株式会社鎌倉新書 四半期報告書 第37期第1四半期(令和2年2月1日-令和2年4月30日)

四半期報告書-第37期第1四半期(令和2年2月1日-令和2年4月30日)

提出日:

提出者:株式会社鎌倉新書

カテゴリ:四半期報告書

PDFビューワー表示

                     EDINET提出書類
                    株式会社鎌倉新書(E31871)
                      四半期報告書
 【表紙】
 【提出書類】      四半期報告書

 【根拠条文】      金融商品取引法第24条の4の7第1項

 【提出先】      関東財務局長

 【提出日】      2020年6月11日

 【四半期会計期間】      第37期第1四半期(自 2020年2月1日 至 2020年4月30日)

 【会社名】      株式会社鎌倉新書

 【英訳名】      Kamakura  Shinsho,  Ltd.

 【代表者の役職氏名】      代表取締役社長COO 小林 史生

 【本店の所在の場所】      東京都中央区京橋二丁目14番1号

 【電話番号】      03-6262-3521(代表)

 【事務連絡者氏名】      代表取締役CFO 須藤 諭史

 【最寄りの連絡場所】      東京都中央区京橋二丁目14番1号

 【電話番号】      03-6262-3521(代表)

 【事務連絡者氏名】      代表取締役CFO 須藤 諭史

 【縦覧に供する場所】      株式会社東京証券取引所

       (東京都中央区日本橋兜町2番1号)

             1/15









                     EDINET提出書類
                    株式会社鎌倉新書(E31871)
                      四半期報告書
 第一部 【企業情報】
 第1 【企業の概況】

 1 【主要な経営指標等の推移】

           第36期    第37期

     回次     第1四半期    第1四半期    第36期
          連結累計期間    連結累計期間
         自  2019年2月1日   自  2020年2月1日   自  2019年2月1日
     会計期間
         至  2019年4月30日   至  2020年4月30日   至  2020年1月31日
  売上高      (千円)    673,702    677,874    3,263,188
  経常利益又は経常損失(△)      (千円)    128,669    △47,397    794,342

  親会社株主に帰属する
  四半期(当期)純利益
        (千円)    92,866    △47,755    638,784
  又は親会社株主に帰属する
  四半期純損失(△)
  四半期包括利益又は包括利益      (千円)    90,323    △52,987    628,586
  純資産額      (千円)   2,667,238    3,428,187    3,511,116

  総資産額      (千円)   3,007,717    3,737,080    3,884,310

  1株当たり四半期(当期)純利益
        (円)    2.48    △1.24    16.87
  又は四半期純損失(△)
  潜在株式調整後1株当たり
        (円)    2.26    ―   15.57
  四半期(当期)純利益
  自己資本比率      (%)    87.9    91.5    90.0
  (注) 1.当社は四半期連結財務諸表を作成しておりますので、提出会社の主要な経営指標等の推移については記載し
   ておりません。
   2.売上高には、消費税等は含まれておりません。
   3.当第1四半期連結累計期間の潜在株式調整後1株当たり四半期純利益については、潜在株式は存在するもの
   の、1株当たり四半期純損失であるため、記載しておりません。
 2 【事業の内容】

  当第1四半期連結累計期間において、当社グループ(当社及び当社の関係会社)が営む事業の内容について、重
  要な変更はありません。
  また、主要な関係会社についても異動はありません。
             2/15








                     EDINET提出書類
                    株式会社鎌倉新書(E31871)
                      四半期報告書
 第2 【事業の状況】
 1 【事業等のリスク】

  当第1四半期連結累計期間において、当四半期報告書に記載した事業の状況、経理の状況等に関する事項のう
  ち、投資者の判断に重要な影響を及ぼす可能性のある事項の発生又は前事業年度の有価証券報告書に記載した「事
  業等のリスク」についての重要な変更はありません。なお、新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、当社グループ
  の財政状況及び経営成績等に影響を及ぼす可能性があります。
 2 【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

