永大化工株式会社 有価証券報告書 第65期(平成31年4月1日-令和2年3月31日)

提出書類 有価証券報告書-第65期(平成31年4月1日-令和2年3月31日)
提出日
提出者 永大化工株式会社
カテゴリ 有価証券報告書

                     EDINET提出書類
                    永大化工株式会社(E02441)
                      有価証券報告書
 【表紙】

 【提出書類】        有価証券報告書

 【根拠条文】        金融商品取引法第24条第1項

 【提出先】        近畿財務局長

 【提出日】        2020年6月26日

 【事業年度】        第65期(自 2019年4月1日 至 2020年3月31日)

 【会社名】        永大化工株式会社

 【英訳名】        EIDAI KAKO CO.,LTD.

 【代表者の役職氏名】        代表取締役社長 浦 義則

 【本店の所在の場所】        大阪市平野区平野北二丁目3番9号

 【電話番号】        (06)6791―3355(代表)

 【事務連絡者氏名】        執行役員管理本部長 田中 敏幸

 【最寄りの連絡場所】        大阪市平野区平野北二丁目3番9号

 【電話番号】        (06)6791―3355(代表)

 【事務連絡者氏名】        執行役員管理本部長 田中 敏幸

 【縦覧に供する場所】        株式会社東京証券取引所

          (東京都中央区日本橋兜町2番1号)

             1/93









                     EDINET提出書類
                    永大化工株式会社(E02441)
                      有価証券報告書
 第一部 【企業情報】
 第1 【企業の概況】

 1 【主要な経営指標等の推移】

  (1) 連結経営指標等
    回次    第61期   第62期   第63期   第64期   第65期

    決算年月    2016年3月   2017年3月   2018年3月   2019年3月   2020年3月

  売上高    (千円)  6,695,868   6,912,585   8,101,662   8,093,203   8,097,815

  経常利益    (千円)   40,690   189,780   235,918   355,963   232,396

  親会社株主に帰属する
      (千円)   26,091   150,336   189,760   259,623   136,752
  当期純利益
  包括利益    (千円)  △39,766   149,461   236,959   214,573   96,787
  純資産額    (千円)  6,203,779   6,302,416   6,475,541   6,620,241   6,881,015

  総資産額    (千円)  7,931,334   8,354,295   8,815,991   8,970,734   9,442,192

  1株当たり純資産額     (円)   979.60   995.27  5,114.19   5,229.03   4,849.56

  1株当たり当期純利益     (円)   4.12   23.74   149.85   205.05   95.51

  潜在株式調整後
      (円)   ─   ―   ―   ―   ―
  1株当たり当期純利益
  自己資本比率     (%)   78.2   75.4   73.5   73.8   72.9
  自己資本利益率     (%)   0.4   2.4   3.0   4.0   2.0

  株価収益率     (倍)   72.82   12.05   12.55   7.95   14.26

  営業活動による
      (千円)   258,709   338,529   239,085   593,915   98,388
  キャッシュ・フロー
  投資活動による
      (千円)  △173,280  △163,462  △249,241  △288,828  △254,007
  キャッシュ・フロー
  財務活動による
      (千円)  △36,472  △67,624  △80,633   22,126   168,389
  キャッシュ・フロー
  現金及び現金同等物
      (千円)  1,774,281   1,872,849   1,762,390   2,086,734   2,160,872
  の期末残高
  従業員数
         426   444   468   493   486
  〔外 平均臨時     (名)
         〔32〕  〔38〕  〔46〕  〔27〕  〔37〕
  雇用者数〕
  (注) 1 売上高には、消費税等は含まれておりません。
   2 潜在株式調整後1株当たり当期純利益については、潜在株式が存在しないため記載しておりません。
   3 「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」(企業会計基準第28号 平成30年2月16日)等を第64期の期
   首から適用しており、第63期に係る主要な経営指標等については、当該会計基準等を遡って適用した後の指
   標等となっております。
   4 2018年10月1日付けで普通株式5株につき普通株式1株の割合で株式併合を行っております。第63期の期首
   に当該株式併合が行われたと仮定し、1株当たり純資産額、1株当たり当期純利益を算定しております。
             2/93





                     EDINET提出書類
                    永大化工株式会社(E02441)
                      有価証券報告書
  (2) 提出会社の経営指標等
    回次    第61期   第62期   第63期   第64期   第65期

    決算年月    2016年3月   2017年3月   2018年3月   2019年3月   2020年3月

  売上高    (千円)  6,589,420   6,733,419   8,002,439   7,893,289   6,994,990

  経常利益    (千円)   47,129   195,340   199,776   291,507   153,585

  当期純利益    (千円)   24,987   161,318   180,416   201,106   83,840

  資本金    (千円)  1,241,700   1,241,700   1,241,700   1,241,700   1,241,700

  発行済株式総数     (株)  7,300,000   7,300,000   7,300,000   1,460,000   1,460,000

  純資産額    (千円)  5,936,417   6,071,643   6,229,256   6,338,672   6,586,777

  総資産額    (千円)  7,518,420   8,131,311   8,435,070   8,760,133   8,505,824

  1株当たり純資産額     (円)   937.38   958.83  4,919.69   5,006.63   4,642.18

  1株当たり配当額
          8   10   11   65   65
  (内1株当たり     (円)
         (─)   (―)   (―)   (―)   (―)
  中間配当額)
  1株当たり当期純利益     (円)   3.95   25.47   142.47   158.84   58.56
  潜在株式調整後
      (円)   ─   ―   ―   ―   ―
  1株当たり当期純利益
  自己資本比率     (%)   79.0   74.7   73.8   72.4   77.4
  自己資本利益率     (%)   0.4   2.7   2.9   3.2   1.3

  株価収益率     (倍)   76.04   11.23   13.2   10.3   23.26

  配当性向     (%)   202.76   39.25   38.6   40.9  110.01

  従業員数
         110   111   111   117   125
  〔外 平均臨時     (名)
         〔32〕  〔30〕  〔33〕  〔27〕  〔22〕
  雇用者数〕
  株主総利回り     (%)   105.1   103.8   138.2   125.7   111.7
  (比較指標:
  TOPIX(東証株価指数))     (%)   (87.3 )  (98.0 )  (111.2 )  (103.1 )  (90.9 )
                 1,810
  最高株価     (円)   323   309   420     1,774
                 (392)
                 1,510
  最低株価     (円)   286   239   278     1,309
                 (349)
  (注) 1 売上高には、消費税等は含まれておりません。
   2 潜在株式調整後1株当たり当期純利益については、潜在株式が存在しないため記載しておりません。
   3 「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」(企業会計基準第28号 平成30年2月16日)等を第64期の期
   首から適用しており、第63期に係る主要な経営指標等については、当該会計基準等を遡って適用した後の指
   標等となっております。
   4 2018年10月1日付けで普通株式5株につき普通株式1株の割合で株式併合を行っております。第63期の期首
   に当該株式併合が行われたと仮定し、1株当たり純資産額、1株当たり当期純利益を算定しております。
     なお、第61期から第63期の1株当たり配当額については、当該株式併合前の実際の配当額を記載しておりま
   す。
   5 最高株価及び最低株価は、東京証券取引所JASDAQ(スタンダード)におけるものであります。なお、
   2019年3月期の株価については株式併合後の最高株価及び最低株価を記載しており、株式併合前の最高株価
   及び最低株価を括弧内に記載しております。
             3/93




                     EDINET提出書類
                    永大化工株式会社(E02441)
                      有価証券報告書
 2 【沿革】
  年月          概要

  1949年6月   大阪市生野区に「丸和ビニール工業所」を創業し、ビニール押出加工業を開始。
     「丸和ビニール工業所」を引き継ぎ、資本金3,000千円をもって、大阪市東住吉区(現 大阪市平
  1956年11月
     野区)に永大化工株式会社を設立。
  1958年1月   ABIRON商標による工業用異型パッキング専門メーカーとして本格的生産を開始。
  1962年4月   東京都足立区に東京出張所を設置。
  1968年8月   栃木県小山市に小山工場を設置し、これにより東京出張所を廃止。
     滋賀県大津市に滋賀工場(その後1993年4月の機構改革により滋賀営業所に呼称変更)を設置。
  1968年9月
     奈良県北葛城郡香芝町(現 奈良県香芝市)に奈良工場を設置し硬質分野に進出、合理化設備を導
  1969年10月
     入。
  1970年12月   柏田化学株式会社を吸収合併し柏田工場を設置。
  1972年10月   原料分野合理化のため、柏田工場を奈良工場に統合。
  1972年10月   業容拡大のため、栃木県下都賀郡大平町に栃木工場を設置し、小山工場を統合。
  1975年10月   カーマットの生産を開始。
  1979年12月   台湾高雄市に合弁による現地法人楠泰塑膠(股)(子会社)を設立。
  1980年4月   栃木工場が分離独立し、エイダイ株式会社(子会社)として発足。
  1987年9月   エイダイ株式会社を吸収合併し、栃木工場(現 大平工場)を設置。
  1990年8月   大阪市平野区に横浜ボンドマグネット株式会社(子会社)を設立。
  1993年3月   横浜ボンドマグネット株式会社を解散。
  1993年5月   奈良県天理市に天理工場を設置。
  1994年4月   大阪市平野区に本社新社屋完成。
  1995年10月   ベトナムホーチミン市に合弁による現地法人永大化工ベトナム会社(現・連結子会社)を設立。
  1995年11月   日本証券業協会に店頭登録。
  1996年5月   栃木県上都賀郡粟野町(現 栃木県鹿沼市)に新栃木工場を設置。
  1998年3月   天理工場がISO9001適合事業所となる。
  1998年3月   米国法人ストランデックス社と実施権許諾独占契約を締結。
  2001年2月   奈良工場がISO9001適合事業所となる。
  2003年1月   中国上海市に100%出資による現地法人永代化工(上海)有限公司(子会社)を設立。
  2004年12月   日本証券業協会への店頭登録を取消し、ジャスダック証券取引所に株式を上場。
  2005年7月   滋賀営業所を廃止し、滋賀県甲賀市に滋賀工場を設置。
  2006年9月   天理工場がエコアクション21認証取得。
  2009年10月   奈良工場がエコアクション21認証取得。
  2009年10月   ストランデックス事業部門を譲渡。
  2009年10月   永代化工(上海)有限公司を売却。
     ジャスダック証券取引所と大阪証券取引所の合併に伴い、大阪証券取引所(JASDAQ市場)
  2010年4月
     に株式を上場。
  2010年9月   楠泰塑膠(股)を清算。
     大阪証券取引所ヘラクレス市場、同取引所JASDAQ市場及び同取引所NEO市場の各市場の
  2010年10月
     統合に伴い、大阪証券取引所JASDAQ(スタンダード)に株式を上場。
     東京証券取引所と大阪証券取引所の統合に伴い、東京証券取引所JASDAQ(スタンダード)
  2013年7月
     に上場。
     中国天台市に100%出資による現地法人天台永大貿易有限公司(子会社)を設立。
  2014年1月
     天台永大貿易有限公司(子会社)を清算。
  2017年4月
     株式会社K&M(現・連結子会社)と株式交換契約を締結。
  2019年4月
     監査等委員会設置会社へ移行。
  2019年6月
             4/93




                     EDINET提出書類
                    永大化工株式会社(E02441)
                      有価証券報告書
 3 【事業の内容】
  当社グループ(当社及び当社の関係会社)は、当社及び連結子会社2社で構成され、合成樹脂各種成形品の製造及び
  販売を行っております。
  当社及び当社の関係会社の事業における当社及び関係会社の位置付け及びセグメントとの関連は、次のとおりであ

  ります。なお、セグメントと同一の区分であります。
  自動車用品関連

   自動車用フロアーマットの製造販売をしております。
  (主な関係会社)当社及び永大化工ベトナム会社

  産業資材関連

   エアコンダクト、家庭冷蔵庫用部材、事務デスク用部材、プラスチック竹パネル、住宅用内装材、風呂蓋、マガ
  ジンスティック、端子台用カバーの製造販売及び乾燥機用スタンド、オフィスチェアー、下水道用補修部材、合成
  木材等の製造販売をしております。
  (主な関係会社)当社、永大化工ベトナム会社及び株式会社K&M

  事業系統図は、次のとおりであります。

             5/93













                     EDINET提出書類
                    永大化工株式会社(E02441)
                      有価証券報告書
 4 【関係会社の状況】
               議決権の

          資本金  主要な
   名称    住所        所有割合   関係内容
          又は出資金  事業の内容
               (%)
 (連結子会社)
                 製品の販売及び原材料有償
      TAN THUAN
                 支給
            自動車用品関
 永大化工ベトナム会社
      EXPORT
          4,000千US$  連及び産業資   100.00
                 原材料及び製品の仕入
       (注)1、2
            材関連
      PROCESSING  ZONE         資金の貸付
                 役員の兼任等(2名)
 株式会社K&M

      滋賀県甲賀市    99,000千円  産業資材関連   100.00 資金の貸付
       (注)1、3
  (注) 1 主要な事業の内容欄には、セグメントの名称を記載しております。

   2 特定子会社に該当しております。
   3.株式会社K&Mについては、売上高(連結会社相互間の内部売上高を除く)の連結売上高に占める割合が10%
   を超えております。
   主要な損益情報等    ①  売上高       948,744千円
       ②  経常利益      68,700 〃
       ③  当期純利益    37,953 〃
       ④  純資産額     308,586  〃
       ⑤  総資産額     923,624  〃
 5 【従業員の状況】

  (1) 連結会社の状況
                 2020年3月31日   現在
     セグメントの名称          従業員数(名)
  自動車用品関連               325  [  17]
  産業資材関連               99 [  15]
  全社(共通)               62 [   5]
      合計          486  [  37]
  (注) 1 従業員数は就業人員(グループ外から当社グループへの出向者を含んでおります。)であり、臨時従業員数
   (パートタイマー及び嘱託契約の従業員を含み、派遣社員は除いております。)は[ ]内に年間の平均人員を
   外数で記載しております。
   2 全社(共通)として記載されている従業員数は、特定のセグメントに区分できない管理部門に所属しているも
   のであります。
  (2) 提出会社の状況

                 2020年3月31日   現在
   従業員数(名)     平均年齢(歳)     平均勤続年数(年)     平均年間給与(千円)
    125 [  22]    41.5     14.7     5,449
     セグメントの名称          従業員数(名)

  自動車用品関連               83 [  12]
  産業資材関連               27 [   5]
  全社(共通)               15 [   5]
      合計          125  [  22]
  (注) 1 従業員数は就業人員であり、臨時従業員数(パートタイマー及び嘱託契約の従業員を含み、派遣社員は除い
   ております。)は[ ]内に年間の平均人員を外数で記載しております。
   2 平均年間給与は、賞与及び基準外賃金を含んでおります。
   3 全社(共通)として記載されている従業員数は、特定のセグメントに区分できない管理部門に所属しているも
   のであります。
  (3) 労働組合の状況

  (イ)提出会社の労働組合は、永大化工労働組合と称し、労働条件の維持改善及び経済的地位の向上をはかるため、
             6/93

                     EDINET提出書類
                    永大化工株式会社(E02441)
                      有価証券報告書
   1972年5月17日に結成されており、2020年3月31日現在における組合員数は77名であります。
    なお、労使関係は円滑に推移しており、特記すべき事項はありません。
  (ロ)連結子会社においても、労働組合は結成されております。

    なお、労使関係は円滑に推移しており、特記すべき事項はありません。
             7/93



















                     EDINET提出書類
                    永大化工株式会社(E02441)
                      有価証券報告書
 第2 【事業の状況】
 1 【経営方針、経営環境及び対処すべき課題等】

   経営方針、経営環境及び対処すべき課題の内容
   文中の将来に関する事項は、当連結会計年度末現在において、当社グループが判断したものであります。
   当社グループは創業から今日まで異型押出成形加工を中心に合成樹脂製品のメーカーとして、卓越した独自の技

  術を根底にその技術を時代に対応させながら、新しい分野へと応用していく研究開発活動を通し、合成樹脂メー
  カーとして産業資材分野および自動車用品分野において、企画開発設計から提案までトータルにサポートできる
  「ものづくり企業」を目指して社会の発展に貢献しようと考えております。
   産業資材部門では、各々の用途に応じた異型押出成形加工によるプラスチック製品の製造販売を行い、住宅用建
  材、鋼製家具関連部材、家電製品部材、半導体関連部材、工業部品など広範囲な産業分野に供給しておりますが、
  これらの製品は、エンドユーザーである個人の消費動向に左右され易く、経営成績に影響を及ぼす可能性があるこ
  とから、個人消費の影響を受けにくい分野である公共事業関連にも注力し、安定的な収益確保を図る事を課題とし
  ております。
   自動車用品部門では、自動車用フロアーマットの製造販売を主軸とし、国内外の大手自動車メーカーのOEM純正
  フロア―マットとして採用いただいておりますが、これらは自動車の販売動向が、当事業の販売実績に直結するこ
  とは否めません。当社においては、自動車メーカーのOEM純正品として、より高い付加価値を提供するため、製品
  開発力を強化することを課題とし、国内外の自動車販売台数の減少が懸念される中において、シェアの拡大および
  収益拡大を図ろうと考えております。
   当社グループは生産拠点を国内外に有しますが、今後においては、事業継続計画の観点からも国内外への生産拠
  点の分散は必至であると考えられ、その対策と実施を課題といたします。また、海外での生産拠点を起点として、
  同国および近隣諸国への販売拡大を課題とし、体制を整え推進しております。
   当社グループでは、これらの課題を克服する為、経営方針である「英知と活力を集結して事業の発展を目指し、
  法令順守のもと我々が誇れる会社を目指す。」の下、ビジョンとして「合成樹脂の可能性を切り拓き、新しい未来
  を創出しよう」を掲げ、中期的な全社実行計画を策定し、販売・生産・技術開発・品質・購買・財務・人材育成・
  環境・安全の9部門に重点方針を定め、全従業員参加で課題解決・目標達成に邁進しております。
   永続的な事業継続の礎として、法令順守の旗のもと、リスクマネジメントの強化とコンプライアンスの徹底を図
  り、環境、社会に配慮した企業活動を行いたいと考えております。
 2 【事業等のリスク】

  有価証券報告書に記載した事業の状況、経理の状況等に関する事項のうち、経営者が連結会社の財政状態、経営成
  績及びキャッシュ・フローの状況に重要な影響を与える可能性があると認識している主要なリスクは、以下のとおり
  であります。
  なお、文中の将来に関する事項は、当連結会計年度末現在において当社グループが判断したものであります。
  (1) 事業内容について
   異型押出成形加工による合成樹脂製品の専門メーカーとして、自動車用品をはじめ住宅用建材、鋼製家具関連部
  材、家電製品部材、半導体関連部材、工業部品など幅広く各産業分野に製品の供給を行っております。
  ① 自動車用品部門について
   自動車用フロアーマットの製造販売を主軸とし、国内外の大手自動車メーカーの純正品として採用されており
   ます。これらOEM純正フロアーマットは、自動車の販売動向が当事業の販売実績に直結することは否めないこ
   とから、当社グループの経営成績および財政状態に影響を及ぼす可能性があります。
  ② 産業資材部門について
   汎用樹脂のみならず、多彩なエンジニアリングプラスチックに至るまで、各々の用途に応じた異型押出成形加
   工によるプラスチック製品の製造販売を行っており住宅用建材、鋼製家具関連部材、家電製品部材、半導体関連
   部材、工業部品など広範囲な産業分野に供給しております。これらの製品は、エンドユーザーである個人の消費
   動向に左右され易く、特に住宅や家電製品の需給関係によっては、当社グループの経営成績および財政状態に影
   響を及ぼす可能性があります。
             8/93



                     EDINET提出書類
                    永大化工株式会社(E02441)
                      有価証券報告書
  (2) 原材料の仕入価格の変動について
   当社グループで製造する異型押出成形品の主原料が石油化学製品であることから、原材料の仕入価格は国際的な
  原油市場と関係があり、原油価格の大幅な価格変動が原材料の仕入価格に影響を及ぼす傾向があります。国際石油
  価格の著しい変動により、石油化学製品市場に大幅な価格変動が発生した場合、仕入価格の上昇によっては当社グ
  ループの経営成績および財政状態に影響を及ぼす可能性があります。
  (3) 為替相場の変動による影響について

   当社グループの取り扱う製品および商品、または原材料には、外貨建取引が含まれております。各地域における
  売上、費用、資産を含む現地通貨建ての項目は、連結財務諸表作成のために円換算しております。従いまして、換
  算時の為替レートにより、円換算後の価値が影響を受ける可能性があります。日本への輸入品については、為替相
  場の変動によるリスクを軽減する目的で、為替予約等のデリバティブ取引を用い外貨建て仕入価格の安定化に努め
  ております。しかしながら、為替相場変動の影響を完全に回避することは不可能であり、場合によっては当社グ
  ループの経営成績および財政状態に影響を及ぼす可能性があります。
  (4) 当社グループの特定取引先に対する依存度について

   当社グループの取り扱う製品および商品は、各産業分野に分散されておりますが、当連結会計年度における、主
  な販売先に対する販売実績の総販売実績に対する割合は、株式会社ホンダアクセスに対して23.3%、豊通オート
  モーティブクリエーション株式会社に対して12.1%、スズキ株式会社に対して11.6%、丸紅プラックス株式会社に
  対して10.9%と販売比率が高くなっております。今後も当該取引先との安定的な取引を確保できるよう努めてまい
  りますが、当該取引先との長期契約や資本関係は無く、取引の継続性や安定性が保証されていないため、当該取引
  先の経営施策や取引方針の変更等によっては、当社グループの経営成績および財政状態に影響を及ぼす可能性があ
  ります。
   当社グループでは、各産業分野の他取引先への拡販活動により、特定の取引先への販売依存によるリスクを低減
  してまいります。
  (5) 新型コロナウイルス感染症に関するリスク

   当社においては、新型コロナウイルス感染症の感染拡大による自動車メーカー各社の新車需要の低迷に伴い2020
  年4月以降に稼働調整を行っており、売上高の減少の影響が生じております。また、海外では、客先の稼働調整に
  伴い現地法人においても、売上高の減少の影響が生じております。これらの環境下においては、新型コロナウイル
  ス感染症の収束の時期は未だ不透明であり、経済活動への影響を現時点では予測できない状況となっております。
   このため、新型コロナウイルス感染症の感染拡大による稼働調整の影響は、翌期以降の当社グループの財政状
  態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況に重要な影響を与える可能性があります。影響額については、現時点
  において合理的に算定することが困難であります。
   当社グループでは、感染拡大を防止するため、衛生管理の徹底や時差出勤・テレワーク等の効率的な事業運営を
  実施しております。
             9/93







                     EDINET提出書類
                    永大化工株式会社(E02441)
                      有価証券報告書
 3 【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】
  (1) 経営成績等の状況の概要
   当連結会計年度における当社グループ(当社、連結子会社)の財政状態、経営成績及びキャッシュ・フロー(以
  下、「経営成績等」という。)の状況の概要は次のとおりであります。
  ①財政状態及び経営成績の状況
   当連結会計年度におけるわが国経済は、雇用・所得環境の改善が続くなか、景気は緩やかな回復基調で推移して
  いるものの、企業収益と個人消費の伸び悩みと相次ぐ自然災害の影響や消費税率引き上げ後の消費者マインドの動
  向に留意する必要があること、海外では米中貿易摩擦の長期化や英国のEU離脱の行方による海外経済の不確実性
  などが懸念されていることに加え、年度終盤には、新型コロナウイルス感染症が世界的に感染拡大を見せた影響に
  よる経済への深刻な打撃が見込まれるなど、依然として先行き不透明な状況が続いております。
   このような経済環境のもと、当社グループにおきましては、自動車用フロアーマットメーカーとして顧客のニー
  ズに沿った新製品の開発から既存品の高付加価値商品化を継続的に創出し、また、2019年4月10日付けで株式会社
  K&Mを完全子会社化いたしました。新たに合成木材分野への営業展開を図り、異型押出成形加工の技術力強化お
  よびプラスチック製品の成長分野を深堀りし事業基盤の一層の強化への取り組みに努めてまいりましたが、売上高
  80億97百万円(前期比0.1%増)、営業利益2億48百万円(前期比18.9%減)、経常利益2億32百万円(前期比
  34.7%減)、親会社株主に帰属する当期純利益1億36百万円(前期比47.3%減)となりました。
   セグメントの業績を示すと、次のとおりであります。
  自動車用品関連
   自動車用品関連につきましては、自動車用フロアーマットの売上は、国内自動車販売台数は普通車および軽自動
  車ともに伸び悩んでおり、消費増税の駆け込み需要もなく新型車の販売効果も極めて少なかったことに加え、年度
  終盤の新型コロナウイルス感染症拡大により一部では受注減少の影響が出始めているなど、低調に推移したことか
  ら、売上高54億24百万円(前期比14.7%減)、営業利益1億17百万円(前期比54.5%減)となりました。
  産業資材関連
   産業資材関連につきましては、公共事業向け部材は安定した受注および売上で推移いたしましたが、半導体関連
  部材は米中貿易摩擦の影響による生産調整が続いているため売上は低調に推移し、家電用関連部材は消費増税後の
  反動減の影響などから売上微減となりました。また、新たに子会社化した株式会社K&Mの合成木材製品のデッキ
  材やフェンス材のエクステリア向け製品の売上および収益が加わったことなどから、売上高26億73百万円(前期比
  54.2%増)営業利益1億31百万円(前期比168.2%増)となりました。
  ②キャッシュ・フローの状況

