株式会社カナデン 有価証券報告書 第170期(平成31年4月1日-令和2年3月31日)

有価証券報告書-第170期(平成31年4月1日-令和2年3月31日)

提出日:

提出者:株式会社カナデン

カテゴリ:有価証券報告書

PDFビューワー表示

                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社カナデン(E02580)
                                                            有価証券報告書
     【表紙】
      【提出書類】                   有価証券報告書

      【根拠条文】                   金融商品取引法第24条第1項
      【提出先】                   関東財務局長
      【提出日】                   2020年6月25日
                         第170期(自 2019年4月1日 至 2020年3月31日)
      【事業年度】
      【会社名】                   株式会社カナデン
                         KANADEN    CORPORATION
      【英訳名】
      【代表者の役職氏名】                   代表取締役社長  本 橋 伸 幸
      【本店の所在の場所】                   東京都中央区晴海一丁目8番12号トリトンスクエアZ棟
                         03(6747)8800(代表)
      【電話番号】
      【事務連絡者氏名】                   経理財務部長  菅 谷 真 之
      【最寄りの連絡場所】                   東京都中央区晴海一丁目8番12号トリトンスクエアZ棟
                         03(6747)8800(代表)
      【電話番号】
      【事務連絡者氏名】                   経理財務部長  菅 谷 真 之
      【縦覧に供する場所】                   株式会社東京証券取引所
                          (東京都中央区日本橋兜町2番1号)
                         株式会社カナデン関西支社
                          (大阪市中央区松屋町7番7号)
                         株式会社カナデン中部支店
                          (名古屋市中村区名駅南一丁目19番1号)
                        ※株式会社カナデン九州支店
                          (北九州市小倉北区菜園場一丁目2番20号)
                        ※株式会社カナデン東北支店
                          (仙台市青葉区上杉一丁目17番7号(仙台上杉ビル))
                         株式会社カナデン神奈川支店
                          (横浜市中区本町一丁目3番地(綜通横浜ビル))
                         株式会社カナデン北関東支店
                          (さいたま市大宮区宮町四丁目150番地1(カネゲンビル))
                         (注) ※印は金融商品取引法の規定による縦覧に供する場所ではありません
                            が、投資家の便宜のため縦覧に供しております。
                                  1/98








                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社カナデン(E02580)
                                                            有価証券報告書
     第一部【企業情報】
     第1【企業の概況】
      1【主要な経営指標等の推移】
     (1)最近5連結会計年度に係る主要な経営指標等の推移
             回次            第166期        第167期        第168期        第169期        第170期
            決算年月            2016年3月        2017年3月        2018年3月        2019年3月        2020年3月

                  (百万円)        120,534        122,984        122,058        123,337        126,519

     売上高
                  (百万円)         4,378        4,385        4,854        4,617        3,785

     経常利益
     親会社株主に帰属する当
                  (百万円)         2,844        2,943        3,193        3,253        3,416
     期純利益
                  (百万円)         2,130        3,606        3,692        2,703        2,665
     包括利益
                  (百万円)        38,469        41,119        43,091        43,224        44,710

     純資産額
                  (百万円)        81,637        81,383        77,869        86,801        81,011

     総資産額
                   (円)      1,275.48        1,364.06        1,453.60        1,517.60        1,568.54

     1株当たり純資産額
                   (円)        94.34        97.64       106.08        110.05        119.88

     1株当たり当期純利益
     潜在株式調整後1株当た
                   (円)          -        -        -        -        -
     り当期純利益
                   (%)        47.1        50.5        55.3        49.8        55.2
     自己資本比率
                   (%)         7.5        7.4        7.6        7.5        7.8

     自己資本利益率
                   (倍)         9.4       11.0        13.8        10.7        10.4

     株価収益率
     営業活動によるキャッ
                  (百万円)         4,379       △ 2,428       △ 3,307        4,334        4,827
     シュ・フロー
     投資活動によるキャッ
                  (百万円)        △ 1,107        △ 73      △ 411      △ 2,187       △ 1,029
     シュ・フロー
     財務活動によるキャッ
                  (百万円)         △ 870       △ 982      △ 1,749       △ 2,618       △ 1,220
     シュ・フロー
     現金及び現金同等物の期
                  (百万円)        25,935        22,390        16,889        16,400        18,962
     末残高
                   (名)         788        778        790        815        834
     従業員数
      (注)    1 売上高には、消費税等は含まれておりません。
         2  潜在株式調整後1株当たり当期純利益は、潜在株式が存在しないため記載しておりません。
         3 従業員数は、就業人員数を表示しております。
         4 「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」(企業会計基準第28号                                   平成30年2月16日)等を第169期の期
           首から適用しており、第168期に係る主要な経営指標等については、当該会計基準等を遡って適用した後の
           指標等となっております。
                                  2/98






                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社カナデン(E02580)
                                                            有価証券報告書
     (2)提出会社の最近5事業年度に係る主要な経営指標等の推移
             回次            第166期        第167期        第168期        第169期        第170期
            決算年月            2016年3月        2017年3月        2018年3月        2019年3月        2020年3月

                  (百万円)        110,529        113,462        112,473        114,202        118,684

     売上高
                  (百万円)         3,986        3,760        4,287        4,067        3,510

     経常利益
                  (百万円)         2,499        2,532        2,958        2,873        3,321

     当期純利益
     資本金             (百万円)         5,576        5,576        5,576        5,576        5,576

                   (株)     30,310,000        30,310,000        30,310,000        28,600,000        28,600,000

     発行済株式総数
                  (百万円)        35,417        37,635        39,321        39,202        40,693

     純資産額
                  (百万円)        75,850        75,157        71,772        80,694        74,818

     総資産額
                   (円)      1,174.91        1,248.47        1,326.43        1,376.37        1,427.62

     1株当たり純資産額
                   (円)        29.00        32.00        32.00        39.00        42.00
     1株当たり配当額
     (内1株当たり中間配当
                   (円)       ( 12.50   )    ( 14.50   )    ( 15.00   )    ( 19.50   )    ( 23.00   )
     額)
     1株当たり当期純利益              (円)        82.91        84.02        98.27        97.18       116.54
     潜在株式調整後1株当た
                   (円)          -        -        -        -        -
     り当期純利益
                   (%)        46.7        50.1        54.8        48.6        54.4
     自己資本比率
                   (%)         7.2        6.9        7.7        7.3        8.3

     自己資本利益率
                   (倍)        10.7        12.8        14.9        12.1        10.7

     株価収益率
                   (%)        35.0        38.1        32.6        40.1        36.0

     配当性向
                   (名)         572        573        581        580        573

     従業員数
                   (%)        104.4        129.8        177.5        149.5        162.6

     株主総利回り
     (比較指標:配当込み
                   (%)        ( 89.2  )    ( 102.3   )    ( 118.5   )    ( 112.5   )    ( 101.8   )
     TOPIX)
                   (円)        1,074        1,168        1,613        1,518        1,512
     最高株価
                   (円)         790        786       1,032        1,064         920

     最低株価
      (注)    1 売上高には、消費税等は含まれておりません。
         2 2017年3月期の1株当たり配当額には、創立110周年記念配当2円を含んでおります。
         3 潜在株式調整後1株当たり当期純利益は、潜在株式が存在しないため記載しておりません。
         4 従業員数は、就業人員数を表示しております。
         5 最高株価及び最低株価は東京証券取引所(市場第一部)におけるものであります。
         6 「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」(企業会計基準第28号                                   平成30年2月16日)等を第169期の期
           首から適用しており、第168期に係る主要な経営指標等については、当該会計基準等を遡って適用した後の
           指標等となっております。
                                  3/98






                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社カナデン(E02580)
                                                            有価証券報告書
      2【沿革】
       1907年5月        神奈川県神奈川町において電力供給事業を本業とする神奈川電燈株式会社が1907年に横浜共同電燈
               株式会社(現在東京電力株式会社)に合併されたとき、その事業の一部であった電気機械器具材料類
               の輸入販売事業を引継いで東京市芝中門前に神奈川電気合資会社を設立
       1911年4月        大阪支店を開設
       1912年12月        神奈川電気合資会社を神奈川電気株式会社に改組
       1917年8月        門司支店を開設
       1925年1月        三菱電機株式会社製品の販売代理店契約を結ぶ
       1937年6月        門司支店を小倉市に移転、小倉支店と改称
       1951年4月        横河電機株式会社(旧株式会社横河電機製作所)製品の販売代理店契約を結ぶ
       1957年6月        仙台出張所を仙台支店に昇格
       1963年2月        小倉支店を北九州支店に改称
       1963年5月        東京証券取引所市場第二部に株式上場
       1971年5月        日本航空電子工業株式会社製品の販売特約店契約を結ぶ
       1974年4月        名古屋営業所を名古屋支店に昇格
       1979年4月        宮城県仙台市に東北カナデン電子サービス株式会社(株式会社東北カナデンテレコムエンジニアリ
               ングに商号変更)を設立
       1987年2月        本社を東京都港区芝大門に移転
       1988年4月        北九州支店を九州支店に改称
       1988年10月        神奈川営業所を神奈川支店に昇格
       1988年10月        東京都港区にカナデンサプライ株式会社を設立
       1988年11月        本社を東京都港区新橋に移転
       1989年9月        東京証券取引所市場第一部銘柄に指定
       1989年11月        東京都港区にカナデン冷熱プラント株式会社を設立
       1990年4月        北関東営業所を北関東支店に昇格
       1990年10月        神奈川電気株式会社を株式会社カナデンに商号変更
       1990年10月        大阪支店を関西支社、名古屋支店を中部支店、仙台支店を東北支店に改称
       1990年12月        東京都港区に株式会社カナテックを設立
       1991年4月        香港に加拿殿香港有限公司(現・科拿電(香港)有限公司)を設立(現・連結子会社)
       1991年4月        シンガポールにKANADEN           CORPORATION      SINGAPORE     PTE.LTD.を設立(現・連結子会社)
       1992年4月        大阪市中央区にテクノクリエイト株式会社を設立(現・連結子会社)
       1992年7月        大阪証券取引所市場第一部銘柄に指定
       1994年10月        大阪市中央区に株式会社カナデンテレシスを設立(現・連結子会社)
       1995年4月        東京都港区に株式会社カナデンテレコムエンジニアリングを設立
       1999年12月        株式会社エルピージーブレインの株式を取得し子会社とする
       2001年4月        東京都港区に株式会社カナデンテクノエンジニアリングを設立
       2002年6月        上海に科拿電国際貿易(上海)有限公司を設立(現・連結子会社)
       2006年4月        株式会社カナテックを株式会社エルピージーブレインに吸収合併、株式会社カナデンブレインに
               商号変更(現・連結子会社)
       2009年12月
               大阪証券取引所市場上場廃止
       2013年4月
               タイにKANADEN       (THAILAND)CO.,LTD.を設立            (現・連結子会社)
       2017年4月
               連結子会社カナデンサプライ株式会社を吸収合併
       2018年4月
               子会社の株式会社カナデンテレコムエンジニアリングを存続会社とし、株式会社東北カナデンテレ
               コムエンジニアリング、カナデン冷熱プラント株式会社、株式会社カナデンテクノエンジニアリン
               グの3社を消滅会社とする吸収合併を実施し、存続会社の商号を株式会社カナデンエンジニアリン
               グに変更(現・連結子会社)
       2018年5月
               タイにFACOM-KD        (Thailand)CO.,LTD.を設立            (現・非連結子会社)
       2019年12月
               ベトナムにKANADEN         VIETNAM    CO.,LTD.を設立       (現・非連結子会社)
                                  4/98




                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社カナデン(E02580)
                                                            有価証券報告書
      3【事業の内容】
        当社グループは、㈱カナデン(当社)及び子会社8社、関連会社1社、その他の関係会社1社により構成されてお
       り、FAシステム、ビル設備、インフラ、情通・デバイスの4部門に関係する事業を主として行っており、その商品
       はあらゆる種類にわたっております。
        当社は、その他の関係会社にあたる三菱電機㈱のFA機器、電子機器、コンピュータ、周辺機器、産業メカトロニ
       クス、昇降機設備、冷熱設備、半導体、デバイスの代理店であります。
        なお、三菱電機㈱の子会社である三菱電機ビルテクノサービス㈱及び三菱電機住環境システムズ㈱との間において
       は、電機製品等の仕入及び販売を行っております。
        また、当社の販売商品の付加価値及びエンジニアリング、設計開発施工、アフターサービス部門を拡充すべく、子
       会社、関連会社と共に、事業活動を行っております。
        各事業における当社及び関係会社の位置付け等は、次のとおりであります。なお、次の4部門は「第5 経理の状
       況 1(1)連結財務諸表 注記事項」に掲げるセグメント情報の区分と同一であります。
       (FAシステム)

        当部門においては、製造ラインの品質・生産性向上に貢献するコントローラシステムや自動化システムをはじめと
       するFA機器、微細加工に対応するレーザ加工機、放電加工機等のメカトロニクス商品を販売しております。
        [主な関係会社]
         (販売)
           KANADEN    (THAILAND)      CO.,   LTD.
         (据付・サービス)
           テクノクリエイト㈱
       (ビル設備)
         当部門においては、無停電電源装置、昇降機等のほか、省エネ化を踏まえた空調機器、住宅設備機器、低温機
        器、並びにエネルギーマネジメントシステム等を販売しております。
        [主な関係会社]
         (据付・サービス)
           ㈱カナデンエンジニアリング
       (インフラ)
         当部門においては、交通事業者向けに変電電力設備、LED機器、情報通信機器及び車両用電機品等を販売する
        ほか、社会基盤整備に貢献する交通安全システム、航空管制システム、太陽光発電設備、地域防災システム等を販
        売しております。
       (情通・デバイス)
         当部門においては、情報通信機器、自動車、産業機器に不可欠なマイコンを中心とする半導体、電子デバイス部
        品等のほか、様々なニーズや課題に応じた映像ソリューションシステムやセキュリティーシステム等を販売してお
        ります。
        [主な関係会社]
         (販売)
           ㈱カナデンテレシス、科拿電(香港)有限公司、KANADEN                          CORPORATION      SINGAPORE     PTE.LTD.、㈱カナデンブレ
           イン、科拿電国際貿易(上海)有限公司
         (据付・サービス)
           ㈱カナデンエンジニアリング
                                  5/98







                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社カナデン(E02580)
                                                            有価証券報告書
        [事業系統図]
         以上のべた事項を事業の系統図によって示すと、次のとおりであります。
      (注)上記は、2020年3月31日現在のものであります。












                                  6/98








                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社カナデン(E02580)
                                                            有価証券報告書
      4【関係会社の状況】
                                        議決権の
                        資本金
                                      所有(被所有)割合
                       又は出資金
          名称         住所          主要な事業の内容                       関係内容
                                     所有割合     被所有割合
                        (百万円)
                                      (%)     (%)
     (連結子会社)
                                               通信機器・電子応用機器・空調
                                               機器・低温機器・電気設備・照
     ㈱カナデンエンジニアリン                                          明器具の販売並びに設計、工事
                             ビル設備
     グ            東京都港区                               及び保守。
                           30            100.0       -
                            情通・デバイス
                                               なお、当社所有の建物を賃借し
                                               ている。
                                               役員の兼任…無
                                               コンピュータソフトウエアの設
                 大阪府                               計開発。なお、当社所有の建物
                            FAシステム
     テクノクリエイト㈱                     20            100.0       -
                 大阪市中央区                               を賃借している。
                                               役員の兼任…有
                                               移動体通信機器の販売及び保
                 大阪府
     ㈱カナデンテレシス                     20  情通・デバイス          100.0       - 守。
                 大阪市中央区
                                               役員の兼任…有
                                               コンピュータの販売・ソフトウ
                                               エアの開発及びサービス。な
     ㈱カナデンブレイン            東京都港区         100  情通・デバイス          100.0       - お、当社所有の建物を賃借して
                                               いる。
                                               役員の兼任…無
                         千HK$                      半導体・デバイス等の販売。
     科拿電(香港)有限公司            香港            情通・デバイス
                                       100.0       -
                                               役員の兼任…無
                         3,500
     KANADEN   CORPORATION

                         千SIN$                      半導体・デバイス等の販売。
                 シンガポール            情通・デバイス          100.0       -
     SINGAPORE    PTE.LTD.                1,000                      役員の兼任…無
                                               半導体・デバイス及びFA機
     科拿電国際貿易                    千US$   FAシステム                   器、産業メカトロニクス機器の
                 上海市                      100.0       -
     (上海)有限公司                       情通・デバイス                   販売。
                         2,600
                                               役員の兼任…無
                                               FA機器の販売及び産業メカト
     KANADEN   (THAILAND)
                         千THB
                 バンコク            FAシステム           49.0       - ロニクス機器。
                         10,000
     CO.,LTD.
                                               役員の兼任…無
     (その他の関係会社)
                            FAシステム
                                               当社は三菱電機㈱の代理店・特
                                             25.3
     三菱電機㈱            東京都            ビル設備
                         175,820                -       約店
     (注)2・3            千代田区            インフラ                (0.1)
                                               役員の兼任等…有
                            情通・デバイス
      (注)    1  「主要な事業の内容」欄には、セグメントの名称を記載しております。
         2 有価証券報告書の提出会社であります。
         3 議決権の被所有割合の( )内は、間接被所有割合で内数であります。
                                  7/98







                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社カナデン(E02580)
                                                            有価証券報告書
      5【従業員の状況】
       (1)  連結会社の状況
                                                 (2020年3月31日現在)
                                           従業員数(名)
               セグメントの名称
                                                         260
      FAシステム事業
                                                         83
      ビル設備事業
                                                         71
      インフラ事業
                                                         304
      情通・デバイス事業
      全社(共通)                                                   116
                                                         834

                  合計
      (注)    1 従業員数は就業人員であります。
         2 全社(共通)として、記載されている従業員数は、特定セグメントに区分できない管理部門に所属しているも
           のであります。
       (2)  提出会社の状況

                                                 (2020年3月31日現在)
         従業員数(名)              平均年齢(歳)             平均勤続年数(年)             平均年間給与(千円)
               573             42.1              17.9             7,475

                                           従業員数(名)

               セグメントの名称
                                                         218
      FAシステム事業
                                                         69
      ビル設備事業
                                                         71
      インフラ事業
                                                         99
      情通・デバイス事業
      全社(共通)                                                   116
                                                         573

                  合計
      (注)    1 従業員数は就業人員であります。
         2 平均年間給与は、賞与及び基準外賃金を含んでおります。
         3 全社(共通)として記載されている従業員数は、管理部門に所属しているものであります。
       (3)  労働組合の状況

         当社グループの従業員は労働組合を結成しておりません。
                                  8/98







                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社カナデン(E02580)
                                                            有価証券報告書
     第2【事業の状況】
      1【経営方針、経営環境及び対処すべき課題等】
      (1)会社の経営の基本方針
       <ミッション(使命・存在意義)・ビジョン(目指す姿)>
        当社グループは「私たちは、お客様の立場に立って、よきものづくりに支えられた健全で活力ある社会の発展に
       貢献することを使命とします。この使命を達成するために、全員がたゆまぬ努力と研鑚を積み最高のソリューション
       を提供することにより、産業界の発展に寄与します」を経営理念とし、さらに「私たちは、それぞれの立場でお客様
       を最も知る企業となることを目指し、真のエレクトロニクス技術商社としてお客様にトータルメリットを提供できる
       ベストパートナーとしてかけがえのない存在となり、社会の持続的な発展に寄与します」を基本方針としておりま
       す。
      (2)  中期的な会社の経営戦略、目標とする経営指標

         2020年度を最終年度とする中期経営計画『CI・J-3(Challenge                              & Innovation・Joint)』では、Joint~つな
        ぐ、つながる~をテーマとし、真の技術商社としてステップアップすることで、未来に“つ<なげる”3年間とし
        ます。
         お客様を最も知るベストパートナーであり続ける為、お客様との“つながり”を大切にし、パートナー企業やグ
        ループ内の連携(つながり)を強化することで提案力、技術力の向上を図り、高付加価値ビジネスを追求し、次の
        10年も成長を持続できる企業となることを目指します。
         さらに、公明正大な経営を実践するため、コーポレート・ガバナンス体制をより一層強化するとともに、社員一
        人ひとりが倫理・遵法意識を高く持ち、健全で誠実な事業活動を推し進めてまいります。
         中期経営計画『CI・J-3(Challenge                 & Innovation・Joint)』

        <基本方針>
         ① グループ理念の実践            「お客様を最も知るベストパートナー」
           お客様にトータルメリットを提供できる真のエレクトロニクス技術商社を追求する。
         ② 成長性に重きを置いた戦略の実行と必要な経営資源を積極的に投入する。
         ③   高付加価値ビジネスを拡大し、収益性の向上を図る。
        <基本戦略>
         ①  事業領域の拡大
          ⅰ.  あらゆるお客様とのつながりをより広く、より深く
            システム構築力、工事等の技術力を強化することで最適なソリューションを提供する。
            当社の部門間・グループ内・パートナー企業との連携を強化し提案内容の幅を拡大する。
          ⅱ.事業エリアの拡大
            国内外ともに成長余地のある地域への進出と、海外事業基盤の強化と人材の拡充。
          ⅲ.今後も成長が見込まれる分野への取組み強化
            環境・エネルギー分野、ロボット・自動化分野、IoT・AI対応分野への積極的な取組みと夫々に対応する
           技術力の強化。
         ②   経営基盤の強化

          ⅰ.人材の拡充と育成
            積極的な採用と教育の充実、並びに人事制度の改革を実行。
          ⅱ.戦略的投資政策の実行
            技術力強化に向けたパートナー企業との提携や、新分野への事業領域の拡大を図るためのM&Aの実践。
          ⅲ.インフラ整備による業務改善
            働き方改革に向けた業務改善と、ITシステムの継続的改善。
         ③ 公明正大な経営と社会貢献

           コーポレートガバナンスを強化し、より健全で透明性の高い経営を実践します。全員が高い倫理観を持ち、
          健全で誠実な事業活動を実践します。また、地域社会の発展、社会福祉、及び地球環境保全に取組み、健全な
          社会づくりに貢献してまいります。
                                  9/98



                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社カナデン(E02580)
                                                            有価証券報告書
        <経営目標数値>
         目標数値(2020年度)
         売上高     1,450億円
         経常利益  53億円
         ROE   8.0%以上
        <セグメント別戦略>
         (FAシステム)
          国内外の自動化需要が拡大する中、ロボット、センサー等の商材とシステム受注の拡大、並びにパートナー企
         業と連携した技術力を強化。
          海外でのシステム対応力強化に向けたパートナー企業との連携。
         (ビル設備)

          ビルマネジメントシステムの展開を強化し、ZEB(ネット・ゼロ・エネルギー・ビル)提案の強化と工事・保
         守サービスを含めた一貫したソリューションの展開。冷熱・空調ビジネスの海外展開。
         (インフラ)

          交通、公共分野のお客様に対する提案領域の拡大と環境・エネルギー及び安心・安全をキーワードとした商材
         の拡充。
         (情通・デバイス)

          自動車分野への参画と海外製品、日本製品の商材拡充。非日系のお客様への提案強化。映像システムビジネス
         における監視から画像処理用途への提案拡大。システム提案力、工事力強化に向けたグループ内、パートナー企
         業との連携強化。
        <配当方針>

         剰余金に関する基本方針を、堅実性と成長性を併せ持った「健全経営」を確実に推し進めていく為、将来の事業
        展開と企業体質の強化に必要な内部留保を確保しつつ、配当性向を35%に定め、株主の皆様に対し当該連結会計年
        度の収益状況に応じた適正な利益還元に努めてまいります。
      (3)会社の対処すべき課題
         当社グループは、経済情勢や事業環境の変化に対応し、カナデングループ理念の実践を基本方針とする3ヵ年中
        期経営計画『CI・J-3(Challenge                & Innovation・Joint)』(2018年度~2020年度)に鋭意取り組んでおります。
         中期経営計画では、“Joint~つなぐ、つながる~”をテーマとし、次の10年も成長を持続できる企業となるこ
        とを目指し、真の技術商社としてステップアップする、未来に“つなげる”3年間とします。
         お客様を最も知るベストパートナーであり続けるため、お客様との“つながり”を大切にし、パートナー企業や
        グループ内の連携(つながり)を強化することで提案力、技術力の向上を図り、高付加価値ビジネスを追求しま
        す。
         その様な中、新型コロナウイルス感染症の世界的拡大により、市場環境は一変し、景気の先行きは予断を許さな
        い状況となっております。
         当社グループは、日本政府及び自治体の基本的対処方針に基づき、テレワークの導入等、取りうる限りの対策を
        行うことで感染拡大の抑止に全力で取り組むと共に、BCM(事業継続マネジメント)の方針に基づき、事業活動を
        継続し、社会に貢献してまいります。
         さらに、公明正大な経営を実践するため、コーポレート・ガバナンス体制をより一層強化するとともに、社員一
        人ひとりが倫理・遵法意識を高く持ち、健全で誠実な事業活動を推し進めてまいります。
                                 10/98







                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社カナデン(E02580)
                                                            有価証券報告書
      2【事業等のリスク】
        当社グループの業績、株価及び財務状況に影響を及ぼす可能性のあるリスクには、以下のようなものがあります。
       なお、文中における将来に関する事項は、有価証券報告書提出日(2020年6月25日)現在において当社グループが判
       断したものであります。
       ①経済状況について

         当社グループの取扱商品でありますFA機器、ビル設備機器、半導体デバイス、情報通信機器等の需要は、当社
        グループが供給を行っている顧客や業界の市場動向の影響を強く受ける商品であります。このため、当該主要市場
        に需要の減退が生じた場合は、当社グループの経営成績及び財政状態に影響を及ぼす可能性があります。
       ②業界の特性について

         当社グループが取扱っております無線通信機器、交通管制端末機器、受変電設備機器、車両用電気機器等につき
        ましては、主要顧客であります鉄道事業者の設備投資や、官公庁の公共投資の影響を強く受ける商品でありま
        す。 このため、鉄道路線の新線計画あるいは設備の更新、並びに公共投資の動向等によっては、当社グループの
        経営成績及び財政状態に影響を及ぼす可能性があります。
       ③仕入先の依存について

