株式会社パルグループホールディングス 有価証券報告書 第48期(平成31年3月1日-令和2年2月29日)

有価証券報告書-第48期(平成31年3月1日-令和2年2月29日)

提出日:

提出者:株式会社パルグループホールディングス

カテゴリ:有価証券報告書

PDFビューワー表示

                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社パルグループホールディングス(E03387)
                                                            有価証券報告書
    【表紙】
    【提出書類】                      有価証券報告書

    【根拠条文】                      金融商品取引法第24条第1項

    【提出先】                      近畿財務局長

    【提出日】                      2020年5月29日

    【事業年度】                      第48期(自 2019年3月1日 至 2020年2月29日)

    【会社名】                      株式会社パルグループホールディングス

    【英訳名】                      PAL  GROUP   Holdings     CO.,LTD.

    【代表者の役職氏名】                      代表取締役社長  井 上 隆 太

    【本店の所在の場所】                      大阪市中央区道修町三丁目6番1号

    【電話番号】                      06―6227―0308

    【事務連絡者氏名】                      執行役員財務経理部長  藤 井 利 雄

    【最寄りの連絡場所】                      大阪市中央区道修町三丁目6番1号

    【電話番号】                      06―6227―0308

    【事務連絡者氏名】                      執行役員財務経理部長  藤 井 利 雄

    【縦覧に供する場所】                      株式会社東京証券取引所

                           (東京都中央区日本橋兜町2番1号)

                                  1/86









                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社パルグループホールディングス(E03387)
                                                            有価証券報告書
    第一部 【企業情報】
    第1   【企業の概況】

    1  【主要な経営指標等の推移】

     (1)  連結経営指標等
            回次            第44期       第45期       第46期       第47期       第48期

           決算年月            2016年2月       2017年2月       2018年2月       2019年2月       2020年2月

      売上高             (百万円)        114,410       116,457       123,241       130,474       132,163

      経常利益             (百万円)         5,741       6,044       6,967       7,832       9,168

     親会社株主に帰属する
                  (百万円)         3,288       3,071       2,489       4,760       7,028
     当期純利益
      包括利益             (百万円)         3,057       3,077       2,602       4,814       6,858
      純資産額             (百万円)        36,053       37,590       38,475       41,639       46,627

      総資産額             (百万円)        76,918       77,083       82,890       87,726       94,954

      1株当たり純資産額              (円)      1,638.84       1,708.72       1,748.96         946.40      1,059.78

      1株当たり当期純利益              (円)       149.16       139.60       113.16       108.20       159.74

      潜在株式調整後
                   (円)          -       -       -       -       -
      1株当たり当期純利益
      自己資本比率              (%)        46.9       48.8       46.4       47.5       49.1
      自己資本利益率              (%)         9.3       8.3       6.5       11.9       15.9

      株価収益率              (倍)        17.1       19.6       26.7       14.6        9.1

      営業活動による
                  (百万円)        △ 1,308       5,160       5,236       10,378       14,705
      キャッシュ・フロー
      投資活動による
                  (百万円)        △ 3,171      △ 1,531      △ 1,717      △ 1,182      △ 3,543
      キャッシュ・フロー
      財務活動による
                  (百万円)        △ 3,849      △ 2,844       1,322      △ 4,291      △ 4,068
      キャッシュ・フロー
      現金及び現金同等物の
                  (百万円)        35,174       35,959       40,728       45,633       52,727
      期末残高
      従業員数
                          2,842       3,134       3,345       3,349       3,418
      (ほか、平均臨時              (名)
                         ( 2,634   )    ( 2,609   )    ( 2,714   )    ( 2,439   )    ( 2,291   )
      雇用者数)
     (注)   1 売上高には消費税等は含まれておりません。
        2 潜在株式調整後1株当たり当期純利益については、潜在株式が存在しないため記載しておりません。
        3 当社は2020年3月1日付けで普通株式1株につき2株の割合で株式分割を行っております。そのため、「1
          株当たり純資産額」及び「1株当たり当期純利益」は第47期の期首に当該株式分割が行われたと仮定して算
          定しております。
        4 「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」(企業会計基準第28号                                   平成30年2月16日)等を第48期の期首
          から適用しており、第47期に係る主要な経営指標等については、当該会計基準を遡って適用した後の指標等
          となっております。
                                  2/86





                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社パルグループホールディングス(E03387)
                                                            有価証券報告書
     (2)  提出会社の経営指標等
             回次             第44期       第45期       第46期       第47期       第48期

            決算年月             2016年2月       2017年2月       2018年2月       2019年2月       2020年2月

      売上高又は営業収益               (百万円)        95,315       49,992       4,528       6,387       8,155

      経常利益               (百万円)        6,077       3,954       3,085       4,282       6,157

      当期純利益又は
                    (百万円)        3,342       2,300       △ 867      2,980       8,383
      当期純損失(△)
      資本金               (百万円)        3,181       3,181       3,181       3,181       3,181
      発行済株式総数                (株)     23,136,000       23,136,000       23,136,000       23,136,000       23,136,000

      純資産額               (百万円)        34,646       35,410       33,127       34,497       40,886

      総資産額               (百万円)        67,647       46,657       50,729       51,265       57,226

      1株当たり純資産額                (円)      1,574.89       1,609.64       1,505.86        784.07       929.30

      1株当たり配当額
                            70.00       70.00       75.00       85.00      100.00
                     (円)
      (内1株当たり中間配当額)                        ( -)      ( -)      ( -)      ( -)      ( -)
      1株当たり当期純利益又は
                     (円)       151.58       104.57      △ 39.45       67.73      190.55
      当期純損失(△)
      潜在株式調整後
                     (円)         -       -       -       -       -
      1株当たり当期純利益
      自己資本比率                (%)        51.2       75.9       65.3       67.3       71.4
      自己資本利益率                (%)        9.9       6.6      △ 2.5       8.8      22.2

      株価収益率                (倍)        16.8       26.2        -      23.3       7.6

      配当性向                (%)        46.2       66.9        -      62.7       26.2

                            2,222        53       66       62       41
      従業員数
                     (名)
                           ( 2,321   )      ( 7 )      ( 5 )      ( ▶ )      ( 3 )
      (ほか、平均臨時雇用者数)
                            80.7       88.5       99.5      106.3       101.5
     株主総利回り                (%)
     (比較指標:配当込みTOPIX)                (%)       ( 86.8  )    ( 105.0   )    ( 123.5   )    ( 114.8   )    ( 110.6   )
                            4,445       3,110       3,760       3,400       3,855
     最高株価                (円)
                                                       ※1,592
                            2,175       2,057       2,411       2,353       2,973
     最低株価                (円)
                                                       ※1,418
     (注)   1 売上高又は営業収益には消費税等は含まれておりません。
        2 潜在株式調整後1株当たり当期純利益については、潜在株式が存在しないため記載しておりません。
        3 当社は、2016年9月1日付で会社分割を行い、衣料、雑貨事業を新しく設立した株式会社パルに承継しまし
          た。このため、第45期以降の経営指標等は第44期以前と比較して大きく変動しております。なお、従来は売
          上高として表示しておりましたが、第48期より営業収益として表示しております。
        4 第46期の株価収益率及び配当性向は1株当たり当期純損失のため記載していません。
        5 第46期の当期純損失の計上は、子会社に対する多額の債務保証損失引当金繰入額の計上等によるものであり
          ます。
        6 当社は、2020年3月1日付けで普通株式1株につき2株の割合で株式分割を行っております。そのため、
          「1株当たり純資産額」及び「1株当たり当期純利益」は、第47期の期首に株式分割が行われたと仮定して
          算定しております。なお、1株当たり配当額については、株式分割前の実際の配当金の額を記載しておりま
          す。
        7   「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」(企業会計基準第28号                                平成30年2月16日)等を第48期の期首
          から適用しており、第47期に係る主要な経営指標等については、当該会計基準を遡って適用した後の指標等
          となっております。 
        8 最高株価及び最低株価は、東京証券取引所市場第一部におけるものであります。※印は株式分割による権利
          落後の最高・最低株価を示しております。
                                  3/86




                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社パルグループホールディングス(E03387)
                                                            有価証券報告書
    2  【沿革】
      1973年10月        株式会社スコッチ洋服店のカジュアル部門を分離し、株式会社パルを設立。大阪市中央区に本
              社を設置。大阪府堺市のダイエー中百舌鳥店にてジーンズショップ「パル青山」の営業を開
              始。
      1975年4月        ジーンズショップ2号店「パル茨木店」を大阪府茨木市に出店。
      1980年3月        ジーンズショップ「パル青山須磨店」(神戸市須磨区)・「パル高槻店」(大阪府高槻市)・「パ
              ル堺東店」(大阪府堺市)等の出店により郊外型店舗の基盤確立。
      1981年5月        イタリア系インポートショップの店舗展開を事業目的に英・インターナショナル株式会社(連
              結子会社)を設立。大阪市中央区に本社を設置。(1999年1月に3店舗の営業を当社へ移管し休
              眠)
      1981年11月        トレンドショップ「フレーバー」を大阪市北区の梅田エスト1番館に出店。都心型店舗の出店
              開始。
      1982年3月        衣料品小売の一部門として株式会社アンジェ(ジェネラル株式会社、連結子会社)を設立。大阪
              市中央区に本社を設置。(1989年2月に9店舗の営業を当社へ移管し休眠)
      1984年11月        衣料品小売の一部門として株式会社ピー・エム・ピー(1998年8月に㈱クリップに商号変更、
              現 株式会社P.M.フロンティア 現・連結子会社)を設立。大阪市中央区に本社を設置。
      1985年9月        アクセサリーショップ「パルコレクション」を大阪市北区の阪急梅田三番街に出店。
      1988年6月        トレンドショップ「アレグロビバーチェ」を東京都渋谷区の渋谷パルコに出店。東京進出開
              始。
      1988年6月        ユニセックス業態のカジュアルセレクトショップ「CIAOPANIC」を大阪市中央区のなんばCITY
              南館に出店。
      1991年4月        フレンチカジュアル業態のタウン系カジュアルショップ「DOUDOU」を大阪市北区のGARE大阪に
              出店。
      1993年8月        ユニセックス業態のトレンド系セレクトショップ「MYSTIC」を大阪市北区のGARE大阪に出店。
      1994年4月        300円ショップ「3COINS」を大阪市北区茶屋町に出店。雑貨事業の出店開始。
      1995年3月        タウンカジュアル業態のモード系インポートセレクトショップ「LUIS」を大阪市北区のGARE大
              阪に出店。
      1996年4月        株式会社アンジェを株式会社アッカ(ジェネラル株式会社、連結子会社)に商号変更し、衣料品
              の企画製造卸事業を開始。
      1997年2月        ユーズド業態「CIAOPANICUSED」を大阪市天王寺区の天王寺MIOに出店。
      1999年3月        アウトレット業態「パルオールスターズ」を大阪市住之江区のATCマーレに出店。
      1999年6月        ユーズド商品供給を目的として、オレゴン州ポートランドにUSA事務所を設立。
      2000年2月        インターネットによる衣料及び雑貨の通信販売業として、株式会社インヴォークモード(現・
              連結子会社)を設立。大阪市中央区に本社を設置。
      2002年6月        株式会社ナイスクラップに資本参加(現・連結子会社)。
      2002年11月        株式会社パル・リテイルシステムズ・サービス(連結子会社)を設立。
      2003年4月        英・インターナショナル株式会社(連結子会社)が事業を再開。
      2004年2月        株式会社シェトワ(連結子会社)の株式を100%取得。
      2004年4月        株式会社マグスタイル(現・連結子会社)を設立。
      2005年9月        株式会社ナイスクラップ(現・連結子会社)の株式を追加取得。
      2006年3月        株式会社東洋産業商会(連結子会社)の株式を100%取得。
      2006年3月        株式会社シェトワ(連結子会社)を吸収合併。
      2007年1月        株式会社クレセントスタッフ(現・連結子会社)の株式を100%取得。
      2007年3月        株式会社THREADに資本参加(連結子会社)。
      2007年5月        株式会社クリップを株式会社P.M.フロンティア(現・連結子会社)に商号変更し、店舗開発事
              業を開始。
      2007年9月        株式会社パル・リテイルシステムズ・サービス(連結子会社)を吸収合併。
      2009年7月        株式会社バレリー(現・連結子会社)を設立。
      2011年3月        株式会社フリーゲート白浜を設立。
      2011年5月        株式会社ブランミューデイズ(連結子会社)の株式を100%取得。
      2012年9月        株式会社東洋産業商会(連結子会社)を吸収合併。
      2013年3月        株式会社THREAD(連結子会社)を吸収合併。
      2013年10月        株式会社アッカをジェネラル株式会社(連結子会社)に商号変更し、事業を再開。
      2015年1月        PAL  HOLDINGS(SINGAPORE)PTE.LTD.(現・連結子会社)を設立。
                                  4/86



                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社パルグループホールディングス(E03387)
                                                            有価証券報告書
      2016年9月        会社分割を行い、商号を株式会社パルグループホールディングスに変更するとともに、衣料、
              雑貨事業を新たに設立した株式会社パル(現・連結子会社)に承継。
      2017年12月        株式会社オリーブ・デ・オリーブ(連結子会社)の株式を100%取得。
      2019年3月        株式会社ナイスクラップ(現・連結子会社)が株式会社オリーブ・デ・オリーブ(連結子会社)を
              吸収合併。
      2019年8月        株式会社ノーリーズと資本提携。
      2019年9月        株式会社パル(現・連結子会社)が英・インターナショナル株式会社(連結子会社)を吸収合併。
      2019年9月        株式会社パル(現・連結子会社)がジェネラル株式会社(連結子会社)を吸収合併。
                                  5/86


















                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社パルグループホールディングス(E03387)
                                                            有価証券報告書
    3 【事業の内容】
      当社グループは、当社を持株会社として、子会社11社及び関連会社5社にて構成されており、一般消費者を対象と
     した店頭での衣料の販売を主な事業の内容とし、更に雑貨の販売及びその他の事業を展開しております。
      当社グループの事業内容及び主なグループ各社の当該事業に係る位置付けは次のとおりであります。
      なお、当該区分は「第5 経理の状況(セグメント情報等)」に掲げるセグメント情報の区分と同一であります。
     (衣料事業)
       衣料事業は、「常に新しいファッションライフの提案を通じて社会に貢献する」の社是のもと、移り変わる
      ファッションのトレンドを的確に捉え、多様なコンセプトの業態を開発しています。
     (雑貨事業)
       雑貨事業は、100円ショップ等の均一価格ショップが広がりを見せる中、価格帯を300円および1,000円に設定し
      て、それらとの差別化を図り、よりファッション性を高めた雑貨を販売する「3COINS」、「サリュ」を展開してい
      ます。
       連結子会社㈱マグスタイルにより、生活関連雑貨の卸売、小売を行っております。
     (注)   1 持分法適用関連会社NICECLAUP                H.K.   LTD.は、2008年9月より営業を休止しています。













        2 連結子会社㈱インヴォークモードは、2011年1月より営業を休止しています。
        3 連結子会社㈱バレリーは、2020年3月1日に㈱パルが吸収合併いたしました。
                                  6/86



                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社パルグループホールディングス(E03387)
                                                            有価証券報告書
    4  【関係会社の状況】
                                            議決権の

                                          所有(被所有)割合
                              資本金     主要な事業
           名称            住所                              関係内容
                             (百万円)      の内容
                                         所有割合     被所有割合
                                          (%)      (%)
     (連結子会社)
    ㈱パル     (注)2、3
                     大阪市中央区           100    衣 料       100.0        -  役員の兼任…有
    ㈱P.M.フロンティア                 大阪市中央区           20   その他       100.0        -  役員の兼任…有

    ㈱インヴォークモード                 大阪市中央区           30   その他       100.0        -  役員の兼任…有

                                          100.0
    ㈱マグスタイル                 東京都渋谷区           50   雑 貨               -  役員の兼任…有
                                          (40.0)
    ㈱ナイスクラップ(注)2、4                 東京都渋谷区           50   衣 料       100.0        -  役員の兼任…有
    ㈱クレセントスタッフ                 東京都港区           96   その他       100.0        -  役員の兼任…有

    ㈱バレリー(注)5                 大阪市中央区           50   衣 料       100.0        -  役員の兼任…有

    ㈱倉敷スタイル                 岡山県倉敷市            9   衣 料       80.0       -  役員の兼任…有

                              3,933千
    PAL  HOLDINGS
                              シンガポー
    (SINGAPORE)                 シンガポール              海外投資        100.0        -  役員の兼任…有
                               ルドル
    PTE.LTD.        
                              11,180千
                                          100.0
     帕璐(上海)商貿有限公司                中国 上海市              雑 貨               -  役員の兼任…有
                                          (100.0)
                               人民元
     (持分法適用関連会社)
    ㈱ノーリーズ                 東京都中央区           27   衣 料       39.0       -  役員の兼任…有
                               78千            30.0
    NICECLAUP     H.K.   LTD.         HONG   KONG
                                   衣 料               -  役員の兼任…有
                              香港ドル
                                          (30.0)
                              2,900千             37.9
    上海奈伊茜商貿有限公司                 中国 上海市              衣 料               -  役員の兼任…有
                              人民元            (37.9)
     (注)   1.「議決権の所有(被所有)割合」欄の(内書)は間接所有であります。
        2.  特定子会社であります。
        3.  ㈱パルについては、売上高(連結会社相互間の内部売上高を除く)の連結売上高に占める割合が10%を超えて
          おります。
           主要な損益情報等 ①売上高                       108,778百万円
                    ②経常利益               6,339百万円
                    ③当期純利益              5,317百万円
                    ④純資産額               3,741百万円
                    ⑤総資産額              45,694百万円
        4.  ㈱ナイスクラップについては、売上高(連結会社相互間の内部売上高を除く)の連結売上高に占める割合が
          10%を超えております。
           主要な損益情報等 ①売上高                        15,862百万円
                    ②経常利益                  835百万円
                    ③当期純利益                 653百万円
                    ④純資産額               5,152百万円
                    ⑤総資産額               8,733百万円
        5.  ㈱バレリーは、2020年3月1日に㈱パルが吸収合併しております。
                                  7/86





                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社パルグループホールディングス(E03387)
                                                            有価証券報告書
    5  【従業員の状況】
     (1)  連結会社の状況
                                              2020年2月29日       現在
             セグメントの名称                            従業員数(名)
     衣料事業                                           2,553   (    955  )
     雑貨事業                                            729  ( 1,330   )
     その他                                             15 (     -)
     事務管理                                            121  (       6 )
                合計                                3,418   ( 2,291   )
     (注)    従業員数は就業人員であり、臨時雇用者数は( )内に年間の平均人員を外数で記載しております。
     (2)  提出会社の状況

                                              2020年2月29日       現在
        従業員数(名)             平均年齢(歳)            平均勤続年数(年)             平均年間給与(千円)
               41            46.3              8.6            4,838
             セグメントの名称                            従業員数(名)

     事務管理                                             41 (       3 )
                合計                                 41 (       3 )
     (注)   1 従業員数は就業人員であり、臨時雇用者数は( )内に年間の平均人員を外数で記載しております。
        2 平均年間給与は、賞与及び基準外賃金を含んでおります。
     (3)  労働組合の状況

       労働組合は結成されておりませんが、労使関係は円満に推移しております。
                                  8/86











                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社パルグループホールディングス(E03387)
                                                            有価証券報告書
    第2   【事業の状況】
    1  【経営方針、経営環境及び対処すべき課題等】

