ブラックロック・世界株式インパクト投資ファンド(DC) 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)

提出書類 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
提出日
提出者 ブラックロック・世界株式インパクト投資ファンド(DC)
カテゴリ 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)

                                                           EDINET提出書類
                                                ブラックロック・ジャパン株式会社(E09096)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    【表紙】
    【提出書類】                    有価証券届出書

    【提出先】                    関東財務局長

    【提出日】                    2020年10月12日

    【発行者名】                    ブラックロック・ジャパン株式会社

    【代表者の役職氏名】                    代表取締役会長 井澤 吉幸

    【本店の所在の場所】                    東京都千代田区丸の内一丁目8番3号

    【事務連絡者氏名】                    猪浦 純子

    【電話番号】                    03-6703-7940

    【届出の対象とした募集(売出)内国投資                    ブラックロック・世界株式インパクト投資ファンド(DC)

     信託受益証券に係るファンドの名称】                   (愛称:明日をつくる)
    【届出の対象とした募集(売出)内国投資                    当初申込期間:1,000万円とします。

     信託受益証券の金額】                   継続申込期間:4,500億円を上限とします。
    【縦覧に供する場所】                    該当事項はありません。

     (注) 本書において文中および表中の数字は四捨五入された数値として表示されている場合があり、従って合計とし

        て表示された数字はかかる数値の総和と必ずしも一致するとは限りません。
                                  1/78










                                                           EDINET提出書類
                                                ブラックロック・ジャパン株式会社(E09096)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    第一部【証券情報】
    (1)【ファンドの名称】

      ブラックロック・世界株式インパクト投資ファンド(DC)
      (ファンドの愛称を「明日(あした)をつくる」とします。以下「当ファンド」、「ファンド」という場合があり
     ます。)
    (2)【内国投資信託受益証券の形態等】

      追加型証券投資信託の受益権です。
      当初元本は、1口当り1円です。
      ファンドの受益権は、社債、株式等の振替に関する法律(以下、「社振法」といいます。)の規定の適用を受け、
     受益権の帰属は、後述の「(11)振替機関に関する事項」に記載の振替機関および当該振替機関の下位の口座管理機関
     (社振法第2条に規定する「口座管理機関」をいい、振替機関を含め、以下「振替機関等」といいます。)の振替口
     座簿に記載または記録されることにより定まります(以下、振替口座簿に記載または記録されることにより定まる受
     益権を「振替受益権」といいます。)。委託会社であるブラックロック・ジャパン株式会社は、やむを得ない事情等
     がある場合を除き、当該振替受益権を表示する受益証券を発行しません。また、振替受益権には無記名式や記名式の
     形態はありません。
      当ファンドについて、委託会社の依頼により、信用格付業者から提供され、もしくは閲覧に供された信用格付また
     は信用格付業者から提供され、もしくは閲覧に供される予定の信用格付はありません。
    (3)【発行(売出)価額の総額】

     ① 当初申込期間:1,000万円とします。
     ② 継続申込期間:4,500億円を上限とします。

       
       額を下回る段階で購入申込の受付を停止する場合があります。
    (4)【発行(売出)価格】

     ① 当初申込期間:1口当り1円
     ② 継続申込期間:購入受付日の翌営業日の基準価額とします。

       基準価額につきましては、販売会社または下記にお問い合わせください。
       ブラックロック・ジャパン株式会社
       電話番号:03-6703-4300(受付時間 営業日の9:00~17:00)
       ホームページアドレス:www.blackrock.com/jp/
    (5)【申込手数料】

      ありません。
    (6)【申込単位】

      分配金の受取方法により、収益の分配時に分配金を受け取る「一般コース」と、分配金が税引き後、無手数料で再
     投資される「累積投資コース」の2つの購入方法があります。
      取扱いを行なうコースおよび購入の申込単位(以下「購入単位」といいます。)は、各販売会社により異なりま
     す。詳細は販売会社にお問い合わせください。
                                  2/78




                                                           EDINET提出書類
                                                ブラックロック・ジャパン株式会社(E09096)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    (7)【申込期間】
     ① 当初申込期間:2020年10月28日から2020年10月29日まで
       ※当初申込期間は、委託会社による申込のみ受付けます。
     ② 継続申込期間:2020年10月30日から2022年1月14日まで

       申込期間は、上記期間満了前に有価証券届出書を提出することによって更新されます。
    (8)【申込取扱場所】

      ファンドの申込取扱場所(以下「販売会社」といいます。)については下記にお問い合わせください。
      ブラックロック・ジャパン株式会社
      電話番号:03-6703-4300(受付時間 営業日の9:00~17:00)
      ホームページアドレス:www.blackrock.com/jp/
    (9)【払込期日】

     ① 当初申込期間
       投資者は、当初申込期間の最終日(2020年10月29日)までに、購入代金(発行価格に購入口数を乗じた金額をい
      います。)を販売会社に支払うものとします。
       発行価額の総額は、販売会社によって信託設定日(2020年10月30日)に委託会社の指定する口座を経由して、受
      託会社の指定するファンド口座に払い込まれます。
     ② 継続申込期間

       投資者は、販売会社が定める日までに購入代金(購入受付日の翌営業日の基準価額に購入口数を乗じた金額をい
      います。)を販売会社に支払うものとします。
       振替受益権に係る各購入受付日の発行価額の総額は、販売会社によって追加信託が行なわれる日に委託会社の指
      定する口座を経由して、受託会社の指定するファンド口座に払い込まれます。
    (10)【払込取扱場所】

      上記「(8)申込取扱場所」で払い込みください。
    (11)【振替機関に関する事項】

      振替機関は、株式会社証券保管振替機構です。
    (12)【その他】

     ① 購入代金の利息
       購入代金には利息をつけません。
     ② 日本以外の地域における発行

       行ないません。
     ③ 購入不可日

       継続申込期間中は、以下に定める主要投資対象ファンドの休業日に該当する場合には、販売会社の営業日であっ
      ても購入は受付けません。詳細は販売会社にお問い合わせください。
      ・アイルランド、米国、英国の銀行の休業日
      ・その他の受付不可日
                                  3/78




                                                           EDINET提出書類
                                                ブラックロック・ジャパン株式会社(E09096)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     ④ 振替受益権について
       ファンドの受益権は、社振法の規定の適用を受け、上記「(11)振替機関に関する事項」に記載の振替機関の振替
      業にかかる業務規程等の規則にしたがって取り扱われるものとします。
       ファンドの分配金、償還金、換金代金は、社振法および上記「(11)振替機関に関する事項」に記載の振替機関の
      業務規程その他の規則にしたがって支払われます。
      (参考)

       ◆ 投資信託振替制度とは、
        ・ファンドの受益権の発生、消滅、移転をコンピュータシステムにて管理します。
        ・ファンドの設定、換金、償還等がコンピュータシステム上の帳簿(「振替口座簿」といいます。)への記
         載・記録によって行なわれますので、受益証券は発行されません。
                                  4/78

















                                                           EDINET提出書類
                                                ブラックロック・ジャパン株式会社(E09096)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    第二部【ファンド情報】
    第1【ファンドの状況】

    1【ファンドの性格】

     (1)【ファンドの目的及び基本的性格】
      ① 「ブラックロック・世界株式インパクト投資ファンド(DC)」(ファンドの愛称を「                                           明日をつくる      」としま
       す。以下、「当ファンド」、「ファンド」という場合があります。)は、信託財産の成長を目指して運用を行な
       います。
      ② 当ファンドは、追加型証券投資信託であり、追加型投信/海外/株式に属しています。下記は、一般社団法人

       投資信託協会の「商品分類に関する指針」に基づき当ファンドが該当する商品分類・属性区分を網掛け表示して
       います。
      <商品分類表>

       単位型・追加型          投資対象地域         投資対象資産(収益の源泉)
       単位型投信         国内           株式
       追加型投信         海外           債券
               内外           不動産投信
                          その他資産(    )
                          資産複合
      <属性区分表>

         投資対象資産          決算頻度       投資対象地域           投資形態         為替ヘッジ
       株式           年1回       グローバル          ファミリーファン          あり
        一般           年2回       (日本を含む)          ド
        大型株           年4回       日本                   なし
        中小型株           年6回       北米          ファンド・オブ・
       債券           (隔月)       欧州          ファンズ
        一般           年12回       アジア
        公債           (毎月)       オセアニア
        社債           日々       中南米
        その他債券           その他       アフリカ
       クレジット属性                  中近東
       不動産投信                  (中東)
       その他資産                  エマージング
       (投資信託証券(株
       式))
       資産複合
        資産配分固定型
        資産配分変更型
                                  5/78






                                                           EDINET提出書類
                                                ブラックロック・ジャパン株式会社(E09096)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
      <各分類および区分の定義>

      Ⅰ.商品分類
       単位型投信・追加型                     一度設定されたファンドであってもその後追加設定が行なわれ従来
                  追加型投信
       投信の区分                     の信託財産とともに運用されるファンドをいう。
       投資対象地域による                     目論見書又は投資信託約款において、組入資産による主たる投資収
                  海外
       区分                     益が実質的に海外の資産を源泉とする旨の記載があるものをいう。
       投資対象資産による                     目論見書または投資信託約款において、組入資産による主たる投資
                  株式
       区分                     収益が実質的に株式を源泉とする旨の記載があるものをいう。
      Ⅱ.属性区分

                  その他資産(投資          目論見書または投資信託約款において、主として投資信託証券に投
       投資対象資産による
                  信託証券(株          資する旨の記載があるものをいう。ただし、当ファンドは、投資信
       属性区分
                  式))          託証券を通じて主として株式に投資する。
       決算頻度による属性                     目論見書または投資信託約款において、年1回決算する旨の記載が
                  年1回
       区分                     あるものをいう。
       投資対象地域による           グローバル(日本          目論見書又は投資信託約款において、組入資産による投資収益が日
       属性区分           を含む)          本を含む世界の資産を源泉とする旨の記載があるものをいう。
       投資形態による属性           ファンド・オブ・          「投資信託等の運用に関する規則」第2条に規定するファンド・オ
       区分           ファンズ          ブ・ファンズをいう。
                           目論見書または投資信託約款において、為替のヘッジを行なわない
       為替ヘッジによる属                     旨の記載があるものまたは為替のヘッジを行なう旨の記載がないも
                  為替ヘッジなし
       性区分                     のをいう。なお、「為替ヘッジ」とは、対円での為替リスクに対す
                           るヘッジの有無をいう。
       上記は、一般社団法人投資信託協会の定義を基に委託会社が作成したものを含みます。なお、上記以外の商品分
      類・属性区分の定義については、一般社団法人投資信託協会のホームページ(http://www.toushin.or.jp/)をご参
      照ください。
      ③ 信託金の限度額は、4,500億円です。ただし、委託会社は受託会社と合意のうえ、当該限度額を変更することが

       できます。
        
        度額を下回る段階で購入申込の受付を停止する場合があります。
                                  6/78









                                                           EDINET提出書類
                                                ブラックロック・ジャパン株式会社(E09096)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
      ④ ファンドの特色
                                  7/78




















                                                           EDINET提出書類
                                                ブラックロック・ジャパン株式会社(E09096)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
                                  8/78





















                                                           EDINET提出書類
                                                ブラックロック・ジャパン株式会社(E09096)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     (2)【ファンドの沿革】
      2020年10月30日              信託契約締結、ファンドの設定日、運用開始(予定)
     (3)【ファンドの仕組み】

                           ファンドの仕組み
      <契約等の概要>











       a.「証券投資信託契約」
         ファンドの設定・運営に関する事項、信託財産の運用・管理に関する事項、委託会社および受託会社の業務
        に関する事項、投資者に関する事項等について規定しています。
       b.「受益権の募集・販売の取扱い等に関する契約」

         委託会社が販売会社に委託する受益権の募集販売の取扱い、換金事務、投資者に対する収益分配金および換
        金代金の支払い、その他これらの業務に付随する業務等について規定しています。
                                  9/78





                                                           EDINET提出書類
                                                ブラックロック・ジャパン株式会社(E09096)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
      <ファンド・オブ・ファンズの仕組み>
       当ファンドは、投資信託証券に投資するファンド・オブ・ファンズです。
      <委託会社の概況>





       2020年7月末現在の委託会社の概況は、以下のとおりです。
       a.資本金    3,120百万円
       b.沿革

        1985年1月        メリルリンチ投資顧問株式会社
               (後のメリルリンチ・インベストメント・マネジャーズ株式会社)設立
               1987年3月 証券投資顧問業者として登録
               1987年6月 投資一任業務認可を取得
               1997年12月 投資信託委託業務免許を取得
        1988年3月        バークレイズ・デズート・ウェッド投資顧問株式会社
               (後のバークレイズ・グローバル・インベスターズ株式会社)設立
               1988年6月 証券投資顧問業者として登録
               1989年1月 投資一任業務認可を取得
               1998年3月 投資信託委託業務免許を取得
        1999年4月        野村ブラックロック・アセット・マネジメント株式会社
               (後のブラックロック・ジャパン株式会社)設立
               1999年6月 証券投資顧問業者として登録
               1999年8月 投資一任業務認可を取得
        2006年10月        メリルリンチ・インベストメント・マネジャーズ株式会社を存続会社として、
               ブラックロック・ジャパン株式会社と合併
               新会社商号:「ブラックロック・ジャパン株式会社」
        2009年12月        バークレイズ・グローバル・インベスターズ株式会社を存続会社として、
               ブラックロック・ジャパン株式会社と合併
               新会社商号:「ブラックロック・ジャパン株式会社」
       c.大株主の状況

                                               所有
              株主名                   住所                   所有比率
                                               株式数
        ブラックロック・ジャパン・
                         東京都千代田区丸の内一丁目8番3号                     15,000株       100%
        ホールディングス合同会社
                                 10/78



                                                           EDINET提出書類
                                                ブラックロック・ジャパン株式会社(E09096)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    2【投資方針】
     (1)【投資方針】
      ① ブラックロック・グループのグローバル・インパクト投資戦略により、長期的なトータル・リターンの最大化
       を目指します。
      ② 主として、社会や環境問題の解決を促進すると考えられる製品やサービスを提供する企業の株式等に投資する

       投資信託証券(以下「主要投資対象ファンド」といいます。)に投資を行ないます。
      ③ 主要投資対象ファンドにおいては、先進国に加え、新興国等の株式等にも投資を行なう場合があります。ま

       た、副次的な投資対象として、短期債券等に投資する投資信託証券にも投資を行ないます。
      ④ 投資対象とする投資信託証券は、ブラックロック・グループの運用会社が運用する別に定める投資信託証券と

       します。別に定める投資信託証券は、委託会社の判断により、変更することがあります。
      ⑤ 各投資信託証券への投資割合は、原則として市況動向および各投資信託証券の収益性等を勘案して委託会社が

       決定します。通常、主要投資対象ファンドへの投資割合を高位に保ちます。
      ⑥ 実質的な外貨建資産については、原則として為替ヘッジを行ないません。

      ⑦ 資金動向、市況動向、残存信託期間等によっては、上記のような運用ができない場合もあります。

       㬰Y풊ᝏ᩹㸰漰Ɓ縰弰潻ⱎঀ԰湒⥶쨰鉖謰弰脰止閌잀԰湒⥶쨰鉛댰夰謰匰栰栰樰譯屗⡶萰樰䨰崰谰渰䈰譓

        引を行ないまたは行なうことがある場合、投資者の利益を害しないことを確保するため、売買執行管理規程等
        の社内規程により管理します。
     (2)【投資対象】

      ① 投資対象とする資産の種類
        この信託において投資の対象とする資産の種類は、次に掲げる特定資産(「特定資産」とは、投資信託及び投
       資法人に関する法律(以下「投信法」といいます。)第2条第1項で定めるものをいいます。)とします。
       a.有価証券
       b.約束手形(a.に掲げるものに該当するものを除きます。)
       c.金銭債権(a.およびb.に掲げるものに該当するものを除きます。)
      ② 投資対象とする有価証券

        委託会社は、信託金を、主として別に定める投資信託または外国投資信託の受益証券(金融商品取引法第2条
       第1項第10号で定めるものをいいます。)および投資証券または外国投資証券(金融商品取引法第2条第1項第
       11号で定めるものをいいます。)のほか、次の有価証券(金融商品取引法第2条第2項の規定により有価証券と
       みなされる同項各号に掲げる権利を除きます。)に投資することを指図します。
       a.国債証券
       b.地方債証券
       c.特別の法律により法人の発行する債券および社債券(新株引受権証券と社債券とが一体となった新株引受権
         付社債券の新株引受権証券および短期社債券を除きます。)
       d.短期社債等(社債、株式等の振替に関する法律(以下「社振法」といいます。)第66条第1号に規定する短
         期社債、保険業法第61条の10第1項に規定する短期社債、資産の流動化に関する法律第2条第8項に関する
         特定短期社債、信用金庫法第54条の4第1項に規定する短期債および農林中央金庫法第62条の2第1項に規
         定する短期農林債をいいます。)
       e.コマーシャル・ペーパー
       f.外国または外国の者の発行する証券または証書で、前各号の証券または証書の性質を有するもの
                                 11/78



                                                           EDINET提出書類
                                                ブラックロック・ジャパン株式会社(E09096)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
       g.外国法人が発行する譲渡性預金証書
        なお、a.からc.の証券を以下「公社債」といい、公社債にかかる運用の指図は買い現先取引(売戻し条件
       付の買い入れ)および債券貸借取引(現金担保付き債券借入れ)に限り行なうことができるものとします。
      ③ 投資対象とする金融商品

        当ファンドの設定、換金、償還、投資環境の変動等への対応等、委託会社が運用上必要と認めるときには、有
       価証券のほか、次に掲げる金融商品(金融商品取引法第2条第2項の規定により有価証券とみなされる同項各号
       に掲げる権利を含みます。)により運用することの指図ができます。
       a.預金
       b.指定金銭信託(金融商品取引法第2条第1項第14号に規定する受益証券発行信託を除きます。)
       c.コール・ローン
       d.手形割引市場において売買される手形
    投資対象ファンドの概要

    a.ブラックロック・ファンズⅠICAV ブラックロック・グローバル・インパクト・ファンド
     形態         アイルランド籍(オープン・エンド型)会社型外国投資証券(円建てまたはユーロ建て)
             ブラックロック・グループのグローバル・インパクト投資戦略により、長期的なトータル・リ

