株式会社メディア工房 四半期報告書 第23期第3四半期(令和2年3月1日-令和2年5月31日)

提出書類 四半期報告書-第23期第3四半期(令和2年3月1日-令和2年5月31日)
提出日
提出者 株式会社メディア工房
カテゴリ 四半期報告書

                     EDINET提出書類
                   株式会社メディア工房(E05622)
                      四半期報告書
 【表紙】
 【提出書類】      四半期報告書

 【根拠条文】      金融商品取引法第24条の4の7第1項

 【提出先】      関東財務局長

 【提出日】      2020年7月10日

 【四半期会計期間】      第23期第3四半期(自 2020年3月1日 至 2020年5月31日)

 【会社名】      株式会社メディア工房

 【英訳名】      Media Kobo,Inc.

 【代表者の役職氏名】      代表取締役社長  長沢 一男

 【本店の所在の場所】      東京都港区赤坂四丁目2番6号

 【電話番号】      03-5549-1804

 【事務連絡者氏名】      取締役  長沢 和宙

 【最寄りの連絡場所】      東京都港区赤坂四丁目2番6号

 【電話番号】      03-5549-1804

 【事務連絡者氏名】      取締役  長沢 和宙

 【縦覧に供する場所】      株式会社東京証券取引所

       (東京都中央区日本橋兜町2番1号)

             1/19









                     EDINET提出書類
                   株式会社メディア工房(E05622)
                      四半期報告書
 第一部【企業情報】
 第1 【企業の概況】

 1 【主要な経営指標等の推移】

          第22期    第23期

     回次     第3四半期    第3四半期    第22期
          連結累計期間    連結累計期間
         自2018年9月1日    自2019年9月1日    自2018年9月1日
    会計期間
         至2019年5月31日    至2020年5月31日    至2019年8月31日
  売上高
        (千円)   1,470,532    1,327,347    1,943,617
  経常利益又は経常損失(△)      (千円)    33,290    △10,034    40,542

  親会社株主に帰属する四半期(当

  期)純利益又は親会社株主に帰属      (千円)    20,735   △138,183    22,552
  する四半期純損失(△)
  四半期包括利益又は包括利益      (千円)    10,497   △137,963    4,617

  純資産額      (千円)   1,354,000    1,210,056    1,348,019

  総資産額      (千円)   3,174,289    3,520,277    3,087,321

  1株当たり四半期(当期)純利益
        (円)    2.04   △13.71    2.23
  又は四半期純損失(△)
  潜在株式調整後1株当たり
        (円)     -    -    -
  四半期(当期)純利益金額
  自己資本比率      (%)    42.6    34.3    43.6
          第22期    第23期

     回次     第3四半期    第3四半期
          連結会計期間    連結会計期間
         自2019年3月1日    自2020年3月1日
    会計期間
         至2019年5月31日    至2020年5月31日
  1株当たり四半期純利益又は四半
        (円)    0.26    △10.64
  期純損失(△)
  (注) 1.当社は四半期連結財務諸表を作成しておりますので、提出会社の主要な経営指標等の推移については記載し
   ておりません。
   2.売上高には、消費税等は含んでおりません。
   3.第22期第3四半期連結累計期間及び第22期の潜在株式調整後1株当たり四半期(当期)純利益については、希
   薄化効果を有している潜在株式が存在しないため、記載しておりません。
   4.第23期第3四半期連結累計期間の潜在株式調整後1株当たり四半期純利益については、潜在株式が存在しな
   いため記載しておりません。
             2/19







                     EDINET提出書類
                   株式会社メディア工房(E05622)
                      四半期報告書
 2 【事業の内容】
  当社グループは、当社及び連結子会社6社(注1)で構成されており、占いコンテンツ事業、ゲームコンテンツ事
  業、メディア事業及びその他事業を展開しております。当社グループの事業内容及び当社と主な連結子会社の当該事
  業に係る位置付けは次のとおりであります。
  (1) 占いコンテンツ事業

