新韓銀行 有価証券報告書

有価証券報告書

提出日:

提出者:新韓銀行

カテゴリ:有価証券報告書

PDFビューワー表示

                                                           EDINET提出書類
                                                           新韓銀行(E26225)
                                                            有価証券報告書
     【表紙】
     【提出書類】                     有価証券報告書
     【根拠条文】                     金融商品取引法第24条第1項
     【提出先】                     関東財務局長
     【提出日】                     2020  年6月30日
     【事業年度】                     自 2019年1月1日 至 2019年12月31日
     【会社名】                     新韓銀行
                         (Shinhan     Bank)
     【代表者の役職氏名】                     銀行長兼最高経営責任者 晉              玉童
                         ( Ok  Dong   Jin  , President     and  Chief   Executive     Officer)
     【本店の所在の場所】                     大韓民国ソウル特別市中区世宗大路9道20
     【代理人の氏名又は名称】                     弁護士 島崎文彰
     【代理人の住所又は所在地】                     東京都千代田区神田小川町一丁目7番地 小川町メセナビル4階
                         島崎法律事務所
     【電話番号】                     (03)   5843-9631
     【事務連絡者氏名】                     弁護士 島崎文彰
     【連絡場所】                     東京都千代田区神田小川町一丁目7番地 小川町メセナビル4階
                         島崎法律事務所
                         (03)   5843-9631
     【電話番号】
     【縦覧に供する場所】                     該当事項なし
                                   1/976












                                                           EDINET提出書類
                                                           新韓銀行(E26225)
                                                            有価証券報告書
      ( 注)1.本有価証券報告書(以下「本書」ということがある。)において別段の記載がある場合を除き、下記の語の意
         味はそれぞれ対置された内容を指すものとする。
         「発行会社」または「当行」                       文脈上別段に解釈すべき場合を除き、新韓銀行およびそ
                                の子会社
         「韓国」                       大韓民国
         「金融サービス委員会」または「FSC」                       韓国の金融サービス委員会
         「金融監督院」または「FSS」                       FSC  の執行機関である韓国の金融監督院
        2.別段の記載がある場合を除き、本書に記載の「ウォン」は韓国ウォンをいい、「円」は日本の通貨をいう。

         2020年4月3日現在の           東京の主要銀行        の 対顧客電信直物売買為替相場の仲値は、100ウォン=8.81円であっ
         た。
        3.当行の事業年度は暦年である。
        4.本書において表中の数字が四捨五入されている場合、合計は計数の総和と必ずしも一致しない。
        5.将来予測に関する記述
          本書に   含まれる一定の       記載は、発行会社の将来の業績および事業見通しについての期待および予測に関する
         記述を含む「将来予測に関する記載」を構成している。「信じている」、「期待している」、「予想してい
         る」、「見積もっている」、「予測している」、「~であろう」、「~つもりである」、「~となりそうであ
         る」、「引続き~であろう」、「意図している」、「計画している」、「企図している」、「求めている」、
         「将来」、「目的」、「目標」、「~するべきである」、「追求するであろう」といった用語ならびに類似の
         表現またはこれらの表現の変形は、将来予測に関する記載を示すものとして用いられている。さらに、本書に
         記載される歴史的事実についての記述を除くすべての記載(発行会社の商品およびサービスに関する開発計画
         および目標を含む発行会社の財政状態および業績、事業戦略、将来の事業に係る経営計画および目標を含む
         が、これらに限定されない。)は将来予測に関する記載である。かかる将来予測に関する記載および本書に記
         述されるその他の予測(発行会社によりなされたか第三者によるものかを問わない。)は、将来予測に関する
         記載により表明または示唆される将来の結果、業績または成果とは著しく異なる実際の結果、業績または成果
         をもたらす可能性のある既知および未知のリスク、不確実性ならびにその他の要因に関わっている。かかる将
         来予測に関する記載は、発行会社の現在および将来の事業戦略ならびに発行会社が将来行う事業環境に関する
         現在の確信、仮定、期待、見積りおよび予測に基づいている。これらの仮定の一部もしくは全部を阻害し、ま
         たは将来予測に関する記述とは著しく異なる発行会社の実際の結果、業績もしくは成果をもたらす可能性のあ
         る重要な要因の中には、とりわけ、下記の事項が含まれている。
          ・韓国および世界の経済停滞による悪影響のリスク
          ・発行会社がその事業戦略を首尾よく実行しうる能力
          ・消費者の信認および支出の変化を含む韓国、アジアまたは世界の経済の状況および変化
          ・不良債権の将来の水準
          ・発行会社が事業戦略を首尾良く成し遂げられるかどうかを含む発行会社の成長および拡大
          ・金利の変動や政府規制ならびに韓国および発行会社が事業を行うその他の法域における発行会社の事業免
           許の変更
          ・金融サービス業界における競争
          発行会社の実際の結果、業績または成果を著しく異なるものにさせることがありうる追加的な要因には、
         「第一部 第3-2         事業等のリスク」において記載されるものを含むが、これらに限られない。なお、本書に
         含まれる将来予測に関する記載は、本書提出日現在においてのみ有効なものとして述べられている。
                                   2/976






                                                           EDINET提出書類
                                                           新韓銀行(E26225)
                                                            有価証券報告書
        6.本書に記載されるすべての財務情報は、別段の記載がない限り韓国採択国際会計基準(以下「韓国IFRS」と
         いう。)ならびに適用ある場合には銀行業に適用される韓国の会計基準に基づく会計および報告ガイドライン
         に準拠した連結ベースで表示されている。個々の借り手、借り手のグループもしくは区分または産業別、地域
         別、規模その他による分類に関する本書の財務およびその他の情報(貸出金、信用、総エクスポージャー、引
         当金、担保価値、不良債権およびその他の事項についての情報を含む。)は、専ら当行の内部管理情報システ
         ムから得られている。
          韓国の1950年銀行法         (その後の改正を含む。)(以下「銀行法」という。)に基づき、韓国の銀行が信託を
         受けた資産は当該銀行勘定のその他の資産と分別されなければならない。したがって、当行を含め、銀行業お
         よび信託業に従事する銀行は、そのそれぞれの銀行業および信託業の詳細を示す、銀行勘定および信託勘定の
         2つ別個の勘定および2つの独立した会計記録を維持しなければならない。別段の記載のない限り、当行に関
         する本書に記載されるすべての財務情報は当行の銀行勘定のみに関して表示されている。
        7.別段の記載のない限り、本書記載の財務書類または添付の監査報告書の解釈に相違が生じた場合は、監督官
         庁への報告のために用いられる韓国語版が優先する。
                                   3/976
















                                                           EDINET提出書類
                                                           新韓銀行(E26225)
                                                            有価証券報告書
     第一部【企業情報】
     第1【本国における法制等の概要】

     1【会社制度等の概要】
     (1)【提出会社の属する国・州等における会社制度】

      当行を規律する法制度は、韓国の商法(以下「商法」という。)である。以下は、商法の規定に基づいて
     設立された株式会社(当行を含む。)に適用される商法の主要な規定の概略である。
     (a)設立

      株式会社の設立については、次のような基本的な要件がある。
     (ⅰ)    1人以上の発起人が必要である。自然人だけでなく法人も発起人になることができる。各発起人は、
        1株以上の株式を引受けて株式会社に出資しなければならない。
     (ⅱ)    発起人は、定款を作成して全員が記名および捺印または署名しなければならない。
     (ⅲ)    定款を作成し、株主を確定してから払込金が受領される。株式会社を設立する方法としては、発起設
        立と募集設立の2つの方法があるが、前者は、発起人だけが発行株式を全額引受ける方法であり、後
        者は、発起人と発起人でない者が共に株式を引受ける方法である。
     (ⅳ)    株式会社は、設立登記によって成立する。株式会社設立の無効は、当該会社の株主、取締役または監
        査役による設立日から2年以内の訴訟によってのみこれを主張することができる。
      商法に規定された定款の効力の必要条件として必要な記載事項が欠如していたり、かかる事項について違
     法な規定が含まれるときは、定款は無効となる。定款の必要な記載事項は、(ⅰ)目的、(ⅱ)商号、
     (ⅲ)株式会社が発行する株式の総数、(ⅳ)額面株式が発行される場合は1株の額面金額、(ⅴ)株式会
     社の設立に際して発行する株式数、(ⅵ)本店の所在地、(ⅶ)公告の方法ならびに(ⅷ)発起人の氏名、
     住民登録番号および住所である。
     (b)株式

      株式会社の資本は、これを株式に分割しなければならず、1株の額面金額は、100ウォン以上で均一にしな
     ければならない。無額面株式の発行は定款でその旨を定める場合は商法上認められる。この場合、かかる会
     社は額面株式を発行することができない。商法の規定に基づき、株式会社は、定款の定めによって株式の譲
     渡に取締役会の承認を要求することができる。譲渡は株券の交付によって行われる。
     (c)株主および株主総会

      株主の責任は、当該株主の有する株式の引受額を限度とする。株主は、法律や定款に別段の定めがない限
     り、当該株主の有する株式の数に応じて新株の割当を受ける権利がある。
      株主総会は、法律および定款に定められた事項を決議する株式会社の最高意思決定機関である。株主総会
     は、定時株主総会と臨時株主総会からなる。定時株主総会は、毎年1回一定の時期に招集しなければなら
     ず、年2回以上の決算期を有する株式会社は、毎期に定時株主総会を招集しなければならない。臨時株主総
     会は、必要に応じて随時招集することができる。株主総会の招集は、原則として取締役会がこれを決定す
     る。ただし、議決権のない株式および自己株式を除いた発行済株式総数の100分の3以上にあたる株式を有す
     る株主は臨時株主総会の招集を取締役会に請求することができ、もしも取締役会がこれに応じないときは、
     裁判所の許可を得て総会を直接招集することができる。
      株主は、直接株主総会に出席して議決権を行使したり、または代理人にその議決権を行使させることがで
     きる。議決権は、原則として1株につき1個が与えられる。ただし、株式会社が異なる種類の株式を発行す
     る場合においては、利益の配当に関して優先的内容を有する優先株式については、定款の規定をもって議決
     権がないものとすることができる。また、株式会社が自己の株式を有する場合およびその他一定の例外的な
     場合は、株式には議決権がない。
     (d)取締役、取締役会および監査役

      取締役は、株主総会で選任し、3人以上でなければならない(ただし、資本の額面金額の総額が1十億
     ウォン未満の株式会社については1名または2名の取締役で足りる。)。取締役会は、株式会社の業務執行
     に関する意思決定のために取締役全員で構成される株式会社の必要な機関である。取締役会の決議は、在任
                                   4/976

                                                           EDINET提出書類
                                                           新韓銀行(E26225)
                                                            有価証券報告書
     取締役の過半数の出席と出席取締役の過半数の賛成により行わなければならないが、定款でこの比率を高め
     ることができる。株式会社は、取締役会の決議により取締役の中から株式会社を代表する代表取締役を選任
     し なければならない。ただし、定款をもって株主総会でこれを選任する旨定めることができる。
      株式会社の業務監査のために、監査役が設置される(ただし、資本の額面金額の総額が1十億ウォン未満
     の株式会社については監査役を設置しなくてもよい。)。監査役は株主総会で選任される。監査役の選任に
     おいて、無議決権株式を除いた発行済株式総数の3%を超過する数の株式を有する株主は、その3%を超過
     する株式については、議決権を行使することができない。監査役は、取締役の業務執行を監査する。株式会
     社は、定款に従い監査役に代えて監査委員会を設置することができるが、この場合は監査役を置くことはで
     きない。
     (e)財務情報の開示

      商法に基づき、取締役は、毎決算期に貸借対照表、損益計算書、資本変動計算書、キャッシュ・フロー計
     算書、利益剰余金処分計算書(または欠損金処理計算書)および財務書類注記ならびにそれらの附属明細書
     (これらを総称して、以下「財務諸表」という。)ならびに事業報告書を取締役会の承認を得るために作成
     しなければならない。取締役は、定時株主総会の会日の6週間前にこれらの書類を監査役に提出し、監査役
     は当該書類の受領後4週間以内に監査報告書を取締役に提出する必要がある。取締役は、定時株主総会の会
     日の1週間前からかかる書類および監査報告書を本店に5年間、支店に3年間備え置き、これらの備置書類
     を株主および会社の債権者の閲覧に供することが要求されている。財務諸表は定時株主総会に株主の承認を
     求めるために提出され、また事業報告書は当該総会に提出され、その内容が報告されなければならない。上
     記にかかわらず、一定の要件を満た                  し、かつ会社の定款が認める               場合には、取締役は財務諸表のそれぞれを
     その承認のために取締役会に提出し、取締役会の承認を得た後、取締役は財務諸表の内容を定時株主総会で
     報告しなければならない。財務諸表が定時株主総会の承認を得られると、取締役は遅滞なく貸借対照表を公
     告しなければならない。
      株式会社     等 の外部監査に関する法律に従い、(ⅰ)                    直前の会計年度末時点で             資産合計額または売上高合計額
     が50十億ウォン以上の株式会社、(ⅱ)上場しているかもしくは当会計年度もしくは翌会計年度に上場予定の
     株式会社、または(ⅲ)直前の会計年度末時点で、(A)資産合計額が12十億ウォン未満である株式会社、(B)負
     債合計額が7十億ウォン未満である株式会社、(C)売上高合計額が10十億ウォン未満である株式会社、および
     (D)従業員数が100人未満である株式会社、のうち3つ以上に該当しない株式会社は、その財務諸表について
     独立監査人の会計監査を受けなければならない。また、韓国の資本市場を規制するいくつかの法律(証券取
     引法を含む。)を統合した金融投資サービスおよび資本市場法(以下「FSCMA」といい、2009年2月4日付で
     施行された。一方、同日付で証券取引法は廃止された。)、同施行令および金融委員会(以下「FSC」とい
     う。)の規則に基づき、韓国証券取引所に株式または社債を上場している株式会社は、(ⅰ)年次報告書(監
     査済個別財務書類および監査済連結財務書類を含む。)を会計年度末から90日以内に(ただし、資産合計額
     が2兆ウォン       未満  でかつ株式会社        等 の外部監査に関する法律施行令に基づき国際会計基準を採用していない
     会社の場合、提出期限の延長が認められる。)、ならびに(ⅱ)各会計年度の期初からそれぞれ3ヵ月間、
     6ヵ月間および9ヵ月間にかかる中間報告書を各期間末から45暦日以内に(ただし、例外として、連結財務
     書類を使用して中間報告書を作成することを採用してから1年目および2年目の事業年度に限り、各期間末
     から60日以内に中間報告書を提出することができる。)、FSCおよび韓国証券取引所に対して提出しなければ
     ならない。かかる報告書の写しは、FSCおよび韓国証券取引所において公衆の閲覧に供される。
     (2)【提出会社の定款等に規定する制度】

      下記は、株式、機関および会計に関する当行の定款(以下「当行定款」という。)における一般規定の要
     約である。
                                   5/976







                                                           EDINET提出書類
                                                           新韓銀行(E26225)
                                                            有価証券報告書
     (a)株式
      当行の授権株式の総数は20億株であり、額面金額は5,000ウォンである。当行は、普通株式および優先株式
     を記名式で発行することができる。新株の発行は株主総会の決議により決定される。優先株式は議決権を有
     さず、優先株式数は、発行済株式総数の25%を超過してはならない。
      株主は、当行が発行する新株を、その持分に比例して引受ける新株引受権を有する。ただし、当行は、以
     下の場合に株主総会の決議により既存の株主以外の者に新株を割当てることができる。
     (ⅰ)   FSCMAの規定に従って新株を募集するかまたは引受人に引受させる場合
     (ⅱ)   FSCMAの規定に従って従業員持株組合員に新株を優先的に配分する場合
     (ⅲ)   FSCMAの規定に従って預託証券の発行のために新株を発行する場合
     (ⅳ)   政府または韓国預金保険公社(「KDIC」)の出資に係る新株を発行する場合
     (ⅴ)   先進金融技術の導入、当行の資金需要、当行の財務状況の改善または戦略的業務提携など経営上の必要
        により外国人投資者、国内外金融機関または提携会社などから資本を調達するために新株を発行する
        場合
     上記   (ⅲ)または(ⅴ)に基づいて発行される株式合計数は発行済株式総数の50%を超えることはできず、当該
     株式の種類、数および発行価格は株主総会の決議により決定されなければならない。
     (b)株主総会

      当行の株主総会は、定時株主総会か臨時株主総会のいずれかである。定時株主総会は各会計年度末から
     3ヵ月以内に招集されるものとし、臨時株主総会は必要な時にこれを招集することができる。法令に別段の
     定めがある場合を除き、定時株主総会は、当行の取締役会(以下「当行取締役会」という。)の決議に従っ
     て、当行の銀行長(以下「当行銀行長」という。)により招集される。株主総会の招集に際しては、適用あ
     る法令に別段の定めがない限り、日時、場所および議題を記載する通知が、かかる総会の会日の少なくとも
     2週間前に郵便または電磁的方法により発されなければならない。
      各株主は、その所有する株式1株につき1個の議決権を有する。株主は、代理人により議決権を行使する
     ことができる。
      株主総会の招集を決議する取締役会において、書面による議決権行使を可能とする議案が可決された場合
     には、株主は総会に出席せずに書面によって議決権を行使することができる。
      株主総会のすべての決議は、適用ある法令に別段の定めがない限り、出席株主の過半数の賛成票(ただ
     し、発行済株式総数の4分の1以上に相当しなければならない。)により可決されるものとする。
     (c)取締役、取締役会、銀行長および監査委員会

      当行は、5名以上11名以内の取締役を有する。社外取締役の数は3名以上で、取締役総数の50%超でなけ
     ればならない。
      取締役の任期は以下のとおりで、株主総会において決定され、再任されうる。下記の任期はその任期中の
     最終決算期に関する定時株主総会の終結時まで延長することができる。
     (ⅰ)      社外取締役:2年以内とし、社外取締役が再任される場合、当該社外取締役の再任後の任期は1年以
         内に制限されるとともに、当行における在任期間が6年を超える継続的な再任は認められず、当行ま
         たはその系列会社における在任期間が累計して9年を超えてはならない。
     (ⅱ)      当行監査委員会(以下に定義する。)の常任委員を兼任する取締役:3年以内
     (ⅲ)     上記(ⅰ)および(ⅱ)に該当しないその他の取締役:3年以内
      取締役は株主総会で選任される。社外取締役は、役員候補推薦委員会の推薦を得て株主総会で選任され
     る。
                                   6/976





                                                           EDINET提出書類
                                                           新韓銀行(E26225)
                                                            有価証券報告書
      当行取締役会は、取締役により構成され、四半期ごとに開催される定例取締役会および特別取締役会によ
     り当行のすべての重要事項を決定することができる。当行取締役会は当行取締役会内に、監査委員会(以下
     「当行監査委員会」という。)、リスク管理委員会、報酬委員会および役員候補推薦委員会を設置する。各
     委員会の構成および運営に関する事項は当行取締役会の決議により定められる。
      当行銀行長は持株会社および役員候補推薦委員会の推薦を経て、株主総会の決議により選任される。当行
     銀行長は当行を代表し、当行取締役会で決定された事項を含む当行の一切の業務を執行する。
      当行は、監査役を有する代わりに、3名以上の取締役からなり、1名の当行監査委員会常任委員を含む当
     行監査委員会を設置する。当行監査委員会の少なくとも3分の2は社外取締役でなければならない。さらに
     監査委員会の委員のうち少なくとも1名は関係法令に定められる会計または財務の専門家でなければならな
     い。
      当行監査委員会は、当行の会計および業務を検査する。当行監査委員会は株主総会に提出される議案およ
     び書類に記載される事項を調査し、法令または定款に違反する事項が存在するか否かに関して株主総会にお
     いてその意見を表明する。当行監査委員会は、その職務を遂行するに当たって当行取締役会に対し臨時株主
     総会の招集を請求すること、ならびに当行の子会社から事業報告書を徴求することができる。当行監査委員
     会は外部監査人を選任し、また、外部監査人の解任を要請することができる。
     (d)会計

      当行の事業年度は、毎年1月1日に開始し、12月31日に終了する。
      当行銀行長は、定時株主総会の会日の6週間前までに事業報告書ならびに連結および個別ベースの
     (ⅰ)   貸借対照表      、(ⅱ)     損益  計算書および(ⅲ)当行の財政状態および経営成績を示す、                               商法施行令      に
     より  要求さ   れるその他の書類、ならびにそれらの附属明細書からなる財務書類を当行監査委員会に提出す
     る。当行監査委員会は、上記の書類を受領した日から4週間以内に監査報告書を当行銀行長に提出する。
     (e)利益処分および分配

      株主総会の決議により別段の決定がなされる場合を除き、当行は毎事業年度の処分前利益余剰金を以下の
     通り処分する。(ⅰ)利益準備金(利益の10%以上)、(ⅱ)株主への配当、(ⅲ)配当平準化準備金、(ⅳ)役員
     に対する賞与、(ⅴ)退職給付金、(ⅵ)その他準備金および(ⅶ)翌期への繰越し。
      当行の配当は、毎会計年度末日現在の株主名簿に記載された株主または登録された質権者に分配される。
     当行は、商法に従い当行取締役会決議により一定の日を定めてその日の株主に対して中間配当を支払うこと
     ができる。ただし、中間配当は金銭により支払われる。
                                   7/976










                                                           EDINET提出書類
                                                           新韓銀行(E26225)
                                                            有価証券報告書
     2【外国為替管理制度】
      外国為替取引法および            同法施行令      ならびにこれらに基づく規則(以下「外国為替取引法」と総称する。)
     は、非居住者による韓国の有価証券への投資および韓国の会社による韓国外での有価証券発行を規制してい
     る。外貨建有価証券の元本総額が50,000,000米ドルを上回り、かつその期間が1年を超える場合、当行は、
     かかる有価証券の非居住者に対する各発行について、韓国企画財政部(以下「企画財政部」という。)に報
     告書を提出し、その承認を得なければならない。また、法人投資家のリスクヘッジ比率(                                              以下の上限が適用
     される期間内に関連銀行機関およびその他の銀行機関との間で行われた                                     新規外貨建デリバティブ取引の合計
     額を、かかる取引によりヘッジされるポジションの価値で除したもの)は100%以下でなければならない。
      一定の制限がある場合を除き、企画財政部は外国為替取引法のもとで以下の措置をとる権限を有する。
     (ⅰ) 韓国政府が、戦争、武力衝突、自然災害または国内外の経済情勢の深刻かつ突発的で重大な変化また
        はその他これに準ずる事由または状況を理由に必要とみなした場合、企画財政部は、外国為替取引法が
        適用されるすべての外国為替取引に基づく手続の全部もしくは一部を一時的に停止し(外国為替の受払
        いの停止を含む。)または支払手段を韓国銀行、外国為替平衡基金またはその他一定の政府機関または
        金融会社等に預託し、その保護預りに付しまたは売却する義務を課することができる。
     (ⅱ)   韓国政府が、国際収支および国際金融市場に深刻な混乱が生じているかまたは生ずる虞がある、または
        韓国と他の諸国との間の資本移動が通貨政策、為替政策またはその他のマクロ経済政策に悪影響を及ぼ
        す可能性が高いと判断した場合、企画財政部は、資本取引を行おうとする者に対して許可を取得するよ
        う要求し、または資本取引を行った者に対してかかる取引により取得した支払手段の一部を韓国銀行、
        外国為替平衡基金またはその他の金融会社等に預託するよう要求する措置を講ずることができる。
      さらに、企画財政部はその裁量により、当行に対し、外貨建社債の発行にかかる報告書を受理するにあ
     たって為替相場の変動を回避するために必要な措置を講ずるよう指示することができる。
                                   8/976













                                                           EDINET提出書類
                                                           新韓銀行(E26225)
                                                            有価証券報告書
     3【課税上の取扱い】
      以下の概要は、本書の日付現在有効な韓国税法以外の法律について説明することを意図したものではな
     い。以下の韓国の税務上の考慮事項の概要は、次のいずれにも該当しない場合、当行の社債の保有者に適用
     される。
      ・ 韓国の居住者
      ・ 韓国内に所在する登録本店もしくは主要事務所を有する法人または韓国で有効な管理が行われている
        法人
      ・ 関連所得がそれに帰せられるかまたは関連所得がそれに実質的な関連を有する恒久的施設または固定
        的施設(以下「恒久的施設」という。)を通じて韓国国内における取引または事業に従事している者
      韓国の居住者ではない個人または外国法人(以下「非居住者」という。)に対する課税は、当該非居住者
     が、韓国国内に恒久的施設を有しているか否かにより異なる。韓国国内に恒久的施設を有しない非居住者に
     対する課税については、以下に記載される。韓国国内に恒久的施設を有する非居住者に対する課税には、別
     の規則が適用される。
      韓国の租税特例制限法(以下「租税特例制限法」という。)では、当行が韓国国外で発行し、非居住者が
     所有する外貨建社債に係る利息および一定の手数料に対する個人所得税および法人所得税は免除される。韓
     国の税当局は、韓国税法のもとでは、社債の償還に係る割増金は、一定の事実関係の下では利子所得とみな
     されるべきであるとの公式見解を発表した。外貨建社債については、かかる社債が韓国国外で発行された場
     合に限り、その利息は課税対象とならない。
      韓国税法のもとでは、韓国国内に恒久的施設を有しない非居住者による別の非居住者に対する社債の譲渡
     (かかる非居住者の韓国国内の恒久的施設に対するものである場合を除く。)による所得は、韓国の課税対
     象とはならない。さらに、韓国国外で行われた社債の譲渡により非居住者が得た所得も、かかる社債が租税
     特例制限法上の        韓国国外で発行された外貨建社債である                     場合には、租税特例制限法に基づき現在韓国の課税
     対象となっていない。
      将来の法律の変更により、租税特例制限法に定める免税が廃止された場合は、上記の利息の支払いには、
     韓国の源泉徴収税が課せられる可能性がある。韓国と日本の間の所得税の二重課税回避および脱税防止に関
     する条約(以下「日韓租税条約」という。)では、日本の居住者に対して当行が支払う利息および前述の追
     加的な支払い(利子所得とみなされる場合。)には、10%を上限とする税率(地方所得税を含む。)で源泉
     徴収税が課せられる。また、日韓租税条約によれば、社債の譲渡所得に係る租税は、譲渡人が居住する国に
     おいてのみ課せられる。
      利子および譲渡収益といった一定の韓国源泉所得に対し適用ある租税条約に基づく軽減税率の恩恵を非居
     住者が受けるためには、韓国税法は、一定の例外が適用される場合を除き、かかる非居住者に対し、かかる
     韓国源泉所得を受領する前に、軽減税率適用届出書をかかる韓国源泉所得の支払者に提出することを義務付
     けている。韓国源泉所得が海外の投資ビークルを通じて非居住者に支払われる場合、かかる投資ビークル
     は、かかる韓国源泉          所得の受益者       であるそれぞれの非居住者から租税条約に基づく                          軽減税率適用       届出書を受
     領し、かかる韓国源泉所得の支払者に、海外投資ビークル報告書を                                   かかる所得の受益者についての明細書                    と
     ともに提出しなければならない。海外投資ビークルとは、投資対象の取得、処分またはその他投資すること
     により、投資勧誘を通じて集めた資金を運用し、かかる運用の成果を投資家に分配する韓国外に設立された
     組織を意味する。非居住者によって提出された租税条約に基づく軽減税率適用届出書はその提出日から3年
     間有効であるが、かかる届出書の記載事項に重要な変更が生じた場合は、かかる変更を反映した届出書を新
     たに提出しなければならない。
      日韓租税条約に基づく免税を受けるためには、非居住者である譲渡人は、譲渡代金の受領前に譲渡人の居
     住国の管轄税務当局により発行された居住証明書を添付した免除届出書を提出しなければならない。かかる
     届出書は、韓国源泉所得の最初の支払日の翌月の9日までに管轄税務当局に提出しなければならない。一定
     の例外に服するが、海外投資ビークルは各受益者から免除届出書を、受益者の税務上の居住証明書とともに
     回収し、海外投資ビークル報告書をかかる所得の受益者についての明細書およびその受益者の免除届出書と
     ともに提出しなければならない。非居住者によって提出された免除届出書は提出日から3年間有効である
     が、かかる届出書の記載事項に重要な変更が生じた場合は、かかる変更を反映した届出書を新たに提出しな
     ければならない。ただし、かかる届出書は、上記の租税特例制限法を含む韓国税法に基づく免税には適用さ
     れない。
      さらに、2020年1月1日から、かかる海外投資ビークルが受益者とみなされる場合、適用ある租税条約に
     基づく軽減税率または免税による恩恵を受けるためには、かかる韓国源泉所得の支払者に、各国の投資家の
     添付書類を含む海外投資ビークル報告書を上記の届出書(軽減税率適用届出書または免除届出書)および税
     務上の居住証明書とともに提出しなければならない。
     相続税は、相続の発生時に被相続人が韓国の居住者であるか、または相続した資産が韓国に所在する場合
     に課せられる。贈与税は、一般的に贈与時に受贈者が韓国の居住者である場合、または贈与された資産が韓
     国に所在する場合に課せられる。相続税および贈与税は、相続財産または贈与財産の価値が一定の上限を超
     えている場合に課せられ、その税率は、                     当該財産の価値        および当事者に応じて10%から50%と様々である。
                                   9/976


                                                           EDINET提出書類
                                                           新韓銀行(E26225)
                                                            有価証券報告書
     とりわけ、相続財産または贈与財産の価値および当事者に応じて決定される。現時点において韓国は相続税
     および贈与税に関する租税条約を締結していない。
      韓国の相続税および贈与税を決定する際に、韓国において設立された法人が発行した社債は、その実際の
     所在地または所有者にかかわらず、韓国国内に所在する財産とみなされる。
      韓国において作成された一部の書類にかかる名目的な印紙税を除き、社債の発行に関し、韓国において社
     債所持人により支払われるべき印紙税、発行税または登録税はない。社債の譲渡については有価証券取引税
     は課されない。
                                  10/976


















                                                           EDINET提出書類
                                                           新韓銀行(E26225)
                                                            有価証券報告書
     4【法律意見】
      当行の韓国における法律顧問である法務法人世宗(Shin                             & Kim  LLC)により、大要、次の趣旨の法律意見
     書が提出されている。
      (a) 当行は、韓国法のもとで適法に設立され、有効に存続している法人である。
      (b) 本書中の韓国法に関するすべての記述は、すべての重要な点で真実かつ正確である。
                                  11/976



















                                                           EDINET提出書類
                                                           新韓銀行(E26225)
                                                            有価証券報告書
     第2【企業の概況】
     1【主要な経営指標等の推移】

            (1)

     連結財務情報
                                   (単位:別段の表示がない限り、百万ウォン)
                               12月31日現在/12月31日終了年度

                        2015年       2016年       2017年       2018年       2019年

     営業利益                  1,733,726       1,958,978       2,205,714       3,164,686       3,263,303

     (百万円)                   (152,741)       (172,586)       (194,323)       (278,809)       (287,497)
     当期純利益                  1,489,988       1,940,621       1,712,314       2,279,362       2,329,268
     (百万円)                   (131,268)       (170,969)       (150,855)       (200,812)       (205,209)
     総包括利益                  1,197,961       1,717,969       1,496,581       2,333,266       2,527,665
     (百万円)                   (105,540)       (151,353)       (131,849)       (205,561)       (222,687)
     資本合計(純資産)                  20,842,773       21,466,973       22,653,944       24,192,539       26,093,115
     (百万円)                  (1,836,248)       (1,891,240)       (1,995,812)       (2,131,363)       (2,298,803)
     資産合計                 285,015,818       302,854,623       324,314,242       348,523,615       392,723,044
     (百万円)                 (25,109,894)       (26,681,492)       (28,572,085)       (30,704,930)       (34,598,900)
     1株当たり当期純利益(基本的)
                          903      1,195       1,061       1,421       1,448
     (単位:ウォン)
     (円)                     (80)       (105)        (93)       (125)       (128)
     1株当たり当期純利益(希薄化
                          903      1,195       1,061       1,421       1,448
     後)(単位:ウォン)
     (円)                     (80)       (105)        (93)       (125)       (128)
     自己資本比率(単位:%)                    14.75       15.70       15.59       16.03       15.91
     営業活動によるキャッシュ・フ
                        974,564      3,441,594       3,973,193       -3,133,709        7,606,764
     ロー
     (百万円)                   (85,859)       (303,204)       (350,038)       (-276,080)        (670,156)
     投資活動によるキャッシュ・フ
                      -4,472,193       -4,780,063       -8,370,357       -2,542,424       -12,990,665
     ロー
     (百万円)                  (-394,000)       (-421,124)       (-737,428)       (-223,988)      (-1,144,478)
     財務活動によるキャッシュ・フ
                       2,535,128       2,414,553       5,122,548       7,079,374       5,761,168
     ロー
     (百万円)                   (223,345)       (212,722)       (451,296)       (623,693)       (507,559)
     期末現在の現金および現金同等物                  3,578,718       4,627,784       5,331,103       6,704,953       7,110,517
     (百万円)                   (315,285)       (407,708)       (469,670)       (590,706)       (626,437)
     従業員数(単位:人)                    16,889       16,154       15,796       15,519       18,788
                                  12/976




                                                           EDINET提出書類
                                                           新韓銀行(E26225)
                                                            有価証券報告書
            (1)
     個別財務情報
                                   (単位:別段の表示がない限り、百万ウォン)
                              12月31日現在/12月31日終了年度

                       2015年       2016年        2017年        2018年        2019年

     営業利益                1,516,139        1,720,770        2,044,595        2,834,833        2,931,709

     (百万円)                (133,572)        (151,600)        (180,129)        (249,749)        (258,284)
     当期純利益                1,216,391        1,777,072        1,607,761        2,116,606        2,071,235
     (百万円)                (107,164)        (156,560)       (141,644)        (186,473)        (182,476)
     総包括利益                 931,730       1,582,484        1,536,857        2,179,652        2,130,313
     (百万円)                 (82,085)       (139,417)        (135,397)        (192,027)        (187,681)
     普通株式資本金                7,928,078        7,928,078        7,928,078        7,928,078        7,928,078
     (百万円)                (698,464)        (698,464)        (698,464)        (698,464)        (698,464)
     発行済株式数
                   1,585,615,506        1,585,615,506        1,585,615,506        1,585,615,506        1,585,615,506
     (単位:株)
     資本合計(純資産)               20,468,080        20,960,746        22,188,504        23,571,383        25,074,606
     (百万円)               (1,803,238)        (1,846,642)        (1,954,807)        (2,076,639)        (2,209,073)
     資産合計               269,018,149        282,819,576        302,936,552        323,875,533        364,744,341
     (百万円)               (23,700,499)        (24,916,405)        (26,688,710)        (28,533,434)        (32,133,976)
     1株当たり配当
                      409.94        302.72        340.56        561.3        561.3
     (単位:ウォン)
     (円)                   (36)        (27)        (30)        (49)        (49)
     1株当たり当期純利益(基本
                        731       1,092         995       1,319        1,285
     的)(単位:ウォン)
     (円)                   (64)        (96)        (88)       (116)        (113)
     1株当たり当期純利益(希薄
                        731       1,092         995       1,319        1,285
     化後)(単位:ウォン)
     (円)                   (64)        (96)        (88)       (116)        (113)
               (2)
                       53.44        27.01        33.59        42.05        42.97
     配当性向(単位:%)
     営業活動によるキャッシュ・
                      581,177       2,678,339        5,317,356       -1,455,483        6,586,782
     フロー
     (百万円)                (51,202)       (235,962)        (468,459)       (-128,228)        (580,295)
     投資活動によるキャッシュ・
                    -4,314,344        -3,936,319        -8,571,482        -2,852,325       -12,664,502
     フロー
     (百万円)                (-380,094)        (-346,790)        (-755,148)        (-251,290)       (-1,115,743)
     財務活動によるキャッシュ・
                     2,218,791        1,591,595        4,290,051        5,444,274        6,026,625
     フロー
     (百万円)                (195,475)        (140,220)        (377,953)        (479,641)        (530,946)
     期末現在の現金および現金同
                     1,988,013        2,305,025        3,332,539        4,462,317        4,430,809
     等物
     (百万円)                (175,144)        (203,073)        (293,597)        (393,130)        (390,354)
               (3)
                      13,937        13,819        13,419        13,089        13,165
     従業員数(単位:人)
     ___________________________
     注記:
      (1)  数値は、該当する年度の連結財務書類および個別財務書類から抜粋している。
      (2)  支払配当を     純利益で除したもの。
                                  13/976

                                                           EDINET提出書類
                                                           新韓銀行(E26225)
                                                            有価証券報告書
      (3)  DART(DATA     Analysis,     Retrieval,     and  Transfer    System)   を通じて公表された従業員数である。
      (4)  当行の株式は上場していないため、株価収益率(PER)は上記の表には記載されていない。
                                  14/976




















                                                           EDINET提出書類
                                                           新韓銀行(E26225)
                                                            有価証券報告書
     2【沿革】
      朝興銀行(法律上の当行の前身であり、以下「朝興銀行」という。)は、商業銀行業務および信託業務を
     行うことを目的として、1897年2月19日に設立された漢城銀行と1906年8月8日に設立された東一銀行との
     新設合併により、韓国の一般銀行法に基づき1943年10月1日に設立された。
      1956年6月3日、朝興銀行の株式は韓国証券取引所に上場された。同行は、1999年4月30日および1999年
     9月11日に、それぞれ忠北銀行および江原銀行と合併した。韓国の金融危機時における1999年に実施された
     減資および韓国預金保険公社による資本注入の結果、以下に記載される2003年8月19日の新韓フィナンシャ
     ル・グループ(下記に定義する。)による朝興銀行の買収時までに、韓国預金保険公社は朝興銀行の発行済
     株式の80.04%を保有していた。朝興銀行は2003年9月30日現在、468店舗の国内支店、91の預金受入事務所
     および6店舗の海外支店を通じて営業しており、資本金は3,395,592百万ウォンであった。
      1982年7月7日、旧新韓銀行(以下に記載されるとおり、2006年4月1日に朝興銀行に吸収合併され
     た。)は商業銀行業務および信託業務を行うことを目的として、韓国の一般銀行法に基づき設立された。旧
     新韓銀行は2003年9月30日現在、358支店および177ヵ所に設置された現金自動預払機を通じて営業してお
     り、資本金は1,223,211百万ウォンであった。
      2001年9月1日、新韓フィナンシャル・グループ・カンパニー・リミテッド(以下「新韓フィナンシャ
     ル・グループ」という。)は、企業、政府、政府機関および個人に広範な金融サービスを提供することを目
     的とした事業を提供するために銀行業ならびに様々な関連事業に従事するために、韓国金融持株会社法に従
     い、韓国で初めての民間保有の金融持株会社として設立された。新韓フィナンシャル・グループの設立によ
     り、旧新韓銀行は新韓フィナンシャル・グループの完全子会社のひとつとなった。
      2003年8月19日、新韓フィナンシャル・グループは、韓国預金保険公社から朝興銀行の発行済株式の
     80.04%を取得し、続いて資本注入により朝興銀行の株式所有を81.15%に増加させ、2004年6月22日に、現
     金を対価とする公開買付けおよびその後の韓国法に基づく小規模の株式交換により残りの株式、すなわち
     18.85%を取得した。これにより、朝興銀行は新韓フィナンシャル・グループの完全子会社となり、2004年7
     月2日にその株式は韓国証券取引所から上場廃止となった。
      2005年12月30日付の朝興銀行と旧新韓銀行との合併契約の条項に基づき、旧新韓銀行は、朝興銀行を存続
     会社として2006年4月1日に朝興銀行と合併し、合併後直ちに朝興銀行はその社名を「新韓銀行」に変更し
     た。また朝興銀行と新韓カード・カンパニー・リミテッド(以下「新韓カード」という。)との間の2005年
     12月30日付の吸収分割契約の条項に従い、2006年4月1日に朝興銀行のクレジットカード事業は分割され、
     新韓カードに吸収された。
     日本における業務

      当行は、日本においてはその海外銀行子会社であるSBJ銀行を通じて一般商業銀行業務を行っている。本書
     提出日現在、SBJ銀行は日本において、東京都港区芝5丁目36番7号三田ベルジュビル4階(郵便番号108-
     0014)に所在する東京支店を含む10支店および4ヵ所の両替所を有している。
      当行が日本に子会社を設立したのは2009年であるが、当行は1986年3月以来、その支店を通じて日本にお
     いて銀行業務を提供している。
                                  15/976








                                                           EDINET提出書類
                                                           新韓銀行(E26225)
                                                            有価証券報告書
     3【事業の内容】
     概要
      当行は、とりわけ資産合計、収入、収益性および自己資本の点で韓国の大手商業銀行の一つである。同一
     の判定基準で韓国の大手金融持株会社の一つである新韓フィナンシャル・グループの旗艦傘下会社である当
     行は、主に韓国において、また韓国における程度には及ばないものの、選ばれた海外市場において、個人顧
     客および法人顧客向けに幅広い商業銀行業務およびその他の銀行業務を提供している。当行は、中小企業を
     対象とする韓国最大のレンダーの一つである。2019年12月31日現在、当行は876の国内支店および14の海外支
     店ならびに日本、中華人民共和国、香港、ベトナム、米国、カナダ、ドイツ、カンボジア、カザフスタン、
     メキシコおよびインドネシアに各1社の計11の子会社を有していた。
      旧新韓銀行は、韓国で初めての民間資本による商業銀行として1982年に設立された。朝興銀行は韓国最古
     の金融機関として1897年に設立された。旧新韓銀行と朝興銀行は2006年に合併し、新銀行の名称を「新韓銀
     行」とした。
      2019年12月31日現在の当行の資産合計、正味貸出金(貸倒引当金控除後)および銀行勘定預金は、それぞ
     れ392,723十億ウォン、268,172十億ウォンおよび287,615十億ウォンであった。2018年12月31日現在の当行の
     資産合計、償却原価測定正味貸出金(貸倒引当金控除後)および銀行勘定預金は、それぞれ348,524十億ウォ
     ン、251,234十億ウォンおよび257,893十億ウォンであった。2018年および2019年12月31日に終了した年度に
     ついて、当行の純利益はそれぞれ2,279十億ウォンおよび2,329十億ウォンであった。
      韓国の会社登記簿における当行の登録番号は110111-0012809である。当行の本店は、韓国04513ソウル特別
     市中区世宗大路9道20に所在する。
     金融持株会社の組織

