ファイザー・インク 有価証券報告書

有価証券報告書

提出日:

提出者:ファイザー・インク

カテゴリ:有価証券報告書

PDFビューワー表示

                                                           EDINET提出書類
                                                      ファイザー・インク(E05856)
                                                            有価証券報告書
     【表紙】

     【提出書類】                   有価証券報告書

     【根拠条文】                   金融商品取引法第24条第1項

     【提出先】                   関東財務局長

     【提出日】                   令和2年6月30日

     【事業年度】                   自 2019年1月1日 至 2019年12月31日

     【会社名】                   ファイザー・インク

                       (Pfizer     Inc.)
     【代表者の役職氏名】                   上席副社長兼秘書役、チーフ・ガバナンス・カウンセル

                       マーガレット・M.マデン
                       ( Margaret     M.  Madden   , Senior    Vice   President      and  Corporate
                       Secretary     , Chief   Governance      Counsel    )
     【本店の所在の場所】                   アメリカ合衆国10017-5755              ニューヨーク州

                       ニューヨーク、イースト42番ストリート                     235
                       (235   East   42nd   Street,     New  York,   NY  10017-5755,       U.S.A.)
     【代理人の氏名又は名称】                   弁護士  松 添 聖 史

     【代理人の住所又は所在地】                   東京都港区六本木一丁目9番10号 

                       アークヒルズ仙石山森タワー28階
                       ベーカー&マッケンジー法律事務所(外国法共同事業)
     【電話番号】                   (03)6271-9900

     【事務連絡者氏名】                   弁護士  渡 邊 大 貴

     【連絡場所】                   東京都港区六本木一丁目9番10号 

                       アークヒルズ仙石山森タワー28階
                       ベーカー&マッケンジー法律事務所(外国法共同事業)
     【電話番号】                   (03)6271-9900

     【縦覧に供する場所】                   なし

                                   1/473






                                                           EDINET提出書類
                                                      ファイザー・インク(E05856)
                                                            有価証券報告書
     注(1)   本書において、文脈上別段の指示がある場合を除き、「当社」、「ファイザー」、又は「ファイザー社」と
        は、文脈に応じてファイザー・インク又はファイザー・インク及びその子会社を指す。また、本書におい
        て、以下に説明又は定義する用語も使用される。
        ACA  (「米国医療保険

                  患者保護及び医療費負担適正化法(医療及び教育費負担適正調整法により修正済)
        法」ともいう。)
        ACIP          予防接種の実施に関する諮問委員会
        調整後希薄化後EPS          非GAAP調整後希薄化後1株当たり利益
        Akcea   社       アクセア・セラピューティクス・インク(Akcea                       Therapeutics,       Inc.)
        ALK          未分化リンパ腫キナーゼ
        提携による収益          他社又は当社が創薬又は開発した製品を当社が共同販促活動する提携契約による収益
        アロジーン社          アロジーン・セラピューティック・インク(Allogene                         Therapeutics,       Inc.)
        アナコール社          アナコール・ファーマシューティカルズ・インク(Anacor                           Pharmaceuticals,         Inc.)
        アレイ社          アレイ・バイオファーマ・インク(Array                    BioPharma     Inc.)
        アステラス          アステラス・ファーマ・インク(Astellas                    Pharma    Inc.)、アステラス          US  LLC
                  (Astellas      US  LLC  )及びアステラス・ファーマ              US・インク(Astellas           Pharma    US,
                  Inc.)
        ベイン・キャピタル          ベイン・キャピタル・プライベート・エクイティ及びベイン・キャピタル・ライフ・サ
                  イエンシス
        バイオファーマ          ファイザー・バイオファーマスーティカルズ・グループ(Pfizer                              Biopharmaceuticals
                  Group)
        BMS          ブリストル-マイヤーズ スクイブ・カンパニー(Bristol-Myers                              Squibb    Company)
        BRCA          乳がん感受性遺伝子
        CAR  T        キメラ抗原受容体(CAR)T細胞
        CD&A          本書中の報酬に関する説明及び分析
        CDC          米国疾病予防管理センター
        セレヴェル社          セレヴェル・セラピューティックスLLC(Cerevel                       Therapeutics,       LLC)
        適正製造規範          現行の適正製造規範
        (cGMPs)
        CHMP          欧州医薬品庁ヒト用医薬品委員会
        CML          慢性骨髄性白血病
        COVID-19    又はコロナ
                  2019  年新型コロナウイルス疾患
        ウィルス
        DCP          ファイザー・インク繰延報酬制度
        DEA          米国麻薬取締局
        先進国市場          米国、西ヨーロッパ、日本、カナダ、韓国、オーストラリア、北欧諸国、フィンランド
                  及びニュージーランド
        DRG  医薬品インデッ        ニューヨーク証券取引所アーカ(Arca)医薬品インデックス。株式公開医薬品会社のイ
        クス、又はDRGイン          ンデックス
        デックス
        EC          欧州委員会
        EGFR          上皮(細胞)成長因子受容体
        ELT          エグゼクティブ・リーダーシップ・チーム。CEO                      及び  その他業務執行役員
        EMA          欧州医薬品庁
        新興市場          以下の市場を含むが、限定されない:アジア(日本及び韓国を除く)、ラテンアメリ
                  カ、東欧、アフリカ、中東、中欧及びトルコ
        EPS          1 株当たり利益
        ERM          全社リスク管理、統合リスク管理
        ESG          環境、社会及びガバナンス要因
        EU          欧州連合
        証券取引法          1934  年証券取引法(その後の改正を含む)
        FCPA          海外腐敗行為防止法
        FDA          米国食品医薬品局
        FFDCA          連邦食品・医薬品・化粧品法
        GAAP          米国で一般に公正妥当と認められている会計原則
        GBP  、英ポンド        英国ポンド
                                   2/473




                                                           EDINET提出書類
                                                      ファイザー・インク(E05856)
                                                            有価証券報告書
        GPD          グローバル・プロダクト・ディベロップメント・オーガナイゼーション(グローバル製
                  品開発組織)
        GPP          グローバル・パフォーマンス・プラン。SCT(要約報酬表)において「非株式インセン
                  ティブ制度報酬」として報告される、年次インセンティブ報奨プログラム(賞与)
        GRK  、ドラクマ        ギリシャ・ドラクマ
        GSK          グラクソ・スミスクライン(GlaxoSmithKline                      plc)
        HER2-          ヒト上皮成長因子受容体2型陰性
        hGH-CTP          ヒト成長ホルモン
        HIS          ホスピーラ輸液システム
        ホスピーラ          ホスピーラ社(Hospira,            Inc.)
        HR+          ホルモン受容体陽性
        IBT          税引前利益
        ICU  メディカル        ICU  メディカル     ・インク(ICU       Medical,     Inc.)
        Ionis   社       アイオニス・ファーマシューティカルズ・インク(Ionis                           Pharmaceuticals,         Inc.)
        IPR&D          仕掛研究開発活動
        IRC  (内国歳入法)        1986  年内国歳入法(改正済)
        IRS          米国内国歳入庁
        IV          静脈、点滴
        J&J          ジョンソン&ジョンソン(Johnson                 & Johnson)
        JV          合弁会社、合弁事業
        キング社          キング・ファーマシューティカルズLLC(旧:キング・ファーマシューティカルズ・イ
                  ンク)(King       Pharmaceuticals        LLC)
        LIBOR          ロンドン銀行間取引金利
        リリー社          イーライリリー・アンド・カンパニー(Eli                     Lilly   and  Company)
        LOE          独占権の喪失
        LTI          長期インセンティブ
        MCC          メルケル細胞がん
        MCO          管理医療組織
        mCRC          (切除不可能な)遠隔転移を有する大腸がん
        メディベーション          メディベーション・インク(Medivation,                    Inc.)
        メルク社          メルク・アンド・カンパニー・インク(Merck                      & Co.,   Inc.)
        メリディアン          メリディアン・メディカル・テクノロジーズ・インク(Meridian                              Medical
                  Technologies,       Inc.)
        ムーディーズ          ムーディーズ・インベスターズ・サービス
        マイラン社          マイランN.V.(Mylan          N.V.)
        指名業務執行役員、          最高経営責任者(CEO)及び最高財務責任者(CFO)、並びに2019年度に最も報酬が高い
        NEO          3名の執行役員
        NDA          新薬承認申請
        NI          非GAAP調整後純利益(「調整後純利益」ともいう。)
        NMPA          中国国家医薬品管理総局
        NSCLC          非小細胞肺がん
        NYSE          ニューヨーク証券取引所
        OI          非GAAP調整後営業利益
        OPKO  社        OPKO   Health,    Inc.
        OTC          一般医薬品
        PARP          ポリADP-リボースポリメラーゼ
        PBM          薬剤給付管理会社
        PCPP          ファイザー統合年金制度。適格確定給付年金制度、2011年1月1月以降新規加入者を受け
                  付けておらず、2017年12月31日現在凍結されている。
        PGS          ファイザー・グローバル・サプライ
        Pharmacia          ファルマシア・コーポレーション(                 Pharmacia     Corporation      )
        PMDA          独立行政法人医薬品医療機器総合機構
        PPA          年金制度の仮定
        PPS          ポートフォリオ業績株式
        PRAP  サブ制度        ファイザー退職年金制度。PCPPのサブ制度
                                   3/473




                                                           EDINET提出書類
                                                      ファイザー・インク(E05856)
                                                            有価証券報告書
        PsA          乾癬性関節炎
        PSA          業績株式報奨。営業上の基準及び相対的TSR業績に基づく、業績に対する長期インセン
                  ティブ報奨
        PSP          ファイザー貯蓄制度。401(k)の機能を含む、適格確定拠出制度
        PSSP          ファイザー貯蓄補助制度。適格制度の限度額を超過した金額に対して、PSPと同様の給
                  付を提供する非適格貯蓄制度
        PTSRUs          業績による株主投資収益ユニット。                 追加の業績機能を持つTSRU
        PTUs          プロフィット・ユニット
        QCE          中国における品質一致性評価
        RA          関節リウマチ
        R&D          研究開発活動
        RCC          腎細胞がん
        RPI  社        RPI  ファイナンス・トラスト
        RSC          退職貯蓄拠出金。2018年より前にPRAPに加入していない従業員並びに2018年以降のPSP
                  及びPSSPの全ての加入者に対する、PSP及びPSSP(適用ある場合)への雇用主による年
                  次退職拠出(年齢及び勤務に基づく)
        RSU          制限株式ユニット。長期インセンティブ報奨
        SCT          要約報酬表。直近年度及びそれ以前2年間の指名業務執行役員(NEO)の報酬(SECの規
                  則により定義される)を示すSECが求める表
        SEC          米国証券取引委員会
        SFJ  社        SFJ  ファーマシューティカル(SFJ              Pharmaceuticals)
                  販売、IT関連及び一般管理
        SI&A
        S&P          スタンダード&プアーズ(Standard                 and  Poor’s)
        減税及び雇用法、          「2017年米国税制改革法」と通常呼ばれている法律
        2017年米国税制改革
        法又はTCJA
        TDC          直接報酬総額
        Teva  社        Teva   Pharmaceuticals        USA,   Inc.
        Therachon     社     テラション・ホールディングAG(Therachon                     Holding    AG)
        TSR          株主総利回り
        TSRU          株主投資収益ユニット。絶対的TSRに関連づけられる長期インセンティブ報奨
        UC          潰瘍性結腸炎
        英国(U.K.)          連合王国
        米国(U.S.)          アメリカ合衆国
        ドル、USD          アメリカ合衆国ドル
        VAI          自主的措置指示
        VBP          中国における量に基づく調達
        ViiV  社        ViiV  ヘルスケア・リミテッド(ViiV               Healthcare      Limited)
        WRDM          ワールドワイド・リサーチ・ディベロップメント・アンド・メディカル
        ワイスSESP          ワイス従業員貯蓄補助制度
     注(2)   別段の記載がある場合を除き、本書に記載の「米ドル」及び「ドル」はアメリカ合衆国ドルを指す。本書に

        おいて便宜上記載されている日本円への換算は、1米ドル=107.53円の換算率(令和2年5月29日現在の東京
        外国為替市場における対顧客電信直物売買相場仲値)により換算されている。
     注(3)   本書中の表で計数が四捨五入されている場合、合計は計数の総和と必ずしも一致しない。パーセンテージは

        すべて、四捨五入しない数字を使用して計算されている。
                                   4/473






                                                           EDINET提出書類
                                                      ファイザー・インク(E05856)
                                                            有価証券報告書
     第一部       【企業情報】
     第1     【本国における法制等の概要】

     1   【会社制度等の概要】

     (1)   当社が属する国及び州における会社制度

      当社を規制する法体系は、アメリカ合衆国連邦法及びデラウェア州法である。アメリカ合衆国連邦法は、独占禁止、破産、

     労使関係、有価証券及び税務に関する法律を含む、会社の事業活動の広範囲にわたって影響を及ぼしている。アメリカ合衆国
     の連邦証券関係諸法の施行は、アメリカ合衆国証券取引委員会(SEC)がこれを司っているが、同法は、その数多い役割の一つ
     として、詐欺的手段による有価証券の提供及び販売を禁ずるものである。またSECは、当社を含む株式公開会社に対し、定期
     的に財務その他の        開示  をSEC及び株主に行うことを要求している。
      アメリカ合衆国においては、会社は、一般に州法に基づいて設立される。当社は、デラウェア州の法律に基づいて設立され

     たが、このデラウェア州一般会社法(以下「デラウェア会社法」という。)は会社に関する様々な法律を一つに編纂したもの
     である。以下は、デラウェア会社法並びに当社の基本定款及び付属定款の骨子である。
      (a)   基本定款及び付属定款

       デラウェア州の会社は、デラウェア州州務長官に基本定款を届け出ることによって設立される。基本定款は、最低限、会社

      の基本的事項-名称、デラウェア州における登録営業所、事業目的、授権資本株式数及び(もしある場合には)株式の種類
      又はクラスを定めなければならない。基本定款の他に、会社は、その事業、事務処理、権利及び権限、並びにその株主、取
      締役、その他役員又は従業員の権利及び権限について、基本定款の規定並びに適用される州法及び連邦法と矛盾しない種々
      の規定を内容とする付属定款を採択しなければならない。
      (b)   株式の種類

       デラウェア会社法には、会社は、その基本定款に定めるところに従って、一種又は数種の株式を発行することができる他、

      株式を発行する場合には額面株式としても無額面株式としてもこれを発行することができ、また基本定款に定める議決権株
      式としても無議決権株式としてもこれを発行することができ、さらに基本定款の規定、その修正に定めのある、あるいは基
      本定款の明示規定に従って取締役会により承認された名称、優先権、関連する権利、利益への参加権、選択的権利その他の
      特別な権利、条件、制限又は制約付きの形で発行することができると定められている。基本定款に別段の定めがない限り、
      株式はその所有株式1株につき1議決権を有する。会社は、基本定款に定められた授権枠内において株式を発行することが
      できる。デラウェア州の会社の株式の引受の対価は、取締役会が決定するが、額面株式のときに額面未満の価格とすること
      を禁じる制限がある。
                                   5/473







                                                           EDINET提出書類
                                                      ファイザー・インク(E05856)
                                                            有価証券報告書
      (c)   株主総会
       定時株主総会は、取締役の選任及びその他業務の適宜処理を目的として、会社の付属定款に定めるところに従って開催され

      る。臨時株主総会は、取締役会の決議によってこれを招集することができる他、基本定款又は付属定款に定めるところに
      従ってこれを招集することができる。会社は、取締役会の決議によって、総会の前10日以上60日以下の日を、株主総会にお
      いて議決権を行使できる株主を確定するための基準日とすることができる。その基準日に名簿に登録されている登録株主が
      議決権を行使できる。株主総会の法律上の定足数は、付属定款に別段の規定がない限り、議決権のある株式の過半数を有す
      る株主が自ら又は代理人によって出席すれば、満たされる。但し、いかなる場合でも定足数を議決権のある株式の3分の1に
      満たない株式の株主としてはならない。
      (d)   取締役会

       デラウェア会社法に基づいて設立された会社の場合には、基本定款に別段の定めある場合を除き、その事業の管理運営は取

      締役会がこれを司る。一般に取締役会には、デラウェア会社法、基本定款及び付属定款によって課されている制限の範囲内
      において、会社の事業の管理運営に関しては広範囲な裁量が認められている。取締役は、各定時株主総会において選任され
      る。取締役の死亡、辞任又は定員の増加によって欠員が生じたときは、その状況に応じて株主が定時株主総会又はその目的
      で招集された臨時総会において、又は取締役会が自ら、空席を補充すべき取締役を選任することができる。基本定款又は付
      属定款で認められている場合には、取締役はこれを2つ又は3つのグループに分割することができ、2つ以上のグループがある
      ときには、グループごとに任期をずらすことができる。取締役は、理由の有無を問わず、株主の過半数の議決によって解任
      され得る。但し、取締役がグループに分けられているときには、基本定款に別段の定めのない限り、株主は取締役を理由の
      あるときにのみ解任できる。
       取締役会は、基本定款及び付属定款の定めるところに従ってこれを招集する。基本定款又は付属定款で特に制限されていな

      い限り、取締役会に義務づけられ又は許されているすべての決定は、全取締役の書面による同意に基づきこれを有効に決議
      することができる。
      (e)   委員会

       基本定款又は付属定款に規定のあるときには、取締役会は、1人以上の取締役が構成する委員会に、一定の権限を委譲する

      ことができる。
      (f)   役 員

       デラウェア会社法に基づいて設立された会社は、付属定款又は取締役会の議決により決定された役職及び職務付きの役員を

      設置することができる。会社の日常の業務執行を担当する役員は、通常取締役会の決議によって選任される。各役員の権限
      は、付属定款に定められ、又は取締役会が認めたものとされる。
     (2)   当社の基本定款及び付属定款に規定する会社制度

      当社の会社制度は、アメリカ合衆国連邦法及びデラウェア州法によって決せられるほか、当社の基本定款及び付属定款によ

     り定められている。当社の基本定款及び付属定款の現在の概要は、次のようなものである。
                                   6/473





                                                           EDINET提出書類
                                                      ファイザー・インク(E05856)
                                                            有価証券報告書
      (a)   株 式
      (ⅰ)   発行可能株式総数

       当社の発行可能株式総数は、1株当たり額面金額0.05ドルの普通株式12,000,000,000株と、無額面優先株式27,000,000株

      からなる。
      (ⅱ)   普通株式

       普通株式1株につき1議決権が与えられる。普通株式の株主は、デラウェア会社法の規制の範囲内で、取締役会の定める

      ところに従って配当の支払いを受けることができる。
      (ⅲ)   優先株式

       デラウェア会社法及び当社の基本定款に従うことを条件として、当社は、優先株式について1以上のシリーズで発行する

      ことが許されている。取締役会は、その権限により、各シリーズに含まれるべき株数を設定し、そのシリーズに関する議決
      権、名称、優先権、関連する権利、利益参加権、選択的権利、その他の権利及びそれらの権利の条件、制限、制約について
      決定する。本書の「発行可能株式総数」を参照のこと。
      (ⅳ)   株 券

       当社の株券の形式は、取締役会がこれを承認する。

      (ⅴ)   基準日

       取締役会は、株主総会の招集及び散会の通知を受領し、当該総会において議決権を行使できる株主、配当その他分配金の

      支払い若しくは権利の付与を受けることのできる株主、又は株式の変更、転換、交換に関する権利を有する株主を決定する
      ため、若しくはその他の適法な行為をなすことをその目的として、予めある日をもって基準日と定めることができる。この
      基準日は、株主総会開催日の前60日を超えてはならず、かつ10日を下回ってはならない。また他のすべての行為について
      は、その前60日を超えてはならない。
     (b)   株主総会

      (ⅰ)   定時株主総会

       取締役の選任及びその他株主総会前に適切に提示される議事の処理を行うための株主総会は、取締役会が定めるデラウェ

      ア州内外のいずれかの場所において毎年取締役会の定める日時及び場所で開催される。
      (ⅱ)   臨時株主総会

       臨時株主総会は、取締役会会長、取締役の過半数、又は議決権が与えられている株式の10%以上の株主が、何時でもこれ

      を招集することができる。
                                   7/473





                                                           EDINET提出書類
                                                      ファイザー・インク(E05856)
                                                            有価証券報告書
      (ⅲ)   総会通知
       すべての株主総会の通知は書面により、総会の開催される場所、日時及び臨時株主総会の場合にはその招集目的を記載

      し、総会日の60日前以内かつ10日以上前に、郵便又はその他付属定款の定める方法により、当該総会日において議決権を有
      する各株主になされる。
      (ⅳ)   定足数

       法律に別段の定めのある場合を除き、当該株主総会において議決権を有する発行済株式の過半数を有する株主の、本人又

      は代理人による出席が定足数を構成する。
      (ⅴ)   議事の運営

       議長は、いかなる株主総会においても、取締役会で定めた規則に反しない範囲において、投票及び議事の運営方法をはじ

      めとする議事次第並びに手続に関し決定権を有する。
      (ⅵ)   投票

       株主総会において議決権を行使できる株主は、普通株式1株に1議決権を本人又は代理人により行使できる。転換優先株

      式については、かかる優先株式が転換可能な普通株式1株につき1議決権を行使することができる。すべての議決は、法
      令、定款又は附属定款に定めのある場合を除き、出席者の議決権の過半数によってなされる。株主は定時又は臨時株主総会
      以外の場において、いかなる法律行為をなすこともできないばかりか、書面による同意に基づく法律行為もこれを為すこと
      ができない。
      (ⅶ)   プロキシー・アクセス

       付属定款第16項は、株主が当社の議決権行使勧誘書に取締役会に選出する候補を記載する制限的な方法を定める。付属定

      款に記載の通知、適格性並びにその他の要件及び制限に従い、取締役会が定時株主総会での取締役選出に関して委任状を勧
      誘する場合、当社はかかる株主総会の議決権行使勧誘書類に、取締役会が指名した又はその指示によって指名された候補者
      に加えて、株主により指名された候補者の氏名及びその他所定の情報を掲載するものとする。
     (c)   取締役会

      (i)   員数

       当社の事業は、取締役会の指示に基づき運営される。取締役の員数は、最少10人、最大24人とするが、取締役数は、その

      時点で就任する取締役の過半数の決議により、この範囲内で変更することができる。
      (ⅱ)   任期

       各取締役は、その取締役の後任者が選任され取締役としての資格を授与されるまで、又はその取締役が辞任するまで若し

      くはその取締役が解任されるまで、その地位を保持する。
                                   8/473





                                                           EDINET提出書類
                                                      ファイザー・インク(E05856)
                                                            有価証券報告書
      (ⅲ)   欠員
       取締役に欠員が生じた場合あるいは何らかの理由で増員する場合、その時点において在任する取締役の過半数の選任によ

      り補充することができる。
      (ⅳ)   定時取締役会

       定時取締役会は、取締役会が指定した日にデラウェア州内外において開催される。各定時取締役会の通知はこれを行う必

      要はない。
      (ⅴ)   臨時取締役会

       臨時取締役会は、取締役2名の書面要請により、取締役会長、1名の取締役会副会長若しくは社長、又は秘書役がこれを開

      催する。臨時株主総会の通知は、手渡し、電話又は電信により各取締役に対してこれを発しなければならない。通知が郵便
      により発せられる場合、少なくとも当該臨時取締役会の開催日の48時間前にこれを投函しなければならない。手渡しあるい
      は電話若しくは電報の場合には、当該臨時取締役会開催24時間前までの通知が必要となる。
      (ⅵ)   定足数

       授権取締役数の三分の一が取締役会の定足数である。

       議決時に定足数に達する出席がある場合、出席している取締役の過半数の賛成投票により、議題は可決される。但し、法

      律、基本定款又は付属定款によって別段の定めがある場合にはこの限りでない。
     (d)   委員会

       取締役会は、その過半数の決議により、1名以上の取締役から構成される委員会を設置することができる。各委員会は、取

      締役会の議決又は付属定款による授権の範囲内で、デラウェア会社法の制限を受け、取締役会の有する当会社のあらゆる事
      業活動及び事務に関する管理・運営を行う権限を行使する。
     (e)   役 員

       当社の役員は、取締役会会長及び/又は社長、1名以上の副社長、コントローラー1名、財務役1名、秘書役1名である。

      これに加えて当社は、その他の役員を設けることができるが、これには取締役会により別途規定される場合を除き当社の取
      締役ではない1名以上の副会長が含まれる。付属定款の規定に従って選任された場合を除いて、役員は取締役会により選任さ
      れる。取締役会は、会社の事業遂行上必要と判断した場合には、その必要とされる役員を選任し、あるいは選任の手続につ
      いて定めることができる。これらの役員の権限及び責務については、付属定款の定めるところにより、あるいは取締役会が
      随時これを決定する。
      (i)   取締役会     長

       取締役会長は、その出席するすべての株主総会及び取締役会の議長を務める。取締役会長は、取締役会又は付属定款で随

      時定める内容のその他の権限及び責務を有する。
                                   9/473





                                                           EDINET提出書類
                                                      ファイザー・インク(E05856)
                                                            有価証券報告書
      (ⅱ)   社長
       社長は、取締役会長又は(在職している場合には)副会長が不在の場合に、取締役会の議長を務める。社長は、その他、

      取締役会が随時定める内容の権限及び責務を有する。
      (ⅲ)   副社長

       副社長は、取締役会、取締役会長、社長又は付属定款が随時定める内容の責務を有する。

      (ⅳ)   秘書役

       秘書役は、取締役、委員会及び株主のすべての集まりについて、その議事録を作成しなければならない。秘書役は、付属

      定款の規定に従い、株主総会及び取締役会の必要な通知を行う。秘書役は、その他、取締役会長、取締役会又は付属定款に
      より定められた内容の責務を有する。
      (ⅴ)   財務役

       財務役は、当社の資金及び有価証券を保管する。財務役は、当社の附属定款で定める又は取締会長、社長により割り当て

      られた職務を遂行し、取締役会で別途定める場合を除き、財務役の職務に一般的に付随する権限及び職務を有する。
      (ⅵ)   コントローラー

       コントローラーは、当社の財産及び業務上の取引につき、その適性かつ正確な記録を作成し、保管しなければならない。

      コントローラーは、その他、取締役会会長、社長、取締役会が決議又は付属定款により定められた内容の責務を遂行する。
     2   【外国為替管理制度】

      アメリカ合衆国には、非居住者による国内法人の株式の取得、並びに配当金又は清算配当の海外送金に関する外国為替管理

     上の規制は存在しない。
                                  10/473









                                                           EDINET提出書類
                                                      ファイザー・インク(E05856)
                                                            有価証券報告書
     3   【課税上の取扱い】
     (1)   アメリカ合衆国における課税上の取扱い

      以下は、当社普通株式の所有及び処分に関するアメリカ合衆国の連邦所得税の、かつ限定的に州及び地方所得税並びに遺産

     税の  留意事項    についての概要である。本項は、アメリカ合衆国の連邦所得税の目的での「資本資産」(一般的に、投資のため
     保有する財産)として株式を保有し、特別規則を適用される可能性のある所有者には属していない、日本の居住者たる株主
     (以下に定義される。)のみを対象とするものであり、当該株主は証券ディーラー、パートナーシップ(若しくはその他パス
     スルー主体)、銀行、議決権又は価値により当社の株式の10%以上を所有する若しくは所有するとみなされる個人又は従業員
     株式オプションの行使に基づき若しくはその他報酬として株式を取得した個人を含むがそれらに限定されない。本概要は、ア
     メリカ合衆国の連邦、州及び地方所得並びに遺産課税の全ての側面は対象としておらず、投資家の個人の状況に照らして関連
     する可能性のある外国又はその他の課税上の影響については扱っていない。株主は、当社の株式を特別の状況において所有及
     び処分することにより受ける米国の課税上の                     留意事項    に関して、各自が税務顧問に相談すべきである。
      パートナーシップ(又はアメリカ合衆国連邦法人税の目的でパートナーシップとして扱われる事業体を含む。)又は一定の

     外国金融機関若しくは受動的非金融外国事業体(それぞれ、一般にFATCAと呼ばれる、1986年内国歳入法(その後の改正を含
     む。)(以下「IRC」という。)第1471条から第1474条及びそれに基づき公布されたアメリカ合衆国財務省規則に記載され
     る。)が当社の普通株式を保有する場合、課税上の取扱いは以下に記載されるものと異なる可能性がある。パートナーシッ
     プ、外国金融機関又は受動的非金融外国事業体を通じて当社の普通株式を保有する場合は、各自の税務顧問に相談すべきであ
     る。
      「日本の居住者たる株主」とは、普通株式の実質所有者(パートナーシップ又はアメリカ合衆国連邦法人税の目的でパート

     ナーシップとして扱われる事業体以外)を意味し、日本の法律に基づいて、住所、居所、市民権、本店若しくは本社の所在の
     場所、設立地又は類似の性質の基準を理由として日本において課税され、アメリカ合衆国連邦所得税法の目的で以下のいずれ
     でもない者である。
      ・ アメリカ合衆国市民又は居住者である個人
      ・ アメリカ合衆国、そのいずれかの州若しくはコロンビア特別区において、又はそれらの法律に基づいて設立又は組織さ
        れた法人(又はアメリカ合衆国連邦法人税の目的で法人として扱われるその他の事業体)
      ・ 所得の源泉にかかわらずその所得がアメリカ合衆国連邦法人税の課税対象となる財産
      ・ (1)アメリカ合衆国内の裁判所の第一義的な監督に服する信託であって、1名以上の合衆国人内国歳入法に定義され
        る。)が当該信託の実質的な決定のすべてを支配する権限を有するもの、又は(2)適用ある米国財務省規則に基づいて
        合衆国人として取り扱われると有効に選択した信託
      日本の居住者たる株主が当社の株式に関して認識する所得には、所得に対する租税に関する二重課税の回避及び脱税の防止

     のための日本国政府とアメリカ合衆国政府との間の条約(以下「2003年日米租税条約」という。)の規定が適用されることが
     ある。2003年日米租税条約の有利な規定が適用されるかは、株式を保有する日本の投資家が2003年租税条約に基づいて日本の
     居住者とみなされる要件を満たしていることをアメリカ合衆国の税務当局に対し十分立証するためのアメリカ合衆国の国内法
     に基づく所定の手続きをとるか否か次第である。これらの規定の一部は、以下に詳細が記載されている。投資家は、適用ある
     所得税条約に基づいて優遇を受ける権利に関して、各自の税務顧問に相談すべきである。
                                  11/473






                                                           EDINET提出書類
                                                      ファイザー・インク(E05856)
                                                            有価証券報告書
      本要約は、すべて本書日付現在の内国歳入法及びそれに基づき公布されたアメリカ合衆国財務省規則、行政決定及び裁判所
     判決の規定に基づいている。これらの典拠が、おそらく遡及的に、異なる解釈の対象となり、又は変更される可能性があり、
     その結果、アメリカ合衆国の連邦、州及び地方所得税並びに遺産税の                                 留意事項    が以下に要約されるものと異なる可能性があ
     る。
      当社は、以下の要約で行った声明及び出された結論に関して米国内国歳入庁(以下「IRS」という。)からいかなる裁定も

     求めておらず、IRSがかかる声明及び結論に同意するという保証はできない。
      普通株式の購入を検討する株主は、アメリカ合衆国の連邦、州及び地方所得税法並びに遺産税法の各自の特定の状況への適

     用に関して、並びに外国税務管轄の法律に基づいて生じる課税上の                               留意事項    に関して、各自が税務顧問に相談すべきである。
     (a)   当社普通株式に対する配当についての所得税の源泉徴収

       当社が、当社普通株式に関する分配を行う際、当該分配は、アメリカ合衆国連邦所得税方針に基づいて決定される、当社の

      当期利益又は利益剰余金から支払われる範囲において、アメリカ合衆国連邦所得税の目的で配当金を構成する。当社の当期
      利益及び利益剰余金を超えた分配は資本の返還を構成し、当社の普通株式における株主の調整後課税基準に対して適用さ
      れ、それを減少させる(ゼロは下回らない)。残りの超過額は、当社普通株式の売却又はその他処分に係る実現益として取
      り扱われ、以下の「当社株式の売却に関する所得税」に記載のとおり取り扱われる。
       一般的に、アメリカ合衆国の連邦所得税法に基づき、当社の普通株式に関して支払われる配当金からは、かかる配当金が株

      主のアメリカ合衆国における取引又は事業と事実上関連性を有する場合を除き、30%の税率によりアメリカ合衆国の連邦所得
      税が源泉徴収される。しかしながら、2003年日米租税条約により、日本の居住者(アメリカ合衆国市民又は居住者を除く)
      又は当社の株式保有が10%未満である日本の法人が実質的に所有する配当金については、適用される源泉徴収率が10%に減
      額される。条約による減額を受けるためには、日本の居住者たる株主は、減額を受ける資格を適切に証明するIRSフォームW-
      8BEN若しくはIRSフォームW-8BEN-E(又は適宜その後継フォーム)を当社に提出しなければならない。株主が、当該株主の代
      理として行為する金融機関又はその他代理人を通じて株式を保有している場合、株主は、当該代理人に適切な書類を提供し
      なければならない。株主の代理人は、その後、直接又はその他仲介会社を通じて当社に証明を提供する必要がある。必要な
      証明を適時に提供できないが、条約による減額の資格がある株主は、払い戻しの適切な請求をIRSに適時に提出することで、
      源泉徴収された超過額の払い戻しを受けられる可能性がある。
       日本の居住者たる株主がアメリカ合衆国内に恒久的施設を有し、かかる株主の受領する配当金が当該恒久的施設に帰属する

      場合には、当該株主に対しては上記の源泉徴収税は通常免除され、当該株主が合衆国人であった場合と同一の方法で、通常
      のアメリカ合衆国連邦所得税の累進税率によるアメリカ合衆国連邦所得税が純所得額ベースで課せられる。かかる場合、当
      社は、株主が適用ある証明及び開示要件を遵守している場合、アメリカ合衆国連邦所得税を源泉徴収する必要はない。源泉
      徴収税からのこの免除を受けるために、日本の居住者たる株主は、当該免除の資格があることを適切に証明するIRSフォーム
      W-8ECIを当社に提供する必要がある。
     (b)   当社株式の売却に関する所得税

       一般的に、当社の普通株式の売却に関連して日本の居住者たる株主により実現した利益は、以下に該当しない限りアメリカ

      合衆国連邦所得税の課税対象ではない。
                                  12/473





                                                           EDINET提出書類
                                                      ファイザー・インク(E05856)
                                                            有価証券報告書
       ・株式の売却により認識された利益が合衆国内における株主の取引又はビジネスに事実上関係し、かつ当該株主のアメリカ
        合衆国における恒久的施設に帰属している場合、
       ・株主が個人の場合、かかる個人が売却が行われた年に183日を超えて、アメリカ合衆国に滞在しており、かつその他一定
        の条件を満たす場合、
       ・当社が合衆国連邦所得税の目的で「米国不動産持株会社(USRPHC)」としての地位にあることを理由として、かかる売却
        の行われる前5年間又はかかる実質株主の保有期間の短い方の期間、当社の普通株式が米国不動産持分(USRPI)に該当
        する場合。
       上記の第1番目に記載された利益を得る日本の居住者たる株主は、合衆国人であった場合と同様な方法で通常の累進による

      合衆国連邦所得税に基づき売却から得た純利益について課税される。
       上記の第2番目に記載された要件に該当する日本の居住者たる株主は、売却から得た利益について30%の均一税率で課税さ

      れる。これは、当該個人が合衆国居住者とみなされない場合であっても一定の合衆国源泉の資本損失により相殺できる可能
      性がある。ただし、日本の居住者たる株主は、適時にかかる損失に関して合衆国連邦所得税の納税申告書を提出する必要が
      ある。
       当社のUSRPHCとしての地位に関して、当社は、合衆国連邦所得税の目的で当社が現在USRPHCであるとは考えておらず、また

      USRPHCになることも考えていない。
       株主は、当社普通株式の所有及び処分に関する上記規則の適用に関して、各自の税務顧問にご相談いただきたい。

     (c)   当社株式についての配当及び譲渡所得に対する州及び地方の所得税

       上記(a)及び(b)に記載のアメリカ合衆国連邦所得税のほかに、日本の居住者たる株主がアメリカ合衆国の一つ以上の州と、

      いく通りかの形で関連性を有している場合、かかる株主は、株式の配当金又は譲渡所得に対し州及び/又は地方の所得税が
      課せられる。一般的に、2003年日米租税条約では、外国の法人又は個人に対する州又は地方の課税を禁止又は制限していな
      い。日本の株主による関連性で、州又は自治体の管轄権による課税を生じる形態には、法人の場合は、駐在所の維持又は事
      業の一部をアメリカ合衆国で実施していることであり、また個人の場合は、1年の一部をアメリカ合衆国で労働又は生活する
      ことが含まれている。
     (d)   遺産税

       現行法によれば、当社株式の実質株主である日本人が死亡した場合には、同人の所有にかかる当社株式は、合衆国連邦遺産

      税の目的でかかる株主の総遺産に含まれるアメリカ合衆国内にある財産とみなされ、アメリカ合衆国内の連邦相続税の課税
      対象となる可能性がある。ただし、「遺産、相続及び贈与に対する租税に関する二重課税の回避及び脱税の防止のための日
      本国とアメリカ合衆国との間の条約(以下「1954年日米相続税条約」という。)の条項に別段の定めがある場合を除く。
     (e)   情報報告及び予備源泉徴収

       当社は毎年、IRS及び各日本の居住者たる株主に、かかる株主に支払われた配当額及びかかる配当に関する源泉徴収税額

      を、源泉徴収が必要とされるか否かに関わらず報告する義務がある。かかる配当及び源泉徴収を報告する情報申告書の写し
      は、2013年の「国際的な税務コンプライアンスの向上及びFATCA実施の円滑化のための米国財務省と日本当局の間の相互協力
      及び理解に関する声明(以下「2013年政府間協定」という。)」に基づき、日本の税務当局が利用できる可能性がある。
                                  13/473





                                                           EDINET提出書類
                                                      ファイザー・インク(E05856)
                                                            有価証券報告書
       日本の居住者たる株主は、かかる株主に支払われる配当について予備源泉徴収の対象である。ただし、かかる株主が(偽り
      の場合は、偽証罪となることを承知の上)自身が合衆国人ではないこと、及び支払人がかかる株主が合衆国人であることを
      実際に知っている若しくは知っている理由がないことを証明する場合、又はかかる株主がその他の免除を証明する場合を除
      く。情報報告及び(状況により)予備源泉徴収は、合衆国内における、又は一部の合衆国関連の金融仲介機関を通じて行わ
      れる、当社普通株式の売却手取金に適用される。ただし、かかる株主が(偽りの場合は、偽証罪となることを承知の上)自
      身が合衆国人ではないこと、及び支払人がかかる株主が合衆国人であることを実際に知っている若しくは知っている理由が
      ないことを証明する場合、又はかかる株主がその他の免除を証明する場合を除く。株主の証明の要件は、一般的に、適切に
      作成されたIRSフォームW-8BEN、IRSフォームW-8BEN-E又はIRSフォームW-8ECI(又は適宜その後継のフォーム)を提出するこ
      とで満たされる。
       予備源泉徴収は追加的な課税ではない。予備源泉徴収規則により源泉徴収された税額は、必要な情報がIRSに適時に提出さ

      れるならば、自身の米国連邦所得税債務の還付又は控除として認められる。
       上記の説明は一般的な情報であり、税務上の助言であるとみなすべきではない。当社の普通株式を取得しようとする株主

      は、各自の税務顧問に、各自の特定の状況に関する合衆国連邦所得税法及び遺産税法の適用並びに外国税法及び条約の適用
      可能性及び効果に関して相談することを強くお勧めする。
     (2)   日本における課税上の取扱い

      日本国内の所得税法、法人税法、相続税法及びその他の関連法令の遵守を条件として、かつその限度内で、日本の個人又は

     法人は、上記(1)「アメリカ合衆国における課税上の取扱い」の(a)、(b)及び(c)に記載した個人又は法人の所得(個人の場合
     には相続財産を含む。)を対象とするアメリカ合衆国の租税については、適用される租税条約に従い、日本において納付すべ
     き租税からの外国税額控除の適用を受けることができる。
     4   【法律意見】

      当社の上席副社長兼秘書役、チーフ・ガバナンス・カウンセルであるマーガレット・M・マデンより下記の趣旨の法律意見

     書が提出されている。
      (a)   当社は、アメリカ合衆国デラウェア州法に基づく法人として適法に設立され、有効に存続している。

      (b)   同氏の知り且つ信ずる限りにおいて、本書の「第1 本国における法制等の概要(「3 課税上の取扱い―(2) 日本
         における課税上の取扱い」を除く。)」に記載されているアメリカ合衆国及びデラウェア州の法律に関する記述は正確
         である。
                                  14/473








                                                           EDINET提出書類
                                                      ファイザー・インク(E05856)
                                                            有価証券報告書
     第2     【企業の概況】
     1【主要な経営指標等の推移】

                                         ( 上段:一株当たり金額を除き百万ドル)
                                          ( 下段:一株当たり金額を除き百万円)
                        2019  年度     2018  年度      2017  年度      2016  年度      2015  年度
                          51,750        53,647        52,546        52,824        48,851
     売上高
                       (5,564,678)        (5,768,662)        (5,650,271)        (5,  680  ,165)     (5,252,948)
                          16,273        11,153        21,308        7,215        6,960
     ファイザー社に帰属する当期純利益
                       (1,749,836)        (1,199,282)        (2,291,249)         (775,829)        (748,409)
                           485        486        485        485        485
     資本金
                         (52,152)        (52,260)        (52,152)        (52,152)        (52,152)
     発行済み普通株式数(百万株)                     9,369        9,332        9,275        9,230        9,178
                          63,143        63,407        71,308        59,544        64,720
     ファイザー社株主に帰属する
     資本合計*
                       (6,789,767)        (6,818,155)        (7,667,749)        (6,402,    766  )   (6,959,342)
                          63,447        63,758        71,656        59,840        64,998
     資本の部合計*
                       (6,822,456)        (6,855,898)        (7,705,170)        (6,434,    595  )   (6,989,235)
                         167,489        159,422        171,797        171,615        167,381
     資産の部合計
                       (18,010,092)        (17,142,648)        (18,473,331)        (18,453,761)        (17,998,479)
                           2.92        1.90        3.57        1.18        1.13
     1 株当たり当期純利益‐基本的
                           (314)        (204)        (384)        (127)        (122)
                           2.87        1.87        3.52        1.17        1.11
     1 株当たり当期純利益‐希薄化後
                           (309)        (201)        (379)        ( 126  )      (119)
     株主持分比率                    38.88   %     39.99   %     41.71   %     34.87   %     38.83   %
                           1.44        1.36        1.28        1.20        1.12
     1 株当たり現金配当金
                           (155)        (146)        (138)        ( 129  )      (120)
                          12,588        15,827        16,802        16,192        14,688
     営業活動より調達した資金(純額)
                       (1,353,588)        (1,701,877)        (1,806,719)        (1,741,126)        (1,  579  ,401)
                          (3,945)        4,525       (4,740)        (7,791)        (2,  980  )
     投資活動より調達した(使用した)
     資金(純額)
                       ((424,206))         (486,573)       ((509,692))        ((837,766))        ((320,439))
                          (8,485)       (20,441)        (13,350)        (9,228)       (10,  409  )
     財務活動より調達した(使用した)
     資金(純額)
                       ((912,392))       ((2,198,021))        ((1,435,526))         ((992,287))       ((1,119,280))
                          1,305        1,139        1,342        2,595        3,641
     現金及び現金同等物
                         (140,327)        (122,477)        (144,305)        (279,040)        (391,   517  )
     従業員数                  約88,300名        約92,400名        約90,200名        約96,500名        約97,900名
     *  上表の「資本の部合計」とは、「ファイザー社株主に帰属する資本合計」と「非支配持分に帰属する資本」の合計

       である。
                                  15/473




                                                           EDINET提出書類
                                                      ファイザー・インク(E05856)
                                                            有価証券報告書
     2【沿 革】
     1849  年    チャールズ・ファイザー・アンド・カンパニーが精製化学薬品事業を開始。ファイザー初の医学的大発明

           となった飲み易く糖蜜加工された駆虫薬サントニンの製造を開始。
     1862  年    食品・化学産業に必要不可欠な酒石酸及び酒石クリームの国内初生産を他社に先駆けて開始。

     1868  年    南北戦争中連邦軍が使用した多くの医薬品を製造。戦時中の成長に合わせてマンハッタンのウォールスト

           リート地区メイデン・レイン81番地に新事務所を開設。
     1880  年    輸入レモン・ライム濃縮を使用しクエン酸の製造を開始。その後のファイザーの主要製品となると同時に

           成長の跳躍台となる。
     1882  年    合衆国の西部開拓の波に乗りイリノイ州シカゴに事務所・倉庫を開設。ファイザー初のニューヨーク州外

           への進出となる。
     1900  年    ファイザーは、ニュージャージー州に正式な基本定款を提出した。授権株式2百万ドルは、1株当たり100

           ドルの20,000株に分割された。
     1919  年    発酵によるクエン酸の大量生産に成功。これによりヨーロッパの柑橘類生産業者への依存度を軽減。

     1924  年    チャールズ・ファイザー・アンド・カンパニー創立75周年。従業員306名

     1928  年    アレクサンダー・フレミングがペニシリン黴の抗生作用を発見。ファイザーの将来に多大な影響を与える

           医学史上の大発見となる。
     1939  年    ファイザーが開発した砂糖の発酵によるクエン酸の製造により1919年では1ポンド1.25ドルだったクエン

           酸の価格が20セントにまで値下がり。発酵技術における先駆者としての地位を確立。
     1941  年    合衆国政府の要請に応え第二次大戦中の連合軍兵士の治療に必要なペニシリンの製造を拡大。ペニシリン

           の大量生産に尽力する企業のなかで唯一ファイザーが発酵技術を利用。
     1944  年    深水槽発酵によりペニシリンの大量生産に成功。世界最大の「ミラクル・ドラッグ」製造業者となる。D-

           Day(北フランス侵攻開始日)の連合軍のために輸出されたペニシリンの大半を製造。
     1949  年    ファイザー創立100周年。

     1950  年    ファイザーのファースト・ディスカバリー・プログラムの成果である幅広い実用性を持つ抗生物質のテラ

           マイシン(オキシテトラサイクリン)が初の「Pfizer」銘柄製品として合衆国内で販売開始。国際市場に
           も進出を開始し、国際部門を設置。
     1951  年    ベルギー、ブラジル、カナダ、キューバ、イギリス、インド、メキシコ、パナマ及びプエルトリコにおい

           て事業を展開。
     1952  年    動物の疾病に対する最先端の治療技術の提供を目的として農業部門を設置。インディアナ州テラホートに

           初の農業部門専用の研究施設を建設。
     1953  年    栄養補給剤メーカーのJ.B.             ローリグ・アンド・カンパニーがファイザーの傘下に。マーケティング部門

           の重要な一員となる。
     1955  年    英国における発酵工場の創業を開始。ファイザーの英国における研究開発の礎となる。日本の台糖と業務

           提携。1983年には吸収合併によりファイザーの100%子会社に。
     1960  年    コネチカット州グロトンに医療研究所を開設し、ファイザーの研究に対する更なる熱意をアピール。

     1961  年    10年にわたる大幅な実質成長が始まる。マンハッタンの中心街に新しい本社ビルを建設。

                                  16/473




                                                           EDINET提出書類
                                                      ファイザー・インク(E05856)
                                                            有価証券報告書
     1971  年    世界各地の医薬品、農業及び化学研究部門を統合し中央研究部門を開設。イギリス、フランス、日本及び
           アメリカ合衆国の研究所もその傘下に。
     1972  年    売上10億ドルを達成。ジョン・パワーズ・ジュニアが退職し、エドモンド・T・プラット・ジュニアが最

           高経営責任者、ジェラルド・D・ローバークが社長に就任。
     1980  年    フェルデン(ピロキシカム)が、世界で最も良く売れている抗炎症処方薬の一つとなり、総売上高が10億

           ドルに到達したファイザー初の製品となった。
     1988  年    農業部の名称をアニマルヘルス部門に変更。以後数年間にわたりデクトマックス(ドラメクチン)などの

           画期的な製品を発売。
     1989  年    1日1回投与で効く革新的な狭心症及び高血圧用持続放出錠剤プロカーディアXL(ニフェジピン)の販売を

           開始。
     1991  年    ウィリアム・C・スティア・ジュニアが社長に任命され、1年後に最高経営責任者にも指名される。

     1992  年    スティアが取締役会会長に就任。ファイザーの得意分野をさらに強化する方針を固める。ゾロフト(セル

           トラリン塩酸塩)、ノルバスク(アムロディピン・ベシレイト)及びジスロマック(アクスロミシン)を
           同時に量産。
     1993  年    医薬品業界においては最初の医薬品寄付プログラム                          シェアリング・ザ・ケア             を開始。アメリカ合

           衆国内で100万人を超える対象の低所得層及び非保険加入者に医薬品を提供。
     1994  年    研究開発費が10億ドルを突破。

     1995  年    アニマルヘルス・グループがスミスクライン・ビーチャムのアニマルヘルス事業を買収。世界最大の家畜

           及びペット用医薬品開発・製造業者となる。
     1997  年    フォーチュン誌の最優秀医薬品企業に選ばれる。翌年も最優秀医薬品企業の地位を維持。

     1998  年    勃起不全治療を飛躍的に進歩させたバイアグラ(シルデナフィル・シトレイト)の発売によりファイザー

           の製品ラインアップがさらに充実。研究費が25億ドルに迫る。
     2000  年    ファイザーとワーナーランバートが合併して新生ファイザーとなり、世界で最大手の製薬会社が誕生し

           た。
     2001  年    ウィリアム・C・スティア・ジュニアは2001年1月1日最高経営責任者退任を発表し、さらに当社の定時株

           主総会後の4月に取締役会会長を辞任した。ヘンリー・A・マッキンネル・ジュニアがスティア氏の後任と
           して取締役会会長と最高経営責任者を引き継いだ。2001年6月、ハンク・マッキンネルは、患者、顧客、
           同業者、投資家、事業提携者そして我々が働きかつ生活している地域社会にとって、ファイザーが世界で
           最も価値の高い会社になるべくその新しい使命を発表した。
     2003  年    ファイザーはファルマシア・コーポレーションの取得を完了した。取得は、パーチェス会計法に基づいて

           株式交換で会計処理された。
     2004  年    ファイザーは、ダウ・ジョーンズ・アンド・カンパニーにより、世界でも最も有名な株価指標である、ダ

           ウジョーンズ工業株30種平均の構成銘柄に加えられた。ファイザーはエスペリオン・セラピューティク
           ス・インクの買収を完了した。かかる買収はパーチェス法により会計処理された。
     2005  年    ファイザーはイドゥン・ファーマスーティカルズ・インクの買収を完了した。かかる買収はパーチェス法

           により会計処理された。
           ファイザーはバイキュロン・ファーマスーティカルズ・インクの買収を完了した。かかる買収はパーチェ

           ス法により会計処理された。
                                  17/473




                                                           EDINET提出書類
                                                      ファイザー・インク(E05856)
                                                            有価証券報告書
     2006  年    転移性腎細胞がん(mRCC)を含む進行性腎細胞がん及び疾患の進行後又はメシル酸イマチニブへの不耐性
           のある消化管間質腫瘍(GIST)を適応症として、経口型のマルチターゲット型チロシキナーゼ阻害剤であ
           るスーテント(スニチニブ)の発売により、当社の誇る優れた医薬品にスーテントが新たに加えられた。
           当社は、危険な院内感染又は免疫不全を引き起こすイースト状真菌であるカンジダ菌による特定の感染症

           の新しい治療薬であるエラクシス(アニュデラファンギン)を発売した。
           成人向けの禁煙のための処方薬であるチャンティックス(バレニクリン)を発売した。

           7月、当社の取締役会はジェフリー・B・キンドラーを最高経営責任者に選任した。キンドラーは、取締

           役会会長ハンク・マッキンネルの後任となった。
           12月、当社の取締役会は、当社の最高経営責任者であるジェフリー・B・キンドラーをハンク・マッキン

