キョーリン製薬ホールディングス株式会社 有価証券報告書 第62期(平成31年4月1日-令和2年3月31日)

提出書類 有価証券報告書-第62期(平成31年4月1日-令和2年3月31日)
提出日
提出者 キョーリン製薬ホールディングス株式会社
カテゴリ 有価証券報告書

                                                           EDINET提出書類
                                             キョーリン製薬ホールディングス株式会社(E00985)
                                                            有価証券報告書
     【表紙】
      【提出書類】                    有価証券報告書

      【根拠条文】                    金融商品取引法第24条第1項
      【提出先】                    関東財務局長
      【提出日】                    2020年6月22日
      【事業年度】                    第62期(自 2019年4月1日 至 2020年3月31日)
      【会社名】                    キョーリン製薬ホールディングス株式会社
      【英訳名】                    KYORIN       Holdings,Inc.
      【代表者の役職氏名】                    代表取締役社長  荻原 豊
      【本店の所在の場所】                    東京都千代田区神田駿河台四丁目6番地
      【電話番号】                    03-3525-4700(代表)
      【事務連絡者氏名】                    上席執行役員 グループ経理財務統轄部長  伊藤 洋
      【最寄りの連絡場所】                    東京都千代田区神田駿河台四丁目6番地
      【電話番号】                    03-3525-4701
      【事務連絡者氏名】                    上席執行役員 グループ経理財務統轄部長  伊藤 洋
      【縦覧に供する場所】                    株式会社東京証券取引所
                         (東京都中央区日本橋兜町2番1号)
                                  1/93













                                                           EDINET提出書類
                                             キョーリン製薬ホールディングス株式会社(E00985)
                                                            有価証券報告書
     第一部【企業情報】
     第1【企業の概況】
      1【主要な経営指標等の推移】
       (1)連結経営指標等
               回次              第58期       第59期       第60期       第61期       第62期
              決算年月              2016年3月       2017年3月       2018年3月       2019年3月       2020年3月
     売上高                 (百万円)       119,483       115,373       110,640       113,620       109,983
     経常利益
                      (百万円)       19,995       10,874       9,345       9,438       8,175
     親会社株主に帰属する当期純利益                 (百万円)       13,639       7,305       6,574       6,869       6,149
     包括利益                 (百万円)       12,798       5,315       9,132       5,711       3,674
     純資産額                 (百万円)       157,049       157,837       163,297       123,395       122,710
     総資産額
                      (百万円)       197,825       192,668       196,736       173,034       171,160
     1株当たり純資産額                  (円)      2,131.67       2,146.83       2,214.13       2,154.05       2,142.07
     1株当たり当期純利益                  (円)       184.28       99.45       89.28      104.68       107.35
     潜在株式調整後1株当たり当期純利益                  (円)         -       -       -       -       -
     自己資本比率
                       (%)        79.4       81.9       83.0       71.3       71.7
     自己資本利益率                  (%)        8.9       4.6       4.1       4.8       5.0
     株価収益率                  (倍)        11.63       23.64       22.39       20.64       20.48
     営業活動によるキャッシュ・フロー
                      (百万円)       11,137       16,386       10,456        340      7,739
     投資活動によるキャッシュ・フロー                 (百万円)         650     △ 13,142      △ 6,038      14,939      △ 2,943
     財務活動によるキャッシュ・フロー                 (百万円)       △ 2,245      △ 5,721      △ 3,735      △ 27,315      △ 5,117
     現金及び現金同等物の期末残高                 (百万円)       45,043       42,499       42,971       30,914       30,509
     従業員数
                       (人)        2,420       2,382       2,348       2,297       2,271
      (注)1.売上高には、消費税等は含まれておりません。

         2.潜在株式調整後1株当たり当期純利益については、潜在株式がないため記載しておりません。
         3.「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」(企業会計基準第28号                                   2018年2月16日)等を第61期の期首
           から適用しており、第60期に係る主要な経営指標等については、当該会計基準等を遡って適用した後の指標
           等となっております。
                                  2/93









                                                           EDINET提出書類
                                             キョーリン製薬ホールディングス株式会社(E00985)
                                                            有価証券報告書
       (2)提出会社の経営指標等
               回次              第58期       第59期       第60期       第61期       第62期
              決算年月              2016年3月       2017年3月       2018年3月       2019年3月       2020年3月
     営業収益                 (百万円)        9,262       7,936       7,715       8,043       7,244
     経常利益                 (百万円)        6,185       4,821       4,734       5,115       4,482
     当期純利益                 (百万円)        6,199       4,954       4,663       5,076       4,476
     資本金                 (百万円)         700       700       700       700       700
     発行済株式総数                  (株)     74,947,628       74,947,628       74,947,628       64,607,936       64,607,936
     純資産額                 (百万円)       103,036       104,070       105,062       64,525       64,642
     総資産額                 (百万円)       105,582       106,122       106,784       104,727       95,126
     1株当たり純資産額
                       (円)      1,389.40       1,401.01       1,409.97       1,111.61       1,113.61
     1株当たり配当額                          58       58       58       75       75
                       (円)
     (うち1株当たり中間配当額)                          (20 )      (20 )      (20 )      (30 )      (30 )
     1株当たり当期純利益                  (円)        83.70       66.76       62.68       76.48       77.11
     潜在株式調整後1株当たり当期純利益                  (円)         -       -       -       -       -
     自己資本比率                  (%)        97.6       98.1       98.4       61.6       68.0
     自己資本利益率                  (%)        6.1       4.8       4.5       6.0       6.9
     株価収益率                  (倍)        25.62       35.22       31.89       28.25       28.50
     配当性向                  (%)        69.9       87.5       92.9       98.2       97.4
     従業員数                  (人)        120       121       115       110       113
     株主総利回り
                       (%)        76.6       85.8       75.6       83.9       87.8
     (比較指標:TOPIX(配当込み))                  (%)        (89.2  )    (102.3  )    (118.5  )    (112.5  )    (101.8  )
     最高株価                  (円)        2,977       2,700       2,578       2,829       2,600
     最低株価                  (円)        1,782       1,842       1,973       1,969       1,630
      (注)1.売上高には、消費税等は含まれておりません。

         2.潜在株式調整後1株当たり当期純利益については、潜在株式がないため記載しておりません。
         3.「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」(企業会計基準第28号                                   2018年2月16日)等を第61期の期首
           から適用しており、第60期に係る主要な経営指標等については、当該会計基準等を遡って適用した後の指標
           等となっております
         4.最高株価及び最低株価は東京証券取引所(市場第一部)におけるものであります。
                                  3/93








                                                           EDINET提出書類
                                             キョーリン製薬ホールディングス株式会社(E00985)
                                                            有価証券報告書
      2【沿革】
        年月                            事項
       1958年10月        山川商事株式会社を東京都中央区に設立
       1958年11月        東京都千代田区に本店移転
       1960年9月        保険代理業務を追加
       1994年8月        株式会社アプリコット並びに株式会社杏栄と合併
       1995年1月        山川商事株式会社から、株式会社アプリコットに改称
       1995年1月        出版業務を開始
       1999年4月        東京都新宿区に本店移転
       1999年4月        不動産賃貸業務を開始
       2004年12月        株式会社APRIに改称し、出版・不動産賃貸事業等を新設分割会社である株式会社アプリコッ
              トに承継
       2005年9月        東京都中野区に本店移転
       2005年11月        東京都千代田区に本店移転
       2005年11月        株式交換により杏林製薬株式会社を当社の子会社とする株式交換契約を締結
       2006年1月        株式会社キョーリンに改称
       2006年3月        杏林製薬株式会社と株式交換
       2006年3月        東京証券取引所市場第一部に上場
       2006年4月        当社を承継会社とし、杏林製薬株式会社を分割会社とする分割契約を締結
       2006年4月        杏林製薬株式会社が秋田県能代市の能代工場に新製剤棟を新設
       2006年10月        会社分割により杏林製薬株式会社の子会社の支配及び管理にかかる営業を承継
       2006年10月        株式交換により東洋ファルマー株式会社を当社の完全子会社とする株式交換契約を締結
       2006年12月        東洋ファルマー株式会社と株式交換
       2007年2月        東洋ファルマー株式会社をキョーリンリメディオ株式会社に改称
       2008年10月        杏林製薬株式会社が日清キョーリン製薬株式会社を吸収合併
       2010年7月        キョーリン製薬ホールディングス株式会社に改称
       2011年4月        株式会社杏文堂をキョーリンメディカルサプライ株式会社に改称
       2012年6月        キョーリン製薬グループ工場株式会社(滋賀県甲賀市)を設立
       2017年10月        キョーリン製薬グループ工場株式会社(東京都千代田区)を設立
       2018年4月        キョーリン製薬グループ工場株式会社(東京都千代田区)が杏林製薬株式会社の能代工場及び
              キョーリンリメディオ株式会社の生産本部を吸収分割により承継し、キョーリン製薬グループ工
              場株式会社(滋賀県甲賀市)を吸収合併
                                  4/93









                                                           EDINET提出書類
                                             キョーリン製薬ホールディングス株式会社(E00985)
                                                            有価証券報告書
       また、2006年3月10日付株式交換により当社の完全子会社となりました杏林製薬㈱の沿革は以下のとおりです。
       (参考資料:2006年3月までの杏林製薬㈱の沿革)
        年月                            事項
       1923年12月        荻原 廣が東京市大森区(現 東京都大田区)に東洋新薬社を創立、医薬品の製造販売を開始
       1931年6月        東京市神田区(現 東京都千代田区)に合資会社杏林化学研究所を設立
       1940年12月        株式会社に改組、商号を杏林製薬株式会社とすると共に販売部門を分離・独立し、杏林薬品株式
              会社を設立
       1951年9月        東京都中央区日本橋に本社移転
       1959年5月        株式会社杏文堂を設立
       1965年4月        東京都千代田区神田駿河台に本社を新築移転
       1974年6月        台湾杏林製薬股份有限公司に事業参加
       1992年10月        杏林薬品株式会社と合併
       1994年5月        株式会社杏文堂の株式を100%取得
       1994年10月        株式会社杏栄ビルと合併
       1996年4月        日清製粉株式会社、日清製薬株式会社との合弁事業契約に基づき、1996年3月に日清製薬株式会
              社へ資本参加を行い、日清製薬株式会社の社名を日清キョーリン製薬株式会社へ変更
       1998年9月        P&G(プロクターアンドギャンブル)グループより、日本における哺乳ビン・乳首の消毒薬
              「ミルトン」の商標権・営業権、製造設備及び販売権を譲受
       1998年10月        台湾杏林製薬股份有限公司への事業参加を解消し、ライセンスベースへ移行
       1999年4月        東京証券取引所市場第二部上場
       2000年3月        東京証券取引所市場第一部に指定
       2000年6月        株式会社ビストナーを設立
       2000年8月        米国にKyorin       USA,Inc.を設立
       2002年2月        ドイツにKyorin        Europe    GmbH(現 連結子会社)を設立
       2004年12月        米国においてActivX          Biosciences,Inc.(現 連結子会社)を子会社化
       2005年5月        東洋ファルマー株式会社の株式を71.7%取得
       2005年6月        ドクタープログラム株式会社を100%子会社化
       2005年11月        東洋ファルマー株式会社の株式を追加取得し、84.3%取得
       2005年11月        株式交換により当社が株式会社APRI(現 キョーリン製薬ホールディングス株式会社)の完
              全子会社とする株式交換契約を締結
       2006年3月        株式会社キョーリン(現 キョーリン製薬ホールディングス株式会社)と株式交換
       2006年3月        東京証券取引所市場第一部上場廃止
                                  5/93









                                                           EDINET提出書類
                                             キョーリン製薬ホールディングス株式会社(E00985)
                                                            有価証券報告書
      3【事業の内容】
       当社(キョーリン製薬ホールディングス㈱)は、グループ統轄会社としてグループ全体の経営戦略機能を担い、経
      営資源の効率的な配分や運用を行うことでキョーリン製薬グループ全体の総合力を発揮することに努めております。
       当社グループは、当社、子会社6社及び関連会社1社により構成されており、主な事業内容は次のとおりでありま
      す。
       なお、当社は、有価証券の取引等の規制に関する内閣府令第49条第2項に規定する特定上場会社等に該当してお
      り、これにより、インサイダー取引規制の重要事実の軽微基準については連結ベースの数値に基づいて判断すること
      となります。
      (医療用医薬品事業)

       杏林製薬㈱は、医薬品の製造、販売と仕入を行っております。医薬品原材料の一部については関連会社である日本
      理化学薬品㈱より仕入を行っております。
       キョーリンリメディオ㈱は、医薬品の製造、販売と仕入を行っております。
       Kyorin    Europe    GmbHは、欧州地域において他社技術の評価及び提携ライセンスの調査・分析・交渉を基幹業務と
      し、欧州地域で実施される杏林製薬㈱製品の臨床試験に関連する業務や創薬シーズの探索等の情報収集を行っており
      ます。
       ActivX    Biosciences,       Inc.   は、米国において医薬品の候補化合物の探索研究と化合物の評価を行っております。
       キョーリンメディカルサプライ㈱は、医療用プロモーションツール等の仕入と販売を行っております。
       キョーリン製薬グループ工場㈱は、医薬品の製造、販売を行っております。
      (ヘルスケア事業)

       杏林製薬㈱は、環境衛生用品、一般用医薬品他の製造、販売と仕入を行っております。
       キョーリンリメディオ㈱は、一般用医薬品他の製造、販売と仕入を行っております。
       キョーリンメディカルサプライ㈱は、環境衛生用品の製造、販売と仕入を行っております。
      [事業系統図]

      以上述べた事項を事業系統図によって示すと次ページのとおりであります。
                                  6/93











                                                           EDINET提出書類
                                             キョーリン製薬ホールディングス株式会社(E00985)
                                                            有価証券報告書
                                  7/93





















                                                           EDINET提出書類
                                             キョーリン製薬ホールディングス株式会社(E00985)
                                                            有価証券報告書
      4【関係会社の状況】
                                           議決権の
                             資本金
                                    主要な       所有又は
          名称           住所       (百万                        関係内容
                                   事業の内容
                                           被所有割合
                             円)
                                           (%)
     (連結子会社)

                                                 経営指導、業務の受託、
                                 医療用医薬品事業
     杏林製薬㈱
                  東京都千代田区            4,317               100.0    設備の賃貸借、役員の兼
     (注)1、2
                                 ヘルスケア事業
                                                 任あり、    資金借入あり
     キョーリンメディカル
                                 医療用医薬品事業                経営指導、業務の受託、
     サプライ㈱            東京都千代田区             488              100.0
                                 ヘルスケア事業                役員の兼任あり
     (注)1
                                                 経営指導、業務の受託、
     キョーリンリメディオ㈱                            医療用医薬品事業
                  石川県金沢市            1,200               100.0    役員の兼任あり、        資金貸
     (注)1、2                            ヘルスケア事業
                                                 付あり
     キョーリン製薬グループ                                            経営指導、業務の受託、
     工場㈱            東京都千代田区             350   医療用医薬品事業            100.0    設備の賃貸借、役員の兼
     (注)1                                            任あり、    資金貸付あり
                  ドイツ            ユーロ                100.0

     Kyorin    Europe    GmbH
                                 医療用医薬品事業                役員の兼任あり
                  フランクフルト            50,000               (100.0)
     ActivX    Biosciences,

                  米国            米ドル                100.0
                                 医療用医薬品事業                役員の兼任あり
                  カリフォルニア州              1            (100.0)
     Inc.
     (持分法適用関連会社)

                                              29.9
                                             (29.9)
     日本理化学薬品㈱            東京都中央区             411   医療用医薬品事業                      -
                                            被所有
                                              0.04
      (注)1.特定子会社に該当しております。
         2.杏林製薬㈱、        キョーリンリメディオ㈱           につきましては、売上高(連結会社相互間の内部売上高を除く。)の
           連結売上高に占める割合が10%を超えております。
           主要な損益情報等
                         杏林製薬㈱                            キョーリンリメディオ㈱
           (1)売上高                     96,336百万円      28,110百万円
           (2)経常利益                 5,340百万円                  1,689   百万円
           (3)当期純利益                3,996百万円                  1,236   百万円
           (4)純資産額                        119,405百万円                   5,265   百万円
           (5)総資産額      160,570百万円      16,335                             百万円
         3.「主要な事業の内容」欄には、セグメントの名称を記載しております。
         4.議決権の所有割合の()内は、間接所有割合で内数であります。
                                  8/93






                                                           EDINET提出書類
                                             キョーリン製薬ホールディングス株式会社(E00985)
                                                            有価証券報告書
      5【従業員の状況】
       (1)連結会社の状況
                                                   2020年3月31日現在
                                            従業員数(人)
                  セグメントの名称
                                                     2,066
           医療用医薬品事業
                                                       92
           ヘルスケア事業
                                                     2,158
            報告セグメント計
           全社(共通)                                            113
                                                     2,271

                     合計
         (注)1.従業員数は、就業人員数であります。
            2.全社(共通)として記載されている従業員数は、当社に所属している者であります。
       (2)提出会社の状況

                                                   2020年3月31日現在
            従業員数(人)             平均年齢(歳)            平均勤続年数(年)             平均年間給与(円)
                 113            45.3             19.5          9,196,600

         (注)1.平均勤続年数は、出向元である杏林製薬㈱等における勤続年数を通算しております。
            2.平均年間給与は、賞与及び基準外賃金を含んでおります。
            3.当社の従業員数は、上記(1)の「全社(共通)」として記載しております。
       (3)労働組合の状況

          当社グループ(当社及び当社の連結子会社)には、杏林製薬労働組合連合会(2020年3月31日現在 組合員数
         18名)、キョーリンリメディオ労働組合(2020年3月31日現在 組合員数120名)及びキョーリン製薬グループ
         工場労働組合(2020年3月31日現在 組合員数30名)があります。
          労使関係は各組合とも良好に推移しております。
                                  9/93










                                                           EDINET提出書類
                                             キョーリン製薬ホールディングス株式会社(E00985)
                                                            有価証券報告書
     第2【事業の状況】
      1【経営方針、経営環境及び対処すべき課題等】
       文中の将来に関する事項は、当連結会計年度末現在において当社グループが判断したものであります。
      (1)経営方針

        当社グループは、企業理念「キョーリンは生命を慈しむ心を貫き、人々の健康に貢献する社会的使命を遂行しま
       す」を掲げ、その具現に向けて、長期ビジョン「HOPE100(Aim                                   for    H ealth      O f  P eopl
       e  and    our    E nterprises)」のもと、中長期的な企業価値向上の視点で、医療用医薬品事業とヘ
       ルスケア事業       を複合的に組み合わせ、事業リスクの分散を図り、健全かつ持続的に成長する「健康生活応援企
              ;
       業」への進化を目指しています。
      (2)中長期的な会社の経営戦略及び会社の優先的に対処すべき課題

         当社グループは、中核子会社である杏林製薬㈱の創業100周年に当たる2023年を見据えた長期ビジョン
        「HOPE100」を策定し、対象期間(2010年度~2023年度)を3つのステージに分け、2020年度
        より、長期ビジョンの総仕上げとなる中期経営計画「HOPE100-ステージ3-(2020年度~2023年
        度)」をスタートしました。長期ビジョン達成に向けて、新中期経営計画のもと、会社の持続的な成長と中長期的
        な企業価値の向上に努めてまいります。
         医療用医薬品事業を取り巻く外部環境は、医療費・薬剤費抑制策のさらなる強化、新薬の創出難易度の高まり、

        情報提供活動の変化等、一層厳しさが増しています。一方、内部環境としては、成長ドライバーとして期待する新
        薬群が出揃い、また診断事業等が芽吹きつつあり、成長期のスタートと捉えられます。このような状況下、従前の
        思考や方法ではない、当社の「オリジナリティー(独自の競争力の打ち手)」を追求し、成長トレンドを実現すべ
        く、新中期経営計画「HOPE100-ステージ3-」では、ステートメントとして「オリジナリティーの追求に
        よる成長トレンドの実現」を掲げ、事業戦略と組織化戦略に取り組み、成果目標の達成に邁進いたします。
        ①キョーリン製薬グループの目指す具体的な姿
         革新的新薬の創製で世界に認められる企業を目指すために、新薬事業、GE事業、感染関連事業(感染症の予防・
        診断・治療)を複合的に展開し、人々の健康を幅広く応援する企業を実現します。
        ②事業戦略(Strategy)

         ⒜ソリューション提供型への変貌と新薬群の成長加速
         ⒝中期的な成長を支える、パイプラインの拡充
         ⒞革新的新薬の創製を実現する、創薬力の強化
         ⒟コスト競争力の向上
         ⒠海外収益の拡大
        ③組織化戦略(Organization)

         当社グループは長期ビジョンにおいて、社員を大切にし、人と組織を活力化することが事業戦略を遂行し、成果
        を具現するための最重要課題と位置付けています。「ステージ3」においても、社員にとって「働きがいNo.1
        企業」の実現を目指し、人材マネジメントの基本方針のもと、働き方改革を推進するとともに、次世代の人材育
        成・獲得の強化に取り組みます。
        ④目標とする経営指標(Performance)

         ⒜ 数値目標(連結ベース)
          成長性:「売上高」年平均成長率+5%以上
          収益性:「研究開発費控除前              営業利益(営業利益+研究開発費)」対売上高20%以上
         ⒝中期的な成長を支える、パイプラインの拡充
          資本政策においては、健全な財務基盤を維持しつつ成長投資と株主還元を通じて、資本効率の向上を図るこ
         とを基本方針とします。株主還元につきましては、DOE(株主資本配当率)を勘案して、安定した配当を継続し
         ます。詳細は、「第4           提出会社の状況 3          配当政策」をご覧ください。
                                 10/93





                                                           EDINET提出書類
                                             キョーリン製薬ホールディングス株式会社(E00985)
                                                            有価証券報告書
      [中期経営計画「HOPE100-ステージ2-」の成果と今後の取り組み]
         中期経営計画「HOPE100-ステージ2-(2016年度~2019年度)」では、事業戦略の中の重点戦
        略において、創薬力の強化を最重要課題と位置づけて推進し、わたらせ創薬センターとActivX社の連携による自社
        創薬に、国内外の製薬企業・アカデミア・ベンチャー企業とのオープンイノベーションを加えて、既存創薬プラッ
        トフォームの活性化、新技術(核酸、ペプチド、遺伝子治療など)の活用に努めました。創薬体制の構築ととも
        に、創薬テーマの選択と集中を進め、線維症研究及びキナーゼ研究において重層的なプログラム開発に取り組みま
        した。また間質性肺疾患治療薬を導入するなど外部創薬テーマの積極的な探索・導入を行い、ファースト・イン・
        クラス創薬に向けて、確実に歩みを進めました。
                          1                                3
         新薬群比率の向上では、持続性選択H                  受容体拮抗・アレルギー性疾患治療剤「デザレックス」、選択的β                                アド
        レナリン受容体作動性過活動膀胱治療剤「ベオーバ」、キノロン系経口抗菌剤「ラスビック錠」を上市することが
        出来ました。新中期経営計画「HOPE100-ステージ3-」では、喘息治療配合剤「フルティフォーム」と併せて、
        これら新薬群による市場創造に最大限、注力し、成長トレンドを実現いたします。
         特色を活かしたジェネリック(GE)事業の推進では、当社グループ初のオーソライズド・ジェネリックとしてモ
        ンテルカストAGを発売するとともに、次なる展開としてモメタゾンAGの発売、イミダフェナシンAGの製造                                                 販売  承認
        を取得する等、一定の成果を得ることが出来ました。
         ローコスト強化では、新生産子会社キョーリン製薬グループ工場㈱に当社グループの生産機能を集約し、201
        8年4月1日より、本格稼働いたしました。工場稼働率の平準化と資産の効率活用を推進し、コスト低減に努めま
        した。引き続き高品質の製品を安定的かつ低コストで供給する競争力のあるグループ生産体制の構築を目指しま
        す。
         育成戦略として環境衛生に関わる事業を強化いたしました。また新たに診断事業に参入し、感染症の起炎菌及び
        ウイルスを特定する体外診断用医薬品の開発を進めるとともに、研究用機器として「GeneSoC」を発売しました。
        新中期経営計画では、医療用医薬品事業と感染関連(予防・診断・治療)事業を複合的に展開し、当社グループ独
        自の貢献を目指します。
         経営指標とした売上高及び営業利益率に関する数値目標については、「ラスビック錠」の開発の遅れ及び「デザ
        レック」の一時供給停止等を主因として、当初の予想値を達成することはできませんでしたが、新中期経営計画に
        おいては、これまで以上の高い数値目標を設定し、その達成に向けて邁進してまいります。
      ※環境衛生、一般用医薬品他

      [新型コロナウイルス感染症による影響]

         新型コロナウイルス感染拡大による事業への影響はなく、当連結会計年度における業績への影響はありませんで
        した。
         今後の状況につきましては、販売においては、受診抑制などによる市場の規模の減少があるものの、現時点にお
        いては、業績に重大な影響を与えるものではないと認識しております。また、原材料の確保等の生産活動や創薬研
        究を始めとした研究開発活動においても、現状での影響は軽微です。
         なお、新型コロナウイルス感染症のさらなる拡大を考慮し、新薬群の市場浸透、製品普及の遅れが出ることによ
        る業績への影響等を注視してまいります。
                                 11/93









                                                           EDINET提出書類
                                             キョーリン製薬ホールディングス株式会社(E00985)
                                                            有価証券報告書
      2【事業等のリスク】
       当社グループにおきましては、薬事行政の下、薬機法をはじめとする医薬品の開発、製造、流通等の諸規制及び海
      外における各国の各種規制を遵守して事業を推進しております。しかしながら、関係法令の大幅な改定や医療制度改
      革、市場環境の急激な変化、大規模な自然災害などの要因により、経営成績及び財務状態に重要な影響を与えるリス
      クがあると認識しております。
       当該リスクのうち、投資家の判断に重要な影響を及ぼす可能性のある事項には以下のようなものがあります。当社
      グループでは、これらのリスクに関し、組織的・体系的に対処することとしておりますが、影響を及ぼすリスクや不
      確実性はこれらに限定されるものではありません。
       なお、文中の将来に関する事項は、当連結会計年度末現在において当社グループが判断したものであります。
      ①研究開発に関するリスク

       医療用医薬品の開発には、多額の研究開発投資と長い期間が必要なうえ、開発候補品が医薬品として上市できる確
      率も決して高くはありません。当社子会社である杏林製薬㈱では、重点研究領域を明確化し、「わたらせ創薬セン
      ター」と「ActivX         Biosciences,Inc.」の連携による自社創薬に、国内外の製薬企業・アカデミア・ベンチャー企業と
      のオープンイノベーションによる研究開発を加えて、パイプラインの拡大に努めております。しかしながら、開発候
      補品に予期せぬ副作用の発現や期待する臨床効果が確認できない等の理由で、開発遅延や開発中止となった場合、当
      社グループの経営成績及び財務状態に重要な影響を与える可能性があります。
      ②安定供給に関するリスク

       当社グループの製品及び原材料の一部は、特定の取引先にその供給を依存しております。製品の安定供給のため、
      一定量の製品及び原材料の確保をしており、また、重要原料については複数の供給元の確保に努めております。しか
      しながら、想定外の事象の発生により製造活動や仕入が遅延又は停止した場合、製品の安定供給に悪影響を及ぼす可
      能性があります。さらに、医薬品は各種法規制の下で製造しておりますが、品質等に問題が発生し製品の回収等を行
      うことになった場合、当社グループの経営成績及び財務状態に重要な影響を与える可能性があります。
      ③医療制度改革に関するリスク

       日本国内におきましては、医療用医薬品の薬価改定を含む医療制度改革が実施されております。当社グループで
      は、営業面におきましては新医薬品の普及の最大化による新医薬品比率の向上、また、生産面におきましては当社グ
      ループの生産機能を集約し全体最適化によるコスト構造の変革等に取り組んでおります。しかしながら、予測可能な
      範囲を超えた薬価改定や医療保険制度の改定が実施された場合、当社グループの経営成績及び財務状態に重要な影響
      を与える可能性があります。
      ④他医薬品との競合に関するリスク