             ターンの最大化を目指します。
             主として、国連の持続可能な開発目標(SDGs)等が定める、社会や環境問題の解決を促進す
             ると考えられる製品やサービスを提供する企業の株式等に投資を行ないます。
     投資目的および
             当ファンドは、純資産総額の80%以上を、先進国の企業が発行する株式ならびに株式関連商品
     投資態度
             (各種預託証券)に投資します。また、純資産総額の30%を上限として、新興国およびフロン
             ティア諸国の企業が発行する株式等へ投資することがあります。
             ブラックロックのインパクト投資専門チームが、個別企業について、独自のインパクト分析を活
             用して、ポートフォリオを構築します。
     設定日         2020年3月31日

     存続期間         無期限

     主な投資対象         世界の株式ならびに株式関連商品を投資対象とします。

             ・同一発行体の譲渡性のある証券もしくは短期金融商品への投資は原則としてファンドの純資産

              総額の10%以下とします。
     主な投資制限         ・純資産総額の5%を超えて投資している発行体について、ファンドが保有する譲渡性のある証
              券もしくは短期金融商品への投資の総額は原則として純資産総額の40%を超えないものとしま
              す。
             年0.75%

     管理報酬         (管理会社、事務管理代行会社、名義書換事務代行会社ならびに保管会社への報酬、運用報酬お
             よび事務諸費に要する費用等、ファンドに係る全ての諸費用を含みます。)
     その他費用         ありません。

     決算日         年1回(原則として4月30日)に決算を行います。

     収益分配方針         原則として、分配を行ないません。

     申込手数料         ありません。

     管理会社         ブラックロック・アセット・マネジメント・アイルランド・リミテッド

     投資顧問会社         ブラックロック・インベストメント・マネジメント(UK)リミテッド

     保管会社         JPモルガン・バンク(アイルランド)ピー・エル・シー

                                 12/78




                                                           EDINET提出書類
                                                ブラックロック・ジャパン株式会社(E09096)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    b.インスティテューショナル・キャッシュ・シリーズplc                            ブラックロック・ICS・USトレジャリー・ファンド
     形態         アイルランド籍(オープン・エンド型)会社型外国投資証券(米ドル建て)
             ファンドは、流動性と元本の安定性を確保しつつ、安定的なインカム水準を追求します。

     投資目的および
             ファンドは、米国短中期国債、米国政府によって発行されるその他債務権および現先取引に投
     投資態度
             資をします。現先取引の活用により流動性を確保します。
     設定日         2008年9月29日

     存続期間         無期限

             主としてファンドは、米国短中期国債、米国政府によって発行されるその他債務権および現先
     主な投資対象
             取引を主要投資対象とします。
             ・同一発行体の譲渡性のある証券もしくは短期金融商品への投資は原則としてファンドの純資
     主な投資制限          産総額の10%以下とします。
             ・純資産総額の10%を超えて資金の借り入れは行ないません。
     管理報酬
             管理報酬、保管報酬および事務の処理に要する諸費用がファンドから差し引かれます。
     その他費用
     決算日         年1回(原則として9月30日)に決算を行ないます。
     収益分配方針         原則として、分配を行ないません。

     申込手数料         ありません。

     管理会社         ブラックロック・アセット・マネジメント・アイルランド・リミテッド

     投資顧問会社         ブラックロック・キャピタル・マネジメント・インク

     保管会社         JPモルガン・バンク(アイルランド)ピー・エル・シー

                                 13/78












                                                           EDINET提出書類
                                                ブラックロック・ジャパン株式会社(E09096)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     (3)【運用体制】
      ① ファンドの運用・管理の各業務の役割分担を社内規程により定めております。
      ② ファンドの運用については委託会社の運用部門が統括しています。

        社内には内部監査を担当する部門、ファンドの運用状況やリスク状況等をモニターし関連部署にフィードバッ
       クする部門、或いは投資委員会等開催により、各ファンドの投資方針等に従って運用が行なわれているか確認す
       る組織、機能が確立しています。
      ③ 当ファンドの運用は、株式インデックス運用部(当ファンド担当:8名程度)が担当いたします。

       ブラックロック・グループ










                                   *
        ブラックロック・グループは、運用資産残高約7.32兆ドル                            (約789兆円)を持つ世界最大級の独立系資産運用
       グループであり、当社はその日本法人です。
        当グループは、世界各国の機関投資家および個人投資家のため、株式、債券、キャッシュ・マネジメントおよ
       びオルタナティブ商品といった様々な資産クラスの運用を行なっております。また、機関投資家向けに、リスク
       管理、投資システム・アウトソーシングおよびファイナンシャル・アドバイザリー・サービスの提供を行なって
       おります。
       * 2020年6月末現在。(円換算レートは1ドル=107.885円を使用)
                                 14/78





                                                           EDINET提出書類
                                                ブラックロック・ジャパン株式会社(E09096)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     (4)【分配方針】
      ① 収益分配方針
        年1回の毎決算時(原則として10月20日。休業日の場合は翌営業日。)に、原則として以下の方針に基づき、
       分配を行ないます。
       a.分配対象額の範囲
         分配対象額の範囲は、経費控除後の繰越分を含めた利子・配当等収益および売買損益(繰越欠損補填後、評
        価損益を含みます。)等の全額とします。
       b.分配対象収益についての分配方針

         分配金額は、委託会社が基準価額水準、市況動向等を勘案して決定します。基準価額水準、市況動向等に
        よっては分配を行なわないことがあります。将来の分配金の支払いおよびその金額について保証するものでは
        ありません。
       c.留保益の運用方針

         留保益の運用については特に制限を設けず、委託会社の判断に基づき、元本部分と同一の運用を行ないま
        す。
      ② 収益の分配

       a.信託財産から生じる毎計算期末における利益は、次の方法により処理するものとします。
        (a)  利子、配当金およびこれらに類する収益から支払利息を控除した額(以下「配当等収益」といいます。)
         は、諸経費、諸費用(消費税に相当する金額および地方消費税に相当する金額(以下「消費税等相当額」と
         いいます。)を含みます。以下同じ。)、信託報酬(消費税等相当額を含みます。以下同じ。)を控除した
         後、その残額を投資者に分配することができます。なお、次期以降の分配に充てるため、その一部を分配準
         備積立金として積み立てることができます。
        (b)  売買損益に評価損益を加減した利益金額(以下「売買益」といいます。)は、諸経費、諸費用および当該
         諸費用に係る消費税等に相当する金額ならびに信託報酬および当該信託報酬に係る消費税等に相当する金額
         を控除し、繰越欠損金のあるときは、その全額を売買益をもって補てんした後、投資者に分配することがで
         きます。なお、次期以降の分配に充てるため、分配準備積立金として積み立てることができます。
       b.毎計算期末において、信託財産につき生じた損失は、次期に繰り越すものとします。

      ③ 収益分配金の支払い

       a.支払時期と支払場所
        (a)  一般コースの場合
          毎計算期間終了日後1ヵ月以内の委託会社の指定する日(原則として5営業日以内)に、毎計算期間の末
         日において振替機関等の振替口座簿に記載または記録されている投資者にお支払いを開始します。収益分配
         金は販売会社の営業所等において支払います。
        (b)  累積投資コースの場合
          累積投資契約に基づき、受託会社が委託会社の指定する預金口座等に払い込むことにより、原則として毎
         計算期間終了日の翌営業日に収益分配金が販売会社に支払われます。この場合、販売会社は投資者に対し遅
         滞なく収益分配金の再投資にかかる受益権の売り付けを行ないます。当該売り付けにより増加した受益権
         は、振替口座簿に記載または記録されます。
       b.時効

         投資者が、a.(a)に規定する支払開始日から5年間支払い請求を行なわない場合はその権利を失い、委託会
        社が受託会社から交付を受けた金銭は委託会社に帰属します。
                                 15/78



                                                           EDINET提出書類
                                                ブラックロック・ジャパン株式会社(E09096)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     (5)【投資制限】
       当ファンドの約款で定める投資制限
      ① 投資信託証券および短期金融商品(短期運用の有価証券を含みます。)以外への直接投資は行ないません。
      ② 投資信託証券への投資制限

        投資信託証券への投資割合には制限を設けません。
      ③ 外貨建資産への投資制限

        外貨建資産への投資割合には制限を設けません。
      ④ 特別の場合の外貨建有価証券への投資制限

        外貨建有価証券への投資については、わが国の国際収支上の理由等により特に必要と認められる場合には、制
       約されることがあります。
      ⑤ 公社債の借入れ

       a.委託会社は、信託財産の効率的な運用に資するため、公社債の借入れの指図をすることができます。なお、
        当該公社債の借入れを行なうにあたり担保の提供が必要と認めた時は、担保の提供の指図を行なうものとしま
        す。
       b.a.の指図は、当該借入れにかかる公社債の時価総額が信託財産の純資産総額の範囲内とします。
       c.換金等の事由により、b.の借入れにかかる公社債の時価総額が信託財産の純資産総額を超えることとなっ
        た場合には、委託会社は速やかに、その超える額に相当する借入れた公社債の一部を返還するための指図をす
        るものとします。
       d.a.の借入れにかかる品借料は信託財産中から支弁します。
      ⑥ 外国為替予約の指図および範囲

        委託会社は、信託財産に属する外貨建資産について当該外貨建資産の為替ヘッジのため、外国為替の売買の予
       約取引の指図をすることができます。
      ⑦ 資金の借入れ

       a.委託会社は、信託財産の効率的な運用ならびに運用の安定性に資するため、換金に伴う支払資金の手当て
        (換金に伴う支払資金の手当てのために借入れた資金の返済を含みます。)を目的として、または再投資にか
        かる収益分配金の支払資金の手当てを目的として、資金借入れ(コール市場を通じる場合を含みます。)の指
        図をすることができます。なお、当該借入金をもって有価証券等の運用は行なわないものとします。
       b.換金に伴う支払資金の手当てにかかる借入期間は、投資者への換金代金支払開始日から信託財産で保有する
        有価証券等の売却代金の受渡日までの間または投資者への換金代金支払開始日から信託財産で保有する有価証
        券等の換金代金入金日までの間もしくは投資者への換金代金支払開始日から信託財産で保有する有価証券等の
        償還金の入金日までの期間が5営業日以内である場合の当該期間とし、資金借入額は当該有価証券等の売却ま
        たは換金代金および有価証券等の償還金の合計額を限度とします。
         ただし、資金の借入額は、借入れ指図を行なう日における信託財産の純資産総額の10%を超えないこととし
        ます。
       c.収益分配金の再投資にかかる借入期間は信託財産から収益分配金が支弁される日からその翌営業日までと
        し、資金借入額は収益分配金の再投資額を限度とします。
       d.借入金の利息は信託財産中より支弁します。
                                 16/78





                                                           EDINET提出書類
                                                ブラックロック・ジャパン株式会社(E09096)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
      ⑧ 信用リスク集中回避のための投資制限
        一般社団法人投資信託協会規則に定める一の者に係る株式等エクスポージャー、債券等エクスポージャーおよ
       びデリバティブ等エクスポージャーの信託財産の純資産総額に対する比率は、原則としてそれぞれ10%、合計で
       20%を超えないものとし、当該比率を超えることとなった場合には、同規則にしたがい当該比率以内となるよう
       調整を行ないます。
                                 17/78



















                                                           EDINET提出書類
                                                ブラックロック・ジャパン株式会社(E09096)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    3【投資リスク】
     (1)  投資リスク
       ファンドの基準価額は、組入れられている有価証券の値動きの他、為替変動による影響を受けます。これらの信
      託財産の運用により生じた損益はすべて投資者の皆様に帰属します。したがって、当ファンドは元金および元金か
      らの収益の確保が保証されているものではなく、基準価額の下落により投資者は損失を被り、元金を割り込むこと
      があります。また、投資信託は預貯金と異なります。
       当ファンドにかかる主なリスクは以下の通りです。
      ① 基準価額の変動要因

       a.株価変動リスク
         世界の株式に投資します。したがって、世界の経済および株式市場動向または株式の発行会社の経営・財務
        状況等に応じて組入株式の株価および配当金が変動し、当ファンドの運用成果に影響を与えます。
       b.為替変動リスク

         外貨建資産に投資します。原則として外貨建資産に対して為替ヘッジを行ないません。したがって、為替
        レートの変動が当ファンドの運用成果に影響を与えます。
       c.カントリー・リスク

         世界の株式に投資します。
         投資先の国の政治・経済事情、通貨・資本規制等の要因により、株式の価格が変動することがあり、それに
        伴い当ファンドの運用成果に影響を与えます。
         また、エマージング(新興)市場の発行体が発行する株式に投資します。エマージング諸国の経済は、先進
        諸国に比べて不安定であり、その株式市場を取り巻く社会的・経済的環境はより不透明な場合が多く、エマー
        ジング諸国の政府は自国経済を規制または監督する上で大きな影響力を行使することがあります。したがっ
        て、先進国市場に投資する場合に比べて、投資先の国の政治・経済事情、通貨・資本規制等の要因により、よ
        り大幅に価格が変動することが考えられ、それに伴い当ファンドの運用成果に影響を与えます。
       d.中小型株式投資のリスク

         株式市場平均に比べ株式時価総額の小さな企業の株式にも投資することができます。これらの企業の株式へ
        の投資は、株式市場全体の平均に比べて結果としてより大きな値上がりもしくは値下がりとなる可能性があり
        ます。これは比較的規模の小さい企業は大規模の企業に比べ収益の変動が大きくなる傾向があることに加え、
        株式市場における需給関係の変動の影響を受けやすいためです。
       e.債券投資のリスク

         債券へも投資を行ないます。債券の価格は、政治、経済、社会情勢等の影響により金利が上昇すれば下落
        し、金利が低下すれば上昇します。したがって、金利の変動が当ファンドの運用成果に影響を与えます。ま
        た、投資した債券の発行体の財務状況により、債務不履行が生じることがあります。債務不履行が生じた場合
        には、債券価格が下落する等、当ファンドの運用成果に影響を与えます。
       f.デリバティブ取引のリスク

         先物・オプション取引などのデリバティブ取引を用いることができます。このような投資手法は現物資産へ
        の投資に代わって運用の効率を高めるため、または証券価格、市場金利、為替等の変動による影響から当ファ
        ンドの投資対象ファンドを守るために用いられます。デリバティブ取引を用いた結果、コストとリスクが伴
        い、当ファンドの運用成果に影響を与えます。また、デリバティブ取引は必ず用いられるわけでなく、用いら
        れたとしても本来の目的を達成できる保証はありません。
                                 18/78




                                                           EDINET提出書類
                                                ブラックロック・ジャパン株式会社(E09096)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
      ② ファンド運営上のリスク
       a.購入および換金の受付の中止・取消
         金融商品取引所等における取引の停止、外国為替取引の停止、決済機能の停止その他やむを得ない事情があ
        るときは、受益権の購入および換金の受付を中止する場合があります。また、この場合、既に受付けた受益権
        の購入および換金の受付を取り消す場合があります。
       b.ファンドの繰上償還

         当ファンドは換金により当ファンドの受益権の口数が30億口を下回ることとなった場合、または投資者のた
        め有利と認められる場合、その他やむを得ない事情が発生したとき等は、ファンドを償還させる場合がありま
        す。
       c.法令・税制・会計等の変更

         法令・税制・会計方法等は今後変更される可能性があります。
       d.収益分配金に関する留意点

         分配金は、預貯金の利息とは異なりファンドの純資産から支払われますので、分配金が支払われると、その
        金額相当分、基準価額は下がります。
         分配金は、計算期間中に発生した運用収益(経費控除後の配当等収益および評価益を含む売買益)を超えて
        支払われる場合があります。計算期間中に運用収益があった場合においても、当該運用収益を超えて分配を行
        なった場合、当期決算日の基準価額は前期決算日の基準価額と比べて下落することになります。したがって、
        分配金の水準は必ずしも計算期間におけるファンドの収益率を示すものではありません。
         投資者の個別元本の状況によっては、分配金の一部または全部が、実質的に元本の一部払戻しに相当する場
        合があります。個別元本とは、追加型投資信託を保有する投資者毎の取得元本のことで、投資者毎に異なりま
        す。
     (2)  リスクの管理体制

       委託会社ではリスク管理を重視しており、独自開発のシステムを用いてリスク管理を行なっております。具体的
      には、運用担当部門とは異なる部門においてファンドの投資リスクの計測・分析、投資制限のモニタリングなどを
      行なうことにより、ファンドの投資リスクが運用方針に合致していることを確認し、その結果を運用担当部門に
      フィードバックするほか、社内の関係者で共有しております。また、委託会社の業務に関するリスクについて社内
      規程を定めて管理を行なっております。
        ※ リスクの管理体制は、変更となる場合があります。

                                 19/78








                                                           EDINET提出書類
                                                ブラックロック・ジャパン株式会社(E09096)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    (参考情報)
                                 20/78




















                                                           EDINET提出書類
                                                ブラックロック・ジャパン株式会社(E09096)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    4【手数料等及び税金】
     (1)【申込手数料】
        ありません。
     (2)【換金(解約)手数料】

      ① 換金手数料
        ありません。
      ② 信託財産留保額

        ありません。
     (3)【信託報酬等】

      ① 信託報酬の総額
        ファンドの実質的な信託報酬(a+b)は、信託財産の純資産総額に対して年1.278%(税抜1.23%)程度とな
       ります。
       a.ファンドの信託報酬

         計算期間を通じて毎日、信託財産の純資産総額に年0.528%(税抜0.48%)の率を乗じて得た額とします。信
        託報酬に係る委託会社、販売会社、受託会社の間の配分および当該報酬を対価とする役務の内容は次の通りと
        します。
                    信託報酬の配分                     役務の内容
                     年0.011%         ファンドの運用、基準価額の計算、運用報告書等各種書類
           委託会社
                    (税抜0.01%)          の作成等
                     年0.4895%         運用報告書等各種書類の送付、口座内でのファンドの管
           販売会社
                   (税抜0.445%)           理、購入後の情報提供等
                     年0.0275%
           受託会社                   運用財産の管理、委託会社からの指図の実行等
                   (税抜0.025%)
       b.投資対象ファンドにかかる運用管理費用

         年0.75%が投資対象ファンドから支払われます。
         (主要投資対象ファンドの保管費用等ファンドに係る全ての諸費用を含みます。)
      ② 信託報酬の支払時期と支払方法等

        信託報酬は、日々計上され、毎計算期間の最初の6ヵ月終了日(当該終了日が休業日の場合はその翌営業
       日)、および毎計算期末または信託終了のとき信託財産中から支弁するものとします。
        委託会社および販売会社に対する信託報酬は、ファンドから委託会社に対して支弁されます。信託報酬の販売
       会社への配分は、ファンドから委託会社に支弁された後、委託会社より販売会社に対して支払われます。受託会
       社の報酬は、ファンドから受託会社に対して支弁されます。
     (4)【その他の手数料等】

