日亜鋼業株式会社 有価証券報告書

提出書類 有価証券報告書
提出日
提出者 日亜鋼業株式会社
カテゴリ 有価証券報告書

                     EDINET提出書類
                    日亜鋼業株式会社(E01287)
                      有価証券報告書
 【表紙】

 【提出書類】        有価証券報告書

 【根拠条文】        金融商品取引法第24条第1項

 【提出先】        関東財務局長

 【提出日】        2020年6月26日

 【事業年度】        第68期(自 2019年4月1日 至 2020年3月31日)

 【会社名】        日亜鋼業株式会社

 【英訳名】        NICHIA STEEL WORKS, LTD.

 【代表者の役職氏名】        代表取締役社長  国峰 淳

 【本店の所在の場所】        兵庫県尼崎市中浜町19番地

 【電話番号】        06(6416)1021(代表)

 【事務連絡者氏名】        取締役管理本部長  沖垣 佳宏

 【最寄りの連絡場所】        東京都中央区京橋2丁目5番18号

          日亜鋼業株式会社東京支店
 【電話番号】        03(5524)5501
 【事務連絡者氏名】        東京支店長  山本 敦久

 【縦覧に供する場所】        日亜鋼業株式会社 東京支店

          (東京都中央区京橋2丁目5番18号)

         株式会社東京証券取引所

          (東京都中央区日本橋兜町2番1号)

             1/87







                     EDINET提出書類
                    日亜鋼業株式会社(E01287)
                      有価証券報告書
 第一部 【企業情報】
 第1 【企業の概況】

 1 【主要な経営指標等の推移】

  (1) 連結経営指標等
    回次     第64期   第65期   第66期   第67期   第68期

    決算年月     2016年3月   2017年3月   2018年3月   2019年3月   2020年3月

  売上高     (千円)  26,216,625   26,333,159   28,281,124   31,247,181   30,939,114

  経常利益     (千円)  788,593  1,025,139   1,258,720   1,522,003   2,033,746

  親会社株主に帰属する

       (千円)  453,713   687,169   764,883   979,442   384,419
  当期純利益
  包括利益     (千円)  △703,113  1,323,006   1,229,679   409,856   324,583

  純資産額     (千円)  44,152,370   45,184,650   46,123,666   45,947,062   45,981,140

  総資産額     (千円)  62,862,443   64,463,819   65,519,730   66,464,993   64,529,562

  1株当たり純資産額     (円)  855.22   875.16   893.71   890.08   890.65

  1株当たり当期純利益     (円)   9.37  14.20   15.80   20.24   7.94

  潜在株式調整後1株当たり
       (円)   ―   ―   ―   ―   ―
  当期純利益
  自己資本比率     (%)   65.8   65.7   66.0   64.8   66.8
  自己資本利益率     (%)   1.1   1.6   1.8   2.3   0.9

  株価収益率     (倍)   25.9   19.2   22.1   16.9   35.5

  営業活動による
       (千円)  1,918,470   3,328,389   1,989,828   3,130,354   2,251,046
  キャッシュ・フロー
  投資活動による
       (千円)  △2,395,477  △2,439,375   11,398  △498,848  △2,513,472
  キャッシュ・フロー
  財務活動による
       (千円)  △344,882  △445,619  △637,710  △653,434  △1,761,575
  キャッシュ・フロー
  現金及び現金同等物
       (千円)  5,901,278   6,344,861   7,710,475   9,774,790   7,741,722
  の期末残高
  従業員数     (人)   755   758   778   833   787
  (注) 1.売上高には、消費税等は含まれていない。
   2.第64期、第65期、第66期、第67期、第68期の潜在株式調整後1株当たり当期純利益については、潜在株式が
   存在しないため記載していない。
   3.「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」(企業会計基準第28号 2018年2月16日)等を第67期の期首
   から適用しており、第66期に係る主要な経営指標等については、当該会計基準等を遡って適用した後の指標
   等となっている。
             2/87





                     EDINET提出書類
                    日亜鋼業株式会社(E01287)
                      有価証券報告書
  (2) 提出会社の経営指標等
    回次     第64期   第65期   第66期   第67期   第68期

    決算年月     2016年3月   2017年3月   2018年3月   2019年3月   2020年3月

  売上高     (千円)  13,998,565   14,528,955   15,457,643   17,173,511   17,848,273

  経常利益     (千円)  894,864   937,829  1,151,404   1,521,077   2,027,098

  当期純利益     (千円)  388,284   621,900   401,159   542,878   344,312

  資本金     (千円)  10,720,068   10,720,068   10,720,068   10,720,068   10,720,068

  発行済株式総数     (株)  51,755,478   51,755,478   51,755,478   51,755,478   51,755,478

  純資産額     (千円)  37,933,985   38,782,279   39,230,881   38,852,275   38,841,974

  総資産額     (千円)  44,956,676   47,006,242   47,461,508   47,686,893   47,186,140

  1株当たり純資産額     (円)  783.74   801.27   810.57   802.76   802.56

  1株当たり配当額

          6.00   6.00   7.00   6.00   6.00
       (円)
         (3.00 )  (3.00 )  (3.00 )  (3.00 )  (3.00 )
  (1株当たり中間配当額)
  1株当たり当期純利益     (円)   8.02  12.85   8.29  11.22   7.11

  潜在株式調整後1株当たり
       (円)   ―   ―   ―   ―   ―
  当期純利益
  自己資本比率     (%)   84.4   82.5   82.7   81.5   82.3
  自己資本利益率     (%)   1.0   1.6   1.0   1.4   0.9

  株価収益率     (倍)   30.3   21.2   42.1   30.5   39.7

  配当性向     (%)   74.8   46.7   84.4   53.5   84.4

  従業員数     (人)   274   281   287   296   304

  株主総利回り     (%)   74.3   84.8  109.9   109.6   93.4

  (比較指標:配当込みTOPIX)     (%)   (89.2 )  (102.3 )  (118.5 )  (112.5 )  (101.8 )

  最高株価     (円)   347   319   396   406   385

  最低株価     (円)   222   201   240   245   206

  (注) 1.売上高には、消費税等は含まれていない。
   2.第64期、第65期、第66期、第67期、第68期の潜在株式調整後1株当たり当期純利益については、潜在株式が
   存在しないため記載していない。
   3.2018年3月期の1株当たり配当額7円には、創業110周年記念配当1円を含んでいる。
   4.最高株価及び最低株価は、東京証券取引所市場第一部におけるものである。
   5.「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」(企業会計基準第28号 2018年2月16日)等を第67期の期首
   から適用しており、第66期に係る主要な経営指標等については、当該会計基準等を遡って適用した後の指標
   等となっている。
             3/87





                     EDINET提出書類
                    日亜鋼業株式会社(E01287)
                      有価証券報告書
 2 【沿革】
  年月          概要

    田中亜鉛鍍金工場として発足
  1908年7月
    田中亜鉛鍍金工場より資本金25万円にて日本亜鉛鍍株式会社を創立
  1918年3月
    針金、有刺鉄線、丸釘の製造を開始
  1929年4月
    日本亜鉛鍍株式会社より日本亜鉛鍍鋼業株式会社に商号変更
  1935年5月
    日本亜鉛鍍鋼業株式会社より日亜製鋼株式会社に商号変更
  1939年9月
    日亜製鋼株式会社より分離独立、日亜鋼業株式会社として資本金5,000万円にて設立
  1952年6月
    東京営業所開設
  1960年6月
    日亜加工鋼業株式会社を吸収合併し、大阪工場とする
  1961年4月
    大阪証券取引所市場第二部に株式上場
  1961年10月
    硬鋼線工場竣工(兵庫県尼崎市道意町)
  1962年5月
    着色鉄板工場竣工(兵庫県尼崎市道意町)
  1964年6月
    日亜工運株式会社を資本金300万円にて設立(1975年10月、1,000万円に増資)
  1968年4月
    鋲螺工場竣工(兵庫県尼崎市道意町)
  1970年6月
    北海道営業所及び九州営業所開設
  1973年12月
    日亜企業株式会社を資本金300万円にて設立(1994年7月、1,000万円に増資)
  1976年2月
    東北営業所開設
  1978年9月
    東北日亜鋼業株式会社を資本金1,000万円にて設立
  1979年4月
    名古屋営業所開設
  1979年4月
    広島営業所開設
  1980年3月
    東京証券取引所市場第二部に株式上場
  1986年2月
    本社新社屋竣工(兵庫県尼崎市道意町)
  1987年7月
    東京、大阪両証券取引所市場第一部に指定
  1987年9月
    東京営業所を支店に昇格
  1987年12月
    室蘭工場竣工(北海道室蘭市仲町)
  1991年5月
    北陸営業所開設
  1991年7月
    茨城工場竣工(茨城県北茨城市)
  1995年4月
    東北日亜鋼業株式会社より太陽メッキ株式会社に商号変更(1999年5月、5,000万円に増資)
  1998年4月
    太陽メッキ株式会社が昭和メッキ株式会社を買収したことにより、亜鉛(着色)鉄板の製造を移管
  1998年5月
    北陸営業所閉所し、新潟営業所を開設
  1999年12月
    滋賀ボルト株式会社(資本金2億円)の株式を取得し、当社の連結子会社とする
  2001年3月
    沖縄営業所開設
  2001年7月
    日亜機電株式会社を資本金3,000万円にて設立
  2001年10月
    興国鋼線索株式会社(資本金4億5,000万円)の株式を取得し、当社の連結子会社とする
  2001年11月
    沖縄営業所閉所
  2005年2月
    中国駐在事務所(北京市)開設
  2005年4月
  2005年10月  本社鋲螺部門を茨城工場に移転
  2007年4月  興国鋼線索株式会社は住友電気工業株式会社の子会社関東鋼線株式会社及び株式会社メタックスと吸
    収合併し、ジェイ-ワイテックス株式会社に社名変更
  2007年4月  新潟営業所を閉所し、新潟駐在所を開設
  2008年5月  日亜工運株式会社より日亜物産株式会社に商号変更
  2008年7月  新潟駐在所を新潟営業所に昇格
  2009年9月  大阪証券取引所市場第一部を上場廃止
  2011年10月  室蘭工場閉鎖
  2011年11月  中華人民共和国に天津冶金鋼線鋼纜集団有限公司と合弁で天津天冶日亜鋼業有限公司(資本金75,000
    千人民元)を設立
  2011年12月  中国駐在事務所閉所
  2013年11月  日亜機電株式会社清算
  2014年2月  日亜物産株式会社清算
             4/87





                     EDINET提出書類
                    日亜鋼業株式会社(E01287)
                      有価証券報告書
 3 【事業の内容】
  当社及び当社の関係会社は、当社、連結子会社(ジェイ-ワイテックス㈱、滋賀ボルト㈱、太陽メッキ㈱、天津天
  冶日亜鋼業有限公司、烟台基威特鋼線製品有限公司)、非連結子会社(日亜企業㈱、南海サービス㈱、㈱エムアー
  ルケー、烟台基威特金属製品有限公司)、持分法適用関連会社(TSN            Wires Co.,Ltd.)、その他の関係会社(日本製
  鉄㈱)の計12社で構成されており、普通線材製品、特殊線材製品、鋲螺線材製品の製造販売を主な事業として取り
  組んでいる。
  当社及び当社の関係会社の事業における当社及び関係会社の位置付け及びセグメントとの関連は、次のとおりで
  あり、セグメントと同一の区分である。
 普通線材製品    公共土木向けの落石防止網、じゃかご及び民間向け等の各種めっき鉄線、また、めっき鉄線を

     素線とした加工製品を製造販売している。
   (主な関係会社)当社及び天津天冶日亜鋼業有限公司
 特殊線材製品    自動車産業向け、電力・通信産業向け及び公共土木向け等の硬鋼線、各種めっき鋼線、鋼平

     線、鋼より線、ワイヤロープを製造販売している。
   (主な関係会社)当社及びジェイ-ワイテックス㈱
 鋲螺線材製品    土木・建設業向け等のトルシア形高力ボルト、六角高力ボルト及びGNボルトを製造販売して

     いる。
   (主な関係会社)当社及び滋賀ボルト㈱
 不動産賃貸    建物、土地の不動産賃貸業を営んでいる。

   (主な関係会社)当社及び滋賀ボルト㈱
 その他    めっき受託加工及び副産物を販売している。

   (主な関係会社)当社、ジェイ-ワイテックス㈱及び太陽メッキ㈱
             5/87











                     EDINET提出書類
                    日亜鋼業株式会社(E01287)
                      有価証券報告書
 4 【関係会社の状況】
              議決権の所有

           主要な
   名称   住所  資本金     又は被所有   関係内容   摘要
           事業の内容
              割合(%)
  (連結子会社)
                当社特殊線材製品の
                製造・販売
          特殊線材製品
  ジェイ-ワイテックス㈱    大阪府貝塚市   450,000千円       55 役員の兼任あり    (注)3
          製造・販売
                債務保証
                資金貸付あり
                当社鋲螺線材製品の

          鋲螺線材製品
                製造・販売
  滋賀ボルト㈱    滋賀県甲賀市   200,000千円  製造・販売     100     (注)4
                役員の兼任あり
          不動産賃貸
                資金貸付あり
                当社普通線材製品及び

                特殊線材製品の
          その他
  太陽メッキ㈱    兵庫県尼崎市   50,000千円       100 メッキ加工
          (メッキ加工・販売)
                役員の兼任あり
                資金貸付あり
  天津天冶日亜鋼業    中華人民共和国     普通線材製品     役員の兼任あり

        75,000千元       51     (注)4、6
  有限公司    天津市     製造・販売     資金貸付あり
          特殊線材製品

  烟台基威特鋼線製品    中華人民共和国          55
        43,851千元       ―
  有限公司    烟台市           〔55〕
          製造・販売 
  (持分法適用関連会社)

                役員の兼任あり

     タイ国
  TSN Wires Co.,Ltd.
        700,000千THB  金属製品製造業     40 債務保証
     バンコク
                資金貸付あり
  (その他の関係会社)

                商社経由での原材料購

                入
          鉄鋼・非鉄金属等   被所有割合
  日本製鉄㈱    東京都千代田区   419,524百万円            (注)5
          製造・販売    24.15 当社製品の販売
                役員の兼任あり
  (注) 1.「主要な事業の内容」欄のうち連結子会社については、セグメント情報に記載された名称を記載してい

    る。
   2.「議決権の所有(又は被所有)割合」欄の        〔内書 〕は間接所有である。
   3.ジェイ-ワイテックス㈱については、売上高(連結会社相互間の内部売上高を除く)の連結売上高に占め
    る割合が10%を超えている。
       主要な損益情報等
    ①売上高   12,094,144千円   ②経常利益    64,469千円  ③当期純利益   32,077千円
    ④純資産額   6,418,225千円   ⑤総資産額   16,671,438千円
     4.特定子会社に該当する子会社である。
     5.有価証券報告書を提出している。
   6.天津天冶日亜鋼業有限公司については、債務超過会社であり、2019年12月末時点で債務超過額は8,078
    千元である。
             6/87





                     EDINET提出書類
                    日亜鋼業株式会社(E01287)
                      有価証券報告書
 5 【従業員の状況】
  (1) 連結会社の状況
        2020年3月31日   現在
   セグメントの名称     従業員数(人)
  普通線材製品       103
  特殊線材製品       484
  鋲螺線材製品       48
  不動産賃貸       ―
  その他       14
  全社(共通)       138
    合計     787
   (注) 1.従業員数は、当社グループ(当社及び当社の連結子会社)から当社グループ外への出向者を除き、
    当社グループ外から当社グループへの出向者を含む就業人員である。
    2.全社(共通)は、総務、経理及び工場管理部門等の従業員である。
  (2) 提出会社の状況

                 2020年3月31日   現在
   従業員数(人)     平均年齢(歳)    平均勤続年数(年)    平均年間給与(千円)
    304    41.1     17.8    5,278
   セグメントの名称     従業員数(人)

  普通線材製品       102
  特殊線材製品       50
  鋲螺線材製品       14
  不動産賃貸       ―
  全社(共通)       138
    合計     304
   (注) 1.従業員数は、当社から他社への出向者を除き、他社から当社への出向者を含む就業人員である。
    2.平均年間給与は、賞与及び基準外賃金を含んでいる。
    3.全社(共通)は、総務、経理及び工場管理部門等の従業員である。
  (3) 労働組合の状況

  提出会社の労働組合は、基幹労連日亜鋼業労働組合と称し、提出会社の本社に同組合本部が置かれ、2020年
  3月31日現在における組合員数は274人で、上部団体の日本基幹産業労働組合連合会に加盟し、労使関係にお
  いて特記すべき事項はない。
  なお、連結子会社においても労使関係において特記すべき事項はない。
             7/87








                     EDINET提出書類
                    日亜鋼業株式会社(E01287)
                      有価証券報告書
 第2 【事業の状況】
 1 【経営方針、経営環境及び対処すべき課題等】

  文中における将来に関する事項は、当連結会計年度末現在において当社グループが判断したものである。
  (1)経営の基本方針

  ・当社グループは、線材加工製品の総合メーカーとして、時代と環境の変化に柔軟に対応しながら、和親協同・信
  用保持・創意工夫の社是の下、株主や取引先、従業員、地域社会等のステークホルダーの負託と信頼に応えて、
  当社グループの健全で持続的な成長と中長期的な企業価値の向上を図り、社会の発展に貢献していく。
  (2)経営環境並びに優先的に対処すべき事業上及び財務上の課題

  ・わが国GDPは2019年10-12月期に消費増税等の影響により前期比で大幅な縮小に陥った。2020年1-3月期以降に
  おいても、新型コロナウイルス感染症の世界的な蔓延を受け当面マイナス成長が続く事態が懸念されており、日
  本経済はリーマンショックを超える深刻な不況に見舞われる見通しにある。
  ・線材二次加工業界においても新型コロナウィルス感染症の影響が顕在化しており、2020年4月以降、当社グループ
  は、需要の急激かつ大幅な落ち込みにより販売数量が減少し、一定規模の減産を余儀なくされている状況にあ
  る。分野別では、特に自動車向けや建築向けの影響が大きく、自動車業界では完成車メーカーの減産に伴う自動
  車部品メーカーの生産活動水準の悪化と在庫調整により、建築業界では建築工事の中止や延期、問屋での在庫調
  整により、各々需要の縮減を招いている。
  ・そうした中、当社グループは、引き続き収益重視の経営方針を基本とし、この未曽有の難局を乗り越え一層「強
  靭な体質」を構築していくために、市場競争力の強化、シェアの拡大、需要の創出、品種構成の改善、コスト低
  減、国内外の子会社・関連会社の経営基盤強化等を図り、グループ全体の収益確保に総力をあげて取り組んでい
  く所存である。
  ・短期的には、新型コロナウィルス感染症が今期業績に与える影響を最小限に食い止め、当社グループとして収益
  を確保するために、同感染症の影響が少ない公共土木分野や電力通信分野、獣害防護柵等への営業活動の重点展
  開により、販売数量のリカバリー対策を講じるとともに、諸コスト削減施策(エネルギーコストや副原料コスト
  の低減、歩留原単位向上、諸経費や販直費の削減等)の最大限の推進、減産を踏まえた臨時休業の実施による雇
  用調整助成金の活用などを図る。
  ・一方で、中長期的な観点も踏まえた対策としては、当社グループの技術力と商品力を活かして、顧客や社会の
  ニーズを踏まえた需要開拓を国内外で一層推進し、収益の改善に取り組んでいく。
   当社は、高度なめっき・加工技術と商品開発力に支えられたナンバーワン・オンリーワン商品をはじめとする高
  付加価値の多彩な商品群を有している。こうした差別化商品と東西製造拠点からの短納期デリバリーを武器に、
  製販技一体で需要家へのソリューション営業を展開し、既存市場の需要掘り起こしと新規市場の開拓を推進して
  いく。当社は、従来より養殖金網や製紙向け等の用途開拓に加え、補強土壁「ハイパープレメッシュ」の需要家
  との共同開発など、数々の需要開拓を推し進めてきた。今後とも社会のニーズを踏まえた戦略的な商品を積極的
  に市場に投入し、公共事業を含めた一定の需要が期待できる建設向け、リピート性の高い製造業向け、他素材の
  代替を含めた農・畜産・水産業向け等を中心に拡販を展開していく。また、事業や業容の拡大を図っていく中
  で、必要に応じて資本提携等の検討も行っていく。さらに、海外の成長を取り込むべくグローバルな事業展開を
  行っており、中国とタイの拠点から世界各地域への輸出を推進している。
  ・当社は、環境面については「めっき技術で社会に貢献する」をキーワードに、耐食性の高い商品の提供を通じ
  て、フェンスや養殖金網、獣害防護柵をはじめ、様々な需要家の製品の長寿命化やライフサイクルコストの削
  減、環境負荷の低減などに貢献している。また、管理体制面においては、業務効率化を推進するとともに、内部
  統制の充実及びコンプライアンスの徹底を図っていく所存である。
  (3)経営上の目標の達成状況を判断するための客観的な指標等

  ・当社グループは、目標とする経営指標を減価償却前売上高営業利益率8%、同経常利益率10%、D/Eレシオ(有
  利子負債/自己資本)0.3倍以下としている。
   当連結会計年度の減価償却前売上高営業利益率は10.7%(減価償却前営業利益3,299百万円)、同経常利益率は
  11.6%(同経常利益は3,582百万円)、D/Eレシオは0.2倍と目標値をそれぞれ達成した。               なお、2021年3月期の業
  績予想については、新型コロナウイルス感染症の今後の動向並びに日本や世界の経済、ひいては需要業界に与え
  る影響が未だ不透明であることから、合理的に算定することが困難とし、現時点では未定としている。
 2 【事業等のリスク】

  有価証券報告書に記載した事業の状況、経理の状況等に関する事項のうち、経営者が連結会社の財政状態、経営成
             8/87


                     EDINET提出書類
                    日亜鋼業株式会社(E01287)
                      有価証券報告書
  績及びキャッシュ・フローの状況に重要な影響を与える可能性があると認識している主要なリスクは、以下のとおり
  である。
  なお、文中における将来に関する事項は、当連結会計年度末現在において当社グループが判断したものである。
  (1) 規格の変更等について

  当社グループは、規格の変更、新方式・新素材の採用等により販売環境が大きく変わり、当社グループの生産・
  販売活動に支障が生じる可能性がある。
  (2) 原材料等の市場動向について

  当社グループの事業に用いる原材料等の価格は、国際市況に連動していることから、原材料等の国際市況、外国
  為替相場、その他の各種市場動向が、当社グループの業績に影響を及ぼす可能性がある。
  (3) 固定資産減損損失について

  当社グループの固定資産の時価が著しく低下した場合や事業の収益性が悪化した場合には、固定資産減損会計の
  適用により固定資産について減損損失が発生し、当社グループの業績及び財政状態に影響を及ぼす可能性がある。
  (4) 株式・債券市場等の動向について

  当社グループは、投資有価証券を運用していることから、市場の動向によっては、当社グループの業績及び財政
  状態に影響を及ぼす可能性がある。
  当社では、所有株式・債券について個別銘柄毎に取引・運用状況を検証し、投資先企業の業績や財務体質を踏ま
  えた保有リスク、含み損益、投資リターン等を総合的に勘案し、継続保有や新規保有の適否の判断を行っている。
  (5) 新型コロナウィルス感染症の影響について

  当社グループは、2020年4月以降、需要の急激かつ大幅な落ち込みにより販売数量が減少し、一定規模の                  減産を余
  儀なくされている状況にある。分野別では、特に自動車向けや建築向けの影響が大きく、自動車業界では完成車
  メーカーの減産に伴う自動車部品メーカーの生産活動水準の悪化と在庫調整により、建築業界では建築工事の中止
  や延期、問屋での在庫調整により、各々需要の縮減を招いている。
  新型コロナウイルス感染症の今後の動向並びに日本や世界の経済、ひいては需要業界に与える影響が不透明であ
  り現時点では予測できない状況となっているため、2021年3月期以降の当社グループの業績及び財政状態等に重要な
  影響を与える可能性がある。影響額については、現時点で合理的に算定することが困難である。
  (6) 地震、津波及びその他の自然災害等について

  当社グループは、地震、津波及びその他の自然災害等により、当社グループの生産・販売活動に支障が生じる可
  能性がある。
  国内の製造拠点は関東と関西の二箇所に位置しているため、東西で一定程度生産・出荷のバックアップを図るこ
  とができる体制を整えている。システム関係については、本社(兵庫県尼崎市)の他に、千葉県内にサーバーを設置
  することによりリスクの分散化を図っている。
  また、当社では、地震、津波、台風その他の自然災害等に備えた防災体制の強化や社員の災害対応力の向上を図
  るため、防災機器・設備の充実や防災対応マニュアルの整備・更新、定期的な初動対応訓練等を適宜行っている。
  (7) 海外事業について

  当社グループは、海外において生産・販売活動を行っているが、海外における政治・経済的混乱、疫病・テロと
  いった社会的混乱、法的規制などにより、事業活動が制約される可能性がある。
  当社では、当社や子会社の社長及び取締役が海外子会社・関連会社の取締役や董事長、総経理に就任するととも
  に、当該海外子会社・関連会社の経営上の重要事項やリスク等について月次会議等の場で適宜報告を求め必要な助
  言を行っている。さらには、当社において、2017年7月に「海外事業本部」を発足し、海外子会社・関連会社に対す
  る当社の経営管理機能及び支援機能を強化している。
             9/87




                     EDINET提出書類
                    日亜鋼業株式会社(E01287)
                      有価証券報告書
 3 【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

