森尾電機株式会社 有価証券報告書 第88期(平成31年4月1日-令和2年3月31日)

提出書類 有価証券報告書-第88期(平成31年4月1日-令和2年3月31日)
提出日
提出者 森尾電機株式会社
カテゴリ 有価証券報告書

                     EDINET提出書類
                    森尾電機株式会社(E01912)
                      有価証券報告書
 【表紙】

 【提出書類】        有価証券報告書

 【根拠条文】        金融商品取引法第24条第1項

 【提出先】        関東財務局長

 【提出日】        2020年6月26日

 【事業年度】        第88期(自   2019年4月1日    至  2020年3月31日)

 【会社名】        森尾電機株式会社

 【英訳名】        MORIO DENKI CO., LTD.

 【代表者の役職氏名】        代表取締役社長      菊  地  裕  之

 【本店の所在の場所】        東京都葛飾区立石四丁目34番1号

 【電話番号】        (03)3691―3181(代表)

 【事務連絡者氏名】        取締役     木  下  寛

 【最寄りの連絡場所】        東京都葛飾区立石四丁目34番1号

 【電話番号】        (03)3691―3181(代表)

 【事務連絡者氏名】        取締役     木  下  寛

 【縦覧に供する場所】        株式会社東京証券取引所

          (東京都中央区日本橋兜町2番1号)

             1/79









                     EDINET提出書類
                    森尾電機株式会社(E01912)
                      有価証券報告書
 第一部  【企業情報】
 第1 【企業の概況】

 1 【主要な経営指標等の推移】

  (1) 連結経営指標等
    回次    第84期   第85期   第86期   第87期   第88期

    決算年月    2016年3月   2017年3月   2018年3月   2019年3月   2020年3月

  売上高     (千円)  7,531,231   6,986,945   8,499,444   9,323,945   9,866,853

  経常利益     (千円)   262,390   260,633   281,482   197,710   531,790

  親会社株主に帰属する
      (千円)   133,335   151,791   209,922   144,643   281,072
  当期純利益
  包括利益     (千円)   97,423   110,615   273,761   312,487   18,191
  純資産額     (千円)  3,499,445   3,568,651   3,800,962   4,058,404   4,035,206

  総資産額     (千円)  8,016,084   8,159,600   9,189,013   9,688,276   9,900,031

  1株当たり純資産額     (円)  2,543.93   2,594.34   2,763.42   2,950.58   2,933.88

  1株当たり当期純利益金額     (円)   96.93   110.35   152.62   105.16   204.36

  潜在株式調整後
       (円)   ―   ―   ―   ―   ―
  1株当たり当期純利益金額
  自己資本比率     (%)   43.7   43.7   41.4   41.9   40.8
  自己資本利益率     (%)   3.8   4.3   5.7   3.7   6.9

  株価収益率     (倍)   16.1   25.0   15.4   15.9   7.3

  営業活動による
      (千円)   847,264  △138,059   334,449   442,015  △352,898
  キャッシュ・フロー
  投資活動による
      (千円)  △120,919  △234,167  △124,566  △195,223  △235,794
  キャッシュ・フロー
  財務活動による
      (千円)  △472,979   △408  △56,352   285,158   93,938
  キャッシュ・フロー
  現金及び現金同等物
      (千円)  1,107,133   725,210   874,517  1,410,339   915,204
  の期末残高
  従業員数        237   237   227   228   236
       (名)
  (ほか、平均臨時雇用人員)
         (28)  (29)  (33)  (34)  (26)
  (注) 1. 売上高には、消費税等は含まれておりません。
   2. 潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、潜在株式が存在しないため記載しておりません。
   3. 2017年10月1日付で普通株式10株につき普通株式1株の割合で株式併合を行っております。第84期の期首に
   当該株式併合が行われたと仮定し、1株当たり当期純利益金額及び1株当たり純資産額を算定しておりま
   す。
   4. 「『税効果会計に係る会計基準     』の一部改正」(企業会計基準第28号 2018年2月16日)等を第87期の期
   首から適用しており、第86期に係る主要な経営指標等については、当該会計基準等を遡って適用した後の指
   標等となっております。
             2/79





                     EDINET提出書類
                    森尾電機株式会社(E01912)
                      有価証券報告書
  (2) 提出会社の経営指標等
    回次     第84期   第85期   第86期   第87期   第88期

    決算年月     2016年3月   2017年3月   2018年3月   2019年3月   2020年3月

  売上高     (千円)  7,173,902   6,641,077   7,835,731   8,903,183   9,826,774

  経常利益     (千円)   392,340   260,270   200,843   140,817   616,287

  当期純利益     (千円)   254,870   155,302   131,295   89,436  365,694

  資本金     (千円)  1,048,500   1,048,500   1,048,500   1,048,500   1,048,500

  発行済株式総数     (千株)   14,250   14,250   1,425   1,425   1,425

  純資産額     (千円)  3,690,548   3,764,189   3,928,549   4,121,331   4,186,167

  総資産額     (千円)  7,691,284   8,058,214   9,135,522   9,743,207   10,049,116

  1株当たり純資産額     (円)  2,682.85   2,736.50   2,856.18   2,996.33   3,043.64

  1株当たり配当額     (円)    3   3   40   30   50
  (1株当たり中間配当額)
       (円)   (―)  (―)  (―)  (―)  (―)
  1株当たり当期純利益金額     (円)   185.27   112.90   95.45   65.02  265.88
  潜在株式調整後
       (円)   ―   ―   ―   ―   ―
  1株当たり当期純利益金額
  自己資本比率     (%)   48.0   46.7   43.0   42.3   41.7
  自己資本利益率     (%)   7.1   4.2   3.4   2.2   8.8

  株価収益率     (倍)   8.4   24.4   24.6   25.7   5.6

  配当性向     (%)   16.2   26.6   41.9   46.1   18.8

  従業員数        231   232   223   220   224
       (名)
   (ほか、平均臨時雇用人員)
          (27)  (23)  (27)  (29)  (25)
  株主総利回り     (%)   88.3   156.7   136.2   99.9   93.3
  (比較指標:東証第二部株価指数)
       (%)   (93.4 )  (127.9 )  (153.8 )  (144.5 )  (111.4 )
               290
  最高株価     (円)   215   420     2,361   1,846
               (3,850)
               205
  最低株価     (円)   142   133     1,540   1,330
               (1,943)
  (注) 1. 売上高には、消費税等は含まれておりません。
   2. 潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、潜在株式が存在しないため記載しておりません。
   3. 2017年10月1日付で普通株式10株につき普通株式1株の割合で株式併合を行っております。第84期の期首に
   当該株式併合が行われたと仮定し、1株当たり当期純利益金額及び1株当たり純資産額を算定しておりま
   す。
   4. 最高・最低株価は、東京証券取引所市場第二部におけるものであります。
   5. 2017年10月1日をもって普通株式10株を1株に併合したため、第86期の株価については、株式併合前の最
   高・最低株価を記載し、(     )内に株式併合後の最高・最低株価を記載しています。
   6. 「『税効果会計に係る会計基準     』の一部改正」(企業会計基準第28号 2018年2月16日)等を第87期の期
   首から適用しており、第86期に係る主要な経営指標等については、当該会計基準等を遡って適用した後の指
   標等となっております。
             3/79





                     EDINET提出書類
                    森尾電機株式会社(E01912)
                      有価証券報告書
 2 【沿革】
   提出会社は、1911年5月東京市芝区(現在の東京都港区)に、電気機器の製造販売を目的とする会社として、
  現在の森尾電機株式会社の前身である「森尾商会」を創業いたしました。
   その後、1912年4月に鉄道車両用照明配線器具の製造販売も開始し、1936年12月には株式会社に改組して、商
  号も「株式会社森尾商会製作所」に変更いたしました。
   株式会社森尾商会製作所設立以後の企業集団に係る経緯は、次のとおりであります。
   年  月        概       要
   1936年12月   東京市芝区(現在の東京都港区)に、電気機器及び鉄道車両用照明配線器具の製造販売
      を目的とした、「株式会社森尾商会製作所」を設立。
   1942年8月   商号を「森尾電機株式会社」と改称するとともに、東京都葛飾区(本社所在地)に移転
      する。
   1943年10月   船舶用照明配線器具の製造販売を開始する。
   1951年9月   船舶用電気照明配線信号機器のJIS表示許可を取得する。
   1955年1月   防衛庁(現防衛省)より艦艇用照明・配線・信号機器の製作指名を受ける。
   1961年7月   茨城県龍ケ崎市に竜ヶ崎工場が竣工し、操業を開始する。
   1962年9月   東京証券取引所市場第二部へ株式を上場する。
   1964年10月   大阪出張所(現大阪営業所)を開設する。
   1965年7月   国内初の自動字幕式行先表示器の製造販売を開始する。
   1966年6月   自動車部門を新設し、自動車用電気部品の製造販売を開始する。
   1972年7月   不動産部門を新設し、不動産賃貸事業を開始する。
   1981年2月   旧本社ビルが竣工する。
   1984年4月   東海道新幹線用として国内初の鉄道車両用社内表示器(列車案内情報装置)の製造販売
      を開始する。
   1991年11月   仙台出張所を開設する。
   1998年10月   日本道路公団(現NEXCO各社)向けLED自走式車載標識車の製造販売を開始する。
   1999年11月   本社・竜ヶ崎工場で品質マネジメントシステム「ISO9001」を認証取得する。
   2002年1月   竜ヶ崎工場に技術棟が竣工したことに伴い、名称を竜ヶ崎事業所に改称する。
   2005年12月   鉄道車両用フルカラー表示器の製造販売を開始する。
   2006年3月   本社・竜ヶ崎事業所で環境マネジメントシステム「ISO14001」を認証取得する。
   2010年2月   本社管理部門の一部(経営企画部門、人事総務部門)が竜ヶ崎事業所に移転する。
   2012年3月   旧本社の再開発に伴い、本社を葛飾区青戸に仮移転する。
   2013年8月   アメリカ合衆国(ネブラスカ州)に関係会社Morio         USA Corporation(現連結子会社)
      を設立する。
   2013年12月   本社新社屋の竣工に伴い、本社を葛飾区立石に再移転する。
   2016年7月   事務所並びに生産拠点の統合に伴い、Morio        USA Corporation  を現住所へ移転する。
   2016年12月   品質マネジメントシステム「ISO9001」2015年度版へ移行し、同時に大阪営業所・仙台
      出張所において新たに認証を取得する。
   2017年2月   環境マネジメントシステム「ISO14001」2015年度版へ移行する。
             4/79






                     EDINET提出書類
                    森尾電機株式会社(E01912)
                      有価証券報告書
 3 【事業の内容】
   当社グループは、当社及び連結子会社1社により構成されており、電気機器製造販売事業及び不動産関連事業に
  取り組んでおります。
   当社及び連結子会社の事業における位置付け及びセグメントとの関連は、次のとおりであります。なお、以下に
  示す区分はセグメントと同一の区分であります。
  〔電気機器製造販売事業〕
   鉄道関連事業は、鉄道事業者、鉄道車両メーカー等に販売する主幹制御器、配電盤、配電箱、補助回路機器、蛍
  光灯、LED照明器具、行先表示器、各種照明配線器具、電気暖房器、旅客情報表示装置、車両用モニタリングシ
  ステム、各種保安機器、地上用設備機器等を製造販売しております。
   自動車関連事業は、高速道路会社各社、国土交通省等に販売する自走式標識車、各種車載標識装置、地上設備用
  分電盤、各種保安機器、投光器、道路用各種情報装置等を製造販売しております。
   船舶等関連事業は、各種防爆灯及び防爆器具、艦艇用照明配電器具、船用各種照明器具、船用情報案内装置、船
  用電気通信器具等、大型情報表示装置、各種情報ボード、          セキュリティー関連機器等を製造販売しております。
  〔不動産関連事業〕
   不動産関連事業は、東京都葛飾区に所有する賃貸マンション4棟、千葉県松戸市に所有する賃貸マンション1
  棟、計5棟の不動産賃貸事業を運営しております。
   当社グループについての事業系統図は次のとおりであります。
             5/79














                     EDINET提出書類
                    森尾電機株式会社(E01912)
                      有価証券報告書
 4 【関係会社の状況】
          資本金又は

            主要な事業  議決権の所有
   名称    住所   出資金        関係内容
             の内容  割合(%)
          (千円)
  (連結子会社)
                 当社の配電盤を販売し
       アメリカ合衆国
                 ております。
            鉄道車両用
   Morio USA Corporation            100  当社から部材の供給を
       ネブラスカ州   435,766
            電気機器販売
                 受けております。
       リンカーン市
  (注) 特定子会社であります。
 5 【従業員の状況】

  (1) 連結会社の状況
                 2020年3月31日   現在
     セグメントの名称          従業員数(名)
  電気機器製造販売事業                 225 (26)

  不動産関連事業                  1(―)

  全社(共通)                 10(―)

      合計             236 (26)

  (注) 1. 従業員数は、当社グループから当社グループ外への出向者を除き、当社グループ外から当社グループへの出
   向者を含む就業人員数であります。
   2. 臨時従業員数は、当連結会計年度の平均雇用人員(1日8時間換算)を従業員数欄の(                )内に外数で記載
   しております。
   3. 臨時従業員には、パートタイマー及び嘱託契約の従業員を含み、派遣社員を除いております。
  (2) 提出会社の状況

                 2020年3月31日   現在
   従業員数(名)     平均年齢(歳)     平均勤続年数(年)     平均年間給与(千円)
    224 (25)     39.0     15.6     5,097

     セグメントの名称          従業員数(名)

  電気機器製造販売事業                213 (25)

  不動産関連事業                1(―)

  全社(共通)                10(―)

      合計           224 (25)

  (注) 1. 従業員数は、当社から他社への出向者を除き、他社から当社への出向者を含む就業人員数であります。
   2. 臨時従業員数は、当事業年度の平均雇用人員(1日8時間換算)を従業員数欄の(                )内に外数で記載して
   おります。
   3. 臨時従業員には、パートタイマー及び嘱託契約の従業員を含み、派遣社員を除いております。
   4. 平均年間給与は、賞与及び基準外賃金を含んでおります。
  (3) 労働組合の状況

   当社の労働組合は森尾電機労働組合であり、産業別労働組合ジェイ・エイ・エムに加盟しております。2020年3
  月31日現在の組合員数は134名であります。
   なお、労使関係については円滑な関係にあり、特筆すべき事項はありません。
             6/79




                     EDINET提出書類
                    森尾電機株式会社(E01912)
                      有価証券報告書
 第2 【事業の状況】
 1 【経営方針、経営環境及び対処すべき課題等】

  文中の将来に関する事項は、当連結会計年度末現在において、当社グループが判断したものであります。
  (1)会社の経営の基本方針
   当社は創業以来「電機機器を通じて交通インフラの発展に寄与する」ことを使命として事業を展開しておりま
  す。
   当社は、今後も電気機器製造販売事業を主力事業といたします。
   環境変化が激しい時代だからこそ、常に社是に立ち返って、足下を固め、着実な成長を目指して努力してまいり
  ます。そのことが企業価値を継続的に向上させ、株主の皆様に報いることになると確信しております。
   <社是>
   第一条 我々は電機事業を通じて社会の繁栄に貢献する。
   第二条 我々は積極果敢な商品開発と市場創造に努力する。
   第三条 我々は三者共栄(社会、顧客、従業員)の精神で繁栄に努力する。
  (2)目標とする経営指標

   積極的な営業活動と生産性の向上に努め、コストダウンを実現することで利益目標の達成をめざします。
   当社は株主の皆様のご期待に応えるため、株主資本当期純利益率(ROE)を主要な経営指標として位置づけてお
  ります。
  (3)中長期的な会社の経営戦略

   多品種少量生産という当社製品の置かれた環境のもとで、顧客第一主義を貫き、新技術開発にチャレンジし、高
  度な品質の製品を確実に提供し続けることにより、顧客に愛され信頼される企業になることをめざします。
   特に、成長する海外市場での確固とした評価を得るため、引き続きISO9001、ISO14001に適合した体制づくりを
  推進してまいります。
  (4)優先的に対処すべき事業上及び財務上の課題

   米中の通商問題の不確実性に加え、新型コロナウイルス感染拡大の影響により世界経済の減速が懸念されるな
  ど、依然として不透明な状況が続くものと予想されます。
   このような状況の中、当社は、中長期的な経営目標を達成するため、次の項目を進めてまいります。
   1) 既存事業の一層の強化を進めてまいります。
   主力の鉄道関連事業では、引き続き多品種少量生産と価格競争の激化に対応した生産性の向上及びコストの削
   減をより強く進めてまいります。
   2) 海外向け鉄道車両案件への積極的な対応を図ってまいります。
   国内の鉄道車両産業が成熟化する中で、海外鉄道事業への関わりがますます大きくなってまいりますので、特
   に米国現地法人を中心に鉄道車両案件への対応力の一層の向上に取り組んでまいります。
   3) 新製品の開発・改良を引き続き推進してまいります。
   企業のさらなる発展のために、次代の当社の主力となるべき製品・部品の開発・改良を引き続き推進してまい
   ります。
   4) 生産性向上のための生産設備及び作業環境改善に取り組んでまいります。
   竜ヶ崎事業所工場棟の老朽化した機械設備を順次計画的に最新鋭のものに更新し、生産性の向上に取り組んで
   まいります。
  5) 全社的環境改善活動を推進してまいります。
   当社は、2006年3月に環境の国際標準でありますISO14001を認証取得し、社内の環境改善を進めてまいりまし
   たが、使用電力量の削減、会議のペーパーレス化、5Sの徹底等により、引き続き全社的な環境改善活動を推進
   してまいります。
   6) 組織力の一層の強化を進めてまいります。
   人材教育を充実していくとともに、各階層とのコミュニケーションの強化を図り、生産性向上に向けた組織力
   を一層向上してまいります。
 2 【事業等のリスク】

  有価証券報告書に記載した事業の状況、経理の状況等に関する事項のうち、経営者が連結会社の財政状態、経営成
             7/79


                     EDINET提出書類
                    森尾電機株式会社(E01912)
                      有価証券報告書
  績及びキャッシュ・フローの状況に重要な影響を与える可能性があると認識している主要なリスクは、以下のような
  ものがあります。
  なお、文中の将来に関する事項は、当連結会計年度末現在において当社グループが判断したものであります。
  1)特定業界への高い依存度によるもの
   当社グループが主力とする鉄道車両業界は成熟産業であり、国内外の鉄道車両の代替需要及び、新線建設等の
   需要変動により、当社グループの業績に大きく影響を及ぼす可能性があります。
  2)経営成績及び財政状態の大きな変動によるもの
   鉄道車両は、代替需要の規模及び海外車両案件の発生等により、受注・納期等が時期的に集中し、その生産・
   出荷に機敏に対応することにより、当社グループの経営成績及び財政状態に大きく影響を及ぼす可能性がありま
   す。
 3 【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

 (経営成績等の状況の概要)
  (1)業績
   当連結会計年度におけるわが国経済は、底堅い企業収益、雇用情勢や個人消費を背景に、緩やかな回復基調が
   継続しております。一方、米中間の通商問題の不確実性に加え、新型コロナウイルスの感染拡大の影響により、
   経済への減速が懸念されるなど、依然として先行き不透明な状況が続いております。
   このような経営環境の中、当社グループは積極的な営業活動を展開しました結果、当連結会計年度の売上高は
   98億66百万円(前年同期比5億42百万円、5.8%増)となり、受注高は115億42百万円(前年同期比18億95百万
   円、19.7%増)となりました。
   セグメントの業績を示すと、次のとおりであります。
   [電気機器製造販売事業]
   電気機器製造販売事業の売上高は97億17百万円(前年同期比5億41百万円、5.9%増)となり、受注高は115
   億42百万円(前年同期比18億95百万円、19.7%増)となりました。
   主力の鉄道関連事業につきましては、主に国内通勤近郊電車等の車両需要向けを中心に受注活動を展開した
   結果、売上高は70億32百万円(前年同期比2億71百万円、3.7%減)となり、受注高は96億41百万円(前年同
   期比28億49百万円、41.9%増)となりました。
   自動車関連事業につきましては、各高速道路会社等に対し車載標識車を中心とする受注活動を展開した結
   果、売上高は23億94百万円(前年同期比7億53百万円、45.9%増)となり、受注高は16億94百万円(前年同期
   比7億69百万円、31.2%減)となりました。
   船舶等関連事業につきましては、防衛省関連等への出荷を中心に受注活動を展開した結果、売上高は2億90
   百万円(前年同期比59百万円、25.9%増)となり、受注高は2億6百万円(前年同期比1億83百万円、47.1%
   減)となりました。
   [不動産関連事業]
   不動産関連事業につきましては、各賃貸マンションが堅調な売上を維持しており、売上高は1億49百万円
   (前年同期比1百万円、1.1%増)となりました。
   利益につきましては、積極的な営業活動と生産性向上やコストの削減に努めた結果、当連結会計年度の営業利
   益は5億27百万円(前年同期比3億25百万円、161.6%増)、経常利益は5億31百万円(前年同期比3億34百万
   円、169.0%増)となり、親会社株主に帰属する当期純利益は2億81百万円(前年同期比1億36百万円、94.3%
   増)となりました。
             8/79






