株式会社スクロール 四半期報告書 第80期第1四半期(令和2年4月1日-令和2年6月30日)

提出書類 四半期報告書-第80期第1四半期(令和2年4月1日-令和2年6月30日)
提出日
提出者 株式会社スクロール
カテゴリ 四半期報告書

                     EDINET提出書類
                    株式会社スクロール(E03054)
                      四半期報告書
  【表紙】
  【提出書類】       四半期報告書

  【根拠条文】       金融商品取引法第24条の4の7第1項

  【提出先】       関東財務局長

  【提出日】       2020年8月7日

         第80期第1四半期(自 2020年4月1日 至 2020年6月30日)

  【四半期会計期間】
  【会社名】       株式会社スクロール

         Scroll Corporation

  【英訳名】
  【代表者の役職氏名】       代表取締役会長  堀田 守

  【本店の所在の場所】       静岡県浜松市中区佐藤二丁目24番1号

         053(464)1114(直通)

  【電話番号】
  【事務連絡者氏名】       取締役執行役員経営統括部長  杉本 泰宣

  【最寄りの連絡場所】       静岡県浜松市中区佐藤二丁目24番1号

         053(464)1114(直通)

  【電話番号】
  【事務連絡者氏名】       取締役執行役員経営統括部長  杉本 泰宣

  【縦覧に供する場所】       株式会社東京証券取引所
         (東京都中央区日本橋兜町2番1号)
             1/17












                     EDINET提出書類
                    株式会社スクロール(E03054)
                      四半期報告書
  第一部【企業情報】
  第1【企業の概況】
  1【主要な経営指標等の推移】
           第79期    第80期
     回次      第1四半期    第1四半期    第79期
           連結累計期間    連結累計期間
          自 2019年4月1日   自 2020年4月1日   自 2019年4月1日
     会計期間
          至 2019年6月30日   至 2020年6月30日   至 2020年3月31日
        (百万円)     19,333    21,996    72,634
  売上高
        (百万円)     1,191    2,631    2,296
  経常利益
  親会社株主に帰属する四半期(当
        (百万円)     792    1,834    703
  期)純利益
        (百万円)     700    1,844    548
  四半期包括利益又は包括利益
        (百万円)     21,719    23,138    21,462
  純資産額
        (百万円)     45,006    49,079    43,270
  総資産額
        (円)    23.11    53.14    20.46
  1株当たり四半期(当期)純利益
  潜在株式調整後1株当たり四半期
        (円)     -    -    -
  (当期)純利益
        (%)     48.2    47.1    49.6
  自己資本比率
  (注)1.当社は四半期連結財務諸表を作成しておりますので、提出会社の主要な経営指標等の推移については記載し
    ておりません。
   2.売上高には、消費税等は含まれておりません。
   3.1株当たり四半期(当期)純利益及び潜在株式調整後1株当たり四半期(当期)純利益は、自己株式を控除
    した期中平均発行済株式総数により算出しております。なお、自己株式数には「信託型従業員持株インセン
    ティブ・プラン」導入において設定した、野村信託銀行株式会社(スクロール従業員持株会専用信託口)所
    有の当社株式を含めております。
   4.潜在株式調整後1株当たり四半期(当期)純利益については、希薄化効果を有している潜在株式が存在しな
    いため記載しておりません。
  2【事業の内容】

   当社グループ(当社及び当社の関係会社)が営む事業の内容について、前連結会計年度まで、7つの報告セグメン
  トにて事業を展開してまいりましたが、このうち「海外事業」セグメントにて実施しておりました、ASEANにお
  ける取引先の新規開拓やグループ商材の販路構築機能を、当第1四半期連結会計期間より、「通販事業」及び「グ
  ループ管轄事業」セグメントに移管し、6つの報告セグメントへと変更しております。詳細は、「第4 経理の状
  況 1 四半期連結財務諸表 注記事項(セグメント情報等)」に記載のとおりであります。
   なお、主要な関係会社における異動はありません。
             2/17







                     EDINET提出書類
                    株式会社スクロール(E03054)
                      四半期報告書
  第2【事業の状況】
  1【事業等のリスク】
   当第1四半期連結累計期間において、新たな事業等のリスクの発生、または、前事業年度の有価証券報告書に記載
  した事業等のリスクについての重要な変更はありません。
  2【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