    (1)会社経営の基本方針
       当社は「常に新しいファッションライフの提案を通じて社会に貢献する」ことを社是としております。そしてそ
      の実現に向け、商品、サービス、販売技術、財務体質や社員の質などすべてにおいて、お客様はもとより、株主の
      皆様、お得意先様、また、社会から認められる企業として成長し、信頼を確立することを基本方針としておりま
      す。
    (2)目標とする経営指標
       当企業集団は、企業基盤を強化し、高収益体質の構築を目指しております。その結果として、ROE(自己資本利益
      率)12%を安定的に達成することを目標として企業経営に取り組んでおります。
    (3)経営環境及び対処すべき課題
       2019年度におけるわが国の経済環境は、企業収益の改善や雇用環境の改善などを背景に緩やかながら回復をみせ
      ており、また、個人消費につきましても改善しつつありましたが、新型コロナウイルス感染症の世界的な感染拡大
      により、先行きは極めて不透明な状況になってきております。
       アパレル小売業界におきましては、低価格商品への訴求がまだまだ強い中、コーディネート商品の買い回し等も
      起こってきております。また、店舗での購入からECでの購入への販路の変化は従来以上に進んできております。
       このような状況のもと、当社企業集団では、『価格戦略商品の投入』による客数の増加に注力してまいりまし
      た。また、EC売上につきましても、従業員の教育を徹底し、社内インフルエンサー制度の強化など、全社での取
      り組みを推進することで、大きく伸ばすことができました。
       これらの施策により、当年度においては、売上高、経常利益ともに前年比増加いたしましたが、コロナウイルス
      感染症による来年度収益への影響は極めて大きくなることが確実になってきております。
       2020年4月には緊急事態宣言が発令され、外出自粛要請が強化されるとともに、全国に展開しております当社の
      ほとんどの店舗が臨時休業を余儀なくされました。5月4日には同宣言が延長されたことから、大都市圏において
      は臨時休業の長期化が予想され、ゴールデンウィーク明けには大都市圏以外において一部の店舗が開店したもの
      の、時間短縮の営業となっております。このため、当社の2020年4月度及び5月度の売上高が前年比大幅減少とな
      ることは確実となっております。
       こうした状況から、当社ではインスタライブをはじめ、様々なITによる当社商品の紹介に注力するとともに、
      ポイント付与拡大、期間限定セール等の様々な施策を打つことによりEC売上拡大に努めております。さらに従来
      より実施している在庫管理の徹底やさまざまなコストの削減といった施策についても原点に戻って引き続き推進し
      ております。
       持株会社体制に移行いたしました目的である、スピード感のある経営がまさに求められる環境の中、積極的にグ
      ループ運営を展開し、一層の効率性の向上に向けた対応を実施していくことで、今後も安定的な成長を目指してい
      く所存です。
                                  9/86








                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社パルグループホールディングス(E03387)
                                                            有価証券報告書
    2  【事業等のリスク】
       有価証券報告書に記載した事業の状況、経理の状況等に関する事項のうち、投資者の判断に重要な影響を及ぼす
      可能性のある事項には、以下のようなものがあります。
       なお、文中の将来に関する事項は、当連結会計年度末において当社グループが判断したものであります。
      (1)ファッション動向の変化について
          一般に、ファッション動向は常に変化する流行に左右されることから、当社グループが属するファッション
         衣料業界におきましては、業績に対する流行の影響を排除することは困難であります。また、主要顧客である
         若年層向のマーケットにおける同業他社との競争は熾烈であります。
          当社グループでは、複数のブランドを持つことにより広範囲のファッションをカバーし、また、一週間単位
         で事業部毎に各店責任者が集まり、販売動向、在庫動向等の検証を行う等、流行に即した商品企画および仕入
         に努めております。
      (2)出店政策について
         ①テナント出店について
          当社グループは、主として駅ビルや商業施設等にテナントとして出店しております。これは集客力を有する
         駅ビル等に出店することで販売力を確保すること、周辺環境や人の流れの変化に迅速に対応し出退店によるス
         クラップアンドビルドを行う際に過剰な固定資産や設備の保有を極力避けることを目的とするものでありま
         す。
          当社グループは、今後もストアブランドを保ちながら、駅ビルや商業施設等へのテナント店舗を中心に積極
         的な出店を進めていく方針であります。
          また、出店先の選定にあたり、賃借料、商圏人口、特に衣料品に関しては主要顧客である若者に魅力ある出
         店先であるかどうか等を総合的に勘案することで、効率的な店舗展開を図っております。当社グループにとっ
         て魅力的な出店先が充分に確保できない場合には出店数を縮小する可能性があるほか、店舗の出店数、出店場
         所、出店時期等により、当社グループの業績は影響を受ける可能性があります。
          さらに、テナント店舗の出店にあたり店舗賃借のための保証金の差し入れを行っているため、2020年2月末
         時点において保証金が総資産の13.7%を占めております。当社グループは大手デベロッパーへの出店がほとん
         どでありますが、倒産その他賃貸人の事由により保証金の全部または一部が回収できない可能性があります。
         ②スクラップアンドビルドに伴う費用について
          当社グループは、ファッショントレンドの変化を迅速かつ正確に読み取り新しい業態を開発する一方、時流
         に合わなくなった古い業態は積極的に見直しております。一般に小売業界におきましては開店後の経過等によ
         り既存店舗の売上は減少する傾向にあることから、当社グループでは新規出店に加えて、既存店舗におきまし
         ても商品構成の見直し、業態変更、必要な場合は退店を行う等、スクラップアンドビルドを積極的に行うこと
         で店舗全体の活性化を図っております。当社グループでは、このような事業再構築のための費用が、いわば必
         要経費的に発生するものと認識しております。
      (3)顧客情報の管理について
          当社グループでは、顧客情報の管理には細心の注意を払っておりますが、顧客情報の外部漏洩事件が発生し
         た場合には、当社グループの信用力が低下する等により、業績に悪影響を及ぼす可能性があります。
                                 10/86







                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社パルグループホールディングス(E03387)
                                                            有価証券報告書
    3  【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

    (1)経営成績等の状況の概要
        当連結会計年度における当社グループの財政状態、経営成績及びキャッシュ・フロー(以下「経営成績等」とい
       う。)の状況の概要は以下のとおりであります。
        なお、「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正(企業会計基準第28号 平成30年2月16日)等を当連結会計年
       度の期首から適用しており、財政状態の状況については、当該会計基準等を遡って適用した後の数値で前連結会計
       年度との比較・分析を行っております。
       ①経営成績の状況
        当連結会計年度(2019年3月1日から2020年2月29日まで)におけるわが国経済は、企業収益や雇用環境の改善な
       どを背景に緩やかな回復基調で推移しましたが、米中貿易摩擦の激化や中国経済の減速に加え、新型コロナウイル
       ス感染症の世界的な感染拡大により先行きは極めて不透明な状況にあります。このような事業環境のもと、当企業
       集団は業態の確立と出店の促進とを積極的に行うとともに、業態変更による既存店の活性化と不採算店舗の撤退と
       を推し進め、業容の拡大と経営効率の改善に努めてまいりました。
        衣料事業におきましては、積極的なブランドプロモーションを展開するとともに、MDの改革を推進し、機動的
       な商品投入によって店頭商品の鮮度を向上させるなどした結果、売上高は前年比1.0%増加の97,102百万円となり
       ました。また、雑貨事業につきましては、売上高は前年比2.2%増加の34,968百万円となりました。
        以上の結果、当連結会計年度の売上高は前年比1.3%増加の132,163百万円となりました。利益面につきまして
       は、売上総利益率は前年比0.6ポイント増加の56.3%となりました。営業利益は前年比1,133百万円増加の9,067百
       万円となり、経常利益は前年比1,336百万円増加の9,168百万円となりました。親会社株主に帰属する当期純利益は
       前年比2,267百万円増加の7,028百万円となりました。
        セグメントごとの経営成績を示すと、次のとおりであります。

     (衣料事業)
        売上高は前年比1.0%増加の97,102百万円となり、セグメント利益(営業利益)は6.2%増加の6,701百万円となりま
       した。
     (雑貨事業)
        売上高は前年比2.2%増加の34,968百万円となり、セグメント利益(営業利益)は48.8%増加の2,329百万円となりま
       した。
       ②財政状態の状況

       (資産)
        流動資産は、商品及び製品が2,582百万円減少しましたが、現金及び預金が7,094百万円、受取手形及び売掛金が
       812百万円それぞれ増加したことなどにより、前連結会計年度末に比べて5,275百万円増加しました。固定資産は、
       建物及び構築物が211百万円減少しましたが、投資有価証券が1,806百万円、繰延税金資産が613百万円それぞれ増
       加したことなどにより、前連結会計年度末に比べて1,952百万円増加しました。
       (負債)
        流動負債は、短期借入金が1,856百万円、未払法人税等が1,315百万円それぞれ減少しましたが、支払手形及び買
       掛金が3,947百万円、1年内返済予定の長期借入金が753百万円、未払消費税等が848百万円それぞれ増加したこと
       などにより、前連結会計年度末に比べて2,645百万円増加しました。固定負債は、退職給付に係る負債が145百万円
       増加しましたが、長期借入金が170百万円、債務保証損失引当金が174百万円、リース債務が198百万円それぞれ減
       少したことなどにより、前連結会計年度末に比べて405百万円減少しました。
        (純資産)
        純資産は利益剰余金が5,158百万円増加したことなどにより、前連結会計年度末と比べて4,988百万円増加しまし
       た。
                                 11/86




                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社パルグループホールディングス(E03387)
                                                            有価証券報告書
       ③  キャッシュ・フローの状況
        当連結会計年度末における現金及び現金同等物(以下「資金」という。)は、営業活動により取得した資金が
       14,705百万円となったことなどにより、前連結会計年度末に比べ7,094百万円増加し、52,727百万円となりまし
       た。当連結会計年度における各キャッシュ・フローは次のとおりであります。
       (営業活動によるキャッシュ・フロー)
        前連結会計年度におきましては、営業活動の結果取得した資金は10,378百万円でありましたが、当連結会計年度
       は、たな卸資産が2,590百万円減少したこと、仕入債務が3,859百万円増加したこと、税金等調整前当期純利益が
       8,604百万円となったことなどにより、営業活動の結果取得した資金は14,705百万円となりました。
       (投資活動によるキャッシュ・フロー)
        前連結会計年度におきましては、投資活動の結果使用した資金は1,182百万円でありましたが、当連結会計年度
       は、有形固定資産の取得による支出が1,148百万円、関係会社株式の取得による支出が1,829百万円あったことなど
       により、投資活動により使用した資金は3,543百万円となりました。
       (財務活動によるキャッシュ・フロー)
        前連結会計年度におきましては、財務活動の結果使用した資金は4,291百万円でありましたが、当連結会計年度
       は、短期借入金が1,856百万円減少したこと、配当金の支払額が1,869百万円あったことなどにより、財務活動によ
       り使用した資金は4,068百万円となりました。
       ④ 生産、受注及び販売の実績

        (仕入実績)
                                         当連結会計年度
                                       (自    2019年3月1日
             セグメントの名称
                                        至   2020年2月29日       )
                                    金額(百万円)             前年同期比(%)
     衣料事業                                        41,172           96.3

     雑貨事業                                        14,232           91.5

     その他                                          61        104.1

                合計                            55,466           95.2

     (注) 1.セグメント間取引については,相殺消去しております。
        2.金額には、消費税等は含まれておりません。
         (販売実績)

                                         当連結会計年度
                                       (自    2019年3月1日
                                        至   2020年2月29日       )
             セグメントの名称
                                    金額(百万円)             前年同期比(%)
     衣料事業                                        97,102          101.0

     雑貨事業                                        34,968          102.2

     その他                                          92         89.9

                合計                           132,163           101.3

     (注) 1.セグメント間取引については,相殺消去しております。
        2.金額には、消費税等は含まれておりません。
                                 12/86




                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社パルグループホールディングス(E03387)
                                                            有価証券報告書
     (2)経営者の視点による経営成績等の状況に関する分析・検討内容
        経営者の視点による経営成績等の状況に関する認識及び分析、検討内容は次の通りであります。
       ① 重要な会計方針及び見積り
        当社グループの連結財務諸表は、わが国において一般に公正妥当と認められている会計基準に基づき作成して
       おります。この連結財務諸表作成にあたって、見積りが必要となる事項につきましては、合理的な基準に基づ
       き、会計上の見積りを行っております。
        詳細につきましては、「第5経理の状況 1                      連結財務諸表等        (1)連結財務諸表         連結財務諸表作成のための基
       本となる重要な事項」に記載しております。
       ② 当連結会計年度の経営成績等の状況に関する分析・検討内容

        当社では、経営指標であるROE(自己資本利益率)12%の安定的達成のため、売上総利益率及び経常利益率の向上
       を重点施策としております。このため、各ブランドでは、新たな視点での集客力アップのため、プラスワンカテ
       ゴリー施策を実行するとともに、商品に関しては4週間を1シーズンとする4週MDの徹底と推進に努めており
       ます。また、売上高に占める販売費及び一般管理費の比率の低減のため、外部コンサルタント起用による経費削
       減、店舗におけるシフトの効率化を実施し、経常利益率向上に努めました。
        この結果、ROEは、子会社合併に伴う税効果の影響がありますが、4.0ポイント増の15.9%となりました。また、
       売上総利益率は前年比0.6ポイント増の56.3%、経常利益率は0.9ポイント増の6.9%と改善いたしました。
        主要損益項目の状況は以下の通りであります。

       (売上高及び売上総利益)
         売上高は前年比1.3%増加の132,163百万円となりました。売上高の詳細については、「(1)経営成績等の状況
        の概要    ①経営成績の状況及び④生産、受注及び販売の実績」をご参照ください。
         差引売上総利益は前年比2.3%増加の74,386百万円となりました。
       (販売費及び一般管理費、営業利益、経常利益)
         販売費及び一般管理費については、売上高販売費及び一般管理費率は前年比0.2ポイント減少し、65,319百万
        円となりました。 
         営業利益は前年比14.3%増加の9,067百万円となり、経常利益は前年比17.1%増加の9,168百万円となりまし
        た。
       (特別損益)
         特別損失は、店舗の撤退、業態変更などによる固定資産除却損162百万円を計上するとともに、減損損失を
        387百万円を計上するなどで合計564百万円計上しました。
       (親会社株主に帰属する当期純利益)
         親会社株主に帰属する当期純利益は、前年比47.6%増加の7,028百万円となりました。
       ③   経営成績に重要な影響を与える要因について

         経営成績に重要な影響を与える要因につきましては、「第2事業の状況 2事業等のリスク」に記載の通り
       であります。
                                 13/86







                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社パルグループホールディングス(E03387)
                                                            有価証券報告書
       ④ 資本の財源及び資金の流動性に係る情報

       (キャッシュ・フローの状況)
         キャッシュ・フローの状況につきましては、「(1)                          経営成績等の状況の概要 ③キャッシュ・フローの状
        況」に記載のとおりであります。また、キャッシュ・フロー指標のトレンドは、以下のとおりであります。
                         2017年2月     期   2018年2月     期   2019年2月     期   2020年2月     期
        自己資本比率(%)                     48.8         46.4         47.5         49.1
        時価ベースの自己資本比率(%)                     78.1         84.3         83.2         70.6
        キャッシュ・フロー対有利子負
                             251.7         382.2         175.7         111.2
        債比率(%)
        インタレスト・カバレッジ・レ
                              38.7         43.1         83.1        129.1
        シオ(倍)
       (注) 1 自己資本比率           : 自己資本/総資産
           2 時価ベースの自己資本比率     : 株式時価総額/総資産
           3 キャッシュ・フロー対有利子負債比率: 有利子負債/営業キャッシュ・フロー
           4 インタレスト・カバレッジ・レシオ : 営業キャッシュ・フロー/利払い
           5 各指標はいずれも連結ベースの財務数値により算出しております。
           6 株式時価総額は発行済株式数をベースに計算しております。
       (運転資金)

         運転資金は、主に営業活動による現金収入によっておりますが、状況に応じて銀行借入により資金調達する
        こととしております。
       (出店に伴う資金等)
         一般にテナント店舗の出店にあたり店舗賃借のための保証金の差入が必要ですが、当社グループは、一定金
        額及び一定期間以上の保証金については、原則として借入金により調達する方針をとっております。
    4  【経営上の重要な契約等】

       該当事項はありません。
    5  【研究開発活動】

       該当事項はありません。
                                 14/86










                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社パルグループホールディングス(E03387)
                                                            有価証券報告書
    第3 【設備の状況】
    1 【設備投資等の概要】

      当連結会計年度の設備投資については、総額                     1,751   百万円であり、その主なものは、店舗内装設備等であります。な
     お、有形固定資産のほか、無形固定資産への投資を含めて記載しております。
      セグメントごとの設備投資について示すと、次のとおりであります。

      (衣料事業)
        設備投資額は      1,362   百万円であり、その主なものは、店舗内装設備等であります。
      (雑貨事業)

        設備投資額は      385  百万円であり、その主なものは、店舗内装設備等であります。
    2  【主要な設備の状況】

      2020年2月29日現在における各事業所の設備の状況、投下資本ならびに従業員の配置状況は次のとおりでありま
     す。
     (1)  提出会社
                                          2020年2月29日       現在
                            帳簿価額(百万円)
                                                 期末
       事業所名                                     従業員数
              設備の内容                                   店舗数
      (セグメント)                                       (人)
                   建物及び      土地    その他有形
                                                 (店)
                                   保証金     合計
                    構築物     (面積㎡)     固定資産
                           272
                                               -
      衣料事業       店舗設備等        34           -    7,716     8,023          -
                                             (      -)
                         ( 3,056)
                                               -
                           103
      雑貨事業       店舗設備等        27          -    3,334     3,464          -
                         (    152)
                                             (      -)
                           277                    41
      事務管理         ―      206          159     166     811          -
                          ( 6,981)                   (       3)
                                               41
                           654
          合計           268          159    11,217     12,299           -
                                             (       3)
                          (10,190)
     (2)  国内子会社
     ①㈱パル
                                          2020年2月29日       現在
                            帳簿価額(百万円)
                                                 期末
       事業所名                                     従業員数
              設備の内容                                   店舗数
      (セグメント)                                       (人)
                   建物及び      土地    その他有形
                                                 (店)
                                   保証金     合計
                    構築物     (面積㎡)     固定資産
                                              286
     大阪府         店舗設備等        575     -     68     -     644         78
                                             (  158)
                                              692
     東京都         店舗設備等        839     -     122     -     961         128
                                             (  160)
                                             1,010
     その他         店舗設備等       2,020      -     272     -    2,293          291
                                             (  496)
                                             1,988
      衣料事業計       店舗設備等       3,435      -     463     -    3,898          497
                                             (  814)
                                              144
     大阪府         店舗設備等        224     -     46     -     271         31
                                             (   160)
                                              129
     東京都         店舗設備等        233     -     47     -     280         39
                                             (  181)
                                              392
     その他         店舗設備等       1,313      -     321     -    1,635          190
                                             (  927)
                                              665
      雑貨事業計       店舗設備等       1,771      -     416     -    2,188          260
                                             (1,268)
                                               59
      事務管理         ―      13     -     29     39     82          -
                                             (    -)
                                             2,712
          合計          5,220      -     909     39    6,169          757
                                             ( 2,082)
                                 15/86




