JSR株式会社 有価証券報告書 第75期(平成31年4月1日-令和2年3月31日)

提出書類 有価証券報告書-第75期(平成31年4月1日-令和2年3月31日)
提出日
提出者 JSR株式会社
カテゴリ 有価証券報告書

                                                           EDINET提出書類
                                                        JSR株式会社(E01003)
                                                            有価証券報告書
     【表紙】
      【提出書類】                    有価証券報告書

      【根拠条文】                    金融商品取引法第24条第1項
      【提出先】                    関東財務局長
      【提出日】                    2020年6月24日
      【事業年度】                    第75期(自 2019年4月1日 至 2020年3月31日)
      【会社名】                    JSR株式会社
      【英訳名】                    JSR  Corporation
      【代表者の役職氏名】                    代表取締役社長兼COO  川 橋 信 夫
      【本店の所在の場所】                    東京都港区東新橋一丁目9番2号
      【電話番号】                    03(6218)3500(代表)
      【事務連絡者氏名】                    経理部長  江 本 賢 一
      【最寄りの連絡場所】                    東京都港区東新橋一丁目9番2号
      【電話番号】                    03(6218)3500(代表)
      【事務連絡者氏名】                    経理部長  江 本 賢 一
      【縦覧に供する場所】                    株式会社東京証券取引所
                         (東京都中央区日本橋兜町2番1号)
                                   1/175













                                                           EDINET提出書類
                                                        JSR株式会社(E01003)
                                                            有価証券報告書
     第一部【企業情報】
     第1【企業の概況】
      1【主要な経営指標等の推移】
       (1)連結経営指標等
                                        国際会計基準
              回次
                            移行日       第72期       第73期       第74期       第75期
                            2016年

                                  2017年3月       2018年3月       2019年3月       2020年3月
             決算年月
                           4月1日
                                -    388,455       421,930       495,354       471,967
     売上収益                 百万円
                                -    38,294       46,206       46,408       32,629
     税引前当期利益                   〃
                                -    30,243       33,230       31,116       22,604
     親会社の所有者に帰属する当期利益                   〃
     親会社の所有者に帰属する当期包括
                                -    32,946       43,275       25,611       17,486
                        〃
     利益
                             352,189       361,889       393,499       401,998       396,793
     親会社の所有者に帰属する持分                   〃
                             525,933       578,484       647,699       691,435       677,713
     総資産額                   〃
                            1,561.21       1,626.36       1,767.81       1,823.69       1,848.01
     1株当たり親会社所有者帰属持分                   円
                                -    135.17       149.32       140.62       104.38
     基本的1株当たり当期利益                   〃
                                -    134.77       148.89       140.27       104.19
     希薄化後1株当たり当期利益                   〃
                        %      67.0       62.6       60.8       58.1       58.5
     親会社所有者帰属持分比率
                                -      8.5       8.8       7.8       5.7
     親会社所有者帰属持分当期利益率                   〃
                                -     13.9       16.0       12.2       19.1
     株価収益率                   倍
                                -    44,494       43,596       30,940       54,228
     営業活動によるキャッシュ・フロー                 百万円
                                -   △ 41,223      △ 20,423      △ 66,266      △ 35,592
     投資活動によるキャッシュ・フロー                   〃
                                -    △ 3,535       3,860     △ 18,966      △ 25,264
     財務活動によるキャッシュ・フロー                   〃
                             97,283       97,416      124,956       70,785       61,931
     現金及び現金同等物の期末残高                   〃
                              6,587       6,790       7,203       8,748       9,050
     従業員数                   名
      (注)1     売上収益には、消費税等は含まれておりません。
         2  第73期より国際会計基準(IFRS)に基づいて連結財務諸表を作成しております。
         3  臨時従業員数については、臨時従業員の総数が従業員数の100分の10未満のため、記載を省略しております。
         4  従業員数は、就業人員数を表示しております。
         5  上記はIFRSで要求される開示の一部であり、「第5                        経理の状況      1  連結財務諸表等(1)連結財務諸表                 連
          結財務諸表注記        34.金融商品      (1)資本管理方針        」で上記を参照しております。
         6  第75期より、リチウムイオンキャパシタ事業を非継続事業に分類しております。これに伴い、第74期及び第
          75期の関連する売上収益と税引前当期利益については、非継続事業を除いた継続事業の金額を表示しており
          ます。
                                   2/175





                                                           EDINET提出書類
                                                        JSR株式会社(E01003)
                                                            有価証券報告書
                                  日本基準
              回次
                            第71期       第72期       第73期
             決算年月              2016年3月       2017年3月       2018年3月

                             386,709       390,599       421,930
     売上高                 百万円
                             33,633       36,264       46,055
     経常利益                   〃
                             24,068       30,078       33,573
     親会社株主に帰属する当期純利益                   〃
                             11,925       32,165       43,443
     包括利益                   〃
                             362,353       376,715       410,126
     純資産額                   〃
                             516,359       576,016       642,553
     総資産額                   〃
                            1,565.45       1,624.14       1,757.78
     1株当たり純資産額                   円
                             105.87       134.43       150.85
     1株当たり当期純利益金額                   〃
     潜在株式調整後1株当たり当期純利
                             105.60       134.04       150.42
                        〃
     益金額
                        %      68.4       62.7       60.9
     自己資本比率
                               6.8       8.4       8.9
     自己資本利益率                   〃
                              15.3       14.0       15.9
     株価収益率                   倍
                             48,128       47,506       43,596
     営業活動によるキャッシュ・フロー                 百万円
                            △ 19,038      △ 41,807      △ 20,423
     投資活動によるキャッシュ・フロー                   〃
                            △ 16,260      △ 3,510       3,860
     財務活動によるキャッシュ・フロー                   〃
                             89,394       97,416      124,956
     現金及び現金同等物の期末残高                   〃
                              6,587       6,790       7,203
     従業員数                   名
      (注)1     売上高には、消費税等は含まれておりません。
         2  臨時従業員数については、臨時従業員の総数が従業員数の100分の10未満のため、記載を省略しております。
         3  従業員数は、就業人員数を表示しております。
         4  第73期の日本基準による諸数値につきましては、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づく監査を受
          けておりません。
                                   3/175









                                                           EDINET提出書類
                                                        JSR株式会社(E01003)
                                                            有価証券報告書
       (2)提出会社の経営指標等
              回次             第71期       第72期       第73期       第74期       第75期
                          2016年3月       2017年3月       2018年3月       2019年3月       2020年3月

             決算年月
                            230,723       233,321       240,576       245,372       225,156
     売上高                 百万円
                             33,164       27,729       42,020       33,029       19,426

     経常利益                  〃
                             23,200       23,233       33,327       26,132       22,912

     当期純利益                  〃
                             23,320       23,320       23,370       23,370       23,370

     資本金                  〃
                            226,074       226,075       226,126       226,126       226,126

     発行済株式総数                 千株
                            276,205       285,863       314,242       318,071       308,871

     純資産額                 百万円
                            369,228       406,166       440,746       435,053       403,457

     総資産額                  〃
                            1,220.33       1,280.60       1,407.75       1,439.92       1,436.22

     1株当たり純資産額                  円
                              50.0       50.0       50.0       60.0       60.0

     1株当たり配当額                  〃
     (うち1株当たり中間配当額)                 (〃)       ( 25.0  )    ( 25.0  )    ( 25.0  )    ( 30.0  )    ( 30.0  )
                             102.05       103.84       149.75       118.10       105.81

     1株当たり当期純利益金額                  〃
     潜在株式調整後1株当たり当期純利
                             101.79       103.54       149.32       117.81       105.61
                       〃
     益金額
                       %      74.4       69.9       71.1       73.0       76.4
     自己資本比率
                              8.4       8.3      11.1       8.3       7.3

     自己資本利益率                  〃
                              15.9       18.1       16.0       14.5       18.8

     株価収益率                  倍
                       %      49.0       48.2       33.4       50.8       56.7

     配当性向
                             2,530       2,554       2,546       2,640       2,693

     従業員数                  名
                       %      82.0       96.8      124.0       94.4      110.6

     株主総利回り
     (比較指標:TOPIX)                 (〃)       ( 87.3  )    ( 98.0  )    ( 111.2   )    ( 103.1   )    ( 90.9  )
                             2,266       2,105       2,645       2,418       2,167

     最高株価                  円
                             1,457       1,308       1,807       1,538       1,494

     最低株価                  〃
      (注)1     売上高には、消費税等は含まれておりません。
         2  臨時従業員数については、臨時従業員の総数が従業員数の100分の10未満のため、記載を省略しております。
         3  従業員数は、就業人員数を表示しております。
         4  最高株価及び最低株価は、東京証券取引所市場第一部におけるものであります。
         5  「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」(企業会計基準第28号 平成30年2月16日)等を第74期の期
           首から適用しており、第73期に係る主要な経営指標等については、当該会計基準等を遡って適用した後の指
           標等となっております。
                                   4/175






                                                           EDINET提出書類
                                                        JSR株式会社(E01003)
                                                            有価証券報告書
      2【沿革】
        当社は、合成ゴムの国産化を目的とした「合成ゴム製造事業特別措置法」に基づき、1957年12月
       10日、政府及び民間会社の出資により設立されました。また、当社は、額面株式の券面額変更の目
       的で、1948年12月8日設立の会社に形式的に合併されましたので、登記簿上の設立年月日は、1948
       年12月8日となっております。当社グループの沿革は次のとおりであります。
       年月                            内容

     1957年12月      日本合成ゴム株式会社設立。本社東京都港区麻布飯倉片町25番地。
     1958年7月      本社を東京都中央区京橋1丁目1番地に移転。
     1960年4月      四日市工場稼動開始、合成ゴムの生産開始。
     1961年3月      合成ゴムラテックス生産開始。
        9月   日合商事株式会社(現・JSRトレーディング株式会社・連結子会社)設立。
     1963年10月      日本ラテックス加工株式会社(現・株式会社イーテック・連結子会社)設立。
     1964年8月      日合ゴム加工株式会社(現・株式会社エラストミックス・連結子会社)設立。
        10月   合成樹脂生産開始。
     1968年4月      千葉工場稼動開始。
     1969年4月      「日本合成ゴム株式会社に関する臨時措置に関する法律を廃止する法律」が第61国会で可決成立、即日公
            布施行、純民間会社となる。
     1970年10月      株式を東京、大阪両証券取引所市場第二部に上場。
     1971年1月      鹿島工場稼動開始。
        8月   株式を東京、大阪両証券取引所市場第一部に指定替上場。
     1975年12月      本社を東京都中央区築地2丁目11番24号に移転。
     1979年4月      フォトレジスト販売開始。
     1988年3月      液晶ディスプレイ材料販売開始。
     1989年4月      筑波研究所完成。
     1993年7月      UCB-JSR    ELECTRONICS      S.A.(現・JSR       Micro   N.V.・連結子会社)の株式を追加取得し、同社及び                        UCB-JSR
            ELECTRONICS,INC.(現・JSR             Micro,Inc.・連結子会社)の2社を当社の子会社とした。
     1996年6月      ジェイエスアールエレクトロニクス九州株式会社(現・JSRマイクロ九州株式会社・連結子会社)設
            立。
        10月      テクノポリマー株式会社(現・テクノUMG株式会社・連結子会社)を設立し、ABS樹脂事業を営業譲渡。
     1997年3月      JSR  Micro,Inc.のフォトレジスト工場竣工。
        12月      日本合成ゴム株式会社よりJSR株式会社に社名変更。
     1998年4月      ABS樹脂製造設備等をテクノポリマー株式会社(現・テクノUMG株式会社・連結子会社)へ譲渡。
     2002年11月      JSR  Micro   N.V.の新工場竣工。
     2003年5月      本社を東京都中央区築地5丁目6番10号に移転。
     2004年7月      JSR  Micro   Korea   Co.,Ltd.(現・連結子会社)のフラットパネル・ディスプレイ用材料工場竣工。
     2006年7月      JSR  Micro   Taiwan    Co.,Ltd.(現・連結子会社)のフラットパネル・ディスプレイ用材料工場竣工。
     2009年3月      テクノポリマー株式会社(現・テクノUMG株式会社・連結子会社)を完全子会社化。
        6月      本社を東京都港区東新橋1丁目9番2号に移転。
     2011年6月      Bangkok    Synthetics      Co.,Ltd.と共同でJSR          BST  Elastomer     Co.,Ltd.(現・連結子会社)設立。
     2014年3月      MOL  Hungarian     Oil  and  Gas  Public    Limited    Companyと共同でJSR          MOL  Synthetic     Rubber    Ltd.(現・連
            結子会社)設立。
     2015年3月      株式会社産業革新機構、シミックホールディングス株式会社と共同で、KBI                                   Biopharma,Inc.の株式を取
            得、連結子会社化。
     2018年4月
            テクノポリマー株式会社とユーエムジー・エービーエス株式会社の統合によりテクノUMG株式会社設立。
     2018年5月
            Crown   Bioscience      Internationalの株式を取得、連結子会社化。
     2019年1月
            JSR  North   America    Holdings,     Inc.、JSR     Life   Sciences,     LLC設立。
                                   5/175




                                                           EDINET提出書類
                                                        JSR株式会社(E01003)
                                                            有価証券報告書
      3【事業の内容】
        当社グループ(当社及び関係会社)は、JSR株式会社(当社)及び子会社61社、関連会社14社
       で構成されており、主な事業内容と事業を構成している当社及び関係会社における位置づけは次の
       通りです。
        以下は「第5 経理の状況 1 連結財務諸表等 (1)連結財務諸表 連結財務諸表注記」に
       掲げるセグメント情報の区分と同一です。
          事業区分                  主要製品等                    主要な会社

                                          当社
                    スチレン・ブタジエンゴム、ブタジエンゴ
                                          ㈱エラストミックス
                    ム、エチレン・プロピレンゴム等の合成ゴム
                                          ㈱イーテック
                    および精練加工品、熱可塑性エラストマーお
                                          JSRトレーディング㈱
                    よび加工品、紙加工用ラテックス、一般産業
                                          ELASTOMIX(THAILAND)CO.,LTD.
                                          JSR  BST  Elastomer     Co.,Ltd.
     エラストマー事業               用ラテックス、アクリルエマルジョン、原料
                                          JSR  MOL  Synthetic     Rubber    Ltd.
                    ラテックスの精製加工品、高機能コーティン
                                          日本ブチル㈱
                    グ材料、高機能分散剤、工業用粒子、遮熱塗
                                          ジェイエスアール クレイトン エラ
                    料用材料、電池用材料、ブタジエンモノマー
                                          ストマー㈱
                    等の化成品、等
                                          錦湖ポリケム㈱
                                          テクノUMG㈱
                    ABS樹脂、AES樹脂、AS樹脂、
     合成樹脂事業
                    ASA樹脂等の合成樹脂                      日本カラリング㈱
                    <半導体材料事業>
                    リソグラフィ材料(フォトレジスト、
                                          当社
                    多層材料)、実装材料、洗浄剤、CMP材
                                          JSR  Micro   N.V.
                    料、等
                                          JSR  Micro,Inc.
                    <ディスプレイ材料事業>
                                          JSR  Micro   Korea   Co.,Ltd.
     デジタルソリューション事業
                                          JSR  Micro   Taiwan    Co.,Ltd.
                    カラー液晶ディスプレイ材料、
                                          JSR  Micro   (Changshu)      Co.,Ltd.
                    有機ELディスプレイ材料、等
                                          EUV  Resist    Manufacturing       &
                    <エッジコンピューティング事業>
                                          Qualification       Center    N.V.
                    耐熱透明樹脂および機能性フィルム、
                    光造形・光成形、等
                                          当社
                                          ㈱医学生物学研究所
                                          KBI  Biopharma,Inc.
                    診断・研究試薬および同材料、
                                          Selexis    S.A.
     ライフサイエンス事業               バイオプロセス材料、
                                          Crown   Bioscience      International
                    創薬支援サービス、等
                                          JSR  North   America    Holdings,     Inc.
                                          JSR  Life   Sciences,     LLC
                                          JSRトレーディング㈱
     その他事業               化学品等の仕入・販売事業、等
                                   6/175







                                                           EDINET提出書類
                                                        JSR株式会社(E01003)
                                                            有価証券報告書
         以上の企業集団の状況について事業系統図を示すと次のとおりであります。
                                   7/175




















                                                           EDINET提出書類
                                                        JSR株式会社(E01003)
                                                            有価証券報告書
      4【関係会社の状況】
                         資本金            議決権の                  主要な損益
        名称         住所            主要な事業の内容               関係内容
                        又は出資金             所有割合                   情報等
     (連結子会社)                    百万円             %                   百万円
                                         当社製品の二次加工工場用地
     ㈱エラストミックス         三重県四日市市             416  エラストマー事業         98.5   一部賃借                -
                                         役員の兼任等あり
                             エラストマー及び           当社製品の二次加工工場用地
     ㈱イーテック         三重県四日市市             168  デジタルソリュー        100.0   一部賃借                -
                             ション事業           役員の兼任等あり
                                                     売上収益      78,657
                                                     税引前利益 5,592
                                                     当期利益  4,240
     テクノUMG㈱         東京都港区            3,000   合成樹脂事業         51.0   当社製品の購入
                                                     資本合計      43,327
                                                     資産合計      59,376
                                         当社及び関係会社製品の二次
                             合成樹脂及びエラ           加工
     日本カラリング㈱         三重県四日市市             280           100.0                   -
                             ストマー事業           工場用地一部賃借
                                         役員の兼任等あり
                                                     売上収益      66,540
                             エラストマー、デ
                                                     税引前利益 1,302
     JSR                        ジタルソリュー           当社及び関係会社製品の販売
              東京都港区             480           100.0               当期利益   903
     トレーディング㈱                        ション、合成樹脂           役員の兼任等あり
                                                     資本合計  7,077
                             及びその他事業
                                                     資産合計      19,560
                             ライフサイエンス
     ㈱医学生物学研究所         愛知県名古屋市中区            4,483            50.3   製品の販売                -
                             事業
     ELASTOMIX

                        百万バーツ              90.0   エラストミックス製品の製造
     (THAILAND)         タイ国ラヨン県               エラストマー事業                           -
                                         受託
                           75          (65.0)
     CO.,LTD.
                             デジタルソリュー
              ベルギー            千EUR               当社製品の販売
     JSR  Micro   N.V.
                             ション及びライフ        100.0                   -
              ルーバン市            11,155               役員の兼任等あり
                             サイエンス事業
                             デジタルソリュー
              米国カリフォルニア州            千US$           100.0   当社製品の販売及び
     JSR  Micro,Inc.
                             ション及びライフ
                                                        -
              サニーベール市                           債務の保証
                          29,892           (100.0)
                             サイエンス事業
     JSR  Micro   Korea
              大韓民国           百万WON    デジタルソリュー           当社製品の販売
                                      100.0                   -
              忠清北道               ション事業           役員の兼任等あり
                          2,000
     Co.,Ltd.
     JSR  Micro   Taiwan
              台湾         百万台湾ドル      デジタルソリュー           当社製品の販売
                                      100.0                   -
              雲林県               ション事業           役員の兼任等あり
                           200
     Co.,Ltd.
                                         合成ゴム製造技術の供与及び
     JSR  BST  Elastomer
                        百万バーツ
              タイ国バンコク市               エラストマー事業           債務の保証
                                      51.0                  -
                          5,220
     Co.,Ltd.
                                         役員の兼任等あり
              米国ノースカロライナ            千US$   ライフサイエンス           バイオプロセス事業の推進及
     KBI  Biopharma,Inc.
                                      90.0                  -
              州ダーラム市            49,867    事業           び債務の保証
                                         合成ゴム製造技術の供与及び
     JSR  MOL  Synthetic
              ハンガリー            千EUR
                             エラストマー事業         51.0   債務の保証                -
     Rubber   Ltd.      ブダペスト市             18
                                         役員の兼任等あり
              スイス            千CHF   ライフサイエンス           バイオプロセス事業の推進
     Selexis   S.A.                             100.0                   -
              ジュネーブ市               事業           及び債務の保証
                           288
     JSR  Micro
                         千人民元
              中華人民共和国江蘇省               デジタルソリュー           当社製品の販売及び
     (Changshu)
                                      51.0                  -
              蘇州市           209,645    ション事業           債務の保証
     Co.,Ltd.
     Crown   Bioscience
              米国カリフォルニア州            千US$   ライフサイエンス           創薬支援サービス事業の推進
                                      100.0                   -
              サンディエゴ市               事業           及び債務の保証
                          44,811
     International
                                   8/175



                                                           EDINET提出書類
                                                        JSR株式会社(E01003)
                                                            有価証券報告書
                        資本金             議決権の                 主要な損益
         名称         住所           主要な事業の内容                関係内容
                       又は出資金              所有割合                  情報等
     EUV  Resist
     Manufacturing      &
                ベルギー          千EUR   デジタルソリュー         69.4   JSR  Micro   N.V.製品の
                                                        -
     Qualification      Center    ルーバン市          18,000    ション事業         (69.4)    製造受託
     N.V.
                米国カリフォル                          ライフサイエンス事業の推
     JSR  North   America
                          千US$   ライフサイエンス
                ニア州サニー                      100.0   進               -
     Holdings,    Inc.                29,892    事業
                ベール市                          役員の兼任等あり
                米国カリフォル
                          千US$   ライフサイエンス         100.0   ライフサイエンス事業の推
     JSR  Life  Sciences,    LLC
                ニア州サニー                                         -
                             事業            進
                          4,133           (100.0)
                ベール市
     その他 41社
                          百万円
     (持分法適用関連会社)                                  %
                神奈川県                          当社製品の製造受託
                             エラストマー事業
     日本ブチル㈱                     3,168            50.0                  -
                川崎市川崎区                          役員の兼任等あり
     ジェイエスアール クレ
                茨城県神栖市          1,500   エラストマー事業         50.0   当社製品の製造受託               -
     イトン エラストマー㈱
                大韓民国          百万WON                製品の購入
                             エラストマー事業
     錦湖ポリケム㈱                                 50.0                  -
                ソウル特別市                          役員の兼任等あり
                          21,500
     その他 11社
     (注)1     上記のうち、テクノUMG㈱、JSRトレーディング㈱、㈱医学生物学研究所、JSR                                    Micro,Inc.、
          JSR   BST  Elastomer     Co.,Ltd.、      JSR  Micro   (Changshu)      Co.,Ltd.、     Crown   Bioscience      International、
          EUV   Resist    Manufacturing       & Qualification       Center    N.V.  が特定子会社に該当しております。
        2  「議決権の所有割合」欄の( )書は間接所有割合(内数)であります。
        3  上記のうち、      テクノUMG㈱、       JSRトレーディング㈱は、連結売上収益に占める売上収益(連結会社相互間の内部
          売上収益を除く。)の割合が10%を超えております。
        4  上記のうち、㈱医学生物学研究所は有価証券報告書を提出しております。
        5  上記はIFRSで要求される開示の一部であり、「第5                        経理の状況      1  連結財務諸表等(1)連結財務諸表                 連
          結財務諸表注記        35.重要な子会社」で上記を参照しております。
                                   9/175











                                                           EDINET提出書類
                                                        JSR株式会社(E01003)
                                                            有価証券報告書
      5【従業員の状況】
       (1)連結会社の状況
                                                   2020年3月31日現在
                                           従業員数(名)
               セグメントの名称
                                                         2,636
     エラストマー事業
                                                         1,080
     合成樹脂事業
                                                         2,118
     デジタルソリューション事業
                                                         2,390
     ライフサイエンス事業
                                                          826
     その他事業
                                                         9,050
                  合計
      (注)1     従業員数は就業人員であります。
         2  臨時従業員数については、臨時従業員の総数が従業員数の100分の10未満のため、記載を省略しております。
       (2)提出会社の状況

                                                   2020年3月31日現在
          従業員数              平均年齢             平均勤続年数              平均年間給与
               2,693              38.9              13.1            7,546
                 名              歳              年             千円
                                           従業員数(名)

               セグメントの名称
                                                         1,286
     エラストマー事業
                                                           -
     合成樹脂事業
                                                         1,158
     デジタルソリューション事業
                                                           70
     ライフサイエンス事業
                                                          179
     その他事業
                                                         2,693
                  合計
      (注)1     従業員数は就業人員であります。

         2  臨時従業員数については、臨時従業員の総数が従業員数の100分の10未満のため、記載を省略しております。
         3  平均年間給与は、賞与及び基準外賃金を含んでおります。
       (3)労働組合の状況

         当社グループの労働組合は上部団体には加盟しておらず、組合員数は                                       3,739名    であります。
         なお、労使関係について特記すべき事項はありません。
                                  10/175









                                                           EDINET提出書類
                                                        JSR株式会社(E01003)
                                                            有価証券報告書
     第2【事業の状況】
      1【経営方針、経営環境及び対処すべき課題等】
       文中の将来に関する事項は、当連結会計年度末現在において、当社グループが判断したものであり
      ます。
      (1)会社の経営の基本方針
       企業理念、経営方針、行動指針から成り立つ企業理念体系を当社グループの全員が常に意識し、目
      標・価値観を共有して行動してまいります。創業から現在までに築き上げてきた良き企業文化を継承
      するとともに、時代や環境、価値観の変化に迅速に対応できるスピード感のある経営に努め、マテリ
      アルを通じて価値を創造するイノベーション・カンパニーとして、社会とステークホルダーの皆様の
      信頼に応える企業を目指してまいります。また、当社グループでは数年前から、世の中の様々な問題
      や課題の中で「地球温暖化」、「人口・水・食糧問題」、「新興国の経済成長」、「デジタリゼー
      ション」を4つのマクロトレンドと捉えて事業活動を行ってきました。これらのトレンドは、社会に
      影響を及ぼすだけでなく、当社のエラストマー事業・合成樹脂事業・デジタルソリューション事業・
      ライフサイエンス事業が、マテリアルを通じてどのように価値を創造するのかということにも影響し
      ます。当社グループは、好奇心・寛容さ・適応力に基づく文化を今後も発展させていきます。変化は
      避けられず、挑戦や絶え間なく進化する環境から生み出される機会を進んで受け入れていく必要があ
      ります。また、責任ある企業市民であるためには、単に経営の知見だけではなく、企業としてのあり
      たい姿に不可欠なコアバリュー(基本的価値観)を示す必要があると考えています。
      (2)中長期的な会社の経営戦略、目標とする経営指標

       <中長期的な会社の経営戦略>
       2020年のありたい姿へのロードマップは以下の図の通りです。
       <目標とする経営指標>






       当社グループは、売上収益、営業利益とROE(親会社所有者帰属持分当期利益率)を、目標とすべ
      き重要な経営指標と位置づけております。
                                  11/175






                                                           EDINET提出書類
                                                        JSR株式会社(E01003)
                                                            有価証券報告書
       <当期の進捗状況>
       (中期経営計画「JSR20i9」の進捗)
       中期経営計画「JSR20i9」では、対象期間である2018年3月期(2017年度)から2020年3月期(2019
      年度)までの3カ年を、2020年のあるべき姿に向けた持続的変革を図る第三段階にあたる「未来に向
      けた競争力強化」の期間と位置づけ、継続的な変革を実施してまいりました。「JSR20i9」の最終年
      度となる当期は、売上収益は「JSR20i9」で設定した目標を昨年度に達成し、成長のけん引役として
      の半導体材料および第3の柱としてのライフサイエンス事業は順調に売上収益が拡大しました。しか
      しながら、厳しい事業環境の影響などにより、営業利益及びROEについては当初目標を下回りまし
      た。
       <新中期経営計画の策定>

       2020年3月期(2019年度)を最終年度とした中期経営計画「JSR20i9」が終了したことに伴い、2021
      年3月期(2020年度)からの新中期計画を策定してまいりました。当該新中期計画は半導体材料分野
      とライフサイエンス領域を成長の牽引車として位置づけ、組織の持続性(サステナビリティおよび
      ESG(環境、社会、ガバナンス))と強靭化(レジリエンス)を将来のJSRグループの成長の基盤と位
      置付けています。しかしながら今般の新型コロナウイルス感染の世界的な拡大により、売上収益や営
      業利益の目標はコロナウイルス・石油危機を乗り越えてから公表することとし、2020年度は当面の危
      機対応を優先させてグループ経営を行います。
      (3)経営環境について

       2019年度は、米国経済は好調なるものの、中国経済の不振、米中摩擦の激化や保護主義の台頭など
      の影響により、世界経済が低迷する兆候が見られました。そして、2020年2月後半に新型コロナウイ
      ルス感染拡大によるグローバル経済活動の停止という新たなリスクや、石油危機による石油化学製品
      市場の異常な低迷というリスクが加わり、先行きはかつてない程不透明な状態です。当社グループの
      主要な需要業界の足元の状況は次の通りですが、新型コロナウイルス感染拡大の収束状況や、石油化
      学市場の低迷、そして世界の中央銀行や政府の不況対策によっては、弊社の業績に更に大きな影響が
      及ぶリスクがあります。
       世界の自動車生産台数は、新型コロナウイルス感染拡大の影響もあり、前年を大きく下回ることが
      見込まれます。自動車タイヤ生産についても年明け以降の一部自動車タイヤ工場の稼働停止や世界景
      気の低迷により、前年を大きく下回ることが予想されます。そのような事業環境の中、経済活動の停
      滞と需要低迷による販売の減少リスクに備えるべく事業コスト抑制に努めます。エラストマー事業で
      は製造原価の低減や適切な在庫管理に注力し、労働安全の維持、安定操業に努めます。ディスプレイ
      材料事業では顧客業界の構造変化に対応した製造・サプライチェーンの見直しを図ります。一方、持
      続性と強靭(レジリエント)性を重ね持った企業体とするために更なる事業構造、経営体制の強化へ
      向け、成長事業である半導体材料事業、ライフサイエンス事業については積極的な研究開発および事
      業投資を着実に実行して参ります。
      (4)対処すべき課題

       <エラストマー事業>
       需要業界である自動車・タイヤ生産は、足元では新型コロナウイルス感染拡大の影響により停滞し
      ておりますが、課題となる収益力に関して、事業構造改革に着手してまいります。一方で、低燃費タ
      イヤ用に需要が増加しているSSBRは、電気自動車やオールシーズンタイヤといった新しい用途向けに
      も需要が拡大しています。こうした需要に対応すべく、ハンガリーのJMSRは2020年度に商業生産を開
      始し、日本、タイ、ハンガリーの3拠点からSSBRをグローバルに供給し、販売を拡大してまいりま
      す。これに加えて、世界的に需要が伸びているリチウムイオン二次電池向けの電池用バインダーなど
      高付加価値製品の比率を向上させ、収益力を向上させて持続的な事業となるように構造改革を進めて
      まいります。
                                  12/175



                                                           EDINET提出書類
                                                        JSR株式会社(E01003)
                                                            有価証券報告書
       <合成樹脂事業>
       2018年4月に統合したテクノUMG株式会社においては、引き続き、これまで蓄積してきた両社の製造
      力・開発力・販売力を活かし、事業統合および製品統合によるシナジー効果を実現してまいります。
      今後は主に自動車市場向けに、きしみ音対策材HUSHLLOY®、めっき用材料PLATZON®といった特色のあ
      る高機能製品を特に海外市場において拡販し、なお一層の収益力の強化に努めてまいります。
       <デジタルソリューション事業>

       半導体材料事業は、通信の高速化、データ通信・容量の増加などにより、半導体需要の増加が見込
      まれる中、最先端の7-10nm世代プロセスを含む先端リソグラフィ材料市場でのシェアを維持・拡大す
      るとともに、5nm世代以降に向けたEUVリソグラフィ材料の開発・販売に注力してまいります。また、
      先端半導体の製造に使用される実装材料・洗浄剤・CMP材料といった周辺材料の販売拡大にも注力
      し、製品ポートフォリオを拡大することで市場成長を上回る事業成長を達成いたします。現在、2020
      年度の稼働開始を目指し、米国に最先端半導体向け機能性洗浄剤の工場を建設中です。これにより、
      最先端の半導体製造プロセス用の機能性洗浄剤の供給体制を確立し、更なる半導体材料の事業拡大に
      努めてまいります。
       ディスプレイ材料事業は、引き続き液晶パネル市場の堅調な成長が見込まれる中国市場において、
      大型液晶パネル向けに競争力のある配向膜、絶縁膜を中心に販売の拡大を進めていくとともに顧客業
      界の構造変化への対応を進めてまいります。また、液晶パネル製造は200℃以上の高温プロセスを用
      いていますが、製造工程における環境負荷を減らすために低温工程化を可能にする配向膜および周辺
      材料を新規に開発し、昨年販売を開始しました。4Kや8Kなどの高精細液晶パネル製造工程に用いられ
      る革新材料を開発、供給するとともに有機ELパネル用材料などの新製品の開発・販売を通じて事業の
      持続性を高めてまいります。エッジコンピューティング事業については、主にスマートフォンの小型
      カメラに使用されるNIR(近赤外線)カットフィルターの更なる拡販などによりデジタルソリュー
      ション事業をより幅広い事業とし、世の中のデジタル化を支援してまいります。
       <ライフサイエンス事業>