      ① 信託財産において換金代金等の支払資金に不足が生じるときに資金借入れの指図を行なった場合はその都度、
       当該借入金の利息は信託財産中より支弁します。
      ② 信託財産に関する租税、信託事務の処理に要する諸費用および受託会社の立替えた立替金の利息(以下「諸経

       費」といいます。)は、投資者の負担とし、その都度、信託財産中から支弁します。
      ③ 下記の諸費用(以下「諸費用」といいます。)および諸費用に係る消費税等相当額は、投資者の負担とし、信

       託財産中から支弁することができます。
        1.受益権の管理事務に関連する費用
        2.有価証券届出書、有価証券報告書等法定提出書類の作成、印刷および提出に係る費用
                                 21/78


                                                           EDINET提出書類
                                                ブラックロック・ジャパン株式会社(E09096)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
        3.目論見書の作成、印刷および交付に係る費用
        4.信託約款の作成、印刷および届出に係る費用
        5.運用報告書の作成、印刷、交付および提出に係る費用
        6.公告に係る費用
        7.他の信託との併合および信託約款の変更またはファンドの償還に係る事項を記載した書面の作成、印刷お
         よび交付に係る費用
        8.この信託の監査人、法律顧問および税務顧問に対する報酬および費用
         委託会社は、年0.11%(税抜0.10%)を上限とする、上記の諸費用の金額をあらかじめ合理的に見積もった
        上で算出する率を毎日純資産総額に対して乗じて得た額、または上記の諸費用の金額をあらかじめ合理的に見
        積もった上で算出する額を、上記の諸費用の支払の合計額とみなして、ファンドから受領することができま
        す。諸費用および諸費用に係る消費税等相当額は、日々計上され、毎計算期間の最初の6ヵ月終了日(当該終
        了日が休業日の場合はその翌営業日)および毎計算期末、または信託終了のとき信託財産中から支払われるも
        のとします。
                         *

      ④ 外貨建資産の保管等に要する費用等                   は、その都度、信託財産中より支弁します。
        *海外における保管銀行等に支払う有価証券の保管および資金の送金・資産の移転等に要する費用
      ⑤ 副次的投資対象ファンドの報酬等が別途投資対象ファンドから支払われます。

      ⑥ 投資する上場投資信託証券に係る保管報酬および事務処理に要する諸費用が別途当該上場投資信託証券から支

       払われます。
     (5)【課税上の取扱い】

       課税上は株式投資信託として取扱われます。
       確定拠出年金法に定める加入者等の運用の指図に基づいて購入の申込を行なう資産管理機関および国民年金基金
      連合会等の場合、所得税および地方税がかかりません。なお、確定拠出年金制度の加入者については、確定拠出年
      金の積立金の運用にかかる税制が適用されます。
       上記以外の日本の居住者(法人を含む。)である投資者に対する課税については、以下のような取扱いとなりま
      す。
      ① 個別元本方式について
       a.追加型株式投資信託について、投資者毎の信託時の受益権の価額等(購入時手数料は含まれません。)が当
        該投資者の元本(「個別元本」といいます。)にあたります。
       b.投資者が同一ファンドの受益権を複数回購入した場合、個別元本は、当該投資者が追加信託を行なうつど当

        該投資者の受益権口数で加重平均することにより算出されます。
       c.同一ファンドを複数の販売会社で購入する場合については各販売会社毎に、個別元本の算出が行なわれま

        す。また、同一販売会社であっても複数支店等で同一ファンドを購入する場合は当該支店等毎に個別元本の算
        出が行なわれる場合があります。
       d.投資者が元本払戻金(特別分配金)を受け取った場合、収益分配金発生時にその個別元本から当該元本払戻

        金(特別分配金)を控除した額が、その後の当該投資者の個別元本となります。(「元本払戻金(特別分配
        金)」については、下記「③収益分配金の課税について」を参照。)
      ② 換金時および償還時の課税について

       a.個人の投資者の場合
         換金時および償還時の差益(譲渡益)が課税対象となります。
       b.法人の投資者の場合

         換金時および償還時の個別元本超過額が課税対象となります。
                                 22/78



                                                           EDINET提出書類
                                                ブラックロック・ジャパン株式会社(E09096)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
      ③ 収益分配金の課税について
        追加型株式投資信託の収益分配金には、課税扱いとなる「普通分配金」と、非課税扱いとなる「元本払戻金
       (特別分配金)」(投資者毎の元本の一部払戻しに相当する部分)の区分があります。
        投資者が収益分配金を受け取る際、①当該収益分配金落ち後の基準価額が当該投資者の個別元本と同額の場合
       または当該投資者の個別元本を上回っている場合には、当該収益分配金の全額が普通分配金となり、②当該収益
       分配金落ち後の基準価額が当該投資者の個別元本を下回っている場合には、その下回る部分の額が元本払戻金
       (特別分配金)となり、当該収益分配金から当該元本払戻金(特別分配金)を控除した額が普通分配金となりま
       す。
        なお、投資者が元本払戻金(特別分配金)を受け取った場合、収益分配金発生時にその個別元本から当該元本
       払戻金(特別分配金)を控除した額が、その後の当該投資者の個別元本となります。
      ④ 個人、法人の課税の取扱いについて

       a.個人の投資者に対する課税
        (a)  収益分配金の課税について
          支払いを受ける収益分配金のうち、課税扱いとなる普通分配金については、配当所得として、20.315%
         (所得税15.315%、地方税5%)の税率による源泉徴収が行なわれます。原則として、申告は不要です。
          また、確定申告を行なうことにより総合課税(配当控除なし)と申告分離課税(20.315%(所得税
         15.315%、地方税5%))のいずれかを選択することができます。
        (b)  換金時および償還時の差益の課税について

          換金時および償還時の差益(換金価額および償還価額から購入費用(購入時手数料および当該購入時手数
         料にかかる消費税等相当額を含みます。)を控除した利益)は、譲渡益として課税対象(譲渡所得等)とな
         り、20.315%(所得税15.315%、地方税5%)の税率による申告分離課税が適用されます。原則として確定
         申告が必要ですが、特定口座(源泉徴収口座)の利用が可能な場合があります。
          換金時および償還時に損失(譲渡損)が生じた場合には、確定申告することで、他の株式等の譲渡益、上

         場株式等の配当所得および特定公社債等の利子所得の金額(申告分離課税を選択したものに限ります。)と
         の損益通算ならびに3年間の繰越控除の対象とすることができます。
          また、換金時および償還時の差益(譲渡益)については、他の株式等の譲渡損と損益を相殺することがで
         きます。
         㭜ᆘ䵢閌잗床뉺๒㙞꘰ౡ᭹᫿⻿⧿㏿⇿࠰쬰ﰰ뗿रര䰰呒⥵⠰欰樰谰縰夰˿⻿⧿㏿ℰ鈰呒⥵⠰湘㑔࠰ū칞琰

         一定額の範囲で新たに購入した公募株式投資信託等から生じる配当所得および譲渡所得が一定期間非課税と
         なります。ご利用になれるのは、販売会社で非課税口座を開設するなど、一定の条件に該当する方が対象と
         なります。なお、NISAの口座では、特定口座や一般口座で生じた配当所得および譲渡所得との損益通算
         はできません。非課税の対象となる金額、期間等を含めて詳しくは販売会社にお問い合わせください。
       b.法人の投資者に対する課税

         法人の投資者が支払いを受ける収益分配金のうち課税扱いとなる普通分配金ならびに換金時および償還時の
        個別元本超過額については、15.315%(所得税15.315%、地方税の源泉徴収はありません。)の税率による源
        泉徴収が行なわれます。なお、当ファンドについては、法人税の課税対象となりますが、益金不算入制度の適
        用はありません。
        㭙ᚌꡞ戴익⌰砰湢閌윰欰蠰詙ᙖﵺຘ䵣Ꞗ搰源極⠰栰樰挰彘㑔࠰欰漰Œڑ䵦䈰湺ຑ터䱎ઊᠰ桵瀰樰識㑔࠰䰰䈰訰

        す。
        㭎ઊᠰ漀㈀ ㈀ぞ瓿ᝧࡧ⭳﹗⠰渰舰渰朰夰渰朰ź๬픰䨰蠰獸멛驢艹璑텬픰䱥㥫挰唰谰彘㑔ࡻ䤰欰漰ź๳蝻䤰䱙०

        される場合があります。税金の取扱いの詳細については、税務専門家等にご確認されることをお勧めします。
                                 23/78



                                                           EDINET提出書類
                                                ブラックロック・ジャパン株式会社(E09096)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    5【運用状況】
      当ファンドの運用は2020年10月30日より開始する予定であり、有価証券届出書提出日現在、該当事項はありませ
     ん。
     (参考情報)

      運用実績
      当ファンドの運用は2020年10月30日より開始する予定であり、有価証券届出書提出日現在、該当事項はありませ
     ん。
                                 24/78


















                                                           EDINET提出書類
                                                ブラックロック・ジャパン株式会社(E09096)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    第2【管理及び運営】
    1【申込(販売)手続等】

     (1)  申込方法
       受益権の投資者は、販売会社と有価証券の取引に関する契約を締結します。販売会社は有価証券の取引にかかわ
      る約款を投資者に交付し、投資者は当該約款に基づく取引口座の設定を申込む旨の申込書を提出します。
       分配金の受取方法により、収益の分配時に分配金を受け取る「一般コース」と分配金が税引き後無手数料で再投
      資される「累積投資コース」の2つの申込コースがあります。
       「累積投資コース」を選択する投資者は、当該販売会社との間で「累積投資約款」にしたがって契約を締結しま
      す。
       取扱いを行なうコースは各販売会社により異なりますので、詳細は販売会社にお問い合わせください。
       また、確定拠出年金制度において申込を行なう場合は、当該規定にしたがうものとします。
       投資者は販売会社に、購入と同時にまたは予め当該投資者が受益権の振替を行なうための振替機関等の口座を申

      し出るものとし、当該口座に当該投資者に係る口数の増加の記載または記録が行なわれます。なお、販売会社は、
      当該購入の代金の支払いと引き換えに、当該口座に当該投資者に係る口数の増加の記載または記録を行なうことが
      できます。委託会社は、追加信託により分割された受益権について、振替機関等の振替口座簿への新たな記載また
      は記録をするため社振法に定める事項の振替機関への通知を行なうものとします。振替機関等は、委託会社から振
      替機関への通知があった場合、社振法の規定にしたがい、その備える振替口座簿への新たな記載または記録を行な
      います。受託会社は、信託契約締結日に生じた受益権については信託契約締結時に、追加信託により生じた受益権
      については追加信託のつど、振替機関の定める方法により、振替機関へ当該受益権に係る信託を設定した旨の通知
      を行ないます。
     (2)  申込期間

       当ファンドの購入は、申込期間における販売会社の各営業日に、販売会社の本・支店、営業所等でお受けしてい
      ます。なお、申込期間は、有価証券届出書を提出することによって更新されます。
     (3)  受付時間

      ① 当初申込期間
        当初申込期間の最終日(2020年10月29日)の販売会社が定める時間までに、販売会社所定の事務手続きが完了
       したものを申込受付分とします。
      ② 継続申込期間

        購入の受付は、申込期間中の午後3時までに受付けたものを当日のお申込みとします。
        ただし、受付時間は販売会社により異なることがあります。詳細は販売会社にお問い合わせください。受付時
       間を過ぎての購入の申込は翌営業日の取扱いとします。
        販売会社につきましては、下記にお問い合わせください。

         ブラックロック・ジャパン株式会社
         電話番号:03-6703-4300(受付時間 営業日の9:00~17:00)
         ホームページアドレス:www.blackrock.com/jp/
     (4)  購入不可日

       継続申込期間中は、以下に定める主要投資対象ファンドの休業日に該当する場合には、販売会社の営業日であっ
      ても購入は受付けません。詳細は販売会社にお問い合わせください。
      ・アイルランド、米国、英国の銀行の休業日
      ・その他の受付不可日
                                 25/78



                                                           EDINET提出書類
                                                ブラックロック・ジャパン株式会社(E09096)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     (5)  購入単位
       分配金の受取方法により、収益の分配時に分配金を受け取る「一般コース」と、分配金が税引き後、無手数料で
      再投資される「累積投資コース」の2つのコースがあります。
       取扱いを行なうコースおよび購入の申込単位(以下「購入単位」といいます。)は、各販売会社により異なりま
      すので、詳細は販売会社にお問い合わせください。
     (6)  購入価額

      ①  当初申込期間:1口当り1円
      ②  継続申込期間:購入受付日の翌営業日の基準価額とします。

     (7)  購入時手数料

       ありません。
     (8)  購入代金のお支払い

       投資者は、購入の販売会社が定める日までに当ファンドの購入代金(購入価額に購入口数を乗じた金額をいいま
      す。)を販売会社に支払うものとします。
     (9)  購入の受付の中止、既に受付けた購入の受付の取消

       金融商品取引所等における取引の停止、外国為替取引の停止、決済機能の停止その他やむを得ない事情があると
      きは、委託会社の判断により、受益権の購入の受付を中止することおよび既に受付けた購入の受付を取り消すこと
      があります。
                                 26/78












                                                           EDINET提出書類
                                                ブラックロック・ジャパン株式会社(E09096)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    2【換金(解約)手続等】
     (1)  換金の申込と受付
       投資者は、自己に帰属する受益権について、委託会社に換金の申込をすることができます。投資者が換金の申込
      をするときは、販売会社に対し、振替受益権をもって行なうものとします。換金の申込の受付は、午後3時までと
      なっております。ただし、受付時間は各販売会社により異なることがあります。詳細は販売会社にお問い合わせく
      ださい。受付時間を過ぎての換金の申込は翌営業日の取扱いとします。
       また、確定拠出年金制度に基づく投資者が換金の申込を行なう場合は、当該規定にしたがうものとします。
     (2)  換金単位

       換金単位は、各販売会社により異なります。詳細は販売会社にお問い合わせください。
     (3)  換金不可日

       以下に定める主要投資対象ファンドの休業日に該当する場合には、販売会社の営業日であっても換金は受付けま
      せん。詳細は販売会社にお問い合わせください。
      ・アイルランド、米国、英国の銀行の休業日
      ・その他の受付不可日
     (4)  換金価額

       換金価額は、換金受付日の翌営業日の基準価額とします。なお、手取額は、換金価額から所得税および地方税を
      差し引いた金額となります。
       当ファンドの換金価額等につきましては販売会社または下記に問い合わせることにより知ることができます。
        ブラックロック・ジャパン株式会社
        電話番号:03-6703-4300(受付時間 営業日の9:00~17:00)
     (5)  換金受付の制限

       信託財産の資金管理を円滑に行なうため、大口の換金には制限を設ける場合があります。詳細は販売会社にお問
      い合わせください。
     (6)  換金代金の支払い

       換金代金は原則として換金受付日から起算して6営業日目から販売会社においてお支払いします。
     (7)  換金の申込の受付中止および取消

       委託会社は、金融商品取引所等における取引の停止、外国為替取引の停止、決済機能の停止その他やむを得ない
      事情があるときは、換金の申込の受付を中止することおよび既に受付けた換金の申込の受付を取り消すことができ
      ます。換金の申込の受付が中止された場合には、投資者は当該受付中止以前に行なった当日の換金の申込を撤回で
      きます。ただし、投資者がその換金の申込を撤回しない場合には、当該受付中止を解除した後の最初の基準価額の
      計算日に換金の申込を受付けたものとします。
                                 27/78







                                                           EDINET提出書類
                                                ブラックロック・ジャパン株式会社(E09096)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    3【資産管理等の概要】
     (1)【資産の評価】
       基準価額とは、信託財産に属する資産(受入担保金代用有価証券および借入有価証券を除きます。)を法令およ
      び一般社団法人投資信託協会規則にしたがって時価評価して得た信託財産の資産総額から負債総額を控除した金額
      (「純資産総額」といいます。)を、計算日における受益権総口数で除した金額をいいます。なお、外貨建資産
      (外国通貨表示の有価証券(「外貨建有価証券」といいます。)、預金その他の資産をいいます。以下同じ。)の
      円換算については、原則として、わが国における計算日の対顧客電信売買相場の仲値によって計算します。また、
      予約為替の評価は、原則として、わが国における計算日の対顧客先物売買相場の仲値によるものとします。
       基準価額(1万口当り)は委託会社の営業日に毎日算出されます。投資者は、販売会社または下記に問い合わせ
      ることにより知ることができます。
       また、日々の基準価額(1万口当り)は翌日の日本経済新聞に掲載されております。ファンド名は「DC世イン
      パ」と省略されて記載されております。
       当ファンドの主たる投資対象の評価方法は以下の通りです。

       投資信託証券:金融商品取引所(海外取引所を含む)に上場されているものは、当該取引所における計算日の最
              終相場(海外取引所に上場されているものについては、計算日に知りうる直近の最終相場)で評
              価します。金融商品取引所に上場されていないものは、第一種金融商品取引業者、銀行等の提示
              する価格(原則として、計算日に知りうる直近の日の純資産価格)で評価します。
       ブラックロック・ジャパン株式会社

       電話番号:03-6703-4300(受付時間 営業日の9:00~17:00)
       ホームページアドレス:www.blackrock.com/jp/
     (2)【保管】

       該当事項はありません。
     (3)【信託期間】

       この信託の期間は、無期限とします。
     (4)【計算期間】

       計算期間は毎年10月21日から翌年10月20日までとすることを原則とします。ただし、第1計算期間は、信託契約
      締結日から2021年10月20日までとします。計算期間終了日に該当する日が休業日のときは該当日の翌営業日を計算
      期間の終了日とし、その翌日より次の計算期間が開始されるものとします。ただし、最終計算期間の終了日は、信
      託期間の終了日とします。
     (5)【その他】

      ① ファンドの償還条件等
       a.委託会社は、信託期間中において、当ファンドを償還することが投資者のため有利であると認めるとき、ま
        たはやむを得ない事情が発生したときは、受託会社と合意のうえ、当ファンドを償還させることができます。
        この場合において、委託会社は、あらかじめ、償還しようとする旨を監督官庁に届け出ます。
       b.委託会社は換金により、当ファンドの受益権の口数が30億口を下回ることとなった場合には、受託会社と合