         当社の主要な仕入先は三菱電機株式会社であり、2020年3月期の総仕入高に対する割合は60.2%となっておりま
        す。同社との間には販売代理店契約等を締結し取引関係は安定しており、今後ともこの関係を継続する方針であり
        ますが、取引関係が継続困難となった場合や、仕入先の製品供給の動向によっては、当社グループの経営成績及び
        財政状態に影響を与える可能性があります。
       ④業績の下期偏重について

         当社グループは当社及び子会社8社により構成されており、FAシステム事業、ビル設備事業、インフラ事業、
        情通・デバイス事業の4事業を主としております。
         インフラ事業における官公庁・自治体向販売及びビル設備事業における建設業界向販売の場合、工事完了・検収
        時期が年度末に集中することが多いこと等から当社グループの業績は下半期に偏る傾向があります。
       ⑤企業買収等について

         当社は、基幹ビジネスの進化、ニュービジネスの創出、海外事業の強化、並びにグループ会社の強化のため、企
        業買収や資本提携を模索しております。企業買収等の着手に際しては事前に充分な検討を行いますが、買収等の対
        象事業について経営資源の有効活用が出来なかった場合は、当社グループの経営成績及び財政状態に影響を及ぼす
        可能性があります。
       ⑥債権管理について

         当社グループの販売先は多種多様であるため、債権管理には特に注力し、販売先の業態・資力に応じた信用限度
        設定を行うとともに、必要に応じて担保等の提供を受けるほか、信用状態の継続的な把握をするなど、不良債権の
        発生を極力少なくするよう努めております。また、貸倒引当金の計上に関しては、一般債権については貸倒実績率
        による計算額を、貸倒懸念債権等特定の債権については、個別に回収可能性を検討し回収不能見込額を計上してお
        りますが、今後の動向によっては、貸倒引当金の積増しを要する事態が生じるため、当社グループの経営成績及び
        財政状態に影響を及ぼす可能性があります。
       ⑦為替レートの変動による影響について

         当社グループの事業には、外貨による取引が含まれております。そのため、当社は先物為替予約等による通貨
        ヘッジ取引を行い、米ドル及び円を含む主要通貨間の為替レートの短期的な変動による影響を最小限に抑える努力
        をしておりますが、そのリスクを全面的に回避することは不可能であり、為替レートの変動は当社グループの経営
        成績及び財政状態に影響を与える可能性があります。
                                 11/98






                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社カナデン(E02580)
                                                            有価証券報告書
       ⑧退職給付債務
         当社グループの従業員退職給付費用及び債務は、割引率等数理計算で設定される前提条件や年金資産の期待運用
        収益率に基づいて算出されております。実際の結果が前提条件と異なる場合、又は前提条件が変更された場合、そ
        の影響は累積され、将来にわたって規則的に認識されるため、一般的には将来期間において認識される費用及び計
        上される債務に影響を及ぼします。特に運用利回りの悪化は、当社グループの経営成績及び財政状態に影響を与え
        る可能性があります。
       ⑨人材の確保

         当社グループはエレクトロニクス分野において、優れた能力を有する新たな人材を確保し雇用を維持することに
        より、高い成長力が継続できると考えており、優秀な人材の確保及び雇用の維持は、今後の技術進化への対応力を
        強化するために特に重要であります。当社が優秀な人材の確保及び雇用の維持ができなくなった場合には、当社グ
        ループの経営成績及び財政状態に影響を及ぼす可能性があります。
       ⑩訴訟のリスク

         当社グループの事業活動の遂行に当たっては、様々な法規制の適用下にあって、訴訟等のリスク可能性があり、
        その結果経営成績及び財政状態に影響を及ぼす可能性があります。
       ⑪投資有価証券の時価変動リスク

         当社グループが所有する投資有価証券は仕入先企業、取引金融機関、販売先企業など、業務上密接な関係にある
        企業の株式が大半でありますが、株式相場の動向等によりましては、当社グループの経営成績及び財政状態に影響
        を及ぼす可能性があります。
       ⑫自然災害のリスク

         当社グループの事業活動の遂行に当たり、大規模な地震、風水害等の自然災害が発生した場合、主要な事業所の
        壊滅的損壊や役職員の被災、道路網・鉄道網の寸断、情報システムの障害などにより営業活動や物流機能に支障が
        生じるとともに、その修復または代替のために巨額な費用が発生することがあります。
         また、仕入先・販売先の被災状況や社会インフラ復旧の遅れなどから、商品調達並びに販売に大きな影響を受け
        ることとなり、当社グループの経営成績及び財務状態に影響を及ぼす可能性があります。
       ⑬伝染病・感染症のリスク

         当社グループの事業活動の遂行に当たり、伝染病・感染症の世界的流行が発生した場合、事業活動が混乱する可
        能性があり、当社グループの従業員が就労不能となることや、顧客の投資需要の低下や販売網及び供給網に混乱が
        生じ、当社グループの経営成績及び財務状態に影響を及ぼす可能性があります。
       ⑭情報システム不全

         当社グループの事業活動において、情報システムの利用とその重要性は増大しております。コンピュータウイル
        スその他の要因によって情報システムの機能に支障が生じた場合や、機密情報の漏洩等が生じた場合、経営成績お
        よび財務状態に影響を及ぼす可能性があります                      。
       ⑮法令違反     のリスク

         当社グループの事業活動の遂行に当たっては、様々な法的規制を受けております。法令等を遵守するように努め
        ておりますが、万一法令違反があった場合には、発注機関からの指名停止措置などの行政処分を受けることとな
        り、当社グループの経営成績及び財務状態に影響を及ぼす可能性があります                                   。
                                 12/98







                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社カナデン(E02580)
                                                            有価証券報告書
      3【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】
     (1)経営成績等の状況に関する分析
        当連結会計年度における当社グループを取り巻く事業環境は、米中貿易摩擦の長期化による中国経済の減速や、
       欧州経済の悪化等により海外経済は不透明な状況が続く一方、国内経済は、企業収益や雇用・所得環境の改善が続
       き、緩やかな回復基調で推移してきました。
        しかしながら、年度終盤には新型コロナウイルス感染症が世界的な感染拡大に至り、景気の先行きは一変し、国
       内・海外経済ともに厳しい局面をむかえ予断を許さない状況が続いております。
        このような状況下、当社グループは、3ヵ年中期経営計画『CI・J-3(Challenge                                      & Innovation・Joint)』中間
       年度として、今後も成長が見込まれる環境・エネルギー関連分野に注力し、成長性に重きを置いた事業領域の拡大
       を図るとともに、高付加価値なシステム・ソリューションビジネスの展開による収益性の向上に取組んでまいりま
       した。
        これらの取組みにより、インフラ事業の鉄道事業者及び官公庁向けビジネスが好調に推移し売上に貢献しまし
       た。一方、利益に関しては、米中貿易摩擦長期化の影響を受け利益率の高いFAシステム事業のFA分野や情通・
       デバイス事業の半導体・デバイス分野が苦戦しました。
        その結果、当連結会計年度における売上高につきましては126,519百万円(前期比2.6%増)となりましたが、経
       常利益につきましては、利益率の高い分野が苦戦したことによる総利益率の低下と、本社社屋移転に伴う一時的な
       経費増から3,785百万円(前期比832百万円減)となりました。一方、親会社株主に帰属する当期純利益につきまし
       ては、旧本社社屋及び土地の売却益1,433百万円を計上したことから、3,416百万円(前期比162百万円増)となりま
       した。
        ①  売上高
         売上高は、前連結会計年度より3,181百万円増加し、126,519百万円(前期比2.6                                      % 増)となりました。
                                                     (単位:百万円)
                                                     増減率
                             前連結会計年度
                                        当連結会計年度
                                                     増減額
                    売  上  高            48,841           45,039           △7.8%
      FA  システム事業
                                   2,791           2,261           △529
                    経常利益
                    売  上  高            16,248           19,726            21.4%
      ビル設備事業
                                    246           353           107
                    経常利益
                    売  上  高            30,344           37,080            22.2%
      インフラ事業
                                    419           562           142
                    経常利益
                    売  上  高            27,902           24,673           △11.6%
      情通・デバイス事業
                                               456
                                   1,004                      △548
                    経常利益
          (FAシステム事業)
          FA   分野は、配電制御や回転機器は前期並みに推移したものの、駆動機器、コントローラが中国市場の低迷が
         続き機械装置メーカ向け受注が低調な推移となりました。
          産業メカトロニクス分野は、レーザ加工機が案件少なく低調な推移となりました。
          産業システム分野は、前期のプラントメーカ向け大口案件剥落の影響もあり大幅に減少しました。
          その結果、当該事業としては7.8%の減収となり、経常利益は利益率の高いFA分野の低調が影響し529百万円
         の大幅減益となりました。
          (ビル設備事業)

          設備機器分野は、昇降機は大口案件があり増収となりました。受変電設備も、情報・通信事業者向け大口案件
         があり増収となりました。
          空調・冷熱機器分野は、低温機器、住設機器は前期並みの推移となったものの、空調機器が低調な推移となり
         ました。
          その結果、当該事業としては21.4%の増収となり、経常利益は107百万円の増益となりました。
          (インフラ事業)

          交通分野は、鉄道事業者向け受変電設備機器の大口案件により大幅に伸長しました。
          社会システム分野は、官公庁ビジネスが好調に推移し、再生可能エネルギー関連ビジネスである太陽光発電
         (メガソーラー)も案件増により増加しました。
          その結果、当該事業としては22.2%の増収となり、経常利益は142百万円の増益となりました。
                                 13/98



                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社カナデン(E02580)
                                                            有価証券報告書
          (情通・デバイス事業)

          情報通信分野は、セキュリティに関する需要が継続しているものの、画像映像システムは流通業者向け案件が
         低調な推移となりました。電子医療装置も、案件少なく低調な推移となりました。
          半導体・デバイス分野は、OA機器向け電子デバイス品が堅調に推移したものの、PC向けハードディスクド
         ライブ用ICはハードディスクドライブの需要が減少し、産業用パワーデバイス及び電子デバイス品は産業機器
         関連顧客の生産調整の影響により低調に推移しました。
          その結果、当該事業としては11.6%の減収となり、経常利益は548百万円の大幅減益となりました。
        ②  売上原価、総経費

         売上原価は、前連結会計年度より3,546百万円増加し、110,462百万円(前期比3.3%増)となりました。売上高
        に対する売上原価の比率は0.6%増加の87.3%となりました。                             FAシステム事業        は、38,034百万円(前期比0.7%
        減)、   ビル設備事業      は、17,666百万円(前期比1.7%増)、                  インフラ事業      は、34,937百万円(前期比0.8%増)、情
        通・デバイス事業は、19,824百万円(前期比1.1%減)となりました。
         総経費は、人件費を除く販売費及び一般管理費が354百万円増加、人件費が58百万円増加したこと等により、前
        連結会計年度より412百万円増加し、12,367百万円(前期比3.5%増)となりました。                                        FAシステム事業        は、4,743
        百万円(前期比6.0%増)、             ビル設備事業      は、1,706百万円(前期比1.6%減)、                  インフラ事業      は、1,580百万円(前
        期比0.0%増)、情通・デバイス事業は、4,392百万円(前期比5.3%増)、全社(共通)は、△151百万円(前期比
        4百万円増)となりました。
        ③  経常利益

         経常利益は、前連結会計年度より832百万円減少し、3,785百万円(前期比18.0%減)となりました。                                               FAシステ
        ム事業   は、減収により2,261百万円(前期比19.0%減)となりました。                             ビル設備事業      は、大口案件の増加により353
        百万円(前期比43.9%増)となりました。                    インフラ事業      は、大口案件の増加により562百万円(前期比34.0%増)
        となりました。情通・デバイス事業は、減収により456百万円(前期比54.6%減)となりました。全社(共通)
        は、151百万円(前期比4百万円減)となりました。
        ④  特別損益

         特別利益は、前連結会計年度より1,372百万円増加し、1,467百万円となりました。これは、固定資産売却益が
        1,433百万円発生したことが主な要因です。特別損失は、前連結会計年度より113百万円増加し、120百万円となり
        ました。これは、事務所移転費用が65百万円、投資有価証券売却損が25百万円、投資有価証券評価損が23百万円発
        生したことが主な要因です。
        ⑤  親会社株主に帰属する当期純利益

         親会社株主に帰属する当期純利益は、前連結会計年度より162百万円増加し、3,416百万円(前期比5.0%増)と
        なりました。従って、1株当たり当期純利益は、前連結会計年度の110.05円に対し119.88円となりました。
                                 14/98









                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社カナデン(E02580)
                                                            有価証券報告書
      (2)財政状態及びキャッシュ・フローの状況に関する分析
      ①財政状態に関する分析
        当連結会計年度末における総資産は、81,011百万円(前連結会計年度末比5,789百万円減)となりました。
        流動資産は、65,364百万円(前連結会計年度末比2,995百万円減)となりました。これは、前連結会計年度末と比
       較して、現金及び預金が6,761百万円増加した一方で、有価証券が4,199百万円減少、受取手形及び売掛金が4,253百
       万円減少、前渡金が1,107百万円減少したことが主要な要因であります。
        固定資産は、15,647百万円(前連結会計年度末比2,794百万円減)となりました。これは、前連結会計年度末と比
       較して、工具、器具及び備品が393百万円が増加した一方で、投資有価証券が843百万円減少、繰延税金資産が719百
       万円減少、土地が1,674百万円減少したことが主要な要因であります。
        一方、流動負債は、34,352百万円(前連結会計年度末比6,921百万円減)となりました。これは、前連結会計年度
       末と比較して、電子記録債務が875百万円増加した一方で、支払手形及び買掛金が2,394百万円減少、前受金が4,918
       百万円減少、未払法人税等が1,007百万円減少したことが主要な要因であります。
        固定負債は、1,948百万円(前連結会計年度末比354百万円減)となりました。
        純資産は、44,710百万円(前連結会計年度末比1,485百万円増)となりました。これは、前連結会計年度末と比較
       して、親会社株主に帰属する当期純利益を3,416百万円計上、土地再評価差額金の取崩が1,143百万円、配当金の支払
       が1,211百万円あったことにより、利益剰余金が3,348百万円増加した一方で、その他包括利益累計額の土地再評価差
       額金が1,143百万円減少、その他有価証券評価差額金が650百万円減少したことが主要な要因であります。
        その結果、当連結会計年度末における自己資本比率は55.2%、1株当たり純資産額は1,568円54銭となりました。
      ②キャッシュ・フローの状況及び資本の財源及び資金の流動性についての分析

        当社グループの営業活動によるキャッシュ・フローは、税金等調整前当期純利益を主な源泉としております。営業
       活動によるキャッシュ・フローにおける変動要因としましては、売上債権・たな卸資産及び仕入債務の増減が主な要
       因となっておりますが、決算日において仕入債務の支払時期と売上債権の回収時期にずれが生じた場合に営業活動に
       よるキャッシュ・フローに大きな影響を与えます。当社グループにおきましては、債権債務の収支管理を徹底して
       行っており、これらの収支のずれによる影響を最小限とすることで営業活動によるキャッシュ・フローの確保に努め
       ております。
        投資活動によるキャッシュ・フローにおきましては、売買目的の有価証券の取得による支出及び売却による収入は
       なく、固定資産の取得による支出、売却による収入が増減の要因となっております。
        財務活動によるキャッシュ・フローにおきましては、事業活動を行う上での十分な流動性を確保していることか
       ら、資金の調達ニーズはなく、自己株式の取得による支出、配当金の支払による支出が減少の要因となっておりま
       す。
        以上のことから、         当社グループの当連結会計年度における現金及び現金同等物は、前連結会計年度末に比べ                                          2,561
       百万円増加し、当連結会計年度末には18,962百万円(前期比15.6%増)となりました。
        当連結会計年度における各キャッシュ・フローの状況とそれらの要因は次のとおりであります。

       (営業活動によるキャッシュ・フロー)

        当連結会計年度における営業活動によるキャッシュ・フローは、源泉である税金等調整前当期純利益について
       5,132百万円(前期は4,705百万円)を確保出来たことに加え、売上債権の減少が4,316百万円あった一方で、仕入債
       務の減少が1,505百万円、固定資産売却益が1,433百万円、法人税等の支払額が2,145百万円であったこと等により、
       4,827百万円の収入(前期は4,334百万円の収入)となりました。
       (投資活動によるキャッシュ・フロー)

        当連結会計年度における投資活動によるキャッシュ・フローは、投資有価証券の売却による収入301百万円があっ
       た一方で、投資有価証券の取得による支出300百万円、関係会社出資金の払込による支出109百万円、有形固定資産の
       取得による支出827百万円、無形固定資産の取得による支出91百万円があったこと等により、1,029百万円の支出(前
       期は2,187百万円の支出)となりました。
       (財務活動によるキャッシュ・フロー)

        当連結会計年度における財務活動によるキャッシュ・フローは、配当金の支払1,206百万円があったこと等によ
       り、1,220百万円の支出(前期は2,618百万円の支出)となりました。
                                 15/98



                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社カナデン(E02580)
                                                            有価証券報告書
      ③生産、受注及び販売の状況
       (1)  仕入実績
         当連結会計年度における仕入実績をセグメントごとに示すと、次のとおりであります。
               セグメントの名称                       金額(百万円)              前期比(%)
     FAシステム事業                                        38,105           △7.8

     ビル設備事業                                        17,988            26.9
     インフラ事業                                        35,145            24.3

     情通・デバイス事業                                        19,315           △17.6

                  合計                           110,554             3.1

      (注) 本表の金額には、消費税等は含まれておりません。
       (2)  販売実績

         当連結会計年度における販売実績をセグメントごとに示すと、次のとおりであります。
               セグメントの名称                       金額(百万円)              前期比(%)
     FAシステム事業                                        45,039           △7.8

     ビル設備事業                                        19,726            21.4

     インフラ事業                                        37,080            22.2

     情通・デバイス事業                                        24,673           △11.6

                  合計                           126,519             2.6

      (注)1.セグメント間の取引については相殺消去しております。
         2.本表の金額には、消費税等は含まれておりません。
         3.最近2連結会計年度の主な相手先別の販売実績及び当該販売実績の総販売実績に対する割合は次のとおりで
           あります。
                               前連結会計年度                 当連結会計年度
                             (自 2018年4月1日                 (自 2019年4月1日
                 相手先
                              至 2019年3月31日)                  至 2020年3月31日)
                          金額(百万円)          割合(%)       金額(百万円)          割合(%)
            東日本旅客鉄道株式会社                  13,864          11.2       11,160          8.8

                                 16/98









                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社カナデン(E02580)
                                                            有価証券報告書
      4【経営上の重要な契約等】
        販売等の提携は次のとおりであります。
       会社名         相手先         契約の種類         主要取扱商品             契約期間           備考
                                コンピュータ          1984年4月1日から1年             自動更新

                                周辺端末機器          1984年10月1日から1年             自動更新

                                放電加工機、レー
                                ザ加工機、産業用          1996年4月1日から1年             自動更新
                                ロボット
                                空調機器、低温機
                                          1997年4月1日から1年             自動更新
                                器
                                画像映像機器、無
                                          2003年4月1日から1年             自動更新
                                線通信機器
             三菱電機㈱           販売代理店契約
                                昇降機、ビル管理
                                          2002年10月1日から1年             自動更新
                                システム
                                受変電設備機器、
                                          2002年4月1日から1年             自動更新
                                無停電電源装置
                                回転機、配電制御
                                機器、コントロー          2004年12月7日から1年             自動更新
     ㈱カナデン
                                ラ、駆動制御装置
     (当社)
                                セキュリティ機器          2006年9月6日から1年             自動更新
                                半導体、デバイス          2015年4月1日から1年             自動更新

             ルネサス     エレクト
                        販売代理店契約        半導体          2015年10月1日から1年             自動更新
             ロニクス㈱
             三菱電機住環境シス                   空調機器、低温機
                        取引基本契約                  2004年10月1日から1年             自動更新
             テムズ㈱                   器
             三菱電機ビルテクノ                   昇降機、ビル管理
                        取引基本契約                  2005年3月17日から1年             自動更新
             サービス㈱                   システム
             横河電機㈱
                                工業計器、電気計          自 2020年5月1日
             横河ソリューション           販売代理店契約                                  ―
                                器          至 2021年3月31日
             サービス㈱
                                コネクタ、スイッ
             日本航空電子工業㈱           販売特約店契約        チ、リレー及びそ          1992年4月1日から1年             自動更新
                                れらの関連製品
     ㈱カナデン
             ㈱エヌ・ティ・ティ
     テレシス                  販売代理店契約        携帯電話          2019年4月1日から1年             自動更新
             ・ドコモ
     (連結子会社)
      (注) 契約期間は、再契約のものを含めて最新の契約書にもとづく契約期間を表示しております。
      5【研究開発活動】

        該当事項はありません。
                                 17/98






                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社カナデン(E02580)
                                                            有価証券報告書
     第3【設備の状況】
      1【設備投資等の概要】
         当連結会計年度に実施いたしました設備投資の総額は、                           916  百万円でありました。
         一方、旧本社事務所売却を主要因として固定資産が2,048百万円減少致しました。
      2【主要な設備の状況】

         当社グループ(当社及び連結子会社)における主要な設備の状況は、以下のとおりであります。
       (1)  提出会社
                                      帳簿価額(百万円)
                                                          従業
        事業所名        セグメントの        設備の
                                                          員数
                                 機械装置
        (所在地)          名称      内容
                            建物及び          工具器具      土地    リース
                                                          (名)
                                  及び                    合計
                             構築物         及び備品     (面積㎡)      資産
                                  運搬具
               FAシステム
               ビル設備
     本社(注)                  統括業務                     3,432
               インフラ              3,236       -    334           6   7,009    283
     (東京都中央区)                  施設等                     (1,348)
               情通・デバイス
               全社
               FAシステム
               ビル設備
     関西支社                                        299
               インフラ        同上       287      9    90          1    688    90
     (大阪市中央区)                                        (477)
               情通・デバイス
               全社
               FAシステム
     中部支店
               インフラ                              227
                                                           52
                       同上       217     16     5          -    466
     (名古屋市中村区)
               情通・デバイス                              (483)
               全社
               FAシステム
     九州支店          ビル設備                              110
                       同上       127      3     8          0    251    42
     (北九州市小倉北区)          情通・デバイス                             (1,095)
               全社
               FAシステム
               ビル設備
     東北支店
                                                           42
               インフラ        同上        18     -     9     -     -    28
     (仙台市青葉区)
               情通・デバイス
               全社
       (注) 本社(東京都中央区)の土地及び建物は、区分所有建物であり、土地は敷地権割合の面積を表記しております。
       (2)  国内子会社

                                      帳簿価額(百万円)
                                                          従業
        会社名       セグメントの名         設備の
                                 機械装置                         員数
        (所在地)          称      内容
                            建物及び          工具器具      土地    リース
                                  及び                    合計    (名)
                             構築物         及び備品     (面積㎡)      資産
                                  運搬具
     ㈱カナデンテレシス                  統括業務                       85
               情通・デバイス               111      -     ▶         42    243    99
     (大阪市中央区)                  施設等                      (121)
      (注) 「帳簿価額」には、消費税等を含んでおりません。

      3【設備の新設、除却等の計画】

       (1)  重要な設備の新設等
         該当事項はありません。
       (2)  重要な設備の除却等

         該当事項はありません。
                                 18/98


                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社カナデン(E02580)
                                                            有価証券報告書
     第4【提出会社の状況】
      1【株式等の状況】
     (1)【株式の総数等】
     ①【株式の総数】
                  種類                        発行可能株式総数(株)
                 普通株式                                 90,000,000

                  計                                90,000,000

     ②【発行済株式】

                                         上場金融商品取引所
               事業年度末現在発行数(株)              提出日現在発行数(株)
         種類                                名又は登録認可金融              内容
                 (2020年3月31日)             (2020年6月25日)
                                         商品取引業協会名
                                         東京証券取引所(市
                     28,600,000            28,600,000
        普通株式                                            単元株式数100株
                                         場第一部)
                     28,600,000            28,600,000            -          -
         計
     (2)【新株予約権等の状況】

     ①【ストックオプション制度の内容】
         該当事項はありません。
     ②【ライツプランの内容】

         該当事項はありません。
     ③【その他の新株予約権等の状況】

         該当事項はありません。
     (3)【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

         該当事項はありません。
     (4)【発行済株式総数、資本金等の推移】

                   発行済株式       発行済株式       資本金増減額        資本金残高       資本準備金       資本準備金
          年月日         総数増減数        総数残高                      増減額        残高
                     (株)       (株)      (百万円)       (百万円)       (百万円)       (百万円)
     2019年3月25日(注)              △1,710,000        28,600,000            -     5,576         -     5,359

      (注)    自己株式の消却による減少であります。
     (5)【所有者別状況】

                                                 (2020年3月31日現在)
                         株式の状況(1単元の株式数             100  株)
                                                       単元未満
                                                       株式の状況
       区分     政府及び                        外国法人等
                       金融商品     その他の                 個人
                                                        (株)
            地方公共     金融機関                                  計
                       取引業者      法人                その他
             団体
                                  個人以外      個人
     株主数
                -     22     26     211      82      7   13,597     13,945         -
     (人)
     所有株式数
                -   41,957      2,949     95,870     43,776       12   101,085     285,649      35,100
     (単元)
     所有株式数
                -   14.69      1.03     33.56     15.33      0.00     35.39      100       -
     の割合(%)
      (注)    自己株式95,385       株は、「個人その他」に953単元及び「単元未満株式の状況」に85株含まれております。
                                 19/98



                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社カナデン(E02580)
                                                            有価証券報告書
     (6)【大株主の状況】
                                                 (2020年3月31日現在)
                                                   発行済株式(自己

                                             所有株式数      株式を除く。)の
           氏名又は名称                      住所
                                              (百株)     総数に対する所有
                                                   株式数の割合(%)
                                               72,040          25.27