  当社及び連結子会社が、ISP     (注2)、各移動体通信事業者、Apple      及び Google 等のプラットフォーム向けに占
  いコンテンツ等を企画・制作・配信するビジネスを中心に展開する他、電話による占いサービスや、LINE(注3)
  向けにお悩み鑑定を提供しております。
  (2) ゲームコンテンツ事業
  連結子会社が、海外ゲームの国内パブリッシング、国内向けソーシャルゲームの企画・制作・配信及びソーシャ
  ルゲームのセカンダリー事業を行っております。
  (3) メディア事業
  当社が、主に女性をターゲットとしたWebサイトを運営しております。
  (4) その他
  当社が、様々な分野に対し、新規事業を行っております。当第3四半期連結累計期間においては特に、VRやMR
  (注4,5)を使用した新たなコミュニケーションツールの開発並びに連結子会社と連携し、医療ツーリズム、越境
  eコマースを始めとする各種インバウンド事業を企画推進しております。
  (注) 1.当社は、2020年3月18日開催の取締役会において、魅仕坊(上海)互聯網科技有限公司を解散し、清算手続

   きを開始することを決議しております。清算は現地法令に従い必要な手続きの完了次第結了となる予定で
   す。
   2.ISP:Internet   Service  Provider 電気通信事業者  
   3.LINE株式会社の提供するソーシャル・ネットワーキング・サービスアプリケーション
   4.VR:Virtual   Reality 仮想現実 
   5.MR:Mixed   Reality 複合現実 
             3/19











                     EDINET提出書類
                   株式会社メディア工房(E05622)
                      四半期報告書
 第2 【事業の状況】
 1 【事業等のリスク】

  当第3四半期連結累計期間における、新たな事業等のリスクの発生、または、前事業年度の有価証券報告書に記載
  した事業等のリスクについての重要な変更は以下のとおりです。
  (1) パンデミックの発生について
  本報告書提出日現在、世界保健機構(WHO)より、新型コロナウイルス(COVID-19)について、パンデミック(世界
  的流行)宣言がされております。当社グループは、職場における従業員の安全・健康確保の重要性を認識し、従業
  員の安全・健康を確保しながら、事業を継続し利益を追求するために、オフィス使用時の清掃・除菌、テレワーク
  (在宅勤務)をはじめとする感染防止に努めておりますが、新型コロナウイルスによる感染流行が長期化し、国内
  外における経済活動の低迷や景気悪化が継続又は加速する場合は、当社グループの業績に影響を及ぼす可能性があ
  ります。
  (2) 自然災害の発生について

  当社グループの事業内容にかかわらず、地震、風水害、異常気象等の大規模災害や重篤な感染症が流行した場合
  は、資産の毀損や従業員の就業不能により、正常な事業活動の継続が困難となり、当社グループの業績に影響を及
  ぼす可能性があります。
 2 【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

  (1) 業績の状況
  当第3四半期連結累計期間における我が国経済は、米中通商問題等の国際情勢に起因する先行き不透明な状況
  下、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の世界的な流行が企業収益の減少を推し進め、経済活動に深刻な影響
  が生じております。
  このような情勢の中、当社グループは収益確保及び拡大のため、当社グループ全事業における投資分野の選択と
  集中に尽力してまいりました。売上収益については、新型コロナウイルスの流行下、ユーザーの消費行動が消極的
  となり、徐々に回復傾向を見せてはいるものの、全社的に前年同期比で減少となりました。また、売上不振となっ
  ていた子会社ゲーム「コスプリ!!」については、当第3四半期連結累計期間において、かかる無形固定資産                   52百
  万円 の減損処理を行い、運営会社である子会社ルイスファクトリーののれん            16百万円についてもあわせて減損処理
  を行い、特別損失として計上しております。なお、ルイスファクトリーにおいては業績悪化に伴い、繰延税金資産
  20百万円を取り崩し、法人税等調整額に計上しております。
  以上の結果、当社グループの当第3四半期連結累計期間の経営成績は、売上高              1,327百万円  (前年同期比  9.7%
  減)、営業 損失5百万円  (前年同期は営業   利益30百万円  )、経常 損失10百万円  (前年同期は経常   利益33百万円  )、親会社
  株主に帰属する四半期純    損失138百万円  (前年同期は親会社株主に帰属する四半期純       利益20百万円  )となりました。
  セグメント別の業績は、以下のとおりであります。

