株式会社プレミアムウォーターホールディングス 四半期報告書 第15期第2四半期(令和2年7月1日-令和2年9月30日)

提出書類 四半期報告書-第15期第2四半期(令和2年7月1日-令和2年9月30日)
提出日
提出者 株式会社プレミアムウォーターホールディングス
カテゴリ 四半期報告書

                                                           EDINET提出書類
                                           株式会社プレミアムウォーターホールディングス(E27294)
                                                             四半期報告書
    【表紙】
     【提出書類】                   四半期報告書

     【根拠条文】                   金融商品取引法第24条の4の7第1項
     【提出先】                   関東財務局長
     【提出日】                   2020年11月9日
                         第15期第2四半期(自            2020年7月1日         至   2020年9月30日)
     【四半期会計期間】
     【会社名】
                         株式会社プレミアムウォーターホールディングス
     【英訳名】                   Premium    Water   Holdings,Inc.
     【代表者の役職氏名】                   代表取締役社長 萩尾 陽平
                         山梨県富士吉田市上吉田4597番地の1
     【本店の所在の場所】
                         (上記は登記上の本店所在地であり、実際の業務は下記の場所で行って
                         おります。)
     【電話番号】                   (03)6864-0980
     【事務連絡者氏名】                   上級執行役員経営管理本部長 清水 利昭
     【最寄りの連絡場所】                   東京都渋谷区神宮前一丁目23番26号
     【電話番号】                   (03)6864-0982
     【事務連絡者氏名】                   上級執行役員経営管理本部長 清水 利昭
                         株式会社東京証券取引所
     【縦覧に供する場所】
                          (東京都中央区日本橋兜町2番1号)
                                  1/34












                                                           EDINET提出書類
                                           株式会社プレミアムウォーターホールディングス(E27294)
                                                             四半期報告書
    第一部【企業情報】
    第1【企業の概況】

     1【主要な経営指標等の推移】

                              第14期          第15期
               回次              第2四半期連結          第2四半期連結            第14期
                              累計期間          累計期間
                            自 2019年4月1日         自 2020年4月1日         自 2019年4月1日
              会計期間
                            至 2019年9月30日         至 2020年9月30日         至 2020年3月31日
     売上収益                            21,992          27,158
                      (百万円)                              45,453
     (第2四半期連結会計期間)                            ( 11,400   )      ( 14,096   )
     売上総利益                 (百万円)           18,331          23,251          37,974
     営業利益                 (百万円)             772         2,128          1,859

     税引前四半期(当期)利益                 (百万円)             580         1,912          1,472

     親会社の所有者に帰属する
                                   426         1,113
     四半期(当期)利益
                      (百万円)                               1,866
     (第2四半期連結会計期間)                             ( 271  )       ( 581  )
     親会社の所有者に帰属する
                      (百万円)             441         1,112          1,867
     四半期(当期)包括利益
     親会社の所有者に帰属する持分                 (百万円)            5,183          7,955          6,674

     資本合計                 (百万円)            5,200          7,972          6,691

     資産合計                 (百万円)           34,120          48,605          42,454

     基本的1株当たり
                                 15.03          39.30
                       (円)                              66.46
     四半期(当期)利益
     (第2四半期連結会計期間)                             ( 9.37  )      ( 20.50   )
     希薄化後1株当たり
                       (円)           13.82          36.24          61.27
     四半期(当期)利益
     親会社帰属持分比率                  (%)           15.2          16.4          15.7
     営業活動による

                      (百万円)            2,962          3,987          6,659
     キャッシュ・フロー
     投資活動による
                      (百万円)            △ 642       △ 2,875         △ 1,334
     キャッシュ・フロー
     財務活動による
                      (百万円)           △ 2,479         △ 1,017         △ 1,831
     キャッシュ・フロー
     現金及び現金同等物の
                      (百万円)            6,560         10,337          10,238
     四半期末(期末)残高
     (注)1.当社は要約四半期連結財務諸表を作成しておりますので、提出会社の主要な経営指標等の推移については記
          載しておりません。
        2.売上収益には、消費税等は含まれておりません。
        3.上記指標は、国際会計基準(IFRS)により作成した要約四半期連結財務諸表及び連結財務諸表に基づいており
          ます。
        4.第1四半期連結会計期間及び第1四半期連結累計期間より、金額の表示単位を千円単位から百万円単位に変
          更しております。なお、比較を容易にするために前連結会計年度及び前第2四半期連結累計期間について
          も、百万円単位に変更して表示しております。
                                  2/34




                                                           EDINET提出書類
                                           株式会社プレミアムウォーターホールディングス(E27294)
                                                             四半期報告書
     2【事業の内容】
       当第2四半期連結累計期間において、当社グループ(当社及び当社の関係会社)において営まれている事業の内
      容について、重要な変更はありません。
                                  3/34




















                                                           EDINET提出書類
                                           株式会社プレミアムウォーターホールディングス(E27294)
                                                             四半期報告書
    第2【事業の状況】
     1【事業等のリスク】

       当第2四半期連結累計期間において、当四半期報告書に記載した事業の状況、経理の状況等に関する事項のう
      ち、経営者が当社グループの財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況に重要な影響を与える可能性があ
      ると認識している主要なリスクの発生又は前事業年度の有価証券報告書に記載した「事業等のリスク」について重
      要な変更はありません。
     2【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

       当第2四半期連結累計期間における当社グループの財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の概要は
      以下のとおりです。
       なお、文中の将来に関する事項は、当四半期連結会計期間の末日現在において当社グループが判断したものであ
      ります。
      (1)財政状態及び経営成績の状況

        当第2四半期連結累計期間においても、引き続き新型コロナウイルスの感染拡大の収束が見通せない状況にあ
       り、消費者の生活様式や価値観は環境に応じて変化しつつあります。こうした状況下において当社グループで
       は、お客様に安心・安全で高品質な天然水を安定的に提供できる体制の構築に引き続き務めてまいります。
        2020年5月の緊急事態宣言解除後、ショッピングセンター等の商業施設の営業が再開されました。そのため、

       当社の顧客獲得方法の一つであるデモンストレーション販売が、平時と同様の活動が行える水準まで回復したこ
       とに加え、テレマーケティング・Webによる新規顧客の獲得も第1四半期連結累計期間(2020年4月1日から2020
       年6月30日まで)に引き続き順調に推移いたしました。さらに、既存顧客の継続率の向上や顧客満足度向上のた
       めの各種付帯サービスの提供等も進めた結果、売上収益は                           27,158百万円      ( 前年同期比23.5%増         )となりました。
        また当社では、7月から8月の間を夏商戦期間と位置づけ、新型コロナウイルス感染拡大の防止策を講じつ
       つ、営業活動の積極的な展開や各種プロモーションを強化したことにより販売促進費用等が増加した一方、各工
       場設備の稼働率の向上等による製造原価の低減や物流費の安定化につながる物流網の構築等によって各種費用の
       低減に努めてまいりました。その結果、営業利益は                        2,128百万円      ( 前年同期比175.7%増          )となりました。
        なお、税引前四半期利益は             1,912百万円      ( 前年同期比229.7%増          )、親会社の所有者に帰属する四半期利益は
       1,113百万円      ( 前年同期比161.3%増          )となりました。
        また、財政状態については以下のとおりとなります。

       ① 資産、負債及び資本の状況
        (資産)
          資産は前連結会計年度末に比べて                6,150百万円増加        し、  48,605百万円      となりました。主な増加要因は、有形
         固定資産の増加       1,840百万円      及び新規契約の獲得に向けた各種営業費用の増加に伴う契約コストの増加                                   1,547
         百万円   であります。
        (負債)
          負債は前連結会計年度末に比べて                4,869百万円増加        し、  40,633百万円      となりました。主な増加要因は、新規
         獲得顧客へ貸与するウォーターサーバーの調達及び社債の発行に伴う有利子負債の増加                                        5,364百万円      でありま
         す。
        (資本)
          資本は前連結会計年度末に比べて                1,280百万円増加        し、  7,972百万円      となりました。主な増加要因は、親会
         社の所有者に帰属する四半期利益の増加                   1,113百万円      であります。
                                  4/34




