099    2,402,477
      四半期利益又は損失(△)                   -      -   △ 24,118     △ 24,118      2,685    △ 21,432
                       △ 7,226    △ 102,047        -   △ 102,047      △ 5,427    △ 107,474
      その他の包括利益
     四半期包括利益合計
                       △ 7,226    △ 102,047     △ 24,118    △ 126,165      △ 2,741    △ 128,906
      自己株式の取得                   -      -      -     △ 2     -     △ 2

      自己株式の処分             11      -    △ 140   △ 193,512        0     -      0
      配当金             12      -      -   △ 91,531     △ 91,531     △ 7,345    △ 98,875
      支配の喪失とならない子会社
                         -      -      -      32    1,039      1,071
      に対する所有者持分の変動
      その他の資本の構成要素から
                        7,226      2,781     △ 2,781       -      -      -
      利益剰余金への振替
                         -      -      -      -    △ 194     △ 194
      その他の増減
     所有者との取引額等合計                   7,226      2,641    △ 287,824     △ 91,500     △ 6,499    △ 98,000
                         -   △ 56,745    1,978,754      2,131,713       43,858    2,175,572
     2020年9月30日残高
                                21/56




                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社ブリヂストン(E01086)
                                                            四半期報告書
      (5)【要約四半期連結キャッシュ・フロー計算書】
                                 前第3四半期連結累計期間               当第3四半期連結累計期間
                                  (自 2019年1月1日              (自 2020年1月1日
                            注記
                                  至 2019年9月30日)               至 2020年9月30日)
                                     百万円              百万円
     営業活動によるキャッシュ・フロー
                                         263,116               10,187
      税引前四半期利益
                                         201,444              199,472
      減価償却費及び償却費
                                          2,235              35,146
      減損損失
      未払賞与の増減額(△は減少)                                    8,565              8,207
      退職給付に係る負債の増減額(△は減少)                                    3,882             △ 13,698
                                         △ 10,540              △ 4,908
      受取利息及び受取配当金
                                          12,186              10,523
      支払利息
                                            -            18,322
      持分法株式に係る減損損失
      持分法による投資損益(△は益)                                    3,143              2,821
      固定資産売却損益(△は益)                                   △ 29,258              △ 2,011
                                          2,675              25,897
      事業・工場再編費用
                                          2,225              1,407
      固定資産除却損
      営業債権及びその他の債権の増減額(△は増
                                         △ 22,821              52,369
      加)
      棚卸資産の増減額(△は増加)                                   △ 21,575              101,722
      営業債務及びその他の債務の増減額(△は減
                                         △ 62,660             △ 67,195
      少)
      未払消費税等の増減額(△は減少)                                   △ 6,710              11,698
      返金負債の増減額(△は減少)                                    15,611              15,070
                                          5,460             △ 23,290
      その他
               小計                           366,979              381,738
                                          10,399               5,134
      利息及び配当金の受取額
                                         △ 11,109             △ 10,770
      利息の支払額
                                         △ 69,377             △ 61,076
      法人所得税の支払額
      営業活動によるキャッシュ・フロー                                   296,892              315,026
     投資活動によるキャッシュ・フロー
                                        △ 201,789             △ 149,259
      有形固定資産の取得による支出
                                          33,530               8,260
      有形固定資産の売却による収入
                                         △ 8,548             △ 10,919
      無形資産の取得による支出
                                          24,662               9,328
      投資有価証券の売却による収入
                                         △ 2,146             △ 4,354
      長期貸付けによる支出
      連結の範囲の変更を伴う子会社株式の取得に
                                        △ 110,992              △ 1,860
      よる支出
                                          8,253              7,137
      その他
                                        △ 257,029             △ 141,666
      投資活動によるキャッシュ・フロー
                                22/56






                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社ブリヂストン(E01086)
                                                            四半期報告書
                                 前第3四半期連結累計期間               当第3四半期連結累計期間

                                  (自 2019年1月1日              (自 2020年1月1日
                            注記
                                  至 2019年9月30日)               至 2020年9月30日)
                                     百万円              百万円
     財務活動によるキャッシュ・フロー
                                         105,006              302,695
      短期借入れによる収入
                                         △ 17,713             △ 207,208
      短期借入金の返済による支出
                                           393            116,700
      長期借入れによる収入
                                         △ 23,597               △ 271
      長期借入金の返済による支出
                                         200,000                 -
      社債の発行による収入
                                         △ 70,000                -
      社債の償還による支出
                                         △ 40,378             △ 42,327
      リース負債の返済による支出
                                        △ 200,002                △ 2
      自己株式の取得による支出
      配当金の支払額(親会社の所有者)                                  △ 117,592              △ 91,449
      配当金の支払額(非支配持分)                                   △ 9,531             △ 7,453
                                           161              △ 7
      その他
                                        △ 173,253               70,677
      財務活動によるキャッシュ・フロー
                                         △ 8,820             △ 15,856
     現金及び現金同等物に係る換算差額
     現金及び現金同等物の増減額(△は減少)
                                        △ 142,210              228,181
                                         433,916              432,924
     現金及び現金同等物の期首残高
     売却目的で保有する資産に含まれる現金及び現
                                         △ 2,280                -
     金同等物
                                         289,426              661,106
     現金及び現金同等物の四半期末残高
                                23/56












                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社ブリヂストン(E01086)
                                                            四半期報告書
      【要約四半期連結財務諸表注記】
        1.報告企業
          株式会社ブリヂストン(以下、当社)は、日本に所在する株式会社であります。2020年9月30日に終了する9ヶ
         月間の当社の要約四半期連結財務諸表は、当社及びその子会社(以下、当社グループ)、並びに当社の関連会社及
         び共同支配企業に対する持分により構成されております。
          当社グループの事業内容は、注記「6.事業セグメント」に記載しております。
        2.作成の基礎

         (1)  IFRSに準拠している旨及び初度適用に関する事項
           当社グループの要約四半期連結財務諸表は、「四半期連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規
          則」(平成19年内閣府令第64号)第1条の2に掲げる「指定国際会計基準特定会社」の要件を満たすことから、
          同第93条の規定により、国際会計基準(IAS)第34号「期中財務報告」に準拠して作成しております。
           本要約四半期連結財務諸表は、2020年11月12日に当社取締役 代表執行役                                   CEO 石橋 秀一及び当社執

          行役員    財務担当・Global C             F O 菱沼 直樹によって承認されております。
           当社グループは、2020年12月31日に終了する連結会計年度の第1四半期からIFRSを初めて適用しており

          ます。IFRSへの移行日(以下、移行日)は2019年1月1日であり、当社グループはIFRSへの移行にあた
          り、IFRS第1号「国際財務報告基準の初度適用」(以下、IFRS第1号)を適用しております。移行日及
          び比較会計期間において、IFRSへの移行が当社グループの財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの
          状況に与える影響は、注記「21.初度適用」に記載しております。
         (2 ) 測定の基礎

           当社グループの要約四半期連結財務諸表は、公正価値で測定されている金融商品等を除き、取得原価を基礎
          として作成しております。
         (3 ) 機能通貨及び表示通貨

           当社グループの要約四半期連結財務諸表は、当社の機能通貨である日本円を表示通貨としており、百万円未
          満を四捨五入して表示しております。
        3.重要な会計方針

          当社グループが適用した重要な会計方針は、当連結会計年度の第1四半期連結会計期間(2020年1月1日から
         2020年3月31日まで)に係る要約四半期連結財務諸表注記に記載しております。
                                24/56









                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社ブリヂストン(E01086)
                                                            四半期報告書
        4.重要な会計上の見積り及び見積りを伴う判断
          要約四半期連結財務諸表の作成において、会計方針の適用並びに資産、負債、収益及び費用の報告額に影響を
         及ぼす判断、見積り及び仮定を設定することが義務付けられております。実際の結果は、これらの見積りとは異
         なる場合があります。
          見積り及びその基礎となる仮定は継続して見直しております。会計上の見積りの変更は、見積りが変更された
         会計期間及び将来の会計期間において影響を与えております。
          見積り及び判断を行った項目のうち、以下は要約四半期連結財務諸表の金額に重要な影響を与えております。

          ・非金融資産の減損         (注記「9.非金融資産の減損」)
          ・繰延税金資産の回収可能性
          ・引当金
          ・確定給付制度債務の測定
          ・金融商品の公正価値測定            (注記「18.公正価値測定」)
          将来にわたり重要性のある修正を生じさせる重要なリスクがある仮定及び見積りは主として以下のとおりで
         す。
          非金融資産(有形固定資産、使用権資産、無形資産、のれん、持分法で会計処理されている投資)の減損及び
         繰延税金資産の回収可能性については、                  COVID-19    の影響を考慮して見積り及び判断を行っております。当社グ
         ループは、     COVID-19    の影響について、各地域において、需要の回復状況、環境変化に鑑み、個別に影響を見積
         もっておりますが、         最長で翌々連結会計年度にかけて直接的な影響を及ぼすと仮定しております。有形固定資
         産、使用権資産、無形資産、のれん、持分法                    で 会計処理されている投資及び繰延税金資産の当第3四半期連結会
         計期間末の残高は要約四半期連結財務諸表を、有形固定資産及び持分法                                 で 会計処理されている投資の減損に関し
         ては、注記「9.非金融資産の減損」をご参照下さい。
        5.未適用の公表済み基準書及び解釈指針

          要約四半期連結財務諸表の承認日までに公表されている基準書及び解釈指針の新設又は改定のうち、当社グ
         ループで早期適用していない基準等において、当社グループの要約四半期連結財務諸表に重要な影響を及ぼすも
         のはありません。
                                25/56












                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社ブリヂストン(E01086)
                                                            四半期報告書
        6.事業セグメント
         (1)  報告セグメントの概要
           当社グループの報告セグメントは、当社グループの構成単位のうち分離された財務情報が入手可能であり、
          取締役会が、経営資源の配分の決定及び業績を評価するために、定期的に検討を行う対象となっているもので
          あります。
           第1四半期連結会計期間より、当社グループの経営管理上の区分である戦略的事業ユニット(SBU)別での
          事業損益としてより適切な業績開示を行うことを目的とし、従来2つの「事業別セグメント」及び4つの「所
          在地別セグメント」にて切り分けていた開示セグメント区分を、「日本」「米州」「欧州・ロシア・中近東・
          インド・アフリカ」「中国・アジア・大洋州」の4区分に統合しております。上記の新セグメント区分におい
          て、タイヤ・チューブの製造及び販売、タイヤ関連用品の販売、リトレッド材料の製造及び販売・関連技術の
          供与、自動車整備・補修、化工品、BSAM多角化等の事業を行っております。
         (2 ) セグメント収益及び業績