   文中の将来に関する事項は、当四半期連結会計期間の末日現在において判断したものであります。
  (1)財政状態及び経営成績の状況

   当第1四半期連結累計期間における我が国の経済は、新型コロナウイルス感染症の世界的な流行拡大による経済
   活動の急速な収縮により、景気は後退局面に入り、先行きが極めて不透明な状況となりました。小売業界におきま
   しては、4月に発令された緊急事態宣言により営業時間の短縮や営業の自粛が要請されるなど、厳しい経営環境と
   なっております。通販業界におきましては、外出自粛に伴う購買行動の変化によりEC・通販の利用は増加してい
   る状況でありますが、業態を越えた競争の激化や、物流コストの上昇など、厳しい経営環境が続くものと思われま
   す。
   このような事業環境のなか、当社グループは、「収益力のあるDMC(Direct             Marketing  Conglomerate)複合
   通販企業戦略の推進」を方針とし、主力である通販事業の収益最大化及びソリューション事業の成長に向けた施策
   等に取り組んでまいりました。なお、就業環境につきましては、新型コロナウイルス感染症への対策として、グ
   ループの行動基準計画に則り、拠点ごとの感染警戒レベルに応じて在宅勤務体制へ柔軟に変更するなど、従業員や
   お取引先関係者の安全と健康を最優先に考えた事業運営を行っております。
   以上の結果、当第1四半期連結累計期間の経営成績は、売上高           21,996百万円(前年同四半期比13.8%増)となり
   ました。利益面におきましては、営業利益2,592百万円(          同128.6%増)、経常利益2,631百万円(      同120.9%増)、
   親会社株主に帰属する四半期純利益1,834百万円(        同131.6%増)となりました。
   セグメントごとの経営成績は、次のとおりであります。

   当第1四半期連結会計期間より、報告セグメントの区分を変更しております。以下の前年同四半期比較について
   は、前年同四半期の数値を変更後のセグメント区分に組み替えた数値で比較しております。詳細は、「第4 経理
   の状況 1 四半期連結財務諸表 注記事項(セグメント情報等)」をご参照ください。
   なお、セグメント別の売上高は連結相殺消去後の数値を、セグメント利益又は損失は、連結相殺消去前の数値を
   記載しております。
   ① 通販事業

    通販事業におきましては、新型コロナウイルス感染症の影響による外出自粛の意識の高まり等に伴い、売上が
   増加しております。このようななか、商品調達方法の見直しによる原価率の低減や、効率的なカタログ配布によ
   る販促費率の低減に取り組むなど、事業効率の向上による収益の最大化を推進しております。
    以上の結果、売上高は    12,041 百万円(  前年同四半期比   20.2%増  )となり、セグメント    利益は2,209  百万円(同
   115.2%増  )となりました。
   ② ソリューション事業
    ソリューション事業におきましては、今後更なる拡大が見込まれるEC・通販市場において、事業者へ提供す
   るソリューションメニューを拡充するべく、物流代行等のフルフィルメントサービスの対応力強化や決済代行
   サービスのメニュー拡大に取り組んだことに加え、アフィリエイトをはじめとするメディア事業の強化を図って
   まいりました。また、5月には茨城県つくばみらい市の新物流センター「SLCみらい」の稼働を開始いたしま
   した。最大消費地である関東圏における大型物流センターの保有を強みに新規顧客獲得に向けた営業活動に注力
   し、全国通販3PL戦略を推進しております。
    以上の 結果、売上高は4,471百万円(     同30.0%増)となり、セグメント利益は263百万円(同205.3%増)とな
   りました。
   ③ eコマース事業
    eコマース事業におきましては、実店舗の休業や外出自粛に伴う在宅率上昇の影響で消費者のEC利用率が増
   加するなか、「巣ごもり消費」による需要を捉えた商品提案に取り組みました。また、カテゴリーNo.1のECサ
   イトを運営するグループ各社において、それぞれが独自性のある商材を提供するとともに販促活動の効率化を追
   求し、収益力強化に向けたビジネス基盤の構築に注力しております。
    以上の結果、  売上高は4,776百万円(同0.4%増)となり、セグメント利益は108百万円(同11.7%増)となり
   ました。
             3/17