                                                           EDINET提出書類
                                           株式会社プレミアムウォーターホールディングス(E27294)
                                                             四半期報告書
       ② キャッシュ・フローの状況
         当第2四半期連結累計期間末における現金及び現金同等物(以下「資金」といいます。)の残高は                                              10,337百
        万円  と前連結会計年度末(          10,238百万円      )に比べて     99百万円の増加       となりました。各キャッシュ・フローの状
        況とその主な要因は以下のとおりであります。
        (営業活動によるキャッシュ・フロ-)
          営業活動により獲得した資金は、                3,987百万円      と前第2四半期連結累計期間(               2,962百万円      )に比べて     1,024
         百万円の増加      となりました。この主な要因は、税引前四半期利益                        1,912百万円      の計上及び資金の支出を伴わな
         い減価償却費及び償却費            3,396百万円      等による資金の増加があった一方、契約コスト                      1,547百万円      等による資
         金の流出があったことです。
        (投資活動によるキャッシュ・フロ-)
          投資活動に使用した資金は、             2,875百万円      と前第2四半期連結累計期間(               642百万円     )に比べて     2,233百万円
         の増加   となりました。この主な要因は、債務保証に係る保証金の預け入れによる支出2,000百万円が発生した
         ことと、ウォーターサーバーの取得数の増加、工場関連設備の投資実施及び顧客管理システムの改修等に伴
         い、有形固定資産及び無形資産の取得による支出                       821百万円     が発生したことです。
        (財務活動によるキャッシュ・フロ-)
          財務活動に使用した資金は、             1,017百万円      と前第2四半期連結累計期間(               2,479百万円      )に比べて     1,461百万
         円の減少    となりました。この主な要因は、社債の発行による長期有利子負債の収入                                  4,970百万円      があった一方
         で、金融機関等への返済に伴う短期有利子負債への支出                          2,000百万円      及び長期有利子負債の支出             4,107百万円
         があったことです。
      (2)事業上及び財務上の対処すべき課題

        当第2四半期連結累計期間において、当社グループが対処すべき課題について重要な変更はありません。
      (3)研究開発活動

        当第2四半期連結累計期間における研究開発活動の金額は、                            54 百万円であります。
        なお、当第2四半期連結累計期間において、当社グループの研究開発活動の状況に重要な変更はありません。
     3【経営上の重要な契約等】

       当第2四半期連結会計期間において、経営上の重要な契約等の決定又は締結等はありません。
                                  5/34










                                                           EDINET提出書類
                                           株式会社プレミアムウォーターホールディングス(E27294)
                                                             四半期報告書
    第3【提出会社の状況】
     1【株式等の状況】

      (1)【株式の総数等】
       ①【株式の総数】
                種類                      発行可能株式総数(株)
               普通株式                                84,000,000

              A種優先株式                                     28

                 計                              84,000,000

     (注)当社の発行可能株式総数は84,000,000株であり、普通株式の発行可能種類株式総数及びA種優先株式の発行可
        能種類株式総数の合計数とは異なります。
       ②【発行済株式】

              第2四半期会計期間
                                     上場金融商品取引所
                        提出日現在発行数(株)
       種類      末現在発行数(株)                       名又は登録認可金融               内容
                         (2020年11月9日)
                                     商品取引業協会名
              ( 2020年9月30日       )
                                               権利内容に何ら限定の
                                               ない、当社における標
                                      東京証券取引所
      普通株式           27,837,612            27,855,712                  準となる株式であり、
                                       市場第二部
                                               単元株式数は100株であ
                                               ります。
                                                   (注)2
     A種優先株式                 28            28       -
                                                   (注)3
        計          27,837,640            27,855,740           -           -

     (注)1.提出日現在発行数には、2020年11月1日からこの四半期報告書提出日までの新株予約権の行使により発行さ
          れた株式数は含まれておりません。
        2.A種優先株式の単元株式数は1株となります。
        3.A種優先株式の内容は、次のとおりです。
       (1)  優先配当金
         ①A種優先配当金
          当社は、普通株式を有する株主(以下「普通株主」という。)又は普通株式の登録株式質権者(以下「普通
          登録株式質権者」という。)に対して定款第43条第1項に規定する基準日に係る剰余金の配当を行う場合に
          限り、定款第42条の規定に基づいて行う取締役会の決議により、当該配当に係る基準日の最終の株主名簿に
          記載又は記録されたA種優先株式を有する株主(以下「A種優先株主」という。)又はA種優先株式の登録
          株式質権者(以下「A種優先登録株式質権者」という。)に対し、普通株主又は普通登録株式質権者に先立
          ち、A種優先株式1株につき第2号に定める額の剰余金(以下「A種優先配当金」という。)を配当する。
         ②A種優先配当金の額
          A種優先配当金の額は、1事業年度毎に1株につき2,000,000円とする。なお、A種優先株式が発行された
          事業年度におけるA種優先配当金の額は、1株につき2,000,000円を、A種優先株式発行日の翌日から当該
          事業年度の末日までの日数に応じて、1年を365日とする日割り計算により算出した額とする。
         ③累積条項
          ある事業年度においてA種優先株主又はA種優先登録株式質権者に対して支払う剰余金の配当の額がA種優
          先配当金の額に達しないとき(剰余金の配当が行われない場合を含む。)は、その不足額は、翌事業年度以降
          に累積するものとする。
                                  6/34




                                                           EDINET提出書類
                                           株式会社プレミアムウォーターホールディングス(E27294)
                                                             四半期報告書
         ④非参加条項
          当社は、上記①及び②に基づくA種優先配当金の配当後、さらに分配可能額について普通株主又は普通登録
          株式質権者に対する剰余金の配当を行うときは、別段の定めをしない限り、A種優先株主又はA種優先登録
          株式質権者に対しては、普通株主又は普通登録株式質権者に対する剰余金の配当と同順位での剰余金の配当
          を行わない。
       (2)  残余財産の分配
         ①残余財産の分配
          当社は、残余財産を分配するときは、A種優先株主又はA種登録株式質権者に対して、A種優先株式1株に
          つき、普通株式1株に対する残余財産分配金に500を乗じた金額の残余財産分配金を、普通株主又は普通登
          録株式質権者に対する残余財産分配金の分配と同順位で支払う。
         ②非参加条項
          A種優先株式又はA種優先登録株式質権者に対しては、上記①に定めるほか、残余財産の分配は行わない。
       (3)  議決権
         A種優先株主は株主総会において議決権を有しない。また、当社が会社法第322条第1項各号に掲げる行為を
         する場合においては、法令に定める場合を除き、A種優先株主を構成員とする種類株主総会の決議を要しな
         い。
       (4)   株式の併合又は分割、募集株式の割当て等
         当社は、法令に定める場合を除き、A種優先株式について株式の分割又は併合を行わない。また、当社は、A
         種優先株主には、募集株式の割当てを受ける権利又は募集新株予約権の割当てを受ける権利を与えず、また、
         株式無償割当て又は新株予約権無償割当てを行わない。
       (5)  金銭を対価とする取得条項
        ① 当社は、A種優先株主又はA種優先登録株式質権者の承諾を得た場合、当社の取締役会が別に定める日にお
         いて、法令上可能な範囲で、次号に定める取得価額の金銭の交付と引換えにA種優先株式の全部又は一部を
         取得することができる(当該取得を行う日を、以下「金銭対価取得条項取得日」という。)。なお、一部を取
         得するときは、比例按分その他当社の取締役会が定める合理的な方法により、取得すべきA種優先株式を決
         定する。
        ② A種優先株式1株あたりの取得価額は、次に定める算式による金額とする。
          A種優先株式1株あたりの取得価額=[100,000,000円]+[A種優先株式発行日の翌日から金銭対価取得
          請求日までの日数に応じて1年につき2,000,000円の割合による金額(1年未満の期間部分については1年を
          365日とする日割り計算によるものとする。)]-[当社が当該A種優先株式につき支払ったA種優先配当金
          額合計額]
       (6)  譲渡制限
         A種優先株式を譲渡により取得するには、当社の取締役会の承認を要する。
       (7)  種類株主総会における決議
         本優先株主は株主総会において議決権を有しない。また、当社が会社法第322条第1項各号に掲げる行為をす
         る場合においては、法令に定める場合を除き、本優先株主を構成員とする種類株主総会の決議を要しない。
                                  7/34







                                                           EDINET提出書類
                                           株式会社プレミアムウォーターホールディングス(E27294)
                                                             四半期報告書
      (2)【新株予約権等の状況】
       ①【ストックオプション制度の内容】
        当第2四半期会計期間において発行した新株予約権は、次のとおりであります。
        (第12回新株予約権)

     決議年月日                            2020年8月6日
     付与対象者の区分及び人数                            当社並びに子会社の取締役及び従業員 26名
     新株予約権の数(個)※                            2,596
     新株予約権の目的となる株式の種類、内容及び数
                                普通株式 259,600 (注)1
     (株)※
     新株予約権の行使時の払込金額(円)※                            2,720 (注      )2
     新株予約権の行使期間※                            2023年7月1日から2026年6月30日                 まで
     新株予約権の行使により株式を発行する場合の株式の発                            発行価格  3,871           (注  )3
     行価格及び資本組入額(円)※                            資本組入額 1,936
     新株予約権の行使の条件※                            (注  )4
                                譲渡による本新株予約権の取得については、当社取締役
     新株予約権の譲渡に関する事項※
                                会の決議による承認を要するものとする。
     組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に関する事項※                            (注  )5
      ※ 本新株予約権の発行時(2020年8月28日)における内容を記載しております。
     (注)1.新株予約権1個当たりの目的である株式の数は当社普通株式100株とする。なお、付与株式数は、本新株予
          約権の割当日後、当社が株式分割(当社普通株式の無償割当てを含む。以下同じ。)                                       又は株式併合を行う場
          合、次の算式により調整されるものとする。
           調整後付与株式数=調整前付与株式数×分割又は併合の比率