           当社グループの報告セグメントによる継続事業からの収益及び業績は、以下のとおりであります。取締役会
          は、収益と調整後営業利益を検討のうえ、セグメント業績を評価し、経営資源の配分を決定しております。な
          お、セグメント間の内部売上収益又は振替高は、主に第三者間取引価格もしくは総原価を基に販売価格を決定
          しております。また、前第3四半期連結累計期間については、(1)に記載の変更後の区分に基づき組み替えて
          おります。
           前第3四半期連結累計期間(自 2019年1月1日 至 2019年9月30日)

                                                      (単位:百万円)
                          報告セグメント
                            欧州・
                                             その他     全社又は
                                                        連結計
                            ロシア・      中国・
                                             (注1)      消去
                 日本      米州     中近東・      アジア・       計
                            インド・      大洋州
                            アフリカ
     売上収益
      外部収益
                 516,703     1,247,514      474,768      305,076     2,544,061       79,635       29   2,623,725
      セグメント間収益
                 150,142      6,658      7,021     47,697     211,518      57,846    △ 269,365        -
       収益合計           666,846     1,254,172      481,788      352,773     2,755,579      137,481     △ 269,335     2,623,725
     セグメント損益
      調整後営業利益又は損失
                  75,804     140,697      14,525      30,357     261,383      △ 4,758      581    257,206
      (△)
           当第3四半期連結累計期間(自 2020年1月1日 至 2020年9月30日)

                                                      (単位:百万円)
                          報告セグメント
                            欧州・
                                             その他     全社又は
                            ロシア・      中国・                      連結計
                                             (注1)      消去
                 日本      米州     中近東・      アジア・       計
                            インド・      大洋州
                            アフリカ
     売上収益
      外部収益            405,970     1,032,431      399,990      250,291     2,088,682       60,228       32   2,148,941
      セグメント間収益            120,822      4,265      5,489     36,496     167,072      27,401    △ 194,473        -
       収益合計
                 526,792     1,036,697      405,479      286,786     2,255,754       87,629    △ 194,441     2,148,941
     セグメント損益
      調整後営業利益又は損失
                  26,301      87,546     △ 9,947     16,547     120,448      △ 8,391      6,393     118,449
      (△)
     (注1)    「その他」には、当社が行っているスポーツ用品事業、自転車事業等を含んでおります。
                                26/56




                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社ブリヂストン(E01086)
                                                            四半期報告書
           調整後営業利益から税引前四半期利益への調整表
                                                     (単位:百万円)
                                前第3四半期連結累計期間              当第3四半期連結累計期間
                                 ( 自 2019年1月1日              ( 自 2020年1月1日
                                  至 2019年9月30日)              至 2020年9月30日)
     調整後営業利益(注2)                                    257,206              118,449
      調整項目(収益)(注3)                                    27,331                33
      調整項目(費用)(注         5 )                           5,447              75,035

                                         279,089               43,447

     営業利益
                                          10,541               5,216
     金融収益
                                          23,369              17,332
     金融費用
                                            -            18,322
     持分法株式に係る減損損失
     持分法による投資損益(△は損失)                                    △ 3,143             △ 2,821
                                         263,116               10,187

     税引前四半期利益
     (注2)    調整後営業利益は、営業利益から調整項目(収益及び費用)を除外しております。
     (注3)    調整項目(収益)の主な内訳は、以下のとおりです。

                                                     ( 単位:百万円      )
                                前第3四半期連結累計期間              当第3四半期連結累計期間
                                 ( 自 2019年1月1日              ( 自 2020年1月1日
                                  至 2019年9月30日)              至 2020年9月30日)
                                            59
     受取保険金                                                      4
                                            20
     事業・工場再編収益                                                     29
     その他一時的かつ多額の収益                                 (注4)     27,252                -
     調整項目(収益)                                     27,331

                                                          33
     (注4)    土地の売却益を計上しております。
     (注5)    調整項目(費用)の主な内訳は、以下のとおりです。

                                                     ( 単位:百万円      )
                                前第3四半期連結累計期間              当第3四半期連結累計期間
                                 ( 自 2019年1月1日              ( 自 2020年1月1日
                                  至 2019年9月30日)              至 2020年9月30日)
                                          2,235
     減損損失                                               (注6) 35,146
     売上原価(災害損失)
                                            -        (注  7 ) 11,193
     その他の費用(災害損失)                                      537
                                                    (注  8 )  2,798
     事業・工場再編費用                                 (注9) 2,675              (注10) 25,897
     調整項目(費用)                                     5,447              75,035
     (注6)    減損損失の主な内訳は、有形固定資産の減損38,300百万円(内、5,148百万円は事業・工場再編費用へ計上)で
         す。詳細は注記「9.非金融資産の減損」に記載されております。
     (注7)    主に  COVID-19    の拡大防止のために政府や地方自治体による要請や声明等により、工場等の操業を停止した際、
         当該停止期間中に発生した固定費等を計上しております。
     (注8)    主にCOVID-19の拡大防止のために政府や地方自治体による要請や声明等により、販売店等の営業を停止した
         際、当該停止期間中に発生した固定費や、イベントの開催を中止した際、当該イベント開催の準備及び中止の
         ために直接要した費用等を計上しております。
     (注9)    主に海外の原材料工場を売却した事に関連する費用を計上しております。
     (注10)    主に海外のタイヤ工場の閉鎖に向けて協議を開始した事に伴い関連する引当等及びユニットバス事業を譲渡し
         た事等の費用を計上しております。なお、(注6)に記載のとおり、有形固定資産の減損損失5,148百万円が含ま
         れております。
                                27/56


                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社ブリヂストン(E01086)
                                                            四半期報告書
        7.企業結合
          前第3四半期連結累計期間(自 2019年1月1日 至 2019年9月30日                                )
          (1)  企業結合の概要

          ①  被取得企業の名称及びその事業の内容
            被取得企業の名称  TOMTOM              TELEMATICS      B.V.(2019年10月1日付でWEBFLEET                 SOLUTIONS     B.V.に社名変
                      更)
            事業の内容     デジタルフリートソリューション事業
          ②  取得日
            2019年4月1日
          ③  取得した議決権付資本持分の割合
            100%
          ④  企業結合を行った主な理由
             取得したデジタルフリートソリューション事業は、運送及びパーソナルモビリティ分野で業界をリード
            するデータプラットフォームを有し、ドライバーや運行状況に関する様々なデータの管理・提供を通じ
            て、ドライバーや運送業者の安全性・効率性・生産性の向上に貢献します。今後は、このデジタルフリー
            トソリューション事業と、当社がこれまで培ってきたタイヤに関する知見、当社がグローバルに展開する
            サービスネットワークを融合し、ソリューションビジネスの展開を更に加速していきます。
          ⑤  被取得企業の支配の獲得方法
            現金を対価とする株式の取得
          (2 ) 取得日現在における支払対価、取得資産及び引受負債の公正価値

                                             (単位:百万円)
                                              金額
                                                 113,575
            支払対価の公正価値(現金)
            取得資産及び引受負債の公正価値
                                                  4,230
             現金及び現金同等物
             営業債権及びその他の債権                                     1,839
             棚卸資産                                     1,216
                                                  1,660
             有形固定資産
                                                  66,867
             無形資産
                                                   184
             その他の資産
                                                 △18,500
             営業債務及びその他の債務
                                                  57,497
            取得資産及び引受負債の公正価値(純額)
                                                  56,078
            のれん
             当該企業結合に係る取得関連費用は1,620百万円であり、すべて要約四半期連結損益計算書の「販売費

            及び一般管理費」に計上しております。
             のれんは、今後の事業展開により期待される超過収益力であります。

          ( 3 ) 債権の公正価値

             取得した営業債権及びその他の債権の公正価値は以下のとおりであります。
                                             (単位:百万円)
                                              金額
            契約金額の総額                                      2,144
            回収不能見込額                                       305
            営業債権及びその他の債権の公正価値                                      1,839
                                28/56




                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社ブリヂストン(E01086)
                                                            四半期報告書
          (4 ) 取得に伴うキャッシュ・フロー
                                             (単位:百万円)
                                              金額
            取得により支出した現金及び現金同等物                                     113,575
            取得時に被取得会社が保有していた現金及び現金同等物                                      4,230
            子会社の取得による支出                                     109,345
          (5 ) 業績に与える影響

             当該企業結合に係る取得日以降の損益情報及び当該企業結合が期首に実施されたと仮定した場合の損益
            情報は、要約四半期連結財務諸表に与える影響額に重要性がないため開示しておりません。
          当第3四半期連結累計期間(自 2020年1月1日 至 2020年9月30日                                )

           該当事項はありません。

        8.有形固定資産

          有形固定資産の取得の金額は、前第3四半期連結累計期間において、168,163百万円、当第3四半期連結累計
         期間において、113,914百万円であります。
          有形固定資産に係る減損損失の金額は、前第3四半期連結累計期間において、2,235百万円、当第3四半期連
         結累計期間において、38,300百万円であります。なお、詳細は注記「9.非金融資産の減損」に記載されており
         ます。
        9.非金融資産の減損

         (有形固定資産の減損)
          当第3四半期連結累計期間に認識した有形固定資産に係る減損損失38,300百万円は、主に以下の理由によるも
         のです。
         (1)  「欧州・ロシア・中近東・インド・アフリカ」セグメント

           有形固定資産(ロシアにおける事業用資産)に関して、COVID-19の影響等、事業環境が変化し、想定された
          収益が見込めなくなったため、当該資産の帳簿価額を回収可能額まで9,993百万円減額したことによるもので
          す。当該資産の回収可能額は使用価値により測定しており、将来キャッシュ・フローを割引率10.3%で割り引
          いて算定しております。また、当減損損失は要約四半期連結損益計算書の「その他の費用」に計上しておりま
          す。
         (2)  「中国・アジア・大洋州」セグメント

