エネクス・インフラ投資法人 有価証券届出書(組込方式・内国投資証券)

提出書類 有価証券届出書(組込方式・内国投資証券)
提出日
提出者 エネクス・インフラ投資法人
カテゴリ 有価証券届出書(組込方式・内国投資証券)

                                                          EDINET提出書類
                                                  エネクス・インフラ投資法人(E34452)
                                               有価証券届出書(組込方式・内国投資証券)
    【表紙】
    【提出書類】                      有価証券届出書

    【提出先】                      関東財務局長

    【提出日】                      2020年11月10日

    【発行者名】                      エネクス・インフラ投資法人

    【代表者の役職氏名】                      執行役員  松塚 啓一

    【本店の所在の場所】                      東京都千代田区霞が関三丁目2番5号

    【事務連絡者氏名】                      エネクス・アセットマネジメント株式会社

                          取締役兼財務経理部長 日置 敬介
    【電話番号】                      03-4233-8330

    【届出の対象とした募集(売出)内国                      エネクス・インフラ投資法人

      投資証券に係る投資法人の名称】
    【届出の対象とした募集(売出)内国                      形態:投資証券

      投資証券の形態及び金額】                     発行価額の総額:一般募集                              20,406,000,000円
                          売出価額の総額:オーバーアロットメントによる売出し
                                              1,188,000,000円
                          (注1) 発行価額の総額は、2020年10月28日(水)現在の株式会社東京証券取引所にお
                             ける本投資法人の投資口の普通取引の終値を基準として算出した見込額です。
                             ただし、今回の一般募集の方法は、引受人が発行価額にて買取引受けを行い、
                             当該発行価額と異なる価額(発行価格)で一般募集を行うため、一般募集にお
                             ける発行価格の総額は、上記の金額とは異なります。
                          (注2) 売出価額の総額は、2020年10月28日(水)現在の株式会社東京証券取引所にお
                             ける本投資法人の投資口の普通取引の終値を基準として算出した見込額です。
    安定操作に関する事項                      1. 今回の募集及び売出しに伴い、本投資法人の発行する上
                             場投資口について、市場価格の動向に応じ必要があると
                             きは、金融商品取引法施行令第20条第1項に規定する安定
                             操作取引が行われる場合があります。
                          2. 上記の場合に安定操作取引が行われる取引所金融商品市
                             場を開設する金融商品取引所は、株式会社東京証券取引
                             所です。
    【縦覧に供する場所】                      株式会社東京証券取引所

                          (東京都中央区日本橋兜町2番1号)
                                  1/144






                                                          EDINET提出書類
                                                  エネクス・インフラ投資法人(E34452)
                                               有価証券届出書(組込方式・内国投資証券)
    第一部【証券情報】
    第1【内国投資証券(新投資口予約権証券及び投資法人債券を除く。)】
      1【募集内国投資証券(引受人の買取引受けによる国内一般募集)】
       (1)【投資法人の名称】
         エネクス・インフラ投資法人(以下「本投資法人」といいます。)
         (英文ではEnex         Infrastructure         Investment       Corporationと表示します。)
         (注) 本投資法人は、投資信託及び投資法人に関する法律(昭和26年法律第198号。その後の改正を含みます。)(以下「投信法」と
           いいます。)に基づき設立された投資法人です。
       (2)【内国投資証券の形態等】

         本書に従って行われる募集又は売出しの対象とされる有価証券は、本投資法人の投資口(以下
       「本投資口」といいます。)です。本投資口は、社債、株式等の振替に関する法律(平成13年法
       律第75号。その後の改正を含みます。)(以下「振替法」といいます。)の規定の適用を受ける
       振替投資口であり、振替法第227条第2項に基づき投資主が発行を請求する場合を除き、本投資法
       人は、本投資口を表示する投資証券を発行することができません。
         また、本投資口は、投資主の請求による投資口の払戻しが認められないクローズド・エンド型
       です。
         本投資口について、本投資法人の依頼により、信用格付業者から提供され若しくは閲覧に供さ
       れた信用格付、又は信用格付業者から提供され若しくは閲覧に供される予定の信用格付はありま
       せん。
         (注) 投信法上、均等の割合的単位に細分化された投資法人の社員の地位を「投資口」といい、その保有者を「投資主」といいま
           す。本投資口を購入した投資家は、本投資法人の投資主となります。
       (3)【発行数】

         220,050口
         (注1) 2020年11月10日(火)開催の役員会において決議された公募による新投資口発行に係る募集(以下「国内一般募集」といいま
            す。)及び後記(注2)に記載のオーバーアロットメントによる売出しと同時に、欧州及びアジアを中心とする海外市場(ただ
            し、米国及びカナダを除きます。)における募集(以下「海外募集」といいます。)が行われます。
            国内一般募集及び海外募集(以下、併せて「本募集」といいます。)の総発行数は245,000口であり、国内一般募集における
            発行数(以下「国内募集口数」といいます。)は220,050口を目途とし、海外募集における発行数(以下「海外募集口数」と
            いいます。)は24,950口を目途として募集を行いますが、その最終的な内訳は、需要状況等を勘案した上で、後記「(13)                                               引
            受け等の概要」に記載の発行価格等決定日に決定されます。
            海外募集の内容については、後記「第5               募集又は売出しに関する特別記載事項 1                本邦以外の地域における発行」をご参照く
            ださい。
         (注2) 国内一般募集に当たり、その需要状況等を勘案した上で、国内一般募集とは別に、国内一般募集の事務主幹事会社であるSM
            BC日興証券株式会社が、伊藤忠エネクス株式会社(以下「伊藤忠エネクス」ということがあります。)、三井住友信託銀行
            株式会社(以下「三井住友信託銀行」ということがあります。)及び株式会社マーキュリアインベストメント(以下「マー
            キュリアインベストメント」ということがあります。)からそれぞれ、8,286口、2,899口及び1,065口を上限として借り入れ
            る本投資口(ただし、かかる貸借は、後記「(16)                    その他 ⑥」に記載のとおり、国内一般募集の対象となる本投資口のう
            ち、5,916口及び1,834口が各指定先(後記「(16)                    その他 ⑥」に定義します。)にそれぞれ販売されることを条件としま
            す。)(以下「借入投資口」といいます。)の日本国内における売出し(以下「オーバーアロットメントによる売出し」とい
            います。)を行う場合があります。
            オーバーアロットメントによる売出しに関連する事項については、後記「第5                              募集又は売出しに関する特別記載事項 2                オー
            バーアロットメントによる売出し等について」をご参照ください。
         (注3) 本募集及びオーバーアロットメントによる売出し(以下、併せて「グローバル・オファリング」といいます。)の単独グロー
            バル・コーディネーターは、SMBC日興証券株式会社(以下、単独グローバル・コーディネーターの立場において、「単独
            グローバル・コーディネーター」といいます。)です。
       (4)【発行価額の総額】

         20,406,000,000円
         (注) 後記「(13)       引受け等の概要」に記載のとおり、発行価額の総額は、後記「(13)                          引受け等の概要」に記載の引受人(以下「引
           受人」といいます。)の買取引受けによる払込金額の総額です。発行価額の総額は、2020年10月28日(水)現在の株式会社東
           京証券取引所における本投資口の普通取引の終値を基準として算出した見込額です。
                                  2/144



                                                          EDINET提出書類
                                                  エネクス・インフラ投資法人(E34452)
                                               有価証券届出書(組込方式・内国投資証券)
       (5)【発行価格】
         未定
         (注1) 発行価格等決定日(後記「(13)                引受け等の概要」に定義します。以下同じです。)の株式会社東京証券取引所における本投
            資口の普通取引の終値(当日に終値のない場合には、その日に先立つ直近日の終値)から第3期(2020年11月期)に係る1口当
            たりの予想分配金(予想利益超過分配金は含みません。)2,341円及び予想利益超過分配金3,659円を控除した金額に0.90~
            1.00を乗じた価格(1円未満切捨て)を仮条件として需要状況等を勘案した上で決定します。
            今後、発行価格等(発行価格、発行価額、各引受人の引受投資口数、売出価格及び引受人の手取金をいいます。以下同じで
            す。)が決定された場合には、発行価格等及び発行価格等の決定に伴い連動して訂正される事項(発行数(国内募集口数)、
            海外募集口数、発行価額(国内一般募集における発行価額)の総額、海外募集における発行価額の総額、国内一般募集におけ
            る手取金、海外募集における手取金、国内一般募集と同日付をもって決議された第三者割当による新投資口発行の手取金上
            限、オーバーアロットメントによる売出しの売出数及びオーバーアロットメントによる売出しの売出価額の総額をいいます。
            以下同じです。)について、目論見書の訂正事項分の交付に代えて、発行価格等決定日の翌日付の日本経済新聞及び発行価格
            等の決定に係る有価証券届出書の訂正届出書の提出後から申込期間の末日までの期間中のインターネット上の本投資法人ウェ
            ブサイト([URL]https://enexinfra.com/)(以下「新聞等」といいます。)において公表します。なお、発行価格等が決
            定される前に有価証券届出書の記載内容について訂正が行われる場合には、目論見書の訂正事項分が交付されます。また、発
            行価格等の決定に際し、発行価格等及び発行価格等の決定に伴い連動して訂正される事項以外の記載内容についての訂正が行
            われる場合には、目論見書の訂正事項分が交付され、新聞等による公表は行いません。
         (注2) 上記仮条件により需要状況等を勘案した上で、2020年11月24日(火)から2020年11月25日(水)までの間のいずれかの日(発
            行価格等決定日)に国内一般募集における価額(発行価格)を決定し、併せて発行価額(本投資法人が引受人より受け取る本
            投資口1口当たりの払込金額)を決定します。
         (注3) 後記「(13)        引受け等の概要」に記載のとおり、発行価格と発行価額とは異なります。発行価格の総額と発行価額の総額との
            差額は、引受人の手取金となります。
       (6)【申込手数料】

         該当事項はありません。
       (7)【申込単位】

         1口以上1口単位
       (8)【申込期間】

         2020年11月25日(水)から2020年11月26日(木)まで
         (注) 申込期間は、上記のとおり内定していますが、発行価格等決定日において正式に決定します。なお、上記申込期間は、需要状
           況等を勘案した上で、繰り下げられることがあります。当該需要状況等の把握期間は、2020年11月16日(月)から、最短で
           2020年11月24日(火)まで、最長で2020年11月25日(水)までですが、実際の発行価格等決定日は、2020年11月24日(火)か
           ら2020年11月25日(水)までの間のいずれかの日です。
           したがって、
            ① 発行価格等決定日が2020年11月24日(火)の場合、
             申込期間は「2020年11月25日(水)から2020年11月26日(木)まで」
            ② 発行価格等決定日が2020年11月25日(水)の場合、
             申込期間は「2020年11月26日(木)から2020年11月27日(金)まで」
           となりますので、ご注意ください。
       (9)【申込証拠金】

         申込証拠金は、発行価格と同一の金額です。
       (10)【申込取扱場所】

         引受人の本店及び全国各支店並びに営業所で申込みの取扱いを行います。
       (11)【払込期日】

         2020年12月1日(火)
                                  3/144




                                                          EDINET提出書類
                                                  エネクス・インフラ投資法人(E34452)
                                               有価証券届出書(組込方式・内国投資証券)
       (12)【払込取扱場所】
         三井住友信託銀行株式会社 本店営業部
         東京都千代田区丸の内一丁目4番1号
         (注) 上記払込取扱場所では、本投資口の買付けの申込みの取扱いを行いません。
       (13)【引受け等の概要】

         以下に記載する引受人は、2020年11月24日(火)から2020年11月25日(水)までの間のいずれ
       かの日(以下「発行価格等決定日」といいます。)に決定される発行価額(引受価額)にて本投
       資口の買取引受けを行い、当該発行価額と異なる価額(発行価格)で国内一般募集を行います。
       引受人は、払込期日に発行価額の総額と同額を本投資法人に払い込むものとし、国内一般募集に
       おける発行価格の総額と発行価額の総額との差額は、引受人の手取金とします。本投資法人は、
       引受人に対して引受手数料を支払いません。
             引受人の名称                    住所             引受投資口数

         SMBC日興証券株式会社               東京都千代田区丸の内三丁目3番1号

         みずほ証券株式会社               東京都千代田区大手町一丁目5番1号

                                                未定
         株式会社SBI証券               東京都港区六本木一丁目6番1号
         岡三証券株式会社               東京都中央区日本橋一丁目17番6号

                                  -
              合  計                                 220,050口
         (注1) 本投資法人及び本投資法人が資産の運用に係る業務を委託しているエネクス・アセットマネジメント株式会社(以下「本資産
            運用会社」といいます。)は、発行価格等決定日に引受人との間で新投資口引受契約を締結します。
         (注2) 上記引受人は、引受人以外の金融商品取引業者に国内一般募集の対象となる本投資口の販売を委託することがあります。
         (注3) 国内一般募集の共同主幹事会社兼ジョイント・ブックランナーは、SMBC日興証券株式会社及びみずほ証券株式会社(以下
            「国内共同主幹事会社」と総称します。)です。
         (注4) 各引受人の引受投資口数は、発行価格等決定日に決定します。
       (14)【振替機関に関する事項】

         株式会社証券保管振替機構(以下「振替機関」といいます。)
         東京都中央区日本橋茅場町二丁目1番1号
       (15)【手取金の使途】

         国内一般募集における手取金(20,406,000,000円)については、海外募集における手取金
       (2,313,000,000円)と併せて、本投資法人が策定した本グリーンファイナンス・フレームワーク
       (注1)の適格基準(注2)を満たす、後記「第二部                           追完情報 2       投資対象 ①        新規取得資産の概
       要」に記載の本投資法人が取得予定の特定資産(投信法第2条第1項における意味を有します。以
       下同じです。)(以下「取得予定資産」といいます。)の取得資金の一部に充当する予定です。
       なお、国内一般募集と同日付をもって決議された第三者割当(詳細については、後記「第5                                                  募集
       又は売出しに関する特別記載事項 2                     オーバーアロットメントによる売出し等について」をご参
       照ください。)による新投資口発行の手取金上限(1,136,000,000円)については、本投資法人が
       取得予定資産の取得資金として借り入れた借入金の一部返済、将来の新たな本投資法人が策定し
       た本グリーンファイナンス・フレームワークの適格基準を満たす特定資産の取得資金又は運転資
       金の全部又は一部に充当する予定です。
         (注1) 本グリーンファイナンス・フレームワークについては、後記「第5                             募集又は売出しに関する特別記載事項 4                グリーン投資口
            (“グリーンエクイティ”)」をご参照ください。
         (注2) 適格基準の詳細は、後記「第二部                追完情報 1     投資方針 ①      インベストメント・ハイライト (ロ)               投資法人初となる「グ
            リーンエクイティ×グローバル・オファリング」の実施により国内外機関投資家層を拡大 b.                                    本投資法人が策定するグリーン
            ファイナンス・フレームワークへの第三者評価の取得」をご参照ください。以下同じです。
         (注3) 調達する資金については、支出するまでの間、金融機関に預け入れる予定です。
         (注4) 上記の各手取金は、2020年10月28日(水)現在の株式会社東京証券取引所における本投資口の普通取引の終値を基準として算
            出した見込額です。
                                  4/144


                                                          EDINET提出書類
                                                  エネクス・インフラ投資法人(E34452)
                                               有価証券届出書(組込方式・内国投資証券)
       (16)【その他】
          ① 申込みの方法は、前記「(8)                  申込期間」に記載の申込期間内に前記「(10)                         申込取扱場
            所」に記載の申込取扱場所へ前記「(9)                      申込証拠金」に記載の申込証拠金を添えて申込
            みを行うものとします。
          ② 申込証拠金には、利息をつけません。

          ③ 申込証拠金のうち発行価額(引受価額)相当額は、前記「(11)                                     払込期日」に記載の払込

            期日に新投資口払込金に振替充当します。
          ④ 国内一般募集の対象となる本投資口の受渡期日は、2020年12月2日(水)です。

          ⑤ 国内一般募集の対象となる本投資口は、受渡期日から売買を行うことができます。振替

            法の適用により、本投資口の売買は、振替機関又は口座管理機関における振替口座での
            振替により行われます。
          ⑥ 引受人は、本投資法人が指定する販売先として、本資産運用会社の株主である伊藤忠エ

            ネクス及び三井住友信託銀行(以下、総称して「指定先」ということがあります。)に
            対し、国内一般募集の対象となる本投資口のうち、それぞれ、5,916口及び1,834口を販
            売する予定です。
                                  5/144













                                                          EDINET提出書類
                                                  エネクス・インフラ投資法人(E34452)
                                               有価証券届出書(組込方式・内国投資証券)
      2【売出内国投資証券(オーバーアロットメントによる売出し)】
       (1)【投資法人の名称】
         前記「1     募集内国投資証券(引受人の買取引受けによる国内一般募集) (1)                                       投資法人の名
       称」と同じです。
       (2)【内国投資証券の形態等】

         前記「1     募集内国投資証券(引受人の買取引受けによる国内一般募集) (2)                                      内国投資証券の
       形態等」と同じです。
       (3)【売出数】

         12,250口
         (注) オーバーアロットメントによる売出しは、国内一般募集に当たり、その需要状況等を勘案した上で、国内一般募集とは別に、
           国内一般募集の事務主幹事会社であるSMBC日興証券株式会社が、伊藤忠エネクス、三井住友信託銀行及びマーキュリアイ
           ンベストメントからそれぞれ、8,286口、2,899口及び1,065口を上限として借り入れる本投資口(ただし、かかる貸借は、前記
           「1  募集内国投資証券(引受人の買取引受けによる国内一般募集) (16)                           その他 ⑥」に記載のとおり、国内一般募集の対象
           となる本投資口のうち、5,916口及び1,834口が各指定先にそれぞれ販売されることを条件とします。)の日本国内における売
           出しです。したがって、上記売出数は、オーバーアロットメントによる売出しの売出数の上限を示したものであり、需要状況
           等により減少し、又はオーバーアロットメントによる売出しそのものが全く行われない場合があります。
           オーバーアロットメントによる売出しに関連する事項については、後記「第5                              募集又は売出しに関する特別記載事項 2                オー
           バーアロットメントによる売出し等について」をご参照ください。
           今後、売出数が決定された場合には、発行価格等及び発行価格等の決定に伴い連動して訂正される事項について、目論見書の
           訂正事項分の交付に代えて、発行価格等決定日の翌日付の日本経済新聞及び発行価格等の決定に係る有価証券届出書の訂正届
           出書の提出後から申込期間の末日までの期間中のインターネット上の本投資法人ウェブサイト([URL]
           https://enexinfra.com/)(新聞等)において公表します。なお、発行価格等が決定される前に有価証券届出書の記載内容に
           ついて訂正が行われる場合には、目論見書の訂正事項分が交付されます。また、発行価格等の決定に際し、発行価格等及び発
           行価格等の決定に伴い連動して訂正される事項以外の記載内容についての訂正が行われる場合には、目論見書の訂正事項分が
           交付され、新聞等による公表は行いません。
       (4)【売出価額の総額】

         1,188,000,000円
         (注) 売出価額の総額は、2020年10月28日(水)現在の株式会社東京証券取引所における本投資口の普通取引の終値を基準として算
           出した見込額です。
       (5)【売出価格】

         未定
         (注) 売出価格は、前記「1           募集内国投資証券(引受人の買取引受けによる国内一般募集) (5)                           発行価格」に記載の発行価格と同
           一の価格とします。
       (6)【申込手数料】

         該当事項はありません。
       (7)【申込単位】

         1口以上1口単位
       (8)【申込期間】

         2020年11月25日(水)から2020年11月26日(木)まで
         (注) 上記申込期間は、前記「1             募集内国投資証券(引受人の買取引受けによる国内一般募集) (8)                           申込期間」に記載の国内一般
           募集の申込期間と同一とします。
       (9)【申込証拠金】

         申込証拠金は、売出価格と同一の金額です。
                                  6/144



                                                          EDINET提出書類
                                                  エネクス・インフラ投資法人(E34452)
                                               有価証券届出書(組込方式・内国投資証券)
       (10)【申込取扱場所】
         SMBC日興証券株式会社の本店及び全国各支店で申込みの取扱いを行います。
       (11)【受渡期日】

         2020年12月2日(水)
       (12)【払込取扱場所】

         該当事項はありません。
       (13)【引受け等の概要】

         該当事項はありません。
       (14)【振替機関に関する事項】

         前記「1     募集内国投資証券(引受人の買取引受けによる国内一般募集) (14)                                      振替機関に関す
       る事項」と同じです。
       (15)【手取金の使途】

         該当事項はありません。
       (16)【その他】

          ① 申込みの方法は、前記「(8)                  申込期間」に記載の申込期間内に前記「(10)                         申込取扱場
            所」に記載の申込取扱場所へ前記「(9)                      申込証拠金」に記載の申込証拠金を添えて申込
            みを行うものとします。
          ② 申込証拠金には、利息をつけません。

          ③ オーバーアロットメントによる売出しの対象となる本投資口は、前記「(11)                                            受渡期日」

            に記載の受渡期日から売買を行うことができます。
            振替法の適用により、本投資口の売買は、振替機関又は口座管理機関における振替口座
            での振替により行われます。
                                  7/144









                                                          EDINET提出書類
                                                  エネクス・インフラ投資法人(E34452)
                                               有価証券届出書(組込方式・内国投資証券)
    第2【新投資口予約権証券】
         該当事項はありません。

    第3【投資法人債券(短期投資法人債を除く。)】

         該当事項はありません。

    第4【短期投資法人債】

         該当事項はありません。

                                  8/144
















                                                          EDINET提出書類
                                                  エネクス・インフラ投資法人(E34452)
                                               有価証券届出書(組込方式・内国投資証券)
    第5【募集又は売出しに関する特別記載事項】
      1 本邦以外の地域における発行

       (1) 海外募集
         国内一般募集及びオーバーアロットメントによる売出しと同時に、海外募集が行われます。英
        国SMBC日興キャピタル・マーケット会社(SMBC                            Nikko    Capital     Markets     Limited)及びミズ
        ホ・インターナショナル・ピーエルシー(Mizuho                           International        plc)を共同主幹事会社兼ジョ
        イント・ブックランナーとする海外引受会社は、発行価格等決定日付にて本投資法人及び本資産
        運用会社との間で、International                   Purchase     Agreementを締結して、投信法上の一般事務受託者
        (投信法第117条第1号)として、海外募集を総額個別買取引受けにより行います。
       (2) 海外募集の概要

        ① 海外募集における特定有価証券の名称
          投資証券(振替法の規定の適用を受ける振替投資口)
        ② 海外募集における発行数(海外募集口数)

          24,950口
          (注)    海外募集口数は、今後変更される可能性があります。なお、本募集の総発行数は245,000口であり、国内募集口数220,050
             口及び海外募集口数24,950口を目途として募集を行いますが、その最終的な内訳は、需要状況等を勘案した上で発行価格
             等決定日に決定されます。
        ③ 海外募集における発行価格

          未定
          (注1) 前記「第1       内国投資証券(新投資口予約権証券及び投資法人債券を除く。) 1                           募集内国投資証券(引受人の買取引受け
             による一般募集) (5)         発行価格」の(注1)に記載の仮条件により需要状況等を勘案した上で、発行価格等決定日に海外
             募集における価額(発行価格)を決定し、併せて海外募集における発行価額(本投資法人が後記「⑤                                       海外募集における
             引受人の名称」に記載の引受人より受け取る本投資口1口当たりの払込金額)を決定します。
          (注2) 海外募集における発行価格及び発行価額は、それぞれ前記「第1                            内国投資証券(新投資口予約権証券及び投資法人債券を
             除く。) 1     募集内国投資証券(引受人の買取引受けによる一般募集) (5)                         発行価格」に記載の発行価格及び発行価額
             と同一の価格とします。
        ④ 海外募集における発行価額の総額

          2,313,000,000円
          (注)    海外募集における発行価額の総額は、2020年10月28日(水)現在の株式会社東京証券取引所における本投資口の普通取引
             の終値を基準として算出した見込額です。なお、本投資法人が既に発行した本投資口及び本募集における本投資口の発行
             価額の総額の合計額のうち、国内において募集される投資口の発行価額の総額の占める割合は、100分の50を超えるもの
             とします。
        ⑤ 海外募集における引受人の名称

          英国SMBC日興キャピタル・マーケット会社(SMBC                             Nikko    Capital     Markets     Limited)
          ミズホ・インターナショナル・ピーエルシー(Mizuho                             International        plc)
        ⑥ 海外募集をする地域

          欧州及びアジアを中心とする海外市場(ただし、米国及びカナダを除きます。)
        ⑦ 海外募集における発行年月日(払込期日)

          2020年12月1日(火)
                                  9/144




                                                          EDINET提出書類
                                                  エネクス・インフラ投資法人(E34452)
                                               有価証券届出書(組込方式・内国投資証券)
        ⑧ 安定操作に関する事項
         (イ)海外募集に伴い、本投資法人の発行する上場投資口について、市場価格の動向に応じ必要
            があるときは金融商品取引法施行令(昭和40年政令第321号。その後の改正を含みま
            す。)第20条第1項に規定する安定操作取引が行われる場合があります。
         (ロ)上記の場合に安定操作取引が行われる取引所金融商品市場を開設する金融商品取引所は、
            株式会社東京証券取引所です。
        ⑨ その他

          海外募集に関しては、海外の投資家向けに英文目論見書を発行していますが、その様式及び
         内容は本書と同一ではありません。
      2 オーバーアロットメントによる売出し等について

        国内一般募集に当たり、その需要状況等を勘案した上で、国内一般募集とは別に、国内一般募集
       の事務主幹事会社であるSMBC日興証券株式会社が、伊藤忠エネクス、三井住友信託銀行及び
       マーキュリアインベストメントからそれぞれ、8,286口、2,899口及び1,065口を上限として借り入
       れる本投資口(ただし、かかる貸借は、前記「第1                            内国投資証券(新投資口予約権証券及び投資法
       人債券を除く。) 1            募集内国投資証券(引受人の買取引受けによる国内一般募集) (16)                                      その
       他 ⑥」に記載のとおり、国内一般募集の対象となる本投資口のうち、5,916口及び1,834口が各指
       定先にそれぞれ販売されることを条件とします。)の日本国内における売出し(オーバーアロット
       メントによる売出し)を行う場合があります。オーバーアロットメントによる売出しの売出数は、
       12,250口を予定していますが、当該売出数は上限の売出数であり、需要状況等により減少し、又は
       オーバーアロットメントによる売出しそのものが全く行われない場合があります。
        なお、オーバーアロットメントによる売出しに関連して、借入投資口の返還に必要な本投資口を
       SMBC日興証券株式会社に取得させるため、本投資法人は2020年11月10日(火)開催の本投資法
       人の役員会において、SMBC日興証券株式会社を割当先とする本投資口12,250口の第三者割当に
       よる新投資口発行(以下「本第三者割当」といいます。)を、2020年12月23日(水)を払込期日と
       して行うことを決議しています。
        また、SMBC日興証券株式会社は、国内一般募集及びオーバーアロットメントによる売出しの
       申込期間の終了する日の翌日から2020年12月21日(月)までの間(以下「シンジケートカバー取引
       期間」といいます(注)。)、借入投資口の返還を目的として、株式会社東京証券取引所(以下「東
       京証券取引所」といいます。)においてオーバーアロットメントによる売出しに係る口数を上限と
       する本投資口の買付け(以下「シンジケートカバー取引」といいます。)を行う場合があります。
       SMBC日興証券株式会社がシンジケートカバー取引により買い付けた全ての本投資口は、借入投
       資口の返還に充当されます。なお、シンジケートカバー取引期間内において、SMBC日興証券株
       式会社の判断でシンジケートカバー取引を全く行わず、又はオーバーアロットメントによる売出し
       に係る口数に至らない口数でシンジケートカバー取引を終了させる場合があります。
        さらに、SMBC日興証券株式会社は、国内一般募集及びオーバーアロットメントによる売出し
       に伴って安定操作取引を行うことがあり、かかる安定操作取引により買い付けた本投資口の全部又
       は一部を借入投資口の返還に充当することがあります。
        SMBC日興証券株式会社は、オーバーアロットメントによる売出しに係る口数から、安定操作
       取引及びシンジケートカバー取引によって買い付け、借入投資口の返還に充当する口数を減じた口
       数について、本第三者割当に係る割当てに応じ、本投資口を取得する予定です。そのため本第三者
       割当における発行数の全部又は一部につき申込みが行われず、その結果、失権により本第三者割当
       における最終的な発行数がその限度で減少し、又は発行そのものが全く行われない場合がありま
       す。
        なお、オーバーアロットメントによる売出しが行われるか否か及びオーバーアロットメントによ
       る売出しが行われる場合の売出数については、発行価格等決定日に決定されます。オーバーアロッ
       トメントによる売出しが行われない場合は、SMBC日興証券株式会社による伊藤忠エネクス、三
                                 10/144


                                                          EDINET提出書類
                                                  エネクス・インフラ投資法人(E34452)
                                               有価証券届出書(組込方式・内国投資証券)
       井住友信託銀行及びマーキュリアインベストメントからの本投資口の借入れは行われません。した
       がって、SMBC日興証券株式会社は、本第三者割当に係る割当てに応じず、申込みを行わないた
       め、  失権により本第三者割当における新投資口発行は全く行われません。また、東京証券取引所に
       おけるシンジケートカバー取引も行われません。
        なお、上記の取引に関して、SMBC日興証券株式会社は、みずほ証券株式会社と協議の上、こ
       れらを行います。
       (注) シンジケートカバー取引期間は、
          ① 発行価格等決定日が2020年11月24日(火)の場合、
          「2020年11月27日(金)から2020年12月21日(月)までの間」
          ② 発行価格等決定日が2020年11月25日(水)の場合、
          「2020年11月30日(月)から2020年12月21日(月)までの間」
          となりますので、ご注意ください。
      3 売却・追加発行等の制限

       (1) グローバル・オファリングに関し、指定先に対し、単独グローバル・コーディネーター及び
          国内共同主幹事会社との間で、発行価格等決定日からグローバル・オファリングの受渡期日
          以降180日を経過する日までの期間、単独グローバル・コーディネーター及び国内共同主幹事
          会社の事前の書面による承諾を受けることなしに、本投資口の売却等(ただし、オーバーア
          ロットメントによる売出しに伴うSMBC日興証券株式会社への本投資口の貸付け等を除き
          ます。)を行わない旨を約するよう要請する予定です。
           上記の場合において、単独グローバル・コーディネーター及び国内共同主幹事会社は、そ
          の裁量で、当該制限を一部若しくは全部につき解除し、又はその制限期間を短縮する権限を
          有する予定です。
       (2) グローバル・オファリングに関し、株式会社マーキュリアインベストメントは、単独グロー

          バル・コーディネーターとの間で、発行価格等決定日からグローバル・オファリングの受渡
          期日以降180日を経過する日までの期間、単独グローバル・コーディネーターの事前の書面に
          よる承諾を受けることなしに、本投資口の売却等(ただし、オーバーアロットメントによる
          売出しに伴うSMBC日興証券株式会社への本投資口の貸付け等を除きます。)を行わない
          旨を合意します。
           上記の場合において、単独グローバル・コーディネーターは、その裁量で、当該制限を一
          部若しくは全部につき解除し、又はその制限期間を短縮する権限を有します。
       (3) グローバル・オファリングに関し、マイオーラ・アセットマネジメントPTE.                                              LTD.(Maiora

          Asset    Management       Pte.   Ltd.)(以下「マイオーラ」といいます。)は、単独グローバル・
          コーディネーターとの間で、発行価格等決定日からグローバル・オファリングの受渡期日以
          降180日を経過する日までの期間、単独グローバル・コーディネーターの事前の書面による承
          諾を受けることなしに、本投資口の売却等を行わない旨を合意します。
           上記の場合において、単独グローバル・コーディネーターは、その裁量で、当該制限を一
          部若しくは全部につき解除し、又はその制限期間を短縮する権限を有します。
       (4) グローバル・オファリングに関し、本投資法人は、単独グローバル・コーディネーターとの

          間で、発行価格等決定日からグローバル・オファリングの受渡期日以降90日を経過する日ま
          での期間、単独グローバル・コーディネーターの事前の書面による承諾を受けることなし
          に、本投資口の発行等(ただし、本第三者割当及び投資口の分割による本投資口の発行等を
          除きます。)を行わない旨を合意します。
           上記の場合において、単独グローバル・コーディネーターは、その裁量で、当該制限を一
          部若しくは全部につき解除し、又はその制限期間を短縮する権限を有します。
      4 グリーン投資口(“グリーンエクイティ”)

        本投資法人は、投資口の発行を含む、持続可能なグリーンプロジェクトに係る資金調達(以下
       「グリーンファイナンス」といいます。)の実施のために、現在資本市場において幅広く認知され
                                 11/144


                                                          EDINET提出書類
                                                  エネクス・インフラ投資法人(E34452)
                                               有価証券届出書(組込方式・内国投資証券)
       ているESG投資(注1)に関連する基準及びガイドライン等である「グリーンボンド原則(Green                                                  Bond
       Principles)2018年版」(注2)、「グリーンボンドガイドライン2020年版」(注3)、「グリーンロー
       ン 原則(Green       Loan   Principles)2020年版」(注4)、並びに「グリーンローン及びサステナビリ
       ティ・リンク・ローンガイドライン2020年版」(注5)(以下、これらの原則・ガイドラインを総称
       して「グリーンボンド原則等」といいます。)で定められる4つの核となる要素(1.調達資金の使
       途、2.プロジェクトの評価及び選定のプロセス、3.調達資金の管理、4.レポーティング)を参照
       し、グリーンファイナンス・フレームワーク(以下「本グリーンファイナンス・フレームワーク」
       又は「本フレームワーク」といいます。)を策定しました。なお、投資口の募集を含む資本性資金
       調達(エクイティ・ファイナンス)については、グリーン性等の評価に関する原則・指針がないも
       のの、債券や借入金におけるグリーン性等の評価の指針であるグリーンボンド原則等を参照し、上
       記4要素とその枠組みを定め、エクイティファイナンスも本グリーンファイナンス・フレームワー
       クの対象にしました。
        そして本投資法人は、本グリーンファイナンス・フレームワークが前述の4つの核となる要素に
       対し、適合していることを確認するために、第三者評価機関である株式会社日本格付研究所(注6)
       (以下「JCR」といいます。)及びDNV                      GL  ビジネス・アシュアランス・ジャパン株式会社(注7)
       (以下「DNV       GL」といいます。)に評価を依頼し、JCR及びDNV                           GLよりグリーンボンド原則等が示
       す外部レビューとして、JCRより「格付」、DNV                          GLより「セカンド・パーティ・オピニオン」(以
       下、総称して「第三者評価」といいます。)(注8)(注9)(注10)を、それぞれ取得しました(当該評
       価の詳細は、後記「第二部               追完情報 1       投資方針 ①        インベストメント・ハイライト (ロ)                     投
       資法人初となる「グリーンエクイティ×グローバル・オファリング」の実施により国内外機関投資
       家層を拡大 d.         第三者評価機関から取得する本グリーンファイナンス・フレームワークに対する
       評価」をご参照ください。)。
        本投資法人は、第三者評価を取得した本グリーンファイナンス・フレームワークに則り、本投資
       口を発行します(かかる本グリーンファイナンス・フレームワークに則って発行される本投資口を
       「グリーンエクイティ」と名付け、以下かかる呼称で表すことがあります。)(注11)(注12)。
       (注1) 「ESG投資」とは、投資という行動を通じて社会の持続可能性(サステナビリティ)を高めることに貢献しようとする社会的責任

          投資(サスティナブル(持続可能)、社会的責任、倫理、環境等の観点に基づく投資のほか、ESG要因(環境(Environment)、社
          会(Social)及びガバナンス(Governance)の3つの分野(以下「ESG」と総称します。)に関連する要因をいいます。)を組み入
          れたあらゆる投資手法をいい、SRI(Socially                  Responsible     Investment)とも呼ばれています。)の中で、非財務情報であるESG
          要因に関して評価の高い企業を選んで投資する手法をいいます。
       (注2) 「グリーンボンド原則(Green               Bond  Principles)2018年版」は、国際資本市場協会(以下「ICMA」といいます。)が事務局機能
          を担う民間団体であるグリーンボンド原則執行委員会(Green                        Bond  Principles     Executive    Committee)により策定されている、
          グリーンボンドの発行に係るガイドラインをいい、以下「グリーンボンド原則」といいます。
       (注3) 「グリーンボンドガイドライン2020年版」とは、グリーンボンド原則との整合性に配慮しつつ、市場関係者の実務担当者がグリー
          ンボンドに関する具体的対応を検討する際に参考とし得る、具体的対応の例や我が国の特性に即した解釈を示すことで、グリーン
          ボンドを国内でさらに普及させることを目的に、環境省が2017年3月に策定・公表し、2020年3月に改訂したガイドラインをいい、
          以下「グリーンボンドガイドライン」といいます。
       (注4) 「グリーンローン原則(Green               Loan  Principles)2020年版」とは、ローン市場協会(LMA)及びアジア太平洋地域ローン市場協会
          (APLMA)により策定された環境分野に使途を限定する融資のガイドラインをいい、以下「グリーンローン原則」といいます。
       (注5) 「グリーンローン及びサステナビリティ・リンク・ローンガイドライン2020年版」とは、環境省が2020年3月に策定・公表したガ
          イドラインで、グリーンローンについてグリーンローン原則との整合性に配慮しつつ、グリーンローンを国内でさらに普及させる
          ことを目的として、借り手、貸し手その他の関係機関の実務担当者がグリーンローンに関する具体的対応を検討する際に参考とし
          得る、具体的対応の例や我が国の特性に即した解釈が示されています。なお、本フレームワークにおいてサステナビリティ・リン
          ク・ローンは対象外です。以下「グリーンローン及びサステナビリティ・リンク・ローンガイドライン」といいます。
       (注6) 株式会社日本格付研究所は、1985年に設立された格付機関であり、2017年よりグリーンファイナンス評価を提供しています。環境
          省よりグリーンボンド発行モデル事業の適合性確認業務を受託し、グリーンボンド発行支援者登録者(外部レビュー部門)(環境
          省が登録する、グリーンボンドの発行体に対して発行支援事業(外部レビューの付与、グリーンボンドコンサルティングの実施
          等)を行う者のうち、外部レビュー付与事業を行う部門をいいます。)にも登録されています。以下同じです。
       (注7) DNV     GL ビジネス・アシュアランス・ジャパン株式会社は、1864年に設立されたノルウェー・オスロに本部を置く第三者評価機関
          の日本法人です。ESG投資では、環境省のグリーンボンド発行支援者登録者(外部レビュー部門)や、低炭素経済に向けた大規模
          投資を促進する国際NGOである気候ボンドイニシアティブより認定を受けた検証者としてグローバルに活動し、国内外で多くの検
          証報告書やセカンド・パーティ・オピニオン提供実績を有する組織です。以下同じです。
       (注8) グリーンボンド原則において、外部レビューは、「セカンド・パーティ・オピニオン」、「検証」、「認証」、「格付」の4類型
          が示され、「セカンド・パーティ・オピニオン」とは専門性を有する第三者機関がグリーンボンド原則等との適合性に関する意見
          を表明すること、「検証」とは外部評価機関が環境基準等に関連する一定の基準(発行体が作成した内部基準も含みます。)との
          適合性を保証又は証明すること、「認証」とは認定された第三者機関等が一般的に認知された外部のグリーン性評価基準への適合
                                 12/144