          また、本新株予約権の割当日後、当社が合併、会社分割又は資本金の額の減少を行う場合その他これらの

          場合に準じて付与株式数の調整を必要とする場合には、当社は、当社の取締役会の決議に基づいて、合理
          的な範囲で付与株式数の調整を行うことができる。
          なお、上記の調整は、本新株予約権のうち、当該時点で行使されていない新株予約権の目的である株式の
          数についてのみ行われ、その調整結果生じる1株未満の端数はこれを切り捨てる。
        2.本新株予約権の行使に際して出資される財産の価額は、1株当たりの払込金額(以下「行使価額」とい

          う。)   に、付与株式数を乗じた金額とする。
          この1株当たりの行使価額は、金2,720円とする。
          ただし、行使価額は以下に定める調整に服する。
         (ⅰ)   割当日以降、当社が当社普通株式につき、次の(A)又は(B)を行う場合には、行使価額をそれぞれ次に定

            める算式(以下「行使価額調整式」という。)により調整し、調整の結果生じる1円未満の端数は、こ
            れを切り上げる。
            (A)  当社が株式分割又は株式併合を行う場合
                                           1
           調整後行使価額          =  調整前行使価額           ×
                                       分割又は併合の比率
                                  8/34





                                                           EDINET提出書類
                                           株式会社プレミアムウォーターホールディングス(E27294)
                                                             四半期報告書
            (B)  当社が当社普通株式につき時価を下回る価額で新株の発行又は自己株式の処分を行う場合(本新株
              予約権の行使に基づく新株の発行もしくは自己株式の処分又は当社が株式交換完全親会社となる株
              式交換による新株の発行又は自己株式の処分を行う場合を除く。)
                                    新規発行
                                               1株当たりの払込金額
                        既   発   行                 ×
                                    普通株式数
                               +
       調   整  後      調   整  前
                        普通株式数
                                      新規発行前の1株あたりの時価
             =
       行使価額          行使価額
                      ×
                                既発行普通株式数+新規発行普通株式数
             (a)  行使価額調整式に使用する「時価」は、下記(ⅱ)に定める「調整後行使価額を適用する日」

                (以下「適用日」という。)に先立つ45取引日目に始まる30取引日における東京証券取引所に
                おける当社普通株式の普通取引の終値の平均値(当日付けで終値がない日数を除く。)とす
                る。なお、この場合の平均値の計算は、円値未満小数第2位まで算出し、小数第2位を四捨五
                入する。
             (b)  行使価額調整式に使用する「既発行株式数」は、基準日がある場合はその日、その他の場合は
                適用日の1か月前の日における当社の発行済普通株式数から当社が保有する当社普通株式にか
                かる自己株式数を控除した数とする。
             (c)  自己株式の処分を行う場合には、行使価額調整式に使用する「新規発行普通株式数」を「処分
                する自己株式数」、「1株当たりの払込金額」を「1株当たりの処分金額」にそれぞれ読み替
                える。
         (ⅱ)   調整後行使価額を適用する日は、次に定めるところによる。

            (A)  上記(ⅰ)の(A)に従って調整を行う場合の調整後行使価額は、株式分割の場合は、当該株式分割の
              基準日の翌日(基準日を定めないときは、その効力発生日)以降、株式併合の場合はその効力発生日
              以降、これを適用する。
            (B)  上記(ⅱ)の(B)に従って調整を行う場合の調整後行使価額は、当該発行又は処分の払込期日(払込
              期間が設けられたときは、当該払込期間の最終日)の翌日以降(基準日がある場合は当該基準日の
              翌日以降)、これを適用する。
         (ⅲ)   上記(ⅰ)の(A)及び(B)に定めるほか、割当日後、当社が他社と合併する場合、会社分割を行う場合その

            他これらの場合に準じて行使価額の調整を行うことが適切な場合には、当社は、当社の取締役会の決議
            に基づき、合理的な範囲で行使価額の調整を行うものとする。ただし、かかる調整は、本新株予約権の
            うち、当該時点で行使されていない本新株予約権の行使価額についてのみ行われるものとする。
        3.  新株予約権の行使により株式を発行する場合の株式の                         発行価格は、行使時の払込金額2,720円と新株予約権

          の付与日における公正な評価額1,151円を合算している。
        4.(ⅰ)新株予約権者は、次の(A)ないし(D)の各条件の全部を充足した場合に限り、本新株予約権を行使する

          ことができる。
            (A)  2021年3月期、2022年3月期及び2023年3月期の各連結会計年度(以下「対象連結会計年度」とい
              う。)にかかる当社の提出する当社有価証券報告書の連結損益計算書における売上収益に関し、対
              象連結会計年度において、各連結会計年度の売上収益がその直前連結会計年度の売上収益を上回っ
              ており、かつ、その上回る額が対比されるその直前連結年度の売上収益の10パーセント以上となる
              こと。
                                  9/34




                                                           EDINET提出書類
                                           株式会社プレミアムウォーターホールディングス(E27294)
                                                             四半期報告書
            (B)  次の(a)ないし(f)に記載の各対象期間における単月の売上収益(当社の作成する連結損益計算書に
              基づき当社が合理的に算定した、同計算書のうち対象となる期間における売上高を指すものとし、
              以下同様とする。)が、当該(a)ないし(f)に記載の各目標数値を2回以上超えること。
              (a)対象期間:2020年4月1日から2020年9月30日までの期間
                目標数値:43億円
              (b)対象期間:2020年10月1日から2021年3月31日までの期間
                目標数値:45億円
              (c)対象期間:2021年4月1日から2021年9月30日までの期間
                目標数値:47億円
              (d)対象期間:2021年10月1日から2022年3月31日までの期間
                目標数値:49億円
              (e)対象期間:2022年4月1日から2022年9月30日までの期間
                目標数値:51億円
              (f)対象期間:2022年10月1日から2023年3月31日までの期間
                目標数値:53億円
            (C)  対象連結会計年度にかかる当社の提出する当社有価証券報告書の連結損益計算書における営業利益
              に関し、次の(a)ないし(c)で記載する対象連結会計年度における営業利益の目標数値を1回以上で
              も上回ること。ただし、この目標数値を上回る回数が1回のみとなるときは、下記(ⅱ)に定める行
              使条件が追加で適用される。
              (a)対象期間:2021年3月期
                目標数値:21億円
              (b)対象期間:2022年3月期
                目標数値:30億円
              (c)対象期間:2023年3月期
                目標数値:41億円
            (D)  2023年3月期の期末時点において、当社グループ(当社及び当社の子会社の総称をいい、以下同様
              とする。)の重要業績評価指標として当社取締役会が定める当社グループ全体の保有契約件数が次
              の(a)又は(b)のいずれかに該当すること。ただし、この(b)に該当するときは、下記(ⅱ)に定める
              行使条件が追加で適用される。
              (a)保有契約件数が137万件以上になること。
              (b)保有契約件数が132万件以上で137万件未満になること。
         (ⅱ)   新株予約権者は、上記(ⅰ)(A)ないし(D)の条件を全部充足した場合であっても、次の(A)又は(B)のいず
            れかに該当するときは、割り当てられた本新株予約権のうち50パーセントの割合に限り、これを行使す
            ることができる。この場合において、かかる割合に基づいて算出される行使可能な本新株予約権の個数
            につき1個未満の端数が生じるときは、この端数を切り捨てた個数にかかる本新株予約権についてのみ
            行使することができる。
            (A)  上記(ⅰ)(C)の(a)ないし(c)で記載する対象連結会計年度における営業利益の目標数値を上回った
              回数が1回にとどまるとき
            (B)  上記(ⅰ)(D)の(a)又は(b)のうち充足した条件が(b)となるとき
         (ⅲ)   上記(ⅰ)における売上収益及び営業利益の判定において、国際財務報告基準の適用等により参照すべき
            売上収益又は営業利益の概念に重要な変更があった場合には、当社は、合理的な範囲内において、別途
            参照すべき指標を当社取締役会で定めるものとする。また、上記(ⅰ)における保有契約件数の判定にお
            いて、この保有契約件数の定義に重要な変更があった場合には、当社は、合理的な範囲内において、別
            途参照すべき指標を当社取締役会で定めるものとする。
                                 10/34