                     EDINET提出書類
                    森尾電機株式会社(E01912)
                      有価証券報告書
  (2)財政状態の概要
   流動資産は、前連結会計年度末に比べて12.2%増加し、67億32百万円となりました。固定資産は、前連結会計
   年度末に比べて14.1%減少し、31億67百万円となりました。この結果、総資産は前連結会計年度末に比べて
   2.2%増加し、99億円となりました。
   流動負債は、前連結会計年度末に比べて12.7%増加し、46億70百万円となりました。固定負債は、前連結会計
   年度末に比べて19.6%減少し、11億94百万円となりました。この結果、負債合計は、前連結会計年度末に比べて
   4.2%増加し、58億64百万円となりました。
   株主資本は、前連結会計年度末に比べて7.2%増加し、35億67百万円となりました。その他の包括利益累計額
   合計は、前連結会計年度末に比べて36.0%減少し、4億67百万円となりました。この結果、純資産合計は、前連
   結会計年度末に比べて0.6%減少し、40億35百万円となりました。
  (3)キャッシュ・フローの状況

   当連結会計年度末における現金及び現金同等物(以下「資金」という。)は、前連結会計年度末に比べ4億95
   百万円減少し、9億15百万円となりました。
   ①  営業活動によるキャッシュ・フロー
   営業活動の結果使用した資金は3億52百万円(前連結会計年度は4億42百万円の獲得)となりました。
   この主な要因は、収入については税金等調整前当期純利益4億85百万円、減価償却費3億22百万円、未払消費
   税等の増加額78百万円等であり、支出については、売上債権の増加額11億71百万円、たな卸資産の増加額65百万
   円等により、キャッシュ・フローが減少したことによります。
   ②  投資活動によるキャッシュ・フロー
   投資活動の結果使用した資金は2億35百万円(前連結会計年度は1億95百万円の使用)となりました。
   この主な要因は、支出について有形固定資産の取得による支出70百万円、無形固定資産の取得による支出1億
   61百万円等により、キャッシュ・フローが減少したことによります。
   ③  財務活動によるキャッシュ・フロー
   財務活動の結果得られた資金は93百万円(前連結会計年度は2億85百万円の獲得)となりました。
   この主な要因は、収入については短期借入金の増加額が3億円、長期借入による収入が1億円であり、支出に
   ついては長期借入金の返済による支出2億20百万円、リース債務の返済による支出90百万円等により、キャッ
   シュ・フローが増加したことによります。
             9/79










                     EDINET提出書類
                    森尾電機株式会社(E01912)
                      有価証券報告書
 (生産、受注及び販売の状況)
  (1) 生産実績
   当連結会計年度における電気機器製造販売事業の生産実績を示すと、次のとおりであります。
     営業事業部門別        生産高(千円)     前年同期比(%)
  鉄道関連事業              7,075,715     2.1

  自動車関連事業              2,406,832     46.7

  船舶等関連事業              289,192    24.7

      合計         9,771,740     11.0

  (注) 1. 金額は、販売価格によっております。
   2. 上記の金額には、消費税等は含まれておりません。
  (2) 受注実績

   当連結会計年度における電気機器製造販売事業の受注実績を示すと、次のとおりであります。
   なお、一部製品については、見込み生産を行っております。
   営業事業部門別     受注高(千円)   前年同期比(%)   受注残高(千円)   前年同期比(%)
  鉄道関連事業       9,641,692    41.9  8,000,910    48.4

  自動車関連事業       1,694,160    △31.2   434,349    △61.7

  船舶等関連事業       206,582    △47.1   165,435    △33.6

    合計     11,542,435     19.7  8,600,694    26.9

  (注) 上記の金額には、消費税等は含まれておりません。
  (3) 販売実績

   当連結会計年度における販売実績をセグメントごとに示すと、次のとおりであります。
    事業の種類別セグメント         販売高(千円)     前年同期比(%)
        鉄道関連事業       7,032,951     △3.7

        自動車関連事業        2,394,151     45.9

  電気機器製造販売事業
        船舶等関連事業        290,329    25.9
         合計       9,717,432     5.9

     不動産関連事業           149,421     1.1

      合計         9,866,853     5.8

   (注) 1. 主な相手先別の販売実績及び当該販売実績の総販売実績に対する割合
          前連結会計年度      当連結会計年度
     相手先
         販売高(千円)    割合(%)   販売高(千円)    割合(%)
          2,009,128    21.5

    三菱電機㈱            1,978,117    20.0
   2. 上記の金額には、消費税等は含まれておりません。
            10/79




                     EDINET提出書類
                    森尾電機株式会社(E01912)
                      有価証券報告書
 (経営者の視点による経営成績等の状況に関する分析・検討内容)
  文中の将来に関する事項は、当連結会計年度末現在において当社グループが判断したものであります。
  (1) 重要な会計方針及び見積り
   当社グループの連結財務諸表は、わが国において一般に公正妥当と認められている会計基準に基づいて作成さ
   れております。これらの連結財務諸表の作成にあたっては、決算日における資産・負債及び当連結会計年度にお
   ける収益・費用の数値に影響を与える事項について、過去の実績や現在の状況に応じた合理的と考えられる様々
   な要因に基づき見積りを行った上で、継続して評価を行っております。ただし、実際の結果は、見積り特有の不
   確実性があるため、見積りと異なる場合があります。
  (2) 当連結会計年度の経営成績の分析

   当連結会計年度の経営成績は、売上高は98億66百万円(前年同期比5億42百万円、5.8%増)となり、受注高
   は115億42百万円(前年同期比18億95百万円、19.7%増)となりました。
   利益につきましては、積極的な営業活動と生産性向上やコストの削減に努めた結果、当連結会計年度の営業利
   益は5億27百万円(前年同期比3億25百万円、161.6%増)、経常利益は5億31百万円(前年同期比3億34百万
   円、169.0%増)となり、親会社株主に帰属する当期純利益は2億81百万円(前年同期比1億36百万円、94.3%
   増)となりました。
  (3) 目標とする経営指標の達成状況について

   当社は株主の皆様のご期待に応えるため、株主資本当期純利益率(ROE)を主要な経営指標として位置づけて
   おります。当連結会計年度における株主資本当期純利益率(ROE)は6.9%(前年同期比3.2ポイント増加)でし
   た。本指標につき、更に増加するよう取り組んでまいります。
  (4) 当連結会計年度の財政状態の分析

  ① 資産、負債及び純資産の状況
  (流動資産)
   流動資産は、前連結会計年度末に比べて12.2%増加し、67億32百万円となりました。これは、主として受取手
   形及び売掛金が10億28百万円、電子記録債権が1億41百万円、棚卸資産が64百万円増加し、現金及び預金が4億
   95百万円減少したこと等によります。
  (固定資産)
   固定資産は、前連結会計年度末に比べて14.1%減少し、31億67百万円となりました。これは、主として投資有
   価証券が4億14百万円減少したこと等によります。
   この結果、総資産は前連結会計年度末に比べて2.2%増加し、99億円となりました。
  (流動負債)
   流動負債は、前連結会計年度末に比べて12.7%増加し、46億70百万円となりました。これは、主として短期借
   入金が3億円、未払法人税等が1億89百万円増加したこと等によります。
  (固定負債)
   固定負債は、前連結会計年度末に比べて19.6%減少し、11億94百万円となりました。これは、主として長期借
   入金が1億15百万円、繰延税金負債が1億30百万円減少したこと等によります。
   この結果、負債合計は、前連結会計年度末に比べて4.2%増加し、58億64百万円となりました。
  (純資産)
   株主資本は、前連結会計年度末に比べて7.2%増加し、35億67百万円となりました。これは、主として利益剰
   余金が2億39百万円増加したこと等によります。
   その他の包括利益累計額合計は、前連結会計年度末に比べて36.0%減少し、4億67百万円となりました。これ
   は、主としてその他有価証券評価差額金が2億59百万円減少したこと等によります。
   この結果、純資産合計は、前連結会計年度末に比べて0.6%減少し、40億35百万円となりました。
  ② セグメント資産の状況
   電気機器製造販売事業における資産は前連結会計年度に比べて4.1%増加し、84億56百万円となり、不動産関
   連事業における資産は前連結会計年度に比べ5.2%減少し、8億11百万円となりました。
            11/79



                     EDINET提出書類
                    森尾電機株式会社(E01912)
                      有価証券報告書
  (5) 資本の財源及び資金の流動性についての分析
  ①  キャッシュ・フローの状況
   (営業活動によるキャッシュ・フロー)
   主な内容は、収入については税金等調整前当期純利益4億85百万円、減価償却費3億22百万円、未払消費税等
   の増加額78百万円等であり、支出については、売上債権の増加額11億71百万円、たな卸資産の増加額65百万円等
   により、キャッシュ・フローが減少したことによります。
   (投資活動によるキャッシュ・フロー)
   主な内容は、支出について有形固定資産の取得による支出70百万円、無形固定資産の取得による支出1億61百
   万円等により、キャッシュ・フローが減少したことによります。
   (財務活動によるキャッシュ・フロー)
   主な内容は、収入については短期借入金の増加額が3億円、長期借入による収入が1億円であり、支出につい
   ては長期借入金の返済による支出2億20百万円、リース債務の返済による支出90百万円等により、キャッシュ・
   フローが増加したことによります。
  ②  財務政策
   運転資金及び設備投資資金につきましては、内部資金又は金融機関からの借入により資金調達することとして
   おります。なお、金融機関には当座借越枠の設定をしております。
   金融機関からの借入による資金調達に関しましては、2020年3月31日現在、短期借入金の残高は20億14百万円
   (1年内返済予定の長期借入金を含む)、長期借入金の残高は7億61百万円であります。
 4 【経営上の重要な契約等】

  該当事項はありません。
 5 【研究開発活動】

  当社グループは、新製品・新事業の開発推進を重要課題として位置づけており、技術部製品開発課を中心として需
  要家の多様なニーズに応えるべく、新製品の開発、品質の向上、技術開発等の推進に努めております。
  当連結会計年度におきましては、電気機器製造販売事業において鉄道車両用表示器、自動車用表示装置、鉄道車両
  用前灯LED化、艦船用各種照明器具のLED化を中心に、新技術・新機能の採用と性能・品質のより向上を目的に
  研究開発を実施いたしました。
  なお、当連結会計年度における当事業に関わる研究開発費は、           10百万円であります。
            12/79










                     EDINET提出書類
                    森尾電機株式会社(E01912)
                      有価証券報告書
 第3 【設備の状況】
 1 【設備投資等の概要】

   当連結会計年度において実施した設備投資の総額は         234 百万円であります。その主なものは、電気機器製造販売
  事業におけるソフトウェア及び竜ヶ崎事業所工場棟の生産設備の新設等であります。
 2 【主要な設備の状況】

  (1) 提出会社
                  2020年3月31日   現在
             帳簿価額(千円)
  事業所名   セグメントの   設備の
                    従業員
           機械装置  土地
         建物及び      リース
                    数(名)
  (所在地)   名称  内容
           及び  (面積    その他  合計
         構築物      資産
           運搬具  千㎡)
     電気機器         9,641
       事務所
  本社事務所        919,162        2,739  934,250
     製造販売事業       ―  (3.5)  2,706      19
  (東京都葛飾区)
         <777,916>        <25> <787,363>
       賃貸住宅
     不動産関連事業         <9,421>
       事務所
  竜ヶ崎事業所   電気機器         41,459
         445,180  49,571    92,890  38,655  667,756  199
  (茨城県龍ケ崎市)
     製造販売事業         (29.8)
        工場
     電気機器         12,620
        社員寮 
  松戸寮        36,559        33 49,213
     製造販売事業       ―  (1.1)  ―     ―
  (千葉県松戸市)
         <18,279>        <16> <24,606>
       賃貸住宅
     不動産関連事業         <6,310>
  (注) 1. 上記中<内書>は、不動産関連事業における賃貸設備であります。
   2. 現在休止中の主要な設備はありません。
   3.帳簿価額のうち「その他」は、工具、器具及び備品、建設仮勘定であります。
   4. 上記の金額には、消費税等は含まれておりません。
  (2) 在外子会社

                  2020年3月31日   現在
              帳簿価額(千円)
    事業所名    設備の           従業員数
      セグメント
  会社名
            機械装置
       の名称
    (所在地)     内容           (名)
          建物及び    土地 リース
            及び     その他  合計
          構築物   (面積㎡)  資産
            運搬具
    本社事務所
       電気機器
  Morio USA      生産
    ・工場
       製造販売    2,040  924  ―  ― 5,046  8,011  12
  Corporation       設備等
    (米国ネブ
       事業
    ラスカ州)
  (注) 1.現在休止中の主要な設備はありません。
   2.帳簿価額のうち「その他」は、工具、器具及び備品であります。
 3 【設備の新設、除却等の計画】

  (1) 重要な設備の新設等
   該当事項はありません。
  (2) 重要な設備の除却等

   該当事項はありません。
            13/79





                     EDINET提出書類
                    森尾電機株式会社(E01912)
                      有価証券報告書
 第4 【提出会社の状況】
 1 【株式等の状況】

  (1) 【株式の総数等】
  ① 【株式の総数】
      種類         発行可能株式総数(株)

      普通株式              5,700,000

      計             5,700,000

  ② 【発行済株式】

      事業年度末現在    提出日現在

            上場金融商品取引所
   種類   発行数(株)    発行数(株)   名又は登録認可金融      内容
             商品取引業協会名
     (2020年3月31日   ) (2020年6月26日)
             東京証券取引所
                単元株式数は100株でありま
  普通株式    1,425,000    1,425,000
                す。
             (市場第二部)
   計    1,425,000    1,425,000    ―    ―

  (2) 【新株予約権等の状況】

  ① 【ストックオプション制度の内容】
   該当事項はありません。
  ② 【ライツプランの内容】

   該当事項はありません。
  ③ 【その他の新株予約権等の状況】

   該当事項はありません。
  (3) 【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

   該当事項はありません。
  (4) 【発行済株式総数、資本金等の推移】

      発行済株式   発行済株式  資本金増減額   資本金残高   資本準備金   資本準備金

   年月日   総数増減数   総数残高        増減額   残高
       (株)   (株)  (千円)   (千円)   (千円)   (千円)
  2017年10月1日(注)    △12,825,000   1,425,000    ― 1,048,500    ―  897,272
  (注) 2017年10月1日をもって10株を1株に株式併合し、これに伴い発行済株式総数が12,825,000株減少しておりま
   す。
            14/79






                     EDINET提出書類
                    森尾電機株式会社(E01912)
                      有価証券報告書
  (5) 【所有者別状況】
                 2020年3月31日   現在
        株式の状況(1単元の株式数     100 株)
                   単元未満
  区分          外国法人等       株式の状況
    政府及び
        金融商品  その他の      個人
                   (株)
    地方公共  金融機関            計
        取引業者  法人     その他
    団体
           個人以外  個人
  株主数
     ―  6  14  52  6  5 1,042  1,125   ―
  (人)
  所有株式数
     ― 2,039  90 5,775  13  11 6,281  14,209  4,100
  (単元)
  所有株式数
     ― 14.35  0.63  40.64  0.09  0.08  44.21  100.00   ―
  の割合(%)
  (注)  1. 当社は自己株式を49,617株保有しておりますが、「個人その他」の欄に496単元、「単元未満株式の状況」
   の欄に17株を含めて記載しております。
   なお、自己株式49,617株は、株主名簿記載上の株式数であり、2020年3月31日現在の実保有残高も同数であ
   ります。
   2. 上記「その他の法人」には、証券保管振替機構名義の株式が1単元含まれております。
  (6) 【大株主の状況】

                 2020年3月31日   現在
                   発行済株式
                   (自己株式を
                所有株式数   除く。)の
   氏名又は名称        住所
                (千株)  総数に対する
                   所有株式数
                   の割合(%)
  有限会社森尾商会      神奈川県川崎市麻生区上麻生2-19-10          120   8.72
  川崎重工業株式会社      東京都港区海岸1-14-5          89  6.51

  日本車輌製造株式会社      愛知県名古屋市熱田区三本松町1-1          75  5.51

  株式会社きらぼし銀行      東京都港区青山3-10-43          65  4.78

        東京都新宿区西新宿2-4-1
  セントラル警備保障株式会社                65  4.73
        新宿NSビル
        東京都港区西新橋1-3-1
  株式会社SMBC信託銀行                63  4.58
        東京都葛飾区立石4-34-1
  森尾電機さつき会                61  4.49
        森尾電機㈱内
  森尾電機自社株投資会      東京都葛飾区立石4-34-1          55  4.04
  中西電機工業株式会社      兵庫県明石市大久保町松陰字石ヶ谷1127          50  3.69

  株式会社金子工務店      東京都葛飾区立石6-14-10          33  2.41

    計       ―      680  49.46

  (注)上記のほか当社所有の自己株式49千株があります。
            15/79






                     EDINET提出書類
                    森尾電機株式会社(E01912)
                      有価証券報告書
  (7) 【議決権の状況】
  ① 【発行済株式】
                 2020年3月31日   現在
    区分     株式数(株)    議決権の数(個)      内容
  無議決権株式        ―     ―     ―

  議決権制限株式(自己株式等)        ―     ―     ―

  議決権制限株式(その他)        ―     ―     ―

        (自己保有株式)
  完全議決権株式(自己株式等)             ―     ―
        普通株式   49,600
        普通株式  1,371,300
  完全議決権株式(その他)              13,713   ―
        普通株式   4,100

  単元未満株式             ―     ―
  発行済株式総数         1,425,000    ―     ―

  総株主の議決権        ―      13,713   ―

  (注) 1. 「完全議決権株式(その他)」欄の普通株式には、証券保管振替機構名義の株式が100株含まれております。
   また、「議決権の数」欄には、同機構名義の完全議決権株式に係る議決権の数1個が含まれております。
   2. 「単元未満株式」欄の普通株式には、当社所有の自己株式17株が含まれております。
  ② 【自己株式等】

                 2020年3月31日   現在
                   発行済株式
           自己名義   他人名義  所有株式数
   所有者の氏名
                   総数に対する
       所有者の住所    所有株式数   所有株式数   の合計
                   所有株式数
   又は名称
            (株)   (株)   (株)
                   の割合(%)
      東京都葛飾区
  (自己保有株式)
            49,600   ―  49,600   3.48
  森尾電機株式会社
      立石4-34-1
    計     ―    49,600   ―  49,600   3.48
            16/79











                     EDINET提出書類
                    森尾電機株式会社(E01912)
                      有価証券報告書
 2 【自己株式の取得等の状況】
       会社法第155条第7号による普通株式の取得
   【株式の種類等】
  (1) 【株主総会決議による取得の状況】

   該当事項はありません。
  (2) 【取締役会決議による取得の状況】

   該当事項はありません。
  (3) 【株主総会決議又は取締役会決議に基づかないものの内容】

      区分       株式数(株)     価額の総額(円)

  当事業年度における取得自己株式              75    125,325

  当期間における取得自己株式              ―     ―

  (注)当期間における取得自己株式には、2020年6月1日から有価証券報告書提出日までの単元未満株式の買取りに
   よる株式数は含めておりません。
  (4) 【取得自己株式の処理状況及び保有状況】

          当事業年度       当期間

    区分
            処分価額の総額       処分価額の総額
         株式数(株)       株式数(株)
             (円)       (円)
  引き受ける者の募集を行った
           ―   ―   ―   ―
  取得自己株式
  消却の処分を行った取得自己株式         ―   ―   ―   ―
  合併、株式交換、会社分割に係る
           ―   ―   ―   ―
  移転を行った取得自己株式
  その他         ―   ―   ―   ―
  保有自己株式数         49,617    ―   49,617    ―

  (注)当期間における保有自己株式数には、2020年6月1日から有価証券報告書提出日までの単元未満株式の買取り
   による株式数は含めておりません。
 3 【配当政策】

   当社は、株主の皆様への利益還元を経営の重要課題として位置づけており、今後の事業展開に必要な内部留保を
  確保し、将来にわたる安定配当の維持を重視しながら、業績に応じた適切な配当政策を実現していくことを基本方
  針としております。
   当社の剰余金の配当は、期末配当の年1回を基本的な方針としており、配当の決定機関は取締役会であります。
   当事業年度の剰余金の配当につきましては、安定的な配当の継続と当期の業績等を勘案いたしまして、株主の皆
  様のご支援にお応えするため、1株当たり50円とさせていただきます。
   また、内部留保資金につきましては、財務体質の維持・強化、将来の最適生産体制のための設備投資、新製品・
  新技術の研究開発等、当社の企業競争力強化のために活用してまいります。
  (注)  基準日が当事業年度に属する剰余金の配当は、以下のとおりであります。

    決議年月日      配当金の総額(千円)      1株当たり配当額(円)