                                                          EDINET提出書類
                                                  エネクス・インフラ投資法人(E34452)
                                               有価証券届出書(組込方式・内国投資証券)
          性を確認し認証を付与すること、「格付」とは専門性を有する調査機関や格付機関等の第三者機関が確立された格付手法を基に評
          価又は査定すること、をそれぞれいうものとされています。
       (注9) JCRによる当該評価は、本グリーンファイナンス・フレームワークで定められた方針を評価対象として、JCRの定義するグリーンプ
          ロジェクトへの適合性並びに資金使途等に係る管理、運営及び透明性確保の取組みの程度に関する、JCRの現時点での総合的な意
          見の表明です。したがって、当該方針に基づき実施される個別証券、個別債券又は個別借入等の資金使途の具体的な環境改善効果
          並びに管理・運営体制及び透明性評価等を行うものではありません。JCRによる当該評価はあくまで本グリーンファイナンス・フ
          レームワークに対する評価に過ぎず、グローバル・オファリングの対象である本投資法人の投資口に付された評価ではありませ
          ん。本グリーンファイナンス・フレームワークに基づく個別証券、個別債券又は個別借入につきグリーンファイナンス評価を付与
          する場合は、別途評価を行う必要があります。また、JCRによる当該評価は、本グリーンファイナンス・フレームワークに基づき
          実施された個別証券、個別債券又は個別借入等が環境に及ぼす改善効果を証明するものではなく、環境改善効果について責任を負
          うものではありません。JCRによる当該評価は、本グリーンファイナンス・フレームワークにより調達される資金の環境改善効果
          について、本投資法人又は本投資法人の依頼する第三者によって定量的・定性的に測定される事項を確認したものに過ぎず、原則
          としてこれを直接測定したものではありません。JCRによる当該評価は信用格付とは異なり、また、あらかじめ定められた信用格
          付を提供し、又は閲覧に供することを約束するものではありません。以下同じです。
       (注10)   DNV  GLによる当該意見表明は、本グリーンファイナンス・フレームワークに基づく資金調達の財務的なパフォーマンス、投資の価
          値又は長期の環境改善効果に関して保証を提供するものではありません。DNV                              GLによる当該意見表明はあくまで本グリーンファイ
          ナンス・フレームワークに対する意見表明に過ぎず、グローバル・オファリングの対象である本投資法人の投資口に付された意見
          表明ではありません。DNV          GLによる当該意見表明は信用格付とは異なり、また、あらかじめ定められた信用格付を提供し、又は閲
          覧に供することを約束するものではありません。
       (注11)   JCRの評価において、「上記原則・ガイドラインは負債性商品を対象としており、投資証券については、直接上記原則・ガイドラ
          インを適用できないため、参照する形で評価を行う」旨が記載されています。したがって、本投資口に関する本フレームワークの
          評価については、特定の原則・ガイドラインに基づくものではなく、あくまでそれらを参照して評価されたものに過ぎません。以
          下同じです。
       (注12)   JCRの評価において、「本投資法人の投資先は、投資法人規約において全て稼動済みの再生可能エネルギー発電設備等(注13)の取
          得資金に限定されていることから、JCRでは、本投資法人が、債券および借入金のほかに投資口によって調達した資金の全額が、
          グリーン適格資産への充当であることを確認している。」旨が記載されています。これに関連して、エクイティの場合の特殊性と
          して、「投資口の場合には、エクイティという性質上、資金使途に運転資金が含まれる場合がある。本投資法人は、投資法人規約
          において、事業内容を再生可能エネルギーへの投資と明確に定めている。JCRでは、本資産運用会社へのヒアリングを行い、投資
          法人規約で定めた投資対象が、予見されうる将来において変更されないことを確認している。そのうえで、再生可能エネルギー事
          業のみを行う本投資法人の事業運営に必要な資金として、運転資金を本フレームワーク内で資金使途に含めることについて問題な
          いと判断している。」旨が記載されています。さらに、「投資口は償還期限がなく、将来にわたって存続し続けるほか、流通市場
          では他の投資口との区別も困難である。一方、本投資法人の資産の全てがグリーン適格であると評価できることから、本投資法人
          が、本フレームワークの下で調達した資金の管理を、本投資法人の保有しているポートフォリオ全体との比較において行う予定で
          あることは、適切であるとJCRは評価している。」旨も記載されています。以下同じです。
       (注13)   「再生可能エネルギー発電設備等」とは、組込有価証券報告書「第一部                            ファンド情報 第1        ファンドの状況 2        投資方針 (2)
          投資対象 ①      投資対象とする資産の種類 (イ)             再生可能エネルギー発電設備・不動産等」に記載するa.からd.までに掲げる資産
          及びi.に掲げる資産(外国の法令に基づく当該a.からd.までに掲げる資産に限ります。)並びにこれらに付随又は関連する資産を
          いいます。なお、以下、本投資法人が投資・取得し運用するものとされる再生可能エネルギー発電設備等について言及する場合、
          「再生可能エネルギー発電設備等」には、本投資法人の運用資産の裏付けとなる再生可能エネルギー発電設備等も含むものとしま
          す。なお、「再生可能エネルギー」とは、太陽光、風力、水力、地熱及びバイオマスをいい、再生可能エネルギー発電設備等のう
          ち、太陽光をエネルギー源とするものに関しては「太陽光発電設備等」、風力をエネルギー源とするものに関しては「風力発電設
          備等」、水力をエネルギー源とするものに関しては「水力発電設備等」とそれぞれいいます。以下同じです。
                                 13/144









                                                          EDINET提出書類
                                                  エネクス・インフラ投資法人(E34452)
                                               有価証券届出書(組込方式・内国投資証券)
    第二部【追完情報】
       1 投資方針

        ① インベストメント・ハイライト
          本募集におけるインベストメント・ハイライトは以下のとおりです。
         (イ) 上場後初の公募増資による資産規模の拡大を通じて上場インフラファンド市場における
            資産規模第1位へと成長
         (ロ) 投資法人初となる「グリーンエクイティ×グローバル・オファリング」の実施により国
            内外機関投資家層を拡大
         (ハ) 長期安定的なキャッシュ・フローの確保を可能とする賃料スキーム及び財務基盤
            (注)  以下の文中において記載する数値は、別途記載する場合を除き、最小桁未満を切り捨てて記載し、比率及び年数につ
               いては最小桁未満を四捨五入した数値を記載しています。したがって、各項目別の数値の合計が一致しない場合があ
               ります。
         (イ) 上場後初の公募増資による資産規模の拡大を通じて上場インフラファンド市場における

            資産規模第1位へと成長
             本投資法人は、2019年2月13日に東京証券取引所インフラファンド市場(以下「東証イ
            ンフラファンド市場」といいます。)に上場し、再生可能エネルギー発電設備等5物件
            (取得価格(注1)合計174.13億円)(以下「上場時取得資産」といいます。)を取得して
            運用を開始し、その後2020年1月17日に長崎琴海太陽光発電所(取得価格10.97億円)を取
            得しました(以下、第3期に取得した当該資産を「第3期取得資産」といい、取得予定資産
            と併せて「新規取得資産」といいます。また、上場時取得資産と第3期取得資産とを併せ
            て「取得済資産」といいます。)。
             そして、本募集及び後記「(ハ)                  長期安定的なキャッシュ・フローの確保を可能とする
            賃料スキーム及び財務基盤 c.                  財務基盤のさらなる安定化 ⅲ.                   上場時からレンダー
            フォーメーションの拡充を実施」に記載の借入れ(以下「新規借入れ」といいます。)の
            実施により、さらに取得予定資産1物件(取得予定価格(注1)402.41億円)を取得する予定
            です。本投資法人は、追加の物件取得により、本投資法人の資産規模の拡大及び本投資口
            の流動性の向上、並びに安定的なポートフォリオ運営を図り、それらを通じて、利益分配
            金(注2)の増加等により、投資主価値の向上を企図しています。
            (注1) 「取得(予定)価格」は、各資産に係る売買契約書に記載された売買代金を記載しています。なお、当該売買代金に
               は、消費税及び地方消費税並びに取得に要する諸費用は含みません。なお、取得予定資産については、本投資法人
               は、合同会社TSMH1が対象土地に係る地上権及び発電設備を信託譲渡した後、かかる地上権及び発電設備等を主な信託
               財産とする信託受益権を合同会社TSMH1から譲り受け、利害関係人等以外の第三者から対象土地に係る所有権を譲り受
               けた後、当該対象土地部分を追加信託する予定です。そのため、「取得予定価格」は、取得予定資産に係る信託受益
               権売買契約書及び土地売買契約書に定める売買金額(取得に関する業務委託報酬等の取得経費、固定資産税、都市計
               画税、消費税等相当額及びその他手数料等を除きます。)を合算した金額を記載しています。以下同じです。
            (注2) 「利益分配金」とは、利益の額の範囲内での金銭の分配をいいます。
          a. 大規模メガソーラー(注1)の取得による資産規模の拡大

             本投資法人は、第3期に第3期取得資産である長崎琴海太陽光発電所を取得しており、本
            募集に伴い、取得予定資産である松阪太陽光発電所を新たに取得する予定です。取得予定
            資産の取得予定価格は402.41億円であり、取得予定資産取得後(注2)の価格(注3)合計は
            577.32億円となる見込みであり、上場時取得資産5物件の価格合計である163.94億円から
            約3.5倍に増加する見込みです。また、本募集による資産規模の拡大に伴い、本投資口の
            流動性も向上することが期待されます。
             本投資法人は、今後もスポンサー(注4)保有のパイプラインを中心として継続的な物件
            取得を行い、中長期的に資産規模の拡大を目指します。
            (注1) 下記「c.       取得予定資産取得後のポートフォリオサマリー」記載のとおり、取得予定資産のパネル出力(注5)は98.0MW
               であり、全国に存する太陽光発電設備等と比較して相対的に大規模な太陽光発電設備等であり、本投資法人はこのよ
               うな取得予定資産を「大規模メガソーラー」と呼んでいます。
            (注2) 「取得予定資産取得後」とは、別途明示しない限り、取得予定資産の取得が完了する2020年12月2日時点をいいます。
               ただし、実際の取得予定資産の取得日は、本募集の払込期日又は新規借入れの実行日が決定した際に、数日程度繰り
               下げられることがあります。なお、取得予定資産取得後のポートフォリオに関する各数値は、一定の仮定の下、取得
                                 14/144


                                                          EDINET提出書類
                                                  エネクス・インフラ投資法人(E34452)
                                               有価証券届出書(組込方式・内国投資証券)
               済資産及び取得予定資産に係る一定の時期における各数値をそれぞれ単純に合算して算出したものであり、取得予定
               資産取得後の実際の数値と一致するとは限りません。以下同じです。
            (注3) 「価格」とは、上場時取得資産についてはその評価価値を、第3期取得資産についてはその取得価格を、取得予定資産
               については取得予定価格をそれぞれいいます。なお、上場時取得資産の評価価値は、PwCサステナビリティ合同会社よ
               り取得した、2019年11月30日を価格時点とするバリュエーションレポート(注6)に記載の各発電所の評価価値のレンジ
               の中から、本投資法人が規約第41条第1項第1号に従い算出した中間値を用いています。以下同じです。
            (注4) 本投資法人及び本資産運用会社との間で、それぞれスポンサー・サポート契約を締結している伊藤忠エネクス、三井
               住友信託銀行、マーキュリアインベストメント及びマイオーラを個別に又は総称して「スポンサー」といい、また総
               称して「スポンサー・グループ」ということがあります。以下同じです。
            (注5) 「パネル出力」とは、各太陽光発電設備に使用されている太陽光パネル1枚当たりの定格出力(太陽光パネルの仕様に
               おける最大出力をいいます。以下同じです。)をパネル総数で乗じて算出される出力をいいます。実際の太陽光発電
               設備の出力は、当該設備の太陽電池モジュール容量とパワーコンディショナー(以下「パワコン」又は「PCS」という
               ことがあります。)容量のいずれか小さい方の数値となるため、パネル出力よりも小さくなる可能性があります。以
               下同じです。また、以下、別途明示しない限り、太陽光発電設備の出力はいずれもパネル出力を意味するものとしま
               す。
            (注6) 「バリュエーションレポート」とは、投信法等の諸法令、一般社団法人投資信託協会(以下「投信協会」といいま
               す。)の定める諸規則並びに本投資法人の規約に定める資産評価の方法及び基準に基づき、再生可能エネルギー発電
               設備(注7)の価格等の調査をし、その結果の報告を行う書類をいいます。以下同じです。
            (注7) 「再生可能エネルギー発電設備」とは、電気事業者による再生可能エネルギー電気の調達に関する特別措置法(平成
               23年法律第108号。その後の改正を含みます。)(以下「再エネ特措法」といいます。なお、2017年4月1日施行の電気
               事業者による再生可能エネルギー電気の調達に関する特別措置法等の一部を改正する法律(平成28年法律第59号)
               (以下「再エネ特措法改正法」といいます。)による改正前の再エネ特措法を特に「旧再エネ特措法」といい、同改
               正後の再エネ特措法を特に「現行再エネ特措法」ということがあります。)第2条第3項に定めるものをいいます(不
               動産に該当するものを除きます。)。以下同じです。
            <本投資法人の資産規模の推移(価格ベース)>

            (注1) 「発電量」は、テクニカルレポート(後記「(ハ)                      長期安定的なキャッシュ・フローの確保を可能とする賃料スキーム






               及び財務基盤 b.       長期安定的なキャッシュ・フロー創出を可能とする賃料スキーム i.                           安定性の重視とアップサイ
               ドを加えた賃料スキーム」に定義します。)に記載された、発電所稼働初年度における取得済資産及び取得予定資産
               に係る太陽光発電設備についての想定年間発電電力量に基づいて算出しています。想定年間発電電力量の詳細につい
               ては、組込有価証券報告書「第一部              ファンド情報 第1        ファンドの状況 5        運用状況 (2)      投資資産 ④      保有資産
               の個別の概要 (イ)        「資産の概要」欄の記載について」及び後記「2                   投資対象 ②      新規取得資産の個別の概要 
               (ハ)  「資産の概要」欄の記載について」をご参照ください。
            (注2) 「家庭用電力換算」は、各時点における本投資法人の保有資産の発電量の合計を2015年度の一世帯当たりの平均電力
               消費量月間247.8kWh(出所:電気事業連合会「原子力・エネルギー図面集」)で除した場合の数値を、年間で換算し
               た試算値を記載しています。当該数値の算定に当たっては、概算値や見込額が用いられているため、各数値は、目安
               としての意味しか有しません。
                                 15/144





                                                          EDINET提出書類
                                                  エネクス・インフラ投資法人(E34452)
                                               有価証券届出書(組込方式・内国投資証券)
          b. 資産規模拡大を通じたプレゼンスの向上
             本募集に伴う取得予定資産1物件の取得予定価格は402.41億円であり、取得予定資産取
            得後の資産規模は、上場インフラファンド市場において第1位となり、他のインフラファ
            ンドとの比較における競争上の位置付けが向上する見込みです。
            <上場インフラファンドの資産規模比較(取得(予定)価格ベース)>

             出所: 2020年10月28日時点で各上場インフラファンドが開示している直近の開示書類に記載の各数値に基づき本資産運用






                会社にて作成
             (注)  本投資法人以外の各上場インフラファンドが2020年10月28日時点で開示している直近の開示書類に記載の保有資産
                に係る取得価格の合計額に基づき比較したものであり、実際に本投資法人の取得予定資産取得後の資産規模は第1
                位にならない可能性があります。
          c. 取得予定資産取得後のポートフォリオサマリー

             取得予定資産である松阪太陽光発電所の所在する三重県は、都道府県別の日照時間が全
            国第4位であり、太陽光発電設備等の運営に適した地域特性を有します。
            <都道府県別日照時間(2018年度)>

             出所: e-Stat      社会・人口統計体系        都道府県データ社会生活統計指標




             取得予定資産においては、パワーコンディショナー(変電設備)の配置を多数に分散し

            ており、自然災害によるパワーコンディショナーの損傷、パワーコンディショナーの一部
            故障、ケーブルの盗難等によって生じる可能性のある売電ロスを限定的にすることがで
            き、これにより、発電所内の集中リスクを低減し、キャッシュ・フローの安定化を実現し
            ています。また、取得予定資産に係るリスク管理の体制として、本投資法人において火災
            保険への加入を実施していることに加えて、建物等の資産と比較して相対的に小さいPML
                                 16/144


                                                          EDINET提出書類
                                                  エネクス・インフラ投資法人(E34452)
                                               有価証券届出書(組込方式・内国投資証券)
            値(予想最大損失率)(注)を維持している点が挙げられます。PML値が相対的に小さいこ
            とは、地震による滅失又は毀損のリスクが低く、したがって地震によるキャッシュ・フ
            ロー  の減少可能性が相対的に低いことを意味しているものと、本投資法人は考えていま
            す。
            (注)  「PML値(予想最大損失率)」とは、対象施設又は施設群に対して最大級の損失をもたらすと考えられる、今後50年
               間に超過確率が10%となる地震動(再現期間475年相当の地震動)が発生し、その場合の90%非超過確率に相当する
               物的損失額の再調達価格に対する割合をいいます。以下同じです。
            <分散したパワーコンディショナーによる安定した電力供給>

             出所: J-REIT平均につき2020年10月28日時点で各J-REITが開示している直近の決算期末開示資料を基に本資産運用会社作







                成
             (注) 「J-REIT平均」のPML値は、各J-REITが2020年10月28日時点で開示している直近の決算期末開示資料に記載の保有資
                産全体に係るポートフォリオPMLの数値の単純平均値です。
             取得予定資産の取得により、保有物件数は7物件、合計パネル出力(注1)は138.2MWとな

            る見込みであり、本投資法人の保有資産における価格の合計額は163.94億円から577.32億
            円へと大きく拡大します。また、ポートフォリオ分散の観点からは、中部地方(注2)にも
            エリア分散を広げることとなります(ポートフォリオ分散の詳細については、後記「d.
            電力需要の多い地域への重点投資の進展」をご参照ください。)。
            (注1) 「合計パネル出力」は、小数第2位以下を切り捨てて記載しています。以下同じです。
            (注2) 「中部地方」とは、新潟県、山梨県、静岡県、愛知県、長野県、岐阜県及び三重県をいいます。以下同じです。
             取得済資産及び取得予定資産の概要は以下のとおりです。

                                 17/144






                                                          EDINET提出書類
                                                  エネクス・インフラ投資法人(E34452)
                                               有価証券届出書(組込方式・内国投資証券)
            <取得済資産及び取得予定資産の所在エリア>
            (注)  「エネクスグループ」とは、伊藤忠エネクス並びにその子会社45社及び持分法適用会社21社(2020年3月31日現在)






               を総称していいます。以下同じです。
            <取得済資産及び新規取得資産の概要>

             (注1) 「物件番号」は、太陽光発電設備等についてはSと分類し番号を付しています。以下同じです。




             (注2) 「所在地」は、太陽光発電設備が設置されている土地(複数ある場合にはそのうちの一つ)の登記簿上の記載に基
                づいて記載しています。ただし、いずれも市町村までの記載をしています。以下同じです。
             (注3) 「残存調達期間」は、各取得済資産及び取得予定資産に係る太陽光発電設備における、上場時取得資産については
                2019年12月1日から調達期間満了日までの期間、第3期取得資産については2020年1月17日から調達期間満了日までの
                期間、取得予定資産については当該資産の取得予定日から調達期間満了日までの期間を月単位で切り捨てて記載し
                ています。
          d. 電力需要の多い地域への重点投資の進展

             取得予定資産取得後における本投資法人のポートフォリオは、関東地方(注)及び中部地
            方に所在する物件の割合が95.4%(価格ベース)となり、電力需要の多い地域への重点投
            資による収益の安定性向上を見込んでいます。今後、物件を追加取得していくことで、一
            定のエリア分散も追求していく予定です。
            (注)  「関東地方」とは、茨城県、神奈川県、群馬県、埼玉県、栃木県、千葉県及び東京都をいいます。以下同じです。
                                 18/144





                                                          EDINET提出書類
                                                  エネクス・インフラ投資法人(E34452)
                                               有価証券届出書(組込方式・内国投資証券)
            <地域別比率>
            (注1) 「中国地方」とは、岡山県、広島県、山口県、鳥取県及び島根県をいいます。以下同じです。



            (注2) 「九州・沖縄地方」とは、大分県、鹿児島県、熊本県、佐賀県、長崎県、福岡県、宮崎県及び沖縄県をいいます。以
               下同じです。
             上記のとおり、取得予定資産取得後のポートフォリオにおける地域別比率で、関東地方

            は25.7%、中部地方は69.7%、合わせて95.4%となっています。この点、2019年度におけ
            る地域別電力需要実績は下表のとおりであり、関東地方において254TW、中部地方におい
            て159TWとなっています。このように、電力需要が他の地域と比較して多い地域である関
            東地方及び中部地方に、ポートフォリオの95.4%を配分することとなることから、需要に
            即したポートフォリオ分散を実現することができているものと、本投資法人は考えていま
            す。
            <地域別電力需要実績(2019年度)>

            出所: 経済産業省資源エネルギー庁「都道府県別電力需要実績」を基に本資産運用会社にて作成




            (注1) 「東北地方」とは、青森県、秋田県、岩手県、福島県、宮城県及び山形県をいいます。
            (注2) 「北陸地方」とは、富山県、石川県及び福井県をいいます。
            (注3) 「関西地方」とは、滋賀県、京都府、大阪府、兵庫県、奈良県及び和歌山県をいいます。
            (注4) 「中国・四国地方」とは、中国地方並びに香川県、徳島県、高知県及び愛媛県をいいます。
          e. 継続的な外部成長を可能とするスポンサー・パイプライン

             本投資法人には、強力なスポンサー・パイプラインを活用した継続的な外部成長の可能
            性が存するものと、本投資法人は考えています。
             本投資法人のスポンサーであるエネクスグループのパイプライン物件には、再生可能エ
            ネルギー発電設備等のうち、太陽光発電設備等のほか、風力発電設備等及び水力発電設備
            等が含まれています。このような多彩なエネルギー源によるパイプライン物件を有する本
            投資法人のスポンサー・パイプラインは、後記「f.                             風力発電及び水力発電をパイプライ
            ンに有する唯一の上場インフラファンド」に記載のとおり長所と短所が異なる資産の組合
            せとなっており、リスク分散が図られ投資家のニーズに適うことから、単一のエネルギー
            源のみによるパイプラインと比較して本投資法人による取得にあたってメリットが大きく
            取得しやすいといえ、その結果、相対的に高い外部成長性の可能性を有するものと、本投
            資法人は考えています。
             実際に、本書の日付現在において、パイプライン物件は、太陽光発電設備等が7物件
            81.9MW、風力発電設備等が2物件31.0MW(注)、水力発電設備等が3物件9.0MW(注)、合計で
                                 19/144


                                                          EDINET提出書類
                                                  エネクス・インフラ投資法人(E34452)
                                               有価証券届出書(組込方式・内国投資証券)
            12物件122.0MWとなっており、本投資法人は当該12物件のパイプライン物件の優先的売買
            交渉権(優先的売買交渉権の詳細は、組込有価証券報告書「第一部                                      ファンド情報 第1
            ファ  ンドの状況 2         投資方針 (1)        投資方針 ⑦        スポンサー・サポート契約の概要」を
            ご参照ください。以下同じです。)の取得を予定し、今後の外部成長性の確保を図ってい
            ます。
             本投資法人は、今後も継続的に、エネクスグループを含めたスポンサー・グループから
            のスポンサー・サポートを受けながら、外部成長を行っていくことを目指します。
            (注)    風力発電所及び水力発電所の出力は発電機の定格出力を意味しています。
            <稼働中のパイプライン物件>

                                 20/144

















                                                          EDINET提出書類
                                                  エネクス・インフラ投資法人(E34452)
                                               有価証券届出書(組込方式・内国投資証券)
            <パイプライン物件一覧>
            (注1) 「設備容量」は、太陽光発電所についてはパネル出力に、その他の発電所については発電機の定格出力に基づきま








               す。以下同じです。また、設備容量の合計は、再生可能エネルギー発電設備等における設備容量の合計を記載してい
               ます。
            (注2) 本書の日付現在、上記の再生可能エネルギー発電設備等について、本投資法人が取得を決定した事実はなく、また将
               来的に本投資法人に組み入れられる保証もありません。今後の計画によっては、設備容量が予定より増減する可能性
               があります。なお、水力発電設備等3物件のうち、第三発電所については、本書の日付現在、固定価格買取制度の下で
               電気事業者(再エネ特措法第2条第1項に定める電気事業者をいいます。以下同じです。)による再エネ特措法第9条第
               3項に定める認定(以下「事業計画認定」又は単に「認定」といいます。)を取得しておらず、発電設備の建設も未着
               工です。今後の計画によっては、完成時期が予定より遅れたり、当該再生可能エネルギー発電設備等の開発そのもの
               を取りやめたりする可能性や、当該事業計画認定が取り消される可能性もあります。
            (注3) 上記の再生可能エネルギー発電設備等のうち、大分県玖珠郡玖珠町所在の再生可能エネルギー発電設備等(風力発電
               設備等に限ります。)については、資産保有SPC(再生可能エネルギー発電設備等の保有を目的とした、伊藤忠エネク
               スが間接に出資しているSPCを個別に又は総称していいます。以下同じです。)に売却されており、本書の日付現在、
               当該SPCが保有しています。伊藤忠エネクスは、当該SPCに対して間接に出資していますが、その出資割合が過半数に
               達しているわけではありません。本投資法人、本資産運用会社及び伊藤忠エネクスとの間のスポンサー・サポート契
               約においては、このようにエネクスグループに含まれない者が保有する資産についても、別途の合意に基づき本投資
               法人に対して優先的売買交渉権を付与することとされています。当該物件については、本投資法人、本資産運用会社
               及び伊藤忠エネクスに加えて、当該資産に係る資産保有SPCも当事者に加えた合意に基づき、伊藤忠エネクスから優先
               的売買交渉権を取得する予定です。
            (注4) 水力発電設備等3物件のうち、第一発電所については再エネ特措法に基づく再生可能エネルギーの固定価格買取制度に
               対応するための工事(以下「固定価格買取制度対応工事」といいます。)が完了しています。他方で、第三発電所は
               稼働中、第二発電所は建設中ですが、これらの発電所は固定価格買取制度対応工事中又は当該工事を行うことを検討
               している段階であるため、当該発電所2物件に係る設備容量は、当該工事完了後の予定設備容量を記載しています。な
               お、当該工事の完了予定時期は以下のとおりです。また、かかる設備容量は予定より増減する可能性があり、完了予
               定時期も、予定より遅れたり、工事そのものを取りやめたりする可能性があります。さらに、認定が取得できていな
               い発電所については、最終的に認定が取得できない可能性もあります。
               ・第二発電所:2021年(認定取得済・工事未完了)
               ・第三発電所:未定(認定申請検討中)
                なお、当該工事が完了する前に本投資法人がこれらの発電所に係る優先的売買交渉権を取得する予定はありませ
                ん。
                                 21/144



                                                          EDINET提出書類
                                                  エネクス・インフラ投資法人(E34452)
                                               有価証券届出書(組込方式・内国投資証券)
          f. 風力発電及び水力発電をパイプラインに有する唯一の(注)上場インフラファンド
             本投資法人が投資対象とする再生可能エネルギー発電設備は、その種類に応じてそれぞ
            れ固有の長所及び短所を有しています。
             具体的には、太陽光発電設備については、管理が比較的容易であること及び日照時間の
            長い夏季に発電量が増加することが長所として挙げられる一方、夜間の発電が不可能であ
            るという短所を有します。風力発電設備については、夜間の発電が可能であること及び冬
            季に発電量が増加することが長所として挙げられる一方、開発期間が長いこと及び高度な
            管理ノウハウが必要であることという短所を有します(なお、この点につき、エネクスグ
            ループには、当該管理ノウハウを有する子会社が含まれています。)。水力発電設備につ
            いては、夜間の発電が可能であること及び雪解けの時期に発電量が増加することが長所と
            して挙げられる一方、適地選定が限定的であること及び土地等の権利関係が複雑であるこ
            とという短所を有します。
            (注)    2020年10月28日時点で各上場インフラファンドが開示している直近の開示書類に基づきます。
            <再生可能エネルギー発電設備の種類ごとの長所及び短所>

             本投資法人は、上記の再生可能エネルギー発電設備の種類ごとの長所及び短所を勘案し




            つつ、現在の太陽光発電設備等のみによるポートフォリオ運用から、今後は風力発電設備
            等及び水力発電設備等を組み合わせた、よりバランスのとれたポートフォリオの構築を企
            図しており、これによって、多様な再生可能エネルギーを有する総合的なインフラファン
            ドを目指しています。
                                 22/144









                                                          EDINET提出書類
                                                  エネクス・インフラ投資法人(E34452)
                                               有価証券届出書(組込方式・内国投資証券)
            <パイプライン物件の稼働スケジュール>
            (注1) 「取得済資産+取得予定資産+パイプライン物件」には、固定価格買取制度対応工事の完了予定時期が未定である前




               記「e.   継続的な外部成長を可能とするスポンサー・パイプライン <パイプライン物件一覧>」にある新潟県妙高市
               所在の第三発電所は含まれていません。
            (注2) 未稼働のパイプライン物件のスケジュールは本書の日付現在の予定であり、当該スケジュールどおりに稼働するとは
               限りません。また、出力合計は本書の日付現在の見込値を記載しています。なお、本投資法人は、上記のパイプライ
               ン物件について優先的売買交渉権を取得する予定ですが、本書の日付現在、これらのパイプライン物件について、本
               投資法人が取得を決定した事実はなく、また将来的に本投資法人に組み入れられる保証もありません。
          g. コロナ禍における上場インフラファンド市場の安定性

             2020年においては、新型コロナウイルス感染症の感染拡大による経済への影響が深刻化
            し、2020年2月以降は市場全体が下落する中で、上場インフラファンドはその投資口価格
            について比較的下落幅が限定的であり、コロナ禍における上場インフラファンド市場の投
            資口価格の相対的な安定性の高さが窺えるものと、本投資法人は考えています。
            <投資口価格騰落率の比較>(2020年2月3日~2020年9月30日までの騰落率)

             出所:   Bloombergを基に本資産運用会社にて作成








             (注)    「期間騰落率」は、対象期間(2020年2月3日~2020年9月30日)の期初と期末の投資口価格又は指数等の比較であ
                り、「最大騰落率」は、対象期間の期初と対象期間中最も騰落した時点の投資口価格又は指数等の騰落率です。上
                場インフラファンド、住宅系REIT、物流系REIT、オフィス系REIT、商業系REIT、ホテル系REITは、上場インフラ
                ファンド及び上場不動産投資法人(以下「J-REIT」といいます。)の各セクターの投資法人(ただし、2020年4月1
                日付の日本ヘルスケア投資法人との合併により「住宅系REIT」に該当しないこととなった日本賃貸住宅投資法人
                (現:大和証券リビング投資法人)は除きます。)における2020年2月3日終値ベースの時価総額による加重平均で
                                 23/144


                                                          EDINET提出書類
                                                  エネクス・インフラ投資法人(E34452)
                                               有価証券届出書(組込方式・内国投資証券)
                す。なお、上場インフラファンドは、2020年2月3日時点の上場6銘柄について、「物流系J-REIT」、「住宅系J-
                REIT」、「オフィス系J-REIT」、「商業系J-REIT」及び「ホテル系J-REIT」は、2020年2月3日時点の保有資産に占
                め る各用途物件の比率(取得価格ベース)が75%以上の銘柄を抽出しています。
            <30日ヒストリカルボラティリティ(注)の推移>(2020年2月3日~2020年9月30日までの

            推移)
             出所:   Bloombergを基に本資産運用会社にて作成








             (注)    「30日ヒストリカルボラティリティ」とは、各営業日において算出した本投資法人、上場インフラファンド加重平
                均、東証REIT指数及びTOPIXそれぞれの投資口価格又は指数等の前営業日騰落率の絶対値の、過去30営業日における
                平均値をいいます。なお、上場インフラファンドは、2020年2月3日において上場している6銘柄の投資法人につい
                て、各銘柄の2020年2月3日終値ベースの時価総額で加重平均して算出しています。
             下表のとおり、新型コロナウイルス感染症の流行に伴う上場インフラファンド全体への

            影響は相対的に低く、安定的な投資口価格の推移を維持しています。
                                 24/144








                                                          EDINET提出書類
                                                  エネクス・インフラ投資法人(E34452)
                                               有価証券届出書(組込方式・内国投資証券)
            <投資口価格推移>(2020年2月3日~2020年9月30日までの騰落率)
             出所:   Bloombergを基に本資産運用会社にて作成








             (注)    本投資法人及び上場インフラファンドの投資口価格、東証REIT指数並びにTOPIXについて、2020年2月3日の終値をそ
                れぞれ100%として指数化して表示しています。なお、上場インフラファンドの投資口価格は、上場インフラファン
                ドにおける各営業日終値ベースの時価総額による加重平均です。また、上場インフラファンドは、2020年2月3日時
                点の上場6銘柄のみ対象としています。
          h. 上場インフラファンド市場の成長性

             2015年4月に我が国において初の上場インフラファンド市場である東証インフラファン
            ド市場が開設されて以来、7銘柄が上場し、再生可能エネルギー及びその投資に対する
            ニーズを背景として、上場インフラファンドの資産規模は着実に拡大しています。取得予
            定資産取得後における全上場インフラファンドの取得(予定)価格の合計は2,272億円に
            まで増大する見込みであり、また、パネル出力の合計は562.0MWにまで増加する見込みで
            す(注)。
             また、東京証券取引所は、2020年4月27日に、東証インフラファンド市場全体の動向を
            示す指標として、「東証インフラファンド指数」の算出及び公表を始めています。具体的
            には、指数構成銘柄は東京証券取引所に上場するインフラファンド全銘柄とし、基準日は
            同年3月27日とされています。また、2020年9月には上場インフラファンドを対象とした投
            資信託が組成されました。今後は太陽光発電設備等以外への投資対象アセットの拡大とと
            もに、流動性の向上と機関投資家層の拡大が期待されており、本投資法人としても、当該
            指標の公表や当該投資信託の組成により、インフラファンド市場への投資資金の流入につ
            ながり、ひいてはインフラファンドの一層の流動性の向上及び機関投資家層の拡大が実現
            することによって、今後東証インフラファンド市場の更なる拡大が期待できると考えてい
            ます。
             本投資法人は、今後も東証インフラファンド市場とともに成長を続けることによって、
            本投資法人の時価総額の向上及び資産規模の着実な拡大を企図し、ひいては投資主価値を
            最大化することを目指します。
            (注)    取得予定資産取得後の各数値は、本投資法人の取得済資産及び取得予定資産に係る各数値並びに本投資法人以外の上
               場インフラファンドの2020年10月28日時点の保有資産に係る各数値に基づき記載しています。以下同じです。
                                 25/144



                                                          EDINET提出書類
                                                  エネクス・インフラ投資法人(E34452)
                                               有価証券届出書(組込方式・内国投資証券)
            <上場インフラファンド市場の市場規模の推移(取得(予定)価格ベース)>
             出所:   2020年10月28日時点で各上場インフラファンドが開示している直近の開示書類に記載の各数値に基づき本資産運用







                会社にて作成
             (注)    上記図の中長期的展望として記載の内容は、本投資法人に限らず上場インフラファンド全般に関する事情として本
                投資法人が考える内容を記載しており、実際に上場インフラファンドに将来このとおりの事象が発生するとは限ら
                ず、持続可能性を有するとも限りません。太陽光発電設備等以外の再生可能エネルギー発電設備等が今後上場イン
                フラファンドの保有資産に組み入れられる保証はありません。また、必ずしも個々の要素相互間に関連性が存在す
                るわけではありません。
                                 26/144












                                                          EDINET提出書類
                                                  エネクス・インフラ投資法人(E34452)
                                               有価証券届出書(組込方式・内国投資証券)
         (ロ) 投資法人初となる「グリーンエクイティ×グローバル・オファリング」の実施により国
            内外機関投資家層を拡大
          a. 本投資法人及びエネクスグループにおけるESGへの取組み状況
             本投資法人は、その基本理念として、二酸化炭素(CO2)をほとんど排出しない地球に
            やさしい再生可能エネルギーの普及・拡大を通じて、地球環境への貢献と持続可能な社会
            の実現を目指すことを掲げています。本投資法人及びエネクスグループは、上記の基本理
            念に基づき、環境(Environment)、社会(Social)及びガバナンス(Governance)の3つ
            の分野への各種の取組みを継続的に実施しています。
             本投資法人及びエネクスグループにおけるESGへの取組みの詳細は、以下のとおりで

            す。
            <本投資法人及びエネクスグループのESGへの取組み状況>

            (注1) 上図は、本投資法人及びエネクスグループのESGへの取組みを一括したものであり、本投資法人又は本資産運用会社に







               直接関係しないものも含まれています。
            (注2) 「SDGs」とは、「Sustainable               Development     Goals(持続可能な開発目標)」の略称であり、2015年9月に国連サミッ
               トで採択された成果文書である「我々の世界を変革する:持続可能な開発のための2030アジェンダ」(通称:2030ア
               ジェンダ)の柱として、世界共通の17のゴール(目標)及び目標ごとの169のターゲットから構成されています。以下
               同じです。
            (注3) 上図の右側に記載している各マークは、SDGsに対する認識を高めるため国際連合が作成し公表した、2030アジェンダ
               における世界共通の17の目標に係る個別のアイコンのうちの一部です。
          b. 本投資法人が策定するグリーンファイナンス・フレームワークへの第三者評価の取得

             本投資法人は、グリーンボンド原則等を参照した本グリーンファイナンス・フレーム
            ワークを策定し、JCR及びDNV                GLより第三者評価を取得しました。本グリーンファイナン
            ス・フレームワークに則り発行される本投資法人の投資口は、グリーンエクイティです。
             本投資法人の取得済資産及び取得予定資産は全て再生可能エネルギー発電設備等であ
            り、投資方針においても、主として再生可能エネルギー発電設備等の特定資産への投資を
            規定していることから、その保有資産について将来にわたりグリーン適格ポートフォリオ
            (注1)としての性質を維持することができる見込みです。再生可能エネルギー発電設備等
            は、ライフサイクルCO2排出量(注2)が化石燃料を用いた電源と比べて圧倒的に低く、日本
            の電源構成において重要な役割を担うことが期待されています。
             上記の背景を踏まえて、本投資法人は、本グリーンファイナンス・フレームワークを策
            定し、JCR及びDNV          GLより、本グリーンファイナンス・フレームワークが、グリーンボン
                                 27/144


                                                          EDINET提出書類
                                                  エネクス・インフラ投資法人(E34452)
                                               有価証券届出書(組込方式・内国投資証券)
            ド原則等で定められる4要素の主要な要件に適合している旨の第三者評価を取得し、これ
            に則り、グリーンエクイティとしての本投資口の募集を行います。
            <本投資法人が策定するグリーンファイナンス・フレームワークへの第三者評価の取得>

            出所: <日本の電源別CO2排出原単位の比較>について、一般財団法人電力中央研究所







            (注1) 「グリーン適格ポートフォリオ」とは、その構成する各資産がいずれもグリーン適格の適格基準を充足するポート
               フォリオをいいます。「適格基準」とは、本グリーンファイナンス・フレームワークに定める以下の基準をいいま
               す。かかる基準は、「適格クライテリア」又は「グリーン適格」等と呼ばれることがあります。また、適格基準を満
               たす再生可能エネルギー発電設備等やそのプロジェクトを、「適格資産」、「適格プロジェクト」、「適格グリーン
               プロジェクト」又は「グリーン適格ポートフォリオ」等ということがあります。以下同じです。
               ・ 関係法令(再エネ特措法、電気事業法(昭和39年法律第170号。その後の改正を含みます。)(以下「電気事業
                法」といいます。)その他の電気事業関連法規、建築基準法(昭和25年法律第201号。その後の改正を含みま
                す。)、都市計画法(昭和43年法律第100号。その後の改正を含みます。)(以下「都市計画法」といいます。)
                その他建築関連法規及び自治体による指導要綱等並びに自主規制団体による自主規制等)が遵守されていること
               ・ 所有権及び敷地等の権利関係が適切に取得されていること
               ・ O&M業務(後記「(ハ)           長期安定的なキャッシュ・フローの確保を可能とする賃料スキーム及び財務基盤 b.                                 長
                期安定的なキャッシュ・フロー創出を可能とする賃料スキーム i.                          安定性の重視とアップサイドを加えた賃料ス
                キーム」に定義します。)の外部委託により、適切なメンテナンスを実施すること
               ・ 対象設備の取得にあたり、紛争が生じていないこと
               ・ 第三者評価レポートでの発電量予測等に基づき、発電設備の取得時点から将来における二酸化炭素削減効果が期
                待できること
            (注2) 「ライフサイクルCO2排出量」とは、発電に係る環境影響物質の排出量評価として、発電プラントの運用段階のCO2排
               出量のみならず、その建設や廃棄、さらには燃料の採掘・輸送・加工・廃棄物処理などの発電部門のサプライチェー
               ンの全体、すなわち発電のライフサイクルを包含して評価した場合におけるCO2排出量をいいます。以下同じです。
            (注3) 「LNGCC」とは、液化天然ガス(LNG)の燃焼ガスの力で回すガスタービンと、その排熱で作った蒸気で回す蒸気タービ
               ンを組み合わせた複合発電方式をいいます。
          c. 本グリーンファイナンス・フレームワークについて

             本グリーンファイナンス・フレームワークの概要は以下のとおりです。
            <調達資金の使途>
             本投資法人が本グリーンファイナンス・フレームワークに基づき、投資口、借入れ及び
            債券にて調達する資金は、本資産運用会社の委託業務管理規定に定める一般的な選定基準
            を充足し、第三者である専門家の調査を経た太陽光発電設備等の取得資金、第三者評価レ
            ポートでの発電量予測等に基づき将来における二酸化炭素削減効果が期待できる太陽光発
            電設備等のリファイナンス資金、及び組み入れ物件の改修資金等に充当します。
            <プロジェクトの評価及び選定プロセス>

                                 28/144


                                                          EDINET提出書類
                                                  エネクス・インフラ投資法人(E34452)
                                               有価証券届出書(組込方式・内国投資証券)
             対象資産の取得及び譲渡については、本資産運用会社のインフラ・ファンド運用部が起
            案し、コンプライアンス・オフィサーの事前確認及び承認、コンプライアンス・リスク管
            理委員会の審議及び決議並びに投資委員会の審議及び決議を経て、取締役会において審議
            及 び決議されることにより、実行されます。利害関係者間取引(注)に該当する場合には、
            取締役会の決議後、本投資法人の役員会において審議及び承認されることにより、実行さ
            れます。
            (注)    本資産運用会社の「利害関係人者取引規則」に定める利害関係者との取引をいいます。以下同じです。
            <調達資金の管理>

             調達資金は調達時に選定された個別のプロジェクト等に全額紐付けられています。投資
            口、借入れ及び債券により調達した資金を充当した資産の管理は、グリーン適格ポート
            フォリオとして全体で行い、充当額及び未充当資金の額を追跡可能な形で管理します。調
            達資金の充当状況については、ICMAのグリーンボンド原則等に則り、調達資金全額を充当
            するまでの間、半年に1度有価証券報告書等にて投資家又は貸付人に開示の予定です。
            <レポーティング>