                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社パルグループホールディングス(E03387)
                                                            有価証券報告書
     ②その他国内子会社
                                             2020年2月29日       現在
                                  帳簿価額(百万円)
                                                 従業   期末
             事業所名     セグメント     設備の
      会社名                                           員数   店舗数
                                    その他
             (所在地)      の名称     内容
                           建物及び     土地
                                                 (人)   (店)
                                    有形    保証金     合計
                           構築物    (面積㎡)
                                    固定資産
                                                  64
            本社
    ㈱マグスタイル              雑 貨     店舗      94    -    30    251    376       25
                                                  ( 62)
            (東京都渋谷区)
            本社                                      436
    ㈱ナイスクラップ              衣 料     店舗     338     -    87   1,211    1,637        114
            (東京都渋谷区)                                      (120)
            本社                                      112
    ㈱バレリー              衣 料     店舗     120     -    20    340    480       30
                                                  ( 23)
            (大阪市中央区)
     (注)   1 各資産の金額は帳簿価額であり、建設仮勘定を含んでおります。
        2 従業員数は就業人員であり、臨時雇用者数(年間平均人員)は( )内に外書しております。
        3 主要な建物を賃借しております。
        4 提出会社のリース契約による主な賃借設備は次のとおりであります。
                               リース期間         年間リース料         リース契約残高
              名称         台数等
                                 (年)         (百万円)          (百万円)
          電子計算機一式             -          5            130          380
    3  【設備の新設、除却等の計画】

     (1)  重要な設備の新設等
       2020年2月29日現在における重要な設備の新設等の計画は次のとおりであります。
                                   投資予定額(百万円)
               事業所名                             資金調達           完了予定
                         セグメント
       会社名              所在地        設備の内容                    着手年月
                          の名称
               (仮称)                              方法           年月
                                   総額    既支払額
             チャオパニック
             TYPY吉祥寺店ほか          -    衣料     店舗     1,447      -  自己資金     2020年3月     2021年2月
             計41店舗
     ㈱パル
             3coins大高店ほか
                      -    雑貨     店舗      503     -  自己資金     2020年3月     2020年12月
             計17店舗
       (注) 上記の金額に消費税等は含まれておりません。
     (2)  重要な設備の除却等

       該当事項はありません。
                                 16/86










                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社パルグループホールディングス(E03387)
                                                            有価証券報告書
    第4   【提出会社の状況】
    1  【株式等の状況】

     (1)  【株式の総数等】
      ①  【株式の総数】
                種類                       発行可能株式総数(株)

               普通株式                                  86,400,000

                 計                                86,400,000

    (注)2020年1月14日開催の取締役会決議により、2020年3月1日付けで株式分割に伴う定款変更が行われ、
       発行可能株式総数は86,400,000株増加し、172,800,000株となっております。
      ② 【発行済株式】
               事業年度末現在           提出日現在        上場金融商品取引所

        種類        発行数(株)          発行数(株)        名又は登録認可金融                内容
               ( 2020年2月29日       )  (2020年5月29日)          商品取引業協会名
                                   東京証券取引所
                                            単元株式数は100株でありま
       普通株式           23,136,000          46,272,000
                                            す。
                                   (市場第一部)
        計         23,136,000          46,272,000           ―            ―
    (注)2020年1月14日開催の取締役会決議により、2020年3月1日付けで株式分割に伴う定款変更が行われ、
       発行済株式数は23,136,000株増加し、46,272,000株となっております。
     (2)  【新株予約権等の状況】

      ①  【ストックオプション制度の内容】
        該当事項はありません。
      ②  【ライツプランの内容】

        該当事項はありません。
      ③  【その他の新株予約権等の状況】

        該当事項はありません。
     (3) 【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

        該当事項はありません。
     (4)  【発行済株式総数、資本金等の推移】

                発行済株式       発行済株式      資本金増減額       資本金残高       資本準備金       資本準備金

        年月日        総数増減数       総数残高                     増減額       残高
                  (株)       (株)      (百万円)       (百万円)       (百万円)       (百万円)
     2013年3月1日
                11,568,000       23,136,000            ―     3,181         ―     3,379
     (注)1
    (注)1    2013年3月1日に、2013年2月28日最終の株主名簿及び実質株主名簿に記載された株主に対し、所有普通
        株式1株につき2株の割合をもって株式分割いたしました。
      2    2020年3月1日に、2020年2月29日最終の株主名簿及び実質株主名簿に記載された株主に対し、所有普通
        株式1株につき2株の割合をもって株式分割を行い、発行済株式総数が23,136,000株増加しております。
                                 17/86




                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社パルグループホールディングス(E03387)
                                                            有価証券報告書
     (5)  【所有者別状況】
                                                 2020年2月29日       現在
                        株式の状況(1単元の株式数             100  株)
                                                      単元未満
      区分                                               株式の状況
           政府及び
                                   外国法人等
                      金融商品     その他の                 個人
                                                       (株)
           地方公共     金融機関                                  計
                      取引業者      法人                その他
                                 個人以外      個人
            団体
     株主数
              -     26     23     30     160      ▶   3,118     3,361       ―
     (人)
     所有株式数
              -   55,002      2,582     86,170     36,917       12   50,081     230,764      59,600
     (単元)
     所有株式数
              -    23.83      1.12     37.34     16.00      0.01     21.70     100.00        ―
     の割合(%)
     (注)1     2020年3月1日付で普通株式1株につき2株の割合で株式分割を行っておりますが、上記及び下記の所有
          株式数については、当該株式分割前の所有株式数を記載しております。
       2     自己株式1,137,322株は、「個人その他」に11,373単元、「単元未満株式の状況」に22株含まれておりま
          す。
        3   上記「その他の法人」の欄には証券保管振替機構名義の株式が9単元、また、「単元未満株式の状況」欄
          には証券保管振替機構名義の株式が14株含まれております。
     (6)  【大株主の状況】

                                                 2020年2月29日       現在
                                               発行済株式(自己株式を
                                        所有株式数
          氏名又は名称                    住所                  除く。)の総数に対する
                                         (株)
                                               所有株式数の割合(%)
     株式会社スコッチ洋服店                 大阪市中央区今橋4丁目1番3号                  7,849,460               35.68
     井 上 隆 太                 東京都世田谷区                  1,824,668                8.29

     日本トラスティ・サービス信託銀
                      東京都中央区晴海1丁目8番11号                  1,754,900                7.98
     行株式会社(信託口)
     日本マスタートラスト信託銀行株
                      東京都港区浜松町2丁目11番3号                    856,000               3.89
     式会社(信託口)
                      東京都千代田区丸の内1丁目1番2
     株式会社三井住友銀行                                     588,524               2.68
                      号
                      東京都千代田区丸の内2丁目7番1
     株式会社三菱UFJ銀行                                     549,220               2.50
                      号
     井 上 英 隆                 大阪府吹田市                    517,036               2.35
     日本トラスティ・サービス信託銀
                      東京都中央区晴海1丁目8番11号                    436,600               1.98
     行株式会社(信託口9)
                      BANKPLASSEN      2,0107    OSLO   1  OSLO
     GOVERNMENT      OF  NORWAY
                                          414,600               1.88
                      0107   NORWAY
     公益財団法人パル井上財団                 大阪市中央区道修町3丁目6番1号                    300,000               1.36
            計                  ―          15,091,008                68.60

     (注) 1 2020年3月1日付けで普通株式1株につき2株の割合で株式分割を行っておりますが、上記及び下記の
          所有株式数については、当該株式分割前の所有株式数を記載しております。
        2 上記のほか当社所有の自己株式 1,137,322株があります。
        3 上記の所有株式数のうち、信託業務に係る株式数は、次のとおりであります。
           日本トラスティ・サービス信託銀行株式会社(信託口)                              1,754,900株
           日本マスタートラスト信託銀行株式会社(信託口)                                 856,000株
           日本トラスティ・サービス信託銀行株式会社(信託口9)                              436,600株
                                 18/86





                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社パルグループホールディングス(E03387)
                                                            有価証券報告書
        4 2020年2月21日付で公衆の縦覧に供されている大量保有報告書の変更報告書において、三井住友DSア
          セットマネジメント株式会社及びその共同保有者が2020年2月14日現在で以下の株式を所有している旨
          が記載されているものの、当社として、当事業年度末時点における実質所有株式数の確認ができません
          ので、上記「大株主の状況」では考慮しておりません。
          なお、大量保有報告書の内容は以下のとおりであります。
                                              発行済株式総数に対する
                                        所有株式数
         氏名又は名称                   住所
                                         (株)
                                              所有株式数の割合(%)
     三井住友DSアセットマネジメン                東京都港区愛宕二丁目5番1号
                                         859,200              3.91
     ト株式会社
                     愛宕グリーンヒルズMORIタワー28階
     株式会社三井住友銀行                東京都千代田区丸の内1丁目1番2号                     588,524              2.68
           合計                  -           1,447,724               6.58

     (7)  【議決権の状況】

      ①  【発行済株式】
                                                2020年2月29日       現在
           区分             株式数(株)           議決権の数(個)               内容
     無議決権株式                      ―            ―            ―

     議決権制限株式(自己株式等)                      ―            ―            ―

     議決権制限株式(その他)                      ―            ―            ―

                     (自己保有株式)
     完全議決権株式(自己株式等)                                  ―            ―
                     普通株式       1,137,300
                     普通株式
     完全議決権株式(その他)                                     219,391          ―
                           21,939,100
                     普通株式
     単元未満株式                                  ―            ―
                             59,600
     発行済株式総数                      23,136,000            ―            ―
     総株主の議決権                      ―               219,391             ―

     (注)1 2020年3月1日付けで普通株式1株につき2株の割合で株式分割を行っておりますが、上記及び下記の
          所有株式数については、当該株式分割前の所有株式数を記載しております。
       2 「完全議決権株式(その他)」及び「単元未満株式」欄の普通株式には、証券保管振替機構名義の株式が
          それぞれ900株(議決権9個)及び14株含まれております。
       3 「単元未満株式」の欄には、当社所有の自己株式22株が含まれております。
      ②  【自己株式等】

                                                2020年2月29日       現在
                               自己名義      他人名義      所有株式数      発行済株式総数
        所有者の氏名
                     所有者の住所          所有株式数      所有株式数       の合計      に対する所有
         又は名称
                                (株)      (株)      (株)    株式数の割合(%)
     (自己保有株式)
                  大阪市中央区道修町三丁
     株式会社パルグループ                           1,137,300         ―    1,137,300         4.92
                  目6番1号
     ホールディングス
          計              ―       1,137,300         ―    1,137,300         4.92
    (注) 2020年3月1日付けで普通株式1株につき2株の割合で株式分割を行っておりますが、上記所有株式数に
        ついては、当該株式分割前の所有株式数を記載しております。
                                 19/86





                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社パルグループホールディングス(E03387)
                                                            有価証券報告書
    2  【自己株式の取得等の状況】
       【株式の種類等】           会社法第155条第3号及び第7号による普通株式の取得

     (1)  【株主総会決議による取得の状況】

         該当事項はありません。
     (2)  【取締役会決議による取得の状況】

        会社法第155条第3号による普通株式の取得
               区分                  株式数(株)             価額の総額(百万円)
     取締役会(2020年3月17日)での決議状況
                                        900,000                1,000
     (取得期間2020年3月18日~2020年4月30日)
     当事業年度前における取得自己株式                                      -               -
     当事業年度における取得自己株式                                      -               -
     残存決議株式の総数及び価額の総額                                      -               -

     当事業年度末日現在の未行使割合                                      -               -
     当期間における取得自己株式                                    71,300                 83

     提出日現在の未行使割合(%)                                     92.1               91.6
    (注)当社は2020年3月1日付けで普通株式1株につき2株の割合で株式分割を行っております。当期間における取得
       自己株式数は、当該分割後の株式の取得であります。
     (3) 【株主総会決議又は取締役会決議に基づかないものの内容】

        会社法第155条第7号による普通株式の取得
               区分                  株式数(株)             価額の総額(百万円)
     当事業年度における取得自己株式                                     125                0
     当期間における取得自己株式                                      -               -
     (注)1 2020年3月1日付けで普通株式1株につき2株の割合で株式分割を行っております。当事業年度については
          株式分割前の株式数を記載しております。
       2 当期間における取得自己株式には、2020年5月1日から有価証券報告書提出日までの単元未満株式の買取り
          による株式数は含めておりません。
    (4) 【取得自己株式の処理状況及び保有状況】

                             当事業年度                    当期間

            区分
                                処分価額の総額                  処分価額の総額
                        株式数(株)                  株式数(株)
                                  (百万円)                  (百万円)
     引き受ける者の募集を行った
                              -         -         -         -
     取得自己株式
     消却の処分を行った取得自己株式                         -         -         -         -
     合併、株式交換、会社分割に係る
                              -         -         -         -
     移転を行った取得自己株式
     その他(単元未満株式の買増し請求
                              60          0         -         -
     による譲渡)
     保有自己株式数                      1,137,322             -      2,345,944             -
     (注)1 2020年3月1日付けで普通株式1株につき2株の割合で株式分割を行っております。当事業年度については
          株式分割前の株式数を、当期間については株式分割後の株式数を記載しております。
       2 当期間における取得自己株式及び保有自己株式数には、2020年5月1日から有価証券報告書提出日までの単
          元未満株式の買取り及び買増しによる株式数は含めておりません。
                                 20/86



                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社パルグループホールディングス(E03387)
                                                            有価証券報告書
    3 【配当政策】
      当社は、業績に対応した配当を行うことを基本とし、併せて安定的な配当の維持継続に留意するとともに、企業体
     質の一層の強化と今後の積極的な事業展開に備えて内部留保の充実も勘案して決定しております。
      第48期(2020年2月期)の利益配当金につきましては、1株当たり年間配当を前事業年度より15円増配し、普通配当
     100円といたしました。
      内部留保金につきましては、今後の事業展開に向けた財務体質の強化、経営基盤の確保等に活用し、事業の拡大に
     努めてまいる所存であります。
      当社は、会社法第454条第5項に規定する中間配当を行うことができる旨を定款に定めています。
      また、当社は、連結配当規制適用会社であります。
     (注)1 基準日が当事業年度に属する剰余金の配当は、以下のとおりであります。

                        配当金の総額            1株当たり配当額
            決議年月日
                         (百万円)              (円)
         2020年5月27日
                               2,199            100.00
         定時株主総会決議
    (注)2 当社は2020年3月1日に普通株式1株につき2株の割合で株式分割を行っております。「1株当たり配当

         額」につきましては、当該株式分割前の金額を記載しております。
                                 21/86














                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社パルグループホールディングス(E03387)
                                                            有価証券報告書
    4  【コーポレート・ガバナンスの状況等】
     (1)  【コーポレート・ガバナンスの概要】
      ①企業統治の体制
       ⅰ.コーポレート・ガバナンスに関する基本的な考え方
         当企業集団は、コーポレート・ガバナンスを、経営環境の変化に迅速に対応し、お客様や株主などステーク
        ホルダーの皆様の期待に応えるため、下記のとおり、経営の迅速性・健全性・透明性を確保することにあると
        理解しております。
        (a)経営の迅速性 ~ 経営意思決定の迅速化
        (b)経営の健全性 ~ 経営監視機能の強化、経営責任の明確化、コンプライアンス体制の充実
        (c)経営の透明性 ~ 適時、適切な情報開示
       ⅱ.当社のコーポレート・ガバナンス体制の概要
         当社は、監査役設置会社であり、4名の監査役で監査役会を構成しております。社外監査役は2名でありま
        す。取締役は10名で取締役会を構成しており、社外取締役は2名であります。原則として監査役及び執行役員
        を含む役員全員が出席する定例取締役会を、月1回開催しております。社外役員の招聘による経営監視機能の
        強化の他、コンプライアンス委員会及びリスク管理委員会を設け、経営方針・経営戦略の中立性・客観性を確
        保しております。又、取締役の責任を明確にする為、2006年5月開催の株主総会にて定款変更を行い、取締役
        の任期を短縮し1年としております。また、業務執行機能の迅速化・強化のために、執行役員制度も導入して
        おります。また、グループ全体の事業戦略、経営課題、財務事項など重要事項の審議や通達を行う機関とし
        て、当社取締役会及びグループ中核会社社長をメンバーとする「グループ経営会議」を3カ月に1回開催して
        おります。
         各機関の構成員は下記の通りであります。(2020年5月29日現在)
        <取締役会>
         取締役会長 井上英隆(議長)、取締役社長 井上隆太、取締役 松尾勇、取締役 有光靖治、
         取締役 小路順一、取締役 大谷和正、社外取締役 樋口久幸、取締役 児島宏文、
         取締役 渡辺隆代、社外取締役 寺西賢作
        <監査役会>
         常勤監査役 宇都宮幸雄(議長)、監査役 三原雅博、社外監査役 平野惠稔、
         社外監査役 新井良亮
        <コンプライアンス委員会>
         取締役社長 井上隆太(委員長)、取締役会長 井上英隆、取締役 有光靖治、
         取締役 小路順一、執行役員 為田招志、執行役員 嶋尾博光、執行役員 藤井利雄
        <リスク管理委員会>
         取締役社長 井上隆太(委員長)、取締役会長 井上英隆、取締役 有光靖治、
         取締役 小路順一、執行役員 為田招志、執行役員 山ノ内基文、執行役員 嶋尾博光
        <グループ経営会議>
         取締役会長 井上英隆(議長)、取締役社長 井上隆太、取締役 松尾勇、取締役 有光靖治、
         取締役 小路順一、取締役 大谷和正、社外取締役 樋口久幸、取締役 児島宏文、
         取締役 渡辺隆代、社外取締役 寺西賢作、㈱マグスタイル取締役社長 宮崎志乃、
         ㈱クレセントスタッフ取締役社長 杉浦正枝、帕璐(上海)商貿有限公司董事長 山本修司
       ⅲ.当社がコーポレート・ガバナンスを採用する理由
         当社は、上記ⅰ.に記載のコーポレート・ガバナンスに関する基本的な考えを実現するため、上記ⅱ.に概
        要を記載のコーポレート・ガバナンスの体制を採用しており、執行役員制度の導入等により経営の迅速性を図
        り、監査役設置会社形態を基本に経営監視機能の強化を図るとともに各種委員会を設置し独立性のある社外取
        締役や社外監査役の招聘等により経営の健全性即ち経営方針・経営戦略に中立性・客観性を確保しておりま
        す。また、投資者が当社への投資価値を的確に判断するために必要な会社情報を適時適切に開示する体制を構
        築しております。
        (適時・適切な情報開示体制)


          当企業集団は、投資者が当社への投資価値を的確に判断するために必要な会社情報を適時適切に開示する
                                 22/86

                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社パルグループホールディングス(E03387)
                                                            有価証券報告書
         ことを基本姿勢として、ディスクロージャーポリシィを制定し、開示基準を明確化しております。重要な内
         部情報は、所定の手続きを経て、内部情報管理担当役員にて一元管理され、取締役会にて開示基準に合致す
         る と判断された重要情報は、手続き上可能な限り迅速に開示しております。
         (当社のコーポレート・ガバナンスの模式図)

       ⅳ.内部統制システム及びリスク管理体制の整備状況













        (A)内部統制システムに対する基本的考え方
           当社は、内部統制システムを、業務の有効性・効率性、コンプライアンス、財務報告の信頼性、資産保全
          を図り、お客様や株主その他ステークホルダーの皆様との信頼関係を深め、社会的責任を重視した経営を持
          続的に推進する為、その支えとなる主として下記の体制・システムと理解しております。
          a.コンプライアンス体制

          b.リスク管理体制
          c.子会社管理体制
          d.取締役の職務の効率性を確保するための体制及び監査役の監査が実効的に行われることを確保するため
           の体制
                                 23/86


