ティアック株式会社 有価証券報告書 第72期(平成31年4月1日-令和2年3月31日)

提出書類 有価証券報告書-第72期(平成31年4月1日-令和2年3月31日)
提出日
提出者 ティアック株式会社
カテゴリ 有価証券報告書

                                                           EDINET提出書類
                                                      ティアック株式会社(E01932)
                                                            有価証券報告書
     【表紙】
      【提出書類】                    有価証券報告書

      【根拠条文】                    金融商品取引法第24条第1項
      【提出先】                    関東財務局長
      【提出日】                    2020年6月25日
      【事業年度】                    第72期(自 2019年4月1日 至 2020年3月31日)
      【会社名】                    ティアック株式会社
      【英訳名】                    TEAC   CORPORATION
      【代表者の役職氏名】                    代表取締役社長  英 裕治
      【本店の所在の場所】                    東京都多摩市落合一丁目47番地
      【電話番号】                    042-356-9178
      【事務連絡者氏名】                    財務部長  倉原 良弘
      【最寄りの連絡場所】                    東京都多摩市落合一丁目47番地
      【電話番号】                    042-356-9178
      【事務連絡者氏名】                    財務部長  倉原 良弘
      【縦覧に供する場所】                    株式会社東京証券取引所
                         (東京都中央区日本橋兜町2番1号)
                                   1/106













                                                           EDINET提出書類
                                                      ティアック株式会社(E01932)
                                                            有価証券報告書
     第一部【企業情報】
     第1【企業の概況】
     1【主要な経営指標等の推移】
      (1)連結経営指標等
                                          国際会計基準
                回次
                               第68期      第69期      第70期      第71期      第72期
               決算年月               2016年3月      2017年3月      2018年3月      2019年3月      2020年3月

                        (百万円)        20,455      17,346      17,016      15,682      14,745
     売上収益
     税引前当期利益(△損失)                   (百万円)        △ 132      △ 8     324      291       69

     親会社の所有者に帰属する当期利益 
                        (百万円)        △ 196      △ 52      249       51      27
     (△損失)
                        (百万円)       △ 1,245      △ 184      254      321      142
     親会社の所有者に帰属する当期包括利益
                        (百万円)         756      571      825     1,145      1,323

     親会社の所有者に帰属する持分
                        (百万円)        13,122      11,192      10,285       9,316      9,540

     資産合計
                         (円)        2.62      1.98      28.62      39.76      45.93

     1株当たり親会社所有者帰属持分
     基本的1株当たり当期利益(△損失)                    (円)       △ 0.68     △ 0.18      8.64      1.77      0.94

     希薄化後1株当たり当期利益(△損失)                    (円)         -      -      -      -      -

                         (%)        5.8      5.1      8.0      12.3      13.9

     親会社所有者帰属持分比率
                         (%)       △ 14.2      △ 7.8      35.7       5.2      2.2

     親会社所有者帰属持分当期利益率
                         (倍)         -      -     51.2      109.6      155.3

     株価収益率
                        (百万円)        △ 339     △ 702      △ 12     △ 314      158

     営業活動によるキャッシュ・フロー
                        (百万円)         183      308      141      101     △ 118

     投資活動によるキャッシュ・フロー
                        (百万円)        △ 100       29     △ 15     △ 221     △ 231

     財務活動によるキャッシュ・フロー
                        (百万円)        2,524      2,097      2,142      1,716      1,479

     現金及び現金同等物の期末残高
                          (名)        890      738      688      666      633

     従業員数
      (注)1 百万円未満を四捨五入しております。
         2 上記の売上収益は消費税等抜となっております。
         3 従業員数は就業人員数を表示しております。
         4 希薄化後1株当たり当期利益(△損失)については、潜在株式が存在しないため記載しておりません。
         5 第68期より国際会計基準(IFRS)に基づいて連結財務諸表を作成しております。
         6 当社は、2018年10月1日を効力発生日として普通株式10株につき1株の割合をもって株式併合を実施してお
           ります。第70期の期首に当該株式併合が行われたと仮定し、「1株当たり親会社所有者帰属持分」及び「基
           本的1株当たり当期利益」を算定しております。
                                   2/106






                                                           EDINET提出書類
                                                      ティアック株式会社(E01932)
                                                            有価証券報告書
                               日本基準
                回次
                                第68期
               決算年月                2016年3月

                        (百万円)         20,402
     売上高
                        (百万円)            ▶
     経常利益
     親会社株主に帰属する当期純損失(△)                   (百万円)          △ 352
                        (百万円)         △ 1,494

     包括利益
                        (百万円)          1,708
     純資産額
                        (百万円)         13,765
     総資産額
                         (円)         5.67
     1株当たり純資産額
     1株当たり当期純損失金額(△)                    (円)        △ 1.22
     潜在株式調整後1株当たり
                         (円)          -
     当期純利益金額
                         (%)         11.9
     自己資本比率
                         (%)        △ 21.6
     自己資本利益率
                         (倍)          -
     株価収益率
                        (百万円)          △ 424
     営業活動によるキャッシュ・フロー
                        (百万円)           162
     投資活動によるキャッシュ・フロー
                        (百万円)           106
     財務活動によるキャッシュ・フロー
                        (百万円)          2,523
     現金及び現金同等物の期末残高
                          (名)          890
     従業員数
      (注)1 百万円未満を切り捨てて表示しております。
         2 上記の売上高は消費税等抜となっております。
         3 従業員数は就業人員数を表示しております。
         4 潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額は、1株当たり当期純損失金額であり、潜在株式が存在しないた
           め記載しておりません。
         5 第68期の日本基準による諸数値につきましては、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づく監査を
           受けておりません。
                                   3/106








                                                           EDINET提出書類
                                                      ティアック株式会社(E01932)
                                                            有価証券報告書
      (2)提出会社の経営指標等
              回次             第68期       第69期       第70期       第71期       第72期
             決算年月             2016年3月       2017年3月       2018年3月       2019年3月       2020年3月

                   (百万円)         13,496       11,528       10,799       10,166        9,666
     売上高
     経常利益又は経常損失
                   (百万円)           128      △ 393      △ 196        57      △ 83
     (△)
     当期純利益又は当期純損失
                   (百万円)          △ 220     △ 1,140       △ 378        20       △ 7
     (△)
                   (百万円)          6,000       6,000       6,000       3,500       3,500
     資本金
                   (千株)        289,317       289,317        28,931       28,931       28,931
     発行済株式総数
                   (百万円)          4,952       3,816       3,427       3,453       3,446
     純資産額
                   (百万円)         16,195       14,753       13,662       13,147       12,684
     総資産額
                    (円)         17.18       13.25       118.95       119.87       119.62
     1株当たり純資産額
                    (円)          -       -       -       -       -
     1株当たり配当額
     (内1株当たり中間
                    (円)          ( - )      ( - )      ( - )      ( - )      ( - )
     配当額)
     1株当たり当期純利益又は
                    (円)        △ 0.76      △ 3.96      △ 13.15        0.71      △ 0.24
     当期純損失(△)
     潜在株式調整後1株当たり
                    (円)          -       -       -       -       -
     当期純利益金額
                    (%)         30.6       25.9       25.1       26.3       27.2
     自己資本比率
                    (%)         △ 4.4      △ 26.0      △ 10.5        0.6      △ 0.2
     自己資本利益率
                    (倍)          -       -       -      273.2         -
     株価収益率
                    (%)          -       -       -       -       -
     配当性向
                    (名)          300       294       242       240       242
     従業員数
                    (%)         72.4       72.4       75.9       33.4       25.2

     株主総利回り
     (比較指標:東証株価
                    (%)         ( 87.3  )     ( 98.0  )    ( 111.2   )    ( 103.1   )     ( 90.9  )
     指数)
                                                   365
                    (円)          60       66       55              257
     最高株価
                                                   (45)
                                                   168
                    (円)          38       30       39              100
     最低株価
                                                   (33)
      (注)1 上記の売上高は消費税等抜となっております。
         2 従業員数は就業人員数を表示しております。
         3 第68期から第70期及び第72期の潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額は、1株当たり当期純損失であ
           り、潜在株式が存在しないため記載しておりません。また第71期の潜在株式調整後1株当たり当期純利益金
           額は、潜在株式が存在しないため記載しておりません。
         4 2018年10月1日付で普通株式10株につき1株の割合で株式併合を行っております。1株当たり純資産額、1
           株当たり当期純利益又は当期純損失(△)は、第70期の期首に当該株式併合が行われたと仮定して算定して
           おります。
         5 第71期の株価は株式併合後の最高・最低株価を記載しており、()内に株式併合前の最高・最低株価を記載し
           ております。
         6 最高・最低株価は、東京証券取引所市場第一部におけるものであります。
         7 第71期の資本金の減少は減資によるものであります。
                                   4/106



                                                           EDINET提出書類
                                                      ティアック株式会社(E01932)
                                                            有価証券報告書
     2【沿革】
     1953年8月      東京都武蔵野市に東京テレビ音響株式会社創立。セミプロフェッショナルタイプの録音・再生電気音響
           機器の製造販売を開始。
     1956年12月      東京都墨田区に東京電気音響株式会社設立。計測用・光学用電気機器、磁気テープ応用装置の製造を開
           始。
     1959年6月      両社は提携し、テープレコーダの製造を開始、国内外に販売。
     1961年5月      アメリカIBM社と技術援助契約を締結し、磁気テープ記憶装置を国産化する。
     1962年11月      東京テレビ音響株式会社をティアックオーディオ株式会社、東京電気音響株式会社をティアック株式会
           社と各々商号変更する。
     1963年8月      埼玉県入間市に高級テープレコーダの量産工場を竣工。
     1964年10月      両社は合併し、ティアック株式会社と商号を統一する。
     1967年5月      アメリカに販売会社TEAC            CORPORATION      OF  AMERICAを設立。
     1970年4月      東京証券取引所市場第二部に上場。
     1970年7月      東京都武蔵村山市に情報機器製品の生産を目的として村山工場を竣工。
     1971年4月      大阪、名古屋証券取引所市場第二部に上場。
     1972年2月      東京、大阪、名古屋証券取引所市場第一部に上場。
     1974年4月      ドイツに販売会社TEAC           TONBAND-ANLAGEN        VERTRIEBS     GmbHを設立。
     1974年12月      台湾に音響機器の生産を目的としてTAIWAN                    TEAC   CORPORATIONを設立。
     1984年1月      山梨県富士吉田市に主要部品の生産を目的として富士吉田ティアック株式会社を設立。
     1984年4月      カナダに現地資本との合弁により販売会社TEAC                      CANADA    LTD.を設立。
     1985年2月      神奈川県に電子計測用各種変換・測定器の製造、販売を目的としてティアック電子計測株式会社を設
           立。
     1987年5月      イギリスに販売会社TEAC            UK  LTD.を設立。
     1988年10月      アメリカの販売会社TEAC            CORPORATION      OF  AMERICAの名称をTEAC          AMERICA    INC.と改称。
     1988年11月      ドイツの販売会社TEAC           TONBAND-ANLAGEN        VERTRIEBS     GmbHの名称をTEAC         DEUTSCHLAND      GmbHと改称。
     1989年4月      フランスに販売会社TEAC            FRANCE    S.A.を設立。
     1990年4月      東京都武蔵野市にコンピュータソフトの開発、販売を目的として株式会社ティアックシステムクリエイ
           トを設立。
           岩手県二戸市に周辺情報機器製品及び部品の製造、販売を目的として岩手ティアック株式会社を設立。
     1990年7月      マレーシアに周辺情報機器製品及び部品の製造、販売を目的としてTEAC                                  ELECTRONICS(M)Sdn.Bhd.を設
           立。
     1991年3月      ベルギーに販売会社TEAC            BELGIUM    NV/SAを設立。
     1991年10月      オランダの販売会社TEAC            EUROPE    B.V.をTEAC      NEDERLAND     B.V.と改称。
     1992年2月      シンガポールに周辺機器製品の部品調達と物流サポートを目的としてTEAC                                    SINGAPORE     PTE  LTD.を設
           立。
     1992年7月      イタリアに販売会社TEAC            ITALIANA     S.p.A.を設立。
     1992年11月      スペインに販売会社TEAC            ELECTRONICS      ESPANA    S.A.を設立。
     1994年6月      インドネシアのバタム島に周辺機器製品の基板実装を目的としてP.T.                                TEAC   ELECTRONICS      INDONESIAを
           設立。
     1995年3月      生産中止に伴い村山工場(東京都武蔵村山市)を売却。
     1995年4月      東京都武蔵野市に損害保険の代理店業務を主たる目的として株式会社ティアックウェルフェアサービス
           を設立。
                                   5/106






                                                           EDINET提出書類
                                                      ティアック株式会社(E01932)
                                                            有価証券報告書
     1995年9月      香港に音響機器製品の部品調達と生産管理を目的として現地企業との合弁会社TEAC                                         AUDIO(CHINA)
           CO.,LTD.を設立。
     1995年12月      中国に音響機器製品の生産を目的として、香港で設立の合弁会社と中国現地資本との合弁会社DONGGUAN
           DONGFA    TEAC   AUDIO   CO.,LTD.を設立。
     2002年4月      株式会社セレパスと株式会社タスクは、株式会社セレパスを存続会社として合併。
     2003年1月      中国に現地法人TEAC          SHANGHAI     LTD.を設立。
     2003年2月      大阪証券取引所及び名古屋証券取引所の上場を廃止。
     2004年3月      TEAC   AMERICA    INC.のビデオシステム部門を営業譲渡。
     2004年4月      ドイツ現地法人        TEAC   DEUTSCHLAND      GmbHは社名をTEAC         EUROPE    GmbHと改称。
           社内カンパニー「ティアック              エソテリック       カンパニー」を会社分割により分社化し、「株式会社ティ
           アック    エソテリック       カンパニー」を設立。
           イギリスに現地法人TEAC            SSE  LTD.を設立。
     2005年8月      オーストラリアに販売子会社TEAC                AUSTRALIA     PTY.,   LTD.を設立。
     2006年4月      ティアック電子計測株式会社を吸収合併し、株式会社ティアックシステムクリエイトの事業の一部を統
           合。
     2006年10月      中国東莞市現地法人DONGGUAN               DONGFA    TEAC   AUDIO   CO.,LTD.の現地資本全株式をTEAC                 AUDIO(CHINA)
           CO.,LTD.が取得。社名をDONGGUAN                TEAC   ELECTRONICS      CO.,LTD.と改称。
           TEAC   AUSTRALIA     PTY.,   LTD.の保有全株式をTT           International       Limitedへ譲渡。
     2007年12月      ティアック株式会社の本社と入間事業所を東京都多摩市に移転し、本社及び事業所の機能を一箇所に集
           約。
     2008年10月      株式会社ティアック          エソテリック       カンパニーは社名をエソテリック株式会社と改称。
     2009年4月      MTS株式会社をティアック株式会社の完全子会社化。
     2009年10月      株式会社セレパスは富士吉田ティアック株式会社を吸収合併し、ティアック                                    マニュファクチャリング
           ソリューションズ株式会社と改称。
     2012年3月      中国に販売会社TEAC          SALES   & TRADING    (ShenZhen)      CO.,   LTDを設立。
     2012年11月      TEAC   EUROPE    GmbHとTEAC      UK  LTD.の一般AV機器(TEAC            ブランド)、高級AV機器(ESOTERIC                 ブランド)
           の音響機器事業をオンキヨー株式会社のドイツ子会社Onkyo                            Europe    Electronics      GmbHに事業譲渡。
     2013年3月      Gibson    Guitar    Corp.(現Gibson        Brands,    Inc.)及びGibson         Holdings,     Inc.と資本・業務提携契約を
           締結。
     2013年5月      Gibson    Guitar    Corp.(現Gibson        Brands,    Inc.)がティアック株式会社の株式公開買付けを完了した事
           により、Gibson        Brands,    Inc.の子会社となる。
     2013年10月      株式会社ティアックシステムクリエイトは社名をティアックオンキヨーソリューションズ株式会社と改
           称。
     2014年7月      ティアック株式会社のストレージデバイス事業を株式会社アルメディオに事業譲渡。
     2015年11月      MTS株式会社は社名をティアックカスタマーソリューションズ株式会社と改称。
     2020年6月      Global    Acoustic     Partners     LLCがティアック株式会社の株式公開買付けを完了した事により、Global
           Acoustic     Partners     LLCの子会社となる。
                                   6/106








                                                           EDINET提出書類
                                                      ティアック株式会社(E01932)
                                                            有価証券報告書
     3【事業の内容】
        当社グループは、当社及び子会社11社により構成されており、音響機器、情報機器の開発及び製造販売を主たる事
       業として行っております。
        当社及び主要な関係会社の事業内容は以下のとおりであり、事業の区分は(セグメント情報等)に記載されている

       事業区分と同一であります。
                                                   (2020年3月31日)
       区分           主要製品                        主要な会社
                             当社
                             ティアック      アメリカ,INC.
             アナログレコードプレーヤー
                             ティアック      ヨーロッパ      GmbH
             SACDプレーヤー
                             ティアック      UK  LTD.
             ハイレゾリューションオーディオ
                             エソテリック㈱
             再生機器
     音響機器事業
                             ティアック      マニュファクチャリング            ソリューションズ㈱
             マルチトラックレコーダー
             USBオーディオインターフェース
                             ティアック      オーディオ(チャイナ)CO.,              LTD.
             メモリーレコーダー/プレーヤー
                             東莞ティアック        エレクトロニクス         CO.,   LTD.
             CDレコーダー/プレーヤー
                             ティアック      セールス     アンド    トレーディング(深セン)CO.,               LTD.
                             (会社総数10社)
                             当社
                             ティアック      アメリカ,INC.
                             ティアック      ヨーロッパ      GmbH
             航空機搭載用記録再生機器
                             ティアック      マニュファクチャリング            ソリューションズ㈱
             トランスデューサー
                             ティアック      オンキヨー      ソリューションズ㈱
     情報機器事業       データレコーダー
             医用画像記録再生機器                 ティアック      オーディオ(チャイナ)CO.,              LTD.
             産業用光ドライブ
                             東莞ティアック        エレクトロニクス         CO.,   LTD.
                             ティアック      セールス     アンド    トレーディング(深セン)CO.,               LTD.
                             (会社総数10社)
                             ティアック      マニュファクチャリング            ソリューションズ㈱
     その他       EMS事業
                             (会社総数3社)
                                   7/106










                                                           EDINET提出書類
                                                      ティアック株式会社(E01932)
                                                            有価証券報告書
        以上の企業集団等について図示すると次のとおりであります。
         無印 連結子会社









      (注)1 親会社のひとつであります、                   Gibson    Holdings,     Inc.  は、持株会社であるため、記載を省略しております。

         2 Global      Acoustic     Partners     LLCが2020年5月25日から2020年6月23日までを公開買付け期間として行った当
           社普通株式の公開買付けにより、2020年6月25日をもって当社の親会社は                                  Gibson    Holdings,     Inc.  より
           Global    Acoustic     Partners     LLCに異動しております。また、Global                   Acoustic     Partners     LLCの出資持分の全
           部は、ケイマン諸島法に基づき2006年12月に設立されたEVO                            FUND(以下「EVO        FUND」という。)が保有して
           おります。EVO       FUNDは、Evolution         Financial     Groupの創業者兼代表者であるマイケル・ラーチ氏(Michael
           Lerch)が直接及び間接の持分を合算してその100%を出資しております。Evolution                                       Financial     Groupは、
           マイケル・ラーチ氏がその受益権を保有しているケイマン諸島籍の信託であるタイガー・トラスト(2004年
           3月設立)を最終の親会社とするグループであります。マイケル・ラーチ氏は、EVO                                       FUNDの発行する無議決
           権株式の全てを直接保有しており、かつ、EVO                      FUNDの発行する議決権株式の全てを、タイガー・トラストの
           孫会社であるエボリューション・ジャパン・グループ・ホールディング・インク(ケイマン法人)を通じて
           保有しております。(なお、エボリューション・ジャパン・グループ・ホールディング・インクの親会社
           は、タイガー・ホールディングス・リミテッド(ケイマン法人)であり、同社の親会社がタイガー・トラス
           トであります。)Evolution             Financial     Groupの最終の親会社であるタイガー・トラストは、EVOLUTION
           JAPAN証券株式会社及びEVOLUTION                JAPANアセットマネジメント株式会社の発行済株式の全てを間接的に保有
           しております。
                                   8/106





                                                           EDINET提出書類
                                                      ティアック株式会社(E01932)
                                                            有価証券報告書
     4【関係会社の状況】
                            資本金又は           議決権の所有
                                 主要な事業
            名称           住所     出資金           (被所有)            関係内容
                                  の内容
                            (百万円)            割合(%)
     (親会社)
      Gibson   Holdings,    Inc.
                      Nashville,        千US$   楽器製品の            資本業務提携
                                         (54.8)
                      Tenn.U.S.A.        53,713    製造販売            役員の兼任等・・・・・・有
      (注)2
     (連結子会社)
                      Santa   Fe
      ティアック     アメリカ,    INC.
                              千US$   音響機器事業            アメリカ地域における販売を統括
                                         100.0
                      Springs,
                             38,360    情報機器事業            役員の兼任等・・・・・・有
      (注)3,5
                      Calif.U.S.A.
                      Wiesbaden,        千EUR   音響機器事業            欧州における販売を統括
      ティアック     ヨーロッパ     GmbH
                                         100.0
                                 情報機器事業            役員の兼任等・・・・・・有
                      Germany        2,061
                            千GBポンド
                      Watford,                    100.0    イギリス地域における販売を統括
      ティアック     UK LTD.
                                 音響機器事業
                      U.K.        3,800           〔100.0〕    役員の兼任等・・・・・・有
      ティアック     オーディオ(チャイナ)
                      Hong  Kong
                              千HK$   音響機器事業            当社の部材調達
                                         100.0
      CO.,LTD.
                             27,000    情報機器事業            役員の兼任等・・・・・・有
                      China
      (注)3
                      Guangdong
                                             当社プロフェッショナルオーディオ製品
      東莞ティアック                        千HK$   音響機器事業
                                         100.0
                                             の製造
                      Dongguan
      エレクトロニクス       CO.,LTD.
                             20,000    情報機器事業        〔100.0〕
                                             役員の兼任等・・・・・・有
                      China
                                             部品及び製品の製造販売
      ティアック     マニュファクチャリング
                      東京都           音響機器事業        100.0
                               64              当社所有の土地の賃借
                      青梅市           情報機器事業        〔27.0〕
      ソリューションズ㈱
                                             役員の兼任等・・・・・・有
                      東京都                       当社コンシューマオーディオ製品の販売
                                 音響機器事業
      エソテリック㈱                         90          100.0
                      多摩市                       役員の兼任等・・・・・・有
      その他4社
      (注)1 主要な事業の内容欄には、セグメント情報に記載された名称を記載しております。
         2 当連結会計年度末の当社の直近上位の親会社は                        Gibson    Holdings,     Inc.  であり、最終的な支配当事者は、
           Gibson    Brands,    Inc.  であります。
         3 特定子会社であります。
         4 「議決権の所有(又は被所有)割合」欄の〔内書〕は間接所有であります。
         5 ティアック        アメリカ,     INC.については、売上高(連結会社相互間の内部売上高を除く)の連結売上高に占
           める割合が100分の10を超えております。
                                    主要な損益情報等
                      売上高        経常利益        当期純利益         純資産額        総資産額

                        千US$        千US$        千US$        千US$        千US$
     ティアック      アメリカ,     INC.
                        25,944          646        587       30,940        32,442
         6 Global      Acoustic     Partners     LLCが2020年5月25日から2020年6月23日までを公開買付け期間として行った当
           社普通株式の公開買付けにより、2020年6月25日をもって当社の親会社はGibson                                      Holdings,     Inc.より
           Global    Acoustic     Partners     LLCに異動しております。            詳細は、「3       事業の内容(注)2」をご参照くださ
           い。
                                   9/106







                                                           EDINET提出書類
                                                      ティアック株式会社(E01932)
                                                            有価証券報告書
     5【従業員の状況】
       (1)連結会社の実績
                                                   2020年3月31日現在
               セグメントの名称                            従業員数(名)
                                                          328

     音響機器事業
                                                          148
     情報機器事業
     全社(共通)                                                     157
                                                          633

                  合計
      (注)1 従業員数は、当社グループから当社グループ外への出向者を除いた就業人員であります。
           なお、臨時従業員の記載は省略しております。
         2 従業員数が前連結会計年度末に比べ33人減少しております。
         3 全社(共通)として記載されている従業員数は、管理部門に所属しているものであります。
       (2)提出会社の実績

                                                   2020年3月31日現在
        従業員数(名)              平均年齢(歳)             平均勤続年数(年)              平均年間給与(円)
                 242             47.8              20.3           6,351,093

                                           従業員数(名)

               セグメントの名称
                                                           97
     音響機器事業
                                                           56
     情報機器事業
     全社(共通)                                                      89
                                                          242

                  合計
      (注)1 従業員数は、当社から他社への出向者を除いた就業人員であります。
           なお、臨時従業員の記載は省略しております。
         2 従業員数が前事業年度末に比べ2人増加しております。
         3 平均年間給与は、賞与及び基準外賃金を含んでおります。
         4 全社(共通)として記載されている従業員数は、管理部門に所属しているものであります。
       (3)労働組合の状況

         ティアック株式会社、エソテリック株式会社、ティアックオンキヨーソリューションズ株式会社にティアック労
        働組合が組織されており、全日本電機・電子・情報関連産業労働組合連合会に属しております。
         ティアック株式会社におけるティアック労働組合の組合員数は193人で、ユニオンショップ制であります。
         エソテリック株式会社におけるティアック労働組合員数は17人で、ユニオンショップ制であります。
         ティアックオンキヨーソリューションズ株式会社におけるティアック労働組合員数は4人で、オープンショップ
        制であります。
         なお、労使関係について特に記載すべき事項はありません。
                                  10/106






                                                           EDINET提出書類
                                                      ティアック株式会社(E01932)
                                                            有価証券報告書
     第2【事業の状況】
     1【経営方針、経営環境及び対処すべき課題等】
        (1)会社の経営の基本方針
         当社グル―プは、創業以来、一貫して創意と誠実を尊ぶ企業文化のもと、「記録と再生」をコアに据えて事業展
        開してまいりました。
         当社グル―プは、企業理念を表現したタグラインである「Recording                                 Tomorrow」のもと、レコーディング・ソ
        リューション・カンパニーとして音響機器事業、情報機器事業を両輪とし、お客様の要請に応え、法令・規制を遵
        守して、魅力ある高品質な製品とサービスを提供し続けるとともに、ステークホルダーの皆様にご満足いただける
        よう新しい価値を提供し、人・社会・未来に貢献する企業となることを目指しています。
        (2)   目標とする経営指標

         当社グループは、目標とする重要な経営指標を営業利益とEBITDAとし、収益性、及びキャッシュ・フロー改善を
        目指します。
        (3)中長期的な会社の経営戦略

         当社グループは、「BOX+SOLUTION」を戦略骨子とし、機器販売に留まらず、クラウド・IoT・5G等の新技術が
        もたらす利便性を、ユニークなソリューションとしてエンドユーザーに提供し顧客満足度を高めることで、BtoB事
        業の安定的な成長を目指します。また、アジア市場、特に中国市場を、BtoB事業のみならずBtoC事業においても重
        点攻略市場と捉え、マーケティング投資を進めることで、当該地域での成長を加速させます。
         音響機器事業において放送・設備市場へTASCAMブランドで展開しているBtoB事業は、商品ラインナップに映像関
        連製品やライブサウンド市場向け新製品を加えることで、システムインテグレータ並びにエンドユーザーにワンス
        トップソリューションを提供できるブランドを目指します。音響機器事業のうちESOTERICブランドとTEACブランド
        で展開しているBtoC事業は、事業規模は追求せず、国内外のオーディオファンをターゲットとした中高級機に特化
        した製品開発とマーケティング活動を継続することで、ブランド価値の向上と、一層の収益性改善を図ります。
         情報機器事業においては、機内エンターテインメント機器は、ビデオストリーミングサーバーを国内エアライン
        へ順次導入し、ストックビジネスを創出します。また、海外エアラインへも、コンテンツプロバイダーとの戦略的
        協業のもと、シェア拡大を進めます。医用画像記録再生機器は、国内においては、好調な機器販売に加え、新規開
        発のウェブアプリを使った手術動画管理ソリューションの提案を進めます。海外では、欧州・北米市場での更なる
        製品浸透に加え、アジアや南米市場での拡販を進めます。計測機器は、データレコーダーについては、新たに導入
        した戦略製品で自動車市場を、現行品で重工、鉄道、防衛の3分野を、それぞれ開拓します。センサー関連製品に
        ついては、戦略商品であるデジタル指示計で国内外の新規顧客を獲得し、更にネットワーク対応機種を導入するこ
        とで新規市場を開拓します。
        (4)会社の対処すべき課題

         当社グループは、創業以来「記録と再生」をコアに据え、技術革新による記録メディアの変遷とともに、常に高
        い記録品質を付加価値とする機器を、お客様に提供し続けてきました。しかしながら、インターネットや通信技術
        の発展に伴い、個人・法人ともに、メディアやその記録再生機器に対するニーズは減少傾向にあります。
         当社グループは、そのようなニーズの変化について、課題と認識する一方で、競合他社と差別化を図る好機と捉
        え、音響機器・情報機器の両事業においてネットワーク対応機器及びソリューションの提案・提供を急ぐことで、
        事業成長を目指します。
         新型コロナウイルスの影響は、原材料や商品調達面、また特に欧米を中心とした販売面の両面で、当第4四半期
        以降に顕在化した新たな課題であり、且つ中長期的な影響をもたらすものと認識しています。商品供給において
        は、これまでスピーディな機器ラインナップ拡充を目的として取り組んできた外部生産パートナーの活用につい
        て、商品の安定供給を図るためにも引続き積極的に進めます。販売面においては、一部商品におけるユーザーの購
        買チャネルの変化へは、流通形態やマーケティング戦略の見直しを図ることで対応します。他方、新型コロナウイ
        ルスはユーザーのニーズそのものにも変化をもたらしております。既に提供を開始したネットワーク対応機器及び
        ソリューションは、新たなニーズの一部を満足させるに留まりますので、当社グループがポスト・コロナ社会に貢
        献でき、且つ優位性を構築できるような製品・ソリューションの開発に、引続き取り組んでまいります。
                                  11/106