                                                           EDINET提出書類
                                           株式会社プレミアムウォーターホールディングス(E27294)
                                                             四半期報告書
         (ⅳ)   新株予約権者による本新株予約権の行使に係る年間行使額の制限は、次の(A)及び(B)に定めるとおりと
            する。
            (A)  2023年7月1日から          2024年6月30日までの期間における本新株予約権の行使:新株予約権者が行
              使することができる本新株予約権の個数の割合は、割り当てられた本新株予約権の総数に対し50
              パーセントを超えてはならない。
            (B)  2024年7月1日から本新株予約権の行使期間満了日までの期間における本新株予約権の行使:行使
              制限は定めない。
         (ⅴ)   新株予約権者は、本新株予約権の権利行使時においても、当社グループの取締役、監査役又は従業員で
            あることを要する。ただし、任期満了による退任、定年退職、その他正当な理由があると取締役会が認
            めた場合は、この限りではない。
         (ⅵ)   新株予約権者が死亡した場合には、相続人がその権利を行使することができる。
         (ⅶ)   本新株予約権の行使によって、当社の発行済株式総数が当該時点における授権株式数を超過することと
            なるときは、当該本新株予約権の行使を行うことはできない。
         (ⅷ)   各本新株予約権1個未満の行使を行うことはできない。
         (ⅸ)   本新株予約権の質入れ、その他の担保権の設定は認めない。
         (ⅹ)   新株予約権者が法令又は当社の内部規律に違反する行為を行った場合には、本新株予約権の行使は認め
            ない。
        (ⅹⅰ)    新株予約権者が本新株予約権を放棄した場合には、かかる本新株予約権を行使することができない。
        (ⅹⅱ)    その他の条件については、当社グループの取締役及び従業員との間で締結する「新株予約権割当契約
            書」に定めるところによる。
        5.当社が、合併(当社が合併により消滅する場合に限る。)、吸収分割、新設分割、株式交換又は株式移転

          (以下、これらを総称して「組織再編行為」という。)を行う場合において、組織再編行為の効力発生日
          に新株予約権者に対し、それぞれの場合につき、会社法第236                             条第1項第8号イからホまでに掲げる株式
          会社(以下「再編対象会社」という。)の新株予約権を次に掲げる各条件に基づきそれぞれ交付すること
          とする。ただし、当該各条件に沿って再編対象会社の新株予約権を交付する旨を、吸収合併契約、新設合
          併契約、吸収分割契約、新設分割計画、株式交換契約又は株式移転計画において定めた場合に限るものと
          する。
         (ⅰ)   交付する再編対象会社の新株予約権の数
           新株予約権者が保有する新株予約権の数と同一の数をそれぞれ交付する。
         (ⅱ)   新株予約権の目的である再編対象会社の株式の種類
            再編対象会社の普通株式とする。
         (ⅲ)   新株予約権の目的である再編対象会社の株式の数
            組織再編行為の条件を勘案のうえ、上記(注)1に準じて決定する。
         (ⅳ)   新株予約権の行使に際して出資される財産の価額
            交付される各新株予約権の行使に際して出資される財産の価額は、組織再編行為の条件等を勘案のう
            え、上記(注)2で定められる行使価額を調整して得られる再編後行使価額に、上記(ⅲ)に従って決定
            される当該新株予約権の目的である再編対象会社の株式の数を乗じた額とする。
         (ⅴ)   新株予約権を行使することができる期間
            上記(注)4に定める行使期間の初日と組織再編行為の効力発生日のうち、いずれか遅い日から上記
            (注)4に定める行使期間の末日までとする。
         (ⅵ)   新株予約権の行使により株式を発行する場合における増加する資本金及び資本準備金に関する事項
            本新株予約権の行使により株式を発行する場合の当該株式の発行価格のうち資本組入額に準じて決定す
            る。
         (ⅶ)   譲渡による新株予約権の取得の制限
            譲渡による取得の制限については、再編対象会社の取締役会の決議による承認を要するものとする。
         (ⅸ)   新株予約権の取得事由及び条件
            本新株予約権の取得条項に準じて決定する。    
                                 11/34


                                                           EDINET提出書類
                                           株式会社プレミアムウォーターホールディングス(E27294)
                                                             四半期報告書
         (ⅹ)   その他
           再編対象会社の条件に準じて決定する。
       ②【その他の新株予約権等の状況】

        該当事項はありません。
      (3)【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

         該当事項はありません。
      (4)【発行済株式総数、資本金等の推移】

                                    資本金
                                                資本準備      資本準備
                                         資本金残高
                発行済株式総数          発行済株式総数
                                    増減額
        年月日                                        金増減額      金残高
                 増減数(株)           残高(株)
                                         (百万円)
                                               (百万円)      (百万円)
                                   (百万円)
                         普通株式     27,837,612

                普通株式     204,840
      2020年7月1日~
                                       43    4,105       43    3,314
      2020年9月30日
                         A種優先株式           28
               A種優先株式 -
     (注)新株予約権の行使による増加となります。

      (5)【大株主の状況】

        所有株式数別 
                                              2020年9月30日       現在
                                                   発行済株式
                                                   (自己株式を
                                           所有株式数        除く。)の
         氏名又は名称                     住所
                                             (株)      総数に対する
                                                   所有株式数
                                                   の割合(%)
    株式会社ブロードピーク                 東京都豊島区西池袋1丁目4-10                       9,463,178          33.99
    株式会社総合生活サービス                 東京都豊島区西池袋1丁目4-10                       6,233,400          22.39

    株式会社光通信                 東京都豊島区西池袋1丁目4-10                       4,811,870          17.29

    株式会社日本カストディ銀行(信

                     東京都中央区晴海1丁目8-12                       2,047,900          7.36
    託口)
    萩尾 陽平                 東京都港区                        996,500         3.58

    金本 彰彦                 兵庫県西宮市                        461,020         1.66

    プレミアムウォーターホールディ

                     東京都渋谷区神宮前1丁目23-26                        390,890         1.40
    ングス従業員持株会
    木下 政弘                 大阪府堺市西区                        328,810         1.18

    今泉 貴広                 東京都港区                        290,260         1.04

    NOMURA    PB  NOMINEES     LIMITED
                     1 ANGEL   LANE,   LONDON,    EC4R   3AB,   UNITED
    OMNIBUS-MARGIN(CASHPB)                                         275,200         0.99
                     KINGDOM
    (常任代理人      野村證券株式会社)
                     (東京都中央区日本橋1丁目13-1)
            計                                25,299,028          90.88
     (注)発行済株式(自己株式を除く。)の総数に対する所有株式数の割合については、小数点第3位以下を四捨五入し

        て表示しております。
                                 12/34



                                                           EDINET提出書類
                                           株式会社プレミアムウォーターホールディングス(E27294)
                                                             四半期報告書
       所有議決権数
                                              2020年9月30日       現在
                                                  総株主の議決
                                           所有議決権数        権に対する所
         氏名又は名称                     住所
                                            (個)      有議決権数の
                                                  割合(%)
    株式会社ブロードピーク                 東京都豊島区西池袋1丁目4-10                         94,631        34.00

    株式会社総合生活サービス                 東京都豊島区西池袋1丁目4-10                         62,334        22.39

    株式会社光通信                 東京都豊島区西池袋1丁目4-10                         48,118        17.29

    株式会社日本カストディ銀行(信

                     東京都中央区晴海1丁目8-12                         20,479         7.36
    託口)
    萩尾 陽平                 東京都港区                          9,965        3.58

    金本 彰彦                 兵庫県西宮市                          4,610        1.66

    プレミアムウォーターホールディ

                     東京都渋谷区神宮前1丁目23-26                          3,908        1.40
    ングス従業員持株会
    木下 政弘                 大阪府堺市西区                          3,288        1.18

    今泉 貴広                 東京都港区                          2,902        1.04

    NOMURA    PB  NOMINEES     LIMITED
                     1 ANGEL   LANE,   LONDON,    EC4R   3AB,   UNITED
    OMNIBUS-MARGIN(CASHPB)                                          2,752        0.99
                     KINGDOM
    (常任代理人      野村證券株式会社)
                     (東京都中央区日本橋1丁目13-1)
            計                                  252,987         90.89

     (注)総株主の議決権に対する所有議決権数の割合については、小数点第3位以下を四捨五入して表示しておりま

        す。 
                                 13/34










                                                           EDINET提出書類
                                           株式会社プレミアムウォーターホールディングス(E27294)
                                                             四半期報告書
      (6)【議決権の状況】
       ①【発行済株式】
                                                  2020年9月30日       現在
            区分             株式数(株)           議決権の数(個)                内容
                                             「1(1)②     発行済株式」の
                       A種優先株式         28
     無議決権株式                                       -
                                             「内容」の記載を参照
     議決権制限株式(自己株式等)                           -            -         -
     議決権制限株式(その他)                           -            -         -

                      (自己保有株式)
     完全議決権株式(自己株式等)                                       -         -
                       普通株式         300
                                              権利内容に何ら限定のな

                                              い、当社における標準と
                       普通株式     27,835,300
     完全議決権株式(その他)                                    278,353
                                              なる株式であり、単元株
                                              式数は100株であります。
                       普通株式        2,012

     単元未満株式                                       -         -
     発行済株式総数                       27,837,640                -         -

     総株主の議決権                           -         278,353           -

     (注)「単元未満株式」の欄には、自己株式72株が含まれております。
       ②【自己株式等】

                                                  2020年9月30日       現在
                                                   発行済株式総数に
      所有者の氏名                      自己名義        他人名義       所有株式数の
                 所有者の住所                                  対する所有株式の
       又は名称                   所有株式数(株)        所有株式数(株)          合計(株)
                                                     割合(%)
     (自己保有株式)
               山梨県富士吉田市上
     株式会社プレミアム
                                300         -        300        0.0
               吉田4597番地の1
     ウォーターホール
     ディングス
     2【役員の状況】

