マンAHLスマート・レバレッジ戦略ファンド 訂正有価証券届出書(内国投資信託受益証券)

提出書類 訂正有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
提出日
提出者 マンAHLスマート・レバレッジ戦略ファンド
カテゴリ 訂正有価証券届出書(内国投資信託受益証券)

                     EDINET提出書類
                 大和アセットマネジメント株式会社(E06748)
                 訂正有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
  【表紙】

  【提出書類】      有価証券届出書の訂正届出書
  【提出先】      関東財務局長 殿
  【提出日】      2020年7月6日提出
  【発行者名】      大和アセットマネジメント株式会社
  【代表者の役職氏名】      取締役社長 松下 浩一
  【本店の所在の場所】      東京都千代田区丸の内一丁目9番1号
  【事務連絡者氏名】      西脇 保宏
        連絡場所 東京都千代田区丸の内一丁目9番1号
  【電話番号】      03-5555-3431
  【届出の対象とした募集      マンAHLスマート・レバレッジ戦略ファンド
  内国投資信託受益証券に
  係るファンドの名称】
  【届出の対象とした募集      (1) 当初申込期間
  内国投資信託受益証券の
         1,050億円を上限とします。
  金額】
        (2) 継続申込期間
        10兆円を上限とします。
  【縦覧に供する場所】      該当ありません。
             1/57












                     EDINET提出書類
                 大和アセットマネジメント株式会社(E06748)
                 訂正有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
  Ⅰ.【有価証券届出書の訂正届出書の提出理由】

   2019年10月16日付で提出した有価証券届出書(以下「原有価証券届出書」)の記載事項を、有価証券

  報告書の提出に伴い新たな内容に改めるため、本訂正届出書を提出致します。
  Ⅱ.【訂正の内容】

  <訂正前>および<訂正後>に記載している下線部           は訂正部分を示し、<更新後>の記載事項は原有価

  証券届出書の更新後の内容を示します。
             2/57

















                     EDINET提出書類
                 大和アセットマネジメント株式会社(E06748)
                 訂正有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
  第二部 【ファンド情報】

  第1 【ファンドの状況】

  1 【ファンドの性格】

  (1) 【ファンドの目的及び基本的性格】

  <訂正前>

           <略>

  <投資対象ファンドの概要>

           <略>

  2.ダイワ・マネープール・マザーファンド

           <略>

  委託会社    大和証券投資信託委託株式会社

           <略>

  <訂正後>

           <略>

  <投資対象ファンドの概要>

           <略>

  2.ダイワ・マネープール・マザーファンド

           <略>

  委託会社    大和アセットマネジメント株式会社

           <略>

  (3) 【ファンドの仕組み】

  <訂正前>

           <略>

           当ファンドにかかる証券投資信託契約(以下「信

           託契約」といいます。)(※2)の委託者であり、
           次の業務を行ないます。
       大和証券投資信託委
           ①受益権の募集・発行
   委託会社
        託株式会社
           ②信託財産の運用指図
           ③信託財産の計算
           ④運用報告書の作成        など
           <略>

             3/57


                     EDINET提出書類
                 大和アセットマネジメント株式会社(E06748)
                 訂正有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
  <委託会社の概況(2019年8月末日現在)        >
  ・資本金の額 151億7,427万2,500円

  ・沿革

  1959年12月12日     設立登記

  1960年  2月17日   「証券投資信託法」に基づく証券投資信託の委託会社の免許取得
  1960年  4月 1日  営業開始
  1985年11月  8日  投資助言・情報提供業務に関する兼業承認を受ける。
  1995年  5月31日   「有価証券に係る投資顧問業の規制等に関する法律」に基づき投資顧
       問業の登録を受ける。
  1995年  9月14日   「有価証券に係る投資顧問業の規制等に関する法律」に基づく投資一
       任契約にかかる業務の認可を受ける。
  2007年  9月30日   「金融商品取引法」の施行に伴い、同法第29条の登録を受けたものと
       みなされる。
       (金融商品取引業者登録番号:関東財務局長(金商)第352号)
           <略>

  <訂正後>

           <略>

           当ファンドにかかる証券投資信託契約(以下「信

           託契約」といいます。)(※2)の委託者であり、
           次の業務を行ないます。
       大和アセットマネジ
           ①受益権の募集・発行
   委託会社
        メント株式会社
           ②信託財産の運用指図
           ③信託財産の計算
           ④運用報告書の作成        など
           <略>

  <委託会社等の概況(2020年4月末日現在)        >

  ・資本金の額 151億7,427万2,500円

  ・沿革

  1959年12月12日    大和証券投資信託委託株式会社として設立

  1960年  2月17日   「証券投資信託法」に基づく証券投資信託の委託会社の免許取得
  1960年  4月 1日  営業開始
  1985年11月  8日  投資助言・情報提供業務に関する兼業承認を受ける。
  1995年  5月31日   「有価証券に係る投資顧問業の規制等に関する法律」に基づき投資顧問
      業の登録を受ける。
  1995年  9月14日   「有価証券に係る投資顧問業の規制等に関する法律」に基づく投資一任
      契約にかかる業務の認可を受ける。
  2007年  9月30日   「金融商品取引法」の施行に伴い、同法第29条の登録を受けたものとみ
      なされる。
      (金融商品取引業者登録番号:関東財務局長(金商)第352号)
  2020年  4月 1日  大和アセットマネジメント株式会社に商号変更
           <略>

             4/57



                     EDINET提出書類
                 大和アセットマネジメント株式会社(E06748)
                 訂正有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
  2 【投資方針】

  (2) 【投資対象】

           <略>

  <訂正前>

  ② 委託会社は、信託金を、主として、        大和証券投資信託委託株式会社      を委託者とし、野村信託銀行株

  式会社を受託者として締結された次の1.に掲げる親投資信託の受益証券、次の2.に掲げる外国投資
  証券(以下「組入外国投資証券」といいます。)、ならびに次の3.から5.までに掲げる有価証券
  (金融商品取引法第2条第2項の規定により有価証券とみなされる同項各号に掲げる権利を除きま
  す。)に投資することを指図することができます。
           <略>

  <訂正後>

  ② 委託会社は、信託金を、主として、        大和アセットマネジメント株式会社       を委託者とし、野村信託銀

  行株式会社を受託者として締結された次の1.に掲げる親投資信託の受益証券、次の2.に掲げる外国
  投資証券(以下「組入外国投資証券」といいます。)、ならびに次の3.から5.までに掲げる有価証
  券(金融商品取引法第2条第2項の規定により有価証券とみなされる同項各号に掲げる権利を除きま
  す。)に投資することを指図することができます。
           <略>

  (3) 【運用体制】

  <訂正前>

  ① 運用体制

   ファンドの運用体制は、以下のとおりとなっています。

             5/57









                     EDINET提出書類
                 大和アセットマネジメント株式会社(E06748)
                 訂正有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
  ② 運用方針の決定にかかる過程









   運用方針は次の過程を経て決定しております。

  イ.基本計画書の策定

    ファンド運営上の諸方針を記載した基本計画書を          経営会議の分科会であるファンド個別会議にお

   いて審議・  決定します。
  ロ.投資環境の検討

   運用最高責任者であるCIO(Chief       Investment  Officer)が議長となり、原則として月1回投資環

   境検討会を開催し、投資環境について検討します。
  ハ.基本的な運用方針の決定

    CIOが議長となり、原則として月1回運用会議を開催し、基本的な運用方針を決定します。

  ニ.運用計画書の作成・承認

    ファンドマネージャーは、基本計画書に定められた各ファンドの諸方針と運用会議で決定された

   基本的な運用方針にしたがって運用計画書を作成します。運用部長は、ファンドマネージャーから
   提示を受けた運用計画書について、基本計画書および運用会議の決定事項との整合性等を確認し、
   承認します。
  ③ 職務権限

   ファンド運用の意思決定機能を担う運用本部において、各職位の主たる職務権限は、社内規則に

  よって、次のように定められています。
  イ.CIO(Chief   Investment  Officer)(  1名 )

    運用最高責任者として、次の職務を遂行します。

             6/57


                     EDINET提出書類
                 大和アセットマネジメント株式会社(E06748)
                 訂正有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
   ・ファンド運用に関する組織運営
   ・ファンドマネージャーの任命・変更

   ・運用会議の議長として、基本的な運用方針の決定

   ・各ファンドの分配政策の決定

   ・代表取締役に対する随時の的確な状況報告

   ・その他ファンドの運用に関する重要事項の決定

  ロ.Deputy-CIO(0~5名程度)

    CIOを補佐し、その指揮を受け、職務を遂行します。

  ハ. インベストメント・オフィサー(0~5名程度)

    CIOおよびDeputy-CIOを補佐し、その指揮を受け、職務を遂行します。

  ニ.運用部長(各運用部に1名)

    ファンドマネージャーが策定する運用計画を         承認 します。

  ホ.ファンドマネージャー

    ファンドの運用計画を策定して、これに沿ってポートフォリオを構築します。

  ④  ファンド評価会議、    運用審査会議、リスクマネジメント会議および執行役員会議

   次のとおり各会議体において必要な報告・審議等を行なっています。これら会議体の事務局となる

  内部管理関連部門の人員は     30~40 名程度です。
  イ.ファンド評価会議

   運用実績・運用リスクの状況について、分析・検討を行ない、運用部にフィードバックします。

  ロ.運用審査会議

    経営会議の分科会として、ファンドの運用実績の状況についての報告を行ない、必要事項を審

   議・決定します。
  ハ.リスクマネジメント会議

    経営会議の分科会として、ファンドの運用リスクの状況・運用リスク管理等の状況についての報

   告を行ない、必要事項を審議・決定します。
  ニ.執行役員会議

    経営会議の分科会として、法令等の遵守状況についての報告を行ない、必要事項を審議・決定し

   ます。
  ⑤ 受託会社に対する管理体制

   受託会社に対しては、日々の純資産照合、月次の勘定残高照合などを行なっています。また、受託

  会社より内部統制の整備および運用状況の報告書を受け取っています。
  ※ 上記の運用体制は    2019年8月  末日現在のものであり、変更となる場合があります。

  <訂正後>

  ① 運用体制

             7/57


                     EDINET提出書類
                 大和アセットマネジメント株式会社(E06748)
                 訂正有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
   ファンドの運用体制は、以下のとおりとなっています。
  ② 運用方針の決定にかかる過程










   運用方針は次の過程を経て決定しております。

  イ.基本計画書の策定

    ファンド運営上の諸方針を記載した基本計画書を          商品担当役員の決裁により     決定します。

  ロ.基本的な運用方針の決定

    CIOが議長となり、原則として月1回運用会議を開催し、基本的な運用方針を決定します。

  ハ.運用計画書の作成・承認

    ファンドマネージャーは、基本計画書に定められた各ファンドの諸方針と運用会議で決定された

   基本的な運用方針にしたがって運用計画書を作成します。運用部長は、ファンドマネージャーから
   提示を受けた運用計画書について、基本計画書および運用会議の決定事項との整合性等を確認し、
   承認します。
  ③ 職務権限

   ファンド運用の意思決定機能を担う運用本部において、各職位の主たる職務権限は、社内規則に

  よって、次のように定められています。
  イ.CIO(Chief   Investment  Officer)(  2名 )

    運用最高責任者として、次の職務を遂行します。

   ・基本的な運用方針の決定

   ・その他ファンドの運用に関する重要事項の決定

             8/57


                     EDINET提出書類
                 大和アセットマネジメント株式会社(E06748)
                 訂正有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
  ロ.Deputy-CIO(0~5名程度)
    CIOを補佐し、その指揮を受け、職務を遂行します。