                     EDINET提出書類
                    株式会社スクロール(E03054)
                      四半期報告書
   ④ 健粧品事業
    健粧品事業におきましては、店舗休業や外出自粛、インバウンド客の大幅減少が、国内外の卸事業の業績に多
   大な影響を及ぼしました。一方、インターネットを中心とした直販事業では、会員顧客を中心とした販売強化に
   努めるとともに、顧客基盤の構築を進めております。
    以上の結果、  売上高は704百万円(同22.6%減)となり、セグメント利益は7百万円(            前年同四半期はセグメ
   ント 損失90 百万円 )となりました。
   ⑤ 旅行事業
    旅行事業におきましては、新型コロナウイルス感染症拡大による国内の旅行自粛や海外からの入国制限など
   が、業績に多大な影響を及ぼしました。
    以上の 結果 、売上高は  2百万円 (前年同四半期比   99.0%減)  となり、セグメント   損失は37  百万円 (前年同四半
   期はセグメント   損失10 百万円 )となりました。
   ⑥ グループ管轄事業
    グループ管轄事業におきましては、当社グループの物流オペレーションや自社保有物流施設等の不動産賃貸を
   行っております。
    以上の 結果 、売上高は  2百万円(  前年同四半期比   5.2%増 )となり、セグメント    利益は103  百万円(同  34.9%
   増)となりました。
   財政状態の分析は、次のとおりであります。

   (資産)
   当第1四半期連結会計期間末の総資産は       49,079百万円となり、前連結会計年度末に比べ5,808百万円増加いたし
   ました。この主な要因は、売上高の増加に伴う売掛金の増加、建物及び構築物の増加によるものであります。
   (負債)
   負債は25,940百万円となり、前連結会計年度末に比べ4,131百万円増加いたしました。この主な要因は、有形固
   定資産の取得等に伴う未払金の増加によるものであります。
   (純資産)
   純資産は  23,138 百万円となり、前連結会計年度末に比べ       1,676百万円増加   し、自己資本比率は   47.1 %(前連結会
   計年度末は  49.6 %)となりました。
  (2)会計上の見積り及び当該見積りに用いた仮定

   前事業年度の有価証券報告書に記載した「経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分
   析」中の会計上の見積り及び当該見積りに用いた仮定の記載について重要な変更はありません。
   なお、新型コロナウィルス感染症の影響等不確実性が大きく将来事業計画等の見込数値に反映させることが難し
   い要素もありますが、当第1四半期連結会計期間末時点で入手可能な情報を基に検証等を行っております。
  (3)優先的に対処すべき     事業上及び財務上の課題

   当第1四半期連結累計期間において、当社グループが優先的に対処すべき事業上及び財務上の課題について重要
   な変更はありません。
  (4)研究開発活動

   該当事項はありません。
  (5)主要な設備

   前連結会計年度末において計画中であった主要な設備の新設等のうち、当第1四半期連結累計期間に完了したも
   のは次のとおりであります。
    会社名   セグメントの名称     設備の内容     完了
    提出会社   ソリューション事業     物流センター    2020年4月

  3【経営上の重要な契約等】

   当第1四半期連結会計期間において、経営上の重要な契約等の決定又は締結等はありません。
             4/17




                     EDINET提出書類
                    株式会社スクロール(E03054)
                      四半期報告書
  第3【提出会社の状況】
  1【株式等の状況】
  (1)【株式の総数等】
   ①【株式の総数】
      種類        発行可能株式総数(株)
  普通株式                110,000,000

       計           110,000,000

   ②【発行済株式】

     第1四半期会計期間末
               上場金融商品取引所名又
          提出日現在発行数(株)
     現在発行数(株)
   種類            は登録認可金融商品取引     内容
          (2020年8月7日)
     (2020年6月30日)          業協会名
                    単元株式数
       34,818,050     34,818,050
  普通株式             東京証券取引所市場第一部
                    100株
       34,818,050     34,818,050     -    -
   計
  (2)【新株予約権等の状況】

