株式会社ヒラノテクシード 有価証券報告書 第96期(平成31年4月1日-令和2年3月31日)

有価証券報告書-第96期(平成31年4月1日-令和2年3月31日)

提出日:

提出者:株式会社ヒラノテクシード

カテゴリ:有価証券報告書

PDFビューワー表示

                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社ヒラノテクシード(E01548)
                                                            有価証券報告書
     【表紙】
      【提出書類】                   有価証券報告書

      【根拠条文】                   金融商品取引法第24条第1項
      【提出先】                   近畿財務局長
      【提出日】                   2020年6月29日
      【事業年度】                   第96期(自 2019年4月1日 至 2020年3月31日)
      【会社名】                   株式会社ヒラノテクシード
      【英訳名】                   HIRANO       TECSEED        Co.,Ltd.
      【代表者の役職氏名】                   取締役社長  岡 田 薫
      【本店の所在の場所】                   奈良県北葛城郡河合町大字川合101番地の1
      【電話番号】                   0745(57)0681番
      【事務連絡者氏名】                   取締役総務部長  原 昌 史 
      【最寄りの連絡場所】                   奈良県北葛城郡河合町大字川合101番地の1
      【電話番号】                   0745(57)0681番
      【事務連絡者氏名】                   取締役総務部長  原 昌 史
      【縦覧に供する場所】                   株式会社ヒラノテクシード東京支店
                         (東京都千代田区神田須田町1丁目16番地)
                         株式会社東京証券取引所
                         (東京都中央区日本橋兜町2番1号)
                                  1/93












                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社ヒラノテクシード(E01548)
                                                            有価証券報告書
     第一部【企業情報】
     第1【企業の概況】
      1【主要な経営指標等の推移】
       (1)連結経営指標等
              回次             第92期       第93期       第94期       第95期       第96期
             決算年月             2016年3月       2017年3月       2018年3月       2019年3月       2020年3月
                     (千円)      18,335,499       19,651,317       20,738,206       32,659,939       31,682,031
     売上高
                     (千円)      2,034,035       3,075,701       2,982,418       4,895,029       3,773,803
     経常利益
     親会社株主に帰属する当期純利
                     (千円)      1,330,696       2,281,700       2,088,204       3,425,100       2,351,754
     益
                     (千円)      1,043,836       2,532,381       2,219,541       3,278,675       2,317,146
     包括利益
                     (千円)      20,969,502       23,140,781       24,923,481       27,675,630       29,325,225
     純資産額
                     (千円)      29,759,683       33,714,875       37,445,150       43,734,877       42,208,430
     総資産額
                     (円)      1,393.88       1,538.21       1,656.75       1,839.70       1,948.55
     1株当たり純資産額
                     (円)        88.45       151.67       138.81       227.68       156.29
     1株当たり当期純利益金額
     潜在株式調整後
                     (円)         -       -       -       -       -
     1株当たり当期純利益金額
                     (%)        70.46       68.64       66.56       63.28       69.48
     自己資本比率
                     (%)        6.48       10.35        8.69       13.02        8.25
     自己資本利益率
                     (倍)        8.59       8.97       19.47        7.60       6.92
     株価収益率
     営業活動による
                     (千円)      3,985,470       △ 344,319      △ 601,423      11,001,674       △ 3,090,927
     キャッシュ・フロー
     投資活動による
                     (千円)      △ 869,942      △ 893,189     △ 1,675,435      △ 3,353,601        155,772
     キャッシュ・フロー
     財務活動による
                     (千円)      △ 418,025       165,726      △ 530,611      △ 847,687      △ 598,706
     キャッシュ・フロー
                     (千円)      12,220,213       11,147,110        8,341,211       15,140,853       11,605,473
     現金及び現金同等物の期末残高
                     (人)         317       323       336       352       370
     従業員数
      (注)1.売上高には、消費税等は含まれておりません。
         2.潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、潜在株式が存在しないため記載しておりません。
         3.「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」(企業会計基準第28号 平成30年2月16日)を第95期の期首
           から適用しており、第94期に係る主要な経営指標等については、当該会計基準を遡って適用した後の指標等
           となっております。
                                  2/93









                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社ヒラノテクシード(E01548)
                                                            有価証券報告書
       (2)提出会社の経営指標等
              回次             第92期       第93期       第94期       第95期       第96期
             決算年月             2016年3月       2017年3月       2018年3月       2019年3月       2020年3月
                     (千円)      15,757,700       13,322,912       16,377,083       23,993,788       28,524,339
     売上高
                     (千円)      1,807,298       1,662,214       2,459,159       3,264,974       2,856,265
     経常利益
                     (千円)      1,223,152       1,191,657       1,851,715       2,344,503       1,843,506
     当期純利益
                     (千円)      1,847,821       1,847,821       1,847,821       1,847,821       1,847,821
     資本金
                     (株)     15,394,379       15,394,379       15,394,379       15,394,379       15,394,379
     発行済株式総数
     純資産額               (千円)      15,419,810       16,440,975       17,980,386       19,627,715       20,733,014
                     (千円)      22,098,119       23,438,866       27,433,523       33,290,517       33,261,004
     総資産額
                     (円)      1,024.98       1,092.86       1,195.22       1,304.72       1,377.63
     1株当たり純資産額
                     (円)         20       28       30       45       46
     1株当たり配当額
     (内1株当たり中間配当額)                (円)         ( 8 )      ( 12 )      ( 13 )      ( 18 )      ( 18 )
                     (円)        81.30       79.21       123.09       155.85       122.51
     1株当たり当期純利益金額
     潜在株式調整後1株当たり当期
                     (円)         -       -       -       -       -
     純利益金額
                     (%)        69.78       70.14       65.54       58.96       62.33
     自己資本比率
     自己資本利益率                (%)        8.16       7.48       10.76       12.47        9.14
                     (倍)        9.35       17.17       21.96       11.10        8.82
     株価収益率
     配当性向                (%)        24.60       35.35       24.37       28.87       37.55
                     (人)         233       241       248       257       276
     従業員数
                     (%)        88.8       160.4       316.7       211.0       142.4
     株主総利回り
     (比較指標:東証第二部株価指
                     (%)        ( 93.4  )    ( 127.9   )    ( 153.8   )    ( 144.5   )    ( 111.4   )
     数)
                     (円)         970      1,684       3,400       3,270       2,063
     最高株価
                     (円)         682       711      1,126       1,207        969
     最低株価
      (注)1.売上高には、消費税等は含まれておりません。
         2.潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、潜在株式が存在しないため記載しておりません。
         3.第92期の1株当たり配当額には創立80周年記念配当2円及び特別配当4円を含んでおります。
         4.第96期の1株当たり配当額には木津川工場竣工記念配当10円を含んでおります。
         5.  「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」(企業会計基準第28号 平成30年2月16日)を第95期の期首
           から適用しており、第94期に係る主要な経営指標等については、当該会計基準を遡って適用した後の指標等
           となっております。
         6.最高株価及び最低株価は東京証券取引所(市場第二部)におけるものであります。
                                  3/93









                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社ヒラノテクシード(E01548)
                                                            有価証券報告書
      2【沿革】
        1935年6月        大阪府南河内郡加美村(現在大阪市平野区)に平野金属合資会社を創業。
        1939年3月        「熱と風」の理論と探究から応用技術を生かした熱風乾燥機、輸送機器、化学機器等の設計、製
                造、販売を行う。
        1947年4月        染色仕上関係機器に重点を置いた各種乾燥機を開発。
        1957年3月        平野興産株式会社に吸収合併され、同時に平野金属株式会社に商号変更(平野興産株式会社は
                1956年3月設立)。
        1961年9月        株式の券面額変更のため太平金属株式会社に吸収合併され、同時に平野金属株式会社に商号変更
                (太平金属株式会社は1949年7月設立)。
        1962年4月        大阪証券取引所市場第二部に上場。
        1964年4月        輸出貢献企業として通商産業省(現 経済産業省)より表彰される。
        1970年8月        奈良工場(現在の本社工場)建設に着手。
        1973年6月        「ヒラノテクニカム」を設置し、コーティング、ラミネーティングなどの加工実験を行い得る設
                備が完成。
        1976年11月        繊維部門で溶剤精練仕上装置が財団法人機械振興協会賞を受ける。
        1978年6月        ヒラノ技研工業株式会社(現連結子会社)を設立。
        1981年7月        繊維機械の新機種シンプレックステンターが優秀省エネルギー機器表彰を受賞し、通商産業省
                (現 経済産業省)より省エネルギー税制優遇措置適用機種となる。
        1983年9月        集中コンピューター・コントロールシステムを開発し、巻出しから塗工、乾燥、巻取りに至る一
                連の装置に対し、集中指令、集中管理を行う新システムを確立。
        1987年6月        株式会社ヒラノエンテック(現株式会社ヒラノK&E(現連結子会社))を設立。
        1987年10月        光音電気株式会社(現株式会社ヒラノK&E(現連結子会社))を買収。
        1988年4月        株主割当による増資を行い資本金は560,000千円から1,053,026千円となる。
        1989年1月        社名変更を行い、平野金属株式会社から株式会社ヒラノテクシードとなる。
        1990年3月        新鋭「ヒラノテクニカム(研究及び実験施設)」を竣工。
        1990年11月        スイス・フラン建転換社債の転換により資本金は1,847,822千円となる。
        1998年4月        国際標準化機構(ISO)の品質マネジメントシステム「ISO9001」の認証を取得。
        2001年11月        中厚セラミックシート成形テスト機「M-600SF」をテクニカムに設置。
        2001年12月        第5世代LCD用「新型            Capillary     Coater」を開発。
        2002年3月        有機EL発光層成膜プロセスを開発。
        2002年12月        耐環境膜の薄膜コーティング技術を開発。
        2009年12月        高精度のリチウムイオン電池電極塗工装置「R-800DB」をテクニカムに設置。
        2013年7月        東京証券取引所と大阪証券取引所の市場統合に伴い、東京証券取引所市場第二部へ上場。
        2014年3月        ヒラノ光音株式会社(現株式会社ヒラノK&E(現連結子会社))の本社及び工場を当社敷地内
                に新築移転。
        2016年6月        監査等委員会設置会社に移行。
        2017年4月        ヒラノ光音株式会社と株式会社ヒラノエンテックは、ヒラノ光音株式会社を存続会社として合
                併、株式会社ヒラノK&Eに商号変更。
        2017年6月        国際標準化機構(ISO)の環境マネジメントシステム「ISO14001」の認証を取得。
        2019年10月        木津川工場(京都府木津川市)を竣工。
                                  4/93







                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社ヒラノテクシード(E01548)
                                                            有価証券報告書
      3【事業の内容】
        当社グループは、当社及び連結子会社2社で構成され、塗工機関連機器、化工機関連機器、その他の産業用機械の
       製造販売を主な事業内容とし、さらに各事業に関連する事業活動を展開しております。
        当社グループの事業内容に係わる位置づけは次のとおりであります。
        なお、次の3部門は「第5 経理の状況 1 連結財務諸表等 (1)連結財務諸表 注記事項」に掲げるセグメン
       トの区分と同一であります。
       (塗工機関連機器)

        当部門においては、コーティング、ラミネーティング関係機器(二次電池電極、磁気テープ、包装用複合フィル
       ム、粘接着テープ、合成皮革、床材、壁紙、化粧板、絶縁板等の製造装置)、各種乾燥熱処理装置を製造・販売して
       おります。
        〔主な関係会社〕
        (製造・販売)
         ヒラノ技研工業株式会社
         株式会社ヒラノK&E
       (化工機関連機器)

        当部門においては、高分子化工機械(プラスチックフィルム、フィルム成膜、電子プリント基板、セラミックシー
       ト成形、高熱処理機等の製造装置)、各種乾燥熱処理装置を製造・販売しております。
        〔主な関係会社〕
        (製造・販売)
         ヒラノ技研工業株式会社
         株式会社ヒラノK&E
       (その他)

        当部門においては、染色整理機械装置及び各種機器の部品の製造・販売及び修理・改造等を行っております。
        〔主な関係会社〕
        (製造・販売・修理改造等)
         株式会社ヒラノK&E
        以上述べた事項を事業系統図によって示すと次のとおりであります。

                                  5/93










                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社ヒラノテクシード(E01548)
                                                            有価証券報告書
      4【関係会社の状況】
                                        議決権の
                            資本金     主要な事業
           名称           住所                  所有割合          関係内容
                           (千円)       の内容
                                         (%)
     (連結子会社)
                                塗工機関連機器
                                             役員の兼任1名
     ヒラノ技研工業株式会社              奈良県橿原市         50,000    及び化工機関連          100.0
                                             当社への製品及び部品供給
                                機器製造・販売
                                化工機関連機             役員の兼任2名
                                器・染色整理機             本社工場賃貸
                   奈良県北葛城郡
     株式会社ヒラノK&E
                            30,000    械・部品製造・          100.0    当社への製品及び部品供給
                   河合町
                                販売及び修理改             当社製品の部品販売及びアフ
                                造等             ターサービス
                                  6/93
















                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社ヒラノテクシード(E01548)
                                                            有価証券報告書
      5【従業員の状況】
       (1)連結会社の状況
                                                   2020年3月31日現在
               セグメントの名称                            従業員数(人)
                                                   43

     塗工機関連機器
                                                   121
     化工機関連機器
                                                   20
     その他
                                                   184
      報告セグメント計
     全社(共通)                                             186
                                                   370

                  合計
      (注)1.従業員数は就業人員であり、臨時従業員数は僅少であるため記載を省略しております。
         2.全社(共通)として記載されている従業員数は、管理部門等に所属しているものであります。
       (2)提出会社の状況

                                                   2020年3月31日現在
        従業員数(人)              平均年齢(歳)             平均勤続年数(年)              平均年間給与(円)
                 276             38.8              14.3           6,300,481

                                           従業員数(人)

               セグメントの名称
                                                   43
     塗工機関連機器
                                                   36
     化工機関連機器
                                                   11
     その他
                                                   90
      報告セグメント計
     全社(共通)                                             186
                                                   276

                  合計
      (注)1.従業員数は就業人員であり、臨時従業員数は僅少であるため記載を省略しております。
         2.平均年間給与は、賞与及び基準外賃金を含んでおります。
         3.全社(共通)として記載されている従業員数は、管理部門等に所属しているものであります。
       (3)労働組合の状況

         提出会社にはヒラノテクシード労働組合が形成されており、JAMに属しております。当該組合員数は、230人
        であります。連結子会社2社には労働組合はありません。
         なお、労使関係について特に記載すべき事項はありません。
                                  7/93







                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社ヒラノテクシード(E01548)
                                                            有価証券報告書
     第2【事業の状況】
      1【経営方針、経営環境及び対処すべき課題等】
        文中における将来に関する事項は、当連結会計年度末現在において当社グループが判断したものであります。
       (1)経営方針

         当社グループは、コーティング・ラミネーティング技術と乾燥技術及び走行制御技術を柱に、高精密・高精度の
        製造装置を市場に供給することで、社会の進歩発展に貢献する事を基本理念としております。
         また、株主・取引先・社員など全てのステークホルダーの信頼と期待に応える事を行動指針として、業務活動を
        行っております。
       (2)経営戦略等

         当社グループは、最先端技術分野への高精密・高精度な製造装置メーカーとしてリーディングカンパニーを目指
        し、「顧客満足度の向上」・「環境エネルギー市場への拡販」・「コスト競争力の強化」を最優先に各業界へ技術
        革新に対応した最新機器を提供すべく製品開発を行い、グローバルな活動を推進してまいります。
         営業及び開発・設計・製造さらに据付からアフターサービスに至るまで、グループ一体となり更なる企業価値向
        上を目指し、「より高い精度の製品を供給し続けること」を念頭におき活動してまいります。
         中期的には、「販売力の強化」「新技術開発のスピード化」「ものづくりの改革」に重点をおき新たな成長への
        戦略を推し進め、高付加価値機器を生み出し企業の経営成績並びに企業価値の更なる向上をはかるべく、人材の育
        成・構造の改革に取組んでまいります。
       (3)経営上の目標の達成状況を判断するための客観的な指標等

         当社及び当社グループは、持続的な成長を継続させ                         企業価値を向上させるという観点から株主資本効率及び株主
        還元の適切なバランスを検討し               、経常利益率を重要な指標としております。経常利益率10%以上を確保すると共
        に、キャッシュ・フローを重視した経営を進めてまいります。
       (4)優先的に対処すべき事業上及び財務上の課題

         世界経済は、新型コロナウイルスの感染拡大や米中貿易摩擦の長期化など、景気への影響が懸念される要因が輻
        輳しており厳しさが残る状況が続くと思われます。
         新型コロナウイルス感染症の感染拡大による緊急事態宣言を受け、客先への訪問を伴う工事やサポート等につき
        ましては停止しており、終息後は、納入先(顧客)から当社製品・部品の供給等の要請が集中するリスクが考えら
        れますが、生産体制を見直すとともに、取引先および納入先(顧客)との調整を行い順次製品・部品及びサービス
        の提供に努めてまいります。
         このような状況のもと、注力分野である電気・電子部材関連やエネルギー関連分野へ積極的に営業を展開すると
        ともに、新市場開拓をグローバルに行い様々なリスクの回避に努めてまいります。
         市場のニーズが急速に変化する環境においては、新技術の開発を必要不可欠と考え、積極的に技術開発を推し進
        め、更なる企業価値向上を目指してまいります。
         具体的には、当社のコア技術である「高クリーン・超薄膜コーティング技術」及び「ウェットコーティングとド
        ライコーティングの融合」を軸に新技術の開発を行ってまいります。
         また、安定した技術の継続的な提供や市場ニーズに対する最適な新技術の開発は、今後当社グループが成長発展
        するうえで重要であります。その為には次代を担う優秀な人材の育成は必須であると考えており、継続的な人材採
        用を進めるとともに、OJTや研修等による人材育成を積極的に実施し、経営層及び技術者の人材の更なる強化を
        図ってまいります。
         財務上の課題としましては、グローバル市場の中、近年、輸出案件が増加傾向にあります。世界情勢は不安定要
        素も多く景気の先行きは大きく左右される可能性があり、与信限度管理と売掛金の回収の強化は重要な課題であり
        ます。営業部門における契約時の回収条件の設定や経理部門における債権管理を徹底し、早期回収及び貸倒れの発
        生防止に努めてまいります。
                                  8/93





                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社ヒラノテクシード(E01548)
                                                            有価証券報告書
      2【事業等のリスク】
        有価証券報告書に記載した事業の状況、経理の状況等に関する事項のうち、経営者が連結会社の財政状態、経営成
       績及びキャッシュ・フローの状況に重要な影響を与える可能性があると認識している主要なリスクは、以下のとおり
       であります。
        文中における将来に関する事項は、当連結会計年度末現在において当社グループが判断したものであります。
       (1)新規設備等の投資需要に関するリスク

         当社グループが製造販売する産業用機械業界は、消費マインドの低下や市場の動向により左右されます。また、
        原油の高騰又はテロ等世界経済の動向にも大きく左右されるため、社会的混乱やグローバル経済下での市場経済環
        境の大きな変化による設備投資需要の動向いかんによっては、計画の見直し又は中止により受注済案件のキャンセ
        ルに伴う棚卸資産の評価損失や、客先の経営環境の悪化による売上債権の回収可能性の低下に伴う不良債権の発生
        など、当社グループの経営成績と財政状態に悪影響を及ぼす可能性があります。
         当社グループは特定分野の市場に依存することなく、エレクトロニクス、光分子化学、産業新素材、包装、医療
        等、多岐にわたる市場に対する技術を有し各種機器を製造・販売し市場分野を分散するとともに、販売地域を分散
        する事によって、グローバル経済下における地政学的リスクを回避し、業績へのリスクを低減しております。
       (2)  技術者の確保と育成に関するリスク

         当社グループは多岐にわたる市場に技術を提供しており、設備の更新並びに増設の頻度は様々であります。数年
        から数十年にわたり利用される製品ゆえに、継続的な固有の技術からその時代に応じた新技術が求められます。し
        かしながら、労働市場の逼迫等により採用や育成に支障をきたす事態や雇用に支障をきたす事態等の発生により従
        業員が大量に退職した場合には、当社グループの事業展開が制約される可能性があります。
         このため、次代を担う優秀な人材を育成し、固有技術の確実な継承と新技術の開発力の強化が必須であると考え
        ており継続的な人材採用やOJTや研修等による人材育成を積極的に実施しております。
       (3)材料価格の高騰に関するリスク

         当社グループの製品は他社にはない独自の革新的な技術のもとに成り立っております。しかし、当製品における
        製造原価のうち約6割を鋼材・部材等が占めており外部よりの購入に依存しております。市場の急激な変化により
        原材料や部材等及び人件費の大幅な上昇でそれらに含まれている加工費等で価格が高騰した場合には、原価上昇に
        つながる恐れがあり、販売価額に転嫁できない場合は、当社グループの経営成績と財政状態に悪影響を及ぼす可能
        性があります。
         このため、常に材料価格や人件費の市場動向に注視するとともに、複数の仕入先を確保し、仕入れ価格の安定に
        努めております。
       (4)退職給付債務に関するリスク

         当社グループの従業員退職給付費用及び債務は、割引率等数理計算上で設定される前提条件や年金資産の期待運
        用収益率に基づいて算出されております。実際の結果が前提条件と異なる場合、又は前提条件が変更された場合、
        その影響額は将来にわたり認識されるため費用に影響を及ぼします。よって当社グループの業績と財務状態に悪影
        響を及ぼす可能性があります。
         このため、定期的に財政再計算を実施し基礎率の見直しを行っており、主幹の運用機関から運用に関するアドバ
        イスを受けるようにしております。また、年金資産については、運用にあたり当社が定めた運用基本方針に基づ
        き、委託した運用受託機関おいて運用を行っております。所管部署である当社総務部において、運用受託機関との
        定期的な情報交換を行い、定量的・定性的な評価を実施し、運用状況を適切に管理しております。
       (5)知的財産等に関するリスク

         当社グループは当連結会計年度末現在、特許を92件保有しておりますが、製品や事業分野において第三者の特許
        が成立した場合や、当社グループが認識していない特許等が現在成立している場合、当該第三者より当該特許に関
        する対価の支払い請求、又は損害賠償及び製品の販売差し止め等の訴えを起こされる可能性があります。
         また、当該特許等技術を使用した製品の納入先(顧客)より、当該製品が使用できなくなった場合や一部地域の
        法的制度の違い等の事由に関して、損害賠償等の訴えを起こされる可能性があります。このような場合、当社グ
        ループの経営成績、財政状態等に影響を及ぼす可能性があります。
         当社グループは特許管理部門が、複数の特許事務所と連携し定期的に関連の知的財産の確認及び当社グループが
        保有する特許等の適切な管理を実施しリスク回避を行っております。
                                  9/93



                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社ヒラノテクシード(E01548)
                                                            有価証券報告書
       (6)災害・感染症等に関するリスク
         当社グループでは、地震、台風等の自然災害及びウイルス等の感染症の流行や、その他の社会的混乱により操業
        停止をせざるを得ない様な事態に備え、リスク分散を実施し従業員の安全確保、災害及び感染症の未然防止、早期
        復旧、取引先との連携等を実施しております。
         本社工場につきましては、自治体より隣接する河川の大規模な氾濫により最大3m未満の浸水が予想されている
        地域にあります。操業停止による影響を最小限に抑えるため、BCP(事業継続計画)も目的とした第二の拠点と
        して木津川工場(京都府木津川市)が2019年10月より稼働を開始いたしました。
         しかしながら、予想を超える規模の被災により両拠点の建物や設備の倒壊・破損や感染症などにより生産活動の
        休止等が生じた場合、客先への製品の供給が遅れること等により、当社グループの財政状態及び経営成績に大きな
        影響を及ぼす可能性があります。
         なお、2020年に入り顕在化した新型コロナウイルスの感染拡大は世界中に蔓延しており、当社グループは感染拡
        大を防止するため、衛生管理の徹底や時差出勤・在宅勤務等の効率的な事業運営を実施しておりますが、さらに感
        染拡大した場合、従業員の感染による操業停止やサプライチェーンの停滞等により、当社グループの事業運営、財
        政状態及び経営成績に影響を及ぼす可能性があります。
                                 10/93
















                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社ヒラノテクシード(E01548)
                                                            有価証券報告書
      3【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】
       (1)経営成績等の状況の概要
        当連結会計年度における当社グループ(当社及び連結子会社)の財政状態、経営成績及びキャッシュ・フロー
       (以下「経営成績等」という。)の状況の概要は次のとおりであります。
       ①財政状態及び経営成績の状況

        当連結会計年度におけるわが国の経済は、企業収益や雇用情勢並びに所得水準の改善が続くなか、個人消費は持ち
       直しを見せ底堅く推移しております。企業収益においても民間設備投資は比較的堅調であり、景気は緩やかな回復基
       調で推移いたしました。しかし一部では米中貿易摩擦の影響などにより輸出関連企業を中心に設備投資計画の見直し
       が行われるなど弱さがみられる状況で推移いたしました。
        世界経済は、米中貿易摩擦が自動車関連から減速感を広めており、製造業以外においても中国をはじめとする新興
       国経済も低水準で推移しており、英国のEU離脱問題、中東情勢の緊迫化などの地政学的リスクもあり、先行き不透
       明感が払拭できない状況にあります。
        これに加えて、2020年に入り新型コロナウイルスの世界的な感染拡大の影響により、経済活動の停滞が見られる状
       況となっており、景気は急激に悪化いたしました。
        このような状況のもと当社グループにおきましては、昨年に引き続き「時流に乗って躍進」をスローガンに、顧客
       ニーズの変化や市場動向を的確に把握し、満足度の向上に努めるとともに、価値ある技術を創出し続けるべく、積極
       的に受注並びに生産活動に取り組んでまいりました。
        売上高におきましては概ね予想通りに推移し予想比5.6%増加となりましたが、経常利益においては厳しい価格競
       争と開発的要因によるコスト増加により予想比5.7%減少となりました。
        受注におきましては、前連結会計年度は受注高及び受注残高ともに、高水準で推移いたしましたが、当連結会計年
       度は、景気の見通しの変化のなか、設備投資計画の見直しもあり慎重な姿勢が継続した厳しい環境となりました。そ
       のなかにおいても、電気自動車関連市場を中心とした二次電池向け電極塗工装置は堅調に推移いたしました。
        その結果、売上高は         31,682   百万円(前期比3.0%減)となり、利益面では経常利益は                         3,773   百万円(前期比22.9%減)、
       親会社株主に帰属する当期純利益は                 2,351   百万円(前期比31.3%減)となりました。
        受注残高につきましては、25,835百万円(前期末比31.4%減)となりました。
        セグメントの経営成績は、次のとおりであります。