   2020年5月15日

            68,769       50
    取締役会
            17/79




                     EDINET提出書類
                    森尾電機株式会社(E01912)
                      有価証券報告書
 4 【コーポレート・ガバナンスの状況等】
  (1) 【コーポレート・ガバナンスの概要】
  ① コーポレート・ガバナンスに関する基本的な考え方
   当社は、法令の遵守に基づく企業倫理の重要性を認識するとともに、変動する社会、経済環境に対応した迅速な
  経営意思の決定と、経営の健全性の向上を図ることによって、株主価値を高めることを経営上の最も重要な課題の
  一つとして位置づけております。
   その実現のために、株主の皆様をはじめ、取引先、地域社会、社員等の各ステークホルダーとの良好な関係を築
  くとともに、経営の機関機能を一層強化・改善・整備しながら、コーポレート・ガバナンスを充実させていきたい
  と考えております。
   また、株主・投資家の皆様には迅速かつ正確な情報開示に努め、経営の透明性を高めてまいります。
  ②  企業統治の体制の概要及び当該体制を採用する理由

  a. 企業統治の体制の概要
   当社は、監査役会設置会社であり、取締役による的確な意思決定と迅速な業務執行を行うとともに、適正な監
  督及び監視を可能とする経営体制を構築し、コーポレート・ガバナンスの充実が図れるよう、その実効性を高め
  る体制をとっております。
   各機関における運営、機能及び活動状況は、次のとおりです。
  (a)取締役会
   当社の取締役会は、2020年6月26日現在、議長を務める代表取締役社長            菊地裕之、代表取締役会長     小泉泰
   一、常務取締役   北澤公夫、常務取締役    大橋貢、取締役   木下寛、取締役   平野了士、社外取締役    鎌田伸一郎の
   取締役7名(うち社外取締役1名)の構成となっており、運営面では、構成員である各取締役が各々の判断で
   意見を述べられる独立性を確保しております。
   また、取締役の経営責任をより明確にし、経営環境の変化に迅速に対応するため、取締役の任期を1年にし
   ております。
  (b)監査役会
   当社の監査役会は、2020年6月26日現在、議長を務める常勤監査役            小山博史、社外監査役    堀勝彦、社外監
   査役 柘植幹雄の監査役3名(うち社外監査役2名)の構成となっており、取締役会に出席して取締役の職務執
   行を監督し、代表取締役社長と監査役との定期的な意見交換の場を持つ等、コンプライアンスと内部統制の充
   実強化を図っております。
  b. 企業統治の体制を採用する理由
   当社は、取締役会が適正かつ効率的に業務執行機能を発揮できるよう、取締役の責任を明確化し権限を強化す
  ることで、事業運営上重要な事項について常勤役員による迅速な意思決定ができる体制を採用しております。取
  締役会ではこのような業務執行について、社外取締役及び社外監査役を中心に多面的にチェックする体制が図ら
  れております。
   当社の2020年6月26日現在の経営管理組織その他のコーポレート・ガバナンス体制は、次のとおりです。

            18/79







                     EDINET提出書類
                    森尾電機株式会社(E01912)
                      有価証券報告書
  ③ 企業統治に関するその他の事項







  a. 内部統制システムの整備の状況
   当社の内部統制システムといたしましては、主に取締役会及び監査役が中心的な役割を果たしております。
   取締役会は月1回の定例取締役会のほか、必要に応じ機動的に臨時取締役会を開催し、法令で定められた事項
  や経営に関する重要事項を決定するとともに、業務執行の状況を逐次監督しております。
   また各監査役は、監査役会が策定した監査方針に従って、取締役会その他重要な会議への出席、重要な書類の
  閲覧、本社及び事業所各部門の監査等を行い、監査役会に報告しております。
  b. リスク管理体制の整備の状況
   当社は、緊急時基本対応規程及びコンプライアンス・マニュアルを制定し、企業倫理と法令遵守意識の醸成を
  図り、企業活動の中での法令違反の未然防止に努めております。
   当社の具体的なリスク管理体制としましては、原則として月1回開催される幹部会議において、各部門間の業
  務遂行上発生が懸念されるリスク情報等を協議し、適切な対策を取締役会に報告、提言しております。
   また、内部統制監査課では、監査役及び会計監査人と連携をとり、各部門の業務運営状況の適正性及び会計処
  理の正確性等のリスク管理状況を監査し、各種リスクの発生予防を図るとともに、代表取締役に報告する体制の
  構築に努めております。
  c. 株式会社の支配に関する基本方針
   当社は財務及び事業の方針の決定を支配する者の在り方に関する基本方針を定めており、その内容等(会社法
  施行規則第118条第3号に掲げる事項)は次のとおりです。
   1)基本方針の内容
    当社取締役会は、上場会社として当社株式の自由な売買を認める以上、特定の者の大規模な買付行為に応
   じて当社株式の売却を行うか否かは、最終的には当社株式を保有する当社株主の皆様の判断に委ねられるべ
   きものであると考えます。
    しかし、鉄道車両や自動車・船舶関係の電装品メーカーである当社の経営においては、当社の有形無形の
   経営資源、将来を見据えた施策の潜在的効果、当社に与えられた社会的な使命、それら当社の企業価値ひい
   ては株主共同の利益を構成する要素等への理解が不可欠です。これらを継続的に維持、向上させていくため
   には、当社の企業価値の源泉である、①電装品や装置の開発設計の技術者集団として、豊富な経験とノウハ
   ウに裏付けされた技術力、②設計から販売まで、顧客のニーズを確実に捉えた製品づくりを可能とした一貫
   生産体制、③安全性を重視した製品を提供するための徹底した品質管理体制、④長年の間に築き上げた顧客
   との強固な信頼関係、⑤地球環境保全への貢献を意識した企業精神等が必要不可欠であると考えておりま
   す。当社の財務及び事業の方針の決定を支配する者によりこうした中長期的視点に立った施策が実行されな
   い場合、当社の企業価値ひいては株主共同の利益や当社に関わる全てのステークホルダーの利益は毀損され
   ることになる可能性があります。
    当社は、当社株式の適正な価値を株主及び投資家の皆様にご理解いただくようIR活動に努めております
            19/79


                     EDINET提出書類
                    森尾電機株式会社(E01912)
                      有価証券報告書
   ものの、突然大規模な買付行為がなされたときに、買付者の提示する当社株式の取得対価が妥当かどうか等
   買付者による大規模な買付行為の是非を株主の皆様が短期間のうちに適切に判断するためには、買付者及び
   当社取締役会の双方から適切かつ十分な情報が提供されることが不可欠です。さらに、当社株式の継続保有
   をお考えの株主の皆様にとっても、かかる買付行為が当社に与える影響や、買付者が考える当社の経営に参
   画したときの経営方針、事業計画の内容、当該買付行為に対する当社取締役会の意見等の情報は、当社株式
   の継続保有を検討するうえで重要な判断材料となると考えます。
    以上を考慮した結果、当社としましては、大規模な買付行為を行う買付者において、株主の皆様の判断の
   ために、当社が設定し事前に開示する一定のルール(以下「大規模買付ルール」といいます。)に従って、
   買付行為に関する必要かつ十分な情報を当社取締役会に事前に提供し、当社取締役会のための一定の評価期
   間が経過し、かつ当社取締役会又は株主総会が対抗措置発動の可否について決議を行った後にのみ当該買付
   行為を開始する必要があると考えております。
    また、大規模な買付行為の中には、当該買付行為が企業価値ひいては株主共同の利益を著しく損なうと認
   められるものもないとはいえません。当社は、かかる大規模な買付行為に対して、当社取締役会が2)②に記
   載する本対応方針に従って適切と考える方策をとることが、企業価値ひいては株主共同の利益を守るために
   必要であると考えております。
   2)基本方針実現のための取り組み
   ① 当社の財産の有効な活用、適切な企業集団の形成その他の会社支配に関する基本方針の実現に資する特
   別な取り組み
    当社は主に受注生産により事業を行っているため、主力の鉄道関連事業では国内・海外車両の代替需要及
   び新規需要の影響を大きく受けます。したがって、経済環境による収益への影響を抑えるために、一貫生産
   体制の推進及び顧客のニーズを的確に捉えた製品供給を通じて、生産性の向上と収益体質の強化に取り組ん
   でおります。具体的には、作業効率の改善と消費電力の削減、また、振動や騒音の低減による環境面に配慮
   した「タレットパンチプレス」や「レーザー加工機」の新機種を導入しました。引き続き、持続的成長と競
   争力を高めていくため、竜ヶ崎事業所の工場棟の機械設備を順次計画的に最新鋭のものに更新してまいりま
   す。また、作業環境改善のため、照明のLED化や社内空調設備の更新等を実施し、快適な職場づくりに取
   り組みました。今後も、作業環境の維持と改善を両立しながら、地球環境保全への貢献を目指してまいりま
   す。
    また、国内の鉄道車両産業が成熟化するなかで、海外鉄道車両事業への関わりがますます大きくなってま
   いりますので、引き続き海外鉄道車両案件への対応力の一層の向上に取り組んでまいります。その一環とし
   て、2013年8月に開設した米国現地法人では、2015年3月より現地生産品の納入が始まりました。さらに、
   2016年7月には新工場への移転を行い、事務所と倉庫を集約することで、コミュニケーションの充実と業務
   の効率化を図りました。
    2012年3月には創業100周年記念事業の一環として、旧本社の再開発計画に着手しました。本社社屋は2013
   年12月に完成し、本社社屋を本社事務所と賃貸住宅の共用建物として建て替えました。このことにより、不
   動産賃貸事業の強化と収益の安定化を図ることができました。今後も、住民の皆様が安心して住める環境づ
   くりに努めてまいります。
    2016年12月に品質マネジメントシステム「ISO9001」、2017年3月には、環境マネジメントシステム
   「ISO14001」の各認証について、年次審査とともに2015年度版へ移行いたしました。特に品質マネジメント
   システム「ISO9001」については、2015年度版への移行に伴い、本社及び竜ヶ崎事業所以外に大阪営業所と仙
   台出張所も認証取得を行い、対象の範囲を広げました。また、複数のマネジメントシステム規格を同時利用
   する際の利便性を高めるため、ISO9001、ISO14001の両規格に共通の規格構造や要求事項などが採用され、経
   営や事業との一体化を図ることで、より効果的な推進体制を整えられるようになりました。当社では、企業
   の社会的責任の最重要取り組みの一つとして、品質保証レベルの向上並びに環境配慮設計への取り組みを強
   化してまいります。引き続き社会から信頼される企業として、新たなマネジメントシステムに基づき、品質
   管理と環境保全への万全な取り組みを推進してまいります。
    さらに取締役会が適正かつ効率的に業務執行機能を発揮できるよう、取締役の責任を明確化し権限を強化
   することで事業運営上重要な事項について常勤役員による迅速な意思決定ができる体制を採用しており、取
   締役会ではこのような業務執行について、社外取締役及び社外監査役を中心に多面的にチェックする体制が
   図られている等、コーポレート・ガバナンスの強化充実に向けて取り組んでおります。
   ② 会社支配に関する基本方針に照らして不適切な者によって当社の財務及び事業の方針の決定が支配され
   ることを防止するための取り組み
            20/79

                     EDINET提出書類
                    森尾電機株式会社(E01912)
                      有価証券報告書
    当社は、2009年5月8日付取締役会決議及び同年6月26日付定時株主総会決議に基づき、「当社株券等の
   大規模買付行為への対応方針」(以下「本対応方針」といいます。)を導入し、2018年5月11日開催の当社
   取締役会において、同年6月28日開催の定時株主総会における株主の皆様の承認を条件として本対応方針を
   継続することを決議いたしました。
    本対応方針は、特定株主グループの議決権割合を20%以上とすることを目的とする当社株券等の買付行
   為、結果として特定株主グループの議決権割合が20%以上となる当社株券等の買付行為(市場取引、公開買
   付け等の具体的な買付方法の如何を問いませんが、あらかじめ当社取締役会が同意した者による買付行為を
   除きます。)、または結果として特定株主グループの議決権割合が20%以上となる当社の他の株主との合意
   等(以下、かかる買付行為または合意等を「大規模買付行為」といい、かかる買付行為又は合意等を行う者
   を「大規模買付者」といいます。)が行われる場合に、大規模買付行為に応じて当社株式を売却するか否か
   を株主の皆様が判断するために必要な情報を確保し、株主の皆様のために交渉を行うこと等を可能とするも
   のです。
    また、上記基本方針に反し、当社の企業価値ひいては株主共同の利益を著しく損なう大規模買付行為を新
   株予約権の発行等を利用することにより阻止し、当社の企業価値ひいては株主共同の利益を向上させること
   を目的としております。
    当社の株券等について大規模買付行為が行われる場合、大規模買付者には、当社代表取締役宛に大規模買
   付者及び大規模買付行為の概要並びに当社が定める大規模買付ルールに従う旨が記載された意向表明書を提
   出することを求めます。大規模買付者には、当社取締役会が当該意向表明書受領後10営業日以内に交付する
   必要情報リストに基づき、株主の皆様の判断並びに当社取締役会及び独立委員会としての意見形成のために
   必要かつ十分な情報(以下「本必要情報」といいます。)の提供を求めます。
    当社取締役会は、大規模買付行為の評価等の難易度に応じ、大規模買付者が当社取締役会に対し本必要情
   報の提供を完了した後、60日間(対価を現金(円貨)のみとする公開買付けによる当社全株式の買付けの場
   合)又は90日間(その他の大規模買付行為の場合)(最大30日間の延長があり得ます。)を当社取締役会に
   よる評価、検討、交渉、意見形成、代替案立案のための期間とし、当該期間内に、独立委員会に諮問し、ま
   た、必要に応じて外部専門家等の助言を受けながら、大規模買付者から提供された本必要情報を十分に評
   価・検討し、独立委員会からの勧告を最大限尊重したうえで、当社取締役会としての意見をとりまとめて公
   表するとともに、必要に応じ、大規模買付者との間で大規模買付行為に関する条件改善について交渉し、当
   社取締役会としての代替案を提示することもあります。
    当社取締役会は、大規模買付者が大規模買付ルールを遵守したか否か、大規模買付行為が企業価値ひいて
   は株主共同の利益を著しく損なうか否か及び対抗措置をとるか否か等の判断については、その客観性、公正
   さ及び合理性を担保するため、当社取締役会から独立した組織として独立委員会を設置したうえで、取締役
   会はこれに必ず諮問することとし、独立委員会の勧告を最大限尊重し、対抗措置の発動又は不発動もしくは
   株主総会招集の決議その他必要な決議を行うものとします。対抗措置として、新株予約権の発行を実施する
   場合には、当該新株予約権には、大規模買付者等による権利行使が認められないという行使条件、及び当社
   が大規模買付者等以外の者から当社株式と引換えに新株予約権を取得することができる旨の取得条項を付す
   ことがあるものとし、新株予約権者は、当社取締役会が定めた1円以上の額を払い込むことにより新株予約
   権を行使し、当社普通株式を取得することができるものとします。当社取締役会は、上記決議を行った場合
   は、適時適切に情報開示を行います。
    本対応方針の有効期限は、2018年6月28日開催の定時株主総会においてその継続が承認されたことから、
   当該定時株主総会の日から3年以内に終了する事業年度のうち最終のものに関する定時株主総会終結の時ま
   でとします。ただし、本対応方針の有効期間中であっても、当社の株主総会において本対応方針を廃止する
   旨の決議が行われた場合、又は当社取締役会が独立委員会の勧告を最大限尊重したうえで本対応方針を廃止
   する旨の決議を行った場合には、当該決議の時点をもって本対応方針は廃止されるものとします。また、本
   対応方針の有効期間中であっても、企業価値ひいては株主共同の利益の向上の観点から、関係法令の整備
   や、金融商品取引所が定める上場制度の整備等を踏まえ随時見直しを行い、独立委員会の勧告を最大限尊重
   して、本対応方針の変更を行うこともあります。
    なお、本対応方針の詳細については、インターネット上の当社ウェブサイト(アドレス
   http://www.morio.co.jp/)に掲載する2018年5月11日付プレスリリースをご覧ください。
   3)具体的取り組みに対する当社取締役会の判断及びその理由
    2)①に記載した当社の財産の有効な活用、適切な企業集団の形成その他の会社支配に関する基本方針の実
   現に資する特別な取り組みは、当社の企業価値ひいては株主共同の利益を向上させるための具体的方策であ
            21/79


                     EDINET提出書類
                    森尾電機株式会社(E01912)
                      有価証券報告書
   り、当社の基本方針に沿うものです。
     また、2)②に記載した本対応方針も、企業価値ひいては株主共同の利益を向上させる目的をもって継続
   されたものであり、当社の基本方針に沿うものです。特に、本対応方針は、当社取締役会から独立した組織
   として独立委員会を設置し、対抗措置の発動・不発動の判断の際には取締役会はこれに必ず諮問することと
   なっていること、独立委員会は当社の費用で独立した第三者である専門家等を利用することができるとされ
   ていること、必要に応じて新株予約権の無償割当ての実施につき株主総会に諮ることとなっていること、本
   対応方針の有効期間は3年であり、その継続については株主の皆様のご承認をいただくこととなっているこ
   と等その内容において公正性・客観性が担保される工夫がなされている点において、企業価値ひいては株主
   共同の利益に資するものであって、当社の会社役員の地位の維持を目的とするものではありません。
  d. 子会社の業務の適正を確保するための体制整備の状況
   当社の子会社の業務の適正を確保するための体制といたしましては、経営理念や事業計画の策定、報告会の定
  期的な開催等を行うことで、適切に管理・運営し、業務の適正性を確保しております。
  e. 社外取締役、社外監査役及び会計監査人との責任限定契約の締結
   当社は、会社法第427条第1項の規定に基づき、社外取締役、社外監査役及び会計監査人との間において、同法
  第423条第1項の損害賠償責任を限定する契約を締結しております。
   当社と社外取締役、社外監査役及び会計監査人は、会社法第423条第1項の責任につき、同法第425条第1項に
  規定する最低責任限度額をもって、損害賠償責任の限度としております。
  ④  取締役の定数

   当社の取締役は10名以内とする旨を定款で定めております。
  ⑤  取締役の選任の決議要件

   当社は、取締役の選任決議については、議決権を行使することができる株主の議決権の3分の1以上を有する株
  主が出席し、その議決権の過半数をもって行う旨、及び選任決議は累積投票によらない旨を定款で定めておりま
  す。
  ⑥  取締役会で決議できる株主総会決議事項

  a. 剰余金の配当等
   当社は、機動的な資本政策及び配当政策を図るため、剰余金の配当等会社法第459条第1項に定める事項につい
  ては、法令に特段の定めがある場合を除き、取締役会決議によって定めることとする旨を定款で定めておりま
  す。
  b. 取締役、監査役及び会計監査人の責任免除
   当社は、職務の遂行にあたり期待する役割を十分に発揮できるようにするため、会社法第426条第1項の規定に
  より、任務を怠ったことによる取締役(取締役であった者を含む。)、監査役(監査役であった者を含む。)及
  び会計監査人(会計監査人であった者を含む。)の損害賠償責任を、法令の限度において、取締役会の決議に
  よって免除することができる旨を定款で定めております。
  ⑦  株主総会の特別決議要件

   当社は、株主総会の円滑な運営を行うことを目的として、会社法第309条第2項に定める特別決議について、議
  決権を行使することができる株主の議決権の3分の1以上を有する株主が出席し、その議決権の3分の2以上を
  もって行う旨を定款で定めております。
            22/79





                     EDINET提出書類
                    森尾電機株式会社(E01912)
                      有価証券報告書
  (2) 【役員の状況】
  ① 役員一覧
 男性 10名 女性  0名 (役員のうち女性の比率     0%) 
                     所有
              略   歴
   役職名   氏名  生年月日            任期 株式数
                     (株)
          1970年7月  当社入社
          1999年2月  当社鉄道事業部営業部長
          2001年6月  当社執行役員営業本部副本部長
          2004年10月  当社執行役員営業本部長
     小  泉  泰  一   2007年6月  当社取締役営業本部長
  代表取締役会長     1948年1月25日            (注)3 10,500
          2011年6月  当社常務取締役営業・資材部門統括
          2014年4月  当社常務取締役営業部門統括
          2014年6月  当社代表取締役社長
          2018年6月  当社代表取締役会長(現任)
          1987年4月  当社入社
          2007年10月  当社資材本部資材部長
          2012年4月  当社東部営業部長
          2013年4月  当社理事東部営業部長
          2014年4月  当社理事人事総務部長
     菊  地  裕  之
  代表取締役社長     1964年10月25日            (注)3 6,100
          2014年6月  当社取締役人事総務部長
          2014年10月  当社取締役人事総務部長
            兼資材部門統括
            当社常務取締役人事総務部長
          2017年6月
            兼資材部門統括
          2018年6月  当社代表取締役社長(現任)
          1977年4月  当社入社
          1999年5月  当社鉄道事業部技術部長
          2001年5月  当社技術本部鉄道技術部長
          2007年6月  当社技術本部長
          2008年6月  当社執行役員技術本部長
  常務取締役
          2010年6月  当社取締役技術・品質部門統括兼営業支援
     北  澤  公  夫
  竜ヶ崎工場長  兼    1953年8月20日            (注)3 8,700
          2014年4月  当社取締役竜ヶ崎工場長
   技術部長
          2014年6月  当社常務取締役竜ヶ崎工場長
          2016年2月  当社常務取締役竜ヶ崎工場長兼技術部長
          2018年1月  当社常務取締役竜ヶ崎工場長
          2020年2月  当社常務取締役竜ヶ崎工場長
            兼技術部長(現任)
          1986年4月  当社入社
          2007年10月  当社営業本部営業第一部長
          2012年4月  当社資材部長
          2013年4月  当社理事資材部長
          2014年4月  当社理事東部営業部長
          2014年6月  当社取締役営業部門統括
            兼東部営業部長
  常務取締役
     大  橋      貢
       1963年5月31日            (注)3 4,700
          2017年4月  当社取締役営業部門統括
  資材部長
            兼東部営業部長兼海外支援室長
          2017年6月  当社取締役営業部門統括兼東部営業部長
          2018年6月  当社常務取締役営業部門統括
            兼東部営業部長
          2019年7月  当社常務取締役営業部門統括
            兼資材部長
          2020年4月  当社常務取締役資材部長(現任)
          1979年4月  株式会社東京都民銀行
            (現 株式会社きらぼし銀行)入行
          2003年4月  同行稲城支店長
          2006年7月  同行狛江支店長
   取締役        2009年7月  同行参与浜松町支店長
     木  下      寛
       1956年3月23日            (注)3 3,700
          2011年7月  同行参与経営サポート部長
  経営管理部門統括
          2014年4月  当社顧問
          2014年6月  当社取締役経営企画・財務部門統括
          2016年4月  当社取締役経営企画部長兼財務部門統括
          2018年4月  当社取締役経営管理部門統括(現任)
            23/79