  (1) 経営成績等の状況の概要
  当連結会計年度における当社グループ(当社、連結子会社及び持分法適用会社)の財政状態、経営成績及びキャッ
  シュ・フロー(以下、「経営成績等」という。)の状況の概要は次のとおりである。
   ① 財政状態及び経営成績の状況
  当連結会計年度におけるわが国経済は上期と下期で大きく変化した。上期は中国経済の減速や米中貿易摩擦の影
  響により輸出が低迷したものの、個人消費や民間設備投資が堅調に推移し、日本経済は緩やかな回復を示した。一
  方で、下期に入り10-12月期のGDPが消費増税等の影響を受け前期比大幅な縮小を余儀なくされ、1-3月期も新型コ
  ロナウイルス感染症の世界的な蔓延によりマイナス成長が避けられず、日本経済は深刻な不況に陥る事態に直面し
  た。
   そうした経済動向の中、線材加工製品業界においては、自動車向け需要の減退や獣害防護柵に関する政府予算の
  縮小に見舞われ、下期には建築向け需要が急減した。こうした数量減に加え、コスト面では主原料価格の上昇が続
  くなど、市場環境は期を追う毎に一段と厳しさを増すことになった。
  このような状況の中、当社グループは収益改善に向けて積極的に取り組んだ結果、財政状態及び経営成績は以下
  のとおりとなった。
   a.財政状態
  当連結会計年度末の財政状態については、総資産は64,529百万円と前連結会計年度末に比べ1,935百万円の減少、
  負債合計は18,548百万円と前連結会計年度末に比べ1,969百万円の減少、純資産合計は45,981百万円と前連結会計年
  度末に比べ34百万円の増加となった。
   b.経営成績
  当連結会計年度の経営成績については、売上高は30,939百万円と前期に比べ308百万円(△1.0%)の微減、営業
  利益は1,750百万円と前期に比べ589百万円(50.8%)の増益、経常利益は2,033百万円と前期に比べ511百万円
  (33.6%)の増益、親会社株主に帰属する当期純利益は384百万円と前期に比べ595百万円(△60.8%)の減益と
  なった。
  セグメントごとの経営成績は、次のとおりである。
   また、セグメント利益は、営業利益ベースの数値である。
  普通線材製品
   普通線材を素材とした各種めっき鉄線、また、めっき鉄線を素線とした加工製品からなり、公共土木向けのか
  ご、落石防護網及び民間向けの各種フェンス等に使用されている。
   売上高は、国内の販売数量が増加し平均販価が改善したものの、海外子会社の解散に伴う販売数量減により、
  10,001百万円と前期に比べ301百万円(△2.9%)の減収となった。
   セグメント利益は、海外子会社の解散影響に加え、販価改善やコスト削減等の収益改善により、895百万円と前
  期に比べ306百万円(52.0%)の増益となった。
  特殊線材製品
   特殊線材を素材とした硬鋼線、各種めっき鋼線、鋼平線、鋼より線、ワイヤロープ等からなり、自動車向け、
  電力通信向け及び公共土木向け等、多岐に渡って使用されている。
   売上高は、販売価格が改善したものの、自動車向け及び鋼索分野等の販売数量が減少したことにより、14,710
  百万円と前期に比べ367百万円(△2.4%)の減収となった。
   セグメント損失は、販価改善やコスト削減等の収益改善を主原料価格の上昇によるコスト増や減産影響が上
  回ったことにより、74百万円と前期に比べ245百万円(前期は171百万円の利益)の減益となった。
  鋲螺線材製品
   鋲螺線材を素材としたトルシア形高力ボルト、六角高力ボルト及びGNボルト等からなり、主として建築向け
  に使用されている。
   売上高は、販売数量が減少したものの、販売価格の改善により、5,442百万円と前期に比べ333百万円(6.5%)
  の増収となった。
   セグメント利益は、販価改善や増産効果、コスト削減等の収益改善が主原料価格の上昇によるコスト増を上
  回ったことにより、759百万円と前期に比べ453百万円(148.1%)の大幅増益となった。
            10/87


                     EDINET提出書類
                    日亜鋼業株式会社(E01287)
                      有価証券報告書
  不動産賃貸
   主に賃貸用不動産を所有・経営している。
   売上高は、大阪市に建設した倉庫の賃貸を開始したことにより、210百万円と前期に比べ74百万円(54.6%)の
  増収となり、セグメント利益は153百万円と前期に比べ67百万円(79.7%)の増益となった。
  その他

   めっき受託加工及び副産物の売上高は573百万円と前期に比べ46百万円(△7.6%)の減収となった。
   セグメント利益は16百万円と前期に比べ7百万円(88.3%)の増益となった。
   ② キャッシュ・フローの状況

  当連結会計年度末における現金及び現金同等物(以下「資金」という)は、7,741百万円となり、前連結会計年度
  末に比べ2,033百万円(△20.8%)の減少となった。なお、当連結会計年度における各キャッシュ・フローの状況と
  主な要因は次のとおりである。
   (営業活動によるキャッシュ・フロー)

  営業活動の結果得られた資金は、2,251百万円となり、前期に比べ879百万円(△28.1%)の減少となった。これは
  主に、関係会社整理損失引当金の増減額の減少への転換、たな卸資産の増減額の増加への転換、災害による保険金
  受取額の減少、税金等調整前当期純利益の減少、その他固定資産の増減額の増加への転換、法人税等の支払額の増
  加、災害損失の支払額の増加が投資有価証券評価損の計上、売上債権の増減額の減少への転換、仕入債務の増加額
  の増加、貸倒引当金の減少額の減少、有価証券売却益の減少を上回ったことによるものである。
   (投資活動によるキャッシュ・フロー)

  投資活動の結果使用した資金は、2,513百万円となり、前期に比べ2,014百万円(403.9%)の増加となった。これ
  は主に、投資有価証券の取得による支出の増加、有形固定資産の取得による支出の増加、有価証券の売却による収
  入の減少、投資有価証券の売却による収入の減少が無形固定資産の取得による支出の減少を上回ったことによるも
  のである。
   (財務活動によるキャッシュ・フロー)

  財務活動の結果使用した資金は、1,761百万円となり、前期に比べ1,108百万円(169.6%)の増加となった。これ
  は主に、長期借入金返済による支出の増加が長期借入れによる収入、短期借入金の純増減額の増加への転換、配当
  金の支払額の減少を上回ったことによるものである。
   ③ 生産、受注及び販売の実績

    a.生産実績
   当連結会計年度における生産実績をセグメントごとに示すと、次のとおりである。
     セグメントの名称       生産高(千円)     前年同期比(%)

    普通線材製品          7,147,248    △6.8
    特殊線材製品          12,507,231    △1.2
    鋲螺線材製品          3,521,650    16.2
    その他           240,497    3.5
      合計        23,416,627    △0.7
   (注)1.金額は、製造原価によっている。
    2.上記の金額には、消費税等は含まれていない。
    b.受注実績

   当社グループは原則として需要状況を勘案した見込生産を行っているため、該当事項なし。
            11/87




                     EDINET提出書類
                    日亜鋼業株式会社(E01287)
                      有価証券報告書
    c.販売実績
   当連結会計年度における販売実績をセグメントごとに示すと、次のとおりである。
     セグメントの名称       販売高(千円)     前年同期比(%)

    普通線材製品          10,001,126    △2.9
    特殊線材製品          14,710,804    △2.4
    鋲螺線材製品          5,442,344     6.5
    不動産賃貸           210,841    54.6
    その他           573,997    △7.6
      合計        30,939,114    △1.0
   (注)1.主な相手先別の販売実績及び当該販売実績の総販売実績に対する割合
          前連結会計年度     当連結会計年度

       相手先
          販売高(千円)   割合(%)  販売高(千円)   割合(%)
     株式会社メタルワン
           3,317,257   10.6  3,348,771   10.8
     鉄鋼製品販売
      2.上記の金額には、消費税等は含まれていない。
  (2) 経営者の視点による経営成績等の状況に関する分析・検討内容

  経営者の視点による当社グループの経営成績等の状況に関する認識及び分析・検討内容は次のとおりである。
   なお、文中の将来に関する事項は、当連結会計年度末現在において判断したものである。
   ① 財政状態及び経営成績の状況に関する認識及び分析・検討内容

   a.経営成績の分析
  当連結会計年度における売上高は、品種構成の好転を含めた販売価格の改善を推し進めた。しかしながら、海外
  子会社の解散を含めて販売数量が減少したことにより、30,939百万円と前期に比べ308百万円(△1.0%)の微減と
  なった。
   営業利益は、主原料コストが上昇したものの、販価改善やコスト削減の推進により、営業利益は1,750百万円と前
  期に比べ589百万円(50.8%)の増益となった。
   経常利益は、有価証券売却益等の営業外収益が減少したものの、2,033百万円と前期に比べ511百万円(33.6%)
  の増益となった。
   特別利益は、災害による保険金収入の減少等により、前期に比べ601百万円減少となった。
   特別損失は、関係会社整理損失引当金繰入額及び災害による損失等が減少したものの、投資有価証券評価損等を
  計上したことにより、前期に比べ354百万円増加の1,441百万円となった。
   以上の結果、税金等調整前当期純利益は、前期に比べ444百万円減少の642百万円となった。また、税効果による
  法人税等調整額を含む税金費用は、前期に比べ263百万円増加し、非支配株主に帰属する当期純利益は112百万円減
  少した結果、親会社株主に帰属する当期純利益は、384百万円と前期に比べ595百万円(△60.8%)の減益となっ
  た。
   セグメント別の経営成績は、「(1)経営成績等の状況の概要 ①            財政状態及び経営成績の状況」に記載してい
  る。
   なお、当社グループは、2020年4月以降、需要の急激かつ大幅な落ち込みにより販売数量が減少し、一定規模の減
  産を余儀なくされている状況にある。分野別では、特に自動車向けや建築向けの影響が大きく、自動車業界では完
  成車メーカーの減産に伴う自動車部品メーカーの生産活動水準の悪化と在庫調整により、建築業界では建築工事の
  中止や延期、問屋での在庫調整により、各々需要の縮減を招いている。
  新型コロナウイルス感染症の今後の動向並びに日本や世界の経済、ひいては需要業界に与える影響が                 不透明であ
  り現時点では予測できない状況となっているため、2021年3月期以降の当社グループの業績               及び財政状態等に重要な
  影響を与える可能性がある。影響額については、現時点で合理的に算定することが困難である。
            12/87



                     EDINET提出書類
                    日亜鋼業株式会社(E01287)
                      有価証券報告書
   b.財政状態の分析
   (資産の部)
  当連結会計年度末の総資産は64,529百万円となり、前連結会計年度末に比べ1,935百万円の減少となった。
  流動資産は32,599百万円となり、前連結会計年度末に比べ636百万円の減少となった。これは主に現金及び預金の
  減少が、有価証券と電子記録債権の増加を上回ったことによるものである。
  固定資産は31,929百万円となり、前連結会計年度末に比べ1,299百万円の減少となった。これは主に投資有価証券
  の減少によるものである。
   (負債の部)

  当連結会計年度末の負債合計は18,548百万円となり、前連結会計年度末に比べ1,969百万円の減少となった。
  流動負債は11,572百万円となり、前連結会計年度末に比べ2,345百万円の減少となった。これは主に1年内返済予
  定の長期借入金の減少によるものである。
  固定負債は6,976百万円となり、前連結会計年度末に比べ376百万円の増加となった。これは主に長期借入金の増
  加によるものである。
   (純資産の部)

  当連結会計年度末の純資産合計は45,981百万円となり、前連結会計年度末に比べ34百万円の増加となった。
  この結果、自己資本比率は66.8%となった。
   ② キャッシュ・フローの状況の分析・検討内容並びに資本の財源及び資金の流動性に係る情報

  当連結会計年度におけるキャッシュ・フローの分析については、「(1)経営成績等の状況の概要 ②                  キャッ
  シュ・フローの状況」に記載している。
   当社グループの資金需要の主なものは、原材料の購入、設備投資等によるものである。
   当社グループは、事業の運営に必要な資金については、自己資金を活用するとともに、銀行等金融機関からの借
  入により調達している。
   ③ 重要な会計上の見積り及び当該見積りに用いた仮定

  当社グループの連結財務諸表は、わが国において一般に公正妥当と認められている会計基準に基づき作成されて
  いる。この連結財務諸表の作成にあたって、必要と思われる見積りは、合理的な基準に基づいて実施している。詳
  細については、「第5 経理の状況 1 連結財務諸表等 (1)連結財務諸表 注記事項(連結財務諸表作成のた
  めの基本となる重要な事項) 4 会計方針に関する事項」に記載のとおりであるが、特に以下の事項は連結財務
  諸表作成における重要な見積り判断に大きな影響を及ぼすと考えている。
  (固定資産の減損処理)

  当社グループは、固定資産のうち減損の兆候がある資産又は資産グループについて、当該資産又は資産グループ
  から得られる割引前将来キャッシュ・フローの総額が帳簿価額を下回る場合には、帳簿価額を回収可能価額まで減
  額し、当該減少額を減損損失として計上している。減損の兆候の把握、減損損失の認識及び測定に当たっては慎重
  に検討しているが、将来計画や市場環境の変化により、その見積り額の前提とした条件や仮定に変更が生じ減少し
  た場合、減損処理が必要となる可能性がある。
  (繰延税金資産の回収可能性)

  当社グループは、繰延税金資産について、将来計画に基づいた課税所得が十分に確保できることや、回収可能性
  があると判断した将来減算一時差異について繰延税金資産を計上している。繰延税金資産の回収可能性は将来の課
  税所得の見積りに依存するため、その見積りの前提とした条件や仮定に変更が生じ減少した場合、繰延税金資産が
  減額され税金費用が計上される可能性がある。
  なお、新型コロナウイルス感染症の影響については、「第5          経理の状況  1 連結財務諸表等   (1)連結財務諸表

  注記事項  追加情報」に記載のとおりである。
            13/87



                     EDINET提出書類
                    日亜鋼業株式会社(E01287)
                      有価証券報告書
 4 【経営上の重要な契約等】
  当連結会計年度において、新たに締結した経営上の重要な契約等はない。
 5 【研究開発活動】

  当社グループを取り巻く市場環境は益々競争が激化しており、商品・技術開発、品質・プロセス改善、新規需要
  開拓及び諸コスト低減等のニーズが増大している状況にある。
  普通線材製品、特殊線材製品、鋲螺線材製品に関するこうしたニーズに応えるべく、生産技術部が主体となっ
  て、研究開発活動を推進している。
  当連結会計年度の研究開発費の総額は、       34百万円である。
            14/87

















                     EDINET提出書類
                    日亜鋼業株式会社(E01287)
                      有価証券報告書
 第3 【設備の状況】
 1 【設備投資等の概要】

  当社グループでは、経営基盤の強化を図るため、        1,469 百万円の設備投資を実施した。
  主な投資には、提出会社において、茨城工場の伸線機3号機更新110百万円及び伸線機4号機更新75百万円がある。
   ジェイ-ワイテックス㈱において、台風被害による屋根復興工事310百万円及び特殊線材製品に関するめっき塗布鋼
  線生産能力増強工事(第二期)183百万円がある。
   なお、重要な設備の除却又は売却はない。
 2 【主要な設備の状況】

  当社グループにおける主要な設備は、次のとおりである。
  (1) 提出会社
                 2020年3月31日   現在
               帳簿価額(千円)
                     従業
  事業所名   セグメントの
        設備の内容            員数
           建物及び  機械装置  土地
  (所在地)   名称
                 その他  合計
                     (人)
           構築物  及び運搬具  (面積㎡)
 本社
                1,765
     全社(共通)   事務所    128,126   -    12,272  142,164  56
               (1,617.00)
 (兵庫県尼崎市)
        普通線材製品
     普通線材製品
                808,225
 本社工場      特殊線材製品
           1,278,012  916,129  (69,920.91)   33,747 3,036,115  180
     特殊線材製品
        生産設備
 (兵庫県尼崎市)
               [10,640.38]
     全社(共通)
        その他付帯設備
        普通線材製品
 茨城工場    普通線材製品   鋲螺線材製品
                790,390
           248,148  325,197    33,619 1,397,355  36
               (37,484.16)
 (茨城県北茨城市)    鋲螺線材製品   生産設備
        その他付帯設備
               1,343,296
 その他    不動産賃貸   賃貸用不動産    710,851   -    - 2,054,148  -
               (8,065.46)
  (2) 国内子会社

                 2020年3月31日   現在
               帳簿価額(千円)
                     従業
    事業所名   セグメントの
  会社名       設備の内容           員数
            建物及び  機械装置  土地
    (所在地)   名称
                  その他  合計
                     (人)
            構築物  及び運搬具  (面積㎡)
    本社.第一事業所      特殊線材製品
                2,201,281
       特殊線材製品     559,555  388,398    7,952 3,157,187  158
               (54,324.69)
    (大阪府貝塚市)      生産設備
    第二事業所
  ジェイ-ワイ        特殊線材製品      1,260,931
       特殊線材製品     433,764  455,450    21,021 2,171,169  97
  テックス㈱        生産設備      (24,391.04)
    (大阪府貝塚市)
    関東事業所
         特殊線材製品      1,141,185
       特殊線材製品     125,955  86,249    6,604 1,359,995  99
         生産設備      (28,738.11)
    (栃木県宇都宮市)
    本社工場      鋲螺線材製品
                380,000
 滋賀ボルト㈱     鋲螺線材製品     94,442  247,974    3,668 726,086  34
               (48,925.73)
    (滋賀県甲賀市)      生産設備
    本社工場
                608,473
 太陽メッキ㈱     その他   生産設備   26,369  9,854    79 644,776  14
                (2,203.78)
    (大阪市東成区)
  (3) 在外子会社

                 2020年3月31日   現在
               帳簿価額(千円)
                     従業
     事業所名  セグメントの
            建物及び
  会社名       設備の内容           員数
              機械装置  土地
     (所在地)   名称
                  その他  合計
            構築物
                     (人)
             及び運搬具  (面積㎡)
            (面積㎡)
 天津天冶日亜鋼業        普通線材製品
     中華人民共和国            -
       普通線材製品     3,591  241,278    7,881 252,752  1
     天津市           [8,661.00]
 有限公司        生産設備
 烟台基威特鋼線製品   中華人民共和国     特殊線材製品   7,103
       特殊線材製品       341,699   - 1,035 349,838  40
 有限公司   烟台市     生産設備   [8,651.1]
  (注) 1.帳簿価額のうち「その他」は、工具器具備品であり、建設仮勘定は含んでいない。なお、金額には消費税等
   を含めていない。
   2.帳簿価額は、減損損失計上後の金額である。
   3.土地には、全面時価評価法による評価差額が含まれている。
   4.提出会社の[外書]は、連結会社以外からの賃借設備であり、主なものは工場用地で年間賃借料は26,200千円
   である。
   5.在外子会社の[外書]は、連結会社以外からの賃借設備であり、主なものは工場建屋及び用地で年間賃借料は
   35,250千円である。
            15/87



                     EDINET提出書類
                    日亜鋼業株式会社(E01287)
                      有価証券報告書
 3 【設備の新設、除却等の計画】

  (1)重要な設備の新設等
   特記すべき重要な事項はない。
  (2)重要な設備の除却等
   特記すべき重要な事項はない。
            16/87



















                     EDINET提出書類
                    日亜鋼業株式会社(E01287)
                      有価証券報告書
 第4 【提出会社の状況】
 1 【株式等の状況】

  (1) 【株式の総数等】
  ① 【株式の総数】
      種類        発行可能株式総数(株)

      普通株式            117,243,000

      計            117,243,000

  ② 【発行済株式】

      事業年度末現在    提出日現在   上場金融商品取引所

   種類   発行数(株)    発行数(株)   名又は登録認可金融      内容
      (2020年3月31日   ) (2020年6月26日)    商品取引業協会名
             東京証券取引所
   普通株式    51,755,478    51,755,478      単元株式数は100株である。
             (市場第一部)
   計   51,755,478    51,755,478    ―    ―

  (2) 【新株予約権等の状況】

  ① 【ストックオプション制度の内容】
   該当事項なし。
  ② 【ライツプランの内容】

   該当事項なし。
  ③ 【その他の新株予約権等の状況】

   該当事項なし。
  (3) 【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

  該当事項なし。
  (4) 【発行済株式総数、資本金等の推移】

      発行済株式   発行済株式   資本金   資本金  資本準備金   資本準備金

   年月日   総数増減数   総数残高   増減額   残高  増減額   残高
       (株)   (株)  (千円)   (千円)   (千円)   (千円)
  2008年4月1日~
  2009年3月31日     △300,000  51,755,478    ― 10,720,068    ― 10,888,032
  (注)
  (注) 会社法第178条の規定に基づく自己株式の消却による減少
            17/87






                     EDINET提出書類
                    日亜鋼業株式会社(E01287)
                      有価証券報告書
  (5) 【所有者別状況】
                 2020年3月31日   現在
         株式の状況(1単元の株式数     100 株)
                   単元未満
   区分          外国法人等       株式の状況
    政府及び
        金融商品  その他の      個人
                    (株)
    地方公共  金融機関            計
        取引業者  法人     その他
     団体
            個人以外  個人
  株主数
     ―  24  28  143  45  ― 3,464  3,704   ―
  (人)
  所有株式数
     ― 122,710  2,233  219,805  36,950   ― 135,236  516,934  62,078
  (単元)
  所有株式数
     ―  23.7  0.4  42.5  7.1  ―  26.2  100.0   ―
  の割合(%)
  (注) 1.自己株式3,357,782株は、「個人その他」欄に33,577単元及び「単元未満株式の状況」欄に82株含めて記載
   している。
   2.上記「その他の法人」欄には、証券保管振替機構名義の株式が13単元含まれている。
  (6) 【大株主の状況】

                 2020年3月31日   現在
                   発行済株式
                   (自己株式を
                所有株式数   除く。)の
   氏名又は名称        住所
                (千株)  総数に対する
                   所有株式数
                   の割合(%)
  日本製鉄株式会社      東京都千代田区丸の内2-6-1          11,674   24.12
  日亜興産株式会社      大阪市中央区東心斎橋2-1-3          3,575   7.39

  日亜鋼業取引先持株会      兵庫県尼崎市中浜町19          2,497   5.16

  株式会社池田泉州銀行      大阪市北区茶屋町18-14          2,040   4.22

  日本トラスティ・サービス信託
       東京都中央区晴海1-8-11
                 1,974   4.08
  銀行株式会社(信託口)
  BBH BOSTON FOR NOMURA JAPAN
       180 MAIDEN LANE, NEW YORK, NEW YORK 10038
  SMALLER  CAPITALIZATION   FUND
       U.S.A          1,867   3.86
  620065
       (東京都港区港南2-15-1)
  (常任代理人 株式会社みずほ
  銀行決済営業部)
  株式会社三菱UFJ銀行      東京都千代田区丸の内2-7-1          1,845   3.81
  日本マスタートラスト信託銀行
       東京都港区浜松町2-11-3          1,401   2.90
  株式会社(信託口)
  日亜鋼業従業員持株会      兵庫県尼崎市中浜町19          1,087   2.25
       兵庫県神戸市中央区三宮町2-1-1

  株式会社みなと銀行                1,008   2.08
    計       ―      28,972   59.86

  (注) 1.上記のほか当社所有の自己株式3,357千株がある。
   2.上記の所有株式数のうち、信託業務に係る株式数は、次のとおりである。
    日本トラスティ・サービス信託銀行株式会社(信託口)           1,974千株
    日本マスタートラスト信託銀行株式会社(信託口) 1,401千株
   3.大株主は、2020年3月31日現在の株主名簿に基づくものである。
   株式会社三菱UFJフィナンシャル・グループから2018年4月16日付で関東財務局長に提出された変更報告書
   により、2018年4月9日現在で以下の株式を保有している旨の報告を受けているが、当社として2020年3月
   31日における実質所有株式数の確認ができないので、上記大株主の状況では考慮していない。
            18/87




                     EDINET提出書類
                    日亜鋼業株式会社(E01287)
                      有価証券報告書
   大量保有報告書の内容は以下のとおりである。 
               所有株式数  発行済株式総数に対する
   氏名又は名称       住所
               (千株)  所有株式数の割合(%)
  株式会社三菱UFJ銀行      東京都千代田区丸の内2-7-1        1,845     3.57
  三菱UFJ信託銀行株式会社      東京都千代田区丸の内1-4-5         568     1.10
  三菱UFJ国際投信株式会社      東京都千代田区有楽町1-12-1         86    0.17
   野村アセットマネジメント株式会社から2016年10月6日付で関東財務局長に提出された変更報告書により、
   2016年9月30日現在で以下の株式を所有している旨が記載されているものの、当社として2020年3月31日に
   おける実質所有株式数の確認ができないので、上記大株主の状況では考慮していない。
   大量保有報告書の内容は以下のとおりである。
               所有株式数  発行済株式総数に対する
   氏名又は名称       住所
               (千株)  所有株式数の割合(%)
  野村アセットマネジメント株式
        東京都中央区日本橋1-12-1        3,116     6.02
  会社
  (7) 【議決権の状況】

  ① 【発行済株式】
                 2020年3月31日   現在
    区分    株式数(株)    議決権の数(個)      内容
  無議決権株式         ―    ―   ―

  議決権制限株式(自己株式等)         ―    ―   ―

  議決権制限株式(その他)         ―    ―   ―

        (自己保有株式)
  完全議決権株式(自己株式等)             ―   ―
        普通株式  3,357,700
        普通株式  48,335,700
  完全議決権株式(その他)             483,357    ―
        普通株式   62,078