        (塗工機関連機器)

        当セグメントは、二次電池向け電極塗工装置を中心に推移いたしました。
        その結果、売上高は15,418百万円(前期比5.5%増)、うち国内は1,748百万円(前期比60.3%減)、輸出は13,670百万
       円(前期比33.9%増)となりました。また、セグメント利益は1,346百万円(前期比34.2%減)となりました。
        受注残高につきましては、15,279百万円(前期末比1.8%減)、うち国内は1,598百万円(前期末比12.1%増)、輸出は
       13,680百万円(前期末比3.3%減)となりました。
        (化工機関連機器)

        当セグメントは、成膜装置を中心に推移いたしました。
        その結果、売上高は14,350百万円(前期比11.7%減)、うち国内は5,881百万円(前期比41.5%減)、輸出は8,469百万
       円(前期比36.7%増)となりました。また、セグメント利益は2,778百万円(前期比12.1%減)となりました。
        受注残高につきましては、9,978百万円(前期末比52.5%減)、うち国内は5,738百万円(前期末比43.5%減)、輸出は
       4,239百万円(前期末比60.8%減)となりました。
        (その他)

        当セグメントは、染色整理機械装置、各種機器の部品の製造及び修理・改造等を行っており、売上高は1,912百万
       円(前期比6.7%増)となり、セグメント利益は494百万円(前期比27.3%減)となりました。
        受注残高につきましては、578百万円(前期末比47.2%減)となりました。
                                 11/93





                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社ヒラノテクシード(E01548)
                                                            有価証券報告書
        当連結会計年度末の総資産は前連結会計年度末に比べ1,526百万円減少し、                                   42,208百万円となりました。以下にお
       いて主な科目別に説明いたします。
        (資産)

        流動資産は前連結会計年度末に比べ3,109百万円減少し、                           31,759   百万円となりました。その主な要因は、売上債権
       が1,516百万円       、その他に含まれている未収消費税が864百万円それぞれ増加したこと、及び現金及び預金が2,366百
       万円、有価証券が償還等によりが2,868百万円、                      たな卸資産が376百万円それぞれ減少したことによります。
        また、固定資産は前連結会計年度末に比べ1,582百万円増加し、                              10,448   百万円となりました。その主な要因は、                   木
       津川工場(京都府木津川市)の完成等により                     有形固定資産が2,271百万円増加したこと、及び保有株式の時価変動等
       により投資その他の資産が797百万円減少したことによります。
        (負債)

        流動負債は前連結会計年度末に比べ3,296百万円減少し、                           11,797   百万円となりました。その主な要因は、未払金が
       1,044百万円増加したこと、仕入債務が677百万円、前受金が3,373百万円それぞれ減少したことによります。
        また、固定負債は前連結会計年度末に比べ120百万円増加し、                            1,085   百万円となりました。その主な要因は、長期借
       入金が118百万円増加し、退職給付に係る負債が24百万円減少したこと、及び役員退職慰労金制度廃止に伴い役員退
       職慰労引当金が41百万円減少し、これに伴う打ち切り支給額64百万円をその他に計上したことによります。
        (純資産)

        純資産は前連結会計年度末に比べ1,649百万円増加し、                          29,325   百万円となりました。その主な要因は、親会社株主
       に帰属する当期純利益を           2,351   百万円計上したこと、配当金を677百万円支払ったことによります。
       ②キャッシュ・フローの状況

        当連結会計年度末における現金及び現金同等物は、前連結会計年度末に比べ                                   3,535   百万円減少し、       11,605   百万円と
       なりました。
        当連結会計年度における各キャッシュ・フローの状況とそれらの要因は次のとおりであります。

        (営業活動によるキャッシュ・フロー)

        営業活動によって使用されたキャッシュ・フローは                        3,090   百万円(    前連結会計年度       は11,001百万円の収入)となり
       ました。主な増加要因は、税金等調整前当期純利益が3,765百万円になったこと、未払金が1,062百万円増加したこと
       によります。
        また、主な減少要因は売上債権が1,516百万円、未収消費税が864百万円それぞれ増加したこと、及び前受金が
       3,373百万円減少したこと、法人税の支払額が1,884百万円あったことによります。
        (投資活動によるキャッシュ・フロー)

        投資活動によって得られたキャッシュ・フローは                       155  百万円(    前連結会計年度       は3,353百万円の支出)となりまし
       た。主な増加要因は、有価証券の売却による収入が5,500百万円あったこと、投資有価証券の売却及び償還による収
       入が1,502百万円あったことによります。
        また、主な減少要因は資金運用による有価証券の取得による支出が3,799百万円あったこと、設備投資等による有
       形固定資産の取得による支出が2,358百万円あったこと、投資有価証券の取得による支出が554百万円あったことによ
       ります。
        (財務活動によるキャッシュ・フロー)

        財務活動によって使用されたキャッシュ・フローは                        598  百万円(    前連結会計年度       は847百万円の支出)となりまし
       た。主な増加要因は、運転資金の調達での長期借入れによる収入が720百万円あったことによります。
        また、主な減少要因は長期借入金の返済による支出が639百万円あったこと、配当金の支払額が675百万円あったこ
       とによります。
                                 12/93




                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社ヒラノテクシード(E01548)
                                                            有価証券報告書
        ③ 生産、受注及び販売の実績
       a.生産実績
         当連結会計年度における生産実績をセグメントごとに示すと、次のとおりであります。
          セグメントの名称                    金額(千円)                  前年同期比(%)
     塗工機関連機器                               13,103,139                      +7.5
                                                         △12.3
     化工機関連機器                               10,973,122
     その他                               1,295,552                     +26.7
             合計                       25,371,814                     △1.3
      (注)1.金額は生産原価で、上記には外注生産によるものを含んでおります。
         2.上記の金額には、消費税等は含まれておりません。
       b.受注実績

         当連結会計年度における受注実績をセグメントごとに示すと、次のとおりであります。
       セグメントの名称             受注高(千円)          前年同期比(%)           受注残高(千円)           前期末比(%)
     塗工機関連機器                  15,131,533            +25.0          15,279,272            △1.8
     化工機関連機器                   4,800,862           △72.7           9,978,418           △52.5
     その他                   1,396,090           △35.2            578,001          △47.2
          合計              21,328,486           △33.0          25,835,691           △31.4
      (注)1.金額は販売価額によっております。
         2.上記の金額には、消費税等は含まれておりません。
         3.化工機関連機器につきましては、前期末受注残高に当期受注高・当期売上高を加減算した額が当期末受注残
           高に一致しておりません。これは、客先の投資計画の凍結に伴い受注残高より1,460,000千円を減額したこ
           とによります。
       c.販売実績

         当連結会計年度における販売実績をセグメントごとに示すと、次のとおりであります。
          セグメントの名称                    金額(千円)                  前年同期比(%)
     塗工機関連機器                               15,418,459                      +5.5
     化工機関連機器                               14,350,648                     △11.7
     その他                               1,912,923                     +6.7
             合計                       31,682,031                     △3.0
      (注)1.金額は販売価額によっております。
         2.当連結会計年度において主要な販売先に該当する社数が2社ありますが、販売先と秘密保持契約を締結して
           いるため主要な販売先及び当該販売実績の総販売実績に対する割合については、その社名、金額及び割合の
           公表は控えさせていただきます。
         3.上記の金額には、消費税等は含まれておりません。
                                 13/93








                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社ヒラノテクシード(E01548)
                                                            有価証券報告書
       (2)経営者の視点による経営成績等の状況に関する分析・検討内容
        経営者の視点による当社グループの経営成績等の状況に関する認識及び分析・検討内容は次のとおりでありま
       す。
        なお、文中の将来に関する事項は、当連結会計年度末現在において判断したものであります。
       ①財務状態及び経営成績の状況に関する認識及び分析・検討内容

        当社グループは、最先端技術分野への高精密・高精度な製造装置メーカーとしてリーディングカンパニーを目指
       し、「コスト競争力の強化」・「環境エネルギー市場への拡販」・「顧客満足度の向上」を最優先に各業界へ技術革
       新に対応した最新機器を提供すべく製品開発を行い、グローバルな活動を推進してまいります。
        営業及び開発・設計・製造さらに据付からアフターサービスに至るまで、グループ一体となり更なる企業価値向上
       を目指し、「より高い精度の製品を供給し続けること」を念頭におき活動してまいります。
        中期的には、電気自動車や自動車の電装化、モバイル機器の高機能化などの市場の拡大に向け、「電池・電子材
       料」に重点をおき成長戦略を推し進めるとともに、その先を見据えた基幹技術向上を目指します。高付加価値機器を
       生み出し企業の経営成績並びに企業価値の更なる向上をはかるべく、新工場の効率的な稼働、人材の育成、構造の改
       革に取り組んでまいります。
        当連結会計年度の         財務状態及び経営成績          におきましては、市場の変化による設備計画の見直しが行われるなど、投
       資に慎重な姿勢が見られるなか、電極塗工装置や成膜装置を中心に拡販に努めその結果、売上高は前期比3.0%減少
       し31,682百万円となりました。
        売上総利益は前期比9.1%減少し6,310百万円となりました。また、売上総利益率は19.9%となりました。
        営業利益は前期比23.9%減少し3,684百万円となり、経常利益は前期比22.9%減少し3,773百万円となりました。
        また、親会社株主に帰属する当期純利益は前期比31.3%減少2,351百万円となりました。
        セグメントごとの経営成績の状況につきましては、塗工機関連機器部門では、自動車用二次電池向け電極塗工装置
       を中心に推移し、化工機関連機器部門では、成膜装置を中心に推移いたしました。
        今後につきましては、塗工機関連機器部門・化工機関連機器部門共に、米中貿易摩擦及び新型コロナウイルスの感
       染拡大等の影響により先行き不透明な状況で推移することが予想されます。今後の動向に注視し、                                              「電池・電子材
       料」の市場に拡販して          いく所存であります。
        当社グループは、2019年3月期から2021年3月期までの中期経営計画を策定し、基本方針及び目標達成に向け推進し
       ております。中期経営計画は公表しておりませんが、経営指標である経常利益率10%以上の実現を目指しておりま
       す。
        また、単年度の計画を公表し着実に達成していく方針であり、2019年5月に公表した業績予想と比較した当連結会
       計年度の実績は、売上高31,682百万円(予想比1,682百万円増)、営業利益3,684百万円(予想比265百万円減)、経
       常利益3,773百万円(予想比226百万円減)、経常利益率11.9%(予想13.3%)となりました。
        当連結会計年度におきましては、電池・電子材料関連を中心として好調に推移した結果、目標とする経営指標であ
       る経常利益率10%以上を達成しております。
       連結経営目標数値
                        2020年3月期予想             2020年3月期実績              計画比増減
                (百万円)
                                            31,682             1,682
     売     上     高                 30,000
                (百万円)
                                            3,684             △265
     営   業   利   益                 3,950
                (百万円)
                                            3,773             △226
     経   常   利   益                 4,000
        当社グループが製造販売する塗工機関連機器、化工機関連機器、その他の産業用機械業界は世界経済の動向に左右
       されるため、デフレ経済による消費マインドの低下やテロ等の特殊要因による社会的混乱、またグローバル経済下で
       国際商品市場の高騰により素材価格が急騰、                     災害及び感染病の流行等により操業停止をせざるを得ない様な事態によ
       り、製品の供給が遅れる           場合は当社グループの経営成績に重要な影響を与える可能性があります。
        こうした中、当社グループは財務基盤の強化を図るとともに、将来見込まれる成長分野への設備投資を進めてまい
       ります。
                                 14/93





                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社ヒラノテクシード(E01548)
                                                            有価証券報告書
       ② キャッシュ・フローの状況の分析・検討内容並びに資本の財源及び資金の流動性に係る情報
        キャッシュ・フローの状況の分析
        当社グループの当連結会計年度のキャッシュ・フローは、「第2 事業の状況 3 経営者による財政状態、経営
       成績及びキャッシュ・フローの状況の分析 (1)経営成績等の状況の概要 ② キャッシュ・フローの状況」に記
       載のとおりであります。
        当社グループの       資本の財源及び資金の流動性

        当社グループの運転資金需要のうち主なものは、製品部材の仕入、法人税等の支払、設備投資、研究および技術開
       発費用、借入金の返済、配当金の支払等であり、投資資金については、営業活動で獲得した資金と、金融機関からの
       借入により資金の調達を行っております。その調達については、事業計画に基づく資金需要、金利動向等の調達環
       境、調達規模、既存の借入の弁済時期等を総合的に考慮し適宜判断し、実施しております。
        また、株主還元については、財務の健全性等を考慮し、配当施策に基づき実施しております。
        一方、余剰資金の運用等により、金融収支の適正化を図るとともに、手許流動性の向上に努めており、売上債権、
       たな卸資産の適正化や固定資産の稼働率向上を通じて資産効率の改善にも取り組んでおります。
        BCP(事業継続計画)及び新技術開発体制の強化を目的に建設中でありました、木津川工場(京都府木津川市)
       が2019年9月に完成いたしました。
        なお、当連結会計年度末において、当社グループの経営成績に重要な影響を及ぼす設備の新設、除却等の計画はあ
       りません。
       ③重要な会計上の見積り及び当該見積りに用いた仮定

        当社グループの連結財務諸表は、わが国において一般に公正妥当と認められている会計基準に基づき作成されてお
       ります。
        重要な会計方針については、「第5 経理の状況 1 連結財務諸表等 注記事項 (連結財務諸表作成のための
       基本となる重要な事項)」に記載しております。連結財務諸表の作成にあたっては、会計上の見積りを行う必要があ
       り、特に以下の事項は、経営者の会計上の見積りの判断が財政状態及び経営成績に重要な影響を及ぼすと考えており
       ます。
        なお、現時点で新型コロナウイルス感染症の収束時期など想定することは困難であり不確実性が高いものの、同感
       染症による当社業績における通期への影響は限定的であると仮定して、期末時点で入手可能な情報を基に会計上の見
       積りを行っております。
      4【経営上の重要な契約等】

        該当事項はありません。
                                 15/93









                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社ヒラノテクシード(E01548)
                                                            有価証券報告書
      5【研究開発活動】
         持続可能な社会の実現には、環境負荷の少ない設備開発は必要不可欠であり、プロセスの効率化、設備のダウン
        サイジング、広幅化・高速化による生産性の向上、製品不良等の廃棄の削減など、生産現場での技術要求は年々高
        レベルとなっております。
         当社グループにとっての技術開発は、長年培われた「熱と風、ライン制御の技術」をもとに、それらユーザー
        ニーズを形にする技術開発を基本理念とし、グループ各社における商品開発の舞台となる実験施設「テクニカム」
        で顧客立会いによるプロセス開発・検証実験を行い、受注案件への即時展開を行っております。
         「テクニカム」には小型テスト機から生産機同等規模まで11台の設備があり、レオメータや走査電子顕微鏡(S
        EM)など最新の測定機器を設置し、市場動向の変化を的確にとらえ提案型企業として開発に取り組んでおりま
        す。
         近年のAI技術やリモート技術の発達と、労働人口の減少傾向により、設備機械においても自動運転及びリモー
        トメンテナンスの要求が高まりつつあります。
         これらの要求に応えるべく、「テクニカム」を活用した設備の予知保全技術の実装も始まっております。
         また、「テクニカム」を、顧客や当社独自の製品改善・改良、開発に限らず、大学などの学術研究機関、部品・
        装置メーカーとの共同開発の場としても広く提供し、業界全体の技術開発にも貢献しております。
         さらに2019年10月に稼働した木津川工場に、「商品開発室」を設置し開発体制の拡充に努めております。
         当社の技術開発、商品設計の場で発明された保有特許は期末日現在で92件となっております。
         当社グループが世界に類を見ない特徴として、株式会社ヒラノテクシードが技術を保有するウェットコーティン
        グ(液体の塗工)と株式会社ヒラノK&Eが技術展開するドライコーティング(個体物による塗工)をグループ内
        で共有できる体制があり、高機能化が求められる機能性フィルムにおける当社グループの大きな強みとなっており
        ます。
         現在、研究開発活動は当社の設計部商品開発課、機械部技術課及び連結子会社であるヒラノ技研工業株式会社、
        株式会社ヒラノK&Eの技術担当を含む合計約30名、総社員の1割に当る要員で業務の対応に努めております。
         当連結会計年度におけるグループ全体の研究開発費は、                          311,961    千円となっております。
        (塗工機関連機器)

         塗工機械分野ではリチウムイオン二次電池電極塗工装置における塗工均一性の向上や多層化、安定走行技術の構
        築を継続すると共に、平行して全固体電池や燃料電池等、次世代電池に対応するべく、技術開発を進めてまいりま
        す。
         ヒラノ技研工業株式会社では、後工程となる二次電池用新型高圧プレス装置を開発しており、二次電池市場にお
        ける市場拡大を図っております。
         光学機能フィルム分野では、生産性向上のためフィルムの広幅化が進められる中で、塗工精度、走行性の確保、
        装置・部品の精度維持向上のため、技術開発ばかりでなく、光学特性を向上させる機構開発にも努めております。
         また、材料搬入搬出の自動化対応、IoT及びリモート技術を利用した操作性向上に付随する省力・省人化を目
        指した製品開発にも取り組んでおります。
         当部門に係わる研究開発費は、              151,039    千円となっております。
        (化工機関連機器)

         化工機械分野では、電子、通信部材、環境エネルギー分野で活用されている積層セラミックコンデンサ用セラ
        ミックシートの成膜プロセスにおいて、超薄膜並びに厚膜シート成形、高精度膜厚形成と再現性安定化に向けた技
        術開発に注力し、全世界の市場をリードしております。
         さらに、産業資材関係におけるプリント基板材料や炭素繊維等の、シート成形、熱処理装置の開発に取り組んで
        おります。
         テクニカムのシート成形機では、性能向上や高付加価値化を目指し、自動化、省力化、高効率、高精度を追求し
        た開発に取り組んでまいります。
         当部門に係わる研究開発費は、              160,921    千円となっております。
                                 16/93







                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社ヒラノテクシード(E01548)
                                                            有価証券報告書
     第3【設備の状況】
      1【設備投資等の概要】
        当社グループ(当社及び連結子会社)は、長期的に成長が期待できる製品分野及び研究開発分野に重点を置き、合
       わせて合理化及び製品の信頼性向上のための投資を行い、当連結会計年度における総額は                                           2,683,218     千円でありま
       す。
        なお、当連結会計年度において重要な設備の除却、売却等はありません。
      2【主要な設備の状況】

        当社グループ(当社及び連結子会社)における主要な設備は、以下のとおりであります。
       (1)提出会社                                                                              2020年3月31日現在
                                    帳簿価額(千円)
      事業所名                                                  従業員数
            セグメントの
                   設備の内容
                                    土地
                         建物及び     機械装置           リース     その他の
      (所在地)        名称                                            (人)
                                                    合計
                         構築物     及び運搬具     (面積㎡)       資産    有形固定資産
           塗工機関連機       セグメントに

     本社及び工場
           器・化工機関連       関する製造・                 1,234,669
     (奈良県北葛
                         1,000,063      202,417            1,004     104,697     2,542,851       249
           機器・その他・
                  販売・その他                 (62,448.32)
     城郡河合町)
           全社(共通)       の設備
           塗工機関連機

     木津川工場             セグメントに
           器・化工機関連                         704,749
     (京都府木津
                  関する製造・       2,302,126      789,453            3,348     51,612    3,851,290       19
           機器・その他・
                                   (38,574.12)
     川市)             その他の設備
           全社(共通)
           塗工機関連機       セグメントに

     東京支店
           器・化工機関連       関する販売設
                                      -
     (東京都千代
                          9,121                      1,390     10,511       8
                                 -           -
           機器・その他・       備
                                      (- )
     田区)
           全社(共通)       (注)1
           塗工機関連機

     工場用地
           器・化工機関連                          38,223
     (奈良県橿原
                  (注)2          0                         38,223
                                 -           -     -          -
           機器・その他・
                                    (1,980.15)
     市)
           全社(共通)
                                    1,977,640
           計              3,311,312      991,870            4,353     157,700     6,442,876       276
                                   (103,002.59)
      (注)1.東京支店の建物を賃借しております。
         2.工場用地は、ヒラノ技研工業株式会社へ賃貸しております。
         3.その他の有形固定資産は「工具、器具及び備品」及び「建設仮勘定」であります。
         4.上記金額には、消費税等は含まれておりません。
                                 17/93








                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社ヒラノテクシード(E01548)
                                                            有価証券報告書
       (2)国内子会社                                    2020年3月31日現在
                                    帳簿価額(千円)
       会社名     セグメントの                                             従業員数
                   設備の内容
                          建物     機械装置      土地     リース     その他の
             名称
      (所在地)                                                   (人)
                                                    合計
                        及び構築物     及び運搬具     (面積㎡)       資産    有形固定資産
     ヒラノ技研工      塗工機関連機       セグメントに

           器・化工機関連
     業㈱             関する製造・                  121,652
                          313,360      3,540                16,831     455,384       41
                                            -
     (奈良県橿原      機器・その他・       販売・その他
                                    (4,869.06)
                  の設備
     市)      全社(共通)
     ㈱ヒラノK&

                  セグメントに
           化工機関連機
     E             関する製造・
                                      -
           器・その他・全               1,236     16,384           1,392     7,649     26,662      53
     (奈良県北葛             販売・その他
                                      (- )
           社(共通)
     城郡河合町)             の設備
      (注)1.その他の有形固定資産は「工具、器具及び備品」及び「建設仮勘定」であります。
         2.上記金額には、消費税等は含まれておりません。
      3【設備の新設、除却等の計画】

        当社グループの設備投資については、原則的に連結会社が個別に策定していますが、グループ全体で重複投資とな
       らないよう、提出会社を中心に調整を行っており                       ます。
        なお、当連結会計年度末において、当社グループの業績に重要な影響を及ぼす設備の新設、除却等の計画はありま
       せん。
                                 18/93














                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社ヒラノテクシード(E01548)
                                                            有価証券報告書
     第4【提出会社の状況】
      1【株式等の状況】
       (1)【株式の総数等】
        ①【株式の総数】
                  種類                       発行可能株式総数(株)
                 普通株式                                      50,000,000
                  計                                     50,000,000
        ②【発行済株式】

                 事業年度末現在             提出日現在
                                        上場金融商品取引所
                 発行数(株)            発行数(株)
        種類                               名又は登録認可金融              内容
                (2020年3月31日)            (2020年6月29日)            商品取引業協会名
                                         東京証券取引所
                     15,394,379            15,394,379
       普通株式                                           単元株式数 100株
                                         (市場第二部)
                     15,394,379            15,394,379           -           -
         計
       (2)【新株予約権等の状況】

        ①【ストックオプション制度の内容】
           該当事項はありません。
        ②【ライツプランの内容】

           該当事項はありません。
        ③【その他の新株予約権等の状況】

           該当事項はありません。
       (3)【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

           該当事項はありません。
       (4)【発行済株式総数、資本金等の推移】

                  発行済株式       発行済株式       資本金増減額        資本金残高       資本準備金       資本準備金
         年月日         総数増減数        総数残高                      増減額        残高
                   (株)       (株)       (千円)       (千円)       (千円)       (千円)
     1990年4月1日~
                   1,394,379       15,394,379         794,796      1,847,821        793,576      1,339,654
     1991年3月31日
      (注) 転換社債の転換によるものであります。
       (5)【所有者別状況】

                                                    2020年3月31日現在
                         株式の状況(1単元の株式数             100  株)
                                                       単元未満
             政府及び
                                    外国法人等
                                                       株式の状況
       区分
                       金融商品     その他の                 個人
             地方公共     金融機関                                 計
                                                        (株)
                       取引業者      法人               その他
                                  個人以外      個人
              団体
     株主数
                -     18     25     64     85      2   2,076     2,270        -
     (人)
     所有株式数
                -   55,488      5,150     20,145     27,178       12   45,890     153,863       8,079
     (単元)
     所有株式数の
                -    36.06      3.35     13.09     17.66      0.01     29.83     100.00        -
     割合(%)
      (注)1.自己株式344,601             株は、「個人その他」に3,446単元及び「単元未満株式の状況」に1株含めて記載しており
           ます。
         2.「株式の状況」の「その他の法人」には、証券保管振替機構名義の株式が10単元含まれております。
                                 19/93



                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社ヒラノテクシード(E01548)
                                                            有価証券報告書
       (6)【大株主の状況】
                                                    2020年3月31日現在
                                                      発行済株式
                                                      (自己株式を
                                                所有株式数      除く。)の総
            氏名又は名称                       住所
                                                (千株)      数に対する所
                                                      有株式数の割
                                                       合(%)
     明治安田生命保険相互会社