       新医薬品事業では「呼吸器科」「耳鼻科」「泌尿器科」などの特定領域に経営資源を注力し、専門医への情報提供
      活動を重点的に実施することにより、上記領域におけるプレゼンスの向上を図っております。また、後発医薬品事業
      ではオーソライズドジェネリックの上市を積極的に推進し、当社グループの特色を活かした事業展開を図っておりま
      す。しかしながら、同領域の他社製品との競合や先発医薬品の特許切れ後のジェネリック医薬品の参入が激化した場
      合、当社グループの経営成績及び財務状態に重要な影響を与える可能性があります。
      ⑤知的財産権に関するリスク

       当社グループでは知的財産権を厳しく管理し、第三者からの侵害にも継続的に注意を払っております。しかしなが
      ら、第三者が当社グループの技術を利用して当社グループ製品の市場ないしは関連する市場において知的財産権が侵
      害を受けた場合、また、当社グループの事業活動が他社製品の特許等、知的財産に抵触した場合、事業の中止・係争
      の可能性があり、当社グループの経営成績及び財務状態に重要な影響を与える可能性があります。
      ⑥訴訟に関するリスク

       当社グループが国内外で事業活動を行う過程における特許等の知的財産権、製造物責任(PL法)、環境保全、労
      務などに関連する訴訟リスクについては、専門家の助言を踏まえながら対応を行っております。しかしながら、これ
      らに関連する訴訟が提起された場合、当社グループの経営成績及び財務状態に重要な影響を与える可能性がありま
      す。
      ⑦アライアンスに関するリスク

       当社グループでは、外部資源の有効活用を目的としてアライアンス戦略を推進し、国内外の製薬企業等と販売委
      託・共同販売・共同研究等の提携を行っております。また、提携先の販売戦略や研究開発動向をふまえた関係性の向
      上を図り、継続的提携関係の維持・発展に努めております。しかしながら、これらの提携関係を解消することになっ
      た場合、当社グループの経営成績及び財務状態に重要な影響を与える可能性があります。
                                 12/93


                                                           EDINET提出書類
                                             キョーリン製薬ホールディングス株式会社(E00985)
                                                            有価証券報告書
      ⑧ITセキュリティ及び情報管理に関するリスク

       当社グループでは、業務上ITシステムを多数利用していることから、セキュリティソフトの導入、定期的データ
      バックアップの実施、ならびに各種情報管理規程を制定し従業員に周知徹底することでITセキュリティ対策、情報管
      理体制の構築を図っております。しかしながら、システムの不備やコンピューターウィルス等の要因により、予期せ
      ぬ業務の妨害や情報等の外部流出により社会的信用を著しく毀損した場合、当社グループの経営成績及び財務状態に
      重要な影響を与える可能性があります。
      ⑨金融市場の変動に関するリスク

       為替相場の変動により、輸出入取引において当社グループの経営成績及び財務状態に重大な影響が生じる可能性が
      あります。また、為替相場、金利水準や株式市況の変動により、年金資産額、退職給付債務額、保有する株式の評価
      額等が変動した場合、当社グループの経営成績及び財務状態に重要な影響を与える可能性があります。
      ⑩副作用発現に関するリスク

       医薬品の開発段階での臨床試験は、限られた被験者を対象に実施されております。市販後に予期せぬ副作用が発現
      した場合、使用方法が制限される可能性や場合によって販売を中止する可能性があり、当社グループの経営成績及び
      財務状態に重要な影響を与える可能性があります。
      ⑪大規模災害等に関するリスク

       当社グループでは、大規模災害等に備え、各種対応マニュアルを作成し、訓練を実施しております。しかしなが
      ら、想定している以上の地震、台風などの自然災害、火災などの事故及びインフルエンザ等のパンデミックが発生し
      た場合、当社生産子会社であるキョーリン製薬グループ工場㈱や調達先等において工場の閉鎖・操業停止が考えられ
      ます。製品の安定供給の観点から一定量の製品在庫を確保しておりますが、工場の閉鎖・操業停止が長期間に及ぶ場
      合、当社グループの経営成績及び財務状態に重要な影響を与える可能性があります。
      ⑫環境問題に関するリスク

       当社グループでは、環境・安全衛生に関して、関係法令等の遵守はもとより、さらに高い自主基準を設定してその
      達成に努めております。また環境マネジメントシステムと労働安全衛生マネジメントシステムを統合し、当社グルー
      プ全体でEHS活動を推進しております。しかしながら、事業活動を行う過程において万が一の事故等により関係法令等
      の違反が生じた場合、当社グループの経営成績及び財務状態に重要な影響を与える可能性があります。
                                 13/93











                                                           EDINET提出書類
                                             キョーリン製薬ホールディングス株式会社(E00985)
                                                            有価証券報告書
      3【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】
      (1)経営成績等の状況の概要
        当連結会計年度における当社グループ(当社、連結子会社及び持分法適用会社)の財政状態、経営成績及びキャッ
       シュ・フロー(以下、経営成績等)の状況の概要は次のとおりであります。
       ① 財政状態及び経営成績の状況

         当期  における国内医薬品業界は、薬価制度の抜本改革に向けた基本方針の下、後発医薬品使用促進等の薬剤費抑
        制策とともに消費税増税に伴う薬価改定(業界平均:2.4%)が10月に実施されたことにより1桁台前半の市場
        成長となり、厳しい市場環境が継続しました。
         このような     環境の下、当社グループは、中期経営計画「HOPE100-ステージ2-(2016年度~2019年度)」の最
        終年度として、2019年度は経営方針に「やり抜く力の発揮による変革の実行」を掲げ、最後まであきらめないマイ
        ンドを持って変革を推進し、目標達成と持続成長に向けた成長軌道の獲得に邁進しました。中核事業である医療用
        医薬品事業においては、グローバルな競争力があるオリジナル新薬の創製、切れ目のない新薬の創出、新薬による
        市場の創造を経営課題として捉え、重点的に取り組みました。また周辺事業の成長加速及びローコストオペレー
        ションを全社的に推進し、成果目標の達成とステークホルダーの皆様からの支持、評価の向上に努めました。
         当連結会計年度における売上高は、新医薬品(国内)では、主力製品の伸長及び新発売した製品の寄与はあった

        ものの、長期収載品の処方減少、主力製品の供給再開時期の遅れによる売り上げ減少等により前期を下回る実績と
        なりました。他方、新医薬品(海外)及び後発医薬品の売り上げは増加しましたが、医療用医薬品事業の合計とし
        ては減収となりました。ヘルスケア事業は増収となりましたが、全体の売り上げは前期比36億37百万円減(前
        期比3.2%減)の1,099億83百万円となりました。
         利益面では、      売上原価率は低下したものの、新医薬品の減収により売上総利益が前期に対して3億77百万円減

        少しました。また販売費及び一般管理費は、前期に対して10億92百万円増加(内、研究開発費1億96百万円
        増)し、営業利益は75億03百万円と前期比14億69百万円の減益(前期比16.4%減)となりました。親
        会社株主に帰属する当期純利益につきましては、61億49百万円(前期比10.5%減)となりました。
         当連結会計年度の業績

          売上高        1,099億83百万円(前期比  3.2%減)
          営業利益          75億03百万円(前期比 16.4%減)
          経常利益          81億75百万円(前期比 13.4%減)
          親会社株主に帰属する
          当期純利益         61億49百万円(前期比 10.5%減)
         セグメントごとの業績は、次のとおりです。

        (a)医療用医薬品事業
        〔新医薬品(国内)〕
         薬価制度改革により国内医療用医薬品の市場構造が急速に変化する中、杏林製薬㈱は特定領域(呼吸器科・耳鼻
        科・泌尿器科)の医師、医療機関に営業活動を集中するFC(フランチャイズカスタマー)戦略をベースとした独自
        のエリアマネジメントによる営業活動を展開しています。当連結会計年度におきましては、中期経営計画の重点戦
        略に掲げる「新薬群比率の向上」の実現に向けて、主力製品の普及の最大化に取り組みました。喘息治療配合剤
        「フルティフォーム」は順調に伸長し、2019年12月より長期処方が可能(新医薬品の投薬期間の制限解除)となっ
        た選択的β3アドレナリン受容体作動性過活動膀胱治療剤「ベオーバ」の売り上げも前期を大幅に上回りました。
        またキノロン系経口抗菌剤「KRP-AM1977X(製品名:ラスビック錠75mg)」を2020年1月に新発売いたしました。
        一方、持続性選択H1受容体拮抗・アレルギー性疾患治療剤「デザレックス」の供給停止(2019年11月に供給再開)
        及び消費税増税に伴う薬価改定(杏林製薬㈱ 改定率3%台)の影響、長期収載品である気管支喘息・アレルギー
        性鼻炎治療剤「キプレス」、気道粘液調整・粘膜正常化剤「ムコダイン」、定量噴霧式アレルギー性鼻炎治療剤
        「ナゾネックス点鼻液」等の売り上げ減少により、売上高は711億52百万円(前期比8.4%減)となりまし
        た。
                                 14/93




                                                           EDINET提出書類
                                             キョーリン製薬ホールディングス株式会社(E00985)
                                                            有価証券報告書
        〔新医薬品(海外)〕
         杏林製薬㈱において、広範囲抗菌点眼剤「ガチフロキサシン(導出先:米国アラガン社)」に関わる収入が前期
        を上回るとともに、韓国Jeil(ジェイル)社と締結した過活動膀胱治療剤「ビベグロン」に関わるライセンス契約
        等の一時金収入を売り上げに計上したことから、売上高は14億90百万円(前期比79.5%増)となりまし
        た。
        〔後発医薬品〕

         2019年8月に販売を開始したモメタゾン(ナゾネックスのオーソライズド・ジェネリック)の売り上げが寄与
        し、売上高は309億57百万円(前期比5.5%増)となりました。
         以上の結果、当セグメントの売上高は1,035億99百万円(前期比3.9%減)、セグメント利益は66億

        19百万円(前期比20.4%減)となりました。
        (b)ヘルスケア事業

         中期経営計画に掲げた育成戦略「環境衛生の事業成長と既存事業との連携強化により核となる事業を作る」に基
        づき、主要製品である環境除菌・洗浄剤「ルビスタ」、哺乳びん・乳首・器具等の消毒剤「ミルトン」の売上拡大
        に努めました。新型コロナウイルスによる感染症の拡大に伴う需要増もあり、両製品ともに前期を上回る実績とな
        りました。
         以上の結果、当セグメントの売上高は63億83百万円(前期比10.8%増)、セグメント利益は7億36百
        万円(前期比268.9%増)となりました。
       ② キャッシュ・フローの状況

        営業活動によるキャッシュ・フローは、77億39百万円の収入であり、これは主に税金等調整前当期純利益82
       億55百万円、減価償却費32億21百万円、売上債権の減少51億85百万円、たな卸資産の増加78億63百万
       円、仕入債務の減少16億64百万円、法人税等の支払額15億13百万円によるものです。
        投資活動によるキャッシュ・フローは、29億43百万円の支出で、これは主に有形固定資産の取得による支出
       26億24百万円によるものです。
        財務活動によるキャッシュ・フローは、51億17百万円の支出で、これは主に短期借入金の返済による支出10
       0億00百万円、長期借入れによる収入101億80百万円、配当金の支払額43億46百万円によるものです。
        この結果、当連結会計年度末の現金及び現金同等物の期末残高は、前連結会計年度末と比較して4億04百万円減
       少し、305億09百万円となりました。
                                 15/93










                                                           EDINET提出書類
                                             キョーリン製薬ホールディングス株式会社(E00985)
                                                            有価証券報告書
       ③ 生産、受注及び販売の実績
       (a)生産実績
         当連結会計年度の生産実績をセグメントごとに示すと、次のとおりであります。
                                                    (単位:百万円)
                                       当連結会計年度

                                     (自 2019年4月1日              前年同期比(%)
                セグメントの名称
                                      至 2020年3月31日)
                 新医薬品                             66,523           108.7

     医療用医薬品事業           後発医薬品                             25,828           110.6

                     医療用医薬品事業計                        92,351           109.2

     ヘルスケア事業                                        2,923           106.3

                   合計                          95,274           109.1

      (注)上記金額は、消費税等抜きの売価換算によっております。
       (b)商品仕入実績

         当連結会計年度の商品仕入実績をセグメントごとに示すと、次のとおりであります。
                                                    (単位:百万円)
                                       当連結会計年度

                                     (自 2019年4月1日              前年同期比(%)
                セグメントの名称
                                      至 2020年3月31日)
                 新医薬品                             9,701           78.1

     医療用医薬品事業           後発医薬品                             3,310           99.0

                     医療用医薬品事業計                        13,012            82.5

     ヘルスケア事業                                        1,644           97.1

                   合計                          14,657            83.9

      (注)上記金額は、消費税等抜きの実際仕入れ額によっております。
       (c)受注実績

         当社グループ(当社及び当社の連結子会社)は販売計画に基づいた生産を行っておりますので、該当事項はあり
        ません。
                                 16/93








                                                           EDINET提出書類
                                             キョーリン製薬ホールディングス株式会社(E00985)
                                                            有価証券報告書
       (d)販売実績
         当連結会計年度の販売実績をセグメントごとに示すと、次のとおりであります。
                                                    (単位:百万円)
                                      当連結会計年度

                                    (自 2019年4月1日              前年同期比(%)
                セグメントの名称
                                     至 2020年3月31日)
                 新医薬品                            72,642            92.5
     医療用医薬品事業           後発医薬品                            30,957            105.5

                     医療用医薬品事業計                       103,599             96.1

     ヘルスケア事業                                        6,383           110.8

                   合計                         109,983             96.8

      (注)1.セグメント間の取引については相殺消去しております。

         2.最近2連結会計年度における主な相手先別の販売実績及び当該販売実績の総販売実績に対する割合は次のと
           おりであります。
                                前連結会計年度                 当連結会計年度
                              (自 2018年4月1日                 (自 2019年4月1日
                               至 2019年3月31日)                 至 2020年3月31日)
                  相手先
                            金額   (百万円)              金額   (百万円)
                                     割合(%)                 割合(%)
            アルフレッサ       ホールディングス
                                21,025         18.5       20,242         18.4
            株式会社
             株式会社スズケン                    19,020         16.7       17,372         15.8
            株式会社メディパルホールディ
                                16,979         14.9       16,889         15.4
            ングス
             東邦薬品株式会社                    14,369         12.6       13,098         11.9
         3.上記金額には、消費税等は含まれておりません。

                                 17/93










                                                           EDINET提出書類
                                             キョーリン製薬ホールディングス株式会社(E00985)
                                                            有価証券報告書
      (2)経営者の視点による経営成績等の状況に関する分析・検討内容
        経営者の視点による当社グループの経営成績等の状況に関する認識及び分析・検討内容は次のとおりであります。
        なお、文中の将来に関する事項は、当連結会計年度末現在において判断したものであります。
       ①財政状態及び経営成績の状況に関する認識及び分析・検討内容

        (a)財政状態の分析
          当連結会計年度末における総資産は、前連結会計年度末と比較して18億73百万円減少し、1,711億
         60百万円となりました。このうち、流動資産は1,170億58百万円と前連結会計年度末と比較して21億
         54百万円の増加となりました。主な増減要因は、受取手形及び売掛金の減少51億86百万円、商品及び製品
         の増加49億89百万円、仕掛品の増加29億91百万円、流動資産のその他の減少9億37百万円等によるも
         のです。また、固定資産は541億02百万円と前連結会計年度末と比較して40億28百万円の減少となりま
         した。主な増減要因は、機械装置及び運搬具(純額)の増加8億49百万円、投資有価証券の減少39億31百
         万円、繰延税金資産の減少8億14百万円等によるものです。
          負債総額は、前連結会計年度末と比較して11億89百万円減少し、484億49百万円となりました。主な
         増減要因は、支払手形及び買掛金の減少16億64百万円、短期借入金の減少105億32百万円、未払法人税
         等の増加5億98百万円、流動負債のその他の増加13億15百万円、長期借入金の増加98億80百万円、繰
         延税金負債の減少18億63百万円、退職給付に係る負債の増加6億54百万円等によるものです。
          純資産は、前連結会計年度末と比較して6億84百万円減少し、1,227億10百万円となりました。主な
         増減要因は、利益剰余金の増加17億88百万円、その他有価証券評価差額金の減少20億03百万円、退職給
         付に係る調整累計額の減少4億51百万円等によるものです。
        (b)経営成績の分析

          当連結会計年度の経営成績の分析につきましては、「(1)経営成績等の状況の概要 ①財政状態及び経営成
         績の状況」に記載しております。
        (c)経営方針、経営戦略、経営上の目標の達成状況を判断するための客観的な指標等

          当社グループは、中期経営計画「HOPE100-ステージ2-」において                                   ステートメント「変革(変化と革
         新)を行い、持続成長を図る」のもと、主力製品「キプレス」の特許満了に伴う対応と中長期的な視点での成長
         軌道の獲得を目指し、創薬力の強化、新薬群比率の向上、特色を活かしたジェネリック(GE)事業の推進、ロー
         コスト強化に注力してまいりました。薬価制度の抜本改革等の外部環境の劇的な変化、主力製品デザレックスの
         供給一時停止およびラスビック錠の製造販売承認遅延等の要因により、当初掲げた数値目標である                                             連結売上高年
         平均成長率3%以上         、 連結営業利益率15%以上に対し、連結売上高年平均成長率は△2.0%、連結営業利益
         率は6.8%となり         達成はできませんでしたが、創薬体制の構築、中期的な成長を牽引する新薬3製品の発売、
         新規事業として診断事業への参入等を成し遂げることができました。
          長期ビジョン「HOPE100」の総仕上げとなる新中期経営計画「HOPE100-ステージ3-」
         (2020~2023年度)における経営方針、経営戦略、経営上の目標の達成状況を判断するための客観的な指標及び
         その達成に向けた取り組みにつきましては、「第2 事業の状況 1 経営方針、経営環境及び対処すべき課題
         等(2)中長期的な会社の経営戦略及び会社の優先的に対処すべき課題」に記載しております。
       ② キャッシュ・フローの状況の分析・検討内容並びに資本の財源及び資金の流動性に係る情報

        当連結会計年度のキャッシュ・フローの分析につきましては、「(1)経営成績等の状況の概要 ②キャッシュ・
       フローの状況」に記載しております。
        当社グループの資本の財源及び資金の流動性につきましては、次のとおりです。

       (資金需要)
         当社グループの運転資金需要の主なものは、製品製造のための原料・材料の購入、商品購入のほか、製造費用、
        研究開発費、人件費の支払いであります。
         また、継続的に設備投資を行っておりますが、当連結会計年度において35億90百万円の設備投資を実施いた
        しました。
       (財務政策)
         当社グループの運転資金及び設備投資資金の調達は、自己資金及び借入金等により賄っております。
         2021年3月期においては、工場設備の拡充等、固定資産取得による支出約51億円を予定しております。
       ③重要な会計上の見積り及び当該見積りに用いた仮定

        当社グループの連結財務諸表は、わが国において一般に公正妥当と認められている会計基準に基づき作成されてお
       ります。この連結財務諸表の作成に当たりましては、重要な会計方針及び見積りによる判断をおこなっております報
       告数値があり、実際の結果は見積りによる不確実性のために異なる結果となる可能性があります。なお、新型コロナ
       ウイルス感染症による影響は「              第2 事業の状況          1 経営方針、経営環境及び対処すべき課題等                        (2)中長期的
                                 18/93

                                                           EDINET提出書類
                                             キョーリン製薬ホールディングス株式会社(E00985)
                                                            有価証券報告書
       な会社の経営戦略及び会社の優先的に対処すべき課題                           [新型コロナウイルス感染症による影響]」に記載のとおり
       会計上の見積りに用いた仮定に重要な影響を与えるものではないと認識しております。
        当社グループにおいては、特に以下の重要な会計方針が連結財務諸表作成において重要な判断と見積りに影響を及
       ぼすと考えております。
        (a)その他有価証券で時価のあるものの評価基準及び評価方法
          その他有価証券の評価差額は全部純資産直入法により処理しており、損益認識を行う場合とは親会社株主に帰
         属する当期純利益が異なってまいります。
        (b)貸倒引当金
          貸倒懸念債権等特定の債権については、個別に回収不能見込み額を計上しておりますが、一般債権について
         は、過去の貸倒実績率による見積額を計上しております。従いまして、厳しい経済情勢下においては各取引先の
         財政状態の変化により追加引当が必要となる可能性があります。
        (c)退職給付に係る負債
          従業員退職給付費用および退職給付債務は、数理計算上で設定される前提条件に基づいて算出されております
         が、実際の結果が前提条件と異なる場合、または前提条件が変更された場合には認識される費用及び債務に重要
         な影響を及ぼす可能性があります。
        (d)繰延税金資産
          繰延税金資産については、将来の課税所得見込額等により回収可能性が高いと判断した金額を計上しておりま
         すが、将来の予測に基づくため不可避の不確実性を内包していると認識しております。
                                 19/93















                                                           EDINET提出書類
                                             キョーリン製薬ホールディングス株式会社(E00985)
                                                            有価証券報告書
      4【経営上の重要な契約等】
       (1)外国会社からの技術導入
      契約会社名         契約品目        相手方の名称         国名        対価       契約年      契約期間
                                     契約一時金              対象特許満了また

     杏林製薬㈱
             ブリモニジン         アラガン社          アメリカ     一定料率のロイヤル           2004    は発売日から10年
     (連結子会社)
                                     ティー              のいずれか長い方
                                     契約一時金              対象特許満了また

        〃     フルティフォーム         ベクチュラ社          イギリス     一定料率のロイヤル           2008    は発売日から10年
                                     ティー              のいずれか長い方
                                     契約一時金              契約締結日から対

             COPD治療薬
        〃              アストラゼネカ社          イギリス     一定料率のロイヤル           2011    象製品の最終販売
             (単剤)
                                     ティー              日まで
                                                   契約締結日からメ

                                     契約一時金              ルク社に対するロ
        〃     OAB治療薬         メルク社          アメリカ     一定料率のロイヤル           2014    イヤルティーの支
                                     ティー              払義務が終了する
                                                   まで
     キョーリン

             モンテルカスト         MSDインターナ
     リメディオ㈱                           スイス     供給価格           2016    上市日から10年間
             AG         ショナル社
     (連結子会社)
                                     契約一時金              契約締結日からエ

                                     開発マイルストーン              イタイヤー社に対
     杏林製薬㈱
             新規免疫調整薬         エイタイヤー社          アメリカ     販売マイルストーン           2020    するロイヤル
     (連結子会社)
                                     一定料率のロイヤル              ティーの支払義務
                                     ティー              が終了するまで
       (2)外国会社への技術導出

      契約会社名         契約品目        相手方の名称         国名        対価       契約年      契約期間
                                     契約一時金              対象特許満了また
     杏林製薬㈱       ガチフロキサシン
                      アラガン社         アメリカ     一定料率のロイヤル           2000   は契約日から15年
     (連結子会社)        点眼液
                                     ティー              のいずれか長い方
                                                   対象特許満了また
                                     契約一時金
                                                   は市場独占権有効
        〃     イブジラスト         メディシ・ノバ社         アメリカ     一定料率のロイヤル           2004
                                                   期間のいずれか長
                                     ティー
                                                   い方
                                                   契約締結日からエ
                                                   ルジー・ライフサ
                      エルジー・ライフ
        〃     イミダフェナシン                   韓国     契約一時金           2005   イエンス社の支払
                      サイエンス社
                                                   義務が終了するま
                                                   で
                                     契約一時金
                                サウジア
        〃     イミダフェナシン         スピマコ社               一定料率のロイヤル           2009   発売日から10年
                                ラビア
                                     ティー
                                     契約一時金              契約締結日から10

                                                2014
        〃     イミダフェナシン         アールファーム社         ロシア
                                     販売マイルストーン              年
                                 20/93



                                                           EDINET提出書類
                                             キョーリン製薬ホールディングス株式会社(E00985)
                                                            有価証券報告書
      契約会社名         契約品目        相手方の名称         国名        対価       契約年      契約期間

                                     契約一時金
                                                   対象特許満了また
     杏林製薬㈱                                販売マイルストーン
                                                2015
             イミダフェナシン         シンモサ社         台湾                    は契約日から15年
     (連結子会社)                                一定料率のロイヤル
                                                   のいずれか長い方
                                     ティー
                                     契約一時金              契約締結日からロ
             FPR2     作動薬
                      ブリストル・マイ               販売マイルストーン              イヤルティーの支
                                                2015
                                アメリカ
        〃              ヤーズスクイブ社               一定料率のロイヤル              払義務が終了する
             プログラム
                                     ティー              まで
                                     契約一時金
                                                   発売日から10年間
                      ファエス・ファル
                                                2018
             イミダフェナシン                   スペイン     開発マイルストーン
                                                    (自動更新)
        〃              マ社
                                     販売マイルストーン
                                                   契約締結日から対
                                     契約一時金              象特許満了、また
                                     販売マイルストーン              は発売日から10年
                                                2019
             ビベグロン         ジェイル社         韓国
        〃                             一定料率のロイヤル              経過のいずれか遅
                                     ティー              い日
                                                    (自動更新)
       (3)販売契約(輸出)

       契約会社名          契約品目            相手方の名称              国名      契約年      契約期間
     杏林製薬㈱
               ノルフロキサシン           杏林新生製薬股份有限公司               台湾         1985     自動更新
     (連結子会社)
     キョーリンメディ                                                契約締結日か
                          メイジ・インドネシア・
     カルサプライ㈱         ルビスタ                          インドネシア         2016    ら2023年12月
                          ファーマシューティカル社
      (連結子会社)                                                 31日まで
       (4)販売契約(輸入)

       契約会社名          契約品目            相手方の名称              国名      契約年      契約期間
                                                      2022年1月31
     杏林製薬㈱
                                                      日まで
               マクサルト           メルク社               アメリカ         2003
     (連結子会社)
                                                      (自動更新)
                                                      再審査期間の
                                                      満了または製
                                                      造販売承認取
         〃      デスロラタジン           シェリングプラウ社               アイルランド         2014
                                                      得日から10年
                                                      のいずれか長
                                                      い方
                                 21/93







                                                           EDINET提出書類
                                             キョーリン製薬ホールディングス株式会社(E00985)
                                                            有価証券報告書
       (5)内国会社との販売契約(導入)
       契約会社名             契約品目             相手方の名称           契約年        契約期間
     杏林製薬㈱
                クリノリル               日医工株式会社              1981       自動更新
     (連結子会社)
         〃       ベストロン耳鼻科用               千寿製薬株式会社              1999         〃
         〃       メサラジン               日清ファルマ株式会社              2008         〃

         〃       クルクミン               株式会社セラバリューズ              2011         〃

      キョーリンメディ

                キョーリン感染症防護対策
      カルサプライ㈱                         アゼアス株式会社              2013         〃
                キット
     (連結子会社)
     杏林製薬㈱
                ナノトラップFlu        A・B
                               ロート製薬株式会社              2014     2021年3月31日まで
     (連結子会社)
                                                  2023年7月31日まで
                                             2018
         〃       ナゾネックス点鼻液50μg               MSD株式会社
                                                   (自動更新)
                                                  2022年2月27日まで
                ノンアルコール手指消毒剤
                                             2019
         〃                      吉田製薬株式会社
                                                   (自動更新)
                (医薬部外品)
       (6)内国会社との販売契約(導出)

         契約会社名             契約品目            相手方の名称           契約年        契約期間
      杏林製薬㈱
                   ケタス点眼液            千寿製薬株式会社               1999       自動更新
      (連結子会社)
           〃        バクシダール点眼液            千寿製薬株式会社               1999         〃
                                                  2022年1月31日まで
           〃        マクサルト            エーザイ株式会社               2003
                                                    (自動更新)
                   ガチフロキサシン 
           〃                    千寿製薬株式会社               2009    販売終了までの期間
                   点眼液
                                                  2022年1月31日まで
           〃        ウリトス            エーザイ株式会社               2009
                                                    (自動更新)
           〃        ルビスタ            吉田製薬株式会社               2015       自動更新
      キョーリンメディカル
      サプライ㈱             ルビスタ            帝人フロンティア株式会社               2016       自動更新
      (連結子会社)
                                                  対象特許満了または
      杏林製薬㈱                                            発売日から15年のい
                   KRP-114V            キッセイ薬品工業株式会社               2018
                                                    ずれか長い方
      (連結子会社)
                                                    (自動更新)
                                                  契約締結日から3年間
           〃        GeneSoC            アズワン株式会社               2019
                                                    (自動更新)
                                 22/93