           有形固定資産(中国における事業用資産)に関して、COVID-19の影響等、事業環境が変化し、想定された収
          益が見込めなくなったため、当該資産の帳簿価額を回収可能額まで19,347百万円減額したことによるもので
          す。当該資産の回収可能額は処分コスト控除後の公正価値により測定しており、主にマーケットアプローチを
          用いた第三者による評価額等に基づき算定しております。公正価値のヒエラルキーはレベル3であります。ま
          た、当減損損失は要約四半期連結損益計算書の「その他の費用」に計上しております。
         ( 持分法で会計処理されている投資の減損)

          当第3四半期連結累計期間に認識した持分法で会計処理されている投資に係る減損損失18,322百万円は、主に
         「米州」セグメントにおける共同支配企業であるTIREHUB,                           LLC宛の投資に関して、COVID-19の影響等、事業環境
         が変化し、想定された収益が見込めなくなったため、当該資産の帳簿価額を回収可能価額まで17,160百万円減額
         したことによるものです。当該資産の回収可能価額は使用価値により測定しており、将来キャッシュ・フローを
         割引率11.5%で割り引いて算定しております。また、当減損損失は要約四半期連結損益計算書の「持分法株式に
         係る減損損失」に計上しております。
                                29/56




                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社ブリヂストン(E01086)
                                                            四半期報告書
        10.社債
          前第3四半期連結累計期間(自 2019年1月1日 至 2019年9月30日)
           発行した社債は以下のとおりであります。
                                    発行総額        利率
      会社名          銘柄          発行年月日                          償還期限
                                    (百万円)        (%)
                                       50,000        0.1

     当社       第12回無担保社債           2019年4月19日                          2024年4月19日
                                       50,000        0.2
     当社       第13回無担保社債           2019年4月19日                          2026年4月17日
                                      100,000        0.4
     当社       第14回無担保社債           2019年4月19日                          2029年4月19日
                                      200,000
     合計
          償還した社債は以下のとおりであります。

                                    発行総額        利率
      会社名          銘柄          発行年月日                          償還期限
                                    (百万円)        (%)
                                       70,000        0.2

     当社       第8回無担保社債           2014年9月26日                          2019年9月26日
                                       70,000
     合計
          当第3四半期連結累計期間(自 2020年1月1日 至 2020年9月30日)

           当第3四半期連結累計期間において、社債の発行及び償還はありません。
        11.資本及びその他の資本項目

          当社は、2019年2月15日開催の取締役会決議に基づき、2020年1月21日付で、自己株式47,838,200株の消却を
         実施いたしました。
        12.配当金

         (1)配当金支払額
          前第3四半期連結累計期間            ( 自 2019年1月1日 至 2019年9月30日                   )

                                  1株当たり
                株式の種類        配当金の総額                   基準日         効力発生日
                                   配当額
     ( 決議  )
                          百万円          円
     2019年3月22日
                            60,145           80
               普通株式                           2018年12月31日          2019年3月25日
     定時株主総会
     2019年8月9日
                            57,556           80
               普通株式                           2019年6月30日          2019年9月2日
     取締役会
          当第3四半期連結累計期間            ( 自 2020年1月1日 至 2020年9月30日                   )

                                  1株当たり
                株式の種類        配当金の総額                   基準日         効力発生日
                                   配当額
     ( 決議  )
                          百万円          円
     2020年3月24日
               普通株式             56,325           80   2019年12月31日          2020年3月25日
     定時株主総会
     2020年8月7日
               普通株式             35,206           50   2020年6月30日          2020年9月1日
     取締役会
                                30/56




                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社ブリヂストン(E01086)
                                                            四半期報告書
        13.売上収益
          収益の分解
           売上収益の内訳は以下のとおりであります。
          前第3四半期連結累計期間(自              2019年1月1日 至          2019年9月30日)
                                                      (単位:百万円)
                          報告セグメント
                            欧州・
                                                  全社又は
                            ロシア・      中国・           その他           連結計
                                                   消去
                 日本      米州     中近東・      アジア・       計
                            インド・      大洋州
                            アフリカ
     タイヤ             347,685     1,048,745      471,300      302,168     2,169,898       23,241       29   2,193,169
     その他   (注1  )        169,019      198,769      3,467      2,908     374,163      56,393       -   430,556
      外部収益 合計            516,703     1,247,514      474,768      305,076     2,544,061       79,635       29   2,623,725
      顧客との契約から認識
                 516,703     1,239,420      461,560      298,540     2,516,224       79,635       29   2,595,888
      した収益
      その他の源泉から認識
                    -    8,094     13,207      6,536     27,837       -      -    27,837
      した収益   (注2  )
     (注1)    「その他」には、当社が行っている化工品、BSAM多角化、スポーツ用品、自転車事業等を含んでおりま
         す。
     (注2)    その他の源泉から認識した収益には、IFRS第16号「リース」(以下、IFRS第16号)に基づくリース収益
         が含まれております。
          当第3四半期連結累計期間(自              2020年1月1日 至          2020年9月30日)

                                                      (単位:百万円)
                          報告セグメント
                            欧州・
                                                  全社又は
                            ロシア・      中国・           その他           連結計
                                                   消去
                 日本      米州     中近東・      アジア・       計
                            インド・      大洋州
                            アフリカ
     タイヤ             272,764      843,326      397,688      248,383     1,762,161       11,668       32   1,773,861
     その他(注1)             133,205      189,105      2,302      1,908     326,521      48,559       -   375,080
      外部収益 合計
                 405,970     1,032,431      399,990      250,291     2,088,682       60,228       32   2,148,941
      顧客との契約から認識
                 405,970     1,027,142      390,445      246,430     2,069,987       60,228       32   2,130,246
      した収益
      その他の源泉から認識
                    -    5,289      9,545      3,860     18,694       -      -    18,694
      した収益   (注2)
     (注1)    「その他」には、当社が行っている化工品、BSAM多角化、スポーツ用品、自転車事業等を含んでおりま
         す。
     (注2)    その他の源泉から認識した収益には、IFRS第16号に基づくリース収益が含まれております                                           。
                                31/56







                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社ブリヂストン(E01086)
                                                            四半期報告書
        14.販売費及び一般管理費
          「販売費及び一般管理費」の内訳は、以下のとおりであります。
                                                     ( 単位:百万円)
                                前第3四半期連結累計期間              当第3四半期連結累計期間

                                 ( 自 2019年1月1日              ( 自 2020年1月1日
                                  至 2019年9月30日         )     至 2020年9月30日         )
                                         137,162

     販売運賃                                                   113,131
                                          84,850
     広告宣伝費及び販売促進費                                                   65,230
                                         208,755
     従業員給付費用                                                   197,273
                                          66,085
     減価償却費及び償却費                                                   67,158
     研究開発費(注       )                              78,481
                                                        71,238
                                         169,578
     その他                                                   141,163
                                         744,912
                 合計                                       655,193
     (注)   費用として認識される研究開発費はすべて販売費及び一般管理費に含めております。
        15.その他の収益及びその他の費用

          「その他の収益」及び「その他の費用」の内訳は、以下のとおりであります。
         (1)  その他の収益
                                                     ( 単位:百万円)
                                前第3四半期連結累計期間              当第3四半期連結累計期間

                                 ( 自 2019年1月1日              ( 自 2020年1月1日
                                  至 2019年9月30日)              至 2020年9月30日)
                                       (注) 29,258                  2,011

     固定資産売却益
                                           595             1,675
     固定資産圧縮損・交付金・補助金
                                          5,644
     和解金・賠償金                                                     801
                                          6,062
     その他                                                    3,387
                                          41,560
                 合計                                        7,875
     (注)   主として、土地の売却益であります。
         (2 ) その他の費用

                                                     ( 単位:百万円)
                                前第3四半期連結累計期間              当第3四半期連結累計期間

                                 ( 自 2019年1月1日              ( 自 2020年1月1日
                                  至 2019年9月30日)              至 2020年9月30日)
     減損損失(注1)                                     2,235              35,146

     事業・工場再編費用         (注2)                            2,675              25,897

                                          2,225              1,407

     固定資産除却損
                                                         1,045
     撤去解体費                                     1,348
                                          1,766              4,863
     その他
                 合計                         10,249              68,358

     (注1)    「 減損損失    」 の主な内容は、注記「9.非金融資産の減損」に記載されております。
     (注2)    「事業・工場再編費用」           の主な内容は、注記「6.事業セグメント」に記載されております。
                                32/56



                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社ブリヂストン(E01086)
                                                            四半期報告書
        16.金融収益及び金融費用
          「金融収益」及び「金融費用」の内訳は、以下のとおりであります。
         (1)  金融収益
                                                     ( 単位:百万円)
                                前第3四半期連結累計期間              当第3四半期連結累計期間

                                 ( 自 2019年1月1日              ( 自 2020年1月1日
                                  至 2019年9月30日)              至 2020年9月30日)
     受取利息(注)

                                          5,709              3,087
     受取配当金(注)
                                          4,831              1,821
     その他                                       0             308

                 合計                         10,541               5,216

         (2)  金融費用

                                                     ( 単位:百万円)
                                前第3四半期連結累計期間              当第3四半期連結累計期間

                                 ( 自 2019年1月1日              ( 自 2020年1月1日
                                  至 2019年9月30日)              至 2020年9月30日)
     支払利息(注)

                                          12,186              10,523
     確定給付制度に係る純利息                                     4,034              2,887

     為替差損                                     4,468              1,329

     その他                                     2,681              2,594

                 合計                         23,369              17,332

     (注)   「受取利息」及び「支払利息」は、償却原価で測定する金融資産及び金融負債に係るものであります。
        また、「受取配当金」は、その他の包括利益を通じて公正価値で測定する金融資産に係るものであります。
                                33/56











                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社ブリヂストン(E01086)
                                                            四半期報告書
        17.1株当たり利益
         (1)  基本的1株当たり四半期利益又は損失(△)
           基本的1株当たり四半期利益又は損失(△)及びその算定上の基礎は、次のとおりであります。
                                前第3四半期連結累計期間              当第3四半期連結累計期間
                                 (自 2019年1月1日              (自 2020年1月1日
                                  至 2019年9月30日)              至 2020年9月30日)
     親会社の所有者に帰属する四半期利益又は損失(△)
                                         188,557              △24,118
     (百万円)
     親会社の普通株主に帰属しない四半期利益(百万円)                                       -              -
     基本的1株当たり四半期利益又は損失(△)の計算に使
                                         188,557              △24,118
     用する四半期利益又は損失(△)(百万円)
     加重平均普通株式数(千株)                                    728,108              704,102
     基本的1株当たり四半期利益又は損失(△)(円)                                     258.97              △34.25