     三菱電機株式会社                    東京都千代田区丸の内二丁目7番3号
                         東京都中央区晴海一丁目8番12号トリト
     カナデン取引先持株会                    ンスクエアZ棟                      28,418          9.97
                         株式会社カナデン内
                         51 NEW NORTH ROAD 
     AVI GLOVAL TRUST P
                         EXETER DEVON EX4 4
     LC
                         EP UNITED KINGDOM
                                               13,680          4.80
     (常任代理人 株式会社みずほ銀行決済
                         (東京都港区港南二丁目15番1号品川イン
     営業部)
                         ターシティA棟)
                         東京都中央区晴海一丁目8番12号トリト
                                                9,224          3.24
     カナデン従業員持株会                    ンスクエアZ棟
                         株式会社カナデン内
                                                7,518          2.64
     株式会社三菱UFJ銀行                    東京都千代田区丸の内二丁目7番1号
                                                6,563          2.30

     三菱倉庫株式会社                    東京都中央区日本橋一丁目19番1号
     日本トラスティ・サービス信託銀行株式
                                                6,478          2.27
                         東京都中央区晴海一丁目8番11号
     会社(信託口)
     明治安田生命保険相互会社                    東京都千代田区丸の内二丁目1番1号
     (常任代理人 資産管理サービス信託銀                    (東京都中央区晴海一丁目8番12号晴海                       6,009          2.11
     行株式会社)                    アイランドトリトンスクエアZ棟)
     日本マスタートラスト信託銀行株式会社
                                                4,813          1.69
                         東京都港区浜松町二丁目11番3号
     (信託口)
                                                4,556          1.60
     東京海上日動火災保険株式会社                    東京都千代田区丸の内一丁目2番1号
                                  ―            159,301          55.89

              計
      (注)1 所有株式数は、百株未満を切り捨てて表示しております。
         2  2018年4月6日付で公衆の縦覧に供されている大量保有報告書の変更報告書において、シンプレクス・
           アセット・マネジメント株式会社が2018年3月30日現在で以下の株式を所有している旨が記載されてい
           るものの、当社として2020年3月31日現在における実質所有株式数の確認ができませんので、上記大株
           主の  状況には含めておりません。
            なお、その大量保有報告書の変更報告書の内容は次のとおりであります。
            大量保有者      シンプレクス・アセット・マネジメント株式会社
            住所   東京都千代田区丸の内一丁目5番1号
            保有株券等の数        株式   1,515,500株
            株券等保有割合        5.00%
         3   2019年5月30日付で公衆の縦覧に供されている大量保有報告書の変更報告書において、アセット・バ
           リュー・インベスターズ・リミテッドが2019年5月24日現在で以下の株式を所有している旨が記載され
           ているものの、当社として2020年3月31日現在における実質所有株式数の確認ができませんので、上記
           大株主の状況には含めておりません。
            なお、その大量保有報告書の変更報告書の内容は次のとおりであります。
            大量保有者      アセット・バリュー・インベスターズ・リミテッド
            住所   英国ロンドン市、セント・ジェームスズ、ビュリィストリート25
            保有株券等の数        株式   1,724,400株
            株券等保有割合        6.03%
                                 20/98



                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社カナデン(E02580)
                                                            有価証券報告書
     (7)【議決権の状況】
     ①【発行済株式】
                                                 (2020年3月31日現在)
                            株式数(株)           議決権の数(個)
              区分                                       内容
                                    -       -            -

      無議決権株式
      議決権制限株式(自己株式等)                              -       -            -
      議決権制限株式(その他)                              -       -            -

                         (自己保有株式)
      完全議決権株式(自己株式等)                                    -            -
                                 95,300
                         普通株式
      完全議決権株式(その他)                         28,469,600             284,696          -
                         普通株式
                                 35,100         -            -
      単元未満株式                    普通株式
                               28,600,000           -            -
      発行済株式総数
                                    -         284,696          -
      総株主の議決権
      (注)    「単元未満株式」欄の普通株式には、当社所有の自己株式85株が含まれております。
     ②【自己株式等】
                                                 (2020年3月31日現在)
                                自己名義       他人名義      所有株式数       発行済株式総数
        所有者の氏名
                                所有株式数       所有株式数        の合計       に対する所有
                     所有者の住所
         又は名称
                                 (株)       (株)       (株)     株式数の割合(%)
                  東京都中央区晴海一丁目
     (自己保有株式)
                                  95,300       -      95,300           0.33
                  8番12号トリトンスクエ
     ㈱カナデン
                  アZ棟
                        -          95,300       -      95,300           0.33
           計
                                 21/98











                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社カナデン(E02580)
                                                            有価証券報告書
      2【自己株式の取得等の状況】
       【株式の種類等】 会社法第155条第7号に該当する普通株式の取得
     (1)【株主総会決議による取得の状況】
         該当事項はありません。
     (2)【取締役会決議による取得の状況】
         該当事項はありません。
     (3)【株主総会決議又は取締役会決議に基づかないものの内容】

                  区分                   株式数(株)            価額の総額(円)
      当事業年度における取得自己株式                                     182           243,426
      当期間における取得自己株式                                     119           132,804
        (注)   当期間における取得自己株式には、2020年6月1日からこの有価証券報告書提出日までの単元未満
           株式の買取による株式は含まれておりません。
     (4)【取得自己株式の処理状況及び保有状況】
                                 当事業年度                  当期間
               区分
                                    処分価額の総額                 処分価額の総額
                             株式数(株)                 株式数(株)
                                      (円)                 (円)
                                  -         -                -
      引き受ける者の募集を行った取得自己株式                                             -
                                  -         -        -        -

      消却の処分を行った取得自己株式
      合併、株式交換、会社分割に係る移転を行っ
                                  -         -        -        -
      た取得自己株式
                               22,652       32,164,699            -

      その他(注)1                                                     -
                               95,385           -     95,504           -

      保有自己株式数
        (注)   1 当事業年度における「その他」は、譲渡制限付株式報酬としての自己株式の処分による減少22,645株及
             び単元未満株式の買増請求による減少7株によるものです。
           2 当期間における保有自己株式数には、2020年6月1日からこの有価証券報告書提出日までの単元未満株
             式の買増による株式は含まれておりません。
                                 22/98









                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社カナデン(E02580)
                                                            有価証券報告書
      3【配当政策】
       当社グループは、株主の皆様に対する利益還元を経営の最重要課題の一つとして認識し、堅実性と成長性を併せ持っ
      た「健全経営」を確実に推し進めていくため、将来の事業展開と企業体質の強化に必要な内部留保を確保しつつ、配当
      性向35%を基準指標とした、業績に裏づけられた適正な利益還元を基本方針としております。
       当連結会計年度の期末配当金につきましては、普通配当金を1株当たり19円とさせていただきます。既に中間配当金
      として1株当たり23円をお支払しておりますので、年間の配当金は1株当たり42円となります。
       当社の剰余金の配当は、中間配当及び期末配当の年2回を基本的な方針としております。当社は、「会社法第459条
      第1項の規定に基づき、取締役会の決議をもって剰余金の配当等を行うことができる。」旨定款に定めております。
       なお、当事業年度に係る剰余金の配当は以下のとおりであります。

                       配当金の総額         1株当たり配当額
            決議年月日
                       (百万円)           (円)
          2019年10月29日
                            655         23.0
           取締役会決議
          2020年5月14日
                            541         19.0
           取締役会決議
                                 23/98















                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社カナデン(E02580)
                                                            有価証券報告書
      4【コーポレート・ガバナンスの状況等】
     (1)【コーポレート・ガバナンスの概要】
       ① 当社のコーポレート・ガバナンスに関する基本的な考え方
         当社のコーポレート・ガバナンスに関する基本的な考え方は、取引先・株主・従業員・社会という全てのステー
        クホルダーに支えられた存在であるとの基本認識のもと、上場企業としての社会的使命と責任を果たすため、経営
        の行動・運営方法が公正・公平かつ透明であり、法令を遵守するものでなければならないと考えております。
         内部監査体制を整備し、企業倫理・法令の遵守に努めるとともに、事業の状況及び最新の企業情報等をタイム
        リーに提供するなど、ディスクロージャーの充実に努めております。
       ② 企業統治の体制の概要及び              当該体制を採用する理由

         イ.企業統治の体制の概要
          当社は、経営における意思決定の迅速かつ機動的な実行のため、「意思決定・監督」と「執行」を分離する執
         行役員制度を導入し、株主の信認を得て、定款においてもこの制度を規定しております。
          取締役会は、迅速かつ適確な経営判断がなされるよう社外取締役2名を含む9名で構成しており、2ヶ月毎の
         定例取締役会の他、必要に応じて臨時取締役会を開催しております。
          また、業務執行取締役で構成する経営会議を取締役会の補助機関として設置し、原則毎週一回、経営に関する
         重要事項について審議・意思決定を行っております。
          さらに、取締役及び執行役員で構成する執行役員会を毎月一回定期的に開催し、業務執行内容の報告を求める
         とともに、経営の意思決定が適確に業務執行部門に伝わる仕組みとしております。
          当社は、取締役及び執行役員の指名・報酬に関する手続の公明性・透明性・客観性を強化し、当社コーポレー
         トガバナンスのさらなる充実を図るため、指名・報酬諮問委員会を設置しております。 指名・報酬諮問委員会
         は、社外取締役2名を含む取締役3名で構成しており、取締役及び執行役員の選任・解任(解職)及び報酬並び
         に後継者計画の策定・運用に係る事項等について取締役会または代表取締役会から諮問を受け、委員会において
         審議・答申を行っております。
         会社の機関・内部統制の関係を図表で示します。

                                 24/98












                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社カナデン(E02580)
                                                            有価証券報告書
         ロ.企業統治の体制を採用する理由
          当社は監査役制度を採用しております。また、執行役員制度の採用により、経営と執行を分離することで取締
         役会は意思決定の迅速化と経営の効率性を高めるものとしております。
          さらに、社外取締役2名と社外監査役3名を招聘することにより、経営の透明性と公正さを確保しておりま
         す。
          このように業務執行、監査・監督等の区分を明確にし、統制を図ることにより当社の企業統治体制は十分有効
         に機能しており、現時点において当社に最も適した仕組みであると判断しております。
       ③企業統治に関するその他の事項

         ⅰ.内部統制システム及びリスク管理体制の整備の状況
          当社は、コーポレート・ガバナンスを強化するため「業務の適正を確保するための体制」に関する基本方針を
         取締役会にて決議し、全社において適切に運用しております。
          また、企業倫理の確固たる確立を図るため、代表取締役を委員長とし、取締役・執行役員を委員としたコンプ
         ライアンス委員会を設置し、役員及び従業員が高い倫理観に基づいた行動をするよう、コンプラインアンス推進
         のための取組みを協議・実行しております。
         ⅱ.関係会社の業務の適正を確保するための体制設備の状況

          当社は、関係会社が業務の適正を確保するために関係会社管理規定を定め、同規定に基づき事業推進部門が関
         係会社を所管しております。
          また、当社役員または従業員に関係会社の取締役または監査役を兼務させ、当該兼務者をして関係会社の取締
         役の職務執行状況を報告させております。
         ⅲ.取締役の定数

          当社の取締役は9名以内とする旨定款に定めております。
         ⅳ.取締役の選任
          当社は、取締役の選任決議について、議決権を行使することができる株主の議決権の3分の1以上を有する株
         主が出席し、その議決権の過半数をもって行う旨定款に定めております。
          また、取締役の選任決議は、累積投票によらないものとする旨定款に定めております。
         ⅴ.剰余金の配当等の決定機関
          当社は、剰余金の配当等会社法第459条第1項各号に定める事項について、法令に別段の定めがある場合を除
         き、株主総会の決議によらず取締役会の決議により定める旨定款に定めております。これは、剰余金の配当等を
         取締役会の権限とすることにより、株主への機動的な利益還元を行うことを目的とするものであります。
         ⅵ.株主総会の特別決議要件
          当社は、会社法第309条第2項に定める株主総会の特別決議要件について、議決権を行使することができる株
         主の議決権の3分の1以上を有する株主が出席し、その議決権の3分の2以上をもって行う旨定款に定めており
         ます。これは、株主総会における特別決議の定足数を緩和することにより、株主総会の円滑な運営を行うことを
         目的とするものであります。
                                 25/98








                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社カナデン(E02580)
                                                            有価証券報告書
     (2)【役員の状況】
        ① 役員一覧
        男性    13 名 女性      -名 (役員のうち女性の比率                - %)
                                                        所有株式数
         役職名         氏名       生年月日                略歴            任期
                                                         (千株)
                                1980年4月      当社入社
        代表取締役                        2013年6月      執行役員FA事業部長
                本 橋 伸 幸       1957年12月31日      生
                                                    (注)3       43
        取締役社長                        2015年6月      取締役FA事業部長
                                2016年6月      代表取締役社長      (現在)
                                1979年4月      当社入社
                                2008年6月      執行役員経理財務室長
                                2009年6月      取締役経理財務室長
                                2011年6月      取締役経理財務室長兼総務人事室長
                                2014年4月      取締役経理財務室長
                                2015年6月      常務取締役経理財務室長
                                2016年6月      常務取締役監査、コンプライアンス
                                     担当
                                2017年4月      常務取締役管理部門担当
        専務取締役
                島 本 和 徳       1956年7月30日      生                      (注)3       32
       戦略管理推進室長                         2017年6月      常務取締役管理部門担当兼コンプラ
                                     イアンス室長
                                2018年4月      常務取締役経営企画部並びに管理統
                                     括室担当
                                2019年4月      常務取締役執行役員経営企画室長並
                                     びに管理統括室担当
                                2019年6月      専務取締役執行役員経営企画室長
                                2020年4月      専務取締役執行役員戦略管理推進室
                                     長(現在)
                                1964年4月
                                     弁護士登録(第二東京弁護士会)
                                1964年4月      小林俊三・今井忠男法律事務所
                                     (現中外合同法律事務所)入所
                                2003年6月      日本食品化工     ㈱社外   監査役
         取締役       神     毅       1938年3月21日      生                      (注)3        1
                                2006年7月
                                     当社顧問弁護士(現在)
                                2015年6月
                                     当社取締役(現在)
                                2016年4月      ㈱トリケミカル研究所社外取締役
                                     (現在)
                                1975年4月      ㈱三菱銀行(     現㈱三菱UFJ銀行        )
                                     入行
                                2004年6月      東京ダイヤモンド再生・債権回収
                                     ㈱(現エム・ユー・フロンティア
         取締役       永 島 義 郎       1952年4月7日      生                      (注)3        0
                                     債権回収㈱)代表取締役社長
                                2009年6月      日本カーバイド工業㈱常勤監査役
                                2016年6月
                                     当社取締役(現在)
                                2018年6月
                                     全国保証㈱社外取締役(現在)
                                1983年4月      当社入社
                                2014年4月      執行役員中部支店長
                                2016年4月      執行役員関西支社副支社長
         取締役
                                2016年6月      取締役経営戦略室長
                森  寿  隆       1960年6月15日      生                      (注)3       15
        九州支店長
                                2018年4月      取締役事業推進室長
                                2018年6月      取締役執行役員事業推進室長
                                2019年4月
                                     取締役執行役員九州支店長(現在)
                                1981年4月      三菱電機㈱    入社
                                2014年4月      同社九州支社長
         取締役
                齋 藤 真 輔       1958年5月24日      生  2017年4月      当社入社
                                                    (注)3       14
        交通事業部長
                                2017年6月      取締役交通事業担当
                                2019年4月      取締役執行役員交通事業部長(現在)
                                1981年4月      三菱電機㈱    入社
                                2016年4月      同社中部支社長
         取締役
                                2018年4月      当社入社
                井 口 明 夫       1957年11月4日      生
                                                    (注)3       14
        事業統括室長
                                2018年6月      取締役   執行役員関西支社長
                                2020年4月
                                      取締役執行役員事業統括室長(現在)
                                 26/98


                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社カナデン(E02580)
                                                            有価証券報告書
                                                        所有株式数
         役職名         氏名       生年月日                略歴            任期
                                                         (千株)
                                1985年4月      当社入社
                                2016年4月      執行役員総務人事室長兼総務部長
         取締役
                                2017年7月      執行役員総務人事室長
                三 枝 裕 典       1961年8月14日      生                      (注)3       11
        管理統括室長
                                2018年4月      執行役員管理統括室長
                                2019年6月
                                      取締役執行役員管理統括室長(現在)
                                1986年4月      当社入社
                                2005年4月      関西支社FAシステム一部長
         取締役                       2013年6月      FA事業部FAシステム一部長
                守  屋  太       1962年9月25日      生
                                                    (注)3        9
                                2016年6月      執行役員FA事業部長
        関西支社長
                                2020年4月      執行役員関西支社長
                                2020年6月      取締役執行役員関西支社長(現在)
                                1980年4月      当社入社
                                2005年10月      電子事業部副事業部長
                                2008年4月      経営戦略室副室長
         監査役
                境  晴  繁       1957年6月7日      生  2009年6月      執行役員経営戦略室長
                                                    (注)4        6
         (常勤)
                                2011年6月      執行役員SI事業部長
                                2015年4月      執行役員監査部長
                                2017年6月
                                      監査役(現在)
                                1992年4月      三菱電機㈱入社
                                2016年4月      同社関越支社事業推進部         企画課長
         監査役       山 村 耕 三       1967年6月1日      生  2019年4月      同社営業本部事業企画部代理店
                                                    (注)4        -
                                      グループマネージャー(現在)
                                2019年6月
                                      当社監査役(現在)
                                1977年4月      ㈱大和銀行入行
                                2004年4月      ㈱寺岡製作所入社
         監査役       野 見 山 豊       1954年3月16日      生  2008年6月      同社取締役管理本部長
                                                    (注)4        -
                                2011年6月
                                      同社常勤監査役(現在)
                                2011年6月
                                      当社監査役(現在)
                                1975年3月      公認会計士登録
                                1976年1月      監査法人東京丸の内事務所(現有限
                                      責任監査法人トーマツ)入所
                                1995年7月      日本公認会計士協会理事
                                2001年7月      日本公認会計士協会常務理事
                                2005年4月      東北大学会計大学院教授
                                2007年6月      ㈱タチエス社外監査役
                一 法 師 信 武
         監査役              1944年9月16日      生                      (注)4        -
                                2009年4月      学校法人桐朋学園監事
                                2014年12月      社会福祉法人八王子いちょうの会監
                                      事(現在)
                                2015年6月      一般社団法人日本経営協会監事
                                2016年3月      全国商店街振興組合連合会監事(現
                                      在)
                                2016年6月
                                      当社監査役(現在)
                              計                             151
      (注)      1   神毅、永島義郎      は、社外取締役であります。
         2 山村耕三、野見山豊、一法師信武は、社外監査役であります。
         3 2020年6月25日開催の定時株主総会の終結の時から1年間
         4 2020年6月25日開催の定時株主総会の終結の時から4年間
         5 当社では、経営における意思決定の迅速且つ機動的な実行のため、取締役会の活性化と経営の効率化を図る事を目的に執行役員制
          度を導入しております。
          執行役員は13名で、戦略管理推進室長 島本和徳、九州支店長                          森寿隆、   交通事業部長 齋藤真輔、事業統括室長 井口明夫、管
          理統括室長 三枝裕典、関西支社長 守屋太、ビル設備事業部長 塚田和弘、ソリューション技術本部長 北田智博、半導体・デ
          バイス事業部長 小笠原浩史、中部支店長 崎山秀、FA事業部長 小山英登、東北支店長 杉原健二、SI事業部長 八倉巻弘
          樹で構成されております。
                                 27/98




                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社カナデン(E02580)
                                                            有価証券報告書
        ② 社外役員の状況
         社外取締役(2名)のうち1名は、会社経営に関与した経験はありませんが、                                     弁護士として企業法務に精通して
        おり、上場企業の社外取締役並びに監査役を経験しておられることから、                                  社外取締役として招聘しております。ま
        た、当社とは顧問        弁護士契約を締結しておりますが、その報酬額は僅少であり、一般株主と利益相反が生じるおそ
        れがないため、独立役員として指定しております。他の                          1名は、会社経営者としての経験に加え、上場企業の社外
        取締役並びに監査役を経験しておられることから、社外取締役として招聘しております。なお、独立役員の要件を
        満たし、一般株主と利益相反のおそれがないと判断しております。
         また、社外監査役(3名)のうち1名は会社経営に関与した経験はありませんが、三菱電機株式会社の営業本部
        事業企画部代理店グループマネージャーの職にあり、グループ企業の監督に関する十分な知識を有して                                               おられるこ
        とから   、社外監査役として招聘しております。当社の大株主の立場からグループ企業の経営を監査しております。
        他の1名は、株式会社寺岡製作所の                 常勤監査役     であり、同社管理部門の要職を歴任するなど、経営に対し高い見識
        を有してお     られることから       、社外監査役として招聘しております。なお、独立役員の要件を満たし、一般株主と利
        益相反のおそれがないと判断しております。他の1名は、会社経営に関与した経験はありませんが、公認会計士や
        税理士資格を有し、会計分野に関する研究及び教授等を通じ、財務・会計に関する相当な知見を有しておられま
        す。また、上場企業の監査役             を経験しておられることから             、社外監査役として招聘しております。なお、独立役員
        の要件を満たし、一般株主と利益相反のおそれがないと判断しております。
         当社は、会社法第427条第1項の規定により、社外取締役及び社外監査役との間に会社法第423条第1項による損
        害賠償責任を限定する契約を締結することができる旨を定款に定めております。なお、当該契約に基づく責任の限
        度額は、法令の定める額としております。また、社外取締役及び社外監査役を選任するための独立性に関する基準
        は特に定めておりません。
        ③ 社外取締役又は社外監査役による監督又は監査と内部監査、監査役監査及び会計監査との相互連携並びに内部

        統制部門との関係
         監査役会と会計監査人とは、定期的な意見交換を行っております。
         内部監査部門は監査役に対し、当社及び当社グループに重要な影響を及ぼす事項、監査の状況、その他コンプラ
        イアンス上重要な事項等を報告するものとしております。
                                 28/98












                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社カナデン(E02580)
                                                            有価証券報告書
     (3)【監査の状況】
      ①監査役監査の状況
      a.人員・組織
       監査役会は、社外監査役3名を含む4名で構成され、監査役会が定めた監査の方針等に従い、取締役会・経営会
      議・執行役員会その他重要な会議に出席するほか、取締役等からその職務の執行状況を聴取し、重要な決裁書類等を
      閲覧するなどの監査を実施しております。また、本社及び主要な事業所において業務及び財産の状況を調査し、必要
      に応じて子会社から営業の報告を求めるなどの監査も実施しております。
        役職        氏名                      経験及び能力

                      執行役員として経営戦略室及び監査部の責任者を歴任し、当社事業を熟知し、
      常勤監査役        境 晴繁
                      且つ管理統制に秀でた能力を有しております。
                      三菱電機株式会社営業本部事業企画部代理店グループマネージャーの職にあり、
      社外監査役        山村 耕三
                       グループ企業の監督に関する十分な知識を有しております。
                       株式会社寺岡製作所の監査役であり、同社管理部門の要職を歴任するなど、
      社外監査役        野見山 豊
                       経営に対し高い見識を有しております。
                       公認会計士を有し、会計分野に関する研究及び教授などを通じ財務・会計に
      社外監査役        一法師 信武
                       関する相当な知見を有しております。
      b.監査役及び監査役会の活動状況

      (a)当事業年度において当社は監査役会を7回開催しており、個々の監査役の出席状況については次のとおりであり
      ます。
        氏名       開催回数                        出席回数

                      7回(100%)

      境 晴繁        7回
                       5回(    83%)

      山村 耕三        6回
                       7回(100%)

      野見山 豊        7回
                       7回(100%)

      一法師 信武        7回
      監査役会の平均所要時間は60分程度であります。

      監査役会後、各監査役間の情報・意見交換等を行っております。
      (b)監査役会の主な検討事項

      ・監査役体制・計画に係る監査
       監査役会の役割を適切に執行出来る体制となる、経験及び能力を保有する監査役及び補欠監査役を審議し同意。
       常勤監査役及び議長の選任を審議し承認。
       監査計画に関し、その内容・業務分担・会議日程に関して、有効性等を審議し承認。
      ・取締役の職務の執行の監査

       往査による監査、取締役・社外取締役及び執行役員から受領した執行確認書の審議・承認。
      ・株主総会にかかわる事項

       定時株主総会にて監査報告者と質問に対する回答者及び補欠回答者を審議し承認。
      ・監査役会監査報告書の承認

       事業報告書及び計算書類等、また、会計監査人からの監査報告書を確認し、適正な会計処理の基準に適合してい
      る かの検討を行った上、監査役会監査報告書を承認。
      ・監査法人にかかわる監査

       会計監査人の再任に関する審議・承認、会計監査人の監査報酬額の審議・同意。
       有価証券報告書・四半期レビューの報告、及び質疑応答等。
                                 29/98



                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社カナデン(E02580)
                                                            有価証券報告書
      (c)常勤及び非常勤監査役の活動状況
      ・代表取締役及び取締役へのヒアリング
       年2回の情報・意見交換を実施。
      ・重要会議への出席

       取締役会、経営会議、執行役員会議、全国成長戦略会議等への出席(社外監査役は取締役会のみ)
      ・重要な決裁書類等の閲覧

       一般稟議書、専決稟議書(常勤監査役のみ)
      ・往査

       事業部、支社支店、管理部門、子会社(年2回)
       提携倉庫(年1回)
      ②内部監査の状況

       当社は、内部監査部門として監査部を設置し、監査部長を含む4名体制で業務執行から独立した立場で各事業部門
      の事業運営活動が法令、定款、社内規定並びに会社の経営方針や事業計画に沿って行われているかを検証し、各事業
      部門に具体的な助言・勧告を行うことにより、会社の健全性の保持に努めております。内部監査は年間計画に基づき
      実施され、その結果は代表取締役、監査役に報告され、実施状況・結果を経営者が把握するとともに、対象部門の執
      行役員がフォローアップを実施しております。
      ③会計監査の状況

      a.監査法人の名称
       有限責任監査法人トーマツ
      b.業務を執行した公認会計士

        指定有限責任社員 業務執行社員:青柳 淳一
        指定有限責任社員 業務執行社員:渡辺                       雅子
      c.継続監査期間

