株式会社大日光・エンジニアリング 四半期報告書 第42期第2四半期(令和2年4月1日-令和2年6月30日)

提出書類 四半期報告書-第42期第2四半期(令和2年4月1日-令和2年6月30日)
提出日
提出者 株式会社大日光・エンジニアリング
カテゴリ 四半期報告書

                                                           EDINET提出書類
                                                株式会社大日光・エンジニアリング(E02116)
                                                             四半期報告書
     【表紙】
      【提出書類】                    四半期報告書

      【根拠条文】                    金融商品取引法第24条の4の7第1項
      【提出先】                    関東財務局長
      【提出日】                    2020年8月14日
      【四半期会計期間】                    第42期第2四半期(自 2020年4月1日 至 2020年6月30日)
      【会社名】                    株式会社大日光・エンジニアリング
      【英訳名】                    Di-Nikko     Engineering      Co.,Ltd.
      【代表者の役職氏名】                    代表取締役社長執行役員COO  山口 琢也
      【本店の所在の場所】                    栃木県日光市根室697番地1
      【電話番号】                    0288-26-3930(代表)
      【事務連絡者氏名】                    取締役経営企画室長執行役員CFO  為崎 靖夫
      【最寄りの連絡場所】                    栃木県日光市根室697番地1
      【電話番号】                    0288-26-3930(代表)
      【事務連絡者氏名】                    取締役経営企画室長執行役員CFO  為崎 靖夫
      【縦覧に供する場所】                    株式会社東京証券取引所
                          (東京都中央区日本橋兜町2番1号)
                                  1/25













                                                           EDINET提出書類
                                                株式会社大日光・エンジニアリング(E02116)
                                                             四半期報告書
     第一部【企業情報】
     第1【企業の概況】
      1【主要な経営指標等の推移】
                               第41期           第42期
               回次              第2四半期連結           第2四半期連結             第41期
                              累計期間           累計期間
                            自2019年1月1日           自2020年1月1日           自2019年1月1日

              会計期間
                            至2019年6月30日           至2020年6月30日           至2019年12月31日
                      (千円)          12,679,922           13,133,899           27,724,428

     売上高
                      (千円)            35,297           24,931           228,346
     経常利益
     親会社株主に帰属する四半期(当
                      (千円)            49,198            2,761          363,842
     期)純利益
                      (千円)           △ 12,513          △ 148,559           327,512
     四半期包括利益又は包括利益
                      (千円)           2,513,033           2,867,957           2,829,435
     純資産額
                      (千円)          18,355,985           19,860,122           19,730,866
     総資産額
     1株当たり四半期(当期)純利益金
                      (円)             9.48           0.53           70.07
     額
     潜在株式調整後1株当たり四半期
                      (円)              -          0.52            -
     (当期)純利益金額
                      (%)             13.6           13.7           14.2
     自己資本比率
     営業活動によるキャッシュ・フ
                      (千円)            192,297           △ 31,794           471,546
     ロー
     投資活動によるキャッシュ・フ
                      (千円)           △ 480,816          △ 258,794          △ 646,568
     ロー
     財務活動によるキャッシュ・フ
                      (千円)            526,029           430,334            94,084
     ロー
     現金及び現金同等物の四半期末
                      (千円)           1,853,324           1,669,429           1,546,069
     (期末)残高
                               第41期           第42期

               回次              第2四半期連結           第2四半期連結
                              会計期間           会計期間
                            自2019年4月1日           自2020年4月1日

              会計期間
                            至2019年6月30日           至2020年6月30日
                                   1.89           9.22

     1株当たり四半期純利益金額                  (円)
      (注)1.当社は四半期連結財務諸表を作成しているため、提出会社の主要な経営指標等の推移については記載してお

          りません。
         2.売上高には消費税等は含まれておりません。
         3.第41期第2四半期連結累計期間及び第41期の潜在株式調整後1株当たり四半期(当期)純利益金額について
          は、希薄化効果を有する潜在株式が存在しないため、記載しておりません。
         4.2020年7月1日付で普通株式1株につき2株の割合で株式分割を行っております。
          前連結会計年度の期首に当該株式分割が行われたと仮定し、1株当たり四半期(当期)純利益金額及び潜在株式
          調整後1株当たり四半期純利益金額を算定しております。
                                  2/25




                                                           EDINET提出書類
                                                株式会社大日光・エンジニアリング(E02116)
                                                             四半期報告書
      2【事業の内容】
        当第2四半期連結累計期間において、当社グループ(当社及び当社の関係会社)が営む事業の内容について、重要な
       変更はありません。また、主要な関係会社の異動は下記のとおりであります。
        (日本)
         当第2四半期連結累計期間において、株式取得により株式会社NCネットワークファクトリーを連結の範囲に含
        めております。
        (アジア)
         主要な関係会社の異動はありません。
        (その他)
         当第2四半期連結累計期間において、上記株式会社NCネットワークファクトリーの取得により、同社の子会社
        であるNC      Network,Inc.を連結の範囲に含めております。
                                  3/25

















                                                           EDINET提出書類
                                                株式会社大日光・エンジニアリング(E02116)
                                                             四半期報告書
     第2【事業の状況】
      1【事業等のリスク】
        当第2四半期連結累計期間において、                   新たな事業等のリスクの発生、または、                   前事業年度の有価証券報告書に記載
        した事業等のリスクについて重要な変更はありません。
        なお、新型コロナウイルス感染症の拡大による事業への影響については、今後も注視していきます。
      2【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