   ①【ストックオプション制度の内容】
    該当事項はありません。
   ②【その他の新株予約権等の状況】

    該当事項はありません。
  (3)【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

    該当事項はありません。
  (4)【発行済株式総数、資本金等の推移】

                 資本準備金   資本準備金
      発行済株式   発行済株式
           資本金増減額   資本金残高
   年月日              増減額   残高
      総数増減数   総数残高
           (百万円)   (百万円)
      (株)   (株)
                 (百万円)   (百万円)
  2020年4月1日~
        - 34,818,050    -  6,005   -  7,221
  2020年6月30日
  (5)【大株主の状況】

    当四半期会計期間は第1四半期会計期間であるため、記載事項はありません。
             5/17








                     EDINET提出書類
                    株式会社スクロール(E03054)
                      四半期報告書
  (6)【議決権の状況】
    当第1四半期会計期間末日現在の「議決権の状況」については、株主名簿の記載内容が確認できないため、記
   載することができないことから、直前の基準日(2020年3月31日)に基づく株主名簿による記載をしておりま
   す。
   ①【発行済株式】

                   2020年6月30日現在
         株式数(株)     議決権の数(個)
    区分                内容
             -     -  -
  無議決権株式
  議決権制限株式(自己株式等)           -     -  -
  議決権制限株式(その他)           -     -  -

  完全議決権株式(自己株式等)          296,300      -  -

        普通株式
  完全議決権株式(その他)         34,491,200      344,912   -
        普通株式
            30,550      -  -
  単元未満株式      普通株式
           34,818,050       -  -
  発行済株式総数
             -    344,912   -
  総株主の議決権
  (注)1.「完全議決権株式(その他)」の欄には、証券保管振替機構名義の株式が100株含まれております。また、
    「議決権の数」欄には、同機構名義の完全議決権株式に係る議決権の数1個が含まれております。
   2.「完全議決権株式(その他)」の欄には、「信託型従業員持株インセンティブ・プラン」により、野村信託
    銀行株式会社(スクロール従業員持株会専用信託口)が保有する当社株式6,700株が含まれております。ま
    た、「議決権の数」欄には、同信託口が保有する完全議決権株式に係る議決権の数67個が含まれておりま
    す。
   ②【自己株式等】

                   2020年6月30日現在
                   発行済株式総数に
          自己名義所有   他人名義所有   所有株式数の
                   対する所有株式数
  所有者の氏名又は名称     所有者の住所
          株式数(株)   株式数(株)   合計(株)
                   の割合(%)
      静岡県浜松市中区
           296,300    -  296,300    0.85
  株式会社スクロール
      佐藤二丁目24番1号
        -   296,300    -  296,300    0.85
   計
  (注)1.上記のほか、連結財務諸表及び財務諸表において、自己株式として処理している野村信託銀行株式会社(ス
    クロール従業員持株会専用信託口)所有の当社株式が6,700株あります。
   2.当第1四半期会計期間末日現在の自己株式数は、         296,300 株であります。
  2【役員の状況】

   該当事項はありません。
             6/17






                     EDINET提出書類
                    株式会社スクロール(E03054)
                      四半期報告書
  第4【経理の状況】
  1.四半期連結財務諸表の作成方法について
   当社の四半期連結財務諸表は、「四半期連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(2007年内閣府令
  第64号)に基づいて作成しております。
  2.監査証明について

   当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第1四半期連結会計期間(2020年4月1日から2020
  年6月30日まで)及び第1四半期連結累計期間(2020年4月1日から2020年6月30日まで)に係る四半期連結財務諸
  表について、EY新日本有限責任監査法人による四半期レビューを受けております。
             7/17

















                     EDINET提出書類
                    株式会社スクロール(E03054)
                      四半期報告書
  1【四半期連結財務諸表】
  (1)【四半期連結貸借対照表】
                  (単位:百万円)
            前連結会計年度    当第1四半期連結会計期間
            (2020年3月31日)     (2020年6月30日)
  資産の部
  流動資産
               4,828     4,317
   現金及び預金
               9,577     14,566
   売掛金
               8,390     8,536
   たな卸資産
               4,485     4,233
   その他
               △305     △335
   貸倒引当金
               26,976     31,317
   流動資産合計
  固定資産
   有形固定資産
    建物及び構築物(純額)           3,895     7,588
               5,520     5,520
    土地
               3,282     1,069
    その他(純額)
               12,698     14,178
    有形固定資産合計
   無形固定資産
               171     160
    のれん
               788     843
    その他
               959     1,004
    無形固定資産合計
   投資その他の資産
               2,871     2,828
    その他
               △235     △249
    貸倒引当金
               2,636     2,579
    投資その他の資産合計
               16,294     17,761
   固定資産合計
               43,270     49,079
  資産合計
  負債の部
  流動負債
               2,561     3,303
   買掛金
               100     100
   短期借入金
               11,691     14,924
   未払金
               395     801
   未払法人税等
               321     165
   引当金
               1,007      916
   その他
               16,077     20,211
   流動負債合計
  固定負債
               4,375     4,350
   長期借入金
                82     80
   引当金
               1,180     1,205
   退職給付に係る負債
                94     92
   その他
               5,731     5,728
   固定負債合計
               21,808     25,940
  負債合計
             8/17