        34年間
        上記継続監査期間は、当社において調査可能な範囲での期間であり、実際の継続期間は上記期間を超えている可能
       性があります。
      d.監査業務に係る補助者の構成

        公認会計士 3名、その他 5名
      e.監査法人の選定方針と理由

       監査役会は、「会計監査人の評価及び選定基準」を策定し、同監査法人が会計監査人として必要とされる独立性・
      専門性、品質管理体制を有していること等から、当社の会計監査人に適任であると判断し、同監査法人を選定してお
      ります。
       会計監査人の解任又は再任の決定方針

       監査役会は、会計監査人の職務の執行に支障がある場合等、その必要があると判断した場合は、株主総会に提出す
      る会計監査人の解任又は不再任に関する議案の内容を決定しております。
       また、会計監査人が会社法第340条第1項各号に定める項目に該当すると認められる場合は、監査役全員の同意に基
      づき、会計監査人を解任します。この場合、監査役会が選定した監査役は、解任後最初に招集される株主総会におい
      て、会計監査人を解任した旨及びその理由を報告しております。
       なお、取締役が、会計監査人の職務の執行に支障がある場合等、その必要があると判断した場合は、会計監査人の
      解任又は不再任を株主総会の会議の目的とすることを監査役会に請求し、監査役会はその適否を判断したうえで、株
      主総会に提出する議案の内容を決定しております。
      f.監査役及び監査役会による監査法人の評価

       当社の監査役及び監査役会は、「会計監査人の評価及び選定基準」に基づき、監査法人の独立性・専門性、監査法
      人による監査活動が適切かつ妥当であると評価しております。
                                 30/98


                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社カナデン(E02580)
                                                            有価証券報告書
      g.監査法人の異動
       該当なし
      ④監査報酬の内容等

       a.監査公認会計士等に対する報酬
                      前連結会計年度                       当連結会計年度
        区分
              監査証明業務に基づく            非監査業務に基づく報            監査証明業務に基づく            非監査業務に基づく報
              報酬(百万円)            酬(百万円)            報酬(百万円)            酬(百万円)
                      42            -           40            1

      提出会社
                       -            -            -            -

      連結子会社
                      42            -           40            1

         計
      当社における当連結会計年度における非監査業務の内容は、会計等に関するアドバイザリー業務等です。
       b.監査公認会計士等と同一のネットワークに対する報酬(a.を除く)

                      前連結会計年度                       当連結会計年度
        区分
              監査証明業務に基づく            非監査業務に基づく報            監査証明業務に基づく            非監査業務に基づく報
              報酬(百万円)            酬(百万円)            報酬(百万円)            酬(百万円)
                       -            -            -            -

      提出会社
                       -            -            -            0

      連結子会社
                       -            -            -            0

         計
      連結子会社における当連結会計年度の非監査業務の内容は、税務等に関するアドバイザリー業務等です。
       c.その他の重要な監査証明業務に基づく報酬の内容

        (前連結会計年度)
        該当事項はありません。
        (当連結会計年度)
        該当事項はありません。
       d.監査報酬の決定方針

        当社の監査公認会計士等に対する監査報酬の決定方針としましては、監査日数・時間及び監査人員を勘案した上
       で定めております。
       e.監査役会が会計監査人の報酬等に同意した理由

        監査報酬につきましては、監査内容、日数等により適切な報酬額を検討し、会社法の定めに従い監査役会の同意
       を得た上で取締役が決定しております。なお、監査役会は、「会計監査人の評価及び選定基準」に基づき、会計監
       査人の監査計画の内容、職務遂行状況及び報酬の見積り等を検討した上で、会計監査人の報酬の額は妥当であると
       判断し同意を行っております。
                                 31/98







                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社カナデン(E02580)
                                                            有価証券報告書
     (4)【役員の報酬等】
       ①役員の報酬等の額又はその算定方法の決定に関する方針に係る事項
        当社は、2019年度より下記の基本方針を策定し、この方針に基づいた考え方および手続きに則って役員報酬の構成
       及び水準を決定しております。
       ・当社グループ理念の実現を促すものであること
       ・当社の持続的な成長と企業価値向上への貢献意識を高めるものであること
       ・当社業績との連動性が高く、透明性・公正性を備えているものであること
       ・株主との利益の共有を中心として一層の価値共有を進めるものであること
        当社の役員報酬は、固定報酬である基本報酬、短期インセンティブ報酬としての賞与、中長期インセンティブ報

        酬としての株式報酬(譲渡制限付株式報酬(業績条件付))の三つで構成しております。具体的な報酬構成は、支
        給対象の役員区分に応じて、それぞれ以下の通りとしております。
        役員区分         基本報酬        賞与      株式報酬               趣旨
                                       業務執行を担うことから、短期目標達成
         取締役
                                       および中長期の企業価値向上の貢献意識
                   ○       ○       ○
     (社外取締役を除く)
                                       を高め、株主との利益の共有を進める構
                                       成としております。
                                       客観的立場から当社グループの経営に対
                                       して監督および助言を行う役割を担うこ
                   ○       -       -
        社外取締役
                                       とから、基本報酬のみの構成としており
                                       ます。
                                       客観的立場から取締役の職務の執行を監
                                       督する役割を担うことから、基本報酬の
                   ○       -       -
         監査役
                                       みの構成としております           。
        当社は、役員の報酬等の決定手続の公正性・透明性・客観性を強化し、コーポレートガバナンスの充実を図るため

       に、取締役会の諮問機関として、独立社外取締役を過半数とする任意の指名・報酬諮問委員会を設置しております。
       役員の報酬額については、株主総会において承認された報酬枠の範囲内で、取締役については指名・報酬諮問委員会
       の審議および答申を踏まえて取締役会にて、監査役については監査役の協議により、それぞれ決定することとしてお
       ります。
       当社の役員報酬の種類別算定方法は、以下の通りとしております。

       1)定額報酬(基本報酬)

        役職及び社外取締役の別に定めており、当社役員に求められる能力及び責任に見合った報酬水準を設定しており、
        月額固定報酬として支給しております。
       2)業績連動報酬(賞与)
        業績連動報酬である賞与は、当社の管理会計上の経常利益の一定割合を原資として算出する、従業員賞与の年間支
        給月数に連動して算出しております。
       3)中長期的な業績連動報酬(株式報酬)
        当社の株式報酬は、譲渡制限付株式報酬(業績条件付)としております。
        当社は、中長期的な企業価値及び株主価値の持続的な向上を図ると共に、株主の皆様と一層の価値共有を進めるこ
        とを目的として中期経営計画の経営目標数値を指標として選択しております。
        中期経営計画(2018-2020年度)において目標として設定した連結売上高、連結経常利益及びROE(自己資本利益
        率)のいずれの経営目標数値も上回ることで株式報酬が得られるものとしており、当社が定める中期経営計画に定
        める指標が達成されなかった場合等には、当社が当該普通株式を無償で取得することになります。
        <経営目標数値>
        目標数値(2020年度)
        連結売上高 1,450億円
        連結経常利益          53億円
        連結ROE         8.0%以上
                                 32/98



                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社カナデン(E02580)
                                                            有価証券報告書
       <譲渡制限付株式報酬制度の内容>
       (1)概要
        対象取締役は、当社の取締役会決議に基づき、本議案により生ずる金銭報酬債権の全部を現物出資財産として給付
       し、当社の普通株式について発行又は処分を受けることになります。ただし、当社は、対象取締役との間で、下記
       (4)記載の内容を含む譲渡制限付株式割当契約(以下「本割当契約」といいます。)を締結し、対象取締役は本割当
       株式(下記(4)①において定義いたします。)を本割当契約に定める一定の期間中は自由に譲渡等をすることができ
       ないものとし、当社が定める中期経営計画に定める指標が達成されなかった場合等、本割当契約に定める事由が生じ
       た場合には当社が当該普通株式を無償で取得することになります。
       (2)譲渡制限付株式報酬制度に係る金銭報酬債権の報酬額及び付与株式数の上限
        対象取締役に支給する金銭報酬債権の報酬額の上限は年額5千万円以内とし、これにより発行又は処分をされる当
       社の普通株式の総数は年100千株以内(ただし、本議案が承認可決された日以降、当社の普通株式の株式分割(当社
       の普通株式の無償割当てを含む。)又は株式併合が行われた場合、その他譲渡制限付株式として発行又は処分をされ
       る当社の普通株式の総数の調整が必要な事由が生じた場合には、当該総数を合理的な範囲で調整します。)としま
       す。
       (3)1株当たりの払込金額
        1株当たりの払込金額は各取締役会決議の日の前営業日における東京証券取引所における当社の普通株式の終値
       (同日に取引が成立していない場合は、それに先立つ直近取引日の終値)を基礎として、対象取締役に特に有利とな
       らない範囲において取締役会において決定します。
       (4)本割当契約において定める内容の概要
        ①対象取締役は、譲渡制限期間において、本割当契約により割当てを受けた当社の普通株式(以下「本割当株式」
       といいます。)について、譲渡、担保権の設定その他の処分をしてはならない。(以下「譲渡制限」といいます。)
       譲渡制限期間は、中期経営計画の対象期間に合わせて、1年間から5年間までのうち取締役会が定める期間とする。
        ②対象となる中期経営計画ごとに当社の取締役会においてあらかじめ設定した経営目標数値の達成の有無に応じ
       て、本割当株式の全部について譲渡制限期間が満了した時点で譲渡制限を解除し、その後、対象取締役は、譲渡制限
       を解除された本割当株式を自由に譲渡等することができる。
        ③対象取締役が譲渡制限期間の満了する前に当社の取締役の地位を喪失した場合には、当社の取締役会が正当と認
       める理由がある場合を除き、当社は、本割当株式を当然に無償で取得する。
        他方、当社の取締役会が正当と認める理由により、当社の取締役の地位を喪失した場合には、譲渡制限期間が満了
       した時点で譲渡制限を解除する。
        ④当社は、譲渡制限期間が満了した時点において譲渡制限が解除されていない本割当株式を当然に無償で取得す
       る。
        ⑤譲渡制限期間中に、当社が消滅会社となる合併契約、当社が完全子会社となる株式交換契約又は株式移転計画そ
       の他の組織再編等に関する事項が当社の株主総会(ただし、当該組織再編等に関して当社の株主総会による承認を要
       さない場合においては、当社の取締役会)で承認された場合には、当社の取締役会の決議により、当該組織再編等が
       承認された日において対象取締役が保有する本株式の全部について、組織再編等効力発生日の前営業日の直前時を
       もって、これに係る譲渡制限を解除する。
        ⑥本割当契約における意思表示及び通知の方法、本割当契約改定の方法その他取締役会で定める事項を本割当契約
       の内容とする。
                                 33/98








                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社カナデン(E02580)
                                                            有価証券報告書
       ②役員区分ごとの報酬等の総額、報酬等の種類別の総額及び対象となる役員の員数は以下のとおりです。
                             報酬等の種類別の総額(百万円)
                                                対象となる
                    報酬等の総額
                                     業績連動報酬
                                                役員の員数
           役員区分
                    (百万円)
                            固定報酬
                                                 (人)
                                    賞与      株式報酬
       取締役

                        199       92       75       32       7
       (社外取締役を除く。)
       監査役
                        12       12       -       -       1
       (社外監査役を除く。)
                        22       22       -       -       ▶
       社外役員
        (注)   1 取締役の報酬等の総額には、使用人兼務取締役の使用人分給与及び賞与は含まれておりません。
           2 取締役の報酬限度額は、2012年6月28日開催の第162回定時株主総会において員数9名(うち社外取締役
             1名)、年額300百万円以内(但し、使用人分給与及び賞与は含まない)と決議いただいております。
           3 監査役の報酬限度額は、2012年6月28日開催の第162回定時株主総会において員数4名、年額50百万円
             以内と決議いただいております。
           4 2018年6月20日開催の第168回定時株主総会において、取締役(社外取締役を除く)に対する譲渡制限付
             株式の付与のために支給する金銭報酬の総額を員数8名(うち社外取締役2名)、年額50百万円以内と
             決議いただいております。
                                 34/98














                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社カナデン(E02580)
                                                            有価証券報告書
     (5)【株式の保有状況】
     ①投資株式の区分の基準及び考え方
        純投資目的株式には、専ら株式価値の変動又は配当金を目的として保有する株式を、純投資目的以外の株式には、
       中長期的な企業価値の向上に資すると判断する株式と区分しております。
     ②保有目的が純投資目的以外の目的である投資株式
      a.保有方針及び保有の合理性を検証する方法並びに個別銘柄の保有の適否に関する取締役会等における検証の内容
        当社は、株式を保有することにより中長期的な企業価値の向上に資すると判断した銘柄を保有しています、保有意
       義の検証については、事業運営上の必要性及び保有の妥当性を取引状況等により検証し、保有リスク・資本コスト等
       を総合的に勘案して保有意義の有無を定期的に取締役会で精査した上、保有意義のない株式は原則保有しないことと
       し、縮減を進めます。2019年度においては、2019年12月24日の取締役会において、保有意義を検討した結果、7銘柄
       を売却対象としています。
       なお、2018年度から売却対象であった2銘柄を含め、2019年度内において9銘柄について、その全部又は一部を売却
       しました。
       b.銘柄数及び貸借対照表計上額

                   銘柄数       貸借対照表計上額の
                  (銘柄)        合計額(百万円)
                      23             201

     非上場株式
                      37            2,666
     非上場株式以外の株式
     (当事業年度において株式数が増加した銘柄)

                   銘柄数      株式数の増加に係る取得
                                            株式数の増加の理由
                  (銘柄)      価額の合計額(百万円)
                                     株式取得により中長期的な企業価値の向上に資
                      1             92
     非上場株式
                                     すると判断したため
                                     株式取得により中長期的な企業価値の向上に資
                      8            208
     非上場株式以外の株式
                                     すると判断したため
     (当事業年度において株式数が減少した銘柄)

                   銘柄数      株式数の減少に係る売却
                  (銘柄)      価額の合計額(百万円)
                      -             -

     非上場株式
                      9            301
     非上場株式以外の株式
                                 35/98









                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社カナデン(E02580)
                                                            有価証券報告書
      当事業年度
      特定投資株式
                 当事業年度         前事業年度
                 株式数(株)         株式数(株)
                                     保有目的、定量的な保有効果                 当社の株式の
         銘柄
                                     及び株式数が増加した理由                 保有の有無
                貸借対照表計上額         貸借対照表計上額
                 (百万円)         (百万円)
                                  ・同社株式は、当社情通・デバイスセグメント

                                  の事業活動の円滑化のため保有しています。
                    170,000         170,000
                                  ・当社は保有株式について事業運営上の必要性
                                  及び保有の妥当性を取引状況等により検証し、
                                  保有リスク・資本コスト等を総合的に勘案して
     ㈱安川電機                                                   無
                                  保有意義の有無を定期的に取締役会で精査した
                                  上で保有しています。定量的な保有効果につい
                                  ては取引先との営業秘密との判断により記載し
                      505         590
                                  ませんが、上記の方針に基づいた十分な定量的
                                  効果があると判断しています。
                                  ・同社株式は、当社インフラセグメントの事業

                                  活動の円滑化のため保有しています。
                     22,900         22,900
                                  ・当社は保有株式について事業運営上の必要性
                                  及び保有の妥当性を取引状況等により検証し、
                                  保有リスク・資本コスト等を総合的に勘案して
     東海旅客鉄道㈱
                                                        無
                                  保有意義の有無を定期的に取締役会で精査した
                                  上で保有しています。定量的な保有効果につい
                                  ては取引先との営業秘密との判断により記載し
                      396         588
                                  ませんが、上記の方針に基づいた十分な定量的
                                  効果があると判断しています。
                                  ・同社株式は、当社情通・デバイスセグメント

                                  の事業活動の円滑化のため保有しています。
                    143,000         143,000
                                  ・当社は保有株式について事業運営上の必要性
                                  及び保有の妥当性を取引状況等により検証し、
                                  保有リスク・資本コスト等を総合的に勘案して
     三菱倉庫㈱                                                   有
                                  保有意義の有無を定期的に取締役会で精査した
                                  上で保有しています。定量的な保有効果につい
                                  ては取引先との営業秘密との判断により記載し
                      312         441
                                  ませんが、上記の方針に基づいた十分な定量的
                                  効果があると判断しています。
                                  ・同社株式は、当社のすべての事業活動の円滑

                                  化のため保有しています。
                    567,000         567,000
                                  ・当社は保有株式について事業運営上の必要性
                                  及び保有の妥当性を取引状況等により検証し、
                                  保有リスク・資本コスト等を総合的に勘案して
     ㈱三菱UFJフィナン
                                                        無
                                  保有意義の有無を定期的に取締役会で精査した
     シャル・グループ
                                  上で保有しています。定量的な保有効果につい
                                  ては取引先との営業秘密との判断により記載し
                      228         311
                                  ませんが、上記の方針に基づいた十分な定量的
                                  効果があると判断しています。
                                 36/98



                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社カナデン(E02580)
                                                            有価証券報告書
                 当事業年度         前事業年度

                 株式数(株)         株式数(株)
                                     保有目的、定量的な保有効果                 当社の株式の
         銘柄
                                     及び株式数が増加した理由                 保有の有無
                貸借対照表計上額         貸借対照表計上額
                 (百万円)         (百万円)
                                  ・同社株式は、当社のインフラセグメントの事

                                  業活動の円滑化のため保有しています。
                     22,500         22,500
                                  ・当社は保有株式について事業運営上の必要性
                                  及び保有の妥当性を取引状況等により検証し、
                                  保有リスク・資本コスト等を総合的に勘案して
     東日本旅客鉄道㈱
                                                        無
                                  保有意義の有無を定期的に取締役会で精査した
                                  上で保有しています。定量的な保有効果につい
                                  ては取引先との営業秘密との判断により記載し
                      183         240
                                  ませんが、上記の方針に基づいた十分な定量的
                                  効果があると判断しています。
                                  ・同社株式は、当社のインフラセグメントの事

                                  業活動の円滑化のため保有しています。
                                  ・当社は保有株式について事業運営上の必要性
                     55,000            -
                                  及び保有の妥当性を取引状況等により検証し、
                                  保有リスク・資本コスト等を総合的に勘案して
                                  保有意義の有無を定期的に取締役会で精査した
     九州旅客鉄道㈱
                                                        無
                                  上で保有しています。定量的な保有効果につい
                                  ては取引先との営業秘密との判断により記載し
                                  ませんが、上記の方針に基づいた十分な定量的
                      170          -
                                  効果があると判断しています。
                                  ・2019年度において、事業関係のより一層の強
                                  化のため保有株数が55,000株増加しています。
                                  ・同社株式は、当社のFAセグメントの事業活
                                  動の円滑化のため保有しています。
                                  ・当社は保有株式について事業運営上の必要性
                    120,281         119,376
                                  及び保有の妥当性を取引状況等により検証し、
                                  保有リスク・資本コスト等を総合的に勘案して
                                  保有意義の有無を定期的に取締役会で精査した
     横河電機㈱
                                                        有
                                  上で保有しています。定量的な保有効果につい
                                  ては取引先との営業秘密との判断により記載し
                                  ませんが、上記の方針に基づいた十分な定量的
                      156         273
                                  効果があると判断しています。
                                  ・2019年度において、事業関係のより一層の強
                                  化のため保有株数が905株増加しています。
                                  ・同社株式は、当社のインフラセグメントの事

                                  業活動の円滑化のため保有しています。
                     20,000         20,000
                                  ・当社は保有株式について事業運営上の必要性
                                  及び保有の妥当性を取引状況等により検証し、
                                  保有リスク・資本コスト等を総合的に勘案して
     西日本旅客鉄道㈱
                                                        無
                                  保有意義の有無を定期的に取締役会で精査した
                                  上で保有しています。定量的な保有効果につい
                                  ては取引先との営業秘密との判断により記載し
                      147         166
                                  ませんが、上記の方針に基づいた十分な定量的
                                  効果があると判断しています。
                                 37/98



                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社カナデン(E02580)
                                                            有価証券報告書
                 当事業年度         前事業年度

                 株式数(株)         株式数(株)
                                     保有目的、定量的な保有効果                 当社の株式の
         銘柄
                                     及び株式数が増加した理由                 保有の有無
                貸借対照表計上額         貸借対照表計上額
                 (百万円)         (百万円)
                                  ・同社株式は、当社のすべての事業活動の円滑

                                  化のため保有しています。
                    742,900        1,357,900
                                  ・当社は保有株式について事業運営上の必要性
                                  及び保有の妥当性を取引状況等により検証し、
     ㈱みずほフィナン
                                  保有リスク・資本コスト等を総合的に勘案して
                                                        無
     シャルグループ
                                  保有意義の有無を定期的に取締役会で精査して
                                  います。定量的な保有効果については取引先と
                       91         232
                                  の営業秘密に係る情報であるとの判断により記
                                  載しません。
                                  ・同社株式は、当社のビル設備セグメントの事

                                  業活動の円滑化のため保有しています。
                                  ・当社は保有株式について事業運営上の必要性
                    255,170         249,548
                                  及び保有の妥当性を取引状況等により検証し、
                                  保有リスク・資本コスト等を総合的に勘案して
                                  保有意義の有無を定期的に取締役会で精査した
     北沢産業㈱
                                                        有
                                  上で保有しています。定量的な保有効果につい
                                  ては取引先との営業秘密との判断により記載し
                                  ませんが、上記の方針に基づいた十分な定量的
                       71         66
                                  効果があると判断しています。
                                  ・2019年度において、事業関係のより一層の強
                                  化のため保有株数が5,622株増加しています。
                                  ・同社株式は、当社情通・デバイスセグメント

                                  の事業活動の円滑化のため保有しています。
                     38,700         38,700
                                  ・当社は保有株式について事業運営上の必要性
                                  及び保有の妥当性を取引状況等により検証し、
                                  保有リスク・資本コスト等を総合的に勘案して
     日本航空電子工業㈱
                                                        有
                                  保有意義の有無を定期的に取締役会で精査した
                                  上で保有しています。定量的な保有効果につい
                                  ては取引先との営業秘密との判断により記載し
                       50         59
                                  ませんが、上記の方針に基づいた十分な定量的
                                  効果があると判断しています。
                                  ・同社株式は、当社のFAシステムセグメント

                                  の事業活動の円滑化のため保有しています。
                                  ・当社は保有株式について事業運営上の必要性
                     17,673         16,856
                                  及び保有の妥当性を取引状況等により検証し、
                                  保有リスク・資本コスト等を総合的に勘案して
                                  保有意義の有無を定期的に取締役会で精査した
     AGC㈱
                                                        無
                                  上で保有しています。定量的な保有効果につい
                                  ては取引先との営業秘密との判断により記載し
                                  ませんが、上記の方針に基づいた十分な定量的
                       46         65
                                  効果があると判断しています。
                                  ・2019年度において、事業関係のより一層の強
                                  化のため保有株数が817株増加しています。
                                 38/98



                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社カナデン(E02580)
                                                            有価証券報告書
                 当事業年度         前事業年度

                 株式数(株)         株式数(株)
                                     保有目的、定量的な保有効果                 当社の株式の
         銘柄
                                     及び株式数が増加した理由                 保有の有無
                貸借対照表計上額         貸借対照表計上額
                 (百万円)         (百万円)
                                  ・同社株式は、当社のインフラセグメントの事

                                  業活動の円滑化のため保有しています。
                     7,400         7,400
                                  ・当社は保有株式について事業運営上の必要性
                                  及び保有の妥当性を取引状況等により検証し、
                                  保有リスク・資本コスト等を総合的に勘案して
     近鉄グループホール
                                                        無
                                  保有意義の有無を定期的に取締役会で精査した
     ディングス㈱
                                  上で保有しています。定量的な保有効果につい
                                  ては取引先との営業秘密との判断により記載し
                       37         38
                                  ませんが、上記の方針に基づいた十分な定量的
                                  効果があると判断しています。
                                  ・同社株式は、当社のすべての事業活動の円滑

                                  化のため保有しています。
                    108,900         127,200
                                  ・当社は保有株式について事業運営上の必要性
                                  及び保有の妥当性を取引状況等により検証し、
                                  保有リスク・資本コスト等を総合的に勘案して
     ㈱寺岡製作所                                                   有
                                  保有意義の有無を定期的に取締役会で精査して
                                  います。定量的な保有効果については取引先と
                       32         66
                                  の営業秘密に係る情報であるとの判断により記
                                  載しません。
                                  ・同社株式は、当社のビル設備セグメントの事

                                  業活動の円滑化のため保有しています。
                     12,000         12,000
                                  ・当社は保有株式について事業運営上の必要性
                                  及び保有の妥当性を取引状況等により検証し、
                                  保有リスク・資本コスト等を総合的に勘案して
     住友不動産㈱
                                                        無
                                  保有意義の有無を定期的に取締役会で精査した
                                  上で保有しています。定量的な保有効果につい
                                  ては取引先との営業秘密との判断により記載し
                       31         55
                                  ませんが、上記の方針に基づいた十分な定量的
                                  効果があると判断しています。
                                  ・同社株式は、当社のインフラセグメントの事

                                  業活動の円滑化のため保有しています。
                                  ・当社は保有株式について事業運営上の必要性
                     13,288         12,597
                                  及び保有の妥当性を取引状況等により検証し、
                                  保有リスク・資本コスト等を総合的に勘案して
                                  保有意義の有無を定期的に取締役会で精査した
     京浜急行電鉄㈱
                                                        無
                                  上で保有しています。定量的な保有効果につい
                                  ては取引先との営業秘密との判断により記載し
                                  ませんが、上記の方針に基づいた十分な定量的
                       24         23
                                  効果があると判断しています。
                                  ・2019年度において、事業関係のより一層の強
                                  化のため保有株数が691株増加しています。
                                 39/98



                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社カナデン(E02580)
                                                            有価証券報告書
                 当事業年度         前事業年度