  単元未満株式             ―   ―
  発行済株式総数        51,755,478      ―   ―

  総株主の議決権         ―   483,357    ―

  (注) 1.「完全議決権株式(その他)」欄の普通株式には、証券保管振替機構名義の株式が1,300株(議決権13個)含ま
   れている。
   2.「単元未満株式」欄の普通株式には、当社所有の自己株式が82株含まれている。
  ② 【自己株式等】

                 2020年3月31日   現在
            自己名義  他人名義  所有株式数  発行済株式総数
   所有者の氏名
        所有者の住所    所有株式数  所有株式数   の合計  に対する所有
   又は名称
            (株)  (株)  (株)  株式数の割合(%)
  (自己保有株式)
       尼崎市中浜町19番地     3,357,700    ― 3,357,700    6.50
  日亜鋼業㈱
    計     ―   3,357,700    ― 3,357,700    6.50
            19/87





                     EDINET提出書類
                    日亜鋼業株式会社(E01287)
                      有価証券報告書
 2 【自己株式の取得等の状況】
   【株式の種類等】    会社法第155条第7号に該当する普通株式の取得

  (1) 【株主総会決議による取得の状況】

  該当事項なし。
  (2) 【取締役会決議による取得の状況】

    該当事項なし。
  (3) 【株主総会決議又は取締役会決議に基づかないものの内容】

      区分       株式数(株)     価額の総額(円)

  当事業年度における取得自己株式             375    117,561

  当期間における取得自己株式              7    1,593

 (注) 当期間における取得自己株式数には、2020年6月1日からこの有価証券報告書提出日までの単元未満株式の買取
   りによる株式は含まれていない。
  (4) 【取得自己株式の処理状況及び保有状況】

          当事業年度       当期間

    区分
           処分価額の総額       処分価額の総額
        株式数(株)       株式数(株)
            (円)       (円)
  引き受ける者の募集を行った
          ―   ―   ―   ―
  取得自己株式
  消却の処分を行った取得自己株式         ―   ―   ―   ―
  合併、株式交換、会社分割に係る
          ―   ―   ―   ―
  移転を行った取得自己株式
  その他         ―   ―   ―   ―
  保有自己株式数       3,357,782     ―  3,357,789     ―

 (注)  当期間における保有自己株式数には、2020年6月1日からこの有価証券報告書提出日までの単元未満株式の買取
   りによる株式は含まれていない。
            20/87








                     EDINET提出書類
                    日亜鋼業株式会社(E01287)
                      有価証券報告書
 3 【配当政策】
  当社は、株主の皆様への利益還元を経営の重要課題と位置付け、各期の業績、配当性向及び株主資本の状況等を総
  合的に勘案しながら、安定的な配当を継続することを基本方針としている。
  また、配当にあたっては中間と期末の年2回の実施を基本としている。
  当事業年度は、中間配当において1株につき3円の普通配当を実施し、期末配当については、1株につき3円(1株
  当たり年間配当金6円)とすることを決定した。
  これらの剰余金の配当の決定機関は、期末配当については株主総会、中間配当については取締役会である。
  当社は、「取締役会の決議により、毎年9月30日を基準日として、中間配当を行うことができる。」旨を定款に定
  めている。
  なお、当事業年度に係る剰余金の配当は以下のとおりである。
          配当金の総額      1株当たり配当額

    決議年月日
           (百万円)       (円)
    2019年11月12日
              145       3
    取締役会決議
    2020年6月26日
              145       3
   定時株主総会決議
            21/87















                     EDINET提出書類
                    日亜鋼業株式会社(E01287)
                      有価証券報告書
 4 【コーポレート・ガバナンスの状況等】
  (1) 【コーポレート・ガバナンスの概要】
  ① コーポレート・ガバナンスに関する基本的な考え方
  当社は、経営及び業務運営の監督機能として、監査役の監査機能、社外取締役の監督機能、業務分掌による牽制
  機能などを有効かつ最大限に発揮することに努めるとともに、適時開示を徹底することにより、経営の健全性、公
  平性、透明性を確保し、株主や取引先をはじめとするすべてのステークホルダーの負託と信頼に応えて、当社グ
  ループの健全で持続的な成長と中長期的な企業価値の向上を図っている。
  ② 企業統治の体制の概要及び当該体制を採用する理由
  当社は、当社の事業に精通した業務執行取締役と独立した立場の社外取締役から構成される取締役会が経営の基
  本方針及び重要な業務の執行に関する決定並びに取締役による職務執行の監督を行うとともに、法的に強い権限を
  有する監査役が取締役会に出席し、公正不偏の態度及び独立した立場から取締役等の職務執行を監査する体制が、
  経営の効率性と公正性を確保し当社の健全で持続的な成長に有効であると判断し、監査役会設置会社制度を採用し
  ている。
  当社は、当社事業に精通した常勤監査役と各分野における豊富な経験や高い識見を有する社外監査役が、取締役
  等の職務の執行状況や会社の財産の状況等を監査している。社外監査役のうち1名は公認会計士及び税理士の資格
  を有しており、財務及び会計に関する相当程度の知見を有する者である。監査役は、内部監査部門(監査室)や会
  計監査人との間で定期的に会合を開催し情報・意見交換を行い、適切かつ緊密に連携・協力する体制を採ってい
  る。
  また、当社は、取締役会における多様な視点からの意思決定と経営の監督機能の充実を図るため、企業経営等に
  関する豊富な経験や高い識見を有する社外取締役を置いている。
  現在、当社の取締役会には、8名の業務執行取締役に加えて、1名の社外取締役と3名の監査役(内、社外監査
  役2名)が出席し、経営の健全性を確保している。
  取締役会は原則月1回開催しており、緊急を要する場合は臨時取締役会を適宜開催し、経営環境の急速な変化に

  も対応できる体制をとっている。
  また、任意の仕組みとして、経営会議を設置し、取締役会付議事項の事前審議のほか、経営上の重要事項等につ
  いて審議・報告を行うとともに、業務執行状況の報告及び議論の場として、月次報告会、販売会議、生産・技術会
  議等を設け、月次単位での業績管理を行っている。さらに、コンプライアンス委員会を設置し、横断的なリスクの
  状況の監視及び全社的対応を行うとともに、内部通報に関わる適切な体制も整備している。これらの会議体には、
  すべて常勤監査役が出席している。加えて、当社では、社長及び取締役管理本部長が、社外取締役、監査役と定期
  的に会合を開催し、経営全般に関わる情報交換及び認識の共有を図っている。
  当社は、東京証券取引所が定める独立性基準に基づき、独立社外取締役及び独立社外監査役を選任している。

  独立社外取締役の中谷吉朗と当社との間で特別な利害関係はない。
  独立社外監査役の大西信彦と当社との間で特別な利害関係はない。
  社外監査役の越川和弘は日本製鉄㈱の執行役員である。当社は商社を通じ同社より原材料を購入しているほか、
  同社に対し当社製品を少量販売している。また、同社は当社の主要株主である。
  当社と社外取締役及び社外監査役全員は、会社法第427条第1項の規定に基づき、同法第423条第1項の損害賠償

  責任を限定する契約を締結している。当該契約に基づく損害賠償責任の限度額は、法令に定める最低責任限度額で
  ある。
  当社の取締役は13名以内とし、取締役の選任決議については、議決権を行使することができる株主の議決権の3

  分の1以上を有する株主が出席し、その議決権の過半数をもって行う旨を定款で定めている。また、自己株式の取
  得について、会社法第165条第2項の規定により、取締役会の決議をもって市場取引等により自己株式を取得するこ
  とができる旨を定款に定めている。
  当社は、株主総会を円滑に運営することを目的として、会社法第309条第2項に定める決議は、議決権を行使する

  ことができる株主の議決権の3分の1以上を有する株主が出席し、その議決権の3分の2以上をもって行う旨を定
  款に定めている。
  当社は、中間配当について、株主への機動的な利益還元を可能とすることを目的に、会社法第454条第5項の規定

  により、取締役会の決議によって、毎年9月30日を基準日として中間配当をすることができる旨を定款に定めてい
  る。
            22/87


                     EDINET提出書類
                    日亜鋼業株式会社(E01287)
                      有価証券報告書
  ③ 企業統治に関するその他の事項
  当社は、「日亜鋼業グループ企業理念」及び「日亜鋼業グループ社員行動指針」に基づき、企業価値の継続的な
  向上を図りつつ、公正かつ社会から信頼される企業の実現を目指す。また、関連法規を遵守し、財務報告の信頼性
  と業務の有効性・効率性を確保するため、次のとおり内部統制システムを整備し、適切に運用するとともに、その
  継続的改善に努める。
  (Ⅰ) 当社の取締役、使用人の職務の執行が法令及び定款に適合することを確保するための体制
   ⅰ) 取締役会は、「取締役会規程」等に基づき、経営上の重要事項について決定を行い、又は報告を受ける。
   ⅱ) 業務を執行する取締役(業務執行取締役)は、取締役会における決定事項に基づき、各々の管掌業務に応
    じて職務執行を行い、使用人の職務執行を監督するとともに、その状況を取締役会に報告する。
   ⅲ) 法令及び規程等を遵守し、適正に職務を行うことを、使用人に対して周知・徹底する。法令違反行為等が
    あった場合は、「職員就業規則」に基づき適切に対処する。
   ⅳ) 「コンプライアンス委員会」の設置・運営を通じて、当社におけるコンプライアンスの取り組みを横断的
    に統括し、コンプライアンス体制の充実を図る。
   ⅴ) 「内部通報規程」を制定し、不正行為等の早期発見と是正を図り、コンプライアンス体制を強化する。
   ⅵ) 監査室は、各部門に対して「内部監査規程」に基づき、法令及び社内規程の遵守状況並びに業務の効率性
    等の監査を実施し、その結果を「コンプライアンス委員会」に報告する体制を確立する。
   ⅶ) 反社会的勢力及び団体とは一切関係を持たず、毅然とした態度で対応する。
  (Ⅱ) 当社の取締役の職務の執行に係る情報の保存及び管理に関する体制
   ⅰ) 業務執行取締役の職務執行に係る情報の保存及び管理については、「文書取扱規程」「文書保存処分取扱
    細則」に従い、保存場所を定め、管理を行う。
   ⅱ) 取締役及び監査役は、「文書取扱規程」「文書保存処分取扱細則」により、常時これらの文書等を閲覧で
    きるものとする。
  (Ⅲ) 当社の損失の危険の管理に関する規程その他の体制
   ⅰ) 「リスク管理規程」をはじめリスク管理にかかわる諸規程を制定する。
   ⅱ) 「コンプライアンス委員会」を設置し、横断的なリスクの状況の監視並びに全社的対応を行う。各部門所
    管業務に付随するリスク管理は、各本部毎に統括する本部長が責任者となり執り行うこととする。
   ⅲ) 「安全衛生委員会」において、安全教育及び毎月2回の安全パトロール等の実施により、リスクの未然防
    止を図る。
   ⅳ) 各部門が毎月実施する「自主点検」の結果を基に、監査室が内部統制の有効性を検証する。
   ⅴ) 財務報告の正確性と信頼性を確保するために、「財務報告に係る内部統制基本方針」に基づき、リスクの
    評価を行い、統制活動の実施状況を定期的に確認する。
  (Ⅳ) 当社の取締役の職務の執行が効率的に行われることを確保するための体制
   ⅰ) 「取締役会規程」「経営会議規程」「組織規程」「業務分掌規程」「職務権限規程」等を基に、適切かつ
    効率的に職務の執行が行われる体制を構築する。
   ⅱ) 経営上の重要事項については、経営会議の審議を経て、原則月1回開催される取締役会において執行決定
    を行う。
   ⅲ) 取締役会において決定した経営計画に基づき、取締役会、月次報告会、販売会議、生産・技術会議におい
    て月次単位で業績管理を行う。
  (Ⅴ) 当社及び子会社から成る企業集団における業務の適正を確保するための体制
   当社及び子会社は、「日亜鋼業グループ企業理念」及び「日亜鋼業グループ社員行動指針」に基づき、各社
   の事業特性を踏まえつつ、事業戦略を共有し、グループ一体となった経営を行う。
    また、当社及び子会社の取締役、使用人等が遵守すべきものとして、「コンプライアンス規程」を制定す
   る。
    子会社は、当社との情報の共有化等を行い、内部統制に関する施策の充実を図るとともに、当社は、子会社
   の内部統制の状況を確認し、必要に応じ改善のための支援を行う。
    これに基づく具体的な体制は以下のとおりとする。
   イ.子会社の取締役等の職務の執行に係る事項の当社への報告に関する体制
    当社は、子会社における経営計画、重要な経営方針、決算等、当社の連結経営上又は子会社の経営上の
    重要事項について、子会社に対し報告を求めるとともに、助言等を行う。
            23/87



                     EDINET提出書類
                    日亜鋼業株式会社(E01287)
                      有価証券報告書
   ロ.子会社の損失の危険の管理に関する規程その他の体制
   ⅰ) 当社は、重要な子会社における財務報告の正確性と信頼性を確保するために、「財務報告に係る内部統
    制基本方針」に基づき、リスクの評価を行い、統制活動の実施状況を定期的に確認する。
   ⅱ) 当社は、子会社におけるリスク管理状況について、子会社に対し報告を求めるとともに、助言等を行
    う。
   ハ.子会社の取締役等の職務の執行が効率的に行われることを確保するための体制
   ⅰ) 当社は、子会社に対し効率的な職務執行のための助言等を行う。
   ⅱ) 当社は、子会社の業績評価を行うとともに、マネジメントに関する支援を行う。
   ニ.子会社の取締役等及び使用人の職務の執行が法令及び定款に適合することを確保するための体制
   ⅰ) 当社は、子会社における法令遵守及び内部統制の整備・運用状況について、子会社に対し報告を求める
    とともに、必要な支援・助言等を行う。
   ⅱ) 子会社が実施する「自主点検」の結果を基に、当社の監査室が内部統制の有効性を検証する。
   ⅲ) 「安全衛生委員会」「コンプライアンス委員会」等を通じて、グループにおける横断的な取り組みを行
    い、情報の共有化を図る。
  (Ⅵ) 当社の監査役がその職務を補助すべき使用人を置くことを求めた場合における当該使用人に関する事項並びに
   当該使用人の取締役からの独立性に関する事項及び当該使用人に対する監査役の指示の実効性の確保に関する
   事項
   ⅰ) 監査役がその職務を補助すべき使用人を置くことを求めた場合については、当該職務に関係する部署にお
    いて、所属長は使用人を任命し、その職務の補助を行える体制を構築する。
   ⅱ) 任命を受けた使用人は、取締役から独立し監査役の指示の下で業務を行う。
  (Ⅶ) 当社の監査役への報告に関する体制並びに当該報告をしたことを理由として不利な取扱いを受けないことを確
   保するための体制
   ⅰ) 当社の経営会議、コンプライアンス委員会、月次報告会、販売会議、生産・技術会議に監査役が出席し、
    付議又は報告事項について情報を共有する。
   ⅱ) 当社の取締役及び使用人等は、職務執行の状況、経営に重要な影響を及ぼす事実等の重要事項について、
    適時・適切に監査役又は監査役会に直接又は関係部門を通じて報告するとともに、内部統制システムの運
    用状況等の経営上の重要事項についても、監査役と情報を共有する。
   ⅲ) 子会社の取締役、監査役、使用人等は、子会社における職務執行の状況、経営に重要な影響を及ぼす事実
    等の重要事項について、適時・適切に当社の監査役又は監査役会に直接又は関係部門を通じて報告する。
   ⅳ) 当社は、監査役又は監査役会に上記ⅱ)又はⅲ)の報告を行った者に対し、内部通報規程等に基づき、報告
    をしたことを理由とする不利な取扱いを禁止する。
   ⅴ) 監査室は、監査実施状況を監査役又は監査役会に報告する体制を構築する。
  (Ⅷ) 当社の監査役の職務の執行について生ずる費用等の処理に係る方針に関する事項
   監査役が職務の執行について生ずる費用等の請求をしたときは、当該監査役の職務の執行に必要でないと認
   められた場合を除き、速やかに当該費用等の償還請求に応じる。
  (Ⅸ) その他当社の監査役の監査が実効的に行われることを確保するための体制
   ⅰ) 監査役は、代表取締役社長と定期的に意見交換を実施する。
   ⅱ) 監査役は、会計監査人と円滑に連携できる体制を構築する。
   ⅲ) 監査役は、監査室と適時・適切に情報交換を行うとともに、連携して監査を行う。
            24/87







                     EDINET提出書類
                    日亜鋼業株式会社(E01287)
                      有価証券報告書
  (2) 【役員の状況】
  ① 役員一覧
 男性 12名 女性  -名 (役員のうち女性の比率     -%)
                     所有
       氏名
                    任期
                     株式数
   役職名           略歴
       (生年月日)
                     (千株)
         1978年4月
           新日本製鐵㈱(現 日本製鉄㈱)入社
         2000年7月  同社釜石製鐵所総務部長
         2003年7月  同社東北支店長
         2005年4月  日鐵建材工業㈱(現 日鉄建材㈱)
           企画財務部担当部長(出向)
         2008年6月  同社取締役(企画財務部長委嘱)
         2008年12月  新日本製鐵㈱(現 日本製鉄㈱)退社
                    (注)
      国 峰   淳
         2011年6月  日鐵住金建材㈱(現 日鉄建材㈱)常務取締役(企画財務、
  代表取締役社長                   46
      (1955年10月29日  生)
                    4
           営業管理に関する事項管掌、台湾プロジェクト推進班長
           委嘱)
         2013年6月  同社常務取締役(建築商品事業部門長委嘱、営業管理に
           関する事項管掌)
         2014年4月  当社顧問
         2014年6月  日鐵住金建材㈱(現 日鉄建材㈱)常務取締役退任
         2014年6月  当社代表取締役社長(現在)
         1986年4月
           新日本製鐵㈱(現 日本製鉄㈱)入社
         2011年4月  同社薄板事業部部長
         2012年10月  新日鐵住金㈱(現 日本製鉄㈱)薄板事業部薄板企画部長
         2015年4月  同社薄板事業部薄板営業部長
         2017年4月  同社参与(大阪支社副支社長委嘱)
                    (注)
      大 西 利 典
  代表取締役副社長       2018年4月  同社執行役員(大阪支社副支社長委嘱)          ―
      (1963年2月25日  生)
                    5
         2019年4月  日本製鉄㈱執行役員(チタン事業部長委嘱)
         2020年4月  同社執行役員(社長付)
         2020年4月  当社顧問
         2020年6月  日本製鉄㈱退社
         2020年6月  当社代表取締役副社長(現在)
         1981年4月  新日本製鐵㈱(現 日本製鉄㈱)入社
         1997年4月  同社光製鐵所ステンレス線材工場長
         2003年9月  同社退社
         2003年10月  新日鐵住金ステンレス㈱(現 日鉄ステンレス㈱)
           棒線工場長
         2006年6月  鈴木金属工業㈱(現 日鉄SGワイヤ㈱)
           生産技術本部生産技術部担当部長(出向)
         2009年6月  同社執行役員(出向)
         2010年3月  新日鐵住金ステンレス㈱(現 日鉄ステンレス㈱)退社
                    (注)
   常務取締役
      寺 前   昭
                     25
      (1957年1月29日  生) 2010年4月  鈴木金属工業㈱(現 日鉄SGワイヤ㈱)執行役員
  (製造本部及び技術本部管掌)
                    4
         2010年4月  鈴木住電ステンレス㈱常務執行役員(出向)
         2013年6月  鈴木金属工業㈱(現 日鉄SGワイヤ㈱)退社
         2013年6月  当社取締役製造本部長
         2013年7月  当社取締役製造本部長兼設備部長
         2015年4月  当社常務取締役製造本部長兼設備部長
         2016年10月  当社常務取締役製造本部及び技術本部管掌 
           製造本部長兼設備部長
         2020年6月  当社常務取締役製造本部及び技術本部管掌(現在)
         1985年4月  神戸信用金庫入庫
         1991年9月  同信用金庫退庫
         1991年10月  当社入社
         1998年4月  当社名古屋営業所長
   取締役
         2000年7月  当社経理部長
                    (注)
      寺 川 斉 貴
  (TSN Wires Co.,Ltd.                 69
      (1962年5月7日  生)
         2002年12月  当社線材製品・板販売部長
                    4
   取締役副社長)
         2008年1月  当社営業本部長
         2008年6月  当社取締役営業本部長
         2012年4月  当社取締役(現在)
         2012年5月  TSN Wires Co., Ltd.取締役副社長(現在)
         1989年4月  当社入社
         2002年4月  当社研究開発部長
         2005年7月  当社経理部部長
         2006年10月  当社技術企画部長
                    (注)
   取締役
      高 間 敏 夫
         2009年6月  当社取締役技術本部長兼技術企画部長兼品質保証部長
                     56
      (1964年2月5日  生)
  (製造本部長兼設備部長)
                    4
         2011年11月  当社取締役技術本部長兼技術企画部長
         2014年10月  当社取締役技術本部長
         2019年10月  当社取締役技術本部長兼品質保証部長
         2020年6月  当社取締役製造本部長兼設備部長(現在)
            25/87



                     EDINET提出書類
                    日亜鋼業株式会社(E01287)
                      有価証券報告書
                     所有
       氏名
                    任期
                     株式数
   役職名           略歴
       (生年月日)
                     (千株)
         1977年4月  当社入社
         1995年10月  当社北陸営業所長
         1999年12月  当社名古屋営業所長
         2012年4月  当社営業本部長兼特線販売部長
   取締役
      道 盛 武 彦
         2012年6月  当社取締役営業本部長兼特線販売部長        (注)4 52
      (1958年8月16日  生)
  (営業本部長)
         2012年10月  当社取締役営業本部長兼特殊線材製品販売部長
         2017年4月  当社取締役営業本部長
         2017年12月  当社取締役営業本部長兼営業統括企画部長
         2019年4月  当社取締役営業本部長(現在)
         1985年4月  新日本製鐵㈱(現 日本製鉄㈱)入社
         1998年7月  同社名古屋製鐵所労働部労政・人事グループリーダー
         2006年8月  同社薄板営業部薄板第二グループマネジャー
         2008年7月  同社名古屋支店薄板グループリーダー
         2012年10月  新日鐵住金㈱(現 日本製鉄㈱)名古屋支店薄板室長
   取締役
      沖 垣 佳 宏
         2014年4月  当社顧問(出向)
                    (注)4 23
  (管理本部長兼海外事業本部
      (1962年12月26日  生)
   長)
         2014年6月  当社取締役管理本部長(出向)
         2017年12月  新日鐵住金㈱(現 日本製鉄㈱)退社
         2018年1月  当社取締役管理本部長
         2018年7月  当社取締役管理本部長兼海外事業本部長兼総務部長
         2020年3月  当社取締役管理本部長兼海外事業本部長(現在)
           新日本製鐵㈱(現 日本製鉄㈱)入社
         1989年4月
           同社君津製鐵所製鋼部鋼片管理グループリーダー
         2000年11月
           同社君津製鐵所製鋼部製鋼技術グループリーダー
         2002年10月
           兼鋼片管理グループリーダー
           同社君津製鐵所製鋼部第一製鋼工場長
         2003年10月
   取締役   後藤田英昭
           同社君津製鐵所製鋼部鋼片管理グループリーダー
         2006年2月
                    (注)5 ―
  (技術本部長兼品質保証部長)    (1964年7月1日  生)
           同社君津製鐵所線材工場線材管理グループリーダー
         2010年4月
           新日鐵住金㈱(現 日本製鉄㈱)君津製鐵所線材部長
         2016年4月
           日本製鉄㈱退社
         2020年3月
           当社顧問
         2020年4月
           当社取締役技術本部長兼品質保証部長(現在)
         2020年6月
           ㈱三和銀行(現 ㈱三菱UFJ銀行)入行
         1983年4月
           同行京都支店次長
         1999年1月
           ㈱UFJ銀行(現 ㈱三菱UFJ銀行)大阪法人営業第4部長
         2004年5月
           ㈱三菱東京UFJ銀行(現 ㈱三菱UFJ銀行)今里支社長
         2006年5月
           同行阿倍野橋支社長
         2008年5月
      中 谷 吉 朗
           同行退行
         2012年3月
   取締役                (注)5 ―
      (1960年2月5日  生)
           朝日ウッドテック㈱管理部長
         2012年4月
           同社取締役管理部長
         2012年7月
           同社内部監査室長
         2019年7月
           同社退社
         2020年3月
           当社取締役(現在)
         2020年6月
           当社入社
         1970年3月
           当社経理部長兼システム部長
         1996年4月
           当社管理本部副本部長兼経理部長
         2004年4月
      下 徳 弘 幸
   常勤監査役                 (注)6 47
      (1951年12月18日  生)   当社管理本部長
         2005年3月
           当社取締役管理本部長
         2005年6月
           当社常勤監査役(現在)
         2014年6月
           監査法人誠和会計事務所(現 有限責任監査法人トーマツ)
         1985年9月
           入所
         1989年3月  公認会計士登録
         1989年8月  税理士登録
      大 西 信 彦
   監査役                (注)6 ―
      (1958年6月27日  生)   監査法人誠和会計事務所(現 有限責任監査法人トーマツ)
         2002年6月
           退所
         2002年7月  大西公認会計士事務所開設(現在)
         2017年6月  当社監査役(現在)
         1986年4月  新日本製鐵㈱(現 日本製鉄㈱)入社
         2004年4月  同社薄板事業部薄板営業部薄板企画グループリーダー
         2007年4月  同社薄板事業部薄板営業部薄板第二グループリーダー
         2009年4月  同社広畑製鐵所工程業務部長
         2013年4月
      越 川 和 弘     新日鐵住金㈱(現 日本製鉄㈱)薄板事業部電磁鋼板
   監査役
                    (注)7 ―
      (1961年8月10日  生)   営業部長
         2017年4月  同社参与(名古屋支店長委嘱)
         2018年4月  同社執行役員(名古屋支店長委嘱)
         2019年4月  日本製鉄㈱執行役員(棒線事業部長委嘱)(現在)
         2019年6月  当社監査役(現在)
           計          320
            26/87