  文中の将来に関する事項は、当四半期連結会計期間の末日現在において当社グループが判断したものであります。
  (1)経営成績の分析

   当第1四半期連結累計期間におけるわが国経済は、新型コロナウイルス感染症の影響により経済活動が停滞
  し、景気は急激な落ち込みを見せています。
   当社が属するライフエンディング市場におきましては、潜在的需要は人口動態を背景に年々増加すると推測さ
  れ、「終活」の浸透が進み、ライフエンディングに対する社会的関心は日増しに高まりを見せております。しか
  しながら、仏壇仏具やお墓等におきましては、ユーザーの節約志向に加え、ユーザーの生活スタイルや価値観の
  多様化による購入商品の小型化・低価格化の傾向が継続しております。また不要不急の外出の自粛により、購入
  の先延ばしの影響も受けております。葬祭事業においても、核家族化や葬儀規模の縮小により、単価は減少傾向
  が続いております。
   このような事業環境の中、当社は相続事業を始めとした新規サービスの開拓、既存サービスと新サービスの情
  報一元化のためのシステム開発等、数多くの施策を行ってまいりました。
   この結果、当第1四半期連結累計期間の業績は、売上高は          677,874 千円(前年同期比0.6%増)、営業損失      47,098
  千円(前年同四半期は営業利益127,584千円)、経常損失          47,397 千円(前年同四半期は経常利益128,669千円)、
  親会社株主に帰属する四半期純損失は47,755千円(前年同四半期は親会社株主に帰属する四半期純利益92,866千
  円)となりました。
   なお、当社はライフエンディング事業の単一セグメントであるため、セグメント別の業績の記載をしておりま
  せん。
  (2)財政状態の分析

  (流動資産)
   当第1四半期連結会計期間末の流動資産は       2,974,907  千円(前連結会計年度末比151,341千円減)となりまし
  た。主な要因としては、現金及び預金の減少96,569千円、売掛金の減少82,552千円であります。
  (固定資産)
   当第1四半期連結会計期間末の固定資産は       762,173 千円(前連結会計年度末比4,112千円増)となりました。主
  な要因は、ソフトウエアの増加5,263千円、ソフトウェア仮勘定の増加8,929千円、敷金及び保証金の減少4,247千
  円及び繰越税金資産の減少4,908千円であります。
  (流動負債)
   当第1四半期連結会計期間末の流動負債は       269,025 千円(前連結会計年度末比73,587千円減)となりました。主
  な要因は、未払金の減少29,703千円、未払法人税等の減少64,449千円及び預り金の増加12,314千円であります。
  (固定負債)
   当第1四半期連結会計期間末の固定負債は       39,867 千円(前連結会計年度末比9,287千円増)となりました。主な
  要因は長期借入金の増加8,051千円であります。
  (純資産)
   当第1四半期連結会計期間末の純資産は       3,428,187  千円(前連結会計年度末比82,929千円減)となりました。主
  な要因は、資本金の増加43,020千円、資本剰余金の増加43,020千円及び利益剰余金の減少162,965千円であり、自
  己資本比率は91.5%であります。
             3/15



                     EDINET提出書類
                    株式会社鎌倉新書(E31871)
                      四半期報告書
  (3)事業上及び財務上の対処すべき課題

   当第1四半期連結累計期間において、当社が対処すべき課題について重要な変更はございません。
  (4)研究開発活動

   該当事項はありません。
 3 【経営上の重要な契約等】

  当第1四半期連結会計期間において、経営上の重要な契約等の決定又は締結等はありません。
             4/15

















                     EDINET提出書類
                    株式会社鎌倉新書(E31871)
                      四半期報告書
 第3 【提出会社の状況】
 1 【株式等の状況】

  (1) 【株式の総数等】
  ① 【株式の総数】
      種類        発行可能株式総数(株)