   当連結会計年度におけるキャッシュ・フローの状況につきましては、現金及び現金同等物(以下「資金」とい
  う。)は21億60百万円と前連結会計年度末と比較して74百万円の増加となりました。
  (営業活動によるキャッシュ・フロー)
   税金等調整前当期純利益が2億6百万円、減価償却費2億62百万円、賞与引当金の減少35百万円、役員退職慰労
  引当金の減少29百万円、売上債権の減少87百万円、たな卸資産の減少2億45百万円、仕入債務の減少5億4百万
  円、法人税等の支払額1億9百万円などにより、当連結会計年度における資金の収入は98百万円となり、前連結会
  計年度末と比較して4億95百万円の収入減少となりました。
  (投資活動によるキャッシュ・フロー)
   有形固定資産の取得による支出2億24百万円、投資有価証券の取得による支出20百万円などにより、当連結会計
  年度における投資活動による資金の支出は2億54百万円となり、前連結会計年度末と比較して34百万円の支出減少
  となりました。
  (財務活動によるキャッシュ・フロー)
   長期借入金の返済による支出65百万円、長期借入れによる収入3億50百万円、自己株式の取得による支出34百万
  円、配当金の支払額82百万円により、当連結会計年度末における財務活動による資金の増加は1億68百万円とな
  り、前連結会計年度末と比較して1億46百万円の資金増加となりました。
            10/93




                     EDINET提出書類
                    永大化工株式会社(E02441)
                      有価証券報告書
  ③生産、受注及び販売の状況
  a.生産実績
   当連結会計年度における生産実績をセグメントごとに示すと、次のとおりであります。
     セグメントの名称        生産高(千円)     前期比(%)

  自動車用品関連             5,471,907    △13.7

  産業資材関連             2,647,053     56.2

      合計         8,118,960     1.0

  (注) 1 金額は販売価格によっております。
   2 上記の金額には、消費税等は含まれておりません。
  b.受注実績

   受注生産を行っておりませんので、該当事項はありません。
  c.販売実績

   当連結会計年度における販売実績をセグメントごとに示すと、次のとおりであります。
     セグメントの名称        販売高(千円)     前期比(%)

  自動車用品関連             5,424,151    △14.7

  産業資材関連             2,673,664     54.2

      合計         8,097,815     0.1

  (注) 1 主な相手先別の販売実績及び当該販売実績の総販売実績に対する割合
          前連結会計年度      当連結会計年度

     相手先
         販売高(千円)    割合(%)   販売高(千円)    割合(%)
    株式会社ホンダアクセス      2,213,013    27.3  1,882,809    23.3

    豊通オートモーティブ
         1,125,186    13.9   977,931    12.1
    クリエーション株式会社
    スズキ株式会社      982,116    12.1   935,585    11.6
    丸紅プラックス株式会社       ―   ―  881,392    10.9

   2 上記の金額には、消費税等は含まれておりません。
            11/93







                     EDINET提出書類
                    永大化工株式会社(E02441)
                      有価証券報告書
   (2)経営者の視点による経営成績等の状況に関する分析・検討内容
   経営者の視点による当社グループの経営成績等に関する認識及び分析・検討内容は次のとおりであります。
   なお、文中の将来に関する事項は、当連結会計年度末現在において当社グループが判断したものであります。
  ①重要な会計方針及び見積り
   当社グループの連結財務諸表は、わが国において一般に公正妥当と認められる会計基準に基づき作成されており
  ます。当連結財務諸表を作成するにあたり重要となる会計方針につきましては、「第5〔経理の状況〕1〔連結財
  務諸表等〕 連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項」に記載しているとおりであります。また、当社グ
  ループは連結財務諸表作成にあたり、過去の実績や当該取引の状況に照らして、合理的と考えられる見積り及び判
  断を行い、その結果を資産・負債の帳簿価額及び収益・費用の金額に反映しております。また、実際の結果は、見
  積りによる不確実性があるため、これらの見積りと異なる場合があります。
   なお、新型コロナウイルス感染症の影響等不確実性が大きく、将来の業績予測等に反映させることが難しい要素
  もありますが、現時点において入手可能な情報を基に検証等を行っております。
  a.たな卸資産
   当社グループは、たな卸資産の推定される将来需要及び市場状況に基づく時価の見積額と移動平均法による原価
  法(貸借対照表価額は、収益性の低下に基づく簿価切下げの方法により算定しています。)による評価額との差額
  に相当する陳腐化の見積額について、評価減を計上しています。実際の将来需要又は市場状況が当社グループ経営
  者による見積りより悪化した場合、追加の評価減が必要となる可能性があります。
  b.固定資産
   当社グループは、固定資産の減損会計を適用しておりますが、将来キャッシュフローの見積額に修正が生じた場
  合において、当該固定資産に対して減損損失を認識する可能性があります。
  c.繰延税金資産
   当社グループは、繰延税金資産について、その回収可能性を考慮して、回収が不確実と考えられる部分に対して
  評価性引当額を計上しております。評価性引当額を計上する際には、将来の課税所得を合理的に見積っておりま
  す。繰延税金資産の回収可能性は将来の課税所得の見積りに依存するので、その見積額が減少した場合は繰延税金
  資産が減額され税金費用が計上される可能性があります。
  ②当連結会計年度の経営成績及び財政状態の分析

  a.経営成績
   当連結会計年度における経営成績の概況につきましては「第2〔事業の状況〕 3〔経営者による財政状態、経
  営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析〕 (1)経営成績等の状況の概況」に記載のとおりであります。
  b.財政状態
   当社グループは、適切な流動性の維持、事業活動のための資金確保、および健全なバランスシートの維持を財務
  方針としております。
   当連結会計年度末の総資産は、94億42百万円となり、前連結会計年度末と比較して4億71百万円の増加となりま
  した。
   流動資産は、前連結会計年度末と比較して58百万円の減少となりました。その主な要因は、現金及び預金の増加
  74百万円、受取手形及び売掛金の増加27百万円、たな卸資産の減少1億53百万円によるものであります。
   固定資産は、前連結会計年度末と比較して5億29百万円の増加となりました。その主な要因は、有形固定資産の
  増加5億3百万円、土地使用権の減少11百万円、繰延税金資産の減少29百万円によるものであります。
   当連結会計年度末の負債は、25億61百万円となり、前連結会計年度末と比較して2億10百万円の増加となりまし
  た。
   流動負債は、前連結会計年度末と比較して4億25百万円の減少となりました。その主な要因は、支払手形及び買
  掛金の減少46百万円、電子記録債務の減少3億64百万円、未払法人税等の減少75百万円、1年以内返済予定の長期
  借入金の増加1億27百万円によるものであります。
   固定負債は、前連結会計年度末と比較して6億36百万円の増加となりました。その主な要因は、長期借入金の増
  加6億14百万円、繰延税金負債の増加33百万円、役員退職慰労引当金の減少29百万円によるものであります。
   当連結会計年度末の純資産は、68億81百万円となり、前連結会計年度末と比較して2億60百万円の増加となりま
  した。その主な要因は、資本剰余金の増加67百万円、利益剰余金の増加54百万円、自己株式の減少1億78百万円に
  よるものであります。
            12/93


                     EDINET提出書類
                    永大化工株式会社(E02441)
                      有価証券報告書
  ③経営成績に重要な影響を与える要因について
   「第2〔事業の状況〕 2〔事業等のリスク〕」に記載のとおりであります。
  ④経営戦略の現状と見通し

   当社グループを取り巻く経済環境は、雇用・所得環境の改善が続くなか、景気は緩やかな回復基調で推移してい
  るものの、企業収益と個人消費の伸び悩みと相次ぐ自然災害の影響や消費税率引き上げ後の消費者マインドの動向
  に留意する必要があること、海外では米中貿易摩擦の長期化や英国のEU離脱の行方による海外経済の不確実性な
  どが懸念されていることに加え、年度終盤には、新型コロナウイルス感染症が世界的に感染拡大を見せた影響によ
  る経済への深刻な打撃が見込まれるなど、依然として先行き不透明な状況が続いております。
   当社グループは創業から今日まで異型押出成形加工を中心に合成樹脂製品のメーカーとして、卓越した独自の技
  術を根底にその技術を時代に対応させながら、新しい分野へと応用していく研究開発活動を通し、合成樹脂メー
  カーとして産業資材分野および自動車用品分野において、企画開発設計から提案までトータルにサポートできる
  「ものづくり企業」を目指して社会の発展に貢献しようと考えております。
  ⑤資本の財源及び資金の流動性についての分析

  a.キャッシュ・フロー
   当連結会計年度における経営成績の概況につきましては「第2〔事業の状況〕 3〔経営者による財政状態、経
  営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析〕 (2)キャッシュ・フローの状況」に記載のとおりであります。
  b.資金調達について

   当社グループにおける主な資金需要として、運転資金、設備投資資金、有利子負債の返済及び利息の支払い等が
  必要であります。当社はこれらの資金需要につきましては、主に営業活動によるキャッシュ・フローによって賄っ
  ております。また、事業活動を円滑に行うための資金調達に際しては、事前に充分な検討を加え、低コストで安定
  的な資金の確保を重視しており、今後において運転資金及び設備投資資金等による資金需要が発生する場合に備え
  ております。
 4 【経営上の重要な契約等】

  該当事項はありません。
 5 【研究開発活動】

  当社グループは、設立以来の企画提案型の企業姿勢を基礎とし、新素材の開発から製品の開発、さらには、生産技
  術の開発に至るまで積極的な研究開発活動を行っており、自社企画製品の拡大と付加価値の高いビジネスを創造して
  おります。
  現在、研究開発活動は各事業本部の研究開発部門で先進技術の研究開発を効果的に推進しております。
  当連結会計年度における研究開発費は      70百万円であります。自動車用品関連においては、安全性および機能性を重
  視したフロアーマットの製品開発、その他アイテム用品の開発に取り組んでおり、研究開発費の総額は                 47百万円であ
  ります。産業資材関連においては、お客様のニーズが多様化・高度化しつつ、社会がスピーディーに変化しているな
  か、今後も成長が期待される産業分野に注力し、当社グループのノウハウを活かした製品開発に取り組んでおり、研
  究開発費の総額は   23百万円であります。
            13/93






                     EDINET提出書類
                    永大化工株式会社(E02441)
                      有価証券報告書
 第3 【設備の状況】
 1 【設備投資等の概要】

  当連結会計年度の設備投資については、生産効率の改善を目的とした設備投資を実施しております。当連結会計年
  度の設備投資の総額は    216 百万円であります。セグメントごとでは、自動車用品関連          52百万円、産業資材関連    113 百万
  円、全社資産  51百万円であります。
  なお、重要な設備の除却又は売却はありません。
 2 【主要な設備の状況】

  当社グループにおける主要な設備は、以下のとおりであります。
  (1) 提出会社
                 2020年3月31日   現在
             帳簿価額(千円)
  事業所名   セグメント               従業員数
       設備の内容
  (所在地)   の名称               (名)
          建物及び  機械装置  土地  工具、器具
                  合計
          構築物  及び運搬具  (面積㎡)  及び備品
  奈良事業所
       自動車用品
     自動車用品         805,778      69
  (奈良県香芝市)        80,466  66,077    5,196  957,519
     関連         (20,427.62)      〔13〕
       生産設備
  天理事業所
                    22
       産業資材生産       245,978
  (奈良県天理市)   産業資材関連     113,529  63,954    3,673  427,135
                    〔4〕
       設備       (5,779.00)
  栃木事業所
     自動車用品関  自動車用品・
                    21
              213,753
  (栃木県鹿沼市)   連・産業資材  産業資材生産   203,937  6,750    2,549  426,990
                    〔1〕
             (12,651.46)
     関連  設備
  本社
                    10
     全社的管理         189,553
  (大阪市平野区)     本社機能   56,905  3,612    5,819  255,891
                    〔4〕
     業務         (1,054.74)
  (注) 1 現在休止中の主要な設備は、ありません。
   2 上記の金額には、消費税等は含まれておりません。
   3 建物の一部を賃借しております。
   4 上記中〔外書〕は、臨時従業員であります。
   5 帳簿価額「土地」については、事業用土地の再評価を行っております。
   6 帳簿価額には建設仮勘定の金額を含んでおりません。
  (2) 国内子会社

                 2020年3月31日   現在
              帳簿価額(千円)
       セグメント             従業員数
     事業所名
  会社名      設備の内容
     (所在地)
       の名称             (名)
          建物及び  機械装置  土地 工具、器具
                  合計
           構築物 及び運搬具  (面積㎡)  及び備品
     工場
       産業資材  産業資材            32
              298,035
  株式会社K&M   (滋賀県甲      156,493  97,684    3,339  555,552
                    〔9〕
              (20,159.00)
       関連  生産設備
     賀市)
  (注) 1 現在休止中の主要な設備は、ありません。
   2 上記の金額には、消費税等は含まれておりません。
   3 上記中〔外書〕は、臨時従業員であります。
   4 帳簿価額には建設仮勘定の金額を含んでおりません。
  (3) 在外子会社

                 2020年3月31日   現在
              帳簿価額(千円)
       セグメント             従業員数
     事業所名
  会社名      設備の内容
     (所在地)
       の名称             (名)
           建物及び  機械装置  土地 工具、器具
                  合計
           構築物 及び運搬具  (面積㎡)  及び備品
     工場
     (TAN THUAN
       自動車用品  自動車用
                    329
  永大化工ベトナム
     EXPORT  関連・産業  品・産業資  123,310  253,031   ― 46,607  422,948
                    〔6〕
  会社
     PROCESSING  資材関連  材生産設備
     ZONE)
  (注) 1 現在休止中の主要な設備は、ありません。
   2 上記の金額には、消費税等は含まれておりません。
   3 上記中〔外書〕は、臨時従業員であります。
   4 帳簿価額には建設仮勘定の金額を含んでおりません。
            14/93


                     EDINET提出書類
                    永大化工株式会社(E02441)
                      有価証券報告書
 3 【設備の新設、除却等の計画】
  (1) 重要な設備の新設等
   該当事項はありません。
  (2) 重要な設備の除却等

   経常的な設備の更新のための除却等を除き、重要な設備の除却等の計画はありません。
            15/93


















                     EDINET提出書類
                    永大化工株式会社(E02441)
                      有価証券報告書
 第4 【提出会社の状況】
 1 【株式等の状況】

  (1) 【株式の総数等】
  ① 【株式の総数】
      種類        発行可能株式総数(株)

  普通株式                4,000,000

      計           4,000,000

  ② 【発行済株式】

      事業年度末    提出日現在

            上場金融商品取引所
   種類   現在発行数(株)    発行数(株)   名又は登録認可金融      内容
            商品取引業協会名
     (2020年3月31日   ) (2020年6月26日)
            東京証券取引所
                単元株式数は
  普通株式     1,460,000    1,460,000  JASDAQ
                100株であります。
            (スタンダード)
   計    1,460,000    1,460,000   ―    ―
  (2) 【新株予約権等の状況】

  ① 【ストックオプション制度の内容】
   該当事項はありません。
  ② 【ライツプランの内容】

   該当事項はありません。
  ③ 【その他の新株予約権等の状況】

   該当事項はありません。 
  (3) 【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

   該当事項はありません。 
  (4) 【発行済株式総数、資本金等の推移】

      発行済株式   発行済株式  資本金増減額   資本金残高   資本準備金   資本準備金

   年月日   総数増減数   総数残高        増減額   残高
       (株)   (株)  (千円)   (千円)   (千円)   (千円)
  2018年10月1日    △5,840,000   1,460,000    ― 1,241,700    ― 1,203,754
  (注) 株式併合(5:1)によるものであります。
            16/93






                     EDINET提出書類
                    永大化工株式会社(E02441)
                      有価証券報告書
  (5) 【所有者別状況】
                 2020年3月31日   現在
        株式の状況(1単元の株式数     100 株)
                   単元未満
  区分          外国法人等       株式の状況
    政府及び
        金融商品  その他の      個人
                   (株)
    地方公共  金融機関            計
        取引業者  法人     その他
    団体
           個人以外  個人
  株主数
     ―  4  11  25  13  1 1,045  1,099   ―
  (人)
  所有株式数
     ― 1,111  147  1,684  307  2 11,334  14,585  1,500
  (単元)
  所有株式数
     ―  7.62  1.01  11.55  2.10  0.01  77.71  100.00   ―
  の割合(%)
  (注) 1 自己株式41,104株は「個人その他」に411単元及び「単元未満株式の状況」に4株を含めて記載しておりま
   す。なお、期末日現在の実質的所有株式数は同数であります。
   2 上記「その他の法人」の欄には、証券保管振替機構名義の株式が、4単元含まれております。
  (6) 【大株主の状況】

                 2020年3月31日   現在
                  発行済株式
              所有株式数  (自己株式を除く。)の
   氏名又は名称       住所
               (千株)   総数に対する
                 所有株式数の割合(%)
  和田 正行      大阪府柏原市        266    18.81
  永大化工共栄会      大阪市平野区平野北二丁目3番9号        114    8.04

  加貫 るり子      兵庫県三田市         41    2.89

  遠山 和子      神奈川県横須賀市         40    2.82

  大阪中小企業投資育成株式会社      大阪市北区中之島三丁目3番23号         39    2.76

  日本トラスティ・サービス
       東京都中央区晴海一丁目8番11号         37    2.61
  信託銀行株式会社
  星和電機株式会社      京都府城陽市寺田新池36番地         32    2.27
  和田 和子      大阪府柏原市         32    2.27

       東京都中央区日本橋茅場町一丁目2番
  日本証券金融株式会社              30    2.12
       10号
       東京都千代田区丸の内一丁目6番6号
  日本生命保険相互会社              28    1.97
       日本生命証券管理部内
    計       -     660    46.58
  (注) 当事業年度末において、和田正行氏が新たに主要株主となりました。
            17/93







                     EDINET提出書類
                    永大化工株式会社(E02441)
                      有価証券報告書
  (7) 【議決権の状況】
  ① 【発行済株式】
                 2020年3月31日   現在
    区分    株式数(株)   議決権の数(個)      内容
  無議決権株式       ―    ―     ―

  議決権制限株式(自己株式等)       ―    ―     ―

  議決権制限株式(その他)       ―    ―     ―

        普通株式  41,100

  完全議決権株式(自己株式等)           ―     ―
        普通株式
  完全議決権株式(その他)           14,174    ―
         1,417,400
        普通株式  1,500
  単元未満株式           ―  1単元(100株)未満の株式
  発行済株式総数       1,460,000   ―     ―

  総株主の議決権       ―    14,174    ―

  (注) 1 「完全議決権株式(自己株式等)」欄は、全て当社保有の自己株式であります。
   2 「完全議決権株式(その他)」欄には、証券保管振替機構名義の株式が400株含まれております。また、「議
   決権の数」欄には、同機構名義の完全議決権株式に係る議決権の数4個が含まれております。
  ② 【自己株式等】

                 2020年3月31日   現在
           自己名義  他人名義  所有株式数  発行済株式総数
   所有者の氏名
       所有者の住所    所有株式数  所有株式数   の合計  に対する所有
   又は名称
            (株)  (株)  (株)  株式数の割合(%)
      大阪市平野区平野北
  (自己保有株式)
            41,100   ―  41,100    2.82
  永大化工株式会社
      二丁目3番9号
    計     ―    41,100   ―  41,100    2.82
            18/93











                     EDINET提出書類
                    永大化工株式会社(E02441)
                      有価証券報告書
 2 【自己株式の取得等の状況】
   【株式の種類等】      会社法第155条第3号による普通株式の取
       得   
  (1) 【株主総会決議による取得の状況】
   該当事項はありません。
  (2) 【取締役会決議による取得の状況】

      区分       株式数(株)     価額の総額(千円)

  取締役会(2019年11月12日)での決議状況
               30,000     50,000
  (取得期間2019年11月13日~2020年6月30日)
  当事業年度前における取得自己株式              ―     ―
  当事業年度における取得自己株式             20,900     34,136
  残存決議株式の総数及び価額の総額             9,100     15,864
  当事業年度の末日現在の未行使割合(%)              30.3     31.7
  当期間における取得自己株式             1,500     2,119
  提出日現在の未行使割合(%)              25.3     27.5
  (3) 【株主総会決議又は取締役会決議に基づかないものの内容】

     区分       株式数(株)     価額の総額(千円)

  当事業年度における取得自己株式             ―     ―

  当期間における取得自己株式             ―     ―

  (4) 【取得自己株式の処理状況及び保有状況】

          当事業年度       当期間

    区分
           処分価額の総額       処分価額の総額
        株式数(株)       株式数(株)
            (千円)       (千円)
  引き受ける者の募集を行った
          ―   ―   ―   ―
  取得自己株式
  消却の処分を行った取得自己株式         ―   ―    ―    ―
  合併、株式交換、会社分割に係る
         173,740   212,916    ―   ―
  移転を行った取得自己株式
  その他(─)         ―   ―   ―   ―
  保有自己株式数        41,104    ─   42,604    ─
  (注)  当期間における保有自己株式数には、2020年6月1日から有価証券報告書提出日までの単元未満株式の買取り
   による株式数は含めておりません。
            19/93






                     EDINET提出書類
                    永大化工株式会社(E02441)
                      有価証券報告書
 3 【配当政策】
  当社は、株主の皆様に対する利益還元を経営の最重要課題と認識し、利益配分につきましては、積極的な事業展開
  及び財務体質の強化に必要な内部留保を確保しつつ、株主資本の充実と同利益の向上に努め、株主の皆様に対して安
  定的な配当の継続ならびに適正な利益を還元することを基本方針としております。
  当社は、中間配当を行うことができる旨を定めておりますが、剰余金の配当は期末配当の年1回を基本的な方針と
  しております。配当の決定機関は、中間配当は取締役会、期末配当は株主総会であります。
  内部留保につきましては、長期展望に立った新規商品の開発活動及び経営体質の強化・効率化等、さらなる経営革
  新のために効率的な投資を行ってまいりたいと考えております。
  なお、当事業年度の剰余金の配当につきましては、経営環境、業績ならびに今後の事業展開を勘案しました結果、
  1株当たり65円としております。
  (注)  基準日が当事業年度に属する剰余金の配当は、以下のとおりであります。

          配当金の総額     1株当たり配当額

     決議年月日
          (千円)      (円)
   2020年6月26日
            92,228      65.00
   定時株主総会決議
            20/93















                     EDINET提出書類
                    永大化工株式会社(E02441)
                      有価証券報告書
 4 【コーポレート・ガバナンスの状況等】
  (1) 【コーポレート・ガバナンスの概要】
  ①  コーポレート・ガバナンスに関する基本的な考え方
   当社グループは、企業競争力強化の観点から経営判断の迅速化を図るとともに、経営の透明性の観点から経営
   チェック機能の充実を重要課題としております。このような視点に立ち、タイムリーディスクロージャーを重視
   し、情報提供の即時性及び公平性を図るとともに、機能的なIR活動を行い投資家の信頼を高めることに努めて
   おります。
  ②  企業統治の体制の概要及び当該体制を採用する理由

   イ 取締役会
   当社は、取締役の職務執行の監査等を担う監査等委員を取締役会の構成員とすることにより、取締役会の監
   督機能を強化するため、2019年6月から監査等委員会設置会社へ移行しました。また、適確かつ迅速な意思決
   定・業務執行体制及び適正な監督・監視体制の構築と、取締役会の透明性の向上及びコーポレート・ガバナン
   ス体制の強化を目的とし、独立性の高い社外取締役を監査等委員のうち過半数を占める体制としております。
   当社は、法定事項及び社内規程において定める取締役会の決議が必要な事項、その他業務執行に関する重要
   事項を意思決定するとともに、取締役の業務執行状況を監督するため、定時取締役会を月1回開催しておりま
   す。また、取締役会の開催が必要な事項が発生したときには、必要に応じて都度臨時取締役会を開催しており
   ます。
   当社の取締役のうち監査等委員でない取締役は7名以内とする旨、及び取締役の任期は選任後1年以内に終
   了する事業年度のうち最終のものに関する定時株主総会の終結の時までとする旨を、定款で定めております。
   なお、当社は監査等委員でない取締役と監査等委員である取締役の選任決議について、株主総会において議
   決権を行使することができる株主の議決権の3分の1以上を有する株主が出席し、その議決権の過半数をもっ
   て行う旨、及び累積投票によらないものとする旨を定款で定めております。
   ロ 社外取締役
   当社は、取締役会における意思決定において、業務執行から独立した積極的な提言や示唆を実施でき、中立
   的、客観的な立場からの意見を反映させるため、豊富な経験と高い見識を有し、当社の大株主企業及び主要な
   取引先の出身者ではない者を社外取締役(監査等委員を含む)として2名選任しております。
   社外取締役は取締役会に常に出席し、適宜必要な意見表明を行っております。
   ハ 監査等委員である取締役
   監査等委員会の構成については、常勤取締役が1名、非常勤取締役が2名(うち社外取締役が2名)として
   おります。
   監査等委員である取締役は取締役会へ出席するとともに、その他の重要な会議に出席し適宜意見を表明する
   など、監査機能がより有効・適切に機能するよう努めております。また、定例監査等委員会を月1回開催して
   おります。
   ニ 監査等委員である社外取締役
   当社は、中立的、客観的な意見を取締役会決議に反映させることで適切なリスクテイクを後押しし、当社の
   中長期的な成長をサポートできる人物が望ましいことから、豊富な経験と高い見識を有し、当社の大株主企業
   及び主要な取引先の出身者ではない者を監査等委員である社外取締役として2名選任しております。
   ホ 執行役員
   当社は、経営の意思決定および監督機能と業務執行機能を分離することにより、業務執行の責任と権限を明
   確にし、経営の機動性を高めるとともに、コーポレート・ガバナンスの強化を図ることを目的として執行役員
   制度を設けております。さらに業務執行状況の確認並びに経営戦略の立案、審議を行うため、各組織の執行責
   任者が出席する会議を適宜開催しております。
            21/93




