三谷産業株式会社 有価証券報告書 第95期(平成31年4月1日-令和2年3月31日)

提出書類 有価証券報告書-第95期(平成31年4月1日-令和2年3月31日)
提出日
提出者 三谷産業株式会社
カテゴリ 有価証券報告書

                                                           EDINET提出書類
                                                       三谷産業株式会社(E02692)
                                                            有価証券報告書
     【表紙】
      【提出書類】                    有価証券報告書

      【根拠条文】                    金融商品取引法第24条第1項
      【提出先】                    北陸財務局長
      【提出日】                    2020年6月11日
      【事業年度】                    第95期(自 2019年4月1日 至 2020年3月31日)
      【会社名】                    三谷産業株式会社
      【英訳名】                    MITANI    SANGYO    CO.,LTD.
      【代表者の役職氏名】                    代表取締役社長 三谷 忠照
      【本店の所在の場所】                    石川県金沢市玉川町1番5号
      【電話番号】                    (076)233-2151(代表)
      【事務連絡者氏名】                    専務取締役財務担当 西野 誠治
      【最寄りの連絡場所】                    石川県金沢市玉川町1番5号
      【電話番号】                    (076)233-2151(代表)
      【事務連絡者氏名】                    専務取締役財務担当 西野 誠治
      【縦覧に供する場所】                    三谷産業株式会社 東京本社
                         (東京都千代田区神田神保町二丁目36番地1
                         (住友不動産千代田ファーストウイング))
                         株式会社東京証券取引所
                         (東京都中央区日本橋兜町2番1号)
                         株式会社名古屋証券取引所
                         (名古屋市中区栄三丁目8番20号)
                         (注)上記のうち、東京本社は法定の縦覧場所ではありませんが、投資家の
                            便宜を考慮して縦覧に供する場所としております。
                                   1/141











                                                           EDINET提出書類
                                                       三谷産業株式会社(E02692)
                                                            有価証券報告書
     第一部【企業情報】
     第1【企業の概況】
      1【主要な経営指標等の推移】
       (1)連結経営指標等
              回次             第91期       第92期       第93期       第94期       第95期
             決算年月             2016年3月       2017年3月       2018年3月       2019年3月       2020年3月

                   (百万円)         67,735       66,869       80,819       85,732       77,595
     売上高
                   (百万円)          2,170       2,797       2,972       2,948       3,296
     経常利益
     親会社株主に帰属する当期
                   (百万円)          1,353       2,010       2,123       2,006       1,646
     純利益
                   (百万円)           861      3,107       3,133       2,955       △ 494
     包括利益
                   (百万円)         25,952       29,091       33,246       35,817       34,740
     純資産額
                   (百万円)         57,593       58,216       71,814       72,356       68,716
     総資産額
                    (円)        441.66       485.04       529.26       554.48       533.00
     1株当たり純資産額
                    (円)         24.18       35.87       37.28       33.18       26.74
     1株当たり当期純利益金額
     潜在株式調整後1株当たり
                    (円)          -       -       -       -       -
     当期純利益金額
                    (%)         42.9       47.5       42.0       47.2       47.8
     自己資本比率
                    (%)         5.52       7.68       7.35       6.24       4.92
     自己資本利益率
                    (倍)         14.47       10.51       11.86        8.53       11.89
     株価収益率
     営業活動によるキャッ
                   (百万円)          2,936       4,298       1,636       4,153       1,789
     シュ・フロー
     投資活動によるキャッ
                   (百万円)          △ 874     △ 2,071      △ 5,389      △ 4,163       △ 674
     シュ・フロー
     財務活動によるキャッ
                   (百万円)          △ 496     △ 2,404       4,935       △ 784     △ 1,385
     シュ・フロー
     現金及び現金同等物の期末
                   (百万円)          5,420       5,222       6,321       5,604       5,311
     残高
                    (人)         2,584       2,651       4,847       3,151       3,355
     従業員数
      (注)1.売上高には、消費税等は含まれておりません。
         2.潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、潜在株式が存在しないため記載しておりません。
         3.「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」(企業会計基準第28号 2018年2月16日)等を第94期の期首
           から適用しており、第93期に係る主要な経営指標等については、当該会計基準等を遡って                                         適用した後の指標
           等となっております。
                                   2/141







                                                           EDINET提出書類
                                                       三谷産業株式会社(E02692)
                                                            有価証券報告書
       (2)提出会社の経営指標等
              回次             第91期       第92期       第93期       第94期       第95期

             決算年月             2016年3月       2017年3月       2018年3月       2019年3月       2020年3月

                   (百万円)         31,761       29,398       30,960       32,709       34,506
     売上高
                   (百万円)          940       966       934      1,150       1,243
     経常利益
                   (百万円)          618       493       666       885       614
     当期純利益
                   (百万円)         3,832       4,018       4,018       4,808       4,808
     資本金
                   (千株)        56,176       57,176       57,176       61,772       61,772
     発行済株式総数
                   (百万円)         19,568       20,947       22,189       24,950       22,775
     純資産額
                   (百万円)         39,558       39,501       46,180       48,269       44,824
     総資産額
                    (円)        349.53       367.60       389.39       405.16       369.85
     1株当たり純資産額
                            6.00       7.00       8.00       8.50       9.00

     1株当たり配当額
                    (円)
     (内1株当たり中間配当額)                       ( 3.00  )     ( 3.00  )     ( 4.00  )     ( 4.00  )     ( 4.50  )
                    (円)        11.04        8.80       11.69       14.65        9.98

     1株当たり当期純利益金額
     潜在株式調整後1株当たり
                    (円)          -       -       -       -       -
     当期純利益金額
                    (%)         49.5       53.0       48.0       51.7       50.8
     自己資本比率
                    (%)         3.15       2.44       3.09       3.76       2.58
     自己資本利益率
                    (倍)        31.70       42.84       37.81       19.32       31.86
     株価収益率
                    (%)        54.35       79.55       68.43       58.02       90.18
     配当性向
                             466       474       470       478       512

     従業員数
                    (人)
     (外、平均臨時雇用者数)                        ( 81 )      ( 68 )      ( 62 )      ( 70 )      ( 86 )
                    (%)         60.1       65.9       78.2       52.8       60.2

     株主総利回り
     (比較指標:配当込みTOPIX)               (%)        ( 89.2  )    ( 102.3   )    ( 118.5   )    ( 112.5   )    ( 101.8   )
                    (円)         728       400       483       473       365

     最高株価
                    (円)         272       290       356       231       262
     最低株価
      (注)1.売上高には、消費税等は含まれておりません。
         2.潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、潜在株式が存在しないため記載しておりません。
         3.「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」(企業会計基準第28号 2018年2月16日)等を第94期の期首
           から適用しており、第93期に係る主要な経営指標等については、当該会計基準等を遡って                                         適用した後の指標
           等となっております。
         4.最高株価及び最低株価は東京証券取引所(市場第一部)におけるものであります。
                                   3/141






                                                           EDINET提出書類
                                                       三谷産業株式会社(E02692)
                                                            有価証券報告書
      2【沿革】
        当社は、1928年2月、石炭・コークス、セメントの販売を目的に開設した三谷合名会社金沢出張所にはじまり、そ
       の後1940年10月分離独立して株式会社三谷商店として創立いたしました。株式会社三谷商店は石炭・コークス、セメ
       ントに加え、塩酸、硫酸などの化学品の販売を取り扱い、1943年12月三谷産業株式会社に改称いたしました。この
       間、戦時統制経済の強化により石炭・コークス、セメントの販売は休業し、化学品の取り扱いを主に事業継続を図り
       ました。1949年石炭統制解除に伴い、戦後の復興需要に対する企業体制の確立を図るため、1949年8月11日金沢市田
       丸町に三谷石炭株式会社を設立いたしました。
        以下、設立後の主な変遷は次のとおりであります。
        年月                            概要
      1950年4月        富山市に富山営業所を開設。
      1951年6月        効率的な運営と事業内容の多角化による企業基盤の充実を期するため、化学品を主に取り扱って
              いた三谷産業株式会社を吸収合併し、同時に現在の三谷産業株式会社に商号変更。
      1952年2月        首都圏における営業基盤づくりを図るため、東京営業所(現東京本社)を開設。
      1960年4月        石油製品の販売を開始。
      1962年12月        本社営業部門を改組し、金沢営業所を設置。
      1963年10月        住宅機器、空調機器の販売ならびに空調設備工事の設計施工業務を開始。
      1966年6月        コンピュータおよび関連機器の販売ならびにソフトウエア開発業務を開始。
      1973年12月        株式会社金沢スタジアムを吸収合併、金沢市玉川町に本社、電子計算機事業部および金沢支店を
              移転。
      1977年4月        富山県内におけるLPG販売を目的として三谷ガスサービス株式会社(1999年7月に三谷ガス株
              式会社に吸収合併)を設立。
      1986年8月        石川県内におけるLPG販売を目的としてサンエーガス株式会社(1994年9月に三谷ガス株式会
              社に商号変更)を設立。
      1988年7月        名古屋証券取引所市場第二部に上場。
      1996年9月        旧東京支社を改組・再編成し、東京本社を設置。また、首都圏の住宅設備機器販売事業の一部と
              北陸地区での住宅機器販売事業を、それぞれ三谷住建販売株式会社と三谷産業コンストラクショ
              ン・プロダクツ株式会社(現三谷産業コンストラクションズ株式会社)に分社。
      1997年8月        エネルギー&ケミカル事業部富山営業部(現三谷産業イー・シー株式会社)を分社。
      1997年10月        金型・樹脂成形品の企画開発・生産・販売を目的として株式会社アクティを設立。
      1997年12月        ベトナムに、化学製品製造販売・環境ビジネスを業とするMitani                              Aureole    Vietnam    Inc.(現
              Aureole    Mitani    Chemical     & Environment      Inc.)を設立。
      1998年4月        エネルギー&ケミカル事業部営業部を分社し、1997年8月設立の三谷産業イー・シー株式会社に
              統合。
      1999年4月        パッケージソフトウエアの開発・販売を目的としてディサークル株式会社を設立。
      1999年7月        経営の効率化を目的として、三谷ガス株式会社が三谷ガスサービス株式会社を吸収合併。
      1999年9月        石川県能美郡辰口町(現石川県能美市)に三谷サイエンスパーク研究所を開設。
                                   4/141








                                                           EDINET提出書類
                                                       三谷産業株式会社(E02692)
                                                            有価証券報告書
        年月                            概要
      2001年9月         ベトナムに、樹脂成形品の製造および組立を行うAureole                           Business     Components      & Devices    Inc.
              を設立。
      2002年1月         医薬品原薬、医薬中間体および工業薬品等の製造・販売を行う関連会社の相模化成工業株式会社
              を追加出資により子会社化。
      2005年4月         コンストラクトデータ事業部およびライフスタイリング事業推進室を会社分割し、コンストラク
              トデータ事業部は子会社三谷住建販売株式会社に、ライフスタイリング事業推進室は新設の株式
              会社インテンザにそれぞれ承継。
      2007年10月         三谷産業コンストラクションズ株式会社が富山サンエー工事株式会社を吸収合併。三谷住建販売
              株式会社が三谷住設株式会社を吸収合併。
      2008年11月         ベトナムに、キチン分解物(中間体)製造を行うAureole                           Fine   Chemical     Products     Inc.を設
              立。
      2009年6月         日医工株式会社との共同出資によりジェネリック医薬品向け原薬製造会社アクティブファーマ株
              式会社を設立。
      2009年10月         三谷産業イー・シー株式会社が三谷ガス株式会社を吸収合併。
      2009年11月         株式会社メディパルホールディングスよりクラヤ化成株式会社(現株式会社ミライ化成)の発行
              済株式の全株式を取得し、子会社化。
      2010年3月         金型製造の外部協力会社である株式会社藤精工の発行済株式の全株式を取得し、子会社化。
      2010年5月         株式会社アクティが株式会社藤精工を吸収合併。
      2012年3月         株式会社インテンザの営業・施工機能とメーカー機能を会社分割し、営業・施工機能を三谷住建
              販売株式会社と合併。さらに、三谷住建販売株式会社を株式会社インフィルに商号変更。
      2012年9月         ベトナムにタンク・倉庫を活用した化学品の輸出入を行うAureole                               Logistics     of  Chemical     Inc.
              (Aureole     Mitani    Chemical     & Environment      Inc.100%出資子会社)を設立。
      2014年1月         ベトナムにベトナム子会社の業務プロセス・人事労務管理の牽制を目的にAureole                                      Expert
              Integrators      Inc.を設立。
      2014年2月         東京証券取引所市場第二部に上場。
      2014年8月         ベトナムに富士通株式会社の子会社であるFujitsu                        Computer     Products     of  Vietnam,     Inc.との
              共同出資により樹脂成形品・複合ユニット製品(電子部品・樹脂成形品)の製造を行うAureole
              unit-Devices       Manufacturing       Service    Inc.を設立。
      2015年3月
              東京証券取引所および名古屋証券取引所の市場第一部に指定。
      2015年8月         サンエーテイクケア株式会社がアドニス株式会社を吸収合併し、アドニス株式会社に商号変更。
      2017年6月         富士通株式会社が保有する同社ベトナム子会社Fujitsu                          Computer     Products     of  Vietnam,     Inc.の
              出資持分の過半数を取得し、子会社化。
      2018年8月
              浴室空間の開発・製造・販売を行う株式会社CTW(現株式会社HIDEO)を設立。
      2019年3月
              Fujitsu    Computer     Products     of  Vietnam,     Inc.の出資持分のすべてを富士通株式会社に譲渡し、
              子会社から除外。
                                   5/141








                                                           EDINET提出書類
                                                       三谷産業株式会社(E02692)
                                                            有価証券報告書
      3【事業の内容】
         当社グループ(当社および当社の関係会社)は、当社、子会社29社ならびに関連会社6社から構成されており、
        主な事業内容は、化学品関連、空調設備工事関連、情報システム関連、樹脂・エレクトロニクス関連、エネルギー
        関連、住宅設備機器関連事業であります。セグメントといたしましては、上記6事業に                                        コンピュータ・事務機器等
        に使用する消耗品の販売等            その他を加えた7事業であります。
         当社グループのセグメント別の主要取扱商品およびセグメントと当社グループの状況を事業系統図によって示す
        と以下のとおりであります。
        各セグメントの主要取扱商品

            事業区分                           主要商品
                      化学品の販売(塩酸、硫酸、苛性ソーダ、その他無機・有機化学品)、機能性材
                      料の受託製造・販売(健康食品素材、機能性樹脂、触媒、医薬・農薬中間体、電
       化学品関連事業               子材料、食品添加物)、医薬中間体・医薬品原薬の製造・販売、健康食品の販
                      売、化学品・環境に係わるコンサルティング・コーディネーション、樹脂材料の
                      販売
                      空調設備・給排水衛生設備・クリーンルーム・消防設備の設計・施工、電気工
       空調設備工事関連事業               事・内装工事の設計・施工、リニューアル物件の設計・施工(オフィスビル、マ
                      ンション、ホテル、工場、病院、老健施設等)
                      システムインテグレーションサービス、パッケージソフトウエアの開発・販売、
                      ネットワーク・セキュリティ等の情報インフラの構築、ハードウエアの保守、シ
       情報システム関連事業               ステムの保守・運用サポートサービス、アウトソーシングサービス(ホスティン
                      グ・ハウジング・データ保管・バックアップサービス・クラウドコンピューティ
                      ングサービス)
       樹脂・エレクトロニクス関連               金型の設計・製造・販売、複合ユニット製品(樹脂・電子部品)・樹脂成形品の
       事業               製造・販売、電子部品の製造・販売(セラミック基板、半導体製品等)
                      石油製品(A重油、C重油、灯油、軽油、ガソリン、再生油等)の販売、LPガ
       エネルギー関連事業
                      ス・家庭用燃料電池・太陽光発電システムの販売
                      住宅機器の販売・設計・施工(ユニットバス、システムキッチン、洗面化粧台、
       住宅設備機器関連事業               造付家具等)、空調機器の販売・設計・施工、システム収納・システムキッチ
                      ン・洗面化粧台等の開発・製造・販売・設計・施工
                      コンピュータ・事務機器等に使用する消耗品の販売、移動体通信機器の販売、名
                      刺・カード印刷、旅行代理店、オフィスビル等の保全管理、人材派遣、ベトナム
       その他
                      グループ会社の業務管理・人事労務管理、浴室空間の企画・設計・開発・製造・
                      販売
                                   6/141









                                                           EDINET提出書類
                                                       三谷産業株式会社(E02692)
                                                            有価証券報告書
       事業系統図
      (注)1.無印は連結子会社であります。













         2.※1は複数の事業に跨っている連結子会社であります。
         3.※2は非連結子会社で持分法非適用会社であります。
         4.※3は関連会社で持分法適用会社であります。
         5.※4は関連会社で持分法非適用会社であります。
         6.※5は複数の事業に跨っている関連会社であります。
                                   7/141





                                                           EDINET提出書類
                                                       三谷産業株式会社(E02692)
                                                            有価証券報告書
      4【関係会社の状況】
                                              議決権の

                            資本金または
           名称            住所             主要な事業の内容          所有割合        関係内容
                              出資金
                                              (%)
     (連結子会社)
                               百万円
                                                    商品の販売およ

                                                    びサービスの提
                                                    供
                                                    商品の仕入
     アクティブファーマ㈱              東京都千代田区             300   化学品関連事業            51.00
                                                    建物および設備
                                                    の賃貸
                                                    資金の貸付
                                                    役員の兼任あり
                                                    商品の販売およ
     相模化成工業㈱                                          51.00    びサービスの提
                    東京都町田市             200   化学品関連事業
     (注)4                                          (51.00)     供
                                                    役員の兼任あり
                                                    商品の販売およ
                                                    びサービスの提
                                                    供
                                                    商品の仕入
                                                    資金の貸付
     ㈱ミライ化成
                    長野県千曲市             20   化学品関連事業            100.00     保証(銀行借入
                                                    および仕入先に
                                                    対する支払債
                                                    務)
                                                    役員の兼任あり
                                                    役員の派遣あり
                                                    商品の販売およ
                                                    びサービスの提
                                                    供
                                                    商品の仕入
                                                    建物および設備
                                   化学品関連事業お
     三谷産業イー・シー㈱                                              の賃貸
                    石川県野々市市             360   よびエネルギー関            100.00
     (注)3                                              資金の借入
                                   連事業
                                                    保証(仕入先に
                                                    対する支払債務
                                                    等)
                                                    役員の兼任あり
                                                    役員の派遣あり
                                                    商品の販売およ

                                                    びサービスの提
                                                    供
                                                    商品の仕入
                                                    設備工事の施工
                                                    発注
                                   空調設備工事関連
     三谷産業コンストラクショ                                              建物および設備
                    石川県野々市市             340   事業および住宅設            100.00
     ンズ㈱                                              の賃貸
                                   備機器関連事業
                                                    資金の借入
                                                    保証(請負契約
                                                    不履行により生
                                                    じる損害金)
                                                    役員の兼任あり
                                                    役員の派遣あり
                                                    商品の販売およ

                                                    びサービスの提
                    広島県広島市                樹脂・エレクトロ
     ㈱アクティ                           48              100.00     供
                    安芸区                ニクス関連事業
                                                    役員の兼任あり
                                                    役員の派遣あり
                                   8/141




                                                           EDINET提出書類
                                                       三谷産業株式会社(E02692)
                                                            有価証券報告書
                                              議決権の
                            資本金または
           名称            住所             主要な事業の内容                  関係内容
                                              所有割合
                              出資金
                                              (%)
                               百万円
                                                    商品の販売およ
                                                    びサービスの提
                                                    供
                                   情報システム関連                商品の仕入
     ディサークル㈱              東京都千代田区             85               80.20
                                   事業                建物および設備
                                                    の賃貸
                                                    資金の借入
                                                    役員の兼任あり
                                                    商品の販売およ
                                                    びサービスの提
                                                    供
                                                    アウトソーシン
     コンフィデンシャルサービ                              情報システム関連                グ業務運用委託
                    石川県能美市             60               83.97
     ス㈱                              事業                建物および設備
                                                    の賃貸
                                                    資金の借入
                                                    役員の兼任あり
                                                    役員の派遣あり
                                                    商品の販売およ
                                                    びサービスの提
                                                    供
                                                    建物および設備
                                                    の賃貸
     ㈱インフィル                              住宅設備機器関連
                    東京都千代田区            410               100.00     資金の借入
     (注)3                              事業
                                                    保証(仕入先に
                                                    対する支払債
                                                    務)
                                                    役員の兼任あり
                                                    役員の派遣あり
                                                    商品の販売およ
                                                    びサービスの提
     ㈱インテンザ                              住宅設備機器関連            100.00     供
                    東京都千代田区             50
     (注)4                              事業           (100.00)     建物および設備
                                                    の賃貸
                                                    役員の兼任あり
                                                    資金の借入
     ミタニインベストメント㈱              東京都千代田区            121   その他            100.00     役員の兼任あり
                                                    役員の派遣あり
                                                    商品の販売およ

                                                    びサービスの提
                                                    供
                                                    オフィスビル管
                                                    理委託
                                                    事務用品の購入
                                                    建物および設備
     アドニス㈱              石川県金沢市             40   その他            100.00
                                                    の賃貸
                                                    資金の借入
                                                    保証(仕入先に
                                                    対する支払債
                                                    務)
                                                    役員の兼任あり
                                                    役員の派遣あり
                                                    建物および設備

                                                    の賃貸
     ㈱HIDEO              東京都千代田区            160   その他            100.00
                                                    役員の兼任あり
                                                    役員の派遣あり
                                   9/141




                                                           EDINET提出書類
                                                       三谷産業株式会社(E02692)
                                                            有価証券報告書
                                              議決権の
                            資本金または
            名称            住所            主要な事業の内容                  関係内容
                                              所有割合
                              出資金
                                              (%)
                             千USドル
                                                    商品の販売およ
     Aureole    Mitani    Chemical     &
                     ベトナム社会                               びサービスの提
                                               100.00
     Environment      Inc.          主義共和国ド          11,800     化学品関連事業                供
                                                (6.00)
                     ンナイ省                               役員の兼任あり
     (注)2.4
                                                    役員の派遣あり
                                                    商品の販売およ
                                                    びサービスの提
     Aureole    Fine   Chemical
                     ベトナム社会
                                               100.00     供
     Products     Inc.
                     主義共和国ド          7,400    化学品関連事業
                                               (13.51)     商品仕入
                     ンナイ省
     (注)2.4
                                                    資金の貸付
                                                    役員の派遣あり
     Aureole    Logistics     of
                     ベトナム社会
                                               100.00
     Chemical     Inc.
                     主義共和国ハ          2,600    化学品関連事業                役員の派遣あり
                                               (100.00)
                     イフォン市
     (注)4
                                                    商品の販売およ
                                                    びサービスの提
                                                    供
                                                    空調設備工事の
                                                    CAD設計およ
                     ベトナム社会                               び積算委託
     Aureole    Construction
                                   空調設備工事関連
                     主義共和国           850               100.00     建物および設備
     Software     Development      Inc.                   事業
                     ホーチミン市                               の賃貸
                                                    保証(請負契約
                                                    の不履行により
                                                    生じる損害金)
                                                    役員の兼任あり
                                                    役員の派遣あり
                                                    商品の販売およ
                                                    びサービスの提
                                                    供
                                                    樹脂成形品およ
                                                    び金型の製造委
                                                    託
     Aureole    Business
                     ベトナム社会
                                   樹脂・エレクトロ            100.00     建物および設備
     Components      & Devices    Inc.     主義共和国ド          8,472
                                   ニクス関連事業            (9.44)    の賃貸
                     ンナイ省
     (注)2.4
                                                    資金の貸付
                                                    保証(リース債
                                                    務および銀行借
                                                    入)
                                                    役員の兼任あり
                                                    役員の派遣あり
                                                    商品の販売およ
                                                    びサービスの提
                                                    供
                                                    樹脂成形品の製
                                                    造委託
                     ベトナム社会
     Aureole    unit-Devices
                                   樹脂・エレクトロ
                                                    資金の貸付
                     主義共和国ド          2,000                100.00
     Manufacturing       Service    Inc.                   ニクス関連事業
                                                    保証(リース債
                     ンナイ省
                                                    務および銀行借
                                                    入)
                                                    役員の兼任あり
                                                    役員の派遣あり
     Inter-Technology

                     アメリカ合衆
                                   情報システム関連                役員の兼任あり
     Infrastructure        Research
                     国カリフォル           500               100.00
                                   事業                役員の派遣あり
     Co.,   Ltd.             ニア州
                                              議決権の

                            資本金または
            名称            住所            主要な事業の内容                  関係内容
                                              所有割合
                              出資金
                                              (%)
                             千USドル
                                  10/141


                                                           EDINET提出書類
                                                       三谷産業株式会社(E02692)
                                                            有価証券報告書
                                              議決権の
                            資本金または
            名称            住所            主要な事業の内容                  関係内容
                                              所有割合
                              出資金
                                              (%)
                                                    商品の販売およ
                                                    びサービスの提
                                                    供
                     ベトナム社会                               ソフトウエアの
     Aureole    Information
                                   情報システム関連
                     主義共和国          3,650                100.00     開発委託
     Technology      Inc.                        事業
                     ホーチミン市                               建物および設備
                                                    の賃貸
                                                    資金の貸付
                                                    役員の派遣あり
                     ベトナム社会                               サービスの提供

     Aureole    Expert    Integrators
                     主義共和国ハ           814   その他            100.00     役員の兼任あり
      Inc.
                     ノイ市                               役員の派遣あり
                              千シンガ

                             ポールドル
                     シンガポール
     Pear   Investment      Pte  Ltd
                               2,430    その他            100.00     役員の兼任あり
                     共和国
     (持分法適用関連会社)
                               百万円
                                                    商品の販売およ
     タマ化学工業㈱                埼玉県八潮市           126   化学品関連事業            23.44    び仕入
                                                    役員の兼任あり
                                   樹脂・エレクトロ                商品の販売およ
                                   ニクス関連事業、            12.63    び仕入
     ニッコー㈱
                     石川県白山市          3,470    化学品関連事業お            (0.02)    建物および設備
     (注)4.     5
                                   よび住宅設備機器            [34.09]     の賃貸
                                   関連事業                役員の兼任あり
                                                    商品の販売およ
     北陸コンピュータ・サービス                              情報システム関連
                     石川県金沢市           240               25.00    び仕入
     ㈱                              事業
                                                    役員の兼任あり
     デンカ生コン高山㈱                岐阜県高山市            30   住宅設備関連事業            20.00    役員の兼任あり
     ヴィサージュ管理㈱                石川県金沢市           100   その他            46.32    ビル管理委託
                                  11/141