             調達資金の充当状況及び環境改善効果を示すインパクト・レポーティングは、本投資法
            人が定めた内容について、ICMAのグリーンボンド原則等に則り、調達資金全額を充当する
            までの間、有価証券報告書等又は当社ウェブサイト上にて、決算期毎に開示する予定で
            す。
            [調達資金の充当状況]
             ・債券、長期借入金については、調達された資金は調達後速やかに全額を充当予定であ
              ることを債券内容説明書、貸付基本合意書の中で開示する予定です。
             ・投資口については、調達された資金は調達後速やかに大半を充当予定であることを有
              価証券届出書の証券情報の中で開示する予定です。
             ・なお、未充当資金が発生した際には、投資法人規約に基づき流動性・安全性の高い普
              通預金等で資金管理し、本投資法人の投資方針に基づき、将来の資金充当対象プロ
              ジェクトに類する資産の取得資金や運転資金等に充当する予定です。
            [ インパクト・レポーティング(注)                  ]
             ①適格プロジェクト(=保有プロジェクト)の一覧
             ②適格プロジェクトによって削減されたCO2排出量(出力規格に基づく理論値)
             ③適格プロジェクトによって発電された発電量(出力規格に基づく理論値)
            (注)    インパクト・レポーティングとは、環境改善効果に関するレポーティングのことをいいます。
          d. 第三者評価機関から取得する本グリーンファイナンス・フレームワークに対する評価

             JCRから取得した第三者評価において、本グリーンファイナンス・フレームワークの適
            格性について、以下の評価を受けています。
             「本フレームワークでは、グリーンファイナンスで調達した資金は、稼働済の再生可能
            エネルギー発電設備等(太陽光発電設備)の取得資金、借入金の借換資金又は投資法人債
            の償還資金等のリファイナンス資金、組み入れ物件の改修資金等に充当される予定であ
            る。JCRでは、本資金使途が、再生可能エネルギーとして脱炭素化に資するグリーンプロ
            ジェクトであり、高い環境改善効果が期待できると評価している。また、上記発電設備の
            取得に際し、プロジェクトの選定においては本資産運用会社の委託業務管理規程に定める
            一般的な選定基準を充足し、業務経験が5年以上であり、かつ、運用資産の分類において
            業界内での評価が高い第三者たる専門家による経済的調査、物理的調査及び法的調査を適
            正かつ十分に実施することが定められている。当該調査を反映し、想定される環境への負
            の影響の回避・低減・排除等の適切な対策を講じていることから、負の影響が環境改善効
            果を上回る蓋然性も低いと評価している。
                                 29/144


                                                          EDINET提出書類
                                                  エネクス・インフラ投資法人(E34452)
                                               有価証券届出書(組込方式・内国投資証券)
             本投資法人のグリーン適格資産の選定基準及びプロセス、資金管理体制は適切に構築さ
            れていること、資金充当状況および環境改善効果に関するレポーティングは定期的に公表
            予定であり、環境改善効果に係るKPIも適切であること、スポンサーの伊藤忠エネクスが
            環 境面で重視している低炭素社会への貢献の考え方に沿って本投資法人および本資産運用
            会社が運営されていること等より、JCRでは本投資法人が適切な管理運営体制を構築し、
            調達を行うグリーンファイナンスに関して高い透明性を有していることを確認した。
             この結果、本フレームワークについて、JCRグリーンファイナンス評価手法に基づき、
            「グリーン性評価(資金使途)」を”g1(F)”、「管理・運営・透明性評価」を”m1(F)”
            とした。この結果、「JCRグリーンファイナンス・フレームワーク評価(総合評価)」
            を”Green1(F)”(注)とした。(中略)また、本フレームワークは「グリーンボンド原
            則」、「グリーンローン原則」、「グリーンボンドガイドライン」および「グリーンロー
            ン及びサステナビリティ・リンク・ローンガイドライン」において求められる項目につい
            て基準を満たしており、投資証券についても同様に参照する基準を充足しているとJCRは
            評価している。」
           (注)    グリーンファイナンスにより調達される資金がJCRの定義するグリーンプロジェクトに充当される程度並びに当該グ
               リーンファイナンスの資金使途等に係る管理、運営及び透明性確保の取組みの程度を評価したものであり、評価は5段
               階で、Green1(F)はその最上位評価です。
             なお、上記のJCRによる評価に加えて、本投資法人はDNV                               GLより、本投資法人から提供

            された情報と実施された業務に基づき、本投資法人がグリーンファイナンス・フレーム
            ワーク適格性評価手順の要求事項を満たしており、グリーンボンド原則の「環境への利益
            を伴う新規プロジェクト若しくは既存プロジェクトへの資本調達及び投資を可能にする」
            というグリーンファイナンスの定義及び目的と一致しているとの意見表明を受けていま
            す。
          e. グリーンエクイティ×グローバル・オファリングによるESG投資家層拡大

             本投資法人は、ESG投資に積極的なグローバル投資家に向けたグリーンエクイティの発
            行により、投資家層の拡大を通じた流動性及び時価総額等の向上を目指します。
             本投資法人の従前の課題として、上場インフラファンド市場は黎明期にあることから、
            機関投資家層に拡大の余地があること、及び、本投資法人の投資対象は100%が再生可能
            エネルギー事業、つまり、グリーン適格資産である一方で、近年一層活発化しているESG
            投資の資金を十分に呼び込めていないことが挙げられるものと、本投資法人は考えていま
            す。
             この点につき、グリーンエクイティとしての投資口の発行かつグローバル・オファリン
            グである本募集により、①EU地域の投資家をはじめ、国内外の多数のESG投資家に対して
            投資機会の提供を行い、機関投資家層の拡大を企図し、②本募集後にも、世界各国のESG
            投資家との接点を構築することで今後の更なる機関投資家層の拡大にも期待することがで
            き、さらに③投資家層の拡大を通じた本投資口の流動性及び本投資法人の時価総額の向上
            による投資主価値の向上を目指すことが可能となることから、上記各課題の解決に寄与す
            ることができるものと、本投資法人は考えています。
                                 30/144





                                                          EDINET提出書類
                                                  エネクス・インフラ投資法人(E34452)
                                               有価証券届出書(組込方式・内国投資証券)
            <グリーンエクイティ×グローバル・オファリングによる機関投資家層拡大>
           出所:   「ESG投資に対する主要先進地域のシェア」について、Global                        Sustainable     Investment     Review   2018を基に、本資産運






               用会社にて作成
           (注)    本募集において、米国及びカナダにおける募集又は販売は行われません。
          (ハ) 長期安定的なキャッシュ・フローの確保を可能とする賃料スキーム及び財務基盤

          a. 本投資法人の投資スキーム
             本投資法人又は信託受託者は、保有資産について、いずれも、オペレーターから独立し
            た特別目的会社(以下「発電事業者SPC」といいます。)を賃借人として、賃貸します。
            具体的には、新規取得資産のうち、長崎琴海太陽光発電所については北九州太陽光発電合
            同会社、松阪太陽光発電所については合同会社TSMH1に賃貸します。また、上場時取得資
            産の賃借人は、組込有価証券報告書「第一部                         ファンド情報 第1           ファンドの状況 5           運
            用状況 (2)       投資資産 ③        その他投資資産の主要なもの (イ)                    保有資産の概要」のとお
            りです。これらの賃借人は、電気事業者との間の特定契約(注)に基づき電気を販売し、電
            気事業者から売電収入を受け取ります。賃借人は、かかる売電収入から本投資法人又は信
            託受託者に賃料を支払います。
             このように、本投資法人においては、賃借人として発電事業者SPCを利用することで、
            売電収入として得られる資金が、オペレーターであるエネクス電力株式会社(伊藤忠エネ
            クスが100%出資する子会社であり、以下「エネクス電力」ということがあります。)の
            資産から分別され、本投資法人又は信託受託者への賃料の支払が確保される運用ストラク
            チャーを構築しており、本投資法人又は信託受託者に対する賃料支払債務は、オペレー
            ターの信用リスクから遮断されています。
             なお、本投資法人は、取得予定資産については再生可能エネルギー発電設備等の現物を
            取得せず、信託受託者に対して信託された当該再生可能エネルギー発電設備等にかかる信
            託受益権を取得するスキーム(以下「信託スキーム」といいます。)を採用しています。
            信託スキームを活用することで、将来的な資産の一部売却等による柔軟なポートフォリオ
            運用が可能となります。
           (注)    「特定契約」とは、調達期間を超えない範囲内の期間にわたり、事業計画認定を受けた者(以下「認定事業者」といい
               ます。)が電気事業者に対し再生可能エネルギー発電設備で発電した電気を供給することを約し、電気事業者が調達価
               格によりこれを調達することを約する契約をいい、以下「売電契約」ともいいます。以下同じです。
                                 31/144




                                                          EDINET提出書類
                                                  エネクス・インフラ投資法人(E34452)
                                               有価証券届出書(組込方式・内国投資証券)
            <本投資法人の投資スキーム>
          b. 長期安定的なキャッシュ・フロー創出を可能とする賃料スキーム







             本投資法人においては、以下のとおり、投資主価値の最大化を企図して、保有資産の特
            徴に応じた柔軟な賃料スキームをそれぞれ設定しています。
            i. 安定性の重視とアップサイド(注1)を加えた賃料スキーム

              本投資法人又は信託受託者は、発電事業者SPCと長期間の賃貸借契約を締結すること
             により、安定した賃料収入を得ることを企図しています。賃料は、原則として、基本賃
             料と実績連動賃料とを組み合わせた形態としますが、その大部分は基本賃料が占める予
             定です。
              第3期取得資産の基本賃料については、国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総
             合開発機構(以下「NEDO」といいます。)等がまとめた年間時別日射量データベース等
             を基礎として、また、取得予定資産の基本賃料については近傍気象観測所及び人工衛星
             等におけるデータベースを基礎として、公認会計士が設備価格を算出する際に用いる想
             定キャッシュ・フローの基となる発電量予測や修繕計画を専門業者が調査し、その結果
             を報告した書類(以下「テクニカルレポート」といいます。)に記載された各月の発電
             量予測値(P50)の想定売電収入(注2)(注3)の90%を賃料原資とし、当該賃料原資から
             発電設備に係る運営管理費用(注4)見込額を控除した金額が支払われます。このように
             発電量予測値に基づく想定売電収入を賃料原資とすることにより、本投資法人及び信託
             受託者は、実際の発電量にかかわらず、安定した賃料収入を見込むことができます。
              固定価格買取制度に基づく発電事業は、組込有価証券報告書「第一部                                       ファンド情
             報 第1     ファンドの状況 2           投資方針 (1)         投資方針 ②        太陽光発電設備等をはじ
             め、風力発電設備等や水力発電設備等などの再生可能エネルギー発電設備等への投資 
             (イ)   再生可能エネルギー発電事業の概要 a.                      再生可能エネルギーの固定価格買取制度
             の概要」に記載のとおり、調達価格に支えられた安定した売電収入を見込むことがで
             き、本投資法人及び信託受託者においても安定したキャッシュ・フローが見込めるもの
             と、本投資法人は考えています。
              また、新規取得資産について、アップサイド部分となる実績連動賃料は、実績売電収
             入額が発電量予測値(P50)の想定売電収入の90%相当額を超過した場合に発生し(注
             5)、当該超過部分のうち100%までに相当する金額についてはその全額が、さらに100%
             を超過する場合には当該超過部分のうち、第3期取得資産については25%、取得予定資
                                 32/144


                                                          EDINET提出書類
                                                  エネクス・インフラ投資法人(E34452)
                                               有価証券届出書(組込方式・内国投資証券)
             産については50%に相当する金額が実績連動賃料として、本投資法人又は信託受託者に
             対して支払われます(注6)。
              なお、上場時取得資産の賃料スキームについては、後記「ii.                                   年間予想売電収入額
             (P50)の10%相当額又は1億円を賃料積立口座にリザーブ <保有資産の特徴に応じた
             柔軟な賃料スキームの設定>」及び組込有価証券報告書「第一部                                    ファンド情報 第1
             ファンドの状況 2           投資方針 (1)        投資方針 ③        長期かつ基本賃料と実績連動賃料を
             組み合わせた賃料形態を原則とする賃貸借契約及び堅固な運用ストラクチャーに裏付け
             られるキャッシュ・フローの安定 (ハ)                       安定性の重視とアップサイドを加えた賃料ス
             キーム」をご参照ください。
              このように、保有資産については、いずれも、賃借人との間で、長期かつ基本賃料と
             実績連動賃料を組み合わせた賃料形態の賃貸借契約を締結することとしています。
             (注1) 本投資法人又は信託受託者が新規取得資産について発電事業者SPCと締結する賃貸借契約上、賃料は、原則として、
                基本賃料と実績連動賃料とを組み合わせた形態となりますが、その結果、実際の発電量が多くなれば実績連動賃料
                により賃料が増加することが期待できます。本投資法人では、このような実績連動賃料による賃料総額の増加可能
                性を「アップサイド」と呼んでいます。
             (注2) 「発電量予測値(P50)」とは、超過確率P(パーセンタイル)50の数値(50%の確率で達成可能と見込まれる数値
                を意味します。以下同じです。)としてテクニカルレポートの作成者その他の専門家によって算出された発電電力
                量をいい、「発電量予測値(P50)の想定売電収入」とは、当該発電電力量に調達価格を乗じた想定売電収入をいい
                ます。以下同じです。なお、発電量予測値(P50)の想定売電収入は、賃貸借契約に定める期間ごとに変更されま
                す。
             (注3) 第3期取得資産については、当該発電量予測値(P50)に九州電力管内における出力抑制を加味して算出された数値
                として、三井化学株式会社作成の「発電所診断報告書」に記載された数値を前提としており、「想定年間発電電力
                量」に記載された各数値とは異なります。以下同じです。
             (注4) 「運営管理費用」とは、再生可能エネルギー発電設備等の運営・維持管理に関する費用をいい、オペレーター報
                酬、O&M業者(下記(注7)に定義します。)に対する報酬にその他年間運営計画に従い賃貸人と賃借人(発電事業者
                SPC)が合意した支払金額を控除して得られる金額を含みます。また、賃貸人(取得予定資産については賃貸人又は
                本投資法人)が当該発電施設に係る利益保険の保険金を受け取った場合には、当該受領した保険金の範囲内で、賃
                貸人と賃借人(発電事業者SPC)が合意した金額を減じることができるものとされています。
             (注5) 発電量予測値(P50)の想定売電収入の90%又は100%相当額を超過しているかについては、各計算期間(各年の6月
                1日から11月末日までの期間及び12月1日から翌年5月末日までの期間をいいます。)内の各月の発電量の合計値が、
                当該計算期間内の各月の発電量予測値(P50)の合計値の90%又は100%を超過しているかに基づいて判断されま
                す。
             (注6) 取得予定資産については、当該発電施設の各計算期間内に太陽光発電設備の建設に係る工事請負契約(以下「EPC契
                約」といいます。)に基づき賃借人が受領した稼働率保証未達に係る予定損害賠償金(もしあれば)が賃料額に加
                算されます。以下同じです。
             (注7) 「O&M」とは、Operation             & Maintenance(オペレーション・アンド・メンテナンス)の略であり、「O&M業務」と
                は、再生可能エネルギー発電設備等の保守管理等の業務をいい、「O&M業者」とは、O&M業務を受託する者をいいま
                す。以下同じです。
            ii. 年間予想売電収入額(P50)の10%相当額又は1億円を賃料積立口座にリザーブ

              新規取得資産の賃借人である発電事業者SPCでは、いずれも、匿名組合契約に基づく
             発電事業者SPCへのスポンサーによる当初出資を原資として、第3期取得資産については
             運営初年度における年間発電量予測値(P50)の想定売電収入の10%相当額を、取得予
             定資産については1億円を準備金として賃料等積立口座に積み立てます。天候不順等そ
             の他の理由により、実績売電収入額が発電量予測値(P50)の想定売電収入を下回った
             場合でも、直ちに本投資法人への基本賃料の支払に支障が生じることのないよう、賃料
             等積立口座から不足額を補填します。また、ある年度において、実際の売電収入が想定
             売電収入を上回り、超過売電収入が生じた場合で、かつ、賃料等積立口座内の準備金が
             必要額(第3期取得資産については当該年度における年間発電量予測値(P50)の想定売
             電収入の10%相当額、取得予定資産については1億円)に不足している場合には、当該
             不足額に満つるまで、超過売電収入の充当等の方法により、当該金額を維持することと
             されています(注)。さらに、スポンサーが発電事業者SPCを営業者とする匿名組合の出
             資者となり、天候不順等の継続等で実績売電収入額が減少し、賃料等積立口座を活用し
             ても基本賃料の支払に不足が生じる場合には、発電事業者SPCへの匿名組合出資者は、
             当該年度における年間発電量予測値(P50)の想定売電収入の、第3期取得資産について
             は10%相当額、取得予定資産については10%相当額から1億円を控除した額を限度とし
                                 33/144


                                                          EDINET提出書類
                                                  エネクス・インフラ投資法人(E34452)
                                               有価証券届出書(組込方式・内国投資証券)
             て当該発電事業者SPCに対して追加出資を行い、かかる追加出資額が本投資法人又は信
             託受託者に対する賃料支払に充当されることで、賃料不払いリスクを軽減することとし
             て います。
              なお、組込有価証券報告書「第一部                    ファンド情報 第1           ファンドの状況 2           投資方
             針 (1)     投資方針 ③        長期かつ基本賃料と実績連動賃料を組み合わせた賃料形態を原
             則とする賃貸借契約及び堅固な運用ストラクチャーに裏付けられるキャッシュ・フロー
             の安定 (ニ)        賃料等積立口座及び追加出資による、天候不順等による賃料不払いリス
             クの軽減」記載のとおり、取得済資産については第3期取得資産と同様です。
             (注)    スポンサー及び発電事業者SPCとの間の匿名組合契約においては、賃料等積立口座に積み立てられた準備金を超過す
                る部分が匿名組合員であるスポンサーに対する分配可能原資となるため、準備金を取り崩して賃料の支払を行った
                場合においては、準備金の額に満つるまではスポンサーに対する金銭の分配はなされません。ただし、スポンサー
                が発電事業者SPCに対して追加出資した場合で、賃料等積立口座に残高が存在する場合については、分配可能原資の
                有無に関わらず、追加出資額の範囲内において、賃料等積立口座内の残高を限度として、スポンサーに対する金銭
                の分配がなされます。
            <取得予定資産の賃料スキーム>

                                 34/144















                                                          EDINET提出書類
                                                  エネクス・インフラ投資法人(E34452)
                                               有価証券届出書(組込方式・内国投資証券)
            <保有資産の特徴に応じた柔軟な賃料スキームの設定>
             (注1) 上場時取得資産のうち、「JEN防府太陽光発電所」については、賃借人兼発電事業者である防府太陽光発電合同会社







                と伊藤忠エネクスとの間で、再生可能エネルギー特定卸供給に係る特定契約(以下「特定卸関連契約」といいま
                す。)を締結しています。かかる特定卸関連契約に基づき伊藤忠エネクスから防府太陽光発電合同会社に支払われ
                るプレミアム料金を勘案して、「JEN防府太陽光発電所」に係る基本賃料は、発電量予測値(P50)の100%に、当該
                発電施設に適用される買取価格と本投資法人と当該発電事業者SPCの間で別途合意した1kW当たりの加算額を合計し
                た額を乗じて得られる金額となります。
             (注2) 第3期取得資産については運営初年度における年間発電量予測値(P50)の想定売電収入の10%相当額、取得予定資
                産については1億円に満つるまで、匿名組合契約に基づく発電事業者SPCへのスポンサーによる当初出資を原資とし
                て積立口座にリザーブが積み立てられ、その後、第3期取得資産については各年度における年間発電量予測値
                (P50)の想定売電収入の10%相当額、取得予定資産については1億円を上限として当該リザーブが維持されます。
                天候不順等その他の理由により、実績売電収入額が発電量予測値(P50)の想定売電収入を下回り、想定売電収入に
                基づき算出される(A)の支払に不足する場合には、当該積立口座内のリザーブから(A)の不足額が補填されま
                す。
                積立口座内のリザーブを活用しても(A)の支払に不足が生じる場合には、スポンサーは、匿名組合契約に基づき、
                総額で、当該年度における年間発電量予測値(P50)の想定売電収入の、第3期取得資産については10%相当額、取
                得予定資産については10%相当額から1億円を控除した額を限度として当該発電事業者SPCに対して追加出資を行
                い、かかる追加出資額が(A)の支払に充当されます。
                これによっても(A)の支払に不足が生じる場合には、補填はなされず、(A)の支払に係る不足額の支払期日は次
                回の賃料精算日に繰り延べられます。
             (注3) ある年度において(C)が生じ、かつ、積立口座内のリザーブの金額が必要額(第3期取得資産については当該年度
                における年間発電量予測値(P50)の想定売電収入の10%相当額、取得予定資産については1億円)に不足している
                場合には、当該不足額に満つるまで(C)から積立口座に補填されリザーブとして積み立てられます。ただし、この
                場合であっても、既にスポンサーが発電事業者SPCに対して追加出資している場合においては、当該追加出資額の払
                戻しとして、当該追加出資額に満つるまで、スポンサーに対する金銭の分配が先行してなされ、当該分配後の残額
                のみが積立口座にリザーブとして積み立てられます。
             (注4) 上図で表示されている賃料や運営管理費用は仮定に過ぎず、実際に想定されている賃料や運営管理費用の割合と必
                ずしも一致しません。
             (注5) 本投資法人が今後取得する全ての資産について、上図の特徴を有する賃貸借契約が締結されるとは限りません。
          c. 財務基盤のさらなる安定化

            i. 格付の取得
              本投資法人は、2019年8月30日付で、信用格付業者であるJCRより、長期発行体格付と
             して、「A-(安定的)」を取得していましたが、本投資法人におけるポートフォリオの
             充実と、キャッシュ・フローの一層の安定化を評価され、2020年10月27日付で、「A
             (安定的)」を取得し、格付の引き上げを実現しました(注)。
                                 35/144



                                                          EDINET提出書類
                                                  エネクス・インフラ投資法人(E34452)
                                               有価証券届出書(組込方式・内国投資証券)
             (注)    グローバル・オファリングの対象である本投資法人の投資口に付された格付ではありません。また、本投資口につ







                いて、本投資法人の依頼により、信用格付業者から提供され若しくは閲覧に供された信用格付又は信用格付業者か
                ら提供され若しくは閲覧に供される予定の信用格付はありません。
            ii. 新規借入れの概要及び新規借入れ後の財務状況

              本投資法人が資産を取得する資金を調達するために借入れを行うに当たっては、原則
             として、長期(注1)の借入れを行うとともに、借入れのうち一部にかかる金利を固定化
             することにより、足許の低金利環境の恩恵を享受しながら、金利変動リスクを低減し、
             財務基盤を安定させることを企図しています。具体的には、本投資法人の上場時に実施
             した長期の借入れに係る借入期間(注2)は約17年3か月、第3期取得資産の取得資金を調
             達した長期の借入れに係る借入期間は約18年4か月です。新規借入れについては、長期
             の借入れに係る借入予定期間は約9年11か月となる予定です。本投資法人の第3期中間決
             算期末時点における固定化率(注3)は50.0%であるところ、新規借入れ後(注4)の平均借
             入期間(注5)は12.0年、固定化率は50.0%、LTV(注6)は54.1%となる見込みです。
             (注1) 「長期」とは、借入期間が1年超の借入れをいいます。以下同じです。
             (注2) 「借入(予定)期間」とは、消費税ローン(資産の取得資金に係る消費税等の支払を使途とする借入金をいいま
                す。以下同じです。)を除く各借入れについて借入れ実行時の借入(予定)期間をいいます。以下同じです。
             (注3) 「固定化率」とは、対象となる借入れ(消費税ローンを除きます。)のうち固定金利による借入れ(金利スワップ
                により金利を固定化した借入れを含みます。)について、各時点における想定残存元本金額の占める割合をいいま
                す。以下同じです。
             (注4) 新規借入れ後の各数値は、本書の日付現在の借入予定金額の最大額で借入れを行うことを仮定した数値です。最終
                的な借入総額は、本募集による手取金等を勘案した上で、借入実行の時点までに変更されることがあります。実際
                の借入金額は、本募集の発行価額の決定後に締結する予定の金銭消費貸借契約により決定し、本募集における手取
                金額により変動する可能性があります。したがって、新規借入れ後の各数値は、実際の各数値と一致するとは限り
                ません。以下同じです。
             (注5) 「平均借入期間」とは、各借入れの借入(予定)期間を、新規借入れを行った直後の各借入れ(消費税ローンを除
                きます。)の想定残存元本金額に基づき加重平均した割合です。
             (注6) 「LTV」とは、本投資法人の資産総額のうち有利子負債総額の占める割合をいいます。以下同じです。なお、取得予
                定資産取得後のLTVを計算するために使用する資産総額及び有利子負債総額は、以下の計算式により求めています。
                取得予定資産取得後の資産総額=2020年5月末の総資産19,379百万円+エクイティ調達額(本募集による発行価額の
                総見込額+本第三者割当による発行価額の総見込額)23,855百万円-2020年6月1日から取得予定資産取得後までの
                有利子負債減少見込額(期中弁済見込額)335百万円+2020年6月1日から取得予定資産取得後までの有利子負債増加
                見込額27,900百万円
                取得予定資産取得後の有利子負債総額=2020年5月末の有利子負債総額10,742百万円-2020年6月1日から取得予定資
                産取得後までの有利子負債減少見込額335百万円+2020年6月1日から取得予定資産取得後までの有利子負債増加見込
                額27,900百万円
                上記においては、本募集による発行価額の総額として22,719百万円、本第三者割当による発行価額の総額として
                1,136百万円を見込んでいます(2020年10月28日現在の東京証券取引所における終値105,500円を基準として、発行
                                 36/144

                                                          EDINET提出書類
                                                  エネクス・インフラ投資法人(E34452)
                                               有価証券届出書(組込方式・内国投資証券)
                価額を本投資口1口当たり92,737円と仮定して算出したものです。また、本第三者割当による新投資口数の全部につ
                いてSMBC日興証券株式会社により申込みがなされることを前提としています。)。したがって、本募集若しく
                は 本第三者割当における実際の発行価額が前記仮定額よりも低額となった場合又は本第三者割当による新投資口発
                行の全部若しくは一部について申込みがなされないこととなった場合で、エクイティ調達額が上記よりも減少する
                場合には、実際のLTVは上記の数値よりも高くなります。逆に実際の発行価額が前記仮定額よりも高額となった場合
                で、エクイティ調達額は上記よりも増加する場合には、実際のLTVは上記の数値よりも低くなります。
              新規借入れの概要は以下のとおりです。

                 借入予定

                        予定利率                                担保
                                      最終      返済
                   金額
      区分     借入先                   固定化率                  資金使途
                         (注2)                               (注3)
                                     返済期日       方法
                  (注1)
                                                取得予定資
                        基準金利
                   最大                   2022年      期日一括     産の取得資
           三井住友信
                         (注4)+
                                -
                                                        有
                  34億円                   3月31日       弁済    金に係る消
           託銀行、株
                         0.20%
                                                 費税等
           式会社新生
                        基準金利
           銀行及び株
                   最大                   2030年      一部分割
                         (注4)+
                                                        有
           式会社三井
                 122.5億円                    11月29日       弁済
      長期
                                                取得予定資
                         0.55%
           住友銀行等
                                                産の取得資
           をアレン
                        基準金利
                               50.0%
                                                金及びそれ
           ジャーとす
                         (注4)+
                                                に関連する
                   最大                   2030年      一部分割
           る協調融資
                         0.55%
                                                        有
                                                 諸費用
                 122.5億円                    11月29日       弁済
             団
                        (固定化予
                         定)
             (注1) 「借入予定金額」は、本書の日付現在の借入予定金額の最大額を記載しています。最終的な借入総額は、本募集に
                よる手取金等を勘案した上で、借入実行の時点までに変更されることがあります。また、当該借入れの上限額は279
                億円ですが、実際の借入金額は、本募集の発行価額の決定後に締結する予定の金銭消費貸借契約により決定し、本
                募集における手取金額により変動する可能性があります。
             (注2) 借入先に支払われる融資手数料等は含まれません。以下同じです。
             (注3) 新規借入れに係る担保の詳細については、後記「2                       投資対象 ①      新規取得資産の概要 (ヘ)           担保提供の状況」を
                ご参照ください。
             (注4) 基準金利は、一般社団法人全銀協TIBOR運営機関が公表する日本円TIBORをいいます。以下同じです。また、新規借
                入れの一部については金利スワップ契約を締結し、金利の固定化を行う予定です。
             (注5) 新規借入れについては、借入予定先である金融機関から融資に関する関心表明に係る通知書を受領していますが、
                本書の日付現在、金銭消費貸借契約や担保権設定に関する契約は締結されておらず、上記はかかる関心表明に係る
                通知書及び本書の日付現在の各借入予定先との間の協議の内容に基づき記載しています。したがって、実際に新規
                借入れが行われることは保証されているものではなく、また、借入金総額や担保権の内容を含む借入条件も変更さ
                れることがあります。
              また、本書の日付現在における既存の借入れの概要は以下のとおりです。

                                 37/144








                                                          EDINET提出書類
                                                  エネクス・インフラ投資法人(E34452)
                                               有価証券届出書(組込方式・内国投資証券)
                   借入
                                                        担保
                                      最終      返済
                   金額
      区分      借入先             利率     固定化率                   資金使途
                                                        (注2)
                                     返済期日       方法
                   (注1)
           三井住友信
                                                 上場時取得
                        基準金利+
           託銀行及び                           2036年      一部分割
                 52.37億円                                       有
                                                 資産の取得
           株式会社新              0.45%             5月30日       弁済
                               50.0%
                                                 資金及びそ
            生銀行
                                                 れに関連す
                        固定化後
           三井住友信                           2036年      一部分割
                                                 る諸費用
                 52.37億円                                       有
                         0.95%
      長期      託銀行                         5月30日       弁済
                                                第3期取得資
                        基準金利+
                                      2038年      一部分割
                  6.05億円                                       有
                                                 産の取得資
                         0.45%             5月31日       弁済
           株式会社新
                               50.0%
                                                 金及びそれ
            生銀行
                        固定化後
                                      2038年      一部分割
                                                 に関連する
                  6.05億円                                       有
                         0.93%
                                     5月31日       弁済
                                                  諸費用
             (注1) 「借入金額」は、当初の借入金額であり、本書の日付現在の残存元本金額とは異なります。
             (注2) 2036年5月30日を最終返済期日とする借入れの担保の詳細については、組込有価証券報告書「第一部                                           ファンド情
                報 第1   ファンドの状況 5        運用状況 (2)      投資資産 ③      その他投資資産の主要なもの (ヘ)              担保提供の状況」
                をご参照ください。2038年5月31日を最終返済期日とする借入れの担保の詳細については、後記「2                                       投資対象 ①
                新規取得資産の概要 (ヘ)           担保提供の状況」をご参照ください。
            iii. 上場時からレンダーフォーメーションの拡充を実施

              本投資法人の借入先金融機関は、2019年11月期末時点ではスポンサーである三井住友
             信託銀行の1行のみでしたが、第3期取得資産取得時には株式会社新生銀行(以下「新生
             銀行」といいます。)が参画し、取得予定資産の取得にあたっても株式会社三井住友銀
             行(以下「三井住友銀行」といいます。)その他の複数行が参画する予定であり、この
             ようなレンダーフォーメーションの拡充により、財務基盤の安定が企図されています。
             本投資法人は、今後も、強固なレンダーフォーメーション(借入れに係る金融機関の構
             成)の構築を目指します。
            <新規借入れ後のレンダーフォーメーション>

                                 38/144










                                                          EDINET提出書類
                                                  エネクス・インフラ投資法人(E34452)
                                               有価証券届出書(組込方式・内国投資証券)
        ② 補足情報
         (イ) 国内外を代表する第三者評価機関による、第三者評価取得について
            本投資法人が策定したグリーンファイナンス・フレームワークのグリーン性評価を十分に
          担保し、国内外のESG投資家に訴求していくため、国内外を代表する大手第三者機関である
          JCR及びDNV       GLより、それぞれ第三者評価を取得しました。なお、グリーンファイナンス・
          フレームワークにかかる2機関からの第三者評価の取得を実施した投資法人による公募増資
          (グローバル・オファリング)案件は、日本初の事例となります。
         (ロ) 本投資法人の保有資産のPML値

            本投資法人の取得済資産及び取得予定資産の合計7物件のうち、6物件がPML値1.0%未満と
          算定されています。このため、本投資法人の保有資産については、地震による滅失又は毀損
          のリスク及びキャッシュ・フローの減少可能性が建物等の資産と比較して相対的に低いもの
          と、本投資法人は考えています。
            上記のPML値の算定は、後記「2                  投資対象 ①        新規取得資産の概要 (ヌ)               地震リスク分
          析等の概要」記載の東京海上日動リスクコンサルティング株式会社による地震リスク分析の
          評価に基づきます。当該評価は、①想定地震の決定、②地震動特性の評価、③構造物の挙動
          の評価、④損失の評価、⑤予測不確実性の考慮、⑥予想最大損失額の評価、等の各種のス
          テップを踏まえて実施されます。
            <本投資法人のポートフォリオにおけるPML値>

                                 39/144













                                                          EDINET提出書類
                                                  エネクス・インフラ投資法人(E34452)
                                               有価証券届出書(組込方式・内国投資証券)
            <PML評価のステップ(取得予定資産の例)>
         (ハ) 伊藤忠エネクスを中心とするスポンサー・グループからの多様なサポートの活用









            本投資法人においては、再生可能エネルギー発電事業及び当該事業に対する金融取引のス
          ペシャリストであるスポンサー・グループ各社が、それぞれのノウハウを結集し、再生可能
          エネルギー発電事業及び資金調達に関する幅広いサポート体制を実現しています。
          a. スポンサー・グループの概要

             本投資法人は、上場以来、多様な特性と強みを有するスポンサー・グループによる総合
            サポートを受けています。本投資法人のスポンサー・グループの概要は以下のとおりで
            す。
            i. 伊藤忠エネクス株式会社
              伊藤忠エネクスは、伊藤忠商事グループ(注1)の一員として1961年に設立されたエネ
             ルギー商社であり、東京証券取引所市場第一部に上場しています。その経営理念「社会
             とくらしのパートナー」の下、事業領域に掲げる「社会インフラとしてのエネルギーか
             ら、人を育み、くらしと心を豊かにするエネルギーまで」を4つの部門(電力・ユー
             ティリティ部門、ホームライフ部門、カーライフ部門及び産業ビジネス部門)において
             提供してきており、従来型エネルギー(注2)に加えて再生可能エネルギーに関しても、
             主に国内を拠点に幅広い事業を展開しています。電力事業については、電源開発から需
             給管理・販売までを一気通貫で行うビジネスモデルで取り組んでいます。また、同社
             は、全国のエネルギー供給のネットワークを用いた再生可能エネルギー発電設備等の開
             発に基づくパイプライン・サポートを提供するとともに、開発済案件を取得するウェア
             ハウジング機能(注3)を提供することにより、本投資法人の外部成長をサポートするほ
             か、本資産運用会社に対する人材提供及び業務サポート(本資産運用会社の役職員に対
             する研修の実施や本投資法人及び本資産運用会社のIT環境構築に関するサポート等)も
             行います。
              伊藤忠エネクスの詳細については、後記「c.                         伊藤忠エネクスの概要」をご参照くだ
             さい。
                                 40/144

                                                          EDINET提出書類
                                                  エネクス・インフラ投資法人(E34452)
                                               有価証券届出書(組込方式・内国投資証券)
             (注1) 「伊藤忠商事グループ」とは、伊藤忠商事株式会社(以下「伊藤忠商事」といいます。)及びその関係会社をいい
                ます。以下同じです。
             (注2) 「従来型エネルギー」とは、原油、石油ガス、可燃性天然ガス及び石炭等のいわゆる化石燃料を原料とするエネル
                ギーをいいます。
             (注3) 「ウェアハウジング機能」とは、将来における本投資法人による再生可能エネルギー発電設備等の取得を実現する
                ために、スポンサーにおいて、第三者が保有又は運用している再生可能エネルギー発電設備等を取得し、一時的に
                保有する機能をいいます。以下同じです。
            ii. 三井住友信託銀行株式会社

              三井住友信託銀行は、日本における再生可能エネルギー発電事業の草創期から資金提
             供を行っており、多数の再生可能エネルギー発電事業向けファイナンスの取組実績を有
             するとともに、金融市場及び資金調達環境に対する幅広い知見を保有しています。ま
             た、三井住友トラスト・グループ(注)の運用残高は87兆円(2020年3月末日現在)に達
             し、国内最大級の機関投資家として、ESG投資にも積極的に取り組んでいます。加え
             て、三井住友信託銀行は、信託銀行として不動産事業を行ってきた経験や、J-REITの運
             営ノウハウも有しています。同社は、国内外における再生可能エネルギー発電事業に対
             するノンリコースローンの提供や、機関投資家としての投資を通じた金融取引、また、
             J-REIT運営をはじめとする不動産関連業務における豊富な経験を元に、本投資法人をサ
             ポートします。
             (注)    「三井住友トラスト・グループ」とは、三井住友トラスト・ホールディングス株式会社並びに連結子会社・子法人
                等62社(三井住友信託銀行を含みます。)及び持分法適用関連法人等34社(2020年3月31日現在)から構成される企
                業グループをいいます。以下同じです。
            iii. 株式会社マーキュリアインベストメント

              マーキュリアインベストメントは、株式会社日本政策投資銀行(以下「DBJ」といい
             ます。)等が出資し、同行出身者を創設メンバーとして2005年に設立された資産運用会
             社で、2016年10月には東京証券取引所市場第二部への上場を果たし、2017年12月に東京
             証券取引所市場第一部に指定されました。DBJの他、伊藤忠商事、三井住友信託銀行を
             主要な株主とし、約1,934億円(2019年12月末日現在)の資産を運用しています。同社
             は、これまで企業投資においては、主として日本国内企業やアジア企業を対象とする成
             長投資ファンドや日本国内企業を対象とするバイアウトファンドを数多く手掛けてお
             り、また資産投資においては、日本国内の不動産ファンドや香港子会社を通じた海外上
             場REITの運営のほか、最近は航空機リースファンドを運営するなど、多岐にわたる豊富
             なファンド運用経験を活かし、本投資法人の投資戦略の構築や投資家とのコミュニケー
             ション向上に寄与すべく本投資法人をサポートします。
            iv. マイオーラ・アセットマネジメントPTE.                         LTD.