                     EDINET提出書類
                    森尾電機株式会社(E01912)
                      有価証券報告書
                     所有

              略   歴
   役職名   氏名  生年月日            任期 株式数
                     (株)
          1977年4月  川崎重工業株式会社入社
          1994年7月  KawasakiHeavyIndustries(U.K.)Ltd.出向
          2000年7月  川崎重工業株式会社車両事業本部車両事業部
            営業総括部交通システム営業部長
          2001年4月  同社車両カンパニー営業本部海外営業部長
   取締役
     平  野  了  士   2003年11月  同社車両カンパニー営業本部副本部長
       1954年8月25日            (注)3 1,600
  海外支援室長
            兼海外営業部長
          2005年4月  同社車両カンパニー営業本部長
          2014年7月  川重車両テクノ株式会社代表取締役社長
          2017年4月  当社非常勤顧問
          2017年6月  当社取締役海外支援室長(現任)
          1977年4月  日本国有鉄道入社
          1987年4月  東日本旅客鉄道株式会社入社
          2003年6月  同社営業部担当部長
          2004年6月  同社事業創造本部部長
          2006年6月  同社理事高崎支社長
          2009年6月  同社常務取締役事業創造本部副本部長
          2011年5月  セントラル警備保障株式会社取締役
   取締役  鎌 田 伸一郎   1953年4月19日            (注)3  ―
          2011年6月  同社取締役専務執行役員
            経営計画担当兼新事業担当
          2012年5月  同社代表取締役執行役員社長
          2013年3月  同社代表取締役執行役員社長
            事業戦略推進本部長
          2018年5月  同社取締役会長(現任)
          2019年6月  当社取締役(現任)
          1983年4月  当社入社
          2005年4月  当社営業本部営業部長
          2007年10月  当社営業本部営業第二部長
          2009年10月  当社営業企画部長
          2011年4月  当社理事人事総務部長
   監査役
     小 山 博 史   1959年6月17日            (注)4 1,300
   (常勤)
          2014年4月  当社理事資材部長
          2015年4月  当社理事資材管理部長
          2017年9月  当社理事生産計画部長
          2019年6月  当社理事経営管理部
          2019年6月  当社監査役(現任)
          1969年4月  株式会社正興商会入社
     堀     勝  彦    1980年6月  同社代表取締役社長
   監査役     1945年4月20日            (注)4 10,000
          1993年6月  当社監査役(現任)
          1975年4月  日本車輌製造株式会社入社
          2004年6月  同社鉄道車両本部技術総括部台車設計部長
          2009年6月  同社鉄道車両本部技術総括部長
          2010年9月  同社鉄道車両本部技術部長
          2013年6月  同社常勤監査役
   監査役  柘 植 幹 雄   1951年6月19日            (注)4  ―
          2014年6月  同社取締役鉄道車両本部長
          2015年6月  同社専務取締役鉄道車両本部長
          2018年6月  同社退任
          2020年6月  当社監査役(現任)
           計          46,600
  (注) 1.取締役鎌田   伸一郎は、社外取締役であります。

   2.監査役堀  勝彦及び柘植  幹雄は、社外監査役であります。
   3.取締役の任期は、2020年3月期に係る定時株主総会終結の時から2021年3月期に係る定時株主総会終結の時
   までであります。
   4.監査役の任期は、2020年3月期に係る定時株主総会終結の時から2024年3月期に係る定時株主総会終結の時
   までであります。
            24/79




                     EDINET提出書類
                    森尾電機株式会社(E01912)
                      有価証券報告書
  ②  社外役員の状況
  a. 提出会社との人的関係、資本関係又は取引関係その他の利害関係
   当社の社外取締役は1名であり、社外取締役である鎌田伸一郎は、セントラル警備保障株式会社の取締役会長
  を務めており、同社は当社株式の4.73%を保有する大株主であるとともに、当社は同社と製品の販売等の取引関
  係があります。同氏は、当業界に精通し企業経営における豊富な経験と幅広い見識を有しており、経営管理に精
  通していることから社外取締役として選任しております。
   また、当社の社外監査役は2名であり、社外監査役である堀勝彦及び柘植幹雄は、当業界及び企業経営分野に
  おける豊かな経験と幅広い見識を有しており、経営管理に精通していることから社外監査役として選任しており
  ます。
  b. 提出会社からの独立性に関する基準又は方針の内容
   社外取締役及び社外監査役の選任に当たっては、東京証券取引所の独立性に関する判断基準等を参考にしてお
  ります。
   社外取締役及び社外監査役は、独立の立場から経営の監督・監査を行っております。
  c. 社外取締役又は社外監査役の選任状況に関する提出会社の考え方
   当社は、社外監査役が独立・公正な立場で取締役の職務執行に対する検証を行う等、客観性及び中立性を確保
  したガバナンスを確立しております。
  ③ 社外取締役又は社外監査役による監督又は監査と内部監査、監査役監査及び会計監査との相互連携並びに内部統
  制部門との関係
   社外取締役又は社外監査役は、取締役会への出席等を通じ、会計監査及び内部監査の報告を受け、必要に応じて
  意見を述べることにより、監督機能を果たしています。
   また、社外監査役は、常勤監査役と連携して、内部監査及び内部統制を所管する部署との情報交換を通じて、監
  査の実効性を高めております。
  (3) 【監査の状況】

  ①  監査役監査の状況
   当社における監査役監査は、監査役会制度を採用しており、常勤監査役1名と社外監査役である2名の非常勤監
  査役で構成されております。監査役3名は、監査役会で策定した監査計画に基づき、取締役会等重要な会議に出席
  し、取締役による経営状況及び各部門の業務執行状況、取締役の職務執行並びに意思決定について適切に監督して
  おります。
   当事業年度において当社は監査役会を原則として月1回開催しており、個々の監査役の出席状況については次の
  とおりであります。
   監査役の監査役会出席状況(2019年4月~2020年3月)

    氏名   開催回数(回)    出席回数(回)
    小山 博史     11    11

    中島 正隆     14    12
    堀  勝彦     14    14

    中尾 一行     3    3
    (注) 1. 小山博史氏は、2019年6月27日開催の定時株主総会において選任されております。
    2. 中尾一行氏は、2019年6月27日開催の定時株主総会の終結をもって退任しております。
   監査役会における主な検討事項として、当社及び子会社の法令・規定等の遵守状況について年間業務監査計画に

  基づき、業務活動全般にわたる定期的または必要に応じて随時の訪問監査、書類監査を実施し、問題点や今後の課
  題などを取締役会及び代表取締役に報告を行っております。また内部統制監査課からは随時内部統制監査の実施状
  況に係る報告を受けるほか、会計監査人を含め積極的な情報交換や多面的な観点からの意見交換を行うことでそれ
  ぞれの監査が適切に機能する体制を整えております。
   また、常勤監査役の活動として、週1回生産拠点である竜ケ崎事業所を訪問して取締役の職務執行の適正性につ
  いて監査を実行し、業務活動全般にわたってその妥当性や有効性、法令及び定款遵守状況等についての監査結果を
  監査役会に報告しております。
            25/79


                     EDINET提出書類
                    森尾電機株式会社(E01912)
                      有価証券報告書
   また重要な会議への出席や重要な書類の閲覧などを通じて監査の質の向上を図るとともに、代表取締役との間で
  定期的な意見交換を行っております。
  ②  内部監査の状況

   当社の内部監査業務を担当する内部統制監査課は、現在4名体制で、取締役等の業務の執行状況を監査する監査
  役、会計業務及び内部統制等を監査する監査法人との連携を相互にとり、社内規程の遵守状況や業務の適正な遂行
  状況を監査するとともに、財務報告の信頼性を確保するために、内部統制体制の整備及び運用を図っております。
  ③  会計監査の状況

  a. 監査法人の名称
   東陽監査法人 
  b. 継続監査期間

   37年間
  c. 業務を執行した公認会計士

   北島 緑
   清水谷 修 
  d. 監査業務に係る補助者の構成

   当社の会計監査業務に係る補助者は、公認会計士7名、その他2名であります。
            26/79













                     EDINET提出書類
                    森尾電機株式会社(E01912)
                      有価証券報告書
  e. 監査法人の選定方針と理由
   監査役会は、会計監査人選定において日本監査役協会が公表する「会計監査人の評価及び選定基準策定に関す
   る監査役等の実務指針」に記載されている、会計監査人の選定基準項目を考慮し選定しております。
    また、監査役会は、会計監査人が会社法第340条第1項各号に定める項目に該当すると認められる場合は、監査
   役全員の同意に基づき監査役会が、会計監査人を解任いたします。この場合、監査役会が選定した監査役は、解
   任後最初に招集される株主総会におきまして、会計監査人を解任した旨と解任の理由を報告いたします。
  f. 監査役及び監査役会による監査法人の評価

   当社の監査役会は、日本監査役協会の「会計監査人の評価基準策定に関する監査役等の実務方針」に準拠した
   規程により、東陽監査法人の独立性、品質管理の状況、職務遂行体制の適切性、当年度の会計監査の実施状況等
   の相当性に関して評価を実施し、相当であるとの決定をしております。
  ④ 監査報酬の内容等

  a. 監査公認会計士等に対する報酬
        前連結会計年度        当連結会計年度

   区分
      監査証明業務に    非監査業務に    監査証明業務に    非監査業務に
      基づく報酬(千円)    基づく報酬(千円)    基づく報酬(千円)    基づく報酬(千円)
   提出会社     19,000     ―   21,000     ―
  連結子会社      ―    ―    ―    ―

   計     19,000     ―   21,000     ―

  (注) 当連結会計年度における提出会社の監査証明業務に基づく報酬には、当第1四半期における四半期報告書の訂正
   報告書に係る監査報酬1,000千円が含まれております。
  b. 監査公認会計士等と同一のネットワークに対する報酬(a.を除く)

   該当事項はありません。
  c. その他の重要な監査証明業務に基づく報酬の内容

   該当事項はありません。
  d. 監査報酬の決定方針

   該当事項はありません。
  e. 監査役会が会計監査人の報酬等に同意した理由

   当社の監査役会は、会計監査人の報酬等に関して、その水準が監査の有効性と効率性に配慮された内容で、相
   当であるとの決定をしております。
            27/79







                     EDINET提出書類
                    森尾電機株式会社(E01912)
                      有価証券報告書
  (4) 【役員の報酬等】
  ①  役員の報酬等の額又はその算定方法の決定に関する方針に係る事項
   当社の取締役報酬等については、基本報酬及び賞与で構成されております。
   また、取締役に対する基本報酬は、取締役の役位の大きさ等に応じて取締役会により決定されております。賞与
  は、具体的な達成条件等は定めておりませんが、会社業績等を総合的に考慮し、取締役の役位の大きさ等に応じて
  決定しております。
   ただし、社外取締役に対する報酬は、その職務の性格から業績を考慮せず、基本報酬のみとしております。
   また、監査役に対する報酬は、監査役会において役割等を勘案し協議により決定しております。
   なお、当社は2007年6月28日付定時株主総会決議に基づき、取締役の年間報酬総額の上限を2億円(うち社外取
  締役年間報酬総額の上限を10百万円)、監査役年間報酬総額の上限を30百万円としております。
  ② 役員区分ごとの報酬等の総額、報酬等の種類別の総額及び対象となる役員の員数

           報酬等の種類別の総額(百万円)
                  対象となる
      報酬等の総額
   役員区分                役員の員数
       (百万円)
                   (名)
           基本報酬    賞与
  取締役
         118    89    28  6
  (社外取締役を除く。)
  監査役
         8    7    1  2
  (社外監査役を除く。)
  社外役員        4    4    ―  4
  (注)1.上記の対象となる役員の員数には、2019年6月27日開催の第87回定時株主総会終結の時をもって退任した、
   社外取締役1名及び監査役1名を含んでおります。
   2.期末現在の対象となる役員の員数は取締役6名、監査役1名、社外役員3名であります。
  ③ 役員ごとの報酬等の総額等

   報酬等の総額が1億円以上である者が存在しないため、記載しておりません。
            28/79











                     EDINET提出書類
                    森尾電機株式会社(E01912)
                      有価証券報告書
  (5) 【株式の保有状況】
  ① 投資株式の区分の基準及び考え方
   原則、当社は純投資目的の株式は保有しない方針です。純投資目的以外の目的で保有する株式の保有は、業務
  提携、取引の維持・強化等の保有目的の合理性を満たし、当社の事業にシナジー効果が期待されることを基本的
  な方針としております。
  ② 保有目的が純投資目的以外の目的である投資株式

  a.保有方針及び保有の合理性を検証する方法並びに個別銘柄の保有の適否に関する取締役会等における検証の
   内容
   株式の買い増しや処分の要否は、当社の成長に必要かどうか等の観点で、担当取締役による検証を適宜行
   い、必要に応じ取締役会に諮ることとしております。また、同株式に係る議決権行使は、具体的な基準に基づ
   く形式的な賛否の判断は行わず、議案が当社の保有方針に適合するかに加え、発行会社の効率的かつ健全な経
   営に役立ち、企業価値の向上を期待できるかどうかなどの観点から、個別議案の精査を行い、賛否の判断を
   行っております。
  b.銘柄数及び貸借対照表計上額

          貸借対照表計上額の

        銘柄数
        (銘柄)
           合計額(千円)
   非上場株式     ―      ―
   非上場株式以外の株式     10    1,074,018
  (当事業年度において株式数が増加した銘柄)

        銘柄数  株式数の増加に係る取得

                株式数の増加の理由
        (銘柄)  価額の合計額(千円)
   非上場株式     ―      ―    ―
   非上場株式以外の株式     1     374 営業取引関係の強化
  (当事業年度において株式数が減少した銘柄)

        銘柄数  株式数の減少に係る売却

        (銘柄)  価額の合計額(千円)
   非上場株式     ―      ―
   非上場株式以外の株式     ―      ―
            29/79








                     EDINET提出書類
                    森尾電機株式会社(E01912)
                      有価証券報告書
  c.特定投資株式及びみなし保有株式の銘柄ごとの株式数、貸借対照表計上額等に関する情報
   特定投資株式

           当事業年度   前事業年度

                    当社の株
                保有目的、定量的な
           株式数(株)   株式数(株)
      銘柄          保有効果及び株式数が    式の保有
          貸借対照表計上額   貸借対照表計上額
                 増加した理由
                    の有無
           (千円)   (千円)
            32,600   32,600
   東海旅客鉄道㈱             営業取引関係の強化    無
            564,632   838,146
            18,000   18,000
   東日本旅客鉄道㈱             営業取引関係の強化    無
            147,168   192,240
            36,602   36,602
   セントラル警備保障㈱             営業取引関係の強化    有
            142,747   177,885
            15,000   15,000
   西日本旅客鉄道㈱             営業取引関係の強化    無
            110,940   125,085
            14,525   14,525
   ㈱三井住友フィナンシャルグループ             金融取引関係の強化    無
            38,099   56,298
            19,070   19,070
   川崎重工業㈱             営業取引関係の強化    有
            29,920   52,061
            17,989   17,989
   ㈱東京きらぼしフィナンシャルグループ             金融取引関係の強化    無
            20,525   28,152
            7,646   7,359
   ㈱カナデン             営業取引関係の強化    有
            9,572   8,687
            2,361   2,361
   日本車輌製造㈱             営業取引関係の強化    有
            6,480   6,048
            1,800   1,800
   新京成電鉄㈱             営業取引関係の強化    無
            3,931   3,749
   みなし保有株式

   該当事項はありません。
  ③ 保有目的が純投資目的である投資株式

   該当事項はありません。
  ④ 当事業年度中に投資株式の保有目的を純投資目的から純投資目的以外の目的に変更したもの

   該当事項はありません。
  ⑤ 当事業年度中に投資株式の保有目的を純投資目的以外の目的から純投資目的に変更したもの

   該当事項はありません。
            30/79







                     EDINET提出書類
                    森尾電機株式会社(E01912)
                      有価証券報告書
 第5 【経理の状況】
 1. 連結財務諸表及び財務諸表の作成方法について

  (1) 当社の連結財務諸表は、「連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(1976年大蔵省令第28号)に基
  づいて作成しております。
  (2) 当社の財務諸表は、「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(1963年大蔵省令第59号)に基づいて

  作成しております。
 2. 監査証明について

  当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、連結会計年度(2019年4月1日から2020年3月31日ま
  で)の連結財務諸表及び事業年度(2019年4月1日から2020年3月31日まで)の財務諸表について、東陽監査法人により
  監査を受けております。
 3. 連結財務諸表等の適正性を確保するための特段の取り組みについて

  当社は、以下のとおり連結財務諸表等の適正性を確保するための特段の取り組みを行っております。
    会計基準等の内容を適切に把握できる体制を整備するため、公益財団法人財務会計基準機構へ加入し、同機構の主
  催するセミナーに参加しております。
            31/79














                     EDINET提出書類
                    森尾電機株式会社(E01912)
                      有価証券報告書
 1 【連結財務諸表等】
  (1) 【連結財務諸表】
  ① 【連結貸借対照表】
                   (単位:千円)
            前連結会計年度     当連結会計年度
            (2019年3月31日)     (2020年3月31日)
  資産の部
  流動資産
   現金及び預金           1,650,339     1,155,204
             ※2 1,897,593
   受取手形及び売掛金                2,926,433
             ※2 469,814
   電子記録債権                 610,899
   商品及び製品            70,160     170,118
   仕掛品           1,435,134     1,394,472
   原材料及び貯蔵品            447,114     452,226
              30,664     23,528
   その他
   流動資産合計           6,000,821     6,732,884
  固定資産
   有形固定資産
             ※1 2,887,722    ※1 2,906,042
   建物及び構築物
              △1,439,911     △1,503,099
    減価償却累計額
    建物及び構築物(純額)          1,447,811     1,402,942
   機械装置及び運搬具
              231,915     234,577
              △177,433     △184,717
    減価償却累計額
    機械装置及び運搬具(純額)           54,482     49,859
              ※1 63,720    ※1 63,720
   土地
   リース資産           198,553     199,553
              △81,482     △103,956
    減価償却累計額
    リース資産(純額)          117,071     95,597
   その他
              210,331     232,510
              △167,769     △186,734
    減価償却累計額
    その他(純額)           42,562     45,776
   建設仮勘定           23,375      699
   有形固定資産合計           1,749,023     1,658,596
   無形固定資産
   ソフトウエア           127,080     140,133
   リース資産           209,979     182,825
              21,127     36,442
   その他
   無形固定資産合計           358,188     359,401
   投資その他の資産
   投資有価証券           1,488,354     1,074,018
              91,887     75,131
   その他
   投資その他の資産合計           1,580,242     1,149,149
   固定資産合計           3,687,455     3,167,147
  資産合計            9,688,276     9,900,031
            32/79





                     EDINET提出書類
                    森尾電機株式会社(E01912)
                      有価証券報告書
                   (単位:千円)
            前連結会計年度     当連結会計年度
            (2019年3月31日)     (2020年3月31日)
  負債の部
  流動負債
             ※2 1,236,026
   支払手形及び買掛金                1,244,181
             ※2 703,379
   電子記録債務                 690,958
             ※1 1,500,000    ※1 1,800,000
   短期借入金
             ※1 218,372    ※1 214,228
   1年内返済予定の長期借入金
   リース債務            84,244     89,258
   未払法人税等            36,579     225,909
   賞与引当金            146,000     150,900
   役員賞与引当金            10,000     30,000
              211,064     225,350
   その他
   流動負債合計           4,145,667     4,670,786
  固定負債
             ※1 877,169    ※1 761,275
   長期借入金
   リース債務            282,274     239,438
   繰延税金負債            258,903     128,526
              65,857     64,799
   その他
   固定負債合計           1,484,204     1,194,039
  負債合計            5,629,871     5,864,825
  純資産の部
  株主資本
   資本金           1,048,500     1,048,500
   資本剰余金            897,272     897,272
   利益剰余金           1,452,714     1,692,523
              △70,495     △70,620
   自己株式
   株主資本合計           3,327,991     3,567,675
  その他の包括利益累計額
   その他有価証券評価差額金            722,508     463,038
               7,904     4,492
   為替換算調整勘定
   その他の包括利益累計額合計            730,412     467,531
  純資産合計            4,058,404     4,035,206
  負債純資産合計            9,688,276     9,900,031
            33/79