      2001年9月、旧新韓銀行は韓国金融持株会社法に従って金融持株会社である新韓フィナンシャル・グルー
     プを設立した。旧新韓銀行の株式は、新韓フィナンシャル・グループの株式と交換された。かかる株式交換
     の一環として、旧新韓銀行は新韓キャピタル・カンパニー・リミテッドに対するその持分を新韓フィナン
     シャル・グループに譲渡した。金融持株会社の組織に関する詳細は、「第2-3-(4)                                              新韓フィナンシャ
     ル・グループ」を参照されたい。
                                  16/976












                                                           EDINET提出書類
                                                           新韓銀行(E26225)
                                                            有価証券報告書
     (1)  事業

     事業の概観

     当行の主要業務

      当行は、個人顧客および法人顧客からの預金を受入れており、これは様々な銀行サービスを提供するため

     に必要な資金を当行に提供している。当行は、主に4つの事業セグメントにより構成される包括的な銀行
     サービスを提供している。2019年1月、当行は、与信管理プロセスを合理化するために、SOHO部門を個人向
     け銀行業務から法人向け銀行業務に組替えた。これまで、当行の「Small                                       Office,     Home   Office」(以下「
     SOHO」という。)業務は個人向け銀行業務セグメントの下に行われていたが、法人向け銀行業務セグメント
     に移管された。当行はこれまで、SOHOに対する貸出を個人向け銀行業務セグメントの下に管理していたが、
     この変更の結果、SOHOは個人または世帯によって経営されているが、別の法人格を有しているため、現在で
     はSOHOに対する貸出は他の法人向け貸出とともにSOHOとして管理されている。詳細については、「第6-1
     財務書類」に記載される当行の監査済連結財務書類に対する注記5を参照されたい。
      当行の各事業セグメントの概要は以下のとおりである。
     ・  個人顧客(富裕層の個人および家族を含む。)ならびにより少ない程度ではあるものの、病院、空港お
       よび学校などの非営利機関に対する貸出ならびに同顧客からの預金の受入れに注力する個人向け銀行業
       務。
     ・  中小企業を含む営利目的の法人に対する貸出およびかかる法人からの預金の受入れならびに法人顧客に
       対する投資銀行業務の提供に注力する法人向け銀行業務。
     ・  海外の子会社および支店の経営管理ならびにその他国際業務に注力する国際銀行業務。
     ・  財務業務(行内資産負債管理および非預金の資金調達業務を含む)、有価証券の投資およびトレーディ
       ングならびにデリバティブのトレーディングに加え、銀行業務全般の管理からなるその他業務。
      当行の主要業務は、重要な季節的傾向によって左右されない。当行は数多くの海外支店および子会社を有
     しているが、当行の資産の大部分は韓国に所在し、その収益の大部分は韓国で生じている。
     預金受入業務

      当行は、異なる顧客セグメントをターゲットとした多くの預金商品を提供しており、これらは各セグメン

     トの財務およびその他の特徴に合わせた機能を備えている。当行が提供する預金商品には主に以下のものが
     含まれる。
      要求払預金        要求払預金は、無利息であるかまたは定期預金または貯蓄預金より低い利率の利息が生じ、
     顧客は随時資金の預入れおよび引出しができる。利息が付される場合には、要求払預金の金利は、預入期
     間および預入金額に応じて固定金利または変動金利となる。                                2018  年 12 月 31 日現在および       2019  年 12 月 31 日現
     在における要求払預金は、当行の総預金額のそれぞれ約                             15.7  %および     15.3  %を占めていた。         2018  年度およ
     び 2019  年度における要求払預金の平均支払金利はそれぞれ                          0.39  %および     0.42  %であった。
      定期預金および貯蓄預金               定期預金は通常、顧客が所定の期間預金を維持することを求められ、その期間
     中かかる預金には、固定金利または資金調達コスト・インデックス(                                    COFIX   )を含む一定の金融指標に基づ
     く変動金利が付される。所定期間終了前に預金が引き出される場合には、顧客の受取金利は当初提示され
     た金利よりも低くなる。定期預金の期間は通常1ヵ月から5年である。貯蓄預金は、顧客が随時資金の預
     入れと引出しを行うことを認め、通常、定期預金または積立預金の適用金利よりも低い変動可能な金利が
     付される。定期預金および貯蓄預金は、                     2018  年および     2019  年 12 月 31 日現在における当行の預金合計額のそ
     れぞれ    80.7  %および     81.3  %を占め、      2018  年度および      2019  年度の平均支払金利はそれぞれ                 1.35  %および
     1.45  %であった。
      その他の預金         その他の預金は主に譲渡性預金からなる。譲渡性預金の満期は通常                                   30 日から2年である。
     譲渡性預金の金利は、預金の預入期間および実勢市場金利に基づいて決定される。譲渡性預金は、当該譲
     渡性預金に対する支払金利を反映して、額面価額から割り引いて販売される。その他の預金は、                                                  2018  年お
     よび  2019  年 12 月 31 日現在における当行の総預金額のそれぞれ                       3.6  %および     3.4  %を占め、      2018  年度および
     2019  年度における平均支払金利はそれぞれ                   1.96  %および     2.07  %であった。
      当行はまた、住宅法および住宅供給に関する規則(以下「住宅法」という。)に基づく住宅申込優先権を
     顧客に付与する預金ならびに抵当ローンおよび住宅担保ローンに対する適格性を顧客に付与する預金を提供
     している。      2015  年6月の住宅法の改正により、住宅申込貯蓄口座、住宅申込定期預金口座および住宅申込分
     割払い貯蓄口座に対する新規申込みを                    2015  年9月1日から受けることができなくなった。代わって、現在は
     誰もが一般住宅申込貯蓄口座(上記3口座すべての機能を併せ持っている。)を利用可能である。拠出期間
                                  17/976


                                                           EDINET提出書類
                                                           新韓銀行(E26225)
                                                            有価証券報告書
     は、申込日から口座名義人が住宅の買い手として選ばれる日までで、毎月の拠出金額は最低                                                20,000   ウォンか
     ら最高   500,000    ウォンである。一般住宅申込貯蓄口座に対する金利は口座終了時に一括して支払われ、その金
     利 は国土交通部により決定され、発表される利率で計算される。一般住宅申込貯蓄口座を有し、一定のその
     他の基準を充たすに者は住宅購入申込優先権が付与される。民間資金による住宅の場合、当該口座に対する
     合計拠出金額は、当該住宅の所在地別の適用預金限度額(2百万ウォン以上                                       15 百万ウォン以下)以上でなけ
     ればならない。当初の口座名義人の死亡による相続の場合を除き、一般住宅申込貯蓄口座の名義を変更する
     ことはできない。当行が提供する主な預金商品の種類別の当行の韓国ウォン建て預金についての詳細は、
     「第2-3-       (2)  資産および負債の詳細-資金調達-預金」を参照されたい。
      当行の預金商品に支払われる金利は、平均資金調達費用、利付資産の収益率、金融機関の実勢市場金利お
     よびその他主要な金融指標に応じて著しく異なる場合がある。
      当行はまた、韓国の裁判所の訴訟当事者に対して裁判所預託業務を提供しており、これには一定の種類の
     法的またはその他の手続に関与する訴訟当事者に対して効果的にエスクロー・サービスを提供することが含
     まれる。朝興銀行は、            1958  年以降かかるサービスの主な提供者であり、旧新韓銀行による朝興銀行の買収後
     は、当行がこれらのサービスにおいて引き続き優勢な市場シェアを有している。かかる預金は通常、市場金
     利(年率約      0.5  %)を下回る金利が付され、               2018  年および     2019  年 12 月 31 日現在の預金額はそれぞれ              5,645   十億
     ウォンおよび       6,015   十億ウォンであった。
      韓国銀行の金融政策委員会は、商業銀行のウォン建て預金に対し、通常、満期までの期間および預金商品
     の種類に基づいて         0 %から7%の範囲の預金準備率を課している。「第2-3-                               (6)  監督および規制-銀行に
     適用される主要な規制-流動性」を参照されたい。
      預金者保護法は、韓国預金保険公社が適格な銀行預金の返済を同法に基づき預金者あたり1行合計                                                   50 百万
     ウォンまでおよび確定拠出退職年金に基づき付保される                              50 百万までを保証する預金保険制度を規定してい
     る。「第2-3-         (6)  監督および規制-銀行に適用される主要な規制-預金保険制度」を参照されたい。
     個人向け銀行業務

     概観

      個人向け銀行業務には、抵当ローン、住宅担保ローンおよび個人向け貸出ならびに要求払預金、貯蓄預金

     および定期預金の受け入れ、当座口座サービス、エレクトロニック・バンキングおよび自動金銭出納機(以
     下「  ATM  」という。)サービス、料金自動引落しサービス、給与および小切手の支払業務、為替ならびに資金
     の電子送金が含まれる。当行は、近代的かつ効率的な個人向け銀行業務の提供は、当行の公共性を維持する
     ためにも、また手数料ベースの収入源としても重要であると考えている。したがって、当行は、国内銀行部
     門が一段と発展してその複雑さが増すことから、個人向け銀行業務および商品が今後数年でますます重要に
     なると考えている。
      個人向け銀行業務はこれまで当行の中核事業の一つであり、今後もそうあり続けるであろう。個人向け銀
     行業務における当行の戦略は、自動化の拡大および顧客サービスの向上、ならびに販売に注力した支店網の
     合理化を通じて個人顧客に迅速かつ総合的なサービスを提供することである。個人部門は、富裕層の個人を
     ターゲットとすることに注力している。                     2019  年 12 月 31 日現在の当行の個人向け貸出金(貸倒損失引当金およ
     び繰延貸付付帯費用控除前)は                123,372    十億ウォンであった。
                                  18/976








                                                           EDINET提出書類
                                                           新韓銀行(E26225)
                                                            有価証券報告書
     個人向け貸出業務

      当行は、様々な個人向け貸出商品を提供しているが、これは主に個人および家計向け貸出からなってい

     る。当行の個人向け貸出商品は国民の様々なセグメントをターゲットとし、各顧客の職業、年齢、借入目
     的、担保要件および顧客と当行との取引期間を含む各セグメントの金融特性およびその他の特徴に合わせた
     機能を備えている。個人向け貸出は主に以下から構成される。
     ・   抵当ローンおよび住宅担保ローン                    これは大部分が住宅購入の資金調達のために使用される抵当ローン
       からなっており、通常は購入する住宅によって担保される。
     ・   その他の個人向け貸出              これは抵当ローンおよび住宅担保ローン以外を目的として行われる顧客への貸
       出であり、その条件は主に借り手の特性によって異なり、無担保であるか、または預金もしくは第三者
       による担保もしくは保証が付される。その他の個人向け貸出はまた、個人の借り手に無担保で提供され
       るアドバンスローン(その借入金の使途が建設完了前の住宅購入資金に制限される)を含む。
      2019  年 12 月 31 日現在、当行の抵当ローンおよび住宅担保ローンならびにその他の個人向け貸出金は当行の
     ウォン建て個人向け貸出金のそれぞれ                   54.5  %および     45.5  %を占めていた。
      有担保の貸出については、当行は、先順位担保権(少額の権利を除く。)があればこれを考慮して、当該
     担保の評価額の        40 %から   100  %までを貸し付ける方針である。                 抵当ローンおよび住宅担保ローン                 については、
     当行は、政府により実施される                抵当ローンについてのローン資産価値比率、債務所得比率および債務返済比
     率の上限の要件を充たすことを条件に、                     当該担保の評価額の          45 %から   82 %までを貸し付ける方針である。抵
     当ローンおよび住宅担保ローンを含む有担保貸出のローン資産価値比率は、最新の担保評価額を用いて毎月
     更新され、ローン資産価値比率の上限は、担保資産の所在地、貸出の性質および目的ならびに市場競争の水
     準といった要因に基づきさらに調整される。                       2019  年1月   11 日から、ローン資産価値比率の上限は(                     2019  年1
     月 11 日より前は5%ごとであったのに対し)1%ごとに決定され、調整することができるため、当行はその
     有担保貸出に対し、より正確かつ個別仕様の資産価値比率限度を設定することができる。
      2019  年 12 月 31 日現在、当行の抵当ローンおよび住宅担保ローンのローン資産価値比率は                                      49.6  %であった。
     2019  年 12 月 31 日現在、実質的にすべての当行の抵当ローンおよび住宅担保ローンは居住用不動産によって担
     保されていた。
      FSC  および   FSS  の 2014  年8月1日付の行政指導(数回延長および改正されたが、下記に記載する厳格化され
     た措置を反映した         銀行業務の監督に関する規則および銀行業務の監督に関する細則                                  に置き換えられた。)に
     基づき、当行は         抵当ローンおよび住宅担保ローンを提供する場合には、ローン資産価値比率上限を                                          70 %とし
     (一定の例外があるが、資産の所在地に拘わらない。)および債務所得比率上限を                                           60 %(一定の例外がある
     が、ソウル首都圏地域に所在する集合住宅に関する場合に限る。)とすることが課されている。
      2018  年1月   31 日、従来の債務所得比率要件は、                 (i)  適用される抵当および住宅担保ローンと、                      既存の抵当お
     よび住宅担保ローン          双方の元利金支払い、ならびに                ( ⅱ ) その他のローンの利払いを反映する新たな債務所得
     比率要件に置き換えられた。以前の債務所得比率要件は、                              (i)  適用される抵当および住宅担保ローンの元利金
     の支払い、および         ( ⅱ ) 既存の抵当および住宅担保ローンの利払いのみを反映したものであった。
      2017  年6月以降、文在寅大統領が率いる政府は、投機を抑え、住宅価格の上昇を阻止することを目的とし

     た一連の強力な政策を発表し、実施した。かかる政策はとりわけ、「投機地域」(                                           2020  年1月現在、ソウル
     および世宗特別自治市の             15 の地区からなる。)、「投機加熱地域」(                      2020  年2月   21 日現在、ソウル、京畿道
     にそれぞれ所在する果川市、城南氏盆唐区、光明市、河南市、大邱広域市の寿城区および世宗特別自治市か
     らなる。)および「調整対象地域」(                    2020  年2月   21 日現在、ソウル、京畿道および世宗特別市に所在する                            25
     の市、区またはその他の地域。)(「投機地域」、「投機加熱地域」および「調整対象地域」を以下「規制
     地域」という。)の指定ならびに規制地域に所在する住宅を購入する人に適用されるローン資産価値比率お
     よび債務所得比率を引下げることを含んでいる。
      例えば最近では、         2019  年 12 月 16 日、政府は住宅市場を対象とした一連のより厳格な対策を発表した。                                    2019

     年 12 月 17 日から実施されたこれらの新たな対策によると、すでに2つ以上の住宅を保有する世帯に対して
     は、規制地域のいずれかにおける新たな住宅購入のための抵当ローンまたは住宅担保ローンを提供してはな
     らない。すでに1つの住宅を保有する世帯に対しては、非常に限定的な状況の場合に限りローンを提供する
     ことができる。さらに、「投機地域」および「投機加熱地域」は、より厳格なローン資産価値比率によって
     さらに規制される。「投機地域」または「投機加熱地域」のいずれかに所在する市場価値が                                               1.5  十億ウォンを
     超える住宅を取得する場合、抵当ローンまたは住宅担保ローンを受けることはできない。「投機地域」また
     は「投機加熱地域」のいずれかに所在する市場価値が                            900  百万ウォン超       1.5  十億ウォン以下の住宅の場合、                900
     百万ウォンまでの市場価値の               40 %および     900  百万ウォンから        1.5  十億ウォンまでの残りの金額の                20 %に限り、
     ローンが提供される。上記の制限に加え、さらに、                           2020  年2月、政府は、「調整対象地域」の住宅価格を抑
     えるための追加対策を発表した。取得しようとする「調整対象地域」のいずれかに所在する住宅の市場価値
                                  19/976


                                                           EDINET提出書類
                                                           新韓銀行(E26225)
                                                            有価証券報告書
     が 900  百万ウォンを超える場合、              900  百万ウォンまでの市場価値の               50 %および     900  百万ウォンを超える残りの金
     額の  30 %に限りローンが提供される。これらの改定された対策により、住宅抵当ローンの全体の金額が減少
     す ることが予想されるが、住宅賃貸に必要な長期保証金ローンおよび信用プロフィールの高い借り手に対す
     る貸出の増加をもたらす可能性がある。
      さらに、韓国の監督当局は韓国の銀行に対して随時行政指導を行うが、これには借り手による住宅ローン

     の使用を制限する効果があり、そのため、不動産物件に対する需要を抑制する効果がある。例えば、                                                    FSS  は、
     一定の状況を除き、抵当ローンおよび住宅担保ローンを提供する前に、担保の種類もしくは価値または不動
     産の所在地にかかわらず、借り手の返済能力を所得証明に基づいて検証させる行政指導を金融機関に対し公
     表した。かかる行政指導は、証明できる所得のない借り手に対する新規の抵当ローンおよび住宅担保ローン
     の提供を事実上禁止する効果があった。
      当行は、適用ある規則および関連監督官庁の行政指導を遵守して、抵当ローンおよび住宅担保ローンを提
     供している。
                                  20/976
















                                                           EDINET提出書類
                                                           新韓銀行(E26225)
                                                            有価証券報告書
      下表は、当行の個人向け貸出金(貸倒損失引当金および繰延貸付付帯費用控除前)の内訳を示している。

                                         12 月 31 日現在

                                    2018  年            2019  年

                                   (単位:十億ウォン、%を除く。)

             (1)
     個人向け貸出金
       抵当ローンおよび住宅担保ローン                             61,614               67,284

       その他個人向け貸出金                             51,084               56,088

     総貸出金合計に対する個人向け貸出金の割合                               44.5%               45.7%

     ___________________________
     注 記 :
     (1)  貸倒損失引当金控除前。
      2019  年 12 月 31 日現在の当行の抵当ローンおよび住宅担保ローンの貸出金残高合計額は、                                      67,284   十億ウォン

     で、このうち、元本分割返済型貸出金(その貸出元本が一部分割払いにより返済される貸出)は                                                  47,031   十億
     ウォンで、元本分割返済を伴わない貸出金は                       20,253   十億ウォンであった。さらに、                2019  年 12 月 31 日現在、当
     行はまた元本分割返済を伴わない貸出金の貸出金残高について                                905  十億ウォンの与信枠を提供している。
     価格設定

      当行の個人向け貸出金に付される金利は、定期的に調整される変動金利(内部振替価格制度を用いて算出

     された3ヵ月、6ヵ月または               12 ヵ月間の期間について決定された基準金利に基づいており、貸出関連費用お
     よび関連貸出商品の利益率を考慮するために調整された、資金調達の市場コストを反映している。)か、ま
     たは貸出関連費用および利益率を考慮するために調整された、資金調達の市場コストを反映した固定金利の
     いずれかである。固定金利の貸出金は限定された場合に限り変動金利貸出金にプレミアムを付して提供され
     る。当行が変動金利または固定金利に基づき提供している無担保の貸出について、これらにかかる金利は、
     とりわけ貸出承認プロセスにおいて決定された借り手の信用スコアに基づく利益率が反映される。有担保貸
     出について、信用限度は担保の種類に基づき、担保およびローン資産価値比率が優先される。当行は、借り
     手による現在および/または将来予想される当行の収益に対する貢献を反映するために、これらの貸出の価
     格設定を調整することができる。当行の貸出商品にかかる金利は、貸出延長時に調整することができる。貸
     出が貸出日から3年以内に弁済される場合、借り手は当行に対して未返済の元本額の通常                                                0.7  %から    1.4  %
     (貸出の種類および適用金利による。)の早期弁済手数料に加え、当該貸出の元本に対する発生済みだが未
     払いの金利に当該貸出の満期までの残存日数を分子とし、当該貸出の期間または3年間のいずれか長い方の
     日数を分母とする分数を乗じた金額を支払うことが義務付けられる。
      2019  年 12 月 31 日現在における当行の3ヵ月、6ヵ月および                       12 ヵ月の基準金利はそれぞれ約               1.53  %、  1.52  %
     および   1.51  %であった。       2019  年 12 月 31 日現在、満期が5年の抵当ローンおよび住宅担保ローンに対する当行
     の固定金利は       2.85  %であった。また、満期が1年のその他の個人向け貸出金に対する当行の固定金利は、顧
     客の信用スコアに応じて             2.41  %ないし     14.00   %の範囲であった。
      2019  年 12 月 31 日現在、当行の個人向け貸出金合計の                    92.4  %は変動金利の貸出であり、               7.6  %は固定金利の貸
     出であった。同日現在、満期が1年超の当行の個人向け貸出金の                                 92.9  %は変動金利の貸出であり、               7.1  %が固
     定金利の貸出であった。
                                  21/976






                                                           EDINET提出書類
                                                           新韓銀行(E26225)
                                                            有価証券報告書
      当行が顧客に課す金利は、韓国銀行連合会によって公表される「資金コスト・インデックス」(                                                 COFIX   )に

     ある程度基づいている。             COFIX   は、韓国の大手銀行8行(当行、國民銀行、ウリィ銀行、                              KEB  ハナ銀行、農協
     銀行、中小企業銀行、シティバンク・コリア・インクおよびスタンダード・チャータード・バンク・コリ
     ア・リミテッドからなる。)の選定された資金調達商品(定期預金、住宅その他積立貯蓄預金、買戻条件付
     有価証券、割引手形および非転換型社債を含む。)の加重平均金利に基づいて計算されている。各銀行はそ
     の後、   COFIX   と自行の全般的な資金調達コスト、事務費用、顧客の信用スコア、貸出の満期およびかかる銀行
     との顧客関係に基づいた顧客に固有のプレミアムおよびディスカウントとの差に基づいて、                                               COFIX   に対するス
     プレッドを加算してそのそれぞれの顧客への適用金利を個別に決定している。これらの金利は通常、月ごと
     に調整される。        2019  年1月に     FSC  が「資金コスト・インデックス」(                   COFIX   )を計算する際に、要求払い預金
     のような短期預金に対する金利を反映させることを発表したことから、従来の                                        COFIX   金利に比べて、世帯向け
     貸出に対する金利が低下することが見込まれる。
     プライベート・バンキング

      当行はこれまで富裕層顧客に注力してきた。当行の個人向け銀行業務には、複雑な財務上の問題について

     個人的な助言を求める富裕層顧客へのプライベート・バンキング・サービスの提供が含まれる。プライベー
     ト・バンキングにおける当行の目的は、当行の富裕層顧客に対して、とりわけ資産ポートフォリオおよび資
     金管理、税務コンサルティング、不動産管理ならびに家庭オフィスサービス業務を含むカスタマイズされた
     資産運用ソリューションおよび包括的な金融サービスを提供することで、かかる顧客の富の蓄積を強化し、
     その金融面での造詣を深めることである。                      2011  年末以来、当行は、商業銀行業務と、新韓金融投資によって
     提供される投資相談サービスとの相乗効果をより大きくすることにより、進化する顧客のニーズに先手を
     打って対応し、資産の成長を促進するために、当行の一部の支店と同じ場所に所在する新韓金融投資の支店
     とを組み合わせたプライベート資産運用センターの営業を開始した。近年、当行は、韓国標準協会、朝鮮日
     報および産業通商資源部によるプレミアム・ブランド・インデックスにおいてグランプリ(                                                  12 年連続受
     賞)、韓国経済新聞による韓国プレステージ・ブランド賞(4年連続受賞)、                                         Maekyung     Media   Group   による
     Star   Brand   Award   (3年連続受賞)、朝鮮日報によるナショナル・ブランド・アワード(2年連続受賞)を
     含む業界の著名な賞をいくつも受賞したことにより、プライベート・バンキングにおける当行の強さが広く
     認識されてきた。
      2019  年 12 月 31 日現在、当行は韓国全土(ソウルに                   18 ヵ所、ソウル郊外に3ヵ所および韓国の他の地域の市
     に6ヵ所)において、            27 の資産運用サービスセンターを運営している。同日現在、当行は約                                   15,677   名のプラ
     イベート・バンキング顧客(通常、当行に                      500  百万ウォンの預金を有する場合、プライベート・バンキング・
     サービスを利用することができる。)を有していた。
     法人向け銀行業務

     概観

      当行は、     SOHO  ( Small   Office,     Home   Office   )として知られ、個人または世帯で営まれる企業を含む中小企

     業および、これより程度は低いものの財閥関連企業を含むより規模の大きい企業に対して法人向け銀行業務
     サービスを提供している。当行はまた、政府系企業に対しても貸出を行っている。
      下表は、表示日現在における当行の法人向け貸出業務の各区分に帰属する当行の貸出金合計額(貸倒損失
     引当金および繰延貸付付帯費用控除前)の残高および割合を示している。
                                   12 月 31 日現在

                           2018  年                 2019  年

                              (単位:十億ウォン、%を除く)
                                                       33.8%
              (1)
     中小企業向け貸出
                         84,972          33.6  %       91,162
             (2)
     大企業向け貸出
                         55,389          21.9  %       55,537          20.5%
     法人向け貸出合計                   140,361           55.5%         146,699           54.3%

     ___________________________
     注 記 :
     (1)   小規模および中規模企業に関する基本法ならびに関連する大統領令のもとで中小企業の定義を満たす企業に対して付与された貸出
       金の元本額を表す。
                                  22/976


                                                           EDINET提出書類
                                                           新韓銀行(E26225)
                                                            有価証券報告書
     (2)  公的機関およびその他貸出ならびに他銀行への貸出を含む。
     中小企業向け銀行業務

      小規模および中規模企業に関する基本法(以下「中小企業基本法」という。)ならびに関連する大統領令

     (改正済。      2016  年1月   27 日施行。)のもとで、中小企業として適格となるためには、                               (i)  直前の会計年度末に
     おける当該企業の資産合計が               500  十億ウォン未満で、          ( ⅱ ) その年間売上高の平均および合計がその主たる事業
     の種類に適用される大統領令に定める基準を満たし、かつ                              ( ⅲ ) 当該企業は大統領令に定める所有から独立し
     た経営基準(独占規制および公正取引に関する法律において定義されるコングロマリットの構成企業でない
     ことを含む。)を満たさなければならない。                       2020  年6月に施行された改正中小企業基本法に従い、独占規制
     および公正取引法に基づく開示の対象となる事業グループに属しているか、または属しているとみなされる
     企業は中小企業として適格ではない。中小企業基本法および大統領令に規定される一定の要件を満たす非営
     利企業は、中小企業として適格とすることができる。さらに、                                 2014  年4月   15 日から、大統領令に規定される
     協同組合および協同組合連合会は中小企業とみなされる。                               2019  年 12 月 31 日現在、当行は        91,162   十億ウォン
     (貸倒損失引当金および繰延貸付付帯費用控除前)の貸出を                               307,705    社の中小企業に付与していた。
      当行はこれまで中小企業向け貸出に注力してきており、当行は、そのマーケティング能力(当行に著しい
     顧客ロイヤルティを与えてきたと考えられる。)および与信承認に対する保守的な信用格付制度を含む慎重
     なリスク管理の実施に鑑みて、中小企業市場で成功するために好位置につけていると考えている。中小企業
     向け貸出の市場シェアを維持または増大させるために、当行は以下の取組みを行っている。
     ・   顧客および商品について市場に精通し、また主導する専門性を蓄積してきたこと。                                           当行は、当該市場セ
       グメントに組み込まれた信用リスクを深く理解し、当該市場セグメントの需要に特に合わせた貸出およ
       びその他の商品を開発することができると考えている。
     ・   中小企業に対し個別仕様された顧客サービスを提供するための関係管理システムを運営していること。
       当行は現在、       182  の銀行支店に関係管理チームを有しており、このうち                            51 は法人向け銀行業務支店であ
       り、  131  は個人顧客および限定的な範囲での法人顧客の双方に対するサービス提供を目的としたハイブ
       リッド銀行業務支店である。これらの関係管理チームは商品を販売し、信用リスクの低い少額貸出の検
       討および承認を行っている。
     ・   他の商品とクロス・セルされる貸出商品に引き続き注力していること。                                     例えば、当行が中小企業向けに
       貸出を行う時は、かかる企業の従業員向けに、個人向け貸出もしくは預金商品をクロス・セルするかま
       たは投資顧問サービスを提供する機会も模索する。
     大企業向け銀行業務

      大企業顧客は、主として財閥グループ企業および金融機関で構成されている。当行の大企業向け貸出は、

     2019  年 12 月 31 日現在   55,537   十億ウォン(貸倒損失引当金および繰延貸付付帯費用控除前)であった。大企業
     顧客は中小企業顧客よりもより優れた信用プロフィールを持つ傾向にあるため、当行は、そのリスク管理政
     策の一環としてこれらの顧客に対する注力を拡大してきた。
      当行は、事業拡大と成長に向けて努力する法人顧客とパートナーを組むワンストップの金融ソリューショ
     ンのプロバイダーとなることを目指している。当行は、かかる目的のために、投資銀行業務、不動産ファイ
     ナンス、海外不動産プロジェクト・ファイナンス、大規模開発のプロジェクト・ファイナンス、インフラ・
     ファイナンス、ストラクチャード・ファイナンス、持分投資/ベンチャー投資、                                         M&A  コンサルティング、証券
     化およびデリバティブ・サービス(有価証券およびデリバティブ商品ならびに外国為替取引を含む。)を含
     む広範な法人向け銀行サービスを提供している。当行は、香港子会社である                                        新韓アジュ金融有限公司            を通じ
     て、とりわけアジアにおいて海外事業を拡大している韓国企業向けに資金調達を手配し、コンサルティン
     グ・サービスを提供している。
                                  23/976






                                                           EDINET提出書類
                                                           新韓銀行(E26225)
                                                            有価証券報告書
     法人向けエレクトロニック・バンキング

      当行は、「新韓ビズバンク」として知られるウェブベースの総合的な資金管理サービスを法人顧客に提供

     している。新韓ビズバンクは、基本的な取引履歴の照会や資金振替から信用状開設、貿易金融、支払管理、
     回収管理、販売決済サービス、購入決済サービス、企業間決済サービス、スイーピング(口座精算)、プー
     リング(資金プーリング)、                ERP  インターフェイス・サービス、ホスト間バンキング・ソリューション、
     SWIFT   SCORE   サービスおよびグローバルなキャッシュ・流動性管理サービスに至るほぼすべての種類の銀行取
     引をサポートしている。さらに、当行はインターネット・バンキング、キャピタル・マネジメント・サービ
     スおよび企業資源プランニングを組み合わせ、企業顧客によりよいサービスを行うことを企図した「インサ
     イド・バンク」プログラムを通じて、顧客にその金融サービスへの統合された高度アクセスを提供してい
     る。インサイド・バンク・プログラムはまた、様々な業種のコングロマリットから小規模企業に至るまで
     ターゲットとする企業顧客の包括的なニーズを満たすカスタマイズされた金融サービスを提供し、当行の法
     人顧客が当行の金融サービスにアクセスする際の利便性を高め、その資金の戦略的な運用を支援することを
     目標とするものである。法人向け取引の非対面のオンラインによる取引を促進するための当行の取組みに
     沿って、     2018  年、「新韓ダモア・サービス」として知られる仮想口座に基づく法人向け資金運用サービスを
     アップグレードし、モバイル・チャネルで利用できるようにした。さらに、当行は、電話番号サービスによ
     る資金の振替(顧客が受取人の口座番号なしで資金の振替ができる。)を可能にした。かかる振替はこれま
     で個人向け銀行業務の顧客のみが利用できたが、法人向け銀行業務顧客も利用できるようになった。小規模
     事業者向けの決済手数料を引下げるための当行の取組みの一環として、                                      2019  年5月、当行は、売り主がス
     マートフォンで        QR コードをスキャンすることにより、顧客口座から簡単に支払いを受取ることができる、口
     座ベースのモバイル・ペイメント・サービスである「ゼロペイ・ビズ新韓」を開始した。
     法人向け貸出業務

      当行の法人顧客向けの主要貸出商品は、運転資金融資および設備融資である。運転資金融資には手形割引

     と貿易金融を含み、通常一般的な運転資金目的に使用される貸出である。設備融資は、設備の購入や製造工
     場の建設の資金調達のために提供される。                      2019  年 12 月 31 日現在における当行の運転資金融資および設備融資
     はそれぞれ      56,074   十億ウォンおよび         56,534   十億ウォンであり、当行のウォン建て法人向け貸出合計のそれぞ
     れ 48.2  %および     48.6  %を占めていた。運転資金融資は通常満期が1年であるが、無担保貸出の場合には合計
     3年まで、有担保貸出の場合には5年まで1年ごとに延長することができる。設備融資の最長満期は                                                     15 年
     で、通常年2回の分割払いにより返済されるが、初回の返済は貸出期間の3分の1を超えない猶予期間があ
     り、期間が3年以下の設備融資は、満期日に全額返済することができる。
      法人向け貸出は、無担保であるかまたは不動産、預金もしくは保証状による担保付きでなされる。                                                   2019  年
     12 月 31 日現在、有担保貸出および保証付貸出(信用保証保険基金の発行する保証証書によって担保された貸
     出を含む。)は当行のウォン建て中小企業向け貸出のそれぞれ                                 62.6  %および     12.7  %を占めていた。         2019  年 12
     月 31 日現在、法人向け貸出の             54.9  %は不動産を担保としていた。
      当行は、法人顧客に貸出を供与するか否かを評価する際に、当該顧客の信用度、信用スコア、担保があれ
     ばその価値および/または第三者の保証を検討する。担保の価値は、担保評価額、先順位担保権または当該
     担保に対する他の権利ならびに不動産に関しては前年に裁判所監督の競売において売却された近隣物件の平
     均価額を含むいくつかの事項に基づく調整要因を考慮した算式を用いて計算される。当行は、有担保の貸出
     が更新されるかまたは当該貸出に関するトリガー事由が発生した場合に担保を再評価する。
     価格設定

      当行は、法人向け貸出商品の価格を、主にそれぞれの資金調達コストおよび借り手の信用リスクに基づく

     期待損失率に基づいて決定する。                 2019  年 12 月 31 日現在、満期までの残存期間が1年以上である当行の法人向
     け貸出の     54.4  %は、適用ある市場金利によって決定される変動金利であった。
      より具体的には、当行の法人向け貸出の金利は通常次のとおり決定される。
      金利   = ( 当行の期間毎の市場変動金利または参照金利                       ) に取引費用、信用スプレッドおよびリスクプレミ
          アムを加算し、裁量的な調整を加減する。
      当行は、市場情勢および借り手との合意に応じて、借り手に対する金利を決定するための基準金利とし

     て、期間毎の市場変動金利または参照金利を使用できる。                              2019  年 12 月 31 日現在における当行の期間毎の市場
     変動金利(当行の市場金利システムを利用して算出される3ヵ月、6ヵ月、1年、2年、3年または5年の
     期間ごとに決定される基準金利に基づいている。)は、3ヵ月物が                                    1.52  %、6ヵ月物が        1.51  %、1年物が
     1.51  %、2年物が       1.52  %、3年物が       1.58  %および5年物が         1.67  %であった。同日における当行の参照金利は
                                  24/976


                                                           EDINET提出書類
                                                           新韓銀行(E26225)
                                                            有価証券報告書
     4.75  %であった。参照金利は、当行が使用する基準貸出金利をいい、とりわけ当行の資金調達コスト、費用
     効率および裁量的マージンに基づいて、当行の資産・負債管理委員会が毎年決定する。
      取引費用は、各貸出商品に割り当てられる標準的な取引費用およびその他の雑費用(信用保証基金への拠
     出金を含む。)ならびに教育税を反映している。信用保証基金は法的に設置された団体であり、商業銀行が
     行った貸出に対する信用保証を提供し、商業銀行が行うすべての貸出金(設備融資といった一部の貸出を除
     く。)の約      0.23  %の額に相当する商業銀行からの強制拠出金によって資金が賄われている。
      信用スプレッドは、借り手の信用格付および担保または支払保証があればその価値に基づく期待損失を反
     映するために、期間毎の変動金利に加算される。また、当行は、特定の借り手に付与された信用格付による
     期待損失を超える可能性のある非期待損失の潜在性を考慮してリスクプレミアムを加算する。
      裁量的な調整金利は、借り手の現在および/または将来における当行の収益性に対する貢献を反映するた
     めに加算されるかまたは差し引かれる。保証により追加的な信用が提供される場合には、かかる信用スプ
     レッドの変更を反映するために調整金利が差し引かれる。また、競合銀行が類似の借り手に対して設定した
     価格およびその他の条件によって、当行は他行とより効果的に競合するために当該金利を引き下げることが
     ある。
     国際業務

      当行は、国際資本市場において財務および投資業務に従事している。これには主に、外貨建て有価証券取

     引、外国為替取引およびサービス、貿易関連の金融サービス、国際ファクタリング・サービスならびに海外
     支店および子会社を通じた外国人向け銀行業務が含まれる。当行は、海外の現在および潜在的な顧客の様々
     な財務上のニーズに応えるために、アジアの主要銀行となり、また当行の海外ネットワークを一段と強化
     し、海外業務をローカライズし、とりわけ資産運用に関する商品提供の多様化によって国際事業を拡大する
     ことを目指している。「販売網-海外のサービス・ネットワーク」を参照のこと。
     その他銀行業務

     概観

      当行により行われるその他銀行業務には財務業務(行内資産負債管理および非預金の資金調達業務を含

     む。)、債務証券およびより少ない程度であるが持分証券の自己勘定でのトレーディングならびにこれらに
     対する投資、デリバティブ取引業務ならびにバックオフィス機能の管理が含まれる。
     財務

      財務部門は当行のすべての事業運営に資金を提供し、当行の運営上の流動性を確保している。当行は、安

     定した長期資金を確保するために、固定金利および変動金利のノート、社債、ストラクチャード・ファイナ
     ンスおよびその他の先進的な資金調達法を使用している。海外での資金調達については、当行は、日本円お
     よびユーロといった米ドル以外の通貨建てで資金調達を行う可能性を注意深くモニタリングしている。ま
     た、当行は短期金融市場においてコールローンの貸出およびコールマネーの借入を行っている。コールロー
     ンはウォン建てまたは外貨建てのいずれかによる銀行および金融機関間の短期貸出であり、最低取引額は                                                      100
     百万ウォン、満期は通常1日である。
     証券投資およびトレーディング

      当行は、適切な流動性資源を維持し、受取利息、受取配当およびキャピタル・ゲインを生み出すために、

     自己勘定で有価証券に投資し、取引を行っている。当行のトレーディングおよび投資ポートフォリオは、主
     に韓国の財務省証券および政府機関、地方自治体または一部の政府出資企業が発行した債券、金融機関債券
     ならびに韓国取引所の           KRX  KOSPI   市場および      KRX  KOSDAQ   市場の上場持分証券からなっている。当行の有価証券
     投資ポートフォリオの詳細は、「第2-3-                       (2)  資産および負債の詳細-投資ポートフォリオ」を参照された
     い。
     デリバティブ取引

      当行は、以下を含む一連のデリバティブ商品を当行の顧客に提供し、また限定的な範囲において当行の自

     己勘定でこれらの取引を行う。
      ・ウォン金利リスクと           LIBOR   リスクにそれぞれ関連する金利スワップ、オプションおよび先物
                                  25/976


                                                           EDINET提出書類
                                                           新韓銀行(E26225)
                                                            有価証券報告書
      ・大部分が米ドル、円およびユーロに対するウォンのクロスカレンシー・スワップ
      ・株式および株式連動オプション
      ・外貨先渡、オプションおよびスワップ
      ・商品先渡、スワップおよびオプション
      ・クレジット・デリバティブ
      ・ KOSPI200     指数連動株式オプション
      2018  年および     2019  年における当行のデリバティブ取引高(想定元本)は、それぞれ                                 233,655    十億ウォンおよ
     び 246,982    十億ウォンであった。かかるデリバティブ業務は通常、当行の法人顧客がリスク・エクスポー
     ジャーをヘッジするためにデリバティブ契約を締結するニーズへの対処、およびかかる法人顧客との契約の
     結果生じた当行のリスク・エクスポージャーをヘッジするためのバック・トゥー・バックのデリバティブが
     中心となっている。
      当行はまた、当行の資産および負債から生じる金利および外貨リスクのエクスポージャーをヘッジするた
     めにデリバティブ契約を締結している。また、限定的な範囲であるが、当行はその定められたオープン・ポ
     ジションの範囲内において自己勘定でデリバティブ取引を行っている。「第2-3-                                            (2)  資産および負債の
     詳細-デリバティブ」を参照されたい。
     信託勘定管理サービス

     概観

      当行の信託勘定管理サービスには、主として金銭信託の形式による信託勘定の管理が含まれる。信託勘定

     顧客は通常個人であり、銀行勘定への預金によって提供されるものより高い収益率を求めている。預金準備
     率要件は、銀行勘定に保有される預金とは違って信託勘定に保有される預金には適用されず、また信託勘定
     について定める規制は銀行勘定ほど厳しくない傾向があることから、当行は信託勘定商品について概ね銀行
     預金商品よりも高い収益率を提供することができる。しかしながら、近年は低金利環境が続くことから、当
     行は信託勘定商品について魅力ある収益率を提供できていない。
      信託勘定商品は、通常、類似の銀行勘定預金商品よりも所要最低預金額が高い。銀行預金商品とは異な
     り、信託勘定への預入金は、主として有価証券                         ( 主に債務証券および不動産金融に対する受益証券からな
     る。  ) に、また、これより程度は低いものの貸出金に対して投資される。これは、資金源が比較的不足してい
     ることから、信託勘定は流動資産への投資比率を高くする必要があるためである。
      銀行法、     FSCMA   および信託法に基づき、信託勘定の資産は受託銀行の他の資産とは分離することが義務付け
     られ、受託銀行の預金者または他の債権者に対する債務の弁済に充当することはできない。したがって、元
     本(または元本および利息の双方)について保証のない信託勘定は銀行勘定とは分離して計上および報告さ
     れる。「第2-3-          (6)  監督および規制」を参照されたい。信託勘定は信託法および                                FSCMA   によって規制さ
     れ、大部分の全国規模の商業銀行は同種の信託勘定商品を提供している。当行は、信託勘定管理業務から収
     益を得ており、これは正味信託管理報酬として計上されている。
      2018  年および     2019  年 12 月 31 日現在、当行が保有する信託資産はそれぞれ合計                           76,161    十億ウォンおよび
     93,127   十億ウォンであり、その主な内訳は有価証券投資がそれぞれ                               22,479   十億ウォンおよび         23,902   十億ウォ
     ン、不動産投資がそれぞれ              14,154   十億ウォンおよび         13,493   十億ウォンならびに貸出金の元本総額がそれぞれ
     528  十億ウォンおよび         415  十億ウォンであった。有価証券投資の内訳は、社債、政府関連債券およびその他の
     有価証券(主にコマーシャル・ペーパー)であった。                            2018  年および     2019  年 12 月 31 日現在、当行の信託勘定合
     計額のうち、債務証券はそれぞれ                 28.5  %および     24.9  %を、持分証券はそれぞれ              1.1  %および     0.8  %を占めてい
     た。信託勘定からの貸出は、すべて韓国ウォン建てである点を除き、当行の銀行勘定からの貸出と同種のも
     のである。      2018  年および     2019  年 12 月 31 日現在、信託勘定からの貸出金額のうち、それぞれ                            57.8  %および
     62.7  %が有担保または保証付きであった。各信託勘定の受入資金から投資を行う際には、各信託商品は、特
     に会社、業種および証券に特有の制限を記載した各商品に適用ある投資ガイドラインを定めている。
     信託商品