                         東京都千代田区丸の内2丁目1番1号
     (常任代理人 資産管理サービス信託銀                                             1,450       9.63
                         (東京都中央区晴海1丁目8番12号)
     行株式会社)
                         奈良県北葛城郡河合町大字川合101番地の1                         1,318       8.76
     ヒラノ会
     日本マスタートラスト信託銀行株式会社
                                                   930      6.18
                         東京都港区浜松町2丁目11番3号
     (信託口)
                                                   850      5.65
     伊藤忠商事株式会社                    東京都港区北青山2丁目5-1号
                                                   737      4.90
     株式会社三菱UFJ銀行                    東京都千代田区丸の内2丁目7番1号
                                                   731      4.86
     株式会社りそな銀行                    大阪市中央区備後町2丁目2番1号
                                                   410      2.73
     立花証券株式会社                    東京都中央区日本橋茅場町1丁目13番14号
     BBH/SUMITOMO       MITSUI    TRUST   (UK)
     LIMITED    FOR  SMT  TRUSTEES     (IRELAND)       BLOCK5,    HARCOURT     CENTRE    HARCOURT     ROAD,
     LIMITED    FOR  JAPAN   SMALL   CAP  FUND   CLT   DUBLIN    2                      318      2.11
     AC                    (東京都千代田区丸の内1丁目3番2号)
     (常任代理人 株式会社三井住友銀行)
     BBH (LUX) FOR FIDELITY FUNDS-
                         2A RUE ALBERT BORSCHETTE 
     JAPAN AGGRESSIVE
                         LUXEMBOURG L-1246
                                                   315      2.09
     (常任代理人 株式会社三菱UFJ銀
                         (東京都千代田区丸の内2丁目7-1)
     行)
                                                   300      1.99
     株式会社南都銀行                    奈良市橋本町16番地
                                   -               7,360       48.91
              計
      (注)1.上記のほか、当社所有の自己株式が344千株あります。
         2.ヒラノ会は、当社取引先持株会であります。
         3.上記のうち信託業務に係る株式数は、次のとおりであります。
           日本マスタートラスト信託銀行株式会社(信託口)
                                            930千株
         4.フィデリティ投信株式会社から、2018年4月20日付で関東財務局長に提出された大量保有報告書の変更報告
           書により、2018年4月13日現在で以下のとおり株式を保有している旨報告を受けておりますが、当社として
           は2020年3月31日現在における実質所有株式数の確認ができませんので、上記株主の状況には含めておりま
           せん。
                                               保有株券等の       株券等保有割
            氏名又は名称                       住所
                                                数(千株)       合(%)
      フィデリティ投信株式会社                    東京都港区六本木七丁目7番7号                          972      6.32

                                 20/93







                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社ヒラノテクシード(E01548)
                                                            有価証券報告書
       (7)【議決権の状況】
        ①【発行済株式】
                                                    2020年3月31日現在
                        株式数(株)            議決権の数(個)
           区分                                         内容
                                -             -        -
     無議決権株式
     議決権制限株式(自己株式等)                           -             -        -
     議決権制限株式(その他)                           -             -        -

                     (自己保有株式)
     完全議決権株式(自己株式等)                                        -        -
                             344,600
                     普通株式
     完全議決権株式(その他)                       15,041,700               150,417          -
                     普通株式
                               8,079               -        -
     単元未満株式               普通株式
                            15,394,379                  -        -
     発行済株式総数
                                -           150,417          -
     総株主の議決権
      (注)1.「完全議決権株式(その他)」欄の普通株式には、証券保管振替機構名義の株式が1,000株(議決権10個)
           含まれております。
         2.「単元未満株式」欄の普通株式には、当社所有の自己株式1株が含まれております。
        ②【自己株式等】

                                                    2020年3月31日現在
                                                      発行済株式
                                  自己名義       他人名義      所有株式数
                                                      総数に対する
        所有者の氏名
                                 所有株式数       所有株式数        の合計
                      所有者の住所
                                                      所有株式数の
         又は名称
                                  (株)       (株)       (株)
                                                      割合(%)
     (自己保有株式)             奈良県北葛城郡河合町

                                             -
                                   344,600              344,600         2.24
                   大字川合101番地の1
     株式会社ヒラノテクシード
                                             -
                         -           344,600              344,600         2.24
           計
      (注)上記のほか、当社所有の自己株式1株があります。なお、当該株式は①「発行済株式」の「単元未満株式」の欄
         に含まれております。
                                 21/93










                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社ヒラノテクシード(E01548)
                                                            有価証券報告書
      2【自己株式の取得等の状況】
        【株式の種類等】 会社法第155条第7号による普通株式の取得
       (1)【株主総会決議による取得の状況】
           該当事項はありません。
       (2)【取締役会決議による取得の状況】

           該当事項はありません。
       (3)【株主総会決議又は取締役会決議に基づかないものの内容】

              区分                 株式数(株)                価額の総額(円)
     当事業年度における取得自己株式                                    167               287,136
     当期間における取得自己株式                                    -                 -
      (注) 当期間における取得自己株式には、2020年6月1日から有価証券報告書提出日までの単元未満株式の買取りに
          よる株式数は含まれておりません。
       (4)【取得自己株式の処理状況及び保有状況】

                                当事業年度                  当期間
              区分
                                   処分価額の総額                 処分価額の総額
                           株式数(株)                 株式数(株)
                                     (円)                 (円)
     引き受ける者の募集を行った取得自己株式                           -         -         -         -
     消却の処分を行った取得自己株式                           -         -         -         -
     合併、株式交換、会社分割に係る移転を
                                 -         -         -         -
     行った取得自己株式
     その他(譲渡制限付株式報酬による自己株
                                      7,388,985
                               6,349                   -         -
     式の処分)
     保有自己株式数                         344,601           -         -         -
      (注) 当期間における保有自己株式数には、2020年6月1日から有価証券報告書提出日までの単元未満株式の買取及
          び売渡による株式数は含まれておりません。
                                 22/93











                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社ヒラノテクシード(E01548)
                                                            有価証券報告書
      3【配当政策】
        当社は、株主各位への配当金は、企業の収益状況により決定するものと考えており、安定的な配当の維持を基本と
       しております。
        当社の剰余金の配当は、中間配当及び期末配当の年2回を基本的な方針としております。配当の決定機関は、中間
       配当は取締役会、期末配当は株主総会であります。
        当事業年度の剰余金の配当につきましては、経営環境等を勘案し、内部留保にも留意しつつ、木津川工場竣工記念
       配当10円を含み1株当たり期末普通配当28円とし、中間普通配当18円と合わせて46円としております。
        内部留保資金につきましては、長期的展望に立った新規技術の開発・事業の拡大及び経営体制の効率化・省力化の
       ための基礎資金として充当し、企業体質と企業競争力の強化に取り組んでまいります。
        当社は、「取締役会の決議により、毎年9月30日を基準日として、中間配当を行うことができる。」旨を定款に定
       めております。
        なお、当事業年度に係る剰余金の配当は以下のとおりであります。
                           配当金の総額(千円)                  1株当たり配当額(円)
           決議年月日
     2019年11月8日
                                      270,897                    18.00
     取締役会決議
     2020年6月26日
                                      421,393                    28.00
     定時株主総会決議
                                 23/93















                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社ヒラノテクシード(E01548)
                                                            有価証券報告書
      4【コーポレート・ガバナンスの状況等】
       (1)【コーポレート・ガバナンスの概要】
       ① コーポレート・ガバナンスに関する基本的な考え方
        当社は「取締役会の活性化」「意思決定の迅速化」「透明性の確保」の3点を重点課題と認識し、社内情報システ
       ムの高度化・法令の遵守・適時適切な開示等を通じて経営管理機能の強化に取り組んでいくことが、コーポレート・
       ガバナンスに関する基本的な考え方であり、経営上の最も重要な課題のひとつと位置づけております。
        また、株主をはじめ顧客・従業員・地域社会等、全てのステークホルダーにとって企業価値を最大化すること、経
       営の透明性・効率性を向上させることを基本方針としております。
       ② 企業統治の体制の概要及び当該体制を採用する理由

        当社の企業統治の概要は以下のとおりであります。
        当社は、監査等委員会制度を採用しており、取締役会及び監査等委員会により、業務執行の監視、監督を行ってお
       ります。
        取締役会は、社外取締役2名を含む取締役9名で構成され毎月1回の定例開催と必要に応じて臨時開催し、経営に
       関する重要事項を報告及び決議しております。
        監査等委員会は、社外取締役2名を含む取締役3名で構成され、毎月1回の定例監査等委員会を開催する他、取締
       役会に出席し、独立した立場から取締役の職務執行を監査し、適宜必要な提案を行うことで、経営の透明性と客観性
       を確保しております。
        また、経営会議は、取締役7名を含む部長及び部長代理を主体とした17名で構成され、毎月1回の定例開催と必要
       に応じて臨時開催し、取締役会で決定した経営意思決定の即時伝達や各部門での情報の共有化と経                                             営に関する重要事
       項の立案、調査、検討及び実施結果の把握等を行い、答申すること                               により、相互の意思疎通を図り迅速かつ的確な業
       務の遂行の確保に努めております。
        内部統制委員会は、取締役6名を含む13名で構成されており、監査計画に基づき業務及び内部統制システムの運用
       状況の監査を行い、各部門に対し改善・改良の指示を行うことで、会社業務の適法性・効率性の確保に努めておりま
       す。また、常勤監査等委員である取締役1名が参加し、監査及び提案を行い更なる透明性と客観性を確保しておりま
       す。
        当社が当該体制を採用する理由としましては、取締役会の迅速な意思決定が可能なこと、併せて客観的な立場から
       社外取締役に経営への助言が受けられること、監査等委員会設置会社として監査等委員である取締役3名(うち社外
       取締役2名)を選任し、取締役会の監督、職務執行及び業務執行を監査することで、コーポレート・ガバナンスの実
       効性を高め、より客観性・中立性を確保していると認識しております。
        なお、機関ごとの構成員は次のとおりであります。(◎は議長、委員長を示す。)
        役職名          氏名        取締役会        監査等委員会         内部統制委員会           経営会議
     取締役社長         岡田  薫             ◎                   ◎         ◎

     常務取締役         安居 宗則             〇                   〇         〇

     取締役         金子 二雄             〇                   〇         〇

     取締役         岡田 富美一             〇                   〇         〇

     取締役         原 昌 史             〇                   〇         〇

     取締役         大森 克洋             〇                   〇         〇

     取締役         田澤 憲二             〇         ◎                   〇

     社外取締役         髙谷 和光             〇         〇                  適宜

     社外取締役         辻 淳 子             〇         〇                  適宜

                                 24/93





                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社ヒラノテクシード(E01548)
                                                            有価証券報告書
       ③ 企業統治に関するその他の事項









        内部統制システムは、           内部統制システムに関する基本方針を取締役会決議により制定し、「コンプライアンス行動
       規範」を設け、会社業務の適法性・効率性の確保に努めております。
        当社のリスク管理体制は、リスク管理を取組むべき重要な経営課題と認識しております。日常的なリスク管理につ
       いては、総務部が中心となり実施するとともに、当社の各部署への指導を行っており                                       、当社の事業活動に重要な影響
       を及ぼすおそれのある経営リスクについては、取締役会及び経営会議において個別にリスクの把握・分析を行い、リ
       スク管理を行っております。
        また、子会社の業務の適正を確保するため                     、相互に協力し、適宜管理、指導を行っております。
        毎月1回、第一月曜日にグループ会社の社長会を開催し、意見交換を行い、進捗を取締役会にて報告し、経営状況
       の把握に努めております。
        当社役員が子会社の役員を兼任することにより、グループ全体の監視及び監査を適正に行っており、連結経営に対
       応するため、会計監査人及びグループ会社の監査役との連携を図っております。
        内部統制委員会には、子会社も参加しており、グループ全体の内部統制システム構築に努めると共に、必要な指導
       及び支援を実施しております。
       〇 責任限定契約の内容の概要

        当社と取締役(業務執行取締役等であるものを除く。)は、会社法第427条第1項に基づき、同法第423条第1項の
       損害賠償責任を限定する契約を締結しております。当該契約に基づく賠償責任の限度額は、法令が規定する額として
       おります。なお、当該責任限定が認められるのは、当該取締役(業務執行取締役等であるものを除く。)が責任の原
       因となった職務の遂行について善意でかつ重大な過失がないときに限られます。
       〇  取締役の定数

        当社は監査等委員でない取締役を10名以内、監査等委員である取締役を4名以内とする旨定款に定めております。
       〇 取締役の選任の決議要件

        当社は、取締役の選任決議は、議決権を行使することのできる株主の議決権の3分の1以上を有する株主が出席
       し、その議決権の過半数をもって行う旨定款に定めております。また、取締役の選任決議については累積投票によら
       ない旨も定款で定めております。
                                 25/93


                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社ヒラノテクシード(E01548)
                                                            有価証券報告書
       〇 株主総会の特別決議要件
        当社は、株主総会における特別決議の定足数を緩和することにより、株主総会の円滑な運営を行うことを目的と
       し、会社法第309条第2項の規定によるべき決議は、議決権を行使することのできる株主の議決権の3分の1以上を
       有する株主が出席し、その議決権の3分の2以上をもってこれを行う旨定款に定めております。
       〇 取締役会決議による自己株式の取得

        当社は、企業環境の変化に対応した機動的な資本政策が遂行できるようにするため、会社法第165条第2項の規定
       により、取締役会の決議をもって自己の株式を取得することができる旨定款に定めております。
       〇 取締役会決議による中間配当

        当社は、株主への機動的な利益還元を可能とするため、毎年9月30日を基準日として、取締役会の決議をもって、
       株主又は登録株式質権者に対し、中間配当として剰余金の配当を行うことができる旨定款に定めております。
       〇 取締役の責任免除

        当社は、経営の機動性を確保するとともに、取締役がその期待される役割を充分に発揮できるようにするため、会
       社法第426条第1項に基づき、任務を怠ったことによる取締役(取締役であった者を含む。)の損害賠償責任を、法
       令の限度において、取締役会の決議をもって、免除することができる旨定款に定めております。
                                 26/93















                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社ヒラノテクシード(E01548)
                                                            有価証券報告書
       (2)【役員の状況】
        ① 役員一覧
        男性    8 名 女性      1 名 (役員のうち女性の比率             11 %)
                                                          所有
        役職名        氏名       生年月日                 略歴              任期   株式数
                                                         (千株)
                              1981年3月     当社入社

                              2013年7月     設計部部長代理
                              2014年6月     取締役就任
       取締役社長
               岡 田  薫       1958年9月20日      生                          (注)2      22
                              2015年6月
       代表取締役                            代表取締役社長就任(現在)
                              2017年5月     株式会社ヒラノK&E代表取締役社長就任
                                   (現在)
                              1982年3月     当社入社
                              2007年4月     総務部部長代理
                              2012年6月     取締役就任
       常務取締役
                              2017年5月     ヒラノ技研工業株式会社代表取締役社長就任
     総務・製造担当兼品質         安 居 宗 則       1960年1月8日      生                          (注)2      9
                                   (現在)
        保証部長
                              2018年6月     常務取締役就任
                              2019年4月     常務取締役総務・製造担当兼品質保証部長就
                                   任(現在)
                              1983年3月     当社入社
        取締役
               金 子 二 雄       1961年2月26日      生  2010年4月     設計部部長代理
                                                     (注)2      13
        機械部長
                              2013年6月     取締役機械部長就任(現在)
                              1983年3月     当社入社
        取締役
                              2012年10月     製造部部長代理
               岡 田 富美一       1959年11月11日      生
                                                     (注)2      12
        製造部長
                              2016年6月
                                   取締役製造部長就任(現在)
                              2014年4月     株式会社三菱東京UFJ銀行(現             株式会社

                                   三菱UFJ銀行)難波支店長
        取締役
               原  昌 史       1964年8月12日      生                          (注)2      3
                              2017年6月     当社へ出向 総務部部長付
        総務部長
                              2018年4月     当社入社 総務部部長代理
                              2018年6月
                                   取締役総務部長就任(現在)
                              1988年3月     当社入社
        取締役
               大 森 克 洋       1965年10月10日      生  2016年4月     設計部長                  (注)2      9
        設計部長
                              2018年6月
                                   取締役設計部長就任(現在)
                              1984年4月     株式会社大和銀行(現         株式会社りそな銀
                                   行)入行
        取締役
                              2011年4月     当社入社
               田 澤 憲 二       1960年6月28日      生                          (注)3      7
      (常勤監査等委員)
                              2014年4月     総務部部長代理
                              2014年6月     常勤監査役就任
                              2016年6月     取締役(常勤監査等委員)就任(現在)
                              1989年3月     公認会計士登録
                              1992年8月     税理士登録
                              2004年3月
                                   髙谷公認会計士事務所開業(現在)
                              2004年12月
        取締役
                                   ネクサス監査法人代表社員就任(現在)
               髙 谷 和 光       1958年12月1日      生                          (注)3      -
                              2006年6月
      (監査等委員)                             監査役就任
                              2016年6月
                                   取締役(監査等委員)就任(現在)
                              2019年6月     日本ピラー工業株式会社 社外取締役(監査
                                   等委員)就任(現在)
                              2000年10月     弁護士登録
                              2012年10月     弁理士登録
                              2015年4月
                                   辻法律特許事務所開設(現在)
                              2017年3月
                                   特許庁工業所有権審議会委員(現在)
        取締役
               辻  淳 子       1964年8月25日      生  2017年6月     日本弁護士連合会知的財産センター委員(現                  (注)3      -
      (監査等委員)
                                   在)
                              2019年4月     内閣官房健康・医療戦略推進専門調査会委員
                                   (現在)
                              2019年6月
                                   取締役(監査等委員)就任(現在)
                              計
                                                           77
                                 27/93


                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社ヒラノテクシード(E01548)
                                                            有価証券報告書
      (注)1.監査等委員である髙谷和光氏、辻淳子氏は、社外取締役であります。
         2.  取締役の任期は、2020年3月期に係る株主総会終結の時から2021年3月期に係る定時株主総会終結の時まで
           であります。
         3.  監査等委員である取締役の任期は、2020年3月期に係る株主総会終結の時から2022年3月期に係る定時株主
           総会終結の時までであります。
        ② 社外役員の状況

         当社の社外取締役は2名であり、いずれも監査等委員であります。
         激しく変化する市場を的確にとらえ、経営環境へ適時適切に対応するためには、高度な専門性を備えた社外取締
        役を中心に構成するマネジメント体制を採用し、経営判断と一体化して運営することが望ましいと考えておりま
        す。
         社外取締役は、取締役会、監査等委員会及び経営会議等に参加するとともに、随時連絡が取れる体制となってお
        り客観的な立場に基づく意見交換・認識共有を図っております。
         社外取締役髙谷和光氏は公認会計士の資格を有し、財務及び会計に関する相当程度の知見を有するものであり、
        専門的見地から客観的に財務・会計に関する意見を述べることができます。同氏は、ネクサス監査法人の代表社員
        であります。当社はネクサス監査法人との間に特別な利害関係はありません。また、同氏は日本ピラー工業株式会
        社の社外取締役を兼任しておりますが、当社と当該会社との間に重要な取引その他の関係はありません。
         社外取締役辻淳子氏は弁護士及び弁理士の資格を有し、高度な専門知識と各種専門機関の委員を歴任するなど豊
        富な経験を有しており、その専門的見地から、経営の透明性、コーポレートガバナンスの向上に資する客観的な助
        言・提言を述べることができます。また、当社との人的関係、資本的関係又は取引関係その他の利害関係はありま
        せん。
         当社は、様々な経歴、専門性並びに経験を有した社外取締役を選任し、独立的な立場から客観的かつ公正に当社
        の経営を監督、監査できる体制を確保することで、経営における透明性の向上や経営監視機能の強化に繋がると考
        えており、     社外取締役の選任に当たっては独立性に関する基準及び方針を次のとおり定めております。
         なお、    社外取締役髙谷和光氏並びに辻淳子氏を、取引所が一般株主保護のため定める、一般株主と利益相反が生
        じる恐れがない社外取締役であることから、独立役員として東京証券取引所に届け出ております。
        1  当社は以下各号のいずれかに該当する者を当社の独立役員に指定しません。
        (1)当社の親会社又は兄弟会社の業務執行者等(業務執行者又は業務執行者であった者をいう。以下同じ。)
        (2)当社を主要な取引先とする者若しくはその業務執行者等又は当社の主要な取引先若しくはその業務執行者等
        (3)当社から役員報酬以外に多額の金銭その他の財産を得ているコンサルタント、会計専門家又は法律専門家(当
          該財産を得ている者が法人、組合等の団体である場合は、当該団体に所属する者及び当該団体に過去に所属
          していた者をいう。)
        (4)当社の主要株主
        (5)以下に掲げる者(重要でない者を除く。)の近親者
          a.  前各号に掲げる者
          b.  当社又は当社の子会社の業務執行者等
        2 社外取締役を独立役員として指定する場合にあっては、前項第5号②の業務執行者等には、業務執行者でない
         取締役若しくは業務執行者でない取締役であった者又は会計参与若しくは会計参与であった者を含むものとす
         る。
        ③ 社外取締役による監督又は監査と内部監査、監査等委員会監査及び会計監査との相互連携並びに内部統制部門

         との関係
         監査等委員である社外取締役は取締役会及び監査等委員会に出席し、常勤監査等委員を通じて、内部監査及び会
        計監査等の結果も含めた業務執行状況に関する報告を受け、                            客観的・独立的な立場から適正な会計処理及び透明な
        経営の確保に努め、監督・監査を行っております。
         また、監査の打合わせ・報告・棚卸等に同席し、内容の確認及び意見交換等を行っております。
                                 28/93





                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社ヒラノテクシード(E01548)
                                                            有価証券報告書
       (3)【監査の状況】
        ①   監査等委員会      監査の状況
         a.組織・人員
           当社は監査等委員会制度を採用しており、社外取締役2名を含む取締役3名で構成され、毎月1回の定例監
          査等委員会を開催する他、取締役会に出席し、独立した立場から取締役の職務執行を監査し、適宜必要な提案
          を行うことで、経営の透明性と客観性を確保しております。
           なお、取締役田澤憲二氏は長年の銀行勤務経験を有しており、財務及び会計に関する相当程度の知見を有す
          るものであります。
           社外取締役髙谷和光氏は公認会計士の資格を有し、財務及び会計に関する相当程度の知見を有しておりま
          す。
           社外取締役辻淳子氏は弁護士・弁理士として高度な専門知識と各種専門機関の委員を歴任するなど豊富な経
          験を有しております。
         b.監査等委員会の活動状況
           監査等委員会は、取締役会開催に先立ち月次で開催される他、必要に応じて臨時開催されます。
           当事業年度は合計14回開催し、1回あたりの所要時間は47分(1時間以内目標)でした。監査等委員の出席
          率は全員100%でした。(社外取締役辻淳子氏は、2019年6月26日就任以降開催の監査等委員会から出席してお
          ります。)
           年間を通じ次のような決議、報告、協議がなされました。
          決議7件:監査等委員会監査方針、監査計画、監査分担、監査等委員である取締役選任議案の株主総会への提
               出同意、取締役(監査等委員である取締役を除く)の選任議案への陳述、取締役(監査等委員であ
               る取締役を除く)の報酬についての陳述、会計監査人の評価および再任・不再任、監査報告書作成
               等。
          報告53件:取締役会の議題事前説明、経営会議内容報告、開発会議内容報告、常勤監査等委員の活動報告等
          協議4件:会計監査人の評価および再任・不再任、会計監査人の監査報酬同意、監査報告書案等
         c.監査等委員会の主な活動
           監査等委員は、取締役会に出席し、議事運営、決議内容等を監査し、必要により意見表明を行っておりま
          す。
           取締役会への監査等委員の出席率は96%でした。(社内常勤監査等委員100%、社外監査等委員94%)
           全監査等委員と取締役社長とのミーティングを年4回開催し、意見交換・提言を行っております。その他、
          常勤監査等委員は経営会議、開発会議、内部統制委員会、ISO監査等社内の重要な会議または委員会に出席
          しております。
           また、会計監査人から監査計画説明、四半期レビュー結果報告、監査結果報告を受け、期末には会計監査人
          の実施する棚卸監査に常勤監査等委員が立会い、会計監査人の評価を実施しています。
           監査等委員会は、当事業年度の重点監査項目として、(1)内部統制システムの整備・運用状況、(2)リス
          ク管理状況、(3)木津川工場完成及び稼働状況、(4)生産消化状況について取組みました。
          (1)内部統制システムの整備・運用状況

            「内部統制報告制度対応プロジェクト基本計画書」の運用と評価を、内部統制関連会議への出席等によ
           り、リスク管理体制、内部統制システムに係る監査の実施計画等について、取締役会決議の内容及びそれ
           に基づく内部統制システムの整備・運用状況を監視・検証し、内部統制システムに関する取締役会決議の
           内容は相当であると認めました。
          (2)リスク管理状況
            想定される様々なリスクに対して、グループ社長会・取締役会・経営会議において経営戦略リスク、各
           部署固有のリスクについては、必要な規程・マニュアル等の整備状況を確認いたしました。
            リスク管理は適正に行われていることを確認いたしました。
          (3)木津川工場完成及び稼働状況
            2019年10月に当初予定通りに完成いたしました。奈良本社工場からの一部移転も計画通り進み、本格的
           に稼働できたことを確認いたしました。
          (4)生産消化状況
            生産管理調整会議及び全社生産管理調整会議に出席いたしました。
            有力引合い・受注状況、生産計画進捗を確認し、業務輻輳の中各部署が協力し生産消化に努めているこ
           とを確認いたしました。
        ② 内部監査の状況

          当社の内部監査部門は、取締役6名を含む13名で構成された内部統制委員会が担っており、監査計画に基づき
         業務及び内部統制システムの運用状況の監査を行い、その結果をもって各部門に対し改善・改良の指示を行って
         おります。また、その監査方針・結果等は、取締役会、監査等委員会及び会計監査に報告をするとともに、必要
         に応じてヒヤリング及び意見交換を行い監査業務の充実を図っております。
                                 29/93



                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社ヒラノテクシード(E01548)
                                                            有価証券報告書
        ③ 会計監査の状況
         a.監査法人の名称
          有限責任監査法人トーマツ
         b.提出会社の財務書類について連続して監査関連業務を行っている場合における期間
          13年間
         c.業務を執行した公認会計士
          指定有限責任社員 業務執行社員:後藤紳太郎 (継続監査年数 5年)
          指定有限責任社員 業務執行社員:髙見勝文  (継続監査年数 1年)
         d.監査業務に係る補助者の構成
          当社の会計監査業務に係る補助者は、公認会計士4名、会計士試験合格者等5名であります。
         e .監査法人の選定方針と理由
           会計監査人候補の評価に関し、「会計監査人の評価及び選定基準策定に関する監査役等の実務指針」(平成
          29年10月13日公益社団法人日本監査役協会)(以下、「実務指針」という。)を踏まえ、監査法人の品質管理
          体制、独立性、事業内容に対応するリスクを勘案した監査計画、会社の規模や事業内容を勘案した監査チーム
          の編成、及び監査報酬の適切性等の評価をもって選定方針としております。
           会計監査人が、会社法第340条第1項各号に該当すると判断したときは、監査等委員全員の同意に基づき監
          査等委員会が会計監査人を解任する方針です。また、そのほか会計監査人が職務を適切に遂行することが困難
          であると認められる場合、又は監査の適正性をより高めるために会計監査人の変更が妥当であると判断される
          場合には、監査等委員会は、会計監査人の解任又は不再任に関する議案の内容を決定いたします。
         f.監査等委員会による監査法人の評価
           監査等委員会は、「実務指針」を踏まえ、会計監査人との意見交換、監査実施状況の報告等を通じて、監査
          法人の品質管理体制、監査チームの独立性と専門性、及び監査の有効性と効率性等について評価を行っており
          ます。
                                 30/93














                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社ヒラノテクシード(E01548)
                                                            有価証券報告書
        ④ 監査報酬の内容等
         a.監査公認会計士等に対する報酬
                        前連結会計年度                      当連結会計年度
         区分
                  監査証明業務に            非監査業務に           監査証明業務に            非監査業務に
                 基づく報酬(千円)           基づく報酬(千円)           基づく報酬(千円)           基づく報酬(千円)
                       20,500             -         22,000            7,000
        提出会社
                          -           -           -           -
        連結子会社
                       20,500             -         22,000            7,000
          計
      当連結会計年度における監査証明業務に基づく報酬において、前連結会計年度の監査に係る追加報酬額が1,000千円が含
     まれております。
      また、    当社における非監査業務の内容は、新収益認識基準の導入に係る助言・指導業務であります。
         b.監査公認会計士等と同一のネットワーク(デロイトトーマツ税理士法人)に属する組織に対する報酬(a.