                                                           EDINET提出書類
                                                      ティアック株式会社(E01932)
                                                            有価証券報告書
     2【事業等のリスク】
        当社グループの経営成績及び財政状態に影響を及ぼす可能性のあるリスクは、主として次のようなものでありま
       す。
       ① 経済状況の変動による影響
        1)当社グループ製品の需要への影響
          当社グループは、日本、米大陸、欧州、アジア等の地域において民生用、産業用製品の販売を行っており、そ
         の地域の市場の経済状況により当社製品の需要は影響を受けます。概ね当社グループの民生用製品はその性格上
         生活必需品とは言えず、一般消費者の可処分所得、嗜好の変化により需要動向が変化し、また産業用製品は主に
         顧客の設備投資の状況等により需要が変化します。従いまして、日本、米大陸、欧州、アジア等における景気悪
         化等経済状況の変動、消費者嗜好の変化等による需要の縮小は、当社グループの経営成績及び財政状態に悪影響
         を与える可能性があります。
        2)当社グループの取引先への影響

          経済状況の急激な変動は当社グループの仕入先や販売先の経営にも影響を与えることがあり、当社グループで
         は、取引先の評価、代替取引先の手当て、与信管理、債権保全等の措置を講じてはおりますが、影響を完全に排
         除することは困難であります。従いまして、これら取引先の経営状況も当社グループの経営成績及び財政状態に
         悪影響を与える可能性があります。
        3)当社グループの銀行取引への影響

          事業の運営のため取引銀行からの借入金の確保は不可欠でありますが、経済状況の変化により、金融機関の貸
         出し姿勢が厳しくなり、当社グループの取引金融機関からの新規借入金、借入金の継続に支障をきたす状況と
         なった場合、当社グループの経営成績及び財務状況に悪影響を与える可能性があります。
       ② 為替相場の変動による影響

         当社グループは海外における生産・販売活動の比重が高いことから外貨建売上・仕入・費用、外貨建の債権債務
        の割合が大きく、また海外に子会社を保有していることから、下記のように為替相場の変動によって当社グループ
        の経営成績及び財政状態に悪影響を与える可能性があります。
        1)営業損益への影響

          当社グループの場合、米ドルにつきましては、生産あるいは仕入での割合が高く、また国内販売に対して、円
         高は営業損益に好影響を与えますが、ユーロとポンドは概ね販売のみであることから、それらの通貨に対する円
         高は当社グループの営業損益に悪影響を与え、円安は好影響をもたらします。また、当社グループの海外子会社
         の収益及び費用は、連結会計年度の月次平均レートにて円換算された収益及び費用を積上げており、通常各国通
         貨に対する円高は売上高、営業損益に悪影響を与え、円安は好影響をもたらします。
        2)金融費用純額への影響

          当社グループは外貨建の債権債務を保有することから、期末日の為替レートの変動により為替差益または為替
         差損が発生し、金融費用純額に影響をもたらします。一般的に米ドルに対する円高は当社グループの金融費用純
         額に好影響、円安は当社グループの金融費用純額に悪影響をもたらし、ユーロ、ポンドに対する円高は当社グ
         ループの金融費用純額に悪影響、円安は当社グループの金融費用純額に好影響をもたらします。
          当社グループは売上、仕入による外貨建て債権債務につきましては、為替予約及び通貨オプションにより短期
         の為替相場の変動リスクをヘッジしておりますが、急激な為替変動により、為替差損が発生する可能性がありま
         す。
        3)純資産への影響

          当社グループの海外子会社に対しては主として現地通貨にて投資を行っており、期末日の為替レートの変動に
         より在外営業活動体の換算差額が変動し、純資産に影響を与えます。一般的に他の現地通貨に対する円高は純資
         産の減少となり、円安は純資産の増加をもたらします。
       ③ 事故・災害等の影響

         地震等の自然災害、テロ等の人為的災害、事故、又は新型インフルエンザ等の疫病の各種災害により、当社グ
        ループの設備、情報システム、従業員、取引先等の操業に影響が出る可能性があります。これらの災害に際して事
        業への影響を完全に排除し、復旧対策等を備えることは困難であります。従いまして、このような災害発生時には
        企業活動が妨げられ、当社グループの経営成績及び財政状態に悪影響を与える可能性があります。
                                  12/106


                                                           EDINET提出書類
                                                      ティアック株式会社(E01932)
                                                            有価証券報告書
       ④ 訴訟その他の法的手続について
         当社グループは、世界各国で事業活動を行っており、事業を遂行する上で訴訟その他の法的手続に関するリスク
        を有しております。各国の法制度、裁判制度の違いもあることから、訴訟及び規制当局による措置により、当社グ
        ループが当事者となる可能性のある訴訟、法的手続きを予想することは困難であります。重大な法的責任又は規制
        当局による措置は、当社グループの経営成績及び財政状態に悪影響を与える可能性があります。
       ⑤ 公的規制について

         当社グループの事業活動は、当社グループが事業を行う各国の多様な規制の適用を受けます。このような規制に
        は、投資、貿易、公正な競争、知的財産権、租税、関税、為替、環境・リサイクルに関する規制、安全保障等の理
        由による輸出制限を含みます。これらの公的規制の変更及び変更に伴う法規制遵守のため、追加的費用が発生した
        場合、また、万一これらの規制に対する違反等が発生し、罰金、課徴金の納付命令その他の措置が発生した場合、
        当社グループの経営成績及び財政状態に悪影響を与える可能性があります。
       ⑥ 製品の品質とその責任について

         当社グループの生産工場は、世界的に認められている品質管理基準により製品の製造を行っております。しか
        し、当社グループの製品は、高度、複雑な技術を利用したものが増えており、また、外部の供給者からの調達もあ
        るため品質管理へのコントロールは複雑化していることから、すべての製品について欠陥が発生しないという保証
        はありません。従いまして、当社グループの製品に欠陥等の問題が生じた場合には、それに関連するコストの発
        生、当社グループの製品の品質への信頼に影響を及ぼし、経営成績及び財政状態に悪影響を与える可能性がありま
        す。
       ⑦ 製品含有化学物質について

         当社グループの製品は、多数の素材及び部品から構成されており、部品等を外部の供給者から調達していること
        により、含有化学物質のコントロールは複雑化しております。当社グループでは、規制化学物質が基準値を超えて
        製品に含有されることのないよう、検査、確認の徹底を図っていますが、完全な対応は困難であります。万一当社
        グループの製品に化学物質含有等の問題が生じた場合には、当該問題から生じた損害について当社グループが責任
        を負う可能性があるとともに、当社グループの製品への信頼、販売活動、経営成績及び財政状態に悪影響を与える
        可能性があります。
       ⑧ 個人情報、その他情報の流出について

         当社グループは事業活動のため、顧客についての個人情報、技術、営業、その他事業に関する営業秘密を有して
        おります。当社グループにおいては、これらの情報の適切な保護及び管理に努めていますが、万一情報システムの
        障害、人為的な原因、その他の事態によりこれらの情報が流出した場合は、当社グループの事業活動、経営成績及
        び財政状態並びに当社グループに対する信頼に悪影響を与える可能性があります。
       ⑨ 競争による影響

         当社グループは、当社グループが事業を行う様々な製品市場と地域市場において、他社との激しい競争に晒され
        ております。当社グループは、新製品の導入や高品質の製品供給等により、顧客満足を得るべく努めていますが、
        競合他社と品質・性能・価格などについての競争は更に激化することが予想され、その結果、価格の下落等が当社
        グループの経営成績及び財政状態に悪影響を与える可能性があります。
       ⑩ キーデバイスや部材調達の遅れ、供給不足による影響

         当社グループは、他社からキーデバイスや部材を購入し、また他社に一部の設計を委託しておりますが、当社グ
        ループ単独の責によらない予想外の事態が発生し、新製品の市場投入が遅れた場合、また生産用部材の供給不足に
        より需要を満たせない場合は、当社グループの経営成績及び財政状態に悪影響を与える可能性があります。
                                  13/106





                                                           EDINET提出書類
                                                      ティアック株式会社(E01932)
                                                            有価証券報告書
       ⑪ 知的所有権について
         当社グループは様々な知的所有権を使用しており、それらは当社グループ所有のものであるかあるいは当社グ
        ループ若しくは当社グループへの部品等の供給元が正当に使用許諾を受けたものであると認識しておりますが、当
        社グループの認識外で第三者の知的所有権を侵害する可能性があります。知的所有権を巡っての係争が発生した場
        合、当社グループの経営成績及び財政状態に悪影響を与える可能性があります。
       ⑫ 退職給付債務に対する影響

         退職給付債務は、割引率や年金資産の運用収益率等の前提条件に基づく数理計算によって算出されます。経済状
        況の変化等により実際の結果がこれらの前提条件と異なった場合、その影響額は発生時にその他の包括利益として
        認識し、即時に利益剰余金に振り替えます。特に金利の低下に伴う割引率の低下や運用利回りの悪化は、当社グ
        ループの経営成績及び財政状態に悪影響を与える可能性があります。
       ⑬ 固定資産の減損の評価について

         当社グループが保有する有形固定資産、無形資産については、当該資産が充分なキャッシュ・フローを生まない
        場合は、減損が発生する可能性があります。
       ⑭ 財務制限条項

         安定的な資金調達を図るため、金融機関との間でシンジケートローン及びコミットメントライン契約を締結して
        おりますが、本契約には一定の財務制限条項が付されており、当社がこれらに抵触した場合、期限の利益を喪失
        し、一括返済を求められる等、当社グループの業績及び財政状態に影響を及ぼす可能性があります。
       ⑮ 新型コロナウイルスの影響について

         世界的に流行している新型コロナウイルス感染症の影響により、当社は原材料及び商品調達面、また販売面の両
        面で当社業績に悪影響を及ぼし、今後、固定資産の減損等についての判断に影響を及ぼす可能性があります。
       ※ 上記のうち将来に関する事項は、2020年6月25日現在において当社グループが判断したものであります。

       ※ 上記は当社グループの事業に関する全てのリスクを網羅したものではありません。当社グループは事業展開上、
         さまざまなリスクがあることを認識し、それらをできる限り回避するように努めております。しかし、経済情
         勢、市況、金融市場等に様々な変動が発生した場合には、当社グループの経営成績及び財政状態に影響を与える
         可能性があります。
                                  14/106











                                                           EDINET提出書類
                                                      ティアック株式会社(E01932)
                                                            有価証券報告書
     3【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】
      (1)業績等の概要
       ① 業績
         当連結会計年度におけるわが国経済は、雇用・所得環境の改善が続くなかで、各種政策の効果もあり緩やかに回
        復しておりました。世界経済は全体としては緩やかに回復していましたが、新型コロナウイルス感染症の世界的感
        染拡大に伴う経済活動への影響から、先行きは不透明な状況です。
         このような状況の中で当社グループは、音響機器事業のうち高級オーディオ機器事業は、日本発のNo.1ハイエ
        ンドブランドとしての位置づけを国内外で高める努力を継続し、一般オーディオ機器事業は、中高級機を主軸に据
        え、競合他社に比べ個性的な製品を創造し、更なる収益力向上を目指してまいりました。音楽制作・業務用オー
        ディオ機器事業では、設備市場においてより広範囲なアプリケーションへ対応するべく製品ラインナップを更に拡
        充いたしました。情報機器事業においては、医用画像記録再生機器並びに計測機器は前期に引続き海外市場への参
        入を進めてまいりました。また、新製品の機内エンターテインメント用サーバーの販売を強化いたしました。
         当連結会計年度におきましては、為替相場の変動の影響、新型コロナウイルスの影響等もあり売上収益は減少し
        ました。前期には介護記録システム事業譲渡益があったことから営業利益については減益となりました。
         この結果、当社グループの連結会計年度の売上収益は                          14,745百万円      (前期比    6.0%減    )、  営業利益は286百万円
        (前期比    52.4%減    )、  親会社の所有者に帰属する当期利益27百万円                     (前期比    47.0%減    )となりました。
         セグメントの業績は次のとおりであります。

        1) 音響機器事業
          音響機器事業の売上収益は             9,370百万円      (前期比    9.8%減    )となり、     セグメント営業利益は868百万円               (前期比
         21.1%減    )となりました。
          高級オーディオ機器(ESOTERICブランド)は8月に上市したSACDプレーヤーの一体型フラッグシップモデル
         や2月に上市した同カテゴリーの中核機種の販売は計画以上の推移となり利益率も更に改善いたしましたが、
         他カテゴリーの売り上げ減少と香港の民主化デモや中国のコロナ禍の初期対応の影響で地域の輸出が減少し僅
         かながらの減収減益となりました。
          一般オーディオ機器(TEACブランド)も、更なる中高級価格帯でハイレゾ関連製品のリファレンス・カテゴ
         リーや録音機関連のフルサイズ・コンポ・カテゴリーへのシフト強化で利益率は大きく改善しましたが、欧米
         向けの輸出やOEMが低調に推移したため、全体として減収となり、引き続き固定費の削減に努めわずかな減益に
         留めました。
          音楽制作・業務用オーディオ機器(TASCAMブランド)は、BtoC事業において、欧米を中心にハンドヘルドレ
         コーダーやオーディオインターフェースなどが全般的に低調となりましたが、注力しているBtoB事業において
         は、新製品のライブレコーディングミキサーやブルーレイプレーヤーの販売が堅調に推移し、前期から成長い
         たしました。また、第3四半期連結会計期間に続き当第4四半期連結会計期間におきましてもBtoC製品の在庫
         回転を促進するための販売プロモーションを積極展開いたしましたが、利益率の高いBtoB製品の売上比率が向
         上したため売上総利益率は改善しました。当第4四半期連結会計期間には新型コロナウイルスの影響によりラ
         イブハウスや商業施設向けの新規案件が客先都合により一時凍結されるなどの事態が複数発生いたしました。
         また、中国工場の稼働遅れから供給不足による受注残も発生いたしました。この結果、音楽制作・業務用オー
         ディオ機器全体としては減収減益となりました。
        2) 情報機器事業

          情報機器事業の売上収益は             4,754百万円      (前期比    7.8%増    )となり、     セグメント営業利益は455百万円               (前期比
         53.4%増    )となりました。
          航空機搭載記録再生機器は、海外顧客への出荷が好調に推移、また新製品の機内エンターテインメント用
         サーバーも、新型コロナウイルスの影響による受注減はあったものの、国内エアラインへの販売により、前期
         比で増収となりました。計測機器は、データレコーダー関連では既存製品の鉄道関連での需要増に加え、新製
         品のデータロガーの販売が好調に推移しました。センサー関連は大手半導体製造装置メーカー各社への販売が
         好調に推移した事から、計測機器全体としては増収となりました。医用画像記録再生機器は、消化器内視鏡向
         けレコーダーは国内のクリニック向けの販売が好調に推移、また手術画像用レコーダーも国内外で好調を維
         持、特に南米市場の開拓が進行したことから、当第4四半期においては医療現場におけるコロナウイルス対応
         優先による影響を受けたものの、医用画像記録再生機器全体では増収を確保する事ができました。ソリュー
         ションビジネスは、Windows7サポート終了によるPC販売が好調、また受託開発が堅調に推移したことから、増
         収となりました。一部海外販売子会社で継続している産業用光ディスクドライブは、需要減により減収となり
         ました。
                                  15/106



                                                           EDINET提出書類
                                                      ティアック株式会社(E01932)
                                                            有価証券報告書
       ② 生産、受注及び販売の実績
        1)  生産実績
         当連結会計年度における生産実績をセグメントごとに示すと、次のとおりであります。
                             生産高(百万円)                   前年同期比(%)
          セグメントの名称
                                       2,841                   △9.1
     音響機器事業
                                       1,099                   16.1
     情報機器事業
                                        590                 △37.7
     その他
                                       4,531                   △9.8
             合計
      (注)1 金額は製造原価によっております。
         2 上記の金額には、消費税等は含まれておりません。
        2 )  受注実績

         当社グループの製品は、原則として需要見込生産であり、該当事項はありません。
        3)  販売実績

         当連結会計年度における販売実績をセグメントごとに示すと、次のとおりであります。
                             販売高(百万円)                   前年同期比(%)
          セグメントの名称
                                       9,370                   △9.8
     音響機器事業
                                       4,754                    7.8
     情報機器事業
                                        621                 △29.9
     その他
                                      14,745                   △6.0
             合計
      (注)上記の金額には、消費税等は含まれておりません。
                                  16/106












                                                           EDINET提出書類
                                                      ティアック株式会社(E01932)
                                                            有価証券報告書
       ③ 財政状態及びキャッシュ・フローの状況の分析
        1)  財政状態の分析
        資産合計
        当連結会計年度末における資産合計は                   9,540百万円      と前連結会計年度末と比較して               224百万円増加       しました。主な
       増減は、IFRS16号「リース」の適用に伴う使用権資産の増加による有形固定資産の                                      増加754百万円       、現金及び現金同
       等物の   減少238百万円       、その他の投資の        減少124百万円       であります。
        負債合計

        当連結会計年度末における負債合計は、                    8,123百万円      と前連結会計年度末と比較して               126百万円増加       しました。主
       な増減は、IFRS16号「リース」の適用に伴うリース負債の増加857百万円、                                   その他の流動負債の         減少106百万円       、退
       職給付に係る負債の         減少596百万円       であります。
        資本合計

        当連結会計年度末における資本合計は、                    1,417百万円      と前連結会計年度末と比較して              97百万円増加      しました。主な
       増減は、為替の円安に伴う在外営業活動体の換算差額の増加によるその他の資本の構成要素の                                           増加115百万円       、 親会
       社の所有者に帰属する当期利益27百万円                   の計上であります。
        2) キャッシュ・フローの状況

         当連結会計年度における現金及び現金同等物(以下「資金」という)は、前連結会計年度と比較して                                                238百万円
        減少  し、  1,479百万円      となりました。
         当連結会計年度における各キャッシュ・フローの状況とそれらの要因は、以下のとおりであります。
        (a)   営業活動によるキャッシュ・フロー

          当連結会計年度における営業活動の結果得られた資金は、                            158百万円のプラス         (前期   314百万円のマイナス          )と
         なりました。主な内訳は、            プラス要因として、減価償却費及び償却費の増加                       565百万円     、 マイナス要因として、
         退職給付に係る負債の減少            386百万円     であります。
        (b) 投資活動によるキャッシュ・フロー

          当連結会計年度における投資活動の結果得られた資金は、                            118百万円のマイナス          (前期   101百万円のプラス         )と
         なりました。主な内訳は、プラス要因として、投資有価証券の売却による収入                                    100百万円     、マイナス要因として
         は、有形固定資産の取得による支出                234百万円     であります。
        (c) 財務活動によるキャッシュ・フロー

          当連結会計年度における財務活動の結果得られた資金は、                            231百万円のマイナス          (前期   221百万円のマイナス          )
         となりました。主な内訳は、プラス要因として、短期借入金の純増額                                319百万円     、マイナス要因としては、長期
         借入金の返済による支出           143百万円     、リース負債の返済による支出              340百万円     であります。
      (2)経営者の視点による経営成績等の状況に関する分析・検討内容

         経営者の視点による当社グループの経営成績等の状況に関する認識及び分析・検討内容は次のとおりでありま
        す。
         なお、文中の将来に関する事項は、当連結会計年度末現在において判断したものであります。
       ①  重要な会計方針及び見積り

         当社グループの連結財務諸表の作成にあたっては、当連結会計年度末における資産、負債及び収益、費用の報告
        金額に影響を与える見積り、判断及び仮定を使用することが必要となります。経営者は、これらの見積り、判断及
        び仮定を過去の実績等を勘案し合理的に判断していますが、これらの見積り、判断及び仮定は不確実性を伴うた
        め、実際の金額と異なる場合があります。
         なお、連結財務諸表の作成のための重要な会計基準等は「第5                              経理の状況 1        連結財務諸表等 連結財務諸表
        注記 2.作成の基礎及び3.重要な会計方針」に記載されているとおりであります。
                                  17/106





                                                           EDINET提出書類
                                                      ティアック株式会社(E01932)
                                                            有価証券報告書
       ②  経営成績の分析
         各事業における経営成績については「3                    経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分
        析  (1)業績等の概要        ①  業績」及び「第5         経理の状況      1連結財務諸表等         連結財務諸表注記         5.セグメント情
        報」をご参照下さい。売上収益、営業利益、当期利益の主要な増減については次のとおりであります。
        1)売上収益

          当連結会計年度の売上収益は、               14,745百万円      と前連結会計年度よりも           937百万円減少       しております。音響機器
         事業の売上収益の減少が大きく影響しました。
        2)営業利益

          営業利益は、286百万円           と前連結会計年度よりも           315百万円減少       しております。これは、主に前連結会計年度
         に、個別開示項目の利益を計上していたことによります。
         (a)  販売費及び一般管理費

           当連結会計年度の販売費及び一般管理費は、                      6,225百万円      と前連結会計年度と比較して             53百万円減少      してお
          ります。これは、        主に人件費の減少32百万円            によるものであります。
         (b)  その他の損益

           当連結会計年度のその他の損益は、                  38百万円の利益       (前期その他の損益は          3百万円の損失       )となりました。
          これは、主に、前連結会計年度に子会社の清算に伴う損失や特別退職金を計上していたことによります。
        3)当期利益

          当期利益は、32百万円          と前連結会計年度よりも           107百万円減少       しております。これは、主に営業利益の減少に
         よるものであります。
         (a)  金融収益

           金融収益は、4百万円と前連結会計年度よりも1百万円減少しております。これは、主に受取配当金の減少
          1百万円によるものであります。
         (b)  金融費用

           金融費用は、222百万円と前連結会計年度よりも94百万円減少しております。これは、主に為替差損の減少
          113百万円によるものであります。
         (c)  法人所得税費用

           法人所得税費用       は、  37百万円    と前連結会計年度よりも115百万円減少しております。これは、主に法人税、
          住民税及び事業税108百万円の減少によるものであります。
       ③  資本の財源及び資金の流動性についての分析

         運転資金及び設備資金につきましては、自己資金または借入金により調達することとしております。借入金につ
        きましては、      2019年12月27日期日となっていた既存シンジケートローン契約において、シンジケートローン融資枠
        2,140百万円(上限)の変更契約を締結しました。                      当連結会計年度におけるキャッシュ・フローの状況につきまして
        は、「   3  経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析                                  (1)業績等の概要        ③  財政状態
        及びキャッシュ・フローの状況の分析」に記載のとおりであります。
       ④  経営方針・経営戦略、経営上の目標の達成状況を判断するための客観的な指標等

         当社グループは、目標とする重要な経営指標を営業利益とEBITDAとし、収益性、及びキャッシュ・フロー改善を
        目指しております。
         前連結会計年度における営業利益は601百万円であり、EBITDAは694百万円でした。
         当連結会計年度における営業利益は286百万円であり、EBITDAは810百万円でした。
         (当連結会計年度より適用しておりますIFRS第16号「リース」により、使用権資産の減価償却費が354百万円増
        加している事からEBITDAも増加しております。)
         当社グループは、「BOX+SOLUTION」を戦略骨子とし、機器販売に留まらず、クラウド・IoT・5G等の新技術が
        もたらす利便性を、ユニークなソリューションとしてエンドユーザーに提供し顧客満足度を高めることで、BtoB事
        業の安定的な成長を目指すことで、営業利益、EBITDAの改善を目指していきます。
                                  18/106



                                                           EDINET提出書類
                                                      ティアック株式会社(E01932)
                                                            有価証券報告書
     4【経営上の重要な契約等】
        当連結会計年度において、経営上の重要な契約等の決定又は締結等は                                 次のとおりです。
              相手先           国名又は地域                   契約内容

                                  2019年9月27日期日となっていた既存シンジケートロー
                                  ン契約(上限2,650百万円)について、下記の延長契約を締
                                  結しております。
        (アレンジャー兼エージェント)                          ・2019年12月27日期日の延長契約(上限2,650百万円)
                            日本
         株式会社    三菱UFJ銀行                     ・2020年4月27日期日の延長契約(上限2,140百万円)
                                  ・2020年9月27日期日の延長契約(上限2,140百万円)
                                  なお、シンジケートローンには財務制限条項が付されて
                                  おります。
                                  19/106
















                                                           EDINET提出書類
                                                      ティアック株式会社(E01932)
                                                            有価証券報告書
     5【研究開発活動】
        当社グループの研究開発活動は、主として提出会社に集中しており、提出会社及び現地販売法人において技術動
       向・市場動向の情報を集め、提出会社にて開発を担当し、国内外の生産拠点にて生産を行っております。
        当連結会計年度における提出会社の研究開発活動は、2事業部に所属し、各事業部に直結した開発部門が市場の
       ニーズに合致した商品をいち早く商品化すべく、研究開発を推進しております。
        当連結会計年度の開発人員は94名で、研究開発費として                           1,110   百万円投入しております。
        当連結会計年度の各事業部における主な研究開発の概況と成果は次のとおりであります。
       <音響機器事業>

        プロオーディオ市場向けでは、最大30MbpsのH.264                         Long   GOPエンコードを採用し、100Mbpsまたは1Gbpsの標準ネッ
       トワークに対応、Full           HDビデオストリーム(1920x1080p)の録画・エンコード・ストリーミング・デコードを同時に
       動作可能なオールインワンの映像配信機器VS-R264、更には4Kビデオストリーム(3840x2160p)の録画・エンコード・
       ストリーミング・デコードに対応したVS-R265を市場導入しました。
        設備市場向けでは、柔軟なルーティング・ミキシング・ディストリビューションが可能なBluetooth®対応3ゾーン
       業務用ミキサーMZ-123BTと、8入力/8出力マトリクスミキサー『MX-8A』の壁埋め込み型プログラマブルコントロー
       ラRC-W100を市場導入、また公共・文教・商業施設や劇場、アミューズメント及びエンターテイメント事業など、
       様々な商業設備に適した1Uラックマウントサイズの外部制御可能な業務用ブルーレイプレイヤーBD-MP1を市場導入し
       ました。また、定評のあるTASCAMマルチトラックレコーダー機能を内蔵し、USBオーディオ/MIDIインターフェース、
       DAWコントロール機能に加えて、ポッドキャスト番組制作に便利なミックスマイナス機能やスマートホン経由でトー
       ク番組への参加を可能にするスマートホン入力など、ユニークな機能を搭載した小型サイズ多機能ミキサーModel12
       とラックマウント可能なコンパクトなボディを実現し、アナログサウンドの暖かさとデジタルワークフローの機能が
       ベストマッチしたハイブリッドミキシングコンソールModel16を市場導入しました。
        MI市場向けでは、充実した内蔵エフェクター/ミキサー機能に加え、iPadなどのモバイルデバイスにも対応し、
       ホームレコーディング、スタジオレコーディング、ライブレコーディングなどあらゆる環境に対応したSERIES                                                   102i
       と最大20チャンネルまでのマルチトラックレコーディングに対応したSERIES                                    208i、更には2系統のS/MUX光出力端子
       により、SERIES        102iやSERIES       208iその他ADATまたはS/MUX入力を搭載した様々なUSBオーディオインターフェース製
       品との接続も可能なHDIAマイクプリアンプ8基搭載のスタジオやステージ用途に最適なマイクプリアンプSERIES                                                    8p
       Dynaを市場導入しました。
        コンシューマーオーディオ市場向け(TEACブランド)では、高音質Referenceシリーズ初となるパワーアンプカテ
       ゴリーの製品AP-505を市場導入いたしました。オランダHypex社のクラスDアンプモジュールにTEAC独自の音質チュー
       ニングを施したものを搭載し、高効率と高音質を両立しました。音質と本体サイズを超えたスピーカー駆動力が評価
       され、音元出版主催のオーディオビジュアルアワードにおいても金賞を受賞するなど、高評価を得ています。アナロ
       グレコード関連商品では、入門機ながらもサエク社と共同開発した高音質ナイフエッジトーンアームを搭載したベル
       トドライブ駆動のTN-3Bを市場導入いたしました。先に市場導入されたダイレクトドライブのTN-4Dとともに入門機の
       中の高音質プレミアム機として評価されています。またTEACブランドでは初となるフォノイコライザーアンプPE-505
       を1月にアメリカで開催されたCES、2月に開催されたオーディオフェスタin名古屋にて、参考出品させていただき
       ました。MCカートリッジのバランス接続に対応し、通常のRIAAカーブに加えて、DeccaカーブやColumbiaカーブに対
       応した趣味性の高いフォノイコライザーで、2020年製品発売予定で開発を進めております。
        ハイエンドオーディオ市場向け(ESOTERICブランド)では、SACDプレーヤーカテゴリーで、新VRDSメカニズム
       VRDS-ATLASの搭載と、既存のD/Aコンバーターチップを使わず独自開発のディスクリートD/Aコンバーター回路を搭載
       した一体型プレーヤー、Grandioso                 K1X、K-01XD、K-03XDを市場導入いたしました。既存機種から数段ステップアッ
       プした音質と独自回路の搭載などにより、ブランドの技術力と独自性を大きくアピールすることに成功いたしまし
       た。ネットワークオーディオカテゴリーでは、DSD22.5MHz再生に対応したネットワーク再生と、独自のデジタル伝送
       ES-LINK入力を装備したネットワークDAC                   N-01XDを市場導入いたしました。こちらの製品も独自ディスクリートD/Aコ
       ンバーター回路の搭載と、リニア電源によるネットワークオーディオ入力回路を搭載することで、既存モデルからの
       大幅な音質アップを達成し、市場での高評価を得ています。
        当連結会計年度における研究開発費の金額は                      765  百万円であります。
                                  20/106