                                                           EDINET提出書類
                                                       三谷産業株式会社(E02692)
                                                            有価証券報告書
      (注)1.主要な事業の内容欄には、セグメントの名称を記載しております。
         2.特定子会社であります。
         3.三谷産業イー・シー㈱および㈱インフィルについては、売上高(連結会社相互間の内部売上高を除く。)の
           連結売上高に占める割合が10%を超えております。
           主要な損益情報等
                        三谷産業イー・シー㈱                ㈱インフィル

            売上高                 12,544百万円              10,155百万円

            経常利益                   572百万円              199百万円

            当期純利益                   388百万円              34百万円

            純資産額                  4,030百万円              2,460百万円

            総資産額                  6,183百万円              5,861百万円

         4.議決権の所有割合の( )内は、間接所有割合で内数であります。
         5.有価証券報告書を提出している会社であります。
           なお、持分は100分の20未満でありますが、実質的な影響力を持っているため関連会社としたものでありま
           す。また、[ ]内は緊密な者の所有割合で外数であります。
                                  12/141














                                                           EDINET提出書類
                                                       三谷産業株式会社(E02692)
                                                            有価証券報告書
      5【従業員の状況】
       (1)連結会社の状況
                                                   2020年3月31日現在
                                           従業員数(人)
               セグメントの名称
                                               365

      化学品関連事業
                                               671
      空調設備工事関連事業
                                               355
      情報システム関連事業
                                              1,647
      樹脂・エレクトロニクス関連事業
                                                74
      エネルギー関連事業
                                               107
      住宅設備機器関連事業
                                                38
      その他
      全社(共通)                                          98
                                              3,355

                  合計
      (注)全社(共通)として記載されている従業員数は、当社の本社管理部門に所属しております。

       (2)提出会社の状況

                                                   2020年3月31日現在
        従業員数(人)              平均年齢(才)             平均勤続年数(年)              平均年間給与(円)
           512     ( 86 )         40.6              11.1           6,044,571

                                           従業員数(人)

               セグメントの名称
                                                 70     ( 2 )
      化学品関連事業
                                                138     ( 34 )
      空調設備工事関連事業
                                                149     ( - )
      情報システム関連事業
                                                 57     ( 2 )
      樹脂・エレクトロニクス関連事業
      全社(共通)                                           98     ( 48 )
                                                512     ( 86 )

                  合計
      (注)1.従業員は就業人員(当社から社外への出向者を除き、社外から当社への出向者を含む。)であり、臨時雇用

           者数(パートタイマー、学生アルバイト、人材派遣会社からの派遣社員を含む)は、年間の平均人員を
           ( )外数で記載しております。
         2.平均年間給与は、税込支給実績によるもので、基準外賃金および賞与を含んでおります。
         3.全社(共通)として記載されている従業員数は、本社管理部門に所属しております。
       (3)労働組合の状況

         労働組合は結成されておりませんが、労使関係は協調的であり円満に推移しております。
                                  13/141





                                                           EDINET提出書類
                                                       三谷産業株式会社(E02692)
                                                            有価証券報告書
     第2【事業の状況】
      1【経営方針、経営環境及び対処すべき課題等】
       (1)経営の基本方針
         極めて短期間でパラダイムシフトが繰り返されるこの時代において、常に変化できる企業集団であることが必要
        だと考えています。また、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の拡大により、パラダイムシフトをより加速さ
        せていく必要があると考えています。
         このような経営環境において、              当企業集団(当社および当社連結子会社)は、以下の方針を掲げ経営目標を達成
        すべく取り組んできました。
         ・お客様にとっての最適を追求すること。
         ・お客様の期待に応えられる柔軟性と力強さを備えた企業になること。
         ・分野と分野、あるいは業界と業界の交差点に立つことによって、お客様のイノベーションを促進する役割を担
          い、さまざまな業界をつなぐネットワークの中で、重要な結び目になること。
         ・複数の事業セグメントにわたって、それも単なる商社ではなく、時にはメーカーであったり、時にはコンサル
          タントであったりと、複数のレイヤーでビジネスを展開すること。
       (2)   次期(2021年3月期)の業績見通し

         当企業集団の経営上の目標を達成するための客観的な指標は、売上高、営業利益、経常利益、親会社株主に帰属
        する当期純利益であります。
         次期の連結業績については、売上高は医薬品原薬事業および空調設備工事関連事業の増収により800億円(前期
        比3.1%増)を見込んでおります。一方で、営業利益は引き続き新規事業投資を継続することに加え、新型コロナ
        ウイルス感染症(COVID-19)の影響による事業活動の停滞、またその対策費用により20億円(前期比21.1%減)、
        経常利益は25億円(前期比24.2%減)、親会社株主に帰属する当期純利益は14億円(前期比15.0%減)と予想して
        おります。
         なお、本業績予想につきましては、第2四半期までに新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響が終息し、
        第3四半期以降は通常の事業活動が行えていることを前提としております。
         次にセグメント別の今後の重点施策について説明申しあげます。

        <化学品関連事業>

        ①国内における化成品販売については、既存顧客に対する取扱品目の拡大や、経営課題の解決につながる付加価値
         の高い提案により収益力の向上を図るとともに、新規エリア・分野の開拓による新規顧客獲得に努めてまいりま
         す。
        ②医薬品原薬については、既存のジェネリック医薬品向け原薬における競争優位性を活かしつつ、顧客目線の提案
         力を強化することにより、お客様との取引深化をさらに進めてまいります。さらに、これらのノウハウ等と2020
         年度中に完成予定である子会社アクティブファーマ㈱富山八尾工場の開発センターおよび第2工場(少量合成
         棟)を有効活用し、新薬・長期収載品向け原薬にも取り組んでまいります。
        ③機能性素材の受託製造については、ベトナム子会社Aureole                             Fine   Chemical     Products     Inc.が保有する2つの工
         場を武器に既存製品の供給拡大を図ってまいります。また、ベトナム産の原料を活用した新商品の自社開発や
         パートナー企業との共同開発の実施、新規素材の探求および技術力の強化により、新規ビジネスの発掘に努めて
         まいります。
        ④金属回収や触媒のリサイクルなどの環境ビジネスについては、回収金属の種類を増やすとともに、医薬品製造分
         野の廃液などへ対象範囲を拡大してまいります。また、引き続き新たなバリューチェーンの構築において、パー
         トナー企業との連携を推進することにより、新規ビジネスの創出を図ってまいります。
        ⑤ベトナムにおける化成品販売については、日系企業およびその他外資系企業を中心に新規顧客獲得に注力すると
         ともに、北部および南部双方において既存顧客のシェア拡大に努めてまいります。
         以上の取り組みにより、次期の業績については、売上高は前期比7.4%増の347億71百万円、営業利益は前期比

        0.9%増の16億72百万円と予想しております。
                                  14/141




                                                           EDINET提出書類
                                                       三谷産業株式会社(E02692)
                                                            有価証券報告書
        <空調設備工事関連事業>
        ①首都圏においては、一級建築士事務所としての幅広いソリューション提案を強みに受注拡大を図るとともに、住
         宅設備機器関連部門と協業し、空調・衛生設備工事に加えて内装工事、電気工事を一括して請け負うことのでき
         る「リニューアルゼネコン」を目指した体制構築に取り組んでまいります。
         北陸地区においても、一級建築士事務所としてエンドユーザーの顔が見えるユーザーダイレクト提案活動に注力
         してまいります。
         また、「空調」をこれまでの「空気調和」から「空間調和」へと再定義し、お客様にとって最適化された空間を
         トータルで提供できるよう事業の幅を拡げ、受注獲得に努めてまいります。
        ②施工現場の人手不足や時間外労働の上限規制を見据えた施工現場の負荷低減と中長期的なリードタイムの短縮に
         向けて、ICTの活用やベンチャー企業との協業により、施工現場からバックオフィスへの業務の移管ならびに
         現場業務と事務所業務のスピーディーな連携体制の構築に取り組んでまいります。
        ③CAD設計・積算を行うベトナム子会社Aureole                        Construction       Software     Development      Inc.(以下、ACSD社
         と略します)では、3次元データによる建物の統括的な管理を可能にするBuilding                                       Information      Modeling(以
         下、BIMと略します)に対応できる技術者の育成に取り組んでおります。ACSD社と当社企画設計部BIM
         室および技術部門が連携し、従来は施工現場で担っていた設備の納まり等の検討業務を設計の上流工程に前倒し
         することにより、施工現場にやさしい設計を実現してまいります。
         以上の取り組みにより、次期の業績については、売上高は前期比13.8%増の127億90百万円と予想しておりま

        す。一方で、営業利益は積極的な人材採用に伴う経費の増加により、前期比3.7%減の10億58百万円と予想してお
        ります。
        <情報システム関連事業>

        ①クラウド関連事業は、子会社コンフィデンシャルサービス㈱を軸に、顧客課題に対応した独自サービスの創出を
         図ってまいります。さらに、情報セキュリティ格付「AAAis(トリプルA)」の継続取得に加えて、「金融機
         関等コンピュータシステムの安全対策基準(FISC安全対策基準)」の適合証明を取得したIDC(インター
         ネットデータセンター)を最大限に活用し、お客様に寄り添った“顔が見えるクラウドサービス”を武器として
         新規顧客の開拓を図るとともに、パートナー企業との連携強化を図り受注拡大に努めてまいります。
        ②子会社ディサークル㈱が開発・販売する「POWER                        EGG®」は、機能強化版を継続してリリースし、製品競争力の強
         化を図るとともに、品質向上にも努めてまいります。また、営業活動においては、販売パートナー企業との協業
         を強化し、民間企業や金融機関などさまざまな業種へのアプローチを推進するとともに、ベトナム子会社
         Aureole    Information      Technology      Inc.(以下、AIT社と略します)を起点としたベトナムでの新規顧客の獲
         得にも引き続き注力してまいります。さらに、企業のチーム活動成果を最大化するための新サービスの開発を並
         行して進めてまいります。
        ③オフショア開発は、AIT社において、システムインテグレーション、「POWER                                      EGG®」および当企業集団の社内
         システム開発のスピード化とコストダウンに貢献してまいります。さらに、パートナー企業と連携し日本企業か
         らのオフショア開発案件に注力する一方で、ベトナム現地日系企業からのシステム開発案件の受注拡大にも努め
         てまいります。また、物流業・サービス業等のさまざまな分野で応用が期待される、ビッグデータの中から利用
         者が求める最適解を入手できるマッチング技術の開発に着手しております。
         また、情報システム事業部とICTソリューション事業部は上記の3つのオリジナルソリューションの活用と
         パートナー企業やベンチャー企業との協業により受注拡大を図るとともに、課題解決領域および販売エリアのさ
         らなる拡大を目指してまいります。
         以上の取り組みを推進するものの、次期の業績については、前期において大型のシステム更新案件の獲得および

        基本ソフト(OS)のサポート終了に伴うパソコン更新案件が想定以上に獲得できたことから、売上高は前期比
        10.6%減の72億2百万円、営業利益は前期比8.3%減の8億76百万円と予想しております。
                                  15/141





                                                           EDINET提出書類
                                                       三谷産業株式会社(E02692)
                                                            有価証券報告書
        <エネルギー関連事業>
        ①石油製品は、引き続き元売り会社との緊密な連携を図って、新規顧客獲得および既存顧客への増販策を展開する
         とともに、省エネ・環境領域におけるパートナー企業や当社グループとの協業による燃料転換および機器設備の
         拡販を推進してまいります。
        ②民生用LPガスは、引き続き集合住宅の新規顧客の開拓に取り組むとともに、省エネ、蓄エネ機器を用いた提案
         による戸建て住宅の新規顧客獲得に一層注力してまいります。また、LPガス関連機器にとどまらず、空調設備
         工事および水廻りリフォーム工事をもワンストップで提供する付加価値の高い提案をしてまいります。
         以上の取り組みを推進するものの、次期の業績については、売上高は原油価格およびLPガス輸入価格が需要と

        供給の両面において低迷することが見込まれることから、前期比4.5%減の55億95百万円と予想しております。一
        方で、営業利益は民生用LPガスにおける新規顧客の獲得により前期比11.4%増の2億81百万円と予想しておりま
        す。
        <住宅設備機器関連事業>

        ①首都圏において、子会社㈱インフィルは、一級建築士事務所として永年培ってきたディベロッパー、ゼネコンお
         よび設計事務所との信頼関係を武器に、非住宅の新築・リニューアル案件獲得に努めてまいります。さらに、空
         調設備工事関連部門との協業により、「リニューアルゼネコン」を目指し、事業間シナジーを高めてまいりま
         す。また、オーダーメイドキッチン・洗面化粧台・システム収納等、当社グループが培ってきたモノづくりへの
         こだわりを体感できる東京ショールームを活用した高級マンション・戸建物件への営業活動を推進し、「AQUA」
         や「Daysy®」などのオリジナル製品の拡販に努めるとともに、さらなる新製品開発にも注力してまいります。子
         会社㈱インテンザは、ユーザーの使いやすさを追求したオリジナルキッチン「A'dress®」を中心に展示した
         ショールームを活用し、『INTENZA』ブランドの認知度向上に努めるとともに、新製品の開発および新ブランド
         確立に向けた活動にも注力してまいります。
        ②北陸地区において、子会社三谷産業コンストラクションズ㈱は、空調設備工事および住宅設備機器の複合提案を
         推進するとともに、空調機器メーカー・住宅設備機器メーカーとの協業によりお客様の快適な環境づくり案件発
         掘に努めてまいります。さらに、「暮らし快適サポート室」を軸にエンドユーザー向け住環境丸ごとサービスの
         提供や、お客様にとって最適な住宅リフォームを提案する地域密着型サービス『ラクだ』ブランドの浸透を図っ
         てまいります。
         また、本年3月には、三谷産業コンストラクションズ㈱においても一級建築士事務所登録を取得いたしました。
         これにより、これまで住宅設備機器の取り替えを中心とした部位リフォームに留まっていたところから、間仕切
         り変更(空間提案)を含めた大規模リフォームまで可能となりました。これを活用し提案の幅を拡げることで、
         お客様にとってより最適な住環境の提案を行い、さらなる受注拡大を目指してまいります。
         以上の取り組みにより、次期の業績については、売上高は前期比1.1%増の129億45百万円と予想しており、1億

        21百万円の営業利益となる見込みであります(前期の営業損失は27百万円)。
        <樹脂・エレクトロニクス関連事業>

         自動車関連ビジネスでは、自動車メーカーの新興国での生産体制展開により、車載製品の現地調達率向上への取
        り組みが強化されるとともに、性能・品質・コストへの要求も一層高まっており、競争環境はより厳しくなってい
        くことが引き続き想定されます。このような中、生産効率の向上を図るべく、広島・ベトナムのトライアルセン
        ターでの生産準備活動の徹底による「良品しかつくれない製造工程」を構築するとともに、金型製造のさらなる内
        製化ならびに量産工程の自動化によるコスト削減に努めてまいります。また、ベトナムでの現地営業活動の強化、
        自社製品の研究開発にも取り組み、受託製造のみならず自社仕様の提案力強化に取り組んでまいります。
         さらには、Connected(つながる)、Autonomous(自律走行)、Shared(共有)、Electric(電動)の「CAS
        E」への対応を見据えて、樹脂成形品に電子製品を組み合わせた複合ユニット製品に加え、樹脂成形品に金属部品
        を挿入した高圧部品の受注拡大にも取り組んでまいります。
         以上の取り組みを推進するものの、次期の業績については、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響によ

        る需要減や工場の稼働低下が見込まれることから、売上高は前期比14.8%減の66億35百万円と予想しており、60百
        万円の営業損失となる見込みであります(前期の営業利益は3億58百万円)。
                                  16/141




                                                           EDINET提出書類
                                                       三谷産業株式会社(E02692)
                                                            有価証券報告書
      2【事業等のリスク】
        有価証券報告書に記載した事業の状況、経理の状況等に関する事項のうち、投資家の判断に重要な影響を及ぼす可
       能性のある事項には、以下のようなものがあります。
        なお、文中における将来に関する事項は、有価証券報告書提出日(2020年6月11日)現在において、当社が判断し
       たものであります。
       (1)機密情報・個人情報の取り扱いについて

         当企業集団はシステムインテグレーション、アウトソーシング等の事業を通じて多くのお客様の機密情報・個人
        情報をお預かりしており、社会的責任が極めて高いものと認識しております。
         万が一、    お客様の機密情報・個人情報が外部に漏洩するような事態となった場合には当企業集団の信用失墜によ
        る売上の減少または損害賠償による費用の発生等により、当企業集団の財政状態や業績に重大な影響を及ぼす可能
        性があります。
         この対策として、当社はこれまで、情報                   資産の運用ルールを定めた情報セキュリティ制度の導入、個人情報保護
        への取り組みをより一層強化するためのプライバシーマークの取得等、リスク管理体制を順次整備するとともに、
        アウトソーシング事業については、ISO(JISQ)27001の認証を取得しております。さらに2012年4月、情報セキュ
                                        is
        リティ格付で北陸3県において初めて最上位にランクされる「AAA                                 (トリプルA)」を取得し、2018年1月には
        公益財団法人金融情報システムセンターが策定した「金融機関等コンピュータシステムの安全対策基準」および一
        般財団法人日本品質保証機構(以下「JQA」といいます)が策定した「JQA情報システム及び関連設備の運用基準」
        の認証も取得しております。
         これらの取り組みにより機密情報・個人情報保護意識をさらに高め、情報資産の保護の継続的な徹底に努めるこ
        とにより、お客様の信頼を一層確かなものにする活動を推進しております。
       (2)投資有価証券の時価または実質価額変動について

         当企業集団は、営業上の取引関係維持・拡大を主目的として取引先等の有価証券を保有しており、連結貸借対照
        表に計上されております。投資有価証券につきましては、大半が当社保有の有価証券であります。当連結会計年度
        末における投資有価証券のうち、子会社株式および関連会社株式以外の有価証券は保有目的上、全て「その他有価
        証券」に区分しております。
         今後、時価のある有価証券について株価の動向によって時価が変動し、時価のない有価証券については当該株式
        の発行会社の財政状態によって実質価額が変動した場合には、当企業集団の財政状態や業績に重大な影響を及ぼす
        可能性があります。
         この対策として、所有株式について個別銘柄毎に取引状況を検証し、これにリターン・リスクの状況・見通しが
        資本コストに見合っているかも勘案し、継続保有や新規保有の判断を行っております。
       (3)法的規制について

         当企業集団は、様々な商品およびサービスを取り扱う関係上、医薬品医療機器等法をはじめ、関連する法令・規
        制は多岐にわたり、海外進出においても当該国の各種法令・規則等の適用を受けています。
         現時点において当該許認可が取消となる事由は発生しておりませんが、今後予期し得ない法的規制等の発令や法
        解釈の多様性によるリスクにさらされる可能性があり、これらに係る指摘を受けた場合、事業活動の制限や新たな
        コストの発生などにより、当企業集団の財政状態や業績に重大な影響を及ぼす可能性があります。なお、主な許認
        可は以下のとおりであります。
         この対策として、許認可の状況を定期的に担当部門に確認することに加えて、関係法令の改正情報を早期に入手
        し影響を検討し対策をとることにより、法令遵守の徹底を図っております。
                                  17/141






                                                           EDINET提出書類
                                                       三谷産業株式会社(E02692)
                                                            有価証券報告書
                                                法令違反の要件および

       許認可等の名称             会社名       所管官庁等      許認可等の内容/有効期限
                                                主な許認可取消事由
                                  許可番号13AZ200192
                           東京都         2024年6月
                                   (5年ごと更新)
                                  許可番号14AZ200105
      医薬品製造業許可
                  三谷産業㈱                  2022年6月
      (包装一表示等)
                                   (5年ごと更新)
                           神奈川県
                                  許可番号14AZ200120
                                    2023年6月
                                   (5年ごと更新)
                                  許可番号16AZ200046
                  アクティブ
                           富山県         2024年4月
                  ファーマ㈱
                                              薬機法その他薬事に関する
                                   (5年ごと更新)
      医薬品製造業許可
                                              法令若しくはこれに基づく
                                 許可番号第13AZ000810号
                                              処分に違反する行為があっ
                  相模化成工業㈱          東京都         2025年3月
                                              たとき、又は役員等が欠格
                                   (5年ごと更新)
                                              条項に該当したとき。(法
                                 許可番号第5301131117号
                                              第75条)
                  三谷産業㈱          東京都         2026年3月
                                   (6年ごと更新)
                                 許可番号第5301131200号
                  アクティブ
                           東京都         2026年2月
                  ファーマ㈱
                                   (6年ごと更新)
      医薬品販売業許可
                                 許可番号第0332990083号
                  相模化成工業㈱          東京都         2023年11月
                                   (6年ごと更新)
                                 許可番号卸第3C0034号
                  三谷産業
                           石川県         2024年9月
                  イー・シー㈱
                                   (6年ごと更新)
                                 登録番号第3101130088号
                                    2026年3月
                           東京都
                                   (6年ごと更新)
                  三谷産業㈱
                                 登録番号名毒劇第1303号
                                    2021年9月
                           愛知県
                                   (6年ごと更新)
                                              毒物及び劇物取締法その他
                                  登録番号第3X0192号            毒物及び劇物に関する法令
      毒物劇物販売業登録                              2023年12月          若しくはこれに基づく処分
                                   (6年ごと更新)            に違反する行為があったと
                           石川県
                                              き。(法第19条)
                                  登録番号第1X0510号
                  三谷産業イー・
                                    2021年6月
                  シー㈱
                                   (6年ごと更新)
                                 登録番号第富一0661号
                                    2024年5月
                           富山県
                                   (6年ごと更新)
                                  18/141





                                                           EDINET提出書類
                                                       三谷産業株式会社(E02692)
                                                            有価証券報告書
       (4)海外での事業展開について
         当企業集団は、国内で蓄積した知識・技術をもとにベトナムで樹脂・エレクトロニクス関連の製造・販売、空調
        設備工事・住宅設備機器の設計・積算、化学品の製造・販売などの子会社を設立または取得し、その業容を拡大さ
        せております。
         ベトナムをはじめとする海外進出国において、将来的にテロ・紛争等による政情の不安定化、経済情勢の変動、
        為替レートの急激な変動、法制度の変更、労働力の不足等のカントリーリスクを含めた事業環境の著しい変化によ
        り、当企業集団の財政状態や業績に重大な影響を及ぼす可能性があります。
         この対策として、ベトナムの法令改正等について定期的に情報収集を行うとともに、ベトナム子会社の法務や人
        事労務業務を担う現地子会社である                 Aureole    Expert    Integrators      Inc.  との連携を密にし、対応を図っておりま
        す。
       (5)知的財産権について

         当企業集団が開発・製造販売する医薬品原薬、機能性素材、パッケージソフトウエア、オリジナル家具等につい
        ては、知的財産権侵害を理由として訴訟提起される場合があります。
         今後このような事案が生じた場合には、事業活動の制限や訴訟費用の発生等により、当企業集団の財政状態や業
        績に重大な影響を及ぼす可能性があります。
         この対策として、特許事務所との連携のもと特許権や意匠権等の知的財産権に関する調査の徹底を図っておりま
        す。
       (6)事業投資について

         当企業集団は、対象企業の株式・出資持分を取得して当該企業の経営に参画し、既存事業とのシナジー創出を図
        ることや、既存事業のさらなる拡大に向けた設備投資や新会社設立などの事業投資活動を行っております。投下資
        金の回収不能や事業計画通りに進捗しないことによるリスク、さらには撤退による追加損失が発生するリスクを完
        全に回避することは困難であると考えております。
         今後このような事案が生じた場合には、当企業集団の財政状態や業績に重大な影響を及ぼす可能性があります。
         この対策として、事業投資にあたっては、取締役会において十分かつ慎重な意思決定が行えるよう投資採算・リ
        スク等を計画段階から報告するとともに、定期的な進捗報告により迅速な対応が行える環境としております。
       (7)自然災害について

         将来発生が懸念されている首都直下地震や南海トラフ地震のほか、近年の世界的な気候変動により発生頻度が高
        まっている台風や豪雨、更には疫病の蔓延といった自然災害により、当企業集団が事業拠点を有する地域も影響を
        受けることが懸念されます。
         このような自然災害が発生した場合には、当企業集団の財政状態や業績に重大な影響を及ぼす可能性がありま
        す。
         この対策として、当企業集団ではリスクマネジメント委員会を設置し各リスクの分析と評価を行い、対策マニュ
        アルや事業継続計画を策定しております。また、実際に自然災害が発生した場合には、直ちに対策本部を立ち上
        げ、対応する体制を整備しております。
       (8)新型コロナウイルス感染症(COVID-19)について

         世界的な新型コロナウイルス感染症(COVID-19)                       の影響により、当企業集団においても、事業を取り巻く環境に
        ついて先行き不透明な状況が生じております。
         この対策として、従業員やお客様、そして地域の安心・安全を第一に、次のような対策により感染予防に取り組
        んでおります。
         ・安全衛生の徹底(マスク着用、検温、手指のアルコール消毒等)
         ・在宅勤務、時差出勤の推進
         ・Web会議等の活用
         ・不要不急の国内、海外出張の禁止
         ・ 海外勤務従業員の帰国時、在宅勤務による隔離期間を設定
         今後も動向を注視しながら適宜対策を講じてまいりますが、さらなる感染拡大等、想定を超えるような事態が発
        生する場合には、        当企業集団の財政状態や業績に重大な影響を及ぼす可能性があります。
                                  19/141




                                                           EDINET提出書類
                                                       三谷産業株式会社(E02692)
                                                            有価証券報告書
      3【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】
       業績等の概要
       (1)経営成績等の状況の概要
         当連結会計年度における当社グループ(当社、連結子会社及び持分法適用会社)の財政状態、経営成績及び
        キャッシュ・フロー(以下「経営成績等」という。)の状況の概要は次のとおりであります。
        ①財政状態及び経営成績の状況