                     EDINET提出書類
                    日亜鋼業株式会社(E01287)
                      有価証券報告書
  (注) 1.取締役中谷吉朗は、社外取締役である。
   2.監査役大西信彦及び越川和弘は、社外監査役である。
   3.取締役中谷吉朗及び監査役大西信彦は、東京証券取引所の定めに基づく独立役員として指定し、同取引所に
   届け出ている。
   4.2019年6月27日開催の定時株主総会の終結の時から2年間
   5.2020年6月26日開催の定時株主総会の終結の時から1年間
   6.2020年6月26日開催の定時株主総会の終結の時から4年間
   7.2019年6月27日開催の定時株主総会の終結の時から2年間
  ② 社外役員の状況

   当社の社外取締役は1名であり、取締役中谷吉朗と当社との間には特別な利害関係はない。
   当社の社外監査役は2名であり、監査役大西信彦及び越川和弘と当社との間には特別な利害関係はない。
    当社においては、社外取締役及び社外監査役を選任するための会社からの独立性に関する基準又は方針を定め
   ていないものの、東京証券取引所が定める独立性基準に基づき社外取締役及び社外監査役を選任している。
    社外取締役中谷吉朗は、他企業の役員に就任し経営者としての豊富な経験を有している。同氏が当社取締役会
   の意思決定の適正性に対するチェック機能や取締役の業務執行に対する監督機能を適切に果たし、当社のコーポ
   レートガバナンスの一層の強化に十分貢献しうると判断し、社外取締役として選任している。
    社外監査役大西信彦は、公認会計士並びに税理士の資格を有しており、財務及び会計の専門的見地から決算の
   あり方並びに財務報告に関する適正性について助言を得るうえで適任であると判断し、社外監査役として選任し
   ている。
    社外監査役越川和弘は、会社経営に関する高い見識を活かし、当社経営全般について助言を得るため、社外監
   査役として選任している。
  ③ 社外取締役又は社外監査役による監督又は監査と内部監査、監査役監査及び会計監査との相互連携並びに内

  部  統制部門との関係
    当社は、当社事業に精通した常勤監査役と各分野における豊富な経験や高い識見を有する社外監査役が、
   当   社の会計監査人、内部監査部門(監査室)と適切に連携し、取締役等の職務の執行状況や会社の財産の
   状況等を監査している。
            27/87














                     EDINET提出書類
                    日亜鋼業株式会社(E01287)
                      有価証券報告書
  (3) 【監査の状況】
  ① 監査役監査の状況
   当社の監査役会は、常勤監査役1名と社外監査役2名で構成され、原則月1回開催されている。社外監査役の
  うち1名は公認会計士及び税理士の資格を有しており、財務・会計・税務に関する相当程度の知見を有する者で
  ある。
   当事業年度において当社は監査役会を13回開催しており、個々の監査役の出席状況については次のとおりであ
  る。
    役職名   氏名   開催回数   出席回数
   常勤監査役   下徳 弘幸    13   13
   社外監査役   大西 信彦    13   13
   社外監査役   越川 和弘    10   9
   社外監査役   松岡 弘明    3   2
   (注)社外監査役の越川和弘は、社外監査役の松岡弘明の後任として、2019年6月27日開催の第67回定時株主総
  会後に就任しているため、開催回数が異なっている。
   監査役会における主な検討事項として、監査の方針及び監査実施計画、内部統制システムの整備・運用状況、

  会計監査人の監査の方法及び結果の相当性等である。
   また、常勤の監査役の活動として、取締役等との意思疎通、取締役会その他重要な会議への出席、重要な決裁
  書類等の閲覧、本社及び主要な事業所における業務及び財産の状況の調査をしている。子会社については、子会
  社の取締役及び監査役等との意思疎通及び情報交換や子会社からの事業報告の確認、会計監査人からの監査実施
  状況及び結果報告の確認を行っている。
  ② 内部監査の状況

   当社における内部監査は、内部監査部門(監査室)が、各部門に対して「内部監査規程」に基づき、法令及び
  社内規程の遵守状況並びに業務の効率性等の監査を実施している。また、財務報告の正確性と信頼性を確保する
  ために、「財務報告に係る内部統制基本方針」に基づき、リスクの評価を行い、統制活動の実施状況を定期的に
  確認している。
   内部監査実施状況については、内部監査部門(監査室)が監査役及び監査役会並びに「コンプライアンス委員
  会」に報告している。
  ③ 会計監査の状況

  a. 監査法人の名称
   有限責任  あずさ監査法人
  b. 継続監査期間

   1975年以降
  c. 業務を執行した公認会計士

   指定有限責任社員 業務執行社員 浅井 愁星
   指定有限責任社員 業務執行社員 安田 智則
  d. 監査業務に係る補助者の構成

   当社の会計監査業務に係る補助者は、公認会計士6名、その他3名である。
  e. 監査法人の選定方針と理由

   監査法人の選定及び再任にあたっては、①職務の遂行に関する独立性と専門性、及び職務の遂行が適正に行わ
  れることを確保するための体制、②監査報酬水準、③監査活動の状況、④監査品質、⑤監査報告の相当性等を基
  準に総合的に評価した上で判断している。
   また、当社監査役会は、会社法第340条第1項各号に定める監査役会による会計監査人の解任のほか、原則とし
  て、会計監査人が職務を適切に遂行することが困難と認められる場合には、「会計監査人の解任又は不再任」に
  関する議案を決定し、当社取締役会は、当該決定に基づき、当該議案を株主総会に提案する。
            28/87


                     EDINET提出書類
                    日亜鋼業株式会社(E01287)
                      有価証券報告書
  f. 監査役及び監査役会による監査法人の評価
   当社監査役及び監査役会の監査法人に対する評価にあたっては、会計監査人が独立の立場を保持し、適正な監
  査を実施しているかを監視及び検証するとともに、会計監査人からその職務の執行状況について報告を受け、必
  要に応じて説明を求めた。
   また、会計監査人から「職務の遂行が適正に行われることを確保するための体制」(会社計算規則第131条各号
  に掲げる事項)を「監査に関する品質管理基準」(平成17年10月28日企業会計審議会)等に従って整備している
  旨の通知を受け、必要に応じて説明を求めた。
   その結果、会計監査人の有限責任あずさ監査法人の監査の方法及び結果は相当であると認めた。
  ④ 監査報酬の内容等

  a. 監査公認会計士等に対する報酬
        前連結会計年度        当連結会計年度

   区分
      監査証明業務に    非監査業務に    監査証明業務に    非監査業務に
      基づく報酬(百万円)    基づく報酬(百万円)    基づく報酬(百万円)    基づく報酬(百万円)
   提出会社      36    1    36    ―
   連結子会社      18    2    18    1

   計     54    3    54    1

   当社及び連結子会社における非監査業務の内容は、関係会社への財務情報調査業務である。
  b. 監査公認会計士等と同一のネットワークに対する報酬(a.を除く)

   該当事項なし。
  c. その他の重要な監査証明業務に基づく報酬の内容

   該当事項なし。
  d. 監査報酬の決定方針

   該当事項はないが、監査日程等を勘案した上で決定している。
  e. 監査役会が会計監査人の報酬等に同意した理由

   当社監査役会は、会計監査人の報酬見積りについて妥当性を検証した結果、必要な法定監査を行う上で適正な
  範囲内にあると判断している。
            29/87








                     EDINET提出書類
                    日亜鋼業株式会社(E01287)
                      有価証券報告書
  (4) 【役員の報酬等】
  ① 役員の報酬等の額又はその算定方法の決定に関する方針に係る事項
   役員の報酬は、報酬部分と賞与部分によって構成され、求められる能力及び責任に見合った水準を勘案して常
  勤・非常勤別、役位別に基準額を定め、これを会社業績等に応じて変動させ、株主総会で承認を得た限度額の範
  囲内で、報酬額を決定している。
   上記の方針を踏まえた各取締役の報酬額の決定に当たっては、取締役会において代表取締役社長に一任してお
  り、代表取締役社長は人事担当の取締役と協議の上決定している。また、各監査役の報酬については、監査役の
  協議により決定している。
   取締役の報酬限度額は、1991年6月27日開催の第39回定時株主総会において月額1,500万円以内と決議されてい
  る。なお、当時の取締役の員数は10名である。
   監査役の報酬限度額は、1991年6月27日開催の第39回定時株主総会において月額250万円以内と決議されてい
  る。なお、当時の監査役の員数は3名である。
   役員の退職慰労金は、当社における一定の基準に従い、相当額の範囲内で退職慰労金を支給することとし、取
  締役分については取締役会の決議に、監査役分については監査役の協議に、それぞれ一任することを株主総会に
  おいて決議している。
  ② 役員区分ごとの報酬等の総額、報酬等の種類別の総額及び対象となる役員の員数

                   対象となる
            報酬等の種類別の総額(百万円)
        報酬等の総額
    役員区分              役員の員数
         (百万円)
           固定報酬  業績連動報酬   退職慰労金
                   (名)
  取締役
          133   113   ―   19  7
  (社外取締役を除く。)
  監査役
          10   9  ―   1  1
  (社外監査役を除く。)
  社外役員        11   9  ―   2  4

  (注)退職慰労金は、当事業年度に計上した役員退職慰労引当金の繰入額である。

  ③ 役員ごとの連結報酬等の総額等

   連結報酬等の総額が1億円以上である者が存在しないため、記載していない。
            30/87









                     EDINET提出書類
                    日亜鋼業株式会社(E01287)
                      有価証券報告書
  (5) 【株式の保有状況】
   ① 投資株式の区分の基準及び考え方
   当社は、主として株式の価値の変動または株式に係る配当によって利益を受ける目的で保有する株式を純投
   資目的である投資株式に区分し、それ以外の保有する株式を純投資目的以外の目的である投資株式(政策保有
   株式)に区分している。
  ② 保有目的が純投資目的以外の目的である投資株式

   a.保有方針及び保有の合理性を検証する方法並びに個別銘柄の保有の適否に関する取締役会等における検証
    の内容
    当社は、製品販売や主副原料購入、金融等に関わる取引関係の維持・強化及び円滑な事業活動の推進等を
   通じた当社の中長期的な企業価値の向上を目的として、政策保有株式を保有している。
    また、個別の政策保有株式について、毎年定期的に取締役会において、保有目的の適否に加えて、投資先
   企業の業績や財務体質を踏まえた保有リスク、含み損益、取引や配当による投資リターン等を総合的に評価
   することにより、保有の適否を検証している。
    こうした方針の下で、当社は政策保有の意義が薄れたと判断した株式については、順次政策保有株式から
   純投資目的への変更または売却を行っている。
   b.銘柄数及び貸借対照表計上額
          貸借対照表
       銘柄数(銘柄)   計上額の合計額
          (千円)
  非上場株式      ―   ―
  非上場株式以外の株式      19  2,579,721
   c.特定投資株式及びみなし保有株式の銘柄ごとの株式数、貸借対照表計上額等に関する情報

   特定投資株式
       当事業年度   前事業年度
       株式数(株)   株式数(株)    保有目的、定量的な保有効果      当社の株式の

   銘柄
              及び株式数が増加した理由      保有の有無
      貸借対照表計上額   貸借対照表計上額
       (千円)   (千円)
        200,000   200,000

            配当の獲得及び株式安定化のため保
 ㈱大阪ソーダ                   有
            有。
        514,800   542,800
        227,500   227,500

 大阪瓦斯㈱           エネルギー調達の円滑化のため保有。        有
        463,190   496,860
            同社グループには当社の主要取引銀行
        983,620   983,620
 ㈱三菱UFJフィナンシャル・
            が属しており、資金調達等金融取引の        有
 グループ
            円滑化のため保有。
        396,398   540,991
        125,800   125,800
            配当の獲得及び株式安定化のため保
 モリ工業㈱                   有
            有。
        313,745   296,384
            主原料である線材の安定調達を行うと
            ともに、同社のグループ会社を窓口商
        118,600   118,600
 合同製鐵㈱           社として当社の線材製品の販売を行っ        有
            ており、取引関係の維持・強化のため
        249,297   196,283  保有。
        557,400   557,400

            鋲螺線材製品販売の維持・強化のため
 小林産業㈱                   有
            保有。
        149,940   192,860
        124,200   124,200

            鋲螺線材製品販売の維持・強化のため
 コンドーテック㈱                   有
            保有。
        115,381   124,945
            31/87


                     EDINET提出書類
                    日亜鋼業株式会社(E01287)
                      有価証券報告書
       当事業年度   前事業年度
       株式数(株)   株式数(株)    保有目的、定量的な保有効果      当社の株式の

   銘柄
              及び株式数が増加した理由      保有の有無
      貸借対照表計上額   貸借対照表計上額
       (千円)   (千円)
            同社グループには当社の主要取引銀行

        638,591   638,591
 ㈱池田泉州ホールディング
            が属しており、資金調達等金融取引の        有
 ス
            円滑化のため保有。
        104,090   181,359
        48,315   48,315

            鋲螺線材製品販売の維持・強化のため
 フルサト工業㈱                   無
            保有。
        69,670   77,883

            同社を窓口商社として当社の線材製品
        29,800   29,800
            の販売及び主原料である線材の購入を
 阪和興業㈱                   有
            行っており、取引関係の維持・強化の
            ため保有。
        50,123   91,933
            同社グループには当社の主要取引銀行
        119,393   119,393
 ㈱関西みらいフィナンシャ
            が属しており、資金調達等金融取引の        有
 ルグループ
            円滑化のため保有。
        46,443   93,962
            同社を窓口として特殊線材製品を販売
        100,000   100,000
 モリテックスチール㈱           しており、取引関係の維持・強化のた        有
            め保有。
        26,200   41,100
            同社のグループ会社を窓口商社として
        80,000   80,000
            当社の線材製品の販売及び主原料であ
 双日㈱                   有
            る線材の購入を行っており、取引関係
            の維持・強化のため保有。
        20,320   31,200
            副原料である亜鉛等の安定調達及び同
        10,000   10,000
 三井金属鉱業㈱           社グループへの普通線材製品販売の維        有
            持・強化のため保有。
        18,070   28,390
        25,000   25,000

            普通線材製品及び鋲螺線材製品の販売
 日建工学㈱                   有
            の維持・強化のため保有。          
        16,775   24,375
            同社を窓口商社として鋲螺線材製品及
        1,000   1,000
 岡谷鋼機㈱           び普通線材製品を販売しており、取引        有
            関係の維持・強化のため保有。
        8,050   9,190
            同社グループには当社の取引銀行が属
        24,000   24,000
 ㈱りそなホールディングス           しており、資金調達等金融取引の円滑        有
            化のため保有。
        7,804   11,512
            同社のグループ会社を窓口商社として
        5,000   5,000
 大阪製鐵㈱           鋲螺線材製品を販売しており、取引関        無
            係の維持・強化のため保有。
        5,770   9,385
            同社を窓口商社として当社の線材製品
        1,000   1,000
            の販売及び主原料である線材の購入を
 日鉄物産㈱                   有
            行っており、取引関係の維持・強化の
            ため保有。
        3,650   4,500
  (注)1.特定投資株式における定量的な保有効果については、守秘義務等の観点から記載が困難である。保有の合理
   性については、2019年12月の取締役会において個別銘柄毎に保有目的の適否、投資先企業の業績や財務体質
   を踏まえた保有リスク、含み損益、取引や配当による投資リターン等を総合的に評価することにより検証し
   ている。
            32/87





                     EDINET提出書類
                    日亜鋼業株式会社(E01287)
                      有価証券報告書
  ③保有目的が純投資目的である投資株式
         当事業年度        前事業年度
    区分
          貸借対照表計上額の         貸借対照表計上額の 
       銘柄数(銘柄)        銘柄数(銘柄)
           合計額(千円)        合計額(千円)
  非上場株式        4  2,002,359     4  2,002,359
  非上場株式以外の株式        23  1,189,750     23  1,403,536
             当事業年度

    区分            評価損益の合計額(千円)
           売却損益の合計額 
       受取配当金の
       合計額(千円)
           (千円)
               含み損益    減損処理額
  非上場株式       60,002     ―    ―    ―
  非上場株式以外の株式       49,477     ―   393,009    86,287
            33/87
















                     EDINET提出書類
                    日亜鋼業株式会社(E01287)
                      有価証券報告書
 第5 【経理の状況】
 1 連結財務諸表及び財務諸表の作成方法について

  (1) 当社の連結財務諸表は、「連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和51年大蔵省令第28号)に
  基づいて作成している。 
  (2) 当社の財務諸表は、「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和38年大蔵省令第59号。以下、

  「財務諸表等規則」という。)に基づいて作成している。
  また、当社は、特例財務諸表提出会社に該当し、財務諸表等規則第127条の規定により財務諸表を作成している。
 2 監査証明について

  当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、連結会計年度(2019年4月1日から2020年3月31日
  まで)の連結財務諸表及び事業年度(2019年4月1日から2020年3月31日まで)の財務諸表について、有限責任 あず
  さ監査法人により監査を受けている。
 3 連結財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組みについて

  当社は、連結財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組みを行っている。具体的には、会計基準等の内容や
  変更等を適時適切に把握し、的確に対応出来るようにするため、公益財団法人財務会計基準機構への加入並びに同機
  構及び監査法人等が主催する講習会に参加する等積極的な情報収集活動に努めている。
            34/87













                     EDINET提出書類
                    日亜鋼業株式会社(E01287)
                      有価証券報告書
 1 【連結財務諸表等】
  (1) 【連結財務諸表】
  ①【連結貸借対照表】
                   (単位:千円)
            前連結会計年度     当連結会計年度
            (2019年3月31日)     (2020年3月31日)
  資産の部
  流動資産
   現金及び預金           13,574,790     10,541,774
             ※3 8,249,139
   受取手形及び売掛金                7,436,148
             ※3 2,510,474
   電子記録債権                3,276,541
   有価証券             -    1,853,868
   製品           5,240,710     5,224,063
   仕掛品           1,006,700     1,062,584
   原材料及び貯蔵品           2,211,015     2,798,129
   その他            448,591     412,068
              △5,235     △5,184
   貸倒引当金
   流動資産合計           33,236,185     32,599,993
  固定資産
   有形固定資産
   建物及び構築物(純額)           3,918,260     4,204,854
   機械装置及び運搬具(純額)           3,473,039     3,225,229
   土地           9,110,955     9,110,955
   建設仮勘定           341,315     381,529
              136,626     136,905
   その他(純額)
             ※2 16,980,196    ※2 17,059,473
   有形固定資産合計
   無形固定資産
   ソフトウエア           389,092     185,959
   ソフトウエア仮勘定            622      -
               3,895     3,439
   その他
   無形固定資産合計           393,609     189,399
   投資その他の資産
             ※1 14,039,195    ※1 12,758,595
   投資有価証券
   退職給付に係る資産           169,176     128,347
   繰延税金資産           396,335     429,922
   その他           1,279,118     1,392,654
              △28,825     △28,824
   貸倒引当金
   投資その他の資産合計          15,855,001     14,680,695
   固定資産合計           33,228,807     31,929,568
  資産合計            66,464,993     64,529,562
            35/87







                     EDINET提出書類
                    日亜鋼業株式会社(E01287)
                      有価証券報告書
                   (単位:千円)
            前連結会計年度     当連結会計年度
            (2019年3月31日)     (2020年3月31日)
  負債の部
  流動負債
             ※3 3,782,039
   支払手形及び買掛金                3,889,308
             ※3 2,180,916
   電子記録債務                2,515,539
   短期借入金           1,725,095     1,916,000
   1年内返済予定の長期借入金           2,792,000      849,000
   未払金           1,003,694      843,051
   未払法人税等            479,359      5,171
   賞与引当金            260,786     284,583
             ※3 237,526
   設備関係支払手形                 391,430
             ※3 121,191
   営業外電子記録債務                 159,664
   関係会社整理損失引当金            611,112     305,282
   災害損失引当金            168,566      8,641
              555,590     404,469
   その他
   流動負債合計           13,917,879     11,572,143
  固定負債
   長期借入金           3,859,000     4,130,000
   繰延税金負債            516,057     535,674
   役員退職慰労引当金            202,834     219,391
   退職給付に係る負債           1,960,588     2,029,665
              61,570     61,547
   その他
   固定負債合計           6,600,051     6,976,278
  負債合計            20,517,931     18,548,421
  純資産の部
  株主資本
   資本金           10,720,068     10,720,068
   資本剰余金           10,888,051     10,888,051
   利益剰余金           21,432,596     21,526,628
              △1,021,358     △1,021,476
   自己株式
   株主資本合計           42,019,358     42,113,272
  その他の包括利益累計額
   その他有価証券評価差額金            829,555     755,290
   為替換算調整勘定            305,171     325,225
              △75,690     △88,054
   退職給付に係る調整累計額
   その他の包括利益累計額合計           1,059,036      992,461
  非支配株主持分            2,868,667     2,875,406
  純資産合計            45,947,062     45,981,140
  負債純資産合計            66,464,993     64,529,562
            36/87







                     EDINET提出書類
                    日亜鋼業株式会社(E01287)
                      有価証券報告書
  ②【連結損益計算書及び連結包括利益計算書】
   【連結損益計算書】
                   (単位:千円)
            前連結会計年度     当連結会計年度
            (自 2018年4月1日     (自 2019年4月1日
            至 2019年3月31日)      至 2020年3月31日)
  売上高            31,247,181     30,939,114
             ※4 25,310,411    ※4 24,567,781
  売上原価
  売上総利益            5,936,769     6,371,333
  販売費及び一般管理費
  発送運賃            1,560,998     1,519,069
  荷造費            414,978     408,326
  貸倒引当金繰入額            △8,787      390
  役員報酬            250,770     238,680
  給料            924,874     901,092
  賞与引当金繰入額            71,349     77,277
  退職給付費用            51,295     53,100
  役員退職慰労引当金繰入額            38,241     35,836
  福利厚生費            264,787     242,134
  賃借料            121,366     114,642
              1,086,594     1,030,533
  雑費
             ※1 4,776,468    ※1 4,621,084
  販売費及び一般管理費合計
  営業利益            1,160,300     1,750,248
  営業外収益
  受取利息            132,141     133,225
  受取配当金            249,130     255,860
  有価証券売却益            76,145      207
  受取賃貸料            32,539     33,469
  保険解約返戻金            23,533      -
  太陽光売電収入            58,994     59,792
  為替差益            5,322      -
              34,001     26,269
  雑収入
  営業外収益合計            611,809     508,825
  営業外費用
  支払利息            80,074     34,232
  持分法による投資損失            110,451     86,943
  太陽光売電原価            34,715     33,647
  為替差損             -    58,561
              24,864     11,942
  雑支出
  営業外費用合計            250,106     225,327
  経常利益            1,522,003     2,033,746
            37/87







                     EDINET提出書類
                    日亜鋼業株式会社(E01287)
                      有価証券報告書
                   (単位:千円)
            前連結会計年度     当連結会計年度
            (自 2018年4月1日     (自 2019年4月1日
            至 2019年3月31日)      至 2020年3月31日)
  特別利益
              ※2 115    ※2 166
  固定資産売却益
  投資有価証券評価益            34,999     11,684
             ※5 616,759    ※5 38,764
  災害による保険金収入
  特別利益合計            651,874     50,615
  特別損失
  投資有価証券評価損             -    1,367,977
  固定資産除却損            25,504     15,668
              ※3 336    ※3 428
  固定資産売却損
  解体撤去費用            37,254     23,861
             ※6 368,214    ※6 33,881
  災害による損失
             ※7 613,710
  関係会社整理損失引当金繰入額                  -
              42,200      -
  その他
  特別損失合計            1,087,220     1,441,817
  税金等調整前当期純利益            1,086,657      642,544
  法人税、住民税及び事業税
              620,630     240,998
              △634,747      8,722
  法人税等調整額
  法人税等合計            △14,117     249,720
  当期純利益            1,100,774      392,823
  非支配株主に帰属する当期純利益             121,332      8,404
  親会社株主に帰属する当期純利益             979,442     384,419
            38/87












                     EDINET提出書類
                    日亜鋼業株式会社(E01287)
                      有価証券報告書
   【連結包括利益計算書】
                   (単位:千円)
            前連結会計年度     当連結会計年度
            (自 2018年4月1日     (自 2019年4月1日
            至 2019年3月31日)      至 2020年3月31日)
  当期純利益            1,100,774      392,823
  その他の包括利益
  その他有価証券評価差額金            △608,886     △82,575
  為替換算調整勘定            △108,968     21,201
  退職給付に係る調整額            44,803     △2,004
              △17,867     △4,861
  持分法適用会社に対する持分相当額
             ※1  △ 690,918    ※1  △ 68,240
  その他の包括利益合計
  包括利益             409,856     324,583
  (内訳)
  親会社株主に係る包括利益            298,973     317,844
  非支配株主に係る包括利益            110,883      6,738
            39/87