           ネルの後任の取締役会会長に任命した。
           12月、当社は、当社のコンシューマー・ヘルスケア事業のジョンソン・エンド・ジョンソンへの166億ド

           ルの売却を完了した。
     2007  年    1月、当社は、エンブレックス・インクの買収を完了した。

           2月、当社は、バイロレクシス・ファーマシューティカルズ・コーポレーションの買収を完了した。

     2009  年    10月、当社は、約680億ドルでワイスの買収を完了した。

     2010  年    12月、ジェフリー・B・キンドラーは、会長兼最高経営責任者を辞任した。取締役会は、社長兼最高経営

           責任者にイアン・C・リードを、非常勤取締役会会長にジョージ・A・ローチを指名した。
     2011  年    2月、当社は、36億ドルの現金又はキング・ファーマシューティカルズ・インク(以下「キング社」とい

           う。)の株式1株当たり14.25ドルによるキング社の買収を完了した。
           7月、当社は、当社のアニマルヘルス事業及びニュートリション事業について、戦略的代替案を模索する

           決定を発表した。戦略的代替案には、とりわけスピンオフ、売却又はその他の取引による、当該各事業の
           当社からの完全な又は部分的な分離が含まれる可能性があることも示した。
           8月、当社は、現金約24億ドルでカプスゲル事業の売却を完了した。

           12月、当社の取締役会は、社長兼最高経営責任者であるイアン・リードを取締役会会長兼最高経営責任者

           に選出した。リード氏は、ジョージ・A・ローチの後を継いで取締役会会長となった。取締役会の社外取
           締役は、ローチ氏を主導的社外取締役として指名した。
     2012  年    8月、当社は、アニマルヘルス事業を行うゾエティス・インク(以下「ゾエティス社」という。)の最大

           20%の持分を取得するための新規株式公開(以下「IPO」という。)を行う可能性があるとして、SECに対
           し届出書を提出した。
           11月、当社は、現金118.5億ドルによる社のニュートリション事業のネスレ社への売却を完了した。

     2013  年    2月、ファイザーの子会社であるゾエティス社の19.8%の持分を取得するIPOを完了した。IPO完了前、当

           社は、アニマルヘルス事業の資産及び負債を実質上すべて、ゾエティス社に譲渡した。
           6月24日、ファイザーは、ファイザー株主へ対するエクスチェンジ・オファーに従い、(ゾエティス社の

           発行済株式総数の約80.2%に相当する全クラスB普通株式のクラスA普通株式への転換後)ゾエティス社の
           クラスA普通株式の残りの全持分400.985百万株を、非課税ベースでファイザーの発行済普通株式約
           405.117百万株と交換した。
                                  18/473





                                                           EDINET提出書類
                                                      ファイザー・インク(E05856)
                                                            有価証券報告書
     2015  年    9月、ファイザーは、ホスピーラ・インク(以下「ホスピーラ社」という。)の買収を完了した。同社
           は、世界をリードする無菌注射剤及びインフュージョンテクノロジーの提供業者であり、バイオシミラー
           の提供業者でもある。買収金額は、ホスピーラ社株式1株当たり現金90ドルで、総額約161億ドルであっ
           た。
     2016  年    6月24日、ファイザーは、アナコール・ファーマシューティカルズ・インク(以下「アナコール」とい

           う。)の株式を1株当たり99.25ドルの現金で取得し、買収総額約49億ドル(取得現金控除後45億ドル)
           及び698百万ドルの債務引受で、同社の買収を完了した。
           9月28日、ファイザーはメディベーションを現金約143億ドル(取得現金控除後139億ドル)で取得した。

           12月22日、ファイザーは主に米国外のアストラゼネカの低分子抗感染薬事業について、開発および商品化

           の権利を1,045百万ドル(現金及び条件付き対価から構成される。)で取得した。
     2017  年    2月3日、当社はグローバルな輸液システムの純資産(HIS)を、最大約900百万ドル(現金及び条件付き現

           金対価、ICUメディカルの普通株式及び売主融資から構成される。)で、ICUメディカルに売却した。
     2019  年    1月1日、アルバート・ブーラ博士はイアン・リード氏の後任として当社の最高経営責任者に就任し、イア

           ン・リード氏はファイザーの取締役会会長兼最高経営責任者から経営執行役会長に役職を変更した。
           7月29日、当社はアップジョンをマイラン社と統合し、新たな世界的な医薬品会社Viatris社を設立する正

           式契約を締結したことを発表した。アップジョンは、当社株主に分割(スピンオフ)され、その後直ちに
           マイラン社と統合されることが予定されている。ファイザーの株主は合併新会社の株式の57%を所有し、
           本統合直前のマイラン社の株主は43%を所有する予定である。当該取引は当社及び当社株主に非課税で実
           施される予定である。当該取引は当初2020年中頃にクローズする予定であったが、2020年5月29日に当事
           者が同契約の修正契約を締結し、クロージング予定は2020年第4四半期に延期された。
           7月30日、当社はアレイ社を約112億ドルの現金(取得現金控除後109億ドル)で取得した。

           7月31日、当社は、当社とGSKのそれぞれのコンシューマー・ヘルスケア事業を「GSKコンシューマー・ヘ

           ルスケア」という社名で世界規模で事業を運営する新設のコンシューマー・ヘルスケア合弁会社に統合す
           る取引を完了した。当社はそのコンシューマー・ヘルスケア事業を合弁会社に拠出する見返りとして、新
           会社の32%の株式持分を受領し、GSKは残りの68%を所有する。取引の完了時に当社はコンシューマー・
           ヘルスケア事業を連結から外し、2019年度第3四半期に「コンシューマー・ヘルスケアJV取引完了(利
           益)」に税引前利益81億ドル(税引後54億ドル)を認識した。これは新会社の32%の株式持分の公正価値
           とコンシューマー・ヘルスケア事業の帳簿価格との差額である。
     2020  年    4月9日、当社はBioNTech            SE  (「BioTech社」)とCOVID-19感染予防を目的としたファーストインクラス

           (画期的医薬品)の可能性のあるmRNAベースのコロナウイルス・ワクチンプログラムである「BNT162」を
           共同開発する世界的な契約を締結した。2020年4月下旬、当社とBioNTech社は、ドイツの規制当局である
           Paul-Ehrlich-Institutが第1/2相臨床試験を承認し、その直後に最初の患者にBNT162ワクチン候補品を投
           与したと発表した。また、当社及びBioNTech社は、米国でBNT162の第1/2相臨床試験を開始することを規
           制当局の承認を受け、2020年5月に米国で初めての患者にBNT162ワクチン候補品が投与されたと発表し
           た。
                                  19/473







                                                           EDINET提出書類
                                                      ファイザー・インク(E05856)
                                                            有価証券報告書
     3【事業の内容】
      本項に記載の将来に関する記述については、本書「第3 事業の状況、2. 事業等のリスク」の「将来の見通しに関する情

     報及び将来の業績に影響を与える可能性のある要因」を参照のこと。
     概要

      ファイザー・インクは、研究開発指向型の世界規模のバイオ医薬品会社である。当社は、革新的な薬剤及びワクチンを含

     む、医薬品の創薬、開発、製造及び流通販売を通じて、人々の寿命を延ばしその生活を大幅に改善する治療薬を提供するため
     に、科学及び当社の世界資源を適用している。当社は、先進国市場及び新興市場の各地で業務に携わり、我々の時代に最も恐
     れられている疾病に立ち向かうため、福祉、予防、治療及び治癒等を促進している。当社は、医療関係者、政府及び地域団体
     と連携を取り、世界中で低価格で信頼できる医療が利用できるよう支援しその利用を拡大させている。当社の収益は、当社製
     品の販売に加え、規模は小さいものの、提携契約に基づき他社又は当社が創薬又は開発した製品の共同販促活動を通じて稼得
     されている。当社の収益の大部分は、バイオ医薬品の製造販売によるものである。当社は、1942年6月2日にデラウェア州法に
     準拠して設立された。
      当社の医薬品は医療関係者及び患者の双方に、疾病治療の向上のみでなく、例えば緊急治療室若しくは入院費用等のその他

     の医療コストの削減、並びに保健、健康及び生産性の改善からも、著しい価値を提供すると当社は考える。当社は引き続き、
     当社医薬品の価値並びに疾病を予防・治療し成果を向上させるために当社が患者、医者及び支払者とうまく協働できる方法に
     ついての対話に積極的に関与する。当社は引き続き現行の法制及び価格構造の中で協働し、価格の取決め及び支払者との契約
     方法の見直しを継続し、患者の利用を最大化し、当社収益への悪影響を最小化することを継続する。当社は、当社の目的「患
     者の生活を変えるブレークスルー」を達成することを固く約束する。そうすることにより、当社は当社がサービスを提供する
     患者並びに当社社員及び株主に価値を創造できることを期待する。
      GSKコンシューマー・ヘルスケア合弁会社の設立及び継続中のアップジョンとマイラン社との統合(いずれも下記にて詳細

     に説明する。)により、ファイザーは科学に基づく革新的な薬剤により注力し、その世界的リーダーへと自身を変革しつつあ
     る。
      当社は、当社自身のパイプラインを前進させ、当社の既存製品の価値を最大化するとともに、提携、ライセンス契約、ジョ

     イントベンチャー、共同契約、持分法投資若しくはデットインベストメント、事業売却、M&A等の様々な形式の事業開発を通じ
     て成長機会の活用に全力で取り組む。当社は、事業開発活動が当社戦略を実現する鍵と考え、事業開発機会を査定するために
     規律ある戦略的かつ財務的手法を遂行することにより、収益の成長を生み出し、株主価値を向上させることを目指す。
      当社の最近の重要な事業の発展には以下が含まれる。

       ・ Akcea     社(Akcea     Therapeutics、Inc.)とのライセンス契約 - 2019年10月、特定の心血管及び代謝疾患の治療の

          ために開発中の治験アンチセンス治療薬「AKCEA-ANGPTL3-LRx」について、Ionis社が過半数を所有する関連会社であ
          るAkcea社と世界的かつ独占的なライセンス契約を締結した。2019年11月に取引が終了し、Akcea社とIonis社に250百
          万ドルの前払いを行った。
                                  20/473






                                                           EDINET提出書類
                                                      ファイザー・インク(E05856)
                                                            有価証券報告書
       ・ コンシューマー・ヘルスケア合弁会社の新設 - 2019年7月31日、「GSKコンシューマー・ヘルスケア」という社名
          で世界規模で事業運営をする新設のコンシューマー・ヘルスケア合弁会社に、当社及びGSKがそれぞれのコンシュー
          マー・ヘルスケア事業を統合する取引を当社は完了した。合弁会社は、鎮痛、呼吸器疾患並びにビタミン、ミネラル
          及びサプリメント、さらに口腔衛生治療の分野におけるリーダーであり、また世界最大のOTCコンシューマー・ヘル
          スケア事業である。当社のコンシューマー・ヘルスケア事業の合弁会社への拠出と交換に、当社は新会社の32%の持
          分を受領し、GSKは残りの68%を所有する。
       ・ アレイ社(Array          BioPharma     Inc.)の買収 - 2019年7月30日、当社はがん及び充足されていないニーズの高い疾

          患を治療する小分子標的薬の創薬、開発及び商業化に重点を置く商業規模のバイオ医薬品会社であるアレイ社を、1
          株につき48ドルの現金で買収した。アレイ社に移管された対価の公正価値の総額は約112億ドル(取得現金控除後で
          109億ドル)であった。
       ・ アップジョンとマイラン(Mylan                  N.V.)の統合契約 - 2019年7月29日、当社はアップジョンとマイラン社を統合

          し、新たな世界的製薬会社であるViatris社を設立する正式契約を締結した旨を発表した。全株式交換の「リバー
          ス・モリス・トラスト」取引として構成される本契約の条項に基づき、アップジョンはファイザーの株主に分割(ス
          ピンオフ又はスプリットオフ)され、その後直ちにマイラン社と合併される予定である。ファイザーの株主は合併新
          会社の57%を所有し、元のマイラン社の株主は43%を所有することになる。この取引は、ファイザー及びファイザー
          の株主には、非課税の予定である。マイラン社の株主の承認及び規制当局の承認の受領を含む他の通常のクロージン
          グの条件の満足を条件に、当該取引は2020年半ばに終了することが予定されている。
       ・ Therachon       社(Therachon       Holding    AG)の取得 - 2019年7月1日、当社は、希少疾患に重点を置く非公開の臨床段

          階バイオテクノロジー企業であるTherachon社の残りの全株式を取得した。Therachon社は、遺伝性疾患及び短肢性小
          人症の最も一般的な形態である軟骨形成不全、治療に向け開発された資産を保有する。当社はTherachon社を340百万
          ドルの前払い金に加えて、主要資産の開発及び商業化における重要なマイルストーンの達成を条件として最大470百
          万ドルのマイルストーン支払額の可能性をもって買収した。
      当社の戦略及び事業開発イニシアチブの詳細については、本書「第3 事業の状況、1 経営方針、経営環境及び対処すべき

     課題等」の「事業開発イニシアチブ」及び「当社の戦略」、並びに「第6 経理の状況」の連結財務諸表に対する注記2「買
     収、売却(処分)、持分法投資及び売却目的で保有する資産及び負債、ライセンス契約並びに研究開発及び共同契約」を参照
     のこと。
      当社の事業は、当社が事業を行う大半の国において、厳しい規制を受けている。米国において、当社の事業を規制する主な

     規制当局は、FDAである。FDAは、当社が提供する製品の安全性及び効能、並びに当社の研究、品質、製造工程、製品販売促進
     活動、広告及び製品の添付文書を規制する。海外においても、ほとんどの国で類似の規制が存在し、政府が当社の薬価を管理
     する国も多い。EUにおいては、EMAが当社製品の科学的な評価、監督及び安全性のモニタリングを行い、EU及び欧州経済地域諸
     国の医薬品の承認の集中手続きを採用する。中国においては、NMPAが医薬品の承認及び監督の主たる規制当局である。日本に
     おいては、PMDAが臨床研究、承認、薬剤の市販後調査及び薬品の安全性等の幅広い規制業務に関与する。多くの中間及び低所
     得国の保険当局は、審査請求プロセスの実施及び/又は最終承認の発行を開始する前に、定評のある規制当局(すなわち、FDA
     又はEMAに相当する規制当局)による販促活動の承認を求める。詳細については、本書「第3 事業の状況、1. 経営方針、経
     営環境及び対処すべき課題等」の「政府の規制及び価格統制」を参照のこと。
      本書の数字は四捨五入により合計と一致しない場合がある。パーセンテージはすべて、四捨五入をしない数字を使用して計

     算されている。本書の商標は全て、それぞれの所有者の財産である。
                                  21/473




                                                           EDINET提出書類
                                                      ファイザー・インク(E05856)
                                                            有価証券報告書
     利用可能な情報及びファイザーのウェブサイト
      当社のウェブサイトのアドレスはwww.pfizer.comである。証券取引法の第13条(a)及び第15条(d)に従い、提出された当社の

     2019年度のForm        10-K様式による年次報告書、Form                10-Q様式による四半期報告書及びForm                  8-K様式による臨時報告書、並びに
     それらの訂正報告書は、当社がSECに電子的に提出後、可能な限り迅速に当社のウェブサイトにおいて、テキスト形式、及び該
     当する場合は、インタラクティブ・データファイル形式により閲覧可能となる。
      当社は、重要な情報の開示手段として、またSECにより公表された「                                公平開示規則」に基づき、当社の開示義務を遵守する

     ために、当社の       ウェブサイトを利用することもできる。当該開示は、                         当社のウェブサイト上の           「Investors」又は「News」のセ
     クションに記載されている。したがって、投資家は、ファイザーのプレスリリース、SECへの提出書類及び公開される電話会議
     及びウェブ放送、並びにファイザーのソーシャルメディア・チャンネル(ファイザーのFacebook、YouTube及びLinkedlnのペー
     ジ及びTwitterアカウント(@Pfizer及び@Pfizer_News))に加え、当社のウェブサイトのそれらのセクションを確認する必
     要がある。
      当社のコーポレート・ガバナンス原則、取締役資格基準、ファイザーの業務遂行に関する方針(当社の最高経営責任者、最

     高財務責任者及び会計担当役員を含む当社の従業員全員)、取締役の業務倫理規範、取締役に関する情報、取締役との電子
     メールによる連絡方法、委員会規約、主導的社外取締役の規約、取締役及び役員によるファイザー有価証券の取引を含む、
     ファイザーのコーポレート・ガバナンスに関する情報は、当社のウェブサイトで入手できる。当社は、Corporate                                                     Secretary,
     Pfizer    Inc.,   235  East   42nd   Street,    New  York,   NY  10017宛ての書面による要請があれば、無料で上記情報を提供する。当社
     は最高経営責任者、最高財務責任者及びコントローラーに影響を与えるファイザーの業務遂行方針の規定の今後の修正又は免
     除を、適用あるSEC及びNYSEの規則で要求される通り、当社のウェブサイトに可及的速やかに開示する。Computershare
     Investment      Program、株主所有権の振替及び配当の口座振込を含む、株主サービスに関する情報も、当社のウェブサイトで入
     手可能である。
      当社のウェブサイト、Facebook、YouTube及びLinkedlnのページ又はTwitterアカウントに記載される情報は、本報告書への

     参照により本書の一部を構成しない。ウェブサイトのURLへの参照は、補足的な参考資料としてのみを目的としている。
     事業運営

      2019年度初頭において、当社は事業運営を3つの事業から成る新グローバル組織構造により運営することを開始した。それ

     ぞれ1名のマネージャーが統括する、ファイザー・バイオファーマシューティカルズ・グループ(バイオファーマ)、アップ
     ジョン及び2019年7月31日までコンシューマー・ヘルスケアである。当社は2019年度の事業再編を反映し、本書において前報告
     期間のセグメント情報を修正している。バイオファーマ及びアップジョンのみが報告セグメントである。
      2019年度の事業再編に関する詳細、並びに当社の「成長に向けた組織構築」イニシアチブについては、本書「第3 事業の

     状況、1. 経営方針、経営環境及び対処すべき課題等」の「当社の戦略-成長に向けた組織構築」及び「第6 経理の状況」の
     連結財務諸表に対する注記17「セグメント別、地域別及びその他の売上情報」を参照のこと。
      2019年7月31日、一般用医薬品事業であるファイザーのコンシューマー・ヘルスケア事業とGSKのコンシューマー・ヘルスケ

     ア事業が統合され、当社が32%の持分を所有する新たなコンシューマー・ヘルスケア合弁会社が設立された。詳細について
     は、「第6 経理の状況」の連結財務諸表に対する注記1A「開示方針及び重要な会計方針:開示方針」及び注記2C「買収、売却
     (処分)、持分法投資及び売却目的で保有する資産及び負債、ライセンス契約並びに研究開発及び共同契約:                                                   持分法投資及び
     売却目的で保有する資産及び負債」を参照のこと。
                                  22/473




                                                           EDINET提出書類
                                                      ファイザー・インク(E05856)
                                                            有価証券報告書
      当社のバイオファーマ及びアップジョン事業セグメントに関する追加情報は、以下のとおりである。
                ファイザー・

                バイオファーマシューティカル
                ズ・グループ
     バイオファーマは、「腫瘍」、「炎症及び免疫」、                          アップジョンは、世界的に認知されている20の固形

     「希少疾患」、「病院」、「ワクチン」及び「内                          経口医薬品ブランドのポートフォリオ及び米国を拠
     科」の6つの事業ユニットからなる科学に基づく医                          点とするジェネリック薬プラットフォーム
     薬品事業である。病院ユニットは、当社の世界的な                          「Greenstone」を含む、主に特許切れブランド医薬
     無菌注射剤及び抗感染症薬のポートフォリオを販売                          品及びジェネリック医薬品を扱うグローバル事業で
     し、ファイザーの製造受託事業であるファイザー・                          ある。
     センターワンを含む。また、2019年度初めには、バ
     イオシミラーのポートフォリオを「腫瘍」及び「炎
     症及び免疫」の両事業ユニットに導入し、一部のレ
     ガシー・エスタブリッシュ製品を内科事業ユニット
     に組み入れた。各事業ユニットは、患者の生活を変
     えるブレークスルーを提供することに取り組んでい
     る。
     主な医薬品:                          主な医薬品:
     - プレブナー      13/プレベナー13                   - リリカ
     - イブランス                         - リピトール
     - エリキュース                         - ノルバスク
     - ゼルヤンツ                         - セレブレックス
     - エンブレル      ( 米国及びカナダ以外)                   - バイアグラ
     - チャンティックス/チャンピックス                         - 一部のジェネリック医薬品
     - スーテント
     - イクスタンジ
     - ビンダケル/ビンダマックス
      2019年7月29日、当社はアップジョンとマイラン社を統合し、新たな世界的製薬会社であるViatris社を設立する最終契約を

     締結した旨を発表した。詳細については、本書「第3 事業の状況、1. 経営方針、経営環境及び対処すべき課題等」の「事業
     開発イニシアチブ」及び「当社の戦略」を参照のこと。
      これらの事業セグメントの詳細については、下記のファイザー・バイオファーマシューティカルズ・グループ(バイオ

     ファーマ)及びアップジョン、本書「第3 事業の状況、3. 経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況
     の分析」中の「連結損益計算書の分析」の事業セグメント別及び地域別収益の表、並びに本書「第6 経理の状況」の連結財務
     諸表に対する注記17「セグメント別、地域別及びその他の売上情報」(損益計算書に関する主要な情報、地域別情報及び重要
     な製品別売上高という表題名の表を含む。)を参照のこと。
                                  23/473







                                                           EDINET提出書類
                                                      ファイザー・インク(E05856)
                                                            有価証券報告書
     ファイザー・バイオファーマシューティカルズ・グループ(バイオファーマ)
      当社のバイオファーマ事業セグメントを構成する主要な治療分野は以下のとおりであった。

     治療分野          内容                     主要な製品

     内科          2 つの治療分野(代謝性心血管疾患及び疼                     エリキュース、       チャンティックス/チャン
               痛)のイノベーティブなブランド並びに地                     ピックス及びプレマリン製品群
               域ブランドを含む。
     腫瘍          広範囲のがんに対する生物製剤、低分子、                     イブランス、スーテント、イクスタンジ、
               免疫治療及びバイオシミラーなどの革新的                     ザーコリ、インライタ及びビラフトビ                  + メ
               な腫瘍のブランドを含む。
                                     クトビ
     病院          当社の世界的な無菌注射剤及び抗感染症薬                     スルペラゾン、メドロール、Vfend及びジス
               のポートフォリオ、並びにファイザーの製                     ロマックス
               造受託事業及び医薬品有効成分を販売する
               ファイザー・センターワンを含む。
     ワクチン          あらゆる年齢層(幼児、青少年及び成人)                     プレブナー13/プレベナー13(小児/成人)
               向けの肺炎球菌疾患、髄膜炎疾患及びダニ                     FSME-IMMUN     、Nimenrix及び       Trumenba
               媒介脳炎のイノベーティブなワクチン・ブ
               ランドを含む。院内感染及び母体の健康の
               パイプラインに重点を置く。
     炎症及び免疫          慢性的な免疫性及び炎症性疾患のイノベー                     ゼルヤンツ、エンブレル(米国及びカナダ
               ティブなブランド及びバイオシミラーを含                     以外)、インフレクトラ及びEucrisa
               む。
     希少疾患          アミロイドーシス、血友病、内分泌疾患な                     ビンダケル/ビンダマックス、ベネフィク
               ど多数の希少疾患の治療分野に対するイノ                     ス、ジェノトロピン及びリファクトAF/シン
               ベーティブなブランドを含む。                     サ
      当社は、2019年度に6つのバイオファーマ製品、2018年度に7つのバイオファーマ製品、また2017年度には6つのバイオファー

     マ製品のそれぞれについて、10億ドルを超える直接的な製品売上及び/又は提携による収益を計上した。
                     バイオファーマ 10億ドルを超える製品

            201  9 年度              201  8 年度              201  7 年度
        プレブナー13/プレベナー13                プレブナー13/プレベナー13                プレブナー13/プレベナー13
            イブランス                イブランス                イブランス
           エリキュース      *          エリキュース      *          エリキュース      *
            ゼルヤンツ                エンブレル                エンブレル
            エンブレル                ゼルヤンツ                ゼルヤンツ
         チャンティックス/チャン               チャンティックス/チャンピッ                     スーテント
            ピックス                 クス
                            スーテント
        * 2019  年度、2018年度及び2017年度のエリキュースには、提携による収益及び直接的な売上を含
        む。
                                  24/473





                                                           EDINET提出書類
                                                      ファイザー・インク(E05856)
                                                            有価証券報告書
      一部のバイオファーマ製品についての説明並びに一部のこれらバイオファーマ製品が関係する共同開発及び/又は共同販売契
     約に関する詳細は、下記の「共同開発・共同販売促進契約」及び「特許及びその他の知的財産権」を参照のこと。当社のバイ
     オファーマ事業の収益(地域別収益及び重要なバイオファーマ医薬品の収益を含む。)に関する詳細は、本書「第3 事業の状
     況、3 経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析-連結損益計算書の分析」の「収益-概要」、
     「事業セグメント別及び地域別収益」及び「収益-代表的な製品について」並びに本書「第6 経理の状況」の連結財務諸表に
     対する注記17「セグメント別、地域別及びその他の売上情報」を参照のこと。さらに、当社のバイオファーマ事業の主要な事
     業収入の要因については本書「第3 事業の状況、3 経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分
     析」の「事業セグメント情報の分析-バイオファーマ事業セグメント」を参照のこと。一部の主要製品への当社の依存に関連
     するリスクの説明は、本書「第3 事業の状況、2 事業等のリスク」の「主要な既存製品への依存」を参照のこと。
     アップジョン

      アップジョンの製品は、以下をはじめとする幅広い治療分野の非伝染性疾病の治療に使用されている。

      ・ 心臓血管科(リピトール、ノルバスク及びレバチオ)

      ・ 疼痛及び神経内科(リリカ及びセレブレックス)
      ・ 精神科 (エフェキソール、ゾロフト及びザナックス)
      ・ 泌尿器 (バイアグラ)、及び
      ・ 眼科(キサラタン/ザラカム)
      当社は2019年度に2つのアップジョン医薬品、2018年度に3つのアップジョン医薬品、2017年度に3つのアップジョン医薬品に

     ついて、10億ドルを超える直接的な製品売上を記録した。
                      アップジョン 10億ドルを超える製品

           201  9 年度              201  8 年度                201  7 年度
            リリカ                リリカ                  リリカ
           リピトール                リピトール                  リピトール
                           ノルバスク                  バイアグラ
      一部のアップジョン製品についての説明及び当社のアップジョン事業の収益(地域別収益及び重要なアップジョン医薬品の

     収益を含む。)に関する詳細は、本書「第3 事業の状況、3 経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状
     況の分析-連結損益計算書の分析」の「収益-概要」、「事業セグメント別及び地域別収益」及び「収益-代表的な製品につ
     いて」並びに本書「第6 経理の状況」の連結財務諸表に対する注記17「セグメント別、地域別及びその他の売上情報」を参照
     のこと。さらに、当社のアップジョン事業の主要な事業収入の要因に関する詳細は、本書「第3 事業の状況、3 経営者によ
     る財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析」の「事業セグメント情報の分析-アップジョン事業セグメン
     ト」を参照のこと。一部の主要製品への当社の依存に関連するリスクの説明は、本書「第3 事業の状況、2 事業等のリス
     ク」の「リスク要因-主要な既存製品への依存」を参照のこと。
                                  25/473






                                                           EDINET提出書類
                                                      ファイザー・インク(E05856)
                                                            有価証券報告書
     共同開発・共同販売促進契約
      当社は、一定の生物製剤製品(特にエリキュース、イクスタンジ及びバベンチオを含む。)に関する共同開発及び/又は共

     同販売促進契約の当事者である。エリキュース(当社が直接販売を行う特定の市場を除く。)、イクスタンジ及びバベンチオ
     からの収益は、提携による収益に含まれている。
      エリキュースは、ファイザー及びBMSが共同で開発し、販売している。ファイザーは研究に応じて全ての開発費用の50%か

     ら60%を拠出する。全世界の利益及び損失は均等に分担される。ただし、ファイザーがエリキュースを販売しBMSに純売上高の
     割合に応じて対価を支払う一部の国を除く。当社は特定の小規模市場における完全な販売権を保有する。BMSは、原価にこれら
     市場の最終消費者への純売上高の一定割合を加えて、当社に製品を供給する。エリキュースは新経口抗凝固薬市場の一翼を担
     うが、この種類の成分は適正な患者に対するワルファリンからの代替治療の選択肢として開発された。
      イクスタンジはアステラスと共同で開発し、販売している。両社はイクスタンジの米国の純売上高に関する売上総利益(損

     失)を均等に分担する。一部の例外を除き、ファイザーとアステラスはイクスタンジの米国市場に帰属する販売費用全額も均
     等に分担する。さらに、ファイザー及びアステラスは、一定の開発費用及びその他共同費用を分担し、ファイザーはイクスタ
     ンジの海外純売上高の一定割合の段階的なロイヤルティ(「その他の(収益)/費用(純額)」に計上)を受領する。イクスタ
     ンジは、がん細胞内シグナリング経路のアンドロゲン受容体を多段階で阻害するアンドロゲン受容体阻害剤である。
      バベンチオ(アベルマブ)はメルクKGaAとの連携により開発及び商品化されつつある。両社は開発費用及び販売費用の大半

     を共同で拠出し、この共同開発によるアベルマブを含む製品の販売による純売上に関連する利益を均等に分割する。バベンチ
     オは、PD-L1(ヒト抗プログラム細胞死リガンド-1)抗体である。
     研究開発

      イノベーションは当社の成功に最重要であり、創薬及び開発は多大な時間と費用を要し、予測不能なものである。ファイ

     ザーの目的は患者の生活を変えるブレークスルーをもたらすことである。研究開発はファイザーの目的達成の中心であり、当
     社は先進科学及び技術を最も重要である治療へと変換する努力をする。
      当社のR&D優先事項及び戦略

      当社のR&Dの優先事項には、

      ・必要のある患者へ最重要な新治療法を提供するファイザーが独自の機会を持つ場合、高度に差別化された薬剤及びワクチ
     ンのパイプラインの提供、
      ・ファイザーを長期的にR&Dの主導的地位に置くことが可能な能力の促進、及び
      ・可能な限り迅速に患者に革新を提供する創造性、柔軟性及び緊急性を備えたパートナーシップの新規モデルの推進
      が含まれる。
                                  26/473







                                                           EDINET提出書類
                                                      ファイザー・インク(E05856)
                                                            有価証券報告書
      この目的のために、当社のR&Dは第一に以下に重点を置いている。
      ・腫瘍
      ・炎症及び免疫
      ・ワクチン
      ・内科
      ・希少疾病
      ・病院
      R&Dの相当部分は社内で行われているが、当社は引き続き、当社の製品ラインのみならず、第三者が開発した有望な化学的

     及び生物学的リード分子並びに革新的技術を追求し、当社の創薬及び開発の過程又はプロジェクトへの組入れを行っている。
     当社はこれを、共同開発、提携及びライセンス契約の他社との締結、加えて買収及び株式ベース若しくは負債ベースの投資の
     活用により行う。これらの契約により当社は、有望な化合物、技術及び/又は能力の共同開発、ライセンス又は取得が可能とな
     る。当社はまた、見込みのあるマイルストーンペイメント、収益分担支払金、利益分担支払金及び/又はロイヤルティを受領す
     る権利と交換に、当社のパイプライン医薬品の1以上の開発費用の一部に資金供与することに第三者が合意する契約も締結す
     る。共同開発、提携、ライセンス及び資金供与契約及び株式ベース若しくは負債ベース投資により、当社は、リスクと費用の
     分担が可能となる。これらにより、また当社は社外の科学的・技術的専門性にアクセスすることが可能となり、さらに当社自
     身の製品及びライセンス供与された若しくは取得した製品を発展させる機会が与えられる。
      詳細については、本書「第6 経理の状況」の連結財務諸表に対する注記2「買収、売却(処分)、持分法投資及び売却目的

     で保有する資産及び負債、ライセンス契約並びに研究開発及び共同契約」を参照のこと。
      当社の研究開発事業

      当社は、社内研究の他、第三者との契約、大学及びバイオテクノロジー関連企業との連携を通じて、また他の製薬会社と協

     力してR&Dを行っている。当社は、2019年に引き続きグローバルR&D組織を強化し、短期的及び長期的に価値を提供するよう位
     置づけられた持続可能なパイプラインを実現するために、R&Dにおける革新及び生産性全体の改善を目的とした戦略を追求し
     た。
      当社のR&D支出は多数のマトリックス組織を通じて行われる。

      ・当社のWRDM組織の中のリサーチ・ユニットは、当社のバイオファーマ事業のための研究及び初期開発段階資産(概念実証
        がまだ達成されていない資産)に全般的な責任を持つ。当社のリサーチ・ユニットは、柔軟性、まとまり及び焦点を向
        上させるために治療領域ごとに組織されている。当社の構造のために、多くの場合当社の社員は類似したスキル、経験
        及び/又は焦点を共有するため、当社は必要に応じてリサーチ・ユニット内の各種プロジェクト間で迅速に資源を再配置
        することができる。
      ・当社の科学に基づく及びその他プラットフォーム・サービス組織は、技術的専門性及びその他サービスを各種R&Dプロ
        ジェクトに提供するが、その機能は、薬学、薬剤設計などの科学を基盤とした機能(当社のWRD組織の一部である。)
        と、施設、デジタル及び金融など科学以外を基盤とした機能とに分けられる。これらの機能の各々の中で、当社はいか
        なる治療分野においても、また開発のほとんどの段階において、プロジェクト、候補及び/又は標的の間で資源を移転す
        ることができ、進化するニーズに対応する迅速な対応を可能にする。さらに、WRDM内のワールドワイド・メディカル・
        アンド・セーフティグループは、患者、医療提供者、薬剤師、支払人及び保健当局を含む全ての利害関係者がファイ
        ザーの医薬品の使用方法及び使用時期について適切な決定を下せるように、ファイザー製品に関連するリスクとベネ
        フィットに関する完全かつ最新の情報を、ファイザーが利害関係者に確実に提供できるようにする。
                                  27/473





                                                           EDINET提出書類
                                                      ファイザー・インク(E05856)
                                                            有価証券報告書
      ・アップジョン内の当社のR&D組織は、特許切れのブランド薬及びジェネリックのエスタブリッシュ医薬品を支援し、これ
        らの医薬品について製品の向上、新適応及び新規市場の登録の開発を手助けする。
      ・当社のグローバル・プロダクト・ディベロップメント(GPD)組織は、臨床開発及び規制上の活動のための一元化された
        センターであり、WRDMポートフォリオ内の初期段階資産及びバイオファーマ・ポートフォリオ内の後期段階資産の両方
        のための臨床開発戦略及び臨床試験の運用実施の全般的な責任を持つ。
      上記のとおり、当社は、マトリックス組織を通じて、会社全体としてR&D業務を管理する。特に、上級業務執行役員で構成
     される、ポートフォリオ戦略&投資委員会は、当社のWRDM、GPD及びバイオファーマR&Dプロジェクト全ての間での資源を調整
     し、イノベーティブR&Dポートフォリオ全体で確実に最適な資金配分に努める責任がある。当社は、このアプローチはまた、説
     明責任及び柔軟性の最大化に役立つと考える。当社のアップジョンR&D組織は、WRDM及びGPD組織とは別に、その資源を管理す
     る。主な臨床開発の規制業務についてGPDから、臨床供給業務及びグローバルな医薬品安全性監視処理についてWRDMから業務上
     の支援を受ける。
      一般的に、上記のとおり、当社はR&D事業の大部分を開発段階ごと又は治療分野ごとに管理していないため、R&D費合計を開

     発段階ごと又は治療分野ごとに分類していない。さらに、状況の変化に伴い、当社の支出の大部分を即座に調整できるため、
     開発段階ごと又は治療分野ごとのR&D費に関する過去の期間の情報は、将来の支出を必ずしも示すとは考えていない。
      当社のR&D事業及び費用に関する情報は、本書「第3 事業の状況、3 経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・

     フローの状況の分析」中の「原価及び費用-研究開発(R&D)費」を参照のこと。
      当社のR&Dパイプライン及び競争

      安全で有効な新製品の創薬及び開発並びに既存薬の追加適応の開発は、当社事業の継続的な強みに必要である。新薬候補

     は、この過程のいかなる段階においても失敗となる可能性があり、研究開発に何年も費やしたとしても、規制当局の承認を取
     得できない場合もある。創薬から開発を経て規制当局の承認に至る過程は、10年以上を要する場合がある。
      2020年1月28日現在、当社はR&Dの様々な段階のプロジェクトを下記の通り抱えていた。

      1つの化合物の開発は、複数のプログラムの一部として行われる場合が多い。これらの医薬品候補は、規制当局による承認




     を取得する可能性もあれば、結局は取得できない可能性もある一方で、臨床開発段階に進む新薬候補は、将来の製品の基盤と
     なるものである。創薬及び新薬の開発に加え、当社のR&Dは、当社の既存製品の有効性を向上させ、服用性を拡大し、新規適応
     症の可能性を発見することにより、当社の既存製品に付加価値を与えることを目指し努力している。
                                  28/473






                                                           EDINET提出書類
                                                      ファイザー・インク(E05856)
                                                            有価証券報告書
      開発段階にある複数の候補薬及び既存製品の追加申請に関する情報は、本書「第3 事業の状況、5 研究開発活動」を参照
     のこと。
      当社の競合他社も、R&Dには多額の資金及び資源を投じている。また当社は、潜在的な新薬候補を開発するにあたり、数々

     の小規模のバイオテクノロジー会社と競争している。競合他社による研究成果の程度により、当社の既存製品及び開発中の製
     品の潜在的売上高が低下し、製品の予期せぬ陳腐化が生じる可能性がある。加えて、当社の競合他社のうち数社は、巨額のR&D
     費用をかけずに事業を運営し、当社の特許が失効する前に定期的に異議を申し立てることにしている。詳細については、下記
     の「競争」及び本書「第3 事業の状況、2 事業等のリスク」の「リスク要因-競合製品」を参照のこと。
     海外業務

      当社は、米国外で大規模な事業を展開している。2019年、先進国市場及び新興市場における事業は、当社の事業セグメント

     (バイオファーマ、アップジョン及び2019年7月31日まではコンシューマー・ヘルスケア)を通じて運営されていた。新興市場
     は、世界首位を目指す当社の戦略にとって重要な要素であり、当社の組織構造は、急速に成長を遂げる新興市場の人口動態及
     び急成長する経済力が先進国市場で見られる特徴に近づきつつあることを認識したことによるものである。とりわけアジアの
     新興市場の都市化及び中間層の増加は、当社の医薬品への成長機会をもたらす。
      当社は125か国以上で製品を販売している。海外業務からの2019年度の収益は279億ドルであり、総収益の54%を占めた。

     2019年、2018年及び2017年において、米国外の11の国において、それぞれ収益が500百万ドルを超えた。総収益の面では、中国
     及び日本は米国を除き当社の二大市場である。収益の地域別内訳については、本書「第3 事業の状況、3 経営者による財政
     状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析-連結損益計算書の分析」の「収益―概要」及び「事業セグメント別及
     び地域別収益」並びに本書「第6 経理の状況」の当社の連結財務諸表に対する注記17「セグメント別、地域別及びその他の売
     上情報」の表「地域別情報」を参照のこと。
      国別収益

      当社の海外事業は、程度の差はあれ、他国で事業を運営する場合に内在する多数のリスクを伴う。そのリスクには、特に為




     替変動、資本及び為替の管理規制、収用並びにその他の政府による制限措置が含まれる。本書「第3 事業の状況、2 事業等
     のリスク」の「リスク要因-海外業務」を参照のこと。また当社の海外事業は、当社の製品の価格設定、還付及び入手方法に
     対する法規制を含む、政府規制の対象にもなっている。これらの事項については、本書「第3 事業の状況、1 経営方針、経
     営環境及び対処すべき課題等」の「政府の規制及び価格統制                            - 米国外」を参照のこと。
                                  29/473






                                                           EDINET提出書類
                                                      ファイザー・インク(E05856)
                                                            有価証券報告書
      米国ドルに対する為替の変動の方向により、外貨建て価値が、当社の純資産価値及び営業成績の計上された米ドル価値を増
     減させる場合がある。当社は、外国為替レートの将来における変動又はそれが当社に及ぼす影響について確実に予想すること
     はできないが、運営上の手法により、また市況によっては各種金融商品を用いて、その影響を軽減する努力を行っている。詳
     細は、本書「第6          経理の状況」の当社の連結財務諸表に対する注記7F「金融商品:金融派生商品及びヘッジ活動」並びに本書
     「第3 事業の状況、2 事業等のリスク」の「市場リスクに関する定量的及び定性的開示―                                           財務リスク管理」を参照のこと。
     マーケティング

      当社は、世界規模のバイオ医薬品事業において、医療関係者及び患者を対象に製品の販売促進を行っている。当社は、マー

     ケティング組織を通じて、当社製品の承認された用途、利点及びリスクについて、医師、臨床看護師、準医師資格者及び薬剤
     師といった医療関係者、病院、統合医療供給システム、PBM及び医療保険制度等の医療保険を提供するMCO、並びに従業員に医
     療保険を提供するためにMCOを利用する雇用者及び政府機関に説明を行っている。また、当社製品の承認された用途、利点及び
     リスクの伝達を目的とした消費者向け直接広告を通じ、米国内の消費者に直接販売を行う一方で、医師との意義ある対話を持
     つよう人々に訴えかけている。さらに、疾病の認知、予防及び福祉、重要な公共保健問題、並びに当社の患者支援プログラム
     について、一般市民の知識を高めるための一般広告のスポンサーになっている。
      当社の処方薬は、主として卸売業者に販売されているが、小売業者、病院、診療所、政府機関及び薬局にも直接販売を行っ

     ており、当社のワクチン製品については、主に米国の疾病対策予防センター、卸売業者、個人の提供業者、小売薬局及び統合
     配送ネットワークに直接販売している。当社は、PBMの加入者が利用可能な承認済薬剤のリストである、保健当局及びPBMの処
     方薬集への当社製品の掲載を求めている。PBMは、優先的に掲載されている製品の利用を促進するために、段階的に設定された
     処方薬の自己負担金等、様々な給付計画を用いている。当社は、主要疾病分野における患者及び医師を教育するツール及び資
     料の開発に役立つ疾病管理プログラムについて支払人と協力することができる。
      2019年度、当社の顧客上位3社のバイオ医薬品卸売業者は、当社総収益のおよそ37%(かつ当社における米国総収益のおよ

     そ79%)を占めた。
                                  30/473











                                                           EDINET提出書類
                                                      ファイザー・インク(E05856)
                                                            有価証券報告書
      2019年度の主要なバイオ医薬品卸売業者及びその他顧客からの収益が
      当社総収益及び米国収益に占める割合
     特許及びその他の知的財産権




      当社の製品は、当社が総合的に重要と考えるブランド名、ロゴ及び特定の製品デザイン商標の下、世界中で販売されてい

     る。商標は、それが使用される限り保護される国もあれば、登録されている限り保護される国もある。登録は、一般的には期
     限付きであるが更新できる。
      当社は、多数の米国特許及び外国特許を所有している。これらの特許の適用範囲は、医薬品及びその他の製品、並びにその

     用途、医薬品の処方、製品製造工程及び製造に使用される中間化合物に及ぶ。
      個々の製品に対する特許は、特許の申請又は認可の日付及び特許保護を取得した国々の特許の法定期間に応じ、様々な期間

     の延長がなされる。特許によって実際与えられる保護は国によって異なり、特許の種類、対象範囲及びその国の法的救済手段
     の適用による。さらに、規制当局による製品認可が遅れた場合、主要国の多くにおいて、それを補う特許有効期間の延長が可
     能である。詳細については、本書「第3 事業の状況、1 経営方針、経営環境及び対処すべき課題等」の「政府の規制及び価
     格統制    - 米国外    - 知的財産」を参照のこと。
      様々な市場において、特定の医薬品に関する規制上の独占期間が承認時に与えられる。かかる独占権の範囲及び期間は異な

     るが、一般的に規制上の独占権の期間は、承認の時点での医薬品に関連する既存の特許権の期間と時期を合わせて運用する。
      総体的にいえば、当社の特許及び関連する権利は、米国及びその他大半の国での当社の事業にとって非常に重要である。現

     在の製品売上高に基づき、また競合他社が販売する製品との熾烈な競争を考慮して、当社がその事業全体に関連して最も重要
     であると考える特許権及び基本製品特許が満了する年度(小児科での6か月間の延長の付与及び/又は米国及び日本における特
     許期間延長の付与、並びに欧州における補足特許証明書がある場合はそれを含む。)は、下表の医薬品に関するものである。
     別途に示す場合を除き、下表に記載の年はそれぞれの製品について基本製品特許の失効に関するものである。特許期間延長、
     特許追加保護証明書及び小児科での独占権有効期間は、特許発行局が付与している場合を除き、下表の期限に反映されていな
     い。場合によっては、特定の形状若しくは組成、製造方法、又は特定の疾病若しくは症状の治療における薬剤の使用を対象と
     した当社の製品に関連する、後に満了を迎える特許が存在する。しかしながら、当該特許は、基本特許満了後、ジェネリック
     薬又はバイオシミラー(該当する場合)による競争から当社の薬剤を保護しない場合もある。
                                  31/473






                                                           EDINET提出書類
                                                      ファイザー・インク(E05856)
                                                            有価証券報告書
                        米国の基本製品特許            EU 主要国の基本製品           日本の基本製品特許
            医薬品名
                           の期限           特許の期限             の期限
            リリカ              2019  年(1)          2014  年(2)          2022  年(3)
      チャンティックス/チャンピックス                     2020  年          2021  年          2022  年
           スーテント               2021  年          2022  年          2024  年
           イブランス               2023  年          2028  年          2028  年
        ビンダケル/ビンダマックス                   2024  年          2026  年          2026  年
           インライタ               2025  年          2025  年          2025  年
           ゼルヤンツ               2025  年          2028  年 (4)         2025  年
                                         - (5)
        プレブナー13/プレベナー13                   2026  年                      2029  年
          エリキュース(6)                 2026  年          2026  年          2026  年
                                         * (7)           * (7)
          イクスタンジ(7)                 2027  年
            ザーコリ               2029  年          2027  年          2028  年
           ベスポンサ               2030  年          2028  年          2028  年 (8)
                                        * (9)             * (9)
           ビラフトビ(9)                2031  年
           メクトビ(9)                2031  年 (10)         * (9)             * (9)
          バベンチオ(11)                 2033  年          2032  年          2033  年
      (1)   リリカは2019年6月に米国において特許権保護を喪失し、2019年7月から複数供給元によるジェネリック競争

        が始まった。
      (2)   リリカについては、EUにおける規制上の独占権が2014年7月に満了となった。
      (3)   リリカは2022年に期限を迎える日本の用法特許の対象である。この特許は現在、無効訴訟を受けている。
      (4)   ゼルヤンツのEUにおける期限満了は規制上の独占権により与えられる。
      (5)   プレベナー13に関する13の肺炎球菌血清型による複合体の組合せを対象とするEUにおける特許は、異議申立
        後に取り消され、今は取り下げられている。また、EUにおいては、現在も有効であるプレベナー13の製剤、
        製造工程の様々な面及び血清型複合体の組合わせを対象とするその他の特許及び申請中の特許がある。
      (6)   エリキュースは、BMSと共同で開発したものであり、現在商品化を行っているところである。
      (7)   イクスタンジは、アステラスと共同で開発したものであり、現在商品化を行っているところである。アステ
        ラスは米国外でイクスタンジの商品化の独占権を持っている。ファイザーはイクスタンジの海外純売上の一
        定割合の段階的ロイヤリティを受領する。
      (8)   ベスポンサの日本における失効は、規制上の独占権により与えられる。
      (9)   ファイザーは、ビラフトビ及びメクトビの米国における独占的権利を有している。ピエール・ファーブル・
        グループは両製品を欧州で販売する独占的権利を有しており、小野薬品工業株式会社は、両製品を日本で販
        売する独占的権利を有している。ファイザーは、ビラフトビ及びメクトビの米国外での販売に関し、ピエー
        ル・ファーブル・グループ及び小野薬品工業株式会社からロイヤリティを受けている。
      (10)   メクトビについての表中の米国における失効日は、用途特許によるものである。
      (11)   バベンチオは、メルクKGaAと共同で開発したものであり、現在商品化を行っているところである。
                                  32/473







                                                           EDINET提出書類
                                                      ファイザー・インク(E05856)
                                                            有価証券報告書
      知的財産権の喪失、失効又は無効、製造業者との特許訴訟の和解、並びに共同販売権及びライセンシング権利の失効は、当
     社の収益に多額の悪影響を与える。当社のブランド製品の多くは、異なる日付に失効する複数の特許を持ち、それにより当社
     の全体的な特許権保護を強化している。しかし特許権保護が失効した時点又は法的な異議申し立ての結果失効日より前に喪失
     した時点で、当社は通常これらの製品の独占権を失い、ジェネリック医薬品及びバイオシミラーの医薬品製造業者が一般的に
     同一の又は極めて類似した製品を製造し、それらをより低価格で販売する。ジェネリック又はバイオシミラーの競争が始まる
     日は特許権若しくは規制上の独占権が失効する日とは異なる可能性がある。しかし、ジェネリック又はバイオシミラーの競争
     が始まる場合、その結果として起きる価格競争は影響を受ける製品について当社の収益を実質的に減少させる可能性があり、
     それはしばしば非常に短期において起きる。しかしながら、製品製造上の企業秘密、製品の用途に関する特許、有効成分を経
     済的に製造するための工程及び中間生成物に関する特許、製品の特別処方又は投与に関する特許、又は有効成分の市販薬への
     転換から、引き続き商業的利益を得られる場合がある。
      また、当社の特許権の1つが、米国特許商標局、欧州特許庁若しくはその他海外当局の法的、裁判上又は行政上の手続き

     (例えば当事者系レビュー、付与後レビュー、再審査又は異議申立て手続き等)により無効であると判明する場合、ジェネ
     リック医薬品又は競合製品が市場に導入され、結果として当社の既存製品の販売を侵食することとなる可能性がある。例え
     ば、当社の肺炎球菌ワクチン・ポートフォリオにおける複数の特許権は、米国における当事者系レビュー及び付与後レビュー
     手続きにおいて異議を申立てられた。追加情報については、本書「第3 事業の状況、2 事業等のリスク」の「リスク要因-
     特許保護」を参照のこと。
      他の会社は、製品候補の認可を求めてFDAに対し承認申請を行っているが、それらの会社は当該製品につき当社の特許を侵
     害していない、又は当社の特許権は無効であるのいずれかを主張する。それらの製品には、特に当社のエリキュース、イブラ
     ンス及びゼルヤンツと競合する可能性のある候補薬を含む。当社は、適切であると考えるときはいつでも、当社の特許権を引
     き続き積極的に防御する。詳細については、本書「第6 経理の状況」の当社の連結財務諸表に対する注記16A1「偶発事象及び
     契約債務:訴訟        - 特許訴訟」を参照のこと。
     製品独占権に関する最近の損失及び予想される損失

      現在の当社製品の中には、ここ数年、一部の市場で特許に基づく失効や規制上の独占権の喪失を経験したものがあり、当社

     は一部の製品は今後数年間でジェネリック医薬品の競争が著しく激化することを予想する。例えば、特許訴訟の和解の結果、
     Teva社は2017年12月に米国においてバイアグラのジェネリック版を発売した。リリカは、2019年6月に米国で特許保護を失い、
     2019年7月に複数供給元によるジェネリック医薬品競争が始まった。また、米国におけるチャンティックスの基本製品特許は
     2020年11月に失効する。当社の最も重要な製品の基本製品特許の失効期限については、上表を参照のこと。
      特許失効による減収の影響は、2020年には大きくなり、その後は2021年から2025年にかけてはるかに低い水準まで低下する
     と予想される。詳細については、本書「第3 事業の状況、2. 事業等のリスク」の「リスク要因-主要な既存製品への依存」
     を参照のこと。
                                  33/473








                                                           EDINET提出書類
                                                      ファイザー・インク(E05856)
                                                            有価証券報告書
      以下の表は、米国、欧州又は日本において、最近特許を失効した若しくは規制上の独占権を喪失した、又は2020年に特許を
     失効若しくは規制上の独占権を喪失すると予想される特定の製品に関する情報を提供する。当社の2019年の財務実績と2020年
     の財務ガイダンスは、以下に述べる様々な製品の独占権喪失の影響を反映している。
     ( 単位:百万ドル)                                 影響を受ける市場の製品売上高