         業績面については、当連結会計年度の売上高は775億95百万円(前期比81億37百万円減 9.5%減)、営業利益は
        25億34百万円(前期比1億99百万円増 8.5%増)、経常利益は32億96百万円(前期比3億48百万円増 11.8%
        増)、親会社株主に帰属する当期純利益は16億46百万円(前期比3億59百万円減 17.9%減)となりました。
         なお、営業利益および経常利益については連結決算の開示開始以来、過去最高となりました。
         売上高が前期比81億37百万円減少した主な要因は、以下のとおり樹脂・エレクトロニクス関連事業における減少

        であり、昨年3月に連結子会社であったFujitsu                       Computer     Products     of  Vietnam,     Inc.(以下、FCV社と略しま
        す)の出資持分すべてを譲渡したことによるものであります。
         ・樹脂・エレクトロニクス関連事業                   △109億41百万円
         ・化学品関連事業          △3億47百万円
         ・住宅設備機器関連事業         △50百万円
         ・エネルギー関連事業          △19百万円
         ・空調設備工事関連事業       +9億54百万円
         ・情報システム関連事業       +12億35百万円
         営業利益が前期比1億99百万円増加した要因は、以下のとおり住宅設備機器関連事業を除く5つの事業セグメン

        トにおける増加であります。
         ・樹脂・エレクトロニクス関連事業  +1億29百万円
         ・空調設備工事関連事業       +1億25百万円
         ・化学品関連事業          +1億14百万円
         ・情報システム関連事業       +1億6百万円
         ・エネルギー関連事業          +6百万円
         ・住宅設備機器関連事業       △2億10百万円
         経常利益は、営業利益および持分法投資利益の増加を主要因に増加しました。一方で、親会社株主に帰属する当

        期純利益は、株価下落による投資有価証券の減損および老朽化等を背景とした一部事務所の移転に向けた固定資産
        の減損の計上を主要因に減少しました。
                                  20/141









                                                           EDINET提出書類
                                                       三谷産業株式会社(E02692)
                                                            有価証券報告書
       (セグメントの状況)
         営業利益の大きいセグメントの順に記載いたします。
         セグメントごとの当社事業部門および子会社・関連会社につきましては、                                  「第1 企業の概況」の「3.事業の
        内容」   をご参照ください。
        <化学品関連事業>

         国内における化成品販売については、基礎化学品において甲信越地区での取引が順調に増加したものの、電子部
        品メーカー等の稼働減の影響により、売上高は減少しました。
         医薬品原薬については、自社製品の販売は拡大したものの、一部の商品の取り扱いを終了したことから、売上高
        は減少しました。
         機能性素材の受託製造については、新規商材の本格採用および既存商品の拡販により、売上高は増加しました。
         環境ビジネスについては、触媒ビジネスおよび金属回収の取扱量が順調に増加したことから、売上高は増加しま
        した。
         ベトナムにおける化成品販売については、南部の既存顧客の稼働減により販売数量が減少したことから、売上高
        は減少しました。
         以上により、全体の売上高は前期比1.1%減の323億68百万円となりました。一方で、営業利益は医薬品原薬事業
        における自社製品の増販、機能性素材の受託量および環境ビジネスにおける取扱量の増加が寄与したことから、前
        期比7.4%増の16億57百万円となりました。
        <空調設備工事関連事業>

         受注高は、北陸地区においてオフィスビルの大型リニューアル工事や複合施設の大型新築工事を受注できたもの
        の、首都圏において前期に大型新築工事の受注があったことから、前期比9.7%減の115億55百万円となりました。
         売上高は、複数の大型新築・リニューアル工事が順調に進捗したことに加えて、ベトナムにおける設計・積算業
        務の受託が好調であったことから、前期比9.3%増の112億43百万円となり、営業利益は前期比12.9%増の10億99百
        万円となりました。
        <情報システム関連事業>

         受注高は、オリジナルソリューションである「POWER                          EGG®」の受注が好調だったことに加えて、新規顧客の開
        拓、製造設備設計システムの導入、生産管理システムの開発案件や大型システム更新案件の獲得および基本ソフト
        (OS)のサポート終了に伴うパソコン更新案件が想定以上に獲得できたことから、前期比16.7%増の84億37百万円
        となりました。
         売上高は、受注高と同様の理由により前期比18.1%増の80億57百万円、営業利益は前期比12.5%増の9億55百万
        円となりました。
         なお、2020年3月末時点での「POWER                   EGG®」の導入実績は、前期比48社増の1,371社となりました。
        <樹脂・エレクトロニクス関連事業>

         売上高は、車載向け樹脂成形品の量産が順調に推移したものの、昨年3月に連結子会社であったFCV社の出資
        持分すべてを譲渡したことから、前期比58.4%減の77億86百万円となりました。
         一方で、営業利益は、前期において広島事業所の新築移転に係る経費の発生ならびにベトナム工場における修繕
        実施があったことから、前期比56.6%増の3億58百万円となりました。
        <エネルギー関連事業>

         石油製品については、販売価格は前期に比べ原油価格が低水準で推移したことから弱含みとなりましたが、販売
        数量はA重油およびC重油等の燃料油の増販が寄与したことから増加しました。
         民生用LPガスについては、販売価格はLPガス輸入価格(CIF価格)が原油価格同様に軟調に推移した中で
        販売価格維持に努めた結果、前期並みに推移しました。一方で、販売数量は一昨年進出した福井エリアをはじめ新
        規顧客の獲得が増加をみたものの、大口集合住宅顧客の入居率が低下したことならびに記録的な暖冬により、わず
        かながら前期を下回りました。
         以上により、全体の売上高は前期比0.3%減の58億60百万円に留まりましたが、営業利益は単位当たりの利益改
        善に注力した結果、前期比2.6%増の2億53百万円となりました。
                                  21/141




                                                           EDINET提出書類
                                                       三谷産業株式会社(E02692)
                                                            有価証券報告書
        <住宅設備機器関連事業>
         受注高は、首都圏において病院や老健施設といった非住宅物件の受注は増加したものの、前期に首都圏および北
        陸地区において大型ホテル案件の受注があったことから、前期比17.7%減の115億63百万円となりました。
         売上高は、北陸地区において複数の大型物件の完工があったものの、首都圏において大型物件の完工が次期へ延
        伸したことから、前期比0.4%減の128億6百万円となりました。また、首都圏において新製品の開発や新ブランド
        の確立に向けた投資が増加したことから、27百万円の営業損失となりました(前期の営業利益は1億82百万円)。
        ②キャッシュ・フローの状況

         当連結会計年度の営業活動によるキャッシュ・フローは、17億89百万円(前連結会計年度は41億53百万円)の収
        入となりました。
         主なプラス要因は、税金等調整前当期純利益29億42百万円、減価償却費15億77百万円であります。
         一方、主なマイナス要因は、売上債権の増加額6億29百万円、仕入債務の減少額4億29百万円、法人税等の支払
        額11億82百万円であります。
         投資活動によるキャッシュ・フローは、6億74百万円(前連結会計年度は41億63百万円)の支出となりました。
         主な要因は、有形固定資産の取得による支出16億41百万円、関係会社出資金の売却による収入16億56百万円、投
        資 有価証券の取得による支出5億11百万円                   であります。
         財務活動によるキャッシュ・フローは、13億85百万円(前連結会計年度は7億84百万円)の支出となりました。
         主な要因は、短期及び長期の借入金の純減額が合わせて5億70百万円、配当金の支払額5億54百万円でありま
        す。
         これらの結果、現金及び現金同等物の当連結会計年度末残高は、前連結会計年度末に比べ2億93百万円減少し、
        53億11百万円となりました。
                                  22/141














                                                           EDINET提出書類
                                                       三谷産業株式会社(E02692)
                                                            有価証券報告書
        ③受注及び販売の実績
        a.受注実績
         当連結会計年度の空調設備工事関連事業、情報システム関連事業および住宅設備機器関連事業の受注実績は、次
        のとおりであります。
                                                    (単位:百万円)
         セグメントの名称                受注高        前期比(%)           受注残高         前期比(%)
      空調設備工事関連事業                     11,555           90.3         12,370          102.6

      情報システム関連事業                      8,437          116.7          5,143          108.0

      住宅設備機器関連事業                     11,563           82.3         10,430           89.4

      (注)1.受注実績の金額は、セグメント間の内部受注高および受注残高を含めて記載しております。
         2.上記金額には、消費税等は含まれておりません。
        b.販売実績

         当連結会計年度の販売実績をセグメントごとに示すと、次のとおりであります。
                                                    (単位:百万円)
                             当連結会計年度
          セグメントの名称                 (自 2019年4月1日                     前期比(%)
                            至 2020年3月31日)
     化学品関連事業                              32,368                   98.9

     空調設備工事関連事業                              11,243                   109.3

     情報システム関連事業                              8,057                  118.1

     樹脂・エレクトロニクス関連事業                              7,786                   41.6

     エネルギー関連事業                              5,860                   99.7

     住宅設備機器関連事業                              12,806                   99.6

     その他                              1,666                   95.5

              合計                      79,789                   89.6

      (注)1.販売実績の金額は、セグメント間の内部売上高を含めて記載しております。
         2.上記金額には、消費税等は含まれておりません。
                                  23/141









                                                           EDINET提出書類
                                                       三谷産業株式会社(E02692)
                                                            有価証券報告書
       (2)  経営者の    視点による経営成績等の状況に関する分析・検討内容
         経営者の視点による当社グループの経営成績等の状況に関する認識及び分析・検討内容は次のとおりでありま
        す。
         なお、文中の将来に関する事項は、当連結会計年度末現在において判断したものであります。
        ①財政状態及び経営成績の状況に関する認識及び分析・検討内容

         財政状態につきましては、当連結会計年度末における総資産残高は、687億16百万円(前連結会計年度末は723億
        56百万円)となり、前連結会計年度末に比べ36億40百万円減少いたしました。流動資産の残高は、受取手形及び売
        掛金13億68百万円の減少、完成工事未収入金19億55百万円の増加、流動資産のその他に含まれる未収入金16億1百
        万円の減少を主要因に前連結会計年度末に比べ14億78百万円減少し、358億68百万円となりました。一方、固定資
        産の残高は、投資有価証券25億63百万円の減少、建設仮勘定5億67百万円の増加を主要因に前連結会計年度末に比
        べ21億61百万円減少し、328億48百万円となりました。
         当連結会計年度末における負債残高は、339億75百万円(前連結会計年度末は365億39百万円)となり、前連結会
        計年度末に比べ25億63百万円減少いたしました。流動負債の残高は、支払手形及び買掛金7億8百万円の減少、短
        期借入金5億34百万円の減少を主要因に前連結会計年度末に比べ14億3百万円減少し、306億5百万円となりまし
        た。一方、固定負債の残高は、繰延税金負債10億53百万円の減少を主要因に前連結会計年度末に比べ11億60百万円
        減少し、33億70百万円となりました。
         当連結会計年度末における純資産残高は、347億40百万円(前連結会計年度末は358億17百万円)となり、前連結
        会計年度末に比べ10億77百万円減少いたしました。株主資本の残高は、前連結会計年度末に比べ10億64百万円増加
        し、301億29百万円となりました。一方、その他の包括利益累計額の残高は、前連結会計年度末に比べ23億87百万
        円減少し、26億88百万円となりました。また、非支配株主持分の残高は、前連結会計年度末に比べ2億45百万円増
        加し、19億22百万円となりました。
         これらの結果、自己資本比率は、前連結会計年度末の47.2%から47.8%に増加し、1株当たりの純資産額は、前
        連結会計年度末の554円48銭から533円0銭に減少いたしました。
         経営成績の状況につきましては、「第2                   事業の状況」の「3.経営者による財政状態、経営成績及びキャッ

        シュ・フローの状況の分析 (1)経営成績等の状況の概要 ①財政状態及び経営成績の状況」をご参照下さい。
         経営成績に重要な影響を与える要因につきましては、「第2 事業の状況」の「2.事業等のリスク」をご参照

        ください。
         新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響につきましては、「第2                                  事業の状況」の「1.経営方針、経営

        環境及び対処すべき課題等」をご参照下さい。
        ② キャッシュ・フローの状況の分析・検討内容並びに資本の財源及び資金の流動性に係る情報

         運転資金需要
          当企業集団の運転資金需要のうち主なものは、売上債権の回収サイクルと仕入債務の支払サイクルのギャッ
         プおよび営業活動上において必要なたな卸資産に対する支出によるもののほか、人件費や手数料等の販売費及
         び一般管理費であります。
         設備投資

          設備投資につきましては、「第3 設備の状況」の「1.設備投資等の概要」をご参照ください。
         資金管理

          当企業集団は、事業運営上必要な資金の流動性と源泉を安定的に確保することを基本としております。
          運転資金は自己資金および金融機関からの短期借入を基本としており、設備投資の調達につきましては、金
         融機関からの長期借入を基本としております。
          なお、当連結会計年度末における借入金およびリース債務等を含む有利子負債の残高は143億53百万円となっ
         ております。また当連結会計年度末における現金及び現金同等物の残高は53億11百万円となっております。
          資金は原則として当社で集中管理し、当企業集団内の余剰資金の有効活用を図っております。当企業集団内
         における新規の設備投資資金の調達については、諸条件を勘案し決定いたしますが、全て当社の事前承認に基
         づいております。
                                  24/141



                                                           EDINET提出書類
                                                       三谷産業株式会社(E02692)
                                                            有価証券報告書
         経営者の問題意識と今後の方針
          当企業集団における投資プロジェクトについては、採算面や投資回収面、リスク等を十分に検討したうえで
         決定しております。ここ数年は当企業集団の存在価値の向上を念頭に、付加価値の高い商品・製品・サービス
         の提供を図るべく、設備投資や子会社新設に積極的に取り組んでまいりました。
          当企業集団は、今後とも、さらなる事業拡大と持続的な成長を図っていくため引き続き積極的な投資を実行
         していく方針であります。また、               新型コロナウイルス感染症(COVID-19)                   の影響による不測の事態に備え、当
         座貸越契約の増枠を実施いたしました。これにより計画している投資の手を緩めることなく実行することが可
         能となります。
        ③重要な会計上の見積り及び当該見積りに用いた仮定

         当社グループの連結財務諸表は、わが国において一般に公正妥当と認められている会計基準に基づき作成してお
        ります。この連結財務諸表の作成に当たって採用している重要な会計方針は「第5                                       経理の状況 1        連結財務諸表
        等 (1)連結財務諸表 注記事項 連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項」に記載されているとおり
        であります。
         この連結財務諸表の作成にあたり、見積りが必要となる事項につきましては、合理的な基準に基づき、会計上の
        見積りを行っております。これらの見積りについては、継続して評価し、必要に応じて見直しを行っております
        が、見積りには不確実性が伴うため、実際の結果はこれらと異なる場合があります。
         連結財務諸表に与える影響が大きいと考えられる項目・事象は以下の通りです。
         工事進行基準
          進捗部分について成果の確実性が認められる工事契約又は受注制作のソフトウエアについては、工事進行基
         準を適用しております。適用にあたっては、工事収益総額、工事原価総額および連結会計年度末における工事
         進捗度を合理的に見積る必要があります。工事進行基準による収益の計上の基礎となる工事原価総額は、契約
         ごとの実行予算を使用して見積りを行っておりますが、工事契約等の実行予算の策定にあたっては、工事等の
         完成のために必要となる作業内容及び工数の見積りに不確実性を伴うため、当社グループの業績を変動させる
         可能性があります。
         なお、会計上の見積りに対する              新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響に関して、翌連結会計年度の                                   第2

        四半期までに新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響が終息し、第3四半期以降は通常の事業活動が行えて
        いることを前提として、当連結会計年度において会計上の見積りを行った結果、当連結会計年度における連結財務
        諸表に及ぼす影響、および翌連結会計年度における連結財務諸表に及ぼす影響は軽微なものと判断しております。
      4【経営上の重要な契約等】

       該当事項はありません。
      5【研究開発活動】

        当連結会計年度における研究開発費の主なものは、化学品関連事業における子会社アクティブファーマ㈱での医薬
       品向け原薬の開発、大阪府立大学との「無機材料のリサイクル検証」を目的とした共同研究、情報システム関連事業
       におけるホーチミン工科大学との「Web技術等に関する情報システム分野の研究」をテーマとした共同研究であ
       り、総額は     200  百万円であります。
                                  25/141







                                                           EDINET提出書類
                                                       三谷産業株式会社(E02692)
                                                            有価証券報告書
     第3【設備の状況】
      1【設備投資等の概要】
        当企業集団では、新規ビジネスの開拓、生産・販売体制の拡充および業務全般に亘る合理化を図るため、必要な設
       備投資を実施しており、当連結会計年度においては、有形固定資産の総額で                                   1,803   百万円   の設備投資を実施いたしま
       した。   また、無形固定資産への投資額は231百万円、長期前払費用への投資額は133百万円であります。                                            その主なもの
       は、次のとおりであります。
       ・化学品関連事業における富山八尾工場での研究・品質管理棟および少量合成棟新設等への投資(807百万円)
       ・樹脂・エレクトロニクス関連事業におけるベトナム子会社での工場増築および生産設備等への投資(299百万円)
       ・当社および当社子会社における社内システム構築への投資(186百万円)
       ・当社IDC(インターネットデータセンター)における設備更新(175百万円)
      2【主要な設備の状況】
        当社グループにおける主要な設備は、次のとおりであります。
       (1)提出会社
                                                   (2020年3月31日現在)
                           建物及び    機械装置及       土地          その他
        事業所名        セグメントの       設備の内                    リース資産          合計    従業員数
                            構築物    び運搬具     (百万円)           (百万
        (所在地)          名称      容                   (百万円)         (百万円)     (人)
                           (百万円)     (百万円)     (面積㎡)           円)
                全社、情報シ

                ステム関連事
     金沢本社                                   555
                業及び空調設       事務所
                              494      0          46    31   1,127     178
     (石川県金沢市)                                (9,113.75)
                備工事関連事
                業
     三谷サイエンスパーク研

                情報システム       事務所・                 218
     究所                        319      2          -     6    546     1
                関連事業       保管棟
                                      (8,616.24)
     (石川県能美市)
     アウトソーシング実証実
                情報システム       実験棟・                 133
     験専用棟                        685     -           82     1    902     -
                関連事業       保管棟
                                      (3,441.25)
     (石川県能美市)
                化学品関連事
                業、空調設備
                工事関連事
     アンビシャスヒル
                業、住宅設備       事務所       375     -     -     -     1    377     -
     (石川県野々市市)
                機器関連事業
                及びエネル
                ギー関連事業
                      事務所・
                樹脂・エレク
     広島事業所                 トライア                  92
                トロニクス関              405     22           -    12    532     24
     (広島県広島市安芸区)                 ルセン               (1,013.77)
                連事業
                      ター
       (2)国内子会社

                                                   (2020年3月31日現在)
                              建物及び    機械装置及      土地         その他     合計
              事業所名       セグメン     設備の                  リース資産             従業員数
       会社名                       構築物    び運搬具    (百万円)          (百万    (百万
              (所在地)       トの名称      内容                  (百万円)              (人)
                             (百万円)     (百万円)     (面積㎡)          円)    円)
            本社事務所        化学品関     事務所
     ㈱ミライ化成
                                262      0    -     6    1   270    37
            (長野県千曲市)        連事業     建物
            本社事務所・工場
                         事務所
     相模化成工業
                    化学品関                     527
            他             建物・      637     97          26     8   1,296     36
     ㈱               連事業
                                       (3,690.32)
            (東京都町田市)             工場他
                    化学品関
                    連事業及
     三谷産業       事務所・倉庫             事務所                136
                    びエネル            326     -          -    15    478    43
                         建物
     イー・シー㈱       (富山県富山市)                           (1,313.80)
                    ギー関連
                    事業
     アクティブ       工場
                    化学品関                     231
                         工場      865     266          42   1,322    2,728     34
     ファーマ㈱       (富山県富山市)        連事業                   (68,223.00)
       (3)在外子会社

                                  26/141

                                                           EDINET提出書類
                                                       三谷産業株式会社(E02692)
                                                            有価証券報告書
                                                   (2020年3月31日現在)
                              建物及び    機械装置及      土地         その他     合計
              事業所名       セグメン     設備の                  リース資産             従業員数
       会社名                       構築物    び運搬具    (百万円)          (百万    (百万
                     トの名称      内容
              (所在地)                              (百万円)              (人)
                             (百万円)     (百万円)     (面積㎡)          円)    円)
     Aureole
            工場        樹脂・エ     樹脂成
     Business
            (ベトナム社会主        レクトロ     形品製                28
     Components
                                33    103          -     5   170    241
            義共和国 ドンナ        ニクス関     造・組             (11,314.20)
     & Devices
            イ省)        連事業     立設備
     Inc.
     Aureole
            工場        樹脂・エ     樹脂成
     Business
            (ベトナム社会主        レクトロ     形品製                22
     Components
                                372     188          -    32    614    615
            義共和国 ハイズ
                    ニクス関     造・組             (12,040.00)
     & Devices
            ン省)        連事業     立設備
     Inc.
     Aureole   Mitani
            本社事務所・工場
                         無機化
     Chemical    &
            (ベトナム社会主        化学品関     学薬品                17
                                21     16          -     0    56    30
            義共和国 ドンナ        連事業     製造設
                                       (8,400.00)
     Environment
            イ省)             備
     Inc.
     Aureole   Mitani
            工場             無機化
     Chemical    &   (ベトナム社会主
                    化学品関     学薬品                93
                                236     10          -     0   340    25
            義共和国 ハイズ        連事業     製造設             (20,200.00)
     Environment
            ン省)             備
     Inc.
            本社事務所・工場             キチン
     Aureole   Fine
            (ベトナム社会主        化学品関     分解物                16
     Chemical                           147     54          -     0   219    48
            義共和国 ドンナ        連事業     製造設
                                       (7,455.00)
     Products    Inc.
                         備
            イ省)
                         植物由
            工場
     Aureole   Fine
                         来機能
            (ベトナム社会主
                    化学品関                     172
     Chemical                    性素材      282     21          -     0   476    13
            義共和国 ドンナ        連事業                   (30,002.00)
                         製造設
     Products    Inc.
            イ省)
                         備
     Aureole   unit-
            本社事務所・工場
                    樹脂・エ     樹脂成
     Devices       (ベトナム社会主        レクトロ     形品製
                                551     340     -     -     ▶   896    733
     Manufacturing       義共和国 ドンナ        ニクス関     造・組
                    連事業     立設備
     Service   Inc.   イ省)
      (注)1.帳簿価額のうち、「その他」の主なものは「工具、器具及び備品」と「建設仮勘定」であります。なお、上
           記金額には消費税等を含めておりません。
         2.アンビシャスヒルの事務所については、当社が三谷産業イー・シー㈱、三谷産業コンストラクションズ㈱等
           に賃貸しているものであります。
         3.土地については、土地使用権に係る無形固定資産及び長期前払費用を含めて記載しております。
         4.上記の他、連結会社以外から賃借している主要な設備の内容は、下記のとおりであります。
                                                 (2020年3月31日現在)
           事業所名                               従業員数         年間賃借料

                     セグメントの名称             設備の内容
          (所在地)                                (人)         (百万円)
                   全社、情報システム関連事

                   業、樹脂・エレクトロニク
        東京本社
                   ス関連事業、化学品関連事              事務所建物           378             533
        (東京都千代田区)
                   業、空調設備工事関連事業
                   及び住宅設備機器関連事業
                                  27/141





                                                           EDINET提出書類
                                                       三谷産業株式会社(E02692)
                                                            有価証券報告書
      3【設備の新設、除却等の計画】
        当連結会計年度末現在における重要な設備の新設の計画は次のとおりであります。
                                             着手及び完了予定
                               投資予定金額
                                             年月
        会社名           セグメン      設備の               資金調達               完成後の
                                    既支
              所在地
       事業所名            トの名称       内容               方法              増加能力
                               総額     払額
                                              着手     完了
                              (百万円)     (百万円)
                         研究・品

      アクティブ
              富山県     化学品関      質管理棟                     2019年     2020年
      ファーマ㈱                         2,300     1,315    借入金               (注)2
              富山市     連事業      少量合成                     4月     4月
      富山八尾工場
                         棟
        (注)1.上記金額には、消費税等は含んでおりません。

           2.新設であり比較対象がないため、完成後の増加能力については記載しておりません。
                                  28/141















                                                           EDINET提出書類
                                                       三谷産業株式会社(E02692)
                                                            有価証券報告書
     第4【提出会社の状況】
      1【株式等の状況】
       (1)【株式の総数等】
        ①【株式の総数】
                  種類                       発行可能株式総数(株)
                 普通株式                                 220,000,000

                  計                               220,000,000

        ②【発行済株式】

                                        上場金融商品取引所名

           事業年度末現在発行数(株)               提出日現在発行数(株)
       種類                                 又は登録認可金融商品               内容
             (2020年3月31日)              (2020年6月11日)
                                        取引業協会名
                                       東京証券取引所

                                       (市場第一部)
                                                    単元株式数
                 61,772,500              61,772,500
     普通株式
                                       名古屋証券取引所             100株
                                       (市場第一部)
                 61,772,500              61,772,500             -           -
       計
       (2)【新株予約権等の状況】

        ①【ストックオプション制度の内容】
          該当事項はありません。
        ②【ライツプランの内容】

          該当事項はありません。
        ③【その他の新株予約権等の状況】

          該当事項はありません。
                                  29/141










                                                           EDINET提出書類
                                                       三谷産業株式会社(E02692)
                                                            有価証券報告書
       (3)【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】
          該当事項はありません。
       (4)【発行済株式総数、資本金等の推移】