                                                           EDINET提出書類
                                             キョーリン製薬ホールディングス株式会社(E00985)
                                                            有価証券報告書
       (7)内国会社との共同開発
        契約会社名              契約品目                  相手方の名称                契約年
     杏林製薬㈱
                  モンテルカスト                萬有製薬株式会社                       1999
     (連結子会社)
          〃        イミダフェナシン                小野薬品工業株式会社                       2000
          〃        Ad-SGE-REIC製剤                桃太郎源株式会社                       2014

          〃        Ad-SGE-REIC製剤                国立研究開発法人科学技術振興機構                       2015

          〃        特殊環状ペプチド                ペプチドリーム株式会社                       2015

          〃        KRP-114V                キッセイ薬品工業株式会社                       2016

                  ノンアルコール手指消毒剤
          〃                        吉田製薬株式会社                       2018
                  (医薬部外品)
          〃        GeneSoC                国立研究開発法人日本医療研究開発機構                       2020
       (8)内国会社への技術導出

      契約会社名          契約品目          相手方の名称             対価        契約年       契約期間
                                   契約一時金
     杏林製薬㈱                                              販売終了までの
              ガチフロキサシン          千寿製薬株式会社           一定料率のロイヤル            1997
     (連結子会社)                                               期間
                                   ティー
                                                    対象特許満了ま
                                   契約一時金
                                                    たは発売日から
        〃     ブリモニジン          千寿製薬株式会社           一定料率のロイヤル            2004
                                                    10年のいずれか
                                   ティー
                                                    長い方
       (9)その他

           契約会社名                    契約内容               相手方の名称          契約年
     キョーリン製薬グループ工場㈱
                       製造受託                      MSD株式会社            2012
     (連結子会社)
     杏林製薬㈱
                       株式給付信託                      みずほ信託銀行            2016
     (連結子会社)
     キョーリン製薬ホールディングス㈱
                       株式給付信託                      みずほ信託銀行            2016
     (当社)
     杏林製薬㈱                  デザレックス錠5mgのコ・プロモーションに
                                                         2017
                                             科研製薬株式会社
     (連結子会社)                  関する基本契約書
                       MSD株式会社が開発中の難治性慢性咳嗽治
             〃                                MSD株式会社            2019
                       療剤の販売協業に係る交渉権に関する覚書
                                 23/93







                                                           EDINET提出書類
                                             キョーリン製薬ホールディングス株式会社(E00985)
                                                            有価証券報告書
      5【研究開発活動】
         新薬メーカーにとって、未だ数多く存在するアンメットメディカルニーズに応え、世界の人々の健康に貢献する
        革新的な新薬を継続的に創出し、届けることが使命です。杏林製薬㈱は、オリジナル新薬の創製こそが真の成長の
        原動力であるとの認識に基づき、自社創薬に国内外の製薬企業、アカデミア、ベンチャー企業とのオープンイノ
        ベーションを加えることで、創薬プラットフォームの活性化を進めるとともに、新技術(核酸、ペプチド、遺伝子
        治療など)の応用・育成に努めました。また外部創薬テーマの積極的な探索・導入を行うことにより、ファース
        ト・イン・クラス創薬に向けた活動を展開しました。
         当連結会計年度の研究開発費の総額は                  10,987   百万円となっております。
        (1)   医療用   医薬品   事業

         当連結会計年度における国内開発の状況としては、2019年9月に厚生労働省より製造販売承認を取得したキノロ
        ン系経口抗菌剤「KRP-AM1977X(製品名:ラスビック錠75mg)」を2020年1月に新発売いたしました。また喘息治
        療配合剤「KRP-108P(フルティフォーム小児適応拡大)」を2019年7月に、キノロン系注射用抗菌剤「KRP-
        AM1977Y」を同年10月に、間質性膀胱炎治療剤「KRP-116D」を2020年3月に厚生労働省に対して製造販売承認申請
        を行いました。
         また杏林製薬㈱は、2020年1月にaTyr(エイタイヤー)社と新規免疫調節薬「ATYR1923」に関するライセンス契
        約を締結し、間質性肺疾患を対象とする本剤の日本における開発、販売に関する独占的権利を取得しました。契約
        に伴う一時金(約9億円)は研究開発費として計上しております。当社グループは、ライセンシング活動により、
        今後とも開発パイプラインの拡充に努めてまいります。
         なお株式会社三和化学研究所と2018年3月にライセンス契約を締結し、開発(開発ステージ:後期第Ⅱ相臨床試
        験)してまいりました夜間多尿による夜間頻尿治療薬「KRP-N118/SK-1404」につきましては、当初設定していた
        製品プロファイルの実現が難しいとの判断に至り、2020年3月期第4四半期連結会計期間に同化合物の開発を中止
        するとともに、同化合物に関する同社との契約関係を解消いたしました。
         当セグメントの当連結会計年度の研究開発費は                      10,949   百万円   であります。
        (2)ヘルスケア事業

         当セグメントの当連結会計年度の研究開発費は                      37 百万円であります。
                                 24/93












                                                           EDINET提出書類
                                             キョーリン製薬ホールディングス株式会社(E00985)
                                                            有価証券報告書
     第3【設備の状況】
      1【設備投資等の概要】
        当社グループ(当社及び当社の連結子会社)では、当連結会計年度において医療用医薬品事業を中心に、総額
       3,590   百万円の設備投資を実施しております。
        医療用医薬品事業においては、工場設備に2,635百万円、研究用設備に516百万円、管理・販売設備に44百万円の設
       備投資を実施しております。
        ヘルスケア事業においては、工場設備に12百万円、研究用設備に4百万円、管理・販売設備に1百万円の設備投資を
       実施しております。
        全社(共通)においては、管理・販売設備に375百万円の設備投資を実施しております。
      2【主要な設備の状況】

        当連結会計年度末現在における当社グループの主要な設備の状況は次のとおりであります。
       (1)提出会社
         該当事項はありません。
       (2)国内子会社
                                        帳簿価額(百万円)
              事業所名                                          従業員数
                     セグメント
      会社名                     設備の内容
                                 建物及び    機械装置
             (主な所在地)         の名称                     土地             (人)
                                                その他     合計
                                           (面積㎡)
                                 構築物    及び運搬具
            わたらせ創薬センター          医療用医薬     医薬品の研究                   177
                                  5,973      59         548    6,759     258
     杏林製薬㈱
                     品事業     設備
           (栃木県下都賀郡野木町)                                (89,613.58)
                     医療用医薬
            本社等
                     品事業、ヘ     統括及び販売                    33
                                    61     -         253     348   1,244
           (東京都千代田区他)           ルスケア事     業務設備                 (222.81)
                     業
                     医療用医薬
            高岡創剤研究所
     キョーリン                品事業、ヘ     医薬品の研究                   58
                                  1,174      77         152    1,464     53
           (富山県高岡市)           ルスケア事     設備                (5,958.24)
     リメディオ㈱
                     業
                     医療用医薬
            本社等          品事業、ヘ     統括及び販売                    37
                                   100     13          1    152     41
           (石川県金沢市他)           ルスケア事     業務設備                 (816.00)
                     業
            能代工場          医療用医薬     医薬品の製造                   673
                                  2,475      665          129    3,943     81
     キョーリン
           (秋田県能代市)           品事業     設備
                                          (111,959.76)
     製薬グループ
     工場㈱
            井波工場          医療用医薬     医薬品の製造                   145
                                  1,340     1,547           79   3,112     165
           (富山県南砺市)           品事業     設備
                                          (18,296.04)
            滋賀工場          医療用医薬     医薬品の製造                   846

                                  2,227     1,806           218    5,098     152
           (滋賀県甲賀市)           品事業     設備                (61,272.54)
                                 25/93








                                                           EDINET提出書類
                                             キョーリン製薬ホールディングス株式会社(E00985)
                                                            有価証券報告書
       (3)在外子会社
                                         帳簿価額(百万円)
                事業所名       セグメント                                 従業員数
       会社名                      設備の内容
                                  建物及び    機械装置
               (主な所在地)          の名称                    土地            (人)
                                                 その他    合計
                                            (面積㎡)
                                  構築物    及び運搬具
                             研究用施設
      ActivX
              本社           医療用医薬
                             及び研究用        12     -     -    124    137     28
             (米国カリフォルニア州)           品事業
      Biosciences,Inc.
                             機器等
      (注)1.国内子会社の建物のうち貸与中のものは次のとおりであります。
                 事業所名                    貸与先             貸与面積(㎡)
         キョーリン製薬グループ工場㈱ 能代工場                      株式会社ユニークテクノサービス                       51.8

         キョーリン製薬グループ工場             ㈱ 井波工場         株式会社ユニークテクノサービス                       19.8

           なお、営業拠点の一部については借用をしております。
         2.帳簿価額のうち「その他」は、工具器具備品及びリース資産であり、建設仮勘定は含まれておりません。
           なお、金額には消費税等は含まれておりません。
      3【設備の新設、除却等の計画】

        当連結会計年度末現在における当社グループの重要な設備の新設・改修計画は次のとおりであります。
                               投資予定金額(百万円)             着手及び完了予定年月
                    セグメント                    資金調達
       会社名    事業所名     所在地          設備の内容                              摘 要
                     の名称                    方法
                                 総額   既支払額          着手    完了
           わたらせ    栃木県
                    医療用医薬                                  研究用機器の更
           創薬セン    下都賀郡          研究用設備              -  自己資金     2020.4    2021.3
     杏林製薬(株)
                                 632
                    品事業                                  新・拡充等
           ター    野木町
                    医療用医薬
                                                      管理・販売・厚
               東京都     品事業、ヘ     管理・厚生施
           本社等                           14  自己資金     2020.4    2021.3    生施設の更新・
                                 111
               千代田区     ルスケア事     設等
                                                      拡充等
                    業
     キョーリン製
           能代工場    秋田県     医療用医薬     製品製造設備                             生産設備の修
     薬グループ工
                                        自己資金     2020.4    2021.3
                                4,641     901
           等    能代市他     品事業     等                             繕・更新等
     場(株)
      (注) 上記金額には、消費税等は含まれておりません。
                                 26/93










                                                           EDINET提出書類
                                             キョーリン製薬ホールディングス株式会社(E00985)
                                                            有価証券報告書
     第4【提出会社の状況】
      1【株式等の状況】
       (1)【株式の総数等】
        ①【株式の総数】
                  種類                       発行可能株式総数(株)
       普通株式                                       297,000,000

                  計                            297,000,000

        ②【発行済株式】

                                         上場金融商品取引所名
            事業年度末現在発行数(株)               提出日現在発行数(株)
       種類                                  又は登録認可金融商品              内容
              (2020年3月31日)              (2020年6月22日)
                                         取引業協会名
                                         東京証券取引所            単元株式数
                   64,607,936              64,607,936
     普通株式
                                         市場第一部              100株
                   64,607,936              64,607,936                  -        -
        計
       (2)【新株予約権等の状況】

        ①【ストックオプション制度の内容】
          該当事項はありません。
        ②【ライツプランの内容】

          該当事項はありません。
        ③【その他の新株予約権等の状況】

          該当事項はありません。
       (3)【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

           該当事項はありません。
       (4)【発行済株式総数、資本金等の推移】

                                              資本準備金
               発行済株式総        発行済株式総        資本金増減額        資本金残高              資本準備金残
        年月日
                                                増減額
               数増減数(株)        数残高(株)        (百万円)        (百万円)              高(百万円)
                                              (百万円)
       2018年11月30日
                △10,339,692         64,607,936            -       700        -      39,185
         (注)
     (注)自己株式の消却による減少であります。
       (5)【所有者別状況】

                                                    2020年3月31日現在
                          株式の状況(1単元の株式数           100 株)
                                                       単元未満
       区分                             外国法人等                   株式の状況
            政府及び地           金融商品取     その他の法
                 金融機関                           個人その他       計    (株)
            方公共団体           引業者     人
                                  個人以外      個人
     株主数(人)          -     43     47     84     190      14    15,559     15,937       -
     所有株式数
                -   135,753      11,474     153,907      85,451       34   258,862     645,481      59,836
     (単元)
     所有株式数の
                -    21.03      1.78     23.84     13.24      0.01     40.10     100.00       -
     割合(%)
     (注)自己株式6,461,087            株は、「個人その他」に64,610単元及び「単元未満株式の状況」に87株を含めて記載しており
        ます。
                                 27/93



                                                           EDINET提出書類
                                             キョーリン製薬ホールディングス株式会社(E00985)
                                                            有価証券報告書
       (6)【大株主の状況】
                                                   2020年3月31日現在
                                                     発行済株式(自

                                                      己株式を除
                                               所有株式数
                                                     く。)の総数に
               氏名又は名称                       住所
                                                (千株)
                                                     対する所有株式
                                                     数の割合(%)
                                 東京都港区六本木5丁目14

                                                 4,843        8.32
      株式会社マイカム
                                 番17号
                                 東京都港区浜松町2丁目11
      日本マスタートラスト信託銀行株式会社(信託口)                                            3,491        6.00
                                 番3号
                                 東京都中央区晴海1丁目8
      日本トラスティ・サービス信託銀行株式会社(信託口)                                            3,379        5.81
                                 番11号
                                 東京都港区六本木5丁目14
                                                 1,950        3.35
      株式会社バンリーナ
                                 番17号
                                 東京都港区六本木5丁目14
                                                 1,950        3.35
      株式会社アーチァンズ
                                 番17号
                                 東京都千代田区神田駿河台
      キョーリン製薬グループ持株会                                            1,888        3.24
                                 4丁目6番地
                                                 1,867        3.21

      荻原 豊                            東京都千代田区
                                                 1,760        3.02

      荻原 万里子                            東京都港区
                                 東京都文京区本駒込2丁目
                                                 1,602        2.75
      科研製薬株式会社
                                 28番8号
                                                 1,594        2.74

      荻原 明                            東京都港区
                                       -          24,328        41.84

                  計
      (注)上記所有株式数のうち、信託業務に係る株式数は次のとおりであります。

         日本マスタートラスト信託銀行株式会社            3,491千株
         日本トラスティ・サービス信託銀行株式会社          3,379千株
                                 28/93










                                                           EDINET提出書類
                                             キョーリン製薬ホールディングス株式会社(E00985)
                                                            有価証券報告書
       (7)【議決権の状況】
        ①【発行済株式】
                                                   2020年3月31日現在
                            株式数(株)           議決権の数(個)
              区分                                       内容
                                   -       -            -
      無議決権株式
      議決権制限株式(自己株式等)                             -       -            -
      議決権制限株式(その他)                             -       -            -

                         (自己保有株式)

                                          -
                               6,461,000
                         普通株式
      完全議決権株式(自己株式等)                                                -
                         (相互保有株式)
                                          -
                                 23,000
                         普通株式
      完全議決権株式(その他)                         58,064,100             580,641          -

                         普通株式
                                 59,836         -            -
      単元未満株式                    普通株式
                               64,607,936           -            -
      発行済株式総数
                                   -         580,641          -
      総株主の議決権
        ②【自己株式等】

                                                   2020年3月31日現在
                                自己名義      他人名義      所有株式      発行済株式総数に
                                所有株式数      所有株式数      数の合計      対する所有株式数
      所有者の氏名又は名称                所有者の住所
                                (株)      (株)      (株)      の割合(%)
     (自己保有株式)
                                 6,461,000        -     6,461,000            10.00
                   東京都千代田区神田駿河台
      キョーリン製薬ホールディ
                   4丁目6番地
     ングス株式会社
     (相互保有株式)
                                   23,000      -      23,000           0.04
                   東京都中央区日本橋本町
      日本理化学薬品株式会社
                   4丁目2番2号
                        -         6,484,000        -     6,484,000            10.04
           計
       (8)【役員・従業員株式所有制度の内容】

        1.株式給付信託(J-ESOP)
          当社の子会社である杏林製薬株式会社が、従業員の役割貢献や業績を処遇に反映し当社株式及び金銭の給付
         を通じ、従業員の働く意欲の向上、帰属意識の醸成、企業価値の向上を図ることを目的として、「株式給付信
         託(J-ESOP)」(以下、「本制度」といいます。)を導入しております。
         ①本制度の概要

          本制度は、予め杏林製薬が定めた株式給付規程に基づき、一定の要件を満たした杏林製薬の従業員に対し当
         社株式を給付する仕組みです。
          杏林製薬は、従業員に対し業績や個人の貢献度等に応じてポイントを付与し、一定の条件により受給権の取
         得をしたときに当該付与ポイントに相当する当社株式及び金銭を給付します。給付する株式については、予め
         信託設定した金銭により将来分も含め取得し、信託財産として分別管理するものとします。
                                 29/93





                                                           EDINET提出書類
                                             キョーリン製薬ホールディングス株式会社(E00985)
                                                            有価証券報告書
        本制度の仕組み
         1)杏林製薬は、本制度の導入に際し「株式給付規程」を制定します。





         2)杏林製薬は、「株式給付規程」に基づき従業員に将来給付する株式を予め取得するために、みずほ信託銀行
           株式会社(再信託先:資産管理サービス信託銀行株式会社)(以下、「信託銀行」といいます。)に金銭を
           信託(他益信託)します。
         3)信託銀行は、信託された金銭により、当社株式を取得します。
         4)杏林製薬は、「株式給付規程」に基づいて従業員に対し、「ポイント」を付与します。
         5)信託銀行は、信託管理人からの指図に基づき、議決権を行使します。
         6)従業員は、受給権取得後に信託銀行から累積した「ポイント」に相当する当社株式及び金銭の給付を受けま
           す。
         ②従業員に給付する予定の株式の総額

          1,645百万円
         ③当該従業員株式所有制度による受益権その他の権利を受けることができる者の範囲

          株式給付規程の定めにより財産給付を受ける権利が確定した者
                                 30/93










                                                           EDINET提出書類
                                             キョーリン製薬ホールディングス株式会社(E00985)
                                                            有価証券報告書
        2.業績連動型株式報酬制度
          当社は、当社の取締役及び当社子会社である杏林製薬株式会社の取締役(社外取締役を除きます。以下、
         「グループ役員」といいます。)の報酬と当社グループの業績との連動性をより明確にし、中長期的な業績の
         成長と企業価値の向上に貢献する意識を高めること、また、グループ役員が株価の変動によるメリットおよび
         リスクを株主の皆様と共有することを目的として、グループ役員を対象とした「業績連動型株式報酬制度」
         (以下、「本制度」といいます。)を導入しております。
         ①本制度の概要

           本制度は、当社が拠出する金銭を原資として当社株式が信託(以下、本制度に基づき設定される信託を
          「本信託」といいます。)を通じて取得され、グループ役員に対して、当社及び当社子会社が定める                                              役員株
          式給付制度規程に従って、当社株式及び当社株式を時価で換算した金額相当の金銭(以下、「当社株式等」
          といいます。)が給         付される株式報酬制度です。
           本制度を導入するに際し、当社は株式給付信託(Board                          Benefit    Trust)の仕組みを採用します。なお、グ
          ループ役員が当社株式等の給付を受ける時期は、原則として役員株式給付規程に定める信託期間中の一定期
          日とします。ただし、当該期日が到来する前に退任する場合は、グループ役員の退任時とします。
        本制度の仕組み

         1)当社は、本株主総会において、本制度について役員報酬の決議を得て、本株主総会で承認を受けた枠組みの






           範囲内において、「役員株式給付制度規程」を制定します。また、当社子会社も同様に、株主総会決議を得
           て、「役員株式給付制度規程」を制定します。
         2)当社は、1)の本株主総会で承認を受けた範囲内で金銭を信託します。
         3)本信託は、2)で信託された金銭を原資として当社株式を、株式市場を通じて取得します。
         4)当社及び当社子会社は、「役員株式給付制度規程」に基づきグループ役員にポイントを付与します。
         5)本信託は、当社から独立した信託管理人の指図に従い、本信託勘定内の当社株式に係る議決権を行使しない
           こととします。
         6)本信託は、グループ役員のうち「役員株式給付制度規程」に定める受益者要件を満たした者(以下、「受益
           者」といいます。)に対して、当該受益者に付与されたポイント数に応じた当社株式を給付します。ただ
           し、グループ役員が「役員株式給付制度規程」に定める一定の要件を満たす場合には、当該グループ役員に
           付与されたポイントの一定割合について、当社株式に代えて、当社株式を時価で換算した金額相当の金銭を
           給付します。
          ②グループ役員に給付する予定の株式の総額

           224百万円
          ③当該従業員株式所有制度による受益権その他の権利を受けることができる者の範囲

           グループ役員のうち役員株式給付制度規程に定める受益者要件を満たす者
                                 31/93



                                                           EDINET提出書類
                                             キョーリン製薬ホールディングス株式会社(E00985)
                                                            有価証券報告書
      2【自己株式の取得等の状況】
         【株式の種類】  会社法第155条第7号に該当する普通株式の取得
       (1)【株主総会決議による取得の状況】

           該当事項はありません。
       (2)【取締役会決議による取得の状況】

           該当事項はありません。
       (3)【株主総会決議又は取締役会決議に基づかないものの内容】

             区分                株式数(株)               価額の総額(百万円)
     当事業年度における取得自己株式                                 193                   0

                                       44                  0

     当期間における取得自己株式
      (注) 当期間における取得自己株式には、2020年6月1日からこの有価証券報告書提出日までの単元未満株式
          の買取りによる株式は含まれておりません。
       (4)【取得自己株式の処理状況及び保有状況】

                               当事業年度                  当期間
              区分
                                  処分価額の総額                 処分価額の総額
                          株式数(株)                 株式数(株)
                                   (百万円)                 (百万円)
      引き受ける者の募集を行った取得自己
                                -        -        -        -
      株式
                                -        -        -        -
      消却の処分を行った取得自己株式
      合併、株式交換、会社分割に係る移転を
                                -        -        -        -
      行った取得自己株式
                                -        -        -        -
      その他
      保有自己株式数                       6,461,087            -     6,461,131            -

     (注)1.当期間における保有自己株式数には、2020年6月1日からこの有価証券報告書提出日までの単元未満株式
          の買取りによる株式は含まれておりません。
        2.資産管理サービス信託銀行株式会社(信託銀行)の杏林製薬㈱の従業員への給付による減少及び保有株式
          については含まれておりません。
        3.資産管理サービス信託銀行株式会社の当社の取締役及び当社子会社である杏林製薬㈱の取締役への給付に
          よる減少及び保有株式については含まれておりません。
                                 32/93








                                                           EDINET提出書類
                                             キョーリン製薬ホールディングス株式会社(E00985)
                                                            有価証券報告書
      3【配当政策】
        当社では、2016年度を初年度とする中期経営計画「HOPE100-ステージ2-(2016年度~2019年度)」にお
       ける当初の資本政策の基本方針は健全な財務基盤を維持する中で、成長投資と株主還元を両立し株主還元は現状の配
       当水準をベースに「安定的な配当」を目指す、としておりましたが、当社グループとして業績回復を一定程度見通す
       ことの出来る状況を迎えたこと及び当社財務基盤の現状を考慮して、資本の効率化及び株主価値のさらなる向上を図
       る政策に転換いたしました。
        前事業年度からは、健全な財務基盤を維持しつつ、成長投資と株主還元を通じて資本効率の向上を図ることを基本
       方針とし、株主還元につきましては、DOE(株主資本配当率)を勘案して、安定した配当を継続しております。
        当社は、中間配当と期末配当の年2回の剰余金の配当を行うことを基本方針としており、これらの剰余金の配当の
       決定機関は取締役会であります。
        当事業年度の配当金につきましては、2020年3月31日現在の株主の皆様に対して、1株につき配当金45円00銭
       をお支払いさせていただくことにいたしました。この結果、中間配当金30円00銭を含めた年間配当金は、1株7
       5円00銭となりました。
        内部留保金につきましては、製薬企業の生命線である創薬および研究開発投資をはじめ、製品導入・新規事業の獲
       得、設備投資などの原資として、企業体質の強化と将来の事業展開に向けて積極的に利用し、グループ企業価値の向
       上に努めてまいります。
        当社は、「会社法第459条第1項の規定に基づき、取締役会の決議をもって剰余金の配当等を行うことができ
       る。」旨定款に定めております。
        なお、当事業年度に係る剰余金の配当は以下のとおりであります。
                       配当金の総額         1株当たり配当額

            決議年月日
                       (百万円)           (円)
          2019年11月7日
                           1,744          30.0
           取締役会決議
          2020年5月21日
                           2,616          45.0
           取締役会決議
                                 33/93












                                                           EDINET提出書類
                                             キョーリン製薬ホールディングス株式会社(E00985)
                                                            有価証券報告書
      4【コーポレート・ガバナンスの状況等】
       (1)【コーポレート・ガバナンスの概要】
        1.コーポレート・ガバナンスに関する基本的な考え方
          当社は「継続的な企業価値の向上」を経営の最重要事項といたしております。その実現のためには社会から信
         頼を得られる経営の環境整備が必要であり、コーポレート・ガバナンスの充実を重要な課題と位置付け、意思決
         定の迅速化、経営の妥当性の監督機能強化、企業倫理に根ざした企業活動の透明性の確保などに取り組んでおり
         ます。株主ならびに投資家の皆様に対しましては経営の透明性、フェア・ディスクロージャーの観点から、適切
         かつ迅速な情報開示を実施するよう努めております。今後もさらに積極的な情報開示を進め、ステークホルダー
         の皆様との充分なコミュニケーションを図ってまいる所存です。
        2.企業統治の体制の概要及び当該体制を採用する理由

          当社は、取締役会(社外取締役を含む)及び監査役会(社外監査役を含む)等を設置しております。性別・国
         籍を問うことなく、広く人格・見識に優れ、法令・企業倫理を遵守する意識が高い適任者を取締役・監査役とし
         て選任し、多様性の観点から、女性の取締役も1名選任しております。
          当社の取締役会は、社外取締役3名を含む計11名の取締役で構成され、原則として毎月1回定期開催し、法定
         事項の決議、重要な経営方針や戦略の策定及び決定、業務執行の監督等を行っています。当社では、独立社外取
         締役3名を選任し、取締役会等において独立かつ客観的な立場から助言を求めるとともに、業務の執行と一定の
         距離を置いた実効性の高い経営の監督体制を確保しています。
           議長:代表取締役社長 荻原豊
           取締役:穂川稔、荻原茂、阿久津賢二、笹原富弥、大野田道郎、萩原幸一郎、杉林正英
           社外取締役:鹿内徳行、重松健、渡邉弘美
          業務執行に関しましては、社長及び取締役からなる経営会議を設置し、当社及びグループ会社の業務執行に関
         する重要事項を協議・決定しております。
           議長:代表取締役社長 荻原豊
           取締役:穂川稔、荻原茂、阿久津賢二、笹原富弥、大野田道郎、萩原幸一郎、杉林正英
          また当社では、通常の業務執行を担う代表取締役や業務担当取締役のほか、特定の分野においては、必要に応
         じて執行役員を置いて積極的に権限委譲することで、取締役会の指揮監督の下、迅速な意思決定と業務執行の責
         任の明確化を可能にする体制作りを行っています。
          当社は監査役会設置会社であり、当社の監査役会は社外監査役3名、常勤監査役2名で構成されています。監
         査役会においては、社外監査役の積極的な活用により、独立した客観的な立場において監査等の権限行使を行う
         体制を整えています。社外監査役は、広い見識で、より広範囲からのモニタリング機能(社外の目での監査)を
         果たす役割を担っています。常勤監査役は、情報収集、取締役会・経営会議等への出席を通し、意思決定の適正
         性等について意見陳述します。
           議長:常勤監査役 松本臣春
           常勤監査役:玉置修吾
           社外監査役:小幡雅二、山口隆央、亀井温裕
          役員の報酬及び指名にあたっては、透明性の向上のため、独立社外取締役を主要メンバーとする任意の「報
         酬・指名に関する委員会」を設置し、適切な助言を求めています。取締役の報酬制度及び基本方針については、
         「報酬・指名に関する委員会」(任意)において、業界水準や会社業績等に照らし、あらかじめその妥当性につ
         いて討議した上で、取締役会が決定します。また、取締役及び監査役の選解任を行うにあたっては、「報酬・指
         名に関する委員会」(任意)が、選解任候補者の役割に対する資質の適性や業績・成果等を総合的に検証し、あ
         らかじめその妥当性について討議した上で、取締役会が決定します。
           委員長:常務取締役 阿久津賢二
           取締役:荻原豊
           社外取締役:鹿内徳行、重松健、渡邉弘美
                                 34/93





                                                           EDINET提出書類
                                             キョーリン製薬ホールディングス株式会社(E00985)
                                                            有価証券報告書
       当社のガバナンスの基本構造と経営執行組織
        3.企業統治に関するその他の事項








