アイコム株式会社 四半期報告書 第57期第1四半期(令和2年4月1日-令和2年6月30日)

提出書類 四半期報告書-第57期第1四半期(令和2年4月1日-令和2年6月30日)
提出日
提出者 アイコム株式会社
カテゴリ 四半期報告書

                     EDINET提出書類
                    アイコム株式会社(E01850)
                      四半期報告書
  【表紙】
  【提出書類】       四半期報告書

  【根拠条文】       金融商品取引法第24条の4の7第1項
  【提出先】       関東財務局長
  【提出日】       2020年8月7日
  【四半期会計期間】       第57期第1四半期(自 2020年4月1日 至 2020年6月30日)
  【会社名】       アイコム株式会社
  【英訳名】       ICOM INCORPORATED
  【代表者の役職氏名】       代表取締役社長  播磨 正隆
  【本店の所在の場所】       大阪市平野区加美鞍作一丁目6番19号
         (同所は登記上の本店所在地で実際の本店業務は「最寄りの連絡場所」で
         行っております。)
  【電話番号】       06-6793-5301(代表)
  【事務連絡者氏名】       経営管理部長  植畑 敬一
  【最寄りの連絡場所】       大阪市平野区加美南一丁目1番32号
  【電話番号】       06-6793-5301(代表)
  【事務連絡者氏名】       経営管理部長  植畑 敬一 
  【縦覧に供する場所】       株式会社東京証券取引所
         (東京都中央区日本橋兜町2番1号)
             1/17












                     EDINET提出書類
                    アイコム株式会社(E01850)
                      四半期報告書
  第一部【企業情報】
  第1【企業の概況】
  1【主要な経営指標等の推移】
           第56期    第57期
     回次     第1四半期    第1四半期     第56期
          連結累計期間    連結累計期間
          自2019年4月1日    自2020年4月1日    自2019年4月1日

     会計期間
          至2019年6月30日    至2020年6月30日    至2020年3月31日
       (百万円)     6,996    5,094    30,533

  売上高
  経常利益又は経常損失(△)      (百万円)     341    △386    2,541
  親会社株主に帰属する四半期
  (当期)純利益又は親会社株主      (百万円)     229    △353    1,928
  に帰属する四半期純損失(△)
       (百万円)      90    △116    1,235
  四半期包括利益又は包括利益
       (百万円)     55,024    54,109    55,603
  純資産額
       (百万円)     61,063    60,047    61,703
  総資産額
  1株当たり四半期(当期)純利
  益又は1株当たり四半期純損失      (円)     15.51    △24.10    130.44
  (△)
  潜在株式調整後1株当たり四半
        (円)     -    -    -
  期(当期)純利益
        (%)     90.1    90.1    90.1
  自己資本比率
   (注)1 当社は四半期連結財務諸表を作成しておりますので、提出会社の主要な経営指標等の推移については記載し
    ておりません。
   2 売上高には、消費税等は含まれておりません。
   3 潜在株式調整後1株当たり四半期(当期)純利益については、潜在株式が存在しないため記載しておりませ
    ん。
  2【事業の内容】

   当第1四半期連結累計期間において、当企業集団(当社及び当社の関係会社)が営む事業の内容について、重要な
  変更はありません。また、主要な関係会社における異動もありません。
             2/17








                     EDINET提出書類
                    アイコム株式会社(E01850)
                      四半期報告書
  第2【事業の状況】
  1【事業等のリスク】
   当第1四半期連結累計期間において、新たな事業等のリスクの発生、または、前事業年度の有価証券報告書に記載
  した事業等のリスクについての重要な変更はありません。
  2【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