                     EDINET提出書類
                    日亜鋼業株式会社(E01287)
                      有価証券報告書
  ③【連結株主資本等変動計算書】
  前連結会計年度(自   2018年4月1日 至    2019年3月31日)
                (単位:千円)
           株主資本
      資本金  資本剰余金   利益剰余金   自己株式  株主資本合計
  当期首残高     10,720,068   10,888,051   20,969,548  △1,021,075  41,556,593
  当期変動額
  剰余金の配当          △338,791     △338,791
  親会社株主に帰属する
            979,442     979,442
  当期純利益
  自己株式の取得             △283  △283
  連結範囲の変動          △177,602     △177,602
  株主資本以外の項目の
                  -
  当期変動額(純額)
  当期変動額合計      -   -  463,048   △283  462,765
  当期末残高     10,720,068   10,888,051   21,432,596  △1,021,358  42,019,358
         その他の包括利益累計額

                 非支配
      その他     退職給付に   その他の
                   純資産合計
         為替換算
                 株主持分
      有価証券     係る調整   包括利益
         調整勘定
      評価差額金      累計額  累計額合計
  当期首残高     1,426,527   367,517  △96,078  1,697,965   2,869,107  46,123,666
  当期変動額
  剰余金の配当                  △338,791
  親会社株主に帰属する
                    979,442
  当期純利益
  自己株式の取得                  △283
  連結範囲の変動                  △177,602
  株主資本以外の項目の
      △596,971  △62,345   20,388  △638,928   △440  △639,369
  当期変動額(純額)
  当期変動額合計     △596,971  △62,345   20,388  △638,928   △440  △176,603
  当期末残高     829,555   305,171  △75,690  1,059,036   2,868,667  45,947,062
            40/87










                     EDINET提出書類
                    日亜鋼業株式会社(E01287)
                      有価証券報告書
  当連結会計年度(自   2019年4月1日 至    2020年3月31日)
                (単位:千円)
           株主資本
      資本金  資本剰余金   利益剰余金   自己株式  株主資本合計
  当期首残高     10,720,068   10,888,051   21,432,596  △1,021,358  42,019,358
  当期変動額
  剰余金の配当          △290,387     △290,387
  親会社株主に帰属する
            384,419     384,419
  当期純利益
  自己株式の取得             △117  △117
  連結範囲の変動                -
  株主資本以外の項目の
                  -
  当期変動額(純額)
  当期変動額合計           94,031   △117  93,914
  当期末残高     10,720,068   10,888,051   21,526,628  △1,021,476  42,113,272
         その他の包括利益累計額

                 非支配
      その他     退職給付に   その他の
                   純資産合計
         為替換算
                 株主持分
      有価証券     係る調整   包括利益
         調整勘定
      評価差額金      累計額  累計額合計
  当期首残高     829,555   305,171  △75,690  1,059,036   2,868,667  45,947,062
  当期変動額
  剰余金の配当                  △290,387
  親会社株主に帰属する
                    384,419
  当期純利益
  自己株式の取得                  △117
  連結範囲の変動                   -
  株主資本以外の項目の
       △74,265   20,054  △12,363  △66,574   6,738  △59,835
  当期変動額(純額)
  当期変動額合計     △74,265   20,054  △12,363  △66,574   6,738  34,078
  当期末残高     755,290   325,225  △88,054  992,461  2,875,406  45,981,140
            41/87










                     EDINET提出書類
                    日亜鋼業株式会社(E01287)
                      有価証券報告書
  ④【連結キャッシュ・フロー計算書】
                   (単位:千円)
            前連結会計年度     当連結会計年度
            (自 2018年4月1日     (自 2019年4月1日
            至 2019年3月31日)      至 2020年3月31日)
  営業活動によるキャッシュ・フロー
  税金等調整前当期純利益            1,086,657      642,544
  減価償却費            1,530,010     1,548,852
  貸倒引当金の増減額(△は減少)            △96,104      △52
  賞与引当金の増減額(△は減少)            25,615     23,797
  関係会社整理損失引当金の増減額(△は減少)            613,710     △270,856
  退職給付に係る負債の増減額(△は減少)            76,718     117,730
  役員退職慰労引当金の増減額(△は減少)            25,202     16,556
  災害による保険金収入            △616,759     △38,764
  災害損失            368,214     33,881
  受取利息及び受取配当金            △381,271     △389,086
  支払利息            80,074     34,232
  持分法による投資損益(△は益)            110,451     86,943
  有価証券売却損益(△は益)            △76,145     △207
  投資有価証券評価損益(△は益)            △34,999     1,356,293
  固定資産除売却損益(△は益)            25,724     15,930
  たな卸資産の増減額(△は増加)            25,306     △639,550
  売上債権の増減額(△は増加)            △649,710     37,130
  仕入債務の増減額(△は減少)            270,345     450,474
  未払消費税等の増減額(△は減少)            81,152     △83,927
  その他の流動資産の増減額(△は増加)            114,358     50,173
  その他の流動負債の増減額(△は減少)            △46,897     △148,206
  その他の固定資産の増減額(△は増加)            154,358     △124,712
  その他の固定負債の増減額(△は減少)            11,896      △23
              51,194     104,022
  その他
  小計            2,749,105     2,823,176
  利息及び配当金の受取額
              381,597     389,457
  利息の支払額            △80,317     △36,385
  災害による保険金受取額            616,759     38,764
  災害損失の支払額            △47,003     △226,235
              △489,786     △737,731
  法人税等の支払額
  営業活動によるキャッシュ・フロー            3,130,354     2,251,046
            42/87








                     EDINET提出書類
                    日亜鋼業株式会社(E01287)
                      有価証券報告書
                   (単位:千円)
            前連結会計年度     当連結会計年度
            (自 2018年4月1日     (自 2019年4月1日
            至 2019年3月31日)      至 2020年3月31日)
  投資活動によるキャッシュ・フロー
  定期預金の預入による支出           △5,800,000     △5,800,000
  定期預金の払戻による収入            5,800,000     5,800,000
  有価証券の売却による収入            301,955      -
  投資有価証券の取得による支出            △188,539    △1,204,099
  投資有価証券の売却による収入            165,230     68,847
  有形固定資産の取得による支出            △725,328    △1,372,539
  有形固定資産の売却による収入             419     428
  無形固定資産の取得による支出            △52,614     △6,110
               30     -
  貸付金の回収による収入
  投資活動によるキャッシュ・フロー            △498,848    △2,513,472
  財務活動によるキャッシュ・フロー
  短期借入金の純増減額(△は減少)            △237,304     207,455
  長期借入れによる収入            700,000     1,200,000
  長期借入金の返済による支出            △784,000    △2,872,000
  自己株式の取得による支出            △283     △117
              △331,846     △296,914
  配当金の支払額
  財務活動によるキャッシュ・フロー            △653,434    △1,761,575
  現金及び現金同等物に係る換算差額             △8,016     △9,065
  現金及び現金同等物の増減額(△は減少)            1,970,055     △2,033,067
  現金及び現金同等物の期首残高            7,710,475     9,774,790
  連結の範囲の変更に伴う
              94,259      -
  現金及び現金同等物の増減額(△は減少)
             ※1 9,774,790    ※1 7,741,722
  現金及び現金同等物の期末残高
            43/87












                     EDINET提出書類
                    日亜鋼業株式会社(E01287)
                      有価証券報告書
  【注記事項】
  (連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項)
 1 連結の範囲に関する事項
  (1) 連結子会社の数    5社
    主要な連結子会社の名称
    ジェイ-ワイテックス株式会社、滋賀ボルト株式会社、太陽メッキ株式会社、天津天冶日亜鋼業有限公司、
  烟台基威特鋼線製品有限公司
  (2) 主要な非連結子会社名
    日亜企業株式会社、南海サービス株式会社、株式会社エムアールケー、烟台基威特金属製品有限公司
    連結の範囲から除いた理由
   非連結子会社4社は、いずれも小規模会社であり、合計の総資産、売上高、当期純損益(持分に見合う額)及び
  利益剰余金(持分に見合う額)等は、いずれも連結財務諸表に重要な影響を及ぼしていないためである。
 2 持分法の適用に関する事項

  (1) 持分法を適用した非連結子会社及び関連会社の数          1社
    会社等の名称
    TSN  Wires Co.,Ltd.
  (2) 持分法を適用しない非連結子会社及び関連会社のうち主要な会社等の名称
   日亜企業株式会社、南海サービス株式会社、株式会社エムアールケー、烟台基威特金属製品有限公司
    持分法を適用しない理由
   持分法を適用していない会社は、それぞれ当期純損益(持分に見合う額)及び利益剰余金(持分に見合う額)等か
  らみて、持分法の対象から除いても連結財務諸表に及ぼす影響が軽微であり、かつ、全体としても重要性がない
  ため持分法の適用範囲から除外している。
 3 連結子会社の事業年度等に関する事項

   連結子会社のうち、天津天冶日亜鋼業有限公司及び烟台基威特鋼線製品有限公司の決算日は、12月31日であ
  る。
   連結財務諸表の作成にあたっては、同日現在の財務諸表を使用し、連結決算日との間に生じた重要な取引につ
  いては、連結上必要な調整を行っている。
 4 会計方針に関する事項

  (1) 重要な資産の評価基準及び評価方法
   ① 有価証券
     その他有価証券
     時価のあるもの
   決算日の市場価格等に基づく時価法(評価差額は、全部純資産直入法により処理し、売却原価は、移動平均法
   により算定)
     時価のないもの
      移動平均法による原価法
   ただし、投資事業有限責任組合については、組合契約に規定される決算報告日に応じて入手可能な最近の決
   算書を基礎とし、持分相当額を純額で取り込む方法によっている。
   ② デリバティブ
      時価法
   ③ たな卸資産
     製品、原材料、仕掛品
      移動平均法による原価法(収益性の低下による簿価切下げの方法)
     貯蔵品
      最終仕入原価法(収益性の低下による簿価切下げの方法)
            44/87






                     EDINET提出書類
                    日亜鋼業株式会社(E01287)
                      有価証券報告書
  (2) 重要な減価償却資産の減価償却の方法
   ① 有形固定資産(リース資産を除く)
   定率法を採用している。ただし、1998年4月1日以降に取得した建物(建物附属設備を除く)並びに2016年4
   月1日以降に取得した建物附属設備及び構築物については、定額法を採用している。
   なお、主な耐用年数は以下のとおりである。
   建物及び構築物     15年~47年
   機械装置及び運搬具     4年~10年
   ② 無形固定資産
   定額法を採用している。
   なお、自社利用のソフトウエアについては社内における利用可能期間(5年)に基づく定額法を採用している。
   ③ リース資産
   リース期間を耐用年数とし、残存価額をゼロとする定額法を採用している。
  (3) 重要な引当金の計上基準
   ① 貸倒引当金
   債権の貸倒れによる損失に備えるため、一般債権については貸倒実績率等により、貸倒懸念債権等特定の債権
   については個別に回収可能性を勘案し、回収不能見込額を計上している。
   ② 賞与引当金
   従業員に対して支給する賞与の支出に充てるため、支給見込額基準により計上している。
   ③ 役員退職慰労引当金
   役員の退職慰労金の支出に備えるため、内規に基づく期末要支給額を計上している。
   ④ 関係会社整理損失引当金
   関係会社の事業整理等に伴い、将来負担することとなる損失の発生に備えるため、当該損失見込額を計上している。
   ⑤   災害損失引当金
   災害により被災した資産の復旧等に要する支出に備えるため、今後発生すると見込まれる金額を計上している。
  (4) 退職給付に係る会計処理の方法
   ① 退職給付見込額の期間帰属方法
   退職給付債務の算定にあたり、退職給付見込額を当連結会計年度末までの期間に帰属させる方法については、
   給付算定式基準によっている。
   ② 数理計算上の差異の費用処理方法
   数理計算上の差異は、各連結会計年度の発生時における従業員の平均残存勤務期間以内の一定の年数(5年~10
   年)による定額法により按分した額をそれぞれ発生の翌連結会計年度から費用処理している。
   ③ 小規模企業等における簡便法の採用
   一部の連結子会社は、退職給付に係る負債及び退職給付費用の計算に、退職給付に係る期末自己都合要支給額
   を退職給付債務とする方法を用いた簡便法を適用している。
  (5) 重要な外貨建の資産又は負債の本邦通貨への換算の基準
   外貨建金銭債権債務は、連結決算日の直物為替相場により円貨に換算し、換算差額は損益として処理してい
   る。なお、在外子会社等の資産及び負債は、決算日の直物為替相場により円貨に換算し、収益及び費用は期中
   平均相場により円貨に換算し、換算差額は純資産の部における為替換算調整勘定及び非支配株主持分に含めて
   いる。
  (6) 重要なヘッジ会計の方法
   ① ヘッジ会計の方法
   金利スワップについては、特例処理の要件を満たしているので、特例処理を採用している。
   ② ヘッジ手段とヘッジ対象
     (ヘッジ手段)
      金利スワップ取引
     (ヘッジ対象)
      借入金の利息
   ③ ヘッジ方針
   借入金の金利変動リスクを回避する目的で金利スワップ取引を行っている。
   ④ ヘッジ有効性評価の方法
   金利スワップについては、特例処理によっているため有効性の評価を省略している。
  (7) 連結キャッシュ・フロー計算書における資金の範囲
   手許現金、随時引き出し可能な預金及び容易に換金可能であり、かつ、価値の変動について僅少なリスクしか
   負わない取得日から3ヵ月以内に償還期限の到来する短期投資からなっている。
  (8) その他連結財務諸表作成のための重要な事項
    消費税等の会計処理
     消費税及び地方消費税の会計処理は、税抜方式によっている。
            45/87




                     EDINET提出書類
                    日亜鋼業株式会社(E01287)
                      有価証券報告書
  (未適用の会計基準等)
  ・「収益認識に関する会計基準」(企業会計基準第29号         2020年3月31日)
  ・「収益認識に関する会計基準の適用指針」(企業会計基準適用指針第30号             2020年3月31日)
  (1) 概要

  収益認識に関する包括的な会計基準である。収益は、次の5つのステップを適用し認識される。
   ステップ1:顧客との契約を識別する。
   ステップ2:契約における履行義務を識別する。
   ステップ3:取引価格を算定する。
   ステップ4:契約における履行義務に取引価格を配分する。
   ステップ5:履行義務を充足した時に又は充足するにつれて収益を認識する。
  (2) 適用予定日

  2022年3月期の期首より適用予定である。
  (3) 当該会計基準等の適用による影響

  影響額は、当連結財務諸表の作成時において評価中である。
  ・「会計上の見積りの開示に関する会計基準」(企業会計基準第31号            2020年3月31日)

  (1) 概要

  当年度の財務諸表に計上した金額が会計上の見積りによるもののうち、翌年度の財務諸表に重要な影響を及ぼす
  リスクがある項目における会計上の見積りの内容について、財務諸表利用者の理解に資する情報を開示することを
  目的とするものである。
  (2) 適用予定日

  2021年3月期の年度末より適用予定である。
  ・「会計方針の開示、会計上の変更及び誤謬の訂正に関する会計基準」(企業会計基準第24号                2020年3月31日)

  (1) 概要

  関連する会計基準等の定めが明らかでない場合に、採用した会計処理の原則及び手続きの概要を示すことを目的
  とするものである。
  (2) 適用予定日

  2021年3月期の年度末より適用予定である。
  (追加情報)

  新型コロナウイルス感染症の影響については、今後の広がり方や収束時期等を正確に予測することは困難な状況
  にあるが、外部の情報源に基づく情報等を踏まえ、2021年3月期の一定期間にわたり当感染症の影響が継続すると
  いう一定の仮定に基づいて、2020年3月期の繰延税金資産の回収可能性及び固定資産の減損会計等の会計上の見積
  りを行っている。
            46/87






                     EDINET提出書類
                    日亜鋼業株式会社(E01287)
                      有価証券報告書
  (連結貸借対照表関係)
 ※1 非連結子会社及び関連会社に対するものは次のとおりである。
          前連結会計年度      当連結会計年度

          (2019年3月31日   )   (2020年3月31日   )
   投資有価証券(株式)        380,625千円      288,820千円
 ※2 有形固定資産の減価償却累計額

          前連結会計年度      当連結会計年度

          (2019年3月31日   )   (2020年3月31日   )
   有形固定資産の減価償却累計額        36,941,385  千円    37,723,275  千円
 ※3  期末日満期手形の会計処理については、満期日に決済が行われたものとして処理している。

  なお、前連結会計年度末日が金融機関の休日であったため、次の期末日満期手形を満期日に決済が行われたもの
  として処理している。
          前連結会計年度      当連結会計年度

          (2019年3月31日   )   (2020年3月31日   )
   受取手形        769,069千円        ―
   電子記録債権        650,788千円        ―
   支払手形        172,793千円        ―
   電子記録債務        768,710千円        ―
   設備関係支払手形         14,082千円        ―
   営業外電子記録債務         18,025千円        ―
  4 保証債務

    連結会社以外の会社の金融機関からの借入金に対して、次のとおり債務保証を行っている。
          前連結会計年度      当連結会計年度

          (2019年3月31日   )   (2020年3月31日   )
   TSN Wires Co., Ltd.
           656,120千円      628,973千円
          (188,000千THB)      (188,315千THB)
            47/87









                     EDINET提出書類
                    日亜鋼業株式会社(E01287)
                      有価証券報告書
  (連結損益計算書関係)
 ※1 一般管理費に含まれる研究開発費
          前連結会計年度      当連結会計年度
          (自  2018年4月1日     (自  2019年4月1日
          至  2019年3月31日   )   至  2020年3月31日   )
           30,547 千円     34,541 千円
 ※2 固定資産売却益の主な内訳

          前連結会計年度      当連結会計年度
          (自  2018年4月1日     (自  2019年4月1日
          至  2019年3月31日   )   至  2020年3月31日   )
   機械装置及び運搬具         115千円       ―
   その他(工具、器具及び備品)          ―     166千円
 ※3 固定資産売却損の主な内訳

          前連結会計年度      当連結会計年度
          (自  2018年4月1日     (自  2019年4月1日
          至  2019年3月31日   )   至  2020年3月31日   )
   建物及び構築物         19,689千円        ―
   機械装置及び運搬具         6,146千円      428千円
 ※4 通常の販売目的で保有するたな卸資産の収益性の低下による簿価切下げ額

          前連結会計年度      当連結会計年度
          (自  2018年4月1日     (自  2019年4月1日
          至  2019年3月31日   )   至  2020年3月31日   )
   売上原価        △27,514 千円     27,847 千円
 ※5 災害による保険金収入

  前連結会計年度(自     2018年4月1日    至  2019年3月31日   )
  2018年9月の台風被害による損失に対する保険金の入金額である。
  当連結会計年度(自     2019年4月1日    至  2020年3月31日   )

  2018年9月の台風被害による損失に対する保険金の入金額である。
 ※6 災害による損失

  前連結会計年度(自     2018年4月1日    至  2019年3月31日   )
  2018年9月の台風被害による損失額を計上しており、その内訳は被災した資産の復旧工事費用、固定資産除却
  損、棚卸資産処分損、操業休止期間中の固定費である。このうち、災害損失引当金繰入額は168,566千円である。
  当連結会計年度(自     2019年4月1日    至  2020年3月31日   )

  2018年9月の台風被害による損失額を計上しており、その内訳は被災した資産の復旧工事費用である。このう
  ち、災害損失引当金繰入額は27,699千円である。
  また、2019年10月の台風被害による損失額6,182千円を計上しており、その内訳は被災した資産の棚卸資産処分損
  である。
 ※7 関係会社整理損失引当金繰入額

  連結子会社である天津天冶日亜鋼業有限公司の        事業整理等に伴い、将来負担することとなる損失の発生に備えるため、
  当該損失見込額   を計上している。
            48/87




                     EDINET提出書類
                    日亜鋼業株式会社(E01287)
                      有価証券報告書
  (連結包括利益計算書関係)
 ※1 その他の包括利益に係る組替調整額及び税効果額
           前連結会計年度      当連結会計年度
          (自  2018年4月1日     (自  2019年4月1日
           至  2019年3月31日   )   至  2020年3月31日   )
   その他有価証券評価差額金
    当期発生額         △764,119千円      △1,470,127千円
           △111,144千円      1,356,085千円
    組替調整額
     税効果調整前
           △875,263千円      △114,041千円
           △266,377千円      △31,466千円
     税効果額
     その他有価証券評価差額金         △608,886千円      △82,575千円
   為替換算調整勘定
    当期発生額         △57,694千円      33,306千円
             ―      ―
    組替調整額
     税効果調整前
            △57,694千円      33,306千円
            51,273千円      12,104千円
     税効果額
     為替換算調整勘定         △108,968千円       21,201千円
   退職給付に係る調整額
    当期発生額         △25,684千円      △36,212千円
            30,214千円      33,343千円
    組替調整額
     税効果調整前
            4,530千円      △2,868千円
            △40,273千円       △863千円
     税効果額
     退職給付に係る調整額         44,803千円      △2,004千円
   持分法適用会社に対する持分相当額
            △17,867千円      △4,861千円
    当期発生額
     その他の包括利益合計      △690,918千円      △68,240千円
            49/87











                     EDINET提出書類
                    日亜鋼業株式会社(E01287)
                      有価証券報告書
  (連結株主資本等変動計算書関係)
  前連結会計年度(自     2018年4月1日    至  2019年3月31日   )
  1 発行済株式の種類及び総数並びに自己株式の種類及び株式数に関する事項
      当連結会計年度期首    当連結会計年度    当連結会計年度    当連結会計年度末
       株式数    増加株式数    減少株式数    株式数
       (千株)    (千株)    (千株)    (千株)
  発行済株式
   普通株式      51,755     ―    ―   51,755
  自己株式
   普通株式      3,356     0    ―   3,357
  (変動事由の概要)

   自己株式の増加数の内訳は、次のとおりである。
     単元未満株式の買取りによる増加         0千株
  2 新株予約権及び自己新株予約権に関する事項

    該当事項なし。
  3 配当に関する事項

   (1) 配当金支払額
         配当金の総額   1株当たり配当額
   決議   株式の種類          基準日   効力発生日
         (千円)   (円)
  2018年6月28日
      普通株式    193,596    4 2018年3月31日   2018年6月29日
  定時株主総会
  2018年11月9日
      普通株式    145,195     3 2018年9月30日   2018年12月5日
   取締役会
   (2) 基準日が当連結会計年度に属する配当のうち、配当の効力発生日が翌連結会計年度となるもの

          配当金の総額   1株当たり
   決議  株式の種類  配当の原資        基準日   効力発生日
          (千円)  配当額(円)
  2019年6月27日
     普通株式  利益剰余金   145,194    3 2019年3月31日   2019年6月28日
  定時株主総会
            50/87










                     EDINET提出書類
                    日亜鋼業株式会社(E01287)
                      有価証券報告書
  当連結会計年度(自     2019年4月1日    至  2020年3月31日   )
  1 発行済株式の種類及び総数並びに自己株式の種類及び株式数に関する事項
      当連結会計年度期首    当連結会計年度    当連結会計年度    当連結会計年度末
       株式数    増加株式数    減少株式数    株式数
       (千株)    (千株)    (千株)    (千株)
  発行済株式
   普通株式      51,755     ―    ―   51,755
  自己株式
   普通株式      3,357     0    ―   3,357
  (変動事由の概要)

   自己株式の増加数の内訳は、次のとおりである。
     単元未満株式の買取りによる増加         0千株
  2 新株予約権及び自己新株予約権に関する事項

    該当事項なし。
  3 配当に関する事項

   (1) 配当金支払額
         配当金の総額   1株当たり配当額
   決議   株式の種類          基準日   効力発生日
         (千円)   (円)
  2019年6月27日
      普通株式    145,194    3 2019年3月31日   2019年6月28日
  定時株主総会
  2019年11月12日
      普通株式    145,193    3 2019年9月30日   2019年12月5日
   取締役会
   (2) 基準日が当連結会計年度に属する配当のうち、配当の効力発生日が翌連結会計年度となるもの

          配当金の総額   1株当たり
   決議  株式の種類  配当の原資        基準日   効力発生日
          (千円)  配当額(円)
  2020年6月26日
     普通株式  利益剰余金   145,193    3 2020年3月31日   2020年6月29日
  定時株主総会
  (連結キャッシュ・フロー計算書関係)

 ※1 現金及び現金同等物の期末残高と連結貸借対照表に掲記されている科目の金額との関係
           前連結会計年度      当連結会計年度
           (自  2018年4月1日     (自  2019年4月1日
           至  2019年3月31日   )  至  2020年3月31日   )
   現金及び預金         13,574,790千円      10,541,774千円
   預入期間が3ヶ月を超える定期預金        △3,800,000千円      △3,800,000千円
   有価証券           ―    999,948千円
   現金及び現金同等物         9,774,790千円      7,741,722千円
            51/87







                     EDINET提出書類
                    日亜鋼業株式会社(E01287)
                      有価証券報告書
  (金融商品関係)
 1  金融商品の状況に関する事項
  (1) 金融商品に対する取組方針
  当社グループは、事業の運営に必要な資金については、自己資金を活用するとともに、銀行等金融機関からの借
  入により調達している。資金運用については有価証券運用規程の範囲で運用している。また、デリバティブは、後
  述するリスクを回避するために利用しており、投機的な取引は行わない方針である。
  (2) 金融商品の内容及びそのリスク並びにリスク管理体制