                 株式数(株)         株式数(株)
                                     保有目的、定量的な保有効果                 当社の株式の
         銘柄
                                     及び株式数が増加した理由                 保有の有無
                貸借対照表計上額         貸借対照表計上額
                 (百万円)         (百万円)
                                  ・同社株式は、当社のビル設備セグメントの事
                                  業活動の円滑化のため保有しています。
                                  ・当社は保有株式について事業運営上の必要性
                     35,081         33,566
                                  及び保有の妥当性を取引状況等により検証し、
                                  保有リスク・資本コスト等を総合的に勘案して
                                  保有意義の有無を定期的に取締役会で精査した
     ㈱三越伊勢丹ホール
                                                        無
                                  上で保有しています。定量的な保有効果につい
     ディングス
                                  ては取引先との営業秘密との判断により記載し
                                  ませんが、上記の方針に基づいた十分な定量的
                       22         37
                                  効果があると判断しています。
                                  ・2019年度において、事業関係のより一層の強
                                  化のため保有株数が1,515株増加しています。
                                  ・同社株式は、当社のFAシステムセグメント

                                  の事業活動の円滑化のため保有しています。
                     22,000         22,000
                                  ・当社は保有株式について事業運営上の必要性
                                  及び保有の妥当性を取引状況等により検証し、
                                  保有リスク・資本コスト等を総合的に勘案して
     ㈱リコー                                                   無
                                  保有意義の有無を定期的に取締役会で精査した
                                  上で保有しています。定量的な保有効果につい
                                  ては取引先との営業秘密との判断により記載し
                       17         25
                                  ませんが、上記の方針に基づいた十分な定量的
                                  効果があると判断しています。
                                  ・同社株式は、当社のビル設備セグメントの事

                                  業活動の円滑化のため保有しています。
                     2,400         2,400
                                  ・当社は保有株式について事業運営上の必要性
                                  及び保有の妥当性を取引状況等により検証し、
                                  保有リスク・資本コスト等を総合的に勘案して
     中野冷機㈱
                                                        有
                                  保有意義の有無を定期的に取締役会で精査した
                                  上で保有しています。定量的な保有効果につい
                                  ては取引先との営業秘密との判断により記載し
                       16         15
                                  ませんが、上記の方針に基づいた十分な定量的
                                  効果があると判断しています。
                                  ・同社株式は、当社のFAシステムセグメント

                                  の事業活動の円滑化のため保有しています。
                                  ・当社は保有株式について事業運営上の必要性
                     5,281         5,242
                                  及び保有の妥当性を取引状況等により検証し、
                                  保有リスク・資本コスト等を総合的に勘案して
                                  保有意義の有無を定期的に取締役会で精査した
     ㈱カネカ                                                   無
                                  上で保有しています。定量的な保有効果につい
                                  ては取引先との営業秘密との判断により記載し
                                  ませんが、上記の方針に基づいた十分な定量的
                       13         21
                                  効果があると判断しています。
                                  ・2019年度において、事業関係のより一層の強
                                  化のため保有株数が39株増加しています。
                                 40/98



                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社カナデン(E02580)
                                                            有価証券報告書
                 当事業年度         前事業年度

                 株式数(株)         株式数(株)
                                     保有目的、定量的な保有効果                 当社の株式の
         銘柄
                                     及び株式数が増加した理由                 保有の有無
                貸借対照表計上額         貸借対照表計上額
                 (百万円)         (百万円)
                                  ・同社株式は、当社のFAシステムセグメント

                                  の事業活動の円滑化のため保有しています。
                     6,600         6,600
                                  ・当社は保有株式について事業運営上の必要性
                                  及び保有の妥当性を取引状況等により検証し、
                                  保有リスク・資本コスト等を総合的に勘案して
     荏原                                                   無
                                  保有意義の有無を定期的に取締役会で精査した
                                  上で保有しています。定量的な保有効果につい
                                  ては取引先との営業秘密との判断により記載し
                       13         20
                                  ませんが、上記の方針に基づいた十分な定量的
                                  効果があると判断しています。
                                  ・同社株式は、当社のインフラセグメントの事

                                  業活動の円滑化のため保有しています。
                     6,000         6,000
                                  ・当社は保有株式について事業運営上の必要性
                                  及び保有の妥当性を取引状況等により検証し、
                                  保有リスク・資本コスト等を総合的に勘案して
     ㈱SUBARU
                                                        無
                                  保有意義の有無を定期的に取締役会で精査した
                                  上で保有しています。定量的な保有効果につい
                                  ては取引先との営業秘密との判断により記載し
                       12         15
                                  ませんが、上記の方針に基づいた十分な定量的
                                  効果があると判断しています。
                                  ・同社株式は、当社のFAシステムセグメント

                                  の事業活動の円滑化のため保有しています。
                     6,600         6,600
                                  ・当社は保有株式について事業運営上の必要性
                                  及び保有の妥当性を取引状況等により検証し、
                                  保有リスク・資本コスト等を総合的に勘案して
     高砂熱学工業㈱
                                                        無
                                  保有意義の有無を定期的に取締役会で精査した
                                  上で保有しています。定量的な保有効果につい
                                  ては取引先との営業秘密との判断により記載し
                       10         11
                                  ませんが、上記の方針に基づいた十分な定量的
                                  効果があると判断しています。
                                  ・同社株式は、当社のビル設備セグメントの事

                                  業活動の円滑化のため保有しています。
                     3,400         3,400
                                  ・当社は保有株式について事業運営上の必要性
                                  及び保有の妥当性を取引状況等により検証し、
                                  保有リスク・資本コスト等を総合的に勘案して
     ㈱朝日工業社                                                   有
                                  保有意義の有無を定期的に取締役会で精査した
                                  上で保有しています。定量的な保有効果につい
                                  ては取引先との営業秘密との判断により記載し
                       10         10
                                  ませんが、上記の方針に基づいた十分な定量的
                                  効果があると判断しています。
                                 41/98



                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社カナデン(E02580)
                                                            有価証券報告書
                 当事業年度         前事業年度

                 株式数(株)         株式数(株)
                                     保有目的、定量的な保有効果                 当社の株式の
         銘柄
                                     及び株式数が増加した理由                 保有の有無
                貸借対照表計上額         貸借対照表計上額
                 (百万円)         (百万円)
                                  ・同社株式は、当社の情通・デバイスセグメン

                                  トの事業活動の円滑化のため保有しています。
                     6,000         6,000
                                  ・当社は保有株式について事業運営上の必要性
                                  及び保有の妥当性を取引状況等により検証し、
                                  保有リスク・資本コスト等を総合的に勘案して
     新コスモス電機㈱
                                                        有
                                  保有意義の有無を定期的に取締役会で精査した
                                  上で保有しています。定量的な保有効果につい
                                  ては取引先との営業秘密との判断により記載し
                       10         10
                                  ませんが、上記の方針に基づいた十分な定量的
                                  効果があると判断しています。
                                  ・同社株式は、当社のFAシステム/インフラ

                                  セグメントの事業活動の円滑化のため保有して
                     20,800         50,000
                                  います。
                                  ・当社は保有株式について事業運営上の必要性
                                  及び保有の妥当性を取引状況等により検証し、
     ㈱指月電機製作所                                                   無
                                  保有リスク・資本コスト等を総合的に勘案して
                                  保有意義の有無を定期的に取締役会で精査して
                                  います。定量的な保有効果については取引先と
                       9         30
                                  の営業秘密に係る情報であるとの判断により記
                                  載しません。
                                  ・同社株式は、当社のビル設備セグメントの事

                                  業活動の円滑化のため保有しています。
                     3,000         3,000
                                  ・当社は保有株式について事業運営上の必要性
                                  及び保有の妥当性を取引状況等により検証し、
                                  保有リスク・資本コスト等を総合的に勘案して
     ダイダン㈱
                                                        有
                                  保有意義の有無を定期的に取締役会で精査した
                                  上で保有しています。定量的な保有効果につい
                                  ては取引先との営業秘密との判断により記載し
                       8         7
                                  ませんが、上記の方針に基づいた十分な定量的
                                  効果があると判断しています。
                                  ・同社株式は、当社のFAシステムセグメント

                                  の事業活動の円滑化のため保有しています。
                     3,600         3,600
                                  ・当社は保有株式について事業運営上の必要性
                                  及び保有の妥当性を取引状況等により検証し、
                                  保有リスク・資本コスト等を総合的に勘案して
     リックス㈱
                                                        有
                                  保有意義の有無を定期的に取締役会で精査した
                                  上で保有しています。定量的な保有効果につい
                                  ては取引先との営業秘密との判断により記載し
                       5         5
                                  ませんが、上記の方針に基づいた十分な定量的
                                  効果があると判断しています。
                                 42/98



                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社カナデン(E02580)
                                                            有価証券報告書
                 当事業年度         前事業年度

                 株式数(株)         株式数(株)
                                     保有目的、定量的な保有効果                 当社の株式の
         銘柄
                                     及び株式数が増加した理由                 保有の有無
                貸借対照表計上額         貸借対照表計上額
                 (百万円)         (百万円)
                                  ・同社株式は、当社のビル設備セグメントの事

                                  業活動の円滑化のため保有しています。
                     1,600         1,600
                                  ・当社は保有株式について事業運営上の必要性
                                  及び保有の妥当性を取引状況等により検証し、
                                  保有リスク・資本コスト等を総合的に勘案して
     ㈱大気社                                                   有
                                  保有意義の有無を定期的に取締役会で精査した
                                  上で保有しています。定量的な保有効果につい
                                  ては取引先との営業秘密との判断により記載し
                       5         5
                                  ませんが、上記の方針に基づいた十分な定量的
                                  効果があると判断しています。
                                  ・同社株式は、当社のインフラセグメントの事

                                  業活動の円滑化のため保有しています。
                                  ・当社は保有株式について事業運営上の必要性
                     3,270         3,054
                                  及び保有の妥当性を取引状況等により検証し、
                                  保有リスク・資本コスト等を総合的に勘案して
                                  保有意義の有無を定期的に取締役会で精査した
     森尾電機㈱
                                                        有
                                  上で保有しています。定量的な保有効果につい
                                  ては取引先との営業秘密との判断により記載し
                                  ませんが、上記の方針に基づいた十分な定量的
                       ▶         5
                                  効果があると判断しています。
                                  ・2019年度において、事業関係のより一層の強
                                  化のため保有株数が216株増加しています。
                                  ・同社株式は、当社のインフラセグメントの事

                                  業活動の円滑化のため保有しています。
                     2,200         2,200
                                  ・当社は保有株式について事業運営上の必要性
                                  及び保有の妥当性を取引状況等により検証し、
                                  保有リスク・資本コスト等を総合的に勘案して
     住友重機械工業㈱
                                                        無
                                  保有意義の有無を定期的に取締役会で精査した
                                  上で保有しています。定量的な保有効果につい
                                  ては取引先との営業秘密との判断により記載し
                       ▶         7
                                  ませんが、上記の方針に基づいた十分な定量的
                                  効果があると判断しています。
                                  ・同社株式は、当社のインフラセグメントの事

                                  業活動の円滑化のため保有しています。
                     1,400         1,400
                                  ・当社は保有株式について事業運営上の必要性
                                  及び保有の妥当性を取引状況等により検証し、
                                  保有リスク・資本コスト等を総合的に勘案して
     新京成電鉄㈱
                                                        無
                                  保有意義の有無を定期的に取締役会で精査した
                                  上で保有しています。定量的な保有効果につい
                                  ては取引先との営業秘密との判断により記載し
                       3         2
                                  ませんが、上記の方針に基づいた十分な定量的
                                  効果があると判断しています。
                                 43/98



                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社カナデン(E02580)
                                                            有価証券報告書
                 当事業年度         前事業年度

                 株式数(株)         株式数(株)
                                     保有目的、定量的な保有効果                 当社の株式の
         銘柄
                                     及び株式数が増加した理由                 保有の有無
                貸借対照表計上額         貸借対照表計上額
                 (百万円)         (百万円)
                                  ・同社株式は、当社の情通・デバイスセグメン

                                  トの事業活動の円滑化のため保有しています。
                     1,500         1,500
                                  ・当社は保有株式について事業運営上の必要性
                                  及び保有の妥当性を取引状況等により検証し、
                                  保有リスク・資本コスト等を総合的に勘案して
     ユニデンホールディ
                                                        無
                                  保有意義の有無を定期的に取締役会で精査した
     ングス㈱
                                  上で保有しています。定量的な保有効果につい
                                  ては取引先との営業秘密との判断により記載し
                       2         3
                                  ませんが、上記の方針に基づいた十分な定量的
                                  効果があると判断しています。
                                  ・同社株式は、当社のFAシステムセグメント

                                  の事業活動の円滑化のため保有しています。
                     2,000         2,000
                                  ・当社は保有株式について事業運営上の必要性
                                  及び保有の妥当性を取引状況等により検証し、
                                  保有リスク・資本コスト等を総合的に勘案して
     東洋紡㈱
                                                        無
                                  保有意義の有無を定期的に取締役会で精査した
                                  上で保有しています。定量的な保有効果につい
                                  ては取引先との営業秘密との判断により記載し
                       2         2
                                  ませんが、上記の方針に基づいた十分な定量的
                                  効果があると判断しています。
                                  ・同社株式は、当社のFAシステムセグメント

                                  の事業活動の円滑化のため保有しています。
                      700         700
                                  ・当社は保有株式について事業運営上の必要性
                                  及び保有の妥当性を取引状況等により検証し、
                                  保有リスク・資本コスト等を総合的に勘案して
     三菱マテリアル㈱
                                                        無
                                  保有意義の有無を定期的に取締役会で精査した
                                  上で保有しています。定量的な保有効果につい
                                  ては取引先との営業秘密との判断により記載し
                       1         2
                                  ませんが、上記の方針に基づいた十分な定量的
                                  効果があると判断しています。
                                  ・同社株式は、当社のFAシステム/ビル設備セ

                                  グメントの事業活動の円滑化のため保有してい
                                  ます。
                     1,000         1,000
                                  ・当社は保有株式について事業運営上の必要性
                                  及び保有の妥当性を取引状況等により検証し、
                                  保有リスク・資本コスト等を総合的に勘案して
     月島機械㈱
                                                        無
                                  保有意義の有無を定期的に取締役会で精査した
                                  上で保有しています。定量的な保有効果につい
                       1         1
                                  ては取引先との営業秘密との判断により記載し
                                  ませんが、上記の方針に基づいた十分な定量的
                                  効果があると判断しています。
                                 44/98



                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社カナデン(E02580)
                                                            有価証券報告書
                 当事業年度         前事業年度

                 株式数(株)         株式数(株)
                                     保有目的、定量的な保有効果                 当社の株式の
         銘柄
                                     及び株式数が増加した理由                 保有の有無
                貸借対照表計上額         貸借対照表計上額
                 (百万円)         (百万円)
                                  ・同社株式は、当社の情通・デバイスセグメン

                                  トの事業活動の円滑化のため保有しています。
                     1,000         1,000
                                  ・当社は保有株式について事業運営上の必要性
                                  及び保有の妥当性を取引状況等により検証し、
                                  保有リスク・資本コスト等を総合的に勘案して
     大興電子通信㈱
                                                        無
                                  保有意義の有無を定期的に取締役会で精査した
                                  上で保有しています。定量的な保有効果につい
                                  ては取引先との営業秘密との判断により記載し
                       0         1
                                  ませんが、上記の方針に基づいた十分な定量的
                                  効果があると判断しています。
                                  事業運営上の必要性及び保有の妥当性を取引状

                       -      320,000
                                  況等により検証し、保有リスク・資本コスト等
     ㈱コンコルディア・
                                  を総合的に勘案して保有意義の有無を定期的に
     フィナンシャルグ                                                   無
                                  取締役会で精査した結果、同株式の縮減を進め
     ループ
                       -        136
                                  ました。
                                  事業運営上の必要性及び保有の妥当性を取引状
                       -         60
                                  況等により検証し、保有リスク・資本コスト等
                                  を総合的に勘案して保有意義の有無を定期的に
     ㈱立花エレテック                                                   有
                                  取締役会で精査した結果、同株式の縮減を進め
                       -         0
                                  ました。
                                  事業運営上の必要性及び保有の妥当性を取引状
                       -       6,000
                                  況等により検証し、保有リスク・資本コスト等
                                  を総合的に勘案して保有意義の有無を定期的に
     ㈱岩手銀行                                                   無
                                  取締役会で精査した結果、同株式の縮減を進め
                       -         19
                                  ました。
                                  事業運営上の必要性及び保有の妥当性を取引状
                       -       11,000
                                  況等により検証し、保有リスク・資本コスト等
     ㈱大和証券グループ
                                  を総合的に勘案して保有意義の有無を定期的に
                                                        無
     本社
                                  取締役会で精査した結果、同株式の縮減を進め
                       -         5
                                  ました。
                                  事業運営上の必要性及び保有の妥当性を取引状
                       -       2,300
                                  況等により検証し、保有リスク・資本コスト等
                                  を総合的に勘案して保有意義の有無を定期的に
     協栄産業㈱
                                                        無
                                  取締役会で精査した結果、同株式の縮減を進め
                       -         3
                                  ました。
                                  事業運営上の必要性及び保有の妥当性を取引状
                       -       2,200
                                  況等により検証し、保有リスク・資本コスト等
                                  を総合的に勘案して保有意義の有無を定期的に
     ㈱佐賀銀行                                                   無
                                  取締役会で精査した結果、同株式の縮減を進め
                       -         ▶
                                  ました。
                                 45/98





                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社カナデン(E02580)
                                                            有価証券報告書
     第5【経理の状況】
      1.連結財務諸表及び財務諸表の作成方法について
       (1)  当社の連結財務諸表は、「連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和51年大蔵省令第28号)
        に基づいて作成しております。
       (2)  当社の財務諸表は、「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和38年大蔵省令第59号)に基づ

        いて作成しております。
      2.監査証明について

        当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、連結会計年度(2019年4月1日から2020年3月31日
       まで)の連結財務諸表及び事業年度(2019年4月1日から2020年3月31日まで)の財務諸表について、有限責任監査
       法人トーマツにより監査を受けております。
      3.連結財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組みについて

        当社は、連結財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組みを行っております。具体的には、会計基準等の内
       容・変更等を適切に把握し対応することができる体制を整備するため、公益財団法人財務会計基準機構へ加入し、監
       査法人等の行う研修に参加しております。
                                 46/98















                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社カナデン(E02580)
                                                            有価証券報告書
      1【連結財務諸表等】
     (1)【連結財務諸表】
     ①【連結貸借対照表】
                                                   (単位:百万円)
                                  前連結会計年度              当連結会計年度
                                 (2019年3月31日)              (2020年3月31日)
      資産の部
       流動資産
                                         7,901              14,663
         現金及び預金
                                        ※3 37,346             ※3 33,092
         受取手形及び売掛金
                                        ※3 6,055             ※3 5,973
         電子記録債権
                                         8,999              4,800
         有価証券
                                         4,478              4,562
         商品及び製品
                                            3              3
         原材料及び貯蔵品
                                         1,789              1,803
         未収入金
                                         1,786               468
         その他
                                           △ 2             △ 3
         貸倒引当金
                                         68,359              65,364
         流動資産合計
       固定資産
         有形固定資産
                                         6,921              5,626
          建物及び構築物
                                        △ 2,756             △ 1,608
            減価償却累計額
            建物及び構築物(純額)                              4,164              4,018
                                           98              123
          機械装置及び運搬具
                                          △ 93             △ 93
            減価償却累計額
            機械装置及び運搬具(純額)                                ▶              30
          工具、器具及び備品                                670             1,079
                                         △ 561             △ 577
            減価償却累計額
            工具、器具及び備品(純額)                               108              502
                                        ※2 6,097             ※2 4,422
          土地
                                           147              171
          リース資産
                                          △ 80             △ 82
            減価償却累計額
            リース資産(純額)                               66              88
                                           11              79
          建設仮勘定
                                         10,454               9,142
          有形固定資産合計
         無形固定資産                                  302              396
         投資その他の資産
                                        ※1 6,025             ※1 5,182
          投資有価証券
                                         1,344               624
          繰延税金資産
                                           316              401
          その他
                                           △ 2            △ 100
          貸倒引当金
                                         7,684              6,108
          投資その他の資産合計
                                         18,441              15,647
         固定資産合計
                                         86,801              81,011
       資産合計
                                 47/98






                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社カナデン(E02580)
                                                            有価証券報告書
                                                   (単位:百万円)

                                  前連結会計年度              当連結会計年度
                                 (2019年3月31日)              (2020年3月31日)
      負債の部
       流動負債
                                        ※3 26,426             ※3 24,032
         支払手形及び買掛金
                                        ※3 3,683             ※3 4,559
         電子記録債務
                                         2,043              1,036
         未払法人税等
                                         5,655               737
         前受金
                                         1,228              1,106
         賞与引当金
                                           99              101
         役員賞与引当金
                                         2,135              2,779
         その他
                                         41,273              34,352
         流動負債合計
       固定負債
                                           69              72
         リース債務
                                            0              -
         繰延税金負債
                                         ※2 673             ※2 167
         再評価に係る繰延税金負債
                                         1,498              1,658
         退職給付に係る負債
                                           37              26
         資産除去債務
                                           25              23
         その他
                                         2,303              1,948
         固定負債合計
                                         43,576              36,301
       負債合計
      純資産の部
       株主資本
                                         5,576              5,576
         資本金
                                         5,353              5,356
         資本剰余金
                                         29,124              32,472
         利益剰余金
                                         △ 152             △ 123
         自己株式
                                         39,901              43,282
         株主資本合計
       その他の包括利益累計額
                                         1,614               964
         その他有価証券評価差額金
                                        ※2 1,521              ※2 378
         土地再評価差額金
                                           11             △ 15
         為替換算調整勘定
                                           174              100
         退職給付に係る調整累計額
                                         3,322              1,428
         その他の包括利益累計額合計
                                            -              -
       非支配株主持分
                                         43,224              44,710
       純資産合計
                                         86,801              81,011
      負債純資産合計
                                 48/98








                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社カナデン(E02580)
                                                            有価証券報告書
     ②【連結損益計算書及び連結包括利益計算書】
     【連結損益計算書】
                                                   (単位:百万円)
                                  前連結会計年度              当連結会計年度
                                (自 2018年4月1日              (自 2019年4月1日
                                 至 2019年3月31日)               至 2020年3月31日)
                                        123,337              126,519
      売上高
                                        106,916              110,462
      売上原価
                                         16,421              16,056
      売上総利益
                                        ※1 11,955             ※1 12,367
      販売費及び一般管理費
                                         4,465              3,688
      営業利益
      営業外収益
                                           23              25
       受取利息
                                           129              138
       受取配当金
                                           25              24
       仕入割引
                                           21               -
       為替差益
                                           57              62
       その他
                                           257              251
       営業外収益合計
      営業外費用
                                           11              12
       支払利息
                                           63              68
       売上割引
                                            -              36
       為替差損
                                           30              35
       その他
                                           104              154
       営業外費用合計
                                         4,617              3,785
      経常利益
      特別利益
                                           94              33
       投資有価証券売却益
                                            0              -
       ゴルフ会員権売却益
                                          ※2 -           ※2 1,433
       固定資産売却益
                                           95             1,467
       特別利益合計
      特別損失
                                          ※3 0             ※3 6
       固定資産除却損
                                            -              65
       事務所移転費用
                                            6              -
       ゴルフ会員権評価損
                                            -              25
       投資有価証券売却損
                                            -              23
       投資有価証券評価損
                                            7             120
       特別損失合計
                                         4,705              5,132
      税金等調整前当期純利益
      法人税、住民税及び事業税                                    2,338              1,182
                                         △ 886              534
      法人税等調整額
                                         1,451              1,716
      法人税等合計
                                         3,253              3,416
      当期純利益
                                            -              -
      非支配株主に帰属する当期純利益
      親会社株主に帰属する当期純利益                                    3,253              3,416
                                 49/98






                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社カナデン(E02580)
                                                            有価証券報告書
     【連結包括利益計算書】
                                                   (単位:百万円)
                                  前連結会計年度              当連結会計年度
                                (自 2018年4月1日              (自 2019年4月1日
                                 至 2019年3月31日)               至 2020年3月31日)
                                         3,253              3,416
      当期純利益
      その他の包括利益
                                         △ 422             △ 650
       その他有価証券評価差額金
                                          △ 59             △ 26
       為替換算調整勘定
                                          △ 67             △ 74
       退職給付に係る調整額
                                         ※ △ 550             ※ △ 751
       その他の包括利益合計
                                         2,703              2,665
      包括利益
      (内訳)
                                         2,703              2,665
       親会社株主に係る包括利益
                                            -              -
       非支配株主に係る包括利益
                                 50/98
















                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社カナデン(E02580)
                                                            有価証券報告書
     ③【連結株主資本等変動計算書】
       前連結会計年度(自 2018年4月1日 至 2019年3月31日)
                                                      (単位:百万円)
                                     株主資本
                     資本金        資本剰余金         利益剰余金         自己株式        株主資本合計
     当期首残高                  5,576         5,353        29,158         △ 869       39,218

     当期変動額

      剰余金の配当                                  △ 1,082                △ 1,082

      親会社株主に帰属する当期

                                         3,253                 3,253
      純利益
      自己株式の取得                                          △ 1,519        △ 1,519

      自己株式の処分                            0                 30         31

      自己株式の消却                           △ 0      △ 2,205         2,206          -

      土地再評価差額金の取崩

      株主資本以外の項目の当期

      変動額(純額)
     当期変動額合計

                         -        △ 0       △ 34        717         683
     当期末残高                  5,576         5,353        29,124         △ 152       39,901

                            その他の包括利益累計額

                                           その他の包括      非支配株主持分       純資産合計
                  その他有価証      土地再評価差      為替換算調整      退職給付に係る
                                           利益累計額合
                  券評価差額金      額金      勘定      調整累計額
                                           計
     当期首残高                2,037      1,521       71      242     3,873        -    43,091

     当期変動額

      剰余金の配当                                                   △ 1,082

      親会社株主に帰属する当期

                                                          3,253
      純利益
      自己株式の取得                                                   △ 1,519

      自己株式の処分                                                     31

      自己株式の消却

                                                            -
      土地再評価差額金の取崩                                                     -

      株主資本以外の項目の当期

                     △ 422       -     △ 59     △ 67     △ 550       -    △ 550
      変動額(純額)
     当期変動額合計