       該当事項はありません。
                                 14/34









                                                           EDINET提出書類
                                           株式会社プレミアムウォーターホールディングス(E27294)
                                                             四半期報告書
    第4【経理の状況】
     1.要約四半期連結財務諸表の作成方法について

      (1) 当社の要約四半期連結財務諸表は、「四半期連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(平成19年
       内閣府令第64号)第93条の規定により、国際会計基準第34号「期中財務報告」に準拠して作成しております。
      (2)  当社の要約四半期連結財務諸表に掲記される科目その他の事項の金額については、従来、千円単位で記載してお
       りましたが、第1四半期連結会計期間及び第1四半期連結累計期間より百万円単位で記載することに変更いたしま
       した。なお、比較を容易にするために前連結会計年度及び前第2四半期連結累計期間についても、百万円単位に変
       更して表示しております。
     2.監査証明について

       当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第2四半期連結会計期間(2020年7月1日から2020
      年9月30日まで)及び第2四半期連結累計期間(2020年4月1日から2020年9月30日まで)に係る要約四半期連結
      財務諸表について、三優監査法人による四半期レビューを受けております。
                                 15/34















                                                           EDINET提出書類
                                           株式会社プレミアムウォーターホールディングス(E27294)
                                                             四半期報告書
     1【要約四半期連結財務諸表】
      (1)【要約四半期連結財政状態計算書】
                                                (単位:百万円)
                                              当第2四半期
                               前連結会計年度
                         注記                     連結会計期間
                              (2020年3月31日)
                                             (2020年9月30日)
     資産
      流動資産
       現金及び現金同等物                                10,238               10,337
       営業債権及びその他の債権                                5,369               6,186
       棚卸資産                                 310               302
       その他の金融資産                   8               647              2,612
                                       1,531                534
       その他の流動資産
       流動資産合計                                18,097               19,974
      非流動資産

       有形固定資産                   9             13,638               15,479
       のれん                                 149               149
       無形資産                                1,751               1,728
       持分法で会計処理されている投資                                  26               38
       その他の金融資産                   8               555               680
       繰延税金資産                                1,735               2,511
       契約コスト                                6,487               8,034
                                        13               7
       その他の非流動資産
       非流動資産合計                                24,357               28,630
      資産合計                                 42,454               48,605
                                 16/34












                                                           EDINET提出書類
                                           株式会社プレミアムウォーターホールディングス(E27294)
                                                             四半期報告書
                                                (単位:百万円)
                                              当第2四半期
                               前連結会計年度
                         注記                     連結会計期間
                              (2020年3月31日)
                                             (2020年9月30日)
     負債及び資本
      負債
       流動負債
        営業債務及びその他の債務                               7,602               8,083
        有利子負債                 5,8              9,695               8,212
        未払法人所得税                                904              1,674
                                        688               366
        その他の流動負債
        流動負債合計                               18,891               18,336
       非流動負債

        有利子負債                 6,8              16,534               21,899
        引当金                                145               210
        繰延税金負債                                 22               10
                                        168               175
        その他の非流動負債
        非流動負債合計                               16,871               22,296
       負債合計                                35,763               40,633
      資本

       資本金                   6              4,046               4,112
       資本剰余金                   6              3,380               3,483
       利益剰余金                                △ 749               364
       自己株式                                 △ 0             △ 0
                                        △ 2             △ 3
       その他の包括利益累計額
       親会社の所有者に帰属する持分合計
                                       6,674               7,955
                                        17               16
       非支配持分
       資本合計                                6,691               7,972
      負債及び資本合計                                 42,454               48,605
                                 17/34










                                                           EDINET提出書類
                                           株式会社プレミアムウォーターホールディングス(E27294)
                                                             四半期報告書
      (2)【要約四半期連結損益計算書】
        【第2四半期連結累計期間】
                                                 (単位:百万円)
                              前第2四半期連結累計期間               当第2四半期連結累計期間
                          注記    (自 2019年4月1日               (自 2020年4月1日
                               至 2019年9月30日)               至 2020年9月30日)
      売上収益                     11             21,992               27,158
                                        3,661               3,907
      売上原価
       売上総利益
                                        18,331               23,251
      その他の収益                                     8              24

      販売費及び一般管理費                                  17,564               20,917
                                          2              230
      その他の費用                     12
       営業利益
                                         772              2,128
      金融収益                                     8              11

      金融費用                     7               213               238
                                          12               11
      持分法による投資利益
       税引前四半期利益
                                         580              1,912
      法人所得税費用                                   153               798
       四半期利益                                  426              1,113
     四半期利益の帰属

      親会社の所有者                                   426              1,113
                                          0              △ 0
      非支配持分
     四半期利益                                     426              1,113
     1株当たり四半期利益

      基本的1株当たり四半期利益(円)                     13              15.03               39.30
      希薄化後1株当たり四半期利益(円)                     13              13.82               36.24
                                 18/34










                                                           EDINET提出書類
                                           株式会社プレミアムウォーターホールディングス(E27294)
                                                             四半期報告書
        【第2四半期連結会計期間】
                                                 (単位:百万円)
                              前第2四半期連結会計期間               当第2四半期連結会計期間
                          注記    (自 2019年7月1日               (自 2020年7月1日
                               至 2019年9月30日)               至 2020年9月30日)
      売上収益                     11             11,400               14,096
                                        1,992               1,964
      売上原価
       売上総利益
                                        9,407              12,132
      その他の収益                                     3              22

      販売費及び一般管理費                                  9,076              11,011
                                          0               9
      その他の費用                     12
       営業利益
                                         334              1,134
      金融収益                                     3              △ ▶

      金融費用                     7               93              128
                                          6               5
      持分法による投資利益
       税引前四半期利益
                                         250              1,007
                                         △ 21              425
      法人所得税費用
       四半期利益                                  271               581
     四半期利益の帰属

      親会社の所有者                                   271               581
                                          0              △ 0
      非支配持分
     四半期利益                                     271               581
     1株当たり四半期利益

      基本的1株当たり四半期利益(円)                     13              9.37              20.50
      希薄化後1株当たり四半期利益(円)                     13              8.62              18.82
                                 19/34










                                                           EDINET提出書類
                                           株式会社プレミアムウォーターホールディングス(E27294)
                                                             四半期報告書
      (3)【要約四半期連結包括利益計算書】
        【第2四半期連結累計期間】
                                                   (単位:百万円)
                              前第2四半期連結累計期間               当第2四半期連結累計期間
                               (自 2019年4月1日               (自 2020年4月1日
                                至 2019年9月30日)               至 2020年9月30日)
     四半期利益                                     426               1,113

     その他の包括利益

      純損益に振り替えられる可能性のある項目
       キャッシュ・フロー・ヘッジの有効部分                                    0                1
                                          13               △ 3
       在外営業活動体の換算差額
      純損益に振り替えられる可能性のある項目
                                          14               △ 1
      合計
      税引後その他の包括利益                                     14               △ 1
      四半期包括利益                                    441               1,112
     四半期包括利益の帰属

      親会社の所有者                                    441               1,112
                                           0               △ 0
      非支配持分
      四半期包括利益                                    441               1,112
                                 20/34













                                                           EDINET提出書類
                                           株式会社プレミアムウォーターホールディングス(E27294)
                                                             四半期報告書
        【第2四半期連結会計期間】
                                                   (単位:百万円)
                              前第2四半期連結会計期間               当第2四半期連結会計期間
                               (自 2019年7月1日               (自 2020年7月1日
                                至 2019年9月30日)               至 2020年9月30日)
     四半期利益                                     271                581

     その他の包括利益

      純損益に振り替えられる可能性のある項目
       キャッシュ・フロー・ヘッジの有効部分                                    0                0
                                           5                0
       在外営業活動体の外貨換算差額
      純損益に振り替えられる可能性のある項目
                                           5                0
      合計
      その他の包括利益                                     5                0
      四半期包括利益                                    276                582
     四半期包括利益の帰属

      親会社の所有者                                    276                582
                                           0               △ 0
      非支配持分
      四半期包括利益                                    276                582
                                 21/34













                                                           EDINET提出書類
                                           株式会社プレミアムウォーターホールディングス(E27294)
                                                             四半期報告書
      (4)【要約四半期連結持分変動計算書】
      前第2四半期連結累計期間(自 2019年4月1日                       至 2019年9月30日)
                                                   (単位:百万円)
                         親会社の所有者に帰属する持分
                                      その他の
                                                  非支配      資本
                      資本      利益      自己
             注記
                資本金                      包括利益      合計
                                                  持分      合計
                      剰余金      剰余金      株式
                                       累計額
    2019年4月1日              2,614      1,898     △ 2,616      △ 0     △ 3    1,892       17    1,909
    四半期包括利益
     四半期利益(△は
                   -      -     426      -      -     426      0     426
     損失)
     その他の包括利益              -      -      -      -      14      14      -      14
    四半期包括利益合計               -      -     426      -      14     441      0     441
    所有者との取引額等