  ① 占いコンテンツ事業
   当社では占いコンテンツ事業を、      ISP、各移動体通信事業者及びプラットフォーム向けに占いコンテンツを企
  画・制作・配信する占いコンテンツサービス(以下「占いコンテンツサービス」といいます。)と、ユーザーと
  占い師を電話等で直接結び付ける、双方向のやり取りを特徴とした            One to One サービス(以下「One    to One
  サービス」といいます。)の2つに分けております。占いコンテンツサービスでは、日々の分析と運用施策を徹
  底することで一定の利益を確保しましたが、前年同期比で売上が減少し、これに伴い収益についても減少いたし
  ました。一方、One   to One サービスについては、引き続き堅調に推移し、占いコンテンツ事業を下支えておりま
  す。
   以上の結果、当第3四半期連結累計期間における占いコンテンツ事業の売上高は              1,175百万円  (前年同期比  5.2%
  減)、営業利益は  377百万円  (前年同期比  3.5%減 )となりました。
  ② ゲームコンテンツ事業

   当社グループのゲームコンテンツ事業は子会社「株式会社ブルークエスト」、「株式会社ルイスファクト
  リー」の2社でゲーム配信及び運営を行っておりますが、ブルークエストに関しては、収益性の観点から事業規
  模を縮小しており、収益のほとんどは、ルイスファクトリーによるものとなっております。当                第3四半期連結累
  計期間においては、主に新規制作・配信アプリ        「コスプリ!!」の売上改善に向けた改修を進めてまいりまし
  た。しかしながら、新型コロナウイルスの流行により国内実体経済に影響が生じている中、今後の収益拡充のた
  めには、当社グループ全事業の投資分野の選択と集中を徹底すべきと判断し、「コスプリ!!」にかかる無形固
             4/19

                     EDINET提出書類
                   株式会社メディア工房(E05622)
                      四半期報告書
  定資産 52百万円について   減損処理を行うことといたしました。
   以上の結果、当第3四半期連結累計期間におけるゲームコンテンツ事業の売上高は              56百万円  (前年同期比  67.6%
  減)、営業損失は  18百万円  (前年同期は営業   利益7百万円  )となりました。
   なお、「コスプリ!!」にかかる無形固定資産52百万円の減損損失計上に伴い、ルイスファクトリーののれん
  16百万円についてもあわせて減損処理を行い、特別損失を計上しております。
  ③ メディア事業

   メディア事業においては、AIを生かしたWebサイトの運営を行っております。当第3四半期連結累計期間におい
  ては、既存メディアの安定運営により、引き続き前年同期比で売上が増加しておりますが、営業利益について
  は、黒字化には至りませんでした。
   以上の結果、当第3四半期連結累計期間におけるメディア事業の売上高は             96百万円  (前年同期比  87.2%増  )、 営
  業損失は20百万円   (前年同期は営業   損失21百万円  )となりました。
  ④ その他

   当第3四半期連結累計期間における新規事業は、医療ツーリズム事業、越境eコマース事業及びMR事業の推進を
  継続してまいりました。
   中国を推進基盤とする医療ツーリズム事業及び越境eコマース事業においては、新型コロナウイルスの世界的流
  行により、特に集客面で大きな影響が生じましたが、現地法人を香港に集約し、上海法人を清算するなど、経営
  資源の集中及び当社グループ経営の効率化に努めました。MR事業においても、新型コロナウイルスの流行による
  事業進捗への影響はあるものの、各種感染症拡大防止策が講じられる中、非対面・接触でコミュニケーションを
  図ることが出来るWebサービスに対する需要及び        社会的役割は急激に高まりを見せていることから、         リアルタイム
  実写立体動画撮影技術の活用はもちろん、多様な機能を搭載したサービスの展開に向けて、益々開発を推し進め
  てまいりました   。
   しかしながら、当第3四半期連結累計期間においては、いずれの事業も先行投資並びに事業環境の悪化が影響
  し、営業損失を計上しております。
   以上の結果、当第3四半期連結累計期間におけるその他の事業の売上高は            2百万円 (前年同期比  78.1%減  )、営業
  損失は 64百万円  (前年同期は営業   損失82百万円  )となりました。
  (2) 資産、負債及び純資産の状況