                     EDINET提出書類
                    株式会社スクロール(E03054)
                      四半期報告書
                  (単位:百万円)

            前連結会計年度    当第1四半期連結会計期間
            (2020年3月31日)     (2020年6月30日)
  純資産の部
  株主資本
               6,005     6,005
   資本金
               6,657     6,657
   資本剰余金
               8,662     10,324
   利益剰余金
               △169     △167
   自己株式
               21,155     22,819
   株主資本合計
  その他の包括利益累計額
               219     266
   その他有価証券評価差額金
                61     29
   繰延ヘッジ損益
                4     0
   為替換算調整勘定
               285     295
   その他の包括利益累計額合計
                21     23
  新株予約権
               21,462     23,138
  純資産合計
               43,270     49,079
  負債純資産合計
             9/17














                     EDINET提出書類
                    株式会社スクロール(E03054)
                      四半期報告書
  (2)【四半期連結損益計算書及び四半期連結包括利益計算書】
   【四半期連結損益計算書】
   【第1四半期連結累計期間】
                  (単位:百万円)
           前第1四半期連結累計期間     当第1四半期連結累計期間
            (自 2019年4月1日     (自 2020年4月1日
            至 2019年6月30日)      至 2020年6月30日)
               19,333     21,996
  売上高
               12,020     13,430
  売上原価
               7,312     8,566
  売上総利益
               6,178     5,973
  販売費及び一般管理費
               1,134     2,592
  営業利益
  営業外収益
                3     3
  受取利息
                20     18
  受取配当金
                16     15
  為替差益
                23     8
  その他
                65     46
  営業外収益合計
  営業外費用
                5     5
  支払利息
                2     2
  その他
                8     7
  営業外費用合計
               1,191     2,631
  経常利益
  特別損失
                -     0
  固定資産売却損
                7     0
  固定資産除却損
                7     0
  特別損失合計
               1,184     2,631
  税金等調整前四半期純利益
               316     766
  法人税、住民税及び事業税
                75     30
  法人税等調整額
               391     796
  法人税等合計
               792     1,834
  四半期純利益
               792     1,834
  親会社株主に帰属する四半期純利益
            10/17










                     EDINET提出書類
                    株式会社スクロール(E03054)
                      四半期報告書
   【四半期連結包括利益計算書】
   【第1四半期連結累計期間】
                  (単位:百万円)
           前第1四半期連結累計期間     当第1四半期連結累計期間
            (自 2019年4月1日     (自 2020年4月1日
            至 2019年6月30日)      至 2020年6月30日)
               792     1,834
  四半期純利益
  その他の包括利益
               △37     46
  その他有価証券評価差額金
               △56     △32
  繰延ヘッジ損益
                2     △4
  為替換算調整勘定
               △92     10
  その他の包括利益合計
               700     1,844
  四半期包括利益
  (内訳)
               700     1,844
  親会社株主に係る四半期包括利益
                -     -
  非支配株主に係る四半期包括利益
            11/17















                     EDINET提出書類
                    株式会社スクロール(E03054)
                      四半期報告書
  【注記事項】
   (連結の範囲又は持分法適用の範囲の変更)
   該当事項はありません。
   (追加情報)