         1)内部統制システム及びリスク管理体制等の整備状況
           内部統制システムにつきましては以下の通り基本方針に沿って体制を構築しております。
           基本方針:「キョーリンは、生命を慈しむ心を貫き、人々の健康に貢献する社会的使命を遂行します。」と
          いう企業理念の下、国の内外を問わず、人権を尊重するとともにすべての法令、行動規範及びその精神を遵守
          し、高い倫理観を持って行動します。
          ①担当役員を委員長とし、社内監査室長も委員として参加する「コンプライアンス委員会」を設置していま
          す。役職員には、「企業倫理・コンプライアンス規定」を制定し、コンプライアンス研修等により徹底指導す
          るとともに、社内違反行為については、企業倫理ホットラインを設置しています。また、財務報告の適正を確
          保するために社内規程を制定し、当社グループの財務報告に係る内部統制の有効性と信頼性を確保できる体制
          を構築しています。
          ②担当役員を委員長とし、グループ総務人事統轄部を統括部署とした「リスク管理委員会」を設置し、リスク
          の軽減・未然防止体制の構築及び運用を行います。コンプライアンス、環境、災害等に係るリスクについては
          「リスク管理規程」をはじめ、各種対応マニュアル等を整備し、速やかに対応する体制をとります。有事にお
          いては社長を本部長とした「有事対策本部」を設置し、危機管理にあたります。
          ③取締役の意思決定、その他職務の執行及び取締役に対する報告に関する情報については、「文書管理規
          程」、その他の社内規程に基づき適切に作成、保存、管理します。
          ④監査役の監査が実効的に行われることを確保するため、会計監査人は会計監査内容について監査役に説明
          し、情報交換を行うとともに、社内監査部門と連携して適切な意思疎通と効果的な監査業務の遂行を図りま
          す。
          ⑤キョーリン製薬グループ各社に「コンプライアンス委員会」と「リスク管理委員会」を置くとともに「グ
          ループコンプライアンス委員会」と「グループリスク管理委員会」がグループ全体のコンプライアンス及びリ
          スク管理の対応を統括・推進します。また、グループ全体の相談・通報体制を構築しています。
           社内監査部門は「内部監査規程」に基づき関係会社の監査を実施し、監査結果に応じて統括部署が指示、勧
          告または適切な指導を行っています。また、「財務報告に係る内部統制の評価及び報告に関する規程」に基づ
          き、財務報告に係る内部統制の評価と報告を行い、経営者が信頼性のある内部統制報告書を作成できる体制を
          構築しています。
          ⑥子会社の業務の適正を確保するための体制整備の状況としては、「関係会社管理規程」を制定し、その経営
          面では自主性を尊重しつつ、事業内容の定期的報告と重要案件についての事前協議を行う指導体制を構築して
          います。
                                 35/93


                                                           EDINET提出書類
                                             キョーリン製薬ホールディングス株式会社(E00985)
                                                            有価証券報告書
          ⑦反社会的勢力排除に向けた基本的な考え方及びその整備状況
           当社は企業理念を踏まえ、企業倫理、コンプライアンスの遵守に向けて「キョーリン製薬グループ企業行動
          憲章」を制定し、その中で「市民社会の秩序や安全に脅威を与える反社会的勢力及び団体に対し毅然として対
          決する」ことを明文化しております。
           当社は、反社会的勢力・団体との関係を排除するとともに断固として対決します。社内体制としては、担当
          役員を統括責任者とするグループコンプライアンス委員会を設置して企業倫理及びコンプライアンス体制を総
          括管理しています。コンプライアンス担当部署はグループコンプライアンス統轄部とし、関係各部と連携して
          社内教育等を通して企業倫理及びコンプライアンスの浸透・強化を図っております。
           反社会的勢力による不当要求に備えた平素からの対応状況としては、反社会的勢力・団体との接触があった
          場合に備えて本社、全支店に「不当要求防止責任者」を設置しており、所管警察署、「特防」、顧問弁護士等
          と連絡を密にして反社会的勢力・団体に関する最新の動向・情報を収集すると同時に緊急時の指導・相談、援
          助の体制を構築しています。また、各社員の初期対応に備えるため「クレーム・トラブルの初期段階での対
          応(電話時・来社時)」マニュアルを作成し、適切に対処できる体制を整備しております。
         2)取締役の定数
           当社の取締役は15名以内とする旨、定款に定めております。
         3)取締役及び監査役の選任の決議要件
           当社は、取締役及び監査役の選任決議については、議決権を行使することができる株主の議決権の3分の1
          以上を有する株主が出席し、その議決権の過半数をもって行う旨、定款に定めております。
         4)取締役会にて決議できる株主総会決議事項
          ①自己株式の取得
           当社は、会社法第165条第2項の規定により、取締役会の決議をもって、自己の株式を取得することができ
          る旨、定款に定めております。これは、経営環境の変化に対応した機動的な資本政策の遂行を可能とするた
          め、市場取引等により自己株式を取得することを目的とするものであります。
          ②剰余金の配当等の決定機関
           当社は、剰余金の配当等会社法第459条第1項各号に定める事項については、法令の別段の定めがある場合
          を除き、株主総会の決議によらず、取締役会の決議によって定める旨、定款に定めております。これは、機動
          的な資本政策を行うことを目的とするものであります。
         5)株主総会の特別決議要件
           当社は、会社法第309条第2項に定める決議は、議決権を行使することができる株主の議決権の3分の1以
          上を有する株主が出席し、その議決権の3分の2以上をもって行う旨、定款に定めております。これは、株主
          総会における特別決議の定足数を緩和することにより、株主総会の円滑な運営を行うことを目的とするもので
          あります。
                                 36/93










                                                           EDINET提出書類
                                             キョーリン製薬ホールディングス株式会社(E00985)
                                                            有価証券報告書
       (2)【役員の状況】
        ① 役員一覧
        男性    15 名 女性      1 名 (役員のうち女性の比率               6.3  %)
                                                        所有株式数
          役職名         氏名      生年月日                略歴            任期
                                                         (株)
                               1976年12月      杏林薬品㈱入社
                               2000年4月      杏林製薬㈱企画室長
                               2004年6月      同 執行役員 経営企画部長
                               2005年6月      同 取締役常務執行役員 経営戦略室長
                               2006年1月      当社取締役 経営戦略室長(兼)経営企画
                                     部長 経理担当
                               2007年6月      杏林製薬㈱取締役常務執行役員 経営戦
                                     略室長(兼)経営企画部長
                               2010年4月      当社取締役常務執行役員 グループ経営
                                     企画統轄部長 グループ経理財務統轄部
                                     担当
                               2010年6月      同 常務取締役 グループ経営企画統轄
        代表取締役会長          穂川 稔     1953年9月4日      生                        (注)6     24,100
                                     部長 グループ経理財務統轄部担当
                               2010年6月      杏林製薬㈱常務取締役
                               2012年6月      同 専務取締役
                               2012年6月      当社専務取締役 グループ経営企画統轄
                                     部長 グループ経理財務統轄部担当
                               2015年6月      同 代表取締役社長 グループ監査室担
                                     当
                               2015年6月      杏林製薬㈱取締役
                               2017年6月      同 代表取締役社長
                               2019年6月      同 代表取締役会長(現任)
                               2019年6月      当社代表取締役会長(現任)
                               1990年4月      杏林製薬㈱入社

                               2011年6月      当社 社長室長
                               2011年6月      同 取締役 社長室長 コーポレートコ
                                     ミュニケーション統轄部・グループ情報
                                     システム統轄部担当
                               2014年6月      杏林製薬㈱取締役
                               2015年6月      当社取締役 社長室長
        代表取締役社長
                  荻原 豊     1967年7月14日      生                        (注)6   1,867,580
                               2016年6月      同 常務取締役 社長室長
      (グループ監査室担当)
                               2016年6月      杏林製薬㈱常務取締役
                               2019年4月      当社常務取締役 経営戦略室長 グルー
                                     プ情報システム統轄部担当
                               2019年6月      同 代表取締役社長 グループ監査室担
                                     当(現任)
                               2019年6月      杏林製薬㈱取締役(現任)
                                 37/93








                                                           EDINET提出書類
                                             キョーリン製薬ホールディングス株式会社(E00985)
                                                            有価証券報告書
                                                        所有株式数
          役職名         氏名      生年月日                略歴            任期
                                                         (株)
                               1979年4月      杏林薬品㈱入社
                               2002年4月      杏林製薬㈱ ヘルスケア部長
                               2004年4月      同 製品戦略部長
                               2005年4月      同 育薬推進部長
                               2009年6月      同 執行役員
                               2011年6月      キョーリンリメディオ㈱代表取締役社長
                               2011年6月      当社執行役員
                               2012年4月      同 上席執行役員
                               2013年6月      同 取締役
                               2014年6月      杏林製薬㈱取締役
                               2015年4月      同 取締役 創薬本部副本部長(兼)わた
                                     らせ創薬センター長
                               2015年4月      キョーリンリメディオ㈱取締役
         専務取締役         荻原 茂     1956年12月29日      生                        (注)6     13,100
                               2015年6月      当社取締役 創薬戦略担当
                               2016年4月      杏林製薬㈱取締役 創薬本部長(兼)わた
                                     らせ創薬センター長
                               2016年6月      同 常務取締役 創薬本部長(兼)わたら
                                     せ創薬センター長
                               2016年6月      当社常務取締役 グループ知的財産統轄
                                     部担当
                               2017年6月      同 常務取締役 グループ知的財産統轄
                                     部・研究開発担当
                               2019年4月      杏林製薬㈱常務取締役 創薬本部長
                               2019年6月
                                     同 代表取締役社長(現任)
                               2019年6月
                                     当社専務取締役(現任)
                               1978年4月      杏林製薬㈱入社

                               2001年2月      Kyorin   USA,Inc.代表取締役社長
                               2004年4月      杏林製薬㈱ 事業開発室長(兼)法務部長
                               2005年4月      同 研究開発管理部長
                               2009年4月      同 製品戦略統括室長
                               2009年6月      同 執行役員 製品戦略統括室長
                               2014年4月      同 執行役員 開発管理部長
                               2015年4月      キョーリンメディカルサプライ㈱代表取
                                     締役社長
                               2015年4月      当社執行役員
                               2016年6月      同 取締役
                               2017年4月      同 取締役 グループ総務人事統轄部
                                     部長 人事担当
                               2017年4月      杏林製薬㈱人事部長
         常務取締役
                               2017年4月      キョーリンメディカルサプライ㈱取締役
     (グループ総務人事統轄部・グ
                               2017年6月      当社取締役 グループ総務人事統轄部
     ループ経理財務統轄部・グルー
                 阿久津 賢二      1956年3月25日      生                        (注)6     10,100
                                     部長 人事・ヘルスケア事業担当
     プ経営企画統轄部・グループ製
                               2017年6月      杏林製薬㈱取締役 人事部長
     品戦略統轄部・グループ情報シ
                               2018年6月      当社取締役 グループ総務人事統轄部
       ステム統轄部担当)
                                     長 グループ経理財務統轄部・ヘルスケ
                                     ア事業担当
                               2019年4月      杏林製薬㈱取締役
                               2019年6月      同 常務取締役(現任)
                               2019年6月      当社常務取締役 グループ総務人事統轄
                                     部長 グループ経理財務統轄部・グルー
                                     プ経営企画統轄部・グループ製品戦略統
                                     轄部・グループ情報システム統轄部担当
                               2020年4月      同 常務取締役 グループ総務人事統轄
                                     部・グループ経理財務統轄部・グループ
                                     経営企画統轄部・グループ製品戦略統轄
                                     部・グループ情報システム統轄部担当
                                     (現任)
                                 38/93



                                                           EDINET提出書類
                                             キョーリン製薬ホールディングス株式会社(E00985)
                                                            有価証券報告書
                                                        所有株式数
          役職名         氏名      生年月日                略歴            任期
                                                         (株)
                               1986年4月      杏林製薬㈱入社
                               2010年4月      同 開発研究所長
                               2013年4月      同 執行役員 信頼性保証室長
          取締役
                               2015年4月      同 執行役員 信頼性保証本部長
     (グループコンプライアンス統
                  笹原 富弥      1956年9月10日      生                        (注)6     6,000
                               2016年6月
                                     同 取締役 信頼性保証本部長(現任)
      轄部・信頼性保証担当)
                               2017年6月      当社取締役 信頼性保証担当
                               2018年6月      同 取締役 グループコンプライアンス
                                     統轄部・信頼性保証担当(現任)
                               1985年4月      杏林製薬㈱入社
                               2006年4月      同 生産本部生産技術部長
                               2008年4月      同 生産本部岡谷工場長
                               2009年4月      同 生産本部生産部長
                               2014年4月      キョーリンリメディオ㈱常務取締役
                               2015年4月      同 代表取締役社長
          取締役
                               2015年4月      当社執行役員
                 大野田 道郎      1960年8月20日      生                        (注)6     8,600
       (GE事業担当)
                               2017年6月      同 取締役
                               2018年4月
                                     キョーリンリメディオ㈱取締役(現任)
                               2018年4月      キョーリン製薬グループ工場㈱代表取締
                                     役社長(現任)
                               2018年6月
                                     杏林製薬㈱取締役(現任)
                               2019年6月
                                     当社取締役 GE事業担当(現任)
                               1983年4月      日清製粉㈱入社
                               1998年4月      日清キョーリン製薬㈱出向
                               2008年10月      杏林製薬㈱入社
                               2009年4月      同 研究開発本部創薬研究所 薬理研究
                                     部長
                               2011年4月      同 研究開発本部創薬研究所 副所長
                               2013年4月      同 執行役員 研究開発統括部長
                               2016年4月      同 上席執行役員 臨床開発センター長
          取締役
                                     (兼)研究開発管理部長
     (グループ知的財産統轄部・研            萩原 幸一郎      1959年5月1日      生
                                                     (注)6     2,100
                               2017年4月      同 上席執行役員 創薬本部副本部長
         究開発担当)
                                     (兼)臨床開発センター長
                               2018年6月      同 取締役 創薬本部副本部長(兼)臨床
                                     開発センター長
                               2018年6月      当社取締役 グループ法務統轄部・臨床
                                     開発担当
                               2019年6月      同 取締役 グループ知的財産統轄部・
                                     研究開発担当(現任)
                               2019年6月      杏林製薬㈱取締役 創薬本部長(兼)臨床
                                     開発センター長(現任)
                               1981年4月      杏林薬品㈱入社
                               2006年4月      杏林製薬㈱営業本部埼玉千葉支店長
                               2009年4月      同 営業本部東京第一支店長
                               2010年4月      同 執行役員 営業本部東京支店長
                               2012年4月      同 執行役員 営業本部長
          取締役
                               2013年4月      同 上席執行役員 営業本部長
     (グループ法務統轄部・医薬営
                  杉林 正英      1957年12月26日      生                        (注)6     9,100
                               2015年4月      当社グループ総務人事統轄部            部長
      業・ヘルスケア事業担当)
                               2015年4月      杏林製薬㈱上席執行役員 人事部長
                               2017年4月      同 上席執行役員 医薬営業本部長
                               2018年6月
                                     同 取締役 医薬営業本部長(現任)
                               2019年6月      当社取締役 グループ法務統轄部・医薬
                                     営業・ヘルスケア事業担当(現任)
                                 39/93





                                                           EDINET提出書類
                                             キョーリン製薬ホールディングス株式会社(E00985)
                                                            有価証券報告書
                                                        所有株式数
          役職名         氏名      生年月日                略歴            任期
                                                         (株)
                               1971年10月      司法試験合格
                               1974年4月      弁護士登録(第二東京弁護士会)
                               1977年3月      鹿内法律事務所(現        京橋法律事務所)
                                                     (注)
                                     開設(現任)
          取締役        鹿内 徳行      1948年7月14日      生                             2,800
                                                     2,6
                               2002年10月      慶應義塾大学評議員(現任)
                               2010年10月
                                     同 理事(現任)
                               2012年4月
                                     学校法人桜美林学園監事(現任)
                               2013年6月
                                     当社社外取締役(現任)
                               1971年4月      ㈱三越入社
                               1991年3月      同 米国三越      社長
                               1997年3月      同 国際事業部長
                               1998年3月      同 営業本部商品企画部長
                               1999年3月      同 執行役員 営業本部商品企画部長
                               2002年5月      同 取締役執行役員 営業本部副本部長
                               2004年3月      同 取締役常務執行役員 商品本部長
                               2005年3月      同 取締役常務執行役員 銀座店長
                                                     (注)
                               2008年4月      ㈱三越伊勢丹ホールディングス            常務執
          取締役        重松 健     1948年11月15日      生                             2,600
                                                     2,6
                                     行役員(兼)㈱三越       取締役
                               2009年4月      ㈱三越   取締役専務執行役員 特命担当
                               2010年4月      ㈱三越伊勢丹ホールディングス            専務執
                                     行役員(兼)㈱名古屋三越          代表取締役社
                                     長
                               2011年10月      ㈱遠藤製作所      代表取締役社長
                               2015年10月      MFSJ㈱代表取締役社長
                               2017年6月      当社社外取締役(現任)
                               1972年4月      東京女子医科大学病院内科入局

                               1998年4月      東京女子医科大学看護学部内科学助教授
                               2007年4月      淑徳大学看護学部医学系教授・学部長
                               2010年4月      学校法人大乗淑徳学園理事
                               2011年4月      淑徳大学看護栄養学部医学系教授
                               2014年11月      日本女医会東京都支部連合会会長(現任)
                                                     (注)
          取締役        渡邉 弘美      1947年7月23日      生                              300
                                                     2,6
                               2016年4月      淑徳大学大学院看護学研究科教授
                               2018年4月      社会福祉法人高齢者保健医療総合セン
                                     ター浴風会病院神経内科勤務(現任)
                               2018年6月      NPO法人     3・11甲状腺がん子ども
                                     基金理事(現任)
                               2019年6月      当社社外取締役(現任)
                               1976年4月      杏林薬品㈱入社

                               2001年4月      杏林製薬㈱野木工場長
                               2005年4月      同 執行役員 総務人事部長
                               2006年3月      当社執行役員 総務人事部長
                               2007年6月      杏林製薬㈱取締役執行役員 総務人事部
                                     長
                               2008年6月      当社取締役執行役員 総務人事部長
                               2012年6月      同 常務取締役 グループ総務人事統轄
         常勤監査役         松本 臣春      1953年8月13日      生                        (注)4     18,700
                                     部長
                               2012年6月      杏林製薬㈱常務取締役
                               2016年6月      当社専務取締役 グループ総務人事統轄
                                     部長
                               2016年6月      杏林製薬㈱専務取締役
                               2018年6月
                                     当社常勤監査役(現任)
                               2018年6月
                                     杏林製薬㈱監査役(現任)
                               1978年4月      杏林薬品㈱入社

                               2008年4月      当社法務部長
                               2008年4月      杏林製薬㈱法務部長
                               2010年4月      当社法務統轄部長
         常勤監査役         玉置 修吾      1956年3月9日      生                        (注)4     3,600
                               2016年4月      同 グループ総務人事統轄部部長
                               2016年6月
                                     杏林製薬㈱監査役(現任)
                               2018年6月      当社常勤監査役(現任)
                                 40/93


                                                           EDINET提出書類
                                             キョーリン製薬ホールディングス株式会社(E00985)
                                                            有価証券報告書
                                                        所有株式数
          役職名         氏名      生年月日                略歴            任期
                                                         (株)
                               1979年6月
                                     弁護士登録(東京弁護士会)
                               1983年5月      小幡雅二法律事務所開業・所長(現任)                (注)
          監査役        小幡 雅二      1947年6月4日      生                             3,800
                               2004年6月
                                     杏林製薬㈱社外監査役                3,4
                               2006年1月
                                     当社社外監査役(現任)
                               1981年10月      監査法人中央会計事務所入所
                               1985年2月      公認会計士登録
                               1987年9月      山口公認会計士事務所入所
                               1987年12月      税理士登録
                               1996年1月
                                     山口公認会計士事務所所長(現任)
                                                     (注)
                               2013年6月      日本公認会計士協会東京会千代田会会長
          監査役        山口 隆央      1954年9月13日      生
                                                          1,200
                                                     3,5
                               2013年6月      サトーホールディングス㈱社外監査役
                                     (現任)
                               2015年6月
                                     当社社外監査役(現任)
                               2016年3月
                                     東京建物㈱社外監査役(現任)
                               2019年3月
                                     ライオン㈱社外監査役(現任)
                               1979年4月      ㈱富士銀行入行

                               2003年4月      ㈱みずほ銀行 証券・IB部長
                               2004年5月      同 証券部長
                               2006年3月      みずほ証券㈱執行役員 米国みずほ証券
                                     社長
                               2008年4月      同 常務執行役員
                                                     (注)
          監査役        亀井 温裕      1956年2月20日      生  2010年4月      みずほキャピタルパートナーズ㈱代表取
                                                           400
                                                     3,4
                                     締役副社長
                               2011年3月      同 代表取締役社長
                               2017年12月      コバルトインベストメント㈱取締役
                               2018年6月      当社社外監査役(現任)
                               2019年6月      日清食品ホールディングス㈱社外監査役
                                     (現任)
                                         計               1,974,080
     (注) 1.当社は、執行役員制度を導入しております。
          執行役員は、以下の3名であります。
           上席執行役員 伊藤 洋  (グループ経理財務統轄部長)
           執行役員   橋爪 浩  (キョーリンリメディオ㈱代表取締役社長)
           執行役員   下川 泰幸 (グループ総務人事統轄部長)
        2.取締役鹿内 徳行、重松 健及び渡邉 弘美は、社外取締役であります。
        3.監査役小幡 雅二、山口 隆央及び亀井 温裕は、社外監査役であります。
        4.2018年6月22日開催の定時株主総会における選任後、4年以内に終了する事業年度のうち最終のものに関する
          定時株主総会の終結の時まで。
        5.2019年6月21日開催の定時株主総会における選任後、4年以内に終了する事業年度のうち最終のものに関する
          定時株主総会の終結の時まで。
        6.2020年6月19日開催の定時株主総会における選任後、1年以内に終了する事業年度のうち最終のものに関する
          定時株主総会の終結の時まで。
        ② 社外役員の状況

           当社の社外取締役は3名、社外監査役は3名であります。
           当社と社外取締役及び          社外監査役との資本的関係については、①役員一覧に記載のとおり当社株式を保有し
          ておりますが、その他に記載すべき事項はありません。人的関係、資本的関係又は取引関係その他の利害関係
          についても、記載すべき事項はありません。
           社外取締役及び社外監査役を選任するための独立性に関しては、当社グループの役職員(過去10年間含
          む)、主要株主・主要取引先及び当社グループを主要取引先とする者・当社グループから多額の金銭等を受け
          ている者(法人・団体等である場合は所属する役職員等。過去5年間含む)、これらに該当する者の配偶者又
          は二親等以内の親族(過去は含まず)、その他一般株主と利益相反が生じる恐れがあり独立した社外取締役又
          は社外監査役として職務を果たせないと合理的に判断される場合等に該当しないことを判断基準としていま
          す。なお、社外取締役 鹿内徳行、重松健、渡邉弘美の3名及び社外監査役 小幡雅二、山口隆央、亀井温裕
          の3名は、㈱東京証券取引所の定めに基づく独立役員の要件を満たしているため、独立役員として同取引所に
          届け出ております。
           当社の社外取締役及び社外監査役の選任状況については、以下のとおりであります。
                                 41/93


                                                           EDINET提出書類
                                             キョーリン製薬ホールディングス株式会社(E00985)
                                                            有価証券報告書
           社外取締役 鹿内徳行については、社外役員になること以外の方法で経営に関与したことはありませんが、
          弁護士として企業法務にも精通し、慶應義塾大学理事等の要職を務める等、その高度な専門性と豊富な経験を
          生 かして、当社及びグループ会社の経営の重要事項の決定及び業務執行の監督等に十分な機能及び役割を果た
          しております。引き続き当社グループの発展に貢献することが期待できると判断しております。
           社外取締役 重松健については、㈱三越伊勢丹ホールディングス等の役員を歴任しており、経営に関する豊
          富な経験を通じて培った幅広い見識を生かして当社及びグループ会社の経営の重要事項の決定及び業務執行の
          監督等に十分な機能及び役割を果たしております。引き続き当社グループの発展に貢献することが期待できる
          と判断しております。
           社外取締役 渡邉弘美については、社外役員になること以外の方法で経営に関与したことはありませんが、
          医師としての豊富な臨床・研究経験と看護教育で培った医療現場における幅広い見識、社会貢献活動への参加
          などの豊富な経験を有しており、               当社及びグループ会社の経営の重要事項の決定及び業務執行の監督等に十分
          な機能及び役割を果たしております。引き続き当社グループの発展に貢献することが期待できると判断してお
          ります   。
           社外監査役 小幡雅二については、弁護士として企業法務に精通しており、財務及び会計に関する相当程度
          の知見を有しているため、当該専門的見地と広い知識・経験を生かしたリーガルチェックの強化と経営監督機
          能及び役割を果たすことが期待できると判断しております。
           社外監査役 山口隆央については、公認会計士、税理士として財務及び会計に関する相当程度の知見を有し
          ており、当該専門的見地と広い知識・経験を生かし経営監督機能及び役割を果たすことが期待できると判断し
          ております。
           社外監査役 亀井温裕については、金融業界における長年の経験と広い見識を生かして、広い視野からの経
          営監督機能及び役割を果たすことが期待できると判断しております。
        ③ 社外取締役又は社外監査役による監督又は監査と内部監査、監査役監査及び会計監査との相互連携並びに内部

          統制部門との関係
           当社は監査役会設置会社であり、社外監査役を含む監査役会は、監査・監督機能を十分に発揮して、取締役
          会の意思決定にかかる透明性の確保に努めるとともに、取締役会や経営会議など重要会議への出席、重要な決
          裁書類の閲覧、グループ会社の調査など多面的な監査を行っております。
           社内監査部門は「内部監査規程」に基づき関係会社の監査を実施し、監査結果に基づいて、必要があるとき
          は、統括部署が指示、勧告または適切な指導を行っております。また、「財務報告に係る内部統制の評価及び
          報告に関する規程」に基づき、財務報告に係る内部統制の評価と報告を行い、経営者が信頼性のある内部統制
          報告書を作成できる体制を構築しています。
           監査役の監査が実効的に行われることを確保するため、監査役は当社の会計監査人から会計監査内容につい
          て説明を受け、情報の交換を行うことともに社内監査部門とも連携し、適切な意思疎通と効果的な監査業務の
          遂行を図っております。
           監査役は、重要な会議への出席のほか、監査部門、会計監査人と適宜会合を行うと共に、代表取締役、取締
          役等との面談・情報交換も実施しております。
                                 42/93








                                                           EDINET提出書類
                                             キョーリン製薬ホールディングス株式会社(E00985)
                                                            有価証券報告書
       (3)【監査の状況】
        ① 監査役監査の状況
         当社は監査役会設置会社であり、常勤監査役2名、非常勤の社外監査役3名の合計5名で構成されております。
        ▶ . 監査役の活動状況等

          各監査役の状況及び当事業年度に月1回以上の頻度で開催された監査役会への出席率は下記のとおりです。
                                                 当事業年度の監査役会

         役職名        氏名                経歴等
                                                   13回の出席率
                      当社及びグループ会社の総務・人事を中心とした管理
       議長
               松本 臣春       部門を主に担当してきており、事業及び会社経営につ                          100%(13回/13回)
       常勤監査役
                      いて豊富な経験を有しております。
                      当社及びグループ会社の法務部門での業務経験が豊富
       常勤監査役        玉置 修吾       であり、当該専門的見地と広い知識・経験を有してお                          100%(13回/13回)
                      ります。
                      弁護士として企業法務に精通しており、財務及び会計
       社外監査役        小幡 雅二                                 100%(13回/13回)
                      に関する相当程度の知見を有しております。
                      公認会計士、税理士として財務及び会計に関する相当
       社外監査役        山口 隆央                                 84.6%(11回/13回)
                      程度の知見を有しております。
                      金融業界における長年の経験と広い見識を有しており
       社外監査役        亀井 温裕                                 92.3%(12回/13回)
                      ます。
          各監査役は期初に監査役会が策定した監査方針及び監査計画に基づいて、職務分担に従い監査を実施しまし