                     △ 422       -     △ 59     △ 67     △ 550       -     132
     当期末残高                1,614      1,521       11      174     3,322        -    43,224

                                 51/98



                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社カナデン(E02580)
                                                            有価証券報告書
       当連結会計年度(自 2019年4月1日 至 2020年3月31日)
                                                      (単位:百万円)
                                     株主資本
                     資本金        資本剰余金         利益剰余金         自己株式        株主資本合計
     当期首残高                  5,576         5,353        29,124         △ 152       39,901

     当期変動額

      剰余金の配当

                                        △ 1,211                △ 1,211
      親会社株主に帰属する当期

                                         3,416                 3,416
      純利益
      自己株式の取得                                            △ 0        △ 0

      自己株式の処分                            2                 29         32

      自己株式の消却                                                     -

      土地再評価差額金の取崩                                   1,143                 1,143

      株主資本以外の項目の当期

      変動額(純額)
     当期変動額合計                    -         2       3,348          28       3,380

     当期末残高

                       5,576         5,356        32,472         △ 123       43,282
                            その他の包括利益累計額

                                           その他の包括      非支配株主持分       純資産合計
                  その他有価証      土地再評価差      為替換算調整      退職給付に係る
                                           利益累計額合
                  券評価差額金      額金      勘定      調整累計額
                                           計
     当期首残高                1,614      1,521       11      174     3,322        -    43,224

     当期変動額

      剰余金の配当

                                                         △ 1,211
      親会社株主に帰属する当期

                                                          3,416
      純利益
      自己株式の取得                                                     △ 0

      自己株式の処分                                                     32

      自己株式の消却                                                     -

      土地再評価差額金の取崩

                                                          1,143
      株主資本以外の項目の当期

                     △ 650    △ 1,143       △ 26     △ 74    △ 1,894        -    △ 1,894
      変動額(純額)
     当期変動額合計                △ 650    △ 1,143       △ 26     △ 74    △ 1,894        -    1,485

     当期末残高

                      964      378      △ 15      100     1,428        -    44,710
                                 52/98



                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社カナデン(E02580)
                                                            有価証券報告書
     ④【連結キャッシュ・フロー計算書】
                                                   (単位:百万円)
                                  前連結会計年度              当連結会計年度
                                (自 2018年4月1日              (自 2019年4月1日
                                 至 2019年3月31日)               至 2020年3月31日)
      営業活動によるキャッシュ・フロー
                                         4,705              5,132
       税金等調整前当期純利益
                                           205              310
       減価償却費
       貸倒引当金の増減額(△は減少)                                   △ 13              99
       賞与引当金の増減額(△は減少)                                  △ 351             △ 121
       役員賞与引当金の増減額(△は減少)                                   △ 14               1
       退職給付に係る負債の増減額(△は減少)                                   △ 51              53
                                         △ 153             △ 164
       受取利息及び受取配当金
                                           11              12
       支払利息
       売上債権の増減額(△は増加)                                 △ 2,667              4,316
       たな卸資産の増減額(△は増加)                                  △ 289              △ 91
       前渡金の増減額(△は増加)                                   △ 36             1,106
       仕入債務の増減額(△は減少)                                  5,019             △ 1,505
       前受金の増減額(△は減少)                                   148            △ 1,393
       未払消費税等の増減額(△は減少)                                  △ 261              396
       固定資産売却益                                    -           △ 1,433
                                         △ 597              102
       その他
                                         5,654              6,822
       小計
                                           153              163
       利息及び配当金の受取額
                                          △ 10             △ 13
       利息の支払額
                                        △ 1,462             △ 2,145
       法人税等の支払額
                                         4,334              4,827
       営業活動によるキャッシュ・フロー
      投資活動によるキャッシュ・フロー
                                          △ 64              △ 0
       定期預金の預入による支出
                                           131               -
       定期預金の払戻による収入
                                        △ 6,571              △ 827
       有形固定資産の取得による支出
                                         △ 150              △ 91
       無形固定資産の取得による支出
                                         3,550                0
       有形固定資産の売却による収入
                                          △ 81             △ 300
       投資有価証券の取得による支出
                                           499              301
       投資有価証券の売却による収入
                                           500               -
       投資有価証券の償還による収入
                                            -            △ 109
       関係会社出資金の払込による支出
                                            -             △ 33
       関係会社貸付けによる支出
                                           △ 0              31
       その他
                                        △ 2,187             △ 1,029
       投資活動によるキャッシュ・フロー
      財務活動によるキャッシュ・フロー
                                        △ 1,519               △ 0
       自己株式の取得による支出
                                        △ 1,079             △ 1,206
       配当金の支払額
                                          △ 18             △ 13
       その他
                                        △ 2,618             △ 1,220
       財務活動によるキャッシュ・フロー
                                          △ 16             △ 16
      現金及び現金同等物に係る換算差額
      現金及び現金同等物の増減額(△は減少)                                    △ 488             2,561
                                         16,889              16,400
      現金及び現金同等物の期首残高
                                        ※ 16,400              ※ 18,962
      現金及び現金同等物の期末残高
                                 53/98





                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社カナデン(E02580)
                                                            有価証券報告書
     【注記事項】
     (連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項)
      1 連結の範囲に関する事項
        (1)連結子会社の数                 8 社
        主要な連結子会社の名称
         「第1    企業の概況 4 関係会社の状況」に記載しております。
        (2)非連結子会社の名称
         KANADEN     VIETNAM    CO.,LTD、FACOM-KD(Thailand)CO.,Ltd.
        (連結の範囲から除いた理由)
        非連結子会社の総資産、売上高、当期純損益(持分に見合う額)、利益剰余金(持分に見合う額)等は、いずれ
       も連結財務諸表に重要な影響を及ぼしていないため、連結の範囲から除いております。
      2 持分法の適用に関する事項
        非連結子会社(KANADEN           VIETNAM    CO.,LTD、FACOM-KD(Thailand)CO.,Ltd.)及び関連会社(菱神電子エンジニア
       リング㈱)は、当期純損益(持分に見合う額)及び利益剰余金(持分に見合う額)等からみて、持分法の対象から
       除いても連結財務諸表に及ぼす影響が軽微であり、かつ、全体としても重要性がないため、持分法の適用範囲から
       除外しております        。
      3 連結子会社の事業年度等に関する事項
        科拿電(香港)有限公司、KANADEN                CORPORATION      SINGAPORE     PTE.LTD.、科拿電国際貿易(上海)有限公司及び
       KANADEN    (THAILAND)      CO.,   LTD.  の決算日は12月31日であり、連結決算日との差は3ヶ月以内であるため連結財務諸
       表の作成にあたっては、当該連結子会社の事業年度に係る財務諸表を使用しております。連結決算日との間に生じ
       た重要な取引については、連結上必要な調整を行っております。
      4 会計方針に関する事項
       (1)  重要な資産の評価基準及び評価方法
        ① 有価証券
           満期保有目的の債券
             償却原価法による定額法
           その他有価証券
             時価のあるもの
              決算日の市場価格等に基づく時価法(評価差額は全部純資産直入法により処理し、売却原価は移動平
             均法により算定しております。)
             時価のないもの
              移動平均法による原価法
        ② デリバティブ
           時価法
        ③ たな卸資産
           主として移動平均法による原価法(貸借対照表価額は収益性の低下に基づく簿価切下げの方法により算定
          しております。)
       (2)  重要な減価償却資産の減価償却の方法
        ① 有形固定資産(リース資産は除く)
          当社及び国内連結子会社は定率法を採用し、在外連結子会社は定額法を採用しております。(ただし、当社
         及び国内連結子会社は1998年4月1日以降に取得した建物(附属設備を除く)並びに2016年4月1日以降に取
         得した建物附属設備及び構築物については定額法を採用しております。)                                  なお、主な耐用年数は以下のとおり
         であります。
          建物及び構築物   15~50年
          機械装置及び運搬具          10~15年
          工具、器具及び備品 5~15年
        ② 無形固定資産(リース資産は除く)
          定額法を採用しております。なお、自社利用のソフトウエアについては、社内における利用可能期間(5年)
         に基づく定額法を採用しております。
        ③ リース資産
          所有権移転ファイナンス・リース取引に係るリース資産
           自己所有の固定資産に適用する減価償却方法と同一の方法を採用しております。
          所有権移転外ファイナンス・リース取引に係るリース資産
           リース期間を耐用年数とし、残存価額を零とする定額法を採用しております。
                                 54/98


                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社カナデン(E02580)
                                                            有価証券報告書
       (3)  重要な引当金の計上基準
        ① 貸倒引当金
          債権の貸倒れによる損失に備えるため、一般債権については、貸倒実績率による計算額を、貸倒懸念債権等
         特定の債権については、個別に回収可能性を検討し回収不能見込額を計上しております。
        ② 賞与引当金
          従業員に対して支給する賞与の支出に充てるため、実際支給見込額の当連結会計年度負担額を計上しており
         ます。
        ③ 役員賞与引当金
          役員に対して支給する賞与の支出に充てるため、実際支給見込額の当連結会計年度負担額を計上しておりま
         す。
       ( 4)  退職給付に係る会計処理の方法
        ① 退職給付見込額の期間帰属方法
          退職給付に係る負債は、従業員の退職給付に備えるため、当連結会計年度末における見込額に基づき、退職
         給付債務から年金資産の額を控除した額を計上しております。なお、退職給付債務の算定にあたり、退職給付
         見込額を当連結会計年度までの期間に帰属させる方法については、給付算定式基準によっております。
        ② 数理計算上の差異及び過去勤務費用の費用処理方法
          過去勤務費用については、その発生時における従業員の平均残存勤務期間以内の一定の年数(13年)による
         定額法により費用処理しております。
          数理計算上の差異については、各連結会計年度の発生時における従業員の平均残存勤務期間以内の一定の年
         数(13年)による定額法により按分した額をそれぞれ発生の翌連結会計年度から費用処理しております。
       (5)  重要な外貨建の資産又は負債の本邦通貨への換算の基準
          外貨建金銭債権債務は、連結決算日の直物為替相場により円貨に換算し、換算差額は損益として処理してお
         ります。なお、在外子会社等の資産、負債、収益及び費用は、決算日の直物為替相場により円貨に換算し、換
         算差額は純資産の部における為替換算調整勘定及び非支配株主持分に含めております。
       (6)  重要なヘッジ会計の方法
        ① ヘッジ会計の方法
          為替予約等が付されている外貨建金銭債権債務等については、振当処理を行っております。
        ② ヘッジ手段とヘッジ対象
          ヘッジ手段……為替予約取引
          ヘッジ対象……外貨建金銭債権債務
        ③ ヘッジ方針
          当社では、為替予約は通常の営業取引に係る為替変動リスク回避の目的で実需の範囲内で利用しており、投
         機目的のためのデリバティブ取引は行っておりません。
        ④ヘッジ有効性評価の方法
          ヘッジ開始時から有効性判定時点までの期間において、ヘッジ対象とヘッジ手段の相場変動の累計を比較
         し、両者の変動額等を基礎にして判断しております。
       (7)  のれんの償却方法及び償却期間
         のれんは、発生年度より実質的判断による年数の見積りが可能なものはその見積り年数で、その他については
        5年間で定額法により償却しております。
       (8)  連結キャッシュ・フロー計算書における資金の範囲
         連結キャッシュ・フロー計算書における資金(現金及び現金同等物)は、手許現金、随時引き出し可能な預金及
        び容易に換金可能であり、かつ、価格の変動について僅少なリスクしか負わない取得日から3ヶ月以内に満期日
        又は償還日の到来する短期投資からなっております。
       (9)  その他連結財務諸表作成のための重要な事項
          消費税等の会計処理
           税抜方式であります。
                                 55/98





                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社カナデン(E02580)
                                                            有価証券報告書
     (未適用の会計基準等)
       「収益認識に関する会計基準」(企業会計基準第29号 平成30年3月30日 企業会計基準委員会)
       「収益認識に関する会計基準の適用指針」(企業会計基準適用指針第30号 平成30年3月30日 企業会計基準委員
        会)
        (1)概要

        国際会計基準審議会(IASB)及び米国財務会計基準審議会(FASB)は、共同して収益認識に関する包括的な会計
       基準の開発を行い、2014年5月に「顧客との契約から生じる収益」(IASBにおいてはIFRS第15号、FASBにおいては
       Topic606)を公表しており、IFRS第15号は2018年1月1日以後開始する事業年度から、Topic606は2017年12月15日
       より後に開始する事業年度から適用される状況を踏まえ、企業会計基準委員会において、収益認識に関する包括的
       な会計基準が開発され、適用指針と合わせて公表されたものです。
        企業会計基準委員会の収益認識に関する会計基準の開発にあたっての基本的な方針として、IFRS第15号と整合性
       を図る便益の1つである財務諸表間の比較可能性の観点から、IFRS第15号の基本的な原則を取り入れることを出発
       点とし、会計基準を定めることとされ、また、これまで我が国で行われてきた実務等に配慮すべき項目がある場合
       には、比較可能性を損なわせない範囲で代替的な取扱いを追加することとされております。
       (2)適用予定日

        2022年3月期の期首から適用します。
       (3)当該会計基準等の適用による影響

        「収益認識に関する会計基準」              等の適用による連結財務諸表に与える影響額については、現時点で評価中であり
       ます。
       「時価の算定に関する会計基準」(企業会計基準第30号 2019年7月4日 企業会計基準委員会)

       「棚卸資産の評価に関する会計基準」(企業会計基準第9号 2019年7月4日 企業会計基準委員会)
       「金融商品に関する会計基準」(企業会計基準第10号 2019年7月4日 企業会計基準委員会)
       「時価の算定に関する会計基準の適用指針」(企業会計基準適用指針第31号 2019年7月4日 企業会計基準委員
        会)
       「金融商品の時価等の開示に関する適用指針」(企業会計基準適用指針第19号 2020年3月31日 企業会計基準委
        員会)
       (1)概要

        国際会計基準審議会(IASB)及び米国財務会計基準審議会(FASB)が、公正価値測定についてほぼ同じ内容の詳
       細なガイダンス(国際財務報告基準(IFRS)においてはIFRS第13号「公正価値測定」、米国会計基準においては
       Accounting      Standards     CodificationのTopic          820「公正価値測定」)を定めている状況を踏まえ、企業会計基準委
       員会において、主に金融商品の時価に関するガイダンス及び開示に関して、日本基準を国際的な会計基準との整合
       性を図る取組みが行われ、「時価の算定に関する会計基準」等が公表されたものです。
        企業会計基準委員会の時価の算定に関する会計基準の開発にあたっての基本的な方針として、統一的な算定方法
       を用いることにより、国内外の企業間における財務諸表の比較可能性を向上させる観点から、IFRS第13号の定めを
       基本的にすべて取り入れることとされ、また、これまで我が国で行われてきた実務等に配慮し、財務諸表間の比較
       可能性を大きく損なわせない範囲で、個別項目に対するその他の取扱いを定めることとされております。
       (2)適用予定日

          2022年3月期の期首から適用します。
       (3)当該会計基準等の適用による影響

        「時価の算定に関する会計基準」等の適用による連結財務諸表に与える影響額については、現時点で未定であり
       ます。
                                 56/98





                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社カナデン(E02580)
                                                            有価証券報告書
       「会計上の見積りの開示に関する会計基準」(企業会計基準第31号 2020年3月31日 企業会計基準委員会)
       (1)概要

        国際会計基準審議会(IASB)が2003年に公表した国際会計基準(IAS)第1号「財務諸表の表示」(以下「IAS                                                   第
       1号」)第125項において開示が求められている「見積りの不確実性の発生要因」について、財務諸表利用者にとっ
       て有用性が高い情報として日本基準においても注記情報として開示を求めることを検討するよう要望が寄せられ、
       企業会計基準委員会において、会計上の見積りの開示に関する会計基準(以下「本会計基準」)が開発され、公表
       されたものです。
        企業会計基準委員会の本会計基準の開発にあたっての基本的な方針として、個々の注記を拡充するのではなく、
       原則(開示目的)を示したうえで、具体的な開示内容は企業が開示目的に照らして判断することとされ、開発にあ
       たっては、IAS第1号第125項の定めを参考とすることとしたものです。
       (2)適用予定日

        2021年3月期の年度末から適用します。
       「会計方針の開示、会計上の変更及び誤謬の訂正に関する会計基準」(企業会計基準第24号 2020年3月31日 企

       業会計基準委員会)
       (1)概要

        「関連する会計基準等の定めが明らかでない場合に採用した会計処理の原則及び手続」に係る注記情報の充実に
       ついて検討することが提言されたことを受け、企業会計基準委員会において、所要の改正を行い、会計方針の開
       示、会計上の変更及び誤謬の訂正に関する会計基準として公表されたものです。
        なお、「関連する会計基準等の定めが明らかでない場合に採用した会計処理の原則及び手続」に係る注記情報の
       充実を図るに際しては、関連する会計基準等の定めが明らかな場合におけるこれまでの実務に影響を及ぼさないた
       めに、企業会計原則注解(注1-2)の定めを引き継ぐこととされております。
       (2)適用予定日

        2021年3月期の年度末から適用します。
     (表示方法の変更)

      該当事項はありません。
                                 57/98










                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社カナデン(E02580)
                                                            有価証券報告書
     (連結貸借対照表関係)
      ※1 非連結子会社及び関連会社に対するものは、次のとおりであります。
                               前連結会計年度                 当連結会計年度
                              (2019年3月31日)                 (2020年3月31日)
     投資有価証券(株式)                                 29百万円                 139百万円
      ※2 「土地の再評価に関する法律」(平成10年3月31日公布法律第34号)及び「土地の再評価に関する法律の一部を改
        正する法律」(平成13年3月31日公布法律第19号)に基づき、事業用の土地の再評価を行い、評価差額については、
        当該評価差額に係る税金相当額を「再評価に係る繰延税金負債」として負債の部に計上し、これを控除した金額を
        「土地再評価差額金」として純資産の部に計上しております。
         ・再評価の方法…「土地の再評価に関する法律施行令」(平成10年3月31日公布政令第119号)第2条第4号に定
                  める地価税法、及び第3号に定める土地課税台帳に基づき、奥行価格補正等の合理的な調整
                  を行って算出しております。
         ・再評価を行った年月日  2002年3月31日
      ※3 期末日満期手形、電子記録債権及び電子記録債務の会計処理については、満期日に決済が行われたものとして処

        理しております。期末日満期手形、電子記録債権及び電子記録債務の金額は、次のとおりであります。
                             前連結会計年度                  当連結会計年度
                            (2019年3月31日)                  (2020年3月31日)
      受取手形及び売掛金                               211百万円                   -百万円
      電子記録債権                               120百万円                   -百万円
      支払手形及び買掛金                               74百万円                   -百万円
      電子記録債務                               374百万円                   -百万円
                                 58/98













                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社カナデン(E02580)
                                                            有価証券報告書
     (連結損益計算書関係)
      ※1 販売費及び一般管理費のうち主要な費目及び金額は次のとおりであります。
                             前連結会計年度                    当連結会計年度
                           (自 2018年4月1日                   (自 2019年4月1日
                            至 2019年3月31日)                     至 2020年3月31日)
     従業員給料諸手当                              3,845   百万円                3,960   百万円
     従業員賞与                               892  百万円                 806  百万円
     賞与引当金繰入額                              1,224   百万円                1,106   百万円
     役員賞与引当金繰入額                               123  百万円                 133  百万円
     退職給付費用                               220  百万円                 348  百万円
     減価償却費                               205  百万円                 310  百万円
      ※2 固定資産売却益の内容は次のとおりであります。

               前連結会計年度                            当連結会計年度
             (自 2018年4月1日                            (自 2019年4月1日
              至 2019年3月31日)                            至 2020年3月31日)
     土地及び建物                       -百万円                          1,433百万円
     工具、器具及び備品                       -百万円                            0百万円
             計                -百万円                          1,433百万円
      ※3 固定資産除却損の内容は次のとおりであります。

               前連結会計年度                            当連結会計年度
             (自 2018年4月1日                            (自 2019年4月1日
              至 2019年3月31日)                            至 2020年3月31日)
     建物及び構築物                       0百万円                            1百万円
     機械装置                       -百万円                            0百万円
     工具、器具及び備品                       0百万円                            5百万円
     ソフトウエア                       0百万円                            0百万円
             計                0百万円                            6百万円
     (連結包括利益計算書関係)

       ※   その他の包括利益に係る組替調整額及び税効果額
                                  前連結会計年度               当連結会計年度
                                (自 2018年4月1日               (自 2019年4月1日
                                 至 2019年3月31日)               至 2020年3月31日)
     その他有価証券評価差額金:
      当期発生額                                △514百万円               △952百万円
      組替調整額                                 △94百万円                 14百万円
       税効果調整前
                                       △609百万円               △937百万円
       税効果額                                186百万円               287百万円
       その他有価証券評価差額金
                                       △422百万円               △650百万円
     為替換算調整勘定:
      当期発生額                                 △59百万円               △26百万円
     退職給付に係る調整額:
      当期発生額                                 △44百万円               △179百万円
      組替調整額                                 △53百万円                 72百万円
       税効果調整前
                                       △97百万円               △106百万円
       税効果額                                 29百万円               32百万円
       退職給付に係る調整額
                                       △67百万円               △74百万円
        その他の包括利益合計
                                       △550百万円               △751百万円
                                 59/98




                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社カナデン(E02580)
                                                            有価証券報告書
     (連結株主資本等変動計算書関係)
      前連結会計年度(自 2018年4月1日 至 2019年3月31日)
      1.発行済株式の種類及び総数並びに自己株式の種類及び株式数に関する事項
                               当連結会計年度          当連結会計年度          当連結会計年度末
                     当連結会計年度
                     期首株式数(千株)
                               増加株式数(千株)          減少株式数(千株)          株式数(千株)
     発行済株式
      普通株式(注)1                    30,310             -        1,710          28,600

            合計               30,310             -        1,710          28,600

     自己株式

      普通株式(注)2,3                     665         1,186          1,733           117

            合計                665         1,186          1,733           117

     (注)1 普通株式の株式数の減少1,710千株は、保有自己株式の消却による減少であります。
        2 普通株式の自己株式の株式数の増加1,186千株は、自己株式の立会外買付による増加1,186千株及び単元未満株
          式の買取による増加0千株であります。
        3 普通株式の自己株式の株式数の減少1,733千株は、保有自己株式の消却による減少1,710千株、単元未満株式の
          買増請求による減少0千株及び譲渡制限付株式報酬制度に伴う自己株式の処分23千株であります。
      2.新株予約権及び自己新株予約権に関する事項

        該当事項はありません。
      3.配当に関する事項

       (1)配当金支払額
                                  1株当たり
                         配当金の総額
                  株式の種類                           基準日         効力発生日
     (決議)                     (百万円)
                                  配当額(円)
     2018年5月11日
                 普通株式             503        17.0    2018年3月31日          2018年6月6日
     取締役会
     2018年10月30日
                 普通株式             578        19.5    2018年9月30日          2018年11月29日
     取締役会
       (2)基準日が当連結会計年度に属する配当のうち、配当の効力発生日が翌連結会計年度となるもの

                                     1株当たり
                      配当金の総額
                株式の種類              配当の原資                基準日        効力発生日
     (決議)                 (百万円)
                                     配当額(円)
     2019年5月14日
                普通株式           555    利益剰余金          19.5    2019年3月31日         2019年6月5日
     取締役会
                                 60/98








                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社カナデン(E02580)
                                                            有価証券報告書
      当連結会計年度(自 2019年4月1日 至 2020年3月31日)
      1.発行済株式の種類及び総数並びに自己株式の種類及び株式数に関する事項
                               当連結会計年度          当連結会計年度          当連結会計年度末
                     当連結会計年度
                     期首株式数(千株)
                               増加株式数(千株)          減少株式数(千株)          株式数(千株)
     発行済株式
                          28,600             -          -       28,600

      普通株式(注)1
            合計               28,600             -          -       28,600

     自己株式

                            117           0          22          95

      普通株式(注)2
                            117           0          22          95

            合計
     (注)1 普通株式の株式数の増加0千株は、単元未満株式の買取による増加0千株であります。
        2   普通株式の自己株式の株式数の減少22千株は、単元未満株式の買増請求による減少0千株及び譲渡制限付株式
          報酬制度に伴う自己株式の処分22千株であります。
      2.新株予約権及び自己新株予約権に関する事項

        該当事項はありません。
      3.配当に関する事項

       (1)配当金支払額
                                  1株当たり
                         配当金の総額
                  株式の種類                           基準日         効力発生日
     (決議)                     (百万円)
                                  配当額(円)
     2019年5月14日
                 普通株式             555        19.5    2019年3月31日          2019年6月5日
     取締役会
     2019年10月29日
                 普通株式             655        23.0    2019年9月30日          2019年11月28日
     取締役会
       (2)基準日が当連結会計年度に属する配当のうち、配当の効力発生日が翌連結会計年度となるもの

                                     1株当たり
                      配当金の総額
                株式の種類              配当の原資                基準日        効力発生日
     (決議)                 (百万円)
                                     配当額(円)
     2020年5月14日
                普通株式           541    利益剰余金          19.0    2020年3月31日         2020年6月11日
     取締役会
     (連結キャッシュ・フロー計算書関係)

      ※ 現金及び現金同等物の期末残高と連結貸借対照表に掲記されている科目の金額との関係
                               前連結会計年度                 当連結会計年度
                             (自    2018年4月1日              (自    2019年4月1日
                              至   2019年3月31日)               至   2020年3月31日)
      現金及び預金勘定                               7,901   百万円              14,663   百万円
      預入期間が3か月を超える定期預金                               △500   百万円              △501   百万円
      有価証券勘定                               8,999   百万円              4,800   百万円
      現金及び現金同等物                              16,400   百万円              18,962   百万円
                                 61/98





                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社カナデン(E02580)
                                                            有価証券報告書
     (リース取引関係)
      1.ファイナンス・リース取引
       所有権移転外ファイナンス・リース取引
       ①   リース資産の内容
        (ア)有形固定資産
           事務機器(工具、器具及び備品)であります。
        (イ)無形固定資産
           ソフトウエアであります。
       ②   リース資産の減価償却の方法
         連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項「4.会計方針に関する事項                                       (2)重要な減価償却資産の
        減価償却の方法」に記載のとおりであります。
     (金融商品関係)