  営業債権である受取手形、売掛金及び電子記録債権は、顧客の信用リスクに晒されているが、基本的には契約時
  に総合商社を起用しリスク低減を図っている。また営業本部が主要な取引先の状況を定期的にモニタリングし、取
  引先ごとに与信管理を行うとともに、財務状況等の悪化等による回収懸念の早期把握や軽減を図っている。
   有価証券及び投資有価証券は、市場価格の変動リスクに晒されているが、投機的な運用は回避しており、分散投
  資により安全性を保持している。また適時に時価の把握を行っている。
  営業債務である支払手形、買掛金及び電子記録債務は、1年以内の支払期日である。
   借入金のうち、短期借入金は主に営業取引に係る資金調達であり、長期借入金は主に設備投資に係る資金調達で
  ある。返済日は決算日後、最長で5年以内である。このうち一部は、変動金利であるため金利の変動リスクに晒さ
  れている。
  デリバティブ取引は、長期借入金の金利変動リスクに対するヘッジ取引を目的とした金利スワップ取引を行って
  いる。デリバティブ取引の利用にあたっては、信用リスクを軽減するために、格付の高い金融機関とのみ取引を
  行っている。
   また、営業債務や借入金は、流動性リスクに晒されているが、当社グループでは、各社の手許流動性の状況につ
  いては、月次報告会で毎月報告することなどの方法により、流動性リスクを管理している。
  (3) 金融商品の時価等に関する事項についての補足説明

  金融商品の時価には、市場価格に基づく価額のほか、市場価格がない場合には合理的に算定された価額が含まれ
  ている。当該価額の算定においては変動要因を織り込んでいるため、異なる前提条件等を採用することにより、当
  該価額が変動することもある。また、「デリバティブ取引関係」注記におけるデリバティブ取引に関する契約額等
  については、その金額自体がデリバティブ取引に係る市場リスクを示すものではない。
            52/87










                     EDINET提出書類
                    日亜鋼業株式会社(E01287)
                      有価証券報告書
 2  金融商品の時価等に関する事項
  連結貸借対照表計上額、時価及びこれらの差額については、次のとおりである。なお、時価を把握することが極め
  て困難と認められるものは次表には含めていない((注2)参照)。
  前連結会計年度(   2019年3月31日   )
        連結貸借対照表計上額      時価    差額
          (千円)     (千円)    (千円)
  (1) 現金及び預金        13,574,790
               13,574,790       ―
  (2) 受取手形及び売掛金        8,249,139          ―
               8,249,139
  (3) 電子記録債権        2,510,474          ―
               2,510,474
  (4) 有価証券及び投資有価証券
   その他有価証券                  ―
          11,594,141    11,594,141
    資産計      35,928,544    35,928,544      ―
  (1) 支払手形及び買掛金
           3,782,039     3,782,039      ―
  (2) 電子記録債務        2,180,916    2,180,916
                     ―
  (3) 短期借入金        1,725,095    1,725,095
                     ―
  (4) 未払金        1,003,694    1,003,694
                     ―
  (5) 設備関係支払手形        237,526    237,526
                     ―
  (6) 営業外電子記録債務        121,191    121,191
                     ―
  (7) 長期借入金 (※1)        6,651,000    6,679,218
                    28,218
          15,701,463
    負債計          15,729,682     28,218
  デリバティブ取引 (※2)         (―)    (―)     ―
  (※1)1年内返済予定の長期借入金を含む。
  (※2)デリバティブ取引によって生じた正味の債権・債務は純額で表示しており、合計で正味の債務となる項目につ
   いては( )で示している。
  当連結会計年度(   2020年3月31日   )

        連結貸借対照表計上額      時価    差額
          (千円)     (千円)    (千円)
  (1) 現金及び預金
          10,541,774    10,541,774      ―
  (2) 受取手形及び売掛金
           7,436,148    7,436,148      ―
  (3) 電子記録債権
           3,276,541    3,276,541      ―
  (4) 有価証券及び投資有価証券
   その他有価証券
          12,259,214    12,259,214      ―
    資産計      33,513,679    33,513,679      ―
  (1) 支払手形及び買掛金
           3,889,308    3,889,308      ―
  (2) 電子記録債務
           2,515,539    2,515,539      ―
  (3) 短期借入金
           1,916,000    1,916,000      ―
  (4) 未払金
           843,051    843,051     ―
  (5) 設備関係支払手形
           391,430    391,430     ―
  (6) 営業外電子記録債務
           159,664    159,664     ―
  (7) 長期借入金 (※1)
           4,979,000    4,988,394     9,394
    負債計      14,693,994    14,703,389     9,394
  デリバティブ取引            ―     ―     ―
  (※1)1年内返済予定の長期借入金を含む。
            53/87




                     EDINET提出書類
                    日亜鋼業株式会社(E01287)
                      有価証券報告書
 (注1)金融商品の時価の算定方法並びに有価証券及びデリバティブ取引に関する事項

  資産
   (1) 現金及び預金、(2)   受取手形及び売掛金並びに(3)電子記録債権
  これらは短期間で決済されるため、時価は帳簿価額にほぼ等しいことから、当該帳簿価額によっている。
   (4) 有価証券及び投資有価証券

  これらの時価について、株式は取引所の価格によっており、債券、投資信託等は取引所の価格又は取引金融機関
  から提示された価格によっている。
  また、保有目的ごとの有価証券に関する注記事項については、「有価証券関係」注記に記載している。
  負債

   (1) 支払手形及び買掛金、(2)     電子記録債務、(3)   短期借入金、(4)   未払金、(5)  設備関係支払手形
   並びに(6)  営業外電子記録債務
  これらは短期間で決済されるため、時価は帳簿価額にほぼ等しいことから、当該帳簿価額によっている。
   (7) 長期借入金(1年内返済予定の長期借入金を含む)

  これらの時価については、元利金の合計額を同様の新規借入を行った場合に想定される利率で割り引いて算定し
  ている。変動金利による長期借入金の一部については金利スワップの特例処理の対象とされ、当該金利スワップと
  一体として処理された元利金の合計額を同様の新規借入を行った場合に想定される利率で割り引いて算定してい
  る。
  デリバティブ取引

  「デリバティブ取引関係」注記に記載している。
 (注2)時価を把握することが極めて困難と認められる金融商品

                  (単位:千円)
     区分     2019年3月31日      2020年3月31日
   非上場株式           2,395,054      2,303,249
             50,000
   その他                 50,000
  上記については、市場価格がなく、時価を把握することが極めて困難と認められるため、「(4)有価証券及び投資
  有価証券」には含めていない。
            54/87









                     EDINET提出書類
                    日亜鋼業株式会社(E01287)
                      有価証券報告書
 (注3)金銭債権及び満期がある有価証券の連結決算日後の償還予定額
  前連結会計年度(   2019年3月31日   )
              1年超  5年超
            1年以内        10年超
              5年以内  10年以内
            (千円)       (千円)
              (千円)  (千円)
  現金及び預金           13,574,790     ―   ―  ―
            8,249,139    ―  ―  ―
  受取手形及び売掛金
            2,510,474    ―  ―  ―
  電子記録債権
  有価証券及び投資有価証券
  ①債券
              2,250,000   550,000  1,100,000
    社債           ―
    その他           ―  300,000  1,400,000   100,000
  ②その他           ―  50,000   ―  ―
              2,600,000  1,950,000
      合計      24,334,403        1,200,000
  当連結会計年度(   2020年3月31日   )

              1年超  5年超
            1年以内        10年超
              5年以内  10年以内
            (千円)       (千円)
              (千円)  (千円)
  現金及び預金          10,541,774    ―  ―  ―
  受取手形及び売掛金          7,436,148    ―  ―  ―
  電子記録債権          3,276,541    ―  ―  ―
  有価証券及び投資有価証券
  ①債券
  社債 (※1)
            1,800,000  1,850,000   100,000  1,100,000
    その他           ―  500,000  1,900,000   100,000
  ②その他           50,000   ―  ―  ―
      合計      23,104,465   2,350,000  2,000,000  1,200,000
  (※1)社債のうち、償還期限の定めのない社債500,000千円については含めていない。
 (注4)社債、長期借入金、リース債務及びその他の有利子負債の連結決算日後の返済予定額

  前連結会計年度(   2019年3月31日   )
         1年超   2年超   3年超   4年超
       1年以内             5年超
         2年以内   3年以内   4年以内   5年以内
       (千円)             (千円)
         (千円)   (千円)   (千円)   (千円)
       2,792,000   649,000  2,980,000   140,000   90,000   ―
  長期借入金
       2,792,000   649,000  2,980,000   140,000   90,000   ―
    合計
  当連結会計年度(   2020年3月31日   )

         1年超   2年超   3年超   4年超
       1年以内             5年超
         2年以内   3年以内   4年以内   5年以内
       (千円)             (千円)
         (千円)   (千円)   (千円)   (千円)
  長期借入金     849,000  3,180,000   340,000   290,000   320,000   ―
    合計    849,000  3,180,000   340,000   290,000   320,000   ―
            55/87




                     EDINET提出書類
                    日亜鋼業株式会社(E01287)
                      有価証券報告書
  (有価証券関係)
  1 その他有価証券
  前連結会計年度(   2019年3月31日   )
         連結決算日における
              取得原価     差額
     区分    連結貸借対照表計上額
              (千円)    (千円)
          (千円)
  連結貸借対照表計上額が
  取得原価を超えるもの
           4,023,924    2,280,142    1,743,781
   ① 株式
   ② 債券 
           4,052,122    3,889,605     162,517
      社債
           530,686    449,000    81,686
      その他
               167,103    52,285
   ③ その他          219,389
           8,826,121    6,785,851    2,040,270
     小計
  連結貸借対照表計上額が
  取得原価を超えないもの
               2,279,942    △772,596
   ① 株式         1,507,345
   ② 債券
      社債          ―     ―    ―
           1,251,086    1,316,400
      その他                  △65,314
           9,588    12,186    △2,598
   ③ その他
           2,768,019    3,608,528    △840,508
     小計
           11,594,141
     合計          10,394,379    1,199,761
  (注)表中の「取得原価」は減損処理後の帳簿価額である。
  当連結会計年度(   2020年3月31日   )

         連結決算日における
              取得原価     差額
     区分    連結貸借対照表計上額
              (千円)    (千円)
          (千円)
  連結貸借対照表計上額が
  取得原価を超えるもの
   ① 株式         3,272,553    2,012,688    1,259,864
   ② 債券
      社債         2,925,413    2,839,553     85,860
      その他          407,197    349,000    58,197
   ③ その他          198,565    161,408    37,157
     小計      6,803,729    5,362,649    1,441,079
  連結貸借対照表計上額が
  取得原価を超えないもの
   ① 株式         1,078,267    1,183,518    △105,251
   ② 債券
      社債         2,422,885    2,500,000    △77,115
      その他         1,947,850    2,116,400    △168,550
   ③ その他          6,483    10,926    △4,443
     小計      5,455,485    5,810,844    △355,359
     合計      12,259,214    11,173,493    1,085,720
  (注)表中の「取得原価」は減損処理後の帳簿価額である。
            56/87



                     EDINET提出書類
                    日亜鋼業株式会社(E01287)
                      有価証券報告書
  2 連結会計年度中に売却したその他有価証券
  前連結会計年度(自     2018年4月1日    至  2019年3月31日   )
   区分    売却額(千円)     売却益の合計額(千円)     売却損の合計額(千円)

         108,845     74,190      ―
   ① 株式
         301,955           ―
   ② 債券             1,955
         56,385           ―
   ③ その他              ―
         467,185
   合計            76,145      ―
  当連結会計年度(自     2019年4月1日    至  2020年3月31日   )

   区分    売却額(千円)     売却益の合計額(千円)     売却損の合計額(千円)

   ① 株式         ―     ―     ―
   ② 債券        50,207      207     ―
   ③ その他        18,639      ―     ―
   合計      68,847      207     ―
  3 減損処理を行った有価証券

  前連結会計年度     当連結会計年度
  (自  2018年4月1日    (自  2019年4月1日
  至  2019年3月31日   ) 至  2020年3月31日   )
     0千円   1,367,977千円
  (デリバティブ取引関係)

  1.ヘッジ会計が適用されていないデリバティブ取引
   該当事項なし。
   なお、組み込みデリバティブを区分して測定できない複合金融商品は、複合金融商品全体を時価評価し、
   「(有価証券関係) 1 その他有価証券」に含めて記載している。
  2.ヘッジ会計が適用されているデリバティブ取引

  金利関連
   前連結会計年度(   2019年3月31日   )
      デリバティブ
               契約額等のうち
  ヘッジ会計の方法       主なヘッジ対象   契約額等(千円)       時価(千円)
                1年超(千円)
      取引の種類等
  金利スワップの    金利スワップ取引 

             2,000,000    ―
          長期借入金           (注)
  特例処理    支払固定・受取変動
  (注)  金利スワップの特例処理によるものは、ヘッジ対象とされている長期借入金と一体として処理されているた

   め、その時価は、当該長期借入金の時価に含めて記載している。
   当連結会計年度(   2020年3月31日   )

   該当事項なし。
            57/87





                     EDINET提出書類
                    日亜鋼業株式会社(E01287)
                      有価証券報告書
  (退職給付関係)
 1.採用している退職給付制度の概要
  当社及び連結子会社は、確定給付型の制度として、確定給付企業年金制度及び一時金制度を設けている。
  なお、一部の連結子会社が有する一時金制度は、簡便法により退職給付に係る負債及び退職給付費用を計算し
  ている。
 2.確定給付制度

  (1) 退職給付債務の期首残高と期末残高の調整表
                    (千円)
            前連結会計年度     当連結会計年度
           (自  2018年4月1日    (自  2019年4月1日
            至  2019年3月31日   )  至  2020年3月31日   )
              2,460,626
  退職給付債務の期首残高                 2,542,495
   勤務費用            179,529     182,468
   利息費用            16,892     17,585
   数理計算上の差異の発生額            10,310     △19,684
              △124,862
   退職給付の支払額                 △94,507
              2,542,495
  退職給付債務の期末残高                 2,628,356
  (注)簡便法を採用している連結子会社の退職給付債務を含んでいる。
  (2) 年金資産の期首残高と期末残高の調整表

                    (千円)
            前連結会計年度     当連結会計年度
           (自  2018年4月1日    (自  2019年4月1日
            至  2019年3月31日   )  至  2020年3月31日   )
               721,174
  年金資産の期首残高                 751,083
               23,068
   期待運用収益                 23,782
              △15,374
   数理計算上の差異の発生額                 △55,897
               33,777
   事業主からの拠出額                 33,888
              △11,562
   退職給付の支払額                 △25,818
               751,083
  年金資産の期末残高                 727,038
  (注)簡便法を採用している連結子会社の年金資産を含んでいる。
  (3) 退職給付債務及び年金資産の期末残高と連結貸借対照表に計上された退職給付に係る負債及び退職給付に係る資

  産の調整表
                    (千円)
            前連結会計年度     当連結会計年度
            (2019年3月31日   )  (2020年3月31日   )
               596,805
  積立型制度の退職給付債務                 613,908
              △751,083
  年金資産                 △727,038
              △154,278
                   △113,129
              1,945,690
  非積立型制度の退職給付債務                 2,014,447
              1,791,411
  連結貸借対照表に計上された負債と資産の純額                 1,901,317
              1,960,588

  退職給付に係る負債                 2,029,665
              △169,176
  退職給付に係る資産                 △128,347
              1,791,411
  連結貸借対照表に計上された負債と資産の純額                 1,901,317
  (注)簡便法を採用している連結子会社の退職給付債務及び年金資産を含んでいる。
            58/87







                     EDINET提出書類
                    日亜鋼業株式会社(E01287)
                      有価証券報告書
  (4) 退職給付費用及びその内訳項目の金額
                    (千円)
            前連結会計年度     当連結会計年度
           (自  2018年4月1日    (自  2019年4月1日
            至  2019年3月31日   )  至  2020年3月31日   )
               179,529
  勤務費用                 182,468
               16,892
  利息費用                 17,585
              △23,068
  期待運用収益                 △23,782
               30,214
  数理計算上の差異の費用処理額                 33,343
               203,567
  確定給付制度に係る退職給付費用                 209,614
  (注)簡便法を採用している連結子会社の退職給付費用を含んでいる。
  (5) 退職給付に係る調整額

  退職給付に係る調整額に計上した項目(税効果控除前)の内訳は次のとおりである。
                    (千円)
            前連結会計年度     当連結会計年度
           (自  2018年4月1日    (自  2019年4月1日
            至  2019年3月31日   )  至  2020年3月31日   )
               4,530
  数理計算上の差異                 △2,868
               4,530
  合計                 △2,868
  (6) 退職給付に係る調整累計額

  退職給付に係る調整累計額に計上した項目(税効果控除前)の内訳は次のとおりである。
                    (千円)
            前連結会計年度     当連結会計年度
            (2019年3月31日   )  (2020年3月31日   )
               162,137
  未認識数理計算上の差異                 165,006
               162,137
  合計                 165,006
  (7) 年金資産に関する事項

  ①年金資産の主な内訳
   年金資産合計に対する主な分類ごとの比率は、次のとおりである。
            前連結会計年度     当連結会計年度
            (2019年3月31日   )  (2020年3月31日   )
  株式             40%     32%
  債券             22%     26%
  一般勘定             32%     34%
  その他             6%     8%
  合計             100%     100%
  ②長期期待運用収益率の設定方法

   年金資産の長期期待運用収益率を決定するため、現在及び予想される年金資産の配分と、年金資産を構成
  する多様な資産からの現在及び将来期待される長期の収益率を考慮している。
  (8) 数理計算上の計算基礎に関する事項

  主要な数理計算上の計算基礎
            前連結会計年度     当連結会計年度
           (自  2018年4月1日    (自  2019年4月1日
            至  2019年3月31日   )  至  2020年3月31日   )
  割引率            0.3%~1.0%     0.3%~1.0%
  長期期待運用収益率             3.0%     3.0%
  (注)採用している退職給付制度における数理計算にあたっては、予想昇給率を使用していないため、予想昇給率
   の記載を省略している。
            59/87





                     EDINET提出書類
                    日亜鋼業株式会社(E01287)
                      有価証券報告書
  (税効果会計関係)
 1 繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別の内訳
             前連結会計年度     当連結会計年度
             (2019年3月31日   )  (2020年3月31日   )
   (繰延税金資産)
    賞与引当金          79,818千円     87,100千円
    未払事業税          47,371千円     23,529千円
    製品(横持費用)           3,537千円     2,990千円
    退職給付に係る負債          599,989千円     621,126千円
    役員退職慰労引当金          62,088千円     67,163千円
    貸倒引当金繰入限度超過額          10,784千円     10,919千円
    税務上の繰越欠損金(注)1          414,773千円     422,796千円
    減損損失          173,758千円     144,077千円
    投資有価証券          41,041千円     40,256千円
    たな卸資産評価損          39,930千円     48,523千円
    関係会社整理損失引当金          186,878千円     93,355千円
   子会社の留保利益
             93,134千円     186,657千円
             88,718千円     69,086千円
    その他
     繰延税金資産小計
             1,841,827千円     1,817,583千円
    税務上の繰越欠損金に係る評価性引当額          △340,723千円     △360,119千円
             △194,812千円     △169,233千円
    将来減算一時差異等の合計に係る評価性引当額
    評価性引当額
             △535,536千円     △529,352千円
     繰延税金資産合計          1,306,290千円     1,288,230千円
   (繰延税金負債)

    連結子会社の土地時価評価          △454,633千円     △454,633千円
    連結子会社の評価差額金          △503,264千円     △503,264千円
    その他有価証券評価差額金          △364,725千円     △332,927千円
    退職給付に係る資産          △51,734千円     △39,248千円
   為替換算調整勘定
             △51,273千円     △63,377千円
             △381千円     △529千円
    その他
     繰延税金負債合計         △1,426,012千円     △1,393,982千円
    繰延税金負債の純額          △119,722千円     △105,752千円
 (注)1.税務上の繰越欠損金及びその繰延税金資産の繰越期限別の金額
   前連結会計年度(   2019年3月31日   )
          1年超   2年超   3年超   4年超
       1年以内           5年超   合計
         2年以内  3年以内  4年以内  5年以内
   税務上の繰越欠損金(a)     54,888  118,600  50,492  51,127  139,665   - 414,773千円
   評価性引当額    △54,888  △86,590  △50,492  △51,127  △97,624   - △340,723千円
   繰延税金資産      - 32,009   -  - 42,041   - (b)74,050千円
  (a) 税務上の繰越欠損金は、法定実効税率を乗じた額である。
  (b) 税務上の繰越欠損金414,773千円(法定実効税率を乗じた額)について、繰延税金資産74,050千円を計上して
   いる。当該繰延税金資産74,050千円は、連結子会社ジェイ-ワイテックス株式会社における税務上の繰越欠損
      金の残高71,206千円(法定実効税率を乗じた額)並びに滋賀ボルト株式会社における税務上の繰越欠損金の残
   高31,736千円(法定実効税率を乗じた額)の一部について認識したものである。当該繰延税金資産を計上した
   税務上の繰越欠損金は、ジェイ-ワイテックス株式会社においては2012年3月期に税引前当期純損失545,236
   千円及び2015年3月期に税引前当期純損失132,066千円を計上したこと、滋賀ボルト株式会社においては2012
   年3月期に税引前純損失101,270千円を計上したことにより生じたものであり、将来の課税所得の見込みによ
   り回収可能と判断し評価性引当額を認識していない。
            60/87



                     EDINET提出書類
                    日亜鋼業株式会社(E01287)
                      有価証券報告書
   当連結会計年度(   2020年3月31日   )

          1年超   2年超   3年超   4年超
       1年以内           5年超   合計
         2年以内  3年以内  4年以内  5年以内
   税務上の繰越欠損金(a)     93,658  50,492  51,127  139,665  78,918  8,933  422,796千円
   評価性引当額    △81,956  △50,492  △51,127  △97,624  △78,918   - △360,119千円
   繰延税金資産     11,702   -  - 42,041   - 8,933 (b)62,676千円
  (a) 税務上の繰越欠損金は、法定実効税率を乗じた額である。
  (b) 税務上の繰越欠損金422,796千円(法定実効税率を乗じた額)について、繰延税金資産62,676千円を計上し
   て      いる。当該繰延税金資産62,676千円は、連結子会社ジェイ-ワイテックス株式会社における税務上
   の繰越欠損金の残高51,637千円(法定実効税率を乗じた額)及び太陽メッキ株式会社における税務上の繰越欠
   損金の残高8,933千円(法定実効税率を乗じた額)並びに滋賀ボルト株式会社における税務上の繰越欠損金の
   残高26,364千円(法定実効税率を乗じた額)の一部について認識したものである。当該繰延税金資産を計上し
   た税務上の繰越欠損金は、ジェイ-ワイテックス株式会社においては2012年3月期に税引前当期純損失545,236
   千円及び2015年3月期に税引前当期純損失132,066千円を計上したこと、滋賀ボルト株式会社においては2012
   年3月期に税引前純損失101,270千円を計上したこと、太陽メッキにおいては2020年3月期に欠損金額28,110
   千円が生じたものであり、将来の課税所得の見込みにより回収可能と判断し評価性引当額を認識していない。
 2 法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との間に重要な差異があるときの、当該差異の原因となった

  主要な項目別の内訳
             前連結会計年度    当連結会計年度
             (2019年3月31日   )  (2020年3月31日   )
   法定実効税率           30.6 %    30.6 %
   (調整)
   評価性引当額           △31.3 %    0.1 %
   交際費等永久に損金に算入されない項目           0.9 %    1.4 %
   寄附金の損金不算入額           1.6 %    0.8 %
   受取配当金等永久に益金に算入されない項目           △1.6 %   △3.0 %

   住民税均等割等           2.4 %    4.0 %

   国内会社の法定実効税率と海外会社の税率差           1.4 %    0.2 %

   持分法による投資損失           3.1 %    4.1 %

   子会社の留保利益           △8.6 %    -%
   その他           0.2 %    0.7 %
   税効果会計適用後の法人税等の負担率           △1.3 %    38.9 %
  (賃貸等不動産関係)

  前連結会計年度(自     2018年4月1日   至  2019年3月31日   )
   賃貸等不動産の総額に重要性が乏しいため、記載を省略している。
  当連結会計年度(自     2019年4月1日   至  2020年3月31日   )

   賃貸等不動産の総額に重要性が乏しいため、記載を省略している。
            61/87





                     EDINET提出書類
                    日亜鋼業株式会社(E01287)
                      有価証券報告書
  (セグメント情報等)
 【セグメント情報】
 1. 報告セグメントの概要
  (1) 報告セグメントの決定方法
  当社及び連結子会社の報告セグメントは、当社及び連結子会社の構成単位のうち分離された財務情報が入手可能
  であり、取締役会が、経営資源の配分の決定及び業績を評価するために、定期的に検証を行う対象となっているも
  のである。
   当社及び連結子会社は、本社に素材別の販売部を置き、各販売部は取り扱う製品について主に国内での販売活動
  を展開している。
  従って、当社及び連結子会社は主として素材別セグメントから構成されており、「普通線材製品」、「特殊線材
  製品」、「鋲螺線材製品」及び「不動産賃貸」の4つを報告セグメントとしている。
  (2) 各報告セグメントに属する製品及びサービスの種類

  「普通線材製品」は、主に各種めっき鉄線、めっき鉄線を素線とした加工製品を製造及び販売している。
  「特殊線材製品」は、主に硬鋼線、各種めっき鋼線、鋼平線、鋼より線、ワイヤロープを製造及び販売してい
  る。
  「鋲螺線材製品」は、主にトルシア形高力ボルト、六角高力ボルト、GNボルトを製造及び販売している。
  「不動産賃貸」は、主に個人住宅向賃貸用不動産を所有・経営している。
 2. 報告セグメントごとの売上高、利益又は損失、資産、その他の項目の金額の算定方法