                     EDINET提出書類
                    森尾電機株式会社(E01912)
                      有価証券報告書
  ② 【連結損益計算書及び連結包括利益計算書】
  【連結損益計算書】
                   (単位:千円)
            前連結会計年度     当連結会計年度
            (自 2018年4月1日     (自 2019年4月1日
            至 2019年3月31日)      至 2020年3月31日)
  売上高            9,323,945     9,866,853
             ※1 8,019,201    ※1 8,230,958
  売上原価
  売上総利益            1,304,743     1,635,894
             ※2,※3 1,103,042    ※2,※3 1,108,246
  販売費及び一般管理費
  営業利益             201,701     527,648
  営業外収益
  受取利息             24     24
  受取配当金            16,120     17,406
  受取補償金            1,844     6,244
  為替差益             748      -
               9,500     11,138
  雑収入
  営業外収益合計            28,237     34,813
  営業外費用
  支払利息            29,923     25,813
  為替差損             -    4,256
               2,304      601
  雑損失
  営業外費用合計            32,228     30,671
  経常利益             197,710     531,790
  特別利益
              ※4 140     ※4 80
  固定資産売却益
  特別利益合計             140     80
  特別損失
              ※5 8,149    ※5 10,374
  固定資産除却損
  投資有価証券評価損             -    32,955
               -    2,550
  ゴルフ会員権評価損
  特別損失合計            8,149     45,879
  税金等調整前当期純利益             189,700     485,990
  法人税、住民税及び事業税
              48,760     213,009
              △3,703     △8,091
  法人税等調整額
  法人税等合計             45,056     204,918
  当期純利益             144,643     281,072
  非支配株主に帰属する当期純利益              -     -
  親会社株主に帰属する当期純利益             144,643     281,072
            34/79








                     EDINET提出書類
                    森尾電機株式会社(E01912)
                      有価証券報告書
  【連結包括利益計算書】
                   (単位:千円)
            前連結会計年度     当連結会計年度
            (自 2018年4月1日     (自 2019年4月1日
            至 2019年3月31日)      至 2020年3月31日)
  当期純利益             144,643     281,072
  その他の包括利益
  その他有価証券評価差額金            158,392     △259,469
               9,451     △3,411
  為替換算調整勘定
             ※1 167,844    ※1  △ 262,881
  その他の包括利益合計
  包括利益             312,487     18,191
  (内訳)
  親会社株主に係る包括利益            312,487     18,191
  非支配株主に係る包括利益             -     -
            35/79
















                     EDINET提出書類
                    森尾電機株式会社(E01912)
                      有価証券報告書
  ③ 【連結株主資本等変動計算書】
  前連結会計年度(自   2018年4月1日   至 2019年3月31日)
                  (単位:千円)
            株主資本
      資本金   資本剰余金   利益剰余金   自己株式   株主資本合計
  当期首残高     1,048,500   897,272   1,363,088   △70,467   3,238,394
  当期変動額
  剰余金の配当           △55,018      △55,018
  親会社株主に帰属す
             144,643      144,643
  る当期純利益
  自己株式の取得               △28   △28
  株主資本以外の項目
  の当期変動額(純
  額)
  当期変動額合計      -   -  89,625   △28   89,597
  当期末残高     1,048,500   897,272   1,452,714   △70,495   3,327,991
        その他の包括利益累計額

               純資産合計
     その他有価証券評価差      その他の包括利益累計
         為替換算調整勘定
      額金      額合計
  当期首残高     564,116   △1,547   562,568   3,800,962
  当期変動額
  剰余金の配当              △55,018
  親会社株主に帰属す
                144,643
  る当期純利益
  自己株式の取得               △28
  株主資本以外の項目
  の当期変動額(純     158,392   9,451   167,844   167,844
  額)
  当期変動額合計     158,392   9,451   167,844   257,441
  当期末残高     722,508   7,904   730,412   4,058,404
            36/79










                     EDINET提出書類
                    森尾電機株式会社(E01912)
                      有価証券報告書
  当連結会計年度(自   2019年4月1日   至 2020年3月31日)
                  (単位:千円)
            株主資本
      資本金   資本剰余金   利益剰余金   自己株式   株主資本合計
  当期首残高     1,048,500   897,272   1,452,714   △70,495   3,327,991
  当期変動額
  剰余金の配当           △41,263      △41,263
  親会社株主に帰属す
             281,072      281,072
  る当期純利益
  自己株式の取得               △125   △125
  株主資本以外の項目
  の当期変動額(純
  額)
  当期変動額合計      -   -  239,808   △125   239,683
  当期末残高     1,048,500   897,272   1,692,523   △70,620   3,567,675
        その他の包括利益累計額

               純資産合計
     その他有価証券評価差      その他の包括利益累計
         為替換算調整勘定
      額金      額合計
  当期首残高     722,508   7,904   730,412   4,058,404
  当期変動額
  剰余金の配当              △41,263
  親会社株主に帰属す
                281,072
  る当期純利益
  自己株式の取得               △125
  株主資本以外の項目
  の当期変動額(純     △259,469   △3,411   △262,881   △262,881
  額)
  当期変動額合計     △259,469   △3,411   △262,881   △23,197
  当期末残高     463,038   4,492   467,531   4,035,206
            37/79











                     EDINET提出書類
                    森尾電機株式会社(E01912)
                      有価証券報告書
  ④ 【連結キャッシュ・フロー計算書】
                   (単位:千円)
            前連結会計年度     当連結会計年度
            (自 2018年4月1日     (自 2019年4月1日
            至 2019年3月31日)      至 2020年3月31日)
  営業活動によるキャッシュ・フロー
  税金等調整前当期純利益            189,700     485,990
  減価償却費            281,843     322,149
  受取利息及び受取配当金            △16,144     △17,430
  支払利息            29,923     25,813
  売上債権の増減額(△は増加)            263,843    △1,171,691
  たな卸資産の増減額(△は増加)            △25,478     △65,923
  仕入債務の増減額(△は減少)            △190,472     △3,021
  賞与引当金の増減額(△は減少)            △5,000     4,900
  役員賞与引当金の増減額(△は減少)            △12,000     20,000
  投資有価証券評価損益(△は益)             -    32,955
  固定資産除売却損益(△は益)            8,009     10,294
  ゴルフ会員権評価損             -    2,550
  その他の営業外損益(△は益)            △212     △216
  未収消費税等の増減額(△は増加)            27,839     8,294
  未払消費税等の増減額(△は減少)            32,516     78,625
  その他の流動資産の増減額(△は増加)            △3,042     △1,791
  その他の流動負債の増減額(△は減少)            △15,338     △47,056
              △23,345     2,043
  その他
  小計            542,642     △313,513
  利息及び配当金の受取額
              16,144     17,430
  利息の支払額            △30,706     △25,929
              △86,064     △30,886
  法人税等の支払額又は還付額(△は支払)
  営業活動によるキャッシュ・フロー            442,015     △352,898
  投資活動によるキャッシュ・フロー
  定期預金の預入による支出            △240,000     △240,000
  定期預金の払戻による収入            240,000     240,000
  有形固定資産の取得による支出            △74,345     △70,465
  有形固定資産の売却による収入             100     80
  無形固定資産の取得による支出            △107,483     △161,681
  有形固定資産の除却による支出            △7,890     △3,606
  投資有価証券の取得による支出            △362     △374
  預り保証金の返還による支出            △2,385      -
  預り保証金の受入による収入            2,220      -
              △5,074      253
  投資その他の資産の増減額(△は増加)
  投資活動によるキャッシュ・フロー            △195,223     △235,794
  財務活動によるキャッシュ・フロー
  短期借入金の純増減額(△は減少)            283,950     300,000
  長期借入れによる収入            300,000     100,000
  長期借入金の返済による支出            △186,999     △220,038
  リース債務の返済による支出            △79,793     △90,930
  セール・アンド・リースバックによる収入            22,683     46,063
  自己株式の取得による支出             △28     △125
              △54,655     △41,030
  配当金の支払額
  財務活動によるキャッシュ・フロー            285,158     93,938
  現金及び現金同等物に係る換算差額             3,870     △379
  現金及び現金同等物の増減額(△は減少)             535,821     △495,134
  現金及び現金同等物の期首残高             874,517     1,410,339
             ※1 1,410,339     ※1 915,204
  現金及び現金同等物の期末残高
            38/79



                     EDINET提出書類
                    森尾電機株式会社(E01912)
                      有価証券報告書
  【注記事項】
  (継続企業の前提に関する事項)
   該当事項はありません。
  (連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項)

 1.連結の範囲に関する事項
  (1) 連結子会社の数
  1社
  主要な連結子会社の名称
   Morio USA Corporation
 2.持分法の適用に関する事項

  (1) 持分法を適用した関連会社数
  該当事項はありません。
  (2) 持分法を適用しない関連会社のうち主要な会社等の名称

  該当事項はありません。
 3.連結子会社の事業年度等に関する事項

   連結子会社の決算日は、連結決算日と一致しております。
 4.会計方針に関する事項

  (1) 重要な資産の評価基準及び評価方法
  ①  有価証券
  その他有価証券
   時価のあるもの
    決算期末日の市場価格等に基づく時価法(評価差額は、全部純資産直入法により処理し、売却原価は、総平
   均法により算定しております。)
  ②  たな卸資産
  通常の販売目的で保有するたな卸資産
   評価基準は原価法(収益性の低下による簿価切下げの方法)によっております。
   a  商品及び製品・仕掛品
   個別法
   b  原材料及び貯蔵品
   総平均法
  (2) 重要な減価償却資産の減価償却の方法

  ①  有形固定資産(リース資産を除く)
   定額法によっております。
  ②  無形固定資産(リース資産を除く)
   定額法によっております。
   ただし、ソフトウェア(自社利用分)については、社内における利用可能期間(5年)に基づく定額法によって
   おります。
            39/79





                     EDINET提出書類
                    森尾電機株式会社(E01912)
                      有価証券報告書
  ③  リース資産
   所有権移転ファイナンス・リース取引に係るリース資産
   定額法によっております。
   所有権移転外ファイナンス・リース取引に係るリース資産
   リース期間を耐用年数とし、残存価額をゼロとする定額法によっております。
  (3) 重要な引当金の計上基準

  ①  貸倒引当金
   売上債権等の貸倒損失に備えるため、一般債権については貸倒実績率により、貸倒懸念債権等特定の債権に
   ついては個別に回収可能性を勘案し、回収不能見込額を計上しております。
  ②  賞与引当金
   従業員の賞与の支給に充てるため、支給見込額に基づき計上しております。
  ③  役員賞与引当金
   役員の賞与の支給に充てるため、支給見込額に基づき計上しております。
  (4) 重要な外貨建の資産又は負債の本邦通貨への換算の基準

  外貨建金銭債権債務は、連結決算日の直物為替相場により円貨に換算し、換算差額は損益として処理しておりま
  す。なお、在外子会社等の資産及び負債は、連結決算日の直物為替相場により円貨に換算し、収益及び費用は期中
  平均相場により円貨に換算し、換算差額は純資産の部における為替換算調整勘定に含めております。
  (5) 連結キャッシュ・フロー計算書における資金の範囲

  手許現金、要求払預金及び取得日から3ヶ月以内に満期日の到来する流動性の高い、容易に換金可能であり、か
  つ、価値の変動について僅少なリスクしか負わない短期的な投資であります。 
  (6) その他連結財務諸表作成のための重要な事項

   消費税及び地方消費税の会計処理は、税抜方式によっております。
  (未適用の会計基準等)

  ・「収益認識に関する会計基準」(企業会計基準第29号 2020年3月31日)
  ・「収益認識に関する会計基準の適用指針」(企業会計基準適用指針第30号 2020年3月31日)
  ・「金融商品の時価等の開示に関する適用指針」(企業会計基準適用指針第19号 2020年3月31日)
   (1) 概要

   収益認識に関する包括的な会計基準であります。収益は、次の5つのステップを適用し認識されます。
    ステップ1:顧客との契約を識別する。
    ステップ2:契約における履行義務を識別する。
    ステップ3:取引価格を算定する。
    ステップ4:契約における履行義務に取引価格を配分する。
    ステップ5:履行義務を充足した時に又は充足するにつれて収益を認識する。
   (2) 適用予定日

   2022年3月期の期首より適用予定であります。
   (3) 当該会計基準等の適用による影響

   影響額は、当連結財務諸表の作成時において評価中であります。
            40/79




                     EDINET提出書類
                    森尾電機株式会社(E01912)
                      有価証券報告書
  ・「時価の算定に関する会計基準」(企業会計基準第30号 2019年7月4日)
  ・「時価の算定に関する会計基準の適用指針」(企業会計基準適用指針第31号 2019年7月4日)
  ・「棚卸資産の評価に関する会計基準」(企業会計基準第9号 2019年7月4日)
  ・「金融商品に関する会計基準」(企業会計基準第10号 2019年7月4日)
  ・「金融商品の時価等の開示に関する適用指針」(企業会計基準適用指針第19号              2020年3月31日)
   (1) 概要

    国際的な会計基準の定めとの比較可能性を向上させるため、「時価の算定に関する会計基準」及び「時価
   の算定に関する会計基準の適用指針」(以下「時価算定会計基準等」という。)が開発され、時価の算定方法
   に関するガイダンス等が定められました。時価算定会計基準等は次の項目の時価に適用されます。
   ・「金融商品に関する会計基準」における金融商品
   ・「棚卸資産の評価に関する会計基準」におけるトレーディング目的で保有する棚卸資産
   また「金融商品の時価等の開示に関する適用指針」が改訂され、金融商品の時価のレベルごとの内訳等の注
   記事項が定められました。
   (2) 適用予定日

   2022年3月期の期首より適用予定であります。
   (3) 当該会計基準等の適用による影響

   影響額は、当連結財務諸表の作成時において評価中であります。
            41/79













                     EDINET提出書類
                    森尾電機株式会社(E01912)
                      有価証券報告書
  (連結貸借対照表関係)
 ※1  担保資産
  (1) 担保に供している資産
          前連結会計年度      当連結会計年度
          (2019年3月31日   )   (2020年3月31日   )
   本社等   建物
           631,257千円      610,612千円
   本社等   土地
            1,989千円      1,989千円
     計      633,246千円      612,601千円
   竜ヶ崎事業所    建物

           337,727千円      317,780千円
   竜ヶ崎事業所    土地
            5,340千円      5,340千円
     計      343,068千円      323,121千円
  (2) 担保資産に対応する債務

          前連結会計年度      当連結会計年度
          (2019年3月31日   )   (2020年3月31日   )
   短期借入金
           1,539,956千円      1,589,948千円
   (1年内返済予定の長期借入金を
   含む)
   長期借入金        673,484千円      631,870千円
     計     2,213,440千円      2,221,818千円
 ※2  期末日満期手形の会計処理については、手形交換日をもって決済処理しております。

  なお、連結会計年度末日が金融機関の休日であったため、次の期末日満期手形が、期末残高に含まれておりま
  す。
          前連結会計年度      当連結会計年度
          (2019年3月31日   )   (2020年3月31日   )
   受取手形         8,880千円       ―千円
   電子記録債権         54,889千円       ―千円
   支払手形         153,052千円       ―千円
   電子記録債務         82,736千円       ―千円
            42/79










                     EDINET提出書類
                    森尾電機株式会社(E01912)
                      有価証券報告書
  (連結損益計算書関係)
 ※1  通常の販売目的で保有する棚卸資産の収益性の低下による簿価切下げ額は、次のとおりであります。
           前連結会計年度      当連結会計年度

          (自  2018年4月1日     (自  2019年4月1日
          至  2019年3月31日   )   至  2020年3月31日   )
   売上原価         4,750 千円     6,956 千円
 ※2  販売費及び一般管理費のうち主要な費目及び金額は、次のとおりであります。

           前連結会計年度      当連結会計年度

          (自  2018年4月1日     (自  2019年4月1日
          至  2019年3月31日   )   至  2020年3月31日   )
   給与及び手当         313,054 千円     322,891 千円
   賞与引当金繰入額         48,141 千円     52,534 千円
   役員賞与引当金繰入額         10,000 千円     30,000 千円
   荷造運搬費         163,299 千円     135,698 千円
 ※3  研究開発費の総額は、次のとおりであります。

           前連結会計年度      当連結会計年度

          (自  2018年4月1日     (自  2019年4月1日
          至  2019年3月31日   )   至  2020年3月31日   )
   一般管理費に含まれる研究開発費         18,496 千円     10,379 千円
 ※4  固定資産売却益の内容は、次のとおりであります。

           前連結会計年度      当連結会計年度

          (自  2018年4月1日     (自  2019年4月1日
          至  2019年3月31日   )   至  2020年3月31日   )
            140
   機械装置及び運搬具          千円      80千円
 ※5  固定資産除却損の内容は、次のとおりであります。

           前連結会計年度      当連結会計年度

          (自  2018年4月1日     (自  2019年4月1日
          至  2019年3月31日   )   至  2020年3月31日   )
            3,052
   建物及び構築物          千円     10,334 千円
   機械装置及び運搬具          ―千円      40千円
            5,097
   その他(工具、器具及び備品)          千円      0千円
            8,149
      計       千円     10,374 千円
            43/79








                     EDINET提出書類
                    森尾電機株式会社(E01912)
                      有価証券報告書
  (連結包括利益計算書関係)
 ※1  その他の包括利益に係る組替調整額及び税効果額
           前連結会計年度      当連結会計年度
          (自  2018年4月1日     (自  2019年4月1日
           至  2019年3月31日   )   至  2020年3月31日   )
   その他有価証券評価差額金
     当期発生額         235,965千円      △414,710千円
            ―千円     32,955千円
     組替調整額
       税効果調整前
            235,965千円      △381,755千円
           △77,573千円      122,285千円
       税効果額
       その他有価証券評価差額金         158,392千円      △259,469千円
   為替換算調整勘定
     当期発生額         9,451千円      △3,411千円
            ―千円      ―千円
    組替調整額
     為替換算差額         9,451千円      △3,411千円
     その他の包括利益合計      167,844千円      △262,881千円
  (連結株主資本等変動計算書関係)

  前連結会計年度(自     2018年4月1日   至  2019年3月31日   )
  1. 発行済株式に関する事項
  株式の種類   当連結会計年度期首     増加    減少   当連結会計年度末
             ―    ―   1,425,000
  普通株式(株)       1,425,000
   (変動事由の概要)

   該当事項はありません。
  2. 自己株式に関する事項

  株式の種類   当連結会計年度期首     増加    減少   当連結会計年度末
             ―    ―   49,542
  普通株式(株)      49,542
   (変動事由の概要)

   該当事項はありません。
  3. 新株予約権等に関する事項

   該当事項はありません。
  4. 配当に関する事項

  (1) 配当金支払額
        配当金の総額   1株当たり配当額
   決議   株式の種類          基準日   効力発生日
         (千円)   (円)
  2018年5月11日
      普通株式    55,018    40 2018年3月31日   2018年6月29日
  取締役会
  (2) 基準日が当連結会計年度に属する配当のうち、配当の効力発生日が翌連結会計年度となるもの

         配当金の総額   1株当たり
   決議  株式の種類  配当の原資        基準日   効力発生日
          (千円)  配当額(円)
  2019年5月13日
              30
     普通株式  利益剰余金    41,263    2019年3月31日   2019年6月28日
  取締役会
            44/79





                     EDINET提出書類
                    森尾電機株式会社(E01912)
                      有価証券報告書
  当連結会計年度(自     2019年4月1日   至  2020年3月31日   )
  1. 発行済株式に関する事項
  株式の種類   当連結会計年度期首     増加    減少   当連結会計年度末
             ―    ―   1,425,000
  普通株式(株)       1,425,000
   (変動事由の概要)

   該当事項はありません。
  2. 自己株式に関する事項

  株式の種類   当連結会計年度期首     増加    減少   当連結会計年度末
  普通株式(株)      49,542     75    ―   49,617
   (変動事由の概要)

   増加数の内訳は、次のとおりであります。
   単元未満株式の買取による増加
          75株
  3. 新株予約権等に関する事項

   該当事項はありません。
  4. 配当に関する事項

  (1) 配当金支払額
        配当金の総額   1株当たり配当額
   決議   株式の種類          基準日   効力発生日
         (千円)   (円)
  2019年5月13日
              30
      普通株式     41,263     2019年3月31日   2019年6月28日
  取締役会
  (2) 基準日が当連結会計年度に属する配当のうち、配当の効力発生日が翌連結会計年度となるもの

         配当金の総額   1株当たり
   決議  株式の種類  配当の原資        基準日   効力発生日
          (千円)  配当額(円)
  2020年5月15日
     普通株式  利益剰余金   68,769   50 2020年3月31日   2020年6月29日
  取締役会
  (連結キャッシュ・フロー計算書関係)

 ※1  現金及び現金同等物の期末残高と連結貸借対照表に掲記されている科目の金額との関係は、次のとおりでありま
  す。
          前連結会計年度      当連結会計年度