       文中の将来に関する事項は、当四半期連結会計期間の末日現在において判断したものであります。
      (1)   経営成績の状況
       当第2四半期連結累計期間において我が国の経済は、新型コロナウィルス感染症拡大の影響によるインバウンド需
      要の消失や個人消費の減退、輸出の減少等により景気は急速に悪化しました。
       米国においては、経済活動制限が広がるなか、景気は大きく下振れしました。中国経済は、新型コロナウイルス感
      染症拡大で混乱した前四半期からは改善したものの、景気後退入りが示されました。このような経営環境下、当第2
      四半期連結会計年度の経営成績は下記の通りとなりました。
       日本では、オフィス・ビジネス機器用においては、景気低迷の影響により受注が減少した一方、昨年中国での生産
      を日本国内生産に切り替えた機種が堅調であったこと等により、売上は横ばいとなりました。医療機器用について
      は、新型コロナウイルス感染症の世界的拡大を受け、精密検査機器用を中心に売上を伸ばしました。遊技機用につい
      ては、筐体入替えに伴う受注が増加したことにより、増収となりました。産業機器用においては                                            、デジタルカメラ用
      交換レンズが、市場の縮小傾向に加え、新型コロナウイルス感染症拡大による需要低迷により、売上が減少しまし
      た。社会生活機器用は、景気の落込みを受け、幅広い分野での売上が減少しました。業務請負・人材派遣子会社は、
      新型コロナウイルス感染症の影響により、当第2四半期の売上は大きく落ち込みました。オフィス・ビジネス機器販
      売子会社は、新たな事業(太陽光発電)が順調に推移し、売上を伸ばしました。基板製造子会社の売上は、新型コロ
      ナウイルスの影響により、計画を下回りました。また、5月に連結子会社となった加工事業会社の売上は、概ね計画
      通りでした。この結果、日本の売上は、5,234百万円(前年同期比12.6%増)となりました。
        アジアでは、香港・深圳子会社および無錫子会社ともに、新型コロナウイルス感染症の影響からは回復傾向にあ
      り、売上は3拠点ともに前年を上回りました。一方、タイ子会社においては、新型コロナウイルス感染症拡大の影響を
      受け、売上が減少しました。この結果、アジアの売上高は、7,896百万円(前年同期比1.6%減)となりました。
       以上の結果、当第2四半期連結累計期間における連結売上高は、13,133百万円(前年同期比3.5%増)となりました。
       損益面では、製品構成の組換えや生産効率化等により、深圳子会社の損益が改善したこと、また、新たに連結子会
      社となった加工事業会社の利益が加わった一方、日本国内における売上構成の変化による粗利の縮小および業務請
      負・人材派遣子会社の売上減少による損失、また業務改善途上である基板製造子会社の損失等により、営業利益は17
      百万円(前年同期比45.0%減)となりました。
       営業外損益は、海外子会社において為替差損を計上した一方、中国および日本における政府からの助成金等が増益
      要因となり、経常利益は24百万円(前年同期比29.3%減)となりました。
       上記に加えて、固定資産売却益、投資有価証券売却益、負ののれん発生益の特別利益、及び法人税等を加減した結
      果、親会社株主に帰属する四半期純利益は2百万円(前年同期比94.4%減)となりました。
                                  4/25








                                                           EDINET提出書類
                                                株式会社大日光・エンジニアリング(E02116)
                                                             四半期報告書
      (2)   財政状態の分析
        当第2四半期連結会計期間末における総資産は19,860百万円(前連結会計年度末比129百万円増)となりました。
        流動資産は、現金及び預金、電子記録債権、原材料及び貯蔵品が増加した一方、受取手形及び売掛金が減少したこ
       と等により14,876百万円(前連結会計年度末比34百万円増)となりました。
        固定資産は、建設仮勘定が減少した一方、機械装置及び運搬具が増加したことにより4,983百万円(前連結会計年
       度末比94百万円増)となりました。
        当第2四半期連結会計期間末における負債合計は16,992百万円(前連結会計年度末比90百万円増)となりました。
        流動負債は、電子記録債務が増加した一方、支払手形及び買掛金、短期借入金が減少したこと等により11,306百万
       円(前連結会計年度末比670百万円減)となりました。
        固定負債は、長期借入金が増加したこと等により5,685百万円(前連結会計年度末比761百万円増)となりました。
        純資産合計は、利益剰余金、為替換算調整勘定が減少した一方、非支配株主持分が増加したこと等により2,867百
       万円(前連結会計年度末比38百万円増)となりました。
      (3)   キャッシュ・フローの状況

        当第2四半期連結会計期間末における現金及び現金同等物(以下「資金」という。)は、前連結会計年度末に比べ
       123百万円増加し、1,669百万円となりました。各キャッシュ・フローの状況は下記のとおりであります。
       ① 営業活動によるキャッシュ・フロー
         営業活動の結果使用した資金は31百万円(前年同期は192百万円の獲得)となりました。これは主に、減価償却
        費206百万円の計上、また売上債権の減少219百万円があった一方、たな卸資産の増加435百万円があったこと等に
        よるものであります。
       ② 投資活動によるキャッシュ・フロー
         投資活動の結果使用した資金は258百万円(前年同期は480百万円の支出)となりました。これは主に、有形固定
        資産の取得による支出329百万円、保険積立金の払戻による収入57百万円があったこと等によるものであります。
       ③ 財務活動によるキャッシュ・フロー
         財務活動の結果獲得した資金は430百万円(前年同期比95百万円減)となりました。これは主に、短期借入金の純
        減213百万円、長期借入金の返済による支出1,215百万円があった一方、長期借入れによる収入1,800百万円があっ
        たこと等によるものであります。
      (4)   事業上及び財務上の対処すべき課題

        当第2四半期連結累計期間において、当社グループの事業上及び財務上の対処すべき課題に重要な変更及び新たに
       生じた課題はありません。
      (5)   研究開発活動

        当第2四半期連結累計期間の研究開発費の総額は、30百万円であります。
      3【経営上の重要な契約等】

        当第2四半期連結会計期間において、経営上の重要な契約等の決定又は締結等はありません。
                                  5/25








                                                           EDINET提出書類
                                                株式会社大日光・エンジニアリング(E02116)
                                                             四半期報告書
     第3【提出会社の状況】
      1【株式等の状況】
       (1)【株式の総数等】
        ①【株式の総数】
                  種類                       発行可能株式総数(株)
       普通株式                                            5,600,000

                  計                                5,600,000

      (注)2020年6月8日開催の取締役会決議に基づき、2020年7月1日付で株式分割に伴う定款の変更が行われ、
       発行可能株式総数は5,600,000株増加し、11,200,000株となっております。
        ②【発行済株式】
              第2四半期会計期間末現
                                        上場金融商品取引所名
                           提出日現在発行数(株)
              在発行数(株)
        種類                                又は登録認可金融商品               内容
                            (2020年8月14        日)
              (2020年6月30日)                          取引業協会名
                                          東京証券取引所
                                           JASDAQ
                    2,729,400             5,458,800                      (注1)
     普通株式
                                          (スタンダード)
                    2,729,400             5,458,800             -           -
         計
      (注)1.     完全議決権株式であり、株主としての権利内容に何ら限定のない、当社における標準となる株式であります。
         なお、単元株式数は100株であります。
        2.「提出日現在発行数」欄には、2020年8月1日からこの四半期報告書提出日までの新株予約権の行使により発行
         された株式数は含まれておりません。
        3.2020年6月8日開催の取締役会決議に基づき、2020年7月1日付で普通株式1株につき2株の割合で株式分割
         を行っており、発行済株式総数が2,729,400株増加し、5,458,800株となっております。
       (2)【新株予約権等の状況】