                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社パルグループホールディングス(E03387)
                                                            有価証券報告書
        (B)内部統制システムの整備状況
          a.コンプライアンス体制
           『企業行動憲章』及び『従業員行動規範』を制定・文書化し、企業文化として定着するよう全従業員へ
           の徹底を心がけております。コンプライアンス委員会の管理のもと、内部通報制度として、法律事務所
           と提携し内部通報ホットラインを設置しており、社員に対してその周知を図り、かつその適切な運用を
           維持することにより、法令違反その他のコンプライアンス上の問題の把握と解決に努めております。
          b.リスク管理体制の整備状況
            当社の事業内容や経理・財務状況等におけるリスクを役員及び幹部職員で構成するリスク管理委員会
           にて掌握し、役員、幹部職員が共有化し、部門別に管理しております。又、万一リスクが発生した場
           合、又はリスクの発生が予見される場合は、リスクの内容及び程度等に応じて、社長を本部長とする対
           策本部を設置し、顧問弁護士等を含む外部アドバイザリーチームを適切に組織する等、損害の拡大を防
           止しこれを最小限に止めるよう、迅速な対応を行います。
          c.子会社管理体制
           グループ全体の事業戦略、経営課題、財務状況などの重要事項について、当社取締役会及びグループ中
           核会社社長をメンバーとするグループ経営会議にて定期的に審議や通達を行っております。
           また、各子会社等は、当社からの経営管理・指導内容、又は当社との間の取引・会計処理が、コンプラ
           イアンス上問題があると認めた場合や、自社においてコンプライアンスやリスクに関する重要な事象が
           発生若しくは発生が予見される場合には、内容に応じて、速やかに当社の内部監査室など関係各部室に
           直接報告するものとし、当該報告を受けた部室は、当社の場合に準じた対応をする一方で、監査役に
           も、遅滞なく報告を行うこととしています。
          d.取締役の職務の効率性を確保するための体制及び監査役の監査が実効的に行われることを確保するため
           の体制
           ・取締役、取締役会及び業務執行の状況
             取締役会は、監査役の出席のもと、原則として毎月1回、その他必要に応じて開催し、年度計画や
            中期経営計画に基づく各執行ラインの活動を、その進捗状況に関する実績報告を通して、業務執行状
            況を監督し、経営上の重要事項を審議・決定しております。なお、社外取締役を2名招聘・選任し、
            適時適切な助言をいただいております。
             業務の執行は、代表取締役社長が、取締役会の決定した基本方針に基づき、業務執行上の最高責任
            者として、当社の業務を統括しております。各取締役の業務の執行は、業務分掌規程、職務権限規程
            に基づいて行われており、取締役会において、各部門間の有効な連携を確保し、業務の執行に関する
            情報の共有と意見交換を行っております。また、執行役員制度を導入し、業務執行機能の迅速化を
            図っています。
           ・顧問弁護士
             弁護士法人大江橋法律事務所と顧問契約を締結している他、内部通報制度上の通報ラインの窓口業
            務やその他の法的サービスを継続的に受けております。
           ・会議体および委員会等
            * グループ経営会議
              グループ全体の事業戦略、経営課題、財務事項など重要事項の審議や通達を行う機関として、当
             社取締役及びグループ中核会社社長をメンバーとする「グループ経営会議」を3カ月に1回定期的
             に開催しております。
            * コンプライアンス委員会


              コンプライアンスに関する基本方針に付いて、検討し答申致しております。
            * リスク管理委員会
              リスク管理・危機管理に関する基本方針に付いて、検討し答申致しております。
           ・監査役、監査役会及び監査の状況
             (3)   監査の状況に記載のとおりであります。
          e.反社会的勢力排除に向けた基本的な考え方とその整備状況
            当社では、従来から、反社会的勢力とは一切の接触を持たず、反社会的勢力には毅然とした対応をす
                                 24/86

                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社パルグループホールディングス(E03387)
                                                            有価証券報告書
           ることを基本方針とし、総務部が、弁護士・警察等と緊密に連携を取りつつ対応する体制をとっており
           ます。
            その方針及び取組み姿勢は、企業行動憲章、パル従業員行動規範、マニュアル等に記載し、全役職員
           に対し、周知徹底を図っております。また、総務部を窓口として、警察、企業防衛対策協議会等と反社
           会的勢力に関する情報の交換を行い、必要な情報は、イントラネット掲載、朝礼その他の会議体での連
           絡等を通じて、全役職員に対し、周知徹底を図っております。
            その他に、当社の所定契約書には全て暴排条項を明記するとともに、契約締結手続に関する社内の
           ルールについても改定し、反社会的勢力の排除に向けた体制整備を行っております。
      ② 取締役及び監査役の定数(2020年5月29日現在)
       ⅰ.当社定款第17条において、当会社の取締役は、20名以内とする旨を定めております。
       ⅱ.なお、当社定款第23条において、当会社の監査役は、4名以内とする旨を定めております。
      ③ 取締役の選任決議要件
       ⅰ.当社定款第18条第1項において、取締役の選任は、株主総会において、議決権を行使することができる株主
         の議決権の3分の1以上を有する株主が出席し、その議決権の過半数をもって行う旨を定めております。
       ⅱ.当社定款第18条第2項において、取締役の選任については、累積投票によらないものとする旨を定めており
         ます。
      ④ 株主総会の特別決議要件
        株主総会の円滑な運営を行うため、当社定款第14条第2項において、会社法第309条第2項の規定による株主総
       会の決議は、議決権を行使することができる株主の議決権の3分の1以上を有する株主が出席し、その議決権の
       3分の2以上に当たる多数をもって行う旨を定めております。
      ⑤ 取締役会決議でできる株主総会決議事項
       ⅰ.取締役及び監査役が職務の遂行するにあたり期待される役割を十分に発揮できる環境を整えるため、会社法
         第423条第1項の規定に基づき、当社定款第29条において、取締役会の決議をもって、取締役(取締役であっ
         た者を含む。)及び監査役(監査役であった者を含む。)の当会社に対する損害賠償責任を法令の限度において
         免除することができる旨を定めております。
       ⅱ.株主への利益還元を機動的に行うため、会社法第454条第5項の規定に基づき、当社定款第31条第2項におい
         て、取締役会の決議により、毎年8月31日の株主名簿に記録された株主又は登録株式質権者に対し、中間配
         当を行うことができる旨を定めております。
       ⅲ.経営環境の変化に応じた機動的な資本政策を実行するため、会社法第165条第2項の規定に基づき、当社定款
         第32条において、取締役会の決議により、市場取引等による自己株式の取得を行うことができる旨を定めて
         おります。
      ⑥ 利益相反行為
       ⅰ.取締役が他社(グループ内を含む)の取締役に就任の時点で抵触するか否かを取締役会で確認し、四半期毎に
         取締役会で取引内容、取引額の報告を受け、かつ、承認するようにしております。
       ⅱ.会社役員又は支配株主との間の利益が相反する取引は、該当ございません。
                                 25/86








                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社パルグループホールディングス(E03387)
                                                            有価証券報告書
     (2)  【役員の状況】
     ①役員一覧                     男性                             13 名 女性    1 名 (役員のうち女性の比率             7.1  %)
                                                       所有株式数
       役職名       氏名      生年月日                 略歴              任期
                                                       (株)(注2)
                          1961年9月      株式会社スコッチ洋服店設立
                                代表取締役社長(現任)
                          1973年10月      当社設立 代表取締役社長
                          1981年5月      英・インターナショナル株式会社設立 代表
                                取締役社長
                          1982年3月      株式会社アンジェ(ジェネラル株式会社)設
                                立 代表取締役社長
                          1984年11月      株式会社ピー・エム・ピー(現 株式会社P.
      代表取締役
                                                   (注)1
            井 上 英 隆       1935年9月13日      生                               1,034,072
       会長
                                M.フロンティア)設立 代表取締役社長
                          2000年2月      株式会社インヴォークモード設立 取締役
                          2003年4月      株式会社ナイスクラップ取締役会長(現任)
                          2008年5月      当社代表取締役会長(現任)
                          2009年7月      株式会社バレリー設立 代表取締役社長
                          2010年5月      株式会社バレリー代表取締役会長
                          2014年5月      ジェネラル株式会社代表取締役会長
                          2016年9月      株式会社パル代表取締役会長(現任)
                          1989年4月      帝人株式会社入社
                          1995年5月      当社取締役
                          2007年3月      当社専務取締役管理本部長兼
      代表取締役
                                                   (注)1
            井 上 隆 太       1965年6月8日      生                               3,649,336
                                業務改革推進室長
       社長
                          2008年5月      当社代表取締役社長(現任)
                          2012年4月      株式会社ナイスクラップ取締役(現任)
                          2016年9月      株式会社パル取締役(現任)
                          1965年4月      株式会社新南海ストア入社
                          1973年10月      当社入社
                          1983年3月      当社取締役
                          1985年4月      当社常務取締役
                          1988年4月      当社専務取締役
       取締役
                          2000年4月      当社取締役
       兼
                                                   (注)1
            松 尾   勇       1947年4月20日      生                                20,864
      執行役員
                          2007年3月      当社専務取締役
       副社長
                          2007年5月      株式会社P.M.フロンティア代表取締役社長
                                (現任)
                          2009年5月      当社取締役副社長
                          2013年5月      当社取締役兼執行役員副社長(現任)
                                株式会社パル代表取締役社長(現任)
                          2016年9月
                          1953年4月      帝人株式会社入社
                          1972年8月      株式会社ウィンクル出向 取締役管理本部長
                          1986年12月      帝人ワオ株式会社出向 取締役管理本部長
                          1994年12月      帝人セントラル興産株式会社入社
       取締役
                          1998年3月      当社入社 
       兼
                          1998年4月      当社取締役管理本部長
      執行役員
                          2007年3月      当社常務取締役内部監査室長
       副社長
                                                   (注)1
            有 光 靖 治       1934年4月23日      生                                73,968
       兼
                          2011年5月      当社取締役副社長内部監査室長兼管理本部管
     内部監査室長
                                掌
       兼
                          2013年5月      当社取締役兼執行役員副社長内部監査室長兼
      管理本部長
                                管理本部管掌
                          2016年9月      当社取締役兼執行役員副社長内部監査室長兼
                                管理本部長(現任)
                                株式会社パル取締役(現任)
                          1986年3月      当社入社
                          2001年5月      当社取締役
                          2004年4月      株式会社マグスタイル代表取締役社長
                          2004年4月      株式会社ナイスクラップ取締役
                          2007年3月      当社専務取締役営業本部長
                          2012年4月      株式会社ナイスクラップ代表取締役社長(現
                                                   (注)1
      取締役      小 路 順 一       1963年4月4日      生                               101,136
                                任)
                          2013年5月      当社取締役兼専務執行役員営業本部長
                          2016年9月      当社取締役兼専務執行役員
                                株式会社パル取締役兼専務執行役員営業本部
                                長(現任)
                          2020年5月      当社取締役(現任)
                                 26/86


                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社パルグループホールディングス(E03387)
                                                            有価証券報告書
                                                       所有株式数
       役職名       氏名      生年月日                 略歴              任期
                                                        (株)
                          1970年4月      株式会社メンズショップフタバ入社
                          1980年5月      当社入社
                          1994年4月      当社取締役
                          1999年4月      当社常務取締役
                          2000年4月      当社取締役
                          2007年3月      当社専務取締役GMD
                                                   (注)1
      取締役      大 谷 和 正       1953年3月13日      生                                78,876
                          2013年5月      当社取締役兼専務執行役員GMD
                          2016年9月      当社取締役兼専務執行役員
                                株式会社パル取締役兼専務執行役員GMD(現
                                任)
                          2020年5月      当社取締役(現任)
                          1958年4月      株式会社住友銀行入社(現株式会社三井住友銀
                                行)
                          1990年4月      同行梅田支店長
                          1994年8月      同行退職
                                レッキス工業株式会社専務取締役
                          1995年4月      REX  INTERNATIONAL      U.S.A.   CEO
                                                   (注)1
       取締役     樋 口 久 幸       1939年8月18日      生                                  ―
                          1996年3月      蘇州力克士機電工業有限公司会長
                          2000年5月      当社監査役(社外)
                          2004年6月      レッキス工業株式会社取締役会長
                          2008年5月      当社取締役(社外)(現任)
                          2010年7月      レッキス工業株式会社取締役相談役
                          2014年6月      同社退職
                          2017年5月      株式会社パル取締役(社外)(現任)
                          1983年3月      当社入社
                          2001年5月      当社取締役
                          2010年5月      当社常務取締役
                          2013年5月      当社常務執行役員
                          2015年5月      当社取締役兼常務執行役員
                          2016年9月      当社取締役兼常務執行役員
                                                   (注)1
      取締役      児 島 宏 文       1960年11月30日      生                                60,336
                                株式会社パル取締役兼常務執行役員
                          2019年5月      当社取締役兼専務執行役員
                                株式会社パル取締役兼専務執行役員営業副本
                                部長(現任)
                          2020年5月      当社取締役(現任)
                          1984年4月      株式会社大同酸素入社(現エア・ウォーター株
                                式会社)
                          1987年4月      同社退職
                          2003年2月      株式会社スコッチ洋服店監査役
                                                   (注)1
       取締役     渡 辺 隆 代       1962年2月9日      生                               330,000
                          2011年1月      株式会社スコッチ洋服店取締役(現任)
                          2014年7月      株式会社Tスコッチ洋服店代表取締役
                          2018年5月      株式会社パル取締役(現任)
                          2019年5月      当社取締役(現任)
                          1975年4月      株式会社住友銀行入社(現株式会社三井住友銀
                                行)
                          1998年10月      住友キャピタル証券株式会社大阪支店引受部
                                長
                          2001年4月      大和証券エスエムビーシー株式会社大阪支店
                                担当役員付部長
                                                   (注)1
       取締役     寺 西 賢 作       1951年11月28日      生  2004年4月      同社退職                          ―
                          2004年5月      株式会社鴻池組常任顧問
                          2016年10月      同社代表取締役、取締役副社長(社外)
                          2017年11月      同社退職
                          2017年12月      山田コンサルティンググループ株式会社大阪
                                支店シニアアドバイザー
                          2019年5月      当社取締役(社外)(現任)
                                 27/86




                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社パルグループホールディングス(E03387)
                                                            有価証券報告書
                                                       所有株式数
       役職名       氏名      生年月日                 略歴              任期
                                                        (株)
                          1971年4月      吉富製薬株式会社入社(現株式会社田辺三菱製
                                薬)
                          2000年2月      当社入社
                                                   2019  年 5
                          2006年5月      当社執行役員
       監査役
                                                   月~
            宇都宮 幸雄      1948年10月31日      生                                32,672
       常勤
                          2007年5月      当社取締役
                                                   2023年5月
                          2008年5月      当社取締役管理本部長
                          2013年5月      当社常務執行役員
                          2019年5月      当社監査役(現任)
                          1976年4月      株式会社三和銀行入社(現株式会社三菱UFJ
                                銀行)
                          2003年5月      横浜鋼業株式会社へ出向 同社常務取締役
                                                   2019  年 5
                                                   月~
       監査役     三 原 雅 博       1952年12月13日      生  2006年4月      当社へ出向                           ―
                                                   2023年5月
                          2007年5月      当社入社
                          2015年5月      当社監査役(現任)
                          2016年9月      株式会社パル監査役
                          1989年4月      大阪弁護士会登録
                                大江橋法律事務所(現         弁護士法人大江橋法律
                                事務所)入所
                                                   2020  年 5
                                                   月~
       監査役     平 野 惠 稔       1963年5月9日      生  1995年4月      同事務所パートナー                           ―
                                                   2024年5月
                          2002年8月      弁護士法人大江橋法律事務所社員(現任)
                          2014年6月      ㈱ベネフィットジャパン社外監査役(現任)
                          2020年5月      当社監査役(社外)(現任)
                          1966年4月      日本国有鉄道入社
                          1987年4月      民営化により東日本旅客鉄道株式会社入社
                          2000年6月      同社取締役事業創造本部担当部長
                          2009年6月      同社代表取締役副社長
                          2011年6月      同社代表取締役副社長兼株式会社ルミネ代表
                                                   2020  年 5
                                取締役社長
                                                   月~
       監査役     新 井 良 亮       1946年9月1日      生                                  ―
                          2012年6月      東日本旅客鉄道株式会社代表取締役副社長 
                                                   2024年5月
                                退任
                          2017年6月      株式会社ルミネ代表取締役会長
                          2018年6月      同社取締役相談役
                          2019年6月      同社相談役(現任)
                          2020年5月      当社監査役(社外)(現任)
                             計                          5,381,260
     (注)   1 任期は、2020年5月~2021年5月であります。
        2 2020年3月1日付けで普通株式1株につき2株の割合で株式分割を行っております。「所有株式数(株)」に
          ついては、株式分割後の株式数を記載しております。
        3 取締役の樋口久幸及び寺西賢作は社外取締役であります。
        4 監査役の平野惠稔及び新井良亮は社外監査役であります。
        5 代表取締役社長          井上隆太は、代表取締役会長              井上英隆の長男であります。
        6 取締役渡辺隆代は、代表取締役会長                   井上英隆の長女であります。
     ②社外取締役及び社外監査役

      ⅰ.社外取締役及び社外監査役の役割は、中立・公正な立場を保持し、株主の負託を受けた独立機関として、経営
       の中立性・客観性の確保を担保することであると理解しております。
      ⅱ.社外取締役である樋口取締役につきましては、本人と当社及び当社代表取締役の間には、何らの人的関係、資
       本的関係又は取引関係その他の利害関係はなく、又、本人が過去に勤務しておりました金融機関は当社のメイン
       バンクでありますが、預金が借入金を大幅に超過する当社の財務状況から観て、意思決定に対して影響を与える
       取引関係はなく、本人も同行を退社後相当年数経過していることから、独立性を有しており、独立役員としての
       資格を十分有していることから、東京証券取引所に対し、独立役員として届出しております。同氏は金融機関を
       経た後、内外に事業展開する企業の経営に長年携わり、金融・企業経営に関する豊富な知見を有し、かかる経験
       に基づく知見と見識を当社グループの経営に活かしていただくため、社外取締役として選任しております。
      ⅲ.社外取締役である寺西取締役につきましては、本人と当社及び当社代表取締役の間には、何らの人的関係、資
       本的関係又は取引関係その他の利害関係はなく、又、本人が過去に勤務しておりました金融機関は当社のメイン
       バンクでありますが、預金が借入金を大幅に超過する当社の財務状況から観て、意思決定に対して影響を与える
       取引関係はなく、本人も同行を退社後相当年数経過していることから、独立性を有しており、独立役員としての
       資格を十分有していることから、東京証券取引所に対し、独立役員として届出しております。同氏は金融機関を
       経た後、企業経営に長年携わり、金融・企業経営に関する豊富な知見を有し、かかる経験に基づく知見と見識を
                                 28/86

                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社パルグループホールディングス(E03387)
                                                            有価証券報告書
       当社グループの経営に活かしていただくため、社外取締役として選任しております。
      ⅳ.社外監査役である平野監査役につきましては、当社が継続的に法的サービスを受けております弁護士法人大江
       橋法律事務所の社員でありますことから、独立役員として指定しておりませんが、当社が支払う法的サービスの
       対価は、当該弁護士法人の規模に比し少額であり、本人は顧問契約に含まれず且つ当社の依頼案件に関与してお
       りませんので、独立性が疑われるような                   属性は存在せず、同氏の弁護士としての専門的な見識を当社の監査に反
       映していただくため、社外監査役に選任しております。
      ⅴ.社外監査役である新井監査役につきましては、過去5年間において、当社と店舗の賃貸借取引関係等があり特
       定関係事業者(主要な取引先)であります株式会社ルミネの業務執行者であり、現在は同社の相談役を兼務してお
       りますので、独立役員として指定しておりませんが、本人と当社との間に特別な利害関係はありません。同氏は
       電鉄や流通業界での豊富な企業経営経験により培われた高い見識を有しており、経営全般の監視と有効な助言を
       期待し、社外監査役に選任しております。
      ⅵ.社外取締役又は社外監査役を選任するための提出会社からの独立性に関する基準又は方針の内容
        当社は、社外取締役又は社外監査役を選任するための提出会社からの独立性に関する基準又は方針を特段設け
       ておりませんが、選任にあたっては、会社法に定める社外性の要件及び東京証券取引所の独立役員の基準等を参
       考にしております。
      ⅶ.社外役員と締結している責任限定契約の内容の概要
        当社は、社外役員と責任限定契約の締結は行っておりません。
      ⅷ.社外取締役による監督又は監査と内部監査、監査役監査及び会計監査の相互連携並びにこれらの監査と内部統
       制部門との関係
        社外取締役につきましては、取締役会において、内部監査、監査役監査及び会計監査等その他内部統制及びコ
       ンプライアンス等に係る重要事項の報告を受けることにより情報を共有する他、必要な場合は、意見を表明しま
       す。
                                 29/86