          (自  2018年4月1日     (自  2019年4月1日
          至  2019年3月31日   )   至  2020年3月31日   )
   現金及び預金        1,650,339千円      1,155,204千円
   預入期間が3か月を超える
           △240,000千円      △240,000千円
   定期預金
   現金及び現金同等物        1,410,339千円      915,204千円
            45/79






                     EDINET提出書類
                    森尾電機株式会社(E01912)
                      有価証券報告書
  (リース取引関係)
 1.ファイナンス・リース取引
  (借主側)
  (1) 所有権移転ファイナンス・リース取引
  ① リース資産の内容
   有形固定資産
    主として、電気機器製造販売事業における大型バス(車両運搬具)であります。
   無形固定資産
    主として、電気機器製造販売事業における基幹システム(ソフトウェア)であります。
  ② リース資産の減価償却の方法

   定額法によっております。
  (2) 所有権移転外ファイナンス・リース取引

  ①  リース資産の内容
   有形固定資産
    主として、電気機器製造販売事業における生産設備(機械及び装置)であります。
  ②  リース資産の減価償却の方法

   リース期間を耐用年数とし、残存価額をゼロとする定額法によっております。
 2.オペレーティング・リース取引

  (借主側)
  オペレーティング・リース取引のうち解約不能のものに係る未経過リース料
         前連結会計年度       当連結会計年度

        (2019年3月31日   )    (2020年3月31日   )
  1年内          2,032千円       1,785千円
  1年超          2,326千円        584千円

  合計          4,359千円       2,370千円

            46/79









                     EDINET提出書類
                    森尾電機株式会社(E01912)
                      有価証券報告書
  (金融商品関係)

 1.金融商品の状況に関する事項
  (1) 金融商品に対する取り組み方針
  当社グループは、主に電気機器の製造販売事業を行うための設備投資計画に照らして、必要な資金及び短期的な
  運転資金を銀行借入により調達しております。
  (2) 金融商品の内容及びそのリスク

  営業債権である受取手形及び売掛金、電子記録債権は、顧客の信用リスク及び為替変動リスクにさらされており
  ます。投資有価証券は主に取引先企業との業務等に関連する株式であり、市場価格の変動リスクにさらされており
  ます。
  営業債務である支払手形及び買掛金、電子記録債務は、全て1年以内の支払期日であります。借入金、ファイナ
  ンス・リース取引に係るリース債務は、主に設備投資に必要な資金の調達を目的としたものであり、償還日は決算
  日後、最長で14年後であります。このうち一部は変動金利であるため金利の変動リスクにさらされております。
  (3) 金融商品に係るリスク管理体制

  ①  信用リスク(取引先の契約不履行等に係るリスク)の管理
   当社は営業債権について、営業部門及び総務部門において主要な取引先の状況を定期的にモニタリングし、財
  務状況等の悪化等による回収懸念の早期把握や軽減を図っております。連結子会社についても、同様の管理を
  行っております。
   当期の連結決算日現在における最大信用リスク額は、信用リスクにさらされる金融資産の貸借対照表価額によ
  り表わされています。
  ②  市場リスクの管理
   投資有価証券については、定期的に時価や発行体(取引先企業)の財務状況等を把握し、また、取引先企業と
  の関係を勘案して保有状況を継続的に見直しております。
  ③  資金調達に係る流動性リスク(支払期日に支払いを実行できなくなるリスク)の管理
   当社は、連結子会社を含む各部署からの報告に基づき財務部門等が適時に資金繰計画を作成・更新するととも
  に、手許流動性を適正に維持することなどにより、流動性リスクを管理しております。
  (4) 金融商品の時価等に関する事項についての補足説明

  金融商品の時価には、市場価格に基づく価額のほか、市場価格がない場合には合理的に算定された価額が含まれ
  ております。当該価額の算定においては変動要因を織り込んでいるため、異なる前提条件等を採用することによ
  り、当該価額が変動することもあります。
  (5) 信用リスクの集中

  当期の連結決算日現在における営業債権のうち8.8%が特定の大口顧客(総販売実績に対する割合が100分の10以
  上の相手先)に対するものであります。
            47/79







                     EDINET提出書類
                    森尾電機株式会社(E01912)
                      有価証券報告書
 2.金融商品の時価等に関する事項
  連結貸借対照表計上額、時価及びこれらの差額については、次のとおりであります。
  前連結会計年度(   2019年3月31日   )

        連結貸借対照表計上額      時価    差額

         (千円)    (千円)    (千円)
               1,650,339      ―
  (1) 現金及び預金         1,650,339
          1,897,593    1,897,593      ―

  (2) 受取手形及び売掛金
  (3) 電子記録債権        469,814    469,814     ―

  (4) 投資有価証券

   その他有価証券        1,488,354    1,488,354      ―

          5,506,102    5,506,102      ―

    資産計
          1,236,026    1,236,026      ―

  (1) 支払手形及び買掛金
  (2) 電子記録債務        703,379    703,379     ―

  (3) 短期借入金        1,718,372    1,718,372      ―

  (4) 長期借入金        877,169    886,320    △9,151

  (5) リース債務        366,519    368,296    △1,776

          4,901,467    4,912,395     △10,928

    負債計
  当連結会計年度(   2020年3月31日   )

        連結貸借対照表計上額      時価    差額

         (千円)    (千円)    (千円)
  (1) 現金及び預金         1,155,204    1,155,204      ―
  (2) 受取手形及び売掛金         2,926,433    2,926,433      ―

  (3) 電子記録債権

           610,899    610,899     ―
  (4) 投資有価証券

   その他有価証券

          1,074,018    1,074,018      ―
    資産計      5,766,555    5,766,555      ―

  (1) 支払手形及び買掛金         1,244,181    1,244,181      ―

  (2) 電子記録債務

           690,958    690,958     ―
  (3) 短期借入金

          2,014,228    2,014,228      ―
  (4) 長期借入金

           761,275    768,284    △7,009
  (5) リース債務

           328,697    329,197     △499
    負債計      5,039,340    5,046,850     △7,509

            48/79



                     EDINET提出書類
                    森尾電機株式会社(E01912)
                      有価証券報告書
  (注1)金融商品の時価の算定方法並びに有価証券に関する事項
   資 産
   (1) 現金及び預金、(2)   受取手形及び売掛金、(3)     電子記録債権
    これらは短期間で決済されるため、時価は帳簿価額にほぼ等しいことから、当該帳簿価額によっておりま
   す。
   (4) 投資有価証券

    株式は取引所の価格によっております。
   負 債

   (1) 支払手形及び買掛金、(2)     電子記録債務、(3)   短期借入金
    これらは短期間で決済されるため、時価は帳簿価額にほぼ等しいことから、当該帳簿価額によっておりま
   す。
   (4) 長期借入金、(5)   リース債務

    これらの時価については、元利金の合計額を、新規に同様の借入又は、リース取引を行った場合に想定さ
   れる利率で割り引いた現在価値により算定しております。
  (注2)金銭債権の連結決算日後の償還予定額

   前連結会計年度(   2019年3月31日   )
               1年超  5年超
            1年以内       10年超
               5年以内  10年以内
            (千円)       (千円)
               (千円)  (千円)
            1,650,339
   現金及び預金             ―  ―  ―
            1,897,593
   受取手形及び売掛金             ―  ―  ―
             469,814
   電子記録債権             ―  ―  ―
            4,017,747
       合計         ―  ―  ―
   当連結会計年度(   2020年3月31日   )

               1年超  5年超
            1年以内       10年超
               5年以内  10年以内
            (千円)       (千円)
               (千円)  (千円)
   現金及び預金         1,155,204    ―  ―  ―
   受取手形及び売掛金         2,926,433    ―  ―  ―
   電子記録債権          610,899   ―  ―  ―
       合計     4,692,537    ―  ―  ―
  (注3)長期借入金、リース債務及びその他の有利子負債の連結決算日後の返済予定額

   前連結会計年度(   2019年3月31日   )
          1年超  2年超  3年超  4年超
        1年以内           5年超
          2年以内  3年以内  4年以内  5年以内
        (千円)           (千円)
          (千円)  (千円)  (千円)  (千円)
        1,500,000    ―  ―  ―  ―  ―
   短期借入金
          194,236  146,976  80,676  55,241  400,040
   長期借入金     218,372
           79,946  76,623  75,259  24,442  26,002
   リース債務     84,244
        1,802,616   274,182  223,599  155,935  79,683  426,042
     合計
   当連結会計年度(   2020年3月31日   )

          1年超  2年超  3年超  4年超
        1年以内           5年超
          2年以内  3年以内  4年以内  5年以内
        (千円)           (千円)
          (千円)  (千円)  (千円)  (千円)
   短期借入金     1,800,000    ―  ―  ―  ―  ―
   長期借入金     214,228  166,968  100,668  75,233  58,362  360,044
   リース債務     89,258  86,022  84,745  32,936  16,886  18,847
     合計   2,103,486   252,990  185,413  108,169  75,248  378,891
            49/79


                     EDINET提出書類
                    森尾電機株式会社(E01912)
                      有価証券報告書
  (有価証券関係)
 1.その他有価証券
  前連結会計年度(   2019年3月31日   )
        連結貸借対照表計上額     取得原価     差額

    区分
         (千円)    (千円)    (千円)
  連結貸借対照表計上額が
  取得原価を超えるもの
          1,459,768     392,889    1,066,878
    株式
               392,889    1,066,878

    小計      1,459,768
  連結貸借対照表計上額が
  取得原価を超えないもの
           28,586    53,961    △25,374
    株式
           28,586    53,961    △25,374

    小計
          1,488,354     446,851    1,041,503

    合計
  当連結会計年度(   2020年3月31日   )

        連結貸借対照表計上額     取得原価     差額

    区分
         (千円)    (千円)    (千円)
  連結貸借対照表計上額が
  取得原価を超えるもの
    株式         1,052,683     392,889    659,794
    小計      1,052,683     392,889    659,794

  連結貸借対照表計上額が
  取得原価を超えないもの
    株式         21,334    54,335    △33,001
    小計       21,334    54,335    △33,001

    合計      1,074,018     447,225    626,792

 2.減損処理を行った有価証券

  前連結会計年度(自     2018年4月1日    至  2019年3月31日   )
  該当事項はありません。
  当連結会計年度(自     2019年4月1日    至  2020年3月31日   )

  当連結会計年度において、投資有価証券について32,955千円減損処理を行っております。
  (デリバティブ取引関係)

  該当事項はありません。
  (退職給付関係)

 1.採用している退職給付制度の概要
  当社及び連結子会社は従業員に関する退職金制度について、確定拠出年金制度等を採用しております。
 2.確定拠出制度

  当社及び連結子会社の確定拠出制度への前期の要拠出額は、22,260千円、当期の要拠出額は、23,270千円でありま
  す。
  (ストック・オプション等関係)

   該当事項はありません。
            50/79


                     EDINET提出書類
                    森尾電機株式会社(E01912)
                      有価証券報告書
  (税効果会計関係)

 1.繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別の内訳
          前連結会計年度      当連結会計年度
          (2019年3月31日   )   (2020年3月31日   )
   (繰延税金資産)
   賞与引当金        44,092千円      45,623千円
   長期未払金        10,995千円      12,142千円
   投資有価証券        20,870千円      30,961千円
   未払事業税         4,125千円      13,332千円
   税務上の繰越欠損金         6,939千円      24,845千円
   たな卸資産評価損         1,454千円      2,135千円
   たな卸資産の未実現利益         811千円      1,388千円
           18,380千円      22,392千円
   その他
    繰延税金資産小計
           107,670千円      152,822千円
           △48,125千円      △84,639千円
   評価性引当額(注)
    繰延税金資産合計        59,544千円      68,183千円
   (繰延税金負債)
   その他の有価証券評価差額金        △318,994千円      △196,709千円
            547千円      ―千円
   その他
    繰延税金負債合計       △318,447千円      △196,709千円
   繰延税金負債の純額        △258,903千円      △128,526千円
   (注) 評価性引当額が36,513千円増加しております。この増加の主な内容は、当社において投資有価証券評価損
    に係る評価性引当額を10,090千円、連結子会社Morio         USA Corporationにおいて税務上の繰越欠損金に係
    る評価性引当額を17,906千円を認識したことに伴うものであります。
 2. 法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との差異の原因となった主な項目別の内訳

          前連結会計年度      当連結会計年度
          (2019年3月31日   )   (2020年3月31日   )
   法定実効税率         30.6%      30.6%
   (調整)
   交際費等永久に損金に
            4.1%      2.9%
   算入されない項目
   受取配当金等永久に益金に
            △0.5%      △0.2%
   算入されない項目
   住民税均等割等         3.1%      1.2%
   評価性引当額         △5.8%      7.5%
            △7.8%      0.1%
   その他
   税効果会計適用後の法人税等の
            23.8%      42.2%
   負担率
            51/79







                     EDINET提出書類
                    森尾電機株式会社(E01912)
                      有価証券報告書
  (賃貸等不動産関係)
  前連結会計年度(自     2018年4月1日   至  2019年3月31日   )
   当社グループでは、東京都その他の地域において、賃貸用のマンション等(土地含む。)を有しておりま
   す。2019年3月期における当該賃貸等不動産に関する賃貸損益は75,077千円(賃貸収益は売上高に、賃貸費用
   は売上原価に計上)であります。
   賃貸等不動産の連結貸借対照表計上額及び当連結会計年度における主な変動並びに連結決算日における時価
   及び当該時価の算定方法は、次のとおりであります。
                   (単位:千円)
        連結貸借対照表計上額
                   期末時価
     期首残高    期中増減額     期末残高
                856,508    1,879,538

      900,808    △44,300
    (注) 1.  連結貸借対照表計上額は、取得原価から減価償却累計額を控除した金額であります。
     2.  主な変動
     減少は、減価償却費                     44,600千円
     3.  時価の算定方法
     主として「不動産鑑定評価基準」に基づいて自社で算定した金額(指標等を用いて調整を行っ
     たものを含む。)であります。
  当連結会計年度(自     2019年4月1日   至  2020年3月31日   )

   当社グループでは、東京都その他の地域において、賃貸用のマンション等(土地含む。)を有しておりま
   す。2020年3月期における当該賃貸等不動産に関する賃貸損益は74,447千円(賃貸収益は売上高に、賃貸費用
   は売上原価に計上)であります。
   賃貸等不動産の連結貸借対照表計上額及び当連結会計年度における主な変動並びに連結決算日における時価
   及び当該時価の算定方法は、次のとおりであります。
                   (単位:千円)
        連結貸借対照表計上額
                   期末時価
     期首残高    期中増減額     期末残高
      856,508    △44,538     811,970    1,915,361

    (注) 1.  連結貸借対照表計上額は、取得原価から減価償却累計額を控除した金額であります。
     2.  主な変動
     減少は、減価償却費                     44,538千円
     3.  時価の算定方法
     主として「不動産鑑定評価基準」に基づいて自社で算定した金額(指標等を用いて調整を行っ
     たものを含む。)であります。
            52/79







                     EDINET提出書類
                    森尾電機株式会社(E01912)
                      有価証券報告書
  (セグメント情報等)
  【セグメント情報】
 1. 報告セグメントの概要
  (1) 報告セグメントの決定方法
  当社の報告セグメントは、当社の構成単位のうち分離された財務情報が入手可能であり、取締役会が、経営資源
  の配分の決定及び業績を評価するために、定期的に検討を行う対象となっているものであります。
  当社は、営業の核となる「電気機器製造販売事業」と「不動産関連事業」を種類別セグメントとしております。
  (2) 各報告セグメントに属する製品及びサービスの種類
  「電気機器製造販売事業」は鉄道関連事業、自動車関連事業、船舶等関連事業の営業事業部門に展開しておりま
  す。
   鉄道関連事業は、鉄道事業者、鉄道車両メーカー等に販売する主幹制御器、配電盤、配電箱、補助回路機器、
  蛍光灯、LED照明器具、行先表示器、各種照明配線器具、電気暖房器、旅客情報表示装置、車両用モニタリン
  グシステム、各種保安機器、地上用設備機器等を製造販売しております。
   自動車関連事業は、高速道路会社各社、国土交通省等に販売する自走式標識車、各種車載標識装置、地上設備
  用分電盤、各種保安機器、投光器、道路用各種情報装置等を製造販売しております。
   船舶等関連事業は、各種防爆灯及び防爆器具、艦艇用照明配電器具、船用各種照明器具、船用情報案内装置、
  船用電気通信器具等、大型情報表示装置、各種情報ボード、           セキュリティー関連機器等を製造販売しておりま
  す。
  「不動産関連事業」は、東京都葛飾区に所有する賃貸マンション4棟、千葉県松戸市に所有する賃貸マンション
  1棟、計5棟の不動産賃貸事業を運営しております。
 2. 報告セグメントごとの売上高、利益又は損失、資産、負債その他の項目の金額の算定方法

  報告されている事業セグメントごとの会計処理の方法は、「連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項」
  における記載と概ね同一であります。報告セグメントの利益は、営業利益ベースの数値であります。
            53/79












                     EDINET提出書類
                    森尾電機株式会社(E01912)
                      有価証券報告書
 3. 報告セグメントごとの売上高、利益又は損失、資産、負債その他の項目の金額に関する情報
  前連結会計年度(自     2018年4月1日   至  2019年3月31日   )
                   (単位:千円)
        電気機器   不動産      調整額  連結財務諸表
              合計
       製造販売事業   関連事業      (注)1   計上額
  売上高
    外部顧客への売上高      9,176,220   147,725   9,323,945    ―  9,323,945

  セグメント間の内部
         ―   ―   ―   ―   ―
  売上高又は振替高
    計    9,176,220   147,725   9,323,945    ―  9,323,945
  セグメント利益       285,309   75,077   360,387   △158,686   201,701

  セグメント資産      8,124,210   856,508   8,980,718   707,557   9,688,276

  その他の項目

  減価償却費

        224,410   44,600   269,011   12,832   281,843
  有形固定資産及び
        244,291    300  244,592   7,985   252,577
  無形固定資産の増加額
  (注) 1. 調整額は、以下のとおりであります。
   (1) セグメント利益の調整額△158,686千円には、各報告セグメントに配分していない全社費用△158,686千
    円が含まれております。全社費用は、主に報告セグメントに帰属しない一般管理費であります。
   (2) セグメント資産の調整額707,557千円には、各報告セグメントに配分していない全社資産707,557千円が
    含まれております。
   (3) 減価償却費の調整額12,832千円には、各報告セグメントに配分していない全社減価償却費12,832千円が
    含まれております。
   (4) 有形固定資産及び無形固定資産の増加額の調整額7,985千円には、各報告セグメントに配分していない
    全社資産の増加7,985千円が含まれております。
   2. セグメント利益は、連結損益計算書の営業利益と調整を行っております。
            54/79










                     EDINET提出書類
                    森尾電機株式会社(E01912)
                      有価証券報告書
  当連結会計年度(自     2019年4月1日   至  2020年3月31日   )
                   (単位:千円)
        電気機器   不動産      調整額  連結財務諸表
              合計
       製造販売事業   関連事業      (注)1   計上額
  売上高
    外部顧客への売上高      9,717,432   149,421   9,866,853    ―  9,866,853

  セグメント間の内部
         ―   ―   ―   ―   ―
  売上高又は振替高
    計    9,717,432   149,421   9,866,853    ―  9,866,853
  セグメント利益       624,098   74,447   698,545   △170,897   527,648

  セグメント資産      8,456,762   811,970   9,268,732   631,299   9,900,031

  その他の項目

  減価償却費

        264,868   44,538   309,407   12,742   322,149
  有形固定資産及び
        234,649    ―  234,649    ―  234,649
  無形固定資産の増加額
  (注) 1. 調整額は、以下のとおりであります。
   (1) セグメント利益の調整額△170,897千円には、各報告セグメントに配分していない全社費用△170,897千
    円が含まれております。全社費用は、主に報告セグメントに帰属しない一般管理費であります。
   (2) セグメント資産の調整額631,299千円には、各報告セグメントに配分していない全社資産631,299千円が
    含まれております。
   (3) 減価償却費の調整額12,742千円には、各報告セグメントに配分していない全社減価償却費12,742千円が
    含まれております。
   2. セグメント利益は、連結損益計算書の営業利益と調整を行っております。
            55/79











                     EDINET提出書類
                    森尾電機株式会社(E01912)
                      有価証券報告書
  【関連情報】
  前連結会計年度(自     2018年4月1日   至  2019年3月31日   )
 1. 製品及びサービスごとの情報
  セグメント情報に同様の情報を開示しているため、記載を省略しております。
 2. 地域ごとの情報

  (1) 売上高
  本邦の外部顧客への売上高が連結損益計算書の売上高の90%を超えるため、記載を省略しております。
  (2) 有形固定資産

  本邦に所在している有形固定資産の金額が連結貸借対照表の有形固定資産の金額の90%を超えるため、記載を省
  略しております。
 3. 主要な顧客ごとの情報

                  (単位:千円)
   顧客の名称又は氏名        売上高     関連するセグメント名
  三菱電機株式会社           2,009,128  電気機器製造販売事業

  当連結会計年度(自     2019年4月1日   至  2020年3月31日   )