        ①【ストックオプション制度の内容】
     決議年月日                            2020年3月27日
                                 当社執行役員及び従業員122名
     付与対象者の区分及び人数(名)
                                 当社子会社取締役及び従業員36名
     新株予約権の数(個)                            383
                                 普通株式     (注)   1
     新株予約権の目的となる株式の種類
                                 38,300    (注)   1
     新株予約権の目的となる株式の数(株)
     新株予約権の行使時の払込金額(円)                            (注)2

     新株予約権の権利行使期間                            (注)3

     新株予約権の行使により株式を発行する場合の株式の発行
                                 (注)4
     価格及び資本組入額(円)
     新株予約権の譲渡に関する事項                            (注)5
     新株予約権の行使の条件                            (注)6

     当社が新株予約権を取得する事由および取得の条件                            (注)7

     組織再編行為に伴う新株予約権の交付に関する事項                            (注)8

      ※新株予約権の発行時(2020年4月13日)における内容を記載しております。
     (注)1      新株予約権の目的である株式の種類は当社普通株式とし、各新株予約権の目的である株式の数(以下、「付与
         株式数」という。)は新株予約権1個当たり100株とする。
         なお、新株予約権を割り当てる日(以下、「割当日」という。)後、当社が普通株式に関する株式分割(株式
         無償割当てを含む。)又は株式併合を行う場合、次の算式により付与株式数を調整するものとする。但し、
         かかる調整は、新株予約権のうち、当該時点で行使されていない新株予約権の目的である株式の数について
         行われ、調整の結果生じる1株未満の端株についてはこれを切り捨てるものとする。
          調整後付与株式数         =  調整前付与株式数         ×  分割又は併合の比率
                                  6/25

                                                           EDINET提出書類
                                                株式会社大日光・エンジニアリング(E02116)
                                                             四半期報告書
         また、上記の他、付与株式数の調整を必要とするやむを得ない事由が生じたときは、当社は、当社の取締役会
         において必要と認められる付与株式数の調整を行うことができる。
     (注)2      新株予約権の行使に際して出資される財産の価格は、以下の通りである。
         新株予約権の行使により交付を受けることが出来る株式1株あたり1円とし、これに割当株式数を乗じた金額と
         する。
     (注)3      新株予約権の権利行使期間は以下の通りである。
         2022年4月13日から2037年4月12日までとする。
     (注)4      新株予約権の行使により株式を発行する場合において増加する資本金及び資本準備金については次のとおりと
         する。
         ①新株予約権の行使により株式を発行する場合における増加する資本金の額は、会社計算規則第17条第1項に
         従い算出される資本金等増加限度額の2分の1の金額とし、計算の結果1円未満の端数が生ずる場合は、これを
         切り上げるものとする。
         ②新株予約権の行使により株式を発行する場合における増加する資本準備金の額は、上記①記載の資本金等
         増加限度額から上記①に定める増加する資本金の額を減じた額とする。
     (注)5      譲渡による新株予約権の取得については、取締役会の決議による承認を要する。
     (注)6      新株予約権の行使に当たっては、下記の全ての条件が成就されていることを要する。
         ①新株予約権者は、権利行使時において、当社又は当社の関連会社の取締役、監査役、執行役員若しくは従業
         員の地位にあることを要す。ただし、取締役、監査役が任期満了により退任した場合、又は執行役員、従業員
         が定年により退職した場合にはこの限りではない。又、当社取締役会が正当な理由があると認めた場合はこの
         限りではない。
         ②新株予約権者の相続人による新株予約件の行使は認めない。
         ③その他の条件については、当社と新株予約権者との間で締結する新株予約権割当契約に定めるところに
         よる。
     (注)7      当社が新株予約権を取得する事由及び取得の条件
         ①新株予約権者が権利行使をする前に、上記6の定め又は新株予約権割当契約の定めにより新株予約権を行使
         出来なくなった場合、当社は当社の取締役会が別途定める日をもって当該新株予約権を無償で取得することが
         できる。
         ②当社は、以下イ、ロ、ハ、ニ又はホの議案につき当社の株主総会で承認された場合(株主総会決議が不要の
         場合は当社の取締役会で承認された場合)は、当社の取締役会が別途定める日に、新株予約権を無償で取得す
         ることができる。
         イ   当社が消滅会社となる合併契約承認の議案
         ロ   当社が分割会社となる分割契約又は分割計画承認の議案
         ハ   当社が完全子会社となる株式交換契約又は株式移転計画承認の議案
         ニ   当社の発行する全部の株式の内容として譲渡による当該株式の取得について当社の承認を要することに
           ついての定めを設ける定款の変更承認の議案
         ホ   当該予約権の目的である種類の株式の内容として譲渡による当該種類の株式の取得について当社の承認を
           要すること又は当該種類の株式について当社が株主総会の決議によってその全部を取得することについて
           の定めを設ける定款の変更承認の議案
     (注)8    組織再編行為に伴う新株予約権の交付に関する事項
         当社が合併(当社が合併により消滅する場合に限る)、吸収分割若しくは新設分割(それぞれ当社が分割会社
         となる場合に限る。)、株式交換若しくは株式移転(それぞれ当社が完全子会社となる場合に限る。)(以上
         を総称して以下、「組織再編行為」という。)をする場合において、組織再編行為の効力発生日(吸収合併に
         つき吸収合併がその効力を生ずる日、新設合併につき新設合併設立株式会社の成立の日、吸収分割につき吸収
         分割がその効力を生ずる日、新設分割につき新設分割設立会社成立の日、株式交換につき株式交換がその効力
         を生ずる日、及び株式移転につき株式移転設立完全親会社の成立の日をいう。以下同じ)の直前において残存
         する新株予約権〈以下、「残存新株予約権」という。)を保有する新株予約権者に対し、それぞれの場合に
         つき、会社法第236条第1項第8号のイからホまでに掲げる株式会社(以下「再編対象会社」という。)の新株
         予約権をそれぞれ交付することとする。ただし、以下の各号に沿って再編対象会社の新株予約権を交付する
         旨を、吸収合併契約、新設合併契約、吸収分割契約、新設分割計画、株式交換契約又は株式移転計画において
         定めた場合に限る。
         ①交付する再編対象会社の新株予約権の数
          新株予約権者が保有する残存新株予約権の数と同一の数をそれぞれ交付するものとする。
         ②新株予約権の目的である再編対象会社の株式の種類
          再編対象会社の普通株式とする。
         ③新株予約権の目的である再編対象会社の株式の数
                                  7/25