                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社パルグループホールディングス(E03387)
                                                            有価証券報告書
     (3)  【監査の状況】
      ① 監査役監査の状況
         監査役制度を採用し、4名の監査役で監査役会を構成しており、うち2名が社外監査役であります。監査役
        は、取締役会やグループ経営会議等の重要な会議に出席し、適時適切な意見の表明又は助言を通して、もしく
        は監査役会で策定された監査方針及び監査計画に基づく業務や財産の状況の監査を通して、取締役の業務執行
        を監査しております。また、いつでも取締役等に対し報告を求めることができる他、代表取締役との定期的な
        意見交換会の場も設けております。
         また、監査役は、会計監査人や内部監査室と情報を共有化しており、監査の効率化と強化に努めておりま
        す。この他、監査業務に必要な場合には、外部専門家の助言を受ける機会は保証されており、補助者の配置等
        も要求できます。
         2020年5月29日現在の現任の各監査役の選任理由は下記の通りです。
             地 位        氏 名                 選 任 理 由
                            経理会計業務に精通しており、財務及び会計に関する長年の実
            常勤監査役        宇都宮幸雄       務経験とそこで培った知見に基づき、中立的・客観的な視点か
                            ら適切に職務を遂行できるものと考えております。
                            銀行業務に精通しており、豊富な金融関連知識を活かすことに
             監査役        三原雅博       より、中立的・客観的な視点から適切に職務を遂行できるもの
                            と考えております。
                            弁護士としての長い経験で培われた企業法務に関する専門的な
             監査役        平野惠稔       見識を有しており、中立的・客観的な視点から適切に職務を遂
                            行できるものと考えております。
                            電鉄や流通業界での豊富な企業経営経験により培われた高い見
             監査役        新井良亮       識を有しており、中立的・客観的な視点から適切に職務を遂行
                            できるものと考えております。
      ②   内部監査の状況
         内部監査室は、代表取締役直轄の組織として、業務執行機関から独立して設置しており、員数は3名であり
        ます。内部監査室は、策定された内部監査方針、内部監査計画に基づき、定期的に、店舗等の営業部門及び管
        理部門に対し、会計及び業務プロセスの監査を行い、法令や内規の遵守状況や経営活動全般の管理・運営状況
        を検討・評価し、監査結果を代表取締役及び取締役会に定期的に報告しております。
      ③   会計監査の状況
         当社は、有限責任         あずさ監査法人との間で、監査契約を締結しており、法律の規定に基づいた会計監査を実
        施しております。必要に応じて、監査役へは、監査報告・意見交換により、情報を共有化しており、監査の効
        率化と強化に努めております。なお、当社と当社の会計監査人若しくは監査に従事する当該監査法人の業務執
        行社員との間には、特別の利害関係はありません。
        a.業務を執行した公認会計士の氏名及び役職名
             氏名           役職名
                  指定有限責任社員         業務執行社員
            余野憲司
                  指定有限責任社員         業務執行社員

            弓削亜紀
        b.監査業務に係る補助者の構成

             公認会計士          15名
             その他           7名
        c.監査公認会計士等の評価及び選定した理由
          監査役会は、会計監査人が実施した監査について報告を受けるとともに、会計監査人の適格性、独立性、監
         査の実施状況や監査体制及び品質管理体制等について評価を実施しております。また、財務経理部門等から会
         計監査人の監査の実施状況について確認しております。これらの結果、監査役会は、会計監査人として有限責
         任  あずさ監査法人を選定することが適格であると判断しております。
          監査役会は、会計監査人が会社法第340条第1項各号に定める解任事由に該当し、解任が相当と認められる
         場合には、監査役全員の同意に基づき会計監査人を解任します。
          また、上記の場合のほか、会計監査人の適格性その他に問題が生じ、会計監査人が適正に監査を遂行するこ
         とが困難であると認められる場合には、監査役会は、会計監査人の変更のため、株主総会に提出する会計監査
         人の解任または不再任に関する議案の内容を決定します。
                                 30/86


                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社パルグループホールディングス(E03387)
                                                            有価証券報告書
      ④ 監査報酬の内容等
         「企業内容等の開示に関する内閣府令の一部を改正する内閣府令(平成31年1月31日                                         内閣府令第3号)による
        改正後の「企業内容等の開示に関する内閣府令」第二号様式記載上の注意(56)d(f)ⅰからⅲの規定に経過措置
        を 適用しております。
        a.監査公認会計士等に対する報酬の内容
                      前連結会計年度                      当連結会計年度
        区分
                 監査証明業務に             非監査業務に          監査証明業務に           非監査業務に
                 基づく報酬(百万円)           基づく報酬(百万円)           基づく報酬(百万円)           基づく報酬(百万円)
     提出会社                    40           -           40           -
     連結子会社                    10           -           10           -
      合計                    50           -           50           -
          (注)   当社と会計監査人との間の監査契約において、会社法に基づく監査と金融商品取引法に基づく監査の
          監査報酬の額を明確に区分しておらず、実質的にも区分できませんので、報酬等の額には、これらの合計額
          を記載しております。
        b.その他の重要な報酬の内容
         ⅰ.前連結会計年度
           該当事項はありません。
         ⅱ.当連結会計年度
           該当事項はありません。
        c.監査公認会計士等の当社に対する非監査業務の内容
         ⅰ.前連結会計年度
           該当事項はありません。
         ⅱ.当連結会計年度
           該当事項はありません。
        d.監査報酬の決定方針 
           監査業務に係る報酬につきましては、監査法人の見積りに基づき、当社の規模及び事業の特性、監査日数
          等を勘案した上で、1年ごとに、監査役会の同意を得て、適切に決定しております。また、非監査業務に係
          る報酬につきましては、非監査業務の内容等を勘案した上で、監査法人の見積りに基づき、発生の都度、監
          査役会の同意を得て、適切に決定しております。
        e.監査役会が会社法第399条第1項に同意した理由
           監査役会は、会計監査人及び社内関係部署から必要な資料の提出と報告を受け、会計監査人の監査計画の
          内容、過年度を含む職務遂行状況及び報酬の見積りの算定根拠などを確認した上で、本監査報酬について妥
          当な水準と判断し、会社法第399条第1項の同意を行っております。
                                 31/86








                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社パルグループホールディングス(E03387)
                                                            有価証券報告書
     (4)  【役員の報酬等】
      ① 役員の報酬等
       ⅰ.役員区分ごとの報酬等の総額、報酬等の種類別の総額及び対象となる役員の員数
                               報酬等の種類別の総額(百万円)
                     報酬等の総額                              対象となる役員
              役員区分
                      (百万円)                             の員数(名)
                             基本報酬        賞 与      業績連動報酬
           取締役(社外取締役
                         463        48       415        -         8
              を除く)
           監査役(社外監査役
                          20        15        5       -         2
              を除く)
              社外役員            25        18        6       -         ▶
       ⅱ.提出会社の役員ごとの連結報酬等の総額等

                 連結報酬等の
                                        報酬等の種類別の総額(百万円)
            氏 名       総額     役員区分      会社区分
                                      基本報酬        賞 与      業績連動報酬
                  (百万円)
                         取締役      提出会社           -        85        -
            井上英隆         119
                              連結子会社
                         取締役                 34        -        -
                               ㈱パル
           (注)連結報酬等の総額が1億円以上である者に限定して記載しております。
       ⅲ.使用人兼務役員の使用人給与のうち重要なもの
         該当事項はありません。
       ⅳ.取締役及び監査役に対する報酬等の決定方針
         取締役及び監査役に対する報酬等は、当社定款第22条及び第28条において、それぞれ、株主総会の決議を
        もってこれを定めることとしております。
         取締役に関しましては、2011年5月26日開催の第39回定時株主総会において、年額1,000百万円以内(但し、
        使用人兼務取締役の使用人分給与は含まない。また、内、社外取締役分を50百万円以内とする)と決議いただ
        いております。決議時の取締役の員数は14名であります。
         監査役に関しましては、2007年5月24日開催の第35回定時株主総会において、年額100百万円以内と決議いた
        だいております。決議時の監査役の員数は4名であります。
         なお、2013年5月29日開催の第41回定時株主総会において、第42期以降は取締役及び監査役の賞与は、既に
        ご承認いただいている報酬の範囲内で支給することとし、役員賞与支給決議案を株主総会に上程しないことに
        ついてご承認いただいております。
         当社では、役員の報酬等の額又はその算定方法を決定する方針に関しましては、持続的成長の実現と優秀な
        人材を確保するためのインセンティブになるべきであると考えており、その内容は代表取締役会長の意見を基
        に、取締役会、監査役会の協議を経て内規としております。
         取締役及び監査役の基本報酬は、各役員の地位、責任の内容等に応じて内規で決定されている年俸額を分割
        月額支給しております。役員賞与は業績連動しており、内規に従って、一定の調整を行った後の連結経常利益
        率に応じて定められている係数を、連結当期純利益に乗じた金額を役員賞与原資の総額とし、同じく内規に
        従って、寄与度・貢献度に応じた各役員への支給額を算定の上、取締役については取締役会、監査役について
        は監査役会の協議により決定されております。
     (5)  【株式の保有状況】

      ① 投資株式の区分の基準及び考え方
        当社は、保有目的が純投資目的である投資株式と純投資目的以外の目的である投資株式の区分について、純投
       資目的である投資株式とは、時価の変動により利益を得ることを目的として保有する株式とし、純投資目的以外
       の目的である投資株式とは、それ以外の目的で保有する株式(政策保有株式)としております。
                                 32/86




                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社パルグループホールディングス(E03387)
                                                            有価証券報告書
      ② 保有目的が純投資目的以外の目的である投資株式
       a.保有方針及び保有の合理性を検証する方法並びに個別銘柄の保有の適否に関する取締役会等における検証の
        内容
        当社は、政策保有株式について、中長期的な企業価値の向上のための経営戦略の一環として、また、取引先と
       の良好な関係を構築し、事業の円滑な推進を図るために必要と判断した場合に株式を保有する方針であります。
       政策保有株式については、毎年取締役会において保有目的の適切性や経済合理性を検証しております。その上で
       継続して保有する必要がないと判断した株式は売却を進める方針であります。
       b.銘柄数及び貸借対照表計上額

                             貸借対照表計上額の
                      銘柄数
                      (銘柄)
                              合計額(百万円)
         非上場株式                 1              0
         非上場株式以外の株式                 3             764
       (当事業年度において株式数が増加した銘柄)

         該当事項はありません。
       (当事業年度において株式数が減少した銘柄)

                            株式数の減少に係る売却
                      銘柄数
                            価額の合計額       (百万円)
                      (銘柄)
         非上場株式                 1              0
         非上場株式以外の株式                 -              -
       c.特定投資株式及びみなし保有株式の銘柄ごとの株式数、貸借対照表計上額等に関する情報

     特定投資株式

                   当事業年度         前事業年度
                                                      当社の株
                                      保有目的及び
                   株式数(株)         株式数(株)
          銘柄                             定量的な保有効果(注)                   式の保有
                  貸借対照表計上額         貸借対照表計上額
                                                       の有無
                    (百万円)         (百万円)
                                    店舗開発のノウハウに優れており、
                      225,000         225,000
                                    良好な関係を維持することで優良な
     住友不動産㈱                                                   有
                                    店舗の出店を実現していくため保有
                        758         936
                                    しているものです。
                                    安定的な資金調達や金融取引等の取
                       1,282         1,282
     ㈱三井住友フィナンシャ
                                    引関係を維持・構築するため保有し                    有
     ルグループ
                         ▶         5
                                    ているものです。
                                    安定的な資金調達や金融取引等の取
                       12,000         12,000
     ㈱みずほフィナンシャル
                                    引関係を維持・構築するため保有し                    有
     グループ
                         1         2
                                    ているものです。
    (注)定量的な保有効果に関しましては記載が困難でありますが、毎年取締役会において、保有目的の適切性や経済合
       理性を検証しております。
     みなし保有株式

      該当事項はありません。
      ③ 保有目的が純投資目的である投資株式

         該当事項はありません。
      ④ 当事業年度中に投資株式の保有目的を純投資目的から純投資目的以外の目的に変更したもの
         該当事項はありません。
      ⑤ 当事業年度中に投資株式の保有目的を純投資目的以外の目的から純投資目的に変更したもの
         該当事項はありません。
                                 33/86


                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社パルグループホールディングス(E03387)
                                                            有価証券報告書
    第5   【経理の状況】
    1 連結財務諸表及び財務諸表の作成方法について

      (1)当社の連結財務諸表は、「連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和51年大蔵省令第28号。

      以下、「連結財務諸表規則」という。)に基づいて作成しております。
       なお、当連結会計年度(2019年3月1日から2020年2月29日まで)の連結財務諸表に含まれる比較情報のうち、
      「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則等の一部を改正する内閣府令」(平成30年3月23日内閣府令第
      7号。以下「改正府令」という。)による改正後の連結財務諸表規則第15条の5第2項第2号及び同条第3項に係る
      ものについては、改正府令附則第3条第2項により、改正前の連結財務諸表規則に基づいて作成しております。
      (2)当社の財務諸表は、「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和38年大蔵省令第59号。以下

      「財務諸表等規則」という。)に基づいて作成しております。
       また、当社は、特例財務諸表提出会社に該当し、財務諸表等規則第127条の規定により財務諸表を作成しておりま
      す。
    2 監査証明について

       当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、連結会計年度(2019年3月1日から2020年2月29日
      まで)及び事業年度(2019年3月1日から2020年2月29日まで)の連結財務諸表及び財務諸表について、有限責任 あ
      ずさ監査法人により監査を受けております。
    3 連結財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組みについて

       当社は、連結財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組みを行っております。具体的には、会計基準等の
      内容を適切に把握し、連結財務諸表等に反映できる体制を整備するため、公益財団法人財務会計基準機構へ加入
      し、研鑽を重ねております。
                                 34/86











                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社パルグループホールディングス(E03387)
                                                            有価証券報告書
    1  【連結財務諸表等】
     (1)  【連結財務諸表】
      ①  【連結貸借対照表】
                                                  (単位:百万円)
                                 前連結会計年度              当連結会計年度
                                (2019年2月28日)              (2020年2月29日)
     資産の部
      流動資産
        現金及び預金                                45,633              52,727
        受取手形及び売掛金                                 5,623              6,435
        商品及び製品                                10,412               7,829
        原材料及び貯蔵品                                  26              18
        その他                                  871              830
                                          △ 0              -
        貸倒引当金
        流動資産合計                                62,566              67,842
      固定資産
        有形固定資産
         建物及び構築物(純額)                               6,234              6,022
         機械装置及び運搬具(純額)                                 ▶              3
         土地                                546              546
         リース資産(純額)                               1,138               972
                                          229              234
         その他(純額)
                                       ※1  8,153            ※1  7,780
         有形固定資産合計
        無形固定資産                                  808              690
        投資その他の資産
                                        ※5  962           ※5  2,769
         投資有価証券
                                      ※2  13,088            ※2  13,017
         差入保証金
         繰延税金資産                               1,694              2,308
                                        ※5  524            ※5  794
         その他
                                         △ 73             △ 247
         貸倒引当金
         投資その他の資産合計                               16,197              18,641
        固定資産合計                                25,159              27,112
      資産合計                                  87,726              94,954
                                 35/86









                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社パルグループホールディングス(E03387)
                                                            有価証券報告書
                                                  (単位:百万円)
                                 前連結会計年度              当連結会計年度
                                (2019年2月28日)              (2020年2月29日)
     負債の部
      流動負債
                                                    ※3  20,814
        支払手形及び買掛金                                16,867
        短期借入金                                 3,650              1,794
                                       ※2  3,945            ※2  4,698
        1年内返済予定の長期借入金
        未払費用                                 2,124              2,440
        未払法人税等                                 1,592               276
        賞与引当金                                 1,807              1,737
        役員賞与引当金                                  326              427
        返品調整引当金                                   0              0
        ポイント引当金                                  75              314
                                         2,969              3,500
        その他
        流動負債合計                                33,358              36,004
      固定負債
                                       ※2  8,685            ※2  8,515
        長期借入金
        退職給付に係る負債                                  901             1,046
        役員退職慰労引当金                                  131              134
        債務保証損失引当金                                  174               -
        長期未払金                                  98              49
        リース債務                                  960              762
        資産除去債務                                 1,690              1,743
        繰延税金負債                                  19               ▶
                                          66              65
        その他
        固定負債合計                                12,728              12,323
      負債合計                                  46,087              48,327
     純資産の部
      株主資本
        資本金                                 3,181              3,181
        資本剰余金                                 4,469              4,469
        利益剰余金                                35,811              40,969
                                        △ 2,088             △ 2,088
        自己株式
        株主資本合計                                41,373              46,531
      その他の包括利益累計額
        その他有価証券評価差額金                                  308              183
        為替換算調整勘定                                 △ 19             △ 22
        退職給付に係る調整累計額                                 △ 23             △ 65
        その他の包括利益累計額合計                                  265               96
      純資産合計                                  41,639              46,627
     負債純資産合計                                   87,726              94,954
                                 36/86






                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社パルグループホールディングス(E03387)
                                                            有価証券報告書
      ②  【連結損益計算書及び連結包括利益計算書】
        【連結損益計算書】
                                                  (単位:百万円)
                                 前連結会計年度              当連結会計年度
                                (自 2018年3月1日              (自 2019年3月1日
                                至 2019年2月28日)               至 2020年2月29日)
     売上高                                   130,474              132,163
                                      ※1  57,774            ※1  57,776
     売上原価
     売上総利益                                   72,700              74,386
     返品調整引当金繰入額                                     △ 0             △ 0
     差引売上総利益                                   72,700              74,386
     販売費及び一般管理費
      広告宣伝費及び販売促進費                                  2,828              3,073
      ポイント引当金繰入額                                    75              314
      運送費及び保管費                                  4,160              4,142
      貸倒引当金繰入額                                   △ 0             △ 0
      給料手当及び賞与                                  18,628              18,729
      賞与引当金繰入額                                  1,807              1,737
      役員賞与引当金繰入額                                   326              427
      退職給付費用                                   142              140
      役員退職慰労引当金繰入額                                    5              ▶
      福利厚生費                                  3,391              3,404
      賃借料                                  20,087              19,895
      リース料                                   118              143
                                        13,195              13,307
      その他
      販売費及び一般管理費合計                                  64,766              65,319
     営業利益                                    7,933              9,067
     営業外収益
      受取利息                                    1              1
      受取賃貸料                                    12              14
      持分法による投資利益                                    -             158
                                          80              75
      その他
      営業外収益合計                                    94              249
     営業外費用
      支払利息                                   125              112
      貸倒引当金繰入額                                    -              17
      債務保証損失引当金繰入額                                    14               -
      持分法による投資損失                                    13               -
                                          42              18
      その他
      営業外費用合計                                   195              148
     経常利益                                    7,832              9,168
     特別利益
                                        ※2  310
      固定資産売却益                                                   -
      受取補償金                                   198               -
                                          242               -
      移転補償金
      特別利益合計                                   751               -
                                 37/86