         を除く)
                        前連結会計年度                      当連結会計年度
         区分
                  監査証明業務に            非監査業務に           監査証明業務に            非監査業務に
                 基づく報酬(千円)           基づく報酬(千円)           基づく報酬(千円)           基づく報酬(千円)
                          -          7,179             -          9,268
        提出会社
                          -           -           -           -
        連結子会社
                          -          7,179             -          9,268
          計
      当社における非監査業務の内容は、海外における税務申告等に関する業務であります。
         c.その他の重要な監査証明業務に基づく報酬の内容

          (前連結会計年度)
           該当事項はありません。
          (当連結会計年度)

           該当事項はありません。
         d.監査報酬の決定方針

           監査等委員会は、         「実務指針」      を踏まえ、取締役、社内関係部署及び会計監査人から必要な資料を入手し、
          報告を受けたうえで監査計画の内容、会計監査の職務執行状況の相当性、報酬見積りの算出根拠・算定内容に
          ついて確認し、その適切性・妥当性を検討し、会社法第399条第1項の同意を行っております。
         e.監査等委員会が会計監査人の報酬等に同意した理由

           取締役、社内関係部署及び会計監査人から必要な資料を入手し、報告を受けたうえで監査計画の内容、会計
          監査の職務執行状況の相当性、報酬見積りの算出根拠・算定内容について確認した結果、適切かつ妥当と判断
          し、会社法第399条第1項の同意を行いました。
                                 31/93








                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社ヒラノテクシード(E01548)
                                                            有価証券報告書
       (4)【役員の報酬等】
        ①   役員の報酬等の額又はその算定方法の決定に関する方針に係る事項
          取締役の報酬等については、固定報酬と譲渡制限付株式報酬とで構成されております。
          固定報酬については株主総会の決議により、監査等委員でない取締役と監査等委員である取締役とを区別し、
         取締役の報酬限度額を決定しており、その範囲内において、監査等委員でない取締役については、監査等委員会
         の公正な検討及び勧告を経て、会社の業績や経営内容、経済情勢等を総合的に考慮し、報酬の一部を業績連動型
         とし取締役会にて個別の報酬額を協議し決定しております。また、監査等委員である取締役については、監査等
         委員の役割及び職務の内容を勘案し、監査等委員である取締役の協議により決定しております。
          当社の役員の報酬等に関する株主総会の決議年月日は2019年6月26日であり、決議の内容は、取締役(監査等
         委員である取締役を除く。定款で定める取締役の員数は10名以内とする。本有価証券報告書提出日現在は6
         名。)については、年額120,000千円以内(ただし、使用人兼務取締役の使用人分給与を含みません。)、監査
         等委員である取締役(定款で定める監査等委員である取締役の員数は4名以内とする。本有価証券報告書提出日
         現在は3名。)については、年額40,000千円以内となっております。
          当社の監査等委員でない取締役の報酬等の額の決定権限を有する者は、取締役会により委任された取締役社長
         岡田薫であります。
          また、2019年6月26日開催の株主総会において、取締役(監査等委員である取締役及び社外取締役を除く。)
         について当社の企業価値の持続的な向上を図るインセンティブを与えるとともに株主の皆様との一層の価値共有
         を進めることを目的として、譲渡制限付株式報酬制度を導入することが決議され、取締役(監査等委員である取
         締役及び社外取締役を除く。)の金銭による報酬等の額は、年額120,000千円以内とは別枠として、年額40,000
         千円以内(ただし、使用人兼務取締役の使用人分給与を含みません。)とし、対象取締役が発行又は処分を受け
         る当社普通株式の総数は、年50,000株以内となっております。
          なお、譲渡制限付株式報酬制度の概要は次のとおりであります。
          対象取締役は、本制度に基づき当社から支給される金銭報酬債権の全部を現物出資財産として払込み、当社の
         普通株式について発行又は処分を受けることとなります。本制度に基づき対象取締役に対して支給する金銭報酬
         債権の総額は年額40,000千円以内(ただし、使用人兼務取締役の使用人分給与を含みません。)となっておりま
         す。各対象取締役への具体的な支給時期及び配分については、取締役会において決定いたします。
          本制度により当社が発行又は処分する普通株式の総数は年50,000株以内となっております。ただし、本議案の
         決議の日以降を効力発生日とする当社の普通株式の株式分割(当社の普通株式の無償割当てを含みます。)又は
         株式併合が行われた場合その他譲渡制限付株式として発行又は処分する当社の普通株式の総数の調整を必要とす
         る事由が生じた場合には、当該総数を合理的に調整することができるものといたします。
          また、1株当たりの払込金額は、各取締役会決議の日の前営業日における東京証券取引所における当社の普通
         株式の終値(同日に取引が成立していない場合は、それに先立つ直近取引日の終値)を基礎として、当該普通株
         式を引き受ける対象取締役に特に有利な金額とならない範囲において、取締役会において決定いたします。
          本制度による当社の普通株式の発行又は処分に当たっては、当社と対象取締役との間で譲渡制限付株式割当契
         約を締結するものとし、当該割当契約は以下の内容を含むものといたします。
          ①割当てを受けた対象取締役は一定期間、当該株式について譲渡、担保権の設定その他の処分をしてはならな
           いこと。
          ②一定の事由が生じた場合には、割当てられた譲渡制限付株式を当該対象取締役から当社が無償で取得するこ
           と。
          本株式は、譲渡制限期間中の譲渡、担保権の設定その他の処分をすることができないよう、譲渡制限期間中
         は、対象取締役が野村證券株式会社に開設する専用口座で管理されます。
          また、役員退職慰労金制度は廃止され、取締役(監査等委員である社外取締役を除く。)に対する退職慰労金
         を打ち切り支給することとし、その支給時期は、各取締役(監査等委員である社外取締役を除く。)の退任時と
         し、その具体的な金額、方法等は監査等委員ではない取締役については取締役会に、監査等委員である取締役に
         ついては監査等委員である取締              役の協議に、それぞれ一任しております。
                                 32/93





                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社ヒラノテクシード(E01548)
                                                            有価証券報告書
        ②   役員区分ごとの報酬等の総額、報酬等の種類別の総額及び対象となる役員の員数
                                 報酬等の種類別の総額(千円)
                                                      対象となる
                     報酬等の総額
                                                      役員の員数
           役員区分
                      (千円)
                                               譲渡制限付株
                                                      (人)
                             固定報酬      業績連動報酬       退職慰労金
                                                 式報酬
      取締役(監査等委員及び社外取
                        96,390       72,144         -     16,890       7,356         6
      締役を除く。)
      取締役(監査等委員)
                        14,533       12,553         -     1,980        -       1
      (社外取締役を除く。)
      社外取締役(監査等委員)                  7,200       7,200        -       -       -       3
      (注)1.取締役の支給額には、使用人兼務取締役の使用人分給与は含まれておりません。
         2.譲渡制限付株式報酬は、当期に費用計上した額であります。
         3.退職慰労金の内容は、役員退職慰労引当金繰入額であります。
        ③   役員の報酬等の額の決定過程における取締役会、監査等委員会の活動内容

          固定報酬については、監査等委員でない取締役については、各取締役の相互評価を行い、株主総会後に取締役
         会を開催し会社の業績や経営内容、経済情勢等を考慮した上で、報酬総額の妥当性を検証し決定しております。
          また、監査等委員である取締役については、株主総会後に監査等委員会を開催し、取締役会や監査等委員会の
         出席及び助言・提案、監査の妥当性等を勘案し協議の上決定しております。
          譲渡制限付株式報酬については、2019年7月22日開催の取締役会において自己株式の処分を決議しておりま
         す。
                                 33/93













                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社ヒラノテクシード(E01548)
                                                            有価証券報告書
       (5)【株式の保有状況】
       ① 投資株式の区分の基準及び考え方
         当社は、保有目的が純投資目的である投資株式と純投資目的以外の目的である投資株式の区分について、株式
        の価値変動及び株式の配当によって利益を受けることを目的とする純投資目的の投資株式と、投資株式に該当し
        ない政策保有株式に区分しております。
       ② 保有目的が純投資目的以外の目的である投資株式

        a.保有方針及び保有の合理性を検証する方法並びに個別銘柄の保有の適否に関する取締役会等における検証の
        内容
          下記の項目等について、個別銘柄毎に定量的な観点とあわせ定性的な観点も踏まえ、総合的に保有の適否を
         判断しており、その内容について毎年度1回、取締役会で検証しており継続保有の合理性がないと判断される株
         式については、縮減の要否を検討しております。
          当事業年度においては2020年3月開催の取締役会において検証いたしました。
         (定量項目)
         ・年間取引高
         ・受取配当金額、株式評価損益
         ・資本コストを踏まえた期待収益と保有に伴う便益との比較
         (定性項目)

         ・取得経緯
         ・保有しない場合の取引関係の影響
         ・中長期的な企業価値向上に資する可能性
        b.  銘柄数   及び  貸借対照表     計上額

                   銘柄数       貸借対照表計上額の
                  (銘柄)        合計額(千円)
                      5          229,093

     非上場株式
                      19          1,252,296
     非上場株式以外の株式
     (当事業年度において株式数が増加した銘柄)

                   銘柄数      株式数の増加に係る取得
                                            株式数の増加の理由
                  (銘柄)       価額の合計額(千円)
                                     当社の重要な取引先であり、関係強化を図るこ
                      1          144,167
     非上場株式                                とで、中長期的な事業活動の安定化を見込める
                                     と判断したため。
                      1             ▶
     非上場株式以外の株式                                取引先持株会を通じた株式の取得
     (当事業年度において株式数が減少した銘柄)

                   銘柄数      株式数の減少に係る売却
                  (銘柄)       価額の合計額(千円)
                      -             -

     非上場株式
                      -             -
     非上場株式以外の株式
                                 34/93





                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社ヒラノテクシード(E01548)
                                                            有価証券報告書
        c.  特定投資    株式  及び  みなし保有株式の銘柄ごとの株式数、貸借対照表計上額等に関する情報
      特定投資株式

                 当事業年度         前事業年度
                 株式数(株)         株式数(株)
                                     保有目的、定量的な保有効果                 当社の株式の
         銘柄
                                      及び株式数が増加した理由                 保有の有無
                貸借対照表計上額         貸借対照表計上額
                  (千円)         (千円)
     株式会社三菱UFJ
                    591,620         591,620
                                                       無(注2)
     フィナンシャル・グ                             (保有目的)円滑な取引を行うため
                    238,422         325,391
     ループ
                    242,550         242,550
     伊藤忠商事株式会社                             (保有目的)企業間取引の強化                       有
                    543,918         485,706
                    177,400         177,400
     株式会社ニレコ                             (保有目的)企業間取引の強化                       有
                    114,423         158,418
                     40,800         40,800
     株式会社南都銀行                             (保有目的)円滑な取引を行うため                       有
                     90,984         84,578
                    420,529         420,529
     株式会社みずほフィ
                                                       無(注3)
                                  (保有目的)円滑な取引を行うため
     ナンシャルグループ
                     51,977         72,036
                    100,000         100,000
     三菱UFJリース株式
                                  (保有目的)円滑な取引を行うため                       有
     会社
                     53,200         56,400
                     30,000         30,000
     セーレン株式会社                             (保有目的)企業間取引の強化                       無
                     39,000         49,050
                                  (保有目的)企業間取引の強化
                     18,306         18,304
     サカイオーベックス
                                  (株式が増加した理由)取引先持株会の買                       有
     株式会社
                     34,780         33,111
                                  付けによる取得
                     53,289         53,289
     株式会社りそなホー
                                                       無(注4)
                                  (保有目的)円滑な取引を行うため
     ルディングス
                     17,329         25,562
                     11,000         11,000
     株式会社紀陽銀行                             (保有目的)円滑な取引を行うため                       有
                     17,556         16,973
                     7,858         7,858
     株式会社三十三フィ
                                                       無(注5)
                                  (保有目的)円滑な取引を行うため
     ナンシャルグループ
                     11,724         12,124
                     5,000         5,000
     大日本印刷株式会社                             (保有目的)企業間取引の強化                       無
                     11,505         13,235
                     11,000         11,000
     日本毛織株式会社                             (保有目的)企業間取引の強化                       無
                     10,318         10,373
                     3,000         3,000
     株式会社明電舎                             (保有目的)企業間取引の強化                       有
                     4,866         4,551
                     5,000         5,000
     株式会社日阪製作所                             (保有目的)関係維持強化                       有
                     3,690         4,580
                                 35/93




                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社ヒラノテクシード(E01548)
                                                            有価証券報告書
                 当事業年度         前事業年度

                 株式数(株)         株式数(株)
                                     保有目的、定量的な保有効果                 当社の株式の
         銘柄
                                      及び株式数が増加した理由                 保有の有無
                貸借対照表計上額         貸借対照表計上額
                  (千円)         (千円)
                     2,600         2,600
     東海染工株式会社                             (保有目的)企業間取引の強化                       無
                     2,997         2,821
                     1,200         1,200
     椿本興業株式会社                             (保有目的)企業間取引の強化                       無
                     4,320         4,536
                     2,100         2,100
     ユニチカ株式会社                             (保有目的)企業間取引の強化                       無
                      567         892
                     1,000         1,000
     共和レザー株式会社                             (保有目的)企業間取引の強化                       無
                      717         743
       (注)1.定量的な保有効果については記載が困難となっております。保有の合理性の検証については、上記「a. 
            保有方針及び保有の合理性を検証する方法並びに個別銘柄の保有の適否に関する取締役会等における検証
            の内容   」に記載のとおり実施しております。
          2.株式会社三菱UFJフィナンシャルグループは当社の株式を保有しておりませんが、同社の子会社である株
            式会社三菱UFJ銀行は当社の株式を保有しております。
          3.株式会社みずほフィナンシャルグループは当社の株式を保有しておりませんが、同社の子会社である株式
            会社みずほ銀行は当社の株式を保有しております。
          4.株式会社りそなホールディングスは当社の株式を保有しておりませんが、同社の子会社である株式会社り
            そな銀行は当社の株式を保有しております。
          5.株式会社三十三フィナンシャルグループは当社の株式を保有しておりませんが、同社の子会社である株式
            会社第三銀行は当社の株式を保有しております。
                                 36/93











                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社ヒラノテクシード(E01548)
                                                            有価証券報告書
       ③ 保有目的が純投資目的である投資株式
                         当事業年度                      前事業年度
          区分
                     銘柄数        貸借対照表計上額の              銘柄数        貸借対照表計上額の
                     (銘柄)         合計額(千円)            (銘柄)         合計額(千円)
                          -           -           -           -

     非上場株式
                           3        93,222             3        87,938
     非上場株式以外の株式
                               当事業年度

          区分
                   受取配当金の           売却損益の           評価損益の
                   合計額(千円)           合計額(千円)           合計額(千円)
                          -           -           -

     非上場株式
                         1,664            -         44,577
     非上場株式以外の株式
                                 37/93
















                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社ヒラノテクシード(E01548)
                                                            有価証券報告書
     第5【経理の状況】
      1.連結財務諸表及び財務諸表の作成方法について
      (1)当社の連結財務諸表は、「連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(1976年大蔵省令第28号)に基
       づいて作成しております。
      (2)当社の財務諸表は、「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(1963年大蔵省令第59号。                                                  以下「財務
       諸表等規則」という。          )に基づいて作成しております。
        また、当社は、特例財務諸表提出会社に該当し、財務諸表等規則第127条の規定により財務諸表を作成しておりま
       す。
      2.監査証明について

        当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、連結会計年度(2019年4月1日から2020年3月31日
       まで)の連結財務諸表及び事業年度(2019年4月1日から2020年3月31日まで)の財務諸表について、有限責任監査
       法人トーマツにより監査を受けております。
      3.連結財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組みについて

        当社は、連結財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組みを行っております。具体的には、会計基準等の内
       容を適切に把握し、連結財務諸表等を適正に作成できる体制を整備するため、公益財団法人財務会計基準機構へ加入
       し、監査法人等が主催する研修会への参加並びに会計専門書の定期購読を行っております。
                                 38/93














                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社ヒラノテクシード(E01548)
                                                            有価証券報告書
      1【連結財務諸表等】
       (1)【連結財務諸表】
        ①【連結貸借対照表】
                                                    (単位:千円)
                                  前連結会計年度              当連結会計年度
                                 (2019年3月31日)              (2020年3月31日)
      資産の部
       流動資産
                                       12,910,891              10,544,482
         現金及び預金
                                       ※ 6,429,902
                                                      7,982,602
         受取手形及び売掛金
                                        ※ 620,922
                                                       584,676
         電子記録債権
                                       7,268,957              4,399,975
         有価証券
                                       7,102,636              6,645,639
         仕掛品
                                        105,010              185,186
         原材料及び貯蔵品
                                        179,887              444,882
         前渡金
                                        253,485             1,020,013
         その他
                                        △ 3,239             △ 48,017
         貸倒引当金
                                       34,868,453              31,759,441
         流動資産合計
       固定資産
         有形固定資産
                                       3,181,542              5,776,062
          建物及び構築物
                                      △ 2,005,516             △ 2,150,153
            減価償却累計額
            建物及び構築物(純額)                            1,176,025              3,625,908
                                       3,020,647              3,622,279
          機械装置及び運搬具
                                      △ 2,641,083             △ 2,610,496
            減価償却累計額
            機械装置及び運搬具(純額)                             379,564             1,011,783
          土地                             2,094,910              2,099,292
                                         15,314              18,902
          リース資産
                                        △ 10,275             △ 13,156
            減価償却累計額
            リース資産(純額)                              5,038              5,745
          建設仮勘定                              848,544               13,397
                                        642,206              720,841
          その他
                                       △ 493,047             △ 552,057
            減価償却累計額
            その他(純額)                             149,159              168,783
                                       4,653,243              6,924,910
          有形固定資産合計
         無形固定資産
                                         74,957              119,141
          ソフトウエア
                                         2,530              65,421
          ソフトウエア仮勘定
                                           516              516
          電話加入権
                                           -             1,266
          その他
                                         78,004              186,347
          無形固定資産合計
         投資その他の資産
                                       3,658,390              2,606,141
          投資有価証券
                                         65,073              62,965
          長期前払費用
                                         85,791              360,360
          繰延税金資産
                                        325,920              308,264
          その他
          投資その他の資産合計                             4,135,175              3,337,730
                                       8,866,423              10,448,988
         固定資産合計
                                       43,734,877              42,208,430
       資産合計
                                 39/93





                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社ヒラノテクシード(E01548)
                                                            有価証券報告書
                                                    (単位:千円)

                                  前連結会計年度              当連結会計年度
                                 (2019年3月31日)              (2020年3月31日)
      負債の部
       流動負債
                                       2,910,998              2,589,063
         支払手形及び買掛金
                                       3,476,254              3,120,837
         電子記録債務
                                        561,804              523,860
         1年内返済予定の長期借入金
                                         3,071              2,810
         リース債務
                                        635,846             1,680,073
         未払金
                                        128,444              124,286
         未払費用
                                       1,090,278               873,757
         未払法人税等
                                       5,357,988              1,984,083
         前受金
                                        211,250              223,870
         賞与引当金
                                         52,622              93,046
         製品保証引当金
                                        665,916              581,935
         その他
                                       15,094,475              11,797,624
         流動負債合計
       固定負債
         長期借入金                                354,220              472,940
                                         2,788              3,327
         リース債務
                                         3,703                -
         繰延税金負債
                                         83,330              41,580
         役員退職慰労引当金
                                        505,284              480,365
         退職給付に係る負債
                                         15,188              22,605
         資産除去債務
                                           255             64,762
         その他
                                        964,771             1,085,580
         固定負債合計
                                       16,059,246              12,883,205
       負債合計
      純資産の部
       株主資本
                                       1,847,821              1,847,821
         資本金
                                       1,339,722              1,342,142
         資本剰余金
                                       24,618,569              26,293,249
         利益剰余金
                                       △ 408,218             △ 401,116
         自己株式
                                       27,397,895              29,082,097
         株主資本合計
       その他の包括利益累計額
                                        448,135              382,282
         その他有価証券評価差額金
                                       △ 170,400             △ 139,155
         退職給付に係る調整累計額
                                        277,735              243,127
         その他の包括利益累計額合計
       純資産合計                                27,675,630              29,325,225
                                       43,734,877              42,208,430
      負債純資産合計
                                 40/93








                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社ヒラノテクシード(E01548)
                                                            有価証券報告書
        ②【連結損益計算書及び連結包括利益計算書】
         【連結損益計算書】
                                                    (単位:千円)
                                  前連結会計年度              当連結会計年度
                                (自 2018年4月1日              (自 2019年4月1日
                                 至 2019年3月31日)               至 2020年3月31日)
                                       32,659,939              31,682,031
      売上高
                                                    ※1 25,371,814
                                       25,714,990
      売上原価
                                       6,944,948              6,310,217
      売上総利益
      販売費及び一般管理費
                                        378,401              918,353
       販売手数料
                                        508,268              478,810
       給料及び手当
                                        120,192              144,325
       役員報酬
                                         46,335              43,468
       賞与引当金繰入額
                                         49,394              37,770
       退職給付費用
                                         29,010              35,470
       役員退職慰労引当金繰入額
                                        138,051              123,832
       法定福利及び厚生費
                                        116,036              111,564
       旅費交通費及び通信費
       減価償却費                                 144,252              163,502
                                         33,079              36,807
       賃借料
                                        255,610              146,049
       支払手数料
                                        △ 2,926              44,778
       貸倒引当金繰入額
                                        289,349              340,952
       その他
                                      ※2 2,105,057             ※2 2,625,687
       販売費及び一般管理費合計
                                       4,839,890              3,684,529
      営業利益
      営業外収益
                                         3,897              5,354
       受取利息
                                         51,948              60,042
       受取配当金
                                         7,590              5,870
       仕入割引
                                           -            14,513
       固定資産売却益
                                           -             1,668
       有価証券売却益
                                         25,939              26,949
       その他
                                         89,376              114,400
       営業外収益合計
      営業外費用
                                         9,864              8,198
       支払利息
                                         22,162               7,539
       売上割引
                                           233             9,362
       固定資産除却損
                                         1,977                26
       その他
                                         34,237              25,126
       営業外費用合計
      経常利益                                  4,895,029              3,773,803
      特別利益
                                        ※3 1,025
                                                         -
       固定資産売却益
       特別利益合計                                  1,025                -
      特別損失
                                           -             8,630
       投資有価証券評価損
                                           -             8,630
       特別損失合計
                                       4,896,055              3,765,173
      税金等調整前当期純利益
      法人税、住民税及び事業税                                  1,528,111              1,642,327
                                        △ 57,157             △ 228,908
      法人税等調整額
                                       1,470,954              1,413,418
      法人税等合計
                                       3,425,100              2,351,754
      当期純利益
                                       3,425,100              2,351,754
      親会社株主に帰属する当期純利益
                                 41/93




