株式会社旅工房 訂正四半期報告書 第25期第3四半期(平成30年10月1日-平成30年12月31日)

訂正四半期報告書-第25期第3四半期(平成30年10月1日-平成30年12月31日)

提出日:

提出者:株式会社旅工房

カテゴリ:訂正四半期報告書

PDFビューワー表示

                     EDINET提出書類
                    株式会社旅工房(E33110)
                     訂正四半期報告書
  【表紙】

  【提出書類】        四半期報告書の訂正報告書

  【根拠条文】        金融商品取引法第24条の4の7第4項

  【提出先】        関東財務局長

  【提出日】        令和2年7月31日

  【四半期会計期間】        第25期第3四半期(自 平成30年10月1日 至 平成30年12月31日)

  【会社名】        株式会社旅工房

  【英訳名】        TABIKOBO  Co. Ltd.

  【代表者の役職氏名】        代表取締役会長兼社長  高 山 泰 仁

  【本店の所在の場所】        東京都豊島区東池袋三丁目1番1号

  【電話番号】        03-5956-3044

  【事務連絡者氏名】        執行役員コーポレート本部長  岩 田 静 絵

  【最寄りの連絡場所】        東京都豊島区東池袋三丁目1番1号

  【電話番号】        03-5956-3044

  【事務連絡者氏名】        執行役員コーポレート本部長  岩 田 静 絵

  【縦覧に供する場所】        株式会社東京証券取引所

          (東京都中央区日本橋兜町2番1号)
          株式会社旅工房大阪支店
          (大阪府大阪市中央区難波五丁目1番60号)
          株式会社旅工房名古屋支店
          (愛知県名古屋市中区大須三丁目30番60号)
             1/20







                     EDINET提出書類
                    株式会社旅工房(E33110)
                     訂正四半期報告書
  1 【四半期報告書の訂正報告書の提出理由】

   当社では、令和2年5月7日に外部からの問い合わせを受け、当社法人営業部門の従業員による不正の疑いを認識
  し、その後関係者に対して行った調査の結果、当該従業員が不正を行っていたことが発覚しました。これを受けて、
  当社は、実効性と透明性の高い調査と再発防止策の提言を受けるため、外部の専門家を構成員とする外部調査チーム
  を設置するとともに、当社では当該調査に全面的に協力してまいりました。
   当社は、令和2年6月26日に外部調査チームから調査報告書を受領し、架空の売上高及び売上原価等が認められま
  した。これらの不正による影響を過去の決算期に遡って決算の訂正を行うため、提出済みの有価証券報告書等に記載
  されております連結財務諸表及び財務諸表並びに四半期連結財務諸表等で対象となる部分について訂正することとい
  たしました。
   これらの決算訂正により、当社が平成31年2月8日に提出いたしました第25期第3四半期(自 平成30年10月1
  日 至 平成30年12月31日)に係る四半期報告書の記載事項の一部を訂正する必要が生じましたので、金融商品取引
  法第24条の4の7第4項の規定に基づき、四半期報告書の訂正報告書を提出するものであります。
   なお、訂正後の四半期連結財務諸表については、EY新日本有限責任監査法人により四半期レビューを受けており、
  その四半期レビュー報告書を添付しております。
  2 【訂正事項】

  第一部 企業情報
   第1 企業の概況
   1 主要な経営指標等の推移
   第2 事業の状況
   2 経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析
   第4 経理の状況
   1 四半期連結財務諸表
  四半期レビュー報告書
  3 【訂正箇所】

   訂正箇所は   を付して表示しております。
   なお、訂正箇所が多数に及ぶことから、上記の訂正事項については、訂正後のみを記載しております。
             2/20










                     EDINET提出書類
                    株式会社旅工房(E33110)
                     訂正四半期報告書
  第一部  【企業情報】

  第1 【企業の概況】

  1 【主要な経営指標等の推移】

            第24期    第25期

      回次     第3四半期    第3四半期    第24期
           連結累計期間    連結累計期間
          自  平成29年4月1日   自  平成30年4月1日   自  平成29年4月1日
     会計期間
          至  平成29年12月31日   至  平成30年12月31日   至  平成30年3月31日
  売上高       (千円)   17,484,376    21,564,637    24,231,720
  経常利益又は経常損失(△)       (千円)    △11,269    262,650    52,143