         た。
          常勤監査役は、取締役会の他、重要な意思決定の過程及び業務の執行状況を把握するため、「経営会議」
         「コンプライアンス委員会」「リスク管理委員会」などの重要な会議に出席するとともに、内部監査部門の監査
         結果報告会の全てに出席し、内部監査の妥当性を確認するとともに業務執行の状況把握に努めました。
          また、主要な稟議書その他業務執行に関する重要な文書を閲覧し、必要に応じて役職員にその説明を求めると
         ともに、グループ会社の主要事業所の視察・往査及び業務部門との面談を実施しました。
          なお、その活動内容と監査結果は社外監査役と適時に共有しました。
          社外監査役は、何れも経営陣や特定の利害関係者の利害に偏ることの無い中立的立場で、取締役会及び監査役
         会に出席し専門的見地と広い見識を持って発言し、より広範囲からのモニタリング機能を果たしました。
          また、必要に応じてグループ会社の主要事業所への往査を実施しました。
        b.監査役会の主な検討事項

          会社の事業戦略や事業環境変化に基づいた新たな施策等に焦点を当て内部統制システムの運用状況について
         検討するとともに、業務及び財産の状況について確認し、事業報告、計算書類、連結計算書類等についても慎
         重に検討しました。また、会計監査人の監査の相当性について、その職務の執行状況に基づいて検討しました。
        c.監査環境の整備

          役職員が法令・定款に違反する行為などを知った場合は、直ちに監査役に通報する体制をとっており、役職員
         との緊密な連携と監査に対する理解を深めることにより、監査役監査の効率化への環境整備に努めております。
          また、主に総務部門が監査役の業務補助を行う体制をとっております。加えて監査役専任スタッフ1名を置
         いており、その人事は取締役と監査役が調整し独立性に配慮しております。
        ② 内部監査の状況

         内部監査につきましては通常の業務部門とは独立した社長直轄の監査室(6名)が年度ごとに作成する「監査計
        画」に基づき、当社及びグループ会社の経営活動における法令順守状況と内部統制の有効性・効率性について定期
        的に検討・評価しております。内部監査の過程で確認された問題点、改善点等は直接社長へ報告するとともに改善
        のための提言を行っております。
         また、財務報告に係る内部統制の評価部署として、予め定めた評価範囲を対象にその統制の整備状況・運用状況
        の有効性を評価し、社長へ報告を行っております。
         監査役の監査が実効的に行われることを確保するため、監査役は当社の会計監査人から会計監査内容について説
        明を受け、情報の交換を行うとともに社内監査部門とも連携し、適切な意思疎通と効果的な監査業務の遂行を図っ
        ております。
                                 43/93


                                                           EDINET提出書類
                                             キョーリン製薬ホールディングス株式会社(E00985)
                                                            有価証券報告書
        ③ 会計監査の状況
        a.監査法人の名称
          EY新日本有限責任監査法人
        b.継続監査期間

          2004年以降。
          2003年以前の調査が著しく困難なため、継続監査期間は上記以前の可能性があります。
        c.業務を執行した公認会計士

          指定有限責任社員 業務執行社員 白羽 龍三
          指定有限責任社員 業務執行社員 春日 淳志
        d.監査業務に係る補助者の構成

          当社の会計監査業務に係る補助者は、公認会計士6名、会計士試験合格者等12名、その他9名であります。
        e.監査法人の選定方針と理由

          監査役会は、監査法人について当社の経理財務部門及び内部監査部門並びに会計監査人から、その独立性・監
         査体制・監査の実施状況や品質等に関する情報を収集し、総合的に検討した上で選定します。
          その結果、EY新日本有限責任監査法人を当社及びグループ会社の適正な監査を行う上で適任であると判断し、
         選定いたしました。
          なお、監査役会は、会計監査人が会社法第340条第1項各号に定める項目に該当すると認められる場合は、監
         査役全員の同意に基づき、会計監査人を解任します。この場合、監査役会が選定した監査役が、解任後最初に招
         集される株主総会において、会計監査人を解任した旨と解任の理由を報告いたします。
          また、監査役会は、会計監査人が職務を適切に執行することが困難であると認められる場合、その他必要と判
         断される場合には、会計監査人の解任または不再任に関する議案の内容を決定し、取締役会は当該決定に基づ
         き、当該議案を株主総会に提出いたします。
        f.監査役及び監査役会による監査法人の評価

          監査役及び監査役会は、会計監査人に対して評価を行っております。この評価については、会計監査人が独立
         の立場を保持し、かつ、適正な監査を実施しているかを監視及び検証するとともに、会計監査人からその職務の
         執行状況について報告を受け、必要に応じて説明を求めました。また、会計監査人から「職務の遂行が適正に行
         われることを確保するための体制」(会社計算規則第131条各号に掲げる事項)を「監査に関する品質管理基
         準」(平成17年10月28日企業会計審議会)等に従って整備している旨の通知を受け、必要に応じて説明を求めま
         した。その結果、監査の方法及び結果は相当であると認めました。
                                 44/93









                                                           EDINET提出書類
                                             キョーリン製薬ホールディングス株式会社(E00985)
                                                            有価証券報告書
        ④ 監査報酬の内容等
        a.監査公認会計士等に対する報酬
                      前連結会計年度                       当連結会計年度
         区分
               監査証明業務に基づく           非監査業務に基づく報           監査証明業務に基づく           非監査業務に基づく報
               報酬(百万円)           酬(百万円)           報酬(百万円)           酬(百万円)
                        24           -           23           -

      提出会社
      連結子会社                  28           -           28           -

                        52           -           52           -

         計
        b.監査公認会計士等と同一のネットワーク(Ernst&Young及びEY税理士法人)に対する報酬(                                           a.  を除く)

                      前連結会計年度                       当連結会計年度
         区分
               監査証明業務に基づく           非監査業務に基づく報           監査証明業務に基づく           非監査業務に基づく報
               報酬(百万円)           酬(百万円)           報酬(百万円)           酬(百万円)
                        -            5           -            ▶

      提出会社
      連結子会社                  -            2           -            1

                        -            8           -            5

         計
         (前連結会計年度)

           当社及び連結子会社における非監査業務の内容は、移転価格税制等に関する助言・指導業務です。
         (当連結会計年度)
           当社における非監査業務の内容は、連結納税制度導入及び移転価格税制等に関する助言・指導業務です。
          連結子会社における非監査業務の内容は、移転価格税制等に関する助言・指導業務です。
        c.その他の重要な監査証明業務に基づく報酬の内容

          該当事項はありません。
        d.監査報酬の決定方針

          会社の規模・特性、監査日数等を勘案した上で、監査法人と協議のうえ、監査報酬を決定しております。
        e.監査役会が会計監査人の報酬等に同意した理由

          監査役会は、監査計画の適切性・妥当性、会計監査の職務遂行状況及び報酬見積もりの算出根拠等を総合的に
         検討した上で、会計監査人の報酬等の額について同意の判断をいたしました。
                                 45/93








                                                           EDINET提出書類
                                             キョーリン製薬ホールディングス株式会社(E00985)
                                                            有価証券報告書
       (4)【役員の報酬等】
          ①役員の報酬等の額又はその算定方法の決定に関する方針に係る事項
           当社グループの持続的かつ安定的な成長による企業価値向上に寄与する報酬とすることを基本方針とし、具
          体的には金銭を給付する「基本報酬」と当社株式等を給付する「株式報酬」の2つの報酬で構成しておりま
          す。
           「基本報酬」は経済・社会の情勢及び世間水準を背景に役位ごとに適切な給付水準を定めるとともに、会社
          の状況とそれに対する各役員の成果責任を反映させる報酬体系とし、「株式報酬」は中期経営計画の期間を対
          象に、毎年、会社及び各役員の業績に連動する株式給付ポイントを付与し、当該期間終了後に累積ポイントに
          応じて株式等を給付することとしております。中長期の業績の安定及び向上を重視する観点から、「株式報
          酬」の割合が過度にならないよう、最大でも10%となるように設定しております。
           報酬等の額については、株主総会でそれぞれ決議された報酬等の限度内において、独立社外取締役が過半数
          を占める任意の「報酬・指名に関する委員会」にてモニタリングを受けた後、取締役会の決議により決定して
          おります。業績に連動する「株式報酬」の算定にあたっては、成長性や収益性の指標として当該年度の売上高
          (連結)や当期純利益(連結)の目標達成度を定量的な指標とし、また、各役員の業績を定性的な指標として
          加味し、株式給付ポイントを算定しております。定量的指標である連結業績は前期決算発表時に公表する連結
          業績予想数値を目標とし、定性的指標については中長期的な視点を踏まえ、中期経営計画に連動して毎年立案
          する実行プログラムを目標としております。
           社外取締役及び監査役については、経営の監督機能を十分に機能させるため、「基本報酬」は変動しない固
          定報酬とし、「株式報酬」は対象外としております。
           当社の役員の報酬等に関する株主総会の決議については、2006年6月22日開催の定時株主総会において取締
          役及び監査役の報酬等の額改定が決議されております。内容は、取締役の年額を500百万円以内・監査役の年
          額を60百万円以内(ただし、連結子会社からの報酬や使用人部分の給与等を除く)とするもので、当該定めに
          係る員数は取締役11名・監査役5名となっております。また、2016年6月24日開催の定時株主総会において業
          績連動型株式報酬制度の導入が決議されております。内容は、「第4                                提出会社の状況 1          株式等の状況 
          (8)    役員・従業員株式所有制度の内容 2.業績連動型株式報酬制度」に記載のとおりであり、本制度の
          詳細につきましては、給付する予定の株式の総額の枠内で、取締役会に一任いただいております。当該定めに
          係る員数は取締役8名となっております。
          ②役員区分ごとの報酬等の総額、報酬等の種類別の総額及び対象となる役員の員数

                                 報酬等の種類別の総額(百万円)
                                                   対象となる
                         報酬等の総額
                                                   役員の員数
               役員区分
                          (百万円)
                                                    (名)
                                   基本報酬         株式報酬
          取締役
                              250         238         11         9
          (社外取締役を除く)
          監査役
                              33         33         -         2
          (社外監査役を除く)
                              49         49         -         7

          社外役員
          (注)1.上記報酬額等の額と員数には、2019年6月21日開催の第61回定時株主総会終結の時をもって退任し

               た取締役2名を含んでおります。
             2.使用人兼務役員の使用人分給与のうち重要なもの
               該当事項はありません。
                                 46/93






                                                           EDINET提出書類
                                             キョーリン製薬ホールディングス株式会社(E00985)
                                                            有価証券報告書
       (5)【株式の保有状況】
        ① 投資株式の区分の基準及び考え方
          当社は、パートナー相互の信頼関係を醸成し、取引・技術提携等を円滑にする目的で保有するものを純投資目
         的以外の目的である投資株式、専ら株式の価値の変動又は株式に係る配当によって利益を受けることを目的で保
         有するものを純投資目的である投資株式として区分しております。
        ② 当社及び連結子会社のうち、投資株式の貸借対照表計上額(投資株式計上額)が最も大きい会社(最大保有会

          社)である杏林製薬㈱について
          a.保有目的が純投資目的以外の目的である投資株式
          イ.保有方針及び保有の合理性を検証する方法並びに個別銘柄の保有の適否に関する取締役会等における検証
            の内容
            純投資目的以外の目的である投資株式に関しまして、パートナー相互の信頼関係を醸成し、取引・技術提
           携等を円滑にする目的で保有するものであり、当該投資先企業の状況についてはモニタリングを行い、取引
           内容、配当利回り等を確認した上で、定期的に取締役会に報告し、当社の持続成長や企業価値向上の観点か
           ら保有の適否を総合的に検証しております。
            保有意義に乏しいと判断した株式については、随時、投資先企業と対話を行ったうえで縮減を図っており
           ます。2019年度は、保有株式の売却はありませんでした。
          ロ.投資株式のうち保有目的が純投資目的以外の目的であるものの銘柄数及び貸借対照表計上額の合計額

                   銘柄数       貸借対照表計上額の
                  (銘柄)        合計額(百万円)
                      10             611

     非上場株式
                      14           20,560
     非上場株式以外の株式
     (当事業年度において株式数が増加した銘柄)

      該当事項はありません。
     (当事業年度において株式数が減少した銘柄)

      該当事項はありません。
          ハ.保有目的が純投資目的以外の目的である投資株式の銘柄ごとの株式数、貸借対照表計上額等に関する情報

            特定投資株式
                 当事業年度         前事業年度
                 株式数(株)         株式数(株)           保有目的、定量的な保有効果                 当社の株式の
         銘柄
                                     及び株式数が増加した理由                 保有の有無
                貸借対照表計上額         貸借対照表計上額
                 (百万円)         (百万円)
                                  取引・業務提携関係の維持・発展のため
                   1,812,000         1,812,000
     小野薬品工業株式会                             に保有するものであり、当社の持続成長
                                                        有
     社                             や企業価値向上の観点から総合的に保有
                     4,504         3,930
                                  の適否を検証しております
                                 47/93






                                                           EDINET提出書類
                                             キョーリン製薬ホールディングス株式会社(E00985)
                                                            有価証券報告書
                 当事業年度         前事業年度

                 株式数(株)         株式数(株)
                                     保有目的、定量的な保有効果                 当社の株式の
         銘柄
                                     及び株式数が増加した理由                 保有の有無
                貸借対照表計上額         貸借対照表計上額
                 (百万円)         (百万円)
                                  取引・業務提携関係の維持・発展のため
                    852,500         852,500
                                  に保有するものであり、当社の持続成長
     科研製薬株式会社                                                   有
                                  や企業価値向上の観点から総合的に保有
                     4,288         4,288
                                  の適否を検証しております
                                  取引関係の維持・発展のために保有する
                    400,000         400,000
     株式会社アインホー                             ものであり、当社の持続成長や企業価値
                                                        無
     ルディングス                             向上の観点から総合的に保有の適否を検
                     2,540         3,328
                                  証しております
                                  取引・業務提携関係の維持・発展のため
                   1,098,075         1,098,075
     株式会社日清製粉グ                             に保有するものであり、当社の持続成長
                                                        有
     ループ本社                             や企業価値向上の観点から総合的に保有
                     1,978         2,789
                                  の適否を検証しております
                                  取引・業務提携関係の維持・発展のため
                    286,100         286,100
     株式会社ヤクルト本                             に保有するものであり、当社の持続成長
                                                        有
     社                             や企業価値向上の観点から総合的に保有
                     1,828         2,214
                                  の適否を検証しております
                                  取引関係の維持・発展のために保有する
                    638,372         638,372
     アルフレッサ ホー
                                  ものであり、当社の持続成長や企業価値
     ルディングス株式会                                                   有
                                  向上の観点から総合的に保有の適否を検
     社
                     1,285         2,010
                                  証しております
                                  取引・業務提携関係の維持・発展のため
                    454,000         454,000
     キッセイ薬品工業株                             に保有するものであり、当社の持続成長
                                                        有
     式会社                             や企業価値向上の観点から総合的に保有
                     1,262         1,315
                                  の適否を検証しております
                                  取引関係の維持・発展のために保有する
                    431,280         431,280
     株式会社メディパル                             ものであり、当社の持続成長や企業価値
                                                        有
     ホールディングス                             向上の観点から総合的に保有の適否を検
                      870        1,134
                                  証しております
                                  取引関係の維持・発展のために保有する
                    374,980         374,980
     東邦ホールディング                             ものであり、当社の持続成長や企業価値
                                                        有
     ス株式会社                             向上の観点から総合的に保有の適否を検
                      850        1,036
                                  証しております
                                  取引関係の維持・発展のために保有する
                    603,200         603,200
     株式会社バイタル
                                  ものであり、当社の持続成長や企業価値
     ケーエスケー・ホー                                                   有
                                  向上の観点から総合的に保有の適否を検
     ルディングス
                      661         658
                                  証しております
                                  取引関係の維持・発展のために保有する
                     58,731         58,731
                                  ものであり、当社の持続成長や企業価値
     株式会社スズケン                                                   有
                                  向上の観点から総合的に保有の適否を検
                      231         376
                                  証しております
                                 48/93




                                                           EDINET提出書類
                                             キョーリン製薬ホールディングス株式会社(E00985)
                                                            有価証券報告書
                 当事業年度         前事業年度

                 株式数(株)         株式数(株)
                                     保有目的、定量的な保有効果                 当社の株式の
         銘柄
                                     及び株式数が増加した理由                 保有の有無
                貸借対照表計上額         貸借対照表計上額
                 (百万円)         (百万円)
                                  財務面での長期的な取引関係維持のため
                   1,143,560         1,143,560
     株式会社みずほフィ                             に保有するものであり、当社の持続成長
                                                        有
     ナンシャルグループ                             や企業価値向上の観点から総合的に保有
                      141         195
                                  の適否を検証しております
                                  取引関係の維持・発展のために保有する
                    123,800         123,800
     株式会社ほくやく・
                                  ものであり、当社の持続成長や企業価値
     竹山ホールディング                                                   有
                                  向上の観点から総合的に保有の適否を検
     ス
                       88         94
                                  証しております
                                  取引関係の維持・発展のために保有する
                     53,000         53,000
     株式会社イナリサー                             ものであり、当社の持続成長や企業価値
                                                        無
     チ                             向上の観点から総合的に保有の適否を検
                       29         36
                                  証しております
     (注)定量的な保有効果の開示は困難であるため、保有の合理性を検証した方法を記載しております。
          b.保有目的が純投資目的である投資株式

            該当事項はありません。
        ③ 提出会社の株式の保有状況については以下のとおりです。

          a.保有目的が純投資目的以外の目的である投資株式
            該当事項はありません。
          b.保有目的が純投資目的である投資株式

            該当事項はありません。
                                 49/93










                                                           EDINET提出書類
                                             キョーリン製薬ホールディングス株式会社(E00985)
                                                            有価証券報告書
     第5【経理の状況】
      1.連結財務諸表及び財務諸表の作成方法について
       (1)当社の連結財務諸表は、「連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和51年大蔵省令第28号)
        に基づいて作成しております。
       (2)当社の財務諸表は、「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和38年大蔵省令第59号。以下

        「財務諸表等規則」という。)に基づいて作成しております。
         また、当社は、特例財務諸表提出会社に該当し、財務諸表等規則第127条の規定により財務諸表を作成しており
        ます。
      2.監査証明について

        当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、連結会計年度(2019年4月1日から2020年3月31日
       まで)の連結財務諸表及び事業年度(2019年4月1日から2020年3月31日まで)の財務諸表について、EY新日本有限
       責任監査法人による監査を受けております。
      3.連結財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組みについて

        当社は、連結財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組みを行っております。具体的には、会計基準等の内
       容を適切に把握し、会計基準等の変更等について的確に対応することができる体制を整備するため、公益財団法人財
       務会計基準機構へ加入し、公益財団法人財務会計基準機構等の行う研修への参加をしております。
                                 50/93














                                                           EDINET提出書類
                                             キョーリン製薬ホールディングス株式会社(E00985)
                                                            有価証券報告書
      1【連結財務諸表等】
       (1)【連結財務諸表】
        ①【連結貸借対照表】
                                                   (単位:百万円)
                                  前連結会計年度              当連結会計年度
                                 (2019年3月31日)              (2020年3月31日)
      資産の部
       流動資産
                                         32,007              31,925
         現金及び預金
                                         52,635              47,449
         受取手形及び売掛金
                                           501              993
         有価証券
                                         12,924              17,913
         商品及び製品
                                         3,198              6,190
         仕掛品
                                         9,297              9,179
         原材料及び貯蔵品
                                         4,384              3,446
         その他
                                          △ 45             △ 40
         貸倒引当金
                                        114,904              117,058
         流動資産合計
       固定資産
         有形固定資産
                                         31,877              32,391
          建物及び構築物
                                       ※2 △ 17,819            ※2 △ 18,727
            減価償却累計額
            建物及び構築物(純額)                             14,058              13,664
          機械装置及び運搬具                               21,846              23,511
                                       ※2 △ 18,480            ※2 △ 19,295
            減価償却累計額
            機械装置及び運搬具(純額)                              3,366              4,215
          土地                               2,093              2,104
                                           635              926
          リース資産
                                         △ 468             △ 525
            減価償却累計額
            リース資産(純額)                               167              401
                                           644              915
          建設仮勘定
                                         8,731              9,120
          その他
                                       ※2 △ 7,268            ※2 △ 7,700
            減価償却累計額
            その他(純額)                              1,462              1,419
                                         21,792              22,721
          有形固定資産合計
         無形固定資産
                                         3,401              3,332
          その他
                                         3,401              3,332
          無形固定資産合計
         投資その他の資産
                                        ※1 29,799             ※1 25,868
          投資有価証券
                                            ▶              3
          長期貸付金
                                         1,529               714
          繰延税金資産
                                           88              -
          退職給付に係る資産
                                         1,559              1,505
          その他
                                          △ 44             △ 44
          貸倒引当金
          投資その他の資産合計                               32,936              28,047
                                         58,130              54,102
         固定資産合計
                                        173,034              171,160
       資産合計
                                 51/93





                                                           EDINET提出書類
                                             キョーリン製薬ホールディングス株式会社(E00985)
                                                            有価証券報告書
                                                   (単位:百万円)

                                  前連結会計年度              当連結会計年度
                                 (2019年3月31日)              (2020年3月31日)
      負債の部
       流動負債
                                         11,441               9,776
         支払手形及び買掛金
                                         20,932              10,400
         短期借入金
                                           80              141
         リース債務
                                           815             1,414
         未払法人税等
                                         2,241              2,334
         賞与引当金
                                           48              25
         返品調整引当金
                                         5,919              7,235
         その他
                                         41,480              31,328
         流動負債合計
       固定負債
                                         2,634              12,514
         長期借入金
                                           376              538
         リース債務
                                         2,064               201
         繰延税金負債
                                           11              36
         株式給付引当金
         退職給付に係る負債                                 2,485              3,140
                                           587              690
         その他
                                         8,159              17,121
         固定負債合計
                                         49,639              48,449
       負債合計
      純資産の部
       株主資本
                                           700              700
         資本金
                                         4,752              4,752
         資本剰余金
                                        128,999              130,788
         利益剰余金
                                        △ 17,707             △ 17,706
         自己株式
                                        116,744              118,534
         株主資本合計
       その他の包括利益累計額
                                         8,925              6,922
         その他有価証券評価差額金
                                           56              36
         為替換算調整勘定
                                        △ 2,331             △ 2,782
         退職給付に係る調整累計額
                                         6,651              4,176
         その他の包括利益累計額合計
                                        123,395              122,710
       純資産合計
                                        173,034              171,160
      負債純資産合計
                                 52/93









                                                           EDINET提出書類
                                             キョーリン製薬ホールディングス株式会社(E00985)
                                                            有価証券報告書
        ②【連結損益計算書及び連結包括利益計算書】
         【連結損益計算書】
                                                   (単位:百万円)
                                  前連結会計年度              当連結会計年度
                                (自 2018年4月1日              (自 2019年4月1日
                                 至 2019年3月31日)               至 2020年3月31日)
                                        113,620              109,983
      売上高
                                         56,210              52,950
      売上原価
                                         57,409              57,032
      売上総利益
                                      ※1 , ※2 48,436           ※1 , ※2 49,528
      販売費及び一般管理費
                                         8,972              7,503
      営業利益
      営業外収益
                                           32              28
       受取利息
                                           382              399
       受取配当金
                                           36              19
       持分法による投資利益
                                           54              106
       為替差益
                                           138              108
       補助金収入
                                           154              137
       その他
                                           798              801
       営業外収益合計
      営業外費用
                                           64              75
       支払利息
                                           14              15
       減価償却費
                                           245               -
       自己株式取得費用
                                            8              37
       その他
                                           332              128
       営業外費用合計
                                         9,438              8,175
      経常利益
      特別利益
                                          ※3 14             ※3 19
       固定資産売却益
                                           52              104
       投資有価証券売却益
                                           66              123
       特別利益合計
      特別損失
                                         ※4 121             ※4 43
       固定資産除売却損
                                           23              -
       投資有価証券売却損
                                            0              -
       投資有価証券評価損
                                           145               43
       特別損失合計
                                         9,359              8,255
      税金等調整前当期純利益
                                         2,004              2,085
      法人税、住民税及び事業税
                                           485               20
      法人税等調整額
                                         2,490              2,106
      法人税等合計
                                         6,869              6,149
      当期純利益
                                         6,869              6,149
      親会社株主に帰属する当期純利益
                                 53/93







                                                           EDINET提出書類
                                             キョーリン製薬ホールディングス株式会社(E00985)
                                                            有価証券報告書
         【連結包括利益計算書】
                                                  (単位:百万円)
                                  前連結会計年度              当連結会計年度
                                (自 2018年4月1日              (自 2019年4月1日
                                 至 2019年3月31日)               至 2020年3月31日)
                                         6,869              6,149
      当期純利益
      その他の包括利益
                                        △ 1,169             △ 1,982
       その他有価証券評価差額金
                                          △ 27             △ 19
       為替換算調整勘定
                                           46             △ 451
       退職給付に係る調整額
                                           △ 6             △ 21
       持分法適用会社に対する持分相当額
                                       ※1 △ 1,157            ※1 △ 2,474
       その他の包括利益合計
                                         5,711              3,674
      包括利益
      (内訳)
                                         5,711              3,674
       親会社株主に係る包括利益
                                           -              -
       非支配株主に係る包括利益
                                 54/93















                                                           EDINET提出書類
                                             キョーリン製薬ホールディングス株式会社(E00985)
                                                            有価証券報告書
        ③【連結株主資本等変動計算書】
          前連結会計年度(自 2018年4月1日 至 2019年3月31日)
                                                      (単位:百万円)
                                     株主資本
                    資本金        資本剰余金         利益剰余金         自己株式        株主資本合計
     当期首残高
                        700        4,752        152,542         △ 2,506        155,489
     当期変動額
      剰余金の配当                                 △ 5,081                △ 5,081
      親会社株主に帰属する当期
                                        6,869                 6,869
      純利益
      自己株式の取得                                          △ 40,838        △ 40,838
      自己株式の処分                                            306         306
      自己株式の消却                                 △ 25,330         25,330          -
      株主資本以外の項目の当期
      変動額(純額)
     当期変動額合計                   -         -      △ 23,542        △ 15,201        △ 38,744
     当期末残高                   700        4,752        128,999        △ 17,707        116,744
                              その他の包括利益累計額

                                                      純資産合計
                  その他有価証券評価                 退職給付に係る調整         その他の包括利益累
                           為替換算調整勘定
                  差額金                 累計額         計額合計
     当期首残高                  10,101          83      △ 2,377         7,808        163,297
     当期変動額
      剰余金の配当                                                   △ 5,081
      親会社株主に帰属する当期
                                                          6,869
      純利益
      自己株式の取得                                                  △ 40,838
      自己株式の処分
                                                          306
      自己株式の消却                                                     -
      株主資本以外の項目の当期
                      △ 1,175         △ 27         46      △ 1,157        △ 1,157
      変動額(純額)
     当期変動額合計                 △ 1,175         △ 27         46      △ 1,157       △ 39,902
     当期末残高                  8,925          56      △ 2,331         6,651        123,395
                                 55/93








                                                           EDINET提出書類
                                             キョーリン製薬ホールディングス株式会社(E00985)
                                                            有価証券報告書
          当連結会計年度(自 2019年4月1日 至 2020年3月31日)
                                                      (単位:百万円)
                                     株主資本
                    資本金        資本剰余金         利益剰余金         自己株式        株主資本合計
     当期首残高                   700        4,752        128,999        △ 17,707        116,744
     当期変動額
      剰余金の配当                                 △ 4,361                △ 4,361
      親会社株主に帰属する当期
                                        6,149                 6,149
      純利益
      自己株式の取得
                                                  △ 0        △ 0
      自己株式の処分                                             1         1
      自己株式の消却                                                     -
      株主資本以外の項目の当期
      変動額(純額)
     当期変動額合計
                         -         -       1,788          1       1,789
     当期末残高                   700        4,752        130,788        △ 17,706        118,534
                              その他の包括利益累計額

                                                      純資産合計
                  その他有価証券評価                 退職給付に係る調整         その他の包括利益累
                           為替換算調整勘定
                  差額金                 累計額         計額合計
     当期首残高                  8,925          56      △ 2,331         6,651        123,395
     当期変動額
      剰余金の配当                                                   △ 4,361
      親会社株主に帰属する当期
                                                          6,149
      純利益
      自己株式の取得                                                    △ 0
      自己株式の処分                                                     1
      自己株式の消却
                                                           -
      株主資本以外の項目の当期
                      △ 2,003         △ 19       △ 451       △ 2,474        △ 2,474
      変動額(純額)
     当期変動額合計                 △ 2,003         △ 19       △ 451       △ 2,474         △ 684
     当期末残高
                       6,922          36      △ 2,782         4,176        122,710
                                 56/93