  当第3四半期連結会計期間末の当社グループの財政状況は以下のとおりです。
  なお、資本の財源及び資金の流動性にかかる情報については、当第3四半期連結会計期間末において、重要な変
  更等はございません。
  (資産の状況)
   当第3四半期連結会計期間末の資産合計は、前連結会計年度末と比較して             432百万円増加  し、 3,520百万円  とな
  りました。
   これは主に、現金及び預金の増加502百万円及び売掛金の減少37百万円によるものです。
   資産の内訳は、流動資産    3,140百万円  、有形固定資産   33百万円  、無形固定資産   162百万円  及び投資その他の資産
  183百万円  となっております。
  (負債の状況)
   当第3四半期連結会計期間末の負債合計は、前連結会計年度末と比較して             570百万円増加  し、 2,310百万円  とな
  りました。
   これは主に、買掛金の減少42百万円及び長期借入金の増加619百万円によるものです。
   負債の内訳は、流動負債    1,241百万円  、固定負債  1,068百万円  となっております。
  (純資産の状況)
   当第3四半期連結会計期間末の純資産合計は、前連結会計年度末と比較して             137百万円減少  し、 1,210百万円  と
  なりました。
   これは主に、利益剰余金の減少138百万円によるものです。
  (3) 事業上及び財務上の対処すべき課題

  当第3四半期連結累計期間において、当社グループが対処すべき課題について重要な変更はありません。
  (4) 研究開発活動

  該当事項はありません。
             5/19


                     EDINET提出書類
                   株式会社メディア工房(E05622)
                      四半期報告書
 3 【経営上の重要な契約等】

  当第3四半期連結会計期間において、経営上の重要な契約等の決定又は締結等はありません。
             6/19




















                     EDINET提出書類
                   株式会社メディア工房(E05622)
                      四半期報告書
 第3 【提出会社の状況】
 1 【株式等の状況】

  (1) 【株式の総数等】
  ① 【株式の総数】
      種類        発行可能株式総数(株)
                   45,200,000

     普通株式
                   45,200,000

      計
  ② 【発行済株式】
     第3四半期会計期間末        上場金融商品取引所
         提出日現在発行数(株)
   種類   現在発行数(株)       名又は登録認可金融     内容
         (2020年7月10日)
     (2020年5月31日   )     商品取引業協会名
             東京証券取引所
  普通株式    11,300,000    11,300,000       単元株式数100株
              (マザーズ)
   計    11,300,000    11,300,000    ―    ―
  (2) 【新株予約権等の状況】

  ① 【ストックオプション制度の内容】
   該当事項はありません。
  ② 【その他の新株予約権等の状況】
   該当事項はありません。
  (3) 【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

  該当事項はありません。
  (4) 【発行済株式総数、資本金等の推移】

        発行済株式        資本準備金   資本準備金
      発行済株式
              資本金残高
           資本金増減額
   年月日      総数残高        増減額   残高
      総数増減数
           (千円)
              (千円)
       (株)
         (株)       (千円)   (千円)
  2020年3月1日~
        ― 11,300,000    ―  451,459   ―  348,454
  2020年5月31日
  (5) 【大株主の状況】

  当四半期会計期間は第3四半期会計期間であるため、記載事項はありません。
             7/19








                     EDINET提出書類
                   株式会社メディア工房(E05622)
                      四半期報告書
  (6) 【議決権の状況】
  当第3四半期会計期間末日現在の「議決権の状況」については、株主名簿の記載内容が確認できないため、記載
  することができないことから、直前の基準日(2020年2月29日)に基づく株主名簿による記載をしております。
  ① 【発行済株式】                                2020年2月29日現在