     自己株式の取得              -      -      -     △ 0     -     △ 0     -     △ 0

     新株の発行(新株
                   12      12      -      -      -      24      -      24
     予約権の行使)
     株式報酬取引              -      25      -      -      -      25      -      25
     資本分類の変更        6     1,400      1,400       -      -      -    2,800       -    2,800
    所有者との取引額等
                  1,412      1,437       -     △ 0     -    2,849       -    2,849
    合計
    2019年9月30日              4,026      3,335     △ 2,190      △ 0     11    5,183       17    5,200
      当第2四半期連結累計期間(自 2020年4月1日                       至 2020年9月30日)

                                                   (単位:百万円)
                         親会社の所有者に帰属する持分
                                      その他の
                                                  非支配      資本
                      資本      利益      自己
            注記
                資本金                      包括利益      合計
                                                  持分      合計
                      剰余金      剰余金      株式
                                      累計額
    2020年4月1日              4,046      3,380      △ 749      △ 0     △ 2    6,674       17    6,691
    四半期包括利益
     四半期利益(△は
                   -      -    1,113       -      -    1,113      △ 0    1,113
     損失)
     その他の包括利益              -      -      -      -     △ 1     △ 1     -     △ 1
    四半期包括利益合計               -      -    1,113       -     △ 1    1,112      △ 0    1,112
    所有者との取引額等

     自己株式の取得              -      -      -     △ 0     -     △ 0     -     △ 0

     新株の発行(新株
                   65      51      -      -      -     116      -     116
     予約権の行使)
     新株予約権の発行              -      3     -      -      -      3     -      3
     株式報酬取引              -      48      -      -      -      48      -      48
    所有者との取引額等
                   65     102      -     △ 0     -     168      -     168
    合計
    2020年9月30日              4,112      3,483      364      △ 0     △ 3    7,955       16    7,972
                                 22/34






                                                           EDINET提出書類
                                           株式会社プレミアムウォーターホールディングス(E27294)
                                                             四半期報告書
      (5)【要約四半期連結キャッシュ・フロー計算書】
                                                  (単位:百万円)
                                 前第2四半期連結累計期間             当第2四半期連結累計期間
                                 (自 2019年4月1日             (自 2020年4月1日
                                  至 2019年9月30日)             至 2020年9月30日)
     営業活動によるキャッシュ・フロー
      税引前四半期利益                                      580            1,912
      減価償却費及び償却費                                     2,923             3,396
      金融収益                                      △ 8            △ 11
      金融費用                                      213             238
      持分法による投資損益(△は益)                                     △ 12            △ 11
      契約コストの増減額(△は増加)                                     △ 899           △ 1,547
      営業債権及びその他の債権の増減額(△は増加)                                     △ 208            △ 779
      営業債務及びその他の債務の増減額(△は減少)                                      148             708
      棚卸資産の増減額(△は増加)                                      △ 0             7
                                           456             331
      その他
       小計
                                          3,191             4,246
      利息の受取額                                       1             2
      利息の支払額                                     △ 178            △ 174
                                           △ 52            △ 86
      法人所得税の支払額
      営業活動によるキャッシュ・フロー                                     2,962             3,987
     投資活動によるキャッシュ・フロー
      定期預金の純増減額(△は増加)                                      200              -
      有形固定資産及び無形資産の取得による支出                                     △ 747            △ 821
      貸付けによる支出                                     △ 33            △ 10
      貸付金の回収による収入                                      13             76
      敷金及び保証金の差入による支出                                      -          △ 2,129
                                           △ 75              7
      その他
      投資活動によるキャッシュ・フロー                                     △ 642           △ 2,875
     財務活動によるキャッシュ・フロー
      短期有利子負債の収支(△は支出)                                      -          △ 2,000
      長期有利子負債の収入                                     1,200             4,970
      長期有利子負債の支出                                    △ 3,703            △ 4,107
      自己株式の取得による支出                                      △ 0            △ 0
      新株予約権の行使による収入                                      24             116
                                            -              3
      新株予約権の発行による収入
      財務活動によるキャッシュ・フロー                                    △ 2,479            △ 1,017
     現金及び現金同等物に係る換算差額                                      △ 15              5
     現金及び現金同等物の増減額(△は減少)                                      △ 174              99
     現金及び現金同等物の期首残高                                      6,734             10,238
     現金及び現金同等物の四半期末残高                                      6,560             10,337
                                 23/34








                                                           EDINET提出書類
                                           株式会社プレミアムウォーターホールディングス(E27294)
                                                             四半期報告書
      【要約四半期連結財務諸表注記】
    1.報告企業
      株式会社プレミアムウォーターホールディングス(以下「当社」という。)は日本に所在する株式会社であり、東京
     証券取引所に株式を上場しております。登記上の本社の住所は山梨県富士吉田市上吉田4597番地の1であります。当
     第2四半期連結会計期間(2020年7月1日から2020年9月30日まで)及び当第2四半期連結累計期間(2020年4月1日か
     ら2020年9月30日まで)の要約四半期連結財務諸表は、当社及びその子会社(以下「当社グループ」という。)並びに関
     連会社に対する当社グループの持分から構成されております。当社グループは、主に宅配水事業の分野において様々
     な事業に取り組んでおります。
    2.要約四半期連結財務諸表作成の基礎

     (1)  IFRSに準拠している旨
       当社グループの要約四半期連結財務諸表は、四半期連結財務諸表規則第1条の2に掲げる「指定国際会計基準特
      定会社」の要件を満たすことから、同第93条の規定により、IAS第34号に準拠して作成しております。
     (2)  測定の基礎

       本要約四半期連結財務諸表は「注記3.重要な会計方針」に記載している会計方針に基づいて作成されておりま
      す。資産及び負債の残高は、公正価値で測定している金融商品等を除き、取得原価を基礎として計上しておりま
      す。
     (3)  機能通貨及び表示通貨

       本要約四半期連結財務諸表は当社の機能通貨である日本円(百万円単位、単位未満切捨て)で表示しております。
    3.重要な会計方針

      当社グループが本要約四半期連結財務諸表において適用する会計方針は、2020年3月31日に終了する連結会計年度
     に係る連結財務諸表において適用した会計方針と同様であります。
    4.重要な会計上の見積り及び見積りを伴う判断

      IFRSに準拠した要約四半期連結財務諸表の作成において、経営者は、会計方針の適用並びに資産、負債、収益及び
     費用の金額に影響を及ぼす判断、見積り及び仮定を行うことが要求されております。実際の業績は、その性質上これ
     らの見積りとは異なる場合があります。
      見積り及びその基礎となる仮定は継続して見直されます。会計上の見積りの見直しによる影響は、見積りを見直し
     た会計期間及びそれ以降の将来の会計期間において認識されます。
      本要約四半期連結財務諸表における重要な会計上の見積り及び見積りを伴う判断は、2020年3月31日に終了する連
     結会計年度に係る連結財務諸表と同様であります。
                                 24/34








                                                           EDINET提出書類
                                           株式会社プレミアムウォーターホールディングス(E27294)
                                                             四半期報告書
    5.社債
     (1)  前第2四半期連結累計期間(自                2019年4月1日        至    2019年9月30日       )
       該当事項はありません。
     (2)  当第2四半期連結累計期間(自                2020年4月1日        至    2020年9月30日       )

       発行した社債は以下のとおりであります。
                                                   (単位:百万円)
                                            利率
      会社名         銘柄        発行年月日          発行総額                   償還期限
                                           (%)
     当社        第1回無担保社債          2020年9月3日               5,000          1.80   2023年9月1日
    6.資本及びその他の資本項目

      優先株式につきましては、2019年6月の定時株主総会において契約内容の変更を決議しております。2019年3月期
     まで優先株式2,800百万円を金融負債として分類しておりましたが、前第1四半期連結会計期間から資本として分類し
     ております。
    7.配当

     (1)  前第2四半期連結累計期間(自                2019年4月1日        至    2019年9月30日       )
      ① 配当金支払額
        該当事項はありません。
        なお、優先株式につきましては、契約変更前の期間においてIFRSでは金融負債として認識しており、要約四半
       期連結損益計算書上、配当金は金融費用として計上しております。
      ② 基準日が前第2四半期連結累計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が前第2四半期連結会計期間末後

        となるもの
        該当事項はありません。
        なお、優先株式につきましては、契約変更前の期間においてIFRSでは金融負債として認識しており、要約四半
       期連結損益計算書上、配当金は金融費用として計上しております。
     (2)  当第2四半期連結累計期間(自                2020年4月1日        至    2020年9月30日       )

      ① 配当金支払額
        該当事項はありません。
      ② 基準日が当第2四半期連結累計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が当第2四半期連結会計期間末後