                                                           EDINET提出書類
                                             キョーリン製薬ホールディングス株式会社(E00985)
                                                            有価証券報告書
        ④【連結キャッシュ・フロー計算書】
                                                   (単位:百万円)
                                  前連結会計年度              当連結会計年度
                                (自 2018年4月1日              (自 2019年4月1日
                                 至 2019年3月31日)               至 2020年3月31日)
      営業活動によるキャッシュ・フロー
                                         9,359              8,255
       税金等調整前当期純利益
                                         2,940              3,221
       減価償却費
       貸倒引当金の増減額(△は減少)                                   △ 1             △ 5
       賞与引当金の増減額(△は減少)                                  △ 139               94
       退職給付に係る資産の増減額(△は増加)                                   599              199
       退職給付に係る負債の増減額(△は減少)                                  △ 139             △ 106
       持分法による投資損益(△は益)                                   △ 36             △ 19
       債務保証損失引当金の増減額(△は減少)                                  △ 428               -
                                         △ 415             △ 428
       受取利息及び受取配当金
                                           64              75
       支払利息
                                           245               -
       自己株式取得費用
       固定資産除売却損益(△は益)                                   107               24
       投資有価証券売却損益(△は益)                                   △ 28             △ 104
       投資有価証券評価損益(△は益)                                    0              -
       売上債権の増減額(△は増加)                                 △ 4,773              5,185
       たな卸資産の増減額(△は増加)                                 △ 2,112             △ 7,863
       仕入債務の増減額(△は減少)                                  1,175             △ 1,664
       未払消費税等の増減額(△は減少)                                   349             △ 101
                                        △ 3,309              2,129
       その他
                                         3,459              8,892
       小計
                                           422              436
       利息及び配当金の受取額
                                          △ 64             △ 75
       利息の支払額
                                        △ 3,476             △ 1,513
       法人税等の支払額
                                           340             7,739
       営業活動によるキャッシュ・フロー
      投資活動によるキャッシュ・フロー
                                         △ 622             △ 954
       定期預金の預入による支出
                                           659              622
       定期預金の払戻による収入
                                        △ 2,170             △ 2,624
       有形固定資産の取得による支出
                                           23              26
       有形固定資産の売却による収入
                                        △ 2,199              △ 593
       無形固定資産の取得による支出
                                         △ 620             △ 100
       投資有価証券の取得による支出
                                         19,997                804
       投資有価証券の売却及び償還による収入
                                         △ 129             △ 123
       その他
                                         14,939              △ 2,943
       投資活動によるキャッシュ・フロー
      財務活動によるキャッシュ・フロー
       短期借入金の純増減額(△は減少)                                  19,975             △ 10,000
       ファイナンス・リース債務の返済による支出                                  △ 104             △ 118
                                           303             10,180
       長期借入れによる収入
                                        △ 1,582              △ 832
       長期借入金の返済による支出
       自己株式の純増減額(△は増加)                                 △ 40,839                △ 0
                                        △ 5,068             △ 4,346
       配当金の支払額
                                        △ 27,315              △ 5,117
       財務活動によるキャッシュ・フロー
                                          △ 22             △ 22
      現金及び現金同等物に係る換算差額
      現金及び現金同等物の増減額(△は減少)                                  △ 12,057               △ 343
      現金及び現金同等物の期首残高                                   42,971              30,914
                                           -             △ 61
      連結除外に伴う現金及び現金同等物の減少額
                                        ※1 30,914             ※1 30,509
      現金及び現金同等物の期末残高
                                 57/93




                                                           EDINET提出書類
                                             キョーリン製薬ホールディングス株式会社(E00985)
                                                            有価証券報告書
        【注記事項】
         (連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項)
      1.連結の範囲に関する事項
         連結子会社数………         6 社
         会社名:杏林製薬㈱
             キョーリンメディカルサプライ㈱
             Kyorin        Europe    GmbH
             ActivX        Biosciences,Inc.
             キョーリンリメディオ㈱
             キョーリン製薬グループ工場㈱
               なお、当連結会計年度において、連結子会社であった                          Kyorin    USA,Inc.は     解散を決議したことによ
              り、連結財務諸表に重要な影響を及ぼさないことから、                          連結の範囲から除外し、非連結子会社として
              おります。
      2.持分法の適用に関する事項
         持分法適用の関連会社数……             1 社
         会社名:日本理化学薬品㈱
      3.連結子会社の事業年度等に関する事項

          連結子会社のうち、Kyorin             Europe    GmbH、ActivX       Biosciences,Inc.の決算日は12月31日であります。
          連結財務諸表の作成にあたっては、同決算日現在の財務諸表を使用し、連結決算日との間に生じた重要な取
         引については、連結上必要な調整を行っております。
      4.会計方針に関する事項

        (1)重要な資産の評価基準及び評価方法
         ①  有価証券
         イ その他有価証券で時価のあるもの
           決算日の市場価格等に基づく時価法(評価差額は全部純資産直入法により処理し、売却原価は移動平均法
          により算定)
         ロ その他有価証券で時価のないもの
           移動平均法による原価法
         ②  たな卸資産
         イ 商品及び製品、仕掛品、原材料及び貯蔵品の一部(見本品)
           主に総平均法による原価法(貸借対照表価額は収益性の低下に基づく簿価切下げの方法により算定)
         ロ 貯蔵品
           最終仕入原価法
        (2)重要な減価償却資産の減価償却方法
         ①  有形固定資産(リース資産を除く)
          定額法
          なお、主な耐用年数は次のとおりです。
          建物及び構築物    3~50年
          機械装置及び運搬具  4~17年
         ②  無形固定資産(リース資産を除く)
          定額法
          なお、自社利用のソフトウェアについては、社内における利用可能期間(3~5年)による定額法を採用し
          ております。
         ③  リース資産
          リース期間を耐用年数とし、残存価額を零とする定額法を採用しております。
                                 58/93





                                                           EDINET提出書類
                                             キョーリン製薬ホールディングス株式会社(E00985)
                                                            有価証券報告書
        (3)重要な引当金の計上基準
         ①  貸倒引当金
           売掛債権等の貸倒れによる損失に備えるため、一般債権については貸倒実績率により、貸倒懸念債権等特
          定の債権については個別に回収可能性を勘案し、回収不能見込額を計上しております。
         ②  賞与引当金
           従業員に対して支給する賞与の支出に充てるため、支給見込額に基づき計上しております。
         ③  返品調整引当金
           当連結会計年度中の売上の販売製商品が当連結会計年度末日後に返品されることによって生ずる損失に備
          えるため、当連結会計年度末の売上債権を基礎として返品見込額の売買利益相当額を計上しております。
         ④  株式給付引当金
           株式給付信託(J-ESOP)による当社株式の給付に備えるため、株式給付規程に基づき、従業員に割
          り当てられたポイントに応じた当社株式及び金銭の給付見込額を計上しております。
           株式給付信託(Board          Benefit    Trust)による当社株式の給付に備えるため、役員株式給付制度規程に基
          づき、グループ役員に割り当てられたポイントに応じた当社株式及び金銭の給付見込額を計上しておりま
          す。
        (4)退職給付に係る会計処理の方法
         ①  退職給付見込額の期間帰属方法
           退職給付債務の算定にあたり、退職給付見込額を当連結会計年度末までの期間に帰属させる方法について
          は、給付算定式基準によっております。
         ②  数理計算上の差異及び過去勤務費用の費用処理方法
           過去勤務費用は、その発生時における従業員の平均残存勤務期間以内の一定の年数(10年)による定額法
          により費用処理しております。
           数理計算上の差異は、各連結会計年度の発生時における従業員の平均残存勤務期間以内の一定の年数(                                               10
          年)による定額法により按分した額をそれぞれ発生の翌連結会計年度から費用処理しております。
         ③  未認識数理計算上の差異及び未認識過去勤務費用の会計処理方法
           未認識数理計算上の差異及び未認識過去勤務費用については、税効果を調整の上、純資産の部におけるそ
          の他の包括利益累計額の退職給付に係る調整累計額に計上しております。
        (5)重要な外貨建の資産又は負債の本邦通貨への換算の基準
           在外子会社の資産及び負債は、決算日の直物為替相場により円貨に換算し、収益及び費用は期中平均相場
          により円貨に換算し、換算差額は純資産の部における為替換算調整勘定に含めて計上しております。
        (6)連結キャッシュ・フロー計算書における資金の範囲
           手許現金、随時引き出し可能な預金及び容易に換金可能であり、かつ、価値の変動について僅少なリスク
          しか負わない取得日から3ヶ月以内に償還期限の到来する短期投資からなっております。
        (7)その他連結財務諸表作成のための重要な事項
          消費税等の会計処理
           税抜方式によっております。
                                 59/93








                                                           EDINET提出書類
                                             キョーリン製薬ホールディングス株式会社(E00985)
                                                            有価証券報告書
         (未適用の会計基準等)
          ・「収益認識に関する会計基準」(企業会計基準第29号 2018年3月30日 企業会計基準委員会)
          ・「収益認識に関する会計基準の適用指針」(企業会計基準適用指針第30号 2018年3月30日 企業会計基
           準委員会)
          (1)概要

            国際会計基準審議会(IASB)及び米国財務会計基準審議会(FASB)は、共同して収益認識に関する包括
           的な会計基準の開発を行い、2014年5月に「顧客との契約から生じる収益」(IASBにおいてはIFRS第15
           号、FASBにおいてはTopic606)を公表しており、IFRS第15号は2018年1月1日以後開始する事業年度か
           ら、Topic606は2017年12月15日より後に開始する事業年度から適用される状況を踏まえ、企業会計基準委
           員会において、収益認識に関する包括的な会計基準が開発され、適用指針と合わせて公表されたもので
           す。
            企業会計基準委員会の収益認識に関する会計基準の開発にあたっての基本的な方針として、IFRS第15号
           と整合性を図る便益の1つである財務諸表間の比較可能性の観点から、IFRS第15号の基本的な原則を取り
           入れることを出発点とし、会計基準を定めることとされ、また、これまで我が国で行われてきた実務等に
           配慮すべき項目がある場合には、比較可能性を損なわせない範囲で代替的な取扱いを追加することとされ
           ております。
          (2)適用予定日

            2022年3月期の期首から適用します。
          (3)当該会計基準等の適用による影響

            「収益認識に関する会計基準」              等の適用による連結財務諸表に与える影響額については、現時点で評価
           中であります。
          ・「時価の算定に関する会計基準」(企業会計基準第30号 2019年7月4日 企業会計基準委員会)

          ・「棚卸資産の評価に関する会計基準」(企業会計基準第9号 2019年7月4日 企業会計基準委員会)
          ・「金融商品に関する会計基準」(企業会計基準第10号 2019年7月4日 企業会計基準委員会)
          ・「時価の算定に関する会計基準の適用指針」(企業会計基準適用指針第31号 2019年7月4日 企業会計
           基準委員会)
          ・「金融商品の時価等の開示に関する適用指針」(企業会計基準適用指針第19号 2020年3月31日 企業会
           計基準委員会)
          (1)概要

            国際会計基準審議会(IASB)及び米国財務会計基準審議会(FASB)が、公正価値測定についてほぼ同じ
           内容の詳細なガイダンス(国際財務報告基準(IFRS)においてはIFRS第13号「公正価値測定」、米国会計
           基準においてはAccounting             Standards     CodificationのTopic          820「公正価値測定」)を定めている状況を
           踏まえ、企業会計基準委員会において、主に金融商品の時価に関するガイダンス及び開示に関して、日本
           基準を国際的な会計基準との整合性を図る取組みが行われ、「時価の算定に関する会計基準」等が公表さ
           れたものです。
            企業会計基準委員会の時価の算定に関する会計基準の開発にあたっての基本的な方針として、統一的な
           算定方法を用いることにより、国内外の企業間における財務諸表の比較可能性を向上させる観点から、
           IFRS第13号の定めを基本的にすべて取り入れることとされ、また、これまで我が国で行われてきた実務等
           に配慮し、財務諸表間の比較可能性を大きく損なわせない範囲で、個別項目に対するその他の取扱いを定
           めることとされております。
          (2)適用予定日

            2022年3月期の期首から適用します。
          (3)当該会計基準等の適用による影響

            「時価の算定に関する会計基準」等の適用による連結財務諸表に与える影響額については、現時点で未
           定であります。
                                 60/93



                                                           EDINET提出書類
                                             キョーリン製薬ホールディングス株式会社(E00985)
                                                            有価証券報告書
         (追加情報)
          ( 株式給付信託       (J-ESOP))
            当社(キョーリン製薬ホールディングス㈱)は2016年2月23日開催の取締役会において、当社の子会社で
           ある杏林製薬㈱が、従業員に対して当社株式を給付するインセンティブプラン「株式給付信託                                            (J-ESO
           P)」(以下、本制度といいます。)の導入を決議いたしました。
            なお、当社は「従業員等に信託を通じて自社の株式を交付する取引に関する実務上の取扱い」(企業会計
           基準委員会実務対応報告第30号(平成27年3月26日))の指針に従って会計処理を行っています。
           (1)取引の概要

              本制度は、予め杏林製薬が定めた株式給付規程に基づき、一定の要件を満たした杏林製薬の従業員に
             対して当社の株式を給付する仕組みです。
              杏林製薬は、従業員に対し業績や個人の貢献度等に応じてポイントを付与し、一定の条件により受給
             権の取得をしたときに当該付与ポイントに相当する当社株式及び金銭を給付します。給付する株式につ
             いては、予め信託設定した金銭により将来分も含めて取得し、信託財産として分別管理するものとしま
             す。
              本制度の導入により、従業員の業績向上及び株価への関心も高まり、熱意を持って仕事に取り組むこ
             とに寄与することが期待されます。また、企業価値の向上を通じて、株主の皆様を始めとした多様なス
             テークホルダーの皆様ともメリットを共有できるものと考えております。
           (2)信託に残存する自社の株式

              信託に残存する当社株式を、信託における帳簿価額(付随費用の金額を除く。)により純資産の部に
             自己株式として計上しております。当該自己株式の帳簿価額及び株式数は、前連結会計年度1,645百万
             円、754千株、当連結会計年度1,645百万円、754千株であります。
          (業績連動型株式報酬制度)

            当社(キョーリン製薬ホールディングス㈱)では、2016年6月24日開催の第58回定時株主総会において、
           当社の取締役及び当社子会社である杏林製薬㈱の取締役(社外取締役を除きます。以下、「グループ役員」
           といいます。)を対象に、業績連動型の株式報酬制度(以下「本制度」といいます。)の導入が決議されて
           おります。
            なお、当社は「従業員等に信託を通じて自社の株式を交付する取引に関する実務上の取扱い」(企業会計
           基準委員会実務対応報告第30号(平成27年3月26日))の指針に従って会計処理を行っています。
           (1)取引の概要

              本制度は、当社が拠出する金銭を原資として当社株式が信託を通じて取得され、グループ役員に対し
             て、当社及び当社子会社が定める役員株式給付規程に従って、当社株式及び当社株式を時価で換算した
             金額相当の金銭(以下、「当社株式等」といいます。)が給付される株式報酬制度です。
              本制度を導入するに際し、当社は株式給付信託(Board                          Benefit    Trust)の仕組みを採用します。な
             お、グループ役員が当社株式等の給付を受ける時期は、原則として役員株式給付規程に定める信託期間
             中の一定期日とします。ただし、当該期日が到来する前に退任する場合は、グループ役員の退任時とし
             ます。
           (2)信託に残存する自社の株式

              信託に残存する当社株式を、信託における帳簿価額(付随費用の金額を除く。)により純資産の部に
             自己株式として計上しております。当該自己株式の帳簿価額及び株式数は、前連結会計年度226百万円、
             100千株、当連結会計年度224百万円、99千株であります。
          (連結納税制度の導入に伴う会計処理)

            当社及び国内連結子会社は、翌連結会計年度から当社を連結親法人とする連結納税制度を適用することと
           なったため、当連結会計年度末から「連結納税制度を適用する場合の税効果会計に関する当面の取扱い(そ
           の1)」(企業会計基準委員会 実務対応報告第5号 平成27年1月16日)及び「連結納税制度を適用する場
           合の税効果会計に関する当面の取扱い(その2)」(企業会計基準委員会 実務対応報告第7号 平成27年1
           月16日)に基づき、連結納税制度の適用を前提とした会計処理を行っております。
                                 61/93



                                                           EDINET提出書類
                                             キョーリン製薬ホールディングス株式会社(E00985)
                                                            有価証券報告書
         (連結貸借対照表関係)
       ※1 関連会社に対するものは、次のとおりであります。
                             前連結会計年度               当連結会計年度
                            (2019年3月31日)               (2020年3月31日)
         投資有価証券                         625百万円               615百万円
       ※2 減価償却累計額には減損損失累計額が含まれております。

         (連結損益計算書関係)

       ※1 販売費及び一般管理費のうち主要な費目及び金額は次のとおりであります。
                             前連結会計年度                当連結会計年度
                           (自 2018年4月1日               (自 2019年4月1日
                            至 2019年3月31日)                 至 2020年3月31日)
         給料及び諸手当                        10,370   百万円            10,505   百万円
                                  1,479               1,540
         賞与引当金繰入額
                                  1,392               1,081
         退職給付費用
                                 10,790               10,987
         研究開発費
                                  2,255               2,544
         広告宣伝費
                                  4,673               4,604
         販売促進費
       ※2 一般管理費に含まれる研究開発費の総額

                 前連結会計年度                        当連結会計年度
               (自 2018年4月1日                       (自 2019年4月1日
                至 2019年3月31日)                         至 2020年3月31日)
                         10,790   百万円                    10,987   百万円
         なお、製造費用に含まれる研究開発費はありません。
       ※3 固定資産売却益の内容は次のとおりであります。

                 前連結会計年度                       当連結会計年度
               (自 2018年4月1日                       (自 2019年4月1日
                至 2019年3月31日)                       至 2020年3月31日)
         建物及び構築物                  2百万円     建物及び構築物                  -百万円
         機械装置及び運搬具                  3     機械装置及び運搬具                  19
         土地                  7     土地                  -
         その他                  0     その他                  0
               計            14           計            19
       ※4 固定資産除売却損の内容は次のとおりであります。

                 前連結会計年度                       当連結会計年度
               (自 2018年4月1日                       (自 2019年4月1日
                至 2019年3月31日)                       至 2020年3月31日)
         建物及び構築物                  29百万円     建物及び構築物                  7百万円
         機械装置及び運搬具                  3     機械装置及び運搬具                  2
         その他                  87     その他                  34
               計           121            計            43
                                 62/93





                                                           EDINET提出書類
                                             キョーリン製薬ホールディングス株式会社(E00985)
                                                            有価証券報告書
         (連結包括利益計算書関係)
       ※1    その他の包括利益に係る組替調整額及び税効果額
                                  前連結会計年度               当連結会計年度
                                (自 2018年4月1日               (自 2019年4月1日
                                 至 2019年3月31日)               至 2020年3月31日)
     その他有価証券評価差額金:
      当期発生額                               △1,657百万円               △2,856百万円
      組替調整額                                 △27                △0
       税効果調整前
                                      △1,685               △2,856
       税効果額                                516               874
       その他有価証券評価差額金
                                      △1,169               △1,982
     為替換算調整勘定:
      当期発生額                                 △27               △19
     退職給付に係る調整額:
      当期発生額                                △696              △1,053
      組替調整額                                  762               403
       税効果調整前
                                        66              △650
       税効果額                                 20              △199
       退職給付に係る調整額
                                        46              △451
     持分法適用会社に対する持分相当額:
      当期発生額                                  △6               △21
        その他の包括利益合計
                                      △1,157               △2,474
                                 63/93













                                                           EDINET提出書類
                                             キョーリン製薬ホールディングス株式会社(E00985)
                                                            有価証券報告書
         (連結株主資本等変動計算書関係)
         前連結会計年度(自 2018年4月1日 至 2019年3月31日)
         1.発行済株式の種類及び総数並びに自己株式の種類及び株式数に関する事項
                      当連結会計年度期          当連結会計年度増          当連結会計年度減          当連結会計年度末
                      首株式数(千株)          加株式数(千株)          少株式数(千株)          株式数(千株)
     発行済株式
      普通株式    (注)1                     74,947            -        10,339          64,607

            合計               74,947            -        10,339          64,607

     自己株式

      普通株式    (注)2,3                     1,194         16,574          10,446          7,322

            合計               1,194         16,574          10,446          7,322

      (注)1.発行済株式の減少数は、取締役会決議に基づく自己株式の消却による減少10,339千株であります。

        2.普通株式の自己株式の株式数には、信託が保有する当社株式(当連結会計年度期首961千株、当連結会計年度
          末854千株)を含めております。
        3.自己株式の増加数は、取締役会決議に基づく自己株式の取得による増加16,574千株及び単元未満株の買取請
          求等による増加0千株であります。自己株式の減少数は、取締役会決議に基づく自己株式の消却による減少
          10,339千株及び信託による売却による減少107千株であります。
         2.配当に関する事項

          (1)配当金支払額
                                  1株当たり
                         配当金の総額
                  株式の種類                           基準日         効力発生日
     (決議)                     (百万円)
                                  配当額(円)
     2018年5月22日
                 普通株式            2,839         38.0    2018年3月31日          2018年6月5日
     取締役会
     2018年11月5日
                 普通株式            2,241         30.0    2018年9月30日          2018年12月4日
     取締役会
      (注)1.2018年5月22日取締役会の決議による配当金の総額には、従業員持株会信託口が保有する当社株式に対す
          る配当金4百万円、株式給付信託口が保有する当社株式に対する配当金28百万円、及び役員株式給付信託口
          が保有する当社株式に対する配当金3百万円が含まれています。
        2.2018年11月5日取締役会の決議による配当金の総額には、株式給付信託口が保有する当社株式に対する配当
          金22百万円、及び役員株式給付信託口が保有する当社株式に対する配当金3百万円が含まれています。
          (2)基準日が当連結会計年度に属する配当のうち、配当の効力発生日が翌連結会計年度となるもの

                                    1株当たり
                      配当金の総額
               株式の種類              配当の原資                基準日        効力発生日
     (決議)                 (百万円)
                                    配当額(円)
     2019年5月22日
               普通株式         2,616     利益剰余金          45.0    2019年3月31日         2019年6月4日
     取締役会
      (注)2019年5月22日取締役会の決議による配当金の総額には、株式給付信託口が保有する当社株式に対する配当金33
        百万円、及び役員株式給付信託口               が保有する当社株式に対する配当金4百万円が含まれています。
                                 64/93






                                                           EDINET提出書類
                                             キョーリン製薬ホールディングス株式会社(E00985)
                                                            有価証券報告書
         当連結会計年度(自 2019年4月1日 至 2020年3月31日)
         1.発行済株式の種類及び総数並びに自己株式の種類及び株式数に関する事項
                      当連結会計年度期          当連結会計年度増          当連結会計年度減          当連結会計年度末
                      首株式数(千株)          加株式数(千株)          少株式数(千株)          株式数(千株)
     発行済株式

      普通株式    (注)1                     64,607            -          -        64,607

            合計               64,607            -          -        64,607

     自己株式

      普通株式    (注)2                     7,322            0          0        7,321

            合計               7,322            0          0        7,321

      (注)    1.普通株式の自己株式の株式数には、信託が保有する当社株式(当連結会計年度期首854千株、当連結会計年度

         末853千株)を含めております。
        2.  自己株式の増加数は、単元未満株の買取請求等による増加0千株であります。自己株式の減少数は、信託に
          よる交付による減少0千株であります。
         2.配当に関する事項

          (1)配当金支払額
                                  1株当たり
                         配当金の総額
                  株式の種類                           基準日         効力発生日
     (決議)                     (百万円)
                                  配当額(円)
     2019年5月22日
                 普通株式            2,616        45.00     2019年3月31日          2019年6月4日
     取締役会
     2019年11月7日
                 普通株式            1,744        30.00     2019年9月30日          2019年12月3日
     取締役会
      (注)1.2019年5月22日取締役会の決議による配当金の総額には、株式給付信託口が保有する当社株式に対する
          配当金33百万円、及び役員株式給付信託口                    が保有する当社株式に対する配当金4百万円が含まれています。
        2.2019年11月7日取締役会の決議による配当金の総額には、株式給付信託口が保有する当社株式に対する配当
          金22百万円、及び役員株式給付信託口が保有する当社株式に対する配当金2百万円が含まれています。
          (2)基準日が当連結会計年度に属する配当のうち、配当の効力発生日が翌連結会計年度となるもの

                                    1株当たり
                      配当金の総額
               株式の種類              配当の原資                基準日        効力発生日
     (決議)                 (百万円)
                                    配当額(円)
     2020年5月21日
               普通株式         2,616     利益剰余金         45.00     2020年3月31日         2020年6月3日
     取締役会
      (注)2020年5月21日取締役会の決議による配当金の総額には、株式給付信託口が保有する当社株式に対する配当金33
        百万円、及び役員株式給付信託口               が保有する当社株式に対する配当金4百万円が含まれています。
         (連結キャッシュ・フロー計算書関係)

     ※1 現金及び現金同等物の期末残高と連結貸借対照表に掲記されている科目の金額との関係
                               前連結会計年度                 当連結会計年度
                             (自    2018年4月1日              (自    2019年4月1日
                              至   2019年3月31日)               至   2020年3月31日)
      現金及び預金勘定                              32,007   百万円              31,925   百万円
      預入期間が3か月を超える定期預金                              △1,093                 △1,416
      現金及び現金同等物                              30,914                 30,509
                                 65/93




                                                           EDINET提出書類
                                             キョーリン製薬ホールディングス株式会社(E00985)
                                                            有価証券報告書
         (金融商品関係)
          1.金融商品の状況に関する事項
          (1)金融商品に対する取り組み方針
             当社グループは、資金運用については安全性及び流動性を重視し、主に安全性の高い預金及び債券を
            中心として行っております。資金調達については、銀行借り入れによっております。
          (2)金融商品の内容及びそのリスク並びにリスク管理体制
             営業債権である受取手形及び売掛金は、顧客である取引先の信用リスクに晒されております。当該リ
            スクについては、社内規程に従い、主要な取引先の与信管理を定期的に行い、取引相手ごとに期日及び
            残高を管理することにより、財務状況等の悪化等による回収懸念の早期把握や軽減を図っております。
            なお、外貨建の営業債権については、主に外貨預金で管理し同一通貨の債務の決済を行う等により、為
            替変動リスクの軽減に努めております。
             有価証券及び投資有価証券は、主に安全性の高い債券、業務上の関係を有する企業の株式であり、市
            場価格の変動リスク及び投資先企業の信用リスクに晒されております。当該リスクについては、定期的
            にこれらの時価や発行体の財務状況等を把握し、リスク軽減に努めております。
             営業債務である支払手形及び買掛金は、ほとんどが6ヶ月以内の支払期日であります。また、一部、
            外貨建債務があります。
             借入金は、主に運転資金、設備投資に係る資金調達及び国立研究開発法人科学技術振興機構からの開
            発費の支援に係るものであります。
             営業債務、借入金は流動性のリスクに晒されておりますが、当該リスクについては、資金繰計画を作
            成し定期的に更新することにより管理しております。
          (3)金融商品の時価等に関する事項についての補足説明
             金融商品の時価には、市場価格に基づく価額のほか、市場価格がない場合には合理的に算定された価
            額が含まれております。当該価額の算定においては変動要因を織り込んでいるため、異なる前提条件等
            を採用することにより、当該価額が変動することもあります。
          2.金融商品の時価等に関する事項

            連結貸借対照表計上額、時価及びこれらの差額については、次のとおりであります。なお、時価を把握
           することが極めて困難と認められるものは含まれておりません。詳細につきましては、「(注)2.」を
           ご参照ください。
           前連結会計年度(2019年3月31日)

                          連結貸借対照表計上額
                                       時価(百万円)           差額(百万円)
                             (百万円)
              (1)現金及び預金                   32,007           32,007             -