   (連結納税制度からグループ通算制度への移行に係る税効果会計の適用に関する取扱いの適用)
    当社及び国内連結子会社は、「所得税法等の一部を改正する法律」(2020年法律第8号)において創設されたグ
   ループ通算制度への移行及びグループ通算制度への移行にあわせて単体納税制度の見直しが行われた項目につい
   ては、「連結納税制度からグループ通算制度への移行に係る税効果会計の適用に関する取扱い」(実務対応報告
   第39号   2020年3月31日)第3項の取扱いにより、「税効果会計に係る会計基準の適用指針」(企業会計基準適
   用指針第28号    2018年2月16日)第44項の定めを適用せず、繰延税金資産及び繰延税金負債の額について、改正
   前の税法の規定に基づいております。
   (四半期連結キャッシュ・フロー計算書関係)

   当第1四半期連結累計期間に係る四半期連結キャッシュ・フロー計算書は作成しておりません。なお、第1四半
   期連結累計期間に係る減価償却費(のれんを除く無形固定資産に係る償却費を含む。)及びのれんの償却額は、次
   のとおりであります。
           前第1四半期連結累計期間      当第1四半期連結累計期間
           (自 2019年4月1日      (自 2020年4月1日
           至 2019年6月30日)      至 2020年6月30日)
    減価償却費          198百万円      216百万円
    のれんの償却額          56      10
   (株主資本等関係)

  Ⅰ 前第1四半期連結累計期間(自 2019年4月1日 至 2019年6月30日)
   配当金支払額
          1株当たり
       配当金の総額
  (決 議)   株式の種類     配当額   基準日   効力発生日   配当の原資
        (百万円)
           (円)
  2019年5月8日
     普通株式    172  5.00 2019年3月31日   2019年6月3日   利益剰余金
  取締役会(注)
  (注)配当金の総額には、野村信託銀行株式会社(スクロール従業員持株会専用信託口)が保有する当社株式に対する
   配当金1百万円が含まれております。
  Ⅱ 当第1四半期連結累計期間(自 2020年4月1日 至 2020年6月30日)

   配当金支払額
          1株当たり
       配当金の総額
  (決 議)   株式の種類     配当額   基準日   効力発生日   配当の原資
        (百万円)
           (円)
  2020年5月8日
     普通株式    172  5.00 2020年3月31日   2020年6月1日   利益剰余金
  取締役会(注)
  (注)配当金の総額には、野村信託銀行株式会社(スクロール従業員持株会専用信託口)が保有する当社株式に対する
   配当金0百万円が含まれております。
            12/17







                     EDINET提出書類
                    株式会社スクロール(E03054)
                      四半期報告書
   (セグメント情報等)
   【セグメント情報】
  Ⅰ 前第1四半期連結累計期間(自 2019年4月1日 至 2019年6月30日)
   1.報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
                   (単位:百万円)
          報告セグメント
                    四半期連結
                   調整額  損益計算書
       ソリュー
         eコマース  健粧品    グループ
                  (注)1  計上額
     通販事業  ション      旅行事業    計
         事業  事業    管轄事業
                    (注)2
       事業
  売上高
  外部顧客への
     10,019  3,438  4,757  909  205  2 19,333   - 19,333
  売上高
  セグメント間の
  内部売上高
      23  565  34  △3  0  705  1,325  △1,325  -
  又は振替高
   計
     10,043  4,004  4,792  906  205  707 20,659  △1,325  19,333
  セグメント利益
     1,026  86  97  △90  △10  76 1,185   5 1,191
  又は損失(△)
  (注)1.セグメント利益又は損失(△)の調整額には、未実現利益等5百万円が含まれております。
    2.セグメント利益又は損失(△)は、四半期連結損益計算書の経常利益と調整を行っております。
  Ⅱ 当第1四半期連結累計期間(自 2020年4月1日 至 2020年6月30日)

   1.報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
                   (単位:百万円)
          報告セグメント
                    四半期連結
                   調整額  損益計算書
       ソリュー
         eコマース  健粧品    グループ
                    計上額
                  (注)1
     通販事業  ション      旅行事業    計
         事業  事業    管轄事業
                    (注)2
       事業
  売上高
  外部顧客への
     12,041  4,471  4,776  704  2  2 21,996   - 21,996
  売上高
  セグメント間の
  内部売上高
      32  649  185  18  -  862 1,748  △1,748  -
  又は振替高
   計
     12,073  5,121  4,961  722  2  864 23,745  △1,748  21,996
  セグメント利益
     2,209  263  108  7 △37  103 2,654  △22 2,631
  又は損失(△)
  (注)1.セグメント利益又は損失(△)の調整額には、未実現利益等△22百万円が含まれております。
    2.セグメント利益又は損失(△)は、四半期連結損益計算書の経常利益と調整を行っております。
   2.報告セグメントごとの資産に関する情報