  親会社株主に帰属する
  四半期(当期)純利益
         (千円)    △10,402    138,601    19,081
  又は親会社株主に帰属する
  四半期純損失(△)
  四半期包括利益又は包括利益       (千円)    1,097    146,546    26,216
  純資産額       (千円)   1,148,682    1,320,727    1,173,766

  総資産額       (千円)   4,366,377    5,231,267    4,155,980

  1株当たり四半期(当期)純利益
         (円)    △2.27    29.64    4.17
  又は1株当たり四半期純損失(△)
  潜在株式調整後1株当たり
         (円)     -   28.67    4.02
  四半期(当期)純利益
  自己資本比率       (%)    26.3    25.1    28.2
            第24期    第25期

      回次     第3四半期    第3四半期
           連結会計期間    連結会計期間
          自 平成29年10月1日    自 平成30年10月1日
     会計期間
          至 平成29年12月31日    至 平成30年12月31日
  1株当たり四半期純利益       (円)    0.18    5.68

  (注) 1.当社は四半期連結財務諸表を作成しておりますので、提出会社の主要な経営指標等の推移については記載し
    ておりません。
   2.売上高には、消費税等は含まれておりません。
   3.当社は、平成29年10月1日付けで普通株式1株につき普通株式2株の割合で株式分割を行っております。こ
    のため、1株当たり四半期(当期)純利益又は1株当たり四半期純損失及び潜在株式調整後1株当たり四半期
    (当期)純利益については、第24期の期首に当該株式分割が行われたと仮定して算定しております。
   4.第24期第3四半期連結累計期間の潜在株式調整後1株当たり四半期純利益については、潜在株式が存在する
    ものの、1株当たり四半期純損失であるため、記載しておりません。
             3/20






                     EDINET提出書類
                    株式会社旅工房(E33110)
                     訂正四半期報告書
  2 【事業の内容】

   当第3四半期連結累計期間において、当社グループ(当社及び当社の関係会社)において営まれている事業の内容に
  ついて、重要な変更はありません。
   第2四半期連結会計期間において、PT.       Ramayana  Tabikobo  Travelの株式を取得したことにより、連結子会社にし
  ております。 
   この結果、当社グループは、当社及び子会社3社により構成されることとなりました。
             4/20


















                     EDINET提出書類
                    株式会社旅工房(E33110)
                     訂正四半期報告書
  第2 【事業の状況】

  1 【事業等のリスク】

   当第3四半期連結累計期間において、当四半期報告書に記載した事業の状況、経理の状況等に関する事項のうち、
  投資者の判断に重要な影響を及ぼす可能性のある事項の発生又は前事業年度の有価証券報告書に記載した「事業等の
  リスク」についての重要な変更はありません。
  2 【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

   文中の将来に関する事項は、当四半期連結会計期間の末日現在において当社グループが判断したものであります。
  なお、「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」(企業会計基準第28号             平成30年2月16日)等を第1四半期連結
  会計期間の期首から適用しており、財政状態の状況については、当該会計基準等を遡って適用した後の数値で前連結
  会計年度との比較・分析を行っております。
  (1) 業績の状況