              (Maiora        Asset    Management       Pte.   Ltd.)
              マイオーラは、2010年にシンガポールにて設立され、本書の日付現在、マイオーラと
             その関連会社は、シンガポールの他、東京、台湾及びスペインに拠点を置き、不動産、
             再生可能エネルギー(太陽光発電)への豊富な投資実績を保有しています。同社の主要
             メンバーは、1990年代以降の日本での金融、不動産事業の経験を活かして、2012年に日
             本国内の太陽光発電事業への投資を開始しました。これまでの太陽光発電事業への投資
             案件は、2020年9月末日現在、開発中案件を含み、パネル出力換算にして日本で
             196.3MW、世界全体で2.0GWを超えています。マイオーラは、再生可能エネルギー投資に
             おけるその専門性を活かし、本投資法人をサポートします。
          b. スポンサー・グループによる幅広いサポート

             本投資法人は、スポンサー・グループの幅広いサポートを活用し、今後も拡大が期待さ
            れる再生可能エネルギー発電設備等への投資を通じて、投資主価値の最大化を目指しま
            す。
                                 41/144


                                                          EDINET提出書類
                                                  エネクス・インフラ投資法人(E34452)
                                               有価証券届出書(組込方式・内国投資証券)
            i. スポンサー各社による本投資法人の運営に関するリソースの活用
              本投資法人は、投資法人の運営に関するスポンサーのサポートを享受し、安定した運
             営を行うことを目指します。
              伊藤忠エネクスは、エネクスグループにおける電源開発から需給管理・販売までを一
             気通貫で行うビジネスモデルの下での実績を背景として、また、マイオーラは、国内外
             での再生可能エネルギー発電事業の実績を背景として、再生可能エネルギーに関する
             マーケットリサーチを本投資法人に提供します。また、本投資法人の上場時取得資産に
             おいては、太陽光発電所における夜間使用電力を東京電力エナジーパートナー株式会社
             や中国電力株式会社等の大手電力会社からではなく伊藤忠エネクスから一括して調達
             し、コストの低減を実現しています。なお、新規取得資産についても、電気事業者を大
             手電力会社から伊藤忠エネクスに切り替える予定です。
              三井住友信託銀行は、前記「a.                  スポンサー・グループの概要 ii.                   三井住友信託銀
             行株式会社」のとおり、投資法人に関して、運用資産の取得、運営管理などのアドバイ
             スを実施し、投資法人の安定的な成長をサポートしていきます。また、一般事務・資産
             保管業務の受託のみならず、スポンサーとして自らJ-REITを組成した実績・ノウハウを
             踏まえた各種サポート業務を展開しています。このような実績を背景として、三井住友
             信託銀行は、J-REITの運営ノウハウやファイナンスなどの金融取引に関する知見の提供
             を行います。
              マーキュリアインベストメントは、海外上場REITの運営実績に基づく投資法人の適切
             な情報開示・透明性の高い運営に関するノウハウの提供を行います。
              さらに、伊藤忠エネクス、三井住友信託銀行、マーキュリアインベストメント及びマ
             イオーラは、本資産運用会社への人材提供及び業務サポート(本資産運用会社の役職員
             に対する研修の実施や本投資法人及び本資産運用会社のIT環境構築に関するサポート
             等)を行います。
            ii. オペレーターであるエネクス電力による再生可能エネルギー発電設備の運営・管理

             に関するリソース及び伊藤忠エネクスの運営サポートの活用
              本投資法人は、取得済資産に加えて、新規取得資産についても、本資産運用会社のオ
             ペレーター選定基準に基づいてエネクス電力をオペレーター(運用資産の運営に関する
             事項を主導的に決定する者として東京証券取引所の有価証券上場規程及び同施行規則に
             定める者をいいます。以下同じです。)に選定する予定です。エネクス電力は、2002年
             の設立以降、多様な発電設備等の安定稼働、エネルギーの安定供給を行っており、運営
             経験に基づくノウハウの蓄積、及びトラブルの分析と共有化を基礎とした、現場経験や
             専門技術資格を有するエンジニアリング集団としての性格を有します。また、エネクス
             電力は、高度なオペレーション技術が求められる発電設備について安定的な運営の実績
             を有し、24時間の運営管理体制、メンテナンス及びスピーディーなトラブルシューティ
             ング等において強みを持っています。本投資法人は、エネクス電力の強みを活用して、
             太陽光発電設備の発電パフォーマンスを最大化し、発電設備の収益及び資産価値の維持
             向上を目指します。
            iii. スポンサー・グループによる投資口の保有(セイムボート出資)

              伊藤忠エネクス、三井住友信託銀行、マーキュリアインベストメント及びマイオーラ
             は、本書の日付現在において、それぞれ本投資法人の発行済投資口総数の2.58%、
             1.16%、1.16%及び0.25%の本投資口を保有することにより、合計で5.15%のセイム
             ボート出資を行っています。スポンサー・グループが本投資口を保有し、本投資法人の
             投資主とスポンサー・グループの利益を一致させることが、本投資法人の投資主価値の
             向上に資するものと、本投資法人は考えています。
          c. 伊藤忠エネクスの概要

            i. 伊藤忠エネクスの概要
                                 42/144

                                                          EDINET提出書類
                                                  エネクス・インフラ投資法人(E34452)
                                               有価証券届出書(組込方式・内国投資証券)
              伊藤忠エネクスは、1961年に創業した伊藤忠商事グループのエネルギー商社であり
             (東京証券取引所市場第一部上場)、2020年3月期の連結売上収益(国際会計基準)は
             8,974   億円に上ります。
              伊藤忠エネクスは、石油製品・LPガスの卸売・小売を中核事業としながら、自動車関
             連事業や生活関連事業の拡充を進めています。また、2010年より電力事業へ参入し、新
             電力事業者としても、エネルギーの安定供給に貢献しています。
              エネクスグループは、電力・ユーティリティ部門、ホームライフ部門、カーライフ部
             門及び産業ビジネス部門の4つの部門を有しており、電力・ユーティリティ部門では発
             電事業(石炭、天然ガス、風力、水力、太陽光等)、電力小売事業、熱供給関連事業等
             を行っています。
              エネクスグループは、今後も、その経営理念である「社会とくらしのパートナー」と
             して、全国各地の地域に根ざし、生活に欠かせないエネルギーの供給を行っていきま
             す。
            <伊藤忠エネクスの会社概要>

                   社名          伊藤忠エネクス株式会社

                              代表取締役社長 岡田             賢二
                   代表
                   設立          1961年1月28日
                  本社所在地            東京都千代田区霞が関三丁目2番5号
                              19,878百万円(2020年3月末日現在)
                   資本金
                              単体556名
                  従業員数
                              連結5,583名(2020年3月末日現在)
                              8,974億円(2020年3月期連結、IFRS)
                  売上収益
                   市場          東京証券取引所市場第一部
                                 43/144











                                                          EDINET提出書類
                                                  エネクス・インフラ投資法人(E34452)
                                               有価証券届出書(組込方式・内国投資証券)
            <エネクスグループの事業概要>
             (注1) 「カーライフ・ステーション(CS)」とは、カーライフの全てのニーズに応える複合的なサービス拠点をいいま




                す。
             (注2) 2020年4月1日時点
            ii. 電源開発から需給管理・販売までを一気通貫で行うビジネスモデルを展開

              エネクスグループの電力・ユーティリティ部門は、電源開発から需給管理・販売まで
             を一気通貫で行うビジネスモデルを構築することで、顧客への電力の安定供給と電気料
             金削減に貢献しています。
              例えば、発電事業については、2011年3月にグループ会社に加わったエネクス電力が
             中核を担い、電気・蒸気の最適バランス化によりエネルギー資源の効率利用を図ってい
             ます。
              需給管理については、伊藤忠エネクスが自社電源及び外部調達(他社の発電所や市場
             等を通じて調達)により調達した多様な電源をバランス良く組み合わせることにより、
             環境保全と経済性の両立を推進した需給管理を行っています。
              販売事業については、2020年2月に九州電力株式会社(以下「九州電力」といいま
             す。)及びその子会社の九電みらいエナジー株式会社と電力小売事業に関する販売業務
             の提携を行い、顧客へ低廉で安定した電力を供給し両社の着実かつ飛躍的な発展を目指
             していくこととなりました。今後もエネクスグループのノウハウや販売ネットワークを
             最大限に活用し、強固な電力バリューチェーンの構築と拡充を進めています。
              このように、発電から販売まで一貫体制で事業展開を行うエネクスグループは、固定
             価格買取期間終了後に有力な電力販売候補先となり得るものと、本投資法人は考えてい
             ます。
            <電源開発から需給管理・販売までを一気通貫で行うビジネスモデル>

             (注)    「王子グループ」とは、王子ホールディングス株式会社及びそのグループ会社の総称をいいます。




                                 44/144




                                                          EDINET提出書類
                                                  エネクス・インフラ投資法人(E34452)
                                               有価証券届出書(組込方式・内国投資証券)
            iii. 再生可能エネルギー発電設備等の主な開発・運営実績
              エネクスグループは、石炭・天然ガスなどの従来型の火力発電設備のみならず、風
             力・水力・太陽光など多彩な再生可能エネルギーを用いた発電設備を開発・運営し、継
             続的な発電能力の拡充を推進しています。
              直近の開発事例として、エネクスグループは、2014年10月に新潟県胎内市で風力発電
             所(設備容量20MW)を新設し、2016年1月に山口県防府市で太陽光発電所(設備容量
             1.9MW)を新設しています。このように、エネクスグループは、日本国内における実績
             に裏打ちされた、再生可能エネルギー発電設備等を含むさまざまな種類の発電設備の開
             発及び管理運営に関する豊富な知見及びノウハウを培ってきました。
            <再生可能エネルギー発電設備等の主な開発・運営実績>

                                 45/144
















                                                          EDINET提出書類
                                                  エネクス・インフラ投資法人(E34452)
                                               有価証券届出書(組込方式・内国投資証券)
             再生可能エネルギー発電設備等の主な開発・運営実績
                  所在地           ステータス            設備容量          エネルギー源
             山口県防府市              稼働中           1.9MW             太陽光
             大分県玖珠郡玖珠町              稼働中           1.0MW    (太陽光)         太陽光、風力
             (注1)
                                      11.0MW    (風力)
             北海道根室市(注2)              一部稼働中           10.0MW             風力
             新潟県胎内市              稼働中           20.0MW             風力
             新潟県妙高市              稼働中           1.5MW             水力
             (第一発電所)
             (注3)
             新潟県上越市              建設中           3.2MW             水力
             (第二発電所)
             (注3)
             新潟県妙高市              稼働中           4.1MW             水力
             (第三発電所)
             (注3)
             兵庫県南あわじ市              稼働中           10.7MW             太陽光
             広島県山県郡北広島町              稼働中           1.5MW             太陽光
             長崎県長崎市              稼働中           2.6MW             太陽光
             鹿児島県薩摩川内市              稼働中           2.2MW             太陽光
             鹿児島県南九州市              稼働中           1.2MW             太陽光
             鹿児島県南九州市              稼働中           0.7MW             太陽光
             岩手県一関市              稼働中           14.9MW             太陽光
             群馬県高崎市              建設中           11.6MW             太陽光
             群馬県高崎市              建設中           53.6MW             太陽光
             鹿児島県霧島市              建設中           1.7MW             太陽光
             その他の開発・運営実績

                  所在地           ステータス            設備容量          エネルギー源
             新潟県上越市(注4)              一部稼働中           30.6MW             天然ガス
             宮城県仙台市              稼働中           112.0MW             石炭
             山口県防府市              稼働中           79.5MW             石炭
             (注1) これらの資産(大分県玖珠郡玖珠町所在のものについては、風力発電設備等に限ります。)については、資産保有
                SPCに売却されており、本書の日付現在、当該SPCが保有しています。本投資法人は、大分県玖珠郡玖珠町所在の再
                生可能エネルギー発電設備等(風力発電設備等に限ります。)について、本投資法人、本資産運用会社、伊藤忠エ
                ネクス及び当該資産に係る資産保有SPCとの間の別途の合意に基づき、伊藤忠エネクスから優先的売買交渉権を取得
                する予定です。
             (注2) 当該発電所は、6基で構成されていますが、本書の日付現在、5基(7.5MW)のみ稼働しています。
             (注3) これらの発電所のうち、第一発電所については固定価格買取制度対応工事が完了しています。他方で、第三発電所
                は稼働中、第二発電所は建設中ですが、これらの発電所は固定価格買取制度対応工事中又は当該工事を行うことを
                検討している段階であるため、当該発電所2物件に係る設備容量は、当該工事完了後の設備容量を記載しています。
                なお、当該工事完了予定時期は以下のとおりです。また、かかる設備容量は予定より増減する可能性があり、完了
                予定時期も、予定より遅れたり、工事そのものを取りやめたりする可能性があります。さらに、認定が取得できて
                いない発電所については、最終的に認定が取得できない可能性もあります。
                ・第二発電所:2021年(認定取得済・工事未完了)
                ・第三発電所:未定(認定申請検討中)
                なお、当該工事が完了する前に本投資法人がこれらの発電所に係る優先的売買交渉権を取得する予定はありませ
                ん。
             (注4) 当該発電所は、ボイラータービン発電機とガスエンジン発電機で構成されていますが、本書の日付現在、ガスエン
                ジン発電機(15.6MW)のみ稼働しています。
                                 46/144


                                                          EDINET提出書類
                                                  エネクス・インフラ投資法人(E34452)
                                               有価証券届出書(組込方式・内国投資証券)
             (注5) 本書の日付現在、上記の各資産の保有者等との間で具体的な交渉を行っておらず、現時点において取得する予定は
                なく、今後取得できる保証もありません。また、上記物件の全てについて優先的売買交渉権を取得することは予定
                していません。優先的売買交渉権の取得を予定している物件については、前記「①                                 インベストメント・ハイライ
                ト   (イ)  上場後初の公募増資による資産規模の拡大を通じて上場インフラファンド市場における資産規模第1位へ
                と成長 e.     継続的な外部成長を可能とするスポンサー・パイプライン」をご参照ください。
            iv. エネクスグループのESGへの取組み

              エネクスグループは、多様な価値創造を提供する事業活動と社会に貢献する活動を通
             して、より豊かな生活の実現と社会の持続的な発展に努め、グループとしてSDGs(持続
             可能な開発目標)達成を目指した取組みを推進しています。
              エネクスグループによるESGへの取組みの詳細は、以下のとおりです。
             出所:   エネクスグループ統合報告書(ENEX              REPORT   2020)を基に本資産運用会社にて作成






             (注)    上図の下側に記載している各マークは、SDGsに対する認識を高めるため国際連合が作成し公表した、2030アジェン
                ダにおける世界共通の17の目標に係る個別のアイコンのうちの一部です。
                                 47/144










                                                          EDINET提出書類
                                                  エネクス・インフラ投資法人(E34452)
                                               有価証券届出書(組込方式・内国投資証券)
         (ニ) 固定価格買取制度と出力制御への対応
          a. 固定価格買取制度下での相対的に長期の平均残存調達期間
             本投資法人は、主として固定価格買取制度の下で事業計画認定を受けた再生可能エネル
            ギー発電設備等に投資することにより、長期的かつ安定的な収益の確保を目指します。な
            お、取得予定資産は、固定価格買取制度の適用を受ける物件であり、これにより、本投資
            法人には安定的かつ継続的な売電収入を原資とする賃料収入が見込まれます。
          b. 出力制御の仕組み

             電力の需給バランスを保ち広域で停電が起こることを回避するため、発電量が需要量を
            上回ってしまう場合には、発電量を調整していくことが必要になります。この時、どうい
            う順番や考え方で発電量と需要量を一致させていくのかを決めているのが「優先給電ルー
            ル」です。
             このルールに基づく出力制御の順番は電源の特性に合わせて決められており、まずは火
            力発電所の出力を抑えるとともに、揚水発電所の活用を行い、次に関門連系線を活用した
            他管内への送電(長周期広域周波数調整)等の対応を行います。また、その後にバイオマ
            ス発電所の出力制御が実施されます。これらの対応を行ってもなお発電量が需要量を上回
            る場合に、太陽光・風力の出力制御が実施されます。
            <優先給電ルールに基づく対応>

             出所:   経済産業省資源エネルギー庁ホームページを基に本資産運用会社にて作成




          c. 出力制御の影響

             本投資法人の第3期中間決算期(2019年12月1日から2020年5月31日まで)において、本
            投資法人の取得済資産のうち、九州本土に存するJEN玖珠太陽光発電所及び長崎琴海太陽
            光発電所においては、それぞれ25日間及び24日間の出力制御が実施されました。もっと
            も、第3期中間決算期における当該出力制御に係る賃借人の逸失利益の割合は、それぞれ
            通期ベースで約0.68%(注1)、中間期ベースで約1.36%(注2)と限定的なものにとどまりま
            す。これは、本投資法人のポートフォリオに占める九州電力管内の物件比率が小さいため
            であり、下表のとおり、取得予定資産の取得により当該比率は2.7%(パネル出力ベー
            ス)までさらに引き下げられます。加えて、前記「①                              インベストメント・ハイライト 
            (ハ)   長期安定的なキャッシュ・フローの確保を可能とする賃料スキーム及び財務基盤 
            b.  長期安定的なキャッシュ・フロー創出を可能とする賃料スキーム i.                                      安定性の重視と
            アップサイドを加えた賃料スキーム」のとおり、本投資法人においては、発電事業者SPC
            との間における賃貸借契約において、安定性を重視した賃料スキームを採用していること
            から、当該出力制御による本投資法人の賃料収入に対する影響は限定的であると、本投資
            法人は考えています。
             なお、本投資法人の取得済資産及び新規取得資産に適用のある出力制御ルールについて
            は、それぞれ組込有価証券報告書「第一部                        ファンド情報 第1           ファンドの状況 5           運用
            状況 (2)      投資資産 ③        その他投資資産の主要なもの (ロ)                    設備・施設の概要 d.             適
                                 48/144


                                                          EDINET提出書類
                                                  エネクス・インフラ投資法人(E34452)
                                               有価証券届出書(組込方式・内国投資証券)
            用される出力制御ルール」及び後記「2                      投資対象 ①        新規取得資産の概要 (ロ)               設備・
            施設の概要 d.         適用される出力制御ルール」をご参照ください。
            (注1) 「通期ベース」は、以下の計算式により求めています。
               (第3期中間決算期中出力制御が実施された25日間におけるJEN玖珠太陽光発電所の発電量予測値(P50)の想定売電収入
               額+第3期中間決算期中出力制御が実施された24日間における長崎琴海太陽光発電所の発電量予測値(P50)の想定売電
               収入額)÷取得済資産の第3期決算期中における発電量予測値(P50)の想定売電収入額の合計額
            (注2) 「中間期ベース」は、以下の計算式により求めています。
               (第3期中間決算期中出力制御が実施された25日間におけるJEN玖珠太陽光発電所の発電量予測値(P50)の想定売電収入
               額+第3期中間決算期中出力制御が実施された24日間における長崎琴海太陽光発電所の発電量予測値(P50)の想定売電
               収入額)÷取得済資産の第3期中間決算期中における発電量予測値(P50)の想定売電収入額の合計額
            <本投資法人のポートフォリオに占める九州電力管内の物件比率>

          d. 出力制御の低減に向けた動き





             2018年11月12日に開催された総合資源エネルギー調査会省エネルギー・新エネルギー分
            科会新エネルギー小委員会               系統ワーキンググループにおいて、九州電力が太陽光発電な
            ど再生可能エネルギーの発電を一時止めた出力制御に関する対策案が示されました。本
            ワーキンググループにおいては、(1)連系線のさらなる活用、(2)オンライン制御の拡大、
            (3)火力等の最低出力の引き下げ、(4)出力制御における経済的調整を中心とした、出力制
            御の低減に向けた議論がされています。以後、2019年10月18日、同年12月5日及び2020年7
            月16日にそれぞれ開催された同ワーキンググループにおいては、オンライン代理制御(経
            済的出力制御)の実施及びそれに伴う補填にかかる制度の導入に関する議論が行われるな
            ど、出力制御の低減に向けた検討は継続的に行われています。
             九州電力(2020年4月1日以降は九州電力送配電株式会社)は、九州本土と本州をつなぐ
            関門連系線において再生可能エネルギーの出力制御量を低減する転送遮断システムの運用
            を2019年4月1日より開始しています。同社は、本システムの活用により、九州電力管内か
            ら他管内への再生可能エネルギーの送電可能量を最大で30万kW程度拡大することが可能と
            なると考えています。本投資法人は、本システムの活用により、九州電力管内における再
            生可能エネルギーの出力制御量が低減するものと期待しています。
                                 49/144






                                                          EDINET提出書類
                                                  エネクス・インフラ投資法人(E34452)
                                               有価証券届出書(組込方式・内国投資証券)
       2 投資対象
        ① 新規取得資産の概要
          本投資法人は、2020年1月17日付で、第3期取得資産を取得しました。また、取得予定資産に
         ついて、2020年11月10日付で、取得予定資産の現所有者又は現受益者との間で、それぞれ土地
         売買契約及び信託受益権売買契約(以下、総称して「本件売買契約」といいます。)を締結し
         ています。
          本件売買契約には、売主又は買主が本件売買契約に違反し、違反により本件売買契約の目的
         を達成することができない場合に、催告の上契約の解除ができ、違反した当事者は、相手方に
         対し、違約金として売買代金から消費税及び地方消費税相当額を除いた金額の10%相当額を支
         払う旨の定めがあります。
          ただし、本件売買契約においては、新投資口の発行又は資金の借入れにより必要資金の調達
         を完了したこと等が売買代金支払の条件とされており、かかる条件が成就しない場合には、本
         投資法人は、違約金を負担することなく本件売買契約を解除できるものとされています。した
         がって、本募集又は資金の借入れ等が完了できずに本件売買契約上の代金支払義務を履行でき
         ない場合において、当該履行ができないことにより違約金を支払うことにはならないため、本
         投資法人の財務及び分配金等に直接的に重大な悪影響を与える可能性は低いと考えています。
         なお、新規取得資産の売主(取得予定資産の前所有者兼前借地権設定者を除きます。)は、譲
         渡実行時点において、いずれも投信法に定める利害関係人等及び本資産運用会社の「利害関係
         者取引規則」に定める利害関係者に該当することから、本資産運用会社は、投信法及び利害関
         係者取引規則その他の社内規則に基づき、必要な審議及び決議を経ています。本資産運用会社
         の「利害関係者取引規則」については、組込有価証券報告書「第二部                                      投資法人の詳細情報 
         第3  管理及び運営 2          利害関係人との取引制限 (2)                 利害関係者取引規則」をご参照くださ
         い。
         (イ) 新規取得資産の概要

                                             取得(予定)         投資比率
                       分類
                                                       (%)
      物件番号        物件名称               賃借人の名称         所在地        価格
                       (注1)
                                              (百万円)         (注2)
     第3期取得資産
             長崎琴海太陽        太陽光        北九州太陽光
       S-06                                         1,097         2.7
                                     長崎県長崎市
             光発電所        発電設備等        発電合同会社
     取得予定資産
             松阪太陽光発        太陽光
       S-07                     合同会社TSMH1                   40,241         97.3
                                     三重県松阪市
             電所        発電設備等
                                                41,338        100.0
                       合計
            (注1) 「分類」は、再生可能エネルギー源に基づく再生可能エネルギー発電設備等の分類を記載しています。
            (注2) 「投資比率」は、新規取得資産の取得(予定)価格の合計に占める各物件の取得(予定)価格の割合を、小数第2位を
               四捨五入して記載しています。したがって、各物件の投資比率の合計が合計欄記載の数値と一致しない場合がありま
               す。
         (ロ) 設備・施設の概要

          a. 敷地等の概要
                                      権利形態              面積
          物件
                      物件名称
                                       (注1)          (㎡)(注2)(注3)
          番号
        第3期取得資産
          S-06                                              25,501
              長崎琴海太陽光発電所                         地上権
        取得予定資産
          S-07                                             1,017,493
              松阪太陽光発電所                         所有権
            (注1) 「権利形態」は、新規取得資産に係る太陽光発電設備が設置されている土地に関して本投資法人が保有し若しくは保
               有する予定の権利又は信託受託者となる予定の者が取得する予定の権利の種類を記載しています。
            (注2) 「面積」は、登記簿上の記載に基づいており、現況とは一致しない場合があります。
            (注3) 第3期取得資産は、隣接地等の一部に通行並びに埋設ケーブルの設置及び使用等を目的とした地役権が設定されていま
               すが、当該土地の面積は含んでいません。また、取得予定資産は、隣接地等の一部に通行並びに電線路、送電線施設
                                 50/144


                                                          EDINET提出書類
                                                  エネクス・インフラ投資法人(E34452)
                                               有価証券届出書(組込方式・内国投資証券)
               の設置及び使用を目的とした地役権が設定されており、また、同目的で隣接地等の一部の所有権を取得する予定です
               が、当該土地の面積は含んでいません。
          b. 発電設備の概要

                            パネルの種類         パネル出力        パネル設置数         発電出力
          物件
                  物件名称
                              (注1)        (kW)(注2)        (枚)(注3)        (kW)(注4)
          番号
        第3期取得資産
          S-06                              2,661.12          9,856       1,990
              長崎琴海太陽光発電所              多結晶シリコン
        取得予定資産
          S-07                              98,003.40         356,376        70,000
              松阪太陽光発電所              多結晶シリコン
            (注1) 「パネルの種類」は、第3期取得資産については、三井化学株式会社作成の「発電所診断報告書」、取得予定資産につ
               いては、Vector      Cuatro   Japan株式会社(以下「Vector」といいます。)作成の「テクニカルレポート」の記載等に基
               づき、新規取得資産に係る太陽光発電設備等における太陽電池モジュールの発電素子を記載しています。
            (注2) 「パネル出力」は、第3期取得資産については、三井化学株式会社作成の「発電所診断報告書」、取得予定資産につい
               ては、Vector作成の「テクニカルレポート」の記載等に基づき、新規取得資産に係る太陽光発電設備等におけるパネ
               ル出力(太陽光パネルの定格出力の合計)を記載しています。
            (注3) 「パネル設置数」は、第3期取得資産については、三井化学株式会社作成の「発電所診断報告書」、取得予定資産につ
               いては、Vector作成の「テクニカルレポート」の記載等に基づき、新規取得資産に係る太陽光発電設備等における太
               陽電池モジュールの設置枚数を記載しています。
            (注4) 「発電出力」は、第3期取得資産については、三井化学株式会社作成の「発電所診断報告書」、取得予定資産について
               は、Vector作成の「テクニカルレポート」の記載等に基づき、新規取得資産に係る太陽光発電設備等の太陽電池モ
               ジュール容量とパワコン容量のいずれか小さい方の数値を記載しています。
          c. 固定価格買取制度上の権利の概要

                                      調達期間
                        認定日      供給開始日               残存調達期間         調達価格
        物件
                                       満了日
              物件名称
                         (注1)       (注2)               (注4)        (注5)
        番号
                                       (注3)
       第3期取得資産
                        2014年       2019年       2039年
        S-06                                              36円/kWh
           長崎琴海太陽光発電所                                   19年2か月
                        3月14日       3月22日       3月21日
       取得予定資産
                        2015年       2019年       2039年
        S-07                                              32円/kWh
           松阪太陽光発電所                                   18年3か月
                        3月27日       3月18日       3月17日
            (注1) 「認定日」は、旧再エネ特措法に基づき、新規取得資産に係る太陽光発電設備等における設備認定を受けた日を記載
               しています。
            (注2) 「供給開始日」は、新規取得資産に係る太陽光発電設備等が運転(ただし、試運転を除きます。)を開始し、当該時
               点の特定契約に基づき最初に再生可能エネルギー電気(再生可能エネルギー発電設備を用いて再生可能エネルギーを
               変換して得られる電気をいいます。以下同じです。)の供給を開始した日を記載しています。
            (注3) 「調達期間満了日」は、新規取得資産に係る太陽光発電設備等における調達期間の満了日を記載しています。
            (注4) 「残存調達期間」は、新規取得資産に係る太陽光発電設備等における、当該資産の取得(予定)日から調達期間満了
               日までの期間を月単位で切り捨てて記載しています。
            (注5) 「調達価格」は、新規取得資産に係る太陽光発電設備等における調達価格(ただし、消費税及び地方消費税の額に相
               当する額を除きます。)を記載しています。
          d. 適用される出力制御ルール

         物件
                                   適用される出力制御ルール(注1)
                 物件名称
         番号
        第3期取得資産
         S-06
              長崎琴海太陽光発電所                          30日ルール
        取得予定資産
                                       360時間ルール
         S-07                (特定契約の受給開始日及び受給期間の満了日を含む年度については、
              松阪太陽光発電所
                          それぞれ13時間及び347時間を超えない範囲内。)
            (注1) 「適用される出力制御ルール」は、電気事業者が電気事業者による再生可能エネルギー電気の調達に関する特別措置
               法施行規則(平成24年経済産業省令第46号。その後の改正を含みます。)(以下「再エネ特措法施行規則」といいま
               す。)に定める回避措置を講じたとしてもなお、電気事業者における電気の供給量がその需要量を上回ることが見込
               まれる場合において接続契約(注2)上無補償で出力の抑制が求められうる期間の上限に関して適用があるルールを記載
               しています。「30日ルール」とは、かかる期間の上限が年間30日である場合をいい、「360時間ルール」とは、かかる
               期間の上限が年間360時間である場合をいいます。なお、新規取得資産には該当ありませんが、太陽光発電設備等に適
                                 51/144


                                                          EDINET提出書類
                                                  エネクス・インフラ投資法人(E34452)
                                               有価証券届出書(組込方式・内国投資証券)
               用がありうる出力制御ルールとしては、30日ルール及び360時間ルールの他に、指定ルール(上記のような期間の上限
               なく無制限に無補償で出力の抑制が求められうる場合)があります。
            (注2) 「接続契約」とは、再生可能エネルギー発電設備と電気事業者等(電気事業者又は送電事業者(注3)をいいます。以下
               同じです。)が維持、運用する電線路(発電所や変電所等と電気使用場所相互間の電線及びこれを支持、保蔵する工
               作物をいいます。)との電気的な接続に係る契約をいいます。以下同じです。
            (注3) 「送電事業者」とは、電気事業法第2条第1項第11号に規定する送電事業者をいいます。
         (ハ) 特定契約の内容

                        発電事業者        買取価格        受給期間満了日            電気事業者
      物件
              物件名称
                         (注1)      (注1)(注2)           (注1)           (注1)
      番号
     第3期取得資産
                                      2019年3月22日(同日を含み
                                      ます。)から240月経過後最
                       北九州太陽光発
      S-06                          36円/kWh
           長崎琴海太陽光発電所                                        九州電力株式会社
                                      初の検針日の前日
                       電合同会社
                                      (注3)
     取得予定資産
                                      2019年3月18日以降、最初
                                      の検針日が属する月の翌月
                                      から起算して240月目にお
                                      ける検針日の前日(ただ
                                                   中部電力ミライズ
      S-07                 合同会社TSMH1         32円/kWh
           松阪太陽光発電所
                                      し、当該期間が240月を下
                                                   株式会社
                                      回る場合には、受給開始日
                                      から240月が経過するまで
                                      の期間とします。)
            (注1) 「発電事業者」、「買取価格」、「受給期間満了日」及び「電気事業者」は、第3期取得資産については本書の日付現
               在効力を有する特定契約の内容を、取得予定資産については取得予定日において効力を有する予定の特定契約の内容
               を、それぞれ記載しています。なお、「買取価格」は、消費税及び地方消費税の額に相当する額を除いた額を記載し
               ています。
            (注2) 「買取価格」による特定契約上の発電事業者の収入自体が本投資法人の収入となるわけではありません。
            (注3) 記録型計量器により計量する場合で、電気事業者があらかじめ発電事業者に電力量計の値が記録型計量器に記録され
               る日(以下、本(注3)において「計量日」といいます。)を知らせたときは、計量日の前日までの期間とする旨が定め
               られています。
         (ニ) オペレーターの概要

             新規取得資産のオペレーターは、いずれもエネクス電力であり、その概要は以下のとお
            りです。なお、オペレーターの選定に係る方針については、組込有価証券報告書「第一部
            ファンド情報 第1           ファンドの状況 2           投資方針 (1)        投資方針 ⑫        資産管理方針 b.
            オペレーター選定基準」をご参照ください。
                                              資本金        属性
          オペレーターの
                    本店所在地          代表者        設立年月
                                               (注)      (上場市場)
             名称
                   東京都千代田
                            代表取締役社長
           エネクス電力
                                                       -
                   区霞が関三丁                   2002年8月        100百万円
                             清水   誠
            株式会社
                   目2番地5号
            (注)    伊藤忠エネクスの2020年6月17日付有価証券報告書に記載されている、2020年3月31日現在の数値です。
         (ホ) オペレーターの事業概要

                                      売上高(注)           当期純利益(注)
           オペレーターの名称                概要
                      • 産業用電力及び蒸気の
                                      2018年4月1日から            2018年4月1日から
                                      2019年3月31日まで            2019年3月31日まで
                       生産、供給、販売
                                          395百万円            410百万円
                      • 電気事業者向け電力の
          エネクス電力株式会社
                       生産、供給、販売
                                      2019年4月1日から            2019年4月1日から
                      • 再生可能エネルギーの
                                      2020年3月31日まで            2020年3月31日まで
                                          552百万円            132百万円
                       生産、供給、販売
            (注)    エネクス電力株式会社の財務諸表に基づく数値です。
                                 52/144




                                                          EDINET提出書類
                                                  エネクス・インフラ投資法人(E34452)
                                               有価証券届出書(組込方式・内国投資証券)
         (ヘ) 担保提供の状況
             本投資法人は、取得予定資産の取得のため、前記「1                              投資方針 ①        インベストメン
            ト・ハイライト (ハ)             長期安定的なキャッシュ・フローの確保を可能とする賃料スキー
            ム及び財務基盤 c.            財務基盤のさらなる安定化 ⅲ.                   上場時からレンダーフォーメー
            ションの拡充を実施」に記載の新規借入れを行う予定です。当該借入れに際し、本投資法
            人、信託受託者、賃借人又は賃借人の社員を担保権設定者とし、当該借入れに係るエー
            ジェント、貸付人及び金利スワップ提供者(以下「貸付関係者」と総称します。)を担保
            権者とする、以下の第一順位の各担保権(金利スワップ提供者のためには根担保権)及び
            契約上の地位譲渡予約に係る予約完結権がそれぞれ設定される予定です。
              担保権設定者           担保権等の種類            担保対象物又は譲渡予約対象の契約上の地位

                        本投資法人が所有又は           本投資法人が信託受託者に対して有する信託受益
                        保有する資産に対する           権、本投資法人名義の一部の預金口座内の預金に係
          1
                        質権・根質権           る一切の請求権及び本投資法人が本保険契約(注1)に
                                   基づき保険会社に対して保有する一切の請求権
                        本投資法人に係る本件           本件投資法人関連契約に基づく本投資法人の相手方
            本投資法人           投資法人関連契約(注           に対する現在及び将来の一切の債権
          2
                        2)上の債権に対する質
                        権・根質権
                        本投資法人に係る本件           本件投資法人関連契約上の本投資法人の地位
          3
                        投資法人関連契約上の
                        地位譲渡予約
                        発電事業者SPCに係る           接続契約及び特定契約に基づく発電事業者SPCの電気
                        接続契約及び特定契約           事業者に対する現在及び将来の一切の債権
          4
                        上の債権に対する質
                        権・根質権
            発電事業者SPC
                        発電事業者SPCに係る           接続契約及び特定契約上の発電事業者SPCの地位
          5
                        接続契約及び特定契約
                        上の地位譲渡予約
                        社員持分に対する質           発電事業者SPCの社員が保有する発電事業者SPCの社
          6
            発電事業者SPCの社員
                        権・根質権           員持分
            (注1) 「本保険契約」とは、取得予定資産に係る発電事業に関して、本投資法人が保険契約者となり、信託受託者及び本投
               資法人が被保険者となる保険契約をいいます。
            (注2) 「本件投資法人関連契約」とは、取得予定資産の取得に際して締結する金利スワップ契約をいいます。以下本表にお
               いて同じです。
            (注3) 上記のほか、信託受託者が取得予定資産に係る発電施設等を信託財産とする信託(以下「本信託」といます。)の受
               託者として所有又は保有する動産及び不動産等、信託受託者が本信託の受託者として本保険契約に基づき保険会社に
               対して保有する一切の請求権、本件信託受託者関連契約(注4)に基づく信託受託者の相手方に対する現在及び将来の一
               切の債権、並びに本件信託受託者関連契約上の信託受託者の地位について、信託受託者を担保権設定者とし、貸付関
               係者を担保権者とする、第一順位の担保権(スワップ提供者のためには根担保権)の設定及び契約上の地位譲渡契約
               に係る予約完結権の付与は、いずれも留保されます。当該担保権等は、本信託の終了等の一定の事由が発生した場合
               にそれぞれ設定又は付与がなされます。
            (注4) 「本件信託受託者関連契約」とは、信託受託者が本信託の受託者として締結又は承継する、取得予定資産に係る、(i)
               発電施設等賃貸借契約、(ii)地上権設定契約及び(iii)地役権設定契約をいいます。以下同じです。
            (注5) 上記のほか、発電事業者SPCが所有又は保有する資産、発電事業者SPCに係る本件SPC関連契約(注6)上の債権、及び発
               電事業SPCに係る本件SPC関連契約上の地位について、発電事業者SPCを担保権設定者とし、信託受託者を担保権者とす
               る、第一順位の各根担保権の設定及び契約上の地位譲渡契約に係る予約完結権の付与がそれぞれなされますが、信託
               受託者を転担保権設定者とし、貸付関係者を転担保権者とする、第一順位の、当該根担保権に対する各転担保権(ス
               ワップ提供者のためには根担保権)の設定並びに当該予約完結権を信託受託者に代わって行使することができる権限
               及び信託受託者が当該予約完結権の行使により譲り受けた契約上の地位譲渡予約に係る予約完結権の付与は、いずれ
               も留保されます。当該転担保権等は、本信託の終了等の一定の事由が発生した場合にそれぞれ設定又は付与がなされ
               ます。
            (注6) 「本件SPC関連契約」とは、取得予定資産に係る、(i)O&M業務委託契約、(ii)オペレーター業務委託契約及び(iii)EPC
               契約等をいいます。以下(注5)において同じです。
            (注7) 上記のほか、発電事業者SPCを担保権設定者とし、信託受託者を担保権者とする、発電事業者SPC名義の一部の預金口
               座内の預金に係る一切の請求権に対する第一順位の根質権がさらに設定されますが、信託受託者を転担保権設定者と
               し、貸付関係者を転担保権者とする、第一順位の当該根質権に対する転担保権の設定は留保されます。当該転担保権
               は、本信託の終了及び一定の本投資法人の信用不安事由が発生した場合に設定されます。
                                 53/144


                                                          EDINET提出書類
                                                  エネクス・インフラ投資法人(E34452)
                                               有価証券届出書(組込方式・内国投資証券)
            (注8) 新規借入れについては、借入予定先である金融機関から融資に関する関心表明に係る通知書を受領していますが、本
               書の日付現在、金銭消費貸借契約や担保権設定に関する契約は締結されておらず、上記はかかる関心表明に係る通知
               書及び本書の日付現在の各借入予定先との間の協議の内容に基づき記載しています。したがって、実際に新規借入れ
               が 行われることは保証されているものではなく、また、担保権の内容も変更されることがあります。
             また、本投資法人が第3期取得資産の取得のために行った借入れに際しても、本投資法

            人、賃借人又は賃借人の社員を担保権設定者とし、当該借入れに係る貸付関係者を担保権
            者とする、以下の第一順位の各担保権(金利スワップ提供者のためには根担保権)及び契
            約上の地位譲渡予約に係る予約完結権がそれぞれ設定されています。
              担保権設定者           担保権等の種類            担保対象物又は譲渡予約対象の契約上の地位

                        本投資法人が所有又は           本投資法人が所有又は保有する動産、不動産等並び
                        保有する資産に対する           に本投資法人名義の一部の預金口座内の預金に係る
          1
                        譲渡担保権・根譲渡担           一切の請求権及び本投資法人が本保険契約(注1)に基
                        保権、抵当権・根抵当           づき保険会社に対して保有する一切の請求権
                        権又は質権・根質権
                        本投資法人に係る本件           本件投資法人関連契約に基づく本投資法人の相手方
            本投資法人
                        投資法人関連契約(注           に対する現在及び将来の一切の債権
          2
                        2)上の債権に対する質
                        権・根質権
                        本投資法人に係る本件           本件投資法人関連契約上の本投資法人の地位
          3
                        投資法人関連契約上の
                        地位譲渡予約
                        発電事業者SPCに係る           本件SPC関連契約に基づく発電事業者SPCの相手方に
            本投資法人
                        本件SPC関連契約(注5)           対する現在及び将来の一切の債権
          4
            (転担保権設定者)
                        上の債権に対する質
            発電事業者SPC           権・根質権
            (担保権設定者)
                        発電事業者SPCに係る           本件SPC関連契約上の発電事業者SPCの地位
          5
            (注3)(注4)           本件SPC関連契約上の
                        地位譲渡予約
                        発電事業者SPCに係る           接続契約及び特定契約に基づく発電事業者SPCの電気
                        接続契約及び特定契約           事業者に対する現在及び将来の一切の債権
          6
                        上の債権に対する質
                        権・根質権
            発電事業者SPC
                        発電事業者SPCに係る           接続契約及び特定契約上の発電事業者SPCの地位
          7
                        接続契約及び特定契約
                        上の地位譲渡予約
                        社員持分に対する質           発電事業者SPCの社員たる一般社団法人が保有する発
          8
            発電事業者SPCの社員
                        権・根質権           電事業者SPCの社員持分
            (注1) 「本保険契約」とは、第3期取得資産に係る発電事業に関して本投資法人が被保険者となる保険契約をいいます。
            (注2) 「本件投資法人関連契約」とは、第3期取得資産に係る、(i)発電施設等賃貸借契約、(ii)地上権設定契約及び(iii)
               EPC契約等をいいます。以下本表において同じです。
            (注3) 発電事業者SPCを担保権設定者とし、本投資法人を担保権者とする、第一順位の各根担保権及び契約上の地位譲渡契約
               に係る予約完結権がそれぞれ設定されます。そして、本投資法人を転担保権設定者とし、貸付関係者を転担保権者と
               する、第一順位の、当該根担保権に対する各転担保権(スワップ提供者のためには根担保権)の設定並びに当該予約
               完結権を本投資法人に代わって行使することができる権限及び本投資法人が当該予約完結権の行使により譲り受けた
               契約上の地位譲渡予約に係る予約完結権の付与が、それぞれなされます。
            (注4) 発電事業者SPCを担保権設定者とし、本投資法人を担保権者とする、発電事業者SPC名義の一部の預金口座内の預金に
               係る一切の請求権に対する第一順位の根質権がさらに設定されますが、本投資法人を転担保権設定者とし、貸付関係
               者を転担保権者とする、第一順位の当該根質権に対する転担保権の設定は留保されます。当該転担保権は、一定の本
               投資法人の信用不安事由が発生した場合に設定されます。
            (注5) 「本件SPC関連契約」とは、第3期取得資産に係る、(i)O&M業務委託契約及び(ii)オペレーター業務委託契約等をいい
               ます。以下本表において同じです。
                                 54/144