   当第1四半期連結会計期間において、新物流センター「SLCみらい」の稼働開始等により、前連結会計年度
   の末日に比べ、当第1四半期連結会計期間の末日の報告セグメントの資産の金額は、「ソリューション事業」に
   おいて6,326百万円増加しております。
   3.報告セグメントの変更等に関する事項

   当第1四半期連結会計期間より、従来、「海外事業」に含めていた海外子会社3社を「グループ管轄事業」
   へ、「海外事業」に含めていた機能を「通販事業」へ報告セグメントを変更しております。
   なお、前第1四半期連結累計期間のセグメント情報は、当第1四半期連結累計期間の報告セグメントの区分に
   基づき作成したものを開示しております。
            13/17




                     EDINET提出書類
                    株式会社スクロール(E03054)
                      四半期報告書
   (1株当たり情報)
   1株当たり四半期純利益及び算定上の基礎は、以下のとおりであります。
            前第1四半期連結累計期間     当第1四半期連結累計期間
            (自 2019年4月1日     (自 2020年4月1日
             至 2019年6月30日)     至 2020年6月30日)
  1株当たり四半期純利益             23円11銭     53円14銭
  (算定上の基礎)
   親会社株主に帰属する四半期純利益(百万円)             792     1,834
   普通株主に帰属しない金額(百万円)             -     -
   普通株式に係る親会社株主に帰属する四半期純利益
                792     1,834
   (百万円)
   普通株式の期中平均株式数(千株)            34,285     34,519
  希薄化効果を有しないため、潜在株式調整後1株当たり四
  半期純利益の算定に含めなかった潜在株式で、前連結会計            -     -
  年度末から重要な変動があったものの概要
  (注)1.野村信託銀行株式会社(スクロール従業員持株会専用信託口)が保有する当社株式を、「1株当たり四半期純
    利益」の算定上、期中平均株式数の計算において控除する自己株式に含めております(前第1四半期連結累計
    期間236千株、当第1四半期連結累計期間1千株)。なお、2020年4月をもちまして信託口は保有する当社株
    式をすべて売却しております。
   2.潜在株式調整後1株当たり四半期純利益については、希薄化効果を有している潜在株式が存在しないため記載
    しておりません。
  2【その他】

   2020年5月8日開催の取締役会において、第79期期末配当金として1株につき5.0円(普通配当5.0円、総額172百
  万円)を支払う旨決議いたしました。
            14/17











                     EDINET提出書類
                    株式会社スクロール(E03054)
                      四半期報告書
  第二部【提出会社の保証会社等の情報】
    該当事項はありません。
            15/17




















                     EDINET提出書類
                    株式会社スクロール(E03054)
                      四半期報告書
        独立監査人の四半期レビュー報告書
                   2020年8月7日

  株式会社 スクロール

  取締役会 御中

          EY新日本有限責任監査法人

          浜松事務所
          指定有限責任社員

              公認会計士
                 唯 根 欣 三   印
          業務執行社員
          指定有限責任社員

              公認会計士
                 田 中 勝 也   印
          業務執行社員
  監査人の結論

   当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、「経理の状況」に               掲げられている株式会社スク
  ロールの2020年4月1日から2021年3月31日までの連結会計年度の第1四半期連結会計期間(2020年4月
  1日から2020年6月30日まで)及び第1四半期連結累計期間(2020年4月1日から2020年6月30日ま
  で)に係る四半期連結財務諸表、すなわち、四半期連結貸借対照表、四半期連結損益計算書、四半期連結包括利益計算書
  及び注記について四半期レビューを行った。
   当監査法人が実施した四半期レビューにおいて、上記の四半期連結財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認め
  られる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して、株式会社スクロール及び連結子会社の2020年6月30日現在の財
  政状態及び同日をもって終了する第1四半期連結累計期間の経営成績を適正に表示していないと信じさせる事項が全ての
  重要な点において認められなかった。
  監査人の結論の根拠

