株式会社伊予銀行 有価証券報告書 第117期(平成31年4月1日-令和2年3月31日)

提出書類 有価証券報告書-第117期(平成31年4月1日-令和2年3月31日)
提出日
提出者 株式会社伊予銀行
カテゴリ 有価証券報告書

                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社伊予銀行(E03589)
                                                            有価証券報告書
    【表紙】
    【提出書類】                      有価証券報告書

    【根拠条文】                      金融商品取引法第24条第1項

    【提出先】                      関東財務局長

    【提出日】                      2020年6月29日

    【事業年度】                      第117期(自 2019年4月1日 至 2020年3月31日)

    【会社名】                      株式会社伊予銀行

    【英訳名】                      The Iyo Bank, Ltd.

    【代表者の役職氏名】                      取締役頭取  三 好 賢 治

    【本店の所在の場所】                      愛媛県松山市南堀端町1番地

    【電話番号】                      松山(089)941局1141番

    【事務連絡者氏名】                      常務執行役員総合企画部長  長 田  浩

    【最寄りの連絡場所】                      東京都中央区日本橋1丁目3番13号

                          株式会社伊予銀行東京事務所
    【電話番号】                      東京(03)3242局1401番

    【事務連絡者氏名】                      東京事務所長  河 本 康 祐

    【縦覧に供する場所】                      株式会社伊予銀行東京支店

                           (東京都中央区日本橋1丁目3番13号)

                          株式会社東京証券取引所

                           (東京都中央区日本橋兜町2番1号)

                                   1/148







                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社伊予銀行(E03589)
                                                            有価証券報告書
    第一部 【企業情報】
    第1 【企業の概況】

    1 【主要な経営指標等の推移】

     (1)  当連結会計年度の前4連結会計年度及び当連結会計年度に係る次に掲げる主要な経営指標等の推移
                        2015年度       2016年度       2017年度       2018年度       2019年度

                        (自 2015年       (自 2016年       (自 2017年       (自 2018年       (自 2019年
                         4月1日       4月1日       4月1日       4月1日       4月1日
                        至 2016年       至 2017年       至 2018年       至 2019年       至 2020年
                         3月31日)       3月31日)       3月31日)       3月31日)       3月31日)
     連結経常収益               百万円       119,348       117,276       120,985       126,286       126,506
      うち連結信託報酬              百万円          2       2       3       3       2
     連結経常利益               百万円       41,071       35,428       36,099       28,658       29,413
     親会社株主に帰属する当期純
                   百万円       24,451       21,797       23,639       18,527       18,922
     利益
     連結包括利益               百万円       △ 3,904       26,643       41,229        6,339       29,249
     連結純資産額               百万円       589,707       609,061       646,304       648,327       671,848
     連結総資産額               百万円      6,510,076       6,849,283       7,096,633       7,165,655       7,795,554
     1株当たり純資産額                円     1,790.53       1,864.28       1,969.99       1,975.54       2,052.46
     1株当たり当期純利益                円       77.34       68.93       74.73       58.54       59.77
     潜在株式調整後1株当たり当
                    円       77.23       68.81       74.59       58.45       59.69
     期純利益
     自己資本比率                %       8.69       8.60       8.78       8.72       8.33
     連結自己資本利益率                %       4.27       3.77       3.89       2.96       2.96
     連結株価収益率                倍       9.52       10.86       10.71       10.01        9.15
     営業活動によるキャッシュ・
                   百万円      △ 64,206       226,523        3,870     △ 150,925        49,279
     フロー
     投資活動によるキャッシュ・
                   百万円       38,624        6,797      △ 57,093       237,490      △ 134,032
     フロー
     財務活動によるキャッシュ・
                   百万円      △ 19,106       △ 7,401      △ 4,106      △ 4,346      △ 5,741
     フロー
     現金及び現金同等物の期末残
                   百万円       557,587       783,504       726,157       808,389       717,887
     高
     従業員数                      3,024       3,082       3,122       3,147       3,109
                    人
     [外、平均臨時従業員数]                      [ 1,487   ]    [ 1,493   ]    [ 1,467   ]    [ 1,411   ]    [ 1,376   ]
     信託財産額               百万円         657       655       676       621       580
     (注) 1 当行及び連結子会社の消費税及び地方消費税の会計処理は、主として税抜方式によっております。
        2 自己資本比率は、(期末純資産の部合計-期末新株予約権-期末非支配株主持分)を期末資産の部の合計で除
         して算出しております。
        3 信託財産額は、「金融機関の信託業務の兼営等に関する法律」に基づく信託業務に係る信託財産額を記載し
         ております。なお、連結会社のうち該当する信託業務を営む会社は当行1行であります。
                                   2/148






                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社伊予銀行(E03589)
                                                            有価証券報告書
     (2) 当行の当事業年度の前4事業年度及び当事業年度に係る主要な経営指標等の推移
            回次            第113期       第114期       第115期       第116期       第117期

           決算年月            2016年3月       2017年3月       2018年3月       2019年3月       2020年3月
     経常収益               百万円       101,886        99,291       102,209       107,222       106,398
      うち信託報酬              百万円          2       2       3       3       2
     経常利益               百万円       38,176       33,060       32,923       26,349       26,581
     当期純利益               百万円       24,092       21,414       22,662       18,262       18,502
     資本金               百万円       20,948       20,948       20,948       20,948       20,948
     発行済株式総数               千株      323,775       323,775       323,775       323,775       323,775
     純資産額               百万円       559,271       577,097       606,568       615,117       635,989
     総資産額               百万円      6,482,649       6,822,456       7,059,722       7,140,776       7,764,961
     預金残高               百万円      5,018,050       5,006,873       5,099,609       5,247,121       5,265,664
     貸出金残高               百万円      3,911,187       4,043,352       4,292,668       4,550,809       4,756,637
     有価証券残高               百万円      1,736,137       1,737,182       1,810,035       1,573,300       1,707,613
     1株当たり純資産額                円     1,767.73       1,823.64       1,915.90       1,942.41       2,008.02
     1株当たり配当額                円       12.00       12.00       14.00       14.00       14.00
     (内1株当たり中間配当額)               (円)       ( 6.00  )     ( 6.00  )     ( 7.00  )     ( 7.00  )     ( 7.00  )
     1株当たり当期純利益                円       76.20       67.72       71.64       57.71       58.45
     潜在株式調整後1株当たり当
                    円       76.09       67.60       71.51       57.61       58.37
     期純利益
     自己資本比率                %       8.62       8.45       8.58       8.60       8.18
     自己資本利益率                %       4.28       3.77       3.83       2.99       2.95
     株価収益率                倍       9.67       11.06       11.18       10.15        9.35
     配当性向                %       15.74       17.71       19.54       24.25       23.95
     従業員数                      2,705       2,756       2,778       2,798       2,738
                    人
     [外、平均臨時従業員数]                      [ 1,300   ]    [ 1,297   ]    [ 1,271   ]    [ 1,188   ]    [ 1,142   ]
     株主総利回り                      52.48       54.16       58.79       44.70       42.95
                    %
     (比較指標:配当込みTOPIX)                      ( 89.18   )    ( 102.28   )    ( 118.51   )    ( 112.54   )    ( 101.84   )
     最高株価                円       1,638        868       997       876       632
     最低株価                円        718       568       720       537       392
     信託財産額               百万円         657       655       676       621       580
     信託勘定貸出金残高               百万円         -       -       -       -       -
     信託勘定有価証券残高               百万円         -       -       -       -       -
     (注)   1 消費税及び地方消費税の会計処理は、税抜方式によっております。
        2 第115期(2018年3月)の1株当たり配当額14.00円のうち2.00円(1株当たり中間配当額7.00円のうち1.00円
         及び1株当たり期末配当額7.00円のうち1.00円)は創業140周年記念配当であります。
        3 自己資本比率は、(期末純資産の部合計-期末新株予約権)を期末資産の部の合計で除して算出しておりま
         す。
        4 最高株価及び最低株価は、東京証券取引所市場第1部におけるものであります。
                                   3/148






                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社伊予銀行(E03589)
                                                            有価証券報告書
    2  【沿革】
      1941年9月  株式会社伊豫合同銀行設立(今治商業銀行、松山五十二銀行、豫州銀行合併)
      1944年12月  株式会社伊豫相互貯蓄銀行を合併
      1951年11月  商号を株式会社伊豫銀行と改称
      1952年10月  現本店竣工
      1968年6月  本店別館竣工
      1969年10月  大阪証券取引所市場第2部に上場
      1970年8月  大阪証券取引所市場第1部に指定替え
      1971年4月  東京証券取引所市場第1部に上場
      1974年9月  いよぎんリース株式会社設立
      1975年1月  株式会社アイ・シー・エス(現 株式会社いよぎんコンピュータサービス)設立
      1978年9月  いよぎん保証株式会社設立
      1978年10月  事務センター竣工
      1979年12月  いよぎんビジネスサービス株式会社設立
      1983年4月  公共債の窓口販売業務開始
      1983年10月  バンクカード業務開始
      1985年6月  公共債ディーリング業務開始
      1985年8月  いよぎんキャピタル株式会社設立
      1988年4月  株式会社いよぎん地域経済研究センター設立
      1988年7月  いよぎんモーゲージサービス株式会社設立
      1988年8月  株式会社いよぎんディーシーカード設立
      1989年9月  いよぎんスタッフサービス株式会社設立
      1990年9月  商号を株式会社伊予銀行と改称
      1992年4月  株式会社東邦相互銀行を合併
      1994年1月  信託業務開始
      1996年1月  いよぎん資産管理株式会社設立
      1996年9月  研修所竣工
      1998年12月  証券投資信託の窓口販売業務開始
      1999年10月  富士貯蓄信用組合を合併
      2001年4月  損害保険商品の窓口販売業務開始
      2002年10月  生命保険商品の窓口販売業務開始
      2003年7月  いよベンチャーファンド1号投資事業有限責任組合設立
      2005年3月  証券仲介業務開始
      2005年12月  いよベンチャーファンド2号投資事業有限責任組合設立
      2008年3月  いよベンチャーファンド3号投資事業有限責任組合設立
      2008年10月  銀行本体発行クレジットカードの取扱開始
      2011年12月  いよぎんモーゲージサービス株式会社清算
      2012年2月  いよぎん証券株式会社(現 四国アライアンス証券株式会社)設立
      2012年2月  いよぎん資産管理株式会社清算
      2012年12月  いよぎんスタッフサービス株式会社清算
      2013年2月  いよベンチャーファンド1号投資事業有限責任組合清算
      2013年4月  いよエバーグリーン6次産業化応援ファンド投資事業有限責任組合設立
      2014年9月  いよエバーグリーン農業応援ファンド投資事業有限責任組合設立
      2014年10月  いよエバーグリーン事業承継応援ファンド投資事業有限責任組合設立
      2015年7月  いよベンチャーファンド4号投資事業有限責任組合設立
      2016年2月  いよぎん愛媛大学発ベンチャー応援ファンド投資事業有限責任組合設立
      2016年2月  いよベンチャーファンド2号投資事業有限責任組合清算
      2018年1月  いよベンチャーファンド5号投資事業有限責任組合設立
      2018年2月  いよベンチャーファンド3号投資事業有限責任組合清算
      2018年4月  株式会社いよぎんChallenge&Smile設立
      2018年7月  いよベンチャーファンド6号投資事業有限責任組合設立
      2020年2月  いよエバーグリーン農業応援ファンド2号投資事業有限責任組合設立
                                   4/148



                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社伊予銀行(E03589)
                                                            有価証券報告書
    3 【事業の内容】
      当行及び当行の関係会社は、当行、連結子会社16社、非連結子会社1社(持分法非適用)及び関連会社3社(持分法非
     適用)で構成され、銀行業務を中心に、リース業務等の金融サービスに係る事業を行っております。
      当行及び当行の関係会社の事業に係わる位置づけは次のとおりであります。なお、事業の区分は「第5 経理の状
     況  1(1)   連結財務諸表 注記事項」に掲げるセグメントの区分と同一であります。
      〔銀行業〕
        当行の本店ほか支店142店、出張所7店においては、預金業務、貸出業務、有価証券投資業務、為替業務等を行
       い、地域に密着した営業活動を積極的に展開しており、グループの中心と位置づけております。
        また、連結子会社では、銀行事務代行業務、信用保証業務、クレジットカード業務、有価証券投資業務、投資
       ファンドの運営業務を行っております。
      〔リース業〕
        連結子会社のいよぎんリース株式会社において、リース業務等を行っております。
      〔その他〕
        連結子会社の株式会社いよぎんコンピュータサービスにおいて、情報処理受託業務、ソフトウェア開発業務等
       を、四国アライアンス証券株式会社において、証券業務を行っております。
      以上述べた事項を事業系統図によって示すと次のとおりであります。

     (注)   1 いよエバーグリーン農業応援ファンド2号投資事業有限責任組合は、新規設立により、当連結会計年度から










         連結の範囲に含めております。
        2 持分法非適用の関連会社大洲まちづくりファンド有限責任事業組合を設立しております。
                                   5/148




                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社伊予銀行(E03589)
                                                            有価証券報告書
    4  【関係会社の状況】
                     資本金又        議決権の              当行との関係内容

                         主要な事
         名称        住所   は出資金        所有割合
                                 役員の兼
                         業の内容
                                     資金援助     営業上の取引      設備の賃貸借       業務提携
                     (百万円)         (%)
                                 任等(人)
    (連結子会社)
                 愛媛県                        預金取引関係
                               48    ▶            当行より建物
    いよぎん保証株式会社                   30  銀行業               -                 -
                               (43)    (1)            の一部賃借
                 松山市                        債務保証関係
                 愛媛県                        預金取引関係
    いよぎんビジネスサービス株                               5            当行より建物
                       10  銀行業      100        -                 -
    式会社                               (1)            の一部賃借
                 松山市                        業務受託関係
                 愛媛県
                              87.18      ▶            当行より建物
    いよぎんキャピタル株式会社                  320  銀行業               -  預金取引関係               -
                              (82.18)      (1)            の一部賃借
                 松山市
                 愛媛県                        預金取引関係
    株式会社いよぎん地域経済研                           100     6            当行より建物
                       30  銀行業               -                 -
    究センター                           (85)    (1)            の一部賃借
                 松山市                        業務受託関係
                 愛媛県                        預金取引関係
    株式会社いよぎんディーシー                           71    ▶            当行より建物
                       50  銀行業               -                 -
    カード                           (66)    (1)            の一部賃借
                 松山市                        債務保証関係
                                         金銭貸借関係
                 愛媛県
                              80.62      8            当行より建物
    いよぎんリース株式会社                   80  リース業               -  預金取引関係             顧客紹介業務
                              (35.62)      (1)            の一部賃借
                 松山市
                                         リース取引関係
                                         金銭貸借関係
                 愛媛県
    株式会社いよぎんコンピュー                           100     6            当行より建物
                       10  その他               -  預金取引関係               -
    タサービス                           (50)    (1)            の一部賃借
                 松山市
                                         業務受託関係
                                                      顧客紹介業務
                 愛媛県                        金銭貸借関係
    四国アライアンス証券株式会                               7            当行より建物
                      3,000   その他      100        -
                                                      金融商品仲介
    社                               (1)            の一部賃借
                 松山市                        預金取引関係
                                                      業務
                 愛媛県                        預金取引関係
    株式会社いよぎんChall                               5
                       10  銀行業      100        -           -      -
    enge&Smile                               (1)
                 松山市                        業務受託関係
                 愛媛県
    いよベンチャーファンド4号                           100    -
                       500  銀行業               -  預金取引関係         -      -
    投資事業有限責任組合                          (100)    (-)
                 松山市
                 愛媛県
    いよベンチャーファンド5号                           100    -
                       500  銀行業               -  預金取引関係         -      -
    投資事業有限責任組合                          (100)    (-)
                 松山市
                 愛媛県
    いよベンチャーファンド6号                           100    -
                      1,000   銀行業               -  預金取引関係         -      -
    投資事業有限責任組合             松山市              (100)    (-)
    いよエバーグリーン6次産業
                 愛媛県
                               100    -
    化応援ファンド投資事業有限                  484  銀行業               -  預金取引関係         -      -
                               (100)    (-)
                 松山市
    責任組合
    いよエバーグリーン農業応援
                 愛媛県
                               100    -
    ファンド投資事業有限責任組                  191  銀行業               -  預金取引関係         -      -
                               (100)    (-)
                 松山市
    合
    いよエバーグリーン農業応援
                 愛媛県
                                   -
    ファンド2号投資事業有限責                   - 銀行業       -        -    -      -      -
                                   (-)
                 松山市
    任組合
    いよエバーグリーン事業承継
                 愛媛県
                               100    -
    応援ファンド投資事業有限責                  269  銀行業               -  預金取引関係         -      -
                               (100)    (-)
                 松山市
    任組合
     (注)   1 「主要な事業の内容」欄には、セグメント情報に記載された名称を記載しております。
        2 上記関係会社のうち、特定子会社に該当するのは、四国アライアンス証券株式会社であります。
        3 「議決権の所有割合」欄の( )内は、子会社による間接所有の割合(内書き)であります。
        4 「当行との関係内容」の「役員の兼任等」欄の( )内は、当行の役員(内書き)であります。
        5 いよぎんリース株式会社については、経常収益(連結会社相互間の内部経常収益を除く。)の連結経常収益に
         占める割合が100分の10を超えておりますが、当連結会計年度におけるリース業セグメントの経常収益に占め
         る当該連結子会社の経常収益の割合が100分の90を超えているため、主要な損益情報等の記載を省略しており
         ます。
                                   6/148








                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社伊予銀行(E03589)
                                                            有価証券報告書
    5 【従業員の状況】
     (1)  連結会社における従業員数
                                                 2020年3月31日       現在
      セグメントの名称              銀行業          リース業            その他            合計
                       2,818             52          239          3,109
       従業員数(人)
                      〔 1,324   〕         〔 19 〕         〔 33 〕       〔 1,376   〕
     (注)   1 従業員数は、執行役員16名及び海外の現地採用者を含み、嘱託及び臨時従業員1,485人を含んでおりませ
         ん。
        2 臨時従業員数は、〔 〕内に年間の平均人員を外書きで記載しております。
     (2)  当行の従業員数

                                                 2020年3月31日       現在
        従業員数(人)              平均年齢(歳)             平均勤続年数(年)             平均年間給与(千円)
              2,738
                             37.6              14.6             6,697
             〔 1,142   〕
     (注)   1 従業員数は、執行役員16名及び海外の現地採用者を含み、嘱託及び臨時従業員1,192人を含んでおりませ
         ん。
        2 当行の従業員はすべて銀行業のセグメントに属しております。
        3 臨時従業員数は、〔 〕内に年間の平均人員を外書きで記載しております。
        4 平均年間給与は、賞与及び基準外賃金を含んでおります。
        5 当行の従業員組合は、伊予銀行従業員組合と称し、組合員数は2,365人であります。労使間においては特記
         すべき事項はありません。
                                   7/148














                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社伊予銀行(E03589)
                                                            有価証券報告書
    第2 【事業の状況】
    1  【経営方針、経営環境及び対処すべき課題等】

      以下の記載における将来に関する事項は、当連結会計年度の末日現在において判断したものであります。
     (1)  経営方針

       当行は、企業使命と企業経営の基本方針及びそれを具現化するための心構えと行動を明確にした企業理念とし
      て、「潤いと活力ある地域の明日を創る」を自らの存在意義と定め、「最適のサービスで信頼に応える」をその基
      本的な経営姿勢とし、これらの具現化のための行動規範として「感謝の心でベストをつくす」を掲げております。
       当行は企業理念のもと、株主さま、お客さま、地域の皆さま及び従業員等のゆるぎない信頼を確立し、地方銀行
      としての社会的責任を果たしつつ、企業価値及び経営の健全性向上を図りながら、地域経済の発展に貢献していく
      ことを経営の基本方針としております。
     (2)  中長期的な経営戦略と目標とする経営指標

      <中長期的な経営戦略>
       当行は、2015年度に「瀬戸内圏域お客さま満足度No.1の金融サービスグループ」を目指す姿とする「10年ビ
      ジョン」を策定いたしました。この「10年ビジョン」は、3ヶ年の中期経営計画を3回、ステージを上げながら展
      開し、当行のビジネスモデルを転換していくものであります。
       2018年4月からは、その「Second                   Stage」である「2018年度中期経営計画」をスタートさせており、
      「Digital-Human-Digital                      Bank」を目指す姿として新しいビジネスモデルを構築し、成長
      トレンドへの転換を力強く進めております。
       この「2018年度中期経営計画」は5つの基本方針と8つの基本戦略で構成されております。
       基本方針①      お客さま1人ひとりにあわせた価値提供力の強化

        コンサルティング戦略
         当行グループが提供できる業務範囲の拡大や高度化等を図り、コンサルティング等の人が対応する業務にお
         いて、お客さまへ提供できる価値を一層高めてまいります。
        ダイレクトビジネス戦略
         デジタル技術を活用することで、いつでもどこでも利用できる簡単かつ便利な金融サービスの拡充を図り、
         非対面チャネル(コールセンターやテレビ電話等も含む)において、お客さまへ提供できる価値を一層高めて
         まいります。
       基本方針②      リソース配分の最適化による生産性の向上とコスト削減
        ICT戦略
         既存のシステム基盤の改良・高度化に加えて、お客さまへ新たなビジネスサービスを提供するための態勢・
         基盤を整備してまいります。
        店舗戦略
         営業店の機能集約を図っていくとともに、次世代型店舗を含む戦略的な店舗配置を進めることで、効率的な
         店舗運営態勢を構築し、お客さまへの高品質で総合的な金融サービス提供態勢を更に強化してまいります。
        BPR戦略
         お客さま対応やICT関連業務を担える人財等の創出を進めていくため、事務人員等の適正化を更に図って
         いくとともに、業務プロセスのデジタル化を組織横断的に展開し、当行グループ全体における業務プロセス
         の効率化を図ってまいります。
       基本方針③      地域創生への積極的なコミットメント
        地域創生戦略
         当行が地域創生の主導的な役割を果たし、事業承継や地域資源活用策等の課題解決支援に向けた取組みを進
         めるために、グループ会社との連携や四国アライアンスの枠組み等を活用した地域支援態勢を構築してまい
         ります。
                                   8/148



                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社伊予銀行(E03589)
                                                            有価証券報告書
       基本方針④      海外・市場運用による長期安定的な収益力の確保
        マーケット戦略
         有価証券運用により安定的な収益を確保するとともに、市場型貸出等における運用手法の多様化を進めるこ
         とで、リスク対リターンに優れたポートフォリオを構築してまいります。
       基本方針⑤      1人ひとりの多様性を活かし、主体的に高め合う組織風土の醸成
        人財戦略
         従業員1人ひとりが、それぞれの価値観や役割に応じて、働きがいをもって活躍できる柔軟かつ生産性の高
         い働き方を実現することで、自ら変革し、成長する意欲と、お客さまや地域のために積極的に考え行動でき
         る人財の育成に取り組んでまいります。
      <目標とする経営指標>

       「2018年度中期経営計画」では以下のような2020年度目標を設定しております。
             項目             2020年度目標

     コア業務粗利益                          765億円
       役務取引等利益                        85億円
     当期純利益                          205億円
     ROE                        3.00%以上
     コアOHR                        65.00%以下
     連結総自己資本比率                        15.00%以上
     不良債権比率                        2.00%以下
     (3)  経営環境及び対処すべき課題

       新型コロナウイルス感染症の拡大により、国内外経済活動の停滞やマーケットの下落等、様々な領域へ甚大な影
      響が及んでおります。また、少子高齢化や人口減少に伴う経済・社会構造の変化、デジタルイノベーションの急速
      な進展等により、当行を取り巻く経営環境は大きく変化しております。
       このような状況の時にこそ、当行の使命である「潤いと活力ある地域の明日を創る」という企業理念のもと、お
      客さまの抱える不安や課題に真摯に向き合い、お客さまの支援に全力を尽くしてまいります。
       本年は、2018年4月にスタートさせました2018年度中期経営計画の最終年度であります。「Digital-H
      uman-Digital             Bank」を当行の目指す姿として、デジタル技術を徹底的に駆使し、お客さまの利便
      性・生産性の向上に努めるとともに、「人」にしかできない価値提供能力を磨き上げることで、「瀬戸内圏域お客
      さま満足度No.1の金融サービスグループ」を目指し、新しい時代を地域の皆さまとともに歩み、成長してまいり
      ます。
                                   9/148








                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社伊予銀行(E03589)
                                                            有価証券報告書
    2  【事業等のリスク】
      有価証券報告書に記載した事業の状況、経理の状況等に関する事項のうち、経営者が連結会社の財政状態、経営成
     績及びキャッシュ・フローの状況に重要な影響を与える可能性があると認識している主要なリスクは、以下のとおり
     であります。
      当行が認識している主要なリスクのうち、特に重要なリスクとして、信用リスク、市場リスク及びオペレーショナ
     ル・リスクがあげられます。当行では、統合的なリスク管理方法の一つとして、信用リスクや市場リスク等を共通の
     尺度(VaRなど)を用いて計測しております。
      当行では、過度のリスクテイクを抑制するため、半年毎に取締役会で策定するリスク管理計画において、リスク・
     カテゴリー毎にリスク・リミットを設定しております。半年毎の運用・調達計画の策定に際し、保有するリスク資本
     をもとに設定するリスク・リミットを踏まえた計画を策定するとともに、リスク・リミットの遵守状況については、
     定期的にモニタリングを実施しALM委員会及び取締役会に報告を行っております。また、市場リスク・流動性リス
     クの管理状況についてはALM委員会に、信用リスクの管理状況については信用リスク管理委員会に、オペレーショ
     ナル・リスクの管理状況についてはオペレーショナル・リスク管理委員会に、定期的に報告を行っております。
      リスク計測システムの対象範囲と主な特徴

                                                 2020年3月31日       現在
                                                オペレーショナル・リ
     リスクの種類           信用リスク            信用リスク            市場リスク
                                                スク
             貸出金及び株式、ファ
     対象範囲                    個人ローン            預貸金、有価証券等                 -
             ンド以外の有価証券
                         VaR
             VaR                        VaR
     計測手法                    (解析的手法-リスク                        粗利益配分手法
             (モンテカルロ法)                        (分散共分散法)
                         ウェイト関数)
                                                自己資本比率規制にお
     信頼水準                99.9%            99.9%            99.9%
                                                ける粗利益配分手法に
     保有期間                 1年            1年         120営業日      て計算するオペレー
                                                ショナル・リスク相当
     観測期間                  -            -       1,200営業日
                                                額
                              計  376億円
     リスク量                                      1,671億円             114億円
      当行のリスク管理態勢の整備の状況については、「第4 提出会社の状況 4 コーポレート・ガバナンスの状況

     等」に記載しております。
      なお、以下の記載における将来に関する事項は、当連結会計年度の末日現在において判断したものであります。
     (1)  信用リスク

      ① 不良債権の状況
        当行の2020年3月期における「金融機能の再生のための緊急措置に関する法律」第6条に基づく不良債権残高
       は777億円、不良債権比率は1.55%となっております。2019年9月期と比較して、不良債権残高は37億円の増加と
       なり、不良債権比率は0.03%上昇いたしました。今後とも、地域金融機関の使命であります地域に密着した金融
       機能を十分に発揮し、中小企業金融円滑化支援等による地域経済の活性化に貢献すべく、より磐石な経営基盤を
       確立するため、不良債権の縮減に鋭意努めてまいりますが、国内外の景気動向、不動産価格・株価・為替、当行
       貸出先の経営状況が大幅に変動する場合には、当行の不良債権及び与信関係費用が増加する可能性があります。
      ② 貸倒引当金の状況

        当行は、貸出先の状況、差し入れられた担保の価値及び見積りに基づいて、貸倒引当金を計上しております
       が、実際の貸倒れが貸倒引当金計上時点における見積りと乖離した場合や、担保価値が下落した場合には、貸倒
       引当金を積み増さざるを得なくなる可能性があります。
                                  10/148




                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社伊予銀行(E03589)
                                                            有価証券報告書
      ③ 業種別貸出状況
        当行では、特定の業種への与信集中を抑制し、リスク分散を徹底することを、与信リスク管理の基本的な考え
       方としています。当行の貸出資産は各業種に分散されているものの、中には、公共工事依存型の建設関連業種に
       代表されるように、供給過剰あるいは競争激化によって淘汰を余儀なくされている構造不況業種等、国内外の景
       気動向等の様々な要因により業況の厳しさが増している業種もあります。こうした環境下、当行では、業種別の
       貸出審査態勢を強化しておりますが、国内外の景気動向、不動産価格・株価・為替、当行貸出先の経営状況が大
       幅に変動する場合には、当行の不良債権及び与信関係費用が増加する可能性があります。
      ④ 貸出先への対応

        当行は、貸出先に債務不履行等が発生した場合においても、回収の効率性・実効性等の観点から、当行が債権
       者として有する法的な権利のすべてを必ずしも実行しない場合があります。また、当行がこれらの貸出先に対し
       て追加貸出を行って支援をする可能性もあります。かかる貸出先に対し、追加貸出を行って支援を実施した場合
       は、貸出残高と与信関係費用が増加する可能性があります。また、現在、「企業再生支援」に積極的に取り組ん
       でいるところでありますが、経営改善計画等が順調に進捗しない場合は、与信関係費用が増加する可能性があり
       ます。
      ⑤ 権利行使の困難性

        当行は、不動産価格や有価証券価格の下落等の要因によって、担保権を設定した不動産や有価証券を換金する
       ことが困難となる可能性があります。
      ⑥ 不良債権問題等に影響しうる他の要因

        市場においては、当面政策金利の引上げは予想されていないものの、今後、金利の上昇が発生した場合の影響
       により、お取引先の金利負担が増加し、財務内容が悪化した場合、当行の業績や財政状態に悪影響を及ぼす可能
       性があります。
        当行では、信用リスクにかかる管理態勢として、リスク統括部を営業関連部門から完全に独立した信用リスク

       管理部署として定め、「内部格付制度」を当行における信用リスク管理の根幹の制度と位置付け、個社別の与信
       管理、業務運営等に活用しております。リスク統括部では、内部格付制度の設計・基準制定及び変更、内部格付
       制度の検証及び運用の監視等を所管しており、内部格付制度の適切な運営や格付の正確性・一貫性の確保に責任
       を負う態勢としております。一方、審査関連部門は個別与信にかかる審査等を担当しており、営業推進部門から
       分離し審査の独立性を確保するとともに、融資に関する基本原則を遵守し、お取引先の財務状況や資金使途、返
       済能力等を勘案した厳正かつ総合的な審査を実施しております。
     (2)  市場リスク