                    (a)
                          影響を受ける市場
     製品                                   12 月31日に終了した年度
                  期日
                                    2019  年     2018  年     2017  年
          (b)
                2013  年6月       主な欧州市場           $  134     $  274     $  850
     バイアグラ
                2014  年5月       日本
                         米国
                2017年12月
        (c)
                2014  年7月       主な欧州市場            2,208       3,852        3,901
     リリカ
                2019  年6月       米国
            (d)
                2017  年3月       米国              42       71       133
     プリスティーク
             (e)
                2020  年11月       米国             899       838        742
     チャンティックス
       (a)   別段の注記がない場合、「期日」は特許権の失効する日を指す。

       (b)   特許権訴訟の和解の結果、Teva社は2017年12月に米国においてバイアグラのジェネリック版を発売した。
       (c)   リリカは、2019年6月に米国において特許保護を喪失し、複数の供給元によるジェネリック医薬品の競争
          が2019年7月に始まった。
       (d)   ジェネリック薬製造会社数社との特許権訴訟の和解の結果、プリスティークのジェネリック版が2017年3
          月に米国において発売された。
       (e)   米国におけるチャンティックスの基本製品特許は2020年11月に失効する。これには2020年5月から6か月間
          チャンティックスの米国内の市場独占期間を延長した、FDAによる小児独占権の付与を含む。
     生物製剤製品

      ベネフィックス、リファクト、シンサ、バベンチオ、プレブナー13/プレベナー13及びエンブレル(米国及びカナダ以外で

     販売)等の当社の生物製剤製品は、バイオシミラー(「後続生物製剤」ともいう。)による競争に現在既に直面しており、ま
     た将来直面する可能性がある。当該バイオシミラーは、米国公衆衛生法に基づき承認取得済みのオリジネーターである当社の
     生物製剤製品を参照する。加えて、FDAは、FFDCAに基づき承認された当社のバイオテクノロジー製品ジェノトロピンを参照す
     る、後続の遺伝子組換え型ヒト成長ホルモンを承認した。
      バイオシミラーは、安全性と効能の面でもともとの生物製剤に極めて類似するよう開発、証明され、かつ安全性、純度又は

     効能において臨床的に有意義な差異がない型の生物学的医薬品である。バイオシミラーは高品質、低価格の代替生物学的医薬
     品を提供する可能性がある。バイオシミラーの承認に関する法的手続きは、一部の海外市場において簡略化されており、2010
     年のACAの通過以降、米国において当該承認手続きの枠組みが存在している。
      欧州においては、欧州委員会が、バイオシミラーの承認に関する一連の一般指針及び製品クラス別指針に従い、バイオシミ

     ラーについて販売認可を与える。
                                  34/473






                                                           EDINET提出書類
                                                      ファイザー・インク(E05856)
                                                            有価証券報告書
      当社は、事業戦略の一環として、生物製剤の製造に関する当社の専門技術、並びに当社の規制及び商業における強みを生か
     し、バイオシミラー製品を開発及び商品化しているところである。当社が現在販売するバイオシミラーには、米国におけるイ
     ンフレクトラ、ニベスチム、レタクリット、Zirabev、Ruxience                               及び   Trazimera、EUにおけるインフレクトラ、レタクリッ
     ト、ニベスチム及び          Trazimera並びに日本におけるIxifi、Trazimera、Zirabev及びRuxience等がある。詳細については、本書
     「第3 事業の状況、2 事業等のリスク」の「バイオシミラー」を参照のこと。
      当社は、当社の生物製剤製品に関する特許の有効性及び/又は適用範囲について、訴訟に直面する可能性がある。同様に、

     当社がバイオシミラーを開発、製造し、発売に努めると、当社に対して特許を主張する訴訟が生じる場合もある。
     海外

      米国外においては、当社の製品に対する有効な知的財産権保護がなされていない国もあり、それが当社の事業運営の主な限

     界の一例である。ここ数年の国際条約及び米国の自由貿易協定に基づき、知的財産権の世界的保護は幾分の改善が見受けられ
     る。詳細については、本書「第3 事業の業績、1 経営方針、経営環境及び対処すべき課題等」の「政府の規制及び価格統制
     -  米国外    -  知的財産」を参照のこと。
     競争

      当社の事業は、競争が熾烈であり、多くの場合、厳しい規制が課せられている市場で運営されている。当社の処方薬の多く

     は、類似の疾患又は適応症を治療するブランド薬品若しくはジェネリック薬又はバイオシミラーとの競争に直面している。主
     な競争形態は、有効性、安全性、使いやすさ及び費用対効果に関するものなどである。競争手段は、製品分野及び事業グルー
     プにより異なるが、当社の製品価値を実証することが、当社の全主要事業で成功するために不可欠な要因である。
      当社の競合会社には、他の世界規模の研究指向型製薬会社、小規模でより限定的な治療薬を集中的に研究している企業、並

     びにジェネリック薬及びバイオシミラー製造業者が含まれる。当社は、当社の主力製品に類似する疾患又は適応症の治療薬の
     製造及び販売を行う他社と競合している。
      当該競争は、まだ対応されていない医療ニーズを満たし、治療上の改善をもたらす製品の発見及び販売のための革新的科学

     の応用に重点を置く、当社の中核製品事業に影響を及ぼす。当社が刷新事業を重視していることは、強力な製品パイプライン
     の確立を目的とした当社の事業開発取引のみならず、R&Dに対しても数十億ドルを投資したことからも明らかである。当社の研
     究に対する投資は、医薬品の認可により止めることはなく、潜在的な新規適応症に加え、治療する疾病に対する当社の製品価
     値をより良く示すために、引き続き投資を行う。当社の医薬品の便益及びリスクに関する健全な医学知識が理解され、患者、
     医師、支払人及び世界中の医療当局へ伝達されていることを確認することにより、当社は、患者の健康と福祉を守るよう努め
     ている。また、顧客に対し、当社の製品を的確で倫理的な発売及び販売促進活動を行う当社の努力の支援を調整するなど、バ
     イオ医薬品の機能すべての組織的実効性の強化を継続するよう模索している。
                                  35/473







                                                           EDINET提出書類
                                                      ファイザー・インク(E05856)
                                                            有価証券報告書
      競争、業界規制及び費用抑制の高まる世界的圧力の下で、経営条件はより厳しくなりつつある。当社は、顧客及び公共の
     ニーズをより良く満たすために、今後も当社の組織及びビジネス手法の評価、導入及び改善のための措置を講じていく。当社
     は、米国における消費者向け直接広告、医療関係者とのコミュニケーション、医療関係者に対する支払い及び医学教育助成金
     への取組みを発展させるために、業界の主導的役割を果たしてきたと考えている。また当社は、医療のより優れた解決に向け
     た支援を行うことで、医療制度の抜本的改革の推進を図り、患者による購入のしやすさ及び入手方法における障壁に対処する
     プログラムに今後も資金援助を行う。
      当社のワクチン事業は、代替ワクチンの導入による競争に直面する可能性がある、例えば、プレベナー13は、その特許失効

     前若しくは後に、追加の血清型ワクチン又は「次世代」肺炎球菌結合型ワクチン等の競合会社のワクチンによる競争に直面す
     る可能性があり、それは当社の将来の業績に悪影響を与える可能性がある。
      当社のジェネリック及びバイオシミラー事業は競合他社のブランド製品、並びにその他ジェネリック及びバイオシミラーの

     製造業者と競争する。全世界で、ファイザーは、ファイザー及び競合他社の固体経口剤及び無菌注射剤のジェネリック版を販
     売している。当社はまた、一部の炎症及び免疫のバイオシミラー並びにがんの生物製剤を世界的に販売する。当社はジェネ
     リックの注射剤及びバイオシミラーについて「市場一番のり」若しくは市場の早期ポジションを確立する機会を最大にするよ
     う努力する。なぜなら、「市場一番のり」ポジションは入手可能な場合直ちに顧客により低価格の代替薬を提供し、また他の
     ジェネリック若しくはバイオシミラーの競合他社が市場に参入するまで高い水準の販売及び収益性を当社に与える可能性があ
     るからである。
     管理医療組織

      米国における管理医療の進化が、ヘルスケア市場の競争構造上の重要な要素となっている。現在米国において約300百万人

     が何らかの管理医療保険に加入している。医療保険の拡大により(本書「第3 事業の業績、1 経営方針、経営環境及び対処
     すべき課題等」の「政府の規制及び価格統制                     - 米国」を参照のこと。)、消費者及び米国において拡大した保険対象者を管理
     する事業体の双方に対する処方薬のマーケティング活動は、今後も共に重要性が増していく。
      近年、MCOを通じて保険金を受給する患者が増加しているため、MCOによる影響は増大している。それと同時に、これらの組

     織は、少数のより大規模な団体に統合されており、この統合により、組織の購買力が高まり、当社にとっての重要性も拡大し
     ている。
      MCOの成長により、収益のみならず、薬価に対する圧力も増大している。MCOは、医療費を抑え、可能な場合はこれを削減す

     ることを目標のひとつとしている。MCOは通常、処方薬集(MCO加入者が利用可能な承認済薬剤のリスト)、臨床プロトコル
     (ジェネリック製品が利用可能な場合はブランド製品の事前認可を要し、又はブランド薬の使用を許可する前に1以上のジェネ
     リック製品において最初は効果がなかったことを示す必要がある。)、大量購入、長期契約、並びに処方薬の市場シェア及び
     販売量に影響を与える能力を利用することにより、医薬品提供業者と価格交渉を行う。加えて、処方薬集で最も価格の高いカ
     テゴリーにブランド薬を分類することにより、MCOは、医療費の一部を患者へ移転し、その結果、特に慢性疾病治療に対する患
     者の立替費用が多額となった。この金銭的阻害要因は、MCOが薬剤費を管理し、患者に対し、MCOが推奨する薬剤の選択を促す
     一種の手段となっている。MCOはまた、費用抑制の試みを向上させるため、市場参入障壁、除外リスト、適応症ベースの価格及
     び自己負担金加算プログラムなどの追加施策を利用する。当社はこれらの最新の手法を詳細に監視し、これに対応するために
     適切な戦略を開発している。
                                  36/473






                                                           EDINET提出書類
                                                      ファイザー・インク(E05856)
                                                            有価証券報告書
      ジェネリック医薬品は、概して低価格であるため、MCO処方薬集の最も価格の低いカテゴリーに分類されるのが一般的であ
     る。処方薬集で扱われる製品の範囲は、MCOによって大幅に異なり、多くの処方薬集には、特殊な医学的症状の治療に使用する
     代替製品及び競合製品が含まれている。
      処方薬集から製品が除外された場合又はMCOが実施するその他の制限が設けられた場合は、MCO患者人口の他に薬剤の使用に

     多大な影響を与えかねない。したがって、製薬会社は、自社製品を処方薬集に掲載させるために競争を展開する。優れた有効
     性、患者にとっての使いやすさ、又は少ない副作用といった他社製品とは異なる特徴が、処方薬集への掲載に有利となるのが
     一般的である。しかしながら、治療費全体を抑えることも重要な要素である。当社は、例外がないとは言えないものの、総じ
     て自社の主要製品をMCOの処方薬集に掲載することに成功している。しかし、徐々に、当社のブランド薬は、高価格帯又は非優
     先的な状態に置かれつつある。
      MCOは、費用を管理するその他の方法として、初期治療、予防治療、外来治療、並びに医院及び診療所で実施した処置も重

     視している。一般に最も高額な治療形態となる入院及び手術は、慎重な管理を行っている。特定の薬品の使用により、入院、
     専門治療又は手術の必要性さえも軽減できるため、当該薬剤は、一定の疾患の第一選択治療薬となり、支持される可能性があ
     る。
      ACAは、費用を削減する一方で、品質の向上を目的とした医療の提供において、MCO及びその他の利害関係者全体にリスクを

     分散することにより、支払いに関する制度改革を促進しているため、MCOに対し、医療費払戻しを明確な結果に結びつけるよう
     圧力がかかっている。詳細については、本書「第3 事業の状況、1 経営方針、経営環境及び対処すべき課題等」の「政府の
     規制及び価格統制―米国―医療保険制度改革」を参照のこと。
     ジェネリック薬品

      当社のブランド薬が直面している最大の難問の一つは、ジェネリック医薬品メーカーとの競合である。製品(特に低分子製

     品)に関する特許保護の失効又は喪失に伴い、極めて短期間で当該製品の売上高の大部分が失われる可能性がある。競合会社
     の何社かは、特許の失効前から当社製品の特許に対し、定期的に異議申立てを行っている。ジェネリック医薬品メーカーは、
     多額のR&D費をかけることなく、また製品に関する医学界への医学情報の提供に費用をかけることなく、経営を行っている場合
     が多い。それに加えて、FDAは、ジェネリック医薬品の承認手続きにおいて、費用と時間を要する安全性及び有効性を立証する
     臨床試験を免除しており、ジェネリック医薬品メーカーは、先発医薬品の安全性及び有効性に関するデータに依拠することが
     できる。ジェネリック医薬品メーカーは、当社の特許期間の満了後又は喪失後に当社より安価な競合製品を販売することが可
     能となる。中国においては、例えば、当社は2020年に一部ジェネリック医薬品メーカーとさらに厳しい競争に直面すると予想
     される。これは一部の当社製品の価格引き下げ及び販売量減少をもたらす可能性がある。
      さらに、当社の特許保護されている製品は、競合他社のブランド製品のジェネリック版による競争に直面し、その市場での

     独占権を喪失することとなる。
      上記のとおり、主として薬剤の当座の費用を重視するMCOは、ブランド薬よりもジェネリック医薬品を好む場合が多い。ま

     た、多くの政府も、米国のメディケイドを含む保険制度において、ブランド薬の代替品としてジェネリック医薬品の使用を奨
     励している。米国法は、行政手続きに基づき、ブランド薬と化学的にかつ治療上同等であると評価されたジェネリック医薬品
     の代用について、通常は薬剤師に対して許可するが、場合によっては義務づけることがある。一部の状況においては、薬を処
     方する医師が明示的に当該代用品を禁止することができる。ジェネリック医薬品が好まれると、当社のブランド薬の売上は減
     少する可能性がある。
                                  37/473





                                                           EDINET提出書類
                                                      ファイザー・インク(E05856)
                                                            有価証券報告書
     原材料
      当社の事業に不可欠な原材料は、通常の事業の過程において、世界各地の多数の供給業者から購入される。一般に、これら

     の原材料は、複数の供給元から仕入可能である。2019年度、これら供給業者の生産能力の制約又は運用上の課題のため、一部
     の原料につき定期的な不足を経験した。これらの原料について、当社が必要とする供給を確保するため、供給業者の管理の取
     り組みが続いている。2020年度には当社の営業に重大な影響は予想されていない。
     4【関係会社の状況】

     (1)   親会社
      当社には親会社はない。

     (2)   主な子会社

      当社の子会社・関連会社は、全世界で約530社ある。下表では、当社の主要な一部の子会社及び関連会社の特定の情報を示し

     ている。
                                        設立地       議決権

            子会社の名称                 本店所在地                         主要な業務
                                       ( 国又は州)       所有比率
                          オランダ
     C.P.  ファーマスーティカルズ・インター
                          カペレ・アーン・デ              オランダ        100  %     持株会社
     ナショナル・C.V.
                          ン・エイセル
                          米国イリノイ州
     ホスピーラ・Inc.                                  デラウェア州         100  %     医薬品
                          レイク・フォーレスト
     キング・ファーマシューティカルズ・                    米国ニューヨーク州
                                       デラウェア州         100  %     医薬品
     LLC                    ニューヨーク
                          米国カリフォルニア州
     メディベーション・LLC                                  デラウェア州         100  %     医薬品
                          サンフランシスコ
     ファイザー     ・アジア・パシフィック・
                          シンガポール             シンガポール         100  %     医薬品
     Pte・リミテッド
     ファイザー・カナダ・ULC                    カナダ、バンクーバー               カナダ       100  %     医薬品
     ファイザー・コマーシャル・TRAE・ト                    ハンガリー、ブダペス
                                       ハンガリー        100  %     持株会社
     レーディング・Kft                    ト
                          米国ニューヨーク州                            医薬品・
     ファイザー・インターナショナル・LLC                                  ニューヨーク         100  %
                          ニューヨーク                            持株会社
     ファイザー・アイルランド・ファーマ                    アイルランド、
                                       アイルランド         100  %     医薬品
     スーティカルズ                    コーク
     ファイザー株式会社                    日本国東京都               日本       100  %     医薬品
     ファイザー・リミテッド                    英国、サンドウィッチ               英国       100  %     医薬品
     ファイザー・ファーマスーティカルズ・
                          プエルトリコ             デラウェア州         100  %     医薬品
     LLC
                                  38/473





                                                           EDINET提出書類
                                                      ファイザー・インク(E05856)
                                                            有価証券報告書
                                        設立地       議決権
            子会社の名称                 本店所在地                         主要な業務
                                       ( 国又は州)       所有比率
     ファルマシア・アンド・アップジョン・                    米国ミシガン州
                                       デラウェア州         100  %     医薬品
     カンパニー・      LLC              カラマズー
                          米国ニューヨーク州
     ワーナーランバート・カンパニー               ・LLC                  デラウェア州         100  %     医薬品
                          ニューヨーク
                          米国ニューヨーク州
     ワイス・LLC                                  デラウェア州         100  %     医薬品
                          ニューヨーク
                          米国ニューヨーク州
     ワイス・ホールディングス・LLC                                   メイン州        100  %     持株会社
                          ニューヨーク
     5【従業員の状況】

      当社の改革重視型事業において、従業員は、成功の決め手となる重要な要因である。当社は、全般的に当社と従業員との関

     係は良好であると確信している。2019年12月31日現在、当社は、世界中で約88,300名を当社の業務に雇用していた。
                                  39/473















                                                           EDINET提出書類
                                                      ファイザー・インク(E05856)
                                                            有価証券報告書
     第3     【事業の状況】
     1【経営方針、経営環境及び対処すべき課題等】

      本項に記載の将来に関する記述については、本書「第3 事業の状況、2. 事業等のリスク」の「将来の見通しに関する情

     報及び将来の業績に影響を与える可能性のある要因」を参照のこと。
     事業開発イニシアチブ

      当社は、当社自身のパイプラインを前進させ、当社の既存製品の価値を最大化するとともに、提携、ライセンス契約、ジョ

     イントベンチャー、共同開発、株式ベース若しくは負債ベースの投資、事業売却、M&A等の様々な形式の事業開発を通じて成長
     機会の活用に全力で取り組む。当社は、その事業開発活動が当社戦略を実現する鍵と考え、事業開発機会を査定するために規
     律ある戦略的かつ財務的手法を遂行することにより、収益の成長を生み出し、株主価値を向上させることを目指す。当社は当
     社の事業及び能力を強化する可能性のある事業開発取引を引き続き評価する。これには、例えばアレイ社、Therachon社、ホス
     ピーラ、メディベーション、アナコール社及びアストラゼネカの低分子抗感染薬事業の買収並びに他社との共同開発、提携契
     約及びライセンス契約がある。当社は、当社の事業、資産及び科学的能力/ポートフォリオを当社の定期的、継続的なポート
     フォリオの見直しプロセスの一環として評価し、また当社の事業を前進させる事業開発活動の検討を継続する。
      当社の最近の重要な事業の発展には以下がある。

      ・   アクセア・セラピューティクス・インク                   とのライセンス契約          - 2019年10月、特定の心臓血管疾患及び代謝疾患の患

        者の治療のために開発中の治験中のアンチセンス治療薬「AKCEA-ANGPTL3-LRx」について、Ionis社が過半数を所有する
        Akcea社と世界的かつ独占的なライセンス契約を締結した。2019年11月に取引が終了し、Akcea社とIonis社に250百万ド
        ルの前払いを行い、これは2019年度第4四半期に「研究開発費用」に計上された。
      ・   新たなコンシューマー・ヘルスケア合弁会社の設立                         - 2019年7月31日、当社及びGSKはそれぞれのコンシューマー・

        ヘルスケア事業を「GSKコンシューマー・ヘルスケア」という社名で世界規模で事業運営する新しいコンシューマー・ヘ
        ルスケア合弁会社に統合する取引を完了した。合弁会社は、鎮痛薬、呼吸器疾患薬並びにビタミン、ミネラル及びサプ
        リメント、さらに口腔衛生治療の分野におけるリーダーであり、また世界最大のOTCコンシューマー・ヘルスケア事業で
        ある。当社の国内及び海外の報告期間に従い、2019年度の当社の財務実績、及びコンシューマー・ヘルスケア・セグメ
        ントの営業成績は、コンシューマー・ヘルスケア・セグメントの国内事業7か月分及びコンシューマー・ヘルスケア・セ
        グメントの海外事業8か月分を反映する。コンシューマー・ヘルスケア事業に関連する資産及び負債は、2018年12月31日
        現在の連結貸借対照表において売却目的で保有に再分類された。詳細については、本書「第6 経理の状況」の連結財務
        諸表に対する注記1A「開示方針及び重要な会計方針:                         開示方針」を参照のこと。
      ・   アレイ・バイオファーマ・インクの買収                    - 2019年7月30日、当社はアレイ社を現金で1株当たり48ドルで取得した。

        アレイ社のために引き渡した対価の公正価値総額は、約112億ドル(取得現金控除後で109億ドル)であった。当社の
        2019年度財務書類は、取得日からアレイ社の資産、負債、営業成績及びキャッシュ・フローを反映する。
                                  40/473






                                                           EDINET提出書類
                                                      ファイザー・インク(E05856)
                                                            有価証券報告書
      ・   アップジョンとマイランN.V.の統合契約                    - 2019年7月29日、当社はアップジョンとマイラン社を統合し、新たな世界
        的製薬会社であるViatris社を設立する最終契約を締結した旨を発表した。全株式交換の「リバース・モリス・トラス
        ト」取引として構成される本契約の条件に基づき、アップジョンはファイザーの株主に分割(スピンオフ又はスプリッ
        トオフ)され、その後直ちにマイラン社と合併される予定である。ファイザーの株主は合併新会社の57%を所有し、旧
        マイラン社の株主は43%を所有することになる。この取引は、ファイザー及びファイザーの株主には、非課税の予定で
        ある。マイラン社株主の承認及び規制当局の承認の受領を含む他の通常のクロージングの条件の満足を条件に、当該取
        引は2020年半ばに終了する予定である。当社は、2019年に負担した145百万ドルを含めて、アップジョンの完全な分離に
        関連して約500百万ドルの費用を負担する予定である。この費用には、法人の分離に関連する費用及び予想される取引コ
        ストを含む。
      ・   テラション・ホールディングAGの買収                   - 2019年7月1日、当社は、Therachonの残りの全株式を、340百万ドルの前払

        い金に加えて、主要資産の開発及び商品化における重要なマイルストーンの達成を条件として最大470百万ドルのマイル
        ストーン支払額の可能性をもって取得した。Therachon社買収のために引き渡された対価の公正価値の合計額は、約322
        百万ドルであった。2019年度の当社の財務書類は、取得日からのTherachon社の資産、負債、営業成績及びキャッシュ・
        フローを反映し、国際財務会計基準に基づき、5ヶ月間のTherachon社の営業及びキャッシュ・フローを反映する。
      詳細は、本書「第6 経理の状況」の連結財務諸表に対する注記2「買収、売却(処分)、持分法投資及び売却目的で保有す

     る資産及び負債、ライセンス契約並びに研究開発及び共同契約」を参照のこと。
     当社の営業環境

     業界固有の課題

     知的財産権及び提携/ライセンス権

      知的財産権の喪失、失効又は無効、医薬品製造業者との特許訴訟の和解並びに共同販促及びライセンス権の失効は、当社の

     収益に著しい悪影響を与える可能性がある。当社の一部の現在の商品は、最近数年の間に一定の市場において特許権の失効又
     は規制上の独占権の喪失を経験しており、当社は一部の製品は今後数年間にジェネリック薬との競争の激しい増加に直面する
     と予想する。例えば、リリカは2019年6月に米国における特許権保護を失っており、複数の供給元によるジェネリック薬との競
     争が2019年7月に始まった。また、米国におけるチャンティックスの基本製品特許は、2020年11月に失効する。当社は、特許権
     の失効による収益減少の影響は、2020年に多額となり、その後2021年から2025年にはより低い水準に穏やかに低下すると予想
     する。
      当社が当社事業全体に関連して最重要とみなす特許権を含む詳細、並びに基本製品特許の失効する年及び製品の独占権の最

     近における喪失及び今後の予定に関する詳細については、本書「第2 企業の概況                                      - 3 事業の内容」の「特許及びその他の知
     的財産権」を参照のこと。
      当社は適切と見なす場合はいつでも、引き続き当社の特許権を積極的に防御する。特許訴訟に関する最近の動向の説明は、
     本書「第6 経理の状況」の当社の連結財務諸表に対する注記16A1「偶発事象及び契約債務:訴訟                                               - 特許訴訟」を参照のこ
     と。
                                  41/473






                                                           EDINET提出書類
                                                      ファイザー・インク(E05856)
                                                            有価証券報告書
     規制環境/価格決定及びアクセス-米国医療立法
      2010年3月、米国においてACAが制定された。詳細については、下記「政府の規制及び価格統制」を参照のこと。

      米国医療制度の立法の結果、当社は以下の金額を記録した。

                                            12 月31日終了年度

     ( 単位:百万ドル)                                     201  9     201  8    201  7
     メディケアの「カバレッジ・ギャップ」割引規定に関連する、収益の減少                                   $  934   $   674   $  450
     指定政府プログラムへのブランド処方薬販売につき他社と比較した当社の
      前暦年のシェアに基づき連邦政府へ支払う手数料(米国所得税の目的で
      は控除できない。)に関連する、販売費、IT関連費及び一般管理費。
      2018年度は連邦政府から受領した2017年のインボイスの更新に関連する
      プラスの調整を反映した。これは請求期間について以前の見積もりより
      低い費用を反映した。                                     247       184      307
     規制環境/価格決定及びアクセス-政府及びその他支払グループの圧力

      医薬品製造業者による薬価及び医療費(薬、医療サービス及び病院業務を含む。)は支払人、政府、患者及びその他利害関

     係者に依然として重要である。政府、MCO及びその他支払人のグループは、引き続き様々な手段により当社医薬品の割引をます
     ます求めており、当社の営業成績に悪影響を与える可能性がある。当社は、薬が治療、手当及び疾病・身体障害予防について
     患者にとり最も強力な手段の1つであり、全ての患者が医者が処方する医薬品に対する適切なアクセスを持つべきであると考え
     る。当社は薬価を決定する際に、例えば患者に与える影響及び患者の病気、他の利用可能な治療法、医薬品が他の医療費を削
     減する可能性(入院日数等)及び利用可能性など、多数の要因を検討することができる。米国においては、特に、当社は患
     者、医者及び彼らの見解に関して医療保険制度にも関与する場合がある。当社はまた、保険会社(PBM及びMCOを含む。)と交
     渉し、しばしばリストの価格からの大幅な割引をそれらに供与する。米国において患者が自身の医師が処方する医薬品に支払
     う価格は、医療提供者及び保険会社により最終的に設定される。平均で、米国において、保険会社は同等価格の医療サービス
     より処方薬についてより高い自己負担を患者に課している。今日の革新的な治療へのアクセスを促進するために、当社は保険
     会社、政府等と継続して協働する。
      EU加盟諸国、英国、中国、日本、カナダ、韓国などの一部政府並びにその他一部の国際市場は、とりわけ最近の世界的な財

     政的圧力のもとで、政府が拠出する医療制度の費用を抑制するために、政府は治療の時点で消費者に対して直接低コスト又は
     無料で医療を提供し、医薬品価格又は患者の払い戻し水準を規制する最大唯一の支払者として重要な力を持つ。
      政府は当社の医薬品について様々なコスト抑制施策を利用する可能性がある。これには値下げ、強制的リベート、医療技術
     アセスメント、市場アクセスの条件としての強制的現地化、国際基準価格(すなわち、国が規制対象の薬価を他の諸国の薬価
     とリンクさせる慣行)、品質一貫性評価プロセス及び量基準の調達が含まれる。詳細については、下記の「政府の規制及び価
     格統制」を参照のこと。
                                  42/473







                                                           EDINET提出書類
                                                      ファイザー・インク(E05856)
                                                            有価証券報告書
     規制環境 - パイプラインの生産性
      安全、効果的な新製品の創薬及び開発、並びに既存製品の追加利用の開発は、当社事業の継続的な強みに必要である。当社

     は製品が発売される前も後も、当社製品についての安全性及びその他データを継続的に集めているにもかかわらず、医薬品の
     安全及び有効性について益々強まる規制当局による精査に直面している。当社の製品ラインは、製品が市場の独占権を失った
     場合の収益の喪失を相殺するために、さらに利益の成長に備えるために、時間をかけて満たされなければならない。当社はか
     なりの資源をR&D活動に充てている。R&D活動には高いレベルのリスクとコストを含み、また長い年月がかかり、特定のR&Dプロ
     ジェクトに関して個別の製品候補又は既存製品の新適応の開発が望んだとおりの臨床評価項目及び安全性プロファイルを達成
     する、規制当局の承認を受ける又は商業的に成功するという確証はない。
      製品の開発期間中、特定の患者群に対する全体的なベネフィット-リスク・プロファイルの評価を支援するために、当社は

     薬の安全性と効能についてデータを提供する臨床試験を行う。加えて、製品が承認され発売された後も、患者が利用できる限
     り、当社はその安全性の監視を継続し、規制当局の要請による検査及び当社が自発的に追加の医薬知識を得るために行う検査
     を含み、市販後の検査が行われる場合もある。製品の全有効期間中、当社は安全性のデータを集め、FDA及びその他規制当局に
     安全性情報を報告する。FDA及び他の法域の規制当局はある製品又はある種類の製品に関する安全に対する潜在的な懸念を評価
     し、製品の表示の更新、製品使用の制限、一般大衆に向けた新たな安全情報の通知、又は(まれなケースであるが)市場から
     の製品の除去など、対応した規制上の措置を取る。
      製品製造

      当社は、製造差し止め又は自発的な製品リコール、又は行政警告書など法令上若しくは規制上の措置によるものを含め、周

     期的に製造についての問題又は遅延に直面する。例えば、カンザス州マクファーソンのホスピーラの製造施設は現在、強制措
     置指示(OAI)というFDAの査察分類にある。この分類の結果、FDAは申請の販売前承認の付与を却下する可能性があり、及び/
     又は当社のマクファーソン製造施設で製造した製品に関する輸出証明の付与をFDAは施設の状況が改善するまで拒否するかもし
     れない。当該改善はFDAによる再査察に基づくことになる。将来のFDAの査察及び規制上の活動は、同施設で実施された是正措
     置の十分性及び持続性を更に査定する予定である。マクファーソンの施設状況に関するFDAとの話合いは継続中である。マク
     ファーソンの施設へのFDA査察に関する詳細については、本書「第3 事業の状況、2. 事業等のリスク」の「リスク要因-製
     品の製造、販売及びマーケティングに関するリスク」を参照のこと。
      当社は、とりわけ旧ホスピーラのポートフォリオによる製品の不足を経験してきており、これは製造能力の制限、技術的問

     題、サプライヤーの品質の問題又は予想していなかった需要により主に引き起こされている。当社は無菌注射剤を製造する旧
     ホスピーラ施設における問題の修正についてかなりの進歩を達成しており、大半のこれら施設からの供給は大幅に改善してい
     る。これら及びその他の製造施設における継続的な製品不足による中断は当社の財務実績にマイナスの影響を与える可能性が
     ある。
     競争

      当社の処方医薬品の大半が、類似の病気又は適応症を治療するブランド薬、ジェネリック医薬品又はバイオシミラーとの競

     争に直面している。詳細については、本書「第2 企業の概況、3 事業の内容」の「競争」を参照のこと。
                                  43/473






                                                           EDINET提出書類
                                                      ファイザー・インク(E05856)
                                                            有価証券報告書
     グローバルな経済環境
      上記の業界固有の要因に加え、当社は当社と同規模の他の企業と同じく、当社の全世界のバイオ医薬品事業に影響を与え

     る、景気循環の影響を受ける。
       ・ 政府、会社及び保険会社(患者に保険給付を行う。)は、患者に対して、ジェネリック若しくはバイオシミラー製品

         への切替、治療の遅延、服用の回数削減又はより効果的でない治療法の使用を行わせる可能性のある、コスト負担の
         引上げ及び医薬品へのアクセスの制限を実行している。上記のとおり、政府の財政圧力は、政府が価格決定、アクセ
         ス基準(例えば、公的又は民間の医療技術評価を通じたもの)又はその他の費用制御手段に積極的な役割を果たす
         様々な市場において、マイナスの価格圧力をもたらす可能性がある。
       ・ 当社の収益、原価及び費用並びに当社の重要な海外純資産の大部分は、外国為替レートの変動にさらされている。当

         社は外国為替リスクを、営業上の手段により(同じ通貨の収益を同じ通貨の原価に関連づけて管理し、また同じ通貨
         の資産を同じ通貨の負債で関連づけて管理することを含む。)一部管理する努力をしている。市場状態により、外国
         為替リスクはまたデリバティブ商品及び外国為替債務を利用して管理される。当社は複数の外国通貨(ユーロ、中国
         人民元、日本円、カナダドル、英国ポンド及び約100の他の通貨を含む。)により事業を行うので、米ドルに対するこ
         れらの通貨の変動は当社の収益及び費用に影響を与える。仮に米ドルが他の通貨に対して弱くなる場合、他の全ての
         変数は一定であると仮定して、当社の収益は増加し利益にプラスの影響を与え、全体的な当社費用は増加し利益にマ
         イナスの影響を与えるであろう。逆に、米ドルが他の通貨に対して強くなる場合、他の全ての変数は一定であると仮
         定して、当社の収益は減少し利益にマイナスの影響を与え、全体的な当社費用は減少し利益にプラスの影響を与える
         であろう。したがって、外国為替レートの大幅な変動は当社の業績及び当社の財務ガイダンスに影響を与える可能性
         がある。
         ベネズエラ及びアルゼンチンを含む、高いインフレ率又は著しい為替変動を経験している諸国における通貨の切下げ

         可能性の影響は、当社の業績及び当社の財務ガイダンスに影響を与える可能性がある。外国為替リスクに対する当社
         のエクスポージャーについての詳細は、下記「2020年度財務ガイダンス」及び本書「第3 事業の状況、3 経営者に
         よる財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析」の「財政状況、流動性及び資本源泉の分析」を参照
         のこと。
                                  44/473










                                                           EDINET提出書類
                                                      ファイザー・インク(E05856)
                                                            有価証券報告書
       ・ 2016年6月、英国の有権者は国民投票でEUの離脱を選択した。これは通常「Brexit」と呼ばれる。2017年3月、英国政
         府は、離脱にかかる諸条件の策定や今後の英国とEUとの関係の概要を示す2年間の交渉プロセスを開始するためにリス
         ボン条約第50条を発動した後、欧州理事会にEUを離脱する意向を正式に通知した。公式交渉が2017年6月に正式に開始
         した。2019年12月の総選挙後、新英国議会は交渉による離脱合意を承認し、2020年12月31日終了が予定されている移
         行期間を通じて現状維持の取決めをもって、英国は2020年1月31日にEUを離脱した。移行期間は英国及びEU間の将来の
         貿易協定の交渉に利用される予定である。英国のEU離脱の影響及び将来の貿易関係の諸条件は、極めて不確実な状況
         が続いており、これは、当社製品の承認及び供給を含めて、英国及びEU内における当社の研究面、商業面及び全般的
         な事業運営に一定の影響を及ぼす可能性がある。現時点では、移行期間終了後英国がEUの医薬品規制制度の枠内にと
         どまる若しくは調整されるか否か、及びその程度については依然として不透明である。しかし、英国及びEUの双方
         が、医薬品、医療機器及び臨床試験がそれぞれの管轄地域において別個に規制される方法について業界向けの詳細な
         指針を発行している。ファイザーは、移行期間を通じて及びその後も、特に規制、研究、製造及びサプライチェーン
         の分野において、Brexitの準備を実質的に完了し、EU及び英国のそれぞれの規制要件を満たすために必要な変更を
         行った。2018年及び2021年の間に、当社はこれらの対応を行うために特別損失として約60百万ドルを支出する予定で
         ある。
         当社は2019年に、これまでの米ドルに対する英ポンドの減価による外国為替の影響を含め、英国から世界全体の収益

         のおよそ2%を得ている。
       ・ 公衆衛生上の流行又は集団発生は、当社の事業に悪影響を及ぼす可能性がある。2019年12月、中国湖北省武漢で新型

         (新株)コロナウイルス(COVID‐19)が出現した。当初の集団発生は中国に大部分が集中しており、中国経済に重大な
         混乱を引き起こしたが、現在では他のいくつかの国にも広がり、世界的にも感染が報告されている。コロナウイルス
         が当社の事業にどの程度影響を及ぼすかは、大流行の期間、コロナウイルスの重症度に関する新たな情報、コロナウ
         イルスを封じ込める、又はその影響に対応するための行動など、今後の進展に依存するが、かかる進展は非常に不確
         実であり、信頼性をもって予測することはできない。特に、世界的にコロナウイルスが拡大し続けると、製造及びサ
         プライチェーン、販売及びマーケティング、臨床試験など、当社の事業に悪影響を及ぼす可能性があり、当社の事業
         及び財務成績に悪影響を及ぼす可能性がある。
      ファイザーは、複雑なグローバル環境で営業を行いつつ、堅実な財政状態を維持する。当社の多額の営業キャッシュフ

     ロー、金融資産、資本市場へのアクセス並びに利用可能なクレジット枠及びリボルビング・クレジット契約のために、当社は
     近い将来の流動性の必要を満たす能力があり、これを維持できると引続き考えている。当社の長期債務はS&P及びMoody'sによ
     る高い格付けを付与されている。市場の状態が変化するのに伴い、当社は当社の流動性ポジションを監視し続ける。当社は財
     務投資について慎重なアプローチを取ってきており、今後も引き続きそうする予定である。短期及び長期の投資は、質が高
     く、流動性が高く、多様化した売却可能な債券で主に構成されている。当社の財政状態及び信用格付けについての詳細は、本
     書「第3 事業の状況、3 経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析」の「財政状況、流動性及
     び資本源泉の分析」を参照のこと。
      当社の事業に影響を与えるこれらの及び業界固有の要因は、「第3 事業の状況、2 事業等のリスク」の「リスク要因」及

     び「将来の見通しに関する情報及び将来の業績に影響を与える可能性のある要因」に記載の情報と共に検討をいただきたい。
                                  45/473






                                                           EDINET提出書類
                                                      ファイザー・インク(E05856)
                                                            有価証券報告書
     当社の戦略
      当社の医薬品は、医療関係者及び患者の双方に、疾病治療の向上のみでなく、例えば緊急治療室若しくは入院費用等のその

     他の医療コストの削減、並びに保健、健康及び生産性の改善からも、著しい価値を提供すると当社は考える。当社は引き続
     き、当社医薬品の価値並びに疾病を予防・治療し結果を改善させるために当社が患者、医者及び支払者とうまく協働できる方
     法についての対話に積極的に関与する。当社は引き続き現行の法制及び価格構造の中で働き、価格の取決め及び支払者との契
     約方法を見直し、患者の利用を最大化し、当社収益への悪影響を最小化することを継続する。当社は引き続き、当社の目的、
     すなわち患者の生活を変えるブレークスルーを達成することを固く約束する。そうすることにより、当社は当社がサービスを
     提供する患者、社員及び当社株主に価値を生み出すことを期待する。
     成長に向けた組織構築

      当社は、これまでの過去10年を超えて最強のパイプラインの1つを所有すると考え、将来の成長に向けて良い位置にあると

     考える。特許権の失効は今後数年間継続し、特許失効による収益減少の影響が2020年には重大なものとなると当社は予想する
     が、その後2021年から2025年にかけてより低いレベルに穏やかに低下するであろう。これら様々な事象は、持続的成長を最大
     限実現し、当社の薬とワクチンをそれらを必要とする最大人数の人々に届けるために当社の事業を編成する方法を検討し、洗
     練させる機会を当社に与えている。
      2019年度初頭に、当社は事業運営を3つの事業から成る新グローバル組織構造により運営することを開始した。各事業は1名

     のマネージャーが統括する             ᔠ  ファイザー・バイオファーマシューティカルズ・グループ(バイオファーマ)、アップジョン
     及びファイザーのコンシューマー・ヘルスケア事業(2019年7月31日まで)である。当社は、それぞれの市場の進化していく優
     れたダイナミクスにより牽引される新たな成長機会を活用するために、この新グローバル構造を設計した。
      各事業の詳細については、本書「第6 経理の状況」の連結財務諸表に対する注記17A「セグメント別、地域別及びその他の

     売上情報:     セグメント情報」を参照のこと。
      当社はまた、当社のR&Dの運営を「成長に向けた組織変更」再編の一環として、再編成した。

      ・ 旧「ワールドワイド・リサーチ・アンド・ディベロップメント」は、当社が旧チーフ・メディカル・オフィス及びワー

         ルドワイド・セーフティ部門を統合した新たな「ワールドワイド・メディカル・アンド・セーフティ」組織をWRDM内
         に設立したため、「ワールドワイド・リサーチ・ディベロップメント・アンド・メディカル(WRDM)」に改称され
         た。
      ・ 当社の旧エッセンシャル・ヘルス事業内のR&D組織は、WRDM、GPD及びアップジョン組織に統合されている。バイオシミ
         ラーはWRDM及びGPDへ移管し、これらを関連する治療分野に一致させた(例:オンコロジー及び炎症&免疫)。
      ・ 規制機能はWRDM組織からGPD組織へ移管された。
      ・ 後期開発段階ポートフォリオ支出は、当社の旧イノベーティブ・ヘルス事業からはGPDへ、当社の旧エッセンシャル・
         ヘルス事業からはGPD及びアップジョンへ移管された
                                  46/473







                                                           EDINET提出書類
                                                      ファイザー・インク(E05856)
                                                            有価証券報告書
      当社は2019年の事業運営を、以下を含む複数の理由のために再調整した:
      ・ バイオシミラーのがん並びに炎症及び免疫治療分野への統合は、当社にバイオファーマ事業内のR&D、規制上及び商業

         上のインフラストラクチャーを活用し、より効率的にこれら資産を市場に売り出せる可能性を与える。
      ・ 病院で使用される薬のみに集中した事業ユニット(バイオファーマ内の病院ユニット)を創設することで、これら顧客

         へのサービス提供により焦点を合わせ、注意を向け、かつこれらとの関係を発展させる可能性をもたらす。
      ・ アップジョンに、特に新興市場において製品価値の最大化に重点を置く自律性を与え、持続的な穏やかな成長可能性を

         持つ、ファイザー内の独立事業として運営する機会を与える。
      ・ LOEの減少及び後期開発段階のパイプラインの可能性による収益増及びより持続的な収益が期待できる2020年以降の期

         間へ当社は移行するので、この新組織構造は、各事業の成長可能性を達成するために良い位置づけであると当社は考
         える。
      バイオファーマは、以下を含めて、強力なパイプラインの活用、営業を中心とした成長の牽引役の体系化、及び長期的成長

     機会を生み出すトレンドの利用を目指す。
      ・ 患者の満たされていない要求に対処する革新的医薬品に対する需要増を生み出している世界的な高齢化、

      ・ 画期的新医薬品の提供を増進している生物科学及びデジタル・テクノロジー双方の進展、
      ・ 医療制度における病院の重要な役割の増加。
      特にアジアにおいて新興市場における都市化及び中間層の増加は、アップジョン事業について成長機会を提供する。当社が

     現地市場の中で協働し、並びに迅速、集中的及び柔軟である能力は、アップジョン事業にこれらの機会を捉えるよう位置づけ
     るためのものである。アップジョンは、自律性を提供し、アップジョンを真に独立した部門として運営するように位置づけ
     る、事業に直接報告する独特かつ特化した製造、マーケティング、規制及び(わずかな例外を条件とする)権限付与機能を持
     つ。当社はとりわけ、アップジョンがその明白な成長可能性を最適なものとし、価値を高める一層の機会にアクセスするため
     の柔軟性を当社に与えるように位置づけるためにこの新構造を生み出した。
      2019年の事業の再編後、2019年7月29日にアップジョンとマイラン社を統合し、新たな世界的な医薬品会社であるViatris社

     を設立することで最終合意に達したことを発表した。詳細については、上記の「事業開発イニシアチブ」を参照のこと。新会
     社は、アップジョンとマイラン社の患者のニーズに応える能力を変革し、加速させ、かつ165を超える市場での能力を拡大する
     と考えている。この合併は、商業面及び規制面の専門知識、確立されたインフラ、研究開発能力、製造及びサプライチェーン
     の優秀性によって支えられ、処方薬、複雑なジェネリック薬、市販薬及びバイオシミラーの持続可能で多様かつ差別化された
     ポートフォリオを推進していく。
                                  47/473








                                                           EDINET提出書類
                                                      ファイザー・インク(E05856)
                                                            有価証券報告書
      予想される成長に備えるため、当社は、各事業及びそれを補助する機能内の構造、プロセス及びガバナンスを合理化するこ
     とにより、より単純、より効率的な組織の創出に重点を置く。当社の革新的なパイプラインは現在の臨床試験の予想される進
     展及び新たな主試験の開始(当社が取得又はライセンスを受ける薬の新たな検査を含む。)に基づいて成熟するので、当社は
     R&D投資を増加させる必要がある。さらに、当社のパイプラインは新たな製品化の機会を提供する可能性があるので、当社は新
     市場を創出する業務への投資も増額する必要がある。当社は、新薬開発を加速し、経験(患者と医師)を向上させ、かつ当社
     の作業を単純化及び自動化するためにテクノロジーとロボット工学を利用及び活用するため、全社的なデジタルの取り組みを
     開始した。
      2018年度第4四半期中、当社は組織を単純にし、管理の範囲を増やし、かつ組織階層を削減する対策を講じたが、これは一

     部の経営の役割及び責任に影響を与えた。当社はまた短期間の一部従業員給付の改善も提供した。一定の従業員給付に対する
     これらの改善に関する費用は、当社の2018年度及び2019年度の経営成績に大きな影響を与えなかった。
     より集中型企業への変革

      GSKコンシューマー・ヘルスケア合弁会社の設立並びにアップジョン及びマイラン社の予定された合併により、ファイザー

     はより焦点を絞った、科学に基づく革新的な医薬品の世界的リーダーへと変革している。その結果、当社は2019年度第4四半期
     に、当社のコスト基盤を確実にバイオファーマシューティカルズ収益基盤と適切に調整する取組みを特定し、開始した。かか
     る収益基盤は、コンシューマー・ヘルスケア取引の終了及び予定されているアップジョン取引の結果、(2020年新ファイザー
     収益ガイダンス(下記の「2020年度財務ガイダンス」を参照のこと。)の幅の中間点に基づき)2019年の会社全体の報告収益
     と比較して20%低いと予想される。一部の直接費用はコンシューマー・ヘルスケア合弁会社及びアップジョンに移管され、又
     は今後移管されるが、移管されない予定の間接費用が存在する。さらに、重点革新的医薬品事業の3つの中核機能である研究開
     発、製造、販売を適切に支援、推進するため、当社は組織再編を進めている。詳細については、本書「第3 事業の状況、3 
     経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析」の「原価及び費用--                                            事業再編費用並びに買収及びコ
     スト削減/生産性向上イニシアチブ関連費用」を参照のこと。
     事業運営

      「成長に向けた組織変更」の項目で述べる通り、2019年度期首において、当社は事業運営を3つの事業セグメント(バイオ

     ファーマ、アップジョン及び2019年7月31日まではコンシューマー・ヘルスケア)から成る新グローバル構造により管理するこ
     ととした。各セグメントは1名のマネージャーが率いる。各営業セグメントはその商業活動に責任を持つ。アップジョン及び
     2019年7月31日までコンシューマー・ヘルスケアは各々のR&D活動に責任を担い、バイオファーマはGPD及びWRDMからR&Dのサー
     ビスを受ける。これらのサービスには新たに開発中の製品及び既存製品の追加適応のためのIPR&Dプロジェクトが含まれる。各
     事業は、先進国市場及び新興市場にわたり、地域別拠点を有する。
      当社の事業運営に関する追加情報については、本書「第2 企業の概況、3 事業の内容」の「事業運営」を参照のこと。

      当社の事業構造に関する追加情報については、本書「第6 経理の状況」の連結財務諸表に対する注記17A「セグメント別、

     地域別及びその他の売上情報:              セグメント情報」を参照のこと。
      これらの各事業セグメントの2019年度の業績の追加情報については、本書「第3 事業の状況、3 経営者による財政状態、

     経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析」の「事業セグメント情報の分析」を参照のこと。
                                  48/473





                                                           EDINET提出書類
                                                      ファイザー・インク(E05856)
                                                            有価証券報告書
     研究開発事業の内容
      イノベーションは当社の成功に不可欠であり、創薬及び開発は時間と費用がかかり、予測ができない。ファイザーの目的は

     患者の生命を変えるブレークスルーを提供することである。当社が先進科学及び技術を最も重要な治療法に転換するために取
     組む中、R&Dはファイザーの目的を達成する中核である。
      当社のR&Dの優先項目には以下を含む。

      ・ ファイザーにとり、最も重要な新治療法を必要とする患者に届ける優れた機会である、高度に差別化した薬剤及びワク

      チンのパイプラインの提供、
      ・ ファイザーを長期的にR&Dにおける主導的地位に置くことができる当社の能力の促進、及び

      ・ 可能な限り素早く患者にイノベーションを届ける、創造性、柔軟性及び緊急性を持つパートナーシップの新モデルの推

      進。
        この目的のため、当社のR&Dは主に以下に重点を置く。

      ・ がん、

      ・ 炎症及び免疫、

      ・ ワクチン、

      ・ 内科、

      ・ 希少疾病、及び

      ・ 病院。

      R&Dについての詳細は、本書「第2 企業の概況                       - 3 事業の内容」の「研究開発」を参照のこと。事業セグメントごとの

     R&Dについての詳細は、本書「第3 事業の状況、3 経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析」
     中の「事業セグメント情報の分析」を参照のこと。
      審議中の新薬申請及び補足的な提出についての詳細は、本書「第3 事業の状況、5 研究開発活動」の「製品開発-バイオ

     医薬品」を参照のこと。
      当社のパイプラインを進展させる可能性があると当社が考える最近の取引及び戦略的投資の詳細については、上記「事業開

     発イニシアチブ」を参照のこと。
                                  49/473






                                                           EDINET提出書類
                                                      ファイザー・インク(E05856)
                                                            有価証券報告書
     知的財産権
      当社は、引き続き積極的に、攻撃性を増した特許権侵害に対して、当社の特許権を防御する。当社は、患者の適切なアクセ

     スの確保に必要な手段を取りつつ、全世界での特許権の認識の強化努力の支援を継続する予定である。さらに、当社は偽薬が
     サプライチェーンに入り込むことを阻止し、当社製品の流通に関しより大きな制御を達成するように設計された革新的アプ
     ローチを継続して採用する予定でり、かつ当社は、ジェネリック市場への参入を(適切な場合)続ける予定である。また、有
     効な事業機会の追求により、不適切に付与されたと当社が考える他社保有の知的財産権に対する異議申立てを行う必要がある
     可能性がある。かかる異議申立ては交渉及び訴訟を含み、必ずしも常に成功するとは限らない。当社の知的財産権及びその他
     の特許訴訟を実行する現在の努力についての詳細は、本書「第6 経理の状況」の当社の連結財務諸表に対する注記16A1「偶発
     事象及び契約債務:訴訟            - 特許訴訟」を参照のこと。第三者による特許権保護及び知的財産権訴訟に関するリスクについての
     情報は、本書「第3 事業の状況、2 事業等のリスク」の「リスク要因-知的財産に関連するリスク」を参照のこと。
     資本配分及び経費管理