        となるもの
        該当事項はありません。
                                 25/34







                                                           EDINET提出書類
                                           株式会社プレミアムウォーターホールディングス(E27294)
                                                             四半期報告書
    8.金融商品
      金融商品は、その公正価値の測定にあたって、その公正価値の測定に用いたインプットの観察可能性及び重要性に
     応じて、公正価値ヒエラルキーの3つのレベルに分類しております。当該分類において、それぞれの公正価値のヒエ
     ラルキーは、以下のように定義しております。
      レベル1:同一の資産又は負債の活発な市場における(無調整の)相場価格により測定した公正価値
      レベル2:レベル1以外の直接又は間接的に観察可能なインプットを使用して測定した公正価値
      レベル3:観察可能でないインプットを使用して測定した公正価値
      当社グループは、公正価値の測定に使用される公正価値の階層のレベルを、公正価値の測定の重要なインプットの

     最も低いレベルによって決定しております。
     (1)  経常的に公正価値で測定する金融商品

      ① 公正価値のヒエラルキー
        公正価値の階層ごとに分類された、金融商品は以下のとおりであります。
       前連結会計年度(        2020年3月31日       )

                                                  (単位:百万円)
                       レベル1         レベル2         レベル3          合計
     金融資産
      その他の包括利益を通じて
      公正価値で測定する金融資産
                            -         -         207         207
       株式
           合計                 -         -         207         207
       当第2四半期連結会計期間(             2020年9月30日       )

                                                  (単位:百万円)
                       レベル1         レベル2         レベル3          合計
     金融資産
      その他の包括利益を通じて
      公正価値で測定する金融資産
                            -         -         163         163
       株式
           合計                 -         -         163         163
        公正価値ヒエラルキーのレベル間の振替は、振替えを生じさせた事象又は状況の変化が生じた日に認識してお

       ります。
        レベル間の重要な振替が行われた金融商品はありません。
      ② 公正価値の測定方法

        市場性のない有価証券については、割引将来キャッシュ・フローに基づく評価技法、純資産価値に基づく評価
       技法を用いて算定しており、公正価値ヒエラルキーレベル3に区分しております。非上場株式の公正価値測定に
       あたっては、割引率等の観察可能でないインプットを利用しております。
                                 26/34






                                                           EDINET提出書類
                                           株式会社プレミアムウォーターホールディングス(E27294)
                                                             四半期報告書
      ③ レベル3の調整表
        以下の表は、前第2四半期連結累計期間(2019年4月1日~2019年9月30日)におけるレベル3の金融商品の変
       動を表示しております。
                                                  (単位:百万円)
                                       株式           その他
     2019年4月1日       残高                                150            44
     取得                                        -           -
     売却                                        -           -
     四半期包括利益
      四半期利益                                        -            0
      その他の包括利益                                        -           -
                                             -           -
     その他
     2019年9月30日       残高                                150            45
     2019年9月30日に保有する金融商品に関して純損益に認識した
                                             -            0
     利得又は損失
        以下の表は、当第2四半期連結累計期間(2020年4月1日~2020年9月30日)におけるレベル3の金融商品の変

       動を表示しております。
                                                  (単位:百万円)
                                       株式           その他
     2020年4月1日       残高                                207            -
     取得                                        -           -
     売却                                       △44            -
     四半期包括利益
      四半期利益                                        -           -
      その他の包括利益                                        -           -
                                             -           -
     その他
     2020年9月30日       残高                                163            -
     2020年9月30日に保有する金融商品に関して純損益に認識した
                                             -           -
     利得又は損失
     (2)  償却原価で測定する金融商品

      ① 公正価値
        償却原価で測定する金融資産及び金融負債の公正価値は以下のとおりであります。
                                                  (単位:百万円)
                        前連結会計年度                 当第2四半期連結会計期間
                        ( 2020年3月31日       )            ( 2020年9月30日       )
                     帳簿価額          公正価値          帳簿価額          公正価値
     金融資産
      貸付金
                          167          168          123          124
     金融負債
      長期借入金
                         8,791          8,653          7,266          7,160
      (1年内返済予定含む)
      社債
                          -          -        4,970          4,970
      (1年内償還予定含む)
      割賦未払金                   4,593          4,574          3,566          3,548
     (注)短期の金融資産、短期の金融負債は、公正価値と帳簿価額とが近似しているため、上記には含めておりませ
        ん。
                                 27/34




                                                           EDINET提出書類
                                           株式会社プレミアムウォーターホールディングス(E27294)
                                                             四半期報告書
      ② 公正価値の測定方法
        貸付金
         貸付金については、その将来キャッシュ・フローを国債の利回り等適切な指標に信用スプレッドを上乗せし
         た利率で割り引く方法により算定しており、レベル3に分類しております。
        長期借入金
         長期借入金については、元利金の合計を、新規に同様の借入を行った場合に想定される利率で割り引く方法
         により算定しており、レベル3に分類しております。
        社債
         社債については、元利金の合計額を、新規に同様の社債の発行を行った場合に想定される利率で割り引く方
         法により算定しており、レベル3に分類しております。
        割賦未払金
         割賦未払金については、元利金の合計額を、新規に同様の割賦契約を行った場合に想定される利率で割り引
         く方法により算定しており、レベル3に分類しております。
    9.有形固定資産

      有形固定資産の内訳は以下のとおりです。
                                                  (単位:百万円)
                              前連結会計年度             当第2四半期連結会計期間
                             ( 2020年3月31日       )       ( 2020年9月30日       )
     建物及び構築物                                  1,942                3,128
     機械装置及び運搬具                                  1,240                1,253
     工具、器具及び備品                                   404                563
     レンタル用資産                                  20,154                21,333
     土地                                   444                444
                                        955                974
     その他
     小計
                                      25,142                27,698
                                      11,503                12,219
     減価償却累計額及び減損損失累計額
     有形固定資産合計                                  13,638                15,479
    10.事業セグメント

     (1)  報告セグメントの概要
       当社グループの報告セグメントは、当社グループの構成単位のうち分離された財務情報が入手可能であり、取締
      役会が、経営資源の配分の決定及び業績を評価するために、定期的に検討を行う対象となっているものでありま
      す。
       当社グループは、ナチュラルミネラルウォーターの製造及び宅配形式による販売が主要な事業内容であり、区分
      すべき事業セグメントが存在しないため、報告セグメントは単一となっております。
     (2)  報告セグメントごとの売上収益、利益又は損失、その他の項目の金額の算定方法

       単一セグメントのため、記載を省略しております。
                                 28/34







                                                           EDINET提出書類
                                           株式会社プレミアムウォーターホールディングス(E27294)
                                                             四半期報告書
    11.売上収益
     (収益の分解)
                                                  (単位:百万円)
                                             当第2四半期連結累計期間
                              前第2四半期連結累計期間
                                             (自    2020年4月1日
                               (自    2019年4月1日
                               至    2019年9月30日       )
                                              至    2020年9月30日       )
            ナチュラルミネラルウォーター
                                       14,815              19,043
            販売
     主要なサービ
            ウォーターサーバーレンタル                           2,915              3,453
     スライン
            その他                           4,262              4,661
               合計                        21,992              27,158

                                                  (単位:百万円)

                              前第2四半期連結会計期間               当第2四半期連結会計期間
                               (自    2019年7月1日            (自    2020年7月1日
                               至    2019年9月30日       )     至    2020年9月30日       )
            ナチュラルミネラルウォーター
                                        7,772              9,939
            販売
     主要なサービ
            ウォーターサーバーレンタル                           1,492              1,754
     スライン
            その他                           2,135              2,403
               合計                        11,400              14,096

     (注)ナチュラルミネラルウォーター販売はIFRS第15号に基づく顧客との契約から認識した収益であります。
        また、ウォーターサーバーレンタルはIFRS第16号に基づくその他の源泉から認識した収益であります。
    12.その他の費用

      その他の費用の内訳は、以下のとおりであります。
                                                  (単位:百万円)
                              前第2四半期連結累計期間               当第2四半期連結累計期間
                               (自 2019年4月1日               (自 2020年4月1日
                                至 2019年9月30日)               至 2020年9月30日)
     減損損失
                                          -              221
     その他                                     2               9
                合計                          2              230
                                 29/34








                                                           EDINET提出書類
                                           株式会社プレミアムウォーターホールディングス(E27294)
                                                             四半期報告書
    13.1株当たり四半期利益
      基本的1株当たり四半期利益及び算定上の基礎、希薄化後1株当たり四半期利益及び算定上の基礎は、以下のとお
     りであります。
                                                  (単位:百万円)
                              前第2四半期連結累計期間              当第2四半期連結累計期間
                               (自    2019年4月1日            (自    2020年4月1日
                                至   2019年9月30日       )     至   2020年9月30日       )
     (1)  基本的1株当たり四半期利益
                                       15円03銭              39円30銭
     (算定上の基礎)
      親会社の所有者に帰属する四半期利益(百万円)                                    426             1,113
      親会社の普通株主に帰属しない金額(百万円)
       資本に分類される優先株式への配当(百万円)                                   14              28
      基本的1株当たり四半期利益の算定に用いる
                                         412             1,085
      金額(百万円)
      普通株式の加重平均株式数(千株)                                  27,431              27,630
     (2)  希薄化後1株当たり四半期利益
                                       13円82銭              36円24銭
     (算定上の基礎)
      基本的1株当たり四半期利益の算定に用いる
                                         412             1,085
      金額(百万円)
      希薄化後1株当たり四半期利益の算定に用いる
                                         412             1,085
      金額(百万円)
      普通株式の加重平均株式数(千株)                                  27,431              27,630
      新株予約権による普通株式増加数(千株)                                   2,385              2,333
      希薄化後1株当たり四半期利益の算定に用いる
                                        29,817              29,964
      普通株式の加重平均株式数(千株)
                                                  (単位:百万円)