  ハ. インベストメント・オフィサー(0~5名程度)

    CIOおよびDeputy-CIOを補佐し、その指揮を受け、職務を遂行します。

  ニ.運用部長(各運用部に1名)

    ファンドマネージャーが策定する運用計画を         決定 します。

  ホ. 運用チームリーダー

   ファンドの基本的な運用方針を策定します。

  ヘ.ファンドマネージャー

    ファンドの運用計画を策定して、これに沿ってポートフォリオを構築します。

  ④ 運用審査会議、リスクマネジメント会議および執行役員会議

   次のとおり各会議体において必要な報告・審議等を行なっています。これら会議体の事務局となる

  内部管理関連部門の人員は     25~35 名程度です。
  イ.運用審査会議

    経営会議の分科会として、ファンドの運用実績の状況についての報告を行ない、必要事項を審

   議・決定します。
  ロ.リスクマネジメント会議

    経営会議の分科会として、ファンドの運用リスクの状況・運用リスク管理等の状況についての報

   告を行ない、必要事項を審議・決定します。
  ハ.執行役員会議

    経営会議の分科会として、法令等の遵守状況についての報告を行ない、必要事項を審議・決定し

   ます。
  ⑤ 受託会社に対する管理体制

   受託会社に対しては、日々の純資産照合、月次の勘定残高照合などを行なっています。また、受託

  会社より内部統制の整備および運用状況の報告書を受け取っています。
  ※ 上記の運用体制は    2020年4月  末日現在のものであり、変更となる場合があります。

  3 【投資リスク】

  <訂正前>

           <略>

  (4) リスク管理体制

  運用リスク管理体制(※)は、以下のとおりとなっています。

             9/57



                     EDINET提出書類
                 大和アセットマネジメント株式会社(E06748)
                 訂正有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
           <略>









  <訂正後>

           <略>

  (4) リスク管理体制

   運用リスク管理体制(※)は、以下のとおりとなっています。

            10/57









                     EDINET提出書類
                 大和アセットマネジメント株式会社(E06748)
                 訂正有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
           <略>









  4 【手数料等及び税金】

  (5) 【課税上の取扱い】

  <訂正前>

           <略>

  (※) 2020年1月1日以降の分配時において、       外国税額控除の適用となった場合には、分配時の税金が上

   記と異なる場合があります。
  (※)上記は、   2019年8月  末現在のものですので、税法が改正された場合等には、上記の内容が変更に

   なることがあります。
           <略>

  <訂正後>

           <略>

  (※)外国税額控除の適用となった場合には、分配時の税金が上記と異なる場合があります。

  (※)上記は、   2020年4月  末現在のものですので、税法が改正された場合等には、上記の内容が変更に

   なることがあります。
           <略>

            11/57


                     EDINET提出書類
                 大和アセットマネジメント株式会社(E06748)
                 訂正有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
  5 【運用状況】

  ※ 原有価証券届出書の「第二部 ファンド情報 第1           ファンドの状況 5    運用状況」を次の内

  容に訂正・更新します。
  <訂正後>

  (1) 【投資状況】   (2020年4月30日現在)

  投資状況
      投資資産の種類         時価(円)    投資比率(%)
               113,304,413,100      99.47
  投資証券
     内 アイルランド          113,304,413,100      99.47
  親投資信託受益証券               999,700    0.00
     内 日本            999,700    0.00
  コール・ローン、その他の資産(負債控除後)              605,966,152     0.53
  純資産総額             113,911,378,952     100.00
  (注1) 投資比率は、ファンドの純資産総額に対する当該資産の時価の比率です。
  (注2) 投資資産の内書きの時価および投資比率は、当該資産の地域別の内訳です。
  (2) 【投資資産】   (2020年4月30日現在)

  ① 【投資有価証券の主要銘柄】
  イ.主要銘柄の明細
             株数、口
                簿価単価   評価単価   投資
           数          
     銘柄名    地域  種類  また   簿価   時価  比率
           は              
                (円)   (円)  (%)
             額面金額
  MAN AHL ACTIVE BALANCED  IH
                12,170.83   12,233.90
        アイルラン
  1        投資証券  9,261,512.12         99.47
  JPY SHARES     ド
               112,720,312,471   113,304,413,100
          親投資信
                 0.9997   0.9997
  2ダイワ・マネープール・マザーファンド      日本  託受益証   1,000,000        0.00
                 999,700   999,700
          券
  (注) 投資比率は、ファンドの純資産総額に対する当該銘柄の時価の比率です。
  ロ.投資有価証券の種類別投資比率

   投資有価証券の種類       投資比率
  投資証券         99.47%
  親投資信託受益証券          0.00%
  合計         99.47%
  (注) 投資比率は、ファンドの純資産総額に対する当該有価証券の時価の比率です。
  ハ.投資株式の業種別投資比率

   該当事項はありません。
  ② 【投資不動産物件】

   該当事項はありません。
  ③ 【その他投資資産の主要なもの】

            12/57


                     EDINET提出書類
                 大和アセットマネジメント株式会社(E06748)
                 訂正有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
   該当事項はありません。
  (3) 【運用実績】

  ① 【純資産の推移】
       純資産総額    純資産総額   1口当たりの   1口当たりの
        (分配落)    (分配付)   純資産額   純資産額
        (円)    (円)  (分配落)(円)   (分配付)(円)
   2019年11月末日    32,701,070,226        1.0180
            -      -
     12月末日   57,659,421,846        1.0196
            -      -
   2020年1月末日    78,194,294,102        1.0487
            -      -
     2月末日  104,514,531,444        1.0192
            -      -
     3月末日  110,014,224,570        0.9875
            -      -
   第1計算期間末
       111,167,835,057    111,167,835,057    0.9864   0.9864
   (2020年4月13日)
     4月末日  113,911,378,952        0.9913
            -      -
  ② 【分配の推移】

       1口当たり分配金(円)
          0.0000
   第1計算期間
  ③ 【収益率の推移】

        収益率(%)
          △1.4
   第1計算期間
  (4) 【設定及び解約の実績】

          設定数量(口)        解約数量(口)
           102,733,002,699        2,529,950,267
   第1計算期間
  (注) 当初設定数量は12,491,974,021口です。
  (参考)マザーファンド

   ダイワ・マネープール・マザーファンド
  (1) 投資状況  (2020年4月30日現在)

  投資状況
      投資資産の種類         時価(円)    投資比率(%)
  コール・ローン、その他の資産(負債控除後)               999,664    100.00
  純資産総額               999,664    100.00
  (注1) 投資比率は、ファンドの純資産総額に対する当該資産の時価の比率です。
  (注2) 投資資産の内書きの時価および投資比率は、当該資産の地域別の内訳です。
  (2) 投資資産  (2020年4月30日現在)

  ① 投資有価証券の主要銘柄
  イ.主要銘柄の明細
   該当事項はありません。
  ロ.投資有価証券の種類別投資比率

            13/57


                     EDINET提出書類
                 大和アセットマネジメント株式会社(E06748)
                 訂正有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
   該当事項はありません。
  ハ.投資株式の業種別投資比率

   該当事項はありません。
  ② 投資不動産物件

   該当事項はありません。
  ③ その他投資資産の主要なもの

   該当事項はありません。
  次へ

            14/57















                     EDINET提出書類
                 大和アセットマネジメント株式会社(E06748)
                 訂正有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
  (参考情報)運用実績
            15/57




















                     EDINET提出書類
                 大和アセットマネジメント株式会社(E06748)
                 訂正有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
  (1) 当ファンドの財務諸表は、「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和

  38年大蔵省令第59号)並びに同規則第2条の2の規定により、「投資信託財産の計算に関する規
  則」(平成12年総理府令第133号)に基づいて作成しております。
   なお、財務諸表に記載している金額は、円単位で表示しております。
  (2) 当ファンドの計算期間は6か月であるため、財務諸表は6か月毎に作成しております。
  (3) 当ファンドは、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第1期計算期間(2019年
  11月12日から2020年4月13日まで)の財務諸表について、有限責任             あずさ監査法人により監査
  を受けております。
         1 【財務諸表】

       マンAHLスマート・レバレッジ戦略ファンド

            16/57















                     EDINET提出書類
                 大和アセットマネジメント株式会社(E06748)
                 訂正有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
  (1) 【貸借対照表】

               第1期
             2020年4月13日現在
              金 額(円)
  資産の部
  流動資産
   コール・ローン
                 1,498,950,207
   投資証券
                 110,310,312,471
   親投資信託受益証券
                   999,700
   流動資産合計
                 111,810,262,378
  資産合計
                 111,810,262,378
  負債の部
  流動負債
   未払金
                  290,000,000
   未払解約金
                  44,133,570
   未払受託者報酬
                  8,477,243
   未払委託者報酬
                  297,724,148
   その他未払費用
                  2,092,360
   流動負債合計
                  642,427,321
  負債合計
                  642,427,321
  純資産の部
  元本等
   元本
          ※1       112,695,026,453
   剰余金
   期末剰余金又は期末欠損金(△
          ※2       △1,527,191,396
   元本等合計
                 111,167,835,057
  純資産合計
                 111,167,835,057
  負債純資産合計               111,810,262,378
            17/57










                     EDINET提出書類
                 大和アセットマネジメント株式会社(E06748)
                 訂正有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
  (2) 【損益及び剰余金計算書】
               第1期
              自 2019年11月12日
              至 2020年4月13日
              金 額(円)
  営業収益
  有価証券売買等損益
                 △3,751,687,829
  営業収益合計
                 △3,751,687,829
  営業費用
  支払利息
                  1,313,530
  受託者報酬
                  8,477,243
  委託者報酬
                 297,724,148
  その他費用
                  2,167,647
  営業費用合計
                 309,682,568
  営業損失(△)               △4,061,370,397
  経常損失(△)               △4,061,370,397
  当期純損失(△)               △4,061,370,397
  一部解約に伴う当期純損失金額の分配額
  (△)                △40,163,066
  剰余金増加額又は欠損金減少額               2,546,918,545
  当期追加信託に伴う剰余金増加額
  又は欠損金減少額
                 2,546,918,545
  剰余金減少額又は欠損金増加額                52,902,610
  当期一部解約に伴う剰余金減少額
  又は欠損金増加額
                  52,902,610
  分配金        ※1         -
  期末剰余金又は期末欠損金(△)               △1,527,191,396
            18/57











                     EDINET提出書類
                 大和アセットマネジメント株式会社(E06748)
                 訂正有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
  (3) 【注記表】

  (重要な会計方針に係る事項に関する注記)

             第1期
    区 分        自 2019年11月12日
            至 2020年4月13日
  1. 有価証券の評価基準及び評      (1)投資証券
  価方法
        移動平均法に基づき、原則として時価で評価しております。
        時価評価にあたっては、投資法人が発行する投資証券の1口
        当たり純資産額に基づいて評価しております。
        なお、適正な評価額を入手できなかった場合又は入手した評
        価額が時価と認定できない事由が認められた場合は、委託会
        社が忠実義務に基づいて合理的な事由をもって時価と認めた
        価額又は受託会社と協議のうえ両者が合理的事由をもって時
        価と認めた価額で評価しております。
        (2)親投資信託受益証券

        移動平均法に基づき、時価で評価しております。
        時価評価にあたっては、親投資信託受益証券の基準価額に基
        づいて評価しております。
  2. その他財務諸表作成のため      (1)計算期間

  の基本となる重要な事項
        当ファンドの第1期計算期間は、2019年11月12日から2020年4
        月13日までとなっております。
        (2)計算期間末日