      当社は、慎重な商業、研究及び事業開発の機会をうまく利用し、かつ株主価値を株式買戻し及び配当を通じて直接引上げる

     のに必要な財務資源を継続して保有できるように、堅実なバランスシート及び強力な流動性の維持に努める。財政状態、流動
     性、資金源、株式買戻し(繰上げ自社株買戻しを含む。)及び配当についての詳細は、「第3 事業の状況、3 経営者による
     財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析」の「財政状況、流動性及び資本源泉の分析」を参照のこと。最近
     の事業開発活動についての詳細は、上記「事業開発イニシアチブ」を参照のこと。
      2019年12月、当社の取締役会は2020年度第1四半期の配当を1株につき0.38ドルと宣言した。これは2019年度中に支払われた

     四半期ごとの1株当たり0.36ドルの配当から増額である。詳細については、本書「第3 事業の状況、3 経営者による財政状
     態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析」の「財政状況、流動性及び資本源泉の分析」を参照のこと。
      当社は、当社にとり適切なコスト構造の達成に引続き重点を置く。当社の各種イニシアチブについての詳細は、上記「当社

     の戦略-より集中型企業への変革」、本書「第3 事業の状況、3 経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フロー
     の状況の分析」の「原価及び費用                 - 事業再編費用並びに買収及びコスト削減/生産性向上イニシアチブ関連費用」及び本書
     「第6 経理の状況」の連結財務諸表に対する注記3「事業再編費用及び買収、コスト削減/生産性向上イニシアチブに関連する
     その他の費用」を参照のこと。
      米国における投資の増加             - TCJAが当社に与えると予想されるプラスの正味の影響を考慮した後、2018年初頭に当社はい

     くつかの措置を取ることを決定した。
      ・ 2018年から2022年まで5年間にわたり、当社は約50億ドルを、米国内の製造拠点の増強を含む、米国内の資本プロジェク

        トに投資する計画である。この計画の一部として、2018年7月、当社はミシガン州ポーテージに世界有数の最新技術によ
        る無菌注射剤医薬品製造施設を建設するために465百万ドルの投資を行い、米国の製造業への責任を増強する旨を発表し
        た。この米国への投資は、世界中の患者に向けた重要な命を救う注射剤医薬品を製造及び供給する当社の能力を強化
        し、今後数年間で450人の新たな雇用を生み出すと予想される。
                                  50/473






                                                           EDINET提出書類
                                                      ファイザー・インク(E05856)
                                                            有価証券報告書
      ・ 2019年8月、当社は、ノースカロライナ州サンフォードに最新型遺伝子治療薬製造施設を建設するための費用としてさら
        に5億ドルの追加投資を行うことを発表した。同施設は、ノースカロライナ州チャペルヒル及びキットクリークにある研
        究開発施設同様、当社の遺伝子治療研究開発に対する継続的投資をサポートすることとなる予定である。同施設はノー
        スカロライナにおける当社の存在を強化するであろう。拡大した施設により約300人分の雇用が創出される予定である。
      ・ 当社は2018年2月に当社の米国年金制度に500百万ドルの任意拠出を行った。

      ・ 2018年度第1四半期に、当社は執行役員以外の実質全てのファイザー従業員に対して、臨時特別賞与として合計119百万

        ドルを支払った。
     事業開発イニシアチブ

      当社の戦略の一環として、当社はまた、当社自身のパイプラインを前進させ、当社の既存製品の価値を最大化するととも

     に、提携、ライセンス契約、ジョイントベンチャー、共同開発、株式ベース若しくは負債ベースの投資、事業売却、M&A等の
     様々な形式の事業開発を通じて成長機会の活用に全力で取り組む。
      詳細については、上記「事業開発イニシアチブ」及び本書「第6 経理の状況」の連結財務諸表に対する注記2「買収、売却

     (処分)、持分法投資及び売却目的で保有する資産及び負債、ライセンス契約並びに研究開発及び共同契約」を参照のこと。
                                  51/473














                                                           EDINET提出書類
                                                      ファイザー・インク(E05856)
                                                            有価証券報告書
     2020年度財務ガイダンス
     当社全体の2020年度財務ガイダンス

      2020年度の当社全体の財務ガイダンスを下記に示す(a)(b):

       収益(売上高)                              48.5  十億ドルから50.5         十億ドル

       収益に対する調整後売上原価の割合
                                         19.9%   から   20.9%
       調整後販売、IT関連及び一般管理(SI&A)費用
                                      12.0  十億から     13.0   十億ドル
       調整後研究開発費
                                       8.1  十億から8.5      十億ドル
       調整後その他の(収益)費用
                                        約800   百万ドルの収益
       調整後利益に対する実効税率
                                           約15.0%
       調整後希薄化後EPS
                                        2.82  ドルから     2.92ドル
         当社全体の2020年度財務ガイダンスは以下を反映している。

       (a)
         ・  バイオファーマ及びアップジョンの通年の収益及び費用を反映し、アップジョンとマイラン社の予定された統合による影響
          を除外する。
         ・  2019  年12月31日現在完了していない事業開発取引の完了を、かかる取引に関連する1回の前払金/前受金も含めて、想定しな
          い。
         ・  ファイザーのコンシューマー・ヘルスケア合弁会社の予想収益の按分比例割合を含む。これは、1四半期のタイムラグで、調
          整後その他の(収益)費用に計上される。したがって、調整後その他の(収益)費用及び調整後希薄化後EPSの2020年度財務
          ガイダンスは、ファイザーの2019年第4四半期に生み出された合弁会社の収益に対する持ち分(ファイザーにより2020年第1
          四半期に計上される。)、並びに2020年度第1から第3四半期中の合弁会社の予想収益に対するファイザーの持ち分を反映す
          る。
         ・  特許権保護を最近喪失した又は間もなく喪失が予想される一部製品に関し、ジェネリック医薬品及びバイオシミラーとの最
          近の若しくは予想される競争による、収益への予想されるマイナスの影響(24億ドル)を反映する。
         ・  想定為替レートは2020年1月中旬時点である。2019年外国為替レートと比較して米ドルに関する外国為替レートの変化の結
          果、収益に対する約2億ドル及び調整後希薄化後EPSに対する約0.01ドルの予想されるマイナスの影響を反映する。
         ・  調整後希薄化後EPSのガイダンスは、約56億5,000万株の発行済み希薄化後加重平均株式数を想定する。これは2020年には株
          式買戻しがないことを想定する。
          調整後利益及びその構成要素並びに調整後希薄化後EPS(全て非GAAP財務評価法)の理解については、本書「第3 事業の状
       (b)
          況、3 経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析」の「非GAAP財務評価(調整後利益)法」を
          参照のこと。
      2020年から、アップジョンは、エピペン及びその他自動点滴製品の製造業者である、ファイザーのメリディアン子会社の運

     営を、また日本において、ジェネリック薬のマイラン-ジャパン(2012年に設立)との共同開発(マイラン-ジャパン)の運
     営を開始した。その結果、メリディアン及びマイラン-ジャパンに関連する収益及び費用は2020年第1四半期からファイザーの
     アップジョン事業において報告されることになる。2019年、メリディアン及びマイラン-ジャパンに関連する収益はファイザー
     のバイオファーマ事業において報告され、2018年通年と比較して、営業ベースで横ばいの総額598百万ドルであった。
      ファイザー、アップジョン及びマイラン社は、アップジョンとマイラン社の予定されている統合が完了した後に、ファイ

     ザーがメリディアン事業及び/又は現在マイラン-ジャパンの共同開発の一部を構成するファイザーの資産をViatris                                                      社に移転
     する条件を交渉中である。これらの交渉から合意又は取引が生じるか保証はなく、当事者がこの取引の条件を交渉する当事者
     の努力が成功しない場合、メリディアンの事業及び/又は現在マイラン-ジャパンの共同開発の一部を構成するファイザーの資
     産はファイザーにとどまる予定である。
                                  52/473






                                                           EDINET提出書類
                                                      ファイザー・インク(E05856)
                                                            有価証券報告書
     新ファイザーの2020年度財務ガイダンス
      2020年度の新ファイザーの財務ガイダンスを下記に示す(a)(b):

       収益(売上高)                              40.7  十億ドルから42.3         十億ドル

       調整後IBTマージン(c)
                                           約37.0%
       調整後希薄化後EPS
                                        2.25  ドルから     2.35ドル
       営業キャッシュ・フロー(d)
                                      11.0  十億から     12.0   十億ドル
         ・  新ファイザーの財務ガイダンスは、マイラン社とのアップジョンの統合が2020年初めに完了したと仮定した場合の、2020年

       (a)
          通期の業績見通しを反映している。従って、ファイザーのメリディアン子会社からの拠出と日本におけるファイザーとマイ
          ラン社の戦略的提携(マイラン-ジャパン)を除いた、現在経営中のバイオファーマ事業からの貢献分を反映している。ファイ
          ザーのメリディアン子会社とマイラン-ジャパンは、2019年にファイザーのバイオファーマ事業によって経営されていた。新
          ファイザーの財務ガイダンスには、マイラン社とアップジョンの統合が完了したと仮定した以下の項目の通年の影響も含ま
          れる:(i)ファイザーが留保するアップジョンからの正味手取金120億ドル(これはファイザーが自身の既存の負債の返済に使
          用する)、(ii)ファイザーとViatris社の間の移行サービス契約からの収入などのその他の取引関連項目。さらに、2020年の
          新ファイザー調整後IBTマージン及び調整後希薄化後EPSについての財務ガイダンスは、2019年第4四半期にコンシューマー・
          ヘルスケアの合弁会社が生み出した利益のファイザーの持ち分(ファイザーはこれを2020年第1四半期に計上する予定)、及
          び2020年第1四半期から第3四半期におけるコンシューマー・ヘルスケアの合弁会社の予想利益に対するファイザーの持ち分
          を反映している。
          調整後利益及びその構成要素並びに調整後希薄化後EPS(全て非GAAP財務評価法)の理解の詳細については、本書「第3 事
       (b)
          業の状況、3 経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析」の「非GAAP財務評価(調整後利益)
          法」を参照のこと。
          調整後税引前利益率(調整後IBTマージン)は、売上収益から、調整後売上原価、調整後SI&A費用、調整後R&D費、無形資産の
       (c)
          調整後償却及び調整後その他(収益)/控除の合計を控除したものの売上収益に対する比率として定義される。調整後IBTマー
          ジンは、経営陣が、この業績指標が投資家及びその他の読者の新ファイザーの財務実績に対する理解及び評価を補うもので
          あると考えているため、提示されている。調整後IBTマージンは、米国GAAPによる税引前利益の代替ではなく、また、そのよ
          うに見なされるべきではない。
          当社が予定する、2020年度下半期の米国適格年金制度への任意拠出12億5,000万ドルを含まない。
       (d)
     アップジョンの2020年度財務ガイダンス

      アップジョンの2020年の財務ガイダンスには、以前はファイザーのバイオファーマ事業に計上されていたメリディアン及び

     マイラン-ジャパンに関連する収益及び費用が含まれている。メリディアンとマイラン-ジャパン社バイオファーマからアップ
     ジョンに移行したことを除けば、2019年7月に提供された暫定財務目標と比較して、アップジョンの2020年の財務ガイダンスに
     おける営業上の変更はない。
      2020年度のアップジョンの財務ガイダンスを下記に示す(a):

       収益(売上高)                               8.0  十億ドルから8.5        十億ドル

       調整後EBITDA(a)
                                       3.8  十億から     4.2  十億ドル
          アップジョンの財務ガイダンスは、ファイザーのメリディアン子会社とマイラン-ジャパンからの拠出を含み、現在経営され

       (a)
          ているアップジョン事業による2020年通年の貢献を前提としている。
          金利、税金、減価償却及び償却前調整後利益(EBITDA)は、報告済の米国GAAP純利益/(損失)及びその構成要素として定義さ
       (b)
          れ、支払利息、利益/(損失)に係る税金の引当/(便益)並びに減価償却費及び無形資産償却費が調整され、さらにパーチェス
          会計調整、買収関連費用、非継続事業及び一定の重要項目(ジョイントベンチャー取引の完了に伴う利益、リストラクチャ
          リング費用、法的費用、持分証券に係る純損益など一部は反復するが、継続的な中核業務を反映するとは経営陣が考えない
          もの。)を除外して調整される。調整後EBITDAは、経営陣がこの業績指標はアップジョンの財務実績に対する投資家やその
          他の読者の理解及び評価を補うものであると考えているため、提供されている。調整後EBITDAは、GAAPに基づく財務実績の
          測定ではなく、GAAPに基づいて決定された純利益/(損失)又は営業活動によるキャッシュフローの代替と考えるべきではな
          い。
                                  53/473





                                                           EDINET提出書類
                                                      ファイザー・インク(E05856)
                                                            有価証券報告書
      ファイザーは、係争中の訴訟、例外的な損益、買収関連費用、持分証券への投資による純損益及び将来の資産の減損の可能
     性について、非合理的な努力なしに、最終的な結果を合理的な確実性をもって予測することができないため、(収益以外の)
     GAAP報告ベースの財務測定値又は予測非GAAP財務測定値の最も直接的に比較可能なGAAP報告済み財務測定値への調整について
     は指針を提供しない。これらの項目は不確実であり、様々な要因に依存しており、ガイダンス期間のGAAP報告実績に重大な影
     響を与える可能性がある。
      当社の様々なイニシアチブに関連する実際のコスト及び予想コスト並びにコスト削減についての情報は、本書「第3 事業

     の状況、3 経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析」の「原価及び費用-事業再編費用並びに
     買収及びコスト削減/生産性向上イニシアチブ関連費用」及び「第6 経理の状況」の連結財務諸表に対する注記3「事業再編費
     用及び買収、コスト削減/生産性向上イニシアチブに関連するその他の費用」を参照のこと。
      当社の2020年度財務ガイダンスは、上記「当社の営業環境」、「グローバルな経済環境」及び「当社の戦略」並びに本書

     「第3 事業の状況、2 事業等のリスク」の「将来の見通しに関する情報及び将来の業績に影響を与える可能性のある要因」
     及び「リスク要因」に記載の多数の要因及び不確実性のもとにある。
     政府の規制及び価格統制

      製薬会社は、事業を行う政府当局から広範にわたり規制を受ける。ファイザーの事業が準拠する一定の法律及び規制を以下

     に記載する。
      概要    当社の事業は、多数の法律及び規制の対象となっており、今後も引き続き対象となるであろう。当社の製品の製造

     及びマーケティングが準拠するものを含む、これらの法律及び規制を遵守しないことにより、当社は、様々な政府機関による
     行政上及び法律上の手続き及び措置の対象となる可能性がある。これらの手続き及び措置の詳細については、本書「第6 経理
     の状況」の当社の連結財務諸表に対する注記16A「偶発事象及び契約債務:訴訟」を参照のこと。かかる手続き及び訴訟による
     結果として、刑事罰、多額の罰金及び/又は民事制裁金、警告書及び製品のリコール又は差押え、製品承認の遅延、並びに適
     用ある法域で当社が事業を行う能力への制限が生じる可能性がある。
      米国

      薬品規制      米国において、バイオ医薬品は、とりわけ当社の医薬品の安全性と有効性、臨床試験、広告及び販売促進、製

     造、添付文書及び記録が準拠する規制を含むFDAによる広範な市販前及び市販後規制の対象となる。当社の製品はまた、連邦食
     品・医薬品・化粧品法(以下「FFDCA」という。)による市販後の監視及び薬剤に関するその実施規制、並びに公衆衛生法及び
     生物製剤に関するその実施規制の対象となる。
      DEAを含むその他の米国連邦機関も、当社のいくつかの製品について規制を行っている。また、当社の活動の多くがSECの管

     轄下にもある。
                                  54/473







                                                           EDINET提出書類
                                                      ファイザー・インク(E05856)
                                                            有価証券報告書
      製品を米国において販売しようとするバイオ医薬品会社は最初にそれが安全かつ意図された使用に有効であることを示すた
     めに、検査が必要である。評価の後にFDAが製品が安全(すなわち、その利益が既知のリスクを上回る)かつ有効であると決定
     する場合、FDAは当該製品の販売を承認し、適宜新薬承認申請又は生物製剤承認申請を発行する。ジェネリック処方薬を販売し
     ようとする会社は、ジェネリック薬がイノベーターの薬と生物学的に同等であることを科学的に示さなければならない。医薬
     品簡略承認申請又はジェネリック薬の申請は特に、ジェネリック薬はブランド薬に薬学的見地から同等であり、製薬会社は薬
     を正しく製造する能力があり、提案されている添付文書はイノベーター/ブランド薬のラベルと同一であることを示さなければ
     ならない。
      薬剤又は生物製剤が販売の承認を得た後でも、依然として市販後のコミットメント又は市販後の要件の対象となる可能性が

     ある。市販後のコミットメントは薬剤又は生物製剤スポンサーが実施に同意した研究又は臨床試験であるが、法律及び/又は規
     制により要求されるものではない。市販後要件には、法律及び/又は規制により、承認の条件としてスポンサーが実施すること
     に同意した研究及び臨床試験が含まれる。市販後研究又は臨床試験は、迅速承認に従い承認された薬剤又は生物製剤につい
     て、既知のリスクを評価する又は臨床的利益を示すために求められる場合がある。会社が市販後要件を満足できない場合、FDA
     は金銭による民事制裁金を課し、警告書を発行し、又は薬剤若しくは生物製剤を誤った商標表示であるとみなす可能性があ
     る。いったん薬剤又は生物製剤が承認されると、FDAは製品に対するいかなる修正についても通知を受けるる必要があり、また
     FDAは製薬会社に対して追加の研究の提出若しくは臨床試験の実施を求める可能性がある。加えて、当社はまた有害事象を報告
     し、適正製造規範並びに広告及び販売促進規制を遵守することを求められる。FFDCAを遵守出来ない場合、行政上及び/又は司
     法上の制裁措置の対象となる可能性があり、これには警告書、製品リコール、差押さえ、製品承認の遅延、差止め、罰金、民
     事制裁金及び/又は刑事訴追が含まれる。
      バイオシミラー規制             ACAは、小児科での独占権有効期間の潜在的な6か月の延長を含む、革新生物製剤の12年の独占期間

     満了後のバイオシミラー(「後続生物製剤」とも呼ばれる。)について、その承認の枠組みを構築した。ACAに基づき、バイオ
     シミラーについては、参照製品である革新生物製剤の承認から4年が経過するまで、承認申請を行うことはできない。
      FDAは法律の施行及び新しいバイオシミラーの承認に責任を有している。FDAの承認並びにガイダンスの草案及び最終版の発

     表により、FDAは、例えばバイオシミラーの期待される添付書類など、バイオシミラーの承認の経路に関する数々の問題に対処
     してきた。例えば、2019年に、FDAは、米国で認可された比較対象製品との互換性を立証するための基準に関する最終ガイダン
     スを発表した。さらに、2017年、バイオシミラー・ユーザー・フィー法が5年間、再認可され、これはFDAのバイオシミラー利
     用者フィー収入の大幅な増加につながり、これによりFDAにバイオシミラー申請を処理する追加の資源を提供した。例えば、新
     たに認可された手数料構造の制定以来、FDAはバイオシミラー利用者の手数料からの収益は、一般に40百万ドルを超えるであろ
     うと推計する。
                                  55/473









                                                           EDINET提出書類
                                                      ファイザー・インク(E05856)
                                                            有価証券報告書
      販売及びマーケティングに関する法令                    米国のバイオ医薬品会社のマーケティング慣行は一般に、医療業界の詐欺及び不
     正を防止し、政府の医療プログラムの健全性を保護することを特に意図した様々な連邦及び州の医療保険法の対象となる。こ
     れらの法律には、反キックバック法及び虚偽請求取締法が含まれる。反キックバック法は一般に、バイオ医薬品会社が、ある
     特定の製品の購入又は処方を含む取引発生のため何らかの価値のあるものの要求、提供、受領又は支払いを行うことを禁止す
     る。虚偽請求取締法は一般に、第三者支払人(メディケア及びメディケイドを含む。)に対して、製品(薬剤又は生物製剤を
     含む。)又はサービスについて虚偽の又は不正な支払い請求を故意に及び自発的に提示、又は提示させることをいかなる者に
     も禁止し、キックバックを通じてもたらされた請求は虚偽又は不正なものとして一般に扱う。詐欺及び不正法の違反は、刑事
     上若しくは民事上の制裁及び/又は連邦医療プログラム(メディケア及びメディケイドを含む。)からの除外による処罰対象
     となる場合がある。連邦政府及び様々な州はまた、医薬品会社の販売及びマーケティング慣行を規制する法律も制定してい
     る。法律及び規制は一般に、製造業者及び医療提供者との間の財務上の関わりを制限し、連邦若しくは州政府に開示及び当該
     関わりを公開することを求め、並びに/又はコンプライアンス基準若しくはプログラムの採用を求める。これらの法律及び規
     制の多くは、曖昧な要件を含んでいるか、又は施行のための行政上のガイダンスを必要とする。米国の各州も、州検事総長を
     通じて、消費者保護及び誇大広告に関する州法に基づき、積極的に処方薬の販売活動を規制するよう努めている。法律及びそ
     の施行に明瞭性がないため、当社の活動は、関係する法律及び規制に基づいて制裁金の対象となる可能性がある。
      薬価設定及び保険料返還             当社の医薬品の価格設定及び保険料返還は、一部は政府の規制に左右される。ファイザーは、

     メディケイド薬剤リベート・プログラム、「連邦上限価格」薬剤価格設定プログラム、340B薬剤価格設定プログラム及びメ
     ディケア第D部プログラム等の様々な連邦及び州政府の健康保険プログラムに基づいて医薬品の購入に割引価格設定又はリベー
     トを提供しなければならない。ファイザーはまた、メディケイド薬剤リベート・プログラム及びメディケア第B部等の健康保険
     プログラムに基づいて政府機関に特定の価格の報告もしなければならない。報告される価格の決定に必要な計算は複雑であ
     り、価格を正確に報告できない場合、ファイザーは制裁金の対象となる場合がある。リベートについての詳細は、本書「第3 
     事業の状況、3 経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析」の「収益                                               - 概要」及び「第6 経理
     の状況」の連結財務諸表に対する注記1G「開示方針及び重要な会計方針:売上高及び売掛金」を参照のこと。
                                  56/473












                                                           EDINET提出書類
                                                      ファイザー・インク(E05856)
                                                            有価証券報告書
      政府及び民間の第三者支払人は、当社製品の利用を管理し、コストを抑制することを定期的に求めている。医薬品の輸入に
     関する措置の提案を含む、医薬品の価格又は支払いを規制する措置を実施するための政府職員又は立法者による努力は、実施
     された場合には、当グループの業務に悪影響を及ぼす可能性がある。医薬品の価格設定については、引き続き公的及び政府に
     よる大規模な調査が行われており、高額と認識されている医薬品のコストに対処する方策は、議会、大統領府、一部の州によ
     り検討されている。例えば、米議会予算局(CBO)が今後10年間でメディケイドの費用を30億ドル以上削減すると推計したメディ
     ケイド薬のリベートプログラムの下で、公認ジェネリック薬のあるブランド薬の平均製造価格を製造業者が計算する方法を、
     最近の法律によって改正した。民間医療保険の即時廃止や段階的廃止など、さらに広範な改革案が、米大統領選の民主党候補
     者の一部から提案されている。特に、いくつかの州では、医療用医薬品製造業者に対して、価格引上げの州への報告と公表、
     さらに時には引上げの正当性を書面で示すことを義務づける透明性法を制定済み又は検討中である。新たな州透明性法やいく
     つかの連邦価格法の導入に加えて、大統領府も輸入に関する提案を導入し、メディケア・パートBにおける国際基準価格設定に
     関心を示している。当社は、収入に悪影響を与える可能性のある追加の法律や規制が生じる価格設定の規制を引き続き重点的
     に見ていく予定である。さらに、メディケアやメディケイドを含む受給権プログラムに対する連邦政府の支出を削減するため
     の米国政府の行動は、当社の製品又は当社の製品の提供に関連するサービスに対する支払いに影響を与える可能性がある。詳
     細については、本書「第3 事業の状況、2 事業等のリスク」の「リスク要因-米国給付金制度の改革」を参照のこと。ま
     た、大半の州は、メディケイドにおける一部の医薬品の入手を制限するために、推奨処方薬リストを使用する。一部のファイ
     ザー製品に対して一部の州のメディケイド・プログラムに基づく制限が存在する。別の例では、メディケイド管理医療プログ
     ラムに基づく当社製品の利用は、州のメディケイド代理店が通常メディケイド受給者へのサービス提供のために契約する医療
     保険プランによって決定される。州は、患者の成果に連動したメディケイド医薬品リベートプログラムの下での補足的なリ
     ベート契約の実施を含め、メディケイドその他の州医療プログラムに関連する医療費を抑制するための選択肢を引き続き模索
     している。加えて、併せて米国での当社の医薬品の主たる購入者である薬局チェーン及び卸売業者の間の合併及び統合、並び
     にPBMによる当社を含む医薬品製造会社の価格圧力が増すと当社は、予想する。詳細については、本書「第3 事業の状況、2 
     事業等のリスク」の「リスク要因-管理医療の動向」を参照のこと。
      商業部門でのさらなる価格及び利用の圧力の可能性は引き続き重要である。多くの雇用主は、高い控除可能な医療制度を採

     用しており、これは薬の自己負担コストを増加させる可能性がある。この傾向が続きそうである。例えば医療保険などの民間
     の第三者支払人は、薬剤の価格にますます異議を申し立てており、これは当社製品の価格引き下げ、払い戻し率の低下及び需
     要減少につながる可能性がある。保険市場の競争が非常に激しい結果、当社製品に価格圧力が起きる可能性がある。医療サー
     ビスの購入者は、直接若しくは団体購入機関を通じて、さらなる割引を求め、又はより厳しい入札若しくは購入検討プロセス
     を実施している。
      医療サービスを低価格で提供するために、かつこれらの支出が健康の面で証明された価値を提供することを確実にするため

     に、米国のサービス提供者に対する圧力は全体的に増加している。長期では、サービス(診療)ごとの個別支払からプロバイ
     ダーにコスト削減及び患者の結果の改善について見返りを与える、結果ベースの支払い及びリスク分担の取決めへ焦点を合わ
     せる移行が観察されている。これらの新たな支払モデルは、時には新薬の価格引き下げ及び新薬への利用の制限につながる可
     能性がある。同時に、これらのモデルはまた、医者に検査及び診断並びによりコストの高い医療介入の回避手段としての医薬
     品の検討を奨励することで薬剤の利用を促進する可能性もある。
                                  57/473







                                                           EDINET提出書類
                                                      ファイザー・インク(E05856)
                                                            有価証券報告書
      当社は、医薬品は、医療制度全体に提供する価値に基づき、医療費の最も効率的で有効な使い方であると考えている。患者
     の治療上の成果を効果的に向上させ、医療制度のコストを引き下げ、効率的で手頃な医療制度内での医薬品の入手を確保する
     解決方法に向けて、当社は、立法担当者及び擁護団体と協働する。さらに、発展する米国及び世界の医療費の状況に対応し、
     当社は引き続き、保健機関、医療技術の評価及び品質測定機関並びに大手米国支払者がどのように当社の化合物及び製品を評
     価するかをより良く理解するために、製品開発プロセス全体を通じ、これらの諸機関と協働する。さらに、当社は、医療費の
     パターンと共に当社の医薬品及び競合相手の医薬品の使用パターンを認識することにより、当社が創薬若しくは開発、登録及
     び製造する医薬品の価値を証明することに焦点を合わせた、より強い社内の能力の開発に努める。
      医療保険制度改革            連邦及び州のレベルで、医療へのアクセスを向上し、医療の提供を改善し、さらに医療の支払を合理

     化することにより、医療制度を改革する重要な努力が行われている。ACAの一部若しくは全部の条項を廃止、実施的に修正又は
     無効とする連邦の立法上及び行政上の試みによる不確実性に直面している。2019年12月のTexas対Azarの第5巡回控訴裁判所の
     判決には、さらなる不確実性がある。これは、ACAの重要な条項である個別マンデートは違憲性があると主張している。この事
     件は、ACA全体と個別マンデートが不可分であるかどうかを判断するために、下級裁判所に差し戻されており、不可分とされた
     場合、ACA全体が違憲とされる可能性がある。当面の間、法律の残りの条項は有効である。ACAに基づく医療保険交換及びメ
     ディケイドの拡大によりファイザーが生み出す収益は多額ではなく、法の全面的な無効化の影響は限定的であると予想され
     る。しかしながら、ACAの将来的な代替は、とりわけ立法により雇用主が拠出する保険の補償に対するインセンティブが削減さ
     れる場合、又は劇的に業界の課税及び手数料を増額させる場合、当社の事業及び財務成績に悪影響を与える可能性がある。今
     後の医療制度改革は当社の将来の事業及び財務成績に悪影響を与える可能性がある。
      汚職行為防止        海外汚職行為防止法(FCPA)は、米国企業及びその代理店に対し、海外における新規取引又は取引維持を

     目的とした、外国公務員、政府職員、政党又は政治家候補への金銭の支払いの申入れ、約束、承認又は実施を禁止している。
     FCPAの適用範囲に、一定の医療専門家との関わりが含まれている国も多く、類似の汚職行為防止法及び/又は規制を施行して
     いる国もある。
      データプライバシー           ファイザーは、通常の事業活動の一環として個人データを収集する。このデータの収集及び使用

     は、プライバシー及びデータセキュリティに関する法律及び規制(各種の規制機関又はその他の政府機関による監督を含む。)
     の対象である。例えば、カリフォルニア州消費者プライバシー法(CCPA)の適用を受けている。2020年1月1日に施行されたCCPA
     は、当社がカリフォルニア州の消費者について収集、販売又は共有する個人データの分類を開示し、消費者に個人データに関
     する権利を付与する義務を含む、無数の義務を当社に課している。これらの法律を遵守しない場合、制裁金、罰則、不遵守行
     為の中止命令が課せられる可能性があり、当社の信用を毀損し、当社の事業を損なう可能性がある。
      米国外

      当社は、米国外のほとんどの国において、同様の規制上及び法律上の問題に直面している。

      新薬承認      EUにおける新薬の承認は、「相互認証手続」、「分散型審査許可方式」又は「EUの中央審査方式」を利用して

     行うことができる。これらの方式は、EU加盟国に加え、欧州経済地域諸国、ノルウェー、アイスランド及びリヒテンシュタイ
     ンで適用されている。中央審査方式はEMAが管理し、EU全体に対する単一の認可となり、これは最も迅速且つ効率の良いEU全体
     の承認獲得方法を提供し、新製品について最も一般的に利用される方法である。
                                  58/473






                                                           EDINET提出書類
                                                      ファイザー・インク(E05856)
                                                            有価証券報告書
      中国においては、これまでの規制制度は数多くの課題を医薬品業界に与えてきた。なぜなら中国の薬剤開発及び登録の要件
     は、米国又はその他国際基準とは必ずしも一致しなかったからである。しかし、近年、中国はこれらの課題に対処しようと努
     める改革及び改革案を導入した(以下に詳述する。)。さらに2017年、中国の規制当局である国家薬品監督管理局(NMPA)は
     医薬品規制調和国際会議(ICH)に加盟し、これにより政府による国際的な技術ガイドライン及び慣行の採用を増加させた。
     2019年はこの面で再び活発な年となり、多数の改革が成立し、さらに多くの提案及び改革案が検討のため発表された。
      日本においては、医薬品医療機器総合機構(PMDA)が、日本で薬剤を販売しようとする事業の入り口である。PMDAは、臨床

     研究、承認、市販後審査及び医薬品の安全性を含む広範な規制上の活動に従事しており、新規薬品が日本で市販される前に申
     請書を承認しなければならない。PMDAはまた、新薬の臨床試験について協議を行い、製品の分類及び承認に関して助言を提供
     する。
      多くの中低所得国の保健当局は、承認審査手続きを開始する前及び/又は最終認可が下りる前に、広く認められている規制

     当局(例えばFDA又はEMAのような機関)による販売認可を求めている。多くの規制当局は、最終販売認可を取得するため、そ
     の国の対象集団における臨床研究データも求めている。
      医薬品安全性監視          EUにおいては、EMAの医薬品安全対策リスク評価委員会が、EU当局に対して製品安全性問題に関する

     審査及び提言を行う責任がある。EUの規制機関が、製薬会社に対し、医薬品承認時又は科学的発展に照らした承認後の任意の
     時期に、認可後安全性・有効性研究の実施を求めることができる。製品の副作用報告及びさらなる監視に関する広範な追加要
     件も盛り込まれている。EU及び日本といった先進国市場以外においては、医薬品の安全対策要件はさまざまであり、一般的に
     範囲も狭いが規制は強化される傾向にある。
      薬価設定及び保険料返還             EUの様々な加盟国、英国、中国、日本、カナダ、韓国及びその他一部の国際市場を含む一部の

     政府は、特に最近の世界の財政圧力下で、治療の時点で低い(又は無料の)直接経費で消費者に医療を提供し、政府補助の医
     療制度のコストを抑制するために、巨大な単独支払者として薬価及び患者への保険料返還水準を規制する相当な権力を持つ。
     政府は、価格削減、強制リベート、医療技術の評価、市場アクセスの条件としての強制的な現地化、国際基準価格設定(すな
     わち、規制した薬価を他国のものと連携させる国の慣行)、品質の一貫性評価プロセス及び量基準の調達を含む、当社の医薬
     品への様々なコスト抑制措置を用いる場合がある。加えて、この価格規制の国際的な食い違い並びに国家間での異なる経済条
     件及び不完全な価値評価により、多くの市場における品質の高い医薬品へのアクセスの差異及び当社製品の国を越えた第三者
     の取引が生じることとなっている。
      特に、国際基準価格設定は、個々の国々の値下げによる現地の影響を増大させており、患者の利用及び革新を妨げる。価格

     変動は、国際基準価格設定システムにより増幅され、また外国為替レートの変動からも生じている。国際基準価格設定方針の
     改革及び欧州数ヵ国における医薬品を対象とした措置の結果、この原動力から生じる下向きの価格圧力が継続することが予想
     される。
      加えて、一部の重要な国際機関(世界保健機関(WHO)を含む国際連合及び経済協力開発機構等)は、報告及び政策提言を

     発行し、国際的な医薬品価格の精査を強化している。2019年、WHOは、医薬品の研究開発費用及び生産の透明性の向上の要求並
     びにネット価格の開示など、医薬品価格を下げる戦略を支援することで、医薬品価格の慣行への圧力の行使を継続した。
                                  59/473






                                                           EDINET提出書類
                                                      ファイザー・インク(E05856)
                                                            有価証券報告書
      日本では、発売後の医療技術の価格調整を通知する健康技術評価(HTA)システムの導入に伴い、革新的医薬品の価格環境
     は、2019年にさらに悪化した。他のHTA市場で見られるように、還付決定のためのこのシステムの拡大は、依然としてリスクで
     ある。重大な課題が残されている一方で、2020年の医薬品価格改革パッケージは、2018年の最後の改革パッケージとは異な
     り、アクセス状況を根本的に変化させるとは予想されない。さらに、特定の製品の価格侵食を防ぐ重要な政策である新薬創出
     加算(PMP)の適格基準は、迅速な規制経路が法律で成文化されている間に、いくぶん強化されると予想される。
      カナダでは、特許薬価審査委員会(PMPRB)が、2019年11月に新たな価格規制を実施するためのガイドライン案を発表した。

     これは2020年7月に発効する予定である。これらの規制は、価格を決定し、新薬の上限価格を設定するための経済的要因を加え
     るために使用される国の参照バスケットから米国を外す。これらの提案された変更によるPMPRB規制への潜在的影響の初期分析
     では、今後10年間で業界の収入が約260億ドル減少すると推定された。
      中国の価格抑制圧力           中国においては、医療は主に公的支払い制度によって推進されており、公的医療保険が医薬品の最

     大の単独支払い者となっており、価格圧力が近年増大している。中国政府の職員は、医療成果の改善の重要性、医療改革の必
     要性、及び医薬品価格の引き下げを改革の進捗の重要な指標として一貫して強調している。政府が中国国民の大部分に基本的
     健康保険を提供するものの、かかる保険は多くの革新的な薬剤を補償するのには十分ではなく、革新的な薬剤に対する代替的
     資金源は依然として次善のものである。
      2019年、中国政府は、約90種類の革新的な医薬品(主に腫瘍医薬品)を国家保険料還付薬品リストに追加するために、企業

     と交渉した。すでに2017年と2018年の交渉により60の医薬品がリストに追加されている。医薬品の価格はこの政府主導のプロ
     セスで劇的に引き下げられた。これらの交渉は会社へアクセスする道筋を含んでいたが、市場へのアクセスは保証されていな
     い。加えて、省による入札の過程及び交渉に関する重大な疑問が残るほか、省、地方自治体及び病院のレベルに渡る多層的な
     交渉も依然としてある。
      特許の切れた期間中、2013年に中国は、国内製造のジェネリック薬の品質改善のために、主に、資格のある参照医薬品(典
     型的にはオリジネーターの医薬品)と生物学的に同等であることを評価する検査を満たすことをかかる医薬品に求めることに
     より、品質一貫性評価(QCE)プロセスの実施を開始した。2018年、多数の現地のジェネリック医薬品がQCEの下で正式に生物
     学的に同等であるとみなされた。その後中国の主な11都市を対象とする25分子の薬剤を含む、集中的な量ベースの調達(VBP)の
     ためのパイロット・プロジェクトが開始された。この調達モデルの下では、含まれる分子量の一定部分が入札者に保証される
     入札プロセスが確立されている。このプログラムは、QCEを通過したジェネリック薬の利用を推進して医療費を抑えることを意
     図しており、これにより特許切れの医薬品の価格が劇的に下がった。
                                  60/473










                                                           EDINET提出書類
                                                      ファイザー・インク(E05856)
                                                            有価証券報告書
      アップジョン及び特許切れの大半は、このパイロット下での最初の入札プロセスでは成功しなかった。これは、2018年12月
     に最終決定し、2019年3月に実施され、大半の契約は現地のジェネリック企業に決まった。最初の入札プロセスは、受注した入
     札者による大幅な価格引下げをもたらし、一部の入札者は、中国の医薬品市場で数量を確保しようとしたため、製品の価格を
     96%も引き下げた。入札で受注できなかった医薬品についても、入札の成功者との価格差に基づき、販売価格を30%まで引き
     下げるよう要請された。中国政府は、2019年12月にVBPパイロットの全国拡大を開始した。拡大モデルは、全国的に実施されて
     おり、公的病院並びに一部の軍民医療機関向けに購入される特定の医薬品にも適用される。最初の入札プロセスと同様に、当
     社のアップジョン事業ユニットとほとんどのオリジネーター・ブランドは、この全国的拡大のための入札プロセスでは成功せ
     ず、それらの契約はほとんどが現地の中国のジェネリック企業に決まった。アトルバスタチン及びアムロジピンのQCE認定ジェ
     ネリック製造業者は積極的に値下げを行い、2019年3月の入札からさらに引き下げを行った。当社のアップジョン事業ユニット
     は、引き続きこれらの取り組みによる収入への影響を緩和する措置を講じているが、今後も中国におけるアップジョン事業に
     影響を及ぼすことを予想している。当社は、これらの価格圧力を幾分緩和するために、小売チャネル、民間病院、入札能力に
     おける当社の存在感を活用する予定である。加えて、浸透度が低く階層の低い都市や郡に地理的に拡大し、非入札製品にさら
     に焦点を当てることで、より中国全体での販売量が増加し、QCEからの圧力が部分的に緩和されると当社は考える。
      2019年後半、中国は、バイオファーマのジスロマックス錠及びジフルカン錠を含む、33の新分子を対象とする、国家VBPプ

     ログラムの拡大の再実施を発表した。アップジョンの製品は対象とならなかった。バイオファーマはこの拡大についての入札
     プロセスに成功しなかった。
      さらに、中国政府は、QCEで承認されたジェネリック医薬品と対応する先発医薬品との間の還付価格の統一化に向けた取り

     組みに向けて議論している。中国政府は現在、このユニバーサルな還付価格の取り組みを今後2年から3年以内に実施する計画
     である。この政策が実施されれば、アップジョンの製品の新還付レベルは現在の還付レベルよりも低くなる可能性が高く、価
     格及び/又は患者の自己負担にさらなる圧力をかけることになる。この政策が公式に実施されるかどうか、実施時期、実施方法
     については依然として不明である。中国政府は、価格圧力を高めたり、アップジョンの製品が入手できる販売量を減らす効果
     を持つ可能性のある他の政策も制定する可能性がある。この政策の可能性、及び中国におけるアップジョンの医薬品に対する
     価格設定や自己負担の圧力を高める可能性のある類似の他の政策は、当社の業務、財政状態及び業績に悪影響を及ぼす可能性
     がある。中国政府は、LOE後の追加薬品については、今後のラウンドでQCEの資格認定の対象となる可能性があると指摘してお
     り、これは量ベースの調達にも結びつく可能性がある。今後のQCE製品の範囲及びプログラム拡大のタイミングは現在のところ
     不明であり、ファイザーの事業及び財政状態への影響を判断することを困難にしている。当社は今後も中国市場の動向を注視
     していく。
      EU の規制上の変更         EUは、2014年5月に新規の臨床試験規制を採択したが、EU当局が新技術システムを設立する必要によ

     り、その実施は遅延している。当該規制は、EUにおける管理プロセス及び臨床試験のガバナンスを簡素化し統一化することを
     目的としており、範囲を拡大した臨床研究結果の公表も求める予定である。現時点では、早くても2022年上半期まで完全に実
     施されるとは予想されていない。
                                  61/473








                                                           EDINET提出書類
                                                      ファイザー・インク(E05856)
                                                            有価証券報告書
      英国のEU離脱(Brexit)             2016年6月、英国の有権者は国民投票でEUの離脱を選択した。これは通常「Brexit」と呼ばれ
     る。2020年12月31日終了が予定されている移行期間を通じて現状維持の取決めをもって、英国は2020年1月31日にEUを離脱し
     た。英国のEU離脱及び将来の貿易関係の結果は、極めて不確実な状況が続いており、当社製品の承認及び供給を含めて、英国
     及びEU内における当社の研究面、商業面及び全般的な事業運営に一定の影響を及ぼす可能性がある。しかし、英国及びEUは、
     それぞれの管轄地域において医薬品、医療機器及び臨床試験が独立して規制される方法について業界向けに詳細な指針を発行
     している。ファイザーは、移行期間を通じて及びその後も、特に規制、研究、製造及びサプライチェーンの分野において、
     Brexitの準備を実質的に完了し、EU及び英国のそれぞれの規制要件を満たすために必要な変更を行った。2018年から2021年の
     間に、当社はこれらの対応を行うための臨時費用として約60百万ドルを支出する予定である。Brexit                                                に関する詳細について
     は、上記「グローバルな経済環境」を参照のこと。
      中国の規制上の変更           薬剤の革新を促進し、既存の薬剤承認申請の未処理分を減らすために、近年、NMPAは、中国の薬剤

     承認システムへの多数の改革施策を発表し、その能力構築のために多大な努力に関わった。NMPAは、新薬の定義を「中国での
     新薬剤」から「グローバルでの新薬剤」へと変更し、薬剤を新薬とジェネリック薬品に分類している。これは他の市場で(例
     えば米国又は欧州において)既に承認された薬剤は中国の規制枠組みにおいて新しい薬剤とはみなされない。この定義変更に
     より、多国籍企業は中国国外で最初に承認された薬剤の規制当局による承認の獲得に成功するという競争上の大きな優位性が
     あったため、多国籍企業よりも中国国内の薬剤製造業者へより多くの機会を生む。しかし、2019年の改正はFDA又はEMAによる
     規制上の承認は輸入薬の承認には今後必要ないことを明確にした。ただし、重要な例外が輸入ワクチンにはあり、輸入ワクチ
     ンは依然としてFDAなどの参照規制当局からの事前承認が求められる。2019年、中国は「医薬品管理法」の改正を公表し、「市
     販承認取得者」制度を導入した。これは、NMPAに製造業者の規制に関しより大きな権限を与え、製造業者に委託製造契約及び
     製造施設移動の柔軟性を提供する。
      課題は残るものの、その他の数々の政策変更により、中国における国内及び輸入薬の承認を合理化及び加速している。当該

     改革は、2018年6月に中国がICHのマネジメント・コミッティに昇格するのに合わせ、中国の規制がグローバルな慣行に統合さ
     れる道を開くものと期待される。当該変更には、製品登録の更新を維持するためのより合理的なプロセスの導入、輸入検査要
     件の削減、及び有効な治療法がない希少疾患及び重篤で生命を脅かす疾患を治療するための医薬品の迅速な登録経路の確立が
     含まれる。実施に関する特定の詳細は不明であるが(例えば、適格な希少疾患のリストが確定していない、並びに重篤で生命を
     脅かすものとみなされるものについてのガイダンスがないなど)、NMPAは、米国及び欧州の規制システムと類似した特定の種類
     の製品について迅速な経路を構築することを目的としている。さらに、NMPAは、臨床試験承認のための60日間の審査スケ
     ジュール及び外国臨床データの受け入れのためのガイダンス、並びに医薬品開発及び規制上の意思決定における実際のデータ
     の利用を含む、より国際的な慣行に合わせた中国の登録要件の変更を発表した。
      多くの規制変更は、同時グローバル医薬品開発に中国が含まれることをより支援するが、固有の規制要件が依然として国際

     企業に対して引き続き課題を与える。これには、臨床試験サンプルを輸出するための中国のヒト遺伝資源プロセス(中国での臨
     床試験の開始に数か月を追加する)、米国、EU及び日本における許容可能な慣行を超える基準を必要とする中国薬局方と製造
     データ要件の不一致、並びに予測不可能で一貫性のない臨床試験検査実施を含む。
      医療提供者との関係の透明性及び情報開示                      多くの国々が、医薬品会社が医療提供者に行う対価の移動の開示を求める法

     律を制定している(又はそれをその業界団体が推奨している)。例えば、EFPIA(欧州製薬業団体連合会)の開示規定は、は、
     ファイザーを含む会員会社すべてに対し、医療専門家及び医療機関に対する対価の移動についての情報開示を求めている。
                                  62/473






                                                           EDINET提出書類
                                                      ファイザー・インク(E05856)
                                                            有価証券報告書
      知的財産      知的所有権の貿易関連の側面に関する世界貿易機関協定(以下「WTO-TRIPS」という。)は、加盟国に対し、
     2005年までに、先進国以外は2033年までに、医薬品の特許保護を提供するため、知的財産法を改正するよう求めた。当社は、
     現在も世界中で特許の付与、実施及びその他の知的財産に関する課題に直面しているが、一部の国において改善が見られてい
     る。当社は、他の加盟国において、継続的な事業拡大に向けて検討する要因のうち、特に特許保護を強化している。
      WTO-TRIPS及び二国間/多国間貿易協定に従い、世界の知的財産環境は全般的に改善されているが、当社の将来における事

     業成長は、知的財産保護のさらなる進展に左右される。とりわけ新興市場においては、政府が、イノベーターに薬剤の公正価
     値より低い価格を受け入れさせる手段として、また現地の製薬業界を保護するため、知的財産に関する方針を適用している。
     また、現在の知的財産保護を低下させ、さらなる保護の実施を阻止しようとする多大な政治的及び経済的圧力が存在する。そ
     れにより、バイオ医薬品の発明に対する特許取得基準がさらに厳しくなり、手続きがさらに困難となる方針がもたらされた。
     さらに、一定の種類の発明(新しい治療方法等)に対する特許取得に対する制限、特許の取消し、強制実施権を発行する広い
     裁量権を促進又は提供する法令、知的財産権行使の低下、効果的な規制当局によるデータ保護が実施されなくなっている。当
     社を含む業界は権利擁護活動を行っており、外国の製造業者にとってより均衡の取れた事業環境を模索すること、及び現地の
     革新的産業にとっての強固な知的財産制度の重要性を強調すること、イノベーティブな医薬品への患者のアクセス改善の手助
     けに重点を置いている。EUを含む先進国においても、当社は知的財産権環境の増加する課題に直面している。
      カナダ/EU     包括的経済貿易協定(CETA)の一環として、カナダは現在、基本特許の特許期間延長のために、一般的に特許期間

     の回復と呼ばれる独自の(sui               generis)保護を提供している。しかし、延長の上限は2年で、国際基準は5年である。さらに、
     実施規則は、補足的保護証明書(CSP)を通じて特許期間回復を申請する特許取得者に障害をもたらす可能性があり、カナダの提
     案する薬剤価格改革はCSPの利益に悪影響を及ぼす可能性がある。さらに、米国・メキシコ・カナダ協定(USMCA)は実施された
     場合、カナダ及びメキシコに対し、特許付与の不当な遅延に対する特許期間調整の設定を含む、現在の知的財産体制の一定の
     改善を求める。
      中国の知的財産環境は近年改善しつつあるが、効果的な執行及び適切な法的救済措置は、依然として懸念事項である。中国
     政府は、世界貿易機関条項に準拠して、知的財産権を保護する措置を取っているが、引き続き施行の課題があり、また中国が
     一定の構造改革を行わなかったために、中国は、現在も米国通商代表部による2019年優先監視国に指定されている。さらに、
     中国における特許性基準は、米国、欧州及び日本を含む他の主要市場に比べ、現在も制限的である。特許保護に対する枠組み
     は20年間存在しているが、実施方法が不十分又は一貫性のないものであることが多い。例えば、効果的な特許関連メカニズム
     も仮差止めもなく、立証負担が非現実的であり、実施段階で特許を無効にするために使用する十分性基準は厳しいものであ
     る。2019年、中国規制当局は、各ケースの参考医薬品が依然として特許保護の対象となっているにもかかわらず、ジェネリッ
     ク医薬品に販売承認を与えたが、これらの侵害薬の販売前に特許紛争を解決するための有効な法的手段は存在しない。米国と
     中国は、最近、中国が一部の特許関連の懸念に対処することを約束した最初の合意に署名し、両政府は、2020年にこれらの約
     束の実施及びその他の知的財産問題について二国間の議論を継続することを示唆した。
      ブラジル及びその他の中南米諸国においては、衛生監督庁(ブラジルの国民健康監視庁等)の特許審査における役割、一部

     の特許期間に関する曖昧さ、制限的な特許性に関する規則及び特許庁の手続きの遅延が、特許を通じて当社製品を保護する当
     社の能力を制限する可能性がある。規制当局によるデータ保護の欠如及び薬剤の新しい用途といった一定の種類の発明保護の
     問題により、一部の医薬品の商業的な有効期限が制限される可能性がある。さらに、バイオ医薬品についての強制実施権の発
     行の兆候が増大しており、これは事業に不確実性を加える。
                                  63/473






                                                           EDINET提出書類
                                                      ファイザー・インク(E05856)
                                                            有価証券報告書
      インドにおいては、未決定率を低下させる特許承認プロセスの迅速処理及び実施を強化する訓練プログラムの実行の面で一
     定の進展があった。これらのプラスの措置にもかかわらず、長年にわたる知的財産権の問題に対する対処においては依然とし
     てギャップが存在する。例えば、特許の強制実施権を支持する政策、異議申立手続き(付与前及び付与後の両方)においてイ
     ンド特許庁が医薬品の特許を取り消すという傾向、及び医薬品の特許性に関する制限的な基準により、当社の発明及び当社の
     イノベーションへの投資の多くは保護するのが困難となっている。これらの政策は、国民の健康にとって重要であると認識さ
     れている分野において、革新薬を対象とする特許に対し、新たな申立てが生じるリスクを高めている。インドにおけるファイ
     ザーの特許に対する異議申立てが係属中である。
      データ・プライバシー              米国外では、当社が事業を展開しているEUをはじめとする多くの国が、個人情報の収集及び利用

     に関するプライバシー・データセキュリティ関連の法規制を有しており、これらの法規制も遵守していかなければならない。
     適用法の1つは、EUの一般データ保護規則(GDPR)である。GDPRは、個人データの収集、使用又はその他の処理を行う会社に詳細
     な義務を課しており、不遵守に対する罰則には、当該会社の世界全体の年間収入の最大4%の罰金が含まれる可能性がある。さ
     らに、各国がプライバシー及びデータセキュリティ法を採用し続けるにつれて、プライバシー及びデータ保護の問題に関する
     世界的な法律及び規制の枠組みが急速に進化している。データ保護またはプライバシーに関する適用法令、規則、政策、業界
     基準又はその他の法的義務を遵守できない場合、ファイザーに追加費用及び責任が生じるほか、評判上の危害が発生し、当社
     の業務に悪影響を及ぼす可能性がある。
     環境に関する事項