                     EDINET提出書類
                    永大化工株式会社(E02441)
                      有価証券報告書
   ヘ 当該体制を採用する理由
   当社は、取締役による適正な経営管理を確保しつつ、監査等委員会が取締役会と協働して当社の監督機能の
   一翼を担い、社会的信頼に応える良質な企業統治体制を確立することを目的として監査等委員会制度を採用し
   ております。
   また、執行役員を任命し、取締役会の意思決定に対して適切な経営管理と効率的な業務執行の両立が図れる
   体制としております。
   さらに、取締役会、監査等委員会、内部監査室及び会計監査人において連携を持ちながら、業務の意思決定
   とリスク管理、コンプライアンスの徹底及び内部統制の強化を図るため、上述の体制を採用しております。
  ③ 企業統治に関するその他の事項

   当社の内部統制システムの整備状況及びリスク管理体制は、以下のとおりであります。
   イ 取締役・使用人の職務執行が法令・定款に適合することを確保するための体制
   1. 企業行動憲章「永大化工コンプライアンス行動基準」を2004年7月に制定し、法令遵守および社会倫理の
   遵守を企業活動の前提とすることを代表取締役社長が宣言している。引き続き、代表取締役社長が繰り返し
   その精神を役職員に伝えることにより、法令遵守および社会倫理の遵守を企業活動の前提とすることを徹底
   する。
   2. コンプライアンス統括部門を所管するコンプライアンス担当取締役又は担当執行役員を任命し、全社横断
   的なコンプライアンス体制の整備および問題点の把握に努める。コンプライアンス委員会規程に基づきコン
   プライアンス委員会(社外者を含む)を設置し、コンプライアンス上の重要な問題を審議し、その結果を取
   締役会に報告する。各業務担当取締役および執行役員は、各業務部門固有のコンプライアンスリスクを分析
   し、その対策を具体化する。
   3. コンプライアンス責任者および取締役(監査等委員を含む)がコンプライアンス上の問題を発見した場合
   は、速やかにコンプライアンス統括部門に報告する体制を構築する。従業員等が直接情報提供を行う手段と
   して、内部通報の処理に関する規程に基づくコンプライアンスホットラインを設ける。報告・通報を受けた
   コンプライアンス統括部門は、その内容を調査し、再発防止策を担当部門と協議の上決定し、全社的に再発
   防止策を実施する。
   4. 従業員の法令・定款違反行為については、コンプライアンス委員会から総務部に処分を求め、役員の法
   令・定款違反行為については、コンプライアンス委員会が取締役会に具体的な処分を答申する。
   ロ 取締役の職務の執行に係る情報の保存および管理に関する事項
   取締役の職務の執行に係る情報の保存および管理に関する統括責任者を取締役および担当執行役員の中から
   任命し、文書管理規程および情報セキュリティ管理規程(以下、文書管理規程等という。)に従い、取締役の
   職務執行に係る情報を文書または電磁的媒体(以下、文書等という。)に記録し、保存する。取締役は、文書
   管理規程等により、常時、これらの文書等を閲覧できるものとする。文書管理規程等の改廃については、監査
   等委員会の承認を得るものとする。
   ハ 損失の危険の管理に関する規程その他の体制
   当社およびグループ各社は、事業活動を通じて、企業価値を持続的に向上させ、全てのステークホルダーに
   貢献することを目指しており、目的達成に影響を及ぼす様々なリスクを適正に把握し、その未然防止および万
   一の発生時の影響最小化と再発防止を、経営における重要な課題と位置付け、その上で会社全体のリスクマネ
   ジメント体制を構築し、その実践を推進すると共に継続的に改善していくこととし、リスク管理規程を定め、
   リスクマネジメント管理責任者を取締役および執行役員の中から任命し、リスク管理の全社的推進とリスク管
   理に必要な情報の共有化を図るため、「リスク管理委員会」を設置する。
   ニ 取締役の職務の執行が効率的に行われることを確保するための体制
   以下の経営管理システムを用いて、取締役の職務執行の効率化を図る。
   1. 職務権限・意思決定ルールの策定
   2. 取締役および執行役員を構成員とする経営会議の設置
   3. 取締役会による中期経営計画の策定、中期経営計画に基づく事業部門毎の業績目標と予算の設定とITを活
   用した月次・四半期業績管理の実施
   4. 経営会議および取締役会による月次業績のレビューと改善策の実施
            22/93



                     EDINET提出書類
                    永大化工株式会社(E02441)
                      有価証券報告書
   ホ 当社および子会社からなる企業集団における業務の適正を確保するための体制
   1. 当社およびグループ各社における内部統制の構築を目指し、当社にグループ各社全体の内部統制に関する
   担当部門を設けると共に、当社およびグループ各社間での内部統制に関する協議、情報の共有化、指示・要
   請の伝達等が効率的に行われるシステムを含む体制を構築する。
   2. 当社取締役、事業本部長およびグループ各社の社長は、各部門の業務遂行の適正を確保する内部統制の確
   立に向けた運用の権限と責任を有する。
   3. 監査等委員ならびに内部監査部門は、当社およびグループ各社の監査ならびに内部監査を実施し、その結
   果を内部統制担当部門および当社取締役、事業本部長、グループ各社の社長等の責任者に報告する。内部統
   制担当部門は必要に応じて、内部統制の改善策の指導、実施の支援・助言を行う。
   4. 当社は、グループ各社の経営の自主性および独立性を尊重しつつ、当社グループ全体の適正かつ効率的な
   運営・管理に資するため、関係会社管理規程を定める。
   5. 当社は、関係会社管理規程に基づき、グループ各社の重要事項について報告を受け、必要がある場合に
   は、指導・助言を行う。
   6. グループ各社において、不正の行為または法令、定款、もしくは社内規程に違反する重大な事実、その他
   リスク管理上懸念のある事実が発見された場合は、当社に報告する。
   7. 当社は、当社グループ中期経営計画を定め、それに基づき、グループ各社が策定した年度計画を審査し、
   年度予算を決定する。また月次決算等の報告を受け、経営状況を把握し、経営課題について、適宜速やかに
   協議、指導・助言を行う。
   ヘ 反社会的勢力排除を確保するための体制
     当社およびグループ各社の取締役および従業員は、法令やルールを遵守することはもちろんのこと、市民活
   動の秩序や安全に脅威を与える反社会的勢力とは一切の関係を遮断するとの認識を共有し徹底を図る。また、
   コンプライアンス統括部門および管理本部を主体として、警察、弁護士等の外部機関と連携の上、反社会的勢
   力を排除するための体制を整備する。
   ト 監査等委員がその補助すべき使用人を置くことを求めた場合における当該使用人に関する体制ならびにその
   使用人の取締役(監査等委員であるものを除く)からの独立性ならびに監査等委員の職務を補助すべき使用人
   に対する指示の実効性の確保に関する事項
   1. 監査等委員は、内部監査部門の職員に監査業務に必要な事項を命令することができるものとし、監査等
    委員より監査業務に必要な命令を受けた職員はその命令に関して、取締役、内部監査部門の責任者等の指
    揮命令を受けないものとする。
   2. 当社は、監査等委員の職務を補助すべき内部監査部門の職員に関し、監査等委員の指揮命令に従う旨を
    当社取締役および従業員に周知徹底する。
            23/93









                     EDINET提出書類
                    永大化工株式会社(E02441)
                      有価証券報告書
   チ 当社および子会社の取締役(監査等委員であるものを除く)および使用人が監査等委員に報告するための体
   制その他の監査等委員への報告に関する体制ならびに監査等委員に報告した者が当該報告をしたことを理由と
   して不利な取り扱いを受けないことを確保するための体制
   1. 当社およびグループ各社の取締役(監査等委員であるものを除く)および従業員は、監査等委員に対し
    て、法定の事項、業務の執行状況、内部監査状況、その他当社およびグループ各社に重大な影響を及ぼす
    事項等、下記事項について報告することとする。また、監査等委員は、取締役および従業員の重要な会議
    に出席、業務執行に関する重要な文書等を閲覧し、必要に応じて取締役または従業員にその説明を求める
    ことができるものとする。
    Ⅰ 取締役会および経営会議で決議された事項
    Ⅱ 会社に著しい損害を及ぼすおそれのある事項
    Ⅲ 毎月の経営状況として重要な事項
    Ⅳ 内部監査状況およびリスク管理に関する重要な事項
    Ⅴ 重大な法令・定款違反
    Ⅵ コンプライアンスホットラインの通報状況および内容
    Ⅶ その他コンプライアンス上重要な事項
   2. 当社およびグループ各社の従業員は前項2および5に関する重大な事実を発見した場合は、監査等委員
    に直接報告することができるものとする。
   3. 監査等委員へ報告を行った者が、当該報告を行ったことを理由として不利益な取り扱いを受けることを
    禁止する。
   リ 監査等委員の職務の執行について生ずる費用の前払いまたは償還手続その他の当該職務の執行について生ず
   る費用または債務の処理に係る方針に関する事項
    監査等委員がその職務の執行について生じる費用の前払いまたは支出した費用等の償還を請求したとき
   は、当該監査等委員の職務の執行に必要でないと認められた場合を除き、速やかに当該費用または債務を処
   理する。
   ヌ その他監査等委員の監査が実効的に行われることを確保するための体制
   1. 代表取締役社長および監査部門責任者は、監査等委員の監査の環境整備等について、監査等委員との十
    分な協議、検討の機会を設けることにより監査の実効性確保に努める。
   2. 当社は、監査等委員に対して、必要に応じ外部の弁護士、会計士等の専門家から監査業務に関する助言
    を受ける機会を確保することに努める。
   ル 株式会社の支配に関する基本方針
   1. 当社の財務および事業の方針の決定を支配する者の在り方に関する基本方針の概要
    当社は、当社の財務および事業の方針の決定を支配する者は、当社の企業価値ひいては株主共同の利益
    の確保・向上に資する者が望ましいと考えております。
    当社は、当社の経営にあたっては、異型押出成形加工による合成樹脂製品の専門メーカーとして、永年
    に亘り培った技術力の蓄積と経験に対する理解並びに、取引先および従業員等のステークホルダーのみな
    らず、当社子会社およびその役職員との間で長期間にわたって築かれた信頼関係への理解が不可欠であり
    これらに関する十分な理解なくしては、当社の企業価値を適正に判断することができないものと考えてお
    ります。
    当社の企業価値および株主共同の利益を最大化していくためには、中長期的な観点から、このような当
    社の企業価値を生み出す源泉を育て、強化していくことがもっとも重要であって、当社の財務および事業
    の方針は、このような認識を基礎として決定される必要があります。当社株式の買付を行う者がこれら当
    社の企業価値の源泉を理解し、これらを中長期的に確保し、向上させられるのでなければ、当社の企業価
    値ひいては株主共同の利益は毀損されることになります。
    当社は、このような当社の企業価値ひいては株主共同の利益を毀損するおそれのある当社株式の大規模
    買付行為に対しては、必要かつ相当な対抗措置を講じることにより、当社の企業価値ひいては株主共同の
    利益を確保する必要があるものと考えております。
            24/93



                     EDINET提出書類
                    永大化工株式会社(E02441)
                      有価証券報告書
   2. 基本方針の実現に資する特別な取組み
    当社では、多数の株主および投資家の皆さまに長期的に当社への投資を継続していただくため、企業価
    値ひいては株主共同の利益を向上させるための取組みとして、以下のような施策を実施しております。こ
    れらの取組みは、上記1.の基本方針の実現に資するものと考えております。
    当社グループは、永続的に利益を出せる成長企業であり続けることで、お客様に笑顔と感動を与えられ
    る価値を提供し、グローバルで存在感のある合成樹脂メーカーとして産業資材分野ならびに自動車用品分
    野において、企画開発設計から提案までトータルにサポートできる「ものづくり企業」を目指して社会の
    発展に貢献しようと考えております。
    産業資材部門では、各々の用途に応じた異型押出成形加工によるプラスチック製品の製造販売を行い、
    住宅用建材、鋼製家具関連部材、家電製品部材、半導体関連部材、工業部品など広範囲な産業分野に供給
    しておりますが、これらの製品は、エンドユーザーである個人の消費動向に左右され易く、経営成績に影
    響を及ぼす可能性があることから、今後、個人消費の影響を受けにくい分野である公共事業関連にも注力
    していくほか、効率化、合理化を一層進め、商品企画力を発揮し、適正な収益確保を図ります。
    また、自動車用品部門では、自動車用フロアーマットの製造販売を主軸とし、国内外の大手自動車メー
    カーの純正品として採用されておりますが、これらOEM純正フロアーマットは、自動車の販売動向が当
    事業の販売実績に直結することは否めません。当社においては、メーカー純正品としての高付加価値を提
    供するほか、軽自動車中心にデザイン性や遊び心を取り入れ、新たな購買層をターゲットとして展開して
    おり、これらの生産については、専用の生産設備をベトナムの子会社に新設し、本格稼働しております。
    今後、国内の自動車販売台数の減少懸念はありますが、商品開発力を強化することにより、付加価値の高
    い魅力的な商品開発を行い、シェアの拡大および収益拡大を図ります。
   3. 基本方針に照らし不適切な者によって当社の財務および事業の方針の決定か支配されることを防止する
    ための取組みの概要
    当社は、当社の支配権の移転を伴う買付提案がなされた場合、その判断は最終的には株主全体の意思に
    基づき行われるべきものと考えておりますが、株式の大規模買付行為等の中には、その目的、態様等から
    みて企業価値・株主共同の利益に資さないものも少なくなく、当社の企業価値および株主共同の利益に重
    大な影響をおよぼす可能性を内包しております。また、株式の大規模買付行為等の中には、当該買付行為
    が明らかに濫用目的によるものと認められ、その結果として株主共同の利益を著しく損なうものもないと
    はいえません。
    そこで当社は、当社の企業価値・株主共同の利益を確保することを目的として、2016年6月29日開催の
    第61回定時株主総会でご承認をいただき、買収防衛策として「当社株式の大規模買付行為への対応策」
    (以下、「本プラン」といいます。)を導入しております。本プランの概要は次のとおりです。
    当社の議決権割合の20%以上となる株式の買付または公開買付を実施しようとする買付者には、必要な
    情報を当社に提出していただき、当該大規模買付行為は取締役会による評価期間(大規模買付行為の方法
    により、買付者からの必要情報の提供後60日または90日とします。)経過後にのみ開始されるものとしま
    す。
    当該買付者が本プランの手続きを遵守しない場合や当社の企業価値・株主共同の利益を著しく損なう買
    付であると取締役会が判断した場合、例外的に対抗措置(大規模買付者等による権利行使は認められない
    との行使条件を付した新株予約権の無償割当等)を発動する場合があります。ただし、取締役会は、当社
    の業務執行を行う経営陣から独立している社外取締役および社外有識者からなる第三者委員会を設置し、
    第三者委員会は外部専門家の助言を得たうえで、買付内容の検討等を行います。取締役会は対抗措置の発
    動に先立ち、第三者委員会に対し対抗措置の発動の是非について諮問し、第三者委員会は十分検討した上
    で対抗措置の発動の是非について勧告を行います。取締役会は、判断に際して第三者委員会の勧告を最大
    限尊重するものとします。
    なお、本プランの有効期限は、2019年6月27日開催の定時株主総会終結の時から2022年3月期の事業年
    度に関する定時株主総会終結の時までとします。
            25/93




                     EDINET提出書類
                    永大化工株式会社(E02441)
                      有価証券報告書
   4. 基本方針の具体的取組に対する当社取締役会の判断及びその理由
    当社取締役会は、次の理由から、本プランが基本方針に沿い、株主共同の利益を損なうものではなく、
    また当社の役員の地位の維持を目的とするものではないと判断しております。
    Ⅰ 買収防衛策に関する指針の要件を充足していること
     本プランは、経済産業省および法務省が2005年5月27日に発表した企業価値・株主共同の利益の確保
    または向上のための買収防衛策に関する指針の定める三原則を充足しています。
    Ⅱ 株主意思を重視するものであること
     本プランは、2016年6月29日開催の第61回定時株主総会においてご承認いただき導入したもので、株
    主の皆さまのご意思が反映されたものとなっております。
    Ⅲ 合理的な客観的要件の設定
     本プランにおける対抗措置は、合理的な客観的要件が充足されなければ発動されないように設定され
    ており、当社取締役会による恣意的な発動を防止するための仕組みを確保しているものといえます。
    Ⅳ 独立性の高い社外者の判断の重視
     本プランにおける対抗措置の発動等の運用に際しての実質的な判断は、独立性の高い社外者のみから
    構成される第三者委員会により行われることとされています。また、その判断の概要については、株主
    の皆さまに情報開示をすることとされており、当社の企業価値・株主共同の利益に適うように本プラン
    の透明な運営が行われる仕組みが確保されています。
     なお、第三者委員会の委員は、次の3名です。
     ・籔本憲靖(当社社外取締役監査等委員)
     ・渡邊 徹(弁護士、北浜法律事務所パートナー)
     ・平塚博路(公認会計士、仰星監査法人社員)
    Ⅴ デッドハンド型やスローハンド型の買収防衛策ではないこと
     株主総会で選任された取締役で構成される取締役会により本プランを廃止する旨の決議が行われた場
    合は、本プランはその時点で廃止されるものとしていることから、取締役会の選任議案に関する議決権
    の行使を通じて、本プランに対する株主の意思を反映させることが可能となっております。したがっ
    て、本プランは、いわゆる「デッドハンド型買収防衛策(取締役会の構成員の過半数を交代させてもな
    お、発動を阻止できない買収防衛策)」ではありません。また、当社は取締役の任期を1年とし、期差
    任期制を採用しておらず、経営陣の株主に対する責任をより明確なものとしております。したがって、
    本プランは、いわゆる「スローハンド型買収防衛策(取締役会の構成員の交替を一度に行うことができ
    ないため、その発動を阻止するのに時間を要する買収防衛策)」でもありません。
  ④ 株主総会決議事項を取締役会で決議することができる事項

   イ 自己株式の取得
   当社は、自己株式の取得について経済情勢等の変化に対応して財政政策等の経営諸施策を機動的に遂行する
   ことを可能とするため、会社法第165条第2項の規定に基づき、取締役会の決議によって市場取引等により自
   己の株式を取得することができる旨を定款で定めております。
   ロ 中間配当制度の採用
   当社は、株主への機動的な利益還元を行うため、会社法第454条第5項の規定により、取締役会の決議に
   よって毎年9月30日を基準日として、中間配当を行うことができる旨を定款に定めております。
   ハ 責任免除
   当社は、職務の遂行にあたり期待される役割を十分に発揮できるようにするため、会社法第426条第1項の
   規定により、取締役(取締役であった者を含む。)および会計監査人(会計監査人であった者を含む。)の損
   害賠償責任を、法令の限度において、取締役会の決議によって免除することができる旨定款に定めておりま
   す。
  ⑤ 株主総会の特別決議要件

   当社は、会社法第309条第2項に定める株主総会の特別決議要件について、議決権を行使することができる株
   主の議決権の3分の1以上を有する株主が出席し、その議決権の3分の2以上をもって行う旨定款に定めており
   ます。これは、株主総会における特別決議の定足数を緩和することにより、株主総会の円滑な運営を行うことを
   目的とするものであります。
            26/93


                     EDINET提出書類
                    永大化工株式会社(E02441)
                      有価証券報告書
  (2) 【役員の状況】
  ① 役員一覧
  男性 5名 女性  0名 (役員のうち女性の比率     0.0 %)
                   所有株式数
   役職名   氏名  生年月日      略歴    任期
                    (株)
             当社入社
           1990年7月
             管理本部経理部次長
           2007年4月
             管理本部経理部長
           2009年7月
             管理本部副本部長
           2012年4月
             管理本部長
           2013年4月
             取締役管理本部長就任
           2013年6月
             常務取締役財務・経理部門統括
           2014年6月
             兼IR担当就任
  代表取締役社長   浦   義 則   1964年4月24日  生        (注)2  3,500
             永大化工ベトナム会社Director
           2014年9月
             就任
             専務取締役財務・経理・IR統
           2016年6月
             括就任
             代表取締役専務就任
           2019年4月
             代表取締役社長就任(現)
           2019年6月
             永大化工ベトナム会社Chairman
           2019年6月
             ofBOD就任(現)
             当社入社
           1992年4月
             奈良事業本部営業部次長
           2009年7月
             奈良事業本部営業部長
           2011年4月
             奈良事業本部営業部長
           2015年6月
             兼栃木事業本部営業部長
  常務取締役   鈴 木 広 二   1969年7月31日  生        (注)2  1,800
             取締役自動車用品営業部門統括
           2016年6月
             兼奈良事業本部長就任
             常務取締役就任(現)
           2019年6月
             永大化工ベトナム会社Director
           2019年6月
             就任(現)
           1977年4月  株式会社大阪銀行(現株式会社関
             西みらい銀行)入行
           2005年6月  当社出向総務部次長
   取締役
           2009年7月  内部監査室長
     佐 藤 吉 弘   1954年2月5日  生        (注)3  2,500
  監査等委員
           2013年4月  当社入社内部監査室長
           2013年6月  監査役就任
           2019年6月  取締役(監査等委員)就任(現)
           1970年4月  近畿コカ・コーラボトリング株
             式会社入社
           2004年3月  近畿コカ・コーラボトリング株
             式会社取締役営業部長
           2006年3月  三笠コカ・コーラボトリング株
   取締役
             式会社代表取締役専務執行役員
     籔 本 憲 靖   1947年2月25日  生        (注)3  200
  監査等委員
             三笠ビバレッジサービス株式会
             社代表取締役社長
           2008年2月  同社退社
           2014年6月  取締役就任
           2019年6月  取締役(監査等委員)就任(現)
           1969年4月  大阪国税局入局
           2006年8月  税理士登録
   取締役
     北 畠 昭 二   1947年2月14日  生        (注)3  ─
           2006年8月  北畠税理士事務所(現)
  監査等委員
           2014年6月  監査役就任
           2019年6月  取締役(監査等委員)就任(現)
          計          8,000
  (注) 1 籔本憲靖及び北畠昭二の両氏は社外取締役であります。

   2 取締役の任期は、2020年3月期に係る定時株主総会終結の時から2021年3月期に係る定時株主総会終結の時
   までであります。
   3 取締役(監査等委員)の任期は、2019年3月期に係る定時株主総会終結の時から2021年3月期に係る定時株
   主総会終結の時までであります。
            27/93



                     EDINET提出書類
                    永大化工株式会社(E02441)
                      有価証券報告書
   4 当社は、法令に定める監査等委員である取締役の員数を欠くことになる場合に備え、会社法第329条第3項
   に定める補欠の監査等委員である取締役1名を選任しております。補欠の監査等委員である取締役の略歴は
   次のとおりであります。
                   所有株式数
     氏名   生年月日      略歴    任期
                    (株)
           1970年4月  大阪国税局入局
    樫 本 正 澄    1952年1月18日生   2012年8月  税理士登録     (注)  ─
           2012年8月  樫本正澄税理士事務所(現)
   (注) 補欠の監査等委員である取締役の任期は、就任した時から最初に開催する定時株主総会終結の時までで
    あります。
  ② 社外役員の状況

    当社の社外取締役は2名であります。
   1.社外取締役と当社との人的関係、資本的関係又は取引関係その他の利害関係
   社外取締役籔本憲靖氏は、(2)(役員の状況)の所有株式数の欄に記載のとおり当社株式を保有しております
   が、当社との間にその他特別な利害関係はなく、高い独立性を保持しております。
   社外取締役北畠昭二氏と当社との人的関係、資本的関係又は取引関係その他の利害関係はなく、高い独立性
   を保持しております。
   2.社外取締役が当社の企業統治において果たす機能及び役割
   高い独立性及び専門的な知見に基づく、客観的かつ適切な監視、監督により、当社の企業統治の有効性を高
   める機能及び役割を担っております。
   3.社外取締役を選任するための独立性に関する基準又は方針の内容
   社外取締役を選任するための独立性に関する基準又は方針は定めておりませんが、選任にあたっては東京証
   券取引所の独立役員の独立性に関する判断基準等を参考にしております。
   4.社外取締役の選任状況に関する当社の考え方
   当社の社外取締役は、高い独立性及び専門的な知見に基づき、客観的かつ適切な監視、監督といった期待さ
   れる機能及び役割を十分に果たし、当社の企業統治の有効性に大きく寄与しているものと考えております。
  ③ 社外取締役による監督と内部監査、監査等委員及び会計監査との相互連携並びに内部統制部門との関係

   監査等委員会は、会計監査人、内部監査室及び内部統制担当と適宜情報交換を実施しており、必要に応じて監
  査等委員会への出席を求め相互の連携が図られております。
            28/93










                     EDINET提出書類
                    永大化工株式会社(E02441)
                      有価証券報告書
  (3) 【監査の状況】
  ① 監査等委員会監査
   監査等委員会は、有価証券報告書提出日現在、監査等委員である取締役3名(常勤社内1名、社外2名)で構
  成されております。社外取締役の北畠昭二は税理士資格を有しており、財務・会計に関する相当程度の知見を有
  しております。
   監査等委員会は、策定した監査方針・計画に基づき、監査の実施並びに取締役会及び経営会議その他の重要な
  会議に出席することにより、経営執行の適切な監視に努めております。
   監査等委員会は、内部監査室及び会計監査人と定期的なミーテイングを実施しており、相互に監査計画や実施
  状況を報告するなど緊密な連携をとって、組織的な監査を実施しております。
   当事業年度において当社は監査役会4回及び監査等委員会10回開催しており、個々の監査役及び監査等委員の
  出席状況については次のとおりであります。
         監査役会       監査等委員会
    氏名
       開催回数   出席回数   開催回数   出席回数
   佐藤 吉弘     4回   4回   10回   10回
   籔本 憲靖     ―   ―   10回   10回
   北畠 昭二     4回   4回   10回   10回
   監査等委員会における主な検討事項は、監査方針及び監査計画、監査報告書の作成、内部統制システムの整
  備・運用状況、会計監査人の監査の方法及び結果の相当性、会計監査人の評価及び再任・不再任、会計監査人の
  報酬等であります。
   また、常勤の監査等委員の活動として、重要な決裁書類・契約書・議事録等の閲覧、月次決算報告と会計帳簿
  との突合、開示書類の適正性の確認等の毎月又は定期的な監査の実施とともに、内部監査室の往査に原則として
  同行しております。また経営会議その他重要な会議に出席する中で執行役員の職務執行について適切な監視に努
  め、社外取締役との情報共有に努めております。
  ② 内部監査室