                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社パルグループホールディングス(E03387)
                                                            有価証券報告書
                                                  (単位:百万円)
                                 前連結会計年度              当連結会計年度
                                (自 2018年3月1日              (自 2019年3月1日
                                至 2019年2月28日)               至 2020年2月29日)
     特別損失
                                        ※3  266            ※3  162
      固定資産除却損
      リース解約損                                    3              3
                                        ※4  475            ※4  387
      減損損失
      関係会社株式売却損                                    -              10
                                          136               -
      災害による損失
      特別損失合計                                   882              564
     税金等調整前当期純利益                                    7,701              8,604
     法人税、住民税及び事業税
                                         3,070              2,134
                                         △ 129             △ 557
     法人税等調整額
     法人税等合計                                    2,941              1,576
     当期純利益                                    4,760              7,028
     親会社株主に帰属する当期純利益                                    4,760              7,028
                                 38/86















                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社パルグループホールディングス(E03387)
                                                            有価証券報告書
        【連結包括利益計算書】
                                                  (単位:百万円)
                                 前連結会計年度              当連結会計年度
                                (自 2018年3月1日              (自 2019年3月1日
                                至 2019年2月28日)               至 2020年2月29日)
     当期純利益                                    4,760              7,028
     その他の包括利益
      その他有価証券評価差額金                                    40             △ 124
      為替換算調整勘定                                   △ 8             △ 1
      退職給付に係る調整額                                    27             △ 42
                                          △ 5             △ 1
      持分法適用会社に対する持分相当額
                                         ※  53           ※  △  169
      その他の包括利益合計
     包括利益                                    4,814              6,858
     (内訳)
      親会社株主に係る包括利益                                  4,814              6,858
      非支配株主に係る包括利益                                    -              -
                                 39/86















                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社パルグループホールディングス(E03387)
                                                            有価証券報告書
      ③  【連結株主資本等変動計算書】
     前連結会計年度(自         2018年3月1日 至          2019年2月28日)
                                                 (単位:百万円)
                       株主資本                その他の包括利益累計額
                                    その他有価        退職給付に    その他の包
                                                     純資産合計
                                株主資本        為替換算
               資本金   資本剰余金    利益剰余金     自己株式        証券評価差        係る調整累    括利益累計
                                 合計       調整勘定
                                     額金        計額    額合計
     当期首残高           3,181    4,469    32,700    △ 2,088    38,263      267    △ 5   △ 50    211   38,475
     当期変動額
     剰余金の配当                  △ 1,649       △ 1,649                    △ 1,649
     親会社株主に帰属す
                         4,760        4,760                     4,760
     る当期純利益
     自己株式の取得                        △ 0   △ 0                    △ 0
     自己株式の処分                             -                     -
     株主資本以外の項目
     の当期変動額(純                                 40   △ 13    27    53    53
     額)
     当期変動額合計             -    -   3,110     △ 0  3,110      40   △ 13    27    53   3,164
     当期末残高           3,181    4,469    35,811    △ 2,088    41,373      308   △ 19   △ 23    265   41,639
                                 40/86














                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社パルグループホールディングス(E03387)
                                                            有価証券報告書
     当連結会計年度(自         2019年3月1日 至          2020年2月29日)
                                                 (単位:百万円)
                       株主資本                その他の包括利益累計額
                                    その他有価        退職給付に    その他の包
                                                     純資産合計
                                株主資本        為替換算
               資本金   資本剰余金    利益剰余金     自己株式        証券評価差        係る調整累    括利益累計
                                 合計       調整勘定
                                     額金        計額    額合計
     当期首残高           3,181    4,469    35,811    △ 2,088    41,373      308    △ 19   △ 23    265   41,639
     当期変動額
     剰余金の配当                  △ 1,869       △ 1,869                    △ 1,869
     親会社株主に帰属す
                         7,028        7,028                     7,028
     る当期純利益
     自己株式の取得                        △ 0   △ 0                    △ 0
     自己株式の処分                 0         0    0                     0
     株主資本以外の項目
     の当期変動額(純                                △ 124    △ 3   △ 42   △ 169   △ 169
     額)
     当期変動額合計             -    0   5,158     △ 0  5,157    △ 124    △ 3   △ 42   △ 169   4,988
     当期末残高           3,181    4,469    40,969    △ 2,088    46,531      183    △ 22   △ 65    96   46,627
                                 41/86















                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社パルグループホールディングス(E03387)
                                                            有価証券報告書
      ④  【連結キャッシュ・フロー計算書】
                                                  (単位:百万円)
                                 前連結会計年度              当連結会計年度
                                (自 2018年3月1日              (自 2019年3月1日
                                至 2019年2月28日)               至 2020年2月29日)
     営業活動によるキャッシュ・フロー
      税金等調整前当期純利益                                  7,701              8,604
      減価償却費                                  1,837              1,878
      減損損失                                   475              387
      貸倒引当金の増減額(△は減少)                                   △ 0             173
      受取利息及び受取配当金                                   △ 7             △ 9
      支払利息                                   125              112
      受取補償金                                  △ 198               -
      移転補償金                                  △ 242               -
      持分法による投資損益(△は益)                                    13             △ 158
      売上債権の増減額(△は増加)                                  △ 428             △ 812
      たな卸資産の増減額(△は増加)                                  △ 502             2,590
      仕入債務の増減額(△は減少)                                  2,234              3,859
      賞与引当金の増減額(△は減少)                                   284              △ 70
      役員退職慰労引当金の増減額(△は減少)                                    5              3
      役員賞与引当金の増減額(△は減少)                                   223              101
      退職給付に係る負債の増減額(△は減少)                                    96              87
      返品調整引当金の増減額(△は減少)                                   △ 0             △ 0
      債務保証損失引当金の増減額(△は減少)                                    14             △ 174
      ポイント引当金の増減額(△は減少)                                    58              238
      有形固定資産除却損                                   270              166
      固定資産売却損益(△は益)                                  △ 310               -
      関係会社株式売却損益(△は益)                                    -              10
      未払消費税等の増減額(△は減少)                                    97              887
                                          449              370
      その他
      小計                                  12,195              18,247
      利息及び配当金の受取額
                                           7              8
      利息の支払額                                  △ 124             △ 113
      役員退職慰労金の支払額                                    -             △ 2
      補償金の受取額                                   198              242
                                        △ 1,897             △ 3,677
      法人税等の支払額又は還付額(△は支払)
      営業活動によるキャッシュ・フロー                                  10,378              14,705
                                 42/86








                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社パルグループホールディングス(E03387)
                                                            有価証券報告書
                                                  (単位:百万円)
                                 前連結会計年度              当連結会計年度
                                (自 2018年3月1日              (自 2019年3月1日
                                至 2019年2月28日)               至 2020年2月29日)
     投資活動によるキャッシュ・フロー
      有形固定資産の取得による支出                                 △ 1,622             △ 1,148
      有形固定資産の売却による収入                                   552               -
      貸付けによる支出                                   △ 55             △ 300
      貸付金の回収による収入                                    -              55
      無形固定資産の取得による支出                                  △ 224             △ 230
      差入保証金の差入による支出                                  △ 912            △ 1,081
      差入保証金の回収による収入                                  1,330              1,150
      関係会社株式の取得による支出                                    -           △ 1,829
      資産除去債務の履行による支出                                  △ 210             △ 158
                                         △ 40              △ 0
      その他
      投資活動によるキャッシュ・フロー                                 △ 1,182             △ 3,543
     財務活動によるキャッシュ・フロー
      短期借入金の純増減額(△は減少)                                  △ 982            △ 1,856
      長期借入れによる収入                                  1,068              1,920
      長期借入金の返済による支出                                 △ 1,338             △ 1,337
      自己株式の取得による支出                                   △ 0             △ 0
      自己株式の売却による収入                                    -              0
      配当金の支払額                                 △ 1,649             △ 1,869
      割賦債務の返済による支出                                  △ 727             △ 388
                                         △ 661             △ 536
      ファイナンス・リース債務の返済による支出
      財務活動によるキャッシュ・フロー                                 △ 4,291             △ 4,068
     現金及び現金同等物の増減額(△は減少)                                    4,904              7,094
     現金及び現金同等物の期首残高                                   40,728              45,633
                                      ※1  45,633            ※1  52,727
     現金及び現金同等物の期末残高
                                 43/86











                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社パルグループホールディングス(E03387)
                                                            有価証券報告書
     【注記事項】
      (連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項)
    1 連結の範囲に関する事項
     (1)  連結子会社の数           10 社
       連結子会社の名称
        ㈱パル
        ㈱P.M.フロンティア
        ㈱インヴォークモード
        ㈱マグスタイル
        ㈱ナイスクラップ
        ㈱クレセントスタッフ
        ㈱バレリー
        PAL  HOLDINGS(SINGAPORE)PTE.LTD.
        ㈱倉敷スタイル
        帕璐(上海)商貿有限公司
         (注)前連結会計年度まで連結子会社であった㈱オリーブ・デ・オリーブは2019年3月1日付けで連結子
            会社の㈱ナイスクラップに吸収合併されました。
            また、前連結会計年度まで連結子会社であった英・インターナショナル㈱及びジェネラル㈱は、
            2019年9月1日付けで連結子会社の㈱パルに吸収合併されました。
     (2)  非連結子会社の数  1社
       非連結子会社の名称
        ㈱フリーゲート白浜
       連結の範囲から除いた理由
        ㈱フリーゲート白浜は小規模会社であり、総資産、売上高、当期純損益(持分に見合う額)及び利益剰余金
       (持分に見合う額)等は、いずれも連結財務諸表に重要な影響を及ぼしていないためであります。
    2 持分法の適用に関する事項

     (1)  持分法適用会社の数             3 社
       持分法適用関連会社の名称
        ㈱ノーリーズ
        NICECLAUP     H.K.   LTD.
        上海奈伊茜商貿有限公司
         (注)1.当社は2019年8月1日付けにて㈱ノーリーズの発行済株式のうち、1,758株(株式保有比率
              39.01%)を取得し、持分法適用関連会社としました。
            2.当社は、2020年1月22日付けにて前連結会計年度まで持分法適用関連会社であった㈱クークロ
              ワッサンの保有株式全株を売却し、持分法の適用から除外いたしました。
     (2)  持分法を適用しない非連結子会社及び関連会社等の名称
        ㈱フリーゲート白浜
        ㈲リミックス
        Cubic Effect Manegement㈱
       持分法を適用しない理由
        ㈱フリーゲート白浜、㈲リミックス及びCubic                      Effect    Management㈱は、何れも当期純損益(持分に見合う
       額)及び利益剰余金(持分に見合う額)等に及ぼす影響が軽微であり、かつ全体としても重要性がないため、持
       分法の適用から除外しております。
     (3)  持分法の適用の手続について特に記載する必要があると認められる事項
        持分法適用会社のうち、決算日が異なる会社については、当該会社の直近の四半期決算を基にした仮決算に
       より作成した財務諸表を使用しております。
    3 連結子会社の事業年度等に関する事項

       帕璐(上海)商貿有限公司の決算日は12月31日であり、連結決算日と一致しておりません。
                                 44/86


                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社パルグループホールディングス(E03387)
                                                            有価証券報告書
       連結財務諸表の作成にあたっては、同日現在の財務諸表を使用し、連結決算日との間に生じた重要な取引
      については、連結上必要な調整を行っております。
    4 会計方針に関する事項

     (1)  重要な資産の評価基準及び評価方法
      イ 有価証券
        その他有価証券
         時価のあるもの
          連結会計年度末日の市場価格等に基づく時価法(評価差額は全部純資産直入法により処理し、売却原価
          は移動平均法により算定)
         時価のないもの
          移動平均法による原価法
      ロ たな卸資産
        主として移動平均法による原価法(貸借対照表価額は収益性の低下に基づく簿価切下げの方法により算定)
     (2)  重要な減価償却資産の減価償却の方法
      イ 有形固定資産(リース資産を除く)
        定率法
        ただし、建物(建物附属設備を除く)並びに2016年4月1日以降に取得した建物附属設備及び構築物について
        は定額法
      ロ 無形固定資産(リース資産を除く)
        定額法
        なお、自社利用のソフトウエアについては社内における見込利用可能期間(5年)に基づく定額法
      ハ リース資産
         所有権移転外ファイナンス・リース取引に係るリース資産については、リース期間を耐用年数とし、残存
        価額を零とする定額法を採用しております。
     (3)  重要な引当金の計上基準
      イ 貸倒引当金
         債権の貸倒れによる損失に備えるため、一般債権については貸倒実績率により、貸倒懸念債権等特定の債
        権については個別に回収の可能性を検討し、回収不能見込額を計上しております。
      ロ 賞与引当金
         従業員及び執行役員に対する賞与の支給に備えるため、当連結会計年度の負担すべき支給見込額を計上し
        ております。
      ハ 役員賞与引当金
         役員に対する賞与の支給に備えるため、当連結会計年度の負担すべき支給見込額を計上しております。
      ニ 返品調整引当金
         販売した製品の返品による損失に備えるため、法人税法の繰入限度相当額を計上しております。
      ホ ポイント引当金
         将来のポイント使用による費用負担に備えるため、当連結会計年度末において、翌連結会計年度以降に発
        生すると見込まれる額を計上しております。
      ヘ 債務保証損失引当金
         関係会社への債務保証に係る損失に備えるため、被保証者の財政状態等を勘案し、損失負担見込額を計上
        しております。
      ト 役員退職慰労引当金
         役員の退職に備え、内規に基づく期末要支給額を計上しております。
                                 45/86




                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社パルグループホールディングス(E03387)
                                                            有価証券報告書
     (4)  退職給付に係る会計処理の方法
      ①退職給付見込額の期間帰属方法
       退職給付債務の算定にあたり、退職給付見込額を当連結会計年度末までの期間に帰属させる方法について
       は、給付算定式基準によっております。   
      ②数理計算上の差異の費用処理方法
       数理計算上の差異は、各連結会計年度の発生時における従業員の平均残存勤務期間以内の一定の年数(5年)
       による定額法により按分した額をそれぞれ発生の翌連結会計年度から費用処理することとしております。
      ③小規模企業等における簡便法の採用
       一部の連結子会社は、退職給付に係る負債及び退職給付費用の計算に、退職給付に係る期末自己都合要支給
       額等を退職給付債務とする方法を用いた簡便法を適用しております。
     (5)  のれんの償却方法及び期間
        のれんの償却については、5年間の均等償却を行っております。
     (6)  連結キャッシュ・フロー計算書における資金の範囲
        連結キャッシュ・フロー計算書における資金(現金及び現金同等物)は、手許現金、随時引き出し可能な預金
       及び容易に換金可能であり、かつ、価値の変動について僅少なリスクしか負わない取得日から3ヶ月以内に償
       還期限の到来する短期投資からなっております。
     (7)  その他連結財務諸表作成のための重要な事項
       消費税等の会計処理方法
        税抜方式によっております。
      (未適用の会計基準等)

     ・「収益認識に関する会計基準」(企業会計基準第29号                          平成30年3月30日)
     ・「収益認識に関する会計基準の適用指針」(企業会計基準適用指針第30号                                   平成30年3月30日)
      (1)  概要

      収益認識に関する包括的な会計基準であります。収益は、次の5つのステップを適用し認識されます。
      ステップ1:顧客との契約を識別する。
      ステップ2:契約における履行義務を識別する。
      ステップ3:取引価格を算定する。
      ステップ4:契約における履行義務に取引価格を配分する。
      ステップ5:履行義務を充足した時に又は充足するにつれて収益を認識する。
      (2)  適用予定日

       2023年2月期の期首より適用予定であります。
      (3)  当該会計基準等の適用による影響

      影響額は、当連結財務諸表の作成時において評価中であります。
      (表示方法の変更)

     (「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」の適用に伴う変更)
        「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正(企業会計基準第28号                               平成30年2月16日)を当連結会計年度の期
       首から適用し、繰延税金資産は投資その他の資産の区分に表示し、繰延税金負債は固定負債の区分に表示する
       方法に変更しました。
        この結果、前連結会計年度の連結貸借対照表において、「流動資産」の「繰延税金資産」943百万円は、「投
       資その他の資産」の「繰延税金資産」1,694百万円に含めて表示しております。
        なお、同一の納税主体で「繰延税金資産」と「繰延税金負債」を相殺した影響により、前連結会計年度の総
       資産が9百万円減少しております。
        また、税効果会計関係注記において、税効果会計基準一部改正第3項から第5項に定める「税効果会計に係
       る会計基準」注解(注8)(評価性引当額の合計額を除く。)及び同注解(注9)に記載された内容を追加しており
       ます。ただし、当該内容のうち前連結会計年度に係る内容については、税効果会計基準一部改正第7項に定め
       る経過的な取扱いに従って記載しておりません。
                                 46/86



                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社パルグループホールディングス(E03387)
                                                            有価証券報告書
      (連結貸借対照表関係)
     ※1 有形固定資産の減価償却累計額
                             前連結会計年度                 当連結会計年度
                            ( 2019年2月28日       )         ( 2020年2月29日       )
        有形固定資産の減価償却累計額                        8,447   百万円              8,380   百万円
     ※2 担保資産及び担保付債務

       担保に供している資産及び担保付債務は次のとおりであります。
                             前連結会計年度                 当連結会計年度
                            ( 2019年2月28日       )         ( 2020年2月29日       )
        差入保証金                        5,487   百万円              4,650   百万円
                             前連結会計年度                 当連結会計年度

                            ( 2019年2月28日       )         ( 2020年2月29日       )
        1年内返済予定の長期借入金                       1,907   百万円              1,998   百万円
        長期借入金                       3,456    〃              2,473    〃
        計                       5,363   百万円              4,472   百万円
     ※3 期末日満期手形の会計処理については、手形交換日をもって決済処理しております。

       なお、連結会計年度末日が金融機関の休日であったため、次の期末日満期手形が期末残高に含まれております。
                             前連結会計年度                 当連結会計年度
                            ( 2019年2月28日       )         ( 2020年2月29日       )
          支払手形                           -百万円               2,099百万円
     4   保証債務

       関係会社の借入金に対し、次のとおり債務保証を行っております。
                             前連結会計年度                 当連結会計年度
                            ( 2019年2月28日       )         ( 2020年2月29日       )
          ㈱フリーゲート白浜                          126百万円                 -百万円
     ※5 非連結子会社及び関連会社に対するものは次の通りであります。

                             前連結会計年度                 当連結会計年度
                            ( 2019年2月28日       )         ( 2020年2月29日       )
        投資有価証券(株式)                         18百万円               2,004百万円
        その他(出資金)                         40百万円                 31百万円
                                 47/86









                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社パルグループホールディングス(E03387)
                                                            有価証券報告書
      (連結損益計算書関係)
     
      ります。
                             前連結会計年度                 当連結会計年度
                           (自    2018年3月1日              (自    2019年3月1日
                            至   2019年2月28日       )       至   2020年2月29日       )
                                347  百万円               364  百万円
     ※2 固定資産売却益の内容は、次のとおりであります。

                             前連結会計年度                 当連結会計年度
                           (自    2018年3月1日              (自    2019年3月1日
                            至   2019年2月28日       )       至   2020年2月29日       )
        土地                        310百万円                 -百万円
     ※3    固定資産除却損の内容は、次のとおりであります。

                             前連結会計年度                 当連結会計年度

                           (自    2018年3月1日              (自    2019年3月1日
                            至   2019年2月28日       )       至   2020年2月29日       )
        建物                        238百万円                 138百万円
                                 28   〃               23   〃
        その他
        計                        266百万円                 162百万円
     ※4 減損損失

       前連結会計年度(自           2018年3月1日        至    2019年2月28日       )
               用途                 種類               金額(百万円)
                         建物                               393
                         器具備品                               21
        店舗
                         リース資産                               42
                         その他                               17
        資産を用途により事業用資産、遊休資産、売却予定資産に分類しております。
        事業用資産については、管理会計上の区分を基礎として、原則として店舗毎に個別物件単位に基づきグルー
       プ化しております。 
        事業用資産のうち、収益性の低下している資産グループについて、帳簿価額を回収可能価額まで減額し減損
       損失を認識しております。
        なお、当資産グループの回収可能価額は使用価値により算定しており、将来キャッシュ・フローに基づく使
       用価値がマイナスであるため、回収可能価額を零として評価しております。
       当連結会計年度(自           2019年3月1日        至    2020年2月29日       ) 