     普通株式             96,000,000

      計             96,000,000

  ② 【発行済株式】

     第1四半期会計期間    提出日現在   上場金融商品取引所

   種類  末現在発行数(株)    発行数(株)   名又は登録認可金融      内容
     (2020年4月30日   ) (2020年6月11日)    商品取引業協会名
            東京証券取引所
                単元株式数は100株でありま
  普通株式    38,693,600    38,693,600
                す。
            (市場第一部)
   計   38,693,000    38,693,600    ―    ―
  (注) 提出日現在発行数には、2020年6月1日からこの四半期報告書提出日までの新株予約権の行使により発行され
   た株式数は、含まれておりません。
  (2) 【新株予約権等の状況】

  ① 【ストックオプション制度の内容】
   該当事項はありません。
  ② 【その他の新株予約権等の状況】

   該当事項はありません。
  (3) 【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

  該当事項はありません。
  (4) 【発行済株式総数、資本金等の推移】

      発行済株式   発行済株式        資本準備金   資本準備金

          資本金増減額   資本金残高
   年月日   総数増減数   総数残高        増減額   残高
           (千円)   (千円)
      (株)   (株)       (千円)   (千円)
  2020年2月1日~
  2020年4月30  日  289,200  38,693,600   43,020  1,020,023   43,020  980,023
  (注)
  (注)新株予約権の行使による増加であります。
  (5) 【大株主の状況】

  当四半期会計期間は第1四半期会計期間であるため、記載事項はありません。
             5/15





                     EDINET提出書類
                    株式会社鎌倉新書(E31871)
                      四半期報告書
  (6) 【議決権の状況】
  当第1四半期会計期間末日現在の「議決権の状況」については、株主名簿の記載内容が確認できないため、記載
  することができないことから、直前の基準日(2020年1月31日)に基づく株主名簿による記載をしております。
  ① 【発行済株式】

                 2020年1月31日   現在
    区分    株式数(株)    議決権の数(個)      内容
  無議決権株式         ―   ―      ―

  議決権制限株式(自己株式等)         ―   ―      ―

  議決権制限株式(その他)         ―   ―      ―

       (自己保有株式)
  完全議決権株式(自己株式)            ―      ―
        普通株式   1,000
        普通株式  38,397,900
  完全議決権株式(その他)           383,979  1単元の株式数は100株であります。
        普通株式   5,500

  単元未満株式            ―      ―
  発行済株式総数        38,404,400     ―      ―

  総株主の議決権         ―   383,979       ―

  ② 【自己株式等】

                 2020年1月31日   現在
                   発行済株式
           自己名義  他人名義  所有株式数
   所有者の氏名                総数に対する
       所有者の住所    所有株式数  所有株式数   の合計
   又は名称                所有株式数
            (株)  (株)  (株)
                   の割合(%)
 (自己保有株式)        東京都中央区京橋二丁目
            1,000  ―   1,000   0.00
  株式会社鎌倉新書     14番1号
    計     ―    1,000  ―   1,000   0.00
 2 【役員の状況】

  前事業年度の有価証券報告書提出日後、当四半期累計期間における役員の異動はありません。
             6/15









                     EDINET提出書類
                    株式会社鎌倉新書(E31871)
                      四半期報告書
 第4 【経理の状況】
 1.  四半期連結財務諸表の作成方法について

  当社の四半期連結財務諸表は、「四半期連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(平成19年内閣府令
  第64号)に基づいて作成しております。
 2.  監査証明について

  当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第1四半期連結会計期間(2020年2月1日から2020年
  4月30日まで)及び第1四半期連結累計期間(2020年2月1日から2020年4月30日まで)に係る四半期連結財務諸表
  について、EY新日本有限責任監査法人による四半期レビューを受けております。
             7/15

