   文中の将来に関する事項は、当四半期連結会計期間の末日現在において判断したものであります。
  (1)経営成績の状況

    当第1四半期連結累計期間は、前連結会計年度の第4四半期以降から続く新型コロナウイルス感染症の世界的な
   流行により、ワールドワイドで経済活動が抑制され、マイナス成長を余儀なくされました。日本においても、政
   府より全国に緊急事態宣言が発令されたことにより、景気が急速に冷え込みました。
    このような状況のもとで、当企業集団は、次年度以降のV字回復を可能とし、将来的な発展の足がかりとすべ
   く、会社の体質強化(収益力を強化させるビジネスモデルへの転換)を目指して2023年3月期を最終年度とする
   「中期経営計画2023」をスタートさせました。また、企業活動が制限される状況下で、テレワークや時差出勤の
   採用、事業所内の衛生管理の徹底を図って生産性の維持に努めるとともに、官公庁需要の取り込みを強化しまし
   たが、全セグメントで減収となりました。
    品目別では、アマチュア用無線通信機器ではステイホームによる需要の拡大もありましたが、資材調達の乱れ
   等から新製品投入が遅れたことにより減収となりました。海上用無線通信機器は主要市場である欧米地域で行動
   制限が行われたことから需要が減少し、陸上業務用無線通信機器においても、各種イベントの自粛など経済活動
   停滞の影響が大きかったことから減収となりました。
  <参考>地域別売上高

       前第1四半期連結累計期間      当第1四半期連結累計期間
        (自2019年4月1日      (自2020年4月1日
                    増減率
        至2019年6月30日)      至2020年6月30日)
                    (%)
        金額   構成比   金額   構成比
       (百万円)    (%)   (百万円)    (%)
        2,340   33.5   1,910   37.5  △18.4
  国内
        2,124   30.3   1,646   32.3  △22.5
   北米
   欧州(EMEA)      1,182   16.9   738   14.5  △37.5
        1,194   17.1   696   13.7  △41.7

   アジア・オセアニア
   その他(含む中南米)      153   2.2   102   2.0  △33.2
        4,655   66.5   3,184   62.5  △31.6

  海外計
        6,996   100.0   5,094   100.0  △27.2
    合計
             3/17







                     EDINET提出書類
                    アイコム株式会社(E01850)
                      四半期報告書
    これらの結果、当第1四半期連結累計期間の売上高は50億9千4百万円(前年同期比27.2%減)、為替の影響等
   もあり売上総利益は20億7千7百万円(前年同期比32.1%減)となりました。販売費及び一般管理費は経費削減に
   より1億1千6百万円減少して25億1千7百万円となりましたが、営業損失は4億4千万円(前年同期は4億2千4百万円
   の営業利益)、経常損失は3億8千6百万円(前年同期は3億4千1百万円の経常利益)、親会社株主に帰属する四半
   期純損失は3億5千3百万円(前年同期は2億2千9百万円の親会社株主に帰属する四半期純利益)となりました。
    また、当第1四半期連結累計期間に適用した米ドル及びユーロの平均為替レートはそれぞれ107.58円及び
   117.68円であり、前年同期に比べそれぞれ3.1%及び5.5%の円高水準で推移しました。
                  親会社株主に帰属する
      売上高(百万円)    営業利益(百万円)    経常利益(百万円)     四半期純利益
                   (百万円)
  当四半期連結累計期間
        5,094    △440    △386    △353
  (2020年6月期)
  前四半期連結累計期間
        6,996    424    341    229
  (2019年6月期)
  前年同期比増減率     △27.2%     -%    -%    -%
   セグメントごとの経営成績は、次のとおりであります。