   当第3四半期連結累計期間における我が国経済は、企業収益や雇用情勢の改善が続くなか、設備投資の増加や個
   人消費の持ち直しの動きが見られるなど、緩やかな景気回復基調で推移いたしました。
   旅行業界におきましては、平成30年4月から12月における日本人出国者数が前年同期比7.3%増の1,433万人とな
   り、航空座席数の増加等を背景に9か月連続のプラス成長と堅調に推移しております。また、訪日外客数は前年同
   期比6.4%増の2,357万人となり、9月には東アジア市場を中心に自然災害の影響を受けた訪日需要の落ち込みが見
   られたものの、順調に回復傾向を示しております。(出典:日本政府観光局(JNTO))
   このような情勢のもと、当社グループでは、ゴールデンウィーク特集や夏のビーチリゾート特集、サマーセール
   といった各種施策により個人旅行需要の取込みに努めたほか、航空会社とのタイアップによるSNSキャンペーンの実
   施や各種イベントへの出展等、認知度の向上にも取組みました。韓国及び台湾をはじめとしたアジア方面につきま
   しては、オンライン予約システムの機能強化により、送客数が前年を大きく上回る水準で推移いたしました。引続
   き欧州方面の需要取込みが好調であることに加え、オセアニア方面も専門部署の設置による販売強化が奏功し、好
   調に推移いたしました。
   法人旅行事業につきましても引続き営業体制の強化に取組み、企業の業務渡航や団体旅行、MICE案件の受注が順
   調に推移いたしました。また、インバウンド旅行事業の強化と海外における三国間旅行需要の獲得に向けた新たな
   拠点として、平成30年8月24日にインドネシア共和国の旅行会社であるPT.             Ramayana  Tabikobo  Travel(PT.  Palm
   Mas Dewata Tour &Travel より平成30年7月5日付にて会社名変更済み)の株式の67%を取得し、子会社化いたし
   ました。 
   以上の結果、当第3四半期連結累計期間における連結業績は、売上高は             21,564,637千円   (前年同期比  23.3%
   増)、営業利益は   272,575千円  (前年同期比  3,532.1%  増)、経常利益は   262,650千円  (前年同期の経常損失は11,269
   千円)、親会社株主に帰属する四半期純利益は        138,601千円  (前年同期の親会社株主に帰属する四半期純損失は
   10,402千円)となりました。
   なおセグメントの業績については、当社グループは単一セグメントであるため、記載を省略いたします。
             5/20







                     EDINET提出書類
                    株式会社旅工房(E33110)
                     訂正四半期報告書
  (2) 財政状態の分析

   (流動資産)
    当第3四半期連結会計期間末における流動資産は        4,459,103千円  と、前連結会計年度末比    923,098千円  増加しま
   した。これは主に、現金及び預金が前連結会計年度末比278,652千円、旅行前払金が前連結会計年度末比509,398
   千円、受取手形及び売掛金が前連結会計年度末比        192,892千円  増加したことによるものです。
   (固定資産)

    当第3四半期連結会計期間末における固定資産は        772,164千円  と、前連結会計年度末比152,189千円増加しまし
   た。これは主に、有形固定資産が前連結会計年度末比31,477千円、無形固定資産が前連結会計年度末比109,983千
   円増加したことによるものです。
   (流動負債)

    当第3四半期連結会計期間末における流動負債は        3,840,479千円  と、前連結会計年度末比    930,906千円  増加しま
   した。これは主に、旅行前受金が前連結会計年度末比         867,679千円  、買掛金が前連結会計年度末比     58,757千円  増加
   したことによるものです。
   (固定負債)

    当第3四半期連結会計期間末における固定負債は70,061千円と、前連結会計年度末比2,580千円減少しました。
   これは主に、リース債務が前連結会計年度末比5,503千円減少した一方で、資産除去債務が前連結会計年度末比
   3,520千円増加したことによるものです。
   (純資産)

    当第3四半期連結会計期間末における純資産は        1,320,727千円  と、前連結会計年度末比    146,961千円  増加しまし
   た。これは主に、利益剰余金が前連結会計年度末比         138,601千円  、非支配株主持分が前連結会計年度末比5,580千
   円増加したことによるものです。
  3 【経営上の重要な契約等】

   当第3四半期連結会計期間において、経営上の重要な契約等の決定又は締結等はありません。
             6/20










                     EDINET提出書類
                    株式会社旅工房(E33110)
                     訂正四半期報告書
  第3 【提出会社の状況】

  1 【株式等の状況】

  (1) 【株式の総数等】
   ① 【株式の総数】
       種類        発行可能株式総数(株)

      普通株式             14,000,000

       計             14,000,000

   ② 【発行済株式】

      第3四半期会計期間末     提出日現在   上場金融商品取引所

    種類   現在発行数(株)    発行数(株)   名又は登録認可金融      内容
      (平成30年12月31日)    (平成31年2月8日)    商品取引業協会名
                  完全議決権株式であり、
                  株主としての権利内容に
                  何ら限定のない当社にお
              東京証券取引所
                  ける標準となる株式であ
   普通株式     4,682,200    4,682,200
              マザーズ市場
                  ります。
                  また、単元株式数は100株
                  であります。
    計    4,682,200    4,682,200    ―    ―
  (注)提出日現在の発行数には、平成31年2月1日からこの四半期報告書提出日までの新株予約権の行使により発行
    された株式数は、含まれておりません。
  (2) 【新株予約権等の状況】