        2020年4月12日が休日のため、当計算期間末日を2020年4月13
        日としております。このため、当計算期間は154日となってお
        ります。
  (貸借対照表に関する注記)

              第1期
     区 分
             2020年4月13日現在
  1. ※1 期首元本額              12,491,974,021円

   期中追加設定元本額             102,733,002,699円
   期中一部解約元本額              2,529,950,267円
  2. 計算期間末日における受益             112,695,026,453口

   権の総数
  3. ※2 元本の欠損      貸借対照表上の純資産額が元本総額を下回っており、そ

         の差額は1,527,191,396円であります。
  (損益及び剰余金計算書に関する

              第1期
     区 分        自 2019年11月12日
             至 2020年4月13日
            19/57



                     EDINET提出書類
                 大和アセットマネジメント株式会社(E06748)
                 訂正有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
  ※1 分配金の計算過程      計算期間末における解約に伴う当期純利益金額分配後の
         配当等収益から費用を控除した額(0円)、解約に伴う当
         期純利益金額分配後の有価証券売買等損益から費用を控
         除し、繰越欠損金を補填した額(0円)、投資信託約款に
         規定される収益調整金(0円)及び分配準備積立金(0
         円)より分配対象額は0円(1万口当たり0.00円)であ
         り、分配を行っておりません。
  (金融商品に関する注記)

  Ⅰ 金融商品の状況に関する事項
              第1期
    区 分        自 2019年11月12日
            至 2020年4月13日
  1. 金融商品に対する取組方針      当ファンドは、「投資信託及び投資法人に関する法律」第2
        条第4項に定める証券投資信託であり、投資信託約款に規定
        する「運用の基本方針」に従っております。
  2. 金融商品の内容及びリスク      当ファンドが保有する金融商品の種類は、有価証券、金銭債

        権及び金銭債務等であり、その詳細を附属明細表に記載して
        おります。なお、当ファンドは、投資証券及び親投資信託受
        益証券を通じてデリバティブ取引に投資しております。
        これらの金融商品に係るリスクは、市場リスク(価格変動、
        為替変動等)、信用リスク、流動性リスクであります。
  3. 金融商品に係るリスク管理体      複数の部署と会議体が連携する組織的な体制によりリスク管

  制      理を行っております。信託財産全体としてのリスク管理を金
        融商品、リスクの種類毎に行っております。
  4. 金融商品の時価等に関する事      金融商品の時価には、市場価格に基づく価額のほか、市場価

  項についての補足説明      格がない場合には合理的に算定された価額が含まれておりま
        す。当該価額の算定においては、一定の前提条件等を採用し
        ているため、異なる前提条件等に拠った場合、当該価額が異
        なることもあります。
  Ⅱ 金融商品の時価等に関する事項

              第1期
    区 分
            2020年4月13日現在
  1. 金融商品の時価及び貸借対照      金融商品はすべて時価で計上されているため、貸借対照表計
  表計上額との差額      上額と時価との差額はありません。
  2. 金融商品の時価の算定方法      (1)有価証券

        重要な会計方針に係る事項に関する注記に記載しておりま
        す。
        (2)コール・ローン等の金銭債権及び金銭債務等

        これらは短期間で決済されるため、時価は帳簿価額にほぼ等
        しいことから、当該帳簿価額を時価としております。
  (有価証券に関する注記)

  売買目的有価証券
            第1期
           2020年4月13日現在
   種 類
           当計算期間の損益に
          含まれた評価差額(円)
            20/57


                     EDINET提出書類
                 大和アセットマネジメント株式会社(E06748)
                 訂正有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
  投資証券               △3,751,687,529
  親投資信託受益証                 △300
  券
  合計               △3,751,687,829
  (デリバティブ取引に関する注記)

  ヘッジ会計が適用されていないデリバティブ取引
          第1期
         2020年4月13日現在
  該当事項はありません。
  (関連当事者との取引に関する注記)

          第1期
         自 2019年11月12日
         至 2020年4月13日
  市場価格その他当該取引に係る価格を勘案して、一般の取引条件と異なる関連当事者との取
  引は行なわれていないため、該当事項はありません。
  (1口当たり情報)

             第1期
            2020年4月13日現在
  1口当たり純資産額                 0.9864円
  (1万口当たり純資産額)                 (9,864円)
  (4) 【附属明細表】

  第1 有価証券明細表

  (1) 株式
   該当事項はありません。
  (2) 株式以外の有価証券

                 評価額
  種 類     銘 柄     券面総額      備考
                 (円)
     MAN AHL ACTIVE  BALANCED  IHJPY
  投資証券           9,064,065.570   110,310,312,471
     SHARES
  投資証券 合計              110,310,312,471
  親投資信託受   ダイワ・マネープール・マザーファ
             1,000,000    999,700
  益証券   ンド
  親投資信託受益証券 合計                999,700
  合計              110,311,312,171
  投資証券及び親投資信託受益証券における券面総額欄の数値は、証券数を表示しております。
  第2 信用取引契約残高明細表

   該当事項はありません。
  第3 デリバティブ取引及び為替予約取引の契約額等及び時価の状況表

     該当事項はありません。
  (参考)

            21/57



                     EDINET提出書類
                 大和アセットマネジメント株式会社(E06748)
                 訂正有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
   当ファンドは、アイルランド籍の外国投資法人「マン・ファンズⅥ・ピーエルシー」が発行
  する「マン・エーエイチエル・アクティブ・バランスド(円ヘッジ・クラス)」の投資証券
  (円建)を主要投資対象としており、貸借対照表の資産の部に計上された「投資証券」は、す
  べて同ファンドの投資証券であります。
   また、当ファンドは、「ダイワ・マネープール・マザーファンド」受益証券を主要投資対象
  としており、貸借対照表の資産の部に計上された「親投資信託受益証券」は、すべて同マザー
  ファンドの受益証券であります。
   なお、同ファンドの状況及び当ファンドの計算期間末日(以下、「期末日」)における同マ
  ザーファンドの状況は次のとおりであります。
  次へ
            22/57

















                     EDINET提出書類
                 大和アセットマネジメント株式会社(E06748)
                 訂正有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
  「ダイワ・マネープール・マザーファンド」の状況
   以下に記載した情報は監査の対象外であります。
  貸借対照表

              2020年4月13日現在
              金 額(円)
  資産の部
  流動資産
   金銭信託
                   919,701
   コール・ローン
                   80,008
   流動資産合計
                   999,709
  資産合計
                   999,709
  負債の部
  流動負債
   流動負債合計
                    -
  負債合計
                    -
  純資産の部
  元本等
   元本
          ※1         1,000,000
   剰余金
   期末剰余金又は期末欠損金(△
          ※2         △291
   元本等合計
                   999,709
  純資産合計
                   999,709
  負債純資産合計                 999,709
  注記表

  (重要な会計方針に係る事項に関する注記)

         自 2019年11月12日
         至 2020年4月13日
  該当事項はありません。
  (貸借対照表に関する注記)

    区 分        2020年4月13日現在
  1. ※1 期首              2019年11月12日
   期首元本額              1,000,000円
   期中追加設定元本額                -円
   期中一部解約元本額                -円
   期末元本額の内訳

  ファンド名
   マンAHLスマート・レバ              1,000,000円
   レッジ戦略ファンド
  計               1,000,000円
  2.  期末日における受益権の総              1,000,000口

   数
  3. ※2 元本の欠損     貸借対照表上の純資産額が元本総額を下回っており、そ

         の差額は291円であります。
  (金融商品に関する注記)

  Ⅰ 金融商品の状況に関する事項
            23/57

                     EDINET提出書類
                 大和アセットマネジメント株式会社(E06748)
                 訂正有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
            自 2019年11月12日
    区 分
            至 2020年4月13日
  1. 金融商品に対する取組方針      当ファンドは、「投資信託及び投資法人に関する法律」第2
        条第4項に定める証券投資信託であり、投資信託約款に規定
        する「運用の基本方針」に従っております。
  2. 金融商品の内容及びリスク      当ファンドが保有する金融商品の種類は、金銭債権及び金銭

        債務等であり、その詳細を附属明細表に記載しております。
        これらの金融商品に係るリスクは、信用リスクであります。
  3. 金融商品に係るリスク管理体      複数の部署と会議体が連携する組織的な体制によりリスク管

  制      理を行っております。信託財産全体としてのリスク管理を金
        融商品、リスクの種類毎に行っております。
  4. 金融商品の時価等に関する事      金融商品の時価には、市場価格に基づく価額のほか、市場価

  項についての補足説明      格がない場合には合理的に算定された価額が含まれておりま
        す。当該価額の算定においては、一定の前提条件等を採用し
        ているため、異なる前提条件等に拠った場合、当該価額が異
        なることもあります。
  Ⅱ 金融商品の時価等に関する事項

    区 分        2020年4月13日現在
  1. 金融商品の時価及び貸借対照      金融商品はすべて時価で計上されているため、貸借対照表計
  表計上額との差額      上額と時価との差額はありません。
  2. 金融商品の時価の算定方法      コール・ローン等の金銭債権及び金銭債務等

        これらは短期間で決済されるため、時価は帳簿価額にほぼ等
        しいことから、当該帳簿価額を時価としております。
  (有価証券に関する注記)

         2020年4月13日現在
  該当事項はありません。
  (デリバティブ取引に関する注記)

  ヘッジ会計が適用されていないデリバティブ取引
         2020年4月13日現在
  該当事項はありません。
  (1口当たり情報)

            2020年4月13日現在
  1口当たり純資産額                 0.9997円
  (1万口当たり純資産額)                 (9,997円)
  附属明細表

  第1 有価証券明細表

  (1) 株式
   該当事項はありません。
  (2) 株式以外の有価証券

   該当事項はありません。
            24/57


                     EDINET提出書類
                 大和アセットマネジメント株式会社(E06748)
                 訂正有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
  第2 信用取引契約残高明細表
   該当事項はありません。
  第3 デリバティブ取引及び為替予約取引の契約額等及び時価の状況表

     該当事項はありません。
            25/57



















                     EDINET提出書類
                 大和アセットマネジメント株式会社(E06748)
                 訂正有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
  2 【ファンドの現況】

  ※ 原有価証券届出書の「第二部 ファンド情報 第3           ファンドの経理状況 2     ファンドの現

  況」を次の内容に訂正・更新します。
  <訂正後>

  【純資産額計算書】

                   2020年4月30日
   Ⅰ 資産総額          114,218,436,200円
   Ⅱ 負債総額           307,057,248円
   Ⅲ 純資産総額(Ⅰ-Ⅱ)          113,911,378,952円
   Ⅳ 発行済数量          114,916,397,590口
   Ⅴ 1単位当たり純資産額(Ⅲ/Ⅳ)            0.9913円
  (参考)  ダイワ・マネープール・マザーファンド


  純資産額計算書

                   2020年4月30日
   Ⅰ 資産総額            999,664円
   Ⅱ 負債総額             0円
   Ⅲ 純資産総額(Ⅰ-Ⅱ)            999,664円
   Ⅳ 発行済数量            1,000,000口
   Ⅴ 1単位当たり純資産額(Ⅲ/Ⅳ)            0.9997円
            26/57










                     EDINET提出書類
                 大和アセットマネジメント株式会社(E06748)
                 訂正有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
  第三部 【委託会社等の情報】