        意のうえ、当ファンドを償還させることができます。この場合において、委託会社は、あらかじめ、償還しよ
        うとする旨を監督官庁に届け出ます。
                                 28/78




                                                           EDINET提出書類
                                                ブラックロック・ジャパン株式会社(E09096)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
       c.a.およびb.の場合において、委託会社は、書面による決議(以下「書面決議」といいます。)を行ない
        ます。この場合において、あらかじめ、書面決議の日ならびにファンドの償還の理由などの事項を定め、当該
        決議の日の2週間前までに、この信託契約に係る知れている投資者に対し、書面をもってこれらの事項を記載
        した書面決議の通知を発します。
       d.c.の書面決議において、投資者(委託会社および当ファンドの信託財産に当ファンドの受益権が属すると

        きの当該受益権に係る投資者としての受託会社を除きます。以下d.において同じ。)は受益権の口数に応じ
        て、議決権を有し、これを行使することができます。なお、知れている投資者が議決権を行使しないときは、
        当該知れている投資者は書面決議について賛成するものとみなします。
       e.c.の書面決議は議決権を行使することができる投資者の議決権の3分の2以上に当たる多数をもって行な

        います。
       f.c.~e.までの規定は、委託会社が当ファンドの償還について提案をした場合において、当該提案につ

        き、この信託契約に係るすべての投資者が書面または電磁的記録により同意の意思表示をしたときには適用し
        ません。また、信託財産の状態に照らし、真にやむを得ない事情が生じている場合であって、c.~e.まで
        の手続を行なうことが困難な場合も同じとします。
       g.委託会社は、監督官庁より当ファンドの償還の命令を受けたときはその命令に従い、当ファンドを償還させ

        ます。
       h.委託会社が監督官庁より登録の取消を受けたとき、解散したときまたは業務を廃止したときは、委託会社は

        当ファンドを償還させます。
       i.h.にかかわらず、監督官庁がこの信託契約に関する委託会社の業務を他の投資信託委託会社に引き継ぐこ

        とを命じたときは、当ファンドは、「②信託約款の変更b.」に規定する書面決議が否決された場合を除き、
        当該投資信託委託会社と受託会社との間において存続します。
       j.受託会社は、委託会社の承諾を受けてその任務を辞任することができます。受託会社がその任務に背いた場

        合、その他重要な事由が生じたときは、委託会社または投資者は、裁判所に受託会社の解任を請求することが
        できます。受託会社が辞任した場合、または裁判所が受託会社を解任した場合、委託会社は、信託約款の変更
        の規定にしたがい、新受託会社を選任します。委託会社が新受託会社を選任できないときは、委託会社は当
        ファンドを償還させます。
      ② 信託約款の変更

       a.委託会社は、投資者の利益のため必要と認めるとき、またはやむを得ない事情が発生したときは、受託会社
        と合意のうえ、この信託約款を変更することまたは当ファンドと他の信託との併合(投資信託及び投資法人に
        関する法律第16条第2号に規定する「委託者指図型投資信託の併合」をいいます。以下同じ。)を行なうこと
        ができるものとし、あらかじめ、変更または併合しようとする旨およびその内容を監督官庁に届け出ます。な
        お、この信託約款は以下に定める以外の方法によって変更することができないものとします。
       b.委託会社は、a.の事項(a.の変更事項にあっては、その内容が重大なものに該当する場合に限り、併合

        の事項にあってはその併合が投資者の利益に及ぼす影響が軽微なものに該当する場合を除き、合わせて「重大
        な約款の変更等」といいます。)について、書面決議を行ないます。この場合において、あらかじめ、書面決
        議の日ならびに重大な約款の変更等の内容およびその理由などの事項を定め、当該決議の日の2週間前まで
        に、この信託約款に係る知れている投資者に対し、書面をもってこれらの事項を記載した書面決議の通知を発
        します。
                                 29/78



                                                           EDINET提出書類
                                                ブラックロック・ジャパン株式会社(E09096)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
       c.b.の書面決議において、投資者(委託会社および当ファンドの信託財産に当ファンドの受益権が属すると
        きの当該受益権に係る投資者としての受託会社を除きます。以下c.において同じ。)は受益権の口数に応じ
        て、議決権を有し、これを行使することができます。なお、知れている投資者が議決権を行使しないときは、
        当該知れている投資者は書面決議について賛成するものとみなします。
       d.b.の書面決議は議決権を行使することができる投資者の議決権の3分の2以上に当たる多数をもって行な

        います。
       e.書面決議の効力は、当ファンドのすべての投資者に対してその効力を生じます。

       f.b.~e.までの規定は、委託会社が重大な約款の変更等について提案をした場合において、当該提案につ

        き、この信託約款に係るすべての投資者が書面または電磁的記録により同意の意思表示をしたときには適用し
        ません。
       g.a.~f.までの規定にかかわらず、当ファンドにおいて併合の書面決議が可決された場合にあっても、当

        該併合にかかる一または複数の他の投資信託において当該併合の書面決議が否決された場合は、当該他の投資
        信託との併合を行なうことはできません。
       h.委託会社は、監督官庁の命令に基づいてこの信託約款を変更しようとするときはa.~f.の規定にしたが

        います。
      ③ 信託事務の委託

        受託会社は、当ファンドにかかる信託事務の処理の一部について株式会社日本カストディ銀行と再信託契約を
       締結し、これを委託することがあります。その場合には、再信託にかかる契約書類に基づいて所定の事務を行な
       います。
      ④ 運用報告書の作成

        毎決算時および償還時に、委託会社が期間中の運用経過のほか信託財産の内容、有価証券売買状況などを記載
       した「交付運用報告書」を作成し、販売会社を通じて知れている受益者にお届けいたします。
      ⑤ 関係法人との契約の更改等に関する手続

        「受益権の募集・販売の取扱い等に関する契約」の期間は1年とし、委託会社、販売会社いずれからも別段の
       意思表示のないときは、自動的に1年間延長されるものとし、自動延長後の取扱いについてもこれと同様です。
      ⑥ 公告

        委託会社が投資者に対してする公告は、電子公告により行ない、次のアドレスに掲載します。
        www.blackrock.com/jp/
        ただし、当該公告方法に支障がある場合には、日本経済新聞による公告を行ないます。
                                 30/78






                                                           EDINET提出書類
                                                ブラックロック・ジャパン株式会社(E09096)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    4【受益者の権利等】
      当ファンドの受益者(投資者)の有する主な権利は次の通りです。
     (1)  収益分配金受領権
       投資者は、委託会社の決定した収益分配金を、持ち分に応じて委託会社から受領する権利を有します。
       <一般コース>
        毎計算期間終了日後1ヵ月以内の委託会社の指定する日(原則として5営業日以内)に、毎計算期間の末日に
       おいて振替機関等の振替口座簿に記載または記録されている投資者(当該収益分配金にかかる計算期間の末日以
       前において換金が行なわれた受益権にかかる投資者を除きます。また、当該収益分配金にかかる計算期間の末日
       以前に設定された受益権で購入代金支払前のため販売会社の名義で記載または記録されている受益権については
       原則として投資者とします。)にお支払いを開始します。
        投資者が、収益分配金について支払開始日から5年間支払い請求を行なわない場合はその権利を失い、委託会
       社が受託会社から交付を受けた金銭は委託会社に帰属します。
       <累積投資コース>
        受託会社が委託会社の指定する預金口座等に払い込むことにより、原則として、毎計算期間終了日の翌営業日
       に、収益分配金が販売会社に交付されます。
        販売会社は、累積投資契約に基づき、投資者に対し遅滞なく収益分配金の再投資にかかる受益権の売付けを行
       ないます。当該売付けにより増加した受益権は、振替口座簿に記載または記録されます。
     (2)  償還金受領権

       投資者は、委託会社の決定した償還金を、持ち分に応じて委託会社から受領する権利を有します。
       償還金は、信託終了日後1ヵ月以内の委託会社の指定する日(原則として償還日から起算して5営業日以内)に
      償還日において振替機関等の振替口座簿に記載または記録されている投資者(償還日以前において換金が行なわれ
      た受益権にかかる投資者を除きます。また、当該償還日以前に設定された受益権で購入代金支払前のため販売会社
      の名義で記載または記録されている受益権については原則として投資者とします。)にお支払いを開始します。な
      お、当該投資者は、その口座が開設されている振替機関等に対して委託会社がこの信託の償還をするのと引き換え
      に、当該償還に係る受益権の口数と同口数の抹消の申請を行なうものとし、社振法の規定にしたがい当該振替機関
      等の口座において当該口数の減少の記載または記録が行なわれます。
       償還金の支払いは、販売会社において行ないます。
       投資者が、償還金について支払開始日から10年間支払いの請求を行なわない場合はその権利を失い、委託会社が
      受託会社から交付を受けた金銭は委託会社に帰属するものとします。
     (3)  受益権の換金請求権

       投資者は、自己に帰属する受益権について、委託会社に換金を請求する権利を有します。
       換金代金は、換金受付日から起算して、原則として6営業日目から投資者に支払います。
       換金の請求を行なう投資者は、その口座が開設されている振替機関等に対して当該投資者の請求に係る換金を委
      託会社が行なうのと引き換えに、当該換金に係る受益権の口数と同口数の抹消の申請を行なうものとし、社振法の
      規定にしたがい当該振替機関等の口座において当該口数の減少の記載または記録が行なわれます。
     (4)  反対受益者の買取請求の不適用

       当ファンドは、投資信託及び投資法人に関する法律第18条第1項に定める反対受益者による受益権の買取請求の
      規定の適用を受けません。
     (5)  帳簿書類の閲覧または謄写の請求権

       投資者は、委託会社に対し、その営業時間内に当ファンドの信託財産に関する帳簿書類の閲覧または謄写を請求
      することができます。
                                 31/78




                                                           EDINET提出書類
                                                ブラックロック・ジャパン株式会社(E09096)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    第3【ファンドの経理状況】
      当ファンドの会計監査は、PwCあらた有限責任監査法人が行ないます。監査証明を受けたファンドの財務諸表は

     有価証券報告書に記載されますが、当ファンドの有価証券報告書の提出は法令の定めるところにより計算期毎になさ
     れます。
      委託会社はファンドの信託財産に係る財務諸表を「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和38
     年大蔵省令第59号)及び同規則第2条の2の規定により、「投資信託財産の計算に関する規則」(平成12年総理府令
     第133号)に基づいて作成します。
    1【財務諸表】

      当ファンドの運用は2020年10月30日より開始する予定であり、有価証券届出書提出日現在、該当事項はありませ
     ん。
    2【ファンドの現況】

      当ファンドの運用は2020年10月30日より開始する予定であり、有価証券届出書提出日現在、該当事項はありませ
     ん。
                                 32/78















                                                           EDINET提出書類
                                                ブラックロック・ジャパン株式会社(E09096)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    第4【内国投資信託受益証券事務の概要】
    1 受益証券の名義書換え等

      該当事項はありません。
    2 受益者名簿の閉鎖の時期

      受益者名簿は作成していません。
    3 投資者に対する特典

      該当事項はありません。
    4 内国投資信託受益証券の譲渡制限の内容

      当ファンド受益証券の譲渡制限は設けておりません。
    5 受益証券の再発行

      投資者は、委託会社がやむを得ない事情等により受益証券を発行する場合を除き、無記名式受益証券から記名式受
     益証券への変更の請求、記名式受益証券から無記名式受益証券への変更の請求、受益証券の再発行の請求を行なわな
     いものとします。
    6 受益権の譲渡

     ① 投資者は、その保有する受益権を譲渡する場合には、当該投資者の譲渡の対象とする受益権が記載または記録さ
      れている振替口座簿に係る振替機関等に振替の申請をするものとします。
     ② ①の申請のある場合には、①の振替機関等は、当該譲渡に係る譲渡人の保有する受益権の口数の減少および譲受
      人の保有する受益権の口数の増加につき、その備える振替口座簿に記載または記録するものとします。ただし、①
      の振替機関等が振替先口座を開設したものでない場合には、譲受人の振替先口座を開設した他の振替機関等(当該
      他の振替機関等の上位機関を含みます。)に社振法の規定にしたがい、譲受人の振替先口座に受益権の口数の増加
      の記載または記録が行なわれるよう通知するものとします。
     ③ ①の振替について、委託会社は、当該投資者の譲渡の対象とする受益権が記載または記録されている振替口座簿
      に係る振替機関等と譲受人の振替先口座を開設した振替機関等が異なる場合等において、委託会社が必要と認めた
      ときまたはやむをえない事情があると判断したときは、振替停止日や振替停止期間を設けることができます。
    7 受益権の譲渡の対抗要件

      受益権の譲渡は、振替口座簿への記載または記録によらなければ、委託会社および受託会社に対抗することができ
     ません。
    8 受益権の再分割

      委託会社は、受益権の再分割を行ないません。ただし、受託会社と協議のうえ、社振法に定めるところにしたが
     い、一定日現在の受益権を均等に再分割できるものとします。
    9 償還金

      償還金は、償還日において振替機関等の振替口座簿に記載または記録されている投資者(償還日以前において換金
     が行なわれた受益権にかかる投資者を除きます。また、当該償還日以前に設定された受益権で購入代金支払前のため
     販売会社の名義で記載または記録されている受益権については原則として投資者とします。)に支払います。なお、
     当該投資者は、その口座が開設されている振替機関等に対して委託会社が当ファンドの償還をするのと引き換えに、
     当該償還に係る受益権の口数と同口数の抹消の申請を行なうものとし、社振法の規定にしたがい当該振替機関等の口
     座において当該口数の減少の記載または記録が行なわれます。また、受益証券を保有している投資者に対しては、償
     還金は、信託終了日後1ヵ月以内の委託会社の指定する日から受益証券と引き換えに当該投資者に支払います。
                                 33/78



                                                           EDINET提出書類
                                                ブラックロック・ジャパン株式会社(E09096)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    10 質権口記載または記録の受益権の取り扱いについて
      振替機関等の振替口座簿の質権口に記載または記録されている受益権にかかる収益分配金の支払い、換金の申込の
     受付け、換金代金および償還金の支払い等については、約款の規定によるほか、民法その他の法令等にしたがって取
     り扱われます。
                                 34/78



















                                                           EDINET提出書類
                                                ブラックロック・ジャパン株式会社(E09096)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    第三部【委託会社等の情報】
    第1【委託会社等の概況】

    1【委託会社等の概況】

     (1)  資本金の額等
      ①  資本金        3,120百万円
      ②  発行する株式の総数  36,000株

      ③  発行済株式の総数   15,000株

      ④  直近5ヵ年における主な資本金の額の増減

        2017年12月7日付で、資本金を2,435百万円から3,120百万円に増額しました。
     (2)  委託会社の機構

      ①経営の意思決定機構
      <株主総会>
       株主により構成される会社における最高の意思決定機関として、取締役の選任、利益処分の承認、定款の変更
       等、会社法および定款の定めにしたがって重要事項の決定を行ないます。
      <取締役会>

       取締役により構成され、当社の業務執行を決定し、その執行について監督します。
      <エグゼクティブ委員会他各委員会>

       当社における適切な経営戦略の構築、業務執行体制の構築および業務運営の推進を目的として、エグゼクティブ
       委員会を設置します。また、その他各種委員会を設置し、業務の能率的運営および責任体制の確立を図っていま
       す。
      ②運用の意思決定機構

       投資委員会
       ・投資委員会にて運用にかかる投資方針、パフォーマンスおよびリスク管理に関する重要事項を審議します。
       運用担当部署

       ・各運用担当部署では、投資委員会の決定に従い、ファンドの個別の運用計画を策定し、各部署の投資プロセス
        を通して運用を行ないます。
       ポートフォリオ・マネジャー

       ・ポートフォリオ・マネジャーは、策定された運用計画に基づき、個別銘柄を選択し売買に関する指図を行ない
        ます。
       リスク管理

       ・委託会社ではリスク管理を重視しており、独自開発のシステムを用いてリスク管理を行なっております。具体
        的には、運用担当部門とは異なる部門においてファンドの投資リスクの計測・分析、投資制限のモニタリング
        などを行なうことにより、ファンドの投資リスクが運用方針に合致していることを確認し、その結果を運用担
        当部門にフィードバックするほか、社内の関係者で共有しております。また、委託会社の業務に関するリスク
        について社内規程を定めて管理を行なっております。
                                 35/78



                                                           EDINET提出書類
                                                ブラックロック・ジャパン株式会社(E09096)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    2【事業の内容及び営業の概況】
      投信法に定める投資信託委託会社である委託会社は、証券投資信託の設定を行なうとともに金融商品取引法に定め
     る金融商品取引業者としてその運用(投資運用業)を行なっています。また、金融商品取引法に定める投資助言業
     務、第一種金融商品取引業務および第二種金融商品取引業務等を行なっています。
      委託会社の運用する証券投資信託は2020年7月末現在、以下の通りです(親投資信託を除きます。)。
                種類                 本数(本)            純資産総額(百万円)
             追加型株式投資信託                        165             8,628,856

             単位型株式投資信託                         28              253,577

                合計                     193             8,882,434

                                 36/78

















                                                           EDINET提出書類
                                                ブラックロック・ジャパン株式会社(E09096)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    3【委託会社等の経理状況】
     1.財務諸表の作成方法について

        委託会社であるブラックロック・ジャパン株式会社(以下「当社」という。)の財務諸表は、「財務諸表等の
       用語、様式及び作成方法に関する規則」(1963年大蔵省令第59号。)第2条及び「金融商品取引業等に関する内閣
       府令」(2007年8月6日内閣府令第52号。)に基づいて作成しております。
     2.監査証明について

        当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第33期事業年度(自2019年1月1日 至2019年12月31
       日)の財務諸表について有限責任監査法人トーマツによる監査を受けております。
     3.財務諸表に記載している金額については、百万円未満の端数を切り捨てて表示しております。

                                 37/78
















                                                           EDINET提出書類
                                                ブラックロック・ジャパン株式会社(E09096)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     (1)【貸借対照表】
                                                    (単位:百万円)
                                       第32期            第33期
                                    (2018年12月31日現在)            (2019年12月31日現在)
     資産の部
      流動資産
       現金・預金                                       23,891            20,388
       立替金                                          2            26
       前払費用                                         151            175
       未収入金                           ※2              11            30
       未収委託者報酬                                       1,588            1,696
       未収運用受託報酬                                       2,291            2,268
       未収収益                           ※2            1,402            1,832
                                              18             0
       その他流動資産
       流動資産計                                       29,359            26,418
      固定資産
       有形固定資産
        建物附属設備                           ※1            1,484            1,240
                                             380            475
        器具備品                           ※1
        有形固定資産計                                       1,864            1,716
       無形固定資産
                                              8            5
        ソフトウエア
        無形固定資産計                                          8            5
       投資その他の資産
        投資有価証券                                         11            49
        長期差入保証金                                       1,119            1,120
        前払年金費用                                         696            800
        長期前払費用                                         27            45
                                             848            824
        繰延税金資産
        投資その他の資産計                                       2,702            2,839
        固定資産計                                       4,575            4,561
       資産合計                                       33,935            30,980
                                 38/78