       第3の柱として位置づけられるライフサイエンス事業は売上収益500億円規模に順調に拡大してまい
      りました。KBI、SelexisによるCDMO事業(バイオ医薬品の開発・製造受託事業)の新規受託拡大に加
      え、Crown      BioのCRO事業(医薬品の開発支援事業)の複数年受託契約の増加や、診断薬材料およびバ
      イオプロセス材料のグローバルな採用拡大、(株)医学生物学研究所における診断薬および特殊抗体
      開発事業の安定的な成長にバイオプロセス材料より今後も事業拡大を進めてまいります。2019年1月
      には米国にJSR        Life   Sciences,      LLCを設立し、ライフサイエンス事業のグローバル統括機能を移管い
      たしました。医薬品研究開発の中心地である米国より、ライフサイエンスグループ企業の統括も含
      め、米国、欧州、アジア太平洋地域にわたる当該事業全体の戦略を主導し、意思決定の速度を上げて
      まいります。
       <次世代研究>

       慶應義塾大学医学部および大学病院との共同研究施設「JSR・慶應義塾大学                                         医学化学イノベーショ
      ンセンター」(JKiC)において、革新的な材料、製品および技術の開発に取り組んでおります。JKiC
      では、医学的見地と素材開発の知見を融合させて、主に4つの領域                                    1)精密医療、2)幹細胞生物学と
      細胞医療、3)微生物叢(マイクロバイオーム)、4)先端医療機器において、実社会への実装を目指
      して研究・開発を進めております。慶應義塾大学が世界をリードするマイクロバイオーム分野におけ
      る研究では、既に当社が研究結果の独占的実施権を取得するなど、進捗が見られます。
       また、2021年の開所を目標に川崎市川崎区殿町地区にライフサイエンスを含む次世代研究を行う新
      研究所「JSR       Bioscience       and  informatics       R&D  Center(略称:JSR           BiRD)」の建設を着工いたしま
      した。JSR      BiRDではJKiCから生まれる研究成果を社会実装につなげる開発支援を行うだけではなく、
      先端デジタル技術を材料技術開発に広く応用するマテリアルズ・インフォマティクスを使った研究
      や、実験設備やオフィスを外部パートナーに広く開放してオープンイノベーションを実践すること
      で、新規ビジネスの創出を促進・加速してまいります。
                                  13/175


                                                           EDINET提出書類
                                                        JSR株式会社(E01003)
                                                            有価証券報告書
       (5)その他の対処すべき課題
       ▶持続性(サステナビリティ)と強靭化(レジリエンス)
       当社グループは、企業理念に立脚して様々なステークホルダー(利害関係者)と良好な関係を築
      き、信頼され、世の中に必要とされるグローバル企業となることを目指しております。企業理念を礎
      に中期的な成長および企業価値の向上を目指す一方、先行きが不確実で激変する経営環境の中で、組
      織の持続性(サステナビリティ)と強靭化(レジリエンス)をキーワードとして事業活動を推進し企
      業価値の向上に努めます。
       <持続性(サステナビリティ)>

       2019年度は、現在の事業活動を通じた社会への影響を定量的に確認する「JSR サステナビリ
      ティ・チャレンジ」活動を実施し、気候変動、資源循環、デジタル変革、健康という視点から当社グ
      ループにおける事業活動を通じた具体的な社会貢献の姿を確認いたしました。2019年度のこれらの活
      動は現在を起点とした見通しの観点からの活動であるのに対し、2020年度は、TCFD(気候変動関連財
      務情報開示タスクフォース)のシナリオ分析などを通して、2050年の当社グループの在りたい姿を描
      き、未来を起点とした思考の観点から取るべき施策を洗い出してまいります。これらの現在を起点と
      した見通しと未来を起点とした思考からの活動を統合し、当社グループの長期のサステナビリティ目
      標である「JSR        サステナビリティ・ビジョン2050」を制定していく考えです。当社はサステナビリ
      ティを「企業活動を通じて価値創造することで社会に貢献する」と定義しました。企業理念
      「Materials       Innovation       —マテリアルを通じて価値を創造し、人間社会(人・社会・環境)に貢献し
      ます。」に基づき、事業活動を通じた価値創造により、顧客・取引先、従業員、社会・環境、株主と
      いったすべてのステークホルダーに貢献する取り組みを進めてまいります。
       <強靭化(レジリエンス)>

       2019年度は新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、BCM(事業継続マネジメント)として、BCP(事
      業継続計画)会議体の設置・運営を開始し、経営トップ層を含むこの会議体において、グローバルで
      の地域ごとの感染状況の情報の共有、グループ社員の感染状況の有無の確認、各拠点別の稼働状況の
      確認と必要に応じた対応の検討、在宅勤務体制の発令、駐在員並びにその家族の安全確保施策などを
      決定し、世界の基幹産業を支える当社グループの製造、研究開発、物流などの事業活動への影響を最
      小限にするように努めました。ステークホルダーに関連する事項は当社ホームページに「COVID-19新
      型コロナウイルス感染症へのJSR対応」として掲載し、逐次情報公開に努めております。
       また、感染症の蔓延を含め、いろいろな危機に対しても強靭な組織体を作り上げながら事業活動を
      推進していくために、経営機能の複層化として、米国拠点へ事業統括会社を設立しました。デジタル
      ソリューション事業やライフサイエンス事業における研究・製造機能なども世界各拠点への複層化を
      推進しております。また、新型コロナウイルス感染拡大による海外生産拠点における生産に障害が生
      じた場合に備え、拠点間の相互生産バックアップによる供給体制を検討しました。2020年度以降、当
      社グループのデジタル変革の一環として業務プロセスを見直し、ERP(基幹系情報システム)を更新
      し、効率的かつ迅速な経営の意思決定ができる体制を整えてまいります。また、生産活動において
      は、老朽化が進む製造設備を更新するとともに、エンジニアリンググループ会社を吸収合併し、その
      機能を取り込むことにより、設備保全の効率化と健全性の強化を図り、より一層安定した製造機能の
      維持を図ってまいります。
                                  14/175






                                                           EDINET提出書類
                                                        JSR株式会社(E01003)
                                                            有価証券報告書
       ▶コーポレート・ガバナンス
       <取締役会の概要>
       当社の取締役会は代表取締役CEOを含む6名の社内取締役と、経営執行および財務活動に精通した3
      名の独立社外取締役から構成されており、1名の常勤監査役と財務・会計・税務および会社法を含む
      法務の専門家2名の独立社外監査役(うち1名は女性)が毎回出席しております。グローバル化、IT
      化、デジタル化等の事業環境の急速な変化に対応すべく、メンバーの過半数を独立社外取締役で構成
      し、独立社外取締役が委員長を務める指名諮問委員会からの答申に基づき、2019年度は、当社初の外
      国籍CEO(最高経営責任者)の選定と、主として米国を起点にグローバルな経営を担うCEOを日本で補
      佐する社長兼COO(最高執行責任者)の選定を取締役会にて承認しました。2020年6月17日に実施され
      た定時株主総会においては、社内からの女性取締役選任議案が承認可決され、取締役会のさらなる多
      様化を図っています。
       <当社グループの経営体制の継承と評価(指名諮問委員会の取り組み)>

       指名諮問委員会は2015年度に設置され、独立社外取締役を委員長とする独立社外取締役3名(委員
      長含む)と代表取締役CEO及び、代表取締役社長兼COOから構成され、CEOおよび社長の選解任、取締
      役会の構成及び選任や当社グループの経営体制、重要な経営ポストの継承計画について客観的かつ長
      期的に検討を行っております。
       2019年度は、新しい経営体制のフォローアップや評価、取締役会の構成および選任、次世代経営候
      補者の育成状況や研修などの取り組みのモニタリングを行いました。また、                                          CEOおよび社長から同委
      員会に対する年間経営活動報告が行われ、経営トップの選解任を審議し取締役会に提言を行います。
       <役員報酬体系の合理性と透明性の確保(報酬諮問委員会の取り組み)>

       当社は2014年度に独立社外取締役を委員長とし、独立社外取締役3名(委員長含む)と代表取締役
      CEO及び、代表取締役社長兼COOから構成される報酬諮問委員会を設置し、外部機関からデータおよび
      助言を受けて、毎年度の業績などを考慮しながら合理性、透明性、かつ競争力を持った報酬制度およ
      び報酬額、役員報酬の基本方針の取締役会への答申を行っております。
       2019年度は、例年通り、ベンチマークデータに基づき報酬制度および報酬額、または役員報酬の基
      本方針の妥当性の確認を行うとともに、中期経営計画と報酬制度との連動性の確認などを行いまし
      た。
       <当社取締役会の実効性評価の結果概要について>

       当社取締役会では、毎年、取締役会の実効性評価を実施し、実効性の向上を通じて、当社の企業価
      値の最大化を図っております。2019年度の実効性評価の結果、当社の取締役会は有効に機能している
      との結論を得ました。今後も実効性評価を実施してまいります。
       <政策保有株式の縮減>

       個別の政策保有株式につき、保有目的、リスク・リターン、資本コスト等を考慮し、取締役会にお
      いて政策保有株式の保有状況および保有方針を確認し、従来の方針通りに縮減を行い、最適化を進め
      ております。
                                  15/175






                                                           EDINET提出書類
                                                        JSR株式会社(E01003)
                                                            有価証券報告書
       <危機管理の取り組み>
       新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、2020年1月下旬より社長をトップとする新型コロナウイル
      ス対策会議を設置し、当初は中国における情報収集や現地法人の対応決定、支援活動を実施致しまし
      た。日本、そして世界中への感染拡大が明らかになり、2月中旬にBCP(事業継続計画)会議体へ移行
      致しました。当社グループは世界の基幹産業を支える素材産業として、日本、アジアおよび欧米の当
      社グループの主要製造・研究・開発拠点の稼働を維持するための行動規範の制定、保護具の供給およ
      び着用の徹底、外部訪問者の遮断、全世界の従業員との情報共有、各拠点での在宅勤務環境の整備な
      どの施策を2月中旬に完了させました。BCP会議体の内容は、社外取締役および監査役との共有も図っ
      ております。
       世界各拠点の文化の違いや独自性を尊重しつつ、BCP会議体でのスピーディな情報の一元管理を行
      い適切なアクションに繋げることで、危機管理および事業継続に努めています。
       以上のような課題に対して確実に取り組み、CEOおよび社長のリーダーシップの下、グローバルに

      遅滞なく遂行してまいります。
       なお、業績見通し等の将来に関する記述は、当社が現在入手している情報及び合理的であると判断
      する一定の前提に基づいており、その達成を当社として約束する趣旨のものではありません。また、
      実際の業績等は様々な要因により大きく異なる可能性があります。
                                  16/175














                                                           EDINET提出書類
                                                        JSR株式会社(E01003)
                                                            有価証券報告書
      2【事業等のリスク】
       当社グループは、重大な危機の発生を未然に防ぐこと、および万一重大な危機が発生した場合に事
      業活動への影響を最小限に留めることを経営の重要課題と位置づけています。事業の戦略に関するリ
      スクは、取締役会などの重要な会議における審議・決議によりリスクマネジメントを行っています。
       事業のオペレーションに伴うリスクは、「リスク管理規程」を定め、「リスク管理委員会」を中心
      にリスクマネジメントを行っています。2009年度より独自のリスクマネジメントシステムを運用し、
      リスク管理委員会主導のもと、定期的にグループ企業を含む国内外全部門において、リスクの洗い出
      しを行っています。経営への影響度と発生頻度で表すリスクマップを活用し、洗い出されたリスクの
      うち事業継続に大きな影響をおよぼす可能性があるリスクを「JSRグループ重要リスク」と位置づ
      け、経営層自ら把握したリスクのモニタリングと定期的な見直しで、未然防止と危機発生に備えた体
      制の構築と維持を図っています。
       当社グループの経営成績、財政状態及びキャッシュ・フロー等に影響を及ぼす可能性のあるリスク
      には以下のようなものがございます。
       なお、文中における将来に関する事項は、当連結会計年度末(2020年3月31日)現在において当社
      グループが判断したものであり、事業等のリスクはこれらに限られるものではございません。
      <事業戦略に関するリスク>

             項目                 リスク内容                   当社の対策

                        主要需要業界である自動車及びエレ                   ライフサイエンス事業などの強化に
                        クトロニクス業界において、様々な                   より安定な事業構成を目指すととも
                        国又は地域の経済状況の影響を受け                   に、事業単位においては高機能で高
     (1)経済変動による需要業界の動向                   るリスク。景気後退に伴ってそれら                   付加価値の製品群を増やし、事業内
                        の業界の需要が減少し、当社グルー                   ポートフォリオの組み換えを推進し
                        プの業績に悪影響を与える可能性が                   ていくことで、リスク低減に努めて
                        あります。                   います。
                        特にエラストマー事業及び合成樹脂                   原材料価格の変動に対して、原価低
                        事業では、原油価格、ナフサ価格の                   減や売価への転嫁の施策を行い、ま
     (2)原油価格、ナフサ価格及び主要                   変動や主要原材料市況の変動によ                   た、原材料の調達先を複数確保する
     原材料価格の変動                   り、原材料調達価格や製品市況が変                   などその影響の低減を図っていま
                        動し当社グループの業績に悪影響を                   す。
                        与える可能性があります。
                        業界と市場の変化が予測の範囲を大                   市場ニーズを先取りした研究テーマ
                        きく超えた場合、新製品をタイム                   設定、ユーザー状況に即応できる弾
                        リーに開発出来ないことなどによ                   力的な研究体制の整備・強化に取り
                        り、当社グループの業績に悪影響を                   組んでいます。特にエレクトロニク
     (3)新製品の開発
                        与える可能性があります。                   ス業界は、技術的な進歩が急速であ
                                           るため、常に技術革新に対応して最
                                           先端の材料開発に努めます。
                                  17/175







                                                           EDINET提出書類
                                                        JSR株式会社(E01003)
                                                            有価証券報告書
                        次期成長事業の創出のために、積極                   新たな分野の研究開発の加速、成功

                        的に研究開発投資を行っております                   確率を高めるため、JSR・慶應義塾大
                        が、これら全ての研究開発活動に                   学  医学化学イノベーションセンター
                        よって常に十分な成果を得られると
                                           (JKiC)等を設置しオープンイノ
                        は限らず、その結果によっては当社
     (4)次期成長事業の研究開発
                                           ベーションを推進し多様な技術の醸
                        グループの業績に悪影響を与える可
                                           成を図ると共に、ベンチャーとの戦
                        能性があります。
                                           略投資を伴う共同研究を実施するこ
                                           とで、開発技術の事業化促進に取り
                                           組んでます。
                        他社との間に知的財産を巡って紛争                   当社グループの事業展開にとって知
                        が生じたり、他社から知的財産権の                   的財産の保護は極めて重要であり、
     (5)知的財産の保護
                        侵害を受けたりする可能性がありま                   知的財産権保護のための体制を整備
                        す。                   し、その対策を実施しております。
                        当社グループの生産した製品に起因                   当社グループは製品の品質保証体制

                        する損害が発生した場合には、当社                   を確立し、製造物責任保険を付保し
     (6)製品品質保証、製造物責任
                        グループの業績に悪影響を与える可                   てリスクを軽減しております。
                        能性があります。
     <事業のオペレーションに伴うリスク>

             項目                 リスク内容                   当社の対策
                        原材料メーカーの事故による供給中                   原材料の調達先を複数確保するなど
                        断、品質不良等による供給停止、倒                   して安定的な原材料の調達オペレー
                        産による供給停止等の影響で生産活                   ションを実施しています。
     (7)原材料の調達
                        動に支障をきたし、当社グループの
                        業績に悪影響を与える可能性があり
                        ます。
                        新型コロナウイルス感染の長期化に                   新型コロナウイルス感染に対して
                        よる経済活動の制限、また大きな自                   は、危機においても事業継続と経営
                        然災害や製造設備等で事故が発生し                   の安定を確保する組織力、サプライ
                        た場合には、生産活動の中断あるい                   チェーンを維持し、激変する経営環
                        は製造設備の損壊により、当社グ                   境に備えて更なる財務基盤の強化を
                        ループの業績に悪影響を与える可能                   行います。また、事故に対しては全
                        性があります。                   ての製造設備において危険要因の掘
     (8)自然災害、事故災害                                     り起こしに基づく対策を講じると共
                                           に、定期的な設備点検を実施。地震
                                           等自然災害についても継続して安全
                                           対策に取り組んでいます。なお電力
                                           について、主力工場である四日市工
                                           場は自家発電設備を有している他、
                                           鹿島工場は共同発電設備から受電し
                                           ております。
                                  18/175






                                                           EDINET提出書類
                                                        JSR株式会社(E01003)
                                                            有価証券報告書
                        各種の化学物質が万一流出した場合                   環境保全を重要な経営方針の一つと

                        や環境に関する規制が一層強化され                   掲げ、環境に関する各種法律、規制
                        た場合には、事業活動が制限された                   を遵守し、環境負荷の低減及び廃棄
                        り、補償・対策費用の支出、あるい                   物削減や省資源・省エネルギーに努
     (9)環境
                        は新たに設備投資に多額の費用が発                   めております。
                        生したりすることがあり、結果とし
                        て当社グループの業績に悪影響を与
                        える可能性があります。
                        事業活動を行っている各国におきま                   事業に関連する各国法規制の情報を
                        して、事業・投資の許可や輸出入規                   日々収集し、必要な対応を行ってい
                        制、商取引、労働、知的財産権、租                   ます。特に、改正頻度が高く、違反
                        税、為替等の様々な法規制の適用を                   リスクも大きい各国の環境関連法
                        受けております。これらの法規制を                   令、製品の安全性・品質関連規制、
                        遵守出来なかった場合やこれらの法                   輸出入関連法令の変更について、注
     (10)法規制
                        規制の強化又は大幅な変更がなされ                   視しています。
                        た場合には、事業活動が制限された
                        り、規制遵守のための費用が増大し
                        たりすることがあり、当社グループ
                        の業績に悪影響を与える可能性があ
                        ります。
      <その他リスク>

             項目                 リスク内容                   当社の対策

                        為替相場の変動による影響を受ける                   外貨建ての製品輸出及び原材料等の
                        可能性。海外の連結子会社や持分法                   輸入を行っており、為替予約等によ
                        適用会社の経営成績は、連結財務諸                   りリスクを軽減させる措置を実施し
     (11)為替相場の変動
                        表作成のために円換算されますが、                   ています。
                        円高によって当社グループの業績に
                        悪影響を与える可能性があります。
                        不利な政治又は経済要因の発生、労                   カントリーリスク等の重要な事業の
                        働環境の違いによる労働争議等の発                   継続あるいは早期復旧を可能とする
                        生、人材の採用と確保の難しさ、社                   ため、平常時に行うべき活動や緊急
                        会インフラの未整備による事業活動                   時における事業継続のための判断基
     (12)海外事業展開                   への悪影響、戦争・テロその他要因                   準、行動指針についてリスク管理委
                        による社会的混乱等のリスクが内在                   員会を中心にマネジメントし、有事
                        しており、これらの事態が発生した                   に対してはBCP(事業継続計画)を発
                        場合、当社グループの業績に悪影響                   動して対応を協議しています。
                        を与える可能性があります。
                        取引先や第三者との間で紛争が発生                   事業に関わる各種法令を遵守すると
                        し訴訟、その他法的手続きの対象と                   ともに、知的財産権の適正な取得、
                        なるリスクがございます。重要な訴                   契約条件の明確化、その他リスク低
     (13)訴訟                   訟等が提起された場合、当社グルー                   減等により紛争の発生を未然に防ぐ
                        プの業績に悪影響を与える可能性が                   ように努めております。また各国の
                        あります。                   弁護士事務所等と連携し、訴訟等に
                                           対応する体制を整えています。
                                  19/175





                                                           EDINET提出書類
                                                        JSR株式会社(E01003)
                                                            有価証券報告書
      3【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】
      (1)当期の経営成績の概況と分析
      (全般の概況と分析)
       当連結会計年度(2019年4月1日から2020年3月31日)における当社グループの主要な需要業界の動
      向といたしましては、東アジア諸国に広がる景気減速などを背景に、自動車生産については、中国は
      12月にかけて上半期の低迷から脱しつつありましたが、新型コロナウィルス感染拡大の影響により1
      月は対前年で12%減、2月は同80%減と前年を大きく下回り、その他の地域についても新型コロナウィ
      ルス感染拡大の影響などにより低迷したことから、グローバルでは前年を下回りました。自動車タイ
      ヤの生産も自動車生産の減少の影響などを受け、前年を下回りました。半導体市場は、メモリーは前
      年度後半に下落した単価水準が継続した影響を受け、引き続き低調に推移したものの、ロジックは上
      期より回復基調となりました。ディスプレイ市場は大型TV用液晶パネル需要を中心に低調な中、一部
      顧客での生産撤退を含む稼働調整が第3四半期以降に行われました。また為替は前年比で若干の円高
      となりました。
       以上のような状況の下、当社グループのエラストマー事業では、自動車タイヤを中心とする需要減
      少に伴う販売数量減と原料市況悪化による販売価格下落により、売上収益は前期を下回りました。ま
      た、営業利益は売上収益の減少、売買スプレッドの悪化、第4四半期に実施した一部固定資産の減損
      処理などの影響により、営業赤字となりました。
       合成樹脂事業は、主に自動車市場向けの販売数量が国内、海外で減少したことに加え、原料市況の
      低迷による売買スプレッドの縮小により、売上収益、営業利益ともに前期を下回りました。
       デジタルソリューション事業では、半導体材料事業は最先端フォトレジストを中心に販売が堅調に
      推移した他、洗浄剤や実装材料の拡販、EUVフォトレジストの販売拡大が進んだことにより、売上収
      益は前期を上回りました。ディスプレイ材料事業は、需給悪化に伴う一部顧客での生産撤退を含む稼
      働調整と、販売価格下落により売上収益が前期を下回りました。これらにより、デジタルソリュー
      ション事業全体の売上収益、営業利益は増収減益となりました。
       第3の事業の柱として注力しているライフサイエンス事業につきましては、グループ会社のKBI
      Biopharma,       Inc.(KBI)、Selexis             SA(Selexis)が手掛けるCDMO                 事業(医薬品の開発・製造受託事
      業)が新規受託案件を増加させたことやCrown                          Bioscience       International(Crown             Bio)が手掛ける
      CRO事業(医薬品の開発受託事業)が好調に推移したこと、診断薬材料・バイオプロセス材料も堅調
      に推移したことなどにより、売上収益が増加し、営業利益も前期を大きく上回りました。
       以上の結果、当期の業績といたしましては、売上収益は4,719億67百万円(前期比4.7%減)、営業
      利益328億84百万円(同27.3%減)、親会社の所有者に帰属する当期利益226億4百万円(同27.4%減)
      となりました。なお、2020年1月に当社が保有するJMエナジー株式会社の80%の株式売却の意思決定
      に伴いリチウムイオンキャパシタ事業を非継続事業に分類したため、売上収益、営業損益等は継続事
      業の金額として表示しており、対応する前連結会計年度についても同様に組替えて比較分析を行って
      おります。
                                                  (単位:百万円)
                           前期            当期            増減
       区 分
                       金  額           金  額           金  額     比  率
                             構成比            構成比
       売上収益
                       200,736       40.5%     178,794       37.9%     △21,942       △10.9%
       エラストマー事業
                       105,446       21.3%     95,092       20.1%     △10,354       △9.8%
       合成樹脂事業
       デジタルソリューション事業                142,216       28.7%     144,805       30.7%      2,589       1.8%
                        43,872       8.9%     50,496       10.7%      6,624      15.1%
       ライフサイエンス事業
                        3,083       0.6%     2,779       0.6%      △303      △9.8%
       その他事業
                          1     0.0%       0     0.0%       △1    △93.7%
       調整額
                       495,354       100.0%     471,967       100.0%     △23,388       △4.7%
       合計
                       220,288       44.5%     198,238       42.0%     △22,049       △10.0%

       国内売上収益
                       275,067       55.5%     273,729       58.0%     △1,338       △0.5%
       海外売上収益
                           前期            当期            増減

       区 分
                       金  額           金  額           金  額     比  率
                             売上比            売上比
                        45,261       9.1%     32,884       7.0%    △12,377       △27.3%
       営業利益
       親会社の所有者に帰属する当
                        31,116       6.3%     22,604       4.8%     △8,512      △27.4%
       期利益
                                  20/175


                                                           EDINET提出書類
                                                        JSR株式会社(E01003)
                                                            有価証券報告書
      (部門別の概況と分析)
       当社グループは、「エラストマー事業」、「合成樹脂事業」、「デジタルソリューション事業」、
      「ライフサイエンス事業」の4事業を報告セグメントとしております。報告セグメントの位置づけは
      下図の通りです。
      <エラストマー事業部門>




       主要な需要業界である自動車タイヤの生産は、中国を中心とした自動車生産の前年対比での減少に
      加えて、1月以降新型コロナウィルス感染拡大の影響、欧州をはじめタイヤメーカーの工場で、新型
      コロナウィルス感染防止の為に生産の一時停止や生産縮小が実施されたことも重なって、グローバル
      では年間を通して低調に推移しました。
       こうした状況の下、エラストマー事業については、当社が戦略製品と位置づける溶液重合スチレ
      ン・ブタジエンゴム(SSBR)の販売数量は世界のタイヤ生産量が対前期で減少する中、前期を上回り
      ました。しかし、エラストマー事業全体の販売数量が伸び悩み、原料市況下落による販売価格の下落
      もあり、売上収益は前期を下回りました。営業利益については、売上収益の減少、売買スプレッドの
      低下、そして第4四半期に実施した一部固定資産の減損処理を行ったことなどにより、通期では営業
      赤字となりました。
       以上の結果、当期のエラストマー事業部門の売上収益は                               1,787億94百万円         (前期比     10.9%減     )営業
      利益74億21百万円から            営業損失17億58百万円            となりました。
      <合成樹脂事業部門>

       合成樹脂事業は、主要顧客業界である自動車業界が海外を中心に低調に推移したことに加え、第4
      四半期には新型コロナウィルスの影響も重なり販売数量が減少し、原料市況下落による販売単価の下
      落などもあり、売上収益は前期を下回りました。営業利益も売上収益の減少に加え、売買スプレッド
      の縮小により前期を下回りました。
       以上の結果、当期の合成樹脂事業部門の売上収益は                            950億92百万円        (前期比     9.8%減    )、  営業利益62
      億37百万円      (同  32.3%減     )となりました。
      < デジタルソリューション事業部門                  >

       デジタルソリューション事業部門は前期比で増収減益となりました。
       半導体材料事業は、メモリーは、単価下落の影響により前年度後半に引き続き低調に推移したもの
      の、ロジックは上期より回復基調となりました。最先端フォトレジストを中心に販売が堅調に推移
      し、EUVレジストや洗浄剤などの新製品の販売拡大、実装材料を中心とした中国市場の成長により売
      上収益は前期を上回りました。なお、半導体材料事業については新型コロナウィルスの影響は受けま
      せんでした。ディスプレイ材料事業は、注力している大型TV用液晶パネル向けの配向膜、絶縁膜が中
      国向けに販売数量を拡大しましたが、液晶ディスプレイの生産が韓国・台湾から中国にシフトする市
      場変化の中で一部顧客での生産撤退を含む、稼働調整の影響を受け売上収益は前期を下回りました。
      また、エッジコンピューティング事業はNIRカットフィルターの販売が拡大しました。営業利益につ
      きましては、半導体材料事業は洗浄剤の拡販に伴う費用増や廃棄損などの一時費用があったものの増
      益を確保し、エッジコンピューティング事業も堅調に推移しましたが、ディスプレイ材料事業での売
      上収益の減少の影響などにより、前期を下回りました。
       以上の結果、当期のデジタルソリューション事業部門の売上収益は                                    1,448億5百万円         (前期比     1.8%
      増 )、  営業利益309億17百万円             (同  5.3%減    )となりました。
                                  21/175


                                                           EDINET提出書類
                                                        JSR株式会社(E01003)
                                                            有価証券報告書
       <ライフサイエンス事業部門>
       ライフサイエンス事業は、グループ会社のKBI、Selexis                               が展開する       CDMO事業及び、2018年5月に
      子会社化したCrown           BioのCRO事業も好調に推移し安定的に収益を伸ばしました。診断薬材料やバイオ
      プロセス材料の売上も増加しました。また、株式会社医学生物学研究所については診断薬事業が堅調
      に推移し、全体の売上収益は前期を上回り、営業利益は売上収益の拡大に加え、前期に行った事業構
      造改革の成果が実り、前期を大幅に上回りました。
       以上の結果、当期のライフサイエンス事業部門の売上収益は                                 504億96百万円        (前期比     15.1%増     )、
      営業利益35億94百万円            (同  360.4%増     )となりました。
      (経営方針、経営戦略、経営上の目標の達成状況を判断するための客観的な指標等)

       当社グループは、継続的な企業価値創造のために収益性に加え、資本効率の向上に取り組んでお
      り、中期経営計画「JSR20i9」ではROE8%以上を目標としました。
       当連結会計年度は、成長のけん引役としての半導体材料及び第3の柱としてのライフサイエンス事
      業は順調に売上収益を拡大しましたが、厳しい事業環境の影響などにより、収益性が低下し、ROEは
      5.7%に留まりました。
       事業環境の変化に対応できる強靭(レジリエント)な事業構造、経営体制の強化を図り、成長のエ
      ンジンであるライフサイエンス事業、半導体材料事業を中核とした利益成長によりROEの改善を図っ
      ていきます。
       生産、受注及び販売の実績は、次のとおりであります。

       ①生産実績
         当社グループの生産品目は広範囲かつ多種多様であり、同種の生産品目であっても、その容
        量、構造、形式等は必ずしも一様でなく、セグメントごとに生産規模を金額あるいは数量で示す
        ことは行っておりません。
         このため、生産実績につきましては、                      (1)当期の経営成績の概況                  における各セグメント業
        績に関連付けて記載しております。
       ②受注実績

         当社グループは受注生産を行っておりません。
       ③販売実績

         当連結会計年度における販売実績をセグメントごとに示しますと、次のとおりであります。
                                                    (単位:百万円)
                                                前期比(%)
          セグメントの名称                      金額
                                      178,794                   △10.9%

     エラストマー事業
                                      95,092                   △9.8%
     合成樹脂事業
                                      144,805                    1.8%

     デジタルソリューション事業
                                      50,496                   15.1%

     ライフサイエンス事業
     その他事業                                 2,779                  △9.8%

                                         0               △93.7%

     調整額
                                      471,967                   △4.7%

             合計
      (注)1 セグメント間の取引については相殺消去しております。
         2 本表の金額には、消費税等は含まれておりません。
                                  22/175




                                                           EDINET提出書類
                                                        JSR株式会社(E01003)
                                                            有価証券報告書
     (2)当期の財政状態の概況と分析
       ①資産
       当連結会計年度末の総資産は、前期比                    137億22百万円減少          し、  6,777億13百万円         となりました。
       流動資産は、営業債権及びその他の債権と現金及び現金同等物の減少などにより、前期比                                                 355億8
      百万円減     の 3,034億75百万円         となりました。
       非流動資産は、有価証券の売却によるその他の金融資産の減少などはあったものの、IFRS第16号
      「リース」の適用による有形固定資産の増加などにより、前期比                                   217億87百万円増加          し 3,742億38百万
      円 となりました。
       ②負債

       負債は、     IFRS第16号「リース」の適用によるその他の金融負債の増加などはあったものの、営業債
      務及びその他の債務の減少などにより、                      負債合計で前期比          107億74百万円減         の 2,403億1百万円         となり
      ました。
       ③資本