      韓国では、信託商品は通常、金銭信託の形式を取る。金銭信託は、受託者が適用ある法律に従ってその投

     資裁量を有する一任信託であり(特定金銭信託の場合を除く。)、それぞれの種類の信託勘定について混蔵
     され、合同運用される。特定金銭信託は、自身の信託資産の投資方法に関して特定の指示を与える顧客のた
     めに設定される。
      当行の信託勘定事業が管理する金銭信託は、                       2018  年および     2019  年 12 月 31 日現在においてそれぞれ             44,290   十
     億ウォンおよび        49,695   十億ウォンであった。
                                  26/976


                                                           EDINET提出書類
                                                           新韓銀行(E26225)
                                                            有価証券報告書
      当行は、個人向け支店網を通じて変動利率信託商品を提供している。                                    2018  年および     2019  年 12 月 31 日現在に
     おける当行の変動利率信託勘定はそれぞれ                      40,270   十億ウォンおよび         45,627   十億ウォンであり、このうち元本
     保 証された変動利率信託勘定はそれぞれ                    4,019   十億ウォンおよび         4,067   十億ウォンであった。変動利率信託勘
     定は、その保有者に対して、信託勘定の預入金元本額に対する変動利率によるリターンを提供し、元本保証
     型変動利率信託勘定(元本の支払が保証される。)の限られた場合を除き、預入金の元本額に対するリター
     ンの保証は提供しない。当行は、一括金またはかかる信託に保有される資産の固定割合を管理報酬として請
     求し、信託商品によって、顧客による早期解約の場合には追加手数料を受領する権利を有する。当行を含む
     韓国の銀行は、現在次の種類の変動利率信託勘定商品の元本を保証することを認められている。それは                                                     (i)  既
     設の個人年金信託、          ( ⅱ ) 新規の個人年金信託、            ( ⅲ ) 既設の退職年金信託、            ( ⅳ ) 新規の退職年金信託、            ( ⅴ ) 年
     金信託および       (vi)  従業員退職給付信託である。当行はまた、その保有者に固定利率によるリターンとともに
     元本返済保証を提供する、保証付固定金利信託商品をわずかな金額であるが(                                         2018  年および     2019  年 12 月 31 日
     現在でそれぞれ        1.0  十億ウォンおよび         1.0  十億ウォン)提供している。これらは過去に提供した商品が繰越さ
     れたもので、当行はもはや保証付固定金利信託商品を提供していない。
     販売網

      当行は、国内広域にわたる個人向けおよび法人向け銀行業務に特化した支店網や、セルフサービスの端末

     やエレクトロニック・バンキング(携帯電話バンキングを含む。)および海外サービス・ネットワークで補
     完される様々な販売網および販売チャネルを通じて、個人顧客および法人顧客に幅広い金融サービスを提供
     している。
     韓国における支店網

      2019  年 12 月 31 日現在、韓国における当行の支店網は                    876  のサービスセンターで構成され、これは                     681  の個人

     向け銀行業務サービスセンター(                  27 の個人向け資産運用サービスセンターおよび                       139  の個人向け事務所を含
     む。)、     13 の大企業顧客向けのバンキング・サービスセンター、                            51 の法人向け銀行業務サービスセンターな
     らびに   131  のハイブリッド銀行業務支店からなっている。
                                  27/976












                                                           EDINET提出書類
                                                           新韓銀行(E26225)
                                                            有価証券報告書
      下表は、     2019  年 12 月 31 日現在の当行の韓国における販売網の地理的分布を支店およびその他の販売チャネ

     ル別に表示したものである。
                                 個人向け         法人向け           合計

        ソウル首都圏                           293          70         363

        京畿道                           140          51         191

        6大都市                           131          36         167

          仁川                         46         13         59

          釜山                         30          8         38

          光州                         10          3         13

          大邱                         19          5         24

          蔚山                         11          ▶         15

                                   15          3         18

          大田
          小計                         564         157         721

                                   117          38         155

        その他
                                   681         195         876

          合計
      当行の支店網は、支店の各対象顧客に合わせたワンストップの銀行業務サービスを提供することを目的と

     している。
     個人向け銀行業務チャネル

      韓国では、現金またはクレジットカードで多くの個人取引が実施され、従来の当座勘定は通常提供されな

     いか、または米国など他の諸国におけるほど幅広く使用されていない。従来より、広範な銀行取引のための
     主要なプラットフォームとして広範な個人向け支店網が重要な役割を果たしてきた。しかし、ますます多く
     の顧客がその銀行取引のニーズを満たすために、インターネット・バンキング、モバイル・バンキングおよ
     びその他の非対面形態のプラットフォームといったその他のサービス手段に変更しつつある。かかる変更に
     対応して、当行は最近、過剰と思われる一部の支店の転換、合併または閉鎖を含むその個人向け支店ネット
     ワークの再編に注力してきた。
      最近では、プライベート・バンキングを通じて富裕層の個人をターゲットとすることが当行の重要な取組
     みの一つとなっている。当行のプライベート・バンキング業務は主として、ターゲットとする顧客グループ
     の中で、顧客が個々の投資戦略を策定することを支援するプライベート・バンキング・リレーションシッ
     プ・マネジャーを通じて提供される。当行は、リレーションシップ・マネジャーが当行顧客との持続的な関
     係を醸成する一助となるものと確信している。プライベート・バンキング顧客はまた、当行の個人向け支店
     網および当行が個人向け銀行業務を通じて提供するその他の一般的な銀行商品を利用することができる。
     法人向け銀行業務チャネル

      当行は現在、大企業顧客へのサービス提供を目的としたコーポレート・バンキング・サービス・センター

     ならびに個人および小企業顧客へのサービス提供を目的としたハイブリッド銀行業務支店を通じて法人向け
     銀行業務を提供している。中小企業顧客は伝統的に当行の法人顧客の中核であり、当行はこれらの顧客に対
     する強みを引き続き維持する計画である。
     セルフサービス端末

      当行の銀行業務支店網を補完するために、当行は幅広い自動窓口機のネットワークを維持し、これらは支

     店や無人店舗に設置されている。これらの自動窓口機は、                               ATM  、現金支払機および記帳機からなっている。
     2015  年 12 月、当行は、生体認証技術を特徴とし、新規口座の開設、デビットカードおよびチェック・カード
     の発行、外国為替および外貨の海外送金といった従来の                             ATM  ではできなかった広範なサービスを行うことがで
                                  28/976


                                                           EDINET提出書類
                                                           新韓銀行(E26225)
                                                            有価証券報告書
     きる新世代自動セルフサービス機「デジタル・キオスク」をソウル首都圏地域で導入した。これらのデジタ
     ル・キオスクは現在、ソウル首都圏地域の                      44 支店で稼働している。            2019  年 12 月 31 日現在、当行は        5,773   台の
     ATM  、 13 台の現金支払機および           48 台のデジタル・キオスクを有していた。当行は、顧客に便利なサービスを提
     供し、支店レベルでのマーケティングおよび販売機能を最大化し、人件費を削減し、収益性を改善するため
     に、これらの販売チャネルの使用を積極的に推進してきた。                               2019  年において、自動窓口機の取引は、当行の
     処理件数およびこれらから生じた手数料収入について、当行の預金の預入れおよび引出し取引合計のかなり
     の部分を占めた。
     エレクトロニック・バンキング

      当行のインターネット・バンキング・サービスは店舗カウンターで利用できるサービスと比較してより総

     合的であり、       24 時間の口座残高照会、リアルタイムの口座振替、海外送金および借入申込が含まれる。当行
     はまた、より迅速、便利かつ安全な銀行取引を顧客が携帯電話を用いて利用できるモバイル・バンキング・
     サービスを提供している。              2019  年 12 月 31 日現在、当行は約         20,173,251      のインターネット・バンキング・サー
     ビス利用顧客および約            15,222,356      のスマート・バンキング・アプリ利用顧客を有しており、これは                                  2018  年 12
     月 31 日現在と比較してそれぞれ              9.8  %および     8.8  %の増加であった。当行のオンラインおよびモバイル・バン
     キングの利用者数は引き続き増加するであろう。当行は当初、収益を増やすよりもむしろコスト節減の観点
     からオンラインおよびモバイル・バンキングの提供を開始したが、オンラインおよびモバイル・バンキング
     は、時間や場所の制約を受けることなく、より容易でより便利な銀行サービスへのアクセスを顧客に提供
     し、かつ、顧客に適合したカスタマイズされたサービスを各顧客に提供するので、これらのサービスを通じ
     て収益を増加させる可能性を高める方法を現在探求している。                                 2017  年9月、当行は、よりユーザーフレンド
     リーで、これまでのプラットフォームよりアクセスが容易で、追加のアプリケーションや認証を要しない新
     たなウェブベースのモバイル・プラットフォームである「新韓                                 Tong  」を発売した。新韓          Tong  はモバイル識別
     および非対面の本人確認技術を利用しており、これにより利用者が実際に銀行支店に訪れることなく、銀行
     口座を開設し、外貨に両替し、またクレジットカードの申請といったその他のサービスを利用することがで
     きる。   2018  年2月、当行は、新韓           S バンクおよびサニーバンク・アプリケーションといった当行の6つのこれ
     までの既存のモバイルアプリケーションを統合する新たなモバイル・バンキング・アプリケーションである
     「 SOL  」を開始した。        SOL  は当行の顧客志向でユーザーフレンドリーなモバイル・バンキング・プラット
     フォームを顧客に提供するための取組みの蓄積であり、とりわけ使いやすい生態認証と非対面の識別認証技
     術を特徴としている。顧客が当行の                  ATM  を利用して他の銀行の自分の口座から資金を引出し、最小限の時間と
     労力で(たとえば、ログインや口座番号を入力する必要なしに)送金できる革新的な機能に加えて、当行は
     2019  年 10 月、  SOL  のみを使用して複数の銀行の口座、商品およびサービスにアクセスすることができるオープ
     ンバンキングサービスの提供を開始した。                      2019  年 11 月、当行はまた外国人向けのモバイル・バンキング・ア
     プリケーションである「             SOL  グローバル」を立ち上げ、外国人顧客がオープンバンキングやその他のさまざま
     な金融サービスを利用できるようにした。当行は、不動産価格やローン限度額に関する情報を提供するモバ
     イルアプリケーションである「                SOL  Land  」や、外国為替および旅行保険サービスといった旅行関連サービス
     を提供するモバイルアプリケーションである「                        SOL  Trip  」を含む革新的なサービスを提供することにより、
     モバイル・バンキング・サービスの範囲を引き続き拡大している。
                                  29/976









                                                           EDINET提出書類
                                                           新韓銀行(E26225)
                                                            有価証券報告書
     海外のサービス・ネットワーク
      下表は、     2019  年 12 月 31 日現在における当行の海外銀行業務子会社および支店を示している。

                                                 設立年または

     事業部門                        所在地                     取得年
     子会社

                             中国   香港特別行政区

     新韓アジュ金融有限公司                                            1982  年
                (1)
                             ドイツ    フランクフルト
     ヨーロッパ      新韓銀行                                      1994  年
                             米国   ニューヨーク

     アメリカ     新韓銀行                                        1990  年
                             中国   北京

     新韓銀行中国有限公司                                            2008  年
                             カンボジア      プノンペン

     新韓カンボジア銀行                                            2007  年
                             カザフスタン       アルマトイ

     新韓カザフスタン銀行                                            2008  年
                             カナダ    トロント

     カナダ新韓銀行                                            2009  年
         (2)

                             日本   東京
     SBJ  銀行                                          2009  年
                 (3)

                             ベトナム     ホーチミンシティ
     新韓バンク・ベトナム                                            2011  年
              (4)
                             メキシコ     メキシコシティ
     メキシコ新韓銀行                                            2015  年
                 (5)

                             インドネシア       ジャカルタ
     新韓インドネシア銀行                                            2016  年
     支店

     ニューヨーク                        米国                     1989  年

     シンガポール                        シンガポール                     1990  年

     ロンドン                        英国                     1991  年

     ムンバイ                        インド                     1996  年

     香港                        中国                     2006  年

     ニューデリー                        インド                     2006  年

     カーンチープラム                        インド                     2010  年

     プネー                        インド                     2014  年

     マニラ                        フィリピン                     2015  年

     ドバイ                        アラブ首長国連邦                     2015  年

     シドニー                        オーストラリア                     2016  年

     ヤンゴン                        ミャンマー                     2016  年

     アフマダーバード                        インド                     2016  年

     ランガ・レッディ                        インド                     2016  年

            (6)

     駐在員事務所
                                  30/976


                                                           EDINET提出書類
                                                           新韓銀行(E26225)
                                                            有価証券報告書
                             メキシコ     メキシコシティ
     メキシコ                                            2008  年
                             ウズベキスタン         タシュケント

     ウズベキスタン                                            2009  年
           (1)
                             ポーランド      ワルシャワ
     ポーランド                                            2014  年
     ___________________________

     注記:
     (1)  ヨーロッパ新韓銀行は         2014  年にポーランドに駐在員事務所を設立した。
     (2)  当行は   2009  年に同子会社を日本に設立したが、               1986  年から支店組織を通じて日本で銀行業務を提供してきた。
     (3)  2011  年に同子会社を設立する以前、当行は、                 1995  年から支店組織を通じてベトナムで銀行業務を提供してきた。
     (4)  メキシコ新韓銀行は        2018  年3月に営業開始した。
     (5)  当行はインドネシアの          Bank  Metro   Express   および   Centratama     Nasional    Bank  の2行の持分をそれぞれ          2015  年 11 月に  98.01  %および
       2016  年 12 月に  100 %取得した。      2016  年3月3日、      Bank  Metro   Express   は新韓インドネシア銀行の商号で事業活動を行う免許を取得し
       た。  2016  年 12 月6日、    Centratama     Nasional    Bank  は新韓インドネシア銀行に吸収合併された。
     (6)  ミャンマーの当行駐在事務所は             2018  年6月8日に閉鎖した。
      現在、当行の海外子会社および支店は主に、海外市場において韓国企業や韓国人向けに貿易金融および現

     地通貨での資金調達を行っており、また、当行の本店とともに外国為替業務を提供している。限定的ではあ
     るが、これらの海外支店および子会社は外国の発行体の有価証券への投資やこれらのトレーディングを行っ
     ている。将来においては、当行は「グローバリゼーション」への取組みの一環として、個人向けおよび法人
     向け銀行業務において一段と幅広いサービスを提供することで、海外市場における現地顧客のカバレッジを
     拡大する計画であり、かかる目的のために当行のプレゼンスを高め、これらの市場においてより柔軟にサー
     ビス提供を行えるように、選別された市場において支店の代わりに子会社の設立を増加させており、                                                    2011  年
     には当行のベトナム銀行子会社2社を合併した。当行は、組織の成長への注力を維持する計画で、何もない
     状態で参入しても現地の銀行免許の取得が難しい市場では買収を選択的に追及する場合もある。この目的を
     追求するために、当行は              2015  年 11 月および     2016  年 12 月にインドネシアの            Bank   Metro    Express    および
     Centratama      Nasional     Bank  の2行においてそれぞれ             98.01   %および     100  %の持分を取得した。当行は               2016  年 12
     月にこの2行の合併を完了した。当行はまた                       2016  年下半期にオーストラリア、ミャンマーおよびインドに新
     たなに支店を開設した。             2017  年4月、新韓バンク・ベトナムは、                  ANZ  バンク(ベトナム)リミテッドのリテー
     ル部門を取得した。           2017  年、新韓銀行は韓国の銀行で初めてメキシコに現地子会社を設置する免許を取得
     し、  2018  年3月にメキシコにおいて現地業務を開始した。当行はその海外のバンキング・サービス・ネット
     ワークおよびグローバルな営業の拡大の取組みを継続する計画である。
                                  31/976










                                                           EDINET提出書類
                                                           新韓銀行(E26225)
                                                            有価証券報告書
     子会社

      2019  年 12 月 31 日現在、当行は        11 の連結子会社を所有しており、その詳細を下表に示す。

                               株式持分

         ( 1 )
     子会社               所在地           ( 単位:%     )   業務内容
     新韓アジュ金融有限公司               香港           99.99        投資銀行業務、韓国企業向けの財務

                                        およびコンサルティング業務のアレ
                                        ンジ、ならびに中国および東南アジ
                                        ア諸国において投資銀行業務に従
                                        事。
     アメリカ     新韓銀行          ニューヨークおよ           100.00        一般銀行業務。大部分が米国に居住

                    びカリフォルニア                   する韓国人顧客対象。
     カナダ新韓銀行               トロント           100.00        一般銀行業務。大部分がカナダに居

                                        住する韓国人顧客対象。
     新韓銀行中国有限公司               北京           100.00        現地および韓国コミュニティならび

                                        に企業に対する金融サービス。
     ヨーロッパ      新韓銀行         フランクフルト           100.00        海外貸出。大部分が韓国企業およ

                                        び/またはその関連会社対象。
     新韓カザフスタン銀行               アルマトイ           100.00        一般銀行業務。大部分がカザフスタ

                                        ンに居住する韓国人顧客対象。
     SBJ  銀行             東京           100.00        一般銀行業務。大部分が日本に居住

                                        する韓国人顧客対象。
     新韓バンク・ベトナム               ホーチミンシティ           100.00        一般銀行業務。大部分が現地の個人

                                        およびベトナムに居住する韓国人顧
                                        客(法人を含む。)対象。
     新韓カンボジア銀行               プノンペン           97.50        一般銀行業務。大部分がカンボジア

                                        に居住する韓国人顧客対象。
               (2)

                    メキシコシティ           99.99        現地および韓国企業の双方に対する
     メキシコ新韓銀行
                                        金融サービス。
                 (3)

                    ジャカルタ           99.00        一般銀行業務。大部分が現地の中小
     新韓インドネシア銀行
                                        企業およびインドネシアに所在する
                                        韓国人顧客(法人を含む。)対象。
     ___________________________

     注記:
     (1)  当行はまた韓国      IFRS  に従い連結子会社として処理されるストラクチャード・エンティティ(構造化企業)                                   84 社を有している。
     (2)  メキシコ新韓銀行は        2018  年3月に営業開始した。
                                  32/976


                                                           EDINET提出書類
                                                           新韓銀行(E26225)
                                                            有価証券報告書
     (3)  当行はインドネシアの          Bank  Metro   Express   および   Centratama     Nasional    Bank  の2行の持分をそれぞれ          2015  年 11 月に  98.01  %および
       2016  年 12 月に  100 %取得した。      2016  年3月3日、      Bank  Metro   Express   は新韓インドネシア銀行の商号で事業活動を行う免許を取得し
       た。  2016  年 12 月6日、    Centratama     Nasional    Bank  は新韓インドネシア銀行に吸収合併された。
                                  33/976




















                                                           EDINET提出書類
                                                           新韓銀行(E26225)
                                                            有価証券報告書
     情報技術

      当行は、業務運営を支援し、質の高い顧客サービスを提供することを目的として、高度な情報技術システ

     ムを維持するために相当程度の資源を注いでいる。当行の情報技術システムは、包括的なグループ規模の情
     報収集および処理に基づき、新韓フィナンシャル・グループにより運営されている。新韓フィナンシャル・
     グループはまた、顧客関係管理機能、リスク管理システムおよびデータ処理のために、「エンタープライ
     ズ・データ・ウェアハウス」という単一のグループ規模の企業情報技術システムを運営している。新韓フィ
     ナンシャル・グループは、そのリスク管理システムおよびリスク閾値に事業環境の変化を反映するだけでな
     く、その競合企業との差別化を強調するそのクラスで最高の技術を適用するために、そのグループ規模の情
     報技術システムを継続的にアップグレードしている。
      2013  年、新韓フィナンシャル・グループは、グループ全体のすべての子会社に対する情報技術システムの
     包括的な管理を担う新韓データ・センターの建設を完了した。同センターは、最低                                           15 年間にわたる中央情報
     処理設備の安定利用を確保し、さまざまなデータ・センターを組み合わせることにより、経営効率およびコ
     スト効率を最大限にし、情報セキュリティを強化するために設計されている。当行は                                            2014  年にその情報管理
     機能をこのセンターに移転させた。
      新韓フィナンシャル・グループは、その子会社によって提供される金融サービスのセキュリティならびに
     信頼性を強化するために、継続的にグループ全体の情報セキュリティ基準の強化およびその関連システムの
     アップグレードに努めている。                2008  年、新韓フィナンシャル・グループは、グループ全体の情報システムお
     よび方針を設定し、それ以来これを継続的にアップデートし、アップグレードしてきた。                                              2017  年、新韓フィ
     ナンシャル・グループは、さらにグループ全体の情報セキュリティ統制タワーをそのクラスで最高の水準に
     アップグレードし、サイバー侵害を受けた際のセキュリティ防御能力を強化するために、その社内の情報セ
     キュリティ担当スタッフの大半を優れた技能を有する外部専門家に入替えた。
      当行はまた、電子バンキングおよびモバイル・バンキング、オンラインによるコンサルティング、拡張販
     売サービスならびにカスタマイズされた情報サービスを含め、顧客サービスの質を向上させることによりそ
     の競争力を高めるために、引き続き子会社の情報技術システムをアップグレードしている。さらに、当行
     は、最近、当行のバンキング・アプリケーション「                           SOL  」の開始といった、法人向けオンライン・バンキン
     グ・サービスの主要なアップグレードおよび携帯電話ベースの商品提供の拡大を通じて、その間接サービ
     ス・チャネルならびに携帯電話によって金融サービスにますますアクセスする顧客基盤の成長に照らした販
     売およびサービスのネットワークを強化した。さらに、当行はグローバルな顧客管理システムを通じてその
     海外子会社および支店の販売能力および経営能力を支援するだけでなく、各国で固有の金融サービスを提供
     するために、情報技術システムを拡大しており、引き続き拡大する所存である。
      当行の情報技術システムは現在、リアルタイム・ベースでバックアップされている。                                            2014  年、新韓フィナ
     ンシャル・グループは、新韓データ・センターが遮断された場合でも、当行の業務を含むすべての子会社の
     業務が途切れることなく継続して顧客サービスを提供するために、既存のデータ・センターをバックアップ
     および災害復旧センターに転換した。
                                  34/976









                                                           EDINET提出書類
                                                           新韓銀行(E26225)
                                                            有価証券報告書
     (2)  資産および負債の詳細

      別段の記載がない限り、下記の情報はすべて連結ベースで表示されている。別段の記載がない限り、当行

     の信託勘定の資産および負債については、「信託勘定」に記載されている。
     貸出ポートフォリオ

      当行は、その銀行勘定および信託勘定の双方から貸出を行っている。保証は、当該保証に関し当行が顧客
     に代わり支払いを行わない限り、および当行が支払いを行うまで、貸出には分類されない。
      単一の借り手に対する当行のエクスポージャー合計ならびに独占規制および公正取引に関する法律に定義
     される同一の企業グループに属する単一の企業グループに対するエクスポージャー合計は、法律により                                                     Tier
     I 資本および      Tier   II 資本(資本控除項目を除く。)の合計額のそれぞれ                           20 %および     25 %に制限されている。
     新韓フィナンシャル・グループおよび当行を含むその子会社の単一の借り手に対するエクスポージャー合計
     ならびに独占規制および公正取引に関する法律に定義される同一の企業グループに属する単一の企業グルー
     プに対するエクスポージャー合計は、正味株式資本合計(金融持株会社法大統領令に定義される。)のそれ
     ぞれ  20 %および     25 %に制限されている。
      当行の表示日現在の種類別貸出を下表に示す。別段の記載のある場合を除き、すべての貸出金額は貸倒引
     当金および繰延貸付付帯費用控除前である。貸出金合計は延滞金額を含み、当行の貸出ポートフォリオを反
     映している。
                                        12 月 31 日現在

                                    2018  年          2019  年

                                     (単位:十億ウォン)

            (1)
                                    140,361           146,699
     法人向け貸出
            (2)
                                    112,698           123,372
     個人向け貸出
        (3)

                                               270,071
                                    253,059
     合計
     ___________________________
     注記:
     (1)  公的機関およびその他貸出、他銀行への貸出を含む。
     (2)  クレジットカード債権を含む。
     (3)  2018  年および    2019  年 12 月 31 日現在、当行の総貸出金合計のそれぞれ                 87.0  %および    86.1%  はウォン建てであった。
     借り手別のエクスポージャー上位                 10 件

      2019  年 12 月 31 日現在において、貸出、有価証券ならびに保証および引受手形からなる当行のエクスポー

     ジャー上位      10 件の合計は      50,022   十億ウォンであり、当行のエクスポージャー合計の                           26.8  %を占めていた。下
     表は、表示日現在における当行の借り手の上位                        10 件に対するエクスポージャー合計を示している。
                                  35/976






                                                           EDINET提出書類
                                                           新韓銀行(E26225)
                                                            有価証券報告書
                  ウォン建て         外貨建て                保証および


                                                   エクスポー
                    貸出        貸出       有価証券        引受手形       ジャー合計
     2019  年 12 月 31 日現在

                               (単位:十億ウォン)
     企画財政部

                        -        -     20,201           -     20,201
                      1,660          -      6,409          -      8,069
     韓国銀行
                        -        -      5,126          -      5,126
     韓国住宅金融公社
                       729         11      3,921          -      4,661
     中小企業銀行
                        7        -      4,433          71      4,511
     韓国産業銀行
                        -       12      2,181          -      2,193
     韓国輸出入銀行
                        -      1,857          -        -      1,857
     三星電子
                       375        127        640        75      1,217
     ハナ銀行
                        -        -      1,136          -      1,136
     韓国預金保険公社
     アメリカ合衆国政府

                        -        -      1,051          -      1,051
     合計                2,771        2,007        45,098          146      50,022

     主な債務者グループに対するエクスポージャー

      2019  年 12 月 31 日現在、当行のエクスポージャー合計の                     9.8  %は  FSS  院長により認定された主要債務者                  10 グ

     ループに対するもので、その大部分は財閥であった。下表は、表示日現在における、当行が最大エクスポー
     ジャーを有する主要債務者              10 グループに対する当行のエクスポージャー合計を示している。
                         外貨建て

                 ウォン建て                    保証および             エクスポー
                   貸出       貸出     有価証券       手形引受       その他     ジャー合計
     2019  年 12 月 31 日現在

                                (単位:十億ウォン)
                      195      2,286       599       717       0     3,797
     三星
                      475      2,102       543       301       0     3,421
     現代自動車
                      757       391      446       442       0     2,036
     SK
                      57      681      637       350       0     1,725
     ロッテ
                      312       435      545       354       0     1,646
     LG
                      107       82      39      1,277        -     1,505
     現代重工業
                      101       416      172       704       0     1,393
     LS
                      223       300      458       340       0     1,321
     ハンファ
                      16      347       98       283       0      744
     GS
                      116       408       41       172       0      737
     暁星
     合計               2,359       7,448      3,578       4,940        0     18,325

                                  36/976



                                                           EDINET提出書類
                                                           新韓銀行(E26225)
                                                            有価証券報告書
     業種別の貸出の集中

      下表は、     2019  年 12 月 31 日現在における当行の法人向け貸出の残高合計を業種別に示している。

                                 2019  年 12 月 31 日現在

                                         法人向け貸出残高合計

     業種                      貸出残高合計                に対する割合
                              (単位:十億ウォン、%を除く)

     製造                            46,111                31.43   %

     不動産、リースおよびサービス                            28,868                 19.68

     小売および卸売業                            19,318                 13.17

     金融および保険                            10,987                  7.49

     建設                             3,172                 2.16

                 (1)
     ホテルおよびレジャー                             7,100                 4.84
                                 31,143                 21.23

     その他
                                 146,699                100.00   %

     合計
     ___________________________
     注記:
     (1)  主にホテル、モーテルおよびレストランからなる。
     満期分析

      下表は、     2019  年 12 月 31 日現在における当行の貸出ポートフォリオの満期予定(満期までの残存期間別に表

     示)を示している。開示されている金額は、これに帰属する貸倒引当金および繰延貸付付帯費用控除前の額
     である。分割返済ローンの場合、分割返済時期を考慮して満期が調整されている。
                                2019  年 12 月 31 日現在

                                           (1)
                    1年以下        1年超5年以下           5年超           合計
                                (単位:十億ウォン)
      法人向け貸出                 98,035           43,141          5,523         146,699
                       47,831           31,933         43,608         123,372
      個人向け貸出
                       145,866           75,074         49,131         270,071

      総貸出金合計
     ___________________________
     注記:
     (1)  延滞貸出を含む      。
      当行は、当行が貸出審査手順に従って標準的な貸出審査を行った後、法人向け貸出(主に運転資金融資お

     よび設備融資からなる。)および個人向け貸出(分割返済でない場合)について借り換えを認めることがで
     きる。当行の運転資金融資は合計3年から5年までの期間について、通常1年ごとに延長することができ
     る。設備融資は通常有担保であり、通常は最初の貸出日から                               15 年間を最大として、1年ごとに延長すること
     ができる。個人向け貸出は、有担保および無担保貸出の双方について、最大                                       12 ヵ月までの追加期間を延長し
     て最初の貸出日から合計             10 年間とすることができる。
     金利感応度

      下表は、     2019  年 12 月 31 日現在における当行の貸出の内訳を金利感応度別に示したものである。

                                  37/976


                                                           EDINET提出書類
                                                           新韓銀行(E26225)
                                                            有価証券報告書
                                 2019  年 12 月 31 日現在

                              (1)
                                     1年超          合計
                          1年以内
                              (単位:十億ウォン)
              (2)
      固定金利付貸出                        51,210          25,141          76,351
              (3)
                              94,656          99,064         193,720
      変動金利付貸出
      総貸出金合計                       145,866          124,205          270,071
     ___________________________
     注記:
     (1)  延滞貸出を含む。
     (2)  固定金利付貸出は、全期間について金利が固定された貸出である。
     (3) 変動金利または金利調整貸出は、全期間について金利が固定されていない貸出である。
      当行の金利リスクの管理に関する情報の詳細は、「第2-3-                                 (3)  リスク管理-市場リスク管理-トレー

     ディング業務から生じる市場リスク・エクスポージャー」を参照されたい。
     未収利息不計上の貸出および延滞貸出

      買戻した貸出の場合を除き、当行は通常、未収利息不計上の貸出にかかる受取利息を、減損損失を測定す

     るためのかかる貸出の将来キャッシュ・フローの割引に用いられた金利を用いて認識する。通常、当行は、
     金利および/または元本の支払が                 90 日間延滞した場合、貸出にかかる未収利息の計上を停止する。貸出(買
     戻した貸出を除く。)は、金利および元本の支払が再開されるまで未収利息計上の貸出として再分類されな
     い。
      当行は通常、商業貸出の場合は1日から                     14 日、個人向け貸出の場合は1日から                   30 日にわたり金利の支払が
     延滞した貸出について、貸出元本残高および関連未収利息の全額を即座に返済するよう借り手に要請するこ
     とはない。
      既往の利息は、当行の会計簿上発生していない未収利息不計上貸出金にかかる支払期日到来利息である。
     2018  年および     2019  年に、当行は未収利息不計上の貸出について、各年度またはその年の一部の間保有した貸
     出については実行から期末までの期間においてかかる貸出が当初契約条件のとおりに収益計上されていたな
     らそれぞれ      39 十億ウォンおよび         43 十億ウォンの総受取利息が計上されたであろう。                          2018  年および     2019  年の当
     行の正味利息に含まれたこれらの貸出金にかかる受取利息はそれぞれ                                     25 十億ウォンおよび         25 十億ウォンで
     あった。
      下表は、表示された日における1日以上延滞した未収利息不計上貸出金および未収利息計上貸出金とされ
     た貸出金額を示している。「未収利息計上だが1日延滞」の要件には、まだ未収利息を計上しているが元本
     または利息の支払が契約上は1日以上延滞している貸出を含む。当行は引き続き、未収利息が現金預金によ
     り全額担保されている場合を含め、貸出金の全額が未払いである貸出金にかかる未収利息を計上する。
                                  38/976








                                                           EDINET提出書類
                                                           新韓銀行(E26225)
                                                            有価証券報告書
                                           12 月 31 日現在

                                        2018  年        2019  年
                                         (単位:十億ウォン)
                  (1)
      未収利息不計上貸出金
        法人向け
                                          824           818
        個人向け
                                          314           365
         小計
                                         1,138           1,183
      契約上1日以上延滞となっている未収利息計上貸出金
        法人向け
                                          189           244
        個人向け
                                          439           571
         小計
                                          628           815
      合計
                                         1,766           1,998
     ___________________________
     注記:
     (1)  韓国  IFRS  に基づき「不良債権の再編」である貸出金または金利および/または元本の支払が                                  90 日以上(二重に計上することを避ける
      ために両方の要件を満たしている貸出金の重複調整後)延滞している貸出金を表している。
     不良債権の再編

      「債務整理および再生手続中の会社に対する信用エクスポージャー」を参照されたい。

      下表は、表示日現在における「不良債権の再編」とされる当行の貸出を示している。これらの貸出金は主
     として、債務整理および再生手続きを通じて再編された法人向け貸出からなっている。「債務整理および再
     生手続中の会社に対する信用エクスポージャー」を参照されたい。これらの貸出金は、当初の契約条件より
     も低い金利が付されるか、または再編に際しての条件の変更により、当初の契約上の満期の延長を伴う。
                                          12 月 31 日現在

                                      2018  年          2019  年
                                        (単位:十億ウォン)
      「不良債権の再編」に分類された貸出金
                                      12            89
      (未収利息不計上貸出および延滞貸出を除く。)
      「不良債権の再編」に分類された貸出金
                                      428            413
      (未収利息不計上貸出および延滞貸出を含む。)
      下表は、表示期間における、再編済み貸出について、再編済み貸出の当初の契約条件に基づき当行の受取

     利息に計上されるべきであった金額と、かかる貸出の再編された契約条件に基づき、実際にかかる貸出につ
     いて当行の受取利息として計上された金額を示している。
                                          12 月 31 日現在

                                      2018  年          2019  年
                                        (単位:十億ウォン)
                              (1)
                                      19
      再編済み貸出の当初契約条件に基づく受取利息                                            19
      再編済み貸出の再編された契約条件に基づく受取利
                                       7
      息                                             6
     ___________________________
     注記:
     (1)  未収利息不計上貸出金および延滞貸出金を含む。
      下表は、当行の表示日現在における「不良債権の再編」に分類される法人向け貸出の貸出金残高および個

     別貸倒引当金(未収利息不計上貸出金および延滞貸出金を含む。)の内訳を、かかる貸出が対象となる再編
     の種類別に示している。
                                      12 月 31 日現在
                                2018  年             2019  年
                            貸出金残高         引当金      貸出金残高         引当金
                                  39/976

                                                           EDINET提出書類
                                                           新韓銀行(E26225)
                                                            有価証券報告書
                                    (単位:十億ウォン)
      「不良債権の再編」に分類された法人
           (1)
      向け貸出      :
                                331        237        292        140
         債務整理
                                97        33       121        32
         法定管理および和議
                                428        270        413        172
          合計
     ___________________________
     注記:
     (1)  未収利息不計上貸出金および延滞貸出金を含む。
      下表は、表示日現在の個人債務者向けの「債務整理前プログラム」に基づく債務整理の対象である個人向

     け貸出(未収利息不計上貸出金および延滞貸出金を含む。)の貸出金残高および個別貸倒引当金の内訳を、
     かかる貸出が対象となる再編の種類別に示している(かかる貸出は前述の法人向け貸出には含まれないた
     め、上記の表に含まれていない。)。「債務整理前プログラム」に関する詳細は、下記「債務整理および再
     生手続中の会社に対する信用エクスポージャー-延滞している消費者および中小企業の借り手に対する信用
     再生プログラム」を参照されたい。
                                      12 月 31 日現在
                                2018  年             2019  年
                           貸出金残高         引当金       貸出金残高         引当金
                                    (単位:十億ウォン)
      「債務整理前プログラム」に基づく債
                                             106        61
                              67        36
                       (1)
      務整理の対象である個人向け貸出
     ___________________________
     注記:
     (1)  未収利息不計上貸出金および延滞貸出金を含む。
      下表は、表示日現在の法人向け貸出のうち、減損したとみなされ、下記に記載される当行の一般金利計上

     方針に基づき未収利息不計上に分類される再編済み貸出の金額を示している。同表はまた、表示期間の法人
     向け貸出について、再編済み貸出金の償却合計および再編の一環として持分証券に転換された貸出に関する
     再編済み貸出の償却金額を示している。
                                            12 月 31 日現在

                                        2018  年        2019  年
                                         (単位:十億ウォン)
                            (1)
                                         416          324
      減損した未収利息不計上の再編済み貸出金
                    (1)
                                         59          134
      再編済み貸出金の償却合計
      再編の一環として持分証券に転換された貸出金
                                         67          226
                       (1)
      に関連する再編済み貸出金の償却
     ___________________________
     注記:
     (1) 法人向け貸出のみを含む。
     債務整理     および再生手続中の会社に対する信用エクスポージャー

      当行の再編に対する信用エクスポージャーは、法人貸出回収部によって監視され、管理されている。                                                    2019

     年 12 月 31 日現在、当行の貸出金合計の               0.15  %(  413  十億ウォン)(うち          324  十億ウォンが未収利息不計上に分
     類され、     89 十億ウォンは未収利息計上に分類されている。)が再編中である。当行の信用エクスポージャー
     の再編が主に取る法的形式は、債務整理および再生手続きである。
     債務整理

      最初の企業再生促進法(法律第                6504  号)(以下「旧企業再生促進法」という。)は、破産した会社の裁判

     所の関与しない再編を促進するために                    2001  年8月   14 日に施行された。同法は             2005  年 12 月 31 日に失効し、新た
     な企業再生促進法が           2007  年8月3日(       2010  年 12 月 31 日に失効)      、 2011  年5月    19 日(  2013  年 12 月 31 日に失
                                  40/976


                                                           EDINET提出書類
                                                           新韓銀行(E26225)
                                                            有価証券報告書
     効)、   2014  年1月1日(       2015  年 12 月 31 日に失効)、       2016  年3月   18 日(  2018  年6月   30 日に失効)および         2018  年
     10 月 16 日(  2023  年 10 月 15 日に失効予定。        2018  年 10 月 16 日に制定され、施行された新企業再生促進法を以下
     「企  業再生促進法」という。)に制定された。
      不良兆候会社の「主たる債権者金融機関」が                       2023  年 10 月 15 日までに債権者委員会(下記に定義する。)の
     招集通知を提示した場合、かかる債権者委員会により開始された手続きはいずれも、かかる手続きが完了ま
     たは停止しない限り、           2023  年 10 月 15 日の後も企業再生促進法の対象となる。
      企業再生促進法の主要な規定の概要は以下のとおりである。企業再生促進法は、債務会社またはその他の
     第三者に「信用供与」を行ったことにより、かかる債務会社に対して金融請求を有する債権者(以下「金融
     債権者」という。)に適用される。「信用供与」とは、下記のいずれかに該当する                                          FSC  により定められた取引
     として企業再生促進法において定義される。
      • 貸出
      • 約束手形および債務証書または債券の購入
      • 機器のリース
      • 支払保証
      • 支払保証に基づく引受手形および保証に関する貸付の提供
      • 債務会社による不払いの結果、相手方に損失をもたらす可能性のある直接または間接の金融取引
      • 上記のいずれにも該当しないが、上記と実質的に同じ結果を招く可能性のある取引
      「債務会社」は、企業再生促進法においては韓国商法に基づき設立された会社または営利事業を行うその
     他の者と定義されている。「不良兆候会社」とは、企業再生促進法に定める方法で行われた信用評価によっ
     て、「主たる債権者金融機関」により、外部による金融支援または追加融資(通常の金融取引の過程で取得
     する貸出を除く。)がなければかかる金融債権者に対する債務の返済が困難であるとみなされる債務会社を
     意味する。
      「債務会社」が主たる債権者金融機関に「不良兆候会社」の定義に該当する旨を通知されると、かかる会
     社は事業再生計画および金融機関債権者リストを提出し、かかる債権者金融機関に、金融債権者委員会(以
     下「債権者委員会」という。)またはかかる主たる債権者金融機関により行われる管理手続きの開始を申請
     することができる。
      企業再生促進法に基づき、不良兆候会社の主たる債権者金融機関は、不良兆候会社の財政状態が、その事
     業再生計画に従い再生されるかまたは通常に戻る可能性があると判断する場合、下記の行為のうちのひとつ
     を行わなければならない
      " 債権者委員会による不良兆候会社の管理手続きを開始するか否かを決定するために債権者委員会の第1
       回集会を招集すること。
      • 主たる債権者金融機関による不良兆候会社の管理手続きの引受け
      企業再生促進法に基づき、債権者委員会の第1回集会を招集するため、主たる債権者金融機関は、金融債
     権者、不良兆候会社および              FSS  に対して通知しなければならない。しかし、主たる債権者金融機関は、金融業
     務を行わない金融債権者または不良兆候会社に対する請求がわずかである金融債権者に対する通知を省略す
     ることができる。主たる債権者金融機関からの通知を受領しない金融債権者は、債権者委員会からは除外さ
     れるが、かかる金融債権者が集会への参加を希望する場合は、主たる債権者金融機関はかかる金融債権者を
     除外してはならない。主たる債権者金融機関が債権者委員会第1回集会を招集する場合、金融債権者に第1
     回集会が終了するまで請求の執行(担保権の執行を含む。)について猶予を求めることができる。さらに、
     債権者委員会第1回集会において、金融債権者は管理手続きの開始日から1ヵ月(または不良兆候会社の財
     政状態に関する調査が必要な場合は3ヵ月)(債権者委員会の決議によりさらに1ヵ月延長することができ
     る。)以内の猶予を宣言することを決議することができる。
      債権者委員会の第1回集会に出席した金融債権者はとりわけ、                                (i)  管理手続きの開始、          ( ⅱ ) かかる管理手続
     きに参加する金融債権者の構成、および                     ( ⅲ ) 上記の猶予の宣言を決議することができる。
      管理手続きが開始すると、主たる債権者金融機関は、不良兆候会社                                   の財政状態に関する調査の結果を考慮
     して、不良兆候会社           の企業再生計画を作成し、かかる計画を債権者委員会の承認を得るために提出しなけれ
     ばならない。企業再生計画はとりわけ、不良兆候会社が有する債務の返済繰延べ、新たな信用供与および不
     良兆候会社の事業再生計画に関する事項を含むことができる。企業再生計画が猶予期間終了日までに承認さ
     れない場合、債権者委員会による不良兆候会社の管理手続きは終了したとみなされる。
      債権者委員会の決議は通常、債権者委員会を構成する金融債権者の不良兆候会社に対する貸付残高の                                                    75 %
     以上を有する金融債権者の承認により可決される。ただし、単一の金融債権者が貸付残高の                                                75 %以上を有す
     る場合、決議は債権者委員会を構成する金融債権者の総数(かかる単一の金融債権者を含む。)の                                                   40 %以上
     による承認により可決される。不良兆候会社の債務繰延べに関しては、債権者委員会を構成する金融債権者
                                  41/976