                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社ヒラノテクシード(E01548)
                                                            有価証券報告書
         【連結包括利益計算書】
                                                    (単位:千円)
                                  前連結会計年度              当連結会計年度
                                (自 2018年4月1日              (自 2019年4月1日
                                 至 2019年3月31日)               至 2020年3月31日)
                                       3,425,100              2,351,754
      当期純利益
      その他の包括利益
                                       △ 173,069              △ 65,852
       その他有価証券評価差額金
                                         26,644              31,244
       退職給付に係る調整額
                                    ※1 , ※2 △ 146,425           ※1 , ※2 △ 34,608
       その他の包括利益合計
                                       3,278,675              2,317,146
      包括利益
      (内訳)
                                       3,278,675              2,317,146
       親会社株主に係る包括利益
                                           -              -
       非支配株主に係る包括利益
                                 42/93
















                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社ヒラノテクシード(E01548)
                                                            有価証券報告書
        ③【連結株主資本等変動計算書】
          前連結会計年度(自 2018年4月1日 至 2019年3月31日)
                                                       (単位:千円)
                                     株主資本
                     資本金        資本剰余金         利益剰余金         自己株式        株主資本合計
     当期首残高
                      1,847,821         1,339,722        21,719,994         △ 408,218       24,499,320
     当期変動額
      剰余金の配当                                 △ 526,525                △ 526,525
      親会社株主に帰属する当期
                                       3,425,100                 3,425,100
      純利益
      株主資本以外の項目の当期
                                                           -
      変動額(純額)
     当期変動額合計                    -         -      2,898,574            -      2,898,574
     当期末残高
                      1,847,821         1,339,722        24,618,569         △ 408,218       27,397,895
                          その他の包括利益累計額

                                             純資産合計
                  その他有価証券評価         退職給付に係る調整         その他の包括利益累
                     差額金         累計額        計額合計
     当期首残高                 621,205        △ 197,044         424,160       24,923,481
     当期変動額
      剰余金の配当                                    -      △ 526,525
      親会社株主に帰属する当期
                                          -      3,425,100
      純利益
      株主資本以外の項目の当期
                      △ 173,069         26,644       △ 146,425        △ 146,425
      変動額(純額)
     当期変動額合計                 △ 173,069         26,644       △ 146,425        2,752,149
     当期末残高                 448,135        △ 170,400         277,735       27,675,630
                                 43/93










                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社ヒラノテクシード(E01548)
                                                            有価証券報告書
          当連結会計年度(自 2019年4月1日 至 2020年3月31日)
                                                       (単位:千円)
                                     株主資本
                     資本金        資本剰余金         利益剰余金         自己株式        株主資本合計
     当期首残高                 1,847,821         1,339,722        24,618,569         △ 408,218       27,397,895
     当期変動額
      剰余金の配当                                 △ 677,074                △ 677,074
      親会社株主に帰属する当期
                                       2,351,754                 2,351,754
      純利益
      自己株式の取得
                                                 △ 287        △ 287
      自己株式の処分                          2,420                 7,388         9,809
      株主資本以外の項目の当期
                                                           -
      変動額(純額)
     当期変動額合計                    -       2,420       1,674,680          7,101       1,684,202
     当期末残高
                      1,847,821         1,342,142        26,293,249         △ 401,116       29,082,097
                          その他の包括利益累計額

                                             純資産合計
                  その他有価証券評価         退職給付に係る調整         その他の包括利益累
                     差額金         累計額        計額合計
     当期首残高
                       448,135        △ 170,400         277,735       27,675,630
     当期変動額
      剰余金の配当                                    -      △ 677,074
      親会社株主に帰属する当期
                                          -      2,351,754
      純利益
      自己株式の取得                                    -       △ 287
      自己株式の処分                                    -       9,809
      株主資本以外の項目の当期
                      △ 65,852         31,244        △ 34,608        △ 34,608
      変動額(純額)
     当期変動額合計
                      △ 65,852         31,244        △ 34,608       1,649,594
     当期末残高                 382,282        △ 139,155         243,127       29,325,225
                                 44/93









                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社ヒラノテクシード(E01548)
                                                            有価証券報告書
        ④【連結キャッシュ・フロー計算書】
                                                    (単位:千円)
                                  前連結会計年度              当連結会計年度
                                (自 2018年4月1日              (自 2019年4月1日
                                 至 2019年3月31日)               至 2020年3月31日)
      営業活動によるキャッシュ・フロー
                                       4,896,055              3,765,173
       税金等調整前当期純利益
                                        316,248              426,775
       減価償却費
                                         25,064              32,180
       長期前払費用償却額
       賞与引当金の増減額(△は減少)                                  13,200              12,620
       貸倒引当金の増減額(△は減少)                                 △ 2,926              44,778
       役員退職慰労引当金の増減額(△は減少)                                  3,860             △ 41,750
       製品保証引当金の増減額(△は減少)                                 △ 14,767              40,424
       退職給付に係る負債の増減額(△は減少)                                  4,838             △ 11,424
                                        △ 55,846             △ 65,397
       受取利息及び受取配当金
                                         9,864              8,198
       支払利息
       固定資産売却損益(△は益)                                  △ 637            △ 14,513
                                           233             9,362
       固定資産除却損
       投資有価証券評価損益(△は益)                                    -             8,630
       売上債権の増減額(△は増加)                                1,998,340             △ 1,516,454
       たな卸資産の増減額(△は増加)                                1,375,291               359,406
       前受金の増減額(△は減少)                                2,294,544             △ 3,373,904
       仕入債務の増減額(△は減少)                                 170,945             △ 677,353
       未払金の増減額(△は減少)                                 230,660             1,062,253
       未払費用の増減額(△は減少)                                  19,011              △ 4,157
       前渡金の増減額(△は増加)                                 △ 78,314             △ 264,995
       未収消費税等の増減額(△は増加)                                 320,714             △ 864,365
       未払消費税等の増減額(△は減少)                                 319,553             △ 293,546
                                         67,668              92,061
       その他
                                       11,913,601              △ 1,266,000
       小計
       利息及び配当金の受取額                                  55,810              65,367
                                        △ 9,864             △ 8,198
       利息の支払額
                                       △ 960,349            △ 1,884,802
       法人税等の支払額
                                         2,476              2,706
       法人税等の還付額
                                       11,001,674              △ 3,090,927
       営業活動によるキャッシュ・フロー
      投資活動によるキャッシュ・フロー
                                        △ 2,000             △ 2,000
       定期預金の預入による支出
                                        302,000               2,000
       定期預金の払戻による収入
                                      △ 3,799,959             △ 3,799,959
       有価証券の取得による支出
                                       1,000,000              5,500,000
       有価証券の売却による収入
                                       △ 957,377            △ 2,358,685
       有形固定資産の取得による支出
                                         45,261              18,500
       有形固定資産の売却による収入
                                        △ 24,072             △ 140,382
       無形固定資産の取得による支出
                                        △ 4,582            △ 554,721
       投資有価証券の取得による支出
                                         1,787            1,502,542
       投資有価証券の売却及び償還による収入
                                         85,341             △ 11,521
       その他
                                      △ 3,353,601               155,772
       投資活動によるキャッシュ・フロー
      財務活動によるキャッシュ・フロー
       長期借入れによる収入                                 320,000              720,000
                                       △ 638,732             △ 639,224
       長期借入金の返済による支出
                                           -             △ 287
       自己株式の取得による支出
                                       △ 525,892             △ 675,885
       配当金の支払額
                                        △ 3,063             △ 3,310
       その他
                                       △ 847,687             △ 598,706
       財務活動によるキャッシュ・フロー
                                         △ 743            △ 1,518
      現金及び現金同等物に係る換算差額
      現金及び現金同等物の増減額(△は減少)                                  6,799,641             △ 3,535,380
                                       8,341,211              15,140,853
      現金及び現金同等物の期首残高
                                      ※ 15,140,853              ※ 11,605,473
      現金及び現金同等物の期末残高
                                 45/93



                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社ヒラノテクシード(E01548)
                                                            有価証券報告書
        【注記事項】
         (連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項)
          1.連結の範囲に関する事項
          (1) 連結子会社の数             2 社
            主要な連結子会社名は、「第1 企業の概況 4.関係会社の状況」に記載しているため、省略しており
           ます。
          (2) 非連結子会社

            該当事項はありません。
          2.持分法の適用に関する事項

            持分法の適用はありません。
          3.連結子会社の事業年度等に関する事項

            連結子会社の決算期の末日は、連結決算日と一致しております。
          4.会計方針に関する事項

          (1) 重要な資産の評価基準及び評価方法
           ① 有価証券
           a 満期保有目的の債券
             償却原価法(定額法)
           b その他有価証券
             時価のあるもの
              決算期末日の市場価格等に基づく時価法(評価差額は、全部純資産直入法により処理し、売却原価
             は、移動平均法により算定)
             時価のないもの
              移動平均法による原価法
           ② たな卸資産
           a 仕掛品
             個別法による原価法(貸借対照表価額は収益性の低下に基づく簿価切下げの方法により算定)
           b 原材料
             総平均法による原価法(貸借対照表価額は収益性の低下に基づく簿価切下げの方法により算定)
          (2) 重要な減価償却資産の減価償却の方法
           ① 有形固定資産(リース資産を除く)
              定率法を採用しております。
              ただし、1998年4月1日以降に取得した建物(建物附属設備を除く)並びに2016年4月1日以降に取
             得した建物附属設備及び構築物については定額法を採用しております。
              なお、主な耐用年数は以下のとおりであります。
              建  物  8~50年
              機械装置  7~18年
           ② 無形固定資産(リース資産を除く)
              定額法を採用しております。
              なお、自社利用のソフトウエアについては、社内における利用可能期間(5年)に基づいておりま
             す。
           ③ リース資産
              所有権移転ファイナンス・リース取引に係るリース資産については、自己所有の固定資産に適用する
             減価償却方法と同一の方法によっております。
              所有権移転外ファイナンス・リース取引に係るリース資産は、リース期間を耐用年数として、残存価
             額を零とする定額法を採用しております。
          (3) 重要な引当金の計上基準
           ① 貸倒引当金
              売上債権等の貸倒損失に備えるため、一般債権については貸倒実績率による計算額を、貸倒懸念債権
             等特定の債権については、個別に回収可能性を検討し回収不能見込額を計上しております。
           ② 賞与引当金
              従業員の賞与の支給に充てるため、支給見込額基準に基づき計上しております。
           ③ 製品保証引当金
                                 46/93


                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社ヒラノテクシード(E01548)
                                                            有価証券報告書
              当連結会計年度売上高に対する翌連結会計年度以降の無償サービスに備えるため、過去の経験率に基
             づき計上しております。
           ④ 役員退職慰労引当金
              役員の退職慰労金の支給に充てるため、内規に基づく当連結会計年度末要支給額を計上しておりま
             す。
           (追加情報)
             (役員退職慰労金制度の廃止)
              当社は、2019年6月26日開催の第95回定時株主総会において、役員退職慰労金制度の廃止に伴う退職
             慰労金の打ち切り支         給を決議いたしました。
              これに伴い      、当社の「役員退職慰労引当金」を全額取り崩し、打ち切り支給に伴う未払額64,430千円
             を固定負債の「その他」に含めて表示しております。
              なお、当社の連結子会社においては、役員退職慰労金制度が存続しており、役員の退職慰労金の支給
             に備えるため、内規に基づく当連結会計年度末要支給額を役員退職慰労引当金に計上しております。
          (4) 退職給付に係る会計処理の方法
           ① 退職給付見込額の期間帰属方法
              退職給付債務の算定にあたり、退職給付見込額を当連結会計年度末までの期間に帰属させる方法につ
             いては、給付算定式基準によっております。
           ② 数理計算上の差異の費用処理方法
              数理計算上の差異は、各連結会計年度の発生時における従業員の平均残存勤務期間以内の一定の年数
             (10年)による定額法により按分した額を、それぞれ発生の翌連結会計年度から費用処理しておりま
             す。
           ③ 未認識数理計算上の差異の会計処理方法
              未認識数理計算上の差異については、税効果を調整の上、純資産の部におけるその他の包括利益累計
             額の退職給付に係る調整累計額に計上しております。
          (5) 重要なヘッジ会計の方法
           ① ヘッジ会計の方法
              為替予約が付されている外貨建金銭債権債務及び外貨建予定取引については、振当処理を採用してお
             ります。
           ② ヘッジ手段とヘッジ対象
               ヘッジ手段:為替予約取引
               ヘッジ対象:外貨建予定取引
           ③ ヘッジ方針
              外貨建取引の為替相場の変動リスクを回避する目的で為替予約取引を行っております。
           ④ ヘッジ有効性評価の方法
              為替予約取引については、当該取引とヘッジ対象に関する重要な条件が同一であり、ヘッジ開始時及
             びその後も継続して相場変動又はキャッシュ・フロー変動を相殺するものであることが事前に想定され
             るため、有効性の評価を省略しております。
          (6) 連結キャッシュ・フロー計算書における資金の範囲
              手許現金、随時引き出し可能な預金及び容易に換金可能であり、かつ、価値の変動について僅少なリ
             スクしか負わない取得日から3ヶ月以内に償還期限の到来する短期投資からなっております。
          (7) その他連結財務諸表作成のための重要な事項
            消費税等の会計処理
              消費税及び地方消費税の会計処理は、税抜方式を採用しており                              、控除対象外消費税及び地方消費税は
             当連結会計年度の費用として処理しております。
                                 47/93






                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社ヒラノテクシード(E01548)
                                                            有価証券報告書
         (会計方針の変更)
          該当事項はありません。
         (未適用の会計基準等)

          ・「収益認識に関する会計基準」(企業会計基準第29号 2020年3月31日 企業会計基準委員会)
          ・「収益認識に関する会計基準の適用指針」(企業会計基準適用指針第30号 2020年3月31日 企業会計基
           準委員会)
          (1)概要

           国際会計基準審議会(IASB)及び米国財務会計基準審議会(FASB)は、共同して収益認識に関する包括的
          な会計基準の開発を行い、2014年5月に「顧客との契約から生じる収益」(IASBにおいてはIFRS第15号、
          FASBにおいてはTopic606)を公表しており、IFRS第15号は2018年1月1日以後開始する事業年度から、
          Topic606は2017年12月15日より後に開始する事業年度から適用される状況を踏まえ、企業会計基準委員会に
          おいて、収益認識に関する包括的な会計基準が開発され、適用指針と合わせて公表されたものです。
           企業会計基準委員会の収益認識に関する会計基準の開発にあたっての基本的な方針として、IFRS第15号と
          整合性を図る便益の1つである財務諸表間の比較可能性の観点から、IFRS第15号の基本的な原則を取り入れ
          ることを出発点とし、会計基準を定めることとされ、また、これまで我が国で行われてきた実務等に配慮す
          べき項目がある場合には、比較可能性を損なわせない範囲で代替的な取扱いを追加することとされておりま
          す。
          (2)適用予定日

           2022年3月期の期首から適用します。
          (3)当該会計基準等の適用による影響

           「収益認識に関する会計基準」               等の適用による連結財務諸表に与える影響額については、現時点で評価中
          であります。
          ・「時価の算定に関する会計基準」(企業会計基準第30号 2019年7月4日 企業会計基準委員会)

          ・「棚卸資産の評価に関する会計基準」(企業会計基準第9号 2019年7月4日 企業会計基準委員会)
          ・「金融商品に関する会計基準」(企業会計基準第10号 2019年7月4日 企業会計基準委員会)
          ・「時価の算定に関する会計基準の適用指針」(企業会計基準適用指針第31号 2019年7月4日 企業会計
           基準委員会)
          ・「金融商品の時価等の開示に関する適用指針」(企業会計基準適用指針第19号 2020年3月31日 企業会
           計基準委員会)
          (1)概要

           国際会計基準審議会(IASB)及び米国財務会計基準審議会(FASB)が、公正価値測定についてほぼ同じ内
          容の詳細なガイダンス(国際財務報告基準(IFRS)においてはIFRS第13号「公正価値測定」、米国会計基準
          においてはAccounting           Standards     CodificationのTopic          820「公正価値測定」)を定めている状況を踏ま
          え、企業会計基準委員会において、主に金融商品の時価に関するガイダンス及び開示に関して、日本基準を
          国際的な会計基準との整合性を図る取組みが行われ、「時価の算定に関する会計基準」等が公表されたもの
          です。
           企業会計基準委員会の時価の算定に関する会計基準の開発にあたっての基本的な方針として、統一的な算
          定方法を用いることにより、国内外の企業間における財務諸表の比較可能性を向上させる観点から、IFRS第
          13号の定めを基本的にすべて取り入れることとされ、また、これまで我が国で行われてきた実務等に配慮
          し、財務諸表間の比較可能性を大きく損なわせない範囲で、個別項目に対するその他の取扱いを定めること
          とされております。
          (2)適用予定日

           2022年3月期の期首から適用します。
          (3)当該会計基準等の適用による影響

           「時価の算定に関する会計基準」等の適用による連結財務諸表に与える影響額については、現時点で未定
          であります。
                                 48/93


                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社ヒラノテクシード(E01548)
                                                            有価証券報告書
          「会計上の見積りの開示に関する会計基準」(企業会計基準第31号 2020年3月31日 企業会計基準委員
           会)
          (1)概要

           国際会計基準審議会(IASB)が2003年に公表した国際会計基準(IAS)第1号「財務諸表の表示」(以下
          「IAS   第1号」)第125項において開示が求められている「見積りの不確実性の発生要因」について、財務諸
          表利用者にとって有用性が高い情報として日本基準においても注記情報として開示を求めることを検討する
          よう要望が寄せられ、企業会計基準委員会において、会計上の見積りの開示に関する会計基準(以下「本会
          計基準」)が開発され、公表されたものです。
           企業会計基準委員会の本会計基準の開発にあたっての基本的な方針として、個々の注記を拡充するのでは
          なく、原則(開示目的)を示したうえで、具体的な開示内容は企業が開示目的に照らして判断することとさ
          れ、開発にあたっては、IAS第1号第125項の定めを参考とすることとしたものです。
          (2)適用予定日

           2021年3月期の年度末から適用します。
          「会計方針の開示、会計上の変更及び誤謬の訂正に関する会計基準」(企業会計基準第24号 2020年3月31

           日 企業会計基準委員会)
          (1)概要

           「関連する会計基準等の定めが明らかでない場合に採用した会計処理の原則及び手続」に係る注記情報の
          充実について検討することが提言されたことを受け、企業会計基準委員会において、所要の改正を行い、会
          計方針の開示、会計上の変更及び誤謬の訂正に関する会計基準として公表されたものです。
           なお、「関連する会計基準等の定めが明らかでない場合に採用した会計処理の原則及び手続」に係る注記
          情報の充実を図るに際しては、関連する会計基準等の定めが明らかな場合におけるこれまでの実務に影響を
          及ぼさないために、企業会計原則注解(注1-2)の定めを引き継ぐこととされております。
          (2)適用予定日

           2021年3月期の年度末から適用します。
         (表示方法の変更)

          (連結キャッシュ・フロー計算書)
           前連結会計年度において、「営業活動によるキャッシュ・フロー」の「売上債権の増減額」に含めておりま
          した「前受金の増減額」は明瞭性を高める観点から、当連結会計年度より独立掲記しております。この表示方
          法の変更を反映させるため前連結会計年度の財務諸表の組替えを行っております。
           この結果、前連結会計年度の連結キャッシュ・フロー計算書において、「営業活動によるキャッシュ・フ
          ロー」の「売上債権の増減額」に表示していた2,294,544千円は、「前受金の増減額」として組替えておりま
          す。
           前連結会計年度において、「営業活動によるキャッシュ・フロー」の「仕入債務の増減額」に含めておりま

          した「前渡金の増減額」は明瞭性を高める観点から、当連結会計年度より独立掲記しております。この表示方
          法の変更を反映させるため前連結会計年度の財務諸表の組替えを行っております。
           この結果、前連結会計年度の連結キャッシュ・フロー計算書において、「営業活動によるキャッシュ・フ
          ロー」の「仕入債務の増減額」に表示していた△78,314千円は、「前渡金の増減額」として組替えておりま
          す。
                                 49/93





                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社ヒラノテクシード(E01548)
                                                            有価証券報告書
         (追加情報)
          (新型コロナウイルス感染症の影響)
           当社グループでは、繰延税金資産の回収可能性等の会計上の見積りについて、連結財務諸表作成時において
          入手可能な情報に基づき実施しております。当社グループは新型コロナウイルス感染症による影響は、少なく
          とも一定期間は続くとの仮定に基づいて会計上の見積りを行っております。新型コロナウイルス感染症拡大に
          よる影響は不確定要素が多く、収束時期及び経済環境への影響が変化した場合は、上記も見積りの結果に影響
          し時期以降の財政状態及び経営成績に影響を及ぼす可能性があります。
         (連結貸借対照表関係)

        ※ 連結会計年度末日満期手形及び電子記録債権
          連結会計年度末日満期手形及び電子記録債権の会計処理については、手形交換日等をもって決済処理をしてお
         ります。なお、前連結会計年度の末日が金融機関の休日であったため、次の連結会計年度末日満期手形及び電子
         記録債権が前連結会計年度末日残高に含まれております。
                               前連結会計年度                 当連結会計年度
                              (2019年3月31日)                 (2020年3月31日)
       受取手形                             72,396千円                    -千円
                                     2,003                   -
       電子記録債権
         (連結損益計算書関係)

        ※1 期末たな卸高は収益性の低下に伴う簿価切下後の金額であり、次のたな卸資産評価損が売上原価に含まれて
        おります。
                               前連結会計年度                   当連結会計年度
                             (自 2018年4月1日                  (自 2019年4月1日
                              至 2019年3月31日)                    至 2020年3月31日)
                                      - 千円              711,033    千円
        ※2 一般管理費及び当期製造費用に含まれる研究開発費の総額

                               前連結会計年度                  当連結会計年度
                             (自 2018年4月1日                 (自 2019年4月1日
                              至 2019年3月31日)                   至 2020年3月31日)
                                    378,357    千円              311,961    千円
        ※3 固定資産売却益の内容は次のとおりであります。

                               前連結会計年度                 当連結会計年度
                             (自 2018年4月1日                 (自 2019年4月1日
                              至 2019年3月31日)                 至 2020年3月31日)
       土地                                1,025千円                   -千円
               計                      1,025                   -
                                 50/93







                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社ヒラノテクシード(E01548)
                                                            有価証券報告書
         (連結包括利益計算書関係)
        ※1 その他の包括利益に係る組替調整額
                               前連結会計年度                 当連結会計年度

                             (自 2018年4月1日                 (自 2019年4月1日
                              至 2019年3月31日)                 至 2020年3月31日)
      その他有価証券評価差額金:
       当期発生額                            △233,178千円                 △104,428千円
       組替調整額                                0               6,961
       計
                                   △233,178                  △97,467
      退職給付に係る調整累計額:
       当期発生額                            △17,357                 △27,434
       組替調整額                             50,178                 40,929
       計
                                    32,820                 13,495
       税効果調整前合計
                                   △200,357                  △83,972
       税効果額                             53,932                 49,364
      その他の包括利益合計
                                   △146,425                  △34,608
        ※2 その他の包括利益に係る税効果額

                               前連結会計年度                 当連結会計年度

                             (自 2018年4月1日                 (自 2019年4月1日
                              至 2019年3月31日)                 至 2020年3月31日)
      その他有価証券評価差額金:
       税効果調整前                            △233,178千円                  △97,467千円
       税効果額                             60,109                 31,614
       税効果調整後
                                   △173,069                  △65,852
      退職給付に係る調整累計額:
       税効果調整前                             32,820                 13,495
       税効果額                             △6,176                  17,749
       税効果調整後
                                    26,644                 31,244
      その他の包括利益合計
       税効果調整前                            △200,357                  △83,972
       税効果額                             53,932                 49,364
       税効果調整後
                                   △146,425                  △34,608
                                 51/93









                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社ヒラノテクシード(E01548)
                                                            有価証券報告書
         (連結株主資本等変動計算書関係)
          前連結会計年度(自 2018年4月1日 至 2019年3月31日)
        1.発行済株式に関する事項
         株式の種類          当連結会計年度期首              増加          減少       当連結会計年度末
     普通株式(株)                  15,394,379              -          -      15,394,379
        2.自己株式に関する事項

         株式の種類          当連結会計年度期首              増加          減少       当連結会計年度末
     普通株式(株)                    350,783             -          -        350,783
        3.新株予約権等に関する事項

          該当事項はありません。
        4.配当に関する事項

         (1)配当金支払額
                         配当金の総額        1株当たり配当額
        決議        株式の種類                             基準日        効力発生日
                          (千円)          (円)
     2018年6月27日
                 普通株式            255,741          17.00    2018年3月31日         2018年6月28日
     定時株主総会
     2018年11月9日
                 普通株式            270,784          18.00    2018年9月30日         2018年12月4日
     取締役会
         (2)基準日が当連結会計年度に属する配当のうち、配当の効力発生日が翌連結会計年度となるもの

                            配当金の総額        1株当たり
        決議      株式の種類       配当の原資                       基準日        効力発生日
                             (千円)      配当額(円)
     2019年6月26日
               普通株式      利益剰余金         406,177        27.00    2019年3月31日         2019年6月27日
     定時株主総会
                                 52/93











                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社ヒラノテクシード(E01548)
                                                            有価証券報告書
          当連結会計年度(自 2019年4月1日 至 2020年3月31日)
        1.発行済株式に関する事項
         株式の種類          当連結会計年度期首              増加          減少       当連結会計年度末
     普通株式(株)                  15,394,379              -          -      15,394,379
        2.自己株式に関する事項