       当行の主要な資産、負債は、主要業務である預金、貸出、為替及び有価証券業務等を通じて形成されており、金
      利や為替レート、株価等が大きく変動した場合には、当行の業績及び財政状態が悪化するリスクにさらされていま
      す。主なリスクの具体的内容は次のとおりです。
      ① 金利リスク
        金利リスクとは、貸出取引や有価証券投資等の資金運用と預金等による資金調達とのミスマッチが存在してい
       る中で、将来の金利変動などによって資金利益が縮小するリスクや金利が上昇することで保有する債券の価値が
       下落するリスクを指します。当行では、現状及び将来の金利予想を踏まえ、金利リスクを総合的に管理する態勢
       を構築し、慎重な運営を行っておりますが、予期せぬ金利変動等によって、当行の業績等に悪影響を及ぼす可能
       性があります。
                                  11/148





                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社伊予銀行(E03589)
                                                            有価証券報告書
      ② 為替リスク
        当行が保有する有価証券の一部は、為替レートの変動の影響を受けます。例えば、為替相場が円高に変動した
       場合、為替ヘッジを行っていない有価証券の価値に悪影響を及ぼす可能性があります。
      ③ 株価リスク

        当行は市場性のある株式を保有しています。今後、国内の景気低迷等の要因で全般的かつ大幅に株価が下落し
       た場合には、保有有価証券に減損又は評価損が発生し、当行の業績に悪影響を及ぼすとともに、自己資本比率の
       低下を招く可能性があります。
        当行では、市場リスクを適正にコントロールし、収益性と健全性を両立させていくため、ALM委員会を中心

       とする管理体制のもとで市場リスクの統合管理を行っております。ALM委員会では、ギャップ法や時価評価分
       析、期間損益シミュレーション、VaR等の多面的な手法を活用して、適時・的確にリスクの把握を行っており
       ます。これらの手法によるリスク分析に加え、収益構造分析、経済環境・市場予測等に基づいて、運用・調達の
       基本方針やリスク管理計画、ヘッジ戦略を検討しております。また、市場取引部門については、取引を執行する
       部署及び決済等の事務を行う部署から独立したリスク管理部署であるリスク統括部を設置し、相互牽制を図って
       おります。
     (3)  流動性リスク

      ① 格付低下及び資金調達条件悪化のリスク
        当行は、当行の信用力を背景に資金調達を行っており、当行の信用状況の悪化により格付機関が当行の格付を
       引き下げた場合、当行の資金調達に悪影響を及ぼす可能性があります。また、本邦金融機関全体の信用度に対す
       る懸念が高まった場合、当行の格付は不変であったとしても、当行が外国金融機関から資金調達を行う際にリス
       ク・プレミアムを要求される可能性があります。このような場合、資金調達コストの上昇が、当行の業績及び財
       政状態に悪影響を及ぼす可能性があります。
      ② 市場流動性低下のリスク

        金融市場の混乱等により、当行が保有する有価証券の市場流動性が著しく低下し、市場において取引ができな
       くなったり、通常よりも著しく不利な価格での取引を余儀なくされ、保有有価証券の価値が下落する可能性があ
       ります。このような場合、保有有価証券の価値の下落が、当行の業績及び財政状態に悪影響を及ぼす可能性があ
       ります。
        当行では、流動性リスク管理として、半期毎に運用・調達のバランスに配慮した資金計画を策定するととも

       に、月次ベースで予想・実績を作成し、計画との差異を検証しております。また、市場における取引状況に異変
       が発生していないかチェックを行い、毎月ALM委員会に報告することにより、市場流動性リスクの顕現化によ
       る多額の損失発生を未然に防止する体制としております。さらに、運用・調達ギャップや資金化可能な有価証券
       残高等を、ALM委員会及び取締役会等へ報告する体制としております。
     (4)  オペレーショナル・リスク

      ① 事務リスク
        当行は、預金・貸出・為替等の業務に加え、証券・信託・金融商品販売・仲介等多様な業務を行っておりま
       す。これらの業務を遂行するにあたって、役職員が不正確な事務又は不正や過失等に起因する不適切な事務を
       行った場合、当行の業績及び財政状態に悪影響を及ぼす可能性があります。
                                  12/148





                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社伊予銀行(E03589)
                                                            有価証券報告書
      ② システムリスク
        当行は、預金・貸出・為替等のデータの処理を行うため、各種のコンピュータを保有しており、一部のコン
       ピュータは各種決済機関等の外部のコンピュータと接続されています。当行は、常時、システムの安定稼働に努
       めるとともに、外部からの不正アクセスや情報漏洩の防止、バックアップシステムの構築、回線の二重化等、セ
       キュリティ対策を講じておりますが、万一、重大な障害が発生した場合には、当行の業績及び財政状態に悪影響
       を及ぼす可能性があります。
      ③ 法務リスク

        当行は、事業活動を行う上で、会社法、銀行法、金融商品取引法等の法令の適用を受けております。当行で
       は、これらの法令に加え、社会規範を遵守するようコンプライアンスの徹底を経営の最重要課題の一つとして取
       り組んでおります。しかしながら、これらの法令等を遵守できなかった場合には、当行の業績及び財政状態に悪
       影響を及ぼす可能性があります。また、これらの法令が将来において変更・廃止され、あるいは、新たな法令が
       設けられる可能性があり、その内容によっては、当行の業績及び財政状態に悪影響を及ぼす可能性があります。
      ④ 人的リスク

        当行は、給与・手当・解雇等に関する人事運営上の諸問題の発生やセクシャルハラスメント等の差別的行為を
       未然に防止するために、適切な労務管理とコンプライアンスの徹底に努めておりますが、これらに関連する重大
       な訴訟等が発生した場合には、当行の業績に悪影響を及ぼす可能性があります。
      ⑤ 有形資産リスク

        当行は、営業拠点や社宅等として有形資産を所有していますが、当該有形資産が地震・台風等の自然災害やそ
       の他の外的要因により毀損した場合には、業務の運営に支障をきたし、当行の業績に悪影響を及ぼす可能性があ
       ります。
        当行では、オペレーショナル・リスクを網羅的かつ効率的に管理するため、①                                     事務リスク、②        システムリス

       ク、③    法務リスク、④        人的リスク、⑤        有形資産リスクの5つのリスクカテゴリーに区分し、各リスク主管部署
       が専門的な立場からそれぞれのリスク管理を行い、リスク統括部がオペレーショナル・リスク統括部署としてオ
       ペレーショナル・リスク全体の把握・管理を実施しています。顕現化したリスクのみならず潜在的なリスクの特
       定にも努め、オペレーショナル・リスク管理委員会を中心にオペレーショナル・リスク管理の高度化に取り組ん
       でおります。
     (5)  レピュテーショナルリスク

       当行の事業は、地域の皆さま、お取引先並びに市場関係者からの信用によって成り立っております。当行に関す
      る風評・風説については、対策要領を制定し役職員に徹底する等、その防止策・対応策を講じておりますが、当行
      に関する事実と異なる風評・風説が、口伝てにて、あるいはインターネット・マスコミ等の媒体を通じて世間に拡
      散した場合には、当行の業績及び財政状態に悪影響を及ぼす可能性があります。
       当行では、レピュテーショナルリスクの発生源である各種リスクについての管理強化はもとより、倫理、法令、

      行内の規定等を遵守する企業風土の醸成に向けて、全行挙げた取り組みを行っております。また、お客さまからの
      苦情等に対しては、お客さまサービス向上室で対応を行うとともに、速やかな経営陣への報告、さらには関連各部
      間での緊密な連絡・協議体制を構築し、地域の皆さま方の声をスピーディーに業務に反映させる体制を整備してお
      ります。また、総合企画部、広報CSR室を中心とし、対外的な広報活動やディスクロージャーの充実にも努めて
      おります。
                                  13/148




                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社伊予銀行(E03589)
                                                            有価証券報告書
     (6)  自己資本比率に関するリスク
       当行は、海外に営業拠点を有しておりますので、銀行法第14条の2の規定等に基づき、連結及び単体の自己資本
      比率をバーゼルⅢ基準に定める比率以上に維持しなければなりません。この基準が維持できない場合は早期是正措
      置が発動され、監督当局から業務の全部又は一部停止等を含む様々な命令を受けることになります。
       当行の連結自己資本比率(国際統一基準)が2020年3月末の総自己資本比率14.85%、Tier1比率14.83%、普通株
      式等Tier1比率14.73%から大きく低下する可能性としては、以下のようなことが複合的に発生する場合が考えられ
      ます。
      ・経済環境の悪化等に伴う不良債権処理の増加により、自己資本が著しく毀損する場合
      ・株価や金利の変動に伴い、当行の保有する有価証券の評価益が大きく減少する場合
      ・予想デフォルト率の上昇や与信ポートフォリオの構成変化、またはデフォルト債権の増加等によって所要資本額
       (期待損失あるいは非期待損失)が増加する場合
       当行では、内部管理としての統合的リスク管理と自己資本比率規制に基づく所要自己資本管理を柱として、自己

      資本充実度の評価を行っております。統合的リスク管理では、半年毎に策定するリスク管理計画において、保有す
      るリスク資本をもとにリスク・リミット及びアラームポイントを設定し、統合的に捉えたリスク量と比較すること
      で自己資本の充実度を評価しております。なお、評価結果につきましては、定期的にALM委員会及び取締役会に
      報告しております。あわせて、経済状況の悪化、市場環境の悪化及び流動性の悪化など、好ましくない変化に対す
      る対応能力を確認するため、半年毎にストレス・テストを実施しております。一方、所要自己資本管理では、当行
      の経営計画に応じた期間単位で各比率の目標設定、管理を行っております。中期経営計画(3年)・短期経営計画(1
      年)において総自己資本比率、普通株式等Tier1比率の目標を設定しており、毎期の期初収支予算作成時に維持すべ
      き自己資本比率の水準を決定した上で、期中3回の総合予算策定時及び毎月開催されるALM委員会にて、実績把
      握及びストレス・テストを踏まえた管理を行っております。
     (7)  新型コロナウイルス感染症に関するリスク

       当行では新型コロナウイルス感染症拡大に対して、お客さまや役職員の健康と安全に配慮しつつ、在宅勤務や交
      替勤務の実施、昼時間休業の導入等により業務継続体制を整えております。しかしながら、感染拡大リスクの高ま
      りや終息までの期間の長期化により、国内外の景気動向、不動産価格・株価・為替、当行貸出先の経営状況が大幅
      に変動する場合には、当行の業績や財政状態に悪影響を及ぼす可能性があります。
     (8)  その他のリスク

      ① 業務範囲の拡大に伴うリスク
        規制緩和の進展等に伴い、今後当行が従来の伝統的な銀行業務以外の分野に業務範囲を拡大することが予想さ
       れます。業務範囲を拡大した場合、当該業務に関するリスクについて全く経験がないか、または限定的な経験し
       か有していないことがあるため、新しく複雑なリスクにさらされることになります。また、業務範囲の拡大に際
       しては、十分な市場調査や収支予想に基づき取り組みますが、競争状況又は市場環境によっては、業務範囲の拡
       大が当初想定していた成果を得られない可能性があります。
      ② 競争に関するリスク

        近年は、従来の伝統的な銀行業務である預貸金業務のみならず、各種商品サービス等を含めた広範な分野にお
       いて、他業態・他業種との競争が激しさを増しております。当行がこうした競争的な事業環境下において競争優
       位を得られない場合、投資やコストの回収ができず、当行の業績及び財政状態に悪影響を及ぼす可能性がありま
       す。
                                  14/148





                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社伊予銀行(E03589)
                                                            有価証券報告書
      ③ 繰延税金資産(単体)に関するリスク
        当行の繰延税金資産は、繰延税金負債との相殺後はゼロであり、相殺前でも見積課税所得で約3年で回収可能
       と見積もっており、現時点では回収可能性に全く問題ありません。しかしながら、今後多額の有税での不良債権
       処理が発生し、課税所得も大きく減少した場合、繰延税金資産の計上が制限され、当行の業績に悪影響を及ぼす
       可能性があります。
      ④ 年金債務に関するリスク

        当行の年金資産の時価が下落した場合、当行の年金資産の運用利回りが低下した場合、または退職給付債務を
       計算する前提の基礎率に変更があった場合には、費用負担が発生する可能性があります。また、年金制度の改定
       により過去勤務費用が発生し、その償却のため費用負担が発生する可能性があります。
      ⑤ 所有不動産に関するリスク

        当行は、営業拠点や社宅等として不動産を所有していますが、当該不動産の価値・価格が下落した場合には減
       損が生じ、当行の業績に悪影響を及ぼす可能性があります。
      ⑥ 個人情報等の漏洩に関するリスク

        当行は、法人・個人のお客さまに関する様々な情報を多数保有しております。これらの情報管理については管
       理態勢を整備のうえ、管理基準及び事務手続を制定し、研修等を通じて役職員に徹底するとともに、コンピュー
       タのセキュリティ体制の構築、業務委託先からの漏洩リスクの排除等の対策を講じておりますが、万一、情報が
       外部に漏洩した場合には、当行の業績及び財政状態に悪影響を及ぼす可能性があります。
      ⑦ 災害リスク

        当行は愛媛県を中心に事業を展開しており、お取引先、当行の人材、営業店舗及び事務センター等の施設は愛
       媛県に集中しております。当行では、災害等の緊急事態に備え「業務継続計画」を策定し、緊急時の業務や復旧
       目標、業務継続手段等を定めております。また、施設等への各種災害対策や定期的な訓練を行うなど、人的・物
       的被害の回避・軽減に努めております。しかしながら、今後、愛媛県を含む広域に南海トラフ地震等の大規模地
       震が発生した場合はもちろんのこと、愛媛県を中心とする局地的な災害等が発生した場合には、地域経済及び当
       行の人材・施設に甚大な被害が及ぶ可能性があり、その結果、当行の業績及び財政状態に悪影響を及ぼす可能性
       があります。
      ⑧ デリバティブ取引に係るリスク

        当行が利用しているデリバティブ取引は、通貨、金利等が変動することによる市場リスクと、取引相手先の契
       約不履行による信用リスクを有しております。なお、カレントエクスポージャー方式(市場の実勢条件により算定
       した正の値をとる再構築コストと、想定元本額に取引の種類や期間に応じた一定の掛目を乗じたものを合計して
       与信相当額を算出する方法)で算出した自己資本比率規制(国際統一基準)に基づく与信相当額(信用リスク相当額)
       は、2020年3月31日現在で395億円であります。
                                  15/148







                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社伊予銀行(E03589)
                                                            有価証券報告書
    3  【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】
     (1)  経営成績等の状況の概要
       当連結会計年度における当行グループ(当行及び連結子会社)の財政状態、経営成績及びキャッシュ・フロー(以
      下、「経営成績等」という。)の状況の概要は次のとおりであります。
      ① 財政状態及び経営成績の状況

        当期のわが国経済は、世界経済の減速を背景に輸出が伸び悩む一方、雇用・所得環境の着実な改善を背景に、
       個人消費は消費税率引き上げの影響を受けながらも持ち直しの動きがみられました。しかしながら、年度末にか
       けて発生した新型コロナウイルス感染症拡大の影響により経済環境は一変し、世界的な景気の下振れ懸念が強ま
       りました。
        愛媛県経済は、新設住宅着工件数の増加による住宅投資や西日本豪雨の復旧・復興に伴う公共投資の増加が続
       いておりましたが、新型コロナウイルス感染症拡大の影響により地域経済の停滞が予想され、先行きは不透明な
       状況であります。
        このような情勢のもと、当連結会計年度における業績は、次のとおりとなりました。
        連結経常収益は、貸出金利息の増加により資金運用収益が増加したことに加えて、リース料収入の増加などに
       より連結子会社のその他業務収益が増加したことなどから、                            前年度比2億20百万円増加            して  1,265億6百万円        とな
       りました。一方、連結経常費用は、預金利息及びその他の支払利息の増加により資金調達費用が増加したもの
       の、国債等債券売却損の減少によりその他業務費用が減少したことなどから、                                    前年度比5億35百万円減少            して  970
       億93百万円     となりました。この結果、連結経常利益は                    前年度比7億55百万円増加             して  294億13百万円       となりまし
       た。また、親会社株主に帰属する当期純利益は                      前年度比3億95百万円増加            して  189億22百万円       となりました。
        なお、当行単体の業績は、次のとおりとなりました。
        コア業務粗利益は、外国為替売買損益の増加によりその他業務利益が増加したことなどから、                                            前年度比5億92
       百万円増加     して  767億68百万円       となりました。コア業務純益は、コア業務粗利益の増加に加えて、経費が減少した
       ことなどから、       前年度比10億17百万円増加            して  268億35百万円       となりました。経常利益は、信用コストが増加した
       ことに加えて、有価証券関係損益が減少したことなどから、                            前年度比2億32百万円の増加             にとどまり     265億81百万
       円 となりました。この結果、当期純利益は                   前年度比2億40百万円増加            して  185億2百万円       となりました。
        セグメントごとの経営成績は、次のとおりであります。
         ○  銀行業
           経常収益は、      外部顧客に対する経常収益が1,070億88百万円                      、 セグメント間の内部経常収益が6億55百万
          円 となり、合計      1,077億43百万円        となりました。
           セグメント利益は        前年度比1億68百万円増加            して  285億30百万円       となりました。
         ○  リース業
           経常収益は、      外部顧客に対する経常収益が169億5百万円                    、 セグメント間の内部経常収益が4億54百万円
          となり、合計      173億59百万円       となりました。
           セグメント利益は        前年度比5億17百万円増加            して  7億9百万円      となりました。
         ○  その他
           経常収益は、      外部顧客に対する経常収益が25億13百万円                    、 セグメント間の内部経常収益が18億71百万円                     と
          なり、合計     43億84百万円      となりました。
           セグメント利益は        前年度比53百万円増加          して  1億24百万円      となりました。
        譲渡性預金を含めた預金等の期末残高は、                    前年度末比407億円増加           して  5兆7,287億円       となりました。
        貸出金の期末残高は、          前年度末比2,052億円増加            して  4兆7,330億円       となりました。
        有価証券の期末残高は、           前年度末比1,387億円増加            して  1兆7,135億円       となりました。
        銀行の安全性・健全性を示す連結総自己資本比率(バーゼルⅢ基準)は14.85%となりました。
                                  16/148




                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社伊予銀行(E03589)
                                                            有価証券報告書
      ② キャッシュ・フローの状況
        営業活動によるキャッシュ・フローは、借用金及び債券貸借取引受入担保金の増加等により                                           492億79百万円       とな
       りました。投資活動によるキャッシュ・フローは、有価証券の取得等により                                   △1,340億32百万円         となりました。ま
       た、財務活動によるキャッシュ・フローは、配当金の支払等により                               △57億41百万円       となりました。この結果、現
       金及び現金同等物の期末残高は、               前連結会計年度比905億1百万円減少                 して  7,178億87百万円        となりました。
      ③ 生産、受注及び販売の実績

        「生産、受注及び販売の実績」は、銀行業における業務の特殊性のため、該当する情報がないので記載してお
       りません。
     (2)  経営者の視点による経営成績等の状況に関する分析・検討内容

       経営者の視点による当行グループの経営成績等の状況に関する認識及び分析・検討内容は次のとおりでありま
      す。
       なお、以下の記載における将来に関する事項は、当連結会計年度の末日現在において判断したものであります。
      ① 財政状態及び経営成績の状況に関する認識及び分析・検討内容

       a.経営成績
         連結粗利益は前連結会計年度比               27億35百万円増加        して  848億96百万円       となりました。また、経常利益は前連結
        会計年度比     7億55百万円増加        して  294億13百万円       、親会社株主に帰属する当期純利益は前連結会計年度比                          3億95
        百万円増加     して  189億22百万円       となりました。
        連結粗利益

         資金利益は、貸出金の増加により貸出金運用益が増加したものの、投資信託解約損益の減少により有価証券
        運用益が減少したことなどから、前連結会計年度比1億68百万円減少して663億75百万円となりました。その他
        業務利益は、相場動向を捉えた外国債券の売却により国債等債券関係損益が増加したことに加えて、外国為替
        売買損益やデリバティブ関係損益が増加したことなどから、前連結会計年度比29億79百万円増加して83億5百
        万円となりました。この結果、連結粗利益は前連結会計年度比                             27億35百万円増加        して  848億96百万円       となりまし
        た。
        営業経費

         営業経費は、戦略的投資の増加により物件費が増加したものの、業務効率化により人件費が減少したことな
        どから、前連結会計年度比            7億7百万円減少        して  516億53百万円       となりました。
        信用コスト

         信用コストは、貸倒実績率の上昇等により一般貸倒引当金繰入額が増加したことに加えて、倒産・ランクダ
        ウン等の増加により個別貸倒引当金純繰入額が増加したことなどから、前連結会計年度比                                          8億48百万円増加        し
        て 73億79百万円      となりました。
        株式等関係損益

         株式等関係損益は、株価の下落に伴いETF(上場投資信託)の売却損を計上したことなどから、前連結会計
        年度比   25億2百万円減少        して  14億47百万円      となりました。
        特別損益

         特別損益は、固定資産の減損損失を計上したことなどから、前連結会計年度比                                     4億92百万円減少        して  △10億
        21百万円    となりました。
                                  17/148




                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社伊予銀行(E03589)
                                                            有価証券報告書
                              前連結会計年度          当連結会計年度           増減(百万円)
                               (百万円)(A)          (百万円)(B)           (B)-(A)
     連結粗利益                               82,161          84,896           2,735
       資金利益                             66,543          66,375           △168
       役務取引等利益                             10,291          10,215           △76
       その他業務利益                             5,326          8,305          2,979
     営業経費                     (△)         52,360          51,653           △707
     信用コスト                     (△)          6,531          7,379           848
       貸出金償却                   (△)            15          20           5
       個別貸倒引当金純繰入額                   (△)          6,359          6,884           525
       一般貸倒引当金繰入額                   (△)            56          360          304
       偶発損失引当金繰入額                   (△)            89          75         △14
       特定海外債権引当勘定繰入額                   (△)            -          -          -
       その他の債権売却損等                   (△)           549          791          242
       償却債権取立益                              539          752          213
     株式等関係損益                               3,949          1,447         △2,502
     その他                               1,439          2,101           662
     経常利益                               28,658          29,413            755
     特別損益                               △529         △1,021           △492
     税金等調整前当期純利益                               28,129          28,392            263
     法人税、住民税及び事業税                     (△)          7,953          7,866           △87
     法人税等調整額                     (△)           420          233         △187
     非支配株主に帰属する当期純利益                     (△)          1,227          1,370           143
     親会社株主に帰属する当期純利益                               18,527          18,922            395
     (注) 連結粗利益         =  (資金運用収益-資金調達費用)               +  (役務取引等収益-役務取引等費用)                 +  (その他業務収益-
                その他業務費用)
       b.財政状態

        預金等
         譲渡性預金を含めた預金等は、個人預金・法人預金ともに順調に増加しており、前連結会計年度比                                              407億円増
        加 して  5兆7,287億円       となりました。
                            前連結会計年度           当連結会計年度            増減(百万円)

                            (百万円)(A)           (百万円)(B)            (B)-(A)
     預金等(末残)                           5,688,021           5,728,742             40,721
       うち個人預金                         3,423,698           3,512,594             88,896
        貸出金

         貸出金は、事業性貸出・住宅ローンを中心とした個人融資ともに順調に増加しており、前連結会計年度比
        2,052億円増加       して  4兆7,330億円       となりました。
                            前連結会計年度           当連結会計年度            増減(百万円)

                            (百万円)(A)           (百万円)(B)            (B)-(A)
     貸出金(末残)                           4,527,810           4,733,091            205,281
       うち個人融資(単体)                         1,072,463           1,124,311             51,848
         うち住宅ローン                        781,086           831,805            50,719
                                  18/148




                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社伊予銀行(E03589)
                                                            有価証券報告書
        リスク管理債権
         リスク管理債権は、前連結会計年度比                  62億円増加     して  796億円    となりました。なお、貸出金残高に占める割合
        は 1.68  %と引続き低水準を維持しております。
                            前連結会計年度           当連結会計年度            増減(百万円)

                            (百万円)(A)           (百万円)(B)            (B)-(A)
     破綻先債権額                             2,142           4,544           2,402
     延滞債権額                             52,652           57,111            4,459
     3ヵ月以上延滞債権額                             2,811           2,614           △197
     貸出条件緩和債権額                             15,883           15,418            △465
     合計                             73,490           79,690            6,200
     貸出金残高比率                             1.62%           1.68%           0.06%

     リスク管理債権に対する引当率                            71.94%           72.41%            0.47%
        有価証券

         有価証券は、売却及び償還等により国債が減少したものの、外貨外国証券の取得等によりその他の証券が増
        加したことなどから、前連結会計年度比                   1,387億円増加       して  1兆7,135億円       となりました。
                            前連結会計年度           当連結会計年度            増減(百万円)

                            (百万円)(A)           (百万円)(B)            (B)-(A)
     有価証券(末残)                           1,574,849           1,713,574            138,725
      国債                           444,402           335,009          △109,393
      地方債                           252,660           266,319            13,659
      社債                           122,721           128,460            5,739
      株式                           304,579           301,108           △3,471
      その他の証券                           450,485           682,677           232,192
        連結自己資本比率(国際統一基準)

         連結総自己資本比率は、貸出金等の増加によりリスク・アセットが増加したものの、利益の蓄積や有価証券
        評価益等が増加したことなどから、前連結会計年度比0.47ポイント上昇して14.85%となりました。引き続き、
        最低所要自己資本比率を十分に上回っております。
                            前連結会計年度           当連結会計年度           増減(億円、%)

                            (億円、%)(A)           (億円、%)(B)            (B)-(A)
     1.連結総自己資本比率(4/7)                             14.38           14.85            0.47
     2.連結Tier1比率(5/7)                             14.38           14.83            0.45
     3.連結普通株式等Tier1比率(6/7)                             14.33           14.73            0.40
     4.連結における総自己資本の額                             5,859           6,144            285
     5.連結におけるTier1資本の額                             5,858           6,134            276
     6.連結における普通株式等Tier1資本の額                             5,838           6,093            255
     7.リスク・アセットの額                             40,724           41,358             634
     8.連結総所要自己資本額                             3,257           3,308             51
                                  19/148





                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社伊予銀行(E03589)
                                                            有価証券報告書
       c.目標とする経営指標の進捗状況
         「2018年度中期経営計画」では以下のような2020年度目標を設定しており、実績はおおよそ計画通りに進捗
        しております。
         各施策の実施により、2020年度のコア業務粗利益は目標を達成する見通しですが、新型コロナウイルス感染
        症拡大の影響による信用コストの増加等を想定し、当期純利益は160億円を見込んでおります。
              項目              2019年度実績           2020年度目標           2020年度予想

     コア業務粗利益                            767億円           765億円           780億円
       役務取引等利益                           71億円           85億円           80億円
     当期純利益                            185億円           205億円           160億円
     ROE                             2.95%         3.00%以上           -
     コアOHR                            65.04%         65.00%以下           -
     連結総自己資本比率                            14.85%         15.00%以上           -
     不良債権比率                             1.55%         2.00%以下           -
      ② キャッシュ・フローの状況の分析・検討内容並びに資本の財源及び資金の流動性に係る情報

       a.キャッシュ・フローの状況の分析
         営業活動によるキャッシュ・フローは、借用金及び債券貸借取引受入担保金の増加等により                                           492億79百万円       と
        なりました。
         投資活動によるキャッシュ・フローは、有価証券の取得等により                              △1,340億32百万円         となりました。
         財務活動によるキャッシュ・フローは、配当金の支払等により                             △57億41百万円       となりました。
         この結果、現金及び現金同等物の期末残高は、                      前連結会計年度比905億1百万円減少                 して  7,178億87百万円        と
        なりました。
                            前連結会計年度           当連結会計年度            増減(百万円)

                            (百万円)(A)           (百万円)(B)            (B)-(A)
     営業活動によるキャッシュ・フロー                           △150,925             49,279           200,204
     投資活動によるキャッシュ・フロー                            237,490          △134,032           △371,522
     財務活動によるキャッシュ・フロー                            △4,346           △5,741           △1,395
     現金及び現金同等物の期末残高                            808,389           717,887           △90,501
       b.資本の財源及び資金の流動性

         当行では、地域における信頼性を背景にした安定的な資金調達力が、流動性確保のための基盤となっており
        ます。流動性リスク管理につきましては、半期毎に運用・調達のバランスに配慮した資金計画を策定するとと
        もに、月次ベースで予想・実績を作成し、計画との差異を検証しております。また、市場における取引状況に
        異変が発生していないかチェックを行い、毎月ALM委員会に報告することにより、市場流動性リスクの顕現
        化による多額の損失発生を未然に防止する体制としております。さらに、運用・調達ギャップや資金化可能な
        有価証券残高等をALM委員会及び取締役会等へ報告する体制としております。外貨資金につきましては、通
        貨スワップ等を利用した長期資金調達等によって流動性を確保し、お客さまの外貨資金調達ニーズにお応えし
        ております。なお、固定資産の取得等の資本的支出及び株主還元等につきましては、自己資金で対応しており
        ます。
                                  20/148





                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社伊予銀行(E03589)
                                                            有価証券報告書
      ③ 重要な会計上の見積り及び当該見積りに用いた仮定
        当行グループの連結財務諸表は、わが国において一般に公正妥当と認められている会計基準に基づき作成され
       ております。この連結財務諸表の作成にあたって用いた会計上の見積り及び当該見積りに用いた仮定のうち、重
       要なものは以下のとおりであります。
       貸倒引当金の計上