                              前第2四半期連結会計期間              当第2四半期連結会計期間
                               (自    2019年7月1日            (自    2020年7月1日
                                至   2019年9月30日       )     至   2020年9月30日       )
     (1)  基本的1株当たり四半期利益
                                       9円37銭              20円50銭
     (算定上の基礎)
      親会社の所有者に帰属する四半期利益(百万円)                                    271              581
      親会社の普通株主に帰属しない金額(百万円)
       資本に分類される優先株式への配当(百万円)                                   14              14
      基本的1株当たり四半期利益の算定に用いる
                                         257              567
      金額(百万円)
      普通株式の加重平均株式数(千株)                                  27,447              27,681
     (2)  希薄化後1株当たり四半期利益
                                       8円62銭              18円82銭
     (算定上の基礎)
      基本的1株当たり四半期利益の算定に用いる
                                         257              567
      金額(百万円)
      希薄化後1株当たり四半期利益の算定に用いる
                                         257              567
      金額(百万円)
      普通株式の加重平均株式数(千株)                                  27,447              27,681
      新株予約権による普通株式増加数(千株)                                   2,411              2,470
      希薄化後1株当たり四半期利益の算定に用いる
                                        29,858              30,151
      普通株式の加重平均株式数(千株)
                                 30/34





                                                           EDINET提出書類
                                           株式会社プレミアムウォーターホールディングス(E27294)
                                                             四半期報告書
    14.後発事象
      該当事項はありません。
    15.承認日

      2020年11月6日に当要約四半期連結財務諸表は、当社取締役会によって承認されております。
     2【その他】

       該当事項はありません。
                                 31/34


















                                                           EDINET提出書類
                                           株式会社プレミアムウォーターホールディングス(E27294)
                                                             四半期報告書
    第二部【提出会社の保証会社等の情報】
         該当事項はありません。

                                 32/34



















                                                           EDINET提出書類
                                           株式会社プレミアムウォーターホールディングス(E27294)
                                                             四半期報告書
                     独立監査人の四半期レビュー報告書
                                                    2020年11月9日

    株式会社プレミアムウォーターホールディングス
     取締役会      御中
                       三優監査法人
                         東京事務所

                        指定社員

                                   公認会計士       山  本  公  太            印
                        業務執行社員
                        指定社員

                                   公認会計士       畑  村  国  明            印
                        業務執行社員
    監査人の結論

     当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、「経理の状況」に掲げられている株式会社プレミ
    アムウォーターホールディングスの2020年4月1日から2021年3月31日までの連結会計年度の第2四半期連結会計期間
    (2020年7月1日から2020年9月30日まで)及び第2四半期連結累計期間(2020年4月1日から2020年9月30日まで)
    に係る要約四半期連結財務諸表、すなわち、要約四半期連結財政状態計算書、要約四半期連結損益計算書、要約四半期
    連結包括利益計算書、要約四半期連結持分変動計算書、要約四半期連結キャッシュ・フロー計算書及び注記について四
    半期レビューを行った。
     当監査法人が実施した四半期レビューにおいて、上記の要約四半期連結財務諸表が、「四半期連結財務諸表の用語、
    様式及び作成方法に関する規則」第93条により規定された国際会計基準第34号「期中財務報告」に準拠して、株式会社
    プレミアムウォーターホールディングス及び連結子会社の2020年9月30日現在の財政状態並びに同日をもって終了する
    第2四半期連結累計期間の経営成績及びキャッシュ・フローの状況を適正に表示していないと信じさせる事項が全ての
    重要な点において認められなかった。
    監査人の結論の根拠

     当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に準拠して四半期レビューを行っ
    た。四半期レビューの基準における当監査法人の責任は、「要約四半期連結財務諸表の四半期レビューにおける監査人
    の責任」に記載されている。当監査法人は、我が国における職業倫理に関する規定に従って、会社及び連結子会社から
    独立しており、また、監査人としてのその他の倫理上の責任を果たしている。当監査法人は、結論の表明の基礎となる
    証拠を入手したと判断している。
    要約四半期連結財務諸表に対する経営者及び監査等委員会の責任

     経営者の責任は、国際会計基準第34号「期中財務報告」に準拠して要約四半期連結財務諸表を作成し適正に表示する
    ことにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない要約四半期連結財務諸表を作成し適正に表示するた
    めに経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     要約四半期連結財務諸表を作成するに当たり、経営者は、継続企業の前提に基づき要約四半期連結財務諸表を作成す
    ることが適切であるかどうかを評価し、国際会計基準第1号「財務諸表の表示」第4項に基づき、継続企業に関する事
    項を開示する必要がある場合には当該事項を開示する責任がある。
     監査等委員会の責任は、財務報告プロセスの整備及び運用における取締役の職務の執行を監視することにある。
    要約四半期連結財務諸表の四半期レビューにおける監査人の責任

     監査人の責任は、監査人が実施した四半期レビューに基づいて、四半期レビュー報告書において独立の立場から要約
    四半期連結財務諸表に対する結論を表明することにある。
     監査人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に従って、四半期レビューの過程を通
    じて、職業的専門家としての判断を行い、職業的懐疑心を保持して以下を実施する。
                                 33/34



                                                           EDINET提出書類
                                           株式会社プレミアムウォーターホールディングス(E27294)
                                                             四半期報告書
    ・ 主として経営者、財務及び会計に関する事項に責任を有する者等に対する質問、分析的手続その他の四半期レ
     ビュー手続を実施する。四半期レビュー手続は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に準拠して
     実施される年度の財務諸表の監査に比べて限定された手続である。
    ・ 継続企業の前提に関する事項について、重要な疑義を生じさせるような事象又は状況に関して重要な不確実性が認
     められると判断した場合には、入手した証拠に基づき、要約四半期連結財務諸表において、国際会計基準第1号「財
     務諸表の表示」第4項に基づき、適正に表示されていないと信じさせる事項が認められないかどうか結論付ける。ま
     た、継続企業の前提に関する重要な不確実性が認められる場合は、四半期レビュー報告書において要約四半期連結財
     務諸表の注記事項に注意を喚起すること、又は重要な不確実性に関する要約四半期連結財務諸表の注記事項が適切で
     ない場合は、要約四半期連結財務諸表に対して限定付結論又は否定的結論を表明することが求められている。監査人
     の結論は、四半期レビュー報告書日までに入手した証拠に基づいているが、将来の事象や状況により、企業は継続企
     業として存続できなくなる可能性がある。
    ・ 要約四半期連結財務諸表の表示及び注記事項が、国際会計基準第34号「期中財務報告」に準拠していないと信じさ
     せる事項が認められないかどうかとともに、関連する注記事項を含めた要約四半期連結財務諸表の表示、構成及び内
     容、並びに要約四半期連結財務諸表が基礎となる取引や会計事象を適正に表示していないと信じさせる事項が認めら
     れないかどうかを評価する。
    ・ 要約四半期連結財務諸表に対する結論を表明するために、会社及び連結子会社の財務情報に関する証拠を入手す
     る。監査人は、要約四半期連結財務諸表の四半期レビューに関する指示、監督及び実施に関して責任がある。監査人
     は、単独で監査人の結論に対して責任を負う。
     監査人は、監査等委員会に対して、計画した四半期レビューの範囲とその実施時期、四半期レビュー上の重要な発見
    事項について報告を行う。
     監査人は、監査等委員会に対して、独立性についての我が国における職業倫理に関する規定を遵守したこと、並びに
    監査人の独立性に影響を与えると合理的に考えられる事項、及び阻害要因を除去又は軽減するためにセーフガードを講
    じている場合はその内容について報告を行う。
    利害関係

     会社及び連結子会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はな
    い。
                                                       以 上
     (注)1.上記は四半期レビュー報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(四半期

          報告書提出会社)が別途保管しております。
        2.XBRLデータは四半期レビューの対象には含まれていません。
                                 34/34









PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

書類提出日で検索

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2022年4月25日

社名の変更履歴が表示されるようになりました

2020年12月21日

新規上場の通知機能を追加しました。Myページにて通知の設定が行えます。

2020年9月22日

企業・投資家の個別ページに掲載情報を追加しました。また、併せて細かい改修を行いました。

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。

スポンサーリンク