    区分    株式数(株)    議決権の数(個)      内容
  無議決権株式        ―    ―     ―

  議決権制限株式(自己株式等)        ―    ―     ―

  議決権制限株式(その他)        ―    ―     ―

       普通株式  1,221,000

  完全議決権株式(自己株式等)            ―     ―
       普通株式  10,077,900

  完全議決権株式(その他)             100,779    ―
       普通株式   1,100

  単元未満株式            ―     ―
  発行済株式総数        11,300,000    ―     ―

  総株主の議決権        ―     100,779    ―

  ② 【自己株式等】                                2020年2月29日現在
                   発行済株式
           自己名義  他人名義  所有株式数
   所有者の氏名                総数に対する
       所有者の住所    所有株式数  所有株式数   の合計
   又は名称                所有株式数
            (株)  (株)  (株)
                   の割合(%)
      東京都港区赤坂4-2-
  株式会社メディア工房          1,221,000    ― 1,221,000   10.81
      6
    計     ―   1,221,000    ― 1,221,000   10.81
 2 【役員の状況】

  該当事項はありません。
             8/19










                     EDINET提出書類
                   株式会社メディア工房(E05622)
                      四半期報告書
 第4 【経理の状況】
 1.四半期連結財務諸表の作成方法について

  当社の四半期連結財務諸表は、「四半期連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(平成19年内閣府令
  第64号)に基づいて作成しております。
 2.監査証明について

  当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第3四半期連結会計期間(2020年3月1日から2020年
  5月31日まで)及び第3四半期連結累計期間(2019年9月1日から2020年5月31日まで)に係る四半期連結財務諸表につ
  いて、有限責任 あずさ監査法人による四半期レビューを受けております。
             9/19

















                     EDINET提出書類
                   株式会社メディア工房(E05622)
                      四半期報告書
 1 【四半期連結財務諸表】
  (1) 【四半期連結貸借対照表】
                   (単位:千円)
            前連結会計年度    当第3四半期連結会計期間
            (2019年8月31日)     (2020年5月31日)
  資産の部
  流動資産
   現金及び預金           2,302,339     2,804,979
   売掛金            302,337     264,952
   商品            5,574     3,116
   仕掛品            11,617     16,677
   貯蔵品            348     365
   その他            59,757     51,293
              △2,070     △533
   貸倒引当金
   流動資産合計           2,679,905     3,140,850
  固定資産
   有形固定資産            22,164     33,689
   無形固定資産
   のれん           25,209      -
              152,947     162,440
   その他
   無形固定資産合計           178,156     162,440
   投資その他の資産
   敷金及び保証金           102,621     102,830
   その他           133,912     109,906
              △29,439     △29,439
   貸倒引当金
   投資その他の資産合計           207,094     183,297
   固定資産合計            407,416     379,426
  資産合計            3,087,321     3,520,277
  負債の部
  流動負債
   買掛金            90,203     47,671
   1年内返済予定の長期借入金            718,081     1,058,905
   未払費用            51,409     49,837
   未払法人税等            12,555      561
   未払消費税等            3,231     15,059
   引当金            -     1,131
              73,906     68,684
   その他
   流動負債合計            949,387     1,241,850
  固定負債
              789,915     1,068,371
   長期借入金
   固定負債合計            789,915     1,068,371
  負債合計            1,739,302     2,310,221
            10/19






                     EDINET提出書類
                   株式会社メディア工房(E05622)
                      四半期報告書
                   (単位:千円)
            前連結会計年度    当第3四半期連結会計期間
            (2019年8月31日)     (2020年5月31日)
  純資産の部
  株主資本
   資本金            451,459     451,459
   資本剰余金            429,168     429,168
   利益剰余金            985,001     846,818
              △514,204     △514,204
   自己株式
   株主資本合計           1,351,424     1,213,241
  その他の包括利益累計額
              △6,564     △4,222
   為替換算調整勘定
   その他の包括利益累計額合計            △6,564     △4,222
  非支配株主持分            3,159     1,036
  純資産合計            1,348,019     1,210,056
  負債純資産合計            3,087,321     3,520,277
            11/19