                                                           EDINET提出書類
                                                      ティアック株式会社(E01932)
                                                            有価証券報告書
       <情報機器事業>
        医用画像ファイリング製品では、内視鏡イメージレコーダーMV-1を市場導入しました。MV-1は、新たに「タッチパ
       ネル」や「HD/SDリアルタイムコンバート機能」などの機能を追加し従来レコーダーに比べ使い易さを向上させまし
       た。消化器内視鏡で検査中の患部の静止画像記録はもちろん、ESD(内視鏡的粘膜下層剥離術)など、検査途中で行う
       処置の過程を記録したいというニーズに応えるため、1080p                            60fps   Full   HDによる動画記録にも対応しました。
        データレコーダー製品では、ひずみ計測アンプAR-LXST1000を市場導入しました。AR-LXST1000は、インテグレー
       テッドロガーLX-1000のオプション入力アンプです。このアンプにより、自動車、鉄道の計測分野で需要が多い、強
       度試験に用いられる「ひずみゲージ」、加速度測定に用いられる「ひずみゲージ式加速度センサ」による計測が可能
       となります。ロードセル・トランスデユーサー関連製品では、カラーグラフィックデジタル指示計TD-9000Tを市場導
       入しました。TD-9000Tは、荷重(ロードセル)とストローク(変位計)の2入力に対応した荷重管理用デジタル指示
       計です。24bit、25kHzの高速A/D変換、4.3型タッチパネルモニターを搭載し、直感的な操作性と優れた視認性を実現
       するとともに、測定中も全ての波形をリアルタイムで確認できるなど現場での利便性を向上させました。
        当連結会計年度における研究開発費の金額は                      345  百万円であります。
                                  21/106
















                                                           EDINET提出書類
                                                      ティアック株式会社(E01932)
                                                            有価証券報告書
     第3【設備の状況】
     1【設備投資等の概要】
        当社グループは、省力化、生産性の向上及び製品の信頼性向上のための投資を行っております。当連結会計年度の
       設備投資については、測定器、金型等の更新を中心とした経常的な投資にとどまりました。内訳は以下のとおりであ
       ります。なお、有形固定資産の他、無形資産への投資も含めて記載しております。(設備投資の金額には消費税等を
       含みません。)
                           (単位:百万円)
                  当連結会計年度          前年同期比
                        114        39.1%
       音響機器事業
                        131        4.6%
       情報機器事業
                        31       16.4%
       その他及び全社共通
                        277        18.1%
           合計
                                  22/106
















                                                           EDINET提出書類
                                                      ティアック株式会社(E01932)
                                                            有価証券報告書
     2【主要な設備の状況】
        当社グループにおける主要な設備は、次のとおりであります。
        (1)提出会社
                                                     2020年3月31日現在
                                      帳簿価額(百万円)
        事業所名        セグメントの        設備の                                従業員数
                  名称       内容     建物    機械装置      土地
        (所在地)                                                 (名)
                                           使用権資産     その他     合計
                            及び構築物    及び運搬具     (面積㎡)
     本社
               音響機器事業        本社
                                         633
     (東京都多摩市)          情報機器事業        開発        206     0         634    209    1,682     237
                                      (9,488.55)
               その他        販売設備
     (注2、3)
               音響機器事業
     EMCセンター                  試験設備                  438
               情報機器事業                122     0              0    560     1
                                              -
                       その他設備
     (埼玉県入間市)                                (10,169.87)
               その他
        (2)国内子会社

                                                     2020年3月31日現在
                                         帳簿価額(百万円)
                 事業所名      セグメントの       設備の                           従業員数
         会社名
                 (所在地)        名称     内容     建物    機械装置     土地             (名)
                                                その他     合計
                                 及び構築物     及び運搬具     (面積㎡)
     ティアック                  音響機器事業

               本社・青梅事業所              生産
     マニュファクチャリング                  情報機器事業
                                     7     5         8    20     51
                                             -
               (東京都青梅市)              設備
     ソリューションズ㈱                  その他
        (3)在外子会社

                                                     2020年3月31日現在
                                       帳簿価額(百万円)
              事業所名      セグメント      設備の                              従業員数
       会社名
                                        土地
              (所在地)        の名称     内容   建物及び     機械装置                      (名)
                                           使用権資産     その他     合計
                               構築物    及び運搬具     (面積㎡)
             ドイツ現地法人
     ティアック
                    音響機器事業
             (Wiesbaden,
     ヨーロッパ                     販売設備                     13    40    54    14
                                 -     -     -
                    情報機器事業
     GmbH
             Germany)
     東莞ティアック
             中国現地法人       音響機器事業
     エレクトロニクス
                          生産設備           67         24    91    183    194
                                 -         -
             (広東省東莞市)       情報機器事業
     CO.,  LTD.
      (注)1 その他には、工具、器具及び備品、その他の無形固定資産を含んでおります。
         2 提出会社の建物及び土地の一部を賃借しております。(年間賃借料253百万円)
         3 提出会社の本社中の土地、建物及び構築物には、下記の国内子会社に貸与中のものを含んでおります。
                       事業所名(所在地)                土地(面積㎡)
          会社名                                         建物及び構築物
     ティアック
     マニュファクチャリング              本社・青梅事業所(東京都青梅市)                  510百万円(1,494.60㎡)
                                                        86百万円
     ソリューションズ㈱
                                  23/106







                                                           EDINET提出書類
                                                      ティアック株式会社(E01932)
                                                            有価証券報告書
     3【設備の新設、除却等の計画】
       (1)重要な設備の新設等
         当社グループ(当社及び連結子会社)は、国内外の生産拠点を中心に生産設備の更新を中心とした設備投資を
        行っており、期末時点ではその設備の新設・拡充の計画を個々のプロジェクトごとに決定しておりません。そのた
        め、セグメントごとの数値を開示する方法によっております。
         当連結会計年度後1年間の設備投資計画(新設・拡充)は、213百万円であり、セグメントごとの内訳は次のと
        おりであります。
                    2020年3月31日
        セグメントの名称                               設備等の主な内容・目的
                   計画金額(百万円)
                              一般オーディオ機器(TEACブランド)、高級オーディオ機器
                            97
       音響機器事業                       (ESOTERICブランド)、音楽制作・業務用オーディオ機器
                              (TASCAMブランド)の製造販売
                              航空機搭載用記録再生機器、医用画像記録再生機器、計測機器の
                           112
       情報機器事業
                              製造販売
                            3
       その他及び全社共通                       全社的情報投資
                           213
           合計
      (注)1 上記の金額には消費税等は含まれておりません。
         2 設備投資計画に係る今後の所要資金については、主として、自己資金をもって充当する予定であります。
       (2)重要な設備の除却等

         経常的な設備の更新のための除却・売却を除き、重要な設備の除却・売却の計画はありません。
                                  24/106













                                                           EDINET提出書類
                                                      ティアック株式会社(E01932)
                                                            有価証券報告書
     第4【提出会社の状況】
     1【株式等の状況】
      (1)【株式の総数等】
      ①【株式の総数】
                                         発行可能株式総数(株)
                  種類
                                                       40,000,000
                 普通株式
                                                       40,000,000
                  計
      ②【発行済株式】

                 事業年度末現在            提出日現在
                                      上場金融商品取引所名
                  発行数(株)           発行数(株)
         種類                             又は登録認可金融商品               内容
                (2020年3月31日)           (2020年6月25日)             取引業協会名
                                      東京証券取引所
                     28,931,713           28,931,713                  単元株式数      100株
     普通株式
                                      市場第一部
                     28,931,713           28,931,713           -           -
         計
      (2)【新株予約権等の状況】

      ①【ストックオプション制度の内容】
           該当事項はありません。
      ②【ライツプランの内容】

           該当事項はありません。
      ③【その他の新株予約権等の状況】

           当該事項はありません。
                                  25/106











                                                           EDINET提出書類
                                                      ティアック株式会社(E01932)
                                                            有価証券報告書
      (3)【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】
           該当事項はありません。
      (4)【発行済株式総数、資本金等の推移】

                  発行済株式       発行済株式       資本金増減額        資本金残高       資本準備金       資本準備金

                  総数増減数        総数残高                      増減額        残高
         年月日
                   (株)       (株)      (百万円)       (百万円)       (百万円)       (百万円)
     2018年7月27日
                       -  289,317,134         △2,500        3,500         -       -
     (注)1
     2018年10月1日
                 △260,385,421         28,931,713           -      3,500         -       -
     (注)2
      (注)1 2018年6月22日開催の定時株主総会決議により、資本金2,500百万円を減少し、その他資本剰余金に振り替
          え、増加したその他資本剰余金で、欠損填補しております。
      (注)2 2018年6月22日開催の定時株主総会決議により、2018年10月1日付で普通株式10株につき1株の割合で株式
          併合を行い、発行済株式総数は260,385,421株減少し、28,931,713株となっております。
      (5)【所有者別状況】

                                                   2020年3月31日現在
                          株式の状況(1単元の株式数             100  株)
                                                        単元未満
                                                       株式の状況
        区分      政府及び                       外国法人等
                        金融商品     その他の                 個人
                                                        (株)
              地方公共     金融機関                                計
                        取引業者      法人               その他
               団体                    個人以外      個人
     株主数(人)            -     20     27     70     32     14    9,056     9,219       -
     所有株式数
                 -   21,496      7,520     4,549    160,005       150    94,614     288,334      98,313
     (単元)
     所有株式数の
                 -    7.46     2.61     1.58     55.49      0.05     32.81      100      -
     割合(%)
      (注)1 自己株式122,346             株は、「個人その他」に1,223単元、「単元未満株式の状況」に46株含まれております。
           なお、自己株式122,346株は株主名簿上の株式数であり、議決権行使基準日の実質的な所有株式数は122,246
           株であります。
         2 上記「その他の法人」の中には、証券保管振替機構名義の株式が、9単元含まれております。
                                  26/106










                                                           EDINET提出書類
                                                      ティアック株式会社(E01932)
                                                            有価証券報告書
      (6)【大株主の状況】
                                                   2020年3月31日現在
                                                    発行済株式(自己

                                              所有株式数      株式を除く。)の
           氏名又は名称                      住所
                                              (千株)      総数に対する所有
                                                    株式数の割合(%)
                        2711   Centerville      Road   Suite   400

     Gibson    Holdings,     Inc.
                        Wilmington      New  Castle    County    Delaware
     (常任代理人       SMBC日興証券株式                                   15,745          54.65
                        19808   U.S.A.
     会社)
                        (東京都中央区日本橋2丁目5番1号)
     日本トラスティ・サービス信託銀行株
                                                 843         2.93
                        東京都中央区晴海1丁目8番11号
     式会社
                                                 507         1.76
     日本マスタートラスト信託銀行                   東京都港区浜松町2丁目11番3号
                                                 343         1.19
     株式会社三菱UFJ銀行                   東京都千代田区丸の内2丁目7番1号
                                                 289         1.00
     オンキヨー株式会社                   大阪府寝屋川市日新町2番1号
                                                 260         0.90
     楽天証券株式会社                   東京都世田谷区玉川1丁目14番1号
                                                 214         0.74
     佐野 弘長                   神奈川県厚木市
                                                 201         0.70
     東京海上日動火災保険株式会社                   東京都千代田区丸の内1丁目2番1号
                                                 134         0.47
     損害保険ジャパン日本興亜株式会社                   東京都新宿区西新宿1丁目26番1号
                                                 127         0.44
     ティアック社員持株会                   東京都多摩市落合1丁目47番
                                  -              18,663          64.78
              計
      (注)1 上記信託銀行の所有株式数のうち、信託業務に係る株式が以下のとおり含まれております。
           日本トラスティ・サービス信託銀行株式会社    843千株
           日本マスタートラスト信託銀行株式会社      507千株
         2 損害保険ジャパン日本興亜株式会社は、2020年4月1日付けで、損害保険ジャパン株式会社に商号変更して
           おります。
         3 所有株式数は千株未満を、発行済株式                    (自己株式を除く。)の           総数に対する所有株式数の割合は小数点第3
           位を四捨五入して表示しております。
         4 Global      Acoustic     Partners     LLCが2020年5月25日から2020年6月23日までを公開買付け期間として行った当
           社普通株式の公開買付けにより、Global                   Acoustic     Partners     LLCが15,745千株(54.65%)を取得した事か
           ら主要株主でありましたGibson               Holdings,     Inc.は2020年6月25日をもって主要株主ではなくなっており、
           Global    Acoustic     Partners     LLCが主要株主となっております。                詳細は、「3       事業の内容(注)2」をご参
           照ください。
                                  27/106








                                                           EDINET提出書類
                                                      ティアック株式会社(E01932)
                                                            有価証券報告書
      (7)【議決権の状況】
      ①【発行済株式】
                                                   2020年3月31日現在
           区分             株式数(株)             議決権の数(個)                内容
                                 -        -             -

     無議決権株式
     議決権制限株式(自己株式等)                            -        -             -
     議決権制限株式(その他)                            -        -             -

                     (自己保有株式)
     完全議決権株式(自己株式等)                                    -        単元株式数      100株
                               122,200
                     普通株式
     完全議決権株式(その他)                        28,711,200                287,112
                     普通株式                                 同上
                               98,313          -             -
     単元未満株式               普通株式
                             28,931,713            -             -
     発行済株式総数
                                 -            287,112         -
     総株主の議決権
      (注)1 「完全議決権株式(その他)」欄の普通株式には、証券保管振替機構名義の株式が900株(議決権9個)含
           まれております。
         2 「単元未満株式」欄の普通株式には、当社所有の自己株式46株が含まれております。
      ②【自己株式等】

                                                   2020年3月31日現在
                                                      発行済株式
                              自己名義        他人名義        所有株式数
                                                     総数に対する
       所有者の氏名
                             所有株式数        所有株式数         の合計
                  所有者の住所
                                                      所有株式数
        又は名称
                              (株)        (株)        (株)
                                                     の割合(%)
     (自己保有株式)
                東京都多摩市落合1-47                122,200           -      122,200          0.42
     ティアック株式会社
                     -           122,200           -      122,200          0.42
         計
      (注) 株主名簿上は、当社名義となっておりますが、実質的に所有していない株式が100株(議決権1個)ありま
          す。なお、当該株式数は上記「発行済株式」の「完全議決権株式(その他)」欄の普通株式に含めておりま
          す。
                                  28/106










                                                           EDINET提出書類
                                                      ティアック株式会社(E01932)
                                                            有価証券報告書
     2【自己株式の取得等の状況】
       【株式の種類等】           会社法第155条第7号による普通株式の取得
      (1)【株主総会決議による取得の状況】

           該当事項はありません。
      (2)【取締役会決議による取得の状況】

           該当事項はありません。
      (3)【株主総会決議又は取締役会決議に基づかないものの内容】

                              株式数(株)                 価額の総額(千円)

             区分
                                       1,147                    229
     当事業年度における取得自己株式
                                        58                   9
     当期間における取得自己株式
      (注)1 当期間における取得自己株式には、2020年6月1日から有価証券報告書提出日までの単元未満株式の買取り
          による株式数は含めておりません。
      (4)【取得自己株式の処理状況及び保有状況】

                              当事業年度                    当期間

             区分
                                  処分価額の総額                   処分価額の総額
                         株式数(株)                   株式数(株)
                                   (千円)                   (千円)
     引き受ける者の募集を行った取得自己
                               -         -         -         -
     株式
                               -         -         -         -
     消却の処分を行った取得自己株式
     合併、株式交換、会社分割に係る移転
                               -         -         -         -
     を行った取得自己株式
                               -         -         -         -
     その他
                            122,246            -       122,304            -

     保有自己株式数
      (注)1 当期間における保有自己株式数には、2020年6月1日から有価証券報告書提出日までの単元未満株式の買取
          りによる株式数は含めておりません。
                                  29/106









                                                           EDINET提出書類
                                                      ティアック株式会社(E01932)
                                                            有価証券報告書
     3【配当政策】
        利益配分に関しては、業績に基づいた成果の配分を前提に、連結業績を勘案し、財政状態、事業展開、経営環境を
       総合的に捉え、安定配当の維持を目指すことを基本方針としております。また企業競争力の維持、強化を目的とした
       研究開発投資や設備投資等による将来の経営基盤強化と事業拡大のため、内部留保に努めてまいります。
        当期は今後の事業展開、内部留保の充実を図るため、誠に遺憾ながら前期に引き続き無配とすることに決定いたし
       ました。
        なお、当社の剰余金の配当は期末配当にて年1回の配当を行うことを基本方針としており、その決定機関は株主総
       会であります。
                                  30/106


















                                                           EDINET提出書類
                                                      ティアック株式会社(E01932)
                                                            有価証券報告書
     4【コーポレート・ガバナンスの状況等】
      (1)【コーポレート・ガバナンスの概要】
       ① 企業統治の体制
        (考え方)
         ティアックグループは、企業は株主をはじめ地域社会を含むすべてのステークホルダーとの協調により成り立つ
        との基本認識に立ち、法令や規制を遵守し、継続してグループ全体の企業価値を向上させていくため、コーポレー
        ト・ガバナンスの充実、強化に努め、経営、執行、監査の体制整備を進めております。
        (組織形態)

         当社は、監査等委員会設置会社であります。
        (取締役会)

         当社の取締役会は、2020年6月25日現在、議長                       代表取締役      英裕治、取締役(監査等委員である取締役を除
        く。)野村佳秀、の2名及び監査等委員である取締役、吉村邦彦、原琢己、坂口洋二の3名(うち社外取締役2
        名)の計5名で構成され、経営上の最高意思決定機関として、当社グループの経営方針と最重要案件の審議、決裁
        を行っております。
         また、取締役会は、原則として3ヵ月に1回以上開催し、必要に応じて臨時取締役会も行っております。
        (監査等委員会)

         当社の監査等委員会は、2020年6月25日現在、委員長                          吉村邦彦、委員        原琢己、委員       坂口洋二で構成され、取
        締役の職務執行の監査・監督及び監査報告の作成、会計監査人の選解任及び会計監査人を再任しないことに関する
        議案の内容の決定、監査等委員以外の取締役の選解任または報酬等に対する意見の決定を行っております。吉村邦
        彦氏は当社グループ内の経理関連部門で経理経験を、坂口洋二氏は公認会計士、税理士の資格を有しており、それ
        ぞれ財務及び会計に関する相当程度の知見を有しております。
        (経営執行会議)

         当社は、業務執行の意思決定機関として、経営執行会議を毎月1回開催しており、議長                                          代表取締役      英裕治、取
        締役(監査等委員である取締役を除く。)野村佳秀の2名、監査等委員である取締役                                        吉村邦彦、原琢己、坂口洋
        二の3名、執行役員6名、その他、事業部門から大島洋、松野陽介の2名、計13名が出席し、業務の計画承認、状
        況確認、施策決定等を行っております。
        (執行役員)

         当社は、権限と責任の明確化と、意思決定及び業務執行の迅速化を実現するため、経営の意思決定と業務執行の
        分離を目指し、執行役員制度を導入しております。2020年6月25日現在、次の6名が任命されております。
         上席執行役員                 情報機器事業部長                吉田啓介
         執行役員                     経営企画室長                  和田伸夫
         執行役員                     北米担当                    中村浩一郎
         執行役員                     開発本部長                   吉野伸也
         執行役員                     総務人事・知的財産法務担当           林健二
         執行役員                     SCM本部長兼品質保証部長兼購買部長兼購買課長                         徳重浩
        (社内委員会)

         当社は、全社組織にまたがる経営課題に取組むために、ビジネスリスクマネジメント委員会、内部統制委員会等
        の社内委員会を設置しております。
         ビジネスリスクマネジメント委員会は、委員長                       英裕治、副委員長         野村佳秀、委員は各部門の長である吉田啓
        介、和田伸夫、中村浩一郎、吉野伸也、林健二、徳重浩、大島洋、松野陽介から構成され、ビジネスリスクの分
        析、評価、対策立案等を行っています。
         内部統制委員会は、委員長              野村佳秀、副委員長          倉原良弘、委員        秋野浩隆、徳重浩、池畑麻紀、稲場靖之より
        構成され、下部にワーキンググループ、営業推進グループ、事務局を設置し、業務の有効性及び効率性、財務報告
        の信頼性、事業活動にかかわる法令等の順守を確保するために活動しております。
        (現状の体制を採用している理由)

         当社は、2016年6月21日開催の第68回定時株主総会において監査等委員会設置会社への移行を内容とする定款の
        変更が決議されたことにより、同日付をもって監査役会設置会社から監査等委員会設置会社へ移行しております。
        この移行は監査等委員である取締役に取締役会における議決権を付与することで監査・監督機能の強化を図るとと
        もに、コーポレート・ガバナンスの一層の充実を目指すものであります。
                                  31/106

                                                           EDINET提出書類
                                                      ティアック株式会社(E01932)
                                                            有価証券報告書
        (内部統制システム及びリスク管理体制の整備の状況)

         当社は、業務の適正を確保するための体制の整備のための内部統制システム構築の基本方針を、2016年7月1日
        付けの取締役会において一部改定、決議し以下のとおり定めております。
        (イ)業務執行取締役の職務の執行に係る情報の保存及び管理に関する体制

         1)業務執行取締役は、株主総会、取締役会及び関連資料等、業務執行取締役の職務の執行に係る情報につい
           て、法令・社内規程に基づき、保存・管理を行う。
         2)業務執行取締役は、上記情報の保存及び管理の監視・監督責任者として、必要に応じて取締役、内部監査
           室、会計監査人、社内関連部門が閲覧できるよう保存期間管理する。
        (ロ)損失の危険の管理に関する規程その他の体制

         1)取締役会は、損失の危険の管理を統括する組織として、「ビジネスリスクマネジメント委員会」を設け、当
           該委員会は、当社企業グループのリスクマネジメント業務を統括する。取締役会は、当社企業グループ横断
           的な視点からリスクマネジメントの基本方針、その他重要事項の決定を行う。
         2)「ビジネスリスクマネジメント委員会」は、当社企業グループに内在するリスクを把握、分析、評価した上
           で適切な対策を実施するとともに、当社企業グループのリスクマネジメント状況を監督し、毎年度見直しを
           行う。当社企業グループにおいては、平時は、当社各部門及び各子会社においてリスクの洗い出しを行い、
           そのリスクの軽減化に取り組むとともに、有事は「危機管理規程」に従い、当社企業グループ全体として対
           応することとする。
        (ハ)業務執行取締役の職務の執行が効率的に行われることを確保するための体制

         1)取締役会は、定時取締役会、臨時取締役会により、会社法の要請に基づく重要事項の決定並びに業務執行取
           締役の業務執行状況の監督等を行う。さらに、経営効率を向上させるため、全取締役及び執行役員等の事業
           責任者が出席する経営執行会議を開催し、当社企業グループの業務執行に関する基本的事項及び重要事項に
           係る意思決定を機動的に行う。当社においては、監督機能と業務執行機能を分離し、取締役会のチェック機
           能を強化するため、執行役員制を導入している。
         2)当社企業グループの業務執行について、業務執行取締役及び執行役員等の事業責任者は、将来の事業環境を
           踏まえ中期経営計画及び各年度予算を立案し、当社企業グループの経営目標を設定し、それらは取締役会に
           おいて決議される。当社各部門及び各子会社においては、その経営目標達成に向け具体策を立案・実行し、
           重要な業務の執行状況についての報告をするための体制をとる。また、取締役会は、経営目標が当初の予定
           どおりに進捗しているか、業績報告を通じて定期的にチェックを行う。
         3)当社企業グループは、日常の業務の遂行に際し、各レベルの責任者が職務権限の委譲に基づき、業務を遂行
           する体制をとる。
        (ニ)業務執行取締役・使用人の職務の執行が法令及び定款に適合することを確保するための体制

         1)「ビジネスリスクマネジメント委員会」は、当社企業グループのコンプライアンスを統括する。コンプライ
           アンスの推進については、「ティアックグループコンプライアンス規程」を制定し、業務執行取締役は、使
           用人がコンプライアンスを重視して自らの業務運営にあたるよう、研修等を通じて指導する。
         2)当社は、公益通報者保護法に基づく「内部通報制度」により、業務執行取締役・使用人が社内においてコン
           プライアンス違反行為が行われ、また行われようとしていることに気付いたときは、制度で定める「窓口部
           門」に通報しなければならないと定めており、運用状況を四半期毎に取締役会に報告する。会社は通報者、
           通報内容について開示しないものとする。各当社子会社においても、同法若しくは適用される同種の法令を
           準用して、同等の内部通報制度を運用する。
         3)「ティアックグループコンプライアンス規程」において、ティアックグループ社員は反社会的勢力・団体に
           対しては断固たる行動をとり、一切の関係を拒絶し、その活動を助長するような行為をしてはならない旨規
           定し、反社会的勢力・団体に対しては、弁護士、警察等とも連携し組織的に対応する。
         4)業務執行取締役は、財務報告の信頼性を確保するために、一般に公正妥当と認められる財務報告に係る内部
           統制の評価の基準に従い、財務報告に係る内部統制の有効性を毎年度評価、報告する体制を整備し運用す
           る。
                                  32/106




                                                           EDINET提出書類
                                                      ティアック株式会社(E01932)
                                                            有価証券報告書
        (ホ)当該株式会社並びにその親会社及び子会社から成る企業集団における業務の適正を確保するための体制

         1)業務執行取締役は、当社企業グループ各社の業務執行取締役の職務の執行に係る情報について、法令・社内
           規程に基づき、保存・管理を行い、必要に応じて取締役、内部監査室、社内関連部門の閲覧可能な状態とす
           る体制を整備する。
         2)当社は、「ビジネスリスクマネジメント委員会」を通じて、当社企業グループ各社のコンプライアンス・リ
           スク管理教育、指導を行うとともに問題点の把握に努める。
         3)内部監査室は、当社及び当社企業グループの組織体制の整備及び業務の執行状況を評価し、経営改善のため
           の提言を行うとともに、不適切な取引又は会計処理を防止する。
        (ヘ)監査等委員会がその職務を補助すべき使用人を置くことを求めた場合における当該使用人に関する事項

           当社は、現在は監査等委員会の職務を補助すべき使用人はいないが、監査等委員会がその職務を補助すべき
           使用人を置くことを求めた場合、必要に応じて専任あるいは兼任の補助スタッフを置くこととする。
        (ト)上記の監査等委員会の職務を補助すべき使用人の業務執行取締役からの独立性及び監査等委員会の当該使用

         人に対する指示の実効性の確保に関する事項
         1)監査等委員会の職務を補助すべき使用人の独立性を確保するため、当該使用人の任命、異動等の人事権に係
           わる事項の決定には、監査等委員会の事前の同意を得るものとし、人事考課については、監査等委員会の意
           見を考慮して行う。
         2)監査等委員会の職務を補助すべき使用人が、その業務に関して監査等委員会から指示を受けたときは、専ら
           その指揮命令に従う体制を整備する。
        (チ)業務執行取締役及び使用人が監査等委員会に報告をするための体制その他の監査等委員会への報告に関する

         体制
         1)業務執行取締役は、当社企業グループに係り、当社取締役会規程に定める取締役会決議事項(法令に定めら
           れた事項、定款に定められた事項、重要な業務に関する事項)並びに各業務執行取締役の職務の状況につい
           ての報告を実施するための体制をとる。
         2)業務執行取締役及び執行役員等の事業責任者は、当社企業グループの重要な業務の執行状況について監査等
           委員会へ報告をするための体制をとる。
         3)業務執行取締役は、監査等委員会の業務監査にあたり使用人又はこれらの者から報告を受けた者が当社企業
           グループの重要な業務の執行状況についての報告をするための体制をとる。
         4)内部通報窓口への通報内容が監査等委員会の職務の執行に必要な範囲に係る場合及び通報者が監査等委員会
           への通報を希望する場合は速やかに監査等委員会に通知する。
         5)監査等委員会に報告をした者に対して、当該報告をしたことを理由とする不利益な取扱いを行うことを禁止
           し、その旨を業務執行取締役及び使用人に周知徹底する。
         6)「ビジネスリスクマネジメント委員会」ほか経営執行会議下部組織は、監査等委員会に定期的に報告をする
           ための体制をとる。
        (リ)その他監査等委員会の監査が実効的に行われることを確保するための体制

         1)当社は、監査等委員会が、業務執行取締役、会計監査人、内部監査室とそれぞれ定期的又は随時会合をも
           ち、意見交換を行い、相互の意思疎通を図れる体制をとる。
         2)当社は、監査等委員会が、業務執行取締役及び使用人に、業務に関する説明又は報告を求めた場合、迅速か
           つ適切に対応する体制を整える。
         3)当社は、監査等委員会が、必要に応じて内部監査室及び内部監査に関連する管理部門に調査を求める場合、
           迅速かつ適切に対応する体制を整える。
         4)当社は、監査等委員がその職務の執行について必要な費用の前払い等の請求をしたときは、速やかに当該費
           用又は債務を処理する。
       ( 株主総会の特別決議要件)

         当社は、会社法第309条第2項の定めによる株主総会の特別決議要件について、株主総会における特別決議の定
        足数を緩和することにより株主総会の円滑な運営を行うため、議決権を行使することができる株主の議決権の3分
        の1以上を有する株主が出席し、その議決権の3分の2以上をもって行う旨を定款で定めております。
                                  33/106



                                                           EDINET提出書類
                                                      ティアック株式会社(E01932)
                                                            有価証券報告書
       (取締役の定数)
         当社は、取締役(監査等委員である取締役を除く。)の員数を15名以内、監査等委員である取締役の員数を4名
        以内とする旨を定款で定めております。
        (取締役の選任の決議要件)

         当社は、株主総会における取締役の選任議案について、監査等委員である取締役とそれ以外の取締役とを区別し
        て、議決権を行使することができる株主の議決権の3分の1以上を有する株主が出席し、その議決権の過半数を
        もって行い、累積投票によらないものとする旨を定款で定めております。
       (株主総会決議事項を取締役会で決議できる事項)