                                                           EDINET提出書類
                                                           新韓銀行(E26225)
                                                            有価証券報告書
     が不良兆候会社に対して保有する担保付請求総額の                           75 %以上に持分を有する金融債権者による追加の承認が
     必要である。
      債権者委員会による不良兆候会社の管理手続きの開始、企業再生計画の策定または改訂、管理手続きの延
     長、請求の繰延べまたは新たな与信の提供に関して債権者委員会の決議に反対する金融債権者(以下「反対
     金融債権者」という。)は、かかる決議から7日以内に、主たる債権者金融機関に対し、不良兆候会社に対
     する請求の種類および数量を提示して、その買入れを要請することができる。かかる決議を承認した金融債
     権者(以下「賛成金融債権者」という。)は、かかる要請から6ヵ月以内にかかる請求を共同で買入れる。
      かかる買入の買入価格および条件は、賛成金融債権者と反対金融債権者との間の相互の合意により決定さ
     れる。かかる事項についての合意が未決定の場合、支払いは暫定的な価格で行われ、合意に達した後に行わ
     れた支払いを調整する。合意に達しない場合、かかる事項は企業再生促進法に基づき設立される調整委員会
     により決定される。
     再生手続き

      2006  年4月1日に施行された債務者再生および破産法のもとでは、法定管理に代えて再生手続が導入され

     た。再生手続では、債務会社の経営が裁判所に任命された管財人に委ねられる法定管理手続とは異なり、債
     務会社の現最高経営責任者が債務会社の経営を継続することができる。ただし、                                         (i)  資産の不正な委譲または
     隠蔽が存在しないこと、             ( ⅱ ) 債務会社の財政破綻が当該最高経営責任者の重過失によるものでないこと、お
     よび  ( ⅲ ) 合理的な理由に基づき、当該最高経営責任者の交代を裁判所任命の管財人に要求することを目的と
     した債権者委員会が開催されていないことを条件とする。再生手続はいかなる支払不能債務者によっても開
     始することができる。また、国際基準を満たすために、国際破産手続が韓国で導入された。かかる手続に基
     づいて、外国の破産手続の管財人は係属中の外国破産手続について韓国の裁判所の承認を得て、韓国の破産
     手続を申請し、またはこれに参加することができる。同様に、国内の再生手続の管財人または破産管財人
     は、適用ある外国の法律により認められる範囲で、債務者の資産が所在する外国においてその職務を遂行す
     ることが認められている。
      2019  年 12 月 31 日現在、再生手続の対象となっていた貸出金合計は                          121  十億ウォンであった。法定管理または
     和議手続の対象となっていた貸出金はなかった。
      債務整理および再生手続中の貸出金は、通常                       90 日超延滞しておりかかる貸出金には利息が生じないことか
     ら、上記「未収利息不計上の貸出および延滞貸出」に記載されるように当行の財政状態計算書(「第6-1
     財務書類」に記載されている「財務状態表」と同じ意味である。以下、同様。)において未収利息不計上貸
     出金として計上されている。不良債権の再編の定義を満たす再編済み貸出金は、上述の「不良債権の再編」
     において記載される不良債権の再編として報告される。かかる再編済み貸出金は、再編の結果として受領す
     る商品の種類に応じて、当行の財政状態計算書上貸出金または有価証券として報告されている。
                                  42/976










                                                           EDINET提出書類
                                                           新韓銀行(E26225)
                                                            有価証券報告書
     延滞している消費者および中小企業の借り手に対する信用再生プログラム

      韓国政府は、クレジットカードやその他の消費者信用における延滞が徐々に増加していることに鑑みて、

     延滞している消費者たる借り手の信用再生を支援することを目的としたいくつかの措置を実施している。こ
     うした措置は、当行が延滞している消費者信用から回収する金額や時期に影響を及ぼす可能性がある。
      信用カウンセリングおよび再生サービスは、個人債務者に、債務整理前プログラムおよび個人債務整理プ
     ログラムのふたつのプログラムを提供しており、いずれも債務金額の合計が                                       1.5  十億ウォン以下(担保付債務
     1十億ウォン以下および無担保債務                  500  百万ウォン以下)である個人が利用することができる。債務整理前プ
     ログラムは延滞期間が            31 日以上   89 日以下の個人(延滞期間は1日以上                   30 日以下であるが年収が            40 百万ウォン
     以下であり、申請日の直前の年における累積延滞期間が                             30 日以上の個人を含む。)に対し、個人債務整理プ
     ログラムはその延滞期間が3ヵ月以上である個人に対して提供される。個人債務者が債務整理前プログラム
     または個人債務整理プログラムを申請すると、信用カウンセリングおよび再生サービスは、債務再編計画を
     審査し、決定する。信用カウンセリングおよび再生サービスと信用再生支援合意を行っており、かつ当該個
     人債務者に対する無担保債務および担保付債務それぞれの過半を有する債務者金融機関がかかる再編計画に
     合意すると、かかる再編計画は完成し、申請された債務整理前プログラムまたは個人債務整理プログラムに
     従い、満期の延長、金利の調整または債務削減といった債務再編措置が行われる。
      債務者再生および破産法に基づき、債務残高合計が無担保債務                                500  百万ウォンおよび/または担保付債務1
     十億ウォンの上限を超えない適格な個人債務者は、債権者に対して拘束力を有する裁判所監督に基づく債務
     再編を通じて自己の債務を再編することができる。
      借り手が、債務整理前プログラムへの参加が適格であるとみなされると、当行は損失を軽減するために速
     やかにかかる借り手の有担保貸出の担保を売却し、以下の方法により、かかる借り手の無担保貸出(その種
     類を問わない。)を再編することができる。
      ・期間の延長:貸出の種類、貸出金額合計、返済金額および返済可能性についての検討に基づき、3年を
       超えない猶予期間付きで、無担保貸出の満期を                        10 年まで、有担保貸出の満期を               20 年まで延長することが
       できる。
      ・金利の調整:貸出金利を当初金利の                    70 %または年5%のいずれか高い方に調整することができる。ただ
       し、当初金利が年利5%未満の場合には調整は適用されない。調整後の金利は、債務整理前プログラム
       の一環としての調整後の元本に対し適用され、すでに発生している利子または未払手数料には利息は付
       されない。
      ・債務免除:債務整理前プログラムに基づく債務免除は、                              (i)  債務整理前プログラムの申請前に発生した遅
       延利息、ならびに         ( ⅱ ) プログラムを申請したが承認を受ける前に発生した定期利息および遅延利息に限
       定される。
      ・繰延べ:レイオフ、失業、事業閉鎖、災害または利益損失による適格な借り手に対する有意義な支援の
       提供において上記の3つの対策が十分でないとみなされる場合、貸出返済は最長1年まで繰延べること
       ができる。ただし、債務整理前委員会がかかる繰上げ期間を6ヵ月ごとに延長することができるが、
       6ヵ月を超えない期間については借り手の申請による。繰延期間は返済期間として計算されず、繰延期
       間中の金利は年3%である。
      2018  年および     2019  年に当行の債務整理前プログラムに基づき改訂された貸出金合計はそれぞれ                                        67 十億ウォ
     ンおよび     106  十億ウォンであった。かかる改訂済み貸出金はすべて期間の延長および金利引下げを適用された
     が、かかる貸出のうちごくわずかについては債務免除および繰延べが適用された。
      FSC  のガイドラインに基づき、当行を含む韓国の銀行は、                            2008  年から中小企業に対する流動性支援プログラ
     ムであるファスト・トラック・プログラムを運営してきた。ファスト・トラック・プログラムが                                                  2016  年 12 月
     31 日に終了したため、          FSC  は 2017  年1月1日に開始する5年間に中小企業に対して迅速な金融支援プログラム
     を実施した。このプログラムに参加する銀行およびその他の金融機関は、信用リスク評価に基づき、一時的
     な流動性危機に直面しているが、一定の基準以上の信用格付を有する中小企業に対して金融支援(既存の債
     務の期間の延長および金利の引下げを含む。)を提供する。原則として、企業に対する迅速な金融支援プロ
     グラムの申請は3年を限度とするが、かかる申請は、債権者である金融機関との交渉により、1回につき最
     長1年まで延長することができる。
     不良債務再編中の貸出金に係る貸出条件改訂プログラム

      当行は通常、再編済み貸出金について、金利の低減、延滞利息の免除、元本の返済期日の延長、債務の株

     式への転換またはこれらを組み合わせた条件緩和を与えている。かかる条件緩和の内容および程度は、とり
     わけ借り手の信用度、再編される貸出金の規模、当該貸出金の現行条件および関連する債権者委員会によっ
                                  43/976


                                                           EDINET提出書類
                                                           新韓銀行(E26225)
                                                            有価証券報告書
     て関連があるとみなされるその他の要因によって異なる。当行は通常、既存の貸出金を新たな複数の新規貸
     出金に再編することはしない。
      下表は、     2018  年および     2019  年 12 月 31 日現在、当行の貸出条件改訂プログラムによって再編中の貸出金総額
     の内訳を、各年度末現在の貸出区分ならびに延滞/非延滞の状況別に示している。
                          2018  年 12 月 31 日

     改訂プログラム                         延滞         非延滞            合計
                                 (単位:十億ウォン)
     元本および利息について支払期
     限の延長                           -          79           79
     金利の低減                           8         250           258
     株式への転換                           -           -           -
          (1)
                                -           -           -
     追加貸出
         (2)
                                37           54           91
     その他
     合計:
                                45          383           428
                          2019  年 12 月 31 日

     改訂プログラム                         延滞         非延滞            合計
                                 (単位:十億ウォン)
     元本および利息について支払期
     限の延長                           -          76           76
     金利の低減                          45          208           253
     株式への転換                           -           -           -
          (1)
                                -           2           2
     追加貸出
         (2)
                                50           32           82
     その他
     合計:
                                95          318           413
     __________________________

     注記:
     (1)  再編パッケージの一部として、より有利な条件で借り手に提供された追加貸出を示す。これには、中でも支払期日の延長または金利
      の低減が含まれることがある。
     (2)  主として、表示日現在再編条件が決定されていなかった再編済み貸出金からなる。貸出金は、再生手続の開始をもって、または関連
      する債権者委員会もしくは当行の貸出担当者が借り手は債務整理の対象となると判断した時に再編が開始されたものとみなされ、多
      くの場合、かかる貸出金についての再編の条件はかかる貸出金が再編の対象になるとみなされる時点においては決定されていない。
     債務の株式への転換

      当行は、改訂後の条件で回収可能とみなす貸出金と、いかなる条件の改訂を行っても回収不能とみなす貸

     出金を区別している。後者の貸出金に関しては、かかる貸出金の一部を借り手との交渉後に持分証券に転換
     し、以下に詳述するように当該貸出金の残存部分を償却する。そのように転換された持分証券は、入手可能
     であればかかる証券の時価に基づく公正価値で、時価を入手できない場合には外部評価人による当該証券の
     評価額で計上される。           2019  年に持分証券への転換により再編された当行の貸出金は                             111  十億ウォンにのぼり、
     これは後に償却された。
      債務の株式への転換には、概して二つの主なメリットがある。一つ目は、債務の株式への転換によって借
     入額および関連する借り手の利息費用が減少し、その結果債務負担額が減少して流動性が増加し、借り手が
     再編から脱却して当行への債務を返済する可能性が高まる。二つ目は、借り手の再生が成功した場合には、
     当行は転換された持分証券の価値の値上がり益に対する権利を有する。しかしながら、これらのメリットに
     も拘らず、再編の一環として転換される貸出金は概ねいかなる条件の改訂を行っても回収不能とみなされる
     ことから、債務の株式への転換が当行の受取利息に与える影響は通常重大ではない。当行の資産分類に与え
     る影響については、当行は概して、非再編済み貸出金および再編済み貸出金の双方に対して同じ資産分類基
     準を適用する。再編済み貸出金については、当行はまた、とりわけ適用可能な範囲で借り手のその事業計画
     に対する強い意志および自助手段の実行といった追加要因を考慮した。かかる基準を考慮し、当行は通常、
     債務整理の対象となる貸出金を「要注意」として分類している。当行の貸出分類の一般的な説明について
     は、「第2-3-         (6)  監督および規制-銀行に適用される主要な規制-自己資本比率」を参照のこと。
                                  44/976



                                                           EDINET提出書類
                                                           新韓銀行(E26225)
                                                            有価証券報告書
     貸出条件改訂プログラムの評価
      当行は、借り手が再編済み貸出金の改訂後の条件を遵守しているかどうかを個別に監視しているものの、

     現在、個別の条件緩和の成果を種類別に体系的または定量的に評価(歴史的なものか、相互の関連性または
     韓 国の他の金融機関との関係の点からなされるものかを問わない。)してはいない。これは主に以下の理由
     による。
      一つには、再編の対象であるか対象となりそうな大企業(韓国で最も多くの再編事例を占める。)の場
     合、通常再編手続は当行ではなく、いくつかの大規模な債権者金融機関を含む債権者委員会によって主導さ
     れ、大企業または大規模なビジネス・コングロマリットのグループ企業の場合には、再編が経済全般に波及
     効果をもつ可能性に鑑みて政府の指導が必要になることが多い。したがって、当行が借り手の信用情報やど
     のような種類の条件緩和を与えたかに基づいて個別の条件緩和の成果を評価するのに役立つデータを収集す
     ることは困難である。
      第二には、韓国における再編事例は借り手が再編プログラムから比較的早期に脱却できる能力の点でみる
     と大部分が成功しており、さらに失敗事例で特に重大なものはこれまでなかったとの当行の一般的な判断に
     も拘らず、これを体系的には分析できないことである。
      その結果、今日まで当行は、提供された特定の条件緩和の成果を種類別に評価する目的で、体系的な分析
     を実施するための必要な時間と資源を費やすことが特に必要であるかまたは役立つとは考えていない。
      しかしながら、当行は限られた方法で、つまり、主に借り手と債権者機関との間で合意された再編計画の
     契約条件を借り手がどの程度遵守しているかという点から条件緩和の成果を測定している。再編計画には通
     常、事業計画および借り手が実施する自力救済が含まれる。当行は、借り手による再編計画の遵守を定期的
     に監視し(再編計画の条件に従って年毎、半年毎および四半期毎)、                                    (i)  事業計画の実施の進展、             (ⅱ)  自力救
     済措置の実施の進展、ならびに                (ⅲ)  経済全般における主要な展開、規制環境、競争上の展望、上級役員の質
     および経営の透明化といったその他の数量的要素という、主に3つの属性に関して当該条件緩和の成果を評
     価している。当行はまた、借り手のキャッシュ・インフローおよびキャシュ・アウトフローを注意深く監視
     し、債権者委員会は通常、借り手による主な支出および借入関連の意思決定に参加する権利を有している。
     再編済み貸出金に対する未収利息計上方針

      当行は、未収利息計上方針の目的上、再編済みの貸出金を主に                                (i)  企業再生促進法に基づく債務整理の対象

     である貸出金、および            (ⅱ)  債務者再生および破産法(韓国における総合的な破産関連法)に基づく再生手続
     きの対象である貸出に分類している。上記「債務整理および再生手続中の会社に対する信用エクスポー
     ジャー」を参照されたい。債務整理対象の貸出については、当行の一般的方針は、上記「未収の貸出および
     延滞貸出」に記載されるとおり、貸出にかかる元本または利息の支払が                                     90 日以上延滞した時に未収利息の計
     上を中止するというものである。これらの貸出金については、かかる貸出金が未収利息不計上に区分変更さ
     れた日から利息は現金ベース(すなわち回収時)で認識され、かかる貸出金は延滞している元本および/ま
     たは利息が全額返済されるまで、利息計上に区分変更されない。この全般的な方針は、かかる貸出金が再編
     済み貸出金であった場合においても、債務整理対象の貸出金にも適用される。再生手続きの対象である貸出
     金の場合には(たとえかかる貸出金の支払がまだ遅延していない場合でも)、当行は、借り手の返済能力に
     関する懸念の高まりに鑑みて、借り手が再生手続きの対象となり次第、直ちに未収利息の計上を中止する。
     かかる貸出金に対する利息は現金ベースで認識され、かかる貸出金は、借り手が再生手続きから脱却するま
     では未収利息計上に区分変更されない。したがって、当行の未収利息計上方針に基づき、未収利息不計上の
     再編済み貸出金に対する支払回数は、かかる貸出金を利息計上状況に戻すかを判断する際に関連する要素と
     はならない。
     再編済み貸出金の履行の判断

      当行は、借り手が既存の貸出条件に基づきその義務を満足に履行したかを判断する場合、主に借り手の支

     払履歴、すなわち当該借り手が当行の一般的な未収利息計上方針に基づく1日以上の延滞をしたかを検討す
     る。借り手が再編後の条件に従って引き続き契約履行能力を示しているかについては、当行は主に、再編後
     の条件に基づく借り手の弁済能力の見込みに関する貸出担当者(または多額の貸出金残高を有する大企業の
     借り手の場合には債権者委員会)による評価に基づいて判断し、かかる評価では問題となっている貸出金の
     規模、借り手の信用プロファイル、当該貸出金の当初条件および関連する貸出担当者が関連性があるとみな
     すその他の要因が考慮される。問題となっている貸出金の規模や借り手の信用プロファイルといった様々な
     要因によって、当行または関連する債権者委員会は、場合に応じて、上述の評価を補完すべく詳細な
     デュー・デリジェンスを実施するために外部のコンサルタント会社を雇用する場合がある。一部の場合に
     は、借り手は再編に対する承認を促進するよう自力救済案も提出する。かかる救済策も、再編後の条件に基
     づいて借り手が引き続き契約を履行する将来の能力を判断する際に、当行の貸出担当者または関連する債権
     者委員会(場合による)によって検討される。
                                  45/976


                                                           EDINET提出書類
                                                           新韓銀行(E26225)
                                                            有価証券報告書
     再編済み貸出金の償却

      当行は、改訂後の条件に基づいて回収可能と考える貸出金に関しては、通常かかる貸出金を改訂後の条件

     (例えば、元本および/または利息の返済期日を延長するか、適用利率を下回る利率を実勢市場金利を下回
     る利率に軽減するか、またはこれらの組み合わせによる。)に基づいて再編し、かかる貸出金のいかなる部
     分も償却しない。
      当行は、いかなる条件の改訂にも拘らず回収不能と考える貸出金に関しては、かかる貸出金の一部につい
     て、とりわけ       (i)  持分証券への転換が借り手の債務負担および流動性上の懸念をどの程度軽減するか、                                            (ⅱ)  当
     該貸出金が持分証券に転換されなかった場合の回収可能性と比較して当該持分証券の価値から得られる当行
     の潜在的なメリット、ならびに                (ⅲ)  かかる転換後の持株構成に関する借り手の懸念を考慮して、かかる貸出
     金の一部を借り手の持分証券(通常は普通株式)に転換することを交渉する。当行は次に、持分証券に転換
     されなかった貸出金の残存部分を償却する。そのように転換された持分証券の価値は、入手可能であればか
     かる証券の市場価値に基づく公正価値により、市場価値が入手できない場合には外部評価人による当該証券
     の評価額により計上される。
      当行は、債務整理対象貸出金については通常                       90 日以上の延滞がない限り未収利息を計上するが、再生手続
     きの対象貸出金については通常未収利息を計上しないことから、償却は当行が特定の再編済み貸出金の未収
     利息計上状況を判断する際に検討する関連要因とはならない。
      当行は、すべての債務に対して契約上支払われるべき利息および元本の返済が合理的に保証されていると
     判断する場合には、再編済み貸出金について引き続き未収利息を計上する。かかる判断は、とりわけ、問題
     となっている貸出金の規模および借り手の信用の質といった様々な要素に関する当行貸出担当者または関連
     する債権者委員会による評価(場合により、外部のコンサルティング会社によるデュー・デリジェンスに
     よって補われる。)に基づいて、当行が借り手の返済能力を注意深く検討した後にのみなされる。
     潜在的不良債権

      債務不履行の著しい潜在性を有する貸出についてより体系的かつリアルタイムな監視を可能にするため

     に、当行は「早期警告システム」を運用している。このシステムは、それぞれの貸出金返済条件に従った借
     り手の返済能力について深刻な疑いがある貸付および返済不能の著しい潜在性のある貸付を識別することに
     より、当行の経営陣による決定の助けとなるものである。
      当行は潜在的不良債権を「早期警告貸出」として指定される貸出として分類し、                                         FSS  に報告する。「早期警
     告貸出」としての指定は、              (i)  当行の早期警告システムにより、当該借り手の財務データ、信用情報および                                       /
     または銀行との取引に基づき信用リスクの兆候を示していると特定され、かかる特定の後、                                                ( ⅱ ) 当行の貸出
     担当者により、かかる借り手に起こりうる信用問題についての既知情報の評価に基づき潜在的不良債権とし
     て指定された借り手に対して適用される。かかる貸出は四半期ごとに                                    FSS  に報告することが義務付けられてい
     る。ある借り手のローンが上記のプロセスに従い「早期警告貸出」として指定され、当行の                                               FSS  への四半期報
     告書に記載される場合、当行はこれを、かかる借り手に近い将来その返済条件に従った返済能力に深刻な疑
     いのある兆候とみなす。             2019  年 12 月 31 日現在、当行の潜在的不良債権は                 607  十億ウォンであった。
     引当方針

      当行は、信用リスクを特定し、貸倒引当金全般を設定するために、定期的かつ系統的に貸出ポートフォリ

     オの詳細な検討を実施している。当行の経営陣は、貸倒引当金は各財政状態計算書日現在における予想信用
     損失額の最善の見積りを反映していると考えている。
      各報告日に、当行は、金融商品の信用リスクが当初認識時から著しく増加したか否かを査定する。査定を
     行う際に、当行は、予想信用損失額の変動の代わりに、金融商品の予想期間にデフォルトが発生するリスク
     の変動を利用する。この査定を行うために、当行は、過度のコストおよび労力なく入手可能で、当初認識時
     からの信用リスクの著しい増加を示す合理的な補足情報を考慮して、金融商品の報告日のデフォルトリスク
     と当初認識日のデフォルトリスクを比較する。補足情報はまた当行が有するデフォルト履歴データおよび行
     内の信用リスク格付の専門家による分析を含む。
      デフォルトリスクと合理的な相関性を有する考えられる観察可能なデータおよび履歴に基づき、各個別の
     エクスポージャーに対し内部信用リスク格付を付与する。内部信用リスク格付は、エクスポージャーの性質
     および借り手の種類により様々なデフォルトリスクを示す質的要因および量的要因の双方を考慮して決定さ
     れる。
      当行は、商品および借り手の種類ごとの信用リスクに対するエクスポージャーに関する情報およびデフォ
     ルト情報ならびに内部信用リスク査定の結果の分析を経て情報を蓄積する。一部のポートフォリオについて
                                  46/976


                                                           EDINET提出書類
                                                           新韓銀行(E26225)
                                                            有価証券報告書
     は、当行は、外部の信用格付機関がこれらの分析を行っている場合は、かかる機関から入手した情報を利用
     する。
      当行は、     (i)  蓄積した情報によるエクスポージャーの残存期間中のデフォルトの可能性および                                         ( ⅱ ) 全期間に
     予想されるデフォルトの可能性の変動を見積もるため、統計技法を適用する。
      当行は、信用リスクの著しい増加を決定するために、ポートフォリオごとに定義された指標を用いる。か
     かる指標は一般に、内部信用リスク格付、質的要因、遅延日数その他の変動により予想されるデフォルトリ
     スクの変動からなっている。
      当行は、下記の条件のひとつ以上に該当する場合、金融資産がデフォルトの状態にあると考えている。
      ・  借り手が契約上の支払期日から                90 日以上延滞した場合
      ・  当行が、金融資産にかかる担保権を履行せずに元本および利息の回収が不可能であると決定した場合
      当行は、借り手がデフォルトの状態にあるか否かを決定する際に、下記の指標を利用する。
      ・  質的要因(例えば、契約期間の違反)
      ・  量的要因(例えば、同じ借り手が当行に対する1つ以上の支払義務を履行しない場合、支払義務ごと
        の延滞日数。ただし、特定のポートフォリオの場合、当行は金融商品ごとの延滞日数を利用する。)
      ・  内部および外部データ
      当行により適用されるデフォルトの定義は通常、規制上の資本管理目的で定義されたデフォルトの定義と
     一致している。しかし、状況により、デフォルトが発生したか否かおよびその程度を決定する情報は様々で
     ある。
      当行は将来予測的に予想信用損失を測定し、予想信用損失は様々な情報源に基づき内部の専門家により提
     示された情報を反映する。かかる将来予測的な情報の見積もりのために、当行は、国内および海外の調査機
     関または政府および公的機関が公表する経済見通しおよび予想を利用する。
      当行は、予想信用損失の測定に際し、偏りなく、中立的な立場から予想される将来のマクロ経済状況を反
     映する。この点に関する予想信用損失は、最も発生しそうな状況を反映し、かつ当行が事業計画および経営
     戦略に用いるのと同じ仮定に基づいている。
      予想信用損失の測定に用いられる重要な変数は以下のとおりである。
      ・  デフォルト率(        PD )
      ・  デフォルト時損失率(           LGD  )
      ・  デフォルト時貸出残高(             EAD  )
      これらの変数は当行内で開発した統計的技法を用いて過去の履歴データにより見積もられ、将来予測的情
     報を反映して調整される。金融資産の予想信用損失を測定する際に、当行は契約上の満期に基づいた予想信
     用損失測定期間を反映する。当行は契約上の満期を決定する際に、借り手が有する延長権を考慮する。
      PD 、 LGD  および   EAD  といったリスク要因は、下記の基準に従い集合的に見積もられる。
      ・  商品の種類
      ・  内部信用リスク格付
      ・  担保の種類
      ・  ローントゥバリュー          (LTV)
      ・  借り手が属する業種
      ・  借り手または担保の所在地
      ・  延滞日数

      グループの均質性を維持するため、グループの分類基準は定期的に検討され、必要であれば調整される。
     当行は、過去の経験から蓄積した十分な内部データのない特定のポートフォリオについての内部情報を補足
     するために外部の基準情報を利用する。「第3-3                            経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フ
     ローの状況の分析-重要な会計方針-金融資産の予想信用損失」を参照されたい。
                                  47/976



                                                           EDINET提出書類
                                                           新韓銀行(E26225)
                                                            有価証券報告書
     貸出金の経過期間表
      下表は、表示日現在におけるすべての貸出に関する当行の貸出金の経過期間表(未収利息を除く。)を示

     している。
                         3ヵ月以下の         3ヵ月   - 6ヵ月
                 非延滞          延滞         の延滞       6ヵ月超の延滞          合計
               金額      %    金額     %    金額     %    金額     %     金額
                           (単位:十億ウォン、%を除く)
     2018  年 12 月 31 日
               251,813      99.51     788    0.31     201    0.08     257    0.10     253,059
     2019  年 12 月 31 日   268,500      99.42     958    0.36     226    0.08     387    0.14     270,071
     不良債権

      不良債権は、       90 日超支払期限を経過した貸出金として定義される。下表は、表示日現在における当行の不

     良債権ポートフォリオ合計およびその貸出金合計に占める割合を示している。
                                       12 月 31 日現在

                                   2018  年         2019  年
                                  (単位:十億ウォン、%を除く)
      不良債権合計額                                  458            613
      貸出金合計額に占める割合                                 0.18  %         0.23  %
                                  48/976













                                                           EDINET提出書類
                                                           新韓銀行(E26225)
                                                            有価証券報告書
     不良債権の分析

      下表は、表示日現在における当行の不良債権合計を借り手の種類別に示している。

                               12 月 31 日現在

                     2018  年                      2019  年
                        (1)                        (1)
            貸出金合計        不良債権       不良債権比率         貸出金合計        不良債権       不良債権比率
                         (単位:十億ウォン、%を除く。)
      法人         140,361          219       0.16  %     146,699          340       0.23  %
              112,698          239       0.21       123,372          273       0.22
      個人
      合計
              253,059          458       0.18  %     270,071          613       0.23  %
     ___________________________
     注記:
     (1)  6ヵ月を超えて支払遅延している無担保貸出を含む。
     業種別不良債権

      下表は   2019  年 12 月 31 日現在の当行の法人向け不良債権の業種別内訳を示している。

                             法人向け不良債権
                                            法人向け不良債権
              業種                 残高総額           残高総額に占める割合
                            (単位:十億ウォン)                   (%)
      不動産、リースおよびサービス                                 20              5.9%

      建設                                  8              2.4
      製造
                                      173              50.9
      小売および卸売
                                       47              13.8
      金融業および保険
                                        -               -
      輸送、倉庫および通信
                                        8              2.4
      ホテルおよびレジャー
                                       11              3.2
               (1)
                                       69              20.3
      その他のサービス
         (2)
                                        ▶              1.1
      その他
       合計
                                      340             100.0%
     ___________________________
     注記:
     (1)  出版、マスコミおよび教育といったその他サービスを含む。
     (2)  農業、林業、鉱業、電気およびガスといったその他産業を含む。
                                  49/976







                                                           EDINET提出書類
                                                           新韓銀行(E26225)
                                                            有価証券報告書
     不良債権上位       20 件

      2019  年 12 月 31 日現在における当行の不良債権上位                   20 件は、当行の不良債権合計の               21.2  %を占めていた。下

     表は、表示日現在における当行の不良債権の上位                         20 件に関する一定の情報を示している。
                                            2019  年 12 月 31 日現在

                           業種             元本残高総額           貸倒引当金
                                           (単位:十億ウォン)
        1     借り手A       製造

                                               23           2
        2     借り手B       製造
                                               18           -
        3     借り手C       その他サービス
                                               16           ▶
        ▶     借り手D       小売りおよび卸売
                                               13          13
        5     借り手E       製造
                                                6          1
        6     借り手F       その他サービス
                                                5          -
        7     借り手G       その他サービス
                                                ▶          1
        8     借り手H       製造
                                                ▶          -
        9     借り手I       その他サービス
                                                ▶          -
        10     借り手J       製造
                                                ▶          1
        11     借り手K       製造
                                                ▶          -
        12     借り手L       製造
                                                ▶          2
        13     借り手M       不動産、リースおよびサービス
                                                ▶          1
        14     借り手N       その他サービス
                                                3          1
        15     借り手O       小売りおよび卸売
                                                3          2
        16     借り手P       製造
                                                3          3
        17     借り手Q       輸送、倉庫および通信
                                                3          -
        18     借り手R       その他サービス
                                                3          1
        19     借り手S       製造
                                                3          1
        20     借り手T       製造
                                                3          1
                                               130           34
     不良債権対処戦略

      当行の主な目的の一つは、当行の貸出金の不良債権化を防ぐことである。当行の貸出担当者が、借り手の

     信用格付に依拠して信用リスクの高い借り手に新規貸出金を付与することを防止するよう設計された当行の
     企業信用格付システムを通じて、当行は将来の不良債権に関連するリスクの軽減に努めている。また、当行
     の早期警告システムは、借り手の信用リスクの急激な上昇があれば貸出担当者に注意を喚起するよう設計さ
     れており、その後同担当者はかかる貸出金を注意深く監視する。
      こうした予防的な仕組みにも拘らず貸出金が不良債権化した場合には、不良債権の監視に責任を負う支店
     レベルの担当者が当該借り手の資産に関するデュー・デリジェンスを開始し、支払要請通知または当行が法
     的措置を取るかもしくは法的措置の準備にかかる旨の通知を送付する。
      これと同時に、当行は以下を含む不良債権管理プロセスにも着手する。
     ・ 売却予定の対象となる貸出金を、かかる不良債権の担保(もしあれば)の見積り回収価値に基づいて、
       当該売却による見積損失を評価することで特定する。
     ・ 不良債権の担保(もしあれば)の見積り回収価値および無担保貸出金の予想回収率に基づいて、償却対
       象となる貸出金を特定する。
     ・ 限定的な範囲で、借り手のキャッシュ・フローの状況に基づいて、正常化への取組みの対象となる商業
       貸出金を特定する。
                                  50/976



                                                           EDINET提出書類
                                                           新韓銀行(E26225)
                                                            有価証券報告書
      不良債権の詳細が特定されると、当行は回収のために早期解決を図る。実際の不良債権回収への取組み

     は、とりわけかかる貸出金の内容および借り手に応じて関連部門が担当する。
      担当部署および部門の担当者または代理人は、不良債権を解決するために以下を含む様々な手法を使用す
     る。
     ・ 返済を要求するために借り手への電話や訪問を行うこと
     ・当行の借り手の資産を継続的に査定および評価すること

     ・必要に応じて、担保権の執行、差押えおよび訴訟といった法的措置に着手すること

      担保権の執行および訴訟の対象となる貸出金の迅速な回収を促すために、これらの貸出金の担当支店は、

     当該貸出金を本社の関連部門に移管することができる。
      当行は、約束手形の場合は支払不履行から1ヵ月以内に、その他の貸出金の場合は支払遅延から4ヵ月以
     内に法的手続を開始する方針である。支払不能であるかまたは破産した借り手に対する貸出金について、ま
     たは通常の手続による回収が不可能であると当行が判断したときは、当行は猶予期間に拘らず迅速な法的措
     置を取る。
      当行は、こうした不良債権の回収への取組みの他に、以下を含む不良債権の水準を低下させるための措置
     を講じている。
      ・韓国資産管理公社を含む第三者に不良債権を売却すること
      ・不良債権に関して資産証券化取引を実行すること
      ・代理契約に基づき新韓信用情報を通じて3ヵ月以上延滞している個人向け貸出を管理すること
      ・信用情報会社を含む第三者の回収機関を利用すること
      2019  年、当行は不良債権           39 十億ウォン(投資運用会社である                  JP ウリィ・キャピタル・カンパニー・リミ
     テッドに譲渡された          28 十億ウォンを含む。)を第三者に売却した。第三者に譲渡された債権は通常真正売却
     の基準を充たしているため、認識が中止される。
      下表は当行の       2019  年における不良債権のロールフォワードを示している。
                                            (単位:十億ウォン)
      2018  年 12 月 31 日現在の不良債権                                          458

       延滞による不良債権の増加
                                                      205
       売却された債権
                                                      (39)
       償却された債権
                                                       (2)
       貸出条件の改訂により非延滞となった債権
                                                       -
             (1)
                                                       (9)
       その他調整
      2019  年 12 月 31 日現在の不良債権
                                                      613
     ___________________________
     注記:
     (1)  返済された貸出金および貸出条件改訂によることなく非延滞に戻った貸付金を表している。当行は、売却された不良債権、償却され
      た不良債権および貸出条件が改訂されたことにより非延滞となった不良債権を除く不良債権または売却可能投資ポートフォリオに振
      替えられた不良債権を個別に回収および分析していない。
                                  51/976






                                                           EDINET提出書類
                                                           新韓銀行(E26225)
                                                            有価証券報告書
     貸倒引当金の配分

      下表は、表示日現在における当行の貸倒引当金の配分を種類別に示している。

                            12 月 31 日現在

                     2018  年              2019  年
                       引当金合計に                 引当金合計に

                 引当額       対する割合         引当額       対する割合
                      (単位:十億ウォン、%を除く)
      法人向け              1,366        81.5  %      1,229        80.5  %
                    310        18.5         298        19.5
      個人向け
                   1,676        100.0   %      1,527        100.0   %
      貸倒引当金合計
      当行の貸倒引当金合計は、              2018  年 12 月 31 日現在の     1,676   十億ウォンから        149  十億ウォン(       8.9  %)減少して

     2019  年 12 月 31 日現在には      1,527   十億ウォンとなった。これは主に、負債証券の売却および譲渡ならびに不良債
     権の譲渡および償却によるものである。
     貸倒引当金の分析

      下表は、各表示期間における当行の貸倒損失の実績の分析を示している。

                                         12 月 31 日終了年度

                                          2018  年           2019  年
                                     (単位:十億ウォン、%を除く)
     期首残高                                     1,870             1,676
     引当金繰入額                                      246             371
     償却総額:

                                                        (235)
      法人                                     (277)
                                                        (226)
                                           (207)
      個人
                                           (484)             (461)
       償却総額合計
     回収額:

      法人                                      63             45
                                            49             59
      個人
                                            112             104
       回収額合計
     正味償却額                                      (372)             (357)
     譲渡貸出金関連引当金                                      (59)             (48)
                                            (9)            (115)
     その他
                                          1,676             1,527
     期末残高
     正味償却額の平均貸出金残高に対する比率                                     0.15  %          0.14  %
     貸出金の償却

      当行の償却総額は、          2018  年度の   484  十億ウォンから        2019  年の  461  十億ウォンへと5%減少したが、これは主

     に、  2018  年に比較して       2019  年の法人向け貸出の償却額が減少したためである。
      2019  年、再編された貸出金の償却額は                 134  十億ウォンとなり、このうち               226  十億ウォンは再編の一環として
     持分証券に転換された貸出金に関するものであった。                            2018  年、再編された貸出金の償却額は                 59 十億ウォンと
     なり、このうち        67 十億ウォンは再編の一環として持分証券に転換された貸出金に関するものであった。貸出
     条件の改訂にもかかわらず当行が回収不能とみなした債権については、当行は借り手との交渉を経てかかる
     債権の一部を持分証券に転換し、かかる債権の残りを上記「不良債務再編中の貸出金に係る貸出条件改訂プ
     ログラム-再編済み貸出金の償却」において記載したとおり償却する。転換された持分証券は、かかる有価
     証券の市場価格が入手可能であればこれに基づき、市場価格が入手不可能であれば外部鑑定士によるかかる
     有価証券の評価額に基づき、公正価値で計上される。
                                  52/976

                                                           EDINET提出書類
                                                           新韓銀行(E26225)
                                                            有価証券報告書
     基本方針

      当行は、貸出供与前の信用リスク分析に基づいた堅実な与信承認プロセスを実施し、貸出金残高を体系的

     に管理することによって貸出金の償却を最小限に留めるよう努めている。
     償却対象の貸出金

      貸出金は、以下の区分のいずれかに該当し、回収不能とみなされた場合には、償却される。

      ・支払不能もしくは破産、解散または債務者の事業の終了によって、その回収を予見することができない
       貸出金
      ・債務者の死亡または行方不明によりその回収を予見することができない貸出金
      ・回収費用が回収可能額を上回る貸出金
      ・法的手段またはその他の手段を通じて回収することができない                                 貸出金
      ・ 12 ヵ月を超えて延滞している無担保の個人向け貸出に対する未返済残高
      ・ 12 ヵ月を超えて延滞しているリースに関して延滞している支払額
      ・「推定損失」に分類され、回収不能とみなされる貸出金の部分(担保からの回収額があればこれを除
       く。)
      ・ FSS  により償却が義務付けられている国内貸出金、または当行の外国子会社もしくは支店が保有する貸出
       金で関連監督官庁により償却もしくは特別な引当金の積立てが義務付けられている貸出。
     償却のタイムライン

      償却される貸出金は、回収が不可能とみなされた月から1年以内に償却されなければならない。かかる貸

     出金が1年以内に償却されない場合、その遅延理由を当行の監査部に報告しなければならない。
                                  53/976











                                                           EDINET提出書類
                                                           新韓銀行(E26225)
                                                            有価証券報告書
     償却の承認手続

      当行の貸出金を償却するための申請は、関連する支店または部署により信用回収部へ提出される。信用回

     収部は、償却のための当行の行内手続きを確実に遵守するために、かかる申請を監査部に照会する。信用回
     収部はかかる申請が関連要件を充たしていることを確認するために見直した後、                                          FSS  に償却の承認を求める
     が、通常は承認される。             FSS  の承認(     10 百万ウォン以下の推定損失とされる家計向け貸出を除く償却は自動的
     に FSS  に承認されると考えられている。)を得ると、当行銀行長の承認を経て償却が行われる。
     償却された貸出金の取扱い

      貸出金が償却されると、これらは当行の財政状態計算書上での認識が中止され、償却された貸出金として

     分類される。当行は、第三者回収機関を通じて、引き続きこれらの貸出金の回収に努める。信用回収部の部
     長は報告期間ごとに償却されたか回収された貸出金額を                             FSS  に永久に報告しなければならない。
     担保の取扱い