                                前第3四半期連結会計期間              当第3四半期連結会計期間

                                 (自 2019年7月1日              (自 2020年7月1日
                                  至 2019年9月30日)              至 2020年9月30日)
     親会社の所有者に帰属する四半期利益又は損失(△)
                                          89,853              △2,074
     (百万円)
     親会社の普通株主に帰属しない四半期利益(百万円)                                       -              -
     基本的1株当たり四半期利益又は損失(△)の計算に使
                                          89,853              △2,074
     用する四半期利益又は損失(△)(百万円)
     加重平均普通株式数(千株)                                    711,430              704,119
     基本的1株当たり四半期利益又は損失(△)(円)                                     126.30              △2.95

         (2)  希薄化後1株当たり四半期利益又は損失(△)

           希薄化後1株当たり四半期利益又は損失(△)及びその算定上の基礎は、次のとおりであります。
                                前第3四半期連結累計期間              当第3四半期連結累計期間
                                 (自 2019年1月1日              (自 2020年1月1日
                                  至 2019年9月30日)              至 2020年9月30日)
     基本的1株当たり四半期利益又は損失(△)の計算に使
                                         188,557              △24,118
     用する四半期利益又は損失(△)(百万円)
     四半期利益調整額(百万円)                                       -              -
     希薄化後1株当たり四半期利益又は損失(△)の計算に
                                         188,557              △24,118
     使用する四半期利益又は損失(△)(百万円)
     加重平均普通株式数(千株)                                    728,108              704,102
     普通株式増加数

      ストック・オプションによる増加(千株)                                    1,202                -
     希薄化後の加重平均普通株式数(千株)                                    729,310              704,102

     希薄化後1株当たり四半期利益又は損失(△)(円)                                     258.54              △34.25

                                34/56





                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社ブリヂストン(E01086)
                                                            四半期報告書
                                前第3四半期連結会計期間              当第3四半期連結会計期間
                                 (自 2019年7月1日              (自 2020年7月1日
                                  至 2019年9月30日)              至 2020年9月30日)
     基本的1株当たり四半期利益又は損失(△)の計算に使
                                          89,853              △2,074
     用する四半期利益又は損失(△)(百万円)
     四半期利益調整額(百万円)                                       -              -
     希薄化後1株当たり四半期利益又は損失(△)の計算に
                                          89,853              △2,074
     使用する四半期利益又は損失(△)(百万円)
     加重平均普通株式数(千株)                                    711,430              704,119
     普通株式増加数

      ストック・オプションによる増加(千株)                                    1,180                -
     希薄化後の加重平均普通株式数(千株)                                    712,611              704,119

     希薄化後1株当たり四半期利益又は損失(△)(円)                                     126.09              △2.95

     (注1)    当第3四半期連結累計期間において、ストック・オプション1,090千株は逆希薄化効果を有するため、希薄化後
         1株当たり四半期損失の計算に含めておりません。
     (注2)    当第3四半期連結会計期間において、ストック・オプション1,090千株は逆希薄化効果を有するため、希薄化後
         1株当たり四半期損失の計算に含めておりません。
                                35/56














                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社ブリヂストン(E01086)
                                                            四半期報告書
        18.公正価値測定
         (1)  金融商品の公正価値ヒエラルキーは、用いられる評価技法へのインプットに基づいて、以下の3つのレベル
          に分類しております。
           レベル1:活発に取引される市場の公表価格により測定された公正価値
           レベル2:レベル1以外の、観察可能な価格を直接、又は間接的に使用して算出された公正価値
           レベル3:観察不能なインプットを含む評価技法から算出された公正価値
           公正価値で測定される主な金融商品の測定方法は、以下のとおりであります。

           (ⅰ)デリバティブ資産及びデリバティブ負債
             デリバティブ資産及びデリバティブ負債は、それぞれその他の金融資産及び金融負債に含まれ、純損益
            を通じて公正価値で測定される金融資産及び金融負債に分類しております。これらは為替予約、通貨ス
            ワップ及び金利スワップ等であり、主に外国為替相場や金利等の観察可能なインプットを用いたモデルに
            基づき測定しております。
           (ⅱ)株式
             株式はその他の金融資産に含まれ、その他の包括利益を通じて公正価値で測定される金融資産に分類し
            ております。株式については、レベル1に区分されているものは活発な市場で取引されている上場株式で
            あり、取引所の市場価格によって評価しております。レベル3に区分されているものは非上場株式であ
            り、主として純資産に基づく評価モデル(株式発行会社の純資産に基づき、時価評価により修正すべき事
            項がある場合は修正した金額により、企業価値を測定する方法)等により測定しております。
           公正価値で測定される金融商品の公正価値ヒエラルキーは以下のとおりであります。

           移行日(2019年1月1日)

                    レベル1           レベル2           レベル3
                                                      合計
                     百万円           百万円           百万円           百万円
                          -         7,471            -         7,471
     デリバティブ資産
                       167,770             -         8,035          175,805
     株式
                       167,770            7,471           8,035          183,276
     合計
     デリバティブ負債
                          -         2,739            -         2,739
                          -         2,739            -         2,739
     合計
           前連結会計年度(2019年12月31日)

                    レベル1           レベル2           レベル3
                                                      合計
                     百万円           百万円           百万円           百万円
     デリバティブ資産                     -         4,223            -         4,223
                        88,966             -         9,559          98,525
     株式
                        88,966           4,223           9,559          102,748
     合計
     デリバティブ負債
                          -         6,307            -         6,307
                          -         6,307            -         6,307
     合計
           当第3四半期連結会計期間(2020年9月30日)

                    レベル1           レベル2           レベル3
                                                      合計
                     百万円           百万円           百万円           百万円
     デリバティブ資産                     -         3,470            -         3,470
                        73,538             -         9,923          83,461
     株式
                        73,538           3,470           9,923
                                                        86,931
     合計
     デリバティブ負債
                          -         3,970            -         3,970
                          -         3,970            -         3,970
     合計
           公正価値ヒエラルキーのレベル間の振替は、振替のあった報告期間末において認識しております。なお、前

          連結会計年度及び当第3四半期連結会計期間において、レベル1とレベル2の間の振替はありません。
                                36/56



                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社ブリヂストン(E01086)
                                                            四半期報告書
           前第3四半期連結累計期間及び当第3四半期連結累計期間において、レベル3のインプットを使用して経常
          的に公正価値で測定される資産及び負債の期首から期末までの変動は次のとおりであります。
                                前第3四半期連結累計期間               当第3四半期連結累計期間
                                 (自 2019年1月1日               (自 2020年1月1日
                                 至 2019年9月30日)               至 2020年9月30日)
                                    百万円               百万円
                                          8,035
     期首残高                                                    9,559
     利得及び損失合計
      その他の包括利益(注1)                                    △267
                                                         △655
                                          1,583
     購入                                                     405
                                           △6
     売却及び回収                                                    △12
     レベル3からの振替(注2)                                      △2
                                                          -
                                          △180
                                                          627
     その他
                                          9,163
                                                         9,923
     期末残高
          (注1)    要約四半期連結包括利益計算書の「その他の包括利益を通じて測定する金融資産の公正価値の純変

             動」に含まれております。
          (注2)    前第3四半期連結累計期間に認識されたレベル3からの振替は、投資先が取引所に上場したことによ
             るものであります。
           レベル3に分類される金融商品は、その他の包括利益を通じて公正価値で測定する金融資産のうち、市場価

          格が入手できない金融商品であります。当該金融商品に係る公正価値の測定は、グループ会計方針に準拠し算
          定しております。公正価値を算定するに際しては、インプットを合理的に見積り、資産の性質等から判断して
          最も適切な評価方法を決定しております。
         (2)  償却原価で測定される主な金融商品に係る公正価値の測定方法は、以下のとおりであります。

           なお、帳簿価額が公正価値の合理的な近似値となっている金融商品及び重要性の乏しい金融商品は含めてお
          りません。
             社債及び借入金
             社債の公正価値は、市場価格に基づいております。借入金の公正価値は、残存期間における元利金の合
            計額を、新規に同様の借入を行った場合に想定される利率で割り引いた現在価値により算定しておりま
            す。
                                                   (単位:百万円)

                         移行日
                                    前連結会計年度           当第3四半期連結会計期間
                      (2019年1月1日)
                                   (20  19 年12月31日)          (2020年9月30日)
                     帳簿価額       公正価値       帳簿価額       公正価値       帳簿価額       公正価値

     償却原価で測定される金融商品
      社債及び借入金                209,977       209,953       405,514       406,462       412,481       414,734
           合計           209,977       209,953       405,514       406,462       412,481       414,734
        19.コミットメント

          有形固定資産の取得に係るコミットメントは、移行日時点、前連結会計年度末、当第3四半期連結会計期間末
         においてそれぞれ、36,590百万円、77,260百万円、56,319百万円であります。
        20.後発事象

          該当事項はありません。
                                37/56




                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社ブリヂストン(E01086)
                                                            四半期報告書
        21.初度適用
          当社グループは、第1四半期連結会計期間からIFRSに準拠した要約四半期連結財務諸表を開示しておりま
         す。日本基準に準拠して作成された直近の連結財務諸表は2019年12月31日に終了する連結会計年度に関するもの
         であり、移行日は2019年1月1日であります。
         (1)  IFRS第1号の免除規定

           IFRSでは、IFRSを初めて適用する会社に対して、原則として、IFRSで要求される基準を遡及し
          て適用することを求めております。ただし、IFRS第1号では、IFRSで要求される基準の一部について
          任意に遡及適用を免除する規定が定められており、当社グループが日本基準からIFRS移行にあたり採用し
          た免除規定は以下のとおりであります。
          ① 企業結合