                                                           EDINET提出書類
                                                株式会社大日光・エンジニアリング(E02116)
                                                             四半期報告書
          組織再編行為の条件等を勘案のうえ、上記1に準じて決定する。
         ④新株予約権の行使に際して出資される財産の価格
          交付される各新株予約権の行使に際して出資される財産の価額は、以下に定める再編後行使価格に上記③に
          従って決定される当該各新株予約権の目的である再編対象会社の株式の数を乗じて得られる金額とする。
          再編後行使価格は、交付される各新株予約権を行使することにより交付を受けることができる再編対象会社
          の株式1株当たり1円とする。
         ⑤新株予約権を行使することができる期間
          上記3に定める新株予約権を行使することができる期間の初日と組織再編行為の効力発生日のいずれか
          遅い日から、上記3に定める新株予約権を行使することができる期間の満了日までとする。
         ⑥新株予約権の行使により株式を発行する場合における増加する資本金及び資本準備金に関する事項
          上記4に準じて決定する。
         ⑦譲渡による新株予約権の取得の制限
          譲渡による新株予約権の取得については、再編対象会社の取締役会の決議による承認を要するものとする。
         ⑧新株予約権の行使条件
          上記6に準じて決定する。
         ⑨新株予約権の取得条項
          上記7に準じて決定する。
        ②【その他の新株予約権等の状況】

         該当事項はありません。
       (3)【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】
          該当事項はありません。
       (4)【発行済株式総数、資本金等の推移】

                発行済株式総
                       発行済株式総        資本金増減額        資本金残高       資本準備金増        資本準備金残
        年月日       数増減数
                       数残高(株)         (千円)        (千円)      減額(千円)        高(千円)
                 (株)
     2020  年4月1日~
                     -    2,729,400           -     871,249          -     578,249
     2020年6月30日
     (注)2020年6月8日開催の取締役会決議に基づき、2020年7月1日付で普通株式1株につき2株の割合で株式分割を行ってお
     り、発行済株式総数が2,729,400株増加し、5,458,800株となっております。
                                  8/25










                                                           EDINET提出書類
                                                株式会社大日光・エンジニアリング(E02116)
                                                             四半期報告書
       (5)【大株主の状況】
                                                   2020年6月30日現在
                                                     発行済株式(自
                                                     己株式を除
                                              所有株式数
                                                     く。)の総数に
            氏名又は名称                      住所
                                               (株)
                                                     対する所有株式
                                                     数の割合(%)
                          栃木県日光市土沢1432番地22                      522,220         19.50

      有限会社欅
                                                345,000         12.88
      株式会社NCネットワーク                    東京都台東区柳橋一丁目4番4号
                                                129,600          4.84

      株式会社足利銀行                    栃木県宇都宮市桜四丁目1番25号
                          栃木県日光市根室697番地1                      105,600          3.94

      大日光・エンジニアリング従業員持株会
                                                83,200         3.10

      山口侑男                    栃木県日光市
                                                80,700         3.01

      三井住友信託銀行株式会社                    東京都千代田区丸の内一丁目4番1号
                                                76,000         2.83

      株式会社商工組合中央金庫                    東京都中央区八重洲二丁目10番17号
                                                70,700         2.64

      山口琢也                    栃木県宇都宮市
                                                64,200         2.39

      日本生命保険相互会社                    東京都千代田区丸の内一丁目6番6号
                                                60,000         2.24
      株式会社栃木銀行                    栃木県宇都宮市西二丁目1番18号
                                  -            1,537,220          57.42

              計
      (注)上記のほか、自己株式が51,641株あります。
       (6)【議決権の状況】
        ①【発行済株式】
                                                   2020年6月30日現在
                       株式数(株)          議決権の数(個)
           区分                                       内容
                             -       -               -

     無議決権株式
     議決権制限株式(自己株式等)                        -       -               -
     議決権制限株式(その他)                        -       -               -

                                          権利内容に何ら限定のない、当社にお
                     (自己保有株式)
                                          ける標準となる株式であります。な
     完全議決権株式(自己株式等)                               -
                     普通株式       51,641
                                          お、単元株式数は100株であります。
     完全議決権株式(その他)                     2,677,000           26,770

                     普通株式                              同上
                             759       -
     単元未満株式               普通株式                              同上
                          2,729,400          -               -
     発行済株式総数
                             -       26,770              -
     総株主の議決権
        ②【自己株式等】

                                                   2020年6月30日現在
                                                    発行済株式総数
                             自己名義所有       他人名義所有       所有株式数の       に対する所有株
      所有者の氏名又
                   所有者の住所
                             株式数(株)       株式数(株)       合計(株)       式数の割合
      は名称
                                                    (%)
     (自己保有株式)
               栃木県日光市根室697番地1
                                51,641        -       51,641          1.89
     株式会社大日光・
     エンジニアリング
                      ―          51,641        -       51,641          1.89
         計
                                  9/25



                                                           EDINET提出書類
                                                株式会社大日光・エンジニアリング(E02116)
                                                             四半期報告書
      2【役員の状況】

       該当事項はありません。
                                 10/25




















                                                           EDINET提出書類
                                                株式会社大日光・エンジニアリング(E02116)
                                                             四半期報告書
     第4【経理の状況】
      1.四半期連結財務諸表の作成方法について
        当社の四半期連結財務諸表は、「四半期連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(2007年内閣府令
       第64号)に基づいて作成しております。
      2.監査証明について

        当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第2四半期連結会計期間(2020年4月1日から2020
       年6月30日まで)及び第2四半期連結累計期間(2020年1月1日から2020年6月30日まで)に係る四半期連結財務諸
       表について、EY新日本有限責任監査法人による四半期レビューを受けております。
                                 11/25

