                                                           EDINET提出書類
                                                ブラックロック・ジャパン株式会社(E09096)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
                                                    (単位:百万円)
                                       第32期            第33期
                                    (2018年12月31日現在)            (2019年12月31日現在)
     負債の部
      流動負債
       預り金                                         97            94
       未払金                           ※2
        未払収益分配金                                          ▶            ▶
        未払償還金                                         74            74
        未払手数料                                         515            487
        その他未払金                                       1,184             985
       未払費用                           ※2            1,039            1,102
       未払消費税等                                         97            117
       未払法人税等                                         440            363
       為替予約                                          3            -
       前受金                                         78            97
       賞与引当金                                       1,939            2,017
       役員賞与引当金                                         142            139
                                              42            10
       早期退職慰労引当金
       流動負債計                                       5,661            5,493
      固定負債
       退職給付引当金                                         60            67
                                             781            782
       資産除去債務
       固定負債計                                         842            850
      負債合計                                       6,503            6,344
     純資産の部

      株主資本
       資本金                                       3,120            3,120
       資本剰余金
        資本準備金                                       3,001            3,001
                                            3,846            3,846
        その他資本剰余金
        資本剰余金合計                                       6,847            6,847
       利益剰余金
        利益準備金                                         336            336
        その他利益剰余金
                                            17,127            14,330
         繰越利益剰余金
        利益剰余金合計                                       17,464            14,666
       株主資本合計                                       27,432            24,634
      評価・換算差額等
                                              0            1
       その他有価証券評価差額金
       評価・換算差額等合計                                          0            1
      純資産合計                                       27,431            24,636
     負債・純資産合計                                       33,935            30,980
                                 39/78





                                                           EDINET提出書類
                                                ブラックロック・ジャパン株式会社(E09096)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     (2)【損益計算書】
                                                    (単位:百万円)
                                       第32期            第33期
                                    (自 2018年      1月  1日    (自 2019年      1月  1日
                                    至 2018年12月31日)            至 2019年12月31日)
     営業収益
      委託者報酬                                       5,639            5,643
      運用受託報酬                           ※1            8,523            7,545
                                            13,511            13,290
      その他営業収益                           ※1
       営業収益計
                                            27,674            26,480
     営業費用
      支払手数料                                       1,856            1,632
      広告宣伝費                                         191            167
      調査費
       調査費                                         363            381
                                            4,164            3,587
       委託調査費                           ※1
       調査費計                                       4,528            3,968
      委託計算費                                         84            82
      営業雑経費
       通信費                                         59            53
       印刷費                                         11            82
       諸会費                                         34            43
       営業雑経費計                                         106            178
      営業費用計
                                            6,767            6,029
     一般管理費
      給料
       役員報酬                                         406            482
       給料・手当                                       4,213            4,441
                                            2,359            2,343
       賞与
       給料計
                                            6,979            7,268
      退職給付費用                                         275            308
      福利厚生費                                         940            977
      事務委託費                           ※1            2,568            2,339
      交際費                                         66            57
      寄付金                                          3            2
      旅費交通費                                         238            233
      租税公課                                         245            257
      不動産賃借料                                         804            875
      水道光熱費                                         72            76
      固定資産減価償却費                                         315            404
      のれん償却額                                         42             -
      資産除去債務利息費用                                          3            0
                                             424            312
      諸経費
      一般管理費計                                       12,980            13,114
      営業利益
                                            7,926            7,335
                                 40/78





                                                           EDINET提出書類
                                                ブラックロック・ジャパン株式会社(E09096)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
                                                    (単位:百万円)
                                       第32期            第33期
                                    (自 2018年      1月  1日    (自 2019年      1月  1日
                                    至 2018年12月31日)            至 2019年12月31日)
     営業外収益
                                              1            1
      その他
      営業外収益計
                                              1            1
     営業外費用
      為替差損                                         26            32
      固定資産除却損                                          -            3
                                              -            0
      その他
      営業外費用計                                         26            36
     経常利益
                                            7,901            7,300
     特別利益
      特別利益計
                                              -            -
     特別損失
                                              84            36
      特別退職金
      特別損失計                                         84            36
     税引前当期純利益
                                            7,817            7,263
     法人税、住民税及び事業税                                       2,491            2,338
                                             △61             22
     法人税等調整額
     当期純利益                                       5,387            4,902
                                 41/78













                                                           EDINET提出書類
                                                ブラックロック・ジャパン株式会社(E09096)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     (3)【株主資本等変動計算書】
    第32期 (自 2018年1月1日 至 2018年12月31日)

                                                    (単位:百万円)
                            株主資本                   評価・換算差額等
                     資本剰余金            利益剰余金
                                                        純資産
                                その他利益
                                          株主資本    その他有価証      評価・換算
                                                         合計
                          資本
              資本金
                                 剰余金
                  資本   その他資本         利益       利益剰余金
                                          合計   券評価差額金      差額等合計
                          剰余金
                  準備金    剰余金       準備金         合計
                                 繰越利益
                          合計
                                 剰余金
    2018年1月1日残高          3,120   3,001     3,846   6,847    336   11,739     12,076    22,044        0     0  22,044
    当期変動額
     当期純利益                              5,387     5,387    5,387              5,387
    株主資本以外の項目の
                                                  0     0    0
    当期変動額(純額)
    当期変動額合計            -   -     -   -   -   5,387     5,387    5,387        0     0  5,387
    2018年12月31日残高          3,120   3,001     3,846   6,847    336   17,127     17,464    27,432        0     0  27,431
    第33期 (自 2019年1月1日 至 2019年12月31日)

                                                    (単位:百万円)
                            株主資本                   評価・換算差額等
                     資本剰余金            利益剰余金
                                                        純資産
                                その他利益
                                          株主資本    その他有価証      評価・換算
                                                         合計
                          資本
              資本金
                                 剰余金
                  資本   その他資本         利益       利益剰余金
                                          合計   券評価差額金      差額等合計
                          剰余金
                  準備金    剰余金       準備金         合計
                                 繰越利益
                          合計
                                 剰余金
    2019年1月1日残高          3,120   3,001     3,846   6,847    336   17,127     17,464    27,432        0     0  27,431
    当期変動額
     剰余金の配当                             △7,700     △7,700    △7,700              △7,700
     当期純利益                              4,902     4,902    4,902              4,902
    株主資本以外の項目の
                                                  1     1    1
    当期変動額(純額)
    当期変動額合計            -   -     -   -   -  △2,797     △2,797    △2,797        1     1 △2,795
    2019年12月31日残高          3,120   3,001     3,846   6,847    336   14,330     14,666    24,634        1     1  24,636
                                 42/78










                                                           EDINET提出書類
                                                ブラックロック・ジャパン株式会社(E09096)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    注 記 事 項
    [重要な会計方針]

    1.  有価証券の評価基準及び評価方法
        有価証券
         その他有価証券
          時価のあるもの
          決算日の市場価格等に基づく時価法(評価差額は、全部純資産直入法により処理し、売却原価は、                                              移動平
          均法により算定)を採用しております。
    2.  デリバティブ取引等の評価基準及び評価方法

        時価法を採用しております。
    3.  固定資産の減価償却方法

      (1)   有形固定資産
        定額法により償却しております。なお、主な耐用年数は建物附属設備6~18年、器具備品2~15年であります。
      (2)   無形固定資産

        自社利用のソフトウエアの減価償却方法については、社内における利用可能期間(5年)に基づく定額法によっ
        ております。
        のれんの償却方法については、その効果の及ぶ期間(5~9年)に基づく定額法によっております。
    4.  引当金の計上基準

      (1)   貸倒引当金の計上方法
        債権の貸倒損失に備えるため、貸倒懸念債権等特定の債権については個別に回収可能性を検討し、回収不能見
        込額を計上しております。
      (2)   退職給付引当金の計上方法
        ①  旧退職金制度
          適格退職年金制度移行日現在在籍していた従業員については、旧退職金制度に基づく給付額を保証してい
          るため、期末現在の当該給付額と年金制度に基づく給付額との差額を引当て計上しております。
        ②  確定拠出年金制度

          確定拠出年金制度(DC)による退職年金制度を有しております。
        ③  確定給付年金制度

          キャッシュ・バランス型の年金制度(CB)の退職年金制度を有しております。CBには、一定の利回り保証
          を付しており、これの将来の支払に備えるため、確定給付型の会計基準に準じた会計処理方法により引当
          金を計上しております。
          退職給付債務の算定にあたり、退職給付見込額を当期までの期間に帰属させる方法については、ポイント
          基準によっております。
          過去勤務債務は、その発生時の従業員の平均残存勤務期間以内の一定の年数(9年)による定額法により費
          用処理しております。
          数理計算上の差異は各事業年度の発生時における従業員の平均残存勤務期間以内の一定の年数(9年)によ
          る定額法により按分した額をそれぞれ発生の翌事業年度から費用処理または費用から控除することとして
          おります。
                                 43/78




                                                           EDINET提出書類
                                                ブラックロック・ジャパン株式会社(E09096)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
      (3)   賞与引当金の計上方法
        従業員の賞与の支払に備えて、賞与支給見込額の当事業年度負担額を計上しております。
      (4)   役員賞与引当金の計上方法

        役員の賞与の支払に備えて、賞与支給見込額の当事業年度負担額を計上しております。
      (5)   早期退職慰労引当金の計上方法

        早期退職慰労の支払に備えて、早期退職慰労支給見込額の当事業年度負担額を計上しております。
    5.  外貨建の資産又は負債の本邦通貨への換算基準

      外貨建金銭債権債務は、期末の直物為替相場により円貨に換算し、換算差額は損益として処理しております。
    6.  その他財務諸表作成のための基本となる重要な事項

      (1)  消費税等の処理方法
        消費税等の会計処理は、税抜方式によっております。
      (2)  連結納税制度の適用
        親会社であるブラックロック・ジャパン・ホールディングス合同会社を連結納税親会社として、連結納税制度
        を適用しております。
    (未適用の会計基準等)

    「収益認識に関する会計基準」(企業会計基準第29号 2018年3月30日)
    「収益認識に関する会計基準の適用指針」(企業会計基準適用指針第30号 2018年3月30日)
      (1)   概要
        収益認識に関する包括的な会計基準であります。収益は、次の5つのステップを適用し認識されます。
        ステップ1:顧客との契約を識別する。
        ステップ2:契約における履行義務を識別する。
        ステップ3:取引価格を算定する。
        ステップ4:契約における履行義務に取引価格を配分する。
        ステップ5:履行義務を充足したときに又は充足するにつれて収益を認識する。
      (2)   適用予定日
        2022年12月期の期首より適用予定であります。
      (3)   当該会計基準等の適用による影響
        影響額は、当財務諸表の作成時において評価中であります。
                                 44/78








                                                           EDINET提出書類
                                                ブラックロック・ジャパン株式会社(E09096)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    (貸借対照表関係)
     ※1 有形固定資産の減価償却累計額
                            前事業年度                  当事業年度
                           (2018年12月31日)                  (2019年12月31日)
     建物附属設備                        1,525 百万円                  1,769 百万円
     器具備品                         950 百万円                 1,104 百万円
     ※2 関係会社に対する資産及び負債

    各科目に含まれているものは次のとおりであります。
                            前事業年度                  当事業年度
                           (2018年12月31日)                  (2019年12月31日)
     未収入金                          - 百万円                  3 百万円
     未収収益                         554 百万円                  917 百万円
     未払金                        1,168 百万円                   969 百万円
     未払費用                         385 百万円                  445 百万円
     㯿ጰ_卹㸰漰Ɛ䮎작터湒륳蝶萰檊뾐吰銈䰰䘰弰腓홟ᖒ肈䳿ኈ䰰桟卞ꞌ뢍詙兽а鉽倰地昰䨰訰縰夰Ȱ匰谰襙兽а歗

    づく事業年度末の借入未実行残高は次のとおりであります。
                            前事業年度                  当事業年度
                           (2018年12月31日)                  (2019年12月31日)
     当座貸越極度額                        1,000 百万円                   1,000 百万円
     借入実行残高                         -                  -
     差引額                        1,000 百万円                   1,000 百万円
    (損益計算書関係)

     ※1 関係会社に対する営業収益及び営業費用
    各科目に含まれているものは次のとおりであります。
                            前事業年度                  当事業年度
                          (自 2018年      1月  1日          (自 2019年      1月  1日
                          至 2018年12月31日)                  至 2019年12月31日)
     その他営業収益                        5,680 百万円                  5,554 百万円
     委託調査費                         704 百万円                  698 百万円
     事務委託費                         864 百万円                  954 百万円
     運用受託報酬                         149 百万円                   225 百万円
                                 45/78









                                                           EDINET提出書類
                                                ブラックロック・ジャパン株式会社(E09096)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    (株主資本等変動計算書関係)
    前事業年度 (自 2018年1月1日 至 2018年12月31日)
    1.  発行済株式に関する事項
                前事業年度期首             増加          減少        前事業年度末
      普通株式(株)              15,000             -          -        15,000
    2.  自己株式に関する事項

      該当事項はありません。
    3.  新株予約権及び自己新株予約権に関する事項

      該当事項はありません。
    4.  配当に関する事項

      該当事項はありません。
    当事業年度 (自 2019年1月1日 至 2019年12月31日)

    1.  発行済株式に関する事項
                当事業年度期首             増加          減少        当事業年度末
      普通株式(株)              15,000             -          -        15,000
    2.  自己株式に関する事項

      該当事項はありません。
    3.  新株予約権及び自己新株予約権に関する事項

      該当事項はありません。
    4.  配当に関する事項

     (1)  配当金支払額
                      配当金の総額         1株当たり

         決議      株式の種類                         基準日        効力発生日
                       (百万円)       配当額(円)
       2019年3月28日
                普通株式        7,700       513,333       2018年12月31日          2019年3月29日
       株主総会決議
                                 46/78









                                                           EDINET提出書類
                                                ブラックロック・ジャパン株式会社(E09096)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    (金融商品関係)
    1.  金融商品の状況に関する事項
      (1)   金融商品に対する取組方針
        当社は、資金運用については短期的な預金等に限定し、また、資金調達については関連当事者からの長期借入
        に限定しています。
        投資有価証券は、当社設定の投資信託であり、通常の営業過程において保有しております。
        デリバティブについては、外貨建て営業債権及び債務の為替変動リスクを回避するために利用し、投機的な取
        引は行っておりません。
      (2)   金融商品の内容及びそのリスク並びにリスク管理体制

        営業債権である未収委託者報酬及び未収運用受託報酬は、顧客の信用リスクに晒されています。当該リスクに
        関しては、当社の経理規程に従い、取引先ごとの期日管理及び残高管理を行い、個別に未収債権の回収可能性
        を管理する体制をしいております。
        営業債務である未払手数料はその全てが1年以内の支払期日となっております。
        営業債務は流動性リスクに晒されていますが、当社では資金繰計画を作成するなどの方法により管理しており
        ます。
    2.  金融商品の時価等に関する事項

      貸借対照表計上額、時価及びこれらの差額については、次のとおりであります。なお、金額的重要性が低いものに
      ついては含めておりません。
    前事業年度 (2018年12月31日)

                         貸借対照表計上額               時価            差額
                           (百万円)            (百万円)            (百万円)
     (1) 現金・預金                         23,891            23,891              -
     (2) 未収委託者報酬                         1,588            1,588             -
     (3) 未収運用受託報酬                         2,291            2,291             -
     (4) 未収収益                         1,402            1,402             -
     (5) 長期差入保証金                         1,119            1,112             △6
            資産計                 30,293            30,287             △6
     (1) 未払手数料                          515            515            -
     (2) 未払費用                         1,039            1,039             -
            負債計                  1,554            1,554             -
    当事業年度 (2019年12月31日)

                         貸借対照表計上額               時価            差額
                           (百万円)            (百万円)            (百万円)
     (1) 現金・預金                         20,388            20,388              -
     (2) 未収委託者報酬                         1,696            1,696             -
     (3) 未収運用受託報酬                         2,268            2,268             -
     (4) 未収収益                         1,832            1,832             -
     (5) 長期差入保証金                         1,120            1,116             △4
            資産計                 27,306            27,302             △4
     (1) 未払手数料                          487            487            -
     (2) 未払費用                         1,102            1,102             -
            負債計                  1,590            1,590             -
                                 47/78




                                                           EDINET提出書類
                                                ブラックロック・ジャパン株式会社(E09096)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    (注1)    金融商品の時価の算定方法に関する事項
     資 産
     (1)  現金・預金、(2)        未収委託者報酬、(3)          未収運用受託報酬及び(4)            未収収益
       これらは短期間で決済されるため、時価は帳簿価額にほぼ等しいことから、当該帳簿価額によっています。
     (5)  長期差入保証金

       事務所敷金の時価については、事務所の敷金を当該賃貸借契約期間を基にしたインターバンク市場で取引されてい
       る円金利スワップレートで割り引いて算定する方法によっています。また従業員社宅敷金の時価については、平均
       残存勤務期間を基にしたインターバンク市場で取引されている円金利スワップレートで割り引いて算定する方法に
       よっています。
     負 債

     (1)未払手数料、(2)          未払費用
       これらは短期間で決済されるため、時価は帳簿価額にほぼ等しいことから、当該帳簿価額によっています。
    (注2)    金銭債権の決算日後の償還予定額

    前事業年度(2018年12月31日)
                      1年以内        1年超        5年超        10年超
                              5年以内        10年以内
                     (百万円)        (百万円)        (百万円)        (百万円)
     (1) 現金・預金                 23,891          -        -        -
     (2) 未収委託者報酬                  1,588         -        -        -
     (3) 未収運用受託報酬                  2,291         -        -        -
     (4) 未収収益                  1,402         -        -        -
     (5) 長期差入保証金                   -      1,051         56        11
           合計           29,174        1,051         56        11
    当事業年度(2019年12月31日)