            IFRS移行日前に行われた企業結合に対して、IFRS第3号「企業結合」を遡及適用しないことを選
           択しております。この結果、移行日より前に行われた企業結合から生じたのれんの額については、日本基準
           に基づく移行日時点での帳簿価額によっております。
            なお、のれんについては、減損の兆候の有無に関わらず、移行日時点で減損テストを実施しております。
          ② 在外営業活動体の換算差額
            在外営業活動体の換算差額の累計額を移行日時点でゼロとみなすことを選択しております。
          ③ 移行日前に認識した金融資産の指定
            IFRS第9号        「金融商品」(以下、IFRS第9号)                 における分類について、移行日時点で存在する事実
           及び状況に基づき判断を行っており、一部の資本性金融資産についてその他の包括利益を通じて測定する金
           融資産として指定しております。
          ④ リース
            移行日時点で存在する契約にリースが含まれているかどうかを、同日時点で存在する事実及び状況に基づ
           き判断を行っております。リース負債を、残りのリース料を移行日現在の借手の追加借入利率で割り引いた
           現在価値で測定しております。また、使用権資産をリース1件ごとに、IFRS第16号がリースの開始日か
           ら適用されていたかのようにして帳簿価額で測定しておりますが、IFRS移行日現在の借手の追加借入利
           率で割り引く、もしくは、リース負債と同額としております。なお、リース期間が移行日から12                                            ヶ 月以内に
           終了するリース及び原資産が少額であるリースについて、費用として認識しております。
         (2)  IFRS第1号の強制的な例外規定

           IFRS第1号では、「見積り」、「金融資産及び金融負債の認識の中止」、「ヘッジ会計」、「非支配持
          分」及び「金融商品の分類及び測定」等について、IFRSの遡及適用を禁止しております。当社グループ
          は、これらの項目について移行日より将来に向かって適用しております。
                                38/56









                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社ブリヂストン(E01086)
                                                            四半期報告書
         (3)  調整表
           IFRSの初度適用において開示が求められる調整表は以下のとおりであります。
           なお、調整表の「表示組替」には利益剰余金及び包括利益に影響を及ぼさない項目を、「認識及び測定の差
          異」には利益剰余金及び包括利益に影響を及ぼす項目を含めて表示しております。
           2019年1月1日(移行日)現在の資本に対する調整

                                                     (単位:百万円)
                               認識及び
         日本基準表示科目            日本基準     表示組替          IFRS     注記       IFRS表示科目
                              測定の差異
     資産の部                                        資産
      流動資産                                        流動資産
       現金及び預金               440,378     △6,462       -   433,916         現金及び現金同等物
       受取手形及び売掛金               603,119      19,091     159,705     781,916    (1)(2)     営業債権及びその他の債権
       商品及び製品                                        棚卸資産
                     406,964     204,240      34,720     645,924    (1)(3)
       仕掛品               37,904    △37,904        -     -   (1)
       原材料及び貯蔵品               171,720    △171,720        -     -   (1)
       有価証券               153,853      15,528    △143,514      25,867    (2)     その他の金融資産
       その他                                        その他の流動資産
                     123,188     △41,916      △2,838      78,435    (1)
                     △21,729      21,729       -     -
       貸倒引当金
      流動資産合計
                     1,915,400       2,586     48,073    1,966,059         小計
                                              売却目的で保有する非流動資産
                        -    1,788      -    1,788
      流動資産合計                                        流動資産合計
                     1,915,400       4,374     48,073    1,967,847
      固定資産                                        非流動資産
       有形固定資産              1,524,681      △86,526      76,886    1,515,042     (1)(4)     有形固定資産
                        -   80,087     242,583     322,670    (1)(5)     使用権資産
       無形固定資産
       のれん               41,381       -     -   41,382         のれん
       その他               48,987      4,137    △3,414      49,710         無形資産
                        -   47,839      175    48,014    (1)     持分法で会計処理されている投資
       投資その他の資産
       投資有価証券               219,970     △7,668      5,004    217,306     (1)     その他の金融資産
       長期貸付金               11,465    △11,465        -     -
       繰延税金資産               65,698       -   △8,319      57,379    (6)     繰延税金資産
       退職給付に係る資産
                       371    △371      -     -
       その他               65,376    △28,859      △3,190      33,327         その他の非流動資産
       貸倒引当金               △1,524      1,524      -     -
      固定資産合計               1,976,407      △1,302     309,724    2,284,830         非流動資産合計
     資産合計                                        資産合計
                     3,891,808       3,072    357,797    4,252,677
                                39/56







                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社ブリヂストン(E01086)
                                                            四半期報告書
                                                     (単位:百万円)
                               認識及び
         日本基準表示科目            日本基準     表示組替          IFRS     注記       IFRS表示科目
                              測定の差異
     負債の部                                        負債
      流動負債                                        流動負債
       支払手形及び買掛金               233,970     264,236     △1,033     497,173     (1)     営業債務及びその他の債務
       短期借入金               100,627      90,955      △27    191,556     (1)     社債及び借入金
       コマーシャル・ペーパー               20,955    △20,955        -     -   (1)
       1年内償還予定の社債
                      70,000    △70,000        -     -   (1)
       リース債務               11,495       -   40,601     52,097    (5)     リース負債
       未払法人税等               15,073     11,314      9,016     35,404         未払法人所得税等
                        -   24,996       -   24,996         その他の金融負債
       返品調整引当金                                        引当金
                      3,531     32,910     △3,362      33,080
       開発・生産拠点再構築関連引当金                4,333    △4,333       -     -
       未払金               186,677    △186,677        -     -   (1)
       未払費用               190,754    △190,754        -     -   (1)
                      61,215     54,455      7,519    123,190     (1)     その他の流動負債
       その他
      流動負債合計                                        小計
                     898,633      6,147     52,715     957,495
                                              売却目的で保有する非流動資産に
                        -     -     -     -
                                              直接関連する負債
      流動負債合計                898,633      6,147     52,715     957,495         流動負債合計
      固定負債                                        非流動負債
       社債
                     150,000    △150,000        -     -   (1)
       長期借入金               38,041     150,000      21,936     209,977    (1)(2)     社債及び借入金
       リース債務               68,975       -   202,203     271,179     (5)     リース負債
                        -   11,824       -   11,824         その他の金融負債
       退職給付に係る負債                                        退職給付に係る負債
                     196,005      7,862     4,061    207,928
       製品保証引当金                2,999    △2,999       -     -
       環境対策引当金                1,511    △1,511       -     -
       開発・生産拠点再構築関連引当金                 -   23,072      1,141     24,212         引当金
       繰延税金負債                                        繰延税金負債
                      27,723       -   18,890     46,613    (6)
       その他               73,524    △41,321      △3,126      29,077         その他の非流動負債
      固定負債合計                558,781     △3,075     245,104     800,810         非流動負債合計
     負債合計                1,457,414       3,072    297,819    1,758,306         負債合計
     純資産の部                                        資本
       資本金               126,354       -     -   126,354         資本金
       資本剰余金               121,997       -     -   121,998         資本剰余金
       自己株式              △32,648        -     -   △32,648         自己株式
       その他有価証券評価差額金               108,888    △305,364      315,291     118,815     (7)    その他の資本の構成要素
       繰延ヘッジ損益                1,730    △1,730       -     -
       為替換算調整勘定              △174,850      174,850       -     -
       退職給付に係る調整累計額              △135,696      135,696       -     -
       新株予約権
                      3,452    △3,452       -     -
                     2,360,967        -  △255,687     2,105,280     (7)(8)     利益剰余金
       利益剰余金
                                    2,439,799         親会社の所有者に帰属する持分合計
       非支配株主持分                                       非支配持分
                      54,198       -     374    54,572
     純資産合計                                        資本合計
                     2,434,393        -   59,978    2,494,371
     負債純資産合計                3,891,808       3,072    357,797    4,252,677         負債及び資本合計
                                40/56



                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社ブリヂストン(E01086)
                                                            四半期報告書
           前第3四半期連結会計期間(2019年9月30日)現在の資本に対する調整
                                                     (単位:百万円)
                               認識及び
         日本基準表示科目            日本基準     表示組替          IFRS     注記       IFRS表示科目
                              測定の差異
     資産の部                                        資産
      流動資産                                        流動資産
       現金及び預金               298,223     △8,797       -   289,426         現金及び現金同等物
       受取手形及び売掛金               601,444      19,760     161,330     782,535    (1)(2)     営業債権及びその他の債権
       商品及び製品               415,847     198,413      28,904     643,164    (1)(3)     棚卸資産
       仕掛品               43,675    △43,675        -     -   (1)
       原材料及び貯蔵品               154,882    △154,882        -     -   (1)
       有価証券               147,622      15,657    △147,379      15,901    (2)     その他の金融資産
       その他                                        その他の流動資産
                     140,419     △50,420      △4,675      85,325    (1)
       貸倒引当金              △21,454      21,454       -     -
      流動資産合計
                     1,780,659      △2,489      38,180    1,816,350         小計
                                              売却目的で保有する非流動資産
                        -    7,996      -    7,996
      流動資産合計               1,780,659       5,507     38,180    1,824,347         流動資産合計
      固定資産                                        非流動資産
       有形固定資産              1,493,040      △78,550      74,206    1,488,696     (1)(4)     有形固定資産
                        -   70,081     228,259     298,340    (1)(5)     使用権資産
       無形固定資産
       のれん                                        のれん
                      91,299       -    4,890     96,189
       その他               109,672      3,467    △3,202     109,937         無形資産
                        -   43,071      142    43,213    (1)     持分法で会計処理されている投資
       投資その他の資産
       投資有価証券               191,802     △3,268      4,787    193,321     (1)     その他の金融資産
       繰延税金資産                 -   66,090     △6,553      59,537    (6)     繰延税金資産
       その他               147,280    △107,238      △3,666      36,376         その他の非流動資産
       貸倒引当金               △1,111      1,111      -     -
      固定資産合計                                        非流動資産合計
                     2,031,981      △5,235     298,863    2,325,609
     資産合計                3,812,640        271   337,043    4,149,955         資産合計
                                41/56