                発行済株式総                              資本準備金増
                       発行済株式総        資本金増減額        資本金残高              資本準備金残
        年月日       数増減数                              減額
                       数残高(株)        (百万円)        (百万円)              高(百万円)
                 (株)                             (百万円)
      2017年3月6日
                 1,000,000       57,176,000           186       4,018         186       3,018
          (注)1
      2018年6月11日
                 4,000,000       61,176,000           687       4,705         687       3,705
          (注)2
      2018年7月10日
                  596,500      61,772,500           102       4,808         102       3,808
          (注)3
      (注)1.有償第三者割当
           割当先 住友不動産㈱
                1,000,000株
           発行価格    372円
           資本組入額   186円
        2.有償一般募集(ブックビルディング方式による募集)
                4,000,000株
           発行価格    361円
           発行価額         343.94円
           資本組入額        171.97円
        3.有償第三者割当         (オーバーアロットメントによる売出しに関連した第三者割当増資)
           割当先  野村證券㈱
                 596,500株
           発行価格         343.94円
           資本組入額        171.97円
                                  30/141











                                                           EDINET提出書類
                                                       三谷産業株式会社(E02692)
                                                            有価証券報告書
       (5)【所有者別状況】
                                                     2020年3月31日現在
                          株式の状況(1単元の株式数           100 株)
                                                        単元未満
                                                        株式の状況
       区分                             外国法人等
            政府及び地           金融商品取
                                                        (株)
                  金融機関          その他の法人                 個人その他       計
            方公共団体           引業者
                                  個人以外      個人
     株主数(人)          -      20      29     204      46      12    15,854      16,165       -
     所有株式数
               -    72,538      2,205     221,127      5,183       61   316,397      617,511      21,400
     (単元)
     所有株式数の
               -    11.74      0.36     35.81      0.84      0.01     51.24      100      -
     割合(%)
      (注)  自己株式192,841              株は、「個人その他」の欄に1,928単元、「単元未満株式の状況」の欄に41株を含めて記載
           しております。
           なお、自己株式192,841株は株主名簿記載上の株式数であり、2020年3月31日現在の実質所有株式数は
           191,841株であります。
       (6)【大株主の状況】

                                                   2020年3月31日現在
                                                   発行済株式(自己
                                                   株式を除く。)の
                                           所有株式数
                                                   総数に対する所有
          氏名又は名称                    住所
                                            (千株)
                                                   株式数の割合
                                                   (%)
                                             11,170          18.14
     三谷 充                石川県金沢市
                                             5,980          9.71
     三谷株式会社                東京都千代田区西神田3丁目8番1号
                                             4,702          7.64
     公益財団法人三谷育英会                石川県金沢市昭和町16番1号
                                             2,505          4.07
     三谷 美智子                石川県金沢市
                                             2,166          3.52
     有限会社北都代行社                石川県金沢市昭和町16番1号
                                             2,007          3.26
     株式会社三谷サービスエンジン                石川県野々市市御経塚3丁目47番地
     公益財団法人三谷研究開発支援
                                             2,000          3.25
                     石川県金沢市昭和町16番1号
     財団
                                             2,000          3.25
     住友不動産株式会社                東京都新宿区西新宿2丁目4番1号
                                             1,169          1.90
     株式会社北陸銀行                富山県富山市堤町通り1丁目2番26号
                                             1,169          1.90
     株式会社北國銀行                石川県金沢市広岡2丁目12番6号
                              -               34,869          56.62
            計
                                  31/141








                                                           EDINET提出書類
                                                       三谷産業株式会社(E02692)
                                                            有価証券報告書
       (7)【議決権の状況】
        ①【発行済株式】
                                                   2020年3月31日現在
                            株式数(株)           議決権の数(個)
              区分                                       内容
                                   -       -            -
      無議決権株式
      議決権制限株式(自己株式等)                             -       -            -
      議決権制限株式(その他)                             -       -            -

      完全議決権株式(自己株式等)                           218,600          -            -

                         普通株式
      完全議決権株式(その他)                         61,532,500            615,325           -
                         普通株式
                                 21,400         -            -
      単元未満株式                    普通株式
                               61,772,500           -            -
      発行済株式総数
                                   -        615,325           -
      総株主の議決権
      (注) 「完全議決権株式(その他)」の欄の普通株式には、株主名簿上は当社名義となっておりますが、実質的に所
          有していない株式が1,000株(議決権の数10個)含まれております。
        ②【自己株式等】

                                                   2020年3月31日現在
                                                    発行済株式総数
                             自己名義所有        他人名義所有        所有株式数の        に対する所有株
      所有者の氏名又は名称              所有者の住所
                             株式数(株)        株式数(株)        合計(株)        式数の割合
                                                    (%)
                  石川県金沢市玉川町
     三谷産業㈱                           191,800          -     191,800          0.31
                  1番5号
     北陸コンピュータ・サー
                  石川県金沢市駅西本
                                 24,400          -     24,400          0.04
     ビス㈱
                  町2丁目7番21号
                  石川県小松市長崎町
     藤井空調工業㈱                            2,400         -      2,400         0.00
                  3丁目114番地
                       -          218,600          -     218,600          0.35
           計
      (注) 上記のほか株主名簿上は当社名義となっておりますが、実質的に所有していない株式が1,000株(議決権の数
          10個)あります。なお、当該株式数は①発行済株式の「完全議決権株式(その他)」の欄の普通株式に含まれ
          ております。
                                  32/141








                                                           EDINET提出書類
                                                       三谷産業株式会社(E02692)
                                                            有価証券報告書
      2【自己株式の取得等の状況】
       【株式の種類等】 会社法第155条第7号に該当する普通株式の取得
       (1)【株主総会決議による取得の状況】
          該当事項はありません。
       (2)【取締役会決議による取得の状況】

          該当事項はありません。
       (3)【株主総会決議又は取締役会決議に基づかないものの内容】

                  区分                   株式数(株)             価額の総額(円)
      当事業年度における取得自己株式                                      40            13,020

                                           40

      当期間における取得自己株式                                                 15,760
      (注) 当期間における取得自己株式には、2020年6月1日からこの有価証券報告書提出日までの単元未満株式の買取
          りによる株式は含まれておりません。
       (4)【取得自己株式の処理状況及び保有状況】

                                 当事業年度                  当期間
               区分
                                    処分価額の総額                 処分価額の総額
                             株式数(株)                 株式数(株)
                                      (円)                 (円)
      引き受ける者の募集を行った取得自己株式                           -        -        -        -

      消却の処分を行った取得自己株式                           -        -        -        -

      合併、株式交換、会社分割に係る移転を行っ
                                 -        -        -        -
      た取得自己株式
      その他
                                 -        -        -        -
      (単元未満株式の売渡請求による売渡)
      保有自己株式数                        191,841           -      191,881           -
      (注)1.当期間における処理自己株式には、2020年6月1日からこの有価証券報告書提出日までの単元未満株式の売
           渡しによる株式は含まれておりません。
         2.当期間における保有自己株式数には、2020年6月1日からこの有価証券報告書提出日までの単元未満株式の
           買取りおよび売渡しによる株式は含まれておりません。
                                  33/141









                                                           EDINET提出書類
                                                       三谷産業株式会社(E02692)
                                                            有価証券報告書
      3【配当政策】
        当社は、株主のみなさまに対する利益還元を重要な経営課題の一つと認識し、継続的な安定配当(中間配当と期末
       配当の年2回)を実施するとともに、企業体質の強化と将来の事業拡大に備えるため、必要な内部留保を確保してい
       くことを基本方針としております。
        なお、当社は3年スパンでの中期経営計画を策定しており、外的・内的環境の変化に応じて必要な見直しを行って
       おりますが、中期経営計画の進捗状況を見極めつつ、継続的な安定配当を実施するために、内部留保のうち配当積立
       金について、年間配当金総額の3倍程度の水準を一つの目標とし確保してまいる所存であります。
        新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響が不透明な中ではございますが、これらの基本方針のもと、中期経
       営計画の進捗状況等を総合的に検討しました結果、当事業年度の期末配当金につきましては、本年5月12日開催の取
       締役会決議により、1株当たり4円50銭といたしました。すでに、昨年12月3日に実施済みの中間配当金1株当たり
       4円50銭と合わせまして、年間配当金は1株当たり9円となります。なお今回の期末配当の実績により、年間配当金
       は4期連続で増配となります。
        当社は、「剰余金の配当等会社法第459条第1項各号に定める事項については、法令に別段の定めがある場合を除
       き、株主総会の決議によらず、取締役会の決議によって定める。」および「剰余金の配当の基準日を毎年3月31日と
       9月30日とする。そのほか基準日を定めて配当することができる。」旨定款に定めております。なお、当事業年度に
       係る剰余金の配当は以下のとおりであります。
                  配当金の総額           1株当たり配当額

       決議年月日
                   (百万円)             (円)
     2019年10月25日
                        277            4.5
     取締役会決議
     2020年5月12日
                        277            4.5
     取締役会決議
                                  34/141













                                                           EDINET提出書類
                                                       三谷産業株式会社(E02692)
                                                            有価証券報告書
      4【コーポレート・ガバナンスの状況等】
       (1)【コーポレート・ガバナンスの概要】
       ①コーポレート・ガバナンスに関する基本的な考え方
        当社は、遵法経営が企業価値向上に不可欠であるとの認識のもと、コンプライアンスを強化することで不正な行為
       が生じないクリーンな社風を形成し、経営の透明性および効率性を確保することをコーポレート・ガバナンスの基本
       と考えております。かかる観点に立ち、当社経営理念に基づき、遵法経営を企業活動の大前提に掲げて社内の遵法知
       識レベルの向上に取り組むとともに、反社会的行動や不正行為を惹起させない企業風土の一層の醸成に取り組んでお
       ります。さらに、2004年10月26日に開示いたしました過年度の不適切な取引に関しまして、重大な事態を生ぜしめた
       ことを真摯に反省し、内部統制システムやリスク管理体制を見直し、不祥事防止のための内部牽制機能をより一層強
       化することを最優先に取り組んでおります。
       ②企業統治の体制及び当該体制を採用する理由

        2020年6月11日(有価証券報告書提出日)現在の企業統治にかかわる体制は以下のとおりです。
        当社では監査役会制度を採用するとともに、経営の監督・執行機能の分離を明確にすべく、2000年10月より執行役










       員制度を導入しております。当社の企業統治に係わる体制は以下のとおりです。
                                  35/141






                                                           EDINET提出書類
                                                       三谷産業株式会社(E02692)
                                                            有価証券報告書
        (取締役会)
         取締役会は社内取締役10名、社外取締役5名の合計15名で構成され、毎月1回、その他必要に応じて開催して
        おり、経営戦略の意思決定や経営の監督機能を担っております。また、一般株主の利益が損なわれることのない
        ように、そして社会的責任をより果たせるように、経営者から独立した客観的な立場から意見を述べることので
        きる人材を社外取締役として招聘し、金融商品取引所に独立役員として届け出ております。
         また、構成員の氏名等は次の通りとなります。
             氏名         役員区分
         三谷 充           社内取締役

         饗庭 達也           社内取締役

         三谷 忠照           社内取締役

         阿戸 雅之           社内取締役

         西野 誠治           社内取締役

         森 浩一           社内取締役

         梶谷 忠博           社内取締役

         竹内 昇           社内取締役

         澤 滋           社内取締役

         干場 克英           社内取締役

         花田 光世           社外取締役

         長澤 裕子           社外取締役

         清木 康           社外取締役

         増田 幸宏           社外取締役

         島田 亨           社外取締役

        (監査役会)

         監査役会は社内監査役1名、社外監査役4名の合計5名で構成され、取締役の職務遂行の監査を通じ、経営の
        健全性の確保と、会長・副会長・社長以下全取締役との緊張感ある信頼関係の構築に注力し、経営の透明性向上
        を推進しております。また、一般株主の利益が損なわれることのないように、そして社会的責任をより果たせる
        ように、経営者から独立した客観的な立場から意見を述べることのできる人材を社外監査役として招聘し、金融
        商品取引所に独立役員として届け出ております。監査役会は毎月1回、その他必要に応じて開催され、監査の方
        針、監査計画、監査の方法および監査業務の分担等の協議および決議と監査状況の報告を行い、また疑義ある場
        合には、会長、副会長、社長または担当取締役に監査役会への出席と説明を求め、監査報告書の作成を行ってお
        ります。
         また、構成員の氏名等は次の通りとなります。
             氏名         役員区分
         髙多 倫正           社内監査役

         日下 公人           社外監査役

         相磯 秀夫           社外監査役

         尾島 俊雄           社外監査役

         寺野 稔           社外監査役

                                  36/141




                                                           EDINET提出書類
                                                       三谷産業株式会社(E02692)
                                                            有価証券報告書
          なお、2020年6月12日開催予定の定時株主総会の議案(決議事項)として、「取締役16名選任の件」および
         「監査役2名選任の件」を提案しており、当該議案が承認可決されますと、取締役会、監査役会の構成員は以下
         のとおりとなる予定であります。
       (取締役会)

             氏名         役員区分
         三谷 充           社内取締役

         饗庭 達也           社内取締役

         三谷 忠照           社内取締役

         阿戸 雅之           社内取締役

         西野 誠治           社内取締役

         森 浩一           社内取締役

         梶谷 忠博           社内取締役

         竹内 昇           社内取締役

         渡邊 伸寿           社内取締役

         澤 滋           社内取締役

         干場 克英           社内取締役

         花田 光世           社外取締役

         長澤 裕子           社外取締役

         清木 康           社外取締役

         増田 幸宏           社外取締役

         島田 亨           社外取締役

         (注)渡邊伸寿氏は2020年6月30日に富士通株式会社退職後、就任予定となります。
       (監査役会)

             氏名         役員区分
         髙多 倫正           社内監査役

         尾島 俊雄           社外監査役

         寺野 稔           社外監査役

         伊藤 聡子           社外監査役

                                  37/141







                                                           EDINET提出書類
                                                       三谷産業株式会社(E02692)
                                                            有価証券報告書
       ③企業統治に関するその他の事項
        当社が業務の適正を確保するための体制として取締役会において決議し、取り組んでいる事項は次のとおりであり
       ます。
        a.取締役の職務の執行に係る情報の保存および管理に関する体制

          取締役会議事録を作成保存し、厳正に管理することとしております。さらに、月曜会(常務会)、経営会議
         および業務執行会議についても、議事録を作成し、保存および管理をすることとしております。
          社内規程として「組織意思決定規程」を制定しており、社内稟議システムを電子化しておりますが、取締役
         の決裁状況およびコメント、その日時などを電子保存し、管理する体制としております。
        b.損失の危険の管理に関する規程その他の体制

          様々な分野のリスクを管理する体制を構築すべく、リスクマネジメントプロジェクトを発足させ、当社を取
         り巻く様々な分野のリスクの把握・評価を実施するため、全社を挙げて想定されるリスクの洗い出し、評価、
         およびリスク対策の優先順位付けを行いました。これを踏まえて、順次、優先度の高いリスクより具体的な低
         減策・対応策を推進しており、管理体制の確立を目指しております。その結果として、2012年4月にはその活
         動を円滑、効率的に、また組織的に実施することを目的として、「リスクマネジメント規程」を制定いたしま
         した。
          情報資産の運用ルールを定めた情報セキュリティ制度を2003年4月に導入し、個人情報保護への取組みをよ
         り一層強化するためのプライバシーマークを2004年2月に取得するなど、リスク管理体制を順次整備してまい
         りました。
          社内規程として2005年7月に「危機・緊急事態対応規程」を制定済みであり、危機・緊急事態が発生した場
         合は、第一報を会長に報告する体制を組み、以降は対策本部を設置して対処するという体制を構築しておりま
         す。
          CSR本部においては、リスクマネジメントのみならず、業務プロセスの文書化の管理、情報セキュリ
         ティ、ISO14001に基づく環境への取組みサポート、CSR調達などの活動について指示命令系統を一元化す
         ることにより、内部統制の一層の強化を図っております。
          安心安全推進本部においては、社員が健康で安全に働くことができる環境確保のため、労働災害や交通災害
         の防止に向けた取組みを行っております。
        c.取締役の職務の執行が効率的に行われることを確保するための体制

          別に定める「常勤役員 職務責任の定義」に基づき、各常勤役員の役割、権限、および責任等を分担して効
         率的な職務執行を図っております。
          取締役会は業務執行機能を執行役員に委譲するとともに、業務執行状況の確認を経営会議および業務執行会
         議に委譲しております。
          経営会議は、社長以下常勤役員、執行役員およびその他幹部社員を構成メンバーとし、毎月、月次決算確定
         後、販売与信審議や経営計画の予実管理、その他経営諸課題の論議・施策決定等を行っております。
          業務執行会議は、社長以下常勤役員、執行役員およびその他幹部社員を構成メンバーとし、毎月、購買与信
         審議を行うとともに経営の先行指標たる受注・商談管理の徹底を図るなかで、具体的な業務執行に関する論議
         および今後の対応策の検討を行っております。
          以上の体制により、全社的な管理項目の明確化を行い、また、職務の執行について適正な配分と執行上の指
         示を行うことにより、効率化を確保しております。
                                  38/141







                                                           EDINET提出書類
                                                       三谷産業株式会社(E02692)
                                                            有価証券報告書
        d.使用人の職務の執行が法令および定款に適合することを確保するための体制
          2006年6月には、「三谷産業グループ企業倫理憲章」を制定し公表しております。これは、法令のみならず
         倫理を遵守することとし、倫理観の向上を目的としたものであります。
          CSR本部では、業務プロセスの文書化の管理、リスクマネジメント、情報セキュリティ、ISO14001に基
         づく環境への取組みサポート、CSR調達などの活動を遂行することにより、従来の法令および定款に適合す
         ることを確保するための体制の一層の強化を図っております。また、2011年4月には、業務プロセスに対する
         牽制と業務の品質向上・効率化を横断的に推進する組織として、業務本部を設置しております。
          コンプライアンス体制としては、社内規程として2005年6月に「コンプライアンス規程」を制定しており、
         これに基づいてコンプライアンス委員会を設置、毎月1回の会議において社内のコンプライアンス案件につき
         審議する体制としております。また、コンプライアンス風土の醸成を目的として全社員に対してコンプライア
         ンス教育をeラーニングシステムにより実施しております。
          弁護士事務所と顧問契約を締結し、日常発生する法律問題全般に関して適切な助言と指導を適宜受けられる
         体制を構築しております。
          コンプライアンスの強化を目的として、違法行為・不適切な行為が万一発生した場合の迅速な対応を図るべ
         く、2003年3月より顧問弁護士事務所を受付窓口としたヘルプライン制度(社内通報制度)を導入しておりま
         す。2019年10月には担当部署としてヘルプライン委員会を設置し、同制度の内容を「ヘルプライン規程」とし
         て明文化しております。また、社内からの通報だけでなく、取引先からも違法行為・不適切な行為に関する情
         報を入手して迅速な対応を図るべく、2020年4月より外部通報制度を導入しております。
          社内システム構築プロジェクトでは、内部牽制機能を強化した業務フローを作成し、全社への定着活動を推
         進しております。
        e.当該株式会社ならびにその親会社および子会社から成る企業集団における業務の適正を確保するための体制

          「企業集団(子会社)における業務の適正を確保するための体制」は、CSR本部とコーポレート本部、業
         務本部が連携して担っております。加えて、Aureole                         Expert    Integrators      Inc.が、ベトナム子会社の牽制強化
         と統一感のある牽制の仕組みの整備・運用定着を図る役割を担っております。
         (a)子会社の取締役・使用人等の職務の執行に係る事項の当社への報告に関する体制

             当社で整備した「グループ会社経営規程」および「三谷産業株式会社子会社経営細則」ならびに子会社
           で整備した「三谷産業株式会社子会社管理内規」の定めに従い、子会社の稟議を当社に回付しておりま
           す。さらに、重要な案件については当社代表取締役に報告しております。
             子会社で「稟議規程」または「組織意思決定規程」を整備し、社内稟議システムを電子化しております
           が、取締役の決裁状況およびコメント、その日時などを電子保存し、管理する体制としております。
         (b)子会社の損失の危険の管理に関する規程その他の体制

             リスクマネジメントプロジェクトにおいて、子会社も一体となって想定されるリスクの洗い出し、評
           価、ならびにリスク対策の優先順位付けを行い、順次、優先度の高いリスクより具体的な低減策・対応策
           を推進し、管理体制の確立を目指しております。
             当社で運用している情報セキュリティ制度を子会社においても適用し、情報セキュリティ事故を防止し
           ております。
             子会社で整備した「危機・緊急事態対応規程」により、危機・緊急事態が発生した場合は、第一報を各
           社社長に、その後当社に報告し、以降は対策本部を設置して対処する体制としております。
             当社CSR本部においては、リスクマネジメントのみならず、業務プロセスの文書化の管理、情報セ
           キュリティ・環境マネジメントへの取組みサポート、CSR調達などの活動について、子会社に対する指
           示命令系統を一元化することにより、内部統制の一層の強化を行っております。
         (c)子会社の取締役・使用人等の職務の執行が効率的に行われることを確保するための体制

             子会社では「取締役会規程」の定めにより取締役会を運営し、効率的な職務執行を図っております。
             「組織規程」等の定めにより各組織や役職者の役割と責任を定義し、業務が効率的に行われる体制を
           とっております。
             以上の体制により、全社的な管理項目の明確化を行い、また職務の執行について適正な配分と執行上の
           指示を行うことにより、効率化を確保しております。
                                  39/141



                                                           EDINET提出書類
                                                       三谷産業株式会社(E02692)
                                                            有価証券報告書
         (d)子会社の取締役・使用人等の職務の執行が法令および定款に適合することを確保するための体制
             2006年6月に、「三谷産業グループ企業倫理憲章」を制定し、公表しております。これは、法令のみな
           らず倫理を遵守することとし、倫理観の向上を目的としたものであります。
             当社CSR本部では、子会社の業務プロセスの文書化の管理、リスクマネジメント、情報セキュリ
           ティ、環境マネジメントおよびCSR調達などの取組みをサポートすることにより、従来の法令および定
           款に適合することを確保するための体制を一層強化しております。また、当社コーポレート本部および業
           務本部では、業務プロセスに対する牽制と業務の品質向上・効率化を子会社に対しても横断的に推進して
           おります。
             子会社におけるコンプライアンス風土の醸成を目的として、当社コンプライアンス委員会での審議内容
           を、子会社社長で構成するグループ会社社長会にて共有し、また、子会社社員に対するコンプライアンス
           教育を実施しております。
             当社CSR本部から日常発生する法律問題全般に関して適切な助言と指導を適宜受けられる体制を構築
           しております。
             コンプライアンスの強化を目的として、違法行為・不適切な行為が万一発生した場合の迅速な対応を図
           るべく、国内のグループ会社については顧問弁護士事務所を、海外のグループ会社についてはヘルプライ
           ン委員会を受付窓口としたヘルプライン制度(社内通報制度)や外部通報制度を導入しております。
             社内システム構築プロジェクトでは、内部牽制機能を強化した業務フローを作成し、全社への定着活動
           を推進しております。
        f.経営の透明性の確保のための体制

          各金融商品取引所の適時開示基準に従い適時開示を適切に行うことに加えて、当該適時開示基準に該当しな
         い事項であっても、株主・投資家のみなさまにとって有益な情報については開示しております。また、当社
         ウェブサイトにて決算短信・有価証券報告書・適時開示資料等の他、会社案内や当企業集団の環境保全活動、
         CSR活動等について掲載し、確実に誠意をもって情報発信しております。
          金融商品取引所その他の団体が主催する各種IRイベントに適宜参加し、個人投資家向けに当企業集団の事
         業内容、業績、今後の方向性、事業戦略等を説明しております。
        g.反社会的勢力排除に向けた基本的な考え方およびその体制

          「三谷産業グループ企業倫理憲章」において反社会的勢力との絶縁を宣言しており、市民社会の秩序や安全
         に脅威を与える反社会的勢力とは一切関係を持たず、毅然とした態度で対応することとしております。
          反社会的勢力への対応担当部門はCSR本部とし、人事本部等の社内部門や外部専門機関とも連携して組織
         的に対応することとしております。
          当企業集団において、取引先が反社会的勢力でないことを確認し、また取引先が反社会的勢力であったと判
         明した場合には直ちに契約を解除できるよう、「反社会的勢力排除に関する覚書」の締結を推進しておりま
         す。
        h.監査役がその職務を補助すべき使用人を置くことを求めた場合における当該使用人に関する事項

          監査役会による監査機能強化を図るべく、2005年4月より監査役会付専任スタッフを1名置いております。
         今後も、監査役会による監査機能を確保するために、監査役会の求めに応じて、必要な人員を配置することと
         いたします。
        i.前号の使用人の取締役からの独立性に関する事項および監査役の前号の使用人に対する指示の実効性の確保に

          関する事項
          上記の使用人の取締役からの独立性を確保する目的で、当該使用人の任命、人事異動、懲戒については事前
         に常勤監査役に報告し、同意を得るものとしております。また、上記使用人に対する指揮命令および人事考課
         は、常勤監査役が直接行うこととしております。
                                  40/141





                                                           EDINET提出書類
                                                       三谷産業株式会社(E02692)
                                                            有価証券報告書
        j.監査役への報告に関する体制および報告をした者が当該報告をしたことを理由として不利な取扱を受けないこ
          とを確保するための体制
         (a)取締役および使用人が監査役に報告するための体制

             取締役および使用人は、常勤監査役の求めに応じて職務の執行に関する事項を報告することとしており
           ます。当該報告について、報告者の氏名を不必要に開示せず、匿名性を保っております。
             常勤監査役は社内稟議システムにおいて回覧ルートに組み込まれており、稟議決裁を要する重要事項に
           ついては、自動的に常勤監査役に回覧する体制としております。
             社内のヘルプライン制度(社内通報制度)による通報者からの通報内容は、受付窓口である顧問弁護士
           事務所を通じて、常勤監査役に報告する制度になっており、制度上匿名性が保たれております。
         (b)子会社の取締役、監査役および使用人またはこれらの者から報告を受けた者が監査役に報告するための体

           制
             子会社の取締役、監査役および使用人は、常勤監査役の求めに応じて職務の執行に関する事項を報告す
           ることとしております。当該報告について、報告者の氏名を不必要に開示せず、匿名性を保っておりま
           す。
             子会社のヘルプライン制度(社内通報制度)による通報者からの通報内容は、国内グループ会社につい
           ては受付窓口である顧問弁護士事務所を通じて常勤監査役に報告する制度になっており、また、海外のグ
           ループ会社については当社常勤監査役が委員長を務めるヘルプライン委員会を受付窓口としており、制度
           上匿名性が保たれております。
        k.監査役の職務の執行について生ずる費用の前払いまたは償還の手続その他の当該職務の遂行について生ずる費