        貸倒引当金の算定は、連結財務諸表作成時において入手可能な情報に基づいて合理的な金額を算出しており、
       会計上の見積りに該当します。当行グループにおける貸出金等(貸出金・支払承諾見返等)の債権が連結貸借対照
       表上に占める割合は大きく、貸倒引当金の増減が経営成績等に与える影響は大きいため、会計上の見積りにおい
       て重要なものと判断しております。
        当行の貸倒引当金は、予め定めている償却・引当基準に則り、次のとおり計上しております。
        破産、特別清算等法的に経営破綻の事実が発生している債務者(以下、「破綻先」という。)に係る債権及びそ
       れと同等の状況にある債務者(以下、「実質破綻先」という。)に係る債権については、以下のなお書きに記載さ
       れている直接減額後の帳簿価額から、担保の処分可能見込額及び保証による回収可能見込額を控除し、その残額
       を計上しております。また、現在は経営破綻の状況にないが、今後経営破綻に陥る可能性が大きいと認められる
       債務者に係る債権については、債権額から、担保の処分可能見込額及び保証による回収可能見込額を控除し、そ
       の残額のうち、債務者の支払能力を総合的に判断し必要と認める額を計上しております。
        上記以外の債権については、主として今後1年間の予想損失額又は今後3年間の予想損失額を見込んで計上し
       ており、予想損失額は、1年間又は3年間の貸倒実績を基礎とした貸倒実績率の過去の一定期間における平均値
       に基づき損失率を求め、これに必要な修正等を加えて算定しております。
        すべての債権は、資産の自己査定基準に基づき、営業関連部署が資産査定を実施し、当該部署から独立した資
       産監査部署が査定結果を監査しております。
        なお、破綻先及び実質破綻先に対する担保・保証付債権等については、債権額から担保の評価額及び保証によ
       る回収が可能と認められる額を控除した残額を取立不能見込額として債権額から直接減額しております。
        連結子会社の貸倒引当金は、一般債権については過去の貸倒実績率等を勘案して必要と認めた額を、貸倒懸念
       債権等特定の債権については、個別に回収可能性を勘案し、回収不能見込額をそれぞれ計上しております。
        当行の経営者は、貸倒引当金の算出において用いた会計上の見積りは合理的であり、債務者の実態を踏まえて
       貸倒引当金は適切に計上されているものと判断しております。しかしながら、経済環境の大幅な変化等、予測不
       能な前提条件の変化等により債務者の区分や担保の処分可能見込額等が変動する可能性があり、この場合には、
       当行グループが貸倒引当金を増額又は減額する可能性があります。なお、新型コロナウイルス感染症の拡大に伴
       う経済への影響は一定期間続くものと想定しております。当連結会計年度末の貸倒引当金計上額及び2020年度業
       績予想における貸倒引当金繰入額への影響については、当行グループが当連結会計年度の末日現在において入手
       している情報及び合理的であると判断する一定の前提に基づいており、感染拡大リスクの高まりや終息までの期
       間の長期化により大きく異なる可能性があります。
                                  21/148








                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社伊予銀行(E03589)
                                                            有価証券報告書
     (参考)
     (1)  国内・海外別収支
       収支の大宗を占める「国内」の資金運用収益は                      776億1百万円       に、資金調達費用は         130億円    となり、資金運用収支
      合計は   前連結会計年度比1億69百万円減少                して  663億75百万円       となりました。
       また、役務取引等収支合計は             前連結会計年度比76百万円減少               して  102億12百万円       に、その他業務収支合計は            前連結
      会計年度比29億79百万円増加             して  83億5百万円      となりました。
                              国内        海外       相殺消去額          合計

         種類           期別
                            金額(百万円)        金額(百万円)        金額(百万円)        金額(百万円)
                  前連結会計年度             65,255         1,289          -      66,544
     資金運用収支
                  当連結会計年度             64,601         1,774          -      66,375
                  前連結会計年度             76,690         3,065       △1,636         78,119
      うち資金運用収益
                  当連結会計年度             77,601         4,580       △2,580         79,601
                  前連結会計年度             11,435         1,775       △1,636         11,575
      うち資金調達費用
                  当連結会計年度             13,000         2,806       △2,580         13,225
                  前連結会計年度                3        -        -         3
     信託報酬
                  当連結会計年度                2        -        -         2
                  前連結会計年度             10,026          261         -      10,288
     役務取引等収支
                  当連結会計年度             9,955         257         -      10,212
                  前連結会計年度             14,817          300         -      15,118
      うち役務取引等収益
                  当連結会計年度             15,123          280         -      15,403
                  前連結会計年度             4,790          38        -       4,829
      うち役務取引等費用
                  当連結会計年度             5,167          23        -       5,190
                  前連結会計年度             5,397         △70         -       5,326
     その他業務収支
                  当連結会計年度             8,294          11        -       8,305
                  前連結会計年度             24,210           9        -      24,220
      うちその他業務収益
                  当連結会計年度             25,332          11        -      25,344
                  前連結会計年度             18,813          80        -      18,893
      うちその他業務費用
                  当連結会計年度             17,038          -        -      17,038
     (注)   1 「国内」とは、当行(海外店を除く)及び連結子会社であります。
          「海外」とは、当行の海外店であります。
        2 「相殺消去額」欄には、「国内」・「海外」間の内部取引の相殺消去額を記載しております。
        3 資金調達費用は金銭の信託運用見合費用(前連結会計年度0百万円、当連結会計年度0百万円)を控除して表
         示しております。
                                  22/148









                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社伊予銀行(E03589)
                                                            有価証券報告書
     (2)  国内・海外別資金運用/調達の状況
       資金運用勘定の平均残高(相殺消去後)は前連結会計年度比                            2,145億67百万円増加          して  7兆1,522億52百万円          とな
      り、利回りは前連結会計年度比               0.01%低下     して  1.11%   となりました。このうち国内においては、貸出金や預け金の
      増加等により、平均残高は             2,082億30百万円増加          して  7兆1,349億90百万円          となり、利回りは前連結会計年度比
      0.02%低下     して  1.08%   となりました。
       資金調達勘定の平均残高(相殺消去後)は前連結会計年度比                            2,011億24百万円増加          して  6兆8,897億19百万円          とな
      り、利回りは前連結会計年度比               0.02%上昇     して  0.19%   となりました。このうち国内においては、預金や譲渡性預
      金、債券貸借取引受入担保金の増加等により、平均残高は                           1,955億65百万円増加          して  6兆8,729億48百万円          となり、
      利回りは    0.01%上昇     して  0.18%   となりました。
      ① 国内

                              平均残高            利息          利回り

         種類           期別
                             金額(百万円)           金額(百万円)             (%)
                  前連結会計年度              6,926,760             76,690            1.10
     資金運用勘定
                  当連結会計年度              7,134,990             77,601            1.08
                  前連結会計年度              4,292,665             49,902            1.16
      うち貸出金
                  当連結会計年度              4,469,202             50,422            1.12
                  前連結会計年度                 458            5         1.09
      うち商品有価証券
                  当連結会計年度                 645            6         0.98
                  前連結会計年度              1,456,272             23,539            1.61
      うち有価証券
                  当連結会計年度              1,421,205             23,065            1.62
                  前連結会計年度                13,597             214          1.58
      うちコールローン及び
      買入手形
                  当連結会計年度                1,288             19          1.52
                  前連結会計年度                  -           -           -
      うち買現先勘定
                  当連結会計年度                6,805            △6         △0.10
                  前連結会計年度                3,307             62          1.88
      うち債券貸借取引支払
      保証金
                  当連結会計年度                  -           -           -
                  前連結会計年度              1,049,530              395          0.03
      うち預け金
                  当連結会計年度              1,081,147              393          0.03
                  前連結会計年度              6,677,383             11,435            0.17
     資金調達勘定
                  当連結会計年度              6,872,948             13,000            0.18
                  前連結会計年度              5,043,612             3,304            0.06
      うち預金
                  当連結会計年度              5,247,222             4,138            0.07
                  前連結会計年度               499,023             100          0.02
      うち譲渡性預金
                  当連結会計年度               534,984             104          0.01
                  前連結会計年度               490,935             421          0.08
      うちコールマネー及び
      売渡手形
                  当連結会計年度               322,326             337          0.10
                  前連結会計年度                53,323             625          1.17
      うち売現先勘定
                  当連結会計年度                48,929             716          1.46
                  前連結会計年度               196,392            1,308            0.66
      うち債券貸借取引受入
      担保金
                  当連結会計年度               344,414            1,864            0.54
                  前連結会計年度               393,607            1,402            0.35
      うち借用金
                  当連結会計年度               375,506            1,299            0.34
     (注)   1 平均残高は、原則として日々の残高の平均に基づいて算出しておりますが、連結子会社については、半年毎
         の残高に基づく平均残高を利用しております。
        2 「国内」とは、当行(海外店を除く)及び連結子会社であります。
        3 資金運用勘定は無利息預け金の平均残高(前連結会計年度41,095百万円、当連結会計年度43,026百万円)を、
         資金調達勘定は金銭の信託運用見合額の平均残高(前連結会計年度3,926百万円、当連結会計年度4,278百万円)
         及び利息(前連結会計年度0百万円、当連結会計年度0百万円)を、それぞれ控除して表示しております。
                                  23/148




                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社伊予銀行(E03589)
                                                            有価証券報告書
      ② 海外
                              平均残高            利息          利回り

         種類           期別
                             金額(百万円)           金額(百万円)             (%)
                  前連結会計年度               102,541            3,065            2.98
     資金運用勘定
                  当連結会計年度               153,448            4,580            2.98
                  前連結会計年度                83,229            2,641            3.17
      うち貸出金
                  当連結会計年度               129,585            4,049            3.12
                  前連結会計年度                18,267             421          2.30
      うち有価証券
                  当連結会計年度                22,765             522          2.29
                  前連結会計年度                  67            0         0.00
      うち預け金
                  当連結会計年度                  46            0         0.00
                  前連結会計年度               102,828            1,775            1.72
     資金調達勘定
                  当連結会計年度               152,958            2,806            1.83
                  前連結会計年度                11,211             143          1.27
      うち預金
                  当連結会計年度                14,290             174          1.21
                  前連結会計年度                  -           -           -
      うちコールマネー及び
      売渡手形
                  当連結会計年度                2,479             62          2.52
     (注)   1 平均残高は、日々の残高の平均に基づいて算出しております。
        2 「海外」とは、当行の海外店であります。
        3 資金運用勘定は、無利息預け金の平均残高(前連結会計年度658百万円、当連結会計年度95百万円)を控除し
         て表示しております。
                                  24/148













                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社伊予銀行(E03589)
                                                            有価証券報告書
      ③ 合計
                              平均残高                 利息         利回り

                               相殺                相殺
         種類          期別
                         小計           合計     小計           合計
                              消去額                消去額          (%)
                        (百万円)           (百万円)     (百万円)           (百万円)
                              (百万円)                (百万円)
                前連結会計年度        7,029,302      △91,617     6,937,685       79,755     △1,636      78,119     1.12
     資金運用勘定
                当連結会計年度        7,288,439     △136,187     7,152,252       82,181     △2,580      79,601     1.11
                前連結会計年度        4,375,895         -  4,375,895       52,543       -   52,543     1.20
      うち貸出金
                当連結会計年度        4,598,788         -  4,598,788       54,472       -   54,472     1.18
                前連結会計年度            458      -     458      5     -      5  1.09
      うち商品有価証券
                当連結会計年度            645      -     645      6     -      6  0.98
                前連結会計年度        1,474,540         -  1,474,540       23,961       -   23,961     1.62
      うち有価証券
                当連結会計年度        1,443,971         -  1,443,971       23,587       -   23,587     1.63
                前連結会計年度          13,597       -   13,597       214      -     214   1.58
      うちコールローン
      及び買入手形
                当連結会計年度           1,288       -    1,288       19     -     19   1.52
                前連結会計年度            -     -     -     -     -     -    -
      うち買現先勘定
                当連結会計年度           6,805       -    6,805      △6      -     △6  △0.10
                前連結会計年度           3,307       -    3,307       62     -     62   1.88
      うち債券貸借取引
      支払保証金
                当連結会計年度            -     -     -     -     -     -    -
                前連結会計年度        1,049,597         -  1,049,597        395      -     395   0.03
      うち預け金
                当連結会計年度        1,081,194         -  1,081,194        393      -     393   0.03
                前連結会計年度        6,780,212      △91,617     6,688,595       13,211     △1,636      11,575     0.17
     資金調達勘定
                当連結会計年度        7,025,906     △136,187     6,889,719       15,806     △2,580      13,225     0.19
                前連結会計年度        5,054,823         -  5,054,823       3,447       -    3,447    0.06
      うち預金
                当連結会計年度        5,261,513         -  5,261,513       4,312       -    4,312    0.08
                前連結会計年度         499,023        -   499,023       100      -     100   0.02
      うち譲渡性預金
                当連結会計年度         534,984        -   534,984       104      -     104   0.01
                前連結会計年度         490,935        -   490,935       421      -     421   0.08
      うちコールマネー
      及び売渡手形
                当連結会計年度         324,806        -   324,806       400      -     400   0.12
                前連結会計年度          53,323       -   53,323       625      -     625   1.17
      うち売現先勘定
                当連結会計年度          48,929       -   48,929       716      -     716   1.46
                前連結会計年度         196,392        -   196,392      1,308       -    1,308    0.66
      うち債券貸借取引
      受入担保金
                当連結会計年度         344,414        -   344,414      1,864       -    1,864    0.54
                前連結会計年度         393,607        -   393,607      1,402       -    1,402    0.35
      うち借用金
                当連結会計年度         375,506        -   375,506      1,299       -    1,299    0.34
     (注)   1 「相殺消去額」欄には、「国内」・「海外」間の内部取引の相殺消去額を記載しております。
        2 資金運用勘定は無利息預け金の平均残高(前連結会計年度41,754百万円、当連結会計年度43,122百万円)を、
         資金調達勘定は金銭の信託運用見合額の平均残高(前連結会計年度3,926百万円、当連結会計年度4,278百万円)
         及び利息(前連結会計年度0百万円、当連結会計年度0百万円)を、それぞれ控除して表示しております。
                                  25/148







                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社伊予銀行(E03589)
                                                            有価証券報告書
     (3)  国内・海外別役務取引の状況
       役務取引等収益は        前連結会計年度比2億85百万円増加                 して  154億3百万円       となりました。一方、役務取引等費用は
      前連結会計年度比3億61百万円増加                 して  51億90百万円      となり、この結果、役務取引等収支は                  前連結会計年度比76百
      万円減少    して  102億12百万円       となりました。
                              国内        海外       相殺消去額          合計

         種類           期別
                            金額(百万円)        金額(百万円)        金額(百万円)        金額(百万円)
                  前連結会計年度             14,817          300         -      15,118
     役務取引等収益
                  当連結会計年度             15,123          280         -      15,403
                  前連結会計年度             4,573         297         -       4,871
      うち預金・貸出業務
                  当連結会計年度             4,876         277         -       5,154
                  前連結会計年度             3,748          2        -       3,751
      うち為替業務
                  当連結会計年度             3,823          2        -       3,825
                  前連結会計年度             1,848          -        -       1,848
      うち証券関連業務
                  当連結会計年度             1,829          -        -       1,829
                  前連結会計年度             1,744          -        -       1,744
      うち代理業務
                  当連結会計年度             1,402          -        -       1,402
                  前連結会計年度               94        -        -        94
      うち保護預り・貸金庫
      業務
                  当連結会計年度               91        -        -        91
                  前連結会計年度               295         -        -        295
      うち保証業務
                  当連結会計年度               295         -        -        295
                  前連結会計年度             4,790          38        -       4,829
     役務取引等費用
                  当連結会計年度             5,167          23        -       5,190
                  前連結会計年度             1,031          35        -       1,067
      うち為替業務
                  当連結会計年度             1,161          19        -       1,181
     (注) 1 「国内」とは、当行(海外店を除く)及び連結子会社であります。
          「海外」とは、当行の海外店であります。
        2 「相殺消去額」欄には、「国内」・「海外」間の内部取引の相殺消去額を記載しております。
     (4)  国内・海外別預金残高の状況

      ○ 預金の種類別残高(末残)
                              国内        海外       相殺消去額          合計

         種類           期別
                            金額(百万円)        金額(百万円)        金額(百万円)        金額(百万円)
                  前連結会計年度           5,215,884          12,480          -     5,228,365
     預金合計
                  当連結会計年度           5,230,802          15,808          -     5,246,611
                  前連結会計年度           2,903,428          6,579          -     2,910,008
      うち流動性預金
                  当連結会計年度           3,033,680          8,170          -     3,041,850
                  前連結会計年度           2,078,905          5,900          -     2,084,806
      うち定期性預金
                  当連結会計年度           2,021,392          7,638          -     2,029,031
                  前連結会計年度            233,550           -        -      233,550
      うちその他
                  当連結会計年度            175,729           -        -      175,729
                  前連結会計年度            459,656           -        -      459,656
     譲渡性預金
                  当連結会計年度            482,131           -        -      482,131
                  前連結会計年度           5,675,540          12,480          -     5,688,021
     総合計
                  当連結会計年度           5,712,933          15,808          -     5,728,742
     (注) 1 「国内」とは、当行(海外店を除く)及び連結子会社であります。
          「海外」とは、当行の海外店であります。
        2 流動性預金=当座預金+普通預金+貯蓄預金+通知預金
        3 定期性預金=定期預金+定期積金
        4 「相殺消去額」欄には、「国内」・「海外」間の内部取引の相殺消去額を記載しております。
                                  26/148




                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社伊予銀行(E03589)
                                                            有価証券報告書
     (5)  国内・海外別貸出金残高の状況
      ① 業種別貸出状況(末残・構成比)
                             前連結会計年度                  当連結会計年度

            業種別
                          金額(百万円)          構成比(%)         金額(百万円)          構成比(%)
     国内(除く特別国際金融取引勘定分)                        4,425,405         100.00         4,584,038         100.00
      製造業                        643,028        14.53          650,562        14.19
      農業,林業                         3,146        0.07          3,115        0.07
      漁業                         11,389        0.26          11,918        0.26
      鉱業,採石業,砂利採取業                         8,614        0.19          7,131        0.16
      建設業                        116,306         2.63         116,088         2.53
      電気・ガス・熱供給・水道業                        134,015         3.03         154,410         3.37
      情報通信業                         22,020        0.50          18,940        0.42
      運輸業,郵便業                        717,925        16.22          769,705        16.79
      卸売業,小売業                        511,642        11.56          504,305        11.00
      金融業,保険業                        174,959         3.95         159,666         3.48
      不動産業,物品賃貸業                        481,403        10.88          514,007        11.21
      各種サービス業                        438,574         9.91         467,637        10.20
      地方公共団体                        234,824         5.31         230,048         5.02
      その他                        927,554        20.96          976,500        21.30
     海外及び特別国際金融取引勘定分                         102,405        100.00          149,053        100.00
      政府等                           -       -           -       -
      金融機関                           -       -           -       -
      その他                        102,405        100.00          149,053        100.00
             合計                4,527,810        -          4,733,091        -
     (注) 「国内」とは、当行(海外店を除く)及び連結子会社であります。
        「海外」とは、当行の海外店であります。
      ② 外国政府等向け債権残高(国別)

        該当事項はありません。
     (6)  国内・海外別有価証券の状況

      ○ 有価証券残高(末残)
                              国内        海外       相殺消去額          合計

         種類           期別
                            金額(百万円)        金額(百万円)        金額(百万円)        金額(百万円)
                  前連結会計年度            444,402           -        -      444,402
     国債
                  当連結会計年度            335,009           -        -      335,009
                  前連結会計年度            252,660           -        -      252,660
     地方債
                  当連結会計年度            266,319           -        -      266,319
                  前連結会計年度            122,721           -        -      122,721
     社債
                  当連結会計年度            128,460           -        -      128,460
                  前連結会計年度            304,579           -        -      304,579
     株式
                  当連結会計年度            301,108           -        -      301,108
                  前連結会計年度            429,568         20,916          -      450,485
     その他の証券
                  当連結会計年度            655,754         26,922          -      682,677
                  前連結会計年度           1,553,933          20,916          -     1,574,849
     合計
                  当連結会計年度           1,686,652          26,922          -     1,713,574
     (注) 1 「国内」とは、当行(海外店を除く)及び連結子会社であります。
          「海外」とは、当行の海外店であります。
        2 「その他の証券」には、外国債券及び外国株式を含んでおります。
        3 「相殺消去額」欄には、「国内」・「海外」間の内部取引の相殺消去額を記載しております。
                                  27/148



                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社伊予銀行(E03589)
                                                            有価証券報告書
     (7)  「金融機関の信託業務の兼営等に関する法律」に基づく信託業務の状況
       連結会社のうち、「金融機関の信託業務の兼営等に関する法律」に基づき信託業務を営む会社は、当行1行であ
      ります。
      ① 信託財産の運用/受入状況(信託財産残高表/連結)
                               資産

                             前連結会計年度                  当連結会計年度
                            ( 2019年3月31日       )          ( 2020年3月31日       )
             科目
                          金額(百万円)          構成比(%)         金額(百万円)          構成比(%)
     銀行勘定貸                            31      5.07            28      4.92
     現金預け金                           590      94.93            551      95.08
     合計                           621      100.00            580      100.00
                               負債

                             前連結会計年度                  当連結会計年度
                            ( 2019年3月31日       )          ( 2020年3月31日       )
             科目
                          金額(百万円)          構成比(%)         金額(百万円)          構成比(%)
     金銭信託                           621      100.00            580      100.00
     合計                           621      100.00            580      100.00
     (注) 共同信託他社管理財産については、前連結会計年度末及び当連結会計年度末の取扱残高はありません。
      ② 元本補填契約のある信託の運用/受入状況(末残)

                             前連結会計年度                  当連結会計年度

                            ( 2019年3月31日       )          ( 2020年3月31日       )
             科目
                        金銭信託      貸付信託       合計     金銭信託      貸付信託       合計
                        (百万円)      (百万円)      (百万円)      (百万円)      (百万円)      (百万円)
     銀行勘定貸                       31      -      31      28      -      28
     資産計                       31      -      31      28      -      28
     元本                       31      -      31      28      -      28
     負債計                       31      -      31      28      -      28
                                  28/148










                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社伊予銀行(E03589)
                                                            有価証券報告書
     (自己資本比率等の状況)
     (参考)
      自己資本比率は、銀行法第14条の2の規定に基づき、銀行がその保有する資産等に照らし自己資本の充実の状況が適
     当であるかどうかを判断するための基準(2006年金融庁告示第19号)に定められた算式に基づき、連結ベースと単体ベー
     スの双方について算出しております。
      なお、当行は、国際統一基準を適用のうえ、信用リスク・アセットの算出においては基礎的内部格付手法、オペレー
     ショナル・リスク相当額の算出においては粗利益配分手法を採用しております。
      また、自己資本比率の補完的指標であるレバレッジ比率は、銀行法第14条の2の規定に基づき、銀行がその保有する
     資産等に照らし自己資本の充実の状況が適当であるかどうかを判断するための基準の補完的指標として定めるレバレッ
     ジに係る健全性を判断するための基準(2019年金融庁告示第11号)に定められた算式に基づき、連結ベースと単体ベース
     の双方について算出しております。
     連結自己資本比率(国際統一基準)

                                 (単位:億円、%)
                               2020年3月31日
     1.連結総自己資本比率(4/7)                                  14.85
     2.連結Tier1比率(5/7)                                  14.83
     3.連結普通株式等Tier1比率(6/7)                                  14.73
     4.連結における総自己資本の額                                  6,144
     5.連結におけるTier1資本の額                                  6,134
     6.連結における普通株式等Tier1資本の額                                  6,093
     7.リスク・アセットの額                                  41,358
     8.連結総所要自己資本額                                  3,308
     連結レバレッジ比率(国際統一基準)

                                    (単位:%)
                               2020年3月31日
     連結レバレッジ比率                                   7.78
     単体自己資本比率(国際統一基準)

                                 (単位:億円、%)
                               2020年3月31日
     1.単体総自己資本比率(4/7)                                  14.58
     2.単体Tier1比率(5/7)                                  14.58
     3.単体普通株式等Tier1比率(6/7)                                  14.58
     4.単体における総自己資本の額                                  5,918
     5.単体におけるTier1資本の額                                  5,918
     6.単体における普通株式等Tier1資本の額                                  5,918
     7.リスク・アセットの額                                  40,570
     8.単体総所要自己資本額                                  3,245
     単体レバレッジ比率(国際統一基準)

                                    (単位:%)
                               2020年3月31日
     単体レバレッジ比率                                   7.54
                                  29/148



                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社伊予銀行(E03589)
                                                            有価証券報告書
     (資産の査定)
     (参考)
      資産の査定は、「金融機能の再生のための緊急措置に関する法律」(1998年法律第132号)第6条に基づき、当行の貸
     借対照表の社債(当該社債を有する金融機関がその元本の償還及び利息の支払の全部又は一部について保証しているも
     のであって、当該社債の発行が金融商品取引法(1948年法律第25号)第2条第3項に規定する有価証券の私募によるもの
     に限る。)、貸出金、外国為替、その他資産中の未収利息及び仮払金、支払承諾見返の各勘定に計上されるもの並びに
     貸借対照表に注記することとされている有価証券の貸付けを行っている場合のその有価証券(使用貸借又は賃貸借契約
     によるものに限る。)について債務者の財政状態及び経営成績等を基礎として次のとおり区分するものであります。
    1 破産更生債権及びこれらに準ずる債権

      破産更生債権及びこれらに準ずる債権とは、破産手続開始、更生手続開始、再生手続開始の申立て等の事由により
     経営破綻に陥っている債務者に対する債権及びこれらに準ずる債権をいう。
    2 危険債権

      危険債権とは、債務者が経営破綻の状態には至っていないが、財政状態及び経営成績が悪化し、契約に従った債権
     の元本の回収及び利息の受取りができない可能性の高い債権をいう。
    3 要管理債権

      要管理債権とは、3ヵ月以上延滞債権及び貸出条件緩和債権をいう。
    4 正常債権

      正常債権とは、債務者の財政状態及び経営成績に特に問題がないものとして、上記1から3までに掲げる債権以外
     のものに区分される債権をいう。
     資産の査定の額

                                 2019年3月31日               2020年3月31日

              債権の区分
                                  金額(百万円)               金額(百万円)
     破産更生債権及びこれらに準ずる債権                                     6,042               6,538
     危険債権                                    46,657               53,227
     要管理債権                                    18,656               18,003
     正常債権                                   4,728,451               4,915,679
    4  【経営上の重要な契約等】

      該当事項はありません。
    5  【研究開発活動】

      該当事項はありません。
                                  30/148






                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社伊予銀行(E03589)
                                                            有価証券報告書
    第3 【設備の状況】
    1 【設備投資等の概要】

      当行及び連結子会社では、業務の効率化と高度化・多様化するお客さまのニーズにお応えするため、事務機械等の
     設備投資を積極的に行っております。当連結会計年度につきましては、主に銀行業において事務機械購入をはじめ総
     額約  56 億円の設備投資を行いました。
      なお、当行及び連結子会社の営業活動に重要な影響を及ぼすような固定資産の売却、撤去等はありません。
    2 【主要な設備の状況】

      当連結会計年度末における主要な設備の状況は次のとおりであります。
                                                 2020年3月31日       現在
                                                 リース
                                   土地      建物    動産        合計
               店舗名        セグメント                                  従業員
                                                 資産
         会社名          所在地        設備の内容
               その他         の名称                                 数(人)
                                 面積(㎡)          帳簿価額(百万円)
              本店
                                 123,251
                   愛媛県    銀行業     店舗          19,587    6,192    1,312     688   27,780    2,139
                                 (11,793)
              他115店
              東京支店
                                   242
                   東京都    銀行業     店舗           258    320    43    0   623    34
                                  (214)
              他1店
              名古屋支店     愛知県    銀行業     店舗       716    892     8    2   -   903    13
              大阪支店
                                   829
                   大阪府    銀行業     店舗           188    43    17    0   250    47
                                  (111)
              他2店
              神戸支店
                   兵庫県    銀行業     店舗      1,408    1,921     108     6   -   2,035     27
              他1店
              岡山支店
                   岡山県    銀行業     店舗      3,105    1,129     80    17    -   1,226     50
              他2店
              広島支店
                                  3,995
                   広島県    銀行業     店舗          2,829     275    24    3  3,132     75
                                  (152)
              他4店
                                   826
              徳山支店     山口県    銀行業     店舗           -    27    5   -    32    11
                                  (826)
              福岡支店
                                   874
                   福岡県    銀行業     店舗          2,282     48    7    0  2,339     27
                                  (150)
              他1店
    当行      -
              大分支店
                                  4,883
                   大分県    銀行業     店舗          1,605     146    21    ▶  1,778     75
                                  (249)
              他5店
              高知支店     高知県    銀行業     店舗      1,009    1,482     273     3   -   1,758     17
                                   187
              徳島支店     徳島県    銀行業     店舗           -    ▶    ▶    0    9   16
                                  (187)
              高松支店
                                  4,700
                   香川県    銀行業     店舗           925    346    27    -   1,299     70
                                  (323)
              他4店
              シンガポー     シンガ
                       銀行業     店舗       -    -    12    ▶   -    16    8
              ル支店     ポール
                   愛媛県
              事務セン             事務セン
                       銀行業           5,987    1,278    2,401     814    -   4,494     109
              ター             ター
                   松山市
                   愛媛県
              体育セン             体育セン
                       銀行業          21,319    1,645     162     1   -   1,809     -
              ター             ター
                   松山市
              吉藤寮他     愛媛県
                       銀行業     社宅・寮      89,974    11,087    5,552      ▶   -  16,644      -
              166か所     他
              その他の     愛媛県
                       銀行業     厚生施設等      34,190    2,968    1,032     20    -   4,021     20
              施設     他
    連結               愛媛県
        いよぎん保証
              本社他         銀行業     店舗等       208    120    115     ▶   -   240    80
        ㈱他12社
    子会社               他
    連結               愛媛県
        いよぎんリー
              本社他         リース業     店舗等       582    62    81    16    2   163    52
        ス㈱
    子会社               他
        ㈱いよぎんコ
    連結               愛媛県
        ンピュータ
              本社他         その他     店舗等       -    -    2   40    -    42   239
        サービス他1
    子会社               松山市
        社
     (注)   1 土地の面積欄の(              )内は、借地の面積(内書き)であり、その年間賃借料は建物も含め902百万円でありま
         す。
        2 動産は、事務機械1,436百万円、その他964百万円であります。
        3 当行の海外駐在員事務所2か所、店舗外現金自動設備211か所は上記に含めて記載しております。
        4 上記には、連結会社に貸与している建物が含まれております。
        5 上記には、連結会社以外に貸与している土地(3,069㎡)、建物が含まれております。
                                  31/148


                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社伊予銀行(E03589)
                                                            有価証券報告書
    3 【設備の新設、除却等の計画】
      当行及び連結子会社の設備投資計画については、投資効率、投資の優先順位等を勘案し、原則的に連結会社が個別
     に策定しております。
      当連結会計年度末において実施中又は計画中である重要な設備の新設、除却等は次のとおりであります。
     (1)  新設、改修
                                     投資予定金額