                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社ブリヂストン(E01086)
                                                            四半期報告書
                                                     (単位:百万円)
                               認識及び
         日本基準表示科目            日本基準     表示組替          IFRS     注記       IFRS表示科目
                              測定の差異
     負債の部                                        負債
      流動負債                                        流動負債
       支払手形及び買掛金               199,683     193,031      △21    392,694     (1)     営業債務及びその他の債務
       短期借入金               73,295     105,747       -   179,042     (1)     社債及び借入金
       コマーシャル・ペーパー               105,746    △105,746        -     -   (1)
       リース債務               10,892       -   41,633     52,526    (5)     リース負債
       未払法人税等               23,127      8,590     10,357     42,074         未払法人所得税等
                        -   23,489       -   23,489         その他の金融負債
       リコール関連引当金                                        引当金
                      4,627     32,871     △1,173      36,326
       未払金
                     122,561    △122,561        -     -   (1)
                                              その他の流動負債
                     281,623    △134,226       1,806    149,203     (1)
       その他
      流動負債合計                                        小計
                     821,558      1,196     52,601     875,354
                                              売却目的で保有する非流動資産に
                        -     682      -     682
                                              直接関連する負債
      流動負債合計                821,558      1,877     52,601     876,036         流動負債合計
      固定負債                                        非流動負債
       社債               350,000    △350,000        -     -   (1)
       長期借入金               36,890     350,000      20,871     407,761    (1)(2)     社債及び借入金
       リース債務                                        リース負債
                      62,931       -   187,431     250,362     (5)
                                              その他の金融負債
                        -   12,144       -   12,144
       退職給付に係る負債                                        退職給付に係る負債
                     187,540      7,381     12,790     207,711
                        -   20,526      1,995     22,521         引当金
       繰延税金負債                 -   33,269     13,303     46,572    (6)     繰延税金負債
       その他               106,862     △74,925      △2,411      29,527         その他の非流動負債
      固定負債合計                744,223     △1,605     233,980     976,599         非流動負債合計
     負債合計                1,565,781        271   286,582    1,852,635         負債合計
     純資産の部                                        資本
       資本金                                       資本金
                     126,354       -     -   126,354
       資本剰余金                                       資本剰余金
                     121,997       -     -   121,998
       自己株式              △232,405        -     -  △232,406         自己株式
       その他有価証券評価差額金               89,915    △357,407      303,484      35,992    (7)    その他の資本の構成要素
       繰延ヘッジ損益                 329    △329      -     -
       為替換算調整勘定              △236,694      236,694       -     -
       退職給付に係る調整累計額              △124,343      124,343       -     -
       新株予約権                3,300    △3,300       -     -
                     2,447,700        -  △253,611     2,194,089     (7)(8)     利益剰余金
       利益剰余金
                                    2,246,027         親会社の所有者に帰属する持分合計
       非支配株主持分                                       非支配持分
                      50,706       -     587    51,293
     純資産合計                2,246,859        -   50,461    2,297,320         資本合計
     負債純資産合計                3,812,640        271   337,043    4,149,955         負債及び資本合計
                                42/56



                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社ブリヂストン(E01086)
                                                            四半期報告書
           前連結会計年度(2019年12月31日)現在の資本に対する調整
                                                     (単位:百万円)
                               認識及び
         日本基準表示科目            日本基準     表示組替          IFRS     注記       IFRS表示科目
                              測定の差異
     資産の部                                        資産
      流動資産                                        流動資産
       現金及び預金               441,255     △8,331       -   432,924         現金及び現金同等物
       受取手形及び売掛金               583,223      22,608     149,513     755,344    (1)(2)     営業債権及びその他の債権
       商品及び製品               406,119     190,999      33,044     630,162    (1)(3)     棚卸資産
       仕掛品               39,360    △39,360        -     -   (1)
       原材料及び貯蔵品               150,943    △150,943        -     -   (1)
       有価証券               136,044      14,107    △135,841      14,311    (2)     その他の金融資産
       その他                                        その他の流動資産
                     135,496     △51,685      △3,168      80,643    (1)
       貸倒引当金              △21,377      21,377       -     -
      流動資産合計
                     1,871,066      △1,228      43,547    1,913,385         小計
                                              売却目的で保有する非流動資産
                        -    5,023      -    5,023
      流動資産合計               1,871,066       3,795     43,547    1,918,408         流動資産合計
      固定資産                                        非流動資産
       有形固定資産              1,562,160      △79,452      72,461    1,555,170     (1)(4)     有形固定資産
                        -   74,035     224,535     298,569    (1)(5)     使用権資産
       無形固定資産
       のれん                                        のれん
                      91,410       -    6,935     98,346
       その他               113,639      3,219    △3,195     113,664         無形資産
                        -   46,873      198    47,071    (1)     持分法で会計処理されている投資
       投資その他の資産
       投資有価証券               141,820     △6,065      4,706    140,462     (1)     その他の金融資産
       長期貸付金                7,980    △7,980       -     -
       繰延税金資産               77,081       -   △16,371      60,711    (6)     繰延税金資産
       退職給付に係る資産
                      7,797    △7,797       -     -
       その他                                        その他の非流動資産
                      74,686    △25,980      △4,090      44,616
       貸倒引当金
                     △1,138      1,138      -     -
      固定資産合計               2,075,438      △2,010     285,180    2,358,608         非流動資産合計
     資産合計                3,946,505       1,785    328,727    4,277,016         資産合計
                                43/56







                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社ブリヂストン(E01086)
                                                            四半期報告書
                                                     (単位:百万円)
                               認識及び
         日本基準表示科目            日本基準     表示組替          IFRS     注記       IFRS表示科目
                              測定の差異
     負債の部                                        負債
      流動負債                                        流動負債
       支払手形及び買掛金               202,048     250,207       814   453,069     (1)     営業債務及びその他の債務
       短期借入金               76,745     58,696       -   135,442     (1)     社債及び借入金
       コマーシャル・ペーパー               58,696    △58,696        -     -   (1)
       リース債務               12,094       -   40,733     52,827    (5)     リース負債
       未払法人税等               40,497      4,209     6,800     51,506         未払法人所得税等
                        -   27,628       -   27,628         その他の金融負債
       返品調整引当金                                        引当金
                      3,337     33,789     △2,194      34,931
       リコール関連引当金
                      4,534    △4,534       -     -
       未払金               175,562    △175,562        -     -   (1)
       未払費用               193,756    △193,756        -     -   (1)
                      71,039     60,655      7,286    138,980     (1)     その他の流動負債
       その他
      流動負債合計                                        小計
                     838,312      2,634     53,438     894,383
                                              売却目的で保有する非流動資産に
                        -     953      -     953
                                              直接関連する負債
      流動負債合計                838,312      3,586     53,438     895,336         流動負債合計
      固定負債                                        非流動負債
       社債
                     350,000    △350,000        -     -   (1)
       長期借入金                                        社債及び借入金
                      34,249     350,000      21,264     405,514    (1)(2)
       リース債務                                        リース負債
                      65,673       -   185,011     250,685     (5)
                        -   12,937       -   12,937         その他の金融負債
       退職給付に係る負債               201,412      7,001     3,206    211,619         退職給付に係る負債
       製品保証引当金                2,687    △2,687       -     -
       環境対策引当金                 874    △874      -     -
                        -   22,510      838    23,348         引当金
       繰延税金負債                                        繰延税金負債
                      34,977       -    9,266     44,243    (6)
       その他               74,026    △40,686      △2,485      30,856         その他の非流動負債
      固定負債合計                                        非流動負債合計
                     763,902     △1,800     217,100     979,203
     負債合計                1,602,215       1,785    270,538    1,874,539         負債合計
                                44/56







                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社ブリヂストン(E01086)
                                                            四半期報告書
                                                      (単位:百万円)
                               認識及び
         日本基準表示科目            日本基準     表示組替                注記       IFRS表示科目
                                    IFRS
                              測定の差異
     純資産の部                                        資本
       資本金               126,354       -     -   126,354         資本金
       資本剰余金               121,997       -     -   121,998         資本剰余金
       自己株式              △232,330        -     -  △232,330         自己株式
       その他有価証券評価差額金               55,363    △315,393      302,691      42,661    (7)    その他の資本の構成要素
       繰延ヘッジ損益                △342      342      -     -
       為替換算調整勘定
                     △189,271      189,271       -     -
       退職給付に係る調整累計額
                     △129,054      129,054       -     -
       新株予約権                3,275    △3,275       -     -
                     2,535,720        -  △245,025     2,290,696     (7)(8)     利益剰余金
       利益剰余金
                                    2,349,378         親会社の所有者に帰属する持分合計
       非支配株主持分               52,576       -     523    53,099        非支配持分
     純資産合計                2,344,290        -   58,188    2,402,477         資本合計
     負債純資産合計                3,946,505       1,785    328,727    4,277,016         負債及び資本合計
                                45/56














                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社ブリヂストン(E01086)
                                                            四半期報告書
          資本に対する調整に関する注記
          (1)  表示組替
            当社グループは、IFRSの規定に準拠するために表示組替を行っております。主なものは以下のとおり
           であります。
            ① 日本基準では未収入金について流動資産の「その他」に含めて表示しておりましたが、IFRSでは
             「営業債権及びその他の債権」に組み替えて表示しております。
            ② 日本基準では区分掲記していた「商品及び製品」、「仕掛品」及び「原材料及び貯蔵品」について、
             IFRSでは「棚卸資産」として一括表示しております。
            ③ 日本基準では使用権資産について「有形固定資産」に含めて表示しておりましたが、IFRSでは
             「使用権資産」として区分掲記しております。
            ④ 日本基準では持分法適用投資について非流動資産の「投資有価証券」に含めて表示しておりました
             が、IFRSでは「持分法で会計処理されている投資」として区分掲記しております。
            ⑤ 日本基準では区分掲記していた「支払手形及び買掛金」、「未払金」及び「未払費用」について、I
             FRSでは「営業債務及びその他の債務」及び「その他の流動負債」として表示しております。
            ⑥ 日本基準では区分掲記していた「短期借入金」、「コマーシャル・ペーパー」及び「1年内償還予定
             の社債」について、IFRSでは流動負債の「社債及び借入金」として一括表示しております。
            ⑦ 日本基準では区分掲記していた「社債」及び「長期借入金」について、IFRSでは非流動負債の
             「社債及び借入金」として一括表示しております。
          (2)  営業債権及びその他の債権
            日本基準では認識の中止を行い、流動資産の「有価証券」に含めて表示していた流動化債権について、I
           FRS第9号の規定に基づき、認識の中止の要件を満たさないものについては「営業債権及びその他の債
           権」に計上しております。また、当該資産の譲渡時に生じた入金額を関連する負債として非流動負債の「社
           債及び借入金」に含めて表示しております。
          (3)  棚卸資産
            当社グループは、IAS第2号「棚卸資産」(以下、IAS第2号)の規定に基づき、米州事業において、
           「棚卸資産」の評価方法を後入先出法から移動平均法に変更しております。
          (4)  有形固定資産
            日本基準では「有形固定資産」の減価償却方法について、国内会社は定率法、在外会社は定額法を採用し
           ていましたが、IFRSでは一括して定額法を採用しております。
          (5)  使用権資産及びリース負債
            当社グループは、IFRS第16号の規定に基づき、リースの借手として主として建物及び土地について
           「使用権資産」及び「リース負債」を、主として日本及び米州にて新たに計上しております。
          (6)  繰延税金資産及び繰延税金負債
            主として日本基準からIFRSへの調整に伴い一時差異が発生したことにより、「繰延税金資産」及び
           「繰延税金負債」の金額を調整しております。
          (7)  その他の資本の構成要素
            日本基準における「為替換算調整勘定」は、免除規定を適用し移行日において全額を「利益剰余金」に振
           り替えております。
            日本基準では確定給付制度の負債(資産)の純額の再測定は、発生時における従業員の平均残存勤務期間以
           内の一定の年数による定額法により按分した額を発生の翌連結会計年度から費用処理することとしておりま
           したが、IFRSでは発生時にその他の包括利益で認識し、直ちに「利益剰余金」に振り替えております。
                                46/56