         株式の種類          当連結会計年度期首              増加          減少       当連結会計年度末
     普通株式(株)                    350,783            167         6,349         344,601
         (変動事由の概要)
          増加数の主な内訳は、次のとおりであります。
           単元未満株式の買取り請求による増加                        167株
          減少数の主な内訳は、次のとおりであります。
           譲渡制限付株式報酬としての自己株式の処分による減少                                6,349株
        3.新株予約権等に関する事項

          該当事項はありません。
        4.配当に関する事項

         (1)配当金支払額
                         配当金の総額        1株当たり配当額
        決議        株式の種類                             基準日        効力発生日
                          (千円)          (円)
     2019年6月26日
                 普通株式            406,177          27.00    2019年3月31日         2019年6月27日
     定時株主総会
     2019年11月8日
                 普通株式            270,897          18.00    2019年9月30日         2019年12月3日
     取締役会
         (2)基準日が当連結会計年度に属する配当のうち、配当の効力発生日が翌連結会計年度となるもの

                            配当金の総額        1株当たり
        決議      株式の種類       配当の原資                       基準日        効力発生日
                             (千円)      配当額(円)
     2020年6月26日
               普通株式      利益剰余金         421,393        28.00    2020年3月31日         2020年6月29日
     定時株主総会
      (注)1株当たり配当額には、木津川工場竣工記念配当10円が含まれております。
         (連結キャッシュ・フロー計算書関係)

        ※  現金及び現金同等物の期末残高と連結貸借対照表に掲記されている科目の金額との関係は、次のとおりであ
          ります。
                             前連結会計年度                   当連結会計年度

                           (自 2018年4月1日                   (自 2019年4月1日
                            至 2019年3月31日)                   至 2020年3月31日)
     現金及び預金勘定                             12,910,891千円                   10,544,482千円
     有価証券勘定                             7,268,957                   4,399,975
     預金期間が3ヶ月を超える定期預金                            △1,739,000                   △1,739,000
     償還期間が3ヶ月を超える有価証券                            △3,299,995                   △1,599,984
     現金及び現金同等物                             15,140,853                   11,605,473
                                 53/93





                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社ヒラノテクシード(E01548)
                                                            有価証券報告書
         (金融商品関係)
         1.金融商品の状況に関する事項
          (1)金融商品に対する取組方針
            当社グループは、資金運用については短期的な預金や安全性の高い金融資産で運用し、銀行等金融機関か
           らの借入により資金を調達しております。
            デリバティブは、後述するリスクを回避するために利用しており、投機的な取引は行わない方針でありま
           す。
          (2)金融商品の内容及びそのリスク

            営業債権である受取手形及び売掛金、並びに電子記録債権は、顧客の信用リスクにさらされております。
            有価証券及び投資有価証券は、主に満期保有目的の債券及び取引先企業の株式であり、市場価格の変動リ
           スクにさらされております。
            営業債務である支払手形及び買掛金、並びに電子記録債務は、ほとんど1年以内の支払期日であります。
            借入金は主に長期運転資金であり、ファイナンス・リース取引に係るリース債務は、主に設備投資に必要
           な資金の調達を目的としたものであり、償還日は最長で決算日後約5年であります。
          (3)金融商品に係るリスク管理体制

           ① 信用リスク(取引先の契約不履行等に係るリスク)の管理
             当社は、与信管理規程に従い、営業債権について営業管理部門が定期的に相手方に対する残高確認等を
            実施するとともに、財務状況等の悪化等による回収懸念の早期把握や軽減を図っております。連結子会社
            についても、当社の同規程に準じて、同様の管理を行っております。
             満期保有目的の債券は、格付の高い債券のみを対象としているため、信用リスクは僅少であります。
             デリバティブ取引の契約先は信用度の高い金融機関であり、相手方の契約不履行から生じる信用損失の
            発生は極めて低いと判断しております。
             当期の連結決算日現在における最大信用リスク額は、信用リスクにさらされる金融資産の貸借対照表価
            額により表わされています。
           ② 市場リスク(為替や金利等の変動リスク)の管理
             当社は、借入金に係る支払金利の変動リスクを抑制するために、一部について金利スワップ取引を利用
            しております。
             有価証券及び投資有価証券については、定期的に時価や発行体(取引先企業)の財務状況等を把握し、
            また、満期保有目的の債券以外のものについては、取引先企業との関係を勘案して保有状況を継続的に見
            直しております。連結子会社についても、当社に準じて、同様の管理を行っております。
             デリバティブ取引については、取引権限及び取引限度額等を定めた管理規定に従い、担当部署が決裁担
            当者の承認を得て行っております。また、規定に従い、各デリバティブ取引の種類、契約額、想定元本及
            び評価損益等を、取締役会に報告しております。
           ③ 資金調達に係る流動性リスク(支払期日に支払いを実行できなくなるリスク)の管理
             当社は、各部署からの報告に基づき担当部署が適時に資金繰計画を作成・更新するとともに、手許流動
            性の維持などにより流動性リスクを管理しております。連結子会社についても、当社に準じて、同様の管
            理を行っております。
          (4)金融商品の時価等に関する事項についての補足説明

            金融商品の時価には、市場価格に基づく価額のほか、市場価格がない場合には合理的に算定された価額が
           含まれております。当該価額の算定においては変動要因を織り込んでいるため、異なる前提条件等を採用す
           ることにより、当該価額が変動することもあります。また、注記事項「デリバティブ取引関係」におけるデ
           リバティブ取引に関する契約額等については、その金額自体がデリバティブ取引に係る市場リスクを示すも
           のではありません。
                                 54/93





                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社ヒラノテクシード(E01548)
                                                            有価証券報告書
         2.金融商品の時価等に関する事項
           連結貸借対照表計上額、時価及びこれらの差額については、次のとおりであります。
           なお、時価を把握することが困難と認められるものは、次表に含まれておりません(注2参照)。
         前連結会計年度(2019年3月31日)

                            連結貸借対照表計上額               時価           差額
                               (千円)           (千円)           (千円)
     (1)現金及び預金                            12,910,891           12,910,891               -
     (2)受取手形及び売掛金                            6,429,902           6,429,902              -
     (3)電子記録債権                             620,922           620,922             -
     (4)有価証券及び投資有価証券
       満期保有目的の債券                          7,668,957           7,665,059            △3,898
       その他有価証券                          3,170,560           3,170,560              -
               資産計                  30,801,234           30,797,336            △3,898
     (1)支払手形及び買掛金                            2,910,998           2,910,998              -
     (2)電子記録債務                            3,476,254           3,476,254              -
     (3)未払法人税等                            1,090,278           1,090,278              -
     (4)長期借入金
                                   916,024           917,121            1,097
       (1年内返済予定のものを含む)
               負債計                   8,393,555           8,394,653             1,097
         当連結会計年度(2020年3月31日)

                            連結貸借対照表計上額               時価           差額
                               (千円)           (千円)           (千円)
     (1)現金及び預金                            10,544,482           10,544,482               -
     (2)受取手形及び売掛金                            7,982,602           7,982,602              -
     (3)電子記録債権                             584,676           584,676             -
     (4)有価証券及び投資有価証券
       満期保有目的の債券                          5,200,696           5,197,036            △3,659
       その他有価証券                          1,576,327           1,576,327              -
               資産計                  25,888,784           25,885,124            △3,659
     (1)支払手形及び買掛金                            2,589,063           2,589,063              -
     (2)電子記録債務                            3,120,837           3,120,837              -
     (3)未払金                            1,680,073           1,680,073              -
     (4)未払法人税等                             873,757           873,757             -
     (5)長期借入金
                                   996,800           998,944            2,144
       (1年内返済予定のものを含む)
               負債計                   9,260,532           9,262,676             2,144
                                 55/93







                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社ヒラノテクシード(E01548)
                                                            有価証券報告書
      (注1) 金融商品の時価の算定方法並びに有価証券及びデリバティブ取引に関する事項
          資産
          (1)現金及び預金、並びに(2)受取手形及び売掛金、(3)電子記録債権
             これらは短期間で決済されるため、時価は帳簿価額にほぼ等しいことから、当該帳簿価額によっており
            ます。
          (4)有価証券及び投資有価証券
             これらの時価について、株式は取引所の価格によっており、債券は短期間で決済されるため、時価は帳
            簿価額にほぼ等しいことから、当該帳簿価額によっております。また、保有目的ごとの有価証券に関する
            事項については、注記事項「有価証券関係」をご参照下さい。
          負債
          (1)支払手形及び買掛金、(2)電子記録債務、(3)未払金、(4)未払法人税等
             これらは短期間で決済されるため、時価は帳簿価額にほぼ等しいことから、当該帳簿価額によっており
            ます。
          (5)長期借入金(1年内返済予定のものを含む)
             長期借入金の時価については、元利金の合計額を同様の新規借入を行った場合に想定される利率で割り
            引いて算定する方法によっております。
      (注2) 時価を把握することが極めて困難と認められる金融商品

                                                     (単位:千円)
                             前連結会計年度                   当連結会計年度
             区分
                            (2019年3月31日)                   (2020年3月31日)
     非上場株式                                 87,830                  229,093
          非上場株式については、市場価格がなく、時価を把握することが極めて困難と認められるため、「(4)有価証
         券及び投資有価証券」には含めておりません。
                                 56/93












                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社ヒラノテクシード(E01548)
                                                            有価証券報告書
      (注3) 金銭債権及び満期のある有価証券の連結決算日後の償還予定額
          前連結会計年度(2019年3月31日)
                              1年以内       1年超5年以内        5年超10年以内          10年超
                              (千円)        (千円)        (千円)        (千円)
     現金及び預金                         12,910,891            -        -        -
     受取手形及び売掛金                         6,429,902            -        -        -
     電子記録債権                          620,922           -        -        -
     有価証券及び投資有価証券
      満期保有目的の債券(社債)                         6,068,957         200,000        200,000           -
      満期保有目的の債券(国債)                             -        -        -        -
      満期保有目的の債券(その他)                         1,200,000            -        -        -
      その他有価証券のうち満期があるもの
                                  -        -        -        -
      (社債)
               合計               27,230,673          200,000        200,000           -
          当連結会計年度(2020年3月31日)

                              1年以内       1年超5年以内        5年超10年以内          10年超
                              (千円)        (千円)        (千円)        (千円)
     現金及び預金                         10,544,482            -        -        -
     受取手形及び売掛金                         7,982,602            -        -        -
     電子記録債権                          584,676           -        -        -
     有価証券及び投資有価証券
      満期保有目的の債券(社債)                         3,599,975         100,000        600,720           -
      満期保有目的の債券(国債)                             -        -        -        -
      満期保有目的の債券(その他)                          900,000           -        -        -
      その他有価証券のうち満期があるもの
                                  -        -        -        -
      (社債)
               合計               23,611,736          100,000        600,720           -
      (注4) 借入金の連結決算日後の返済予定額

           前連結会計年度(2019年3月31日)
                          1年超       2年超       3年超       4年超
                   1年以内                                     5年超
                          2年以内       3年以内       4年以内       5年以内
                   (千円)                                    (千円)
                          (千円)       (千円)       (千円)       (千円)
     長期借入金               561,804       283,220        61,000       10,000         -       -

          合計          561,804       283,220        61,000       10,000         -       -

           当連結会計年度(2020年3月31日)

                          1年超       2年超       3年超       4年超
                   1年以内                                     5年超
                          2年以内       3年以内       4年以内       5年以内
                   (千円)                                    (千円)
                          (千円)       (千円)       (千円)       (千円)
     長期借入金               523,860       301,640       171,300          -       -       -

          合計          523,860       301,640       171,300          -       -       -

                                 57/93





                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社ヒラノテクシード(E01548)
                                                            有価証券報告書
         (有価証券関係)
         1.満期保有目的の債券
          前連結会計年度(2019年3月31日)
                            連結貸借対照表計上額               時価           差額
                      種類
                               (千円)           (千円)           (千円)
                  (1)国債・地方債等                   -           -           -
                  (2)社債                200,000           201,837            1,837
     時価が連結貸借対照表計
     上額を超えるもの             (3)その他                   -           -           -
                      小計             200,000           201,837            1,837
                  (1)国債・地方債等                   -           -           -
                  (2)社債               6,268,957           6,263,222            △5,735
     時価が連結貸借対照表計
     上額を超えないもの             (3)その他               1,200,000           1,200,000              -
                      小計            7,468,957           7,463,222            △5,735
               合計                  7,668,957           7,665,059            △3,898
          当連結会計年度(2020年3月31日)

                            連結貸借対照表計上額               時価           差額
                      種類
                               (千円)           (千円)           (千円)
                  (1)国債・地方債等                   -           -           -
                  (2)社債                200,000           200,767             767
     時価が連結貸借対照表計
     上額を超えるもの
                  (3)その他                   -           -           -
                      小計             200,000           200,767             767
                  (1)国債・地方債等                   -           -           -
                  (2)社債               4,100,696           4,096,269            △4,426
     時価が連結貸借対照表計
                  (3)その他                900,000           900,000             -
     上額を超えないもの
                      小計            5,000,696           4,996,269            △4,426
               合計                  5,200,696           5,197,036            △3,659
                                 58/93











                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社ヒラノテクシード(E01548)
                                                            有価証券報告書
         2.その他有価証券
          前連結会計年度(2019年3月31日)
                            連結貸借対照表計上額              取得原価            差額
                      種類
                               (千円)           (千円)           (千円)
                  (1)株式               1,324,304            552,707           771,596
                  (2)債券
                    国債・地方債等                 -           -           -
     連結貸借対照表価額が取
                    社債                 -           -           -
     得原価を超えるもの
                    その他                 -           -           -
                  (3)その他                 50,759           49,883            875
                                                        772,472
                      小計            1,375,063            602,591
                  (1)株式                127,738           209,990          △82,251
                  (2)債券
                    国債・地方債等                 -           -           -
     連結貸借対照表価額が取
                    社債                 -           -           -
     得原価を超えないもの
                    その他                 -           -           -
                                  1,667,757           1,691,582
                  (3)その他                                     △23,824
                      小計            1,795,496           1,901,572           △106,075
               合計                  3,170,560           2,504,163            666,396
      (注)非上場株式(連結貸借対照表計上額87,830千円)については、市場価格がなく、時価を把握することが極めて困
         難と認められることから、上表の「その他有価証券」には含めておりません。
          当連結会計年度(2020年3月31日)

                            連結貸借対照表計上額              取得原価            差額
                      種類
                               (千円)           (千円)           (千円)
                  (1)株式               1,225,369            557,392           667,977
                  (2)債券
                    国債・地方債等                 -           -           -
     連結貸借対照表価額が取
                    社債                 -           -           -
     得原価を超えるもの
                    その他                 -           -           -
                  (3)その他                   -           -           -
                      小計            1,225,369            557,392           667,977
                  (1)株式                124,294           201,360          △77,065
                  (2)債券
                    国債・地方債等
     連結貸借対照表価額が取
                    社債
     得原価を超えないもの
                    その他
                                   226,662           240,622
                  (3)その他                                     △13,959
                      小計             350,957           441,982          △91,024
               合計                  1,576,327            999,374           576,952
      (注)非上場株式(連結貸借対照表計上額229,093千円)については、市場価格がなく、時価を把握することが極めて
         困難と認められることから、上表の「その他有価証券」には含めておりません。
                                 59/93






                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社ヒラノテクシード(E01548)
                                                            有価証券報告書
         3.連結会計年度中に売却したその他有価証券
          前連結会計年度(自 2018年4月1日 至 2019年3月31日)
                                売却額         売却益の合計額           売却損の合計額
               種類
                               (千円)           (千円)           (千円)
     (1)株式                                 0          -           0
     (2)債券
       国債・地方債等                              -           -           -
       社債                              -           -           -
       その他                              -           -           -
     (3)その他                                -           -           -
               合計                      0          -           0
          当連結会計年度(自 2019年4月1日 至 2020年3月31日)

                                売却額         売却益の合計額           売却損の合計額
               種類
                               (千円)           (千円)           (千円)
     (1)株式                                -           -           -
     (2)債券
       国債・地方債等                              -           -           -
       社債                              -           -           -
       その他                              -           -           -
     (3)その他                            1,501,668             1,668            -
               合計                  1,501,668             1,668            -
         4.減損処理を行った有価証券

          前連結会計年度(自 2018年4月1日 至 2019年3月31日)
           該当事項はありません。
          当連結会計年度(自 2019年4月1日 至 2020年3月31日)

           当連結会計年度において、その他有価証券について8,630千円減損処理を行っております。
           なお、減損処理に当たっては、期末における時価が取得原価に比べ50%以上下落した場合には全て減損処理
          を行い、30%~50%程度下落した場合には、回復可能性等を考慮して必要と認められた額について減損処理を
          行っております。
                                 60/93










                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社ヒラノテクシード(E01548)
                                                            有価証券報告書
         (デリバティブ取引関係)
         1.ヘッジ会計が適用されていないデリバティブ取引
          前連結会計年度(2019年3月31日)
           重要性が乏しいため、記載を省略しております。
          当連結会計年度(2020年3月31日)

           重要性が乏しいため、記載を省略しております。
         2.ヘッジ会計が適用されているデリバティブ取引

          前連結会計年度(2019年3月31日)
           該当事項はありません。
          当連結会計年度(2020年3月31日)

           該当事項はありません。
                                 61/93
















                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社ヒラノテクシード(E01548)
                                                            有価証券報告書
         (退職給付関係)
         1.採用している退職給付制度の概要
            当社及び連結子会社は、確定給付型の制度として、確定給付年金制度及び退職一時金制度を、また、確定
           拠出型の制度として、確定拠出年金制度を設けております。
         2.確定給付制度

           (1) 退職給付債務の期首残高と期末残高の調整表
                                      前連結会計年度            当連結会計年度
                                    (自 2018年4月1日            (自 2019年4月1日
                                     至 2019年3月31日)            至 2020年3月31日)
             退職給付債務の期首残高                            2,330,728千円            2,426,155千円
              勤務費用                            171,598            175,948
              利息費用                             4,250              -
                                            △15          △32,472
              数理計算上の差異の発生額
                                          △80,406            △106,047
              退職給付の支払額
             退職給付債務の期末残高                            2,426,155            2,463,584
           (2) 年金資産の期首残高と期末残高の調整表

                                      前連結会計年度            当連結会計年度
                                    (自 2018年4月1日            (自 2019年4月1日
                                     至 2019年3月31日)            至 2020年3月31日)
             年金資産の期首残高                            1,797,461千円            1,920,870千円
              期待運用収益                             35,949            38,417
              数理計算上の差異の発生額                            △17,373            △59,906
              事業主からの拠出額                            166,683            176,946
              退職給付の支払額                            △61,849            △93,108
             年金資産の期末残高                            1,920,870            1,983,219
           (3) 退職給付債務及び年金資産の期末残高と連結貸借対照表に計上された退職給付に係る負債及び退職給

            付に係る資産の調整表
                                      前連結会計年度            当連結会計年度
                                     (2019年3月31日)             (2020年3月31日)
              積立型制度の退職給付債務                           2,016,658千円            2,043,627千円
              年金資産                          △1,920,870            △1,983,219
                                           95 , 787           60,408
              非積立型制度の退職給付債務                            409,497            419,956
                                          505,284            480,365
              連結貸借対照表に計上された負債と資産の純額
                                                       480,365

              退職給付に係る負債                            505,284
                                                       480,365
              連結貸借対照表に計上された負債と資産の純額                            505,284
                                 62/93







                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社ヒラノテクシード(E01548)
                                                            有価証券報告書
           (4) 退職給付費用及びその内訳項目の金額
                                      前連結会計年度            当連結会計年度
                                    (自 2018年4月1日            (自 2019年4月1日
                                     至 2019年3月31日)            至 2020年3月31日)
              勤務費用                            171,598千円            175,948千円
              利息費用                             4,250              -
              期待運用収益                            △35,949            △38,417
              数理計算上の差異の費用処理額                             50,178            40,929
              確定給付制度に係る退職給付費用                            190,078            178,460
           (5) 退職給付に係る調整額

              退職給付に係る調整額に計上した項目(税効果控除前)の内訳は次のとおりであります。
                                      前連結会計年度            当連結会計年度
                                    (自 2018年4月1日            (自 2019年4月1日
                                     至 2019年3月31日)            至 2020年3月31日)
              数理計算上の差異                             32,820千円            40,929千円
                                           32,820            40,929
                合 計
           (6) 退職給付に係る調整累計額

              退職給付に係る調整累計額に計上した項目(税効果控除前)の内訳は次のとおりであります。
                                      前連結会計年度            当連結会計年度
                                     (2019年3月31日)             (2020年3月31日)
              未認識数理計算上の差異                           △215,727千円            △202,232千円
                合 計                          △215,727            △202,232
           (7) 年金資産に関する事項

            ① 年金資産の主な内訳
              年金資産合計に対する主な分類ごとの比率は、次のとおりであります。
                                      前連結会計年度            当連結会計年度
                                     (2019年3月31日)             (2020年3月31日)
              一般勘定                                40%            41%
              債券                                34            35
              株式                                5            3
              現金及び預金                                1            1
              その他                                20            20
                合 計                              100            100
            ② 長期期待運用収益率の設定方法

              年金資産の長期期待運用収益率を決定するため、現在及び予想される年金資産の配分と、年金資産を
             構成する多様な資産からの現在及び将来期待される長期の収益率を考慮しております。
           (8) 数理計算上の計算基礎に関する事項

              当連結会計年度末における主要な数理計算上の計算基礎(加重平均で表わしております。)
                                      前連結会計年度            当連結会計年度
                                     (2019年3月31日)            (2020年3月31日)
              割引率                               0.0%            0.2%
              長期期待運用収益率                               2.0            2.0
              予想昇給率                               2.7            2.7
                                 63/93





                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社ヒラノテクシード(E01548)
                                                            有価証券報告書
         3.確定拠出制度
           当社及び連結子会社の確定拠出制度への要拠出額は、前連結会計年度                                 17,079   千円、当連結会計年度          18,106
          千円であります。
         (ストック・オプション等関係)

          該当事項はありません。
                                 64/93



















                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社ヒラノテクシード(E01548)
                                                            有価証券報告書
         (税効果会計関係)
         1.繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別の内訳
                                  前連結会計年度                当連結会計年度
                                 (2019年3月31日)                (2020年3月31日)
      繰延税金資産
       賞与引当金                                 65,437千円                69,307千円
       未払事業税等                                 76,506                51,500
       退職給付に係る負債                                 154,515                147,013
       役員退職慰労引当金                                 26,468                14,113
       減損損失                                 38,432                38,432
       たな卸資産評価損                                   -             212,742
                                       64,268               360,138
       その他
     繰延税金資産小計                                  425,629                893,249
                                      △88,845               △312,080
      評価性引当額
     繰延税金資産合計                                                  581,169
                                       336,784
      繰延税金負債
       その他有価証券評価差額金                                △227,122                △195,693
       固定資産圧縮積立金                                △24,337                △23,285
                                       △1,273                  -
       特別償却準備金
                                       △1,964
                                                      △1,830
       資産除去債務に係る除去費用
      繰延税金負債合計                                △254,696                △220,809
      繰延税金資産(負債)の純額                                 82,087               360,360
      (注)評価性引当額が223,235千円増加した主な内容は、当連結会計年度において、未払原価が増加したことによるも

         のであります。
         2.法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との間に重要な差異があるときの、差異の原因となっ

          た主要な項目別の内訳
                                  前連結会計年度                当連結会計年度
                                 (2019年3月31日)                (2020年3月31日)
      法定実効税率
                                法定実効税率と税効果                          29.9%
                               会計適用後の法人税等の
      (調整)
                               負担率との間の差異が法                          0.1
       交際費等永久に損金に算入されない項目
                               定実効税率の100分の5以
                                                        △0.1
       受取配当金等永久に益金に算入されない項目
                               下であるため注記を省略
                                                         0.1
       住民税均等割額
                               しております。
                                                        △0.4
       研究費等の法人税額特別控除
                                                         6.5
       評価性引当額の増減
                                                         1.3
       連結子会社の税率差異
                                                         0.1
       その他
      税効果会計適用後の法人税等の負担率
                                                         37.5
         (企業結合等関係)

          該当事項はありません。
         (資産除去債務関係)

          重要性が乏しいため、記載を省略しております。
         (賃貸等不動産関係)

          重要性が乏しいため、記載を省略しております。
                                 65/93



                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社ヒラノテクシード(E01548)
                                                            有価証券報告書
         (セグメント情報等)
          【セグメント情報】
          1.報告セグメントの概要
            当社の報告セグメントは、当社の構成単位のうち分離された財務情報が入手可能であり、取締役会が、経
           営資源の配分の決定及び業績を評価するために、定期的に検討を行う対象となっているものであります。
            当社は、製品・サービス別に国内及び海外の包括的な戦略を立案し、事業活動を展開しております。
            従って、当社は、製品・サービス別セグメントから構成されており、「塗工機関連機器」、「化工機関連
           機器」及び「その他」の3つを報告セグメントとしております。
            「塗工機関連機器」は各種コーティング、ラミネーティング装置並びにこれらに付随する乾燥熱処理装置
           及びライン制御装置の製造販売をしております。「化工機関連機器」は各種成膜装置、不織布・高機能繊維
           製造装置、フラットパネル塗布乾燥装置、並びにこれらに付随する乾燥・熱処理装置及びライン制御装置の
           製造販売をしております。「その他」は染色整理機械装置、各種機器の部品の製造及び修理・改造を行って
           おります。
          2.報告セグメントごとの売上高、利益又は損失、資産、負債その他の項目の金額の算定方法

            報告されている事業セグメントの会計処理の方法は、「連結財務諸表作成のための基本となる重要な事
           項」における記載と概ね同一であります。
            報告セグメントの利益は、営業利益ベースの数値であります。
                                 66/93