   ① 【ストックオプション制度の内容】
    該当事項はありません。
   ② 【その他の新株予約権等の状況】

   該当事項はありません。
  (3) 【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

   該当事項はありません。
  (4) 【発行済株式総数、資本金等の推移】

       発行済株式   発行済株式        資本準備金   資本準備金

            資本金増減額   資本金残高
    年月日   総数増減数   総数残高        増減額   残高
            (千円)   (千円)
       (株)   (株)       (千円)   (千円)
  平成30年10月1日~
  平成30年12月31日
         1,200  4,682,200     32  426,910   32  336,910
  (注)
   (注)新株予約権の行使による増加であります。
             7/20





                     EDINET提出書類
                    株式会社旅工房(E33110)
                     訂正四半期報告書
  (5) 【大株主の状況】

   当四半期会計期間は第3四半期会計期間であるため、記載事項はありません。
  (6) 【議決権の状況】

   ① 【発行済株式】
                 平成30年12月31日現在
     区分    株式数(株)   議決権の数(個)      内容
  無議決権株式       ―    ―     ―

  議決権制限株式(自己株式等)       ―    ―     ―

  議決権制限株式(その他)       ―    ―     ―

  完全議決権株式(自己株式等)       ―    ―     ―

        普通株式
  完全議決権株式(その他)           46,803    ―
          4,680,300
        普通株式
  単元未満株式           ―     ―
           700
  発行済株式総数       4,681,000   ―     ―
  総株主の議決権       ―    46,803    ―

  (注)1.当第3四半期会計期間末日現在の「発行済株式」については、株主名簿の記載内容が確認できないため、記
    載することができないことから、直前の基準日(平成30年9月30日)に基づく株主名簿による記載をしてお
    ります。
    2.「単元未満株式」欄の普通株式には、当社所有の自己株式39株が含まれております。
   ② 【自己株式等】

    該当事項はありません。
             8/20











                     EDINET提出書類
                    株式会社旅工房(E33110)
                     訂正四半期報告書
  2 【役員の状況】

   前事業年度の有価証券報告書提出日後、当四半期累計期間における役員の異動はありません。
             9/20



















                     EDINET提出書類
                    株式会社旅工房(E33110)
                     訂正四半期報告書
  第4 【経理の状況】

  1  四半期連結財務諸表の作成方法について

   当社の四半期連結財務諸表は、「四半期連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(平成19年内閣府令
  第64号)に基づいて作成しております。
  2  監査証明について

   当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第3四半期連結会計期間(平成30年10月1日から平成
  30年12月31日まで)及び第3四半期連結累計期間(平成30年4月1日から平成30年12月31日まで)に係る四半期連結財務
  諸表について、EY新日本有限責任監査法人による四半期レビューを受けております。
   また、金融商品取引法第24条の4の7第4項の規定に基づき、四半期報告書の訂正報告書を提出しておりますが、
  訂正後の四半期連結財務諸表について、EY新日本有限責任監査法人による四半期レビューを受けております。
   なお、従来、当社が監査証明を受けている新日本有限責任監査法人は、平成30年7月1日に名称変更し、EY新日本
  有限責任監査法人となりました。
            10/20















                     EDINET提出書類
                    株式会社旅工房(E33110)
                     訂正四半期報告書
  1 【四半期連結財務諸表】

  (1) 【四半期連結貸借対照表】
                   (単位:千円)
             前連結会計年度    当第3四半期連結会計期間
            (平成30年3月31日)     (平成30年12月31日)
  資産の部
   流動資産
    現金及び預金           2,163,373     2,442,025
    受取手形及び売掛金            436,621     629,513
    割賦売掛金            105,034     64,173
    旅行前払金            686,010     1,195,409
    その他            145,598     128,832
               △632     △850
    貸倒引当金
    流動資産合計           3,536,005     4,459,103
   固定資産
    有形固定資産
    建物附属設備(純額)           56,839     101,289
    車両運搬具(純額)           3,591     2,691
    リース資産(純額)           18,223     6,952
               8,201     7,399
    その他(純額)
    有形固定資産合計           86,855     118,333
    無形固定資産            126,612     236,596
    投資その他の資産
    長期貸付金           4,876     4,876
    繰延税金資産           47,899     37,953
    差入保証金           179,518     184,617
    その他           179,088     194,663
               △4,876     △4,876
    貸倒引当金
    投資その他の資産合計           406,506     417,234
    固定資産合計            619,975     772,164
   資産合計            4,155,980     5,231,267
            11/20