                                                          EDINET提出書類
                                                  エネクス・インフラ投資法人(E34452)
                                               有価証券届出書(組込方式・内国投資証券)
         (ト) バリュエーションレポートの概要
             本投資法人は、第3期取得資産については2019年10月31日を、取得予定資産については
            2020年8月31日を、それぞれ価格時点とするバリュエーションレポートをPwCサステナビリ
            ティ合同会社(以下「評価機関」ということがあります。)より取得しています。バリュ
            エーションレポートにおける評価は、一定時点における評価者の判断と意見にとどまり、
            その内容の妥当性、正確性及び当該評価額での取引可能性等を保証するものではありませ
            ん。
             また、評価機関の位置付け及び責任は、以下のとおりです。
              ・評価機関の評価業務は保証業務に該当せず、評価機関は評価額について何ら保証す
               るものではありません。
              ・評価額は評価機関から入手したバリュエーションレポートに基づき、本投資法人の
               責任により投資家に向けて開示されるものであり、評価機関は投資家に対していか
               なる義務・責任も負いません。
              ・評価の前提となる情報及び資料については、本資産運用会社から提供を受けたもの
               を利用し、評価機関はその内容の真実性・正確性・網羅性について検証等の義務を
               負っていません。
             なお、評価を行ったPwCサステナビリティ合同会社と本投資法人及び本資産運用会社と
            の間には、特別の利害関係はありません。
                                                     マーケット・
                                                      アプローチ
                                       インカム・アプローチ
                               評価
                                                       (注1)
                               価値
          物件
               物件名称        評価機関              割引率      割引率
                                                 評価      評価
          番号                   (百万円)
                                     (%)       (%)
                                                 価値      価値
                              (注1)
                                    非課税期間       課税期間
                                                (百万円)      (百万円)
                                     (注2)      (注2)
          第3期取得資産
                                 944      1.4      1.1      944      798
              長崎琴海太陽       PwCサステナビ
          S-06
              光発電所       リティ合同会社          ~1,218       ~5.0      ~5.0     ~1,267      ~1,218
          取得予定資産
                               35,142        1.8      1.6     35,142      22,843
              松阪太陽光発       PwCサステナビ
          S-07
              電所       リティ合同会社         ~40,937        ~5.0      ~5.0     ~46,978      ~40,937
            (注1) インカム・アプローチによる評価価値とマーケット・アプローチによる評価価値を総合的に評価した評価価値を記載
               しています。なお、インカム・アプローチは、将来フリー・キャッシュ・フローを現在価値に割引く評価方法(DCF
               法)を用い、割引率につき、加重平均資本コスト(WACC)を利用した場合と、内部収益率(IRR)を利用した場合とで
               それぞれ算出した評価価値を記載しています。評価機関は、本資産運用会社が作成したキャッシュ・フロー計画書に
               基づいて将来フリー・キャッシュ・フローを算定しています。また、加重平均資本コスト(WACC)は政策及び事業の
               環境や組織形態の類似性等を考慮して、評価対象の類似法人のデータを利用しており、内部収益率(IRR)について、
               公表済の「調達価格等に関する意見」、直近の入札結果の分析及びマーケット調査結果等を総合的に勘案して算定さ
               れた数値を利用しています。また、マーケット・アプローチは、類似取引の取引価額を、財務数値等の指標で除して
               得られる倍率を基に、評価対象事業・会社の事業価値ないしは株主価値を算出する方法(類似取引法)を用いていま
               す。
            (注2) 「非課税期間」は、本投資法人が租税特別措置法(昭和32年法律第26号。その後の改正を含みます。)(以下「租税
               特別措置法」といいます。)の導管性要件を満たすことで、分配金の損金算入が可能な期間を意味し、「課税期間」
               は、本投資法人が租税特別措置法上の導管性要件を満たすことができない期間を意味します。「課税期間」は、2038
               年12月1日から開始します。
                                 55/144





                                                          EDINET提出書類
                                                  エネクス・インフラ投資法人(E34452)
                                               有価証券届出書(組込方式・内国投資証券)
         (チ) 土地に関する不動産鑑定評価書の概要
             本投資法人は、第3期取得資産については2019年12月1日を、取得予定資産については
            2020年10月1日をそれぞれ価格時点とする土地に関する不動産鑑定評価書を一般財団法人
            日本不動産研究所より取得しています。不動産鑑定評価書における評価は、一定時点にお
            ける評価者の判断と意見にとどまり、その内容の妥当性、正確性及び当該評価額での取引
            可能性等を保証するものではありません。なお、評価を行った一般財団法人日本不動産研
            究所と本投資法人及び本資産運用会社との間には、特別の利害関係はありません。
                                         収益

                               積算
                         鑑定               価格
                               価格
                         評価額               (設備
                                    土地                最終
                             (設備及び
     物件              不動産
                                                        NOI
                        (土地)                及び
           物件名称
                                    積算          割引率      還元
                              土地)
     番号             鑑定機関
                                                       (百万円)
                                        土地)
                        (百万円)
                                   価格比           (%)     利回り
                              (百万円)
                                                        (注3)
                                        (百万円)
                         (注1)
                                    (%)                (%)
                               (注2)
                                         (注2)
     第3期取得資産

                  一般財団法
         長崎琴海太陽光発
     S-06                      59     801     5.5    1,070       3.8     -     78
                  人日本不動
         電所
                  産研究所
     取得予定資産
                  一般財団法
     S-07                     4,380     34,300      11.2    39,100        3.5     -   2,817
         松阪太陽光発電所         人日本不動
                  産研究所
                          4,439     35,101       -   40,170        -    -    2,895
             合計
            (注1) 「鑑定評価額(土地)」は、「収益価格(設備及び土地)」に土地積算価格比を乗じて算出されており、百万円未満
               を四捨五入して記載しています。
            (注2) 「積算価格(設備及び土地)」及び「収益価格(設備及び土地)」は、太陽光発電設備等を構成する土地部分の価格
               と設備部分の価格とを合わせた価格を記載しています。また、「収益価格(設備及び土地)」は、DCF法に基づく収益
               価格を記載しています。なお、百万円未満を四捨五入して記載しています。
            (注3) 「NOI」は、DCF法に基づく収益価格を算定する際に用いられる初年度の運営純収益の百万円未満を四捨五入して記載
               しています。
         (リ) テクニカルレポートの概要

             本投資法人は、第3期取得資産については三井化学株式会社より、取得予定資産につい
            てはVectorより、太陽光発電設備等のシステム、発電量評価、太陽光発電設備等に係る各
            種契約の評価及び継続性(性能劣化・環境評価)の評価等に関するテクニカルレポートを
            取得しています。テクニカルレポートの記載は報告者の意見を示したものにとどまり、本
            投資法人がその内容の妥当性及び正確性を保証するものではありません。なお、三井化学
            株式会社又はVectorと本投資法人及び本資産運用会社との間には、特別の利害関係はあり
            ません。
                                                     O&M費及び修
                                          想定設備利用率(%)
                              想定年間発電電力量
        物件
                                                     繕費(千円)
              物件名称       レポート日付
                                (MWh)(注1)
        番号                                    (注1)(注2)
                                                       (注3)
        第3期取得資産
                                    3,181.480             13.65
                              初年度             初年度
            長崎琴海太陽光発
        S-06                           3,041.494             13.05       290,750
                      2019年12月        10年度             10年度
            電所
                                    2,834.699             12.16
                              20年度             20年度
        取得予定資産
                                   106,689.238              12.43
                              初年度             初年度
        S-07                          101,876.190              11.87      4,283,995
            松阪太陽光発電所          2020年10月        10年度             10年度
                                   96,528.359              11.24
                              20年度             20年度
            (注1) 「想定年間発電電力量」及び「想定設備利用率」は、第3期取得資産については、近傍気象観測所における20年間の日
               射量変動について統計分析を行い計算した超過確率P(パーセンタイル)50の数値として三井化学株式会社作成の「発
               電所診断報告書」に記載された、第3期取得資産に係る太陽光発電設備等についての各年度の発電電力量と設備利用率
               のうち、発電所稼働初年度、10年度及び20年度の数値を記載しています。取得予定資産については、近傍気象観測所
               及び人工衛星等におけるデータベースを用いて日射量変動について統計分析を行い計算した超過確率P(パーセンタイ
               ル)50の数値としてVector作成の「テクニカルレポート」に記載された、当該取得予定資産に係る太陽光発電設備等
               についての各年度の発電電力量と設備利用率のうち、発電所稼働初年度、10年度及び20年度の数値を記載していま
               す。したがって、当該数値は、本書において記載されている過去の一定時点における新規取得資産の実際の発電量及
                                 56/144

                                                          EDINET提出書類
                                                  エネクス・インフラ投資法人(E34452)
                                               有価証券届出書(組込方式・内国投資証券)
               び設備利用率水準や現在の発電量及び設備利用率水準とは必ずしも一致するものではなく、また、将来における実際
               の発電量及び設備利用率水準又は本投資法人が予測する将来における発電量及び設備利用率水準と一致しない可能性
               が あります。なお、太陽光発電設備等の使用期間の経過に従い、発電電力量は減少し、設備利用率は低下することが
               想定されています。
            (注2) 「想定設備利用率」は、「年間発電量(kWh)÷(当該太陽光発電設備等の定格容量(kW)×8,760時間(h))×100」で表
               されます。当該計算式で用いられている太陽光発電設備等の定格容量は、当該設備に係る各太陽電池モジュールの定
               格出力にパネル設置枚数を乗じて算出した値です。
            (注3) 「O&M費及び修繕費」は、第3期取得資産については、長期(25年間)メンテナンス計画と費用見積として三井化学株
               式会社作成の「発電所診断報告書」に記載された運転・保守業務委託費(電気主任技術者を含みます。)、定期点検
               (保安規程に基づく)、メーカー点検、除草、土木維持管理、部品交換・修理(変電設備等、PCS及び計測器)に係る
               費用を、取得予定資産については、長期(25年間)の修繕費用見積としてVector作成の「テクニカルレポート」に記
               載されたO&M費用(日常管理業務(電気主任技術者を含みます。)、保安点検、PCSメーカー点検(定期交換部品費用・
               交換作業費用を含みます。)、各種部品交換、土木点検、計測機器交換費用等、環境整備その他費用)及び土木修繕費
               を記載しています。
         (ヌ) 地震リスク分析等の概要

             本投資法人は、運用資産を取得する際のデュー・ディリジェンスの一環として、東京海
            上日動リスクコンサルティング株式会社に依頼し、地震リスク分析の評価を行っていま
            す。当該分析は、設計図書、仕様書等をもとに、震動による被害、液状化による被害、津
            波による被害を考慮した総合的な評価結果に基づき、地震による太陽光発電設備等のPML
            値を算定しています。同社作成の地震リスク評価報告書に記載された新規取得資産に係る
            発電設備のPML値は、下表のとおりです。地震リスク評価報告書の記載は報告者の意見を
            示したものにとどまり、本投資法人がその内容の妥当性及び正確性を保証するものではあ
            りません。なお、東京海上日動リスクコンサルティング株式会社と本投資法人及び本資産
            運用会社との間には、特別の利害関係はありません。
              物件
                                    PML値(%)
                       物件名称
              番号
             第3期取得資産
              S-06                        0.2
                 長崎琴海太陽光発電所
             取得予定資産
              S-07
                 松阪太陽光発電所                    0.1未満
         (ル) EPC業者、パネルメーカー及びパワコン供給者

             新規取得資産に係る、EPC業者、パネルメーカー及びパワコン供給者は、以下のとおり
            です。
                          EPC業者           パネルメーカー             パワコン供給者
        物件
              物件名称
                          (注1)             (注2)             (注3)
        番号
       第3期取得資産
           長崎琴海太陽光発電           株式会社ウエストエネル             株式会社ウエストホール             東芝三菱電機産業システ
        S-06
           所           ギーソリューション             ディングス             ム株式会社
       取得予定資産
                      MAETEL      CONSTRUCTION
        S-07                           Jinko   Solar   Co.,   Ltd.
           松阪太陽光発電所                                    ABB株式会社
                      JAPAN株式会社
            (注1) 「EPC業者」は、新規取得資産に係る太陽光発電設備の建設に係る工事請負業者を記載しています。
            (注2) 「パネルメーカー」は、第3期取得資産については、三井化学株式会社作成の「発電所診断報告書」、取得予定資産に
               ついては、Vector作成の「テクニカルレポート」の記載等に基づき、新規取得資産に係る太陽光発電設備等における
               太陽電池モジュールのメーカーを記載しています。
            (注3) 「パワコン供給者」は、第3期取得資産については、三井化学株式会社作成の「発電所診断報告書」、取得予定資産に
               ついては、Vector作成の「テクニカルレポート」の記載等に基づき、新規取得資産に係る太陽光発電設備等における
               パワーコンディショナーのメーカーを記載しています。
                                 57/144




                                                          EDINET提出書類
                                                  エネクス・インフラ投資法人(E34452)
                                               有価証券届出書(組込方式・内国投資証券)
         (ヲ) 利害関係人等への賃貸状況
             新規取得資産につき、本投資法人による取得の時点において有効となる賃貸借契約を前
            提とした場合に、本資産運用会社の社内規則である利害関係者取引規則上の利害関係者を
            賃借人とする賃貸借の概要は、以下のとおりです。
                                            総賃料収入
          物件
                                                   契約満了日(注2)
                 物件名称               賃借人
                                             (注1)
          番号
         第3期取得資産
          S-06
             長崎琴海太陽光発電所             北九州太陽光発電合同会社                 1,483,349千円        2040年1月16日
         取得予定資産
          S-07                 合同会社TSMH1
             松阪太陽光発電所                              49,825,219千円         2040年12月1日
            (注1) 「総賃料収入」は、賃貸開始日である本投資法人の取得日から賃貸借契約の終了日までに想定される基本賃料額の合
               計額を、それぞれ、千円未満を切り捨てて記載しています。新規取得資産の基本賃料額及び敷金・保証金について
               は、後記「②      新規取得資産の個別の概要」をご参照ください。なお、後記「②                          新規取得資産の個別の概要」におけ
               る各事業年度の基本賃料の額は、各事業年度ごとに千円未満を切り捨てて記載しているため、後記「②                                        新規取得資産
               の個別の概要」記載の各事業年度の基本賃料額の合計額は、総賃料収入と一致しないことがあります。
            (注2) 賃借人は賃貸借契約上中途解約権を有しており、当該権利行使により、契約満了日より前に契約が終了し、それ以降
               の期間の賃料は得られない可能性があります。中途解約権の詳細は、後記「②                              新規取得資産の個別の概要」をご参照
               ください。
         (ワ) 新規取得資産に関する権利関係の従前の経緯

                        前々所有者             前所有者・前受益者
                      (前々借地権者)                (前借地権者)
                                                     取得時期
      物件
            物件名称
                     (前々借地権設定者)                (前借地権設定者)
      番号                                               (注3)
                        (注1)(注2)               (注1)(注2)
                    (土地)利害関係人等以外の                (土地)北九州太陽光発電
                         第三者               合同会社
                                                   2019年2月28日
          長崎琴海太陽光
      S-06                (前々借地権者)                (前借地権者)
          発電所
                          -
                                      (発電設備)新設              2019年2月28日
                                   (土地)利害関係人等以外の
                    (土地)利害関係人等以外の
                                        第三者
                         第三者
                                   (前所有者兼前借地権設定者)
                                                   2020年2月1日
          松阪太陽光
                       (前々所有者兼
      S-07
                                      合同会社TSMH1
          発電所(注4)
                      前々借地権設定者)
                                    (前受益者兼前借地権者)
                          -
                                      (発電設備)新設              2019年3月18日
            (注1) 第3期取得資産の「前々借地権者」並びに取得予定資産の土地の「前々所有者兼前々借地権設定者」及び「前所有者兼
               前借地権設定者」は、いずれも投信法に定める本資産運用会社の利害関係人等及び本資産運用会社の社内規則である
               利害関係者取引規則上の利害関係者ではありません。
            (注2) 第3期取得資産の「前所有者」及び「前借地権者」並びに取得予定資産の「前受益者兼前借地権者」は、譲渡実行時点
               において、投信法に定める本資産運用会社の利害関係人等及び本資産運用会社の社内規則である利害関係者取引規則
               上の利害関係者に該当します。
            (注3) 「取得時期」は、土地については、前所有者又は前借地権者による所有権取得日又は借地権設定日を登記簿等に基づ
               き記載し、発電設備については、引渡日を記載しています。ただし、取得予定資産の土地については、前所有者と
               前々所有者との合併の効力発生日を記載しています。また、取得予定資産の借地権については、後記(注4)のとお
               り、太陽光発電設備が設置されている土地部分の地上権が混同により消滅するため、借地権設定日の記載を省略して
               います。
            (注4) 取得予定資産については、利害関係人等以外の第三者を所有者兼借地権設定者、合同会社TSMH1を借地権者とする地上
               権が設定されています。本投資法人は、合同会社TSMH1が対象土地に係る地上権及び発電設備を信託譲渡した後、かか
               る地上権及び発電設備等を主な信託財産とする信託受益権を合同会社TSMH1から譲り受け、利害関係人等以外の第三者
               から対象土地に係る所有権を譲り受けた後、当該対象土地部分を追加信託する予定です。かかる追加信託に伴い、当
               該地上権を要役地として地役権が設定されている接続用地部分を除き、当該地上権は混同により消滅することとなり
               ます。
                                 58/144





                                                          EDINET提出書類
                                                  エネクス・インフラ投資法人(E34452)
                                               有価証券届出書(組込方式・内国投資証券)
        ② 新規取得資産の個別の概要
          以下の表は、本投資法人の新規取得資産の概要を個別に表にまとめたものです(以下「個別
         物件表」といいます。)。個別物件表に記載されている各種用語については、以下をご参照く
         ださい。
          なお、個別物件表は、別途注記等をする場合を除き、いずれも2020年10月29日現在における
         情報に基づいて記載しています。
         (イ) 「物件番号」欄の記載について

             ・「物件番号」は、太陽光発電設備等についてはSと分類し、番号を付しています。
         (ロ) 「分類」欄について

             ・「分類」は、再生可能エネルギー源に基づく再生可能エネルギー発電設備等の分類を
              記載しています。
         (ハ) 「資産の概要」欄の記載について

             ・「信託受託者」は、取得予定資産について、信託受託者となる予定の者を記載してい
              ます。
             ・「信託期間満了日」は、取得予定資産について、取得予定日に効力を有する予定の信
              託契約所定の信託期間の満了日を記載しています。
             ・「取得(予定)価格」は、新規取得資産の売買契約又は信託受益権売買契約に定める
              売買金額(取得に関する業務委託報酬等の取得経費、固定資産税、都市計画税、消費
              税等相当額及びその他手数料等を除きます。)を記載しています。
             ・「発電所の評価額」は、PwCサステナビリティ合同会社が作成したバリュエーション
              レポート記載の設備の評価価値を記載しています。評価価値は、現在及び将来におけ
              る当該評価価値による発電設備の売買の可能性を保証又は約束するものではありませ
              ん。なお、価格評価を行ったPwCサステナビリティ合同会社と本投資法人及び本資産
              運用会社との間には、特別の利害関係はありません。
             ・「土地の鑑定評価額」は、一般財団法人日本不動産研究所が作成した鑑定評価書記載
              の土地の鑑定評価額を記載しています。鑑定評価額は、現在及び将来における当該鑑
              定評価額による土地の売買の可能性を保証又は約束するものではありません。なお、
              不動産鑑定評価を行った一般財団法人日本不動産研究所と本投資法人及び本資産運用
              会社との間には、特別の利害関係はありません。
             ・「特定契約の概要」は、新規取得資産に係る太陽光発電設備等における特定契約の内
              容を記載しています。
             ・特定契約の概要の「発電事業者」、「電気事業者」、「買取価格」及び「受給期間満
              了日」は、第3期取得資産については本書の日付現在効力を有する特定契約の内容
              を、取得予定資産については取得予定日において効力を有する予定の特定契約の内容
              を、それぞれ記載しています。なお、「買取価格」は、消費税及び地方消費税の額に
              相当する額を除いた額を記載しています。
             ・「所在地」は、新規取得資産に係る太陽光発電設備が設置されている土地(複数ある
              場合にはそのうちの一つ)の登記簿上の記載に基づいて記載しています。
             ・土地の「地番」は、登記簿上の記載に基づいて記載しています。
             ・土地の「用途地域」は、都市計画法第8条第1項第1号に掲げる用途地域の種類又は都
              市計画法第7条に掲げる区域区分の種類を記載しています。また、都市計画区域に指
              定されているが都市計画法第7条に掲げる区域区分がなされていないものは「非線引
              都市計画区域」、都市計画区域に指定されていないものは「都市計画区域外」とそれ
              ぞれ記載しています。
                                 59/144


                                                          EDINET提出書類
                                                  エネクス・インフラ投資法人(E34452)
                                               有価証券届出書(組込方式・内国投資証券)
             ・土地の「面積」は、登記簿上の記載に基づいており、現況とは一致しない場合があり
              ます。
             ・土地の「権利形態」は、新規取得資産に係る太陽光発電設備が設置されている土地に
              関して本投資法人が保有若しくは保有する予定の権利又は信託受託者となる予定の者
              が取得する予定の権利の種類を記載しています。
             ・設備の「認定日」は、旧再エネ特措法に基づき、新規取得資産に係る太陽光発電設備
              等における設備認定を受けた日を記載しています。
             ・設備の「供給開始日」は、新規取得資産に係る太陽光発電設備等が運転(ただし、試
              運転を除きます。)を開始し、当該時点の特定契約に基づき最初に再生可能エネル
              ギー電気の供給を開始した日を記載しています。
             ・設備の「残存調達期間」は、新規取得資産に係る太陽光発電設備等における、当該資
              産の取得(予定)日から調達期間満了日までの期間を月単位で切り捨てて記載してい
              ます。
             ・設備の「調達期間満了日」は、新規取得資産に係る太陽光発電設備等における調達期
              間の満了日を記載しています。
             ・設備の「調達価格」は、新規取得資産に係る太陽光発電設備等における調達価格(た
              だし、消費税及び地方消費税の額に相当する額を除きます。)を記載しています。
             ・設備の「パネルの種類」は、第3期取得資産については、三井化学株式会社作成の
              「発電所診断報告書」、取得予定資産については、Vector作成の「テクニカルレポー
              ト」の記載等に基づき、新規取得資産に係る太陽光発電設備等における太陽電池モ
              ジュールの発電素子を記載しています。
             ・設備の「パネル出力」は、第3期取得資産については、三井化学株式会社作成の「発
              電所診断報告書」、取得予定資産については、Vector作成の「テクニカルレポート」
              の記載等に基づき、新規取得資産に係る太陽光発電設備等におけるパネル出力(太陽
              光パネルの定格出力の合計)を記載しています。
             ・設備の「パネル設置数」は、第3期取得資産については、三井化学株式会社作成の
              「発電所診断報告書」、取得予定資産については、Vector作成の「テクニカルレポー
              ト」の記載等に基づき、新規取得資産に係る太陽光発電設備等における太陽電池モ
              ジュールの設置枚数を記載しています。
             ・設備の「パネルメーカー」は、第3期取得資産については、三井化学株式会社作成の
              「発電所診断報告書」、取得予定資産については、Vector作成の「テクニカルレポー
              ト」の記載等に基づき、新規取得資産に係る太陽光発電設備等における太陽電池モ
              ジュールのメーカーを記載しています。
             ・設備の「パワコン供給者」は、第3期取得資産については、三井化学株式会社作成の
              「発電所診断報告書」、取得予定資産については、Vector作成の「テクニカルレポー
              ト」の記載等に基づき、新規取得資産に係る太陽光発電設備等におけるパワーコン
              ディショナーのメーカーを記載しています。
             ・設備の「EPC業者」は、新規取得資産に係る太陽光発電設備の建設に係る工事請負業
              者を記載しています。
             ・設備の「発電出力」は、第3期取得資産については、三井化学株式会社作成の「発電
              所診断報告書」、取得予定資産については、Vector作成の「テクニカルレポート」の
              記載等に基づき、新規取得資産に係る太陽光発電設備等の太陽電池モジュール容量と
              PCS容量のいずれか小さい方の数値を記載しています。
             ・設備の「想定年間発電電力量」は、近傍気象観測所及び人工衛星等におけるデータ
              ベースを用いて日射量変動について統計分析を行い計算した超過確率P(パーセンタ
              イル)50の数値として、第3期取得資産については、三井化学株式会社作成の「発電
              所診断報告書」、取得予定資産については、Vector作成の「テクニカルレポート」に
                                 60/144


                                                          EDINET提出書類
                                                  エネクス・インフラ投資法人(E34452)
                                               有価証券届出書(組込方式・内国投資証券)
              記載された、新規取得資産に係る太陽光発電設備等についての各年度の発電電力量の
              うち、発電所稼働初年度、10年度及び20年度の数値を記載しています。
             ・設備の「想定設備利用率」は、近傍気象観測所における20年間の日射量変動について
              統計分析を行い計算した超過確率P(パーセンタイル)50の数値として、第3期取得資
              産については、三井化学株式会社作成の「発電所診断報告書」、取得予定資産につい
              ては、Vector作成の「テクニカルレポート」に記載された、新規取得資産に係る太陽
              光発電設備等についての各年度の設備利用率のうち、発電所稼働初年度、10年度及び
              20年度の数値を記載しています。
             ・設備の「架台基礎構造」は、第3期取得資産については、三井化学株式会社作成の
              「発電所診断報告書」、取得予定資産については、Vector作成の「テクニカルレポー
              ト」の記載等に基づき、新規取得資産に係る太陽光発電設備等におけるモジュール架
              台基礎構造を記載しています。
             ・設備の「権利形態」は、新規取得資産に係る太陽光発電設備に関して本投資法人が保
              有し又は保有する予定の権利の種類を記載しています。
             ・「担保設定の有無」は、新規取得資産につき、本投資法人が取得後に負担し、又は負
              担することが予定されている担保の有無を記載しています。
             ・「オペレーター」は、第3期取得資産については本書の日付現在オペレーターとなっ
              ている会社を、取得予定資産については取得予定日において、そのオペレーターとな
              る予定の会社を、それぞれ記載しています。
             ・「O&M業者」は、第3期取得資産については本書の日付現在主要なO&M業務に関して有
              効なO&M業務委託契約を締結している業者を、取得予定資産については取得予定日に
              おいてその主要なO&M業務に関して有効なO&M業務委託契約を締結する予定の業者を、
              それぞれ記載しています。
             ・「特記事項」の記載については、原則として、2020年10月29日現在の情報をもとに、
              個々の資産の権利関係や利用等で重要と考えられる事項のほか、当該資産の評価額、
              収益性、処分性への影響度を考慮して重要と考えられる事項に関して記載していま
              す。
         (ニ) 「賃貸借の概要」欄について

             ・「賃貸借の概要」は、第3期取得資産については本書の日付現在効力を有する発電施
              設等賃貸借契約の内容等を、取得予定資産については取得予定日において効力を有す
              る予定の発電施設等賃貸借契約の内容等を、それぞれ記載しています。
             ・賃貸借の概要の「賃借人」、「賃貸借期間」、「賃料」、「敷金・保証金」、「期間
              満了時の更新について」、「賃料改定について」、「中途解約について」及び「違約
              金」は、第3期取得資産については本書の日付現在効力を有する発電設備等賃貸借契
              約の内容等を、取得予定資産の取得予定日において効力を有する予定の発電施設等賃
              貸借契約の内容等を、それぞれ記載しています。
             ・「基本賃料」は、当該発電施設等賃貸借契約等に定める各月の基本賃料額を、賃貸開
              始日から起算して1年ごと(1年目については、第3期取得資産については、賃貸開始
              日である2020年1月17日から本投資法人の第3期(2020年11月期)決算日である2020年
              11月30日までの期間、取得予定資産については、賃貸開始日である2020年12月2日か
              ら本投資法人の第4期(2021年11月期)決算日である2021年11月30日までの期間。最
              終年度については、その直前年度の末日の翌日から賃貸借期間満了日までの期間。以
              下同じです。)に合計した各事業年度ごとの合計額を記載しています。
             ・取得予定資産について、取得後に本投資法人が締結予定の発電施設等賃貸借契約にお
              いて、契約更改の方法については特段規定がないため記載していません。
         (ホ) 「バリュエーションレポートの概要」欄について

                                 61/144


                                                          EDINET提出書類
                                                  エネクス・インフラ投資法人(E34452)
                                               有価証券届出書(組込方式・内国投資証券)
             ・「バリュエーションレポートの概要」は、本投資法人が、投信法等の諸法令、投信協
              会の定める諸規則並びに本投資法人の規約に定める資産評価の方法及び基準に基づ
              き、  PwCサステナビリティ合同会社に新規取得資産の価格評価を委託し作成されたバ
              リュエーションレポートの概要を記載しています。評価に際しては、本投資法人が租
              税特別措置法の導管性要件を満たすことで、非課税期間中の全ての分配金が損金算入
              可能であることを前提としています。
              当該各価格評価は、一定時点における市場環境等を反映した評価結果であり、評価者
              の判断と意見に留まり、その内容の妥当性、正確性及び当該評価額での取引可能性等
              を保証するものではありません。
             ・なお、価格評価を行ったPwCサステナビリティ合同会社と本投資法人及び本資産運用
              会社との間には、特別の利害関係はありません。
             ・また、評価機関の位置付け及び責任は、以下のとおりです。
              評価機関の評価業務は保証業務に該当せず、評価機関は評価額について何ら保証する
              ものではなく、評価額は評価機関から入手したバリュエーションレポートに基づき、
              本投資法人の責任により投資家に向けて開示されるものであり、評価機関は投資家に
              対していかなる義務・責任も負いません。
              評価の前提となる情報及び資料については、本資産運用会社から提供を受けたものを
              利用し、評価機関はその内容の真実性・正確性・網羅性について検証等の義務を負っ
              ていません。
         (ヘ) 「不動産鑑定評価書の概要」欄について

             ・「不動産鑑定評価書の概要」は、本投資法人が、不動産の鑑定評価に関する法律並び
              に国土交通省の定める不動産鑑定評価基準及び不動産鑑定評価基準運用上の留意事項
              に基づき、一般財団法人日本不動産研究所に新規取得資産の土地の鑑定評価を委託し
              作成された各不動産鑑定評価書の概要を記載しています。当該各不動産鑑定評価は、
              一定時点における評価者の判断と意見に留まり、その内容の妥当性、正確性及び当該
              鑑定評価額での取引可能性等を保証するものではありません。
             ・なお、不動産鑑定評価を行った一般財団法人日本不動産研究所と本投資法人及び本資
              産運用会社との間には、特別の利害関係はありません。
         (ト) 「インフラ投資資産の収益性に係る意見書及びインフラ投資資産の収益継続性に係る意

             見書の概要」について
             ・「インフラ投資資産の収益性に係る意見書及びインフラ投資資産の収益継続性に係る
              意見書の概要」は、本投資法人が、東京証券取引所の有価証券上場規程に基づき、三
              井化学株式会社に委託し作成された第3期取得資産の収益性に係る意見書の概要を記
              載しています。当該意見書は、一定時点における作成者の判断と意見にとどまり、そ
              の内容の妥当性及び正確性を保証するものではありません。
             ・当該意見書の作成を行った三井化学株式会社と本投資法人及び本資産運用会社との間
              には、特別の利害関係はありません。
             ・取得予定資産については、東京証券取引所の有価証券上場規程及び同施行規則上意見
              書の取得が不要とされる基準を満たしているため、当該意見書を取得していません。
         (チ) 「本物件の特徴」欄について

             ・「本物件の特徴」は、三井化学株式会社作成の「発電所診断報告書」又はVector作成
              の「テクニカルレポート」及び一般財団法人日本不動産研究所作成の「不動産鑑定評
              価書」の記載等に基づき、また、一部において本資産運用会社が入手した資料に基づ
              いて、新規取得資産の基本的性格、特徴、その所在する地域の特性等を記載していま
              す。当該報告書等は、これらを作成した外部の専門家の一定時点における判断と意見
                                 62/144


                                                          EDINET提出書類
                                                  エネクス・インフラ投資法人(E34452)
                                               有価証券届出書(組込方式・内国投資証券)
              に留まり、その内容の妥当性及び正確性等を保証するものではありません。なお、当
              該報告書等の作成の時点後の環境変化等は反映されていません。
         (リ) 「過年度の発電状況」欄について

             ・「過年度の発電状況」は、新規取得資産の現所有者又は前所有者等から提供を受けた
              数値及び情報(会計監査等の手続は経ていません。)を原則としてそのまま記載した
              ものであり、あくまでも参考情報に過ぎず、当該数値又は情報は不完全又は不正確で
              あるおそれがあります。「実績売電量」は、電気事業者が発行する「購入電力量のお
              知らせ」等の明細に記載された購入電力量に基づき、当該月の検針日に計量された電
              力量のうち単純な日数による日割にて計算した当該月内の電力量及び当該月の翌月の
              検針日に計量された電力量のうち単純な日数による日割にて計算した当該月内の電力
              量の合計を記載しています。なお、かかる売電量は、日本において一般的に公正妥当
              と認められる企業会計の基準により規定された指標ではありません。また、本投資法
              人が採用する会計処理等と同一の方法で算出されたものとは限らず、第3期取得資産
              については、前提となる状況が本書の日付以降も同一とは限らず、また、取得予定資
              産については、前提となる状況が本投資法人による取得後も同一とは限りません。
             ・なお、過年度の発電状況は、将来の発電量を担保、保証又は予測するものではありま
              せん。
                                 63/144














                                                          EDINET提出書類
                                                  エネクス・インフラ投資法人(E34452)
                                               有価証券届出書(組込方式・内国投資証券)
           S-06
     物件番号        物件名称     長崎琴海太陽光発電所                   分類       太陽光発電設備等
                              資産の概要

     特定資産の種類              再生可能エネルギー発電設備・地上権
     取得日              2020年1月17日             再生可能エネルギー発電設備の種類                   太陽光発電設備等
                                                   北九州太陽光発電
                                      発電事業者
                                                   合同会社
     取得価格              1,097,100,000円
                                      電気事業者            九州電力株式会社
                   944,000,000円       ~
     発電所の評価額
                                                   36円/kWh
                   1,218,000,000円                   買取価格
     (価格時点)
                                特定契約の
                   (2019年10月31日)
                                概要
                                                   2019年3月22日(同
                                                   日を含みます。)
     土地の鑑定評価額              58,700,000円
                                                   から240月経過後最
                                      受給期間満了日
     (価格時点)              (2019年12月1日)
                                                   初の検針日の前日
                                                   (注1)
     所在地              長崎県長崎市琴海戸根町字斧木場西平
                   1981番28
           地番                            パネルの種類            多結晶シリコン
                                                   2,661.12kW
           用途地域        都市計画区域外                   パネル出力
     土地
                   25,501㎡(注2)
           面積                            パネル設置数            9,856枚
                                                   株式会社ウエスト
           権利形態        地上権                   パネルメーカー
                                                   ホールディングス
                                                   東芝三菱電機産業
                                      パワコン供給者
                                                   システム株式会社
           認定日        2014年3月14日
                                                   株式会社ウエスト
                                      EPC業者            エネルギーソ
                                                   リューション
                                設備
                                                   1,990.00kW
                                      発電出力
                                                   3,181.480MWh
                                             初年度
           供給開始日        2019年3月22日
                                      想定年間
                                                   3,041.494MWh
                                             10年度
     設備
                                      発電電力量
                                                   2,834.699MWh
                                             20年度
                                                   13.65%
                                             初年度
                                      想定設備
                                                   13.05%
           残存調達期間        19年2か月                           10年度
                                      利用率
                                                   12.16%
                                             20年度
           調達期間
                   2039年3月21日                   架台基礎構造            杭基礎
           満了日
                   36円/kWh
           調達価格                            権利形態            所有権
                   有(注3)
     担保設定の有無
                                                   エネクスエンジニ
     オペレーター              エネクス電力株式会社             O&M業者                   アリング&サービ
                                                   ス株式会社
     特記事項
     ・本物件の土地については、土地所有者(法人)を地上権設定者、本投資法人を地上権者とする地上権が設定され登記
      がなされています。
     (地上権設定契約の概要)
      地上権設定者:法人(注4)
      地上権者:本投資法人
      存続期間:2019年2月28日から2044年5月31日まで
      地代:非開示(注4)
      敷金・保証金:なし
      契約更新:なし
      地代改定:期間中は不可。
      中途解約:なし
      譲渡承諾:原則、事前の書面による同意のある場合を除き、契約上の地位又は権利若しくは義務を第三者に譲渡する
     ことはできません。
    (注1)    記録型計量器により計量する場合で、電気事業者があらかじめ発電事業者に電力量計の値が記録型計量器に記録される日(以下、本(注
        1)にて「計量日」といいます。)を知らせたときは、計量日の前日までの期間とする旨が定められています。
    (注2)    隣接地等の一部に通行並びに埋設ケーブルの設置及び使用等を目的とした地役権が設定されていますが、当該土地の面積は含んでいま
        せん。
    (注3)    担保の内容につきましては、前記「①               新規取得資産の概要 (ヘ)           担保提供の状況」をご参照ください。
                                 64/144


                                                          EDINET提出書類
                                                  エネクス・インフラ投資法人(E34452)
                                               有価証券届出書(組込方式・内国投資証券)
    (注4)    地上権設定者より開示の承諾が得られていないため、非開示とします。なお、地上権設定者は、いずれも投信法に定める本資産運用会
        社の利害関係人等ではありません。
                             賃貸借の概要

     賃借人                          北九州太陽光発電合同会社
     賃貸借期間                       2020年1月17日から2040年1月16日まで
              各計算期間の賃料は、以下に定めるところに従い計算するものとする。
                賃貸借期間における、(i)(a)太陽光発電設備(以下、本項目において「本件発電施設」とい
                う。)の各計算期間内の各月のP50の発電量予測(注1)の合計値の90%に本件発電施設に適用さ
                れる買取価格を乗じて得られる金額、及び、(b)当該計算期間内の各月の発電量の合計値が、当
                該計算期間内の各月のP50の発電量予測の合計値の90%を超過する場合には、当該超過部分のう
                ち100%までに相当する金額はその全額、さらに100%を超過する場合には当該超過部分のうち
                25%に相当する金額の合計額から、(ii)本件発電施設の各計算期間内の売電収入に応じた電気
                事業税及び消費税相当額の年間想定額の12分の6に相当する金額その他本件事業に伴う公租公課
     賃料
                の支払に必要な金額として賃貸人及び賃借人が別途合意する金額の合計額に、各計算期間にお
                ける上記(i)の金額を乗じ、各計算期間における売電収入の総額で除した金額、及び(iii)オペ
                レーター業務委託契約に基づきオペレーターに当該計算期間内に支払う固定報酬、O&M契約に基
                づきO&M業者に当該計算期間内に支払う委託料その他年間運営計画に従い賃貸人及び賃借人が合
                意した支払金額を控除して得られる金額に消費税相当額を加算した金額。ただし、6か月未満の
                期間については、上記(i)、(ii)及び(iii)を当該期間に対応する金額として算出した金額とす
                る。また、賃貸人が本件発電施設に係る利益保険の保険金を受け取った場合には、当該受領し
                た保険金額相当の範囲内で賃貸人と賃借人が合意した金額を減じることができるものとする。
     敷金・保証金         該当事項はありません。
              賃貸人又は賃借人は、期間満了日の6か月前までに、相手方に対して、本件発電施設の賃貸借に関
     期間満了時の
              する再契約を求める通知をした場合、賃貸人及び賃借人は、再契約の締結につき誠実に協議するも
     更新について
              のとし、協議の上合意した場合は再契約を締結するものとする。
     賃料改定に
              該当事項はありません。
     ついて
              1. 賃貸人又は賃借人は、その相手方に対して書面により通知の上、本契約を2029年11月30日付で
                解約することを申し入れることができるものとする。ただし、当該解約の通知は、2029年5月
                31日(ただし、当該日が賃貸人及び本資産運用会社の営業日でない場合は、その前営業日とす
     中途解約に           る。)に相手方に到達しなければならず、当該日に到達しない場合、解約の効力は生じないも
     ついて           のとする。
              2. 前項に定める解約可能日を経過した場合、賃貸人及び賃借人は、その後の賃貸借期間中におけ
                る本契約の中途解約に関する規定の要否及び(必要となる場合)内容について、誠実に協議す
                るものとする。
     違約金         該当事項はありません。
                 1年目         2年目         3年目         4年目         5年目
                77,310千円         83,128千円         82,060千円         81,064千円         80,290千円
                 6年目         7年目         8年目         9年目         10年目
                79,500千円         79,106千円         78,658千円         78,185千円         77,517千円
     基本賃料(注2)
                 11年目         12年目         13年目         14年目         15年目
                76,885千円         76,199千円         75,495千円         74,955千円         74,239千円
                 16年目         17年目         18年目         19年目         20年目
                73,659千円         73,024千円         72,395千円         71,820千円         18,035千円
    (注1) 近傍気象観測所における20年間の日射量変動について統計分析を行い計算した超過確率P(パーセンタイル)50の数値に、九州電力管内
       における出力抑制を加味して算出された数値として、三井化学株式会社作成の「発電所診断報告書」に記載された数値を前提としてお
       り、「想定年間発電電力量」に記載された各数値とは異なります。
    (注2) 本「② 新規取得資産の個別の概要」における各事業年度の基本賃料の額は、千円未満を切り捨てて記載しています。
                                 65/144





                                                          EDINET提出書類
                                                  エネクス・インフラ投資法人(E34452)
                                               有価証券届出書(組込方式・内国投資証券)
                        バリュエーションレポートの概要
     物件名称                              長崎琴海太陽光発電所
     評価価値                            944,000,000円~1,218,000,000円
     評価機関                             PwCサステナビリティ合同会社
     価格時点                                2019年10月31日
                           インカム・アプローチ
            項目              内容                   概要等
                                 インカム・アプローチのうち、将来フリー・キャッ
                                 シュ・フローを現在価値に割引く評価方法(DCF法)を用
                                 いて算定された数値。割引率は、類似法人のベータを利
                                 用し推定された資本コストと負債コストを、評価対象期
                        944,000,000円
                                 間のウェイトで加重平均して得た数値と、公表済の調達
     評価価値
                       ~1,267,000,000円
                                 価格等に関する意見、直近の入札結果の分析及びマー
                                 ケット調査結果等を総合的に勘案して算定された数値。
                                 課税期間については1.1~5.0%、非課税期間については
                                 1.4~5.0%
                          マーケット・アプローチ
            項目              内容                   概要等
                                 マーケット・アプローチのうち、類似取引の取引価額
                        798,000,000円          を、財務数値等の指標で除して得られる倍率を基に、評
     評価価値
                       ~1,218,000,000円           価対象事業・会社の事業価値ないしは株主価値を算出す
                                 る方法(類似取引法)を用いて算定された数値
                                              -
     その他評価機関が評価にあたって特別に留意した事項
                          不動産鑑定評価書の概要