       資本では、利益剰余金の増加などはあったものの、自己株式の取得やその他の資本の構成要素の減
      少などにより、親会社の所有者に帰属する持分合計は前期比52億6百万円減少し、3,967億93百万円
      となりました。非支配持分を加えた資本合計は、前期比                              29億48百万円減        の 4,374億12百万円         となりま
      した。
     (3)当期の       キャッシュ・フローの概況と分析

       当連結会計年度における現金及び現金同等物(以下「資金」という。)は、前連結会計年度末に比
      べて88億54百万円減少し、当連結会計年度末には619億31百万円となりました。
       営業活動による資金収支は542億28百万円の収入(前期比232億88百万円の収入増)となりました。
       主な科目は税引前利益326億29百万円、減価償却費及び償却費263億59百万円、法人税等の支払額
      127億73百万円であります。
       投資活動による資金収支は355億92百万円の支出(前期比306億74百万円の支出減)となりました。
       主な内訳は、工場拡張に伴う有形固定資産等の取得による支出439億51百万円、投資の売却による
      収入154億49百万円であります。
       財務活動による資金収支は252億64百万円の支出(前期比62億98百万円の支出増)となりました。
       主な内訳は、配当金の支払額130億52百万円、自己株式の取得による支出100億2百万円でありま
      す。
       資金調達及び資金の流動性

       当社グループの資金需要は、製造販売にかかる原材料費、経費、販売費及び一般管理費等の運転資
      金、設備投資、M&Aを含む事業投資、有利子負債の返済になります。これら資金需要に対しては主に
      営業キャッシュ・フロー、金融機関からの借入により対応しております。
       当社グループは年間事業計画に基づく資金計画を作成し、事業拡大と財務体質強化に配慮しつつ、
      直接調達と間接調達そして短期と長期の適切なバランスなどを考慮し、流動性リスクを管理しており
      ます。なお、当社グループは500億円を上限とした社債発行登録を行っており、資金調達手段の多様
      化も進めております。
       また、資金の効率的な活用を目的としてCMS(キャッシュ・マネジメント・システム)の導入、グ
      ループ内の資金調達・管理の一元化を進めております。
                                  23/175





                                                           EDINET提出書類
                                                        JSR株式会社(E01003)
                                                            有価証券報告書
     (4)今後の見通し
       新型コロナウイルス感染拡大はグローバルな経済企業活動に影響を与え、今後の広がり方や収束時
      期等を予測することは極めて困難であります。そのような状況下で、入手可能な情報に基づき、翌連
      結会計年度の一定期間にわたり影響が継続するとし、各事業の2020年度売上高について以下の前提を
      置きました。
       また、販売減少リスクに備えて、コスト抑制を計画に織り込みました。





       その結果、売上高4,230億円(前期比10.4%減)、営業利益230億円(同30.1%減)、親会社株主に
      帰属する当期純利益150億円(同33.6%減)を見込んでおります。
       (重要な会計方針及び見積り)

       当社グループの連結財務諸表は、IFRSに準拠して作成しております。この連結財務諸表の作成にあ
      たり、必要となる事項につきましては合理的な基準に基づき、会計上の見積りを行っています。
       なお、当社グループの連結財務諸表で採用する重要な会計方針、会計上の見積り及び当該見積りに
      用いた仮定は、「第5 経理の状況 1連結財務諸表等(1)連結財務諸表 連結財務諸表注記 
      4.重要な会計方針、6.重要な会計上の見積り及び見積りを伴う判断」に記載しています。
                                  24/175











                                                           EDINET提出書類
                                                        JSR株式会社(E01003)
                                                            有価証券報告書
      4【経営上の重要な契約等】
        該当事項はありません。
      5【研究開発活動】

        当社グループにおける研究開発活動は、主に当社が主体となり多様化する社会的課題や市場の要
       請に応えるべく、コア技術である高分子技術の深耕とともに、有機化学、光化学、無機化学、精密
       加工、生化学、医学など他技術との融合により技術領域を拡大しながら、新たな事業分野の開拓を
       進めております。特にライフサイエンス分野は、当社グループの第3の事業の柱として研究開発に
       力を入れております。
        研究組織については、デジタル革命を起点とした変動など、急速に変化する社会ニーズに追随す
       るため、四日市地区の機能高分子研究所、精密電子研究所、ディスプレイソリューション研究所、
       先端材料研究所、エッジコンピューティング研究所、筑波地区の筑波研究所という体制で研究開発
       を進めております。また速やかな量産化・安定生産に向けて研究組織内にはプロセス技術開発室を
       設けて、研究開発品の製造プロセス検討の加速を図っています。また部門を越えた機能の交流拠
       点、さらには外部とのオープンイノベーションの拠点として四日市正門地区の新研究棟(Center
       of  Materials      Innovation)の活用を進めるとともに、同研究棟内のマテリアルズ・インフォマ
       ティクス推進室の活動を通して各分野へのデジタルマインドの醸成を進めています。一方、当社本
       社においては研究効率の向上と新規分野開拓の加速を図るべく、研究開発部、研究企画部、イノ
       ベーション推進部を設けております。
        当社グループはオープンイノベーション推進にも積極的に取り組んでおり、産学連携の研究開発
       活動として、ライフサイエンス分野では慶應義塾大学医学部と共同で「JSR・慶應義塾大学                                                 医学化
       学イノベーションセンター(JKiC)」を設立し、精密医療・幹細胞生物学と細胞医療・微生物叢・
       先端医療機器の共同研究を実施しています。さらに、川崎市殿町地区の国際戦略拠点キングスカイ
       フロントにライフサイエンス研究の深堀と早期の社会実装・インフォマティクスの強化・新事業を
       創出するためのインキュベーションを目的に新研究所                             JSR  Bioscience       and  informatics       R&D
       Center(略称:JSR           BiRD)の建設に着工しました(2021年7月開所予定)。
        海外においては、米国、ベルギー、韓国、台湾、中国においても顧客への技術サービスの提供及
       び製品開発へのフィードバックを進めております。
        当連結会計年度におけるグループ全体の研究開発費は、仕入品に係る受託研究費を含めて                                                 25,425
       百万円    となりました。
                                  25/175









                                                           EDINET提出書類
                                                        JSR株式会社(E01003)
                                                            有価証券報告書
        当連結会計年度の研究開発活動の概要は次のとおりであります。
       <エラストマー事業>

         エラストマー(省燃費・高耐久性・高性能タイヤ用合成ゴム、機能・加工性を向上させたニト
        リルゴム、エチレン・プロピレンゴム、ポリオレフィン樹脂改質用水添ポリマー及び熱可塑性エ
        ラストマー)、エマルジョン(操業性・印刷適性に優れたペーパーコーティングラテックス及び
        各種アクリルエマルジョン)、機能化学材料(高機能コーティング材料、高機能分散剤、工業用
        粒子、電池用材料等)の開発を中心に研究開発活動を行っております。
         当事業に係る研究開発費は、                 2,703   百万円    となりました。
       <合成樹脂事業>

         難燃ABS樹脂、耐熱ABS樹脂及び高機能複合ABS樹脂の開発並びにエンプラコンパウン
        ド技術及び量産化技術の開発を中心に研究開発活動を行っております。
         当事業に係る研究開発費は、                 1,067   百万円    となりました。
       <デジタルソリューション事業>

         半導体用材料(フォトレジスト、CMP材料、洗浄剤、実装材料、多層材料等)、ディスプレ
        イ材料(カラー液晶ディスプレイ用材料、有機ELディスプレイ材料等)の研究開発を進めるとと
        もに、エッジコンピューティングの進展に対応すべく耐熱透明樹脂や機能性フィルム開発等の研
        究開発活動を行っております。
         当事業に係る研究開発費は、                 13,502    百万円となりました。
       <ライフサイエンス事業>

         ライフサイエンス事業については,JSRライフサイエンス株式会社を中心に,株式会社医学生
        物学研究所、KBI          Biopharma,Inc.、Selexis              S.A.、さらにはCrown            Bioscience       Internationalと
        いったグループ各社との協業によりバイオ医薬品分野および先端診断分野を中心に事業展開を進
        めるとともに、医薬品開発プロセスの革新を目指しております。
         当事業に係る研究開発費は、                 3,503   百万円となりました。
       <その他事業>

         持続可能な価値の創造を目指し、先端材料研究所をはじめ各研究所において次世代事業に向け
        た研究・製品開発を推進しています。一例として、優位性のある素材と加工技術の相乗効果を
        狙った環境分野(リチウムイオン電池用材料等)や5G、エッジコンピューティング、IoT、AI
        分野をはじめとする研究開発に取り組んでいます。また、マテリアルズ・インフォマティクス推
        進室においては、デジタル活用によるR&D効率向上と新規材料・ビジネス創出を目指し、
        Enthought、IBMなど外部との協業を進めるとともに、その成果の社内浸透を進めています。JKiC
        においては、将来にわたるライフサイエンス事業の拡大を目指し、世界最高峰の医学研究者との
        共同研究を通して、4つの主要研究領域(①精密医療、②幹細胞生物学と細胞医療、③微生物
        叢、④先端医療機器)を中心に新たな医療分野の展開を支える革新的な材料や製品の開発に取り
        組んでいます。
         当事業に係る研究開発費は、4,650百万円となりました。
                                  26/175




                                                           EDINET提出書類
                                                        JSR株式会社(E01003)
                                                            有価証券報告書
     第3【設備の状況】
      1【設備投資等の概要】
        当社グループは、当連結会計年度において、                         45,880    百万円の設備投資を行っております。
        エラストマー事業においては、ハンガリーの合弁会社JSR                                MOL  Synthetic      Rubber    Ltd.において

       2020年度稼働に向けて、SSBR製造プラントを建設しており、全体として                                       15,560    百万円の設備投資を
       行っております。
        合成樹脂事業においては、主に連結子会社であるテクノUMG(株)において更新工事や合成樹脂

       製造設備合理化工事を中心に、                 2,891   百万円の設備投資を行っております。
        デジタルソリューション事業においては、主に半導体材料事業における能力増強工事のほか、研

       究開発用設備を中心に、             18,341    百万円の設備投資を行っております。
        ライフサイエンス事業においては、アメリカの連結子会社KBI                                   Biopharma,       Inc.におけるバイオ

       医薬品製造設備の能力増強工事を中心に、                       8,613   百万円の投資を行っております。
        上記設備投資額には、無形資産及び長期前払費用への投資額を含めております。

        なお、非継続事業に分類した事業は含めておりません。
        また、当連結会計年度において重要な設備の除却、売却等はありません。
      2【主要な設備の状況】

       (1)提出会社
                                                   2020年3月31日現在
                                       帳簿価額(単位:百万円)
       事業所名                                                 従業員数
               セグメントの名称          設備の内容
       (所在地)                         建物及び     機械装置      土地              (名)
                                               その他     合計
                                 構築物    及び運搬具
                                          (面積㎡)
                       エラストマー及びデ
              エラストマー及び
     四日市工場                  ジタルソリューショ                    6,963
              デジタルソリュー
                                 19,059     16,813          6,755    49,590     1,716
     (三重県四日市市)                  ン製品の製造並びに                   (823,739)
              ション事業及び全社
                       研究開発設備
              エラストマー及び         エラストマー及びデ
                                            910
     千葉工場
              デジタルソリュー         ジタルソリューショ
                                 1,532     2,104           705    5,252      211
                                          (221,659)
     (千葉県市原市)
              ション事業         ン製品の製造設備
     鹿島工場                  エラストマーの製造                    1,733
              エラストマー事業
                                 1,313     3,687           301    7,035      181
     (茨城県神栖市)                  設備                   (407,020)
     筑波研究所
              ライフサイエンス事                             1,251
                       研究開発設備           1,220      0         285    2,756      72
     (茨城県つくば市)         業及び全社                            (38,905)
       (2)国内子会社

                                                   2020年3月31日現在
                                       帳簿価額(単位:百万円)
            事業所名      セグメントの                                       従業員数
       会社名                   設備の内容
            (所在地)        名称             建物及び     機械装置      土地              (名)
                                                その他     合計
                                 構築物    及び運搬具     (面積㎡)
           四日市事業所
                                            1,771
           (三重県       合成樹脂事業      合成樹脂製造設備
     テクノUMG㈱                            5,569     5,986          1,720    15,045      755
                                           (129,134)
           四日市市)等
                                  27/175




                                                           EDINET提出書類
                                                        JSR株式会社(E01003)
                                                            有価証券報告書
       (3)在外子会社
                                                   2020年3月31日現在
                                       帳簿価額(単位:百万円)
             事業所名      セグメントの                                      従業員数
       会社名                   設備の内容
            (所在地)        名称                                     (名)
                                建物及び     機械装置      土地
                                                その他     合計
                                 構築物    及び運搬具     (面積㎡)
            本社・工場      デジタルソ       集積回路・光電
     JSR                                       2,332
            (米国カリフ      リューション       子部品用化学製        1,894     1,709          8,200    14,136      190
     Micro,Inc.                                     (156,978)
            ォルニア州)      事業       品製造設備
                  デジタルソ       集積回路・光電
            本社・工場
     JSR
                  リューション       子部品用化学製                    170
            (ベルギール
                                 2,033     1,406           458    4,067     205
     Micro   N.V.
                  及びライフサ       品及びバイオ医                  (34,082)
            ーバン市)
                  イエンス事業       薬品製造設備
                         溶液重合スチレ
     JSR  BST
            本社・工場
                  エラストマー       ンブタジエンゴ
     Elastomer       (タイ国
                                 1,447     22,195      312     697   24,652      263
                  事業       ム(SSBR)製造設
            ラヨン県)
     Co.,Ltd.
                         備
            本社・工場             溶液重合スチレ
     JSR  MOL
            (ハンガリー      エラストマー       ンブタジエンゴ
     Synthetic
                                  599      84      -  37,276     37,960      156
            ブダペスト
                  事業       ム(SSBR)製造設
     Rubber   Ltd.
            市)             備
            本社・工場
     KBI
            (米国ノース      ライフサイエ       バイオ医薬品製
                                 8,567     3,808       -   1,769    14,144      953
     Biopharma,
            カロライナ      ンス事業       造設備
     Inc.
            州)
      (注)1 金額には使用権資産を含んでおります。なお、消費税等は含んでおりません。
         2 帳簿価額の「その他」には工具器具備品及び建設仮勘定を含んでおります。
         3 提出会社のそれぞれの事業所には周辺の福利厚生施設用の土地、建物等を含んでおります。
         4 国内子会社の「土地」については、上表の他に提出会社より工場用地等として次のとおり賃借しておりま
           す。
                                        帳簿価額         面積
             会社名
           テクノUMG㈱
                                       448百万円        36,163㎡
         5 海外子会社の「土地」については、上表の他に連結会社以外から工場用地等として次のとおり賃借しており
           ます。
                                        年間地代         面積
             会社名
           JSR  BST  Elastomer     Co.,Ltd.
                                        56百万円       82,538㎡
      3【設備の新設、除却等の計画】

       (1)重要な設備の新設等
         当連結会計年度末現在において、ハンガリーに設立した合弁会社JSR                                       MOL  Synthetic      Rubber
        Ltd.において6万トン/年のSSBR製造プラントを建設し、2020年度中の稼働を計画しておりま
        す。
         当連結会計年度末現在において、米国連結子会社であるJSR                                  Micro,    Inc.の最先端半導体向け
        機能性洗浄剤の製造能力増強のため、2020年度稼働を目指し、米国オレゴン州に新規工場の建設
        をしております。
         当連結会計年度末現在において、川崎市殿町の国際戦略拠点であるキング                                          スカイフロントに
        2021年の開所を目指し、新たに研究所の建設をしております。
       (2)重要な設備の除却等

         当連結会計年度において、新たに確定した重要な設備の除却等の計画はありません。
                                  28/175





                                                           EDINET提出書類
                                                        JSR株式会社(E01003)
                                                            有価証券報告書
     第4【提出会社の状況】
      1【株式等の状況】
       (1)【株式の総数等】
        ①【株式の総数】
                  種類                       発行可能株式総数(株)
                 普通株式                           696,061,000
                  計                          696,061,000

        ②【発行済株式】

                 事業年度末現在             提出日現在
                                       上場金融商品取引所名又
                 発行数(株)            発行数(株)
        種類                               は登録認可金融商品取引               内容
                (2020年3月31日)            (2020年6月30日)               業協会名
                                         東京証券取引所
                                                    単元株式数は100
                    226,126,145            226,126,145
       普通株式
                                         (市場第一部)
                                                    株であります。
                    226,126,145            226,126,145            -           -
         計
                                  29/175















                                                           EDINET提出書類
                                                        JSR株式会社(E01003)
                                                            有価証券報告書
       (2)【新株予約権等の状況】
        ①【ストックオプション制度の内容】
            当社は2001年改正旧商法に基づき新株予約権を発行しております。
            なお、下記はIFRSで要求される開示の一部であり、「第5 経理の状況 1 連結財務諸
           表等(1)連結財務諸表 連結財務諸表注記 33.株式に基づく報酬 (1)ストックオプ
           ション制度」で上記を参照しております。
     決議年月日                   2005年6月17日
                        当社取締役 8名
     付与対象者の区分及び人数
                        当社執行役員 13名
     新株予約権の数 ※                   61個
     新株予約権の目的となる株式の種類、
                        普通株式 6,100株 (注)1
     内容及び数 ※
                        各新株予約権の行使により発行又は移転する株式1株当たりの払込金額を1円
     新株予約権の行使時の払込金額 ※
                        とし、これに付与株式数を乗じた額とする。
     新株予約権の行使期間 ※                   2005年6月18日~2025年6月17日
     新株予約権の行使により株式を発行す
                        発行価格  1円
     る場合の株式の発行価格及び資本組入
                        資本組入額 1円 (注)2
     額 ※
                        ① 新株予約権者は、当社の取締役又は執行役員のいずれの地位をも喪失した
                          日の翌日(以下「権利行使開始日」という)から新株予約権を行使できる
                          ものとする。
                        ② 前記①にかかわらず、新株予約権者は以下のア)、イ)に定める場合に
                          は、それぞれに定める期間内に限り新株予約権を行使できる。
                         ア)2024年6月17日に至るまで新株予約権者が権利行使開始日を迎えなかっ
                           た場合には、2024年6月18日から2025年6月17日まで新株予約権を行使
     新株予約権の行使の条件 ※                      できる。
                         イ)当社が消滅会社となる合併契約書、当社が完全子会社となる株式交換契
                           約書の議案又は株式移転の議案につき当社株主総会で承認された場合
                           当該承認日の翌日から15日以内
                        ③ 新株予約権1個当たりの一部行使はできないものとする。
                        ④ その他の新株予約権の行使の条件については、当社取締役会の決議に基づ
                          き、当社と対象取締役又は執行役員との間で締結する新株予約権割当契約
                          の定めるところによる。
     新株予約権の譲渡に関する事項 ※                   新株予約権を譲渡するときは、当社取締役会の承認を要するものとする。
     組織再編成行為に伴う新株予約権の交
                                         ――
     付に関する事項 ※
      ※ 当事業年度の末日(2020年3月31日)における内容を記載しております。提出日の前月末現在(2020年5月31日)
        において、記載すべき内容が当事業年度の末日における内容から変更がないため、提出日の前月末現在に係る記載
        を省略しております。
      (注)1.新株予約権発行後、当社が株式分割、株式併合を行う場合は、次の算式により払込金額を調整し、調整によ
           り生ずる1株未満の端数については、これを切り捨てます。ただし、かかる調整は当該時点で新株予約権が
           行使されていない株式数についてのみ行います。
             調整株式数=調整前株式数×分割・併合の比率
           また、当社が合併又は会社分割を行う場合等、目的たる株式数の調整を必要とするやむをえない事由が生じ
           たときは、合併又は会社分割等の条件を勘案のうえ、合理的な範囲で目的たる株式数を調整するものとしま
           す。
         2.新株の発行に代えて当社が保有する自己株式を移転する場合は資本組入れは生じません。
                                  30/175




                                                           EDINET提出書類
                                                        JSR株式会社(E01003)
                                                            有価証券報告書
            当社は会社法に基づき新株予約権を発行しております。
            なお、下記はIFRSで要求される開示の一部であり、「第5 経理の状況 1 連結財務諸
           表等(1)連結財務諸表 連結財務諸表注記 33.株式に基づく報酬 (1)ストックオプ
           ション制度」で上記を参照しております。
     決議年月日                   2006年6月16日
                        当社取締役 9名
     付与対象者の区分及び人数
                        当社執行役員 13名
     新株予約権の数 ※                   46個
     新株予約権の目的となる株式の種類、
                        普通株式 4,600株
     内容及び数 ※
                        各新株予約権の行使により発行又は移転する株式1株当たりの払込金額を1円
     新株予約権の行使時の払込金額 ※
                        とし、これに付与株式数を乗じた額とする。
     新株予約権の行使期間 ※                   2006年8月2日~2026年6月16日
     新株予約権の行使により株式を発行す
                        発行価格  1円
     る場合の株式の発行価格及び資本組入
                        資本組入額 1円 (注)
     額 ※
                        (1)新株予約権者は、当社の取締役又は執行役員のいずれの地位をも喪失し
                           た日の翌日(以下「権利行使開始日」という)から新株予約権を行使で
                           きるものとする。
                        (2)上記(1)にかかわらず、新株予約権者は以下の①、②に定める場合に
                           は、それぞれに定める期間内に限り新株予約権を行使できるものとす
                           る。
                          ① 2025年6月16日に至るまで新株予約権者が権利行使開始日を迎えな
                            かった場合
     新株予約権の行使の条件 ※                       2025年6月17日から2026年6月16日まで
                          ② 当社が消滅会社となる合併契約書、当社が完全子会社となる株式交換
                            契約書の議案又は株式移転の議案につき当社株主総会で承認された場
                            合
                            当該承認日の翌日から15日以内
                        (3)各新株予約権は1個を分割して一部のみ行使することはできないものと
                           する。
                        (4)その他の権利行使の条件は、当社と当該取締役又は執行役員との間で締
                           結される新株予約権割当契約書に定めるものとする。
     新株予約権の譲渡に関する事項 ※                   新株予約権を譲渡するときは、当社取締役会の承認を要するものとする。
     組織再編成行為に伴う新株予約権の交
                                         ――
     付に関する事項 ※
      ※ 当事業年度の末日(2020年3月31日)における内容を記載しております。提出日の前月末現在(2020年5月31日)
        において、記載すべき内容が当事業年度の末日における内容から変更がないため、提出日の前月末現在に係る記載
        を省略しております。
      (注) 新株の発行に代えて当社が保有する自己株式を移転する場合は資本組入れは生じません。
                                  31/175






                                                           EDINET提出書類
                                                        JSR株式会社(E01003)
                                                            有価証券報告書
     決議年月日                   2007年6月15日

                        当社取締役 9名
     付与対象者の区分及び人数
                        当社執行役員 12名
     新株予約権の数 ※                   64個
     新株予約権の目的となる株式の種類、
                        普通株式 6,400株
     内容及び数 ※
                        各新株予約権の行使により発行又は移転する株式1株当たりの払込金額を1円
     新株予約権の行使時の払込金額 ※
                        とし、これに付与株式数を乗じた額とする。
     新株予約権の行使期間 ※                   2007年7月11日~2027年7月10日
     新株予約権の行使により株式を発行す
                        発行価格  1円
     る場合の株式の発行価格及び資本組入
                        資本組入額 1円 (注)
     額 ※
                        (1)新株予約権者は、当社の取締役又は執行役員のいずれの地位をも喪失し
                           た日の翌日(以下「権利行使開始日」という)から新株予約権を行使で
                           きるものとする。
                        (2)上記(1)にかかわらず、新株予約権者は以下の①又は②に定める場合
                           には、それぞれに定める期間内に限り新株予約権を行使できるものとす
                           る。
                          ① 新株予約権者が、割当日の翌日から19年を経過した日までに権利行使
                            開始日を迎えなかった場合
                            割当日の翌日から19年を経過した日の翌日から権利行使期間の満了日
     新株予約権の行使の条件 ※
                            までとする。
                          ② 当社が消滅会社となる合併契約、当社が完全子会社となる株式交換契
                            約の議案又は株式移転計画の議案につき当社株主総会で承認された場
                            合
                            当該承認日の翌日から15日以内とする。
                        (3)各新株予約権は1個を分割して一部のみ行使することはできないものと
                           する。
                        (4)その他の権利行使の条件は、当社と当該取締役及び執行役員との間で締
                           結される新株予約権割当契約書に定めるものとする。
     新株予約権の譲渡に関する事項 ※                   新株予約権を譲渡するときは、当社取締役会の承認を要するものとする。
     組織再編成行為に伴う新株予約権の交
                                         ――
     付に関する事項 ※
      ※ 当事業年度の末日(2020年3月31日)における内容を記載しております。提出日の前月末現在(2020年5月31日)
        において、記載すべき内容が当事業年度の末日における内容から変更がないため、提出日の前月末現在に係る記載
        を省略しております。
      (注) 新株の発行に代えて当社が保有する自己株式を移転する場合は資本組入れは生じません。
                                  32/175







                                                           EDINET提出書類
                                                        JSR株式会社(E01003)
                                                            有価証券報告書
     決議年月日                   2008年6月13日
                        当社取締役 9名
     付与対象者の区分及び人数
                        当社執行役員 13名
     新株予約権の数 ※                   137個
     新株予約権の目的となる株式の種類、
                        普通株式 13,700株
     内容及び数 ※
                        各新株予約権の行使により発行又は移転する株式1株当たりの払込金額を1円
     新株予約権の行使時の払込金額 ※
                        とし、これに付与株式数を乗じた額とする。
     新株予約権の行使期間 ※                   2008年7月16日~2028年7月15日
     新株予約権の行使により株式を発行す
                        発行価格  1円
     る場合の株式の発行価格及び資本組入
                        資本組入額 1円 (注)
     額 ※
                        (1)新株予約権者は、当社の取締役又は執行役員のいずれの地位をも喪失し
                           た日の翌日(以下「権利行使開始日」という)から新株予約権を行使で
                           きるものとする。
                        (2)上記(1)にかかわらず、新株予約権者は以下の①又は②に定める場合
                           には、それぞれに定める期間内に限り新株予約権を行使できるものとす
                           る。
                          ① 新株予約権者が、割当日の翌日から19年を経過した日までに権利行使
                            開始日を迎えなかった場合
     新株予約権の行使の条件 ※
                            割当日の翌日から19年を経過した日の翌日から権利行使期間の満了日
                            までとする。
                          ② 当社が消滅会社となる合併契約、当社が完全子会社となる株式交換契
                            約の議案又は株式移転計画の議案につき当社株主総会で承認された場
                            合
                            当該承認日の翌日から15日以内とする。
                        (3)各新株予約権は1個を分割して一部のみ行使することはできないものと
                           する。
     新株予約権の譲渡に関する事項 ※                   新株予約権を譲渡するときは、当社取締役会の承認を要するものとする。
     組織再編成行為に伴う新株予約権の交
                                         ――
     付に関する事項 ※
      ※ 当事業年度の末日(2020年3月31日)における内容を記載しております。提出日の前月末現在(2020年5月31日)
        において、記載すべき内容が当事業年度の末日における内容から変更がないため、提出日の前月末現在に係る記載
        を省略しております。
      (注) 新株の発行に代えて当社が保有する自己株式を移転する場合は資本組入れは生じません。
                                  33/175








                                                           EDINET提出書類
                                                        JSR株式会社(E01003)
                                                            有価証券報告書
     決議年月日                   2009年6月16日
                        当社取締役 9名
     付与対象者の区分及び人数
                        当社執行役員 9名
     新株予約権の数 ※                   234個
     新株予約権の目的となる株式の種類、
                        普通株式 23,400株
     内容及び数 ※
                        各新株予約権の行使により発行又は移転する株式1株当たりの払込金額を1円
     新株予約権の行使時の払込金額 ※
                        とし、これに付与株式数を乗じた額とする。
     新株予約権の行使期間 ※                   2009年7月15日~2029年7月14日
     新株予約権の行使により株式を発行す
                        発行価格  1円
     る場合の株式の発行価格及び資本組入
                        資本組入額 1円 (注)
     額 ※
                        (1)新株予約権者は、当社の取締役又は執行役員のいずれの地位をも喪失し
                           た日の翌日(以下「権利行使開始日」という)から新株予約権を行使で
                           きるものとする。
                        (2)上記(1)にかかわらず、新株予約権者は以下の①又は②に定める場合
                           には、それぞれに定める期間内に限り新株予約権を行使できるものとす
                           る。
                          ① 新株予約権者が、割当日の翌日から19年を経過した日までに権利行使
                            開始日を迎えなかった場合
     新株予約権の行使の条件 ※
                            割当日の翌日から19年を経過した日の翌日から権利行使期間の満了日
                            までとする。
                          ② 当社が消滅会社となる合併契約、当社が完全子会社となる株式交換契
                            約の議案又は株式移転計画の議案につき当社株主総会で承認された場
                            合
                            当該承認日の翌日から15日以内とする。
                        (3)各新株予約権は1個を分割して一部のみ行使することはできないものと
                           する。
     新株予約権の譲渡に関する事項 ※                   新株予約権を譲渡するときは、当社取締役会の承認を要するものとする。
     組織再編成行為に伴う新株予約権の交
                                         ――
     付に関する事項 ※
      ※ 当事業年度の末日(2020年3月31日)における内容を記載しております。提出日の前月末現在(2020年5月31日)
        において、記載すべき内容が当事業年度の末日における内容から変更がないため、提出日の前月末現在に係る記載
        を省略しております。
      (注) 新株の発行に代えて当社が保有する自己株式を移転する場合は資本組入れは生じません。
                                  34/175








                                                           EDINET提出書類
                                                        JSR株式会社(E01003)
                                                            有価証券報告書
     決議年月日                   2010年6月18日
                        当社取締役 9名
     付与対象者の区分及び人数
                        当社執行役員 10名
     新株予約権の数 ※                   404個
     新株予約権の目的となる株式の種類、
                        普通株式 40,400株
     内容及び数 ※
                        各新株予約権の行使により発行又は移転する株式1株当たりの払込金額を1円
     新株予約権の行使時の払込金額 ※
                        とし、これに付与株式数を乗じた額とする。
     新株予約権の行使期間 ※                   2010年7月14日~2030年7月13日
     新株予約権の行使により株式を発行す
                        発行価格  1円
     る場合の株式の発行価格及び資本組入
                        資本組入額 1円 (注)
     額 ※
                        (1)新株予約権者は、当社の取締役又は執行役員のいずれの地位をも喪失し
                           た日の翌日(以下「権利行使開始日」という)から新株予約権を行使で
                           きるものとする。
                        (2)上記(1)にかかわらず、新株予約権者は以下の①又は②に定める場合
                           には、それぞれに定める期間内に限り新株予約権を行使できるものとす
                           る。
                          ① 新株予約権者が、割当日の翌日から19年を経過した日までに権利行使
                            開始日を迎えなかった場合
     新株予約権の行使の条件 ※
                            割当日の翌日から19年を経過した日の翌日から権利行使期間の満了日
                            までとする。
                          ② 当社が消滅会社となる合併契約、当社が完全子会社となる株式交換契
                            約の議案又は株式移転計画の議案につき当社株主総会で承認された場
                            合
                            当該承認日の翌日から15日以内とする。
                        (3)各新株予約権は1個を分割して一部のみ行使することはできないものと
                           する。
     新株予約権の譲渡に関する事項 ※                   新株予約権を譲渡するときは、当社取締役会の承認を要するものとする。
     組織再編成行為に伴う新株予約権の交
                                         ――
     付に関する事項 ※
      ※ 当事業年度の末日(2020年3月31日)における内容を記載しております。提出日の前月末現在(2020年5月31日)
        において、記載すべき内容が当事業年度の末日における内容から変更がないため、提出日の前月末現在に係る記載
        を省略しております。
      (注) 新株の発行に代えて当社が保有する自己株式を移転する場合は資本組入れは生じません。
                                  35/175








                                                           EDINET提出書類
                                                        JSR株式会社(E01003)
                                                            有価証券報告書
     決議年月日                   2011年6月17日