                                                           EDINET提出書類
                                                株式会社大日光・エンジニアリング(E02116)
                                                             四半期報告書
      1【四半期連結財務諸表】
       (1)【四半期連結貸借対照表】
                                                   (単位:千円)
                                  前連結会計年度            当第2四半期連結会計期間
                                 (2019年12月31日)              (2020年6月30日)
      資産の部
       流動資産
                                       1,546,069              1,669,429
         現金及び預金
                                       5,641,839              4,972,106
         受取手形及び売掛金
                                       1,424,418              1,776,502
         電子記録債権
                                        775,960              883,827
         商品及び製品
                                        447,774              401,222
         仕掛品
                                       4,282,707              4,698,645
         原材料及び貯蔵品
                                        780,844              532,790
         その他
                                        △ 57,924             △ 57,862
         貸倒引当金
                                       14,841,689              14,876,661
         流動資産合計
       固定資産
         有形固定資産
                                       4,566,342              4,629,614
          建物及び構築物
                                      △ 3,207,498             △ 3,249,646
            減価償却累計額
            建物及び構築物(純額)                            1,358,844              1,379,967
          機械装置及び運搬具                             4,682,620              4,868,438
                                      △ 3,202,943             △ 3,140,282
            減価償却累計額
            機械装置及び運搬具(純額)                            1,479,677              1,728,156
                                        578,313              578,313
          土地
                                        204,116               4,964
          建設仮勘定
                                        704,827              751,092
          その他
                                       △ 517,761             △ 532,863
            減価償却累計額
            その他(純額)                             187,066              218,229
                                       3,808,017              3,909,631
          有形固定資産合計
         無形固定資産                                105,091              118,584
         投資その他の資産
                                        425,819              419,251
          投資有価証券
                                        296,948              302,346
          保険積立金
                                         47,545              57,105
          繰延税金資産
                                        205,754              176,543
          その他
                                        976,068              955,246
          投資その他の資産合計
                                       4,889,177              4,983,461
         固定資産合計
                                       19,730,866              19,860,122
       資産合計
                                 12/25








                                                           EDINET提出書類
                                                株式会社大日光・エンジニアリング(E02116)
                                                             四半期報告書
                                                   (単位:千円)

                                  前連結会計年度            当第2四半期連結会計期間
                                 (2019年12月31日)              (2020年6月30日)
      負債の部
       流動負債
                                       4,478,495              3,745,317
         支払手形及び買掛金
                                        957,794             1,499,058
         電子記録債務
                                       2,869,330              2,592,489
         短期借入金
                                       2,189,288              2,365,440
         1年内返済予定の長期借入金
                                        144,546              182,463
         リース債務
                                         37,505              39,113
         未払法人税等
                                       1,299,759               882,565
         その他
                                       11,976,720              11,306,446
         流動負債合計
       固定負債
                                       4,656,814              5,313,665
         長期借入金
                                        145,189              246,126
         リース債務
                                         1,505              1,300
         繰延税金負債
                                        113,025              117,044
         退職給付に係る負債
                                         8,176              7,582
         その他
                                       4,924,711              5,685,718
         固定負債合計
                                       16,901,431              16,992,164
       負債合計
      純資産の部
       株主資本
                                        859,351              871,249
         資本金
                                        566,351              608,909
         資本剰余金
                                        813,590              790,333
         利益剰余金
                                        △ 77,578             △ 38,518
         自己株式
                                       2,161,713              2,231,974
         株主資本合計
       その他の包括利益累計額
                                        △ 74,694             △ 140,881
         その他有価証券評価差額金
                                         5,979             △ 3,966
         繰延ヘッジ損益
                                        717,407              634,081
         為替換算調整勘定
                                        648,691              489,232
         その他の包括利益累計額合計
       新株予約権                                  19,029              16,306
                                            -           130,444
       非支配株主持分
                                       2,829,435              2,867,957
       純資産合計
                                       19,730,866              19,860,122
      負債純資産合計
                                 13/25









                                                           EDINET提出書類
                                                株式会社大日光・エンジニアリング(E02116)
                                                             四半期報告書
       (2)【四半期連結損益計算書及び四半期連結包括利益計算書】
        【四半期連結損益計算書】
         【第2四半期連結累計期間】
                                                   (単位:千円)
                               前第2四半期連結累計期間              当第2四半期連結累計期間
                                (自 2019年1月1日              (自 2020年1月1日
                                 至 2019年6月30日)               至 2020年6月30日)
      売上高                                 12,679,922              13,133,899
                                       11,530,493              11,953,340
      売上原価
                                       1,149,429              1,180,559
      売上総利益
                                      ※1 1,118,087             ※1 1,163,335
      販売費及び一般管理費
                                         31,342              17,224
      営業利益
      営業外収益
                                         4,569              2,691
       受取利息
                                         6,694              7,647
       受取配当金
                                         23,023              16,873
       消耗品等売却益
                                            -            41,349
       助成金収入
                                         24,287               1,191
       受取補償金
                                         3,152                -
       為替差益
                                         7,934                -
       持分法による投資利益
                                         13,229               9,751
       保険返戻金
                                         43,004              40,295
       その他
       営業外収益合計                                 125,896              119,800
      営業外費用
                                         67,975              64,854
       支払利息
                                            -            34,241
       為替差損
                                         52,089                 -
       貸倒引当金繰入額
                                            -            11,831
       持分法による投資損失
                                         1,876              1,166
       その他
                                        121,940              112,093
       営業外費用合計
                                         35,297              24,931
      経常利益
      特別利益
                                         9,152              3,983
       固定資産売却益
                                         20,661               1,660
       投資有価証券売却益
                                         3,285              1,910
       負ののれん発生益
                                         33,099               7,554
       特別利益合計
      特別損失
                                            -             189
       固定資産売却損
                                           44               -
       固定資産除却損
                                         1,512                -
       投資有価証券売却損
                                         1,557               189
       特別損失合計
                                         66,840              32,297
      税金等調整前四半期純利益
                                         17,641              21,398
      法人税等
                                         49,198              10,898
      四半期純利益
      非支配株主に帰属する四半期純利益                                      -            8,137
                                         49,198               2,761
      親会社株主に帰属する四半期純利益
                                 14/25






                                                           EDINET提出書類
                                                株式会社大日光・エンジニアリング(E02116)
                                                             四半期報告書
        【四半期連結包括利益計算書】
         【第2四半期連結累計期間】
                                                   (単位:千円)
                               前第2四半期連結累計期間              当第2四半期連結累計期間
                                (自 2019年1月1日              (自 2020年1月1日
                                 至 2019年6月30日)               至 2020年6月30日)
                                         49,198              10,898
      四半期純利益
      その他の包括利益
                                         2,070             △ 66,186
       その他有価証券評価差額金
                                        △ 12,544              △ 9,946
       繰延ヘッジ損益
                                        △ 52,489             △ 82,262
       為替換算調整勘定
                                         1,251             △ 1,063
       持分法適用会社に対する持分相当額
                                        △ 61,711             △ 159,458
       その他の包括利益合計
                                        △ 12,513             △ 148,559
      四半期包括利益
      (内訳)
                                        △ 12,513             △ 156,697
       親会社株主に係る四半期包括利益
                                           -             8,137
       非支配株主に係る四半期包括利益
                                 15/25