   ①日本[当社、和歌山アイコム㈱、アイコム情報機器㈱]
    国内市場において、アマチュア用無線通信機器は6月に新製品を発売して好評を博し、陸上業務用無線通信機
   器でも、ワイドな通話エリアと万が一の通信手段の確保を両立できるハイブリッドIPトランシーバーを発売し売
   上拡大に貢献しましたが、各種イベントの中止、店舗営業の自粛等から減収となりました。海外市場では、欧
   州、アジア両地域において、新型コロナウイルス感染症対策により経済活動が停滞したことから全品目で減収と
   なりました。これらの結果、本セグメントの外部顧客に対する売上高は27億9千1百万円(前年同期比31.2%減)
   となりました。
    利益面では、減収により4億1千8百万円の営業損失(前年同期は2億4千1百万円の営業利益)となりました。
   ②北米[Icom  America,Inc.、ICOM    CANADA HOLDINGS  INC.、ICOM  DO BRASIL RADIOCOMUNICACAO   LTDA. ]
    アマチュア用無線通信機器ではステイホームの拡大もあり堅調な需要に支えられ増収となった一方、経済活動
   の停滞等により需要が縮小した影響で、陸上業務用無線通信機器及び海上用無線通信機器は減収となり、特に中
   南米市場は通貨安も伴い大きく減収となったことから、本セグメントの外部顧客に対する売上高は17億5千6百万
   円(前年同期比23.2%減)となりました。
    利益面では、減収により8千3百万円の営業損失(前年同期は6千5百万円の営業利益)となりました。
   ③ヨーロッパ[Icom(Europe)GmbH、Icom       Spain, S.L.]
    新型コロナウイルス感染症の影響が比較的少なかったドイツでは、僅かな減収に留まりましたが、経済活動停
   滞の影響を大きく受けたスペインではアマチュア用無線通信機器を除く全品目で減収になるとともに、前年同期
   に比べ対ユーロは5.5%の円高水準で推移したことから、本セグメントの外部顧客に対する売上高は3億4千9百万
   円(前年同期比12.9%減)となりました。
    利益面では、減収により営業利益は1千6百万円(前年同期比61.9%減)となりました。
   ④アジア・オセアニア[Icom(Australia)Pty.,Ltd.、Asia          Icom Inc.、PURECOM   CO.,LTD、ICOM   ASIA CO.,LTD]
    4月に、アジア地域での販売、資材調達の拠点とすることを目的として、ベトナムに現地法人を設立しました
   が、渡航制限の影響で営業を開始することができませんでした。
    主力市場となるオーストラリアにおいては、同国の経済低迷の影響を受け全品目において需要が縮小したこと
   や、前年同期に比べ対オーストラリアドルが12.5%の円高水準であったことから、本セグメントの外部顧客に対
   する売上高は1億9千7百万円(前年同期比21.8%減)となりました。
    利益面では、減収により営業利益は8百万円(前年同期比62.5%減)となりました。
             4/17






                     EDINET提出書類
                    アイコム株式会社(E01850)
                      四半期報告書
  (2)財政状態の状況
   (資産)
    総資産は前連結会計年度比16億5千6百万円減少し、600億4千7百万円となりました。
    主な内訳は、たな卸資産(合計)の増加13億1千3百万円、投資その他の資産のその他の増加8億2千4百万円、
   流動資産のその他の増加6億3千1百万円及び有価証券の増加1億1百万円等の増加要因と、受取手形及び売掛金の
   減少36億2千6百万円、現金及び預金の減少8億1百万円及び有形固定資産の減少6千9百万円等の減少要因によるも
   のであります。
    なお、投資その他の資産のその他の増加8億2千4百万円の主な内訳は、投資有価証券の増加5億2千4百万円、繰
   延税金資産の増加1億8千7百万円及び長期前払費用の増加1億1千3百万円等の増加要因によるものであります。
    また、流動資産のその他の増加6億3千1百万円の主な内訳は、信託受益権の増加3億円及び未収消費税の増加2
   億6千万円等の増加要因によるものであります。
   (負債)
    負債合計は前連結会計年度比1億6千1百万円減少し、59億3千8百万円となりました。
    主な内訳は、賞与引当金の増加2億6千9百万円等の増加要因と、流動負債のその他の減少2億7千1百万円及び買
   掛金の減少1億4千1百万円等の減少要因によるものであります。
    なお、流動負債のその他の減少2億7千1百万円の主な内訳は、未払金の減少2億8千8百万円等の減少要因による
   ものであります。
   (純資産)
    純資産合計は前連結会計年度比14億9千4百万円減少し、541億9百万円となりました。
    主な内訳は、為替換算調整勘定の増加1億3千5百万円及びその他有価証券評価差額金の増加9千3百万円等の増
   加要因と、自己株式の取得による減少9億6千4百万円、剰余金の配当による減少4億1千2百万円及び親会社株主に
   帰属する四半期純損失による減少3億5千3百万円等の減少要因によるものであります。
    以上の結果、自己資本比率は前連結会計年度と同水準の90.1%となりました。
  (3)経営方針、経営環境及び優先的に対処すべき課題等