     物件名称                              長崎琴海太陽光発電所
     鑑定評価額(土地)
                                     58,700,000円
     不動産鑑定評価機関                            一般財団法人日本不動産研究所
     価格時点                                2019年12月1日
            項目              内容                   概要等
     DCF法による価格
                                              -
                       1,070,000,000円
     (設備及び土地)
                                 金融資産の利回りをもとに、不動産投資家調査の分析等
                                 に基づくリスクプレミアムを加味し、投資対象としての
                                 太陽光発電施設の特性及び上場インフラファンドの取引
                          3.8%
     割引率
                                 事例から推定される割引率水準等を勘案して設定した基
                                 準利回りに、本発電所の個別性に起因するスプレッドを
                                 加減することにより対象資産の割引率を査定
                          -                   -
     最終還元利回り
     原価法による積算価格
                                              -
                        801,000,000円
     (設備及び土地)
                          5.5%                    -
     土地積算価格比
                                              -
     その他、鑑定評価機関が鑑定評価にあたって留意した事項
                                 66/144







                                                          EDINET提出書類
                                                  エネクス・インフラ投資法人(E34452)
                                               有価証券届出書(組込方式・内国投資証券)
                             本物件の特徴
     ■物件特性
     本発電所における発電量の算出に用いる気象データを得た気象観測所は、以下のとおりであり、期間は1990年1月から
     2018年12月を対象としています。
      近傍の気象観測所                                 大瀬戸
      METPV-11で使用した地点名        大瀬戸
      日射量の経年変動で使用した気象観測所                       福岡市、長崎市、佐賀市、熊本市、宮崎市、大分市、鹿児島市、
                           福岡県飯塚市、熊本県人吉市、宮崎県都城市、大分県日田市、
                           鹿児島県阿久根市
      雪の影響で使用した気象観測所                           長崎
     <立地>

     本物件はJR長崎本線「道ノ尾」駅から北西方約19km(道路距離をいいます。以下同じです。)、大村湾を東西に臨む尾
     根上に所在します。
     <日照時間>

     近傍の気象観測所における過去20年間の年間平均日照時間は1,807.6時間であり、県庁所在地の全国平均(1,896.5時
     間)に近い地域であるといえます。
     <風速>

     大瀬戸における平均風速は、2.4m/s、最大瞬間風速は2012年の30.6m/sです。
     <積雪深>

     長崎における最深積雪記録は17cmです。
     <落雷>

     本発電所の事業地点を含む10kmメッシュの範囲における過去5年間の落雷頻度は、総落雷数は1,144回、全国平均が
     1,010回であるため、落雷リスクはやや高い地域であるといえます。
                            過年度の発電状況

                自              2019年9月1日
     対象期間
                至              2020年8月31日
                  2019年9月分           2019年10月分           2019年11月分           2019年12月分
                  282,792kWh           282,768kWh           228,960kWh           175,466kWh
                  2020年1月分           2020年2月分           2020年3月分           2020年4月分
     実績売電量
                  173,239kWh           192,929kWh           179,081kWh           270,046kWh
                  2020年5月分           2020年6月分           2020年7月分           2020年8月分
                  289,447kWh           260,568kWh           176,654kWh           311,462kWh
                                 67/144








                                                          EDINET提出書類
                                                  エネクス・インフラ投資法人(E34452)
                                               有価証券届出書(組込方式・内国投資証券)
          インフラ投資資産の収益性に係る意見書及びインフラ投資資産の収益継続性に係る意見書の概要
     意見書作成者                 三井化学株式会社
                      太陽光発電に関する診断・コンサルティング事業で、太陽光発電所の計画、建
                      設、完工、稼働の各段階に対して、太陽光パネル及び太陽光発電所に関するサー
     意見書記載者が専門的知識を有する
                      ビスを提供している。このようなサービスを通じて、数百件、合計4,000MW以上
     と考えられる背景
                      の業務実績がある。更に自社単独又は他社と共同で太陽光発電設備を保有してお
                      り、太陽光発電設備の計画、建設、運用に関して高度な専門知識を有している。
     投資法人、資産運用会社、オペレー                 本意見書作成時点において、意見書作成者は、本意見書に関連する投資法人、資
     ター、スポンサー及び幹事取引参加                 産運用会社、オペレーター、スポンサー、幹事取引参加者との間に資本関係はな
     者からの独立性                 く、利害関係もないことから、独立性を有しているということができる。
                      本発電所は、再エネ特措法に基づき、2014年3月14日に設備認定を受けている(経
                      済産業省20140228九州再太認第434号)。また2019年3月20日付で九州電力株式会
     インフラ投資資産の稼働見込みの状                 社との間に電力の受給開始日を2019年3月22日とする「再生可能エネルギー電気
     況等                 の調達及び供給並びに接続等に関する契約」が締結されている。なお、九州電力
                      株式会社からの2019年4月1日付「購入電力料金明細書」を確認することにより本
                      発電所は稼働を開始し、電力会社への売電を開始していると結論づけた。
     インフラ投資資産の足元の収益の状                 足元の収益の状況として、九州電力株式会社からの「購入電力料金明細書」に基
     況                 づいて2019年4月分から2019年8月分までの実績売電収益を確認した。
                      九州電力株式会社からの2019年4月1日付「購入電力料金明細書」より本発電所は
     収益の計上が見込まれる時期及びそ
                      既に稼働済みであることを確認しており、電力の受給開始日から2019年12月現在
     の根拠
                      において既に売電収益が得られている。
                      予想売電収益の算出に超過確率50%値(P50値)の期待発電量を用いており、こ
                      の期待発電量P50値は、2009年~2018年の日射量P50値から算出している。本発電
                      所最寄りの大瀬戸気象観測所の2014年~2018年の日射量データで月単位の実績日
     利益の計上が見込まれる時期及びそ                 射量と日射量P50値を比較し、収益をより正確に見積もるためには実績発電量と
     の根拠                 の乖離幅が小さい年単位の期待発電量を用いるべきと考えた。そこで、本発電所
                      において利益の計上が見込まれる時期を年単位の期待発電量から算出した売電収
                      益の予測と運営費用の予測から検討し、1年目から利益計上を見込むことが可能
                      であると結論づけた。
                      本発電所における発電電力の買取価格は、再エネ特措法による固定価格買取制度
                      下において九州電力株式会社との間に締結された電力受給契約に基づき、電力の
                      受給開始後20年間において固定価格での買取が決定している(ただし、同法第3
                      条第8項等の場合はその限りではない。)。
                      本事業において使用されている太陽光パネルは多結晶シリコンであり、太陽光パ
                      ネルメーカーの出力保証、弊社が保有している太陽光パネルの信頼性データベー
     将来の収益状況が安定的であると見                 スから総合的に判断して、出力低下率は1年目:-1.0%、2年目~10年目:前年比
     込まれる旨の説明                 -0.5%/年、11年目以降:前年比-0.7%/年と見積もられた。PCS及び受変電設備
                      などについては、定期点検を行う等の適切なメンテナンスを行うことで、特段の
                      性能劣化は生じないと判断され、本発電所においては、定期的な点検及び定期的
                      な部品等の交換が予定されている。
                      立地環境についても特段の腐食、劣化を促進する要素は認められない。
                      上記より、系統連系(売電)開始後20年目においても、本発電所は収益を計上可
                      能であると判断される。
                                 68/144







                                                          EDINET提出書類
                                                  エネクス・インフラ投資法人(E34452)
                                               有価証券届出書(組込方式・内国投資証券)
           S-07
     物件番号        物件名称     松阪太陽光発電所                   分類       太陽光発電設備等
                              資産の概要

                   信託受益権(注1)
     特定資産の種類
     信託財産              再生可能エネルギー発電設備・土地所有権、地上権、地役権等
                   三井住友信託銀行
     信託受託者                           信託期間満了日                   2030年12月31日
                   株式会社
     取得予定日              2020年12月2日             再生可能エネルギー発電設備の種類                   太陽光発電設備等
                                                   合同会社TSMH1
                                      発電事業者
     取得予定価格              40,241,000,000円
                                                   中部電力ミライズ
                                      電気事業者
                                                   株式会社
                   35,142,000,000円        ~
     発電所の評価額
                                                   32円/kWh
                   40,937,000,000円                   買取価格
     (価格時点)
                   (2020年8月31日)
                                                   2019年3月18日以
                                                   降、最初の検針日
                                特定契約の
                                                   が属する月の翌月
                                概要
                                                   から起算して240月
                                                   目における検針日
     土地の鑑定評価額              4,380,000,000円                                の前日(ただし、
                                      受給期間満了日
     (価格時点)              (2020年10月1日)                                当該期間が240月を
                                                   下回る場合には、
                                                   受給開始日から240
                                                   月が経過するまで
                                                   の  期  間  と  し  ま
                                                   す。)
     所在地              三重県松阪市嬉野森本町字滑谷
                   1555番15
           地番                            パネルの種類            多結晶シリコン
                                                   98,003.40kW
           用途地域        都市計画区域外                   パネル出力
     土地
                   1,017,493㎡(注2)
           面積                            パネル設置数            356,376枚
                                                   Jinko   Solar   Co.,
           権利形態        所有権                   パネルメーカー
                                                   Ltd.
                                      パワコン供給者            ABB株式会社
                                                   MAETEL
           認定日        2015年3月27日
                                      EPC業者            CONSTRUCTION
                                                   JAPAN株式会社
                                                   70,000.00kW
                                      発電出力
                                設備
                                                   106,689.238MWh
                                             初年度
           供給開始日        2019年3月18日
                                      想定年間
                                                   101,876.190MWh
                                             10年度
                                      発電電力量
     設備
                                                   96,528.359MWh
                                             20年度
                                                   12.43%
                                             初年度
                                      想定設備
                                                   11.87%
           残存調達期間        18年3か月                           10年度
                                      利用率
                                                   11.24%
                                             20年度
           調達期間
                   2039年3月17日                   架台基礎構造            杭基礎
           満了日
                   32円/kWh
           調達価格                            権利形態            所有権
                   有(注3)
     担保設定の有無
                                                   MAETEL
     オペレーター              エネクス電力株式会社             O&M業者                   CONSTRUCTION
                                                   JAPAN株式会社
     特記事項
     ・本物件の隣地との一部の境界について、境界立会い及び書面での境界確認がなされていませんが、境界とフェンスと
      の間の距離及び地形を勘案すると、境界と太陽光発電設備との間に十分なバッファー(間隔)があり、隣地所有者の
      属性、隣地所有者と当該敷地の現所有者との関係及び当該敷地に設置されている太陽光発電設備に対する隣地所有者
      の認識その他の状況を総合的に勘案すると隣地所有者との間で境界に関する紛争が生じる可能性は低いと判断してい
      ます。なお、本書の日付現在、当該隣地所有者との間に紛争等は生じていません。
    (注1)    本投資法人は、合同会社TSMH1が対象土地に係る地上権及び発電設備を信託譲渡した後、かかる地上権及び発電設備等を主な信託財産と
        する信託受益権を合同会社TSMH1から譲り受け、利害関係人等以外の第三者から対象土地に係る所有権を譲り受けた後、当該対象土地部
        分を追加信託する予定です。かかる追加信託に伴い、当該地上権を要役地として地役権が設定されている接続用地部分を除き、当該地
        上権は混同により消滅することとなります。
                                 69/144


                                                          EDINET提出書類
                                                  エネクス・インフラ投資法人(E34452)
                                               有価証券届出書(組込方式・内国投資証券)
    (注2)    隣接地等の一部に通行並びに電線路・送電線施設の設置及び使用等を目的とした地役権が設定されており、また、同目的で隣接地等の
        一部の所有権を取得する予定ですが、当該土地の面積は含んでいません。
    (注3)    担保の内容につきましては、前記「①               新規取得資産の概要 (ヘ)           担保提供の状況」をご参照ください。
                             賃貸借の概要

                                 合同会社TSMH1
     賃借人
     賃貸借期間                       2020年12月2日から2040年12月1日まで
              各計算期間の賃料は、以下に定めるところに従い計算するものとする。
                賃貸借期間における(i)(a)太陽光発電設備(以下、本項目において「本件発電施設」とい
                う。)の各月のP50の発電量予測の合計値の90%に本件発電施設に適用される買取価格(賃貸
                人及び賃借人の間で別途1kWhあたりの加算金額について合意がなされた場合には、かかる買取
                価格に当該金額を加算した額)を乗じて得られる金額、及び、(b)当該計算期間内の各月の発
                電量の合計値が、当該計算期間内の各月のP50の発電量予測合計値の90%を超過する場合に
                は、当該超過部分のうち100%までに相当する金額はその全額、さらに100%を超過する場合に
                は、当該超過部分のうち50%に相当する金額の合計額に、(ii)本件発電施設の各計算期間内に
                受領した工程の遅延に係る予定損害賠償金(もしあれば)及び稼働率保証未達に係る予定損害
                賠償金(もしあれば)を加算して得られる金額から、(iii)本件発電施設の各計算期間内の売
                電収入(ただし、工程の遅延に係る予定損害賠償金(もしあれば)及び稼働率保証に係る予定
     賃料
                損害賠償金(もしあれば)を除く。以下本項目において同じ。)に応じて賃借人が支払うべき
                電気事業税及び消費税相当額の年間想定額の12分の6に相当する金額その他本件事業に伴う公
                租公課の支払に必要な金額として賃貸人及び賃借人が別途合意する金額の合計額に、各計算期
                間における上記(i)の金額を乗じ、各計算期間における売電収入の総額で除した金額、及び
                (iv)オペレーター業務委託契約に基づきオペレーターに当該計算期間内に支払う固定報酬、
                O&M契約に基づきO&M業者に当該計算期間内に支払う委託料その他年間運営計画に従い賃貸人及
                び賃借人が合意した支払金額を控除して得られる金額に消費税相当額を加算した金額。ただ
                し、6か月未満の期間については、上記(i)、(iii)及び(iv)を当該期間に対応する金額として
                算出した金額とする。また、賃貸人又は本投資法人が本件発電施設に係る利益保険の保険金を
                受け取った場合には、当該受領した保険金額相当の範囲内で賃貸人と賃借人が合意した金額を
                減じることができるものとする。
     敷金・保証金         該当事項はありません。
              賃貸人又は賃借人は、期間満了日の6か月前までに、相手方に対して、本件発電施設の賃貸借に関
     期間満了時の
              する再契約を求める通知をした場合、賃貸人及び賃借人は、再契約の締結につき誠実に協議するも
     更新について
              のとし、協議の上合意した場合には再契約を締結するものとする。
     賃料改定に
              該当事項はありません。
     ついて
              1. 賃貸人又は賃借人は、その相手方に対して書面により通知の上、本契約を2030年11月30日付で
                解約することを申し入れることができるものとする。ただし、当該解約の通知は、2030年5月
                31日(ただし、当該日が賃貸人及び資産運用会社の営業日でない場合は、その前営業日とす
     中途解約に
                る。)に相手方に到達しなければならず、当該日に到達しない場合、解約の効力は生じないも
     ついて           のとする。
              2. 前項に定める解約可能日を経過した場合、賃貸人及び賃借人は、その後の賃貸借期間中におけ
                る本契約の中途解約に関する規定の要否及び(必要となる場合)内容について、誠実に協議す
                るものとする。
     違約金         該当事項はありません。
                 1年目         2年目         3年目         4年目         5年目
               2,786,931千円         2,776,248千円         2,767,416千円         2,752,076千円         2,736,936千円
                 6年目         7年目         8年目         9年目         10年目
               2,721,696千円         2,706,456千円         2,691,216千円         2,675,976千円         2,660,736千円
     基本賃料
                 11年目         12年目         13年目         14年目         15年目
               2,645,496千円         2,630,256千円         2,615,015千円         2,599,775千円         2,584,535千円
                 16年目         17年目         18年目         19年目         20年目
               2,569,295千円         2,554,055千円         2,538,815千円         1,170,752千円          640,568千円
                                 70/144




                                                          EDINET提出書類
                                                  エネクス・インフラ投資法人(E34452)
                                               有価証券届出書(組込方式・内国投資証券)
                        バリュエーションレポートの概要
     物件名称                               松阪太陽光発電所
     評価価値                           35,142,000,000円~40,937,000,000円
     評価機関                             PwCサステナビリティ合同会社
     価格時点                                2020年8月31日
                           インカム・アプローチ
            項目              内容                   概要等
                                 インカム・アプローチのうち、将来フリー・キャッ
                                 シュ・フローを現在価値に割引く評価方法(DCF法)を用
                                 いて算定された数値。割引率は、類似法人のベータを利
                                 用し推定された資本コストと負債コストを、評価対象期
                       35,142,000,000円
                                 間のウェイトで加重平均して得た数値と、公表済の調達
     評価価値
                      ~46,978,000,000円
                                 価格等に関する意見、直近の入札結果の分析及びマー
                                 ケット調査結果等を総合的に勘案して算定された数値。
                                 課税期間については1.6~5.0%、非課税期間については
                                 1.8~5.0%
                          マーケット・アプローチ
            項目              内容                   概要等
                                 マーケット・アプローチのうち、類似取引の取引価額
                       22,843,000,000円          を、財務数値等の指標で除して得られる倍率を基に、評
     評価価値
                      ~40,937,000,000円           価対象事業・会社の事業価値ないしは株主価値を算出す
                                 る方法(類似取引法)を用いて算定された数値
                                              -
     その他評価機関が評価にあたって特別に留意した事項
                          不動産鑑定評価書の概要

     物件名称                               松阪太陽光発電所
     鑑定評価額(土地)
                                     4,380,000,000円
     不動産鑑定評価機関                            一般財団法人日本不動産研究所
     価格時点                                2020年10月1日
            項目              内容                   概要等
     DCF法による価格
                                              -
                       39,100,000,000円
     (設備及び土地)
                                 金融資産の利回りをもとに、不動産投資家調査の分析等
                                 に基づくリスクプレミアムを加味し、投資対象としての
                                 太陽光発電施設の特性及び上場インフラファンドの取引
                         3.5%
     割引率
                                 事例から推定される割引率水準等を勘案して設定した基
                                 準利回りに、本発電所の個別性に起因するスプレッドを
                                 加減することにより対象資産の割引率を査定
                          -                   -
     最終還元利回り
     原価法による積算価格
                                              -
                       34,300,000,000円
     (設備及び土地)
                         11.2%                    -
     土地積算価格比
                                              -
     その他、鑑定評価機関が鑑定評価にあたって留意した事項
                                 71/144







                                                          EDINET提出書類
                                                  エネクス・インフラ投資法人(E34452)
                                               有価証券届出書(組込方式・内国投資証券)
                             本物件の特徴
     ■物件特性
     <立地>

     本物件は伊勢自動車道「一志嬉野」ICから南方に約6.5km、近鉄名古屋線「伊勢中川」駅から南西方へ約8.3kmに所在し
     ます。
     <日照時間>

     近傍の気象観測所(津)における過去20年間の年間平均日照時間は2,121.4時間です。
     <風速>

     津における過去20年間の平均風速は、3.8m/sです。
     <積雪深>

     津における最深積雪記録は15cmです。
     <落雷>

     本発電所の事業地点を含む10kmメッシュの範囲における過去5年間の落雷頻度は、総落雷数は1,000回、全国平均が
     1,010回であるため、落雷リスクはやや高い地域であるといえます。
                            過年度の発電状況

                自              2019年9月1日
     対象期間
                至              2020年8月31日
                  2019年9月分           2019年10月分           2019年11月分           2019年12月分
                  9,027,536kWh           6,832,448kWh           7,345,744kWh           4,883,648kWh
                  2020年1月分           2020年2月分           2020年3月分           2020年4月分
     実績売電量
                  5,173,056kWh           8,074,640kWh           9,812,208kWh           11,849,040kWh
                  2020年5月分           2020年6月分           2020年7月分           2020年8月分
                  11,705,568kWh           10,447,248kWh           7,340,480kWh           12,786,816kWh
          インフラ投資資産の収益性に係る意見書及びインフラ投資資産の収益継続性に係る意見書の概要

                                        ―
     意見書作成者
     意見書記載者が専門的知識を有する
                                        ―
     と考えられる背景
     投資法人、資産運用会社、オペレー
                                        ―
     ター、スポンサー及び幹事取引参加
     者からの独立性
     インフラ投資資産の稼働見込みの状
                                        ―
     況等
     インフラ投資資産の足元の収益の状
                                        ―
     況
     収益の計上が見込まれる時期及びそ
                                        ―
     の根拠
     利益の計上が見込まれる時期及びそ
                                        ―
     の根拠
     将来の収益状況が安定的であると見
                                        ―
     込まれる旨の説明
                                 72/144





                                                          EDINET提出書類
                                                  エネクス・インフラ投資法人(E34452)
                                               有価証券届出書(組込方式・内国投資証券)
        ③ ポートフォリオの概況
          本投資法人が取得予定資産を取得した時点における、本投資法人のポートフォリオの概要
         は、以下のとおりです。なお、当該ポートフォリオの概要は、別途注記等をする場合を除き、
         いずれも2020年10月29日現在における情報に基づいて記載しています。
         (イ) ポートフォリオ全体の概要

                         価格
                             投資比率     パネル出力      買取価格
                                              残存調達
                   所在地
                                                        PML値
     物件                                              オペレー
                              (%)      (kW)     (円/kWh)
                                               期間
           物件名称
                        (百万円)
                                                        (%)
     番号               (注1)                                 ター
                                               (注6)
                              (注3)      (注4)      (注5)
                         (注2)
                                               16年
                   茨城県
     S-01                     5,509      9.5   11,544.32         40             0.2
        高萩太陽光発電所
                   日立市
                                               11か月
                   広島県
                                                         0.1
                                               14年
        千代田高原
     S-02                      553     1.0    1,595.28         40
                   山県郡
        太陽光発電所
                                               11か月
                                                         未満
                   北広島町
                                               16年
                   山口県
     S-03                      688     1.2    1,940.64         36             1.3
        JEN防府太陽光発電所
                   防府市
                                               1か月
                                                    エネク
                   大分県
                                                    ス電力
                                                         0.1
                                               13年
     S-04                      308     0.5    1,007.76         40
        JEN玖珠太陽光発電所           玖珠郡
                                                   株式会社
                                               10か月
                                                         未満
                   玖珠町
                                               17年
                   茨城県
     S-05                     9,335      16.2    21,541.32         36             0.6
        鉾田太陽光発電所
                   鉾田市
                                               7か月
                                               19年
        長崎琴海太陽光発電           長崎県
     S-06                     1,097      1.9    2,661.12         36             0.2
        所           長崎市
                                               2か月
                                                         0.1
                                               18年
                   三重県
     S-07                    40,241      69.7    98,003.40         32
        松阪太陽光発電所
                   松阪市
                                               3か月
                                                         未満
                         57,732      100.0    138,293.84          ―    ―     ―    ―
        ポートフォリオ合計/全体
            (注1) 「所在地」は、各取得済資産及び取得予定資産に係る太陽光発電設備が設置されている土地(複数ある場合にはその
               うちの一つ)の登記簿上の記載に基づいて記載しています。ただし、いずれも市町村までの記載をしています。
            (注2) 上場時取得資産については2019年11月30日時点の評価価値を、第3期取得資産についてはその取得価格を、取得予定資
               産についてはその取得予定価格をそれぞれ記載しています。以下本「③                            ポートフォリオの概況」において同じです。
            (注3) 「投資比率」は、各取得済資産及び取得予定資産の価格の総額に対する、各資産の価格の割合を小数第2位を四捨五入
               して記載しています。したがって、各物件の投資比率の合計が合計欄記載の数値と一致しない場合があります。
            (注4) 「パネル出力」は、「鉾田太陽光発電所」を除く上場時取得資産については、イー・アンド・イーソリューションズ
               株式会社、「鉾田太陽光発電所」については、Vector                     Cuatro,   S.L.作成の「テクニカルレポート」、第3期取得資産
               については、三井化学株式会社作成の「発電所診断報告書」、「松阪太陽光発電所」については、Vector作成の「テ
               クニカルレポート」の記載等に基づき、太陽光発電設備における太陽電池モジュールの最大出力を記載しています。
            (注5) 「買取価格」は、各取得済資産については本書の日付現在効力を有する特定契約の内容を記載し、取得予定資産につ
               いては取得予定日において効力を有する予定の特定契約の内容を記載しています。なお、「買取価格」は、消費税及
               び地方消費税の額に相当する額を除いた額を記載しています。
            (注6) 「残存調達期間」は、各取得済資産及び取得予定資産に係る太陽光発電設備における、上場時取得資産については
               2019年12月1日から調達期間満了日までの期間、第3期取得資産については2020年1月17日から調達期間満了日までの期
               間、取得予定資産については当該資産の取得予定日から調達期間満了日までの期間を月単位で切り捨てて記載してい
               ます。
                                 73/144






                                                          EDINET提出書類
                                                  エネクス・インフラ投資法人(E34452)
                                               有価証券届出書(組込方式・内国投資証券)
         (ロ) 地域別分散
                                         価格
                                                 投資比率(%)(注)
                地域区分             物件数
                                        (百万円)
                                            14,845             25.7
                関東地方                   2件
                                            40,241             69.7
                中部地方                   1件
                                             1,241             2.1
                中国地方                   2件
                                             1,405             2.4
              九州・沖縄地方                    2件
                                            57,732            100.0
                 合計                  7件
            (注)  「投資比率」は、取得済資産及び取得予定資産の価格の総額に対する、各資産の価格の割合を、小数第2位を四捨五
               入して記載しています。したがって、各物件の投資比率の合計が合計値欄記載の数値と一致しない場合があります。
               以下、本「③      ポートフォリオの概況」について同じです。
         (ハ) アセット区分別分散

                                         価格
                                                   比率(%)
                 分類            物件数
                                        (百万円)
                                            57,732            100.0
              太陽光発電設備等                     7件
                                            57,732            100.0
                 合計                  7件
         (ニ) 稼働年数別分散

                                         価格
               稼働年数(注)                                     比率(%)
                             物件数
                                        (百万円)
                                            16,394             28.4
                2年以上                  5件
                                            41,338             71.6
              1年以上2年未満                    2件
                                               0            0
                1年未満                  0件
                                            57,732            100.0
                 合計                  7件
            (注)  「稼働年数」は、供給開始日から取得予定資産に係る取得予定日(2020年12月2日)までの稼働年数を記載しています。
         (ホ) 契約スキーム及び契約期間別分散

                                           価格
                     残存賃貸期間(注)                               比率(%)
            契約スキーム                     物件数
                                          (百万円)
                                                 0         0
                       10年以内             0件
                                               57,732          100.0
              賃貸        10年超20年以内              7件
                                                 0         0
                        20年超            0件
                         -                        0         0
             賃貸以外                       0件
                                               57,732          100.0
                    合計                7件
            (注)    「残存賃貸期間」は、取得予定資産に係る取得予定日(2020年12月2日)から賃貸借契約に定める賃貸期間満了日まで
               の賃貸期間を記載しています。
         (ヘ) オペレーター別分散

                                         価格
                                                   比率(%)
              オペレーター名               物件数
                                        (百万円)
                                            57,732            100.0
             エネクス電力株式会社                      7件
                                            57,732            100.0
                 合計                  7件
                                 74/144




                                                          EDINET提出書類
                                                  エネクス・インフラ投資法人(E34452)
                                               有価証券届出書(組込方式・内国投資証券)
         (ト) 電気事業者先別分散
                                         価格
                                                   比率(%)
               電気事業者名              物件数
                                        (百万円)
           東京電力エナジーパートナー
                                            14,845             25.7
                                  2件
                株式会社
                                            40,241             69.7
            中部電力ミライズ株式会社                       1件
             中国電力ネットワーク
                                             1,241             2.1
                                  2件
                株式会社
                                                          2.4
                                             1,405
              九州電力株式会社                     2件
                                            57,732            100.0
                 合計                  7件
         (チ) パネルメーカー別分散

                                         価格
                                                   比率(%)
              パネルメーカー               物件数
                                        (百万円)
            Jinko   Solar   Co.,   Ltd.                       49,576             85.9
                                  2件
            CHANGZHOU     TRINA   SOLAR
                                             5,509             9.5
                                  1件
              ENERGY    CO.,   LTD
            ISOFOTON     JAPAN合同会社                             553            1.0
                                  1件
           株式会社ウエストホールディ
                                             1,097             1.9
                                  1件
                ングス
                                              688            1.2
               株式会社東芝                    1件
                                              308            0.5
              長州産業株式会社                     1件
                                            57,732            100.0
                 合計                  7件
         (リ) パワコン供給者別分散

                                         価格
                                                   比率(%)
              パワコン供給者               物件数
                                        (百万円)
                                            55,639             96.4
               ABB株式会社                   4件
            東芝三菱電機産業システム
                                             1,785             3.1
                                  2件
                株式会社
                                              308            0.5
              株式会社明電舎                    1件
                                            57,732            100.0
                 合計                  7件
         (ヌ) 主要な資産に関する情報

             「主要な資産」とは、本投資法人による取得予定資産の取得の時点において有効な賃貸
            借契約を前提とした場合に、取得済資産及び取得予定資産における総賃料収入が取得済資
            産及び取得予定資産により構成されるポートフォリオ全体に係る総賃料収入の10%以上を
            占める資産をいいます。
             物件
                                               総賃料収入(注)
                           物件名称
             番号
             S-01
                高萩太陽光発電所                                    8,791,935千円
             S-05
                鉾田太陽光発電所                                    14,689,521千円
             S-07
                松阪太陽光発電所                                    49,825,219千円
            (注)    「総賃料収入」は、賃貸開始日である本投資法人の取得(予定)日から賃貸借契約の終了日までに想定される基本賃
               料額の合計額を、千円未満を切り捨てて記載しています。上場時取得資産の基本賃料額については、組込有価証券報
               告書「第一部      ファンド情報 第1        ファンドの状況 5        運用状況 (2)      投資資産 ④      保有資産の個別の概要」を、新
               規取得資産の基本賃料額については、前記「②                  新規取得資産の個別の概要」をご参照ください。なお、組込有価証券
               報告書「第一部       ファンド情報 第1        ファンドの状況 5        運用状況 (2)      投資資産 ④      保有資産の個別の概要」及び
               前記「②    新規取得資産の個別の概要」における各事業年度の基本賃料の額は、各事業年度ごとに千円未満を切り捨て
               て記載しているため、組込有価証券報告書「第一部                     ファンド情報 第1        ファンドの状況 5        運用状況 (2)      投資資
               産 ④   保有資産の個別の概要」及び前記「②               新規取得資産の個別の概要」記載の各事業年度の基本賃料額の合計額
                                 75/144

                                                          EDINET提出書類
                                                  エネクス・インフラ投資法人(E34452)
                                               有価証券届出書(組込方式・内国投資証券)
               は、総賃料収入と一致しないことがあります。また、賃借人は賃貸借契約上中途解約権を有しており、当該権利行使
               により、契約満了日より前に契約が終了し、それ以降の期間の賃料は得られない可能性があります。中途解約権の詳
               細 は、上場時取得資産については、組込有価証券報告書「第一部                        ファンド情報 第1        ファンドの状況 5        運用状況 
               (2)  投資資産 ④      保有資産の個別の概要」を、新規取得資産については、前記「②                          新規取得資産の個別の概要」を
               ご参照ください。
                                 76/144



















                                                          EDINET提出書類
                                                  エネクス・インフラ投資法人(E34452)
                                               有価証券届出書(組込方式・内国投資証券)
       3 投資リスク
         組込有価証券報告書の「投資リスク」に記載された事項について、組込有価証券報告書提出日
        (2020年2月26日)以降、本書の日付現在までの間に生じた重要な変更又は追加は下記のとおり
        です。下記の記載には将来に関する事項が記載されていますが、当該事項は本書の日付現在にお
        いて判断したものです。
         また、組込有価証券報告書には将来に関する事項が記載されていますが、当該事項は下記の記
        載を除き本書の日付現在においてもその判断に変更はありません。
         以下は組込有価証券報告書「第一部                    ファンド情報 第1           ファンドの状況 3           投資リスク」に
        記載された事項の全文を記載しています。なお、組込有価証券報告書提出日後、その内容につい
        て変更又は追加があった箇所は下線で示しています。
        (1) リスク要因

          以下には、本投資証券への投資に関してリスク要因となる可能性があると考えられる主な事
         項を記載しています。ただし、以下は本投資証券への投資に関する全てのリスクを網羅したも
         のではなく、記載されたリスク以外のリスクも存在します。                                また、本投資法人の新規取得資産
         の個別の太陽光発電設備等に特有のリスクについては、前記「2                                   投資対象 ②        新規取得資産
         の個別の概要」を併せてご参照ください。
          本投資法人は、対応可能な限りにおいてこれらのリスクの発生の回避及び発生した場合の対
         応に努める方針ですが、回避及び対応が結果的に十分である保証はありません。以下に記載す
         るリスクが現実化した場合、本投資証券の市場価格は下落し、発行価格に比べて低くなること
         もあると予想され、その結果、投資主が損失を被る可能性があります。また、本投資法人の純
         資産額の減少、その他財務状況の悪化による分配金の減少が生じる可能性があります。
          各投資家は、自らの責任において、本項及び本書中の本項以外の記載事項                                        並びに組込有価証
         券報告書     を慎重に検討した上で、本投資証券に関する投資判断を行う必要があります。
          なお、以下の各項目には太陽光発電設備等に関するリスクとして記載されている項目が多く
         ありますが、その多くは、将来本投資法人が太陽光発電設備等以外の再生可能エネルギー発電
         設備等を取得した場合、それらについても同様に該当します。
          また、本書      又は組込有価証券報告書             に記載の事項には、将来に関する事項が含まれますが、
         別段の記載のない限り、これらの事項は本書の日付現在における本投資法人及び本資産運用会
         社の判断によるものです。
          本項に記載されているリスク項目は、以下のとおりです。
         ① 本投資証券の商品性に関するリスク

          (イ) 本投資証券の市場価格の変動に関するリスク
          (ロ) 本投資証券の市場での取引に関するリスク
          (ハ) 金銭の分配、自己投資口の取得等に関するリスク
          (ニ) 収入及び支出の変動に関するリスク
          (ホ) 新投資口の発行時の1口当たりの価値の希薄化に関するリスク
          (ヘ) 投資主の権利が必ずしも株主の権利と同一ではないことによるリスク
         ② 本投資法人の運用方針に関するリスク
          (イ) 再生可能エネルギー発電設備等への投資に特化していることによるリスク
          (ロ) 運用資産の立地の地域的な偏在に関するリスク
          (ハ) スポンサー・グループからの資産取得が想定どおりに行えないリスク
          (ニ) 再生可能エネルギー発電設備等を取得又は処分できないリスク
          (ホ) 少数の電気事業者に依存していることのリスク
          (ヘ) 新投資口の発行、借入れ及び投資法人債の発行による資金調達に関するリスク
          (ト) 敷金及び保証金に関するリスク
          (チ) 少数の物件に収入が依存していることによるリスク
                                 77/144


                                                          EDINET提出書類
                                                  エネクス・インフラ投資法人(E34452)
                                               有価証券届出書(組込方式・内国投資証券)
          (リ) LTVに関するリスク
         ③ 本投資法人の仕組みに関するリスク
          (イ) スポンサー・グループへの依存、利益相反に関するリスク
          (ロ) 本投資法人の関係者への依存、利益相反に関するリスク
          (ハ) 本投資法人の執行役員及び本資産運用会社の人材に依存しているリスク
          (ニ) 本投資法人及び本資産運用会社の歴史が浅いことによるリスク
          (ホ) 本投資法人の投資方針等の変更に関するリスク
          (ヘ) 本投資法人の倒産又は登録抹消のリスク
         ④ 保有資産に関わる関係者に関するリスク
          (イ) 賃借人に関するリスク
          (ロ) オペレーターに関するリスク
          (ハ) O&M業者に関するリスク
          (ニ) EPC業者又はメーカーから保証その他のサポートが得られなくなるリスク
          (ホ) 電気事業者(売電先)に関するリスク
         ⑤ 固定価格買取制度下における発電事業に係る権利・法制度に関するリスク
          (イ) 売電契約及び接続契約等の変更・終了のリスク
          (ロ) 出力制御を求められるリスク
          (ハ) 調達価格又は調達期間が変更されるリスク
          (ニ) インフレにより売電価格の価値が実質的に低下すること等によるリスク
          (ホ) 固定価格買取制度の下での買取期間満了後の売電に関するリスク
          (ヘ) 再エネ特措法に基づく事業計画認定が取り消される                               又は失効する       リスク
          (ト) 固定価格買取制度が変更又は廃止されるリスク
         ⑥ 発電事業に係る操業リスク
          (イ) 再生可能エネルギー発電設備の発電量が想定より低下するリスク
          (ロ) 周囲の環境・天候に関するリスク
          (ハ) 事故等に関するリスク
          (ニ) 送電設備その他第三者の資産に関するリスク
          (ホ) 近隣住民との紛争が生じるリスク
          (ヘ) 電気事業法上の発電事業者に対する規制等に関するリスク
          (ト) その他の法令の制定・変更に関するリスク
         ⑦ 保有資産に関するリスク
          (イ) 再生可能エネルギー発電設備の欠陥・瑕疵                          及び契約不適合        に関するリスク
          (ロ) 発電設備用地等に関するリスク
          (ハ) 送電線敷設用地に関するリスク
          (ニ) 発電設備用地の瑕疵              及び契約不適合        や境界に関するリスク
          (ホ) 災害等による再生可能エネルギー発電設備及び発電設備用地の毀損、滅失及び劣化の
              リスク
          (ヘ) 再生可能エネルギー発電設備及び発電設備用地に係る所有者責任、修繕・維持・管理
              費用等に関するリスク
          (ト) 土地に係る行政法規・条例等に関するリスク
          (チ) 法令の制定・変更に関するリスク
          (リ) 売主の倒産等の影響を受けるリスク
          (ヌ) 共有資産に関するリスク
          (ル) 有害物質に関するリスク
          (ヲ) 埋立地に関するリスク
          (ワ) 切土及び盛土等の造成工事を行った土地に関するリスク
          (カ) フォワード・コミットメント等に係るリスク
                                 78/144


                                                          EDINET提出書類
                                                  エネクス・インフラ投資法人(E34452)
                                               有価証券届出書(組込方式・内国投資証券)
          (ヨ) 技術革新等により、本投資法人の保有する再生可能エネルギー発電設備の需要が低減
              するリスク
         ⑧   信託受益権に関するリスク
          (イ) 受益権の流動性に関するリスク
          (ロ) 信託受託者の倒産手続等に関するリスク
          (ハ) 信託受託者の信託違反等に関するリスク
          (ニ) 信託受益権の準共有に関するリスク
         ⑨  税制に関するリスク
          (イ) 導管性の維持に関する一般的なリスク
          (ロ) 現時点の税制の下では、インフラファンドの投資法人については導管性を維持できる
              期間が20年に限定されるリスク
          (ハ) 税負担の発生により90%超配当要件が満たされないリスク
          (ニ) 借入れに係る導管性要件に関するリスク
          (ホ) 同族会社要件について本投資法人のコントロールが及ばないリスク
          (ヘ) 投資口を保有する投資主数について本投資法人のコントロールが及ばないリスク
          (ト) 税務調査等による更正処分のため、追加的な税負担の発生するリスク
          (チ) 固定資産の減損に係る会計基準の適用に伴うリスク
          (リ) 一般的な税制の変更に関するリスク
          (ヌ) 会計基準の変更に関するリスク
          (ル) 資金不足により計上された利益の全部を配当できないリスク
          (ヲ) 納税遅延に係る延滞税等の発生に関するリスク
         ⑩  その他
          (イ) 本投資法人の資産規模が小規模であることに関するリスク
          (ロ) 専門家の意見への依拠に関するリスク
          (ハ) 取得予定資産を組み入れることができないリスク
          (ニ) 新規取得資産に係る過去の業績が将来の本投資法人の発電状況と一致しないリスク
         ① 本投資証券の商品性に関するリスク

          (イ) 本投資証券の市場価格の変動に関するリスク
              本投資法人は、投資主からの請求による投資口の払戻しを行わないクローズド・エン
             ド型であるため、投資主が本投資証券を換価する手段は、原則として、第三者に対する
             売却に限定されます。
              本投資証券の市場価格は、本投資証券が上場している東京証券取引所における需給バ
             ランスにより影響を受け、一定の期間内に大量の売却が出た場合には、大きく価格が下
             落する可能性があります。また、本投資証券の市場価格は、金利情勢、経済情勢、再生
             可能エネルギー発電設備及び不動産の取引市況、固定価格買取制度等の再生可能エネル
             ギーや投資法人に係る諸法制度の変更その他市場を取り巻く様々な要因の影響を受けて
             変動します。本投資法人若しくは本資産運用会社、又は他の投資法人若しくは他の資産
             運用会社に対して監督官庁による行政処分の勧告や行政処分が行われた場合にも、本投
             資証券の市場価格が下落することがあります。本投資証券の市場価格が下落した場合、
             投資主は、本投資証券を取得した価格以上で売却できない可能性があり、その結果、損
             失を被る可能性があります。
          (ロ) 本投資証券の市場での取引に関するリスク