      当行が、不動産を担保とする貸出金を通常の回収チャネルを通じて回収することができないと判断した場

     合、当行は通常、債務不履行および支払不能が生じてから1ヵ月以内、支払遅延から4ヵ月以内に裁判所に
     担保権の実行を申し立て、裁判所監督による競売を通じて当該担保を売却する。ただし、かかる手続は、当
     該競売手続についての制限がある再編、再生手続き、債務整理またはその他の裁判所手続中の会社には適用
     されない。かかる申立てを裁判所に対して行うと、通常、債務者は延滞している貸出金の返済を促される。
     債務者が最終的に返済できず、裁判所が担保権実行を承認した場合、当行は当該担保を売却し、売却額(競
     売によって生じた費用控除後)を上限として元本および未払利息を回収する。韓国の法令に基づく担保権実
     行手続は、担保の内容によって、開始から回収まで通常7ヵ月から1年間を要する。
     財務書類の表示

      当行の財務書類は通常、             12 ヵ月を超えて延滞しているすべての個人向け無担保貸出金を償却として報告し

     ている。リースは         12 ヵ月を超えて延滞すると償却される。有担保貸出金については、当行は対象となる貸出
     金の簿価が、担保権執行手続きの一環としてその担保の売却により受領されたかまたは受領される金額を超
     過する金額を償却し、その売却価格はかかる手続きの一環として裁判所公報を通じて認識される。
     与信の種類

      下表は、表示日現在における               FSS  規則に基づいて        FSS  に報告された当行の個別ベースの信用ポートフォリオ

     の主な内訳を示しており、これらは概ね、以下のものにより構成されている。
    ・ 割引現在価値控除後の、および一定の項目(主として銀行間預け金、コールローンおよび売戻条件付買
       入有価証券)を除く貸出金
    ・ 確認保証および引受手形(オフ・バランスシート項目)および当行の信託勘定からの貸出金で、当行が
       その元本および/または利息を保証するもの
    ・ 一定のその他の項目(主に投資銀行与信および未決済受取債権)
                                  54/976






                                                           EDINET提出書類
                                                           新韓銀行(E26225)
                                                            有価証券報告書
                                 12 月 31 日現在

                             2018  年        2019  年

                              (単位:十億ウォン)

      ウォン建て貸出金                          208,767           224,179

      外貨建て貸出金                           9,622          11,905

      外貨建て買入手形                           6,961           6,535

      私募債                            412           310

      投資銀行業務貸出金                            410           686

      信託勘定貸出金                            528           415

      ファクタリング債権                            115           224

      保証および引受手形に基づく貸出金                             10           13

           (1)

                               226,825           244,267
      貸出金合計
      その他の与信:

      保証および手形引受                           9,729           9,777

      与信としての未決済受取債権                             1           2

      与信合計

                               236,555           254,046
     ___________________________
     注記:
     (1)  FSC に報告する与信合計額を計算する目的上、貸出金合計額は割引現在価値控除後の値で示されており、一定の貸出金項目(銀行間
      預け金、コールローンおよび売戻契約付買入有価証券からなる。)は貸出金合計額から除外されている。
     固定以下の与信

      固定以下の与信は         FSC  の資産分類基準に基づき固定以下と分類される与信として定義される。下表は、表示

     日現在における、         FSC  に報告された固定以下の与信を含む当行の与信にかかる資産の質についての一定の詳細
     (割引現在価値控除後)を個別ベースで示している。
                                  55/976









                                                           EDINET提出書類
                                                           新韓銀行(E26225)
                                                            有価証券報告書
                                       12 月 31 日現在

                                    2018  年       2019  年
                                  (単位:十億ウォン、%を除く)
      与信:
                                     234,335          251,969
       正常
                                       1,167           960
       要注意
                                        424          566
       固定
                                        334          217
       回収疑問
                                        313          353
       推定損失
                                     236,573          254,065
      与信合計
                                       1,071          1,136
      固定以下の与信合計
                                       2,238          2,096
      要注意および固定以下の与信
              (1)(2)
                                       3,111          3,128
      与信損失引当金
                                       0.45  %       0.45%
      与信合計に対する固定以下の与信の割合
      与信合計に対する要注意および固定以下の与信の割
                                       0.95  %       0.82%
      合
                                     290.48%          275.35%
      固定以下の与信に対する与信損失引当金の割合
                                       1.32  %       1.23%
      与信合計に対する与信損失引当金の割合
     ___________________________
     注記:
     (1)  与信損失引当金は、貸倒引当金、未決済受取債権引当金、引受手形および保証引当金ならびに銀行業務の監督に関する規則第                                                   29 条に
      従った規制上の貸倒損失準備金からなる。
     (2)  信用コミットメントについては、信用コミットメント引当金および規制上の貸倒損失準備金を除く。
                                  56/976











                                                           EDINET提出書類
                                                           新韓銀行(E26225)
                                                            有価証券報告書
     信託勘定
      韓国法のもとでは、当行が信託勘定に受け入れた資産は当行の他の資産とは分離され、預金者または当行

     のその他の債権者による債権を弁済するために使用することはできない。したがって、当行の信託資産およ
     び負債(元本(または元本および金利の双方)を保証されているものを除く。)は、当行の銀行勘定とは分
     離して計上および報告される。
      下表は、表示日現在における当行の信託勘定の資産および負債を示している。
                                 12 月 31 日現在

                            2018  年           2019  年
                              (単位:十億ウォン)
      資産:
       貸出金                           528              415
       有価証券                          22,479              23,902
       銀行勘定貸出金                          2,174              4,353
          (1)
                                              64,458
       その他                          50,981
                                                (1)
                                  (1)
       受取債権評価引当金
                                              93,127
                                76,161
        資産合計
      負債:

       金銭信託                         44,290              49,694
                                              42,149
       財産信託                         30,836
                                               114
       特別準備金                           109
                                              1,170
                                  926
       その他
                                              93,127
                                76,161
        負債合計
     ___________________________
     注記:
     (1) 主に財産信託に基づいて受託した不動産資産を含む。
      当行は、信託勘定の資産および負債の限られた額について元本および/または利息に対して保証を付与し

     ている。     2019  年 12 月 31 日現在、当行が固定利率を保証する固定利率保証付信託は、当行の信託勘定の金銭信
     託合計額の      0.002   %を占めていた。         2019  年 12 月 31 日現在、元本または利息について保証が付された金銭信託の
     合計額は、      4,068   十億ウォンであり、当行の金銭信託合計額の                       8.19  %を占めていた。
      当行が元本または元本および利息の双方に保証を付与している金銭信託は韓国                                         IFRS  に基づき連結されてい
     る。下表は、当行が元本または元本および利息の双方に保証を付与している金銭信託の資産および負債なら
     びにかかる資産の当行の信託資産合計に占める割合を示している。
                                 12 月 31 日現在

                           2018  年           2019  年
                           (単位:十億ウォン、%を除く)
      資産                         4,522              4,603
      負債                         4,522              4,603
      信託資産合計に占める比率                         5.94  %           4.94  %
                                  57/976





                                                           EDINET提出書類
                                                           新韓銀行(E26225)
                                                            有価証券報告書
     投資ポートフォリオ

     投資方針

      当行は、以下を目的として、ウォン建て有価証券ならびにこれより程度は低いものの外貨建て有価証券へ

     の投資および売買を自己勘定で行っている。
      ・当行の資産の安定性および分散性を維持すること。
      ・当行の資金需要に見合った、適切なバックアップの流動性の資源を維持すること。
      ・当行の中核となる貸出業務からの収入を補完すること。
      特定の有価証券についての投資決定を行う場合、当行はとりわけ、マクロ経済の動向、産業分析および信
     用評価を考慮する。
      当行の有価証券投資業務は、銀行法のもとで定められた制限を含むいくつかの規制上のガイドラインに従
     う。これらの規制に基づき、当行は株式および満期までの期間が3年を超える有価証券(韓国銀行が発行す
     る金融安定化債券および国債を除く。)に対する投資を、当行の                                 Tier   I 資本および      Tier   II 資本合計(資本項
     目控除後)の       100.0   %に制限しなければならない。通常、当行は他社が発行した議決権付株式の                                       15.0  %超を保
     有することも禁じられている(子会社の設立または取得を目的とする場合を除く。)。当行の投資活動を管
     理する規制環境に関する情報の詳細は、「第2-3-                            (6)  監督および規制-銀行に適用される主要な規制-
     他企業の株式保有に関する規制」を参照されたい。
                                  58/976














                                                           EDINET提出書類
                                                           新韓銀行(E26225)
                                                            有価証券報告書
     簿価および市場価値

      下表は、表示日現在における当行の投資ポートフォリオにおける金融投資の簿価および市場価値を示して

     いる。
                                      12 月 31 日現在
                               2018  年               2019  年
                            簿価       市場価値          簿価       市場価値

                                    (単位:十億ウォン)
      その他包括利益を通じて公正価値
      測定される有価証券:
                               443         443         595         595
      持分証券
      債務証券:
                              7,713         7,713        10,482         10,482
       国債
                             15,404         15,404         18,268         18,268
       金融機関債券
                              8,318         8,318        11,311         11,311
       社債およびその他
       合計  - その他包括利益を通じて公
                             31,878         31,878         40,656         40,656
         正価値測定される有価証券
      償却原価測定有価証券:

      債務証券:
                             11,694         11,793         12,569         12,819
       国債
                               929         931       3,377         3,386
       金融機関債券
                              4,126         4,166         4,139         4,193
       社債
                               75         75        167         167
       その他
                             16,824         16,965         20,252         20,565
      合計  - 償却原価測定有価証券
      損益を通じて公正価値で測定される

      有価証券:
      持分証券
                               123         123         113         113
      債務証券:
                               777         777       1,084         1,084
       国債
                              2,506         2,506         3,992         3,992
       金融機関債券
                              1,689         1,689         2,718         2,718
       社債
                              4,196         4,196         3,121         3,121
      買入れ手形
                              3,002         3,002         3,724         3,724
      CMA
                              3,164         3,164         3,852         3,852
      その他
                               155         155         112         112
      金/銀預け金
       合計  - 損益を通じて公正価値測
                             15,612         15,612         18,716         18,716
           定される有価証券
                             64,314         64,455         79,624         79,937
      有価証券合計
                                  59/976





                                                           EDINET提出書類
                                                           新韓銀行(E26225)
                                                            有価証券報告書
     満期分析

      下表は、     2019  年 12 月 31 日現在における当行の有価証券を満期別に分類したものである。

                               2019  年 12 月 31 日現在

                1年         1年超
                                  5年超
                以下        5年以下         10 年以下        10 年超        合計
                  加重平均         加重平均         加重平均         加重平均         加重平均
                     (1)         (1)         (1)         (1)         (1)
              簿価
                  利回り      簿価   利回り      簿価   利回り      簿価   利回り      簿価   利回り
                            (単位:十億ウォン、%を除く)
      その他包括利
      益を通じて公
      正価値測定さ
      れる有価証
      券:
               2,804    1.91%     6,297    1.68%    1,199    1.81%     182   6.90%    10,482     1.85%
       国債
       金融機関債        8,962     1.73    9,024     1.71     167    2.80     114    8.08    18,267     1.77
      券
       社債および        4,022     1.94    6,929     2.10     360    2.52      -    -  11,311     2.06
      その他
              15,788     1.82%    22,250     1.83%    1,726    2.05%     296   7.36%    40,060     1.87%
        合計
      償却原価測定

      有価証券:
       国債        1,895    2.40%    10,343     2.06%     139   3.12%     192   7.33%    12,569     2.20%
       金融機関債
      券         1,932     1.59    1,165     1.91     38   2.80     242    6.62    3,377     2.07
       社債        1,005     2.20    2,591     2.37     515    2.36     28   2.76    4,139     2.33
                 -    -     -    -    -    -   167    7.16     167    7.16
       その他
               4,832    2.03%    14,099     2.10%     692   2.54%     629   6.81%    20,252     2.25%
        合計
      損益を通じて

      公正価値で測
      定される有価
      証券:
       国債         101   2.03  %    562   1.71  %   421   1.52  %    -    - %   1,084    1.67  %
       金融機関債
      券         1,638     2.07    2,273     1.67     16   2.66     65   2.22    3,992     1.85
       社債        1,482     2.00    1,182     2.14     54   2.86      -    -   2,718     2.08
       買入手形        3,121     2.04      -    -    -    -    -    -   3,121     2.04
       CMA        3,703     1.85      20   1.47      -    -    -    -   3,723     1.85
               3,358     0.04     420     -    -    -    74     -   3,852     0.04
       その他
              13,403     1.49%     4,457    1.64%     491   1.70%     139   1.03%    18,490     1.53%
        合計
              34,023     1.72  %  40,806     1.90  %  2,909    2.11  %  1,064    6.21  %  78,802     1.89  %
      債務証券合計
     ___________________________
     注記:
     (1)  ポートフォリオの加重平均利回りは、それぞれの有価証券の満期までの償却原価を用いた加重平均利回りである。
                                  60/976




                                                           EDINET提出書類
                                                           新韓銀行(E26225)
                                                            有価証券報告書
     リスクの集中

      下表は、     2019  年 12 月 31 日現在の当行が保有する簿価合計額が同日現在における当行の株主資本の                                        10 %

     ( 2,609   十億ウォン)を上回る有価証券を示している。
                               2019  年 12 月 31 日現在

                             簿価            市場価値

                               (単位:十億ウォン)

      発行体名:
      韓国政府                           21,244             21,413
      韓国銀行                            6,889             6,893
      韓国住宅金融公社                            5,124             5,159
      韓国産業銀行                            4,486             4,488
                                 3,931             3,931
      中小企業銀行
                                 41,674             41,884
      合計
      上記の事業体(政府を除く。)はすべて政府機関または政府が支配する事業体である。

     与信関連の約定および保証

      当行は、その通常の業務の過程において、顧客の資金調達およびその他の事業上の需要を満たすために

     様々な約定および保証を行っている。約定および保証は通常、とりわけ与信供与の約定、商業信用状、スタ
     ンドバイ信用状および履行保証の形式をとる。これらの金融商品の契約上の金額は、相手方が当該約定の実
     行を請求し、または当行が保証に基づくその義務を履行すべきときに相手方が契約に基づく履行を行わない
     場合に最大予想損失額を示す。
       下表は、表示日現在における当行の与信関連の約定および保証を示している。
                                          12 月 31 日現在

                                       2018  年        2019  年

                                        (単位:十億ウォン)
     与信供与約定                                     89,093          94,585
     商業信用状                                     3,161          2,759
         (1)
                                          22,029          21,447
     その他
                                         114,283          118,791
     合計
     ___________________________
     注記:
     (1)  金融保証、履行保証、特別目的事業体に対する流動性ファシリティ、受取手形、信託勘定にかかる保証および裏書手形からなる。
      当行は、財政状態計算書に反映されない与信関連の約定を有しており、これは主に与信供与の約定および

     商業信用状からなっている。与信限度額を含む与信供与の約定は、貸出金の形による与信の承認の未実行部
     分を示す。これらの約定は所定の日に失効し、顧客は事前に定められた条件に従って約定に基づく資金を引
     き出すことを要求される。
      商業信用状は、顧客に代わって、特定の契約条件に基づいて所定の金額を上限として資金を引き出すこと
     を第三者に承認する約束である。これらは通常短期であり、関連する商品の裏付となる船荷によって担保さ
     れている。
      当行はまた、当行の財政状態計算書に開始時の公正価値で計上され、保証の期間にわたり償却される保証
     を有している。かかる保証は通常、スタンドバイ信用状、その他の財務および履行保証ならびに特別目的事
     業体に対する流動性ファシリティを含む。
                                  61/976


                                                           EDINET提出書類
                                                           新韓銀行(E26225)
                                                            有価証券報告書
      スタンドバイ信用状は、当行の顧客が貸出金または債務商品を返済しなかった場合に、第三者の受益者に
     対する支払いを行う取消不能の義務であり、通常外貨建てである。これらのスタンドバイ信用状の大部分
     は、取引関連文書を含む担保物件によって担保されている。
      その他の財務および履行保証は、顧客が一部の契約に基づく履行をしなかった場合に、当行が受益者に支
     払いを行うという取消不能の保証である。特別目的事業体に対する流動性ファシリティは、現金不足などの
     きっかけとなる事由が生じた場合に、当行の顧客が設定した緊急時流動性与信枠を特別目的事業体に提供す
     るという取消不能の約定である。
      当該約定および保証は、未使用のまま期間が終了することが多いため、必ずしも当行のエクスポージャー
     を表わすものではない。
     デリバティブ

      上記「第2-3-         (1)  事業-事業の概観-当行の主要業務-その他銀行業務-デリバティブ取引」に記載

     される通り、当行は、顧客がリスクをヘッジできるよう、主に顧客の代理としてデリバティブ取引業務を
     行っており、また、かかる取引から生じるリスク・エクスポージャーをヘッジするために他の金融機関と
     バック・トゥー・バックのデリバティブも締結している。当行はさらに、自身の資産および負債に起因する
     リスク・エクスポージャーをヘッジするためにデリバティブ取引を行っている。このうちのいくつかは、
     ヘッジ会計の適用要件を満たさない非売買デリバティブである。
      下表は、     2018  年および     2019  年 12 月 31 日現在において当行が            (i)  売買目的および        ( ⅱ ) ヘッジ会計に適格であり
     非売買目的で保有または発行していたデリバティブの想定元本総額または契約金額を示している。
                                  62/976














                                                           EDINET提出書類
                                                           新韓銀行(E26225)
                                                            有価証券報告書
                                   12 月 31 日現在

                          2018  年                   2019  年
                   原想定                     原想定
                          見積公正       見積公正              見積公正       見積公正
                     (1)                     (1)
                   元本       価値資産       価値負債        元本       価値資産       価値負債
                                 (単位:十億ウォン)
     売買:
     外国為替デリバティ
     ブ:
      先物および先渡契約
                                         119,696        1,232        950
                   126,118         848       778
      スワップ
                    31,104         394       374      38,593         467       517
                     1,943         8       12      2,743         9       9
      オプション
                    159,165        1,250       1,164      161,032        1,708       1,476
        小計
     金利デリバティブ:
      先物および先渡契約
                      295        -       -      292        -       -
      スワップ
                    64,010         191       133      75,450         229       202
                       -       -       -       80        1       -
      オプション
                    64,305         191       133      75,822         230       202
        小計
     株式デリバティブ:
      オプション
                      396        -       2      335        3       6
                      30        -       -       15        -       -
      先物契約
                      426        -       2      350        3       6
        小計
     商品デリバティブ:
      スワップおよび先渡
                      157        2       -      175        5       -
      契約
        小計
                      157        2       -      175        5       -
        合計
                                         237,379        1,946       1,684
                   224,053        1,443       1,299
     非売買:

     金利デリバティブ:
      スワップ
                                          9,372        154       210
                     9,378         35       467
     外国為替デリバティ

     ブ:
      先物および先渡契約
                                           231        2       -
                      224        6       6
        合計
                                          9,603        156       210
                     9,602         41       473
     ___________________________
     注記:
     (1) 外貨建ての想定元本は、          2018  年および    2019  年 12 月 31 日現在の実勢為替レートにてウォンに換算されている。
     資金調達

      当行は、その銀行業務のために、国内外の様々な原資から資金を調達している。当行の主な資金調達源

     は、銀行業務から得る顧客預金である。また、当行はコールマネー、中央銀行借入金、その他の短期借入
     金、社債およびその他の長期債務(債務証券および持分証券の発行を含む。)、資産担保証券ならびにレポ
     取引を通じて、顧客預金を通じた資金調達を補うために、または必要に応じてこれに代えるために資金を取
     得している。「第3-3             経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析-流動性お
     よび資金源」を参照されたい。
     預金

      当行の銀行預金の大半は短期のものであるが、当行の預金者の大半はこれまで満期時に預金を預け替え、

     当行の銀行業務に安定的な資金源を供給してきた。
                                  63/976


                                                           EDINET提出書類
                                                           新韓銀行(E26225)
                                                            有価証券報告書
      下表は、表示期間における、当行の預金残高および当行の預金について支払われた平均金利を示してい
     る。
                              12 月 31 日に終了した年度

                          2018  年                2019  年
                        (1)                  (1)
                   平均残高          平均金利        平均残高          平均金利
                            (単位:十億ウォン、%を除く)
     有利子預金:
     要求払預金                  35,535          0.39  %      38,233          0.42  %
     定期および貯蓄預金                 200,669           1.35        220,004           1.45
                        8,459          1.96         9,277          2.07
     その他の預金
                       244,663          1.23  %      267,514          1.32  %
     有利子預金合計
     ___________________________
     注記:
     (1)  平均日次残高に基づく。
      個人向け預金商品の内訳は、「第2-3-                      (1)  事業-事業の概観-当行の主要業務-預金受入業務」を参照

     されたい。その他、売却された手形は短期借入金に計上されており、買戻し契約に基づき売却された有価証
     券は担保付借入金として計上されている。
     譲渡性預金証書およびその他の定期預金

      下表は、     2019  年 12 月 31 日現在の     100  百万ウォン以上の譲渡性預金証書およびその他定期預金を満期までの期
     間別に示している。
                                2019  年 12 月 31 日現在
                       譲渡性預金証書          その他定期預金             合計
                               (単位:十億ウォン)
     3ヵ月以内                       3,775          36,504          40,279
     3ヵ月超6ヵ月以内                       2,238          24,112          26,350
     6ヵ月超     12 ヵ月以内                 3,295          40,066          43,361
                              105         6,857          6,962
     12 ヵ月超
                            9,413         107,539          116,952
     合計
      当行の海外支店で発行された譲渡性預金証書およびその他の定期預金の大半の金額は                                            100,000    米ドル以上で

     ある。
     短期借入金

      下表は、表示期間における、当行の短期借入金(当初満期が1年以内のもの)に関する情報を示してい

     る。
                                  64/976







                                                           EDINET提出書類
                                                           新韓銀行(E26225)
                                                            有価証券報告書
                           2018  年 12 月 31 日現在および同日終了年度

                                           加重平均
                                   月末におけ
                               (1)               (2)
                    残高      平均残高        る最高残高         金利       年度末金利
                             (単位:十億ウォン、%を除く)
     韓国銀行からの借入金
     (3)
                      2,289        2,566        2,814        0.66  %   0.50  - 0.75  %
     コールマネー                  960       1,583        5,052        2.51     0.00  - 6.85
               (4)
                     12,043         9,263       12,262         1.79
     その他短期借入金                                              0.00  - 9.20
                     15,292        13,412        20,128        1.66  %
     ___________________________
     注記:
     (1)  平均残高は     (a) 当行の毎日の残高および          (b) 当行の関連会社の四半期ごとの残高に基づいている。
     (2)  加重平均金利は、支払利息合計を平均借入金額で除して算出されている。
     (3)  韓国銀行からの借入金は通常、ウォン建て借入金は満期が1ヵ月以内で、外貨建て借入金は満期が6ヵ月以内である。
     (4)  その  他短期借入金には、信託勘定からの借入金、買入手形ならびにウォン建ておよび外貨建て借入金を含む。
                           2019  年 12 月 31 日現在および同日終了年度

                                           加重平均
                                   月末におけ
                               (1)               (2)
                    残高      平均残高        る最高残高         金利       年度末金利
                             (単位:十億ウォン、%を除く)
     韓国銀行からの借入金
     (3)
                      2,387        2,269        2,435        0.62  %   0.50  - 0.75  %
     コールマネー                  538       1,044        1,189        2.37     0.00  - 5.25
               (4)
                     10,852        11,580        12,084         1.89     0.00  - 7.50
     その他短期借入金
                     13,777        14,893        15,708        1.73  %
     ___________________________
     注記:
     (1)  平均残高は     (a) 当行の毎日の残高および          (b) 当行の関連会社の四半期ごとの残高に基づいている。
     (2)  加重平均金利は、支払利息合計を平均借入金額で除して算出されている。
     (3)  韓国銀行からの借入金は通常、ウォン建て借入金は満期が1ヵ月以内で、外貨建て借入金は満期が6ヵ月以内である。
     (4)  その  他短期借入金には、信託勘定からの借入金、買入手形ならびにウォン建ておよび外貨建て借入金を含む。
      当行の短期借入金は、韓国銀行からの借入金(通常、当行が保有するその他包括利益を通じて公正価値測

     定される有価証券または償却原価測定される有価証券(これまでは韓国                                     IFRS  第 1039  号に従い売却可能有価証
     券または満期保有有価証券として分類されていた。)によって担保されている。)を除いて通常無担保で満
     期は1年未満である。
                                  65/976







                                                           EDINET提出書類
                                                           新韓銀行(E26225)
                                                            有価証券報告書
     (3)  リスク管理

     概観
      当行は、許容範囲内で当行のリスクを管理し、資産の健全性を確保するために包括的なリスク管理システ
     ムを有している。当行は、効果的なリスク管理を通じて長期的収益性の安定化に努めている。
      取締役会は、当行のリスク限度額等、当行のリスク管理および統制に関する基本ガイドラインを定めた。
     取締役会の監督の下、リスク管理委員会は、各事業グループの資本配分およびリスク限度額を決定し、全銀
     行業務の基本管理ガイドラインの策定において経営陣を補助する。
      基本方針およびガイドラインに従い、ともに上級役員およびグループ長からなるリスク方針委員会ならび
     に資産・負債管理委員会(以下「                 ALM  委員会」という。)は、信用リスク、市場リスクおよびオペレーショナ
     ル・リスクを監督する。全事業単位から独立したリスク管理グループは、当行のすべてのリスクを特定、評
     価および管理し、リスク管理委員会を補佐する。
     信用リスク管理

      借り手、その他債務者または当行が契約を締結した取引についてのその他の相手方の債務不履行により生
     じる損失にかかるリスクである信用リスクは当行が直面する最大のリスクである。当行の信用リスク管理
     は、貸借対照表に記録される取引だけでなく、保証、貸出コミットメントおよびデリバティブ取引といった
     オフバランスシート取引を含む潜在的な経済損失をもたらす可能性のあるあらゆる信用の分野を網羅してい
     る。当行の信用リスク管理は、以下の原則に基づいている。
      ・ 関係するリスクの水準に見合った利益水準を達成すること。
      ・資産の質を改善し、最適な資産構成のポートフォリオを達成すること。
      ・特定の借り手または部門に対する過剰な貸出の集中を避けること。
      ・借り手の債務返済能力を厳密に監視すること。
      ・選別された顧客の成長を推進するために、財務支援を提供すること。
      当行の全体的なリスク管理計画および信用方針ガイドラインを含む当行の信用リスク管理のための主な方
     針は、信用リスク管理に関する最高意思決定機関である当行のリスク方針委員会が決定する。リスク方針委
     員会は、最高リスク責任者(               CRO  )が代表を務め、最高与信責任者(                   CCO  )および各事業ユニットの長から
     なっている。当行は、貸出承認機能を信用方針の意思決定から分離するために与信審議委員会を設けてお
     り、同委員会が、行われた貸出による資産の質および収益性の改善に注力して信用審査を評価し、リスク方
     針委員会とは別に運営される。リスク方針委員会と与信審議委員会はともに、それぞれの委員会の出席委員
     数の三分の二以上(それぞれの定足数を満たすためには、各委員会の委員数の少なくとも三分の二の出席が
     必要である。)の投票により決定を行う。
      当行は、内部ガイドラインおよび規則に基づいて信用リスク管理手順を遵守し、これらのガイドラインお
     よび規則を継続的に監視し、改善している。当行の信用リスク管理手順には以下が含まれる。
      ・信用評価および承認
      ・信用審査および監視
      ・信用リスク評価および管理
                                  66/976







                                                           EDINET提出書類
                                                           新韓銀行(E26225)
                                                            有価証券報告書
     信用評価および承認

      貸出申請者および保証人はすべて、貸出の承認を得る前に信用評価を受けなければならない。貸出申請者
     の信用評価は、貸出承認の特任上級役員によって実施される。貸出評価は、客観的かつ慎重なプロセスを通
     じて個人による審査ではなくグループにより実施される。貸出申請者および保証人の信用格付は、貸出金
     利、必要な内部承認の水準、信用エクスポージャーの限度、潜在的損失計算および資本の見積コストに影響
     を与えるため、当該事業部門により客観的かつ独立的に決定される。当行は、個人向けローンについては                                                       信
     用スコアリングシステム             を、法人向けローンについては信用リスク格付システムを用いている。
      当行の借り手のそれぞれに、さまざまな基準を考慮した包括的内部信用評価システムに基づく信用格付が
     付与されている。個人の借り手の信用格付は、とりわけ借り手の経歴の詳細、当行との過去の取引および外
     部信用格付情報を考慮する。法人の借り手の信用格付は、とりわけ、財務指標ならびに産業リスク、オペ
     レーショナル・リスクおよびマネジメント・リスクといった非財務指標を考慮する。信用格付が付与される
     と、それは当行の信用リスク管理のための基本的手段として機能し、与信承認、与信限度管理、貸出の金利
     設定および貸倒引当金の計算を含む広範な信用リスク管理プロセスに適用される。当行は、個人顧客、                                                     SOHO
     顧客および法人顧客について個別の信用評価システムを有しており、それはさらに細分化され、バーゼル                                                       II
     の要件を満たすよう改善されたが、かかる要件はバーゼル                              III  に基づき変更されなかった。               「第3-3      経営
     者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析-重要な会計方針-金融資産の減損」を
     参照されたい。
     個人向けローン

      個人向けローンの貸出申請は、当行の信用スコアリングシステムおよび当行のリテール・バンキング部門
     が維持・運用している担保付貸出および無担保貸出に関する客観的な統計モデルに従い審査されている。当
     行の信用スコアリングシステムは、貸出申請の評価に用いられる自動与信承認システムであり、貸出の適切
     な金額を決定し、借り手の個人情報、当行およびその他の金融機関との取引履歴ならびに関連する信用情報
     等の要素を考慮する。申請者に対しては、                      (i)  申請者の貸出を承認するか否か、                 ( ⅱ ) 貸出額、および        ( ⅲ ) 貸出
     に係る利息を決定するために用いられるスコアがつけられる。申請者のスコアに応じて申請者が与信を認め
     られるか、条件付で認められるか、追加審査を必要とするか、与信を認められないかが決定される。申請者
     が追加審査の対象となる場合には、支店レベルまたは本店レベルの適切な裁量権を有する機関が、信用履
     歴、職業および過去の当行との関係等の質的要素ならびに量的要素に基づいて再評価を行う。
      抵当ローンおよび住宅担保ローン                 ならびに不動産担保ローンについては、当行は、ローンの担保として供
     される不動産の価値を、韓国全土の不動産価格に関する情報を含む専用データベースを利用して評価する。
     また、当行は、韓国の不動産市場および資産価額について第三者により提供された最新の情報も利用する。
     当行は、不動産担保の価額を処理センターの内部職員に評価させる一方、処理センターで当初定められたと
     おり、評価額が3十億ウォンを超える不動産担保の評価額を審査し、共同で署名する公認鑑定士を雇用す
     る。当行はまた、少なくとも毎年、担保の評価額を概要ベースで内部で再評価する。
      有価証券、預金または不動産以外のその他の資産を担保とする貸出については、当行は、借り手に対し
     て、担保付債務について特定の担保率を遵守することを要求する。
     法人向け貸出

      当行は、すべての法人の借り手を、内部で開発された複数の信用評価システムを用いて格付する。これら
     の信用評価システムは、与信決定を標準化するための様々な基準(量的、質的、財務および財務以外のも
     の)を考慮し、貸出金額よりも借り手の質に重点を置いている。量的検討には、借り手の財務およびその他
     のデータが含まれ、質的検討は、借り手の返済能力に関する当行の与信責任者の判断に基づいている。財務
     の検討には、総資産利益率およびキャッシュ・フローの債務合計に対する比率等、当行の顧客の財務書類に
     基づく財務変数や諸比率が含まれ、財務以外の検討には、とりわけ借り手の属する業界、業界における借り
     手の競争上の立場、稼動力および資金力、経営陣および支配株主の質(部分的に役員および従業員との面接
     に基づく。)、技術力ならびに労使関係が含まれる。
      当行はまた、その内部信用審査の正確性を高めるために、                              Nic  e 情報サービス(        Nice   Information       Service    )
     および   韓国企業データ(         Korea   Enterprise      Data  )等外部の信用格付機関が作成した報告書を検討し、                            実際の
     債務不履行の記録を継続的に更新しているデータベースを用いて信用リスク格付システムの有効性を監視お
     よび改善している。
      上記の評価基準および債務不履行の可能性を考慮して信用格付システムに基づき計算されたスコアに応じ
     て、当行は借り手を          23 段階(最高      AAA  から最低     D3 まで)に分類する。          AA から  B は、さらに「+」、「           0 」または
     「-」に細分される。            AAA  から  B- は正常、     CCC  は要注意、      CC から  D3 は不履行懸念に分類される。信用リスク格
     付モデルはさらに、法人の借り手の規模および信用ファシリティの種類に応じて分類され                                              る。
                                  67/976


                                                           EDINET提出書類
                                                           新韓銀行(E26225)
                                                            有価証券報告書
     貸出承認プロセス
      貸出は通常、支店レベルのリレーションシップ・マネジャーおよび当行の該当する事業単位の委員会によ
     る評価および承認を得た後に承認される。個人向け貸出の承認限度額は、当行の自動信用スコアリングシス
     テムに基づいて設定される。大規模な法人の場合には、承認限度額は本店レベルの与信審査担当者による審
     査および承認も経る。貸出の規模および重要度に応じて、承認プロセスはさらに与信審査担当者委員会また
     は与信審査部長委員会の審査を経る。貸出が重大であるとみなされるか、または、金額が与信審査部長委員
     会の裁量権の範囲を超える場合には、与信承認に関する当行の最高意思決定機関である与信審議委員会に
     よって追加的な評価が実施される。貸出限度についての与信審議委員会の評価および承認は、当行の内部信
     用格付システムが定める借り手の信用格付によって異なる。例えば、信用格付が                                          B- の借り手に対して、与信
     審議委員会は、無担保貸出については                    10 十億ウォン、担保付貸出については                   15 十億ウォンを超える額の貸出
     の評価および承認を行う。一方、信用格付が                       AAA  の借り手に対して同委員会は、無担保貸出については                            40 十億
     ウォン、担保付貸出については                90 十億ウォンを超える額の貸出の評価を行う。また、与信審議委員会は、元
     本額が与信審議委員会の定める所定水準を超える多額の貸出申請の承認を行うために少なくとも1週間に2
     回の会議を行う。
      下記の図は当行の信用承認プロセスの概要を示している。与信審査部長および事業部長は貸出承認につい
     て個人で決定を下さず、グループ・レベルでの意思決定プロセスの一部となる。
      審査プロセスの各レベルでの審査担当者は、その裁量により、かかるレベルに割り当てられた貸出毎の最





     大額までの貸出を承認することができる。貸出承認プロセスの各レベルにおける裁量的な貸出承認限度額
     は、当該借り手に対する総貸出額、与信審査に基づく申請者の信用レベル、担保の有無およびその価値なら
     びに信用格付システムにより設定された信用リスクのレベルが考慮される。裁量的な貸出承認限度額は、信
     用格付が     B- の無担保の個人向け貸出に対する                 15 百万ウォン(個人向け支店マネジャーの承認を受けなければ
     ならない。)から、信用格付が                AAA  の担保付貸出に対する           90 十億ウォン(与信審査部長委員会の承認を受けな
     ければならない。)の範囲である。裁量的な貸出承認限度額を超える貸出はいずれも、与信審議委員会によ
     る承認を受けなければならない。
     信用審査および監視

      当行は、主に借り手に関する信用リスクを継続的に審査および監視している。特に、当行の自動早期警告
     システムが      206  を超える財務要素および非財務要素を用いて借り手を毎日審査しており、支店マネジャーおよ
     び与信審査担当者は、定期的に貸出審査を行い、独立した信用審査部に報告しなければならない。同部は、
     その結果を詳細に分析し、これに応じて信用格付を調整している。これらの審査に基づき、当行は借り手の
     信用格付、信用限度額および信用方針を調整している。さらに、借り手グループのグループ信用格付がある
     場合には、      FSS  院長が信用エクスポージャー残高に基づき指定する主な債務者グループの定期審査後に調整さ
     れる。当行は、指定された格付の適切性を確保するために、借り手の事業についての業界固有の状況ならび
     に国内外の資産基盤および事業等その他の要素も継続的に審査する。信用審査部門は、引受けとは独立し
     て、信用審査報告書を最高リスク管理責任者に毎月提出する。
      早期警告システムは、当行が1十億ウォン超の合計エクスポージャー(預金担保、積立貯蓄、保証および
     輸入担保金控除後の借り手からの未回収残高合計)または信用エクスポージャーを除いた                                              500  百万ウォン超の
     合計エクスポージャー(有効な担保を控除後の合計エクスポージャー)を有する借り手を自動で毎日チェッ
     クする。早期警告システムが警告の兆候を検出した場合、当行が2十億ウォン超のエクスポージャーを有す
     る場合は信用検査部が、2十億ウォン以下のエクスポージャーの場合は支店マネジャーおよび与信審査担当
     者が、かかる兆候および監視によるその他の所見を検討する。さらに、当行は経済環境の変化に基づいた信
     用リスク要因の変動に従い、各借り手に対してタイムレスな与信検討を実施している。かかる与信検討の結
     果は当行の信用リスク担当者に対し継続的に報告される。
                                  68/976

                                                           EDINET提出書類
                                                           新韓銀行(E26225)
                                                            有価証券報告書
      早期警告システムが検出した警告の性質に応じて、借り手が「信用悪化」と分類され評価の対象となって
     信用格付が引き下げられる場合、または当初から「早期警告兆候を示す借り手」に分類されるか、もしくは
     「正  常借り手」に復活する場合がある。「早期警告兆候を示す借り手」に分類された借り手について、支店
     マネジャーは情報を集め、信用悪化と分類するべきか否かまたは経営改善警告を行うかもしくは共同債権者
     の管理を実施するかを決定するために借り手の審査を行う。借り手が債務不履行状態に陥った場合には、当
     行の回収部門は、回収率を最大化するために直接借り手の勘定を管理し、必要に応じて競売、裁判所手続、
     資産売却または企業再編を実施する。
      上記の信用審査および監視手続きに従い、かつ、貸出の質の悪化を速やかに防ぐために、当行は潜在的に
     問題のある借り手を          (i)  早期警告兆候を示す借り手、               ( ⅱ ) 警戒を要する借り手、           ( ⅲ ) 監視を要する借り手およ
     び ( ⅳ ) 正常借り手に分類し、それに従い別々に取り扱っている。
      当行の法人顧客の返済の延滞を抑制するために、当行は主に                               (i)  多額の残高を有する借り手に対する体系的
     な監視、     ( ⅱ ) 信用履歴の良くない借り手および/または問題のある業種に属する借り手の監視の強化、なら
     びに  ( ⅲ ) 特定の業種が一般的な事業サイクルに特に敏感であるか、および/または特定の時期に苦境にある
     のか否かの調整を経た業種固有の貸出上限額の割当てといった措置を行う。
                                  69/976
















                                                           EDINET提出書類
                                                           新韓銀行(E26225)
                                                            有価証券報告書
     多額の貸出残高を有する借り手に対する体系的監視

      当行は現在、貸出残高(保証付貸出ならびに当行への預金または信用状といった特定の種類の担保により
     担保された貸出を除く。)が合計1十億ウォン以上かつ正味貸出残高(貸出残高からかかる貸出の担保(上
     記以外のもの)の公正価値を差引いた金額)が合計                          500  百万ウォン以上である法人顧客に対し強化監視システ
     ムを適用している。この監視システムに基づき、各借り手には下記の格付が付与される。
      ・「正常借り手」:          CCC  以上の信用格付(適用あるサブボロアー格付)の支払不能の可能性が低いと判断さ
       れる借り手。
      ・「監視を要する借り手」:将来の企業破産に影響するリスクを一定程度有し、かかるリスクの変動の検
       出の継続的な監視の対象となる借り手。
      ・「警戒を要する借り手」:デフォルトリスクの増加による支払不能の可能性があり、かかる借り手の信
       用の質の詳細な調査および追加融資に警戒を要する借り手。
      ・「早期警告兆候を示す借り手」:支払不能の可能性の高い借り手。
      ・「問題があるかまたは再編の対象の借り手」:現在、経営改善計画、債務整理または企業再生といった
       再生手続きの過程にあるか回復の兆候のない借り手。
      当行は、借り手の信用格付に応じた間隔(例えば、格付が                              AAA  から  A までの「正常」借り手については                 12 ヵ
     月ごと、格付が        A- から  BBB+  の「正常」借り手については9カ月ごと、格付が                         BBB  から  B- の借り手については6
     か月ごと、      CCC  以下の格付の借り手および「正常」とみなされない格付の借り手については3ヵ月ごと)で上
     記の借り手に対して体系的な監視を行っている。さらに、貸出審査担当者は、借り手に信用の質の悪化の兆
     候がある場合、より頻繁な監視を要請することができる。2十億ウォン以上の貸出残高を有する借り手につ
     いては、当行はまたかかる借り手の収入および所得を四半期ごとに四半期終了後                                         10 週間以内に監視する。
     信用履歴に問題のある借り手および/または問題のある業種に属する借り手に対する監視の強化
      上記の体系的な監視に加え、当行はまた、とりわけ、                            (i)  上記の「監視を要する借り手」もしくは「警戒を
     要する借り手」もしくは「早期警告兆候を示す借り手」とみなされた借り手、                                         ( ⅱ ) 過去に延滞もしくは再編
     を経験している借り手、または                ( ⅲ ) 固定以下に分類された借入を有する借り手に対して追加的な監視を行っ
     ている。これらの借り手に対する強化された監視に基づき、当行は、とりわけ、特定の業種の全体的な資産
     の質が事業サイクルの各局面でいかに変化するか、かかる借り手に対するエクスポージャーをいかに制限
     し、縮小するか、当行のグループ全体の延滞率および不履行率をいかに変えるかといったことについて緊急
     対策計画を調整する。
     信用リスク評価および管理

      当行は、体系的に信用リスクを評価するために、                          延滞率、不良債権率、予想損失額および加重平均リスク
     格付を含む選択された各種統計の監視に基づき信用リスクを数量化するように設計されたシステムを開発お
     よびアップグレードした。
      当行は、ポートフォリオレベルおよび個別貸出勘定レベルの2段階で貸出を監視および管理することで貸
     出の集中を管理している。ポートフォリオレベルの信用リスクを適切な水準に維持するために、当行は銀行
     全体およびその各事業単位にバリュー・アット・リスク(以下「                                 VaR  」という。)による限度額を用いてその
     貸出を管理している。特定の借り手または借り手の種別にリスクが集中することを防止するため、当行はま
     た借り手、業種、国およびその他の詳細な分類ごとに信用リスクを管理している。
                                  70/976