                     EDINET提出書類
                    株式会社鎌倉新書(E31871)
                      四半期報告書
 1 【四半期連結財務諸表】
  (1) 【四半期連結貸借対照表】
                   (単位:千円)
            前連結会計年度    当第1四半期連結会計期間
            (2020年1月31日)     (2020年4月30日)
  資産の部
  流動資産
   現金及び預金           2,192,184     2,095,614
   売掛金            852,099     769,547
   製品            3,670     3,603
   仕掛品            1,732     1,375
   貯蔵品            594     587
   前払費用            76,539     122,634
   その他            11,888     3,462
              △12,461     △21,918
   貸倒引当金
   流動資産合計           3,126,249     2,974,907
  固定資産
   有形固定資産
   建物(純額)           206,717     204,729
   構築物(純額)           2,933     2,896
   工具、器具及び備品(純額)           52,096     55,017
   船舶(純額)           7,365     6,797
               87     76
   その他
   有形固定資産合計           269,198     269,517
   無形固定資産
   ソフトウエア           187,880     193,143
   ソフトウエア仮勘定           28,581     37,511
   のれん           29,867     28,623
               202     202
   その他
   無形固定資産合計           246,532     259,480
   投資その他の資産
   投資有価証券            363     363
   繰延税金資産           14,311     9,403
   敷金及び保証金           226,095     221,848
               1,560     1,560
   その他
   投資その他の資産合計           242,330     233,175
   固定資産合計            758,060     762,173
  資産合計            3,884,310     3,737,080
             8/15








                     EDINET提出書類
                    株式会社鎌倉新書(E31871)
                      四半期報告書
                   (単位:千円)
            前連結会計年度    当第1四半期連結会計期間
            (2020年1月31日)     (2020年4月30日)
  負債の部
  流動負債
   買掛金            497     530
   1年内返済予定の長期借入金            3,349     4,440
   未払金            211,861     182,158
   未払法人税等            66,557     2,108
   未払消費税等            26,377     24,619
   前受金            19,254     20,626
   預り金            13,624     25,938
               1,090     8,604
   その他
   流動負債合計            342,612     269,025
  固定負債
   長期借入金            13,195     21,246
   退職給付に係る負債            15,583     17,281
               1,802     1,340
   長期前受金
   固定負債合計            30,580     39,867
  負債合計            373,193     308,893
  純資産の部
  株主資本
   資本金            977,002     1,020,023
   資本剰余金            937,002     980,023
   利益剰余金           1,583,199     1,420,234
               △198     △198
   自己株式
   株主資本合計           3,497,006     3,420,081
  新株予約権            8,878     8,105
  非支配株主持分            5,232      -
  純資産合計            3,511,116     3,428,187
  負債純資産合計            3,884,310     3,737,080
             9/15










                     EDINET提出書類
                    株式会社鎌倉新書(E31871)
                      四半期報告書
  (2) 【四半期連結損益計算書及び四半期連結包括利益計算書】
  【四半期連結損益計算書】
  【第1四半期連結累計期間】
                 (単位:千円)
         前第1四半期連結累計期間     当第1四半期連結累計期間
          (自 2019年2月1日     (自 2020年2月1日
          至 2019年4月30日)      至 2020年4月30日)
  売上高           673,702     677,874
            222,221     311,997
  売上原価
  売上総利益           451,480     365,877
  販売費及び一般管理費           323,896     412,976
  営業利益又は営業損失(△)           127,584     △47,098
  営業外収益
  受取利息           31     23
  為替差益           607      -
             549     343
  その他
  営業外収益合計           1,188      366
  営業外費用
  支払利息           97     87
  為替差損           -     461
             6     116
  その他
  営業外費用合計           103     664
  経常利益又は経常損失(△)           128,669     △47,397
  税金等調整前四半期純利益又は税金等調
            128,669     △47,397
  整前四半期純損失(△)
  法人税、住民税及び事業税
             43,768      682
            △5,422     4,908
  法人税等調整額
  法人税等合計           38,345     5,590
  四半期純利益又は四半期純損失(△)           90,323     △52,987
  非支配株主に帰属する四半期純損失
            △2,543     △5,232
  (△)
  親会社株主に帰属する四半期純利益又は
  親会社株主に帰属する四半期純損失           92,866     △47,755
  (△)
            10/15