                      1年以内        1年超        5年超        10年超
                              5年以内        10年以内
                     (百万円)        (百万円)        (百万円)        (百万円)
     (1) 現金・預金                 20,388          -        -        -
     (2) 未収委託者報酬                  1,696         -        -        -
     (3) 未収運用受託報酬                  2,268         -        -        -
     (4) 未収収益                  1,832         -        -        -
     (5) 長期差入保証金                   -      1,051         57        11
           合計           26,186        1,051         57        11
                                 48/78







                                                           EDINET提出書類
                                                ブラックロック・ジャパン株式会社(E09096)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    (有価証券関係)
    前事業年度 (2018年12月31日)
     その他有価証券
                         種類     貸借対照表計上額           取得原価         差額

                                (百万円)         (百万円)        (百万円)
                      その他 
         貸借対照表計上額が取得原
         価を超えないもの
                       投資信託             11        12        0
                  合計                 11        12        0
    当事業年度 (2019年12月31日)

     その他有価証券
                         種類     貸借対照表計上額           取得原価         差額

                                (百万円)         (百万円)        (百万円)
                      その他
         貸借対照表計上額が取得原
         価を超えるもの
                       投資信託             49        47        1
                  合計                 49        47        1
                                 49/78














                                                           EDINET提出書類
                                                ブラックロック・ジャパン株式会社(E09096)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    (退職給付関係)
    前事業年度 (自 2018年1月1日 至 2018年12月31日)
    1.  採用している退職給付制度の概要
      当社は、旧バークレイズ・グローバル・インベスターズ株式会社で設けられていた、①旧退職金制度を引き続き有
      しています。当社は、平成21年12月2日に旧ブラックロック・ジャパン株式会社との合併に伴い、旧ブラックロッ
      ク・ジャパン株式会社における退職年金制度(②確定拠出年金制度及び③確定給付年金制度)を承継しました。ま
      た、平成23年1月1日付で旧バークレイズ・グローバル・インベスターズ株式会社から引き継いだ適格退職年金制度
      はキャッシュ・バランス型の③確定給付年金制度に移行しました。従って、平成23年1月1日以降、①から③の三つ
      の制度を有しています。
    2.  確定給付制度

      (1)   退職給付債務の期首残高と期末残高の調整表
                                   (単位:百万円)
                                  前事業年度
                               (自  2018年    1月  1日
                                至  2018年12月31日)
     退職給付債務の期首残高                                1,832
      勤務費用                                 269
      利息費用
                                      7
      数理計算上の差異の発生額                                 11
      退職給付の支払額                                △138
      過去勤務費用の発生額
                                     △47
     退職給付債務の期末残高                                1,934
      (2)   年金資産の期首残高と期末残高の調整表

                                   (単位:百万円)
                                  前事業年度
                               (自  2018年    1月  1日
                                至  2018年12月31日)
     年金資産の期首残高                                2,621
      期待運用収益                                 23
      数理計算上の差異の発生額                                △113
      事業主からの拠出額                                 303
      退職給付の支払額                                △138
     年金資産の期末残高                                2,696
                                 50/78








                                                           EDINET提出書類
                                                ブラックロック・ジャパン株式会社(E09096)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
      (3)   退職給付債務及び年金資産の期末残高と貸借対照表に計上された退職給付引当金及び前払年金費用の調整表
                                   (単位:百万円)
                                  前事業年度
                                (2018年12月31日)
     積立型制度の退職給付債務                                1,874
     年金資産                               △2,696
                                    △821
     非積立型制度の退職給付債務                                 60
     未積立退職給付債務                                △761
     未認識数理計算上の差異                                 73
     未認識過去勤務費用                                 52
     貸借対照表に計上された負債と資産の純額                                △635
     退職給付引当金                                 60
     前払年金費用                                △696
     貸借対照表に計上された負債と資産の純額                                △635
      (4)   退職給付費用及びその内訳項目の金額

                                   (単位:百万円)
                                  前事業年度
                               (自  2018年    1月  1日
                                至  2018年12月31日)
     勤務費用                                 269
     利息費用                                  7
     期待運用収益                                △23
     数理計算上の差異の費用処理額                                △44
     過去勤務費用の処理額                                 △8
     確定給付制度に係る退職給付費用合計                                 200
     特別退職金                                 84
     合計                                 285
      (5)   年金資産に関する事項

       ①年金資産の主な内訳
        年金資産合計に対する主な分類ごとの比率は、次のとおりであります。
                                  前事業年度
                                (2018年12月31日)
     合同運用                                100%
     合計                                100%
      合同運用による年金資産の主な商品分類ごとの比率は、債券77%、株式20%及びその他3%となっております。
       ②長期期待運用収益率の算定方法

        年金資産の長期期待運用収益率を決定するため、現在及び予想される年金資産の配分と、年金資産を構成する
        多様な資産からの現在及び将来期待される長期の収益率を考慮しております。
      (6)   数理計算上の計算基礎に関する事項

                                  前事業年度
                               (自  2018年    1月  1日
                                至  2018年12月31日)
     割引率                                0.6%
     長期期待運用収益率                                1.0%
                                 51/78



                                                           EDINET提出書類
                                                ブラックロック・ジャパン株式会社(E09096)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    3.  確定拠出制度
      当社の確定拠出制度への要拠出額は、75百万円でありました。
    当事業年度 (自 2019年1月1日 至 2019年12月31日)

    1.  採用している退職給付制度の概要
      当社は、旧バークレイズ・グローバル・インベスターズ株式会社で設けられていた、①旧退職金制度を引き続き有
      しています。当社は、平成21年12月2日に旧ブラックロック・ジャパン株式会社との合併に伴い、旧ブラックロッ
      ク・ジャパン株式会社における退職年金制度(②確定拠出年金制度及び③確定給付年金制度)を承継しました。ま
      た、平成23年1月1日付で旧バークレイズ・グローバル・インベスターズ株式会社から引き継いだ適格退職年金制度
      はキャッシュ・バランス型の③確定給付年金制度に移行しました。従って、平成23年1月1日以降、①から③の三つ
      の制度を有しています。
    2.  確定給付制度

      (1)   退職給付債務の期首残高と期末残高の調整表
                                   (単位:百万円)
                                  当事業年度
                               (自  2019年    1月  1日
                                至  2019年12月31日)
     退職給付債務の期首残高                                1,934
      勤務費用                                 290
      利息費用                                11
      数理計算上の差異の発生額                                 14
      退職給付の支払額                                △204
      過去勤務費用の発生額
                                      -
     退職給付債務の期末残高                                2,047
      (2)   年金資産の期首残高と期末残高の調整表

                                   (単位:百万円)
                                  当事業年度
                               (自  2019年    1月  1日
                                至  2019年12月31日)
     年金資産の期首残高                                2,696
      期待運用収益                                 26
      数理計算上の差異の発生額                                 132
      事業主からの拠出額                                 328
      退職給付の支払額                                △204
     年金資産の期末残高                                2,979
                                 52/78







                                                           EDINET提出書類
                                                ブラックロック・ジャパン株式会社(E09096)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
      (3)   退職給付債務及び年金資産の期末残高と貸借対照表に計上された退職給付引当金及び前払年金費用の調整表
                                   (単位:百万円)
                                  当事業年度
                                (2019年12月31日)
     積立型制度の退職給付債務                                1,979
     年金資産                               △2,979
                                    △999
     非積立型制度の退職給付債務                                 67
     未積立退職給付債務                                △931
     未認識数理計算上の差異                                 157
     未認識過去勤務費用                                 41
     貸借対照表に計上された負債と資産の純額                                △732
     退職給付引当金                                 67
     前払年金費用                                △800
     貸借対照表に計上された負債と資産の純額                                △732
      (4)   退職給付費用及びその内訳項目の金額

                                   (単位:百万円)
                                  当事業年度
                               (自  2019年    1月  1日
                                至  2019年12月31日)
     勤務費用                                 290
     利息費用                                 11
     期待運用収益                                △26
     数理計算上の差異の費用処理額                                △33
     過去勤務費用の処理額                                △10
     確定給付制度に係る退職給付費用合計                                 231
     特別退職金                                 36
     合計                                 267
      (5)   年金資産に関する事項

       ①年金資産の主な内訳
        年金資産合計に対する主な分類ごとの比率は、次のとおりであります。
                                  当事業年度
                                (2019年12月31日)
     合同運用                                100%
     合計                                100%
      合同運用による年金資産の主な商品分類ごとの比率は、債券76%、株式21%及びその他3%となっております。
       ②長期期待運用収益率の算定方法

        年金資産の長期期待運用収益率を決定するため、現在及び予想される年金資産の配分と、年金資産を構成する
        多様な資産からの現在及び将来期待される長期の収益率を考慮しております。
      (6)   数理計算上の計算基礎に関する事項

                                  当事業年度
                               (自  2019年    1月  1日
                                至  2019年12月31日)
     割引率                                0.6%
     長期期待運用収益率                                1.0%
                                 53/78



                                                           EDINET提出書類
                                                ブラックロック・ジャパン株式会社(E09096)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    3.  確定拠出制度
      当社の確定拠出制度への要拠出額は、75百万円でありました。
    (税効果会計関係)

    1.  繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別の内訳
                                                 (単位:百万円)
                                 前事業年度              当事業年度
                               (2018年12月31日)              (2019年12月31日)
       繰延税金資産
        未払費用                                  167              191
        賞与引当金                                  591              617
        資産除去債務                                  239              239
        未払事業税                                   83              72
        早期退職慰労引当金                                   13               3
        退職給付引当金                                   18              20
        有形固定資産                                   3              1
                                         96              45
        その他
       繰延税金資産合計
                                        1,213              1,191
       繰延税金負債
        退職給付引当金                                 △213              △245
        資産除去債務に対応する除去費用                                 △152              △121
                                          -             △0
        その他
       繰延税金負債合計                                 △365              △366
       繰延税金資産の純額                                  848              824
     (注) 前事業年度及び当事業年度における繰延税金資産の純額は、貸借対照表の以下の項目に含まれております。

                                                 (単位:百万円)
                                 前事業年度               当事業年度
                               (2018年12月31日)               (2019年12月31日)
        固定資産-繰延税金資産
                                        848               824
    2.  法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との差異の原因となった主な項目別の内訳

                                    前事業年度             当事業年度
                                  (2018年12月31日)             (2019年12月31日)
       法定実効税率
                                      30.9   %          30.6   %
       (調整)
        交際費等永久に損金に算入されない項目                                1.0             1.9
        損金不算入ののれん償却額                                0.2              -
        税率変更による期末繰延税金資産の減額修正                                0.1              -
        所得拡大促進税制による税額控除                               △1.9               -
        その他                                0.8             0.0
       税効果会計適用後の法人税等の負担率                               31.1   %          32.5   %
                                 54/78






                                                           EDINET提出書類
                                                ブラックロック・ジャパン株式会社(E09096)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    (資産除去債務関係)
    資産除去債務のうち貸借対照表に計上しているもの
    1.  当該資産除去債務の概要
      当社事業所の定期建物賃貸借契約に伴う原状回復義務等であります。
    2.  当該資産除去債務の金額の算定方法

      使用見込期間を当該定期建物賃貸借契約上の賃貸借期間約5年と見積り、割引率は0.16%~0.18%を使用して資産除去
      債務の金額を計算しております。
    3.  当該資産除去債務の総額の増減

                                                 (単位:百万円)
                                  前事業年度              当事業年度
                               (自  2018年    1月  1日       (自  2019年    1月  1日
                                至  2018年12月31日)             至  2019年12月31日)
     期首残高                                262              781
     有形固定資産の取得に伴う増加額                                 75               -
     見積りの変更による増加額                                440               -
     時の経過による調整額                                  3              0
     資産除去債務の履行による減少額                                  -              -
     期末残高                                781              782
    (デリバティブ取引関係)

    前事業年度 (2018年12月31日)
     ヘッジ会計が適用されていないデリバティブ取引
         通貨関連                                  (単位:百万円)
             区分          種類       契約額等              時価      評価損益

                                    うち1年超
                    為替予約取引
         市場取引以外の取引           買建
                      米ドル              164        -      △3       △3
                  合計               164        -      △3       △3
        (注)時価の算定方法 先物為替相場に基づき算定しております。
    当事業年度 (2019年12月31日)

     ヘッジ会計が適用されていないデリバティブ取引
         通貨関連                                  (単位:百万円)
             区分          種類       契約額等              時価      評価損益

                                    うち1年超
                    為替予約取引
                     売建
         市場取引以外の取引            米ドル              79       -       0       0
                     買建
                      英ポンド               0       -       0       0
                  合計                79       -       0       0
        (注)時価の算定方法 先物為替相場に基づき算定しております。
                                 55/78




                                                           EDINET提出書類
                                                ブラックロック・ジャパン株式会社(E09096)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    (セグメント情報等)
    前事業年度 (自 2018年1月1日 至 2018年12月31日)
    1.  セグメント情報
      当社は主として投資運用業の単一セグメントであるため、記載を省略しております。
    2.  関連情報

      (1)   製品及びサービスごとの情報
                                                   (単位:百万円)
                   委託者報酬          運用受託報酬            その他           合計
       外部顧客営業収益               5,639           8,523          13,511           27,674
      (2)    地域ごとの情報
        ①  売上高
                                                   (単位:百万円)
            日本             北米             その他              合計
              13,237             11,293              3,143             27,674
           (注) 売上高は顧客の所在地を基礎とし、国又は地域に分類しております。
        ②  有形固定資産

          本邦に所在している有形固定資産の金額が貸借対照表の有形固定資産の金額の90%を超えるため、記載を省
          略しております。
      (3)   主要な顧客ごとの情報

        営業収益の10%以上を占める主要な顧客は以下のとおりです。
                                                   (単位:百万円)
                相手先                 営業収益            関連するセグメント名
       ブラックロック・ファイナンシャル・
                                 5,830              投資運用業
       マネジメント・インク
       ブラックロック・ファンド・アドバイザーズ                           3,458              投資運用業
    3.  報告セグメントごとの固定資産の減損損失に関する情報

      該当事項はありません。
    4.  報告セグメントごとののれんの償却額及び未償却残高に関する情報

      当社は主として投資運用業の単一セグメントであるため、記載を省略しております。
    5.  報告セグメントごとの負ののれん発生益に関する情報

      該当事項はありません。
                                 56/78







                                                           EDINET提出書類
                                                ブラックロック・ジャパン株式会社(E09096)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    当事業年度 (自 2019年1月1日 至 2019年12月31日)
    1.  セグメント情報
      当社は主として投資運用業の単一セグメントであるため、記載を省略しております。
    2.  関連情報

      (1)   製品及びサービスごとの情報
                                                   (単位:百万円)
                   委託者報酬          運用受託報酬            その他           合計
       外部顧客営業収益               5,643           7,545          13,290           26,480
      (2)    地域ごとの情報
        ①  売上高
                                                   (単位:百万円)
            日本             北米             その他              合計
              12,538             11,197              2,744             26,480
           (注) 売上高は顧客の所在地を基礎とし、国又は地域に分類しております。
        ②  有形固定資産

          本邦に所在している有形固定資産の金額が貸借対照表の有形固定資産の金額の90%を超えるため、記載を省
          略しております。
      (3)   主要な顧客ごとの情報

        営業収益の10%以上を占める主要な顧客は以下のとおりです。
                                                   (単位:百万円)
                相手先                 営業収益            関連するセグメント名
       ブラックロック・ファイナンシャル・
                                 5,779              投資運用業
       マネジメント・インク
       ブラックロック・ファンド・アドバイザーズ                           3,314              投資運用業
    3.  報告セグメントごとの固定資産の減損損失に関する情報

      該当事項はありません。
    4.  報告セグメントごとののれんの償却額及び未償却残高に関する情報

      当社は主として投資運用業の単一セグメントであるため、記載を省略しております。
    5.  報告セグメントごとの負ののれん発生益に関する情報

      該当事項はありません。
                                 57/78








                                                           EDINET提出書類
                                                ブラックロック・ジャパン株式会社(E09096)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    (関連当事者情報)
    1.  関連当事者との取引
       財務諸表提出会社と関連当事者との取引
      (1)   財務諸表提出会社の親会社及び主要株主(会社等に限る。)等
         前事業年度 (自 2018年1月1日 至 2018年12月31日)
                                     関連
                                議決権等
            会社等の                事業の
                                    当事者     取引の    取引金額          期末残高
                       資本金又         の所有
     種類      名称又は        所在地        内容又は                        科目
                       は出資金         (被所有)
                                     との     内容    (百万円)          (百万円)
            氏名                職業
                                割合(%)
                                     関係
                                          運用
                                                149
                                         受託報酬
                                                  未収収益        554
                                          受入
                                               5,680
                        73       (被所有)
         ブラックロック・ファイ           米国                投資顧問
                                         手数料
                            投資
     親会社    ナンシャル・マネジメン          ニュー     百万         間接    契約の
                            顧問業
                                          委託
         ト・インク          ヨーク州                 再委任等
                       米ドル         100
                                                704  未払費用        385
                                         調査費
                                          事務
                                                864  その他未払金        165
                                         委託費
                                (被所有)
         ブラックロック・ジャパ
                    日本                 株式の
     親会社    ン・ホールディングス合               1万円    持株会社     直接        営業外収益        - その他未払金       1,002
                   東京都                 保有等
         同会社
                                 100
         当事業年度 (自 2019年1月1日 至 2019年12月31日)

                                     関連
                                議決権等
            会社等の                事業の
                                    当事者     取引の    取引金額          期末残高
                       資本金又         の所有
     種類      名称又は        所在地        内容又は                        科目
                       は出資金         (被所有)
                                     との     内容    (百万円)          (百万円)
            氏名                職業
                                割合(%)
                                     関係
                                          運用
                                                225
                                         受託報酬
                                                  未収収益        917
                                          受入
                                               5,554
                        73       (被所有)
         ブラックロック・ファイ           米国                投資顧問
                                         手数料
                            投資
     親会社    ナンシャル・マネジメン          ニュー     百万         間接    契約の
                            顧問業
                                          委託
         ト・インク          ヨーク州                 再委任等
                       米ドル         100
                                                698  未払費用        445
                                         調査費
                                          事務
                                                954  その他未払金         74
                                         委託費
                                (被所有)
         ブラックロック・ジャパ
                                                  未収入金         3
                    日本                 株式の
     親会社    ン・ホールディングス合               1万円    持株会社     直接        営業外収益        -
                   東京都                 保有等
                                                  その他未払金        894
         同会社
                                 100
      (2)   財務諸表提出会社の子会社及び関連会社等