              わが国においてインフラファンド市場は、東京証券取引所が2015年4月に開設したも
             のが初めてであり、本書の日付現在において、インフラファンド市場に既に上場してい
             る銘柄は限られており、同市場における過去の取引実績はまだ十分なものとはいえませ
             ん。また、本投資証券の上場は、一定期間金銭の分配を行わないこと、本投資法人の資
                                 79/144


                                                          EDINET提出書類
                                                  エネクス・インフラ投資法人(E34452)
                                               有価証券届出書(組込方式・内国投資証券)
             産総額の減少、投資口の売買高の減少、一定期間オペレーターがオペレーター選定基準
             に抵触することその他の東京証券取引所の定める有価証券上場規程に規定されるインフ
             ラ ファンドの上場廃止基準に抵触する場合には廃止されます。さらに、現時点では、イ
             ンフラファンド市場の将来の市場規模を予測することはできず、インフラファンド市場
             の存続も保証されていません。
              本投資証券の上場が廃止される場合、投資主は、保有する本投資証券を相対で譲渡す
             る他に換金の手段がないため、本投資証券を本投資法人の純資産額に比して相当に廉価
             で譲渡せざるを得ない場合や本投資証券の譲渡自体が事実上不可能となる場合があり、
             損失を被る可能性があります。
          (ハ) 金銭の分配、自己投資口の取得等に関するリスク

              本投資法人は       組込有価証券報告書「第一部                 ファンド情報 第1           ファンドの状況 2
             投資方針 (3)        分配方針」      に記載の分配方針に従って、投資主に対して金銭の分配を行
             う予定ですが、金銭の分配の有無及びその金額は、いかなる場合においても保証される
             ものではありません。本投資法人が保有する再生可能エネルギー発電設備等の賃貸状
             況、発電量その他の売電状況及び修繕・維持・管理費用等により、期間損益が変動し、
             投資主への分配金が増減し、又は一切分配されないことがあります。
              また、本投資法人は、            組込有価証券報告書「第一部                ファンド情報 第1           ファンドの
             状況 2     投資方針 (1)        投資方針 ⑭        財務戦略 (ロ)         利益を超えた金銭の分配(出資
             の払戻し)及び自己投資口の取得」                   に記載のとおり、所定の方針に基づき原則として継
             続的に利益を超えた金銭の分配を行う方針としていますが、経済環境、再生可能エネル
             ギー発電事業に関する市場環境、本投資法人の財務状況等を踏まえ、修繕や資本的支出
             への活用、借入金の返済、新規物件の取得資金への充当等の他の選択肢についても検討
             した結果、利益を超えた金銭の分配(出資の払戻し)の額が減少したり、行われない場
             合もあります。
              さらに、利益を超えた金銭の分配(出資の払戻し)は、その経済効果に着目すると実
             質的には出資の払戻しに相当するため、利益を超えた金銭の分配(出資の払戻し)が実
             施された場合、本投資法人の純資産は減少することになります。また、これにより、手
             元資金が減少することとなるため、突発的な事象等により本投資法人の想定を超えて資
             本的支出等を行う必要が生じた場合に手元資金の不足が生じる可能性や、機動的な物件
             取得にあたり資金面での制約となる可能性があります。
              加えて、本投資法人は、自己投資口の取得を行うことがありますが、取得した自己投
             資口は相当の時期に処分又は消却をしなければならず、必ずしも投資法人にとって有利
             な時期及び価格で処分できる保証はありません。また、投資法人が税務上の特例要件を
             満たし法人税が課税されないこととなるためには、税引前当期利益に一定の調整を加え
             た租税特別措置法施行令(昭和32年政令第43号。その後の改正を含みます。)(以下
             「租税特別措置法施行令」といいます。)に規定する配当可能利益の額又は配当可能額
             の90%超の分配を行う必要があります(以下「90%超配当要件」といいます。)が、自
             己投資口は貸借対照表上、純資産の控除項目として計上されることから、税引前当期利
             益に比し、本投資法人が実際に配当できる金額が自己投資口の金額分減少する可能性が
             あり、結果として、決算期を超えて自己投資口を保有し続けた場合に90%超配当要件を
             満たせない可能性があります。
          (ニ) 収入及び支出の変動に関するリスク

              本投資法人の収入は、再生可能エネルギー発電設備等の賃料収入に主として依存して
             います。     本投資法人の保有資産である                再生可能エネルギー発電設備等に係る賃貸借契約
             は、基本賃料と実績連動賃料を組み合わせた賃料形態となっていますが、基本賃料で
             あってもその基礎は各月の発電量予測に連動したものであることを原則としているた
                                 80/144


                                                          EDINET提出書類
                                                  エネクス・インフラ投資法人(E34452)
                                               有価証券届出書(組込方式・内国投資証券)
             め、本投資法人が賃借人から収受する賃料収入は、太陽光発電設備等の場合は日射量に
             応じて、また、風力発電設備等の場合は風況により変動します。                                   また、取得予定資産は
             太 陽光発電設備等を主な信託財産とする信託の受益権ですが、この場合、当該太陽光発
             電設備等の信託に係る信託受託者(以下「信託受託者」といいます。以下本「(1)                                            リス
             ク要因」において同じです。)から信託配当を収受することになります。かかる信託配
             当は、信託受託者が太陽光発電設備等を賃借人に賃貸することにより収受する賃料を原
             資としています。したがって、本投資法人自らが太陽光発電設備等を保有する場合と同
             様、発電設備の稼働状況や売電収入の増減による賃料の変動の影響を受けることになり
             ます。このような賃料変動リスクは、実績連動賃料の割合が高い賃貸借契約であればあ
             るほど大きくなります。             また、本投資法人の           保有資産又は信託受託者の信託財産                   の賃借
             人は、いずれも発電事業者SPCですが、賃借人が発電事業者SPCである場合、実際の売電
             収入が賃料の支払に対して十分でないときは、発電事業者SPCに余剰の支払原資がなく
             賃料の支払が滞る可能性があります。さらに、賃借人との協議等により賃料が減額され
             る可能性や、現在の賃借人との賃貸借契約が終了した後に賃料が生じない期間が発生す
             る可能性や新たな賃借人との間で締結される賃貸借契約の賃料がそれまでよりも低額に
             なる可能性もあります。加えて、再生可能エネルギー発電設備等に関して締結される賃
             貸借契約に基づく賃料が、一般的な賃料水準に比して適正な水準にあるとは限りませ
             ん。
              一方、収入の減少だけでなく、再生可能エネルギー発電設備等の維持、管理、修繕等
             に要する費用(再生可能エネルギー発電設備等に賦課される公租公課、再生可能エネル
             ギー発電設備等に係る資本的支出、再生可能エネルギー発電設備等を構成する機器又は
             部品の交換に係る新たな機器又は部品の代金、その他の費用、本投資法人が保険契約者
             又は被保険者となる再生可能エネルギー発電設備に係る保険の保険料を含みます。)そ
             の他再生可能エネルギー発電設備等に関する本投資法人の支出が状況により増大し、
             キャッシュ・フローを減ずる要因となる可能性があります。
              このように、再生可能エネルギー発電設備等からの収入が減少する可能性があるとと
             もに、再生可能エネルギー発電設備等に関する支出は増大する可能性があり、これら双
             方又はいずれか一方の事由が生じた場合、投資主への分配金額が減少したり、本投資証
             券の市場価格が下落することがあります。
                                 81/144









                                                          EDINET提出書類
                                                  エネクス・インフラ投資法人(E34452)
                                               有価証券届出書(組込方式・内国投資証券)
          (ホ) 新投資口の発行時の1口当たりの価値の希薄化に関するリスク
              本投資法人は、新投資口を随時発行する予定ですが、かかる新投資口の発行により既
             存の投資主の保有する投資口の持分割合が減少します。また、本投資法人の営業期間中
             に発行された新投資口に対して、当該営業期間の期初から存在する投資口と同額の金銭
             の分配が行われるため、既存の投資主は、新投資口の発行がなかった場合に比して、1
             口当たりの受取分配金額が減少する可能性があります。
              さらに、当該新投資口の発行の結果、本投資口1口当たりの価値や市場における需給
             バランスが影響を受け、本投資口の市場価格が下落する可能性があります。
          (ヘ) 投資主の権利が必ずしも株主の権利と同一ではないことによるリスク

              本投資法人の投資主は、投資主総会を通じて、一定の重要事項につき本投資法人の意
             思決定に参画できるほか、本投資法人に対して一定の権利を行使することができます
             が、かかる権利は株式会社における株主の権利とは必ずしも同一ではありません。
              例えば、金銭の分配に係る計算書を含む本投資法人の計算書類等は、役員会の承認の
             みで確定し(投信法第131条第2項)、投資主総会の承認を得る必要はないことから、投
             資主総会は必ずしも決算期ごとに招集されるわけではありません。また、投資主が投資
             主総会に出席せず、かつ、議決権を行使しないときは、当該投資主は、その投資主総会
             に提出された議案(複数の議案が提出された場合において、これらのうちに相反する趣
             旨の議案があるときは、当該議案のいずれをも除きます。)について賛成するものとみ
             なされます(投信法第93条第1項、規約第17条第1項)。さらに、本投資法人は、資産の
             運用に係る業務その他の業務を本資産運用会社その他の第三者に委託しています。これ
             らの要因により、投資主による資産の運用に係る業務その他の業務に対する統制が効果
             的に行えない可能性もあります。
         ② 本投資法人の運用方針に関するリスク

          (イ) 再生可能エネルギー発電設備等への投資に特化していることによるリスク
            a. 再生可能エネルギーの市場環境等に関するリスク
              本書の日付現在、再生可能エネルギーの市場及び再生可能エネルギー発電設備の市場
             はいずれも未成熟であり、新エネルギーの開発、技術革新、政府による政策の転換等に
             より、再生可能エネルギーの導入・拡大が進展せず、本投資法人の成長戦略の実現が困
             難となる可能性があります。また、再生可能エネルギー発電設備の供給が増加する場合
             でも、再生可能エネルギー発電設備の取得競争が活発化する可能性があり、本投資法人
             が適正と判断する時期・条件で再生可能エネルギー発電設備・不動産関連資産                                          (注)  を取
             得できる保証はありません。
              また、再生可能エネルギーによる発電は、設備の価格が高く、日照時間等の自然状況
             に左右され、利用率が低いなどの課題があるため、既存のエネルギーに比べると発電コ
             ストが高くなっています。このため、再生可能エネルギーの普及・拡大には固定価格買
             取制度をはじめとする政府による支援施策が不可欠の要素となっており、本投資法人の
             収益等は、固定価格買取制度等の政府による支援施策の変更又は廃止により大きく影響
             を受ける可能性があります。なお、固定価格買取制度の変更又は廃止のリスクについて
             は、後記「⑤ 固定価格買取制度下における発電事業に係る権利・法制度に関するリス
             ク (ト)     固定価格買取制度が変更又は廃止されるリスク」をご参照ください。
             (注)    「再生可能エネルギー発電設備・不動産関連資産」とは、再生可能エネルギー発電設備・不動産等(不動産等資産
                (投資信託及び投資法人に関する法律施行規則(平成12年総理府令第129号。その後の改正を含みます。)第105条
                第1号ヘに定める不動産等資産に該当するものをいいます。以下同じです。)のうち組込有価証券報告書「第一部
                ファンド情報 第1        ファンドの状況 2        投資方針 (2)      投資対象 ①      投資対象とする資産の種類 (イ)             再生可能
                エネルギー発電設備・不動産等」に掲げる特定資産を総称していいます。)及び再生可能エネルギー発電設備・不
                動産対応証券(不動産等資産に該当しない再生可能エネルギー発電設備・不動産等及び組込有価証券報告書「第一
                部 ファンド情報 第1        ファンドの状況 2        投資方針 (2)      投資対象 ①      投資対象とする資産の種類 (ロ)             再生可
                能エネルギー発電設備・不動産対応証券」に掲げる特定資産を総称していいます。)の総称をいいます。以下同じ
                です。
                                 82/144


                                                          EDINET提出書類
                                                  エネクス・インフラ投資法人(E34452)
                                               有価証券届出書(組込方式・内国投資証券)
            b. 本投資法人の収益が再生可能エネルギー発電設備等からの売電収入を背景とする賃料

              収入に依存していることのリスク
              本投資法人は、再生可能エネルギー発電設備等を主たる投資対象としています。                                            ま
             た、本投資法人は、再生可能エネルギー発電設備等を主な信託財産とする信託の受益権
             を取得することがあります。
              再生可能エネルギー発電設備に係る賃料収入                        や信託受託者からの信託配当                は、賃借人
             が再生可能エネルギー発電設備により発電した電気を電気事業者に供給して得る売電収
             入を背景としたものであるため、発電設備の毀損・故障等により売電収入が減少又は途
             絶した場合には、本投資法人の賃料収入                      や信託受託者からの信託配当                も減少又は途絶す
             る可能性があります。
              また、再生可能エネルギー発電設備の運営・維持管理に要する費用等が増加した場
             合、再生可能エネルギー発電設備の価値が毀損し、減損損失の計上を余儀なくされる可
             能性や、本投資法人が保有資産の売却を希望したとしても、希望どおりの時期又は条件
             で売却できない可能性などもあります。さらに、このような場合には、賃借人との協議
             等により賃料が減額される可能性もあります。
              このように、本投資法人の収益等は、賃借人の発電事業による売電収入に大きく影響
             を受ける可能性があります。
            c. 本投資法人の投資方針に適合する再生可能エネルギー発電設備・不動産関連資産が限

              定されるリスク
              本投資法人は、主たる投資対象を再生可能エネルギー発電設備に限定しているため、
             今後、立地上や制度上の理由等により再生可能エネルギー発電設備の設置が進まない場
             合、本投資法人が取得することができる再生可能エネルギー発電設備が減少し、又は存
             在しなくなる可能性があります。
              固定価格買取制度における調達価格は年々下落する傾向にあります。特に、再エネ特
             措法改正法による固定価格買取制度の改正により、再生可能エネルギー導入に伴う国民
             負担の抑制の観点から、コスト低減等を促すための中長期的な買取価格目標の設定や入
             札制度が導入されました。実際に、                    2020年度の事業用太陽光の調達価格については、
             10kW以上50kW未満の場合は13円/kWh(税抜)、50kW以上250kW未満の場合は12円/kWh
             (税抜)とされ、10kW以上500kW未満の場合14円/kWh(税抜)とされていた2019年度の
             事業用太陽光の調達価格よりさらに引き下げられました。また、                                   陸上風力については、
             2020年度まで毎年調達価格が引き下げられ                        ています     。また、2017年度から発電出力
             2,000kW以上の太陽光発電設備について、2019年度から発電出力500kW以上の太陽光発電
             設備について       、また、2020年度から発電出力250kW以上の太陽光発電設備について                                     は、
             それぞれ入札により、認定を受けることができる者と調達価格が決定されることとなっ
             ています。さらに、経済産業大臣は、調達価格等算定委員会の意見を聴いて、電源種別
             ごとに中長期的な買取価格の水準に関する目標を定めるものとされており(再エネ特措
             法第3条第12項、平成29年経済産業省告示第36号)、かかる目標を達成するよう調達価
             格の低減を含めた諸施策が取られるものと思われます。これらの施策により、今後も調
             達価格の下落傾向は続くことが予想されます。その結果、事業者により新たに設置され
             る再生可能エネルギー発電設備が、投資採算等の観点から減少する可能性があります。
              また、再生可能エネルギー発電設備の設置には、地形、用地面積、日照・風況・水量
             等の周辺環境、地域の気候、公法上の規制、環境規制、燃料供給、電気事業者等との接
             続可能地点等により立地上の制約があります。特に、本投資法人は、運用資産である再
             生可能エネルギー発電設備等のうち太陽光発電設備等への投資割合を50%以上とする方
             針としていますが、固定価格買取制度の導入後、その設置に適する場所において既に太
                                 83/144


                                                          EDINET提出書類
                                                  エネクス・インフラ投資法人(E34452)
                                               有価証券届出書(組込方式・内国投資証券)
             陽光発電設備の設置が進んでいるため、新たな太陽光発電設備の設置に適する場所は限
             られています。
              さらに、再エネ特措法改正法に基づく新たな固定価格買取制度の下では、新たな認定
             を取得し、維持するための要件が厳格化されています。これらの結果、再生可能エネル
             ギー発電設備の設置や運営・維持管理のコストが増大する可能性があり、新たに設置さ
             れる再生可能エネルギー発電設備が減少する可能性があります。
              また、固定価格買取制度の創設以降、太陽光発電設備に係る調達価格の決定時期につ
             いては見直しが行われていますが、かかる見直しの結果、太陽光発電設備の建設は固定
             価格買取制度の創設直後と比較して困難となりつつあり、今後、新規設置数が減少する
             可能性があります。
              このように、太陽光発電設備の建設は以前に比して容易ではなくなりつつあり、今
             後、新規設置数が減少する可能性があります。
              さらに、将来、固定価格買取制度の更なる変更又は廃止により、                                   接続電気事業者との
             接続の条件や       調達価格その他の買取条件がさらに不利となったり、既存の認定が失効し
             たり、未稼働の案件に対する調達価格の変更や運転開始期限の導入・厳格化が行われた
             り、出力制御その他により買取がさらに制限されたり、再生可能エネルギー発電設備の
             運営・維持管理に要する費用等が増加したりすることにより、本投資法人の投資方針に
             適合する再生可能エネルギー発電設備の設置が進まなくなり、その結果、本投資法人が
             将来取得することができる再生可能エネルギー発電設備・不動産関連資産がさらに減少
             し、又は存在しなくなる可能性があります。
            d. 太陽光発電設備以外の再生可能エネルギー発電設備に関するリスク

              本投資法人は、再生可能エネルギー発電設備・不動産関連資産のうち、太陽光発電設
             備等を裏付資産とする再生可能エネルギー発電設備・不動産関連資産を中心に投資する
             方針ですが、太陽光発電設備等のみならず、風力発電設備等及び水力発電設備等に関す
             る優先的売買交渉権の取得も予定しており、太陽光発電設備等以外の再生可能エネル
             ギー発電設備等を裏付資産とする再生可能エネルギー発電設備・不動産関連資産を取得
             することもあり得ます。本投資法人が投資対象とする固定価格買取制度の適用を受ける
             太陽光発電設備以外の再生可能エネルギー発電設備としては、風力、水力及びバイオマ
             スをエネルギー源とする発電設備を裏付資産とする再生可能エネルギー発電設備・不動
             産関連資産があります。
              本「(1)     リスク要因」において太陽光発電設備等に関するリスクとして記載する事項
             の多くは、太陽光発電設備等以外の再生可能エネルギー発電設備等にもあてはまりま
             す。また、太陽光発電設備等以外の再生可能エネルギー発電設備等に関する特有のリス
             クとしては、例えば、以下のようなリスクがあります。まず、一般的に、発電事業者の
             数が少なく、立地上の制約があり、取引市場が未成熟であること等から、太陽光発電設
             備等に比してさらに流動性が低く、本投資法人が希望した価格、時期その他の条件で取
             得及び売却ができないリスクや、太陽光発電設備等に比して技術的に維持管理・運営が
             困難であるため、当該種類の再生可能エネルギー発電設備の維持管理・運営を行う業者
             が少なく、本投資法人の希望する条件で、十分な能力と専門性を有するオペレーター又
             はO&M業者を選任できないリスクがあります。さらに、風力発電に関しては、風況によ
             る発電量の変動や暴風、落雷等による風車の破損等のリスクや、風車による騒音、電波
             障害、景観の変化等により近隣住民との紛争が生じるリスク等があります。水力発電に
             関しては、水量の変化による発電量の変動等のリスク等があります。バイオマスに関し
             ては、十分な燃料が安定的に調達できないリスク及び輸入バイオマス燃料を利用する場
             合における為替変動リスクや、無制限に無補償の出力制御が行われるリスク等がありま
             す。このように、太陽光発電設備等以外の再生可能エネルギー発電設備等を取得した場
                                 84/144


                                                          EDINET提出書類
                                                  エネクス・インフラ投資法人(E34452)
                                               有価証券届出書(組込方式・内国投資証券)
             合又は裏付資産とした場合、太陽光発電設備等を保有する場合とは異なるリスクが生じ
             る可能性があります。
          (ロ) 運用資産の立地の地域的な偏在に関するリスク

              本投資法人の       新規取得資産取得後のポートフォリオ                    のうち、     松阪太陽光発電所          は 中部
             地方に所在します。           当該  発電所は、202        1 年11月期の基本賃料ベース              (注)  でポートフォリ
             オ全体の約      64.1%    に達し、     中部  地方、特に      当該  発電所が所在する特定の地域又はその周
             辺地域における        地震その他の災害等           の理由により、本投資法人の収益等に大きな悪影響
             が生じる可能性があります。
              また、今後の運用次第では、本投資法人の運用資産の立地に新たな地域的な偏在が生
             じる可能性もあります。その場合、前記同様、当該地域に特有の事由により、本投資法
             人の収益等に大きな悪影響が生じる可能性があります。
             (注)    取得予定資産については、取得予定日である2020年12月2日から2021年11月期末である2021年11月30日までの基本賃
                料をベースにしています。以下同じです。
          (ハ) スポンサー・グループからの資産取得が想定どおりに行えないリスク

              本投資法人及び本資産運用会社は、スポンサー・グループ各社との間でスポンサー・
             サポート契約を締結し、資産の取得に関してスポンサー・グループからサポートを受け
             ます。しかし、当該契約は、本投資法人及び本資産運用会社に対して、本投資法人の投
             資方針に合致する資産の売却に関する優先的情報提供権や優先的売買交渉権等を付与す
             るものに過ぎず、スポンサー・グループが本投資法人に対して、本投資法人の希望する
             価格で資産を売却する義務を負っているわけではありません。すなわち、本投資法人
             は、スポンサー・サポート契約により、本投資法人が適切であると判断する資産を適切
             な価格でスポンサー・グループから取得できることまで確保されているわけではありま
             せん。また、スポンサー・グループが本投資法人の投資方針に合致する資産の売却情報
             を十分に取得できない可能性もあります。
              さらに、本投資法人、本資産運用会社及び伊藤忠エネクスとの間のスポンサー・サ
             ポート契約においては、エネクスグループに含まれない者が保有する資産についても、
             別途の合意に基づき本投資法人に対して優先的売買交渉権を付与することができるとさ
             れていますが、当該別途の合意がなされなかった場合には、上記スポンサー・サポート
             契約に基づく優先的売買交渉権の付与はなされません。また、当該別途の合意がなされ
             たとしても、かかる合意の当事者に優先的売買交渉権の対象となっている資産の保有者
             が含まれていない場合には、伊藤忠エネクスから優先的売買交渉権が付与されたとして
             も、保有者に他の投資家等が存在する等の保有者固有の事情により、優先的売買交渉権
             の付与者である伊藤忠エネクスの意向に従って本投資法人が資産を取得することができ
             ない可能性もあります。
              したがって、本投資法人は、本投資法人が利回りの向上や収益の安定化等のために最
             適と考える資産のポートフォリオを構築できない可能性があります。
                                 85/144






                                                          EDINET提出書類
                                                  エネクス・インフラ投資法人(E34452)
                                               有価証券届出書(組込方式・内国投資証券)
          (ニ) 再生可能エネルギー発電設備等を取得又は処分できないリスク
              わが国において再生可能エネルギー発電設備の建設数が増加したのは2012年の固定価
             格買取制度導入以降であり、本投資法人による取得に適する再生可能エネルギー発電設
             備等の数は未だ限られています。また、前記「(イ)                             再生可能エネルギー発電設備等へ
             の投資に特化していることによるリスク」及び後記「⑤                               固定価格買取制度下における
             発電事業に係る権利・法制度に関するリスク」に記載のとおり、今後建設される再生可
             能エネルギー発電設備等が減少し、その結果、本投資法人が将来取得することができる
             再生可能エネルギー発電設備等がさらに減少し、又は存在しなくなる可能性がありま
             す。また、再生可能エネルギー発電設備等の取引市場は未成熟であり、再生可能エネル
             ギー発電設備等の流動性は依然として低い状況です。したがって、必ずしも本投資法人
             が取得を希望した再生可能エネルギー発電設備等を取得することができるとは限りませ
             ん。また、取得が可能であったとしても、投資採算の観点から希望した価格、時期その
             他の条件で取得できない可能性もあります。
              さらに、再生可能エネルギー発電設備等の取引市場は未成熟ですが、今後再生可能エ
             ネルギー発電設備等の取得競争が活発化した場合には、再生可能エネルギー発電設備等
             の購入需要が増大し、再生可能エネルギー発電設備等の購入価格の高騰をもたらす可能
             性があります。したがって、本投資法人が取得を希望する再生可能エネルギー発電設
             備・不動産関連資産を希望どおりの価格、時期その他の条件で取得できない可能性があ
             ります。
              また、再生可能エネルギー発電設備等の取引市場が未成熟であること等のため、本投
             資法人が再生可能エネルギー発電設備・不動産関連資産を取得した後にこれらを処分す
             る場合にも、投資採算の観点から希望した価格、時期その他の条件で処分できない可能
             性もあります。
              さらに、再生可能エネルギー発電設備に適用される法令又は契約上の制限により、本
             投資法人による再生可能エネルギー発電設備・不動産関連資産の処分が妨げられる可能
             性もあり、かかる制限の結果、本投資法人が追加の費用を負担したり、投資採算の観点
             から希望した価格、時期その他の条件で処分できない可能性もあります。
          (ホ) 少数の電気事業者に依存していることのリスク

              本投資法人の保有資産である再生可能エネルギー発電設備等により発電した電気は、
             少数の電気事業者へ売却されます。
              したがって、当該電気事業者の破産法(平成16年法律第75号。その後の改正を含みま
             す。)(以下「破産法」といいます。)上の破産手続、会社更生法(平成14年法律第
             154号。その後の改正を含みます。)(以下「会社更生法」といいます。)上の更生手
             続、民事再生法(平成11年法律第225号。その後の改正を含みます。)(以下「民事再
             生法」といいます。)上の再生手続その他の倒産手続(以下、総称して「倒産手続等」
             といいます。)の開始や当該電気事業者との売電契約の変更・解約等が生じた場合に
             は、売電収入の遅滞・一時中断や買取条件の変更等の悪影響(後記「④                                        保有資産に関
             わる関係者に関するリスク (ホ)                   電気事業者(売電先)に関するリスク」及び「⑤                           固
             定価格買取制度下における発電事業に係る権利・法制度に関するリスク (イ)                                           売電契
             約及び接続契約等の変更・終了のリスク」をご参照ください。)が本投資法人の多数の
             保有資産に及ぶ可能性があります。このような場合であっても、賃借人との間の賃貸借
             契約上、賃借人は本投資法人                又は信託受託者        に対し約定どおりの賃料の支払義務が生じ
             ますが、賃料収入の減少、賃料減額交渉、資産の価値の下落、賃借人の連鎖倒産等が生
             じる可能性があり、本投資法人の財政状態等に大きな悪影響が生じる可能性がありま
             す。
                                 86/144



                                                          EDINET提出書類
                                                  エネクス・インフラ投資法人(E34452)
                                               有価証券届出書(組込方式・内国投資証券)
          (ヘ) 新投資口の発行、借入れ及び投資法人債の発行による資金調達に関するリスク
            a. 資金調達全般に関するリスク
              新投資口の発行、金銭の借入れ及び投資法人債の発行の可能性及び条件は、本投資法
             人の経済的信用力、金融市場の情勢その他の要因による影響を受けるため、今後本投資
             法人の希望する時期及び条件で新投資口の発行、金銭の借入れ及び投資法人債の発行を
             行うことができる保証はなく、その結果、予定した資産を取得できなかったり、弁済期
             の到来した借入れ又は投資法人債の借換えをすることができない等の理由により、予定
             しない資産の売却を余儀なくされたり、資金繰りがつかなくなる可能性があります。
              また、借入れ及び投資法人債の金利は、借入時及び投資法人債発行時の市場動向に左
             右され、変動金利の場合には、その後の市場動向にも左右されます。借入れ及び投資法
             人債の金利が上昇し、又は本投資法人の借入金額及び投資法人債発行額が増加した場合
             には、本投資法人の利払額は増加します。特に、固定価格買取制度の下では、再生可能
             エネルギー電気の買取価格(調達価格)は、調達期間にわたり固定されているため、借
             入時及び投資法人債発行時の市場動向等によって金利水準が上昇した場合や、変動金利
             の場合はその後の市場動向等により金利が上昇した場合に、基本的な収益は変わらない
             にもかかわらず利払額が増加するため、その影響はより大きくなる可能性があります。
             このような利払額の増加により、投資主に対する金銭の分配額等に悪影響を及ぼす可能
             性があります。
              本投資法人は、金利変動の影響を軽減するため、変動金利と固定金利のスワップ取引
             及び長期借入れや返済期限の分散化等の取組みを行う予定です。しかし、これらの取組
             みが金利変動の影響を軽減できない場合、本投資法人の財務状況に悪影響が及ぶ可能性
             があります。
            b. 財務制限条項に関するリスク

              本投資法人が金銭の借入れ又は投資法人債の発行を行う場合において、当該金銭の借
             入れ又は投資法人債の発行の条件として、資産・負債等に基づく一定の財務指標上の数
             値を維持する、本投資法人の信用状況に関する評価を一定の水準に維持する、若しくは
             投資主への金銭の分配(利益を超えた金銭の分配を含みます。)を制約する等の財務制
             限条項が設けられること、運用資産に担保を設定すること、又は規約の変更若しくは本
             投資法人の資産運用が制限されること等の可能性があります。このような制約が本投資
             法人の運営に支障をきたし、又は投資主に対する金銭の分配額等に悪影響を及ぼす可能
             性があります。加えて、これらの制限に違反した場合には、追加の担保設定や費用負担
             等を求められ、又は当該借入れに係る借入金若しくは投資法人債の元利金について期限
             の利益を喪失する等の可能性があり、その結果、本投資法人の運営に重大な悪影響が生
             じる可能性があります。本投資法人の借入れについては、本投資法人の各決算日を基準
             として、元利金支払能力を判定する指標(DSCR)を維持する財務制限条項が付されてい
             るほか、上記のような一般的な条項が設けられます。
              本投資法人の運用資産に担保が設定された場合、本投資法人が運用資産の売却を希望
             したとしても、担保の解除手続その他の事情により、希望どおりの時期に売却できない
             可能性又は希望する価格で売却できない可能性があります。また、収益性の悪化等によ
             り運用資産の評価額が引き下げられた場合又は他の借入れを行う場合等、一定の条件の
             もとに運用資産に対して担保を設定することを要求される可能性もあります。この場
             合、他の借入れ等のために担保が既に設定されている等の理由で担保に供する適切な資
             産がない可能性もあります。また、担保資産からのキャッシュ・フローが減少したり、
             その評価額が引き下げられたりした場合には、本投資法人の希望しない条件で借換資金
             を調達せざるを得なくなったり、本投資法人の希望しない時期及び条件で運用資産を処
             分せざるを得なくなる状況も想定され、その結果、本投資法人の収益に悪影響を及ぼす
             可能性があります。さらに、担保に供する適切な資産がないために、本投資法人の希望
                                 87/144


                                                          EDINET提出書類
                                                  エネクス・インフラ投資法人(E34452)
                                               有価証券届出書(組込方式・内国投資証券)
             どおりの借入れ等を行えない可能性もあります。なお、本投資法人の借入れに関連し
             て、  組込有価証券報告書「第一部                ファンド情報 第1           ファンドの状況 5           運用状況 
             (2)  投資資産 ③        その他投資資産の主要なもの (ヘ)                    担保提供の状況」記載の担保が
             設定されており、新規取得資産についても、前記「2                             投資対象 ①        新規取得資産の概
             要 (ヘ)     担保提供の状況」          記載の担保が設定          されます     。
          (ト) 敷金及び保証金に関するリスク

              本投資法人は、運用資産の賃借人が無利息又は低利で預託した敷金又は保証金を運用
             資産の取得資金の一部として利用することがあります。しかし、賃貸市場の動向、賃借
             人との交渉等により、本投資法人の想定よりも賃借人からの敷金及び保証金の預託額が
             少なくなり、又は預託期間が短くなる可能性があります。
          (チ) 少数の物件に収入が依存していることによるリスク

              本投資法人の       新規取得資産取得後のポートフォリオ                    のうち、     松阪太陽光発電所          の202   1
             年11月期の基本賃料ベースでの割合は、約                       64.1%    であるため、本投資法人の保有資産の
             収入全体に対する当該物件への依存度は、非常に大きいといえます。したがって、当該
             物件が何らかの理由で毀損、滅失若しくは劣化し、若しくは賃貸が不可能となる事由が
             生じた場合には、又は後記「④                  保有資産に関わる関係者に関するリスク」に記載のと
             おり、その賃借人、オペレーター若しくは                       O&M業者その他の発電事業の運営に必要な業
             者(以下「O&M業者等」といいます。)                     の財政状況の悪化若しくはこれらとの契約の終
             了等が生じた場合には、本投資法人の収益等に大きな悪影響が生じる可能性がありま
             す。
          (リ) LTVに関するリスク

              本投資法人のLTVは、本資産運用会社の運用ガイドライン                               (本投資法人に係る運用実
             施ガイドラインを含みます。以下同じです。)                         により、原則として70%を上限としてい
             ますが、資産の取得等に伴い一時的に70%を超えることがあります。一般にLTVの水準
             が高くなればなるほど、金利が低下しない限り利払額は増加し、また、金利上昇の影響
             を受けやすくなり、その結果、本投資法人の収益の安定性等に悪影響を及ぼしたり、投
             資主に対する金銭の分配額が減少するおそれがあります。
         ③ 本投資法人の仕組みに関するリスク

          (イ) スポンサー・グループへの依存、利益相反に関するリスク
            a. スポンサー・グループへの依存に関するリスク
              本投資法人及び本資産運用会社は、再生可能エネルギー発電設備等の取得・運営や固
             定価格買取制度に基づく発電事業等に関してスポンサー・グループが有する独自のノウ
             ハウを活用することを企図し、スポンサー・グループとスポンサー・サポート契約を締
             結して、スポンサー・グループから、スポンサー・グループが保有する再生可能エネル
             ギー発電設備・不動産関連資産の情報の優先的提供及び優先的売買交渉権の付与、第三
             者保有情報の提供、資産取得業務等の支援、ウェアハウジング機能の提供、SPCを用い
             た賃貸借スキームの組成に関する支援、オペレーター及びO&M業者その他の業務受託者
             の選定等支援、固定価格買取期間終了後の電力売却支援、その他の支援(人的サポー
             ト・ノウハウの提供等)を享受します。また、全ての保有資産について、エネクスグ
             ループの一社であるエネクス電力がオペレーターとして賃借人の運営管理に関する業務
             を実施し、高萩太陽光発電所                、 鉾田太陽光発電所          及び取得予定資産          を除く保有資産につ
             いては、エネクスグループの一社であるエネクスエンジニアリング&サービス株式会社
             (以下「EES」ということがあります。)がO&M業者としてO&M業務の提供を行います。
             そして、保有資産について、スポンサーは、発電事業者SPCの匿名組合出資者となり、
                                 88/144


                                                          EDINET提出書類
                                                  エネクス・インフラ投資法人(E34452)
                                               有価証券届出書(組込方式・内国投資証券)
             当該匿名組合出資者が、発電事業者SPCが賃料等積立口座に積み立てた準備金を活用し
             ても基本賃料の支払に不足する場合には、当該年度における年間発電量予測値(P50)
             の 想定売電収入の        、取得済資産については             10%相当額      、取得予定資産については10%相
             当額から1億円を控除した額               を限度として当該発電事業者SPCに対して追加出資を行うこ
             ととしています。
              今後も、スポンサー・グループからの運用資産の取得が見込まれます。また、本投資
             法人は、伊藤忠エネクスが有する商標の使用許諾についての商標の使用等に関する覚書
             を締結し、これに基づき本投資法人は、伊藤忠エネクスのロゴ等を使用します。
              このように、本投資法人及び本資産運用会社は、スポンサー・グループと密接な関係
             を有し、また、その投資方針におけるスポンサー・グループに対する依存度は極めて高
             いといえます。したがって、本投資法人及び本資産運用会社がスポンサー・グループと
             の間で、本書の日付現在における関係と同一の関係を維持できなくなった場合、スポン
             サー・グループの事業方針の変更等によりスポンサー・グループにおける本投資法人の
             位置付けが変化した場合、スポンサー・グループのレピュテーション、ブランド力等が
             低下した場合、スポンサー・グループの再生可能エネルギー発電設備等に関する開発・
             取得・管理・運営能力が低下した場合、又はスポンサー・グループの業績若しくは財政
             状態が悪化した場合その他の理由により、スポンサー・グループによるスポンサー・サ
             ポートが受けられなくなった場合には、本投資法人に悪影響が及ぶ可能性があります。
             なお、保有資産の賃借人である発電事業者SPCに対して、その匿名組合出資者であるス
             ポンサーから追加出資がなされないことがあり得るリスクについては、後記「④                                            保有
             資産に関わる関係者に関するリスク (イ)                        賃借人に関するリスク a.               財務状況の悪
             化、倒産等に関するリスク」をご参照ください。
              特に、本投資法人及び本資産運用会社とエネクスグループとの関係性に鑑み、保有資
             産全てに係るオペレーター業務委託契約並びに高萩太陽光発電所、鉾田太陽光発電所及
             び 新規取得資産       を除く保有資産に係るO&M業務委託契約においては、本投資法人と本資
             産運用会社との間の資産運用委託契約の終了その他の理由により、本資産運用会社が本
             投資法人の資産運用会社でなくなった場合には、オペレーターであるエネクス電力及び
             O&M業者であるEESは、それぞれ、オペレーター業務委託契約及びO&M業務委託契約を解
             除できることとなり、かかる解除がなされた場合、即時に代替するオペレーター及び
             O&M業者を選任することができず、保有資産の運営に悪影響を及ぼす可能性がありま
             す。
            b. スポンサー・グループとの利益相反に関するリスク

              スポンサー・グループが、本投資法人又は本資産運用会社との間で取引等を行う場
             合、スポンサー・グループの利益のために、本投資法人の投資主の利益に反する行為が
             行われる可能性があり、その場合には、本投資法人の投資主に損害が発生する可能性が
             あります。加えて、本投資法人及び本資産運用会社がスポンサー・グループとの間で締
             結している契約は、スポンサー・グループが、本投資法人と競合する事業を行うことを
             禁止するものではありません。スポンサー・グループは、メガソーラー事業等、様々な
             形で再生可能エネルギー発電設備等に関連する業務を行っています。したがって、本投
             資法人又は本資産運用会社とスポンサー・グループとが、特定の資産の取得、リース、
             賃貸借、管理運営、処分等に関して競合する可能性やその他利益相反が問題となる状況
             が生じる可能性は否定できません。
              前記のような利益相反が問題となり得る場合としては、例えば、運用資産の取得その
             他の取引機会に関する本投資法人及びスポンサー・グループの競合、スポンサー・グ
             ループを通じた運用資産の取得に際しての取得価格その他の購入条件、オペレーターで
             あるエネクス電力に対する業務委託に関する条件、O&M業者であるEESに対する業務委託
             に関する条件、スポンサー・グループに対する瑕疵担保責任                                又は契約不適合責任           や債務
                                 89/144


                                                          EDINET提出書類
                                                  エネクス・インフラ投資法人(E34452)
                                               有価証券届出書(組込方式・内国投資証券)
             不履行責任の追及その他の権利行使、スポンサー・サポート契約の変更、更新の有無等
             があげられます。
              また、オペレーターであるエネクス電力とEESは完全親子会社の関係にあるため、EES
             がO&M業者となる資産についてO&M業務委託契約を締結するにあたり、エネクス電力は、
             O&M業者が当該O&M業務委託契約上の義務を適切に履行しているか否かをモニタリングす
             ることとされていますが、かかるモニタリングが十分に行われない可能性があります。
             この点、第3期取得資産を除く                取得済資産      に係るO&M業務委託契約においては、本投資法
             人、エネクス電力及びEESの三者間契約とし、本投資法人が承認した各保有資産に係る
             年間運営計画に従ってO&M業務を行うことや長期修繕を要する場合等における計画立案
             に本投資法人の承認を要することとし、また、O&M業務についてO&M業者に対して本投資
             法人に対する報告を求めることができるなど、O&M業者による業務の提供に関して本投
             資法人が一定の関与ができる旨が規定されます。また、第3期取得資産においては、O&M
             業務委託契約がEESと賃借人SPCとの二者間契約となりますが、賃貸借契約及びO&M業務
             委託契約の両契約に上記と同趣旨の規定をすることで、間接的にO&M業者による業務の
             提供に関して本投資法人が一定の関与ができることとされます。しかし、かかる規定に
             より利益相反に伴い生じ得る問題の全てを解消することができるとは限りません。
              これらの利益相反により、本投資法人の利益が不当に害され、本投資法人の投資主に
             損害が発生する可能性があります。
          (ロ) 本投資法人の関係者への依存、利益相反に関するリスク