                     EDINET提出書類
                    株式会社旅工房(E33110)
                     訂正四半期報告書
                   (単位:千円)

             前連結会計年度    当第3四半期連結会計期間
            (平成30年3月31日)     (平成30年12月31日)
  負債の部
   流動負債
    買掛金            455,987     514,744
    短期借入金            -     7,726
    リース債務            14,376     7,555
    未払法人税等            33,902     83,980
    旅行前受金           2,087,248     2,954,928
    賞与引当金            103,765     45,767
               214,293     225,776
    その他
    流動負債合計           2,909,573     3,840,479
   固定負債
    リース債務            5,503      -
    資産除去債務            28,893     32,414
               38,244     37,646
    その他
    固定負債合計            72,641     70,061
   負債合計            2,982,214     3,910,540
  純資産の部
   株主資本
    資本金            426,526     426,910
    資本剰余金            336,526     336,910
    利益剰余金            395,961     534,563
                △36     △36
    自己株式
    株主資本合計           1,158,978     1,298,347
   その他の包括利益累計額
    繰延ヘッジ損益            △655     △29
               15,442     16,829
    為替換算調整勘定
    その他の包括利益累計額合計            14,787     16,799
   非支配株主持分             -     5,580
   純資産合計            1,173,766     1,320,727
  負債純資産合計            4,155,980     5,231,267
            12/20









                     EDINET提出書類
                    株式会社旅工房(E33110)
                     訂正四半期報告書
  (2) 【四半期連結損益計算書及び四半期連結包括利益計算書】

   【四半期連結損益計算書】
   【第3四半期連結累計期間】
                   (単位:千円)
            前第3四半期連結累計期間     当第3四半期連結累計期間
            (自 平成29年4月1日     (自 平成30年4月1日
             至 平成29年12月31日)      至 平成30年12月31日)
               17,484,376     21,564,637
              ※1     ※1
  売上高
              15,123,079     18,764,738
  売上原価
  売上総利益            2,361,296     2,799,898
  販売費及び一般管理費            2,353,792     2,527,323
  営業利益             7,504     272,575
  営業外収益
   受取利息             23     37
   受取配当金             4     0
   受取補償金            1,910      -
               1,426     1,560
   その他
   営業外収益合計            3,364     1,598
  営業外費用
   支払利息             502     1,047
   支払保証料            1,772     1,484
   為替差損            8,634     2,973
   株式交付費            4,021      -
   支払手数料            6,735     3,416
                471     2,601
   その他
   営業外費用合計            22,138     11,523
  経常利益又は経常損失(△)            △11,269     262,650
  特別損失
                -     4,589
   不正関連損失
   特別損失合計             -     4,589
  税金等調整前四半期純利益又は税金等調整前四半期
               △11,269     258,061
  純損失(△)
  法人税、住民税及び事業税
               3,316     104,721
  過年度法人税等             △4,810      -
                627     9,967
  法人税等調整額
  法人税等合計             △866     114,689
  四半期純利益又は四半期純損失(△)            △10,402     143,371
  非支配株主に帰属する四半期純利益              -     4,769
  親会社株主に帰属する四半期純利益又は親会社株主
               △10,402     138,601
  に帰属する四半期純損失(△)
            13/20







                     EDINET提出書類
                    株式会社旅工房(E33110)
                     訂正四半期報告書
   【四半期連結包括利益計算書】

   【第3四半期連結累計期間】
                   (単位:千円)
            前第3四半期連結累計期間     当第3四半期連結累計期間
            (自 平成29年4月1日     (自 平成30年4月1日
             至 平成29年12月31日)      至 平成30年12月31日)
  四半期純利益又は四半期純損失(△)            △10,402     143,371
  その他の包括利益
   繰延ヘッジ損益            11,093      626
                406     2,548
   為替換算調整勘定
   その他の包括利益合計            11,500     3,174
  四半期包括利益             1,097     146,546
  (内訳)
   親会社株主に係る四半期包括利益            1,097     141,834
   非支配株主に係る四半期包括利益             -     4,711
            14/20















                     EDINET提出書類
                    株式会社旅工房(E33110)
                     訂正四半期報告書
   【注記事項】