   内部監査室は、事業活動の適法性、適正性を検証し、監査結果を代表取締役社長及び担当取締役等に報告し、
  改善すべき事項がある場合にはその指導も実施しております。なお、内部監査室は1名であり、代表取締役社長
  直轄として機能しております。
   内部監査室は、監査等委員会、会計監査人及び内部統制担当と適宜情報交換を実施しており、必要に応じて監
  査等委員会への出席を求め相互の連携が図られております。
  ③ 会計監査の状況

   a.監査法人の名称
     EY新日本有限責任監査法人
   b.継続監査期間

     2012年3月期以降9年間
   c.業務を執行した公認会計士

     金子 一昭
     葉山 良一
   d.監査業務に係る補助者の構成

     当社の会計監査業務に係る補助者は、公認会計士4名、その他10名であります。
            29/93




                     EDINET提出書類
                    永大化工株式会社(E02441)
                      有価証券報告書
   e.監査法人の選定方針と理由
    当社は、会計監査人が会社法第340条第1項各号に定める項目に該当すると認められる場合は、監査等委員
   全員の合意に基づき監査等委員会が、会計監査人を解任いたします。
    また、上記の場合のほか、会計監査人の適格性及び独立性を害する事由等の発生により、適正な監査の遂
   行が困難であると認められた場合、監査等委員会は、株主総会に提出する会計監査人の解任又は不再任に関
   する議案の内容を決定いたします。
    監査等委員会において、EY新日本有限責任監査法人に解任及び不再任に該当する事象がなかったため再任
   しております。
   f.監査等委員会による監査法人の評価

    当社の監査等委員会は、監査法人に対して毎期評価を行っております。監査等委員会は、EY新日本有限責
   任監査法人と緊密なコミュニケーションをとっており、適時かつ適切に意見交換や監査状況を把握しており
   ます。その結果、監査法人が有効に機能し、監査品質に相対的優位性があるものと判断しております。
  ④ 監査報酬の内容等

   a.監査公認会計士等に対する報酬の内容
        前連結会計年度        当連結会計年度
   区分
      監査証明業務に    非監査業務に    監査証明業務に    非監査業務に
      基づく報酬(千円)    基づく報酬(千円)    基づく報酬(千円)    基づく報酬(千円)
   提出会社     23,000     ―   26,000     ―
  連結子会社      ―    ―    ―    ―

   計     23,000     ―   26,000     ―

   b.監査公認会計士等と同一のネットワークに対する報酬

    該当事項はありません。
   c.その他重要な監査証明業務に基づく報酬の内容

    該当事項はありません。
   d.監査報酬の決定方針

    当社の監査公認会計士等に対する監査報酬の決定方針としましては、当社の事業規模及び業務の特性等を
   勘案したうえで監査報酬額の適切性につき監査等委員会の同意を得て決定しております。
   e.監査等委員会が会計監査人の報酬等に同意した理由

    監査等委員会は、会計監査人の監査計画の内容、会計監査の職務遂行状況および報酬見積りの算出根拠等
   が適切であるかどうかについて必要な検証を行ったうえで、会計監査人の報酬等の額について同意の判断を
   いたしました。
            30/93







                     EDINET提出書類
                    永大化工株式会社(E02441)
                      有価証券報告書
  (4) 【役員の報酬等】
  ① 役員の報酬等の額又はその算定方法の決定に関する方針に係る事項
   当社は、代表取締役社長と監査等委員である取締役で構成する任意の諮問委員会を設置しております。
   報酬は基本報酬と賞与、退職慰労金により構成されております。
   報酬の基本方針として、株主の負託に応えるべく、役員の業績向上への意欲を高め、長期的な企業価値増大
   に寄与する報酬体系としております。また、報酬水準はそれぞれの責務の大きさを勘案し、役職に応じた基準
   を定めております。
   <基本報酬>

   基本報酬は、株主総会の決議により定められた報酬総額の上限額の範囲内において決定しております。取締
   役(監査等委員である取締役を除く。)の報酬総額の上限額は、2019年6月27日開催の第64回定時株主総会に
   おいて、年額110百万円以内と決議しております。また、監査等委員である取締役の報酬総額の上限額は、2019
   年6月27日開催の第64回定時株主総会において、年額45百万円以内と決議しております。
   取締役(監査等委員である取締役を除く。)の基本報酬は、内規に基づき、職責、社員の給与水準及び他社
   の水準等を総合的に勘案したものであり、任意の諮問委員会に諮った後、取締役会で審議の上、決定しており
   ます。
   また、監査等委員である取締役の基本報酬は、監査等委員会の協議により決定しております。
   <賞与>

   各取締役の賞与額は、企業本来の営業活動の成果を反映する連結営業利益、経営環境等を総合的に勘案した
   ものであり、内規に基づき、個別配分案を任意の諮問委員会に諮った後、取締役会で審議の上、決定しており
   ます。
   監査等委員である取締役の賞与は、内規に基づき、監査等委員会の協議により決定しております。
   <退職慰労金>

   退職慰労金は、当社の役員退職慰労金規程に定める基準に基づき計上し、株主総会の決議を経て退任時に支
   給しております。
  ② 役員区分ごとの報酬等の総額、報酬等の種類別の総額及び対象となる役員の員数

           報酬等の種類別の総額(千円)
                   対象となる
       報酬等の総額
   役員区分                役員の員数
       (千円)
          基本報酬   賞与   退職慰労金
                   (名)
  取締役
        55,121   41,670   8,450   5,001  5
  (社外取締役を除く)
  監査等委員
        10,812   7,965   900   1,947  1
  (社外取締役を除く)
  監査役
        2,219   2,100    ―   119  1
  (社外監査役を除く)
  社外役員      11,711   8,870   175   2,666  3
  (注) 当社は、2019年6月27日付で監査役会設置会社から監査等委員会設置会社に移行しております。
  ③ 役員ごとの連結報酬等の総額等

   連結報酬等の総額が1億円以上である者が存在しないため、記載しておりません。
            31/93





                     EDINET提出書類
                    永大化工株式会社(E02441)
                      有価証券報告書
  (5) 【株式の保有状況】
  ① 投資株式の区分の基準及び考え方
   当社は、保有目的が純投資目的である投資株式と純投資目的以外の目的である投資株式の区分について、株式
  の価値の変動または株式に係る配当によって利益を受けることを目的とする投資を純投資目的である投資株式と
  し、それ以外を純投資目的以外の目的である投資株式としております。
  ② 保有目的が純投資目的以外の目的である投資株式

  a.保有方針及び保有の合理性を検証する方法並びに個別銘柄の保有の適否に関する取締役会等における検証の
   内容
   当社は、政策保有株式については、毎期、その保有目的の合理性と保有することによる関連収益および便益
   を取締役会において検証し、保有しない場合との比較において取引先および地域社会との良好な関係を構築
   し、事業の円滑な推進を図るために必要と判断する企業の株式を保有しております。
  b.銘柄数及び貸借対照表計上額

          貸借対照表計上額の

        銘柄数
        (銘柄)
           合計額(千円)
   非上場株式      ―     ―
   非上場株式以外の株式      7    115,004
  (当事業年度において株式数が増加した銘柄)

        銘柄数  株式数の増加に係る取得

                株式数の増加の理由
        (銘柄)  価額の合計額(千円)
   非上場株式      ―     ―    ―
              取引先持株会を通じた株式の取得によ
   非上場株式以外の株式      4    893
              るもの
  (当事業年度において株式数が減少した銘柄)

        銘柄数  株式数の減少に係る売却

        (銘柄)  価額の合計額(千円)
   非上場株式      ―     ―
   非上場株式以外の株式      ―     ―
            32/93








                     EDINET提出書類
                    永大化工株式会社(E02441)
                      有価証券報告書
  c.特定投資株式及びみなし保有株式の銘柄ごとの株式数、貸借対照表計上額等に関する情報
 特定投資株式

       当事業年度   前事業年度

                   当社の株
             保有目的、定量的な保有効果
       株式数(株)   株式数(株)
   銘柄                式の保有
              及び株式数が増加した理由
      貸借対照表計上額   貸借対照表計上額
                   の有無
       (千円)   (千円)
             取引関係の円滑化
        156,227   154,593
             (株式数が増加した理由)
  星和電機株式会社                  有
             取引先持株会を通じた株式の取得
        84,206   78,687
             によるもの
        10,200   10,200
  フジコー株式会社           取引関係の円滑化       有
        22,950   29,804
             金融取引関係における協力関係の
        50,000   50,000
  株式会社みずほ
             維持・向上を通じた当社の中長期       無
  フィナンシャルグループ
        6,180   8,565
             的な企業価値向上に資するため
             取引関係の円滑化
        1,215   1,213
             (株式数が増加した理由)
  株式会社岡村製作所                  無
             取引先持株会を通じた株式の取得
        1,051   1,406
             によるもの
         112   112
  シャープ株式会社           取引関係の円滑化       無
         127   136
             取引関係の円滑化
         280   275
             (株式数が増加した理由)
  コクヨ株式会社                  無
             取引先持株会を通じた株式の取得
         424   447
             によるもの
             取引関係の円滑化
         201   200
             (株式数が増加した理由)
  株式会社イトーキ                  無
             取引先持株会を通じた株式の取得
         64   108
             によるもの
  ③ 保有目的が純投資目的である投資株式

        当事業年度       前事業年度

          貸借対照表計       貸借対照表計
   区分
       銘柄数       銘柄数
          上額の合計額       上額の合計額
       (銘柄)       (銘柄)
          (千円)       (千円)
  非上場株式       ―    ―   ―    ―
  非上場株式以外の株式       ―    ―   ―    ―
            当事業年度

   区分
       受取配当金の     売却損益の     評価損益の
       合計額(千円)     合計額(千円)     合計額(千円)
  非上場株式        ―     ―     ―
  非上場株式以外の株式        ―     ―     ―
            33/93






                     EDINET提出書類
                    永大化工株式会社(E02441)
                      有価証券報告書
 第5 【経理の状況】
 1 連結財務諸表及び財務諸表の作成方法について

  (1) 当社の連結財務諸表は、「連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和51年大蔵省令第28号。以
  下「連結財務諸表規則」という。)に基づいて作成しております。
  (2) 当社の財務諸表は、「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和38年大蔵省令第59号。以下「財

  務諸表等規則」という。)に基づいて作成しております。
 2 監査証明について

  当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、連結会計年度(2019年4月1日から2020年3月31日ま
  で)及び事業年度(2019年4月1日から2020年3月31日まで)の連結財務諸表及び財務諸表について、EY新日本有限責任
  監査法人により監査を受けております。
 3 連結財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組みについて

  当社は、連結財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組みを行っております。具体的には、会計基準等の内
  容を適切に把握し、又は会計基準等の変更等について的確に対応することができる体制を整備するため、公益財団法
  人財務会計基準機構への加入、同機構や監査法人等による研修への参加、会計専門誌等による情報収集等を行ってお
  ります。
            34/93













                     EDINET提出書類
                    永大化工株式会社(E02441)
                      有価証券報告書
 1 【連結財務諸表等】
  (1) 【連結財務諸表】
  ① 【連結貸借対照表】
                   (単位:千円)
            前連結会計年度     当連結会計年度
            (2019年3月31日)     (2020年3月31日)
  資産の部
  流動資産
   現金及び預金           2,086,734     2,160,872
             ※1 1,646,650    ※2 1,674,296
   受取手形及び売掛金
   商品及び製品            833,188     793,359
   仕掛品            162,202     127,822
   原材料及び貯蔵品            777,986     698,449
   未収入金            82,761     63,506
   未収還付法人税等            ―    18,464
              60,706     55,294
   その他
   流動資産合計           5,650,231     5,592,065
  固定資産
   有形固定資産
   建物及び構築物           2,792,735     3,031,040
    減価償却累計額          △2,123,596     △2,233,177
              △56,443     △56,443
    減損損失累計額
             ※3 612,695    ※3 741,419
    建物及び構築物(純額)
   機械装置及び運搬具
              1,927,640     2,169,080
    減価償却累計額          △1,470,982     △1,608,354
              △37,067     △56,661
    減損損失累計額
    機械装置及び運搬具(純額)          419,590     504,063
   工具、器具及び備品
              323,751     343,971
    減価償却累計額          △248,144     △275,485
               △792     △638
    減損損失累計額
    工具、器具及び備品(純額)           74,815     67,848
   建設仮勘定           1,115      ―
             ※3,※4 1,544,809    ※3,※4 1,842,844
   土地
   有形固定資産合計           2,653,026     3,156,175
   無形固定資産
   土地使用権           212,231     200,253
              15,813     52,791
   その他
   無形固定資産合計           228,044     253,044
   投資その他の資産
   投資有価証券           129,549     133,203
   繰延税金資産           93,146     63,571
                   ※5 244,131
              216,736
   その他
   投資その他の資産合計           439,432     440,906
   固定資産合計           3,320,503     3,850,126
  資産合計            8,970,734     9,442,192
            35/93





                     EDINET提出書類
                    永大化工株式会社(E02441)
                      有価証券報告書
                   (単位:千円)
            前連結会計年度     当連結会計年度
            (2019年3月31日)     (2020年3月31日)
  負債の部
  流動負債
             ※1 637,180
   支払手形及び買掛金                 591,161
   電子記録債務            693,479     329,187
              ※3 50,000    ※3 50,000
   短期借入金
                   ※3 127,080
   1年内返済予定の長期借入金            ―
   未払法人税等            83,962     8,032
   賞与引当金            116,566     90,994
   役員賞与引当金            5,800     9,525
             ※3 246,620    ※3 202,189
   その他
   流動負債合計           1,833,609     1,408,170
  固定負債
             ※3 100,000    ※3 714,233
   長期借入金
   繰延税金負債            ―    33,148
             ※4 281,303    ※4 281,303
   再評価に係る繰延税金負債
   役員退職慰労引当金            54,578     24,986
              81,001     99,335
   退職給付に係る負債
   固定負債合計            516,883     1,153,006
  負債合計            2,350,492     2,561,176
  純資産の部
  株主資本
   資本金           1,241,700     1,241,700
   資本剰余金           1,203,754     1,271,253
   利益剰余金           3,818,509     3,872,968
              △237,677     △58,896
   自己株式
   株主資本合計           6,026,286     6,327,025
  その他の包括利益累計額
   その他有価証券評価差額金            36,621     32,840
   繰延ヘッジ損益            △2,005     2,053
             ※4 476,930    ※4 476,930
   土地再評価差額金
   為替換算調整勘定            100,012     82,657
              △17,603     △40,491
   退職給付に係る調整累計額
   その他の包括利益累計額合計            593,954     553,990
  非支配株主持分             ―     ―
  純資産合計            6,620,241     6,881,015
  負債純資産合計            8,970,734     9,442,192
            36/93







                     EDINET提出書類
                    永大化工株式会社(E02441)
                      有価証券報告書
  ② 【連結損益計算書及び連結包括利益計算書】
   【連結損益計算書】
                   (単位:千円)
            前連結会計年度     当連結会計年度
            (自 2018年4月1日     (自 2019年4月1日
            至 2019年3月31日)      至 2020年3月31日)
  売上高            8,093,203     8,097,815
             ※1 6,102,458    ※1 6,215,671
  売上原価
  売上総利益            1,990,745     1,882,144
             ※2,※3 1,684,328    ※2,※3 1,633,528
  販売費及び一般管理費
  営業利益             306,417     248,615
  営業外収益
  受取利息             349     395
  受取配当金            2,358     2,634
  受取賃貸料            4,444     5,794
  為替差益            27,891      ―
  補助金収入            10,300      ―
               6,428     10,896
  その他
  営業外収益合計            51,772     19,720
  営業外費用
  支払利息             828     4,516
  為替差損             ―    21,947
               1,397     9,475
  その他
  営業外費用合計            2,226     35,939
  経常利益             355,963     232,396
  特別利益
              ※4 3,088    ※4 1,913
  固定資産売却益
               ―     39
  投資有価証券売却益
  特別利益合計            3,088     1,952
  特別損失
              ※5 483    ※5 13,565
  固定資産処分損
                   ※6 14,153
               ―
  和解金
  特別損失合計             483     27,718
  税金等調整前当期純利益             358,569     206,630
  法人税、住民税及び事業税
              96,535     31,940
               2,410     37,937
  法人税等調整額
  法人税等合計             98,945     69,878
  当期純利益             259,623     136,752
  非支配株主に帰属する当期純利益              ―     ―
  親会社株主に帰属する当期純利益             259,623     136,752
            37/93







                     EDINET提出書類
                    永大化工株式会社(E02441)
                      有価証券報告書
   【連結包括利益計算書】
                   (単位:千円)
            前連結会計年度     当連結会計年度
            (自 2018年4月1日     (自 2019年4月1日
            至 2019年3月31日)      至 2020年3月31日)
  当期純利益             259,623     136,752
  その他の包括利益
  その他有価証券評価差額金            △24,378     △3,780
  繰延ヘッジ損益            2,561     4,059
  為替換算調整勘定            △23,447     △17,354
               214    △22,888
  退職給付に係る調整額
             ※1  △ 45,049    ※1  △ 39,964
  その他の包括利益合計
  包括利益             214,573     96,787
  (内訳)
  親会社株主に係る包括利益            214,573     96,787
  非支配株主に係る包括利益             ―     ―
            38/93















                     EDINET提出書類
                    永大化工株式会社(E02441)
                      有価証券報告書
  ③ 【連結株主資本等変動計算書】
  前連結会計年度(自   2018年4月1日 至    2019年3月31日)
              (単位:千円)
          株主資本
      資本金  資本剰余金  利益剰余金  自己株式  株主資本合計
  当期首残高    1,241,700  1,203,754  3,628,526  △237,444  5,836,536
  当期変動額
  剰余金の配当         △69,640    △69,640
  親会社株主に帰属す
           259,623     259,623
  る当期純利益
  自己株式の取得           △232  △232
  自己株式の処分              ―
  株主資本以外の項目
  の当期変動額(純
  額)
  当期変動額合計     ―  ― 189,983   △232  189,750
  当期末残高    1,241,700  1,203,754  3,818,509  △237,677  6,026,286
         その他の包括利益累計額

                 非支配
      その他        退職給付  その他の
                   純資産合計
       繰延ヘッジ  土地再評価  為替換算
                 株主持分
     有価証券        に係る  包括利益
        損益  差額金  調整勘定
     評価差額金        調整累計額  累計額合計
  当期首残高    61,000  △4,567  476,930  123,459  △17,817  639,004   ― 6,475,541
  当期変動額
  剰余金の配当                  △69,640
  親会社株主に帰属す
                    259,623
  る当期純利益
  自己株式の取得                  △232
  自己株式の処分                  ―
  株主資本以外の項目
  の当期変動額(純    △24,378  2,561   △23,447  214 △45,049   ― △45,049
  額)
  当期変動額合計    △24,378  2,561  ― △23,447  214 △45,049   ― 144,700
  当期末残高    36,621  △2,005  476,930  100,012  △17,603  593,954   ― 6,620,241
            39/93









                     EDINET提出書類
                    永大化工株式会社(E02441)
                      有価証券報告書
  当連結会計年度(自   2019年4月1日 至    2020年3月31日)
              (単位:千円)
          株主資本
      資本金  資本剰余金  利益剰余金  自己株式  株主資本合計
  当期首残高    1,241,700  1,203,754  3,818,509  △237,677  6,026,286
  当期変動額
  剰余金の配当         △82,293    △82,293
  親会社株主に帰属す
           136,752     136,752
  る当期純利益
  自己株式の取得           △34,136  △34,136
  自己株式の処分       67,499    212,916  280,416
  株主資本以外の項目
  の当期変動額(純
  額)
  当期変動額合計     ―  67,499  54,459  178,780  300,739
  当期末残高    1,241,700  1,271,253  3,872,968  △58,896  6,327,025
         その他の包括利益累計額

                 非支配
      その他        退職給付  その他の
                   純資産合計
       繰延ヘッジ  土地再評価  為替換算
                 株主持分
     有価証券        に係る  包括利益
        損益  差額金  調整勘定
     評価差額金        調整累計額  累計額合計
  当期首残高    36,621  △2,005  476,930  100,012  △17,603  593,954   ― 6,620,241
  当期変動額
  剰余金の配当                  △82,293
  親会社株主に帰属す
                    136,752
  る当期純利益
  自己株式の取得                  △34,136
  自己株式の処分                  280,416
  株主資本以外の項目
  の当期変動額(純    △3,780  4,059  ― △17,354  △22,888  △39,964   ― △39,964
  額)
  当期変動額合計    △3,780  4,059  ― △17,354  △22,888  △39,964   ― 260,774
  当期末残高    32,840  2,053  476,930  82,657  △40,491  553,990   ― 6,881,015
            40/93










                     EDINET提出書類
                    永大化工株式会社(E02441)
                      有価証券報告書
  ④ 【連結キャッシュ・フロー計算書】
                   (単位:千円)
            前連結会計年度     当連結会計年度
            (自 2018年4月1日     (自 2019年4月1日
            至 2019年3月31日)      至 2020年3月31日)
  営業活動によるキャッシュ・フロー
  税金等調整前当期純利益            358,569     206,630
  減価償却費            200,110     262,088
  のれん償却額             ―     9,783
  賞与引当金の増減額(△は減少)            △4,732     △35,544
  役員賞与引当金の増減額(△は減少)            △14,200     3,725
  役員退職慰労引当金の増減額(△は減少)            13,377     △29,592
  退職給付に係る負債の増減額(△は減少)            △593    △4,554
  受取利息及び受取配当金            △2,707     △3,030
  支払利息             828     4,516
  為替差損益(△は益)            △2,960     1,623
  投資有価証券売却及び評価損益(△は益)             ―     △39
  有形固定資産除売却損益(△は益)            △2,605     11,652
  売上債権の増減額(△は増加)            134,706     87,140
  たな卸資産の増減額(△は増加)            21,031     245,995
  仕入債務の増減額(△は減少)            △137,491     △504,733
  その他の資産の増減額(△は増加)            32,431     △1,859
              51,302     △45,523
  その他の負債の増減額(△は減少)
  小計            647,065     208,277
  利息及び配当金の受取額
               4,834     4,241
  利息の支払額            △986    △4,627
              △56,997     △109,503
  法人税等の支払額
  営業活動によるキャッシュ・フロー            593,915     98,388
  投資活動によるキャッシュ・フロー
  有形固定資産の取得による支出            △289,686     △224,805
  有形固定資産の売却による収入            8,388     2,523
  投資有価証券の取得による支出            △877    △20,893
  投資有価証券の売却による収入             ―    10,634
  無形固定資産の取得による支出            △6,371     △6,239
  保険積立金の積立による支出             ―    △13,239
  保険積立金の解約による収入             ―    10,615
  非連結子会社出資金の払込による支出             ―    △10,801
               △281    △1,801
  その他
  投資活動によるキャッシュ・フロー            △288,828     △254,007
  財務活動によるキャッシュ・フロー
  長期借入金の返済による支出            △8,000     △65,181
  長期借入れによる収入            100,000     350,000
  自己株式の取得による支出            △232    △34,136
              △69,640     △82,293
  配当金の支払額
  財務活動によるキャッシュ・フロー            22,126     168,389
  現金及び現金同等物に係る換算差額             △2,870     △4,408
  現金及び現金同等物の増減額(△は減少)             324,344      8,361
  現金及び現金同等物の期首残高            1,762,390     2,086,734
                   ※2 65,776
  株式交換による現金及び現金同等物の増加額              ―
             ※1 2,086,734    ※1 2,160,872
  現金及び現金同等物の期末残高
            41/93




                     EDINET提出書類
                    永大化工株式会社(E02441)
                      有価証券報告書
  【注記事項】
  (連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項)
 1 連結の範囲に関する事項
  (1) 連結子会社の数     2社
  連結子会社の名称
   永大化工ベトナム会社(ベトナム)
   株式会社K&M
    株式会社K&Mは2019年4月10日の株式交換に伴い当連結会計年度より連結子会社となりました。
  (2) 非連結子会社名
   天台永代貿易有限公司(中国)
   (連結の範囲から除いた理由)
    非連結子会社は小規模であり、純資産、売上高、当期純損益および利益剰余金等は、いずれも連結財務諸表
   に重要な影響を及ぼしていないためであります。
 2 持分法の適用に関する事項

  非連結子会社については、当期純損益および利益剰余金等に及ぼす影響が軽微であり、かつ全体として重要性が
  ないため、持分法を適用せず原価法により評価しております。
 3 連結子会社の事業年度等に関する事項

  決算日が連結決算日と異なる場合の内容等
  連結子会社の決算日は12月31日であります。
  連結財務諸表作成に当たっては、同日現在の財務諸表を使用し、連結決算日との間に生じた重要な取引について
  は、連結上必要な調整を行っております。
 4 会計方針に関する事項