         前事業年度 (自 2018年1月1日 至 2018年12月31日)
         該当事項はありません。
         当事業年度 (自 2019年1月1日 至 2019年12月31日)

         該当事項はありません。
                                 58/78








                                                           EDINET提出書類
                                                ブラックロック・ジャパン株式会社(E09096)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
      (3)   財務諸表提出会社と同一の親会社を持つ会社等及び財務諸表提出会社のその他の関係会社の子会社等
         前事業年度 (自 2018年1月1日 至 2018年12月31日)
                                      関連
                                議決権等
                             事業の
            会社等の
                                     当事者     取引の    取引金額         期末残高
                        資本金又         の所有
     種類      名称又は        所在地                                科目
                            内容又は
                        は出資金         (被所有)
                                      との     内容    (百万円)         (百万円)
            氏名
                             職業
                                 割合(%)
                                      関係
                                         受入手数料      3,458   未収収益       330
     同一の               米国                 投資顧問
                         1,000     投資
         ブラックロック・ファン
    親会社を              カリフォル               なし    契約の    委託調査費        37
         ド・アドバイザーズ
                        米ドル    顧問業
                                                   未払費用        ▶
    持つ会社               ニア州                 再委任等
                                         事務委託費        8
    当事業年度 (自 2019年1月1日 至 2019年12月31日)

                                      関連
                                議決権等
                             事業の
            会社等の
                                     当事者     取引の    取引金額         期末残高
                        資本金又         の所有
     種類      名称又は        所在地                                科目
                            内容又は
                        は出資金         (被所有)
                                      との     内容    (百万円)         (百万円)
            氏名
                             職業
                                 割合(%)
                                      関係
                                         受入手数料      3,314   未収収益       360
     同一の               米国                 投資顧問
                         1,000     投資
         ブラックロック・ファン
    親会社を              カリフォル               なし    契約の    委託調査費       145
         ド・アドバイザーズ
                        米ドル    顧問業
                                                   未払費用        9
    持つ会社               ニア州                 再委任等
                                         事務委託費        28
    (注) 1.取引条件及び取引条件の決定方針等

         (1)  運用受託報酬については、一般取引条件と同様に決定しております。
         (2)  受入手数料については、一般取引条件と同様に決定しております。
         (3)  委託調査費については、一般取引条件と同様に決定しております。
         (4)  事務委託費については、一般取引条件と同様に決定しております。
    2.  親会社に関する注記

      (1)   親会社情報
        ブラックロック・インク(ニューヨーク証券取引所に上場)
        ブラックロック・ファイナンシャル・マネジメント・インク(非上場)
        ブラックロック・ジャパン・ホールディングス合同会社(非上場)
    (1株当たり情報)

                              前事業年度              当事業年度
                           (自  2018年    1月  1日       (自  2019年    1月  1日
             項目
                            至  2018年12月31日)             至  2019年12月31日)
     1株当たり純資産額                       1,828,761      円  92  銭    1,642,418      円  94  銭
     1株当たり当期純利益金額                        359,180     円  40  銭     326,833     円  15  銭
    (注) 1.潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、潜在株式が存在しないため記載しておりません。
        2.1株当たり当期純利益金額の算定上の基礎は、以下のとおりであります。
                             前事業年度               当事業年度
                           (自  2018年    1月  1日       (自  2019年    1月  1日
             項目
                           至  2018年12月31日)             至  2019年12月31日)
     当期純利益              (百万円)              5,387               4,902
     普通株主に帰属しない金額              (百万円)               -               -
     普通株式に係る当期純利益              (百万円)              5,387               4,902
     普通株式の期中平均株式数               (株)            15,000               15,000
    独立監査人の監査報告書は、当事業年度(自 2019年1月1日 至2019年12月31日)を対象としております。

                                 59/78





                                                           EDINET提出書類
                                                ブラックロック・ジャパン株式会社(E09096)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    【中間財務諸表】
    1.中間財務諸表の作成方法について

     委託会社であるブラックロック・ジャパン株式会社(以下「当社」という。)の中間財務諸表すなわち中間貸借対照
    表、中間損益計算書及び中間株主資本等変動計算書は、「中間財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」
    (1977年大蔵省令第38号)並びに同規則第38条及び第57条の規定により「金融商品取引業等に関する内閣府令」(2007年内
    閣府令第52号)に基づいて作成しております。
    2.監査証明について

     当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、中間会計期間(自2020年1月1日 至2020年6月30日)の中
    間財務諸表について有限責任監査法人トーマツによる中間監査を受けております。
    3.財務諸表に記載している金額については、百万円未満の端数を切り捨てて表示しております。

                                 60/78
















                                                           EDINET提出書類
                                                ブラックロック・ジャパン株式会社(E09096)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     (1)  中間貸借対照表
                                     (単位:百万円)
                                   中間会計期間末
                                  (2020年6月30日)
     資産の部
      流動資産
       現金・預金                      ※2            14,477
       立替金                                    20
       前払費用                                    189
       未収入金                                     6
       未収委託者報酬                                   1,585
       未収運用受託報酬                                   1,640
       未収収益                                    829
                                            1
       為替予約
       流動資産計                                  18,750
      固定資産
       有形固定資産
        建物附属設備                     ※1             1,120
                                           518
        器具備品                     ※1
        有形固定資産計                                  1,638
       無形固定資産
                                            7
        ソフトウエア
        無形固定資産計                                    7
       投資その他の資産
        投資有価証券                                   36
        長期差入保証金                                  1,119
        前払年金費用                                   849
        長期前払費用                                   36
                                           481
        繰延税金資産
        投資その他の資産計                                  2,523
       固定資産計                                   4,169
      資産合計                                   22,920
                                 61/78









                                                           EDINET提出書類
                                                ブラックロック・ジャパン株式会社(E09096)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
                                     (単位:百万円)
                                   中間会計期間末
                                  (2020年6月30日)
     負債の部
      流動負債
       預り金                                    117
       未払金
       未払収益分配金                                    ▶
       未払償還金                                    74
       未払手数料                                   418
       その他未払金                                   522
       未払費用                                    672
       未払消費税等                                    150
       未払法人税等                                    279
       前受金                                    26
       賞与引当金                                    883
                                           70
       役員賞与引当金
       流動負債計                                   3,221
      固定負債
       退職給付引当金                                    68
                                           783
       資産除去債務
       固定負債計                                    851
      負債合計                                    4,073
     純資産の部

      株主資本
       資本金                                   3,120
       資本剰余金
        資本準備金                                  3,001
                                          3,846
        その他資本剰余金
        資本剰余金合計                                  6,847
       利益剰余金
        利益準備金                                   336
        その他利益剰余金
                                          8,543
         繰越利益剰余金
        利益剰余金合計                                  8,880
       株主資本合計                                  18,848
      評価・換算差額等
       その他有価証券評価差額金                                    △1
       評価・換算差額等合計                                    △1
      純資産合計                                   18,846
      負債・純資産合計                                   22,920
                                 62/78






                                                           EDINET提出書類
                                                ブラックロック・ジャパン株式会社(E09096)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     (2)  中間損益計算書
                                     (単位:百万円)
                                   中間会計期間
                                 (自 2020年1月1日
                                  至 2020年6月30日)
     営業収益
      委託者報酬                                    2,714
      運用受託報酬                                    3,593
                                          6,146
      その他営業収益
       営業収益計
                                         12,454
     営業費用
      支払手数料                                     695
      広告宣伝費                                      46
      調査費
       調査費                                    181
                                          1,687
       委託調査費
       調査費計
                                          1,869
      委託計算費                                      39
      営業雑経費
       通信費                                    29
       印刷費                                    45
                                           22
       諸会費
       営業雑経費計                                    98
        営業費用計
                                          2,749
     一般管理費
      給料
       役員報酬                                    425
       給料・手当                                   2,334
                                          1,196
       賞与
       給料計
                                          3,956
      退職給付費用                                     165
      福利厚生費                                     498
      事務委託費                                    1,118
      交際費                                      11
      旅費交通費                                      29
      租税公課                                     137
      不動産賃借料                                     457
      水道光熱費                                      28
      固定資産減価償却費                       ※1              214
      資産除去債務利息費用                                      0
                                           155
      諸経費
       一般管理費計                                   6,775
      営業利益
                                          2,929
                                 63/78







                                                           EDINET提出書類
                                                ブラックロック・ジャパン株式会社(E09096)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
                                     (単位:百万円)
                                   中間会計期間
                                 (自 2020年1月1日
                                  至 2020年6月30日)
     営業外収益
      受取利息                                      0
      有価証券売却益                                      0
      為替差益                                      17
                                            0
      雑益
       営業外収益計                                     18
     経常利益
                                          2,947
     税引前中間純利益                                     2,947
     法人税、住民税及び事業税                                      690
                                           344
     法人税等調整額
     中間純利益                                     1,913
                                 64/78
















                                                           EDINET提出書類
                                                ブラックロック・ジャパン株式会社(E09096)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     (3)  中間株主資本等変動計算書
    中間会計期間 (自 2020年1月1日 至 2020年6月30日)

                                                    (単位:百万円)
                            株主資本                   評価・換算差額等
                     資本剰余金            利益剰余金
                                                        純資産
                                              その他有価
                                その他利益
                                          株主資本         評価・換算
                                                         合計
                          資本
              資本金                                証券評価
                                 剰余金
                  資本   その他資本         利益       利益剰余金
                                           合計        差額等合計
                          剰余金
                                               差額金
                  準備金    剰余金       準備金         合計
                                 繰越利益
                          合計
                                 剰余金
    当期首残高          3,120   3,001     3,846   6,847    336   14,330     14,666     24,634       1     1  24,636
    当中間期変動額
     剰余金の配当                             △7,700     △7,700     △7,700             △7,700
     中間純利益                              1,913     1,913     1,913             1,913
    株主資本以外の項目の当
                                                 △2     △2    △2
    中間期変動額(純額)
    当中間期変動額合計            -   -     -   -   -  △5,786     △5,786     △5,786      △2     △2   △5,789
    当中間期末残高          3,120   3,001     3,846   6,847    336    8,543     8,880    18,848      △1     △1   18,846
                                 65/78















                                                           EDINET提出書類
                                                ブラックロック・ジャパン株式会社(E09096)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     注 記 事 項
      (重要な会計方針)
                                       中間会計期間

                                     自 2020年1月       1日
            項 目
                                     至 2020年6月30日
     1.  有価証券の評価基準及び評価方法                  その他有価証券

                         時価のあるもの
                          決算日の市場価格等に基づく時価法(評価差額は、全部純資産直入法
                         により処理し、売却原価は、移動平均法により算定)を採用しておりま
                         す。
     2.  デリバティブ取引等の評価基準及び                   時価法を採用しております。

      評価方法
     3.  固定資産の減価償却方法                  (1)  有形固定資産

                          定額法により償却しております。
                         なお、主な耐用年数は建物附属設備5~18年、器具備品3~15年でありま
                         す。
                        (2)  無形固定資産

                          自社利用のソフトウエアの減価償却方法については、社内における利
                         用可能期間(5年)に基づく定額法によっております。
     4.  引当金の計上基準                  (1)  貸倒引当金の計上方法

                          債権の貸倒損失に備えるため、貸倒懸念債権等特定の債権については
                         個別に回収可能性を検討し、回収不能見込額を計上しております。
                        (2)  退職給付引当金の計上方法

                         ① 旧退職金制度
                           適格退職年金制度移行日現在在籍していた従業員については、旧退
                          職制度に基づく給付額を保証しているため、中間会計期間末現在の当
                          該給付額と年金制度に基づく給付額との差額を引当て計上しておりま
                          す。
                         ② 確定拠出年金制度
                           確定拠出年金制度(DC)による退職年金制度を有しております。
                         ③ 確定給付年金制度
                           キャッシュ・バランス型の年金制度(CB)の退職年金制度を有して
                          おります。CBには、一定の利回り保証を付しており、これの将来の支
                          払に備えるため、確定給付型の会計基準に準じた会計処理方法により
                          引当金を計上しております。
                           退職給付債務の算定にあたり、退職給付見込額を当期までの期間に
                          帰属させる方法については、ポイント基準によっております。
                           過去勤務債務は、その発生時の従業員の平均残存勤務期間以内の一
                          定の年数(9年)による定額法により費用処理しております。
                           数理計算上の差異は各事業年度の発生時における従業員の平均残存
                          勤務期間以内の一定の年数(9年)による定額法により按分した額をそ
                          れぞれ発生の翌事業年度から費用処理または費用から控除することと
                          しております。
                        (3)  賞与引当金の計上方法

                          従業員の賞与の支払に備えて、賞与支給見込額の当中間会計期間負担
                         額を計上しております。
                                 66/78



                                                           EDINET提出書類
                                                ブラックロック・ジャパン株式会社(E09096)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
                                       中間会計期間
                                     自 2020年1月       1日
            項 目
                                     至 2020年6月30日
                        (4)  役員賞与引当金の計上方法

                          役員の賞与の支払に備えて、賞与支給見込額の当中間会計期間負担額
                         を計上しております。
                        (5)  早期退職慰労引当金の計上方法

                          早期退職慰労金の支払に備えて、早期退職慰労金支給見込額の当中間
                         会計期間負担額を計上しております。
     5.  外貨建の資産又は負債の本邦通貨へ                  外貨建金銭債権債務は、中間会計期間末の直物為替相場により円貨に換算

                        し、換算差額は損益として処理しております。
      の換算基準
     6.  その他中間財務諸表作成のための基                  (1)  消費税等の会計処理

      本となる重要な事項                    税抜方式によっております。
                        (2)  連結納税制度の適用

                          親会社であるブラックロック・ジャパン・ホールディングス合同会社
                         を連結納税親会社として、連結納税制度を適用しております。
      (会計方針の変更)

                             中間会計期間

                           自 2020年1月       1日
                           至 2020年6月30日
     (金銭債権と金銭債務の相殺表示に関わる会計方針の変更)
      当社は、当社グループ会社間の債権債務を含む金銭債権及び金銭債務を従来総額で表示しておりましたが、グループ
     会社間でのマスター・ネッティング契約締結を契機に見直しを行った結果、「金融商品会計に関する実務指針」(日本
     公認会計士協会        会計制度委員会報告第14号)第140項に基づき、金銭債権と金銭債務を相殺表示する方が当社の財政状
     態をより適切に表示できると判断し、当中間会計期間から相殺表示する方法へ変更しております。
      (中間貸借対照表関係)

                            中間会計期間末

                            2020年6月30日
     ※1 有形固定資産の減価償却累計額
          建物附属設備                         1,889百万円
          器具備品                         1,197百万円
     㬀㈰_卹㸰漰Ɛ䮎작터湒륳蝶萰檊뾐吰銈䰰䘰弰腓홟ᖒ肈䳿ኈ䰰桟卞ꞌ뢍詙兽а鉽倰地昰䨰訰縰夰Ȱ匰谰襙兽а歗

       づく当中間会計期間末の借入未実行残高は次のとおりであります。
          当座貸越極度額                         1,000百万円
          借入実行残高                              -
          差引額                         1,000百万円
                                 67/78





                                                           EDINET提出書類
                                                ブラックロック・ジャパン株式会社(E09096)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
      (中間損益計算書関係)
                             中間会計期間

                           自 2020年1月       1日
                           至 2020年6月30日
      ※1 減価償却実施額
           有形固定資産                         213百万円
           無形固定資産                          1百万円
      (中間株主資本等変動計算書関係)

                             中間会計期間

                           自 2020年1月       1日
                           至 2020年6月30日
     1.発行済株式の種類及び総数に関する事項
                  前事業年度末          当中間会計期間          当中間会計期間           当中間会計
                   株式数         増加株式数          減少株式数          期間末株式数
       発行済株式
        普通株式               15,000            -          -        15,000
          合計             15,000            -          -        15,000
     2.自己株式の種類及び株式数に関する事項

       該当事項はありません。
     3.  新株予約権及び自己新株予約権に関する事項

       該当事項はありません。
     4.  配当に関する事項

     (1)  配当金支払額
                      配当金の総額         1株当たり

         決議      株式の種類                         基準日        効力発生日
                        (百万円)       配当額(円)
       2020年3月30日
                普通株式        7,700       513,333       2019年12月31日          2020年3月31日
       株主総会決議
     (2)  基準日が当中間会計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が当中間会計期間後となるもの

       該当事項はありません。
                                 68/78









                                                           EDINET提出書類
                                                ブラックロック・ジャパン株式会社(E09096)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
      (金融商品関係)
                             中間会計期間

                           自 2020年1月       1日
                           至 2020年6月30日
     1. 金融商品の状況に関する事項

      (1)  金融商品に対する取組方針
        当社は、資金運用については短期的な預金等に限定し、また、資金調達については関連当事者からの長期借入
        に限定しています。
        投資有価証券は、当社設定の投資信託であり、通常の営業過程において保有しております。
        デリバティブについては、外貨建て営業債権及び債務の為替変動リスクを回避するために利用し、投機的な取
        引は行っておりません。
      (2)  金融商品の内容及びそのリスク並びにリスク管理体制

        営業債権である未収委託者報酬及び未収運用受託報酬は、顧客の信用リスクに晒されています。当該リスクに
        関しては、当社の経理規程に従い、取引先ごとの期日管理及び残高管理を行い、個別に未収債権の回収可能性
        を管理する体制をしいております。
        営業債務である未払手数料はその全てが1年以内の支払期日となっております。
        営業債務は流動性リスクに晒されていますが、当社では資金繰計画を作成するなどの方法により管理しており
        ます。
     2. 金融商品の時価等に関する事項

       2020年6月30日(中間期の決算日)における中間貸借対照表計上額、時価及びこれらの差額については、次のとお
       りです。
                                               (単位:百万円)
                        中間貸借対照表計上額               時価          差額
      ①   現金・預金
                            14,477          14,477             -
      ②   未収委託者報酬
                             1,585          1,585            -
      ③   未収運用受託報酬
                             1,640          1,640            -
      ④   未収収益
                              829          829           -
      ⑤   投資有価証券
                              36          36          -
        その他有価証券
      ⑥   長期差入保証金
                             1,119          1,117           △2
             資産計               19,689          19,686            △2
      ⑦   未払手数料
                              418          418           -
      ⑧   未払費用
                              672          672           -
             負債計                1,091          1,091            -
      ⑨   デリバティブ取引
        ヘッジ会計が適用されていない
                               1          1          -
        もの
           デリバティブ計
                               1          1          -
     (注)