              本投資法人は、投信法に基づき、執行役員及び監督役員から構成される役員会におい
             て重要な意思決定を行い、資産の運用を本資産運用会社に、資産の保管を資産保管会社
             に、一般事務を一般事務受託者に、それぞれ委託しています。本投資法人の円滑な業務
             遂行の実現のためにはこれらの者の能力、経験及びノウハウに依存するところが大きい
             と考えられますが、これらの者が業務遂行に必要な人的・財政的基盤等を必ずしも維持
             できる保証はありません。また、投信法は、本投資法人の執行役員及び監督役員並びに
             本投資法人の関係者に関する義務及び責任を定めていますが、これらの本投資法人の関
             係者等が投信法その他の法令に反し、又は、法定の措置をとらないときは、投資主に損
             害が発生する可能性があります。
              また、本投資法人の執行役員及び監督役員並びに本資産運用会社、資産保管会社及び
             一般事務受託者が、法令上又は契約上負っている善良な管理者としての注意義務、投資
             法人のために忠実に職務を遂行する義務、利益相反状況にある場合に投資法人の利益を
             害してはならない義務その他の義務に違反した場合には、本投資法人の存続及び収益等
             に悪影響を及ぼし、投資主が損害を受ける可能性があります。
                                 90/144







                                                          EDINET提出書類
                                                  エネクス・インフラ投資法人(E34452)
                                               有価証券届出書(組込方式・内国投資証券)
          (ハ) 本投資法人の執行役員及び本資産運用会社の人材に依存しているリスク
              本投資法人の運営は、本投資法人の執行役員及び本資産運用会社の人材に大きく依存
             しており、これらの人材が失われた場合、本投資法人の運営に悪影響をもたらす可能性
             があります。
          (ニ) 本投資法人及び本資産運用会社の歴史が浅いことによるリスク

              本投資法人及び本資産運用会社は、それぞれ2018年8月3日及び2013年8月19日に設立
             され、2019年2月13日に本投資法人の資産の運用が開始されました。本投資法人には、
             十分な過去の運用実績はありません。また、本資産運用会社が登録投資法人の資産運用
             業務を行うのは、本投資法人が初めてとなります。したがって、本投資法人の今後の実
             績を予測することは困難です。また、スポンサー・グループのこれまでの再生可能エネ
             ルギー発電設備等に関する運用実績は、本投資法人の今後の運用実績を保証するもので
             はありません。
          (ホ) 本投資法人の投資方針等の変更に関するリスク

              規約に記載されている資産運用の対象及び方針、オペレーターの選定基本方針等の基
             本的な事項の変更には、投資主総会の承認が必要ですが、より詳細な投資方針又は運用
             ガイドライン、リスク管理方針、オペレーター選定基準等については、投資主総会の承
             認を経ることなく変更することが可能です。そのため、本投資法人の投資主の意思が反
             映されないまま、これらが変更される可能性があります。
          (ヘ) 本投資法人の倒産又は登録抹消のリスク

              本投資法人には、破産手続、再生手続及び投信法上の特別清算手続(投信法第164
             条)が適用される可能性があります。
              本投資法人は、投信法に基づいて投資法人としての登録を受けていますが、一定の事
             由が発生した場合に投信法に従ってその登録が取り消される可能性があります(投信法
             第216条)。その場合には、本投資口の上場が廃止され、本投資法人は解散し、清算手
             続に入ります。
              本投資法人が清算される場合、投資主は、全ての債権者への弁済(投資法人債の償還
             を含みます。)後の残余財産の分配に与ることによってしか投資金額を回収することが
             できません。このため、投資主は、投資金額の全部又は一部について回収を得ることが
             できない可能性があります。
         ④ 保有資産に関わる関係者に関するリスク

          (イ) 賃借人に関するリスク
            a. 財務状況の悪化、倒産等に関するリスク
              本投資法人      又は信託受託者        が保有する再生可能エネルギー発電設備等は、本投資法人
             又は信託受託者        が賃借人に対して賃貸し、賃借人がこれを賃借します。本投資法人                                    又は
             信託受託者      は、賃借人との間の再生可能エネルギー発電設備等に係る賃貸借契約に基づ
             き、賃借人から賃料を収受します。賃借人の財務状況が悪化した場合又は賃借人が倒産
             手続等の対象となった場合、賃貸借契約に基づく賃料支払が滞る可能性があります。賃
             貸借契約上敷金又は保証金を差し入れることとなっている場合は、この延滞賃料等の債
             務の合計額が敷金及び保証金で担保される範囲内であれば敷金又は保証金から当該債務
             に充当することも可能ですが、それを超える状況になった場合、又は賃貸借契約上敷金
             若しくは保証金の差入れが行われない場合には、投資主が損失を被る可能性がありま
             す。なお、本投資法人は、かかるリスクを限定すべく、                              自ら又は信託受託者による、                再
             生可能エネルギー発電設備等の取得に際し、原則として、当該再生可能エネルギー発電
             設備等における発電事業のみを行う発電事業者SPCを賃借人とすることとしており、保
                                 91/144


                                                          EDINET提出書類
                                                  エネクス・インフラ投資法人(E34452)
                                               有価証券届出書(組込方式・内国投資証券)
             有資産の賃借人も、発電事業者SPCとなりますが、発電事業の収支の悪化や賃借人たる
             SPCに想定外の支出が生じる等により、賃借人の財務状況が悪化することがあるため、
             当 該リスクを必ずしも回避又は低減できるとは限りません。また、本投資法人は、保有
             資産について、いずれも、賃借人である発電事業者SPCが、運営初年度における年間発
             電量予測値(P50)の想定売電収入の                    、取得済資産については             10%相当額      、取得予定資
             産については1億円          を準備金として賃料等積立口座に積み立て(ある年度において、実
             際の売電収入が想定売電収入を上回り、超過売電収入が生じた場合で、かつ、賃料等積
             立口座内の準備金が必要額(当該年度における年間発電量予測値(P50)の想定売電収
             入の  、取得済資産については             10%相当額      、取得予定資産については1億円                  )に不足して
             いる場合には、当該不足額に満つるまで、超過売電収入の充当等の方法により、当該金
             額を維持することとされています。)、さらに、スポンサーが発電事業者SPCの匿名組
             合出資者となり、当該匿名組合出資者が、発電事業者SPCが賃料等積立口座に積み立て
             た準備金を活用しても基本賃料の支払に不足する場合には、当該年度における年間発電
             量予測値(P50)の想定売電収入の                   、取得済資産については             10%相当額      、取得予定資産
             については10%相当額から1億円を控除した額                         を限度として当該発電事業者SPCに対して
             追加出資を行うこととします。このように、保有資産について、本投資法人は、発電事
             業者SPCが倒産する可能性を低減するための措置を講じていますが、発電事業者SPCにお
             いて準備金の積み立てが困難である等、スポンサーによる追加出資を要する状況におい
             ても、その信用状態の悪化に伴い、追加出資がなされない場合も想定され、当該措置は
             賃借人たる発電事業者SPCの倒産を確実に防止する性質のものではないため、賃借人た
             る発電事業者SPCが倒産するリスクを必ずしも回避又は低減できるとは限りません。
            b. 賃貸借契約の終了に関するリスク

              賃貸借契約が終了した場合(賃貸借契約が中途解約された場合を含みます。)又は賃
             貸借契約が期間満了時に更新・再締結されない場合、本投資法人が新たな賃借人をして
             固定価格買取制度のもとで同一の価格で売電を継続させるためには、既存の賃借人から
             新たな賃借人へ、発電設備用地等、再生可能エネルギー発電事業に係る事業計画認定上
             の発電事業者たる地位並びに特定契約及び接続契約における電気事業者等との間の契約
             上の地位を移転させる必要があります。本投資法人では、全ての保有資産に係る賃貸借
             契約において、賃貸借契約が終了した場合には、事業計画認定上の発電事業者たる地位
             並びに特定契約及び接続契約における電気事業者等との契約上の地位等のうち、売電を
             継続するために必要なものとして本投資法人が指定するものを、本投資法人又は本投資
             法人が指定する第三者に移転する義務を既存の賃借人に課しますが、これらの地位等の
             移転を行うためには、発電設備用地の所有者や電気事業者等の承諾が必要となります。
             したがって、賃貸借契約の終了時において、発電設備用地の所有者、電気事業者等の承
             諾が得られなかった場合、既存の発電設備用地で発電事業を継続できない可能性や新た
             な賃借人が固定価格買取制度のもとで同一の価格で売電することができない可能性があ
             り、その結果、賃料収入             や信託受託者からの信託配当                の減少等により、本投資法人の収
             益等が悪影響を受け、投資主が損失を被る可能性があります。
              また、本投資法人では、             自ら又は信託受託者をして、                JEN玖珠太陽光発電所を除く保
             有資産に係る賃貸借契約において、賃貸借期間は20年としつつ、                                   本投資法人又は信託受
             託者  が再契約を希望した場合には、再契約の締結につき誠実に協議するものとし、協議
             の上合意した場合には再契約を締結する旨の規定を設け、かかるリスクを限定すべく対
             応していますが、合意に至らず再契約を締結できない可能性等があるため、当該リスク
             を必ずしも回避又は低減できるとは限りません。
            c. 賃借人がSPCであることに関するリスク

                                 92/144


                                                          EDINET提出書類
                                                  エネクス・インフラ投資法人(E34452)
                                               有価証券届出書(組込方式・内国投資証券)
              本投資法人の保有資産においては、SPCが賃借人となりますが、SPCは、売電事業以外
             の事業は行わないため、賃料支払の原資は売電収入に依存しており、売電収入が減少す
             ると賃料支払が困難になるおそれがあります。そのため、保有資産においては、賃借人
             で ある発電事業者SPCが、運営初年度における年間発電量予測値(P50)の想定売電収入
             の 、取得済資産については             10%相当額      、取得予定資産については1億円                  を準備金として
             賃料等積立口座に積み立て(ある年度において、実際の売電収入が想定売電収入を上回
             り、超過売電収入が生じた場合で、かつ、賃料等積立口座内の準備金が必要額(当該年
             度における年間発電量予測値(P50)の想定売電収入の                              、取得済資産については             10%相
             当額  、取得予定資産については1億円                  )に不足している場合には、当該不足額に満つる
             まで、超過売電収入の充当等の方法により、当該金額を維持することとされていま
             す。)、さらに、スポンサーが発電事業者SPCの匿名組合出資者となり、当該匿名組合
             出資者が、発電事業者SPCが賃料等積立口座に積み立てた準備金を活用しても基本賃料
             の支払に不足する場合には、当該年度における年間発電量予測値(P50)の想定売電収
             入の  、取得済資産については             10%相当額      、取得予定資産については10%相当額から1億
             円を控除した額         を限度として当該発電事業者SPCに対して追加出資を行うこととしてい
             ます。しかし、かかる準備金の積立て及び追加出資を行ったとしても、発電事業者SPC
             において基本賃料として支払うべき額を捻出できない可能性も想定されます。
              また、SPCは、その業務の大半を外部の第三者に業務委託するため、SPCの事業が適切
             に遂行されるかは、委託先の能力、経験及び知見に依拠するところが大きく、これらの
             能力等が十分でない場合は、SPCの事業が滞り、ひいては本投資法人の収益等に悪影響
             が及ぶ可能性があります。
            d. 賃料改定に係るリスク

              賃貸借契約の期間が比較的長期間である場合、賃料等の賃貸借契約の内容について、
             定期的に見直しを行うこととされることがあります。
              したがって、賃貸借契約が締結された時点での賃料がその後も維持される保証はあり
             ません。賃料改定により賃料が減額された場合、本投資法人の収益等が悪影響を受け、
             投資主が損失を被る可能性があります。
          (ロ) オペレーターに関するリスク

              運用資産の管理・運営は、オペレーターの能力、経験及び知見によるところが大きい
             といえますが、本投資法人              又は信託受託者        が収受する賃貸借契約に基づく賃料は、売電
             収入を背景としているため、オペレーターが再生可能エネルギー発電設備等を適切に管
             理・運営せず、売電収入が減少する場合、本投資法人                             又は信託受託者        の賃料収入が減少
             し、その結果、本投資法人の収益等が減少する可能性があります。このため、当該オペ
             レーターの能力、経験及びノウハウが十分であることが必要となりますが、当該オペ
             レーターにおける人的・財産的基盤が将来にわたって維持される保証はありません。ま
             た、オペレーターが、財務状況の悪化や倒産手続等により業務遂行能力を喪失する可能
             性もあります。これらにより、再生可能エネルギー発電設備等の管理・運営が十分に行
             われなくなり、その場合、売電収入が減少し、その結果、再生可能エネルギー発電設備
             等の価値や本投資法人の収益等に悪影響が生じる可能性があります。
              また、オペレーターが、自ら保有する再生可能エネルギー発電設備等の管理及び運営
             業務等を行い、又は他の顧客から再生可能エネルギー発電設備等の管理及び運営業務等
             を受託することがありますが、この場合、当該オペレーターは、オペレーター自身、又
             は本投資法人以外の顧客の利益を優先することにより、本投資法人の利益を害する可能
             性があります。
              さらに、オペレーターは賃借人との契約に基づきオペレーターとしての業務を行いま
             すが、かかる契約は解除、解約その他の理由により終了することがあるほか、当該契約
                                 93/144


                                                          EDINET提出書類
                                                  エネクス・インフラ投資法人(E34452)
                                               有価証券届出書(組込方式・内国投資証券)
             の期間満了時に契約の更新がなされないことがあり、また、契約上オペレーターからの
             解約が行えない旨の特約を設けた場合であっても、裁判所によって当該特約の効力の全
             部 又は一部が否定されることがあります。これらの場合、後任のオペレーターが選任さ
             れるまではオペレーター不在又は機能不全のリスクが生じるため、一時的に、賃料収入
             が得られない可能性や当該再生可能エネルギー発電設備等の管理状況が悪化する可能性
             があります。加えて、オペレーターとしての業務には、一定の知識・ノウハウが要求さ
             れることから、これらの場合に本投資法人の希望する時期及び条件で現在と同等又はそ
             れ以上の能力と専門性を有する新たなオペレーターを選任できる保証はありません。
              また、本投資法人の保有資産については、エネクスグループの一社であるエネクス電
             力がオペレーターとして選定され、太陽光発電設備等の運営が委託されますが、スポン
             サーについて、本(ロ)に記載のリスクが顕在化した場合、本投資法人が保有する全ての
             運用資産に波及し、本投資法人の存続及び収益等に重大な悪影響を及ぼす可能性があり
             ます。
          (ハ) O&M業者に関するリスク

              一般に、再生可能エネルギー発電設備の稼働状況に係るモニタリング、点検・修理そ
             の他の保守管理等、再生可能エネルギー発電設備等の維持管理・運営全般の成否は、
             O&M業者の能力、経験及び知見によるところが大きいといえますが、本投資法人                                           又は信
             託受託者     が収受する賃貸借契約に基づく賃料は、売電収入を背景としているため、O&M
             業者が再生可能エネルギー発電設備等を適切に保守管理せず、売電収入が減少する場
             合、本投資法人        又は信託受託者        の賃料収入が減少し、その結果、本投資法人の収益等が
             減少する可能性があります。このため、当該O&M業者の能力、経験及びノウハウが十分
             であることが必要となりますが、当該O&M業者における人的・財産的基盤が将来にわ
             たって維持される保証はありません。また、O&M業者が、財務状況の悪化や倒産手続等
             により業務遂行能力を喪失する可能性もあります。これらにより、再生可能エネルギー
             発電設備等の保守管理が十分に行われなくなり、その場合、売電収入が減少し、その結
             果、再生可能エネルギー発電設備等の価値や本投資法人の収益等に悪影響が生じる可能
             性があります。
              また、O&M業者が、自ら保有する再生可能エネルギー発電設備等の保守管理を行い、
             又は他の顧客から再生可能エネルギー発電設備等の保守管理業務等を受託することがあ
             りますが、この場合、当該O&M業者は、O&M業者自身、又は本投資法人以外の顧客の利益
             を優先することにより、本投資法人の利益を害する可能性があります。
              さらに、O&M業者は本投資法人                、信託受託者       又は賃借人との契約に基づきO&M業者とし
             ての業務を行いますが、かかる契約は解除、解約その他の理由により終了することがあ
             るほか、当該契約の期間満了時に契約の更新がなされないことがあり、また、契約上
             O&M業者からの解約が行えない旨の特約を設けた場合であっても、裁判所によって当該
             特約の効力の全部又は一部が否定されることがあります。これらの場合、後任のO&M業
             者が選任されるまではO&M業者不在又は機能不全のリスクが生じるため、一時的に、当
             該再生可能エネルギー発電設備等の管理状況が悪化する可能性があります。加えて、
             O&M業者としての業務には、一定の知識・ノウハウが要求されることから、これらの場
             合に本投資法人の希望する時期及び条件で現在と同等又はそれ以上の能力と専門性を有
             する新たなO&M業者を選任できる保証はありません。
              また、O&M業者が再生可能エネルギー発電設備等の維持管理・運営を懈怠したり、維
             持管理・運営業務の遂行に際して再生可能エネルギー発電設備等を毀損するなど、O&M
             業者が再生可能エネルギー発電設備等に対して損害を生じさせた場合、本投資法人は、
             O&M業者に対して、          自ら又は信託受託者をして、                O&M業務委託契約に基づき損害賠償を請
             求することがありますが、O&M業務委託契約において、かかる場合のO&M業者の責任が制
                                 94/144


                                                          EDINET提出書類
                                                  エネクス・インフラ投資法人(E34452)
                                               有価証券届出書(組込方式・内国投資証券)
             限されている場合があり、本投資法人に生じた損害が填補されない可能性があり、投資
             主に損害を与える可能性があります。
              加えて、本投資法人の保有資産のうち、4物件について、エネクスグループの一社で
             あるEESがO&M業者として選定され、太陽光発電設備等の保守管理が委託されますが、ス
             ポンサーについて、本(ハ)に記載のリスクが顕在化した場合、本投資法人が保有する運
             用資産の大半に波及し、本投資法人の存続及び収益等に重大な悪影響を及ぼす可能性が
             あります。
          (ニ) EPC業者又はメーカーから保証その他のサポートが得られなくなるリスク

              後記「⑥     発電事業に係る操業リスク (イ)                   再生可能エネルギー発電設備の発電量が
             想定より低下するリスク」及び「⑦                    保有資産に関するリスク (イ)                  再生可能エネル
             ギー発電設備の欠陥・瑕疵              及び契約不適合        に関するリスク」に記載のとおり、欠陥、瑕
             疵 、契約不適合       等又は再生可能エネルギー発電設備の劣化等に備えて、本投資法人又は
             賃借人は、EPC業者又はメーカーに対して、表明保証責任、瑕疵担保責任                                        若しくは契約
             不適合責任      又はメーカー保証の履行を求める権利を有する場合がありますが、権利行使
             期間   又は通知期間        の満了、EPC業者又はメーカーが解散したり無資力になっているこ
             と、その他の理由により実効性がない場合もあります。
              かかる場合、再生可能エネルギー発電設備の修補等を行うことが不可能又は困難とな
             ることや、本投資法人が再生可能エネルギー発電設備の修補等に係る予定外の費用を負
             担せざるを得なくなることがあり、投資主に損害を与える可能性があります。
          (ホ) 電気事業者(売電先)に関するリスク

              電気事業者の財務状況が悪化した場合又は電気事業者が倒産手続等の対象となった場
             合、売電契約に基づく売電料金の支払が滞る可能性があります。
              この場合、      調達期間内であれば、            発電事業者は、固定価格買取制度に基づき、一般送
             配電事業者等       (注)  に再生可能エネルギー電気の買取を申し込むことができますが、新た
             に電気事業者となる一般送配電事業者等による買取が開始されるまでの間、売電収入が
             得られず、発電事業者が調達期間満了までに得られる総売電収入が減少する可能性があ
             ります。また、固定価格買取制度による調達期間内においては、新たな電気事業者によ
             る買取価格は、固定価格買取制度に基づく買取価格(調達価格)又はそれ以上の価格で
             あることには変わりないものの、既存の電気事業者が調達価格より高い価格で買取を
             行っていた場合、当該価格より低い価格となる可能性があります。本投資法人                                          又は信託
             受託者    が収受する賃貸借契約に基づく賃料は、売電収入を背景としているため、これら
             の事情により売電収入が減少する場合、本投資法人の賃料収入が減少し、その結果、本
             投資法人の収益等が減少する可能性があります。
             (注)    「一般送配電事業者等」とは、一般送配電事業者及び特定送配電事業者(電気事業法第2条第1項第13号に規定する
                特定送配電事業者をいいます。)を併せていいます。以下同じです。
         ⑤ 固定価格買取制度下における発電事業に係る権利・法制度に関するリスク

          (イ) 売電契約及び接続契約等の変更・終了のリスク
              固定価格買取制度の下では、発電事業者は電気事業者との間で売電契約を締結する必
             要がありますが、かかる売電契約の期間満了時に契約の更新がなされる場合、又は当該
             売電契約に契約期間中における買取条件の見直しに関する条項がある場合、契約の更新
             又は変更により買取条件が変更されることがあり、特に、既存の売電契約に基づく買取
             価格が固定価格買取制度に基づく買取価格(調達価格)より高い場合、買取価格がより
             低い価格に変更される可能性があります。また、売電契約が解除、解約その他の理由に
             より終了することがあるほか、当該契約の期間満了時に契約の更新がなされないことが
             ありますが、       調達期間内に       売電契約が終了する場合、発電事業者は、固定価格買取制度
             に基づき、一般送配電事業者等に再生可能エネルギー電気の買取を申し込むことができ
                                 95/144


                                                          EDINET提出書類
                                                  エネクス・インフラ投資法人(E34452)
                                               有価証券届出書(組込方式・内国投資証券)
             ますが、新たに電気事業者となる一般送配電事業者等による買取が開始されるまでの
             間、売電収入が得られず、発電事業者が調達期間満了までに得られる総売電収入が減少
             す る可能性があります。また、この場合、新たな電気事業者による買取価格は、固定価
             格買取制度に基づく調達価格以上の価格であることには変わりないものの、既存の電気
             事業者が固定価格買取制度に基づく調達価格より高い価格で買取を行っていた場合、当
             該価格より低い価格となる可能性があります。本投資法人                               又は信託受託者        が収受する賃
             貸借契約に基づく賃料は、売電収入を背景としているため、これらの事情により売電収
             入が減少する場合、本投資法人                 又は信託受託者        の賃料収入が減少し、その結果、本投資
             法人の収益等が減少する可能性があります。
              また、固定価格買取制度の下では、発電事業者は電気事業者との間で接続契約を締結
             する必要がありますが、かかる接続契約が解除、解約その他の理由により終了すること
             があるほか、当該契約の期間満了時に契約の更新がなされないことがあります。接続契
             約が終了する場合、発電事業者は、電気事業者を通じて電気を供給することができなく
             なり、再度接続契約が締結されるまでの間、売電収入が得られず、発電事業者が調達期
             間満了までに得られる総売電収入が減少する可能性があります。また、かかる場合、買
             取価格(調達価格)や適用される出力制御のルールその他の条件が変更される可能性が
             あります。本投資法人            又は信託受託者        が収受する賃貸借契約に基づく賃料は、売電収入
             を背景としているため、これらの事情により売電収入が減少する場合、本投資法人                                            又は
             信託受託者      の賃料収入が減少し、その結果、本投資法人の収益等が減少する可能性があ
             ります。
          (ロ) 出力制御を求められるリスク

              各太陽光発電設備について、再エネ特措法施行規則に定める以下の事由に該当する場
             合、電気事業者から出力の抑制を求められる場合があります。
             i.  電気事業者における電気の供給量がその需要量を上回ることが見込まれる場合。
             ii.     天災事変により、被接続先電気工作物(電気事業者の事業の用に供する変電用、
                送電用又は配電用の電気工作物をいいます。以下同じです。)の故障又は故障を
                防止するための装置の作動により停止した場合(電気事業者の責めに帰すべき事
                由によらない場合に限ります。)。
             iii. 人若しくは物が被接続先電気工作物に接触した場合又は被接続先電気工作物に接
                近した人の生命及び身体を保護する必要がある場合において、電気事業者が被接
                続先電気工作物に対する電気の供給を停止した場合(電気事業者の責めに帰すべ
                き事由によらない場合に限ります。)。
             iv.     被接続先電気工作物の定期的な点検を行うため、異常を探知した場合における臨
                時の点検を行うため又はそれらの結果に基づき必要となる被接続先電気工作物の
                修理を行うため必要最小限度の範囲で当該電気事業者が被接続先電気工作物に対
                する電気の供給を停止又は抑制する場合。
             v.  当該発電事業者以外の者が用いる電気工作物と被接続先電気工作物とを電気的に
                接続する工事を行うため必要最小限度の範囲で電気事業者が被接続先電気工作物
                に対する電気の供給を停止又は抑制する場合。
              かかる出力の抑制が行われた場合、賃借人である発電事業者が得られる売電収入が減
             少する可能性があります。本投資法人                    又は信託受託者        が収受する賃貸借契約に基づく賃
             料は、売電収入を背景としているため、これらの事情により売電収入が減少する場合、
             本投資法人      又は信託受託者        の賃料収入が減少し、その結果、本投資法人の収益等が減少
             する可能性があります。
              ただし、前記i.の理由による需給バランスの調整のための太陽光発電設備の出力制御
             は、年間のうち電力需要が小さい時期・時間帯において、火力発電の抑制、揚水発電の
             揚水運転、電気の需給の調整を行う蓄電池の充電、会社間連系線を用いた広域的な周波
                                 96/144


                                                          EDINET提出書類
                                                  エネクス・インフラ投資法人(E34452)
                                               有価証券届出書(組込方式・内国投資証券)
             数調整の要請等の措置を講じても、電力の供給量が需要を超過することが見込まれる場
             合に行われます。なお、需給バランスの調整のための出力制御は、今後、経済産業省資
             源 エネルギー庁省エネルギー・新エネルギー部「出力制御の公平性の確保に係る指針」
             (2017年3月策定、2019年10月改定)に従って実施されることが見込まれます。
              なお、    出力抑制の対象         (注1)   となる    太陽光発電設備に関する前記i.の理由による需給
             バランスの調整のための無補償の出力の抑制は、原則、年間360時間(360時間ルールを
             いいます。)(2015年1月26日より前に接続申込みをした案件は年間30日(30日ルール
             をいいます。))が上限とされており、この上限を超えて出力の抑制がなされる場合、
             賃借人は、電気事業者に対して、当該抑制により生じた損害の補償を求めることができ
             ます。ただし、指定電気事業者(注2)は、接続申込量が接続可能量を超過した後に接続
             申込みをしたと認められる太陽光発電設備について、前記の上限にかかわらず、無補償
             の出力制御を無制限に行うことができます(いわゆる指定ルール)。各保有資産に適用
             される出力制御ルールについては、                    組込有価証券報告書「第一部                 ファンド情報 第1
             ファンドの状況 5           運用状況 (2)        投資資産 ③        その他投資資産の主要なもの (ロ)
             設備・施設の概要 d.             適用される出力制御ルール」及び前記「2                       投資対象 ①        新規取
             得資産の概要 (ロ)           設備・施設の概要 d.             適用される出力制御ルール」                をご参照くだ
             さい。
             (注1)    500kW以上の太陽光発電設備は、固定価格買取制度開始当初から出力抑制の対象とされています。500kW未満の太陽
                光発電設備については、2015年1月26日施行の再エネ特措法施行規則の改正により出力抑制の対象にできることとな
                りましたが、実際に対象であるか否か及び(対象である場合は)対象となった時期は、地域や発電設備の出力に
                よって異なります。
             (注2) 「指定電気事業者」とは、再エネ特措法施行規則第14条第1項第11号に定める指定電気事業者を意味し、同項第8号
                イの規定により特定契約電気事業者(同規則第14条第1項第1号に定める意味によります。)が損害の補償をするこ
                となく特定契約申込者(同規則第14条第1項第2号に定める意味によります。)に求めることができる種類の認定発
                電設備(認定に係る再生可能エネルギー発電設備をいい、経済産業大臣が指定する種類の再生可能エネルギー発電
                設備に限ります。)の出力の抑制の上限を超えて出力の抑制を行わなければ当該再生可能エネルギー発電設備によ
                り発電された電気を追加的に受け入れることができなくなることが見込まれる電気事業者として経済産業大臣が指
                定する電気事業者をいいます。
          (ハ) 調達価格又は調達期間が変更されるリスク

              固定価格買取制度の下では、各再生可能エネルギー発電設備において運転開始時に適
             用された買取価格(調達価格)又は買取期間(調達期間)は、原則として、当該再生可
             能エネルギー発電設備については変更されることはありませんが、再エネ特措法上、経
             済産業大臣は、物価その他の経済事情に著しい変動が生じ、又は生ずるおそれがある場
             合において、特に必要があると認めるときは、調達価格及び調達期間を改定することが
             できるものとされています。また、かかる調達価格及び調達期間の改定によらなくて
             も、固定価格買取制度の運用が変更され、調達価格等の適用時点に関する取扱いが変更
             されたり、運転開始期限が設定されたりすることにより、個別の発電設備に適用される
             調達価格及び調達期間が変更される可能性があります。さらに、将来、調達価格自体は
             変更されなくても、発電設備の撤去費用その他の費用の留保等により、発電事業者が実
             際に受領する金額が減少する可能性があります。かかる変更が実施された場合、売電収
             入が減少する可能性があり、その結果、本投資法人の収益等が悪影響を受け、また、発
             電設備等の価値が毀損し、投資主が損失を被る可能性があります。
              また、将来、各年度に適用される調達価格が低く設定され、又は調達期間が短く設定
             された場合、それ以降に建設される新規の再生可能エネルギー発電設備が減少し、又は
             建設されても投資に適さず、本投資法人が希望どおりに再生可能エネルギー発電設備・
             不動産関連資産を取得できなくなる可能性があります。
          (ニ) インフレにより売電価格の価値が実質的に低下すること等によるリスク

              固定価格買取制度の下では、再生可能エネルギー電気の買取価格(調達価格)は、調
             達期間にわたり固定されており、インフレにより他の物価が上昇した場合、売電価格の
                                 97/144


                                                          EDINET提出書類
                                                  エネクス・インフラ投資法人(E34452)
                                               有価証券届出書(組込方式・内国投資証券)
             価値が実質的に低下し、再生可能エネルギー発電設備等の価格が実質的に低下する可能
             性があります。本投資法人              又は信託受託者        の再生可能エネルギー発電設備等に係る賃料
             収 入は、売電収入を背景としているため、再生可能エネルギー発電設備等に係る賃料を
             他の物価の上昇に合わせて上げることが困難である可能性があり、この場合、賃料の価
             値が実質的に低下する可能性があります。また、インフレにより物価が上昇した場合、
             再生可能エネルギー発電設備等の運営・維持管理に要する費用等が増加する可能性があ
             ります。これらの場合、本投資法人の収益等が悪影響を受け、投資主が損失を被る可能
             性があります。
          (ホ) 固定価格買取制度の下での買取期間満了後の売電に関するリスク

              本投資法人は、買取期間が満了し、固定価格買取制度の適用外となった再生可能エネ
             ルギー発電設備等については、(i)当該再生可能エネルギー発電設備により発電した電
             気を小売電気事業者等            (注)  に対して直接若しくは卸電力取引所を通じて売却するか、又
             は、(ii)当該再生可能エネルギー発電設備等を売却します。
              各再生可能エネルギー発電設備に係る固定価格買取制度の下での買取期間が満了した
             後は、同制度の下でのように電気を一定の価格で買い取る義務を有する者がおらず、発
             電事業者が当該発電設備により発電した電気の売却を継続するためには、電気事業者と
             の交渉により売却及びその条件について合意するか、卸電力取引所等の市場で売却する
             こととなります。これらの場合、固定価格買取制度の下での買取期間終了後の売電先が
             見つからない可能性があり、売電先が見つかった場合(既存の電気事業者と契約の更新
             又は再契約を行う場合を含みます。)又は市場で売却する場合でも、買取の価格その他
             の条件は、固定価格買取制度の下での買取価格その他の条件に比べて、発電事業者に
             とって大幅に不利となり、賃借人である発電事業者の売電収入が大きく減少する可能性
             があり、その結果、本投資法人の収益等が悪影響を受けます。
              また、このような固定価格買取制度の下での買取期間満了後の売電に関するリスクを
             理由として、発電設備等の価値の毀損や、投資採算の観点から希望した価格、時期その
             他の条件で処分できないことにより、投資主が損失を被る可能性があります。
             (注)    「小売電気事業者等」とは、再エネ特措法第31条第1項に規定する小売電気事業者等をいいます。
                                 98/144










                                                          EDINET提出書類
                                                  エネクス・インフラ投資法人(E34452)
                                               有価証券届出書(組込方式・内国投資証券)
          (ヘ) 再エネ特措法に基づく事業計画認定が取り消される                               又は失効する       リスク
              固定価格買取制度の適用を受けるためには、再生可能エネルギー発電事業に関し、事
             業計画認定を受ける必要がありますが、再エネ特措法上、経済産業大臣は、認定事業者
             が事業計画認定を受けた再生可能エネルギー発電事業計画(以下「認定計画」といいま
             す。)に従って再生可能エネルギー発電事業を行っていないとき、事業計画認定が再エ
             ネ特措法及び再エネ特措法施行規則に定める基準に適合しなくなったとき又は認定事業
             者が改善命令に違反したときは、事業計画認定を取り消すことができるものとされてい
             ます。事業計画認定が取り消された場合、当該再生可能エネルギー発電設備を用いた再
             エネ特措法の固定価格買取制度に基づく売電を行うことができず、事業計画認定を再取
             得した場合でも、再取得時の調達価格(当初の調達価格より低額であることが予想され
             ます。)及び調達期間が適用されます。
              これらの場合、売電収入が大きく減少する可能性があり、その結果、本投資法人の収
             益等が悪影響を受け、また、発電設備等の価値が毀損し、投資主が損失を被る可能性が
             あります。
              なお、2020年6月5日付で再エネ特措法の改正を含む、「強靭かつ持続可能な電気供給
             体制の確立を図るための電気事業法等の一部を改正する法律」(令和2年法律第49号。
             同法律による改正後の再エネ特措法を「令和2年改正法」といいます。)が成立し、令
             和2年改正法は、2022年4月1日より施行される予定です。令和2年改正法では、長期未稼
             働案件により空押さえされた系統容量を開放する観点から認定失効制度が新たに導入さ
             れることになります。ただし、本投資法人の保有物件は、既にFIT制度による売電が開
             始されているところ、令和2年改正法が施行されて認定失効制度が導入されても、これ
             により本投資法人が保有する太陽光発電所の認定が失効することはありません。もっと
             も、こうした認定失効制度の創設の結果、本投資法人の取得に適する太陽光発電設備が
             減少し、本投資法人が希望どおりに太陽光発電設備を取得できなくなる可能性がありま
             す。
          (ト) 固定価格買取制度が変更又は廃止されるリスク

              固定価格買取制度を取り巻く情勢の変化により、現在の制度が変更又は廃止され、か
             かる変更又は廃止の結果、発電事業自体は継続できるとしても、従前と同様の条件で安
             定的かつ継続した売電収入を得ることができなくなる可能性や新たな規制を遵守するた
             めに再生可能エネルギー発電設備等の運営・維持管理に要する費用等が増加する可能性
             があります。
              また、    令和2年改正法では、再生可能エネルギー源を利用する電源のうち競争力ある
             電源への成長が見込まれるもの(競争電源)については、従来のFIT制度に代わり、他
             の電源と同様に市場等で取引する仕組みを導入するとともに、市場価格に一定のプレミ
             アムを上乗せして交付する制度(Feed                     in  Premium     = FIP制度)が創設されます。               FIP制
             度は、発電した電気を卸電力取引市場や相対取引で取引させつつ、基準価格(FIP価
             格)(固定)と市場価格に基づく価格(参照価格)(一定期間内は固定、長期的には変
             動)の差額(プレミアム)(一定期間内は固定、長期的には変動)を上乗せして交付す
             る制度です。       ただし、本投資法人の保有物件は、既にFIT制度による売電が開始されて
             いるところ、これまでの主力電源化小委員会での議論や国会審議での答弁からして、こ
             れらについては引き続き現在のFIT制度の対象となり、FIP制度に移行する訳ではないと
             考えています。そのため、本投資法人は、仮に、令和2年改正法が施行されてFIP制度が
             導入されたとしても、本投資法人が保有する太陽光発電所の売電方法や買取価格に影響
             を与える可能性は低いと考えています。もっとも、こうしたFIP制度の創設を含む市場
             への統合が進められる            結果、本投資法人の収益等が悪影響を受け、投資主が損失を被る
             可能性があります。また、かかる変更又は廃止の結果、それ以降に建設される新規の再
                                 99/144


                                                          EDINET提出書類
                                                  エネクス・インフラ投資法人(E34452)
                                               有価証券届出書(組込方式・内国投資証券)
             生可能エネルギー発電設備が減少し、又は建設されても投資に適さず、本投資法人が希
             望どおりに再生可能エネルギー発電設備を取得できなくなる可能性があります。
         ⑥ 発電事業に係る操業リスク

            本投資法人は、再生可能エネルギー発電設備等を主たる投資対象とし、そのうち50%以上
          を太陽光発電設備等に関する当該資産に投資する方針です。かかる資産を用いて行われる発
          電事業には以下のようなリスクが存在します。かかる資産を裏付けとする他の資産に投資す
          る場合も同様です。本投資法人                 又は信託受託者        の再生可能エネルギー発電設備等に係る賃料
          収入は、賃借人である発電事業者の売電収入を背景としているため、以下に記載するリスク
          が現実化した場合、保有資産の価値の減少や損害賠償義務の負担などのほかに、賃借人であ
          る発電事業者の売電収入が減少し、その結果、本投資法人の収益等が悪影響を受け、投資主
          が損失を被る可能性があります。
          (イ) 再生可能エネルギー発電設備の発電量が想定より低下するリスク

              再生可能エネルギー発電設備の性能が取得後に想定以上に低下し、又は再生可能エネ
             ルギー発電設備に故障、不具合等が発生し、想定していた発電量が得られず、売電収入
             が減少する可能性があります。本投資法人又はオペレーター若しくは賃借人は、EPC契
             約上の性能保証又はメーカーの保証の内容に応じて、EPC業者又はメーカーに対して、
             発電装置を構成する機器又は部品等の修理若しくは交換又は補償金の支払を請求できる
             場合がありますが、保証の対象、期間等は一定範囲に限定されており、性能を回復・維
             持するために修補その他に係る予定外の費用を負担せざるを得なくなることや、想定し
             た性能を維持できないことがあります。
              また、    本投資法人又は信託受託者が                保有  する  資産の大半は、十分な期間の操業記録が
             ないため、経年劣化や将来にわたる故障の発生率等の正確な予測が困難であり、実際の
             発電量が想定を下回る可能性があります。これらの場合は、賃借人である発電事業者の
             再生可能エネルギー発電設備に係る売電収入が減少し、その結果、本投資法人の収益等
             が悪影響を受け、投資主が損失を被る可能性があります。
          (ロ) 周囲の環境・天候に関するリスク

              太陽光発電設備は発電量が日射量によって変動しますが、周辺に新しい建物等が建築
             されることや、周辺の植物の成長等により事後的に太陽光発電設備への日照が制限され
             る場合、太陽電池モジュールへの日射が遮られる状態になる等、本投資法人の運用資産
             である太陽光発電設備等の周辺環境が本投資法人の支配できない事由により悪化する可
             能性があります。また、天候不順が続いた場合や積雪等により太陽電池モジュールへの
             日射が遮られる状態となる可能性もあります。風力発電設備は、その発電量が風況に
             よって変動するため、周辺に他の風力発電設備が建設される場合には発電量が減少する
             おそれがあり、また、風量が少ない日が続くことや強風や落雷等により風力発電設備等
             が損傷する可能性もあります。
              これらの場合、再生可能エネルギー発電設備から得られる売電収入が減少する可能性
             があり、本投資法人           又は信託受託者        が収受する賃貸借契約に基づく賃料は、売電収入を
             背景としているため、これらの事情により売電収入が減少する場合、本投資法人                                           又は信
             託受託者     の賃料収入が減少し、その結果、本投資法人の収益等が減少し、又は本投資法
             人の運用資産である発電設備の収益の低下や価値の下落が生じ、本投資法人に悪影響が
             生じる可能性があります。なお、強風、暴風雨、洪水、落雷、竜巻等の異常な気象現象
             によるリスクについては、後記「⑦                    保有資産に関するリスク (ホ)                 災害等による再生
             可能エネルギー発電設備及び発電設備用地の毀損、滅失及び劣化のリスク」をご参照く
             ださい。
                                100/144


                                                          EDINET提出書類
                                                  エネクス・インフラ投資法人(E34452)
                                               有価証券届出書(組込方式・内国投資証券)
          (ハ) 事故等に関するリスク
              再生可能エネルギー発電設備においては、設置された電気工作物等の危険物や発電さ
             れた電気を原因とする事故、強風又は落雷等による太陽電池モジュールや風車の破損、
             洪水によるダム・堰の決壊等、各再生可能エネルギー発電設備特有の事故等が発生する
             可能性があり、万が一、運用資産において、かかる事故等が発生した場合、再生可能エ
             ネルギー発電設備が滅失、劣化又は毀損し、又は一定期間の不稼働を余儀なくされる場
             合があります。かかる事故等が発生した場合のリスクについては、後記「⑦                                          保有資産
             に関するリスク (ホ)             災害等による再生可能エネルギー発電設備及び発電設備用地の
             毀損、滅失及び劣化のリスク」及び同「(ヘ)                         再生可能エネルギー発電設備及び発電設
             備用地に係る所有者責任、修繕・維持・管理費用等に関するリスク」をご参照くださ
             い。
          (ニ) 送電設備その他第三者の資産に関するリスク

              発電事業者は、原則として、再生可能エネルギー発電設備が電気事業者等の送電設備
             に電気的に接続され、当該送電設