                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社ヒラノテクシード(E01548)
                                                            有価証券報告書
          3.報告セグメントごとの売上高、利益又は損失、資産、負債その他の項目の金額に関する情報
        前連結会計年度(自 2018年4月1日 至 2019年3月31日)
                                                     (単位:千円)
                                報告セグメント
                                                       合計
                      塗工機関連機器          化工機関連機器            その他
     売上高
                         14,617,690          16,250,106           1,792,142          32,659,939
      外部顧客への売上高
      セグメント間の内部売上高又
                             -          -          -          -
      は振替高
                         14,617,690          16,250,106           1,792,142          32,659,939
            計
                         2,047,167          3,159,931           679,974         5,887,073
     セグメント利益
                         9,608,802          7,316,462           699,925         17,625,189
     セグメント資産
                         6,037,506          5,787,650           486,700         12,311,857
     セグメント負債
     その他の項目
                          109,256          139,048           19,582          267,887
      減価償却費
      有形固定資産及び
                          128,631          121,140           11,186          260,958
      無形固定資産の増加額
        当連結会計年度(自 2019年4月1日 至 2020年3月31日)

                                                     (単位:千円)
                                報告セグメント
                                                       合計
                      塗工機関連機器          化工機関連機器            その他
     売上高
                         15,418,459          14,350,648           1,912,923          31,682,031
      外部顧客への売上高
      セグメント間の内部売上高又
                             -          -          -          -
      は振替高
                         15,418,459          14,350,648           1,912,923          31,682,031
            計
                         1,346,673          2,778,704           494,590         4,619,967
     セグメント利益
                         11,597,932          10,441,917            866,378         22,906,228
     セグメント資産
                         4,444,966          4,230,728           306,023         8,981,718
     セグメント負債
     その他の項目
                          152,399          201,202           31,571          385,173
      減価償却費
      有形固定資産及び
                         1,278,538          1,483,495            99,823         2,861,857
      無形固定資産の増加額
                                 67/93









                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社ヒラノテクシード(E01548)
                                                            有価証券報告書
          4.報告セグメント合計額と連結財務諸表計上額との差額及び当該差額の主な内容(差異調整に関する事項)
                                                     (単位:千円)
                 売上高                   前連結会計年度              当連結会計年度
     報告セグメント計                                   32,659,939              31,682,031
     連結財務諸表の売上高                                   32,659,939              31,682,031
                                                     (単位:千円)
                 利益                  前連結会計年度              当連結会計年度
     報告セグメント計                                   5,887,073              4,619,967
     全社費用(注)                                  △1,047,183               △935,438
     連結財務諸表の営業利益                                   4,839,890              3,684,529
       (注)全社費用は、主に報告セグメントに帰属しない一般管理費であります。
                                                     (単位:千円)
                 資産                  前連結会計年度              当連結会計年度
     報告セグメント計                                   17,625,189              22,906,228
     全社資産(注)                                   26,109,687              19,302,201
     連結財務諸表の資産合計                                   43,734,877              42,208,430
       (注)全社資産は、主に報告セグメントに帰属しない資産であります。
                                                     (単位:千円)
                 負債                  前連結会計年度              当連結会計年度
     報告セグメント計                                   12,311,857               8,981,718
     全社負債(注)                                   3,747,388              3,901,486
     連結財務諸表の負債合計                                   16,059,246              12,883,205
       (注)全社負債は、主に報告セグメントに帰属しない負債であります。
                                                     (単位:千円)
                       報告セグメント計                調整額          連結財務諸表計上額
         その他の項目
                     前連結会計年度       当連結会計年度       前連結会計年度       当連結会計年度       前連結会計年度       当連結会計年度
                             385,173                           426,775
     減価償却費                 267,887              48,360       41,601      316,248
     有形固定資産及び
                       260,958      2,861,857        836,428         -   1,097,386       2,861,857
     無形固定資産の増加額
                                 68/93











                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社ヒラノテクシード(E01548)
                                                            有価証券報告書
          【関連情報】
         前連結会計年度(自           2018年4月1日         至   2019年3月31日)
         1.製品及びサービスごとの情報
            セグメント情報に同様の情報を開示しているため、記載を省略しております。
         2.地域ごとの情報

          (1)売上高                            (単位:千円)
        日本        東アジア          北米       その他の地域           合計
                  15,982,009           517,138
        15,927,797                             232,994        32,659,939
      (注)売上高は顧客の所在地を基礎とし、国又は地域に分類しております。
          (2)有形固定資産

             本邦に所在している有形固定資産の金額が連結貸借対照表の有形固定資産の金額の90%を超えるため、
            記載を省略しております。
         3.主要な顧客ごとの情報

            主要な販売先に該当する社数は1社ありますが、販売先と秘密保持契約を締結しているため、顧客の名
           称、売上高の公表は控えさせていただきます。なお、当該関連するセグメント名は塗工機関連機器・化工機
           関連機器・その他であります。
         当連結会計年度(自           2019年4月1日         至   2020年3月31日)

         1.製品及びサービスごとの情報
            セグメント情報に同様の情報を開示しているため、記載を省略しております。
         2.地域ごとの情報

          (1)売上高                                     (単位:千円)
        日本        東アジア          欧州         北米       その他の地域           合計
                  16,742,008          4,541,098          685,719
         9,242,559                                      470,647        31,682,031
      (注)売上高は顧客の所在地を基礎とし、国又は地域に分類しております。
          (2)有形固定資産

             本邦に所在している有形固定資産の金額が連結貸借対照表の有形固定資産の金額の90%を超えるため、
            記載を省略しております。
         3.主要な顧客ごとの情報

            主要な販売先に該当する社数は2社ありますが、販売先と秘密保持契約を締結しているため、顧客の名
           称、売上高の公表は控えさせていただきます。なお、当該関連するセグメント名は塗工機関連機器・化工機
           関連機器・その他であります。
                                 69/93








                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社ヒラノテクシード(E01548)
                                                            有価証券報告書
          【報告セグメントごとの固定資産の減損損失に関する情報】
          前連結会計年度(自           2018年4月1日         至   2019年3月31日)
           該当事項はありません。
          当連結会計年度(自           2019年4月1日         至   2020年3月31日)

           該当事項はありません。
          【報告セグメントごとののれんの償却額及び未償却残高に関する情報】

          前連結会計年度(自           2018年4月1日         至   2019年3月31日)
           該当事項はありません。
          当連結会計年度(自           2019年4月1日         至   2020年3月31日)

           該当事項はありません。
          【報告セグメントごとの負ののれん発生益に関する情報】

          前連結会計年度(自           2018年4月1日         至   2019年3月31日)
           該当事項はありません。
          当連結会計年度(自           2019年4月1日         至   2020年3月31日)

           該当事項はありません。
         【関連当事者情報】

          前連結会計年度(自 2018年4月1日 至 2019年3月31日)
           該当事項はありません。
          当連結会計年度(自 2019年4月1日 至 2020年3月31日)

           該当事項はありません。
                                 70/93











                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社ヒラノテクシード(E01548)
                                                            有価証券報告書
         (1株当たり情報)
                                  前連結会計年度                当連結会計年度
                                (自    2018年4月1日            (自    2019年4月1日
                                 至   2019年3月31日)              至   2020年3月31日)
     1株当たり純資産額
                                      1,839.70円                1,948.55円
     1株当たり当期純利益金額                                  227.68円                156.29円
     (注)1.潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、潜在株式が存在しないため記載しておりません。
        2.1株当たり純資産額及び1株当たり当期純利益金額の算定上の基礎は、以下のとおりであります。
         1.1株当たり純資産額

                                  前連結会計年度                当連結会計年度
                                 (2019年3月31日)                (2020年3月31日)
     純資産の部の合計額(千円)                                  27,675,630                29,325,225
     純資産の部の合計額から控除する金額(千円)                                      -                -
     普通株式に係る期末の純資産額(千円)                                  27,675,630                29,325,225
     普通株式の発行済株式数(株)                                  15,394,379                15,394,379
     普通株式の自己株式数(株)                                    350,783                344,601
     1株当たり純資産額の算定に用いられた期末の普通
                                       15,043,596                15,049,778
     株式の数(株)
         2.1株当たり当期純利益金額

                                  前連結会計年度               当連結会計年度
                                (自 2018年4月1日               (自 2019年4月1日
                                 至 2019年3月31日)               至 2020年3月31日)
     親会社株主に帰属する当期純利益(千円)                                  3,425,100               2,351,754
     普通株主に帰属しない金額(千円)                                      -               -
     普通株式に係る親会社株主に帰属する当期純利益金
                                        3,425,100               2,351,754
     額(千円)
     期中平均株式数(株)                                  15,043,596               15,047,406
         (重要な後発事象)

          該当事項はありません。
                                 71/93










                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社ヒラノテクシード(E01548)
                                                            有価証券報告書
        ⑤【連結附属明細表】
         【社債明細表】
          該当事項はありません。
         【借入金等明細表】

                          当期首   残高     当期末残高        平均利率
              区分                                      返済期限
                          (千円)        (千円)        (%)
                               -
     短期借入金                                 -        -       -
     1年以内に返済予定の長期借入金                       561,804        523,860         0.820         -
     1年以内に返済予定のリース債務                        3,071        2,810        0.854         -
     長期借入金(1年以内に返済予定のもの
                            354,220        472,940         0.815    2021年から2023年
     を除く)
     リース債務(1年以内に返済予定のもの
                                              -
                             2,788        3,327           2021年から2024年
     を除く)
                               -        -
     その他有利子負債                                         -       -
              合計              921,883       1,002,937           -       -
      (注)1.「平均利率」については、借入金等の期末残高に対する加重平均利率を記載しております。
         2.リース債務の平均利率については、所有権移転ファイナンス・リース取引に係るリース債務の期末残高に対
           する加重平均利率を記載しております。なお、所有権移転外ファイナンス・リース取引はリース料総額に含
           まれる利息相当額を控除する前の金額でリース債務を連結貸借対照表に計上しているため、平均利率の算定
           には含めておりません。
         3.長期借入金及びリース債務(1年以内に返済予定のものを除く)の連結決算日後5年内における返済額は以
           下のとおりであります。
                     1年超2年以内          2年超3年以内          3年超4年以内          4年超5年以内
                      (千円)          (千円)          (千円)          (千円)
     長期借入金                    301,640          171,300             -          -
     リース債務                     1,413           717          717          478
         【資産除去債務明細表】

           当連結会計年度期首及び当連結会計年度末における資産除去債務の金額が、当連結会計年度期首及び当連結
          会計年度末における負債及び純資産の合計額の100分の1以下であるため、連結財務諸表規則第92条の2の規
          定により記載を省略しております。
                                 72/93










                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社ヒラノテクシード(E01548)
                                                            有価証券報告書
       (2)【その他】
           当連結会計年度における四半期情報等
     (累計期間)                 第1四半期          第2四半期          第3四半期         当連結会計年度
     売上高(千円)                   4,737,577          15,852,937          22,128,298          31,682,031

     税金等調整前四半期(当期)

                          412,346         2,779,289          3,035,042          3,765,173
     純利益金額     (千円)
     親会社株主に帰属する四半期
                          292,421         1,918,501          2,113,205          2,351,754
     (当期)純利益金額         (千円)
     1株当たり四半期(当期)
                           19.44          127.51          140.44          156.29
     純利益金額(円)
     (会計期間)

                      第1四半期          第2四半期          第3四半期          第4四半期
     1株当たり四半期純利益金額
                           19.44          108.07           12.94          15.85
     (円)
                                 73/93
















                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社ヒラノテクシード(E01548)
                                                            有価証券報告書
      2【財務諸表等】
       (1)【財務諸表】
        ①【貸借対照表】
                                                    (単位:千円)
                                   前事業年度              当事業年度
                                 (2019年3月31日)              (2020年3月31日)
      資産の部
       流動資産
                                       6,461,646              5,155,039
         現金及び預金
                                       ※1 396,500
                                                       535,003
         受取手形
                                       ※1 512,600
                                                       582,230
         電子記録債権
                                       4,764,656              6,591,153
         売掛金
                                       7,268,957              3,399,982
         有価証券
                                       5,921,450              5,989,330
         仕掛品
                                         79,659              156,261
         原材料及び貯蔵品
                                        179,492              444,882
         前渡金
                                        226,456               79,561
         前払費用
                                           -            780,551
         未収消費税等
                                         34,380              72,350
         その他
                                        △ 2,600             △ 47,600
         貸倒引当金
                                       25,843,199              23,738,746
         流動資産合計
       固定資産
         有形固定資産
                                        975,114             3,085,148
          建物
                                         90,785              226,163
          構築物
                                        341,623              987,257
          機械及び装置
                                         4,019              4,612
          車両運搬具
                                        131,324              150,803
          工具、器具及び備品
                                       1,973,258              1,977,640
          土地
                                         2,950              4,353
          リース資産
                                        843,544               6,897
          建設仮勘定
                                       4,362,620              6,442,876
          有形固定資産合計
         無形固定資産
                                         43,419              101,368
          ソフトウエア
                                         2,530              65,421
          ソフトウエア仮勘定
                                           -              918
          その他
                                         45,949              167,708
          無形固定資産合計
                                 74/93









                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社ヒラノテクシード(E01548)
                                                            有価証券報告書
                                                    (単位:千円)

                                   前事業年度              当事業年度
                                 (2019年3月31日)              (2020年3月31日)
         投資その他の資産
                                       2,681,045              2,324,670
          投資有価証券
                                        125,100              125,100
          関係会社株式
                                           250              250
          出資金
                                         58,393              60,719
          長期前払費用
                                        153,783              168,707
          団体生命保険金
          繰延税金資産                                 -            212,000
                                         20,175              20,225
          その他
                                       3,038,747              2,911,671
          投資その他の資産合計
                                       7,447,318              9,522,257
         固定資産合計
                                       33,290,517              33,261,004
       資産合計
      負債の部
       流動負債
                                       4,048,378              3,167,473
         電子記録債務
                                       1,314,969              3,140,459
         買掛金
                                        535,148              498,560
         1年内返済予定の長期借入金
                                         2,375              2,114
         リース債務
                                        589,778             1,611,331
         未払金
                                        105,262              103,327
         未払費用
                                        587,999              775,864
         未払法人税等
                                         10,964                -
         未払消費税等
                                       5,259,510              1,687,646
         前受金
                                        304,777              193,719
         預り金
                                        156,000              166,300
         賞与引当金
                                         38,600              49,700
         製品保証引当金
                                         28,675              349,518
         営業外電子記録債務
                                       12,982,440              11,746,015
         流動負債合計
       固定負債
                                        308,920              452,940
         長期借入金
                                         1,396              2,631
         リース債務
                                         47,652                -
         繰延税金負債
                                        261,499              246,214
         退職給付引当金
                                         45,560                -
         役員退職慰労引当金
         資産除去債務                                15,188              15,495
                                           144             64,693
         その他
                                        680,361              781,974
         固定負債合計
                                       13,662,801              12,527,989
       負債合計
                                 75/93








                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社ヒラノテクシード(E01548)
                                                            有価証券報告書
                                                    (単位:千円)

                                   前事業年度              当事業年度
                                 (2019年3月31日)              (2020年3月31日)
      純資産の部
       株主資本
                                       1,847,821              1,847,821
         資本金
         資本剰余金
                                       1,339,654              1,339,654
          資本準備金
                                           -             2,420
          その他資本剰余金
                                       1,339,654              1,342,074
          資本剰余金合計
         利益剰余金
                                        253,551              253,551
          利益準備金
          その他利益剰余金
                                         2,982                -
            特別償却準備金
                                         57,003              54,540
            固定資産圧縮積立金
                                       3,330,000              3,330,000
            別途積立金
                                       12,740,873              13,912,751
            繰越利益剰余金
                                       16,384,411              17,550,843
          利益剰余金合計
                                       △ 408,218             △ 401,116
         自己株式
                                       19,163,669              20,339,623
         株主資本合計
       評価・換算差額等
                                        464,046              393,390
         その他有価証券評価差額金
                                        464,046              393,390
         評価・換算差額等合計
                                       19,627,715              20,733,014
       純資産合計
                                       33,290,517              33,261,004
      負債純資産合計
                                 76/93












                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社ヒラノテクシード(E01548)
                                                            有価証券報告書
        ②【損益計算書】
                                                    (単位:千円)
                                   前事業年度              当事業年度
                                (自 2018年4月1日              (自 2019年4月1日
                                 至 2019年3月31日)               至 2020年3月31日)
                                       23,993,788              28,524,339
      売上高
                                                    ※2 23,799,234
                                       19,148,759
      売上原価
                                       4,845,029              4,725,104
      売上総利益
                                      ※3 1,796,306             ※3 2,291,559
      販売費及び一般管理費
                                       3,048,722              2,433,545
      営業利益
      営業外収益
                                           128              138
       受取利息
                                         2,857              4,276
       有価証券利息
                                        216,878              394,226
       受取配当金
                                         7,190              5,624
       仕入割引
                                           -              983
       有価証券売却益
                                         22,356              39,420
       その他
                                        249,412              444,669
       営業外収益合計
      営業外費用
                                         9,114              7,682
       支払利息
                                         22,147               5,423
       売上割引
                                           83             8,816
       固定資産除却損
                                         1,815                26
       その他
                                         33,161              21,949
       営業外費用合計
                                       3,264,974              2,856,265
      経常利益
      特別利益
                                         1,025                -
       固定資産売却益
                                         1,025                -
       特別利益合計
      特別損失
                                           -             8,630
       投資有価証券評価損
                                           -             8,630
       特別損失合計
                                       3,266,000              2,847,635
      税引前当期純利益
                                        891,000             1,232,000
      法人税、住民税及び事業税
                                         30,496             △ 227,870
      法人税等調整額
                                        921,496             1,004,129
      法人税等合計
                                       2,344,503              1,843,506
      当期純利益
                                 77/93









                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社ヒラノテクシード(E01548)
                                                            有価証券報告書
        ③【株主資本等変動計算書】
          前事業年度(自 2018年4月1日 至 2019年3月31日)
                                      株主資本

                              資本剰余金                  利益剰余金
                                             その他利益剰余金
                     資本金
                              その他資本     資本剰余金
                         資本準備金               利益準備金
                              剰余金     合計          特別償却準     固定資産圧
                                                        別途積立金
                                             備金     縮積立金
     当期首残高               1,847,821     1,339,654        -  1,339,654      253,551      5,965     59,501    3,330,000
     当期変動額
      剰余金の配当
                                       -
      特別償却準備金の取崩
                                       -        △ 2,982
      固定資産圧縮積立金の取崩                                -             △ 2,497
      当期純利益                                -
      自己株式の取得                                -
      自己株式の処分                                -
      株主資本以外の項目の当期変動
                                       -
      額(純額)
     当期変動額合計
                       -     -     -     -     -   △ 2,982    △ 2,497      -
     当期末残高
                    1,847,821     1,339,654        -  1,339,654      253,551      2,982     57,003    3,330,000
                                                  (単位:千円)

                            株主資本              評価・換算差額等
                      利益剰余金
                    その他利益                     その他有価           純資産合計
                                   株主資本合          評価・換算
                    剰余金           自己株式          証券評価差
                         利益剰余金          計          差額等合計
                                        額金
                         合計
                    繰越利益剰
                    余金
     当期首残高              10,917,415     14,566,433      △ 408,218    17,345,691      634,694     634,694     17,980,386
     当期変動額
      剰余金の配当              △ 526,525    △ 526,525         △ 526,525            -   △ 526,525
      特別償却準備金の取崩
                      2,982      -          -          -      -
      固定資産圧縮積立金の取崩
                      2,497      -          -          -      -
      当期純利益              2,344,503     2,344,503          2,344,503             -   2,344,503
      自己株式の取得                      -          -          -      -
      自己株式の処分                      -          -          -      -
      株主資本以外の項目の当期変動
                            -          -  △ 170,648    △ 170,648     △ 170,648
      額(純額)
     当期変動額合計               1,823,458     1,817,977        -  1,817,977     △ 170,648    △ 170,648     1,647,329
     当期末残高
                    12,740,873     16,384,411      △ 408,218    19,163,669      464,046     464,046     19,627,715
                                 78/93






                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社ヒラノテクシード(E01548)
                                                            有価証券報告書
          当事業年度(自 2019年4月1日 至 2020年3月31日)
                                      株主資本

                              資本剰余金                  利益剰余金
                                             その他利益剰余金
                     資本金
                              その他資本     資本剰余金
                         資本準備金               利益準備金
                              剰余金     合計          特別償却準     固定資産圧
                                                        別途積立金
                                             備金     縮積立金
     当期首残高               1,847,821     1,339,654        -  1,339,654      253,551      2,982     57,003    3,330,000
     当期変動額
      剰余金の配当                                -
      特別償却準備金の取崩                                -        △ 2,982
      固定資産圧縮積立金の取崩                                -             △ 2,462
      当期純利益
                                       -
      自己株式の取得
                                       -
      自己株式の処分                          2,420     2,420
      株主資本以外の項目の当期変動
                                       -
      額(純額)
     当期変動額合計                  -     -    2,420     2,420      -   △ 2,982    △ 2,462      -
     当期末残高               1,847,821     1,339,654       2,420   1,342,074      253,551       -   54,540    3,330,000
                                                   (単位:千円)

                            株主資本              評価・換算差額等
                      利益剰余金
                    その他利益                     その他有価          純資産合計
                                   株主資本合          評価・換算
                    剰余金           自己株式          証券評価差
                         利益剰余金          計          差額等合計
                                        額金
                         合計
                    繰越利益剰
                    余金
     当期首残高              12,740,873     16,384,411      △ 408,218    19,163,669      464,046     464,046    19,627,715
     当期変動額
      剰余金の配当              △ 677,074    △ 677,074         △ 677,074            -   △ 677,074
      特別償却準備金の取崩                2,982      -          -          -      -
      固定資産圧縮積立金の取崩                2,462      -          -          -      -
      当期純利益              1,843,506     1,843,506          1,843,506             -   1,843,506
      自己株式の取得
                            -    △ 287    △ 287           -    △ 287
      自己株式の処分
                            -    7,388     9,809            -    9,809
      株主資本以外の項目の当期変動
                            -          -   △ 70,655    △ 70,655     △ 70,655
      額(純額)
     当期変動額合計               1,171,877     1,166,432       7,101   1,175,954      △ 70,655    △ 70,655    1,105,298
     当期末残高              13,912,751     17,550,843      △ 401,116    20,339,623      393,390     393,390    20,733,014
                                 79/93






                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社ヒラノテクシード(E01548)
                                                            有価証券報告書
        【注記事項】
         (重要な会計方針)
      1.有価証券の評価基準及び評価方法
       a 満期保有目的の債券
        償却原価法(定額法)
       b 子会社株式
        移動平均法による原価法
       c その他有価証券
        時価のあるもの
         決算期末日の市場価格等に基づく時価法(評価差額は、全部純資産直入法により処理し、売却原価は、移動平均
        法により算定)
        時価のないもの
         移動平均法による原価法
      2.たな卸資産の評価基準及び評価方法

       a 仕掛品
        個別法による原価法(貸借対照表価額は収益性の低下に基づく簿価切下げの方法により算定)
       b 原材料
        総平均法による原価法(貸借対照表価額は収益性の低下に基づく簿価切下げの方法により算定)
      3.固定資産の減価償却の方法

       (1)有形固定資産(リース資産を除く)
         定率法を採用しております。
         ただし、1998年4月1日以降に取得した建物(建物附属設備を除く)並びに2016年4月1日以降に取得した建物
        附属設備及び構築物については定額法を採用しております。
         なお、主な耐用年数は以下のとおりであります。
         建物                   8~50年
         機械装置           7~18年
       (2)無形固定資産(リース資産を除く)
         定額法を採用しております。
         なお、自社利用のソフトウエアについては、社内における利用可能期間(5年)に基づいております。
       (3)リース資産
         所有権移転ファイナンス・リース取引に係るリース資産については、自己所有の固定資産に適用する減価償却方
        法と同一の方法によっております。
         所有権移転外ファイナンス・リース取引に係るリース資産は、リース期間を耐用年数として、残存価額を零とす
        る定額法を採用しております。
      4.引当金の計上基準

       (1)貸倒引当金
         売上債権等の貸倒損失に備えるため一般債権については、貸倒実績率による計算額を、貸倒懸念債権等特定の債
        権については、個別に回収可能性を検討し回収不能見込額を計上しております。
       (2)賞与引当金
         従業員の賞与の支給に充てるため、支給見込額基準に基づき計上しております。
       (3)製品保証引当金
         当事業年度売上高に対する翌事業年度以降の無償サービスに備えるため、過去の経験率に基づき計上しておりま
        す。
       (4)退職給付引当金
         従業員の退職給付に備えるため、当事業年度末における退職給付債務及び年金資産の見込額に基づき計上してお
        ります。
        ①退職給付見込額の期間帰属方法
         退職給付債務の算定にあたり、退職給付見込額を当事業年度末までの期間に帰属させる方法については、給付算
        定式基準によっております。
                                 80/93



                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社ヒラノテクシード(E01548)
                                                            有価証券報告書
        ②数理計算上の差異の費用処理方法

         数理計算上の差異については、各事業年度の発生時における従業員の平均残存勤務期間以内の一定の年数(10
        年)による定額法により按分した額を、それぞれ発生の翌事業年度から費用処理しております。
       (5)役員退職慰労引当金
         役員の退職慰労金の支給に充てるため、内規に基づく当事業年度末要支給額を計上しております。
       (追加情報)
        (役  員退職慰労金制度の廃止)
         当社   は、2019年6月26日開催の第95回定時株主総会において、役員退職慰労金制度の廃止に伴う退職慰労金の打
        ち切り支給を決議いたしました。
         これに伴い、当社の「役員退職慰労引当金」を全額取り崩し、打ち切り支給に伴う未払額64,430千円を固定負債
        の「その他」に含めて表示しております。
      5.その他財務諸表作成のための基本となる重要な事項