                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社ブリヂストン(E01086)
                                                            四半期報告書
          (8 ) 利益剰余金
            IFRS適用に伴う調整による利益剰余金への影響は以下のとおりであります。
                                         前第3四半期
                                移行日                   前連結会計年度
                                         連結会計期間
                             (2019年1月1日)                     (2019年12月31日)
                                        (2019年9月30日)
                               百万円           百万円           百万円
     (2)  営業債権及びその他の債権に対する調整                           △5,745           △6,920           △7,592
     (3)  棚卸資産に対する調整                            34,720           28,904           33,044
     (4)  有形固定資産に対する調整                            76,886           74,206           72,461
     (5)  使用権資産及びリース負債に対する調整                            △221           △805          △1,209
     (7)  在外営業活動体の換算差額に対する調整                          △174,850           △174,850           △174,850
     (7)  確定給付制度の再測定に対する調整                          △135,696           △124,343           △129,054
                                  △23,198           △29,360           △11,665
       その他
               小計                  △228,104           △233,168           △218,865
     (6)  税効果に係る調整                           △27,209           △19,856           △25,637
                                   △374           △587           △523
       非支配持分に係る調整
                                 △255,687           △253,611           △245,025
               合計
                                47/56















                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社ブリヂストン(E01086)
                                                            四半期報告書
           前第3四半期連結累計期間(自 2019年1月1日 至 2019年9月30日)の損益及び包括利益に対する調整
                                                     (単位:百万円)
                               認識及び
         日本基準表示科目            日本基準     表示組替          IFRS     注記       IFRS表示科目
                              測定の差異
     売上高                2,635,391      △14,055      2,388   2,623,725         売上収益
                     1,638,396      △14,547      7,186   1,631,035     (2)(3)    売上原価
     売上原価
     売上総利益
                     996,995       492   △4,798     992,690        売上総利益
                                         (1)(3)
     販売費及び一般管理費                                        販売費及び一般管理費
                     748,297      7,682    △11,067      744,912
                                          (4)
                                             その他の収益
                        -   41,505       55   41,560    (1)
                                             その他の費用
                        -   10,197       52   10,249    (1)
     営業利益
                     248,698      24,118      6,272    279,089        営業利益
     営業外収益                 21,653    △21,653        -     -   (1)
     営業外費用
                      29,454    △29,454        -     -   (1)
     経常利益                 240,897    △240,897        -     -
     特別利益                 54,944    △54,944        -     -   (1)
     特別損失                 11,855    △11,855        -     -   (1)
                                             金融収益
                        -   31,830    △21,290      10,541    (1)(5)
                        -   17,548      5,821     23,369    (1)(6)    金融費用
                        -   △3,113      △31    △3,143     (1)   持分法による投資損益(△は損失)
     税金等調整前四半期純利益
                     283,986       -   △20,870      263,116        税引前四半期利益
                      73,917       -   △4,894      69,023    (7)   法人所得税費用
     法人税等
     四半期純利益
                     210,069       -   △15,976      194,093        四半期利益
                                             四半期利益の帰属
     親会社株主に帰属する四半期純利益                 204,528       -   △15,971      188,557        親会社の所有者
     非支配株主に帰属する四半期純利益                 5,541      -     △4    5,537       非支配持分
                                48/56










                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社ブリヂストン(E01086)
                                                            四半期報告書
                                                     (単位:百万円)
                               認識及び
         日本基準表示科目            日本基準     表示組替          IFRS     注記       IFRS表示科目
                              測定の差異
     四半期純利益                 210,069       -   △15,976      194,093        四半期利益
     その他の包括利益                                        その他の包括利益
                                             純損益に振り替えられることのない項
                                             目
                                             その他の包括利益を通じて測定する
     その他有価証券評価差額金                △18,966        -   18,797      △169    (7)
                                             金融資産の公正価値の純変動
     退職給付に係る調整額                 11,318       -   △11,877      △559    (7)    確定給付制度の再測定
                                             持分法適用会社におけるその他の包
                             -     △6     △6
                                             括利益   に対する持分
                                             純損益に振り替えられることのない項
                                      △734
                                             目合計
                                             純損益に振り替えられる可能性のある

                                             項目
     為替換算調整勘定                △60,596        -    △231    △60,827         在外営業活動体の換算差額
                                             キャッシュ・フロー・ヘッジの公正
     繰延ヘッジ損益
                      △445      -     -    △445
                                             価値の変動額の有効部分
                                             持分法適用会社におけるその他の包
     持分法適用会社に対する持分相当額                 △1,630       -      6   △1,624
                                             括利益に対する持分
                                             純損益に振り替えられる可能性のある
                                    △62,897
                                             項目合計
     その他の包括利益合計                                        税引後その他の包括利益
                     △70,320        -    6,689    △63,631
     四半期包括利益                 139,749       -   △9,286     130,463        四半期包括利益
                                             四半期包括利益の帰属
     親会社株主に係る四半期包括利益                 133,629       -   △9,463     124,166        親会社の所有者
     非支配株主に係る四半期包括利益                                        非支配持分
                      6,120      -     177    6,297
                                49/56











                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社ブリヂストン(E01086)
                                                            四半期報告書
           前第3四半期連結会計期間(自 2019年7月1日 至 2019年9月30日)の損益及び包括利益に対する調整
                                                     (単位:百万円)
                               認識及び
         日本基準表示科目            日本基準     表示組替          IFRS     注記       IFRS表示科目
                              測定の差異
     売上高                 890,729     △4,285     △2,646     883,799        売上収益
                     553,707     △4,062     △10,882      538,763    (2)(3)    売上原価
     売上原価
     売上総利益
                     337,022      △223     8,236    345,035        売上総利益
                                         (1)(3)
     販売費及び一般管理費                                        販売費及び一般管理費
                     245,886       566   △4,265     242,187
                                          (4)
                                             その他の収益
                        -   31,000      224    31,224    (1)
                                             その他の費用
                        -    3,861     △426     3,435    (1)
     営業利益
                      91,136     26,350     13,151     130,638        営業利益
     営業外収益                  535    △535      -     -   (1)
     営業外費用
                      4,330    △4,330       -     -   (1)
     経常利益                 87,341    △87,341        -     -
     特別利益                 42,672    △42,672        -     -   (1)
     特別損失                 6,545    △6,545       -     -   (1)
                                             金融収益
                        -   11,573     △9,507      2,067   (1)(5)
                        -    5,373     1,635     7,008   (1)(6)    金融費用
                        -    △220      24    △195    (1)   持分法による投資損益(△は損失)
     税金等調整前四半期純利益
                     123,468       -    2,033    125,501        税引前四半期利益
                      35,550       -   △1,615      33,935    (7)   法人所得税費用
     法人税等
     四半期純利益
                      87,918       -    3,648     91,566       四半期利益
                                             四半期利益の帰属
     親会社株主に帰属する四半期純利益                 86,175       -    3,679     89,853       親会社の所有者
     非支配株主に帰属する四半期純利益                 1,743      -    △30     1,713       非支配持分
                                50/56










                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社ブリヂストン(E01086)
                                                            四半期報告書
                                                     (単位:百万円)
                               認識及び
         日本基準表示科目            日本基準     表示組替          IFRS     注記       IFRS表示科目
                              測定の差異
     四半期純利益                 87,918       -    3,648     91,566       四半期利益
     その他の包括利益                                        その他の包括利益
                                             純損益に振り替えられることのない項
                                             目
                                             その他の包括利益を通じて測定する
     その他有価証券評価差額金                 △6,814       -    7,001      187   (7)
                                             金融資産の公正価値の純変動
     退職給付に係る調整額                 2,657      -   △2,772      △115    (7)    確定給付制度の再測定
                                             持分法適用会社におけるその他の包
                             -     △6     △6
                                             括利益に対する持分
                                             純損益に振り替えられることのない項
                                       66
                                             目合計
                                             純損益に振り替えられる可能性のある

                                             項目
     為替換算調整勘定                △22,080        -   △4,252     △26,332         在外営業活動体の換算差額
                                             キャッシュ・フロー・ヘッジの公正
     繰延ヘッジ損益
                      △852      -     -    △853
                                             価値の変動額の有効部分
                                             持分法適用会社におけるその他の包
     持分法適用会社に対する持分相当額                 △643      -     △4    △647
                                             括利益に対する持分
                                             純損益に振り替えられる可能性のある
                                    △27,832
                                             項目合計
     その他の包括利益合計                                        税引後その他の包括利益
                     △27,733        -    △33   △27,766
     四半期包括利益                 60,185       -    3,615     63,800       四半期包括利益
                                             四半期包括利益の帰属
     親会社株主に係る四半期包括利益                 58,147       -    3,875     62,022       親会社の所有者
     非支配株主に係る四半期包括利益                                        非支配持分
                      2,038      -    △260     1,778
                                51/56