   当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に準拠して四半期レビューを行っ
  た。四半期レビューの基準における当監査法人の責任は、「四半期連結財務諸表の四半期レビューにおける監査人の責
  任」に記載されている。当監査法人は、我が国における職業倫理に関する規定に従って、会社及び連結子会社から独立し
  ており、また、監査人としてのその他の倫理上の責任を果たしている。当監査法人は、結論の表明の基礎となる証拠を入
  手したと判断している。
  四半期連結財務諸表に対する経営者及び監査等委員会の責任

   経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して四半期連結財
  務諸表を作成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない四半期連結財務諸表を
  作成し適正に表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
   四半期連結財務諸表を作成するに当たり、経営者は、継続企業の前提に基づき四半期連結財務諸表を作成することが適
  切であるかどうかを評価し、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に基づいて継続
  企業に関する事項を開示する必要がある場合には当該事項を開示する責任がある。
   監査等委員会の責任は、財務報告プロセスの整備及び運用における取締役の職務の執行を監視することにある。
  四半期連結財務諸表の四半期レビューにおける監査人の責任

   監査人の責任は、監査人が実施した四半期レビューに基づいて、四半期レビュー報告書において独立の立場から四半期
  連結財務諸表に対する結論を表明することにある。
   監査人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に従って、               四半期レビューの過程を通じ
  て、職業的専門家としての判断を行い、職業的懐疑心を保持して以下を実施する。
            16/17



                     EDINET提出書類
                    株式会社スクロール(E03054)
                      四半期報告書
  ・主として経営者、財務及び会計に関する事項に責任を有する者等に対する質問、分析的手続その他の四半期レビュー手
  続を実施する。四半期レビュー手続は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に準拠して実施される年
  度の財務諸表の監査に比べて限定された手続である。
  ・継続企業の前提に関する事項について、重要な疑義を生じさせるような事象又は状況に関して重要な不確実性が認めら
  れると判断した場合には、入手した証拠に基づき、四半期連結財務諸表において、我が国において一般に公正妥当と認め
  られる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して、適正に表示されていないと信じさせる事項が認められないかどうか結
  論付ける。また、継続企業の前提に関する重要な不確実性が認められる場合は、四半期レビュー報告書において四半期連
  結財務諸表の注記事項に注意を喚起すること、又は重要な不確実性に関する四半期連結財務諸表の注記事項が適切でない
  場合は、四半期連結財務諸表に対して限定付結論又は否定的結論を表明することが求められている。監査人の結論は、四
  半期レビュー報告書日までに入手した証拠に基づいているが、将来の事象や状況により、企業は継続企業として存続でき
  なくなる可能性がある。
  ・四半期連結財務諸表の表示及び注記事項が、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作成基
  準に準拠していないと信じさせる事項が認められないかどうかとともに、関連する注記事項を含めた四半期連結財務諸表
  の表示、構成及び内容、並びに四半期連結財務諸表が基礎となる取引や会計事象を適正に表示していないと信じさせる事
  項が認められないかどうかを評価する。
  ・四半期連結財務諸表に対する結論を表明するために、会社及び連結子会社の財務情報に関する証拠を入手する。監査人
  は、四半期連結財務諸表の四半期レビューに関する指示、監督及び実施に関して責任がある。監査人は、単独で監査人の
  結論に対して責任を負う。
   監査人は、監査等委員会に対して、計画した四半期レビューの範囲とその実施時期、四半期レビュー上の重要な発見事
  項について報告を行う。
   監査人は、監査等委員会に対して、独立性についての我が国における職業倫理に関する規定を遵守したこと、並びに監
  査人の独立性に影響を与えると合理的に考えられる事項、及び阻害要因を除去又は軽減するためにセーフガードを講じて
  いる場合はその内容について報告を行う。
  利害関係

   会社及び連結子会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はな
  い。
                    以 上

  (注)1.上記は四半期レビュー報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(四半期報告

    書提出会社)が別途保管しております。
   2.XBRLデータは四半期レビューの対象には含まれていません。
            17/17









PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

書類提出日で検索

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2022年4月25日

社名の変更履歴が表示されるようになりました

2020年12月21日

新規上場の通知機能を追加しました。Myページにて通知の設定が行えます。

2020年9月22日

企業・投資家の個別ページに掲載情報を追加しました。また、併せて細かい改修を行いました。

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。

スポンサーリンク