 1. 製品及びサービスごとの情報
  セグメント情報に同様の情報を開示しているため、記載を省略しております。
 2. 地域ごとの情報

  (1) 売上高
  本邦の外部顧客への売上高が連結損益計算書の売上高の90%を超えるため、記載を省略しております。
  (2) 有形固定資産

  本邦に所在している有形固定資産の金額が連結貸借対照表の有形固定資産の金額の90%を超えるため、記載を省
  略しております。
 3. 主要な顧客ごとの情報

                  (単位:千円)
   顧客の名称又は氏名        売上高     関連するセグメント名
  三菱電機株式会社           1,978,117  電気機器製造販売事業

  【報告セグメントごとの固定資産の減損損失に関する情報】

  該当事項はありません。
  【報告セグメントごとののれんの償却額及び未償却残高に関する情報】

  該当事項はありません。
  【報告セグメントごとの負ののれん発生益に関する情報】

  該当事項はありません。
            56/79




                     EDINET提出書類
                    森尾電機株式会社(E01912)
                      有価証券報告書
  【関連当事者情報】
 1.関連当事者との取引
  (1) 連結財務諸表提出会社と関連当事者の取引
  該当事項はありません。
  (2) 連結財務諸表提出会社の連結子会社と関連当事者との取引

  該当事項はありません。
 2.親会社又は重要な関連会社に関する注記

  (1) 親会社情報
  該当事項はありません。
  (2) 重要な関連会社の要約財務情報

  該当事項はありません。
  (1株当たり情報)

          前連結会計年度       当連結会計年度

         (自  2018年4月1日      (自  2019年4月1日
         至  2019年3月31日   )   至  2020年3月31日   )
  1株当たり純資産額           2,950.58円       2,933.88円
  1株当たり当期純利益金額           105.16円       204.36円

  (注)1.  潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、潜在株式が存在しないため記載しておりません。
  2. 1株当たり当期純利益金額の算定上の基礎は、以下のとおりであります。
            前連結会計年度     当連結会計年度

            (自  2018年4月1日    (自  2019年4月1日
            至  2019年3月31日   ) 至  2020年3月31日   )
  1株当たり当期純利益金額
  親会社株主に帰属する当期純利益(千円)             144,643

                   281,072
  普通株主に帰属しない金額(千円)             ―

                    ―
  普通株式に係る親会社株主に帰属する
              144,643
                   281,072
  当期純利益(千円)
  普通株式の期中平均株式数(千株)             1,375
                    1,375
   3. 1株当たり純資産額の算定上の基礎は、以下のとおりであります。

            前連結会計年度     当連結会計年度

            (2019年3月31日   )  (2020年3月31日   )
              4,058,404
  純資産の部の合計額(千円)                 4,035,206
              4,058,404

  普通株式に係る期末の純資産額(千円)                 4,035,206
  1株当たり純資産額の算定に用いられた期末の普通株式
               1,375
                    1,375
  の数(千株)
  (重要な後発事象)

  該当事項はありません。
            57/79



                     EDINET提出書類
                    森尾電機株式会社(E01912)
                      有価証券報告書
  ⑤ 【連結附属明細表】
  【社債明細表】
   該当事項はありません。
  【借入金等明細表】

         当期首残高   当期末残高   平均利率

     区分              返済期限
         (千円)   (千円)   (%)
         1,500,000
  短期借入金          1,800,000    1.07   ―
          218,372

  1年以内に返済予定の長期借入金           214,228    0.82   ―
          84,244

  1年以内に返済予定のリース債務           89,258    1.22   ―
  長期借入金(1年以内に返済予定
          877,169
             761,275    1.19  2034年3月
  のものを除く。)
  リース債務(1年以内に返済予定
          282,274
             239,438    1.24  2029年2月
  のものを除く。)
           ―
  その他有利子負債            ―   ―  ―
         2,962,060

     合計        3,104,200     ―  ―
  (注) 1. 「平均利率」については、借入金等の期末残高に対する加重平均利率を記載しております。
   2. 長期借入金及びリース債務(1年以内に返済予定のものを除く)の連結決算日後5年内における1年ごとの返
   済予定額の総額
        1年超2年以内    2年超3年以内    3年超4年以内    4年超5年以内
     区分
         (千円)    (千円)    (千円)    (千円)
    長期借入金     166,968    100,668    75,233    58,362
    リース債務     86,022    84,745    32,936    16,886

  【資産除去債務明細表】

   該当事項はありません。
            58/79










                     EDINET提出書類
                    森尾電機株式会社(E01912)
                      有価証券報告書
  (2) 【その他】
  当連結会計年度における四半期情報等

    (累計期間)     第1四半期   第2四半期   第3四半期   当連結会計年度

  売上高(千円)        1,668,322   3,823,980   6,814,154   9,866,853

  税金等調整前四半期(当期)純利益金額
  又は税金等調整前四半期純損失金額        △20,400   △109,218    99,215   485,990
  (△)(千円)
  親会社株主に帰属する四半期(当期)
  純利益金額又は親会社株主に帰属する        △19,570   △96,037    38,058   281,072
  四半期純損失金額(△)(千円)
  1株当たり四半期(当期)純利益金額
  又は1株当たり四半期純損失金額(△)         △14.23   △69.82    27.67   204.36
  (円)
    (会計期間)     第1四半期   第2四半期   第3四半期   第4四半期

  1株当たり四半期純利益金額又は

          △14.23   △55.59    97.50   176.69
  1株当たり四半期純損失金額(△)(円)
            59/79














                     EDINET提出書類
                    森尾電機株式会社(E01912)
                      有価証券報告書
 2 【財務諸表等】
  (1) 【財務諸表】
  ①【貸借対照表】
                   (単位:千円)
            前事業年度     当事業年度
            (2019年3月31日)     (2020年3月31日)
  資産の部
  流動資産
   現金及び預金           1,527,432     1,014,109
              ※3 49,541
   受取手形                 53,648
             ※3 469,814
   電子記録債権                 610,899
             ※1 1,813,381    ※1 2,832,678
   売掛金
   商品及び製品            62,484     138,382
   仕掛品           1,416,652     1,359,723
   原材料及び貯蔵品            399,500     438,063
   前払費用            8,675     8,896
              18,528     10,597
   その他
   流動資産合計           5,766,011     6,467,000
  固定資産
   有形固定資産
             ※2 2,659,820    ※2 2,677,502
   建物
              △1,285,100     △1,337,682
    減価償却累計額
    建物(純額)          1,374,719     1,339,820
   構築物
              219,577     220,377
              △150,231     △159,296
    減価償却累計額
    構築物(純額)           69,346     61,081
   機械及び装置
              219,627     221,998
              △168,144     △175,371
    減価償却累計額
    機械及び装置(純額)           51,482     46,627
   車両運搬具
               7,665     8,880
              △5,167     △5,936
    減価償却累計額
    車両運搬具(純額)           2,498     2,943
   工具、器具及び備品
              184,397     205,436
              △149,400     △164,706
    減価償却累計額
    工具、器具及び備品(純額)           34,997     40,729
              ※2 63,720    ※2 63,720
   土地
   リース資産           198,553     199,553
              △81,482     △103,956
    減価償却累計額
    リース資産(純額)          117,071     95,597
   建設仮勘定           23,375      699
   有形固定資産合計           1,737,211     1,651,220
   無形固定資産
   ソフトウエア           125,715     139,183
   ソフトウエア仮勘定           20,113     35,427
   電話加入権           1,014     1,014
              209,979     182,825
   リース資産
   無形固定資産合計           356,822     358,452
            60/79




                     EDINET提出書類
                    森尾電機株式会社(E01912)
                      有価証券報告書
                   (単位:千円)
            前事業年度     当事業年度
            (2019年3月31日)     (2020年3月31日)
   投資その他の資産
   投資有価証券           1,488,354     1,074,018
   関係会社株式           328,721     435,766
   役員に対する保険積立金           38,341     38,341
   長期前払費用           2,841     1,964
              24,902     22,352
   その他
   投資その他の資産合計           1,883,161     1,572,442
   固定資産合計           3,977,195     3,582,115
  資産合計            9,743,207     10,049,116
  負債の部
  流動負債
             ※3 695,018
   支払手形                 624,255
             ※3 703,379
   電子記録債務                 690,958
   買掛金            535,225     618,843
             ※2 1,500,000    ※2 1,800,000
   短期借入金
             ※2 218,372    ※2 214,228
   1年内返済予定の長期借入金
   リース債務            84,244     89,258
   未払金            151,180     87,989
   未払法人税等            36,532     225,909
   未払消費税等            32,516     110,597
   預り金            20,609     20,725
   賞与引当金            144,000     149,000
   役員賞与引当金            10,000     30,000
   前受収益            4,715     4,715
               863     889
   その他
   流動負債合計           4,136,659     4,667,370
  固定負債
             ※2 877,169    ※2 761,275
   長期借入金
   リース債務            282,274     239,438
   長期預り敷金保証金            19,357     19,357
   繰延税金負債            260,261     130,321
   長期未払金            35,908     39,656
              10,244     5,528
   長期前受収益
   固定負債合計           1,485,216     1,195,578
  負債合計            5,621,875     5,862,948
            61/79








                     EDINET提出書類
                    森尾電機株式会社(E01912)
                      有価証券報告書
                   (単位:千円)
            前事業年度     当事業年度
            (2019年3月31日)     (2020年3月31日)
  純資産の部
  株主資本
   資本金           1,048,500     1,048,500
   資本剰余金
              897,272     897,272
   資本準備金
   資本剰余金合計           897,272     897,272
   利益剰余金
   利益準備金           192,500     192,500
   その他利益剰余金
    別途積立金          500,000     500,000
              831,046     1,155,477
    繰越利益剰余金
   利益剰余金合計           1,523,546     1,847,977
   自己株式           △70,495     △70,620
   株主資本合計           3,398,823     3,723,129
  評価・換算差額等
              722,508     463,038
   その他有価証券評価差額金
   評価・換算差額等合計            722,508     463,038
  純資産合計            4,121,331     4,186,167
  負債純資産合計            9,743,207     10,049,116
            62/79













                     EDINET提出書類
                    森尾電機株式会社(E01912)
                      有価証券報告書
  ②【損益計算書】
                   (単位:千円)
            前事業年度     当事業年度
            (自 2018年4月1日     (自 2019年4月1日
            至 2019年3月31日)      至 2020年3月31日)
  売上高
  製品売上高            8,755,458     9,677,353
              147,725     149,421
  不動産賃貸収入
  売上高合計            8,903,183     9,826,774
  売上原価
  製品売上原価
   製品期首たな卸高            19,442     62,484
              7,684,248     8,156,010
   当期製品製造原価
   合計           7,703,691     8,218,494
   製品期末たな卸高
              63,058     140,588
   棚卸資産評価損            573     2,206
   製品売上原価           7,641,207     8,080,112
              72,647     74,973
  不動産賃貸原価
  売上原価合計            7,713,854     8,155,086
  売上総利益            1,189,328     1,671,687
  販売費及び一般管理費
  販売手数料            39,506     40,328
  荷造運搬費            163,199     135,408
  広告宣伝費            2,815     2,223
  役員報酬            96,630     101,820
  給料及び手当            302,168     312,531
  賞与            43,621     44,897
  賞与引当金繰入額            46,141     51,508
  役員賞与引当金繰入額            10,000     30,000
  退職給付費用            9,169     13,996
  法定福利費            63,187     64,174
  福利厚生費            4,230     2,499
  租税公課            28,818     36,189
  通信費            3,226     2,925
  交際費            18,760     19,426
  旅費及び交通費            22,250     20,680
  諸会費            3,792     4,316
  事務用消耗品費            4,240     1,970
  修繕費             3     30
  賃借料            9,779     9,930
  減価償却費            34,313     36,667
  保険料            3,009     2,754
  保守管理費            18,754     18,813
  決算費            30,071     31,426
  研究開発費            18,496     10,379
              72,027     64,741
  雑費
  販売費及び一般管理費合計            1,048,215     1,059,641
  営業利益             141,113     612,046
            63/79





                     EDINET提出書類
                    森尾電機株式会社(E01912)
                      有価証券報告書
                   (単位:千円)
            前事業年度     当事業年度
            (自 2018年4月1日     (自 2019年4月1日
            至 2019年3月31日)      至 2020年3月31日)
  営業外収益
  受取利息             24     24
  受取配当金            16,120     17,406
  為替差益            2,044      -
  受取補償金            1,844     6,244
               9,329     11,138
  雑収入
  営業外収益合計            29,363     34,813
  営業外費用
  支払利息            27,355     25,813
  為替差損             -    4,157
               2,304      601
  雑損失
  営業外費用合計            29,659     30,572
  経常利益             140,817     616,287
  特別利益
              ※1 888     ※1 80
  固定資産売却益
  特別利益合計             888     80
  特別損失
              ※2 8,136    ※2 10,374
  固定資産除却損
  投資有価証券評価損             -    32,955
               -    2,550
  ゴルフ会員権評価損
  特別損失合計            8,136     45,879
  税引前当期純利益             133,568     570,487
  法人税、住民税及び事業税
              49,001     212,447
              △4,869     △7,654
  法人税等調整額
  法人税等合計             44,132     204,792
  当期純利益             89,436     365,694
            64/79











                     EDINET提出書類
                    森尾電機株式会社(E01912)
                      有価証券報告書
  ③【株主資本等変動計算書】
  前事業年度(自   2018年4月1日 至    2019年3月31日)
                  (単位:千円)
            株主資本
         資本剰余金       利益剰余金
      資本金         その他利益剰余金
        資本準備金  資本剰余金合計   利益準備金      利益剰余金合計
              別途積立金  繰越利益剰余金
  当期首残高    1,048,500   897,272  897,272  192,500  500,000  796,628  1,489,128
  当期変動額
  剰余金の配当               △55,018  △55,018
  当期純利益                89,436  89,436
  自己株式の取得
  株主資本以外の項目
  の当期変動額(純
  額)
  当期変動額合計     -  -  -  -  - 34,417  34,417
  当期末残高    1,048,500   897,272  897,272  192,500  500,000  831,046  1,523,546
       株主資本    評価・換算差額等

              純資産合計

          その他有価証券  評価・換算差額
      自己株式  株主資本合計
          評価差額金   等合計
  当期首残高    △70,467  3,364,433   564,116  564,116  3,928,549

  当期変動額
  剰余金の配当      △55,018      △55,018
  当期純利益       89,436       89,436
  自己株式の取得     △28  △28      △28
  株主資本以外の項目
  の当期変動額(純         158,392  158,392  158,392
  額)
  当期変動額合計     △28  34,389  158,392  158,392  192,782
  当期末残高    △70,495  3,398,823   722,508  722,508  4,121,331
            65/79









                     EDINET提出書類
                    森尾電機株式会社(E01912)
                      有価証券報告書
  当事業年度(自   2019年4月1日 至    2020年3月31日)
                  (単位:千円)
            株主資本
         資本剰余金       利益剰余金
      資本金         その他利益剰余金
        資本準備金  資本剰余金合計   利益準備金      利益剰余金合計
              別途積立金  繰越利益剰余金
  当期首残高    1,048,500   897,272  897,272  192,500  500,000  831,046  1,523,546
  当期変動額
  剰余金の配当               △41,263  △41,263
  当期純利益               365,694  365,694
  自己株式の取得
  株主資本以外の項目
  の当期変動額(純
  額)
  当期変動額合計     -  -  -  -  - 324,431  324,431
  当期末残高    1,048,500   897,272  897,272  192,500  500,000  1,155,477  1,847,977
       株主資本    評価・換算差額等

              純資産合計

          その他有価証券  評価・換算差額
      自己株式  株主資本合計
          評価差額金   等合計
  当期首残高    △70,495  3,398,823   722,508  722,508  4,121,331

  当期変動額
  剰余金の配当      △41,263      △41,263
  当期純利益      365,694       365,694
  自己株式の取得     △125  △125      △125
  株主資本以外の項目
  の当期変動額(純        △259,469  △259,469  △259,469
  額)
  当期変動額合計     △125  324,305  △259,469  △259,469  64,835
  当期末残高    △70,620  3,723,129   463,038  463,038  4,186,167
            66/79










                     EDINET提出書類
                    森尾電機株式会社(E01912)
                      有価証券報告書
  【注記事項】
  (継続企業の前提に関する事項)
   該当事項はありません。
  (重要な会計方針)

 1. 資産の評価基準及び評価方法
  (1) 有価証券の評価基準及び評価方法
  ① 子会社株式及び関連会社株式
   総平均法による原価法
  ② その他有価証券
   時価のあるもの
    決算期末日の市場価格等に基づく時価法(評価差額は、全部純資産直入法により処理し、売却原価は、総
   平均法により算定しております。)
  (2) たな卸資産の評価基準及び評価方法
  通常の販売目的で保有するたな卸資産
   評価基準は原価法(収益性の低下による簿価切下げの方法)によっております。
   ① 商品及び製品・仕掛品
   個別法
   ② 原材料及び貯蔵品
   総平均法
 2. 固定資産の減価償却の方法
  (1) 有形固定資産(リース資産を除く)
   定額法によっております。
  (2) 無形固定資産(リース資産を除く)
   定額法によっております。
   ただし、ソフトウェア(自社利用分)については、社内における利用可能期間(5年)に基づく定額法によって
   おります。
  (3) リース資産
   所有権移転ファイナンス・リース取引に係るリース資産
   定額法によっております。
   所有権移転外ファイナンス・リース取引に係るリース資産
   リース期間を耐用年数とし、残存価額をゼロとする定額法によっております。
 3. 引当金の計上基準
  (1) 貸倒引当金
   売上債権等の貸倒損失に備えるため、一般債権については貸倒実績率により、貸倒懸念債権等特定の債権に
   ついては個別に回収可能性を勘案し、回収不能見込額を計上しております。
  (2) 賞与引当金
   従業員の賞与の支給に充てるため、支給見込額に基づき計上しております。
  (3) 役員賞与引当金
   役員の賞与の支給に充てるため、支給見込額に基づき計上しております。
 4. その他財務諸表作成のための基本となる重要な事項
  消費税及び地方消費税の会計処理は、税抜方式によっております。
            67/79





                     EDINET提出書類
                    森尾電機株式会社(E01912)
                      有価証券報告書
  (貸借対照表関係)
 ※1 関係会社に対する資産及び負債
  区分掲記されたもの以外で各科目に含まれているものは、次のとおりであります。
           前事業年度      当事業年度
          (2019年3月31日   )   (2020年3月31日   )
   売掛金         68,031千円      9,635千円
 ※2  担保資産

  (1) 担保に供している資産
           前事業年度      当事業年度
          (2019年3月31日   )   (2020年3月31日   )
   本社等   建物
           631,257千円      610,612千円
   本社等   土地
            1,989千円      1,989千円
     計      633,246千円      612,601千円
   竜ヶ崎事業所    建物

           337,727千円      317,780千円
   竜ヶ崎事業所    土地
            5,340千円      5,340千円
     計      343,068千円      323,121千円
  (2) 担保資産に対応する債務

           前事業年度      当事業年度
          (2019年3月31日   )   (2020年3月31日   )
   短期借入金
           1,539,956千円      1,589,948千円
   (1年内返済予定の長期借入金を
   含む)
   長期借入金        673,484千円      631,870千円
     計     2,213,440千円      2,221,218千円
 ※3 期末日満期手形の会計処理については、手形交換日をもって決済処理しております。

   なお、期末日が金融機関の休日であったため、次の期末日満期日手形が、期末残高に含まれております。
           前事業年度      当事業年度
          (2019年3月31日   )   (2020年3月31日   )
   受取手形         8,880千円       ―千円
   電子記録債権        54,889千円       ―千円
   支払手形        153,052千円       ―千円
   電子記録債務        82,736千円       ―千円
            68/79








                     EDINET提出書類
                    森尾電機株式会社(E01912)
                      有価証券報告書
  (損益計算書関係)
 ※1  固定資産売却益の内容は、次のとおりであります。
           前事業年度      当事業年度
          (自  2018年4月1日     (自  2019年4月1日
          至  2019年3月31日   )   至  2020年3月31日   )
   機械及び装置         888千円      ―千円
   車両運搬具         ―千円      80千円
     計       888千円      80千円
 ※2  固定資産除却損の内容は、次のとおりであります。

           前事業年度      当事業年度
          (自  2018年4月1日     (自  2019年4月1日
          至  2019年3月31日   )   至  2020年3月31日   )
   建物         3,052千円      10,334千円
   機械及び装置         ―千円      19千円
   車両運搬具         ―千円      20千円
   工具、器具及び備品         5,084千円       0千円
     計      8,136千円      10,374千円
  (有価証券関係)

  子会社株式は、市場価格がなく時価を把握することが極めて困難と認められるため、子会社株式の時価を記載し
  ておりません。
  なお、時価を把握することが極めて困難と認められる子会社株式の貸借対照表計上額は次のとおりです。
                (単位:千円)
          前事業年度     当事業年度
     区分
         (2019年3月31日   )  (2020年3月31日   )
            328,721
   子会社株式              435,766
            328,721
     計            435,766
            69/79