        イ.自己の株式の取得
          当社は、自己の株式の取得について、企業環境の変化に対応し、自己の株式の取得を機動的に行うことを可能
         とするため、会社法第165条第2項の規定により、取締役会の決議によって市場取引等により自己の株式を取得
         することができる旨を定款で定めております。
        ロ.取締役の責任免除
          当社は、取締役が期待される役割を十分に発揮できるよう、取締役会の決議によって、取締役(取締役であっ
         たものを含む)の会社法第423条第1項の賠償責任について会社法第426条第1項に定める要件に該当する場合に
         は賠償責任額から法令に定める最低責任限度額を控除して得た額を限度として免除することができる旨を定款に
         定めております。
       (責任限定契約の内容の概要)

         当社は、取締役(業務執行取締役等であるものを除く。)との間で、会社法第427条第1項及び当社定款の規定
        に基づき、同法第423条第1項の賠償責任を限定する契約を締結しております。当該契約に基づく損害賠償責任の
        限度額は、金500万円又は会社法第425条第1項に定める最低責任限度額のいずれか高い額としております。
                                  34/106













                                                           EDINET提出書類
                                                      ティアック株式会社(E01932)
                                                            有価証券報告書
       ② 当社のコーポレート・ガバナンス体制図(2020年6月25日現在)は以下のとおりです。

                                  35/106




















                                                           EDINET提出書類
                                                      ティアック株式会社(E01932)
                                                            有価証券報告書
      (2)【役員の状況】
        ① 役員一覧
        男性    5 名 女性      -名 (役員のうち女性の比率                -%)
                                                        所有株式数
      役職名      氏名     生年月日                   略歴                任期
                                                         (株)
                        1985年4月     当社入社
                        2001年2月     当社タスカム部長
      代表取締役
                        2004年6月     当社執行役員タスカムビジネスユニットマネジャー
           英 裕   治
       社長         1961年9月17日      生                              (注)2      15,800
                        2005年5月     当社執行役員エンタテイメント・カンパニープレジデント
       CEO
                        2006年6月     当社代表取締役社長
                        2013年6月     当社代表取締役社長CEO(現任)
                        1977年4月     当社入社
                        1999年6月     当社業務企画部長
                        2003年8月     当社財務部長
                        2004年6月     当社執行役員財務部長
      取締役
           野 村 佳 秀
                        2007年6月     当社取締役財務部長
                1954年8月11日      生                              (注)2      9,100
       CFO
                        2010年4月     当社取締役コーポレート本部長
                        2012年5月     当社取締役コーポレート本部長兼経営情報部長
                        2013年4月     当社取締役財務担当
                        2013年6月
                             当社取締役CFO(現任)
                        1981年4月     当社入社
                        2001年8月     ドイツ現地法人財務部長
      取締役                 2005年5月     当社情報企画部長
           吉 村 邦 彦
                1957年4月21日      生                              (注)3      3,600
     (監査等委員)                  2008年7月     当社内部監査室長
                        2010年4月     当社財務部長
                        2018年6月
                             当社取締役(監査等委員)(現任)
                        2000年4月     弁護士登録
                        2000年4月     阿部・井窪・片山法律事務所入所
      取締役                 2001年10月     安井総合法律事務所入所
           原 琢   己
                1971年8月11日      生                              (注)3        -
                        2011年6月     当社監査役
     (監査等委員)
                        2016年6月     当社取締役(監査等委員)(現任)
                        2018年1月
                             安井・原法律事務所所長(現任)
                        1996年4月     中央監査法人入所
                        1999年1月     中央クーパース・アンド・ライブランド国際税務事務所
                             入所
                        2000年11月     公認会計士登録
                        2001年9月     クレディ・スイス・ファースト・ボストン証券会社東京
                             支店入社
      取締役
           坂 口 洋 二
                1972年7月24日      生                              (注)3        -
                        2005年10月     坂口洋二公認会計士事務所所長
     (監査等委員)
                        2006年5月     税理士登録
                        2006年10月     AIGジャパン・パートナーズ株式会社入社
                        2012年10月     坂口洋二公認会計士・税理士事務所所長(現任)
                        2013年6月     当社監査役
                        2016年6月     当社取締役(監査等委員)(現任)
              計
                                                         28,500
      (注)1 原琢己、坂口洋二の2氏は、社外取締役であります。
         2 取締役(監査等委員である取締役を除く。)の任期は、2020年3月期に係る定時株主総会終結の時から2021
           年3月期に係る定時株主総会終結の時までであります。
         3 監査等委員である取締役の任期は、2020年3月期に係る定時株主総会終結の時から2022年3月期に係る定時
           株主総会終結の時までであります。
         4 監査等委員会の体制は、以下のとおりであります。
           委員長 吉村邦彦 委員 原琢己 委員 坂口洋二
         5 原琢己氏の氏名に関しては、「開示用電子情報処理組織等による手続の特例等に関する留意事項について」
           及び「提出書類ファイル仕様書」(金融庁総務企画局)の規定により使用可能とされている文字以外を含ん
           でいるため、電子開示システム(EDINET)上使用できる文字で代用しております。
         6 当社は執行役員制度を導入しており、執行役員の任期は、2020年3月期に係る定時株主総会終結後最初に開
           催される取締役会終結の時から2021年3月期に係る定時株主総会終結の時までであります。
                                  36/106



                                                           EDINET提出書類
                                                      ティアック株式会社(E01932)
                                                            有価証券報告書
           執行役員は、取締役会により選任された以下の6氏であります。
            上席執行役員 情報機器事業部長                   吉田啓介
            執行役員 経営企画室長                       和田伸夫
            執行役員 北米担当                         中村浩一郎
            執行役員 開発本部長                        吉野伸也
            執行役員 総務人事・知的財産法務担当                林健二
            執行役員 SCM本部長兼品質保証部長兼購買部長兼購買課長      徳重浩
        ② 社外役員の状況

         当社の2020年6月25日現在の社外取締役は2名であります。いずれも監査等委員であり、代表取締役及び取締役
        等と、取締役会のほか、定期的に会合を持ち、会社の経営、コーポレート・ガバナンス等について意見交換を行っ
        ております。これらの活動を通じて、業務執行の監督・監査及び会計の監査を行っております。
         原琢己氏は、経営陣から独立した地位を有し、弁護士としての知識・経験等をもとに、客観的・専門的な視点か
        ら、当社の経営への助言や業務遂行に対する適切な監督を行っていただきたいため、社外取締役として選任してお
        ります。
         坂口洋二氏は、経営陣から独立した地位を有し、公認会計士としての知識・経験等をもとに、客観的・専門的な
        視点から、当社の経営への助言や業務遂行に対する適切な監督を行っていただきたいため、社外取締役として選任
        しております。
         なお、両氏の現在及び過去の兼職先は、当社グループとの間に人的関係、資本的関係及び取引関係その他の利害
        関係がないものと判断しております。
         また、両氏は、監査等委員である社外取締役の職務遂行にあたり一般株主と利益相反の生じる恐れがないと判断
        し、株式会社東京証券取引所の定めに基づく独立役員に指定し、同取引所に届け出ております。
         当社では、会社法上の要件及び東京証券取引所の独立性基準に加え、企業経営や法務・財務等各分野での専門的
        知識と豊富な経験に基づき、客観的な視点から、経営の監督機能を期待できる人材を独立社外取締役として選定す
        るよう努めております。
        ③ 社外監査等委員による監査と内部監査、監査等委員会監査及び会計監査との相互連携並びに内部統制部門との

        関係
         社外監査等委員は、監査等委員会や取締役会への出席、内部監査室からの報告聴取などにより、監査の実効性を
        高めております。また、監査等委員と会計監査人は、相互の連携を図る目的をもって必要の都度会合を持ち、監査
        計画、監査体制、監査実施状況などについて意見の交換を行っております。
                                  37/106










                                                           EDINET提出書類
                                                      ティアック株式会社(E01932)
                                                            有価証券報告書
      (3)【監査の状況】
       ① 監査等委員会監査の状況
         当社の監査等委員会は、2020年6月25日現在、監査等委員3名(うち社外取締役2名)で構成されております。
        吉村邦彦氏は当社グループ内の経理関連部門で経理経験を、坂口洋二氏は公認会計士、税理士の資格を有してお
        り、それぞれ財務及び会計に関する相当程度の知見を有しております。当事業年度においては、監査等委員会を15
        回開催しており、各監査等委員ともそのすべてに出席しております。監査等委員会においては、監査方針や監査計
        画の策定、監査報告書の作成、内部統制システムの整備・運用状況の確認、会計監査人の選解任や報酬の同意に関
        する決議、会計監査の相当性評価等を実施しています。
         監査等委員は、取締役会や経営執行会議に出席するとともに、期初に策定した監査計画に従い、取締役及び執行
        役員等との意思疎通・情報交換、国内外子会社への訪問・事情聴取、内部監査室や会計監査人との情報交換等を実
        施しております。また、その他に常勤監査等委員は、国内子会社4社の監査役を兼務しており、その取締役会に出
        席して得た情報については、監査等委員会に報告しております。
       ② 内部監査の状況

         当社の内部監査は、内部監査室(1名)が中心となって進めております。内部監査室は監査計画に基づいて、事
        業部、財務部、及び国内子会社、海外子会社を対象に、コンプライアンス、財務報告、リスク管理状況などを重点
        項目として監査を行っております。
         また、内部監査室は、監査等委員会に対し、年度監査計画の説明を行い、四半期毎に監査等委員会において監査
        実施状況の報告を行っております。
         常勤の監査等委員は内部監査室と協働監査を行う等、日常的に双方向の情報交換を行っております。
       ③ 会計監査の状況

        1)  監査法人の名称
         有限責任     あずさ監査法人
        2)  継続監査期間

         2013年以降。
        3)  業務を執行した公認会計士

                公認会計士の氏名等                          所属する監査法人名
        指定有限責任社員 業務執行社員 西野 聡人
                                         有限責任     あずさ監査法人
        指定有限責任社員 業務執行社員 森部 裕次
        4)  監査業務に係る補助者の構成

         当社の会計監査業務に係る補助者は、公認会計士9名、その他12名であります。
        5)  監査法人の選定方針と理由

         当社グループ会社全ての監査に対応できる海外ネットワークを有していることから、有限責任                                             あずさ監査法人
        を選定しました。
        6)  監査等委員会による監査法人の評価

         監査等委員会は、         会計監査人の解任又は不再任の決定方針及び会計監査人の再任、不再任の評価基準チェックリ
        ストを策定しており、これらの基準に基づき、監査法人の選定及び活動が適正であると評価しております。
       ④   監査報酬の内容等

        1)  監査公認会計士等に対する報酬の内容
                      前連結会計年度                       当連結会計年度
          区分
               監査証明業務に基づく           非監査業務に基づく           監査証明業務に基づく           非監査業務に基づく
               報酬(百万円)           報酬(百万円)           報酬(百万円)           報酬(百万円)
                        60            3           59           12

        提出会社
                        -           -           -           -
        連結子会社
                        60            3           59           12
           計
         当社における非監査業務の内容は、米国会計基準に基づく監査業務であります。
                                  38/106


                                                           EDINET提出書類
                                                      ティアック株式会社(E01932)
                                                            有価証券報告書
        2)  監査公認会計士等と同一のネットワーク(KPMG)に対する報酬                             (  1) を除く)
                      前連結会計年度                       当連結会計年度
          区分
               監査証明業務に基づく           非監査業務に基づく           監査証明業務に基づく           非監査業務に基づく
               報酬(百万円)           報酬(百万円)           報酬(百万円)           報酬(百万円)
                        -           -           -           -

        提出会社
                        32            8           29            1
        連結子会社
                        32            8           29            1
           計
         連結子会社における非監査業務の内容は、主として税務申告補助業務等であります。
        3)  その他の重要な監査証明業務に基づく報酬の内容

         該当事項はありません。
        4)  監査報酬の決定方針

         当社の監査公認会計士等に対する報酬は、監査日数・業務内容及び監査計画等を総合的に勘案し、監査等委員会
        の同意のもと適切に決定しております。
        5)  監査  等委員   会が会計監査人の報酬等に同意した理由

         監査等委員会は、会計監査人の職務執行状況、監査計画の内容及び報酬見積額の算定根拠、過去の報酬額の推移
        等を確認し、検討した結果、会計監査人の報酬等について、その内容は合理的であると判断したため、会社法第
        399条第1項の同意を行っております。
      (4)【役員の報酬等】

        役員の報酬等
        ① 役員の報酬等の額の決定に関する方針
          2016年6月21日開催の第68回定時株主総会において監査等委員会設置会社への移行を内容とする定款の変更が
         決議されたことにより、同日付をもって監査等委員会設置会社へ移行し、取締役(監査等委員である取締役を除
         く。)の報酬額は、年額170百万円以内(使用人兼務役員の使用人分給与は含まない)、監査等委員である取締
         役の報酬額は、年額30百万円以内とすることを決議しております。                               なお、取締役の定員数は、取締役(監査等委
         員である取締役を除く。)は15名以内、監査等委員である取締役は4名以内と定款に定められております。
         株主総会で承認された報酬額の範囲内で、各取締役(監査等委員である取締役を除く。)の報酬は取締役会の決
         議により決定しております。また、各監査等委員である取締役の報酬は監査等委員である取締役の協議により決
         定しております。        また、取締役の報酬決定に際しては、業績連動報酬制度を採用しておりません。
        ② 提出会社の役員区分ごとの報酬等の総額、報酬等の種類別の総額及び対象となる役員の員数

                                 報酬等の種類別の総額(百万円)
                                                      対象となる
                     報酬等の総額
                                                      役員の員数
           役員区分
                      (百万円)
                                   ストック
                             基本報酬              賞与     退職慰労金        (名)
                                   オプション
     取締役(監査等委員を除く。)
                          67      67      -      -      -       12
     (社外取締役を除く。)
     取締役(監査等委員)
                          12      12      -      -      -        1
     (社外取締役を除く。)
                          10      10      -      -      -        2
     社外役員
     (注)当社の2020年5月22日付け「Global                    Acoustic     Partners     LLCによる当社株式に対する公開買付けに関する意見表明
        のお知らせ」に記載のとおり、当社株式の公開買付けの公正性を担保するための措置及び利益相反を回避するため
        の措置として設置した独立した特別委員会を設置しており、社外役員の報酬額には、当該特別委員会の委員として
        の報酬が含まれております。
        ③ 提出会社の役員ごとの連結報酬等の総額等

          連結報酬等の総額が1億円以上である者が存在しないため、記載しておりません。
        ④ 使用人兼務役員の使用人給与のうち重要なもの

          該当事項はありません。
                                  39/106


                                                           EDINET提出書類
                                                      ティアック株式会社(E01932)
                                                            有価証券報告書
      (5)【株式の保有状況】
        ① 保有目的が純投資目的以外の目的である投資株式
        (a)銘柄数及び貸借対照表計上額
                   銘柄数       貸借対照表計上額の
                  (銘柄)        合計額(百万円)
                      3             0

     非上場株式
                      1             6
     非上場株式以外の株式
     (当事業年度において株式数が増加した銘柄)

                   銘柄数      株式数の増加に係る取得
                                            株式数の増加の理由
                  (銘柄)      価額の合計額(百万円)
                      -             -  -

     非上場株式
                      -             -  -
     非上場株式以外の株式
     (当事業年度において株式数が減少した銘柄)

                   銘柄数      株式数の減少に係る売却
                  (銘柄)      価額の合計額(百万円)
                      1            102

     非上場株式
                      -             -
     非上場株式以外の株式
        (b)特定投資株式及びみなし保有株式の銘柄ごとの株式数、貸借対照表計上額等に関する情報

        特定投資株式

                 当事業年度         前事業年度
                 株式数(株)         株式数(株)
                                     保有目的、定量的な保有効果                 当社の株式の
         銘柄
                                     及び株式数が増加した理由                 保有の有無
                貸借対照表計上額         貸借対照表計上額
                 (百万円)         (百万円)
                    633,300         633,300

     オンキヨー(株)
                                  資本・業務提携                      有
                       6         30
        (注)開示対象となる上場株式が60銘柄に満たないため、全ての上場銘柄について記載しております。
        ② 保有目的が純投資目的である投資株式

         該当事項はありません。
                                  40/106








                                                           EDINET提出書類
                                                      ティアック株式会社(E01932)
                                                            有価証券報告書
     第5【経理の状況】
      1 連結財務諸表及び財務諸表の作成方法について
        (1)当社の連結財務諸表は、「連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和51年大蔵省令第28
         号。以下、「連結財務諸表規則」という。)第93条の規定により、国際会計基準(以下、「IFRS」という。)に
         準拠して作成しております。
        (2)当社の財務諸表は、「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和38年大蔵省令第59号。以

         下、「財務諸表等規則」という。)に基づいて作成しております。
          また、当社は、特例財務諸表提出会社に該当し、財務諸表等規則第127条の規定により財務諸表を作成してお
         ります。
        (3)  連結財務諸表は、百万円未満を四捨五入、財務諸表は、百万円未満を切り捨てにより表示しております。

      2 監査証明について

         当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、連結会計年度(2019年4月1日から2020年3月31
        日まで)の連結財務諸表及び事業年度(2019年4月1日から2020年3月31日まで)の財務諸表について、有限責
        任 あずさ監査法人による監査を受けております。
      3 連結財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組み及びIFRSに基づいて連結財務諸表等を適正に作成するこ

       とができる体制の整備について
         当社は、連結財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組みを行っております。具体的には、会計基準等の
        内容を適切に把握するため、公益財団法人財務会計基準機構へ加入し、監査法人等が主催する研修・セミナーへの
        参加や会計専門誌の定期購読を行っております。
         IFRSの適用については、国際会計基準審議会が公表するプレスリリースや基準書を随時入手し、最新の基準の把
        握及び当社への影響分析を行っております。また、IFRSに基づく適正な連結財務諸表を作成するために、IFRSに準
        拠したグループ会計方針を作成し、これに基づいて会計処理を行っております。
                                  41/106












                                                           EDINET提出書類
                                                      ティアック株式会社(E01932)
                                                            有価証券報告書
     1【連結財務諸表等】
      (1)【連結財務諸表】
      ①【連結財政状態計算書】
                                                    (単位:百万円)
                                  前連結会計年度末               当連結会計年度末
                           注記
                                 (2019年3月31日)               (2020年3月31日)
     資産
     流動資産
                            6              1,716               1,479
      現金及び現金同等物
                            7              3,265               3,218
      営業債権及びその他の債権
                            8              2,079               2,081
      棚卸資産
                                           353               274
      その他の流動資産
                                          7,413               7,052
     流動資産合計
     非流動資産
                            5,
                                          1,346               2,099
      有形固定資産
                          9,11,16
                           5,10                209               159
      無形資産
                            13               131                 6
      その他の投資
                            24               29               41
      繰延税金資産
                            12               152               152
      その他の金融資産
                            5               37               30
      その他の非流動資産
                                          1,904               2,488
     非流動資産合計
                                          9,316               9,540
     資産合計
     負債及び資本
     負債
     流動負債
                            15              2,522               2,802
      借入金等
                            16               -               336
      リース負債
                            14               880               880
      営業債務及びその他の債務
                            17               591               596
      引当金
                            24               156                41
      未払法人所得税
                                           951               845
      その他の流動負債
                                          5,099               5,499
     流動負債合計
     非流動負債
                            15               234                51
      借入金等
                            16               -               520
      リース負債
      退職給付に係る負債                      18              2,585               1,989
                            17               41               41
      引当金
                            24                9               9
      繰延税金負債
                                           29               13
      その他の非流動負債
                                          2,898               2,623
     非流動負債合計
                                          7,996               8,123
     負債合計
     資本
                            19              3,500               3,500
      資本金
                            19               -               36
      資本剰余金
                            19              △ 121              △ 121
      自己株式
      利益剰余金                      19               806              1,158
      利益剰余金(IFRS移行時の
                            19             △ 3,430              △ 3,430
      累積換算差額)
                                           391               181
                            19
      その他の資本の構成要素
     親会社の所有者に帰属する持分合計                                     1,145               1,323
                                           174                94
     非支配持分
                                          1,320               1,417
     資本合計
                                          9,316               9,540
     負債及び資本合計
                                  42/106



                                                           EDINET提出書類
                                                      ティアック株式会社(E01932)
                                                            有価証券報告書
      ②【連結損益計算書】
                                                    (単位:百万円)
                                    前連結会計年度               当連結会計年度
                                  (自 2018年4月1日              (自 2019年4月1日
                              注記
                                   至 2019年3月31日)                至 2020年3月31日)
                              5,21             15,682              14,745

      売上収益
                                          △ 9,033             △ 8,272
                              22
      売上原価
                                           6,649              6,473
     売上総利益
                              22            △ 6,278             △ 6,225

      販売費及び一般管理費
                                            △ 3              38
                              22
      その他の損益
     個別開示項目前営業利益                                       367              286
                                            234               -
                              23
      個別開示項目
                              5
     営業利益                                       601              286
                              25               5              ▶

       金融収益
                                           △ 316             △ 222
                              25
       金融費用
      金融費用純額                                     △ 310             △ 218
                                            291               69
     税引前利益
                              24             △ 152              △ 37
      法人所得税費用
     当期利益                                       139               32
     当期利益の帰属:

                                             51              27
      親会社の所有者
                                             88               5
      非支配持分
                                            139               32
      合計
     1株当たり当期利益

      基本的1株当たり当期利益(円)                        27             1.77              0.94
      希薄化後1株当たり当期利益(円)                                      -              -
                                  43/106










                                                           EDINET提出書類
                                                      ティアック株式会社(E01932)
                                                            有価証券報告書
      ③【連結包括利益計算書】
                                                    (単位:百万円)
                                  前連結会計年度                当連結会計年度
                                (自 2018年4月1日               (自 2019年4月1日
                            注記
                                 至 2019年3月31日)                 至 2020年3月31日)
     当期利益                                      139                32
     その他の包括利益
     純損益に組み替えられない項目
      その他の包括利益を通じて公正価値で
                            20,26               △ 41              △ 24
      測定する金融資産
                                           116               225
                            18,26
      確定給付負債(資産)の純額の再測定
                                            75               201
     純損益に組み替えられない項目合計
     純損益に組み替えられる可能性がある項目
                                           195               △ 86
                             26
      在外営業活動体-為替換算差額
                                           195               △ 86
     純損益に組み替えられる可能性がある項目合計
     その他の包括利益(税引後)                                      270               115
     当期包括利益合計                                      409               147
     当期包括利益の帰属先:

                                           321               142
      親会社の所有者
                                            88                5
      非支配持分
      合計                                     409               147
                                  44/106













                                                           EDINET提出書類
                                                      ティアック株式会社(E01932)
                                                            有価証券報告書
      ④【連結持分変動計算書】
        前連結会計年度(自 2018年4月1日 至 2019年3月31日)
                                                    (単位:百万円)
                            親会社の所有者に帰属する持分
                                     利益剰余金
                                          その他の         非支配持分     資本合計
                                     (IFRS移行
                   資本金    資本剰余金     自己株式    利益剰余金          資本の     合計
                                     時の累積
                                          構成要素
                                     換算差額)
     2018年4月1日残高              6,000      74    △ 121   △ 1,935    △ 3,430      237    825     86     911
     当期包括利益

      当期利益                             51              51     88     139
      その他の包括利益                                      270    270          270
     当期包括利益合計
                     -     -     -     51     -    270    321     88     409
     所有者との取引額
      減資            △ 2,500     2,500                         -          -
      欠損補填                 △ 2,753          2,753               -          -
      利益剰余金から資本剰余金
                         179         △ 179              -          -
      への振替
      自己株式の取得                        △ 0                  △ 0         △ 0
      その他の資本の構成要素
                                   116         △ 116     -          -
      から利益剰余金への振替額
      連結子会社に対する所有者
                                                 -          -
      持分の変動
     所有者との取引額合計             △ 2,500     △ 74    △ 0   2,690      -    △ 116    △ 0     -     △ 0
     2019年3月31日残高              3,500      -    △ 121     806   △ 3,430      391   1,145      174    1,320
        当連結会計年度(自 2019年4月1日 至 2020年3月31日)

                                                    (単位:百万円)
                            親会社の所有者に帰属する持分
                                     利益剰余金
                                          その他の         非支配持分     資本合計
                                     (IFRS移行
                   資本金    資本剰余金     自己株式    利益剰余金          資本の     合計
                                     時の累積
                                          構成要素
                                     換算差額)
     2019年4月1日残高              3,500      -    △ 121     806   △ 3,430      391   1,145      174    1,320
     当期包括利益
      当期利益                             27              27     5     32
      その他の包括利益
                                            115    115          115
     当期包括利益合計               -     -     -     27     -    115    142      5    147
     所有者との取引額
      減資                                           -          -
      欠損補填                                           -          -
      利益剰余金から資本剰余金
                                                 -          -
      への振替
      自己株式の取得
                              △ 0                  △ 0         △ 0
      その他の資本の構成要素
                                   325         △ 325     -          -
      から利益剰余金への振替額
      連結子会社に対する所有者
                         36                        36    △ 85    △ 49
      持分の変動
     所有者との取引額合計
                     -     36    △ 0    325     -    △ 325     36    △ 85    △ 49
     2020年3月31日残高              3,500      36    △ 121    1,158    △ 3,430      181   1,323      94    1,417
                                  45/106



                                                           EDINET提出書類
                                                      ティアック株式会社(E01932)
                                                            有価証券報告書
      ⑤【連結キャッシュ・フロー計算書】
                                                    (単位:百万円)
                                    前連結会計年度                当連結会計年度
                                 (自 2018年4月1日               (自 2019年4月1日
                              注記
                                  至 2019年3月31日)                 至 2020年3月31日)
     営業活動によるキャッシュ・フロー
                                            139               32
      当期利益
                                            268               565
      減価償却費及び償却費
                                            253               186
      金融収益及び金融費用
                                            152               37
      法人所得税費用
      営業債権及びその他の債権の増減額(△は増加)                                      379               28
      棚卸資産の増減額(△は増加)                                      204              △ 32
      営業債務及びその他の債務の増減額(△は減少)                                    △ 546                9
      退職給付に係る負債の増減額(△は減少)                                    △ 825              △ 386
      訴訟損失引当金の増減額(△は減少)                                     △ 10               -
      事業譲渡損益(△は益)                        23            △ 294               -
                                            148              △ 21
      その他
     小計                                      △ 132               419
                                             ▶               3
      利息及び配当の受取額
                                           △ 102              △ 135
      利息の支払額
      法人所得税の支払額                                     △ 84             △ 129
                                           △ 314               158
     営業活動によるキャッシュ・フロー
     投資活動によるキャッシュ・フロー
                                             ▶               9
      定期預金の戻入による収入
                                           △ 227              △ 234
      有形固定資産及び無形資産の取得による支出
                                             ▶               7
      有形固定資産及び無形資産の売却による収入
                                            -              100
      投資の売却による収入
                               23             294               -
      事業譲渡による収入
                                            26               0
      その他
                                            101              △ 118
     投資活動によるキャッシュ・フロー
     財務活動によるキャッシュ・フロー
      短期借入金の純増減額(△は減少)                        28            △ 178               319
                               28             150               -
      長期借入れによる収入
                               28             △ 83             △ 143
      長期借入金の返済による支出
                               28             △ 64             △ 340
      リース負債の返済による支出
      非支配株主からの子会社持分追加取得による支
                                            -              △ 49
      払
                                            △ 0              △ 0
      自己株式の取得による支出
                                           △ 45              △ 19
      その他
                                           △ 221              △ 231
     財務活動によるキャッシュ・フロー
                                             9             △ 47
     現金及び現金同等物に係る換算差額
     現金及び現金同等物の増減額(△は減少)                                      △ 425              △ 238
                                           2,142               1,716
     現金及び現金同等物の期首残高
                               6            1,716               1,479
     現金及び現金同等物の当期末残高
                                  46/106





                                                           EDINET提出書類
                                                      ティアック株式会社(E01932)
                                                            有価証券報告書
      【連結財務諸表注記】
       1.報告企業
         ティアック株式会社(以下、当社)は、日本国に所在する企業であります。当社の登記されている本社の住所
        は、ホームページ(https://www.teac.co.jp/jp/)で開示しております。当社の連結財務諸表は当社及び連結子
        会社(以下、当社グループ)により構成されております。
         当社グループは、記録・再生におけるリーディング・カンパニーであり、音響機器、情報機器の分野にて世界
        的に事業を展開しております。
       2.作成の基礎

        (1)IFRSに準拠している旨
          当社は、連結財務諸表規則第1条の2に掲げる「指定国際会計基準特定会社」の要件をすべて満たしている
         ため、同第93条の規定により             IFRSに準拠     して作成しております。
          当社グループの2020年3月31日に終了する連結会計年度の連結財務諸表は、2020年6月25日に取締役会に
         よって承認されております。
        (2)測定の基礎

          連結財務諸表は、連結財政状態計算書における以下の重要な項目を除き、取得原価を基礎として作成されて
         おります。
         ・デリバティブ金融資産は公正価値で測定されております。
         ・その他の包括利益を通じて公正価値で測定される非デリバティブ金融資産は、公正価値で測定されておりま
          す。
         ・退職給付に係る負債は、確定給付債務の現在価値から年金資産の公正価値を控除したものとして認識されて
          おります。
        (3)表示通貨及び単位

          連結財務諸表の表示通貨は日本円であり、特に注釈の無い限り百万円未満を四捨五入により表示しておりま
         す。
        (4)判断及び見積りの使用

          連結財務諸表の作成において、経営者は、会計方針の適用並びに資産、負債、収益及び費用の報告額に影響
         を及ぼす判断、見積り及び仮定を設定することが義務づけられております。ただし、実際の業績はこれらの見
         積りとは異なる場合があります。
          見積り及び基礎となる仮定は継続的に見直しており、会計上の見積りの修正は、修正した期間のみ影響を与
         える場合は修正が行われた当該期間に認識し、修正した期間及び将来の期間の双方に影響を及ぼす場合には当
         該期間及び将来の期間で認識しております。
          下記は将来に関する主要な仮定及び報告期間末における見積りの不確実性の要因となる主な事項です。な
         お、新型コロナウイルス感染症による会計上の見積り及び見積りを伴う判断に対する重要な不確実性の影響の
         評価は、財務諸表作成時点において入手可能な情報に基づき実施しております。
         ・非金融資産の減損テストにおける回収可能価額の見積り(連結財務諸表注記11)