          用または債務の処理にかかる方針に関する事項
          監査役および監査役会付専任スタッフが要する費用の処理について、常勤監査役が決裁を行うことにより、
         監査の独立性を保っております。
        l.その他監査役の監査が実効的に行われることを確保するための体制

          監査役は、取締役会に出席し、必要があると認めるときは、意見を述べるものとしております。
          常勤監査役は常に会社の職務の執行に接しており、日常的に監査を行う体制としています。さらに、常勤監
         査役は経営会議および業務執行会議その他の重要な会議には常時出席する体制としております。
          監査室の内部監査、会計監査人の会計監査と併せて三様監査の体制を敷いております。
        m.取締役の定数

          当社の取締役は16名以内とする旨定款に定めております。
        n.取締役の選任の決議要件

          当社は、取締役の選任決議について、議決権を行使することができる株主の議決権の3分の1以上を有する
         株主が出席し、その議決権の過半数をもって行う旨定款に定めております。
          なお、取締役の選任決議は、累積投票によらないものとする旨定款に定めております。
        o.剰余金の配当等の決定機関

          当社は、剰余金の配当等会社法第459条第1項各号に定める事項について、法令に別段の定めがある場合を除
         き、株主総会の決議によらず取締役会の決議により定める旨定款に定めております。これは、剰余金の配当等
         を取締役会の権限とすることにより、機動的な資本政策を行うことを目的とするものであります。
          また、会社法第454条第5項の規定に基づき、取締役会の決議によって9月30日を基準日として中間配当する
         ことができる旨についても定款で定めております。
        p.取締役および監査役の責任免除

          当社は、取締役及び監査役が期待される役割を十分に発揮できるよう、会社法第426条第1項の規定により、
         任務を怠ったことによる取締役(取締役であった者も含む。)および監査役(監査役であった者も含む。)の
         損害賠償責任を、法令の限度において、取締役会の決議により免除することができる旨定款に定めておりま
         す。
                                  41/141



                                                           EDINET提出書類
                                                       三谷産業株式会社(E02692)
                                                            有価証券報告書
        q.株主総会の特別決議要件
          当社は、会社法第309条第2項に定める株主総会の特別決議要件について、議決権を行使することができる株
         主の議決権の3分の1以上を有する株主が出席し、その議決権の3分の2以上をもって行う旨定款に定めてお
         ります。これは、株主総会における特別決議の定足数を緩和することにより、株主総会の円滑な運営を行うこ
         とを目的とするものであります。
                                  42/141



















                                                           EDINET提出書類
                                                       三谷産業株式会社(E02692)
                                                            有価証券報告書
       (2)【役員の状況】
        ① 役員一覧
         ⅰ.2020年6月11日(有価証券報告書提出日)現在の役員の状況は、以下のとおりであります。
         男性    19 名 女性      1 名 (役員のうち女性の比率             5.0  %)
                                                        所有株式数
          役職名          氏名       生年月日              略歴           任期
                                                        (千株)
                                  1975年1月      当社取締役就任
                                  1981年2月      当社取締役副社長就任
                                  1982年1月      ニッコー㈱取締役就任
                                  1988年2月      三谷石油サービス㈱(現㈱三谷
                                       サービスエンジン)代表取締役
                                       社長就任
                                  1990年6月      当社代表取締役社長就任
                                  2007年6月      当社代表取締役会長就任
                                  2012年4月      ニッコー㈱取締役会長就任
         取締役会長
                                  2012年6月      当社代表取締役会長危機管理担
                    三谷 充      1954年11月13日      生                    (注)5     11,170
         危機管理担当
                                       当就任
                                       ㈱三谷サービスエンジン代表取
                                       締役会長就任(現任)
                                  2015年11月      ニッコー㈱取締役会長兼代表取
                                       締役社長就任
                                  2016年6月      ニッコー㈱取締役会長就任(現
                                       任)
                                  2017年6月      当社取締役会長危機管理担当就
                                       任(現任)
                                  1981年7月      当社入社
                                  1994年4月      当社情報システム事業部営業部
                                       長
                                  1994年6月      当社取締役情報システム事業部
                                       営業部長就任
                                  1996年9月      当社取締役情報システム事業部
                                       長就任
                                  1999年10月      当社取締役情報システム事業部
                                       長兼海外本部長就任
                                  2000年6月      当社常務取締役組織戦略担当就
                                       任
                                  2004年6月      当社専務取締役営業統括担当就
                                       任
                                  2007年6月      当社代表取締役社長就任
                                  2009年6月      当社代表取締役社長組織戦略担
                                       当就任
         取締役副会長
                                  2010年6月      当社代表取締役社長組織戦略担
     アライアンス事業担当兼社会貢献              饗庭 達也      1956年3月25日      生
                                                    (注)5       60
                                       当兼営業統括担当就任
         事業創設担当
                                  2012年6月      当社代表取締役社長品質担当兼
                                       情報セキュリティ担当就任
                                  2013年1月      当社代表取締役社長品質担当兼
                                       情報セキュリティ担当兼組織戦
                                       略担当就任
                                  2014年8月      当社代表取締役社長品質担当兼
                                       情報セキュリティ担当兼組織戦
                                       略担当兼海外事業担当就任
                                  2016年3月      当社代表取締役社長品質担当兼
                                       情報セキュリティ担当兼組織戦
                                       略担当兼海外事業担当兼アク
                                       ティブファーマグループ担当就
                                       任
                                  2017年6月      当社取締役副会長アライアンス
                                       事業担当兼社会貢献事業創設担
                                       当就任(現任)
                                  43/141








                                                           EDINET提出書類
                                                       三谷産業株式会社(E02692)
                                                            有価証券報告書
                                                        所有株式数
          役職名          氏名       生年月日              略歴           任期
                                                        (千株)
                                  2010年6月      当社取締役就任
                                  2012年6月      ㈱三谷サービスエンジン取締役
                                       就任
                                  2012年10月      当社常務取締役組織構造担当兼
                                       情報活用担当就任
                                       ㈱三谷サービスエンジン代表取
                                       締役就任(現任)
                                  2014年8月      当社常務取締役組織構造担当兼
        代表取締役社長
                   三谷 忠照      1984年6月20日      生        人事担当兼情報活用担当就任
                                                    (注)5       555
       品質担当兼組織戦略担当
                                  2015年4月      当社常務取締役組織構造担当兼
                                       人事担当兼情報活用担当兼人事
                                       本部長就任
                                  2017年6月      当社代表取締役社長品質担当兼
                                       組織戦略担当兼組織構造担当就
                                       任
                                  2019年6月      当社代表取締役社長品質担当兼
                                       組織戦略担当就任(現任)
                                  1983年4月      当社入社
                                  1999年7月      当社経営企画室長
                                  2002年1月      当社執行役員海外本部長
                                  2007年6月      当社取締役海外本部長就任
                                  2008年4月      当社取締役ケミカル事業部長兼
                                       海外事業部長就任
                                  2012年4月      当社常務取締役ケミカル事業部
                                       長兼海外事業部長就任
                                  2012年6月      当社常務取締役業務執行担当
                                       (営業統括)兼ケミカル事業部長
                                       兼海外事業部長就任
                                  2013年4月      当社専務取締役業務執行担当
                                       (営業統括)兼ケミカル事業部長
                                       兼海外事業部長就任
                                  2014年4月      当社専務取締役業務執行担当
         専務取締役
                                       (営業統括)兼ケミカル事業部長
     業務執行担当(営業統括)兼人事              阿戸 雅之      1960年5月16日      生                    (注)5       7
                                       就任
           担当
                                  2014年8月      当社専務取締役業務執行担当
                                       (営業統括)兼事業戦術担当兼ケ
                                       ミカル事業部長兼情報システム
                                       事業部長就任
                                  2015年1月      当社専務取締役業務執行担当
                                       (営業統括)兼事業戦術担当兼情
                                       報システム事業部長就任
                                  2017年6月      当社専務取締役業務執行担当
                                       (営業統括)兼人事担当兼人事
                                       本部長就任
                                  2018年4月      当社専務取締役業務執行担当
                                       (営業統括)兼人事担当就任
                                       (現任)
                                  2019年12月      ㈱HIDEO代表取締役会長就
                                       任(現任)
                                  44/141










                                                           EDINET提出書類
                                                       三谷産業株式会社(E02692)
                                                            有価証券報告書
                                                        所有株式数
          役職名          氏名       生年月日              略歴           任期
                                                        (千株)
                                  1981年4月      当社入社
                                  2001年4月      当社情報システム事業部システ
                                       ム統括部長
                                  2002年4月      当社執行役員P2プロダクト開
                                       発事業部長兼情報システム事業
                                       部システム統括部長
                                  2003年4月      当社技術執行役員情報システム
                                       事業部システム統括部長
                                  2004年6月      当社取締役技術担当兼社内情報
                                       システム担当就任
                                  2004年7月      ミタニインベストメント㈱代表
                                       取締役社長就任(現任)
                                  2006年12月      当社取締役技術担当兼社内情報
                                       システム担当兼情報システム事
                                       業部システム統括部長就任
                                  2007年4月      当社取締役技術担当兼社内情報
                                       システム担当兼フィールドサ
                                       ポート事業部長兼情報サービス
                                       本部長就任
                                  2009年6月      当社常務取締役技術・品質担当
                                       兼社内情報システム担当兼
                                       フィールドサポート事業部長就
                                       任
                                  2011年4月      当社常務取締役技術・品質担当
                                       兼社内情報システム担当兼情報
                                       サービス本部長就任
                                  2011年11月      当社常務取締役技術・品質担当
                                       兼社内情報システム担当就任
                                  2012年4月      当社常務取締役技術・品質担当
                                       兼社内情報システム担当兼グ
                                       ループ会社統括本部長就任
                                  2012年6月      当社常務取締役関連事業担当兼
         専務取締役
                                       情報活用担当兼グループ会社統
     関連事業担当兼財務担当兼情報セ
                   西野 誠治      1959年2月28日      生        括本部長就任             (注)5       13
     キュリティ担当兼個人情報保護管
                                  2012年10月      当社常務取締役関連事業担当兼
          理担当
                                       グループ会社統括本部長就任
                                  2012年12月      当社常務取締役関連事業担当兼
                                       社内情報システム担当兼グルー
                                       プ会社統括本部長兼内部統制本
                                       部長就任
                                  2013年4月      当社常務取締役関連事業担当兼
                                       社内情報システム担当兼内部統
                                       制本部長就任
                                  2014年8月      当社常務取締役関連事業担当兼
                                       財務担当兼社内情報システム担
                                       当兼個人情報保護管理担当兼内
                                       部統制本部長兼サービス本部長
                                       就任
                                  2015年4月      当社常務取締役関連事業担当兼
                                       財務担当兼社内情報システム担
                                       当兼個人情報保護管理担当兼
                                       コーポレート本部長就任
                                  2017年6月      当社専務取締役関連事業担当兼
                                       財務担当兼情報セキュリティ担
                                       当兼個人情報保護管理担当兼
                                       コーポレート本部長就任
                                  2018年4月      当社専務取締役関連事業担当兼
                                       財務担当兼情報セキュリティ担
                                       当兼個人情報保護管理担当就任
                                  2018年5月      当社専務取締役関連事業担当兼
                                       財務担当兼情報セキュリティ担
                                       当兼個人情報保護管理担当兼社
                                       内情報システム担当就任
                                  2019年6月      当社専務取締役関連事業担当兼
                                       財務担当兼情報セキュリティ担
                                       当兼個人情報保護管理担当就任
                                       (現任)
                                  45/141






                                                           EDINET提出書類
                                                       三谷産業株式会社(E02692)
                                                            有価証券報告書
                                                        所有株式数
          役職名          氏名       生年月日              略歴           任期
                                                        (千株)
                                  1984年4月      当社入社
                                  2004年6月      当社情報システム事業部北陸営
                                       業統括部長
                                  2007年4月      当社情報システム事業部副事業
                                       部長
                                  2009年6月      当社執行役員情報システム事業
                                       部長
                                  2012年4月      当社執行役員情報システム事業
                                       部長兼空調事業部長
                                  2012年6月      当社取締役事業戦術担当兼海外
                                       事業担当兼個人情報保護管理担
                                       当兼情報システム事業部長兼空
                                       調事業部長就任
                                  2013年1月      当社取締役事業戦術担当兼海外
                                       事業担当兼個人情報保護管理担
                                       当兼情報システム事業部長兼空
                                       調事業部長兼秘書室長就任
         常務取締役
                                  2014年7月      当社取締役事業戦術担当兼海外
                                       事業担当兼個人情報保護管理担
     事業戦術担当兼情報活用担当兼関               森 浩一      1960年10月31日      生
                                                    (注)5       16
                                       当兼情報システム事業部長兼空
                                       調事業部長就任
      係会社担当兼海外事業担当
                                  2014年8月      当社取締役関係会社担当就任
                                       ニッコー㈱上席執行役員営業推
                                       進担当
                                  2015年6月
                                       ニッコー㈱取締役就任(現任)
                                  2017年6月      当社常務取締役事業戦術担当兼
                                       情報活用担当兼関係会社担当兼
                                       情報システム事業部長就任
                                  2018年4月      当社常務取締役事業戦術担当兼
                                       情報活用担当兼関係会社担当就
                                       任
                                  2018年5月      当社常務取締役事業戦術担当兼
                                       情報活用担当兼関係会社担当兼
                                       海外事業担当就任(現任)
                                  2018年6月
                                       Inter-Technology
                                       Infrastructure
                                       Research    Co.,Ltd.代表取締役
                                       社長就任(現任)
                                  1980年4月      当社入社
                                  2005年7月      当社情報システム事業部業務統
                                       括部長
                                  2007年4月      当社情報サービス本部業務統括
                                       部長
                                  2008年6月      当社情報サービス本部業務統括
                                       部長兼内部統制本部付部長
                                  2009年4月      当社情報サービス本部副本部長
                                       兼内部統制本部付部長
                                  2009年6月      当社執行役員情報サービス本部
                                       長
                                  2009年7月      当社執行役員情報サービス本部
                                       長兼首都圏業務統括室長
                                  2010年1月      当社執行役員情報サービス本部
                                       長兼業務統括室長
                                  2011年4月      当社執行役員業務本部長
          取締役
                                  2011年11月      当社執行役員業務本部長兼情報
                   梶谷 忠博      1956年7月28日      生                    (注)5       15
                                       サービス本部長
     社内情報システム担当兼秘書室長
                                  2013年4月      当社執行役員業務本部長
                                  2013年6月      当社取締役財務担当兼業務本部
                                       長兼サービス本部長就任
                                       Pear  Investment     Pte  Ltd代表
                                       取締役社長就任(現任)
                                  2014年4月      ㈱アクティ代表取締役社長就任
                                       (現任)
                                  2014年7月      当社取締役財務担当兼業務本部
                                       長兼サービス本部長兼秘書室長
                                       就任
                                  2014年8月      当社取締役業務本部長兼秘書室
                                       長就任
                                  2019年6月      当社取締役社内情報システム担
                                       当兼業務本部長兼秘書室長就任
                                  2020年4月      当社取締役社内情報システム担
                                       当兼秘書室長就任(現任)
                                  46/141





                                                           EDINET提出書類
                                                       三谷産業株式会社(E02692)
                                                            有価証券報告書
                                                        所有株式数
          役職名          氏名       生年月日              略歴           任期
                                                        (千株)
                                  1988年4月      当社入社
                                  2004年4月      当社空調事業部技術統括部首都
                                       圏技術部長
                                  2007年4月      当社空調事業部首都圏営業部長
                                  2008年4月      当社執行役員空調首都圏事業部
          取締役
                                       長
                    竹内 昇      1965年7月9日      生                    (注)5       3
                                  2014年8月      当社執行役員空調首都圏事業部
         組織構造担当
                                       長兼空調事業部長
                                  2018年4月      当社執行役員空調首都圏事業部
                                       長
                                  2019年6月      当社取締役組織構造担当就任
                                       (現任)
                                  1973年4月      当社入社
                                  1992年4月      当社経営企画室長
                                  1997年6月      当社常勤監査役就任
                                  2003年6月      当社常務取締役組織構造担当兼
                                       品質管理本部長兼グループ会社
                                       支援室長就任
                                  2003年11月      当社常務取締役組織構造担当兼
                                       品質管理本部長兼グループ会社
                                       統括室長就任
                                  2004年6月      当社常務取締役組織構造担当就
                                       任
                                  2004年7月      当社常務取締役組織構造担当兼
          取締役          澤 滋      1950年1月3日      生        品質管理本部長就任             (注)5       38
                                  2005年4月      当社常務取締役組織構造担当就
                                       任
                                  2005年6月      当社専務取締役組織構造担当就
                                       任
                                  2008年6月      三谷ガス㈱(現三谷産業イー・
                                       シー㈱)代表取締役会長就任
                                  2009年6月      当社専務取締役就任
                                  2009年6月      三谷産業イー・シー㈱代表取締
                                       役社長就任
                                  2010年6月
                                       当社取締役就任(現任)
                                  2018年6月      三谷産業イー・シー㈱取締役会
                                       長就任(現任)
                                  1979年4月      当社入社
                                  2000年10月      当社執行役員空調事業部長兼コ
                                       ンストラクトデータ事業部長
                                  2002年1月      当社執行役員空調事業部長兼コ
                                       ンストラクトデータ事業部長兼
                                       建設業営業推進室長
                                  2004年6月      当社取締役営業副統括担当兼組
                                       織戦略担当就任
                                  2006年7月      当社取締役営業副統括担当兼組
                                       織戦略担当兼M&E事業部長就
                                       任
                                  2007年6月      当社常務取締役営業統括担当兼
          取締役         干場 克英      1955年7月17日      生
                                                    (注)5       31
                                       組織戦略担当兼M&E事業部長
                                       就任
                                  2009年4月      当社常務取締役営業統括担当兼
                                       組織戦略担当就任
                                  2009年6月      当社常務取締役営業統括担当就
                                       任
                                  2009年8月      三谷産業コンストラクションズ
                                       ㈱代表取締役就任
                                  2010年6月      当社常務取締役就任
                                       三谷産業コンストラクションズ
                                       ㈱代表取締役社長就任(現任)
                                  2013年6月      当社取締役就任(現任)
                                  47/141







                                                           EDINET提出書類
                                                       三谷産業株式会社(E02692)
                                                            有価証券報告書
                                                        所有株式数
          役職名          氏名       生年月日              略歴           任期
                                                        (千株)
                                  1991年3月      慶應義塾大学総合政策学部教授
                                  2001年8月      同大学SFC研究所       キャリア・リ
                                       ソース・ラボラトリー代表
                                  2007年6月      オイシックス㈱(現オイシック
                                       ス・ラ・大地㈱)社外取締役
                                       (現任)
                                  2008年6月      ディサークル㈱監査役
          取締役         花田 光世      1948年8月8日      生                    (注)5       -
                                  2011年6月      当社取締役就任(現任)
                                  2013年4月      慶應義塾大学湘南藤沢キャンパ
                                       ス 一般財団法人SFCフォーラム
                                       代表理事(現任)
                                       同大学名誉教授(現任)
                                  2014年4月
                                  2017年4月      一般財団法人キャリアアドバイ
                                       ザー協議会代表理事(現任)
                                  2006年10月      弁護士登録(金沢弁護士会)
                                       坂井法律事務所入所(現任)
                                  2012年4月      金沢弁護士会犯罪被害者支援委
          取締役         長澤 裕子      1973年4月3日      生                    (注)5       -
                                       員会委員長
                                  2014年4月      金沢弁護士会副会長
                                  2015年6月
                                       当社取締役就任(現任)
                                  1998年4月      慶應義塾大学環境情報学部教授
                                       (現任)
                                  2005年4月      国立研究開発法人情報通信研究
                                       機構知識クラスタシステム・プ
          取締役          清木 康      1956年1月24日      生        ロジェクトリーダー             (注)5       -
                                  2015年10月      慶應義塾大学大学院政策・メ
                                       ディア研究科委員長
                                  2016年6月      日本データベース学会会長
                                  2017年6月      当社取締役就任(現任)
                                  2009年4月      早稲田大学高等研究所准教授
                                  2010年4月      豊橋技術科学大学大学院工学研
                                       究科建築・都市システム学系准
                                       教授
          取締役         増田 幸宏      1976年10月4日      生  2014年4月      芝浦工業大学システム理工学部             (注)5       -
                                       准教授
                                  2018年4月      同大学システム理工学部教授
                                       (現任)
                                  2018年6月
                                       当社取締役就任(現任)
                                  1989年6月      ㈱インテリジェンス設立
                                  1989年9月      ㈱インテリジェンス取締役
                                  2004年12月      ㈱楽天野球団代表取締役社長
                                  2008年1月      ㈱楽天野球団代表取締役社長兼
                                       オーナー
                                  2014年11月      楽天㈱代表取締役
                                  2016年6月      トランスコスモス㈱社外取締役
          取締役          島田 亨      1965年3月3日      生                    (注)5       -
                                       (現任)
                                  2017年3月      ㈱U-NEXT取締役副社長COO
                                  2017年12月      ㈱USEN-NEXT     HOLDINGS取締役副
                                       社長COO(現任)
                                  2019年6月
                                       当社取締役就任(現任)
                                  2020円2月      ビジョナル㈱社外取締役(現
                                       任)
                                  2002年4月      住友金属工業㈱(現日本製鉄
                                       ㈱)大阪本社システム建築部次
                                       長
                                  2003年4月      学校法人土佐中・高等学校 社
                                       会科教論(土佐高等学校野球部
         常勤監査役          髙多 倫正      1953年9月30日      生
                                                    (注)6       2
                                       監督)
                                  2014年8月      慶應義塾大学野球部助監督
                                  2016年3月      当社入社
                                       当社コーポレート本部長付部長
                                       当社常勤監査役就任(現任)
                                  2016年6月
                                  48/141






                                                           EDINET提出書類
                                                       三谷産業株式会社(E02692)
                                                            有価証券報告書
                                                        所有株式数
          役職名          氏名       生年月日              略歴           任期
                                                        (千株)
                                  1983年6月      ㈱日本長期信用銀行(現㈱新生
                                       銀行)取締役
                                  1984年10月      社団法人ソフト化経済センター
                                       専務理事
                                  1993年4月      多摩大学大学院経営情報学研究
                                       科教授
                                  1993年5月      社団法人ソフト化経済センター
                                       理事長
                                  1994年6月      当社監査役就任(現任)
                                  1997年7月      東京財団会長
          監査役         日下 公人      1930年12月9日      生                    (注)7       -
                                  1999年4月      多摩大学大学院研究科長
                                  2001年4月
                                       同大学名誉教授(現任)
                                  2003年5月      社団法人ソフト化経済センター
                                       会長
                                  2007年4月      日本財団特別顧問(現任)
                                  2007年7月      社会貢献支援財団(現公益財団
                                       法人社会貢献支援財団)会長
                                  2008年6月      日本ラッド㈱社外監査役(現
                                       任)
                                  1971年4月      慶應義塾大学工学部教授
                                  1981年10月      同大学情報科学研究所所長
                                  1990年4月      同大学環境情報学部学部長・教
                                       授
                                  1994年4月      同大学大学院政策・メディア研
                                       究科委員長・教授
                                  1994年6月      当社監査役就任(現任)
                                  1996年10月      東京工科大学理事
                                  1999年4月      慶應義塾大学名誉教授(現任)
                                       東京工科大学メディア学部学部
          監査役         相磯 秀夫      1932年3月3日      生        長・教授             (注)7       -
                                  1999年6月      同大学学長・教授
                                  2008年5月      有限責任中間法人インターネッ
                                       トコンテンツ審査監視機構(現
                                       一般社団法人インターネットコ
                                       ンテンツ審査監視機構)代表理
                                       事
                                  2010年4月      東京工科大学名誉教授(現任)
                                  2013年6月      一般社団法人インターネットコ
                                       ンテンツ審査監視機構理事(現
                                       任)
                                  1974年4月      早稲田大学理工学部教授
                                  1992年10月      日本都市問題会議代表
                                  1993年9月      早稲田大学理工学総合研究セン
                                       ター所長
                                  1997年1月      社団法人日本建築学会会長
                                  1997年4月      富山国際職藝学院(現職藝学
                                       院)学院長
                                  2000年5月      社団法人日本地域冷暖房協会
                                       (現一般社団法人都市環境エネ
                                       ルギー協会)代表理事(現任)
          監査役         尾島 俊雄      1937年9月2日      生
                                                    (注)7       5
                                  2000年9月      早稲田大学理工学部学部長
                                  2001年7月      アジア都市環境学会(現特定非
                                       営利活動法人アジア都市環境学
                                       会)会長
                                  2003年6月      当社監査役就任(現任)
                                  2008年4月      早稲田大学名誉教授(現任)
                                  2008年6月      財団法人建築保全センター(現
                                       一般財団法人建築保全セン
                                       ター)理事長
                                  2014年10月      職藝学院名誉学院長
                                  49/141







                                                           EDINET提出書類
                                                       三谷産業株式会社(E02692)
                                                            有価証券報告書
                                                        所有株式数
          役職名          氏名       生年月日              略歴           任期
                                                        (千株)
                                  1981年4月      東邦チタニウム㈱入社
                                  1992年4月      東邦チタニウム㈱社触媒開発室
                                       主席技師長
                                  1993年4月      北陸先端科学技術大学院大学材
                                       料科学研究科教授
          監査役          寺野 稔      1953年11月25日      生  2006年4月      同大学院大学マテリアルサイエ
                                                    (注)7       -
                                       ンス研究科教授
                                  2014年4月      同大学院大学理事・副学長
                                  2019年6月      当社監査役就任(現任)
                                  2020年4月      北陸先端科学技術大学院大学学
                                       長(現任)
                                          計               11,920
      (注)1.取締役のうち、花田光世氏、長澤裕子氏、清木康氏、増田幸宏氏および島田亨氏の5名は社外取締役であり