  (1) 重要な資産の評価基準及び評価方法
  ①有価証券
  その他有価証券
   時価のあるもの
   決算日の市場価格等に基づく時価法(評価差額は全部純資産直入法により処理し、売却原価は移動平均法によ
   り算出)
   時価のないもの
   移動平均法による原価法
  ②デリバティブ取引により生ずる債権及び債務
  時価法
  ③たな卸資産
  商品及び製品、仕掛品、原材料及び貯蔵品につき、当社は主として移動平均法に基づく原価法(収益性の低下に
  よる簿価切下げの方法)、連結子会社は主として移動平均法に基づく低価法および総平均法による原価法(収益性
  の低下による簿価切下げの方法)を各々採用しております。
            42/93






                     EDINET提出書類
                    永大化工株式会社(E02441)
                      有価証券報告書
  (2) 重要な減価償却資産の減価償却の方法
  ①有形固定資産
  当社および国内連結子会社は定率法、在外連結子会社は定額法を採用しております。
  ただし、当社および国内連結子会社は1998年4月1日以降取得した建物(建物附属設備は除く)並びに2016年4
  月1日以降に取得した建物附属設備および構築物については、定額法を採用しております。
  なお、主な耐用年数は、以下のとおりであります。
  建物及び構築物     7~50年
  機械装置及び運搬具     2~8年
  工具、器具及び備品     2~10年
  ②無形固定資産
  定額法によっております。
  ただし、ソフトウェア(自社利用分)については、社内における利用可能期間(5年)に基づく定額法によっており
  ます。
  (3) 重要な引当金の計上基準
  ①貸倒引当金
  債権の貸倒れによる損失に備えるため、一般債権については貸倒実績率により、貸倒懸念債権等特定の債権につ
  いては個別に回収可能性を検討し、回収不能見込額を計上しております。
  ②賞与引当金
  従業員の賞与の支給に充てるため、支給見込額に基づき計上しております。
  ③役員賞与引当金
  役員の賞与の支給に充てるため、支給見込額に基づき計上しております。
  ④役員退職慰労引当金
  役員の退職金の支払に備えるため、内規に基づき期末要支給額を計上しております。
  (4) 退職給付に係る会計処理の方法
  ①退職給付見込額の期間帰属方法
  退職給付債務の算定にあたり、退職給付見込額を当連結会計年度末までの期間に帰属させる方法については、給
  付算定式基準によっております。
  ②数理計算上の差異及び過去勤務費用の費用処理方法
  過去勤務費用は、その発生時の従業員の平均残存勤務期間以内の一定の年数(10年)による定額法により費用処
  理しております。
  数理計算上の差異は、各連結会計年度の発生時における従業員の平均残存勤務期間以内の一定の年数(10年)に
  よる定額法により按分した額をそれぞれ発生の翌連結会計年度から費用処理することとしております。
  (5) 重要な外貨建の資産又は負債の本邦通貨への換算の基準
  外貨建金銭債権債務は、連結決算日の直物為替相場により円貨に換算し、換算差額は損益として処理しておりま
  す。なお、在外子会社の資産、負債、収益及び費用は、決算日の直物為替相場により円貨に換算し、換算差額は純
  資産の部における為替換算調整勘定に含めております。
            43/93







                     EDINET提出書類
                    永大化工株式会社(E02441)
                      有価証券報告書
  (6) 重要なヘッジ会計の方法
  ①ヘッジ会計の方法
  繰延ヘッジ処理によっております。また、為替予約等が付されている外貨建金銭債権債務については振当処理を
  行っております。
  ②ヘッジ手段とヘッジ対象
  ヘッジ手段…デリバティブ取引(為替予約取引)
  ヘッジ対象…外貨建金銭債権債務及び外貨建予定取引
  ③ヘッジ方針
  デリバティブ取引に対する方針は、輸出入取引に係る外貨建金銭債権債務及び将来の外貨建取引に対して、為替
  相場の変動によるリスクを軽減する目的で行っております。
  ④ヘッジの有効性評価の方法
  通貨関連のデリバティブ取引については、ヘッジ対象とヘッジ手段の重要な条件が一致していることを事前テス
  トで確認し、また半期毎に当該条件に変更がないことを事後テストで確認しております。
  なお、外貨建予定取引については、過去の取引実績等を総合的に勘案し、取引の実行可能性が極めて高いことを
  事前テスト及び事後テストで確認しております。
  ⑤リスク管理方針
  デリバティブ取引についての基本方針は、取締役会において決定され、それに基づき経理部が実行及び管理を
  行っております。
  (7) 連結キャッシュ・フロー計算書における資金の範囲
  手許現金、要求払預金及び容易に換金可能であり、かつ、価値の変動について僅少なリスクしか負わない取得日
  から3ヶ月以内に満期日の到来する短期的な投資であります。
  (8) その他連結財務諸表作成のための重要な事項
  消費税等の会計処理
  消費税及び地方消費税は税抜方式によっております。
            44/93












                     EDINET提出書類
                    永大化工株式会社(E02441)
                      有価証券報告書
  (未適用の会計基準等)
 1 収益認識に関する会計基準
  ・「収益認識に関する会計基準」(企業会計基準第29号         2020年3月30日)
  ・「収益認識に関する会計基準の適用指針」(企業会計基準適用指針第30号             2020年3月30日)
  (1) 概要

  収益認識に関する包括的な会計基準であります。収益は、次の5つのステップを適用し認識されます。
   ステップ1:顧客との契約を識別する。
   ステップ2:契約における履行義務を識別する。
   ステップ3:取引価格を算定する。
   ステップ4:契約における履行義務に取引価格を配分する。
   ステップ5:履行義務を充足した時に又は充足するにつれて収益を認識する。
  (2) 適用予定日

  2022年3月期の期首より適用予定であります。
  (3) 当該会計基準等の適用による影響

  影響額は、当連結財務諸表の作成時において評価中であります。
 2 時価の算定に関する会計基準

  ・「時価の算定に関する会計基準」(企業会計基準第30号 2019年7月4日)
  ・「時価の算定に関する会計基準の適用指針」(企業会計基準適用指針第31号 2019年7月4日)
  ・「棚卸資産の評価に関する会計基準」(企業会計基準第9号 2019年7月4日)
  ・「金融商品に関する会計基準」(企業会計基準第10号 2019年7月4日)
  ・「金融商品の時価等の開示に関する適用指針」(企業会計基準適用指針第19号              2020年3月31日)
  (1) 概要

  国際的な会計基準の定めとの比較可能性を向上させるため、「時価の算定に関する会計基準」及び「時価の算定
  に関する会計基準の適用指針」(以下「時価算定会計基準等」という。)が開発され、時価の算定方法に関するガイ
  ダンス等が定められました。時価算定会計基準等は次の項目の時価に適用されます。
  ・「金融商品に関する会計基準」における金融商品
  ・「棚卸資産の評価に関する会計基準」におけるトレーディング目的で保有する棚卸資産
  また「金融商品の時価等の開示に関する適用指針」が改訂され、金融商品の時価のレベルごとの内訳等の注記事
  項が定められました。
  (2) 適用予定日

  2022年3月期の期首より適用予定であります。
  (3) 当該会計基準等の適用による影響

  影響額は、当連結財務諸表の作成時において評価中であります。
 3 会計方針の開示

  ・「会計方針の開示、会計上の変更及び誤謬の訂正に関する会計基準」(企業会計基準第24号                2020年3月31日)
  (1) 概要

  関連する会計基準等の定めが明らかでない場合に、採用した会計処理の原則及び手続きの概要を示すことを目的
  とするものです。
  (2) 適用予定日

  2021年3月期の年度末より適用予定であります。
            45/93





                     EDINET提出書類
                    永大化工株式会社(E02441)
                      有価証券報告書
  (追加情報)
  新型コロナウイルス感染症拡大の影響により、急激な経済活動の縮小及びこれに伴う経済環境の悪化が発生してお
  りますが、当社グループにおいては、当連結会計年度の業績に一定程度影響はあったものの重要な影響はありません
  でした。現時点では、新型コロナウイルス感染症拡大の影響の及ぶ期間と程度を合理的に想定することは出来ません
  が、感染拡大の収束が遅れた場合には、当社グループの将来収益及びキャッシュ・フローに影響を及ぼしその見積り
  に一定の不確実性が存在します。
  翌連結会計年度の業績については、足元の受注状況あるいはその他の関連データを参考にしたうえで、重要な影響
  を受けることを想定しておりますが、一定の期間を経て新型コロナウイルス感染症の影響は収束し、当社グループの
  業績も緩やかに回復していくと仮定しております。
  当社グループのたな卸資産の在庫評価、有形固定資産の減損評価、繰延税金資産の回収可能性に関する評価等は、
  上述の仮定及び連結財務諸表作成時点で利用可能な情報・事実に基づき最善の見積りを行った結果として見積られた
  金額ですが、新型コロナウイルス感染症拡大の期間とその影響のリスクや不確実性により事後的な結果との間に乖離
  が生じる可能性があります。
            46/93
















                     EDINET提出書類
                    永大化工株式会社(E02441)
                      有価証券報告書
  (連結貸借対照表関係)
 ※1  期末日満期手形の会計処理については、満期日に決済が行われたものとして処理しております。
  なお、連結会計年度末日が金融機関の休日であったため、次の期末日満期手形を満期日に決済が行われたものと
  して処理しております。
          前連結会計年度      当連結会計年度

          (2019年3月31日   )   (2020年3月31日   )
   受取手形         16,038千円       ―千円
           31,790 〃      ― 〃
   支払手形
 ※2  受取手形割引高

          前連結会計年度      当連結会計年度

          (2019年3月31日   )   (2020年3月31日   )
   受取手形割引高         ―千円     287,157 千円
 ※3(1)  担保に供している資産

          前連結会計年度      当連結会計年度
          (2019年3月31日   )   (2020年3月31日   )
   建物及び構築物        460,255千円      607,714千円
           1,533,153  〃    1,831,189  〃
   土地
    計        1,993,409千円      2,438,903千円
   (2)  担保資産に対応する債務

          前連結会計年度      当連結会計年度
          (2019年3月31日   )   (2020年3月31日   )
   短期借入金         50,000千円      50,000千円
            ― 〃     105,864  〃
   1年内返済予定の長期借入金
           100,000  〃     638,857  〃
   長期借入金
    計        150,000千円      794,721千円
   上記の被担保債務のほかに、次の銀行保証債務の見返りとして担保に供しております。
          前連結会計年度      当連結会計年度
          (2019年3月31日   )   (2020年3月31日   )
   輸入に係る関税及び消費税等の延
           31,507千円      26,326千円
   納に関する保証
 ※4  土地の再評価

  「土地の再評価に関する法律」(平成10年3月31日公布法律第34号)及び「土地の再評価に関する法律の一部を改
  正する法律」(平成13年3月31日公布法律第19号)に基づき、事業用の土地の再評価を行い、当該再評価差額に係
  る税金相当額を「再評価に係る繰延税金負債」として負債の部に計上し、これを控除した金額を「土地再評価差額
  金」として純資産の部に計上しております。
  ・再評価の方法
  「土地の再評価に関する法律施行令」(平成10年3月31日公布政令第119号)第2条第3号に定める固定資産税評価
  額に基づき合理的な調整を行って算定する方法としております。
  ・再評価を行った年月日
  2002年3月31日
          前連結会計年度      当連結会計年度

          (2019年3月31日   )   (2020年3月31日   )
   再評価を行った土地の期末におけ
   る時価と再評価後の帳簿価額との        △658,894千円      △660,137千円
   差額
            47/93



                     EDINET提出書類
                    永大化工株式会社(E02441)
                      有価証券報告書
 ※5  非連結子会社及び関連会社に対するものは、次のとおりであります。
          前連結会計年度      当連結会計年度

          (2019年3月31日   )   (2020年3月31日   )
   出資金         ―千円     10,801千円
            48/93



















                     EDINET提出書類
                    永大化工株式会社(E02441)
                      有価証券報告書
  (連結損益計算書関係)
 ※1 通常の販売目的で保有するたな卸資産の収益性の低下による簿価切下額
          前連結会計年度      当連結会計年度
          (自  2018年4月1日     (自  2019年4月1日
          至  2019年3月31日   )   至  2020年3月31日   )
   売上原価         2,627 千円     6,620 千円
 ※2 販売費及び一般管理費のうち主要な費目及び金額は下記のとおりであります。

          前連結会計年度      当連結会計年度
          (自  2018年4月1日     (自  2019年4月1日
          至  2019年3月31日   )   至  2020年3月31日   )
   1 荷造及び発送費        152,826 千円     174,236 千円
   2 給料及び手当        531,509  〃     532,558  〃
   3 賞与引当金繰入額         74,409  〃     60,152  〃
   4 役員賞与引当金繰入額         5,800  〃     9,525  〃
   5 役員退職慰労引当金繰入額         13,377  〃     9,734  〃
   6 退職給付費用         39,901  〃     30,820  〃
 ※3  一般管理費に含まれる研究開発費の総額は、次のとおりであります。

      前連結会計年度         当連結会計年度

     (自  2018年4月1日        (自  2019年4月1日
     至  2019年3月31日   )      至  2020年3月31日   )
       59,407 千円        70,526 千円
 ※4 固定資産売却益の内容は、次のとおりであります。

          前連結会計年度      当連結会計年度
          (自  2018年4月1日     (自  2019年4月1日
          至  2019年3月31日   )   至  2020年3月31日   )
   機械装置及び運搬具         3,088千円      1,913千円
    計         3,088千円      1,913千円
 ※5 固定資産処分損の内容は、次のとおりであります。

          前連結会計年度      当連結会計年度
          (自  2018年4月1日     (自  2019年4月1日
          至  2019年3月31日   )   至  2020年3月31日   )
   機械装置及び運搬具 (廃棄損)         343千円      13,453千円
            139 〃      ― 〃
   機械装置及び運搬具 (売却損)
            0〃     112 〃
   工具、器具及び備品 (廃棄損)
    計         483千円      13,565千円
 ※6 和解金の内容は、次のとおりであります。

   2019年12月に和解で合意した、取引先とのソフトウェアの使用権に関する和解金であります。
            49/93






                     EDINET提出書類
                    永大化工株式会社(E02441)
                      有価証券報告書
  (連結包括利益計算書関係)
 ※1 その他の包括利益に係る組替調整額及び税効果額
          前連結会計年度      当連結会計年度
          (自  2018年4月1日     (自  2019年4月1日
          至  2019年3月31日   )   至  2020年3月31日   )
   その他有価証券評価差額金
    当期発生額        △34,983千円      △5,393千円
            ― 〃     △39 〃
    組替調整額
     税効果調整前
           △34,983千円      △5,433千円
           10,604 〃     1,652 〃
     税効果額
     その他有価証券評価差額金        △24,378千円      △3,780千円
   繰延ヘッジ損益
    当期発生額         3,684千円      5,837千円
            ― 〃      ― 〃
    組替調整額
     税効果調整前
            3,684千円      5,837千円
           △1,122  〃     △1,778  〃
     税効果額
     繰延ヘッジ損益         2,561千円      4,059千円
   為替換算調整勘定
    当期発生額        △23,447千円      △17,354千円
            ― 〃      ― 〃
     税効果額
     為替換算調整勘定        △23,447千円      △17,354千円
   退職給付に係る調整額
    当期発生額        △11,177千円      △37,604千円
           11,486 〃     4,690 〃
    組替調整額
     税効果調整前
            308千円     △32,914千円
            △94 〃     10,025 〃
     税効果額
     退職給付に係る調整額         214千円     △22,888千円
     その他の包括利益合計      △45,049千円      △39,964千円
  (連結株主資本等変動計算書関係)

  前連結会計年度(自     2018年4月1日    至  2019年3月31日   )
  1 発行済株式に関する事項
  株式の種類   当連結会計年度期首     増加    減少   当連結会計年度末
  普通株式(千株)      7,300    ─   5,840    1,460
  (注) 2018年6月28日開催の第63回定時株主総会決議により、2018年10月1日付で当社普通株式5株を1株に併合 
   いたしました。これにより、発行済株式総数は5,840千株減少し、1,460千株となっております。
  2 自己株式に関する事項

  株式の種類   当連結会計年度期首     増加    減少   当連結会計年度末
  普通株式(千株)       969    0    775    193
  (変動事由の概要)
  普通株式の増加数の主な内訳は、次のとおりであります。
  単元未満株式の買取りによる増加  0千株
  普通株式の減少数の主な内訳は、次のとおりであります。

  株式併合(5:1)によるもの  775千株
  3 新株予約権等に関する事項

  該当事項はありません。
            50/93



                     EDINET提出書類
                    永大化工株式会社(E02441)
                      有価証券報告書
  4 配当に関する事項
  (1) 配当金支払額
        配当金の総額   1株当たり
   決議   株式の種類         基準日   効力発生日
         (千円)   配当額(円)
  2018年6月28日
      普通株式    69,640   11.00  2018年3月31日    2018年6月29日
  定時株主総会
  (2) 基準日が当連結会計年度に属する配当のうち、配当の効力発生日が翌連結会計年度となるもの

          配当金の総額   1株当たり
   決議  株式の種類  配当の原資        基準日   効力発生日
          (千円)  配当額(円)
  2019年6月27日
     普通株式  利益剰余金   82,293   65.00 2019年3月31日   2019年6月28日
  定時株主総会
  当連結会計年度(自     2019年4月1日    至  2020年3月31日   )

  1 発行済株式に関する事項
  株式の種類   当連結会計年度期首     増加    減少   当連結会計年度末
  普通株式(千株)      1,460    ―    ―   1,460
  2 自己株式に関する事項

  株式の種類   当連結会計年度期首     増加    減少   当連結会計年度末
  普通株式(千株)       193    20    173    41
  (変動事由の概要)
  普通株式の増加数の主な内訳は、次のとおりであります。
  2019年11月12日の取締役会決議による自己株式の取得            20千株
  普通株式の減少数の主な内訳は、次のとおりであります。

  株式交換による自己株式の処分        173千株
  3 新株予約権等に関する事項

  該当事項はありません。
  4 配当に関する事項

  (1) 配当金支払額
        配当金の総額   1株当たり
   決議   株式の種類         基準日   効力発生日
         (千円)   配当額(円)
  2019年6月27日
      普通株式    82,293   65.00  2019年3月31日    2019年6月28日
  定時株主総会
  (2) 基準日が当連結会計年度に属する配当のうち、配当の効力発生日が翌連結会計年度となるもの

          配当金の総額   1株当たり
   決議  株式の種類  配当の原資        基準日   効力発生日
          (千円)  配当額(円)
  2020年6月26日
     普通株式  利益剰余金   92,228   65.00 2020年3月31日   2020年6月29日
  定時株主総会
            51/93







                     EDINET提出書類
                    永大化工株式会社(E02441)
                      有価証券報告書
  (連結キャッシュ・フロー計算書関係)
 ※1 現金及び現金同等物の期末残高と連結貸借対照表に掲記されている科目の金額との関係
          前連結会計年度      当連結会計年度
          (自  2018年4月1日     (自  2019年4月1日
          至  2019年3月31日   )   至  2020年3月31日   )
           2,086,734千円      2,160,872千円
   現金及び預金勘定
   現金及び現金同等物        2,086,734千円      2,160,872千円
 ※2 当連結会計年度に株式交換により新たに連結子会社となった会社の資産及び負債の主な内訳

  株式交換により新たに株式会社K&Mを連結したことに伴う連結開始時の資産及び負債の内訳並びに株式交換に
  よる子会社資金の受入額(純額)との関係は次のとおりであります。
   流動資産          354,112千円

             608,302  〃
   固定資産
              9,783 〃
   のれん
             △200,693  〃
   流動負債
             △491,089  〃
   固定負債
              ― 〃
   非支配株主持分
   新規連結子会社株式の取得価額
             280,416千円
             △65,776  〃
   新規連結子会社の現金及び現金同等物
             △280,416  〃
   株式交換による当社株式の交付価額
   差引:株式交換による現金及び現金同等物の増加額          65,776千円
            52/93














                     EDINET提出書類
                    永大化工株式会社(E02441)
                      有価証券報告書
  (金融商品関係)
  前連結会計年度(自     2018年4月1日   至  2019年3月31日   )
 1  金融商品の状況に関する事項
  (1) 金融商品に対する取組方針
  当社グループは、資金運用については短期的な預金及び余剰資金の範囲内で安全性の高い金融資産で運用してお
  ります。また、資金調達については、主に銀行借入による方針であります。デリバティブ取引については、外貨建
  取引金額の範囲内で為替相場の変動によるリスクを軽減する目的のために先物為替予約取引を利用し、投機的な取
  引は行わない方針であります。
  (2) 金融商品の内容及びそのリスク並びにリスク管理体制

  営業債権である受取手形及び売掛金は、顧客の信用リスクに晒されております。当該リスクに関しては、当社グ
  ループの債権管理規程に従い、取引先ごとの期日管理及び残高管理を行うとともに、主な取引先の信用状況を必要
  に応じて適宜把握する体制としております。
   投資有価証券である株式は、市場価格の変動リスクに晒されておりますが、主に業務上の関係を有する企業の株
  式であり、定期的に把握された時価が取締役会に報告されております。
   営業債務である支払手形及び買掛金、電子記録債務は、1年以内の支払期日であります。
   借入金のうち、短期借入金及び長期借入金(原則として5年以内)は主に営業取引に係る資金調達であります。
  このうち長期借入金は、金利の変動リスクを回避するため固定金利での借入を基本としており、変動金利の長期借
  入金は現在はありません。
   デリバティブ取引の執行・管理については、取引権限を定めた社内規程に従って行っており、また、デリバティ
  ブの利用にあたっては、信用リスクを軽減するために、格付の高い金融機関とのみ取引を行っております。なお、
  ヘッジ会計に関するヘッジ手段とヘッジ対象、ヘッジ方針、ヘッジの有効性の評価方法等については、前述の連結
  財務諸表作成のための基本となる重要な事項「4.会計方針に関する事項(6)重要なヘッジ会計の方法」をご参照下
  さい。
   また、営業債務や借入金は、流動性リスクに晒されておりますが、当社グループでは、各社が月次に資金繰計画
  を作成するなどの方法により管理しております。
  (3) 金融商品の時価等に関する事項についての補足説明

  金融商品の時価には、市場価格に基づく価額のほか、市場価格がない場合には合理的に算定された価額が含まれ
  ております。当該価額の算定においては変動要因を織り込んでいるため、異なる前提条件等を採用することによ
  り、当該価額が変動することもあります。また、『「デリバティブ取引関係」注記におけるデリバティブ取引に関
  する契約額等』については、その金額自体がデリバティブ取引に係る市場リスクを示すものではありません。
            53/93









                     EDINET提出書類
                    永大化工株式会社(E02441)
                      有価証券報告書
 2  金融商品の時価等に関する事項
  2019年3月31日における連結貸借対照表計上額、時価及びこれらの差額については、次のとおりであります。
                   (単位:千円)
         連結貸借対照表
              時価    差額
         計上額
  (1) 現金及び預金
          2,086,734    2,086,734      ―
  (2) 受取手形及び売掛金
          1,646,650    1,646,650      ―
  (3) 投資有価証券
      その他有価証券         129,549    129,549     ―
    資産計      3,862,934    3,862,934      ―
  (1) 支払手形及び買掛金
           637,180    637,180     ―
  (2) 電子記録債務
           693,479    693,479     ―
  (3) 短期借入金
           50,000    50,000     ―
    (※1)
           100,000     99,788     △211
  (4) 長期借入金
    負債計      1,480,659    1,480,448     △211
     (※2)
  デリバティブ取引
  ヘッジ会計が適用されているもの         (2,884)    (2,884)     ―
   デリバティブ取引計        (2,884)    (2,884)     ―
  (※1)  1年内返済予定の長期借入金は長期借入金に含めて表示しております。
  (※2)  デリバティブ取引によって生じた正味の債権・債務は純額で表示しており、合計で正味の債務となる項目につ
   いては、( )  で示しております。
  (注1)金融商品の時価の算定方法並びに有価証券に関する事項

  資  産
  (1) 現金及び預金、並びに(2)受取手形及び売掛金
   これらは短期間で決済されるため、時価は帳簿価額と近似していることから、当該帳簿価額によっております。
  (3) 投資有価証券

   これらの時価について、株式は取引所の価格によっており、債券は取引所の価格又は取引金融機関から提示され
  た価格によっております。
   また、保有目的ごとの有価証券に関する注記事項については、「有価証券関係」注記を参照ください。
  負  債

  (1) 支払手形及び買掛金、(2)電子記録債務、並びに(3)短期借入金
   これらは短期間で決済されるため、時価は帳簿価額と近似していることから、当該帳簿価額によっております。
  (4) 長期借入金

   これらの時価については、元利金の合計額を、新規に同様の借入を行った場合に想定される利率で割り引いた現
  在価値により算定しております。
  デリバティブ取引

  「デリバティブ取引関係」注記を参照ください。
            54/93




                     EDINET提出書類
                    永大化工株式会社(E02441)
                      有価証券報告書
  (注2)金銭債権及び満期のある有価証券の連結決算日後の償還予定額
                   (単位:千円)
              1年超  5年超
           1年以内        10年超
              5年以内  10年以内
  現金及び預金          2,086,734    ―  ―  ―
  受取手形及び売掛金          1,646,650    ―  ―  ―

      合計      3,733,385    ―  ―  ―

  (注3)借入金の連結決算日後の返済予定額

                   (単位:千円)
         1年超  2年超  3年超  4年超
       1年以内            5年超
         2年以内  3年以内  4年以内  5年以内
  短期借入金      50,000   ―  ―  ―  ―  ―

  長期借入金      ―  ―  100,000   ―  ―  ―
   合計    50,000   ―  100,000   ―  ―  ―
            55/93