         第1 【委託会社等の概況】

    原有価証券届出書の「第三部       委託会社等の情報     第1  委託会社等の概況     1 委託会社等の概況

  および2  事業の内容及び営業の概況」を次の内容に訂正・更新します。

  <訂正後>

         1 【委託会社等の概況】

  a. 資本金の額

   2020年4月末日現在

   資本金の額    151億7,427万2,500円

   発行可能株式総数 799万9,980株

   発行済株式総数  260万8,525株

   過去5年間における資本金の額の増減:該当事項はありません。

  b. 委託会社の機構

  ① 会社の意思決定機構

   業務執行上重要な事項は、取締役会の決議をもって決定します。取締役は、株主総会において選任

  され、その任期は選任後1年以内に終了する事業年度のうち最終のものに関する定時株主総会の終結
  のときまでです。
   取締役会は、4名以内の代表取締役を選定し、代表取締役は、会社を代表し、取締役会の決議にし

  たがい業務を執行します。
   また、取締役、役付執行役員等から構成される経営会議は、経営全般にかかる基本的事項を審議

  し、決定します。経営会議は、分科会を設置し、専門的な事項についてはその権限を委ねることがで
  きます。
  ② 投資運用の意思決定機構

   投資運用の意思決定機構の概要は、以下のとおりとなっています。

  イ.商品会議

    ファンド設立時に経営会議の分科会である商品会議を開催し、ファンドの新規設定を決定しま

   す。
  ロ. 商品担当役員

    商品担当役員は、ファンド設立の趣旨に沿って、各ファンド運営上の諸方針を記載した基本計画

   書を決定します。
  ハ.運用会議

    CIOが議長となり、原則として月1回運用会議を開催し、基本的な運用方針を決定します。

  ニ.運用部長・ファンドマネージャー

            27/57


                     EDINET提出書類
                 大和アセットマネジメント株式会社(E06748)
                 訂正有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    ファンドマネージャーは、基本計画書に定められた各ファンドの諸方針と運用会議で決定された
   基本的な運用方針にしたがって運用計画書を作成します。運用部長は、ファンドマネージャーから
   提示を受けた運用計画書について、基本計画書および運用会議の決定事項との整合性等を確認し、
   承認します。
  ホ.運用審査会議、リスクマネジメント会議および執行役員会議

   ・運用審査会議

    経営会議の分科会として、ファンドの運用実績の状況についての報告を行ない、必要事項を審

   議・決定します。
   ・リスクマネジメント会議

    経営会議の分科会として、ファンドの運用リスクの状況・運用リスク管理等の状況についての

   報告を行ない、必要事項を審議・決定します。
   ・執行役員会議

    経営会議の分科会として、法令等の遵守状況についての報告を行ない、必要事項を審議・決定

   します。
        2 【事業の内容及び営業の概況】

   委託会社は、「投資信託及び投資法人に関する法律」に定める投資信託委託会社として、証券投資信託

  の設定を行なうとともに「金融商品取引法」に定める金融商品取引業者としてその運用(投資運用業)を
  行なっています。また「金融商品取引法」に定める投資助言業務等の関連する業務を行なっています。
   2020年4月末日現在、委託会社が運用を行なっている投資信託(親投資信託を除きます。)は次のとお

  りです。
    基本的性格     本数(本)     純資産額の合計額(百万円)

  単位型株式投資信託         53      90,198
  追加型株式投資信託         696     15,289,558
   株式投資信託  合計         749     15,379,757
  単位型公社債投資信託         28      98,154
  追加型公社債投資信託         14     1,407,302
   公社債投資信託 合計         42     1,505,456
  総合計         791     16,885,213
            28/57






                     EDINET提出書類
                 大和アセットマネジメント株式会社(E06748)
                 訂正有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
         3 【委託会社等の経理状況】

  ※ 原有価証券届出書の「第三部 委託会社等の情報 第1 委託会社等の概況 3 委託会社等の経理
  状況」を次の内容に訂正・更新します。
  <訂正後>

  1.当社の財務諸表は、「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和                 38年大蔵省令第
  59号。以下「財務諸表等規則」という。)並びに同規則第2条の規定に基づき、「金融商品取引業等
  に関する内閣府令」(平成     19年8月6日内閣府令第    52号)に基づいて作成しております。
  2.当社は、金融商品取引法第      193 条の2第1項の規定に基づき、当事業年度(         2019 年4月1日から

  2020 年3月 31日まで)の財務諸表についての監査を、有限責任          あずさ監査法人により受けておりま
  す。
  3.財務諸表の記載金額は、百万円未満を切り捨てて表示しております。

  (1) 【貸借対照表】

                 (単位 :百万円) 
            前事業年度      当事業年度

           ( 2019 年3月 31日)   (2020 年3月 31日)
  資産の部

   流動資産
   現金・預金
             28,489       2,741
   有価証券
              554      22,167
   前払費用
              214      205
   未収委託者報酬
             11,468      10,847
   未収収益
              98      63
   その他           56      62
   流動資産計
             40,882      36,088
   固定資産
   有形固定資産        ※1     ※1
              206      217
    建物
              10       7
    器具備品
              195      209
   無形固定資産
             2,821      2,362
    ソフトウェア
             2,804      2,028
    ソフトウェア仮勘定
              17      333
   投資その他の資産
             12,799      15,844
    投資有価証券
             8,493      9,153
    関係会社株式
             1,836      3,972
    出資金
              183      183
    長期差入保証金
             1,070      1,069
    繰延税金資産
             1,183      1,431
    その他          31      33
   固定資産計 
             15,827      18,424
            29/57

                     EDINET提出書類
                 大和アセットマネジメント株式会社(E06748)
                 訂正有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
   資産合計
             56,709      54,512
                  (単位 :百万円)



            前事業年度       当事業年度

           ( 2019 年3月 31日)   (2020 年3月 31日)
  負債の部

   流動負債
   預り金
              75       69
   未払金
              8,548       7,573
    未払収益分配金
              15       14
    未払償還金
              40       39
    未払手数料
              4,610       3,988
    その他未払金
            ※2 3,882    ※2  3,530
   未払費用
              3,735       3,830
   未払法人税等
              726       656
   未払消費税等
              255       590
   賞与引当金
              725       688
   その他            2       5
   流動負債計
              14,070       13,414
   固定負債
   退職給付引当金
              2,389       2,574
   役員退職慰労引当金
              103       88
   その他            2       5
   固定負債計
              2,496       2,667
   負債合計
              16,567       16,082
  純資産の部
   株主資本
   資本金
              15,174       15,174
   資本剰余金
              11,495       11,495
    資本準備金
    資本剰余金合計
              11,495       11,495
   利益剰余金
    利益準備金
              374       374
    その他利益剰余金
              13,052       11,749
    繰越利益剰余金
    利益剰余金合計
              13,426       12,123
   株主資本合計
              40,096       38,793
            30/57


                     EDINET提出書類
                 大和アセットマネジメント株式会社(E06748)
                 訂正有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
   評価・換算差額等
   その他有価証券評価差額金           46      △363
   評価・換算差額等合計
              46      △363
   純資産合計
              40,142       38,430
  負債・純資産合計
              56,709       54,512
  (2) 【損益計算書】


                   (単位 :百万円)
           前事業年度       当事業年度

          (自  2018 年4月1日     (自  2019 年4月1日
           至  2019 年3月 31日)    至  2020 年3月 31日)
  営業収益

   委託者報酬
              76,052       69,550
   その他営業収益            673       583
   営業収益計
              76,725       70,134
  営業費用
   支払手数料
              35,789       31,120
   広告宣伝費
              694       745
   調査費
              9,066       8,858
   調査費
              1,057       1,188
   委託調査費
              8,009       7,670
   委託計算費                  1,410
              1,351
   営業雑経費
              1,557       1,770
   通信費
              228       240
   印刷費
              513       524
   協会費
              55       56
   諸会費
              13       13
   その他営業雑経費           746       936
   営業費用計
              48,459       43,906
  一般管理費
   給料
              5,755       5,793
   役員報酬
              373       374
   給料・手当
              4,145       4,335
   賞与
              510       395
   賞与引当金繰入額
              725       688
   福利厚生費
              796       838
   交際費
              64       62
   旅費交通費
              178       154
   租税公課
              472       451
   不動産賃借料
              1,291       1,299
            31/57


                     EDINET提出書類
                 大和アセットマネジメント株式会社(E06748)
                 訂正有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
   退職給付費用
              374       368
   役員退職慰労引当金繰入額
              34       37
   固定資産減価償却費
              907       925
   諸経費           1,819       1,770
   一般管理費計
              11,693       11,702
  営業利益
              16,572       14,525
                  (単位 :百万円)

          前事業年度
                 当事業年度
         (自  2018 年4月1日
               (自  2019 年4月1日
          至  2019 年3月 31
                至  2020 年3月 31日)
         日)
  営業外収益
   受取配当金
            38        912
   投資有価証券売却益
            215        214
   有価証券償還益
            133        24
   その他         134        78
   営業外収益計
            521        1,230
  営業外費用
   有価証券償還損
            32        71
   投資有価証券売却損
            40        1
   その他          60        54
   営業外費用計
            132        127
  経常利益
           16,961        15,629
  特別損失
   システム刷新関連費用
            -        537
   投資有価証券評価損
            -        48
            29        -
   関係会社整理損失
   特別損失計
            29        585
  税引前当期純利益
           16,931        15,043
  法人税、住民税及び事業税
           5,076        4,555
  法人税等調整額          △15        △78
  法人税等合計
           5,060        4,477
  当期純利益
           11,870        10,566
  (3) 【株主資本等変動計算書】

  前事業年度(自     2018 年4月1日  至  2019 年3月 31日)

                   (単位:百万円)

            32/57



                     EDINET提出書類
                 大和アセットマネジメント株式会社(E06748)
                 訂正有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
             株主資本
         資本剰余金     利益剰余金
              その他利益
       資本金        剰余金     株主資本合計
                 利益剰余金
         資本準備金   利益準備金
                 合計
              繰越利益
              剰余金
  当期首残高     15,174   11,495   374  13,850   14,225   40,895
  当期変動額
   剰余金の配当     -   -   - △12,669  △12,669   △12,669
   当期純利益     -   -   -  11,870   11,870   11,870
   株主資本以外の
   項目の当期変動     -   -   -   -   -   -
   額(純額)
  当期変動額合計      -   -   -  △798  △798   △798
  当期末残高     15,174   11,495   374  13,052   13,426   40,096
       評価・換算差額等

      その他有価
           純資産合計
         評価・換算
      証券評価
         差額等合計
       差額金
  当期首残高      216   216  41,112
  当期変動額
   剰余金の配当     -   - △12,669
   当期純利益     -   -  11,870
   株主資本以外の
   項目の当期変動    △170  △170  △170
   額(純額)
  当期変動額合計     △170  △170  △969
  当期末残高      46   46  40,142
  当事業年度(自     2019 年4月1日  至  2020 年3月 31日)

                   (単位:百万円)

             株主資本
         資本剰余金     利益剰余金
              その他利益
      資本金        剰余金     株主資本合計
                 利益剰余金
         資本準備金   利益準備金
                 合計
              繰越利益
              剰余金
  当期首残高     15,174   11,495   374  13,052   13,426   40,096
  当期変動額
            33/57


                     EDINET提出書類
                 大和アセットマネジメント株式会社(E06748)
                 訂正有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
   剰余金の配当     -   -   - △11,868  △11,868   △11,868
   当期純利益     -   -   -  10,566   10,566   10,566
   株主資本以外の
   項目の当期変動     -   -   -   -   -   -
   額(純額)
  当期変動額合計      -   -   -  △1,302  △1,302   △1,302
  当期末残高     15,174   11,495   374  11,749   12,123   38,793
       評価・換算差額等