  報告されている事業セグメントの会計処理の方法は、「連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項」におけ
  る記載と概ね同一である。
  報告セグメントの利益は、営業利益ベースの数値である。
            62/87












                     EDINET提出書類
                    日亜鋼業株式会社(E01287)
                      有価証券報告書
 3. 報告セグメントごとの売上高、利益又は損失、資産、その他の項目の金額に関する情報
  前連結会計年度(自     2018年4月1日   至  2019年3月31日   )
                   (単位:千円)
                    連結
         報告セグメント
                    財務諸表
               その他    調整額
                 合計
      普通線材  特殊線材  鋲螺線材  不動産
                    計上額
               (注)1    (注)2
             計
      製品  製品  製品  賃貸
                    (注) 3
 売上高
  外部顧客への売上高    10,302,220  15,078,659  5,109,047  136,335 30,626,263  620,918 31,247,181   ― 31,247,181
  セグメント間の
       ―  ―  ―  ―  ―  ―  ―  ―  ―
  内部売上高又は振替高
   計  10,302,220  15,078,659  5,109,047  136,335 30,626,263  620,918 31,247,181   ― 31,247,181
 セグメント利益     588,875  171,238  305,991  85,245 1,151,350  8,950 1,160,300   ― 1,160,300
 セグメント資産     9,209,819  17,945,326  4,325,777  2,149,212  33,630,135  904,228 34,534,364  31,930,629  66,464,993
 その他の項目
  減価償却費     577,300  691,524  199,585  32,471 1,500,882  7,208 1,508,091  25,773 1,533,864
  有形固定資産及び
      154,893  596,007  89,390 213,808  1,054,101  6,760 1,060,861  55,980 1,116,842
  無形固定資産の増加額
  (注) 1. 「その他」の区分は報告セグメントに含まれない事業セグメントであり、めっき受託加工等を含んでい
     る。
   2. 調整額は、以下のとおりである。
   (1)  セグメント資産の調整額31,930,629千円は、各報告セグメントに配分していない全社資産である。
      全社資産は、主に現金及び預金、投資有価証券、本社建物等である。
   (2) 減価償却費の調整額25,773千円は、太陽光発電設備に係る減価償却費である。
   (3) 有形固定資産及び無形固定資産の増加額の調整額55,980千円は、機械装置等の設備投資額である。
   3. セグメント利益は、連結損益計算書の営業利益と一致している。
  当連結会計年度(自     2019年4月1日   至  2020年3月31日   )

                   (単位:千円)
                    連結
         報告セグメント
                    財務諸表
               その他    調整額
                 合計
      普通線材  特殊線材  鋲螺線材  不動産
                    計上額
               (注)1    (注)2
             計
      製品  製品  製品  賃貸
                    (注) 3
 売上高
  外部顧客への売上高    10,001,126  14,710,804  5,442,344  210,841 30,365,117  573,997 30,939,114   ― 30,939,114
  セグメント間の
       ―  ―  ―  ―  ―  ―  ―  ―  ―
  内部売上高又は振替高
   計  10,001,126  14,710,804  5,442,344  210,841 30,365,117  573,997 30,939,114   ― 30,939,114
 セグメント利益又は損失(△)     895,283  △74,241  759,165  153,189  1,733,397  16,850 1,750,248   ― 1,750,248
 セグメント資産     8,962,744  18,195,264  4,974,586  2,147,981  34,280,576  878,974 35,159,550  29,370,011  64,529,562
 その他の項目
  減価償却費     571,213  703,998  203,600  39,498 1,518,310  7,611 1,525,921  22,930 1,548,852
  有形固定資産及び
      335,669  842,651  143,527  1,774 1,323,622  7,626 1,331,248  138,661  1,469,910
  無形固定資産の増加額
  (注) 1. 「その他」の区分は報告セグメントに含まれない事業セグメントであり、めっき受託加工等を含んでい
     る。
   2. 調整額は、以下のとおりである。
   (1)  セグメント資産の調整額29,370,011千円は、各報告セグメントに配分していない全社資産である。
      全社資産は、主に現金及び預金、投資有価証券、本社建物等である。
   (2) 減価償却費の調整額22,930千円は、太陽光発電設備に係る減価償却費である。
   (3) 有形固定資産及び無形固定資産の増加額の調整額138,661千円は、機械装置等の設備投資額である。
   3. セグメント利益は、連結損益計算書の営業利益と一致している。
            63/87




                     EDINET提出書類
                    日亜鋼業株式会社(E01287)
                      有価証券報告書
 【関連情報】
  前連結会計年度(自     2018年4月1日   至  2019年3月31日   )
 1.製品及びサービスごとの情報
  セグメント情報に同様の情報を開示しているため、記載を省略している。
 2.地域ごとの情報

  (1) 売上高
  本邦の外部顧客への売上高が連結損益計算書の売上高の90%を超えるため、記載を省略している。
  (2) 有形固定資産

  本邦に所在している有形固定資産の金額が連結貸借対照表の有形固定資産の金額の90%を超えるため、記載を省略
  している。
 3.主要な顧客ごとの情報

                   (単位:千円)
   顧客の名称又は氏名       売上高     関連するセグメント名
  株式会社メタルワン鉄鋼製品販売         3,317,257  普通線材製品、特殊線材製品及び鋲螺線材製品
  当連結会計年度(自     2019年4月1日   至  2020年3月31日   )

 1.製品及びサービスごとの情報
  セグメント情報に同様の情報を開示しているため、記載を省略している。
 2.地域ごとの情報

  (1) 売上高
  本邦の外部顧客への売上高が連結損益計算書の売上高の90%を超えるため、記載を省略している。
  (2) 有形固定資産

  本邦に所在している有形固定資産の金額が連結貸借対照表の有形固定資産の金額の90%を超えるため、記載を省略
  している。
 3.主要な顧客ごとの情報

                   (単位:千円)
   顧客の名称又は氏名       売上高     関連するセグメント名
  株式会社メタルワン鉄鋼製品販売         3,348,771  普通線材製品、特殊線材製品及び鋲螺線材製品
 【報告セグメントごとの固定資産の減損損失に関する情報】

    該当事項なし。
 【報告セグメントごとののれんの償却額及び未償却残高に関する情報】

    該当事項なし。
 【報告セグメントごとの負ののれん発生益に関する情報】

    該当事項なし。
            64/87






                     EDINET提出書類
                    日亜鋼業株式会社(E01287)
                      有価証券報告書
  【関連当事者情報】
 1 関連当事者との取引
  (1) 連結財務諸表提出会社と関連当事者との取引
   連結財務諸表提出会社の非連結子会社及び関連会社等
   前連結会計年度(自     2018年4月1日    至  2019年3月31日   )
          議決権等

   会社等の   資本金又  事業の内容  の所有  関連当事者    取引金額   期末残高
  種類   所在地         取引の内容    科目
   名称   は出資金  又は職業  (被所有)  との関係    (千円)   (千円)
          割合(%)
                 656,120
 関連会社 TSN Wires タイ国    金属製品  (所有)
      700,000千
            兼任2人  債務保証  (188,000千  ―  ―
       THB
   CO.,Ltd.  バンコク    製造業  直接40.0
                 THB)
  (注) 1.記載金額のうち、取引金額には消費税等が含まれていない。
   2.取引条件及び取引条件の決定方針等
   金融機関からの借入に対して、債務保証を行っている。
   当連結会計年度(自     2019年4月1日    至  2020年3月31日   )

          議決権等

   会社等の   資本金又  事業の内容  の所有  関連当事者    取引金額   期末残高
  種類   所在地         取引の内容    科目
   名称   は出資金  又は職業  (被所有)  との関係    (千円)   (千円)
          割合(%)
                 628,973
 関連会社 TSN Wires タイ国    金属製品  (所有)
      700,000千
            兼任2人  債務保証  (188,315千  ―  ―
       THB
   CO.,Ltd.  バンコク    製造業  直接40.0
                 THB)
  (注) 1.記載金額のうち、取引金額には消費税等が含まれていない。
   2.取引条件及び取引条件の決定方針等
   金融機関からの借入に対して、債務保証を行っている。
  (2) 連結財務諸表提出会社の連結子会社と関連当事者との取引

    連結財務諸表提出会社の役員及び主要株主(個人の場合に限る。)等
   前連結会計年度(自     2018年4月1日    至  2019年3月31日   )
          議決権等
       資本金又
   会社等の名称     事業の内容   関連当事者    取引金額    期末残高
          の所有
  種類    所在地 は出資金       取引の内容    科目
   又は氏名     又は職業   との関係    (千円)    (千円)
          (被所有)
       (千円)
          割合(%)
        ジェイ-ワ
        イテックス
        株式会社取
            住友電工ス  住友電工ス
        締役
  重要な
            チールワイ  チールワイ
  子会社
   鳥井 博康   ―  ―   なし ヤー株式会  ヤー株式会  853,734  買掛金  301,927
        住友電工ス
            社は原材料  社からの原
  の役員
        チールワイ
            の仕入先  材料の仕入
        ヤー株式会
        社代表取締
        役社長
  (注)1.上記の金額のうち、取引金額には消費税等が含まれておらず、期末残高には消費税等が含まれている。
     2.取引条件及び取引条件の決定方針等
     鳥井博康が第三者(住友電工スチールワイヤー株式会社)の代表者として行った取引であり、独立第三
     者間取引と同様の一般的な取引条件で行っている。
   当連結会計年度(自     2019年4月1日    至  2020年3月31日   )

   該当事項なし。
 2 親会社又は重要な関連会社に関する注記

    該当事項なし。
            65/87



                     EDINET提出書類
                    日亜鋼業株式会社(E01287)
                      有価証券報告書
  (1株当たり情報)
             前連結会計年度     当連結会計年度

            (自  2018年4月1日    (自  2019年4月1日
             至  2019年3月31日   ) 至  2020年3月31日   )
  1株当たり純資産額             890.08円     890.65円
  1株当たり当期純利益             20.24円     7.94円
  (注)1.潜在株式調整後1株当たり当期純利益については、潜在株式が存在しないため記載していない。
    2.1株当たり当期純利益の算定上の基礎は、以下のとおりである。
             前連結会計年度     当連結会計年度

            (自  2018年4月1日    (自  2019年4月1日
             至  2019年3月31日   ) 至  2020年3月31日   )
  1株当たり当期純利益
   親会社株主に帰属する当期純利益(千円)             979,442     384,419
   普通株主に帰属しない金額(千円)              ―     ―
   普通株式に係る親会社株主に帰属する当期純利益(千円)             979,442     384,419
   期中平均株式数(株)             48,398,515     48,397,822
  (重要な後発事象)

    該当事項なし。
            66/87













                     EDINET提出書類
                    日亜鋼業株式会社(E01287)
                      有価証券報告書
  ⑤ 【連結附属明細表】
  【社債明細表】
   該当事項なし。
  【借入金等明細表】

         当期首残高   当期末残高   平均利率

    区分              返済期限
         (千円)   (千円)   (%)
         1,725,095
  短期借入金           1,916,000    0.433   ―
  1年以内に返済予定の長期借入金        2,792,000    849,000    0.311   ―

  長期借入金(1年以内に返済予定の                 2021年4月30日~

         3,859,000
            4,130,000    0.387
  ものを除く)                 2025年2月28日
         8,376,095

    合計        6,895,000     ―  ―
  (注) 1 「平均利率」については、借入金等の期末残高に対する加重平均利率を記載している。
   2 長期借入金(1年以内に返済予定のものを除く)の連結決算日後5年内における1年ごとの返済予定額の総
   額。
      1年超2年以内    2年超3年以内    3年超4年以内    4年超5年以内
   区分
       (千円)    (千円)    (千円)    (千円)
   長期借入金     3,180,000    340,000    290,000    320,000
  【資産除去債務明細表】

   該当事項なし。
            67/87












                     EDINET提出書類
                    日亜鋼業株式会社(E01287)
                      有価証券報告書
  (2) 【その他】
  当連結会計年度における四半期情報等
    (累計期間)     第1四半期   第2四半期   第3四半期   当連結会計年度

  売上高     (千円)   7,523,003   15,374,063   23,411,675   30,939,114

  税金等調整前

       (千円)   225,524   628,412   1,320,711    642,544
  四半期(当期)純利益
  親会社株主に帰属する

       (千円)   147,459   432,296   918,405   384,419
  四半期(当期)純利益
  1株当たり

       (円)   3.05   8.93   18.98   7.94
  四半期(当期)純利益
    (会計期間)     第1四半期   第2四半期   第3四半期   第4四半期

  1株当たり
  四半期純利益又は
       (円)   3.05   5.89   10.04   △11.03
  1株当たり
  四半期純損失(△)
            68/87













                     EDINET提出書類
                    日亜鋼業株式会社(E01287)
                      有価証券報告書
 2 【財務諸表等】
  (1) 【財務諸表】
  ①【貸借対照表】
                   (単位:千円)
            前事業年度     当事業年度
            (2019年3月31日)     (2020年3月31日)
  資産の部
  流動資産
   現金及び預金           11,236,477     8,737,700
             ※2 2,179,297
   受取手形                1,375,932
             ※2 1,515,355
   電子記録債権                2,213,551
             ※1 2,694,127    ※1 2,802,174
   売掛金
   有価証券             -    1,853,868
   製品           3,033,109     3,174,815
   仕掛品            196,185     218,867
   原材料及び貯蔵品            890,149     1,263,449
   前払費用            23,519     23,898
             ※1 364,096    ※1 561,489
   短期貸付金
              ※1 8,283    ※1 15,418
   未収入金
             ※1 273,605    ※1 241,683
   立替金
   その他            12,072     19,388
              △4,607     △4,707
   貸倒引当金
   流動資産合計           22,421,673     22,497,531
  固定資産
   有形固定資産
   建物(純額)           2,704,617     2,771,214
   構築物(純額)           185,126     166,741
   機械及び装置(純額)           1,336,483     1,282,950
   車両運搬具(純額)           2,152     1,672
   工具、器具及び備品(純額)           70,146     80,727
   土地           2,948,386     2,948,386
              267,766     135,057
   建設仮勘定
   有形固定資産合計           7,514,680     7,386,750
   無形固定資産
   ソフトウエア           296,282     115,783
               839     416
   その他
   無形固定資産合計           297,122     116,199
   投資その他の資産
   投資有価証券          12,514,683     11,876,357
   関係会社株式           2,662,889     2,133,468
             ※1 599,149    ※1 1,462,489
   長期貸付金
   長期前払費用           3,547     22,632
   繰延税金資産           365,540     390,751
   保険積立金           1,051,426     1,098,380
   その他           283,880     321,585
   貸倒引当金           △27,700     △28,200
               -    △91,805
   投資損失引当金
   投資その他の資産合計          17,453,417     17,185,658
   固定資産合計           25,265,220     24,688,609
  資産合計            47,686,893     47,186,140
            69/87



                     EDINET提出書類
                    日亜鋼業株式会社(E01287)
                      有価証券報告書
                   (単位:千円)
            前事業年度     当事業年度
            (2019年3月31日)     (2020年3月31日)
  負債の部
  流動負債
              ※2 18,356
   支払手形                 17,773
            ※1 ,※2 2,404,326    ※1 2,270,124
   電子記録債務
             ※1 984,672    ※1 1,239,853
   買掛金
   1年内返済予定の長期借入金            200,000     200,000
             ※1 511,863    ※1 428,062
   未払金
   未払費用            140,639     151,645
   未払法人税等            378,628      -
   未払消費税等            102,709     33,164
   前受金            13,289     9,732
              ※1 12,407    ※1 13,425
   預り金
   賞与引当金            134,679     154,300
   関係会社整理損失引当金            446,469     446,469
             ※2 100,487
                    122,722
   営業外電子記録債務
   流動負債合計           5,448,531     5,087,274
  固定負債
   長期借入金           2,400,000     2,200,000
   退職給付引当金            796,865     850,134
   役員退職慰労引当金            128,900     146,460
              60,320     60,297
   その他
   固定負債合計           3,386,086     3,256,891
  負債合計            8,834,617     8,344,166
  純資産の部
  株主資本
   資本金           10,720,068     10,720,068
   資本剰余金
   資本準備金          10,888,032     10,888,032
               18     18
   その他資本剰余金
   資本剰余金合計          10,888,051     10,888,051
   利益剰余金
   利益準備金           655,131     655,131
   その他利益剰余金
    別途積立金          12,159,226     12,159,226
              4,647,275     4,701,200
    繰越利益剰余金
   利益剰余金合計          17,461,633     17,515,558
   自己株式           △1,021,358     △1,021,476
   株主資本合計           38,048,395     38,102,202
  評価・換算差額等
              803,879     739,771
   その他有価証券評価差額金
   評価・換算差額等合計            803,879     739,771
  純資産合計            38,852,275     38,841,974
  負債純資産合計            47,686,893     47,186,140
            70/87





                     EDINET提出書類
                    日亜鋼業株式会社(E01287)
                      有価証券報告書
  ②【損益計算書】
                   (単位:千円)
            前事業年度     当事業年度
            (自 2018年4月1日     (自 2019年4月1日
            至 2019年3月31日)      至 2020年3月31日)
             ※1 17,173,511    ※1 17,848,273
  売上高
             ※1 13,512,001    ※1 13,586,621
  売上原価
  売上総利益            3,661,510     4,261,652
            ※1 ,※2 2,628,563   ※1 ,※2 2,606,019
  販売費及び一般管理費
  営業利益            1,032,946     1,655,632
  営業外収益
             ※1 376,047    ※1 392,346
  受取利息及び配当金
  有価証券売却益            76,145      207
  保険解約返戻金            23,533      -
  為替差益            6,007      -
              ※1 16,887    ※1 17,587
  雑収入
  営業外収益合計            498,621     410,141
  営業外費用
  支払利息            9,301     9,010
  為替差損             -    25,403
               1,189     4,261
  雑支出
  営業外費用合計            10,490     38,674
  経常利益            1,521,077     2,027,098
  特別利益
  投資損失引当金戻入額            102,145      -
              ※3 53,712
  災害による保険金収入                  -
  投資有価証券評価益            34,999     11,684
               58     166
  固定資産売却益
  特別利益合計            190,914     11,850
  特別損失
  固定資産除却損            22,289     5,126
  固定資産売却損             336     428
  投資有価証券評価損             -    1,367,977
             ※5 446,469
  関係会社整理損失引当金繰入額                  -
  関係会社株式評価損            421,937      -
  投資損失引当金繰入額             -    91,805
  解体撤去費用            35,510     21,400
              ※4 42,815
                     -
  災害による損失
  特別損失合計            969,357     1,486,738
  税引前当期純利益             742,634     552,211
  法人税、住民税及び事業税
              506,000     208,324
              △306,243      △425
  法人税等調整額
  法人税等合計             199,756     207,898
  当期純利益             542,878     344,312
            71/87






                     EDINET提出書類
                    日亜鋼業株式会社(E01287)
                      有価証券報告書
  ③【株主資本等変動計算書】
  前事業年度(自   2018年4月1日 至    2019年3月31日)
                   (単位:千円)
             株主資本
          資本剰余金       利益剰余金
                その他利益剰余金
      資本金
          その他  資本剰余金        利益剰余金
        資本準備金      利益準備金
                  繰越利益
          資本剰余金  合計        合計
                別途積立金
                  剰余金
  当期首残高    10,720,068  10,888,032   18 10,888,051  655,131  12,159,226  4,443,189  17,257,547
  当期変動額
  剰余金の配当                △338,791  △338,791
  当期純利益                542,878  542,878
  自己株式の取得
  株主資本以外の項目の
  当期変動額(純額)
  当期変動額合計      -  -  -  -  -  - 204,086  204,086
  当期末残高    10,720,068  10,888,032   18 10,888,051  655,131  12,159,226  4,647,275  17,461,633
       株主資本   評価・換算差額等

          その他

              純資産合計
            評価・換算
      自己株式  株主資本合計  有価証券
            差額等合計
          評価差額金
  当期首残高    △1,021,075  37,844,592  1,386,289  1,386,289  39,230,881

  当期変動額
  剰余金の配当      △338,791      △338,791
  当期純利益      542,878      542,878
  自己株式の取得     △283  △283      △283
  株主資本以外の項目の
          △582,409  △582,409  △582,409
  当期変動額(純額)
  当期変動額合計     △283 203,803  △582,409  △582,409  △378,606
  当期末残高    △1,021,358  38,048,395  803,879  803,879  38,852,275
            72/87










                     EDINET提出書類
                    日亜鋼業株式会社(E01287)
                      有価証券報告書
  当事業年度(自   2019年4月1日 至    2020年3月31日)
                   (単位:千円)
             株主資本
          資本剰余金       利益剰余金
                その他利益剰余金
      資本金
          その他  資本剰余金        利益剰余金
        資本準備金      利益準備金
                  繰越利益
          資本剰余金  合計        合計
                別途積立金
                  剰余金
  当期首残高    10,720,068  10,888,032   18 10,888,051  655,131  12,159,226  4,647,275  17,461,633
  当期変動額
  剰余金の配当                △290,387  △290,387
  当期純利益                344,312  344,312
  自己株式の取得
  株主資本以外の項目の
  当期変動額(純額)
  当期変動額合計      -  -  -  -  -  - 53,924  53,924
  当期末残高    10,720,068  10,888,032   18 10,888,051  655,131  12,159,226  4,701,200  17,515,558
       株主資本   評価・換算差額等

          その他

              純資産合計
            評価・換算
      自己株式  株主資本合計  有価証券
            差額等合計
          評価差額金
  当期首残高    △1,021,358  38,048,395  803,879  803,879  38,852,275

  当期変動額
  剰余金の配当      △290,387      △290,387
  当期純利益      344,312      344,312
  自己株式の取得     △117  △117      △117
  株主資本以外の項目の
          △64,108  △64,108  △64,108
  当期変動額(純額)
  当期変動額合計     △117 53,807  △64,108  △64,108  △10,301
  当期末残高    △1,021,476  38,102,202  739,771  739,771  38,841,974
            73/87










                     EDINET提出書類
                    日亜鋼業株式会社(E01287)
                      有価証券報告書
  【注記事項】
  (重要な会計方針)
  1.資産の評価基準及び評価方法
  (1)有価証券の評価基準及び評価方法
   ① 子会社株式及び関連会社株式
    移動平均法による原価法
   ② その他有価証券
    時価のあるもの
     決算日の市場価格等に基づく時価法(評価差額は、全部純資産直入法により処理し、売却原価は移動平均法によ
   り算定)
    時価のないもの
     移動平均法による原価法
   ただし、投資事業有限責任組合については、組合契約に規定される決算報告日に応じて入手可能な最近の決算
   書を基礎とし、持分相当額を純額で取り込む方法によっている。
  (2)デリバティブの評価基準及び評価方法

    時価法
  (3)たな卸資産の評価基準及び評価方法

    製品、原材料、仕掛品
     移動平均法による原価法(収益性の低下による簿価切下げの方法)
    貯蔵品
     最終仕入原価法(収益性の低下による簿価切下げの方法)
  2.固定資産の減価償却の方法

  (1)有形固定資産(リース資産を除く)
    定率法を採用している。ただし、1998年4月1日以降に取得した建物(建物附属設備を除く)並びに2016年4月
  1日以降に取得した建物附属設備及び構築物については、定額法を採用している。
  (2)無形固定資産
    定額法を採用している。
  なお、自社利用のソフトウエアについては社内における利用期間(5年)に基づく定額法を採用している。
  (3)リース資産
    リース期間を耐用年数とし、残存価額をゼロとする定額法を採用している。
  3.引当金の計上基準

  (1)貸倒引当金
    債権の貸倒れによる損失に備えるため、一般債権については貸倒実績率等により、貸倒懸念債権等特定の債権に
  ついては個別に回収可能性を勘案し、回収不能見込額を計上している。
  (2)賞与引当金
    従業員の賞与の支出に充てるため、支給見込額基準により計上している。
  (3)退職給付引当金
    従業員の退職給付に備えるため、当事業年度末における退職給付債務及び年金資産の見込額に基づき計上してい
  る。退職給付債務の算定にあたり、退職給付見込額を当事業年度末までの期間に帰属させる方法については、給
  付算定式基準によっている。数理計算上の差異は、各事業年度の発生時における従業員の平均残存勤務期間以内
  の一定の年数(5年)による定額法により按分した額をそれぞれ発生の翌事業年度から費用処理している。
  (4)役員退職慰労引当金
    役員の退職慰労金の支出に備えるため、内規に基づく期末要支給額を計上している。
  (5)投資損失引当金
    関係会社への投資に係る損失に備えるため、当該会社の財政状態等を勘案し、必要と認められる額を計上してい
  る。
  (6)関係会社整理損失引当金
    関係会社の事業整理等に伴い、将来負担することとなる損失の発生に備えるため、貸付に対する回収不能見込額
  を含めた当該損失見込み額を計上している。
  4.その他財務諸表作成のための基本となる重要な事項

  (1)退職給付に係る会計処理
    退職給付に係る未認識数理計算上の差異の会計処理方法は、連結財務諸表における会計処理と異なっている。
  (2)消費税等の会計処理
    消費税及び地方消費税の会計処理は、税抜方式によっている。
  (追加情報)

  新型コロナウイルス感染症の影響については、今後の広がり方や収束時期等を正確に予測することは困難な状況に
            74/87


                     EDINET提出書類
                    日亜鋼業株式会社(E01287)
                      有価証券報告書
  あるが、外部の情報源に基づく情報等を踏まえ、2021年3月期の一定期間にわたり当感染症の影響が継続するという
  一定の仮定に基づいて、2020年3月期の繰延税金資産の回収可能性及び固定資産の減損会計等の会計上の見積りを
  行っ ている。
  (貸借対照表関係)