                        当社取締役 4名
     付与対象者の区分及び人数
                        当社執行役員 17名
     新株予約権の数 ※
                        616個
     新株予約権の目的となる株式の種類、
                        普通株式 61,600株
     内容及び数 ※
                        各新株予約権の行使により発行又は移転する株式1株当たりの払込金額を1円
     新株予約権の行使時の払込金額 ※
                        とし、これに付与株式数を乗じた額とする。
     新株予約権の行使期間 ※
                        2011年7月13日~2031年7月12日
     新株予約権の行使により株式を発行す
                        発行価格  1円
     る場合の株式の発行価格及び資本組入
                        資本組入額 1円 (注)
     額 ※
                        (1)新株予約権者は、当社の取締役又は執行役員のいずれの地位をも喪失し
                           た日の翌日(以下「権利行使開始日」という)から新株予約権を行使で
                           きるものとする。
                        (2)上記(1)にかかわらず、新株予約権者は以下の①又は②に定める場合
                           には、それぞれに定める期間内に限り新株予約権を行使できるものとす
                           る。
                          ① 新株予約権者が、割当日の翌日から19年を経過した日までに権利行使
                            開始日を迎えなかった場合
     新株予約権の行使の条件 ※
                            割当日の翌日から19年を経過した日の翌日から権利行使期間の満了日
                            までとする。
                          ② 当社が消滅会社となる合併契約、当社が完全子会社となる株式交換契
                            約の議案又は株式移転計画の議案につき当社株主総会で承認された場
                            合
                            当該承認日の翌日から15日以内とする。
                        (3)各新株予約権は1個を分割して一部のみ行使することはできないものと
                           する。
     新株予約権の譲渡に関する事項 ※
                        新株予約権を譲渡するときは、当社取締役会の承認を要するものとする。
     組織再編成行為に伴う新株予約権の交
                                         ――
     付に関する事項 ※
      ※ 当事業年度の末日(2020年3月31日)における内容を記載しております。提出日の前月末現在(2020年5月31日)
        において、記載すべき内容が当事業年度の末日における内容から変更がないため、提出日の前月末現在に係る記載
        を省略しております。
      (注) 新株の発行に代えて当社が保有する自己株式を移転する場合は資本組入れは生じません。
                                  36/175








                                                           EDINET提出書類
                                                        JSR株式会社(E01003)
                                                            有価証券報告書
     決議年月日                   2012年6月15日
                        当社取締役 5名
     付与対象者の区分及び人数
                        当社執行役員 18名
     新株予約権の数 ※
                        841個
     新株予約権の目的となる株式の種類、
                        普通株式 84,100株
     内容及び数 ※
                        各新株予約権の行使により発行又は移転する株式1株当たりの払込金額を1円
     新株予約権の行使時の払込金額 ※
                        とし、これに付与株式数を乗じた額とする。
     新株予約権の行使期間 ※
                        2012年7月11日~2032年7月10日
     新株予約権の行使により株式を発行す
                        発行価格  1円
     る場合の株式の発行価格及び資本組入
                        資本組入額 1円 (注)
     額 ※
                        (1)新株予約権者は、当社の取締役又は執行役員のいずれの地位をも喪失し
                           た日の翌日(以下「権利行使開始日」という)から新株予約権を行使で
                           きるものとする。
                        (2)上記(1)にかかわらず、新株予約権者は以下の①又は②に定める場合
                           には、それぞれに定める期間内に限り新株予約権を行使できるものとす
                           る。
                          ① 新株予約権者が、割当日の翌日から19年を経過した日までに権利行使
                            開始日を迎えなかった場合
     新株予約権の行使の条件 ※
                            割当日の翌日から19年を経過した日の翌日から権利行使期間の満了日
                            までとする。
                          ② 当社が消滅会社となる合併契約、当社が完全子会社となる株式交換契
                            約の議案又は株式移転計画の議案につき当社株主総会で承認された場
                            合
                            当該承認日の翌日から15日以内とする。
                        (3)各新株予約権は1個を分割して一部のみ行使することはできないものと
                           する。
     新株予約権の譲渡に関する事項 ※
                        新株予約権を譲渡するときは、当社取締役会の承認を要するものとする。
     組織再編成行為に伴う新株予約権の交
                                         ――
     付に関する事項 ※
      ※ 当事業年度の末日(2020年3月31日)における内容を記載しております。提出日の前月末現在(2020年5月31日)
        において、記載すべき内容が当事業年度の末日における内容から変更がないため、提出日の前月末現在に係る記載
        を省略しております。
      (注) 新株の発行に代えて当社が保有する自己株式を移転する場合は資本組入れは生じません。
                                  37/175








                                                           EDINET提出書類
                                                        JSR株式会社(E01003)
                                                            有価証券報告書
     決議年月日                   2013年6月21日

                        当社取締役 4名
     付与対象者の区分及び人数
                        当社執行役員 18名
     新株予約権の数 ※
                        297個   〔281個〕
     新株予約権の目的となる株式の種類、
                        普通株式 29,700株         〔28,100株〕
     内容及び数 ※
                        各新株予約権の行使により発行又は移転する株式1株当たりの払込金額を1円
     新株予約権の行使時の払込金額 ※
                        とし、これに付与株式数を乗じた額とする。
     新株予約権の行使期間 ※
                        2013年7月17日~2033年7月16日
     新株予約権の行使により株式を発行す
                        発行価格  1円
     る場合の株式の発行価格及び資本組入
                        資本組入額 1円 (注)
     額 ※
                        (1)新株予約権者は、当社の取締役もしくは執行役員のいずれの地位をも喪
                           失した日の翌日、又は新株予約権の割当日の翌日から3年を経過した日
                           の翌日、のいずれか早い日(以下「権利行使開始日」という)から新株
                           予約権を行使できるものとする。
                        (2)上記(1)にかかわらず、               当社が消滅会社となる合併契約、当社が完全
     新株予約権の行使の条件 ※
                           子会社となる株式交換契約の議案又は株式移転計画の議案につき当社株
                           主総会で承認された場合、新株予約権者は当該承認日の翌日から15日以
                           内に限り行使できるものとする。
                        (3)各新株予約権は1個を分割して一部のみ行使することはできないものと
                           する。
     新株予約権の譲渡に関する事項 ※
                        新株予約権を譲渡するときは、当社取締役会の承認を要するものとする。
     組織再編成行為に伴う新株予約権の交
                                         ――
     付に関する事項 ※
      ※ 当事業年度の末日(2020年3月31日)における内容を記載しております。当事業年度の末日から提出日の前月末現
        在(2020年5月31日)にかけて変更された事項については、提出日の前月末現在における内容を〔 〕内に記載し
        ており、その他の事項については当事業年度の末日における内容から変更はありません。
      (注) 新株の発行に代えて当社が保有する自己株式を移転する場合は資本組入れは生じません。
                                  38/175










                                                           EDINET提出書類
                                                        JSR株式会社(E01003)
                                                            有価証券報告書
     決議年月日                   2014年6月17日
                        当社取締役 4名
     付与対象者の区分及び人数
                        当社執行役員 19名
     新株予約権の数 ※
                        338個   〔320個〕
     新株予約権の目的となる株式の種類、
                        普通株式 33,800株         〔32,000株〕
     内容及び数 ※
                        各新株予約権の行使により発行又は移転する株式1株当たりの払込金額を1円
     新株予約権の行使時の払込金額 ※
                        とし、これに付与株式数を乗じた額とする。
     新株予約権の行使期間 ※
                        2014年7月31日~2034年7月30日
     新株予約権の行使により株式を発行す
                        発行価格  1円
     る場合の株式の発行価格及び資本組入
                        資本組入額 1円 (注)
     額 ※
                        (1)新株予約権者は、当社の取締役もしくは執行役員のいずれの地位をも喪
                           失した日の翌日、又は新株予約権の割当日の翌日から3年を経過した日
                           の翌日、のいずれか早い日(以下「権利行使開始日」という)から新株
                           予約権を行使できるものとする。
                        (2)上記(1)にかかわらず、               当社が消滅会社となる合併契約、当社が完全
     新株予約権の行使の条件 ※
                           子会社となる株式交換契約の議案又は株式移転計画の議案につき当社株
                           主総会で承認された場合、新株予約権者は当該承認日の翌日から15日以
                           内に限り行使できるものとする。
                        (3)各新株予約権は1個を分割して一部のみ行使することはできないものと
                           する。
     新株予約権の譲渡に関する事項 ※
                        新株予約権を譲渡するときは、当社取締役会の承認を要するものとする。
     組織再編成行為に伴う新株予約権の交
                                         ――
     付に関する事項 ※
      ※ 当事業年度の末日(2020年3月31日)における内容を記載しております。                                    当事業年度の末日から提出日の前月末現
        在(2020年5月31日)にかけて変更された事項については、提出日の前月末現在における内容を〔 〕内に記載し
        ており、その他の事項については当事業年度の末日における内容から変更はありません。
      (注) 新株の発行に代えて当社が保有する自己株式を移転する場合は資本組入れは生じません。
                                  39/175










                                                           EDINET提出書類
                                                        JSR株式会社(E01003)
                                                            有価証券報告書
     決議年月日                   2015年6月17日

                        当社取締役 4名
     付与対象者の区分及び人数
                        当社執行役員 19名
     新株予約権の数 ※
                        105個   〔15個〕
     新株予約権の目的となる株式の種類、
                        普通株式 10,500株         〔1,500株〕
     内容及び数 ※
                        各新株予約権の行使により発行又は移転する株式1株当たりの払込金額を1円
     新株予約権の行使時の払込金額 ※
                        とし、これに付与株式数を乗じた額とする。
     新株予約権の行使期間 ※
                        2015年7月29日~2020年7月28日
     新株予約権の行使により株式を発行す
                        発行価格  1円
     る場合の株式の発行価格及び資本組入
                        資本組入額 1円 (注)
     額 ※
                        (1)新株予約権者は、当社の取締役もしくは執行役員のいずれの地位をも喪
                           失した日の翌日、又は新株予約権の割当日の翌日から3年を経過した日
                           の翌日、のいずれか早い日(以下「権利行使開始日」という)から新株
                           予約権を行使できるものとする。
                        (2)上記(1)にかかわらず、               当社が消滅会社となる合併契約、当社が完全
     新株予約権の行使の条件 ※
                           子会社となる株式交換契約の議案又は株式移転計画の議案につき当社株
                           主総会で承認された場合、新株予約権者は当該承認日の翌日から15日以
                           内に限り行使できるものとする。
                        (3)各新株予約権は1個を分割して一部のみ行使することはできないものと
                           する。
     新株予約権の譲渡に関する事項 ※
                        新株予約権を譲渡するときは、当社取締役会の承認を要するものとする。
     組織再編成行為に伴う新株予約権の交
                                         ――
     付に関する事項 ※
      ※ 当事業年度の末日(2020年3月31日)における内容を記載しております。                                    当事業年度の末日から提出日の前月末現
        在(2020年5月31日)にかけて変更された事項については、提出日の前月末現在における内容を〔 〕内に記載し
        ており、その他の事項については当事業年度の末日における内容から変更はありません。
      (注) 新株の発行に代えて当社が保有する自己株式を移転する場合は資本組入れは生じません。
                                  40/175










                                                           EDINET提出書類
                                                        JSR株式会社(E01003)
                                                            有価証券報告書
     決議年月日                   2016年6月17日
                        当社取締役 5名
     付与対象者の区分及び人数
                        当社執行役員 18名
     新株予約権の数 ※
                        467個   〔328個〕
     新株予約権の目的となる株式の種類、
                        普通株式 46,700株         〔32,800個〕
     内容及び数 ※
                        各新株予約権の行使により発行又は移転する株式1株当たりの払込金額を1円
     新株予約権の行使時の払込金額 ※
                        とし、これに付与株式数を乗じた額とする。
     新株予約権の行使期間 ※
                        2016年7月28日~2021年7月27日
     新株予約権の行使により株式を発行す
                        発行価格  1円
     る場合の株式の発行価格及び資本組入
                        資本組入額 1円 (注)
     額 ※
                        (1)新株予約権者は、当社の取締役もしくは執行役員のいずれの地位をも喪
                           失した日の翌日、又は新株予約権の割当日の翌日から3年を経過した日
                           の翌日、のいずれか早い日(以下「権利行使開始日」という)から新株
                           予約権を行使できるものとする。
                        (2)上記(1)にかかわらず、               当社が消滅会社となる合併契約、当社が完全
     新株予約権の行使の条件 ※
                           子会社となる株式交換契約の議案又は株式移転計画の議案につき当社株
                           主総会で承認された場合、新株予約権者は当該承認日の翌日から15日以
                           内に限り行使できるものとする。
                        (3)各新株予約権は1個を分割して一部のみ行使することはできないものと
                           する。
     新株予約権の譲渡に関する事項 ※
                        新株予約権を譲渡するときは、当社取締役会の承認を要するものとする。
     組織再編成行為に伴う新株予約権の交
                                         ――
     付に関する事項 ※
      ※ 当事業年度の末日(2020年3月31日)における内容を記載しております。当事業年度の末日から提出日の前月末現
        在(2020年5月31日)にかけて変更された事項については、提出日の前月末現在における内容を〔 〕内に記載し
        ており、その他の事項については当事業年度の末日における内容から変更はありません。
      (注) 新株の発行に代えて当社が保有する自己株式を移転する場合は資本組入れは生じません。
        ②【ライツプランの内容】

            該当事項はありません。
        ③【その他の新株予約権等の状況】

            該当事項はありません。
                                  41/175







                                                           EDINET提出書類
                                                        JSR株式会社(E01003)
                                                            有価証券報告書
       (3)【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】
            該当事項はありません。
       (4)【発行済株式総数、資本金等の推移】

                  発行済株式       発行済株式       資本金増減額        資本金残高       資本準備金       資本準備金
         年月日         総数増減数        総数残高                      増減額        残高
                   (千株)       (千株)       (百万円)       (百万円)       (百万円)       (百万円)
     2015年11月2日(注)1
                    △11,898        226,074          -     23,320          -     25,179
     2017年8月9日(注)2
                       52     226,126          50     23,370         50     25,230
      (注) 1.自己株式の消却による減少であります。
         2.当社は、2017年7月10日開催の取締役会決議により、譲渡制限付株式報酬として、2017年8月9日付で下記
          のとおり新株式の発行をいたしました。
          (1)    募集株式の払込金額                      1株につき 1,944円
          (2)    払込金額の総額                      100,310,400円

          (3)    出資の履行方法                      金銭報酬債権の現物出資による

                                    資本金   50,155,200円
          (4)    増加する資本金及び資本準備金
                                    資本準備金 50,155,200円
          (5)    譲渡制限期間                      2017年8月9日~2020年8月8日
                                    取締役(社外取締役を除く。)                 4名 19,200株
              株式の割り当ての対象者及びその人数並びに
          (6)
              割り当てる株式の数
                                    執行役員           15名 32,400株
       (5)【所有者別状況】

                                                   2020年3月31日現在
                          株式の状況(単元株式数           100  株)
                                                        単元未満
                                                       株式の状況
       区分     政府及び                       外国法人等
                       金融商品     その他の                 個人
                                                        (株)
             地方公共     金融機関                                 計
                       取引業者      法人               その他
              団体                    個人以外      個人
     株主数(人)           -     76     36     203     550      22   13,361      14,248        -
     所有株式数
                -  903,382      44,419     149,427     895,174       968   266,945     2,260,315       94,645
     (単元)
     所有株式数の
                -   39.97      1.97     6.61     39.60      0.04     11.81     100.00        -
     割合(%)
      (注) 自己株式11,412,308             株は「個人その他」114,123単元及び「単元未満株式の状況」に8株含めて記載しており
          ます。
                                  42/175







                                                           EDINET提出書類
                                                        JSR株式会社(E01003)
                                                            有価証券報告書
       (6)【大株主の状況】
                                                   2020年3月31日現在
                                                      発行済株式
                                                      (自己株式を
                                               所有株式数       除く。)の総
         氏名又は名称                       住所
                                                (株)      数に対する所
                                                      有株式数の割
                                                       合(%)
     日本マスタートラスト信託銀行
                                                18,920,900          8.81
                     東京都港区浜松町二丁目11番3号
     株式会社(信託口)
     STATE   STREET    BANK   AND  TRUST
                     12  NICHOLAS     LANE   LONDON    EC4N   7BN  U.K.
     COMPANY    505010
                                                15,679,800          7.30
                     (東京都中央区日本橋3丁目11-1)
     (常任代理人 香港上海銀行 
     東京支店 カストディ業務部)
     日本トラスティ・サービス信託
                                                13,441,700          6.26
                     東京都中央区晴海一丁目8番11号
     銀行株式会社(信託口)
     日本トラスティ・サービス信託
                                                7,521,500          3.50
                     東京都中央区晴海一丁目8番11号
     銀行株式会社(信託口9)
                                                6,441,160          3.00
     株式会社ブリヂストン               東京都中央区京橋三丁目1番1号
     日本トラスティ・サービス信託
                                                3,723,600          1.73
                     東京都中央区晴海一丁目8番11号
     銀行株式会社(信託口5)
     日本生命保険相互会社               東京都千代田区丸の内一丁目6番6号 日本生命証券
     (常任代理人 日本マスタート               管理部内                           3,716,586          1.73
     ラスト信託銀行株式会社)               (東京都港区浜松町二丁目11番3号)
     明治安田生命保険相互会社               東京都千代田区丸の内二丁目1番1号
     (常任代理人 資産管理サービ               (東京都中央区晴海一丁目8番12号 晴海アイランド                           3,631,110          1.69
     ス信託銀行株式会社)               トリトンスクエアオフィスタワーZ棟)
     日本トラスティ・サービス信託
                                                3,418,700          1.59
                     東京都中央区晴海一丁目8番11号
     銀行株式会社(信託口7)
                     VERTIGO    BUILDING     - POLARIS    2-4  RUE  EUGENE
     BNYMSANV     AS  AGENT/CLIENTS
                     RUPPERT    L-2453    LUXEMBOURG      GRAND   DUCHY   OF
     LUX  UCITS   NON  TREATY    1
                                                3,355,000          1.56
                     LUXEMBOURG
     (常任代理人 株式会社三菱
     UFJ銀行 決済事業部)
                     (東京都千代田区丸の内二丁目7番1号)
                                 -               79,850,056          37.19
            計
      (注)1 2020年2月19日付で公衆の縦覧に供されている変更報告書において、野村證券株式会社、及びその共同保

           有者であるノムラ         インターナショナル          ピーエルシー及び野村アセットマネジメント株式会社が2020年2
           月14日現在で以下の株式を所有している旨が記載されているものの、当社として2020年3月31日時点にお
           ける実質所有株式数の確認ができませんので、上記大株主の状況には含めておりません。
           なお、変更報告書の内容は以下のとおりであります。
                                                       株式等
                                               保有株券の数
         氏名又は名称                       住所                       保有割合
                                                (千株)
                                                       (%)
     野村證券株式会社               東京都中央区日本橋一丁目9番1号                             1,649        0.73
     ノムラ    インターナショナル
                     1 Angel   Lane,London      EC4R   3AB,United      Kingdom
                                                   317       0.14
     ピーエルシー
     野村アセットマネジメント株式
                     東京都中央区日本橋一丁目12番1号                             13,378        5.92
     会社
                                  43/175




                                                           EDINET提出書類
                                                        JSR株式会社(E01003)
                                                            有価証券報告書
      (注)2 2020年4月3日付で公衆の縦覧に供されている変更報告書において、イーストスプリング・インベストメ

           ンツ(シンガポール)リミテッドが2020年3月31日現在で以下の株式を所有している旨が記載されているも
           のの、当社として2020年3月31日時点における実質所有株式数の確認ができませんので、上記大株主の状
           況には含めておりません。
           なお、変更報告書の内容は以下のとおりであります。
                                                       株式等
                                               保有株券の数
         氏名又は名称                       住所                       保有割合
                                                (千株)
                                                       (%)
     イーストスプリング・インベス               シンガポール共和国マリーナ・ブルバード10、#32-
     トメンツ(シンガポール)リミ               10、マリーナ・ベイ・フィナンシャルセンター・タ                             11,053        4.89
     テッド               ワー2
      (注)3 2020年4月6日付で公衆の縦覧に供されている変更報告書において、バリューアクト・キャピタル・マス

           ター・ファンド・エルピーが2020年3月30日現在で以下の株式を所有している旨が記載されているもの
           の、当社として2020年3月31日時点における実質所有株式数の確認ができませんので、上記大株主の状況
           には含めておりません。
           なお、変更報告書の内容は以下のとおりであります。
                                                       株式等
                                               保有株券の数
         氏名又は名称                       住所                       保有割合
                                                (千株)
                                                       (%)
     バリューアクト・キャピタル・               イギリス領バージン諸島、トルトラ島、ロード・タウ
                                                  16,574        7.33
     マスター・ファンド・エルピー               ン、私書箱71、クレイグミュール・チェンバーズ
      (注)4 2020年4月7日付で公衆の縦覧に供されている変更報告書において、株式会社                                         みずほ銀行     及びその共同保

           有者である     アセットマネジメントOne株式会社、アセットマネジメントOneインターナショナル                                      が2020年3
           月31日現在で以下の株式を所有している旨が記載されているものの、当社として2020年3月31日時点にお
           ける実質所有株式数の確認ができませんので、上記大株主の状況には含めておりません。
           なお、変更報告書の内容は以下のとおりであります。
                                                       株式等
                                              保有株券の数
         氏名又は名称                       住所                       保有割合
                                                (千株)
                                                       (%)
     株式会社みずほ銀行               東京都千代田区大手町一丁目5番5号                             3,325        1.47
     アセットマネジメントOne株式
                     東京都千代田区丸の内一丁目8番2号                             14,018        6.20
     会社
                     Mizuho    House,    30  Old  Bailey,    London,    EC4M   7AU,
     アセットマネジメントOneイン
                                                   460       0.20
     ターナショナル
                     UK
                                  44/175








                                                           EDINET提出書類
                                                        JSR株式会社(E01003)
                                                            有価証券報告書
       (7)【議決権の状況】
        ①【発行済株式】
                                                   2020年3月31日現在
                          株式数(株)            議決権の数(個)
            区分                                         内容
                                 -         -            -
     無議決権株式
     議決権制限株式(自己株式等)                            -         -            -
     議決権制限株式(その他)                            -         -            -

                      (自己保有株式)
     完全議決権株式(自己株式等)                                     -            -
                                11,412,300
                      普通株式
     完全議決権株式(その他)                          214,619,200           2,146,192           -
                      普通株式
                                  94,645        -            -
     単元未満株式                普通株式
                               226,126,145           -            -
     発行済株式総数
                                     -      2,146,192           -
     総株主の議決権
       (注) 「単元未満株式」には、当社所有の自己株式8株が含まれております。
        ②【自己株式等】

                                                   2020年3月31日現在
                               自己名義      他人名義      所有株式数      発行済株式総数に対する

      所有者の氏名
                              所有株式数      所有株式数       の合計       所有株式数の割合
                  所有者の住所
       又は名称
                               (株)      (株)      (株)         (%)
     JSR株式会社

                              11,412,300           -  11,412,300               5.00
             東京都港区東新橋一丁目9番2号
     (自己保有株式)
                     -         11,412,300           -  11,412,300               5.00
        計
                                  45/175











                                                           EDINET提出書類
                                                        JSR株式会社(E01003)
                                                            有価証券報告書
      2【自己株式の取得等の状況】
       【株式の種類等】 会社法第155条第3号による普通株式の取得及び会社法第155条第7号による普
                 通株式の取得
       (1)【株主総会決議による取得の状況】

            該当事項はありません。
       (2)【取締役会決議による取得の状況】

                 区分                  株式数(株)            価額の総額(百万円)
     取締役会(2019年4月24日)での決議状況
                                        6,250,000                10,000
     (取得期間2019年4月25日~2019年9月30日)
     当事業年度前における取得自己株式                                       -              -
     当事業年度における取得自己株式                                   5,993,900                10,000

     残存決議株式の総数及び価額の総額                                    256,100                 0

     当事業年度の末日における未行使割合(%)                                      4.1              0.0
     当期間における取得自己株式                                       -              -

     提出日現在の未行使割合(%)                                      4.1              0.0
       (3)【株主総会決議又は取締役会決議に基づかないものの内容】

                 区分                  株式数(株)            価額の総額(百万円)
     当事業年度における取得自己株式                                     1,259                2
     当期間における取得自己株式                                       25               0

      (注) 当期間における取得自己株式には、2020年6月1日から有価証券報告書提出日までの単元未満株式の買取によ
          る株式数は含めておりません。
       (4)【取得自己株式の処理状況及び保有状況】

                                  当事業年度                 当期間
                区分
                                     処分価額の総額                処分価額の総額
                             株式数(株)                株式数(株)
                                      (百万円)                (百万円)
     引き受ける者の募集を行った取得自己株式                              -        -        -        -
     消却の処分を行った取得自己株式                              -        -        -        -

     合併、株式交換、会社分割に係る移転を行った取
                                   -        -        -        -
     得自己株式
     その他(ストックオプションの権利行使)                           119,200          204      26,300          45
     その他(譲渡制限付株式の付与)                           171,100          292         -        -

     その他(譲渡制限付株式の取得)                          △12,500            -        -        -

     保有自己株式数                         11,412,308             -        -        -

      (注) 当期間における処理及び保有自己株式数には、2020年6月1日から有価証券報告書提出日までの新株予約権の
          権利行使による譲渡及び単元未満株式の買取による株式数は含めておりません。
                                  46/175




                                                           EDINET提出書類
                                                        JSR株式会社(E01003)
                                                            有価証券報告書
      3【配当政策】
        当社は、長期的視点に立って研究開発の強化に努め、新たな事業展開などにより企業の競争力強
       化を図り、会社の業績を長期的に向上させることが最も重要な課題であると考えております。
        株主還元につきましては、業績と中長期的な資金需要とを勘案し、株主の皆様への利益還元と会
       社の将来の成長のための内部留保とのバランスを考慮しながら決定してまいります。中期経営計画
       「JSR20i9(ジェイエスアールにせんじゅうきゅう)の期間中におきましては、総還元性向50%以
       上を目安に安定配当と機動的な自己株式の取得を実施致しました。今後も本方針(総還元性向50%
       以上)に基づく還元を目指してまいります。
        当社は、中間配当と期末配当の年2回の剰余金の配当を行うことを基本方針としております。
        これらの剰余金の配当の決定機関は、期末配当については株主総会、中間配当については取締役
       会であります。
        この方針に基づき、中間配当につきましては、1株につき30円としました。
        当期末配当金につきましても、既に公表しているとおり1株につき30円としました。これによ
       り、当期の年間配当金は1株当たり配当金は60円となりました。
        なお、当社は会社法第454条第5項に規定する中間配当をすることができる旨を定款に定めてお
       ります。第75期の中間配当についての取締役会決議は2019年10月28日に行いました。
       (注) 基準日が当事業年度に属する剰余金の配当は、以下のとおりです。

                           配当金の総額(百万円)                   1株当たり配当額(円)
           決議年月日
                                   6,441                     30
     2019年10月28日       取締役会決議
                                   6,441                     30
     2020年6月17日       定時株主総会決議
                                  47/175












                                                           EDINET提出書類
                                                        JSR株式会社(E01003)
                                                            有価証券報告書
      4【コーポレート・ガバナンスの状況等】
       (1)【コーポレート・ガバナンスの概要】
            ①コーポレート・ガバナンスに関する基本的な考え方
             当社グループは、企業理念「Materials                       Innovation-マテリアルを通じて価値を創造
            し、人間社会(人・社会・環境)に貢献します。」を着実に実現しうる企業として、経営
            の効率化と透明性・健全性の維持により継続的に企業価値を創造し、全てのステークホル
            ダーから信頼され満足される魅力ある企業の実現を目指しております。
             このため、コーポレート・ガバナンスの拡充・強化を経営上の重要な課題として取り組
            んでおります。
            ②コーポレート・ガバナンスの体制

            1)当社は、監査役設置会社として、取締役会と監査役による業務執行の監視、監督を行う
            制度を基礎としております。
            2)執行役員制度、独立性と豊富な事業経験や高度な専門性を有する社外取締役および社外
            監査役の選任により、経営監督機能を強化するとともに、意思決定や業務執行の迅速化・
            効率化を図り、経営の透明性・健全性の維持に継続的に努めております。
            3)取締役会は、経営理念を確立し、経営戦略の方向付けをはじめとして、重要な意思決定
            を行っております。
            4)取締役会は、役員報酬制度を通じて、経営陣による適切なリスクテイク、企業家精神発
            揮の環境を整えております。
            5)取締役会は、業績評価・役員人事等を通じて取締役・経営陣の監督を行っております。
            6)現在の取締役会は、取締役9名のうち、3名が独立性ならびに豊富な企業経営および事
            業運営の経験を有する独立社外取締役で構成されております。また、取締役会議長は、経
            営執行の役割と責任を負う役員である代表取締役CEOや代表取締役社長ではない、取締役
            会長が務めております。構成員は以下の通りです。
            なお、役員構成等の記載は本書提出日現在であります。
             今後についても独立性ならびに豊富な企業経営および事業運営の経験を有する独立社外




            取締役を1/3以上選任し、企業価値向上を図るとともに、経営の監督を実施いたしま
            す。
            7)現在の監査役会は、監査役3名のうち、2名が会社から独立した立場の豊富な経験を有
            する弁護士および税理士資格を有する公認会計士で構成されております。構成員は以下の
            通りです。
                                  48/175




                                                           EDINET提出書類
                                                        JSR株式会社(E01003)
                                                            有価証券報告書
             今後についても、独立性ならびに法律や会計等に関する幅広い経験・知見を有する独立


            社外監査役を2名選任し、取締役および経営陣の業務執行につき、実効性の高い監査を実
            施いたします。
            8)役員報酬制度の客観性・透明性を確保するため、メンバーの過半数を独立社外取締役で
            構成し、筆頭独立社外取締役が委員長を務める報酬諮問委員会を設置しております。構成
            員は以下の通りです。
             報酬諮問委員会では、報酬の基本方針、報酬体系、業績連動の仕組み、目標設定や業績



            評価等につき審議し、取締役会に答申しております。
            9)役員報酬は、中長期的な企業価値の向上を図ることを目的として、多様で優秀な人材を
            引き付け、短期・中長期の業績に連動して経営者と株主が利益を共有するものであり、ま
            た、透明性の高いものであることを基本方針としております。現在の役員報酬は、固定報
            酬としての基本報酬、単年度の会社業績達成度に連動する年次賞与、中長期の会社業績達
            成度に連動する中期業績連動賞与および株主の皆様との価値共有の早期化を促進すること
            を目的とした譲渡制限付株式付与のための報酬により構成しております。社外取締役と監
            査役の報酬はその職務の性格から基本報酬のみとしております。また、会長の報酬につい
            ては、取締役会議長として管理監督を行いつつ、業務執行役員とは異なった見地から企業
            価値の向上に努める役割を鑑み、年次賞与を除く、基本報酬、中期業績連動賞与、譲渡制
            限付株式付与のための報酬の3種類の報酬構成としております。
            10)役員選任の方針と手続きの透明性を確保するため、メンバーの過半数を独立社外取締
            役で構成し、筆頭独立社外取締役が委員長を務める指名諮問委員会を設置しております。
            構成員は以下の通りです。
                                  49/175







                                                           EDINET提出書類
                                                        JSR株式会社(E01003)
                                                            有価証券報告書
             指名諮問委員会では、取締役会に必要な知識・経験・能力の多様性と規模の基準および
            役員選任の基準と手続き、ならびにCEO(最高経営責任者)および、または社長の後継
            者・取締役・役付執行役員(上席執行役員を含む)および監査役候補者について審議し、
            取締役会に答申しております。また、CEO(最高経営責任者)および、または社長の選解
            任について審議する際には社外取締役のみで議論をする機会を設けるなど、審議の透明性
            を確保しています。CEO(最高経営責任者)および、社長の後継者については、複数の後
            継者候補に対して必要な教育・トレーニングを行い、指名諮問委員会が後継者候補者選定
            に携わるなど、客観性・透明性のある手続きにより、計画的に育成・選定しております。
            ③ステークホルダーとの関係

            1)当社は、経営方針の重要な柱のひとつとして、「ステークホルダーへの責任」(顧客・
            取引先に対する責任、従業員に対する責任、社会に対する責任、株主に対する責任)を定
            めております。
            2)当社は、社会・環境問題をはじめとする持続可能性をめぐる課題につき適切な対応を行
            うとともに、社内の女性の活用を含む多様性の確保を推進しております。
            3)当社グループは、「ステークホルダーへの責任」を果たすため、「JSRグループ企業倫
            理要綱」として当社グループの役員・従業員の行動規範を定め、その周知徹底と遵守に努
            めております。
            ④株主の権利・平等性の確保