           ます。
         2.監査役のうち、日下公人氏、相磯秀夫氏、尾島俊雄氏および寺野稔氏の4名は社外監査役であります。
         3.代表取締役社長三谷忠照氏は、取締役会長三谷充氏の長男であります。
         4.当社では、経営の意思決定・監督機関としての取締役会の機能強化ならびに業務執行機能の明確化を目的に
           執行役員制度を導入しております。
           執行役員は下記のとおり17名で構成されております。
                               職名                         氏名
            執行役員 情報システム事業部長                                          正元 敏之

            執行役員 ICTソリューション事業部長                                          深堀 俊彰

            執行役員 M&E事業部長                                          石田 寛樹

            執行役員 ケミカル事業部長                                           山田 徹

            執行役員 空調首都圏事業部長                                          林原 大輔

            執行役員 空調システム事業部長                                          相馬 宏昭

            執行役員 安心安全推進本部長                                           谷 昌敏

            執行役員 コーポレート本部長                                           西川 亮

            執行役員 業務本部長                                          小高 健一

            執行役員 CSR本部長                                           中村 譲

            執行役員 事業開発本部長                                          内田 大剛

            執行役員 人事本部長                                          佐藤 正裕

            執行役員 監査室長                                          山本 博之

            執行役員 ベトナム広報戦略室長                                           金山 純

            執行役員 事業開発本部付Aureole                 Construction       Software     Development      Inc.取締役
                                                      三浦 秀平
            社長
            技術執行役員 情報システム事業部北陸システム統括部長                                           茂 知一
            技術執行役員 空調首都圏事業部技術統括部長兼空調システム事業部技術統括部長                                           湯尻 聡

         5.当該取締役の任期は、2019年6月18日開催の定時株主総会の終結の時から、選任後1年以内に終了する事業
           年度のうち最終のものに関する定時株主総会の終結の時までであります。
         6.当該監査役の任期は、2016年6月16日開催の定時株主総会の終結の時から、選任後4年以内に終了する事業
           年度のうち最終のものに関する定時株主総会の終結の時までであります。
         7.当該監査役の任期は、2019年6月18日開催の定時株主総会の終結の時から、選任後4年以内に終了する事業
           年度のうち最終のものに関する定時株主総会の終結の時までであります。
                                  50/141



                                                           EDINET提出書類
                                                       三谷産業株式会社(E02692)
                                                            有価証券報告書
         ⅱ.2020年6月12日開催予定の定時株主総会の議案(決議事項)として、「取締役16名選任の件」「監査役2名
           選任の件」および「補欠監査役1名選任の件」を提案しており、当該議案が承認可決されますと、当社の役
           員の状況は以下のとおりとなる予定であります。
           なお、当該定時株主総会の直後に開催予定の取締役会の決議事項の内容(役職名)も含めて記載しておりま
           す。
        男性    18 名 女性      2 名 (役員のうち女性の比率             10.0  %)
                                                        所有株式数
          役職名          氏名       生年月日               略歴           任期
                                                        (千株)
                                  1975年1月      当社取締役就任
                                  1981年2月      当社取締役副社長就任
                                  1982年1月      ニッコー㈱取締役就任
                                  1988年2月      三谷石油サービス㈱(現㈱三谷
                                       サービスエンジン)代表取締役
                                       社長就任
                                  1990年6月      当社代表取締役社長就任
                                  2007年6月      当社代表取締役会長就任
                                  2012年4月      ニッコー㈱取締役会長就任
         取締役会長
                    三谷 充      1954年11月13日      生  2012年6月      当社代表取締役会長危機管理担
                                                    (注)5     11,170
         危機管理担当
                                       当就任
                                       ㈱三谷サービスエンジン代表取
                                       締役会長就任(現任)
                                  2015年11月      ニッコー㈱取締役会長兼代表取
                                       締役社長就任
                                  2016年6月      ニッコー㈱取締役会長就任(現
                                       任)
                                  2017年6月      当社取締役会長危機管理担当就
                                       任(現任)
                                  1981年7月      当社入社
                                  1994年4月      当社情報システム事業部営業部
                                       長
                                  1994年6月      当社取締役情報システム事業部
                                       営業部長就任
                                  1996年9月      当社取締役情報システム事業部
                                       長就任
                                  1999年10月      当社取締役情報システム事業部
                                       長兼海外本部長就任
                                  2000年6月      当社常務取締役組織戦略担当就
                                       任
                                  2004年6月      当社専務取締役営業統括担当就
                                       任
                                  2007年6月      当社代表取締役社長就任
                                  2009年6月      当社代表取締役社長組織戦略担
                                       当就任
         取締役副会長
                                  2010年6月      当社代表取締役社長組織戦略担
     アライアンス事業担当兼社会貢献              饗庭 達也      1956年3月25日      生                     (注)5       60
                                       当兼営業統括担当就任
         事業創設担当
                                  2012年6月      当社代表取締役社長品質担当兼
                                       情報セキュリティ担当就任
                                  2013年1月      当社代表取締役社長品質担当兼
                                       情報セキュリティ担当兼組織戦
                                       略担当就任
                                  2014年8月      当社代表取締役社長品質担当兼
                                       情報セキュリティ担当兼組織戦
                                       略担当兼海外事業担当就任
                                  2016年3月      当社代表取締役社長品質担当兼
                                       情報セキュリティ担当兼組織戦
                                       略担当兼海外事業担当兼アク
                                       ティブファーマグループ担当就
                                       任
                                  2017年6月      当社取締役副会長アライアンス
                                       事業担当兼社会貢献事業創設担
                                       当就任(現任)
                                  51/141







                                                           EDINET提出書類
                                                       三谷産業株式会社(E02692)
                                                            有価証券報告書
                                                        所有株式数
          役職名          氏名       生年月日               略歴           任期
                                                        (千株)
                                  2010年6月      当社取締役就任
                                  2012年6月      ㈱三谷サービスエンジン取締役
                                       就任
                                  2012年10月      当社常務取締役組織構造担当兼
                                       情報活用担当就任
                                       ㈱三谷サービスエンジン代表取
                                       締役就任(現任)
                                  2014年8月      当社常務取締役組織構造担当兼
                                       人事担当兼情報活用担当就任
        代表取締役社長
                   三谷 忠照      1984年6月20日      生  2015年4月      当社常務取締役組織構造担当兼
                                                    (注)5      555
         組織戦略担当
                                       人事担当兼情報活用担当兼人事
                                       本部長就任
                                  2017年6月      当社代表取締役社長品質担当兼
                                       組織戦略担当兼組織構造担当就
                                       任
                                  2019年6月      当社代表取締役社長品質担当兼
                                       組織戦略担当就任
                                  2020年6月      当社代表取締役社長組織戦略担
                                       当就任(現任)
                                  1983年4月      当社入社
                                  1999年7月      当社経営企画室長
                                  2002年1月      当社執行役員海外本部長
                                  2007年6月      当社取締役海外本部長就任
                                  2008年4月      当社取締役ケミカル事業部長兼
                                       海外事業部長就任
                                  2012年4月      当社常務取締役ケミカル事業部
                                       長兼海外事業部長就任
                                  2012年6月      当社常務取締役業務執行担当
                                       (営業統括)兼ケミカル事業部長
                                       兼海外事業部長就任
                                  2013年4月      当社専務取締役業務執行担当
                                       (営業統括)兼ケミカル事業部長
                                       兼海外事業部長就任
                                  2014年4月      当社専務取締役業務執行担当
         専務取締役
                                       (営業統括)兼ケミカル事業部長
     業務執行担当(営業統括)兼人事              阿戸 雅之      1960年5月16日      生                     (注)5       7
                                       就任
           担当
                                  2014年8月      当社専務取締役業務執行担当
                                       (営業統括)兼事業戦術担当兼ケ
                                       ミカル事業部長兼情報システム
                                       事業部長就任
                                  2015年1月      当社専務取締役業務執行担当
                                       (営業統括)兼事業戦術担当兼情
                                       報システム事業部長就任
                                  2017年6月      当社専務取締役業務執行担当
                                       (営業統括)兼人事担当兼人事
                                       本部長就任
                                  2018年4月      当社専務取締役業務執行担当
                                       (営業統括)兼人事担当就任
                                       (現任)
                                  2019年12月      ㈱HIDEO代表取締役会長就
                                       任(現任)
                                  52/141









                                                           EDINET提出書類
                                                       三谷産業株式会社(E02692)
                                                            有価証券報告書
                                                        所有株式数
          役職名          氏名       生年月日               略歴           任期
                                                        (千株)
                                  1981年4月      当社入社
                                  2001年4月      当社情報システム事業部システ
                                       ム統括部長
                                  2002年4月      当社執行役員P2プロダクト開
                                       発事業部長兼情報システム事業
                                       部システム統括部長
                                  2003年4月      当社技術執行役員情報システム
                                       事業部システム統括部長
                                  2004年6月      当社取締役技術担当兼社内情報
                                       システム担当就任
                                  2004年7月      ミタニインベストメント㈱代表
                                       取締役社長就任(現任)
                                  2006年12月      当社取締役技術担当兼社内情報
                                       システム担当兼情報システム事
                                       業部システム統括部長就任
                                  2007年4月      当社取締役技術担当兼社内情報
                                       システム担当兼フィールドサ
                                       ポート事業部長兼情報サービス
                                       本部長就任
                                  2009年6月      当社常務取締役技術・品質担当
                                       兼社内情報システム担当兼
                                       フィールドサポート事業部長就
                                       任
                                  2011年4月      当社常務取締役技術・品質担当
                                       兼社内情報システム担当兼情報
                                       サービス本部長就任
                                  2011年11月      当社常務取締役技術・品質担当
                                       兼社内情報システム担当就任
                                  2012年4月      当社常務取締役技術・品質担当
                                       兼社内情報システム担当兼グ
                                       ループ会社統括本部長就任
                                  2012年6月      当社常務取締役関連事業担当兼
                                       情報活用担当兼グループ会社統
         専務取締役
                                       括本部長就任
     関連事業担当兼財務担当兼コンプ              西野 誠治      1959年2月28日      生  2012年10月      当社常務取締役関連事業担当兼             (注)5       13
                                       グループ会社統括本部長就任
        ライアンス担当
                                  2012年12月      当社常務取締役関連事業担当兼
                                       社内情報システム担当兼グルー
                                       プ会社統括本部長兼内部統制本
                                       部長就任
                                  2013年4月      当社常務取締役関連事業担当兼
                                       社内情報システム担当兼内部統
                                       制本部長就任
                                  2014年8月      当社常務取締役関連事業担当兼
                                       財務担当兼社内情報システム担
                                       当兼個人情報保護管理担当兼内
                                       部統制本部長兼サービス本部長
                                       就任
                                  2015年4月      当社常務取締役関連事業担当兼
                                       財務担当兼社内情報システム担
                                       当兼個人情報保護管理担当兼
                                       コーポレート本部長就任
                                  2017年6月      当社専務取締役関連事業担当兼
                                       財務担当兼情報セキュリティ担
                                       当兼個人情報保護管理担当兼
                                       コーポレート本部長就任
                                  2018年4月      当社専務取締役関連事業担当兼
                                       財務担当兼情報セキュリティ担
                                       当兼個人情報保護管理担当就任
                                  2018年5月      当社専務取締役関連事業担当兼
                                       財務担当兼情報セキュリティ担
                                       当兼個人情報保護管理担当兼社
                                       内情報システム担当就任
                                  2019年6月      当社専務取締役関連事業担当兼
                                       財務担当兼情報セキュリティ担
                                       当兼個人情報保護管理担当就任
                                  2020年6月      当社専務取締役関連事業担当兼
                                       財務担当兼コンプライアンス担
                                       当就任(現任)
                                  53/141






                                                           EDINET提出書類
                                                       三谷産業株式会社(E02692)
                                                            有価証券報告書
                                                        所有株式数
          役職名          氏名       生年月日               略歴           任期
                                                        (千株)
                                  1984年4月      当社入社
                                  2004年6月      当社情報システム事業部北陸営
                                       業統括部長
                                  2007年4月      当社情報システム事業部副事業
                                       部長
                                  2009年6月      当社執行役員情報システム事業
                                       部長
                                  2012年4月      当社執行役員情報システム事業
                                       部長兼空調事業部長
                                  2012年6月      当社取締役事業戦術担当兼海外
                                       事業担当兼個人情報保護管理担
                                       当兼情報システム事業部長兼空
                                       調事業部長就任
                                  2013年1月      当社取締役事業戦術担当兼海外
                                       事業担当兼個人情報保護管理担
                                       当兼情報システム事業部長兼空
                                       調事業部長兼秘書室長就任
                                  2014年7月      当社取締役事業戦術担当兼海外
         常務取締役
                                       事業担当兼個人情報保護管理担
     事業戦術担当兼情報活用担当兼関               森 浩一      1960年10月31日      生
                                                    (注)5       16
                                       当兼情報システム事業部長兼空
                                       調事業部長就任
      係会社担当兼海外事業担当
                                  2014年8月      当社取締役関係会社担当就任
                                       ニッコー㈱上席執行役員営業推
                                       進担当
                                  2015年6月      ニッコー㈱取締役就任(現任)
                                  2017年6月      当社常務取締役事業戦術担当兼
                                       情報活用担当兼関係会社担当兼
                                       情報システム事業部長就任
                                  2018年4月      当社常務取締役事業戦術担当兼
                                       情報活用担当兼関係会社担当就
                                       任
                                  2018年5月      当社常務取締役事業戦術担当兼
                                       情報活用担当兼関係会社担当兼
                                       海外事業担当就任(現任)
                                  2018年6月      Inter-Technology
                                       Infrastructure
                                       Research    Co.,Ltd.代表取締役
                                       社長就任(現任)
                                  1980年4月      当社入社
                                  2005年7月      当社情報システム事業部業務統
                                       括部長
                                  2007年4月      当社情報サービス本部業務統括
                                       部長
                                  2008年6月      当社情報サービス本部業務統括
                                       部長兼内部統制本部付部長
                                  2009年4月      当社情報サービス本部副本部長
                                       兼内部統制本部付部長
                                  2009年6月      当社執行役員情報サービス本部
                                       長
                                  2009年7月      当社執行役員情報サービス本部
                                       長兼首都圏業務統括室長
                                  2010年1月      当社執行役員情報サービス本部
                                       長兼業務統括室長
                                  2011年4月      当社執行役員業務本部長
                                  2011年11月      当社執行役員業務本部長兼情報
          取締役
                                       サービス本部長
     社内情報システム担当兼情報セ
                                  2013年4月      当社執行役員業務本部長
                   梶谷 忠博      1956年7月28日      生                     (注)5       15
                                  2013年6月      当社取締役財務担当兼業務本部
     キュリティ担当兼個人情報保護管
                                       長兼サービス本部長就任
        理担当兼秘書室長
                                       Pear  Investment     Pte  Ltd代表
                                       取締役社長就任(現任)
                                  2014年4月      ㈱アクティ代表取締役社長就任
                                       (現任)
                                  2014年7月      当社取締役財務担当兼業務本部
                                       長兼サービス本部長兼秘書室長
                                       就任
                                  2014年8月      当社取締役業務本部長兼秘書室
                                       長就任
                                  2019年6月      当社取締役社内情報システム担
                                       当兼業務本部長兼秘書室長就任
                                  2020年4月      当社取締役社内情報システム担
                                       当兼秘書室長就任
                                  2020年6月      当社取締役社内情報システム担
                                       当兼情報セキュリティ担当兼個
                                       人情報保護管理担当兼秘書室長
                                       就任(現任)
                                  54/141




                                                           EDINET提出書類
                                                       三谷産業株式会社(E02692)
                                                            有価証券報告書
                                                        所有株式数
          役職名          氏名       生年月日               略歴           任期
                                                        (千株)
                                  1988年4月      当社入社
                                  2004年4月      当社空調事業部技術統括部首都
                                       圏技術部長
                                  2007年4月      当社空調事業部首都圏営業部長
                                  2008年4月      当社執行役員空調首都圏事業部
                                       長
          取締役
                    竹内 昇      1965年7月9日      生  2014年8月      当社執行役員空調首都圏事業部             (注)5       3
     組織構造担当兼安心・安全担当
                                       長兼空調事業部長
                                  2018年4月      当社執行役員空調首都圏事業部
                                       長
                                  2019年6月      当社取締役組織構造担当就任
                                  2020年6月      当社取締役組織構造担当兼安
                                       心・安全担当就任(現任)
                                  2013年6月      富士通㈱ものづくり推進本部本
                                       部長
                                  2014年4月      富士通㈱テクノロジ&ものづく
                                       り本部副本部長
                                  2015年6月      富士通㈱テクノロジ&ものづく
                                       り本部エグゼクティブディレク
          取締役                                          (注)
                                       ター
                   渡邊 伸寿      1958年5月17日      生
                                                           -
                                  2017年6月      富士通㈱よりFujitsu         Computer
     品質担当兼生産・製造技術担当                                               5、8
                                       Products    of Vietnam,Incへ出
                                       向
                                       Fujitsu   Computer    Products    of
                                       Vietnam,Inc.取締役社長
                                  2020年7月      当社取締役品質担当兼生産・製
                                       造技術担当就任予定
                                  1973年4月      当社入社
                                  1992年4月      当社経営企画室長
                                  1997年6月      当社常勤監査役就任
                                  2003年6月      当社常務取締役組織構造担当兼
                                       品質管理本部長兼グループ会社
                                       支援室長就任
                                  2003年11月      当社常務取締役組織構造担当兼
                                       品質管理本部長兼グループ会社
                                       統括室長就任
                                  2004年6月      当社常務取締役組織構造担当就
                                       任
                                  2004年7月      当社常務取締役組織構造担当兼
          取締役          澤 滋      1950年1月3日      生        品質管理本部長就任
                                                    (注)5       38
                                  2005年4月      当社常務取締役組織構造担当就
                                       任
                                  2005年6月      当社専務取締役組織構造担当就
                                       任
                                  2008年6月      三谷ガス㈱(現三谷産業イー・
                                       シー㈱)代表取締役会長就任
                                  2009年6月      当社専務取締役就任
                                  2009年6月      三谷産業イー・シー㈱代表取締
                                       役社長就任
                                  2010年6月      当社取締役就任(現任)
                                  2018年6月      三谷産業イー・シー㈱取締役会
                                       長就任(現任)
                                  1979年4月      当社入社
                                  2000年10月      当社執行役員空調事業部長兼コ
                                       ンストラクトデータ事業部長
                                  2002年1月      当社執行役員空調事業部長兼コ
                                       ンストラクトデータ事業部長兼
                                       建設業営業推進室長
                                  2004年6月      当社取締役営業副統括担当兼組
                                       織戦略担当就任
                                  2006年7月      当社取締役営業副統括担当兼組
                                       織戦略担当兼M&E事業部長就
                                       任
                                  2007年6月      当社常務取締役営業統括担当兼
          取締役         干場 克英      1955年7月17日      生
                                                    (注)5       31
                                       組織戦略担当兼M&E事業部長
                                       就任
                                  2009年4月      当社常務取締役営業統括担当兼
                                       組織戦略担当就任
                                  2009年6月      当社常務取締役営業統括担当就
                                       任
                                  2009年8月      三谷産業コンストラクションズ
                                       ㈱代表取締役就任
                                  2010年6月      当社常務取締役就任
                                       三谷産業コンストラクションズ
                                       ㈱代表取締役社長就任(現任)
                                  2013年6月      当社取締役就任(現任)
                                  55/141




                                                           EDINET提出書類
                                                       三谷産業株式会社(E02692)
                                                            有価証券報告書
                                                        所有株式数
          役職名          氏名       生年月日               略歴           任期
                                                        (千株)
                                  1991年3月      慶應義塾大学総合政策学部教授
                                  2001年8月      同大学SFC研究所       キャリア・リ
                                       ソース・ラボラトリー代表
                                  2007年6月      オイシックス㈱(現オイシック
                                       ス・ラ・大地㈱)社外取締役
                                       (現任)
                                  2008年6月      ディサークル㈱監査役
          取締役         花田 光世      1948年8月8日      生
                                                    (注)5       -
                                  2011年6月      当社取締役就任(現任)
                                  2013年4月      慶應義塾大学湘南藤沢キャンパ
                                       ス 一般財団法人SFCフォーラム
                                       代表理事(現任)
                                  2014年4月
                                       同大学名誉教授(現任)
                                  2017年4月      一般財団法人キャリアアドバイ
                                       ザー協議会代表理事(現任)
                                  2006年10月      弁護士登録(金沢弁護士会)
                                       坂井法律事務所入所(現任)
                                  2012年4月      金沢弁護士会犯罪被害者支援委
          取締役         長澤 裕子      1973年4月3日      生
                                                    (注)5       -
                                       員会委員長
                                  2014年4月      金沢弁護士会副会長
                                  2015年6月      当社取締役就任(現任)
                                  1998年4月      慶應義塾大学環境情報学部教授
                                       (現任)
                                  2005年4月      国立研究開発法人情報通信研究
                                       機構知識クラスタシステム・プ
          取締役          清木 康      1956年1月24日      生        ロジェクトリーダー
                                                    (注)5       -
                                  2015年10月      慶應義塾大学大学院政策・メ
                                       ディア研究科委員長
                                  2016年6月      日本データベース学会会長
                                  2017年6月
                                       当社取締役就任(現任)
                                  2009年4月      早稲田大学高等研究所准教授
                                  2010年4月      豊橋技術科学大学大学院工学研
                                       究科建築・都市システム学系准
                                       教授
                                  2014年4月      芝浦工業大学システム理工学部
          取締役         増田 幸宏      1976年10月4日      生                     (注)5       -
                                       准教授
                                  2018年4月      同大学システム理工学部教授
                                       (現任)
                                  2018年6月      当社取締役就任(現任)
                                  1989年6月      ㈱インテリジェンス設立
                                  1989年9月      ㈱インテリジェンス取締役
                                  2004年12月      ㈱楽天野球団代表取締役社長
                                  2008年1月      ㈱楽天野球団代表取締役社長兼
                                       オーナー
                                  2014年11月      楽天㈱代表取締役
                                  2016年6月      トランスコスモス㈱社外取締役
          取締役          島田 亨      1965年3月3日      生                     (注)5       -
                                       (現任)
                                  2017年3月      ㈱U-NEXT取締役副社長COO
                                  2017年12月      ㈱USEN-NEXT     HOLDINGS取締役副
                                       社長COO(現任)
                                  2019年6月
                                       当社取締役就任(現任)
                                  2020年2月      ビジョナル㈱社外取締役(現
                                       任)
                                  2002年4月      住友金属工業㈱(現日本製鉄
                                       ㈱)大阪本社システム建築部次
                                       長
                                  2003年4月      学校法人土佐中・高等学校 社
                                       会科教論(土佐高等学校野球部
         常勤監査役          髙多 倫正      1953年9月30日      生                     (注)6       2
                                       監督)
                                  2014年8月      慶應義塾大学野球部助監督
                                  2016年3月      当社入社
                                       当社コーポレート本部長付部長
                                  2016年6月      当社常勤監査役就任(現任)
                                  56/141






                                                           EDINET提出書類
                                                       三谷産業株式会社(E02692)
                                                            有価証券報告書
                                                        所有株式数
          役職名          氏名       生年月日               略歴           任期
                                                        (千株)
                                  1974年4月      早稲田大学理工学部教授
                                  1992年10月      日本都市問題会議代表
                                  1993年9月      早稲田大学理工学総合研究セン
                                       ター所長
                                  1997年1月      社団法人日本建築学会会長
                                  1997年4月      富山国際職藝学院(現職藝学
                                       院)学院長
                                  2000年5月      社団法人日本地域冷暖房協会
                                       (現一般社団法人都市環境エネ
                                       ルギー協会)代表理事(現任)
          監査役         尾島 俊雄      1937年9月2日      生                     (注)7       5
                                  2000年9月      早稲田大学理工学部学部長
                                  2001年7月      アジア都市環境学会(現特定非
                                       営利活動法人アジア都市環境学
                                       会)会長
                                  2003年6月
                                       当社監査役就任(現任)
                                  2008年4月
                                       早稲田大学名誉教授(現任)
                                  2008年6月      財団法人建築保全センター(現
                                       一般財団法人建築保全セン
                                       ター)理事長
                                  2014年10月      職藝学院名誉学院長
                                  1981年4月      東邦チタニウム㈱入社
                                  1992年4月      東邦チタニウム㈱触媒開発室主
                                       席技師長
                                  1993年4月      北陸先端科学技術大学院大学材
                                       料科学研究科教授
                                  2006年4月      同大学院大学マテリアルサイエ
          監査役          寺野 稔      1953年11月25日      生                     (注)7       -
                                       ンス研究科教授
                                  2014年4月      同大学院大学理事・副学長
                                  2019年6月
                                       当社監査役就任(現任)
                                  2020年4月      北陸先端科学技術大学院大学学
                                       長(現任)
                                  1989年10月      東京女子大学在学中よりTV
                                       キャスターとして活動
                                  2010年3月      事業創造大学院大学修了
          監査役         伊藤 聡子      1967年7月3日      生
                                                    (注)6       -
                                  2010年4月      同大学院大学客員教授(現任)
                                  2019年6月
                                       積水樹脂㈱社外取締役(現任)
                                  2020年6月      当社監査役就任(現任)
                              計                            11,920
      (注)1.取締役のうち、花田光世氏、長澤裕子氏、清木康氏、増田幸宏氏および島田亨氏の5名は社外取締役であり

          ます。
         2.監査役のうち、尾島俊雄氏、寺野稔氏および伊藤聡子氏3名は社外監査役であります。
         3.代表取締役社長三谷忠照氏は、取締役会長三谷充氏の長男であります。
         4.当社では、経営の意思決定・監督機関としての取締役会の機能強化ならびに業務執行機能の明確化を目的に
           執行役員制度を導入しております。
           執行役員は下記のとおり17名で構成されております。
                               職名                         氏名
            執行役員 情報システム事業部長                                          正元 敏之