                                                           EDINET提出書類
                                                           新韓銀行(E26225)
                                                            有価証券報告書
      当行は、信用リスクを内部で蓄積した情報を用いて計測している。当行は、総資産について毎月期待損失

     および非期待損失を計測し、事業グループのリスク限度額の設定および事業グループへの資本の分配に際し
     て参照している。期待損失は、デフォルト確率、デフォルト時損失率、デフォルト時エクスポージャーなら
     びに過去の破産率および回収率に基づき計算され、これに応じて当行は貸倒引当金を計上する。当行は                                                     FSS  要
     件または当行の内部計算のいずれか高い方の水準で引当を実施する。非期待損失については、当行にとって
     の信用リスク限度額の合計および当行内の関連部門にとっての信用リスク限度額に合致しているかを判断す
     るために使用される          VaR  に基づき予測される。当行は、口座ごとのレベルでの                            VaR  の計算およびリスク調整済
     業績測定に、銀行監督についてのバーゼル委員会(以下「バーゼル委員会」という。)により提案された先
     進内部格付手法を使用している。
     市場リスク管理

      市場リスクとは、金利、為替レート、株価などの市場価格の変動により生じる損失リスクをいう。当行が
     さらされる主な市場リスクは金利リスクであり、より程度は低いものの、為替リスクおよび株価リスクにも
     さらされている。これらのリスクは、貸出、預金、有価証券、金融デリバティブなどの金融商品に関連する
     当行のトレーディング業務および非トレーディング業務から生じる。当行は、市場リスクをトレーディング
     業務から発生するリスクと非トレーディング業務から発生するリスクに分けている。
      当行のリスク管理委員会は、トレーディング業務と非トレーディング業務の両方について包括的な市場リ
     スク管理方針を定めている。かかる方針に基づき、当行のリスク方針委員会は、市場リスクおよび資産に関
     し、リスク管理方針およびリスク制限を設定し、当行のトレーディング業務および非トレーディング業務か
     ら発生する市場リスクを管理することについて最高意思決定機関として行為している。リスク方針委員会
     は、当行の7つの事業グループをそれぞれ担当する副銀行長、最高リスク担当者および最高財務担当者で構
     成される。リスク方針委員会は、少なくとも月に一度の頻度で、とりわけ当行のトレーディング業務に係る
     ポジションおよび         VaR  と、当行の非トレーディング業務に係るポジション、                            VaR  、デュレーション・ギャップ
     および時価分析ならびに正味受取利息シミュレーションに関連する報告書の検討と承認を行っている。さら
     に、当行のリスク技術部は、当行の業務部門から独立して包括的に市場リスクを管理し、当行のミドル・オ
     フィスとして機能している。当行は、                    FSC  が制定した規則に従って、銀行勘定および信託勘定のすべての資産
     および負債に関する市場リスクを計測している。
     トレーディング業務から生じる市場リスク・エクスポージャー

      当行のトレーディング業務は、主に以下のもので構成されている。
      ・  市況および顧客需要の変化について当行の短期的な見通しに基づく持分証券・債務証券市場および外国
       為替市場における売買から短期的な売買益を実現するため、自己勘定および顧客の信託勘定で行われる
       トレーディング業務
      ・  主に、スワップ、先渡取引、先物取引、オプションなどのデリバティブに関わる裁定取引によって利益
       を実現するためのトレーディング業務、ならびにより小規模ではあるものの、当行の顧客に対してデリ
       バティブを販売するトレーディング業務およびかかるトレーディング業務に付随する市場リスクを補完
       するトレーディング業務
      これらのトレーディング業務により、当行は                       主として     、金利リスク、為替リスクおよび株価リスクにさら
     されている。
     金利リスク

      当行がさらされている金利リスクは、主として直接または受益証券を介して間接的に保有するウォン建て
     債券および、より小規模ではあるが、金利デリバティブから生じる。外貨建ての売買目的債券から生じる金
     利リスクに対する当行のエクスポージャーは、かかる債券におけるネット・ポジションが小さいため、軽微
     である。当行のトレーディング勘定は日々値洗いされるため、当行は、トレーディング勘定に関係する金利
     リスクを、時価に基づいたツールである                     VaR  を用いて管理している。
                                  71/976




                                                           EDINET提出書類
                                                           新韓銀行(E26225)
                                                            有価証券報告書
     外国為替相場リスク
      当行の外国為替相場リスクに対するエクスポージャーは、主に当行のウォン以外の通貨建ての資産および
     負債(外貨先渡および先物、通貨スワップなどのデリバティブを含む。)に関するものである。当行は、ト
     レーディング勘定と非トレーディング勘定両方のすべての為替直物ポジションおよび先物ポジションを対象
     として、その外国支店が直面する関連リスクを含む外国為替リスクを連結ベースで管理している。
      当行の外貨の正味オープン・ポジションは、外貨建て資産および負債を為替先物ポジションと相殺した差
     額であり、当行の外国為替リスクに対する主要なエクスポージャーとなる。リスク方針委員会は、トレー
     ディング業務および非トレーディング業務の両方について、外貨の正味オープン・ポジションの限度額、ス
     トップ・ロス限度額および              VaR  限度額を設定することにより、当行の外国為替エクスポージャーを監視してい
     る。当行は、金融技術センターを通じて外国為替ポジションを集中的に監視し、管理している。金融技術セ
     ンターのディーラーは、現物取引、先渡契約、通貨オプション、先物取引、スワップおよび為替スワップを
     通じて、当行の連結されたポジションを事前に設定された限度内で管理する。当行は、通貨ごとに正味オー
     プン・ポジションの限度額を設定している。米ドル、日本円、ユーロおよび中国元以外の通貨の限度額は、
     かかる通貨における為替取引を最小限に抑えるために保守的な方法で設定されている。
      下表は、     2018  年および     2019  年 12 月 31 日現在の当行の外貨の正味オープン・ポジションを示している。プラ
     スの数値は買い持ち、マイナスの数値は売り持ちを表している。
                                  12 月 31 日現在

      通貨                      2018  年            2019  年

                                (単位:百万米ドル)

      米ドル                            38.9            (147.4)

      日本円                            (9.6)             (14.1)
      ユーロ                            0.9             12.1
      その他                          1,104.1              1,169.2
                                 1,134.3              1,019.9
        合計
                                  72/976











                                                           EDINET提出書類
                                                           新韓銀行(E26225)
                                                            有価証券報告書
     株価リスク

      当行のトレーディング業務に係る株価リスクは、主に韓国企業の株式トレーディング・ポートフォリオな
     らびに韓国株価指数先物およびオプションの取引に関するものである。株式トレーディング・ポートフォリ
     オは、韓国証券取引所の             KRX  KOSPI   市場または      KRX  KOSDAQ   市場に上場される株式ならびに厳格な分散化制限お
     よびポジション限度額が定められた期近または翌限月の先物で構成される。当行は、韓国株式市場の不安定
     性に照らして、これらの業務の厳格な監視を維持しており、損切りおよびその監視についても厳密な監視を
     行っている。当行がそのトレーディング勘定に保有する持分証券は、債券と比較するとかなり少ないが、持
     分証券の価値の変動性が高いことから、トレーディング勘定の株価リスクの                                       VaR  は、通常トレーディング勘定
     の金利リスクの        VaR  よりも高い。       2018  年および     2019  年 12 月 31 日現在、当行のトレーディング勘定(信託勘定を
     含む。)における持分証券は、それぞれ                     184.2   十億ウォンおよび         126.3   十億ウォンであった。
     トレーディング業務から生じる市場リスクの管理

      下記の表は、       2019  年 12 月 31 日現在および同日に終了した事業年度における当行のトレーディング業務から
     生じる   VaR  で計測された市場リスクの概要を示している。市場リスク管理上、当行は、                                       VaR  合計の計算に、銀
     行勘定のトレーディング・ポートフォリオと信託勘定の資産を含めており、当行はそれぞれについて                                                    FSC  の規
     則に従い元本または固定金利を保証している。
                                2019  年 12 月 31 日に終了した年度の

                                                 (1)
                              トレーディング・ポートフォリオ                 VaR
                                                   2019  年

                          平均値        最低値        最高値       12 月 31 日現在
                                   (単位:十億ウォン)

                             21.2        12.7        32.4         28.3
     金利リスク
                             24.7        22.3        29.2         25.9
           (2)
     為替リスク
                             18.1         8.2        49.4         15.4
     株価リスク
                              0.2        0.1        0.3         0.2
                    (3)
     オプション・ボラティリティ
                            (16.3)        (11.7)        (29.8)         (21.8)
                    (4)
     控除:ポートフォリオの分散
         (5)
                             47.9        31.5        81.6         48.0
     VaR  合計
     ___________________________
     注記:
     (1)  信頼水準99.9%の10日VaR
     (2)  当行が全ポジションに基づき為替リスクを管理するため、トレーディング勘定と非トレーディング勘定の両方を含む。
     (3)  ブラック・ショールズ・モデルまたは類似のモデルを使用したオプション評価による予想変動率
     (4)  ポートフォリオの分散効果の計算は、異なるリスク要素について異なる日のシナリオで行われる。VaR合計は、ポートフォリオ分散
      により相殺されているため、VaRのリスク要素の単純な合計を下回っている。
     (5)  当行が元本または固定金利を保証する銀行勘定のトレーディング・ポートフォリオおよび信託勘定の資産を含む。
                                  73/976






                                                           EDINET提出書類
                                                           新韓銀行(E26225)
                                                            有価証券報告書
      当行は通常、       ポートフォリオの         トレーディング業務から生じる市場リスクを                       総額を   基準に管理する。         当行

     は、  トレーディング・ポートフォリオの市場リスク                         を 管理  するために      、ポジション限度額、            VaR  限度額    、 ス
     トップ・ロス限度額          、 Greek   限度額およびストレス損失限度額                 を使用している。         また、当行は投資有価証券に
     ついて別の限度額を設定している。                  当行は、     FSC  が 公表  した規則およびガイドラインに基づいて、デリバティ
     ブ取引のためのリスク管理指針を                 維持  し 、 トレーディング業務を行う事業部門およびチームのリスクを監視
     および管理するためにトレーディング業務から生じる市場リスクを                                   測定してい      る。当行は、そのトレーディ
     ング・ポジションの市場リスク測定システムへの自動インターフェイスに基づき                                         VaR  測定を管理し、日ごとに
     制限している。さらに、当行はトレーディング部門およびデスクに対し、損失限度、感応度限度、投資限度
     およびストレス限度をあらかじめ設定し、かかる限度およびその遵守を毎日監視している。
      バリュー・アット・リスクの分析                  当行は、市場リスクを測定するために、                     10 日 VaR  および1日      VaR  を使用し
     ている。当行は、         (i)  保有期間を      10 日とする過去       12 ヵ月間のデータに基づき、日々                10 日 VaR  を計算し、      (ⅱ)  保
     有期間を1日とする過去             12 ヵ月間のデータに基づき、日々1日                   VaR  を計算している。         10 日 VaR  および1日      VaR
     は、通常の市場環境において               10 日間および1日間にそれぞれ起こり得る統計的に推計された予想最大損失額
     である。     VaR  が 99 %の信頼水準で測定された場合、実際の損失額は平均して                              100  営業日中1日だけ予想           VaR  を上
     回る可能性があり、一方、              99.9  %の信頼水準を用いて            VaR  を測定した場合、平均して              1,000   営業日中1日だけ
     実際の損失額が予想          VaR  を上回る可能性がある。
      当行は現在、       FSS  への報告に用いられる規制資本の計算のために                        99 %信頼水準の       10 日 VaR  およびストレス        VaR
     を用いている。ストレス             VaR  は、過去     12 ヵ月間の危機シミュレーションから得たシナリオに基づく現在のト
     レーディング・ポートフォリオにおける潜在的な重要損失を反映している。当行はまた、内部管理目的の当
     行の「経済上の」資本の計算に、より保守的な                        99.9  %信頼水準の       10 日 VaR  を用いているが、これは市場リスク
     に照らして当行の必要資本の金額を決定する際に用いられた概念である。さらに当行は、営業部門の各デス
     クまたはチームごとに個別のリスク限度を設定し、運用するために、またバックテスト目的で、補足的に
     99 %信頼水準の1日         VaR  を用いている。当行の損失額(実際の、または仮想の)が                              99 %信頼水準の1日         VaR  を
     上回ったことが        2017  年には3回あり、         2018  年には一度もなく、          2019  年には5回あった。          2019  年に損失額が       VaR
     額を上回る頻度が増加したのは主に、外国為替市場においてボラティリティが異常に高かったためである。
     上記の   VaR  の例外はすべて        VaR  額を上回る仮想損失の額によるものである。仮想損失とは、同じポートフォリ
     オを翌取引日の市場変数でシミュレーションした場合のポートフォリオ価値の潜在的な変化である。
      バリュー・アット・リスクは通常使用される市場リスク管理法である。ただし、                                         VaR  モデルには以下の欠点
     がある。
     ・   VaR  は、過去の市場動向のデータを使用し、特定の信頼水準において一定の期間に渡って生じ得る予想
       損失額を推計する。しかし、過去の市場動向は、特に将来起こり得る事象の性質が極端である場合には
       必ずしも信頼性のある指標とはならない。
     ・   VaR  は、市場動向が極端になる可能性を過小評価する可能性がある。
     ・ 当行の      VaR  モデルは、通常、1日から              10 日の保有期間があれば原ポジションを解消するのに充分である
       と想定しているが、保有期間の長さに関するかかる想定が実際には不適切であることが判明する場合が
       ある。
     ・   99.9  %の信頼水準は、この信頼水準を超えて生じるかもしれない損失については考慮しておらず、かか
       る損失を示唆するものでもない。
     ・   VaR  は、ポジションおよびポートフォリオの価値に関する様々なリスク要因についての複雑な影響をす
       べて捉えているわけではなく、損失の可能性を過小評価する可能性がある。
      当行は現在、実際の業績に対する                 VaR  の結果のバックテストを日々行っている。
      当行は、ウォン建ておよび外貨建て勘定を管理する総合的な市場リスク管理システムを運用している。こ
     のシステムは、ヒストリカル・シミュレーション法を用いて、株式や債券などの商品から生じる線形リスク
     とオプションを含む他の商品から生じる非線形リスクを計測する。当行は、このシステムによって、複雑か
     つ一貫性のある        VaR  情報を創出し、モデルの妥当性を確認するための感応度分析およびバックテストを日々行
     うことができると考えている。
      ストレステスト        VaR  のほか、当行は市場リスクを測定するためにストレステストを実施している。                                         VaR  は通
     常の市場環境を前提とするため、当行は起こりそうもない異常な市場変動に対する市場リスク・エクスポー
     ジャーを、ストレステストによって評価している。ストレステストは、                                     VaR  を補完するために重要である。な
     ぜなら、     VaR  は当行の通常の予測を超える市場変動が生じた場合の潜在的な損失をカバーしていないからであ
     る。ストレステストは、ストレス事象の発生期間中、ポートフォリオのリスク特性を変更するための措置が
     取られていないことを前提に、一定のシナリオのもとで、保有するポジションについて予想される価値の変
     動を予測する。
      当行は、外国為替レート、株価ならびにウォン建て金利および外貨建て金利の4つの市場リスク要素を考
     慮することにより、比較的単純ではあるが基本的な7つのストレステストのシナリオを使用する。最悪のシ
                                  74/976

                                                           EDINET提出書類
                                                           新韓銀行(E26225)
                                                            有価証券報告書
     ナリオでは、4つの市場リスク要素が瞬時かつ同時に変動することを想定している。かかる変動とは、ウォ
     ンが  20 %上昇し、韓国証券取引所の総合株価指数が                       30 %下落し、かつウォン建て金利および米ドル建て金利
     が それぞれ     200  ベーシスポイント上昇するという状況である。この最悪のケースのシナリオに基づき、当行の
     トレーディング・ポートフォリオの市場価額は                        2019  年 12 月 31 日現在で     456  十億ウォン減少した。当行は、日々
     ストレステストを実施し、その結果をリスク方針委員会に毎月報告し、四半期ごとにリスク管理委員会に報
     告する。
      当行は、業務全体についてのストレステストの上限を設定している。市場の混乱やその他の異常の潜在的
     な影響が大きい場合には、当行のリスク管理部門の長はかかる影響を通知し、ポートフォリオの再構築また
     はその他の適正な措置を要求することができる。
     ヘッジ取引およびデリバティブ市場リスク

      当行の   グループ全体の        ヘッジ戦略の主な目的は、その市場リスクを設定された範囲内で管理することであ
     る。当行は、市場リスクをヘッジするため、および事前に設定されたリスクの範囲内でデリバティブ商品を
     売買することによって収益を上げるため、デリバティブ商品を利用する。当行のデリバティブ取引には、金
     利スワップ、クロスカレンシー・スワップ、為替先物予約、通貨先物、株価指数先物、金利先物、株価指数
     オプションおよび通貨オプションが含まれる。
      当行はヘッジ目的でデリバティブを使用するが、当行は利益を上げるためにトレーディング・ポジション
     を取ることから、デリバティブ取引はその性質上市場リスクを伴う。これらの業務は主に以下からなってい
     る。
      ・スポット市場とデリバティブ市場間、またはデリバティブ市場内における短期的な不一致から利益を得
       るための裁定取引
      ・当行の法人顧客の様々な需要を満たす個別仕様のデリバティブ商品の販売、およびこれらの販売から生
       じるエクスポージャーを低減させるための関連取引
      ・当行が市場予測に基づいて短期売買による利益を予測する限定的な場合において、ポジションを取るこ
       と
      ・上述のとおり、当行の金利および外貨リスクのエクスポージャーをヘッジするために取引を行うこと
      2018  年1月1日から韓国          IFRS  第 1039  号「金融商品:認識と測定」に取り替わった韓国                          IFRS  第 1109  号「金融
     商品」に基づく会計上の要件に従い、当行は、特に公正価値モデルが内部で開発され、重要な商品の価格付
     けに利用される場合、公正価値が適切に測定されることを確実にするために、いくつかの重要な抑制を含む
     内部プロセスを実施した。
      当行は、かかる商品の発売前に内部モデルから得られた新商品の公正な市場価値の妥当性を査定する。査
     定プロセスには下記が含まれる。
      ・内部ディーリング・システム市場価値の計算(ディーリング・システムから得られた市場価値を計算す
       るために用いられた公式およびモデルの妥当性の量的分析チームによる査定に基づく。)
      ・外部信用評価会社から得られた市場価値の計算
      ・内部ディーリング・システムにより得られた市場価値と外部信用評価会社から得られた市場価値とを比
       較した後、部門間のコンセンサスに基づく内部で開発された市場価値を利用するかどうかについての決
       定
      上記の査定プロセスを経て当行により公式に利用されるディーリング・システム市場価値は、個別取引の
     検討に基づく価値を確認するサンプリング・プロセスを経ておらず、ディール・ポートフォリオ感応度に基
     づくディーリング・システムによる利益に対するかかる価値を比較する追加的な査定手続きの対象となる。
     「第3-3      経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析-重要な会計方針」およ
     び 「第6-1      財務書類」に記載される当行の連結財務書類に対する注記                              2を参照されたい。
     非トレーディング業務のための市場リスク管理

     金利リスク
      金利リスクは当行の非トレーディング業務から生じる主な市場リスクである。金利リスクは、当行の財政
     状態および経営成績に悪影響を及ぼす金利の変動により生じる損失リスクである。当行の金利リスクは、主
     として利     付 資産と有利子負債に係る金利変更の時期が異なることに関連している。
      金利リスクは、当行の収益および純資産の経済的価値に以下の影響を及ぼす。
     ・ 収益  金利の変動は、金利感応度の高い営業利益および費用に影響し、これにより当行の正味受取利息に影
      響を及ぼす。
                                  75/976


                                                           EDINET提出書類
                                                           新韓銀行(E26225)
                                                            有価証券報告書
     ・ 純資産の経済的価値          金利の変動は、資産、負債および当行のその他の取引からのキャッシュ                                     ・ フローの現
      在価値に影響し、これにより当行の正味資産に影響を及ぼす。
      そのため、当行はその利益および純資産価値                        の双方    に対する金利変動の影響を考慮した上で、非トレー
     ディング業務における金利リスクを                   測定  し、管理している。当行は、その銀行勘定(主に                          ヘッジ目的で締結
     される金利スワップである              ウォン建てのデリバティブを含む。)および信託勘定におけるすべての利                                      付 資産
     および有利子負債について、               毎日および毎月のベースで              金利リスクを計測し、管理している。ただし、これ
     以外については当行は           VaR  を月次ベースで計測している。当行の利                     付 資産および有利子負債の多くはウォン建
     てである。
     金利リスク管理

      当行の金利リスク管理の主な目的は、安定した正味受取利息を生み出し、その純資産価値を金利変動のリ
     スクから保護することである。その資産および負債管理システムを通じて、当行は金利ギャップ、デュレー
     ション・ギャップならびに正味現在価値および受取利息シミュレーションといったさまざまな分析手法に基
     づき金利リスクを監視し、管理し、毎月、金利                        VaR  限度、金利アーニングス・アット・リスク(                       EaR  )限度お
     よび金利ギャップ比率限度を監視する。当行は、国際決済銀行が提示した銀行勘定の金利リスク標準化アプ
     ローチ(「      IRRBB   標準化アプローチ」)に基づき金利                   VaR  および   EaR  を測定する。       IRRBB   は、バーゼル委員会資
     本枠組みの第2の柱の一部であり、金利リスクの管理と監督に関する                                    2004  年の改訂原則に定められた委員会
     のガイダンスの対象となっており、銀行の銀行勘定に影響を及ぼす金利の不利な変動により生じる銀行の資
     本および利益に対する現在または将来のリスクである。金利リスクは、                                     IRRBB   標準化アプローチに基づき将来
     起こりうる金利環境および顧客行動を反映して管理される。金利                                 VaR  は、6種類のシナリオ(上方パラレルシ
     フト、下方パラレルシフト、スティープ化、フラット化、短期金利上昇および短期金利低下)における資本
     の経済価値の変化によって測定される。金利                       EaR  は、2種類のシナリオ(上方パラレルシフトおよび下方パラ
     レルシフト)に基づく最大損失額に基づき測定される。リスク方針委員会は少なくとも年に一度、当行の
     ウォン建てならびに外貨建ての非トレーディング勘定および信託勘定についての金利リスクの限度額を設定
     し、リスク管理委員会は当行全体の金利リスクの限度額を設定する。そしてリスク管理                                             部 は、当行によるか
     かる限度額の遵守状況を監視し、その監視結果を月に一度リスク方針委員会に報告し、四半期ごとにリスク
     管理委員会に報告する。当行は、その金利エクスポージャーの限度額を管理するために金利スワップを利用
     する。
      金利がマイナスに変動した場合、金利                    VaR  は、正味現在価値計算(利付資産の現在価値から有利子負債の現
     在価値を差引くことにより計算される。)における最大予想損失を表しており、金利                                            EaR  はその直後の1年間
     についての正味利益計算(受取利息から支払利息を差引くことにより計算される。)における最大予想損失
     を表している。そのため、金利                VaR  は金利   EaR  に比べてより広範な概念であり、前者はすべての利付資産およ
     び有利子負債をカバーするのに対し、後者は1年の間に金利ボラティリティにさらされる利付資産および有
     利子負債のみをカバーする。
      そのため、金利        VaR  にとって、デュレーション・ギャップ(つまり、すべての利付資産の加重平均デュレー
     ションからすべての有利子負債の加重平均デュレーションを差引いたもの。)は、金利                                             VaR  への影響において
     該当する資産および負債の相対的な規模より重要な要因となる場合がある。対照的に、金利                                                EaR  にとって、
     「1年以下の金利」の形態における該当する資産および負債の相対的規模の差(つまり、満期まで1年未満
     の利付資産の金額から満期まで1年未満の有利子負債の金額を差し引いたもの)は、金利                                              EaR  への影響におい
     て最も重要な要因である。
      当行は月ごとに金利          VaR  および金利      EaR  の非トレーディング・ポジションが上記のそれぞれの限度を上回る
     か否かを監視している。
      トレーディング・リスクの運用に際し、主に                       (i)  裏付資産が異なるため(つまり、市場リスク                       VaR  の場合の
     トレーディング資産と比較した、金利                    VaR  の場合の非トレーティング利付資産および有利子負債)、ならびに
     ( ⅱ ) 金利  VaR  は金利変動のみに敏感であるが、市場リスク                       VaR  は金利変動だけでなく、為替レート、株式の市
     場価格およびオプション・ボラティリティといったその他の要素に対しても敏感であることから、金利                                                     VaR  は
     10 日間における       99 %信頼水準の       VaR  (以下「市場リスク          VaR  」という。)と意味のある比較をすることはでき
     ない。
      仮に金利     VaR  と市場リスク       VaR  の金利部分のみを比較したとしても、当行は、金利                          VaR  は資産および負債の双
     方(相殺する影響を有する傾向にある。)の金利変動の影響を検証するが、市場リスク                                             VaR  の金利部分は資産
     のみの金利変動の影響を検証するため、かかる比較は意味を有さないと考えている。
      当行は   毎日および毎月のベースで              様々な分析的方法を用いて非トレーディング業務における金利リスクを
     計測し、管理している。かかる方法には以下の分析が含まれる。
      ・金利ギャップ分析
      ・デュレーション・ギャップ分析
      ・市場価値分析
      ・正味受取利息シミュレーション分析
                                  76/976

                                                           EDINET提出書類
                                                           新韓銀行(E26225)
                                                            有価証券報告書
     金利ギャップ分析

      当行は、当行の利付資産と有利子負債が、見積りキャッシュ・フローと金利更改日に基づいて適切な期間

     に割り当てられる金利ギャップ表を作成することで、特定の期間についてのそれぞれの満期日と金利更改日
     における利付資産と有利子負債の金額の差を測定するために、金利ギャップ分析を行っている。当行は、そ
     の銀行勘定および信託勘定のウォン建ておよび外貨建ての資産および負債について、日々金利ギャップ分析
     を行う。当行のギャップ分析には、ウォン建てのデリバティブ(ヘッジの目的上通貨スワップ)および外貨
     建てのデリバティブ(ヘッジの目的上通貨スワップ)が含まれ、金融技術センターにより集約的に管理され
     ている。当行は、金利の感応度ギャップ、累積ギャップおよびギャップ比率を測定する金利分析を通じて、
     将来の金利リスクの変動に対するエクスポージャーを評価する。
      当行は、金利ギャップ分析について、様々な種類の資産および負債に対して以下の満期を想定および使用
     している。
      ・当行は、資産の満期および金利更改日に関しては、プライムレートに連動する貸出の満期は固定金利貸
       出と同じと想定している。当行は、利付資産から持分証券を除外している。
      ・当行の負債の満期および金利更改日については、当行は、金融市場の預金口座および                                             FSC  ガイドラインの
       もとで「非中核」である要求払い預金は、ウォン建ておよび外貨建て勘定の双方について1ヵ月以下の
       満期を有するものと想定している。
      ・ FSC  ガイドラインのもとで「中核」である要求払い預金については、当行は1ヵ月から5年間を範囲とす
       る8つの異なる期間の満期を有するものと想定している。
      下表は、     2019  年 12 月 31 日現在における、         ( ⅰ ) ヘッジ目的で締結されたデリバティブを含むウォン建て非ト
     レーディング銀行勘定および               ( ⅱ ) ヘッジ目的で締結されたデリバティブを含む外貨建て非トレーディング銀
     行勘定の当行の金利ギャップを示している。
                                  77/976













                                                           EDINET提出書類
                                                           新韓銀行(E26225)
                                                            有価証券報告書
                               2019  年 12 月 31 日現在


                                    1-2  年
               0-3  ヵ月     3-6  ヵ月     6-12  ヵ月            2-3  年     3 年超      合計
                            (単位:十億ウォン、%を除く)
     利付資産          116,560       65,908        31,876      25,495      21,555      26,393      287,787
      固定金利          17,538      21,954        20,154      18,374      16,896      15,804      110,720
      変動金利          97,781      43,184        10,492       7,091      4,659      10,269       3,590
      金利スワッ          1,240       770       1,230        30       0     320     3,590
     プ
     有利子負債          115,835       46,948        71,826      22,563      19,071      25,648      301,891

       固定負債         53,716      34,065        58,507      11,605       8,029      2,914     168,836
       変動負債         58,529      12,883        13,320      10,957      11,043      22,734      129,466
      金利スワッ          3,590        0        0      0      0      0    3,590
     プ
     感応度ギャッ             724    18,960       (39,950)        2,932      2,484        745    (14,104)

     プ
     累積ギャップ             724    19,684       (20,266)      (17,334)      (14,849)      (14,104)      (14,104)
     総資産に対す           0.25%      6.84%    (7.04)%              (6.02)%      (5.16)%       (4.9)%      (4.9)%
     る割合
                                          (1)

                      外貨建ての非トレーディング銀行勘定
                                2019  年 12 月 31 日現在

                0-3  ヵ月      3-6  ヵ月      6-12  ヵ月      1-3  年      3 年超       合計
                            (単位:百万米ドル、%を除く)
     利付資産            24,379        8,246        3,055        3,809        5,213       44,702
     有利子負債            24,116        5,626        5,071        7,576        6,605       48,994
     感応度ギャップ              263      2,619       (2,016)        (3,767)        (1,392)        (4,292)

     累積ギャップ              263      2,883         867      (2,901)        (4,292)        (4,292)
     総資産に対する             0.59%       6.45%        1.94%       (6.49)%        (9.60)%        (9.60)%
     割合
     ___________________________
     注記:
     (1)  マーチャント・バンキング勘定を含む。
     デュレーション・ギャップ分析

      当行は、当行の利付資産と有利子負債の保有期間(かかる保有期間は、適用あるイールド・カーブを用い

     てそれぞれの割引キャッシュ・フローに基づいて計算されたそれぞれの加重平均満期を示している。)の差
     を審査することにより、資産および負債の市場価値にかかる金利リスクの様々な影響を測定するために、
     デュレーション・ギャップ分析を行っている。これらの測定は毎日、業務部門、勘定、商品および通貨のそ
     れぞれの、利付資産および有利子負債の保有期間について行われている。
      下表は、     2019  年 12 月 31 日現在の非トレーディング勘定における当行のウォン建て利付資産および有利子負
     債の市場価値のデュレーション・ギャップならびに金利が1パーセント・ポイント上昇した際のこれらの市
     場価値の変動を示している。
                                  78/976




                                                           EDINET提出書類
                                                           新韓銀行(E26225)
                                                            有価証券報告書
                                                  (1)

            2019  年 12 月 31 日 現在の保有期間(非トレーディングのウォン建て銀行勘定                               )
                           2019  年 12 月 31 日現在

                            (単位:月)
            利付資産                     11.92
            有利子負債                     10.93
            ギャップ                     0.99
     ___________________________
     注記:
     (1)  マーチャント・バンキング勘定およびヘッジ目的のデリバティブを含む。
     市場価値分析

      当行は、当行の有利子負債の市場価値と比較した利付資産の市場価値の変化を測定するために、金利が平

     行にシフトすると仮定して、市場価値分析を行っている。これらの測定は毎日行われている。
                                                  (1)

            2019  年 12 月 31 日現在   の市場価値(非トレーディングのウォン建て銀行勘定                             )
                                2019  年 12 月 31 日現在

                          実質    1パーセント・ポイント上昇時                        変動
                               (単位:十億ウォン)
     利付資産
                        315,803                 312,879            (2,924)
     有利子負債

                        308,499                 305,830            (2,670)
     ギャップ

                         7,304                 7,049            (255)
     ___________________________
     注記:
     (1)  マーチャント・バンキング勘定およびヘッジ目的のデリバティブを含む。
     正味受取利息シミュレーション

      当行は、当行の経営成績に対する金利変動の影響を測定するために正味受取利息シミュレーションを行

     う。かかるシミュレーションは、現在の満期構造に基づき、金利(平行にシフトすると仮定)および資金調
     達需要に関するさまざまなシナリオを用いて、当行の年次正味受取利息(受取利息から支払利息を控除した
     もの)の見積変動を測定するために、確定的分析手法を用いている。金利変動に関するシミュレーションで
     は、当行は、資金調達需要に変動がないとの仮定に基づき、                               (1)  変動なし、      (2)  金利が1パーセント・ポイン
     ト上昇、および        (3)  金利が1パーセント・ポイント減少、の場合の金利が平行にシフトする3つのシナリオを
     適用する。
      下表は、当行の正味受取利息シミュレーション・モデルを用いて、                                   (a)2019    年 12 月 31 日現在の満期構造およ
     び資金調達需要、ならびに              (b)2019    年 12 月 31 日現在の金利と同じ金利および金利が1パーセント・ポイント上
     昇または減少した場合を仮定して、ウォン建て利付資産および有利子負債に関する                                           2019  年の当行の正味受取
     利息のシミュレーションした変動を一例として説明している。
                                  79/976




                                                           EDINET提出書類
                                                           新韓銀行(E26225)
                                                            有価証券報告書
                          シミュレーションした          2019  年の正味受取利息

                                               (1)
                            ( ウォン建ての非トレ         ー ディング銀行勘定          )
                     仮定金利              正味受取利息変動              正味受取利息変動

                                         % 変動             % 変動

                                   金額              金額
                    1パーセン      1パーセン      (1パーセ       (1パーセ      (1パーセン       (1パーセン
                    ト・ポイン       ト・ポイ      ント・ポイ       ント・ポイ       ト・ポイン      ト・ポイント
              変動なし       ト上昇      ント減少      ント上昇)       ント上昇)       ト減少)       減少)
                           (単位:十億ウォン、パーセントを除く)

      シミュレー           8,738      10,298       7,178       1,560      17.86%      (1,560)      (17.86)%
      ションした受
      取利息
      シミュレー           3,980      5,108      2,851       1,129      28.37%      (1,129)      (28.37)%

      ションした支
      払利息
                 4,758      5,190      4,327        432      9.07%       (432)      (9.07)%

      正味受取利息
     ___________________________

     注記:
     (1)  マーチャント・バンキング勘定およびヘッジ目的で締結されたデリバティブを含む。
      当行の非トレーディング勘定におけるウォン建て利付資産の金利更改期間は、かかる勘定の有利子負債の

     当該期間より平均的に短いため、当行の非トレーディング勘定におけるウォン建て利付資産および有利子負
     債は、金利の上昇により恩恵を受ける満期構造を有している。これは主に、近年の韓国において低金利環境
     が続いているためであり、これにより当行の貸出金全体の一定部分を占める変動金利貸出金(固定金利貸出
     金よりも満期または金利更改期間が短い傾向にある。)に対する需要の著しい増加をもたらしたことによ
     り、当行の貸出金全体の満期または金利更改期間が平均的に短くなった。その結果、当行の正味受取利息
     は、金利が低下すると減少する傾向にあり、金利が上昇すると総じてその反対となる傾向にある。
     非トレーディング資産および負債に対する金利                        VaR

      当行は、非トレーディング業務からの金利リスクに対する                              VaR  を毎月測定している。下表は、                2019  年 12 月 31

     日現在および同日に終了した年度についての、その他の資産および負債に対する金利ミスマッチにかかるリ
     スクについての        VaR  を示しており、これは、当行の非トレーディングの利付資産(売却可能投資有価証券を含
     む。)と有利子負債との間の金利更改日におけるミスマッチから生じる。                                      FSC  規則に基づき、当行はこれらの
     利付資産および有利子負債の               VaR  の計算を、当行の銀行勘定およびマーチャント・バンキング勘定に含めてい
     る。
                                                (1)
                                    2019  年度についての        VaR
                             平均        最小        最大      12 月 31 日現在
                                     (単位:十億ウォン)
      金利ミスマッチ
                                322        145        610        321
      -非トレーディング資産および負債
     ___________________________
     注記:
     (1)  国際決済銀行により提示された銀行勘定の標準化アプローチにおける金利リスクに基づき計算された1年の                                            VaR 実績
                                  80/976




                                                           EDINET提出書類
                                                           新韓銀行(E26225)
                                                            有価証券報告書
     株式リスク

      当行の実質的にすべての株式リスクは、韓国企業の普通株式のポートフォリオに関連している。                                                  2019  年 12

     月 31 日現在、当行は未上場の外国会社の株式持分を総額                           230.5   十億ウォン(非上場のプライベート・エクイ
     ティ・ファンドへの投資の              221.0   十億ウォンを含む。)有している。
      当行の投資ポートフォリオにおいて保有されるウォン建ての持分証券は、韓国取引所の                                             KRX  KOSPI   市場また
     は KRX  KOSDAQ   市場に上場される株式および一部の非上場株式で構成される。当行は、関連するリスクの管理
     のためにこれらの持分証券のほとんどについてエクスポージャーの限度を設定している。                                              2019  年 12 月 31 日現
     在、当行はその非トレーディング勘定において総額                            723.4   十億ウォンの持分証券を有しており、このうち
     187.9   十億ウォンはとりわけ経営支配目的および延滞した貸付があった貸出先の会社の再編手続の一環として
     の債務の株式への転換によるものであった。
      2019  年 12 月 31 日現在、当行は、総額            182.5   十億ウォンのウォン建て転換社債を                  非トレーディング勘定に             保有
     していたが、ウォン建て交換可能社債およびウォン建てワラント付社債をそれぞれ非トレーディング勘定に
     保有していなかった。当行は、転換社債、交換可能社債またはワラント付社債に関する株式リスクを測定し
     ておらず、これらの株式関連証券の金利リスクは他の債務証券と合わせて測定されている。したがって、当
     行はこれらの株式関連証券に対して株式リスク                        VaR  ではなく金利リスク          VaR  を測定している。
     流動性リスク管理

      流動性リスクとは、資金の流入と流出の乖離によって生じる支払不能、債務不履行または損失のリスクで

     あり、これには利用可能な資金が不足しているために高い金利で資金を入手しなければならないか、または
     不利な価格で有価証券を売却しなければならないリスクが含まれる。当行は、流動性にボラティリティを起
     こしうる資金の調達および運用に関連するリスク要因の早期検出により、また体系的管理を通じて適切な流
     動性水準を確実に維持することにより、流動性リスクを最小限に抑えようとしている。さらに、流動性リス
     クを先制的かつ包括的に管理するために、当行は「限度管理指数」、「早期警告指数」および「監視指数」
     を含むさまざまな指数を用いて流動性リスクを測定し、監視している。
      当行は、流動性リスク管理に以下の基本原則を適用している。
      ・最適な時期に合理的な費用で充分な額の資金を調達すること
      ・流動性リスクを適切な水準に維持し、所定のリスク限度システムおよび早期警告検知システムを通じて
       これらを予防的に管理すること
      ・満期の異なる多様な資金源に基づいて効果的な                         ALM  を実施することで、安定した収益源を確保し、実際の
       損失を最低限に留めること
      ・通常の状況および危機的な状況の双方において、適時な返済および支払期限の到来した金融債務の決済
       のために、日々ならびに日中の流動性ポジションおよびリスク・エクスポージャーを監督し、管理する
       こと
      ・流動性危機の可能性を想定して定期的に流動性ストレステストを行い、実際の危機に備えて緊急資金調
       達計画を策定し、これを実施すること
      ・商品およびサービスの価格設定、業績評価ならびに新商品およびサービスの発売承認を決定する際に、
       流動性関連の費用、便益およびリスクを検討すること
      当行は、社内ならびに監督官庁により設定されたリスク限度およびガイドラインに従い、流動性リスクを
     管理している。        FSC  による銀行に適用される主要な規則に従い、当行は流動性カバレッジ比率および外貨建て
     流動性カバレッジ比率ならびに安定調達比率を維持することを義務付けられている。当行は、上記の比率を
     一定の最低水準以上に維持することを義務付けられている。
                                  81/976





                                                           EDINET提出書類
                                                           新韓銀行(E26225)
                                                            有価証券報告書
      当行は、     FSC  規則に従って、ウォン建て勘定および外貨建て勘定について設定された限度額の範囲内で流動
     性リスクを管理している。              FSC  は、当行を含む韓国の銀行に対し、最低流動性カバレッジ比率を                                 2017  年1月1
     日現在で     90.0  %以上、     2018  年1月1日現在で         95.0  %以上および       2019  年1月1日現在で         100.0   %以上とする要件
     を実施した。       FSC  は、ウォン建て流動性カバレッジ比率を、価値の損失がほとんどなく即座に現金化可能な流
     動性の高い資産を、バーゼル               III  に基づく流動性カバレッジ比率要件を実施するために                            2016  年6月   28 日付で改
     訂された     銀行業務の監督に関する規則               に基づくウォン建て流動性カバレッジ比率に従って設定されたストレ
     ス水準の状況における翌             30 日間のキャッシュ・アウトフローの正味金額で除したものと定義している。流動
     性カバレッジ比率に加え、              FSC  は 2018  年1月から、銀行業務の監督に関する規則に安定調達比率を導入した。
     流動性カバレッジ比率は翌              30 日間の流動性を測定するためのものであるが、安定調達比率は、所要安定資金
     調達に対する入手可能な安定資金調達の比率として計算され、翌1年間の流動性を測定するためのものであ
     る。銀行の入手可能な安定資金調達は、1年超にわたり銀行に留まることが安全に予想されるその資本と負
     債の一部である。銀行の所要安定資金調達は、資産の流動性の特性および残存期間ならびにオフバランス
     シートのエクスポージャーから生じる偶発的な流動性リスクを考慮して、保有することが必要とされる安定
     的な資金調達の金額である。当行は、最低                      100  %の資金調達比率を維持することを                   FSC  により義務付けられて
     いる。
      外貨建て流動性カバレッジ比率に関し、銀行業務の監督に関する規則は、外国為替業務を行う金融機関
     (すなわち銀行)は、外貨建ての負債が直前の半期末現在で                               500  百万米ドル以上またはその負債合計の5%以
     上である場合、        2017  年1月1日以降は         60 %以上、     2018  年1月1日以降は         70 %以上および       2019  年1月1日以降
     は 80 %以上の外貨建て流動性比率を維持することを義務付けている。「外貨建て流動性比率」とは、翌                                                   30 日
     間における外貨建て資産および負債に関する正味キャッシュ・アウトフローに対する質の高い流動資産の比
     率である。
      財務部は、当行のウォン建ておよび外貨建て資金に関する流動性リスク管理を担当している。財務部は、
     当行の毎月の資金調達および資産管理計画を、マクロ経済指標、金利および外国為替の動向ならびに当行の
     資産および負債の満期構成を含む様々な要素の分析に基づいて、                                 ALM  委員会の承認を得るために同委員会に提
     出する。当行のリスク技術部は、当行の流動性カバレッジ比率を毎日測定し、安定調達比率を毎月測定し、
     当行がそれぞれの限度額を遵守しているかをリスク方針委員会(当行の流動性カバレッジ比率および安定調
     達比率を設定し、監視する。)に毎月報告する。
      下表は、     2019  年 12 月 31 日現在の     FSC  の規則に従った当行の外貨建て勘定(デリバティブおよびマーチャン
     ト・バンキング勘定を含む。)の                 (i)  平均流動性カバレッジ比率、               ( ⅱ ) 平均外貨流動性カバレッジ比率および
     ( ⅲ ) 安定調達比率を示している。
                       2019  年 12 月の平均流動性カバレッジ比率
                                       2019  年 12 月 31 日現在