               用途                 種類               金額(百万円)
                         建物                               334
                         器具備品                               10
        店舗
                         リース資産                               30
                         その他                               13
        資産を用途により事業用資産、遊休資産、売却予定資産に分類しております。
        事業用資産については、管理会計上の区分を基礎として、原則として店舗毎に個別物件単位に基づきグルー
       プ化しております。 
        事業用資産のうち、収益性の低下している資産グループについて、帳簿価額を回収可能価額まで減額し減損
       損失を認識しております。
        なお、当資産グループの回収可能価額は使用価値により算定しており、将来キャッシュ・フローに基づく使
       用価値がマイナスであるため、回収可能価額を零として評価しております。
                                 48/86




                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社パルグループホールディングス(E03387)
                                                            有価証券報告書
      (連結包括利益計算書関係)
     ※ その他の包括利益に係る組替調整額及び税効果額
                             前連結会計年度                 当連結会計年度
                           (自    2018年3月1日              (自    2019年3月1日
                            至   2019年2月28日       )       至   2020年2月29日       )
        その他有価証券評価差額金
         当期発生額
                                 57百万円               △179百万円
         組替調整額
                                 - 〃                  - 〃
          税効果調整前
                                 57百万円               △179百万円
                                                  54   〃
          税効果額                      △17 〃
          その他有価証券評価差額金
                                 40百万円               △124百万円
        為替換算調整勘定
         当期発生額
                                △8百万円                 △1百万円
        退職給付に係る調整額
         当期発生額
                                 27百万円                △65百万円
         組替調整額
                                 11 〃                  7 〃
          税効果調整前
                                 38百万円                △58百万円
          税効果額                      △10 〃                  16   〃
          退職給付に係る調整額                         27百万円                △42百万円
        持分法適用会社に対する
        持分相当額
         当期発生額                       △5百万円                 △1百万円
             その他の包括利益合計                    53百万円               △169百万円
      (連結株主資本等変動計算書関係)

        前連結会計年度(自           2018年3月1日        至    2019年2月28日       )
    1.発行済株式に関する事項
            株式の種類       当連結会計年度期首             増加         減少       当連結会計年度末
           普通株式(千株)               23,136           -         -         23,136

    2.自己株式に関する事項

            株式の種類       当連結会計年度期首             増加         減少       当連結会計年度末
           普通株式(千株)               1,137           0        -          1,137

         (変動事由の概要)
          増加数の主な内訳は、次の通りであります。
           単元未満株式の買取りによる増加                                0千株
    3.新株予約権等に関する事項

          該当事項はありません。
    4.配当に関する事項

        (1)配当金支払額
                                 1株当たり
                           配当金総額
              決議      株式の種類               配当額        基準日        効力発生日
                           (百万円)
                                   (円)
           2018年5月23日
                     普通株式         1,649        75   2018年2月28日         2018年5月24日
            定時株主総会
                                 49/86



                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社パルグループホールディングス(E03387)
                                                            有価証券報告書
        (2)基準日が当連結会計年度に属する配当のうち、配当の効力発生日が翌連結会計年度となるもの
                                    1株当たり
                              配当金総額
              決議     株式の種類      配当の原資            配当額       基準日       効力発生日
                               (百万円)
                                     (円)
           2019年5月29日
                   普通株式     利益剰余金        1,869       85  2019年2月28日        2019年5月30日
           定時株主総会
        当連結会計年度(自           2019年3月1日        至    2020年2月29日       )

    1.発行済株式に関する事項
            株式の種類       当連結会計年度期首             増加         減少       当連結会計年度末
           普通株式(千株)               23,136           -         -         23,136

         (注)当社は2020年3月1日付けで普通株式1株につき2株の割合で株式分割を行っておりますが、
             当該注記に記載している事項は株式分割前の株式数を記載しております。
    2.自己株式に関する事項

            株式の種類       当連結会計年度期首             増加         減少       当連結会計年度末
           普通株式(千株)               1,137           0         0         1,137

         (変動事由の概要)
          増加数の主な内訳は、次の通りであります。
            単元未満株式の買取りによる増加        0千株
          減少数の主な内訳は、次の通りであります。
            単元未満株式の買増請求による減少       0千株
         (注)当社は2020年3月1日付けで普通株式1株につき2株の割合で株式分割を行っておりますが、

             当該注記に記載している事項は株式分割前の株式数を記載しております。
    3.新株予約権等に関する事項

          該当事項はありません。
    4.配当に関する事項

        (1)配当金支払額
                                 1株当たり
                           配当金総額
              決議      株式の種類               配当額        基準日        効力発生日
                           (百万円)
                                   (円)
           2019年5月29日
                     普通株式         1,869        85   2019年2月28日         2019年5月30日
            定時株主総会
        (2)基準日が当連結会計年度に属する配当のうち、配当の効力発生日が翌連結会計年度となるもの
                                    1株当たり
                              配当金総額
              決議     株式の種類      配当の原資            配当額       基準日       効力発生日
                               (百万円)
                                     (円)
           2020年5月27日
                   普通株式     利益剰余金        2,199      100   2020年2月29日        2020年5月28日
           定時株主総会
         (注)当社は2020年3月1日付けで普通株式1株につき2株の割合で株式分割を行っております。
             「1株当たり配当額」につきましては、当該株式分割前の金額を記載しております。
                                 50/86





                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社パルグループホールディングス(E03387)
                                                            有価証券報告書
      (連結キャッシュ・フロー計算書関係)
     ※1 現金及び現金同等物の期末残高と連結貸借対照表に掲記されている科目の金額との関係
                             前連結会計年度                 当連結会計年度
                           (自    2018年3月1日              (自    2019年3月1日
                            至   2019年2月28日       )       至   2020年2月29日       )
        現金及び預金勘定                       45,633百万円                 52,727百万円
        現金及び現金同等物                       45,633百万円                 52,727百万円
     2 重要な非資金取引の内容

       (前連結会計年度)
        当連結会計年度に新たに計上した資産除去債務の額は134百万円であります。
       (当連結会計年度)

        当連結会計年度に新たに計上した資産除去債務の額は129百万円であります。
                                 51/86
















                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社パルグループホールディングス(E03387)
                                                            有価証券報告書
      (金融商品関係)
       (1)金融商品の状況に関する事項
         ①金融商品に対する取組方針
           当社グループは、資金運用については安全性の高い金融資産で運用し、必要資金については概ね自己
          資金を充てておりますが、一部銀行借入により調達しております。
         ②金融商品の内容及び当該金融商品に係るリスク並びにリスク管理体制 
           営業債権である受取手形及び売掛金は、顧客の信用リスクに晒されております。当該リスクに関して
          は、取引先毎に期日管理及び残高管理を行うとともに、必要に応じ取引先の信用状況を随時把握する体
          制としております。 
           投資有価証券は、取引先企業及び関連企業の株式であり、それぞれ投資先の事業リスクに晒されてお
          ります。当該リスクに関しては、定期的に財務状況を把握しております。
           差入保証金は、主に店舗の出店による賃貸借契約に基づくものであり、差入先の信用リスクに晒され
          ております。当該リスクに関しては、契約締結に際し差入先の信用状況を把握するとともに、信用状態
          が危惧される状況になった際には、速やかに回収を図ることに努めております。
           営業債務である支払手形及び買掛金は、1年以内の支払期日となっております。
           借入金は、全て銀行からの借入金であり、金利の変動リスクに晒されております。当該リスクに関し
          ては、市場金利の動向に注視し銀行との交渉に当たっております。
        ③金融商品の時価等に関する事項についての補足説明 
           金融商品の時価には、市場価格に基づく価額のほか、市場価格がない場合には合理的に算定された価
          額が含まれております。当該価額の算定においては変動要因を織り込んでいるため、異なる前提条件を
          採用することにより、当該価額が変動することがあります。
                                 52/86













                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社パルグループホールディングス(E03387)
                                                            有価証券報告書
       (2)金融商品の時価等に関する事項
        前連結会計年度(        2019年2月28日       )
                      連結貸借対照表計上額                            差額
                                    時価(百万円)
                         (百万円)                        (百万円)
      ①   現金及び預金
                              45,633            45,633              -
      ②   受取手形及び売掛金

                              5,623            5,623              -
      ③   投資有価証券

                               944            944             -
      ④   差入保証金

                              13,088            12,924             △164
           資産計                   65,289            65,125             △164

      ①   支払手形及び買掛金

                              16,867            16,867              -
      ②   短期借入金

                              3,650            3,650              -
      ③   長期借入金                       12,631            12,631              -

           負債計                   33,148            33,148              -

        当連結会計年度(        2020年2月29日       )

                      連結貸借対照表計上額                            差額
                                    時価(百万円)
                         (百万円)                        (百万円)
      ①   現金及び預金
                              52,727            52,727              -
      ②   受取手形及び売掛金

                              6,435            6,435              -
      ③   投資有価証券

                               764            764             -
      ④   差入保証金

                              13,017            12,890             △126
           資産計                   72,945            72,818             △126

      ①   支払手形及び買掛金

                              20,814            20,814              -
      ②   短期借入金

                              1,794            1,794              -
      ③   長期借入金

                              13,214            13,214              -
           負債計                   35,822            35,822              -

     (注)   1.  金融商品の時価の算定方法並びに有価証券に関する事項
         資産
         ⅰ  ①現金及び預金、②受取手形及び売掛金
           これらは短期間で決済されるため、時価は帳簿価額にほぼ等しいことから、当該帳簿価額によってお
           ります。
         ⅱ  ③投資有価証券
           市場価格または取引先金融機関から提示された価格を時価としております。
         ⅲ  ④差入保証金
           差入保証金の時価については、信用リスクが僅少であるため回収予定価額を回収見積り期間に対応す
           る安全債券の利率で割引いて算出する方法によっております。
         負債
         ⅰ  ①支払手形及び買掛金、②短期借入金
           これらは短期間で決済されるため、時価は帳簿価額にほぼ等しいことから、当該帳簿価額によってお
           ります。
                                 53/86


                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社パルグループホールディングス(E03387)
                                                            有価証券報告書
         ⅱ  ③長期借入金
           変動金利による借入であり、短期間で市場金利を反映するため、時価は帳簿価額に近似していると考
           えられることから、当該帳簿価額によっております。
       2.  時価を把握することが極めて困難と認められる金融商品の連結貸借対照表計上額
                                                   (単位:百万円)
        区分        2019年2月28日          2020年2月29日                    備考
                                   市場価格がなく、時価を把握することが極めて困難
     非上場株式                  18        2,004    と認められることから、資産「③投資有価証券」に
                                   は含めておりません。
       (表示方法の変更)

          前連結会計年度において記載していた「長期未払金」は、金額的重要性が乏しくなったため、当連結会
         計年度より記載を省略しております。この表示方法の変更を反映させるため、前連結会計年度についても
         記載を省略しております。なお、前連結会計年度の「長期未払金」の連結貸借対照表計上額は、474百万円
         であります。
       3.  金銭債権及び有価証券のうち満期のあるものの連結決算日後の償還予定額

        前連結会計年度(        2019年2月28日       )
                               1年以内      1年超5年以内       5年超10年以内         10年超
                               (百万円)       (百万円)       (百万円)       (百万円)
      ①   現金及び預金
                                 45,633         -       -        -
      ②   受取手形及び売掛金
                                  5,623         -       -       -
      ③   差入保証金
                                  4,291       3,427       5,352         17
                合計                 55,548        3,427       5,352         17
        当連結会計年度(        2020年2月29日       )

                               1年以内      1年超5年以内       5年超10年以内         10年超
                               (百万円)       (百万円)       (百万円)       (百万円)
      ①   現金及び預金
                                 52,727          -        -       -
      ②   受取手形及び売掛金
                                  6,435         -       -       -
      ③   差入保証金
                                  4,446       3,936       4,634         -
                合計                 63,609        3,936       4,634         -
       4.  短期借入金及び長期借入金の連結決算日後の返済予定額

        前連結会計年度(        2019年2月28日       )
                               1年以内      1年超5年以内       5年超10年以内         10年超
                               (百万円)       (百万円)       (百万円)       (百万円)
      ①   短期借入金
                                  3,650         -       -       -
      ②   長期借入金
                                  3,945       8,676         8       -
                合計                  7,595       8,676         8       -
        当連結会計年度(        2020年2月29日       )

                               1年以内      1年超5年以内       5年超10年以内         10年超
                               (百万円)       (百万円)       (百万円)       (百万円)
      ①   短期借入金
                                  1,794         -       -       -
      ②   長期借入金
                                  4,698       8,476         39       -
                合計                  6,492       8,476         39       -
                                 54/86



                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社パルグループホールディングス(E03387)
                                                            有価証券報告書
      (有価証券関係)
     その他有価証券
       前連結会計年度(        2019年2月28日       )
                      連結貸借対照表計上額               取得原価             差額
            区分
                          (百万円)            (百万円)            (百万円)
     連結貸借対照表計上額が取得原価を
     超えるもの
      ①   株式
                               939            498            440
      ②   債券
                                -            -            -
      ③   その他
                                -            -            -
            小計                    939            498            440
     連結貸借対照表計上額が取得原価を
     超えないもの
      ①   株式
                                5            6           △1
      ②   債券
                                -            -            -
      ③   その他
                                -            -            -
            小計                     5            6           △1
            合計                    944            504            439
     (注)   1 表中の「取得原価」は減損処理後の帳簿価額であります。
        2 連結会計年度末日における時価が取得価額に比べ50%以上下落した場合には全て減損処理を行っておりま
          す。
       当連結会計年度(        2020年2月29日       )

                      連結貸借対照表計上額               取得原価             差額
            区分
                          (百万円)            (百万円)            (百万円)
     連結貸借対照表計上額が取得原価を
     超えるもの
      ①   株式
                               760            498            261
      ②   債券
                                -            -            -
      ③   その他
                                -            -            -
            小計                    760            498            261
     連結貸借対照表計上額が取得原価を
     超えないもの
      ①   株式
                                ▶            6           △1
      ②   債券
                                -            -
      ③   その他
                                -            -
            小計                     ▶            6           △1
            合計                    764            504            260
     (注)   1 表中の「取得原価」は減損処理後の帳簿価額であります。
        2 連結会計年度末日における時価が取得価額に比べ50%以上下落した場合には全て減損処理を行っておりま
          す。
                                 55/86






                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社パルグループホールディングス(E03387)
                                                            有価証券報告書
      (退職給付関係)

    1.採用している退職給付制度の概要
      当社及び一部の連結子会社は、退職一時金制度を設けております。また、一部の連結子会社は特定退職金共済制
     度に加入しております。なお、一部の連結子会社は退職給付に係る負債及び退職給付費用の算定に当たり簡便法を
     採用しております。
    2.確定給付制度

     (1)  退職給付債務の期首残高と期末残高の調整表
                                                  (単位:百万円)
                                 前連結会計年度              当連結会計年度
                                (自    2018年3月1日           (自    2019年3月1日
                                至    2019年2月28日       )     至    2020年2月29日       )
     退職給付債務の期首残高                                     843              901
      勤務費用                                     125              126
      利息費用                                      5              5
      数理計算上の差異の発生額                                     △27               65
      退職給付の支払額                                     △46              △53
     退職給付債務の期末残高                                     901             1,046
     (注)退職給付債務は特定退職金共済制度により支給される額の前連結会計年度末残高1百万円及び当連結会計年
        度末残高1百万円を控除しております。また、簡便法を適用した制度を含んでおります。
     (2)  退職給付債務の期末残高と連結貸借対照表に計上された退職給付に係る負債の調整表

                                                  (単位:百万円)
                                 前連結会計年度              当連結会計年度
                                 ( 2019年2月28日       )      ( 2020年2月29日       )
     非積立型制度の退職給付債務                                     901             1,046
     連結貸借対照表に計上された負債と資産の純額                                     901             1,046
     退職給付に係る負債                                     901             1,046

     連結貸借対照表に計上された負債と資産の純額                                     901             1,046
      (注)退職給付債務は特定退職金共済制度により支給される額の前連結会計年度末残高1百万円及び当連結会計年
         度末残高1百万円を控除しております。また、簡便法を適用した制度を含んでおります。
                                 56/86










                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社パルグループホールディングス(E03387)
                                                            有価証券報告書
     (3)  退職給付費用及びその内訳項目の金額
                                                 (単位:百万円)
                                 前連結会計年度              当連結会計年度
                                (自    2018年3月1日           (自    2019年3月1日
                                至    2019年2月28日       )     至    2020年2月29日       )
     勤務費用                                     125              126
     利息費用                                      5              5
     数理計算上の差異の費用処理額                                      11              7
     確定給付制度に係る退職給付費用                                     142              140
       (注)簡便法を適用した制度を含んでおります。
     (4)  退職給付に係る調整額

       退職給付に係る調整額に計上した項目(税効果控除前)の内訳は次のとおりであります。
                                                 (単位:百万円)
                                 前連結会計年度              当連結会計年度
                                (自    2018年3月1日           (自    2019年3月1日
                                至    2019年2月28日       )     至    2020年2月29日       )
     数理計算上の差異                                      38             △58
     合計                                      38             △58
     (5)  退職給付に係る調整累計額

       退職給付に係る調整累計額に計上した項目(税効果控除前)の内訳は次のとおりであります。
                                                 (単位:百万円)

                                 前連結会計年度              当連結会計年度
                                 ( 2019年2月28日       )      ( 2020年2月29日       )
     未認識数理計算上の差異                                      9            △49
     合計                                      9            △49
     (6)  数理計算上の計算基礎に関する事項

       主要な数理計算上の計算基礎
                                 前連結会計年度              当連結会計年度
                                (自    2018年3月1日           (自    2019年3月1日
                                至    2019年2月28日       )     至    2020年2月29日       )
     割引率                                     0.7%              0.7%
                                 57/86










                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社パルグループホールディングス(E03387)
                                                            有価証券報告書
      (税効果会計関係)
    1 繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別の内訳
                                                    (単位:百万円)
                               前連結会計年度                 当連結会計年度
                              ( 2019年2月28日       )         ( 2020年2月29日       )
        繰延税金資産
         賞与引当金                          524                 483
         未払事業税                          149                 43
         法定福利費                           81                 81
         未払事業所税                           35                 19
         商品評価損                          123                 111
         役員退職慰労引当金                           44                 45
         退職給付に係る負債                          293                 352
         貸倒引当金                           22                100
         債務保証損失引当金                           53                 -
         減損損失                          378                 362
         資産除去債務                          604                 617
         繰越欠損金                         1,837                  627
         有価証券評価損                           41                 35
         減価償却費                           13                 16
         固定資産売却未実現損益                           39                 39
                                  170                 266
         その他
          繰延税金資産小計
                                 4,411                 3,204
                                △2,365                  △605
         評価性引当額(注)
          繰延税金資産合計                         2,046                 2,599
        繰延税金負債

         資産除去債務に対応する除去費用                         218                 197
         負債調整勘定                          -                 14
                                  134                 79
         その他有価証券評価差額金
          繰延税金負債合計                          352                 291
        差引繰延税金資産純額                         1,694                 2,308

        繰延税金負債

         資産除去債務に対応する除去費用                          -                 ▶
                                   19                 -
         負債調整勘定
        繰延税金負債合計                           19                 ▶
        (注)評価性引当額が1,760百万円減少しております。この減少の主な内容は、英・インターナショナル㈱及び

           ジェネラル㈱が㈱パルに吸収合併されたことに伴い、税務上の繰越欠損金のスケジューリングが可能に
           なったことによるものです。
                                 58/86