            執行役員 ICTソリューション事業部長                                          深堀 俊彰

            執行役員 M&E事業部長                                          石田 寛樹

            執行役員 ケミカル事業部長                                           山田 徹

            執行役員 空調首都圏事業部長                                          林原 大輔

            執行役員 空調システム事業部長                                          相馬 宏昭

            執行役員 安心安全推進本部長                                           谷 昌敏

            執行役員 コーポレート本部長                                           西川 亮

            執行役員 業務本部長                                          小高 健一

            執行役員 CSR本部長                                           中村 譲

            執行役員 事業開発本部長                                          内田 大剛

            執行役員 人事本部長                                          佐藤 正裕

            執行役員 監査室長                                          山本 博之

                                  57/141


                                                           EDINET提出書類
                                                       三谷産業株式会社(E02692)
                                                            有価証券報告書
                               職名                         氏名
            執行役員 ベトナム広報戦略室長                                           金山 純

            執行役員 事業開発本部付Aureole                 Construction       Software     Development      Inc.取締役
                                                      三浦 秀平
            社長
            技術執行役員 情報システム事業部北陸システム統括部長                                           茂 知一
            技術執行役員 空調首都圏事業部技術統括部長兼空調システム事業部技術統括部長                                           湯尻 聡

         5.当該取締役の任期は、2020年6月12日開催予定の定時株主総会の終結の時から、選任後1年以内に終了する
           事業年度のうち最終のものに関する定時株主総会の終結の時までであります。
         6.当該監査役の任期は、2020年6月12日開催予定の定時株主総会の終結の時から、選任後4年以内に終了する
           事業年度のうち最終のものに関する定時株主総会の終結の時までであります。
         7.当該監査役の任期は、2019年6月18日開催の定時株主総会の終結の時から、選任後4年以内に終了する事業
           年度のうち最終のものに関する定時株主総会の終結の時までであります。
         8.取締役渡邊伸寿氏は2020年6月30日に富士通株式会社退職後、就任予定となります。
         9.当社は法令に定める常勤監査役の員数を欠くことになる場合に備え、常勤監査役髙多倫正氏の補欠監査役1
           名を選任予定としております。補欠監査役の略歴は次のとおりであります。
                 氏名                                     所有する当社の
                                      略歴
                (生年月日)                                      株式の数(千株)
                         2009年7月 ㈱北國銀行経営管理部調査役
                         2011年5月 ㈱北國銀行より当社へ出向
               山 本 博 之
                         2011年7月 当社監査室長
                                                           -
              (1959年2月23日生)
                         2013年1月 当社入社 監査室長
                         2018年4月 当社執行役員監査室長(現任)
                                  58/141













                                                           EDINET提出書類
                                                       三谷産業株式会社(E02692)
                                                            有価証券報告書
        ② 社外役員の状況
         2020年6月11日(有価証券報告書提出日)現在の当社の社外取締役は5名、社外監査役は4名であります。
         社外取締役である花田光世氏については、大株主企業、主要な取引先の出身者等ではなく独立性が高いこと、一
        般株主と利益相反のおそれがないこと、ならびに企業組織、とりわけ人事・人材教育研究の第一人者であり、かつ
        同分野に関する識見が豊富であることから、今後の事業展開の方向性やあるべき組織・人事全般に対する検証・提
        言が期待できるとともに、当社の経営意思決定に対する監督機能の強化が期待できることから、社外取締役に選任
        しております。
         社外取締役である長澤裕子氏については、大株主企業、主要な取引先の出身者等ではなく独立性が高いこと、一
        般株主と利益相反のおそれがないこと、ならびに弁護士としての行政訴訟、民事訴訟、刑事訴訟等の幅広い経験と
        豊富な専門知識を有していることから、当企業集団のコーポレート・ガバナンス体制について検証・提言が期待で
        きるとともに、当社の経営意思決定に対する監督機能の一層の強化が期待できることから社外取締役に選任してお
        ります。
         社外取締役である清木康氏については、大株主企業、主要な取引先の出身者等ではなく独立性が高いこと、一般
        株主と利益相反のおそれがないこと、ならびに情報システム分野の権威であり、かつ同分野に関する識見が豊富で
        あることから、今後の情報システム関連事業の進むべき方向性等に対する検証・提言が期待できるとともに、当社
        の経営意思決定に対する監督機能の一層の強化が期待できることから社外取締役に選任しております。
         社外取締役である増田幸宏氏については大株主企業、主要な取引先の出身者等ではなく独立性が高いこと、一般
        株主と利益相反のおそれがないこと、ならびに建築分野、とりわけ都市のインフラシステム構築に関する研究者と
        して幅広い経験と豊富な専門知識を有しており、当社空調設備工事関連事業の今後の発展に対する検証・提言が期
        待できるとともに、当社の経営意思決定に対する監督機能の一層の強化が期待できることから社外取締役に選任し
        ております。
         社外取締役である島田亨氏については大株主企業、主要な取引先の出身者等ではなく独立性が高いこと、一般株
        主と利益相反のおそれがないこと、ならびに人材ビジネスやプロ野球団ビジネス、インターネットを通じたコン
        シューマ向けビジネスなど幅広い分野で創業・経営の経験を有し、さらにエンジェル投資家としてスタートアップ
        企業への投資および経営サポートを長年実施しており、当社の今後の新規ビジネスの創出およびイノベーション誘
        発に向けた取り組みの推進に活かしていただけるとともに、当社の経営意思決定に対する監督機能の一層の強化が
        期待できることから社外取締役に選任しております。
         社外監査役である日下公人氏については、大株主企業、主要な取引先の出身者等ではなく独立性が高いこと、一
        般株主と利益相反のおそれがないこと、ならびに日本有数のエコノミストでありかつ経済全般に関する識見が豊富
        であることから、今後の事業展開の方向性やリスク等に関する検証・提言が期待できるとともに、経営全般に関す
        る客観的かつ中立公正な監査意見の表明が期待できることから、社外監査役に選任しております。
         社外監査役である相磯秀夫氏については、大株主企業、主要な取引先の出身者等ではなく独立性が高いこと、一
        般株主と利益相反のおそれがないこと、ならびに情報システム分野での権威でありかつ同分野に関する識見が豊富
        であることから、今後の事業展開の方向性やリスク等に関する検証・提言が期待できるとともに、経営全般に関す
        る客観的かつ中立公正な監査意見の表明が期待できることから、社外監査役に選任しております。
         社外監査役である尾島俊雄氏は、当社株式を保有しておりますが、保有株式に重要性はありません。また、大株
        主企業、主要な取引先の出身者等ではなく独立性が高いこと、一般株主と利益相反のおそれがないこと、ならびに
        建築分野での権威でありかつ同分野に関する識見が豊富であることから、今後の事業展開の方向性やリスク等に関
        する検証・提言が期待できるとともに、経営全般に関する客観的かつ中立公正な監査意見の表明が期待できること
        から、社外監査役に選任しております。
         社外監査役である寺野稔氏については、大株主企業、主要な取引先の出身者等ではなく独立性が高いこと、一般
        株主と利益相反のおそれがないこと、ならびに、産学連携や国際連携の推進に尽力され、様々な業界とのつながり
        や幅広い技術についての知見や化学品メーカーでの勤務経験も有しており、化学分野についての識見も豊富である
        ことから、今後の事業展開の方向性やリスク等に関する検証・提言が期待できるとともに、経営全般に関する客観
        的かつ中立公正な監査意見の表明が期待できることから、社外監査役に選任しております。
                                  59/141





                                                           EDINET提出書類
                                                       三谷産業株式会社(E02692)
                                                            有価証券報告書
        (注)2020年6月12日開催予定の定時株主総会の議案(決議事項)として、「取締役16名選任の件」および「監査
        役2名選任の件」を提案しており、当該議案が承認可決されますと、当社の社外取締役は5名、社外監査役は3名
        となる予定であります。
         社外取締役である花田光世氏については、大株主企業、主要な取引先の出身者等ではなく独立性が高いこと、一
        般株主と利益相反のおそれがないこと、ならびに企業組織、とりわけ人事・人材教育研究の第一人者であり、かつ
        同分野に関する識見が豊富であることから、今後の事業展開の方向性やあるべき組織・人事全般に対する検証・提
        言が期待できるとともに、当社の経営意思決定に対する監督機能の強化が期待できることから、社外取締役に選任
        しております。
         社外取締役である長澤裕子氏については、大株主企業、主要な取引先の出身者等ではなく独立性が高いこと、一
        般株主と利益相反のおそれがないこと、ならびに弁護士としての行政訴訟、民事訴訟、刑事訴訟等の幅広い経験と
        豊富な専門知識を有していることから、当企業集団のコーポレート・ガバナンス体制について検証・提言が期待で
        きるとともに、当社の経営意思決定に対する監督機能の一層の強化が期待できることから社外取締役に選任してお
        ります。
         社外取締役である清木康氏については、大株主企業、主要な取引先の出身者等ではなく独立性が高いこと、一般
        株主と利益相反のおそれがないこと、ならびに情報システム分野の権威であり、かつ同分野に関する識見が豊富で
        あることから、今後の情報システム関連事業の進むべき方向性等に対する検証・提言が期待できるとともに、当社
        の経営意思決定に対する監督機能の一層の強化が期待できることから社外取締役に選任しております。
         社外取締役である増田幸宏氏については大株主企業、主要な取引先の出身者等ではなく独立性が高いこと、一般
        株主と利益相反のおそれがないこと、ならびに建築分野、とりわけ都市のインフラシステム構築に関する研究者と
        して幅広い経験と豊富な専門知識を有しており、当社空調設備工事関連事業の今後の発展に対する検証・提言が期
        待できるとともに、当社の経営意思決定に対する監督機能の一層の強化が期待できることから社外取締役に選任し
        ております。
         社外取締役である島田亨氏については大株主企業、主要な取引先の出身者等ではなく独立性が高いこと、一般株
        主と利益相反のおそれがないこと、ならびに人材ビジネスやプロ野球団ビジネス、インターネットを通じたコン
        シューマ向けビジネスなど幅広い分野で創業・経営の経験を有し、さらにエンジェル投資家としてスタートアップ
        企業への投資および経営サポートを長年実施しており、当社の今後の新規ビジネスの創出およびイノベーション誘
        発に向けた取り組みの推進に活かしていただけるとともに、当社の経営意思決定に対する監督機能の一層の強化が
        期待できることから社外取締役に選任しております。
         社外監査役である尾島俊雄氏は、当社株式を保有しておりますが、保有株式に重要性はありません。また、大株
        主企業、主要な取引先の出身者等ではなく独立性が高いこと、一般株主と利益相反のおそれがないこと、ならびに
        建築分野での権威でありかつ同分野に関する識見が豊富であることから、今後の事業展開の方向性やリスク等に関
        する検証・提言が期待できるとともに、経営全般に関する客観的かつ中立公正な監査意見の表明が期待できること
        から、社外監査役に選任しております。
         社外監査役である寺野稔氏については、大株主企業、主要な取引先の出身者等ではなく独立性が高いこと、一般
        株主と利益相反のおそれがないこと、ならびに、産学連携や国際連携の推進に尽力され、様々な業界とのつながり
        や幅広い技術についての知見や化学品メーカーでの勤務経験も有しており、化学分野についての識見も豊富である
        ことから、今後の事業展開の方向性やリスク等に関する検証・提言が期待できるとともに、経営全般に関する客観
        的かつ中立公正な監査意見の表明が期待できることから、社外監査役に選任しております。
         社外監査役である伊藤聡子             氏については、大株主企業、主要な取引先の出身者等ではなく独立性が高いこと、一
        般株主と利益相反のおそれがないこと、ならびに情報報道番組のキャスターや大学教授を務めておられ、さまざま
        な業界について幅広い知見を有しており、環境やエネルギーの分野について造詣も深く、関係政府機関の委員等も
        務めておられることから、今後の事業展開の方向性やリスク等に関する検証・証言が期待できるとともに、経営全
        般に関する客観的かつ中立公正な監査意見の表明が期待できると判断し、新たに社外監査役として選任しておりま
        す。
        ③ 社外取締役又は社外監査役による監督又は監査と内部監査、監査役監査及び会計監査との相互連携並びに内部

        統制部門との関係
         社外取締役は取締役会の場において、また、定期的に監査役会に同席し、監査役と適宜意見交換を行っておりま
        す。また社外監査役は、監査役会において他の監査役とそれぞれの監査の状況について情報共有すると共に、会計
        監査人と定期的に意見交換の場を設けております。
                                  60/141




                                                           EDINET提出書類
                                                       三谷産業株式会社(E02692)
                                                            有価証券報告書
       (3)【監査の状況】
        ①監査役監査の状況
         当社の監査役監査の状況につきましては、「                      (1)コーポレート・ガバナンスの概要                     ②企業統治の体制及び当
        該体制を採用する理由」に記載のとおりであります。なお、監査役監査にて発見された内部統制にかかる不備事項
        に対し、CSR本部、コーポレート本部および業務本部が主体となって是正対応を実施し有効性の判断を行うとと
        もに、社長に改善状況を報告しております。
         当事業年度において当社は監査役会を12回開催しており、個々の監査役の出席状況については次のとおりであり
        ます。
                   氏名            開催回数            出席回数
              髙多 倫正                      12回             12回

              日下 公人                      12回             11回

              相磯 秀夫                      12回             12回

              尾島 俊雄                      12回             12回

              寺野  稔                      10回             10回

        (注)寺野稔氏の出席状況は、2019年6月18日の就任以降に開催された監査役会を対象としております。
         監査役会における主な検討事項は、監査報告の作成、監査の方針、監査計画の策定、業務および財産の状況の調

        査方法、会計監査人の評価・再任・解任及び報酬の同意、各四半期において会計監査人とのレビュー内容を含む意
        見交換、経理処理の留意事項についての協議等であります。
        また監査上の主要な検討事項について、会計監査人と対象項目の協議を重ね、選定された項目に対する監査の実施
        状況・結果の報告の確認を行っております。
         常勤監査役の活動として、取締役等との意思疎通、取締役会をはじめとする重要な会議への出席、重要な決裁書
        類等の閲覧、子会社の取締役等との意思疎通・情報交換や子会社からの事業報告の確認、会計監査人からの監査の
        実施状況・結果の報告の確認を行っております。
        ②内部監査の状況

         当社における内部監査は、業務監査と会計監査で構成されております。その監査によって判明した事実の検証・
        評価に基づき、内部牽制およびコンプライアンスを強化させることによって、経営の改善、社業の発展に寄与する
        ことを目的としており、社長の命により監査室が実施しております。監査室は7名で構成されており、事業年度ご
        とに監査計画を作成し、その計画を基に業務監査および会計監査を実施、結果を社長に報告しております。また、
        必要あるときは社長の命により被監査部署に対し補正改善などの指示を行っております。内部監査部門(監査室)
        では監査役監査および会計監査人監査との連携を密にして、三様監査の実効を図り、営業統括担当取締役へのヒア
        リング等を通じて内部監査部門の重点監査項目の再設定を行うとともに、会計監査人より内部監査に関するアドバ
        イスを受けるなど、会計監査人の協力のもと、内部監査機能の強化を図っております。
        ③会計監査の状況

        a.監査法人の名称
          有限責任     あずさ監査法人
        b.継続監査期間

          14年間
        c .業務を執行した公認会計士

          安藤 眞弘
          鹿島 高弘
        d.監査業務にかかる補助者の構成

          当社の会計監査業務に係る補助者は、公認会計士9名、その他11名であります。
                                  61/141



                                                           EDINET提出書類
                                                       三谷産業株式会社(E02692)
                                                            有価証券報告書
        e.監査法人の選定方針と理由
          監査役会は、       会計監査人の再任の適否の判断(会計監査人の選任に関する議案を株主総会に提出すること又は
         会計監査人の解任もしくは不再任を株主総会の目的とすることの同意の判断を含む)にあたって、会計監査人の
         職務遂行状況(従前の事業年度における職務遂行状況を含む)、監査体制及び独立性などが適切であるかについ
         て、確認しております。
          監査役会は、会計監査人の職務の執行に支障がある場合等、その必要があると判断した場合は、株主総会に提
         出する会計監査人の解任または不再任に関する議案の内容を決定いたします。
          また、会計監査人が会社法第340条第1項各号に定める項目に該当すると認められる場合は、監査役全員の同
         意に基づき、会計監査人を解任いたします。この場合、監査役会が選定した監査役は、解任後最初に招集される
         株主総会において、会計監査人を解任した旨およびその理由を報告いたします。
        f.監査役及び監査役会による監査法人の評価

          会計監査人の職務の遂行が適正に行われていることを確保するため、独立性に関する事項その他監査に関す
         る法令および規程の遵守に関する事項、監査、監査に準ずる業務およびこれらに関する業務の契約の受任およ
         び継続の方針に関する事項、会計監査人の職務の遂行が適正に行われることを確保するための体制に関するそ
         の他の事項について、会計監査人から通知を受け、会計監査人が会計監査を適正に行うために必要な品質管理
         の基準を遵守しているかどうか、会計監査人に対して適宜説明を求め確認を行っております。確認の結果、会
         計監査人の職務の遂行が適正に行われていると評価しております。
                                  62/141















                                                           EDINET提出書類
                                                       三谷産業株式会社(E02692)
                                                            有価証券報告書
        ④監査報酬の内容等
        a.監査公認会計士等に対する報酬
                      前連結会計年度                       当連結会計年度
         区分
               監査証明業務に基づく            非監査業務に基づく報            監査証明業務に基づく            非監査業務に基づく報
               報酬(百万円)            酬(百万円)            報酬(百万円)            酬(百万円)
                        53            2           53            -

      提出会社
      連結子会社                  -            -            -            -

                        53            2           53            -

         計
      前連結会計年度の当社における非監査業務の内容は、公募増資に係るコンフォート・レター作成業務であります。
        b.監査公認会計士等と同一のネットワーク(KPMG)に対する報酬(a.を除く)

                      前連結会計年度                       当連結会計年度
         区分
               監査証明業務に基づく            非監査業務に基づく報            監査証明業務に基づく            非監査業務に基づく報
               報酬(百万円)            酬(百万円)            報酬(百万円)            酬(百万円)
                        -            5           -            2

      提出会社
                         9           19            7            3
      連結子会社
                         9           25            7            6
         計
      当社および連結子会社における非監査業務の内容は、移転価格文書作成支援業務、税務・法務に関するアドバイザリー
     業務であります。
        c.その他の重要な監査証明業務に基づく報酬の内容

          該当事項はありません。
        d.監査報酬の決定方針

          監査報酬額は、       1 日あたり報酬額をもとに監査日数に応じて契約をしております。
        e.監査役会が会計監査人の報酬等に同意した理由

           監査役会は、会計監査人の監査計画の内容、会計監査の職務遂行状況および報酬見積りの算出根拠等が適切
          であるかどうかについて必要な検証を行ったうえで、会計監査人の報酬等の額について同意の判断をいたしま
          した。
                                  63/141









                                                           EDINET提出書類
                                                       三谷産業株式会社(E02692)
                                                            有価証券報告書
       (4)【役員の報酬等】
       ①役員の報酬等の額又はその算定方法の決定に関する方針
         当社は取締役の報酬等について、判断の客観性と透明性を高めるため、社外取締役を委員長とし、3名の社内取
        締役と2名の社外取締役で構成する任意の指名・報酬委員会を設置しております。同委員会は、議決権を社内取締
        役3名で1票、社外取締役2名は各1票とすることで、独立性を確保しております。また、同委員会にて報酬等に
        関するルールとして「役員報酬に関する内規」を制定しております。
         当社の取締役および監査役の報酬等については、基本報酬等、業績連動報酬、退職慰労金で構成されておりま
        す。
         取締役の基本報酬等および業績連動報酬については、2019年6月18日開催の第94期定時株主総会にて、社外取締
        役の増員に伴い、年額4億円以内(うち社外取締役30百万円以内)と決議しております。
         個別の報酬額は、取締役会の決議により代表取締役社長に一任されており、代表取締役社長は、任意の指名・報
        酬委員会より「役員報酬に関する内規」を基に算出した額の提示を受け、株主総会決議の範囲内で職務責任や業績
        等を考慮して、当該提示額に基づき個別の額を決定しております。
         監査役の基本報酬等、業績連動報酬については、2016年6月16日開催の第91期定時株主総会にて年額80百万円以
        内と決議しております。
         個別の報酬額は、その範囲内で監査役の協議により決定しております。
         なお、社外取締役および社外監査役については、経営陣とは異なる視点で監督・監査を行う立場であることを勘
        案し、2019年度より業績連動報酬を廃止し、報酬体系を変更しております。
       ②取締役の基本報酬等、業績連動報酬および退職慰労金に係る決定方針の内容

        <基本報酬等>
         取締役の基本報酬等は、「役員報酬に関する内規」にて役位ごとに報酬テーブルを定めております。その内規に
        より、代表取締役社長が任意の指名・報酬委員会の提示額に基づき、社内取締役については職務責任や業績等を、
        社外取締役については職務責任を考慮して、個別の報酬額を決定しております。
        <業績連動報酬>
         取締役の業績連動報酬は、任意の指名・報酬委員会が「役員報酬に関する内規」の定めに従い賞与支給月数を提
        示し、代表取締役社長が当該提示月数に基づき、社内取締役については職務責任や業績等を、社外取締役について
        は職務責任を考慮して、個別の報酬額を決定しております。
        <退職慰労金>
         取締役の退職慰労金については、所定の基準に従いその相当額の範囲内で支給することを株主総会にて決議して
        おります。所定の基準として、「役員退職慰労金内規」を制定しております。個別の額については、取締役会の決
        議により代表取締役社長に一任し、代表取締役社長が相当額の範囲内で決定しております。
       ③監査役の退職慰労金に係る決定方針の内容

         監査役の退職慰労金については、所定の基準に従いその相当額の範囲内で支給することを株主総会にて決議して
        おります。所定の基準として、「役員退職慰労金内規」を制定しております。個別の額については、相当額の範囲
        内で監査役の協議により決定しております。
       ④業績連動にかかる業績指標とその選択した理由

         取締役の中期経営計画達成の意欲を高めるため、短期業績(売上高・経常利益)のみならず、中長期業績の先行
        指標である受注高・受注粗利益も評価軸としております。また、継続的に利益を伸長させていくという意識を高め
        るため、経常利益伸長率も加味しております。
                                  64/141







                                                           EDINET提出書類
                                                       三谷産業株式会社(E02692)
                                                            有価証券報告書
       ⑤2019年度の業績指標の計画達成率
                2019年度             連結計画達成率           単体計画達成率

                受注高                100%           104%

                受注粗利益                97%           100%

                売上高                101%           108%
                経常利益                106%           113%

                経常利益伸長率               +11.8%            +8.2%

       ⑥役員区分ごとの報酬等の総額、報酬等の種類別の総額および対象となる役員の員数

                              報酬等の種類別の総額(百万円)

                                                対象となる
                     報酬等の総額
                                                役員の員数
            役員区分
                     (百万円)
                            基本報酬等      業績連動報酬       退職慰労金
                                                 (人)
        取締役

                          342       247       67       27       11
        (社外取締役を除く。)
        監査役
                          22       16       ▶       1       1
        (社外監査役を除く。)
                          49       38       -      10       9

        社外役員
                                  65/141












                                                           EDINET提出書類
                                                       三谷産業株式会社(E02692)
                                                            有価証券報告書
       (5)【株式の保有状況】
        ①投資株式の区分の基準及び考え方
          当社は、保有目的が純投資目的である投資株式と純投資目的以外の目的である投資株式の区分について、専ら
         株式の価値の変動又は株式に係る配当によって利益を受けることを目的とする場合を純投資目的としており、そ
         れ以外を目的とする場合を純投資目的以外としております。
        ②保有目的が純投資目的以外の目的である投資株式

        a.保有方針及び保有の合理性を検証する方法並びに個別銘柄の保有の適否に関する取締役会等における検証の内
          容
           上場株式の政策保有方針については、その取得・保有が、当社グループのグローバル化、マーケットシェア
          向上、生産性向上、技術革新等に寄与し、サプライチェーンにおける当社グループの存在価値向上につながる
          と判断される場合に実施し、またそうでない場合には売却することとしております。保有継続の可否は、個別
          銘柄毎に当社の保有方針への貢献状況・見通しを検証し、これにリターン・リスクの状況・見通しが資本コス
          トに見合っているかも勘案し、判断いたしております。
        b.銘柄数及び貸借対照表計上額

                   銘柄数       貸借対照表計上額の
                  (銘柄)        合計額(百万円)
                      37             767

     非上場株式
                      51           10,755
     非上場株式以外の株式
     (当事業年度において株式数が増加した銘柄)

                   銘柄数      株式数の増加に係る取得
                                            株式数の増加の理由
                  (銘柄)      価額の合計額(百万円)
                                     取引先との更なる関係強化による収益拡大のた
                      3            260
     非上場株式
                                     め株式数が増加しております。
                                     取引先との更なる関係強化による収益拡大のた
                      16             240
     非上場株式以外の株式
                                     め株式数が増加しております。
     (当事業年度において株式数が減少した銘柄)

                   銘柄数      株式数の減少に係る売却
                  (銘柄)      価額の合計額(百万円)
                      -             -

     非上場株式
                      -             -
     非上場株式以外の株式
                                  66/141