      その他有価
           純資産合計
         評価・換算
      証券評価
         差額等合計
       差額金
  当期首残高      46   46  40,142
  当期変動額
   剰余金の配当     -   - △11,868
   当期純利益     -   -  10,566
   株主資本以外の
   項目の当期変動    △410  △410  △410
   額(純額)
  当期変動額合計     △410  △410  △410
  当期末残高     △363  △363  38,430
  注記事項

  (重要な会計方針)
  1.有価証券の評価基準及び評価方法

  (1)子会社株式及び関連会社株式
   移動平均法による原価法により計上しております。
  (2)その他有価証券

   時価のあるもの
    決算日の市場価格等に基づく時価法(評価差額は全部純資産直入法により処理し、売                 却原価は
   移動平均法により算定)を採用しております。
   時価のないもの

    移動平均法による原価法を採用しております。
  2.固定資産の減価償却の方法

  (1)有形固定資産
   定額法によっております。
   なお、主な耐用年数は以下の通りであります。
    建物        8~     18年
            34/57


                     EDINET提出書類
                 大和アセットマネジメント株式会社(E06748)
                 訂正有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    器具備品      4~     17年 
  (2)無形固定資産
   定額法によっております。なお、自社利用のソフトウェアについては社内における利用可能期間
   (5年間)に基づく定額法によっております。 
  3.引当金の計上基準

  (1)賞与引当金
    役員及び従業員に対する賞与の支給に備えるため、支給見込額を計上しております。
  (2)退職給付引当金
    従業員の退職給付に備えるため、当社の退職金規程に基づく当事業年度末要支給額を計上してお
   ります。これは、当社の退職金は、将来の昇給等による給付額の変動がなく、貢献度、能力及び実
   績等に応じて事業年度ごとに各人別の勤務費用が確定するためであります。また、執行役員・参与に
   ついても、当社の退職金規程に基づく当事業年度末要支給額を計上しております。
  (3)役員退職慰労引当金
   役員の退職慰労金の支給に備えるため、当社の役員退職慰労金規程に基づく当事業年度末要支給
   額を計上しております。
  4.消費税等の会計処理

   消費税及び地方消費税の会計処理は税抜方式によっております。
  5.連結納税制度の適用

   連結納税制度を適用しております。
  6.連結納税制度からグループ通算制度への移行に係る税効果会計の適用

   当社は、「所得税法等の一部を改正する法律」(令和2年法律第8号)において創設されたグルー
  プ通算制度への移行及びグループ通算制度への移行にあわせて単体納税制度の見直しが行われた項目
  については、「連結納税制度からグループ通算制度への移行に係る税効果会計の適用に関する取扱
  い」(実務対応報告第    39号  2020 年3月 31日)第3項の取扱いにより、「税効果会計に係る会計基準
  の適用指針」(企業会計基準適用指針第        28号  2018 年2月 16日)第 44項の定めを適用せず、繰延税金
  資産及び繰延税金負債の額について、改正前の税法の規定に基づいております。
  (未適用の会計基準等)

  1.収益認識に関する会計基準等
  ・「収益認識に関する会計基準」(企業会計基準第          29号 2018 年3月 30日)
  ・「収益認識に関する会計基準の適用指針」(企業会計基準適用指針第              30号 2018 年3月
  30日)
  (1) 概要

   収益認識に関する包括的な会計基準であります。収益は、次の5つのステップを適用し認識されま
  す。
  ステップ1:顧客との契約を識別する。
  ステップ2:契約における履行義務を識別する。
            35/57


                     EDINET提出書類
                 大和アセットマネジメント株式会社(E06748)
                 訂正有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
  ステップ3:取引価格を算定する。
  ステップ4:契約における履行義務に取引価格を配分する。
  ステップ5:履行義務を充足した時に又は充足するにつれて収益を認識する。
  (2) 適用予定日

   2022 年3月期の期首より適用予定であります。
  (3) 当該会計基準等の適用による影響

  影響額は、当財務諸表の作成時において評価中であります。
  2.時価の算定に関する会計基準等

  ・「時価の算定に関する会計基準」(企業会計基準第           30号 2019 年7月4日)
  ・「時価の算定に関する会計基準の適用指針」(企業会計基準適用指針第              31号 2019 年
  7月4日)
  ・「金融商品に関する会計基準」(企業会計基準第          10号 2019 年7月4日)
  (1) 概要

  国際的な会計基準の定めとの比較可能性を向上させるため、「時価の算定に関する会計基準」及び
  「時価の算定に関する会計基準の適用指針」         (以下「時価算定会計基準等」という。       )が開発され、時価
  の算定方法に関するガイダンス等が定められました。時価算定会計基準等は次の項目の時価に適用され
  ます。
  ・「金融商品に関する会計基準」における金融商品

  (2) 適用予定日

  2022 年3月期の期首より適用予定であります。
  (3) 当該会計基準等の適用による影響

  影響額は、当財務諸表の作成時において評価中であります。
  (表示方法の変更)


   (損益計算書)   
  前事業年度において、「営業外収益」の「その他」に含めておりました「受取配当金」は、営業外収
  益の総額の  100 分の 10を超えたため、当事業年度より独立掲記することとしております。この表示方法
  の変更を反映させるため、前事業年度の財務諸表の組替えを行っております。
  この結果、前事業年度の財務諸表において、「営業外収益」の「その他」に表示していた                  172 百万円
  は、「受取配当金」    38百万円、「その他」    134 百万円として組替えております。
  (貸借対照表関係)

            36/57


                     EDINET提出書類
                 大和アセットマネジメント株式会社(E06748)
                 訂正有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
  ※1 有形固定資産の減価償却累計額
           前事業年度       当事業年度
          (2019 年3月 31日)    (2020 年3月 31日)
   建物          31百万円      34百万円
   器具備品          264 百万円      276 百万円
  ※2 関係会社項目                        


   関係会社に対する資産及び負債には区分掲記されたもののほか次のものがあります。
           前事業年度       当事業年度
          (2019 年3月 31日)    (2020 年3月 31日)
   未払金         3,788 百万円      3,397 百万円
  3 保証債務

  前事業年度(   2019 年3月 31日)

   子会社である   Daiwa Asset Management(Singapore)Ltd.     の債務 1,719 百万円に対して保証を行ってお
  ります。
  当事業年度(   2020 年3月 31日)              

   子会社である   Daiwa Asset Management(Singapore)Ltd.     の債務 1,603 百万円に対して保証を行ってお
  ります。
  (株主資本等変動計算書関係)

  前事業年度(自     2018 年4月1日 至     2019 年3月 31日)
  1.発行済株式の種類及び総数に関する事項
                   (単位:千株)
       当事業年度期首    当事業年度    当事業年度    当事業年度末
        株式数    増加株式数    減少株式数    株式数
   発行済株式
    普通株式      2,608     -    -   2,608
   合   計      2,608     -    -   2,608
  2.配当に関する事項


  (1)  配当金支払額
          剰余金の配当の    1株当たり

       株式の種類          基準日  効力発生日
          総額(百万円)    配当額(円)
   決議
   2018 年6月 25日            2018 年  2018 年
        普通株式    12,669    4,857
   定時株主総会               3月 31日  6月 26日
  (2)基準日が当事業年度に属する配当のうち、配当の効力発生日が翌事業年度となるもの

            37/57

                     EDINET提出書類
                 大和アセットマネジメント株式会社(E06748)
                 訂正有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    2019 年6月 21日開催の定時株主総会の議案として、普通株式の配当に関する事項を次のとおり
   提案しております。
   ① 剰余金の配当の総額      11,868 百万円
   ② 配当の原資       利益剰余金
   ③ 1株当たり配当額       4,550 円
   ④ 基準日      2019 年3月 31日
   ⑤ 効力発生日      2019 年6月 24日
  当事業年度(自     2019 年4月1日 至     2020 年3月 31日)

  1.発行済株式の種類及び総数に関する事項
                   (単位:千株)
       当事業年度期首    当事業年度    当事業年度    当事業年度末
        株式数    増加株式数    減少株式数    株式数
   発行済株式
    普通株式      2,608     -    -   2,608
   合   計      2,608     -    -   2,608
  2.配当に関する事項

  (1)  配当金支払額
          剰余金の配当の    1株当たり

       株式の種類          基準日  効力発生日
          総額(百万円)    配当額(円)
   決議
   2019 年6月 21日            2019 年  2019 年
        普通株式    11,868    4,550
   定時株主総会               3月 31日  6月 24日
  (2)基準日が当事業年度に属する配当のうち、配当の効力発生日が翌事業年度となるもの

    2020 年6月 23日開催の定時株主総会の議案として、普通株式の配当に関する事項を次のとおり
   提案しております。
   ① 剰余金の配当の総額      10,564 百万円
   ② 配当の原資       利益剰余金
   ③ 1株当たり配当額       4,050 円
   ④ 基準日      2020 年3月 31日
   ⑤ 効力発生日      2020 年6月 24日
  (金融商品関係)

  1.金融商品の状況に関する事項

  (1)金融商品に対する取組方針
   当社は、投資運用業及び投資助言・代理業などの資産運用に関する事業を行っております。資金
   運用については安全性の高い金融商品に限定しております。
  (2)金融商品の内容及びそのリスク

   証券投資信託に係る運用報酬の未決済額である未収委託者報酬は、運用するファンドの財産が信
   託されており、「投資信託及び投資法人に関する法律」、その他関係法令等により一定の制限が設
   けられているためリスクは極めて軽微であります。有価証券及び投資有価証券は、証券投資信託、
            38/57

                     EDINET提出書類
                 大和アセットマネジメント株式会社(E06748)
                 訂正有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
   株式であります。証券投資信託は事業推進目的で保有しており、価格変動リスク及び為替変動リス
   クに晒されております。株式は上場株式、非上場株式、子会社株式並びに関連会社株式を保有して
   おり、上場株式は価格変動リスク及び発行体の信用リスクに、非上場株式、子会社株式及び関連会
   社株式は発行体の信用リスクに晒されております。
   未払手数料は証券投資信託の販売に係る代行手数料の未払額であります。その他未払金は主に連
   結納税の親会社へ支払う法人税の未払額であります。未払費用は主にファンド運用に関係する業務
   を委託したこと等により発生する費用の未払額であります。これらは、そのほとんどが                 1年以内の
   支払期日であります。
  (3)  金融商品に係るリスク管理体制

   ①市場リスクの管理
   (ⅰ)為替変動リスクの管理
    当社は、財務リスク管理規程に従い、個別の案件ごとに為替変動リスク管理の検討を行って
    おります。
   (ⅱ)価格変動リスクの管理
    当社は、財務リスク管理規程に従い、個別の案件ごとに価格変動リスク管理の検討を行って
    おり、定期的に時価や発行体の財務状況等を把握しリスクマネジメント会議において報告を
    行っております。
   ②信用リスクの管理
   発行体の信用リスクは財務リスク管理規程に従い、定期的に財務状況等を把握しリスクマネジメ
   ント会議において報告を行っております。
  2.金融商品の時価等に関する事項

  貸借対照表計上額、時価及びこれらの差額については、次のとおりであります。なお、時価を把握す
  ることが極めて困難と認められるものは、次表には含めておりません(              (注2)  参照のこと)。
  前事業年度(   2019 年3月 31日)