                     EDINET提出書類
                    永大化工株式会社(E02441)
                      有価証券報告書
  当連結会計年度(自     2019年4月1日   至  2020年3月31日   )
 1  金融商品の状況に関する事項
  (1) 金融商品に対する取組方針
  当社グループは、資金運用については短期的な預金及び余剰資金の範囲内で安全性の高い金融資産で運用してお
  ります。また、資金調達については、主に銀行借入による方針であります。デリバティブ取引については、外貨建
  取引金額の範囲内で為替相場の変動によるリスクを軽減する目的のために先物為替予約取引等を利用し、投機的な
  取引は行わない方針であります。
  (2) 金融商品の内容及びそのリスク並びにリスク管理体制

  営業債権である受取手形及び売掛金は、顧客の信用リスクに晒されております。当該リスクに関しては、当社グ
  ループの債権管理規程に従い、取引先ごとの期日管理及び残高管理を行うとともに、主な取引先の信用状況を必要
  に応じて適宜把握する体制としております。
   投資有価証券である株式は、市場価格の変動リスクに晒されておりますが、主に業務上の関係を有する企業の株
  式であり、定期的に把握された時価が取締役会に報告されております。
   営業債務である支払手形及び買掛金、電子記録債務は、1年以内の支払期日であります。
   借入金のうち、短期借入金及び長期借入金(原則として5年以内)は主に営業取引に係る資金調達であります。
  このうち長期借入金は、金利の変動リスクを回避するため固定金利での借入を基本としており、変動金利の長期借
  入金は現在はありません。
   デリバティブ取引の執行・管理については、取引権限を定めた社内規程に従って行っており、また、デリバティ
  ブの利用にあたっては、信用リスクを軽減するために、格付の高い金融機関とのみ取引を行っております。
  デリバティブ取引は、外貨建債権債務に係る為替の変動リスクに対するヘッジを目的とした先物為替予約取引お
  よびクーポンスワップ取引であります。
  また、営業債務や借入金は、流動性リスクに晒されておりますが、当社グループでは、各社が月次に資金繰計画
  を作成するなどの方法により管理しております。
  なお、ヘッジ会計に関するヘッジ手段とヘッジ対象、ヘッジ方針、ヘッジの有効性の評価方法等については、前
  述の連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項「4.会計方針に関する事項(6)重要なヘッジ会計の方法」を
  ご参照下さい。
  (3) 金融商品の時価等に関する事項についての補足説明

  金融商品の時価には、市場価格に基づく価額のほか、市場価格がない場合には合理的に算定された価額が含まれ
  ております。当該価額の算定においては変動要因を織り込んでいるため、異なる前提条件等を採用することによ
  り、当該価額が変動することもあります。また、『「デリバティブ取引関係」注記におけるデリバティブ取引に関
  する契約額等』については、その金額自体がデリバティブ取引に係る市場リスクを示すものではありません。
            56/93








                     EDINET提出書類
                    永大化工株式会社(E02441)
                      有価証券報告書
 2  金融商品の時価等に関する事項
  2020年3月31日における連結貸借対照表計上額、時価及びこれらの差額については、次のとおりであります。
                   (単位:千円)
         連結貸借対照表
              時価    差額
         計上額
  (1) 現金及び預金
          2,160,872    2,160,872      ―
  (2) 受取手形及び売掛金
          1,674,296    1,674,296      ―
  (3) 投資有価証券
      その他有価証券         133,203    133,203     ―
    資産計      3,968,372    3,968,372      ―
  (1) 支払手形及び買掛金
           591,161    591,161     ―
  (2) 電子記録債務
           329,187    329,187     ―
  (3) 短期借入金
           50,000    50,000     ―
    (※1)
           841,313    840,597     △715
  (4) 長期借入金
    負債計      1,811,662    1,810,946     △715
     (※2)
           5,530    5,530     ―
  デリバティブ取引
   デリバティブ取引計        5,530    5,530     ―
  (※1)  1年内返済予定の長期借入金は長期借入金に含めて表示しております。
  (※2)  デリバティブ取引によって生じた正味の債権・債務は純額で表示しており、合計で正味の債務となる項目につ
   いては、( )  で示しております。
  (注1)金融商品の時価の算定方法並びに有価証券に関する事項

  資  産
  (1) 現金及び預金、並びに(2)受取手形及び売掛金
   これらは短期間で決済されるため、時価は帳簿価額と近似していることから、当該帳簿価額によっております。
  (3) 投資有価証券

   これらの時価について、株式は取引所の価格によっており、債券は取引所の価格又は取引金融機関から提示され
  た価格によっております。
   また、保有目的ごとの有価証券に関する注記事項については、「有価証券関係」注記を参照ください。
  負  債

  (1) 支払手形及び買掛金、(2)電子記録債務、並びに(3)短期借入金
   これらは短期間で決済されるため、時価は帳簿価額と近似していることから、当該帳簿価額によっております。
  (4) 長期借入金

   これらの時価については、元利金の合計額を、新規に同様の借入を行った場合に想定される利率で割り引いた現
  在価値により算定しております。
  デリバティブ取引

  「デリバティブ取引関係」注記を参照ください。
            57/93




                     EDINET提出書類
                    永大化工株式会社(E02441)
                      有価証券報告書
  (注2)金銭債権及び満期のある有価証券の連結決算日後の償還予定額
                   (単位:千円)
              1年超  5年超
           1年以内        10年超
              5年以内  10年以内
  現金及び預金          2,160,872    ―  ―  ―
  受取手形及び売掛金          1,674,296    ―  ―  ―

      合計      3,835,169    ―  ―  ―

  (注3)借入金の連結決算日後の返済予定額

                   (単位:千円)
         1年超  2年超  3年超  4年超
       1年以内            5年超
         2年以内  3年以内  4年以内  5年以内
  短期借入金      50,000   ―  ―  ―  ―  ―

  長期借入金     127,080  227,080  127,584  120,984  118,505  120,080
   合計    177,080  227,080  127,584  120,984  118,505  120,080
            58/93















                     EDINET提出書類
                    永大化工株式会社(E02441)
                      有価証券報告書
  (有価証券関係)
 1.その他有価証券
  前連結会計年度(   2019年3月31日   )
         連結貸借対照表計上額     取得原価    差額

       種類
          (千円)    (千円)    (千円)
      (1) 株式
           110,454    67,440    43,013
  連結貸借対照表計上額
      (2) 債券
            ―    ―    ―
  が取得原価を超えるも
      (3) その他
            ―    ―    ―
  の
       小計    110,454    67,440    43,013
      (1) 株式
            8,701    9,340    △638
  連結貸借対照表計上額
      (2) 債券
            ―    ―    ―
  が取得原価を超えない
      (3) その他
           10,393    11,445    △1,052
  もの
       小計     19,095    20,786    △1,691
     合計       129,549    88,227    41,322
  (注) 減損処理にあたっては、連結会計年度末における時価が取得原価に比べ50%以上下落した場合には、原則とし
   て全て減損処理を行い、30~50%程度下落した場合には、当該金額の重要性、回復可能性等を考慮して必要と
   認められた額について減損処理を行っております。
   また、取得原価の欄は減損処理後の簿価であります。
  当連結会計年度(   2020年3月31日   )

         連結貸借対照表計上額     取得原価    差額

       種類
          (千円)    (千円)    (千円)
      (1) 株式
           85,746    41,995    43,750
  連結貸借対照表計上額
      (2) 債券
            ―    ―    ―
  が取得原価を超えるも
      (3) その他
            ―    ―    ―
  の
       小計     85,746    41,995    43,750
      (1) 株式
           29,257    35,679    △6,421
  連結貸借対照表計上額
      (2) 債券
            ―    ―    ―
  が取得原価を超えない
      (3) その他
           18,199    19,639    △1,439
  もの
       小計     47,457    55,318    △7,861
     合計       133,203    97,313    35,889
  (注) 減損処理にあたっては、連結会計年度末における時価が取得原価に比べ50%以上下落した場合には、原則とし
   て全て減損処理を行い、30~50%程度下落した場合には、当該金額の重要性、回復可能性等を考慮して必要と
   認められた額について減損処理を行っております。
   また、取得原価の欄は減損処理後の簿価であります。
 2.連結会計年度中に売却したその他有価証券

  前連結会計年度(自     2018年4月1日    至  2019年3月31日)
  該当事項はありません。
  当連結会計年度(自     2019年4月1日    至  2020年3月31日)

        売却額    売却益の合計額     売却損の合計額

   区分
        (千円)     (千円)     (千円)
  株式         ―     ―     ―
  債券         ―     ―     ―
  その他        10,634      39     ―
   合計      10,634      39     ―
            59/93



                     EDINET提出書類
                    永大化工株式会社(E02441)
                      有価証券報告書
  (デリバティブ取引関係)
  前連結会計年度(自     2018年4月1日    至  2019年3月31日   )
 1  ヘッジ会計が適用されていないデリバティブ取引
  該当事項はありません。
 2  ヘッジ会計が適用されているデリバティブ取引

   通貨関連
               契約額等のうち

  ヘッジ会計   デリバティブ       契約額等       時価
        主なヘッジ対象       1年超
  の方法   取引の種類等       (千円)      (千円)
               (千円)
    為替予約取引
  為替予約等の
     買建    買掛金
  振当処理
     米ドル        262,135    ―  △4,586
    オプション取引
  オプション取
     買建 米ドル    買掛金    2,074    ―
  引の振当処理
                    1,702
     売建 米ドル         1,715    ―
      合計       265,924    ―  △2,884

  (注) 時価の算定方法
      為替予約取引
       先物為替相場に基づき算定しております。
      通貨オプション
       取引金融機関から提示された価格に基づき算定しております。
  当連結会計年度(自     2019年4月1日    至  2020年3月31日   )

 1  ヘッジ会計が適用されていないデリバティブ取引
            契約額等のうち

          契約額等       時価
     デリバティブ             評価損益
  区分          1年超
     取引の種類等             (千円)
          (千円)       (千円)
             (千円)
  市場取引以外   クーポンスワップ取引
          239,688   239,688   2,576   △810
  の取引    受取米ドル・支払円
     合計     239,688   239,688   2,576   △810

  (注) 1. クーポンスワップ取引によるものであり、時価は取引先金融機関から提示された価格によっております。
   2. クーポンスワップ取引における契約額は、想定元本であり、この金額自体がデリバティブ取引に係る市場
   リスクを示すものではありません。
 2  ヘッジ会計が適用されているデリバティブ取引

   通貨関連
               契約額等のうち

  ヘッジ会計   デリバティブ       契約額等       時価
        主なヘッジ対象       1年超
  の方法   取引の種類等       (千円)      (千円)
               (千円)
    為替予約取引
  為替予約等の
     買建    買掛金
  振当処理
     米ドル        138,104    ―   2,953
      合計       138,104    ―   2,953

  (注) 時価の算定方法
      為替予約取引
       先物為替相場に基づき算定しております。
            60/93


                     EDINET提出書類
                    永大化工株式会社(E02441)
                      有価証券報告書
  (退職給付関係)
 1.採用している退職給付制度の概要
  当社は、確定給付型の制度として確定給付企業年金制度を設けており、国内連結子会社は、中小企業退職金共済制
  度に加入しております。また、在外連結子会社は、退職一時金制度を設けております。
 2.確定給付制度

  (1) 退職給付債務の期首残高と期末残高の調整表
                   (単位:千円)
            前連結会計年度     当連結会計年度
           (自  2018年4月1日    (自  2019年4月1日
            至  2019年3月31日   )  至  2020年3月31日   )
  退職給付債務の期首残高            557,319     587,895
   勤務費用            36,568     34,969
   利息費用             526     ―
   数理計算上の差異の発生額            11,362     9,395
   退職給付の支払額            △17,880     △14,503
  退職給付債務の期末残高            587,895     617,756
  (2) 年金資産の期首残高と期末残高の調整表
                   (単位:千円)
            前連結会計年度     当連結会計年度
           (自  2018年4月1日    (自  2019年4月1日
            至  2019年3月31日   )  至  2020年3月31日   )
  年金資産の期首残高            475,414     506,894
   期待運用収益            2,852     3,041
   数理計算上の差異の発生額             184    △28,209
   事業主からの拠出額            46,322     51,198
   退職給付の支払額            △17,880     △14,503
  年金資産の期末残高            506,894     518,421
  (3) 退職給付債務及び年金資産の期末残高と連結貸借対照表に計上された退職給付に係る負債及び退職給付に係る資
  産の調整表
                   (単位:千円)
            前連結会計年度     当連結会計年度
            (2019年3月31日   )  (2020年3月31日   )
  積立型制度の退職給付債務            587,895     617,756
  年金資産            △506,894     △518,421
               81,001     99,335
  非積立型制度の退職給付債務             ―     ―
  連結貸借対照表に計上された負債と資産の純額            81,001     99,335
  退職給付に係る負債            81,001     99,335

  退職給付に係る資産             ―     ―
  連結貸借対照表に計上された負債と資産の純額            81,001     99,335
  (4) 退職給付費用及びその内訳項目の金額
                   (単位:千円)
            前連結会計年度     当連結会計年度
           (自  2018年4月1日    (自  2019年4月1日
            至  2019年3月31日   )  至  2020年3月31日   )
  勤務費用            36,568     34,969
  利息費用             526     ―
  期待運用収益            △2,852     △3,041
  数理計算上の差異の費用処理額            11,486     4,690
  確定給付制度に係る退職給付費用            45,728     36,618
            61/93





                     EDINET提出書類
                    永大化工株式会社(E02441)
                      有価証券報告書
  (5) 退職給付に係る調整額
  退職給付に係る調整額に計上した項目(税効果控除前)の内訳は次のとおりであります。
                   (単位:千円)
            前連結会計年度     当連結会計年度
           (自  2018年4月1日    (自  2019年4月1日
            至  2019年3月31日   )  至  2020年3月31日   )
  数理計算上の差異             308    △32,914
  合計             308    △32,914
  (6) 退職給付に係る調整累計額
  退職給付に係る調整累計額に計上した項目(税効果控除前)の内訳は次のとおりであります。
                   (単位:千円)
            前連結会計年度     当連結会計年度
            (2019年3月31日   )  (2020年3月31日   )
  未認識数理計算上の差異            △25,313     △58,227
  合計            △25,313     △58,227
  (7) 年金資産に関する事項
  ①年金資産の主な内訳
   年金資産合計に対する主な分類ごとの比率は、次のとおりであります。
            前連結会計年度     当連結会計年度
            (2019年3月31日   )  (2020年3月31日   )
  債券             45%     48%
  株式             27%     24%
  外国債券             10%     12%
  外国株式             15%     12%
  その他             3%     4%
  合計             100%     100%
  ②長期期待運用収益率の設定方法

   年金資産の長期期待運用収益率を決定するため、現在及び予想される年金資産の配分と、年金資産を構成する
  多様な資産からの現在及び将来期待される長期の収益率を考慮しております。
  (8) 数理計算上の計算基礎に関する事項

  主要な数理計算上の計算基礎(加重平均で表わしております。)
            前連結会計年度     当連結会計年度
           (自  2018年4月1日    (自  2019年4月1日
            至  2019年3月31日   )  至  2020年3月31日   )
  割引率             0.0%     0.1%
  長期期待運用収益率             0.6%     0.6%
  予想昇給率             2.1%     1.0%
            62/93









                     EDINET提出書類
                    永大化工株式会社(E02441)
                      有価証券報告書
  (税効果会計関係)
 1.繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別の内訳
           前連結会計年度      当連結会計年度

           (2019年3月31日   )   (2020年3月31日   )
   繰延税金資産
    賞与引当金          29,806 千円     23,541 千円
    未払事業税          6,533  〃     1,830  〃
    たな卸資産評価損          22,331  〃     3,180  〃
    繰延ヘッジ損失           878  〃     ― 〃
    一括償却資産          3,908  〃     2,506  〃
    退職給付に係る負債          13,573  〃     24,363  〃
    役員退職慰労引当金          16,624  〃     7,610  〃
    投資有価証券評価損          7,937  〃     7,937  〃
    減損損失          9,126  〃     8,524  〃
             15,299  〃     16,904  〃
    その他
    繰延税金資産小計          126,019 千円     96,397 千円
    評価性引当額(注)          △15,789   〃    △16,911   〃
    繰延税金資産合計          110,229 千円     79,486 千円
   繰延税金負債

    固定資産圧縮積立金          △12,382  千円    △11,766  千円
    その他有価証券評価差額金          △4,700  〃    △3,048  〃
    連結子会社の土地時価評価差額           ― 〃    △32,482   〃
              ― 〃    △1,764  〃
    その他
    繰延税金負債合計          △17,083  千円    △49,063  千円
    繰延税金資産純額          93,146 千円     30,423 千円
 2.法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との差異の原因となった主な項目別の内訳

           前連結会計年度      当連結会計年度
           (2019年3月31日   )   (2020年3月31日   )
   法定実効税率
             30.5 %     30.5 %
   (調整)
   交際費等永久に損金に算入されない項目           1.6 〃     1.2 〃
   住民税均等割           1.5 〃     2.6 〃
   役員賞与引当金           0.5 〃     1.4 〃
   連結子会社の税率差異          △4.8 〃     △3.4 〃
   評価性引当額の増減          △3.4 〃     0.5 〃
             1.7 〃     1.0 〃
   その他
   税効果会計適用後の法人税等の負担率          27.6 %     33.8 %
            63/93








                     EDINET提出書類
                    永大化工株式会社(E02441)
                      有価証券報告書
 (企業結合等関係)
 取得による企業結合
 1.企業結合の概要
  (1) 被取得企業の名称及びその事業の内容
   被取得企業の名称       株式会社K&M
   事業の内容             合成木材の製造及び販売
  (2) 企業結合を行った主な理由
   当社は、合成樹脂各種成型品の製造及び販売を行っております。自動車用品関連と産業資材関連の二つのセグ
  メントにより構成され、自動車用品関連では、自動車用フロアーマットの製造及び販売を行い、国内外の大手自
  動車メーカーの純正品として採用されています。また、産業資材関連では、様々な用途に応じた異型押出成形加
  工によるプラスチック製品の製造及び販売を行い、住宅用建材、鋼製家具関連部材、家電製品部材、半導体関連
  部材、工業部品、下水道補修用部材など広範囲な産業分野に製品を供給しております。
   一方、株式会社K&M(以下「K&M」という。)は、2009年8月に設立され、合成木材の製造販売を行って
  おります。建築・土木資材として、合成木材を原資材とするデッキ、ルーバー・パーゴラ、フェンス、手摺り、
  ベンチなどのエクステリア関連部材の製造販売を行っております。これらの製品は天然木材に劣らない木質感を
  プラスチックス成形で再現し、木のあたたかさ・プラスチックの可能性を兼ね備えた素材として提供しておりま
  す。
   K&Mが当社グループに加わることで、当社と同様の異型押出成形であることから双方の技術力が生かされ、
  研究開発力の強化につながるとともに、資材の共同調達、販売先の共同開拓などにより、広範囲な産業分野に多
  種多様な製品の供給に努めることができます。さらには、経営環境の変化に対応した新規事業の企画及び開発な
  どを創造する役割としてもK&Mを当社グループの1社とする事が、当社グループの企業価値を高めることとな
  り、そしてグループ一体となって事業展開していくことが両社にとって将来の業容拡大のために有意義であると
  の結論に至り、この度、株式交換を実施することとなりました。
  (3) 企業結合日
   2019年4月10日
  (4) 企業結合の法的形式
   当社を株式交換完全親会社とし、K&Mを株式交換完全子会社とする株式交換
  (5) 結合後企業の名称
   変更はありません。
  (6) 取得した議決権比率
   100%
  (7) 取得企業を決定するに至った主な根拠
   当社が株式交換によりK&Mの議決権の100%を取得し、完全子会社化したことによるものです。
 2.連結財務諸表に含まれている被取得企業の業績の期間

  2019年4月1日から2019年12月31日まで
 3.被取得企業の取得原価及び対価の種類ごとの内訳

  取得の対価    株式交換に交付した当社の普通株式の時価            280,416千円
  取得原価                 280,416千円
 4.株式の種類別の交換比率及びその算定方法並びに交付株式数

  (1) 株式の種類別の交換比率
   株式会社K&Mの普通株式1株:当社の普通株式1.46株
  (2) 株式交換比率の算定方法
   本株式交換比率については、その公平性・妥当性を確保するため、当社及び株式会社K&Mから独立した第三
  者算定機関である梅ヶ枝中央会計株式会社を選定し、本株式交換比率の算定を依頼しております。
  (3) 交付した株式数
   173,740株(全て当社が保有する自己株式を充当)
            64/93



                     EDINET提出書類
                    永大化工株式会社(E02441)
                      有価証券報告書
 5.主要な取得関連費用の内訳及び金額
  アドバイザリー報酬等 6,500千円
 6.発生したのれんの金額、発生原因、償却方法及び償却期間

  (1) 発生したのれんの金額
   9,783千円
  (2) 発生原因
   取得原価が企業結合時における時価純資産額を上回ったため、その差額をのれんとして認識しておりま
  す。
  (3) 償却方法及び償却期間
   即時償却
 7.企業結合日に受け入れた資産及び引き受けた負債の額並びにその主な内訳

  流動資産     354,112千円
       608,302  〃
  固定資産
       962,415  〃
  資産合計
       200,693  〃
  流動負債
       491,089  〃
  固定負債
       691,782  〃
  負債合計
            65/93














                     EDINET提出書類
                    永大化工株式会社(E02441)
                      有価証券報告書
  (セグメント情報等)
  【セグメント情報】
  1  報告セグメントの概要
  当社の報告セグメントは、当社の構成単位のうち分離された財務情報が入手可能であり、取締役会が、経営資源
  の配分の決定及び業績を評価するために、定期的に検討を行う対象となっているものであります。
  当社は、製品・サービス別に事業本部を置き、各事業本部は取り扱う製品・サービスについて国内及び海外の包
  括的な戦略を立案し、事業活動を展開しております。
  従って、当社は事業本部を基礎とした製品・サービス別のセグメントから構成されており、「自動車用品関連」
  及び「産業資材関連」の2つを報告セグメントとしております。
  「自動車用品関連」は、自動車用フロアーマットの製造及び販売をしております。「産業資材関連」は、半導体
  関連部材・工業用部品・鋼製家具関連部材・住宅建材等の製造(外注委託生産を含む)及び販売をしております。
  2  報告セグメントごとの売上高、利益又は損失、資産、その他の項目の金額の算定方法

  報告されている事業セグメントの会計処理の方法は、「連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項」にお
  ける記載と概ね同一であります。
  3  報告セグメントごとの売上高、利益又は損失、資産、その他の項目の金額に関する情報

  前連結会計年度(自     2018年4月1日   至  2019年3月31日   )

                   (単位:千円)
          報告セグメント
                  連結財務諸表
                調整額
                   計上額
                (注)1
                   (注)2
       自動車用品関連   産業資材関連    計
  売上高

    外部顧客への売上高      6,358,941   1,734,262   8,093,203    ―  8,093,203

    セグメント間の内部
         ―   ―   ―   ―   ―
    売上高又は振替高
    計    6,358,941   1,734,262   8,093,203    ―  8,093,203
  セグメント利益      257,364   49,053   306,417    ―  306,417

  セグメント資産      4,611,358   1,505,018   6,116,377   2,854,357   8,970,734

  その他の項目

    減価償却費      158,038   42,071   200,110    ―  200,110

  有形固定資産及び
        224,097   37,644   261,741   28,185   289,927
  無形固定資産の増加額
  (注) 1.調整額は、以下のとおりであります。
   (1) セグメント資産の調整額は、各報告セグメントに配分していない全社資産が含まれております。全社資産
    は、主に報告セグメントに帰属しない本社建物等であります。
   (2) 有形固定資産及び無形固定資産の増加額の調整額は、本社建物等の設備投資額であります。
   2.セグメント利益は、連結損益計算書の営業利益と一致しております。
   3.各報告セグメントに配分していない全社資産に含まれる本社建物等の償却費は、社内基準により各報告セグ
   メントへ配賦し、セグメント利益を算定しております。
            66/93






                     EDINET提出書類
                    永大化工株式会社(E02441)
                      有価証券報告書
  当連結会計年度(自     2019年4月1日   至  2020年3月31日   )
                   (単位:千円)
          報告セグメント
                  連結財務諸表
                調整額
                   計上額
                (注)1
                   (注)2
       自動車用品関連   産業資材関連    計
  売上高

    外部顧客への売上高      5,424,151   2,673,664   8,097,815    ―  8,097,815

    セグメント間の内部
         ―   ―   ―   ―   ―
    売上高又は振替高
    計    5,424,151   2,673,664   8,097,815    ―  8,097,815
  セグメント利益      117,076   131,539   248,615    ―  248,615

  セグメント資産      4,105,840   2,402,567   6,508,407   2,933,784   9,442,192

  その他の項目

    減価償却費      189,506   72,582   262,088    ―  262,088

  有形固定資産及び
        52,166   113,157   165,324   51,606   216,931
  無形固定資産の増加額
  (注) 1.調整額は、以下のとおりであります。
   (1) セグメント資産の調整額は、各報告セグメントに配分していない全社資産が含まれております。全社資産
    は、主に報告セグメントに帰属しない本社建物等であります。
   (2) 有形固定資産及び無形固定資産の増加額の調整額は、本社建物等の設備投資額であります。
   2.セグメント利益は、連結損益計算書の営業利益と一致しております。
   3.各報告セグメントに配分していない全社資産に含まれる本社建物等の償却費は、社内基準により各報告セグ
   メントへ配賦し、セグメント利益を算定しております。
  【関連情報】

  前連結会計年度(自     2018年4月1日    至  2019年3月31日   )
  1  製品及びサービスごとの情報
  セグメント情報に同様の情報を開示しているため、記載を省略しております。
  2  地域ごとの情報