          店舗名                                   資金調     着手    完了予定
                         セグメント
                                      (百万円)
     会社名          所在地     区分         設備の内容
                         の名称
          その他                                   達方法     年月     年月
                                    総額    既支払額
          本店他     愛媛県
                    -     銀行業     事務機械      10,924     4,703   自己資金       -     -
          (注)2     松山市他
      当行
          その他     愛媛県
                    新築等     銀行業     -       4,126     1,333   自己資金       -     -
          (注)3     松山市他
     (注)   1 上記設備計画の記載金額については、消費税及び地方消費税を含んでおりません。
        2 事務機械の主なものは2021年3月までに設置予定であります。
        3 「その他」の主なものは、店舗及び厚生施設の建替え等であり、2021年3月までに完成予定であります。
     (2)  売却

       重要な設備の売却の計画はありません。
                                  32/148














                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社伊予銀行(E03589)
                                                            有価証券報告書
    第4 【提出会社の状況】
    1 【株式等の状況】

     (1) 【株式の総数等】
      ① 【株式の総数】
                 種類                        発行可能株式総数(株)

                普通株式                                     600,000,000

                 計                                    600,000,000

      ② 【発行済株式】

                 事業年度末現在            提出日現在         上場金融商品取引所

         種類          発行数(株)           発行数(株)         名又は登録認可金融               内容
                 ( 2020年3月31日       )   (2020年6月29日)           商品取引業協会名
                                      東京証券取引所
                                                 単元株式数は100株で
        普通株式             323,775,366           323,775,366
                                                 あります。
                                      市場第1部
         計           323,775,366           323,775,366           -           -
     (2) 【新株予約権等の状況】

      ①  【ストックオプション制度の内容】
        2018年6月28日開催の第115期定時株主総会決議により、株式報酬型ストック・オプション制度を廃止し、信託
       を用いた株式報酬制度を導入しております。なお、同制度の導入に伴い、新たなストック・オプションの付与は
       行わないこととしますが、すでに付与したストック・オプションとしての新株予約権のうち未行使のものは今後
       も存続します。
        株式報酬制度の内容については、「(8)                   役員・従業員株式所有制度の内容」に記載しております。
      ○ 2011年6月29日開催の定時株主総会において決議されたもの

        当該制度は、会社法第361条に基づき、2011年6月29日開催の定時株主総会において、当行取締役に対して、株
       式報酬型ストック・オプションとして新株予約権を年額140,000千円以内の範囲で割り当てることを決議されたも
       のであり、その内容は次のとおりであります。
     決議年月日                      2011年6月29日

     付与対象者の区分                      当行取締役
     新株予約権の目的となる株式の種類                      当行普通株式
                           4,000個を、各事業年度に係る定時株主総会の日から1年以内の日に
                           発行する新株予約権の個数の上限とする。
                           当行普通株式400,000株を、各事業年度に係る定時株主総会の日から
                           1年以内の日に発行する新株予約権の目的である株式の総数の上限と
     株式の数                      する。新株予約権1個当たりの目的となる株式数(以下「付与株式
                           数」という。)は100株とする。
                           なお、当行が合併、会社分割、株式無償割当て、株式分割または株式
                           併合等を行うことにより、付与株式数の変更をすることが適切な場合
                           は、当行は必要と認める調整を行うものとする。
                           新株予約権の行使により発行または移転される株式1株当たりの金額
     新株予約権の行使時の払込金額
                           を1円とし、これに付与株式数を乗じた金額とする。
     新株予約権の行使期間                      新株予約権の割当日の翌日から30年以内とする。
                           新株予約権者は、当行の取締役の地位を喪失した日の翌日から10日を
     新株予約権の行使の条件
                           経過する日までに限り、新株予約権を一括して行使するものとする。
                           譲渡による新株予約権の取得については、当行の取締役会の承認を必
     新株予約権の譲渡に関する事項
                           要とするものとする。
                           上記の細目および新株予約権に関するその他の内容については、新株
     その他
                           予約権の募集事項を決定する取締役会において定めることとする。
                                  33/148



                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社伊予銀行(E03589)
                                                            有価証券報告書
      ○ 2015年6月26日開催の定時株主総会において決議されたもの
        当該制度は、会社法第361条に基づき、2015年6月26日開催の定時株主総会において、当行取締役(監査等委員
       である取締役を除く。)に対して、株式報酬型ストック・オプションとして新株予約権を年額130,000千円以内の
       範囲で割り当てることを決議されたものであり、その内容は次のとおりであります。
     決議年月日                      2015年6月26日

     付与対象者の区分                      当行取締役(監査等委員である取締役を除く。)
     新株予約権の目的となる株式の種類                      当行普通株式
                           3,500個を、各事業年度に係る定時株主総会の日から1年以内の日に
                           発行する新株予約権の個数の上限とする。
                           当行普通株式350,000株を、各事業年度に係る定時株主総会の日から
                           1年以内の日に発行する新株予約権の目的である株式の総数の上限と
     株式の数                      する。新株予約権1個当たりの目的となる株式数(以下「付与株式
                           数」という。)は100株とする。
                           なお、当行が合併、会社分割、株式無償割当て、株式分割または株式
                           併合等を行うことにより、付与株式数の変更をすることが適切な場合
                           は、当行は必要と認める調整を行うものとする。
                           新株予約権の行使により発行または移転される株式1株当たりの金額
     新株予約権の行使時の払込金額
                           を1円とし、これに付与株式数を乗じた金額とする。
     新株予約権の行使期間                      新株予約権の割当日の翌日から30年以内とする。
                           新株予約権者は、当行の取締役および執行役員のいずれの地位をも喪
     新株予約権の行使の条件                      失した日の翌日から10日を経過する日までに限り、新株予約権を一括
                           して行使するものとする。
                           譲渡による新株予約権の取得については、当行の取締役会の承認を必
     新株予約権の譲渡に関する事項
                           要とするものとする。
                           上記の細目および新株予約権に関するその他の内容については、新株
     その他
                           予約権の募集事項を決定する取締役会において定めることとする。
     決議年月日                      2011年6月29日

     付与対象者の区分及び人数             (名)
                           当行取締役 17
     新株予約権の数        (個) ※
                           341〔278〕(注1)
     新株予約権の目的となる株式の種類、内容及び
                           普通株式 34,100〔27,800〕(注2)
     数  (株) ※
     新株予約権の行使時の払込金額               (円) ※
                           1株当たり1円
     新株予約権の行使期間 ※                      2011年7月16日~2041年7月15日
                           発行価格 705円
     新株予約権の行使により株式を発行する場合の
                           資本組入額は、会社計算規則第17条第1項に定めるところに従い算出
     株式の発行価格及び資本組入額               (円) ※
                           される資本金等増加限度額の2分の1の金額とし、計算の結果1円未
                           満の端数が生じる場合は、その端数を切り上げるものとする。
     新株予約権の行使の条件 ※                      (注3)
                           譲渡による新株予約権の取得については、当行の取締役会の承認を要
     新株予約権の譲渡に関する事項 ※
                           するものとする。
     組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に関す
                           (注4)
     る事項 ※
     決議年月日                      2012年6月28日

     付与対象者の区分及び人数             (名)         当行取締役 17
     新株予約権の数        (個) ※
                           544〔468〕(注1)
     新株予約権の目的となる株式の種類、内容及び
                           普通株式 54,400〔46,800〕(注2)
     数  (株) ※
     新株予約権の行使時の払込金額               (円) ※
                           1株当たり1円
     新株予約権の行使期間 ※                      2012年7月18日~2042年7月17日
                           発行価格 551円
     新株予約権の行使により株式を発行する場合の
                           資本組入額は、会社計算規則第17条第1項に定めるところに従い算出
     株式の発行価格及び資本組入額               (円) ※
                           される資本金等増加限度額の2分の1の金額とし、計算の結果1円未
                           満の端数が生じる場合は、その端数を切り上げるものとする。
     新株予約権の行使の条件 ※                      (注3)
                           譲渡による新株予約権の取得については、当行の取締役会の承認を要
     新株予約権の譲渡に関する事項 ※
                           するものとする。
     組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に関す
                           (注4)
     る事項 ※
                                  34/148



                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社伊予銀行(E03589)
                                                            有価証券報告書
     決議年月日                      2013年6月27日
     付与対象者の区分及び人数             (名)
                           当行取締役 18
     新株予約権の数        (個) ※
                           371〔319〕(注1)
     新株予約権の目的となる株式の種類、内容及び
                           普通株式 37,100〔31,900〕(注2)
     数  (株) ※
     新株予約権の行使時の払込金額               (円) ※
                           1株当たり1円
     新株予約権の行使期間 ※                      2013年7月17日~2043年7月16日
                           発行価格 919円
     新株予約権の行使により株式を発行する場合の
                           資本組入額は、会社計算規則第17条第1項に定めるところに従い算出
     株式の発行価格及び資本組入額               (円) ※
                           される資本金等増加限度額の2分の1の金額とし、計算の結果1円未
                           満の端数が生じる場合は、その端数を切り上げるものとする。
     新株予約権の行使の条件 ※                      (注3)
                           譲渡による新株予約権の取得については、当行の取締役会の承認を要
     新株予約権の譲渡に関する事項 ※
                           するものとする。
     組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に関す
                           (注4)
     る事項 ※
     決議年月日                      2014年6月27日

                           当行取締役  16
     付与対象者の区分及び人数             (名)
                           当行執行役員 4
     新株予約権の数        (個) ※
                           498〔421〕(注1)
     新株予約権の目的となる株式の種類、内容及び
                           普通株式 49,800〔42,100〕(注2)
     数  (株) ※
     新株予約権の行使時の払込金額               (円) ※
                           1株当たり1円
     新株予約権の行使期間 ※                      2014年7月17日~2044年7月16日
                           発行価格 990円
     新株予約権の行使により株式を発行する場合の
                           資本組入額は、会社計算規則第17条第1項に定めるところに従い算出
     株式の発行価格及び資本組入額               (円) ※
                           される資本金等増加限度額の2分の1の金額とし、計算の結果1円未
                           満の端数が生じる場合は、その端数を切り上げるものとする。
     新株予約権の行使の条件 ※                      (注3)
                           譲渡による新株予約権の取得については、当行の取締役会の承認を要
     新株予約権の譲渡に関する事項 ※
                           するものとする。
     組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に関す
                           (注4)
     る事項 ※
     決議年月日                      2015年6月26日

                           当行取締役  7
     付与対象者の区分及び人数             (名)
                           (監査等委員である取締役を除く。)
                           当行執行役員 14
     新株予約権の数        (個) ※
                           401〔352〕(注1)
     新株予約権の目的となる株式の種類、内容及び
                           普通株式 40,100〔35,200〕(注2)
     数  (株) ※
     新株予約権の行使時の払込金額               (円) ※
                           1株当たり1円
     新株予約権の行使期間 ※                      2015年7月16日~2045年7月15日
                           発行価格 1,474円
     新株予約権の行使により株式を発行する場合の                      資本組入額は、会社計算規則第17条第1項に定めるところに従い算出
     株式の発行価格及び資本組入額               (円) ※
                           される資本金等増加限度額の2分の1の金額とし、計算の結果1円未
                           満の端数が生じる場合は、その端数を切り上げるものとする。
     新株予約権の行使の条件 ※                      (注3)
                           譲渡による新株予約権の取得については、当行の取締役会の承認を要
     新株予約権の譲渡に関する事項 ※
                           するものとする。
     組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に関す
                           (注4)
     る事項 ※
                                  35/148





                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社伊予銀行(E03589)
                                                            有価証券報告書
     決議年月日                      2016年6月29日
                           当行取締役  7
     付与対象者の区分及び人数             (名)
                           (監査等委員である取締役を除く。)
                           当行執行役員 15
     新株予約権の数        (個) ※
                           1,009〔898〕(注1)
     新株予約権の目的となる株式の種類、内容及び
                           普通株式 100,900〔89,800〕(注2)
     数  (株) ※
     新株予約権の行使時の払込金額               (円) ※
                           1株当たり1円
     新株予約権の行使期間 ※                      2016年7月16日~2046年7月15日
                           発行価格 602円
     新株予約権の行使により株式を発行する場合の
                           資本組入額は、会社計算規則第17条第1項に定めるところに従い算出
     株式の発行価格及び資本組入額               (円) ※
                           される資本金等増加限度額の2分の1の金額とし、計算の結果1円未
                           満の端数が生じる場合は、その端数を切り上げるものとする。
     新株予約権の行使の条件 ※                      (注3)
                           譲渡による新株予約権の取得については、当行の取締役会の承認を要
     新株予約権の譲渡に関する事項 ※
                           するものとする。
     組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に関す
                           (注4)
     る事項 ※
     決議年月日                      2017年6月29日

                           当行取締役  8
     付与対象者の区分及び人数             (名)
                           (監査等委員である取締役を除く。)
                           当行執行役員 12
     新株予約権の数        (個) ※
                           996〔906〕(注1)
     新株予約権の目的となる株式の種類、内容及び
                           普通株式 99,600〔90,600〕(注2)
     数  (株) ※
     新株予約権の行使時の払込金額               (円) ※
                           1株当たり1円
     新株予約権の行使期間 ※                      2017年7月15日~2047年7月14日
                           発行価格 868円
     新株予約権の行使により株式を発行する場合の
                           資本組入額は、会社計算規則第17条第1項に定めるところに従い算出
     株式の発行価格及び資本組入額               (円) ※
                           される資本金等増加限度額の2分の1の金額とし、計算の結果1円未
                           満の端数が生じる場合は、その端数を切り上げるものとする。
     新株予約権の行使の条件 ※                      (注3)
                           譲渡による新株予約権の取得については、当行の取締役会の承認を要
     新株予約権の譲渡に関する事項 ※
                           するものとする。
     組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に関す
                           (注4)
     る事項 ※
      㬰_华譩浞瑞꘰湧⭥⠀㈀ ㈀ぞ瓿፧ࠀ㌀ㅥ⤰欰䨰儰譑蕛뤰銊ᢏर地昰䨰訰縰夰ɟ华譩浞瑞꘰湧⭥䬰襣큑贈湒䵧ࡧ⭳

       在(2020年5月31日)にかけて変更された事項については、提出日の前月末現在における内容を〔 〕内に記載して
       おり、その他の事項については当事業年度の末日における内容から変更はありません。
     (注)   1 新株予約権1個につき目的となる株式数 100株

        2 新株予約権の目的となる株式の数
          新株予約権を割り当てる日(以下、「割当日」という。)後、当行が普通株式につき、株式分割(当行普通株
         式の無償割当を含む。以下、株式分割の記載につき同じ。)または株式併合を行う場合には、新株予約権のう
         ち、当該株式分割または株式併合の時点で行使されていない新株予約権について、付与株式数を次の計算によ
         り調整する。
          調整後株式数=調整前株式数×分割または併合の比率
          また、上記の他、割当日後、当行が合併、会社分割、株式交換または株式移転を行う場合およびその他これ
         らの場合に準じて付与株式数の調整を必要とする場合、当行は、当行の取締役会において必要と認められる付
         与株式数の調整を行うことができる。
          なお、上記の調整の結果生じる1株未満の端数は、これを切り捨てる。
        3 新株予約権の行使の条件
         (1)  新株予約権者は、当行の取締役(監査等委員である取締役を除く。)および執行役員のいずれの地位をも喪
          失した日の翌日から10日(10日目が休日に当たる場合には翌営業日)を経過する日までの間に限り、新株予約
          権を一括してのみ行使できるものとする。
         (2)  新株予約権者が死亡した場合、その者の相続人は、当該被相続人が死亡した日の翌日から6ヶ月を経過す
          る日までの間に限り、新株予約権を行使することができる。
                                  36/148



                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社伊予銀行(E03589)
                                                            有価証券報告書
        4 組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に関する事項
          当行が合併(当行が合併により消滅する場合に限る。)、吸収分割もしくは新設分割(それぞれ当行が分割会
         社となる場合に限る。)、株式交換もしくは株式移転(それぞれ当行が完全子会社となる場合に限る。)(以上を
         総称して以下、「組織再編行為」という。)をする場合において、組織再編行為の効力発生日(吸収合併につき
         吸収合併がその効力を生ずる日、新設合併につき新設合併設立会社成立の日、吸収分割につき吸収分割の効力
         発生日、新設分割につき新設分割設立会社成立の日、株式交換につき株式交換がその効力を生ずる日、および
         株式移転につき株式移転設立完全親会社の成立の日をいう。以下同じ。)の直前において残存する新株予約権
         (以下、「残存新株予約権」という。)を保有する新株予約権者に対し、それぞれの場合につき、会社法第236
         条第1項第8号のイからホまでに掲げる株式会社(以下、「再編対象会社」という。)の新株予約権をそれぞれ
         交付することとする。ただし、以下の各号に沿って再編対象会社の新株予約権を交付する旨を、吸収合併契
         約、新設合併契約、吸収分割契約、新設分割計画、株式交換契約または株式移転計画において定めた場合に限
         る。
         (1)  交付する再編対象会社の新株予約権の数
           新株予約権者が保有する残存新株予約権の数と同一の数をそれぞれ交付するものとする。
         (2)  新株予約権の目的である再編対象会社の株式の種類
           再編対象会社の普通株式とする。
         (3)  新株予約権の目的である再編対象会社の株式の数
           組織再編行為の条件等を勘案のうえ、(注)2に準じて決定する。
         (4)  新株予約権の行使に際して出資される財産の価額
           交付される各新株予約権の行使に際して出資される財産の価額は、以下に定める再編後行使価額に上記
          (注)4(3)に従って決定される当該各新株予約権の目的である再編対象会社の株式の数を乗じて得られる金
          額とする。再編後行使価額は、交付される各新株予約権を行使することにより交付を受けることができる再
          編対象会社の株式1株当たり1円とする。
         (5)  新株予約権を行使することができる期間
           上記「新株予約権の行使期間」に定める新株予約権を行使することができる期間の開始日と組織再編行為
          の効力発生日のいずれか遅い日から、上記「新株予約権の行使期間」に定める新株予約権を行使することが
          できる期間の満了日までとする。
         (6)  新株予約権の行使により株式を発行する場合における増加する資本金および資本準備金に関する事項
           上記「新株予約権の行使により株式を発行する場合の株式の発行価格及び資本組入額」に準じて決定す
          る。
         (7)  譲渡による新株予約権の取得の制限
           譲渡による新株予約権の取得については、再編対象会社の取締役会の決議による承認を要するものとす
          る。
         (8)  新株予約権の行使条件
           (注)3に準じて決定する。
         (9)  新株予約権の取得条項
          ① 新株予約権者が権利行使をする前に、上記(注)3の定めまたは新株予約権割当契約の定めにより新株予
           約権を行使できなくなった場合、当行は当行の取締役会が別途定める日をもって当該新株予約権を無償で
           取得することができる。
          ② 以下A、BまたはCの議案につき、当行の株主総会で承認された場合(株主総会決議が不要の場合は当
           行の取締役会で承認された場合)は、当行は当行の取締役会が別途定める日をもって、同時点で権利行使
           されていない新株予約権を無償で取得することができる。
           A.当行が消滅会社となる合併契約承認の議案
           B.当行が分割会社となる分割契約または分割計画承認の議案
           C.当行が完全子会社となる株式交換契約または株式移転計画承認の議案
      ②  【ライツプランの内容】

        該当事項はありません。
      ③  【その他の新株予約権等の状況】

        該当事項はありません。
                                  37/148





                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社伊予銀行(E03589)
                                                            有価証券報告書
     (3)  【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】
       該当事項はありません。
     (4)  【発行済株式総数、資本金等の推移】

                発行済株式       発行済株式                      資本準備金       資本準備金

                              資本金増減額        資本金残高
        年月日        総数増減数        総数残高                       増減額        残高
                               (百万円)       (百万円)
                 (千株)       (千株)                      (百万円)       (百万円)
     1999年10月1日                148     323,775           7     20,948          92     10,480
     (注)  富士貯蓄信用組合との合併 合併比率 1:0.074
     (5)  【所有者別状況】

                                                 2020年3月31日       現在
                        株式の状況(1単元の株式数             100  株)
                                                      単元未満
           政府及び
      区分                             外国法人等                   株式の状況
                      金融商品     その他の                 個人
           地方公共     金融機関                                  計
                                                       (株)
                      取引業者      法人               その他
                                 個人以外      個人
            団体
     株主数
               2     71     24    1,161      224      18   20,033     21,533      -
     (人)
     所有株式数
             8,019   1,295,095       31,140     930,181     307,808       350   661,912    3,234,505       324,866
     (単元)
     所有株式数
              0.25     40.04      0.96     28.76      9.52     0.01     20.46     100.00      -
     の割合(%)
     (注) 自己株式6,938,437株は「個人その他」に69,384単元、「単元未満株式の状況」に37株含まれております。
     (6)  【大株主の状況】

                                                 2020年3月31日       現在
                                                      発行済株式
                                                     (自己株式を
                                               所有株式数
                                                     除く。)の総
            氏名又は名称                       住所
                                                     数に対する所
                                                (千株)
                                                     有株式数の割
                                                       合(%)
     日本トラスティ・サービス信託銀行株式会社                      東京都中央区晴海1丁目8番11号                      47,978       15.14
     日本マスタートラスト信託銀行株式会社                      東京都港区浜松町2丁目11番3号                      16,836       5.31
     日本生命保険相互会社                      東京都千代田区丸の内1丁目6番6号                       8,878       2.80
     明治安田生命保険相互会社                      東京都千代田区丸の内2丁目1番1号                       8,867       2.79
     住友林業株式会社                      東京都千代田区大手町1丁目3番2号                       5,911       1.86
     住友生命保険相互会社                      東京都中央区築地7丁目18番24号                       5,415       1.70
     伊予銀行従業員持株会                      愛媛県松山市南堀端町1番地                       4,811       1.51
                           25  BANK   STREET,CANARY       WHARF,    LONDON,
     JP  MORGAN    CHASE   BANK   385151(常任代理人         株
                           E14  5JP,UNITED      KINGDOM(東京都港区港南               4,691       1.48
     式会社みずほ銀行決済営業部)
                           2丁目15番1号品川インターシティA棟)
     損害保険ジャパン日本興亜株式会社                      東京都新宿区西新宿1丁目26番1号                       4,293       1.35
     株式会社三菱UFJ銀行                      東京都千代田区丸の内2丁目7番1号                       3,988       1.25
               計                     -             111,672       35.24
     (注)   1 日本トラスティ・サービス信託銀行株式会社の所有株式数のうち、信託業務に係る株式数は47,978千株であ
         ります。なお、その内訳は、信託口42,338千株、退職給付信託口5,639千株であります。
        2 日本マスタートラスト信託銀行株式会社の所有株式数のうち、信託業務に係る株式数は16,836千株でありま
         す。なお、その内訳は、信託口16,136千株、退職給付信託口700千株であります。
        3 損害保険ジャパン日本興亜株式会社は2020年4月1日に損害保険ジャパン株式会社に商号変更されておりま
         す。
                                  38/148




                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社伊予銀行(E03589)
                                                            有価証券報告書
     (7)  【議決権の状況】
      ① 【発行済株式】
                                                 2020年3月31日       現在
           区分             株式数(株)            議決権の数(個)                内容
     無議決権株式                           -        -             -

     議決権制限株式(自己株式等)                           -        -             -

     議決権制限株式(その他)                           -             -        -

                    (自己保有株式)
     完全議決権株式(自己株式等)                                   -             -
                     普通株式       6,938,400
                     普通株式
     完全議決権株式(その他)                                     3,165,121           -
                           316,512,100
                     普通株式
     単元未満株式                                   -             -
                             324,866
     発行済株式総数                      323,775,366            -             -
     総株主の議決権                     -               3,165,121           -

     (注)   1 「完全議決権株式(その他)」欄の普通株式には、株式報酬制度に係る信託が保有する当行株式284,200株(議
         決権2,842個)が含まれております。なお、当該議決権2,842個は、議決権不行使となっております。
        2 「単元未満株式」欄の普通株式には、当行所有の自己株式が37株含まれております。
      ② 【自己株式等】

                                                 2020年3月31日       現在
                                                     発行済株式
                                 自己名義       他人名義      所有株式数
       所有者の氏名                                             総数に対する
                     所有者の住所           所有株式数       所有株式数        の合計
         又は名称                                             所有株式数
                                  (株)       (株)       (株)
                                                     の割合(%)
     (自己保有株式)
     株式会社伊予銀行             愛媛県松山市南堀端町1番地                6,938,400          -   6,938,400         2.14
          計              -          6,938,400          -   6,938,400         2.14
     (注) 株式報酬制度に係る信託が保有する当行株式284,200株は、上記自己株式に含まれておりません。
     (8)  【役員・従業員株式所有制度の内容】

       当行は、取締役(監査等委員である取締役を除く。)及び執行役員(以下、「取締役等」という。)の報酬と当行の
      株式価値との連動性をより明確にし、取締役等が株価の変動による利益・リスクを株主の皆さまと共有すること
      で、中長期的な業績の向上と企業価値の増大に貢献する意識を高めることを目的として、2018年6月28日開催の第
      115期定時株主総会決議により、信託を用いた株式報酬制度(以下、「本制度」という。)を導入しております。
      ① 本制度の概要
        本制度は、当行が金銭を拠出することにより設定する信託(以下、「本信託」という。)が当行株式を取得し、
       当行が各取締役等に付与するポイントの数に相当する数の当行株式が本信託を通じて各取締役等に対して交付さ
       れる株式報酬制度です。
        本制度においては、2018年6月の定時株主総会開催日の翌日から2021年6月の定時株主総会終結の日までの3
       年間の間に在任する当行取締役等に対して当行株式が交付されます。
        取締役等が当行株式の交付を受ける時期は、原則として取締役等の退任時です。
      ② 対象者に交付する予定の株式の総額
        当行は、信託期間(2018年8月から2021年8月までの約3年間)中に、本制度により当行株式を取締役等に交付
       するのに必要な当行株式の取得資金として、合計金1,200百万円(うち取締役分として金600百万円)を上限とする
       金銭を拠出します。
        なお、信託期間の満了時において、当行の取締役会の決定により、信託期間を延長し本制度を継続することが
       あります。この場合、当行は、本制度により取締役等に交付するために必要な当行株式の追加取得資金として、
       延長した信託期間中に、延長した信託期間の延長年数に金400百万円(うち取締役分として金200百万円)を乗じ
       た金額を上限とする金銭を本信託に追加拠出します。
      ③ 本制度による受益権その他の権利を受けることができる者の範囲
        当行の取締役等のうち給付要件を満たす者
                                  39/148



                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社伊予銀行(E03589)
                                                            有価証券報告書
    2  【自己株式の取得等の状況】
       【株式の種類等】          会社法第155条第7号による普通株式の取得
     (1) 【株主総会決議による取得の状況】
       該当事項はありません。
     (2)  【取締役会決議による取得の状況】

       該当事項はありません。
     (3)  【株主総会決議又は取締役会決議に基づかないものの内容】

            区分                 株式数(株)                 価額の総額(円)

     当事業年度における取得自己株式                                  953                540,914
     当期間における取得自己株式                                   -                  -
     (注) 当期間における取得自己株式には、2020年6月1日から有価証券報告書提出日までの単元未満株式の買取りに
       よる株式数は含めておりません。
     (4) 【取得自己株式の処理状況及び保有状況】

                             当事業年度                    当期間

            区分
                        株式数(株)       処分価額の総額(円)           株式数(株)       処分価額の総額(円)
     引き受ける者の募集を行った取得自
                              -          -         -          -
     己株式
     消却の処分を行った取得自己株式                         -          -         -          -
     合併、株式交換、会社分割に係る移
                              -          -         -          -
     転を行った取得自己株式
     その他(新株予約権の権利行使)                       65,300        60,160,237           51,800        47,721,786
     保有自己株式数                      6,938,437          -         6,886,637         -
     (注)   1 株式報酬制度に係る信託が保有する当行株式284,200株は、「保有自己株式数」に含めておりません。
        2 当期間における保有自己株式には、2020年6月1日から有価証券報告書提出日までの単元未満株式の買取り
         による株式数は含めておりません。
    3 【配当政策】

      当行は、銀行の公共的使命を念頭に置き、内部留保による財務体質の強化を図ることで経営基盤の確保に努めると
     ともに、安定的な配当を継続することを基本方針としております。また、当行は中間配当と期末配当の年2回の剰余
     金の配当を行うことを基本方針としております。配当の決定機関は、取締役会であります。
      当事業年度の配当につきましては、1株当たり14円(うち中間配当金7円)の配当を実施することに決定いたしまし
     た。これにより当期の配当性向は23.95%となります。
      内部留保資金の使途につきましては、営業力の強化や経営の効率化に資する有効な投資を行いますとともに、お客
     さまのニーズに応える金融情報サービス体制の充実にも有効活用してまいりたいと存じます。
      当行は、銀行法第18条の定めにより剰余金の配当に制限を受けております。剰余金の配当をする場合には、会社法
     第445条第4項(資本金の額及び準備金の額)の規定にかかわらず、当該剰余金の配当により減少する剰余金の額に5分
     の1を乗じて得た額を資本準備金又は利益準備金として計上しております。
      当事業年度に係る剰余金の配当は以下のとおりであります。
                        配当金の総額       (百万円)      1株当たり配当額         (円)

           決議年月日
     2019年11月8日         取締役会                   2,217              7.00
     2020年5月26日         取締役会                   2,217              7.00
                                  40/148



                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社伊予銀行(E03589)
                                                            有価証券報告書
    4  【コーポレート・ガバナンスの状況等】
     (1)  【コーポレート・ガバナンスの概要】
      ① コーポレート・ガバナンスに関する基本的な考え方
        当行は、企業使命と企業経営の基本方針及びそれを具現化するための心構えと行動を明確にした企業理念を次
       のように定めております。
        「存在意義」 潤いと活力ある地域の明日を創る
        「経営姿勢」 最適のサービスで信頼に応える
        「行動規範」 感謝の心でベストをつくす
        当行は企業理念のもと、株主さま、お客さま、地域の皆さま及び従業員等のゆるぎない信頼を確立し、地方銀
       行としての社会的責任を果たしつつ、企業価値及び経営の健全性向上を図ることを目的に、コーポレート・ガバ
       ナンスを経営上の最優先課題の一つとして、その強化・充実に取り組んでおります。
      ② 企業統治の体制の概要及び当該体制を採用する理由