                                                           EDINET提出書類
                                                株式会社大日光・エンジニアリング(E02116)
                                                             四半期報告書
       (3)【四半期連結キャッシュ・フロー計算書】
                                                   (単位:千円)
                               前第2四半期連結累計期間              当第2四半期連結累計期間
                                (自 2019年1月1日              (自 2020年1月1日
                                 至 2019年6月30日)               至 2020年6月30日)
      営業活動によるキャッシュ・フロー
                                         66,840              32,297
       税金等調整前四半期純利益
                                        151,189              206,356
       減価償却費
                                        △ 3,285             △ 1,910
       負ののれん発生益
       貸倒引当金の増減額(△は減少)                                  51,948               △ 61
       退職給付に係る負債の増減額(△は減少)                                  6,076              4,047
                                        △ 11,264             △ 10,338
       受取利息及び受取配当金
                                         67,975              64,854
       支払利息
       為替差損益(△は益)                                 △ 14,722               5,784
       持分法による投資損益(△は益)                                 △ 7,934              11,831
       投資有価証券売却損益(△は益)                                 △ 19,149              △ 1,660
       固定資産売却損益(△は益)                                 △ 9,152             △ 3,983
       固定資産除却損                                    44              189
                                        △ 13,229              △ 9,751
       保険返戻金
       売上債権の増減額(△は増加)                                  21,867              219,114
       たな卸資産の増減額(△は増加)                                 152,848             △ 435,458
       仕入債務の増減額(△は減少)                                 △ 55,310             △ 91,687
                                        △ 37,957              △ 9,586
       未払又は未収消費税等の増減額
                                        △ 3,138              41,400
       その他
                                        343,647               21,437
       小計
       利息及び配当金の受取額                                  11,264              10,338
                                        △ 63,905             △ 63,948
       利息の支払額
                                           -            34,178
       法人税等の還付額
                                        △ 98,708             △ 33,800
       法人税等の支払額
                                        192,297              △ 31,794
       営業活動によるキャッシュ・フロー
      投資活動によるキャッシュ・フロー
                                       △ 344,805             △ 329,599
       有形固定資産の取得による支出
                                         9,459              9,417
       有形固定資産の売却による収入
                                        △ 1,504             △ 13,339
       無形固定資産の取得による支出
                                        △ 27,299              △ 7,177
       投資有価証券の取得による支出
                                         44,462               8,390
       投資有価証券の売却による収入
                                       △ 150,000                 -
       事業譲受による支出
       連結の範囲の変更を伴う子会社株式の取得による
                                           -            22,764
       収入
                                        △ 6,980             △ 6,682
       保険積立金の積立による支出
                                           -            57,572
       保険積立金の払戻による収入
                                        △ 1,774              △ 873
       差入保証金の差入による支出
                                        △ 2,373               732
       その他
                                       △ 480,816             △ 258,794
       投資活動によるキャッシュ・フロー
                                 16/25







                                                           EDINET提出書類
                                                株式会社大日光・エンジニアリング(E02116)
                                                             四半期報告書
                                                   (単位:千円)

                               前第2四半期連結累計期間              当第2四半期連結累計期間
                                (自 2019年1月1日              (自 2020年1月1日
                                 至 2019年6月30日)               至 2020年6月30日)
      財務活動によるキャッシュ・フロー
       短期借入金の純増減額(△は減少)                                △ 151,702             △ 213,344
                                       1,790,000              1,800,000
       長期借入れによる収入
                                      △ 1,269,450             △ 1,215,274
       長期借入金の返済による支出
                                        247,359               73,920
       セール・アンド・リースバックによる収入
                                        △ 58,967             △ 82,636
       リース債務の返済による支出
                                           -            69,720
       自己株式の処分による収入
                                           -            23,797
       新株予約権の行使による株式の発行による収入
                                        △ 31,210             △ 25,848
       配当金の支払額
                                        526,029              430,334
       財務活動によるキャッシュ・フロー
                                        △ 18,093             △ 16,385
      現金及び現金同等物に係る換算差額
      現金及び現金同等物の増減額(△は減少)                                   219,416              123,359
                                       1,633,907              1,546,069
      現金及び現金同等物の期首残高
                                      ※1 1,853,324             ※1 1,669,429
      現金及び現金同等物の四半期末残高
                                 17/25















                                                           EDINET提出書類
                                                株式会社大日光・エンジニアリング(E02116)
                                                             四半期報告書
       【注記事項】
        (連結の範囲又は持分法適用の範囲の変更)
         当第2四半期連結会計期間において、株式会社NCネットワークファクトリーの株式を取得したため、同社及び
         同社の子会社であるNC            Network        Inc.を連結の範囲に含めております。
        (追加情報)

        (新型コロナウイルス感染症の影響に関する会計上の見積り)
        当社グループにおいては、新型コロナウイルスの感染拡大の影響について、収束時期を2020年末頃と想定する等、
        一定の仮定をし固定資産の減損損失や繰延税金資産の回収可能性等の見積もりを行っています。なお、収束遅延に
        より影響が長期化した場合には、将来において損失が発生する可能性があります。
        (四半期連結損益計算書関係)

      ※1 販売費及び一般管理費のうち主要な費目及び金額は次のとおりであります。
                            前第2四半期連結累計期間                 当第2四半期連結累計期間
                             (自 2019年1月1日                (自 2020年1月1日
                              至 2019年6月30日)                  至 2020年6月30日)
         従業員給与手当                          403,812    千円            413,963    千円
                                   137,055                149,609
         運搬費
                                   29,409                29,710
         減価償却費
         退職給付費用                           2,102                6,243
        (四半期連結キャッシュ・フロー計算書関係)

      ※1 現金及び現金同等物の四半期末残高と四半期連結貸借対照表に掲記されている科目の金額との関係は下記のと
        おりであります。
                            前第2四半期連結累計期間                当第2四半期連結累計期間
                             (自 2019年1月1日                (自 2020年1月1日
                              至 2019年6月30日)                至 2020年6月30日)
         現金及び預金勘定                         1,853,324千円                1,669,429千円
         預入期間が3ヶ月を超える定期預金                             -                -
         現金及び現金同等物                         1,853,324千円                1,669,429千円
                                 18/25










                                                           EDINET提出書類
                                                株式会社大日光・エンジニアリング(E02116)
                                                             四半期報告書
        (株主資本等関係)
         Ⅰ   前第2四半期連結累計期間(自 2019年1月1日 至 2019年6月30日)
          1 配当金支払額
                               1株当たり

                        配当金の総額
           決議       株式の種類               配当額        基準日        効力発生日        配当の原資
                         (千円)
                                (円)
       2019年3月28日