            1)当社は、従来から実施している株主総会において株主が適切に議決権行使を行える環境
            の整備を継続しております。従来から実施している、株主総会の早期(6月中旬)開催、
            招集通知の総会開催日3週間前迄の送付、インターネット等による議決権行使の採用、機
            関投資家向け議決権行使プラットフォームへの参加、招集通知記載内容の充実、招集通知
            の英訳等を継続いたします。
            2)当社は、資本政策の基本方針を株主に説明し、買収防衛策の導入、MBOや増資等、既存
            の株主の利益を害する可能性のある政策については、その必要性・合理性を充分に検討
            し、適切な手続きを行い、株主に説明いたします。
            3)政策保有株式については、事業経営戦略上の合理性および経済合理性等を総合的に勘案
            して保有し、これらの合理性のないものは縮減しております。個別の政策保有株式につい
            て保有目的、リスク・リターン、資本コスト等を考慮し、取締役会にて政策保有株式の保
            有状況および保有方針を確認しております。その議決権行使にあたっては、当該企業の中
            長期的な企業価値向上に資するかどうかの観点から、当該企業のコーポレート・ガバナン
            ス体制および提案内容を評価し、総合的に賛否を判断のうえ、議決権を行使しておりま
            す。
            ⑤資本政策

            1)当社は、継続的な企業価値創造のため、成長投資を優先する一方、当社の業績と中長期
            的な資金需要を勘案し、配当と自己株式の取得を合わせた適切な株主還元を目指しており
            ます。
            2)資本コストを考慮した投資判断、事業の評価、ROEを評価指標とする経営陣に対する中
            期業績連動賞与の導入など、資本コストを意識した経営を行いROE・ROIC等の資本効率指
            標の向上に継続的に取り組んでおります。
                                  50/175




                                                           EDINET提出書類
                                                        JSR株式会社(E01003)
                                                            有価証券報告書
            ⑥株主との対話
            1)当社は、以下の体制により、株主との建設的な対話を促進しております。
            ⅰ)IR担当執行役員を定め、CEO、社長またはIR担当執行役員が、機関投資家向けの決算説
            明会ならびに中期経営計画説明会において、経営成績、財政状態、中期経営計画の内容・
            進捗状況等を説明しております。
            ⅱ)毎年、CEO、社長またはIR担当執行役員が、国内外の機関投資家との面談により上記を
            説明しております。
            ⅲ)対話により得られた投資家の意見や質問は、定期的に経営陣へフィードバックを行っ
            ております。
            2)株主との対話に際しては、インサイダー情報の適切な取り扱いに努めております。
            ⑦情報開示方針

            1)ディスクロージャーポリシーを定め、情報開示の組織・体制を整備し、全社協力体制を
            構築することにより、情報開示の質を高め、迅速、正確、積極的かつ公平な情報開示に努
            めております。
            2)ホームページには、決算財務情報のほか、当社の事業内容等の会社情報、環境への取り
            組みやレスポンシブル・ケア等のCSR情報、研究開発への取り組み等を掲載し、株主や投
            資家への会社情報の発信に努めております。
            ⑧会社の機関の内容および内部統制システムの整備の状況

                         JSRのコーポレート・ガバナンス

                                  51/175












                                                           EDINET提出書類
                                                        JSR株式会社(E01003)
                                                            有価証券報告書
              当社は、以下の経営システムのもと、公正で透明な経営を推進してまいります。な
             お、役員構成等の記載は本書提出日現在であります。
             1)取締役会
              取締役会は9名の取締役からなり(内3名が、独立性ならびに豊富な企業経営および
             事業運営の経験を有する独立社外取締役)、原則として毎月1回開催し、経営戦略の方
             向付けを行い、重要な意思決定を行うとともに、取締役および執行役員の職務の執行を
             監督しております。
              コーポレート・ガバナンスを確保するため、取締役会の議長は取締役会長が務め、経
             営執行の最高責任者である取締役CEO、取締役社長兼取締役COOと経営の監視・監督をす
             べき取締役会の議長とを分離することとしております。また、独立社外監査役2名を含
             む監査役3名全員が出席し、意見陳述を行っております。構成員は②コーポレート・ガ
             バナンスの体制に記載の通りです。
             2)経営会議
              経営会議は、経営の基本政策、経営方針、経営計画に係る事項ならびに各部門の重要
             な執行案件について、審議および方向付けを行い、または報告を受けます。経営会議に
             付議された議案のうち特に重要なものは、取締役会規程・同付議基準に基づき取締役会
             に上程され、その審議を受けております。経営会議は、CEO、社長、役付執行役員およ
             び議長が指名する執行役員をもって構成し、意思決定の迅速化と業務運営の効率化を図
             り、重要な業務執行への対応を行っております。原則として毎週1回開催し、CEOもし
             くは社長が議長を務めております。なお常勤監査役も参加しております。構成員は以下
             の通りです。
             3)経営課題会議






              経営課題会議は、経営の基本政策および経営方針にかかわる事項ならびに個別案件の
             背景にある基本方針や事業戦略の変更について、前広な議論あるいは情報・課題認識の
             共有により方向性の討議を行い、取締役会・経営会議の審議に反映させます。CEO、社
             長および役付執行役員をもって構成し、原則として毎月2回開催し、CEOもしくは社長
             が議長を務めております。構成員は以下の通りです。
                                  52/175





                                                           EDINET提出書類
                                                        JSR株式会社(E01003)
                                                            有価証券報告書
             4)役員会議




              役員会議は、CEO、社長および全執行役員をもって構成し、適宜開催して経営の状況
             および課題の周知徹底を図っております。社長が議長を務めております。なお、常勤監
             査役も出席しております。構成員は以下の通りです。
             5)監査役会および監査役











              監査役会は、社外監査役2名を含む3名の監査役によって構成し、監査役会規程に基
             づき原則毎月1回開催し、重要事項について報告、協議、決議を行っております。社外
             監査役2名は、それぞれ弁護士と公認会計士・税理士で、かつ独立役員であり、専門的
             見地と独立した立場から監査を行っております。構成員は②コーポレート・ガバナンス
             の体制に記載の通りです。
              監査役は、監査役監査基準に基づき取締役会のほか経営会議等の重要な会議に出席
             し、重要な意思決定の過程および業務の執行状況の把握に努めるとともに、会計監査人
                                  53/175


                                                           EDINET提出書類
                                                        JSR株式会社(E01003)
                                                            有価証券報告書
             ならびに取締役および使用人から報告を受け、審議のうえ監査意見を形成しておりま
             す。
             6)内部監査および監査役監査、会計監査の状況
             ⅰ)監査役監査
              監査役の監査につきましては上記「                    5)  監査役会および監査役」に記載のとおりであ
             ります。
             ⅱ)内部監査
              当社では当社グループの内部統制システムの実効性の向上を目的に、「経営監査室」
             を設置し、監査計画に基づき、各部門、国内外の当社グループ各社を対象として、コン
             プライアンス監査および業務監査等の内部監査を定期的に実施し、その結果を社長、関
             連部門、監査役等に報告しております。
             7)サステナビリティ推進会議
              当社グループは、企業理念に立脚して様々なステークホルダーと良好な関係を築き、
             信頼され必要とされる企業となるため、CSR(企業の社会的責任)活動から、企業活
             動を通じた価値創造により、全てのステークホルダーに貢献するサステナビリティ活動
             へ軸足を移し、活動を推進する目的で「サステナビリティ推進会議」を設置しておりま
             す。
              サステナビリティ推進会議のもとには、「企業倫理委員会」、「環境安全品質委員
             会」、「リスク管理委員会」、「サステナビリティ委員会」の4つの委員会を設置し、
             サステナビリティ推進会議はこれら4つの委員会の活動を統括・指導し、年4回の定例
             会議と臨時会議を通じてマネジメント強化と推進に努めております。
              サステナビリティ推進会議は、社長が議長を務め、製造、製造技術、環境安全、研究
             開発、人材開発、経理、財務、経営企画、広報、法務、総務、原料機材調達、生産物
             流、品質保証、エラストマー事業、合成樹脂事業、デジタルソリューション事業、ライ
             フサイエンス事業を担当する執行役員に加えて上記の4つの委員会の事務局も参加し、
             当社グループのすべての事業と機能に亘る体制をもって運営しています。
             ⅰ)企業倫理委員会
              当社および当社グループでは、経営理念の実現を支える経営方針のひとつである「ス
             テークホルダーへの責任」を果たすための行動規範として「JSRグループ企業倫理要
             綱」を定め、総務担当執行役員を委員長とする企業倫理委員会を設置し、企業倫理活動
             を実践・推進しております。
              企業倫理委員会では、当社および当社グループの日々の企業活動において遵守すべき
             行動指針の周知徹底を図るとともに、定期的に遵守状況の確認を行い、継続的な改善に
             努めております。
              また、通報制度に関しましては、従業員向けには、企業倫理委員会を窓口とする社内
             ホットライン、弁護士を窓口とする社外ホットライン、英語・中国語・韓国語・タイ語
             でも対応可能な社外ホットラインがあり、取引先向けの社外ホットラインも導入してお
             ります。
             ⅱ)環境安全品質委員会
              当社グループは、「持続的発展を可能とすること」を企業の責務と考え、レスポンシ
             ブル・ケア活動を中核に、環境・安全・品質に取り組んでおります。経営の基本となる
             重要課題と位置づけ、環境安全・品質保証担当執行役員を委員長とする環境安全品質推
             進委員会を設置し、環境・安全・品質に関する全社的活動の効果的な推進を図っており
             ます。
              当委員会では、環境・安全・品質におけるレスポンシブル・ケア活動について計画承
             認、活動結果の評価・検証を行い、事故災害の撲滅、環境負荷低減、化学品管理、製品
             安全等についてのレベルの維持・向上に努めております。
              その活動内容と成果に関しましては、当社グループのサステナビリティ(CSR)レ
                                  54/175

                                                           EDINET提出書類
                                                        JSR株式会社(E01003)
                                                            有価証券報告書
             ポートに掲載して情報開示を行うことで、お客さまの信頼感、地域の皆様の安心感を得
             られるよう注力しております。
              サステナビリティ(CSR)レポートについては、重要課題に対する第三者検証を受審
             することで、内容の信頼性・透明性の向上にも努めております。
             ⅲ)リスク管理委員会
              当社グループは、重大な危機の発生を未然に防ぐこと、および重大な危機が発生した
             場合に事業活動への影響を最小限にとどめることを経営の重要課題と位置づけ、「リス
             ク管理規定」を定め、経営企画担当執行役員を委員長とするリスク管理委員会を設置し
             ております。リスク管理委員会では顕在化した危機および潜在的な危機に応じた対応方
             針・対応計画の継続的改善を推進しております。
             ⅳ)サステナビリティ委員会
              当社グループは、サステナビリティ推進担当執行役員を委員長とするサステナビリ
             ティ委員会を設置しております。サステナビリティ委員会では、事業部との共創による
             CSV(共通価値の創造)活動の取り纏め、TCFD(気候関連財務情報開示タスク
             フォース)活動や気候温暖化対応など、サステナブルな企業活動を検討、推進します。
             また社会貢献活動についても、同委員会にて「社会貢献についての基本的な考え方」を
             拠り所に、新たな活動の検討や既存活動の取り組みを推進しております。
             8)弁護士
              企業経営および日常業務に関して法律上の判断を必要とする場合には、随時法律事務
             所のアドバイスを受ける体制をとっております。
             ⑨取締役および監査役の責任免除

              当社は、会社法第427条第1項に基づき、社外取締役および監査役との間において、
             会社法第423条第1項の損害賠償責任を限定する契約を締結しております。当該契約に
             基づく損害賠償責任限度額は、法令が定める額としております。なお、当該責任限定が
             認められるのは、当該社外取締役および監査役が責任の原因となった職務の遂行につい
             て善意でかつ重大な過失がないときに限られます。
              今後も、コーポレート・ガバナンスの拡充・強化を経営上の重要な課題として取り組
             んでまいります。
                なお、当社は、株式会社の業務の適正を確保するために必要な体制に関し、「内部
              統制システム構築の基本方針」を以下のとおり決議しております。
             ア 業務運営の基本方針

               当社グループ(当社を会社法上の親会社とする企業集団をいう。)では、以下の企
              業理念、経営方針を経営の拠り所とする。
              「企業理念」
               Materials       Innovation -マテリアルを通じて価値を創造し、人間社会(人・社
              会・環境)に貢献します。
              「経営方針」
              ○変わらぬ経営の軸
               絶え間ない事業創造、企業風土の進化、企業価値増大
              ○ステークホルダーへの責任
               顧客・取引先への責任、従業員への責任、社会への責任、株主への責任
             イ 当社グループの取締役および使用人の職務の執行が法令および定款に適合すること

                を確保するための体制
              ⅰ)会社から独立した立場の社外取締役を含む当社の取締役会が、取締役会規程その
                 他関連規程に基づき、当社の経営上の重要事項および当社グループの経営上の基
                                  55/175


                                                           EDINET提出書類
                                                        JSR株式会社(E01003)
                                                            有価証券報告書
                 本的事項について意思決定を行うとともに、当社の取締役および執行役員(役付
                 執行役員および上席執行役員を含む。以下同じ。)の職務の執行を監督する。グ
                 ルー  プ企業(当社グループに属する当社以外の企業をいう。)の取締役および使
                 用人の職務執行については、「JSRグループ経営推進要綱」に定める各グループ
                 企業の担当執行役員が監督する。
              ⅱ)企業倫理委員会、環境安全品質委員会、リスク管理委員会およびサステナビリ
                 ティ委員会の4つの委員会からなる「サステナビリティ推進会議」を設置し、社
                 長が議長となって、コンプライアンスを含めた当社グループのサステナビリティ
                 活動の確保・推進について指導・監督にあたる。
              ⅲ)当社グループの取締役および使用人の行動規範として「JSRグループ企業倫理要
                 綱」を定め、企業倫理委員会のもと、継続的な教育や啓発活動を行い、当社グ
                 ループの取締役および使用人への定着と徹底を図る。なお、「JSRグループ企業
                 倫理要綱」には罰則規定を設け実効性を担保している。
              ⅳ)金融商品取引法に基づき、当社グループの財務報告の信頼性を確保するための内
                 部統制体制を整備し、その適切な運用・管理を行う。
              ⅴ)業務執行部門から独立した内部監査部門を設置し、当社グループの内部統制シス
                 テムの実効性を監査する。
              ⅵ)相談・通報体制を設け、当社グループの取締役および使用人等が、それぞれの社
                 内においてコンプライアンス違反行為が行われ、また行われようとしていること
                 に気づいたときは、それぞれのもしくは当社の企業倫理委員会または弁護士等の
                 社外ホットライン窓口に通報(匿名も可)する体制をとる。社外ホットライン窓
                 口への通報は、常勤監査役にも同報され、経営陣からの独立性を確保する。当社
                 グループの取引先の相談・通報窓口として、取引先ホットライン窓口を設置す
                 る。いずれの場合も、通報者に不利益がないことを確保する。
              ⅶ)反社会的勢力との関係については取引関係を含め一切遮断することを当社グルー
                 プの基本方針とし、反社会的勢力からの要求に対しては警察等外部専門機関とも
                 連携し、当社またはグループ企業それぞれの経営トップ以下組織全体で毅然とし
                 た態度で断固拒否する。
             ウ 当社グループの取締役の職務の執行が効率的に行われることを確保するための体制

              ⅰ)当社においては、
               a.定例の取締役会を原則として毎月1回開催するほか、必要に応じて臨時に開催
                 し、当社グループの業務執行に関する重要事項の審議と決議ならびに取締役およ
                 び執行役員の職務執行状況の監督等を行う。また、意思決定の迅速化と業務運営
                 の効率化を図るため、CEO、社長、役付執行役員、CEOまたは社長が指名する上席
                 執行役員または執行役員ならびに常勤監査役により構成される経営会議を原則と
                 して毎週1回開催し、当社グループの経営の基本政策、経営方針、経営計画にか
                 かわる事項ならびに各部門の重要な執行案件について、審議および方向付けを行
                 い、または報告を受ける。
                 経営会議における審議事項のうち、重要な案件については取締役会に上程し、
                 それ以外のものについては経営会議の審議を経てCEOまたは社長が決定する。さ
                 らに、CEO、社長、会長および役付執行役員により構成される経営課題会議を原
                 則として毎月2回開催し、当社グループの経営の基本政策および経営方針にかか
                 わる事項ならびに個別案件の背景にある基本方針、事業戦略の変更について、前
                 広な議論あるいは情報・課題認識共有により方向性の討議を行い、取締役会、経
                 営会議の審議に反映させる。
                                  56/175



                                                           EDINET提出書類
                                                        JSR株式会社(E01003)
                                                            有価証券報告書
               b.経営の意思決定・監督機能と業務執行機能を分離し、それぞれの機能を強化する
                 ため執行役員制度を導入している。CEO、社長および全執行役員により構成され
                 る役員会議を開催し、経営の状況および課題の周知徹底を図る。
               c.当社およびグループ企業各社において決裁権限規定を定め、その重要性に応じた
                 意思決定の機関と方法を定め、適切かつ効率的な業務執行を行う。
               d.「JSRグループ経営推進要綱」を定め、グループ企業の運営を行う。各グループ
                 企業の担当執行役員が、担当するグループ企業の経営に関する管理・監督および
                 助言を行い、安全統括部門、環境推進部門、経理部門、財務部門、総務部門、法
                 務部門、サステナビリティ推進部門等の当社の管理部門がグループ企業への支援
                 体制をとる。
              ⅱ)グループ企業においては、
               a.取締役会を設置する国内グループ企業では、取締役会を定期的に開催し、また、
                 必要に応じて当社と同様に経営会議を設置し、所定の基準に従い、業務執行に関
                 する重要事項の審議および決議を行う。
               b.取締役会を設置しない国内グループ企業では、グループ企業各社の取締役社長、
                 他の経営幹部およびグループ企業監査役ならびに各グループ企業の担当執行役員
                 または取りまとめ部門等の使用人から構成される経営会議を定期的に開催し、所
                 定の基準に従い、業務執行に関する重要事項の審議および決議を行う。
               c.海外グループ企業では、取締役会を定期的に開催し、所定の基準に従い、業務執
                 行に関する重要事項の審議および決議を行う。
               d.ライフサイエンス事業を行うグループ企業については、市場および主要な事業拠
                 点の立地を考慮し、それらをグローバルに統括する北米統括会社を設立し、ライ
                 フサイエンス事業に関する意思決定の迅速化とともに、当該グループ企業に対す
                 る内部統制の拡充・強化を図る。当該グループの意思決定に関して当社が有する
                 権限(経営会議の審議を経て意思決定を行う権限)を、北米統括会社の経営会議
                 の審議を経ることを条件として、北米統括会社のCEOに委譲する。
              ⅲ)当社グループの事業運営については、将来の事業環境変化を踏まえ中期経営計画
                 を策定し、その実行計画として各年度予算を策定して全社的な目標を設定する。
                 当社グループの各社・各部門においては、その目標達成に向け具体策を立案・実
                 行する。
              ⅳ)変化の激しい経営環境に俊敏に対応するため当社グループの取締役の任期を1年
                 としている。
             エ 当社グループの損失の危険の管理に関する規程その他の体制

              ⅰ)上記に述べた取締役会、経営会議、経営課題会議、役員会議その他の重要な会議
                 での審議、報告や予算管理等を通じて、当社グループの事業の推進に伴うリスク
                 を継続的に監視する。
              ⅱ)上記ⅰ)項以外の重大リスクについては、経営企画担当執行役員を委員長とする
                 リスク管理委員会が、顕在化した、または潜在的な危機に応じた対応方針を策定
                 するとともに、関連する各委員会(企業倫理委員会、環境安全品質委員会)また
                 は担当各部門のリスクマネジメント計画の立案・実行を支援し、当社グループの
                 リスク管理の推進を行う。
              ⅲ)当社グループの危機発生時の対策としては、「危機管理マニュアル」に基づき、
                 緊急度に応じて当社社長を本部長とする「緊急対策本部」(事故・災害時は「災
                 害対策本部」)が統括して危機管理にあたることとする。
             オ 当社の取締役の職務執行に係る情報の保存および管理に関する体制

                                  57/175


                                                           EDINET提出書類
                                                        JSR株式会社(E01003)
                                                            有価証券報告書
                法令および「文書情報管理規程」に基づき、株主総会、取締役会、経営会議およ
                び経営課題会議の各議事録、決裁書その他取締役および執行役員の職務の執行に係
                る文書および電磁的記録を保存・管理するとともに、取締役および監査役がこれを
                閲 覧できる体制を整備する。
             カ グループ企業の取締役および使用人の職務の執行に係る事項の当社への報告に関す

                る体制
              ⅰ)各グループ企業の担当執行役員は、担当するグループ企業の営業成績、財務状況
                 を含む業務執行状況を、当社の経営会議および取締役会に定期的に報告する。
              ⅱ)グループ企業の監査役は、当社の監査役および内部監査部門に監査実施状況を定
                 期的に報告する。
              ⅲ)北米統括会社の内部監査部門が、傘下のライフサイエンス事業を行うグループ企
                 業の監査を行い、その結果を当社CEOまたは社長および当社内部監査部門に報告
                 する。
             キ 監査役の監査に関する事項

              ⅰ)職務を補助すべき使用人および当該使用人の独立性に関する事項
                  監査役を補助する使用人として専任の監査役付1名を置き、監査役の監査の補
                 助にあたらせる。監査役付の人事については、監査役会への事前の相談と了解を
                 得るものとする。また、監査役付の人事評価は監査役が行う。
              ⅱ)監査役の補助使用人に対する指示の実効性の確保に関する事項
                  監査役付は、もっぱら監査役の指揮命令に従わなければならない。
              ⅲ)当社の取締役および使用人が監査役に報告をするための体制、グループ企業の取
                 締役および使用人またはこれらの者から報告を受けた者が監査役に報告をするた
                 めの体制、その他の監査役への報告に関する体制
                a.監査役は、取締役会、経営会議、役員会議に出席し、また、主要な決裁書を、
                  決裁後監査役に回覧することにより、当社グループの重要な業務執行の決定等
                  につき監査役がその内容を確認できる体制をとる。
                b.監査役が指定する、総務部門、法務部門、サステナビリティ推進部門等の管理
                  部門は、定期的に、また監査役が求めるときは随時、当社グループにおけるコ
                  ンプライアンス、リスク管理等の内部統制システムの構築・運用状況を監査役
                  に報告する。
                c.内部監査部門は、当社グループの内部監査結果に関し、定期的に、また監査役
                  が求めるときは随時、監査役に報告を行う。
                d.当社グループの取締役および使用人は、当社またはグループ企業に著しい損害
                  を及ぼすおそれがある事実、法令もしくは定款に違反する重大な事実、あらか
                  じめ監査役と協議して定めた報告事項等について、迅速かつ適切に監査役に報
                  告する。
                e.当社グループの取締役および使用人は、監査役から業務に関する報告を求めら
                  れたときは、速やかに適切な報告を行う。
              ⅳ)監査役に報告をした者が当該報告をしたことを理由として不利な取り扱いを受け
                 ないことを確保するための体制
                  当社グループでは、監査役への報告を行った当社グループの取締役および使用
                 人に対し当該報告をしたことを理由として不利な取り扱いを行うことを禁止す
                 る。
              ⅴ)監査費用の前払または償還の手続その他監査費用等の処理に係る方針に関する事
                 項
                                  58/175


                                                           EDINET提出書類
                                                        JSR株式会社(E01003)
                                                            有価証券報告書
                  監査役の職務遂行に関連して発生する費用は、当該費用が監査役の職務の執行
                 に必要でないと認められた場合を除き、会社が負担する。
              ⅵ)その他監査役の監査が実効的に行われることを確保するための体制
                  監査役と内部監査部門、会計監査人、およびグループ企業監査役との連携、情
                 報交換を適宜行う。
             ク 当社の上場子会社グループの内部統制システム構築の方針

               当社の上場子会社グループ(当社の上場子会社を会社法上の親会社とする企業集団
              をいう。)の内部統制システム構築の方針については以下のとおりとする。
              ⅰ)上場子会社グループとしての独立性を尊重するため、上記ウ「当社グループの取
                 締役の職務の執行が効率的に行われることを確保するための体制」に記載の事項
                 については上場子会社グループには適用せず、上場子会社グループの内部統制シ
                 ステム構築の方針を尊重する。
              ⅱ)ただし、上場子会社グループを含む当社グループ全体としての業務の適正を確保
                 するため、以下の対応を行う。
                a.上場子会社グループの重要な意思決定は上場子会社の取締役会又は経営会議等
                  の決定機関にて行い、当社の取締役会又は経営会議等の決定機関による事前承
                  認は不要とする。
                b.上場子会社は、その取締役会および経営会議の議事録を添付資料とともに当社
                  グループ企業担当思考役員および監査役に送付する。
                c.当社グループ企業担当執行役員は、当該議事録を閲覧し所定の基準に従いその
                  内容を当社取締役会および経営会議に報告する。これにより、当社は、その取
                  締役会および経営会議において上場子会社グループの業務の適正が確保されて
                  いることを確認する。
                d.「JSRグループ経営推進要綱」に基づき、グループ企業担当執行役員が、上
                  場子会社グループの経営についての監督および助言を行い、安全統括部門、環
                  境推進部門、経理部門、財務部門、総務部門、法務部門、サステナビリティ推
                  進部門等の当社の管理部門が上場子会社への支援体制をとる。
                e.当社の内部監査部門は、上場子会社グループの、金融商品取引法に基づく財務
                  報告の信頼性を確保するための内部統制体制の実効性、および業務の適正を確
                  保するための内部統制システムの実効性につき監査する。
                f.当社監査役は、上記b記載の議事録を閲覧し、取締役会および経営会議におい
                  て上記cによる報告を聴取し、上場子会社グループにおいて業務の適正が確保
                  されていることを確認する。
                g.今後、上場子会社グループの独立性を尊重しつつ、当社グループとしての統一
                  性と実効性のある内部統制システムの構築に努める。
            ⑩取締役の定数

              当社の取締役は12名以内とする旨定款に定めている。
            ⑪取締役の選任決議の要件

              当社は、取締役の選任決議について、議決権を行使することができる株主の議決権の
             3分の1以上を有する株主が出席し、その議決権の過半数をもって行う旨定款に定めて
             いる。
              また、取締役の選任決議は累積投票によらない旨も定款に定めている。
                                  59/175



                                                           EDINET提出書類
                                                        JSR株式会社(E01003)
                                                            有価証券報告書
            ⑫株主総会決議事項を取締役会で決議することができる事項
             1)当社は、経営環境の変化に対応した機動的な資本政策を可能とするため、取締役会
                の決議により自己の株式を取得することができる旨定款に定めている。
             2)当社は、株主への安定的な利益還元を行うため、取締役会の決議により中間配当を
                することができる旨定款に定めている。
            ⑬株主総会の特別決議要件

              当社は、定足数を確実に確保できるようにするため、会社法第309条第2項に定める
             決議は、議決権を行使することができる株主の議決権の3分の1以上を有する株主が出
             席し、その議決権の3分の2以上をもって行う旨定款に定めている。
                                  60/175

















                                                           EDINET提出書類
                                                        JSR株式会社(E01003)
                                                            有価証券報告書
       (2)【役員の状況】
        ① 役員一覧
        男性  10 名 女性     2 名 (役員のうち女性の比率                16.7  %)
                                                          所有
        役職名         氏名       生年月日                 略歴              任期   株式数
                                                         (千株)
                               1984年    VLSI  Technology,Inc.入社
                               1988年    Nikon   Precision,Inc.入社 生産技術部長
                               1991年
                                   同社技術部長
                               1995年    同社DUV   Scanner   Seed  Unit  Project部長兼技術
                                   担当取締役
                               1999年    同社技術担当副社長
                              2001年9月     JSR  Micro,Inc.入社 主席副社長
                              2002年5月     同社最高執行責任者
       代表取締役       エリック ジョ                                        (注)
                      1961年6月19日      生                               42
                              2005年6月     同社取締役社長
         CEO       ンソン                                       1
                              2011年6月     当社執行役員
                              2015年6月     当社上席執行役員
                              2016年4月     当社上席執行役員 ライフサイエンス事業部長
                              2017年6月     当社常務執行役員 ライフサイエンス事業部長
                              2019年1月     JSR  Notrh   America   Holdings,Inc.取締役社長
                                   (現在)
                              2019年1月     JSR  Life  Sciences,LLC社長
                              2019年6月     当社代表取締役CEO 北米事業統括担当(現在)
                              1981年4月     当社入社

                              2002年6月     当社精密電子研究所 機能材料開発室長
                              2008年6月     当社執行役員 ディスプレイ材料事業部長兼同新
                                   規FPD材料部長
                              2009年6月     当社執行役員 電子材料事業部長
                              2010年6月     当社執行役員 JSR        Micro   Korea   Co.,Ltd.取締役
       代表取締役
                                                      (注)
                                   社長
               川 橋 信 夫       1956年7月23日      生                               24
                              2011年6月     当社上席執行役員 JSR         Micro   Korea   Co.,Ltd.取
       社長兼COO                                               1
                                   締役社長
                              2014年4月     当社上席執行役員 研究開発部長
                              2016年6月     当社取締役兼常務執行役員
                              2017年6月     当社取締役兼専務執行役員
                              2019年6月
                                   当社代表取締役社長兼COO、CTO
                              2020年6月
                                   当社代表取締役社長兼COO(現在)
                              1981年10月     当社入社

                              2004年6月     当社取締役 電子材料事業部長
                              2005年6月     当社上席執行役員 電子材料事業部長
                              2006年6月     当社常務取締役 電子材料事業部長
                              2008年6月     当社専務取締役
        取締役                                              (注)
                              2009年4月     当社代表取締役社長
               小 柴 満 信       1955年11月9日      生                               103
         会長                                              1
                              2019年6月     当社代表取締役会長
                              2019年6月
                                   出光興産株式会社社外取締役(現在)
                              2020年6月     当社取締役会長(現在)
                                   (重要な兼職の状況)
                                   出光興産株式会社社外取締役
                                  61/175





                                                           EDINET提出書類
                                                        JSR株式会社(E01003)
                                                            有価証券報告書
                                                          所有
                                                         株式数
        役職名         氏名       生年月日                 略歴              任期
                                                         (千株)
                              1983年4月     当社入社
                              2003年6月     当社製造技術第一センター長
                              2005年6月     当社執行役員 生産技術部長
                              2007年6月     当社取締役兼上席執行役員 生産技術部長
                              2008年6月     当社取締役兼上席執行役員 エラストマー事業部
                                   長
                              2011年6月     当社常務執行役員 石化事業部長
        取締役                                              (注)
                              2014年6月     当社専務執行役員 石化事業部長
               川 崎 弘 一       1957年4月20日      生                               27
       専務執行役員
                                                       1
                              2016年6月     当社代表取締役兼専務執行役員 生産技術グルー
                                   プ長
                              2018年4月     日本ブチル株式会社取締役社長(現在)
                              2018年6月     当社代表取締役兼専務執行役員
                              2019年6月     当社取締役専務執行役員
                              2020年6月     当社取締役専務執行役員 生産・技術、品質保
                                   証、環境安全、人材開発、ダイバーシティ推進
                                   担当(現在)
                              1980年4月     野村證券株式会社入社

                              2005年7月     日本たばこ産業株式会社入社 経理部調査役
                              2006年1月     同社財務副責任者
                              2008年6月
                                   同社執行役員 財務責任者(CFO)
                              2010年6月
                                   同社常務執行役員 財務責任者(CFO)
        取締役                                              (注)
                              2012年6月     同社取締役副社長 財務、広報、CSR担当
               宮 崎 秀 樹       1958年1月22日      生                               12
                              2018年1月     同社取締役
       常務執行役員                                                1
                              2018年3月     当社入社 顧問
                              2018年6月     当社取締役常務執行役員
                              2020年6月     当社取締役常務執行役員 経理、財務、広報、シ
                                   ステム戦略、サイバーセキュリティ統括、業務プ
                                   ロセス刷新担当(現在)
                              1984年8月     当社入社