       1.金融商品の状況に関する事項
        (1)金融商品に対する取組方針
          当社グループは、事業活動を行う上での十分な流動性を確保していることから資金の調達ニーズはなく、余
         資運用については短期運用を中心として、長期運用も含めて元本保証型金融商品のみで運用することを方針と
         しております。デリバティブ取引は、外貨建取引の為替相場変動リスクを回避する目的で実需範囲内の為替予
         約取引のみを行い、投機的な取引は行わないことを方針としております。
        (2)金融商品の内容及びそのリスク
          営業債権である受取手形及び売掛金、電子記録債権には、顧客の信用リスクがあります。また、その一部の
         外貨建営業債権には、為替変動リスクがありますが、外貨建債務をネットしたポジションについて必要に応じ
         て先物為替予約を利用してヘッジしています。有価証券は、短期余資運用目的の譲渡性預金やコマーシャル・
         ペーパー等であり、その債券や発行体の信用リスクがあります。未収入金は、主に仕入値引に係る営業債権で
         あり、同じ仕入先の買掛金残高の範囲内にありその支払時に相殺します。投資有価証券は、主に取引先企業と
         の業務又は資本関係強化に関連する株式、及び満期保有目的の債券であり、市場価額の変動リスク及び信用リ
         スクがあります。
          営業債務である支払手形及び買掛金、電子記録債務は、ほとんど1年以内の支払期日であり、その一部の外
         貨建営業債務には、為替変動リスクがありますが、恒常的に同じ外貨建の売掛金残高の範囲内にあります。
          デリバティブ取引は、外貨建の営業債権債務に係る為替変動リスクに対するヘッジ取引を目的とした先物為
         替予約取引のみであります。
        (3)金融商品に係るリスク管理体制
         ①信用リスク(取引先の契約不履行等に係るリスク)の管理
           当社は、得意先信用管理規則に従い、営業債権について、各事業部門が得意先の業態・資力に応じた信用
          限度設定を行うとともに、必要に応じて担保等の提供を受けるほか、定期的に得意先の状況と債権推移をモ
          ニタリングし、財務状態等の悪化による回収懸念の早期把握や軽減を図っています。
           譲渡性預金やコマーシャル・ペーパー等の有価証券、及び満期保有目的の債券は、格付けの高い発行体
          (日本格付研究所、又は格付投資情報センターによるBBB格以上)の有価証券及び債券を対象としている
          ため、信用リスクは僅少であります。
         ②市場リスク(為替や市場価額の変動リスク)の管理
           当社は、外貨建の営業債権債務について、月別に把握した為替変動リスクに対して、必要に応じて先物為
          替予約を利用してヘッジしており、月次の為替予約の状況とヘッジ有効性の評価について経営会議に報告し
          ています。
           投資有価証券については、定期的に時価や発行体(得意先企業等)の財務状態等を把握し、得意先企業と
          の関係を勘案して保有状況を継続的に見直しています。
        (4)金融商品の時価等に関する事項についての補足説明
          金融商品の時価には、市場価格に基づく価額のほか、市場価格がない場合には合理的に算定された価額が含
         まれております。当該価額の算定においては変動要因を織り込んでいるため、異なる前提条件等を採用するこ
         とにより、当該価額が変動することがあります。
                                 62/98




                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社カナデン(E02580)
                                                            有価証券報告書
       2.金融商品の時価等に関する事項
         連結貸借対照表計上額、時価及びこれらの差額については、次のとおりであります。なお、時価を把握するこ
        とが極めて困難と認められるものは含まれておりません((注)2.参照)。
         前連結会計年度(2019年3月31日)

                       連結貸借対照表計上額
                                     時価(百万円)            差額(百万円)
                          (百万円)
      (1)  現金及び預金                       7,901            7,901              -

      (2)  受取手形及び売掛金                      37,346            37,346               -

      (3)  電子記録債権                       6,055            6,055              -

      (4)  有価証券及び投資有価証券                      14,885            14,889               3

      (5)  未収入金                       1,789            1,789              -

                               67,979            67,982               3

       資産計
      (6)  支払手形及び買掛金                      26,426            26,426               -

      (7)  電子記録債務                       3,683            3,683              -

      (8)  未払法人税等                       2,043            2,043              -

       負債計                        32,154            32,154               -

      (9)  デリバティブ取引(*1)                        (-)            (-)             -

       (*1)デリバティブ取引によって生じた正味の債権・債務は純額で表示しております。                                        合計で正味の債務となる項
       目については(        )で示しております。
         当連結会計年度(2020年3月31日)

                       連結貸借対照表計上額
                                     時価(百万円)            差額(百万円)
                          (百万円)
      (1)  現金及び預金                      14,663            14,663               -

      (2)  受取手形及び売掛金                      33,092            33,092               -

      (3)  電子記録債権                       5,973            5,973              -

      (4)  有価証券及び投資有価証券                       9,640            9,639             △0

      (5)  未収入金                       1,803            1,803              -

                               65,174            65,173              △0

       資産計
      (6)  支払手形及び買掛金                      24,032            24,032               -

      (7)  電子記録債務                       4,559            4,559              -

      (8)  未払法人税等                       1,036            1,036              -

                               29,627            29,627               -

       負債計
      (9)  デリバティブ取引(*1)                        (-)            (-)             -

       (*1)デリバティブ取引によって生じた正味の債権・債務は純額で表示しております。                                        合計で正味の債務となる項
       目については(        )で示しております。
                                 63/98





                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社カナデン(E02580)
                                                            有価証券報告書
       (注)1.金融商品の時価の算定方法並びに有価証券及びデリバティブ取引に関する事項
          資 産
           (1)現金及び預金、(2)受取手形及び売掛金、(3)電子記録債権、並びに(5)未収入金
             これらは短期間で決済されるため、時価は帳簿価額にほぼ等しいことから、当該帳簿価額によっており
            ます。
           (4)有価証券及び投資有価証券
             これらの時価について、株式は取引所の価格によっており、債券は取引所の価格又は取引金融機関から
            提示された価格によっております。また、保有目的ごとの有価証券に関する事項については、注記事項
            「有価証券関係」をご参照下さい。
          負 債
           (6)支払手形及び買掛金、(7)電子記録債務、並びに(8)未払法人税等
             これらは短期間で決済されるため、時価は帳簿価額にほぼ等しいことから、当該帳簿価額によっており
            ます。
           (9)デリバティブ取引
             時価については、取引先金融機関から提示された価格等によっております。
          2.時価を把握することが極めて困難と認められる金融商品
                                                    (単位:百万円)
                              前連結会計年度                 当連結会計年度
               区分
                             (2019年3月31日)                 (2020年3月31日)
         非上場株式                              139                 341
          これらについては、市場価格がなく、時価を把握することが極めて困難と認められることから、「(4)有価
         証券及び投資有価証券」には含めておりません。
                                 64/98













                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社カナデン(E02580)
                                                            有価証券報告書
         3.金銭債権及び満期のある有価証券の連結決算日後の償還予定額
           前連結会計年度(2019年3月31日)
                                    1年超         5年超
                           1年以内
                                                      10年超
                                    5年以内         10年以内
                           (百万円)
                                                      (百万円)
                                    (百万円)          (百万円)
                              7,901
         現金及び預金                               -         -         -
         受取手形及び売掛金                    37,346            -         -         -

                              6,055

         電子記録債権                               -         -         -
         有価証券及び投資有価証券

          満期保有目的の債券

          (1)   社債

                                -         -       1,000           -
          (2)   コマーシャル・
                              6,000           -         -         -
             ペーパー
           (3)  その他
                              3,000           -         -         -
         未収入金                    1,789           -         -         -

               合計              62,093            -       1,000           -

           当連結会計年度(2020年3月31日)

                                    1年超         5年超
                           1年以内
                                                      10年超
                                    5年以内         10年以内
                           (百万円)
                                                      (百万円)
                                    (百万円)          (百万円)
                             14,663
         現金及び預金                               -         -         -
         受取手形及び売掛金                    33,092            -         -         -

                              5,973

         電子記録債権                               -         -         -
         有価証券及び投資有価証券

          満期保有目的の債券

          (1)   社債

                                -         -       1,000           -
          (2)   コマーシャル・
                                -         -         -         -
             ペーパー
           (3)  その他
                              4,800           -         -         -
         未収入金                    1,803           -         -         -

               合計              60,333            -       1,000           -

                                 65/98







                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社カナデン(E02580)
                                                            有価証券報告書
     (有価証券関係)
       1.満期保有目的の債券
         前連結会計年度(2019年3月31日)
                             連結貸借対照表計上
                      種類                   時価(百万円)           差額(百万円)
                             額(百万円)
                  (1)社債                  1,000           1,003             3

                  (2)コマーシャル・
                                      -           -           -
     時価が連結貸借対照表
                  ペーパー
     計上額を超えるもの
                  (3)その他                  1,700           1,700             0
                      小計              2,700           2,704             ▶

                  (1)社債                    -           -           -

                  (2)コマーシャル・
                                    5,999           5,999            △0
     時価が連結貸借対照表
                  ペーパー
     計上額を超えないもの
                                               1,300
                  (3)その他                  1,300                        -
                      小計              7,299           7,299            △0

                                              10,003

               合計                    9,999                        3
         当連結会計年度(2020年3月31日)

                             連結貸借対照表計上
                      種類                   時価(百万円)           差額(百万円)
                             額(百万円)
                  (1)社債                   500           501            1

                  (2)コマーシャル・
                                      -           -           -
     時価が連結貸借対照表
                  ペーパー
     計上額を超えるもの
                  (3)その他                  2,000           2,000             0
                      小計              2,500           2,501             1

                  (1)社債                   500           497           △2

                  (2)コマーシャル・
                                      -           -           -
     時価が連結貸借対照表
                  ペーパー
     計上額を超えないもの
                                               2,800
                  (3)その他                  2,800                        -
                      小計              3,300           3,297            △2

               合計                    5,800           5,799            △0

                                 66/98








                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社カナデン(E02580)
                                                            有価証券報告書
       2  .その他有価証券
         前連結会計年度(2019年3月31日)
                              連結貸借対照表
                                          取得原価            差額
                     種類           計上額
                                          (百万円)           (百万円)
                               (百万円)
     連結貸借対照表計上額
                 (1)  株式                4,520
                                               2,174           2,346
     が取得原価を超えるも
                                    4,520
                     小計                         2,174           2,346
     の
     連結貸借対照表計上額
                 (1)  株式
                                     365           404          △39
     が取得原価を超えない
                     小計               365           404          △39
     もの
               合計                    4,885           2,578           2,307
      (注) 非上場株式(連結貸借対照表計上額 109百万円)については、市場価格がなく、時価を把握することが極め
         て困難と認められることから、上表の「その他有価証券」には含めておりません。
         当連結会計年度(2020年3月31日)

                              連結貸借対照表
                                          取得原価            差額
                     種類           計上額
                                          (百万円)           (百万円)
                               (百万円)
     連結貸借対照表計上額
                 (1)  株式                3,181
                                               1,606           1,574
     が取得原価を超えるも
                     小計              3,181           1,606           1,574
     の
     連結貸借対照表計上額
                 (1)  株式
                                     659           864          △205
     が取得原価を超えない
                     小計               659           864          △205
     もの
               合計                    3,840           2,471           1,369
      (注) 非上場株式(連結貸借対照表計上額 201百万円)については、市場価格がなく、時価を把握することが極め
         て困難と認められることから、上表の「その他有価証券」には含めておりません。
       3.売却したその他有価証券

         前連結会計年度(自 2018年4月1日 至 2019年3月31日)
                                    売却益の合計額              売却損の合計額
          種類           売却額(百万円)
                                     (百万円)              (百万円)
     (1)株式                         499               94               -
     (2)その他                          0              0              -
          合計                    499               95               -

         当連結会計年度(自 2019年4月1日 至 2020年3月31日)

                                    売却益の合計額              売却損の合計額
          種類           売却額(百万円)
                                     (百万円)              (百万円)
     (1)株式                         301               33              25
     (2)その他                          -              -              -
          合計                    301               33              25

       4.減損処理を行った有価証券

          当連結会計年度において、有価証券について23百万円(その他有価証券の株式23百万円)減損処理を行ってお
         ります。
          なお、減損処理にあたっては、期末における時価が取得原価に比べ50%以上下落した場合には、全て減損処理
         を行い、30~50%程度下落した場合には、回収可能性を考慮して必要と認められた額について減損処理を行って
         おります。
                                 67/98


                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社カナデン(E02580)
                                                            有価証券報告書
     (デリバティブ取引関係)
      1.   ヘッジ会計が適用されていないデリバティブ取引
        (1)通貨関連
         前連結会計年度末(2019年3月31日)
         該当事項はありません。
         当連結会計年度末(2020年3月31日)

         該当事項はありません。
                                 68/98


















                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社カナデン(E02580)
                                                            有価証券報告書
     (退職給付関係)
      1.採用している退職給付制度の概要
        当社及び国内連結子会社は確定給付型の制度として、確定給付型企業年金制度及び退職一時金制度を採用しており
       ます。また、従業員の退職等に際して、退職給付会計に準拠した数理計算による退職給付債務の対象とされない割増
       退職金を支払う場合があります。
      2.確定給付制度

       (1)退職給付債務の期首残高と期末残高の調整表
                                   前連結会計年度              当連結会計年度
                                 (自 2018年4月1日              (自 2019年4月1日
                                  至 2019年3月31日)              至 2020年3月31日)
         退職給付債務の期首残高                               6,355百万円              6,360百万円
          勤務費用                               303百万円              305百万円
          利息費用                                43百万円              42百万円
          数理計算上の差異の発生額                                45百万円             △24百万円
          退職給付の支払額                              △388百万円              △476百万円
         退職給付債務の期末残高                               6,360百万円              6,207百万円
       (2)年金資産の期首残高と期末残高の調整表

                                   前連結会計年度              当連結会計年度
                                 (自 2018年4月1日              (自 2019年4月1日
                                  至 2019年3月31日)              至 2020年3月31日)
         年金資産の期首残高                               4,903百万円              4,861百万円
          期待運用収益                                73百万円              72百万円
          数理計算上の差異の発生額                                1百万円            △204百万円
          事業主からの拠出額                               258百万円              280百万円
          退職給付の支払額                              △375百万円              △461百万円
         年金資産の期末残高                               4,861百万円              4,549百万円
       (3)退職給付債務及び年金資産の期末残高と連結貸借対照表に計上された退職給付に係る負債及び退職給付に係る資

         産の調整表
                                   前連結会計年度              当連結会計年度
                                  (2019年3月31日)              (2020年3月31日)
         積立型制度の退職給付債務                               6,125百万円              5,941百万円
         年金資産                              △4,861百万円              △4,549百万円
                                        1,264百万円              1,392百万円
         非積立型制度の退職給付債務                                234百万円              266百万円
         連結貸借対照表に計上された負債と資産の純額                               1,498百万円              1,658百万円
         退職給付に係る負債                               1,498百万円              1,658百万円

         連結貸借対照表に計上された負債と資産の純額                               1,498百万円              1,658百万円
       (4)退職給付費用及びその内訳項目の金額

                                   前連結会計年度              当連結会計年度
                                 (自 2018年4月1日              (自 2019年4月1日
                                  至 2019年3月31日)              至 2020年3月31日)
         勤務費用                                303百万円              305百万円
         利息費用                                 43百万円              42百万円
         期待運用収益                                △73百万円              △72百万円
         数理計算上の差異                                △90百万円               35百万円
         過去勤務費用                                 36百万円              36百万円
         確定給付制度に係る退職給付費用                                220百万円              348百万円
       (5)退職給付に係る調整額
         退職給付に係る調整額に計上した項目(税効果控除前)の内訳は次のとおりであります。
                                   前連結会計年度              当連結会計年度
                                 (自 2018年4月1日              (自 2019年4月1日
                                  至 2019年3月31日)              至 2020年3月31日)
         過去勤務費用                                 36百万円              36百万円
         数理計算上の差異                               △ 134百万円             △ 143百万円
           合 計                              △97  百万円            △ 106百万円
                                 69/98




                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社カナデン(E02580)
                                                            有価証券報告書
       (6)退職給付に係る調整累計額
         退職給付に係る調整累計額に計上した項目(税効果控除前)の内訳は次のとおりであります。
                                   前連結会計年度              当連結会計年度
                                  (2019年3月31日)              (2020年3月31日)
         未認識過去勤務費用                                △27百万円                9百万円
         未認識数理計算上の差異                                278百万円              135百万円
           合 計                              251百万円              144百万円
       (7)年金資産に関する事項

        ① 年金資産の主な内訳
          年金資産合計に対する主な分類ごとの比率は、次のとおりであります。
                                   前連結会計年度              当連結会計年度
                                  (2019年3月31日)              (2020年3月31日)
           債券                               24%              23%
           株式                               29%              28%
           一般勘定                                45%              47%
           その他                               2%              2%
             合 計                            100%              100%
        ② 長期期待運用収益率の設定方法

          年金資産の長期期待運用収益率を決定するため、現在及び予想される年金資産の配分と、年金資産を構成する
         多様な資産からの現在及び将来期待される長期の収益率を考慮しております。
       (8)数理計算上の計算基礎に関する事項

         主要な数理計算上の計算基礎(加重平均で表わしております。)
                                   前連結会計年度              当連結会計年度
                                  (2019年3月31日)              (2020年3月31日)
          割引率                               0.7%              0.7%
          長期期待運用収益率                               1.5%              1.5%
     (ストック・オプション等関係)

       該当事項はありません。
                                 70/98












                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社カナデン(E02580)
                                                            有価証券報告書
     (税効果会計関係)
      1.繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別の内訳
                               前連結会計年度            当連結会計年度
                              (2019年3月31日)            (2020年3月31日)
      繰延税金資産
       賞与引当金                            375百万円            337百万円
       未払事業税                            110百万円            63百万円
       退職給付に係る負債                            459百万円            508百万円
       貸倒引当金                             1百万円           17百万円
       ゴルフ会員権                            26百万円            26百万円
       減損損失                            12百万円            12百万円
       未実現固定資産売却益                            958百万円             -百万円
                                   279百万円            277百万円
       その他
      繰延税金資産小計
                                  2,222百万円            1,244百万円
                                  △154百万円            △182百万円
      評価性引当額
      繰延税金資産合計
                                  2,067百万円            1,061百万円
      繰延税金負債
       在外連結子会社の留保利益                           △27百万円            △29百万円
       資産除去債務                            △3百万円            △2百万円
       その他有価証券評価差額金                           △692百万円            △404百万円
                                   △0百万円            △0百万円
       その他
      繰延税金負債合計                            △723百万円            △436百万円
      繰延税金資産の純額                            1,344百万円             624百万円
      2.法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との間に重要な差異があるときの、当該差異の原因となった

       主要な項目別の内訳
                               前連結会計年度            当連結会計年度
                              (2019年3月31日)            (2020年3月31日)
       法定実効税率
                                   30.66%            30.66%
       (調整)
       交際費等永久に損金に算入されない項目                            1.79%            1.73%
       受取配当金等永久に益金に算入されない項目                           △0.20%            △0.29%
       住民税均等割                            0.57%            0.52%
       所得拡大促進税制                           △ 0 .84%             -%
       その他                           △1.13%             0.82%
       税効果会計適用後の法人税等の負担率                            30.85%            33.44%
                                 71/98









                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社カナデン(E02580)
                                                            有価証券報告書
     (セグメント情報等)
     【セグメント情報】
      1.報告セグメントの概要
        当社の報告セグメントは、当社の構成単位のうち分離された財務情報が入手可能であり、取締役会等が事業の業績
       を評価し、また経営資源の配分など、定期的に検討を行う対象となっております。
        当社グループは、エレクトロニクス技術商社として取扱商品や市場などに応じて組織された事業部を本社に置き、
       各事業部は国内及び海外の各事業に関する包括的戦略を立案し、地域戦略を担う支社・支店と一体となった事業活動
       を展開しております。
        したがいまして、当社グループは、商品・市場を基礎とした事業別のセグメントから構成されており、「FAシス
       テム事業」、「ビル設備事業」、「インフラ事業」、「情通・デバイス事業」の4つを報告セグメントとしておりま
       す。
       「FAシステム事業」は、製造ラインの品質・生産性向上に貢献するコントローラシステムをはじめとするFA機器、
       微細加工に対応するレーザー加工機、放電加工機等のメカトロニクス商品を販売しております。
       「ビル設備事業」は、無停電電源装置、昇降機、ビル管理システム等のほか、省エネ化を踏まえた空調機器、住宅設
       備機器、低温機器等を販売しております。
       「インフラ事業」は、交通事業者向けに変電電力設備、LED機器、情報通信機器及び車両用電機品等を販売するほ
       か、社会基盤整備に貢献する交通安全システム、航空管制システム、太陽光発電設備、地域防災システム、大型映像
       システム等を販売しております。
       「情通・デバイス事業」は、情報通信機器、自動車、産業機器に不可欠なマイコンを中心とする半導体、電子デバイ
       ス部品等のほか、様々なニーズや課題に応じたセキュリティシステムや映像システム等を販売しております。
      2.報告セグメントごとの売上高、利益又は損失、資産、負債その他の項目の金額の算定方法

        報告されている事業セグメントの会計処理の方法は、連結財務諸表の作成方法と同一であります。
        報告セグメントの利益は、経常利益ベースの数値であります。
        セグメント間の内部売上高又は振替高は市場実勢価格に基づいております。
                                 72/98












                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社カナデン(E02580)
                                                            有価証券報告書
      3.報告セグメントごとの売上高、利益又は損失、資産、負債その他の項目の金額に関する情報
       前連結会計年度(自           2018年4月1日         至   2019年3月31日)
                                                    (単位:百万円)
                                        報告セグメント
                          FAシステム        ビル設備       インフラ      情通・デバイ

                                                         計
                             事業       事業       事業      ス事業
      売上高

                             48,841       16,248       30,344       27,902      123,337
       外部顧客への売上高
                               126       137       10       84      359
       セグメント間の内部売上高又は振替高
                             48,968       16,385       30,355       27,987      123,696
               計
                              2,791        246       419      1,004       4,461
      セグメント利益
                             21,431       7,002      10,768       12,663       51,866
      セグメント資産
      その他の項目
                                5       1       0      45       52
       減価償却費
       有形固定資産及び
                               13       0       -      169       184
       無形固定資産の増加額
       当連結会計年度(自           2019年4月1日         至   2020年3月31日)

                                                    (単位:百万円)
                                        報告セグメント
                          FAシステム        ビル設備       インフラ      情通・デバイ

                                                         計
                             事業       事業       事業      ス事業
      売上高

                             45,039       19,726       37,080       24,673      126,519
       外部顧客への売上高
                               116       59       7      101       285
       セグメント間の内部売上高又は振替高
                             45,156       19,785       37,087       24,774      126,804
               計
                              2,261        353       562       456      3,633
      セグメント利益
                             16,687       8,900       9,653      12,973       48,214
      セグメント資産
      その他の項目
                                6       0       0      74       81
       減価償却費
       有形固定資産及び
                                7       2       -      176       186
       無形固定資産の増加額
                                 73/98







                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社カナデン(E02580)
                                                            有価証券報告書
      4.報告セグメント合計額と連結財務諸表計上額との差額及び当該差額の主な内容(差異調整に関する事項)
                                                    (単位:百万円)
                 売上高                前連結会計年度                当連結会計年度
         報告セグメント計                               123,696                126,804
         セグメント間取引消去                                △359                △285
         連結財務諸表の売上高                               123,337                126,519
                                                    (単位:百万円)

                 利益                前連結会計年度                当連結会計年度
         報告セグメント計                                4,461                3,633
         全社費用(注)                                 156                151
         連結財務諸表の経常利益                                4,617                3,785
        (注)全社費用は、主に報告セグメントに帰属しない一般管理費及び営業外損益であります。
                                                    (単位:百万円)
                 資産                前連結会計年度                当連結会計年度
         報告セグメント計                                51,866                48,214
         全社資産(注)                                34,935                32,796
         連結財務諸表の資産合計                                86,801                81,011
        (注)全社資産は、主に提出会社での余資運用資金(現金及び有価証券)、長期投資資金(投資有価証券)、本社及び
           支社・支店の土地、建物及び管理部門に係る資産等であります。
                                                    (単位:百万円)
                             報告セグメント計             調整額        連結財務諸表計上額
               その他の項目
                             前連結会     当連結会     前連結会     当連結会     前連結会     当連結会
                             計年度     計年度     計年度     計年度     計年度     計年度
         減価償却費                       52     81     153     229     205     310
         受取利息                        -     -     23     25     23     25
         支払利息                        -     -     11     12     11     12
         有形固定資産及び無形固定資産の増加額                      184     186    6,607      974    6,791     1,160
        (注)減価償却費の調整額、有形固定資産及び無形固定資産の増加額の調整額は、全社資産に係るものでありま
           す。
     【関連情報】

        前連結会計年度(自           2018年4月1日         至   2019年3月31日)
      1.製品及びサービスごとの情報
                                                    (単位:百万円)
                                         電子・       計装・
                    FA機器        設備       冷熱                     合計
                                         半導体       その他
                      36,019       32,677        7,764      40,041
       外部顧客への売上高                                           6,834      123,337
      2.地域ごとの情報

       (1)売上高
                                    (単位:百万円)
          日本         アジア         その他          合計
            113,625          9,711           0      123,337

        (注)1     売上高は顧客の所在地を基礎とし、国又は地域に分類しております。
           2   海外売上高の合計は9,712百万円で、連結売上高に占める海外売上高の割合は7.87%であります。
                                 74/98



                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社カナデン(E02580)
                                                            有価証券報告書
       (2)有形固定資産
         本邦に所在している有形固定資産の金額が連結貸借対照表の有形固定資産の金額の90%を超えるため、記載を省
        略しております。
      3.主要な顧客ごとの情報

                                     (単位:百万円)
          顧客の名称又は氏名                売上高        関連するセグメント名
       東日本旅客鉄道株式会社                     13,864    インフラ事業