              (2)受取手形及び売掛金                   52,635           52,635             -

              (3)有価証券及び投資
                                 29,062           29,062             -
                有価証券
               資産計                 113,705           113,705              -
              (1)支払手形及び買掛金                   11,441           11,441             -

              (2)  短期借入金
                                 20,932           20,932             -
               負債計                  32,374           32,374             -

                                 66/93






                                                           EDINET提出書類
                                             キョーリン製薬ホールディングス株式会社(E00985)
                                                            有価証券報告書
           当連結会計年度(2020年3月31日)
                          連結貸借対照表計上額
                                       時価(百万円)           差額(百万円)
                             (百万円)
              (1)現金及び預金                   31,925           31,925             -

              (2)受取手形及び売掛金                   47,449           47,449             -

              (3)有価証券及び投資
                                 25,605           25,605             -
                有価証券
               資産計                 104,980           104,980              -
              (1)支払手形及び買掛金                   9,776           9,776             -

              (2)  短期借入金
                                 10,400           10,400             -
              (3)  長期借入金
                                 12,514           12,512             △2
               負債計                  32,691           32,689             △2

      (注)1.金融商品の時価の算定方法並びに有価証券に関する事項

          資 産
           (1)現金及び預金、(2)受取手形及び売掛金
              これらは短期間で決済されるものであるため、時価は帳簿価額と近似していることから、当該
              帳簿価額によっております。
           (3)有価証券及び投資有価証券
              これらの時価について株式等は取引所の価格によっており、債券は取引所の価格又は取引金融
              機関等から提示された価格によっております。また、保有目的ごとの有価証券に関する事項に
              ついては、注記事項「有価証券関係」をご参照ください。
          負 債
           (1)支払手形及び買掛金、(2)               短期借入金
              これらは短期間で決済されるものであるため、時価は帳簿価額と近似していることから、当該
              帳簿価額によっております。
           (3)長期借入金
              長期借入金の時価については、元利金の合計額を新規に同様の借入を行った場合に想定される
              利率で割り引いた現在価値により算定しております。
         2.時価を把握することが極めて困難と認められる金融商品

                                                    (単位:百万円)
                               前連結会計年度                 当連結会計年度
                 区分
                              (2019年3月31日)                 (2020年3月31日)
           非上場株式等                             1,238                 1,255
           これらについては、市場価格がなく、時価を把握することが極めて困難と認められることから、上表
          「(3)有価証券及び投資有価証券」には含めておりません。
                                 67/93







                                                           EDINET提出書類
                                             キョーリン製薬ホールディングス株式会社(E00985)
                                                            有価証券報告書
         3.金銭債権及び満期のある有価証券の連結決算日後の償還予定額
          前連結会計年度(2019年3月31日)
                                     1年超        5年超
                            1年以内
                                                      10年超
                                    5年以内        10年以内
                            (百万円)
                                                      (百万円)
                                     (百万円)         (百万円)
           現金及び預金                   32,007          -        -        -
           受取手形及び売掛金                   52,635          -        -        -

           有価証券及び投資有価証券

            その他有価証券のうち満期
            があるもの
            (1)国債・地方債等                    500       3,900          -        -
            (2)債券                    -        200         -        -

            (3)その他                    -       1,000          -        -

                 合計             85,142         5,100          -        -

          当連結会計年度(2020年3月31日)

                                     1年超        5年超
                            1年以内
                                                      10年超
                                    5年以内        10年以内
                            (百万円)
                                                      (百万円)
                                     (百万円)         (百万円)
           現金及び預金                   31,925          -        -        -
           受取手形及び売掛金                   47,449          -        -        -

           有価証券及び投資有価証券

            その他有価証券のうち満期
            があるもの
            (1)国債・地方債等                    -       4,000          -        -
            (2)その他                   1,000          -        -        -

                 合計             80,374         4,000          -        -

                                 68/93









                                                           EDINET提出書類
                                             キョーリン製薬ホールディングス株式会社(E00985)
                                                            有価証券報告書
         (有価証券関係)
         1.その他有価証券
         前連結会計年度(2019年3月31日)
                                           取得原価
                              連結貸借対照表計上額
                     種類                               差額(百万円)
                                           (百万円)
                                 (百万円)
               (1)株式                     23,460          10,673          12,787
               (2)債券
     連結貸借対照表計
                ① 国債・地方債等                     1,501          1,500            1
     上額が取得原価を
                ② 社債                      200          200           0
     超えるもの
                ③ その他                      -          -          -
                     小計               25,162          12,373          12,789
               (1)株式                       11          13         △1
               (2)債券
     連結貸借対照表計
                ① 国債・地方債等                     2,898          2,900           △1
     上額が取得原価を
                ② 社債                      -          -          -
     超えないもの
                ③ その他                      989         1,000          △10
                     小計                3,900          3,913          △13
                合計                    29,062          16,286          12,775
     (注)非上場株式等(連結貸借対照表計上額612百万円)については、市場価格がなく、時価を把握することが極めて困

        難と認められることから、上表「その他有価証券」には含めておりません。
         当連結会計年度(2020年3月31日)

                                           取得原価
                              連結貸借対照表計上額
                     種類                               差額(百万円)
                                           (百万円)
                                 (百万円)
               (1)株式                     18,755          8,652         10,102
               (2)債券
     連結貸借対照表計
                ① 国債・地方債等                      900          900           0
     上額が取得原価を
                ② 社債                      -          -          -
     超えるもの
                ③ その他                      -          -          -
                     小計               19,655          9,552         10,103
               (1)株式                      1,858          2,034          △175
               (2)債券
     連結貸借対照表計
                ① 国債・地方債等                     3,098          3,100           △1
     上額が取得原価を
                ② 社債                      -          -          -
     超えないもの
                ③ その他                      993         1,000           △6
                     小計                5,950          6,134          △184
                合計                    25,605          15,686          9,919
     (注)非上場株式等(連結貸借対照表計上額640百万円)については、市場価格がなく、時価を把握することが極めて困

        難と認められることから、上表「その他有価証券」には含めておりません。
                                 69/93




                                                           EDINET提出書類
                                             キョーリン製薬ホールディングス株式会社(E00985)
                                                            有価証券報告書
        2.売却したその他有価証券
        前連結会計年度(自 2018年4月1日 至 2019年3月31日)
                                    売却益の合計額              売却損の合計額
          種類           売却額(百万円)
                                     (百万円)              (百万円)
     (1)株式                         122               52              -

     (2)債券

      ① 国債・地方債等                      19,475                -              24

      ② 社債                        -              -              -

      ③ その他                        -              -              -

     (3)その他                         -              -              -

          合計                  19,597                52              24

        当連結会計年度(自 2019年4月1日 至 2020年3月31日)

                                    売却益の合計額              売却損の合計額
          種類           売却額(百万円)
                                     (百万円)              (百万円)
     (1)株式                         -              -              -

     (2)債券

      ① 国債・地方債等                        -              -              -

      ② 社債                        200               0              -

      ③ その他                        -              -              -

     (3)その他                         -              -              -

          合計                    200               0              -

         (デリバティブ取引関係)

          該当事項はありません。
                                 70/93










                                                           EDINET提出書類
                                             キョーリン製薬ホールディングス株式会社(E00985)
                                                            有価証券報告書
         (退職給付関係)
           1.採用している退職給付制度の概要
            当社グループ(当社及び当社の連結子会社)は、主に確定給付型退職年金制度、確定拠出型制度及び前払
           退職金制度を採用しており、一部の国内連結子会社は、退職一時金制度を採用しております。
            なお、一部の国内連結子会社は、退職給付に係る負債及び退職給付費用の計算に、退職給付に係る期末自
           己都合要支給額を退職給付債務とする方法を用いた簡便法を適用しております。
           2.確定給付制度

           (1)退職給付債務の期首残高と期末残高の調整表((3)に掲げられたものを除く)
                                   前連結会計年度              当連結会計年度
                                 (自 2018年4月1日              (自 2019年4月1日
                                  至 2019年3月31日)              至 2020年3月31日)
         退職給付債務の期首残高                               35,767百万円              35,500百万円
          勤務費用                              1,245              1,196
          利息費用                               178              177
          数理計算上の差異の発生額                                62             1,031
          退職給付の支払額                             △1,696              △1,694
          制度移管による減少                               △56               -
         退職給付債務の期末残高                               35,500              36,211
           (2)年金資産の期首残高と期末残高の調整表((3)に掲げられたものを除く)

                                   前連結会計年度              当連結会計年度
                                 (自 2018年4月1日              (自 2019年4月1日
                                  至 2019年3月31日)              至 2020年3月31日)
         年金資産の期首残高                               33,955百万円              33,315百万円
          期待運用収益                               679              666
          数理計算上の差異の発生額                              △633               △22
          事業主からの拠出額                              1,011               985
          退職給付の支払額                             △1,696              △1,694
         年金資産の期末残高                               33,315              33,249
           (3)簡便法を適用した制度の、退職給付に係る負債(又は資産)の期首残高と期末残高の調整表

                                   前連結会計年度              当連結会計年度
                                 (自 2018年4月1日              (自 2019年4月1日
                                  至 2019年3月31日)              至 2020年3月31日)
         退職給付に係る負債(又は資産)の期首残高                                191百万円              212百万円
          退職給付費用                                47              113
          退職給付の支払額                               △14              △51
          制度への拠出額                               △12              △95
         退職給付に係る負債(又は資産)の期末残高                                212              178
           (4)退職給付債務及び年金資産の期末残高と連結貸借対照表に計上された退職給付に係る負債及び退職給付

             に係る資産の調整表
                                   前連結会計年度              当連結会計年度
                                  (2019年3月31日)              (2020年3月31日)
         積立型制度の退職給付債務                               35,622百万円              36,611百万円
         年金資産                              △33,525              △33,586
                                        2,096              3,024
         非積立型制度の退職給付債務                                300              115
         連結貸借対照表に計上された負債と資産の純額                               2,397              3,140
         退職給付に係る負債                               2,485              3,140

         退職給付に係る資産                                △88               -
         連結貸借対照表に計上された負債と資産の純額                               2,397              3,140
          (注)簡便法を適用した制度を含みます。
                                 71/93




                                                           EDINET提出書類
                                             キョーリン製薬ホールディングス株式会社(E00985)
                                                            有価証券報告書
           (5)退職給付費用及びその内訳項目の金額
                                   前連結会計年度              当連結会計年度
                                 (自 2018年4月1日              (自 2019年4月1日
                                  至 2019年3月31日)              至 2020年3月31日)
         勤務費用                               1,245百万円              1,196百万円
         利息費用                                178              177
         期待運用収益                               △679              △666
         数理計算上の差異の費用処理額                                809              430
         過去勤務費用の費用処理額                                △46              △27
         簡便法で計算した退職給付費用                                 47              113
         確定給付制度に係る退職給付費用                               1,555              1,224
           (6)退職給付に係る調整額

           退職給付に係る調整額に計上した項目(税効果控除前)の内訳は次のとおりであります。
                                   前連結会計年度              当連結会計年度
                                 (自 2018年4月1日              (自 2019年4月1日
                                  至 2019年3月31日)              至 2020年3月31日)
         過去勤務費用                                 46百万円              27百万円
         数理計算上の差異                               △113               622
           合 計                              △66               650
           (7)退職給付に係る調整累計額

           退職給付に係る調整累計額に計上した項目(税効果控除前)の内訳は次のとおりであります。
                                   前連結会計年度              当連結会計年度
                                  (2019年3月31日)              (2020年3月31日)
         未認識過去勤務費用                                △89百万円              △61百万円
         未認識数理計算上の差異                               3,449              4,072
           合 計                             3,360              4,011
           (8)年金資産に関する事項

          ① 年金資産の主な内訳
            年金資産合計に対する主な分類ごとの比率は、次のとおりであります。
                                 前連結会計年度              当連結会計年度
                                (2019年3月31日)              (2020年3月31日)
         国内株式                              4.8%              3.4%
         外国債券                              19.6              51.4
         外国株式                              11.1               4.9
         一般勘定                              16.8              16.7
         短期資産                              25.5               4.4
         その他                              22.2              19.2
           合 計                           100.0              100.0
          ② 長期期待運用収益率の設定方法

            年金資産の長期期待運用収益率を決定するため、現在及び予想される年金資産の配分と、年金資産を構成
           する多様な資産からの現在及び将来期待される長期の収益率を考慮しております。
           (9)数理計算上の計算基礎に関する事項

           主要な数理計算上の計算基礎
                                  前連結会計年度              当連結会計年度
                                 (2019年3月31日)              (2020年3月31日)
         割引率                               0.5%              0.5%
         長期期待運用収益率                               2.0              2.0
         3.確定拠出制度

          当社及び連結子会社の確定拠出制度への要拠出額は、前連結会計年度290百万円、当連結会計年度295百万円
         であります。
         (ストック・オプション等関係)

           該当事項はありません。
                                 72/93




                                                           EDINET提出書類
                                             キョーリン製薬ホールディングス株式会社(E00985)
                                                            有価証券報告書
         (税効果会計関係)
      1.繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別の内訳
                               前連結会計年度            当連結会計年度
                              (2019年3月31日)            (2020年3月31日)
       繰延税金資産
        退職給付に係る負債                           1,108百万円            1,274百万円
        賞与引当金繰入限度超過額                            668            697
        貸倒引当金繰入限度超過額                            28            27
        未払事業税等                            23            53
        棚卸資産除却損等                            145            164
        投資有価証券評価損等                            140            149
        固定資産除却損                            38            38
        繰延資産償却超過額                            661            514
        工場閉鎖損失                            602            602
        その他                           1,677            1,608
       小計
                                   5,094            5,130
       評価性引当額
                                   △57            △62
       繰延税金資産計
                                   5,037            5,068
       繰延税金負債
        固定資産圧縮積立金                          △1,162            △1,091
        その他有価証券評価差額金                          △3,912            △3,037
        前払年金費用                           △374            △313
        その他                           △123            △112
       繰延税金負債計
                                  △5,572            △4,554
       繰延税金資産の純額
                                   △535             513
      2.法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との差異の原因となった主要な項目別の内訳

                               前連結会計年度            当連結会計年度
                               (2019年3月31日)            (2020年3月31日)
       法定実効税率
                                   30.6%            30.6%
       (調整)
       交際費等永久に損金に算入されない項目                             1.1            1.2
       均等割                             1.1            1.2
       試験研究費税額控除                            △4.3            △6.0
       評価性引当額                            △1.5             0.1
       内部利益控除                            △0.2            △0.4
       受取配当金益金不算入                            △0.3            △0.8
       信託型従業員持株インセンティブ・プランの
                                   △0.3             -
       残余財産分配金損金算入額
       信託型従業員持株インセンティブ・プラン                    に
                                    1.5            -
       おける自己株式処分差額
       税務調査の影響額                            △0.4             0.1
       その他                            △0.7            △0.5
       税効果会計適用後の法人税等の負担率
                                   26.6            25.5
                                 73/93







                                                           EDINET提出書類
                                             キョーリン製薬ホールディングス株式会社(E00985)
                                                            有価証券報告書
         (セグメント情報等)
          【セグメント情報】
          1.報告セグメントの概要
            当社の報告セグメントは、当社の構成単位のうち分離された財務情報が入手可能であり、取締役会が、経
           営資源の配分の決定及び業績を評価するために、定期的に検討を行う対象となっているものであります。
            当社は、    製品・サービスの類似性から区分される「医療用医薬品事業」と「ヘルスケア事業」の2つを報
           告セグメントとしております。              「医療用医薬品事業」は、主に新医薬品と後発医薬品の製造、販売と仕入を
           行っており、「ヘルスケア事業」は、主に環境衛生品と一般用医薬品他の製造、販売と仕入を行っておりま
           す。
          2.報告セグメントごとの売上高、利益又は損失、資産その他の項目の金額の算定方法

            報告されている事業セグメントの会計処理の方法は、「連結財務諸表作成のための基本となる重要な事
           項」における記載と同一であります。
            報告セグメントの利益は、営業利益ベースの数値であります。
            セグメント間の売上高は、第三者間取引価格に基づいております。
          3.報告セグメントごとの売上高、利益又は損失、資産その他の項目の金額に関する情報

            前連結会計年度(自           2018年4月1日         至   2019年3月31日)
                                              (単位:百万円)
                            報告セグメント
                                               連結財務諸表
                                           調整額
                                                 計上額
                                          (注)1
                      医療用医薬品       ヘルスケア
                                                 (注)2
                                     合計
                        事業      事業
       売上高

                        107,859       5,761     113,620         -    113,620
        外部顧客への売上高
        セグメント間の内部売上高
                           12       0      13     △ 13      -
        又は振替高
                        107,872       5,761     113,633        △ 13    113,620

              計
                         8,316       199     8,515       457     8,972
       セグメント利益
                        184,188       9,592     193,780      △ 20,745      173,034
       セグメント資産
       その他の項目

                         2,654        37     2,691       249     2,940
        減価償却費
                          625       -      625       -      625
        持分法適用会社への投資額
        有形固定資産及び無形固定
                         4,316        46     4,362        55     4,418
        資産の増加額
       (注)1.調整額は、以下のとおりであります。
           (1)セグメント利益の調整額457百万円は、セグメント間取引消去等によるものです。
           (2)セグメント資産の調整額△20,745百万円は、当社の資産及びセグメント間債権・債務の相殺消去で
              あります。
           (3)減価償却費の調整額249百万円は、当社の固定資産の減価償却費であります。
           (4)有形固定資産及び無形固定資産の増加額の調整額55百万円は、当社の有形固定資産及び無形固定資
              産の増加額であります。
          2.セグメント利益は、連結損益計算書の営業利益と調整を行っております。
                                 74/93





                                                           EDINET提出書類
                                             キョーリン製薬ホールディングス株式会社(E00985)
                                                            有価証券報告書
            当連結会計年度(自           2019年4月1日         至   2020年3月31日)
                                              (単位:百万円)
                            報告セグメント
                                               連結財務諸表
                                           調整額
                                                 計上額
                                          (注)1
                      医療用医薬品       ヘルスケア
                                                 (注)2
                                     合計
                        事業      事業
       売上高

                        103,599       6,383     109,983         -    109,983
        外部顧客への売上高
        セグメント間の内部売上高
                           3      -       3     △ 3      -
        又は振替高
                        103,603       6,383     109,986        △ 3   109,983

              計
                         6,619       736     7,355       147     7,503
       セグメント利益
                        182,072       10,158      192,230      △ 21,070      171,160
       セグメント資産
       その他の項目

                         2,941        66     3,007       214     3,221
        減価償却費
                          615       -      615       -      615
        持分法適用会社への投資額
        有形固定資産及び無形固定
                         2,295        39     2,334       374     2,709
        資産の増加額
       (注)1.調整額は、以下のとおりであります。
           (1)セグメント利益の調整額147百万円は、セグメント間取引消去等によるものです。
           (2)セグメント資産の調整額△21,070百万円は、当社の資産及びセグメント間債権・債務の相殺消去で
              あります。
           (3)減価償却費の調整額214百万円は、当社の固定資産の減価償却費であります。
           (4)有形固定資産及び無形固定資産の増加額の調整額374百万円は、当社の有形固定資産及び無形固定資
              産の増加額であります。
          2.セグメント利益は、連結損益計算書の営業利益と調整を行っております。
          【関連情報】

          前連結会計年度(自 2018年4月1日 至 2019年3月31日)
          1.製品及びサービスごとの情報
           セグメント情報に同様の情報を開示しているため、記載を省略しております。
          2.地域ごとの情報

           (1)売上高
             本邦の外部顧客への売上高が連結損益計算書の売上高の90%を超えるため、記載を省略してお
             ります。
           (2)有形固定資産
             本邦に所在している有形固定資産の金額が連結貸借対照表の有形固定資産の金額の90%を超え
             るため、記載を省略しております。
          3.主要な顧客ごとの情報

                                               (単位:百万円)
              顧客の名称又は氏名                 売上高          関連するセグメント名

         アルフレッサ       ホールディングス株式会社
                                 21,025    医療用医薬品事業、ヘルスケア事業
         株式会社スズケン                       19,020    医療用医薬品事業、ヘルスケア事業
         株式会社メディパルホールディングス                       16,979    医療用医薬品事業、ヘルスケア事業
         東邦薬品株式会社                       14,369    医療用医薬品事業、ヘルスケア事業
                                 75/93



                                                           EDINET提出書類
                                             キョーリン製薬ホールディングス株式会社(E00985)
                                                            有価証券報告書
          当連結会計年度(自 2019年4月1日 至 2020年3月31日)
          1.製品及びサービスごとの情報
           セグメント情報に同様の情報を開示しているため、記載を省略しております。
          2.地域ごとの情報

           (1)売上高
             本邦の外部顧客への売上高が連結損益計算書の売上高の90%を超えるため、記載を省略してお
             ります。
           (2)有形固定資産
             本邦に所在している有形固定資産の金額が連結貸借対照表の有形固定資産の金額の90%を超え
             るため、記載を省略しております。
          3.主要な顧客ごとの情報

                                               (単位:百万円)
              顧客の名称又は氏名                 売上高          関連するセグメント名

         アルフレッサ       ホールディングス株式会社
                                 20,242    医療用医薬品事業、ヘルスケア事業
         株式会社スズケン                       17,372    医療用医薬品事業、ヘルスケア事業
         株式会社メディパルホールディングス                       16,889    医療用医薬品事業、ヘルスケア事業
         東邦薬品株式会社                       13,098    医療用医薬品事業、ヘルスケア事業
         【報告セグメントごとの固定資産の減損損失に関する情報】

          前連結会計年度(自           2018年4月1日         至   2019年3月31日)
           該当事項はありません。
          当連結会計年度(自           2019年4月1日         至   2020年3月31日)

           該当事項はありません。
         【報告セグメントごとののれんの償却額及び未償却残高に関する情報】

          前連結会計年度(自           2018年4月1日         至   2019年3月31日)
           該当事項はありません。
          当連結会計年度(自           2019年4月1日         至   2020年3月31日)

           該当事項はありません。
         【報告セグメントごとの負ののれん発生益に関する情報】

          前連結会計年度(自           2018年4月1日         至   2019年3月31日)
           該当事項はありません。
          当連結会計年度(自           2019年4月1日         至   2020年3月31日)

           該当事項はありません。
                                 76/93






                                                           EDINET提出書類
                                             キョーリン製薬ホールディングス株式会社(E00985)
                                                            有価証券報告書
         【関連当事者情報】
          前連結会計年度(自 2018年4月1日 至 2019年3月31日)
          連結財務諸表提出会社と関連当事者との取引
           連結財務諸表提出会社の主要株主(会社等の場合に限る。)等
                   資本金   又は        議決権等の所
                                                取引金額        期末残高
         会社等の名               事業の内容             関連当事者
                   出資金           有(被所有)
      種類         所在地                           取引の内容           科目
                                                (百万円)        (百万円)
         称又は氏名               又は職業             との関係
                   (百万円)           割合(%)
                        合成繊維・
                              (被所有)
      主要   帝人株式      大阪市         化成品等の             自己株式      自己株式
                    71,833                             35,304     -    -
      株主   会社      北区         研究・製      直接 19.2       の 取得     の取得
                        造・販売他
          (注)自己株式の取得につきましては、東京証券取引所の自己株式立会外買付取引(ToSTNeT-3)に
             より取得しており、取引価格は2018年9月26日の終値によるものです。なお、当該取引の結果、帝人株
             式会社の所有割合は0%となります。
          当連結会計年度(自 2019年4月1日 至 2020年3月31日)

           該当事項はありません。
         (1株当たり情報)

                               前連結会計年度                 当連結会計年度
                             (自    2018年4月1日              (自    2019年4月1日
                              至   2019年3月31日)               至   2020年3月31日)
     1株当たり純資産                               2,154.05円                 2,142.07円
     1株当たり当期純利益                                104.68円                 107.35円
     (注)1.潜在株式調整後1株当たり当期純利益については、潜在株式が存在しないため記載しておりません。
        2.1株当たり当期純利益の算定上の基礎は、以下のとおりであります。
                               前連結会計年度                 当連結会計年度
                             (自 2018年4月1日                 (自 2019年4月1日
                              至 2019年3月31日)                 至 2020年3月31日)
     1株当たり当期純利益

     親会社株主に帰属する当期純利益(百万円)                                 6,869                 6,149

     普通株主に帰属しない金額(百万円)                                   -                 -

     普通株式に係る親会社株主に帰属する当期純
                                       6,869                 6,149
     利益(百万円)
     期中平均株式数(株)                               65,619,680                 57,285,929
        3.株主資本において自己株式として計上されている信託に残存する自社の株式は、1株当たり当期純利益の算定
          上、期中平均株式数の計算において控除する自己株式に含めており、また、1株当たり純資産の算定上、期末
          発行済株式総数から控除する自己株式数に含めております。
          1株当たり当期純利益の算定上、控除した当該自己株式の期中平均株式数は、前連結会計年度875,683株、当
          連結会計年度854,090株であり、1株当たり純資産の算定上、控除した当該自己株式の期末株式数は、前連結
          会計年度854,700株、当連結会計年度853,877株であります。
         (重要な後発事象)

           該当事項はありません。
                                 77/93






                                                           EDINET提出書類
                                             キョーリン製薬ホールディングス株式会社(E00985)
                                                            有価証券報告書
        ⑤【連結附属明細表】
         【社債明細表】
         該当事項はありません。
         【借入金等明細表】

                               当期首残高       当期末残高        平均利率
                 区分                                      返済期限
                               (百万円)       (百万円)         (%)
     短期借入金                            20,100       10,100         0.3         -

     1年以内に返済予定の長期借入金                              832       300       0.5         -

     1年以内に返済予定のリース債務                              80       141        -        -

     長期借入金(1年以内に返済予定のものを除く。)                             2,634       12,514         0.2   2024年~2027年

     リース債務(1年以内に返済予定のものを除く。)                              376       538        -   2021年~2030年

      その他
              預り保証金(1年毎の更新)                     172       198       0.0         -
      有利子負債
                 合計                 24,196       23,791         -        -
      (注)1.平均利率の算定には期末の数値を使用しております。
        2.長期借入金のうち、国立研究開発法人科学技術振興機構からの借入金(当連結会計年度末残高1,277百万円)
          については、無利息であります。
        3.リース債務の平均利率については、リース料総額に含まれる利息相当額を控除する前の金額でリース債務を連
          結貸借対照表に計上しているため、記載しておりません。
        4.長期借入金及びリース債務(1年以内に返済予定のものを除く。)の連結決算日後5年間の返済予定額は以下
          のとおりであります。
                      1年超2年以内          2年超3年以内          3年超4年以内          4年超5年以内
                       (百万円)          (百万円)          (百万円)          (百万円)
            長期借入金                 200          200          200        10,200

            リース債務                 134          117          102          56

           ※国立研究開発法人科学技術振興機構からの借入金については、開発成功認定日等が未定であるため、上記
            の返済予定額から除いております。
         【資産除去債務明細表】

          該当事項はありません。
       (2)【その他】

     当連結会計年度における四半期情報等
     (累計期間)                第1四半期          第2四半期          第3四半期         当連結会計年度
     売上高(百万円)                     25,749          48,299          78,614          109,983
     税金等調整前四半期(当期)
                          1,826          1,178          5,935          8,255
     純利益(百万円)
     親会社株主に帰属する四半期
                          1,280           834         4,374          6,149
     (当期)純利益(百万円)
     1株当たり四半期(当期)
                          22.36          14.56          76.36          107.35
     純利益金額(円)
     (会計期間)                第1四半期          第2四半期          第3四半期          第4四半期

     1株当たり四半期純利益金額
                          22.36          △7.80           61.80          30.99
     (円)
                                 78/93



                                                           EDINET提出書類
                                             キョーリン製薬ホールディングス株式会社(E00985)
                                                            有価証券報告書
      2【財務諸表等】
       (1)【財務諸表】
        ①【貸借対照表】
                                                   (単位:百万円)
                                   前事業年度              当事業年度
                                 (2019年3月31日)              (2020年3月31日)
      資産の部
       流動資産
                                         16,322               5,926
         現金及び預金
                                           104               99
         前払費用
                                           996              912
         未収還付法人税等
                                        ※1 3,900             ※1 4,600
         短期貸付金
                                          ※1 15             ※1 25
         その他
                                         21,338              11,563
         流動資産合計
       固定資産
         有形固定資産
                                           286              252
          建物
                                           44              38
          工具、器具及び備品
                                           -              244
          リース資産
                                           331              535
          有形固定資産合計
         無形固定資産
                                           231              235
          ソフトウエア
                                           28               1
          その他
                                           259              236
          無形固定資産合計
         投資その他の資産
                                         82,027              82,027
          関係会社株式
                                           75              82
          繰延税金資産
                                           693              681
          その他
                                         82,797              82,790
          投資その他の資産合計
                                         83,388              83,562
         固定資産合計
                                        104,727               95,126
       資産合計
                                 79/93