    当第1四半期連結累計期間において、重要な変更はありません。
  (4)研究開発活動

    当第1四半期連結累計期間における当企業集団全体の研究開発活動の金額は、9億1百万円であります。
    なお、当第1四半期連結累計期間において、当企業集団の研究開発活動の状況に重要な変更はありません。
  (5)生産、受注及び販売の実績

    当第1四半期連結累計期間において、販売実績が著しく減少しました。
    詳細につきましては、(1)経営成績の状況をご参照ください。
  3【経営上の重要な契約等】

   当第1四半期連結会計期間において、経営上の重要な契約等の決定または締結等はありません。
             5/17








                     EDINET提出書類
                    アイコム株式会社(E01850)
                      四半期報告書
  第3【提出会社の状況】
  1【株式等の状況】
  (1)【株式の総数等】
   ①【株式の総数】
      種類        発行可能株式総数(株)
  普通株式                34,000,000

       計            34,000,000

   ②【発行済株式】

      第1四半期会計期間
               上場金融商品取引所名
          提出日現在発行数(株)
      末現在発行数(株)
   種類            又は登録認可金融商品     内容
          (2020年8月7日)
      (2020年6月30日)         取引業協会名
               東京証券取引所

                   単元株式数
       14,850,000     14,850,000
   普通株式
               (市場第一部)
                    100株
       14,850,000     14,850,000     ―    ―

   計
  (2)【新株予約権等の状況】

   ①【ストックオプション制度の内容】
    該当事項はありません。
   ②【その他の新株予約権等の状況】

    該当事項はありません。
  (3)【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

     該当事項はありません。
  (4)【発行済株式総数、資本金等の推移】

                 資本準備金
      発行済株式総
         発行済株式総   資本金増減額   資本金残高     資本準備金残
   年月日   数増減数
                 増減額
         数残高(株)   (百万円)   (百万円)     高(百万円)
       (株)
                 (百万円)
  2020年4月1日~
        - 14,850,000    -  7,081   -  10,449
  2020年6月30日
  (5)【大株主の状況】

     当四半期会計期間は第1四半期会計期間であるため、記載事項はありません。
             6/17








                     EDINET提出書類
                    アイコム株式会社(E01850)
                      四半期報告書
  (6)【議決権の状況】
   ①【発行済株式】
                  2020年6月30日現在
          株式数(株)    議決権の数(個)
     区分              内容
             -    -    -
  無議決権株式
  議決権制限株式(自己株式等)           -    -    -
  議決権制限株式(その他)           -    -    -

  完全議決権株式(自己株式等)          433,100     -    -

         普通株式
  完全議決権株式(その他)         14,408,600    144,086     -
         普通株式
            8,300    -    -
  単元未満株式       普通株式
           14,850,000     -    -
  発行済株式総数
             -   144,086     -
  総株主の議決権
   (注)「単元未満株式」欄の普通株式には、当社所有の自己株式63株が含まれております。
   ②【自己株式等】

                  2020年6月30日現在
                   発行済株式総数
          自己名義所有   他人名義所有   所有株式数の
                   に対する所有株
  所有者の氏名又は名称     所有者の住所
          株式数(株)   株式数(株)   合計(株)
                   式数の割合(%)
      大阪市平野区加美鞍
           433,100   -   433,100    2.92
  アイコム株式会社
      作一丁目6番19号
        ―   433,100   -   433,100    2.92
    計
  2【役員の状況】