        当行は、監査等委員である取締役(複数の社外取締役を含む。)に取締役会における議決権を付与することによ
       り、監査・監督機能及びコーポレート・ガバナンスの強化を図るとともに、権限委譲により迅速な意思決定を行
       い、経営の効率化を高めることを目的として、「監査等委員会設置会社」を採用しております。
        また、当行は、経営の意思決定・監督と業務執行を分離し、取締役会における意思決定機能を強化すること
       で、コーポレート・ガバナンスをより一層強化するため、執行役員制度を導入しております。
        なお、当行は、取締役会の決議により、相談役を選任しております。相談役は、財界活動や公益的職務などの
       対外的な業務に従事するのみで、取締役会や常務会をはじめとした行内の会議に出席することもなく、経営には
       関与しておりません。また、非取締役であることに鑑み、相応の報酬といたしております。
         (取締役会)

         「取締役会」は原則として毎月1回開催され、法令及び定款で定められた事項や経営方針・経営戦略に関す
        る重要事項を決定しております。
         取締役は、有価証券報告書提出日現在12名であり、うち6名は監査等委員である取締役であります。
         監査等委員である取締役6名のうち5名は社外取締役であります。
         なお、5名の社外取締役は独立役員であり、経営から独立した中立的な立場から、適切な助言を行っており
        ます。
              役職名                            氏名

                            大塚   岩男
     取締役会長(代表取締役)・議長
                            三好   賢治
     取締役頭取(代表取締役)
                            髙田   健司
     取締役副頭取(代表取締役)
                            竹内   哲夫
     専務取締役
                            河野   治広、山本      憲世
     常務取締役
                            平野   志郎
     取締役(監査等委員)
                            佐伯   要、市川     武志、柳澤      康信、三好      潤子、上甲      啓二
     取締役(監査等委員)・社外取締役
         (監査等委員会)

         「監査等委員会」は原則として毎月1回以上開催され、法令、定款及び監査等委員会規程等に従い、取締役
        会とともに、監督機能を担い、かつ、取締役の職務執行を監査します。
         監査等委員である取締役は、有価証券報告書提出日現在6名であり、うち5名は社外取締役であります。
              役職名                            氏名

                            平野   志郎
     取締役(監査等委員)・議長
                            佐伯   要、市川     武志、柳澤      康信、三好      潤子、上甲      啓二
     取締役(監査等委員)・社外取締役
                                  41/148



                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社伊予銀行(E03589)
                                                            有価証券報告書
         (常務会)
         常務取締役以上の役付取締役で構成される「常務会」は原則として毎週1回開催され、取締役会の決定した
        基本方針に基づき、経営全般の重要事項を協議しております。
         常務会は協議内容によって、①               経営企画会議、②         予算・統合リスク管理会議、③               審査会議、④       コンプラ
        イアンス会議の4つの会議で構成しております。
         なお、「常務会」には常勤の監査等委員が出席し、適切に提言・助言等を行っております。
              役職名                            氏名

                            大塚   岩男
     取締役会長(代表取締役)
                            三好   賢治
     取締役頭取(代表取締役)・議長
                            髙田   健司
     取締役副頭取(代表取締役)
                            竹内   哲夫
     専務取締役
                            河野   治広、山本      憲世
     常務取締役
         (経営審議委員会)

         取締役等の指名・報酬及びその他重要な事項を審議する任意の委員会として、代表取締役及び監査等委員に
        より構成される「経営審議委員会」を設置しております。
         なお、「経営審議委員会」は取締役会の諮問機関として位置付けており、委員のうち過半数は独立社外取締
        役により構成されております。
              役職名                            氏名

                            大塚   岩男
     取締役会長(代表取締役)
                            三好   賢治
     取締役頭取(代表取締役)
                            髙田   健司
     取締役副頭取(代表取締役)
                            平野   志郎
     取締役(監査等委員)・議長
                            佐伯   要、市川     武志、柳澤      康信、三好      潤子、上甲      啓二
     取締役(監査等委員)・社外取締役
         (その他の委員会等)

         コンプライアンス統括部担当役員を委員長とする「コンプライアンス委員会」(事務局:コンプライアンス統
        括部、毎月1回開催)、リスク統括部担当役員を委員長とする「オペレーショナル・リスク管理委員会」(事務
        局:リスク統括部、四半期1回以上開催)及び「信用リスク管理委員会」(事務局:リスク統括部、四半期1回
        以上開催)を設置し、法令等遵守及びリスク管理態勢の整備・強化に取り組んでおります。
         また、頭取を議長とする「アドバイザリー・ボード」(事務局:総合企画部、半期1回開催)を設置し、当行
        グループの経営の透明性と客観性を確保し、一層の経営体質の強化と地域貢献を果たしていくことを目的とし
        て、当行グループの経営戦略やガバナンス等に関して、外部の視点を取り入れております。
                                  42/148







                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社伊予銀行(E03589)
                                                            有価証券報告書
         コーポレート・ガバナンス体制
      ③ 企業統治に関するその他の事項









       a.内部統制システムの整備の状況
         当行は、「内部統制システムの整備に係る基本方針」を取締役会で決議し、内部統制の整備・強化に取り組
        んでおります。
                      内部統制システムの整備に係る基本方針

        1.法令等遵守体制

        (1)企業理念の実践
           当行の企業理念である「〔存在意義〕潤いと活力ある地域の明日を創る」、「〔経営姿勢〕最適のサー
          ビスで信頼に応える」および「〔行動規範〕感謝の心でベストをつくす」を具現化するため、全役職員
          は、これら企業理念の具体的な行動基準である「行動指針」等の実践に努める。
        (2)法令等遵守を重視した企業風土の確立
           取締役は、法令等遵守を経営の最重要課題と位置づけ、誠実かつ率先垂範して取り組み、法令等遵守を
          重視した倫理観ある企業風土の確立に努める。
           特に、頭取は、年頭挨拶や支店長会議、行内研修等、可能な機会をとらえ、法令等遵守に対する取組み
          姿勢を示すものとする。
        (3)規程等の整備
           全役職員が遵守しなければならない規準を取締役会にて制定し、その周知・徹底に努めるとともに、法
          令等の制定・改廃や経営環境等の変化を踏まえ適宜これを見直すものとする。
           また、法令等遵守に関する具体的な実践計画を年度ごとに取締役会にて決定する。
                                  43/148




                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社伊予銀行(E03589)
                                                            有価証券報告書
        (4)組織等の整備
           法令等遵守に関する統括部門を置くとともに、本部全部室および全営業店にコンプライアンス担当者を
          置く。コンプライアンス担当者は、各部室店における法令等遵守状況のチェックおよび報告ならびに法令
          等遵守に関する教育および相談等を行う。
           さらに、全行的な法令等遵守体制に関する事項等を審議するために、頭取を議長とするコンプライアン
          ス会議を設置し、その審議結果を取締役会に報告・提言する。
        (5)報告・相談制度
           法令等遵守に関し問題があると思われる事実もしくは行為またはそのおそれが発見された場合の内部通
          報を含む報告・相談体制を整備し、適正な運用を行う。
           また、お客さまからのご要望や苦情等に対しては真摯に対応し、その内容を一元的に管理・検証する部
          門を設置して、状況を毎月常務会に報告する。
        (6)教育・研修体制
           取締役は、外部研修や勉強会等に積極的に参加し、法令等遵守に関する情報等の収集に努める。
           コンプライアンス統括部門および各部室店のコンプライアンス担当者は、行内の集合研修および各部室
          店内の勉強会において、法令等遵守に関する研修体制の充実を図る。
        (7)モニタリング
           コンプライアンス統括部門および各所管部署は、法令等遵守の状況について定期的にモニタリングを行
          う。
           さらに、内部監査部門は、コンプライアンス統括部門等が実施したモニタリング結果の報告を受け、法
          令等遵守体制の適切性・有効性について内部監査を実施する。
        (8)反社会的勢力への対応
           市民社会の秩序や安全に脅威を与える反社会的勢力に対しては毅然とした態度を貫き、取引の遮断に努
          める。
        (9)   マネー・ローンダリングおよびテロ資金供与対策への対応
           マネー・ローンダリングおよびテロ資金供与を防止するため、マネー・ローンダリングおよびテロ資金
          供与防止対策に関する内部管理態勢を構築し、業務を遂行する。
        2.情報の保存・管理

        (1)文書の保存・管理
           各所管部署において、取締役の職務執行に係る情報を記録した株主総会議事録、取締役会議事録、常務
          会議事録、諸会議・委員会議事録、稟議書等を定められた期間適切に保存・管理する。
        (2)情報セキュリティ
           所管部署において、情報セキュリティに係る管理規程等を整備し、当行の保有する情報資産の適切な保
          護に努める。
        3.リスク管理体制

        (1)リスク管理計画の策定
           業務上発生する各種リスクについて、リスク管理の具体的な対応方針の決定や高度化を進めるために、
          取締役会においてリスク管理計画を半期ごとに決定する。
        (2)規程等の整備
           各リスク管理主管部署は、それぞれのリスクの特性等を踏まえた管理規程等を整備し、これらの規程等
          に基づき適切にリスク管理を実施する。
        (3)組織等の整備
           リスク管理全般を統括する部門を置く。
           また、頭取を委員長とするALM委員会を置き、運用・調達の基本方針等を検討する。
           さらに、リスク統括部門の担当役付取締役を委員長とするオペレーショナル・リスク管理委員会および
          信用リスク管理委員会を置き、リスク管理状況を組織横断的に検証し、管理態勢の改善強化を検討する。
                                  44/148



                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社伊予銀行(E03589)
                                                            有価証券報告書
        (4)モニタリング
           リスク統括部門および各所管部署は、各種リスクに関する管理状況および管理方法等について定期的に
          モニタリングを行う。
           さらに、内部監査部門は、リスク統括部門等が実施したモニタリング結果の報告を受け、リスク管理体
          制の適切性・有効性について内部監査を実施する。
        4.効率的な職務執行体制

        (1)役付取締役
           迅速な意思決定と職務執行が行われるよう、取締役会の決議をもって役付取締役を置き、各役付取締役
          の担当部室および担当ブロックを定める。
        (2)常務会
           取締役会の定める「常務会規程」に基づき、頭取の業務執行を補佐するため、役付取締役によって構成
          される常務会を設置する。常務会は、取締役会の決定した基本方針に基づき、経営全般の重要事項を協議
          する。
        (3)機構、業務分掌および職制
           取締役の職務執行が効率的に行われるよう、機構、業務分掌および職制を定める。
        (4)経営計画等の策定と進捗管理
           計画的な業務執行が行われるよう、取締役会において「中期経営計画」、「各年度経営計画」および
          「期初収支予算」を決定する。
           また、これらの進捗状況を把握するとともに、経営環境の変化等を踏まえて適宜見直すものとする。
        (5)IT等の活用
           IT(情報技術)や情報システム等を活用することにより、取締役の職務執行の効率化・合理化に努める
          ものとする。
        5.グループ経営管理体制

        (1)財務報告の信頼性確保
           当行およびグループ会社(銀行法第2条第8項に規定された子会社および銀行法施行令第4条の2第2項
          に規定された子法人等)は、法令および会計基準等を遵守し、財務報告の信頼性の確保に努めるものとす
          る。
        (2)グループ会社の管理
          A.規程等の整備
            取締役会は、グループ会社を適切に管理するための規程を制定する。
          B.組織等の整備
            グループ会社に対する指導・支援を統括する部門を置き、当行とグループ会社間で定例的な会議を開
           催するとともに、グループ会社の経営上の重要事項については、グループ会社から当行に合議・報告を
           行う制度を設け、グループ会社の損失の危険を管理する。
          C.経営管理
            当行は、グループ会社に対して、法令等遵守およびリスク管理等の体制整備に関する指導・支援を行
           い、グループ会社の取締役等の職務執行の効率性を確保するとともに、当行の内部監査部門がグループ
           会社への内部監査を実施し、当行グループ全体における業務の適正を確保する。
            また、グループ会社全役職員が、法令等遵守に係る事案を当行の監査等委員会またはコンプライアン
           ス統括部門に相談できる体制を整備する。
                                  45/148





                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社伊予銀行(E03589)
                                                            有価証券報告書
        6.監査等委員会の監査業務の補助に関する事項
        (1)組織の整備
           監査等委員会の事務局として、その補助事務等を処理する部署を置く。
        (2)補助者の配置と独立性および指示の実効性の確保
           監査等委員会の事務局たる部署に、監査等委員会の職務を補助する職員を置く。当該職員は他の業務を
          兼務しないものとし、当該職員の人事異動等については、監査等委員会の意見を参考にし、これを尊重の
          うえ頭取が決裁する。
        7.監査等委員会への報告および監査の実効性確保に関する体制

        (1)主要な会議・委員会等への出席
           監査等委員は、常務会や主要な委員会および会議に出席し意見を述べることができるものとし、このこ
          とを関連する規程等において明記する。
        (2)代表取締役と監査等委員会との定期的会合
           代表取締役は、監査等委員会と定期的に会合をもち、当行が対処すべき課題、当行を取り巻くリスクの
          ほか、監査等委員会監査の環境整備の状況、監査上の重要課題等について意見を交換し、監査等委員会と
          の相互認識と信頼関係を深めるよう努めるものとする。
        (3)監査等委員会への報告
          A.取締役は、当行またはグループ会社に著しい損害を及ぼすおそれのある事実があることを発見したと
           きは、直ちに当該事実を監査等委員会に報告しなければならない。
          B.当行の執行役員および職員ならびにグループ会社の役職員が、当行またはグループ会社に著しい損害
           を及ぼすおそれのある事実およびその他法令等遵守に関する問題があることを発見したときに、監査等
           委員会に報告できる体制を整備する。
          C.当行の取締役、執行役員および職員ならびにグループ会社の役職員は、監査等委員会から報告を求め
           られた場合は、これに協力しなければならない。
          D.当行は、監査等委員会に報告を行った者に対して、不利益な処遇は一切行わない。
        (4)監査等委員会と内部監査部門との関係
          A.内部監査部門は頭取および監査等委員会の指揮命令に従うものとする。
          B.  監査等委員会は、内部監査部門から内部管理態勢における課題等について定期的に報告を受け、必要
           に応じて内部監査部門に具体的指示を行うことができる。なお、内部監査部門は頭取と監査等委員会の
           指示に齟齬ある場合は、監査等委員会の指示を尊重するものとする。
          C.  監査等委員会の指揮命令を受ける内部監査部門の部門長の人事異動等については、監査等委員会の意
           見を参考にし、これを尊重のうえ頭取が決裁する。
        (5)監査等委員の職務の執行に係る費用
          A.監査等委員の職務の執行に必要と認められる費用(監査等委員会の職務の執行に関するものに限る。)
           は、当行が負担する。
          B.当行は、監査等委員の職務の執行に必要と認められる費用を速やかに支弁するため、半期毎に、一定
           額の予算を設ける。
                                  46/148







                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社伊予銀行(E03589)
                                                            有価証券報告書
       b.リスク管理態勢の整備の状況
         当行のリスク管理態勢は、大きく次の4つに分けられます。①                              コンプライアンス委員会の下における法令等
        遵守管理、②       ALM委員会における収益の源泉となるリスクの管理、③                            信用リスク管理委員会における信用
        リスクに重点を絞ったリスクの管理、④                   オペレーショナル・リスク管理委員会における事務リスク、システム
        リスク等の極小化すべきオペレーショナル・リスクの管理であります。
         ALM委員会では、市場リスクや信用リスクの計量化により当行のリスク量を把握し、最適な運用・調達構
        造の実現と、中長期的な安定収益の確保を目指しております。
         信用リスク管理委員会では、信用リスク管理、内部格付制度に係る制度設計及び検証、バーゼル規制に係る
        課題対応に取り組んでおります。
         オペレーショナル・リスク管理委員会では、オペレーショナル・リスクの実態を特定、評価、モニタリング
        の上、重要課題について組織横断的に対応を策定する等、オペレーショナル・リスク管理の高度化に取り組ん
        でおります。組織的対応では、オペレーショナル・リスクである事務リスク、システムリスク、法務リスク、
        人的リスク、有形資産リスクについて、各リスクの主管部署を定め、厳正なリスク管理を行うと同時に、統括
        部署としてリスク統括部を定め、管理態勢の整備を行っております。
         リスク管理全般の統括部署である「リスク統括部」は、各リスク主管部署が担当しているリスク管理に関す
        る検証の統括を行っております。
         リスク管理体系図

          㬰[ﮕꊐ⎐耰栰漰śﮐİ뜰쌰휰픰ꄰꐰ쨰릐Ő୎먰ﰰ묰뼰ﰰŏũ洰댰따옰ꌰ낐







          融資管理室、不動産調査室を指す。
       c.提出会社の子会社の業務の適正を確保するための体制整備の状況

         グループ会社に対する指導・支援を統括する部門を置き、当行とグループ会社間で定例的な会議を開催する
        とともに、グループ会社の経営上の重要事項については、グループ会社から当行に合議・報告を行う制度を設
        け、グループ会社の損失の危険を管理しております。
         当行は、グループ会社に対して、法令等遵守及びリスク管理等の体制整備に関する指導・支援を行い、グ
        ループ会社の取締役等の職務執行の効率性を確保するとともに、当行の内部監査部門がグループ会社への内部
        監査を実施し、当行グループ全体における業務の適正を確保しております。
         また、グループ会社全役職員が、法令等遵守に係る事案を当行の監査等委員会またはコンプライアンス統括
        部門に相談できる体制を整備しております。
                                  47/148



                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社伊予銀行(E03589)
                                                            有価証券報告書
       d.責任限定契約の内容の概要
         当行は、会社法第427条第1項の規定により、取締役(業務執行取締役等であるものを除く。)との間で会社法
        第423条第1項の賠償責任を限定する契約を締結しております。
         なお、当該契約に基づく賠償責任の限度額は、法令が定める最低責任限度額であります。
       e.取締役の定数

         当行の監査等委員である取締役以外の取締役は10名以内、監査等委員である取締役は7名以内とする旨を定
        款で定めております。
       f.取締役の選任の決議要件及び任期

         (取締役の選任の決議要件)
         当行の取締役は、株主総会において選任する旨を定款で定めております。
         また、取締役の選任は監査等委員である取締役とそれ以外の取締役とを区別して行う旨、取締役の選任決議
        は議決権を行使することができる株主の議決権の3分の1以上を有する株主が出席し、その議決権の過半数を
        もって行う旨及び累積投票によらないものとする旨を定款で定めております。
         (取締役の任期)
         監査等委員である取締役以外の取締役の任期は選任後1年以内に終了する事業年度のうち最終のものに関す
        る定時株主総会の終結の時までとし、監査等委員である取締役の任期は選任後2年以内に終了する事業年度の
        うち最終のものに関する定時株主総会の終結の時までとする旨を定款で定めております。
         また、任期の満了前に退任した監査等委員である取締役の補欠として選任された監査等委員である取締役の
        任期は、退任した監査等委員である取締役の任期の満了する時までとする旨を定款で定めております。
       g.取締役会で決議できる株主総会決議事項

         当行は、法令に別段の定めがある場合を除き、取締役会の決議によって会社法第459条第1項各号に掲げる事
        項を定めることができる旨を定款で定めております。これは、機動的な剰余金の配当等を可能とすることを目
        的とするものであります。
         なお、当行の期末配当の基準日は毎年3月31日、中間配当の基準日は毎年9月30日とする旨を定款で定めて
        いるほか、基準日を定めて剰余金の配当をすることができる旨を定款で定めております。これは、株主への安
        定的な利益還元を目的とするものであります。
       h.株主総会の特別決議要件

         当行は、会社法第309条第2項に定める決議は、議決権を行使することができる株主の議決権の3分の1以上
        を有する株主が出席し、その議決権の3分の2以上をもって行う旨を定款で定めております。これは、株主総
        会における特別決議の定足数を緩和することにより、株主総会の円滑な運営を行うことを目的とするものであ
        ります。
                                  48/148








                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社伊予銀行(E03589)
                                                            有価証券報告書
     (2)  【役員の状況】
      ① 役員一覧
        男性  11 名 女性    1 名 (役員のうち女性の比率             8 %)
                                                       所有株式数

       役職名         氏名        生年月日               略歴            任期
                                                        (千株)
                              1976年4月      当行入行
                              2003年6月      大分支店長
                              2006年8月      人事部長
                              2007年6月      取締役人事部長
      (代表取締役)
                                                  2020年6月
              大 塚 岩 男        1952年4月7日      生  2008年6月      取締役本店営業部長                      24
      取締役会長                                            から1年
                                    常務取締役営業本部長
                              2010年6月
                              2011年6月      専務取締役
                              2012年6月      取締役頭取
                              2020年4月      取締役会長(現職)
                              1982年4月      当行入行
                              2009年8月      大阪北支店長
                              2012年8月      資金証券部長
                              2014年6月      執行役員総合企画部長兼総合企画
                                    部関連事業室長兼総合企画部IC
                                    T戦略室長
      (代表取締役)
                                                  2020年6月
              三 好 賢 治        1959年12月18日      生  2015年6月      常務執行役員総合企画部長兼総合                      13
                                                  から1年
      取締役頭取
                                    企画部関連事業室長兼総合企画部
                                    ICT戦略室長
                              2016年6月      常務執行役員営業本部副本部長
                              2017年6月      常務取締役
                              2019年6月      専務取締役
                              2020年4月      取締役頭取(現職)
                              1978年4月      当行入行
                              2006年8月      大分支店長
                              2008年8月      営業統括部長
      (代表取締役)
                              2010年6月      取締役営業統括部長              2020年6月
              髙 田 健 司        1955年11月15日      生                              23
                              2012年6月      取締役本店営業部長              から1年
      取締役副頭取
                              2014年6月      常務取締役
                              2018年6月      専務取締役
                              2020年6月      取締役副頭取(現職)
                              1980年4月      当行入行
                              2008年2月      システム部部付部長
                              2009年8月      システム部長
      専務取締役
                                                  2020年6月
              竹 内 哲 夫        1957年7月18日      生  2011年6月      取締役システム部長                      12
                                                  から1年
       CIO
                              2015年6月      常務執行役員システム部長
                              2016年6月      常務取締役CIO
                              2020年6月      専務取締役CIO(現職)
                              1981年4月      当行入行
                              2007年8月      三津浜支店長
                              2009年8月      岡山支店長
                              2012年6月      取締役営業統括部長
                              2013年8月      取締役営業統括部長兼営業統括部
                                    ビジネスサポートセンター長              2020年6月
      常務取締役        河 野 治 広        1958年10月26日      生                              17
                              2014年6月      取締役新居浜支店長              から1年
                              2015年4月      取締役新居浜グループ長兼新居浜
                                    支店長
                              2015年6月      常務執行役員新居浜グループ長兼
                                    新居浜支店長
                              2017年6月      常務取締役(現職)
                              1985年4月      当行入行
                              2013年8月      ソリューション営業部長
                              2015年5月      八幡浜グループ長兼八幡浜支店長
                              2015年6月      執行役員八幡浜グループ長兼八幡
      常務取締役
                                    浜支店長              2020年6月         5
              山 本 憲 世        1962年12月26日      生
                              2017年6月      常務執行役員営業本部副本部長兼              から1年
      営業本部長
                                    営業戦略部長兼営業戦略部ビジネ
                                    スサポートセンター長
                              2018年8月      常務執行役員本店営業部長
                              2020年6月      常務取締役営業本部長(現職)
                              1981年4月      当行入行
                              2008年8月      総合企画部部付部長
                              2010年6月      総合企画部長兼総合企画部関連事
                                    業室長
                              2012年6月      取締役総合企画部長兼総合企画部
                                    関連事業室長
       取締役
                                                  2019年6月
              平 野 志 郎        1958年5月15日      生  2013年8月      取締役総合企画部長兼総合企画部                      25
                                                  から2年
      (監査等委員)
                                    関連事業室長兼総合企画部ICT
                                    戦略室長
                              2014年6月      取締役東京支店長兼市場営業室長
                              2015年6月      常務執行役員東京支店長兼市場営
                                    業室長
                              2017年6月      取締役(監査等委員)(現職)
                                  49/148



                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社伊予銀行(E03589)
                                                            有価証券報告書
                                                       所有株式数
       役職名         氏名        生年月日               略歴            任期
                                                        (千株)
                              1968年4月      帝都高速度交通営団入団
                              1975年3月      伊予鉄道株式会社(現株式会社伊予
                                    鉄グループ)入社
                              1995年6月      同社技術部長
                              1997年6月      同社取締役技術部長
                              1998年5月      同社取締役鉄道部長
                              1999年6月      同社取締役鉄道・自動車部長
                              2001年6月      同社常務取締役
                              2005年6月      同社専務取締役
       取締役                                           2019年6月
              佐 伯   要        1944年10月29日      生  2006年4月      同社代表取締役社長                      23
                                                  から2年
      (監査等委員)
                              2012年6月      当行監査役
                              2015年6月      同社代表取締役会長
                              2015年6月      当行取締役(監査等委員)(現職)
                              2020年6月      同社取締役相談役(現職)
                                    (重要な兼職の状況)
                                    松山総合開発株式会社代表取締役
                                    会長
                                    松山観光ゴルフ株式会社代表取締
                                    役社長
                              1988年4月      弁護士登録
                              1988年4月      米田功法律事務所(現弁護士法人松
                                    山中央法律事務所)入所
                              2008年4月      愛媛弁護士会会長
       取締役
                                                  2019年6月
                              2013年4月      弁護士法人松山中央法律事務所所
              市 川 武 志        1950年4月3日      生                               1
                                    長(現職)
                                                  から2年
      (監査等委員)
                              2014年4月      日本司法支援センター愛媛地方事
                                    務所所長
                              2014年6月      当行監査役
                              2015年6月      当行取締役(監査等委員)(現職)
                              1996年4月      愛媛大学理学部教授
                              2005年4月      愛媛大学理事
       取締役
                              2009年4月      愛媛大学学長              2019年6月
              柳 澤 康 信        1947年12月16日      生                               0
                              2015年6月      当行取締役(監査等委員)(現職)
                                                  から2年
      (監査等委員)
                              2016年4月      学校法人加計学園岡山理科大学学
                                    長(現職)
                              1986年10月      アビリティーセンター株式会社入
                                    社
       取締役
                              1987年8月      同社代表取締役専務              2020年6月
              三 好 潤 子        1947年12月8日      生                               6
                              1990年10月      同社代表取締役社長
                                                  から2年
      (監査等委員)
                              2016年6月      当行取締役(監査等委員)(現職)
                              2018年6月      同社会長(現職)
                              1968年4月      愛媛県庁入庁
                              2006年4月      愛媛県経済労働部長
                              2008年4月      愛媛県農林水産部長
                              2010年4月      愛媛県参与
       取締役
                                                  2019年6月
              上 甲 啓 二        1950年2月3日      生  2010年12月      愛媛県知事補佐官                       0
                                                  から2年
      (監査等委員)
                              2012年4月      愛媛県副知事
                              2014年8月      愛媛県特別参与
                              2015年6月      愛媛県信用保証協会会長
                              2019年6月      当行取締役(監査等委員)(現職)
                             計                             154
     (注)   1 取締役 佐伯要、市川武志、柳澤康信、三好潤子及び上甲啓二は、会社法第2条第15号に定める社外取締役
         であります。
        2 監査等委員会の体制は、次のとおりであります。
          委員長 平 野 志 郎
          委員  佐 伯   要
          委員  市 川 武 志
          委員  柳 澤 康 信
          委員  三 好 潤 子
          委員  上 甲 啓 二
                                  50/148






                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社伊予銀行(E03589)
                                                            有価証券報告書
        3 当行は、経営の意思決定・監督と業務執行を分離し、取締役会における意思決定機能を強化することで、
         コーポレート・ガバナンスをより一層強化するため、執行役員制度を導入しております。
          なお、有価証券報告書提出日現在の執行役員の状況は、次のとおりであります。
           役名             職名              氏名

                 営業本部     本部統括
         専務執行役員                           森 岡 研 二
                 いよぎんリース株式会社代表取締役
         常務執行役員                           藤 田 真 哉
                 社長
                 今治グループ長兼今治支店長兼近見
         常務執行役員                           藤 田 康 二
                 支店長
         常務執行役員        シップファイナンス部長                   伊 藤 眞 道
                 総合企画部長兼総合企画部関連事業
         常務執行役員                           長 田   浩
                 室長
         常務執行役員        事務統括部長                   上 甲 圭治郎
         常務執行役員        東京支店長兼市場営業室長                   仙 波 宏 久
         常務執行役員        営業戦略部長                   木 原 光 一
         執行役員        監査部長                   近 田 和 也
                 八幡浜グループ長兼八幡浜支店長兼
         執行役員                           土 居 慎 一
                 川之石支店長
         執行役員        大阪支店長                   菰 田 誠 志
                 新居浜グループ長兼新居浜支店長兼
         執行役員                           久 米 良 樹
                 登道支店長
         執行役員        広島支店長                   濱 口 俊 樹
         執行役員        システム部長                   稲 田 保 実
         執行役員        資金証券部長                   藤 田 直 明
         執行役員        コンサルティング営業部長                   河 﨑 徳 彦
         執行役員        本店営業部長                   徳 永 貴 司
                                  51/148












                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社伊予銀行(E03589)
                                                            有価証券報告書
      ② 社外役員の状況
        当行の社外取締役は有価証券報告書提出日現在5名であり、いずれも監査等委員であります。
        佐伯要氏は、経営者としての豊富な経験と幅広い見識を活かし、業務執行に関する意思決定の適法性・妥当性
       の確保及び経営の監視・監督の見地から適切な提言をいただくことを期待し、社外取締役として選任しておりま
       す。
        なお、当行は、佐伯要氏の重要な兼職先である株式会社伊予鉄グループ、松山総合開発株式会社及び松山観光
       ゴルフ株式会社との間で、経常的な金融取引を行っております。また、当行グループは松山総合開発株式会社及
       び松山観光ゴルフ株式会社との間に施設利用等の取引関係があります。
        市川武志氏は、会社の経営に直接関与したことはありませんが、弁護士としての豊富な経験と専門的な見識を
       活かし、業務執行に関する意思決定の適法性・妥当性の確保及び経営の監視・監督の見地から適切な提言をいた
       だくことを期待し、社外取締役として選任しております。
        なお、市川武志氏は、弁護士法人松山中央法律事務所所長であり、当行は同法人との間で経常的な金融取引を
       行っております。また、当行グループは同法人との間で顧問契約を締結しております。
        柳澤康信氏は、会社の経営に直接関与したことはありませんが、学識経験者としての豊富な経験と専門的な見
       識を活かし、業務執行に関する意思決定の適法性・妥当性の確保及び経営の監視・監督の見地から適切な提言を
       いただくことを期待し、社外取締役として選任しております。
        なお、柳澤康信氏は、学校法人加計学園岡山理科大学学長であり、当行は同法人との間で経常的な金融取引を
       行っております。
        三好潤子氏は、人材派遣業の創業経営者としての豊富な経験と幅広い見識を活かし、業務執行に関する意思決
       定の適法性・妥当性の確保及び経営の監視・監督の見地から適切な提言をいただくことを期待しております。ま
       た、女性の活躍をはじめとするダイバーシティの推進等に対して大きく貢献していただけると判断し、社外取締
       役として選任しております。
        なお、三好潤子氏は、アビリティーセンター株式会社の会長であり、当行は同社との間で経常的な金融取引を
       行っております。また、当行グループは同社との間に人材派遣契約を締結しております。
        上甲啓二氏は、会社の経営に直接関与したことはありませんが、行政分野における豊富な経験と見識を活か
       し、業務執行に関する意思決定の適法性・妥当性の確保及び経営の監視・監督の見地から適切な提言をいただく
       ことを期待し、社外取締役として選任しております。
        5名の社外取締役は、当行が定める「当行社外取締役の独立性基準」を満たしており、その他、一般株主との
       間で利益相反を生じるおそれのある特別な関係もないと判断し、独立役員に指定しております。
        なお、当行が定める「当行社外取締役の独立性基準」は、次のとおりであります。
                                  52/148