                                                           EDINET提出書類
                                             キョーリン製薬ホールディングス株式会社(E00985)
                                                            有価証券報告書
                                                   (単位:百万円)

                                   前事業年度              当事業年度
                                 (2019年3月31日)              (2020年3月31日)
      負債の部
       流動負債
                                        ※1 39,800             ※1 29,800
         短期借入金
                                           -              60
         リース債務
                                         ※1 207             ※1 171
         未払金
                                           35              62
         未払費用
                                           21              27
         未払法人税等
                                           10              10
         預り金
                                           110              118
         賞与引当金
                                           11              16
         その他
                                         40,196              30,266
         流動負債合計
       固定負債
                                           -              204
         リース債務
                                            5              ▶
         長期未払金
                                           -               8
         株式給付引当金
         固定負債合計                                   5             216
                                         40,201              30,483
       負債合計
      純資産の部
       株主資本
                                           700              700
         資本金
         資本剰余金
                                         39,185              39,185
          資本準備金
                                         13,899              13,899
          その他資本剰余金
                                         53,084              53,084
          資本剰余金合計
         利益剰余金
                                            3              3
          利益準備金
          その他利益剰余金
                                         26,792              26,908
            繰越利益剰余金
                                         26,796              26,911
          利益剰余金合計
                                        △ 16,054             △ 16,053
         自己株式
                                         64,525              64,642
         株主資本合計
                                         64,525              64,642
       純資産合計
                                        104,727               95,126
      負債純資産合計
                                 80/93









                                                           EDINET提出書類
                                             キョーリン製薬ホールディングス株式会社(E00985)
                                                            有価証券報告書
        ②【損益計算書】
                                                   (単位:百万円)
                                   前事業年度              当事業年度
                                (自 2018年4月1日              (自 2019年4月1日
                                 至 2019年3月31日)               至 2020年3月31日)
                                        ※2 8,043             ※2 7,244
      営業収益
                                       ※1,※2   2,679            ※1,※2   2,627
      営業費用
                                         5,364              4,616
      営業利益
                                         ※2 109             ※2 69
      営業外収益
                                           358              203
      営業外費用
                                         5,115              4,482
      経常利益
      特別損失
                                            1              2
       固定資産除売却損
                                            1              2
       特別損失合計
                                         5,114              4,479
      税引前当期純利益
      法人税、住民税及び事業税                                     23               9
                                           13              △ 6
      法人税等調整額
                                           37               2
      法人税等合計
      当期純利益                                    5,076              4,476
                                 81/93














                                                           EDINET提出書類
                                             キョーリン製薬ホールディングス株式会社(E00985)
                                                            有価証券報告書
        ③【株主資本等変動計算書】
          前事業年度(自 2018年4月1日 至 2019年3月31日)
                                                      (単位:百万円)
                                   株主資本
                          資本剰余金             利益剰余金
                                                        純資産合
                                       その他利
                                                    株主資本    計
                  資本金                     益剰余金         自己株式
                      資本準備    その他資    資本剰余    利益準備         利益剰余         合計
                      金    本剰余金    金合計    金         金合計
                                       繰越利益
                                       剰余金
     当期首残高               700   39,185    39,230    78,415      3  26,796    26,800     △ 852   105,062    105,062
     当期変動額
      剰余金の配当                                 △ 5,081   △ 5,081        △ 5,081   △ 5,081
      当期純利益                                  5,076    5,076         5,076    5,076
      自己株式の取得                                          △ 40,838   △ 40,838   △ 40,838
      自己株式の処分
                                                  306    306    306
      自己株式の消却                    △ 25,330   △ 25,330                 25,330      -    -
     当期変動額合計               -    -  △ 25,330   △ 25,330      -    △ ▶   △ ▶ △ 15,201   △ 40,536   △ 40,536
     当期末残高               700   39,185    13,899    53,084      3  26,792    26,796   △ 16,054    64,525    64,525
          当事業年度(自 2019年4月1日 至 2020年3月31日)

                                                      (単位:百万円)
                                   株主資本
                          資本剰余金             利益剰余金
                                                        純資産合
                                       その他利
                                                    株主資本    計
                  資本金                     益剰余金         自己株式
                      資本準備    その他資    資本剰余    利益準備         利益剰余         合計
                      金    本剰余金    金合計    金         金合計
                                       繰越利益
                                       剰余金
     当期首残高               700   39,185    13,899    53,084      3  26,792    26,796   △ 16,054    64,525    64,525
     当期変動額
      剰余金の配当                                 △ 4,361   △ 4,361        △ 4,361   △ 4,361
      当期純利益
                                        4,476    4,476         4,476    4,476
      自己株式の取得                                            △ 0   △ 0   △ 0
      自己株式の処分                                             1    1    1
     当期変動額合計               -    -    -    -    -   115    115     1   116    116
     当期末残高               700   39,185    13,899    53,084      3  26,908    26,911   △ 16,053    64,642    64,642
                                 82/93







                                                           EDINET提出書類
                                             キョーリン製薬ホールディングス株式会社(E00985)
                                                            有価証券報告書
        【注記事項】
         (重要な会計方針)
       1.有価証券の評価基準及び評価方法
       (1)子会社株式及び関連会社株式
          移動平均法による原価法
       (2)その他有価証券
         時価のあるもの
          決算日の市場価格等に基づく時価法(評価差額は全部純資産直入法により処理し、売却原価は移動平均法によ
         り算定)
         時価のないもの
          移動平均法による原価法
       2.固定資産の減価償却の方法
       (1)有形固定資産
          定額法
       (2)無形固定資産(リース資産を除く)
          定額法
           なお、自社利用のソフトウェアについては、社内における利用可能期間(5年)による定額法を採用してお
          ります。
       3.引当金の計上基準
          賞与引当金
          従業員に対して支給する賞与の支出に充てるため、支給見込額に基づき計上しております。
          株式給付引当金
          株式給付信託(Board          Benefit    Trust)による当社株式の給付に備えるため、役員株式給付制度規程に基づ
          き、役員に割り当てられたポイントに応じた当社株式及び金銭の給付見込額を計上しております。
       4.その他財務諸表作成のための基本となる重要な事項
          消費税等の会計処理
           税抜方式によっております。
         (追加情報)

          (業績連動型株式報酬制度)
            当社の取締役(社外取締役を除きます。)に信託を通じて自社の株式を交付する取引に関する注記につい
           ては、連結財務諸表「注記事項(追加情報)」に同一の内容を                             記載しておりますので、注記を省略しており
           ます。
         (貸借対照表関係)

       ※1 関係会社に対する金銭債権及び金銭債務
                                前事業年度                  当事業年度
                              (2019年3月31日)                  (2020年3月31日)
        短期金銭債権                            3,908百万円                  4,617百万円
        短期金銭債務                            39,804                  29,831
                                 83/93







                                                           EDINET提出書類
                                             キョーリン製薬ホールディングス株式会社(E00985)
                                                            有価証券報告書
         (損益計算書関係)
       ※1 販売費に属する費用のおおよその割合は前事業年度0%、当事業年度0%、一般管理費に属する費用のおおよ
         その割合は前事業年度100%、当事業年度100%であります。
          営業費用のうち主要な費目及び金額は次のとおりであります。
                                前事業年度                  当事業年度
                             (自 2018年4月1日                 (自 2019年4月1日
                              至 2019年3月31日)                   至 2020年3月31日)
     給料及び諸手当                                 796  百万円                792  百万円
                                      72                 70
     退職給付費用
                                      110                 118
     賞与引当金繰入額
                                      103                 100
     広告宣伝費
                                      331                 331
     役員報酬
                                      249                 214
     減価償却費
                                      315                 320
     地代家賃
      ※2 関係会社との取引高

                前事業年度                            当事業年度
             (自 2018年4月1日                            (自 2019年4月1日
              至 2019年3月31日)                            至 2020年3月31日)
     営業収益                     8,043百万円                            7,244百万円
     営業費用                      499                            590
     営業取引以外の取引高                      163                            262
         (有価証券関係)

          子会社株式(当事業年度の貸借対照表計上額82,027百万円、前事業年度の貸借対照表計上額82,027百万円)
         は、市場価格がなく、時価を把握することが極めて困難と認められることから、記載しておりません。
         (税効果会計関係)

      1.繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別の内訳
                                前事業年度            当事業年度
                              (2019年3月31日)            (2020年3月31日)
       繰延税金資産
        賞与引当金繰入限度超過額                            33百万円            36百万円
        投資有価証券評価損等                            54            54
        関係会社株式評価損                            72            72
        その他                            26            30
       繰延税金資産小計
                                    187            194
        評価性引当額                           △112            △112
       繰延税金資産合計
                                    75            82
       繰延税金資産の純額
                                    75            82
      2.法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との差異の原因となった主要な項目別の内訳

                                前事業年度            当事業年度
                              (2019年3月31日)            (2020年3月31日)
       法定実効税率                            30.6%            30.6%
       (調整)
        受取配当金等永久に益金に算入されない項目                          △29.6            △30.8
        交際費等永久に損金に算入されない項目                            0.1            0.1
        均等割                            0.1            0.1
        評価性引当額                           △2.6             -
        信託型従業員持株インセンティブ・プランの
                                   △0.5             -
        残余財産分配金損金算入額
        信託型従業員持株インセンティブ・プランに
                                    2.7            -
        おける自己株式処分差額
        その他                           △0.1             0.1
       税効果会計適用後の法人税等の負担率
                                    0.7            0.1
         (重要な後発事象)

           該当事項はありません。
                                 84/93


                                                           EDINET提出書類
                                             キョーリン製薬ホールディングス株式会社(E00985)
                                                            有価証券報告書
        ④【附属明細表】
         【有形固定資産等明細表】
                     当期首残高       当期増加額       当期減少額       当期償却額       当期末残高      減価償却累計額
       区分      資産の種類
                     (百万円)       (百万円)       (百万円)       (百万円)       (百万円)       (百万円)
           建物
                         286        -       -      34      252       419
           工具器具及び備品              44       13       0      20       38      317
     有形固定資産
           リース資産              -      278        -      33      244       33
               計          331       291        0      87      535       770
           ソフトウエア             231       109        2      103       235        -
     無形固定資産      その他
                         28       79      105        -       1       -
               計          259       189       108       103       236        -
         【引当金明細表】

                     当期首残高        当期増加額        当期減少額        当期末残高

           区分
                     (百万円)        (百万円)        (百万円)        (百万円)
     賞与引当金                    110        118        110        118

     株式給付引当金                     -         8        -         8

       (2)【主な資産及び負債の内容】

           連結財務諸表を作成しているため、記載を省略しております。
       (3)【その他】

           該当事項はありません。
                                 85/93











                                                           EDINET提出書類
                                             キョーリン製薬ホールディングス株式会社(E00985)
                                                            有価証券報告書
     第6【提出会社の株式事務の概要】
      事業年度              4月1日から3月31日まで
      定時株主総会              6月中

      基準日              3月31日

                    9月30日
      剰余金の配当の基準日
                    3月31日
      1単元の株式数              100株
      単元未満株式の買取り

                    (特別口座)
       取扱場所
                    東京都中央区八重洲一丁目2番1号 みずほ信託銀行株式会社 本店証券代行部
                    (特別口座)
       株主名簿管理人
                    東京都中央区八重洲一丁目2番1号 みずほ信託銀行株式会社
       取次所                              ──────

       買取手数料             株式の売買の委託に係る手数料相当額として別途定める金額

      公告掲載方法              日本経済新聞に掲載する

      株主に対する特典              なし

     (注)当社定款の定めにより、単元未満株主は、会社法第189条第2項各号に掲げる権利、会社法第166条第1項

        の規定による請求をする権利、株主の有する株式数に応じて募集株式の割当て及び募集新株予約権の割当て
        を受ける権利以外の権利を有しておりません。
                                 86/93












                                                           EDINET提出書類
                                             キョーリン製薬ホールディングス株式会社(E00985)
                                                            有価証券報告書
     第7【提出会社の参考情報】
      1【提出会社の親会社等の情報】
        当社は、金融商品取引法第24条の7第1項に規定する親会社等はありません。
      2【その他の参考情報】

       当事業年度の開始日から有価証券報告書提出日までの間に、次の書類を提出しております。
       (1)有価証券報告書及びその添付書類並びに確認書
         事業年度(第61期)(自 2018年4月1日 至 2019年3月31日)2019年6月24日関東財務局長に提出
       (2)内部統制報告書及びその添付書類
         2019年6月24日関東財務局長に提出
       (3)四半期報告書及び確認書
        (第62期第1四半期)(自 2019年4月1日 至 2019年6月30日)2019年8月9日関東財務局長に提出
        (第62期第2四半期)(自 2019年7月1日 至 2019年9月30日)2019年11月14日関東財務局長に提出
        (第62期第3四半期)(自 2019年10月1日 至 2019年12月31日)2020年2月14日関東財務局長に提出
       (4)臨時報告書
         2019年6月27日関東財務局長に提出
         企業内容等の開示に関する内閣府令第19条第2項第9号の2(株主総会における議決権行使の結果)に基づく臨
         時報告書であります。
         2019年11月7日関東財務局長に提出
         企業内容等の開示に関する内閣府令第19条第2項第3号(特定子会社の異動)に基づく臨時報告書であります。
                                 87/93














                                                           EDINET提出書類
                                             キョーリン製薬ホールディングス株式会社(E00985)
                                                            有価証券報告書
     第二部【提出会社の保証会社等の情報】
          該当事項はありません。
                                 88/93




















                                                           EDINET提出書類
                                             キョーリン製薬ホールディングス株式会社(E00985)
                                                            有価証券報告書
                   独立監査人の監査報告書及び内部統制監査報告書
                                                 2020年6月22日

     キョーリン製薬ホールディングス株式会社

       取締役会 御中

                            EY新日本有限責任監査法人

                            東京事務所

                            指定有限責任社員

                                      公認会計士
                                              白羽 龍三        印
                            業務執行社員
                            指定有限責任社員

                                      公認会計士
                                              春日 淳志        印
                            業務執行社員
     <財務諸表監査>

     監査意見
      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づく監査証明を行うため、「経理の状況」に掲げられ
     ているキョーリン製薬ホールディングス株式会社の2019年4月1日から2020年3月31日までの連結会計年度の連結財務
     諸表、すなわち、連結貸借対照表、連結損益計算書、連結包括利益計算書、連結株主資本等変動計算書、連結キャッ
     シュ・フロー計算書、連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項、その他の注記及び連結附属明細表について監査
     を行った。
      当監査法人は、上記の連結財務諸表が、                   我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して、
     キョーリン製薬ホールディングス株式会社                    及び連結子会社の2020年3月31日現在の財政状態並びに同日をもって終了する
     連結会計年度の経営成績及びキャッシュ・フローの状況を、全ての重要な点において適正に表示しているものと認める。
     監査意見の根拠

      当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に準拠して監査を行った。監査の基準における
     当監査法人の責任は、「連結財務諸表監査における監査人の責任」に記載されている。当監査法人は、我が国における職
     業倫理に関する規定に従って、会社及び連結子会社から独立しており、また、監査人としてのその他の倫理上の責任を果
     たしている。当監査法人は、意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手したと判断している。
     連結財務諸表に対する経営者             並びに監査役及び監査役会            の責任

      経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して連結財務諸表を作成し適正に
     表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない連結財務諸表を作成し適正に表示するために
     経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
      連結財務諸表を作成するに当たり、経営者は、継続企業の前提に基づき連結財務諸表を作成することが適切であるかど
     うかを評価し、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に基づいて継続企業に関する事項を開示する
     必要がある場合には当該事項を開示する責任がある。
      監査役及び監査役会の責任は、財務報告プロセスの整備及び運用における取締役の職務の執行を監視することにある。
     連結財務諸表監査における            監査人の責任

      監査人の責任は、監査人が実施した監査に基づいて、全体としての連結財務諸表に不正又は誤謬による重要な虚偽表示
     がないかどうかについて合理的な保証を得て、監査報告書において独立の立場から連結財務諸表に対する意見を表明する
     ことにある。虚偽表示は、不正又は誤謬により発生する可能性があり、個別に又は集計すると、連結財務諸表の利用者の
     意思決定に影響を与えると合理的に見込まれる場合に、重要性があると判断される。
      監査人は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に                                従って、監査の過程を通じて、職業的専門家とし
     ての判断を行い、職業的懐疑心を保持して以下を実施する。
                                 89/93


                                                           EDINET提出書類
                                             キョーリン製薬ホールディングス株式会社(E00985)
                                                            有価証券報告書
     ・   不正又は誤謬による重要な虚偽表示リスクを識別し、評価する。また、重要な虚偽表示リスクに対応した監査手続を
      立案し、実施する。監査手続の選択及び適用は監査人の判断による。さらに、意見表明の基礎となる十分かつ適切な監
      査証拠を入手する。
     ・   連結財務諸表監査の目的は、内部統制の有効性について意見表明するためのものではないが、監査人は、リスク評価
      の実施に際して、状況に応じた適切な監査手続を立案するために、監査に関連する内部統制を検討する。
     ・   経営者が採用した会計方針及びその適用方法の適切性、並びに経営者によって行われた会計上の見積りの合理性及び
      関連する注記事項の妥当性を評価する。
     ・   経営者が継続企業を前提として連結財務諸表を作成することが適切であるかどうか、また、入手した監査証拠に基づ
      き、継続企業の前提に重要な疑義を生じさせるような事象又は状況に関して重要な不確実性が認められるかどうか結論
      付ける。継続企業の前提に関する重要な不確実性が認められる場合は、監査報告書において連結財務諸表の注記事項に
      注意を喚起すること、又は重要な不確実性に関する連結財務諸表の注記事項が適切でない場合は、連結財務諸表に対し
      て除外事項付意見を表明することが求められている。監査人の結論は、監査報告書日までに入手した監査証拠に基づい
      ているが、将来の事象や状況により、企業は継続企業として存続できなくなる可能性がある。
     ・   連結財務諸表の表示及び注記事項が、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠しているか
      どうかとともに、関連する注記事項を含めた連結財務諸表の表示、構成及び内容、並びに連結財務諸表が基礎となる取
      引や会計事象を適正に表示しているかどうかを評価する。
     ・   連結財務諸表に対する意見を表明するために、会社及び連結子会社の財務情報に関する十分かつ適切な監査証拠を入
      手する。監査人は、連結財務諸表の監査に関する指示、監督及び実施に関して責任がある。監査人は、単独で監査意見
      に対して責任を負う。
      監査人は、監査役及び監査役会に対して、計画した監査の範囲とその実施時期、監査の実施過程で識別した内部統制の
     重要な不備を含む監査上の重要な発見事項、及び監査の基準で求められているその他の事項について報告を行う。
      監査人は、監査役及び監査役会に対して、独立性についての我が国における職業倫理に関する規定を遵守したこと、並
     びに監査人の独立性に影響を与えると合理的に考えられる事項、及び阻害要因を除去又は軽減するためにセーフガードを
     講じている場合はその内容について報告を行う。
     <内部統制監査>

     監査意見
      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第2項の規定に基づく監査証明を行うため、キョーリン製薬ホールディン
     グス株式会社の2020年3月31日現在の内部統制報告書について監査を行った。
      当監査法人は、キョーリン製薬ホールディングス株式会社の2020年3月31日現在の財務報告に係る内部統制は有効であ
     ると表示した上記の内部統制報告書が、我が国において一般に公正妥当と認められる財務報告に係る内部統制の評価の基
     準に準拠して、財務報告に係る内部統制の評価結果について、全ての重要な点において適正に表示しているものと認め
     る。
     監査意見の根拠

      当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる財務報告に係る内部統制の監査の基準に準拠して内部統制
     監査を行った。財務報告に係る内部統制の監査の基準における当監査法人の責任は、「内部統制監査における監査人の責
     任」に記載されている。当監査法人は、我が国における職業倫理に関する規定に従って、会社及び連結子会社から独立し
     ており、また、監査人としてのその他の倫理上の責任を果たしている。当監査法人は、意見表明の基礎となる十分かつ適
     切な監査証拠を入手したと判断している。
     内部統制報告書に対する経営者並びに監査役及び監査役会の責任

      経営者の責任は、財務報告に係る内部統制を整備及び運用し、我が国において一般に公正妥当と認められる財務報告に
     係る内部統制の評価の基準に準拠して内部統制報告書を作成し適正に表示することにある。
      監査役及び監査役会の責任は、財務報告に係る内部統制の整備及び運用状況を監視、検証することにある。
      なお、財務報告に係る内部統制により財務報告の虚偽の記載を完全には防止又は発見することができない可能性があ
     る。
     内部統制監査における          監査人の責任

      監査人の責任は、監査人が実施した内部統制監査に基づいて、内部統制報告書に重要な虚偽表示がないかどうかについ
     て合理的な保証を得て、内部統制監査報告書において独立の立場から内部統制報告書に対する意見を表明することにあ
     る。
      監査人は、我が国において一般に公正妥当と認められる財務報告に係る内部統制の監査の基準に従って、監査の過程を
     通じて、職業的専門家としての判断を行い、職業的懐疑心を保持して以下を実施する。
                                 90/93


                                                           EDINET提出書類
                                             キョーリン製薬ホールディングス株式会社(E00985)
                                                            有価証券報告書
     ・  内部統制報告書における財務報告に係る内部統制の評価結果について監査証拠を入手するための監査手続を実施す
      る。内部統制監査の監査手続は、監査人の判断により、財務報告の信頼性に及ぼす影響の重要性に基づいて選択及び適
      用される。
     ・   財務報告に係る内部統制の評価範囲、評価手続及び評価結果について経営者が行った記載を含め、全体としての内部
      統制報告書の表示を検討する。
     ・   内部統制報告書における財務報告に係る内部統制の評価結果に関する十分かつ適切な監査証拠を入手する。監査人
      は、内部統制報告書の監査に関する指示、監督及び実施に関して責任がある。監査人は、単独で監査意見に対して責任
      を負う。
      監査人は、監査役及び監査役会に対して、計画した内部統制監査の範囲とその実施時期、内部統制監査の実施結果、識
     別した内部統制の開示すべき重要な不備、その是正結果、及び内部統制の監査の基準で求められているその他の事項につ
     いて報告を行う。
      監査人は、監査役及び監査役会に対して、独立性についての我が国における職業倫理に関する規定を遵守したこと、並
     びに監査人の独立性に影響を与えると合理的に考えられる事項、及び阻害要因を除去又は軽減するためにセーフガードを
     講じている場合はその内容について報告を行う。
     利害関係

      会社  及び連結子会社       と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はな
     い。
                                                        以 上
     (注) 1.上記は監査報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社が別途保管しております。
       2.XBRLデータは監査の対象には含まれていません。
                                 91/93














                                                           EDINET提出書類
                                             キョーリン製薬ホールディングス株式会社(E00985)
                                                            有価証券報告書
                          独立監査人の監査報告書
                                                 2020年6月22日

     キョーリン製薬ホールディングス株式会社
       取締役会 御中

                           EY新日本有限責任監査法人

                           東京事務所

                           指定有限責任社員

                                     公認会計士
                                             白羽 龍三        印
                           業務執行社員
                           指定有限責任社員

                                     公認会計士
                                             春日 淳志        印
                           業務執行社員
     監査意見


      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づく監査証明を行うため、「経理の状況」に掲げられ
     ているキョーリン製薬ホールディングス株式会社の2019年4月1日から2020年3月31日までの第62期事業年度の財務
     諸表、すなわち、貸借対照表、損益計算書、株主資本等変動計算書、重要な会計方針、その他の注記及び附属明細表につ
     いて監査を行った。
      当監査法人は、上記の財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して、キョーリ
     ン製薬ホールディングス株式会社の2020年3月31日現在の財政状態及び同日をもって終了する事業年度の経営成績を、全
     ての重要な点において適正に表示しているものと認める。
     監査意見の根拠

      当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に準拠して監査を行った。監査の基準における
     当監査法人の責任は、「財務諸表監査における監査人の責任」に記載されている。当監査法人は、我が国における職業倫
     理に関する規定に従って、会社から独立しており、また、監査人としてのその他の倫理上の責任を果たしている。当監査
     法人は、意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手したと判断している。
     財務諸表に対する経営者           並びに監査役及び監査役会            の責任

      経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して財務諸表を作成し適正に表示
     することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない財務諸表を作成し適正に表示するために経営者が
     必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
      財務諸表を作成するに当たり、経営者は、継続企業の前提に基づき財務諸表を作成することが適切であるかどうかを評
     価し、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に基づいて継続企業に関する事項を開示する必要があ
     る場合には当該事項を開示する責任がある。
      監査役及び監査役会の責任は、財務報告プロセスの整備及び運用における取締役の職務の執行を監視することにある。
     財務諸表監査における          監査人の責任

      監査人の責任は、監査人が実施した監査に基づいて、全体としての財務諸表に不正又は誤謬による重要な虚偽表示がな
     いかどうかについて合理的な保証を得て、監査報告書において独立の立場から財務諸表に対する意見を表明することにあ
     る。虚偽表示は、不正又は誤謬により発生する可能性があり、個別に又は集計すると、財務諸表の利用者の意思決定に影
     響を与えると合理的に見込まれる場合に、重要性があると判断される。
      監査人は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に                                従って、監査の過程を通じて、職業的専門家とし
     ての判断を行い、職業的懐疑心を保持して以下を実施する。
                                 92/93


                                                           EDINET提出書類
                                             キョーリン製薬ホールディングス株式会社(E00985)
                                                            有価証券報告書
     ・   不正又は誤謬による重要な虚偽表示リスクを識別し、評価する。また、重要な虚偽表示リスクに対応した監査手続を
      立案し、実施する。監査手続の選択及び適用は監査人の判断による。さらに、意見表明の基礎となる十分かつ適切な監
      査 証拠を入手する。
     ・   財務諸表監査の目的は、内部統制の有効性について意見表明するためのものではないが、監査人は、リスク評価の実
      施に際して、状況に応じた適切な監査手続を立案するために、監査に関連する内部統制を検討する。
     ・   経営者が採用した会計方針及びその適用方法の適切性、並びに経営者によって行われた会計上の見積りの合理性及び
      関連する注記事項の妥当性を評価する。
     ・   経営者が継続企業を前提として財務諸表を作成することが適切であるかどうか、また、入手した監査証拠に基づき、
      継続企業の前提に重要な疑義を生じさせるような事象又は状況に関して重要な不確実性が認められるかどうか結論付け
      る。継続企業の前提に関する重要な不確実性が認められる場合は、監査報告書において財務諸表の注記事項に注意を喚
      起すること、又は重要な不確実性に関する財務諸表の注記事項が適切でない場合は、財務諸表に対して除外事項付意見
      を表明することが求められている。監査人の結論は、監査報告書日までに入手した監査証拠に基づいているが、将来の
      事象や状況により、企業は継続企業として存続できなくなる可能性がある。
     ・   財務諸表の表示及び注記事項が、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠しているかどう
      かとともに、関連する注記事項を含めた財務諸表の表示、構成及び内容、並びに財務諸表が基礎となる取引や会計事象
      を適正に表示しているかどうかを評価する。
      監査人は、監査役及び監査役会に対して、計画した監査の範囲とその実施時期、監査の実施過程で識別した内部統制の
     重要な不備を含む監査上の重要な発見事項、及び監査の基準で求められているその他の事項について報告を行う。
      監査人は、監査役及び監査役会に対して、独立性についての我が国における職業倫理に関する規定を遵守したこと、並
     びに監査人の独立性に影響を与えると合理的に考えられる事項、及び阻害要因を除去又は軽減するためにセーフガードを
     講じている場合はその内容について報告を行う。
     利害関係

     会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                         以 上

     (注) 1.上記は監査報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社が別途保管しております。
       2.XBRLデータは監査の対象には含まれていません。
                                 93/93











PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

書類提出日で検索

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2022年4月25日

社名の変更履歴が表示されるようになりました

2020年12月21日

新規上場の通知機能を追加しました。Myページにて通知の設定が行えます。

2020年9月22日

企業・投資家の個別ページに掲載情報を追加しました。また、併せて細かい改修を行いました。

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。