                     EDINET提出書類
                   株式会社メディア工房(E05622)
                      四半期報告書
  (2) 【四半期連結損益計算書及び四半期連結包括利益計算書】
  【四半期連結損益計算書】
  【第3四半期連結累計期間】
                   (単位:千円)
           前第3四半期連結累計期間     当第3四半期連結累計期間
           (自  2018年9月1日     (自  2019年9月1日
            至  2019年5月31日)      至  2020年5月31日)
  売上高            1,470,532     1,327,347
              787,450     704,259
  売上原価
  売上総利益             683,081     623,088
  販売費及び一般管理費             652,822     628,573
  営業利益又は営業損失(△)             30,259     △5,485
  営業外収益
  受取利息             22     98
  投資有価証券売却益            4,213      -
  受取和解金            5,000      -
               365     3,414
  その他
  営業外収益合計            9,601     3,513
  営業外費用
  支払利息            5,542     8,049
               1,027      13
  その他
  営業外費用合計            6,570     8,062
  経常利益又は経常損失(△)             33,290     △10,034
  特別利益
              12,746      -
  新株予約権戻入益
  特別利益合計            12,746      -
  特別損失
  減損損失             -    77,992
               -    24,048
  事業整理損
  特別損失合計             -    102,041
  税金等調整前四半期純利益又は税金等調整前四半期
              46,036     △112,075
  純損失(△)
  法人税、住民税及び事業税
              11,230     3,393
              20,063     24,913
  法人税等調整額
  法人税等合計             31,294     28,307
  四半期純利益又は四半期純損失(△)             14,742     △140,382
  非支配株主に帰属する四半期純損失(△)             △5,992     △2,199
  親会社株主に帰属する四半期純利益又は親会社株主
              20,735     △138,183
  に帰属する四半期純損失(△)
            12/19








                     EDINET提出書類
                   株式会社メディア工房(E05622)
                      四半期報告書
  【四半期連結包括利益計算書】
  【第3四半期連結累計期間】
                   (単位:千円)
           前第3四半期連結累計期間     当第3四半期連結累計期間
           (自  2018年9月1日     (自  2019年9月1日
            至  2019年5月31日)      至  2020年5月31日)
  四半期純利益又は四半期純損失(△)             14,742     △140,382
  その他の包括利益
  その他有価証券評価差額金            △2,565      -
              △1,679     2,419
  為替換算調整勘定
  その他の包括利益合計            △4,244     2,419
  四半期包括利益             10,497     △137,963
  (内訳)
  親会社株主に係る四半期包括利益            16,730     △135,841
  非支配株主に係る四半期包括利益            △6,233     △2,122
            13/19
















                     EDINET提出書類
                   株式会社メディア工房(E05622)
                      四半期報告書
  【注記事項】
  (四半期連結キャッシュ・フロー計算書関係)
  当第3四半期連結累計期間に係る四半期連結キャッシュ・フロー計算書は作成しておりません。なお、第3四半期
  連結累計期間に係る減価償却費(のれんを除く無形固定資産に係る償却費を含む。)及びのれんの償却額は、次のとお
  りであります。
         前第3四半期連結累計期間      当第3四半期連結累計期間

          (自  2018年9月1日     (自  2019年9月1日
          至  2019年5月31日   )   至  2020年5月31日   )
   減価償却費
           34,961 千円     62,297 千円
   のれんの償却額         9,453      8,403
  (株主資本等関係)

  Ⅰ 前第3四半期連結累計期間(自       2018年9月1日    至  2019年5月31日   )
  配当金支払額
  該当事項はありません。 
  Ⅱ 当第3四半期連結累計期間(自       2019年9月1日    至  2020年5月31日   )

  配当金支払額
  該当事項はありません。 
            14/19














                     EDINET提出書類
                   株式会社メディア工房(E05622)
                      四半期報告書
  (セグメント情報等)
  【セグメント情報】
 Ⅰ 前第3四半期連結累計期間(自       2018年9月1日    至  2019年5月31日   )
  1.報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
                  (単位:千円)
                   四半期連結
         報告セグメント
              その他    調整額 損益計算書
                合計
       占いコン  ゲームコ
              (注)1    (注)2  計上額
          メディア
       テンツ事  ンテンツ    計
                   (注)3
           事業
       業  事業
  売上高
       1,240,345  173,327  47,153 1,460,825  9,706 1,470,532   - 1,470,532