    該当事項はありません。
             7/17










                     EDINET提出書類
                    アイコム株式会社(E01850)
                      四半期報告書
  第4【経理の状況】
  1.四半期連結財務諸表の作成方法について
   当社の四半期連結財務諸表は、「四半期連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(2007年内閣府令
  第64号)に基づいて作成しております。
  2.監査証明について

   当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第1四半期連結会計期間(2020年4月1日から2020
  年6月30日まで)及び第1四半期連結累計期間(2020年4月1日から2020年6月30日まで)に係る四半期連結財務諸
  表について、EY新日本有限責任監査法人による四半期レビューを受けております。
             8/17

















                     EDINET提出書類
                    アイコム株式会社(E01850)
                      四半期報告書
  1【四半期連結財務諸表】
  (1)【四半期連結貸借対照表】
                  (単位:百万円)
            前連結会計年度    当第1四半期連結会計期間
            (2020年3月31日)     (2020年6月30日)
  資産の部
  流動資産
               27,687     26,885
   現金及び預金
               6,937     3,310
   受取手形及び売掛金
                -     101
   有価証券
               4,168     4,531
   商品及び製品
                81     145
   仕掛品
               5,047     5,933
   原材料及び貯蔵品
               2,677     3,308
   その他
               △18     △16
   貸倒引当金
               46,581     44,201
   流動資産合計
  固定資産
               7,729     7,660
   有形固定資産
               341     309
   無形固定資産
   投資その他の資産
               7,079     7,904
    その他
               △28     △28
    貸倒引当金
               7,051     7,876
    投資その他の資産合計
               15,122     15,846
   固定資産合計
               61,703     60,047
  資産合計
  負債の部
  流動負債
               1,696     1,555
   買掛金
               140     71
   未払法人税等
               567     836
   賞与引当金
                39     38
   製品保証引当金
               1,707     1,436
   その他
               4,150     3,938
   流動負債合計
  固定負債
               1,376     1,353
   退職給付に係る負債
               572     646
   その他
               1,949     1,999
   固定負債合計
               6,100     5,938
  負債合計
  純資産の部
  株主資本
               7,081     7,081
   資本金
               10,449     10,449
   資本剰余金
               39,075     38,310
   利益剰余金
               △302    △1,267
   自己株式
               56,304     54,573
   株主資本合計
  その他の包括利益累計額
               △79     14
   その他有価証券評価差額金
               △167     △32
   為替換算調整勘定
               △453     △446
   退職給付に係る調整累計額
               △700     △464
   その他の包括利益累計額合計
               55,603     54,109
  純資産合計
               61,703     60,047
  負債純資産合計
             9/17




                     EDINET提出書類
                    アイコム株式会社(E01850)
                      四半期報告書
  (2)【四半期連結損益計算書及び四半期連結包括利益計算書】
   【四半期連結損益計算書】
   【第1四半期連結累計期間】
                  (単位:百万円)
           前第1四半期連結累計期間     当第1四半期連結累計期間
            (自 2019年4月1日     (自 2020年4月1日
            至 2019年6月30日)      至 2020年6月30日)
               6,996     5,094
  売上高
               3,937     3,017
  売上原価
               3,058     2,077
  売上総利益
  販売費及び一般管理費
                2     △2
  貸倒引当金繰入額
               579     568
  給料及び手当
               135     83
  賞与引当金繰入額
                22     29
  退職給付費用
               951     901
  試験研究費
               943     936
  その他
               2,634     2,517
  販売費及び一般管理費
  営業利益又は営業損失(△)             424     △440
  営業外収益
                28     18
  受取利息
                6     6
  受取配当金
                2     0
  投資有価証券売却益
                -     28
  為替差益
                6     13
  その他
                42     67
  営業外収益合計
  営業外費用
               119     -
  為替差損
                -     5
  持分法による投資損失
                6     8
  その他
               125     14
  営業外費用合計
  経常利益又は経常損失(△)             341     △386
  特別損失
                -     97
  投資有価証券評価損
                -     97
  特別損失合計
  税金等調整前四半期純利益又は税金等調整前四半期
               341     △483
  純損失(△)
               111     △130
  法人税等
  四半期純利益又は四半期純損失(△)             229     △353
  親会社株主に帰属する四半期純利益又は親会社株主
               229     △353
  に帰属する四半期純損失(△)
            10/17