  (1) 売上高
   本邦の外部顧客への売上高が連結損益計算書の売上高の90%を超えるため、記載を省略しております。
  (2) 有形固定資産

                  (単位:千円)
    日本      ベトナム       合計
      2,169,940       483,085      2,653,026

  3  主要な顧客ごとの情報

                  (単位:千円)
   顧客の名称又は氏名        売上高     関連するセグメント名
  株式会社ホンダアクセス           2,213,013  自動車用品関連

  豊通オートモーティブ
            1,125,186  自動車用品関連
  クリエーション株式会社
  スズキ株式会社           982,116  自動車用品関連
            67/93



                     EDINET提出書類
                    永大化工株式会社(E02441)
                      有価証券報告書
  当連結会計年度(自     2019年4月1日    至  2020年3月31日   )
  1  製品及びサービスごとの情報
  セグメント情報に同様の情報を開示しているため、記載を省略しております。
  2  地域ごとの情報

  (1) 売上高
   本邦の外部顧客への売上高が連結損益計算書の売上高の90%を超えるため、記載を省略しております。
  (2) 有形固定資産

                  (単位:千円)
    日本      ベトナム       合計
      2,740,845       415,329      3,156,175

  3  主要な顧客ごとの情報

                  (単位:千円)
   顧客の名称又は氏名        売上高     関連するセグメント名
  株式会社ホンダアクセス           1,882,809  自動車用品関連

  豊通オートモーティブ
             977,931  自動車用品関連
  クリエーション株式会社
  スズキ株式会社           935,585  自動車用品関連
  丸紅プラックス株式会社           881,392  産業資材関連

  【報告セグメントごとの固定資産の減損損失に関する情報】

  該当事項はありません。
  【報告セグメントごとののれんの償却額及び未償却残高に関する情報】

  前連結会計年度(自     2018年4月1日    至  2019年3月31日)

  該当事項はありません。
  当連結会計年度(自     2019年4月1日    至  2020年3月31日)

                  (単位:千円)
       報告セグメント
             その他
                全社・消去   合計
    自動車用品関連   産業資材関連    計
  当期償却額     ―  9,783   9,783   ―   ―  9,783
  当期末残高     ―   ―   ―   ―   ―   ―
  【報告セグメントごとの負ののれん発生益に関する情報】

  該当事項はありません。
  【関連当事者情報】

  前連結会計年度(自     2018年4月1日    至  2019年3月31日   )
   金額的な重要性が乏しいため、記載を省略しております。
  当連結会計年度(自     2019年4月1日    至  2020年3月31日   )

   金額的な重要性が乏しいため、記載を省略しております。
            68/93



                     EDINET提出書類
                    永大化工株式会社(E02441)
                      有価証券報告書
  (1株当たり情報)
          前連結会計年度       当連結会計年度

         (自 2018年4月1日       (自 2019年4月1日
         至 2019年3月31日)       至 2020年3月31日)
  1株当たり純資産額           5,229.03円       4,849.56円
  1株当たり当期純利益           205.05円       95.51円
  (注) 1.潜在株式調整後1株当たり当期純利益については、潜在株式が存在しないため記載しておりません。
   2.当社は、2018年10月1日付けで普通株式5株につき普通株式1株の割合で株式併合を行っております。前連
   結会計年度の期首に当該株式分割が行われたと仮定して1株当たり純資産額、1株当たり当期純利益を算定
   しております。
   3.1株当たり当期純利益の算定上の基礎は、以下のとおりであります。
            前連結会計年度     当連結会計年度

            (自 2018年4月1日     (自 2019年4月1日
            至 2019年3月31日)     至 2020年3月31日)
               259,623      136,752 
  親会社株主に帰属する当期純利益(千円)
  普通株主に帰属しない金額(千円)              ―      ― 
  普通株式に係る親会社株主に帰属する
               259,623      136,752 
  当期純利益(千円)
               1,266     1,431 
  普通株式の期中平均株式数(千株)
  (重要な後発事象)

   該当事項はありません。
            69/93













                     EDINET提出書類
                    永大化工株式会社(E02441)
                      有価証券報告書
  ⑤ 【連結附属明細表】
   【社債明細表】
   該当事項はありません。
   【借入金等明細表】

        当期首残高   当期末残高   平均利率

    区分              返済期限
        (千円)   (千円)   (%)
  短期借入金        50,000   50,000    0.58   ―
  1年以内に返済予定の長期借入金         ―  127,080    0.67   ―

  1年以内に返済予定のリース債務         ―   ―   ―  ―

                   2021年4月30日~
  長期借入金(1年以内に返済予定
         100,000   714,233    0.77
  のものを除く。)
                   2029年2月28日
  リース債務(1年以内に返済予定
          ―   ―   ―  ―
  のものを除く。)
  その他有利子負債         ―   ―   ―  ―
    合計     150,000   891,313    ―  ―

  (注) 1.「平均利率」については、借入金等の期末残高に対する加重平均利率を記載しております。
   2.長期借入金及びリース債務(1年以内に返済予定のものを除く)の連結決算日後5年内における1年ごとの返
   済予定額の総額
       1年超2年以内   2年超3年以内   3年超4年以内   4年超5年以内

     区分
        (千円)   (千円)   (千円)   (千円)
    長期借入金     227,080   127,584   120,984   118,505
   【資産除去債務明細表】

   該当事項はありません。
  (2) 【その他】

   当連結会計年度における四半期情報等
   (累計期間)    第1四半期    第2四半期    第3四半期   当連結会計年度
  売上高    (千円)   2,358,389    4,087,937    5,989,434    8,097,815

  税金等調整前

     (千円)   127,171    167,593    180,318    206,630
  四半期(当期)純利
  益金額
  親会社株主に帰属

  する四半期(当期)    (千円)    89,199   118,425    121,854    136,752
  純利益金額
  1株当たり

  四半期(当期)    (円)    62.70    82.74    85.02    95.51
  純利益金額
   (会計期間)    第1四半期    第2四半期    第3四半期    第4四半期

  1株当たり四半期

     (円)    62.70    20.30    2.39   10.44
  純利益金額
            70/93



                     EDINET提出書類
                    永大化工株式会社(E02441)
                      有価証券報告書
 2 【財務諸表等】
  (1) 【財務諸表】
  ① 【貸借対照表】
                   (単位:千円)
            前事業年度     当事業年度
            (2019年3月31日)     (2020年3月31日)
  資産の部
  流動資産
   現金及び預金           1,794,304     1,783,835
             ※1 108,917
   受取手形                 100,873
   電子記録債権            97,592     89,153
   売掛金           1,415,397     1,251,542
   1年内回収予定の関係会社長期貸付金            27,752     39,207
   商品及び製品            855,198     770,873
   仕掛品            53,885     30,428
   原材料及び貯蔵品            182,039     178,800
   前払費用            4,235     4,159
             ※3 1,018,859     ※3 691,002
   未収入金
   未収還付法人税等            ―    18,464
              52,487     39,893
   その他
   流動資産合計           5,610,670     4,998,236
  固定資産
   有形固定資産
   建物           2,267,126     2,286,219
    減価償却累計額          △1,737,136     △1,766,997
              △54,763     △54,763
    減損損失累計額
             ※2 475,226    ※2 464,459
    建物(純額)
   構築物
              124,968     124,968
    減価償却累計額          △118,681     △119,316
              △1,680     △1,680
    減損損失累計額
    構築物(純額)           4,606     3,970
   機械及び装置
              1,127,288     1,076,718
    減価償却累計額          △974,692     △906,949
              △36,220     △27,664
    減損損失累計額
    機械及び装置(純額)          116,374     142,103
   車両運搬具
              76,980     75,734
    減価償却累計額          △61,281     △62,868
               △846     △803
    減損損失累計額
    車両運搬具(純額)           14,852     12,062
   工具、器具及び備品
              183,569     167,855
    減価償却累計額          △168,692     △149,318
               △792     △635
    減損損失累計額
    工具、器具及び備品(純額)           14,084     17,901
             ※2 1,544,809    ※2 1,544,809
   土地
   有形固定資産合計           2,169,953     2,185,306
   無形固定資産
   ソフトウエア           7,893     11,226
               418     418
   電話加入権
   無形固定資産合計           8,311     11,644
            71/93




                     EDINET提出書類
                    永大化工株式会社(E02441)
                      有価証券報告書
                   (単位:千円)
            前事業年度     当事業年度
            (2019年3月31日)     (2020年3月31日)
   投資その他の資産
   投資有価証券           129,549     133,203
   関係会社株式            ―    287,196
   関係会社出資金           470,469     481,270
   関係会社長期貸付金           83,257     162,415
   長期前払費用           2,354      157
   繰延税金資産           71,184     28,635
              214,382     217,758
   その他
   投資その他の資産合計           971,198     1,310,636
   固定資産合計           3,149,463     3,507,588
  資産合計            8,760,133     8,505,824
  負債の部
  流動負債
              ※1 98,857
   支払手形                 103,586
   電子記録債務            693,479     329,187
             ※3 709,296    ※3 465,522
   買掛金
              ※2 50,000    ※2 50,000
   短期借入金
                   ※2 60,000
   1年内返済予定の長期借入金            ―
             ※2 135,849     ※2 84,093
   未払金
   未払費用            52,679     52,130
   未払法人税等            78,868      ―
   預り金            10,203     5,091
   前受収益            400     400
   賞与引当金            97,853     77,285
   役員賞与引当金            5,800     9,525
   設備関係未払金            17,959      ―
              15,083     32,952
   その他
   流動負債合計           1,966,330     1,269,774
  固定負債
             ※2 100,000    ※2 340,000
   長期借入金
   再評価に係る繰延税金負債            281,303     281,303
   退職給付引当金            19,249     2,983
              54,578     24,986
   役員退職慰労引当金
   固定負債合計            455,131     649,272
  負債合計            2,421,461     1,919,047
            72/93








                     EDINET提出書類
                    永大化工株式会社(E02441)
                      有価証券報告書
                   (単位:千円)
            前事業年度     当事業年度
            (2019年3月31日)     (2020年3月31日)
  純資産の部
  株主資本
   資本金           1,241,700     1,241,700
   資本剰余金
   資本準備金           1,203,754     1,203,754
               ―    67,499
   その他資本剰余金
   資本剰余金合計           1,203,754     1,271,253
   利益剰余金
   利益準備金           167,250     167,250
   その他利益剰余金
    固定資産圧縮積立金           28,268     26,863
    別途積立金          2,300,000     2,300,000
              1,123,830     1,126,782
    繰越利益剰余金
   利益剰余金合計           3,619,349     3,620,895
   自己株式           △237,677     △58,896
   株主資本合計           5,827,126     6,074,953
  評価・換算差額等
   その他有価証券評価差額金            36,621     32,840
   繰延ヘッジ損益            △2,005     2,053
              476,930     476,930
   土地再評価差額金
   評価・換算差額等合計            511,545     511,824
  純資産合計            6,338,672     6,586,777
  負債純資産合計            8,760,133     8,505,824
            73/93












                     EDINET提出書類
                    永大化工株式会社(E02441)
                      有価証券報告書
  ② 【損益計算書】
                   (単位:千円)
            前事業年度     当事業年度
            (自 2018年4月1日     (自 2019年4月1日
            至 2019年3月31日)      至 2020年3月31日)
  売上高
  製品売上高            7,835,193     6,948,931
              58,095     46,058
  商品売上高
  売上高合計            7,893,289     6,994,990
  売上原価
  製品期首たな卸高            817,187     855,185
             ※1 4,991,625    ※1 4,296,237
  当期製品仕入高
              1,196,716     1,055,325
  当期製品製造原価
  合計            7,005,528     6,206,748
  製品期末たな卸高            855,185     770,873
  製品売上原価            6,150,343     5,435,875
  商品期首たな卸高
               ―     12
              44,158     34,545
  当期商品仕入高
  合計            44,158     34,558
  商品期末たな卸高             12     ―
  商品売上原価            44,146     34,558
  売上原価合計            6,194,489     5,470,433
  売上総利益            1,698,799     1,524,556
             ※5 1,474,115    ※5 1,364,873
  販売費及び一般管理費
  営業利益             224,683     159,683
  営業外収益
              ※2 3,116    ※2 2,249
  受取利息
  受取配当金            2,358     2,634
  為替差益            40,265      ―
  受取賃貸料            4,444     4,404
  補助金収入            10,300      ―
              ※2 8,542    ※2 11,463
  その他
  営業外収益合計            69,027     20,751
  営業外費用
  支払利息             828     1,199
  為替差損             ―    19,689
  支払手数料             ―     4,400
               1,375     1,561
  その他
  営業外費用合計            2,203     26,849
  経常利益             291,507     153,585
  特別利益
              ※3 286    ※3 798
  固定資産売却益
               ―     39
  投資有価証券売却益
  特別利益合計             286     837
  特別損失
              ※4 483    ※4 175
  固定資産処分損
                   ※6 14,153
               ―
  和解金
  特別損失合計             483     14,328
  税引前当期純利益             291,311     140,094
  法人税、住民税及び事業税
              83,475     13,831
               6,729     42,422
  法人税等調整額
  法人税等合計             90,205     56,254
  当期純利益             201,106     83,840
            74/93



                     EDINET提出書類
                    永大化工株式会社(E02441)
                      有価証券報告書
  ③ 【株主資本等変動計算書】
  前事業年度(自   2018年4月1日 至    2019年3月31日)
                  (単位:千円)
            株主資本
         資本剰余金       利益剰余金
               その他利益剰余金
      資本金
         その他 資本剰余金         利益剰余金
       資本準備金     利益準備金
              固定資産    繰越利益
         資本剰余金  合計         合計
                別途積立金
              圧縮積立金    剰余金
  当期首残高    1,241,700  1,203,754   ― 1,203,754  167,250  29,854 2,300,000  990,778 3,487,883
  当期変動額
  剰余金の配当                △69,640 △69,640
  当期純利益                201,106  201,106
  固定資産圧縮積立金
              △1,585    1,585  ―
  の取崩
  自己株式の取得
  自己株式の処分
  株主資本以外の項目
  の当期変動額(純
  額)
  当期変動額合計     ―  ―  ―  ―  ― △1,585  ― 133,051  131,465
  当期末残高    1,241,700  1,203,754   ― 1,203,754  167,250  28,268 2,300,000  1,123,830  3,619,349
      株主資本     評価・換算差額等

         その他

                純資産合計
       株主資本合    繰延ヘッジ  土地再評価  評価・換算
     自己株式    有価証券
        計   損益  差額金 差額等合計
         評価差額金
  当期首残高    △237,444 5,695,893  61,000  △4,567 476,930  533,362 6,229,256

  当期変動額
  剰余金の配当     △69,640        △69,640
  当期純利益     201,106         201,106
  固定資産圧縮積立金
        ―         ―
  の取崩
  自己株式の取得    △232 △232        △232
  自己株式の処分      ―         ―
  株主資本以外の項目
  の当期変動額(純       △24,378  2,561   △21,817 △21,817
  額)
  当期変動額合計    △232 131,232  △24,378  2,561  ― △21,817  109,415
  当期末残高    △237,677 5,827,126  36,621  △2,005 476,930  511,545 6,338,672
            75/93







                     EDINET提出書類
                    永大化工株式会社(E02441)
                      有価証券報告書
  当事業年度(自   2019年4月1日 至    2020年3月31日)
                  (単位:千円)
            株主資本
         資本剰余金       利益剰余金
               その他利益剰余金
      資本金
         その他 資本剰余金         利益剰余金
       資本準備金     利益準備金
              固定資産    繰越利益
         資本剰余金  合計         合計
                別途積立金
              圧縮積立金    剰余金
  当期首残高    1,241,700  1,203,754   ― 1,203,754  167,250  28,268 2,300,000  1,123,830  3,619,349
  当期変動額
  剰余金の配当                △82,293 △82,293
  当期純利益                83,840  83,840
  固定資産圧縮積立金
              △1,405    1,405  ―
  の取崩
  自己株式の取得
  自己株式の処分       67,499  67,499
  株主資本以外の項目
  の当期変動額(純
  額)
  当期変動額合計     ―  ― 67,499  67,499  ― △1,405  ― 2,951  1,546
  当期末残高    1,241,700  1,203,754  67,499 1,271,253  167,250  26,863 2,300,000  1,126,782  3,620,895
      株主資本     評価・換算差額等

         その他

                純資産合計
       株主資本合    繰延ヘッジ  土地再評価  評価・換算
     自己株式    有価証券
        計   損益  差額金 差額等合計
         評価差額金
  当期首残高    △237,677 5,827,126  36,621  △2,005 476,930  511,545 6,338,672

  当期変動額
  剰余金の配当     △82,293        △82,293
  当期純利益      83,840         83,840
  固定資産圧縮積立金
        ―         ―
  の取崩
  自己株式の取得    △34,136 △34,136        △34,136
  自己株式の処分    212,916  280,416         280,416
  株主資本以外の項目
  の当期変動額(純       △3,780  4,059    278  278
  額)
  当期変動額合計    178,780  247,826  △3,780  4,059  ―  278 248,104
  当期末残高    △58,896 6,074,953  32,840  2,053 476,930  511,824 6,586,777
            76/93








                     EDINET提出書類
                    永大化工株式会社(E02441)
                      有価証券報告書
  【注記事項】
  (重要な会計方針)
 1 資産の評価基準及び評価方法
  (1) 有価証券の評価基準及び評価方法
  ①子会社株式及び関連会社株式
  移動平均法による原価法
  ②その他有価証券
  時価のあるもの
   決算日の市場価格等に基づく時価法(評価差額は全部純資産直入法により処理し、売却原価は移動平均法により
  算出)
  時価のないもの
   移動平均法による原価法
  (2) デリバティブ取引により生じる正味の債権(及び債務)の評価基準及び評価方法

  時価法
  (3) たな卸資産の評価基準及び評価方法

  商品及び製品、仕掛品、原材料及び貯蔵品
  主として移動平均法に基づく原価法(収益性の低下による簿価切下げの方法)
 2 固定資産の減価償却の方法

  (1) 有形固定資産(リース資産を除く)
  定率法によっております。
  ただし、1998年4月1日以降取得した建物(建物附属設備を除く)並びに2016年4月1日以降に取得した建物附
  属設備および構築物については、定額法を採用しております。
  なお、主な耐用年数は、以下のとおりであります。
  建物     7~50年
  構築物     7~50年
  機械及び装置     2~8年
  車両運搬具     2~7年
  工具、器具及び備品     2~10年
  (2) 無形固定資産(リース資産を除く)

  定額法によっております。
  ただし、ソフトウェア(自社利用分)については、社内における利用可能期間(5年)に基づく定額法によっており
  ます。
  (3) 長期前払費用

  均等償却によっております。
 3 引当金の計上基準

  (1) 貸倒引当金
  債権の貸倒れによる損失に備えるため、一般債権については貸倒実績率により、貸倒懸念債権等特定の債権につ
  いては個別に回収可能性を検討し、回収不能見込額を計上しております。
  (2) 賞与引当金

  従業員の賞与の支給に充てるため、支給見込額に基づき計上しております。
            77/93



                     EDINET提出書類
                    永大化工株式会社(E02441)
                      有価証券報告書
  (3) 役員賞与引当金
  役員の賞与の支給に充てるため、支給見込額に基づき計上しております。
  (4) 退職給付引当金

  従業員の退職給付に備えるため、当期末における退職給付債務及び年金資産の見込額に基づき計上しておりま
  す。
  ① 退職給付見込額の期間帰属方法
   退職給付債務の算定にあたり、退職給付見込額を当事業年度末までの期間に帰属させる方法については、給付
   算定式基準によっております。
  ② 数理計算上の差異及び過去勤務費用の費用処理方法
   過去勤務費用は、その発生時の従業員の平均残存勤務期間以内の一定の年数(10年)による定額法により費用
   処理しております。
   数理計算上の差異は、各事業年度の発生時における従業員の平均残存勤務期間以内の一定の年数(10年)によ
   る定額法により按分した額をそれぞれ発生の翌事業年度から費用処理しております。
  (5) 役員退職慰労引当金

  役員の退職金の支払に備えるため、内規に基づき期末要支給額を計上しております。
 4 ヘッジ会計の方法

  (1) ヘッジ会計の方法
  繰延ヘッジ処理によっております。為替予約等が付されている外貨建金銭債権債務については振当処理を行って
  おります。
  (2) ヘッジ手段とヘッジ対象

  ヘッジ手段…デリバティブ取引(為替予約取引)
  ヘッジ対象…外貨建金銭債権債務及び外貨建予定取引
  (3) ヘッジ方針

  デリバティブ取引に対する方針は、輸出入取引に係る外貨建金銭債権債務及び将来の外貨建取引に対して、為替
  相場の変動によるリスクを軽減する目的で行っております。
  (4) ヘッジの有効性評価の方法

  通貨関連のデリバティブ取引については、ヘッジ対象とヘッジ手段の重要な条件が一致していることを事前テス
  トで確認し、また半期毎に当該条件に変更がないことを事後テストで確認しております。
  なお、外貨建予定取引については、過去の取引実績等を総合的に勘案し、取引の実行可能性が極めて高いことを
  事前テスト及び事後テストで確認しております。
  (5) リスク管理方法

  デリバティブ取引についての基本方針は、取締役会において決定され、それに基づき経理部が実行及び管理を
  行っております。
            78/93






                     EDINET提出書類
                    永大化工株式会社(E02441)
                      有価証券報告書
 5 その他財務諸表作成のための基本となる重要な事項
  (1) 退職給付に係る会計処理
  退職給付に係る未認識数理計算上の差異及び未認識過去勤務費用の会計処理の方法は、連結財務諸表におけるこ
  れらの会計処理の方法と異なっております。
  (2) 消費税等の会計処理

  消費税及び地方消費税は税抜方式によっております。
  (3) 外貨建の資産及び負債の本邦通貨への換算基準

  外貨建金銭債権債務は、期末日の直物為替相場により円貨に換算し、為替差額は損益として処理しております。
            79/93

















                     EDINET提出書類
                    永大化工株式会社(E02441)
                      有価証券報告書
  (表示方法の変更)
  (損益計算書関係)
  前事業年度において、独立掲記しておりました「営業外費用」の「売上割引」及び「賃貸費用」は、営業外費用
  の総額の100分の10以下となったため、当事業年度より「その他」に含めて表示しております。この表示方法の変更
  を反映させるため、前事業年度の財務諸表の組替えを行っております。
  この結果、前事業年度の損益計算書において、「営業外費用」に表示していた「売上割引」449千円、「賃貸費
  用」915千円は、「その他」1,375千円として組み替えております。
  (追加情報)

  新型コロナウイルス感染症拡大の影響により、急激な経済活動の縮小及びこれに伴う経済環境の悪化が発生してお
  りますが、当社においては、当事業年度の業績に一定程度影響はあったものの重要な影響はありませんでした。現時
  点では、新型コロナウイルス感染症拡大の影響の及ぶ期間と程度を合理的に想定することは出来ませんが、感染拡大
  の収束が遅れた場合には、当社の将来収益及びキャッシュ・フローに影響を及ぼしその見積りに一定の不確実性が存
  在します。
  翌事業年度の業績については、足元の受注状況あるいはその他の関連データを参考にしたうえで、重要な影響を受
  けることを想定しておりますが、一定の期間を経て新型コロナウイルス感染症の影響は収束し、当社の業績も緩やか
  に回復していくと仮定しております。
  当社のたな卸資産の在庫評価、有形固定資産の減損評価、繰延税金資産の回収可能性に関する評価等は、上述の仮
  定及び連結財務諸表作成時点で利用可能な情報・事実に基づき最善の見積りを行った結果として見積られた金額です
  が、新型コロナウイルス感染症拡大の期間とその影響のリスクや不確実性により事後的な結果との間に乖離が生じる
  可能性があります。
            80/93













                     EDINET提出書類
                    永大化工株式会社(E02441)
                      有価証券報告書
  (貸借対照表関係)
 ※1  期末日満期手形の会計処理については、満期日に決済が行われたものとして処理しております。
  なお、当事業年度末日が金融機関の休日であったため、次の期末日満期手形を満期日に決済が行われたものとし
  て処理しております。
           前事業年度      当事業年度

          (2019年3月31日   )   (2020年3月31日   )
   受取手形         16,038千円       ―千円
           31,790 〃      ― 〃
   支払手形
 ※2(1)  担保に供している資産

           前事業年度      当事業年度
          (2019年3月31日   )   (2020年3月31日   )
   建物        460,255千円      451,220千円
           1,533,153  〃    1,533,153  〃
   土地
    計        1,993,409千円      1,984,374千円
   (2)  担保資産に対応する債務

           前事業年度      当事業年度
          (2019年3月31日   )   (2020年3月31日   )
   短期借入金         50,000千円      50,000千円
            ― 〃     60,000 〃
   1年内返済予定の長期借入金
           100,000  〃     340,000  〃
   長期借入金
    計        150,000千円      450,000千円
   上記の被担保債務のほかに、次の銀行保証債務の見返りとして担保に供しております。
           前事業年度      当事業年度
          (2019年3月31日   )   (2020年3月31日   )
   輸入に係る関税及び消費税等の
           31,507千円      26,326千円
   延納に関する保証
 ※3 関係会社に対する金銭債権及び金銭債務(区分表示したものを除く)

           前事業年度      当事業年度
          (2019年3月31日   )   (2020年3月31日   )
   未収入金        936,097千円      623,557千円
           313,397  〃     174,234  〃
   買掛金
            81/93









                     EDINET提出書類
                    永大化工株式会社(E02441)
                      有価証券報告書
  (損益計算書関係)
 ※1  関係会社との取引高
           前事業年度      当事業年度