                              2012年6月     当社知的財産部 知的財産室長
                              2015年4月     当社経営企画部長
        取締役                      2015年6月     当社執行役員 経営企画部長 兼 ダイバーシ                   (注)
               中 山 美 加       1961年1月10日      生
                                                           14
       上席執行役員                            ティ推進室長                    1
                              2017年4月     当社執行役員 知的財産部長
                              2020年6月     当社取締役上席執行役員 サステナビリティ担
                                   当 サステナビリティ推進室長(現在)
                                  62/175







                                                           EDINET提出書類
                                                        JSR株式会社(E01003)
                                                            有価証券報告書
                                                          所有
                                                         株式数
        役職名         氏名       生年月日                 略歴              任期
                                                         (千株)
                              1977年4月     協和発酵工業株式会社(現協和キリン株式会社)
                                   入社
                              2000年6月     同社執行役員 医薬総合研究所長
                              2002年6月     同社常務取締役 総合企画室長
                              2003年6月     同社代表取締役社長
                              2008年10月     協和発酵キリン株式会社(現協和キリン株式会
                                   社)代表取締役社長
                              2012年3月     同社相談役
                              2012年6月     公益財団法人加藤記念バイオサイエンス振興財団
                                   理事長
                                                      (注)
                              2014年3月     協和発酵キリン株式会社(現協和キリン株式会社)
        取締役       松 田  譲       1948年6月25日      生                                -
                                   相談役退任
                                                       1
                              2014年6月     株式会社クボタ社外取締役(現在)
                              2014年6月     株式会社バンダイナムコホールディングス社外取
                                   締役(現在)
                              2015年6月
                                   当社社外取締役(現在)
                              2019年6月     公益財団法人加藤記念バイオサイエンス振興財団
                                   名誉理事(現在)
                                   (重要な兼職の状況)
                                   株式会社クボタ社外取締役、
                                   株式会社バンダイナムコホールディングス社外取
                                   締役
                              1972年4月     ウシオ電機株式会社入社

                              2000年6月     同社取締役 上席執行役員
                              2004年4月     同社取締役 専務執行役員
                              2004年6月     同社代表取締役 専務執行役員
                              2005年3月     同社代表取締役社長
                              2013年4月     公益社団法人経済同友会 副代表幹事
                              2014年10月     ウシオ電機株式会社 取締役相談役
                              2016年6月     当社社外取締役(現在)
                                                      (注)
                              2016年6月     ウシオ電機株式会社 相談役
        取締役      菅 田 史 朗       1949年11月17日      生                                -
                                                       1
                              2016年6月     横河電機株式会社 社外取締役(現在)
                              2017年6月
                                   ウシオ電機株式会社 特別顧問(現在)
                              2019年6月
                                   ヤマトホールディングス株式会社社外取締役(現
                                   在)
                                   (重要な兼職の状況)
                                   ウシオ電機株式会社特別顧問、
                                   横河電機株式会社社外取締役、
                                   ヤマトホールディングス株式会社社外取締役
                                  63/175







                                                           EDINET提出書類
                                                        JSR株式会社(E01003)
                                                            有価証券報告書
                                                          所有
                                                         株式数
        役職名         氏名       生年月日                 略歴              任期
                                                         (千株)
                              1973年4月     伊藤忠商事株式会社入社
                              2004年6月     同社執行役員 食料カンパニー チーフ フィナ
                                   ンシャル オフィサー
                              2007年4月     同社常務執行役員 財務部長
                              2009年6月     同社代表取締役 常務取締役 財務・経理・リス
                                   クマネジメント担当役員兼チーフ フィナンシャ
                                   ル オフィサー
                              2011年5月
                                   同社代表取締役 専務執行役員CFO
                              2013年4月     同社代表取締役 副社長執行役員CFO
                              2015年4月     同社顧問
                                                      (注)
                              2016年5月     株式会社パルコ 社外取締役(現在)
        取締役       関  忠 行       1949年12月7日      生                                2
                                                       1
                              2016年6月     日本バルカー工業株式会社(現株式会社バル
                                   カー) 社外取締役(現在)
                              2017年4月     伊藤忠商事株式会社 理事(現在)
                              2017年6月
                                   当社社外取締役(現在)
                              2017年7月
                                   朝日生命保険相互会社 社外監査役(現在)
                                   (重要な兼職の状況)
                                   伊藤忠商事株式会社理事、
                                   株式会社パルコ社外取締役、
                                   株式会社バルカー社外取締役、
                                   朝日生命保険相互会社社外監査役
                              1981年4月     三井鉱山株式会社(現日本コークス工業株式会

                                   社)入社
                              1989年4月     当社入社
                                                      (注)
               岩 渕 知   明           2006年6月     当社グループ企業部長
       常勤監査役              1958年3月1日      生                                1
                                                       4
                              2009年6月
                                   当社監査室長
                              2017年6月     当社経営監査室長
                              2020年6月     当社常勤監査役(現在)
                              1972年10月     監査法人東海第一監査事務所入所

                              1976年3月
                                   公認会計士登録(現在)
                              1983年2月     Deloitte    Haskins   & Sells(現Deloitte        LLP)入
                                   所
                              1984年11月     米国公認会計士(ニューヨーク州)登録
                              1985年2月     アーンスト     アンド   ウィニー    インターナショナ
                                   ルタックス(現EY税理士法人)入所
                              1985年4月     税理士登録(現在)
                                                      (注)
        監査役      加 藤 久 子       1948年10月18日      生  1994年5月     太田昭和アーンスト        アンド   ヤング(現EY税理士              -
                                                       5
                                   法人)代表社員
                              2008年10月     新日本アーンスト       アンド   ヤング税理士法人(現
                                   EY税理士法人)退所
                              2008年12月
                                   加藤久子税務会計事務所代表(現在)
                              2014年6月
                                   当社社外監査役(現在)
                              2014年6月     NTT都市開発株式会社社外監査役
                                   (重要な兼職の状況)
                                   加藤久子税務会計事務所代表
                                  64/175





                                                           EDINET提出書類
                                                        JSR株式会社(E01003)
                                                            有価証券報告書
                                                          所有
                                                         株式数
        役職名         氏名       生年月日                 略歴              任期
                                                         (千株)
                              1981年4月
                                   弁護士登録(現在)
                              1981年4月     石井法律事務所入所
                              1991年4月     同法律事務所パートナー(現在)
                              1999年4月     最高裁判所司法研修所教官(民事弁護)
                              2007年4月     東京大学法科大学院客員教授
                                                      (注)
        監査役      森 脇 純 夫       1957年3月3日      生  2015年5月     日本弁護士連合会司法制度調査会委員長
                                                            -
                                                       6
                              2017年6月     当社社外監査役(現在)
                              2017年6月     トピー工業株式会社社外取締役(現在)
                                   (重要な兼職の状況)
                                   石井法律事務所パートナー、
                                   トピー工業株式会社社外取締役
                         計                                  224
      (注)1 取締役の任期は、2020年3月期に係る定時株主総会終結の時から2021年3月期に係る定時株主総会終結の時
           までであります。
         2 取締役 松田譲、菅田史朗、関忠行は社外取締役であります。
         3 監査役 加藤久子、森脇純夫は社外監査役であります。
         4 監査役 岩渕知明の任期は、2024年3月期に係る株主総会終結の時までであります。
         5 監査役 加藤久子の任期は、2022年3月期に係る株主総会終結の時までであります。
         6 監査役 森脇純夫の任期は、2021年3月期に係る株主総会終結の時までであります。
         7 当社は、経営の意思決定・監督機能と業務執行機能を分離し、経営及び業務執行にかかわる意思決定と業務
           遂行のスピードアップを図るとともに、監督機能を強化するため執行役員制度を導入しております。                                              執行役
           員は21名で、上記記載の取締役CEO1名、取締役社長兼COO1名、執行役員を兼務する取締役3名の計26名で
           あります。
                                 職名                   氏名
             常務執行役員         エラストマー事業統括、合成樹脂事業統括担当                            平 野 勇 人

                      経営企画(グループ企業統括含む)、事業創出、CEO室担当、

                      経営企画部長      兼 CEO室長   兼 JSR  Active   Innovation     Fund合
             常務執行役員                                     井 上 勝 也
                      同会社職務執行者
                      デジタルソリューション事業統括担当、JSR                 Micro   Korea
             常務執行役員                                     須 原 忠 浩
                      Co.,Ltd.代表理事
             上席執行役員         合成樹脂事業担当、テクノUMG(            株)取締役社長                山 脇 一 公

             上席執行役員         法務、総務、秘書室担当、法務部長                            土 居   誠

                      電子材料事業担当、電子材料事業部長               兼 同台湾支店長
             上席執行役員                                     山 口 佳 一
                      エラストマー事業担当、エラストマー事業部長                  兼 ㈱エラス
                      トミックス取締役社長         兼 ジェイエスアール       クレイトン     エラ
             上席執行役員                                     阿 部 一 至
                      ストマー   (株) 取締役社長     JSR  Elastomer    Europe   GmbH代表取
                      締役  兼 日密科偲橡膠(佛山)有限公司董事長
             上席執行役員         四日市工場担当、四日市工場長                            佐 伯 光 一
                      生産・技術副担当、原料機材調達、生産物流担当、SSBRグ
             上席執行役員                                     高 橋 成 治
                      ローバル生産統括部長
                      JSR  North   America   Holdings,Inc.取締役副社長
              執行役員                                    小 林 英 一
                      エッジコンピューティング事業担当、エッジコンピューティ
              執行役員                                    水 野 陽 一
                      ング事業部長
              執行役員        経営監査室長                            藤 井 安 文
              執行役員        生産・技術副担当                            山 近 幹 雄
                      ライフサイエンス事業担当、ライフサイエンス事業部長                      兼
              執行役員                                    ティム ローリー
                      JSR  Life  Sciences,LLC社長
                      JSR  Notrh   America   Holdings,Inc.取締役副社長

              執行役員                                    原   弘 一
              執行役員        品質保証副担当、製品・品質保証部長                            髙 橋 純 一

                                  65/175


                                                           EDINET提出書類
                                                        JSR株式会社(E01003)
                                                            有価証券報告書
                                 職名                   氏名
                      ディスプレイソリューション事業、中国事業統括担当、ディ
                      スプレイソリューション事業部長             兼 JSR  (Shanghai)     Co.,
              執行役員                                    脇 山 恵 介
                      Ltd.董事長     兼 JSR  Display   Technology     (Shanghai)     Co.,
                      Ltd.董事長     兼 JSR  Micro   (Changshu)     Co.,  Ltd.董事長
                      新事業創出支援部長        兼 JSR  Active   Innovation     Fund合同会
              執行役員                                    澁 谷 市 子
                      社
                      研究開発担当(CTO)、研究開発部長               兼 RDテクノロジー・デ
              執行役員        ジタル変革センター長         兼 同JSR・東京大学協創拠点CURIE室                  木 村   徹
                      長
              執行役員        社長室担当、社長室長                            吉 本   豊
                      研究開発副担当(副CTO)、四日市研究センター長                    兼 同機能
              執行役員                                    徳 久 博 昭
                      高分子研究所長      兼 タイヤ材料技術開発センター長
         8 当社は、法令に定める監査役の員数を欠くことになる場合に備え、会社法第329条第3項に定める補欠監査
           役2名を選任しております。補欠監査役の略歴は次のとおりであります。
                                                        所有株式数
             氏名       生年月日                    略歴
                                                        (千株)
                          1983年4月     住友金属工業株式会社(現日本製鉄株式会社)入社
                          2002年11月     ユニ・チャーム株式会社入社
                          2003年12月     当社入社
                          2012年6月     当社執行役員 法務部長
           土 居  誠       1959年12月25日生                                          20
                          2016年6月     当社上席執行役員 法務部長
                          2018年6月     当社上席執行役員 法務担当、法務部長
                          2020年6月     当社上席執行役員 法務、総務、秘書室担当、法務部長(現
                               在)
                          1984年10月     監査法人太田哲三事務所(現EY新日本有限責任監査法人)入所
                          1989年3月     公認会計士登録(現在)
                          2000年8月     監査法人太田昭和センチュリー(現EY新日本有限責任監査法
                               人)社員
                          2007年5月
                               新日本監査法人(現EY新日本有限責任監査法人)代表社員
                          2015年6月
                               新日本有限責任監査法人(現EY新日本有限責任監査法人)退職
                          2015年7月
           千 葉  彰       1953年9月11日生             千葉公認会計士事務所代表(現在)                            -
                          2017年4月
                               電力広域的運営推進機関監事(現在)
                          2019年6月
                               高千穂交易株式会社 社外監査役(現在)
                               (重要な兼職の状況)
                               千葉公認会計士事務所代表、
                               電力広域的運営推進機関監事、
                               高千穂交易株式会社社外監査役
                                  66/175








                                                           EDINET提出書類
                                                        JSR株式会社(E01003)
                                                            有価証券報告書
        ② 社外役員の状況
          当社の社外取締役は3名、社外監査役は2名であります。
       氏名       地位
                    協和発酵工業株式会社および協和発酵キリン株式会社                         (現協和キリン株式会社)            の代表
                    取締役社長を務められた後、同社の相談役を務めておられました。医療用医薬品および
                    バイオケミカルにおいて国際的な事業を営む会社の経営を通じての豊富な経験および会
                    社から独立した社外の視点を、取締役会での重要な意思決定および職務執行の監督なら
     松田 譲       取締役
                    びにコーポレート・ガバナンスの強化に活かし、経営判断の合理性、経営の透明性、健
                    全性の確保を通じて当社グループの企業価値の継続的向上に貢献いただいております。
                    また、一般株主と利益相反の生じるおそれがないと判断し、独立役員として届け出てお
                    ります。
                    ウシオ電機株式会社の代表取締役社長を務められた後、現在も同社で特別顧問を務めら
                    れており、また、公益社団法人経済同友会副代表幹事を務めておられました。光応用製
                    品、産業用機械その他において国際的な事業を営む会社の経営や財界活動を通じての豊
                    富な経験および会社から独立した社外の視点を、取締役会での重要な意思決定および職
     菅田 史朗       取締役       務執行の監督ならびにコーポレート・ガバナンスの強化に活かし、経営判断の合理性、
                    経営の透明性、健全性の確保を通じて当社グループの企業価値の継続的向上に貢献いた
                    だいております。
                    また、一般株主と利益相反の生じるおそれがないと判断し、独立役員として届け出てお
                    ります。
                    伊藤忠商事株式会社の代表取締役副社長執行役員を務められた後、現在も同社で理事を
                    務めておられます。総合商社として国際的な事業を営む会社の経営経験、CFOとしての
                    財務・経理に関する豊富な経験および会社から独立した社外の視点を、取締役会での重
                    要な意思決定および職務執行の監督ならびにコーポレート・ガバナンスの強化に活か
     関 忠行       取締役
                    し、経営判断の合理性、経営の透明性、健全性の確保を通じて当社グループの企業価値
                    の継続的向上に貢献いただいております。
                    また、一般株主と利益相反の生じるおそれがないと判断し、独立役員として届け出てお
                    ります。
                    他の会社の業務執行取締役等を兼任している事実はありません。
                    公認会計士および税理士としての財務・会計に関する広範な専門知識、豊富な経験、お
                    よび会社から独立した社外の視点を、取締役の意思決定および業務執行状況の監査に活
     加藤 久子       監査役       かし、当社の経営判断の合理性、経営の透明性、健全性の確保に貢献いただいておりま
                    す。
                    また、一般株主と利益相反の生じるおそれがないと判断し、独立役員として届け出てお
                    ります。
                    他の会社の業務執行取締役等を兼任している事実はありません。
                    弁護士としての法律に関する広範な専門知識、豊富な経験および会社から独立した社外
                    の視点を、取締役の意思決定および業務執行状況の監査に活かし、当社の経営判断の合
     森脇 純夫       監査役
                    理性、経営の透明性、健全性の確保に貢献いただいております。
                    また、一般株主と利益相反の生じるおそれがないと判断し、独立役員として届け出てお
                    ります。
          社外取締役等を選任するための提出会社からの独立性に関する基準又は方針

          当社では、社外取締役および社外監査役(以下、「社外役員」)の独立性基準を定めており、
        社外役員(候補者を含む)が、以下の項目のいずれかに該当する場合、独立性を有していないも
        のとみなします。
        1.  当社および連結子会社(以下、「当社グループ」)の業務執行者(*1)および過去業務執行
        者であった者
        2.  当社の大株主(議決権ベースで10%以上を直接・間接に保有する株主を言う)
        3.  次のいずれかに該当する企業等の業務執行者
        (1)  当社の大株主
        (2)  当社グループの主要な取引先(*2)
        (3)  当社グループの主要な借入先(*3)
                                  67/175


                                                           EDINET提出書類
                                                        JSR株式会社(E01003)
                                                            有価証券報告書
        (4)  当社グループが議決権ベースで10%以上を保有する企業等
        4.  当社グループの会計監査人である監査法人に所属する公認会計士
        5.  当社グループから多額(*4)の金銭その他の財産上の利益を得ているコンサルタント、会計
        士、弁護士、司法書士、弁理士等の専門家
        6.  当社グループから多額の寄付を受けている者(*5)
        7.  社外役員の相互就任関係(*6)となる他の会社の業務執行者
        8.  近親者(*7)が上記1項から7項までのいずれか(4項および5項を除き、重要な者(*8)に限
        る)に該当する者
        9.  過去5年間において、上記2項から8項までのいずれかに該当していた者
        10.  前各項の定めに拘わらず、その他、当社と利益相反関係が生じうる特段の理由が存在すると
        認められる者
        (*1)業務執行者とは、取締役(除く社外取締役および非業務執行取締役)、執行役、執行役
        員、および使用人をいう。
        (*2)主要な取引先とは、その年間取引高が、当社の連結売上収益または相手方の連結売上収益
        の2%を超える者をいう。
        (*3)主要な借入先とは、当社グループの資金調達において必要不可欠であり、代替性がない程
        度に依存している金融機関その他の大口債権者をいう。
        (*4)多額とは、当該専門家が個人の場合は年間1,000万円を超える金額、当該専門家が法人、
        組合等の団体である場合は、当該団体の年間総収入額の2%を超える金額をいう。当該2%を超
        えない場合であっても、当該専門家が直接関わっている役務提供の対価であってその金額が
        1,000万円を超える場合は多額とみなす。
        (*5)多額の寄付を受けている者とは、当社グループから年間1,000万円を超える寄付を受けて
        いる者をいう。
        (*6)相互就任関係とは、当社グループの業務執行者が他の会社の社外役員であり、かつ当該他
        の会社の業務執行者が当社の社外役員である関係をいう。
        (*7)近親者とは、配偶者および二親等以内の親族をいう。
        (*8)重要な者とは、取締役、執行役、執行役員および部長以上の業務執行者またはそれらに準
        ずる権限を有する業務執行者をいう。
        提出会社とそれぞれの社外取締役、社外監査役との間には、特別の利害関係はありません。

        また、提出会社と、社外取締役、社外監査役の重要な兼職先・過去の勤務先との間の取引関係は
        以下のとおりで、当社の社外役員の独立性基準を満たしております。
         松田譲氏が代表取締役社長を務めておられた協和発酵キリン株式会社(現協和キリン株式会

        社)と当社のそれぞれのグループとの間には、検査試薬等の取引がありますが、当事業年度
        (2020年3月期)において当社グループの販売額は、当社の連結売上収益の0.1%未満です。
         菅田史朗氏が代表取締役社長を務められ、現在も特別顧問を務めておられるウシオ電機株式会
        社と当社のそれぞれのグループとの間には、耐熱透明樹脂の販売および露光装置等の購入に関す
        る取引がありますが、当事業年度(2020年3月期)において、当社グループの売上収益は当社の
        連結売上収益の0.1%未満であり、当社グループの購入額は同社の前事業年度(2019年3月期)
        における連結売上収益の0.1%未満です。
         関忠行氏が代表取締役副社長を務められた伊藤忠商事株式会社と当社のそれぞれのグループと
        の間には、合成樹脂等の販売・仕入れに関する取引がありますが、当事業年度(2020年3月期)
        において、当社グループの売上収益は当社の連結売上収益の0.5%未満であり、当社グループの
        購入額は同社の前事業年度(2019年3月期)における連結売上収益の0.1%未満です。
         加藤久子氏の重要な兼職先である加藤久子税務会計事務所および同氏が務めておられたアーン
        スト   アンド    ウィニー     インターナショナルタックス(現EY税理士法人)、同氏が代表社員を務
                                  68/175


                                                           EDINET提出書類
                                                        JSR株式会社(E01003)
                                                            有価証券報告書
        めておられた太田昭和アーンスト                   アンド    ヤングおよび新日本アーンスト                 アンド    ヤング税理士
        法人(いずれも現EY税理士法人)と当社との間には特別の利害関係はありません。
         森脇純夫氏の重要な兼職先である石井法律事務所およびトピー工業株式会社と当社との間には
        特別の利害関係はありません。
        ③ 社外取締役又は社外監査役による監督又は監査と内部監査、監査役監査及び会計監査との相

        互連携並びに内部統制部門との関係
          「第2 事業の状況 1 経営方針、経営環境及び対処すべき課題等 (5)その他の対処す
        べき課題 コーポレート・ガバナンス 及び「第4 提出会社の状況 4 コーポレート・ガバ
        ナンスの状況等 (1)コーポレート・ガバナンスの概要」 の項に記載のとおりです。
                                  69/175

















                                                           EDINET提出書類
                                                        JSR株式会社(E01003)
                                                            有価証券報告書
       (3)【監査の状況】
            ①監査役監査の状況
             当社における監査役監査につきましては、監査役会は、社外監査役2名を含む3名の監
            査役によって構成し、監査役会規定に基づき原則毎月1回開催し、重要事項について報
            告、協議、決議を行っております。
             社外監査役2名は、それぞれ弁護士と公認会計士・税理士で、かつ独立役員であり、専
            門的見地と独立した立場から監査を行っております。
             監査役は、監査役監査基準に基づき、取締役会に出席し、重要事項の説明を受け、必要
            に応じて意見の表明を行っております。また、取締役の職務執行の監査を行うとともに、
            会計監査人、内部監査部門から報告を聴取しております。
             常勤監査役は、経営会議等の重要会議への出席、議事録の閲覧、重要な決裁書等の閲
            覧、本社部門、工場、海外を含むグループ企業の往査を行うとともに、代表取締役、グ
            ループ企業監査役、内部統制部門とのコミュニケーションを図っております。また必要に
            応じ、これらの内容を、社外監査役に報告しております。
             監査役会では、監査方針・監査計画の策定、監査報告の作成、会計監査人の評価、選解
            任、および報酬への同意等の審議を行っており、会計監査人、内部監査部門から報告を聴
            取しております。
             当事業年度において当社は、監査役会を18回開催しており、個々の監査役の出席状況に
            ついては次のとおりです。
             区分                   氏名                  出席回数

            常勤監査役                   熊野 厚司                  全18回中18回

            社外監査役                   加藤 久子                  全18回中18回

            社外監査役                   森脇 純夫                  全18回中18回
            ②内部監査の状況

             当社では当社グループの内部統制システムの実効性の向上を目的に、「経営監査室」を
            設置し、監査計画に基づき、各部門、国内外の当社グループ各社を対象として、コンプラ
            イアンス監査および業務監査等の内部監査を定期的に実施し、その結果を社長、関連部
            門、監査役等に報告しております。
            ③会計監査の状況

            1)監査法人の名称
             有限責任 あずさ監査法人
            2)継続監査期間:50年
             上記は、調査が著しく困難であったため、現任の監査人である有限責任                                        あずさ監査法
            人の前身である監査法人朝日会計社が監査法人組織になって以降の期間について記載した
            ものです。実際の継続監査期間は、この期間を超える可能性があります。
            3)業務を執行した公認会計士
             指定有限責任社員 業務社員 井上 智由                        (当該事業年度を含む継続関与年数6年)
             指定有限責任社員 業務社員 小堀 孝一                        (当該事業年度を含む継続関与年数1年)
             指定有限責任社員 業務社員 加瀬 幸広                        (当該事業年度を含む継続関与年数2年)
            4)監査業務に係る補助者の構成
             当社の会計監査業務に係る補助者は、公認会計士8名、会計士試験合格者等3名、その
            他4名であります。
                                  70/175


                                                           EDINET提出書類
                                                        JSR株式会社(E01003)
                                                            有価証券報告書
            5)監査法人の選定方針と理由
             監査法人の概要(品質管理体制、欠格事由の該当の有無、独立性)、監査の実施体制等
            (監査計画の内容、監査チームの経験・能力)、監査報酬見積額等を総合的に勘案し、優
            れている監査法人を選定しました。
             監査役会は、会計監査人が会社法第340条第1項各号に定める項目に該当すると認めら
            れる場合、監査役全員の同意により会計監査人を解任いたします。また、上記のほか、監
            査役会が、会計監査人の職務遂行の状況、監査の品質等を総合的に勘案して、その解任ま
            たは不再任を株主総会に提案することを決定した場合には、取締役会は、監査役会の請求
            に基づき、その提案を株主総会に付議いたします。
            6)監査役及び監査役会による監査法人の評価
             当社の監査役及び監査役会は、                  監査役会が定める「会計監査人の評価基準」により毎
            期、監査法人の評価を行っており、この結果問題ないと評価しました。
            ④監査報酬の内容等

            a)監査公認会計士等に対する報酬
                       前連結会計年度                       当連結会計年度
         区分
                 監査証明業務に            非監査業務に           監査証明業務に            非監査業務に
                基づく報酬(百万円)           基づく報酬(百万円)           基づく報酬(百万円)           基づく報酬(百万円)
        提出会社                 73            0           81            0

                         14            -           35            -

       連結子会社
                         87            0          116            0
         計
     (注)前連結会計年度の監査証明業務に基づく報酬については、上記以外に前連結会計年に係る追加報
        酬が2百万円あります。
        当社における非監査業務の主な内容は前連結会計年度と当連結会計年度ともに駐在員給与証明業
        務等であります。
            b)監査公認会計士等と同一のネットワーク(KPMG)に対する報酬(                                     ▶ ) を除く)

                       前連結会計年度                       当連結会計年度
         区分
                 監査証明業務に            非監査業務に           監査証明業務に            非監査業務に
                基づく報酬(百万円)           基づく報酬(百万円)           基づく報酬(百万円)           基づく報酬(百万円)
                         -           -           -           -

        提出会社
                         39           42           72           28
       連結子会社
                         39           42           72           28
         計
     (注) 連結子会社における非監査業務の主な内容は前連結会計年度と当連結会計年度と
         もに税務コンサルティング業務等であります。
                                  71/175






                                                           EDINET提出書類
                                                        JSR株式会社(E01003)
                                                            有価証券報告書
            c)その他の重要な監査証明業務に基づく報酬の内容
            該当事項はありません。
            d)監査報酬の決定方針

             監査日数、1日あたりの監査報酬額等を勘案した上で決定しております。
            e)監査役会が会計監査人の報酬等に同意した理由

             取締役会が提出した会計監査人に対する報酬等に対して、当社の監査役会が会社法第
            399条第1項の同意をした理由は、前期までの会計監査人の職務遂行状況ならびに当期の
            監査計画の内容および報酬見積の算定根拠に基づき検討した結果、会計監査人の報酬等に
            ついて適切であると判断したためであります。
                                  72/175
















                                                           EDINET提出書類
                                                        JSR株式会社(E01003)
                                                            有価証券報告書
       (4)【役員の報酬等】
             ①役員の報酬等の額又はその算定方法の決定に関する方針に係る事項
              当社グループは、企業理念「Materials                      Innovation-マテリアルを通じて価値を創造
             し、人間社会(人・社会・環境)に貢献します。」を着実に実現しうる企業として、経
             営の効率化と透明性、健全性の維持により継続的に企業価値を創造し、全てのステーク
             ホルダーから信頼され、満足される魅力ある企業の実現を目指しており、コーポレート
             ガバナンスの拡充・強化に経営上の重要な課題として取り組んでおります。役員の報酬
             等は、当社のコーポレートガバナンスを支える重要な柱の一つであり、以下の報酬ガバ
             ナンスに則り、報酬プログラムを運用し、役員の報酬等を審議・決定しております。
             1)報酬ガバナンス

             ⅰ)報酬決定プロセス
              「報酬の決定に関する方針」や報酬制度、個別の報酬額等は、取締役会にて審議・決
             定を行います。取締役会における審議・決定に際しての独立性・客観性を確保するとと
             もに取締役会の監督機能と説明責任を果たす能力を強化すべく、報酬諮問委員会を取締
             役会の諮問機関として設置しております。
             ⅱ)報酬諮問委員会の役割・責務

              当社の報酬諮問委員会は、取締役会の諮問に応じて、次の対象者の報酬について審議
             し、取締役会に対して答申または監査役会に対して助言を行います。
             -社内取締役(代表取締役および役付取締役を含む)
             -社外取締役
             -監査役
             -執行役員
             -相談役、顧問
             -その他重要な使用人等
              当社の報酬諮問委員会は、取締役会の諮問に応じて、次の事項を中心に審議し、取締
             役会に対して答申または監査役会に対して助言を行います。
             -報酬方針の策定
             -報酬制度の設計
             -業績目標の設定
             -インセンティブ報酬の合理性
             -報酬水準・ミックスの妥当性
             -報酬制度に基づく各役位の報酬額の決定、等
              当社の報酬諮問委員会は、業績連動報酬における支給額の算定・評価を行うにあた
             り、業績目標達成度の確定後、CEOおよび社長から指名諮問委員会/報酬諮問委員会に提
             出される年間経営活動報告に基づいて審議を行います。かかる年間経営活動報告に基づ
             き、各業績目標値設定時点においては予見不能であった事象により、業績数値が大きな
             影響を受けたか否かの協議を行い、必要に応じて達成度の定性調整を行うことを取締役
             会に対して答申を行うことがあります。
              当社の報酬諮問委員会は、外部の報酬コンサルタント等より提供された必要十分な情
             報に基づき、適切な審議を行っております。報酬諮問委員会に対する外部の報酬コンサ
             ルタントの関与・参画状況は、報酬諮問委員会に同席し、実効的な審議・合意形成の側
             面支援に留まり、取締役会に対する答申内容に係る妥当性の提言等は受けておりませ
             ん。なお、外部の報酬コンサルタントとして、ウイリス・タワーズワトソンを起用して
             おります。
              当社の報酬諮問委員会は、取締役会が報酬諮問委員会の答申内容と異なる決定を行う
             場合、その理由の整理・発信を取締役会に求めます。
                                  73/175


                                                           EDINET提出書類
                                                        JSR株式会社(E01003)
                                                            有価証券報告書
             ⅲ)報酬諮問委員会の構成・委員長の属性

              当社の報酬諮問委員会の構成は、委員3名以上で構成し、その過半数は独立社外取締
             役で構成することとしております。報酬諮問委員会の委員長は、独立性・客観性と説明
             責任を果たす能力の強化の観点から実効的な委員会運営を図るべく、取締役会の決議に
             より、独立社外取締役である委員の中から選定することとしております。
             ⅳ)当事業年度にかかる報酬額の決定過程における報酬諮問委員会の活動状況

              当事業年度にかかる報酬額の決定過程における報酬諮問委員会の構成は、以下のとお
             りです。
             委員4名(社外3、社内1)
             委員長(社外) 松田取締役
             委員(社外) 菅田取締役、関取締役
             委員(社内) 小柴代表取締役会長
              当事業年度にかかる報酬額の決定過程における報酬諮問委員会の審議は、2019年2
             月、4月(2回)、6月、11月、2020年2月、4月の7回開催し、各回に委員長・委
             員の全員が出席、出席率は100%となりました。尚、上記に記載しておりませんが、2019
             年6月18日より同委員会社外委員を宮坂学取締役が務めましたが、2019年9月5日に取締
             役および社外委員を退任されたため、当欄の活動状況、出席率には含めておりません。
              当事業年度にかかる報酬額の決定過程における報酬諮問委員会の審議事項は、以下の

             とおりであり、取締役会に対する答申または監査役会に対する助言を行いました。ま
             た、かかる答申を受けて、取締役会にて「報酬の決定に関わる方針」や報酬制度等の審
             議・決定を行いました。なお、一部の年次賞与支給対象の役員に対する年次賞与支給額
             の算定・評価に含まれる個人業績連動部分については、予め評価ごとの支給額のパター
             ンを報酬諮問委員会にて審議し、取締役会においてはかかる部分の標準額を決定の上、
             CEOおよび社長による5段階評価の結果を反映して個人別の支給額を決定しました。
             2)報酬プログラム