                  普通株式         31,150       12.00    2018年12月31日         2019年3月29日         利益剰余金
       定時株主総会
          2 基準日が当第2四半期連結累計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が当第2四半期連結会計期間

          の末日後となるもの
                               1株当たり

                        配当金の総額
           決議       株式の種類               配当額        基準日        効力発生日        配当の原資
                         (千円)
                                (円)
       2019年8月7日

                  普通株式         25,958       10.00    2019年6月30日         2019年8月29日         利益剰余金
       取締役会
         Ⅱ   当第2四半期連結累計期間(自 2020年1月1日 至 2020年6月30日)

          1 配当金支払額
                               1株当たり

                        配当金の総額
           決議       株式の種類               配当額        基準日        効力発生日        配当の原資
                         (千円)
                                (円)
       2020年3月27日

                  普通株式         26,018       10.00    2019年12月31日         2020年3月30日         利益剰余金
       定時株主総会
          2 基準日が当第2四半期連結累計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が当第2四半期連結会計期間

          の末日後となるもの
                               1株当たり

                        配当金の総額
           決議       株式の種類               配当額        基準日        効力発生日        配当の原資
                         (千円)
                                (円)
       2020年8月7日

                  普通株式         26,777       10.00    2020年6月30日         2020年8月28日         利益剰余金
       取締役会
                                 19/25








                                                           EDINET提出書類
                                                株式会社大日光・エンジニアリング(E02116)
                                                             四半期報告書
        (セグメント情報等)
         【セグメント情報】
       Ⅰ 前第2四半期連結累計期間(自2019年1月1日                        至2019年6月30日)
       1.報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
                                                     (単位:千円)
                           報告セグメント
                                                     四半期連結損益
                                             調整額(注1)         計算書計上額
                                        合計
                                                      (注2)
                          日本      アジア
       売上高

                         4,648,965       8,030,957      12,679,922            -    12,679,922
        外部顧客への売上高
        セグメント間の内部売上高又は
                          404,709       151,043       555,752       △ 555,752           -
        振替高
                         5,053,674       8,182,000      13,235,675         △ 555,752      12,679,922
               計
                          187,712       55,110      242,823       △ 211,481         31,342
       セグメント利益
       (注)1 セグメント利益の調整額△211,481千円には、セグメント間取引消去2,890千円、各報告セグメントに配
           分していない全社費用△214,372千円が含まれております。全社費用は、主に報告セグメントに帰属しな
           い一般管理費であります。
          2 セグメント利益は、四半期連結損益計算書の営業利益と調整を行っております。
       2.報告セグメントごとの固定資産の減損損失又はのれん等に関する情報

         日本セグメントにおいて、栃木電子工業株式会社がプリント基板製造事業を譲り受けたことに伴い、負ののれん
        発生益3,285千円を計上しております。
       Ⅱ 当第2四半期連結累計期間(自2020年1月1日                        至2020年6月30日)

       1.報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
                                                     (単位:千円)
                                                       四半期連結
                        報告セグメント
                                      その他            調整額     損益計算書
                                            合計
                                     (注1)            (注2)       計上額
                    日本      アジア       計
                                                       (注3)
       売上高
                   5,234,528      7,896,905      13,131,434         2,465   13,133,899           - 13,133,899
        外部顧客への売上高
        セグメント間の内部
                    590,425      191,238      781,663        285    781,949     △ 781,949         -
        売上高又は振替高
                   5,824,953      8,088,143      13,913,097         2,751   13,915,848       △ 781,949    13,133,899
            計
       セグメント利益又は損
                    192,928       44,924      237,852       △ 796    237,055     △ 219,831       17,224
       失(△)
       (注)1「その他」の区分は、報告セグメントに含まれない地域であり、北米の現地法人の事業活動を含んでいま
           す。
          2 セグメント利益又は損失(△)の調整額△219,831千円には、セグメント間取引消去△5,879千円、各報
           告セグメントに配分していない全社費用△213,952千円が含まれております。全社費用は、主に報告セグ
           メントに帰属しない一般管理費であります。
          3 セグメント利益又は損失(△)は、四半期連結損益計算書の営業利益と調整を行っております。
       2.報告セグメントごとの固定資産の減損損失又はのれん等に関する情報

         日本セグメントにおいて、株式会社NCネットワークファクトリーの株式を取得したことに伴い、負ののれん発
        生益1,910千円を計上しております。
                                 20/25




                                                           EDINET提出書類
                                                株式会社大日光・エンジニアリング(E02116)
                                                             四半期報告書
        (企業結合等関係)
        (取得による企業結合)
         (1)企業結合の概要
         ①被取得企業の名称及び事業の内容
          被取得企業の名称:株式会社NCネットワークファクトリー(以下「NCNF社」)
          事業の内容:自動車・電機等の大手メーカー向け部品受託加工
         ②企業結合を行った主な理由
          NCNF社は、当社主要株主でもあり国内最大級の製造業受託発注サイトを運営する株式会社NCネットワー
          ク(以下「NCN社」)が、同社の加工事業部門を分社化したものであります。またNCNF社は、親会社であ
         るNCN社が約20年にわたり、日本や北米などの大手自動車メーカーや工作機械、医療機器メーカーへ直接部
         品供給を行ってきた豊富な実績を引継ぐファブレス型のTier1企業であります。
          今回、NCNF社の第三者割当増資を引き受け連結子会社化することが、当社グループ重点施策達成に向けた
          体制強化と経済的収益および事業基盤の拡充につながるものと判断したためであります。
         ③企業結合日
          2020年6月1日
         ④企業結合の法的形式
          第三者割当増資の引き受けによる株式取得および現金を対価とする株式取得
         ⑤結合後企業の名称
          変更はありません。
         ⑥取得した議決権比率
          60.0%
         ⑦取得企業を決定するに至った主な根拠
          第三者割当増資の引き受けによる株式取得、および現金を対価とした株式取得によるものです。
        (2)四半期連結累計期間に係る四半期連結損益計算書に含まれる被取得企業の業績の期間
         2020年6月1日~2020年6月30日
        (3)被取得企業の取得原価及び対価の種類ごとの内訳
          取得原価の対価(現金)               180,000千円
          取得原価                           180,000千円
        (4)主要な取得関連費用の内容及び金額
          デュ―デリジェンス費用等              9,000千円
        (5)負ののれん発生益の金額、発生原因
         ①負ののれん発生益の金額
          1,910千円
         ②発生原因
          受け入れた資産及び引き受けた負債の純額が取得原価を上回ったため、その差額を負ののれん発生益として特
         別利益に計上しております。
                                 21/25