                     EDINET提出書類
                    株式会社鎌倉新書(E31871)
                      四半期報告書
  【四半期連結包括利益計算書】
  【第1四半期連結累計期間】
                   (単位:千円)
           前第1四半期連結累計期間     当第1四半期連結累計期間
            (自 2019年2月1日     (自 2020年2月1日
            至 2019年4月30日)      至 2020年4月30日)
  四半期純利益又は四半期純損失(△)             90,323     △52,987
  四半期包括利益             90,323     △52,987
  (内訳)
  親会社株主に係る四半期包括利益            92,866     △47,755
  非支配株主に係る四半期包括利益            △2,543     △5,232
            11/15

















                     EDINET提出書類
                    株式会社鎌倉新書(E31871)
                      四半期報告書
  【注記事項】
  (追加情報)
  (新型コロナウイルス感染拡大による影響)
   新型コロナウイルスの感染拡大に伴う、不要不急の外出やイベントの自粛要請等により、お墓や仏壇の購入・お
  別れ会や海洋散骨の延期の影響を受けております。
  この状況は6月においても一定程度継続するものの、経済活動再開に伴い徐々に回復していくものと想定してお
  り、当第1四半期連結累計期間における       固定資産の減損および繰延税金資産の回収可能性の判断等の          会計上の見積も
  りについては、この仮定を加味した予測数値により実施しております。
  (四半期連結キャッシュ・フロー計算書関係)

  当第1四半期連結累計期間に係る四半期連結キャッシュ・フロー計算書は作成しておりません。なお、第1四半
  期連結累計期間に係る減価償却費(のれんを除く無形固定資産に係る償却費を含む。)及びのれんの償却額は、次
  のとおりであります。
          前第1四半期連結累計期間      当第1四半期連結累計期間

           (自  2019年2月1日     (自  2020年2月1日
           至  2019年4月30日   )  至  2020年4月30日   )
   減価償却費         20,173千円      19,876千円
   のれんの償却額         1,244 〃      1,244 〃
  (株主資本等関係)

  前第1四半期連結累計期間(自       2019年2月1日    至  2019年4月30日   )
  1.配当金支払額
          配当金の総額   1株当たり
   決議  株式の種類  配当の原資        基準日   効力発生日
          (百万円)  配当額(円)
  2019年4月19日
     普通株式  利益剰余金    112  3.00 2019年1月31日   2019年4月22日
  定時株主総会
  2.基準日が当第1四半期連結累計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が当第1四半期連結会計期間の末

  日後となるもの
   該当事項はありません。
  当第1四半期連結累計期間(自       2020年2月1日    至  2020年4月30日   )

  1.配当金支払額
          配当金の総額   1株当たり
   決議  株式の種類  配当の原資        基準日   効力発生日
          (百万円)  配当額(円)
  2020年4月17日
     普通株式  利益剰余金    115  3.00 2020年1月31日   2020年4月20日
  定時株主総会
  2.基準日が当第1四半期連結累計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が当第1四半期連結会計期間の末

  日後となるもの
   該当事項はありません。
            12/15






                     EDINET提出書類
                    株式会社鎌倉新書(E31871)
                      四半期報告書
  (セグメント情報等)
  【セグメント情報】
  なお、当社はライフエンディング事業の単一セグメントのため、セグメント別の記載をしておりません。
  (1株当たり情報)

  1株当たり四半期純利益又は1株当たり四半期純損失及び算定上の基礎、潜在株式調整後1株当たり四半期純利
  益及び算定上の基礎は、以下のとおりであります。
           前第1四半期連結累計期間     当第1四半期連結累計期間