  外部顧客への売上高
  セグメント間の
        -  - 4,337  4,337  - 4,337 △4,337  -
  内部売上高又は振替高
       1,240,345  173,327  51,490 1,465,163  9,706 1,474,869  △4,337 1,470,532
    計
  セグメント利益又は
       391,252  7,068 △21,122  377,198  △82,276  294,922 △264,662  30,259
  セグメント損失(△)
  (注) 1.「その他」の区分は、報告セグメントに含まれない事業セグメントであり、VR事業の他、医療ツーリズム事
   業、越境eコマース事業などの新規事業を含んでおります。
   2.セグメント利益又はセグメント損失(△)の調整額         △264,662千円  には、各報告セグメントに配分していない
   全社費用△264,662千円が含まれております。全社費用は、主に当社の管理部門に係る費用であります。
   3.セグメント利益又はセグメント損失(△)は、四半期連結損益計算書の営業利益又は営業損失(△)と調整を
   行っております。
  2.報告セグメントごとの固定資産の減損損失又はのれん等に関する情報

  該当事項はありません。
            15/19












                     EDINET提出書類
                   株式会社メディア工房(E05622)
                      四半期報告書
 Ⅱ 当第3四半期連結累計期間(自       2019年9月1日    至  2020年5月31日   )
  1.報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
                  (単位:千円)
                   四半期連結
         報告セグメント
              その他    調整額 損益計算書
                合計
       占いコン  ゲームコ
              (注)1    (注)2  計上額
          メディア
       テンツ事  ンテンツ    計
                   (注)3
           事業
       業  事業
  売上高
       1,175,919  56,153  93,151 1,325,225  2,122 1,327,347   - 1,327,347

  外部顧客への売上高
  セグメント間の
        -  - 3,235  3,235  - 3,235 △3,235  -
  内部売上高又は振替高
       1,175,919  56,153  96,386 1,328,460  2,122 1,330,582  △3,235 1,327,347
    計
  セグメント利益又は
       377,702  △18,545 △20,140  339,016  △64,134  274,881 △280,367  △5,485
  セグメント損失(△)
  (注) 1.「その他」の区分は、報告セグメントに含まれない事業セグメントであり、AI事業、VR事業の他、医療ツー
   リズム事業、越境eコマース事業などの新規事業を含んでおります。
   2.セグメント利益又はセグメント損失(△)の調整額         △280,367千円  には、各報告セグメントに配分していない
   全社費用△280,367千円が含まれております。全社費用は、主に当社の管理部門に係る費用であります。
   3.セグメント利益又はセグメント損失(△)は、四半期連結損益計算書の営業利益又は営業損失(△)と調整を
   行っております。
  2.報告セグメントごとの資産に関する情報

   (固定資産の減損による資産の著しい減少)
   第3四半期連結累計期間において、固定資産の減損を行い、前連結会計年度の末日に比べ「ゲームコンテン
    ツ事業」のセグメント資産が109,609円減少しております。
  3.報告セグメントごとの固定資産の減損損失又はのれん等に関する情報

   (固定資産に係る重要な減損損失)
   「占いコンテンツ事業」において、当初想定していた収益が見込めないため、一部の資産について減損損失を
  計上しております。なお、当該減損損失の計上額は、当第3四半期連結累計期間において6,621千円であります。
   「ゲームコンテンツ事業」において、当初想定していた収益が見込めないため、一部の資産について減損損失
  を計上しております。なお、当該減損損失の計上額は、当第3四半期連結累計期間において52,898千円でありま
  す。
   (のれんの金額の重要な変動)

   「ゲームコンテンツ事業」において、のれんの減損損失を計上したため、のれんの金額が減少しております。
  なお、当該事象によるのれんの減少額は、当第3四半期連結累計期間において16,806千円であります。
            16/19








                     EDINET提出書類
                   株式会社メディア工房(E05622)
                      四半期報告書
  (1株当たり情報)
  1株当たり四半期純利益又は1株当たり四半期純損失及び算定上の基礎、潜在株式調整後1株当たり四半期純利
  益及び算定上の基礎は、以下のとおりであります。
           前第3四半期連結累計期間     当第3四半期連結累計期間