                     EDINET提出書類
                    アイコム株式会社(E01850)
                      四半期報告書
   【四半期連結包括利益計算書】
   【第1四半期連結累計期間】
                  (単位:百万円)
           前第1四半期連結累計期間     当第1四半期連結累計期間
            (自 2019年4月1日     (自 2020年4月1日
            至 2019年6月30日)      至 2020年6月30日)
  四半期純利益又は四半期純損失(△)             229     △353
  その他の包括利益
                32     93
  その他有価証券評価差額金
               △169     135
  為替換算調整勘定
               △3     6
  退職給付に係る調整額
               △139     236
  その他の包括利益合計
                90     △116
  四半期包括利益
  (内訳)
                90     △116
  親会社株主に係る四半期包括利益
            11/17
















                     EDINET提出書類
                    アイコム株式会社(E01850)
                      四半期報告書
  【注記事項】
   (連結の範囲又は持分法適用の範囲の変更)
    当第1四半期連結会計期間より、ICOM       ASIA CO.,LTDは新たに設立したため、連結の範囲に含めております。
   (追加情報)

    前連結会計年度の有価証券報告書の(追加情報)(新型コロナウイルス感染症拡大に伴う会計上の見積りにつ
   いて)に記載した新型コロナウイルス感染症の収束時期等を含む仮定について重要な変更はありません。
   (四半期連結キャッシュ・フロー計算書関係)

    当第1四半期連結累計期間に係る四半期連結キャッシュ・フロー計算書は作成しておりません。なお、第1
   四半期連結累計期間に係る減価償却費(無形固定資産に係る償却費を含む。)は、次のとおりであります。
          前第1四半期連結累計期間      当第1四半期連結累計期間
          (自 2019年4月1日      (自 2020年4月1日
           至 2019年6月30日)      至 2020年6月30日)
   減価償却費          238百万円      260百万円
   (株主資本等関係)

   Ⅰ 前第1四半期連結累計期間(自 2019年4月1日 至 2019年6月30日)
    配当金支払額
             1株当たり
        配当金の総額
   決議  株式の種類     配当の原資   配当額   基準日   効力発生日
        (百万円)
             (円)
  2019年6月25日
      普通株式    370 利益剰余金    25 2019年3月31日   2019年6月26日
  定時株主総会
   Ⅱ 当第1四半期連結累計期間(自 2020年4月1日 至 2020年6月30日)

    配当金支払額
             1株当たり
        配当金の総額
   決議  株式の種類     配当の原資   配当額   基準日   効力発生日
        (百万円)
             (円)
  2020年6月24日
      普通株式    412 利益剰余金    28 2020年3月31日   2020年6月25日
  定時株主総会
            12/17










                     EDINET提出書類
                    アイコム株式会社(E01850)
                      四半期報告書
   (セグメント情報等)
   【セグメント情報】
    Ⅰ 前第1四半期連結累計期間(自 2019年4月1日 至 2019年6月30日)
    1.報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
                   (単位:百万円)
           報告セグメント
                    四半期連結
                  調整額  損益計算書
              アジア・
                  (注)2  計上額
        日本  北米  ヨーロッパ  オセアニ   計
                    (注)1
              ア
  売上高
        4,055  2,286  401  252  6,996   -  6,996

   (1)外部顧客への売上高
   (2)セグメント間の内部

        1,833   4  0  143  1,982  △1,982   -
   売上高又は振替高
        5,889  2,291  401  395  8,978  △1,982  6,996
    計
         241  65  43  23  372  51  424

  セグメント利益
   (注)1 セグメント利益は、四半期連結損益計算書の営業利益と調整を行っております。
     2 セグメント利益の調整額は、セグメント間取引の消去であります。また、配賦不能営業費用の金額はありま
    せん。
    Ⅱ 当第1四半期連結累計期間(自 2020年4月1日 至 2020年6月30日)