   (連結の範囲又は持分法適用の範囲の変更)
          当第3四半期連結累計期間

        (自 平成30年4月1日 至 平成30年12月31日)
  (1) 連結の範囲の重要な変更
    第2四半期連結会計期間より、新たに株式を取得したPT.          Ramayana  Tabikobo  Travelを連結の範囲に含め
   ております。
   (追加情報)

          当第3四半期連結累計期間

        (自  平成30年4月1日    至  平成30年12月31日)
   「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」(企業会計基準第28号            平成30年2月16日)等を第1四半期連
  結会計期間の期首から適用しており、繰延税金資産は投資その他の資産の区分に表示し、繰延税金負債は固定負
  債の区分に表示しております。
   (四半期連結損益計算書関係)

   ※1 売上高の季節的変動
    前第3四半期連結累計期間(自     平成29年4月1日   至 平成29年12月31日)及び当第3四半期連結累計期間(自
   平成30年4月1日   至 平成30年12月31日)
    当社グループでは売上高の計上基準として出発日基準を採用しており、旅行商品の売上はお客様が旅行に出
    発された日が帰属する月に計上されます。旅行商品については、個人のお客様のご旅行の出発時期が、長期休
    暇を比較的取得しやすい7月から9月の夏休み期間に集中する傾向にあります。そこで、当社グループの売上
    高及び利益についても7月から9月に増加し、その他の期間については売上高及び利益が減少する傾向がある
    ことから、四半期連結会計期間において営業損益が損失となる場合があります。
   (四半期連結キャッシュ・フロー計算書関係)

   当第3四半期連結累計期間に係る四半期連結キャッシュ・フロー計算書は作成しておりません。なお、第3四半
   期連結累計期間に係る減価償却費(のれんを除く無形固定資産に係る償却費を含む。)及びのれんの償却額は、次の
   とおりであります。
          前第3四半期連結累計期間      当第3四半期連結累計期間

          (自 平成29年4月1日      (自 平成30年4月1日
          至 平成29年12月31日)      至 平成30年12月31日)
  減価償却費           38,126 千円     42,985 千円
  のれんの償却額            -千円      939 千円
            15/20








                     EDINET提出書類
                    株式会社旅工房(E33110)
                     訂正四半期報告書
   (株主資本等関係)

   前第3四半期連結累計期間(自 平成29年4月1日 至 平成29年12月31日)
   1.配当金支払額
    該当事項はありません。 
   2.基準日が当第3四半期連結累計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が当第3四半期連結会計期間の

   末日後となるもの
    該当事項はありません。 
   3.株主資本の著しい変動

    当社は、平成29年4月18日に東京証券取引所マザーズに上場いたしました。上場にあたり、平成29年4月17
    日を払込期日とする有償一般募集(ブックビルディング方式による募集)による新株式450,000株の発行によ
    り、資本金及び資本準備金がそれぞれ283,590千円増加しています。また、平成29年5月17日を払込期日とする
    第三者割当増資(オーバーアロットメントによる売出しに関連した第三者割当)による新株式84,000株の発行
    により、資本金及び資本準備金がそれぞれ52,936千円増加しています。
   当第3四半期連結累計期間(自 平成30年4月1日 至 平成30年12月31日)

   1.配当金支払額
    該当事項はありません。 
   2.基準日が当第3四半期連結累計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が当第3四半期連結会計期間の

   末日後となるもの
    該当事項はありません。 
   3.株主資本の著しい変動

    該当事項はありません。
            16/20










                     EDINET提出書類
                    株式会社旅工房(E33110)
                     訂正四半期報告書
   (セグメント情報等)

   【セグメント情報】
   当社グループの事業セグメントは、旅行業のみの単一セグメントであるため、記載を省略しております。
   (1株当たり情報)

   1株当たり四半期純利益又は1株当たり四半期純損失及び算定上の基礎並びに潜在株式調整後1株当たり四半期
   純利益及び算定上の基礎は、以下のとおりであります。
            前第3四半期連結累計期間     当第3四半期連結累計期間