         ・確定給付債務の測定(連結財務諸表注記18)
         ・引当金の認識及び測定(連結財務諸表注記17)
         ・繰延税金資産の回収可能性(連結財務諸表注記24)
          新型コロナウイルス感染症の感染拡大やそれに伴う経済活動の停滞による影響が特に重要であった領域は、

         非金融資産の減損テストにおける回収可能価額の見積りです。新型コロナウイルス感染症の感染拡大やそれに
         伴う経済活動の停滞が当社グループに及ぼす影響は各事業や地域によって異なりますが、外部の情報源に基づ
         く情報等を踏まえて、今後、2020年12月までは各地域において影響を受けるものの、それ以降は徐々に回復が
         進んでいくとの仮定に基づき、非金融資産の減損テストにおける回収可能価額の見積りを実施しております。
          上記の会計上の見積りは当期及び来期以降に資産や負債の帳簿価額に対して重大な調整をもたらすリスクを

         含んでおります。特に、新型コロナウイルス感染症の収束時期は不透明であり、今後の進展により原材料及び
         商品調達面、また販売面の両面での悪影響が生じるなど、将来の不確実な経済環境の変動の結果によって、将
         来における実績が見積りと乖離する可能性があります。
                                  47/106



                                                           EDINET提出書類
                                                      ティアック株式会社(E01932)
                                                            有価証券報告書
        (5)会計方針の変更
           新たに適用している基準書及び解釈指針
           基準書           基準名                   新設・改訂の概要
         IFRS第16号         リース                リースに関する会計処理の改訂
          当社グループは、IFRS第16号「リース」(2016年1月公表、以下「IFRS第16号」という。)を当連結会計年

         度から適用しております。この基準書の適用にあたり、当社グループは経過措置として認められている累積的
         影響を適用開始日に認識する方法を採用しております。なお、リース負債を認識する際には、リース負債と同
         額の使用権資産を認識しているため、期首利益剰余金への影響はありません。
          使用権資産は取得原価で当初測定しており、取得原価は、リース負債の当初測定の金額、当初直接コスト、
         原資産の解体並びに除去及び原状回復コストの当初見積額等で構成されております。使用権資産の認識後の測
         定として、原価モデルを採用しております。使用権資産は、取得原価から減価償却累計額及び減損損失累計額
         を控除した価額で、対応する原資産が自社所有であった場合に表示される連結財政状態計算書上の表示項目に
         含めて表示しております。
          リース負債は、リース開始日現在で支払われていないリース料をリースの計算利子率を用いて割り引いた現
         在価値で当初認識しております。リースの計算利子率が容易に算定できない場合には、追加借入利子率を用い
         ております。リース負債は、リース負債に係る金利を反映するように帳簿価額を増額し、支払われたリース料
         を反映するように帳簿価額を減額することにより事後測定しております。
          移行時の処理として、使用権資産、リース負債は、過去に                            IA S第17号「リース」(以下、「              IA S第17号」とい
         う。)を適用してオペレーティング・リースに分類したリースについて、IFRS第16号の適用開始日に認識して
         おります。     リース負債は、残存リース料を適用開始日現在の借手の追加借入利子率を用いて割り引いた現在価
         値で測定しております。当該追加借入利子率の加重平均は4%となっております。使用権資産はリース負債と
         同額で認識しております。
          なお、当社グループは、IFRS第16号を適用するにあたり、以下の実務上の便法を使用しております。
          ・契約にリースが含まれているか否かについては、                        IAS第17号及びIFRIC第4号「契約にリースが含まれている
           か否かの判断」のもとでの判断を引き継ぐ
          ・特性が合理的に類似したリース契約につき単一の割引率を適用
          ・当初直接コストを適用開始日現在の使用権資産の測定から除外
          ・延長又は解約オプションが含まれている契約について、リース期間を算定する際などに、事後的判断を使用
          当該方法の採用により、2019年4月1日の連結財政状態計算書に使用権資産及びリース負債1,016百万円を計
         上しております。
          なお、この修正以外に当基準書の適用による当社グループの業績又は財政状態に対する重要な影響はありま
         せん。
          前連結会計年度末現在でIAS第17号を適用して開示したオペレーティング・リース契約と連結財政状態計算書
         に認識した適用開始日現在のリース負債の調整表は以下のとおりであります。
                                                    (単位:百万円)
                                                       金額
         当社グループにて開示した前連結会計年度のオペレーティング・リース料の総額                                                 1,070

         当連結会計年度期首時点の追加借入利子率を用いて割引した金額                                                 1,010

         前連結会計年度末におけるファイナンス・リース債務の残高                                                  92

         行使することが合理的に確実な延長または解約オプションによる金額                                                   5
         当連結会計年度期首に認識したリース負債                                                 1,107

                                  48/106





                                                           EDINET提出書類
                                                      ティアック株式会社(E01932)
                                                            有価証券報告書
       3.重要な会計方針
        (1)連結の基礎
         (a)企業結合
           当社グループは企業結合を、支配が当社グループに移転した時点で取得法を用いて会計処理しています。
          通常、取得における譲渡対価は、識別可能純資産と同様に公正価値にて測定しています。
         (b)子会社

           子会社とは、当社グループにより支配されている企業をいいます。企業への関与により生じる変動リター
          ンに対するエクスポージャー又は権利を有し、かつ、企業に対するパワーによりそのリターンに影響を及ぼ
          す能力を有している場合、当社グループはその企業を支配しています。子会社の財務諸表は、支配開始日か
          ら支配終了日までの間、連結財務諸表に含まれます。
           当社には所在する現地法制度上、親会社と異なる決算日が要請されている子会社があります。決算日の異
          なる子会社としては、東莞ティアック                  エレクトロニクス         CO.,   LTD.及びティアック          セールス     アンド    ト
          レーディング(深セン)CO.,              LTD.があり、これら子会社につきましては親会社の報告期間の末日として仮決
          算を行い、当社の連結財務諸表に含めております。
         (c)関連会社

           関連会社とは当社グループがその財務及び経営方針に対して重要な影響力を有しているものの、支配又は
          共同支配していない企業をいいます。関連会社に対する持分は、持分法を用いて会計処理しています。これ
          らは、当初認識時に取引コストを含む取得原価で認識します。当初認識後、当社グループの重要な影響又は
          共同支配が喪失する場合には、持分法適用会社の純損益及びその他の包括利益に対する持分が連結財務諸表
          に含まれます。
         (d)非支配持分

           非支配持分は、取得日における被取得企業の識別可能純資産に対する比例的な取り分で測定されていま
          す。
         (e)支配の喪失

           当社グループが子会社への支配を喪失した場合、子会社の資産及び負債、子会社の関連する非支配持分及
          び資本のその他の構成要素の認識を中止します。その結果生じた利得又は損失は、純損益で認識します。従
          来の子会社に対する持分を保持する場合には、その持分は支配喪失日の公正価値で測定します。支配の喪失
          を伴わない子会社に対する当社グループの持分の変動は、資本取引として会計処理しています。
         (f)連結上消去される取引

           グループ内の債権債務残高及び取引、並びにグループ内取引によって発生した未実現利益及び費用は消去
          しています。未実現損失についても、取引により資産に減損の証拠が無い限り消去を行っております。
        (2)現金及び現金同等物

          現金及び現金同等物は、手許現金、随時引き出し可能な預金及び容易に換金可能であり、かつ価値の変動に
         ついて僅少なリスクしか負わない取得日から3ヶ月以内に期限の到来する短期投資からなっております。
        (3)外貨換算

         (a)外貨建取引
           外貨建取引は取引日における為替レートで当社グループの各社の機能通貨に換算しております。期末日に
          おける外貨建貨幣性資産及び負債は、期末日の為替レートで機能通貨に再換算しております。
           取得原価に基づいて測定されている非貨幣性項目は、取引日の為替レートを用いて換算しております。
           再換算又は決済により発生した換算差額は、その期間の金融収益及び金融費用で認識しております。
                                  49/106





                                                           EDINET提出書類
                                                      ティアック株式会社(E01932)
                                                            有価証券報告書
         (b)在外営業活動体
           在外営業活動体の資産及び負債は期末日の為替レートで、収益及び費用は連結会計期間中の為替レートが
          著しく変動していない限り、月次平均レートで日本円に換算しております。換算差額はその他の包括利益で
          認識しております。在外営業活動体が処分され支配を喪失する場合には、当該在外営業活動体に関連する累
          積換算差額を処分した期の損益として認識しております。
           なお、当社グループは、IFRS第1号の免除規定を採用し、移行日に存在していた累積換算差額を利益剰余
          金に振り替えております。
        (4)棚卸資産

          棚卸資産は、取得原価と正味実現可能価額のいずれか低い方の額で測定されます。原価は、主として移動平
         均法により算定されております。製品及び仕掛品の原価は、設計費、原材料費、直接労務費、その他の直接費
         並びに正常生産能力等に基づき行われた製造間接費の配賦額から構成されています。正味実現可能価額は、通
         常の事業過程における予想売価から、完成までに要する見積原価及び販売に要する見積費用を控除した額で
         す。
        (5)有形固定資産

         (a)認識及び測定
           有形固定資産は、原価モデルを適用し、取得原価から減価償却累計額及び減損損失累計額を控除した金額
          で計上されています。取得原価には、その資産の取得に直接付随する全ての費用を含んでおります。有形固
          定資産の処分損益は、純損益で認識しています。
         (b)取得後の支出

           取得後の支出は、その支出に関連する将来の経済的便益が当社グループにもたらされる可能性が高い場合
          にのみ資産計上します。他の全ての修繕並びに維持にかかる費用は、発生時に純損益で認識しています。
         (c)減価償却

           減価償却は、見積残存価額を差し引いた有形固定資産の取得原価を、見積耐用年数にわたり定額法を用い
          て減額するように計算しています。土地及び建設仮勘定については減価償却を行っておりません。
           有形固定資産の見積耐用年数は以下のとおりです。

           建物及び構築物                                             3-50年
           機械装置及び車両運搬具                                             4-25年

           工具、器具及び備品                                             2-15年

           減価償却方法、耐用年数及び残存価額は、各連結会計年度末に見直しを行い、必要に応じて改定しており

          ます。
        (6)無形資産

         (a)ソフトウェア
           ソフトウェアは、原価モデルを適用し、取得原価から償却累計額及び減損損失累計額を控除した価額で表
          示しております。ソフトウェアは見積耐用年数(5年以内)にわたり定額法で償却しております。
         (b)研究開発費

           研究活動に関する支出は、発生時に費用計上しております。開発活動による支出については、信頼性を
          持って測定可能であり、製品又は工程が技術的及び商業的に実現可能であり、将来経済的便益を得られる可
          能性が高く、当社が開発を完成させ、当該資産を使用又は販売する意図及びそのための十分な資源を有して
          いる場合にのみ資産計上しております。これらの要件を満たさない開発費用は、発生時に費用計上しており
          ます。資産計上された開発費用は当初認識後、取得原価から償却累計額及び減損損失累計額を控除して表示
          し、使用可能となった時点から見積耐用年数(5年以内)にわたり定額法で償却することとしております。
                                  50/106




                                                           EDINET提出書類
                                                      ティアック株式会社(E01932)
                                                            有価証券報告書
        (7)非金融資産の減損
           棚卸資産及び繰延税金資産を除く、当社グループの非金融資産の帳簿価額は、報告日ごとに減損の兆候の
          有無を判断しております。減損の兆候が存在する場合は、当該資産の回収可能価額を見積り減損テストを実
          施しております。
           減損テスト実施の単位である資金生成単位については、他の資産又は資産グループのキャッシュ・インフ
          ローから概ね独立したキャッシュ・インフローを生成させるものとして識別される資産グループの最小単位
          としております。
           資産又は資金生成単位の回収可能価額は、処分費用控除後の公正価値と使用価値のいずれか高い方の金額
          としております。使用価値の算定において、見積将来キャッシュ・フローは、貨幣の時間的価値及び当該資
          産の固有のリスクを反映した税引前の割引率を用いて現在価値に割り引いております。
           全社資産は独立したキャッシュ・インフローを生成しないため、全社資産に減損の兆候がある場合、全社
          資産が帰属する資金生成単位の回収可能価額に基づき減損テストを実施しております。
           減損損失は、資産又は資金生成単位の帳簿価額が回収可能価額を超過する場合に認識しております。資金
          生成単位に関連して認識した減損損失は、当該単位内の資産に対し、各資産の帳簿価額の比に基づき配分し
          ております。
           過去の期間に減損損失を認識した資産又は資金生成単位については、過去の期間に認識した減損損失の戻
          し入れの兆候の有無を判断しております。減損損失の戻し入れの兆候が存在する資産又は資金生成単位につ
          いては、回収可能価額を見積り、回収可能価額が帳簿価額を上回る場合に減損損失の戻し入れを行うことと
          しております。減損損失の戻し入れ後の帳簿価額は、減損損失を認識しなかった場合に戻し入れが発生した
          時点まで減価償却又は償却を続けた場合の帳簿価額を上限としております。
        (8)リース

          前連結会計年度(自 2018年4月1日 至 2019年3月31日)
           リース契約開始時に、当社グループは、その契約がリースであるか否か、又はその契約にリースが含まれ
          ているか否かを判断します。
           契約上、当社グループが実質的にすべてのリスク及び経済的便益を享受するリースをファイナンス・リー
          スとして分類し、それ以外のリース取引はオペレーティング・リースに分類しております。
           ファイナンス・リースは、リース開始時の公正価値又は最低支払リース料総額の現在価値のいずれか低い
          金額で資産計上しております。リース債務は、連結財政状態計算書の流動負債及び非流動負債に計上してお
          ります。金融費用は、負債残高に対して一定の利率となるように、リース期間にわたって各期に配分してお
          ります。
           オペレーティング・リースにおける支払額は、リース期間にわたって定額法により費用処理しておりま
          す。
           変動リース料は、発生した期間の費用として認識しております。
          当連結会計年度(自 2019年4月1日 至 2020年3月31日)

           当社グループは、IFRS第16号「リース」(以下「同基準」という。)を当連結会計年度より適用しており
          ます。
           同基準では、借手は単一の会計モデルにより、原則としてすべてのリースについて、原資産を使用する権
          利を表象する使用権資産とリース料を支払う義務を表象するリース負債を認識することになります。
           使用権資産は取得原価で当初測定しており、取得原価は、リース負債の当初測定の金額、当初直接コス
          ト、原資産の解体並びに除去及び原状回復コストの当初見積額等で構成されております。使用権資産の認識
          後の測定として、原価モデルを採用しております。使用権資産は、取得原価から減価償却累計額及び減損損
          失累計額を控除した価額で、対応する原資産が自社所有であった場合に表示される連結財政状態計算書上の
          表示項目に含めて表示しております。使用権資産は、リース契約の終了時までに当社グループが所有権を獲
          得することが合理的に確実である場合を除き、リース期間又は経済的耐用年数のいずれか短い期間にわたり
          定額法で償却しております。
           リース負債は、リース開始日現在で支払われていないリース料をリースの計算利子率を用いて割り引いた
          現在価値で当初認識しております。リースの計算利子率が容易に算定できない場合には、追加借入利子率を
          用いております。リース負債は、リース負債に係る金利を反映するように帳簿価額を増額し、支払われた
          リース料を反映するように帳簿価額を減額することにより事後測定しております。
           なお、当社グループは、短期リースについて認識の免除規定を適用しております。
                                  51/106



                                                           EDINET提出書類
                                                      ティアック株式会社(E01932)
                                                            有価証券報告書
        (9)引当金
          引当金は、当社が過去の事象の結果として現在の債務を有しており、当該債務を決済するために経済的便益
         をもつ資源の流出が必要となる可能性が高く、当該債務の金額について信頼性のある見積りができる場合に認
         識しております。
          貨幣の時間的価値の影響が重要である場合、引当金は当該負債に特有のリスクを反映させた割引率を用いた
         現在価値により測定しております。
         (a)製品保証引当金

           製品保証引当金は、過去の製品保証に係るデータを基に起こり得る結果と関連する発生可能性を加重平均
          した額に基づき、対象となる物品を販売した時点で認識しています。
           将来において経済的便益の流出が予測される時期は、各連結会計年度末日より1年以内の時期でありま
          す。
         (b)資産除去債務

           資産の解体・除去費用、原状回復費用及び資産を使用した結果生じる支出に関して引当金を認識するとと
          もに、当該資産の取得原価に加算しております。
           将来において経済的便益の流出が予測される時期は、主に各連結会計年度末日より1年を経過した後の時
          期でありますが、将来の事業計画等により影響を受けます。
         (c)訴訟損失引当金

           係争中の訴訟に対する損失に備えるため、将来発生する可能性のある損失の見積額を計上しております。
           将来において経済的便益の流出が予測される時期は、各連結会計年度末日より1年以内の時期でありま
          す。
        (10)従業員給付

         (a)確定給付制度
           確定給付制度の純債務額は、制度ごとに区別して、従業員が過年度及び当年度において提供したサービス
          の対価として稼得した将来給付の見積額を現在価値に割り引いた額から、制度資産の公正価値を差し引くこ
          とによって算定しております。
           割引率は、当社の債務と概ね同じ満期日を有する期末日の優良社債の利回りを使用しております。退職後
          給付債務にかかる計算は、予測単位積増方式により行っております。
           当社は、確定給付債務の純額の再測定を、その他の包括利益で認識し、即時にその他の資本の構成要素か
          ら利益剰余金に振り替えております。
         (b)確定拠出制度

           2018年3月に制度の一部について確定拠出制度へ移行しております。
           確定拠出制度については、年金制度に対し拠出金を支払っております。拠出金の支払いを行っている限
          り、当社グループに追加的な支払債務は発生しません。なお、確定拠出制度の拠出債務は、従業員がサービ
          スを提供した時点で費用として認識しております。
         (c)短期従業員給付

           短期従業員給付は、割引計算は行わず、従業員が関連するサービスを提供した時点で費用処理しておりま
          す。当社が従業員から過去に提供された労働の結果として支払うべき現在の法的もしくは推定的債務を負っ
          ており、信頼性のある見積りが可能な場合に、支払われると見積られる額を負債として認識しております。
                                  52/106







                                                           EDINET提出書類
                                                      ティアック株式会社(E01932)
                                                            有価証券報告書
        (11)金融資産

        ①  金融資産
          (i)当初認識及び測定
              当社   グループは、金融資産の契約の当事者になった取引日の時点で金融資産を当初認識しておりま
             す。また、金融資産について、償却原価で測定する金融資産、純損益又はその他の包括利益を通じて公
             正価値で測定する金融資産に分類しております。
              すべての金融資産は、以下の要件をともに満たす場合には、償却原価で測定する金融資産に分類して
             おります。
             ・当該金融資産が、契約上のキャッシュ・フローを回収するために金融資産を保有することを目的とす
             る事業モデルの中で保有されている。
             ・金融資産の契約条件により、元本及び元本残高に対する利息の支払のみであるキャッシュ・フローが
             所定の日に生じる。
              償却原価で測定する金融資産以外の金融資産は、公正価値で測定する金融資産に分類しております。
             公正価値で測定する資本性金融商品については、純損益を通じて公正価値で測定しなければならない売
             買目的で保有される資本性金融商品を除き、公正価値の事後の変動をその他の包括利益に表示するとい
             う取消不能な選択を行っており、その他の包括利益を通じて公正価値で測定する資本性金融商品に分類
             しています。また、金融資産は、純損益を通じて公正価値で測定される区分に分類される場合を除き、
             公正価値に取引コストを加算した金額で測定しております。ただし、重大な金融要素を含んでいない営
             業債権は取引価格で当初測定しております。当社グループは、為替変動リスクをヘッジするため、為替
             予約等のデリバティブを利用しておりますが、これらのデリバティブについては契約が締結された日の
             公正価値で当初認識しております。
          (ⅱ)事後測定
              金融資産の当初認識後の測定は、その分類に応じて以下のとおり測定しております。
             (a)  償却原価により測定する金融資産
              償却原価により測定する金融資産については、実効金利法による償却原価により測定しております。
             (b)  公正価値により測定する金融資産
              公正価値により測定する金融資産の公正価値の変動額は純損益として認識しております。ただし、資
             本性金融資産のうち、その他の包括利益を通じて公正価値で測定すると指定したものについては、公正
             価値の変動額はその他の包括利益として認識しております。なお、当該金融資産からの配当金について
             は、金融収益の一部として当期の純損益として認識しております。
          (ⅲ)金融資産の減損
              償却原価で測定する金融資産の減損の認識にあたり、当該金融資産に係る予想信用損失に対して貸倒
             引当金を認識しております。この方法では、期末日ごとに各金融資産に係る信用リスクが当初認識時点
             から著しく増加しているか評価し、当初認識時点から信用リスクが著しく増加していない場合には、
             12ヶ月の予想信用損失に等しい金額を貸倒引当金として認識しております。一方で、当初認識時点から
             信用リスクが著しく増加している場合には、全期間の予想信用損失に等しい金額を貸倒引当金として認
             識しております。但し、重大な金融要素を含んでいない営業債権等については、信用リスクの当初認識
             時点からの著しい増加の有無にかかわらず、常に全期間の予想信用損失に等しい金額を貸倒引当金とし
             て認識しております。
              なお、信用リスクが著しく増加しているか否かの評価を行う際には、期日経過情報の他、当社グルー
             プが合理的に利用可能かつ裏付け可能な情報(内部格付、外部格付等)を考慮しております。
          (ⅳ)金融資産の認識の中止
              金融資産の認識の中止として、当社グループは、金融資産からのキャッシュ・フローに対する契約上
             の権利が消滅する、または金融資産からのキャッシュ・フローを受け取る権利を移転し、かつ、当社グ
             ループが当該金融資産の所有に係るリスクと経済価値のほとんどすべてが移転する場合において、金融
             資産の認識を中止しております。
                                  53/106





                                                           EDINET提出書類
                                                      ティアック株式会社(E01932)
                                                            有価証券報告書
        ②  金融負債

          (ⅰ)当初認識及び測定
              金融負債は、契約の当事者となる時点で当初認識し、当初認識時点において、デリバティブを純損益
             を通じて公正価値で測定する金融負債に、それ以外の金融負債を償却原価で測定する金融負債に分類し
             ております。
          (ⅱ)事後測定
             (a)純損益を通じて公正価値で測定する金融負債
              純損益を通じて公正価値で測定する金融負債は公正価値で測定し、再測定から生じる利得又は損失は
             純損益として認識しております。
             (b)償却原価で測定する金融負債
              償却原価で測定する金融負債は、実効金利法を使用した償却原価で測定し、支払利息は純損益として
             認識しております。
          (ⅲ)金融負債の認識の中止
              当社グループは、金融負債が消滅した時、すなわち、契約中に特定された債務が免責、取消し、又は
             失効となった場合にのみ、金融負債の認識を中止しております。金融負債の認識の中止に際しては、金
             融負債の帳簿価額と支払われた又は支払う予定の対価の差額は純損益として認識しております。
        (12)収益認識

          当社グループは、下記の5ステップアプローチに基づき、収益を認識しております。(IFRS第9号に基づく
         利息及び配当収益等を除く)。
          ステップ1:顧客との契約を識別する。

          ステップ2:契約における履行義務を識別する。
          ステップ3:取引価格を算定する。
          ステップ4:取引価格を契約における履行義務に配分する。
          ステップ5:企業が履行義務の充足時に収益を認識する。
          当社グループは、主として電気機器製品の製造販売を行っており、販売については製品の所有権が顧客に移

         転した時点で顧客が当該製品に対する支配を獲得することから、履行義務が充足されると判断しており、当該
         製品の引渡時点で収益を認識しております。また、収益は、顧客との契約において約束された対価から、値引
         き、リベート及び返品などを控除した金額で測定しております。
        (13)金融収益及び金融費用

          金融収益は主として、受取利息及び受取配当金から、金融費用は主として実効金利法により計算された借入
         金及びリース負債に対する支払利息から構成されております。
          受取利息は実効金利法に基づき発生時に認識しており、受取配当金は配当を受ける権利が確定した時点で認
         識しております。借入費用は、適格資産の取得、建設又は製造に直接関連するものを除き、実効金利法により
         費用として認識しております。
        (14)個別開示項目

          当社グループでは、グループの経営成績に対する正しい理解に資するため、連結損益計算書の損益項目を個
         別開示項目として表示することがあります。一般的には、個別開示項目は金額に重要性がある、あるいは一過
         性の性格を持っています。当社グループがこれまで取り組んで来た収益性改善のための諸施策から発生する費
         用も、個別開示項目に含まれます。
                                  54/106





                                                           EDINET提出書類
                                                      ティアック株式会社(E01932)
                                                            有価証券報告書
        (15)法人所得税

          法人所得税費用は、当期税金費用と繰延税金費用から構成されています。これらは、企業結合に関するもの
         及び資本の部又はその他の包括利益で直接認識される項目を除き、純損益で認識しています。
         (i)当期税金費用

            期末日時点において施行又は実質的に施行される法定税率及び税法を使用して算定する当期の課税所得
           又は損失に係る納税見込額あるいは還付見込額の見積りに、前連結会計年度までの納税見込額あるいは還
           付見込額の調整額を加えたものです。
         (ⅱ)繰延税金費用
            繰延税金資産及び繰延税金負債は、資産及び負債の会計上の帳簿価額と税務基準額との一時差異に対し
           て認識しております。なお、次の一時差異に対しては、繰延税金資産及び負債を認識しておりません。
           ・のれんの当初認識において生じる将来加算一時差異
           ・企業結合以外の取引で、かつ会計上又は税務上いずれかの損益にも影響を及ぼさない取引における資産
             又は負債の当初認識にかかる一時差異
           ・子会社に対する投資に係る将来加算一時差異のうち、一時差異の解消時期をコントロールでき、かつ予
             見可能な期間内に一時差異が解消されない可能性が高い場合
           ・子会社に対する投資に係る将来減算一時差異のうち、予見可能な期間内に一時差異が解消されない可能
             性が高い場合
            繰延税金資産及び負債は、期末日に施行又は実質的に施行される法律に基づいて一時差異が解消される
           時点に適用されると予測される税率を用いて測定しております。繰延税金資産及び負債は、当期税金資産
           及び負債を相殺する法律上強制力のある権利を有しており、かつ、法人所得税が同一の税務当局によって
           同一の納税主体に課されている場合、又は異なる納税主体に課されているもののこれらの納税主体が当期
           税金資産及び負債を純額ベースで決済することを意図している場合、もしくはこれら税金資産及び負債が
           同時に実現する予定である場合に相殺しております。
        (16)1株当たり当期利益

          基本的1株当たり当期利益は、親会社の普通株主に帰属する当期利益を、各算定期間の自己株式を調整した
         普通株式の加重平均発行済株式数で除して計算しております。希薄化後1株当たり当期利益は、加重平均発行
         済株式数の算定において、希薄化効果を有するすべての潜在株式の影響を考慮することとしております。
        (17)事業セグメント

          事業セグメントとは、他の事業セグメントとの取引を含む、収益を稼得し費用を発生させる事業活動の構成
         単位の一つです。全ての事業セグメントの事業の成果は、個別にその財務情報が入手可能なものであり、かつ
         各セグメントへの経営資源の配分及び業績の評価を行うために、マネジメントが定期的にレビューしておりま
         す。
       4.適用されていない基準書及び解釈指針

         連結財務諸表の承認日までに公表されている基準書及び解釈指針の新設または改訂のうち、当社グループに重
        要な影響を及ぼすものはありません。
                                  55/106







                                                           EDINET提出書類
                                                      ティアック株式会社(E01932)
                                                            有価証券報告書
       5.セグメント情報
        (1)報告セグメントの概要
          当社の報告セグメントは、当社の構成単位のうち分離された財務情報が入手可能であり、経営執行会議が、
         経営資源の配分の決定及び業績を評価するために、定期的に検討を行う対象となっているものであります。
          当社は、本社にマーケット別の事業部を置き、各事業部は取り扱うマーケットについて国内及び海外の包括
         的な戦略を立案し、事業活動を展開しております。
          従って、当社は事業部を基礎としたマーケット別セグメントから構成されており、「音響機器事業」、「情
         報機器事業」の2つを報告セグメントとしております。
      報告セグメント                             事業の内容
                一般オーディオ機器(TEACブランド)、高級オーディオ機器(ESOTERICブランド)、
       音響機器事業
                音楽制作・業務用オーディオ機器(TASCAMブランド)の製造販売
       情報機器事業         航空機搭載用記録再生機器、医用画像記録再生機器、計測機器の製造販売、他
          当社グループの最高経営責任者は各事業単位の内部管理報告を毎月レビューしています。
         (a)報告セグメントに関する情報

           前連結会計年度(自 2018年4月1日 至 2019年3月31日)
                                                    (単位:百万円)
                         報告セグメント
                                         その他        全社       合計
                  音響機器事業       情報機器事業         合計
                     10,384        4,411       14,795         886        -     15,682
     外部顧客への売上収益
                       -       -       -       -       -       367
     個別開示項目前営業利益
                       -       -       -       -       234       234
     個別開示項目
     営業利益(△損失)                1,099        296      1,396         39      △ 833       601
                       -       -       -       -       -        5

     金融収益
                       -       -       -       -       -      △ 316
     金融費用
                       -       -       -       -       -       291
     税引前当期利益
                       -       -       -       -       -      △ 152
     法人所得税費用
                       -       -       -       -       -       139
     当期利益
                      3,742       1,843       5,585        251      3,479       9,316
     セグメント資産
                       87       123       210        11       46       268
     減価償却費及び償却費
                       -       -       -        1       -        1
     減損損失
                       82       125       207        2       25       234
     資本的支出
                                  56/106