    1.報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
                   (単位:百万円)
           報告セグメント
                    四半期連結
                  調整額  損益計算書
              アジア・
                  (注)2  計上額
        日本  北米  ヨーロッパ  オセアニ   計
                    (注)1
              ア
  売上高
        2,791  1,756  349  197  5,094   -  5,094

   (1)外部顧客への売上高
   (2)セグメント間の内部

        1,490   6  -  31  1,527  △1,527   -
   売上高又は振替高
        4,281  1,763  349  228  6,622  △1,527  5,094
    計
  セグメント利益又は損失
        △418  △83  16  8 △476  36  △440
  (△)
   (注)1 セグメント利益又は損失は、四半期連結損益計算書の営業損失と調整を行っております。
     2 セグメント利益又は損失の調整額は、セグメント間取引の消去であります。また、配賦不能営業費用の金額
    はありません。
            13/17






                     EDINET提出書類
                    アイコム株式会社(E01850)
                      四半期報告書
   (1株当たり情報)
    1株当たり四半期純利益又は1株当たり四半期純損失及び算定上の基礎は、以下のとおりであります。
           前第1四半期連結累計期間      当第1四半期連結累計期間
           (自 2019年4月1日      (自 2020年4月1日
            至 2019年6月30日)      至 2020年6月30日)
  1株当たり四半期純利益又は1株当たり四半期純損
              15円51銭     △24円10銭
  失(△)
  (算定上の基礎)
   親会社株主に帰属する四半期純利益又は親会社
               229     △353
   株主に帰属する四半期純損失(百万円)
   普通株主に帰属しない金額(百万円)             -      -
   普通株式に係る親会社株主に帰属する四半期純
   利益又は普通株式に係る親会社株主に帰属する
               229     △353
   四半期純損失(百万円)
   普通株式の期中平均株式数(千株)            14,817      14,646
   (注)潜在株式調整後1株当たり四半期純利益については、潜在株式が存在しないため記載しておりません。
   (重要な後発事象)

    該当事項はありません。
  2【その他】

  該当事項はありません。
            14/17













                     EDINET提出書類
                    アイコム株式会社(E01850)
                      四半期報告書
  第二部【提出会社の保証会社等の情報】
     該当事項はありません。
            15/17




















                     EDINET提出書類
                    アイコム株式会社(E01850)
                      四半期報告書
        独立監査人の四半期レビュー報告書
                   2020年8月7日

  アイコム株式会社

  取締役会 御中

          EY新日本有限責任監査法人

          大阪事務所
          指定有限責任社員

              公認会計士
                 金子 一昭    印
          業務執行社員
          指定有限責任社員

              公認会計士
                 中尾 志都    印
          業務執行社員
  監査人の結論

  当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、「経理の状況」に掲げられているアイコム株式会
  社の2020年4月1日から2021年3月31日までの連結会計年度の第1四半期連結会計期間(2020年4月1日から2020年6月
  30日まで)及び第1四半期連結累計期間(2020年4月1日から2020年6月30日まで)に係る四半期連結財務諸表、すなわ
  ち、四半期連結貸借対照表、四半期連結損益計算書、四半期連結包括利益計算書及び注記について四半期レビューを行っ
  た。
  当監査法人が実施した四半期レビューにおいて、上記の四半期連結財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認め
  られる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して、アイコム株式会社及び連結子会社の2020年6月30日現在の財政状態及
  び同日をもって終了する第1四半期連結累計期間の経営成績を適正に表示していないと信じさせる事項が全ての重要な点
  において認められなかった。
  監査人の結論の根拠

  当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に準拠して四半期レビューを行っ
  た。四半期レビューの基準における当監査法人の責任は、「四半期連結財務諸表の四半期レビューにおける監査人の責
  任」に記載されている。当監査法人は、我が国における職業倫理に関する規定に従って、会社及び連結子会社から独立し
  ており、また、監査人としてのその他の倫理上の責任を果たしている。当監査法人は、結論の表明の基礎となる証拠を入
  手したと判断している。
  四半期連結財務諸表に対する経営者      並びに監査役及び監査役会     の責任