       (1)退職給付に係る会計処理
         退職給付に係る未認識数理計算上の差異の未処理額の会計処理方法は、連結財務諸表におけるこれらの会計処理
        の方法と異なっております。
       (2)消費税等の会計処理
         消費税及び地方消費税の会計処理は、税抜方式を採用しており、控除対象外消費税及び地方消費税は当事業年度
        の費用として処理しております。
         (会計方針の変更)

          該当事項はありません。
         (表示方法の変更)

          (損益計算書)
           前事業年度において、「営業外費用」の「その他」に含めていた「固定資産除却損」は、金額的重要性が増
          したため、当事業年度より独立掲記することとなりました。この表示方法の変更を反映させるため前事業年度
          の財務諸表の組替えを行っております。
           この結果、前事業年度の損益計算書において、「営業外費用」の「その他」に表示していた83千円は「固定
          資産除却損」として組替えております。
         (追加情報)

          (新型コロナウイルス感染症の影響)
           新型コロナウイルス感染症の影響に関する注記については、連結財務諸表「注記事項(追加情報)」に同一
          の内容を記載しておりますので、注記を省略しております。
                                 81/93








                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社ヒラノテクシード(E01548)
                                                            有価証券報告書
         (貸借対照表関係)
        ※1 事業年度末日満期手形及び電子記録債権
          事業年度末日満期手形及び電子記録債権の会計処理については、手形交換日等をもって決済処理をしておりま
         す。なお、前事業年度の末日が金融機関の休日であったため、次の事業年度末日満期手形及び電子記録債権が次
         の前事業年度末日残高に含まれております。
                              前事業年度                   当事業年度
                            (2019年3月31日)                   (2020年3月31日)
       受取手形                             70,502千円                     -千円
                                     2,003                    -
       電子記録債権
         2 関係会社に対する金銭債権及び金銭債務(区分表示したものを除く)

                              前事業年度                   当事業年度
                            (2019年3月31日)                   (2020年3月31日)
       短期金銭債権                             12,279千円                   11,308千円
       短期金銭債務                             676,124                  1,867,245
         (損益計算書関係)

         1 関係会社との取引高
                              前事業年度                  当事業年度
                            (自 2018年4月1日                  (自 2019年4月1日
                             至 2019年3月31日)                  至 2020年3月31日)
     営業取引による取引高
      売上高                              6,097千円                  7,721千円
      仕入高                            1,372,680                  2,864,029
     営業取引以外の取引による取引高                               97,614                  83,643
        ※2 期末たな卸高は収益性の低下に伴う簿価切下後の金額であり、次のたな卸資産評価損が売上原価に含まれて

          おります。
                              前事業年度                   当事業年度
                           (自 2018年4月1日                   (自 2019年4月1日
                            至 2019年3月31日)                     至 2020年3月31日)
                                      - 千円               711,033    千円
        ※3 販売費に属する費用のおおよその割合は前事業年度48%、当事業年度57%、一般管理費に属する費用のおお

          よその割合は前事業年度52%、当事業年度43%であります。
           販売費及び一般管理費のうち主要な費目及び金額は次のとおりであります。
                              前事業年度                   当事業年度
                           (自 2018年4月1日                   (自 2019年4月1日
                            至 2019年3月31日)                     至 2020年3月31日)
     販売手数料                              371,266    千円               916,203    千円
                                    397,354                   372,257
     給料及び手当
     賞与引当金繰入額                               36,420                   33,139
                                    44,623                   32,758
     退職給付費用
                                    18,610                   18,870
     役員退職慰労引当金繰入額
                                    114,691                   120,024
     減価償却費
                                    246,179                   132,824
     支払手数料
                                    △ 3,200                  45,000
     貸倒引当金繰入額
         (有価証券関係)

           子会社株式(当事業年度の貸借対照表計上額は子会社株式125,100千円、前事業年度の貸借対照表計上額は
          子会社株式125,100千円)は、市場価格がなく、時価を把握することが極めて困難と認められることから、記
          載しておりません。
                                 82/93


                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社ヒラノテクシード(E01548)
                                                            有価証券報告書
         (税効果会計関係)
          1.繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別の内訳
                                   前事業年度                当事業年度
                                 (2019年3月31日)                (2020年3月31日)
      繰延税金資産
       賞与引当金                                 46,675千円                49,756千円
       退職給付引当金                                 78,240                73,667
       役員退職慰労引当金                                 13,631                  -
       減損損失                                 12,737                12,737
       資産除去債務                                 4,544                4,636
       たな卸資産評価損                                   -             212,742
       その他                                 73,128               361,413
      繰延税金資産小計
                                      228,958                714,954
       評価性引当額                                △21,931               △282,516
      繰延税金資産合計
                                      207,026                432,438
      繰延税金負債
       その他有価証券評価差額金                               △227,103                △195,321
       固定資産圧縮積立金                                △24,337                △23,285
       特別償却準備金                                △1,273                  -
       資産除去債務に係る除去費用                                △1,964                △1,830
      繰延税金負債合計
                                     △254,678                △220,437
      繰延税金資産(負債)の純額
                                      △47,652                212,000
          2.法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との間に重要な差異があるときの、当該差異の原因

           となった主要な項目別の内訳
                                   前事業年度                当事業年度
                                  (2019年3月31日)                (2020年3月31日)
     法定実効税率
                                         29.9%                29.9%
     (調整)
      交際費等永久に損金に算入されない項目                                   0.1                0.1
      受取配当金等永久に益金に算入されない項目                                  △1.6                △3.7
      住民税均等割                                   0.1                0.1
      研究費等の法人税額特別控除                                  △0.3                △0.5
      評価性引当     額 の増減                            △0.0                 9.2
      その他                                   0.0                0.2
     税効果会計適用後の法人税等の負担率
                                         28.2                35.3
                                 83/93








                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社ヒラノテクシード(E01548)
                                                            有価証券報告書
         (企業結合等関係)
          該当事項はありません。
         (重要な後発事象)

          該当事項はありません。
        ④【附属明細表】

         【有形固定資産等明細表】
                                                       (単位:千円)
               資産の         当期首      当 期      当 期      当 期      当期末      減価償却
      区 分
               種 類         残 高      増加額      減少額      償却額      残 高      累計額
            建物             975,114     2,238,443        3,824     124,584     3,085,148      1,545,427
            構築物              90,785      154,084        225     18,480      226,163      259,954
            機械及び装置             341,623      794,952       8,745     140,573      987,257     2,180,567
            車両運搬具              4,019      4,468        0    3,874      4,612      58,559
       有形
            工具、器具及び備品             131,324       72,000         0    52,521      150,803      453,057
      固定資産
            土地            1,973,258        4,382        -      -   1,977,640          -
            リース資産              2,950      3,588        -     2,185      4,353      11,068
            建設仮勘定             843,544     1,752,077      2,588,725          -     6,897        -
                計       4,362,620      5,023,996      2,601,520       342,220     6,442,876      4,508,635
            ソフトウエア              43,419      75,791         7    17,835      101,368       53,945
            ソフトウエア仮勘定              2,530      90,696      27,805        -    65,421        -
       無形
      固定資産
            その他                -      950       -      31      918       31
                計         45,949      167,438       27,812      17,866      167,708       53,976
      (注)1.当期増加額のうち主なものは、次のとおりであります。
         建物         木津川工場(京都府木津川市)                     2,218,980千円
         機械及び装置         本社工場     生産設備                 661,525千円
                  本社工場     研究設備                  7,469千円
         2.建設仮勘定の減少額は、本勘定への振替によるものであります。
                                 84/93











                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社ヒラノテクシード(E01548)
                                                            有価証券報告書
         【引当金明細表】
                                                       (単位:千円)
          科目          当期首   残高        当期増加額           当期減少額           当期末残高

     貸倒引当金                    2,600          47,600           2,600          47,600

     賞与引当金                   156,000           166,300           156,000           166,300
     製品保証引当金                    38,600           49,700           38,600           49,700
     役員退職慰労引当金                    45,560           18,870           64,430             -
     (注)役員退職慰労引当金の当期減少額は、制度廃止に伴う長期未払金への振替額であります。
       (2)【主な資産及び負債の内容】

          連結財務諸表を作成しているた              め、記載を省略しております。
       (3)【その他】

          該当事項はありません。
                                 85/93















                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社ヒラノテクシード(E01548)
                                                            有価証券報告書
     第6【提出会社の株式事務の概要】
     事業年度                4月1日から3月31日まで
     定時株主総会                6月中

     基準日                3月31日

     剰余金の配当の基準日                9月30日、3月31日

     1単元の株式数                100株

     単元未満株式の買取り・売渡し

                     (特別口座)
       取扱場所              大阪市中央区伏見町三丁目6番3号
                     三菱UFJ信託銀行株式会社 大阪証券代行部
                     (特別口座)
       株主名簿管理人              東京都千代田区丸の内一丁目4番5号
                     三菱UFJ信託銀行株式会社
       取次所                              ──────
       買取・売渡手数料              無料
                     電子公告により行う。ただし、事故その他やむを得ない事由によって電子公告によ
                     る公告ができない場合は、大阪市において発行する日本経済新聞に掲載して行う。
     公告掲載方法
                     公 告掲載URL
                     https://www.hirano-tec.co.jp/
     株主に対する特典                なし
      (注) 当会社の株主は、その有する単元未満株式について、次に掲げる権利以外の権利を有することができない。
          1.会社法第189条第2項各号に掲げる権利。
          2.取得請求権付株式の取得を請求する権利。
          3.株主の有する株式数に応じて募集株式の割当て及び募集新株予約権の割当てを受ける権利。
          4.単元未満株式の買増請求をする権利。
                                 86/93











                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社ヒラノテクシード(E01548)
                                                            有価証券報告書
     第7【提出会社の参考情報】
      1【提出会社の親会社等の情報】
        当社には、金融商品取引法第24条の7第1項に規定する親会社等はありません。
      2【その他の参考情報】

        当事業年度の開始日から有価証券報告書提出日までの間に、次の書類を提出しております。
      (1)有価証券報告書及びその添付書類並びに確認書
        事業年度 第95期(自 2018年4月1日 至 2019年3月31日) 2019年6月27日近畿財務局長に提出。
      (2)内部統制報告書及びその添付書類

        2019年6月27日近畿財務局長に提出。
      (3)四半期報告書及び確認書

        第96期第1四半期(自 2019年4月1日 至 2019年6月30日) 2019年8月9日近畿財務局長に提出。
        第96期第2四半期(自 2019年7月1日 至 2019年9月30日) 2019年11月11日近畿財務局長に提出。
        第96期第3四半期(自 2019年10月1日 至 2019年12月31日) 2020年2月10日近畿財務局長に提出。
      (4)有価証券報告書の訂正報告書並びに確認書

        事業年度 第94期(自 2016年4月1日 至 2017年3月31日)の有価証券報告書に係る訂正報告書及びその確認
        書 2019年6月27日近畿財務局長に提出。
      (5)四半期報告書の訂正報告書並びに確認書

        第95期第2四半期(自 2018年7月1日 至 2018年9月30日)の四半期報告書に係る訂正報告書及びその確認
        書 2019年6月27日近畿財務局長に提出。
                                 87/93












                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社ヒラノテクシード(E01548)
                                                            有価証券報告書
     第二部【提出会社の保証会社等の情報】
          該当事項はありません。
                                 88/93




















                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社ヒラノテクシード(E01548)
                                                            有価証券報告書
                独立監査人の監査報告書及び内部統制監査報告書
                                                   2020年6月29日

     株式会社ヒラノテクシード
        取締役会 御中

                       有限責任監査法人 トーマツ

                         大     阪   事   務   所
                       指定有限責任社員

                                                          ㊞
                                  公認会計士        後   藤   紳   太   郎
                       業  務  執  行  社  員
                       指定有限責任社員

                                                          ㊞
                                  公認会計士        髙    見    勝    文
                       業  務  執  行  社  員
     <財務諸表監査>

     監査意見
      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づく監査証明を行うため、「経理の状況」に掲げられ
     ている株式会社ヒラノテクシードの2019年4月1日から2020年3月31日までの連結会計年度の連結財務諸表、すなわち、
     連結貸借対照表、連結損益計算書、連結包括利益計算書、連結株主資本等変動計算書、連結キャッシュ・フロー計算書、
     連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項、その他の注記及び連結附属明細表について監査を行った。
      当監   査法人は、上記の連結財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して、株式
     会社ヒラノテクシード及び連結子会社の2020年3月31日現在の財政状態並びに同日をもって終了する連結会計年度の経営
     成績及びキャッシュ・フローの状況を、全ての重要な点において適正に表示しているものと認める。
     監査意見の根拠

      当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に準拠して監査を行った。監査の基準における
     当監査法人の責任は、「連結財務諸表監査における監査人の責任」に記載されている。当監査法人は、我が国における職
     業倫理に関する規定に従って、会社及び連結子会社から独立しており、また、監査人としてのその他の倫理上の責任を果
     たしている。当監査法人は、意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手したと判断している。
     連結財務諸表に対する経営者及び監査等委員会の責任

      経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して連結財務諸表を作成し適正に
     表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない連結財務諸表を作成し適正に表示するために
     経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
      連結財務諸表を作成するに当たり、経営者は、継続企業の前提に基づき連結財務諸表を作成することが適切であるかど
     うかを評価し、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に基づいて継続企業に関する事項を開示する
     必要がある場合には当該事項を開示する責任がある。
      監査等委員会の責任          は、財務報告プロセスの整備及び運用における取締役の職務の執行を監視することにある。
     連結財務諸表監査における            監査人の責任

      監査人の責任は、監査人が実施した監査に基づいて、全体としての連結財務諸表に不正又は誤謬による重要な虚偽表示
     がないかどうかについて合理的な保証を得て、監査報告書において独立の立場から連結財務諸表に対する意見を表明する
     ことにある。虚偽表示は、不正又は誤謬により発生する可能性があり、個別に又は集計すると、連結財務諸表の利用者の
     意思決定に影響を与えると合理的に見込まれる場合に、重要性があると判断される。
      監査人は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に従って、監査の過程を通じて、職業的専門家とし
     ての判断を行い、職業的懐疑心を保持して以下を実施する。
     ・   不正又は誤謬による重要な虚偽表示リスクを識別し、評価する。また、重要な虚偽表示リスクに対応した監査手続を
      立案し、実施する。監査手続の選択及び適用は監査人の判断による。さらに、意見表明の基礎となる十分かつ適切な監
      査証拠を入手する。
     ・   連結財務諸表監査の目的は、内部統制の有効性について意見表明するためのものではないが、監査人は、リスク評価
      の実施に際して、状況に応じた適切な監査手続を立案するために、監査に関連する内部統制を検討する。
                                 89/93


                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社ヒラノテクシード(E01548)
                                                            有価証券報告書
     ・   経営者が採用した会計方針及びその適用方法の適切性、並びに経営者によって行われた会計上の見積りの合理性及び
      関連する注記事項の妥当性を評価する。
     ・   経営者が継続企業を前提として連結財務諸表を作成することが適切であるかどうか、また、入手した監査証拠に基づ
      き、継続企業の前提に重要な疑義を生じさせるような事象又は状況に関して重要な不確実性が認められるかどうか結論
      付ける。継続企業の前提に関する重要な不確実性が認められる場合は、監査報告書において連結財務諸表の注記事項に
      注意を喚起すること、又は重要な不確実性に関する連結財務諸表の注記事項が適切でない場合は、連結財務諸表に対し
      て除外事項付意見を表明することが求められている。監査人の結論は、監査報告書日までに入手した監査証拠に基づい
      ているが、将来の事象や状況により、企業は継続企業として存続できなくなる可能性がある。
     ・   連結財務諸表の表示及び注記事項が、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠しているか
      どうかとともに、関連する注記事項を含めた連結財務諸表の表示、構成及び内容、並びに連結財務諸表が基礎となる取
      引や会計事象を適正に表示しているかどうかを評価する。
     ・   連結財務諸表に対する意見を表明するために、会社及び連結子会社の財務情報に関する十分かつ適切な監査証拠を入
      手する。監査人は、連結財務諸表の監査に関する指示、監督及び実施に関して責任がある。監査人は、単独で監査意見
      に対して責任を負う。
      監査人は、監査等委員会に対して、計画した監査の範囲とその実施時期、監査の実施過程で識別した内部統制の重要な
     不備を含む監査上の重要な発見事項、及び監査の基準で求められているその他の事項について報告を行う。
      監査人は、監査等委員会に対して、独立性についての我が国における職業倫理に関する規定を遵守したこと、並びに監
     査人の独立性に影響を与えると合理的に考えられる事項、及び阻害要因を除去又は軽減するためにセーフガードを講じて
     いる場合はその内容について報告を行う。
     <内部統制監査>

     監査意見
      当監査法人は、金         融商品取引法第193条の2第2項の規定に基づく監査証明を行うため、株式会社ヒラノテクシード
     の2020年3月31日現在の内部統制報告書について監査を行った。
      当監査法人は、株式会社ヒラノテクシードが2020年3月31日現在の財務報告に係る内部統制は有効であると表示した上
     記の内部統制報告書が、我が国において一般に公正妥当と認められる財務報告に係る内部統制の評価の基準に準拠して、
     財務報告に係る内部統制の評価結果について、全ての重要な点において適正に表示しているものと認める。
     監査意見の根拠

      当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる財務報告に係る内部統制の監査の基準に準拠して内部統制
     監査を行った。財務報告に係る内部統制の監査の基準における当監査法人の責任は、「内部統制監査における監査人の責
     任」に記載されている。当監査法人は、我が国における職業倫理に関する規定に従って、会社及び連結子会社から独立し
     ており、また、監査人としてのその他の倫理上の責任を果たしている。当監査法人は、意見表明の基礎となる十分かつ適
     切な監査証拠を入手したと判断している。
     内部統制報告書に対する経営者及び監査等委員会の責任

      経  営者の責任     は、財務報告に係る内部統制を整備及び運用し、我が国において一般に公正妥当と認められる財務報告に
     係る内部統制の評価の基準に準拠して内部統制報告書を作成し適正に表示することにある。
      監査等委員会の責任は、財務報告に係る内部統制の整備及び運用状況を監視、検証することにある。
      なお、財務報告        に係る内部統制により財務報告の虚偽の記載を完全には防止又は発見することができない可能性があ
     る。
     内部統制監査における          監査人の責任

      監査人の責任は、監査人が実施した内部統制監査に基づいて、                              内部統制報告書に重要な虚偽表示がないかどうかについ
     て合理的な保証を得て、内部統制監査報告書において独立の立場から内部統制報告書に対する意見を表明することにあ
     る。
      監査人は、我が国において一般に公正妥当と認められる財務報告に係る内部統制の監査の基準に従って、監査の過程を
     通じて、職業的専門家としての判断を行い、職業的懐疑心を保持して以下を実施する。
     ・  内部統制報告書における財務報告に係る内部統制の評価結果について監査証拠を入手するための                                            監査  手続  を 実施  す
      る 。内部統制監査の監査手続は、監査人の判断により、財務報告の信頼性に及ぼす影響の重要性に基づいて選択及び適
      用される。
     ・  財務報告に係る内部統制の評価範囲、評価手続及び評価結果について経営者が行った記載を含め、全体としての内部
      統制報告書の表示を検討する。
     ・   内部統制報告書における財務報告に係る内部統制の評価結果に関する                                十分かつ適切な監査証拠を入手              する。監査人
      は、内部統制報告書の監査に関する指示、監督及び実施に関して責任がある。監査人は、単独で監査意見に対して責任
      を負う。
                                 90/93


                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社ヒラノテクシード(E01548)
                                                            有価証券報告書
      監査人    は、監査等委員会に対して、計画した内部統制監査の範囲とその実施時期、内部統制監査の実施結果、識別した
     内部統制の開示すべき重要な不備、その是正結果、及び内部統制の監査の基準で求められているその他の事項について報
     告を行う。
      監査人は、監査等委員会に対して、独立性についての我が国における職業倫理に関する規定を遵守したこと、並びに監
     査人の独立性に影響を与えると合理的に考えられる事項、及び阻害要因を除去又は軽減するためにセーフガードを講じて
     いる場合はその内容について報告を行う。
     利害関係

      会社  及 び連結子会社      と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はな
     い。
                                                        以 上

      (注)1 上記は監査報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(有価証券報告書提出会

          社)が別途保管しております。
        2 XBRLデータは監査の対象には含まれておりません。
                                 91/93















                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社ヒラノテクシード(E01548)
                                                            有価証券報告書
                        独立監査人の監査報告書
                                                   2020年6月29日

     株式会社ヒラノテクシード

        取締役会 御中

                       有限責任監査法人 トーマツ

                         大     阪   事   務   所
                       指定有限責任社員

                                                          ㊞
                                  公認会計士        後   藤   紳   太   郎
                       業  務  執  行  社  員
                       指定有限責任社員

                                                          ㊞
                                  公認会計士        髙    見    勝    文
                       業  務  執  行  社  員
     監査意見

      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づく監査証明を行うため、「経理の状況」に掲げられ
     ている株式会社ヒラノテクシードの2019年4月1日から2020年3月31日までの第96期事業年度の財務諸表、すなわち、
     貸借対照表、損益計算書、株主資本等変動計算書、重要な会計方針、その他の注記及び附属明細表について監査を行っ
     た。
      当監査法人は、上記の財務諸表が、                  我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して、                                  株式会社
     ヒラノテクシードの2020年3月31日現在の財政状態及び同日をもって終了する事業年度の経営成績を、全ての重要な点に
     おいて適正に表示しているものと認める。
     監査意見の根拠

      当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に準拠して監査を行った。監査の基準における
     当監査法人の責任は、「財務諸表監査における監査人の責任」に記載されている。当監査法人は、我が国における職業倫
     理に関する規定に従って、会社から独立しており、また、監査人としてのその他の倫理上の責任を果たしている。当監査
     法人は、意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手したと判断している。
     財務諸表に対する経営者及び             監査等委員会      の責任

      経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して財務諸表を作成し適正に表示
     することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない財務諸表を作成し適正に表示するために経営者が
     必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
      財務諸表を作成するに当たり、経営者は、継続企業の前提に基づき財務諸表を作成することが適切であるかどうかを評
     価 し、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に基づいて継続企業に関する事項を開示する必要があ
     る場合には当該事項を開示する責任がある。
      監査等委員      会の責任は、財務報告プロセスの整備及び運用における取締役の職務の執行を監視することにある。
     財務諸表監査における          監査人の責任

      監査人の責任は、監査人が実施した監査に基づいて、全体としての財務諸表に不正又は誤謬による重要な虚偽表示がな
     い かどうかについて合理的な保証を得て、監査報告書において独立の立場から財務諸表に対する意見を表明することにあ
     る。虚偽表示は、不正又は誤謬により発生する可能性があり、個別に又は集計すると、財務諸表の利用者の意思決定に影
     響を与えると合理的に見込まれる場合に、重要性があると判断される。
      監査人は、      我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に                           従って、監査の過程を通じて、職業的専門家とし
     ての判断を行い、職業的懐疑心を保持して以下を実施する。
     ・   不正又は誤謬による重要な虚偽表示リスクを識別し、評価する。また、重要な虚偽表示リスクに対応した監査手続を
      立案し、実施する。監査手続の選択及び適用は監査人の判断による。さらに、意見表明の基礎となる十分かつ適切な監
      査証拠を入手する。
                                 92/93


                                                           EDINET提出書類
                                                    株式会社ヒラノテクシード(E01548)
                                                            有価証券報告書
     ・   財務諸表監査の目的は、内部統制の有効性について意見表明するためのものではないが、監査人は、リスク評価の実
      施に際して、状況に応じた適切な監査手続を立案するために、監査に関連する内部統制を検討する。
     ・   経営者が採用した会計方針及びその適用方法の適切性、並びに経営者によって行われた会計上の見積りの合理性及び
      関連する注記事項の妥当性を評価する。
     ・   経営者が継続企業を前提として財務諸表を作成することが適切であるかどうか、また、入手した監査証拠に基づき、
      継続企業の前提に重要な疑義を生じさせるような事象又は状況に関して重要な不確実性が認められるかどうか結論付け
      る。継続企業の前提に関する重要な不確実性が認められる場合は、監査報告書において財務諸表の注記事項に注意を喚
      起すること、又は重要な不確実性に関する財務諸表の注記事項が適切でない場合は、財務諸表に対して除外事項付意見
      を表明することが求められている。監査人の結論は、監査報告書日までに入手した監査証拠に基づいているが、将来の
      事象や状況により、企業は継続企業として存続できなくなる可能性がある。
     ・   財務諸表の表示及び注記事項が、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠しているかどう
      かとともに、関連する注記事項を含めた財務諸表の表示、構成及び内容、並びに財務諸表が基礎となる取引や会計事象
      を適正に表示しているかどうかを評価する。
      監査人は、      監査等委員     会に対して、計画した監査の範囲とその実施時期、監査の実施過程で識別した内部統制の重要な
     不備を   含む監査上の重要な発見事項、及び監査の基準で求められているその他の事項について報告を行う。
      監査人は、監査等委員会に対して、独立性についての我が国における職業倫理に関する規定を遵守したこと、並びに監
     査人の独立性に影響を与えると合理的に考えられる事項、及び阻害要因を除去又は軽減するためにセーフガードを講じて
     いる場合はその内容について報告を行う。
     利害関係

      会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                        以 上

      (注)1 上記は監査報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(有価証券報告書提出会

          社)が別途保管しております。
        2 XBRLデータは監査の対象には含まれておりません。
                                 93/93












PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。