             ⅰ)報酬の決定に関する方針
              当社はグローバル企業として企業グループの競争優位性を保つためにグローバルに優
             れ、かつ多様性のある経営人材を育成、採用を図り、株主の皆様との短期、中長期の利
             益を共有するために役員に対して短期、中長期のインセンティブを設定し、透明性を保
             ちつつ、経営戦略および事業戦略の確実な実行を目指す報酬の基本方針を設定しており
             ます。
                                  74/175





                                                           EDINET提出書類
                                                        JSR株式会社(E01003)
                                                            有価証券報告書
             ⅱ)報酬の基本方針
              競争優位の構築と向上のため、また、グローバル経営の更なる推進のため、国籍を問
             わず多様で優秀な人材を引き付け、確保し、報奨することができる報酬制度であるこ
             と。
              当社の持続的発展を目指した経営戦略上の当該年度の業績目標達成を動機付けるた
             め、その達成に向け、健全な企業家精神の発揮を経営者にもたらすものであること。
              在任中の株式保有の強化を通じて株主の皆様と当社役員の利益を積極的に共有するこ
             とにより、中長期的な企業価値の向上を促進する報酬制度であること。
             ⅲ)業績連動報酬と業績連動報酬以外の報酬の支給割合の決定に関する方針

              当社は、報酬の基本方針に則り、報酬諮問委員会における審議を行うことを前提とし
             て、業績連動報酬と業績連動報酬以外の報酬の支給割合を決定しております。
              当社の業績連動報酬と業績連動報酬以外の報酬の支給割合の決定に際しては、外部の
             報酬コンサルタントが運営する「経営者報酬データベース」に基づき、当社の事業規模
             や業種・業態に類似する企業等を同輩企業として報酬ベンチマークを毎年行い、報酬水
             準の妥当性を検証しております。また、海外事業の統括等を担当する役員の業績連動報
             酬と業績連動報酬以外の報酬の支給割合の決定に際しては、その海外地域における役員
             報酬調査データに基づき、上記同様の手法を用いて報酬ベンチマーク分析を毎年行い、
             役位ごとの職責やグループ経営への影響の大きさを考慮して、報酬水準等の妥当性を検
             証しております。
              当社の役員報酬は、固定報酬としての基本報酬と業績連動報酬から構成されておりま
             す。業績連動報酬は、単年度の全社業績達成度に連動する年次賞与、中長期的な全社業
             績達成度に連動する中期業績連動賞与、ならびに株主の皆様との価値の共有を早期に促
             進することを目的とした譲渡制限付株式付与のための報酬を導入しております。ただ
             し、社外取締役および監査役の報酬は、役割に鑑み基本報酬のみとしております。ま
             た、会長の報酬については、取締役会議長として管理監督を行いつつ、業務執行役員と
             は異なった見地から企業価値の向上に努める役割を鑑み、年次賞与を除く、基本報酬、
             中期業績連動賞与、譲渡制限付株式付与のための報酬の3種類の報酬構成としておりま
             す。
              役員報酬の種類別報酬割合については、役位ごとに以下の図表の通りとし、経営責任
             の重い役位上位者に対し、業績結果の反映割合を高める方針に基づき、役位上位者の業
             績連動部分の割合を高める一方で業績目標の達成にかかる潜在的リスク等を考慮しつ
             つ、役位ごとの報酬水準を決定しております。なお、北米事業の統括等を担当するCEO
             の報酬構成要素割合については、その担当地域の役員報酬構成要素割合に関する外部専
             門機関による調査を参考とし設定しております。
              基本報酬を100とした場合の各報酬構成要素の割合(業績連動報酬は目標を100%達成
             時の標準額)は下表のとおりとなります。
                                  75/175






                                                           EDINET提出書類
                                                        JSR株式会社(E01003)
                                                            有価証券報告書
             *専務執行役員及びその下位職務の取締役兼務者には、取締役兼務手当が表とは別に支





             給される。
             ⅳ)業績連動報酬にかかる指標(KPI)、KPIの選定理由、支給額の決定方法

             <年次賞与>
              2020年度に係る年次賞与の業績目標と業績目標に応じた支給率の範囲の設定につい
             て、新型コロナウイルスの感染拡大および原油市場における地政学的な不確実性の高ま
             りの影響による市場環境の稀に見る不確実性を鑑み、現時点での設定は困難との報酬諮
             問委員会の答申を受け、取締役会にて設定を延期することを判断しました。今後、設定
             次第、速やかに開示します。
             <中期業績連動賞与>

              中長期的な全社業績達成度に連動する中期業績連動賞与の業績評価指標(KPI)は、
             重視する経営効率指標である連結ROE(親会社所有者帰属持分当期利益率)の3年間の平
             均値を用いております。連結ROEの中長期の目標としては、これまで通り、10%以上を目
             指すことから、妥当性の審議・検証を経て、3年間の評価期間中の連結ROE平均値10%を
             目標値とすることを報酬諮問委員会の答申に基づき取締役会で決定しております。業績
             評価にあたっては、取締役会が定めた、かかる業績目標値に対し達成した実績に応じて
             算出される支給率に基づき、評価期間の3年間が経過したのち、連結ROEの3年間の平均
             値に応じて(評価期間中に退任した取締役については同期間における在籍年数等を加味
             して)、報酬諮問委員会において支給額の算定および評価を行い、取締役会が決定しま
             す。中期業績連動賞与の単年度標準額は、北米事業の統括等を担当するCEOは基本報酬
             の約133%、会長・社長は基本報酬の50%、専務・常務・上席執行役員は基本報酬の30%と
             し、支給率は単年度標準額の0~150%まで変動します。なお、中長期的な全社業績へ
             の貢献を前提としたインセンティブ報酬としての性質を担保するべく、連結ROEの3年
             間の平均値が6%を下回った場合、中期業績連動賞与を原則不支給とする閾値を設定して
             おります。
                                  76/175





                                                           EDINET提出書類
                                                        JSR株式会社(E01003)
                                                            有価証券報告書
       中期業績連動賞与業績連動カーブ(2020-2022年度連結ROEの平均値)
       中期業績連動賞与支給額の算定方法







             <譲渡制限付株式付与のための報酬>


              株主の皆様との価値の共有を早期に促進することを目的とした譲渡制限付株式付与の
             ための報酬は、経営陣の在任中の株式保有の推進および中長期的な企業価値向上への意
             識づけを図るため、割当後3年間の譲渡制限期間を設定しております。譲渡制限付株式
             付与のための報酬の単年度額は、北米事業の統括等を担当するCEOは基本報酬の約67%、
             会長・社長は基本報酬の25%、専務・常務・上席執行役員は基本報酬の15%としておりま
             す。なお、譲渡制限付株式の1株当たりの払込金額は、取締役会決議の日の前営業日に
             おける東京証券取引所における当社の普通株式の終値等とし、本制度により当社の普通
             株式を引き受ける対象取締役に特に有利な金額とならない範囲といたします。
                                  77/175








                                                           EDINET提出書類
                                                        JSR株式会社(E01003)
                                                            有価証券報告書
             ⅴ)役員報酬にかかる株主総会の決議年月日
             (取締役)
             <基本報酬>
             第74回定時株主総会(2019年6月18日開催)上限月額60百万円の範囲内で決定。
             <年次賞与>
             第74回定時株主総会(2019年6月18日開催)年額432百万円の範囲内で決定。
             <中期業績連動賞与>
             第74回定時株主総会(2019年6月18日開催)年額540百万円の範囲内で決定。
             <譲渡制限付株式付与のための報酬>
             第74回定時株主総会(2019年6月18日開催)年額200百万円の範囲内で決定。
              対象となる員数(2020年6月17日時点)は、基本報酬については取締役9名(社内取締
             役6名、社外取締役3名)、年次賞与については取締役5名(会長を除く社内取締役5
             名)、中期業績連動賞与、譲渡制限付株式付与のための報酬については取締役6名(社
             内取締役のみ)となります。社外取締役の報酬は、役割に鑑み基本報酬のみとしており
             ます。
             (監査役)
             <基本報酬>
             第60回定時株主総会(2005年6月17日開催)上限月額10百万円の範囲内で決定。
              監査役の報酬は、役割に鑑み基本報酬のみとしております。対象となる員数(2020年
             6月17日時点)は、監査役3名(常勤監査役1名、社外監査役2名)となります。
             ②役員区分ごとの報酬等の総額、報酬等の種類別の総額および対象となる役員の員数

                                  取締役               監査役

                    区分
                                      支給額               支給額
                            支給人員(名)               支給人員(名)
                                    (百万円/年)               (百万円/年)
                                9       311        3       50
             基本報酬
             (うち社外役員)                  ( ▶ )      ( 47 )      ( 2 )      ( 22 )
                                5       64        -        -
             当事業年度に係る年次賞与
             (うち社外役員)                  ( -)       ( -)       ( -)       ( -)
             中期業績連動賞与                  ▶       48        -        -
             (うち社外役員)                  ( -)       ( -)       ( -)       ( -)
             譲渡制限付株式報酬                  5       100        -        -
             (うち社外役員)                  ( -)       ( -)       ( -)       ( -)
                                9       523        3       50
             合計
             (うち社外役員)                  ( ▶ )      ( 47 )      ( 2 )      ( 22 )
             (上記記載の人員数および報酬等の額には、当事業年度中に退任した取締役1名を含ん
             でおります。)
             (上記の表に使用人兼務取締役の使用人分給与は含まれておりません。)
             (記載金額は、百万円未満を四捨五入して表示しております。)
             (上表記載の中期業績連動賞与は、2017-2019年度の3年間の評価期間に対応するもの
             として、2020年6月19日に支給されます。なお、2015-2017年度の3年間に対応する25百
             万円を2018年6月15日に、2016-2018年度の3年間に対応する39百万円を2019年6月14日
             にそれぞれ支給しております。)
             (上記記載の「当事業年度に係る年次賞与」および「中期業績連動賞与」のうち、US
             ドル建てで支払われる報酬につきましては、2019年度の平均為替レート(東京市場終
             値)108.74円/ドルで円換算しております。)
             (譲渡制限付株式報酬は、譲渡制限付株式を付与するための報酬として当社取締役に支
             給された報酬のうち、当事業年度に費用計上された金額である。)
                                  78/175

                                                           EDINET提出書類
                                                        JSR株式会社(E01003)
                                                            有価証券報告書
             1)年次賞与

              年次賞与の業績評価指標は、連結売上収益および連結営業利益を50/50の比率で構成
             され、その目標、実績および支給率は以下の通りであります。
                                     業績評価指標

                        目標              実績             支給率

         連結売上収益               5,080億円              4,720億円               26.2%

         連結営業利益               445億円              329億円              46.7%

              支給率の算定に際し、連結売上収益及び連結営業利益には石油化学系事業の原料価格

             下落や特別損失等の影響があったため、報酬諮問委員会の答申に基づき、かかる一過性
             の要因を排除して算出される連結売上収益、連結営業利益を算出し、支給率をそれぞれ
             26.2%、46.7%といたしました。その結果、年次賞与の全社業績連動部分の支給率は、連
             結売上収益と連結営業利益のそれぞれに基づく支給率を平均し、役位毎の標準支給額の
             約37%となりました。
                              業績評価指標の実績に応じた支給率の範囲

          支給率               0%            100%(目標)                200%

         連結売上収益              4,719億円以下               5,080億円             5,441億円以上

         連結営業利益              291億円以下               445億円             599億円以上

             (支給率はそれぞれの業績評価指標の実績金額に応じて0%~200%の範囲で比例計算しま
             す。)
                                  79/175











                                                           EDINET提出書類
                                                        JSR株式会社(E01003)
                                                            有価証券報告書
             2)中期業績連動賞与
              2019年度分として、2017年度から始まる3年間の評価期間に係る中期業績連動賞与を
             支給しております。業績評価指標として、3年間の連結平均ROEを用いており、その実
             績および実績に応じた支給率は以下の通りであります。
             連結ROE実績の3年間の平均値

                         目標              実績             支給率
        ROE(3年平均)                 10%              7.4%              50%

          2017年度                -             8.8%               -

          2018年度                -             7.8%               -

          2019年度                -             5.7%               -

             中期業績連動賞与の支給率の範囲

                           直前3年間平均ROE実績に応じた支給率の範囲
        ROE実績          6%未満         6%以上          8%         10%        12%以上

        支給率          0%         50%         50%       100%(目標)           150%

             (ROE実績が6%~8%の間の支給率は50%、ROE実績が8%~12%の間の支給率は比例計算

             します。)
             ③役員ごとの連結報酬等の総額等

             提出会社の役員ごとの連結報酬等の総額等
                                         連結報酬等の種類別の額等(百万円)
                      連結報酬
              氏名        等の総額      役員区分      会社区分
                                        基本報          中期業績     譲渡制限
                                             年次賞与
                     (百万円)
                                         酬         連動賞与      付株式
                           取締役      提出会社          43     19      8     25

                         201
          エリック ジョンソン
                                 JSR  Notrh
                                 America
                           President
                                           55     19      8     25
                                 Holdings,Inc.
                         103
          川橋 信夫                 取締役      提出会社          71      9      6     17
                         129
          小柴 満信                 取締役      提出会社          80      9     20     20
             (注)連結報酬等が1億円以上である者に限定して記載しています。
             1.エリック        ジョンソン取締役の報酬額は、提出会社とJSR                         North    America
             Holdings,Inc.の間の費用分担契約に基づく額を記入しております。
             2.エリック        ジョンソン取締役の基本報酬には、フリンジ・ベネフィット相当額及び
             それに伴う所得税額の一部補填等に関わる費用等を含みます。
             3.USドル建てで支払われる報酬につきましては、2019年度の平均為替レート(東京
             市場終値)108.74円/ドルで円換算しております。
                                  80/175





                                                           EDINET提出書類
                                                        JSR株式会社(E01003)
                                                            有価証券報告書
       (5)【株式の保有状況】
            ①投資株式の区分の基準及び考え方
             保有目的が事業経営戦略上の合理性に基づく投資株式:                               純投資目的以外の目的である投
            資株式
             上記  に該当しない株式投資:純投資目的である投資株式
            ②保有目的が純投資目的以外の目的である投資株式

             a.保有方針及び保有の合理性を検証する方法並びに個別銘柄の保有の適否に関する取締
             役会等における検証の内容
             政策保有株式については、事業経営戦略上の合理性および経済合理性等を総合的に勘案

            して保有し、これらの合理性のないものは縮減しております。個別の政策保有株式につい
            て保有目的、リスク・リターン、資本コスト等を考慮し、取締役会にて政策保有株式の保
            有状況および保有方針を確認しております。
             具体的には、当社の取締役会にて、毎年、株式発行会社との事業提携や業務提携の状
            況、該社との取引の有無及びその金額、株価の変動状況、短期及び中長期の株式総合利回
            りを確認したうえで、保有の可否を判断しております。その結果、当事業年度に一部保有
            株式の売却を行っております。
             b.銘柄数及び貸借対照表計上額

                   銘柄数       貸借対照表計上額の
                  (銘柄)        合計額(百万円)
                      50            9,748

     非上場株式
                      19           19,516
     非上場株式以外の株式
             (当事業年度において株式数が増加した銘柄)

                   銘柄数      株式数の増加に係る取得
                                            株式数の増加の理由
                  (銘柄)      価額の合計額(百万円)
                      8           2,248

     非上場株式                                ベンチャー企業への出資による
     非上場株式以外の株式                 1            271   ベンチャー企業への出資による
             (当事業年度において株式数が減少した銘柄)

                   銘柄数      株式数の減少に係る売却
                  (銘柄)      価額の合計額(百万円)
                      2            192

     非上場株式
                      10           14,601
     非上場株式以外の株式
                                  81/175






                                                           EDINET提出書類
                                                        JSR株式会社(E01003)
                                                            有価証券報告書
       c.特定投資株式及びみなし保有株式の銘柄ごとの株式数、貸借対照表計上額等に関する情報
       特定投資株式

                 当事業年度         前事業年度
                                                      当社の株式の
                 株式数(株)         株式数(株)
                                     保有目的、定量的な保有効果
                                                      保有の有無
         銘柄
                                     及び株式数が増加した理由
                                                        ※2
                貸借対照表計上額         貸借対照表計上額
                 (百万円)         (百万円)
                                  エラストマー事業の主要顧客であり、販
                   1,979,003         4,842,003
                                  売取引上の関係性、事業戦略上の合理性
     株式会社ブリヂスト
                                  及び経済合理性等を勘案し、保有が妥当                      有
     ン
                                  と判断しております。当事業年度におい
                     6,576         20,656
                                  て、一部株式を売却しております。
                                  デジタルソリューション事業での提携先
                   2,310,000         2,310,000
                                  であり、事業上の関係性、事業戦略上の
     株式会社オプトラン                                                   無
                                  合理性及び経済合理性等を勘案し、保有
                     5,941         4,941
                                  が妥当と判断しております。
                                  主要なサプライヤーであり、原材料仕入
                   1,183,950         1,578,750
                                  上の関係性、事業戦略上の合理性及び経
     東ソー株式会社                             済合理性等を勘案し、保有が妥当と判断                      有
                                  しております。当事業年度において、一
                     1,456         2,717
                                  部株式を売却しております。
                                  主要なサプライヤーであり、原材料仕入
                    700,000         700,000
     大阪有機化学工業株                             上の関係性、事業戦略上の合理性及び経
                                                        有
     式会社                             済合理性等を勘案し、保有が妥当と判断
                     1,051          762
                                  しております。
                                  主要なサプライヤーであり、原材料仕入
                   1,602,900         1,602,900
     株式会社三菱ケミカ                             上の関係性、事業戦略上の合理性及び経
                                                        有
     ルホールディングス                             済合理性等を勘案し、保有が妥当と判断
                     1,030         1,249
                                  しております。
                                  主要なサプライヤーであり、原材料仕入
                    220,000         220,000
                                  上の関係性、事業戦略上の合理性及び経
     三井化学株式会社                                                   有
                                  済合理性等を勘案し、保有が妥当と判断
                      451         588
                                  しております。
                                  エラストマー事業の主要顧客であり、販
                    377,200         377,200
                                  売取引上の関係性、事業戦略上の合理性
     NOK株式会社                                                   有
                                  及び経済合理性等を勘案し、保有が妥当
                      450         650
                                  と判断しております。
                                  (株)三菱UFJ銀行との間で資金借入等の
                   1,102,630         1,102,630
     株式会社三菱UFJ                             銀行取引を行っており、財務取引上の関
     フィナンシャル・グ                             係性、事業戦略上の合理性及び経済合理                      有
     ループ                             性等を勘案し、保有が妥当と判断してお
                      444         606
                                  ります。
                                  エラストマー事業の主要顧客であり、販
                    317,625         317,625
                                  売取引上の関係性、事業戦略上の合理性
     三ツ星ベルト株式会
                                  及び経済合理性等を勘案し、保有が妥当                      有
     社
                                  と判断しております。
                      388         625
                                  82/175




                                                           EDINET提出書類
                                                        JSR株式会社(E01003)
                                                            有価証券報告書
                 当事業年度         前事業年度
                                                      当社の株式の
                 株式数(株)         株式数(株)
                                     保有目的、定量的な保有効果
                                                      保有の有無
         銘柄
                                     及び株式数が増加した理由
                                                        ※2
                貸借対照表計上額         貸借対照表計上額
                 (百万円)         (百万円)
                                  ライフサイエンス事業の主要顧客であ
                    686,814         686,814
     ジーンテクノサイエ                             り、販売取引上の関係性、事業戦略上の
                                                        無
     ンス株式会社                             合理性及び経済合理性等を勘案し、保有
                      360         599
                                  が妥当と判断しております。
                                  デジタルソリューション事業の取引先で
                    210,800         210,800
                                  あり、事業戦略上の合理性及び経済合理
     大倉工業株式会社                                                   有
                                  性等を勘案し、保有が妥当と判断してお
                      332         376
                                  ります。
                                  エラストマー事業の主要顧客であり、販
                    368,665         368,665
     バンドー化学株式会                             売取引上の関係性、事業戦略上の合理性
                                                        有
     社                             及び経済合理性等を勘案し、保有が妥当
                      232         391
                                  と判断しております。
                                  事業戦略上の合理性及び経済合理性等を
                    250,000            -
                                  勘案し、保有が妥当と判断しておりま
     BiomX   Inc.                                                無
                                  す。事業戦略遂行のために株式を保有い
                      190          -
                                  たしました。
                                  (株)三井住友銀行との間で資金借入等の
                     67,478         67,478
     株式会社三井住友                             銀行取引を行っており、財務取引上の関
     フィナンシャルグ                             係性、事業戦略上の合理性及び経済合理                      有
     ループ                             性等を勘案し、保有が妥当と判断してお
                      177         262
                                  ります。
                                  エラストマー事業の主要顧客であり、販
                    141,555         141,555
     住友ゴム工業株式会                             売取引上の関係性、事業戦略上の合理性
                                                        有
     社                             及び経済合理性等を勘案し、保有が妥当
                      144         188
                                  と判断しております。
                                  (株)みずほ銀行との間で資金借入等の銀
                   1,120,040         1,120,040
                                  行取引を行っており、財務取引上の関係
     株式会社みずほフィ
                                  性、事業戦略上の合理性及び経済合理性                      有
     ナンシャルグループ
                                  等を勘案し、保有が妥当と判断しており
                      138         192
                                  ます。
                                  デジタルソリューション事業の主要顧客
                     69,120         69,120
     荒川化学工業株式会                             であり、販売取引上の関係性、事業戦略
                                                        有
     社                             上の合理性及び経済合理性等を勘案し、
                       83         94
                                  保有が妥当と判断しております。
                                  物流関連の共同事業を行っており、事業
                    115,762         115,762
     日本トランスシティ                             上の関係性、事業戦略上の合理性及び経
                                                        有
     株式会社                             済合理性等を勘案し、保有が妥当と判断
                       54         52
                                  しております。
                                  83/175






                                                           EDINET提出書類
                                                        JSR株式会社(E01003)
                                                            有価証券報告書
                 当事業年度         前事業年度
                                                      当社の株式の
                 株式数(株)         株式数(株)
                                     保有目的、定量的な保有効果
                                                      保有の有無
         銘柄
                                     及び株式数が増加した理由
                                                        ※2
                貸借対照表計上額         貸借対照表計上額
                 (百万円)         (百万円)
                                  物流関連の共同事業を行っており、事業
                     5,821         5,821
     日本石油輸送株式会                             上の関係性、事業戦略上の合理性及び経
                                                        有
     社                             済合理性等を勘案し、保有が妥当と判断
                       16         17
                                  しております。
                                  事業戦略上の関係強化のため保有してお
                       -      534,600
                                  りました。事業戦略上の関係強化のため
     株式会社ダイセル                                                   無
                                  保有しておりましたが、当事業年度にお
                       -        643
                                  いて全株を売却致しました。
                                  販売取引上の関係強化のため保有してお
                       -     1,226,000
     株式会社フジクラ                             りましたが、当事業年度において全株を                      無
                       -        511
                                  売却致しました。
                                  原材料取引上の関係強化のため保有して
                       -       30,000
     株式会社日本触媒                             おりましたが、当事業年度において全株                      無
                       -        217
                                  を売却致しました。
                                  財務取引上の関係強化のため保有してお
                       -       26,250
     東京海上ホールディ
                                  りましたが、当事業年度において全株を                      有
     ングス株式会社
                       -        141
                                  売却致しました。
     三井住友トラスト・                             財務取引上の関係強化のため保有してお
                       -       17,742
     ホールディングス株                             りましたが、当事業年度において全株を                      有
                       -         71
     式会社                             売却致しました。
                                  原材料取引上の関係強化のため保有して
                       -       15,000
     昭和電工株式会社                             おりましたが、当事業年度において全株                      無
                       -         58
                                  を売却致しました。
                                  販売取引上の関係強化のため保有してお
                       -       40,000
     北越コーポレーショ
                                  りましたが、当事業年度において全株を                      無
     ン株式会社
                       -         26
                                  売却致しました。
                                  販売取引上の関係強化のため保有してお
                       -       7,230
     日本製紙株式会社                             りましたが、当事業年度において全株を                      無
                       -         17
                                  売却致しました。
     (注)1 銘柄ごとに、株式発行会社との取引金額、株価の変動状況、短期及び中長期の株式総合利回りを確認しており
          ますが、個別銘柄ごとの定量的な保有効果の記載は困難であります。
        2 当社の株式の保有の有無については、直接保有のほか、退職給付信託として信託銀行等に信託された信託財
          産、子会社を通じた間接保有を含んでおります。
                                  84/175







                                                           EDINET提出書類
                                                        JSR株式会社(E01003)
                                                            有価証券報告書
     みなし保有株式

       該当事項はありません。
      ③保有目的が純投資目的である投資株式

       該当事項はありません。
      ④当事業年度中に投資株式の保有目的を純投資目的から純投資目的以外の目的に変更したもの

       該当事項はありません。
      ⑤当事業年度中に投資株式の保有目的を純投資目的以外の目的から純投資目的に変更したもの

       該当事項はありません。
                                  85/175
















                                                           EDINET提出書類
                                                        JSR株式会社(E01003)
                                                            有価証券報告書
     第5【経理の状況】
      1.連結財務諸表及び財務諸表の作成方法について
       (1)当社の連結財務諸表は、「連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(1976年大
        蔵省令第28号。以下「連結財務諸表規則」という。)第93条の規定により、国際会計基準(以下
        「IFRS」という。)に準拠して作成しております。
       (2)当社の財務諸表は、「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(1963年大蔵省令

        第59号。以下「財務諸表等規則」という。)に基づいて作成しております。
         なお、当社は、特例財務諸表提出会社に該当し、財務諸表等規則第127条の規定により財務諸
        表を作成しております。
      2.監査証明について

        当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、連結会計年度(2019年4月1日か
       ら2020年3月31日まで)の連結財務諸表及び事業年度(2019年4月1日から2020年3月31日まで)
       の財務諸表について、有限責任                 あずさ監査法人による監査を受けております。
      3.連結財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組み及びIFRSに基づいて連結財務諸表等を適

       正に作成することができる体制の整備について
       (1)当社は、連結財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組みを行っています。具体的に
        は、会計基準等の内容を適切に把握し、又は会計基準等の変更等について的確に対応することが
        できる体制を整備するため、公益財団法人財務会計基準機構へ加入し、最新の会計基準等の情報
        を得ています。また、企業会計基準委員会の行うセミナーや、講演会等に参加しています。
       (2)IFRSの適用については、国際会計基準審議会が公表するプレスリリースや基準書を随時入手

        し、最新の基準の把握を行っています。また、IFRSに基づく適正な連結財務諸表を作成するため
        に、IFRSに準拠したグループ会計方針等を作成し、それらに基づいて会計処理を行っています。
                                  86/175










                                                           EDINET提出書類
                                                        JSR株式会社(E01003)
                                                            有価証券報告書
      1【連結財務諸表等】
       (1)【連結財務諸表】
        ①【連結財政状態計算書】
                                                 (単位:百万円)
                                前連結会計年度               当連結会計年度
                        注記
                               (2019年3月31日)               (2020年3月31日)
     資産
      流動資産
                        9               70,785               61,931
       現金及び現金同等物
                       10,34               135,280               110,506
       営業債権及びその他の債権
                        12              117,046               112,840
       棚卸資産
                       11,34                5,002               4,064
       その他の金融資産
                                       10,870               11,487
                        14
       その他の流動資産
                                       338,983               300,829
       小計
       売却目的保有に分類される処
                        13                 -             2,646
       分グループに係る資産
                                       338,983               303,475
      流動資産合計
      非流動資産
                      15,16,18                183,457               215,664
       有形固定資産
                       17,18                59,066               58,283
       のれん
                       17,18                14,205               15,891
       その他の無形資産
       持分法で会計処理されている
                        19               24,269               25,385
       投資
                        23               1,503               2,560
       退職給付に係る資産
                       11,34                58,895               44,656
       その他の金融資産
                        14               2,305               2,469
       その他の非流動資産
                                        8,751               9,331
                        20
       繰延税金資産
                                       352,452               374,238
      非流動資産合計
                                       691,435               677,713
     資産合計
                                  87/175










                                                           EDINET提出書類
                                                        JSR株式会社(E01003)
                                                            有価証券報告書
                                                 (単位:百万円)

                                前連結会計年度               当連結会計年度
                        注記
                               (2019年3月31日)               (2020年3月31日)
     負債及び資本
      負債
       流動負債
                       22,34               118,053               92,839
        営業債務及びその他の債務
        借入金               21,34                33,519               30,043
                                        5,598               1,757
        未払法人所得税
                       21,34                 532              3,138
        その他の金融負債
                                       14,752               17,976
                        24
        その他の流動負債
                                       172,455               145,752
        小計
        売却目的保有に分類される
                        13                 -             2,646
        処分グループに係る負債
                                       172,455               148,398
       流動負債合計
       非流動負債
                       21,34                50,777               52,684
        借入金
                        23               15,870               16,216
        退職給付に係る負債
                       21,34                1,675              16,198
        その他の金融負債
                        24               2,733               3,667
        その他の非流動負債
                                        7,565               3,139
                        20
        繰延税金負債
                                       78,620               91,903
       非流動負債合計
                                       251,075               240,301
      負債合計
      資本

       親会社の所有者に帰属する持
       分
                        25               23,370               23,370
        資本金
                        25               18,436               18,242
        資本剰余金
                        25              351,476               369,102
        利益剰余金
                        25              △ 10,042              △ 19,547
        自己株式
                                       18,758               5,626
                        25
        その他の資本の構成要素
       親会社の所有者に帰属する持
                                       401,998               396,793
       分合計
                                       38,361               40,619
       非支配持分
                                       440,360               437,412
      資本合計
                                       691,435               677,713
     負債及び資本合計
                                  88/175







                                                           EDINET提出書類
                                                        JSR株式会社(E01003)
                                                            有価証券報告書
        ②【連結損益計算書】
                                                    (単位:百万円)
                                   前連結会計年度                当連結会計年度
                                 (自 2018年4月1日               (自 2019年4月1日
                           注記
                                  至 2019年3月31日)                至 2020年3月31日)
     継続事業
                          7,27               495,354               471,967
     売上収益
                                        △ 347,928              △ 331,228
     売上原価
     売上総利益                                    147,426               140,739
                           28
                                        △ 102,105              △ 104,343
     販売費及び一般管理費
                           29               1,713               1,304
     その他の営業収益
                          18,29               △ 2,306              △ 4,879
     その他の営業費用
                                            533               64
     持分法による投資損益
                           7               45,261               32,884
     営業利益
                          7,30
     金融収益                                     2,499               1,929
                                          △ 1,352              △ 2,184
                          7,30
     金融費用
                           7               46,408               32,629
     税引前利益
                           20              △ 10,985              △ 6,859
     法人所得税
                                          35,423               25,770
     継続事業からの当期利益
     非継続事業
     非継続事業からの当期利益(△損失)                      13              △ 1,837                252
                                          33,586               26,022
     当期利益
     当期利益の帰属

                                          31,116               22,604
      親会社の所有者
                                           2,470               3,418
      非支配持分
                                          33,586               26,022
      合計
     親会社の所有者に帰属する1株当たり

     当期利益
      基本的1株当たり当期利益(円)                                    140.62               104.38
                           32               148.92               103.22
       継続事業
                           32               △ 8.30               1.16
       非継続事業
      希薄化後1株当たり当期利益(円)                                    140.27               104.19
                           32               148.55               103.03
       継続事業
                           32               △ 8.28               1.16
       非継続事業
                                  89/175