                  (単位:百万円)
           貸借対照表  計上額    (*1)  時価 (*1)  差額

               28,489   28,489

  (1)現金・預金                   -
               11,468
                  11,468
  (2)未収委託者報酬                   -
  (3)有価証券及び投資有価証券
               8,380   8,380
     その他有価証券                  -
               48,338   48,338
  資産計                   -
  (1)未払手数料            (4,610)   (4,610)    -
  (2)その他未払金            (3,882)   (3,882)    -
  (3)未払費用(    *2)        (2,805)   (2,805)    -
  負債計            (11,298)   (11,298)    -
  (*1)負債に計上されているものについては、        ( )で示しております。
  (*2)未払費用のうち金融商品で時価開示の対象となるものを表示しております。
  当事業年度(   2020 年3月 31日)

                  (単位:百万円)
            39/57


                     EDINET提出書類
                 大和アセットマネジメント株式会社(E06748)
                 訂正有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
           貸借対照表  計上額    (*1)  時価 (*1)  差額

               2,741   2,741

  (1)現金・預金                   -
               10,847   10,847
  (2)未収委託者報酬                   -
  (3)有価証券及び投資有価証券
               21,900   21,900
     有価証券                  -
               8,754   8,754
     その他有価証券                  -
               44,243   44,243
  資産計                   -
  (1)未払手数料            (3,988)   (3,988)    -
  (2)その他未払金            (3,530)   (3,530)    -
  (3)未払費用(    *2)        (2,889)   (2,889)    -
  負債計            (10,408)   (10,408)    -
  (*1)負債に計上されているものについては、        ( )で示しております。
  (*2)未払費用のうち金融商品で時価開示の対象となるものを表示しております。
  (注1)金融商品の時価の算定方法

  資 産

  (1)現金・預金、並びに(2)未収委託者報酬
    これらは短期間で決済されるため、時価は帳簿価額とほぼ等しいことから、当該帳簿価額によっ
   ております。
  (3)有価証券及び投資有価証券
    これらの時価について、株式は取引所の価格によっております。また、証券投資信託について
   は、基準価額によっております。また、保有目的ごとの有価証券に関する事項については、注記事
   項(有価証券関係)    をご参照下さい。
  負 債
  (1)未払手数料、(2)その他未払金、並びに(3)未払費用
    これらは短期間で決済されるため、時価は帳簿価額にほぼ等しいことから、当該帳簿価額によっ
   ております。
  (注2)時価を把握することが極めて困難と認められる金融商品       

                   (単位:百万円)
            前事業年度      当事業年度
      区分
           (2019 年3月 31日)   (2020 年3月 31日)
   (1)その他有価証券
    非上場株式           666      666
   (2)子会社株式及び関連会社株式
    非上場株式          1,836      3,972
   (3)長期差入保証金            1,070      1,069
  これらは、市場価格がなく、かつ将来キャッシュ・フローを見積ることなどができず、時価を把握す
  ることが極めて困難と認められるものであるため、時価開示の対象としておりません。
  (注3)金銭債権及び満期がある有価証券の決算日後の償還予定額

  前事業年度(   2019 年3月 31日)

            40/57

                     EDINET提出書類
                 大和アセットマネジメント株式会社(E06748)
                 訂正有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
                   (単位:百万円)
               1年超   5年超
            1年以内         10年超
              5年以内   10年以内
   現金・預金          28,489    -   -   -
   未収委託者報酬          11,468    -   -   -
   有価証券及び投資有価証券
    その他有価証券のうち満期があるもの          554  4,284   2,227   1,227
    合計          40,512   4,284   2,227   1,227
  当事業年度(   2020 年3月 31日)

                   (単位:百万円)
               1年超   5年超
            1年以内         10年超
              5年以内   10年以内
   現金・預金          2,741    -   -   -
   未収委託者報酬          10,847    -   -   -
   有価証券及び投資有価証券
    有価証券          21,900    -   -   -
    その他有価証券のうち満期があるもの          267  3,463   1,184    -
    合計          35,756   3,463   1,184    -
  (有価証券関係) 

  1.子会社株式及び関連会社株式

  前事業年度(   2019 年3月 31日)

  子会社株式(貸借対照表計上額        1,836 百万円)は、市場価格がなく、時価を把握することが極めて
  困難と認められることから、記載しておりません。
  当事業年度(   2020 年3月 31日)

  子会社株式(貸借対照表計上額        1,944 百万円)及び関連会社株式(貸借対照表計上額           2,027 百万
  円)は、市場価格がなく、時価を把握することが極めて困難と認められることから、記載しておりませ
  ん。
  2.その他有価証券


  前事業年度(   2019 年3月 31日)

         貸借対照表計上額     取得原価     差額
         (百万円)     (百万円)    (百万円)
   貸借対照表計上額が取得原
   価を超えるもの
   (1)株式         87     55    32
   (2)その他         4,991     4,712     278
     小計       5,079     4,767     311
   貸借対照表計上額が取得原
   価を超えないもの
            41/57

                     EDINET提出書類
                 大和アセットマネジメント株式会社(E06748)
                 訂正有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    その他       3,301     3,560    △258
     小計       3,301     3,560    △258
     合計       8,380     8,328     52
  (注)非上場株式(貸借対照表計上額         666 百万円)については、市場価格がなく、時価を把握するこ
   とが極めて困難と認められることから、上表の「その他有価証券」には含めておりません。
  当事業年度(   2020 年3月 31日)

         貸借対照表計上額     取得原価     差額
         (百万円)     (百万円)    (百万円)
   貸借対照表計上額が取得原
   価を超えるもの
   (1)株式         60     55    5
   (2)その他         3,004     2,772     232
     小計       3,064     2,827     237
   貸借対照表計上額が取得原
   価を超えないもの
    その他       27,589     28,354    △764
     小計      27,589     28,354    △764
     合計      30,654     31,181    △526
  (注)非上場株式(貸借対照表計上額         666 百万円)については、市場価格がなく、時価を把握するこ
   とが極めて困難と認められることから、上表の「その他有価証券」には含めておりません。
  3.売却したその他有価証券


  前事業年度(自     2018 年4月1日 至     2019 年3月 31日)

          売却額    売却益の合計額     売却損の合計額
     種類
         (百万円)     (百万円)     (百万円)
   (1)株式         389     86     -
   (2)その他
    証券投資信託       3,517     128     40
     合計       3,907     215     40
  当事業年度(自     2019 年4月1日 至     2020 年3月 31日)

          売却額    売却益の合計額     売却損の合計額
     種類
         (百万円)     (百万円)     (百万円)
   (1)株式          -     -    -
   (2)その他
    証券投資信託       1,492     214     1
     合計       1,492     214     1
  4.減損処理を行った有価証券

  前事業年度において、    該当事項はありません。
  当事業年度において、証券投資信託について         48百万円の減損処理を行っております。
            42/57


                     EDINET提出書類
                 大和アセットマネジメント株式会社(E06748)
                 訂正有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
  (退職給付関係)

  1.採用している退職給付制度の概要

  当社は、非積立型の確定給付制度(退職一時金制度であります)及び確定拠出制度を採用しておりま
  す。
  2.確定給付制度

  (1)退職給付債務の期首残高と期末残高の調整表

                  当事業年度
          前事業年度
                (自  2019 年4月1日
       (自  2018 年4月1日
                至  2020 年3月 31日)
       至  2019 年3月 31日)
           2,350 百万        2,389 百
  退職給付債務の期
  首残高
           円         万円
           158
                    159
   勤務費用
   退職給付の支払
           △171
                    △183
  額
           52
                    207
   その他
  退職給付債務の期
          2,389
                    2,574
  末残高
  (2)退職給付債務及び年金資産の期末残高と貸借対照表に計上された退職給付引当金の調整表



                  当事業年度

           前事業年度
                (自  2019 年4月1日
         (自  2018 年4月1日
                 至  2020 年3月 31日)
         至  2019 年3月 31日)
             2,389 百万円      2,574 百万円 
  非積立型制度の退職給付債務
  貸借対照表に計上された負債と
                   2,574
            2,389
  資産の純額
                   2,574

  退職給付引当金         2,389
  貸借対照表に計上された負債と
            2,389       2,574
  資産の純額
  (3)退職給付費用及びその内訳項目の金額

            43/57



                     EDINET提出書類
                 大和アセットマネジメント株式会社(E06748)
                 訂正有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
            前事業年度      当事業年度
          (自  2018 年4月1日    (自  2019 年4月1日
          至  2019 年3月 31日)  至  2020 年3月 31日)
  勤務費用           158 百万円     159 百万円
  その他           41      27
  確定給付制度に係る退職給付費用           199      187
  3.確定拠出制度 

  当社の確定拠出制度への要拠出額は、前事業年度          174 百万円、当事業年度    181 百万円であります。
  (税効果会計関係)

  1.繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別内訳     

                  (単位:百万円)
          前事業年度      当事業年度
         (2019 年3月 31日)   (2020 年3月 31日)
   繰延税金資産
                  788
   退職給付引当金
            731
             170     198
   システム関連費用
             182     177
   賞与引当金
             141     129
    未払事業税
             94     94
   出資金評価損
             32     47
   投資有価証券評価損
             240     399
   その他
            1,592     1,835
   繰延税金資産小計 
    評価性引当額          △164     △173
            1,428     1,661
   繰延税金資産合計
   繰延税金負債
    連結法人間取引(譲渡          △159     △159
   益)
            △85     △71
   その他有価証券評価差
   額金
            △244     △230
   繰延税金負債合計
   繰延税金資産の純額          1,183     1,431
  2.法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との間に重要な差異があるときの、当該差異の

  原因となった主要な項目別の内訳
  前事業年度(   2019 年3月 31日)

   法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との間の差異が法定実効税率の                 100
  分の5以下であるため注記を省略しております。
            44/57


                     EDINET提出書類
                 大和アセットマネジメント株式会社(E06748)
                 訂正有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
  当事業年度(   2020 年3月 31日)
   法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との間の差異が法定実効税率の                 100
  分の5以下であるため注記を省略しております。
  (セグメント情報等)

  [セグメント情報]

  当社は、資産運用に関する事業の単一セグメントであるため記載を省略しております。
  [関連情報  ]

  1.サービスごとの情報
  単一のサービス区分の営業収益が損益計算書の営業収益の           90%を超えるため、記載を省略しておりま
  す。
  2.地域ごとの情報

  (1)営業収益
   内国籍証券投資信託又は本邦顧客からの営業収益が損益計算書の営業収益の               90%を超えるため、記
  載を省略しております。
  (2)有形固定資産

   本邦に所在している有形固定資産の金額が貸借対照表の有形固定資産の金額の               90%を超えるため、
  記載を省略しております。
  3.主要な顧客ごとの情報

  営業収益のうち、損益計算書の営業収益の        10%以上を占める相手先がないため、記載はありません。
  [報告セグメントごとの固定資産の減損損失に関する情報           ]

  前事業年度(自     2018 年4月1日 至     2019 年3月 31日)

   該当事項はありません。
  当事業年度(自     2019 年4月1日 至     2020 年3月 31日)

    該当事項はありません。
  [報告セグメントごとののれんの償却額及び未償却残高に関する情報             ]

  該当事項はありません。
  [報告セグメントごとの負ののれん発生益に関する情報           ]

  該当事項はありません。
  (関連当事者情報)

  1.関連当事者との取引

  (ア) 財務諸表提出会社の子会社
  前事業年度(自     2018 年4月1日 至     2019 年3月 31日)