                                                           EDINET提出書類
                                                      ティアック株式会社(E01932)
                                                            有価証券報告書
           当連結会計年度(自 2019年4月1日 至 2020年3月31日)
                                                    (単位:百万円)
                         報告セグメント
                                         その他        全社       合計
                  音響機器事業       情報機器事業         合計
                      9,370       4,754       14,124         621        -     14,745
     外部顧客への売上収益
                       -       -       -       -       -       286
     個別開示項目前営業利益
                       -       -       -       -       -       -
     個別開示項目
     営業利益(△損失)                  868       455      1,323         47     △ 1,083        286
                       -       -       -       -       -        ▶

     金融収益
                       -       -       -       -       -      △ 222
     金融費用
                       -       -       -       -       -       69
     税引前当期利益
                       -       -       -       -       -      △ 37
     法人所得税費用
                       -       -       -       -       -       32
     当期利益
                      3,719       2,067       5,786        133      3,620       9,540
     セグメント資産
                       113       115       228        8      314       550
     減価償却費及び償却費
                       -       -       -       -       -       -
     減損損失
                       114       131       245        ▶       27       277
     資本的支出
      (注)1 その他事業には生産子会社によるEMS事業が含まれておりますが、報告セグメントの定量的な基準値を満た
           しておりません。
      (注)2 セグメント損益は、売上収益から売上原価、販売費及び一般管理費及びその他の損益を控除したものであ
           り、セグメント損益には、人事、法務、経理、財務、IR、経営企画、ファシリティ関連費用といった全社共
           通費用は含まれておりません。
                                  57/106











                                                           EDINET提出書類
                                                      ティアック株式会社(E01932)
                                                            有価証券報告書
         (b)製品別情報
           報告セグメントに関する情報に同様の記載を開示しているため、記載を省略しております。
         (c)地域別情報

           所在地別の売上収益及び非流動資産(金融資産、繰延税金資産除く)は以下のとおりです。なお、売上収
          益は顧客の所在地によっております。非流動資産は資産の所在地によっております。
           前連結会計年度(自 2018年4月1日 至 2019年3月31日)

                                                    (単位:百万円)
                        米大陸   (注)
                  日本               欧州       アジア       その他        合計
     売上収益               7,965       3,777       2,458       1,321        161      15,682

     非流動資産               1,457          9       49       77       -      1,592

     (注)   米大陸のうち、米国における前連結会計年度末の売上収益は3,629百万円であります。
           当連結会計年度(自 2019年4月1日 至 2020年3月31日)

                                                    (単位:百万円)
                        米大陸   (注)
                  日本               欧州       アジア       その他        合計
     売上収益               8,037       3,121       2,351       1,102        134      14,745

     非流動資産               2,040          9       38       202        -      2,288

     (注)   米大陸のうち、米国における当連結会計年度末の売上収益は3,047百万円であります。
         (d)主要な顧客に関する情報

           前連結会計年度及び当連結会計年度において、連結売上収益の10%以上を占める重要な単一顧客はありま
          せん。
                                  58/106












                                                           EDINET提出書類
                                                      ティアック株式会社(E01932)
                                                            有価証券報告書
       6.現金及び現金同等物
         現金及び現金同等物の内訳は以下のとおりです。
                                                    (単位:百万円)
                                前連結会計年度                 当連結会計年度

                               (2019年3月31日)                 (2020年3月31日)
     現金及び現金同等物

      現金及び預金                                  1,723                 1,485

      預入期間が3ヶ月超の定期預金                                   △7                 △7

     連結財政状態計算書における現金及び
                                         1,716                 1,479
     現金同等物
         前連結会計年度末及び当連結会計年度末の連結財政状態計算書上における「現金及び現金同等物」の残高と連
        結キャッシュ・フロー計算書上における「現金及び現金同等物」の残高は一致しております。
       7.営業債権及びその他の債権

         営業債権及びその他の債権の内訳は以下のとおりです。
                                                    (単位:百万円)
                                前連結会計年度                 当連結会計年度

                               (2019年3月31日)                 (2020年3月31日)
     受取手形                                     459                 546

     売掛金                                   2,749                 2,630

     その他                                     79                 66

     控除:貸倒引当金                                    △24                 △24

               合計                          3,265                 3,218

       8.棚卸資産

        (1)棚卸資産の分類別内訳
           棚卸資産の内訳は以下のとおりです。
                                                    (単位:百万円)
                                前連結会計年度                 当連結会計年度
                               (2019年3月31日)                 (2020年3月31日)
     商品及び製品                                   1,248                 1,291

     仕掛品及び原材料                                     831                 790

               合計                          2,079                 2,081

           当連結会計年度末において、棚卸資産残高のうち、474百万円が借入金に対する担保に供されております。
        (2)期中に費用認識した棚卸資産の金額

           連結損益計算書の以下の項目に含まれている、期中に費用認識した棚卸資産の金額及び評価減の金額は以
          下のとおりです。
                                                    (単位:百万円)
                                前連結会計年度                 当連結会計年度
                               (自 2018年4月1日                (自 2019年4月1日
                                至 2019年3月31日)                   至 2020年3月31日)
     売上原価                                   7,987                 7,286
     上記の内の評価減                                     12                 68

                                  59/106



                                                           EDINET提出書類
                                                      ティアック株式会社(E01932)
                                                            有価証券報告書
       9.有形固定資産
        (1)有形固定資産の内訳
          連結財政状態計算書の「有形固定資産」内訳は以下のとおりです。
          なお、負債の担保として抵当権が設定された有形固定資産については注記「15.借入金等」に記載しており
         ます。
                                                    (単位:百万円)
                                前連結会計年度                 当連結会計年度
                               (自 2018年4月1日                (自 2019年4月1日
                                至 2019年3月31日)                   至 2020年3月31日)
     自己所有の有形固定資産                                   1,346                 1,265
     使用権資産                                     -                835
     合計                                   1,346                 2,099
        (2)増減表

         自己所有の有形固定資産           の 取得原価、減価償却累計額及び減損損失累計額の増減、及び帳簿価額は以下のとお
        りです。
         〔取得原価〕

                                                    (単位:百万円)
                                 建物及び      機械装置及び        工具、器具
                           土地                             計
                                  構築物      車両運搬具        及び備品
     2018年4月1日残高                        645      1,781        426      1,868       4,720
      取得                        -       15       10       175       199
      処分                        -       △1       △11       △163       △176
      為替換算差額                        -        0      △20        △8       △28
      その他                        -       -       -       -       -
                             645      1,794        405      1,871       4,716
     2019年3月31日残高
      会計方針の変更による影響額(注)
                              -       -      △43       △535       △578
     会計方針の変更を反映した期首残高                        645      1,794        362      1,336       4,137
      取得                        -        9       17       129       155
      処分                        -       △2       △36       △110       △149
      為替換算差額                        -        0      △36       △38       △74
      その他                        -       -        6       6       12
                             645      1,802        313      1,323       4,082
     2020年3月31日残高
      (注)IFRS第16号「リース」適用に伴う影響額であります。
                                  60/106







                                                           EDINET提出書類
                                                      ティアック株式会社(E01932)
                                                            有価証券報告書
         〔減価償却累計額及び減損損失累計額〕
                                                    (単位:百万円)
                                 建物及び      機械装置及び        工具、器具
                           土地                             計
                                  構築物      車両運搬具        及び備品
     2018年4月1日残高                         -     △1,406        △370      △1,596       △3,373
      減価償却費                        -      △21       △30       △139       △190
      減損損失                        -       -       -       △1       △1
      処分                        -       -       10       161       172
      為替換算差額                        -        0       17        ▶       21
      その他                        -       -       -        1       1
     2019年3月31日残高                         -     △ 1,428       △ 373     △ 1,570      △ 3,370
      会計方針の変更による影響額(注)
                              -       -       37       456       492
     会計方針の変更を反映した期首残高                         -     △1,428        △336      △1,114       △2,878
      減価償却費                        -      △21        △7      △106       △134
      減損損失                        -       -       -       -       -
      処分                        -        1       34       109       144
      為替換算差額                        -        0       31       32       63
      その他                        -       -       △6       △6       △12
                                                        △ 2,817
     2020年3月31日残高                         -     △ 1,448       △ 284     △ 1,085
      (注)IFRS第16号「リース」適用に伴う影響額であります。
         〔帳簿価額〕

                                                    (単位:百万円)
                                 建物及び      機械装置及び        工具、器具
                           土地                             計
                                  構築物      車両運搬具        及び備品
                             645       367        32       302      1,346
     2019年3月31日残高
                             645       354        28       238      1,265
     2020年3月31日残高
      (注1)減価償却費は、「売上原価」及び「販売費及び一般管理費」に計上しております。
      (注2)減損損失は、「その他の損益」に含めて計上しております。
        (3)使用権資産(前連結会計年度はファイナンス・リースによるリース資産)

         使用権資産(前連結会計年度はファイナンス・リースによるリース資産)の帳簿価額は以下のとおりです。
         〔帳簿価額〕

                                             (単位:百万円)
                          建物及び      機械装置及び        工具、器具
                                                 計
                          構築物      車両運搬具        及び備品
     2019年3月31日残高                         -        6       80       86
                                            99
     2020年3月31日残高                        712        23              835
                                  61/106





                                                           EDINET提出書類
                                                      ティアック株式会社(E01932)
                                                            有価証券報告書
       10.無形資産
        (1)  無形資産の取得原価、償却累計額及び減損損失累計額の増減、及び帳簿価額
        〔取得原価〕
                                                    (単位:百万円)
                         ソフトウエア              その他              計

                                              127             971
     2018年4月1日残高                           844
      取得                           35             26             62
      処分                          △3             -            △3
      為替換算差額                          △1             -            △1
                                 875             153            1,028
     2019年3月31日残高
      取得                           46             1            47
      処分                           0            -             0
      為替換算差額                          △3             -            △3
                                 917             155            1,072
     2020年3月31日残高
        〔償却累計額及び減損損失累計額〕

                                                    (単位:百万円)
                         ソフトウエア              その他              計

     2018年4月1日残高                          △659             △84            △743
      償却費                          △72             △5            △78
      減損損失                           0            -             0
      処分                           2            -             2
      為替換算差額                          △1             -            △1
     2019年3月31日残高                          △ 730            △ 89           △ 819
      償却費                          △82             △13             △95
      減損損失                           -             -             -
      処分                           0            -             0
      為替換算差額                           1            -             1
     2020年3月31日残高                          △ 812            △ 102            △ 913
        〔帳簿価額〕

                                                    (単位:百万円)
                         ソフトウエア              その他              計

                                 144             65            209
     2019年3月31日残高
                                 106             53            159
     2020年3月31日残高
      (注1)減価償却費は、「売上原価」及び「販売費及び一般管理費」に計上しております。
      (注2)減損損失は、「その他の損益」に含めて計上しております。
        (2)研究開発費

         前連結会計年度及び当連結会計年度において連結損益計算書で認識した研究開発費は、それぞれ1,075百万円、
        1,110百万円であります。
                                  62/106




                                                           EDINET提出書類
                                                      ティアック株式会社(E01932)
                                                            有価証券報告書
       11.減損損失
         当社は減損損失を、前連結会計年度                  1 百万円   計上しております。減損損失は連結損益計算書の                       「その他の損
        益」  に含まれております。
         前連結会計年度(自 2018年4月1日 至 2019年3月31日)

          減損損失の主な内訳は、その他事業に属する器具備品に関し計上した1百万円であります。
          概ね独立したキャッシュ・インフローを生み出す最小の資金生成単位でグルーピングを行っており、原則と
         してビジネスユニットを資金生成単位とし、回収可能価額は使用価値により算定しております。
          減損損失は、その他事業の環境の変化により不要になると見込まれる資産の帳簿価額を減額したものであり
         ます。
          使用価値は、経営者が承認した中期事業計画を基礎としたキャッシュ・フローの見積額を用いて算定してお
         ります。割引率は、資金生成単位の税引前の加重平均資本コストを基礎に算定された10.2%を使用しておりま
         す。
       12.その他の金融資産

         その他の金融資産の内訳は以下のとおりです。
                                                    (単位:百万円)
                                前連結会計年度                 当連結会計年度

                               (2019年3月31日)                 (2020年3月31日)
     敷金・差入保証金                                     133                 133
     その他                                     174                 174
     貸倒引当金                                   △155                 △155
               合計                           152                 152
       13.その他の投資

         その他の投資の内訳は以下のとおりです。
                                                    (単位:百万円)
                                前連結会計年度                 当連結会計年度

                               (2019年3月31日)                 (2020年3月31日)
     株式                                     131                  6

               合計                           131                  6

       14.営業債務及びその他の債務

         営業債務及びその他の債務の内訳は以下のとおりです。
                                                    (単位:百万円)
                                前連結会計年度                 当連結会計年度

                               (2019年3月31日)                 (2020年3月31日)
     支払手形                                     312                 310

     買掛金                                     384                 378

     未払金                                     184                 191

               合計                           880                 880

                                  63/106





                                                           EDINET提出書類
                                                      ティアック株式会社(E01932)
                                                            有価証券報告書
       15.借入金等
         借入金等の内訳及び契約条項は以下のとおりです。
                                                    (単位:百万円)
                                返済期日        前連結会計年度           当連結会計年度
                               (平均利率)        (2019年3月31日)           (2020年3月31日)
                                  -
     短期借入金                                         2,338           2,670
                                (2.42%)
                                  -
     1年以内に返済予定のファイナンス・リース債務                                           52           -
                                ( - %)
                                  -
     1年以内に返済予定の長期借入金                                          132           132
                                (2.81%)
                               2021~2024年
     長期借入金                                          194           51
                                (0.51%)
                                  -
     ファイナンス・リース債務
                                                40           -
     (1年以内に返済予定のものを除く)
                                ( - %)
                合計                              2,756           2,853
      (注) 返済期限及び平均利率は当連結会計年度時点のものです。
          当社においては、機動的かつ安定的な資金調達を行うため、2,140百万円(当連結会計年度末において2,140

         百万円使用)のシンジケートローンによるコミットメントライン契約を締結しております。
          なお、本契約には下記の財務制限条項が付されております。
         (1)  借入人は、本契約締結日又はそれ以降に終了する借入人の各年度の決算期の末日における借入人の連結の
          財政状態計算書(指定国際会計基準により作成されたものをいう。)(但し、借入人は借入人の各年度の決
          算期の末日における連結の財政状態計算書を作成する。)における資本合計の部の金額を「資産合計」の金
          額で除した数値を、0.1以上にそれぞれ維持することを確約する。
         (2)  借入人は、本契約締結日又はそれ以降に終了する借入人の各年度の決算期に係る借入人の連結の損益計算
          書上の「個別開示項目前営業利益」に「金融収益」を加算し、「金融費用」を控除し、「持分法による投資
          損益」を加算し、一過性損益(日本国において一般に公正妥当と認められている会計基準に準じて、特別利
          益として計上されるもののうち、借入人の連結損益計算書上において個別開示項目として計上されない金額
          から、日本国において一般に公正妥当と認められている会計基準に準じて、特別損失として計上されるもの
          のうち、借入人の連結の損益計算書上において個別開示項目として計上されない金額を控除した金額)(も
          しあれば)及び2020年3月に終了する借入人の決算期においては当該決算期に係る借入人の連結の損益計算
          書上の販売管理費に計上される事業再生に係るコンサルフィーを控除し、「為替換算調整勘定の変動リスク
          ヘッジに伴う為替損益」を控除した金額に関して、それぞれ負の値としないことを確約する。
          その他、東京証券取引所市場第一部上場を維持すること等の制限が設けられております。また、当社所有の
         不動産の一部及びその他の投資の一部を担保として提供しております。銀行借入の担保となっている有形固定
         資産及びその他の投資の帳簿価額は、2020年3月31日現在において951百万円であります。また、当連結会計期
         間において前々連結会計年度に行った確定給付企業年金制度の一部を確定拠出企業年金制度に移管した事によ
         る移管金、370百万円を金融機関より借入れております。当社所有の営業債権及びその他の債権の一部、棚卸資
         産の一部を担保として提供しております。銀行借入の担保となっている営業債権及びその他の債権、棚卸資産
         の帳簿価額は、793百万円であります。
          なお、本契約上の債務以外の債務についての期限の利益を喪失したときには、本契約の期限の利益も喪失す
         る旨の条項が付されております。
                                  64/106






                                                           EDINET提出書類
                                                      ティアック株式会社(E01932)
                                                            有価証券報告書
       16.リース
        前連結会計年度(自         2018年4月1日 至          2019年3月31日)

        (1)ファイナンス・リース取引
         将来の最低支払リース料及び最低支払リース料の現在価値は以下のとおりです。
                                                    (単位:百万円)
                        将来の最低支払リース料総額                 将来の最低支払リース料総額の現在価値
                           前連結会計年度                    前連結会計年度
                          (2019年3月31日)                    (2019年3月31日)
     1年以内                                  56                    52
     1年超5年以内                                  43                    40
     5年超                                  -                    -
            合計                           99                    92

     控除-金利                                  7                   -

     将来の最低支払リース料総額の
                                       92                    92
     現在価値
        (2)オペレーティング・リース取引

          解約不能オペレーティングリース契約にかかる将来の最低リース料総額は以下のとおりです。
                                                    (単位:百万円)
                                           前連結会計年度
                                          (2019年3月31日)
     1年以内                                                     302
     1年超5年以内                                                     768

     5年超                                                      -

                  合計                                        1,070

        当連結会計年度(自          2019年4月1日 至          2020年3月31日)

         当社グループは、借手として建物及び構築物、機械装置及び車両運搬具、工具、器具及び備品をリースしてお
        ります。
         リース契約によって課された重要な制限(追加借入及び追加リースに関する制限等)はありません。
         なお、IFRS第16号適用に係る経過措置の規定を適用しており、前連結会計年度の修正再表示は行っておりませ
        ん。
         使用権資産

                                                    (単位:百万円)
                          建物及び        機械装置及び          工具、器具
                                                       合計
                           構築物        車両運搬具          及び備品
     2019年4月1日残高                          989          32         80        1,101
     2020年3月31日残高                          712          23         99         835

         (注)当連結会計年度における使用権資産の増加額は89百万円であります。
                                  65/106





                                                           EDINET提出書類
                                                      ティアック株式会社(E01932)
                                                            有価証券報告書
         リース負債

                                                    (単位:百万円)
           帳簿価額                      契約上の割引前キャッシュ・フロー
                                  1年超      2年超      3年超      4年超
                      契約上の
       流動     非流動      合計          1年以内                            5年超
                       金額
                                  2年以内      3年以内      4年以内      5年以内
        336      520      856      905      364      308      220      13      1     -
         純損益に認識された金額

                                                    (単位:百万円)
                                           当連結会計年度
                                     (自   2019年4月1日 至          2020年3月31日)
     使用権資産の減価償却費                                                     354
     リース負債に係る金利費用                                                      44

     短期リースに係る費用                                                      0

         (注)使用権資産の減価償却費は主に建物及び構築物280百万円、工具、器具及び備品61百万円であります。
         キャッシュ・フロー計算書で認識された金額

                                                    (単位:百万円)
                                           当連結会計年度
                                     (自   2019年4月1日 至          2020年3月31日)
     リースに係るキャッシュ・アウトフローの合計額                                                     384
                                  66/106












                                                           EDINET提出書類
                                                      ティアック株式会社(E01932)
                                                            有価証券報告書
       17.引当金
         当連結会計年度における引当金の増減は以下のとおりです。
                                                    (単位:百万円)
                     有給休暇                 製品保証
                             賞与引当金                資産除去債務          合計
                      引当金                 引当金
                                  200         72        41        631
     期首残高                    318
                                                   -
      増加額                   188        195         64                447
                         169        200                  0
      目的取崩による減少額                                    72                441
                          -        -        -         1        1
      割引計算による利息費用
     期末残高                    337        195         64        41        638

                                                   -
     流動                    337        195         64                596
                          -        -        -
     非流動                                             41        41
                                  67/106
















                                                           EDINET提出書類
                                                      ティアック株式会社(E01932)
                                                            有価証券報告書
       18.従業員給付
        (1)確定給付型制度
          当社は、確定給付型制度として確定給付企業年金制度(選択一時金制度を含む)を採用しております。給付
         額は、従業員の勤続年数や給与水準等に基づき算定されております。以下の年金制度への拠出額は、賃金及び
         給与の一定の比率により年金数理計算され、将来の年金給付に備えて積み立てられております。
          親会社及び一部の連結子会社は、企業年金基金による基金型年金制度に加入しております。企業年金基金

         は、代議員会の決議を得て、受給資格、給付内容・方法、掛金負担等年金制度の内容を規定した企業年金規約
         を定め、厚生労働大臣の認可を受けております。企業年金基金は、掛金の払込み及び積立金の管理等に関して
         信託銀行や保険会社等と契約を締結し制度を運営し、年金資産の管理・運用を行うとともに、年金数理計算や
         年金・一時金の支給業務を行います。
          企業年金基金は、法令、法令に基づいてする厚生労働大臣の処分及び規約を遵守し、加入者等のため忠実に

         その業務を遂行しなければならず、自己又は加入者等以外の第三者の利益を図る目的をもって資産管理運用契
         約を締結すること及び積立金の運用に関し特定の方法を指図することは禁止されております。
          前連結会計年度及び当連結会計年度の確定給付制度債務の現在価値及び制度資産の変動は以下のとおりで

         す。
                                                    (単位:百万円)
                                前連結会計年度                 当連結会計年度
                              (自 2018年4月1日                 (自 2019年4月1日
                               至 2019年3月31日)                 至 2020年3月31日)
     退職給付に係る負債の期首残高                                   3,505                 2,585
     確定給付制度債務の現在価値の変動
     期首残高                                   3,850                 3,584
      当期勤務費用(注1)
                                          19                 19
      利息費用(注1)
                                          27                 19
      数理計算上の差異-財務上の仮定の
                                         △73                △245
      変更により生じた影響
      支払給付                                  △239                 △167
     期末残高                                   3,584                 3,211
     制度資産の変動
     期首残高                                     346                 999
      利息収益                                     5                 5
      制度資産に係る収益(注2)
                                          43               △20
      事業主拠出                                   844                 405
      支払給付                                  △239                 △167
     期末残高                                     999               1,222
     退職給付に係る負債の期末残高                                   2,585                 1,989
      (注1)当期勤務費用は「売上原価」及び「販売費及び一般管理費」、利息費用(利息収益控除後の純額)は、金融費
          用に計上しております。
      (注2)制度資産に係る収益には利息収益を含んでおりません。
                                  68/106







                                                           EDINET提出書類
                                                      ティアック株式会社(E01932)
                                                            有価証券報告書
           確定給付制度債務の現在価値の算定に使用した重要な数理計算上の仮定(加重平均)は以下のとおりで
          す。
                                前連結会計年度                 当連結会計年度

                               (2019年3月31日)                 (2020年3月31日)
                                                         0.5%

     割引率                                 0.4~0.5    %
           数理計算上の仮定には、上記以外に予定昇給率、死亡率、予定退職率等が含まれます。
           確定給付制度債務の加重平均デュレーションは、前連結会計年度末は11.8~14.3年、当連結会計年度末は

          10.8~11.4年であります。
           他の仮定に変更がないとして、以下に示された割合で割引率が変動した場合、当連結会計年度末における

          確定給付制度債務は以下のとおり変動します。感応度分析はその他の仮定に変更がないことを前提としてお
          りますが、実際には他の仮定の変化が感応度分析に影響する可能性があります。
                                                    (単位:百万円)
                                前連結会計年度                 当連結会計年度

     割引率
                               (2019年3月31日)                 (2020年3月31日)
     0.5%増加                                   △238                 △173

     0.5%減少                                     267                 191

                                  69/106













                                                           EDINET提出書類
                                                      ティアック株式会社(E01932)
                                                            有価証券報告書
           当連結会計年度制度資産の公正価値
                                                    (単位:百万円)
                                前連結会計年度                 当連結会計年度
                               (2019年3月31日)                 (2020年3月31日)
     活発な市場における公表市場価格があるもの

      株式                                     -                 -

      債券                                     -                 -

      その他                                     -                 -

               合計                           -                 -

     活発な市場における公表市場価格がないもの

      合同運用信託(株式)
                                          -                 -
      合同運用信託(債券)
                                          606                 753
      生保一般勘定                                    204                 243

      その他                                    190                 226

               合計                           999               1,222

           当社の投資の目標は、容認し得るリスクの範囲内で収益を最大化することにあります。当社の運用基本方

          針では、収益を目指すことについてのリスクの負担に関しては、基金債務の特性、即ち給付設計・成熟度
          (掛金収入に対する給付支出の相対的増大)・加入員の年齢構成・財政状態等の諸条件を総合的に勘案し、
          また掛金率の変動に関しての事業主の支払負担力の限界等も十分に考慮した上で、許容し得るリスクの限界
          を認識し、これを遵守しております。
           当社の国内制度の資産配分は、約62%が債券、約20%が生保一般勘定、その他が約18%であります。資産
          配分の方針の変更に関しては、運用目標(債務特性等)や市場環境の大幅な変化等、従来の前提条件に大幅
          な修正が必要と考えられる事象が発生した場合には、基金は、資産配分方針の変更を含む見直しを行いま
          す。
           翌連結会計年度の制度資産への予想拠出額は409百万円です。
        (2)確定拠出制度

          確定拠出制度に関して費用として認識した金額は、前連結会計年度が114百万円、当連結会計年度が117百万
         円であります。
                                  70/106









                                                           EDINET提出書類
                                                      ティアック株式会社(E01932)
                                                            有価証券報告書
       19.資本金及びその他の資本項目
        (1)資本金
            当社の発行可能株式総数及び発行済株式総数
                                   前連結会計年度               当連結会計年度

                                (自 2018年4月1日               (自 2019年4月1日
                                 至 2019年3月31日)               至 2020年3月31日)
     発行可能株式総数(株)
                                        40,000,000               40,000,000
      普通株式                                 28,931,713               28,931,713

     発行済株式総数(株)
      期首                                 289,317,134               28,931,713

      期中増減                                △260,385,421                     -

      期末                                 28,931,713               28,931,713

     発行済株式総数に含まれる自己株式数(期末)(株)
                                         121,099               122,246
      (注)1 当社の発行する株式は、全て権利内容に何ら限定のない無額面の普通株式であり、発行済株式は全額払込済
          みとなっております。
         2 発行可能株式総数及び発行済株式総数の減少は、2018年10月1日を効力発生日とした普通株式について10株
          を1株の割合で併合したことによるものです。
        (2)剰余金

         (a) 資本剰余金
           会社法では、株式の発行に対しての払込又は給付に係る額の2分の1以上を資本金に組み入れ、残りは資
          本剰余金に含まれる資本準備金に組み入れることが規定されております。資本準備金は株主総会の決議によ
          り、資本金に組み入れることができます。
         (b) 利益剰余金

           会社法では、剰余金の配当により減少する剰余金の額の10分の1を、資本準備金及び利益剰余金に含まれ
          る利益準備金の合計額が資本金の4分の1に達するまで、資本準備金又は利益準備金として積み立てること
          が規定されております。積み立てられた利益準備金は、欠損填補に充当できます。また、株主総会の決議を
          もって、利益準備金を取り崩すことができます。
           親会社における会社法上の分配可能額は、我が国において一般に公正妥当と認められている会計基準に準
          拠して作成された親会社の会計帳簿上の利益剰余金の金額に基づいて算定されております。
        (3)配当金

            該当ありません。
                                  71/106








                                                           EDINET提出書類
                                                      ティアック株式会社(E01932)
                                                            有価証券報告書
        (4)その他の資本の構成要素
         (a) 確定給付制度の再測定
           確定給付制度に係る再測定による変動部分からなります。
         (b)   その他の包括利益を通じて公正価値で測定する金融資産の純変動

           その他の包括利益を通じて公正価値で測定する金融資産の認識が中止されるか減損されるまでに生じた当
          該資産の公正価値の純変動額の累積額が含まれます。
         (c) 在外営業活動体の換算差額

           在外営業活動体の財務諸表の換算から生じた為替換算差額からなります。
                                                    (単位:百万円)
                            公正価値測定する           在外営業活動体の

                  退職給付再測定                                    合計
                            金融資産の純変動額           換算差額
     2018年4月1日残高                    -           96           141           237

     増減                    116           △41            195           270

     利益剰余金への振替                   △116             -           -          △116

     2019年3月31日残高                    -           55           337           391

     増減                    225           △24           △86            115

     利益剰余金への振替                   △225           △100             -          △325

     2020年3月31日残高                    -          △70            251           181

                                  72/106













                                                           EDINET提出書類
                                                      ティアック株式会社(E01932)
                                                            有価証券報告書
       20.金融資産
        (1)資本リスク管理
           当社グループの資本管理は、当社の成長と企業価値増大を実現するため、健全な財務体質維持と効率的な
          資本構成の実現を方針としております。
           当社グループは有利子負債から現金及び現金同等物を控除したネット有利子負債を管理対象としており、
          各数値は以下のとおりです。
                                                    (単位:百万円)
                                前連結会計年度                 当連結会計年度

                               (2019年3月31日)                 (2020年3月31日)
     有利子負債                                   2,756                 3,709

     現金及び現金同等物                                   1,716                 1,479

     ネット有利子負債                                   1,039                 2,230

           なお、当社グループに対し、外部から課せられる自己資本規制(会社法等の一般的な規制を除く)はあり

          ませんが、シンジケートローンによるコミットメントライン契約における財務制限条項として、株主資本の
          維持に係る制限が設けられています。
        (2)市場リスク管理

         (a) 為替リスク
          ① 為替リスク管理
            当社グループは、販売活動を日本に加えて米国、欧州、アジア等その他地域にて、生産活動も相当部分
           を中国にて行っているため、外貨建の業績、資産・負債が為替レートの変動の影響を受ける可能性があり
           ます。
            当社グループは、外貨建の資産及び負債に対する外国為替レートの変動リスクを軽減することを目的と
           して為替予約を締結しております。
          ② 為替変動リスクのエクスポージャー