      当社の事業運営は、そのほとんどが国、州及び/又は地方自治体の環境法の影響を受ける。当社は、適用法の遵守に必要な

     出費を行っており、今後も継続する意向である。当社は、一部の製造施設における過去の産業活動による環境汚染の浄化作業
     も行っている。詳細については、本書「第6 経理の状況」の連結財務諸表注記16A3「偶発事象及び契約債務:訴訟-商事及び
     その他の訴訟」を参照のこと。その結果、2019年度は、環境保護遵守及び過去の産業活動の浄化のため、以下のとおり、資本
     支出及び営業支出を計上した。
      ・  環境に関連した資本支出            - 31百万ドル

      ・  その他の環境に関連した支出              - 136百万ドル

      当社は、環境法令の遵守に費やす資本支出又は営業支出について確実に予測することはできないが、これらの支出が、当社

     の資本支出又は競争力に重大な影響を及ぼすことはないと現在予想している。
      気候変動は、追加の規制要件及び関連費用の可能性、及び当社の施設及びサプライヤーの施設に影響を与える可能性のある

     より頻繁に生じる厳しい天気事象及び水資源利用問題の可能性等、当社の事業を脅かすものである。例えば、2017年、プエル
     トリコにおける当社の製造及び販売業務はハリケーンによる影響を受けた。プエルトリコの3製造施設は被害を受け、プエル
     トリコ全体に影響を与えた問題のために操業停止となった。3つの製造施設は操業を再開し、2018年に修復作業は完了した。当
     社は、気候変動による当社の施設及びサプライ・チェーンにとっての物理的リスクが将来生じないと保証することはできない
     が、天候関連の潜在的リスク及びその他自然災害に対する当社の脆弱性を評価するプログラムを有し、定期的に当社の評価を
     更新する。現在まで、当社施設の所在地、既存の流通ネットワーク及び当社の管理により、近い将来、これらのリスクがファ
     イザーにとって重大な影響を及ぼすことはないと予想しているという結論に至った。
     税務事項

      税務事項に関する詳細については、本書「第6 経理の状況」の連結財務諸表注記5「税金」を参照のこと。

                                  64/473




                                                           EDINET提出書類
                                                      ファイザー・インク(E05856)
                                                            有価証券報告書
     2【事業等のリスク】
     リスク要因

      本項の記載事項は、当社の事業に対する主要なリスクを記述したものであり、慎重に考慮されるべきである。加えて、同記

     載事項は、1995年米国民事証券訴訟改革法に基づいた注意事項を記述したものである。
       本有価証券報告書に含まれる株主に対する当社の開示情報及び分析には、将来の見通しに関する記述が含まれている。当

     社は、随時、当社が公表するその他の資料に加え、口頭によっても、将来の見通しに関する見解を提供している。かかる記述
     には、多大なリスク及び不確実性が伴う。当社は、可能な限り、かかる記述に「であろう」、「場合がある」、「可能性があ
     る」、「見込みがある」、「継続中の」、「予測する」、「見積る」、「見込まれる」、「予想する」、「意向である」、
     「計画する」、「確信する」、「仮定する」、「目標にする」、「見通しを立てる」、「ガイダンス」、「目標」、「目的」
     及び「意図」といった表現及び類似の意味を有する用語を使用することにより、又は特に、予測される経営成績及び財務成
     績、経営計画及び見通し、当社製品パイプラインの予想、既存製品及び製品候補(規制当局への予測される提出、データの読
     み取り、研究開始、承認、収益への寄与、成長、実績、独占権の時期及び潜在的利益を含む。)、戦略的見直し、資本配分目
     標、買収その他事業開発活動の計画及び見通し、2019年度における当社の事業運営の組織再編により期待される利益、販売努
     力、費用、金利、外国為替レート、訴訟等の偶発事象の結果、政府の規制、成長の機会若しくは見通しをうまく利用する当社
     の能力、製造・製品供給、並びに株式買戻し及び配当計画の記述に関連した将来の日付を使用することにより、それと分かる
     よう試みた。特にこれらには、とりわけ、本書「第2 企業の概況、3 事業の内容」の「概要」、本「リスク要因」の「アッ
     プジョンとマイラン社の統合予定」                 、 本書「第3 事業の状況、1 経営方針、経営環境及び対処すべき課題等」の「事業開発
     イニシアチブ」及び「当社の戦略」、並びに本書「第6 経理の状況」の連結財務諸表注記1A「開示方針及び重要な会計方針―
     開示方針」に記載の新たなグローバルな医薬品会社Viatris社を設立するためのアップジョン及びマイラン社を統合する契約に
     関連する予想時期、利益、費用及び/又はコスト、本書「第2 企業の概況、3 事業の内容」の「特許及びその他の知的財産
     権」及び本書「第3 事業の状況、1 経営方針、経営環境及び対処すべき課題等」の「当社の営業環境-業界固有の課題-知
     的財産権及び提携/ライセンス権」に記載の特許権の失効が当社の事業に与える影響の予想、本書「第2 企業の概況、3 事業
     の内容」の「競争-ジェネリック医薬品」及び本「リスク要因」の「ジェネリック医薬品競争」に記載の中国における一部
     ジェネリック製造会社との予想される競争、本書「第3 事業の状況、1 経営方針、経営環境及び対処すべき課題等」の「政
     府の規制及び価格抑制-米国以外-Brexit」及び「グローバルな経済環境」に記載されるBrexitの準備に関連する予想コス
     ト、本書「第2 企業の概況、3 事業の内容」の「原材料」に記載の2020年度の原材料の入手可能性、本書「第3 事業の状
     況、1 経営方針、経営環境及び対処すべき課題等」の「政府の規制及び価格抑制」及び本「リスク要因」の「価格設定及び保
     険料返還」に記載される米国及び海外における当社製品に対する予想される価格圧力及び当社事業に対する予想される影響、
     本書「第3 事業の状況、1 経営方針、経営環境及び対処すべき課題等」の「環境に関する事項」に記載されるファイザーに
     対する気候変動の影響の予想、本「リスク要因」の「GSKとのコンシューマー・ヘルスケア合弁会社」に記載されるGSKとのコ
     ンシューマー・ヘルスケア合弁会社の予想される会社分割、本書「第3 事業の状況、1 経営方針、経営環境及び対処すべき
     課題等」の「当社の戦略-成長に向けた組織変更」に記載の2019年の当社事業運営の組織再編により期待される利益及び成長
     に関する当社の予想、本書「第3 事業の状況、1 経営方針、経営環境及び対処すべき課題等」の「グローバルな経済環境」
     及び本書「第3 事業の状況、3 経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析」の「財政状況、流
     動性及び資本源泉の分析」に記載される流動性ポジションの予想、本書「第3 事業の状況、1 経営方針、経営環境及び対処
     すべき課題等」の「より集中型企業への変革」及び本書「第3 事業の状況、3 経営者による財政状態、経営成績及びキャッ
     シュ・フローの状況の分析」の「原価及び費用                       - 事業再編費用並びに買収及びコスト削減/生産性向上イニシアチブ関連費
     用」及び本書「第6 経理の状況」の連結財務諸表注記3「事業再編費用及び買収、コスト削減/生産性向上イニシアチブに関連
     するその他の費用」に記載された当社のイニシアチブ(上記「より集中型企業への変革」を含む。)の予想経費及び削減、本
     書「第3 事業の状況、1 経営方針、経営環境及び対処すべき課題等」の「当社の戦略-資本配分及び経費管理-米国におけ
     る投資の増加」に記載の米国内の投資の増加計画、本書「第3 事業の状況、1 経営方針、経営環境及び対処すべき課題等」
     の「2020年度財務ガイダンス」に記載される財務ガイダンス、本書「第3 事業の状況、3 経営者による財政状態、経営成績
     及びキャッシュ・フローの状況の分析」の「連結損益計算書の分析-収益-代表的な製品について-プレブナー13/プレベ
     ナー13(バイオファーマ)」に記載された65歳以上の成人にプレブナー13を推奨する予防接種諮問委員会(ACIP)がプレブナー
     13による収益に与える影響の予想、本書「第3 事業の状況、3 経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの
     状況の分析」の「連結損益計算書の分析-収益-代表的な製品について-ゼルヤンツ(バイオファーマ)」に記載されたゼル
     ヤンツの処方情報の更新がその成長に与える影響の予想、当社の事業戦略取引から予想される利益、本書「第3 事業の状況、
                                  65/473


                                                           EDINET提出書類
                                                      ファイザー・インク(E05856)
                                                            有価証券報告書
     3 経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析」の「財政状況、流動性及び資本源泉の分析                                                         - 流
     動性及び資本源泉の主要な調達法                - 契約債務」に記載される資本支出計画、本書「第3 事業の状況、3 経営者による財政状
     態、  経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析」の「財政状況、流動性及び資本源泉の分析                                           - 流動性及び資本源泉の主要
     な調達法     - 契約債務」に記載される当社の未積立補完(適格外)年金制度、退職後給付制度及び繰延報酬制度に対する予想支
     払い及び予想資金拠出義務、並びに本書「第6 経理の状況」の連結財務諸表注記11「年金・退職後給付制度及び確定拠出型制
     度」に記載される当社が2020年度中に行う予定の米国適格制度に対する任意拠出等将来の措置に関する記述を含む。
      当社は、将来の見通しに関する記述は、それがいかなるものであっても実現を保証することはできない。将来の業績の達成

     は、多大なリスク、不確実性及び不正確な仮定の影響を受ける。既知のリスク、未知のリスク若しくは不確実性が実際に起
     こった場合、又は前提となる仮定が不正確であると判明した場合、実際の業績は、過去の業績や予測、見積り又は業績予想と
     大幅に異なる可能性がある。将来の見通しに関する記述を検討する場合、このことに留意し、将来の見通しに関する記述に対
     し過度に依存すべきではない。
      当社は、新たな情報、将来の事象又はその他の結果にかかわらず、法律又はSECの規則及び規制に定められるものを除き、

     将来の見通しに関する記述の公的な更新を行う義務を負わない。しかしながら、関連事項に関し当社が行う新たな開示の参照
     を推奨する。また当社は、以下のとおり、当社の事業に関連したリスク、不確実性及び不正確である可能性のある仮定につい
     て、注意事項を提示する。これらは、個別に又は全体として、実際の結果が業績予測、計画又は過去の実績から大幅に異なる
     要因である。当社は、1995年米国民事証券訴訟改革法で認められているとおり、これらの要因を投資者のために特筆する。投
     資者は、すべての要因を予想又は特定することは不可能であることを理解すべきであり、よって、以下の情報が、潜在的リス
     ク又は不確実性のすべてを完全に記述しているとみなすべきではない。
                                  66/473













                                                           EDINET提出書類
                                                      ファイザー・インク(E05856)
                                                            有価証券報告書
     当社の事業、業界及び営業に関連するリスク                     :
     管理医療の動向

      民間の第三者支払人(医療保険等)及びその他管理医療事業体(PBM等)は薬剤の使用を管理し、薬剤原価を制御するため

     の対応策を取ることを継続する。MCO間の統合によって、MCO及びその他の民間の第三者支払人の交渉力が増大している。政府
     のみならず、民間の第三者支払人は、処方薬集への記載又は処方薬集への有利な記載についての決定に関連して割引を考慮す
     ることにより、費用を管理するため処方薬集を採用することが多くなっている。当社の製品の適時の又は適切な価格設定若し
     くは処方薬集への有利な記載が獲得又は維持できない場合、又は有利な価格設定での記載ができない場合、収益が悪影響を受
     ける可能性がある。民間の第三者支払人は、特定の薬剤の使用を促進するために、しばしば自己負担金の階層による処方薬集
     を実行し、また特にブランド医薬品及びバイオテクノロジー製品について、受給者からの自己負担金額を引き上げている。民
     間の第三者支払人はまた、製薬会社及び患者により多くの費用負担を転嫁することのできる、いわゆる「累積自己負担金」
     (自己負担金支援の価値が、控除のために適用される自己負担費用として入らないことを規定する政策。)などの新しい試み
     も実行している。消費者は処方費用の大部分を支払っており、ブランド医薬品より低価格のジェネリック代替品を好む可能性
     があるため、この費用転嫁により、消費者の治療薬の選択に対する関心とインプットが強化されている。第三者支払人は、新
     規参入の障害、除外リスト、症状に基づく価格設定及びコスト抑制の努力を向上させるための価値基準の価格設定/契約などの
     追加施策も利用し、また、ジェネリック製品が利用可能となった場合のブランド製品について事前承認を求める、又はブラン
     ド医薬品の利用が許可される前に、まずは患者が1若しくは複数のジェネリック医薬品で効果がないという事実を求めるなど、
     臨床プロトコルを含む利用管理手段の適用を強化している。米国の民間の第三者支払人市場は一段と統合され、ジェネリック
     版がより多くの薬剤で入手可能となっているため、バイオ医薬品メーカーは、患者に対してより低価格のジェネリック代替品
     の使用を促進する民間の第三者支払人からの価格圧力の増大に引き続き直面する可能性がある。
     ジェネリック医薬品競争

      当社ブランド製品にとって、ジェネリック医薬品メーカーとの競争は、世界中で大きな課題であり、知的財産権の失効又は

     喪失が、当社の収益に多大な悪影響を与える可能性がある。さらに、当社の特許製品は特許独占権の喪失より前にジェネリッ
     ク医薬品競争に直面する可能性がある。これには当社の特許取得済製品のジェネリック版の製造会社による、(ジェネリック
     製品に対する特許侵害訴訟が係属中であるにもかかわらず)特許満了前の「リスクのある」発売も含む。ジェネリック医薬品
     競争により、極めて短期間に当該製品の売上高の大部分が失われる可能性がある。当社の多くの製品は、過去数年にわたり、
     激化するジェネリック医薬品競争に直面してきた。例えば、リリカ(当社のアップジョン事業の製品である。)は2019年6月に
     米国で特許権保護を失い、2019年7月に複数の供給元によるジェネリック競争が始まった。また米国におけるチャンティックス
     の基本製品特許も2020年11月に失効する。中国では、当社は特定のジェネリック医薬品製造会社とさらに激化した競争に直面
     すると予想され、これは一部の当社製品の価格引き下げ及び売上高減少につながる可能性がある。
      また、ジェネリック医薬品メーカーは候補薬の承認を求めて、FDAにかかる会社の請求は当社の特許を侵害しない、又は当

     社の特許は無効であるとする申立てを行った。これには特に当社の製品中のエリキュース、イブランス及びゼルヤンツと競合
     するであろう候補を含む。当社のライセンス供与及び提携パートナーも、当社がライセンス又は共同販促権を所有する製品を
     対象とする特許に対するジェネリック医薬品メーカーによる異議申立てに直面している。加えて、特許保護されている当社の
     製品は、市場での独占権を喪失させる競合会社のブランド製品のジェネリック版との競争に直面する可能性がある。
                                  67/473






                                                           EDINET提出書類
                                                      ファイザー・インク(E05856)
                                                            有価証券報告書
     競合製品
      当社は、当社の既存薬剤及び薬剤候補と同様の疾病及び疾患を治療する新規参入製品、既存のブランド製品、ジェネリック

     製品、プライベートブランド製品、バイオシミラー並びに製品候補を含む、競合製品の発売の時期又はその影響を正確に予測
     することはできない。競合製品の発売により、当社の既存製品の販売又は開発中の製品の潜在的販売が減少し、製品の予期せ
     ぬ陳腐化が生じる可能性がある。近年多くの競合製品が発売されており、一部の潜在的競合製品は、様々な開発段階にある。
     これらの一部は、FDA及び海外の規制当局に対し、承認申請がなされている。
      当社はまた、競合相手(その他ジェネリック及びバイオシミラー・メーカーを含む。)の製品と競合するジェネリック及び

     バイオシミラー医薬品も生産する。予想されるジェネリック又はバイオシミラー市場の形成時点又はそれ以前にジェネリック
     又はバイオシミラー製品を発売する能力は、当該医薬品の収益性にとって重要である。ジェネリック又はバイオシミラー製品
     市場の競争激化により、当社の成功は、当社が素早く新製品を市販する能力に依存するであろう。FDAは、世界中のその他規制
     当局と共に、ジェネリック医薬品の申請の未処理分が生じており、結果として今後数年間にわたって新規ジェネリック製品の
     承認が遅れる可能性がある。さらに、当社の製品が適切な保険適用/還付金のアクセスを受けられない、又はイノベーターの
     製品に比較して不利な地位に留まる、バイオシミラー製品についてのアクセスの課題に当社は直面する可能性がある。例え
     ば、インフレクトラは商業的支払人の間でアクセスの問題を経験してきた。2017年9月、ファイザーは、Remicade®                                                      (インフリ
     キシマブ)に関するJ&Jの排他的契約及びその他反競争的慣行は連邦反トラスト法に違反しているとして、J&Jに対しペンシルべ
     ニア州東部地区地方裁判所に訴訟を提起した。
     主要な既存製品への依存

      2019年度、当社は、8つのバイオ医薬品(プレブナー13/プレベナー13、イブランス、エリキュース、リリカ、ゼルヤン

     ツ、リピトール、エンブレル及びチャンティックス/チャンピックス)の各々につき、10億ドル超の直接製品売上高及び/又は
     提携による収益を計上した。それらの製品は、当社の2019年度における総収益の49%を占めた。これらの製品又はその他の主
     要製品のいずれかが、特許保護(適用ある場合)の喪失、処方薬の成長率の変動、重大な製造物責任訴訟、想定外の副作用、
     規制当局への届出、医師若しくは患者の信頼に影響を与える評判、既存の競合製品からの圧力、添付文書の改訂、価格決定及
     びアクセス圧力、供給不足等の問題にさらされた場合、又はより有効性の高い新薬が発表された場合、当社の収益は、多大な
     悪影響を受ける可能性がある。多数の当社の製品が、この数年間に一部の市場において特許が失効し又は規制上の独占権を喪
     失しており、また、売上げが最も高い当社の医薬品の多くを対象とする特許は、係属中の法的申立の対象となってきている。
     例えば、特許訴訟の和解の結果、TevaファーマシューティカルズUSAインクが2017年12月に米国でバイアグラ(当社のアップ
     ジョン事業の製品である。)のジェネリック版を発売した。さらに、リリカ(当社のアップジョン事業の製品である。)は
     2019年6月に米国で特許権保護を失い、2019年7月に複数の供給元によるジェネリック競争が始まった。また、米国における
     チャンティックスの基本製品特許が2020年11月に失効する。加えて、当社の収益は、主要な新製品の商業的受容の時期及び程
     度により、大きな影響を受ける可能性がある。詳細については、本書「第2 企業の概況、3 事業の内容」の「特許権及びそ
     の他知的財産権」セクションを参照のこと。さらに、当社の提携による収益は、当社が締結している及び今後適宜締結する提
     携契約及び共同販促契約の終了により悪影響を受けるであろう。
                                  68/473







                                                           EDINET提出書類
                                                      ファイザー・インク(E05856)
                                                            有価証券報告書
     研究開発への投資
      安全かつ有効な新製品の発見及び開発、並びに既存製品の新用途の開発は、当社の事業の継続的な成功にとって重要であ

     る。当社の製品ラインは、製品がその市場独占権を喪失した時点で収益の損失を相殺するために、また利益成長の引当金を計
     上するために、長期間にわたり補充していく必要がある。当社が成長する可能性は、社内のR&D又は提携、買収、合弁事業若し
     くは第三者とのライセンスその他契約を通じて、まだ満たされていない医療ニーズに対応する新製品又は既存製品の新適応症
     を特定及び開発し、支払人から還付を受ける当社の能力に大部分を依存している。しかしながら、現在の成長、将来の成長へ
     の投資及び株主への利益還元との均衡を保つことは、依然として重大な課題である。多くの治療分野における規制上の要件が
     強化されるのに伴い、製品開発の平均コストは上昇を続け、これは資金を供与する新薬候補数並びにR&Dポートフォリオの持続
     性に影響を与える可能性がある。新製品の導入及び新製品のR&D、並びに既存製品ラインの拡張に対する継続的な投資が、対応
     する売上高の伸びを超えることがある。
      さらに、当社のR&Dへの投資計画及び資源は、正確には科学技術と市場との間で適合していない場合がある。また、適切な

     技術プラットフォーム、治療セグメント、製品クラス、地理的市場、並びに/又はライセンス導入及び導出の機会に投資を行
     うことができない場合、当社のパイプラインの生産性に悪影響を及ぼすおそれがある。加えて、最も市場の魅力度が高い分野
     が特定される場合であっても、研究開発に必要な多額の投資がなされたにもかかわらず、科学的アプローチがどのプログラム
     にも成功しない場合もあり、並びに、製品の商業的可能性が、極めて動的な市場環境並びに入手及び還付に関する障害のた
     め、予想されたほどの競争力を持たない場合がある。
      当社は、引き続き当社の全世界のR&D組織を強化し、近い将来において及び長期にわたり、価値を提供するために配置され

     た持続可能なパイプラインを実現するために、技術を革新し研究開発における生産性全体を向上させることを目的とした戦略
     を追求する。これらの戦略は、期待する結果をもたらない可能性があり、将来における成長及び収益性に影響を与える可能性
     がある。
     バイオシミラー

      海外の多くの市場においては、バイオシミラーの承認について簡略化された法的手続きが存在し、米国では、ACAの可決以

     降、当該承認の枠組みが存在している。競合会社が当社の生物学的製剤を参照するバイオシミラーの販売認可を取得した場
     合、当社の生物学的製剤は、これらのバイオシミラーによる競争及びそれに伴う競争圧力にさらされ、価格低下が生じる可能
     性がある。例えば、エンブレルは大部分の欧州市場において引き続くバイオシミラーとの競争に直面している。特許権の満了
     又は訴訟による特許権の喪失は、競争の誘因となる可能性がある。
      当社は、バイオシミラー医薬品を開発及び商品化中である。バイオシミラーの商品化に関連したリスクには、当社の潜在的

     なバイオシミラー製品の適時の商品化を妨げ得る知的財産に関連した申立てと合わせ、競争の激化によって予想を超えて急激
     に価格が低下する可能性が含まれる。また、異なるバイオシミラーにより異なる可能性のある各種要因(例えば、反競争的慣
     行、オリジネーターの製品を服用する既存患者にバイオシミラーを処方するのを好まない医師、又は財務上のインセンティブ
     の調整不良)により、バイオシミラーの取り込みが減少するというリスクもある。上記「競合製品」のリスク要因も参照のこ
     と。
                                  69/473






                                                           EDINET提出書類
                                                      ファイザー・インク(E05856)
                                                            有価証券報告書
     調査研究
      新薬又はワクチン候補の初期開発段階に行われる研究活動に関する決定は、規制当局の承認を得たならば、マーケティング

     戦略及び支払人による還付の可能性に対し、多大な影響を与える可能性がある。例えば、広い範囲の研究により、マーケティ
     ング及び支払人による還付手続きに影響を与え得る幅広い適応症について、承認が得られる可能性がある。しかしながら、追
     加される各適応症及びその還付金の可能性については、有益性を立証するために必要な時間及び資源、開発及び製造における
     複雑さの増加、並びに主な適応症の承認の潜在的遅延との均衡を保たなければならない。当社は、慎重に臨床試験を計画し、
     申立てについて合理的に予測し対応するよう試みているが、臨床試験の実施、速度及び期待する結果との適切なバランスが、
     毎回達成できるという保証はない。かかる潜在的な課題を予想し十分に対応する範囲により、当社の将来における業績に影響
     が及ぶ可能性がある。
     海外業務

      当社の海外業務は、為替変動、資本及び為替規制、経済状態、収用及びその他の政府による規制措置、知的財産の法的保護

     及び救済の変更、取引規制及び手続き、並びに当社製品の承認、製造、価格設定、マーケティング、還付及びアクセスに影響
     を与える措置に加え、政治不安、不安定な政府及び法制度、並びに政府内の紛争により影響を受ける可能性がある。こうした
     変更は、いずれも当社の事業に悪影響を与えるおそれがある。
      多くの新興市場は、先進国市場を超える割合で成長しており、その成長率が、業界の全世界における業績への寄与度の増大

     につながっている。よって、当社は、新興市場における成長戦略を採用している。しかしながら、新興市場における当社の戦
     略が成功せず、かつこれらの国が今後もこの成長率を維持しない可能性がある。例えば、中国は多くの新興市場より急速に成
     長するものの、政府が課すファイザーの医薬品の一部に影響を与える価格統制のために当社は中国においてある課題に直面す
     る。加えて、新興市場には、とりわけ長期間の財政的若しくは政治的不安定性又は大幅な為替変動の影響を受けやすい国、又
     は医療保険費に対する資源が限られている国もある。当社がファイザーに対する予期せぬリスクのため定期的に新興市場を監
     視しても、かかる市場の一部の財政的若しくは政治的事象は、当社の業績に悪影響を与えるおそれがある。
     特殊医薬品

      特殊医薬品とは、希少疾患又は生命を脅かす症状を治療し、通常比較的少ない患者集団に使用される薬剤である。革新的な

     特殊医薬品の利用は増加しているが、他の種類の医薬品と比較して費用が高いこともあり、支払人は、この分野を対象とした
     費用抑制戦略の策定に関心を示している。特殊医薬品の利用及び価格設定を抑制する支払人の取組みにより当社が受ける影響
     は増大しつつある。当社の特殊医薬品ポートフォリオの成長を考慮すると、多くの要因が、ファイザーに対してより挑戦的な
     パラダイムを生み出している。これら要因には、例えば、米国内の医療保険制度及びPBMへのより高い交渉リベート又は割引率
     につながる可能性のある、処方薬集の制限及び段階的処方編集などの管理ツールの利用増加や、さらに世界中の市場における
     医療技術評価の利用及び政府圧力の増加が含まれる。
                                  70/473








                                                           EDINET提出書類
                                                      ファイザー・インク(E05856)
                                                            有価証券報告書
     製品の製造、販売及びマーケティングに関するリスク
      製品の製造、販売又はマーケティング上の問題又は遅延は、規制措置、操業停止、ストライキ、承認の遅延、製品撤退、リ

     コール、罰金、供給の中断、供給不足若しくは欠品、評判の失墜、製造物責任又は予定外の費用によって、将来の業績に影響
     を与える可能性がある。かかる問題又は遅延の例としては、需要に対応した製造能力が拡大できない、承認済み製品の市場需
     要予測ができない又はその市場受容性が獲得できない、構成材料の供給が遅延する又は利用できない及びかかる材料が規格外
     でそれを検出できない可能性がある、内部及び外部の供給ネットワークを通して適切な品質基準を維持できず並びに/又は現
     行の「適正製造基準」及び逐次化等(患者の安全性を強化するために、サプライチェーンにおける製品の追跡を可能にす
     る。)のその他適用される規制を遵守することができない可能性がある、気候変動に伴うものを含む当社の施設、供給業者又
     はベンダーにおける自然災害(ハリケーン、地震及び洪水を含む。)又は人災(放火又はテロによる攻撃を含む。)によりサ
     プライチェーンの継続及び商業的な運営に生じるリスクがある、経済の悪化、製品の流用、製品の盗難、偽造品及びサイバー
     攻撃に対する当社のサプライチェーンの保全性が維持できないといったものが挙げられる。例としては、当社は当該製品から
     の収益が減少するであろう、ジェネトロピンの問題を経験している。
      規制当局は、現行の「適正製造基準」又はその他の適用要件の遵守を評価するために、当社の薬剤製造施設を定期的に検査

     している。当社がこれらの要件を遵守できない場合、行政警告書、製造停止、製品の差押え、差し止め命令、除外、製品の回
     収、製品認可の遅延若しくは拒否、輸入の禁止または輸入証明の拒絶等の法律上又は規制上の措置の対象となる可能性があ
     り、これらのいずれも当社の事業、財政状態及び業績に多大な悪影響を与える可能性がある。例えば、2017年2月、当社はFDA
     から、FDAの見解を伝える行政警告書を受領した。FDAの見解はカンザス州マクファーソンのホスピーラの製造施設において
     cGMP規制の違反があったというものである。当社はFDAが提起した懸念に対処するために是正措置を取った。2018年1月、FDAは
     ファイザーのマクファーソンの製造施設の地位を2017年10月の査察に基づきVAIに引上げた。VAIへの地位変更はFDAが承認待ち
     の申請の承認に課するコンプライアンスの保留を解除した。2018年6月、FDAは是正措置の評価を終了し、当社のマクファーソ
     ンの製造施設に対して発行された2017年2月の行政警告書に含まれた違反につき、当社が対応を行ったとの決定で同警告書を完
     了したと当社に通知した。2018年7月から8月に、FDAは当社のマクファーソンの製造施設のフォローアップ査察を行い、いくつ
     かの発見事項を記した査察報告書を発行した。ファイザーはFDAの発見事項に回答し、FDAの懸念に対処するための是正措置及
     び予防的措置の計画を実行する過程にある。2018年7月から8月の査察に基づき、FDAはマクファーソンの施設の査察分類を「強
     制措置指示(OAI)」へと変更した。将来のFDAの査察及び規制活動は、さらにこれら施設で講じられた是正の十分性と持続性
     を評価する予定である。マクファーソン施設の状況に関するFDAとの話し合いは継続している。現在のOAI分類の結果、FDAは申
     請の販売前承認の付与を却下する可能性があり、及び/又は、当社のマクファーソン製造施設で製造した製品に関する輸出証明
     の付与をFDAは施設の状況が改善するまで拒否するかもしれない。改善はFDAによる再査察に基づくものとなる。当社は、レガ
     シーなホスピーラのポートフォリオ製品について不足を経験しており、とりわけ、生産能力の制限、技術問題、サプライヤー
     の品質問題又は需要の予測しない増加により多くはもたらされている。当社は無菌注射剤を製造するレガシーなホスピーラ施
     設における問題の修正においてかなり進展を遂げ、これらの施設の大部分からの供給が大きく改善した。これらの製造施設に
     おける製品不足による中断継続は、当社の財政状態にマイナスの影響を与える可能性がある。
      さらに、2017年9月、ファイザー・インクの子会社であるメリディアン・メディカル・テクノロジーズ・インクは、ミズー

     リ州セント・ルイスのメリディアンの製造施設においてcGMP規制及び品質制度規則の違反があるというFDAの見解を主張し、か
     つ同施設をOAIに分類するFDAからの行政警告書を受領した。メリディアンは行政警告書に対応し、施設内の改善を行う旨を約
     束した。当社はFDAが提起した懸念への対処にかなりの進展を成し遂げ、FDAとの交渉は継続中である。将来のFDAの査察及び規
     制行為は、施設において実施されたこれらの是正措置の十分性及び持続性をさらに評価する。OAI分類の結果、FDAは市販前承
     認申請への許可を拒否することができ、及び/又はFDAは当社のセント・ルイスの施設において製造された製品に関連する輸出
     証明書の許可を拒否する可能性がある。
                                  71/473





                                                           EDINET提出書類
                                                      ファイザー・インク(E05856)
                                                            有価証券報告書
     第三者との提携及びその他の関係
      当社は、当社の製品及び製品候補の研究、開発、製造及び商品化にあたり、第三者提携パートナー、サービス提供業者及び

     その他に依存しており、合弁事業及び当社の事業に関連したその他の事業開発取引も行っている。期待される長期の利益を実
     現するために、当社は、当該取引において多額の前払金を支払う場合があり、これが当社の報告利益に悪影響を与える場合が
     ある。当社は、医薬品開発、製造及び商品化活動の様々な点において、これらの当事者に大きく依存しているが、その多く
     は、当社が管理しているものではない。当社はまた、取引処理、会計、情報技術、製造、臨床試験のリクルート及び実施、臨
     床検査業務、非臨床研究、安全性業務、統合施設管理及びその他を含めて、そのサービスの一部を他の当事者へアウトソーシ
     ングしている。1以上の第三者が予定どおり又は当社の期待どおりに活動を完了しない場合、1以上の当該第三者がファイザー
     に対し契約上の若しくはその他の義務を果たせない場合、1以上の当該第三者が適用ある法令の遵守を出来ない場合、又はファ
     イザーと1以上の当該第三者との関係が途絶した場合、当社の製品及び製品候補の開発、承認、製造又は商品化が遅延又は中止
     となり、提供されるサービス又は成果物の質が低下するリスクにさらされ、その結果、納期の遅延若しくはその他適時性の問
     題、誤りのあるデータ、供給停止にさらされ、また法若しくは規制要件又は業界標準の不遵守又は評判の失墜につながる可能
     性がある。これらはすべて、当社の製品パイプライン及び事業に悪影響をもたらすおそれがある。
     バイオ医薬品卸売業者

      2019年度、当社最大のバイオ医薬品卸売業者は、当社の総収益の約16%(及び米国における総収益の約32%)を占め、上位

     3社が当社の総収益の約37%(及び米国における総収益の約79%)を占めた。当社にとって重要なバイオ医薬品卸売業者のうち
     の1社が、財政的又はその他の問題に直面した場合、当該卸売業者は、当社との取引量を減少させ、当社は、適時に又は全く卸
     売業者が支払義務を有する金額すべてを回収することができず、当社の経営成績に悪影響を与える可能性がある。加えて、当
     社は薬局チェーン及び卸売業者の合併及び統合は、当社を含めた製薬会社に対する競争及び価格圧力を激化させると考える。
     事業開発活動

      当社は、提携、ライセンス供与契約、ジョイントベンチャー、共同研究、株式又は社債による投資、事業売却、子会社売

     却、買収及び合併を含む、様々な形態の事業開発を通じて、今後も当社の既存製品及び製品パイプラインを拡大する予定であ
     る。しかしながら、これらの拡大計画は、適切な機会の利用可能性及び費用、同様の機会を追求している他の医薬品会社との
     競争、並びに予想された期間内に若しくはそもそも発表を行った取引の実行前提条件を満たす又は買収による統合を成功させ
     る能力等、取引を成功裏に特定、成立及び実行する当社の能力に左右される。これらの機会の追求により、当社はさらなる株
     式又は債務による資金調達を獲得する必要がある場合があり、レバレッジの増加及び/又は当社の信用格付けの格下げをもたら
     す可能性がある。アロジーン・セラピューティクス・インクと締結した拠出契約に関連してなど、当社が事業開発活動の対価
     の全部又は一部として債券又は株式を取得する場合、これら証券の価値は変動し、価値が減価する可能性がある。当社は、子
     会社売却契約又は締結契約に関連する等して、証券を取得した会社を支配することはできず、その結果当社はその経営、運営
     上の決定及び方針を決定する能力が限定される。さらに当社は、特にデュー・デリジェンスを通じて、当該取引のリスク及び
     負債の軽減を目指す一方で、当該デュー・デリジェンスによって発見できない、当社に対し開示されていない又は当社が適切
     に評価していないリスク及び負債が存在する可能性がある。法的手続き又は規制上の問題は、被買収会社、そのパートナー及
     びその他第三者で起きる業務の結果、発生することが多い。例えば、2016年に当社は、当社がワイス社を取得する前に発生し
     た業務について、プロトニクスに関するワイス社による政府への価格報告に関連する申立ての解決のために、784.6百万ドルを
     支払った。これら及びその他の理由で、当社は、当該取引で予想された便益を実現できない可能性があり、予想されたシナ
     ジー及び増価は予想された期間内に実現されない若しくはそもそも実現されないかもしれない。
                                  72/473





                                                           EDINET提出書類
                                                      ファイザー・インク(E05856)
                                                            有価証券報告書
     偽造品
      偽造医薬品は、その識別及び供給源について、意図的かつ不正に偽装されているものをいう。したがって、ファイザー医薬

     品の偽造品は、ファイザー以外の者が製造しているが、本物のファイザー医薬品と同一に見える。薬剤の偽造品は広く普及
     し、様々な要因により、業界全体の問題へと拡大している。その要因とは、偽造医薬品が個人の患者に向けて宣伝、販売及び
     提供が可能となる容易さを大いに促進しているインターネットの利用拡大、偽造者がより簡単に偽造品を製造できる高度な技
     術の利用可能性、規制が十分されていない卸売業者及び再包装業者による医薬品サプライチェーンへの参入増加、小包により
     直接顧客へ配達される偽造医薬品がますます増加するにつれ、一部の国際郵便設備における十分な検査の欠如、医薬品の誤用
     及び乱用の傾向、並びに偽装品製造業者が偽造医薬品の販売から稼得できる莫大な利益と比較してそれら業者がさらされる比
     較的低い罰則のリスクなどが挙げられる。さらに、薬剤の偽造に対する法律は国により大幅に異なり、現行法の施行について
     は、管轄によって大きく異なる。例えば、薬剤の偽造が犯罪とならない国もあれば、最小限の処罰のみの国もある。加えて、
     偽造医薬品の販売に関わる者は、その製品の真の供給源を偽ることにより、税関の管理から逃れるために複雑な流通経路を利
     用している。
      ファイザーは世界的に評判が高いため、ファイザーの医薬品は偽造組織の重要なターゲットになる。偽造医薬品は、多くの

     場合、管理も検査もされていない無許可で不衛生な施設で製造されているため、またその含有物は規制の対象となっていない
     ため、患者の健康及び安全性に継続して重大なリスクが及ぶ。近年、偽造品は、がん治療薬などの生命維持薬の偽造に発展し
     ている。このシフトは、例えば、犯罪的偽造組織が運営する違法オンライン「薬局」から偽造腫瘍治療薬を疑わずに購入する
     患者へのリスクを著しく増大させる。偽造バイオファーマ医薬品によりもたらされるこの新たな脅威を軽減することができな
     い場合、当社の事業に悪影響が及ぶ可能性がある。とりわけ、ファイザーという社名に対する患者の信頼及び当社の医薬品の
     完全性が失われ、その結果、売上高が減少し、製品を回収せざるを得なくなり、訴訟のリスクが増大する可能性がある。
      当社は、偽造医薬品に関連する脅威に対抗するため会社全体の戦略を有し、患者及び医療提供者に対する偽造医薬品需要減

     少に向けた意識向上教育、偽造生命維持薬の蔓延に対する世界の法律施行、税務及び規制当局の関与及び教育の強化、資源と
     影響力を拡充するため製薬団体と連携したオンラインでの身元確認及び取引中止への取組みの強化、国境を越えた犯罪組織が
     運営する不法な製造及び流通ネットワークによる国際的な医薬品供給チェーンのセキュリティに対するリスクに関する立法者
     の教育、偽造品を起訴するための警察当局による取組みへの支持、当社の製品の複製がより困難となり、患者及び医療関係者
     が本物と偽造品を見分けられるような新技術及び既存技術の評価、並びに偽造の問題を生じさせるそもそもの要因をよりよく
     標的にしたデータ分析及びリスク評価ツールの使用などに取り組んでいる。しかしながら、当社及び他社の取組みは完全に成
     功するとは限らず、薬剤の偽造品がさらに増加する可能性もある。
     政府規制及び法的手続きに関連するリスク                    :

     価格設定及び保険料返還

      価格統制及び患者による当社製品への利用制限を義務付ける又は当社製品に対し政府機関若しくはプログラムにより支払わ

     れる価格を設定する米国及び外国の政府当局による規制は、当社の事業に影響を及ぼし、当該規制又は政策の変更により、当
     社の将来の業績が悪影響を受ける可能性がある。
                                  73/473






                                                           EDINET提出書類
                                                      ファイザー・インク(E05856)
                                                            有価証券報告書
      米国においては、当社の製品の多くがさらなる価格圧力を受けている。医薬品の価格設定は、一層政府及び一般市民の精査
     の対象となっており、改革が求められている。一部の州では、メディケイド・プログラムに基づく医薬品の価格統制又は患者
     の利用制限を実施しており、これを検討している他の州もある。また、メディケイド対象者以外にもより幅広く適用される価
     格統制制度を検討している州もある。最近州の立法には、医薬品価格に対処するための努力もあり、これは一般的に医薬品価
     格を巡る透明性の増加及び医薬品価格の制限に焦点を合わせている。医薬品価格若しくはその支払を規制する施策(輸入薬に
     関する立法を含む。)を実施する政府関係者若しくは規制当局による努力は、仮に実施された場合当社の事業に悪影響を与え
     る可能性がある。価格決定及び保険料返還の詳細については、本書「第3 事業の状況、1 経営方針、経営環境及び対処すべ
     き課題等」の「政府の規制及び価格統制-米国-薬価設定及び保険料返還」を参照のこと。
      当社は、その他ほとんどの国において、類似する規制上及び法律上の問題に直面している。様々なEU加盟国、英国、中国、

     日本、カナダ及び韓国等の海外市場の一部では、特に最近の世界的な資金調達圧力の下、政府が価格、利用基準(例えば、公
     的若しくは民間医療技術評価を通じて)、又はコスト制御のその他方法を規制する単独の巨大な支払人として重要な権限を持
     つ。その結果、経営成績の価格決定構成要素に対する圧力が継続すると当社は予想する。例えば、中国は2013年にQCEプロセス
     の実施を開始した。QCEプロセスでは、多数の現地のジェネリック薬が適格な対照薬と生物学的に同等であると公式にみなされ
     ている。その後、中国政府は、2018年に集中型VBP向けパイロットプロジェクトを開始したが、これは25の分子の薬剤を含み、
     11の中国主要都市をカバーする。この調達モデルの下では、含まれる分子量の一定部分が受注者に保証される入札プロセスが
     確立された。この入札プロセスは、QCEを通過したジェネリック薬と生物学的同等物の利用を促進することによって医療費を抑
     制することを意図し、特許切れ医薬品の劇的な価格引き下げをもたらした。中国政府は、2019年12月にVBPパイロットの全国拡
     大を開始した。これらの中国における政府のイニシアチブについては、本書「第3 事業の状況、1 経営方針、経営環境及び
     対処すべき課題等」の「政府の規制及び価格統制―米国外―中国の価格抑制圧力」の項を参照のこと。当社は将来の中国にお
     ける当社医薬品に対する価格圧力は増加を続けると予想する。
      新たな管轄における制限的な価格統制又は従来の管轄におけるより制限的な価格統制が導入され、又は価格設定が適時に若

     しくは適切に取得又は維持できない場合も、当社の収益は悪影響を受ける可能性がある。当社のワクチン事業では、国の予防
     接種プログラムへ参加するために、多くの国で入札手続きに参加している。国の予防接種プログラムへの参加が確保できない
     場合、又は入札で望ましい価格設定を取得できない場合、当社の事業に悪影響を及ぼすおそれがある。
     米国医療保険制度改革

      米国医療保険業界は、高度に規制されており、頻繁かつ重要な変更の対象となる。例えば、ACAは、2010年3月に議会により

     制定され、当社の費用及び収益性に多大な影響を与えた多数の新たなリベート、割引き及び税金により一部賄われる、医療保
     険の対象の大幅な拡張を成立させた。詳細については、本書「第3 事業の状況、1 経営方針、経営環境及び対処すべき課題
     等」の「政府の規制及び価格統制                - 米国」を参照のこと。ACAの規定の一部又は全部を廃止、実質的に修正若しくは無効とす
     る連邦の法律上及び行政上の試みのため、当社は不確実性に直面している。2019年12月、ACAの重大な規定である個別マンデー
     トは違憲であるとした、テキサス対Azarの連邦第5回巡回裁判所の控訴審判決が下されたことを考えると、さらに不確実性があ
     る。この件は、個別マンデートはACA全体と切り離せないかどうかを決定するために下級判決に差し戻されている。この場合、
     ACA全体が違憲とされる。当面の間、法律の残りの条項は有効である。ACAに基づく医療保険の交換及びメディケイドの拡大に
     よりファイザーにもたらされた収益は重要ではなく、法律の全面的無効の影響は限定的と予想される。しかしながら、特に立
     法が雇用主拠出の保険対象範囲のインセンティブを削減する、又は劇的に産業税及び手数料を増額する場合、ACAの将来の代替
     が当社の事業及び財務業績に悪影響を及ぼす可能性がある。今後の医療制度改革の試みは、当社の事業及び財政成績に悪影響
     を及ぼす可能性がある。
                                  74/473





                                                           EDINET提出書類
                                                      ファイザー・インク(E05856)
                                                            有価証券報告書
      その他の米国連邦又は州の法律上又は規制上の措置及び/又は政策の努力も、当社の事業に悪影響を及ぼす可能性がある
     が、それには、とりわけ一般予算実績管理措置、特許法の改正、様々な外国政府の統制価格による米国外からの処方薬輸入
     (米国大統領の政策提案に含まれている。)、政府プログラムに基づくバイオ医薬品の保険料返還の修正(メディケア第B部薬
     剤についての国際基準価格の実施又は第D部医薬品基準の保護分類の改定等)、米国における消費者向け直接広告の制約、医療
     従事者との関係に対する制限、又は、主に価格相違を重視し、医薬品間の治療上の相違を最小限に抑え、革新薬の利用を制限
     する方法で実施される可能性がある相対的有効性方法論の使用が含まれる。
     米国給付金制度の改革

      メディケア及びメディケイド等の給付金制度プログラムに対する連邦政府支出を削減する米国政府の措置は、当社の製品又

     は当社製品を使用して提供されるサービスに対する支払いに影響を与える可能性がある。連邦議会予算事務局は定期的に財政
     支出を削減するオプションを発行しており、2018年12月の発表には連邦の州に対するメディケイド支払に上限を設け、かつ製
     薬会社に低所得者向けのメディケア第D部に基づく医薬品に関する最低リベートの支払いを求める提案が含まれている。例え
     ば、議会がメディケアの診療ごとの個別支払プログラムを保険料補助プログラムに転換する提案を進める場合、又は議会がメ
     ディケア・ペイメント諮問委員会により毎年行われる勧告を実施する選択をする場合(これは主にメディケア・プログラムの
     財務上の支払能力を拡大することを意図する。)、メディケアの大幅な削減も生ずる可能性がある。メディケア、メディケイ
     ド、実施される可能性のあるその他の公的資金若しくは補助金による医療保険プログラムに影響を与えるこれらの及びその他
     大きな支出削減若しくは費用統制のいずれかが、当社の経営成績に悪影響を及ぼす可能性がある。
     重要な規制

      当社は、主にFDA及びDEAによる米国内の連邦及び州政府当局、並びに外国の規制当局による広範な、複雑で費用がかかり変

     化する規制の対象となる。適用ある規制要件すべてを遵守しない場合、当社は、営業への制限及び刑事訴追、金銭上の罰金、
     並びに制裁、警告書、製品押収、リコール、罰金、差し止め、停止、承認撤回、企業誠実性協定若しくは訴追延期合意又は将
     来の政府医療保険プログラムへの参加除外並びに評判の毀損を含む、その他懲戒処分を受ける可能性がある。
                                  75/473











                                                           EDINET提出書類
                                                      ファイザー・インク(E05856)
                                                            有価証券報告書
     製品の開発、規制当局の承認及びマーケティング
      革新は当社の成功にとって必須であり、創薬及び開発は、時間も費用もかかり予想は不可能である。新化合物の特定及び新

     製品の開発にかかる複雑で長期にわたる過程の結果は、本質的に不確実であり、高いリスクとコストを伴う。創薬初期段階か
     ら臨床試験の設計及び十分な実施、規制当局による承認取得までの過程は、何年にも及ぶ。新薬候補は、前臨床及び臨床試験
     の不利な結果又は不利な新規臨床データ及び既存の臨床データの追加分析等、当該過程のいかなる段階においても失敗となる
     可能性がある。これには、適用される製品候補又は適応症のさらなる臨床開発を支持しない可能性のある結果を含む。当社は
     予想される前臨床及び臨床試験の評価項目、当社の臨床前若しくは臨床試験の開始及び/若しくは完了日、規制当局への提出
     日、規制当局の承認日並びに/又は発売日を満たすことができない可能性がある。同様に、当社はFDA及びEMAなどの規制当局か
     ら受領した意見の全てに十分に対応できない、又は規制当局からの承認を得られない可能性がある。薬剤又は生物製剤の規制
     当局による承認は多種多様な要因に左右される。これには規制当局による、製品の便益が既知のリスクを上回るかの決定及び
     製品の有効性の決定を含む。さらに、臨床試験データは規制当局の異なる解釈及び評価にさらされる。薬剤又は生物製剤が承
     認された後でも、添付文書、製造過程、安全性及び/又はその他事項に影響を与える規制当局の決定により悪影響を受ける可能
     性がある。当社は、当社のワクチン利用に影響を与え得る予防接種の実施に関する諮問委員会などの技術委員会又は諮問委員
     会による好ましい勧告を受ける又は維持することができないかもしれない。さらに、既存製品及び製品候補の安全性及び有効
     性に関して発生する可能性のある申立て及び懸念により、製品売上高、製品回収若しくは使用中止、並びに/又は消費者への
     詐欺行為、製造物責任及びその他の訴訟や申立てに悪影響を与えるおそれがある。また、薬剤の安全性及び有効性について規
     制当局による監視が厳しくなっており、規制当局は、承認済みの製品に関連がある場合は、製品の安全性及びリスク/利便性
     に関するデータをさらに重視している。その結果、承認取得前の追加臨床試験又はより広範囲の臨床試験が求められ、又は承
     認後の要件が追加されるため、規制当局による承認は、取得にさらに費用も時間もかかる困難な手続きとなっている。本「リ
     スク要因」に記載の要因又はその他の理由により、当社は当社が期待する期限内に、又はそもそも、当社が予想する承認を取
     得できない可能性がある。
     承認後のデータ

      製品の販売認可を与える条件として、FDAは、企業に対し、追加臨床試験の実施を求める場合がある。当該第4相臨床試験で

     得た結果により、販売認可を消失し、製品の添付文書が改訂され、及び/又は製品の副作用若しくは有効性について新たな懸
     念が生じる若しくは懸念が増す可能性がある。海外の規制当局は、類似の権限を有することが多く、同等の要件を課す可能性
     がある。例えば、2019年7月及び12月に、FDAは、ゼルヤンツの米国の処方情報に、3つの新たな警告欄並びに潰瘍性大腸炎の適
     応症及び用量の変更を含める更新を行った。2020年1月、EMAは、ゼルヤンツの製品概要(SmPC)を改訂し、静脈血栓塞栓症の
     リスク増大によるゼルヤンツの使用に関する新たな警告及び推奨事項を盛り込み、感染リスク増大のため、65歳以上の患者に
     おける警告を改訂した。これらの最新情報は、FDA及びEMAによる進行中の市販後の関節リウマチ患者対象試験A3921133による
     データの審査に基づいている。当社又は他社が実施する場合及び規制当局が義務付ける又は任意で行われる場合にかかわら
     ず、市販後研究及び有害事象に関する報告等、販売されている製品に関するその他の新たなデータは、当社の製品の入手又は
     商業的可能性に悪影響を与える場合がある。さらに、当社の一製品に類似する製品に重要な問題が発覚した場合、製品クラス
     全体に関係があるとされる可能性があり、これは当社製品の入手又は商業的成長可能性並びに同種のその他製品に悪影響を与
     えるおそれがある。
                                  76/473







                                                           EDINET提出書類
                                                      ファイザー・インク(E05856)
                                                            有価証券報告書
     医療専門家及び政府関係者との関わり
      当社が医療専門家、その他医療サービス提供者及び/又は政府関係者に対して価値のあるものを供給、提供又は約束する場

     合、リスク及び不確実性が当てはまる。製薬業者に医療専門家及び医療サービス提供者との財務上の相互関係の監視及び開示
     を求める、米国及び一部の海外法域の要求又は業界基準は、政府及び公共による当該財務上の相互関係の精密な調査を増加さ
     せる。当該関わりが不適切であることが発覚した場合、政府による強制措置及び罰則の可能性がある。これらのリスクは、米
     国及び海外の執行機関が製品販促、マーケティング、贈賄禁止及びキックバック、産業規制並びに行動規範を定める既存の及
     び新法令に関する施行の試みを採用する又は強化する場合に増大する。
     法律及び会計基準の変更

      当社の将来の業績は、現行法令の解釈の変更、又は米国及び他の国々における会計基準の変更、税務上の要件(税率の変

     更、審議中及び予測される将来の法案(「2017年減税及び雇用法」のさらなる明確化及び/又は解釈又は変更を含む。)から生
     じる可能性のある、米国外で稼得した利益の米国における課税に影響を与えるもの等、新税法、現行税法の変更、改正法及び
     税法の明確化及び/又は新解釈を含む。)、競争法、プライバシー法及び環境法の改正といった法規制の改正によって悪影響を
     受ける可能性がある。詳細については、本書「第3 事業の状況、3 経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フ
     ローの状況の分析」の「法人税等-税法改正」及び「第6 経理の状況」の連結財務諸表に対する注記1B「開示方針及び重要な
     会計方針:2019年度における新会計基準の適用」を参照のこと。
     法的手続き