          (自  2018年4月1日     (自  2019年4月1日
          至  2019年3月31日   )   至  2020年3月31日   )
   営業取引による取引高
   仕入高        2,147,836千円      2,255,079千円
 ※2  営業外収益のうち、各科目に含まれている関係会社に対する営業外収益は、以下の通りであります。

           前事業年度      当事業年度

          (自  2018年4月1日     (自  2019年4月1日
          至  2019年3月31日   )   至  2020年3月31日   )
   受取利息         2,807千円      2,133千円
      なお、上記以外に関係会社との取引により発生した営業外収益の合計が、前事業年度2,275千円、当事業
   年度1,559千円あります。
 ※3 固定資産売却益の内容は、次のとおりであります。

           前事業年度      当事業年度
          (自  2018年4月1日     (自  2019年4月1日
          至  2019年3月31日   )   至  2020年3月31日   )
   機械及び装置         229千円      599千円
            56 〃     198 〃
   車両運搬具
    計         286千円      798千円
 ※4 固定資産処分損の内容は、次のとおりであります。

           前事業年度      当事業年度
          (自  2018年4月1日     (自  2019年4月1日
          至  2019年3月31日   )   至  2020年3月31日   )
   機械及び装置    (廃棄損)         343千円      75千円
            139 〃      ― 〃
   車両運搬具     (売却損)
            ― 〃      0〃
   車両運搬具     (廃棄損)
            0〃      99 〃
   工具、器具及び備品 (廃棄損)
    計         483千円      175千円
 ※5  販売費及び一般管理費のうち主要な費目及び金額並びにおおよその割合は、次のとおりであります。

           前事業年度      当事業年度

          (自  2018年4月1日     (自  2019年4月1日
          至  2019年3月31日   )   至  2020年3月31日   )
   荷造及び発送費         152,826 千円     147,336 千円
   給料及び手当         391,383  〃     403,305  〃
   減価償却費         63,252  〃     54,988  〃
   賞与引当金繰入額         71,479  〃     57,074  〃
   役員賞与引当金繰入額         5,800  〃     9,525  〃
   退職給付引当金繰入額         30,521  〃     26,038  〃
   役員退職慰労引当金繰入額         13,377  〃     9,734  〃
   おおよその割合

   販売費         26%      24%
   一般管理費         74%      76%
 ※6 和解金の内容は、次のとおりであります。

   2019年12月に和解で合意した、取引先とのソフトウェアの使用権に関する和解金であります。
            82/93


                     EDINET提出書類
                    永大化工株式会社(E02441)
                      有価証券報告書
  (有価証券関係)
  関係会社株式及び関係会社出資金は、市場価格がなく時価を把握することが極めて困難と認められるため、時価
  を記載しておりません。
  なお、時価を把握することが極めて困難と認められる関係会社株式及び関係会社出資金の貸借対照表計上額は次
  のとおりです。
                (単位:千円)
          前事業年度     当事業年度
     区分
         (2019年3月31日)     (2020年3月31日)
   関係会社株式          ―    287,196
   関係会社出資金         470,469     481,270
     計       470,469     768,467
  (税効果会計関係)

 1.繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別の内訳
            前事業年度      当事業年度

           (2019年3月31日   )   (2020年3月31日   )
   繰延税金資産
    賞与引当金          29,806 千円     23,541 千円
    未払事業税          6,533  〃     1,830  〃
    たな卸資産評価損          15,440  〃     3,180  〃
    繰延ヘッジ損失           878  〃     ― 〃
    一括償却資産          3,908  〃     2,506  〃
    退職給付引当金          5,863  〃     908  〃
    役員退職慰労引当金          16,624  〃     7,610  〃
    投資有価証券評価損          7,937  〃     7,937  〃
    減損損失          9,126  〃     8,324  〃
             7,938  〃     5,422  〃
    その他
    繰延税金資産小計          104,057 千円     61,262 千円
    評価性引当額          △15,789   〃    △16,911   〃
    繰延税金資産合計          88,268 千円     44,350 千円
   繰延税金負債

    固定資産圧縮積立金          △12,382  千円    △11,766  千円
    その他有価証券評価差額金          △4,700  〃    △3,048  〃
              ―〃     △899 〃
    繰延ヘッジ利益
    繰延税金負債合計          △17,083  千円    △15,715  千円
    繰延税金資産純額          71,184 千円     28,635 千円
 2.法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との差異の原因となった主な項目別の内訳

            前事業年度      当事業年度
           (2019年3月31日   )   (2020年3月31日   )
   法定実効税率
              ─     30.5 %
   (調整)
   交際費等永久に損金に算入されない項目           ─     1.7 〃
   寄付金等永久に損金に算入されない項目           ─     0.8 〃
   住民税均等割           ─     3.8 〃
   役員賞与引当金           ─     2.1 〃
   評価性引当額の増減           ─     0.8 〃
              ─     0.5 〃
   その他
   税効果会計適用後の法人税等の負担率           ─     40.2 %
  (注)  前事業年度は、法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との間の差異が法定実効税率の100分の5
   以下であるため注記を省略しております。
  (重要な後発事象)

   該当事項はありません。
            83/93



                     EDINET提出書類
                    永大化工株式会社(E02441)
                      有価証券報告書
  ④ 【附属明細表】
   【有形固定資産等明細表】
             当期末減価

               当期末減損    差引当期末
     当期首残高  当期増加額  当期減少額  当期末残高  償却累計額    当期償却額
  資産の種類             損失累計額     残高
     (千円)  (千円)  (千円)  (千円)  又は償却    (千円)
               (千円)    (千円)
             累計額(千円)
  有形固定資産
   建物    2,267,126  19,093  ― 2,286,219  1,766,997   54,763  29,860  464,459

   構築物    124,968   ―  ― 124,968  119,316  1,680  635  3,970

   機械及び装置    1,127,288  68,684  119,254  1,076,718  906,949  27,664  42,880  142,103

   車両運搬具    76,980  5,359  6,605  75,734  62,868   803  5,896  12,062

   工具、器具及び備品    183,569  16,995  32,708  167,855  149,318   635  13,077  17,901

   土地    1,544,809   ―  ― 1,544,809   ―  ―  ― 1,544,809

   建設仮勘定     ― 29,124  29,124   ―  ―  ―  ―  ―

  有形固定資産計   5,324,741  139,256  187,692  5,276,305  3,005,451   85,547  92,351  2,185,306

  無形固定資産

   ソフトウエア    9,246  6,240  ― 15,486  4,259   ―  2,906  11,226

   電話加入権     418  ―  ―  418  ―  ―  ―  418

  無形固定資産計    9,664  6,240  ― 15,904  4,259   ―  2,906  11,644

                    (2,196)
  長期前払費用    7,341  ―  ―  7,341  4,987   ―  2,447
                    2,354
  (注) 1.当期増加額の主なものは次のとおりであります。
     機械及び装置    PMS75-25押出機3台        21,140千円
        SD-150R型ローラー式引取機2台        9,880千円
        ダクト本体プレス切断機        6,450千円
        ダクトカバー切断機        3,016千円
   2.当期減少額の主なものは次のとおりであります。
     機械及び装置    竹パネル・竹パイプ節付成型機一式        82,310千円
   3.長期前払費用の差引当期末残高欄の( )内の金額は、内数で1年以内償却予定の長期前払費用であり、
   貸借対照表上は、流動資産の「前払費用」に含めて表示しております。
   【引当金明細表】

            当期減少額   当期減少額

      当期首残高   当期増加額         当期末残高
   区分         (目的使用)   (その他)
       (千円)   (千円)         (千円)
             (千円)   (千円)
  賞与引当金      97,853   77,285   97,853    ―  77,285
  役員賞与引当金      5,800   9,525   5,800    ―  9,525

  役員退職慰労引当金      54,578   9,734   39,327    ―  24,986

            84/93




                     EDINET提出書類
                    永大化工株式会社(E02441)
                      有価証券報告書
  (2) 【主な資産及び負債の内容】
   連結財務諸表を作成しているため、記載を省略しております。
  (3) 【その他】

   該当事項はありません。
            85/93



















                     EDINET提出書類
                    永大化工株式会社(E02441)
                      有価証券報告書
 第6 【提出会社の株式事務の概要】
  事業年度     4月1日から3月31日まで

  定時株主総会     6月中

  基準日     3月31日

  剰余金の配当の基準日     9月30日、3月31日

  1単元の株式数     100株

  単元未満株式の買取り

      東京都中央区八重洲一丁目2番1号
    取扱場所
       みずほ信託銀行株式会社 本店証券代行部
      (特別口座管理機関)

      大阪府大阪市中央区伏見町三丁目6番3号
       三菱UFJ信託銀行株式会社 大阪証券代行部
      東京都中央区八重洲一丁目2番1号

    株主名簿管理人
       みずほ信託銀行株式会社
    取次所     ―

      (特別口座の管理機関取次所)
       三菱UFJ信託銀行株式会社 全国各支店
    買取手数料     無料

  公告掲載方法     日本経済新聞

  株主に対する特典     該当事項はありません。

  (注) 当会社の株主は、その有する単元未満株式について、次に掲げる権利以外の権利を行使することができない。
   会社法第189条第2項各号に掲げる権利
   会社法第166条第1項の規定による請求をする権利
   株主の有する株式数に応じて募集株式の割当て及び募集新株予約権の割当てを受ける権利
            86/93









                     EDINET提出書類
                    永大化工株式会社(E02441)
                      有価証券報告書
 第7 【提出会社の参考情報】
 1 【提出会社の親会社等の情報】

  当社には、金融商品取引法第24条の7第1項に規定する親会社等はありません。
 2 【その他の参考情報】

  当事業年度の開始日から有価証券報告書提出日までの間に、次の書類を提出しております。
 (1) 有価証券報告書

       事業年度  自  2018年4月1日    2019年6月27日
  及びその添付書類
       (第64期 ) 至  2019年3月31日    近畿財務局長に提出。
  並びに確認書
 (2) 内部統制報告書     事業年度  自  2018年4月1日    2019年6月27日

  及びその添付書類     (第64期 ) 至  2019年3月31日    近畿財務局長に提出。
 (3) 四半期報告書     第65期  自  2019年4月1日    2019年8月13日

  及び確認書     第1四半期  至  2019年6月30日    近畿財務局長に提出。
       第65期  自  2019年7月1日    2019年11月13日

       第2四半期  至  2019年9月30日    近畿財務局長に提出。
       第65期  自  2019年10月1日    2020年2月13日

       第3四半期  至  2019年12月31日    近畿財務局長に提出。
 (4) 臨時報告書

  企業内容等の開示に関する内閣府令第19条第2項第4号(主要株主の異動)の規定に基づく臨時報告書
  2019年7月2日近畿財務局長に提出。
  企業内容等の開示に関する内閣府令第19条第2項第9号の2(株主総会における議決権行使の結果)の規定に基づく
  臨時報告書
  2019年7月3日近畿財務局長に提出。
 (5) 自己株券買付状況報告書

  2019年12月9日、2020年1月10日、2020年2月12日、2020年3月9日、2020年4月10日、2020年5月15日、
  2020年6月10日近畿財務局長に提出。
 (6)有価証券報告書の訂正報告書及び確認書

  事業年度 第64期(自 2018年4月1日 至 2019年3月31日) 2019年7月5日近畿財務局長に提出。
 (7)有価証券報告書の訂正確認書の訂正確認書

  事業年度 第64期(自 2018年4月1日 至 2019年3月31日) 2019年7月31日近畿財務局長に提出。
            87/93






                     EDINET提出書類
                    永大化工株式会社(E02441)
                      有価証券報告書
 第二部  【提出会社の保証会社等の情報】
  該当事項はありません。

            88/93



















                     EDINET提出書類
                    永大化工株式会社(E02441)
                      有価証券報告書
      独立監査人の監査報告書及び内部統制監査報告書
                   2020年6月26日

 永大化工株式会社
  取締役会 御中
        EY新日本有限責任監査法人

         大阪事務所

         指定有限責任社員

               金  子  一   昭
             公認会計士       ㊞
         業務執行社員
         指定有限責任社員

             公認会計士   葉  山  良  一     ㊞
         業務執行社員
 <財務諸表監査>

 監査意見
  当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づく監査証明を行うため、「経理の状況」に掲げられて
 いる永大化工株式会社の2019年4月1日から2020年3月31日までの連結会計年度の連結財務諸表、すなわち、連結貸借
 対照表、連結損益計算書、連結包括利益計算書、連結株主資本等変動計算書、連結キャッシュ・フロー計算書、連結財
 務諸表作成のための基本となる重要な事項、その他の注記及び連結附属明細表について監査を行った。
  当監査法人は、上記の連結財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して、永
 大化工株式会社及び連結子会社の2020年3月31日現在の財政状態並びに同日をもって終了する連結会計年度の経営成績
 及びキャッシュ・フローの状況を、全ての重要な点において適正に表示しているものと認める。
 監査意見の根拠

  当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に準拠して監査を行った。監査の基準におけ
 る当監査法人の責任は、「連結財務諸表監査における監査人の責任」に記載されている。当監査法人は、我が国におけ
 る職業倫理に関する規定に従って、会社及び連結子会社から独立しており、また、監査人としてのその他の倫理上の責
 任を果たしている。当監査法人は、意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手したと判断している。
 連結財務諸表に対する経営者及び監査等委員会の責任

  経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して連結財務諸表を作成し適正
 に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない連結財務諸表を作成し適正に表示するた
 めに経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
  連結財務諸表を作成するに当たり、経営者は、継続企業の前提に基づき連結財務諸表を作成することが適切であるか
 どうかを評価し、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に基づいて継続企業に関する事項を開示
 する必要がある場合には当該事項を開示する責任がある。
  監査等委員会の責任は、財務報告プロセスの整備及び運用における取締役の職務の執行を監視することにある。
 連結財務諸表監査における監査人の責任

  監査人の責任は、監査人が実施した監査に基づいて、全体としての連結財務諸表に不正又は誤謬による重要な虚偽表
 示がないかどうかについて合理的な保証を得て、監査報告書において独立の立場から連結財務諸表に対する意見を表明
 することにある。虚偽表示は、不正又は誤謬により発生する可能性があり、個別に又は集計すると、連結財務諸表の利
 用者の意思決定に影響を与えると合理的に見込まれる場合に、重要性があると判断される。
  監査人は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に従って、監査の過程を通じて、職業的専門家と
 しての判断を行い、職業的懐疑心を保持して以下を実施する。
            89/93



                     EDINET提出書類
                    永大化工株式会社(E02441)
                      有価証券報告書
 ・ 不正又は誤謬による重要な虚偽表示リスクを識別し、評価する。また、重要な虚偽表示リスクに対応した監査手続
  を立案し、実施する。監査手続の選択及び適用は監査人の判断による。さらに、意見表明の基礎となる十分かつ適切
  な監査証拠を入手する。
 ・ 連結財務諸表監査の目的は、内部統制の有効性について意見表明するためのものではないが、監査人は、リスク評
  価の実施に際して、状況に応じた適切な監査手続を立案するために、監査に関連する内部統制を検討する。
 ・ 経営者が採用した会計方針及びその適用方法の適切性、並びに経営者によって行われた会計上の見積りの合理性及
  び関連する注記事項の妥当性を評価する。
 ・ 経営者が継続企業を前提として連結財務諸表を作成することが適切であるかどうか、また、入手した監査証拠に基
  づき、継続企業の前提に重要な疑義を生じさせるような事象又は状況に関して重要な不確実性が認められるかどうか
  結論付ける。継続企業の前提に関する重要な不確実性が認められる場合は、監査報告書において連結財務諸表の注記
  事項に注意を喚起すること、又は重要な不確実性に関する連結財務諸表の注記事項が適切でない場合は、連結財務諸
  表に対して除外事項付意見を表明することが求められている。監査人の結論は、監査報告書日までに入手した監査証
  拠に基づいているが、将来の事象や状況により、企業は継続企業として存続できなくなる可能性がある。
 ・ 連結財務諸表の表示及び注記事項が、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠している
  かどうかとともに、関連する注記事項を含めた連結財務諸表の表示、構成及び内容、並びに連結財務諸表が基礎とな
  る取引や会計事象を適正に表示しているかどうかを評価する。
 ・ 連結財務諸表に対する意見を表明するために、会社及び連結子会社の財務情報に関する十分かつ適切な監査証拠を
  入手する。監査人は、連結財務諸表の監査に関する指示、監督及び実施に関して責任がある。監査人は、単独で監査
  意見に対して責任を負う。
  監査人は、監査等委員会に対して、計画した監査の範囲とその実施時期、監査の実施過程で識別した内部統制の重要
 な不備を含む監査上の重要な発見事項、及び監査の基準で求められているその他の事項について報告を行う。
  監査人は、監査等委員会に対して、独立性についての我が国における職業倫理に関する規定を遵守したこと、並びに
 監査人の独立性に影響を与えると合理的に考えられる事項、及び阻害要因を除去又は軽減するためにセーフガードを講
 じている場合はその内容について報告を行う。
 <内部統制監査>

 監査意見
  当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第2項の規定に基づく監査証明を行うため、永大化工株式会社の2020年3
 月31日現在の内部統制報告書について監査を行った。
  当監査法人は、永大化工株式会社が2020年3月31日現在の財務報告に係る内部統制は有効であると表示した上記の内
 部統制報告書が、我が国において一般に公正妥当と認められる財務報告に係る内部統制の評価の基準に準拠して、財務
 報告に係る内部統制の評価結果について、全ての重要な点において適正に表示しているものと認める。
 監査意見の根拠

  当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる財務報告に係る内部統制の監査の基準に準拠して内部統
 制監査を行った。財務報告に係る内部統制の監査の基準における当監査法人の責任は、「内部統制監査における監査人
 の責任」に記載されている。当監査法人は、我が国における職業倫理に関する規定に従って、会社及び連結子会社から
 独立しており、また、監査人としてのその他の倫理上の責任を果たしている。当監査法人は、意見表明の基礎となる
 十分かつ適切な監査証拠を入手したと判断している。
 内部統制報告書に対する経営者及び監査等委員会の責任

  経営者の責任は、財務報告に係る内部統制を整備及び運用し、我が国において一般に公正妥当と認められる財務報告
 に係る内部統制の評価の基準に準拠して内部統制報告書を作成し適正に表示することにある。
  監査等委員会の責任は、財務報告に係る内部統制の整備及び運用状況を監視、検証することにある。
  なお、財務報告に係る内部統制により財務報告の虚偽の記載を完全には防止又は発見することができない可能性があ
 る。
            90/93



                     EDINET提出書類
                    永大化工株式会社(E02441)
                      有価証券報告書
 内部統制監査における監査人の責任
  監査人の責任は、監査人が実施した内部統制監査に基づいて、内部統制報告書に重要な虚偽表示がないかどうかにつ
 いて合理的な保証を得て、内部統制監査報告書において独立の立場から内部統制報告書に対する意見を表明することに
 ある。
  監査人は、我が国において一般に公正妥当と認められる財務報告に係る内部統制の監査の基準に従って、監査の過程
 を通じて、職業的専門家としての判断を行い、職業的懐疑心を保持して以下を実施する。
 ・ 内部統制報告書における財務報告に係る内部統制の評価結果について監査証拠を入手するための監査手続を実施す
  る。内部統制監査の監査手続は、監査人の判断により、財務報告の信頼性に及ぼす影響の重要性に基づいて選択及び
  適用される。
 ・ 財務報告に係る内部統制の評価範囲、評価手続及び評価結果について経営者が行った記載を含め、全体としての内
  部統制報告書の表示を検討する。
 ・ 内部統制報告書における財務報告に係る内部統制の評価結果に関する十分かつ適切な監査証拠を入手する。監査人
  は、内部統制報告書の監査に関する指示、監督及び実施に関して責任がある。監査人は、単独で監査意見に対して責
  任を負う。
  監査人は、監査等委員会に対して、計画した内部統制監査の範囲とその実施時期、内部統制監査の実施結果、識別し
 た内部統制の開示すべき重要な不備、その是正結果、及び内部統制の監査の基準で求められているその他の事項につい
 て報告を行う。
  監査人は、監査等委員会に対して、独立性についての我が国における職業倫理に関する規定を遵守したこと、並びに
 監査人の独立性に影響を与えると合理的に考えられる事項、及び阻害要因を除去又は軽減するためにセーフガードを講
 じている場合はその内容について報告を行う。
 利害関係

  会社及び連結子会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はな
 い。
                    以  上
  ※1 上記は監査報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(有価証券報告書提出会

   社)が別途保管しております。
  2 XBRLデータは監査の対象には含まれておりません。
            91/93










                     EDINET提出書類
                    永大化工株式会社(E02441)
                      有価証券報告書
         独立監査人の監査報告書
                   2020年6月26日

 永大化工株式会社
  取締役会 御中
        EY新日本有限責任監査法人

         大阪事務所

         指定有限責任社員

               金  子     一 昭
             公認会計士       ㊞
         業務執行社員
         指定有限責任社員

               葉    山    良    一
             公認会計士       ㊞
         業務執行社員
 監査意見

  当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づく監査証明を行うため、「経理の状況」に掲げられて
 いる永大化工株式会社の2019年4月1日から2020年3月31日までの第65期事業年度の財務諸表、すなわち、貸借対照
 表、損益計算書、株主資本等変動計算書、重要な会計方針、その他の注記及び附属明細表について監査を行った。
  当監査法人は、上記の財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して、永大化
 工株式会社の2020年3月31日現在の財政状態及び同日をもって終了する事業年度の経営成績を、全ての重要な点におい
 て適正に表示しているものと認める。
 監査意見の根拠

  当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に準拠して監査を行った。監査の基準におけ
 る当監査法人の責任は、「財務諸表監査における監査人の責任」に記載されている。当監査法人は、我が国における職
 業倫理に関する規定に従って、会社から独立しており、また、監査人としてのその他の倫理上の責任を果たしている。
 当監査法人は、意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手したと判断している。
 財務諸表に対する経営者及び監査等委員会の責任

  経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して財務諸表を作成し適正に表
 示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない財務諸表を作成し適正に表示するために経営
 者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
  財務諸表を作成するに当たり、経営者は、継続企業の前提に基づき財務諸表を作成することが適切であるかどうかを
 評価し、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に基づいて継続企業に関する事項を開示する必要
 がある場合には当該事項を開示する責任がある。
  監査等委員会の責任は、財務報告プロセスの整備及び運用における取締役の職務の執行を監視することにある。
 財務諸表監査における監査人の責任

  監査人の責任は、監査人が実施した監査に基づいて、全体としての財務諸表に不正又は誤謬による重要な虚偽表示が
 ないかどうかについて合理的な保証を得て、監査報告書において独立の立場から財務諸表に対する意見を表明すること
 にある。虚偽表示は、不正又は誤謬により発生する可能性があり、個別に又は集計すると、財務諸表の利用者の意思決
 定に影響を与えると合理的に見込まれる場合に、重要性があると判断される。
  監査人は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に従って、監査の過程を通じて、職業的専門家と
 しての判断を行い、職業的懐疑心を保持して以下を実施する。
 ・ 不正又は誤謬による重要な虚偽表示リスクを識別し、評価する。また、重要な虚偽表示リスクに対応した監査手続
  を立案し、実施する。監査手続の選択及び適用は監査人の判断による。さらに、意見表明の基礎となる十分かつ適切
  な監査証拠を入手する。
            92/93



                     EDINET提出書類
                    永大化工株式会社(E02441)
                      有価証券報告書
 ・ 財務諸表監査の目的は、内部統制の有効性について意見表明するためのものではないが、監査人は、リスク評価の
  実施に際して、状況に応じた適切な監査手続を立案するために、監査に関連する内部統制を検討する。
 ・ 経営者が採用した会計方針及びその適用方法の適切性、並びに経営者によって行われた会計上の見積りの合理性及
  び関連する注記事項の妥当性を評価する。
 ・ 経営者が継続企業を前提として財務諸表を作成することが適切であるかどうか、また、入手した監査証拠に基づ
  き、継続企業の前提に重要な疑義を生じさせるような事象又は状況に関して重要な不確実性が認められるかどうか結
  論付ける。継続企業の前提に関する重要な不確実性が認められる場合は、監査報告書において財務諸表の注記事項に
  注意を喚起すること、又は重要な不確実性に関する財務諸表の注記事項が適切でない場合は、財務諸表に対して除外
  事項付意見を表明することが求められている。監査人の結論は、監査報告書日までに入手した監査証拠に基づいてい
  るが、将来の事象や状況により、企業は継続企業として存続できなくなる可能性がある。
 ・ 財務諸表の表示及び注記事項が、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠しているかど
  うかとともに、関連する注記事項を含めた財務諸表の表示、構成及び内容、並びに財務諸表が基礎となる取引や会計
  事象を適正に表示しているかどうかを評価する。
  監査人は、監査等委員会に対して、計画した監査の範囲とその実施時期、監査の実施過程で識別した内部統制の重要
 な不備を含む監査上の重要な発見事項、及び監査の基準で求められているその他の事項について報告を行う。
  監査人は、監査等委員会に対して、独立性についての我が国における職業倫理に関する規定を遵守したこと、並びに
 監査人の独立性に影響を与えると合理的に考えられる事項、及び阻害要因を除去又は軽減するためにセーフガードを講
 じている場合はその内容について報告を行う。
 利害関係

  会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                    以  上

  ※1 上記は監査報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(有価証券報告書提出会

   社)が別途保管しております。
  2 XBRLデータは監査の対象には含まれておりません。
            93/93











PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

書類提出日で検索

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2020年12月21日

新規上場の通知機能を追加しました。Myページにて通知の設定が行えます。

2020年9月22日

企業・投資家の個別ページに掲載情報を追加しました。また、併せて細かい改修を行いました。

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。

スポンサーリンク