       金融商品の時価の算定方法に関する事項
       ①現金・預金、②未収委託者報酬、③未収運用受託報酬及び④未収収益
        これらは短期間で決済されるため、時価は帳簿価額にほぼ等しいことから、当該帳簿価額によっています。
       ⑤投資有価証券
        投資有価証券は、投資信託であり、決算日の基準価格によっております。
                                 69/78





                                                           EDINET提出書類
                                                ブラックロック・ジャパン株式会社(E09096)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
                             中間会計期間
                           自 2020年1月       1日
                           至 2020年6月30日
       ⑥長期差入保証金
        事務所敷金の時価については、事務所の敷金を当該賃貸借契約期間を基にしたインターバンク市場で取引され
        ている円金利スワップレートで割り引いて算定する方法によっています。また従業員社宅敷金の時価について
        は、平均残存勤務期間を基にしたインターバンク市場で取引されている円金利スワップレートで割り引いて算
        定する方法によっています。
        但し、上記レートがマイナスとなる場合は、割引率はゼロを使用しております。
       ⑦未払手数料、⑧未払費用
        これらは短期間で決済されるため、時価は帳簿価額にほぼ等しいことから、当該帳簿価額によっています。
       ⑨デリバティブ取引
        デリバティブ取引によって生じた正味の債権・債務は純額で表示しており、合計で正味の債務となる項目につ
        いては、()で示しております。
      (有価証券関係)

                             中間会計期間

                           自 2020年1月       1日
                           至 2020年6月30日
     その他有価証券

                                              (単位:百万円)
                              中間貸借対照表
                         種類               取得原価         差額
                                計上額
         貸借対照表計上額が取得原              その他
         価を超えるもの               投資信託            1        1        0
         貸借対照表計上額が取得原              その他
         価を超えないもの               投資信託            35        37       △1
                  合計                36        38       △1
      (資産除去債務関係)

                             中間会計期間

                           自 2020年1月       1日
                           至 2020年6月30日
      資産除去債務のうち貸借対照表に計上しているもの
     1. 当該資産除去債務の概要

       当社事業所の定期建物賃貸借契約に伴う原状回復義務等であります。
     2. 当該資産除去債務の金額の算定方法

       使用見込期間を当該定期建物賃貸借契約上の賃貸借期間5年と見積り、割引率は0.16%~0.18%を使用して資産除
       去債務の金額を計算しております。
     3. 当中間会計期間における当該資産除去債務の総額の増減

       期首残高                     782   百万円
       有形固定資産の取得に伴う増加額                      -  百万円
                             0
       時の経過による調整額                        百万円
                            783
       中間会計期間末残高                        百万円
                                 70/78




                                                           EDINET提出書類
                                                ブラックロック・ジャパン株式会社(E09096)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
      (セグメント情報等)
                             中間会計期間

                           自 2020年1月       1日
                           至 2020年6月30日
     1. セグメント情報
       当社は主として投資運用業の単一セグメントであるため、記載を省略しております。
     2. 関連情報

      (1) 製品及びサービスに関する情報
                                   (単位:百万円)
                委託者       運用受託
                               その他        合計
                報酬        報酬
       外部顧客
                2,714        3,593        6,146       12,454
        営業収益
      (2) 地域に関する情報

        ①  売上高
                                   (単位:百万円)
         日本          北米         その他          合計
         5,978          5,132          1,343         12,454
      (注)売上高は顧客の所在地を基礎とし、国又は地域に分類しております。
        ②  有形固定資産

          本邦に所在している有形固定資産の金額が中間貸借対照表の有形固定資産の金額の90%を超えるため、記
          載を省略しております。
      (3) 主要な顧客に関する情報

        営業収益の10%以上を占める主要な顧客は以下のとおりです。
                                   (単位:百万円)
                                     関連する
              相手先              営業収益
                                     セグメント名
      ブラックロック・ファイナンシャル・
                            2,637        投資運用業
      マネジメント・インク
      ブラックロック・ファンド・アドバイ
                            1,436        投資運用業
      ザーズ
      (デリバティブ取引関係)

                             中間会計期間

                           自 2020年1月       1日
                           至 2020年6月30日
     ヘッジ会計が適用されていないデリバティブ取引
       通貨関連                               (単位:百万円)

                           契約額等

          区分          種類                      時価      評価損益
                                 うち1年超
                 為替予約取引
       市場取引以外の
                  買建
       取引
                              208                      1
                                      -       1
                    米ドル
               合計               208       -       1       1
       (注)時価の算定方法 先物為替相場に基づき算定しております。
                                 71/78




                                                           EDINET提出書類
                                                ブラックロック・ジャパン株式会社(E09096)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
      (1株当たり情報)
                             中間会計期間

                           自 2020年1月       1日
                           至 2020年6月30日
     1株当たり純資産額                          1,256,452円20銭
     1株当たり中間純利益                           127,565円16銭
     なお、潜在株式調整後1株当たり中間純利益金額については、潜在株式が存在しないため記載しておりません。

     1株当たり中間純利益の算定上の基礎

     損益計算書上の中間純利益                            1,913百万円
     1株当たり中間純利益の算定に
                                 1,913百万円
     用いられた普通株式に係る中間純利益
     期中平均株式数                              15,000株
      (重要な後発事象)

    該当事項はありません。
                                 72/78














                                                           EDINET提出書類
                                                ブラックロック・ジャパン株式会社(E09096)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    4【利害関係人との取引制限】
      委託会社は、金融商品取引法の定めるところにより、利害関係人との取引について、次に掲げる行為が禁止されて
     います。
     (1)  自己またはその取締役若しくは執行役との間における取引を行なうことを内容とした運用を行なうこと(投資者
      の保護に欠け、若しくは取引の公正を害し、または金融商品取引業の信用を失墜させるおそれがないものとして内
      閣府令で定めるものを除きます。)。
     (2)  運用財産相互間において取引を行なうことを内容とした運用を行なうこと(投資者の保護に欠け、若しくは取引
      の公正を害し、または金融商品取引業の信用を失墜させるおそれがないものとして金融商品取引業等に関する内閣
      府令で定めるものを除きます。)。
     (3)  通常の取引の条件と異なる条件であって取引の公正を害するおそれのある条件で、委託会社の親法人等(委託会
      社の総株主等の議決権の過半数を保有していることその他の委託会社と密接な関係を有する法人その他の団体とし
      て金融商品取引法施行令で定める要件に該当する者をいいます。以下(4)(5)において同じ。)または子法人等(委
      託会社が総株主等の議決権の過半数を保有していることその他の委託会社と密接な関係を有する法人その他の団体
      として政令で定める要件に該当する者をいいます。以下同じ。)と有価証券の売買その他の取引または金融デリバ
      ティブ取引を行なうこと。
     (4)  委託会社の親法人等または子法人等の利益を図るため、その行なう投資運用業に関して運用の方針、運用財産の
      額若しくは市場の状況に照らして不必要な取引を行なうことを内容とした運用を行なうこと。
     (5)  上記に掲げるもののほか、投資者の保護に欠け、若しくは取引の公正を害し、または金融商品取引業の信用を失
      墜させるおそれのあるものとして金融商品取引業等に関する内閣府令で定める行為。
                                 73/78













                                                           EDINET提出書類
                                                ブラックロック・ジャパン株式会社(E09096)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    5【その他】
      定款の変更、事業譲渡または事業譲受、出資の状況その他の重要事項
         変更年月日                          変更事項
        2007年9月18日          証券業登録に伴う商号変更(「バークレイズ・グローバル・インベスターズ証券投
                  信投資顧問株式会社」に変更)のため、定款変更を行ないました。
        2007年9月30日          商号変更(「バークレイズ・グローバル・インベスターズ株式会社」に変更)のた
                  め、定款変更を行ないました。
        2007年9月30日          公告の方法を変更するため、定款変更を行ないました。
        2007年12月27日          事業を営むことの目的を変更するため、定款変更を行ないました。
        2008年7月1日          グループ会社の1つであるバークレイズ・グローバル・インベスターズ・サービス
                  株式会社を吸収合併し、それに伴い資本金の額を変更いたしました。
        2008年7月1日          株式取扱規則に関する記述を追加するため、定款変更を行ないました。
        2009年6月22日          本店所在地変更のため、定款変更を行ないました。
        2009年12月2日          ブラックロック・ジャパン株式会社と合併
                  商号変更(「ブラックロック・ジャパン株式会社」に変更)および定款変更を行な
                  いました。
        2011年4月1日          グループ会社であるブラックロック証券株式会社を吸収合併し、それに先立ち定款
                  変更および資本金の額の変更を行ないました。
        2013年10月5日          MGPA   Japan   LLCより不動産投資関連の事業を譲受し、それに先立ち定款変更を行な
                  いました。
        2014年12月1日          決算期を3月31日から12月31日に変更するため、定款変更を行ないました。
                                 74/78













                                                           EDINET提出書類
                                                ブラックロック・ジャパン株式会社(E09096)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    第2【その他の関係法人の概況】
    1【名称、資本金の額及び事業の内容】

     (1)  受託会社
      ・名称         :みずほ信託銀行株式会社
      ・資本金の額         :247,369百万円(2020年3月末現在)
      ・事業の内容         :銀行法に基づき銀行業を営むとともに、金融機関の信託業務の兼営等に関する法律に基づき
                信託業務を営んでいます。
     <再信託受託会社の概要>

      ・名称         :株式会社日本カストディ銀行
      ・資本金の額         :51,000百万円(2020年7月末現在)
      ・事業の内容         :銀行法に基づき、銀行業を営むとともに、金融機関の信託業務の兼営等に関する法律(兼営
                法)に基づき信託業務を営んでいます。
      ・再信託の目的         :原信託契約にかかる信託業務の一部(信託財産の管理)を原信託受託会社から再信託受託会
                社(株式会社日本カストディ銀行)へ委託するため、原信託財産の全てを再信託受託会社へ
                移管することを目的とします。
     (2)  販売会社

                      資本金の額(百万円)
            名称                               事業の内容
                      (2020年3月末現在)
                                  銀行法に基づき銀行業を営むとともに、金融機関の信
                  *
                          247,369       託業務の兼営等に関する法律に基づき信託業務を営ん
       みずほ信託銀行株式会社
                                  でいます。
      *みずほ信託銀行株式会社での取扱いは、当初申込(委託会社による自己設定)にかかる取扱いに限ります。
    2【関係業務の概要】

     (1)  受託会社
       受託会社として、当ファンドの信託財産の保管・管理・計算、外国証券を保管・管理する外国の保管銀行への指
      図・連絡等を行ないます。
     (2)  販売会社

       当ファンドの販売会社として、募集の取扱いおよび販売を行ない、換金に関する事務、収益分配金の再投資に関
      する事務、収益分配金・換金代金・償還金の支払いに関する事務等を行ないます。
    3【資本関係】

     (1)  受託会社
       該当事項はありません。
     (2)  販売会社

       該当事項はありません。
                                 75/78






                                                           EDINET提出書類
                                                ブラックロック・ジャパン株式会社(E09096)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    第3【その他】
    1 交付目論見書の表紙等に、以下の事項を記載します。

     (1)  委託会社等の情報
      ① 委託会社名
      ② 金融商品取引業者登録番号
      ③ 設立年月日
      ④ 資本金
      ⑤ 当該委託会社が運用する投資信託財産の合計純資産総額
      ⑥ 「ファンドの運用の指図を行なう者である。」旨
     (2)  受託会社に関する情報
       受託会社名および「ファンドの財産の保管および管理を行なう者である。」旨
     (3)  詳細情報の入手方法
       詳細な情報の入手方法として、以下の事項を記載します。
      ① 委託会社のホームページアドレス、電話番号および受付時間等
      ② 請求目論見書の入手方法および投資信託約款が請求目論見書に添付されている旨
     (4)  交付目論見書の使用開始日
     (5)  届出の効力に関する事項
       金商法第4条第1項又は第2項の規定による届出の効力に関する事項について、次に掲げるいずれかの内容を記
      載します。
      ① 届出をした日および当該届出の効力の発生の有無を確認する方法
      ② 届出をした日、届出が効力を生じている旨および効力発生日
     (6)  その他の記載事項
      ① 商品内容に関して重大な変更を行なう場合には、投資信託及び投資法人に関する法律(昭和26年法律第198号、
        以下「投信法」という。)に基づき事前に受益者の意向を確認する旨
      ② 投資信託の財産は受託会社において信託法に基づき分別管理されている旨
      ③ 請求目論見書は投資者の請求により販売会社から交付される旨および当該請求を行なった場合にはその旨の記
        録をしておくべきである旨
      ④ 「ご購入に際しては、本書の内容を十分にお読みください。」との趣旨を示す記載
    2 交付目論見書の「投資リスク」記載箇所に金融商品取引法第37条の6の規定(いわゆるクーリング・オフ)の適用

     がない旨を記載します。
    3 目論見書は別称として、「投資信託説明書」と称して使用する場合があります。

    4 目論見書は電子媒体等として使用される他、インターネット等に掲載されることがあります。

                                 76/78







                                                           EDINET提出書類
                                                ブラックロック・ジャパン株式会社(E09096)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
                        独立監査人の監査報告書
                                                     2020年2月28日

    ブラックロック・ジャパン株式会社
      取    締    役    会   御         中
                       有限責任監査法人ト ー マ ツ

                        指定有限責任社員

                                   公認会計士       田  中  素  子
                        業務執行社員
                        指定有限責任社員

                                   公認会計士       中  島  紀  子
                        業務執行社員
     当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づく監査証明を行うため、「委託会社等の経理状況」に掲

    げられているブラックロック・ジャパン株式会社の2019年1月1日から2019年12月31日までの第33期事業年度の財務諸
    表、すなわち、貸借対照表、損益計算書、株主資本等変動計算書、重要な会計方針及びその他の注記について監査を
    行った。
    財務諸表に対する経営者の責任

     経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して財務諸表を作成し適正に表
    示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない財務諸表を作成し適正に表示するために経営
    者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
    監査人の責任

     当監査法人の責任は、当監査法人が実施した監査に基づいて、独立の立場から財務諸表に対する意見を表明すること
    にある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に準拠して監査を行った。監査の基準
    は、当監査法人に財務諸表に重要な虚偽表示がないかどうかについて合理的な保証を得るために、監査計画を策定し、
    これに基づき監査を実施することを求めている。
     監査においては、財務諸表の金額及び開示について監査証拠を入手するための手続が実施される。監査手続は、当監
    査法人の判断により、不正又は誤謬による財務諸表の重要な虚偽表示のリスクの評価に基づいて選択及び適用される。
    財務諸表監査の目的は、内部統制の有効性について意見表明するためのものではないが、当監査法人は、リスク評価の
    実施に際して、状況に応じた適切な監査手続を立案するために、財務諸表の作成と適正な表示に関連する内部統制を検
    討する。また、監査には、経営者が採用した会計方針及びその適用方法並びに経営者によって行われた見積りの評価も
    含め全体としての財務諸表の表示を検討することが含まれる。
     当監査法人は、意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手したと判断している。
    監査意見

     当監査法人は、上記の財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して、ブラッ
    クロック・ジャパン株式会社の2019年12月31日現在の財政状態並びに同日をもって終了する事業年度の経営成績をすべ
    ての重要な点において適正に表示しているものと認める。
    利害関係

     会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                       以  上

    (注)   1.上記は、監査報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社が別途保管しておりま

         す。
       2.XBRLデータは監査の対象には含まれていません。
                                 77/78


                                                           EDINET提出書類
                                                ブラックロック・ジャパン株式会社(E09096)
                                                 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
                       独立監査人の中間監査報告書
                                                     2020年8月28日

    ブラックロック・ジャパン株式会社
     取  締  役  会   御 中
                         有限責任監査法人ト ー マ ツ

                          指定有限責任社員

                                    公認会計士       山   田   信   之
                          業務執行社員
                          指定有限責任社員

                                    公認会計士       中   島   紀   子
                          業務執行社員
     当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づく監査証明を行うため、「委託会社等の経理状況」に掲

    げられているブラックロック・ジャパン株式会社の2020年1月1日から2020年12月31日までの第34期事業年度の中間会計
    期間(2020年1月1日から2020年6月30日まで)に係る中間財務諸表、すなわち、中間貸借対照表、中間損益計算書、中間
    株主資本等変動計算書、重要な会計方針及びその他の注記について中間監査を行った。
    中間財務諸表に対する経営者の責任

     経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる中間財務諸表の作成基準に準拠して中間財務諸表を作
    成し有用な情報を表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない中間財務諸表を作成し有
    用な情報を表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
    監査人の責任

     当監査法人の責任は、当監査法人が実施した中間監査に基づいて、独立の立場から中間財務諸表に対する意見を表明
    することにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる中間監査の基準に準拠して中間監査を
    行った。中間監査の基準は、当監査法人に中間財務諸表には全体として中間財務諸表の有用な情報の表示に関して投資
    者の判断を損なうような重要な虚偽表示がないかどうかの合理的な保証を得るために、中間監査に係る監査計画を策定
    し、これに基づき中間監査を実施することを求めている。
     中間監査においては、中間財務諸表の金額及び開示について監査証拠を入手するために年度監査と比べて監査手続の
    一部を省略した中間監査手続が実施される。中間監査手続は、当監査法人の判断により、不正又は誤謬による中間財務
    諸表の重要な虚偽表示のリスクの評価に基づいて、分析的手続等を中心とした監査手続に必要に応じて追加の監査手続
    が選択及び適用される。中間監査の目的は、内部統制の有効性について意見表明するためのものではないが、当監査法
    人は、リスク評価の実施に際して、状況に応じた適切な中間監査手続を立案するために、中間財務諸表の作成と有用な
    情報の表示に関連する内部統制を検討する。また、中間監査には、経営者が採用した会計方針及びその適用方法並びに
    経営者によって行われた見積りの評価も含め中間財務諸表の表示を検討することが含まれる。
     当監査法人は、中間監査の意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手したと判断している。
    中間監査意見

     当監査法人は、上記の中間財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認められる中間財務諸表の作成基準に準拠
    して、ブラックロック・ジャパン株式会社の2020年6月30日現在の財政状態及び同日をもって終了する中間会計期間
    (2020年1月1日から2020年6月30日まで)の経営成績に関する有用な情報を表示しているものと認める。
    利害関係

     会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                       以 上
    (注)   1.上記は、監査報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社が別途保管しており

         ます。
       2.XBRLデータは監査の対象には含まれていません。
                                 78/78



PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

書類提出日で検索

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2020年9月22日

企業・投資家の個別ページに掲載情報を追加しました。また、併せて細かい改修を行いました。

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。

スポンサーリンク