      当社及び当社の一部の子会社は、特許訴訟を含む様々な訴訟(例えば、当社の特許が無効である及び/若しくはジェネリッ

     ク医薬品製造業者の製品を対象としないとの請求、又は当社の商業若しくはその他活動により第三者の特許が侵害されている
     との申立てを補償するため1以上の第三者が損害賠償及び/又は差止めによる救済を求める場合等)、製造物責任及びその他製
     品関連訴訟(人身障害を含む。)、消費者、オフラベルのプロモーション、証券、反トラスト及び契約違反の申立て、商業、
     環境、政府調査、雇用、税務訴訟並びに当社の通常の事業の過程で随時発生するその他の法的手続き(アスベスト訴訟を解決
     する様々な手段を含む。)に関与している。訴訟は本質的に予測不能であり、度を越えた決定が下される。当社は、当社の主
     張及び当社が被告である案件における防御は十分であると考えているが、将来において判決を受け、和解契約を締結し、又は
     法的事項の結果に関する予測を修正する可能性がある。そのような進展が、金額が未払計上される期間の当社の経営成績及
     び/又は金額が支払われる期間の当社のキャッシュ・フローに重大な悪影響を及ぼす可能性がある。
      特許訴訟には、様々な製品又は製法に対する当社の特許の対象及び/又は有効性に対する申立てが含まれる。当社は、当社

     の重要な特許すべてに関するこれらの申立てに対し、十分な防御を備えていると考えているが、これらの訴訟の結果について
     保証はできず、また敗訴した場合、問題となっている製品に対する特許保護を喪失し、当該製品の売上げが大幅に減少し、将
     来の経営成績に重大な悪影響が及ぶおそれがある。
      その他の医薬品会社と同様、当社は、米国、当社が営業を行うその他先進国の市場及び複数の新興市場における政府機関に

     よる広範な規制の対象となっている。米国及び当社が事業を行うその他法域における政府の調査の結果として、刑事罰、多額
     の罰金及び/又は民事制裁金、当社が適用ある法域で事業を行う能力への制限、企業誠実性協定又は訴追延期合意並びに評判
     の損害及び当該事項への一般の関心の増加が生じる可能性がある。さらに、政府が介入を拒否する私人による代理訴訟におい
     ても、告発者は政府を代理して民事上の損害及び罰金の回収訴訟を起こすことができる。
                                  77/473





                                                           EDINET提出書類
                                                      ファイザー・インク(E05856)
                                                            有価証券報告書
      当社の製品の販売、マーケティング及び価格設定に関連する活動は、米国連邦食品医薬品化粧品法、メディケイド薬剤リ
     ベート・プログラム、米国海外汚職行為防止法、並びに反キックバック法、虚偽請求取締法等の本書の他の箇所で記載される
     ものを含むその他の連邦及び州の法律に加え、海外法域の同様の法律に基づく広範囲の規制の対象となっている。当社が事業
     を行う業界の多くの企業と同様に、当社は、政府当局から照会、召喚状及びその他の種類の情報提供の要請を度々受け取って
     おり、政府当局、消費者及び民間支払人が提起した当社の事業活動に関連した申立て及びその他の訴訟の対象になっている。
     場合によっては、これらの申立て、訴訟及び照会によって、多額の費用、民事の支払い、罰金及びその他の悪影響が生じてい
     る。例えば、これらの申立て、訴訟及び照会は、製品情報(認可取得済か未認可に関係なく)の普及に関連した法規制を正確
     に解釈若しくは特定し、又はその違反を防止できなかったとする主張に関するものであり、その結果、政府が強制措置を講
     じ、当社の評判に悪影響を及ぼす可能性がある。こういったリスクは、ソーシャルメディア、モバイル・アプリケーション及
     びブログによる働き掛け等、デジタル・マーケティングにより高まるおそれがある。
      メディケアの患者への財政的支援を行う独立の自己負担金支援組織に関する米国政府の調査の結論に関連して、2018年5

     月、当社は企業誠実性協定(CIA)を米国保健福祉省の監察総監室と締結した。これは5年間有効である。CIAにおいて、当社は
     連邦の医療プログラムの要求の遵守を進めるために一定の遵守プログラムの要素を実行及び/又は維持することに合意した。
     CIAの違反は当社に対する厳しい制裁をもたらす可能性がある。
      詳細(当社が関係する法的手続きに関する情報を含む。)については、本書「第6 経理の状況」の当社の連結財務諸表に

     対する注記16A「偶発事象及び契約債務:訴訟」を参照のこと。
     環境に関する申立て及び法的手続き

      当社及び当社の一部の子会社は、通常の事業の過程で生じる、環境に関する申立て及び法的手続きに関連した多数の偶発事

     象の対象となっている。法律上及び環境上の偶発事象の計上金額は、将来の事象及び不確実性についての複雑な一連の判断に
     より生じ、その多くを見積もり及び仮定に依拠している。当社は、全世界の環境賠償責任に対して未払金を計上しているが、
     計上金額を超える追加費用が生じないとの保証はできない。当社が、当社の施設の安全性及びそれに関連した環境リスクを適
     切に管理できない場合、又は将来において、環境に関する申立て及び法的手続きの偶発事象に対する未払金の増加を求められ
     る場合、当社の経営成績は悪影響を受ける可能性がある。
     知的財産に関連するリスク            :

     特許保護

      当社の長期的成功は、技術的に競争力のある製品を販売する当社の能力に大きく依存している。当社は、当社の知的財産及

     び所有権を保護するために、秘密保持契約及びライセンス契約に加え、特許、登録商標、トレードドレス、著作権、営業秘密
     及びドメイン名に関する保護法等、様々な知的財産に依存しており、今後も依存する予定である。当社が十分な知的財産保護
     を取得し維持できない場合、当社の専有技術を利用した第三者による当社ブランド製品のジェネリック版若しくはバイオシミ
     ラーの発売、又は当社製品と極めて類似した若しくは同等の製品の販売を阻止することができない可能性がある。現在申請中
     の特許又は将来の特許申請は、特許の発行又は適時の承認につながらない可能性がある。同様に、当社が求める特許有効期間
     の延長は、適時に承認されない可能性もある。加えて、発行済の特許は、類似技術若しくは製品を有する第三者から当社を守
     るために十分な申立ての対象範囲を有していないかもしれず、又は特定の製品分野における独占権を含む、当社に競争上の優
     位性を提供しないかもしれない。個々の国が独自の特許法を有しているため、当社の請求項の範囲は国により異なる。当社
     は、特に特許の有効性、行使可能性、範囲及び有効期間に関する申立てを含む、当社の知的財産に関する第三者の申立ての対
     象となる場合がある。
                                  78/473





                                                           EDINET提出書類
                                                      ファイザー・インク(E05856)
                                                            有価証券報告書
      特許を行使する当社の能力は、個々の国の法律及び知的財産権の行使に関する各国の慣行、並びに一定の国が知的財産権の
     枠組み(を弱体化させる可能性のある政策又は実務(例えば、強制ライセンスを発行する裁量の拡大を促進若しくは規定する
     法規制など)に関与しようとする程度に左右される。ある種の規制上の独占権を提供する国においては、規制当局による保護
     の失効前及び失効直後に、当社の特許に対する競合会社又はジェネリック医薬品メーカーによる何らかの申立てを容認する制
     度が存在し、当社の特許権に申立てを行う特許満了前の「リスクある」発売等の攻撃的戦略を採用するジェネリック医薬品
     メーカーも増加している。ジェネリック医薬品メーカーによる訴訟の大半が、当社製品、製造方法若しくは投与法を対象とす
     る特許が無効であり、及び/又は当該ジェネリック医薬品メーカーの製品には適用されないという主張に関わっている。独立
     した訴訟が、一定の製品に関する当社の特許権の主張若しくは行使の試みが不正競争を構成している、及び/又は反トラスト
     法に違反していると主張してなされている。かかる主張もまた、当社の特許を行使するために提起する訴訟に対する反訴とし
     て提起される可能性がある。様々な法域で、当社は、ジェネリック医薬品メーカー、支払人、政府又はその他当事者が、ジェ
     ネリック製品の投入遅延の申し立てにより当社から損害賠償を求める、その他特許損害賠償訴訟の当事者でもある。当社はま
     たしばしば、例えば、米国特許商標局、欧州特許庁又はその他海外の当社の知的財産権若しくは他者の知的財産権に関する当
     局に対する、当事者系レビュー、付与後レビュー、再審査又は異議申立て手続きなどのその他の手続きにも関与する。さら
     に、当社の特許の1つがかかる法的手続きにおいて無効であると判明した場合、ジェネリック又は競合製品が市場に導入され、
     当社の既存製品の販売を侵食する結果となる可能性がある。例えば、当社の肺炎球菌ワクチン・ポートフォリオのいくつかの
     特許は、米国において当事者系レビュー及び付与後レビュー手続きにより異議申立てを受けた。2017年10月、特許審判部
     (PTAB)は2件の特許について訴訟の開始を拒否した。2018年6月、PTABは、もう1つの特許につき、1つの請求項は有効であ
     り、その他の請求項は全て無効であると裁定した。当該特許に異議を申し立てた当事者はこの決定に控訴した。2019年11月、
     連邦巡回裁判所はPATBの裁定を無効とし、PTABに異議申立てを再決定するよう求めた。2019年3月及び6月に、追加の特許が
     PATBによる独立した手続きにおいて無効であるとされた。当社はこれに控訴した。その他の特許に対する異議申立ては、米国
     外の法域において係属中である。当社の肺炎球菌ワクチンにおけるこれらの特許全部が無効になると、競合他社の肺炎球菌ワ
     クチンの市場への参入を認める可能性がある。さらに、当社の現行のライセンス契約又はその他の契約の満了又は終了という
     理由を含め、第三者が当社に対し知的財産の権利を付与する当該契約を当社が維持できない場合、当社の経営成績及び財政状
     態は、重大な悪影響を受ける可能性がある。
      同様に、米国及び他の国々において、現在当社は、発行済及び申請中の登録商標を有しており、そのいずれも、政府又は第

     三者の異議申立ての対象となり、登録商標の維持又は発行が妨げられる可能性がある。当社の製品が成熟するにつれ、当社の
     競合会社との差別化を図るため、当社の登録商標及びトレードドレスへの依存度が増しており、その結果、当社の登録商標権
     を侵害、希釈化又はその他の方法によって違反する登録商標及びトレードドレスの採用、登録又は使用を阻止できない場合、
     当社の事業は、重大な悪影響を受ける可能性がある。当社は、当社の従業員、コンサルタント、他のアドバイザー及びその他
     の第三者に対し、その雇用、契約又はその他の関係の開始時に、専有情報及び秘密保持契約の締結を求めることにより、当社
     の営業秘密及び独自のノウハウを含む、専有情報の保護を積極的に行っている。これらの取組み及び予防措置にもかかわら
     ず、当社は、当社の営業秘密若しくはその他の知的財産の無許可の模倣、又はその他の方法による取得及び利用を防止できな
     いかもしれず、一部の国においては、かかる無許可の利用により生じた損害賠償を求めた法的救済が、当社に対し適切に補償
     されない場合がある。さらに、代替的なデザイン、製法その他により、当社の知的財産を回避する極めて類似した又は同一の
     製品を、独自にかつ合法的に開発する会社も存在するかもしれない。
                                  79/473







                                                           EDINET提出書類
                                                      ファイザー・インク(E05856)
                                                            有価証券報告書
     第三者知的財産請求
      適切に機能する知的財産制度は、当社の事業モデルにとって不可欠である。当社は、他社が有する有効な知的財産権を尊重

     しているが、特許付与手続きは完全なものではない。したがって、当社は、有効な事業機会を模索するにあたり、不適切に付
     与されたと考える他社保有の知的財産権について、申立てを行うことが必要となる場合がある。当該申立てには交渉及び訴訟
     が含まれるが、それが必ずしも成功しない可能性もある。
      当社の事業の一部は、ジェネリック医薬品及びバイオシミラーの機会をうまく特定し、当該機会を利用して製品を発売する

     ことにかかっており、これには、訴訟、関連費用及び時期の遅延が生じる場合があり、最終的に成功しない場合がある。かか
     る機会は、同等のブランド製品の特許保護が失効した場合、特許が無効であると判断が下された場合、又は製品が他者の特許
     を侵害していない場合に生じる可能性があり、特定の状況において、当社製品の「市場初」又は早期の市場ポジションを獲得
     するために、当社は、当社の製品が既存製品の特許を侵害していない又はかかる特許が無効若しくは行使不能であると主張し
     て、訴訟などの措置を講じる場合がある。
      第三者が、当社の製品は当該第三者が所有又は管理する1以上の特許権を侵害していると主張する可能性がある。知的財産

     権侵害の訴訟は、解決するのに費用及び時間がかかる可能性があり、製品の発売を遅延又は阻止する場合があり、結果として
     多大な損害が生じる場合がある。当社は、ジェネリック医薬品及びバイオシミラーを販売する試みにおいて、第三者との特許
     関連紛争に関わっている。当社は、関連するジェネリック医薬品又はバイオシミラーの規制上の最終承認を得ると、関連する
     法的訴訟(上訴も含む。)が解決していなくても当該製品を商業的に販売する(すなわち、「リスク状態の」発売)決定をす
     る場合がある。当社が販売している製品の1つが第三者の有効な特許権を侵害していると判明した場合、かかる第三者は巨額の
     賠償金を認められる可能性があり、又は当社は当該製品のその後の販売を禁じられるかもしれない。かかる損害賠償は、当社
     又は当社の子会社の1つ(ホスピーラのように)が第三者の有効な特許権を故意に侵害したと判明した場合、3倍賠償に引き上
     げられる可能性がある。当該不利な結果のいずれも、当社の収益性及び財務状況に重大な悪影響を与える可能性がある。
                                  80/473












                                                           EDINET提出書類
                                                      ファイザー・インク(E05856)
                                                            有価証券報告書
     技術に関連するリスク          :
     情報技術及びセキュリティ

      大規模なITシステム障害又は情報セキュリティ違反は、当社の事業に悪影響を与える可能性がある。当社は、事業運営のた

     めに、高度なITシステムに大きく依存している。通常の事業の過程において、当社は、大量の秘密情報(個人情報及び知的財
     産を含む。)の収集、保存及び送信を行っており、当該秘密情報の機密性及び保全性を維持するために、一連の技術上及び手
     続き上の統制を配備及び運用している。また当社は、IT基盤の重要要素を含み、第三者に対し、当社の事業の重要な部分をア
     ウトソースしている。その結果、当社は、当社の秘密情報にアクセスできる第三者と多くのベンダー取引関係を個別に管理し
     ている。当社のIT及び情報安全システムは、その規模及び複雑性により、並びに当社が提携している第三者ベンダーにより
     (並びにそれに存在する大量の秘密情報により)、当社のシステムがサービス障害に脆弱となる可能性がある。また、当社の
     従業員若しくはベンダーによる不注意な若しくは意図的な行為、又は悪意のある第三者からの攻撃によるサービス障害若しく
     はセキュリティ侵害に脆弱となる可能性もある。そのような攻撃はますます高度化し、犯罪グループ、「政治的ハッカー」、
     民族国家及びその他を含む、幅広い動機(産業スパイを含むがそれに限定されない。)及び専門知識を有するグループ及び個
     人によって行われている。世界規模の製薬会社として、当社のシステムは、頻繁に攻撃の対象となっている。これらの攻撃の
     性質により、ある一定期間検出されないままの攻撃が存在するというリスクがある。当社は、データ及び情報技術の保護に投
     資を行っているが、当社の取組みが、サービス障害又は当社のシステムのセキュリティ違反を防止できない可能性がある。当
     社のシステムにおける障害又は違反は、当社の事業運営に悪影響を与え、及び/又は重要かつ機密性の高い情報若しくは知的
     財産を失い、その結果、当社に財務上、法律上及び業務上の悪影響を与え、評判の失墜を招くおそれがある。当社は、サイ
     バー攻撃損害保険に加入しているが、当該保険が、当社のシステムにおける障害又は違反によって生じる財務上、法律上及び
     業務上の損失又は評判の失墜を補償するのに十分でない場合がある。
     当社の戦略的取引に関連するリスク                 :

      戦略的買収

      当社によるいずれかの戦略的な買収の成功は、ファイザーとこれらの事業の統合により予想される利益を実現する当社の能

     力により大きく左右される。当社は、例えばこれらの買収のいくつかにより期待された費用削減を又は予想された時間内でか
     かる費用削減を達成できないかもしれない。同様に、これらの買収のいくつかから期待される徐々に増加する影響は、実現で
     きないかもしれず、又は時間がかかる可能性がある。これらの事業の統合手続きは、主要従業員の喪失、第三者との関係を含
     む継続事業の中断又は基準、管理、手続き及び方針の不一致を引き起こす可能性がある。当社はまた、取引開始の時点で予想
     していた買収事業の収益増加を生み出すことができない可能性がある。買収した製品又は製品候補からの予想収益もまた、当
     社の制御外の進展により抑制されるかもしれない。臨床検査の失敗、規制上の障害及び商業上の課題は、製品及び製品候補
     (これらの買収において取得した製品及び製品候補を含む。)からの収益及び利益に悪影響を与えるかもしれない。ホスピー
     ラは、例えば、品質問題による製造の中断及び規制上の実質的な精査を経験している。製造上の問題、並びに是正措置及びそ
     の業務上の実施により、当社がホスピーラから買収した製品によって当社が上げる収益に悪影響を与える可能性があり、その
     結果、大幅な予想外の費用がかかる可能性がある。詳細については、本書「第3 事業の状況、1 経営方針、経営環境及び対
     処すべき課題等」の「事業開発イニシアチブ」を参照のこと。
                                  81/473






                                                           EDINET提出書類
                                                      ファイザー・インク(E05856)
                                                            有価証券報告書
      アップジョンとマイラン社の統合予定
      ファイザー、マイラン社及びアップジョンは、アップジョンとマイラン社の統合(以下「本統合」という。)を完了するため

     に必要な条件を満たすことができない、又は承認を得ることができない可能性があり、また、規制当局は本統合の承認を遅延
     し又は条件を課す可能性があり、これは本統合により予想される利益を減少させる可能性がある。
      本統合の完了には、本統合に関連する特定の取引及び特定の関連取引が、内国歳入法第368(a)(1)(D)項の意味における非課

     税の「再編成」を構成するとする内国歳入庁の決定及びファイザーの税務顧問の意見書をファイザーが受領していること、マ
     イラン社の株主による本統合の承認があること、並びにその他の慣習的条件(これらの条件の一部は第三者の行為に依存する)
     を含む、多くの条件が存在する。かかる条件があるため、ファイザーは、本統合が現在予定されている条件又はスケジュール
     に基づいて完了すること、又はそもそも完了することを保証できない。
      また、本統合の完了は、規制当局から要求される一定の承認を含む、必要とされる政府の同意及び承認の受領が条件とな

     る。ファイザー、マイラン社及びアップジョンは、要求されるすべての政府承認を受けられるよう積極的に取り組む意向であ
     るが、本統合の完了前に承認を受領するという要件は、本統合の完了をかなりの期間遅らせる可能性がある。本統合の完了が
     遅れると、本統合の予想される利益が減少する可能性があり、あるいは、ファイザーがより集中型の革新的な企業となる戦略
     により効果を上げられる時期、またアップジョンが成長戦略の実行を最適化できる時期に遅れが生じることを含め、本統合の
     不確実性によって生じる追加の取引費用、収入の損失又はその他の影響が生じる可能性がある。
      ファイザーは、株主訴訟の対象となる可能性があり、又は本統合若しくは関連取引に対して提出された若しくはそれらに反

     対して提出されたその他の訴訟の対象となる可能性がある。当該訴訟は、ファイザーの事業、財政状態及び営業成績に悪影響
     を及ぼす可能性があり、本統合の完了を防げ、又は遅延させる可能性がある。
      ファイザーは、本統合に関連し、これまで多大な経営時間及び資源を費やしており、また、必要な政府の同意取得又は上記

     の訴訟の防御若しくは和解に必要な費用を含む、法律費用、顧問料、印刷費及び金融サービス手数料を含めた多額の費用を計
     上しており、今後も計上する予定である。アップジョンの完全分離に関連して約500百万ドルの費用が発生すると見込まれてお
     り、これには2019年に計上した145百万ドルが含まれる。かかる費用には、法人の分離に関連するコスト及び費用並びに予想さ
     れる取引費用が含まれる。これらの費用の多くは、本統合が完了するか否かにかかわらず、また、本統合の期待される利益が
     得られない場合であっても、支払う必要がある。加えて、例えば規制当局の承認取得を含め、本統合の完了にはファイザーの
     経営陣から多大な時間と注意が必要となり、当社の通常の日常業務からの注意をそらす可能性がある。
                                  82/473









                                                           EDINET提出書類
                                                      ファイザー・インク(E05856)
                                                            有価証券報告書
      たとえ本統合が予想通りに完了したとしても、ファイザーは期待される利益の一部又は全部を実現しない可能性がある。さ
     らに、アップジョンは、アップジョンとマイラン社の事業を統合する上で経営上の課題を経験する可能性があり、これもまた
     本統合の予想される利益を減少させる可能性がある。
      本統合が完了したとしても、本統合により予想される運営上、財政上、戦略上及びその他の利益は達成されない可能性があ

     る。本統合により予想される利益に影響を及ぼす要因は数多くあるが、その中には、本統合後の当社事業の内容を反映するた
     めに必要な戦略的調整、当社の顧客及びビジネス・パートナーによる本統合に対する否定的な反応、ファイザーが革新的な医
     薬品に焦点を当てた会社になることに起因するリスクの増大などが含まれる。さらに、ファイザーは、一般的には、統合の完
     了後24ヵ月の初期期間(延長の可能性もある)について、統合会社に特定の移行サービスを提供することで合意している。移行
     契約に基づくこれらの義務は、追加的な費用をもたらす可能性があり、ファイザーの事業の維持又は成長に投資されたであろ
     うファイザーの重点取組及び資源をそらす可能性がある。本統合の予想される利益の完全な実現が不可能である場合、またそ
     の過程で遭遇するいかなる遅延も、当社事業の収益、費用水準及び営業成績に悪影響を及ぼす可能性がある。
      さらに、本統合は、複雑で、費用がかかり、時間がかかるプロセスである。たとえアップジョンとマイラン社がうまく統合

     されたとしても、ファイザー、アップジョン及びマイラン社は、本統合から生ずる予想される相乗効果、成長機会及び利益が
     発生するか、いつ発生するか、又は実際にどの程度達成されるかを確実に予測することはできない。例えば、本統合による利
     益は、両社の統合に要した費用又は統合した事業に関連する必要な資本支出により相殺される可能性がある。さらに、本統合
     により生ずると予想される相乗効果の定量化は、本質的に主観的で不確実な重要な推定及び仮定に基づいている。あらゆる利
     益及び相乗効果の実現は、一般的な経済状況、営業コストの増大、規制の進展及び本リスク要因に記載されているその他のリ
     スクを含め、これらに限定されず、ファイザー、マイラン社、アップジョン又は統合会社の支配を超えた多くの要因によって
     影響を受ける可能性がある。本統合で実際に実現した相乗効果の量(もしもある場合)及びそのような相乗効果が実現する期間
     は、2つの業務がうまく統合されたか否かにかかわらず、実現すると予想される相乗効果とは実質的に異なる可能性がある。統
     合が成功しない場合、又は統合により期待される相乗効果及びその他の利益を実現できない場合、統合会社の株価、事業、財
     政状態及び営業成績に重大な悪影響を及ぼす可能性がある。
                                  83/473












                                                           EDINET提出書類
                                                      ファイザー・インク(E05856)
                                                            有価証券報告書
      GSK  とのコンシューマー・ヘルスケア合弁会社
      2019年7月31日、当社は、当社とGSKが、それぞれのコンシューマヘルスケア事業を新コンシューマー・ヘルスケア合弁会社

     に統合する取引を完了した。新合弁会社はGSKコンシューマー・ヘルスケアの社名で世界的に運営される。結合事業の統合後、
     GSKは、株主への株式持分の分割及び結合事業の英国証券市場への上場を通じて、合弁事業を独立した会社として分離する意向
     である。2020年2月、GSKはGSKを2つの会社(独立のコンシューマー・ヘルスケア会社を含む。)の分社を準備する2年間のプロ
     グラムの開始を発表した。取引の完了から5年目の応当日まで、GSKが、分離及び上場を開始するか否か及びその時期について
     の単独の決定権を持ち、また、合弁事業の持分の全部又は一部を同時の新規株式公開において売却することができる。分離及
     び上場が取引完了から5年間に起きる場合、ファイザーは合弁事業の株式持分の一部又は全部を合弁事業の株主に分配すること
     で関与する選択ができる。分離又は上場の後、かつ通常のロックアップ又は同様の制限に従い、ファイザーはまた資本市場で
     合弁事業の株式持分を売却することもできる。取引の完了から5年目の応当日の後、GSK及びファイザーの両社が合弁事業の分
     離及び上場を開始するか否か及びその時期について決定する権利がある。分離及び上場の計画は、予想された期間内に、又は
     全く、開始又は完了されないかもしれず、分離及び上場取引の時期及び成功、並びにいずれかの取引においてファイザー又は
     その株主に生み出される価値は、当該取引時点の一般的な市場環境及びその他の要因に影響を受ける。ファイザーは取引完了
     から5年目の応当日より前にGSKが開始した分離及び上場取引に参加する権利があるが、そうするように求められているわけで
     はなく、ファイザーの合弁事業に対する株式比率の将来の分配又は売却は同様にかかる取引時点の一般的な市場環境及びその
     他の要因に影響を受ける。かかる将来の分配又は売却を完了するファイザーの能力もまた、その時点でファイザーが保有する
     株式比率の大きさに影響される。分離及び上場取引に関連する不確かさ、それらの実施、その時期及び合弁事業へのまだ確定
     していない効果は、当社及び合弁事業を、当社の事業及び財務成績に悪影響を与える可能性のある、リスク及び不確実性にさ
     らす可能性がある。
      さらに、合弁事業に関して一定の同意、取締役会の代表及びその他ガバナンスの権利を有するものの、当社は合弁事業の少

     数株主である。その結果、ファイザーは合弁事業、その経営又はその方針についての支配権を持たず、当社は、GSK又は合弁事
     業のものとは一定の面で異なる事業利益、戦略及び目標を有する可能性がある。
      加えて、合弁事業は合弁事業のコンシューマー・ヘルスケア事業に関連するリスクに晒され、合弁事業の事業、財政状態及

     び経営成績は、ファイザーの以前のコンシューマー・ヘルスケア事業の事業、財政状態及び経営成績に従前影響を与えたリス
     クと異なる又はそれらに加えた要因により、影響を受ける可能性がある。これらの要因の多くは、当社及び合弁事業の制御を
     超えたものであり、合弁事業の事業、財政状態及び経営成績に重大な影響を及ぼす可能性がある。
      取引の成功はまた、取引からの予想利益及び費用のシナジーを実現する合弁事業の能力にも一部は依拠する。これらの予想

     利益及び費用節減は実現されない、又は期待された期間内に実現されない可能性がある。合弁事業のファイザー及びGSKの従前
     のコンシューマー・ヘルスケア事業の統合は予想しない問題、原価、費用、債務、競争的反応、並びに顧客及びその他事業上
     の関係の喪失をもたらす可能性がある。統合過程から発生する重要な予想しない問題は、当社の株価及び場合により当社若し
     くは合弁事業の将来の事業及び財務成績にマイナスの影響を与える可能性がある。
                                  84/473








                                                           EDINET提出書類
                                                      ファイザー・インク(E05856)
                                                            有価証券報告書
     その他リスク      :
     世界経済情勢

      当社の規模のあらゆる企業同様、当社は全世界の及び業界特有の経済状態にさらされている。患者に保険給付を供与する政

     府、企業及び保険会社は、ジェネリック若しくはバイオシミラー製品への切り替え、治療の先延ばし、服用の省略、又は効果
     の低い治療薬の使用を患者に潜在的に促して、医薬品の利用についての費用分担及び制限を増やしつつある。上記のとおり、
     政府の財政圧力は、政府が価格設定、利用基準(例えば、公的又は民間医療技術評価を通じて)又はその他の費用管理方法に
     積極的な役割を果たす様々な市場において、マイナスの価格圧力をもたらす。
      世界経済情勢は、当社の流動性又は資本の源泉に重大な影響を及ぼしておらず、また当社は、この先影響を受けるとは予測

     していない。当社の多額の営業活動によるキャッシュ・フロー、金融資産、資本市場へのアクセス、並びに与信契約及びリボ
     ルビング・クレジット契約の利用可能信用枠により、当社は、予測可能な将来において、引き続き流動性ニーズを満たす能力
     を有していると確信している。当社は、当社の流動性ポジションの監視を進化する経済状態に直面して継続して行うが、当社
     の流動性若しくは資本の源泉、又は将来における資金調達を受ける当社の能力が、世界金融市場及び世界経済情勢における変
     動に影響を受けないと保証することはできない。
      当社は、変動の激しい地域及び市場、特に現地通貨と交換で米ドルを入手するのが予測不可能かつ困難な地域及び市場にお

     ける信用、資本制限及び経済情勢を引き続き監視している。当社は、これらの経済状況が将来変化する可能性、又はそれらが
     当社の経営成績、財務状況若しくは事業に与える可能性のある影響を予測することはできない。
      さらに、当社事業のかなりの部分が英国を含むEU内で行われていることに鑑み、Brexit(ブレキジット、英国の離脱)によ

     り引き起こされる英国とEUの関係性の正式な変更は、英国内及びEU内の当社の研究、商業及び一般事業運営(製品の承認及び
     供給を含む。)に一定の意味をもたらす可能性がある。Brexitの最終的実施方法及び残るEU諸国への影響の詳細は、より広い
     範囲のEUが影響をどのように受けるか、そもそも受けるか、及び結果として当社事業に与える影響がどのようなものであるか
     に影響を与える。詳細については、本書「第3 事業の状況、1 経営方針、経営環境及び対処すべき課題等」の「グローバル
     な経済環境」を参照のこと。
      公衆衛生上の流行又は集団発生は、当社の事業に悪影響を及ぼす可能性がある。2019年12月、中国湖北省武漢においてコロ

     ナウイルス(COVID-19)の新型株が出現した。当初の集団発生は中国に大部分が集中しており、その経済に重大な混乱を引き起
     こしたが、現在では他のいくつかの国々にも広がり、世界的にも感染が報告されている。コロナウイルスが当社の事業にどの
     程度影響を及ぼすかは、今後の進展に依存する。これは、アウトブレイクの期間、コロナウイルスの重篤度に関する新たな情
     報、コロナウイルスの封じ込め又はその影響に対処するための行動などを含めて、非常に不確実であり、信頼性をもって予測
     することはできない。特に、世界的にコロナウイルスが拡大し続けると、当社の製造及びサプライチェーン、販売及びマーケ
     ティング並びに臨床試験事業など、当社の事業に悪影響を及ぼす可能性があり、当社の事業及び財政状態に悪影響を及ぼす可
     能性がある。
      当社はまた、全世界の貿易環境及び貿易摩擦及び障害の可能性を引き続き監視する。貿易制限及び関税が世界の経済活動を

     縮小する場合、又はその他要因が経済全般の低迷をもたらす場合、潜在的影響には、売上高の減少、費用の増加、外国為替
     レートの不安定さ、当社の金融資産及び年金制度への投資価値の下落、年金資金負担の増額の必要、政府による費用管理努力
     の強化、顧客、供給業者及び当社が事業の業績について依存するその他の第三者の履行の遅延又は不履行、並びに当社の貸倒
     引当金が不十分となり得るリスクが含まれる。
                                  85/473





                                                           EDINET提出書類
                                                      ファイザー・インク(E05856)
                                                            有価証券報告書
     外国為替及び金利のリスク
      当社の海外における多額の純資産のみならず、当社の売上高、原価及び費用の大部分は、外国為替レートの変動リスクにさ

     らされている。当社の2019年度の収益の54%は海外事業から稼得され、そのうち21%は欧州地域、24%は中国、日本及びその
     他アジア諸国からのものである。当社は、ユーロ、中国元、日本円、カナダドル、英国ポンド及びその他約100の外国通貨を含
     む、複数の外国通貨で業務を行っているため、米ドルに対するこれらの外国通貨の変動は、当社の収益及び経費に影響を及ぼ
     す。外国通貨に対して米ドル安になった場合、その他すべての変数が一定であると仮定すると、当社の収益は増加し、利益は
     プラスの影響を受けるが、経費全体が増加し、利益にマイナスの影響を与える。反対に、外国通貨に対して米ドル高になった
     場合、その他すべての変数が一定であると仮定すると、当社の収益は減少し、利益はマイナスの影響を受けるが、経費全体は
     減少し、利益にプラスの影響を与える。したがって、外国為替レートの大幅な変動は、当社の経営成績及び財務指針に影響を
     与える可能性がある。
      高いインフレ率又は大幅な為替変動に直面している国々(ベネズエラ及びアルゼンチンを含む。)において潜在的に通貨切

     下げが行われた場合、当社の経営成績及び財務指針に影響を与える可能性がある。当社の外貨リスクへのエクスポージャーに
     関する詳細については、本項下記「市場リスクに関する定量的及び定性的開示-外国為替リスク」及び本書「第3 事業の状
     況、1 経営方針、経営環境及び対処すべき課題等」の「2020年度財務ガイダンス」及び本書「第3 事業の状況、3 経営者に
     よる財務状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析」の「財政状況、流動性及び資本源泉の分析」を参照のこと。
      加えて、当社の利付投資及び借入、並びに当社の年金給付債務(純額)及び当社の退職後給付債務(純額)は、金利及び外国為

     替レートの変動リスクを受ける。利付投資及び借入に関連するこれらのリスク及び当社がそれらを阻止する助けとして取る手
     段は、下記「市場リスクに関する定量的及び定性的開示-財務リスク管理」を参照のこと。詳細については、本書「第6 経理
     の状況」の当社の連結財務諸表に対する注記7F「金融商品:金融派生商品及びヘッジ活動」及び注記11「年金・退職後給付制
     度及び確定拠出型制度」を参照のこと。
      随時、当社はLIBORに基づく変動利付債を発行する、又はLIBORに基づく変動要素を含む金利スワップを引き受ける。英国の

     金融行動監督機構は、2017年7月、2021年以降、銀行に対し、LIBORを算出するために現在使用されているレートを提出するこ
     とを強制しないと発表した。政府機関を含む様々な政府関係者が、LIBOR                                   (及びその他の世界的な銀行間オファー・レート)の
     ベンチマーク移行計画に取り組んでいる。当社はその進行状況を監視しており、代替レートはまだ提供されていないが、代替
     レートに応じて契約を修正することになるであろう。その結果、当社の支払利息は増加する可能性があり、一般事業目的で利
     用可能なキャッシュ・フローに悪影響を及ぼすかもしれない。さらに、非継続、修正、代替参照レート又はその他の訂正の可
     能性の性質による不確実さは、かかるベンチマークに関連づけられた証券の取引市場に多大な悪影響を与える可能性がある。
     詳細については、「第3 事業の状況、3 経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析」の「財政
     状況、流動性及び資本源泉の分析-流動性及び資本源泉の主要な調達法-LIBOR」を参照のこと。
      外国の財政状況の変動による影響を予測し、それらを緩和するための当社の取組みにもかからわず、当社は、為替及び金利

     の変動、インフレ又は当社の事業に影響を与えるその他の関連要因を確実に予測することはできない。
                                  86/473







                                                           EDINET提出書類
                                                      ファイザー・インク(E05856)
                                                            有価証券報告書
     当社の株式投資における市場の変動
      2018年度において、当社は新会計基準を採用し、これにより一部の株式投資は公正価値で測定され、公正価値の増減は現在

     純利益において認識されている。当社はこの新会計基準は将来期間において、一部の株式投資の公正価値の変動により当社の
     利益の変動性を大きくすると予測する。詳細については、本書「第6 経理の状況」の連結財務諸表に対する注記4「その他の
     (収益)費用(純額)」及び下記「市場リスクに関する定量的及び定性的開示-財務リスク管理」を参照のこと。
      当社の年金給付債務及び退職後給付債務(制度資産を控除後)は株式投資の公正価値の変動によるボラティリティ及びその

     他投資リスクに影響を受ける。詳細については、本書「第6 経理の状況」の連結財務諸表注記11「年金・退職後給付制度及び
     確定拠出型制度」を参照のこと。
     原価及び費用の管理/異常事態/戦略的イニシアチブ及び買収の予測利益を実現できないこと

      原価及び費用の増加、製品構成、セグメント構成及び地域構成の変化、並びに買収、事業売却、事業再編、内部組織改革、

     製品撤退、リコールその他の異常事態による影響は、進化する事業戦略、資産の実現化評価及び組織の再編に起因し、将来の
     業績に悪影響を及ぼす可能性がある。当該リスク及び不確実性には、とりわけ(ⅰ)コスト削減及び生産性向上イニシアチブ、
     (ⅱ)2019年における当社の事業運営組織再編、(ⅲ)その他の当社全体の戦略的イニシアチブ、並びに(ⅳ)アップジョンをマイ
     ラン社と統合し、新たなグローバル医薬品会社の設立(2020年中頃に完了の予定)するという合意、当社によるアレイ社の買
     収及びGSKとの新コンシューマー・ヘルスケア合弁会社の設立等の買収、事業売却又はその他の戦略、による予測利益を実現さ
     せる当社の能力が含まれる。
     無形資産、のれん及び持分法投資

      当社の連結貸借対照表には、のれんを含む多額の無形資産が含まれる。IPR&D資産については、失敗となるリスクが大き

     く、これらの資産が最終的に製品の成功を生み出すという保証はできない。高リスクがバイオ医薬品事業の性質であり、当社
     は、承認済製品のポートフォリオを成功させる取組みにおいて、数多くのプロジェクトに投資を行うことが求められる。これ
     らの多額の投資価値を実現する当社の能力は、特に規制当局による承認及び市場受容性に左右されることが多い。よって、こ
     れらのIPR&D資産の多くは減損し、将来のある時点で償却されると予想している。関係するR&D研究が中止される場合、関連す
     るIPR&D資産は消却される可能性が高く、当社は減損費用を計上する。のれんについては、全報告ユニットが、のれんの減損費
     用をもたらす事象及び状況(特に予想外の競争、当社にとって不利な規制当局による措置若しくは評価、当社にとって不利な
     法的事項若しくは事業環境の大幅な変更、及び/又は独占権を喪失する製品に代わる製品の開発不成功等)に直面する可能性
     がある。当該費用は多額となるかもしれない。開発技術権及びブランド医薬品を含む当社のその他の無形資産は、類似の減損
     リスクに直面しており、当該資産に関連した費用も多額となる可能性がある。
      当社はまた、当社の持分法投資の減損を定期的に見直している。減損繰入は、当該投資から生じる予想キャッシュフローの

     当社の予想に影響を与える予想外の有害事象又は経営陣の決定の発生から生じる可能性がある。当社は、減損繰入額を、経済
     環境の悪化、特定の顧客若しくは資産タイプに関連する事象、困難な市況又は経営陣の決定の結果として認識する可能性があ
     る。
     テロリスト活動

      当社の将来の業績は、米国及び世界の他の地域におけるテロリスト活動の脅威、並びに関連する海外での米国軍事活動によ

     り、保険の費用及び利用を含む事業、政治及び経済の状況の変化により、悪影響を受ける可能性がある。
                                  87/473





                                                           EDINET提出書類
                                                      ファイザー・インク(E05856)
                                                            有価証券報告書
     将来の見通しに関する情報及び将来の業績に影響を与える可能性のある要因 
      本書及びその他当社が随時行う書面又は口頭の発表は、将来の見通しに関する見解を含んでいる。かかる記述には、多大な

     リスク及び不確実性が伴う。当社は、可能な限り、かかる記述に「であろう」、「場合がある」、「可能性がある」、「見込
     みがある」、「継続中の」、「予測する」、「見積る」、「見込まれる」、「予想する」、「意向である」、「計画する」、
     「確信する」、「仮定する」、「目標にする」、「見通しを立てる」、「ガイダンス」、「目標」、「目的」、「意図」及び
     「努める」といった表現及び類似の意味を有する用語を使用することにより、又は特に、予測される経営成績及び財務成績、
     経営計画及び見通し、製品パイプラインの予想、既存製品及び製品候補(規制当局への予測される提出、データの読み取り、
     研究開始、承認、収益への貢献、成長、実績、独占権の時期及び潜在的利益を含む。)、戦略的見直し、資本配分目標、買収
     若しくはその他事業開発活動の計画及び見通し、2019年度における事業運営の組織再編により期待される利益、販売努力、費
     用、金利、外国為替レート、訴訟等の偶発事象の結果、政府の規制、当社の成長の機会若しくは見通しをうまく利用する当社
     の能力、製造・製品供給、並びに株式買戻し及び配当計画の記述に関連した将来の日付を使用することにより、それと分かる
     よう試みた。とりわけ、本書「第3 事業の状況、1 経営方針、経営環境及び対処すべき課題等」の「事業開発イニシアチ
     ブ」及び「当社の戦略」、並びに本書「第6 経理の状況」の連結財務諸表注記1A「開示方針及び重要な会計方針-開示方針」
     に記載の新たなグローバルな医薬品会社Viatris社を設立するためのアップジョン及びマイラン社を統合する契約に関連する予
     想時期、利益、費用及び/又はコスト、本書「第3 事業の状況、1 経営方針、経営環境及び対処すべき課題等」の「当社の営
     業環境-業界固有の課題-知的財産権及び提携/ライセンス権」に記載の当社事業に特許権の失効が与える影響の予想、本書
     「第3 事業の状況、1 経営方針、経営環境及び対処すべき課題等」の「当社の戦略-成長に向けた組織変更」に記載の2019
     年の当社事業運営の組織再編により期待される利益及び成長に関する当社の予想、本書「第3 事業の状況、1 経営方針、経
     営環境及び対処すべき課題等」の「政府の規制及び価格統制-米国外-英国のEU離脱(Brexit)」及び「グローバルな経済環
     境」に記載されるに関するBrexitの準備に関連する予想コスト、本書「第3 事業の状況、1 経営方針、経営環境及び対処す
     べき課題等」の「グローバルな経済環境」及び本書「第3 事業の状況、3 経営者による財政状態、経営成績及びキャッ
     シュ・フローの状況の分析」の「財政状況、流動性及び資本源泉の分析」に記載される流動性ポジションの予想、本書「第3 
     事業の状況、1 経営方針、経営環境及び対処すべき課題等」の「より集中型企業への変革」及び本書「第3 事業の状況、3 
     経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析」の「原価及び費用                                           - 事業再編費用並びに買収及びコ
     スト削減/生産性向上イニシアチブ関連費用」並びに本書「第6 経理の状況」の連結財務諸表注記3「事業再編費用及び買
     収、コスト削減/生産性向上イニシアチブに関連するその他の費用」に記載された当社のイニシアチブ(より集中型企業への
     変革を含む。)の予想経費及び削減、本書「第3 事業の状況、1 経営方針、経営環境及び対処すべき課題等」の「当社の戦
     略-資本配分及び経費管理-米国における投資の増加」に記載の米国内の投資の増加計画、本書「第3 事業の状況、1 経営
     方針、経営環境及び対処すべき課題等」の「2020年度財務ガイダンス」に記載される財務ガイダンス、本書「第3 事業の状
     況、3 経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析」の「連結損益計算書の分析-収益-代表的な
     製品について-プレブナー13/プレベナー13(バイオファーマ)」に記載された65歳以上の成人に対するACIPによるプレブナー
     13の推奨    による   プレブナー13の収益に与える影響の予想、本書「第3 事業の状況、3 経営者による財政状態、経営成績及び
     キャッシュ・フローの状況の分析」の「連結損益計算書の分析-収益-代表的な製品について-ゼルヤンツ(バイオファー
     マ)」に記載されたゼルヤンツの処方情報の更新がその成長に与える影響の予想、当社の事業戦略取引から予想される利益、
     本書「第3 事業の状況、3 経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析」の「財政状況、流動性
     及び資本源泉の分析          - 流動性及び資本源泉の主要な調達法                 - 契約債務」に記載される資本支出計画、本書「第3 事業の状
     況、3 経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析」の「財政状況、流動性及び資本源泉の分析                                                          -
     流動性及び資本源泉の主要な調達法                 - 契約債務」に記載される当社の未積立補完(適格外)年金制度、退職後給付制度及び繰
     延報酬制度に対する予想支払い及び予想資金拠出義務、並びに本書「第6 経理の状況」の連結財務諸表注記11「年金・退職後
     給付制度及び確定拠出型制度」に記載される当社が2020年度中に行う予定の米国適格制度に対する任意拠出等の将来の措置に
     関する記述が含まれる。実際の業績を過去の業績及び将来の計画、将来の業績の見込みから大幅に異ならせる可能性のある要
     因には以下がある。
       ・ R&D活動の結果。予定されている臨床前試験若しくは臨床評価項目、臨床前試験若しくは臨床試験の開始日及び/又は

         終了日、規制当局への提出日、規制当局の承認日、並びに/又は発売日を満たす能力、並びに望ましくない臨床前試験
         及び臨床試験結果(好ましくない新臨床データの可能性及び既存臨床データの追加分析)の可能性を含むがこれらに
         限られない。
                                  88/473




                                                           EDINET提出書類
                                                      ファイザー・インク(E05856)
                                                            有価証券報告書
       ・ 当社がFDA又はEMA等の規制当局から受けたコメントの全てにうまく対処できない、又は規制当局から承認を取得でき
         ない可能性のリスク。これは、かかる規制当局による製品のベネフィットが既知のリスクを上回るかの決定及び製品
         の有効性の決定、添付文書、製造プロセス、安全性及び/又はその他事項に影響を与える規制当局の決定、並びに当社
         のワクチン使用に影響を与える可能性のある技術委員会又は諮問委員会(ACIP等)による勧告を含む、多種多様の要
         因に依拠する。
       ・ 規制当局の認可、価格の承認及び製品発売が達成される迅速性。

       ・ 既存製品及び製品候補の安全性又は効能に対して起こりうる請求及び懸念事項。承認後の臨床検査の結果から生ずる

         請求及び懸念事項を含み、これは販売承認の喪失、製品の添付文書の変更及び/又は製品の入手可能性若しくは商品化
         の可能性に影響を与え得る製品の副作用若しくは効能に関する新たな懸念若しくは懸念の増加をもたらす可能性があ
         る(米国及びEUにおけるゼルヤンツの処方情報の更新など)。
       ・ 社外的な事業開発活動の成功。これには、可能性のある事業開発の機会を特定し実行する能力、期待された期間内で

         (又はそもそも)発表した取引の完了条件を満足する能力、当該取引から予想される利益を実現する能力、並びにレバ
         レッジの増加及び信用格付けへの影響をもたらす可能性のあるこれらの機会を追求するために追加で株式又は債務に
         よる資金調達を行う潜在的必要性を含む。
       ・ 競争の進展。当社の既存医薬品及び薬剤候補により治療されるものと類似の疾患及び病状を治療する、新製品の参

         入、既存ブランド商品、ジェネリック医薬品、自社ブランド製品、バイオシミラー及び製品候補が当社の競争上の地
         位に与える影響を含む。
       ・ FDA及び特定の国々における規制当局による、バイオシミラー医薬品を承認する簡略な法的経路。これは当社の生物製

         剤を、適用ある独占期間及び特許権の失効後に、付随する競争圧力と共に、バイオシミラー医薬品からの競争にさら
         す可能性がある。
       ・ バイオシミラーを開発及び商品化する当社の能力に関するリスク。ファイザーによるマーケティングが第三者が所有

         若しくは支配する1以上の特許権を侵害すると申し立てて当該第三者により提起された訴訟(控訴を含む。)の最終解
         決前のファイザーによる製品のマーケティングと定義される、「リスクのある」発売、並びに当社の製品が適切な処
         方薬集へのアクセスを受けられない可能性若しくはイノベーターの製品と比較して不利な位置にあるという、当社の
         バイオシミラー製品のアクセスの問題に関連するリスクを含む。
       ・ 当社の製品又は競合他社の製品が特許権による保護を喪失若しくは失効した後の、ジェネリック、ブランド医薬品及

         びバイオシミラーによる競争に対応する能力。
       ・ 国内外の市場で新製品及び既存製品の販売に成功する能力。

                                  89/473







                                                           EDINET提出書類
                                                      ファイザー・インク(E05856)
                                                            有価証券報告書
       ・ 製造、販売又はマーケティング上の困難又は遅延(ハリケーンなどの自然事象により引き起される遅延を含む。)、
         当社施設における供給の中断、不足又は欠品、及び法律上若しくは規制上の措置(警告書、製造停止、製品差押え、
         差止め命令、締出し、製品のリコール、製品承認の遅延若しくは拒否、輸入禁止又は輸入証明の拒絶等)。
       ・ 公衆衛生上の感染症又は大流行が、当社の事業に与える影響(中国及びその他諸国に影響を与えている新型コロナ

         ウィルス等)。
       ・ 業界の購入パターン。

       ・ 製品の独占権に関する現在及び将来の法律上及び規制上の規定の影響。

       ・ 管理医療及び医療費の抑制傾向、並びに当社製品についての適時又は十分な価格設定又は処方薬集への有利な掲載を

         獲得又は維持する当社の能力。
       ・ メディケア、メディケイド又はその他公的に資金拠出若しくは補助金を受ける医療プログラムに影響を与える重要な

         支出削減若しくは費用制御、又は実施されるかもしれない雇用主拠出の医療保険の課税取扱いの変更の影響。
       ・ 米国医療制度改革又は立法の影響。米国患者保護及び医療費負担適正化法(医療及び教育費負担適正調整法により修

         正済)の一部若しくは全条項の代替、廃止、修正又は無効化を含む。
       ・ 米国の連邦又は州の法律上若しくは規制上の措置及び/又は政策の努力。これらは、とりわけ、医薬品の価格決定、知

         的財産権、立替払若しくはアクセス(メディケイド、メディケア及びその他公的に資金拠出若しくは補助金を受ける
         医療プログラムに基づくものを含む。)、新たな強制的リベート及び割引若しくはその他価格制限をもたらす可能性
         のある、患者による薬の自己負担、製造者の価格、及び/又は価格の引き上げ、一般予算実績管理措置、様々な外国政
         府の統制価格による米国外からの処方薬輸入、政府プログラムに基づくバイオ医薬品の保険料返還の修正、米国の消
         費者向け直接広告の制約、医療従事者との関係に対する制限、又は医薬品間の価格相違を主に重視し、治療上の相違
         を最小限に抑え、革新薬の利用を制限する方法で実施される可能性がある相対的有効性方法論の使用、並びに競争が
         非常に激しい保険市場の結果による当社製品への価格圧力に影響を与える。
       ・ 医薬品の価格決定、知的財産権、立替払若しくはアクセスに影響を与える米国外の市場(中国を含む。)における法

         律上又は規制上の措置(特に、これらの市場におけるコストを抑制するための一部のバイオ医薬品に対する、政府に
         よる強制的な価格削減及びアクセスの制限の継続を含む。)
       ・ 資本規制及び外為規制の可能性、経済状態、収用及びその他の政府による制限的措置、知的財産権の法的保護及び救

         済措置の変更、並びに政情不安、不安定な政府及び法制度、政府間の紛争など米国外での当社事業のエクスポー
         ジャー。
       ・ 実際の又は申立てによる環境汚染に関連する不慮の事態。

       ・ 当社の情報技術システム及びインフラストラクチャーの重要な故障、侵入又は中断。

                                  90/473






                                                           EDINET提出書類
                                                      ファイザー・インク(E05856)
                                                            有価証券報告書
       ・ 訴訟防御費用、保険費用及び和解費用。
       ・ 法的訴訟に関連する不利な決定若しくは和解及び引当金の妥当性のリスク。これには、特許訴訟(当社の特許が無効