                                                           EDINET提出書類
                                                株式会社大日光・エンジニアリング(E02116)
                                                             四半期報告書
        (1株当たり情報)
         1株当たり四半期純利益金額及び算定上の基礎、潜在株式調整後1株当たり四半期純利益金額及び算定上の基礎
        は、以下のとおりであります。
                               前第2四半期連結累計期間               当第2四半期連結累計期間
                                (自 2019年1月1日               (自 2020年1月1日
                                 至 2019年6月30日)               至 2020年6月30日)
      (1)1株当たり四半期純利益金額
                                       9円48銭               0円53銭
      (算定上の基礎)
       親会社株主に帰属する四半期純利益金額
                                        49,198                2,761
       (千円)
       普通株主に帰属しない金額(千円)
                                          -               -
       普通株式に係る親会社株主に帰属する四半期純

                                        49,198                2,761
       利益金額(千円)
       普通株式の期中平均株式数(株)

                                      5,191,718               5,247,663
      (2)潜在株式調整後1株当たり四半期純利益金額
                                          -            0円52銭
       (算定上の基礎)
       普通株式増加数 (株)

                                          -             33,841
       希薄化効果を有しないため、潜在株式調整後1
       株当たり四半期純利益金額の算定に含めなかっ
                                          -               -
       た潜在株式で、前連結会計年度末から重要な変
       動があったものの概要
     (注)1.前第2四半期連結累計期間の潜在株式調整後1株当たり四半期純利益金額については、希薄化効果を有してい
         る潜在株式が存在しないため記載しておりません。
        2.当社は、2020年7月1日付で普通株式1株につき2株の割合で株式分割を行っております。
         前連結会計年度の期首に当該株式分割が行われたと仮定して1株当たり四半期純利益金額及び潜在株式調整後1
         株当たり四半期純利益金額を算定しております。
        (重要な後発事象)

         (株式分割)
         当社は、2020年6月8日開催の取締役会の決議に基づき、2020年7月1日付で株式分割を実施いたしました。
         1.      株式分割の目的
           当社株式の投資単位当たりの金額を引き下げることにより、より一層の投資家層の拡大と株式の流動性の
           向上を目的とするものです。
         2.      株式分割の概要

          (1)        分割の方法
            2020年6月30日最終の株主名簿に記載された株主の所有普通株式1株につき2株の割合をもって分割いた
            しました。
          (2)        分割により増加する株式数
            株式分割前の発行済株式総数       2,729,400                                 株
            今回の株式分割により増加する株式数   2,729,400                                 株
            株式分割後の発行済株式総数       5,458,800                                 株
            株式分割後の発行可能株式総数                                11,200,000      株
          (3)        分割の日程
            基準日公告日                                        2020年6月16日
            基準日                                           2020年6月30日
            効力発生日                                         2020年7月1日
         ⒊      1株当たり情報に及ぼす影響

          1株当たり情報に及ぼす影響は(1株当たり情報)に反映されております。
                                 22/25


                                                           EDINET提出書類
                                                株式会社大日光・エンジニアリング(E02116)
                                                             四半期報告書
      2【その他】
        2020年8月7日開催の取締役会において、次のとおり剰余金の配当を行うことを決議いたしました。
       (1)配当金の総額………………………………………26,777千円
       (2)1株当たりの金額…………………………………10円00銭
       (3)支払請求の効力発生日及び支払開始日…………2020年8月28日
       (注)     2020年6月30日現在の株主名簿に記載又は記録された株主に対し、支払いを行います。
                                 23/25


















                                                           EDINET提出書類
                                                株式会社大日光・エンジニアリング(E02116)
                                                             四半期報告書
     第二部【提出会社の保証会社等の情報】
           該当事項はありません。
                                 24/25




















                                                           EDINET提出書類
                                                株式会社大日光・エンジニアリング(E02116)
                                                             四半期報告書
                       独立監査人の四半期レビュー報告書
                                                     2020年8月14日

     株式会社大日光・エンジニアリング

      取締役会 御中

                              EY新日本有限責任監査法人

                              指定有限責任社員

                                        公認会計士
                                                佐藤 明典         印
                              業務執行社員
                              指定有限責任社員

                                        公認会計士
                                                下田 琢磨         印
                              業務執行社員
      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、「経理の状況」に掲げられている株式会社大日

     光・エンジニアリングの2020年1月1日から2020年12月31日までの連結会計年度の第2四半期連結会計期間(2020年4月
     1日から2020年6月30日まで)及び第2四半期連結累計期間(2020年1月1日から2020年6月30日まで)に係る四半期連
     結財務諸表、すなわち、四半期連結貸借対照表、四半期連結損益計算書、四半期連結包括利益計算書、四半期連結キャッ
     シュ・フロー計算書及び注記について四半期レビューを行った。
     四半期連結財務諸表に対する経営者の責任

      経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して四半期連結財
     務諸表を作成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない四半期連結財務諸表を
     作成し適正に表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     監査人の責任

      当監査法人の責任は、当監査法人が実施した四半期レビューに基づいて、独立の立場から四半期連結財務諸表に対する
     結論を表明することにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に準拠し
     て四半期レビューを行った。
      四半期レビューにおいては、主として経営者、財務及び会計に関する事項に責任を有する者等に対して実施される質
     問、分析的手続その他の四半期レビュー手続が実施される。四半期レビュー手続は、我が国において一般に公正妥当と認
     められる監査の基準に準拠して実施される年度の財務諸表の監査に比べて限定された手続である。
      当監査法人は、結論の表明の基礎となる証拠を入手したと判断している。
     監査人の結論

      当監査法人が実施した四半期レビューにおいて、上記の四半期連結財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認め
     られる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して、株式会社大日光・エンジニアリング及び連結子会社の2020年6月30日
     現在の財政状態並びに同日をもって終了する第2四半期連結累計期間の経営成績及びキャッシュ・フローの状況を適正に
     表示していないと信じさせる事項がすべての重要な点において認められなかった。
     利害関係

      会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                        以 上

      (注)1 上記は四半期レビュー報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(四半期

          報告書提出会社)が別途保管しております。
         2 XBRLデータは四半期レビューの対象には含まれていません。
                                 25/25




PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

書類提出日で検索

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2023年1月7日

2023年分の情報が更新されない問題、解消しました。

2023年1月6日

2023年分より情報が更新されない状態となっております。原因調査中です。

2022年4月25日

社名の変更履歴が表示されるようになりました

2020年12月21日

新規上場の通知機能を追加しました。Myページにて通知の設定が行えます。

2020年9月22日

企業・投資家の個別ページに掲載情報を追加しました。また、併せて細かい改修を行いました。

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。