            為替変動リスクのエクスポージャー(純額)は次のとおりであります。
                                                    (単位:百万円)
                                前連結会計年度                 当連結会計年度

                               (2019年3月31日)                 (2020年3月31日)
     米ドル                                  △1,500                 △1,637

     ユーロ                                     131                 78

          ③ 為替感応度分析

            各連結会計年度末において保有する金融資産において、米ドル及びユーロに対して日本円が1%円安と
           なった場合の連結損益計算書の税引前当期利益に与える影響は以下のとおりです。計算にあたり使用した
           通貨以外の通貨の為替レートは変動しないものと仮定しております。
                                                    (単位:百万円)
                                前連結会計年度                 当連結会計年度
                               (2019年3月31日)                 (2020年3月31日)
     米ドル                                    △15                 △16
     ユーロ                                      1                 1

                                  73/106





                                                           EDINET提出書類
                                                      ティアック株式会社(E01932)
                                                            有価証券報告書
         (b) 金利リスク
          ① 金利リスク管理
            借入金は、主に運転資金と設備投資に必要な資金の調達を目的としたものであり、このうち一部は、変
           動金利であるため金利の変動リスクに晒されております。
            当社グループでは、変動・固定金利のバランスを金融環境に応じて調整することにより、当該リスクを
           管理しております。
          ② 金利リスク感応度分析

            当社グループが決算日現在において保有する金融資産において、金利が1%上昇した場合の連結損益計
           算書の税引前当期利益に与える影響は以下のとおりです。金利変動の影響を受ける金融資産を対象として
           おり、為替変動の影響等その他の要因は一定であることを前提としております。
                                                    (単位:百万円)
                                前連結会計年度                 当連結会計年度
                               (2019年3月31日)                 (2020年3月31日)
     税引前当期利益                                     28                 29
        (3)    その他の包括利益を通じて公正価値で測定される金融資産

             当社グループでは業務上の関係を有する企業の株式等の保有しており、これらの金融資産については、
           取引関係の維持・強化という保有目的に鑑み、その他の包括利益を通じて公正価値で測定される金融資産
           に指定しております。
         (a)   主な銘柄及び公正価値

            主な銘柄とその公正価値は以下のとおりです。
                                                    (単位:百万円)
                                前連結会計年度                 当連結会計年度
               銘柄
                               (2019年3月31日)                 (2020年3月31日)
     上場株式
      オンキヨー株式会社                                    30                 6

     非上場株式

      Pioneer    & Onkyo   Europe    GmbH
                                          102                 -
                合計                          133                  6

         (b)   売却(認識の中止)

            保有資産の効率化及び有効活用を図るため、その他の包括利益を通じて公正価値で測定する資本性の金融
           資産の売却(認識の中止)を行っております。売却時の公正価値及び売却に係る累積利得又は損失は、以下
           のとおりです。その他の資本の構成要素として認識していた累積利得又は損失(税引後)は、売却時に利益
           剰余金に振り替えております。
                                                    (単位:百万円)

                                前連結会計年度                 当連結会計年度
                               (自 2018年4月1日                (自 2019年4月1日
                                至 2019年3月31日)                 至 2020年3月31日)
     公正価値                                     -                100
     累積利得又は損失                                     -                 -

                                  74/106





                                                           EDINET提出書類
                                                      ティアック株式会社(E01932)
                                                            有価証券報告書
        (4)信用リスク管理
            当社グループは、保有する金融資産の相手先の債務が不履行になることにより、金融資産が回収不能にな
           るリスク(以下「信用リスク」)にさらされており、                         「債権管理規程」及び「与信管理規程」に従い、営業
           債権について、財務部が主要な取引先の状況を定期的にモニタリングし、取引相手ごとに期日及び残高を管
           理するとともに、財務状況等の悪化等による回収懸念の早期把握や軽減を図っております。営業債権の帳簿
           価額の合計額は信用リスクの最大エクスポージャーを表しております。
            また、当社グループでは、事業に係るリスクを軽減するために金融機関等が提供するデリバティブ金融資
           産を利用しておりますが、デリバティブ金融資産に係る取引は格付けの高い金融機関とのみ行っているた
           め、当該取引に係る当連結会計年度末における信用リスクは重要ではないと考えております。
            なお、営業債権は、広範囲の地域に広がる多くの数の顧客に対するものであり、特定の相手先について、
           重要な信用リスクのエクスポージャーはなく、過度に集中した信用リスクは有しておりません。
           貸倒引当金の増減

            当社グループは、重大な金融要素を含んでいない営業債権は、常に全期間の予想損失と同額の貸倒引当金
           を測定しております(単純化したアプローチ)。その他の債権及びその他の金融資産は当該資産に係る12ヶ
           月の予想信用損失に等しい金額で貸倒引当金を測定しておりますが、当該資産に係る信用リスクが当初認識
           以降に著しく増大している場合には、顧客の債務不履行率に関する過去の情報や信用調査報告等を利用し
           て、信用状況に関する広範な分析を行い、当該資産の回収に係る全期間の予想信用損失を個別に見積もって
           貸倒引当金の金額を測定しております。(一般的なアプローチ)
            信用リスクが著しく増大しているか否かは、債務不履行発生リスクの変動に基づいて判断しており、その
           判断にあたっては、当該債権の全部又は一部について回収ができず、または回収が極めて困難であると判断
           された場合には債務不履行とみなしております。
            貸倒引当金の認識対象となる金融資産の総額での帳簿価格の残高は以下のとおりであります。

                                                    (単位:百万円)
                                 一般的なアプローチを適用した金融資産
                単純化した
                         ステージ1            ステージ2            ステージ3
                アプローチを適
                         12ヶ月の予想信用損失            全期間の予想信用損失            全期間の予想信用損失
                用した金融資産
                         に等しい金額で測定            に等しい金額で測定            に等しい金額で測定
     前連結会計年度
                      3,209             133            -           174
     (2019年3月31日)
     当連結会計年度
                      3,176             133            -           174
     (2020年3月31日)
            単純化したアプローチを適用している金融資産及びステージ1の金融資産の予想信用損失は、リスクの特
           徴が類似したものごとにグルーピングした上で、過去の信用損失の実績率に将来の経済状況等の予測を加味
           した引当率を乗じて集合的に評価しております。ステージ2及びステージ3の金融資産の予想信用損失は、
           取引相手先の財務状況に将来の経済状況の予測等を加味した上で個別に評価しております。
           貸倒引当金の増減

            貸倒引当金の増減は、以下のとおりであります。なお、当連結会計年度において貸倒引当金の変動に影響
           を与えるような総額での帳簿価額の著しい増減はありません。
                                                    (単位:百万円)
     2018年4月1日 残高                                                     182
      貸倒引当金繰入額(△は戻入)
                                                          △5
      目的使用                                                     -
      為替レートによる影響                                                     2
     2019年3月31日 残高                                                     180
      貸倒引当金繰入額(△は戻入)
                                                           0
      目的使用                                                     -
      為替レートによる影響                                                    △1
     2020年3月31日 残高                                                     178
                                  75/106




                                                           EDINET提出書類
                                                      ティアック株式会社(E01932)
                                                            有価証券報告書
        (5)流動性リスク管理
           当社グループは、事業資金を金融機関からの借入金により調達しております。このため、資金調達環境の
          悪化等により債務を履行できなくなるリスクにさらされております。流動性リスクに対しては、機動的かつ
          安定的な資金調達を行うため、シンジケートローンによるコミットメントライン契約を締結しております。
            保証債務以外の金融負債(デリバティブ金融資産を含む)の期日別残高

                                                    (単位:百万円)
                         契約上の
        前連結会計年度
                         キャッ          1年超     2年超     3年超     4年超
                    帳簿価額           1年内                          5年超
       (2019年3月31日)
                         シュ・          2年以内     3年以内     4年以内     5年以内
                         フロー
     非デリバティブ金融負債
                                      -     -     -     -     -
      営業債務及びその他の債務                880     880     880
      借入金等(流動)                                -     -     -     -     -
                     2,522     2,592     2,592
      借入金等(非流動)                           -               51      0     -
                      234     248          110      86
           合計          3,635     3,719     3,472      110      86     51      0     -
                                                    (単位:百万円)

                         契約上の
        当連結会計年度
                         キャッ          1年超     2年超     3年超     4年超
                    帳簿価額           1年内                          5年超
       (2020年3月31日)
                         シュ・          2年以内     3年以内     4年以内     5年以内
                         フロー
     非デリバティブ金融負債
                                      -     -     -     -     -
      営業債務及びその他の債務                880     880     880
      借入金等(流動)                                -     -     -     -     -
                     2,802     2,870     2,870
      借入金等(非流動)                           -          -     -     -     -
                       51     51          51
                                           -     -     -     -
           合計          3,733     3,801     3,750       51
           当社グループはシンジケートローンによるコミットメントライン契約を締結しております。この                                             コミット

          メントライン      の合計及び使用状況は以下のとおりです。
                                                    (単位:百万円)
                                前連結会計年度                 当連結会計年度

                               (2019年3月31日)                 (2020年3月31日)
     コミットメントライン

      使用                                  1,840                 2,140

      未使用                                   810                 -

               合計                          2,650                 2,140

                                  76/106






                                                           EDINET提出書類
                                                      ティアック株式会社(E01932)
                                                            有価証券報告書
        (6)金融資産の帳簿価額及び公正価値

         金融資産の帳簿価額及び公正価値は以下のとおりであります。
         なお、経常的に公正価値で測定する金融資産については、公正価値は帳簿価額と一致することから含めており
        ません。
                                                    (単位:百万円)
                                前連結会計年度                 当連結会計年度
                               (2019年3月31日)                 (2020年3月31日)
                              帳簿価額        公正価値        帳簿価額        公正価値

     (資産)
     償却原価で測定する金融資産

                                 1,716        1,716        1,479        1,479
      現金及び現金同等物
                                 3,265        3,265        3,218        3,218
      営業債権及びその他の債権
                                  152        152        152        152
      その他の金融資産
                                 5,133        5,133        4,849        4,849
               合計
     (負債)
     償却原価で測定する金融負債

                                  880        880        880        880
      営業債務及びその他の債務
                                 2,664        2,664        2,853        2,853
      借入金
                                 3,544        3,544        3,733        3,733
               合計
      (注)   1  現金及び現金同等物、営業債権及びその他の債権、営業債務及びその他の債務

            現金及び現金同等物、営業債権及びその他の債権、営業債務及びその他の債務は、短期間で決済されるこ
           とから、公正価値は帳簿価額に近似しております。
         2 その他の金融資産
            その他の金融資産は、主に敷金及び差入保証金であり、当初認識後に実効金利法による償却原価で測定し
           ております。
         3   借入金
            借入金は、契約ごとの将来キャッシュ・フローから、類似の満期日の借入金に対して適用される期末借入
           金利を用いて割り引いた現在価値に基づいて算定しております。
                                  77/106









                                                           EDINET提出書類
                                                      ティアック株式会社(E01932)
                                                            有価証券報告書
        (7)連結財政状態計算書において認識された公正価値の測定
           以下は金融資産を当初認識した後、公正価値で測定された金融資産の分析であります。公正価値で測定さ
          れていない金融資産または金融負債の帳簿価額が公正価値の合理的な近似値である場合、それらの項目の公
          正価値に関する情報は、この表には含まれていません。分析に使用する公正価値ヒエラルキーは、以下のよ
          うに定義付られております。
           レベル1・・・活発な市場における公正価値により測定された公正価値

           レベル2・・・レベル1以外の、観察可能な価格を直接、又は間接的に使用して算出された公正価値
           レベル3・・・観察不可能なインプットを含む評価技法から算出された公正価値
           当社グループでは、公正価値ヒエラルキーのレベル間の振替が生じた場合、各会計期間末にこれらを認識

          しています。
                                                    (単位:百万円)
           前連結会計年度
                          レベル1         レベル2         レベル3
                                                       合計
          (2019年3月31日)
     (資産)

     その他の投資

      その他の包括利益を通じて公正価値
                                                          131
                               30         -         100
      で測定する金融資産
                                         -                  131
             合計                  30                  100
      (注) 当連結会計年度において、公正価値ヒエラルキーのレベル1、レベル2及びレベル3の間の重要な振替はあり
         ません。
                                                    (単位:百万円)
           当連結会計年度
                          レベル1         レベル2         レベル3
                                                       合計
          (2020年3月31日)
     (資産)

     その他の投資

      その他の包括利益を通じて公正価値
                                                           6
                                6         -         -
      で測定する金融資産
                                                           6
             合計                   6         -         -
      (注) 当連結会計年度において、公正価値ヒエラルキーのレベル1、レベル2及びレベル3の間の重要な振替はあり
         ません。
           レベル3に分類された金融資産の調整表は以下の通りです。なお、レベル3に分類された金融資産は株式

          で構成されております。
                                                    (単位:百万円)
                                前連結会計年度                 当連結会計年度
                              (自 2018年4月1日                 (自 2019年4月1日
                               至 2019年3月31日)                 至 2020年3月31日)
                                          111                 100

     期首残高
     利得又は損失

      純損益                                    -                 -

                                          △2
      その他の包括利益                                                     -
                                                         △100
     売却                                     -
                                         △10
     その他                                                      -
                                          100
     期末残高                                                      -
     当期末に保有する        金融資産    に関して

                                          -                 -
     純損益に認識した利得又は損失(△)(純額)
                                  78/106


                                                           EDINET提出書類
                                                      ティアック株式会社(E01932)
                                                            有価証券報告書
       21.収益
        当社グループは、顧客との契約から生じる収益を、顧客との契約に基づき収益認識の時期により分解しておりま
       す。これらの分解した収益と報告セグメントとの関連は以下のとおりであります。
       収益の分解

       前連結会計年度(自 2018年4月1日 至 2019年3月31日)
                                                    (単位:百万円)
                          音響機器事業         情報機器事業           その他          合計
     販売先:    国内
                              4,143         2,395          632        7,170

      一時点で移転する製品
                                41         597         158         796
      一定の期間にわたり移転するサービス
                              4,184         2,992          789        7,965
              小計
     販売先:    海外
                              6,201         1,370           97        7,668

      一時点で移転する製品
                                -         49         -         49
      一定の期間にわたり移転するサービス
                              6,201         1,419           97        7,716
              小計
                              10,384          4,411          886        15,682
              合計
       当連結会計年度(自 2019年4月1日 至 2020年3月31日)

                                                    (単位:百万円)
                          音響機器事業         情報機器事業           その他          合計
     販売先:    国内
                              4,069         2,797          530        7,396

      一時点で移転する製品
                                23         577          41         641
      一定の期間にわたり移転するサービス
                              4,092         3,374          571        8,037
              小計
     販売先:    海外
                              5,278         1,378           50        6,707

      一時点で移転する製品
                                -          1         -          1
      一定の期間にわたり移転するサービス
                              5,278         1,379           50        6,708
              小計
                              9,370         4,754          621        14,745
              合計
                                  79/106








                                                           EDINET提出書類
                                                      ティアック株式会社(E01932)
                                                            有価証券報告書
       22.営業費用の性質別内訳
         営業費用(売上原価、販売費及び一般管理費、その他の損益の合計)の性質別内訳のうち、主要な費目は以下
        のとおりです。
                                                    (単位:百万円)
                                前連結会計年度                  当連結会計年度
                              (自 2018年4月1日                 (自 2019年4月1日
                               至 2019年3月31日)                   至 2020年3月31日)
                                         4,537                 4,431

      人件費
       23.個別開示項目

                                                    (単位:百万円)
                                前連結会計年度                  当連結会計年度
                              (自 2018年4月1日                 (自 2019年4月1日
                               至 2019年3月31日)                   至 2020年3月31日)
     個別開示項目(収益)

                                          -                 -

      退職給付債務清算に伴う利益
                                          -                 -
      退職給付制度変更に伴う利益
                                          294                 -
      事業譲渡に伴う利益
                                          294                 -
               小計
     個別開示項目(費用)
                                          -                 -

      割増退職金等の費用
                                         △ 59                 -
      関係会社の閉鎖に伴う損失
                                         △ 59                 -
               小計
                                          234                 -
               合計
       前連結会計年度(自 2018年4月1日 至 2019年3月31日)
        事業譲渡     に伴う利益は、当社とオンキヨー株式会社との合弁会社であるティアックオンキヨーソリューションズ
       株式会社の介護記録システム事業をフリービット株式会社へ譲渡したことに伴う利益です。
        関係会社の閉鎖に伴う損失は、               当社の子会社であるティアック               エレクトロニクス(M)Sdn.Bhdの清算完了に伴う為
       替換算差額の実現損です。
                                  80/106









                                                           EDINET提出書類
                                                      ティアック株式会社(E01932)
                                                            有価証券報告書
       24.法人所得税
         繰延税金資産及び繰延税金負債の主な内訳は以下のとおりです。
                                                    (単位:百万円)
                         純損益を                  純損益を
                               その他の                  その他の
                  前連結会計                  前連結会計                  当連結会計
                        通じて認識                  通じて認識
                              包括利益に                  包括利益に
                  年度期首残高                   年度末残高                  年度末残高
                         (注)                  (注)
                              おいて認識                  おいて認識
     繰延税金資産:
      繰越欠損金                 3     △3      -      -      -      -      -

                                         29                  41
      その他                21      8     -            12      -
      繰延税金資産合計                24      5     -      29      12      -      41

     繰延税金負債:
      在外子会社留保利益                △8       0     -      △9       0     -      △9

      その他の包括利益を通
      じて公正価値で測定す
                      -      -      -      -      -      -      -
      る金融資産の
      公正価値変動
                            -
      その他                -            -      -      -      -      -
      繰延税金負債合計                △8       0     -      △9       0     -      △9

         当社グループは、繰延税金資産の認識にあたり、将来減算一時差異又は繰越欠損金の一部又は全部が将来課税

        所得に対して利用できる可能性が高いかどうかを考慮しております。最終的な繰延税金資産の実現は、一時差異
        が控除可能な期間及び繰越欠損金が利用できる期間における将来の課税所得の発生に依存します。当社グループ
        は、実現可能性の評価にあたり、繰延税金負債の実現予定時期、予想される将来の課税所得及び税務戦略を考慮
        しております。過去の課税所得の水準及び繰延税金資産が控除可能な期間における将来の課税所得見込みに基づ
        き、当社グループは当連結会計年度末現在の認識された繰延税金資産は実現する可能性が高いと考えておりま
        す。繰延期間における将来の見積課税所得が減少した場合には、実現する可能性が高いと考えられる繰延税金資
        産は減少することになります。
          繰延税金資産を認識していない繰越欠損金及び将来減算一時差異

                                                    (単位:百万円)
                                  前連結会計年度               当連結会計年度
                                 (2019年3月31日)               (2020年3月31日)
     繰越欠損金                                    20,504               20,391

     将来減算一時差異                                     7,782               7,610

                合計                         28,286               28,001

                                  81/106







                                                           EDINET提出書類
                                                      ティアック株式会社(E01932)
                                                            有価証券報告書
          繰延税金資産を認識していない繰越欠損金の金額と繰越期限
                                                    (単位:百万円)
                                  前連結会計年度               当連結会計年度
                                 (2019年3月31日)               (2020年3月31日)
     1年目                                      255               201

     2年目                                      201                -

     3年目                                      -              5,473

     4年目                                     5,473               3,042

     5年目超                                    14,577               11,676

                合計                         20,504               20,391

          当社は子会社の投資に係る一時差異について、当社が一時差異の解消時期をコントロールでき、かつ予測可
         能な将来に一時差異が解消しない可能性が高い場合には、当該一時差異に関連する繰延税金負債を認識してお
         りません。繰延税金負債として認識されていない子会社に対する投資に係る一時差異の総額は、2019年3月31
         日及び2020年3月31日現在、それぞれ291百万円、295百万円であります。
          当期税金費用及び繰延税金費用の内訳

                                                    (単位:百万円)
                                  前連結会計年度               当連結会計年度

                                (自 2018年4月1日               (自 2019年4月1日
                                 至 2019年3月31日)               至 2020年3月31日)
     当期税金費用                                      157                49

     繰延税金費用                                      △5               △12

                合計                           152                37

           当期税金費用には、従前は未認識であった税務上の欠損金及び過去の期間の一時差異から生じた便益の額が
          含まれております。
         親会社及び国内の連結子会社は、所得に対する種々の税金を課せられております。法定実効税率は、前連結会

        計年度、当連結会計年度において30.62%となっております。
          標準法定実効税率と実効税率との差異

                                  前連結会計年度               当連結会計年度

                                (自 2018年4月1日               (自 2019年4月1日
                                 至 2019年3月31日)               至 2020年3月31日)
     標準法定税率                                   30.62%               30.62%

     交際費等永久に損金に算入されない項目                                    1.47%               5.03%

     過年度法人税額                                   △2.47%               △0.71%

     在外子会社留保利益                                    0.16%               0.66%

     親会社との税率差異                                   △2.02%               △12.53%

     未認識の税務上の繰越欠損金又は一時差異の影響額                                   20.73%               24.79%

                                          -%               -%

     税率変更の影響
     その他                                    3.75%               5.82%

     実効税率                                   52.24%               53.68%

                                  82/106



                                                           EDINET提出書類
                                                      ティアック株式会社(E01932)
                                                            有価証券報告書
       25.金融収益及び金融費用
         金融収益及び金融費用の内訳は以下のとおりです。
                                                    (単位:百万円)
                                前連結会計年度                  当連結会計年度
                              (自 2018年4月1日                 (自 2019年4月1日
                               至 2019年3月31日)                   至 2020年3月31日)
     金融収益

      受取利息

                                           2                 2
       償却原価で測定する金融資産
                                           3                 2
      その他
                                           5                 ▶
               合計
     金融費用

      支払利息

                                          115                 96
       償却原価で測定する金融負債
                                          -                 44
       リース負債に係る利息費用
      支払手数料

                                          53                 47
       償却原価で測定する金融負債
                                          145                 32
      為替差損
                                           2                 2
      その他
                                          316                 222
               合計
                                  83/106












                                                           EDINET提出書類
                                                      ティアック株式会社(E01932)
                                                            有価証券報告書
       26.その他の包括利益
         各年度の「その他の包括利益」に含まれる各包括利益項目別の当期発生額及び損益への組替調整額、並びに税
        効果の影響は以下のとおりです。
                                                    (単位:百万円)
                                前連結会計年度                 当連結会計年度

                              (自 2018年4月1日                 (自 2019年4月1日
                               至 2019年3月31日)                 至 2020年3月31日)
     その他の包括利益を通じて公正価値で測定する
     金融資産
      当期発生額                                   △41                 △24
      税効果調整前                                   △41                 △24

      税効果額                                    -                 -

     その他の包括利益を通じて公正価値で測定する
                                         △41                 △24
     金融資産     計
     確定給付制度の再測定
      当期発生額                                   116                 225

      税効果調整前                                   116                 225

      税効果額                                    -                 -

     確定給付制度の再測定 計                                     116                 225

     在外営業活動体の換算差額

      当期発生額                                   136                △86

      組替調整額                                    59                 -

      税効果調整前                                   195                △86

      税効果額                                    -                 -

     在外営業活動体の換算差額 計                                     195                △86

     その他の包括利益合計                                     270                 115

                                  84/106









                                                           EDINET提出書類
                                                      ティアック株式会社(E01932)
                                                            有価証券報告書
       27.1株当たり当期利益(損失)
         基本的1株当たり当期利益(△損失)は以下のとおりです。
                                前連結会計年度                 当連結会計年度

                              (自 2018年4月1日                 (自 2019年4月1日
                               至 2019年3月31日)                 至 2020年3月31日)
     当期利益(親会社の所有者に帰属)

                                       51百万円                 27 百万円
     基本的加重平均発行済普通株式数                                 28,811千株                 28,810   千株
     基本的1株当たり当期利益                                   1.77円                 0.94  円
         希薄化後1株当たり当期利益については、潜在株式が存在しないため記載しておりません。
         2018年10月1日を効力発生日として普通株式10株につき1株の割合をもって株式併合を実施しております。こ
        れに伴い、前連結会計年度の期首に当該株式併合が行われたと仮定し、                                 基本的加重平均発行済普通株式数               及び  基
        本的1株当たり当期利益           を算定しております。
       28.キャッシュ・フロー情報

         財務活動に係る負債の変動
        財務活動に係る負債の変動は以下のとおりであります。
        前連結会計年度(自 2018年4月1日 至 2019年3月31日)

                                                    (単位:百万円)
                                  キャッシュ・フローを伴わない変動
                2018年        キャッシュ・                              2019年
                4月1日        フローを伴う変動                              3月31日
                                   利息費用         新規リース
     短期借入金              2,517          △179           -         -        2,338

     長期借入金               259          57         10         -         326

     リース債務               103         △71           7         53         92

     合計              2,879          △193           17         53        2,756

        (注)    長期借入金には、1年以内返済予定の長期借入金を含んでおります。
        当連結会計年度(自 2019年4月1日 至 2020年3月31日)

                                                    (単位:百万円)
                                           キャッシュ・フロー
                   IFRS第16号        2019年      キャッシュ・
              2019年                                          2020年
                                            を伴わない変動
                   適用による       4月1日      フローを伴う
             4月1日                                          3月31日
                     調整      調整後        変動
                                          利息費用      新規リース
     短期借入金          2,338        -     2,338         332       -       -     2,670

     長期借入金           326       -      326       △153        10       -      183

     リース負債            92     1,016       1,107        △384        44       89      856

     合計          2,756       1,016       3,771        △204        53       89     3,709

        (注)    長期借入金には、1年以内返済予定の長期借入金を含んでおります。
                                  85/106





                                                           EDINET提出書類
                                                      ティアック株式会社(E01932)
                                                            有価証券報告書
       29.関連当事者
         当連結会計年度末の         当社の直近上位の親会社はGibson                Holdings,     Inc.であり、最終的な支配当事者は、Gibson
        Brands,    Inc.であります。当社グループの子会社は当社の関連当事者でありますが、子会社との取引は連結財務
        諸表上消去されているため、開示しておりません。
         なお、Global        Acoustic     Partners     LLCが2020年5月25日から2020年6月23日までを公開買付け期間として行っ
        た当社普通株式の公開買付けにより、当社の直近上位の親会社は2020年6月25日をもってGibson                                             Holdings,     Inc.
        よりGlobal      Acoustic     Partners     LLCに移動しており、当社の             最終的な支配当事者は          Gibson    Brands,    Inc.  よりタイ
        ガー・トラストに異動しております。
        (1)関連当事者間取引及び債権債務の残高

           該当事項はありません。
        (2)主要な経営幹部に対する報酬

           主要な経営幹部に対する報酬は、以下のとおりです。
                                                    (単位:百万円)
                                前連結会計年度                 当連結会計年度

                              (自 2018年4月1日                 (自 2019年4月1日
                               至 2019年3月31日)                 至 2020年3月31日)
     基本報酬                                     87                 89

       30.グループ企業

        2020年3月31日時点の当社グループの子会社の内訳は、以下のとおりです。
                                                       議決権の
                                               主要な事業
                                                       所有割合
                    名称                    国名
                                                の内容
                                                        (%)
                                              音響機器事業
      ティアックアメリカ,          INC.                                      100.0
                                       米国
                                              情報機器事業
                                              音響機器事業
      ティアックヨーロッパ           GmbH                                      100.0
                                       ドイツ
                                              情報機器事業
      ティアックUK       LTD.                                          100.0
                                       英国       音響機器事業
                                              音響機器事業
      ティアック      オーディオ(チャイナ)CO.,              LTD.                             100.0
                                       中国
                                              情報機器事業
                                              音響機器事業
      東莞ティアック        エレクトロニクス         CO.,   LTD.                              100.0
                                       中国
                                              情報機器事業
                                              音響機器事業
      ティアック      マニュファクチャリング            ソリューションズ㈱                               100.0
                                       日本
                                              情報機器事業
      エソテリック㈱                                                 100.0
                                       日本       音響機器事業
                                              音響機器事業
      ティアック      カスタマー      ソリューションズ㈱                                     100.0
                                       日本
                                              情報機器事業
                                              音響機器事業
      ティアック      オンキヨー      ソリューションズ㈱                                     80.00
                                       日本
                                              情報機器事業
                                              音響機器事業
      ティアック      セールス     アンド    トレーディング(深セン)CO.,               LTD                    100.0
                                       中国
                                              情報機器事業
      ティアック香港        CO.,LTD.                                         100.0
                                       中国       音響機器事業
        (注)  当年度において当社グループ構成に重要な変動はありません。
       31.後発事象

        該当ありません。
                                  86/106




                                                           EDINET提出書類
                                                      ティアック株式会社(E01932)
                                                            有価証券報告書
      (2)【その他】
        当連結会計年度における四半期情報等
     (累計期間)                        第1四半期        第2四半期        第3四半期       当連結会計年度
                      (百万円)           3,067        6,825        10,575        14,745
     売上収益
     税引前四半期(当期)損失(△)                (百万円)           △271        △188        △211          69
     親会社所有者に帰属する
                      (百万円)           △261        △185        △214          27
     四半期(当期)損失(△)
     基本的1株当たり
                       (円)         △9.06        △6.43        △7.41         0.94
     四半期(当期)損失(△)
     (会計期間)                        第1四半期        第2四半期        第3四半期        第4四半期

     基本的1株当たり
                       (円)         △9.06         2.64       △0.99         8.35
     四半期利益(損失△)
                                  87/106
