         である及び/若しくはジェネリック医薬品製造業者の製品を対象としないとの請求、又は1以上の第三者が、当社の商
         業上若しくはその他の活動により当該第三者の特許を侵害しているとの申立てを補償するための損害賠償及び/又は差
         止めによる救済を求める場合等)、製造物責任及びその他製品関連訴訟(個人障害、消費者、オフラベル・プロモー
         ション、有価証券、反トラスト及び契約違反の請求等)、商業、環境、政府による調査、雇用及びその他の法的訴訟
         (アスベスト訴訟を解決する様々な手段を含む。)並びに税務事項を含む。
       ・ 当社が現在申請中の特許権又は将来申請する特許権が、結果として交付されない若しくは適時に付与されないリス

         ク、又は当社が求める特許期間の延長が適時に付与されない若しくは全く付与されないリスク。
       ・ 国内外において、当社の特許権及びその他知的財産権を保護する当社の能力。

       ・ 金利及び外国為替レートの変動。高いインフレ率を経験している国における通貨切下げの可能性の影響を含む。

       ・ 国内及び海外の事業に影響を及ぼす政府による法律及び規則。これには、審議中及び可能性のある将来の法案から生

         ずる、米国外で稼得した所得についての米国による税金債務及び課税上の取扱に影響する変更(2017年に成立した
         TCJAの一層の明確化及び/又は解釈及びその変更を含む。)を含むが、それに限定されない。
       ・ 当社の最大級の卸売業者が関与する重要な問題。当該業者は当社の収益の重要な部分を占める。

       ・ 医薬品のサプライチェーンにおける偽造薬品(不正医薬品)の増加が当社の収益及び患者の当社医薬品の完全性に対

         する信頼に与える影響の可能性。
       ・ 英国政府及びEU間の正式な関係変化に基づく不確実性、これは英国及びEUにおける当社の研究、商業的及び一般事業

         運営(当社製品の承認及び供給を含む。)に対し影響を与える可能性がある。
       ・ 第三者への一部事業及び従業員機能のアウトソーシングに関連して生ずる可能性のある重要な問題。これには、適用

         される法的若しくは規制上の要求及び業界標準に沿った品質、適時性及びそれらの遵守に関するものを含む。
       ・ 当社の合弁企業及びその他第三者との事業の取決めに関連して生ずる可能性のある重要な問題。

       ・ 米国及びその他の諸国における、既存の法律及び規則の一層の明確化及び/又は解釈の変更、又は法律及び規則の変更

         (米国の一般会計原則の変更を含む。)。
       ・ 経済状況、政治情勢、景気、産業の状況、規制状況及び市況の全般に関連する不確実性。これには、当社、当社の顧

         客、サプライヤー及び貸し手並びに当社の外国為替及び金利契約の相手方に対する、困難なグローバルな経済環境並
         びに世界の金融市場の最近及び将来の可能性のある変化の影響に関連する不確実性、当社の貸倒引当金が十分ではな
         い可能性に関連するリスク並びに株式投資の市場価格の変動による当社収益のボラティリティに関連するリスクを含
         むがそれらに限定されない。
                                  91/473





                                                           EDINET提出書類
                                                      ファイザー・インク(E05856)
                                                            有価証券報告書
       ・ 米国及び世界の他地域でのテロリストの実際の活動又はその恐れによる、景気、政治情勢及び経済状況の変化、並び
         に関連する米国の海外での軍事行動。
       ・ 原価及び費用の増加。

       ・ 当社の製品、セグメント及び地理的構成の変化。

       ・ 購買会計の調整、買収関連費用、非継続事業及び一部の重要事項の影響。

       ・ 製品リコール、撤退及びその他異常項目の影響。

       ・ 当社の無形資産、のれん又は持分法投資に関連する減損費用のリスク。

       ・ 買収及び会社分割(子会社売却)(アレイ社の買収等)、当社のそれぞれのコンシューマー・ヘルスケア事業を新た

         なコンシューマー・ヘルスケア合弁会社に統合したGSKとの取引、グローバルな医薬品会社であるViatris社を設立す
         るためにアップジョン及びマイラン社を統合する合意の影響並びにこれらに関連するリスク及び不確実性。これに
         は、特に、予定される期限内若しくはそもそも、取引完了条件(必要な株主及び規制当局の承認取得の失敗を含
         む。)を満たすこと及び取引が完了できない可能性に関連するリスク、これらの取引の期待される利益を実現する能
         力(取引案からの予想されるコスト削減及び/又はこれら取引の一部による増加が実現しない、又は予想期間中に実現
         しない可能性を含む。)、事業の統合が成功しないリスク、取引案の発表若しくは開始がファイザーの普通株式の市
         場価格、ファイザーの信用格付け及び/又はファイザーの経営成績に与えるマイナスの影響、事業及び経営上の関係
         を維持することをより困難とする取引の混乱、買収した一部の製品について収益を成長させる当社の能力に関連する
         リスク、巨額の取引費用、未知の債務、取引に関連する訴訟及び/又は規制上措置のリスク、その他の事業上の影響
         (業界、市場、経済、政治若しくは規制状況への影響を含む。)に関連するリスク、将来の為替レート及び金利、税
         法及びその他法律、規則、レート及び政策の改正、将来の事業結合若しくは処分に関連するリスク、競争の進展、並
         びにGSKとのコンシューマヘルスケア合弁会社に関しては、GSKの株式持分をGSKの株主へ譲渡する会社分割を通じて独
         立会社として合弁事業の将来の分離が行われず、英国の株式市場への合弁会社の上場が行われない可能性を含む。
       ・ 2019年に実施した当社事業運営の組織再編を含む、リストラクチャリング及び社内の組織再編、その他の戦略的イニ

         シアチブ、コスト削減、生産性向上などのイニシアチブの影響、並びにそれに関するリスク及び不確実性。これらは
         それぞれに先行費用がかかるが、想定した利益が得られず、予期せぬコストや組織の混乱を招く可能性がある。
      当社は、将来の見通しに関する記述は、それがいかなるものであっても実現を保証することはできない。将来の業績の達成

     は、多大なリスク、不確実性及び不正確な仮定の影響を受ける。既知のリスク、未知のリスク若しくは不確実性が実際に起
     こった場合、又は前提となる仮定が不正確であると判明した場合、実際の業績は、過去の業績や予測、見積り又は業績予想と
     大幅に異なる可能性がある。投資家は、将来の見通しに関する記述を検討する場合、このことに留意し、将来の見通しに関す
     る記述に対し過度に依存すべきではない。
      当社は、新たな情報、将来の事象又はその他にかかわらず、法律又はSECの規則及び規制に定められるものを除き、将来の

     見通しに関する記述の公的な更新を行う義務を負わない。しかしながら、関連事項に関し当社が行う新たな開示の参照を推奨
     する。
                                  92/473





                                                           EDINET提出書類
                                                      ファイザー・インク(E05856)
                                                            有価証券報告書
      一部のリスク、不確実性及び仮定は、本「2 事業等のリスク―リスク要因」において説明される。これらの要因は、1995
     年米国民事訴訟改革法(Private                Securities      Litigation      Reform    Act  of  1995)により投資家向けに許容されている。投資家
     はかかる要因全てを予測又は特定することは不可能であると理解されたい。したがって、投資家は当該リストがリスク又は不
     確実性の全ての可能性の完全な一式であるとみなすべきではない。
      当報告書において提供される事業セグメントの情報は、提示期間中に各セグメントが独立した会社として事業を行っていた

     場合に記録したであろう各事業セグメントの税引前の継続事業による収益、費用及び利益を示す趣旨ではない。
      本書は各種既存製品及び/又は製品候補に関する一定の臨床研究の説明を含む。これらの研究は典型的にはかかる製品又は

     製品候補に関するより大きなデータ体系の一部であり、本書での説明はより大きなデータ体系との関連で検討すべきである。
     さらに、臨床検査データは異なる解釈を受けることもあり、当社がデータが製品候補又は既存製品の新適応の安全性及び/又は
     有効性を裏付けるのに十分であると考える場合でも、規制当局は当社の見解を共有しない可能性があり、追加データを要求す
     る又は承認そのものを拒否する可能性がある。
     市場リスクに関する定量的及び定性的開示

     財務リスク管理

      当社の財務リスク管理の目的は、外国為替レートの変動及び金利の変動の当社の利益に与える影響を最小限にすることであ

     る。当社はこれらの財務エクスポージャーを営業上の手段及び第三者の金融商品を通じて管理する。これらの慣行は経済状況
     が変化するのに従い、変化する可能性がある。
      外国為替リスク

      当社は世界中で事業を行っており、したがって、当社は事業運営並びに金融資産(投資)及び金融負債(借入)において外

     国為替リスクにさらされている。当社の外国子会社に対する純投資もまた通貨リスクの影響を受ける。
      商業面では、当社の収益及び利益の大部分は外国為替レートの変動にさらされている。当社が事業を行う主要な通貨につい

     ては、本書「第3 事業の状況、1 経営方針、経営環境及び対処すべき課題等」の「グローバルな経済環境」を参照のこと。
     当社は、同じ通貨の費用に対して同じ通貨の収益を、及び同じ通貨の負債に対して同じ通貨の資産を管理するなど、営業的手
     段を通じて外国為替リスクの一部を管理しようと努める。外国為替リスクが営業的手段を通じて軽減できない場合、当社はリ
     スク管理のために先物為替契約及び/又は外貨建スワップを利用することもある。
      当社の金融資産及び負債に関して、当社の第一の外国為替エクスポージャーは、専ら短期及び長期の会社間の売掛金(債

     権)及び買掛金(債務)から生じ、より少ない割合で、資産及び/又は負債が当該会社の機能通貨以外の通貨建てであるような
     短期及び長期の投資及び負債から生ずる。
      当社はまた、長期の変動に対する予防として、ユーロ、日本円、中国人民元、英国ポンド、カナダドル及び豪ドル建ての会

     社間販売予測の一部をヘッジする。
                                  93/473






                                                           EDINET提出書類
                                                      ファイザー・インク(E05856)
                                                            有価証券報告書
      さらに、一定の市況の下で、当社は外国事業会社への報告済み純投資の減少の可能性に対する保護に努める。これらの場
     合、当社は外貨スワップ、先物為替契約及び/又は外貨建て債務を利用する可能性がある。
      これら及びその他の金融商品についての詳細は、本書「第6 経理の状況」の要約連結財務諸表注記7A「金融商品-公正価

     値評価」を参照のこと。
      当社が保有する金融商品の公正価値は、外国為替レートの変動に対する感応度を決定するために年度末に分析を受ける。こ

     の感応度分析において、全ての他の仮定は一定にして米ドルに対する1つの通貨の変動はその他の通貨の米ドルに対するレート
     に影響しないと仮定し、米ドルが他の全ての通貨に対して2019年12月31日時点で10%上昇した場合、当社の純利益に与えると
     予想されるマイナスの影響は、重要ではない。
      金利リスク

      当社は投資及び借入において、金利リスクにさらされている。当社は、ファイザーの緊急及び中期的な流動性の必要に焦点

     を合わつつ、金利リスクを全体として管理する。
      当社の投資について、当社は変動金利ベースのポジションを専ら維持することに努めるが、当社の戦略はその時々の市況に

     基づき変更される可能性がある。当社の変動金利資産は、短期金利が下落し、その結果投資がより少ない金利収入しか生み出
     さないというリスクに晒されている。固定金利の投資は金利の変更に関わらず、確定した金額の金利収入を提供する。当社は
     時折、当社の金融投資ポートフォリオにおいて金利スワップを利用する。
      当社は主に長期かつ固定金利ベースで借入を行う。随時、市況に基づき、当社は金利スワップなどのデリバティブ金融商品

     を締結して、未償還債務のプロファイルを変更する。
      これら及びその他の金融商品についての詳細(公正価値評価方法を含めて)は、本書「第6 経理の状況」の要約連結財務

     諸表注記7A「金融商品-公正価値評価」を参照のこと。
      当社が保有する金融商品の公正価値は、金利の変動に対する感応度を決定するために年度末に分析を受ける。この感応度分

     析において、全ての他の仮定は一定に維持し、全ての満期及び全ての商品について金利カーブの並行なシフトを仮定し、2019
     年12月31日時点で金利が100ベーシスポイント上昇した場合、当社の純利益に与えると予想されるマイナスの影響は、重要では
     ない。
      株価リスク

      当社は、一定の事業開発取引の結果、迅速に公正価値を決定できる生命科学企業の株式を保有する。当社がこれら株式を保

     有する間、当社は株価リスクに晒され、これは株式投資の公正価値の変動により将来の当社収益のボラティリティを増加させ
     る可能性がある。随時、当社は事業上の判断に基づきかかる株式を売却する予定であるが、これには当社の価格リスクの制限
     が含まれる。
      公正価値を迅速に決定できる当社保有の株式は、株価のレート変更に対する感応度を決定するために年度末に分析される。

     この感応度分析において、当社の純利益に対する予想されるマイナスの影響は大きくはない。
                                  94/473





                                                           EDINET提出書類
                                                      ファイザー・インク(E05856)
                                                            有価証券報告書
     3【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】
      本項に記載の将来に関する記述については、本書「第3 事業の状況、2. 事業等のリスク」の「将来の見通しに関する情

     報及び将来の業績に影響を与える可能性のある要因」を参照のこと。
     連結損益計算書の分析

     収益   - 概要

      2018  年度と比較した2019年度の総収益(売上高合計)は、2018年に対して2019年の、545百万ドル(1%)の営業の減少及び

     外国為替による14億ドル(3%)のマイナスの影響を反映している。
      詳細については、下記の「事業セグメント別及び地域別収益」及び「収益-代表的な製品について」の項を参照のこと。

      当社の一部の現在の製品は、過去数年間で特定の市場において特許権の失効又は規制上の独占権の喪失を経験しており、当

     社は今後数年間で一部の製品は著しく増加するジェネリックとの競争に直面すると予想する。詳細については、本書「第2                                                          企
     業の概況、3 事業の内容」の「特許及びその他の知的財産権」の項を参照のこと。
      米国外の事業では、2019年、2018年及び2017年の各年において11の国々において、500百万ドルを超える収益があった。

      総収益(売上高合計)では、米国、中国及び日本の三か国が三大市場であった。

      国別市場からの収益

     在庫



      国内卸売業者及び海外の主要市場における医薬品在庫の供給については、在庫水準を平均1か月以下に維持し、利用パター

     ンに基づき、毎月の在庫水準を毎年同時期との整合性を保つことが当社の方針である。当社は、従来より顧客からの直接的な
     購入情報により、又はその他の第三者情報を入手することにより、顧客の在庫水準を注意深く監視することが可能となってい
     る。当社は、情報源について、方向性としては信頼できると考えているものの、その正確性は確認することはできない。さら
     に、当社は当該第三者データを管理していないため、データの継続的な入手は保証されていない。通常とは異なる購入パター
     ンや利用については、直ちに調査が行われる。
                                  95/473






                                                           EDINET提出書類
                                                      ファイザー・インク(E05856)
                                                            有価証券報告書
     収益からの控除
      当社の製品総収益は、一般的に収益が認識されたのと同期間に見積り及び計上がなされる様々な控除によって影響を受け

     る。かかる変わりやすい対価はチャージバック、リベート、売上値引及び返品引当金(セールス・リターン)である。これら
     の控除は、関連する債務の見積額であり、そのため、報告期間の総売上高に対するこれらの収益控除による影響を見積もる際
     に、知識及び判断が必要となる。
      従来、実績の見積額の調整は、実際の業績又は最新の予測を反映するためのものであり、当社の事業全体にとって重要では
     ない。四半期ベースでは、実績を反映するための見積額の調整は、通常収益の1%未満であり、その結果、収益の純増又は純減
     となっている。しかしながら、製品別リベート費用は、前年度比の個別の製品成長傾向に多大な影響を及ぼす可能性がある。
      収益からの控除は、下表のとおりである。

                                           12 月31日に終了した年度
       ( 単位:百万ドル)
                                        2019  年      2018  年     2017  年
                                        $   1,306      $   1,706     $   1,316
       メディケアに基づくリベート(a)
       メディケイド及び関連する州のプログラムに基づくリベート(a)                                   1,936       1,969       1,860
       業績に基づく契約によるリベート(a)(b)                                   3,767       3,377       3,245
       チャージバック(c)                                   5,588       6,461       6,047
       売上  値引  (d)                               5,678       5,592       5,165
                                          1,315       1,522       1,493
       返品引当金及び現金による売上値引
                                        $ 19,589      $ 20,627      $ 19,126
       合計(e)
       (a)   リベートは製品特有のものであるため、毎年販売された製品の内訳により影響を受ける。

       (b)   業績に基づく契約によるリベートには、契約上の業績条件の達成、並びに当該契約による請求に基づきリベートを受け取る、
          MCO及びPBM(薬剤給付管理会社)等の米国内の管理医療の顧客との間で締結する契約によるリベートが含まれる。米国外におい
          ては、業績に基づく契約によるリべートには、特定の製品の契約上の業績条件の達成に基づく卸売業者/販売業者に対するリ
          ベート又は売上目標達成金が含まれる。
       (c)   チャージバックは、第三者に対する契約価格を受け取る米国の卸売業者への払戻しが主なものである。
       (d)   売上値引は、主に契約上又は米国外で法律上義務付けられている価格の引下げ、割引及び販売代理料である。
       (e)   2019  年度については、バイオファーマ(120億ドル)、アップジョン(721億ドル)及びその他(4億ドル)のセグメントに関連した
          ものである。2018年度については、バイオファーマ(102億ドル)、アップジョン(97億ドル)及びその他(7億ドル)のセグメン
          トに関連したものである。
      2019  年度の収益からの控除の合計額は、2018年度より5%減少した。これは主に以下によるものであった。

       ・  主にアップジョン製品(バイアグラ及びリリカを含む。)に関連するチャージバックの減少。

       ・  2019  年7月に始まった複数供給元によるジェネリック医薬品競争による米国におけるリリカ販売の著しい減
         少により引き起こされたメディケアのリベートの減少。
      これは以下により一部相殺された。

       ・  業績に基づく契約によるリベートの増加。主に米国における一部バイオファーマ製品の販売増によるが、リ

         リカの販売減少により一部相殺された。
                                  96/473






                                                           EDINET提出書類
                                                      ファイザー・インク(E05856)
                                                            有価証券報告書
      メディケアに基づくリベート、メディケイド及び関連する州のプログラムに基づくリベート、業績に基づく契約によるリ
     ベート、チャージバック、売上値引、並びに返品引当金及び現金による売上値引の見越額に関する情報の詳細(これら見越額
     の貸借対照表での分類を含む。)については、本書「第6 経理の状況」の連結財務諸表に対する注記1G「開示方針及び重要な
     会計方針:売上高及び売掛金」を参照のこと。
     事業セグメント別及び地域別収益

      以下のグラフは、事業セグメント別及び地域別収益を示している。

      2019  年

          2019  年地域別収益          合計に占める割合(%)




        米国                   46%
        海外                   54%
      2018  年

          2018  年地域別収益          合計に占める割合(%)




        米国                   47%
        海外                   53%
                                  97/473






                                                           EDINET提出書類
                                                      ファイザー・インク(E05856)
                                                            有価証券報告書
      全世界の事業セグメント別及び地域別収益は、以下のとおりである。
                                 12 月31日に終了した年度

                            全世界                    米国
       ( 単位:百万ドル)
                     2019  年     2018  年     2017  年    2019  年    2018  年     2017  年
       事業セグメント(a):
                     $ 39,419      $ 37,558     $ 35,530     $ 19,605      $ 18,243      $ 17,961
       バイオファーマ
       アップジョン                10,233       12,484       13,447       3,259       5,209       6,150
       コンシューマー・ヘルス
        ケア               2,098       3,605      3,472       988      1,877       1,851
                         -       -      97       -       -      64
       その他(b)
                     $ 51,750      $ 53,647     $ 52,546     $ 23,852      $ 25,329      $ 26,026
       総収益
                      12 月31日に終了した年度                      変動率(%)

                           海外            全世界        米国       海外
       ( 単位:百万ドル)
                    2019  年    2018  年    2017  年   19/18    18/17    19/18    18/17    19/18    18/17
       事業セグメント(a):
                    $ 19,814     $ 19,315     $ 17,569
       バイオファーマ                                5    6    7    2    3   10
       アップジョン               6,974      7,275      7,297    (18)    (7)    (37)    (15)    (4)    -
       コンシューマー・ヘルス
       ケア               1,110      1,728      1,621    (42)     ▶   (47)     1   (36)     7
       その他(b)                 -      -     33    -    *    -   *    -    *
                    $ 27,898     $ 28,318     $ 26,519
                                      (4)    2   (6)    (3)    (1)    7
       総収益
          計算は実質的な意味がない、又は計算結果が100%以上となるため省略する。

       *
       (a)   各事業セグメントの詳細については、本書「第2 企業の概況-3 事業の内容」の「事業運営」及び本書「第6 経理の状
          況」の連結財務諸表に対する注記17A「セグメント別、地域別及びその他の売上情報:セグメント情報」を参照のこと。
       (b)   2017  年2月2日までのHIS収益を示す。2017年2月3日、当社はHISのICUメディカルへの売却を完了した。詳細については、本書
          「第6 経理の状況」の連結財務諸表に対する注記1A「開示方針及び重要な会計方針:開示方針」を参照のこと。
                                  98/473









                                                           EDINET提出書類
                                                      ファイザー・インク(E05856)
                                                            有価証券報告書
      当社は、2019年度に8つの製品について、2018年度に10の製品について、2017年度に9つの製品について、それぞれ10億ドル
     を上回る直接販売による製品売上高及び/又は提携による収益を計上した。
                   10 億ドルを上回る直接製品及び/又は提携による収益

             2019  年度               2018  年度               2017  年度
        プレブナー13/プレベナー13                 プレブナー13/プレベナー13                 プレブナー13/プレベナー13
        イブランス                 リリカ                 リリカ
        エリキュース*                 イブランス                 イブランス
        リリカ                 エリキュース*                 エリキュース*
        ゼルヤンツ                 エンブレル                 エンブレル
        リピトール                 リピトール                 リピトール
        エンブレル                 ゼルヤンツ                 ゼルヤンツ
        チャンティックス/チャンピッ                 チャンティックス/チャンピッ                 バイアグラ
        クス                 クス
                         スーテント                 スーテント
                         ノルバスク
      *エリキュースについては、2019年度、2018年度及び2017年度における、提携による収益及び直接販売を含む。
      これらの製品の直接製品売上高及び/又は提携による製品収益は、当社の2019年度収益の49%、2018年度収益の51%及び

     2017年度収益の46%を占めた。詳細については、下記「連結損益計算書の分析                                     - 収益   - 代表的な製品について」の項目を参
     照のこと。
                                  99/473












                                                           EDINET提出書類
                                                      ファイザー・インク(E05856)
                                                            有価証券報告書
      以下は、2019年度の全世界の地域別収益の変動の分析である。
      (単位:百万ドル)                                  全世界       米国      海外

      営業の成長/(減少)
                                         $  2,495
        一部の主要なブランドの継続的成長(a)                                          914      1,581
        中国における抗感染症薬の継続的な伸長による増収、これはスルペラゾンの需
        要拡大並びに2018年の米国における免疫グロブリン静注用製剤(Panzyga及び
        Octagam)の発売と海外の先進市場及び新興市場における特定の抗感染症薬
        (Zavicefta、Zinforo、Cresemba)の発売等の新発売により推進された。これら
        は全て病院向け製品事業である。                                    472      174       298
        米国を中心としたインライタの売上高増加、これは2019年第2四半期に米国FDA
        が進行性RCC患者の第一選択薬として特定の免疫チェックポイント阻害剤とイン
        ライタの併用療法について承認したことによる需要の増大が推進した。                                    190      175       14
        主に米国における、バイオシミラーの増収                                    168      185      (17)
        希少疾患治療薬の売上高増加。これは米国においてトランスサイレチン型アミ
        ロイド心筋症(ATTR-CM)の治療薬として2019年5月にビンダケル、2019年9月にビ
        ンダマックスを発売したことによる。また海外市場では、主に先進欧州を中心
        としたトランスサイレチン型アミロイドポリニューロパチーの適応症での継続
        的な受入れ、並びに日本における2019年3月のATTR-CMの発売により推進された
        が、競争による圧力を主因とする血友病フランチャイズ(リファクトAF/シンサ
        及びベネフィクス)及び米国における流通経路ミックスの不良を主因とする先進
        市場におけるジェノトロピン等の一部の希少疾患製品の売上減少により一部相
        殺された。                                    159       108       51
        主に日本、中国における、セレブレックス及びエフェクソールの販売量増によ
        る成長                                    78      (8)       87
        2019  年7月に始まった複数供給元によるジェネリック医薬品競争に伴う大幅な販
        売量減少が予想されることを反映した、米国を中心としたリリカの世界的な収
        益減少                                  (1,628)      (1,582)        (46)
        GSK とのコンシューマヘルスケア合弁会社取引が2019年7月31日に完了したこと
        を反映したコンシューマヘルスケアの収益低下。その結果、2019年の売上高
        は、国内事業については、コンシューマヘルスケア事業の7か月分、海外事業に
        ついてはコンシューマヘルスケア事業の8か月分を反映している。                                  (1,436)       (889)       (547)
        主に先進市場の減少を反映したその他の病院製品からの収益減少。これは、以
        前に市場の独占性を失った製品についてジェネリック薬との競争から引き続き
        予想されるマイナスの影響が主な要因である。                                   (447)      (200)       (247)
        大部分の先進欧州市場におけるバイオシミラーとの継続的な競争を反映して、
        海外のエンブレルの収益減少                                   (292)        -     (292)
        バイアグラ及び米国で承認されているアップジョンのジェネリック版バイアグ
        ラの売上高減少。これはバイアグラの特許が2017年12月に失効し、ジェネリッ
        ク医薬品との競争が激化したことによるが、中国での小売需要の増加により一
        部相殺された。                                   (171)      (193)        21
        米国の経口懸濁剤の販売減少及び最近のジェネリック薬の参入による価格圧迫
        が原因であるレバチオの収益減少、並びに先進市場全体のジェネリック薬との
        継続的競争によるレルパックスの販売減少。                                   (149)      (110)       (39)
        中国の特定都市におけるVBPの実施による価格圧力及び日本における量的減少に
        よるノルバスク及びリピトールの減少。これは、2019年第1四半期中の中国にお
        ける総需要の増加及び中国のVBPがまだ実施されていない省における2019年下半
        期の地理的拡大の継続により部分的に相殺された。                                    (40)       (4)      (36)
                                            57      (47)       104
        その他の営業要因(純額)
      営業上の増加/(減少)(純額)                                    (545)      (1,477)        932
                                          (1,352)         -    (1,352)
      外国為替の不利な影響
      収益の減少                                   (1,897)       (1,477)       (420)
     (a)   一定の主要なブランドは、イブランス、エリキュース、ゼルヤンツ及びプレブナー13/プレベナー13である。製品分析の詳細な情報

        については、下記「収益-代表的な製品について」を参照のこと。
                                100/473




                                                           EDINET提出書類
                                                      ファイザー・インク(E05856)
                                                            有価証券報告書
      新興市場の収益は2019年度に82百万ドル(1%)増加し、127億ドルとなった。これは営業上の増加877百万ドル(7%)を反
     映する。外国為替は新興市場の収益に約6%のマイナスの影響を与えた。新興市場における営業上の増加は、主にバイオファー
     マ・セグメントのプレベナー13、イブランス及びエリキュース並びにアップジョン・セグメントのゾロフト、バイアグラ、セ
     レブレックス及びリピトールが牽引した。
      事業セグメントの収益に関する詳細については、本項下記の「事業セグメント情報の分析」を参照のこと。

     収益   -  代表的な製品について

      以下の表は、代表的な製品についての全世界の収益及び地域別の収益を示す。合計の増減率は、外国為替を含む対前年比の

     成長率である。合計の増減率及び営業の増減率の相違は、外国為替の影響を示す。四捨五入のため合計は必ずしも総和と一致
     しない。全ての比率は四捨五入前の数字を用いて計算されている。(*)は計算が意味を持たない又は計算結果が100%以上で
     あることを意味する。
     ・  プレブナー13/プレベナー13             ( バイオファーマ):

                                     12 月31日終了年度

                                             増減率(%)
      ( 単位:百万ドル)                      2019  年     2018  年
                                           合計       営業
      米国                     $    3,209    $    3,360        (4)
                               2,638       2,443
      海外                                        8       12
      全世界の収益                                        1       3
                           $    5,847    $    5,802
       2019  年 の米国における減少の主たる要因は、小児適応向けの政府購入の減少に加えて、2014年第4四半期の発売

       開始の成功後、適格人口の当初捕捉率が高かったことによる成人適応症からの収益の継続した落込みによるもの
       である。捕捉率の高さにより、残りの「キャッチアップ」機会(すなわち以前にプレブナー13のワクチン接種経
       験のない65歳以上の成人に到達する機会)がより少なくなった。
       2019  年 の海外における成長は、中国における継続的摂取を反映した小児適応の販売量の増加、一部新興市場にお

       ける小児適応向け政府購入に伴う時期及び販売量増加のプラスの影響並びにGavi(ワクチンアライアンス)に関
       連する出荷増による販売量の増加が主に牽引した。
                                101/473








                                                           EDINET提出書類
                                                      ファイザー・インク(E05856)
                                                            有価証券報告書
       2014  年 、ACIP(予防接種実務に関する諮問委員会)は、65歳以上の成人における肺炎球菌疾患を防止することを
       目的としたプレブナー13の日常的使用を推奨する投票を行った。これは成人について、ワクチンに含まれる13の
       肺炎球菌血清型により引き起こされる肺炎を含む。これらのACIPの推奨は、その後CDC理事及び米国保健福祉省
       により承認され、2014年9月、CDCは疾病率死亡率週次報告に掲載した。CDCは、ワクチン接種による影響を定期
       的に監視し、当該推奨を検討する。2019年2月のACIPの会合で、CDCはACIPのインプットのための推奨枠組み(等
       級付)に向けたエビデンスの正式な評価を提示した。ACIPは2019年6月26日、肺炎球菌ワクチン接種ガイドライ
       ンを改訂し、医療提供者と患者の臨床的意思決定が共有されていることを踏まえ、65歳以上の成人に対してプレ
       ブナー13を推奨することを投票した。これは、医療提供者と患者との間でワクチン接種の決定が個別レベルで行
       われ、医療費還付が維持されることを意味する。推奨は、65歳以上の成人集団にワクチンで予防可能な肺炎球菌
       性疾患が依然としてあり、直接のワクチン接種によって予防できる可能性があることを再確認する。ACIPの推奨
       は、CDC理事及び米国保健社会福祉省により承認され、CDCにより2019年第4四半期の「Morbidity                                             and  Mortality
       Weekly    Report」で発表された。ACIPの最新の推奨は、Morbidity                           and  Mortality     Weekly    Report発表の時期のた
       めに、2019年度のプレブナー13の売上高に影響を及ぼさなかったが、成人適応からのプレブナー13の売上高は
       2020年以降継続して減少すると予想する。
     ・  イブランス     ( バイオファーマ):

                                     12 月31日終了年度

                                              増減率(%)
      ( 単位:百万ドル)                      2019  年     2018  年
                                            合計       営業
      米国                     $    3,250    $    2,922         11
                               1,710       1,196
      海外                                         43       53
      全世界の収益                                         20       23
                           $    4,961    $    4,118
       2019  年 の海外市場での営業収益の成長は、先進欧州及び日本並びに一部の新興市場での発売後の力強いアップ

       テークが続いていることを反映しているが、2019年第4四半期から主に一部の先進欧州市場での価格圧力によっ
       て一部相殺されている。米国における2019年の成長は、サイクリン依存キナーゼ(CDK)類のシェア拡大及び承認
       済みの転移性乳がんの適応症において引き続き主導的地位を発揮したイブランスのCDK類のシェアが主な要因で
       ある。
     ・  エリキュースの提携による収入及び直接販売                     ( バイオファーマ):エリキュースは、ファイザーとBMSによって共

       同開発され、現在商品化されている。ファイザーは研究に基づき開発費用全額の50%から60%を資金提供する。
       損益は全世界で等分に負担する。ただしファイザーがエリキュースを商品化し、BMSに純売上の割合に基づき対
       価を支払う一部の国を除く。当社は一部の小規模な市場における完全な商品化権を保有する。BMSは、原価にこ
       れらの市場における最終顧客への純売上高の割合を加え、製品を当社に供給する。エリキュースは、新規経口抗
       凝血薬市場を構成しており、このクラスの薬剤は、適切な患者を治療するワルファリンの代替治療の選択肢とし
       て開発された。
                                102/473






                                                           EDINET提出書類
                                                      ファイザー・インク(E05856)
                                                            有価証券報告書
                                     12 月31日終了年度
                                              増減率(%)
      ( 単位:百万ドル)                      2019  年     2018  年
                                            合計       営業
      米国                     $    2,343    $    1,849         27
                               1,877       1,585
      海外                                         18       24
      全世界の収益                                         23       26
                           $    4,220    $    3,434
       2019  年 における全世界の営業収益の増加は、主に非弁膜症性心房細動における採用の継続的増加並びに経口抗凝

       血剤の市場占有率の上昇が推進したが、前年に比較した米国収益に対するメディケアの「カバレッジ・ギャッ
       プ」割引引当金の増加により一部相殺された。
     ・  リリカ   ( アップジョン):

                                     12 月31日終了年度

                                              増減率(%)
      ( 単位:百万ドル)                      2019  年     2018  年
                                            合計       営業
      米国                     $    2,012    $    3,594        (44  )
                               1,308       1,375
      海外                                        (5 )      (3 )
      全世界の収益                                        (33  )      (33  )
                           $    3,321    $    4,970
       2019  年 の米国における減少は、主に、2019年7月に始まった複数供給元からのジェネリック競争がもたらした予

       想された販売量の著しい低下によるものである。
       2019  年 の海外の営業収益の減少は、主に欧州先進国市場におけるジェネリックとの競争及び海外市場全体の価格

       圧力がその原因であり、これは日本における経口溶解錠剤の成長による量的増加、並びにロシア及び中国におけ
       る量的増加により一部相殺された。
                                103/473










                                                           EDINET提出書類
                                                      ファイザー・インク(E05856)
                                                            有価証券報告書
     ・  ゼルヤンツ     ( バイオファーマ):
                                      12 月31日終了年度

                                              増減率(%)
      ( 単位:百万ドル)                      2019  年     2018  年
                                            合計       営業
      米国                     $    1,636    $    1,394         17
                                606       380
      海外                                         59       70
      全世界の収益                                         26       29
                            $    2,242    $    1,774
       2019  年 の米国における成長は、アクセス改善によるRA適応症の継続的成長並びに2018年のUC及びPsA適応症の発

       売による量的増加が主な要因で、これは新規の商業契約からのリベート増により一部相殺された。
       2019  年 の海外の営業成長は、先進欧州、新興市場、日本及びカナダにおけるRA適応症の継続的なアップテーク並

       びに一部の先進市場における最近のUC適応症の発売により主に推進された。
       FDA  は、2019年7月及び12月に、ゼルヤンツの米国の処方情報を、UCの適応症及び用量の変更に加えて、3つの追

       加の枠付き警告を含めるように更新した。2020年1月、ECは、静脈血栓塞栓症のリスク増大によるゼルヤンツの
       使用に関する新たな警告及び推奨を含めるようにゼルヤンツの製品特性の要約(SmPC)を改訂し、また、感染症の
       リスク増大のために65歳以上の患者への警告の改訂を行った。これらの更新情報は、進行中の市販後RA試験
       (A3921133)の要求における10mgデータのFDA及びEMAのレビューに基づいている。当社は、これらの更新情報が
       成長を穏やかなものとするものと予想する。詳細は、本書「5 研究開発活動」の「製品開発-バイオ医薬品」を
       参照のこと。
     ・  リピトール     ( アップジョン)

                                     12 月31日終了年度

                                              増減率(%)
      ( 単位:百万ドル)                      2019  年     2018  年
                                            合計        営業
      米国                     $     104   $     110        (6 )
                               1,870       1,952
      海外                                        (4 )       -
      全世界の収益                                        (4 )       -
                           $    1,973    $    2,062
       2019  年 における全世界の営業収益は前年並みで、主に、2019年第1四半期の中国における全般的な需要増加及び

       VBPプログラムがまだ実施されていない中国の省における2019年第2四半期中の継続的な地理的拡大が牽引した
       が、中国の一部の都市におけるVBP実施による価格圧力、サウジアラビアにおける販売中止及び日本における販
       売量減少により相殺された。
                                104/473






                                                           EDINET提出書類
                                                      ファイザー・インク(E05856)
                                                            有価証券報告書
     ・  エンブレル     ( 米国及びカナダ以外においてバイオファーマ)
                                     12 月31日終了年度

                                              増減率(%)
      ( 単位:百万ドル)                      2019  年     2018  年
                                            合計       営業
      米国                     $      -  $      -       -
                               1,699       2,112
      海外                                        (20  )      (14  )
      全世界の収益                                        (20  )      (14  )
                           $    1,699    $    2,112
       2019  年 における全世界の営業収益の減少は、主に、大部分の欧州先進国市場において持続するバイオシミラーと

       の競争によるもので、これは継続が予想される。
     ・  チャンティックス/チャンピックス                ( バイオファーマ):

                                      12 月31日終了年度

                                              増減率(%)
      ( 単位:百万ドル)                      2019  年     2018  年
                                            合計       営業
      米国                     $     899   $     838        7
                                208       247
      海外                                        (16  )      (12  )
      全世界の収益                                         2       3
                           $   1,107    $   1,085
       2019  年 における米国の増加は、主に、好調な需要による。2019年の海外における営業収益の減少は、主として韓

       国及びカナダにおけるジェネリック薬の参入が要因となった。
     ・  ノルバスク     ( アップジョン):

                                     12 月31日終了年度

                                              増減率(%)
      ( 単位:百万ドル)                      2019  年     2018  年
                                            合計        営業
      米国                     $     39  $     36        6
                                911       992
      海外                                        (8 )      (4 )
      全世界の収益                                        (8 )      (4 )
                           $     950   $    1,029
       2019  年 における全世界の営業収益の減少は、主に、中国の一部の都市におけるVBPの実施に起因する価格

       圧力及び日本における販売量低下によるが、2019年第1四半期の中国における全般的な需要増及び第2四半
       期中のVBPがまだ実施されていない中国の省における地理的拡大の継続により一部相殺された。
                                105/473





                                                           EDINET提出書類
                                                      ファイザー・インク(E05856)
                                                            有価証券報告書
     ・  スーテント     ( バイオファーマ):
                                      12 月31日終了年度

                                              増減率(%)
      ( 単位:百万ドル)                      2019  年     2018  年
                                            合計       営業
      米国                     $     283   $     357       (21  )
                                653       692
      海外                                        (6 )       1
      全世界の収益                                        (11  )      (7 )
                           $     936   $    1,049
       2019  年 における全世界の営業収益の減少は、主に、米国及び主要な欧州市場における競争激化の結果、継続的に

       売上げが浸食されたことを反映し、これは一部の新興市場における成長により相殺された。
     ・  イクスタンジ提携による収益              ( バイオファーマ):         イクスタンジは、アステラスと共同で開発し、商品化してい

       る。両社はイクスタンジの米国の純売上高に関する売上総利益(損失)を等分する。一部の例外を除き、ファイ
       ザーとアステラスはイクスタンジの米国市場に関する商品化費用全額も均等に分担する。ファイザー及びアステ
       ラスはまた、一定の開発費用及びその他共同費用を分担し、ファイザーはイクスタンジの海外の純売上高につき
       一定割合で段階的なロイヤルティ(「その他の(収益)/費用(純額)」に計上)を受領する。
                                     12 月31日終了年度

                                              増減率(%)
      ( 単位:百万ドル)                        2019  年     2018  年
                                              合計       営業
      米国                     $     838   $     699        20
                                 -       -
      海外                                         -       -
      全世界の収益                                         20       20
                           $     838   $     699
       2019  年 における米国の増加は、転移性(mCRPC)及び非転移性(nmCRPC)去勢(療法)抵抗性前立腺がんにおけ

       るイクスタンジの需要増加が主たる要因であった。収益は引き続き患者補助プログラム(PAP)の利用によりマ
       イナスの影響を受けた。
     ・  プレマリン     製品群(バイオファーマ):

                                      12 月31日終了年度

                                              増減率(%)
      ( 単位:百万ドル)                        2019  年     2018  年
                                              合計       営業
      米国                     $     690   $     783       (12  )
                                 44       49
      海外                                        (10  )      (6 )
      全世界の収益                                        (12  )      (12  )
                            $     734   $     832
       2019  年 における全世界の営業収益の減少は、主に米国における競争圧力が要因となったが、これは継続すると予

       想される。
                                106/473




                                                           EDINET提出書類
                                                      ファイザー・インク(E05856)
                                                            有価証券報告書
     ・  セレブレックス       ( アップジョン):
                                      12 月31日終了年度

                                              増減率(%)
      ( 単位:百万ドル)                      2019  年     2018  年
                                            合計       営業
      米国                     $     58  $     65       (11  )
                                661       621
      海外                                         7       8
      全世界の収益                                         5       7
                           $     719   $     686
       2019  年 における全世界の営業収益の成長は、主に、地理的拡大への投資が推進した中国における販売量増加及び

       日本における販売量増加によるが、一部の新興市場における価格圧力により一部相殺された。
     ・  スルペラゾン      ( バイオファーマ):

                                     12 月31日終了年度

                                              増減率(%)
      ( 単位:百万ドル)                        2019  年     2018  年
                                              合計       営業
      米国                     $      -  $      -        -
                                684       613
      海外                                         12       17
      全世界の収益                                         12       17
                           $     684   $     613
       2019  年 における海外の営業収益の増加は、主に中国における需要増による。

                                107/473











                                                           EDINET提出書類
                                                      ファイザー・インク(E05856)
                                                            有価証券報告書
     ・  インフレクトラ/Remsima           ( バイオファーマ):
                                     12 月31日終了年度

                                              増減率(%)
      ( 単位:百万ドル)                      2019  年     2018  年
                                              合計       営業
      米国                     $     300   $     259        16
                                325       383
      海外                                        (15  )     (10)
      全世界の収益                     $     625   $     642        (3 )      -
       2019  年 度の全世界の営業収益は、米国並びに欧州及びカナダの一部先進国市場における継続的な量的成長によ

       り、ほぼ前年並みであったが、海外市場における競争圧力に加えて、世界的な価格圧力により相殺された。
       2019  年 の米国における成長は、主にオープンシステムでの需要が推進したが、価格の低下により一部相殺され

       た。インフレクトラはメディケアのパートBにおいて                         Remicade®     ( インフリキシマブ)と同等のアクセスを達成し
       たが、商業上の患者の約半数近くは、J&Jの排他的契約慣行のためにインフレクトラにアクセスできない。                                                  2017
       年 9月、ファイザーは、          Remicade®     に関する    J&J  の排他的    契約及びその他反競争的慣行は連邦反トラスト法に違反
       していると主張して、          J&J  に対してペンシルべニア州東部地区地方裁判所に訴訟を提起した。2019年6月、ファイ
       ザーは、ファイザーのJ&Jに対する訴訟において問題であると申し立てた行為及び市場状況に関する書面及び情
       報を求める民事調査請求を連邦取引委員会(FTC)から受けた。ファイザーはFTCの調査は、ファイザーのJ&Jに
       対する訴訟において問題となっているJ&Jの行為に重点を置くものと理解している。
     ・  ザーコリ    ( バイオファーマ):

                                      12 月31日終了年度

                                              増減率(%)
      ( 単位:百万ドル)                      2019  年     2018  年
                                            合計       営業
      米国                     $     149   $     158        (5 )
                                381       366
      海外                                         ▶       9
      全世界の収益                                         1       5
                           $     530   $     524
       2019  年 における全世界の営業収益の増加は、主に、中国における成長によるもので、これに続き2019年にザーコ

       リが国家還付医薬品リストに含まれた影響による。これは先進欧州及び米国における競争による減少で一部相殺
       された。
                                108/473







                                                           EDINET提出書類
                                                      ファイザー・インク(E05856)
                                                            有価証券報告書
     ・  バイアグラ     ( アップジョン):
                                      12 月31日終了年度

                                              増減率(%)
      ( 単位:百万ドル)                        2019  年     2018  年
                                              合計       営業
      米国                     $     75  $     217       (65  )
                                422       419
      海外                                         1       5
      全世界の収益                                        (22  )      (19  )
                            $     497   $     636
       2019  年 における米国の減少は、2017年12月に独占権を喪失したことによる。2019年の海外における営業収益の成

       長は、主に中国における小売り需要の成長によるが、中国での価格圧力並びに一部の先進市場及び一部の新興市
       場全体の販売量の低下により一部相殺された。
     ・  インライタ     ( バイオファーマ):

                                     12 月31日終了年度

                                              増減率(%)
      ( 単位:百万ドル)                      2019  年     2018  年
                                            合計       営業
      米国                     $     295   $     119        *
                                182       178
      海外                                         2       8
      全世界の収益                                        60       64
                           $     477   $     298
       2019  年度の全世界における営業収益の成長は、進行性RCCの患者に対する第一次治療薬としての特定の免疫

       チェックポイント阻害剤とインライタの併用療法に対して2019年度第2四半期にFDAの承認が下りた結果、米国に
       おける需要が増加したことを主因とする                   。
     ・  ビンダケル/ビンダマックス             ( バイオファーマ):

                                     12 月31日終了年度

                                              増減率(%)
      ( 単位:百万ドル)                      2019  年     2018  年
                                            合計       営業
      米国                     $     191   $      -        *
      海外                         282       148        91       96
      全世界の収益                                         *       *
                           $     473   $     148
       米国における増加は、トランスサイレチン型アミロイド心筋症(ATTR-CM)の治療薬として2019年5月にビンダケ

       ル、2019年9月にビンダマックスが発売されたことが推進した。海外市場における営業の成長は、主に先進欧州
       におけるトランスサイレチン型アミロイド多発性神経障害適応の継続的アップテーク並びに日本における2019年
       3月のATTR-CMの適応開始が牽引した。
                                109/473




                                                           EDINET提出書類
                                                      ファイザー・インク(E05856)
                                                            有価証券報告書
     ・  Eucrisa    ( バイオファーマ):
                                     12 月31日終了年度

                                              増減率(%)
      ( 単位:百万ドル)                      2019  年     2018  年
                                            合計       営業
                                                 )
      米国                     $     134   $     147        (9
                                 3       -
      海外                                         *       *
      全世界の収益                                         (7 )      (7)
                           $     138   $     147
       2019  年 度の米国における減少は、2018年度のリベート調整のプラスの影響に加えて、リベートの上昇及び流通経

       路の構成のマイナスの影響が主な要因であった。これは販売量の増加により一部相殺された。
     ・  提携による営業収益         (バイオファーマ):

                                      12 月31日終了年度

                                              増減率(%)
      ( 単位:百万ドル)                      2019  年     2018  年
                                            合計       営業
      米国                     $    3,208    $    2,576         25
                               1,440       1,263
      海外                                         14       19
      全世界の収益                                         21       23
                            $    4,648    $    3,838
       2019  年 度の全世界における営業収益の増加は、主に上記のエリキュース及びイクスタンジの提携による収益の増

       加による。
      ◦

        バベンチオ     (バイオファーマ)は、メルクKGaAと共同で開発及び商品化されつつある。両社は、開発及び商
        品化費用の大部分について共同で資金を拠出しており、この提携からのアベルマブを含む製品の販売により
        もたらされる純売上高に関する利益を等分する。バベンチオは現在、米国、EU、日本及び一部その他市場に
        おいて転移性MCCのため承認されており、加えて米国及び一部その他市場において局所進行性若しくは転移性
        尿路上皮がんの第二次治療薬としての、また米国、EU、日本及びその他一部市場においてインライタとの併
        用療法で進行性RCC患者の一次治療薬としての承認を受けた。
      上記の代表的な製品に関する第一次処方又は種類についての詳細は、本書「第6 経理の状況」の連結財務諸表に対する注

     記17C「セグメント別、地域別及びその他の売上情報:                         その他の売上情報」を参照のこと。
      各種特許権の失効についての詳細は、本書「第2 企業の概況 3 事業の内容」の「特許及びその他の知的財産権」を参照

     のこと。
      上記の一部の製品に関する特許及び製品訴訟についての最近の進展は、本書「第6 経理の状況」の連結財務諸表に対する

     注記16「偶発事象及び契約債務」を参照のこと。
                                110/473





                                                           EDINET提出書類
                                                      ファイザー・インク(E05856)
                                                            有価証券報告書
     原価及び費用
      以下の費用の変動は、とりわけ、2019年7月31日のGSKとのコンシューマヘルスケアJV取引の完了による費用の減少を反映す

     る。2019年の当社の財務成績及び当社のコンシューマヘルスケア・セグメントの営業成績は、コンシューマヘルスケア・セグ
     メントの国内事業の7か月分と海外事業の8か月分を反映する。詳細は、本書「第6 経理の状況」の連結財務諸表に対する注記
     1A「開示方針及び重要な会計方針:開示方針」を参照のこと。
     売上原価

                            12 月31日に終了した年度                     変動率(%)

        ( 単位:百万ドル)
                         2019  年       2018  年       2017  年     19/18      18/17
                        $ 10,219        $ 11,248        $ 11,228
        売上原価                                           (9)       -
        売上に対する割合                 19.7  %       21.0  %       21.4  %
     2019  年度の2018年度との比較

      2019  年度における売上原価は、主に以下により、2018年度と比較して10億ドル(9%)減少した。

       ・  2019  年 7月31日のGSKとのコンシューマー・ヘルスケア合弁会社取引の完了によるプラスの影響                                        。

       ・  外国為替によるプラスの影響(279百万ドル)。
       ・  会社間の棚卸資産に関するヘッジ活動のプラスの影響(261百万ドル)。
       ・  特許の失効による、リリカのロイヤリティ費用の減少。
      これらは、以下により一部相殺された。

       ・  製品の組み合わせのマイナスの変化。

      2018  年と比較した2019年の売上原価の売上に対する割合の減少は、主に上記の全ての要因並びに関連する売上原価のない提

     携による収入が増加したことによる。この一部が、2019年7月に始まった米国の複数供給元によるジェネリック医薬品競争によ
     り、先進市場でのリリカ売上高の減少により相殺された。
     販売、IT関連及び一般管理(SI&A)費用

                            12 月31日に終了した年度                   変動率(%)

        ( 単位:百万ドル)
                         2019  年     2018  年     2017  年     19/18       18/17
        販売費、IT関連費及び一般管理
                          $ 14,350      $ 14,455     $ 14,804
        費                                         (1)       (2)
        売上に対する割合                   27.7  %     26.9  %    28.2  %
                                111/473






                                                           EDINET提出書類
                                                      ファイザー・インク(E05856)
                                                            有価証券報告書
     2019  年度の2018年度との比較
      2019  年度のSI&A費用は、主に以下により、2018年度と比較して105百万ドル(1%)減少した。

       ・  2019  年 7月31日のGSKとのコンシューマー・ヘルスケア合弁会社取引の完了によるプラスの影響                                        。

       ・  主に米国におけるリリカに関連する、外交販売員の費用並びに先進市場における広告・販売促進費用の削
         減。
       ・  外国為替のプラスの影響(291百万ドル)。
      これらは、以下により一部相殺された。

       ・  新興市場におけるバイオファーマへの追加投資。

       ・  予定されているアップジョンのマイラン社との取引に関連する分離コスト127百万ドル。
       ・  先進市場における、オンコロジー・ポートフォリオへの追加投資。
       ・  貯蓄制度の利益の結果、従業員繰延報酬の増加。
       ・  費用の時期による増加(すなわち、保険回収及び製品寄付)。
       ・  2019  年 5月のビンダケル及び2019年9月のビンダマックスの米国における発売に関連するマーケティング及び
         販売促進費用。
       ・  コンシューマヘルスケアの分離コスト。
       ・  ヘルスケアの再編費用の増加。
       ・  主要ブランド全体の中国におけるアップジョンの投資。
     研究開発(R&D)費

                            12 月31日に終了した年度                   変動率(%)

        ( 単位:百万ドル)
                         2019  年     2018  年     2017  年     19/18       18/17
                           $ 8,650      $ 8,006     $ 7,683
        研究開発費                                          8       ▶
        売上に対する割合                   16.7  %     14.9  %    14.6  %
     2019  年度の2018年度との比較