            (自  2019年2月1日    (自  2020年2月1日
      項目
            至  2019年4月30日   ) 至  2020年4月30日   )
  (1)1株当たり四半期純利益又は
               2円48銭    △1円24銭
     1株当たり四半期純損失(△)
  (算定上の基礎)
  親会社株主に帰属する四半期純利益又は親会社株主に
               92,866    △47,755
  帰属する四半期純損失(△)(千円)
  普通株主に帰属しない金額(千円)              ―     ―
  普通株式に係る親会社株主に帰属する四半期純利益又
               92,866    △47,755
  は親会社株主に帰属する四半期純損失(△)(千円)
  普通株式の期中平均株式数(株)            37,450,130     38,477,800
  (2)潜在株式調整後1株当たり四半期純利益             2円26銭      ―

  (算定上の基礎)

  親会社株主に帰属する四半期純利益調整額(千円)              ―     ―

  普通株式増加数(株)             3,579,489      ―

  希薄化効果を有しないため、潜在株式調整後1株当たり

  四半期純利益の算定に含めなかった潜在株式で、前連結              ―     ―
  会計年度末から重要な変動があったものの概要
 (注)当第1四半期連結累計期間の潜在株式調整後1株当たり四半期純利益については、潜在株式は存在する
  ものの、1株当たり四半期純損失であるため、記載しておりません。
 2 【その他】

  該当事項はありません。
            13/15









                     EDINET提出書類
                    株式会社鎌倉新書(E31871)
                      四半期報告書
 第二部  【提出会社の保証会社等の情報】
  該当事項はありません。
            14/15




















                     EDINET提出書類
                    株式会社鎌倉新書(E31871)
                      四半期報告書
       独立監査人の四半期レビュー報告書
                   2020年6月11日

 株式会社鎌倉新書
  取締役会   御中
        EY新日本有限責任監査法人

         指定有限責任社員

             公認会計士   山  本  秀  仁     印
         業務執行社員
         指定有限責任社員

             公認会計士   大  屋  浩  孝     印
         業務執行社員
  当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、「経理の状況」に掲げられている株式会社鎌倉新

 書の2020年2月1日から2021年1月31日までの連結会計年度の第1四半期連結会計期間(2020年2月1日から2020年4月
 30日まで)及び第1四半期連結累計期間(2020年2月1日から2020年4月30日まで)に係る四半期連結財務諸表、すなわ
 ち、四半期連結貸借対照表、四半期連結損益計算書、四半期連結包括利益計算書及び注記について四半期レビューを
 行った。
 四半期連結財務諸表に対する経営者の責任

  経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して四半期連結
 財務諸表を作成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない四半期連結財務諸
 表を作成し適正に表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
 監査人の責任

  当監査法人の責任は、当監査法人が実施した四半期レビューに基づいて、独立の立場から四半期連結財務諸表に対す
 る結論を表明することにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に準
 拠して四半期レビューを行った。
  四半期レビューにおいては、主として経営者、財務及び会計に関する事項に責任を有する者等に対して実施される質
 問、分析的手続その他の四半期レビュー手続が実施される。四半期レビュー手続は、我が国において一般に公正妥当と
 認められる監査の基準に準拠して実施される年度の財務諸表の監査に比べて限定された手続である。
  当監査法人は、結論の表明の基礎となる証拠を入手したと判断している。
 監査人の結論

  当監査法人が実施した四半期レビューにおいて、上記の四半期連結財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認
 められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して、株式会社鎌倉新書及び連結子会社の2020年4月30日現在の財政状
 態及び同日をもって終了する第1四半期連結累計期間の経営成績を適正に表示していないと信じさせる事項がすべての
 重要な点において認められなかった。
 利害関係

  会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                    以  上
  (注) 1.上記は四半期レビュー報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(四半期報

   告書提出会社)が別途保管しております。
   2.XBRLデータは四半期レビューの対象には含まれていません。
            15/15



PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。