                                    (単位:十億ウォン、%を除く)
                                             64,608
      質の高い流動資産          (A)
                                             60,895
      翌 30 日間の正味キャッシュ・アウトフロー                    (B)
                                             82,245
       キャッシュ・アウトフロー
                                             21,350
       キャッシュ・インフロー
                                            106.10%
      流動性カバレッジ比率            (A/B)
                      2019  年 12 月の平均外貨流動性カバレッジ比率

                                       2019  年 12 月 31 日現在

                                    (単位:百万米ドル、%を除く)
                                             5,720
      質の高い流動資産          (A)
                                             5,364
      翌 30 日間の正味キャッシュ・アウトフロー                    (B)
                                             13,240
       キャッシュ・アウトフロー
                                             7,876
       キャッシュ・インフロー
      流動性カバレッジ比率            (A/B)                           106.65%
                                  82/976





                                                           EDINET提出書類
                                                           新韓銀行(E26225)
                                                            有価証券報告書
                          2019  年 12 月の安定調達比率

                                       2019  年 12 月 31 日現在

                                    (単位:十億ウォン、%を除く)
                                            238,234
      入手可能な安定資金調達             (A)
                                            216,219
      所要安定資金調達          (B)
                                            110.18%
      安定調達比率        (A/B)
      当行は、その資金調達需要を満たす柔軟性を促進するために、様々な流動性資源を維持している。当行

     は、主として個人および法人の預金者からの預金受入、コールローン市場(満期が1ヵ月未満の貸出に対す
     る短期市場)へのアクセス、債券の発行ならびに韓国銀行からの借入によって業務資金を調達している。当
     行は、主として貸出の供与または有価証券の購入にかかる資金を使用している。通常、預金は貸出または投
     資よりも平均満期が短い。
      当行は、通常の市況のもとでの流動性リスク管理に加えて、起こり得る流動性危機に効果的に対処するた
     めに緊急時対応計画を有している。流動性危機は、数ある理由の中でも、当行の通常の資金源を利用できな
     いか、または金融市場の崩壊や当行の信用の急激な悪化を含む様々な内外の要因により預金の引出しが多発
     することによって、当行が通常の流動性管理手法では状況を効果的に管理できない場合に生じる。当行は、
     以下の流動性指標に基づいて、「注意段階」、「危機が差し迫った段階」および「危機段階」の異なる流動
     性リスクの段階に対応した緊急時対応計画を備えている。
      ・金利や株価等の市場動向を反映する指標
      ・マネー・マーケット・ファンドの規模を例とする金融市場感情を反映する指標
      ・当行内部の流動性状態を反映する指標
     オペレーショナル・リスク管理

      オペレーショナル・リスクは数量化が困難であり、様々な定義に従う。バーゼル委員会は、オペレーショ

     ナル・リスクを、内部プロセス、人およびシステムが不適切であるか機能しない場合、またはその他の外部
     事象によって生じる損失のリスクと定義している。同様に、当行はオペレーショナル・リスクを、信用リス
     ク、市場リスク、金利リスクおよび流動性リスク以外の総合的な管理に関連するリスクと定義している。こ
     れらには、システムの不具合、人為的ミス、方針や手順の不遵守、不正、不適切な内部統制および内部手順
     または環境の変化によって生じるリスクで、結果として財務または財務以外の損失をもたらすリスクが含ま
     れる。当行は、かかる損失を最小化するために、事務リスク、                                IT リスク(サイバー・セキュリティ・リスク
     を含む。)、管理上のリスクおよび法的リスクを含む、当行の事業運営に関連するオペレーショナル・リス
     クの監視および評価を行っている。
      当行は、オペレーショナル・リスクの監視および管理を行うために、広範な方針に基づいたシステムを維
     持しており、組織全体に安定的かつ十分に管理された業務環境を提供することを目的とした管理の枠組みを
     構築している。現在、当行の銀行業務オペレーショナル・リスク手順の確実な遵守についての主な責任は、
     各事業部門および業務チームが担っている。また、当行の監査部、リスク管理部およびコンプライアンス部
     も、当行の内部統制環境の統一性の検討および維持にあたり重要な役割を果たしている。
      当行のオペレーショナル・リスク管理システムは、リスク管理部のオペレーショナル・リスクチームが管
     理している。現行のシステムは主に、リスク管理の自己査定、主なリスク指標を用いたリスクの数量化、損
     失データの収集、シナリオ管理およびオペレーショナル・リスク資本測定からなっている。当行は、全従業
     員が本システムをよく理解することを目的とした、いくつかの教育および認識プログラムを運営している。
     当行はまた、本部のオペレーショナル・リスクチームとフロント・オフィスの従業員との調整役を担い、オ
     ペレーショナル・リスク管理システムを一段と向上させるための集中的なフィードバックの提供に努めるオ
     ペレーショナル・リスク・マネジャーを当行の各部門および支店で指名している。
      2019  年 12 月 31 日現在、当行は、当行の部門および国内外の支店についてリスク管理の自己評価を実施し、
     かかる評価からすべての支店に関する体系的なデータを回収し、かかる自己評価による調査結果を関連する
     部門または支店の手順およびプロセスの改善に役立てている。さらに、当行は                                         2003  年以降のリスク関連デー
     タを蓄積し、業務損失を監視する手順を改善しており、現在はリスク・シミュレーション・モデルを策定し
     ている。また、当行は部門レベルで約                   186  の主要リスク指標を選定し、これらを監視している。
      当行の監査委員会は1名の常任取締役および2名の社外取締役で構成され、当行の内部統制ならびに定め
     られた倫理上および法律上の原則の遵守を監督する独立した検査機関である。監査委員会は、数ある事項の
     中でも特に当行の管理全般および会計について内部監査を実施し、当行の監査委員会を支援する監査部を監
     督する。監査委員会はまた、当行の会計方針およびその変更、財務上および会計上の事項ならびに財務報告
     の公平性を検討し、これらを評価する。
                                  83/976


                                                           EDINET提出書類
                                                           新韓銀行(E26225)
                                                            有価証券報告書
      当行の監査委員会、監査部およびコンプライアンス部は、以下の監査を監督および実施する。
      ・業務全般について毎年実施される全面的な監査を含む通常監査、必要に応じて実施される選定された業
       務の部分的監査、ならびに定期および不定期のスポット監査。
      ・監査委員会が必要と認めるときに実施されるか、または最高経営責任者もしくは                                           FSS  等の監督機関の要請
       により実施される特別監査。
      ・当行の業務部部長または上級役員の承認を必要とする重要な取引または業務に対して、監査委員会の常
       任委員によって実施される日々の監査。
      ・イレギュラーな取引を特定して必要な措置を講じるために、コンピューター化された監査システムに
       よって実施されるリアルタイムのモニタリング監査。
      ・当行の業務規則および方針を業務部門が確実に遵守するための、各業務部門による自己チェックとして
       の自己監査(日次監査、月次監査および特別監査を含む)。
      これらの監査およびコンプライアンス業務の他に、当行のリスク管理部は、オペレーショナル・リスク管
     理の枠組みと、取締役会、関連部門および事業部門の機能ならびに業務の適切性を監視し、オペレーショナ
     ル・リスクについて定期的な検査を実施し、その結果を報告するオペレーショナル・リスク管理の検査担当
     者を指名している。当行の監査部も、オペレーショナル・リスクを最小化するために、提案された銀行商品
     またはその他の業務もしくはサービスの計画を事前に審査する。
      通常監査、特別監査、日次監査およびリアルタイムのモニタリング監視は、当行の検査担当者によって実
     施され、自己監査は関連する業務部門の自己監査担当者によって実施される。
      内部監査および検査の他に、               FSS  は当行業務の通常の年次監査を行う。                    FSS  はまた、リスク管理、信用モニ
     タリングおよび流動性など、当行の業務の特定の面について必要に応じて特別監査も実施する。これらの監
     査の通常の過程では、            FSS  は規制対象の金融機関またはその従業員が適用ある法律または                                 FSS  の規則、規制お
     よびガイドラインを遵守していないと判断する場合には、通常、警告通知を発行する。当行は過去にこうし
     た通知を受理しており、また今後も受理することが予想されるが、当行はかかる通知に対して適切に対処し
     ており、今後も引き続き適切に対処していく。例えば、                             FSS  は 2018  年 10 月、不適切なコンプライアンス管理の
     申立てに関連する裏付けとなる文書の提出を当行に要求した。                                2018  年 11 月、  FSS  は、顧客のデューディリジェ
     ンスの欠陥の疑いに関して当行に機関注意を通知した。                              2019  年 12 月、  FSS  は、特定の金銭信託の宣伝活動、
     デリバティブの投資勧誘、信託財産の管理などの禁止行為に関して当行に機関注意を通知し、3十億ウォン
     の罰金を課した。
      当行は、法的リスクをオペレーショナル・リスクの一部と捉えている。当行の顧客および取引相手方の義
     務の法的強制力(担保権の強制執行を含む。)の不確実性によって、法的リスクが生じる。法律および規則
     の変更も当行に悪影響を与える可能性がある。法的リスクは、法律が裁判所で検証されていないことがよく
     ある新規の事業分野では高くなるが、当行の従来型の事業においても、韓国における法律および規制上の状
     況が変化しており、多くの新たな法律や規則が裁判所で検証されていない場合においては、法的リスクが増
     大する。当行は、厳格なリーガル・ドキュメンテーションを使用し、取引が適切に承認されることを確実に
     することを目的とした手順を採用し、法律顧問に相談することで、法的リスクの最小化に努めている。コン
     プライアンス部は、当行のコンプライアンス・システムを運用している。このシステムは、当行従業員のす
     べてによる関係法令の遵守を確実にすることを意図している。コンプライアンス・システムの主な機能は、
     関係法令遵守の改善度合いを監視し、内部統制を維持(各部門が適切な部内方針を確立し、かかる方針を確
     実に遵守するようにすることを含む。)し、法律の遵守について従業員を教育することである。コンプライ
     アンス部はまた、自己監査の管理、実施および結果も監査する。
     リスク管理システムのアップグレード

      海外子会社のリスク管理を強化し、現地および国内の規則を有効に遵守するために、当行は海外子会社の

     リスク・データを記録する世界規模のリスク管理システム・ネットワークを構築する過程にある。当行は、
     このシステムの開発を海外進出のさらなる拡大と既存の海外子会社の安定的な成長のために活用しようとし
     ている。当行はこれまでに中国、日本、ベトナム、米国、カナダ、インド、ヨーロッパおよびメキシコの子
     会社について、かかるシステムの開発を完了した。当行はまた、その他の海外子会社についてこのシステム
     の適用を拡大する計画である。
      当行はまた、       2008  年の世界金融危機のようなストレス・シミュレーションに備えるために、「バーゼル
     II 」の基準に基づくストレス              VaR  を計算するシステムの開発を完了した。当行はかかるシステムについての認
     可を  FSC  から受け、      2012  年から実施している。
      2012  年、当行はまた、デフォルト時損失率(                     LGD  )の高度データ処理を通じて不良資産の回収および回復を
     改善するシステムを開発した。                2012  年、当行は、外部監査法人による監査を義務付けられていない中小企業
     および   SOHO  に対するリスク査定のための信用評価モデリングをアップグレードするための許可を                                            FSS  から取得
     した。このアップグレードは、かかる中小企業および                            SOHO  の長の信用プロフィールにおけるファクタリング
     に関するものである。            2014  年、当行はさらに、外部監査の対象となっている企業、外部監査の対象となって
                                  84/976

                                                           EDINET提出書類
                                                           新韓銀行(E26225)
                                                            有価証券報告書
     いない企業および企業の長についてのモデリングを完全に改造することにより、外部監査法人による監査を
     義務付けられていない中小企業のリスク査定の信用評価モデリングをアップグレードした。かかるアップグ
     レー  ドされたモデリングは           FSS  により認可され、当行は、              2014  年からアップグレードされたシステムの実施を
     開始している。        2014  年、当行は企業のリスク査定の信用評価モデルを                         (i)IFRS    (韓国   IFRS  に基づく外部監査の
     対象企業)、       ( ⅱ )GAAP   (一般に認められる会計原則に基づく外部監査の対象企業)、                                 ( ⅲ ) 中小企業、および
     ( ⅳ )SOHO   の4つのカテゴリーに再分類した。かかる再分類は                          FSS  により承認され、当行は             2015  年に同システム
     の実施を開始した。
      さらに、     2013  年、当行は、当行の個人向けおよび                   SOHO  のエクスポージャーに関するバーゼル                    II の信用リス
     クについて内部評価モデルの利用について                      FSS  から承認を取得した。           2016  年、当行は新たな内部評価モデルを
     開発し、当行の個人向けのエクスポージャーに関するバーゼル                                II の信用リスクについてその新たなモデルを
     使用することについて           FSS  の承認を得た。さらに、             2016  年に当行は、回復期間の長期化および低金利といった
     経済状況の変化を反映するために                 AIRB  アプローチを利用した           LGD  データ処理についても承認を取得し、新たに
     承認された      LGD  データ処理は個人向けおよび               SOHO  の双方のエクスポージャーについて、既存のデータ処理に
     取って代わることとなる。
      当行はまた      2012  年に、バーゼル        III  、 IFRS  およびその他の規制要件を適時に遵守し、リスク関連データの質
     を改善するために、資産負債管理システムをアップグレードした。                                   2014  年、当行は、毎日の測定と効果的な
     管理を円滑に行うために、バーゼル                  III  に基づき、流動性カバレッジ比率および正味安定資金調達比率システ
     ムをアップグレードした。
      リスク管理のための先進的測定手法の                    FSS  による認可を経て、当行はオペレーショナル・リスク管理能力を
     さらに強化するために、オペレーショナル・リスク管理システムを再構築した。
                                  85/976














                                                           EDINET提出書類
                                                           新韓銀行(E26225)
                                                            有価証券報告書
     (4)  新韓フィナンシャル・グループ

     概要
      新韓フィナンシャル・グループは、とりわけ資産合計、収入、収益性および自己資本の点で韓国の大手金

     融機関の一つである。新韓フィナンシャル・グループは、                              2001  年9月1日に設立されており、韓国で設立さ
     れた初の民間金融持株会社である。その設立以来、新韓フィナンシャル・グループは幅広い金融商品および
     サービスを韓国で開発および導入しており、利便性の高いワン・ポータル・ネットワークを通じて総合的な
     金融ソリューションを顧客に提供することを目指している。                                FSS  の報告によると、新韓フィナンシャル・グ
     ループは、      2019  年9月   30 日現在の連結ベースの資産合計で韓国最大の金融サービス・プロバイダーであり、
     韓国において第2位の銀行業務(                  2019  年9月    30 日現在の連結ベースの資産合計による)および最大のクレ
     ジットカード業務(          2019  年のクレジットカードでの購入額による)を営んでいた。
      新韓フィナンシャル・グループは、数回の合併および買収を通じて大幅な成長を遂げた。中でも                                                  2003  年の
     新韓フィナンシャル・グループによる朝興銀行の買収によって同グループは韓国で第2位の銀行業務を有す
     ることになった。さらに、              2007  年3月の新韓フィナンシャル・グループによる                        LG カード(当時の韓国最大の
     クレジットカード会社である。)の買収により、韓国で最大のクレジットカード業務を有することができ、
     これにより新韓フィナンシャル・グループの銀行業務以外の能力が著しく拡大し、バランスの取れた事業
     ポートフォリオを達成することができた。                      2018  年9月、新韓フィナンシャル・グループは、非銀行業務の多
     角化および強化の取組みの一環として、                      ING  生命保険の旧韓国部門であるオレンジ・ライフ生命保険の
     59.15   %の持分を取得することを発表した。かかる取得は                           2019  年1月   16 日に  FSC  による承認を受け、          2019  年2
     月1日に完了した。          2020  年1月   28 日、新韓フィナンシャル・グループは、韓国商法第                          360-2   条に基づく包括的
     株式交換(オレンジ・ライフ生命保険の普通株式の株主(当行を除く。)がその保有する全株式を新韓フィ
     ナンシャル・グループに譲渡し、かかる株式と引換えに新韓フィナンシャル・グループの普通株式を受領す
     ること)を行うことにより、オレンジ・ライフ生命保険の残りの持分を取得した。その結果、オレンジ・ラ
     イフ生命保険は同日付で新韓フィナンシャル・グループの完全子会社となった。
      新韓フィナンシャル・グループは、現在、直接子会社                            17 社および間接子会社          27 社を有しており、商業銀行
     業務、コーポレート・バンキング、プライベート・バンキング、クレジットカード、資産管理、ブローカー
     および保険サービスを含む幅広い金融商品およびサービスを提供している。新韓フィナンシャル・グループ
     は、こうした幅広いサービスが当行の現在の顧客および潜在顧客の多様なニーズを満たすのに役立つと考え
     ている。新韓フィナンシャル・グループは、現在グループ全体で                                 1,383   の支店網において、          24,515   名の従業員
     を通じて約      19 百万の稼働顧客(かかる顧客基盤は、韓国で最大であると同グループは考えている。)にサー
     ビスを提供している。新韓フィナンシャル・グループの収益の                                 80 %超がこれまで韓国から得られているが、
     同グループは米国、カナダ、英国、日本、中華人民共和国、ドイツ、インド、オーストラリア、香港、ベト
     ナム、カンボジア、カザフスタン、シンガポール、メキシコ、ウズベキスタン、ミャンマー、ポーランド、
     インドネシア、フィリピンおよびアラブ首長国連邦における                               219  の事務所からなる世界的なネットワークを通
     じて当グループの顧客のニーズに応えることを目指している。
     沿革および組織

      2001  年9月1日、新韓フィナンシャル・グループは、新韓フィナンシャル・グループの普通株式と交換に

     以下の4企業の発行済み株式のすべてを当該企業の旧株主から取得した結果、金融持株会社法に基づく金融
     持株会社として設立された。かかる4企業とは、                         (i)  韓国取引所に上場されていた全国的な商業銀行である当
     行、  ( ⅱ ) 韓国取引所に上場されていた証券会社である新韓証券、                               ( ⅲ ) 韓国取引所コスダック市場(                KRX
     KOSDAQ   )に上場されていたリース会社である新韓キャピタルおよび                               ( ⅳ ) 非上場の投資信託委託会社である新
     韓金融投資信託運用である。               2001  年9月   10 日、新韓フィナンシャル・グループの持株会社の普通株式は、現
     在 KRX  KOSPI   市場となっている市場に上場された。
                                  86/976






                                                           EDINET提出書類
                                                           新韓銀行(E26225)
                                                            有価証券報告書
      新韓フィナンシャル・グループはその設立以来業務を拡大しており、その大部分は戦略的買収、子会社の

     設立または合弁事業の設立によってなされている。新韓フィナンシャル・グループの主な買収、資本出資お
     よび合弁事業の設立を以下に記載する。
       取得日        会社名                主な業務              設立方法
       2002  年4月      済州銀行                地方銀行業務              韓国預金保険公社からの取得

                      (1)
       2002  年7月                      証券投資業務              双竜グループからの取得
                新韓金融投資
                                              BNP  パリバとの      50 対 50 の合弁
                              (2)
       2002  年8月                      投資助言業務
                新韓  BNP  パリバ投資信託運用
                                              事業
       2003  年8月      朝興銀行                商業銀行業務              債権者からの取得

       2005  年 12 月    新韓生命保険                生命保険サービス              株主からの取得
                                クレジットカード・サー
       2007  年3月      LG カード                             債権者からの取得
                                ビス
                                              債権者からの資産および負債の
                          (3)
       2012  年1月                      貯蓄銀行
                トマト相互貯蓄銀行
                                              購入ならびに承継
                            (4)
                                              韓国預金保険公社からの取得
       2013  年1月                      貯蓄銀行
                イエハンビョル貯蓄銀行
                                              新設
       2017  年 10 月    新韓リート運用                不動産資産運用
                             (5)
       2019  年2月                      生命保険サービス              大株主からの取得
                オレンジ・ライフ生命保険
                         (6)
                                              大株主からの取得
       2019  年5月                      不動産信託業務
                アジア・トラスト
                                              設立後、完全保有子会社として
       2019  年8月      新韓  AI              投資助言業務
                                              グループに加盟
     ___________________________
     注記:
     (1)  2009  年8月付でグッドモーニング新韓証券から新韓金融投資に社名変更。
     (2)  2009  年1月、    SH 資産運用および新韓        BNP パリバ投資信託運用は合併して新韓               BNP パリバ資産運用となった。
     (3)  トマト相互貯蓄銀行        の一部の資産および負債を買入れ、かつ承継するために、                        2011  年 12 月 12 日に新韓ホープ・カンパニー・リミテッ
      ドが設立された。       2011  年 12 月 28 日、新韓ホープ・カンパニー・リミテッドは、貯蓄銀行の免許を取得し、その社名を新韓貯蓄銀行と
      変更し、新韓フィナンシャル・グループの直接の子会社となった。
     (4)  2013  年1月、新韓フィナンシャル・グループは韓国預金保険公社と、韓国に所在する貯蓄銀行であるイエハンビョル貯蓄銀行を
      45.3  十億ウォンで取得する株式購入契約を締結し、イエハンビョル貯蓄銀行を新韓フィナンシャル・グループの既存の子会社である
      新韓貯蓄銀行と合併するための当局の許可を得た。                     2013  年4月1日、新韓貯蓄銀行とイエハンビョル貯蓄銀行はイエハンビョル貯蓄
      銀行を存続会社として合併し、単一の事業体となり、新たな合併後の銀行はその名称を新韓貯蓄銀行とした。
     (5)  2018  年9月、新韓フィナンシャル・グループは、非銀行業務の多角化および強化の取組みの一環として、                                         ING 生命保険の旧韓国部門
      であるオレンジ・ライフ生命保険の               59.15  %の持分を取得することを発表した。かかる取得は                      2019  年1月   16 日に  FSC による承認を受
      け、  2019  年2月1日に完了した。完了と同時にオレンジ・ライフ生命保険は新韓フィナンシャル・グループの直接の子会社となっ
      た。  2020  年1月   28 日、新韓フィナンシャル・グループは、韓国商法第                     360-2  条に基づく包括的株式交換(オレンジ・ライフ生命保険
      の普通株式の株主(当行を除く。)がその保有する全株式を新韓フィナンシャル・グループに譲渡し、かかる株式と引換えに新韓
      フィナンシャル・グループの普通株式を受領すること)を行うことにより、オレンジ・ライフ生命保険の残りの持分を取得した。そ
      の結果、オレンジ・ライフ生命保険は同日付で新韓フィナンシャル・グループの完全子会社となった。
     (6)  2018  年 10 月、新韓フィナンシャル・グループはアジア・トラスト・カンパニー・リミテッドの                                   60 %の持分を取得した。取引契約に
       よると、新韓フィナンシャル・グループは                 2020  年までにアジア・トラストの残りの               40.0  %の株式を取得することにより、かかる取
       得を完了する予定である。かかる取得は                 2019  年2月   17 日に  FSC により承認され、       2019  年5月2日に完了した。完了後、アジア・ト
       ラストは新韓フィナンシャル・グループの直接の子会社となった。
      新韓フィナンシャル・グループの子会社は、以下を除いてすべて韓国で設立されている。
      ・新韓アジュ金融有限公司(香港で設立)
      ・アメリカ新韓銀行(米国で設立)
      ・カナダ新韓銀行(カナダで設立)
      ・新韓銀行中国有限公司(中華人民共和国で設立)
      ・ヨーロッパ新韓銀行(ドイツで設立)
      ・新韓カザフスタン銀行(カザフスタンで設立)
      ・ SBJ  銀行(日本で設立)
      ・新韓カンボジア銀行(カンボジアで設立)
                                  87/976

                                                           EDINET提出書類
                                                           新韓銀行(E26225)
                                                            有価証券報告書
      ・新韓バンク・ベトナム(ベトナムで設立)
      ・新韓インドネシア銀行(インドネシアで設立)
      ・メキシコ新韓銀行(メキシコで設立)
      ・ LLP  MFO  新韓カード(カザフスタンで設立)
      ・ PT 新韓インド・ファイナンス(インドネシアで設立)
      ・新韓マイクロファイナンス(ミャンマーで設立)
      ・新韓金融投資        USA  (米国で設立)
      ・新韓金融投資アジア(香港で設立)
      ・新韓セキュリティーズ・ベトナム(ベトナムで設立)
      ・ PT 新韓セクリタス・インドネシア(インドネシアで設立)
      ・新韓インドネシア資産運用(インドネシアで設立)
      ・新韓    BNP  パリバ資産運用(香港)(香港で設立)
      ・新韓   DS ベトナム(ベトナムで設立)
      本書の日付現在、新韓フィナンシャル・グループは                          17 の直接および       27 の間接子会社を有している。

      下図は、     2019  年 12 月 31 日現在における新韓フィナンシャル・グループの組織構成を示している。
                                  88/976














                                                           EDINET提出書類
                                                           新韓銀行(E26225)
                                                            有価証券報告書
     ___________________________













     注記:
     (1)  現在清算手続き中である。
     (2)  現在、新韓フィナンシャル・グループとその子会社が合わせて                          32.6  %を有している。
     (3)  現在、新韓フィナンシャル・グループとその子会社が合わせて                          34.6  %を有している。
     (4)  現在、新韓フィナンシャル・グループとその子会社が合わせて                          1.8 %を有している。
     (5)  現在、新韓フィナンシャル・グループとその子会社が合わせて                          18.9  %を有している。
     (6)  現在、新韓フィナンシャル・グループとその子会社が合わせて                          25.27  %を有している。
                                  89/976





                                                           EDINET提出書類
                                                           新韓銀行(E26225)
                                                            有価証券報告書
      下表は、     2019  年 12 月 31 日現在(別段表示のない限り)における新韓フィナンシャル・グループの普通株式

     の実質所有に関する一定の情報を記載したものである。
                                     所有普通株式数            所有割合(%)
     株主名
                                         47,063,799             9.92%

                 (1)
     韓国国民年金サービス
                                         25,051,282              5.28
                            (2)
     ブラックロック・ファンド・アドバイザーズ
                                         24,252,302              5.11
     新韓フィナンシャル・グループ従業員持株組合
                                         16,826,276              3.55
     BNP  パリバ    SA
                                         13,260,291              2.80
     シティバンク・エヌ・エイ              (ADR  部 )
                                         12,030,695              2.54
     シンガポール政府
                                          8,739,929             1.84
     ノルウェー銀行
                                          8,285,439             1.75
     サムスン・アセット・マネジメント
     バンガード・トータル・インターナショナル・ス
                                          6,799,594             1.43
     トック・インデックス
                                          5,603,568             1.18
     中国人民銀行
                                         306,286,412             64.59%
     その他
        (3)

                                         474,199,587
                                                     100.00%
     合計
     ___________________________
     注記:
     (1)  DART(DATA     Analysis,     Retrieval,     and  Transfer    System)   を通じて入手可能な        2020  年2月7日に提出された          2020  年2月1日現在の
       株式保有報告書による。韓国国民年金サービスは、                     2020  年2月1日現在、普通株式           47,094,821     株(発行済株式合計の         9.76  %)を実
       質所有している。
      (2)  2020  年2月6日付でブラックロック・インクによって提出されたフォーム                            SC 13G による。
     (3)  2019  年 12 月 31 日現在の普通株式の合計株式数である。新韓フィナンシャル・グループとオレンジ・ライフ生命保険との間の包括
       的株式交換により、        2020  年1月   28 日付で普通株式の合計株式数は             482,432,493     株に増加した。
      上記の株主を除いて、新韓フィナンシャル・グループの知る限り、他のいかなる者もしくは集団も共同も
     しくは個別に、または直接もしくは間接に、新韓フィナンシャル・グループの発行済み議決権付株式の1%
     以上を保有しておらず、新韓フィナンシャル・グループに支配力を行使するか、または支配力を行使するこ
     とができる者もしくは集団はいない。新韓フィナンシャル・グループのいかなる株主も異なる議決権を有し
     ていない。
                                  90/976







                                                           EDINET提出書類
                                                           新韓銀行(E26225)
                                                            有価証券報告書
     (5)  韓国の銀行業界

      別段明記しない限り、本項に記載される情報および統計は、                               FSC  により公表された情報を含む一般に入手可

     能な情報から抜粋したものである。当行またはその関連会社もしくは顧問による検証は行われていない。
      2019  年 12 月 31 日現在   、 韓国の銀行業界は、          専門銀行5行、全国規模の商業銀行6行、地方商業銀行6行、
     インターネットのみによる銀行2行および外国銀行の                            36 支店により構成されている。
      専門銀行は、特別法に基づいて設立されまたは設立が認可され、政策に従って韓国経済の特定部門におい
     て、資源の制約または収益性の欠如により商業銀行では満たすことのできない需要に応じることを目的とし
     ている。例えば、韓国産業銀行は韓国の主要産業に長期設備投資資金を提供し、一方、韓国輸出入銀行は輸
     出貸出および貿易金融を提供している。中小企業銀行は、中小企業部門に重点を置いており、一方、農協銀
     行および韓国漁業協同組合中央会(                   NFFC  )はそれぞれの産業を支援している。韓国輸出入銀行を除き、これ
     らすべての専門銀行はまた従来型の預金商品を提供している。
      商業銀行は、一般個人向けおよび法人部門向けに業務を行うことを目的としている。                                            全国規模の      銀行は、
     当行、國民銀行、ウリィ銀行、                KEB  ハナ銀行、シティバンク・コリア・インクおよびスタン                             ダード・チャー
     タード・バンク・コリア・リミテッドの                     6行である。中でも、当行、國民銀行および                       KEB  ハナ銀行は、韓国商
     法および金融持株会社法に基づいて設立されたそれぞれの金融持株会社の旗艦事業会社であり、伝統的銀行
     業務とノンバンク業務との間のクロスセリングの機会ならびに資源配分および資本効率の向上を促進するこ
     とを目的としている。
      各行のソウル支店の顧客を除き、地方銀行の主要な取引顧客はその対象地域の中小企業である。地方銀行
     は、釜山銀行、大邸銀行、光州銀行、全北銀行、慶南銀行および済州銀行である。済州銀行は新韓フィナン
     シャル・グループの子会社である。
      多くの国と同様、韓国の商業銀行は広範囲にわたる事業に従事することができる。その中核業務には、預
     金の受入れ、資金貸出および手形割引、送金および取立ならびに外国為替が含まれる。商業銀行はまた、保
     証・手形引受および自己勘定による有価証券投資等の業務も行う。信託およびクレジットカード業務といっ
     た非銀行業務の各分野に従事する場合は、個別の認可を得なければならない。さらに、多くの商業銀行は、
     非金利事業だけでなく、バンカシュアランスおよびファンド販売といった手数料ビジネスにもその業務を拡
     大してきている。
                                  91/976











                                                           EDINET提出書類
                                                           新韓銀行(E26225)
                                                            有価証券報告書
     (6)  監督および規制

     銀行に適用される主要な規制

      韓国の銀行制度は、銀行法および                  1950  年韓国銀行法(その後の改正を含む。以下「韓国銀行法」とい
     う。)による規制を受ける。また、韓国の銀行は、韓国銀行、韓国銀行の金融政策委員会、                                               FSC  およびその執
     行機関である       FSS  による規制および監督を受ける。
      韓国銀行法に基づき          1950  年6月に設立された韓国銀行は、中央銀行の通常の機能を果たす。韓国銀行は、
     効率的な通貨信用政策の策定および実施を通じて物価の安定を図ることにより、韓国経済の健全な発展に寄
     与することを目的としている。韓国銀行は、その最高政策決定機関である金融政策委員会の指示に基づき業
     務を営む。
      韓国銀行法に基づき、金融政策委員会は、通貨政策および信用政策の策定ならびに韓国銀行の業務、管理
     および運営に関する決定を主要な任務としている。                          FSC  は 1998  年4月1日に金融監督委員会として設置され、
     その後   2008  年3月3日に金融委員会に名称を変更し、銀行法に従い、商業銀行の自己資本比率に関するガイ
     ドラインの策定を含む商業銀行に対する規制を行い、銀行の監督に関する規制を制定する。さらに、                                                    1999  年
     5月  24 日の政府組織法および銀行法の改正に従い、                       FSC  は現在、企画財政部に代わり、銀行業への市場参入規
     制も行っている。
      FSS  は、  FSC  の指示および指令に従い、商業銀行の監督および検査を行う。                                FSS  はとりわけ、銀行の流動性の
     慎重な管理および自己資本比率に関する要件を定め、                            FSC  規則により委任された権限に従い報告要件を設定
     し、銀行はこれに従って財務実績および株式保有に関する年次報告書、経営戦略、不良債権(償却を含
     む。)および問題企業の管理に関する定期報告書ならびに不良債権の処分計画を提出しなければならない。
      銀行法の下では、商業銀行業務または長期金融業務を開始するには                                  FSC  からの承認を取得しなければならな
     い。商業銀行業務は、その大部分を預金の受入れから得た資金の貸出でその期間が1年を超えないもの、ま
     たは  FSC  の定める一定の制限に従い1年から3年の間のものと定義される。長期金融業務は、その大部分を払
     込資本金、準備金、その他の留保利益、満期まで1年以上の預金受入れまたは債券もしくはその他有価証券
     の発行から得た資金の貸出でその期間が1年超のものと定義される。信託業務といった商業銀行および長期
     金融業務以外の業務に参入することを希望する銀行は、                             FSC  の承認を受けなければならない。他の金融機関と
     の合併、解散、銀行業務の廃止または事業の全部もしくは一部の譲渡に対する認可も                                            FSC  から取得しなければ
     ならない。
      政府が銀行の財政状態が不健全であるとみなす場合または銀行が韓国法に定める適用ある自己資本比率を
     満たすことができない場合、政府はとりわけ以下の事項を命令することができる。
      ・増資または減資
      ・担当役員の任務の遂行停止および保管会社の任命の停止
      ・株式の消却または併合
      ・事業の一部または全部の譲渡
      ・資産の売却および高リスク資産の取得禁止
      ・支店の閉鎖もしくは規模縮小または従業員の削減
      ・金融持株会社法に基づく金融持株会社との合併またはその子会社になること
      ・第三者による銀行の買収
      ・事業活動の一部または全部の停止
      ・金融取引に関する契約上の権利義務の譲渡
                                  92/976





                                                           EDINET提出書類
                                                           新韓銀行(E26225)
                                                            有価証券報告書
     自己資本比率

      銀行法は、全国規模の銀行の場合は最低                     100  十億ウォン、地方銀行の場合は最低                  25 十億ウォンの払込資本金
     を維持しなければならないと定めている。
      最低資本要件の他に、韓国に所在する外国銀行の支店を含むすべての銀行は、所定の支払能力を維持しな
     ければならない。銀行はまた、稼得した純利益にかかる配当の支払ごとに、税引後純利益の少なくとも                                                     10 %
     の利益準備金を、かかる利益準備金が払込資本金合計に達するまで積み立てなくて                                          はならない。
      銀行法の下で、銀行の資本は               Tier   I 資本および      Tier   II 資本の2つのグループに分けられる。                    Tier   I 資本
     (通常「コア資本」という。)は、                  (i)  株式資本、資本剰余金および利益剰余金といった普通株式の発行によ
     り発生し、銀行が被った損失を吸収することができる資本(「普通株式資本金」と総称する。)、ならびに
     ( ⅱ ) 普通株式資本金を使い切った後に銀行の損失を吸収することができる資本で、                                        FSS  により指定された要件
     を満たす     Tier   I 資本商品の発行により発生する株式資本および資本剰余金(「その他のコア資本」と総称す
     る。)からなっている。             Tier   II 資本(通常「補完的自己資本」という。)は、コア資本に相当する資本であ
     るが、コア資本には含まれず、                FSS  により指定された要件を満たす                Tier   II 資本商品の発行により発生する株
     式資本および資本剰余金で、銀行が清算された後で損失を吸収することができる資本ならびに「正常」およ
     び「要注意」に分類された債権のための貸倒引当金を表している。
      銀行業務の監督に関する細則に基づき、                     Tier   I 資本商品はとりわけ、その他のコア資本として認識される
     ために下記の要件を満たさなければならない。
      ( ⅰ )   かかる商品の価格は発行手続きを通じて全額払込済であり、ステップアップまたは償還をトリガー
          する要因のない永久的な形式でなければならない。
      ( ⅱ )   かかる商品は、預金者、一般債権者および銀行の劣後債務に劣後することについての特別合意(破
          産または同様の事象が発生した場合、劣後債権者の支払請求権は、非劣後債権者の請求が全額返済
          された後で初めて有効となるとする特別合意をいう。以下同様である。)により拘束されなければ
          ならないが、債務者再生および破産法に基づき破産宣告する時点において資産を上回る負債となら
          ないこと。
      ( ⅲ )   銀行が韓国金融業構造改善法もしくは適用ある韓国預金者保護法に基づく「支払い不能金融機関」
          として指定された日から配当もしくは利息の支払いが停止されるか、または上記の事象が解除され
          るまで、     FSC  が業務改善提言、業務改善要請、業務改善命令および緊急対策といった銀行業務の監
          督に関する規則に基づく銀行に対する措置を講じること。
      ( ⅳ )   配当または利息の支払いは、銀行の信用格付に関連して決定されないこと。
      ( ⅴ )   配当は分配可能利益からのみ支払うことができること。
      ( ⅵ )  銀行は配当または利息の支払いをいつでもその単独の裁量で取消すことができること。
      ( ⅶ )   普通株主に対する配当に関する場合を除き、配当の支払いの取消しにより銀行に制約が課されない
          こと。
      ( ⅷ )  配当または利息の支払いの取消しは債務不履行事由とはみなされてはならず、銀行はその単独の裁
          量で配当もしくは利息の支払いを取消された金額を、その時点で返済期限が到来している銀行のそ
          の他の債務の償還のために使用することができること。
      ( ⅸ )  かかる商品は発行日から5年以内に償還されてはならず、発行日から5年経過した後も、銀行はそ
          の単独の裁量でかかる商品を償還するか否か決定することができ、かかる商品は、実際にその商品
          を発行する銀行に対し、償還されるか、償還の負担を課す条件を有することにより投資家に期待を
          持たせるようないかなる条件の対象にもなっていないこと。
      (x)     銀行業の監督に関する規則施行細則の別紙3-5(偶発資本証券トリガー事象)に規定される要件
          を充たしていること。
      (xi)    銀行または銀行に対する事実上の支配力を有する者は、資本商品を購入してはならず、かかる商品
          を購入する者に対し、支払いの担保もしくは保証の提供または貸付によりその購入資金を提供して
          はならず、その商品に対して支払われた価格についての請求の優先性を法的もしくは経済的に引上
          げてはならず、その商品の購入者に対して直接または関連会社を通じて担保もしくは保証を提供し
          てはならないこと。
      (x ⅱ ) かかる資本商品は、商品を発行する銀行の将来の資本調達もしくは資本拡大を妨げる条件を有しな
          いこと。
      銀行業務の監督に関する細則に基づき、                     Tier   II 資本商品はとりわけ、補完的自己資本として認識されるた