                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社伊予銀行(E03589)
                                                            有価証券報告書
                         当行社外取締役の独立性基準
         取締役会は、以下の事項に該当しない場合、当該社外取締役に独立性があると判断する。なお、形式的に以

        下の事項に該当する場合でも、独立役員に適すると考える理由を対外的に説明することを条件に、当該社外取
        締役に独立性があると判断する。
        1.当行または当行のグループ会社(親会社、子会社および関連会社、以下同じ。)の業務執行者(会社の業務執

         行取締役、執行役、支配人その他の使用人、その他法人ならびに団体の業務を執行する役員、理事、使用人
         およびこれらに類する者として業務を執行する者、以下同じ。)である者およびその就任の前10年以内におい
         て業務執行者であった者
        2.当行を主要な取引先(以下の(1)または(2)に該当)とする者またはその業務執行者

        (1)当行からの借入が最も多く、かつ、債務者区分が要管理先以下であるなど資金調達に関して当行に代替
          性がない程度に依存していること
        (2)借入以外の通常の商取引については、当行との取引額が当該取引先の売上高(複数の会社等の業務執行者
          である場合には各会社の売上高)の2%超であること
        3.当行の主要な取引先(当行の経常収益の2%超の取引)またはその業務執行者

        4.当行から、役員報酬以外に一定額(過去3事業年度の平均で年間1,000万円または当該団体の総収入の2%

         のいずれか大きい方の金額)を超える報酬を得ている者(弁護士、公認会計士もしくは税理士その他のコンサ
         ルタント)、または当該団体に所属する者
        5.当行から、一定額(過去3事業年度の平均で年間1,000万円または当該団体の総収入の2%のいずれか大き

         い方の金額)を超える寄付金を得ている団体の業務執行者
        6.その就任の前5年以内において上記2から5に掲げる者に該当していた者

        7.下記に掲げる者の配偶者または2親等以内の親族および生計を一にする者

        (1)当行または当行のグループ会社の重要な業務執行者(業務執行取締役、執行役員、部長およびこれらに類
          する重要な業務を執行する者、以下同じ。)
        (2)上記2から5に掲げる者のうち重要な業務執行者にあたる者
      ③ 社外取締役又は社外監査等委員による監督又は監査と内部監査、監査等委員会監査及び会計監査との相互連携

       並びに内部統制部門との関係
        監査等委員である社外取締役は、取締役会が行う業務執行に対する監督並びに経営の基本方針及び内部統制の
       基本方針等の決定に取締役会構成員として加わる地位を有することに留意するとともに、その独立性、選任され
       た理由等を踏まえ、中立の立場から客観的に監査等の意見を表明することが特に期待されていることを認識し、
       監査部、会計監査人、内部統制部門との連携による監査等を通じて得た情報及び知見を有効に活用のうえ、業務
       の適正な決定に努めております。
        監査部、会計監査人、内部統制部門との具体的な連携方法については、監査等委員である社外取締役は、常勤
       の監査等委員から、監査部、会計監査人、内部統制部門との定例ミーティング内容の報告を受けるとともに、必
       要に応じてそれぞれの部門長等を監査等委員会に招集し、報告聴取を行っております。また、毎年5月、8月に
       三様監査会議を開催し、内部監査部門、会計監査人から監査計画及び実施結果等の報告聴取を行い、リスク認識
       の共有を図っております。
                                  53/148




                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社伊予銀行(E03589)
                                                            有価証券報告書
     (3)  【監査の状況】
      ① 監査等委員会監査の状況
       a.  組織・人員・手続
         監査等委員会は、常勤の監査等委員1名、監査等委員である社外取締役5名の6名で構成され、常勤の監査
        等委員である平野志郎氏は、財務経理部門長を歴任するなど、財務及び会計に関する相当程度の知見を有して
        おります。
         監査等委員会は、常勤の監査等委員が委員長を務め、内部監査部門への指揮命令や会計監査人との連携、い
        わゆる三様監査の連携を行うことによって、内部統制システムの整備・運用状況を監査し、その結果に照ら
        し、取締役会と取締役の内部統制システムに関する職務の執行が適切に行われているかを監査しております。
         監査等委員会の補助事務等を処理する部署として、監査等委員会室を設置し、2020年3月末時点でスタッフ
        2名を配置しております。
       b.  監査等委員会の活動状況

         監査等委員会は、取締役会に先立ち月次で開催するほか、必要に応じて随時開催しております。
         当事業年度において当行は監査等委員会を15回開催しており、個々の監査等委員の出席状況については次の
        とおりであります。
          区分              氏名         開催回数       出席回数

                  平野   志郎
     監査等委員(常勤)                             15回       15回
                  佐伯   要
     監査等委員(社外取締役)                             15回       15回
                  市川   武志
     監査等委員(社外取締役)                             15回       15回
                  柳澤   康信
     監査等委員(社外取締役)                             15回       12回
                  高浜   壮一郎
     監査等委員(社外取締役)                              4回       4回
                  三好   潤子
     監査等委員(社外取締役)                             15回       15回
                  上甲   啓二
     監査等委員(社外取締役)                             11回       11回
     (注) 監査等委員(社外取締役)               高浜壮一郎は、2019年6月に退任しております。
        監査等委員(社外取締役)            上甲啓二は、2019年6月に就任しております。
         当事業年度において次のような決議、報告等がなされました。

      区分       件数                      主な議案内容

                  監査等委員会監査方針・監査計画の件、会計監査人の監査計画の件、監査等委員会内部
                  通報規程および内部通報要領の制定の件、内部統制システムの整備・運用状況の監査結
     決議事項         25件     果の件、監査等委員会経費予算・実績承認の件、会計監査人の選任の件、監査等委員会
                  監査報告書作成の件、取締役(監査等委員である取締役を除く。)の選任および報酬に関
                  する意見形成の件、利益相反取引の事前承認の件等
     報告事項         38件     常勤の監査等委員の月次監査実施状況報告、会計監査人の監査実施報告等
     協議事項         1件    監査等委員の報酬額の決定の件
         監査等委員会は、監査等委員会方針・実施計画に沿って、業務監査を実施し、部店長から業務執行状況をヒ

        アリングするとともに、代表取締役、会計監査人、内部監査部門との意見交換を定期的に実施しております。
         取締役(監査等委員である取締役を除く。)の人事及び報酬等についての意見陳述内容の決定や、取締役(監査
        等委員である取締役を除く。)と会社の利益相反取引の承認を通じて、取締役の職務執行の監督を実施しており
        ます。
                                  54/148




                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社伊予銀行(E03589)
                                                            有価証券報告書
       c.  監査等委員の主な活動          状況
         常勤の監査等委員は、監査等委員会方針・実施計画に沿って、取締役会及び常務会その他重要な会議への出
        席、重要な決裁書類等の閲覧、本部・営業店往査による業務及び財産状況の調査、子会社等の取締役及び監査
        役との意思疎通・情報交換や子会社等からの事業報告の確認、会計監査人からの監査の実施状況・結果の報告
        の確認を行い、その内容は、監査等委員である社外取締役と適時に共有しております。
         監査等委員である社外取締役5名は、常勤の監査等委員とともに、取締役会、本部及び営業店の業務監査、
        総支店長会議、経営計画会議、コンプライアンス会議、ALM委員会、内部監査報告会、グループ会社定例報
        告会、アドバイザリーボード等の会議にのべ204回出席し、重要な業務執行の決定及び執行状況の監視検証を行
        うとともに、それぞれの専門的知見やバックグランドを活かす形で、適宜意見を表明しております。また、任
        意の諮問委員会である経営審議委員会へ出席し、取締役等の選任やサクセッションプラン、報酬等に関する審
        議に参加しております。
      ② 内部監査の状況

        内部監査部門として監査部(2020年3月31日現在30名)を設置しております。監査部は、頭取及び監査等委員会
       の指揮命令のもと、取締役会の承認を受けた「内部監査規程」及び「内部監査計画」に基づき、本部、営業店及
       びグループ会社における内部管理態勢の適切性、有効性を検証・評価し、必要に応じて改善のための提言を実施
       しております。内部監査の結果は、毎月、頭取及び監査等委員会、取締役会に報告されております。
        監査の相互連携では、監査部と監査等委員会は毎月ミーティングを実施し、監査部と会計監査人は随時意見交
       換を実施しております。また、監査等委員会、監査部、会計監査人による「三様監査会議」を年2回開催するな
       ど、連携強化を図っております。
      ③ 会計監査の状況

       a.監査法人の名称
         有限責任     あずさ監査法人
       b.継続監査期間

         44年間
       c.業務を執行した公認会計士

         川 井 一 男
         奥 田   賢
         小 池 亮 介
       d.監査業務に係る補助者の構成

         当行の会計監査業務に係る補助者は、公認会計士8名、会計士試験合格者等5名、その他3名であります。
       e.監査法人の選定方針と理由

         監査等委員会は、会計監査人が会社法第340条第1項各号に定めるいずれかに該当すると認められる場合に
        は、必要に応じて、監査等委員全員の同意に基づき、会計監査人を解任いたします。この場合、監査等委員会
        が選定した監査等委員は、解任した旨及び解任の理由を解任後最初に招集される株主総会において報告いたし
        ます。
         また、監査等委員会は、上記の解任事由に該当しない場合であっても、会計監査人の職務の執行状況や当行
        の監査体制等を勘案して会計監査人の変更が必要であると認められる場合には、株主総会に提出する会計監査
        人の解任又は不再任に関する議案の内容を決定いたします。
                                  55/148




                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社伊予銀行(E03589)
                                                            有価証券報告書
         そのため、監査等委員会は、監査等委員会が定める「会計監査人の評価実施基準」に則り、会計監査人の評
        価を実施いたします。
         当行では、監査等委員会が定める「会計監査人の評価実施基準」に則り、「会計監査人評価チェックリス
        ト」による評価結果及び頭取による「会計監査人の再任の妥当性についての意見書」に基づき検討を行い、会
        計監査人の再任が相当であると判断いたしました。
       f.監査等委員及び監査等委員会による監査法人の評価

         会計監査人の評価に際しては、監査等委員会が定める「会計監査人の評価実施基準」に則り、「監査法人の
        品質管理」、「監査チームの独立性、能力等」、「監査報酬」、「監査等委員や経営者との関係」等から会計
        監査人の評価を実施しております。
      ④ 監査報酬の内容等

       a.監査公認会計士等に対する報酬
                        前連結会計年度                     当連結会計年度

          区分
                  監査証明業務に基づ          非監査業務に基づく          監査証明業務に基づ          非監査業務に基づく
                  く報酬(百万円)          報酬(百万円)          く報酬(百万円)          報酬(百万円)
     提出会社                      68           ▶          68          18
     連結子会社                      9          0          9          0
          計                77           5          78          19
     (注) 前連結会計年度の非監査業務の内容は、リスク管理態勢高度化に係る助言業務等であります。
        当連結会計年度の非監査業務の内容は、内部監査態勢の有効性に係る調査業務及びリスク管理態勢高度化に係
       る助言業務等であります。
       b.監査公認会計士等と同一のネットワーク(KPMGメンバーファーム)に対する報酬(a.を除く)

                        前連結会計年度                     当連結会計年度

          区分
                  監査証明業務に基づ          非監査業務に基づく          監査証明業務に基づ          非監査業務に基づく
                  く報酬(百万円)          報酬(百万円)          く報酬(百万円)          報酬(百万円)
     提出会社                      11           8          14           0
     連結子会社                      -           0          -           0
          計                11           9          14           0
     (注) 前連結会計年度の非監査業務の内容は、移転価格に係る助言業務及び税務関連業務等であります。
        当連結会計年度の非監査業務の内容は、税務関連業務等であります。
       c.その他の重要な監査証明業務に基づく報酬の内容

         該当事項はありません。
       d.監査報酬の決定方針

         該当事項はありません。
       e.監査等委員会が会計監査人の報酬等に同意した理由

         監査等委員会は、取締役、行内関係部署及び会計監査人から必要な情報を入手しかつ報告を受け、過年度の
        職務遂行状況及び報酬実績を確認し、当事業年度の会計監査計画の内容及び報酬見積の算出根拠の適正性等に
        ついて必要な検証を行い、審議した結果、これらについて、適切であると判断したため、会計監査人の報酬等
        の額について、会社法第399条第1項の同意を行っております。
                                  56/148




                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社伊予銀行(E03589)
                                                            有価証券報告書
     (4)  【役員の報酬等】
      ① 役員の報酬等の額又はその算定方法の決定に関する方針
        当行は役員の報酬等の額又はその算定方法の決定に関する方針を定めており、取締役(監査等委員である取締役
       を除く。)については、報酬と当行の業績及び株主さまの利益の連動性を高めるために、基本報酬及び業績連動報
       酬からなる現金報酬並びに株式報酬としております。役職ごとの報酬については、役位別に、基本報酬としての
       固定報酬及び業績連動報酬の配分ポイントを定めております。監査等委員である取締役については、監査・監督
       業務の職務の正当性を確保する観点から、基本報酬のみとしております。
        また、取締役(監査等委員である取締役を除く。)については、その客観性及び透明性を確保するために、株主
       総会において決議された年間報酬限度額の範囲内において、行内規程に定める責務及び役割に照らして取締役頭
       取が個々の報酬案を策定し、代表取締役及び監査等委員である取締役で構成され、かつその過半数が社外取締役
       からなる任意の報酬諮問委員会である経営審議委員会での決議を経て、取締役会にて、経営審議委員会の答申内
       容を尊重し、決議しております。監査等委員である取締役については、株主総会において決議された報酬の総額
       の範囲内において、常勤・非常勤の別、監査業務の分担状況等を勘案し、監査等委員の協議をもって決定してお
       ります。
        当行の役員の報酬等は、2015年6月26日開催の定時株主総会において、取締役(監査等委員である取締役を除
       く。)の報酬限度額は年額330百万円(使用人兼務取締役の使用人分給与を含まない。)以内、監査等委員である取
       締役の報酬限度額は年額85百万円以内と決議されております。当該決議に係る取締役(監査等委員である取締役を
       除く。)の員数は7名、監査等委員である取締役の員数は6名であります。
        また、取締役(監査等委員である取締役を除く。)については、2018年6月28日開催の定時株主総会において、
       上記の報酬限度額とは別枠にて株式報酬に関する報酬額として3年間で600百万円以内と決議されております。当
       該決議に係る取締役(監査等委員である取締役を除く。)の員数は6名であります。株式報酬制度の内容について
       は、「1 株式等の状況 (8)              役員・従業員株式所有制度の内容」に記載しております。
        なお、当行の取締役(監査等委員である取締役を除く。)は10名以内、監査等委員である取締役は7名以内とす
       る旨を定款で定めております。
        当行の取締役(監査等委員である取締役を除く。)の報酬等の額又はその算定方法の決定に関する方針の決定権
       限を有する機関は取締役会であり、経営審議委員会の答申内容を尊重し、決議しております。
        また、経営審議委員会は、取締役頭取が策定した報酬案に基づき、行内規程に定める責務及び役割に照らして
       その妥当性を審議し、決議を行います。なお、当事業年度においては、2019年6月の経営審議委員会の決議を経
       て、2019年6月の取締役会で決議いたしました。
        当行の役員報酬は、業績連動報酬と業績連動報酬以外の報酬等により構成されており、その支給割合の決定方
       針は、取締役頭取が報酬案の策定時に一定の支給割合を設定し、経営審議委員会での決議を経て、経営審議委員
       会の答申内容を尊重し、取締役会にて決議しております。現金報酬のうち業績連動報酬の割合は12%から18%程
       度であります。
        また、業績連動報酬に係る指標は、当行単体の当期純利益であり、配当性向の算出にも用いられる総合的な収
       益力を表す指標であることから当該指標を選択しております。なお、当事業年度の実績は18,502百万円でありま
       す。業績連動報酬の額は、株主総会で承認を得た役員報酬年額の範囲内で支給総額を決定し、支給基準で定める
       役位別配分ポイントを乗じて算出します。
                                  57/148







                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社伊予銀行(E03589)
                                                            有価証券報告書
      ② 役員区分ごとの報酬等の総額、報酬等の種類別の総額及び対象となる役員の員数
       当事業年度(自         2019年4月1日        至    2020年3月31日       )
                            報酬等の総額

           役員区分             員数
                             (百万円)
                                     固定報酬       業績連動報酬         株式報酬
     取締役(監査等委員である取締役を
                          6       241        158         26        55
     除く。)(社外取締役を除く。)
     監査等委員である取締役(社外取締
                          1        22        22        -        -
     役を除く。)
     社外役員                      6        30        30        -        -
     (注) 上記員数及び報酬等には、2019年6月27日開催の第116期定時株主総会において退任した監査等委員である取締
       役1名及び2020年3月31日に辞任した取締役(監査等委員である取締役を除く。)1名に係る報酬等を含めており
       ます。
      ③ 役員ごとの連結報酬等の総額等

        連結報酬等の総額が1億円以上である者が存在しないため、記載しておりません。
                                  58/148















                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社伊予銀行(E03589)
                                                            有価証券報告書
     (5)  【株式の保有状況】
      ① 投資株式の区分の基準及び考え方
        当行は、保有目的が純投資目的である投資株式と純投資目的以外の目的である投資株式の区分について、専ら
       株式の価値の変動又は株式に係る配当によって利益を受けることを目的とする投資株式を純投資目的とし、それ
       以外の投資株式を純投資目的以外の目的として区分しております。
      ② 保有目的が純投資目的以外の目的である投資株式

       a.保有方針及び保有の合理性を検証する方法並びに個別銘柄の保有の適否に関する取締役会等における検証の
        内容
         当行は、相手企業との取引関係あるいは協力関係の維持・強化など政策目的で株式を保有する場合には、リ
        スク・リターンについても十分に分析し、適切な運用に努めております。
         政策保有株式については、「投資面」及び「政策面」から合理性の検証を行っており、「投資面」について
        は株式及び預貸金取引等から算出したRORAがCAPMや配当成長モデルによる株主資本コスト等に見合う
        か否かで評価し、「政策面」については当初取組み時に期待していたとおり取引拡大が図られているか否か等
        で評価しております。
         なお、当行では、年に1回以上、すべての株式について個社別に合理性の検証結果を取締役会に付議してお
        り(直近:2020年5月)、合理性に乏しいと判断される先については取引条件の改善交渉等を行い、改善が図ら
        れないようであれば取引先企業の十分な理解を得た上で売却を進めてまいります。
       b.銘柄数及び貸借対照表計上額

                    銘柄数      貸借対照表計上額の合計

                    (銘柄)      額(百万円)
     上場株式                  200          269,331
     非上場株式                  128           10,471
         (当事業年度において株式数が増加した銘柄)

                    銘柄数      株式数の増加に係る取得

                                            株式数の増加の理由
                    (銘柄)      価額の合計額(百万円)
     上場株式                  -            -            -
     非上場株式                   1            3  緊密な関係の維持強化
         (当事業年度において株式数が減少した銘柄)

                    銘柄数      株式数の減少に係る売却

                    (銘柄)      価額の合計額(百万円)
     上場株式                   8          4,354
     非上場株式                  -            -
                                  59/148







                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社伊予銀行(E03589)
                                                            有価証券報告書
       c.特定投資株式及びみなし保有株式の銘柄ごとの株式数、貸借対照表計上額等に関する情報
         (特定投資株式)
                       当事業年度         前事業年度

                                                       当行の株
                                        保有目的、定量的な保有効果
                       株式数(株)         株式数(株)
           銘柄                                           式の保有
                                        及び株式数が増加した理由
                     貸借対照表計上額         貸借対照表計上額                        の有無
                        (百万円)         (百万円)
                        15,299,856         15,299,856
     ユニ・チャーム株式会社                                   緊密な関係の維持強化                有
                           61,979         56,043
                         2,989,608         2,989,608
     第一三共株式会社                                   緊密な関係の維持強化                有
                           22,224         15,247
                         5,329,959         5,329,959
     三浦工業株式会社                                   緊密な関係の維持強化                有
                           20,546         13,596
                         3,241,136         3,241,136
     武田薬品工業株式会社                                   緊密な関係の維持強化                無
                           10,721         14,653
                         1,943,358         1,943,358
     富士フイルムホールディングス株
                                        緊密な関係の維持強化                有
     式会社
                           10,569          9,782
                         7,072,998         7,072,998
     大王製紙株式会社                                   緊密な関係の維持強化                有
                           10,277          9,598
                         3,000,100         3,000,100
     太陽誘電株式会社                                   緊密な関係の維持強化                有
                           8,583         6,531
                         5,849,591         5,849,591
     住友林業株式会社                                   緊密な関係の維持強化                有
                           8,101         8,990
                         8,851,108         8,851,108
     四国電力株式会社                                   緊密な関係の維持強化                有
                           7,558         11,931
                          450,384         450,384
     ダイキン工業株式会社                                   緊密な関係の維持強化                有
                           5,931         5,841
                          638,198         638,198
     日清食品ホールディングス株式会
                                        緊密な関係の維持強化                無
     社
                           5,743         4,850
                         1,925,342         1,925,342
     住友金属鉱山株式会社                                   緊密な関係の維持強化                有
                           4,270         6,295
                          588,300         588,300
     京王電鉄株式会社                                   緊密な関係の維持強化                無
                           3,759         4,206
                         1,222,000         1,222,000
     株式会社安川電機                                   緊密な関係の維持強化                有
                           3,636         4,246
                         1,270,957         1,270,957
     住友重機械工業株式会社                                   緊密な関係の維持強化                有
                           2,479         4,556
                         1,000,000         1,000,000
     小田急電鉄株式会社                                   緊密な関係の維持強化                有
                           2,372         2,683
                         2,696,500         2,696,500
     清水建設株式会社                                   緊密な関係の維持強化                有
                           2,278         2,594
                         1,700,000         1,700,000
     三菱電機株式会社                                   緊密な関係の維持強化                無
                           2,269         2,418
                         1,166,057         1,166,057
     株式会社フジ                                   緊密な関係の維持強化                有
                           2,096         2,226
                          748,897         748,897
     株式会社大阪ソーダ                                   緊密な関係の維持強化                有
                           1,927         2,032
                          711,274         711,274
     住友不動産株式会社                                   緊密な関係の維持強化                有
                           1,874         3,261
                          704,110         704,110
     小野薬品工業株式会社                                   緊密な関係の維持強化                有
                           1,750         1,527
                          100,000         100,000
     東海旅客鉄道株式会社                                   緊密な関係の維持強化                無
                           1,732         2,571
                          500,000         500,000
     日油株式会社                                   緊密な関係の維持強化                有
                           1,715         1,885
                          415,000         415,000
     株式会社パイロットコーポレー
                                        緊密な関係の維持強化                有
     ション
                           1,491         1,861
                         1,500,704         1,500,704
     四国化成工業株式会社                                   緊密な関係の維持強化                有
                           1,490         1,815
                          646,023         646,023
     伊藤忠商事株式会社                                   緊密な関係の維持強化                無
                           1,448         1,293
                          739,088         739,088
     株式会社ヨンドシーホールディン
                                        緊密な関係の維持強化               無(注4)
     グス
                           1,436         1,540
                          847,300         847,300
     中部電力株式会社                                   緊密な関係の維持強化                無
                           1,291         1,464
                                  60/148


                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社伊予銀行(E03589)
                                                            有価証券報告書
                       当事業年度         前事業年度
                                                       当行の株
                                        保有目的、定量的な保有効果
                       株式数(株)         株式数(株)
           銘柄                                           式の保有
                                        及び株式数が増加した理由
                     貸借対照表計上額         貸借対照表計上額                        の有無
                        (百万円)         (百万円)
                         3,174,025         3,174,025
     株式会社三菱UFJフィナンシャ
                                        協力関係の維持               無(注4)
     ル・グループ
                           1,279         1,745
                          364,000         364,000
     株式会社京都銀行                                   協力関係の維持                有
                           1,252         1,685
                         1,572,190         1,572,190
     株式会社タダノ                                   緊密な関係の維持強化                有
                           1,216         1,652
                          239,975         239,975
     科研製薬株式会社                                   緊密な関係の維持強化                有
                           1,207         1,207
                          432,897         432,897
     アイシン精機株式会社                                   緊密な関係の維持強化                有
                           1,153         1,712
                          277,335         277,335
     山九株式会社                                   緊密な関係の維持強化                有
                           1,119         1,497
                         3,450,987         3,450,987
     住友化学株式会社                                   緊密な関係の維持強化                有
                           1,107         1,777
                          473,306         473,306
     株式会社阿波銀行                                   協力関係の維持                有
                           1,080         1,331
                          274,427         274,427
     福山通運株式会社                                   緊密な関係の維持強化                有
                           1,060         1,169
                          338,864         433,664
     MS&ADインシュアランスグ
                                        緊密な関係の維持強化               無(注4)
     ループホールディングス株式会社
                           1,025         1,461
                          150,000         150,000
     トヨタ自動車株式会社                                   緊密な関係の維持強化                無
                            975         973
                          192,410         192,410
     近鉄グループホールディングス株
                                        緊密な関係の維持強化                無
     式会社
                            962         992
                          427,200         427,200
     電源開発株式会社                                   緊密な関係の維持強化                無
                            930        1,151
                         1,697,000         1,697,000
     株式会社山陰合同銀行                                   協力関係の維持                有
                            928        1,347
                          836,095         836,095
     株式会社クラレ                                   緊密な関係の維持強化                有
                            913        1,177
                          500,000         500,000
     京浜急行電鉄株式会社                                   緊密な関係の維持強化                無
                            908         939
                          389,657         389,657
     大日本印刷株式会社                                   緊密な関係の維持強化                有
                            896        1,031
                          880,000         880,000
     DCMホールディングス株式会社                                   緊密な関係の維持強化               無(注4)
                            877         908
                         1,275,374         1,275,374
     東京製鐵株式会社                                   緊密な関係の維持強化                有
                            862        1,226
                          573,559         573,559
     株式会社ヨンキュウ                                   緊密な関係の維持強化                有
                            862         828
                         1,166,300         1,166,300
     明星工業株式会社                                   緊密な関係の維持強化                有
                            856         871
                          725,198         725,198
     住友電気工業株式会社                                   緊密な関係の維持強化                有
                            825        1,064
                         1,734,416         1,734,416
     株式会社広島銀行                                   協力関係の維持                有
                            782         978
                          229,100         229,100
     株式会社北國銀行                                   協力関係の維持                有
                            772         794
                          747,600         747,600
     株式会社中国銀行                                   協力関係の維持                有
                            719         776
                          302,580         302,580
     株式会社第四北越フィナンシャル
                                        協力関係の維持               無(注4)
     グループ
                            714         945
                         1,797,698         1,797,698
     JXTGホールディングス株式会
                                        緊密な関係の維持強化                無
     社
                            665         910
                          580,042         580,042
     井関農機株式会社                                   緊密な関係の維持強化                有
                            661         944
                          396,098         396,098
     三菱地所株式会社                                   緊密な関係の維持強化                無
                            631         794
                          435,600         435,600
     株式会社立花エレテック                                   緊密な関係の維持強化                有
                            630         724
                                  61/148



                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社伊予銀行(E03589)
                                                            有価証券報告書
                       当事業年度         前事業年度
                                                       当行の株
                                        保有目的、定量的な保有効果
                       株式数(株)         株式数(株)
           銘柄                                           式の保有
                                        及び株式数が増加した理由
                     貸借対照表計上額         貸借対照表計上額                        の有無
                        (百万円)         (百万円)
                          312,000         312,000
     高砂香料工業株式会社                                   緊密な関係の維持強化                有
                            629        1,043
                          250,000         250,000
     ナブテスコ株式会社                                   緊密な関係の維持強化                無
                            623         806
                          245,368         245,368
     グローリー株式会社                                   緊密な関係の維持強化                有
                            610         651
                          319,689         319,689
     帝人株式会社                                   緊密な関係の維持強化                有
                            585         583
                         3,076,928         3,076,928
     NTN株式会社                                   緊密な関係の維持強化                有
                            581        1,009
                          222,625         222,625
     株式会社四電工                                   緊密な関係の維持強化                有
                            551         605
                          153,095         153,095
     TOTO株式会社                                   緊密な関係の維持強化                無
                            550         718
                          320,000         722,000
     アステラス製薬株式会社                                   緊密な関係の維持強化                無
                            534        1,197
                          423,353         423,353
     株式会社IHI                                   緊密な関係の維持強化                有
                            534        1,125
                         1,763,000         1,763,000
     株式会社百五銀行                                   協力関係の維持                有
                            532         620
                          161,400         161,400
     KDDI株式会社                                   緊密な関係の維持強化                無
                            514         384
                          333,358         333,358
     CKD株式会社                                   緊密な関係の維持強化                無
                            493         332
                          502,048         502,048
     川澄化学工業株式会社                                   緊密な関係の維持強化                有
                            487         395
                          137,800         492,800
     アサヒグループホールディングス
                                        緊密な関係の維持強化                無
     株式会社
                            483        2,429
                          183,208         183,208
     ANAホールディングス株式会社                                   緊密な関係の維持強化                無
                            483         743
                          185,600          92,800
                                        緊密な関係の維持強化、株式
     日本電信電話株式会社                                                    無
                                        分割に伴い株式数が増加
                            478         436
                          536,834         536,834
     九州電力株式会社                                   緊密な関係の維持強化                有
                            466         701
                          325,380         325,380
     三井倉庫ホールディングス株式会
                                        緊密な関係の維持強化                有
     社
                            455         592
                          600,000         600,000
     株式会社ダイキアクシス                                   緊密な関係の維持強化                無
                            444         497
                          193,400         193,400
     株式会社南都銀行                                   協力関係の維持                有
                            431         400
                          878,860         878,860
     東レ株式会社                                   緊密な関係の維持強化                有
                            412         621
                           50,000         50,000
     東日本旅客鉄道株式会社                                   緊密な関係の維持強化                無
                            408         534
                          190,732         190,732
     キリンホールディングス株式会社                                   緊密な関係の維持強化                無
                            407         504
                          138,560         138,560
     株式会社ダイヘン                                   緊密な関係の維持強化                有
                            402         394
                          471,321         471,321
     レンゴー株式会社                                   緊密な関係の維持強化                有
                            396         489
                          844,578         844,578
     野村ホールディングス株式会社                                   緊密な関係の維持強化                有
                            386         338
                          279,000         279,000
     株式会社CDG                                   緊密な関係の維持強化                有
                            385         375
                          163,400         163,400
     住友ベークライト株式会社                                   緊密な関係の維持強化                無
                            375         647
                          659,054         659,054
     五洋建設株式会社                                   緊密な関係の維持強化                有
                            375         338
                           93,940         93,940
     日本電気株式会社                                   緊密な関係の維持強化                有
                            370         351
                                  62/148