  経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して四半期連結財
  務諸表を作成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない四半期連結財務諸表を
  作成し適正に表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
  四半期連結財務諸表を作成するに当たり、経営者は、継続企業の前提に基づき四半期連結財務諸表を作成することが適
  切であるかどうかを評価し、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に基づいて継続
  企業に関する事項を開示する必要がある場合には当該事項を開示する責任がある。
  監査役及び監査役会の責任は、財務報告プロセスの整備及び運用における取締役の職務の執行を監視することにある。
  四半期連結財務諸表の四半期レビューにおける        監査人の責任

  監査人の責任は、監査人が実施した四半期レビューに基づいて、四半期レビュー報告書において独立の立場から四半期
  連結財務諸表に対する結論を表明することにある。
  監査人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に従って、四半期レビューの過程を通じ
  て、職業的専門家としての判断を行い、職業的懐疑心を保持して以下を実施する。
            16/17



                     EDINET提出書類
                    アイコム株式会社(E01850)
                      四半期報告書
  ・ 主として経営者、財務及び会計に関する事項に責任を有する者等に対            する 質問、分析的手続その他の四半期レビュー
  手続 を実施 する 。四半期レビュー手続は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に準拠して実施され
  る年度の財務諸表の監査に比べて限定された手続である。
  ・  継続企業の前提に関する事項について、重要な疑義を生じさせるような事象又は状況に関して重要な不確実性が認め
  られると判断した場合には、入手した証拠に基づき、四半期連結財務諸表において、我が国において一般に公正妥当と
  認められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して、適正に表示されていないと信じさせる事項が認められないかど
  うか結論付ける。また、継続企業の前提に関する重要な不確実性が認められる場合は、四半期レビュー報告書において
  四半期連結財務諸表の注記事項に注意を喚起すること、又は重要な不確実性に関する四半期連結財務諸表の注記事項が
  適切でない場合は、四半期連結財務諸表に対して限定付結論又は否定的結論を表明することが求められている。監査人
  の結論は、四半期レビュー報告書日までに入手した証拠に基づいているが、将来の事象や状況により、企業は継続企業
  として存続できなくなる可能性がある。
  ・  四半期連結財務諸表の表示及び注記事項が、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作成
  基準に準拠していないと信じさせる事項が認められないかどうかとともに、関連する注記事項を含めた四半期連結財務
  諸表の表示、構成及び内容、並びに四半期連結財務諸表が基礎となる取引や会計事象を適正に表示していないと信じさ
  せる事項が認められないかどうかを評価する。
  ・  四半期連結財務諸表に対する結論を表明するために、会社及び連結子会社の財務情報に関する証拠を入手する。監査
  人は、四半期連結財務諸表の四半期レビューに関する指示、監督及び実施に関して責任がある。監査人は、単独で監査
  人の結論に対して責任を負う。
  監査人は、監査役及び監査役会に対して、計画した四半期レビューの範囲とその実施時期、四半期レビュー上の重要な
  発見事項について報告を行う。
  監査人は、監査役及び監査役会に対して、独立性についての我が国における職業倫理に関する規定を遵守したこと、並
  びに監査人の独立性に影響を与えると合理的に考えられる事項、及び阻害要因を除去又は軽減するためにセーフガードを
  講じている場合はその内容について報告を行う。
  利害関係

  会社及び連結子会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はな
  い。
                    以 上

   (注)1.上記は四半期レビュー報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(四半期報
    告書提出会社)が別途保管しております。
   2.XBRLデータは四半期レビューの対象には含まれていません。
            17/17










PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

書類提出日で検索

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2020年12月21日

新規上場の通知機能を追加しました。Myページにて通知の設定が行えます。

2020年9月22日

企業・投資家の個別ページに掲載情報を追加しました。また、併せて細かい改修を行いました。

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。

スポンサーリンク