      2019  年度のR&D費は、主に以下により、2018年度と比較して644百万ドル(8%)増加した。

       ・  Therachon     社及びAkcea社に対する前払い(               本書「第6 経理の状況」の連結財務諸表に対する注記2「買収、

         売却(処分)、持分法投資及び売却目的で保有する資産及び負債、ライセンス契約並びに研究開発及び共同
         契約」を参照のこと         )
       ・  新たな能力の構築及び自動化の推進に向けた投資の増加。
       ・  複数の第3相プログラム及び遺伝子療法への投資による、炎症&免疫及び希少疾患ポートフォリオへの支出
         増加。
       ・  アレイ社からの取得資産に関連する支出の増加。
       ・  新製品及び成長商品への医療支出の増加。
                                112/473





                                                           EDINET提出書類
                                                      ファイザー・インク(E05856)
                                                            有価証券報告書
      これらは、以下により一部相殺された。
       ・  がん、ワクチン及び内科ポートフォリオ全体の支出の減少。特別プログラムが完了したことによる。

       ・  ファイザーの普通株式の株価の変動を反映したポートフォリオ・パフォーマンスの株式付与価格の減少、並
         びに経営陣による特定の業績基準が達成される可能性の評価。
       ・  黄色ブドウ球菌ワクチン試験の中止。
       ・  2019  年 7月31日のGSKとのコンシューマー・ヘルスケア合弁会社取引の完了によるプラスの影響。
       ・  外国為替のプラスの影響。
      事業セグメント別の         売上原価、SI&A費用、R&D費の              詳細については       下記「事業セグメント情報の分析」の項を参照のこと。

     無形資産償却費

                            12 月31日に終了した年度                    変動率(%)

        ( 単位:百万ドル)
                           2019  年     2018  年     2017  年     19/18       18/17
                           $ 4,610      $ 4,893      $ 4,758
        無形資産償却費                                          (6)        3
        売上に対する割合                    8.9  %      9.1  %     9.1  %
      2019  年度の無形資産の償却額は、2018年度に比べて283百万ドル(6%)減少した。これは主に、2018年度第4四半期の無菌注

     射剤の減損(その他の(収益)/費用(純額)に計上)による償却費が再び発生しなかったこと、完全償却資産及びコンシュー
     マーヘルスケア事業からGSKとのコンシューマー・ヘルスケア合弁会社への拠出によるものであるが、2018年7月に米国におい
     て非転移性去勢抵抗性前立腺がん治療薬イクスタンジが承認されたことにより計上された資産に係る償却費の増加及びアレイ
     社の取得による無形資産の償却により、一部相殺された。
      詳細については、本書「第6 経理の状況」の連結財務諸表に対する注記2A「買収、売却(処分)、持分法投資及び売却目

     的で保有する資産及び負債、ライセンス契約並びに研究開発及び共同契約:買収」、注記2C「買収、売却(処分)、持分法投
     資及び売却目的で保有する資産及び負債、ライセンス契約並びに研究開発及び共同契約:持分法投資及び売却目的で保有する
     資産及び負債」及び注記10A「識別可能無形資産及びのれん:識別可能無形資産                                     」 を参照のこと。
                                113/473










                                                           EDINET提出書類
                                                      ファイザー・インク(E05856)
                                                            有価証券報告書
     事業再編費用並びに買収及びコスト削減/生産性向上イニシアチブ関連費用
                                 12 月31日に終了した年度                変動率(%)

       ( 単位:百万ドル)                        2019  年    2018  年    2017  年    19/18      18/17
       組織再編費用/(クレジット)-買収関連費用
                               $ (192)      $ 37    $ 105
       (a)                                             *    (64)
       組織再編費用/(クレジット)-コスト削減イニ
                                 565      745      (75)
       シアチブ(b)                                            (24)      *
       組織再編費用                          373      782      30      (52)      *
       取引費用(c)                           63      1      ▶      *    (62)
                                 311      260      317
       統合費用及びその他(c)                                             20     (18)
       事業再編費用及び一部の買収関連費用                          747     1,044       351      (28)      *
       純期間給付費用(c)                           23     146      136      (84)      8
       合計追加減価償却-資産再構築                           38      50      91      (24)     (45)
                                 158      194      227
       合計実施費用                                            (18)     (15)
       買収活動及びコスト削減/生産性向上イニシアチ
                                $ 967    $ 1,434      $ 805
       ブ関連費用(d)                                            (33)      78
       (a)   組織再編費用/(クレジット)-買収関連費用には、事業統合に関連する従業員解雇費用、資産減損及びその他撤退費

          用を含む。2019年度のクレジットは主に、複数課税年度についてのIRS監査の有利な和解に伴うワイス社の買収に関す
          る見越し額の一部戻入れによるものである。詳細については、本書「第6 経理の状況」の連結財務諸表に対する注記
          5D「税金:税金に係る偶発事象」を参照のこと。2018年度の費用は、主に資産の評価減であり、これが以前計上され
          たホスピーラの買収に関連する従業員解雇費用の未払分の戻入れにより一部相殺された。
       (b)   組織再編費用/(クレジット)-コスト削減イニシアチブは、買収に関係しない従業員解雇費用、資産減損費用及びそ
          の他撤退費用に関連する。2019年度の費用は、主に従業員解雇費用に関するものである。2018年度の費用は、主に従
          業員解雇費用及び資産評価減に関するものである。2019年度及び2018年度の従業員解雇費用は、当社の組織構造再編
          の一環である営業効率性の改善に主に関係し、2019年度については「より集中型企業への変革」イニシアチブに関連
          した従業員解雇費用も含む。
       (c)   詳細な情報は、本書「第6 経理の状況」の連結財務諸表に対する注記3「事業再編費用及び買収、コスト削減/生産性
          向上イニシアチブに関連するその他の費用」を参照のこと。
       (d)   事業再編費用及び一部の買収関連費用に加え、当社のコスト削減/生産性向上イニシアチブの関連費用で構成され、
          適宜「売上原価」、「研究開発費」、「販売費、IT関連費及び一般管理費」及び/又は「その他の(収益)費用(純
          額)」に計上される。詳細な情報は、本書「第6 経理の状況」の連結財務諸表に対する注記3「事業再編費用及び買
          収、コスト削減/生産性向上イニシアチブに関連するその他の費用」を参照のこと。
       *   計算は実質的な意味がない、又は計算結果が100%以上であることを示す。
                                114/473









                                                           EDINET提出書類
                                                      ファイザー・インク(E05856)
                                                            有価証券報告書
     2017  年から2019年のイニシアチブ及び成長に向けた組織構築
      2018  年度中に、当社は2019年度の開始時に新たな営業構造の下で事業を開始することを決定し、当社の運営を3つの事業、

     すなわち、バイオファーマ(科学に基づくイノベーティブな医薬品事業)、アップジョン(全世界の主として特許期限切れの
     ブランド及びジェネリックのエスタブリッシュ医薬品事業)及び2019年7月31日までコンシューマー・ヘルスケア事業に再編し
     た。この営業構造で効率よく稼働し、かつ将来の成長に向けて当社を位置づけるために、当社は、各事業部門内及び各事業部
     門を支援する機能のより簡素でより効率的な営業構造の創造に重点を置いている。2018年度第4四半期から、当社は、以前に計
     画されたイニシアチブ及び新イニシアチブを当社の新組織構造と整合するよう検討し、2017年から2019年のイニシアチブを当
     社の現在の「成長に向けた組織構築」イニシアチブと1つのまとまった計画を作るために統合した。統合プログラムについて、
     当社は約16億ドルの削減を達成し、2017年から2019年の3年間で約21億ドルの費用を負担した。およそ500百万ドルの節減は、
     当社の現在及び最近発売された製品及び適応を支援するために当社のR&Dパイプライン及び販売・マーケティングに再投資され
     た。
     より集中型企業への変革

      GSK  コンシューマー・ヘルスケア合弁会社の設立、並びに継続中のアップジョンとマイラン社の統合により、ファイザーは

     より集中型の、科学に基づく革新的な医薬品の世界的リーダーに変革しつつある。この結果、当社は、2019年度第4四半期よ
     り、当社のコスト基盤が適切にバイオ医薬品の収益基盤と確実に整合する取り組みを特定し、開始した。コンシューマー・ヘ
     ルスケア取引の完了と予想されるアップジョン取引の結果、バイオ医薬品の収益基盤は、20%(2019年度の当社報告収益との
     比較、2020年の新ファイザーの収益ガイダンスの範囲の中間値に基づく(本書「第3 事業の状況、1 経営方針、経営環境及
     び対処すべき課題等」の「2020年度財務ガイダンス」を参照のこと。)少ないと予想される。特定の直接費用がコンシュー
     マー・ヘルスケア合弁会社及びアップジョンの会社に移管された、又は今後移管される予定であるが、移管されないと予想さ
     れる間接費用が存在する。また、重点革新的医薬品事業の3つの中核機能であるR&D、製造及び商品化の目的を適切に支援及び
     推進するため、組織再編を進めている。当社は、この複数年の取り組みに関連する費用は2022年まで継続し、合計で税引き前
     で約14億ドルとなり、そのうち約10%は非現金となると予想している。行動には、とりわけ、一部の事業活動の場所の変更、
     センター・オブ・エクセレンスと共有サービスの利用拡大とコロケーション、デジタル技術の利用の増加が含まれる。関連す
     る行動及び具体的な費用は現在進展中であるが、退職及び給付プランへの影響、撤退費用並びに関連する実施費用が含まれ
     る。
      2020  年から2022年の3年間で、約10億ドルの正味費用節減の達成が期待される。このプログラムに関連する特定の適格費用

     は2019年度第4四半期に計上され、「特定の重要事項」として反映され、非GAAP財務評価(調整後利益)から除外される。追加
     情報については、本書の下記「非GAAP財務評価(調整後利益)法」の項を参照のこと。これらの削減は、主に調達及び可能機能
     (本書「第6 経理の状況」の連結財務諸表に対する注記17A「セグメント別、地域別及びその他の売上情報:セグメント情報」
     を参照のこと。)において実現されることが期待される。
      このプログラム並びに予想及び現実の総費用に関する情報については、本書「第6 経理の状況」の連結財務諸表に対する

     注記3「事業再編費用及び買収、コスト削減/生産性向上イニシアチブに関連するその他の費用」を参照のこと。
      これらの主なイニシアチブに加えて、当社は、特に独占権喪失及び様々な製品の提携契約の満了を考慮し、コスト削減及

     び/又は生産性向上機会を目指し、当社の事業を継続的に監視する。
                                115/473






                                                           EDINET提出書類
                                                      ファイザー・インク(E05856)
                                                            有価証券報告書
     その他の(収益)費用(純額)
                             12 月31日に終了した年度                    変動率(%)

                          2019  年      2018  年      2017  年      19/18       18/17
        ( 単位:百万ドル)
                          $ 3,578       $ 2,116       $ 1,416
                                                   69       49
        その他の(収益)費用(純額)
      「その他の(収益)費用(純額)」の構成要素については、本書「第6 経理の状況」の連結財務諸表に対する注記4「その他

     の(収益)費用(純額)」を参照のこと。
      下記「事業セグメント情報の分析」の項も参照のこと。

     法人税等

                            12 月31日に終了した年度                     変動率

                          2019  年      2018  年      2017  年     19/18       18/17
        ( 単位:百万ドル)
                         $ 1,384        $ 706     $ (9,049)
        法人税等                                          96        *
                           7.8  %      5.9  %     (73.5)   %
        継続事業における実効税率
        *  計算は実質的な意味がない、又は計算結果が100%以上となるため省略する。

     2019  年度の2018年度との比較

      2018  年度と比較して2019年度の実効税率が上昇したのは、主に以下の結果によるものである。

       ・  GSK  とのコンシューマー・ヘルスケア合弁会社取引の完了に関する利益に関係した約27億ドルの税務費用。

       ・  TCJA  の暫定的見積もりに対する税務上の取り組み及びプラスの調整が無かったこと。
      これらは、以下により一部相殺された。

       ・  主に、米国IRSの監査の有利な和解に起因する税金及び利息に相当する14億ドルの利益による、過年度に関

         連する一部の税務ポジションの解決に関連した、税務ベネフィットの増加。
       ・  当社の新組織構造の実施に伴う一部の税務イニシアチブに関連する利益。
       ・  TCJA  の制定に関連して米国財務省が発行した追加ガイダンスの結果として記録された税務ベネフィット。
       ・  通常の事業の過程における事業運営の変動の結果、所得の管轄区域構成のプラスの変更。
      当社の法人税等に影響を与える個別の要素の詳細は、本書「第6                              経理の状況」の連結財務諸表に対する注記5A「税金:継続

     事業利益に係る税金」を参照のこと。
                                116/473






                                                           EDINET提出書類
                                                      ファイザー・インク(E05856)
                                                            有価証券報告書
     税法改正
      2017  年12月22日、TCJAの可決及び署名を受けて、米国では、重要な米国税制改正法が成立した。TCJAは複雑であり、とりわ

     け、米国連邦法人税率の35%から21%への低減、米国の国際課税の全世界課税制度からテリトリアル税制への移行、及び海外
     子会社からの1986年以降の累積所得に対するみなし還流税の賦課など、米国の法人所得税制度を大きく変更するものである。
     SECが発行したガイダンスに従い、当社は2017年度第4四半期に法制化の暫定的見積りを計上した。2018年度、当社はTCJAの税
     効果の暫定的な会計報告を利用可能な情報及びデータの当社による最良の見積りに基づき完了し、SEC発行のガイダンスに従
     い、適用ある測定期間中の影響を計上し開示した。詳細については、本書「第6                                      経理の状況」の連結財務諸表に対する注記5A
     「税金:継続事業利益に係る税金」及び本項の下記「財政状況、流動性及び資本源泉の分析                                           -流動性及び資本源泉の主要な調
     達法   - 契約債務」を参照のこと。
      2017  年1月23日、プエルトリコの知事は、2011年より施行された消費税を定める1994年プエルトリコ内国歳入法第2101号
     (法154)を改正する法令3-2017を成立させた。当該消費税は、多国籍企業及びその関連会社がプエルトリコの関連会社より購
     入した製品に対して課せられる。当初適用された消費税は、2011年から2016年まで有効であり、2011年の4%から2016年の1%
     まで段階的に引き下げられる予定であった。法令2-2013では、2017年まで消費税の実施期間が延長され、2013年7月1日より、
     2017年までの全年度、税率は4%まで引き上げられることとなった。法令3-2017は、さらに2027年までの全ての年について4%
     の消費税を延長した。消費税は、適宜「売上原価」及び「法人税等」に計上される。2020年度に予想される影響は全て、2020
     年度の当社の財務ガイダンスに反映されている。
     非GAAP財務評価(調整後利益)法

     非GAAP財務評価(調整後利益)法の一般的記述

      調整後利益は、経営陣が用いる業績のもう一つの指標である。当社は、これに基づき、その他の業績測定基準と併せて全社

     の業績を分析する。調整後利益は、ファイザーにとって重要な社内評価方法であるので、当社は、この業績評価法を開示する
     ことにより、当社の業績に対する投資者のより深い理解が得られるものと確信する。当社は、損益計算書上の一部項目による
     影響を考慮する前の処方薬及びワクチンの創薬、開発、製造、マーケティング及び販売といった当社の主要業務の実績を示す
     ために、調整後利益、調整後利益の構成要素及び調整後希薄化後1株当たり利益を報告する。当社は、調整後利益を、下記に
     記載のとおり、買収、買収関連費用、非継続事業及び特定の重要項目のパーチェス法による会計処理影響前の「ファイザー・
     インクに帰属する純利益」と定義している。同様に、調整後利益の構成要素については、買収、買収関連費用及び特定の重要
     項目のパーチェス法による会計処理影響前の「売上原価」、「販売費、IT関連費及び一般管理費」、「                                                研究開発費」、「無形
     資産償却費」並びに「その他の(収益)費用(純額)」                        と定義している。当社は調整後希薄化後1株当たり利益を、買収、買収関連
     費用、非継続事業及び特定の重要項目のパーチェス法による会計処理影響前のファイザー・インクに帰属する普通株式1株当た
     りの利益と定義している。調整後利益、調整後利益の構成要素及び調整後希薄化後1株当たり利益の評価法は、米国で一般的に
     認められている会計原則(以下「GAAP」という。)による純利益又は米国GAAPによる純利益の構成要素又は米国GAAPによる希
     薄化後1株当たり利益に代わるものとはみなされておらず、またみなされるべきではない。
                                117/473







                                                           EDINET提出書類
                                                      ファイザー・インク(E05856)
                                                            有価証券報告書
      下記は、調整後利益及び調整後希薄化後1株当たり利益評価法の使用例である。
       ・  上席経営陣は、調整後利益及び調整後希薄化後1株当たり利益ベースで作成された当社の経営成績について

         月間分析報告を受領する。
       ・  当社の年間予算は、調整後利益ベース及び調整後希薄化後1株当たり利益ベースで作成される。
       ・  上席経営陣の年間報酬は、調整後利益及び調整後希薄化後1株当たり利益ベースの評価法を一部用いて算出
         される。エグゼクティブ・リーダーシップ・チームのメンバー及びその他の上席経営陣を含む、賞与の受給
         資格を有する世界中の営業チーム以外の実質上全従業員向け賞与プランは、調整後利益から算出される調整
         後希薄化後1株当たり利益を含む、3つの財務指標により測定される業績に基づき、プールから資金供給され
         ている。この指標は、賞与プールの40%を占める。さらに、2019年より、調整後利益から算出される調整後
         純利益は、PSAの支払いの決定に利用され、2019年に開始する業績年度のために使用される評価法のひとつ
         となる(但し、以前の指標である調整後営業収益を使用した2017年度のPSA付与を除く。)。
      調整後利益、調整後利益の構成要素及び調整後希薄化後1株当たり利益は、米国GAAPが定める標準化された意味を有しない

     非GAAP財務評価法である。そのため、投資家にとっての有益性に限度がある。非標準定義のため、調整後利益及びその構成要
     素(米国GAAPによる純利益及びその構成要素とは異なり)並びに調整後希薄化後1株当たり利益(米国GAAPによる調整後希薄化
     後1株当たり利益とは異なり)は、他社の同様の評価基準による計算と比較することができない場合がある。調整後利益、その
     構成要素及び調整後希薄化後1株当たり利益は、経営陣が当社の業績をどのように評価しているかについて、投資家がより深く
     理解できるようにする目的にのみ表示される。
      当社は、業績の社内評価法として、調整後利益、その構成要素及び調整後希薄化後1株当たり利益測定法には限界があるこ

     とについても認識しており、当社の業績管理プロセスをこの評価基準のみに限定していない。これらの評価法の限界とは、買
     収又は取得無形資産の償却の影響等、ある期間内の全事象を包含することなく、当社の経営の概要を提供しており、当社の業
     績とバイオ医薬品業界の他社とを比較した見解を示していないことにある。当社は、最高水準の業績確保を意図して特別に調
     整されたその他の手段も用いる。例えば、当社の研究開発組織は、生産性目標を立て、それに基づき効率性を測定する。さら
     に、絶対的株主総利回り及び株式公開医薬会社のインデックスとの相対的な株主総利回りは、ファイザーの長期インセンティ
     ブ報酬制度に基づく支払いの決定に際して、重要な役割を果たす。
      2019  年度及び2018年度の米国GAAPに基づき報告された情報の                          非GAAP調整後情報への再分類については、以下を参照のこと。

     パーチェス法による調整

      調整後利益は、企業結合及び純資産の取得から生じた、パーチェス法による会計処理の重要な影響を考慮する前に算出され

     る。こうした影響は、主に、ワイス(2009年に買収)、ホスピーラ(2015年に買収)、アナコール(2016年に買収)及びメ
     ディベーション(2016年に買収)に関連したものであり、公正価値まで引き上げられた取得棚卸資産の売却による売上原価の
     増分費用、取得した有限耐用年数の無形資産の公正価値の増加に関連した償却、及び(程度はかなり低いが)取得した固定資
     産(主に製造施設)の公正価値の変動に関連した償却、取得した負債の公正価値の増加に関連した償却、並びに偶発的対価に
     関連した公正価値の変動が含まれる。したがって、調整後利益の測定には、取得した製品の買収費用を考慮しない当該製品の
     販売による収益が含まれる。
                                118/473






                                                           EDINET提出書類
                                                      ファイザー・インク(E05856)
                                                            有価証券報告書
      パーチェス法による一定の調整には、20年以上かかるものがあるが、この指標は、経営陣が業績の社内評価に使用する当社
     の業績に対する別の見解を示す。当社は、過去にR&D(研究開発)費を計上した社内開発の無形資産を均等に扱おうとすること
     で、取得無形資産に帰属する償却額の消去が、当社の業績に対する別の見解を経営陣及び投資家に対して提供するものと確信
     する。
      しかしながら、社内開発した無形資産と取得した無形資産との完全に正確な比較は、調整後利益によって実現させることは

     不可能である。調整後利益の構成要素は、本セクションの第一段落に列挙する項目の影響からのみ決定される。当社は、これ
     らの無形資産を独力で発見及び開発した場合に生じる相違の影響を分析しておらず、また調整後利益測定法は、こうした状況
     下で生じた結果を示すことを意図していない。例えば、当社のR&D費の合計及び表示期間の額が異なっていたかもしれず、当社
     の商品化の速度及びその結果として生じる売上(もしあれば)が異なっていたかもしれず、又は当社の製造原価が異なってい
     たかもしれない。さらに、当社のマーケティング活動は、顧客から違った捉え方をされていたかもしれない。したがって、全
     体としての調整後利益額は、当社が取得無形資産を発見及び開発した場合、表示額と同一であったとの保証はできない。
     買収関連費用

      調整後利益は、企業結合に関連した取引、統合、事業再編費用及び追加減価償却費の考慮前に算出されるが、これは当該費

     用が取引毎に異なり、買収の決定による事業再編及び2つの事業の統合のために発生した費用を示しているためである。さらに
     明確化すると、企業結合又は純資産の取得に関連した取引費用、追加減価償却、事業再編及び統合活動のみが、買収関連費用
     に含まれる。当社は、結果として生じた相乗効果の調整は行っていない。
      企業結合に関連して発生した多額の費用は、完全統合された一連の活動の取得による当然の結果として、重複した資産、活

     動又は従業員の削減の必要から主に生じるため、当社では、これらの費用の考慮前利益を表示することは、投資家に有益な追
     加展望情報を提供することになると確信する。こうした理由により、(例えば企業結合における)異種システムの変換、重複
     施設の閉鎖又は重複職務の削減で発生する費用は、その他のより通常の事業状況で発生する費用とは異なった視点で見ること
     ができる。
      企業結合に関連した統合及び事業再編費用は、数年にわたり発生する場合があるが、より実質的な影響は、通常、取引後3

     年以内に終了する。一部の措置については外部の承認を必要とするため、一定の事業再編及び統合活動の達成に必要な期間
     は、長期になる可能性がある。例えば、厳しく規制される医薬品事業の性質により、製造上の変更は全て広範囲に及ぶ認可及
     び検査を条件とし、またFDA及び/又はその他世界中の規制当局による承認を取得しなければならないため、余剰施設の閉鎖は
     数年かかることもある。
     非継続事業

      調整後利益は、非継続事業に含まれる経営成績、並びに当該事業の売却損益の考慮前に算出される。当社は、当社の業務と

     の戦略的適合を諮って当社の事業及び製品ラインの見直しを行う一方で、売却の意図をもって事業を構築又は運営していない
     ため、こうした表示を行うことは投資家にとって意味があると考える。非継続事業による再表示は、報酬に影響を与えず、再
     表示期間の報酬に対する調整後利益による測定方法も変更されないが、全期間にわたり一貫性を保持し表示されている。
                                119/473






                                                           EDINET提出書類
                                                      ファイザー・インク(E05856)
                                                            有価証券報告書
     特定の重要項目
      調整後利益は、特定の重要項目の考慮前に算出される。特定の重要項目とは、個々に評価される実質的かつ/若しくは異常

     な項目を表す。当該評価においては、性質の定量的及び定性的両面が考慮される。特定の重要項目は非常に変動が激しく予測
     が困難である。さらに、場合によっては将来の期間において再発する合理的な可能性がある。例えば、主要な非買収関連コス
     ト削減プログラムは定義上事象又は目標に固有であるので、それ自身に基づくが、当社は事業再編、コスト生産性又は独占権
     喪失若しくは経済状況への対応に基づくその後のプログラムを保有することができる。訴訟を解決する訴訟費用も特別な場合
     に関連し、これは特別な事実及び状況である、かつ(場合により)買収日時点で計算できない、ありそうにない若しくは解決
     していない買収会社の訴訟問題の結果でもあるかもしれない。異常項目とは、当社の継続事業の一部でない項目を示すことも
     あれば、その性質若しくは規模のいずれかから、当社の通常の業務の一部として発生が見込まれない項目、経常外の項目、又
     は現在当社が販売を行っていない製品に関連した項目を示すこともある。全ては包含されないものの、特定の重要項目として
     含まれる項目には、本書「第6 経理の状況」の連結財務諸表に対する注記2C「買収、売却(処分)、持分法投資及び売却目的
     で保有する資産及び負債、ライセンス契約並びに研究開発及び共同契約:持分法投資及び売却目的で保有する資産及び負債」
     に記載されるコンシューマー・ヘルスケア合弁会社取引の完了に伴う利益などの合弁会社取引の完了に係る利益、主要な非買
     収関連事業再編費用及び関連実施費用、米国GAAPに基づく非継続事業の要件を満たさない事業、製品若しくは施設の処分関連
     費用、特定の無形資産の減損額、税務ポジションの解決に関連した調整額、重要な特定事象の発生による税法の適用による影
     響(本書「第6       経理の状況」の連結財務諸表に対する注記5A「税金:継続事業利益に係る税金」で説明されるTCJA等)、又は
     本書「第6 経理の状況」の連結財務諸表に対する注記16A「偶発事象及び契約債務:訴訟」に記載されるもの等、法的事項に
     関連した費用が含まれる。通常の継続的な抗弁費用、又は通常の事業の過程で発生した法的案件の和解費用及び未払費用は、
     特定の重要項目とはみなされない。
      2019  年より、当社は調整後利益の評価基準から株式による損益をその固有の変動性を理由として除外する。これは、当社が

     制御できず一定の確実性をもって予測できない変動であり、当社はこれらの損益を含めることが投資家の当社事業の理解の助
     けとなる、又は当社の中核的な営業及び事業を反映するとは考えない。例えば、2018年、当社はアロジーン社に同種異系のCAR
     T治療に関する資産を拠出し、株式を受領した。当社は、過年度の調整後利益及び調整後希薄化後1株当たり利益について、
     2019年度の表示に合致させるために修正した。
                                120/473











                                                           EDINET提出書類
                                                      ファイザー・インク(E05856)
                                                            有価証券報告書
     米国GAAPに基づき報告された情報の非GAAP調整後情報への再分類                              - 一部の内訳項目
                                        2019  年度

                           GAAP  に
                                パーチェス法       買収関連      非継続     特定の重      非GAAP
      ( 単位:1株当たりを除き百万ドル)                   基づく報告      会計調整(a)       費用(a)     事業(a)     要項目(a)      調整後
                           $ 51,750      $       -  $       -   $      -    $   -  $ 51,750
      売上高
      売上原価                     10,219         19     -     -    (208)     10,030
      販売費、IT関連費及び一般管理費                     14,350          2    (2)      -    (309)     14,041
      研究開発費                      8,650         ▶     -     -    (666)     7,988
      無形資産償却費                      4,610      (4,339)       -     -     -     271
      再編費用及び買収関連費用                       747        -   (183)       -    (565)       -
      コンシューマー・ヘルスケアJV取引完
      了時の(利益)                     (8,086)          -     -     -   8,086        -
      その他の(収益)費用(純額)                      3,578        (21)      -     -   (3,858)       (300)
      税引前継続事業利益                     17,682       4,333      185      -   (2,481)      19,720
      法人税/(税務便益)等(b)                      1,384        848     59      -    667     2,958
      継続事業利益                     16,298       3,485      126      -   (3,148)      16,762
      非継続事業      - 税引後
                              ▶       -     -     (4)      -      -
      非支配持分に帰属する当期純利益                       29       -     -     -     -     29
      ファイザー・インクに帰属する当期純
      利益                     16,273       3,485      126      (4)   (3,148)      16,733
      ファイザー・インクに帰属する希薄化
                             2.87       0.61     0.02       -   (0.55)      2.95
      後1株当たり利益
                                121/473











                                                           EDINET提出書類
                                                      ファイザー・インク(E05856)
                                                            有価証券報告書
                                        2018  年度
                           GAAP  に
                                パーチェス法       買収関連      非継続     特定の重      非GAAP
      ( 単位:1株当たりを除き百万ドル)                   基づく報告      会計調整(a)       費用(a)     事業(a)     要項目(a)      調整後
                           $ 53,647      $       -  $       -   $      -    $   -  $ 53,647
      売上高
      売上原価                     11,248          3    (10)      -    (110)     11,130
      販売費、IT関連費及び一般管理費                     14,455          2    (2)      -    (222)     14,232
      研究開発費                      8,006         3     -     -    (47)     7,962
      無形資産償却費                      4,893      (4,612)       -     -     -     281
      再編費用及び買収関連費用                      1,044         -   (299)       -    (745)       -
      コンシューマー・ヘルスケアJV取引完
      了時の(利益)                        -       -     -     -      -     -
      その他の(収益)費用(純額)                      2,116       (182)      (7)      -   (2,595)       (667)
      税引前継続事業利益                     11,885       4,786      318      -   3,719     20,709
      法人税/(税務便益)等(b)                       706       915     54      -   1,520      3,196
      継続事業利益                     11,179       3,871      264      -   2,199     17,513
      非継続事業      - 税引後
                              10       -     -    (10)      -      -
      非支配持分に帰属する当期純利益                       36       -     -     -     -     36
      ファイザー・インクに帰属する当期純
      利益                     11,153       3,871      264     (10)    2,199     17,477
      ファイザー・インクに帰属する希薄化
                             1.87       0.65     0.04       -    0.37     2.92
      後1株当たり利益
      (a)   調整の詳細については、下記「GAAPに基づく報告に含まれるが非GAAP調整後利益から除外される損益計算書上の項目の詳細」を

         参照のこと。
      (b)   非GAAP調整後利益に対する実効税率は、2019年度が15.0%及び2018年度が15.4%であった。2018年度と比較した2019年度の非
         GAAP調整後利益の実効税率の低下は、主に通常の事業過程における事業運営の変動の結果として所得の管轄区分のプラスの変化
         によるものであったが、主に様々な外国税務当局との間で行われた過年度に関する特定の税務ポジションの解決に伴う税務ベネ
         フィットの減少により一部相殺された。
                                122/473










                                                           EDINET提出書類
                                                      ファイザー・インク(E05856)
                                                            有価証券報告書
     GAAP  に基づく報告利益に含まれるが非GAAP調整後利益から除外される損益計算書上の項目の詳細
      上記のとおり、調整後利益は、以下の項目を除外する。

      ( 単位:百万ドル)                                 12 月31日に終了した年度

                                         2019  年     2018  年
      パーチェス会計法調整
                                         $ 4,353      $ 4,789
      無形資産償却、減価償却及びその他(a)
                                            (19)        (3)
      売上原価
        パーチェス会計法調整額合計              - 税引前
                                          4,333       4,786
                                           (848)       (915)
      法人税等(b)
        パーチェス会計法調整額合計              - 税引後                    3,485       3,871
      買収関連費用
      事業再編費用/(クレジット)(c)                                     (192)        37
      取引費用(c)                                      63        1
      統合費用及びその他(c)                                     311       260
      勤務費用以外の純期間給付費用/(収益)(d)                                      -       7
      追加減価償却       - 資産の再構築(e)                              3       12
        買収関連費用合計         - 税引前
                                            185       318
                                            (59)       (54)
      法人税等(f)
        買収関連費用合計         - 税引後                          126       264
      非継続事業
        ファイザー・インクに帰属する非継続事業合計                      - 税引後(g)             (4)       (10)
      特定の重要項目
      事業再編費用/(収益)           - 費用削減イニシアチブ(h)
                                            565       745
      実施費用及び追加減価償却             - 資産の再構築(i)
                                            194       232
      特定の訴訟費用        - 純額(j)
                                            543       157
      資産減損費用(j)                                    2,798       3,101
      事業と法人の調整費用(k)                                     495        63
      エクイティ証券に係る当期認識純利益(j)                                     (415)       (586)
      コンシューマー・ヘルスケアJV取引完了時の(利益)(l)                                    (8,086)          -
      債務の繰上償還による純損失(j)                                     138        3
                                          1,289         ▶
      その他(m)
        特定の重要項目合計          - 税引前
                                          (2,481)        3,719
                                           (667)      (1,520)
      法人税等(n)
        特定の重要項目合計          - 税引後                       (3,148)        2,199
      ファイザー・インクに帰属するパーチェス会計法調整、買収関連費
                                           $ 460    $ 6,324
       用、非継続事業及び特定の重要項目合計                   - 税引後
                                123/473




                                                           EDINET提出書類
                                                      ファイザー・インク(E05856)
                                                            有価証券報告書
      (a)   主に「無形資産の償却」に含まれる。
      (b)   「法人税等」に含まれる。法人税には、関連する税引前金額の管轄区域を決定し、当該管轄区域の税率を適用することによって
         算出される、当該税引前金額による税務上の影響が含まれる。TCJAによる変更は「特定の重要項目」の「法人税等」の項目に反
         映されている。
      (c)   「事業再編費用及び合併関連費用」に含まれる。事業再編費用/(クレジット)には、従業員解雇費用、資産減損費用及び企業
         結合に伴うその他の撤退コストが含まれる。取引費用は銀行業務、法律業務、会計業務及びその他類似のサービスに対する外部
         費用である。統合費用及びその他は、システム及びプロセスのコンサルティング及び統合に対する費用並びにその他適格費用等
         の取得事業の統合に直接関連する外部の増分費用である。詳細については、本書上記の「費用―事業再編費用並びに買収及びコ
         スト削減/生産性向上イニシアチブ関連費用」及び本書「第6                        経理の状況」の連結財務諸表に対する注記3「事業再編費用及び買
         収、コスト削減/生産性向上イニシアチブに関連するその他の費用」を参照のこと。
      (d)   「その他の(収益)費用(純額)」に含まれる。本書「第6                       経理の状況」の連結財務諸表に対する注記11「年金・退職後給付制
         度及び確定拠出制度」を参照のこと。
      (e)   2019  年度は主に「販売費、IT関連費及び一般管理費」に含まれる。2018年度は、主に「売上原価」に含まれる。買収関連の事業
         再編措置に伴う資産の見積耐用年数の変化による影響を示す。
      (f)   「法人税等」に含まれる。法人税には、関連する税引前金額の管轄区域を決定し、当該管轄区域の税率を適用することによって
         算出される、当該税引前金額による税務上の影響が含まれる。2019年度は、ワイスの買収に関する一定の見越し額が、複数課税
         年度に関する米国IRSの監査の有利な和解が有効になり、非課税で戻し入れられた影響を含む。
      (g)   「非継続事業      - 税引後」に含まれる。表示の全年度について、事業終了後の調整額である。
      (h)   「事業再編費用及び買収関連費用」に含まれる、買収関連でない従業員解雇費用、資産減損及びその他撤退費用に関連する金額
         である(本書上記「事業再編費用並びに買収及びコスト削減/生産性向上イニシアチブ関連費用」及び本書「第6                                           経理の状況」
         の連結財務諸表に対する注記3「事業再編費用及び買収、コスト削減/生産性向上イニシアチブに関連するその他の費用」を参
         照のこと。)。
      (i)   当社の買収関連でないコスト削減/生産性向上イニシアチブに関連した金額である(本書「第6                                     経理の状況」の連結財務諸表に
         対する注記3「事業再編費用及び買収、コスト削減/生産性向上イニシアチブに関連するその他の費用」を参照のこと。)。
         2019年度については、売上原価(90百万ドル)、販売費、IT関連費及び一般管理費(74百万ドル)並びに研究開発費(30百万ドル)
         に含まれる。2018年度については、売上原価(121百万ドル)、販売費、IT関連費及び一般管理費(72百万ドル)                                           並びに研究開発
         費(39百万ドル)に含まれる。
      (j)   「その他の(収益)費用(純額)」に含まれる。(本書「第6                       経理の状況」の連結財務諸表に対する注記4「その他の(収益)費用
         (純額)」を参照のこと。)
      (k)   2019  年度については、主に売上原価(15百万ドル)、販売費、IT関連費及び一般管理費(139百万ドル)並びにその他の(収益)費用
         (純額)(338百万ドル)に含まれ、(i)2019年度初めに有効となった当社の新しい組織構造の設計、計画、実施に伴う増分費用
         350百万ドル(主にコンサルティング、法律、税務、アドバイザリー・サービスを含む。)、並びに(ii)計画されているマイラ
         ン社とのアップジョン取引に伴う分離費用145百万ドル(主にコンサルティング、法律、税務、アドバイザリー・サービスを含
         む。)を表す。2018年度通年は、主にその他の(収益)費用(純額)に含まれ、主に2019年度初めに有効となった新たな組織構造の
         設計、計画及び実施に伴う増分費用であり、主にコンサルティング、法律、税務、アドバイザリー・サービスを含む。
      (l)   コンシューマー・ヘルスケアJV取引完了時の(利益)に含まれる                         (本書「第6     経理の状況」の連結財務諸表に対する注記2C                  「 買
         収、売却(処分)、持分法投資及び売却目的で保有する資産及び負債、ライセンス契約並びに研究開発及び共同契約:持分法投
         資及び売却目的で保有する資産及び負債」を参照のこと。)
      (m)   2019  年度については、売上原価(103百万ドル)、販売費、IT関連費及び一般管理費(96百万ドル)、研究開発費(632百万ドル)並
         びにその他の(収益)費用(純額)(457百万ドル)に含まれる。2018年度については、売上原価(10百万ドル)、販売費、IT関連費
         及び一般管理費(151百万ドル)、研究開発費(8百万ドル)並びにその他の(収益)費用(純額)(143百万ドル)に含まれる。2019
         年度には、特に、(ⅰ)研究開発費に計上された、Akcea社への250百万ドルの前払いライセンス料、(ⅱ)コンシューマー・ヘ
         ルスケア合弁会社により計上された再編及び事業統合費用の比例割合を表し、「その他の(収益)費用(純額)」に計上された
         112百万ドルの費用、(ⅲ)Therachon社の買収に関連する研究開発費337百万ドル、(iv)主に予想される将来の販売のために製
         造された棚卸資産の原価である、リビパンセルに関連する売上原価99百万ドル、並びに(v)当社のコンシューマー・ヘルスケア
         事業をGSKコンシューマー・ヘルスケア合弁会社設立に関連して独立した法人に分離するための取引費用及びコスト等の外部増
         分費用について、主に販売費、IT関連費及び一般管理費(87百万ドル)及びその他の(収益)/費用(純額)(152百万ドル)に含まれ
         る240百万ドルの費用。2018年度については、特に、(ⅰ)主に中枢神経系障害をターゲットにした臨床及び臨床前段階の神経
         科学資産ポートフォリオの開発を続けるためバイオ医薬品会社であるセレヴェル社を新設する、当社とベイン・キャピタルとの
         取引に関連した、「その他の(収益)費用(純額)」に含まれる343百万ドルの非現金税引前利益、(ⅱ)執行役員を除くファ
         イザーのほぼ全社員に支払われた特別臨時賞与に関する、販売費、IT関連費及び一般管理費の合計で119百万ドルの費用、これ
         はTCJAと呼ばれる2017年12月の法律制定の予想されるプラスの影響を評価した後に当社が取った複数の措置の1つであった、並
         びに(ⅲ)当社がアロジーン社と締結した拠出契約に関連する、同種異系キメラT細胞抗原受容体療法開発プログラムの拠出の
         結果、「その他の(収益)費用(純額)」に含まれる、50百万ドルの非現金税引前利益を含む。(本書「第6                                          経理の状況」の連
         結財務諸表に対する注記2B「買収、売却(処分)、持分法投資及び売却目的で保有する資産及び負債、ライセンス契約並びに研
         究開発及び共同契約:売却(処分)」を参照のこと。)。
      (n)   「法人税等」に含まれる。法人税には、管轄区域を決定し当該管轄区域の税率を適用することによって算出される、関連の税引
         前金額の税務上の影響が含まれる。また、一定の米国における税効果の影響も含まれている。2019年度の金額は、米国IRSによ
         る複数課税年度にわたる監査が良好に行われたことによる税金及び利子に相当する14億ドルの利益、当社の新たな組織構造の実
         施に関連する特定の税金イニシアチブに関連する利益、並びにTCJAに関連する米国財務省の追加ガイダンスの結果計上された税
         金利益により、プラスの影響を受けた。かつ、GSKとのコンシューマー・ヘルスケア合弁会社取引の完了に係る利益に関連する
         税金費用約27億ドルによりマイナスの影響を受けた。2018年度の金額は、TCJAに関連する税務便益によりプラスの影響を受け
         た。これには、2018年度の税務イニシアチブの一部並びにSECにより公表されたガイダンスに基づく、適用測定期間中に報告及
         び開示された立法の暫定的見積りの調整を含む。本書「第6                       経理の状況」の連結財務諸表に対する注記5A「税金:継続事業利益
         に係る税金」を参照のこと。
                                124/473




                                                           EDINET提出書類
                                                      ファイザー・インク(E05856)
                                                            有価証券報告書
     事業セグメント情報の分析
      下表及び関連注記は、表示期間の当社のバイオファーマ・セグメント及びアップジョン・セグメントの2つの各報告事業セ

     グメント、並びに2019年7月31日までの当社コンシューマー・ヘルスケア事業セグメントの業績に関する追加情報を示してい
     る。各事業セグメントに関する詳細は、本書                     「第3 事業の状況、1 経営方針、経営環境及び対処すべき課題等」の「当社の
     戦略-成長に向けた組織構築」               及び  「第6 経理の状況」の連結財務諸表に対する                     注記17「セグメント別、地域別及びその他の
     売上情報」並びに本書「第2 企業の概況                    - 3 事業の内容」の「事業運営」を参照のこと                     。
      本書「第6 経理の状況」の連結財務諸表に対する                       注記1A「開示方針及び重要な会計方針:開示方針」に記載のとおり、買

     収は2019年度の当社の業績に影響を与え、当社のコンシューマー・ヘルスケア事業のGSKコンシューマー・ヘルスケア合弁会社
     への拠出は、2019年度の当社の業績に影響を与えた。
      以下の表は、報告セグメント別の売上高及び原価の情報並びにこれらの情報と当社の連結損益計算書との調整を示す。

                                        2019  年度

                                            非GAAP            GAAP  に
                        バイオファー       アップジョン        その他      調整後     調整項目      基づく
        (単位:百万ドル)                 マ (a)      (a)       (b)      (c)      (d)     報告額
                         $ 39,419      $ 10,233     $  2,098     $ 51,750     $        -   $ 51,750
        売上高
        売上原価                  7,579       1,724       727     10,030       189     10,219
        売上に対する割合                  19.2%       16.8%        *     19.4%       *    19.7%
        販売費、IT関連費及び一般管理費                  7,000       1,492      5,549      14,041       309     14,350
        研究開発費                  1,047        236     6,705      7,988       661     8,650
        無形資産償却費                   271        1      -     271     4,339      4,610
        再編費用及び買収関連費用                    -       -      -      -     747      747
        コンシューマー・ヘルスケアJV取引完
                            -       -      -      -    (8,086)      (8,086)
        了時の(利益)
                           (993)        (5)      698     (300)     3,878      3,578
        その他の(収益)費用(純額)
                         $ 24,517      $ 6,785    $ (11,582)      $ 19,720     $ (2,037)     $ 17,682
        税金等調整前継続事業利益/(損失)
                                125/473










                                                           EDINET提出書類
                                                      ファイザー・インク(E05856)
                                                            有価証券報告書
                                       2018  年度
                                           非GAAP            GAAP  に
                        バイオファー      アップジョン       その他      調整後     調整項目      基づく
        (単位:百万ドル)                 マ (a)      (a)      (b)      (c)      (d)     報告額
                         $ 37,558     $ 12,484     $  3,605    $ 53,647     $        -   $ 53,647
        売上高
        売上原価                  7,147      1,964      2,018     11,130       118     11,248
        売上に対する割合                  19.0%      15.7%       *    20.7%       *    21.0%
        販売費、IT関連費及び一般管理費                  6,678      1,668      5,886     14,232       223     14,455
        研究開発費                   907      233     6,822      7,962       43     8,006
        無形資産償却費                   235       1     45     281     4,612      4,893
        再編費用及び買収関連費用                    -      -      -      -    1,044      1,044
        コンシューマー・ヘルスケアJV取引完
        了時の(利益)                    -      -      -      -      -      -
                          (1,148)        (18)      499     (667)     2,784      2,116
        その他の(収益)費用(純額)
                         $ 23,738      $ 8,636    $ (11,666)     $ 20,709     $ (8,823)     $ 11,885
        税金等調整前継続事業利益/(損失)
      *   計算は実質的な意味がない、又は計算結果が100%以上となることを意味する。

      (a)   これらの金額は、表示期間のバイオファーマ及びアップジョンの各報告事業セグメントが管理する売上高及び費用を示してい

         る。概して費用には、事業セグメントに直接帰属する費用のみが含まれる。
      (b)   その他は、バイオファーマ及びアップジョン以外で管理されている調整後利益の構成要素(脚注の(c)を参照のこと。)に含ま

         れる売上高及び費用で構成され、以下が含まれる。
                                126/473













                                                           EDINET提出書類
                                                      ファイザー・インク(E05856)
                                                            有価証券報告書
                                      2019  年度
                        その他の事業活動
                                            全社共通及びその
                                            他の未配分費用
                       WRDM  (i)    GPD  (ii)
         (単位:百万ドル)                           その他(ⅲ)          (ⅳ)        合計
         売上高             $     -  $    -  $    2,098    $     -   $    2,098
         売上原価                  -      2       663        62        727
         販売費、IT関連費及び一般管
          理費                146       -      1,218        4,185        5,549
         研究開発費                2,398      3,311         89       908       6,705
         無形資産償却費                  -      -        -        -        -
         再編費用及び買収関連費用                  -      -        -        -        -
         コンシューマー・ヘルスケア
          JV取引完了時の(利益)                 -      -        -        -        -
         その他の(収益)費用(純額)                 (6 )     -        -       704        698
         税金/(税務便益)等調整前継
          続事業利益/(損失)            $   (2,538   )  $  (3,313   )  $     128   $   (5,859   )  $   (11,582   )
                                      2018  年度

                           その他の事業活動
                                            全社共通及びその
                                            他の未配分費用
                       WRDM  (i)    GPD  (ii)
         (単位:百万ドル)                           その他(ⅲ)          (ⅳ)        合計
         売上高             $     -  $    -  $    3,605    $     -   $    3,605
         売上原価                  -      -      1,211         807       2,018
         販売費、IT関連費及び一般管
          理費                159       -      1,753        3,974        5,886
         研究開発費                2,319      3,359         179        965       6,822
         無形資産償却費                  -      -        45        -        45
         再編費用及び買収関連費用                  -      -        -        -        -
         コンシューマー・ヘルスケア
         JV取引完了時の(利益)                  -      -        -        -        -
         その他の(収益)費用(純額)                 (127  )     (18 )        7       637        499
         税金/(税務便益)等調整前継
          続事業利益/(損失)            $   (2,352   )  $  (3,341   )  $     410   $   (6,383   )  $   (11,666   )
                                127/473








                                                           EDINET提出書類
                                                      ファイザー・インク(E05856)
                                                            有価証券報告書
        (ⅰ)   WRDM  - 当社のWRDMが管理する研究開発(R&D)費及びメディカル費用である。WRDは、有効性検証が実現するまでのバイ
           オファーマ・ポートフォリオ向け研究プロジェクト、並びに潜在的臨床開発及び商業開発のためにこれらプロジェク
           トのGPD組織への移行に責任を有する。R&D支出は知的財産権に対する初期及びマイルストーン・ペイメントを含む可
           能性がある。WRDM組織はまた、エンドツーエンドの技術的専門知識及びその他サービスを各種R&Dプロジェクトに提供
           する、一定の科学的基盤組織及びその他プラットフォーム・サービス組織に責任があり、さらに、ファイザーが全て
           の利害関係者(患者、医療提供者、薬剤師、支払人及び医療監督機関を含む。)にいつ、どのようにファイザーの医
           薬品を使用するかについて適切な決定を行えるようにファイザー製品に関連するリスクとベネフィットの完全かつ最
           新の情報を提供する、ワールドワイド・メディカル・アンド・セーフティ・グループにも責任がある。
        (ⅱ)   GPD  - 当社のGPD組織に関連する費用であり、一般的に、後期段階のポートフォリオ支出を含む、バイオファーマ・
           ポートフォリオ中のWRDMからの臨床試験に責任がある。GPDはまたファイザーR&Dプロジェクトへの技術的支援及びそ
           の他サービスを提供する。GPDは規制当局へのすべての承認申請及び規制当局との関係の円滑化に責任がある。
        (ⅲ)   その他   - 当社のコンシューマー・ヘルスケア事業の2019年7月31日までの営業成績及びバイオファーマ又はアップ
           ジョンの一部として管理されていないその他の商業活動に関連する費用で、これまで組織の様々な部署で報告されて
           いた全ての戦略、事業開発、ポートフォリオ管理及び評価能力を含む。
        (ⅳ)   全社共通及びその他の未配分費用             - 基盤となる機能(世界的技術、海外不動産事業、法務、財務、人事、国際広報活
           動、コンプライアンス及び国際調達等)、患者の擁護活動並びに受取利息、支払利息及び投資損益等の特定の報酬及
           びその他の全社共通の費用に関連する費用、さらには事業ユニット(セグメント)の経営陣がそれらコストを管理し
           ないので事業セグメントに直接請求されない当社の製造(生産に伴う製造変動費を含む。)及び事業運営に関連する
           間接費用である。
           当社は、当社の外貨建て会社間棚卸資産の販売予測の一部についてキャッシュフロー・ヘッジとして指定された先物
           為替予約に関連して、以下の金額を売上原価に計上した:
           ・2019年度に純利益247百万ドル
           ・2018年度に純損失13百万ドル。
        詳細については、本書「第6           経理の状況」の連結財務諸表に対する注記7F「金融商品:金融派生商品及びヘッジ活動」を参照

        のこと。
        情報提供のみを目的としているが、以下の表は、当社の2019年度のバイオファーマ・セグメントの業績及びアップジョン・セ
        グメントの業績とバイオファーマの事業セグメント及びアップジョンの事業セグメントに一般的に関連するその他費用の見積
        りを含むバイオファーマ及びアップジョンの業績との調整を示す。当社はセグメントを管理しておらず、又はかかる割当方法
        に基づく業績目標を有していないが、当社はこの情報を分析の際に有益と考える投資家がいるものと考える。
        当社の事業セグメントに概ね関連する「その他」の費用見積りは、表示期間中に各事業セグメントが独立企業として事業を
        行ったと仮定して生じる追加金額を反映することを意図していない。
        情報提供のみを目的としているが、2019年度について当社は、バイオファーマ及びアップジョンのセグメントに帰属する「そ
        の他」の費用を上記の通り見積り、WRDM、GPD及びその他の事業活動の費用の合計は64億ドルであり、全社共通及びその他の
        未分配費用の合計は、48億ドルであった。これはコンシューマー・ヘルスケア事業に関連する利益及び費用を除く。全社共通
        及びその他の未分配費用の合計はまた、(ⅰ)                  事業セグメントに帰属しておらず「全社共通」に含まれる純支払利息(約14億ド
        ルのその他の(収益)費用(純額))、及び(ⅱ)事業セグメントに帰属しておらず「全社共通」に含まれる投資及びその他資産の
        純利益   (約318百万ドルのその他の(収益)費用(純額))を除外後である。残りの費用は、以下のとおり、バイオファーマ及び
        アップジョンの事業セグメントに帰属している。
                                128/473











                                                           EDINET提出書類
                                                      ファイザー・インク(E05856)
                                                            有価証券報告書
                                      2019  年度

                             バイオファーマに関連するその他費用の見積
                                    り (ⅱ)
                                                バイオファーマ非GAAP調
                    バイオファーマ         WRDM/GPD/    その他
                                      全社共通/その他の未           整後に関連するバイオ
                     非GAAP調整後        事業活動の見積
                                       配分費用の見積り         ファーマとその他費用の