            45/57


                     EDINET提出書類
                 大和アセットマネジメント株式会社(E06748)
                 訂正有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
          議決権等
       資本金又   の所有
   会社等の     事業の   関連当事者     取引金額    期末残高
  種類   所在地 は出資金   (被所有 )   取引の内容     科目
   名称     内容   との関係    (百万円)    (百万円)
       (百万円)   割合
          (%)
   Daiwa Asset
         金融商
              債務保証
          (所有 )
   Management
                      -
                 1,719  -
  子会社    Singapore   133 品取引   経営管理
          直接 100.0    (注1)
   (Singapore)
         業
   Ltd.
   Daiwa

   Portfolio
         金融商
              有償減資
          (所有 )
                 3,293  -   -
  子会社    India  1,207 品取引   経営管理
   Advisory
          直接 91.0    (注2)
         業
   (India)
   Private Ltd.
  取引条件及び取引条件の決定方針等

  (注1 )シンガポール通貨庁(    MAS )に対する当社からの保証状により、当該関連当事者の債務不履行、及
   びMAS への全ての損害等に対して保証しております。なお、債務総額は当該関連当事者の総運用資産
   額に応じて保証状にて定めるとおりに決定しております。
  (注2 )当該子会社における    株主総会決議及びインド会社法法廷の承認に基づき払戻しを受けておりま

   す。
  当事業年度(自     2019 年4月1日 至     2020 年3月 31日)

          議決権等
       資本金又   の所有
   会社等の     事業の   関連当事者     取引金額    期末残高
  種類   所在地 は出資金   (被所有 )   取引の内容     科目
   名称     内容   との関係    (百万円)    (百万円)
       (百万円)   割合
          (%)
   Daiwa Asset
         金融商
              債務保証
          (所有 )
   Management
                      -
                 1,603  -
  子会社    Singapore   133 品取引   経営管理
          直接 100.0    (注)
   (Singapore)
         業
   Ltd.
  取引条件及び取引条件の決定方針等

  (注)シンガポール通貨庁(    MAS )に対する当社からの保証状により、当該関連当事者の債務不履行、及び
   MAS への全ての損害等に対して保証しております。なお、債務総額は当該関連当事者の総運用資産額
   に応じて保証状にて定めるとおりに決定しております。
  (イ) 財務諸表提出会社と同一の親会社をもつ会社

  前事業年度(自     2018 年4月1日 至     2019 年3月 31日)

          議決権等
       資本金ま
          の所有       取引金額    期末残高
   会社等の   たは出資  事業の   関連当事者
  種類   所在地    (被所有 )   取引の内容  (百万円)   科目  (百万円)
   名称   金  内容   との関係
          割合       (注 1)   (注 1)
       (百万円)
          (%)
              証券投資信託
  同一の親       金融商   証券投資信託受
     東京都
              の代行手数料
  会社をも  大和証券㈱    100,000 品取引  - 益証券の募集販      19,975 未払手数料   3,400
     千代田区
  つ会社       業   売   (注 2)
   ㈱大和総研

              ソフトウェア
  同一の親       情報
   ビジネス・  東京都      ソフトウェアの
              の購入(注
  会社をも      3,000 サービ  -       1,052 未払費用   173
   イノベー  江東区      開発
              3)
  つ会社       ス業
   ション
  同一の親
              不動産の賃借
   大和プロパ  東京都   不動産          長期差入保
  会社をも      100  - 本社ビルの管理      1,063    1,055
              料(注 4)
   ティ ㈱ 中央区   管理業           証金
  つ会社
  取引条件及び取引条件の決定方針等

            46/57


                     EDINET提出書類
                 大和アセットマネジメント株式会社(E06748)
                 訂正有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
  (注1 )上記金額のうち、取引金額には消費税等が含まれておらず、期末残高には消費税等が含まれておりま

   す。
  (注2 )証券投資信託の代行手数料については、証券投資信託の信託約款に定める受益者が負担する信託報

   酬のうち、当社が受け取る委託者報酬から代理事務に係る手数料として代行手数料を支払います。委
   託者報酬の配分は、両者協議のうえ合理的に決定しております。
  (注3 )ソフトウェアの購入については、市場の実勢価格を勘案して、その都度交渉の上、購入価格を決定して

   おります。
  (注4 )差入保証金および賃借料については、近隣相場等を勘案し、交渉の上、決定しております。

  当事業年度(自     2019 年4月1日 至     2020 年3月 31日)

          議決権等
       資本金ま
          の所有       取引金額    期末残高
   会社等の   たは出資  事業の   関連当事者
  種類   所在地    (被所有 )   取引の内容  (百万円)   科目  (百万円)
   名称   金  内容   との関係
          割合       (注 1)   (注 1)
       (百万円)
          (%)
              証券投資信託
  同一の親       金融商   証券投資信託受
     東京都
              の代行手数料
  会社をも  大和証券㈱    100,000 品取引  - 益証券の募集販      16,953 未払手数料   2,984
     千代田区
  つ会社       業   売   (注 2)
   ㈱大和総研

              ソフトウェア
  同一の親       情報
   ビジネス・  東京都      ソフトウェアの
              の購入(注
  会社をも      3,000 サービ  -       1,031 未払費用   224
   イノベー  江東区      開発
              3)
  つ会社       ス業
   ション
  同一の親
              不動産の賃借
   大和プロパ  東京都   不動産          長期差入保
  会社をも      100  - 本社ビルの管理      1,061    1,054
              料(注 4)
   ティ ㈱ 中央区   管理業           証金
  つ会社
  取引条件及び取引条件の決定方針等

  (注1 )上記金額のうち、取引金額には消費税等が含まれておらず、期末残高には消費税等が含まれておりま

   す。
  (注2 )証券投資信託の代行手数料については、証券投資信託の信託約款に定める受益者が負担する信託報

   酬のうち、当社が受け取る委託者報酬から代理事務に係る手数料として代行手数料を支払います。委
   託者報酬の配分は、両者協議のうえ合理的に決定しております。
  (注3 )ソフトウェアの購入については、市場の実勢価格を勘案して、その都度交渉の上、購入価格を決定して

   おります。
  (注4 )差入保証金および賃借料については、近隣相場等を勘案し、交渉の上、決定しております。

  2.親会社に関する注記
  株式会社大和証券グループ本社(東京証券取引所、名古屋証券取引所に上場)
  (1株当たり情報)

      前事業年度          当事業年度

     (自  2018 年4月1日        (自  2019 年4月1日
     至  2019 年3月 31日)      至  2020 年3月 31日)
  1株当たり純資産額          15,389.06  円  1株当たり純資産額          14,732.52  円
  1株当たり当期純利益         4,550.81  円  1株当たり当期純利益         4,050.66  円
   (注1 )潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、潜在株式が存在しないため記載してお
    りません。
   (注2 )1株当たり当期純利益金額の算定上の基礎は、以下の通りであります。
            47/57


                     EDINET提出書類
                 大和アセットマネジメント株式会社(E06748)
                 訂正有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
           前事業年度      当事業年度
          (自  2018 年4月1日    (自  2019 年4月1日
          至  2019 年3月 31日)   至  2020 年3月 31日)
  当期純利益(百万円)           11,870      10,566
  普通株式の期中平均株式数(株)          2,608,525      2,608,525

  (重要な後発事象)

  該当事項はありません。

            48/57

















                     EDINET提出書類
                 大和アセットマネジメント株式会社(E06748)
                 訂正有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
         4 【利害関係人との取引制限】

    原有価証券届出書の「第三部       委託会社等の情報     第1  委託会社等の概況     4 利害関係人との取引

  制限および5   その他」を次の内容に訂正・更新します。
  <訂正後>

   委託会社は、「金融商品取引法」の定めるところにより、利害関係人との取引について、次に掲げる行

  為が禁止されています。
  ① 自己又はその取締役若しくは執行役との間における取引を行なうことを内容とした運用を行なうこと

  (投資者の保護に欠け、若しくは取引の公正を害し、又は金融商品取引業の信用を失墜させるおそれが
  ないものとして内閣府令で定めるものを除きます。)。
  ② 運用財産相互間において取引を行なうことを内容とした運用を行なうこと(投資者の保護に欠け、若

  しくは取引の公正を害し、又は金融商品取引業の信用を失墜させるおそれがないものとして内閣府令で
  定めるものを除きます。)。
  ③ 通常の取引の条件と異なる条件であって取引の公正を害するおそれのある条件で、委託会社の親法人

  等(委託会社の総株主等の議決権の過半数を保有していることその他の当該金融商品取引業者と密接な
  関係を有する法人その他の団体として政令で定める要件に該当する者をいいます。以下④⑤において同
  じ。)又は子法人等(委託会社が総株主等の議決権の過半数を保有していることその他の当該金融商品
  取引業者と密接な関係を有する法人その他の団体として政令で定める要件に該当する者をいいます。以
  下同じ。)と有価証券の売買その他の取引又は店頭デリバティブ取引を行なうこと。
  ④ 委託会社の親法人等又は子法人等の利益を図るため、その行なう投資運用業に関して運用の方針、運

  用財産の額若しくは市場の状況に照らして不必要な取引を行なうことを内容とした運用を行なうこと。
  ⑤ 上記③④に掲げるもののほか、委託会社の親法人等又は子法人等が関与する行為であって、投資者の

  保護に欠け、若しくは取引の公正を害し、又は金融商品取引業の信用を失墜させるおそれのあるものと
  して内閣府令で定める行為。
          5 【その他】

  a. 定款の変更、事業譲渡または事業譲受、出資の状況その他の重要事項

  ① 2020年2月17日付で、Daiwa     Capital  Management  Silicon  Valley  Inc.への出資を行い、当該会社を

  子会社といたしました。
  ② 2020年4月1日付で、定款について次の変更をいたしました。

   ・ 商号の変更(大和アセットマネジメント株式会社に変更)

  b. 訴訟事件その他委託会社に重要な影響を及ぼすことが予想される事実

   訴訟事件その他委託会社に重要な影響を及ぼすことが予想される事実はありません。

            49/57



                     EDINET提出書類
                 大和アセットマネジメント株式会社(E06748)
                 訂正有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
        第2 【その他の関係法人の概況】

  ※ 原有価証券届出書の「第三部 委託会社等の情報 第2 その他の関係法人の概況」の記載事項のう

  ち以下に記載した箇所を、<訂正前>の内容から<訂正後>の内容に訂正致します。
  ※下線部が訂正部分です

  <訂正前>

        1 【名称、資本金の額及び事業の内容】

           <略>

  (2) 販売会社

     ① 名称     ② 資本金の額      ③ 事業の内容

         単位:百万円
         (2019月年3月
          末日現在)
  大和証券株式会社          100,000
             金融商品取引法に定める
  OKB証券株式会社         1,500
             第一種金融商品取引業を営んでいます。
  ちばぎん証券株式会社         4,374
  リテラ・クレア証券株式会社         3,794
  株式会社愛媛銀行          21,363
             銀行法に基づき
  株式会社関西みらい銀行         (※)38,900
             銀行業を営んでいます。
  株式会社富山銀行         6,730
  三井住友信託銀行株式会社         342,037  (注)
  (※)資本金の額は、2019年4月1日現在のものです。

  (注)銀行法に基づき銀行業を営むとともに、金融機関の信託業務の兼営等に関する法律に基づき信託業

  務を営んでいます。
           <略>

  <訂正後>

        1 【名称、資本金の額及び事業の内容】

           <略>

  (2) 販売会社

     ① 名称     ② 資本金の額      ③ 事業の内容

         単位:百万円
         (2019月年3月
          末日現在)
  大和証券株式会社          100,000
            50/57