                                                           EDINET提出書類
                                                       三谷産業株式会社(E02692)
                                                            有価証券報告書
        c.特定投資株式及びみなし保有株式の銘柄ごとの株式数、貸借対照表計上額に関する情報
         特定投資株式
                 当事業年度         前事業年度
                 株式数(株)         株式数(株)
                                     保有目的、定量的な保有効果                 当社の株式の
         銘柄
                                     及び株式数が増加した理由                 保有の有無
                貸借対照表計上額         貸借対照表計上額
                 (百万円)         (百万円)
                                  取引先との関係強化による収益拡大のた
                    742,000         742,000
                                  め保有しております。かつ、株式保有に
     住友不動産㈱
                                                        有
                                  伴う便益が当社の資本コストの水準を上
                     1,955         3,402
                                  回っております。
                                  取引先との関係強化による収益拡大のた
                    134,000         134,000
                                  め保有しております。かつ、株式保有に
     ダイキン工業㈱
                                                        有
                                  伴う便益が当社の資本コストの水準を上
                     1,764         1,737
                                  回っております。
                                  資本業務提携先として、今後の収益拡大
                    744,000         744,000
     ビジネスエンジニア
                                  が見込まれることから保有しておりま
                                                        無
     リング㈱
                                  す。かつ、株式保有に伴う便益が当社の
                     1,764         1,726
                                  資本コストの水準を上回っております。
                                  当社グループにおける既存事業拡大や新
                   1,095,000         1,095,000
     WASHINGTON      H.SOUL
                                  規事業展開に資する情報収集を目的とし
     PATTINSON     &
                                  て保有しております。かつ、株式保有に                      無
                                  伴う便益が当社の資本コストの水準を上
     Co.,Ltd
                     1,227         2,256
                                  回っております。
                                  取引先との更なる関係強化による収益拡
                    952,937         950,811
                                  大のため株式数が増加しております。か
     小松マテーレ㈱
                                                        有
                                  つ、株式保有に伴う便益が当社の資本コ
                      700         768
                                  ストの水準を上回っております。
                                  取引先との関係強化による収益拡大のた
                    166,800         166,800
                                  め保有しております。かつ、株式保有に
     日産化学㈱
                                                        有
                                  伴う便益が当社の資本コストの水準を上
                      657         845
                                  回っております。
                                  取引先との更なる関係強化による収益拡
                    174,364         172,520
                                  大のため株式数が増加しております。か
     ㈱トクヤマ                                                   無
                                  つ、株式保有に伴う便益が当社の資本コ
                      364         450
                                  ストの水準を上回っております。
                                  取引先との関係強化による収益拡大のた
                    136,500         136,500
                                  め保有しております。かつ、株式保有に
     大日本印刷㈱
                                                        有
                                  伴う便益が当社の資本コストの水準を上
                      314         361
                                  回っております。
                                  取引先との更なる関係強化による収益拡
                    445,966         442,092
     JXTGホールディング
                                  大のため株式数が増加しております。か
                                                        有
     ス㈱
                                  つ、株式保有に伴う便益が当社の資本コ
                      165         223
                                  ストの水準を上回っております。
                                  金融機関からの円滑な資金調達、及び金
                     48,619         48,240
                                  融機関の取引先とのビジネスマッチング
     ㈱北國銀行                                                   有
                                  の促進を目的として株式数が増加してお
                      163         167
                                  ります。
                                  取引先との関係強化による収益拡大のた
                     42,000         42,000
                                  め保有しております。かつ、株式保有に
     多木化学㈱
                                                        有
                                  伴う便益が当社の資本コストの水準を上
                      157         256
                                  回っております。
                                  67/141



                                                           EDINET提出書類
                                                       三谷産業株式会社(E02692)
                                                            有価証券報告書
                 当事業年度         前事業年度

                 株式数(株)         株式数(株)
                                     保有目的、定量的な保有効果                 当社の株式の
         銘柄
                                     及び株式数が増加した理由                 保有の有無
                貸借対照表計上額         貸借対照表計上額
                 (百万円)         (百万円)
                                  取引先との関係強化による収益拡大のた
                     47,000           -
     EIZO㈱
                                  め保有しております。                      有
                      148          -
                                  金融機関からの円滑な資金調達、及び金
                    150,537         150,537
     ㈱ほくほくフィナン
                                  融機関の取引先とのビジネスマッチング                      有
     シャルグループ
                      145         173
                                  の促進を目的として保有しております。
                                  取引先との関係強化による収益拡大のた
                    147,709         147,709
                                  め保有しております。かつ、株式保有に
     東亞合成㈱
                                                        有
                                  伴う便益が当社の資本コストの水準を上
                      138         172
                                  回っております。
                                  取引先との関係強化による収益拡大のた
                    100,000         100,000
                                  め保有しております。かつ、株式保有に
     セーレン㈱
                                                        有
                                  伴う便益が当社の資本コストの水準を上
                      130         163
                                  回っております。
                                  取引先との関係強化による収益拡大のた
                     44,638         44,638
                                  め保有しております。かつ、株式保有に
     日本曹達㈱
                                                        有
                                  伴う便益が当社の資本コストの水準を上
                      120         130
                                  回っております。
                                  取引先との更なる関係強化による収益拡
                     59,220         58,172
                                  大のため株式数が増加しております。か
     日医工㈱
                                                        有
                                  つ、株式保有に伴う便益が当社の資本コ
                       84         85
                                  ストの水準を上回っております。
                                  取引先との更なる関係強化による収益拡
                     54,472         52,859
                                  大のため株式数が増加しております。か
     東ソー㈱
                                                        有
                                  つ、株式保有に伴う便益が当社の資本コ
                       67         90
                                  ストの水準を上回っております。
                                  取引先との関係強化による収益拡大のた
                     75,943         75,943
                                  め保有しております。かつ、株式保有に
     前田建設工業㈱
                                                        有
                                  伴う便益が当社の資本コストの水準を上
                       60         83
                                  回っております。
                                  取引先との更なる関係強化による収益拡
                     63,551         61,786
                                  大のため株式数が増加しております。か
     清水建設㈱
                                                        無
                                  つ、株式保有に伴う便益が当社の資本コ
                       53         59
                                  ストの水準を上回っております。
                                  取引先との関係強化による収益拡大のた
                     50,000         50,000
                                  め保有しております。かつ、株式保有に
     焼津水産化学工業㈱
                                                        無
                                  伴う便益が当社の資本コストの水準を上
                       47         55
                                  回っております。
                                  取引先との関係強化による収益拡大のた
                     32,857         32,857
                                  め保有しております。かつ、株式保有に
     ㈱ノーリツ                                                   有
                                  伴う便益が当社の資本コストの水準を上
                       38         56
                                  回っております。
                                  68/141




                                                           EDINET提出書類
                                                       三谷産業株式会社(E02692)
                                                            有価証券報告書
                 当事業年度         前事業年度

                 株式数(株)         株式数(株)
                                     保有目的、定量的な保有効果                 当社の株式の
         銘柄
                                     及び株式数が増加した理由                 保有の有無
                貸借対照表計上額         貸借対照表計上額
                 (百万円)         (百万円)
                                  取引先との更なる関係強化による収益拡
                     12,259         11,803
                                  大のため株式数が増加しております。か
     ㈱不二越                                                   無
                                  つ、株式保有に伴う便益が当社の資本コ
                       35         52
                                  ストの水準を上回っております。
                                  金融機関からの円滑な資金調達、及び金
                     86,970         86,970
     ㈱三菱UFJフィナン
                                  融機関の取引先とのビジネスマッチング                      有
     シャル・グループ
                       35         47
                                  の促進を目的として保有しております。
                                  取引先との更なる関係強化による収益拡
                     11,644          5,544
                                  大のため株式数が増加しております。か
     ㈱ハチバン                                                   無
                                  つ、株式保有に伴う便益が当社の資本コ
                       34         17
                                  ストの水準を上回っております。
                                  取引先との関係強化による収益拡大のた
                     3,169         3,169
                                  め保有しております。かつ、株式保有に
     富士通㈱
                                                        有
                                  伴う便益が当社の資本コストの水準を上
                       30         25
                                  回っております。
                                  取引先との更なる関係強化による収益拡
                     6,279         6,211
                                  大のため株式数が増加しております。か
     キッコーマン㈱
                                                        無
                                  つ、株式保有に伴う便益が当社の資本コ
                       28         33
                                  ストの水準を上回っております。
                     35,717         35,453
                                  取引先との更なる関係強化による収益拡
     津田駒工業㈱
                                                        有
                                  大のため株式数が増加しております。
                       28         65
                                  取引先との関係強化による収益拡大のた
                     33,600         33,600
                                  め保有しております。かつ、株式保有に
     旭化成㈱
                                                        無
                                  伴う便益が当社の資本コストの水準を上
                       25         38
                                  回っております。
                                  取引先との更なる関係強化による収益拡
                     14,611         13,590
     タカラスタンダード
                                  大のため株式数が増加しております。か
                                                        有
     ㈱
                                  つ、株式保有に伴う便益が当社の資本コ
                       24         23
                                  ストの水準を上回っております。
                                  取引先との更なる関係強化による収益拡
                     8,610         8,244
                                  大のため株式数が増加しております。か
     大和ハウス工業㈱
                                                        無
                                  つ、株式保有に伴う便益が当社の資本コ
                       23         29
                                  ストの水準を上回っております。
                                  取引先との関係強化による収益拡大のた
                     10,000         10,000
                                  め保有しております。かつ、株式保有に
     デンカ㈱
                                                        無
                                  伴う便益が当社の資本コストの水準を上
                       22         31
                                  回っております。
                                  取引先との関係強化による収益拡大のた
                     4,800         4,800
     ㈱オービックビジネ                             め保有しております。かつ、株式保有に
                                                        無
     スコンサルタント                             伴う便益が当社の資本コストの水準を上
                       21         21
                                  回っております。
                                  69/141




                                                           EDINET提出書類
                                                       三谷産業株式会社(E02692)
                                                            有価証券報告書
                 当事業年度         前事業年度

                 株式数(株)         株式数(株)
                                     保有目的、定量的な保有効果                 当社の株式の
         銘柄
                                     及び株式数が増加した理由                 保有の有無
                貸借対照表計上額         貸借対照表計上額
                 (百万円)         (百万円)
                                  取引先との関係強化による収益拡大のた
                     21,300         21,300
                                  め保有しております。かつ、株式保有に
     コマニー㈱
                                                        無
                                  伴う便益が当社の資本コストの水準を上
                       19         26
                                  回っております。
                                  取引先との更なる関係強化による収益拡
                     20,563         20,187
                                  大のため株式数が増加しております。か
     日本化学産業㈱
                                                        有
                                  つ、株式保有に伴う便益が当社の資本コ
                       19         22
                                  ストの水準を上回っております。
                                  取引先との関係強化による収益拡大のた
                     20,000         20,000
                                  め保有しております。かつ、株式保有に
     ㈱大林組                                                   無
                                  伴う便益が当社の資本コストの水準を上
                       18         22
                                  回っております。
                                  取引先との更なる関係強化による収益拡
                     44,773         42,931
     ㈱スペースバリュー                             大のため株式数が増加しております。か
                                                        無
     ホールディングス                             つ、株式保有に伴う便益が当社の資本コ
                       16         21
                                  ストの水準を上回っております。
                                  取引先との関係強化による収益拡大のた
                     11,200         11,200
                                  め保有しております。かつ、株式保有に
     ㈱ADEKA
                                                        有
                                  伴う便益が当社の資本コストの水準を上
                       15         18
                                  回っております。
                                  金融機関からの円滑な資金調達、及び金
                    109,620         109,620
     ㈱みずほフィナン
                                  融機関の取引先とのビジネスマッチング                      無
     シャルグループ
                       13         18
                                  の促進を目的として保有しております。
                     10,000         10,000
                                  取引先との関係強化による収益拡大のた
     東邦亜鉛㈱
                                                        有
                                  め保有しております。
                       12         31
                                  当社グループにおける保険内容のコンサ
                     3,270         3,270
     MS&ADインシュアラ
                                  ルティングによるリスク最小化のため保
     ンスグループホール
                                  有しております。かつ、株式保有に伴う                      有
     ディングス㈱
                                  便益が当社の資本コストの水準を上回っ
                       9         11
                                  ております。
                                  取引先との関係強化による収益拡大のた
                     7,100         7,100
                                  め保有しております。かつ、株式保有に
     ㈱石川製作所                                                   無
                                  伴う便益が当社の資本コストの水準を上
                       8         12
                                  回っております。
                                  取引先との関係強化による収益拡大のた
                     20,000         20,000
                                  め保有しております。かつ、株式保有に
     フクビ化学工業㈱
                                                        有
                                  伴う便益が当社の資本コストの水準を上
                       7         11
                                  回っております。
                                  取引先との関係強化による収益拡大のた
                     9,000         9,000
                                  め保有しております。かつ、株式保有に
     パナソニック㈱
                                                        無
                                  伴う便益が当社の資本コストの水準を上
                       7         8
                                  回っております。
                                  70/141




                                                           EDINET提出書類
                                                       三谷産業株式会社(E02692)
                                                            有価証券報告書
                 当事業年度         前事業年度

                 株式数(株)         株式数(株)
                                     保有目的、定量的な保有効果                 当社の株式の
         銘柄
                                     及び株式数が増加した理由                 保有の有無
                貸借対照表計上額         貸借対照表計上額
                 (百万円)         (百万円)
                                  取引先との関係強化による収益拡大のた
                     10,000         10,000
                                  め保有しております。かつ、株式保有に
     ソーダニッカ㈱
                                                        無
                                  伴う便益が当社の資本コストの水準を上
                       5         5
                                  回っております。
                                  取引先との関係強化による収益拡大のた
                     1,000         1,000
                                  め保有しております。かつ、株式保有に
     三谷商事㈱
                                                        有
                                  伴う便益が当社の資本コストの水準を上
                       5         5
                                  回っております。
                                  取引先との関係強化による収益拡大のた
                     5,200         5,200
     ㈱アイ・オー・デー                             め保有しております。かつ、株式保有に
                                                        無
     タ機器                             伴う便益が当社の資本コストの水準を上
                       ▶         6
                                  回っております。
                                  取引先との関係強化による収益拡大のた
                     2,000         2,000
     サカイオーベックス
                                  め保有しております。かつ、株式保有に
                                                        有
     ㈱
                                  伴う便益が当社の資本コストの水準を上
                       3         3
                                  回っております。
                                  取引先との関係強化による収益拡大のた
                     8,140         8,140
                                  め保有しております。かつ、株式保有に
     倉庫精練㈱
                                                        無
                                  伴う便益が当社の資本コストの水準を上
                       3         6
                                  回っております。
                                  取引先との関係強化による収益拡大のた
                     4,000         4,000
                                  め保有しております。かつ、株式保有に
     大同工業㈱
                                                        無
                                  伴う便益が当社の資本コストの水準を上
                       2         3
                                  回っております。
                                  取引先との関係強化による収益拡大のた
                     3,000         3,000
                                  め保有しております。かつ、株式保有に
     福島印刷㈱
                                                        有
                                  伴う便益が当社の資本コストの水準を上
                       1         1
                                  回っております。
        (注)   「-」は、当該銘柄を保有していないことを示しております。
        ③保有目的が純投資目的である投資株式

         投資株式のうち保有目的が純投資目的である投資株式はありません。
                                  71/141








                                                           EDINET提出書類
                                                       三谷産業株式会社(E02692)
                                                            有価証券報告書
     第5【経理の状況】
     1.連結財務諸表及び財務諸表の作成方法について
     (1)当社の連結財務諸表は、「連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和51年大蔵省令第28号)に基
      づいて作成しております。
     (2)当社の財務諸表は、「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和38年大蔵省令第59号。以下「財務

      諸表等規則」という。)に基づいて作成しております。
       また、当社は、特例財務諸表提出会社に該当し、財務諸表等規則第127条の規定により財務諸表を作成しておりま

      す。
     2.監査証明について

      当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、連結会計年度(2019年4月1日から2020年3月31日ま
     で)の連結財務諸表および事業年度(2019年4月1日から2020年3月31日まで)の財務諸表について有限責任                                                   あずさ監
     査法人による監査を受けております。
     3.連結財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組みについて

      当社は、連結財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組みを行っております。具体的には、会計基準等の内容を
     適切に把握し、その内容に沿った会計手続きを実施し、適切な開示を行うことができるような体制づくりおよびその維持
     に注力しております。また、早期に会計基準の新設や変更内容等に関する情報収集を行うため、公益財団法人財務会計基
     準機構に加入しております。
                                  72/141













                                                           EDINET提出書類
                                                       三谷産業株式会社(E02692)
                                                            有価証券報告書
      1【連結財務諸表等】
       (1)【連結財務諸表】
        ①【連結貸借対照表】
                                                   (単位:百万円)
                                  前連結会計年度              当連結会計年度
                                 (2019年3月31日)              (2020年3月31日)
      資産の部
       流動資産
                                        ※2 6,051             ※2 5,969
         現金及び預金
                                        ※5 20,018
                                                       18,649
         受取手形及び売掛金
                                         2,806              4,761
         完成工事未収入金
                                         1,998              2,532
         商品及び製品
                                         2,326              1,629
         仕掛品
                                           26              34
         未成工事支出金
                                           741              991
         原材料及び貯蔵品
                                         3,379              1,302
         その他
                                           △ 2             △ 2
         貸倒引当金
                                         37,346              35,868
         流動資産合計
       固定資産
         有形固定資産
                                         16,852              17,261
          建物及び構築物
                                        △ 9,047             △ 9,543
            減価償却累計額
            建物及び構築物(純額)                              7,804              7,717
                                         4,973              5,242
          機械装置及び運搬具
                                        △ 3,755             △ 4,072
            減価償却累計額
            機械装置及び運搬具(純額)                              1,217              1,170
          工具、器具及び備品                               1,313              1,426
                                        △ 1,046             △ 1,135
            減価償却累計額
            工具、器具及び備品(純額)                               267              291
          土地                               3,818              3,701
                                         1,043              1,074
          リース資産
                                         △ 492             △ 598
            減価償却累計額
            リース資産(純額)                               550              476
                                           901             1,468
          建設仮勘定
                                         14,560              14,825
          有形固定資産合計
         無形固定資産
                                           712              711
          ソフトウエア
          リース資産                                133               98
                                           36              36
          電話加入権
                                           24              43
          その他
                                           906              889
          無形固定資産合計
         投資その他の資産
                                      ※1 , ※2 17,474           ※1 , ※2 14,911
          投資有価証券
                                         1,127              1,217
          差入保証金
          繰延税金資産                                144              165
                                                       ※1 838
                                           796
          その他
                                           △ 0             △ 0
          貸倒引当金
                                         19,542              17,133
          投資その他の資産合計
                                         35,009              32,848
         固定資産合計
                                         72,356              68,716
       資産合計
                                  73/141




                                                           EDINET提出書類
                                                       三谷産業株式会社(E02692)
                                                            有価証券報告書
                                                   (単位:百万円)

                                  前連結会計年度              当連結会計年度
                                 (2019年3月31日)              (2020年3月31日)
      負債の部
       流動負債
                                      ※2 , ※5 12,130             ※2 11,422
         支払手形及び買掛金
                                        ※2 1,126             ※2 1,378
         工事未払金
                                         13,957              13,423
         短期借入金
                                           238              229
         リース債務
                                           679              621
         未払法人税等
                                           279              262
         未払消費税等
                                           38              37
         未成工事受入金
                                           139              123
         役員賞与引当金
                                            5              7
         受注損失引当金
                                           34              48
         完成工事補償引当金
                                           35              33
         株主優待引当金
                                        ※2 3,340             ※2 3,016
         その他
                                         32,008              30,605
         流動負債合計
       固定負債
                                           210              152
         長期借入金
                                           131              130
         預り保証金
                                           511              396
         リース債務
                                         2,523              1,469
         繰延税金負債
                                           633              705
         役員退職慰労引当金
                                           186              206
         退職給付に係る負債
                                           176              178
         資産除去債務
                                           156              131
         その他
                                         4,530              3,370
         固定負債合計
                                         36,539              33,975
       負債合計
      純資産の部
       株主資本
                                         4,808              4,808
         資本金
                                         3,769              3,768
         資本剰余金
                                         20,529              21,595
         利益剰余金
                                          △ 42             △ 42
         自己株式
                                         29,064              30,129
         株主資本合計
       その他の包括利益累計額
                                         5,554              3,281
         その他有価証券評価差額金
                                           △ 1              3
         繰延ヘッジ損益
         為替換算調整勘定                                 △ 463             △ 578
                                          △ 13             △ 17
         退職給付に係る調整累計額
                                         5,075              2,688
         その他の包括利益累計額合計
                                         1,677              1,922
       非支配株主持分
       純資産合計                                  35,817              34,740
                                         72,356              68,716
      負債純資産合計
                                  74/141






                                                           EDINET提出書類
                                                       三谷産業株式会社(E02692)
                                                            有価証券報告書
        ②【連結損益計算書及び連結包括利益計算書】
         【連結損益計算書】
                                                   (単位:百万円)
                                  前連結会計年度              当連結会計年度
                                (自 2018年4月1日              (自 2019年4月1日
                                 至 2019年3月31日)               至 2020年3月31日)
                                        ※1 85,732             ※1 77,595
      売上高
                                        ※2 71,458             ※2 62,804
      売上原価
                                         14,274              14,790
      売上総利益
      販売費及び一般管理費
                                         1,186              1,204
       手数料
                                           582              572
       旅費及び交通費
                                           468              504
       役員報酬
                                         3,403              3,519
       従業員給料
                                         1,022              1,070
       従業員賞与
                                           157              184
       退職給付費用
                                           136              122
       役員賞与引当金繰入額
                                           71              72
       役員退職慰労引当金繰入額
                                         1,129              1,110
       福利厚生費
                                           945             1,042
       賃借料
                                           569              538
       減価償却費
                                         2,266              2,313
       その他
                                        ※3 11,939             ※3 12,256
       販売費及び一般管理費合計
                                         2,335              2,534
      営業利益
      営業外収益
                                           43              42
       受取利息
                                           216              246
       受取配当金
                                           251              346
       持分法による投資利益
                                           70              69
       仕入割引
                                           172              181
       賃貸料
                                           43              34
       為替差益
                                           136              111
       その他
                                           935             1,031
       営業外収益合計
      営業外費用
                                           148               83
       支払利息
                                            1              1
       投資事業組合運用損
                                           119              125
       賃貸設備費
                                           52              58
       その他
                                           321              268
       営業外費用合計
                                         2,948              3,296
      経常利益
                                  75/141








                                                           EDINET提出書類
                                                       三谷産業株式会社(E02692)
                                                            有価証券報告書
                                                   (単位:百万円)

                                  前連結会計年度              当連結会計年度
                                (自 2018年4月1日              (自 2019年4月1日
                                 至 2019年3月31日)               至 2020年3月31日)
      特別利益
                                          ※4 74             ※4 2
       固定資産売却益
                                            5              0
       投資有価証券売却益
                                           254               -
       関係会社出資金売却益
                                           -              12
       補助金収入
                                           334               14
       特別利益合計
      特別損失
                                          ※5 29             ※5 0
       固定資産売却損
                                          ※6 9             ※6 7
       固定資産除却損
                                            0             157
       投資有価証券評価損
                                                       ※7 203
                                           -
       減損損失
                                            1              0
       その他
                                           40              368
       特別損失合計
                                         3,242              2,942
      税金等調整前当期純利益
      法人税、住民税及び事業税                                     998             1,072
                                         ※8 285             ※8 58
      過年度法人税等
                                          △ 29             △ 82
      法人税等調整額
                                         1,254              1,048
      法人税等合計
                                         1,988              1,894
      当期純利益
      非支配株主に帰属する当期純利益又は非支配株主に
                                          △ 17              248
      帰属する当期純損失(△)
                                         2,006              1,646
      親会社株主に帰属する当期純利益
                                  76/141












                                                           EDINET提出書類
                                                       三谷産業株式会社(E02692)
                                                            有価証券報告書
         【連結包括利益計算書】
                                                  (単位:百万円)
                                  前連結会計年度              当連結会計年度
                                (自 2018年4月1日              (自 2019年4月1日
                                 至 2019年3月31日)               至 2020年3月31日)
                                         1,988              1,894
      当期純利益
      その他の包括利益
                                           762            △ 2,268
       その他有価証券評価差額金
                                            2              ▶
       繰延ヘッジ損益
                                           196             △ 115
       為替換算調整勘定
                                            5             △ 10
       持分法適用会社に対する持分相当額
                                          ※ 966            ※ △ 2,389
       その他の包括利益合計
                                         2,955              △ 494
      包括利益
      (内訳)
                                         2,896              △ 740
       親会社株主に係る包括利益
                                           58              245
       非支配株主に係る包括利益
                                  77/141
















                                                           EDINET提出書類
                                                       三谷産業株式会社(E02692)
                                                            有価証券報告書
        ③【連結株主資本等変動計算書】
          前連結会計年度(自 2018年4月1日 至 2019年3月31日)
                                                      (単位:百万円)
                                     株主資本
                     資本金        資本剰余金         利益剰余金         自己株式        株主資本合計
     当期首残高
                       4,018         2,996        18,997         △ 42       25,969
     当期変動額
      新株の発行                  790         790                         1,580
      関係会社出資金の払込による
                                 △ 17                         △ 17
      持分の増減
      剰余金の配当                                   △ 474                △ 474
      親会社株主に帰属する当期純
                                         2,006                 2,006
      利益
      自己株式の取得                                            △ 0        △ 0
      連結範囲の変動                                    -                 -
      非支配株主との取引に係る親
                                 -                          -
      会社の持分変動
      株主資本以外の項目の
      当期変動額(純額)
     当期変動額合計                   790         773        1,531         △ 0       3,095
     当期末残高                  4,808         3,769        20,529         △ 42       29,064
                            その他の包括利益累計額

                                          その他の包括      非支配株主持分       純資産合計
                  その他有価証      繰延ヘッジ損      為替換算調整      退職給付に係
                                          利益累計額合
                  券評価差額金      益      勘定      る調整累計額
                                          計
     当期首残高
                     4,795       △ ▶    △ 585      △ 20     4,185      3,092      33,246
     当期変動額
      新株の発行                                                   1,580
      関係会社出資金の払込による
                                                          △ 17
      持分の増減
      剰余金の配当                                                   △ 474
      親会社株主に帰属する当期純
                                                         2,006
      利益
      自己株式の取得                                                    △ 0
      連結範囲の変動                                                     -
      非支配株主との取引に係る親
                                                           -
      会社の持分変動
      株主資本以外の項目の
                      758       2     122       6     890    △ 1,415      △ 524
      当期変動額(純額)
     当期変動額合計                 758       2     122       6     890    △ 1,415      2,570
     当期末残高                5,554       △ 1    △ 463      △ 13     5,075      1,677      35,817
                                  78/141






                                                           EDINET提出書類
                                                       三谷産業株式会社(E02692)
                                                            有価証券報告書
          当連結会計年度(自 2019年4月1日 至 2020年3月31日)
                                                      (単位:百万円)
                                     株主資本
                     資本金        資本剰余金         利益剰余金         自己株式        株主資本合計
     当期首残高                  4,808         3,769        20,529         △ 42       29,064
     当期変動額
      新株の発行                   -         -                          -
      関係会社出資金の払込による
                                 -                          -
      持分の増減
      剰余金の配当                                   △ 554                △ 554
      親会社株主に帰属する当期純
                                         1,646                 1,646
      利益
      自己株式の取得
                                                  △ 0        △ 0
      連結範囲の変動                           &nb