                     EDINET提出書類
                    森尾電機株式会社(E01912)
                      有価証券報告書
  (税効果会計関係)
 1. 繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別の内訳
           前事業年度      当事業年度
          (2019年3月31日   )   (2020年3月31日   )
   (繰延税金資産)
   賞与引当金        44,092千円      45,623千円
   長期未払金        10,995千円      12,142千円
   投資有価証券        20,870千円      30,961千円
   未払事業税        4,125千円      13,332千円
   棚卸資産評価損        1,454千円      2,135千円
           10,993千円      8,009千円
   その他
    繰延税金資産小計
           92,532千円      112,205千円
           △33,798千円      △45,818千円
   評価性引当額
    繰延税金資産合計        58,733千円      66,387千円
   (繰延税金負債)
           △318,994千円      △196,709千円
   その他の有価証券評価差額金
   繰延税金負債の純額        △260,261千円      △130,321千円
 2. 法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との差異の原因となった主な項目別の内訳

           前事業年度      当事業年度
          (2019年3月31日   )   (2020年3月31日   )
   法定実効税率         30.6%      30.6%
   (調整)
   交際費等永久に損金に
            5.9%      2.5%
   算入されない項目
   受取配当金等永久に益金に
            △0.7%      △0.2%
   算入されない項目
   住民税均等割等         4.3%      1.0%
   評価性引当額         △2.3%      2.1%
            △4.7%      △0.2%
   その他
   税効果会計適用後の法人税等の
            33.0%      35.9%
   負担率
  (重要な後発事象)

   該当事項はありません。
            70/79









                     EDINET提出書類
                    森尾電機株式会社(E01912)
                      有価証券報告書
  ④ 【附属明細表】
   【有形固定資産等明細表】
                   (単位:千円)
               当期末減価
               償却累計額    差引当期末
   資産の種類   当期首残高  当期増加額  当期減少額  当期末残高    当期償却額
               又は償却累     残高
               計額
  有形固定資産
      2,659,820

  建物       55,866  38,184  2,677,502  1,337,682   84,018  1,339,820
       219,577

  構築物        800  ― 220,377  159,296   9,064  61,081
       219,627

  機械及び装置       2,652   281 221,998  175,371   7,507  46,627
       7,665

  車両運搬具       1,465   250  8,880  5,936   998  2,943
       184,397

  工具、器具及び備品       32,374  11,335  205,436  164,706  26,642  40,729
       63,720

  土地        ―  ― 63,720   ―  ― 63,720
       198,553

  リース資産       6,500  5,500  199,553  103,956  27,974  95,597
       23,375

  建設仮勘定       16,806  39,482   699  ―  ―  699
      3,576,738

  有形固定資産計      116,465  95,033  3,598,170  1,946,949   156,205  1,651,220
  無形固定資産

       407,453

  ソフトウエア       141,438  46,063  502,828  363,644  81,906  139,183
       20,113

  ソフトウエア仮勘定       68,627  53,312  35,427   ―  ― 35,427
       1,014

  電話加入権        ―  ―  1,014   ―  ―  1,014
       327,700

  リース資産       46,063   ― 373,764  190,938  73,217  182,825
       756,282

  無形固定資産計      256,128  99,375  913,035  554,583  155,123  358,452
       2,841

  長期前払費用        533  1,410  1,964   ―  ―  1,964
  (注)当期増加額・減少額のうち主なものは次のとおりであります。
   有形固定資産   建物    増加額 竜ヶ崎事業所工場棟の照明設備        36,000千円
   有形固定資産   建物    減少額 竜ヶ崎事業所工場棟の照明設備除却        13,469千円
   有形固定資産   工具、器具及び備品    増加額 空調設備及び型代        26,108千円
   無形固定資産   ソフトウエア    増加額 ソフトウエア取得        88,000千円
   無形固定資産   リース資産    増加額 新システムのセールアンドリースバック        46,063千円
   【引当金明細表】

                   (単位:千円)
             当期減少額   当期減少額
   科目   当期首残高   当期増加額         当期末残高
             (目的使用)   (その他)
       144,000

  賞与引当金         149,000   144,000    ―  149,000
        10,000

  役員賞与引当金         30,000   10,000    ―  30,000
  (2) 【主な資産及び負債の内容】

  連結財務諸表を作成しているため、記載を省略しております。
  (3) 【その他】

   該当事項はありません。
            71/79


                     EDINET提出書類
                    森尾電機株式会社(E01912)
                      有価証券報告書
 第6 【提出会社の株式事務の概要】
  事業年度     4月1日から3月31日まで

  定時株主総会     6月中

  基準日     3月31日

  剰余金の配当の基準日     3月31日

  1単元の株式数     100株

  単元未満株式の買取り

      (特別口座)
      東京都千代田区丸の内一丁目4番1号
  取扱場所
       三井住友信託銀行株式会社      証券代行部
      (特別口座)
      東京都千代田区丸の内一丁目4番1号   
  株主名簿管理人
       三井住友信託銀行株式会社
  取次所    ―
  買取手数料    株式の売買の委託に係る手数料相当額として別途定める金額

      公告のホームページアドレスは「http://www.morio.co.jp/」であります。
  公告掲載方法     なお、やむをえない事由により電子公告をすることができない場合は、日本経済新聞
      に掲載いたします。
  株主に対する特典     なし
  (注) 当社は、定款で以下のとおり単元未満株主の権利を制限しております。
  当会社の単元未満株主は、次に掲げる権利以外の権利を行使することができない。
   1.法令により定款をもってしても制限することができない権利
   2.株主割当による募集株式及び募集新株予約権の割当てを受ける権利
   3.単元未満株式の買増請求をする権利
            72/79











                     EDINET提出書類
                    森尾電機株式会社(E01912)
                      有価証券報告書
 第7 【提出会社の参考情報】
 1 【提出会社の親会社等の情報】

  当社には、金融商品取引法第24条の7第1項に規定する親会社等はありません。
 2 【その他の参考情報】

  当事業年度の開始日から有価証券報告書提出日までの間に、次の書類を提出しております。
  (1) 有価証券報告書及びその添付書類並びに確認書

  事業年度   第87期 (自  2018年4月1日   至  2019年3月31日   )  2019年6月27日関東財務局長に提出。
  (2) 内部統制報告書及びその添付書類

  2019年6月27日関東財務局長に提出。
  (3) 四半期報告書及び確認書

  第88期 第1四半期(自    2019年4月1日   至  2019年6月30日   )  2019年8月9日関東財務局長に提出。
  第88期 第2四半期(自    2019年7月1日   至  2019年9月30日   )  2019年11月12日関東財務局長に提出。
  第88期 第3四半期(自    2019年10月1日   至  2019年12月31日   )  2020年2月12日関東財務局長に提出。
  (4) 臨時報告書

  企業内容等の開示に関する内閣府令第19条第2項第9号の2(株主総会における議決権行使の結果)の規定に基づ
  く臨時報告書
  2019年7月2日関東財務局長に提出。
  (5) 四半期報告書の訂正報告書及び確認書

  第88期 第1四半期(自    2019年4月1日   至  2019年6月30日   )  2019年10月16日関東財務局長に提出。
            73/79











                     EDINET提出書類
                    森尾電機株式会社(E01912)
                      有価証券報告書
 第二部  【提出会社の保証会社等の情報】
  該当事項はありません。

            74/79



















                     EDINET提出書類
                    森尾電機株式会社(E01912)
                      有価証券報告書
      独立監査人の監査報告書及び内部統制監査報告書
                   2020年6月26日

 森尾電機株式会社
  取締役会   御中
          東陽監査法人
          東京事務所
          指定社員

                北       島        緑
             公認会計士        ㊞
          業務執行社員
          指定社員

                清  水  谷        修
             公認会計士        ㊞
          業務執行社員
 <財務諸表監査>

 監査意見
  当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づく監査証明を行うため、「経理の状況」に掲げられて
 いる森尾電機株式会社の2019年4月1日から2020年3月31日までの連結会計年度の連結財務諸表、すなわち、連結貸借
 対照表、連結損益計算書、連結包括利益計算書、連結株主資本等変動計算書、連結キャッシュ・フロー計算書、連結財
 務諸表作成のための基本となる重要な事項、その他の注記及び連結附属明細表について監査を行った。
  当監査法人は、上記の連結財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して、森
 尾電機株式会社及び連結子会社の2020年3月31日現在の財政状態並びに同日をもって終了する連結会計年度の経営成績
 及びキャッシュ・フローの状況を、全ての重要な点において適正に表示しているものと認める。
 監査意見の根拠

  当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に準拠して監査を行った。監査の基準におけ
 る当監査法人の責任は、「連結財務諸表監査における監査人の責任」に記載されている。当監査法人は、我が国におけ
 る職業倫理に関する規定に従って、会社及び連結子会社から独立しており、また、監査人としてのその他の倫理上の責
 任を果たしている。当監査法人は、意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手したと判断している。
 連結財務諸表に対する経営者並びに監査役及び監査役会の責任

  経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して連結財務諸表を作成し適正
 に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない連結財務諸表を作成し適正に表示するた
 めに経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
  連結財務諸表を作成するに当たり、経営者は、継続企業の前提に基づき連結財務諸表を作成することが適切であるか
 どうかを評価し、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に基づいて継続企業に関する事項を開示
 する必要がある場合には当該事項を開示する責任がある。
  監査役及び監査役会の責任は、財務報告プロセスの整備及び運用における取締役の職務の執行を監視することにあ
 る。
 連結財務諸表監査における監査人の責任

  監査人の責任は、監査人が実施した監査に基づいて、全体としての連結財務諸表に不正又は誤謬による重要な虚偽表
 示がないかどうかについて合理的な保証を得て、監査報告書において独立の立場から連結財務諸表に対する意見を表明
 することにある。虚偽表示は、不正又は誤謬により発生する可能性があり、個別に又は集計すると、連結財務諸表の利
 用者の意思決定に影響を与えると合理的に見込まれる場合に、重要性があると判断される。
  監査人は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に従って、監査の過程を通じて、職業的専門家と
 しての判断を行い、職業的懐疑心を保持して以下を実施する。
            75/79



                     EDINET提出書類
                    森尾電機株式会社(E01912)
                      有価証券報告書
 ・ 不正又は誤謬による重要な虚偽表示リスクを識別し、評価する。また、重要な虚偽表示リスクに対応した監査手続を
  立案し、実施する。監査手続の選択及び適用は監査人の判断による。さらに、意見表明の基礎となる十分かつ適切な
  監査証拠を入手する。
 ・ 連結財務諸表監査の目的は、内部統制の有効性について意見表明するためのものではないが、監査人は、リスク評価
  の実施に際して、状況に応じた適切な監査手続を立案するために、監査に関連する内部統制を検討する。
 ・ 経営者が採用した会計方針及びその適用方法の適切性、並びに経営者によって行われた会計上の見積りの合理性及び
  関連する注記事項の妥当性を評価する。
 ・ 経営者が継続企業を前提として連結財務諸表を作成することが適切であるかどうか、また、入手した監査証拠に基づ
  き、継続企業の前提に重要な疑義を生じさせるような事象又は状況に関して重要な不確実性が認められるかどうか結
  論付ける。継続企業の前提に関する重要な不確実性が認められる場合は、監査報告書において連結財務諸表の注記事
  項に注意を喚起すること、又は重要な不確実性に関する連結財務諸表の注記事項が適切でない場合は、連結財務諸表
  に対して除外事項付意見を表明することが求められている。監査人の結論は、監査報告書日までに入手した監査証拠
  に基づいているが、将来の事象や状況により、企業は継続企業として存続できなくなる可能性がある。
 ・ 連結財務諸表の表示及び注記事項が、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠しているか
  どうかとともに、関連する注記事項を含めた連結財務諸表の表示、構成及び内容、並びに連結財務諸表が基礎となる
  取引や会計事象を適正に表示しているかどうかを評価する。
 ・ 連結財務諸表に対する意見を表明するために、会社及び連結子会社の財務情報に関する十分かつ適切な監査証拠を入
  手する。監査人は、連結財務諸表の監査に関する指示、監督及び実施に関して責任がある。監査人は、単独で監査意
  見に対して責任を負う。
  監査人は、監査役及び監査役会に対して、計画した監査の範囲とその実施時期、監査の実施過程で識別した内部統制
 の重要な不備を含む監査上の重要な発見事項、及び監査の基準で求められているその他の事項について報告を行う。
  監査人は、監査役及び監査役会に対して、独立性についての我が国における職業倫理に関する規定を遵守したこと、
 並びに監査人の独立性に影響を与えると合理的に考えられる事項、及び阻害要因を除去又は軽減するためにセーフガー
 ドを講じている場合はその内容について報告を行う。
            76/79












                     EDINET提出書類
                    森尾電機株式会社(E01912)
                      有価証券報告書
 <内部統制監査>
 監査意見
  当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第2項の規定に基づく監査証明を行うため、森尾電機株式会社の2020年3
 月31日現在の内部統制報告書について監査を行った。
  当監査法人は、森尾電機株式会社が2020年3月31日現在の財務報告に係る内部統制は有効であると表示した上記の内
 部統制報告書が、我が国において一般に公正妥当と認められる財務報告に係る内部統制の評価の基準に準拠して、財務
 報告に係る内部統制の評価結果について、全ての重要な点において適正に表示しているものと認める。
 監査意見の根拠

  当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる財務報告に係る内部統制の監査の基準に準拠して内部統
 制監査を行った。財務報告に係る内部統制の監査の基準における当監査法人の責任は、「内部統制監査における監査人
 の責任」に記載されている。当監査法人は、我が国における職業倫理に関する規定に従って、会社及び連結子会社から
 独立しており、また、監査人としてのその他の倫理上の責任を果たしている。当監査法人は、意見表明の基礎となる十
 分かつ適切な監査証拠を入手したと判断している。
 内部統制報告書に対する経営者並びに監査役及び監査役会の責任

  経営者の責任は、財務報告に係る内部統制を整備及び運用し、我が国において一般に公正妥当と認められる財務報告
 に係る内部統制の評価の基準に準拠して内部統制報告書を作成し適正に表示することにある。
  監査役及び監査役会の責任は、財務報告に係る内部統制の整備及び運用状況を監視、検証することにある。
  なお、財務報告に係る内部統制により財務報告の虚偽の記載を完全には防止又は発見することができない可能性があ
 る。
 内部統制監査における監査人の責任

  監査人の責任は、監査人が実施した内部統制監査に基づいて、内部統制報告書に重要な虚偽表示がないかどうかにつ
 いて合理的な保証を得て、内部統制監査報告書において独立の立場から内部統制報告書に対する意見を表明することに
 ある。
  監査人は、我が国において一般に公正妥当と認められる財務報告に係る内部統制の監査の基準に従って、監査の過程
 を通じて、職業的専門家としての判断を行い、職業的懐疑心を保持して以下を実施する。
 ・ 内部統制報告書における財務報告に係る内部統制の評価結果について監査証拠を入手するための監査手続を実施す
  る。内部統制監査の監査手続は、監査人の判断により、財務報告の信頼性に及ぼす影響の重要性に基づいて選択及び
  適用される。
 ・ 財務報告に係る内部統制の評価範囲、評価手続及び評価結果について経営者が行った記載を含め、全体としての内部
  統制報告書の表示を検討する。
 ・ 内部統制報告書における財務報告に係る内部統制の評価結果に関する十分かつ適切な監査証拠を入手する。監査人
  は、内部統制報告書の監査に関する指示、監督及び実施に関して責任がある。監査人は、単独で監査意見に対して責
  任を負う。
  監査人は、監査役及び監査役会に対して、計画した内部統制監査の範囲とその実施時期、内部統制監査の実施結果、
 識別した内部統制の開示すべき重要な不備、その是正結果、及び内部統制の監査の基準で求められているその他の事項
 について報告を行う。
  監査人は、監査役及び監査役会に対して、独立性についての我が国における職業倫理に関する規定を遵守したこと、
 並びに監査人の独立性に影響を与えると合理的に考えられる事項、及び阻害要因を除去又は軽減するためにセーフガー
 ドを講じている場合はその内容について報告を行う。
 利害関係

  会社及び連結子会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はな
 い。
                    以  上

  (注)1.上記は監査報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(有価証券報告書提出会

   社)が別途保管しております。
  2.XBRLデータは監査の対象には含まれていません。
            77/79



                     EDINET提出書類
                    森尾電機株式会社(E01912)
                      有価証券報告書
         独立監査人の監査報告書
                   2020年6月26日

 森尾電機株式会社
  取締役会   御中
          東陽監査法人
          東京事務所
          指定社員

                北       島        緑
             公認会計士        ㊞
          業務執行社員
          指定社員

                清  水  谷        修
             公認会計士        ㊞
          業務執行社員
 監査意見

  当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づく監査証明を行うため、「経理の状況」に掲げられて
 いる森尾電機株式会社の2019年4月1日から2020年3月31日までの第88期事業年度の財務諸表、すなわち、貸借対照
 表、損益計算書、株主資本等変動計算書、重要な会計方針、その他の注記及び附属明細表について監査を行った。
  当監査法人は、上記の財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して、森尾電
 機株式会社の2020年3月31日現在の財政状態及び同日をもって終了する事業年度の経営成績を、全ての重要な点におい
 て適正に表示しているものと認める。
 監査意見の根拠

  当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に準拠して監査を行った。監査の基準におけ
 る当監査法人の責任は、「財務諸表監査における監査人の責任」に記載されている。当監査法人は、我が国における職
 業倫理に関する規定に従って、会社から独立しており、また、監査人としてのその他の倫理上の責任を果たしている。
 当監査法人は、意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手したと判断している。
 財務諸表に対する経営者並びに監査役及び監査役会の責任

  経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して財務諸表を作成し適正に表
 示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない財務諸表を作成し適正に表示するために経営
 者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
  財務諸表を作成するに当たり、経営者は、継続企業の前提に基づき財務諸表を作成することが適切であるかどうかを
 評価し、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に基づいて継続企業に関する事項を開示する必要
 がある場合には当該事項を開示する責任がある。
  監査役及び監査役会の責任は、財務報告プロセスの整備及び運用における取締役の職務の執行を監視することにあ
 る。
 財務諸表監査における監査人の責任

  監査人の責任は、監査人が実施した監査に基づいて、全体としての財務諸表に不正又は誤謬による重要な虚偽表示が
 ないかどうかについて合理的な保証を得て、監査報告書において独立の立場から財務諸表に対する意見を表明すること
 にある。虚偽表示は、不正又は誤謬により発生する可能性があり、個別に又は集計すると、財務諸表の利用者の意思決
 定に影響を与えると合理的に見込まれる場合に、重要性があると判断される。
  監査人は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に従って、監査の過程を通じて、職業的専門家と
 しての判断を行い、職業的懐疑心を保持して以下を実施する。
 ・  不正又は誤謬による重要な虚偽表示リスクを識別し、評価する。また、重要な虚偽表示リスクに対応した監査手続
  を立案し、実施する。監査手続の選択及び適用は監査人の判断による。さらに、意見表明の基礎となる十分かつ適切
  な監査証拠を入手する。
            78/79



                     EDINET提出書類
                    森尾電機株式会社(E01912)
                      有価証券報告書
 ・  財務諸表監査の目的は、内部統制の有効性について意見表明するためのものではないが、監査人は、リスク評価の
  実施に際して、状況に応じた適切な監査手続を立案するために、監査に関連する内部統制を検討する。
 ・  経営者が採用した会計方針及びその適用方法の適切性、並びに経営者によって行われた会計上の見積りの合理性及
  び関連する注記事項の妥当性を評価する。
 ・  経営者が継続企業を前提として財務諸表を作成することが適切であるかどうか、また、入手した監査証拠に基づ
  き、継続企業の前提に重要な疑義を生じさせるような事象又は状況に関して重要な不確実性が認められるかどうか結
  論付ける。継続企業の前提に関する重要な不確実性が認められる場合は、監査報告書において財務諸表の注記事項に
  注意を喚起すること、又は重要な不確実性に関する財務諸表の注記事項が適切でない場合は、財務諸表に対して除外
  事項付意見を表明することが求められている。監査人の結論は、監査報告書日までに入手した監査証拠に基づいてい
  るが、将来の事象や状況により、企業は継続企業として存続できなくなる可能性がある。
 ・  財務諸表の表示及び注記事項が、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠しているかど
  うかとともに、関連する注記事項を含めた財務諸表の表示、構成及び内容、並びに財務諸表が基礎となる取引や会計
  事象を適正に表示しているかどうかを評価する。
  監査人は、監査役及び監査役会に対して、計画した監査の範囲とその実施時期、監査の実施過程で識別した内部統制
 の重要な不備を含む監査上の重要な発見事項、及び監査の基準で求められているその他の事項について報告を行う。
  監査人は、監査役及び監査役会に対して、独立性についての我が国における職業倫理に関する規定を遵守したこと、
 並びに監査人の独立性に影響を与えると合理的に考えられる事項、及び阻害要因を除去又は軽減するためにセーフガー
 ドを講じている場合はその内容について報告を行う。
 利害関係

  会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                    以  上

  (注)1.上記は監査報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(有価証券報告書提出会

   社)が別途保管しております。
  2.XBRLデータは監査の対象には含まれていません。
            79/79











PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

書類提出日で検索

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2020年12月21日

新規上場の通知機能を追加しました。Myページにて通知の設定が行えます。

2020年9月22日

企業・投資家の個別ページに掲載情報を追加しました。また、併せて細かい改修を行いました。

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。

スポンサーリンク