            (自  平成29年4月1日    (自  平成30年4月1日
       項目
            至  平成29年12月31日)    至  平成30年12月31日)
  (1) 1株当たり四半期純利益又は
               △2.27円     29.64円
    1株当たり四半期純損失(△)
   (算定上の基礎)
   親会社株主に帰属する四半期純利益又は
               △10,402     138,601
   親会社株主に帰属する四半期純損失(△)(千円)
   普通株主に帰属しない金額(千円)              -     -
   普通株式に係る親会社株主に帰属する四半期純利益又
               △10,402     138,601
   は親会社株主に帰属する四半期純損失(△)(千円)
   普通株式の期中平均株式数(株)            4,587,534     4,676,801
  (2) 潜在株式調整後1株当たり四半期純利益

                -    28.67円
   (算定上の基礎)

   親会社株主に帰属する四半期純利益調整額(千円)

                -     -
   普通株式増加数(株)

                -    157,809
  希薄化効果を有しないため、潜在株式調整後1株当たり
  四半期純利益の算定に含めなかった潜在株式で、前連結              ―     ―
  会計年度末から重要な変動があったものの概要
  (注) 1.前第3四半期連結累計期間の潜在株式調整後1株当たり四半期純利益については、潜在株式が存在するもの
    の、1株当たり四半期純損失であるため、記載しておりません。
   2.当社は、平成29年10月1日付けで普通株式1株につき普通株式2株の割合で株式分割を行っております。こ
    のため、1株当たり四半期純利益又は1株当たり四半期純損失及び潜在株式調整後1株当たり四半期純利益
    については、前連結会計年度の期首に当該株式分割が行われたと仮定して算定しております。
            17/20








                     EDINET提出書類
                    株式会社旅工房(E33110)
                     訂正四半期報告書
  2 【その他】

   該当事項はありません。
            18/20



















                     EDINET提出書類
                    株式会社旅工房(E33110)
                     訂正四半期報告書
  第二部  【提出会社の保証会社等の情報】

  該当事項はありません。

            19/20



















                     EDINET提出書類
                    株式会社旅工房(E33110)
                     訂正四半期報告書
        独立監査人の四半期レビュー報告書

                    2020年7月31日

  株式会社旅工房
  取締役会   御中
         EY新日本有限責任監査法人

          指定有限責任社員

                小  川  伊   智 郎
             公認会計士       ㊞
          業務執行社員
          指定有限責任社員

             公認会計士   遠  藤  正  人     ㊞
          業務執行社員
  当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、「経理の状況」に掲げられている株式会社旅工房

  の2018年4月1日から2019年3月31日までの連結会計年度の第3四半期連結会計期間(2018年10月1日から2018年12月
  31日まで)及び第3四半期連結累計期間(2018年4月1日から2018年12月31日まで)に係る訂正後の四半期連結財務諸
  表、すなわち、四半期連結貸借対照表、四半期連結損益計算書、四半期連結包括利益計算書及び注記について四半期レ
  ビューを行った。
  四半期連結財務諸表に対する経営者の責任

  経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して四半期連結
  財務諸表を作成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない四半期連結財務諸
  表を作成し適正に表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
  監査人の責任

  当監査法人の責任は、当監査法人が実施した四半期レビューに基づいて、独立の立場から四半期連結財務諸表に対す
  る結論を表明することにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に準
  拠して四半期レビューを行った。
  四半期レビューにおいては、主として経営者、財務及び会計に関する事項に責任を有する者等に対して実施される質
  問、分析的手続その他の四半期レビュー手続が実施される。四半期レビュー手続は、我が国において一般に公正妥当と
  認められる監査の基準に準拠して実施される年度の財務諸表の監査に比べて限定された手続である。
  当監査法人は、結論の表明の基礎となる証拠を入手したと判断している。
  監査人の結論

  当監査法人が実施した四半期レビューにおいて、上記の四半期連結財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認
  められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して、株式会社旅工房及び連結子会社の2018年12月31日現在の財政状態
  及び同日をもって終了する第3四半期連結累計期間の経営成績を適正に表示していないと信じさせる事項がすべての重
  要な点において認められなかった。
  その他の事項

  四半期報告書の訂正報告書の提出理由に記載されているとおり、会社は、四半期連結財務諸表を訂正している。な
  お、当監査法人は、訂正前の四半期連結財務諸表に対して2019年2月8日に四半期レビュー報告書を提出した。
  利害関係

  会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                     以  上
  (注) 1.上記は四半期レビュー報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(四半期報

    告書提出会社)が別途保管しております。
   2.XBRLデータは四半期レビューの対象には含まれていません。
            20/20


PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。