                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社伊予銀行(E03589)
                                                            有価証券報告書
                       当事業年度         前事業年度
                                                       当行の株
                                        保有目的、定量的な保有効果
                       株式数(株)         株式数(株)
           銘柄                                           式の保有
                                        及び株式数が増加した理由
                     貸借対照表計上額         貸借対照表計上額                        の有無
                        (百万円)         (百万円)
                          208,000         208,000
     セキ株式会社                                   緊密な関係の維持強化                有
                            367         357
                          224,080         224,080
     大倉工業株式会社                                   緊密な関係の維持強化                有
                            353         399
                          103,718         103,718
     SOMPOホールディングス株式
                                        緊密な関係の維持強化               無(注4)
     会社
                            346         425
                          567,677         567,677
     株式会社西日本フィナンシャル
                                        協力関係の維持                無
     ホールディングス
                            346         533
                           69,635         69,635
     東京海上ホールディングス株式会
                                        緊密な関係の維持強化               無(注4)
     社
                            344         373
                          210,001         210,001
     川崎重工業株式会社                                   緊密な関係の維持強化                無
                            329         573
                          195,028         195,028
     凸版印刷株式会社                                   緊密な関係の維持強化                有
                            322         325
                          314,893         314,893
     住友ゴム工業株式会社                                   緊密な関係の維持強化                有
                            320         418
                          290,000         290,000
     あすか製薬株式会社                                   緊密な関係の維持強化                有
                            318         332
                          256,916         256,916
     住友商事株式会社                                   緊密な関係の維持強化                無
                            318         393
                          202,960         202,960
     日本製紙株式会社                                   緊密な関係の維持強化                無
                            312         463
                          106,293         106,293
     株式会社九電工                                   緊密な関係の維持強化                無
                            310         368
                          100,000         100,000
     大黒天物産株式会社                                   緊密な関係の維持強化                有
                            306         384
                         1,120,000         1,120,000
     株式会社東邦銀行                                   協力関係の維持                有
                            302         331
                          350,000         350,000
     八洲電機株式会社                                   緊密な関係の維持強化                有
                            287         289
                          791,381         791,381
     トモニホールディングス株式会社                                   協力関係の維持               無(注4)
                            284         333
                          143,357         143,357
     株式会社百十四銀行                                   協力関係の維持                有
                            281         328
                          100,000         100,000
     日本曹達株式会社                                   緊密な関係の維持強化                無
                            269         292
                          110,000         110,000
     富士電機株式会社                                   緊密な関係の維持強化                無
                            269         345
                           51,699         51,699
     モロゾフ株式会社                                   緊密な関係の維持強化                有
                            268         255
                          190,333         190,333
     IDEC株式会社                                   緊密な関係の維持強化                無
                            260         363
                          625,730         625,730
     株式会社九州フィナンシャルグ
                                        協力関係の維持                無
     ループ
                            258         281
                          208,255         208,255
     西川ゴム工業株式会社                                   緊密な関係の維持強化                有
                            253         398
                          393,331         393,331
     株式会社三越伊勢丹ホールディン
                                        緊密な関係の維持強化                無
     グス
                            247         440
                          158,690            *
     OCHIホールディングス株式会
                                        緊密な関係の維持強化               無(注4)
     社
                            239          *
                          120,000         120,000
     日本たばこ産業株式会社                                   緊密な関係の維持強化                無
                            239         329
                           98,000         98,000
     本田技研工業株式会社                                   緊密な関係の維持強化                無
                            238         293
                           75,522         170,522
     株式会社日立製作所                                   緊密な関係の維持強化                無
                            237         611
                          270,500            *
     株式会社ジェイ・エム・エス                                   緊密な関係の維持強化                有
                            236          *
                          198,565         198,565
     鹿島建設株式会社                                   緊密な関係の維持強化                無
                            220         324
                                  63/148



                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社伊予銀行(E03589)
                                                            有価証券報告書
                       当事業年度         前事業年度
                                                       当行の株
                                        保有目的、定量的な保有効果
                       株式数(株)         株式数(株)
           銘柄                                           式の保有
                                        及び株式数が増加した理由
                     貸借対照表計上額         貸借対照表計上額                        の有無
                        (百万円)         (百万円)
                             -       679,536
     株式会社ジョイフル                                   緊密な関係の維持強化                有
                             -         740
                             *      401,113
     コニカミノルタ株式会社                                   緊密な関係の維持強化                有
                             *        436
                             *       92,600
     三菱重工業株式会社                                   緊密な関係の維持強化                無
                             *        425
                             *      390,000
     株式会社三井E&Sホールディン
                                        緊密な関係の維持強化                無
     グス
                             *        407
                             *       49,003
     富士通株式会社                                   緊密な関係の維持強化                無
                             *        391
                             *      105,100
     株式会社大分銀行                                   協力関係の維持                有
                             *        363
                             *      150,802
     日本製鉄株式会社                                   緊密な関係の維持強化                無
                             *        294
                             *      540,000
     スルガ銀行株式会社                                   協力関係の維持                有
                             *        277
                             *       68,000
     住友精化株式会社                                   緊密な関係の維持強化                無
                             *        276
                             *       61,096
     住友大阪セメント株式会社                                   緊密な関係の維持強化                無
                             *        266
                             *       40,000
     多木化学株式会社                                   緊密な関係の維持強化                有
                             *        244
                             *      165,000
     株式会社カワニシホールディング
                                        緊密な関係の維持強化                無
     ス
                             *        241
                             *      228,200
     株式会社四国銀行                                   協力関係の維持                有
                             *        237
                             *       59,559
     三井住友トラスト・ホールディン
                                        協力関係の維持               無(注4)
     グス株式会社
                             *        236
                             *      500,000
     株式会社八十二銀行                                   協力関係の維持                有
                             *        229
                             *      240,000
     株式会社山口フィナンシャルグ
                                        協力関係の維持               無(注4)
     ループ
                             *        225
                             *       56,249
     株式会社メルコホールディングス                                   緊密な関係の維持強化                有
                             *        214
     (注)   1 「-」は、当該銘柄を保有していないことを示しております。「*」は、当該銘柄の貸借対照表計上額が当
         行の資本金額の100分の1以下であり、かつ貸借対照表計上額の大きい順の60銘柄に該当しないために記載を
         省略していることを示しております。
        2 当行の株式の保有の有無については、みなし保有株式を含めて表示しております。
        3 定量的な保有効果については、取引先との取引内容に関わるため記載が困難であります。保有の合理性は、
         上記「a.保有方針及び保有の合理性を検証する方法並びに個別銘柄の保有の適否に関する取締役会等におけ
         る検証の内容」に記載した方法により検証しております。
        4 同社は当行株式を保有しておりませんが、同社子会社は当行株式を保有しております。
                                  64/148








                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社伊予銀行(E03589)
                                                            有価証券報告書
         (みなし保有株式)
                       当事業年度         前事業年度

                                                       当行の株
                                        保有目的、定量的な保有効果
                       株式数(株)         株式数(株)
           銘柄                                           式の保有
                                        及び株式数が増加した理由
                     貸借対照表計上額         貸借対照表計上額                        の有無
                        (百万円)         (百万円)
                          550,000         550,000
     ダイキン工業株式会社                                   議決権行使権限                有
                           7,243         7,133
                          392,000         392,000
     日清食品ホールディングス株式会
                                        議決権行使権限                無
     社
                           3,528         2,979
                         1,110,000         1,110,000
     アステラス製薬株式会社                                   議決権行使権限                無
                           1,854         1,840
                          507,500         507,500
     SOMPOホールディングス株式
                                        議決権行使権限               無(注4)
     会社
                           1,696         2,079
                          254,000         254,000
     トヨタ自動車株式会社                                   議決権行使権限                無
                           1,651         1,647
                          294,000         294,000
     富士フイルムホールディングス株
                                        議決権行使権限                有
     式会社
                           1,599         1,479
                          184,700         184,700
     日本通運株式会社                                   議決権行使権限                有
                            977        1,137
                         2,125,000         2,125,000
     住友化学株式会社                                   議決権行使権限                有
                            682        1,094
                          171,000         171,000
     武田薬品工業株式会社                                   議決権行使権限                無
                            565         773
                          388,000         388,000
     パナソニック株式会社                                   議決権行使権限                無
                            320         370
                           83,500         83,500
     株式会社三井住友フィナンシャル
                                        議決権行使権限                無
     グループ
                            219         323
                          466,000            *
     野村ホールディングス株式会社                                   議決権行使権限                有
                            213          *
     (注)   1 「-」は、当該銘柄を保有していないことを示しております。「*」は、当該銘柄の貸借対照表計上額が当
         行の資本金額の100分の1以下であり、かつ貸借対照表計上額の大きい順の10銘柄に該当しないために記載を
         省略していることを示しております。
        2 貸借対照表計上額の上位銘柄を選定する段階で、特定投資株式とみなし保有株式を合算しておりません。
        3 みなし保有株式の保有の合理性については、資産運用委員会において、銘柄ごとではなく年金又は退職一時
         金の信託財産を構成する資産として保有が適切かについて検討しているため、銘柄ごとの記載は困難でありま
         す。
        4 同社は当行株式を保有しておりませんが、同社子会社は当行株式を保有しております。
      ③ 保有目的が純投資目的である投資株式

                            当事業年度                   前事業年度

           区分
                      銘柄数     貸借対照表計上額の合計額              銘柄数     貸借対照表計上額の合計額
                      (銘柄)         (百万円)          (銘柄)         (百万円)
     上場株式                     13            2,632       -              -
     非上場株式                     -              -      -              -
                                      当事業年度

           区分
                       受取配当金の合計額             売却損益の合計額             評価損益の合計額
                         (百万円)             (百万円)             (百万円)
     上場株式                            5            -           △ 328
     非上場株式                            -             -             -
      ④ 当事業年度中に投資株式の保有目的を純投資目的から純投資目的以外の目的に変更したもの

        該当事項はありません。
      ⑤ 当事業年度中に投資株式の保有目的を純投資目的以外の目的から純投資目的に変更したもの

        該当事項はありません。
                                  65/148



                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社伊予銀行(E03589)
                                                            有価証券報告書
    第5   【経理の状況】
    1 当行の連結財務諸表は、「連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(1976年大蔵省令第28号)に基づ

     いて作成しておりますが、資産及び負債の分類並びに収益及び費用の分類は、「銀行法施行規則」(1982年大蔵省令第
     10号)に準拠しております。
    2 当行の財務諸表は、「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(1963年大蔵省令第59号)に基づいて作

     成しておりますが、資産及び負債の分類並びに収益及び費用の分類は、「銀行法施行規則」(1982年大蔵省令第10号)
     に準拠しております。
    3 当行は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、連結会計年度(自2019年4月1日 至2020年3月31日)

     の連結財務諸表及び事業年度(自2019年4月1日 至2020年3月31日)の財務諸表について、有限責任 あずさ監査法人
     の監査証明を受けております。
    4 当行は、連結財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組みを行っております。

      会計基準等の内容を適切に把握し、または会計基準等の変更等について的確に対応することができる体制を整備す
     るため、公益財団法人財務会計基準機構に加入し、企業会計基準委員会等の行う研修に参加しております。
                                  66/148














                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社伊予銀行(E03589)
                                                            有価証券報告書
    1  【連結財務諸表等】
     (1)  【連結財務諸表】
      ①  【連結貸借対照表】
                                                    (単位:百万円)
                                前連結会計年度                当連結会計年度
                                (2019年3月31日)                (2020年3月31日)
     資産の部
      現金預け金                                 809,668                719,086
                                                     ※8  355,563
      買現先勘定                                    -
      買入金銭債権                                  10,921                8,173
      商品有価証券                                   349                727
      金銭の信託                                  6,494                7,074
                                 ※1 , ※8 , ※13  1,574,849           ※1 , ※8 , ※13  1,713,574
      有価証券
                            ※3 , ※4 , ※5 , ※6 , ※7 , ※8 , ※9  4,527,810      ※3 , ※4 , ※5 , ※6 , ※7 , ※8 , ※9  4,733,091
      貸出金
                                       ※7  7,164             ※7  10,741
      外国為替
      リース債権及びリース投資資産                                  31,443                33,803
                                      ※8  90,438             ※8  119,495
      その他資産
                                    ※11 , ※12  73,757            ※11 , ※12  72,229
      有形固定資産
        建物                                17,090                17,234
                                      ※10  50,101              ※10  49,318
        土地
        リース資産                                  857                701
        建設仮勘定                                  908                421
        その他の有形固定資産                                 4,799                4,553
      無形固定資産                                  7,024                8,048
        ソフトウエア                                 5,755                6,116
        その他の無形固定資産                                 1,269                1,932
      退職給付に係る資産                                  17,500                18,734
      繰延税金資産                                   197                199
      支払承諾見返                                  35,937                26,382
                                       △ 27,902               △ 31,374
      貸倒引当金
      資産の部合計                                7,165,655                7,795,554
     負債の部
                                    ※8  5,228,365              ※8  5,246,611
      預金
      譲渡性預金                                 459,656                482,131
      コールマネー及び売渡手形                                 178,313                217,618
                                      ※8  49,820              ※8  30,357
      売現先勘定
                                      ※8  76,968             ※8  198,436
      債券貸借取引受入担保金
                                     ※8  365,856              ※8  770,378
      借用金
      外国為替                                   249                295
      信託勘定借                                    31                28
      その他負債                                  39,677                64,935
      賞与引当金                                  1,659                1,649
      退職給付に係る負債                                  12,281                12,487
      睡眠預金払戻損失引当金                                  3,301                2,393
      偶発損失引当金                                   516                591
      株式報酬引当金                                    86               192
      特別法上の引当金                                    1                2
      繰延税金負債                                  54,835                59,577
                                      ※10  9,769              ※10  9,637
      再評価に係る繰延税金負債
                                        35,937                26,382
      支払承諾
      負債の部合計                                6,517,327                7,123,706
                                  67/148



                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社伊予銀行(E03589)
                                                            有価証券報告書
                                                    (単位:百万円)
                                前連結会計年度                当連結会計年度
                                (2019年3月31日)                (2020年3月31日)
     純資産の部
      資本金                                  20,948                20,948
      資本剰余金                                  11,604                14,578
      利益剰余金                                 418,320                433,082
                                       △ 5,189               △ 5,131
      自己株式
      株主資本合計                                 445,684                463,478
      その他有価証券評価差額金
                                       160,696                166,775
      繰延ヘッジ損益                                 △ 1,545                 792
                                      ※10  19,590              ※10  19,315
      土地再評価差額金
                                          779               △ 650
      退職給付に係る調整累計額
      その他の包括利益累計額合計                                 179,519                186,233
      新株予約権
                                          397                343
                                        22,725                21,792
      非支配株主持分
      純資産の部合計                                 648,327                671,848
     負債及び純資産の部合計                                  7,165,655                7,795,554
                                  68/148














                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社伊予銀行(E03589)
                                                            有価証券報告書
      ② 【連結損益計算書及び連結包括利益計算書】
        【連結損益計算書】
                                                  (単位:百万円)
                                 前連結会計年度              当連結会計年度
                                (自 2018年4月1日              (自 2019年4月1日
                                至 2019年3月31日)               至 2020年3月31日)
     経常収益                                   126,286              126,506
      資金運用収益                                  78,119              79,601
        貸出金利息                                52,543              54,472
        有価証券利息配当金                                23,966              23,594
        コールローン利息及び買入手形利息                                  214               19
        買現先利息                                  -              △ 6
        債券貸借取引受入利息                                  62              -
        預け金利息                                  395              393
        その他の受入利息                                  937             1,128
      信託報酬                                    3              2
      役務取引等収益                                  15,118              15,403
      その他業務収益                                  24,220              25,344
      その他経常収益                                  8,825              6,153
        償却債権取立益                                  539              752
        その他の経常収益                                 8,286              5,401
     経常費用                                   97,628              97,093
      資金調達費用                                  11,575              13,226
        預金利息                                 3,447              4,312
        譲渡性預金利息                                  100              104
        コールマネー利息及び売渡手形利息                                  421              400
        売現先利息                                  625              716
        債券貸借取引支払利息                                 1,308              1,864
        借用金利息                                 1,402              1,299
        その他の支払利息                                 4,269              4,529
      役務取引等費用                                  4,829              5,190
      その他業務費用                                  18,893              17,038
                                      ※1  52,360            ※1  51,653
      営業経費
      その他経常費用                                  9,968              9,983
        貸倒引当金繰入額                                 6,415              7,244
                                       ※2  3,552            ※2  2,739
        その他の経常費用
     経常利益                                   28,658              29,413
     特別利益
                                           5              39
      固定資産処分益                                    5              39
     特別損失                                     535             1,060
      固定資産処分損                                   303              128
                                        ※3  231            ※3  931
      減損損失
                                           0              0
      金融商品取引責任準備金繰入額
     税金等調整前当期純利益                                   28,129              28,392
     法人税、住民税及び事業税
                                         7,953              7,866
                                          420              233
     法人税等調整額
     法人税等合計                                    8,374              8,099
     当期純利益                                   19,755              20,292
     非支配株主に帰属する当期純利益                                    1,227              1,370
     親会社株主に帰属する当期純利益                                   18,527              18,922
                                  69/148




                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社伊予銀行(E03589)
                                                            有価証券報告書
        【連結包括利益計算書】
                                                  (単位:百万円)
                                 前連結会計年度              当連結会計年度
                                (自 2018年4月1日              (自 2019年4月1日
                                至 2019年3月31日)               至 2020年3月31日)
     当期純利益                                   19,755              20,292
                                     ※1  △  13,415             ※1  8,957
     その他の包括利益
      その他有価証券評価差額金                                 △ 7,220              8,048
      繰延ヘッジ損益                                  △ 305             2,338
                                        △ 5,890             △ 1,429
      退職給付に係る調整額
     包括利益                                    6,339              29,249
     (内訳)
      親会社株主に係る包括利益                                  6,324              25,910
      非支配株主に係る包括利益                                    14             3,339
                                  70/148
















                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社伊予銀行(E03589)
                                                            有価証券報告書
      ③  【連結株主資本等変動計算書】
      前連結会計年度(自         2018年4月1日 至          2019年3月31日)
                                   (単位:百万円)
                            株主資本
                 資本金     資本剰余金     利益剰余金      自己株式     株主資本合計
     当期首残高              20,948     11,570     404,181     △ 5,255     431,445
     当期変動額
     剰余金の配当                       △ 4,431          △ 4,431
     親会社株主に帰属する当
                             18,527           18,527
     期純利益
     自己株式の取得                              △ 232     △ 232
     自己株式の処分                    34          298     332
     土地再評価差額金の取崩                         43           43
     株主資本以外の項目の当
     期変動額(純額)
     当期変動額合計               -     34    14,138       65    14,238
     当期末残高              20,948     11,604     418,320     △ 5,189     445,684
                         その他の包括利益累計額

                                                 非支配株主
                 その他                退職給付     その他の
                                            新株予約権           純資産合計
                      繰延ヘッジ     土地再評価
                                                  持分
                 有価証券                 に係る     包括利益
                       損益     差額金
                 評価差額金                調整累計額     累計額合計
     当期首残高             166,703     △ 1,240     19,634      6,669     191,766       467    22,624     646,304
     当期変動額
     剰余金の配当                                                  △ 4,431
     親会社株主に帰属する当
                                                        18,527
     期純利益
     自己株式の取得                                                   △ 232
     自己株式の処分                                                    332
     土地再評価差額金の取崩                                                    43
     株主資本以外の項目の当
                  △ 6,006     △ 305     △ 43   △ 5,890    △ 12,246      △ 70     100   △ 12,215
     期変動額(純額)
     当期変動額合計             △ 6,006     △ 305     △ 43   △ 5,890    △ 12,246      △ 70     100     2,023
     当期末残高             160,696     △ 1,545     19,590       779    179,519       397    22,725     648,327
                                  71/148









                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社伊予銀行(E03589)
                                                            有価証券報告書
      当連結会計年度(自         2019年4月1日 至          2020年3月31日)
                                   (単位:百万円)
                            株主資本
                 資本金     資本剰余金     利益剰余金      自己株式     株主資本合計
     当期首残高              20,948     11,604     418,320     △ 5,189     445,684
     当期変動額
     剰余金の配当                       △ 4,435          △ 4,435
     親会社株主に帰属する当
                             18,922           18,922
     期純利益
     自己株式の取得                              △ 0     △ 0
     自己株式の処分                    8          58     66
     土地再評価差額金の取崩                         274           274
     連結子会社株式の取得に
                        2,966                2,966
     よる持分の増減
     株主資本以外の項目の当
     期変動額(純額)
     当期変動額合計               -    2,974     14,761       57    17,793
     当期末残高              20,948     14,578     433,082     △ 5,131     463,478
                         その他の包括利益累計額

                                                 非支配株主
                 その他                退職給付     その他の
                                            新株予約権           純資産合計
                      繰延ヘッジ     土地再評価
                                                  持分
                 有価証券                 に係る     包括利益
                       損益     差額金
                 評価差額金                調整累計額     累計額合計
     当期首残高             160,696     △ 1,545     19,590       779    179,519       397    22,725     648,327
     当期変動額
     剰余金の配当                                                  △ 4,435
     親会社株主に帰属する当
                                                        18,922
     期純利益
     自己株式の取得                                                    △ 0
     自己株式の処分                                                    66
     土地再評価差額金の取崩                                                    274
     連結子会社株式の取得に
                                                  △ 2,966       -
     よる持分の増減
     株主資本以外の項目の当
                   6,078     2,338     △ 274    △ 1,429     6,713      △ 54    2,033     8,693
     期変動額(純額)
     当期変動額合計              6,078     2,338     △ 274    △ 1,429     6,713      △ 54    △ 932    23,520
     当期末残高             166,775       792    19,315      △ 650    186,233       343    21,792     671,848
                                  72/148








                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社伊予銀行(E03589)
                                                            有価証券報告書
      ④ 【連結キャッシュ・フロー計算書】
                                                  (単位:百万円)
                                 前連結会計年度              当連結会計年度
                                (自 2018年4月1日              (自 2019年4月1日
                                至 2019年3月31日)               至 2020年3月31日)
     営業活動によるキャッシュ・フロー
      税金等調整前当期純利益                                  28,129              28,392
      減価償却費                                  4,430              4,888
      減損損失                                   231              931
      貸倒引当金の増減(△)                                  3,645              3,471
      賞与引当金の増減額(△は減少)                                    8             △ 10
      退職給付に係る資産の増減額(△は増加)                                  5,664             △ 1,234
      退職給付に係る負債の増減額(△は減少)                                  △ 221              205
      睡眠預金払戻損失引当金の増減(△)                                   373             △ 908
      偶発損失引当金の増減額(△は減少)                                    89              75
      株式報酬引当金の増減額(△は減少)                                    86              105
      特別法上の引当金の増減額(△は減少)                                    0              0
      資金運用収益                                 △ 78,119             △ 79,601
      資金調達費用                                  11,575              13,226
      有価証券関係損益(△)                                 △ 4,155             △ 3,469
      金銭の信託の運用損益(△は運用益)                                  △ 408             △ 505
      為替差損益(△は益)                                 △ 6,003              5,606
      固定資産処分損益(△は益)                                   297               89
      貸出金の純増(△)減                                △ 258,113             △ 205,280
      預金の純増減(△)                                 144,191               18,246
      譲渡性預金の純増減(△)                                  18,430              22,475
      借用金(劣後特約付借入金を除く)の純増減
                                       △ 53,484              404,521
      (△)
      預け金(日銀預け金を除く)の純増(△)減                                   890               79
      コールローン等の純増(△)減                                  22,811             △ 352,831
      コールマネー等の純増減(△)                                 125,201               19,841
      債券貸借取引受入担保金の純増減(△)                                △ 149,181              121,468
      外国為替(資産)の純増(△)減                                   △ 72            △ 3,576
      外国為替(負債)の純増減(△)                                   183               46
      リース債権及びリース投資資産の純増(△)減                                  △ 848            △ 2,360
      資金運用による収入                                  77,560              79,013
      資金調達による支出                                 △ 11,378             △ 13,638
      信託勘定借の純増減(△)                                   △ 8             △ 2
                                       △ 21,070              △ 2,920
      その他
      小計                                △ 139,262               56,345
      法人税等の支払額                                 △ 11,663              △ 7,066
      営業活動によるキャッシュ・フロー                                △ 150,925               49,279
     投資活動によるキャッシュ・フロー
      有価証券の取得による支出                                △ 416,769             △ 528,275
      有価証券の売却による収入                                 516,391              258,254
      有価証券の償還による収入                                 144,532              141,891
      金銭の信託の増加による支出                                  △ 388             △ 438
      金銭の信託の減少による収入                                   616               -
      有形固定資産の取得による支出                                 △ 3,627             △ 2,393
      有形固定資産の売却による収入                                   155               90
                                        △ 3,420             △ 3,160
      無形固定資産の取得による支出
      投資活動によるキャッシュ・フロー                                 237,490             △ 134,032
                                  73/148



                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社伊予銀行(E03589)
                                                            有価証券報告書
                                                  (単位:百万円)
                                 前連結会計年度              当連結会計年度
                                (自 2018年4月1日              (自 2019年4月1日
                                至 2019年3月31日)               至 2020年3月31日)
     財務活動によるキャッシュ・フロー
      非支配株主からの払込みによる収入                                    92              13
      配当金の支払額                                 △ 4,431             △ 4,435
      非支配株主への配当金の支払額                                   △ 5             △ 5
      自己株式の取得による支出                                  △ 232              △ 0
      自己株式の売却による収入                                   231               0
      連結の範囲の変更を伴わない子会社株式の取得
                                          -            △ 1,313
      による支出
      財務活動によるキャッシュ・フロー                                 △ 4,346             △ 5,741
     現金及び現金同等物に係る換算差額                                     13              △ 6
     現金及び現金同等物の増減額(△は減少)                                   82,231             △ 90,501
     現金及び現金同等物の期首残高                                   726,157              808,389
                                      ※1  808,389            ※1  717,887
     現金及び現金同等物の期末残高
                                  74/148















                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社伊予銀行(E03589)
                                                            有価証券報告書
     【注記事項】
      (連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項)
    1 連結の範囲に関する事項
     (1)  連結子会社         16 社
       連結子会社名は、「第1 企業の概況 4 関係会社の状況」に記載しているため省略しました。
       (連結の範囲の変更)
       いよエバーグリーン農業応援ファンド2号投資事業有限責任組合は、新規設立により、当連結会計年度から連結
      の範囲に含めております。
     (2)  非連結子会社 1社
       会社名
        いよぎん愛媛大学発ベンチャー応援ファンド投資事業有限責任組合
       非連結子会社は、その資産、経常収益、当期純損益(持分に見合う額)、利益剰余金(持分に見合う額)及びその他
      の包括利益累計額(持分に見合う額)等からみて、連結の範囲から除いても企業集団の財政状態及び経営成績に関す
      る合理的な判断を妨げない程度に重要性が乏しいため、連結の範囲から除外しております。
    2 持分法の適用に関する事項

     (1)  持分法適用の非連結子会社
       該当事項はありません。
     (2)  持分法適用の関連会社
       該当事項はありません。
     (3)  持分法非適用の非連結子会社 1社
       会社名
        いよぎん愛媛大学発ベンチャー応援ファンド投資事業有限責任組合
     (4)  持分法非適用の関連会社 3社
       会社名
        いよぎん・REVICインベストメンツ株式会社
        四国アライアンスキャピタル株式会社
        大洲まちづくりファンド有限責任事業組合
       持分法非適用の非連結子会社及び関連会社は、当期純損益(持分に見合う額)、利益剰余金(持分に見合う額)及び
      その他の包括利益累計額(持分に見合う額)等からみて、持分法の対象から除いても連結財務諸表に重要な影響を与
      えないため、持分法の対象から除いております。
    3 連結子会社の事業年度等に関する事項

     (1)  連結子会社の決算日は次のとおりであります。
       12月末日  7社
       3月末日  9社
     (2)  連結子会社については、それぞれの決算日の財務諸表により連結しております。
       連結決算日と上記の決算日との間に生じた重要な取引については、必要な調整を行っております。
    4 会計方針に関する事項

     (1)  商品有価証券の評価基準及び評価方法
       商品有価証券の評価は、時価法(売却原価は移動平均法により算定)により行っております。
     (2)  有価証券の評価基準及び評価方法
      ① 有価証券の評価は、満期保有目的の債券については移動平均法による償却原価法(定額法)、持分法非適用の関
       連会社株式については移動平均法による原価法、その他有価証券については原則として連結決算日の市場価格等
       に基づく時価法(売却原価は移動平均法により算定)、ただし時価を把握することが極めて困難と認められるもの
       については移動平均法による原価法により行っております。
        なお、その他有価証券の評価差額については、全部純資産直入法により処理しております。
                                  75/148