     めに下記の要件を満たさなければならない。
                                  93/976


                                                           EDINET提出書類
                                                           新韓銀行(E26225)
                                                            有価証券報告書
      ( ⅰ )  発行手続きが完了しており、かかる資本商品の価格が全額払込済みで、かかる資本商品は、預金お
          よび通常債務に劣後する旨の特別合意によって拘束されていること。
      ( ⅱ )   Tier   II 資本商品の満期は発行日から5年以上とし、発行日から5年未満で償還されてはならないこ
          と。
      ( ⅲ )   ステップアップ条項のような銀行にかかる資本商品を償還することを奨励する条件がなく、かつ銀
          行はその単独の裁量により、かかる商品を満期日前に償還するかどうかを決定することができ、か
          つ、かかる商品には、かかる商品が償還されると投資家に期待させるような条件または実際の発行
          銀行に償還の負担を課すような条件もないこと。
      ( ⅳ )   銀行が破産または清算の対象となる場合を除き、                         Tier   II 資本商品の保有者は、当初の支払期日前に
          かかる商品の元金または利息の支払いを銀行に要求する権利を有してはならないこと。
      ( ⅴ )  配当または利息の支払は、銀行の信用格付に関連して決定されてはならないこと。
      ( ⅵ )   銀行業の監督に関する規則施行細則の別紙3-5(コンティンジェント・キャピタル証券のトリ
          ガー事象)に規定される要件が充足されること。
      ( ⅶ )   銀行または銀行が重大な支配力を行使する者もしくは事業体は、かかる銀行が発行する資本商品を
          購入してはならず、かかる資本商品を取得しようとする者もしくは事業体のために、担保の提供も
          しくは保証もしくは貸出の提供により、直接もしくは間接にこれを取得するための資金を提供して
          はならないこと。
      ( ⅷ )   銀行は資本商品の支払優先性を法的または経済的に強化してはならず、かかる資本商品を取得する
          者または事業体のためにいかなる担保もしくは保証を直接もしくはその関連会社を通じて間接に提
          供してはならないこと。
      すべての銀行は、国際決済銀行(以下「                     BIS  」という。)の基準に基づき策定された                     FSC  の要件に従い決定
     されたリスク・アセットに対する                 Tier   Ⅰ資本および       Tier   II 資本(資本控除項目を除く。)の最低比率に関
     する基準を満たさなければならない。これらの基準は                            1996  年に採用され、実施された。これらの規制に基づ
     き、すべての国内銀行および外国銀行支店はリスク・アセットに対する                                     Tier   I 資本および      Tier   II 資本(資本
     控除項目を除く。)の比率を最低8%とすることが義務付けられている。
      さらに、韓国においてバーゼル                III  が採択され、       2013  年 12 月1日から段階的に実施されているため、韓国の
     すべての銀行は銀行業務の監督に関する規則に定められる普通株式資本金(資本項目控除後)およびコア資
     本(資本項目控除後)のリスク・アセットに対する最低比率を充たさなければならない。普通株式資本(資
     本項目控除後)のリスク・アセットに対する最低比率要件は                                4.5  %で、コア資本(資本項目控除後)のリス
     ク・アセットに対する最低比率要件は                   6.0  %である。
      さらに、追加的資本保全バッファー要件が                       2016  年1月1日から        2019  年1月1日までに段階的に実施され
     た。かかる要件に基づき、韓国の銀行は                     2016  年1月1日から        0.625   %の資本保全バッファーを維持することが
     義務付けられ、これは            2017  年1月1日に       1.25  %に、    2018  年1月1日に       1.875   %に、    2019  年1月1日に       2.5  %
     に、段階的に引き上げられた。
      銀行業務の監督に関する規則および同規則に基づき公布された細則に基づき、韓国の銀行はその住宅抵当
     ローンに関して下記のリスク・ウェイト比率を適用している。
     (1)    信用リスク・アセットの測定について標準的手法を採用している銀行に対しては、                                           35 %のリスク・ウェ
        イト比率、および
     (2)    信用リスク・アセットの測定について内部格付手法を採用している銀行に対しては、デフォルト確率、
        デフォルト時       損失率およびデフォルト時エクスポージャー(それぞれ銀行業の監督に関する細則におい
        て定義される。)を参照して測定されるリスク・ウェイト比率。
      銀行のリスク管理の改善および自己資本比率の向上を目的として                                  2004  年6月にバーゼル委員会によって取
     り決められた合意であるバーゼル                 II は、韓国において         2008  年1月に実施された。バーゼル                II に従い、8%の
     自己資本比率を維持することに加え、不適切な手続、従業員による損失リスク、内部制度、予期せぬ事態の
     発生といったオペレーショナル・リスクならびに信用リスクおよび市場リスクが、リスク・アセットの測定
     の際に考慮される。バーゼル               II に基づき、信用リスクの資本要件は内部格付(                        IRB  )手法または標準的手法に
     より測定することができる。
      標準的手法に基づき、居住用不動産に対する第1位抵当権により完全に担保される住宅抵当ローンのリス
     ク・ウェイトは        35 %であるが、       2018  年 12 月 31 日の  銀行業務の監督に関する             細則の改訂に従い、ローン資産価
     値比率が     60 %を超える一部の住宅抵当ローンのリスク・ウェイトは                             50 %である。
      銀行業務の監督に関する規則に基づき、銀行は韓国                           IFRS  に従った健全性のクラスごとに貸倒引当金を備え
     なければならない。以下の基準に従い計算された健全性のクラスごとの金額が備えられた貸倒引当金を上
     回った場合、かかる超過金額は決算日ごとに規制上の貸倒損失準備金として取置かなければならない。
      ・正常の与信については             0.85  %(または建設、小売および卸売、宿泊、外食、不動産およびリースを含む
       一定の業種に対する貸出からなる正常与信の場合は                           0.9  %、個人および家計への貸出からなる正常与信
                                  94/976

                                                           EDINET提出書類
                                                           新韓銀行(E26225)
                                                            有価証券報告書
       の場合は     1.0  %、クレジットカード・ローンからなる正常の与信の場合は                               2.5  %ならびにその他クレジッ
       トカード債権からなる正常与信の場合は                     1.1  %)。
      ・要注意の与信については7%(または個人および家計への貸出からなる要注意与信の場合は                                                 10 %、クレ
       ジットカード・ローンからなる要注意の与信の場合は                            50 %ならびにその他のクレジットカード債権から
       なる要注意の与信の場合は              40 %)
      ・固定の与信については             20 %(または韓国企業再生法または韓国債務者再生および破産法の第                                  180  条2項に
       従い銀行が優先的に支払いを受ける権利を有する資産(以下「優先資産」という。)からなる固定の与
       信の場合は      10 %、クレジットカード・ローンからなる固定の与信の場合は                                65 %ならびにその他のクレ
       ジットカード債権からなる固定の与信の場合は                        60 %)
      ・回収疑問の与信については               50 %(または優先資産からなる回収疑問の与信の場合は                            25 %、個人および家
       計への貸出からなる回収疑問の与信の場合は                        55 %ならびクレジットカード・ローンおよびその他クレ
       ジットカード債権からなる回収疑問の与信の場合は                          75 %)
      ・推定損失の与信については               100  %(または優先資産からなる推定損失の与信の場合は                            50 %)
      さらに、銀行業務の監督に関する規則に基づき、銀行はその確認保証(確認手形引受を含む。)および未
     使用のクレジット・ライン残高に関する貸倒損失に対し、                              上記の貸出残高ならびにその他与信の正常、要注
     意、固定、回収疑問および推定損失の与信に適用されるのと同じ割合で計算した合計金額の貸倒引当金およ
     び規制上の貸倒損失準備金を維持しなければならない。
      FSC  は 2016  年1月1日付で、システム上重要な銀行の追加資本積立ておよびカウンターシクリカル資本バッ
     ファー要件に関するバーゼル               III  の要件を実施した。          FSC  は年ごとに国内の金融システム上重大な影響力(規
     模およびその他金融機関との関係に基づく)を有する銀行を国内のシステム上重要な銀行として指定し、以
     下のうち最も高いものに従い追加資本を積立てることを義務付けることができる。                                           (i)  普通株式資本のリス
     ク・アセットに対する比率がシステム上の重要性評価スコアにより、                                    0.0  %から   2.0  %、  ( ⅱ ) 銀行の持株会社
     が国内のシステム上重要な持株会社である場合、金融持株会社監督規則に基づき銀行持株会社に義務付けら
     れる追加資本に対応する比率、または                    ( ⅲ ) 銀行がまたバーゼル委員会によって定義されるグローバルなシス
     テム上重要な銀行である場合、バーゼル委員会によって義務付けられる資本比率。新韓フィナンシャル・グ
     ループおよび当行は          2016  年から   2020  年に国内のシステム上重要な銀行持株会社および国内のシステム上重要
     な銀行にそれぞれ指定された。                FSC  の指示に従い、当行を含む国内のシステム上重要な銀行は、                               2016  年1月1
     日から   0.25  %の追加的資本バッファーを維持することが義務付けられ、かかる資本バッファーは毎年                                              0.25  %
     ずつ引上げられ、         2019  年1月1日に       1.00  %に達した。       FSC  はまた、四半期ごとの検討により、銀行が積立てな
     ければならないカウンターシクリカル資本バッファーの水準を                                GDP  に対する与信の増加程度といった要因を考
     慮して、リスク・アセットの0%から                    2.5  %の範囲で決定し、義務付けることができる。                        FSC  は 2016  年3月以
     来、カウンターシクリカル資本バッファー要件を0%に維持しており、                                     2020  年第1四半期についても             カウン
     ターシクリカル資本バッファー要件                   を0%に維持した。さらに、銀行業務の監督に関する規則は                               2020  年中に
     改正され、個人向け部門の与信増加に特に対処するために追加的カウンターシクリカル資本バッファー要件
     が導入される予定である。これは、与信の増加が一般に国内総生産に相関して増加する程度を考慮する既存
     の一般的なカウンターシクリカル資本バッファー要件に追加される別の要件である。銀行業務の監督に関す
     る細則もまた       2018  年6月   30 日に改正され、        FSS  が韓国の銀行のリスク管理制度を評価する際の追加基準として
     「個人向け部門のリスク集中」が加えられた。
     流動性

      すべての銀行は、十分な流動性を確保するために、銀行法に従ってその資産および負債の満期を一致させ
     なくてはならない。銀行は、               Tier   I 資本および      Tier   II 資本(資本控除項目を除く。)の合計額の                      100%  を超え
     る金額を、株式または満期まで3年超の期間を有するその他の証券に投資してはならない。しかし、この規
     制は、韓国国債、韓国銀行が発行した金融安定債には適用されない。
      FSC  は当行を含む韓国の銀行に対し、                 2017  年1月1日現在で         90.0%   以上、   2018  年1月1日現在で         95.0  %以上
     および    2019  年1月1日現在で          100  %以上の最低流動性カバレッジ比率要件を課している。                              FSC  は流動性カバ
     レッジ比率を、価値の損失がほとんどなく、即座に現金化可能な流動性の高い資産を、バーゼル                                                 III  に基づく
     流動性カバレッジ比率の要件を実施するために                        2016  年6月   28 日付で改訂された銀行業務の監督に関する規則
     に基づく流動性カバレッジ比率に従って設定されたストレス水準のもとでの翌                                         30 日間の正味キャッシュ・ア
     ウトフローで除したものと定義している。
      外貨建て流動性カバレッジ比率に関し、銀行業務の監督に関する規則は、外国為替業務を行う金融機関
     (すなわち銀行)は、外貨建ての負債が直前の半期末現在で                               500  百万米ドルまたはその負債合計の5%以上で
     ある場合、      2017  年1月1日現在で          60 %以上、     2018  年1月1日現在で          70 %以上および       2019  年1月1日現在で
     80 %以上の外貨建て流動性比率を維持することを義務付けている。「外貨建て流動性比率」とは、翌                                                   30 日間
     における外貨建て資産および負債に関する正味キャッシュ・アウトフローに対する流動性の高い資産の比率
     である。外貨建て負債が直前の半期末現在で                       500  百万米ドル未満またはその負債合計の5%未満である外国為
     替業務を行う金融機関の場合、                (i)  残存期間が3ヵ月未満の資産の残存期間が3ヵ月未満の負債に対する比率
     は 85 %以上でなければならず、              ( ⅱ ) 残存期間が1ヵ月未満の資産が残存期間が1ヵ月未満の負債を                                 10 %超上
                                  95/976


                                                           EDINET提出書類
                                                           新韓銀行(E26225)
                                                            有価証券報告書
     回ってはならない、とする比率の維持が義務付けられ、外貨建て資産および負債を残存期間ごとに分類し、
     管理しなければならない。
      韓国銀行金融政策委員会は、銀行が預金債務に対して維持しなければならない最低支払準備要件を設                                                     2 定
     し、これを変更する権限を付与されている。現行の最低支払準備率は、ウォン建ての要求払い預金の残高に
     ついては平均残高の          7.0  %、ウォン建ての従業員資産形成貯蓄預金、従業員長期貯蓄預金、従業員住宅購入貯
     蓄預金、長期住宅購入貯蓄預金、家計長期貯蓄預金および従業員優先貯蓄預金の残高に対しては平均残高の
     0.0  %、ならびにウォン建ての定期および貯蓄預金、相互積立、住宅積立および譲渡性預金証書の残高につい
     ては平均残高の        2.0  %である。外貨建て預金債務に対する最低支払準備率は、貯蓄預金の残高に対しては
     2.0  %、要求払い預金に対しては               7.0  %、オフショア口座、移民口座および外国為替銀行に開設された居住者
     口座に対しては        1.0  %である。
     預貸率

      2009  年 12 月、  FSS  は、銀行が過去数年に渡って住宅に係る抵当権や中小企業への貸出金を付与することで過
     度に競って資産規模を拡大した結果、預貸率が継続的に上昇したことから、韓国の銀行の流動性が全般的に
     不安定になったと判断し、銀行業務の監督に関する規則の改正により預貸率に関する新たな一連の規制を導
     入することを発表した。銀行業務の監督に関する規則(                             2010  年8月   19 日付および      2014  年 12 月 26 日付で改正さ
     れ、それぞれ       2014  年1月1日および         2015  年1月1日から効力が生じている。)は、保有するウォン建て貸出
     金の直前の四半期の最終月の価値が2兆ウォン以上の銀行に対して、ウォン建て貸出金(韓国産業銀行もし
     くは韓国政府から借り入れた資金を利用した一定の種類の貸出または韓国銀行連合会の一定の業務規則に基
     づいて行われた貸出を除く。)のウォン建て預金(譲渡性預金証書を除く。)およびカバード・ボンドの発
     行に関する法律に基づく満期が5年未満のカバード・ボンドの残高(カバード・ボンドの発行によるかかる
     調達資金がウォン建てで使用され、かつ、ウォン建て預金の1%を超えない場合に限る。)に対する比率を
     1対1未満に維持することを義務付けている。                        2019  年 12 月 31 日現在における毎月の平均残高に基づく当行の
     預貸率は     95.4  %であった。
      現在、預貸率の計算において個人向け貸出と法人向け貸出との間に差異はない。しかし、                                               2018  年7月   12 日
     に銀行業務の監督に関する規則が改正され、                       2020  年1月1日から、預貸率の計算において、個人向け貸出は
     115  %、法人向け貸出(          SOHO  に対する貸出を除く。)は              85 %の異なる率で加重することが規定されたことによ
     り、  預貸率の計算において個人向け貸出の影響が強まり、法人向け貸出の影響が弱まることとなった。
     単一顧客および大株主に対する金融エクスポージャー

      銀行法に基づき、一定の例外を除き、銀行による重大な信用エクスポージャー、すなわち                                              Tier   I 資本およ
     び Tier   II 資本(資本控除        項目を除く。       )の合計額の       10 %を超える単一の個人、法人またはかかる個人もしく
     は同一の企業集団(独占規制および公正取引に関する法に定義される。)に属する企業といった法人と信用
     リスクを共有する者に対する貸出の合計額は、当該銀行の                              Tier   I 資本および      Tier   II 資本(資本控除項目を除
     く。)の合計額の5倍を超えてはならない。一定の例外を除き、いかなる銀行も、その                                              Tier   I 資本および
     Tier   II 資本(資本控除項目を除く。)の合計額の                      20 %を超えて個人または法人に対する与信(貸出、保証、
     有価証券の購入(与信の性質を有する場合に限る。)および直接または間接に信用リスクを生むようなその
     他の取引を含む。)を行うことを認められておらず、また、いかなる銀行も、同一の企業集団(独占規制お
     よび公正取引に関する法律に定義される。)に属する個人、法人および会社に対して、その                                                Tier   I 資本およ
     び Tier   II 資本(資本控除項目を除く。)の合計額の                      25 %を超える貸出を行うことはできない。
      銀行法に従い、大株主に対する与信には一定の規制が適用される。「大株主」の定義は以下のとおりであ
     る。
      ・(銀行法に関する大統領令に定義される当該株主と特別な関係にある個人と併せて)銀行の発行済議決
       権付株式総数の        10 %(地方銀行の場合は           15 %)超を保有する株主、または
      ・銀行(地方銀行を除く。)の発行済議決権付流通株式総数の4%超(銀行法に関する大統領令に定める
       とおり、当該株主と特別な関係にある個人と併せて)を保有する株主で、かかる株主が最大株主である
       かまた当該銀行の主要事業を実質的に支配できる(例えば、最高経営責任者または経営陣の過半数の任
       命および解任を通じて)場合。
      銀行法のもとで、銀行は、大株主(および銀行法に関する大統領令に定義される当該大株主と特別な関係
     にある個人と併せて)に対して、                 (1)  当該銀行の      Tier   I 資本および      Tier   II 資本(資本控除        項目を除く。       )の
     合計額の     25 %と、   (2)  当該大株主の株式保有率に当該銀行の                    Tier   I 資本および      Tier   II 資本(資本控除項目を
     除く。)の合計額を掛けた額のいずれか低い方を超える金額の与信を行うことを禁じられている。また、銀
     行のすべての大株主に供与された与信額の合計は、当該銀行の                                Tier   I 資本および      Tier   II 資本(資本控除項目
     を除く。)の       25 %を超えてはならない。
      銀行の信用リスクを管理する際、銀行による信用補完措置のうち、貸出契約、資産担保コマーシャル・
     ペーパー買受契約、劣後受益証券の購入および資産担保証券に基づく債務不履行に対する保証書の提供によ
     る債務引受が銀行に対して金融エクスポージャーを発生させる例である。
                                  96/976

                                                           EDINET提出書類
                                                           新韓銀行(E26225)
                                                            有価証券報告書
     利率

      韓国の銀行は、主要資金源として預金の受入れに引続き依存している。現在、韓国では、貸出事業法に基
     づく利息の上限金利の年             24.0  %を除いては、貸出金利に関する法的規制はない。
     中小企業向け貸出

      商業銀行(当行を含む。)が、韓国銀行により「優先的借り手」として特別に指定された特定の新設企
     業、ベンチャー企業、革新的企業およびその他の戦略的な中小企業に対するウォン建て貸出を提供する場
     合、韓国銀行は一般に、韓国銀行により規定される月次調整限度額(現在                                      5.9  兆ウォン)の範囲で、優先的借
     り手に対する貸出金全額の              50 %を上限として譲許的な金利で、これらの銀行にその原資となる資金を提供す
     る。ただし、すべての商業銀行により優先的借り手に提供されたかかる貸出金がある月に規定の限度額を上
     回った場合、翌月の譲許的資金提供は、各商業銀行が優先的借り手に対しその配分に先立つ2ヵ月に提供し
     た貸出金に比例してこれらの銀行に配分される。このため、ある特定の銀行の優先的借り手に対する貸出金
     提供が他の銀行より少ない場合、かかる銀行が韓国銀行から譲許的な金利で受領できる資金の額は比例的に
     減額される。
     管理運営実績の開示

      一般公衆、とりわけ預金者および株主が銀行をより良く監視できるようにするために管理運営実績の強制
     開示を行うことを目的として、                FSC  は商業銀行にとりわけ以下の事項の一般開示を義務づけている。
      ・前月末現在における単一の企業グループに対する銀行の                              Tier   I 資本および      Tier   II 資本(資本控除項目を
       除く。)の合計額の          10 %を超える金額の貸出で利益を生じないもの(かかる借り手に対する貸出エクス
       ポージャーが銀行業務の監督に関する規則に基づき施行された細則に従い計算されている場合)。ただ
       し、単一の企業グループに対する貸出エクスポージャーが4十億ウォン以下のものを除く。
      ・前月末現在における銀行の               Tier   I 資本および      Tier   II 資本(資本控除項目を除く。)の合計額の1%を超
       える金額の、裁判所の判決または民事手続における類似の決定に起因する損失。ただし、損失が1十億
       ウォン以下の場        合を除く。
     貸出に関する規制

      銀行法に基づき、         商業銀行は      、以下のいずれの種類の貸出も行うことを禁じられている。
      ・自行株式を担保として直接または間接に行われる貸出
      ・自然人または法人による自行株式の購入を可能にするために直接または間接に行われる貸出
      ・銀行の役員または従業員に対して行われる貸出(ただし、                               (1)  一般貸出の      場合は   20 百万ウォン、       (2)  一般
       貸出に住宅ローンを加算する場合は                  50 百万ウォンまたは         (3)  一般貸出、住宅ローンおよび金融取引上の従
       業員の不正行為に起因する損害賠償金を支払うための貸出の場合は合計                                     60 百万ウォン      を上限とする少額
       貸出を除く。)
      ・銀行の子会社の株式を抵当として担保される与信(貸出を含む。)または自然人もしくは法人が銀行の
       子会社の株式を購入することを可能とするための与信(貸出を含む。)
      ・ 20 百万ウォンまでの一般貸出または合計                    50 百万ウォンまでの一般貸出および住宅ローンを除く銀行の子
       会社の役員もしくは従業員に対する貸出
     個人世帯向け貸出に関する最近の規制

      FSC  は近年、銀行が個人世帯向け貸出残高を評価し、報告する仕組みについていくつかの変更を実施し、さ
     らに変更を行うことを提案している。住宅ローン規制を合理化するために、                                       FSC  および   FSS  は 2014  年7月に行
     政指導を規定し、これは             2014  年8月1日に施行され、数回にわたり延長および改正された。同指導では、銀
     行法に基づく銀行を含むすべての金融機関はローン資産価値比率上限を                                     70 %(一定の例外があるが、資産の
     所在地に拘わらない。)および債務所得比率上限を                           60 %(一定の例外があるが、ソウル首都圏地域に所在す
     る集合住宅に関する場合に限る。)としなければならなかった。しかし、住宅または他の形態の住宅を担保
     とする貸出金の急増を受けて、                FSC  および   FSS  は、  2017  年8月に、上記の行政指導に替えて、銀行業務の監督
     に関する規則および銀行業務の監督に関する細則をそれぞれ修正することにより、住宅を担保とした新規貸
     出またはリファイナンスを抑制するために下記の規制を実施した。
      ・全国に所在する住宅(集合住宅を含む。)を担保として行われる貸出に関しては、ローン資産価値比率
       (担保評価額に対する当該担保により行われる貸出の元本総額)は                                  70 %を超えないものとする。
                                  97/976


                                                           EDINET提出書類
                                                           新韓銀行(E26225)
                                                            有価証券報告書
      ・ 政府により「調整対象地域」と指定される地域に所在する住宅を担保とする貸出についてはローン資産
       価値比率は      60 %を超えないものとする。
      ・政府により「投機過熱地域」または「投機地域」と指定される地域に所在する住宅を担保とする貸出に
       ついてはローン資産価値比率は                40 %を超えないものとする。
      ・ (i)  「調整対象地域」に所在する住宅に関しては、世帯年収が                              60 百万ウォン(初めての住宅購入者につい
       ては  70 百万ウォン)未満かつ住宅の価額が                  500  百万未満であること、および               ( ⅱ ) 「投機過熱地域」または
       「投機地域」に所在する住宅に関しては、世帯年収が                            70 百万ウォン(初めての住宅購入者については                       80
       百万ウォン)未満かつ住宅の価額が                  600  百万ウォン未満であること、という要件を充たす低所得世帯に提
       供される住宅を担保とする貸出については、ローン資産価値比率上限は、上記の適用あるローン資産価
       値比率である「調整対象地域」の                 60 %および「投機過熱地域」または「投機地域」の                         40%  より  10 %引き上
       げる。
      ・既に、住宅を担保とする1件以上の貸出を受けている世帯に対して提供される住宅を担保とする貸出に
       ついては、ローン資産価値比率上限は、上記の適用あるローン資産価値比率である「調整対象地域」の
       60 %および「投機過熱地域」または「投機地域」の                         40%  より  10 %引き下げる。
      ・ソウル首都圏地域に所在する住宅(集合住宅に限定される。)を担保とする貸出については、借り手の
       債務所得比率(        (i)  年間返済合計額(         (x)  かかる住宅により担保されるローンならびに既存の抵当および
       住宅担保ローンの元金および利息と、                    (y)  借り手のその他の債務に係る利息の合計)の                       ( ⅱ ) 借り手の年収
       に対する比率として計算される。)は                   60 %を超えないものとする。
      ・政府により「調整対象地域」と指定される地域に所在する住宅(集合住宅に限定される。)を担保とす
       る貸出については、借り手の債務所得比率は                       50 %を超えないものとする。
      ・政府により「投機過熱地域」または「投機地域」と指定される地域に所在する住宅を担保とする貸出に
       ついては、借り手の債務所得比率は                  40 %を超えないものとする。
      ・低所得世帯に提供される住宅を担保とする貸出については、債務所得比率上限は、上記の適用ある債務
       所得比率である「調整対象地域」の                  50 %および「投機過熱地域」または「投機地域」の                         40%  より  10 %引き
       上げる。
      ・既に、住宅を担保とする1件以上の貸出を受けている世帯に対して提供される住宅を担保とする貸出に
       ついては、債務所得比率上限は、上記の適用ある債務所得比率である「調整対象地域」の                                                50 %および
       「投機過熱地域」または「投機地域」の                     40%  よりも   10 %引き下げる。
      ・政府により「投機地域」と指定される地域に所在する集合住宅に関しては、当該集合住宅により担保さ
       れる新規貸出を1世帯につき1度しか受けることができない。
      ・政府により「投機地域」と指定される地域に所在する集合住宅により担保される貸出を2件以上受けて
       いる世帯は、満期の最も早く到来する貸出がまず返済されなければならず、貸出件数は最終的に1件ま
       で減らさなければならない。
      上記の対策にもかかわらず、ソウル首都圏地域の住宅価格は引き続き上昇しており、                                            2019  年 12 月 16 日、政
     府は住宅市場を対象とした一連のより厳格な対策を発表した。                                 2019  年 12 月 17 日から実施されたこれらの新た
     な対策によると、すでに2つ以上の住宅を保有する世帯に対しては、規制地域のいずれかにおける新たな住
     宅購入のための抵当ローンまたは住宅担保ローンを提供してはならない。すでに1つの住宅を保有する世帯
     に対しては、非常に限定的な状況の場合のみ提供することができる。さらに、「投機地域」および「投機加
     熱地域」は、より厳格なローン資産価値比率によってさらに規制される。「投機地域」または「投機加熱地
     域」のいずれかに所在する市場価値が                    1.5  十億ウォンを超える住宅の場合、抵当ローンまたは住宅担保ローン
     を受けることはできない。「投機地域」または「投機加熱地域」のいずれかに所在する市場価値が                                                    900  百万
     ウォン超     1.5  十億ウォン以下の住宅の場合、                900  百万ウォンまでの市場価値の               40 %および     900  百万ウォンから
     1.5  十億ウォンまでの残りの金額の                20 %に限り、ローンが提供される。上記の制限に加え、「投機地域」また
     は「投機加熱地域」のいずれかに所在する市場価値が                            900  百万ウォンを超える住宅を購入する場合に、その債
     務返済率が      40 %を超える場合は抵当ローンを申請することはできない。さらに、                                   2020  年2月   20 日、政府は、
     「調整対象地域」の住宅価格を抑えるための追加対策を発表した。取得しようとする「調整対象地域」のい
     ずれかに所在する住宅の市場価値が                   900  百万ウォンを超える場合、              900  百万ウォンまでの市場価値の               50 %およ
     び 900  百万ウォンを超える残りの金額の                 30 %に限りローンが提供される。
     不動産投資に関する規制


      銀行は、事業を行うために必要な範囲に限り不動産を所有することができ、当該不動産の価値の総額は、
     Tier   I 資本および      Tier   II 資本(資本控除        項目を除く。       )の合計の      60 %を超えてはならない。銀行が                (1)  担保
                                  98/976


                                                           EDINET提出書類
                                                           新韓銀行(E26225)
                                                            有価証券報告書
     権者としての権利の行使により取得した不動産または                            (2)  銀行法により取得が禁じられる不動産は、規則によ
     り別途定めのある場合を除き、3年以内に処分しなければならない。
     他企業の株式保有に関する規制

      銀行法に基づき、銀行は、他企業の発行済議決権付株式の                              15 %超を保有してはならない。ただし、とりわ
     け下記の場合を除くものとする。
      ・かかる株式を発行する企業が                FSC  の定める種類の金融業に該当する事業(プライベート・エクイティ・
       ファンドに対する株式持分を保有することをその事業目的とする会社を含む。)に従事している場合、
       または
      ・銀行による株式の取得がかかる企業の企業再編上必要であり、かつ                                    FSC  の承認を受けている場合。
      上記の場合、銀行は以下の要件のいずれかを満たさなければならない。
      ・発行済議決権付株式の             15 %超を保有する企業に対する銀行の投資総額が、                         Tier   I 資本および      Tier   II 資本
       (資本控除項目を除く。)の合計の                  20 %を超えないこと、または
      ・買収が     FSC  の定める要件を満たしている場合に、発行済議決権付株式の                               15 %超を保有する企業に対する銀
       行の投資総額が、         Tier   I 資本および      Tier   II 資本(資本控除項目を除く。)の合計の                     30 %を超えないこ
       と。
      銀行法により、銀行は            Tier   I 資本および      Tier   II 資本(資本控除項目を除く。)の合計の1%相当額を超え
     て当該銀行の大株主が発行する株式を取得するために、自己の銀行勘定および信託勘定を利用することを禁
     じられている。
                                  99/976














                                                           EDINET提出書類
                                                           新韓銀行(E26225)
                                                            有価証券報告書
     銀行の所有に関する規制

      銀行法の下で、一定の例外を除き、単一の株主およびかかる株主と特殊関係にある個人(銀行法大統領令
     に定義される。)は、全国規模の銀行の発行済議決権付株式の                                 10 %および地方銀行の発行済議決権付株式の
     15 %を上限として、実質的所有権を取得することができる。政府、韓国預金保険公社および金融持株会社法
     に基づき適格である金融持株会社は、かかる上限による制約を受けない。ただし、非金融グループ会社(す
     なわち、     (1)  グループに属するすべての非金融会社の純資産総額が、当該グループのすべての構成員                                             の純資産
     総額の   25 % 以上である同一の株主グループ、                 (2)  グループに属するすべての非金融会社の資産総額が2兆ウォ
     ン以上である同一の株主グループ、                  (3)  上記  (1)  または   (2)  に記載された同一の株主グループが発行済株式総数
     の4  % 超を所有する投資信託、             (4)FSCMA     に基づくプライベート・エクイティ・ファンドで、                          (i)  かかるプライ
     ベート・エクイティ・ファンドの無限責任組合員、                           ( ⅱ ) かかるプライベート・エクイティ・ファンドにおけ
     る株式保有比率が         10 %以上である有限責任組合員、または                    ( ⅲ ) 独占規制および公正取引に関する法律に定義
     される同一のコングロマリットに属する単一の企業集団のメンバー企業で、かかるプライベート・エクイ
     ティ・ファンドにおける合計株式保有比率が                       30 %以上である有限責任組合員であり、上記の                       (1)  から  (3)  のい
     ずれかに該当する場合、または                (5)  プライベート・エクイティ・ファンドの特別目的会社で、上記                                 (4)  に記載
     されるプライベート・エクイティ・ファンドが特別目的会社の発行済株式の4%以上を保有するかもしくは
     特別目的会社の主要な経営事項に対して、例えば役員の任命および解任を通じて事実上の支配権を有する場
     合)は、全国規模の銀行の発行済議決権付株式の4%を超える実質所有権を取得することはできない。ただ
     し、かかる非金融グループ会社は、下記の条件のもとで、実質所有権を取得することができる。
      ・かかる非金融グループ会社が4%を超える株式に関する議決権を行使しないという条件のもとに、                                                    FSC  の
       承認を得ている場合には、全国規模の銀行の発行済議決権付株式の                                  10 %まで。
      ・外国人(外国人投資促進法に定義される。)が全国規模の銀行の発行済議決権付株式の                                              10 %以上を保有
       する場合には、        FSC  の承認を得ずに当該銀行の発行済議決権付株式の                          10 %まで、およびかかる外国人が
       当該銀行の発行済議決権付株式の                  10 %、  25 %または     33 %超を保有する場合には、              FSC  の承認を得てかか
       る外国人が保有する株式数まで。
      また、いずれの者(韓国国民であるか外国人であるかを問わない。)も、上記の非金融グループ会社を除
     き、全国規模の銀行の発行済議決権付株式総数の                          10 %超を取得することができる。ただしこれは、保有総数
     が当該銀行の発行済議決権付株式総数の                     10 %(地方銀行の場合は           15 %)、   25 %または     33 %を超える場合は         FSC
     の承認を得ていることを条件とする。
     預金保険制度

      預金者保護法は、預金保険制度を通じて、韓国における銀行の一定の預金について保証を行うものであ
     る。預金者保護法の下で、当行を含む銀行法による規制を受けるすべての銀行は、四半期ベースで預金者保
     護法施行令の定める料率による保険料を韓国預金保険公社に支払わなければならないが、これは所与の年度
     における当該銀行の被保険預金の                 0.5  %を超えないものとする。現在の銀行の保険料は、各四半期の被保険預
     金の  0.02  %である。韓国預金保険公社が保険金を支払う場合、韓国預金保険公社は当該支払額を限度に預金
     者の債権を取得する。現行の規則の下で、韓国預金保険公社は、預金の預入れ時期および規模にかかわら
     ず、ひとりにつき、単一の金融機関における預金および利息の合計額の                                     50 百万ウォンまでのみを保護する。
                                100/976








                                                           EDINET提出書類
                                                           新韓銀行(E26225)
                                                            有価証券報告書
     信託業務

      信託業務を開始しようとする銀行は                   FSC  による承認を得なければならない。銀行の信託業務活動は、                               FSCMA
     の適用を受ける        。銀行業務および信託業務の両方に従事する銀行は、以下を含む一定の法律上および会計上
     の手続要件に従う。
      ・銀行法、      FSCMA   および信託法の下で、韓国の銀行が受託した信託財産は、当該銀行の勘定における他の
       資産と分別管理しなければならない。したがって、銀行業務および信託業務の双方に従事する銀行は、
       「銀行勘定」と「信託勘定」の2つの別個の勘定および銀行業務と信託業務それぞれの詳細を示す2つ
       の別個の記録を管理しなければならない。
      ・信託勘定を構成する財産は、トラスティーが清算または解散する場合、かかる銀行の預金者またはその
       他の一般債権者への弁済に充てることに利用することはできない。
      銀行が   FSCMA   に基づく集団投資業事業体、トラスティー、カストディアンまたは一般事務管理者として資格
     を有し、かつその業務を行う場合、銀行業務、集団投資業務、トラスティー業務またはカストディー業務お
     よび一般事務管理の間の潜在的な利益相反を防止するための関連管理運営制度を構築しなくてはならない。
     これらの措置には以下のものが含まれる。
      ・特定の     業務に携わる役員、取締役および従業員が、他の業務に役員、取締役および従業員として関わる
       ことの禁止。ただし、役員または取締役が                      (1)FSCMA     大統領令に従って重要な利益相反のない複数の事業
       活動を担当している場合、または                 (2)FSCMA     に従って、信託業もしくは              カストディー       業を担当しており、
       同時に   一般事務管理       業も担当している場合を除く。
      ・コンピューター機器またはオフィス機器の共同使用または共有の禁止。
      ・異なる業務部        門の役員、取締役および従業員による、またはそれらの間における情報共有の禁止。
      資産運用会社としての資格を有し、集団投資業事業体として業務を行っている銀行は、かかる銀行が運用
     する投資信託の受益証券の販売に従事することができる。ただし、かかる銀行は以下の業務に従事すること
     を禁止されている。
      ・かかる銀行により運用される投資信託のトラスティーとして行為すること。
      ・かかる銀行自身の資金を用いて、かかる銀行が運用する投資信託の受益証券を購入すること。
      ・かかる銀行が運用する投資信託の信託財産に関連するその他の集団投資証券の情報を、同行の販売活動
       において利用すること。
      ・かかる銀行が運用する投資信託の受益証券を、銀行法に基づき設立されたその他の銀行を通じて販売す
       ること。
      ・短期の金融集団投資ビークルを設立すること。
      ・投資信託を設定すること。
     その他の事業活動を規制する法令

      外国為替業務を開始するには、銀行は企画財政部に登録しなければならない。外国為替業務は外国為替取
     引法による規制を受ける。証券業を開始するには、銀行は                              FSC  の認可を取得しなければならない。証券業は、
     FSCMA   に基づく規則の適用を受ける。上記の法律に従い、銀行は、外国為替業務ならびに国債およびその他の
     公債の引受業務に従事することが認められている。
      近年、監督官庁は消費者の金融上の費用負担を少なくするために、                                   ATM  利用料を引き下げることを奨励して
     いる。さらに、家計債務の増加に鑑み、監督官庁は固定金利の個人向け貸出の元本比率を、                                                2012  年の  14 %か
     ら 2017  年までに     45 %へと徐々に引き上げることを奨励している。
                                101/976





                                                           EDINET提出書類
                                                           新韓銀行(E26225)
                                                            有価証券報告書
     4【関係会社の状況】
     親会社

      2019年12月31日現在、当行の親会社の情報は以下のとおりである。
           名称            住所           資本金        主たる事業内容         議決権割合

      新韓フィナンシャル・            大韓民国04513             2,732,463百万ウォン            金融持株会社          100.0%
      グループ
                  ソウル特別市中区
                  世宗大路9道20
     連結子会社および関連会社

      2019年12月31日現在の当行の連結子会社は以下のとおりである。
            名称            所在地          資本金         主要事業内容         議決権割合

      子会社:
      新韓アジュ金融有限公司               香港             100百万米ドル          銀行業務           99.99%
      アメリカ新韓銀行               米国、ニューヨー             173百万米ドル          銀行業務          100.00%
                     ク州およびカリ
                     フォルニア州
      ヨーロッパ新韓銀行               ドイツ、             63百万ユーロ          銀行業務          100.00%
                     フランクフルト
      新韓カンボジア銀行               カンボジア、             75百万米ドル          銀行業務           97.50%
                     プノンペン
      新韓カザフスタン銀行               カザフスタン、          10,029百万カザフス             銀行業務          100.00%
                                  タン・テンゲ
                     アルマトイ
      新韓銀行中国有限公司               中国、北京           2,000百万人民元           銀行業務          100.00%
      カナダ新韓銀行               カナダ、トロント          80百万カナダ・ドル             銀行業務          100.00%
      SBJ銀行               日本、東京             17,500百万円          銀行業務          100.00%
      新韓バンク・ベトナム               ベトナム、             5,709,900百万          銀行業務          100.00%
                     ホーチミンシティ            ベトナム・ドン
      メキシコ新韓銀行               メキシコ、               1,583百万        銀行業務           99.99%
                     メキシコシティ             メキシコペソ
      新韓インドネシア銀行               インドネシア、          944,278百万ルピア            銀行業務           99.00%
                     ジャカルタ
      2019年12月31日現在、当行はまた韓国IFRSに従い連結子会社として処理されるストラクチャード・エン

     ティティー(構造化企業)84社を有している。「第6-1                              財務書類」に掲げる2019年および2018年12月31日
     に終了した年度の連結財務書類に対する注記1を参照されたい。
      2019年12月31日現在の当行の持分法適用関連会社の一定の情報については、「第6-1                                             財務書類」に掲げ
     る2019年および2018年12月31日に終了した年度の連結財務書類に対する注記14を参照されたい。
                                102/976





                                                           EDINET提出書類
                                                           新韓銀行(E26225)
                                                            有価証券報告書
     5【従業員の状況】
      2019年12月31日現在の当行従業員の状況は下表のとおりである。
      2019年12月31日現在、9,464人の従業員は当行の労働組合に加盟している。当行は労働組合との間に良好な
     関係を維持しており、過去3年間において重大な労働争議を経験していない。
                                      基準日:2019年12月31日(個別ベース)
                                              (金額:百万ウォン)
                     従業員数
                                                    1人当た
                                       平均      年間給与
     男性/      正規雇用従業員           有期雇用従業員
                                                    りの平均
      女性
                                      勤続年数        合計
                                 合計
                                                     給与
               うち短時間           うち短時間
           合計           合計
               勤務従業員           勤務  従 業員
      男性      7,046        -    745      335     7,791    16 年11ヶ月         855,803       110

      女性      6,119       194     272      162     6,391    12 年7ヶ月        440,081        69
      合計     13,165        194    1,017       497    14,182    14 年11ヶ月        1,295,884         91
     ___________
     注記:
     (1)  正規雇用従業員の平均勤続年数である。
                                103/976














                                                           EDINET提出書類
                                                           新韓銀行(E26225)
                                                            有価証券報告書
     第3【事業の状況】
     1【経営方針、経営環境及び対処すべき課題等】

     戦略
      2008年から2009年の世界的な金融危機の発生により、当行は主に高度なリスク管理および顧客維持を強化
     するために考案されたプログラムを通じて、事業基盤を強化し、競争力ある持続可能性を確保することに注
     力した。当行は、こうした積極的な措置が金融危機により発生した短期的課題に首尾よく対処することに役
     立つと考えている。しかし、当行は金融危機の影響により、課題と機会の独特の組み合わせが生じたと考え
     ている。
      急速に波及した世界的金融危機の影響がいくぶん収まったものの、世界経済、ひいては韓国経済は引き続
     き、事業の全般的な低成長および世界金融市場における継続的なボラティリティに特徴づけられる不確実な
     状況に直面している。当行は、世界中の主要な都市中心部での「ウォール街を占拠せよ。」運動および類似
     する動きならびに金融活動に関する規制上の監視および制限がより広範に求められていることに示されるよ
     うに、概してこの状況が主要な金融サービス・プロバイダーに対する人々のマイナス感情を生み出している
     と考えている。さらに、モバイルおよびその他の技術における進歩が、金融サービス・プロバイダーに対
     し、既存のビジネスモデルを絶え間なく再検討するという新たな課題を与えている。合わせて、これらの展
     開は当行に、顧客の信頼を育み、当行の社会資本を強化し、当行の事業環境の絶え間ない変化に素早く対応
     する機会を引き続き追求することを求めている。これに応じた全般的な戦略目標として、当行は、これらの
     課題に対処し、新たな事業環境により提示される機会を活用するために、新たな成長機会を選択的に見い出
     し、リスク管理を強化し、資源を効率的に利用し、顧客一人一人により対応した接客を強化することによ
     り、当行自身を再創造するべく努力している。
      さらに具体的には、当行は、世界的金融危機は、(i)金融規制の強化、(ⅱ)金融商品のリスクに対する許容
     範囲の狭小化、(ⅲ)負債水準の低下に対する要求、(ⅳ)安定成長に基づくビジネスモデルに対する市場の受
     容度の広がり(たとえ収益水準が相対的に低下する場合であっても)、(ⅴ)金融機関のより重大な社会的責
     任および説明責任に対する政治的要求、ならびに(ⅵ)世界経済の新興市場(特にアジア)の重要性の高まり
     に対する幅広い認識、といった特徴を有する新たな事業機会を生み出していると考えている。
      世界的な金融危機により生じた不確実性の中で、最も有利な位置につき、今後の機会をとらえるために、
     当行は革新を通じて引き続き価値の高い成長性を強化し、当行の収益源を多様化させ、資産の質を改善し、
     リスク管理措置を強化し、新韓フィナンシャル・グループの子会社間でシナジーを最大限にし、顧客基盤を
     固め、拡大し、世界的に競争するための基盤を強化する予定である。
      さらに具体的には、当行の戦略的優先事項には以下のものが含まれる。
                                104/976