                                                           EDINET提出書類
                                                      ティアック株式会社(E01932)
                                                            有価証券報告書
     2【財務諸表等】
      (1)【財務諸表】
      ①【貸借対照表】
                                                  (単位:百万円)
                                   前事業年度              当事業年度
                                 (2019年3月31日)              (2020年3月31日)
      資産の部
       流動資産
                                         1,354              1,081
         現金及び預金
                                       ※3 , ※4 297           ※3 , ※4 347
         受取手形
                                      ※1 , ※2 1,532           ※1 , ※2 1,452
         売掛金
                                         ※1 699             ※1 673
         商品
                                           477              456
         原材料
                                           159              142
         前払費用
                                           202              195
         関係会社短期貸付金
                                         ※2 285             ※2 258
         未収入金
                                           22              31
         その他
                                          △ 19             △ 19
         貸倒引当金
                                         5,012              4,619
         流動資産合計
       固定資産
         有形固定資産
                                         ※1 337             ※1 326
          建物
                                            0              0
          構築物
                                            0              0
          機械及び装置
                                            0              0
          車両運搬具
                                           116              146
          工具、器具及び備品
                                        ※1 1,074             ※1 1,074
          土地
                                            7              12
          リース資産
                                         1,536              1,561
          有形固定資産合計
         無形固定資産
                                           100               60
          ソフトウエア
                                            2              2
          その他
                                           102               62
          無形固定資産合計
         投資その他の資産
                                          ※1 30             ※1 6
          投資有価証券
                                         6,333              6,382
          関係会社株式
                                            9              3
          長期前払費用
                                         ※2 140             ※2 45
          長期未収入金
                                           114              112
          敷金及び保証金
                                           172              171
          破産更生債権等
                                            5              5
          その他
                                         △ 309             △ 287
          貸倒引当金
                                         6,496              6,440
          投資その他の資産合計
                                         8,135              8,064
         固定資産合計
                                         13,147              12,684
       資産合計
                                  88/106






                                                           EDINET提出書類
                                                      ティアック株式会社(E01932)
                                                            有価証券報告書
                                                  (単位:百万円)

                                   前事業年度              当事業年度
                                 (2019年3月31日)              (2020年3月31日)
      負債の部
       流動負債
                                         ※4 312             ※4 310
         支払手形
                                         ※2 261             ※2 241
         買掛金
                                        ※5 2,261             ※5 2,510
         短期借入金
                                         3,155              3,052
         関係会社短期借入金
                                           132              132
         1年内返済予定の長期借入金
                                            5              ▶
         リース債務
                                         ※2 248             ※2 198
         未払金
                                           148              141
         未払費用
                                           37              68
         未払法人税等
                                           117              103
         前受金
                                           41              19
         預り金
                                           125              118
         賞与引当金
                                           40              38
         製品保証引当金
                                           50              38
         返品調整引当金
                                           49              75
         未払消費税等
                                            0              0
         その他
                                         6,988              7,053
         流動負債合計
       固定負債
                                           17               0
         長期未払金
                                           194               51
         長期借入金
                                            3              8
         リース債務
                                         2,482              2,115
         退職給付引当金
                                            8              8
         その他
                                         2,706              2,184
         固定負債合計
                                         9,694              9,237
       負債合計
      純資産の部
       株主資本
                                         3,500              3,500
         資本金
         資本剰余金
                                           54              54
          その他資本剰余金
                                           54              54
          資本剰余金合計
         利益剰余金
          その他利益剰余金
                                           20              13
            繰越利益剰余金
          利益剰余金合計                                 20              13
                                         △ 120             △ 121
         自己株式
                                         3,453              3,446
         株主資本合計
                                         3,453              3,446
       純資産合計
                                         13,147              12,684
      負債純資産合計
                                  89/106






                                                           EDINET提出書類
                                                      ティアック株式会社(E01932)
                                                            有価証券報告書
      ②【損益計算書】
                                                  (単位:百万円)
                                   前事業年度               当事業年度
                                (自 2018年4月1日              (自 2019年4月1日
                                 至 2019年3月31日)               至 2020年3月31日)
                                        ※1 10,166             ※1 9,666
      売上高
                                        ※1 6,124             ※1 5,632
      売上原価
                                           14             △ 12
      返品調整引当金繰入額
                                         4,027              4,047
      売上総利益
                                      ※1 , ※2 4,125           ※1 , ※2 4,130
      販売費及び一般管理費
      営業損失(△)                                    △ 98             △ 83
      営業外収益
                                          ※1 3             ※1 2
       受取利息
                                         ※1 343             ※1 51
       受取配当金
                                         ※1 132             ※1 111
       受取地代家賃
                                           14              21
       貸倒引当金戻入益
                                           -               ▶
       為替差益
                                           22               1
       その他
                                           516              193
       営業外収益合計
      営業外費用
                                         ※1 159             ※1 141
       支払利息
       貸倒損失                                    30              -
                                           42              25
       シンジケートローン手数料
                                            6              -
       関係会社清算損
                                           25              24
       不動産賃貸原価
                                           86              -
       為替差損
                                           10               3
       その他
                                           360              194
       営業外費用合計
      経常利益又は経常損失(△)                                     57             △ 83
      特別利益
                                           -              100
       投資有価証券売却益
                                           -              100
       特別利益合計
      特別損失
                                           45              24
       投資有価証券評価損
                                           45              24
       特別損失合計
      税引前当期純利益又は税引前当期純損失(△)                                     11              △ 7
                                           △ 8             △ 0
      法人税、住民税及び事業税
                                           △ 8             △ 0
      法人税等合計
      当期純利益又は当期純損失(△)                                     20              △ 7
                                  90/106








                                                           EDINET提出書類
                                                      ティアック株式会社(E01932)
                                                            有価証券報告書
      ③【株主資本等変動計算書】
        前事業年度(自 2018年4月1日 至 2019年3月31日)
                                                    (単位:百万円)
                                                評価・換算
                              株主資本
                                                 差額等
                       資本剰余金      利益剰余金
                                                       純資産合計
                                                  その他
                              その他利益
                                           株主資本
                  資本金                  自己株式             有価証券
                               剰余金
                       その他資本                    合計
                                                 評価差額金
                        剰余金
                              繰越利益
                               剰余金
                    6,000       306    △ 2,752      △ 120     3,433       △ 6    3,427
     当期首残高
     当期変動額

      当期純利益又は
                                  20             20             20
      当期純損失(△)
                   △ 2,500      2,500                    -             -
      減資
      欠損補填                   △ 2,752      2,752              -             -
      自己株式の取得                                 △ 0     △ 0            △ 0

      株主資本以外の項目の
                                              -       6      6
      当期変動額(純額)
                   △ 2,500      △ 252     2,773       △ 0      20       6      26
     当期変動額合計
                    3,500        54      20     △ 120     3,453        -     3,453
     当期末残高
        当事業年度(自 2019年4月1日 至 2020年3月31日)

                                                    (単位:百万円)
                                                評価・換算
                              株主資本
                                                 差額等
                       資本剰余金      利益剰余金
                                                       純資産合計
                                                  その他
                              その他利益
                                           株主資本
                  資本金                  自己株式             有価証券
                               剰余金
                       その他資本                    合計
                                                 評価差額金
                        剰余金
                              繰越利益
                               剰余金
                    3,500        54      20     △ 120     3,453        -     3,453
     当期首残高
     当期変動額

      当期純利益又は
                                 △ 7            △ 7            △ 7
      当期純損失(△)
                                              -             -
      減資
                                              -             -
      欠損補填
                                        △ 0     △ 0            △ 0
      自己株式の取得
      株主資本以外の項目の
                                              -      -      -
      当期変動額(純額)
                     -      -      △ 7     △ 0     △ 7      -      △ 7
     当期変動額合計
                    3,500        54      13     △ 121     3,446        -     3,446
     当期末残高
                                  91/106





                                                           EDINET提出書類
                                                      ティアック株式会社(E01932)
                                                            有価証券報告書
      【注記事項】
       (重要な会計方針)
      1 資産の評価基準及び評価方法
       (1)有価証券
        子会社株式
         移動平均法による原価法によっております。
        その他有価証券
        ① 時価のあるもの
         期末日の市場価格等に基づく時価法(評価差額は全部純資産直入法により処理し、売却原価は移動平均法によ
        り算定)によっております。
        ② 時価のないもの
         移動平均法による原価法によっております。
       (2)デリバティブ等

         時価法によっております。
       (3)たな卸資産

         移動平均法による原価法(収益性の低下による簿価切下げの方法)によっております。
      2 固定資産の減価償却の方法

       (1)有形固定資産(リース資産を除く)
         定額法によっております。
       (2)無形固定資産(リース資産を除く)

         定額法によっております。
         なお、市場販売目的ソフトウェアについては、関連製品の販売計画等を勘案した見積販売可能期間(3年)
        に、自社利用のソフトウェアについては、社内における利用可能期間(5年)に基づいております。
       (3)リース資産

        所有権移転外ファイナンス・リース取引に係るリース資産
         リース期間を耐用年数とし、残存価額をゼロとする定額法によっております。
      3 外貨建資産又は負債の本邦通貨への換算基準

         外貨建金銭債権債務は、決算日の直物為替相場により円貨に換算し、換算差額は損益として処理しておりま
        す。
      4 引当金の計上基準

       (1)貸倒引当金
         債権の貸倒れによる損失に備えるため、一般債権については貸倒実績率により、貸倒懸念債権等特定の債権につ
        いては個別に回収可能性を勘案し、回収不能見込額を計上しております。
       (2)賞与引当金

         従業員に対して支給する賞与に充てるため、支給見込額の当事業年度負担分を計上しております。
                                  92/106






                                                           EDINET提出書類
                                                      ティアック株式会社(E01932)
                                                            有価証券報告書
       (3)退職給付引当金
         従業員の退職給付に備えるため、当事業年度末における退職給付債務及び年金資産の見込額に基づき、計上して
        おります。退職給付債務及び退職給付費用の処理方法は以下のとおりであります。
        ① 退職給付見込額の期間帰属方法
          退職給付債務の算定にあたり、退職給付見込額を当事業年度末までの期間に帰属させる方法については、給付
         算定式基準によっております。
        ② 数理計算上の差異及び過去勤務費用の費用処理方法
          過去勤務費用は、その発生時の従業員の平均残存勤務期間以内の一定の年数(主として10年)による定額法に
         より費用処理しております。数理計算上の差異は、各事業年度の発生時における従業員の平均残存勤務期間以内
         の一定の年数(10年)による定率法により算出した額をそれぞれ発生の翌事業年度から費用処理しております。
       (4)製品保証引当金

         製品の保証期間内に係るアフターサービスに要する費用の支出に備えるため、過去の支出実績に基づくアフター
        サービス費用の今後の支出見込額を計上しております。
       (5)返品調整引当金

         製品の返品による損失に備えるため、過去の返品実績率に基づく返品損失見込額を計上しております。
      5 その他財務諸表作成のための基本となる重要な事項

       (1)消費税等の会計処理の方法
         消費税及び地方消費税の会計処理は、税抜方式によっております。
       (2)連結納税制度の適用

         連結納税制度を適用しております。
       (3)退職給付に係る会計処理の方法

         未認識数理計算上の差異及び未認識過去勤務費用の貸借対照表における取扱いが連結財務諸表と異なっておりま
        す。
       (4)連結納税制度からグループ通算制度への移行に係る税効果会計の適用

         「所得税法等の一部を改正する法律」(令和2年法律第8号)において創設されたグループ通算制度への移行及
        びグループ通算制度への移行にあわせて単体納税制度の見直しが行われた項目については、「連結納税制度からグ
        ループ通算制度への移行に係る税効果会計の適用に関する取扱い」(実務対応報告第39号                                          2020年3月31日)第3
        項の取扱いにより、「税効果会計に係る会計基準の適用指針」(企業会計基準適用指針第28号                                            2018年2月16日)
        第44項の定めを適用せず、繰延税金資産及び繰延税金負債の額について、改正前の税法の規定に基づいておりま
        す。
       【表示方法の変更】

         該当事項はありません。
       【追加情報】

         新型コロナウイルス感染症による会計上の見積りに対する重要な不確実性の影響の評価は、財務諸表作成時点に
        おいて入手可能な情報に基づき実施しております。新型コロナウイルス感染症の感染拡大やそれに伴う経済活動の
        停滞による影響が特に重要であった領域は、固定資産の減損損失の認識における割引前将来キャッシュ・フローの
        見積りです。新型コロナウイルス感染症の感染拡大やそれに伴う経済活動の停滞が当社に及ぼす影響は、各事業や
        地域によって異なりますが、外部の情報源に基づく情報等を踏まえて、今後、2020年12月までは各地域において影
        響を受けるものの、それ以降は徐々に回復が進んでいくとの仮定に基づき、割引前将来キャッシュ・フローの見積
        りを実施しております。
         しかし、新型コロナウイルス感染症の収束時期は不透明であり、今後の進展により原材料及び商品調達面、また
        販売面の両面での悪影響が生じるなど、将来の不確実な経済環境の変動の結果によって、将来における実績が見積
        りと乖離する可能性があります。
                                  93/106




                                                           EDINET提出書類
                                                      ティアック株式会社(E01932)
                                                            有価証券報告書
       (貸借対照表関係)
     ※1 担保に供している資産
                                前事業年度                  当事業年度
                             (2019年3月31日)                  (2020年3月31日)
     売掛金                                219百万円                  236百万円
     商品                                344百万円                  375百万円
     建物                                311百万円                  303百万円
     土地                               1,070百万円                  1,070百万円
     投資有価証券                                 30百万円                  6百万円
     ※2 関係会社に対する資産及び負債

       区分掲記されたもの以外で当該関係会社に対する金銭債権又は金銭債務は、次のとおりであります。
                                前事業年度                  当事業年度
                             (2019年3月31日)                  (2020年3月31日)
     短期金銭債権                                430百万円                  315百万円
     長期金銭債権                                140百万円                  45百万円
     短期金銭債務                                208百万円                  174百万円
     ※3 受取手形割引高

                                前事業年度                  当事業年度
                              (2019年3月31日)                  (2020年3月31日)
     受取手形割引高                                 92 百万円                163  百万円
     ※4    期末日満期手形の会計処理については、満期日に決済が行われたものとして処理しております。

       なお、前事業年度末日が金融機関の休日であったため、次の期末日満期手形を満期日に決済が行われたものとして処
       理しております。
                                前事業年度                  当事業年度
                             (2019年3月31日)                  (2020年3月31日)
     受取手形                                 32百万円                  -百万円
     支払手形                                 77百万円                  -百万円
                                  94/106










                                                           EDINET提出書類
                                                      ティアック株式会社(E01932)
                                                            有価証券報告書
     ※5 当社においては、機動的かつ安定的な資金調達を行うため、シンジケートローンによるコミットメントライン契約

       を締結しております。
                              前事業年度                   当事業年度
                            (2019年3月31日)                   (2020年3月31日)
     コミットメントラインの総額                              2,650百万円                   2,140百万円
     借入実行残高                              1,840百万円                   2,140百万円
     差引残高                               810百万円                   -百万円
        なお、本契約には下記の財務制限条項が付されております。
        (1)  借入人は、本契約締結日又はそれ以降に終了する借入人の各年度の決算期の末日における借入人の連結の財政
          状態計算書(指定国際会計基準により作成されたものをいう。)(但し、借入人は借入人の各年度の決算期の
          末日における連結の財政状態計算書を作成する。)における資本合計の部の金額を「資産合計」の金額で除し
          た数値を、0.1以上にそれぞれ維持することを確約する。
        (2)  借入人は、本契約締結日又はそれ以降に終了する借入人の各年度の決算期に係る借入人の連結の損益計算書上
          の「個別開示項目前営業利益」に「金融収益」を加算し、「金融費用」を控除し、「持分法による投資損益」
          を加算し、一過性損益(日本国において一般に公正妥当と認められている会計基準に準じて、特別利益として
          計上されるもののうち、借入人の連結損益計算書上において個別開示項目として計上されない金額から、日本
          国において一般に公正妥当と認められている会計基準に準じて、特別損失として計上されるもののうち、借入
          人の連結の損益計算書上において個別開示項目として計上されない金額を控除した金額)(もしあれば)及び
          2019年3月に終了する借入人の決算期においては当該決算期に係る借入人の連結の損益計算書上の販売管理費
          に計上される事業再生に係るコンサルフィーを控除し、「為替換算調整勘定の変動リスクヘッジに伴う為替損
          益」を控除した金額に関して、それぞれ負の値としないことを確約する。
        その他、東京証券取引所市場第一部上場を維持すること等の制限が設けられております。また、当社所有の不動産
       の一部及びその他の投資の一部を担保として提供しております。銀行借入の担保となっている有形固定資産及びその
       他の投資の帳簿価額は、2020年3月31日現在において1,380百万円であります。
        また、当事業年度において前々事業年度に行った確定給付企業年金制度の一部を確定拠出企業年金制度に移管した
       事による移管金、370百万円を金融機関より借入れております。当社所有の営業債権及びその他の債権の一部、棚卸
       資産の一部を担保として提供しております。銀行借入の担保となっている営業債権及びその他の債権、棚卸資産の帳
       簿価額は、612百万円であります。
        なお、本契約上の債務以外の債務についての期限の利益を喪失したときには、本契約の期限の利益も喪失する旨の
       条項が付されております。
                                  95/106










                                                           EDINET提出書類
                                                      ティアック株式会社(E01932)
                                                            有価証券報告書
       (損益計算書関係)
     ※1 関係会社との取引高
                                前事業年度                  当事業年度
                             (自 2018年4月1日                  (自 2019年4月1日
                              至 2019年3月31日)                  至 2020年3月31日)
     売上高                               3,357百万円                  2,931百万円
     仕入高、販売費及び一般管理費                               3,119百万円                  3,113百万円
     営業取引以外の取引高                                503百万円                  178百万円
     ※2 販売費及び一般管理費の主なもののうち主要な費目及び金額並びにおおよその割合は、次のとおりであります。

                                前事業年度                   当事業年度
                             (自 2018年4月1日                  (自 2019年4月1日
                              至 2019年3月31日)                    至 2020年3月31日)
     従業員給料                               1,443   百万円               1,433   百万円
     賞与引当金繰入額                                125  百万円                112  百万円
     退職給付費用                                 40 百万円                 2 百万円
     諸手数料                                620  百万円                649  百万円
     おおよその割合

                                       10.9%                  10.0%
      販売費
                                       89.1%                  90.0%
      一般管理費
       (有価証券関係)

        子会社株式で時価のあるものはありません。
       (注) 時価を把握することが極めて困難と認められる子会社株式の貸借対照表計上額

                                                    (単位:百万円)
                                前事業年度                  当事業年度
              区分
                              (2019年3月31日)                  (2020年3月31日)
                                        6,333                  6,382

     子会社株式
                                        6,333                  6,382
              合計
         これらについては、市場価格がなく、時価を把握することが極めて困難と認められることから、「子会社株式」
        の時価を記載しておりません。
       (税効果会計関係)

        繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別の内訳
                                   前事業年度               当事業年度
                                 (2019年3月31日)               (2020年3月31日)
     繰延税金資産
      貸倒引当金                                  100百万円                94百万円
      研究開発費                                  93百万円               106百万円
      棚卸資産評価損                                  168百万円               188百万円
      訴訟損失引当金                                  -百万円               -百万円
      退職給付引当金                                  758百万円               648百万円
      子会社株式評価損                                 1,401百万円               1,402百万円
      繰越欠損金                                 5,404百万円               5,414百万円
      その他                                  351百万円               369百万円
     繰延税金資産小計                                  8,277百万円               8,219百万円
      税務上の繰越欠損金に係る評価性引当金                                △5,404百万円               △5,414百万円
      将来減算一時差異等の合計に係る評価性引当額                                △2,873百万円               △2,806百万円
     評価性引当額                                 △8,277百万円               △8,219百万円
     繰延税金資産合計                                   -百万円               -百万円
     繰延税金負債
      その他有価証券評価差額金                                  -百万円               -百万円
     繰延税金負債合計                                   -百万円               -百万円
     繰延税金資産(負債)の純額                                   -百万円               -百万円
                                  96/106


                                                           EDINET提出書類
                                                      ティアック株式会社(E01932)
                                                            有価証券報告書
       (重要な後発事象)
        該当事項はありません。
                                  97/106




















                                                           EDINET提出書類
                                                      ティアック株式会社(E01932)
                                                            有価証券報告書
      ④【附属明細表】
       【有形固定資産等明細表】
                                                    (単位:百万円)
                          期首     当期     当期     当期     期末    減価償却      期末

        区分        資産の種類
                         帳簿価額      増加額     減少額     償却額     帳簿価額      累計額     取得原価
                           337      7     -     18     326    1,945     2,272
              建物
                            0     0     -      0     0     96     97
              構築物
                            0     -     -      0     0     67     68
              機械及び装置
                            0     -     -     -      0     0     0
              車両運搬具
      有形固定資産
                           116      97      0     66     146     845     992
              工具、器具及び備品
                          1,074       -     -     -    1,074       -    1,074

              土地
                            7     11     -      6     12     261     273

              リース資産
                          1,536      117      0     91    1,561     3,217     4,779
                  計
                           100      11     -     51     60     -     -
              ソフトウエア
                            2     -     -     -      2     -     -
      無形固定資産        その他
                           102      11     -     51     62     -     -
                  計
       【引当金明細表】

                   当期首残高           当期増加額           当期減少額           当期末残高
          区分
                   (百万円)           (百万円)           (百万円)           (百万円)
                         329            -           22          306

     貸倒引当金
                         125           118           125           118
     賞与引当金
                          40           38           40           38
     製品保証引当金
                          50           38           50           38
     返品調整引当金
      (注)   貸倒引当金の当期減少額は、主に洗替えによるものであります。
      (2)【主な資産及び負債の内容】

           連結財務諸表を作成しているため、記載を省略しております。
      (3)【その他】

           該当事項はありません。
                                  98/106







                                                           EDINET提出書類
                                                      ティアック株式会社(E01932)
                                                            有価証券報告書
     第6【提出会社の株式事務の概要】
     事業年度            4月1日から3月31日まで

     定時株主総会            6月中

     基準日            3月31日

     剰余金の配当の基準日            3月31日

     1単元の株式数            100株

     単元未満株式の買取り

                  (特別口座)
       取扱場所
                  東京都千代田区丸の内一丁目4番5号  三菱UFJ信託銀行株式会社 証券代行部
                  (特別口座)
       株主名簿管理人
                  東京都千代田区丸の内一丁目4番5号  三菱UFJ信託銀行株式会社
                  -
       取次所
       買取手数料          無料
                  当会社の公告は、電子公告としております。やむを得ない事由により、電子公告によること
                  ができない場合は、日本経済新聞に掲載しております。
                  なお、電子公告は当会社のホームページに掲載しており、そのアドレスは次のとおりです。
     公告掲載方法
                  https://www.teac.co.jp/about/jp/koukoku

     株主に対する特典            該当事項なし
      (注1) 当会社の株主は、その有する単元未満株式について、次に掲げる権利以外の権利を行使することができな
          い。
          (1)会社法第189条第2項各号に掲げる権利
          (2)取得請求権付株式の取得を請求する権利
          (3)募集株式又は募集新株予約権の割当てを受ける権利
                                  99/106











                                                           EDINET提出書類
                                                      ティアック株式会社(E01932)
                                                            有価証券報告書
     第7【提出会社の参考情報】
     1【提出会社の親会社等の情報】
        金融商品取引法第24条の7第1項に規定する親会社等は、Gibson                               Brands,    Inc.及びGibson        Holdings,     Inc.であり
       ます。
     2【その他の参考情報】

        当事業年度の開始日から有価証券報告書提出日までの間に次の書類を提出しております。
       (1)有価証券報告書及びその添付書類並びに確認書
         事業年度 第71期(自 2018年4月1日 至 2019年3月31日)2019年6月21日関東財務局長に提出
       (2)内部統制報告書及びその添付資料
         2019年6月21日関東財務局長に提出
       (3)四半期報告書及び確認書
         第72期第1四半期(自 2019年4月1日 至 2019年6月30日)2019年8月9日関東財務局長に提出
         第72期第2四半期(自 2019年7月1日 至 2019年9月30日)2019年11月8日関東財務局長に提出
         第72期第3四半期(自 2019年10月1日 至 2019年12月31日)2020年2月7日関東財務局長に提出
       (4)臨時報告書
         企業内容等の開示に関する内閣府令第19条第2項第9号の2(議決権行使結果)の規定に基づく臨時報告書
         2019年6月28日関東財務局長に提出
                                100/106














                                                           EDINET提出書類
                                                      ティアック株式会社(E01932)
                                                            有価証券報告書
     第二部【提出会社の保証会社等の情報】
        該当事項はありません。

                                101/106




















                                                           EDINET提出書類
                                                      ティアック株式会社(E01932)
                                                            有価証券報告書
                   独立監査人の監査報告書及び内部統制監査報告書
                                                     2020年6月25日

     ティアック株式会社

      取締役会 御中

                                有限責任     あずさ監査法人

                                 東京事務所
                                指定有限責任社員

                                          公認会計士       西  野  聡  人   ㊞
                                業務執行社員
                                指定有限責任社員

                                          公認会計士       森  部  裕  次   ㊞
                                業務執行社員
     <財務諸表監査>

     監査意見
      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づく監査証明を行うため、「経理の状況」に掲げられて
     いるティアック株式会社の2019年4月1日から2020年3月31日までの連結会計年度の連結財務諸表、すなわち、連結財政
     状態計算書、連結損益計算書、連結包括利益計算書、連結持分変動計算書、連結キャッシュ・フロー計算書及び連結財務
     諸表注記について監査を行った。
      当監査法人は、上記の連結財務諸表が、「連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」第93条により規定さ
     れた国際会計基準に準拠して、ティアック株式会社及び連結子会社の2020年3月31日現在の財政状態並びに同日をもって
     終了する連結会計年度の経営成績及びキャッシュ・フローの状況を、全ての重要な点において適正に表示しているものと
     認める。
     監査意見の根拠

      当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に準拠して監査を行った。監査の基準における
     当監査法人の責任は、「連結財務諸表監査における監査人の責任」に記載されている。当監査法人は、我が国における職
     業倫理に関する規定に従って、会社及び連結子会社から独立しており、また、監査人としてのその他の倫理上の責任を果
     たしている。当監査法人は、意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手したと判断している。
     連結財務諸表に対する経営者及び監査等委員会の責任

      経営者の責任は、国際会計基準に準拠して連結財務諸表を作成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬
     による重要な虚偽表示のない連結財務諸表を作成し適正に表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運
     用することが含まれる。
      連結財務諸表を作成するに当たり、経営者は、継続企業の前提に基づき連結財務諸表を作成することが適切であるかど
     うかを評価し、国際会計基準に基づいて継続企業に関する事項を開示する必要がある場合には当該事項を開示する責任が
     ある。
      監査等委員会の責任は、財務報告プロセスの整備及び運用における取締役の職務の執行を監視することにある。
                                102/106





                                                           EDINET提出書類
                                                      ティアック株式会社(E01932)
                                                            有価証券報告書
     連結財務諸表監査における監査人の責任
      監査人の責任は、監査人が実施した監査に基づいて、全体としての連結財務諸表に不正又は誤謬による重要な虚偽表示
     がないかどうかについて合理的な保証を得て、監査報告書において独立の立場から連結財務諸表に対する意見を表明する
     ことにある。虚偽表示は、不正又は誤謬により発生する可能性があり、個別に又は集計すると、連結財務諸表の利用者の
     意思決定に影響を与えると合理的に見込まれる場合に、重要性があると判断される。
      監査人は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に従って、監査の過程を通じて、職業的専門家とし
     ての判断を行い、職業的懐疑心を保持して以下を実施する。
     ・  不正又は誤謬による重要な虚偽表示リスクを識別し、評価する。また、重要な虚偽表示リスクに対応した監査手続を

     立案し、実施する。監査手続の選択及び適用は監査人の判断による。さらに、意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査
     証拠を入手する。
     ・  連結財務諸表監査の目的は、内部統制の有効性について意見表明するためのものではないが、監査人は、リスク評価

     の実施に際して、状況に応じた適切な監査手続を立案するために、監査に関連する内部統制を検討する。
     ・  経営者が採用した会計方針及びその適用方法の適切性、並びに経営者によって行われた会計上の見積りの合理性及び

     関連する注記事項の妥当性を評価する。
     ・  経営者が継続企業を前提として連結財務諸表を作成することが適切であるかどうか、また、入手した監査証拠に基づ

     き、継続企業の前提に重要な疑義を生じさせるような事象又は状況に関して重要な不確実性が認められるかどうか結論付
     ける。継続企業の前提に関する重要な不確実性が認められる場合は、監査報告書において連結財務諸表の注記事項に注意
     を喚起すること、又は重要な不確実性に関する連結財務諸表の注記事項が適切でない場合は、連結財務諸表に対して除外
     事項付意見を表明することが求められている。監査人の結論は、監査報告書日までに入手した監査証拠に基づいている
     が、将来の事象や状況により、企業は継続企業として存続できなくなる可能性がある。
     ・  連結財務諸表の表示及び注記事項が、国際会計基準に準拠しているかどうかとともに、関連する注記事項を含めた連

     結財務諸表の表示、構成及び内容、並びに連結財務諸表が基礎となる取引や会計事象を適正に表示しているかどうかを評
     価する。
     ・  連結財務諸表に対する意見を表明するために、会社及び連結子会社の財務情報に関する十分かつ適切な監査証拠を入

     手する。監査人は、連結財務諸表の監査に関する指示、監督及び実施に関して責任がある。監査人は、単独で監査意見に
     対して責任を負う。
      監査人は、監査等委員会に対して、計画した監査の範囲とその実施時期、監査の実施過程で識別した内部統制の重要な

     不備を含む監査上の重要な発見事項、及び監査の基準で求められているその他の事項について報告を行う。
      監査人は、監査等委員会に対して、独立性についての我が国における職業倫理に関する規定を遵守したこと、並びに監
     査人の独立性に影響を与えると合理的に考えられる事項、及び阻害要因を除去又は軽減するためにセーフガードを講じて
     いる場合はその内容について報告を行う。
     <内部統制監査>

     監査意見
      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第2項の規定に基づく監査証明を行うため、ティアック株式会社の2020年
     3月31日現在の内部統制報告書について監査を行った。
      当監査法人は、ティアック株式会社が2020年3月31日現在の財務報告に