                                                           EDINET提出書類
                                                        JSR株式会社(E01003)
                                                            有価証券報告書
        ③【連結包括利益計算書】
                                                    (単位:百万円)
                                  前連結会計年度                 当連結会計年度
                                (自 2018年4月1日                (自 2019年4月1日
                           注記
                                 至 2019年3月31日)                 至 2020年3月31日)
                                         33,586                26,022
     当期利益
     その他の包括利益
      純損益に振り替えられることのない項目
       その他の包括利益を通じて公正価値で測
                           31             △ 4,678               △ 1,377
       定される金融資産の純変動額
                           31                54               661
       確定給付負債(資産)の再測定額
       持分法適用会社におけるその他の包括利
                                            5              △ 31
                           31
       益に対する持分
      純損益に振り替えられる可能性のある項目
       キャッシュ・フロー・ヘッジに係る公正
                           31               △ 79              △ 124
       価値の純変動額
                           31               476              △ 4,111
       在外営業活動体の換算差額
       持分法適用会社におけるその他の包括利
                                         △ 1,213                △ 904
                           31
       益に対する持分
                                         △ 5,435               △ 5,886
     税引後その他の包括利益合計
                                         28,151                20,136
     当期包括利益合計
     当期包括利益合計額の帰属

                                         25,611                17,486
      親会社の所有者
                                          2,540                2,650
      非支配持分
                                         28,151                20,136
      合計
                                  90/175












                                                           EDINET提出書類
                                                        JSR株式会社(E01003)
                                                            有価証券報告書
        ④【連結持分変動計算書】
                                                    (単位:百万円)
                           親会社の所有者に帰属する持分
                                                   非支配      資本
                注記
                                        その他の
                                                    持分     合計
                         資本     利益
                    資本金               自己株式      資本の      合計
                         剰余金     剰余金
                                        構成要素
                    23,370     18,502     331,913     △ 5,358     25,071     393,499      18,116     411,615
     2018年4月1日残高
                               31,116                31,116      2,470     33,586
      当期利益
                                         △ 5,505    △ 5,505       70   △ 5,435
      その他の包括利益
                       -     -   31,116        -  △ 5,505     25,611      2,540     28,151
     当期包括利益合計
      株式報酬取引                    △ 202           88     △ 1   △ 115          △ 115
                26             △ 12,175               △ 12,175      △ 623   △ 12,798
      配当金
                          △ 10        △ 4,772          △ 4,782          △ 4,782
      自己株式の変動
      その他の資本の構
                                689          △ 689      -           -
      成要素から利益剰
      余金への振替
      企業結合による変
                8           146               △ 119      27   17,610     17,637
      動
                                △ 67           1    △ 67     718     651
      その他の増減額
     所有者との取引額等
                       -    △ 66  △ 11,554     △ 4,684     △ 808   △ 17,111     17,705       594
     合計
                    23,370     18,436     351,476     △ 10,042     18,758     401,998      38,361     440,360
     2019年3月31日残高
                                                    (単位:百万円)

                           親会社の所有者に帰属する持分
                                                   非支配      資本
                注記
                                        その他の
                                                    持分     合計
                         資本     利益
                    資本金               自己株式      資本の      合計
                         剰余金     剰余金
                                        構成要素
                    23,370     18,436     351,476     △ 10,042     18,758     401,998      38,361     440,360
     2019年4月1日残高
                                133                133           133
     会計方針の変更
                    23,370     18,436     351,609     △ 10,042     18,758     402,131      38,361     440,493
     修正再表示後の残高
                               22,604                22,604      3,418     26,022
      当期利益
                                         △ 5,118    △ 5,118     △ 768   △ 5,886
      その他の包括利益
                       -     -   22,604        -  △ 5,118     17,486      2,650     20,136
     当期包括利益合計
      株式報酬取引                    △ 174           292     △ 47     71           71
                26             △ 13,054               △ 13,054     △ 1,453    △ 14,507
      配当金
                          △ 31        △ 9,798          △ 9,829          △ 9,829
      自己株式の変動
      その他の資本の構
                               7,968          △ 7,968       -           -
      成要素から利益剰
      余金への振替
      子会社株式の売却
                                                 -   △ 361    △ 361
      による変動
      子会社の増資に伴
                                                 -   1,422     1,422
      う持分の変動
                           10    △ 24               △ 13      -    △ 13
      その他の増減額
     所有者との取引額等
                       -   △ 194   △ 5,110    △ 9,506    △ 8,014    △ 22,825      △ 392   △ 23,217
     合計
                    23,370     18,242     369,102     △ 19,547      5,626    396,793      40,619     437,412
     2020年3月31日残高
                                  91/175




                                                           EDINET提出書類
                                                        JSR株式会社(E01003)
                                                            有価証券報告書
        ⑤【連結キャッシュ・フロー計算書】
                                                    (単位:百万円)
                                      前連結会計年度              当連結会計年度
                                    (自 2018年4月1日             (自 2019年4月1日
                                注記
                                     至 2019年3月31日)              至 2020年3月31日)
     営業活動によるキャッシュ・フロー
                                            46,408             32,629
      税引前利益
      非継続事業からの税引前損失(△)                          13           △ 2,232            △ 3,208
                                            21,842             26,359
      減価償却費及び償却費
                                           △ 1,631            △ 1,369
      受取利息及び受取配当金
                                            1,352             1,825
      支払利息
                                            △ 533             △ 64
      持分法による投資損益
                                18             438            1,801
      減損損失
                                            1,553             23,317
      営業債権及びその他の債権の増減額
                                           △ 22,039              1,446
      棚卸資産の増減額
                                           △ 5,834            △ 27,721
      営業債務及びその他の債務の増減額
                                            3,026             11,912
      その他
                                            1,785             1,591
      配当金の受取額
                                             224             216
      利息の受取額
                                           △ 1,236            △ 1,732
      利息の支払額
                                           △ 12,183            △ 12,773
      法人税等の支払額
                                            30,940             54,228
      営業活動によるキャッシュ・フロー
     投資活動によるキャッシュ・フロー
                                           △ 1,108             1,036
      定期預金の純増減額
                                            10,000                -
      有価証券の純増減額
                                           △ 36,210            △ 43,951
      有形固定資産等の取得による支出
                                             273             913
      有形固定資産等の売却による収入
                                           △ 4,449            △ 4,426
      投資の取得による支出
                                            1,656             15,449
      投資の売却による収入
                                8          △ 36,225                -
      連結の範囲の変更を伴う子会社株式の取得による支出
                                              -           △ 749
      連結の範囲の変更を伴う子会社株式の売却による支出
                                8            3,213               -
      会社分割による収入
                                            △ 163           △ 1,928
      関連会社株式の取得による支出
                                           △ 2,814            △ 1,441
      貸付金の貸し付けによる支出
                                             290             309
      貸付金の回収による収入
                                            △ 731            △ 804
      その他
                                           △ 66,266            △ 35,592
      投資活動によるキャッシュ・フロー
     財務活動によるキャッシュ・フロー
                                21           △ 1,938             2,547
      短期借入金の純増減額
                                21           △ 7,975            △ 7,839
      長期借入金の返済による支出
                                21            9,231             5,846
      長期借入金の借入れによる収入
                                           △ 5,001            △ 10,002
      自己株式の取得による支出
                                26          △ 12,175            △ 13,052
      配当金の支払額
                                            △ 623           △ 1,453
      非支配株主への配当金の支払額
                                              -           1,422
      非支配持分からの払込による収入
                                            △ 551           △ 3,025
      リース負債の返済による支出
                                              66             292
                                21
      その他
                                           △ 18,966            △ 25,264
      財務活動によるキャッシュ・フロー
                                             121           △ 1,049
     現金及び現金同等物に係る為替換算差額の影響額
     現金及び現金同等物の増減額                                     △ 54,171             △ 7,677
                                           124,956              70,785
     現金及び現金同等物の期首残高
     売却目的保有に分類される処分グループに係る資産に含
                                13              -          △ 1,176
     まれる現金及び現金同等物
                                            70,785             61,931
                                9
     現金及び現金同等物の当期末残高
                                  92/175


                                                           EDINET提出書類
                                                        JSR株式会社(E01003)
                                                            有価証券報告書
        【連結財務諸表注記】
          1.報告企業
            JSR株式会社(以下「当社」という。)は、日本に所在する株式会社であります。本連
           結財務諸表は、当社及び子会社(以下「当社グループ」という。)、並びに当社の関連会社
           及び共同支配企業に対する持分により構成されております。当社グループにおいては、「エ
           ラストマー事業」、「合成樹脂事業」、「デジタルソリューション事業」、「ライフサイエ
           ンス事業」を基軸として、これらに関係する事業を行っており、その製品は多岐にわたって
           おります。詳細は、「注記7.セグメント情報」をご参照ください。
          2.作成の基礎

           (1)準拠する会計基準
             当社グループの連結財務諸表は、「連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規
            則」(1976年大蔵省第28号)第1条の2に掲げる「指定国際会計基準特定会社」の要件を
            満たすことから、同第93条の規定により、IFRSに準拠して作成しております。
           (2)測定の基礎

             当社グループの連結財務諸表は、「注記4.重要な会計方針」に記載のとおり、退職後
            給付制度に係る負債(資産)及び公正価値で測定される金融商品等を除き、取得原価を基
            礎として作成しております。
           (3)表示通貨及び単位

             当社グループの連結財務諸表は、当社が営業活動を行う主たる経済環境における通貨
            (以下「機能通貨」という。)である日本円で表示し、百万円未満を四捨五入しておりま
            す。
           (4)連結財務諸表の承認

             2020年6      月24日    に、当連結財務諸表は当社代表取締役社長兼COO川橋信夫及び最高財務
            責任者宮崎秀樹によって承認されております。
                                  93/175









                                                           EDINET提出書類
                                                        JSR株式会社(E01003)
                                                            有価証券報告書
          3.未適用の新基準及び解釈指針
            連結財務諸表の承認日までに新設又は改訂が公表された基準書及び解釈指針のうち、重要
           な影響があるものはありません。
          4.重要な会計方針

            連結財務諸表の作成にあたって採用した重要な会計方針は以下のとおりであり、当連結財
           務諸表に記載しているすべての期間に一貫して適用されております。
           (1)連結の基礎

            ① 子会社
              子会社とは、当社グループが支配しているすべての企業をいいます。当社グループ
             が、企業への関与による変動リターンに晒されている、又は変動リターンに対する権利
             を有している場合で、その企業に対するパワーを通じてこれらの変動リターンに影響を
             与えることができる場合には、当社グループはその企業を支配しております。当社グ
             ループは子会社に対する支配を獲得する日から当該子会社を連結し、支配を喪失した日
             から連結を中止しております。
              子会社が適用する会計方針が当社グループの適用する会計方針と異なる場合には、必
             要に応じて当該子会社の財務諸表に調整を加えております。当社グループ間の債権債務
             残高及び内部取引高、並びに当社グループ間の取引から発生した未実現損益は、連結財
             務諸表の作成に際して消去しております。
              子会社持分を一部処分した際、支配が継続する場合には、資本取引として会計処理し
             ております。非支配持分の調整額と対価の公正価値との差額は、親会社の所有者に帰属
             する持分として資本に直接認識されております。
              支配を喪失した場合には、支配の喪失から生じた利得又は損失は純損益で認識してお
             ります。
              なお、決算日が異なる子会社の財務諸表は、連結決算日現在で実施した仮決算に基づ
             く財務諸表を使用しております。
            ② 関連会社

              関連会社とは、当該企業の経営方針に対して、当社グループが重要な影響力を有する
             が、当社グループにより支配されていない企業です。すべての関連会社に対して、当社
             グループが重要な影響力を有することとなった日から重要な影響力を喪失する日まで、
             持分法を適用しております。
              関連会社に対する投資には、取得に際して認識されたのれん(減損損失累計額控除
             後)が含まれております。
              関連会社が適用する会計方針が当社グループの適用する会計方針と異なる場合には、
             必要に応じて当該関連会社の財務諸表に調整を加えております。
            ③ 共同支配企業

              共同支配企業とは、当社グループを含む複数の当事者が経済活動に対する契約上合意
             された支配を共有し、その活動に関連する戦略的な財務上及び営業上の決定に際して、
             支配を共有する当事者すべての合意を必要とする企業をいいます。
              当社グループが有する共同支配企業については、持分法によって会計処理しておりま
             す。
              共同支配企業が適用する会計方針が当社グループの適用する会計方針と異なる場合に
             は、必要に応じて当該共同支配企業の財務諸表に調整を加えております。
                                  94/175





                                                           EDINET提出書類
                                                        JSR株式会社(E01003)
                                                            有価証券報告書
           (2)企業結合
             当社グループは、取得法により企業結合の会計処理をしております。取得法に基づき、
            取得日の公正価値で測定された支払対価と被取得企業に対する非支配持分の金額の合計を
            取得原価としております。
             非支配持分は、被取得企業の識別可能資産及び負債の公正価値に対する持分割合相当額
            で測定しております。仲介手数料、弁護士費用、デュー・デリジェンス費用及びその他の
            専門家報酬、コンサルティング料等の企業結合に関連して発生した取得関連コストは、発
            生時に費用として処理しております。
             企業結合の当初の会計処理が企業結合が生じた決算日までに完了していない場合、当該
            完了していない項目については最善の見積りに基づく暫定的な金額で測定しております。
            取得日から1年以内の測定期間に入手した新たな情報が、取得日時点で認識された金額の
            測定に影響を及ぼすものである場合には、取得日時点で認識した暫定的な金額を遡及的に
            修正しております。
             支払対価の公正価値、被取得企業の非支配持分及び取得企業が以前より保有していた被
            取得企業の支配獲得日の公正価値の合計が、取得日における識別可能資産及び負債の正味
            価額を上回る場合にその超過額をのれんとして認識しております。
             一方、この対価の総額が、識別可能資産及び負債の正味価額を下回る場合、生じた利得
            を純損益として認識しております。なお、支配獲得後の非支配持分の追加取得について
            は、資本取引として処理し、当該取引からのれんは認識しておりません。
           (3)外貨換算

            ① 機能通貨及び表示通貨
              当社グループの連結財務諸表は、当社の機能通貨である日本円で表示しております。
             当社グループの在外営業活動体においては、主として現地通貨を機能通貨としておりま
             すが、その企業の活動する経済環境が主に現地通貨以外である場合には、現地通貨以外
             を機能通貨としております。
            ② 外貨建取引

              外貨建取引、すなわち各企業の機能通貨以外の通貨での取引は、取引日における為替
             レート又は為替レートが著しく変動していない場合には平均レートにより、機能通貨に
             換算しております。外貨建貨幣性資産及び負債は、期末日の為替レートにより機能通貨
             に換算し、換算差額は、原則として、純損益として認識しております。
            ③ 在外営業活動体

              日本円以外を機能通貨としている在外営業活動体については、資産及び負債(取得に
             より生じたのれんと公正価値の修正を含む)は期末日の為替レート、収益及び費用は、
             為替レートが著しく変動していない場合には、期中平均為替レートを用いて日本円に換
             算しております。
              在外営業活動体の財務諸表の換算から生じる為替換算差額は、その他の包括利益で認
             識し、その他の資本の構成要素に含めて計上しております。
           (4)現金及び現金同等物

             現金及び現金同等物は、手許現金、随時引き出し可能な預金及び容易に換金可能であ
            り、かつ価値の変動について僅少なリスクしか負わない短期投資から構成されておりま
            す。
           (5)棚卸資産

             棚卸資産は、取得原価と正味実現可能価額のいずれか低い金額で測定しております。取
            得原価は総平均法に基づいて算定しております。正味実現可能価額は、棚卸資産の見積販
            売価額から完成までに要する見積原価及び見積販売コストを控除した金額です。当社が製
            造した棚卸資産及び仕掛品については、通常操業度に基づく製造間接費の適切な配賦額を
            含めています。
                                  95/175




                                                           EDINET提出書類
                                                        JSR株式会社(E01003)
                                                            有価証券報告書
           (6)有形固定資産(使用権資産を除く)
             有形固定資産は、測定においては原価モデルを採用し、取得原価から減価償却累計額及
            び減損損失累計額を控除した額にて表示しております。取得原価には、資産の取得に直接
            要したコスト、資産除去及び原状回復コストの見積金額の現在価値を含めております。ま
            た、一定の要件を満たした場合、資産の取得や建設などに直接起因した借入コストを当該
            資産の取得原価の一部として認識しております。
             減価償却費は、資産の残存価額控除後の取得原価を償却するために、定額法により見積
            耐用年数にわたって認識しております。見積耐用年数、残存価額及び減価償却方法は、報
            告期間の末日に見直し、見積りの変更による影響は、見積りを変更した期間及び将来の期
            間において認識しております。
             主な見積耐用年数は次のとおりです。
             ・建物及び構築物   10-50年
             ・機械装置及び運搬具 5-25年
             ・工具、器具及び備品 3-10年
           (7)無形資産

            ① 研究開発費
              研究関連支出については、発生時に費用認識しております。開発関連支出について
             は、信頼性をもって測定することができ、かつ製品又は工程が技術的及び商業的に実現
             可能であり、将来的に経済的便益を得られる可能性が高く、当社グループが開発を完成
             させ、当該資産を使用又は販売する意図及びそのための十分な資源を有している場合に
             のみ資産計上しております。それ以外の支出は発生時に費用認識しております。
            ② のれん

              当初認識時におけるのれんの測定については、「                            (2)企業結合       」に記載しておりま
             す。
              のれんの償却は行わず、毎期減損テストを実施しております。減損については「                                             (8)
             非金融資産の減損          」に記載しております。のれんの減損損失は純損益として認識され、
             その後の戻入れは行っておりません。
              当初認識後、のれんは取得原価から減損損失累計額を控除した金額で表示しておりま
             す。
            ③ 企業結合で取得した無形資産

              企業結合で取得した無形資産の取得原価は、取得日現在における公正価値で測定して
             おります。
              当初認識後、企業結合で取得した無形資産は、取得原価から償却累計額及び減損損失
             累計額を控除した金額で計上しており、その見積耐用年数にわたって定額法で償却して
             おります。
             主な見積耐用年数は次のとおりです。

             ・技術資産   5年
            ④ 個別に取得した無形資産

              個別に取得した無形資産には、ソフトウェア等が含まれております。個別に取得した
             無形資産は、取得原価から償却累計額及び減損損失累計額を控除した金額で計上してお
             り、その見積耐用年数にわたって定額法で償却しております。
             主な見積耐用年数は次のとおりです。

             ・ソフトウェア   5年
                                  96/175





                                                           EDINET提出書類
                                                        JSR株式会社(E01003)
                                                            有価証券報告書
           (8)非金融資産の減損
             棚卸資産及び繰延税金資産を除く当社グループの非金融資産は、事象あるいは状況の変
            化により、その帳簿価額が回収できない可能性を示す兆候を各報告期間の末日に評価し、
            兆候がある場合に減損の有無について検討しております。
             資産の帳簿価額が回収可能価額を超過する金額については減損損失を認識しておりま
            す。
             回収可能価額とは、資産の売却コスト控除後の公正価値と使用価値のいずれか高い金額
            であります。使用価値の算定において、見積将来キャッシュ・フローは貨幣の時間的価値
            及び当該資産の固有のリスクを反映した割引率を用いて現在価値に割り引いております。
            減損を検討するための資産は、他の資産からのキャッシュ・インフローから概ね独立した
            キャッシュ・インフローを生成する個別資産又は最小の資産グループ(資金生成単位)に
            グループ分けされます。
             のれんは、減損の兆候がある場合、または、減損の兆候がない場合は毎期同じ時期に減
            損テストを実施し、取得原価から減損損失累計額を控除した額が帳簿価額となります。
             のれんを除く過去に減損を認識した有形固定資産及び無形資産については、各報告期間
            の末日において減損が戻入れとなる可能性について評価を行っております。
           (9)金融商品

            ① 金融資産
             (a)当初認識及び測定
               当社グループは、契約の当事者となった時点で金融資産を認識しております。ただ
              し、通常の方法で売買される金融資産は取引日に認識しております。金融資産は事後
              に償却原価で測定される金融資産又は公正価値で測定される金融資産に分類しており
              ます。
               純損益を通じて公正価値で測定される金融資産は公正価値で当初測定しておりま
              す。その他の包括利益を通じて公正価値で測定される金融資産及び償却原価で測定さ
              れる金融資産は、取得に直接起因する取引コストを公正価値に加算した金額で当初測
              定しております。なお、重大な金融要素を含まない営業債権は、取引価格で当初測定
              しております。
              1)償却原価で測定される金融資産

                 契約上のキャッシュ・フローを回収するために金融資産を保有することを目的と
                する事業モデルの中で保有されること、また契約条件により、元本及び元本残高に
                対する利息の支払のみであるキャッシュ・フローが特定の日に生じるという要件が
                ともに満たされる場合にのみ、償却原価で測定される金融資産に分類しておりま
                す。
              2)公正価値で測定される金融資産

                 上記の2つの条件のいずれかが満たされない場合は、公正価値で測定される金融
                資産に分類されます。
                 その内、元本及び元本残高に対する利息の支払のみであるキャッシュ・フローが
                特定の日に生じ、契約上のキャッシュ・フローの回収と売却の両方によって目的が
                達成される事業モデルの中で保有されている金融資産は、その他の包括利益を通じ
                て公正価値で測定される負債性金融資産として分類しております。
                 また当社グループは、一部の資本性金融資産については、公正価値の事後の変動
                をその他の包括利益に表示するという取消不能な選択を行っており、その他の包括
                利益を通じて公正価値で測定される資本性金融資産に分類しております。
                 なお上記以外のデリバティブ資産等の金融資産は、純損益を通じて公正価値で測
                定される金融資産に分類しております。
                                  97/175





                                                           EDINET提出書類
                                                        JSR株式会社(E01003)
                                                            有価証券報告書
             (b)事後測定
               金融資産は、それぞれの分類に応じて以下のとおり事後測定しております。
              1)償却原価で測定される金融資産

                 実効金利法による償却原価に基づき測定しております。
              2)公正価値で測定される金融資産

                 公正価値で測定しております。
                 公正価値の変動額は、金融資産の分類に応じて純損益又はその他の包括利益で認
                識しております。なお、その他の包括利益を通じて公正価値で測定すると指定され
                た資本性金融商品から生じる受取配当金については純損益で認識し、公正価値が著
                しく下落した場合又は処分を行った場合は、その他の包括利益を通じて認識された
                利得又は損失の累計額を利益剰余金に振り替えております。
             (c)認識の中止

               金融資産は、投資からのキャッシュ・フローを受け取る契約上の権利が消滅したと
              き又は当該投資のキャッシュ・フローを受け取る契約上の権利を移転し、当社グルー
              プが所有に係るリスクと経済価値のほとんど全てを移転したときに認識を中止しま
              す。
            ② 金融負債

             (a)当初認識及び測定
               当社グループは、契約の当事者となった時点で金融負債を認識しております。金融
              負債は、公正価値から取得に直接起因する取引コストを減額した金額で当初測定して
              おります。
             (b)事後測定

              1)償却原価で測定される金融負債
                 実効金利法による償却原価に基づき測定しております。
              2)純損益を通じて公正価値で測定される金融負債

                 純損益を通じて公正価値で測定される金融負債については、純損益を通じて公正
                価値で測定すると指定した金融負債を含んでおり、当初認識後公正価値で測定し、
                その変動については当期の損益として認識しております。
             (c)認識の中止

               金融負債は、契約上の義務が免責、取消し又は失効した場合に認識を中止しており
              ます。
            ③ 金融商品の相殺

              金融資産及び金融負債は、認識された金額を相殺する法的に強制力のある権利を有し
             ており、かつ、純額で決済するか、資産の実現と負債の決済を同時に実行する意図を有
             する場合にのみ相殺しております。
          (10)金融資産の減損

             当社グループは、償却原価で測定する金融資産について期末日に予想信用損失を見積っ
            ております。
             当初認識時点から信用リスクが著しく増加していない場合には、12ヵ月の予想信用損失
            を損失評価引当金として認識しております。ただし、重大な金融要素を含まない営業債権
            については、常に全期間の予想信用損失で損失評価引当金を測定しております。当初認識
            時点から信用リスクの著しい増加があった場合には、全期間にわたる予想信用損失を損失
            評価引当金として認識しております。信用リスクが著しく増加しているか否かは、デフォ
            ルトリスクの変化に基づいて判断しており、デフォルトリスクに変化があるか否かの判断
            にあたっては、主に期日経過の情報を考慮し、以下も考慮しております。
             ・金融資産の外部信用格付
             ・内部信用格付
             ・借手の経営成績
             ・借手の親会社等からの金融支援
                                  98/175


                                                           EDINET提出書類
                                                        JSR株式会社(E01003)
                                                            有価証券報告書
             予想信用損失は、契約に従って企業に支払われるべきすべての契約上のキャッシュ・フ
            ローと、企業が受け取ると見込んでいるすべてのキャッシュ・フローとの差額の現在価値
            を それぞれの債務不履行発生リスクでウェイト付けした加重平均で測定しております。い
            ずれの金融資産においても、履行強制活動を行ってもなお返済期日を大幅に経過している
            場合、債務者が破産、会社更生、民事再生、特別清算といった法的手続きを申し立てる場
            合など、債務不履行(デフォルト)と判断される場合には、信用減損金融資産として取り
            扱っております。なお            、当社グループは、償却原価で測定する金融資産に対する損失評価
            引当金は、資産の帳簿価額の総額から控除し、損失は純損益で認識します。また、ある金
            融資産の全体又は一部分を回収するという合理的な予想を有していない場合は、当該金額
            を金融資産の帳簿価額から直接償却しております。
          (11)デリバティブ及びヘッジ会計

             デリバティブはデリバティブ契約を締結した日の公正価値で当初認識を行い、当初認識
            後は期末日ごとに公正価値で再測定を行っております。再測定の結果生じる利得又は損失
            の認識方法は、デリバティブがヘッジ手段として指定されているかどうか、また、ヘッジ
            手段として指定された場合にはヘッジ対象の性質によって決まります。
             当社グループは、一部のデリバティブについてキャッシュ・フロー・ヘッジ(認識され
            ている資産もしくは負債に関連する特定のリスク又は可能性の非常に高い予定取引のヘッ
            ジ)のヘッジ手段として指定を行っており、一部の外貨建借入金について在外営業活動体
            に対する純投資のヘッジ手段として指定を行っております。
             当社グループは、取引開始時に、ヘッジ手段とヘッジ対象との関係並びにこれらのヘッ
            ジ取引の実施についてのリスク管理目的及び戦略について文書化しております。また、当
            社グループはヘッジ開始時及び継続的に、ヘッジ取引に利用したデリバティブがヘッジ対
            象のキャッシュ・フローの変動を相殺するために有効であるかどうかについての評価も文
            書化しております。
             ヘッジの有効性は継続的に評価しており、ヘッジ対象とヘッジ手段との間に経済的関係
            があること、信用リスクの影響が経済的関係から生じる価値変動に著しく優越するもので
            はないこと、並びにヘッジ関係のヘッジ比率が実際にヘッジしているヘッジ対象及びヘッ
            ジ手段の数量から生じる比率と同じであることのすべてを満たす場合に有効と判定してお
            ります。
             キャッシュ・フロー・ヘッジのヘッジ手段として指定され、かつ、その要件を満たすデ
            リバティブの公正価値の変動のうち有効部分は、その他の包括利益で認識しております。
            非有効部分に関する利得又は損失は、直ちに純損益として認識しております。その他の包
            括利益を通じて認識された利得又は損失の累計額は、ヘッジ対象から生じるキャッシュ・
            フローが純損益に影響を与える期に純損益に振り替えております。
             ヘッジ手段の失効又は売却等によりヘッジ会計の要件をもはや満たさなくなった場合に
            は、将来に向かってヘッジ会計の適用を中止しております。ヘッジされた将来キャッ
            シュ・フローがまだ発生すると見込まれる場合は、その他の包括利益に認識されている利
            得又は損失の累計額を引き続きその他の資本の構成要素として認識しております。予定取
            引の発生がもはや見込まれなくなった場合等は、その他の包括利益に認識していた利得又
            は損失の累計額を直ちに純損益に振り替えております。
             在外営業活動体に対する純投資の為替変動リスクをへッジする目的で保有する一部の外
            貨建借入金は、在外営業活動体に対する純投資のヘッジとして為替変動額をヘッジ効果が
            認められる範囲内でその他の包括利益として認識しております。ヘッジ手段に係る為替変
            動額のうち、ヘッジの非有効部分及びヘッジ有効性評価の対象外の部分については純損益
            として認識しております。
             純投資ヘッジにより、その他の包括利益として認識した利得または損失の累積額は、在
            外営業活動体の処分時に純損益に振替えております。
                                  99/175





                                                           EDINET提出書類
                                                        JSR株式会社(E01003)
                                                            有価証券報告書
          (12)リース
            前連結会計年度(自 2018年4月1日 至 2019年3月31日)
             リース取引は、資産の所有に伴うリスクと経済価値を実質的にすべて借手に移転する場
            合には、ファイナンス・リース取引に分類し、それ以外の場合には、オペレーティング・
            リース取引に分類しております。
             契約がリースであるか否か、又は契約にリースが含まれているか否かについては、法的
            にはリースの形態をとらないものであっても、IFRIC第4号「契約にリースが含まれてい
            るか否かの判断」に従い、契約の実質に基づいて判断しております。
             ファイナンス・リース取引によるリース資産及びリース負債は、リース期間の起算日に
            算定したリース物件の公正価値と最低支払リース料総額の現在価値のいずれか低い金額で
            連結財政状態計算書に計上しております。各リース料の支払は、リース負債の返済と金融
            費用に配分されます。金融費用である利息要素は、各期において負債残高に対して一定の
            期間利子率となるように、リース期間にわたり純損益として費用処理しております。リー
            ス資産は、その資産に適用される会計方針に基づいて、定額法で減価償却を行っておりま
            す。
             オペレーティング・リース取引によるリース料支払額は、リース期間にわたって定額法
            で費用として認識しております。
            当連結会計年度(自 2019年4月1日 至 2020年3月31日)

             当社グループは、契約の開始時に、特定された資産の使用を支配する権利が一定期間に
            わたって対価と交換に移転する場合には、当該契約はリースであるか又はリースを含んで
            いると判定しております。但し、リース期間が12ヶ月以内の短期リース及び少額資産の
            リースについて、使用権資産及びリース負債を認識しないことを選択しております。
             契約がリースであるか又はリースを含んでいる場合、短期リース又は少額資産のリース
            を除き、開始日において使用権資産及びリース負債を連結財政状態計算書に計上しており
            ます。短期リース及び少額資産のリースに係るリース料はリース期間にわたり定額法によ
            り費用として認識しております。
             使用権資産の測定においては原価モデルを採用し、取得原価から減価償却累計額及び減
            損損失累計額を控除した価額で表示しております。
             使用権資産の取得価額は、リース負債の当初測定額に、当初直接コスト、前払リース料
            等を調整し、リース契約に基づき要求される原状回復義務等のコストを加えた額で当初の
            測定を行っております。使用権資産は、リース期間にわたり、定額法で減価償却を行って
            おり、連結財政状態計算書上、有形固定資産に含めて表示しております。リース負債は、
            支払われていないリース料をリースの計算利子率または計算利子率を容易に算定できない
            場合は、追加借入利子率で割り引いた現在価値で測定しております。一般的に当社グルー
            プは追加借入利子率を割引率として使用しております。リース料は、実効金利法に基づき
            金融費用とリース負債の返済額とに配分しております。金融費用は連結損益計算書で認識
            しております。
          (13)従業員給付

            ① 短期従業員給付
              短期従業員給付は、割引計算をせず、関連するサービスが提供された時点で費用とし
             て認識しております。賞与については、それらを支払う法的もしくは推定的な債務を有
             し、信頼性のある見積りが可能な場合に、それらの制度に基づいて支払われると見積ら
             れる額を負債として認識しております。
            ② 長期従業員給付

              当社グループは、従業員の退職後給付制度として、確定拠出制度と確定給付型制度を
             採用しております。
              確定給付型制度に関連して認識される負債(資産)は、報告期間の末日現在の確定給
             付債務の現在価値から制度資産の公正価値を控除した金額となっております。確定給付
             債務は、独立した数理人が予測単位積増方式を用いて毎期算定しております。計算の結
             果、当社グループに資産が生じる可能性がある場合、制度からの将来の現金の返還又は
             制度への将来掛金の減額の形で享受可能な経済的便益の現在価値を限度として資産を認
             識しております。経済的便益の現在価値の算定に際しては、該当する最低積立要件を考
             慮しております。確定給付債務の現在価値は、債務の支払見込期間に満期が近似してお
             り、かつ給付が支払われる通貨建の優良社債の利率を用いて、見積将来キャッシュ・ア
             ウトフローを割り引くことで算定しております。
                                100/175


                                                           EDINET提出書類