        当連結会計年度(自           2019年4月1日         至   2020年3月31日)

      1.製品及びサービスごとの情報
                                                    (単位:百万円)
                                         電子・       計装・
                    FA機器        設備       冷熱                     合計
                                         半導体       その他
                      32,326       39,680        7,482      40,132
       外部顧客への売上高                                           6,897      126,519
      2.地域ごとの情報

       (1)売上高
                                    (単位:百万円)
          日本         アジア         その他          合計
            118,176          8,342           0      126,519

        (注)1     売上高は顧客の所在地を基礎とし、国又は地域に分類しております。
           2   海外売上高の合計は8,342百万円で、連結売上高に占める海外売上高の割合は6.59%であります。
       (2)有形固定資産

         本邦に所在している有形固定資産の金額が連結貸借対照表の有形固定資産の金額の90%を超えるため、記載を省
        略しております。
     【報告セグメントごとの固定資産の減損損失に関する情報】

       前連結会計年度(自2018年4月1日                   至2019年3月31日)
        該当事項はありません。
       当連結会計年度(自2019年4月1日                   至2020年3月31日)

        該当事項はありません。
     【報告セグメントごとののれんの償却額及び未償却残高に関する情報】

       該当事項はありません。
     【報告セグメントごとの負ののれん発生益に関する情報】

       該当事項はありません。
                                 75/98







                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社カナデン(E02580)
                                                            有価証券報告書
     【関連当事者情報】
      関連当事者との取引
      (1)連結財務諸表提出会社と関連当事者との取引
     (ア)連結財務諸表提出会社の親会社及び主要株主等
      前連結会計年度(自2018年4月1日 至2019年3月31日)
          会社等の名           資本金          議決権等の被      関連当事者と           取引金額         期末残高
      種類         所在地         事業の内容                 取引の内容           科目
          称          (百万円)          所有割合(%)      の関係           (百万円)         (百万円)
                                                    売掛金       677
                                                    電子記録
                                                           89
                                          商品の売上       2, 589
                                                    債権
                                                    前受金
                                                           30
                                    当社は三菱電
                                    機㈱の代理店
               東京都
     その他の                    電気機器の
                                                          9,536
                                                    買掛金
                               直接   25. 3
          三菱電機㈱           175,820
     関係会社                    製造販売           ・特約店
               千代田区
                               間接 0.1
                                          商品の仕入      56,721    前渡金      1,269
                                    役員の兼任等
                                                    未収入金
                                                           828
                                          上記取引に
                                          係る仕入割        24   -      -
                                          引
      当連結会計年度(自2019年4月1日 至2020年3月31日)

                    資本金          議決権等の被                  取引金額         期末残高
          会社等の名                          関連当事者と
      種類         所在地         事業の内容                 取引の内容           科目
          称          (百万円)          所有割合(%)      の関係           (百万円)         (百万円)
                                                    売掛金       521
                                                    電子記録       56
                                          商品の売上       2,185
                                                    債権
                                                    前受金        6
                                    当社は三菱電
                                    機㈱の代理店
               東京都
     その他の                    電気機器の
                                                    買掛金      12,137
                               直接   25. 3
          三菱電機㈱           175,820
     関係会社                    製造販売           ・特約店
               千代田区
                               間接 0.1
                                          商品の仕入      63,828    前渡金       120
                                    役員の兼任等
                                                    未収入金
                                                           944
                                          上記取引に
                                          係る仕入割
                                                  23   -      -
                                          引
     (イ)連結財務諸表提出会社と同一の親会社をもつ会社等及び連結財務諸表提出会社のその他の関係会社の子会社等

      前連結会計年度(自2018年4月1日 至2019年3月31日)
                    資本金          議決権等の被                  取引金額         期末残高
          会社等の名                          関連当事者と
      種類         所在地         事業の内容                 取引の内容           科目
          称          (百万円)          所有割合(%)      の関係           (百万円)         (百万円)
                                          商品の売上        35  売掛金        2

                         住宅設備機
          三菱電機住
     その他の
                                                    支払手形       19
               東京都
                         器及び家庭           同社製品等の
          環境システ
     関係会社                 2,627          0.0
                         電気機器の           販売・仕入
               台東区                                     電子記録       538
     の子会社    ムズ㈱
                         販売
                                          商品の仕入       5,212   債務
                                                    買掛金
                                                          1,039
                                                    未収入金
                                                           153
                         重電関係プ
                                          商品の売上        63  売掛金       15
                         ラント及び
          三菱電機プ
                         機器のメン
     その他の
               東京都
          ラントエン                          同社製品等の
                                                    電子記録       280
     関係会社                 350  テナンスサ       0.0
          ジニアリン                          販売・仕入
               台東区
     の子会社
                         ービス並び
                                                    債務
          グ㈱
                                          商品の仕入
                                                 1,751
                         にエンジニ
                                                    買掛金       981
                         アリング
                                                    未収入金
                                                           11
                                 76/98






                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社カナデン(E02580)
                                                            有価証券報告書
      当連結会計年度(自2019年4月1日 至2020年3月31日)
                    資本金          議決権等の被                  取引金額         期末残高
          会社等の名                          関連当事者と
      種類         所在地         事業の内容                 取引の内容           科目
          称          (百万円)          所有割合(%)      の関係           (百万円)         (百万円)
                                          商品の売上          売掛金

                                                  33         ▶
                         住宅設備機
     その他の    三菱電機住
               東京都
                         器及び家庭           同社製品等の
                                                    電子記録      1,077
     関係会社    環境システ
                      2,627          0.0
                         電気機器の           販売・仕入
               台東区
     の子会社
          ムズ㈱
                                                    債務
                         販売
                                          商品の仕入
                                                 5,483
                                                    買掛金
                                                           735
                                                    未収入金
                                                           156
                         重電関係プ

                                          商品の売上        120  売掛金       57
                         ラント及び
          三菱電機プ
                         機器のメン
     その他の
               東京都
          ラントエン                          同社製品等の
                                                    電子記録       246
     関係会社                 350  テナンスサ       0.0
          ジニアリン                          販売・仕入
               台東区
     の子会社
                         ービス並び
                                                    債務
          グ㈱
                                          商品の仕入       1,968
                         にエンジニ
                                                    買掛金      1,244
                         アリング
                                                    未収入金
                                                           10
      (注)    1 取引条件及び取引条件の決定方針等
           売上高、仕入高についての価格その他の取引条件は、市場の実勢を参考に折衝の上取引価格を決定しており
           ます。
         2 議決権等の被所有割合
           その他の関係      会社である三菱電機㈱が25.3%直接所有し、その子会社である三菱電機住環境システムズ㈱他
           計4社が0.1%を間接所有しております。
         3 消費税等の会計処理は税抜方式を採用していますので、取引金額には消費税等を含まず、期末残高には消費
           税等を含んでおります。
      (2)連結財務諸表提出会社の連結子会社と関連当事者との取引

     (ア)連結財務諸表提出会社の親会社及び主要株主等
      前連結会計年度(自2018年4月1日 至2019年3月31日)
          会社等の名           資本金          議決権等の被      関連当事者と           取引金額         期末残高
      種類         所在地         事業の内容                 取引の内容           科目
          称          (百万円)          所有割合(%)      の関係           (百万円)         (百万円)
                                                    売掛金       31
                                          商品の売上        141  電子記録
                                                           32
               東京都
     その他の                    電気機器の           同社製品等の
          三菱電機㈱           175,820            -
                                                    債権
     関係会社                    製造販売           販売・仕入
               千代田区
                                          商品の仕入        125  買掛金       121
      当連結会計年度(自2019年4月1日 至2020年3月31日)

          会社等の名           資本金          議決権等の被      関連当事者と           取引金額         期末残高
      種類         所在地         事業の内容                 取引の内容           科目
          称          (百万円)          所有割合(%)      の関係           (百万円)         (百万円)
                                          商品の売上        31  売掛金       10

               東京都
     その他の                    電気機器の           同社製品等の
          三菱電機㈱           175,820            -
     関係会社                    製造販売           販売・仕入
               千代田区
                                          商品の仕入        226  買掛金       215
      (注)    1 取引条件及び取引条件の決定方針等
           売上高、仕入高についての価格その他の取引条件は、市場の実勢を参考に折衝の上取引価格を決定しており
           ます。
         2 消費税等の会計処理は税抜方式を採用していますので、取引金額には消費税等を含まず、期末残高には消費
           税等を含んでおります。
                                 77/98





                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社カナデン(E02580)
                                                            有価証券報告書
     (1株当たり情報)
                                 前連結会計年度                当連結会計年度
                               (自    2018年4月1日             (自    2019年4月1日
                                至   2019年3月31日)              至   2020年3月31日)
     1株当たり純資産                                1,517.60円                1,568.54円
     1株当たり当期純利益                                 110.05円                119.88円
     (注)1.潜在株式調整後1株当たり当期純利益については、潜在株式が存在しないため記載しておりません。
        2.1株当たり当期純利益の算定上の基礎は、以下のとおりであります。
                                 前連結会計年度                当連結会計年度
                               (自 2018年4月1日                (自 2019年4月1日
                                至 2019年3月31日)                至 2020年3月31日)
     1株当たり当期純利益

      親会社株主に帰属する当期純利益
                                        3,253                3,416
      (百万円)
                                          -                -
      普通株主に帰属しない金額(百万円)
      普通株式に係る親会社株主に帰属する当期
                                        3,253                3,416
      純利益(百万円)
      期中平均株式数(千株)                                 29,568                28,496
     (重要な後発事象)

       該当事項はありません。
                                 78/98













                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社カナデン(E02580)
                                                            有価証券報告書
     ⑤【連結附属明細表】
     【社債明細表】
          該当事項はありません。
     【借入金等明細表】

                        当期首残高         当期末残高          平均利率
            区分                                         返済期限
                        (百万円)         (百万円)          (%)
     1年以内に返済予定のリース債務                        27         37        3.8%        -

     リース債務(1年以内に返済予定

                              69         72        5.4%    2020年~2033年
     のものを除く。)
     その他有利子負債
      流動負債「その他」                       649         650         0.8%        -
      (受入保証金)
            合計                 746         760      -          -
      (注)1.平均利率については、期末借入金等残高に対する加重平均利率を記載しております。
         2.リース債務(1年以内に返済予定のものを除く。)の連結決算日後5年間の返済予定額は以下のとおりであ
           ります。
                        1年超2年以内         2年超3年以内         3年超4年以内         4年超5年以内

                         (百万円)         (百万円)         (百万円)         (百万円)
           リース債務                     19         13          ▶         3

     【資産除去債務明細表】

       当連結会計年度期首及び当連結会計年度末における資産除去債務の金額が、当連結会計年度期首及び当連結会計年
      度末における負債及び純資産の合計額の100分の1以下であるため、連結財務諸表規則第92条の2の規定により記載を
      省略しております。
     (2)【その他】

         当連結会計年度における四半期情報等
     (累計期間)                第1四半期          第2四半期          第3四半期         当連結会計年度
     売上高(百万円)                     24,567          56,781          84,214          126,519
     税金等調整前四半期(当期)
                           161
                                     2,649          3,326          5,132
     純利益(百万円)
     親会社株主に帰属する四半期
                            79         1,811          2,251          3,416
     (当期)純利益(百万円)
     1株当たり四半期(当期)
                                     63.58          79.01          119.88
                           2.77
     純利益(円)
     (会計期間)                第1四半期          第2四半期          第3四半期          第4四半期

     1株当たり四半期純利益
                                                         40.86
                           2.77          60.79          15.44
     (円)
                                 79/98






                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社カナデン(E02580)
                                                            有価証券報告書
      2【財務諸表等】
     (1)【財務諸表】
     ①【貸借対照表】
                                                   (単位:百万円)
                                   前事業年度              当事業年度
                                 (2019年3月31日)              (2020年3月31日)
      資産の部
       流動資産
                                         4,464              10,777
         現金及び預金
                                        ※2 3,605             ※2 2,891
         受取手形
                                        ※2 6,018             ※2 5,969
         電子記録債権
                                        ※1 32,022             ※1 28,810
         売掛金
                                         8,999              4,800
         有価証券
                                         3,797              3,912
         商品及び製品
                                            1              1
         原材料及び貯蔵品
                                         1,334               217
         前渡金
                                           159              131
         前払費用
                                        ※1 1,590             ※1 1,428
         未収入金
         関係会社短期貸付金                                   -             100
                                           25              23
         その他
                                           △ 2             △ 3
         貸倒引当金
                                         62,017              59,059
         流動資産合計
       固定資産
         有形固定資産
                                         6,664              5,369
          建物
                                        △ 2,632             △ 1,472
            減価償却累計額
            建物(純額)                              4,031              3,897
                                           98              123
          機械及び装置
                                          △ 93             △ 93
            減価償却累計額
            機械及び装置(純額)                                ▶              30
          工具、器具及び備品                                537              948
                                         △ 453             △ 469
            減価償却累計額
            工具、器具及び備品(純額)                               84              479
          土地                               6,012              4,337
                                           64              57
          リース資産
                                          △ 44             △ 49
            減価償却累計額
            リース資産(純額)                               20               8
                                           10              64
          建設仮勘定
                                         10,164               8,818
          有形固定資産合計
         無形固定資産
                                           73              70
          ソフトウエア
                                           60              101
          ソフトウエア仮勘定
                                           29              28
          その他
                                           163              201
          無形固定資産合計
         投資その他の資産
                                         4,743              3,867
          投資有価証券
                                         2,089              2,121
          関係会社株式
                                           131              159
          関係会社長期貸付金
                                            ▶              9
          長期前払費用
                                         1,294               537
          繰延税金資産
                                           159              118
          その他
                                          △ 73             △ 74
          貸倒引当金
                                         8,349              6,739
          投資その他の資産合計
                                         18,677              15,758
         固定資産合計
                                         80,694              74,818
       資産合計
                                 80/98



                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社カナデン(E02580)
                                                            有価証券報告書
                                                   (単位:百万円)

                                   前事業年度              当事業年度
                                 (2019年3月31日)              (2020年3月31日)
      負債の部
       流動負債
                                         ※2 350             ※2 328
         支払手形
                                        ※2 3,683             ※2 4,559
         電子記録債務
                                        ※1 24,868             ※1 22,703
         買掛金
                                           12               7
         リース債務
                                           774             1,024
         未払金
                                         1,979               941
         未払法人税等
                                         5,600               680
         前受金
                                           89              49
         預り金
                                         1,050               918
         賞与引当金
                                           68              75
         役員賞与引当金
                                           641              642
         受入保証金
                                           138              462
         その他
                                         39,259              32,393
         流動負債合計
       固定負債
                                            9              2
         リース債務
                                           673              167
         再評価に係る繰延税金負債
                                         1,515              1,537
         退職給付引当金
                                           25              14
         資産除去債務
                                            9              9
         長期未払金
                                         2,233              1,731
         固定負債合計
                                         41,492              34,124
       負債合計
      純資産の部
       株主資本
                                         5,576              5,576
         資本金
         資本剰余金
                                         5,359              5,359
          資本準備金
                                            -              2
          その他資本剰余金
                                         5,359              5,362
          資本剰余金合計
         利益剰余金
                                           588              588
          利益準備金
          その他利益剰余金
                                         16,740              16,740
            別途積立金
                                         7,953              11,206
            繰越利益剰余金
          利益剰余金合計                               25,281              28,534
                                         △ 152             △ 123
         自己株式
                                         36,065              39,350
         株主資本合計
       評価・換算差額等
                                         1,614               964
         その他有価証券評価差額金
                                         1,521               378
         土地再評価差額金
                                         3,136              1,343
         評価・換算差額等合計
                                         39,202              40,693
       純資産合計
                                         80,694              74,818
      負債純資産合計
                                 81/98





                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社カナデン(E02580)
                                                            有価証券報告書
     ②【損益計算書】
                                                   (単位:百万円)
                                   前事業年度              当事業年度
                                (自 2018年4月1日              (自 2019年4月1日
                                 至 2019年3月31日)               至 2020年3月31日)
      売上高
                                        113,983              118,450
       商品売上高
                                           218              233
       手数料収入
                                        114,202              118,684
       売上高合計
      売上原価
                                         3,624              3,797
       商品期首たな卸高
                                       ※2 101,299             ※2 106,078
       当期商品仕入高
                                        104,923              109,876
       合計
                                         3,797              3,912
       商品期末たな卸高
                                        101,125              105,963
       商品売上原価
                                         13,076              12,720
      売上総利益
                                        ※1 9,254             ※1 9,448
      販売費及び一般管理費
                                         3,821              3,272
      営業利益
      営業外収益
                                           14              10
       受取利息
                                         ※2 189             ※2 234
       受取配当金
                                          ※2 25             ※2 24
       仕入割引
                                          ※2 52             ※2 60
       不動産賃貸料
                                           27               -
       為替差益
                                           25              34
       その他
                                           334              364
       営業外収益合計
      営業外費用
                                            8              8
       支払利息
                                           63              68
       売上割引
                                            -              23
       為替差損
                                           16              25
       その他
                                           88              126
       営業外費用合計
                                         4,067              3,510
      経常利益
      特別利益
                                           94              33
       投資有価証券売却益
                                            0              -
       ゴルフ会員権売却益
                                          ※3 -           ※3 1,433
       固定資産売却益
                                           95             1,467
       特別利益合計
      特別損失
                                          ※4 0             ※4 6
       固定資産除却損
       事務所移転費用                                    -              63
                                            6              -
       ゴルフ会員権評価損
                                            -              25
       投資有価証券売却損
                                            -              23
       投資有価証券評価損
                                            6             118
       特別損失合計
                                         4,156              4,860
      税引前当期純利益
      法人税、住民税及び事業税                                    2,164               999
                                         △ 882              539
      法人税等調整額
                                         1,282              1,539
      法人税等合計
                                         2,873              3,321
      当期純利益
                                 82/98




                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社カナデン(E02580)
                                                            有価証券報告書
     ③【株主資本等変動計算書】
       前事業年度(自 2018年4月1日 至 2019年3月31日)
                                                      (単位:百万円)
                                     株主資本
                          資本剰余金               利益剰余金
                                        その他利益剰余金                 株主資本
                  資本金                                  自己株式
                      資本準備    その他資    資本剰余    利益準備             利益剰余         合計
                      金    本剰余金    金合計    金    別途積立    繰越利益    金合計
                                       金    剰余金
     当期首残高              5,576    5,359      0   5,359     588   16,740     8,367    25,696     △ 869   35,762
     当期変動額
      剰余金の配当                                      △ 1,082   △ 1,082        △ 1,082
      当期純利益                                       2,873    2,873         2,873
      自己株式の取得                                               △ 1,519   △ 1,519
      自己株式の処分
                             0    0                     30    31
      自己株式の消却                       △ 0   △ 0          △ 2,205   △ 2,205    2,206      -
      土地再評価差額金の取崩                                                     -
      株主資本以外の項目の当期
      変動額(純額)
     当期変動額合計                -    -   △ 0   △ 0    -    -   △ 414   △ 414    717    303
     当期末残高              5,576    5,359      -   5,359     588   16,740     7,953    25,281     △ 152   36,065
                           評価・換算差額等

                                             純資産合計
                  その他有価証券評価                 評価・換算差額等合
                           土地再評価差額金
                  差額金                 計
     当期首残高                  2,037         1,521         3,559        39,321
     当期変動額
      剰余金の配当
                                                △ 1,082
      当期純利益                                           2,873
      自己株式の取得                                          △ 1,519
      自己株式の処分                                            31
      自己株式の消却                                             -
      土地再評価差額金の取崩                                             -
      株主資本以外の項目の当期
                       △ 422         -       △ 422        △ 422
      変動額(純額)
     当期変動額合計
                       △ 422         -       △ 422        △ 119
     当期末残高                  1,614         1,521         3,136        39,202
                                 83/98






                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社カナデン(E02580)
                                                            有価証券報告書
       当事業年度(自 2019年4月1日 至 2020年3月31日)
                                                      (単位:百万円)
                                     株主資本
                          資本剰余金               利益剰余金
                                        その他利益剰余金                 株主資本
                  資本金                                  自己株式
                      資本準備    その他資    資本剰余    利益準備             利益剰余         合計
                      金    本剰余金    金合計    金    別途積立    繰越利益    金合計
                                       金    剰余金
     当期首残高              5,576    5,359      -   5,359     588   16,740     7,953    25,281     △ 152   36,065
     当期変動額
      剰余金の配当
                                            △ 1,211   △ 1,211        △ 1,211
      当期純利益                                       3,321    3,321         3,321
      自己株式の取得                                                △ 0   △ 0
      自己株式の処分                       2    2                     29    32
      自己株式の消却
                                                            -
      土地再評価差額金の取崩                                       1,143    1,143         1,143
      株主資本以外の項目の当期
      変動額(純額)
     当期変動額合計
                     -    -    2    2    -    -   3,253    3,253      28   3,285
     当期末残高              5,576    5,359      2   5,362     588   16,740    11,206    28,534     △ 123   39,350
                           評価・換算差額等

                                             純資産合計
                  その他有価証券評価                 評価・換算差額等合
                           土地再評価差額金
                  差額金                 計
     当期首残高
                       1,614         1,521         3,136        39,202
     当期変動額
      剰余金の配当                                          △ 1,211
      当期純利益
                                                 3,321
      自己株式の取得                                            △ 0
      自己株式の処分                                            32
      自己株式の消却                                             -
      土地再評価差額金の取崩
                                                 1,143
      株主資本以外の項目の当期
                       △ 650       △ 1,143        △ 1,793        △ 1,793
      変動額(純額)
     当期変動額合計                  △ 650       △ 1,143        △ 1,793         1,491
     当期末残高                   964         378        1,343        40,693
                                 84/98







                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社カナデン(E02580)
                                                            有価証券報告書
     【注記事項】
     (重要な会計方針)
      1 有価証券の評価基準及び評価方法
       (1)  満期保有目的の債券
         償却原価法による定額法
       (2)  子会社株式及び関連会社株式
         移動平均法による原価法
       (3)  その他有価証券
         ①時価のあるもの
          決算日の市場価格等に基づく時価法(評価差額は全部純資産直入法により処理し、売却原価は移動平均法に
          より算定しております。)
         ②時価のないもの
          移動平均法による原価法
      2 たな卸資産の評価基準及び評価方法
        主として移動平均法による原価法(貸借対照表価額は収益性の低下に基づく簿価切下げの方法により算定してお
       ります。)
      3 固定資産の減価償却の方法
       (1)  有形固定資産(リース資産は除く)
         定率法(ただし、1998年4月1日以降に取得した建物(附属設備を除く)                                   並びに2016年4月1日以降に取得し
        た建物附属設備及び構築物については                  定額法)を採用しております。なお、主な耐用年数は以下のとおりであり
        ます。
          建物        15~50年
          機械及び装置    10~15年
          工具、器具及び備品 5~15年
       (2)  無形固定資産(リース資産は除く)
         定額法を採用しております。
         なお、自社利用のソフトウエアについては、社内における利用可能期間(5年)に基づく定額法を採用しており
        ます。
       (3)  リース資産
          所有権移転ファイナンス・リース取引に係るリース資産
           自己所有の固定資産に適用する減価償却方法と同一の方法を採用しております。
          所有権移転外ファイナンス・リース取引に係るリース資産
           リース期間を耐用年数とし、残存価額を零とする定額法を採用しております。
      4 外貨建の資産及び負債の本邦通貨への換算基準
        外貨建金銭債権債務は、決算日の直物為替相場により円貨に換算し、換算差額は損益として処理しております。
       なお、為替予約の振当処理の対象となっている外貨建金銭債権債務については、当該為替予約の円貨額に換算して
       おります。
                                 85/98








                                                           EDINET提出書類
                                                       株式会社カナデン(E02580)
                                                            有価証券報告書
      5 引当金の計上基準
       (1)  貸倒引当金
         債権の貸倒れによる損失に備えるため、一般債権については、貸倒実績率による計算額を、貸倒懸念債権等特
        定の債権については、個別に回収可能性を検討し回収不能見込額を計上しております。
       (2)  賞与引当金
         従業員に対して支給する賞与の支出に充てるため、実際支給見込額の当事業年度負担額を計上しております。
       (3)  役員賞与引当金
         役員に対して支給する賞与の支出に充てるため、実際支給見込額の当事業年度負担額を計上しております。
       (4)  退職給付引当金
        ①退職給付見込額の期間帰属方法
         退職給付債務の算定にあたり、退職給付見込額を当事業年度末までの期間に帰属させる方法については、給付
        算定式基準によっております。
        ②数理計算上の差異及び過去勤務費用の費用処理方法
         過去勤務費用については、その発生時における従業員の平均残存勤務期間以内の一定の年数(13年)による定
        額法により費用処理しております。
         数理計算上の差異については、各事業年度の発生時における従業員の平均残存勤務期間以内の一定の年数(13
        年)による定額法により按分した額を、それぞれ発生の翌事業年度から費用処理しております。
      6 ヘッジ会計の方法

       (1)  ヘッジ会計の方法
         為替予約等が付されている外貨建金銭債権債務等については、振当処理を行っております。
       (2)  ヘッジ手段とヘッジ対象
         ヘッジ手段……為替予約取引
         ヘッジ対象……外貨建金銭債権債務
       (3)  ヘッジ方針
         当社では、為替予約は通常の営業取引に係る為替変動リスク回避の目的で実需の範囲内で利用しており、投機
        目的のためのデリバティブ取引は行っておりません。
       (4)  ヘッジ有効性評価の方法
         ヘッジ開始時から有効性判定時点までの期間において、ヘッジ対象とヘッジ手段の相場変動の累計を比較し、
        両者の変動額等を基礎にして判断しております。
      7 その他財務諸表作成のための基本となる重要な事項
       (1)退職給付に係る会計処理
        退職給付に係る未認識数理計算上の差異及び未認識過去勤務費用の未処理額の会計処理の方法は、連結財務諸表
       におけるこれらの会計処理の方法と異なっております。
       (2)消費税等の会計処理
        消費税等の会計処理は、税抜方式によっております。
     (表示方法の変更)

       該当事項はありません。
                                 86/98








 &n