            (自  2018年9月1日    (自  2019年9月1日
            至  2019年5月31日   ) 至  2020年5月31日   )
  (1) 1株当たり四半期純利益又は1株当たり四半期純損
              2円04銭    △13円71銭
  失(△)
  (算定上の基礎)
  親会社株主に帰属する四半期純利益又は親会社株主
               20,735    △138,183
  に帰属する四半期純損失(△)(千円)
  普通株主に帰属しない金額(千円)             -     -
  普通株式に係る親会社株主に帰属する四半期
               20,735    △138,183
  純利益又は親会社株主に帰属する四半期純損失(△)
  (千円)
  普通株式の期中平均株式数(株)           10,150,154     10,078,923
  (2) 潜在株式調整後1株当たり四半期純利益

               -     -
  (算定上の基礎)

  親会社株主に帰属する四半期純利益調整額
               -     -
  (千円)
  普通株式増加数(株)
               -     -
               (-)    (-)
  (うち、新株予約権)
              新株予約権
             2017年11月20日
             取締役会決議
  希薄化効果を有しないため、潜在株式調整後1株当たり           ストックオプション
  四半期純利益の算定に含めなかった潜在株式で、前連結           新株予約権 300個
                  ―
  会計年度末から重要な変動があったものの概要           (普通株式 60,000株)
           これらの新株予約権の全部
           について、2018年11月8日
            付で失効しております。
 (注)前第3四半期連結累計期間の潜在株式調整後1株当たり四半期純利益については、希薄化効果を有している潜在
  株式が存在しないため、記載しておりません。また、当第3四半期連結累計期間の潜在株式調整後1株当たり四
  半期純利益については、潜在株式が存在しないため、記載しておりません。
 2 【その他】

  該当事項はありません。
            17/19








                     EDINET提出書類
                   株式会社メディア工房(E05622)
                      四半期報告書
 第二部  【提出会社の保証会社等の情報】


  該当事項はありません。
            18/19


















                     EDINET提出書類
                   株式会社メディア工房(E05622)
                      四半期報告書
       独立監査人の四半期レビュー報告書
                   2020年7月10日

  株式会社メディア工房

  取締役会 御中
        有限責任  あずさ監査法人
         指定有限責任社員

             公認会計士   井 上  喬   印
         業務執行社員
         指定有限責任社員

               齋 藤 慶 典
             公認会計士     印
         業務執行社員
  当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、「経理の状況」に掲げられている株式会社メディ

 ア工房の2019年9月1日から2020年8月31日までの連結会計年度の第3四半期連結会計期間(2020年3月1日から2020年
 5月31日まで)及び第3四半期連結累計期間(2019年9月1日から2020年5月31日まで)に係る四半期連結財務諸表、すな
 わち、四半期連結貸借対照表、四半期連結損益計算書、四半期連結包括利益計算書及び注記について四半期レビューを
 行った。
 四半期連結財務諸表に対する経営者の責任

  経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して四半期連結
 財務諸表を作成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない四半期連結財務諸
 表を作成し適正に表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
 監査人の責任

  当監査法人の責任は、当監査法人が実施した四半期レビューに基づいて、独立の立場から四半期連結財務諸表に対す
 る結論を表明することにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に準
 拠して四半期レビューを行った。
  四半期レビューにおいては、主として経営者、財務及び会計に関する事項に責任を有する者等に対して実施される質
 問、分析的手続その他の四半期レビュー手続が実施される。四半期レビュー手続は、我が国において一般に公正妥当と
 認められる監査の基準に準拠して実施される年度の財務諸表の監査に比べて限定された手続である。
  当監査法人は、結論の表明の基礎となる証拠を入手したと判断している。
 監査人の結論

  当監査法人が実施した四半期レビューにおいて、上記の四半期連結財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認
 められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して、株式会社メディア工房及び連結子会社の2020年5月31日現在の財
 政状態及び同日をもって終了する第3四半期連結累計期間の経営成績を適正に表示していないと信じさせる事項がすべ
 ての重要な点において認められなかった。
 利害関係

  会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                    以 上
  (注) 1.上記は四半期レビュー報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(四半期報

   告書提出会社)が別途保管しております。
   2.XBRLデータは四半期レビューの対象には含まれていません。
            19/19



PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

書類提出日で検索

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2020年9月22日

企業・投資家の個別ページに掲載情報を追加しました。また、併せて細かい改修を行いました。

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。

スポンサーリンク