                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社伊予銀行(E03589)
                                                            有価証券報告書
      ② 金銭の信託において信託財産を構成している有価証券の評価は、上記(1)及び(2)①と同じ方法により行ってお
       ります。
     (3)  デリバティブ取引の評価基準及び評価方法
       デリバティブ取引の評価は、時価法により行っております。
     (4)  固定資産の減価償却の方法
      ① 有形固定資産(リース資産を除く)
        有形固定資産は、定率法(ただし、1998年4月1日以後に取得した建物(建物附属設備を除く。)並びに2016年4
       月1日以後に取得した建物附属設備及び構築物については定額法)を採用しております。
        また、主な耐用年数は次のとおりであります。
        建 物:15年~40年
        その他:5年~10年
      ② 無形固定資産(リース資産を除く)
        無形固定資産は、定額法により償却しております。なお、自社利用のソフトウェアについては、当行及び連結
       子会社で定める利用可能期間(主として5年)に基づいて償却しております。
      ③ リース資産
        所有権移転外ファイナンス・リース取引に係る「有形固定資産」及び「無形固定資産」中のリース資産は、
       リース期間を耐用年数とした定額法により償却しております。なお、残存価額については、リース契約上に残価
       保証の取決めがあるものは当該残価保証額とし、それ以外のものは零としております。
     (5)  貸倒引当金の計上基準
       当行の貸倒引当金は、予め定めている償却・引当基準に則り、次のとおり計上しております。
       破産、特別清算等法的に経営破綻の事実が発生している債務者(以下、「破綻先」という。)に係る債権及びそれ
      と同等の状況にある債務者(以下、「実質破綻先」という。)に係る債権については、以下のなお書きに記載されて
      いる直接減額後の帳簿価額から、担保の処分可能見込額及び保証による回収可能見込額を控除し、その残額を計上
      しております。また、現在は経営破綻の状況にないが、今後経営破綻に陥る可能性が大きいと認められる債務者(以
      下、「破綻懸念先」という。)に係る債権については、債権額から、担保の処分可能見込額及び保証による回収可能
      見込額を控除し、その残額のうち、債務者の支払能力を総合的に判断し必要と認める額を計上しております。
       上記以外の債権については、主として今後1年間の予想損失額又は今後3年間の予想損失額を見込んで計上して
      おり、予想損失額は、1年間又は3年間の貸倒実績を基礎とした貸倒実績率の過去の一定期間における平均値に基
      づき損失率を求め、これに必要な修正等を加えて算定しております。
       すべての債権は、資産の自己査定基準に基づき、営業関連部署が資産査定を実施し、当該部署から独立した資産
      監査部署が査定結果を監査しております。
       なお、破綻先及び実質破綻先に対する担保・保証付債権等については、債権額から担保の評価額及び保証による
      回収が可能と認められる額を控除した残額を取立不能見込額として債権額から直接減額しており、その金額は
      19,283百万円(前連結会計年度末は20,253百万円)であります。
       連結子会社の貸倒引当金は、一般債権については過去の貸倒実績率等を勘案して必要と認めた額を、貸倒懸念債
      権等特定の債権については、個別に回収可能性を勘案し、回収不能見込額をそれぞれ計上しております。
     (6)  賞与引当金の計上基準
       賞与引当金は、従業員への賞与の支払いに備えるため、従業員に対する賞与の支給見込額のうち、当連結会計年
      度に帰属する額を計上しております。
     (7)  睡眠預金払戻損失引当金の計上基準
       睡眠預金払戻損失引当金は、負債計上を中止し利益計上を行った睡眠預金の払戻請求に備えるため、過去の払戻
      実績に基づき必要と認められる額を計上しております。
     (8)  偶発損失引当金の計上基準
       偶発損失引当金は、他の引当金で引当対象とした事象以外の偶発事象に対し、将来発生する可能性のある損失を
      見積り、必要と認められる額を計上しております。
     (9)  株式報酬引当金の計上基準
       株式報酬引当金は、株式交付規程に基づく当行取締役(監査等委員である取締役を除く。)及び執行役員への当行
      株式の交付等に備えるため、当連結会計年度末における株式給付債務の見込額を計上しております。
                                  76/148



                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社伊予銀行(E03589)
                                                            有価証券報告書
     (10)   特別法上の引当金の計上基準
       特別法上の引当金は、金融商品取引責任準備金であり、証券事故による損失に備えるため、連結子会社が金融商
      品取引法第46条の5及び金融商品取引業等に関する内閣府令第175条の規定に定めるところにより算出した額を計上
      しております。
     (11)   退職給付に係る会計処理の方法
       退職給付債務の算定にあたり、退職給付見込額を当連結会計年度末までの期間に帰属させる方法については給付
      算定式基準によっております。また、過去勤務費用及び数理計算上の差異の損益処理方法は次のとおりでありま
      す。
       過去勤務費用:その発生時の従業員の平均残存勤務期間内の一定の年数(10年)による定額法により損益処理
       数理計算上の差異:各連結会計年度の発生時の従業員の平均残存勤務期間内の一定の年数(10年)による定額法に
        より按分した額を、それぞれ発生の翌連結会計年度から損益処理
       なお、一部の連結子会社は、退職給付に係る負債及び退職給付費用の計算に、退職給付に係る期末自己都合要支
      給額を退職給付債務とする方法を用いた簡便法を適用しております。
     (12)   外貨建の資産及び負債の本邦通貨への換算基準
       当行の外貨建資産・負債及び海外支店勘定は、連結決算日の為替相場による円換算額を付しております。
       連結子会社の外貨建資産・負債については、それぞれの決算日等の為替相場により換算しております。
     (13)   収益及び費用の計上基準
      ① ファイナンス・リース取引に係る収益の計上基準
        リース料受取時に売上高と売上原価を計上する方法によっております。
      ② オペレーティング・リース取引に係る収益の計上基準
        リース期間に基づくリース契約上の受取るべき月当たりリース料を基準として、その経過期間に対応するリー
       ス料を計上しております。
     (14)   重要なヘッジ会計の方法
      ① 金利リスク・ヘッジ
        当行の金融資産・負債から生じる金利リスクに対するヘッジ会計の方法は、「銀行業における金融商品会計基
       準適用に関する会計上及び監査上の取扱い」(日本公認会計士協会業種別監査委員会報告第24号                                             2002年2月13日)
       に規定する繰延ヘッジによっております。ヘッジ有効性評価の方法については、相場変動を相殺するヘッジにつ
       いて、ヘッジ対象となる預金・貸出金等とヘッジ手段である金利スワップ取引等を一定の(残存)期間毎にグルー
       ピングのうえ特定し評価しております。
      ② 為替変動リスク・ヘッジ
        当行の外貨建金融資産・負債から生じる為替変動リスクに対するヘッジ会計の方法は、「銀行業における外貨
       建取引等の会計処理に関する会計上及び監査上の取扱い」(日本公認会計士協会業種別監査委員会報告第25号
       2002年7月29日)に規定する繰延ヘッジによっております。ヘッジ有効性評価の方法については、外貨建金銭債権
       債務等の為替変動リスクを減殺する目的で行う通貨スワップ取引及び為替スワップ取引等をヘッジ手段とし、
       ヘッジ対象である外貨建金銭債権債務等に見合うヘッジ手段の外貨ポジション相当額が存在することを確認する
       ことによりヘッジの有効性を評価しております。
        また、外貨建その他有価証券(債券以外)の為替変動リスクをヘッジするため、事前にヘッジ対象となる外貨建
       有価証券の銘柄を特定し、当該外貨建有価証券について外貨ベースで取得原価以上の直先負債が存在しているこ
       と等を条件に包括ヘッジとして時価ヘッジを適用しております。
     (15)   連結キャッシュ・フロー計算書における資金の範囲
       連結キャッシュ・フロー計算書における資金の範囲は、連結貸借対照表上の「現金預け金」のうち現金及び日本
      銀行への預け金であります。
     (16)   消費税等の会計処理
       当行及び連結子会社の消費税及び地方消費税の会計処理は、主として税抜方式によっております。
     (17)   連結納税制度の適用
       当行及び一部の連結子会社は、当行を連結納税親会社として、連結納税制度を適用しております。
                                  77/148



                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社伊予銀行(E03589)
                                                            有価証券報告書
     (18)   連結納税制度からグループ通算制度への移行に係る税効果会計の適用
       当行及び一部の連結子会社は、「所得税法等の一部を改正する法律」(2020年法律第8号)において創設されたグ
      ループ通算制度への移行及びグループ通算制度への移行にあわせて単体納税制度の見直しが行われた項目について
      は、「連結納税制度からグループ通算制度への移行に係る税効果会計の適用に関する取扱い」(実務対応報告第39号
      2020年3月31日)第3項の取扱いにより、「税効果会計に係る会計基準の適用指針」(企業会計基準適用指針第28号
      2018年2月16日)第44項の定めを適用せず、繰延税金資産及び繰延税金負債の額について、改正前の税法の規定に基
      づいております。
      (未適用の会計基準等)

    ・「収益認識に関する会計基準」(企業会計基準第29号                          2020年3月31日)
    ・「収益認識に関する会計基準の適用指針」(企業会計基準適用指針第30号                                   2020年3月31日)
    1 概要
      収益認識に関する包括的な会計基準であります。収益は、次の5つのステップを適用し認識されます。
       ステップ1:顧客との契約を識別する。
       ステップ2:契約における履行義務を識別する。
       ステップ3:取引価格を算定する。
       ステップ4:契約における履行義務に取引価格を配分する。
       ステップ5:履行義務を充足した時に又は充足するにつれて収益を認識する。
    2 適用予定日

      2022年3月期の期首より適用予定であります。
    3 当該会計基準等の適用による影響

      影響額は、現在評価中であります。
    ・「時価の算定に関する会計基準」(企業会計基準第30号                           2019年7月4日)

    ・「時価の算定に関する会計基準の適用指針」(企業会計基準適用指針第31号                                    2019年7月4日)
    ・「棚卸資産の評価に関する会計基準」(企業会計基準第9号                             2019年7月4日)
    ・「金融商品に関する会計基準」(企業会計基準第10号                          2019年7月4日)
    ・「金融商品の時価等の開示に関する適用指針」(企業会計基準適用指針第19号                                     2020年3月31日)
    1 概要
      国際的な会計基準の定めとの比較可能性を向上させるため、「時価の算定に関する会計基準」及び「時価の算定に
     関する会計基準の適用指針」(以下「時価算定会計基準等」という。)が開発され、時価の算定方法に関するガイダン
     ス等が定められました。時価算定会計基準等は次の項目の時価に適用されます。
      ・「金融商品に関する会計基準」における金融商品
      ・「棚卸資産の評価に関する会計基準」におけるトレーディング目的で保有する棚卸資産
      また「金融商品の時価等の開示に関する適用指針」が改訂され、金融商品の時価のレベルごとの内訳等の注記事項
     が定められました。
    2 適用予定日

      2022年3月期の期首より適用予定であります。
    3 当該会計基準等の適用による影響

      影響額は、現在評価中であります。
                                  78/148




                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社伊予銀行(E03589)
                                                            有価証券報告書
    ・「会計方針の開示、会計上の変更及び誤謬の訂正に関する会計基準」(企業会計基準第24号                                           2020年3月31日)
    1 概要
      関連する会計基準等の定めが明らかでない場合に、採用した会計処理の原則及び手続きの概要を示すことを目的と
     するものです。
    2 適用予定日

      2021年3月期の年度末より適用予定であります。
    ・「会計上の見積りの開示に関する会計基準」(企業会計基準第31号                                2020年3月31日)

    1 概要
      当年度の財務諸表上に計上した金額が会計上の見積りによるもののうち、翌年度の財務諸表に重要な影響を及ぼす
     リスクがある項目における会計上の見積りの内容について、財務諸表利用者の理解に資する情報を開示することを目
     的とするものです。
    2 適用予定日

      2021年3月期の年度末より適用予定であります。
      (追加情報)

    1 信託を用いた株式報酬制度
      当行は、中長期的な業績の向上と企業価値の増大に貢献する意識を高めることを目的として、当行取締役(監査等委
     員である取締役を除く。)及び執行役員に対し、信託を用いた株式報酬制度を導入しております。
     (1)  取引の概要
       信託は、当行が拠出する資金を原資として、当行株式を取得します。
       当行取締役会が定める株式交付規程に基づき、当行取締役(監査等委員である取締役を除く。)及び執行役員にポ
      イントを付与し、その退任時において、信託を通じてポイントに応じた当行株式及び金銭を交付します。
     (2)  信託が保有する当行の株式に関する事項
      ①  信託が保有する当行株式は、信託における帳簿価額により株主資本において自己株式として計上しております。
      ②  信託における帳簿価額は219百万円(前連結会計年度末は231百万円)であります。
      ③  信託が保有する当行の株式の当連結会計年度末株式数は284千株(前連結会計年度末は300千株)であります。
    2 新型コロナウイルス感染症の影響

      当行及び連結子会社は、新型コロナウイルス感染症の拡大に伴う経済への影響は一定期間続くものと想定し、主に
     貸出金等の信用リスクに今後一定の影響があると認識しております。当連結会計年度の末日現在においては入手して
     いる情報及び合理的であると判断する一定の前提に基づいて貸倒引当金を計上しております。
      ただし、当該仮定は不確実であり、感染拡大リスクの高まりや終息までの期間の長期化により、損失額が増加する
     可能性があります。
                                  79/148







                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社伊予銀行(E03589)
                                                            有価証券報告書
      (連結貸借対照表関係)
     ※1 非連結子会社及び関連会社の株式又は出資金の総額
                            前連結会計年度               当連結会計年度
                            ( 2019年3月31日       )        ( 2020年3月31日       )
       株式                        75 百万円              75 百万円
       出資金                        94 百万円              193  百万円
     2 現先取引等により受け入れている有価証券のうち、売却又は(再)担保という方法で自由に処分できる権利を有す

      る有価証券は次のとおりであります。
                            前連結会計年度               当連結会計年度
                            ( 2019年3月31日       )        ( 2020年3月31日       )
       (再)担保に差し入れている有価証
                                - 百万円            355,563    百万円
       券
     ※3 貸出金のうち破綻先債権額及び延滞債権額は次のとおりであります。

                            前連結会計年度               当連結会計年度
                            ( 2019年3月31日       )        ( 2020年3月31日       )
       破綻先債権額                       2,142   百万円             4,544   百万円
       延滞債権額                      52,652   百万円            57,111   百万円
       なお、破綻先債権とは、元本又は利息の支払の遅延が相当期間継続していることその他の事由により元本又は利
      息の取立て又は弁済の見込みがないものとして未収利息を計上しなかった貸出金(貸倒償却を行った部分を除く。以
      下、「未収利息不計上貸出金」という。)のうち、法人税法施行令(1965年政令第97号)第96条第1項第3号イからホ
      までに掲げる事由又は同項第4号に規定する事由が生じている貸出金であります。
       また、延滞債権とは、未収利息不計上貸出金であって、破綻先債権及び債務者の経営再建又は支援を図ることを
      目的として利息の支払を猶予した貸出金以外の貸出金であります。
     ※4 貸出金のうち3ヵ月以上延滞債権額は次のとおりであります。

                            前連結会計年度               当連結会計年度
                            ( 2019年3月31日       )        ( 2020年3月31日       )
       3ヵ月以上延滞債権額                       2,811   百万円             2,614   百万円
       なお、3ヵ月以上延滞債権とは、元本又は利息の支払が、約定支払日の翌日から3月以上遅延している貸出金で
      破綻先債権及び延滞債権に該当しないものであります。
     ※5 貸出金のうち貸出条件緩和債権額は次のとおりであります。

                            前連結会計年度               当連結会計年度
                            ( 2019年3月31日       )        ( 2020年3月31日       )
       貸出条件緩和債権額                      15,883   百万円            15,418   百万円
       なお、貸出条件緩和債権とは、債務者の経営再建又は支援を図ることを目的として、金利の減免、利息の支払猶
      予、元本の返済猶予、債権放棄その他の債務者に有利となる取決めを行った貸出金で破綻先債権、延滞債権及び
      3ヵ月以上延滞債権に該当しないものであります。
     ※6 破綻先債権額、延滞債権額、3ヵ月以上延滞債権額及び貸出条件緩和債権額の合計額は次のとおりであります。

                            前連結会計年度               当連結会計年度
                            ( 2019年3月31日       )        ( 2020年3月31日       )
       合計額                      73,490   百万円            79,690   百万円
       なお、上記3から6に掲げた債権額は、貸倒引当金控除前の金額であります。
                                  80/148





                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社伊予銀行(E03589)
                                                            有価証券報告書
     㯿ᜰb䭟扒牟ᔰ漰İಒ肈䱩洰欰䨰儰讑톇赕䙔셏᪊ࡗ﩮隐極⠰殕ꈰ夰譏᪊ࡎ੓쨰獶פֿਰ湓홢焰䐰ഀ⡥ⱑ沊赏᪊ࡘ呏
      業種別監査委員会報告第24号              2002年2月13日)に基づき金融取引として処理しております。これにより受け入れた
      商業手形及び買入外国為替等は、売却又は(再)担保という方法で自由に処分できる権利を有しておりますが、その
      額面金額は次のとおりであります。
               前連結会計年度                         当連結会計年度
              ( 2019年3月31日       )                 ( 2020年3月31日       )
                26,475   百万円                     18,514   百万円
     ※8 担保に供している資産は次のとおりであります。

                            前連結会計年度               当連結会計年度
                            ( 2019年3月31日       )        ( 2020年3月31日       )
       担保に供している資産
        買現先勘定                       - 百万円            355,563    百万円
        有価証券                     336,215    百万円            701,931    百万円
        貸出金                     400,033    百万円            370,591    百万円
        計                     736,248    百万円           1,428,086     百万円
       担保資産に対応する債務

        預金                     10,283   百万円            27,684   百万円
        売現先勘定                     49,820   百万円            30,357   百万円
        債券貸借取引受入担保金                     76,968   百万円            198,436    百万円
        借用金                     355,523    百万円            760,024    百万円
       上記のほか、為替決済等の取引の担保として、次のものを差し入れております。
                            前連結会計年度               当連結会計年度
                            ( 2019年3月31日       )        ( 2020年3月31日       )
        有価証券                       441  百万円              437  百万円
        その他資産                     50,000   百万円            50,000   百万円
       また、その他資産には、金融商品等差入担保金、保証金及び敷金が含まれておりますが、その金額は次のとおり
      であります。
                            前連結会計年度               当連結会計年度
                            ( 2019年3月31日       )        ( 2020年3月31日       )
        金融商品等差入担保金                      3,567   百万円             9,363   百万円
        保証金                       83 百万円              75 百万円
        敷金                       285  百万円              280  百万円
     

      約上規定された条件について違反がない限り、一定の限度額まで資金を貸付けることを約する契約であります。こ
      れらの契約に係る融資未実行残高は次のとおりであります。
                            前連結会計年度               当連結会計年度
                            ( 2019年3月31日       )        ( 2020年3月31日       )
       融資未実行残高                     1,186,205     百万円           1,180,388     百万円
        うち原契約期間が1年以内のも                    1,050,558     百万円           1,053,999     百万円
        の又は任意の時期に無条件で取
        消可能なもの
       なお、これらの契約の多くは、融資実行されずに終了するものであるため、融資未実行残高そのものが必ずしも
      当行及び連結子会社の将来のキャッシュ・フローに影響を与えるものではありません。これらの契約の多くには、
      金融情勢の変化、債権の保全及びその他相当の事由があるときは、当行及び連結子会社が実行申し込みを受けた融
      資の拒絶又は契約極度額の減額をすることができる旨の条項が付けられております。また、契約時において必要に
      応じて不動産・有価証券等の担保を徴求するほか、契約後も定期的に予め定めている行内(社内)手続に基づき顧客
      の業況等を把握し、必要に応じて契約の見直し、与信保全上の措置等を講じております。
                                  81/148



                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社伊予銀行(E03589)
                                                            有価証券報告書
     㬀㄀〰Wὗ〰湑越問ꄰ殕ꈰ夰譬핟謀⠀㄀㤀㤀㡞瓿፧ࠀ㌀ㅥ汞ͬ핟譻Ⰰ㌀㑓⤰歗侮攰䴰ş厈䰰湎譩浵⠰湗ὗ〰湑越問ꄰ銈䰰䐰Ɗ
      価差額については、当該評価差額に係る税金相当額を「再評価に係る繰延税金負債」として負債の部に計上し、こ
      れを控除した金額を「土地再評価差額金」として純資産の部に計上しております。
       再評価を行った年月日
        1998年3月31日
       同法律第3条第3項に定める再評価の方法
        土地の再評価に関する法律施行令(1998年3月31日公布政令第119号)第2条のうち主に第1号に定める地価公示
       価格、第2号に定める基準地標準価格に基づいて、奥行価格補正、時点修正等合理的な調整を行って算出。
       同法律第10条に定める再評価を行った事業用の土地の期末における時価の合計額と当該事業用の土地の再評価後
       の帳簿価額の合計額との差額
               前連結会計年度                         当連結会計年度
              ( 2019年3月31日       )                 ( 2020年3月31日       )
                15,801   百万円                     13,177   百万円
     ※11 有形固定資産の減価償却累計額

                            前連結会計年度               当連結会計年度
                            ( 2019年3月31日       )        ( 2020年3月31日       )
       減価償却累計額                      54,375   百万円            54,297   百万円
     ※12 有形固定資産の圧縮記帳額

                            前連結会計年度               当連結会計年度
                            ( 2019年3月31日       )        ( 2020年3月31日       )
       圧縮記帳額                       8,399   百万円             8,256   百万円
        (当該連結会計年度の圧縮記帳額)                       ( 14 百万円)              ( - 百万円)
     ※13 「有価証券」中の社債のうち、有価証券の私募(金融商品取引法第2条第3項)による社債に対する保証債務の額

               前連結会計年度                         当連結会計年度
              ( 2019年3月31日       )                 ( 2020年3月31日       )
                55,413   百万円                     60,466   百万円
     14 元本補填契約のある信託の元本金額は、次のとおりであります。

                            前連結会計年度               当連結会計年度
                            ( 2019年3月31日       )        ( 2020年3月31日       )
       金銭信託                         31 百万円              28 百万円
                                  82/148









                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社伊予銀行(E03589)
                                                            有価証券報告書
      (連結損益計算書関係)
     ※1 営業経費には、次のものを含んでおります。
                            前連結会計年度               当連結会計年度
                           (自    2018年4月1日             (自    2019年4月1日
                           至   2019年3月31日       )      至   2020年3月31日       )
       給料・手当                      21,699   百万円            21,223   百万円
     ※2 その他の経常費用には、次のものを含んでおります。

                            前連結会計年度               当連結会計年度
                           (自    2018年4月1日             (自    2019年4月1日
                           至   2019年3月31日       )      至   2020年3月31日       )
       貸出金償却                        15 百万円              20 百万円
       株式等償却                       1,004   百万円              399  百万円
     ※3 減損損失

      前連結会計年度(自 2018年4月1日 至 2019年3月31日)
       重要性が乏しいため、記載を省略しております。
      当連結会計年度(自 2019年4月1日 至 2020年3月31日)

       継続的な地価の下落及び営業キャッシュ・フローの低下等により、以下の資産グループについて帳簿価額を回収
      可能価額まで減額し、当該減少額931百万円を減損損失として特別損失に計上しております。
           地域           主な用途             種類           減損損失
       愛媛県内            営業用店舗等14か所            土地及び建物等                 912  百万円
                                (うち土地)                (678  百万円)
                                (うち建物)                (186  百万円)
       愛媛県内            遊休資産  2か所            土地及び建物                  17 百万円
                                (うち土地)                 (16  百万円)
                                (うち建物)                 (0 百万円)
       愛媛県外            営業用店舗等1か所            土地及び建物                  1 百万円
                                (うち土地)                 (0 百万円)
                                (うち建物)                 (0 百万円)
       合計                        土地及び建物等                 931  百万円
                                (うち土地)                (696  百万円)
                                (うち建物)                (188  百万円)
       当行は、管理会計上の最小区分である営業店単位(ただし、連携して営業を行っている営業店グループは当該グ
      ループ単位)でグルーピングを行っております。
       また、連結子会社は各社を一つの単位としてグルーピングを行っております。
       なお、当資産グループの減損損失の測定に使用した回収可能価額は正味売却価額であり、不動産鑑定評価基準に
      基づき評価した額より処分費用見込額を控除して算定しております。
                                  83/148







                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社伊予銀行(E03589)
                                                            有価証券報告書
      (連結包括利益計算書関係)
     ※1 その他の包括利益に係る組替調整額及び税効果額
                                               (単位:百万円)
                             前連結会計年度               当連結会計年度
                           (自    2018年4月1日            (自    2019年4月1日
                            至   2019年3月31日       )      至   2020年3月31日       )
       その他有価証券評価差額金
        当期発生額                          △6,419                15,553
        組替調整額                          △4,156               △3,529
         税効果調整前
                                 △10,575                12,023
                                   3,355              △3,975
         税効果額
         その他有価証券評価差額金                         △7,220                8,048
       繰延ヘッジ損益
        当期発生額                          △4,334                △287
                                   3,895               3,652
        組替調整額
         税効果調整前
                                   △439               3,365
                                    133             △1,026
         税効果額
         繰延ヘッジ損益
                                   △305               2,338
       退職給付に係る調整額
        当期発生額                          △7,771               △1,070
                                   △704               △985
        組替調整額
         税効果調整前
                                  △8,475               △2,056
                                   2,585                627
         税効果額
         退職給付に係る調整額                         △5,890               △1,429
          その他の包括利益合計                       △13,415                 8,957
                                  84/148












                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社伊予銀行(E03589)
                                                            有価証券報告書
      (連結株主資本等変動計算書関係)
      前連結会計年度(自           2018年4月1日        至    2019年3月31日       )
    1 発行済株式の種類及び総数並びに自己株式の種類及び株式数に関する事項
                                                    (単位:千株)
               当連結会計年度         当連結会計年度         当連結会計年度         当連結会計年度末
                                                      摘要
                期首株式数         増加株式数         減少株式数          株式数
     発行済株式
      普通株式             323,775            -         -       323,775
        合計           323,775            -         -       323,775
     自己株式
      普通株式              7,422          302         422        7,302    (注)1,2,3
        合計            7,422          302         422        7,302
     (注)   1 自己株式のうち普通株式の増加302千株は、株式報酬制度に係る信託における取得による増加300千株及び単
         元未満株式の買取りによる増加2千株であります。
        2 自己株式のうち普通株式の減少422千株は、株式報酬制度に係る信託への第三者割当による自己株式の処分
         による減少300千株及び新株予約権の権利行使による減少122千株であります。
        3 自己株式のうち普通株式の当連結会計年度末株式数には、株式報酬制度に係る信託が保有する当行株式300
         千株が含まれております。
    2 新株予約権及び自己新株予約権に関する事項

                         新株予約権の目的となる株式の数(株)

               新株予約権
                                               当連結会計
         新株予約権
               の目的とな
     区分                        当連結会計年度                 年度末残高        摘要
                     当連結会計                   当連結会計
               る株式の種
          の内訳
                                               (百万円)
                      年度期首                    年度末
                 類
                             増加      減少
         ストック・
         オプション
     当行                        ―――                     397
         としての新
         株予約権
         合計                     ―――                     397
    3 配当に関する事項

     (1)  当連結会計年度中の配当金支払額
                        配当金の総額        1株当たり配当額

       (決議)        株式の種類                           基準日         効力発生日
                         (百万円)          (円)
     2018年5月11日
                普通株式            2,214         7.00    2018年3月31日          2018年6月7日
     取締役会
     2018年11月9日
                普通株式            2,217         7.00    2018年9月30日          2018年12月10日
     取締役会
     (注) 2018年11月9日取締役会決議による配当金の総額には、株式報酬制度に係る信託が保有する当行株式に対する
       配当金2百万円が含まれております。
     (2)  基準日が当連結会計年度に属する配当のうち、配当の効力発生日が当連結会計年度の末日後となるもの

                    配当金の総額             1株当たり

       (決議)       株式の種類             配当の原資                基準日         効力発生日
                     (百万円)            配当額(円)
     2019年5月10日
               普通株式         2,217    利益剰余金          7.00    2019年3月31日          2019年6月6日
     取締役会
     (注) 配当金の総額には、株式報酬制度に係る信託が保有する当行株式に対する配当金2百万円が含まれておりま
       す。
                                  85/148




                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社伊予銀行(E03589)
                                                            有価証券報告書
      当連結会計年度(自           2019年4月1日        至    2020年3月31日       )
    1 発行済株式の種類及び総数並びに自己株式の種類及び株式数に関する事項
                                                    (単位:千株)
               当連結会計年度         当連結会計年度         当連結会計年度         当連結会計年度末
                                                      摘要
                期首株式数         増加株式数         減少株式数          株式数
     発行済株式
      普通株式             323,775            -         -       323,775
        合計           323,775            -         -       323,775
     自己株式
      普通株式              7,302           0         81        7,222    (注)1,2,3
        合計            7,302           0         81        7,222
     (注)   1 自己株式のうち普通株式の増加0千株は、単元未満株式の買取りによる増加であります。
        2 自己株式のうち普通株式の減少81千株は、株式報酬制度における当行株式の交付等による減少15千株及び新
         株予約権の権利行使による減少65千株であります。
        3 自己株式のうち普通株式の当連結会計年度期首株式数及び当連結会計年度末株式数には、株式報酬制度に係
         る信託が保有する当行株式がそれぞれ300千株、284千株含まれております。
    2 新株予約権及び自己新株予約権に関する事項

                         新株予約権の目的となる株式の数(株)

               新株予約権
                                               当連結会計
         新株予約権      の目的とな
     区分                        当連結会計年度                 年度末残高        摘要
                     当連結会計                   当連結会計
               る株式の種
          の内訳
                                               (百万円)
                      年度期首                    年度末
                 類
                             増加      減少
         ストック・
         オプション
     当行                        ―――                     343
         としての新
         株予約権
         合計                     ―――                     343
    3 配当に関する事項

     (1)  当連結会計年度中の配当金支払額
                        配当金の総額        1株当たり配当額

       (決議)        株式の種類                           基準日         効力発生日
                         (百万円)          (円)
     2019年5月10日
                普通株式            2,217         7.00    2019年3月31日          2019年6月6日
     取締役会
     2019年11月8日
                普通株式            2,217         7.00    2019年9月30日          2019年12月10日
     取締役会
     (注)   1 2019年5月10日取締役会決議による配当金の総額には、株式報酬制度に係る信託が保有する当行株式に対す
         る配当金2百万円が含まれて