                     EDINET提出書類
                 大和アセットマネジメント株式会社(E06748)
                 訂正有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
             金融商品取引法に定める
  OKB証券株式会社         1,500
             第一種金融商品取引業を営んでいます。
  ちばぎん証券株式会社         4,374
  リテラ・クレア証券株式会社         3,794
  株式会社愛媛銀行          21,363
             銀行法に基づき
  株式会社関西みらい銀行         (※)38,900
             銀行業を営んでいます。
  株式会社富山銀行         6,730
  株式会社みなと銀行         27,484
  三井住友信託銀行株式会社         342,037  (注)
  (※)資本金の額は、2019年4月1日現在のものです。

  (注)銀行法に基づき銀行業を営むとともに、金融機関の信託業務の兼営等に関する法律に基づき信託業

  務を営んでいます。
           <略>

            51/57















                     EDINET提出書類
                 大和アセットマネジメント株式会社(E06748)
                 訂正有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
  第3 【その他】

  <訂正前>

  (1) 目論見書の表紙から本文の前までの記載等について

           <略>

  ⑬ UD  FONT マークおよび説明文を記載することがあります。

  ⑭ 次の事項を記載することがあります。

  ・大和証券投資信託委託株式会社は、2020年4月1日付で、商号を「大和アセットマネジメント株式会

   社」に変更します。2020年4月1日以降、「大和投資信託」「大和証券投資信託委託株式会社」など
   当社名を表す記載につきましては、「大和アセットマネジメント株式会社」とお読み替え下さい。
           <略>

  <訂正後>

  (1) 目論見書の表紙から本文の前までの記載等について

           <略>

  ⑬ UD  FONT マークおよび説明文を記載することがあります。

           <略>

            52/57













                     EDINET提出書類
                 大和アセットマネジメント株式会社(E06748)
                 訂正有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
         独立監査人の監査報告書

                   2020年5月15日

  大和アセットマネジメント株式会社

  取締役会 御中

         有限責任  あずさ監査法人

          東京事務所
         指定有限責任社員
              公認会計士   深井 康治  印
         業務執行社員
         指定有限責任社員
              公認会計士   小林 英之  印
         業務執行社員
  監査意見

  当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づく監査証明を行うため、「ファン

  ドの経理状況」に掲げられているマンAHLスマート・レバレッジ戦略ファンドの2019年11月12日から
  2020年4月13日までの計算期間の財務諸表、すなわち、貸借対照表、損益及び剰余金計算書、注記表
  並びに附属明細表について監査を行った。
  当監査法人は、上記の財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に

  準拠して、マンAHLスマート・レバレッジ戦略ファンドの2020年4月13日現在の信託財産の状態及び同
  日をもって終了する計算期間の損益の状況を、全ての重要な点において適正に表示しているものと認
  める。
  監査意見の根拠

  当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に準拠して監査を行った。

  監査の基準における当監査法人の責任は、「財務諸表監査における監査人の責任」に記載されてい
  る。当監査法人は、我が国における職業倫理に関する規定に従って、大和アセットマネジメント株式
  会社及びファンドから独立しており、また、監査人としてのその他の倫理上の責任を果たしている。
  当監査法人は、意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手したと判断している。
  財務諸表に対する経営者の責任

  経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して財務諸表

  を作成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない財務諸表
  を作成し適正に表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれ
  る。
  財務諸表を作成するに当たり、経営者は、継続企業の前提に基づき財務諸表を作成することが適切

  であるかどうかを評価し、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に基づいて継
  続企業に関する事項を開示する必要がある場合には当該事項を開示する責任がある。
  財務諸表監査における監査人の責任

  監査人の責任は、監査人が実施した監査に基づいて、全体としての財務諸表に不正又は誤謬による

  重要な虚偽表示がないかどうかについて合理的な保証を得て、監査報告書において独立の立場から財
            53/57


                     EDINET提出書類
                 大和アセットマネジメント株式会社(E06748)
                 訂正有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
  務諸表に対する意見を表明することにある。虚偽表示は、不正又は誤謬により発生する可能性があ
  り、個別に又は集計すると、財務諸表の利用者の意思決定に影響を与えると合理的に見込まれる場合
  に、 重要性があると判断される。
  監査人は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に従って、監査の過程を通じ

  て、職業的専門家としての判断を行い、職業的懐疑心を保持して以下を実施する。
  ・不正又は誤謬による重要な虚偽表示リスクを識別し、評価する。また、重要な虚偽表示リスクに対

  応した監査手続を立案し、実施する。監査手続の選択及び適用は監査人の判断による。さらに、意
  見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手する。
  ・財務諸表監査の目的は、内部統制の有効性について意見表明するためのものではないが、監査人

  は、リスク評価の実施に際して、状況に応じた適切な監査手続を立案するために、監査に関連する
  内部統制を検討する。
  ・経営者が採用した会計方針及びその適用方法の適切性、並びに経営者によって行われた会計上の見

  積りの合理性及び関連する注記事項の妥当性を評価する。
  ・経営者が継続企業を前提として財務諸表を作成することが適切であるかどうか、また、入手した監

  査証拠に基づき、継続企業の前提に重要な疑義を生じさせるような事象又は状況に関して重要な不
  確実性が認められるかどうか結論付ける。継続企業の前提に関する重要な不確実性が認められる場
  合は、監査報告書において財務諸表の注記事項に注意を喚起すること、又は重要な不確実性に関す
  る財務諸表の注記事項が適切でない場合は、財務諸表に対して除外事項付意見を表明することが求
  められている。監査人の結論は、監査報告書日までに入手した監査証拠に基づいているが、将来の
  事象や状況により、ファンドは継続企業として存続できなくなる可能性がある。
  ・財務諸表の表示及び注記事項が、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準

  拠しているかどうかとともに、関連する注記事項を含めた財務諸表の表示、構成及び内容、並びに
  財務諸表が基礎となる取引や会計事象を適正に表示しているかどうかを評価する。
  監査人は、経営者に対して、計画した監査の範囲とその実施時期、監査の実施過程で識別した内部

  統制の重要な不備を含む監査上の重要な発見事項、及び監査の基準で求められているその他の事項に
  ついて報告を行う。
  利害関係

  大和アセットマネジメント株式会社及びファンドと当監査法人又は業務執行社員との間には、公認

  会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                     以 上

  (注)1. 上記は監査報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社が別途保管しております。

  (注)2. XBRLデータは監査の対象には含まれていません。

  委託会社の監査報告書(当期)へ

            54/57




                     EDINET提出書類
                 大和アセットマネジメント株式会社(E06748)
                 訂正有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
         独立監査人の監査報告書

                   2020年5月22日

  大和アセットマネジメント株式会社

  取締役会 御中

         有限責任  あずさ監査法人

          指定有限責任社員
              公認会計士    小倉 加奈子 印
           業務執行社員
          指定有限責任社員
              公認会計士    間瀬 友未  印
           業務執行社員
          指定有限責任社員
              公認会計士    深井 康治  印
           業務執行社員
  監査意見

  当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づく監査証明を行うため、「委託会

  社等の経理状況」に掲げられている大和アセットマネジメント株式会社(旧社名                 大和証券投資信託
  委託株式会社)の2019年4月1日から2020年3月31日までの第61期事業年度の財務諸表、すなわち、
  貸借対照表、損益計算書、株主資本等変動計算書、重要な会計方針及びその他の注記について監査を
  行った。
  当監査法人は、上記の財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に

  準拠して、大和アセットマネジメント株式会社(旧社名            大和証券投資信託委託株式会社)の2020年
  3月31日現在の財政状態及び同日をもって終了する事業年度の経営成績を全ての重要な点において適
  正に表示しているものと認める。
  監査意見の根拠

  当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に準拠して監査を行った。

  監査の基準における当監査法人の責任は、「財務諸表監査における監査人の責任」に記載されてい
  る。当監査法人は、我が国における職業倫理に関する規定に従って、会社から独立しており、また、
  監査人としてのその他の倫理上の責任を果たしている。当監査法人は、意見表明の基礎となる十分か
  つ適切な監査証拠を入手したと判断している。
  財務諸表に対する経営者並びに監査役及び監査役会の責任

  経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して財務諸表

  を作成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない財務諸表
  を作成し適正に表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれ
  る。
  財務諸表を作成するに当たり、経営者は、継続企業の前提に基づき財務諸表を作成することが適切

  であるかどうかを評価し、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に基づいて継
  続企業に関する事項を開示する必要がある場合には当該事項を開示する責任がある。
  監査役及び監査役会の責任は、財務報告プロセスの整備及び運用における取締役の職務の執行を監

  視することにある。
  財務諸表監査における監査人の責任

            55/57


                     EDINET提出書類
                 大和アセットマネジメント株式会社(E06748)
                 訂正有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
  監査人の責任は、監査人が実施した監査に基づいて、全体としての財務諸表に不正又は誤謬による
  重要な虚偽表示がないかどうかについて合理的な保証を得て、監査報告書において独立の立場から財
  務諸表に対する意見を表明することにある。虚偽表示は、不正又は誤謬により発生する可能性があ
  り、 個別に又は集計すると、財務諸表の利用者の意思決定に影響を与えると合理的に見込まれる場合
  に、重要性があると判断される。
  監査人は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に従って、監査の過程を通じ

  て、職業的専門家としての判断を行い、職業的懐疑心を保持して以下を実施する。
  ・不正又は誤謬による重要な虚偽表示リスクを識別し、評価する。また、重要な虚偽表示リスクに対

  応した監査手続を立案し、実施する。監査手続の選択及び適用は監査人の判断による。さらに、
  意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手する。
  ・財務諸表監査の目的は、内部統制の有効性について意見表明するためのものではないが、監査人

  は、リスク評価の実施に際して、状況に応じた適切な監査手続を立案するために、監査に関連す
  る内部統制を検討する。
  ・経営者が採用した会計方針及びその適用方法の適切性、並びに経営者によって行われた会計上の見

  積りの合理性及び関連する注記事項の妥当性を評価する。
  ・経営者が継続企業を前提として財務諸表を作成することが適切であるかどうか、また、入手した監

  査証拠に基づき、継続企業の前提に重要な疑義を生じさせるような事象又は状況に関して重要な
  不確実性が認められるかどうか結論付ける。継続企業の前提に関する重要な不確実性が認められ
  る場合は、監査報告書において財務諸表の注記事項に注意を喚起すること、又は重要な不確実性
  に関する財務諸表の注記事項が適切でない場合は、財務諸表に対して除外事項付意見を表明する
  ことが求められている。監査人の結論は、監査報告書日までに入手した監査証拠に基づいている
  が、将来の事象や状況により、企業は継続企業として存続できなくなる可能性がある。
  ・財務諸表の表示及び注記事項が、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準

  拠しているかどうかとともに、関連する注記事項を含めた財務諸表の表示、構成及び内容、並び
  に財務諸表が基礎となる取引や会計事象を適正に表示しているかどうかを評価する。
  監査人は、監査役及び監査役会に対して、計画した監査の範囲とその実施時期、監査の実施過程で

  識別した内部統制の重要な不備を含む監査上の重要な発見事項、及び監査の基準で求められているそ
  の他の事項について報告を行う。
  利害関係

  会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係は

  ない。
                     以 上

            56/57






                     EDINET提出書類
                 大和アセットマネジメント株式会社(E06748)
                 訂正有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
  (注)1. 上記は監査報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社が別途保管しております。

  (注)2. XBRLデータは監査の対象には含まれていません。

            57/57



















PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

書類提出日で検索

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2022年4月25日

社名の変更履歴が表示されるようになりました

2020年12月21日

新規上場の通知機能を追加しました。Myページにて通知の設定が行えます。

2020年9月22日

企業・投資家の個別ページに掲載情報を追加しました。また、併せて細かい改修を行いました。

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。