 ※1 関係会社に対する資産及び負債
  関係会社に対する金銭債権又は金銭債務の金額は、次のとおりである。
           前事業年度      当事業年度

          (2019年3月31日   )   (2020年3月31日   )
   短期金銭債権        752,360千円      929,154千円
   長期金銭債権        599,149千円      1,491,916千円
   短期金銭債務        962,623千円      527,123千円
 ※2  期末日満期手形の会計処理については、満期日に決済が行われたものとして処理している。

  なお、期末日が金融機関の休日であったため、次の期末日満期手形を満期日に決済が行われたものとして処理し
  ている。
           前事業年度      当事業年度

          (2019年3月31日   )   (2020年3月31日   )
   受取手形        721,366千円        ―
   電子記録債権        505,506千円        ―
   支払手形         5,312千円       ―
   電子記録債務        811,575千円        ―
   営業外電子記録債務         16,141千円        ―
  3 保証債務

    下記の会社の金融機関からの借入金に対して、債務保証を行っている。
           前事業年度      当事業年度

          (2019年3月31日   )   (2020年3月31日   )
   ジェイ-ワイテックス株式会社        800,000千円      900,000千円
   天津天冶日亜鋼業有限公司        405,113千円        ―
           (3,650千USD)        ―
   TSN Wires Co., Ltd.
           656,120千円      628,973千円
          (188,000千THB)      (188,315千THB)
            75/87









                     EDINET提出書類
                    日亜鋼業株式会社(E01287)
                      有価証券報告書
  (損益計算書関係)
 ※1  関係会社との営業取引及び営業取引以外の取引の取引高の総額は、次のとおりである。
           前事業年度      当事業年度

          (自  2018年4月1日     (自  2019年4月1日
          至  2019年3月31日   )   至  2020年3月31日   )
   営業取引による取引高
    売上高         287,276千円      277,963千円
    仕入高        2,519,977千円      2,773,551千円
    その他の営業取引高         40,381千円      42,932千円
   営業取引以外の取引による取引高         56,433千円      50,573千円
 ※2  販売費及び一般管理費のうち主要な費目及び金額並びにおおよその割合は、次のとおりである。

           前事業年度      当事業年度

          (自  2018年4月1日     (自  2019年4月1日
          至  2019年3月31日   )   至  2020年3月31日   )
   運搬費         931,358 千円     924,968 千円
   従業員給料         525,281 千円     535,269 千円
   賞与引当金繰入額         50,865 千円     56,384 千円
   役員報酬         141,366 千円     132,419 千円
   退職給付費用         29,582 千円     31,001 千円
   役員退職慰労引当金繰入額         25,279 千円     23,450 千円
   減価償却費         208,852 千円     199,807 千円
   おおよその割合

   販売費          57.9%      59.6%
   一般管理費          42.1%      40.4%
 ※3 災害による保険金収入

  2018年9月の台風被害による損失に対する保険金の入金額である。
 ※4 災害による損失

  2018年9月の台風被害による損失額を計上しており、その内訳は被災した資産の復旧工事費用、固定資産除却
  損、棚卸資産処分損である。
 ※5 関係会社整理損失引当金繰入額

  連結子会社である天津天冶日亜鋼業有限公司の        事業整理等に伴い、将来負担することとなる損失の発生に備えるため、
  貸付に対する回収不能見込額を含めた当該損失見込額         を計上している。
            76/87








                     EDINET提出書類
                    日亜鋼業株式会社(E01287)
                      有価証券報告書
  (有価証券関係)
  子会社株式及び関連会社株式は、市場価格がなく時価を把握することが極めて困難と認められるため、子会社株
  式及び関連会社株式の時価を記載していない。
  なお、時価を把握することが極めて困難と認められる子会社株式及び関連会社株式の貸借対照表計上額は次のと
  おりである。
               (単位:千円)
           前事業年度     当事業年度
      区分
          (2019年3月31日   )  (2020年3月31日   )
   子会社株式         1,440,607     1,440,607
   関連会社株式         216,557     216,557
      計      1,657,165     1,657,165
  (税効果会計関係)

 1 繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別の内訳
           前事業年度      当事業年度
          (2019年3月31日   )   (2020年3月31日   )
   (繰延税金資産)
    賞与引当金         41,185千円      47,185千円
    未払事業税         35,666千円      17,191千円
    製品(横持費用)         3,537千円      2,990千円
    退職給付引当金        243,681千円      259,971千円
    役員退職慰労引当金         39,417千円      44,787千円
    貸倒引当金繰入限度超過額         9,863千円      10,046千円
    投資有価証券         40,006千円      39,221千円
    減損損失         72,160千円      69,292千円
    たな卸資産評価損         21,041千円      21,230千円
    関係会社株式        328,931千円      328,931千円
    投資損失引当金         -千円     28,074千円
    関係会社整理損失引当金        136,530千円      136,530千円
           19,855千円      18,194千円
    その他
     繰延税金資産小計
           991,879千円      1,023,648千円
           △222,888千円      △250,962千円
    評価性引当額
     繰延税金資産合計
           768,990千円      772,685千円
   (繰延税金負債)

    その他有価証券評価差額金        △346,543千円      △321,757千円
           △56,906千円      △60,176千円
    前払年金費用
     繰延税金負債合計        △403,450千円      △381,934千円
    繰延税金資産又は負債の純額        365,540千円      390,751千円
            77/87







                     EDINET提出書類
                    日亜鋼業株式会社(E01287)
                      有価証券報告書
 2 法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との間に重要な差異があるときの、当該差異の原因となった
  主要な項目別の内訳
             前事業年度     当事業年度
            (2019年3月31日   )  (2020年3月31日   )
  法定実効税率
               30.6%     30.6%
  (調整)
  評価性引当額            △6.6%      5.1%
  交際費等永久に損金に算入されない項目            1.0%     1.3%
  寄附金の損金不算入額            2.1%     0.7%
  受取配当金等永久に益金に算入されない項目            △2.3%     △3.2%
  住民税均等割等            2.2%     3.0%
              △0.1%      0.1%
  その他
  税効果会計適用後の法人税等の負担率            26.9%     37.6%
  (重要な後発事象)

  該当事項なし。
            78/87















                     EDINET提出書類
                    日亜鋼業株式会社(E01287)
                      有価証券報告書
  ④ 【附属明細表】
   【有形固定資産等明細表】
                  (単位:千円)

                   減価償却
    資産の種類    当期首残高  当期増加額  当期減少額  当期償却額  当期末残高
                    累計額
  有形固定資産
   建物      2,704,617   284,025   0 217,428  2,771,214  5,511,789
   構築物       185,126   9,074   80 27,379  166,741  1,052,629
   機械及び装置      1,336,483   365,300   5,822  413,010  1,282,950  9,192,860
   車両運搬具       2,152  1,400   0 1,879   1,672  32,694
   工具、器具及び備品       70,146  66,011   0 55,430   80,727  486,596
   土地      2,948,386    ―  ―  ― 2,948,386    ―
   建設仮勘定       267,766  633,810  766,519   ―  135,057   ―
   有形固定資産計     7,514,680  1,359,621   772,422  715,129  7,386,750  16,276,570
  無形固定資産
   ソフトウエア       296,282   5,150  2,205  183,444   115,783   ―
   ソフトウエア仮勘定        ―  6,637  6,637   ―   ―  ―
   その他       839  ―  ―  423   416  ―
   無形固定資産計     297,122  11,787  8,842  183,867   116,199   ―
  (注) 当期増加額のうち主なものは、次のとおりである。
   機械及び装置    茨城伸線機更新(4号)       113,091千円
   建設仮勘定    茨城伸線機更新(3号)       110,436千円
   【引当金明細表】

                   (単位:千円)
    科目    当期首残高   当期増加額   当期減少額   当期末残高
  貸倒引当金       32,307    5,500   4,900   32,907
  投資損失引当金        ―   91,805    ―   91,805
  賞与引当金       134,679   154,300   134,679   154,300
  関係会社整理損失引当金       446,469    ―   ―   446,469
  役員退職慰労引当金       128,900    23,450    5,890   146,460
  (2) 【主な資産及び負債の内容】

  連結財務諸表を作成しているため、記載を省略している。
  (3) 【その他】

  該当事項なし。
            79/87





                     EDINET提出書類
                    日亜鋼業株式会社(E01287)
                      有価証券報告書
 第6 【提出会社の株式事務の概要】
  事業年度      4月1日から3月31日まで

  定時株主総会      6月

  基準日      3月31日

  剰余金の配当の基準日      9月30日、3月31日

  1単元の株式数      100株

  単元未満株式の買取り・買増し

        (特別口座)
    取扱場所      大阪市中央区伏見町三丁目6番3号
        三菱UFJ信託銀行株式会社 大阪証券代行部
        (特別口座)
    株主名簿管理人      大阪市中央区伏見町三丁目6番3号
        三菱UFJ信託銀行株式会社
    取次所      ―
    買取・買増手数料      株式の売買の委託に係る手数料相当額として別途定める金額

        当社の公告方法は、電子公告としている。
        ただし事故その他やむを得ない事由により電子公告をすることができないとき
  公告掲載方法      は、日本経済新聞に掲載している。
        当社の公告掲載URLは次のとおりである。
        http://www.nichiasteel.co.jp/
  株主に対する特典      なし
            80/87












                     EDINET提出書類
                    日亜鋼業株式会社(E01287)
                      有価証券報告書
 第7 【提出会社の参考情報】
 1 【提出会社の親会社等の情報】

  当社は、金融商品取引法第24条の7第1項に規定する親会社等はない。
 2 【その他の参考情報】

  当事業年度の開始日から有価証券報告書提出日までの間に、次の書類を提出している。
 (1) 有価証券報告書      事業年度   自  2018年4月1日    2019年6月27日

  及びその添付書類、      (第67期 )  至  2019年3月31日    関東財務局長に提出
  有価証券報告書の確認書
 (2) 内部統制報告書及びその添付      事業年度   自  2018年4月1日    2019年6月27日
  書類
        (第67期 )  至  2019年3月31日    関東財務局長に提出
 (3) 臨時報告書     企業内容等の開示に関する内閣府令第19        2019年7月2日
        条第2項第9号の2(株主総会の議決権
                関東財務局長に提出
        行使結果)に基づく臨時報告書
 (4) 四半期報告書、四半期報告書      第68期   自  2019年4月1日    2019年8月9日
  の確認書
        第1四半期   至  2019年6月30日    関東財務局長に提出
 (5) 四半期報告書、四半期報告書      第68期   自  2019年7月1日    2019年11月13日
  の確認書
        第2四半期   至  2019年9月30日    関東財務局長に提出
 (6) 四半期報告書、四半期報告書      第68期   自  2019年10月1日    2020年2月13日
  の確認書
        第3四半期   至  2019年12月31日    関東財務局長に提出
 (7) 有価証券報告書の訂正報告      事業年度   自  2018年4月1日    2019年8月22日
  書、有価証券報告書の訂正報
        (第67期 )  至  2019年3月31日    関東財務局長に提出
  告書の確認書
 (8) 臨時報告書     企業内容等の開示に関する内閣府令第19        2019年8月22日
        条第2項第3号(特定子会社の異動)に        関東財務局長に提出
        基づく臨時報告書
            81/87











                     EDINET提出書類
                    日亜鋼業株式会社(E01287)
                      有価証券報告書
 第二部  【提出会社の保証会社等の情報】
  該当事項なし。

            82/87



















                     EDINET提出書類
                    日亜鋼業株式会社(E01287)
                      有価証券報告書
      独立監査人の監査報告書及び内部統制監査報告書
                   2020年6月26日

 日亜鋼業株式会社
  取締役会 御中
         有限責任  あずさ監査法人

         大阪事務所

         指定有限責任社員

             公認会計士   浅 井 愁 星   印
         業務執行社員
         指定有限責任社員

             公認会計士   安 田 智 則   印
         業務執行社員
 <財務諸表監査>

 監査意見
  当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づく監査証明を行うため、「経理の状況」に掲げられて
 いる日亜鋼業株式会社の2019年4月1日から2020年3月31日までの連結会計年度の連結財務諸表、すなわち、連結貸借
 対照表、連結損益計算書、連結包括利益計算書、連結株主資本等変動計算書、連結キャッシュ・フロー計算書、連結財
 務諸表作成のための基本となる重要な事項、その他の注記及び連結附属明細表について監査を行った。
  当監査法人は、上記の連結財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して、日

 亜鋼業株式会社及び連結子会社の2020年3月31日現在の財政状態並びに同日をもって終了する連結会計年度の経営成績
 及びキャッシュ・フローの状況を、全ての重要な点において適正に表示しているものと認める。
 監査意見の根拠

  当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に準拠して監査を行った。監査の基準におけ
 る当監査法人の責任は、「連結財務諸表監査における監査人の責任」に記載されている。当監査法人は、我が国におけ
 る職業倫理に関する規定に従って、会社及び連結子会社から独立しており、また、監査人としてのその他の倫理上の責
 任を果たしている。当監査法人は、意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手したと判断している。
 連結財務諸表に対する経営者並びに監査役及び監査役会の責任

  経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して連結財務諸表を作成し適正
 に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない連結財務諸表を作成し適正に表示するた
 めに経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
  連結財務諸表を作成するに当たり、経営者は、継続企業の前提に基づき連結財務諸表を作成することが適切であるか

 どうかを評価し、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に基づいて継続企業に関する事項を開示
 する必要がある場合には当該事項を開示する責任がある。
  監査役及び監査役会の責任は、財務報告プロセスの整備及び運用における取締役の職務の執行を監視することにあ

 る。
 連結財務諸表監査における監査人の責任

  監査人の責任は、監査人が実施した監査に基づいて、全体としての連結財務諸表に不正又は誤謬による重要な虚偽表
 示がないかどうかについて合理的な保証を得て、監査報告書において独立の立場から連結財務諸表に対する意見を表明
 することにある。虚偽表示は、不正又は誤謬により発生する可能性があり、個別に又は集計すると、連結財務諸表の利
 用者の意思決定に影響を与えると合理的に見込まれる場合に、重要性があると判断される。
  監査人は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に従って、監査の過程を通じて、職業的専門家と

 しての判断を行い、職業的懐疑心を保持して以下を実施する。
 ・不正又は誤謬による重要な虚偽表示リスクを識別し、評価する。また、重要な虚偽表示リスクに対応した監査手続を

  立案し、実施する。監査手続の選択及び適用は監査人の判断による。さらに、意見表明の基礎となる十分かつ適切な
            83/87


                     EDINET提出書類
                    日亜鋼業株式会社(E01287)
                      有価証券報告書
  監査証拠を入手する。
 ・連結財務諸表監査の目的は、内部統制の有効性について意見表明するためのものではないが、監査人は、リスク評価

  の実施に際して、状況に応じた適切な監査手続を立案するために、監査に関連する内部統制を検討する。
 ・経営者が採用した会計方針及びその適用方法の適切性、並びに経営者によって行われた会計上の見積りの合理性及び

  関連する注記事項の妥当性を評価する。
 ・経営者が継続企業を前提として連結財務諸表を作成することが適切であるかどうか、また、入手した監査証拠に基づ

  き、継続企業の前提に重要な疑義を生じさせるような事象又は状況に関して重要な不確実性が認められるかどうか結
  論付ける。継続企業の前提に関する重要な不確実性が認められる場合は、監査報告書において連結財務諸表の注記事
  項に注意を喚起すること、又は重要な不確実性に関する連結財務諸表の注記事項が適切でない場合は、連結財務諸表
  に対して除外事項付意見を表明することが求められている。監査人の結論は、監査報告書日までに入手した監査証拠
  に基づいているが、将来の事象や状況により、企業は継続企業として存続できなくなる可能性がある。
 ・連結財務諸表の表示及び注記事項が、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠しているか

  どうかとともに、関連する注記事項を含めた連結財務諸表の表示、構成及び内容、並びに連結財務諸表が基礎となる
  取引や会計事象を適正に表示しているかどうかを評価する。
 ・連結財務諸表に対する意見を表明するために、会社及び連結子会社の財務情報に関する十分かつ適切な監査証拠を入

  手する。監査人は、連結財務諸表の監査に関する指示、監督及び実施に関して責任がある。監査人は、単独で監査意
  見に対して責任を負う。
  監査人は、監査役及び監査役会に対して、計画した監査の範囲とその実施時期、監査の実施過程で識別した内部統制

 の重要な不備を含む監査上の重要な発見事項、及び監査の基準で求められているその他の事項について報告を行う。
  監査人は、監査役及び監査役会に対して、独立性についての我が国における職業倫理に関する規定を遵守したこと、

 並びに監査人の独立性に影響を与えると合理的に考えられる事項、及び阻害要因を除去又は軽減するためにセーフガー
 ドを講じている場合はその内容について報告を行う。
 <内部統制監査>

 監査意見
  当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第2項の規定に基づく監査証明を行うため、日亜鋼業株式会社の2020年3
 月31日現在の内部統制報告書について監査を行った。
  当監査法人は、日亜鋼業株式会社が2020年3月31日現在の財務報告に係る内部統制は有効であると表示した上記の内

 部統制報告書が、我が国において一般に公正妥当と認められる財務報告に係る内部統制の評価の基準に準拠して、財務
 報告に係る内部統制の評価結果について、全ての重要な点において適正に表示しているものと認める。
 監査意見の根拠

  当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる財務報告に係る内部統制の監査の基準に準拠して内部統
 制監査を行った。財務報告に係る内部統制の監査の基準における当監査法人の責任は、「内部統制監査における監査人
 の責任」に記載されている。当監査法人は、我が国における職業倫理に関する規定に従って、会社及び連結子会社から
 独立しており、また、監査人としてのその他の倫理上の責任を果たしている。当監査法人は、意見表明の基礎となる十
 分かつ適切な監査証拠を入手したと判断している。
 内部統制報告書に対する経営者並びに監査役及び監査役会の責任

  経営者の責任は、財務報告に係る内部統制を整備及び運用し、我が国において一般に公正妥当と認められる財務報告
 に係る内部統制の評価の基準に準拠して内部統制報告書を作成し適正に表示することにある。
  監査役及び監査役会の責任は、財務報告に係る内部統制の整備及び運用状況を監視、検証することにある。

  なお、財務報告に係る内部統制により財務報告の虚偽の記載を完全には防止又は発見することができない可能性があ

 る。
 内部統制監査における監査人の責任

  監査人の責任は、監査人が実施した内部統制監査に基づいて、内部統制報告書に重要な虚偽表示がないかどうかにつ
 いて合理的な保証を得て、内部統制監査報告書において独立の立場から内部統制報告書に対する意見を表明することに
 ある。
            84/87


                     EDINET提出書類
                    日亜鋼業株式会社(E01287)
                      有価証券報告書
  監査人は、我が国において一般に公正妥当と認められる財務報告に係る内部統制の監査の基準に従って、監査の過程
 を通じて、職業的専門家としての判断を行い、職業的懐疑心を保持して以下を実施する。
 ・内部統制報告書における財務報告に係る内部統制の評価結果について監査証拠を入手するための監査手続を実施す

  る。内部統制監査の監査手続は、監査人の判断により、財務報告の信頼性に及ぼす影響の重要性に基づいて選択及び
  適用される。
 ・財務報告に係る内部統制の評価範囲、評価手続及び評価結果について経営者が行った記載を含め、全体としての内部

  統制報告書の表示を検討する。
 ・内部統制報告書における財務報告に係る内部統制の評価結果に関する十分かつ適切な監査証拠を入手する。監査人

  は、内部統制報告書の監査に関する指示、監督及び実施に関して責任がある。監査人は、単独で監査意見に対して責
  任を負う。
  監査人は、監査役及び監査役会に対して、計画した内部統制監査の範囲とその実施時期、内部統制監査の実施結果、

 識別した内部統制の開示すべき重要な不備、その是正結果、及び内部統制の監査の基準で求められているその他の事項
 について報告を行う。
  監査人は、監査役及び監査役会に対して、独立性についての我が国における職業倫理に関する規定を遵守したこと、

 並びに監査人の独立性に影響を与えると合理的に考えられる事項、及び阻害要因を除去又は軽減するためにセーフガー
 ドを講じている場合はその内容について報告を行う。
 利害関係

  会社及び連結子会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はな
 い。
                    以  上
  ※1 上記は監査報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(有価証券報告書提出会

   社)が別途保管している。
  2 XBRLデータは監査の対象には含まれていない。
            85/87











                     EDINET提出書類
                    日亜鋼業株式会社(E01287)
                      有価証券報告書
         独立監査人の監査報告書
                   2020年6月26日

 日亜鋼業株式会社
  取締役会 御中
         有限責任  あずさ監査法人

         大阪事務所

         指定有限責任社員

             公認会計士   浅 井 愁 星   印
         業務執行社員
         指定有限責任社員

             公認会計士   安 田 智 則   印
         業務執行社員
 監査意見

  当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づく監査証明を行うため、「経理の状況」に掲げられて
 いる日亜鋼業株式会社の2019年4月1日から2020年3月31日までの第68期事業年度の財務諸表、すなわち、貸借対照
 表、損益計算書、株主資本等変動計算書、重要な会計方針、その他の注記及び附属明細表について監査を行った。
  当監査法人は、上記の財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して、日亜鋼

 業株式会社の2020年3月31日現在の財政状態及び同日をもって終了する事業年度の経営成績を、全ての重要な点におい
 て適正に表示しているものと認める。
 監査意見の根拠

  当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に準拠して監査を行った。監査の基準におけ
 る当監査法人の責任は、「財務諸表監査における監査人の責任」に記載されている。当監査法人は、我が国における職
 業倫理に関する規定に従って、会社から独立しており、また、監査人としてのその他の倫理上の責任を果たしている。
 当監査法人は、意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手したと判断している。
 財務諸表に対する経営者並びに監査役及び監査役会の責任

  経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して財務諸表を作成し適正に表
 示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない財務諸表を作成し適正に表示するために経営
 者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
  財務諸表を作成するに当たり、経営者は、継続企業の前提に基づき財務諸表を作成することが適切であるかどうかを

 評価し、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に基づいて継続企業に関する事項を開示する必要
 がある場合には当該事項を開示する責任がある。
  監査役及び監査役会の責任は、財務報告プロセスの整備及び運用における取締役の職務の執行を監視することにあ

 る。
 財務諸表監査における監査人の責任

  監査人の責任は、監査人が実施した監査に基づいて、全体としての財務諸表に不正又は誤謬による重要な虚偽表示が
 ないかどうかについて合理的な保証を得て、監査報告書において独立の立場から財務諸表に対する意見を表明すること
 にある。虚偽表示は、不正又は誤謬により発生する可能性があり、個別に又は集計すると、財務諸表の利用者の意思決
 定に影響を与えると合理的に見込まれる場合に、重要性があると判断される。
  監査人は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に従って、監査の過程を通じて、職業的専門家と

 しての判断を行い、職業的懐疑心を保持して以下を実施する。
            86/87



                     EDINET提出書類
                    日亜鋼業株式会社(E01287)
                      有価証券報告書
 ・不正又は誤謬による重要な虚偽表示リスクを識別し、評価する。また、重要な虚偽表示リスクに対応した監査手続を
  立案し、実施する。監査手続の選択及び適用は監査人の判断による。さらに、意見表明の基礎となる十分かつ適切な
  監査証拠を入手する。
 ・財務諸表監査の目的は、内部統制の有効性について意見表明するためのものではないが、監査人は、リスク評価の実

  施に際して、状況に応じた適切な監査手続を立案するために、監査に関連する内部統制を検討する。
 ・経営者が採用した会計方針及びその適用方法の適切性、並びに経営者によって行われた会計上の見積りの合理性及び

  関連する注記事項の妥当性を評価する。
 ・経営者が継続企業を前提として財務諸表を作成することが適切であるかどうか、また、入手した監査証拠に基づき、

  継続企業の前提に重要な疑義を生じさせるような事象又は状況に関して重要な不確実性が認められるかどうか結論付
  ける。継続企業の前提に関する重要な不確実性が認められる場合は、監査報告書において財務諸表の注記事項に注意
  を喚起すること、又は重要な不確実性に関する財務諸表の注記事項が適切でない場合は、財務諸表に対して除外事項
  付意見を表明することが求められている。監査人の結論は、監査報告書日までに入手した監査証拠に基づいている
  が、将来の事象や状況により、企業は継続企業として存続できなくなる可能性がある。
 ・財務諸表の表示及び注記事項が、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠しているかどう

  かとともに、関連する注記事項を含めた財務諸表の表示、構成及び内容、並びに財務諸表が基礎となる取引や会計事
  象を適正に表示しているかどうかを評価する。
  監査人は、監査役及び監査役会に対して、計画した監査の範囲とその実施時期、監査の実施過程で識別した内部統制

 の重要な不備を含む監査上の重要な発見事項、及び監査の基準で求められているその他の事項について報告を行う。
  監査人は、監査役及び監査役会に対して、独立性についての我が国における職業倫理に関する規定を遵守したこと、

 並びに監査人の独立性に影響を与えると合理的に考えられる事項、及び阻害要因を除去又は軽減するためにセーフガー
 ドを講じている場合はその内容について報告を行う。
 利害関係

  会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                    以  上
  ※1 上記は監査報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(有価証券報告書提出会

   社)が別途保管している。
  2 XBRLデータは監査の対象には含まれていない。
            87/87









PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

書類提出日で検索

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2020年12月21日

新規上場の通知機能を追加しました。Myページにて通知の設定が行えます。

2020年9月22日

企業・投資家の個別ページに掲載情報を追加しました。また、併せて細かい改修を行いました。

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。

スポンサーリンク