                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社ブリヂストン(E01086)
                                                            四半期報告書
           前連結会計年度(自 2019年1月1日 至 2019年12月31日)の損益及び包括利益に対する調整
                                                     (単位:百万円)
                               認識及び
         日本基準表示科目            日本基準     表示組替          IFRS     注記       IFRS表示科目
                              測定の差異
     売上高                3,525,600      △18,061      △296   3,507,243         売上収益
                     2,201,684      △18,722      △408   2,182,554     (2)(3)    売上原価
     売上原価
     売上総利益
                     1,323,916        660     112   1,324,689         売上総利益
                                         (1)(3)
     販売費及び一般管理費                                        販売費及び一般管理費
                     997,817      13,169    △12,626      998,360
                                          (4)
                                             その他の収益
                        -   47,615      △9    47,606    (1)
                                             その他の費用
                        -   23,547      1,052     24,599    (1)
     営業利益
                     326,098      11,560     11,678     349,336        営業利益
     営業外収益                 28,018    △28,018        -     -   (1)
     営業外費用
                      37,293    △37,293        -     -   (1)
     経常利益                 316,823    △316,823        -     -
     特別利益                 116,134    △116,134        -     -   (1)
     特別損失                 25,706    △25,706        -     -   (1)
                                             金融収益
                        -   94,366    △76,617      17,748    (1)(5)
                        -   21,582      6,741     28,324    (1)(6)    金融費用
                        -   △3,190      △61    △3,251     (1)   持分法による投資損益(△は損失)
     税金等調整前純利益
                     407,251       -   △71,742      335,510        税引前当期利益
                     108,303       -   △19,085      89,219    (7)   法人所得税費用
     法人税等
     当期純利益
                     298,947       -   △52,657      246,291        当期利益
                                             当期利益の帰属
     親会社株主に帰属する当期純利益                 292,598       -   △52,487      240,111        親会社の所有者
     非支配株主に帰属する当期純利益                 6,349      -    △170     6,179       非支配持分
                                52/56










                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社ブリヂストン(E01086)
                                                            四半期報告書
                                                     (単位:百万円)
                               認識及び
         日本基準表示科目            日本基準     表示組替          IFRS     注記       IFRS表示科目
                              測定の差異
     当期純利益                 298,947       -   △52,657      246,291        当期利益
     その他の包括利益                                        その他の包括利益
                                             純損益に振り替えられることのない項
                                             目
                                             その他の包括利益を通じて測定する
     その他有価証券評価差額金                △53,518        -   59,639      6,121    (7)
                                             金融資産の公正価値の純変動
     退職給付に係る調整額                 6,926      -   △4,177      2,749    (7)    確定給付制度の再測定
                                             持分法適用会社におけるその他の包
                             -     △6     △6
                                             括利益に対する持分
                                             純損益に振り替えられることのない項
                                      8,864
                                             目合計
                                             純損益に振り替えられる可能性のある

                                             項目
     為替換算調整勘定                △11,647        -   △4,544     △16,191         在外営業活動体の換算差額
                                             キャッシュ・フロー・ヘッジの公正
     繰延ヘッジ損益
                      △864      -     -    △864
                                             価値の変動額の有効部分
                                             持分法適用会社におけるその他の包
     持分法適用会社に対する持分相当額                 △2,213       -     108   △2,105
                                             括利益に対する持分
                                             純損益に振り替えられる可能性のある
                                    △19,159
                                             項目合計
     その他の包括利益合計                                        税引後その他の包括利益
                     △61,317        -   51,022    △10,295
     包括利益                 237,629       -   △1,634     235,995        当期包括利益
                                             当期包括利益の帰属
     親会社株主に係る包括利益                 229,223       -   △1,706     227,517        親会社の所有者
     非支配株主に係る包括利益                                        非支配持分
                      8,406      -     72    8,478
                                53/56











                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社ブリヂストン(E01086)
                                                            四半期報告書
          損益及び包括利益に対する調整に関する注記
          (1)  表示組替
            日本基準では「営業外収益」、「営業外費用」、「特別利益」及び「特別損失」に表示していた項目を、
           IFRSでは財務関係損益については「金融収益」及び「金融費用」として計上し、それ以外の項目につい
           ては「販売費及び一般管理費」、「その他の収益」、「その他の費用」及び「持分法による投資損益(△は
           損失)」に表示しております。
          (2)  売上原価
            IAS第2号の規定に基づき、米州事業において、棚卸資産の評価方法を後入先出法から移動平均法に変
           更しているため、「売上原価」を調整しております。
          (3)  売上原価及び販売費及び一般管理費
            日本基準では「有形固定資産」の減価償却方法について、国内会社は定率法、在外会社は定額法を採用し
           ていましたが、IFRSでは一括して定額法を採用しております。当該変更により、減価償却費が含まれる
           「売上原価」及び「販売費及び一般管理費」を調整しております。
          (4)  販売費及び一般管理費
            日本基準ではのれんについて、その効果の及ぶ期間にわたって均等償却しておりましたが、IFRSでは
           移行日以降の償却を停止しております。
          (5)  金融収益
            日本基準では資本性金融商品の売却損益を純損益として認識しておりましたが、IFRSではその他の包
           括利益を通じて公正価値で測定すると指定した資本性金融商品については、公正価値の変動額をその他の包
           括利益として認識し、売却時に直ちに利益剰余金へ振り替えるため、「金融収益」を調整しております。
          (6 ) 金融費用
            日本基準では退職給付費用として退職給付債務に割引率を乗じて利息費用を、年金資産に期待運用収益率
           を乗じて期待運用収益をそれぞれ認識しておりましたが、IFRSでは退職給付債務と年金資産の純額に割
           引率を乗じた利息純額を認識しているため、「金融費用」を調整しております。
          (7 ) 法人所得税費用及びその他の包括利益
            日本基準では純損益として認識していた資本性金融商品の売却損益ならびに当該売却益に係る法人税等に
           ついて、IFRSでは一部の資本性金融商品をその他の包括利益を通じて公正価値で測定する金融資産とし
           て指定したことにより純損益への認識は行わないため、「法人所得税費用」及び「その他の包括利益を通じ
           て測定する金融資産の公正価値の純変動」を調整しております。
            また、日本基準では確定給付制度の負債(資産)の純額の再測定は、発生時における従業員の平均残存勤務
           期間以内の一定の年数による定額法により按分した額を発生の翌連結会計年度から純損益に認識しておりま
           したが、IFRSでは発生時にその他の包括利益として認識し、直ちに「利益剰余金」に振り替えるため、
           「確定給付制度の再測定」を調整しております。
          前連結会計年度(自 2019年1月1日 至 2019年12月31日)のキャッシュ・フローに対する調整

           日本基準に準拠し開示していた連結キャッシュ・フロー計算書と、IFRSに準拠し開示されている連結
          キャッシュ・フロー計算書の主要な差異は、IFRS第16号の適用により、オペレーティング・リース取引に
          係る支払リース料が営業活動によるキャッシュ・フローからリース負債の返済による支出として財務活動によ
          るキャッシュ・フローとなっております。この結果、前連結会計年度の営業活動によるキャッシュ・フローは
          41,914百万円増加し、財務活動によるキャッシュ・フローは41,914百万円減少しております。
     2【その他】

         中間配当
          2020年8月7日開催の取締役会において、次のとおり第102期の中間配当を行うことを決議しております。
         1株当たりの中間配当金                    中間配当金額                  支払開始日
             50円              35,205,906,650円                  2020年9月1日

                                54/56





                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社ブリヂストン(E01086)
                                                            四半期報告書
    第二部【提出会社の保証会社等の情報】
      該当事項はありません。

                                55/56




















                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社ブリヂストン(E01086)
                                                            四半期報告書
                    独立監査人の四半期レビュー報告書

                                                   2020年11月12日

    株式会社ブリヂストン

      取締役会 御中

                        有限責任監査法人トーマツ

                         指定有限責任社員

                                           松  本     仁              ㊞
                                    公認会計士
                         業務執行社員
                         指定有限責任社員

                                           芳  賀  保  彦              ㊞
                                    公認会計士
                         業務執行社員
                         指定有限責任社員

                                           藤  春  暁  子              ㊞
                                    公認会計士
                         業務執行社員
     当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、「経理の状況」に掲げられてい

    る株式会社ブリヂストンの2020年1月1日から2020年12月31日までの連結会計年度の第3四半期連結会
    計期間(2020年7月1日から2020年9月30日まで)及び第3四半期連結累計期間(2020年1月1日から
    2020年9月30日まで)に係る要約四半期連結財務諸表、すなわち、要約四半期連結財政状態計算書、要
    約四半期連結損益計算書、要約四半期連結包括利益計算書、要約四半期連結持分変動計算書、要約四半
    期連結キャッシュ・フロー計算書及び要約四半期連結財務諸表注記について四半期レビューを行った。
    要約四半期連結財務諸表に対する経営者の責任

     経営者の責任は、「四半期連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」第93条の規定によ
    り国際会計基準第34号「期中財務報告」に準拠して要約四半期連結財務諸表を作成し適正に表示するこ
    とにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない要約四半期連結財務諸表を作成し適正
    に表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
    監査人の責任

     当監査法人の責任は、当監査法人が実施した四半期レビューに基づいて、独立の立場から要約四半期
    連結財務諸表に対する結論を表明することにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認
    められる四半期レビューの基準に準拠して四半期レビューを行った。
     四半期レビューにおいては、主として経営者、財務及び会計に関する事項に責任を有する者等に対し
    て実施される質問、分析的手続その他の四半期レビュー手続が実施される。四半期レビュー手続は、我
    が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に準拠して実施される年度の財務諸表の監査に比
    べて限定された手続である。
     当監査法人は、結論の表明の基礎となる証拠を入手したと判断している。
    監査人の結論

     当監査法人が実施した四半期レビューにおいて、上記の要約四半期連結財務諸表が、国際会計基準第
    34号「期中財務報告」に準拠して、株式会社ブリヂストン及び連結子会社の2020年9月30日現在の財政
    状態、同日をもって終了する第3四半期連結会計期間及び第3四半期連結累計期間の経営成績並びに第
    3四半期連結累計期間のキャッシュ・フローの状況を適正に表示していないと信じさせる事項がすべて
    の重要な点において認められなかった。
    利害関係

     会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はな
    い。
                                                        以 上
    (注)   1 上記は四半期レビュー報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(四半期報告書
         提出会社)が別途保管しております。
       2 XBRLデータは四半期レビューの対象には含まれていません。
                                56/56



PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

書類提出日で検索

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2022年4月25日

社名の変更履歴が表示されるようになりました

2020年12月21日

新規上場の通知機能を追加しました。Myページにて通知の設定が行えます。

2020年9月22日

企業・投資家の個別ページに掲載情報を追加しました。また、併せて細かい改修を行いました。

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。

スポンサーリンク