                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社パルグループホールディングス(E03387)
                                                            有価証券報告書
    2 法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との間に重要な差異があるときの、当該差異の原因となった

     主要な項目別の内訳
                               前連結会計年度                 当連結会計年度
                              ( 2019年2月28日       )         ( 2020年2月29日       )
        法定実効税率                            30.8%                 30.6%
        (調整)
        住民税均等割                            1.0                 0.9
        役員賞与等損金不算入                            2.4                 2.6
        評価性引当額増減額                            1.0               △18.6
        親会社との税率差異                            2.5                 2.3
                                    0.5                 0.5
        その他
         税効果会計適用後の法人税等の
                                    38.2                 18.3
         負担率
      (資産除去債務関係)

       資産除去債務のうち連結貸借対照表に計上しているもの
      1 当該資産除去債務の概要
        店舗等の不動産賃貸借契約に伴う原状回復義務であります。
      2 当該資産除去債務の金額の算定方法
        使用見込期間を6年~15年と見積り、割引率は0.2%~1.8%を使用して資産除去債務の金額を算定しておりま
       す。
      3 当該資産除去債務の総額の増減
                                                   (単位:百万円)
                               前連結会計年度                 当連結会計年度
                             (自    2018年3月1日              (自    2019年3月1日
                              至   2019年2月28日       )       至   2020年2月29日       )
        期首残高                         1,801                 1,781
        有形固定資産の取得に伴う増加額                          134                 129
        時の経過による調整額                           9                 8
                                 △164                 △90
        資産除去債務の履行による減少額
        期末残高
                                 1,781                 1,829
                                 59/86










                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社パルグループホールディングス(E03387)
                                                            有価証券報告書
      (セグメント情報等)
     【セグメント情報】
    1   報告セグメントの概要
      当社グループでは、衣料品販売を主たる事業とし、雑貨販売も展開しており、それぞれ包括的な戦略を立案し、事
     業活動を展開しております。
      当社グループは業態別のセグメントから構成されており、商品形態及び経済的特徴を考慮した上で集約し、「衣料
     事業」及び「雑貨事業」の2つを報告セグメントとしております。これらは、各々について分離された財務情報が入
     手可能であり、取締役会が経営資源の配分の決定及び業績を評価するために、定期的に検討を行う対象となっている
     ものです。
      「衣料事業」は、衣料品等の小売(仕入販売)及び製造販売を行っております。「雑貨事業」は、日用雑貨品等の小
     売(仕入販売)を行っております。
    2   報告セグメントごとの売上高、利益又は損失、資産、負債その他の項目の金額の算定方法
      報告されている事業セグメントの会計処理の方法は、「連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項」におけ
     る記載と概ね同一であります。セグメント内の内部収益及び振替高は市場価格に基づいております。
      なお、当社では報告セグメントに資産及び負債を配分しておりません。
    3  報告セグメントごとの売上高、利益又は損失、資産、負債その他の項目の金額に関する情報

      前連結会計年度(自           2018年3月1日        至   2019年2月28日       )
                                                  (単位:百万円)
                                                     連結財務
                        報告セグメント
                                     その他           調整額
                                                     諸表計上額
                                           合計
                                     (注)1           (注)2
                    衣料事業      雑貨事業       計
                                                      (注)3
     売上高

       外部顧客への売上高                 96,139      34,231     130,371       103    130,474        -   130,474

       セグメント間の内部売上高
                        -      -     -     176      176    △ 176      -
       又は振替高
           計          96,139      34,231     130,371       279    130,650      △ 176    130,474
     セグメント利益又は損失(△)                 6,311      1,565     7,877       21    7,899       34    7,933

     その他の項目

      減価償却費                 1,329       507    1,836       0    1,837       -    1,837

       のれん償却額                   18      -     18     -      18     -      18

     (注) 1.「その他」に含まれる事業は、人材派遣業等であります。
         2.調整額は、すべてセグメント間取引消去によるものです。
         3.セグメント利益又は損失は、連結損益計算書の営業利益と調整を行っております。
                                 60/86







                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社パルグループホールディングス(E03387)
                                                            有価証券報告書
      当連結会計年度(自           2019年3月1日        至   2020年2月29日       )
                                                  (単位:百万円)
                                                    連結財務諸
                       報告セグメント
                                    その他           調整額
                                                     表計上額
                                           合計
                                    (注)1           (注)2
                    衣料事業     雑貨事業       計
                                                     (注)3
     売上高

       外部顧客への売上高                97,102      34,968     132,070        92   132,163        -   132,163

       セグメント間の内部売上高
                       -      -     -     172      172    △ 172      -
       又は振替高
           計          97,102      34,968     132,070       265    132,335      △ 172    132,163
     セグメント利益又は損失
                      6,701      2,329     9,031       1    9,032       34    9,067
     (△)
     その他の項目
      減価償却費                 1,368       509    1,877       1    1,878       -    1,878

       のれん償却額                   18      -     18     -      18     -      18

     (注) 1.「その他」に含まれる事業は、人材派遣業等であります。
         2.調整額は、すべてセグメント間取引消去によるものです。
         3.セグメント利益又は損失は、連結損益計算書の営業利益と調整を行っております。
     【関連情報】

      前連結会計年度(自           2018年3月1日        至    2019年2月28日       )
    1   製品及びサービスごとの情報
      セグメント情報に同様の情報を開示しているため、記載を省略しております。
    2   地域ごとの情報
     (1)  売上高
      本邦以外の外部顧客への売上高が連結売上高の10%未満であるため、記載を省略しております。
     (2)  有形固定資産
      本邦に所在している有形固定資産の金額が連結貸借対照表の有形固定資産の金額の90%を超えるため、記載を省略し
      ております。
    3   主要な顧客ごとの情報
       外部顧客ごとの売上高が連結損益計算書の売上高の10%以上を占めるものがないため、記載を省略しておりま
      す。
      当連結会計年度(自           2019年3月1日        至    2020年2月29日       )

    1   製品及びサービスごとの情報
      セグメント情報に同様の情報を開示しているため、記載を省略しております。
    2   地域ごとの情報
     (1)  売上高
      本邦以外の外部顧客への売上高が連結売上高の10%未満であるため、記載を省略しております。
     (2)  有形固定資産
      本邦に所在している有形固定資産の金額が連結貸借対照表の有形固定資産の金額の90%を超えるため、記載を省略し
      ております。
    3   主要な顧客ごとの情報
       外部顧客ごとの売上高が連結損益計算書の売上高の10%以上を占めるものがないため、記載を省略しておりま
      す。
                                 61/86



                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社パルグループホールディングス(E03387)
                                                            有価証券報告書
     【報告セグメントごとの固定資産の減損損失に関する情報】
      前連結会計年度(自           2018年3月1日        至    2019年2月28日       )
                                            (単位:百万円)
                       報告セグメント
                                    その他    全社・消去       合計
                   衣料事業      雑貨事業       計
     減損損失                  361      113      475      -     -     475

      当連結会計年度(自           2019年3月1日        至    2020年2月29日       )

                                            (単位:百万円)
                       報告セグメント
                                    その他    全社・消去       合計
                   衣料事業      雑貨事業       計
     減損損失                  273      114      387      -     -     387

     【報告セグメントごとののれんの償却額及び未償却残高に関する情報】

      前連結会計年度(自           2018年3月1日        至    2019年2月28日       )
                                            (単位:百万円)
                       報告セグメント
                                    その他    全社・消去       合計
                   衣料事業      雑貨事業       計
     当期償却額                  18      -      18      -     -      18

     当期末残高                  67      -      67      -     -      67

      当連結会計年度(自           2019年3月1日        至    2020年2月29日       )

                                            (単位:百万円)
                       報告セグメント
                                    その他    全社・消去       合計
                   衣料事業      雑貨事業       計
     当期償却額                  18      -      18      -     -      18

     当期末残高                  49      -      49      -     -      49

     【報告セグメントごとの負ののれん発生益に関する情報】

        前連結会計年度(自           2018年3月1日        至    2019年2月28日       )
        該当事項はありません。
        当連結会計年度(自           2019年3月1日        至    2020年2月29日       )

        該当事項はありません。
                                 62/86





                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社パルグループホールディングス(E03387)
                                                            有価証券報告書
     【関連当事者情報】
     関連当事者との取引
    (1)  連結財務諸表提出会社と関連当事者との取引
       連結財務諸表提出会社の役員及び主要株主(個人の場合に限る)等
         前連結会計年度(自             2018年3月1日        至    2019年2月28日       )
                    資本金又
                              議決権の所
          会社等の名称                                   取引金額
                         事業の内容          関連当事者                    期末残高
                    は出資金
      種類           所在地             有(被所有)          取引の内容           科目
                         又は職業          との関係                    (百万円)
           又は氏名                                   (百万円)
                               割合%
                    (百万円)
                         当社代表取
                         締役会長
                              (被所有)          財団への寄付
      役員     井上英隆       -    -               -           12    -       -
                         公益財団法
                                        (注)  1
                              直接2.35
                         人パル井上
                         財団代表理
                          事
    役員及びその
                                        敷金の差入
                                               158  差入保証金        158
    近親者が議決
                                        (注)2
          AMH  mycket㈱
                         資産管理会          敷金の差入
    権の過半数を            東京都港区     1,501          なし
                          社        賃料の支払
           (注)3
                                        賃料等の支払
    所有している
                                                16    -       -
                                        (注)  2
    会社
    (注)   取引条件及び取引条件の決定方針
       1.公益財団法人パル井上財団との取引は、第三者のための取引であり、財団への寄付は、取締役会の承認に基づ
        き決定しております。
       2.敷金の差入、賃料の支払については、独立第三者間取引と同様の一般的な取引条件で行っております。
       3.AMH   mycket㈱については、当社代表取締役会長井上英隆及びその近親者が議決権を100%保有しております。
         当連結会計年度(自             2019年3月1日        至    2020年2月29日       )

                    資本金又
                              議決権の所
          会社等の名称                                   取引金額
                         事業の内容          関連当事者                    期末残高
                    は出資金
      種類           所在地             有(被所有)          取引の内容           科目
                         又は職業          との関係                    (百万円)
           又は氏名                                  (百万円)
                               割合%
                    (百万円)
    役員及びその
    近親者が議決
          AMH  mycket㈱                            賃料等の支払
                         資産管理会
    権の過半数を            東京都港区     1,501          なし    賃料の支払             58    -       -
                                        (注)  1
                          社
           (注)2
    所有している
    会社
    (注)   取引条件及び取引条件の決定方針
       1.賃料の支払については、独立第三者間取引と同様の一般的な取引条件で行っております。
       2.AMH   mycket㈱については、当社代表取締役会長井上英隆及びその近親者が議決権を100%保有しております。
                                 63/86










                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社パルグループホールディングス(E03387)
                                                            有価証券報告書
       (1株当たり情報)
                           前連結会計年度                  当連結会計年度

            項目              (自    2018年3月1日               (自    2019年3月1日
                          至   2019年2月28日       )         至   2020年2月29日       )
     1株当たり純資産                              946円40銭                 1,059円78銭
     1株当たり当期純利益                              108円20銭                  159円74銭
     (注)   1 潜在株式調整後1株当たり当期純利益については、潜在株式が存在しないため記載しておりません。
        2   当社は、2020年3月1日付で普通株式1株につき2株の割合で株式分割を行っております。そのため、
          1株当たり純資産及び1株当たり当期純利益は、前連結会計年度の期首に当該株式分割が行われたと仮
          定して算定しております。
        3 算定上の基礎
         (1)   1株当たり純資産額
                                   前連結会計年度             当連結会計年度
                   項目              (自    2018年3月1日          (自    2019年3月1日
                                  至   2019年2月28日       )   至   2020年2月29日       )
         純資産の部の合計額(百万円)                                 41,639             46,627
         普通株式に係る純資産額(百万円)                                 41,639             46,627

         普通株式の発行済株式数(株)                               46,272,000             46,272,000

         普通株式の自己株式数(株)                               2,274,514             2,274,644

         1株当たり純資産額の算定に用いられた普通株式
                                       43,997,486             43,997,356
         の数(株)
         (2)   1株当たり当期純利益
                                   前連結会計年度             当連結会計年度
                   項目              (自    2018年3月1日          (自    2019年3月1日
                                  至   2019年2月28日       )   至   2020年2月29日       )
         親会社株主に帰属する当期純利益(百万円)                                 4,760             7,028
         普通株式に係る親会社株主に帰属する
                                          4,760             7,028
         当期純利益(百万円)
         普通株式の期中平均株式数(株)                               43,997,623             43,997,450
      (重要な後発事象)

     1.新型コロナウイルス感染拡大による影響
       新型コロナウィルス感染症の感染拡大により、4月7日に緊急事態宣言が発令され、外出自粛要請が強化され
      るとともに、全国に展開している当社グループのほとんどの店舗が臨時休業を余儀なくされました。さらに5月
      4日には同宣言が延長されたことから、大都市圏においては臨時休業の長期化が予想され、ゴールデンウイーク
      明けには大都市圏以外において一部の店舗が開店したものの、時間短縮での営業となっております。このため、
      翌期以降の連結業績に重要な影響を与える可能性があります。影響額については、提出日現在では算定すること
      が困難であります。
                                 64/86







                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社パルグループホールディングス(E03387)
                                                            有価証券報告書
     2.多額な資金の借入
       新型コロナウイルス感染症の感染拡大の影響により、2020年4月度の売上高は前年比大幅減少となりました。
      このため、2020年4月30日に下記の金融機関3行と総額15,000百万円のコミットライン契約(1年間)を締結致し
      ました。その後、5月4日に緊急事態宣言が延長されたことから、売上高の大幅減少と、それに伴う人件費をは
      じめとする固定費等の支払に伴う資金減少は当面継続すると考えられること、また、手元資金は今後の出店をは
      じめとする新規投資等に機動的に対応するために残存させるとの判断のもと、当社では同コミットライン契約に
      基づき、以下のとおり5月11日に10,000百万円の借入を実施いたしました。
      (1)使途
          運転資金
      (2)借入先の名称
          ㈱三井住友銀行、㈱三菱UFJ銀行及び㈱みずほ銀行
      (3)借入金額
          10,000百万円
      (4)借入金利
          基準金利+スプレッド
      (5)借入実行日
          2020年5月11日
      (6)返済期限
          2020年8月11日
      (7)担保提供資産又は保証の内容
          なし
     3.株式分割

       当社は、2020年1月14日開催の取締役会決議に基づき、2020年3月1日付けで、株式分割及び株式分割に伴う
      定款の一部変更を行っております。
      (1)株式分割

        ①株式分割の目的
          投資単位当たりの金額を引き下げることにより、株式の流動性の向上及び投資家層の拡大を図ることを
         目的とするものであります。
        ②株式分割の概要
        ⅰ)分割の方法
           2020年2月29日(土)(実質2月28日(金))を基準日とし、同日最終の株主名簿に記載または記録された
          株主の所有する普通株式を、1株につき2株の割合をもって分割しております。
        ⅱ)分割により増加する株式数

           株式分割前の発行済株式数       23,136,000                         株
           今回の株式分割により増加する株式数  23,136,000                         株
           株式分割後の発行済株式総数      46,272,000                         株
           株式分割後の発行可能株式総数                       172,800,000      株
        ⅲ)分割の日程

           基準日公告日  2020年2月13日(木)
           基準日     2020年2月29日(土)
           効力発生日   2020年3月1日(日)
                                 65/86




                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社パルグループホールディングス(E03387)
                                                            有価証券報告書
        ⅳ)  1株当たり情報に及ぼす影響
           1株当たり情報に及ぼす影響は、(1株当たり情報)に反映しております。
        ③株式分割に伴う定款の一部変更

        ⅰ)定款変更の理由
            今回の株式分割に伴い、会社法第184条第2項の規定に基づき、2020年3月1日(日)をもって当社定
          款の一部を変更しております。
        ⅱ)定款変更の内容

           変更の内容は以下のとおりであります。
                                   (下線は変更箇所を示しております。)
     現行定款                          変更後
                              (発行可能株式総数)
     (発行可能株式総数)
                              第6条 当会社の発行可能株式総数は
     第6条 当会社の発行可能株式総数は
                                  172,800,000株       とする。
         86,400,000株      とする。
        ⅲ)定款変更の日程

           効力発生日    2020年3月1日(日)
        ④その他
         資本金額の変更
          今回の株式分割に際して、資本金の額に変更はありません。
                                 66/86












                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社パルグループホールディングス(E03387)
                                                            有価証券報告書
      ⑤ 【連結附属明細表】
        【社債明細表】
         該当事項はありません。
        【借入金等明細表】

                          当期首残高         当期末残高         平均利率

             区分                                        返済期限
                          (百万円)         (百万円)          (%)
     短期借入金                         3,650         1,794         0.33       -
     1年以内に返済予定の長期借入金                         3,945         4,698         0.40       -

     1年以内に返済予定のリース債務                          512         446        2.00       -

     長期借入金(1年以内に返済予定のもの
                             8,685         8,515         0.39   2021年~2026年
     を除く。)
     リース債務(1年以内に返済予定のもの
                              960         762        2.00   2021年~2025年
     を除く。)
     その他有利子負債
      1年以内に支払予定の長期未払金                        377         79        2.00       -

      長期未払金(1年以内に支払予定の
                               97         48        2.00   2021年~2025年
      ものを除く。)
             合計                18,229         16,345           -     -
     (注)   1 平均利率については、借入金等の期末残高に対する加重平均利率を記載しております。
        2 長期未払金は、主に店舗設備等の割賦購入資産に係る未払金であります。
        3 長期借入金(1年以内に返済予定のものを除く。)、リース債務(1年以内に返済予定のものを除く。)及
          びその他有利子負債(1年以内に返済予定のものを除く。)の連結決算日後5年内における返済予定額は
          以下のとおりであります。
                     1年超2年以内          2年超3年以内          3年超4年以内          4年超5年以内

             区分
                      (百万円)          (百万円)          (百万円)          (百万円)
         長期借入金                 3,344          2,293          1,573          1,264
         リース債務                  366          234          123          38

         その他有利子負債                   20          14          9          ▶

        【資産除去債務明細表】

          本明細表に記載すべき事項が連結財務諸表規則第15条の23に規定する注記事項として記載されている

         ため、資産除去債務明細表の記載を省略しております。
                                 67/86







                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社パルグループホールディングス(E03387)
                                                            有価証券報告書
     (2)  【その他】
       当連結会計年度における四半期情報等
          (累計期間)             第1四半期         第2四半期         第3四半期        当連結会計年度

     売上高           (百万円)           34,138         66,958         99,672         132,163

     税金等調整前
                (百万円)           3,615         5,336         7,797         8,604
     四半期(当期)純利益
     親会社株主に帰属
     する四半期(当期)           (百万円)           2,398         3,468         6,559         7,028
     純利益
     1株当たり四半期
                 (円)          54.51         78.84         149.09         159.74
     (当期)純利益
          (会計期間)             第1四半期         第2四半期         第3四半期         第4四半期

     1株当たり
                 (円)          54.51         24.33         70.25         10.65
     四半期純利益
    (注)当社は、2020年3月1日付けで普通株式1株につき2株の割合で株式分割を行っております。そのため1株
       当たり四半期(当期)純利益は、前連結会計年度の期首に当該株式分割が行われたと仮定して算定しておりま
       す。
                                 68/86














                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社パルグループホールディングス(E03387)
                                                            有価証券報告書
    2  【財務諸表等】
     (1)  【財務諸表】
      ①  【貸借対照表】
                                                  (単位:百万円)
                                  前事業年度              当事業年度
                                (2019年2月28日)              (2020年2月29日)
     資産の部
      流動資産
        現金及び預金                                22,443              22,050
                                        ※1  145            ※1  322
        売掛金
        商品                                  15               -
        前払費用                                  26              18
        関係会社短期貸付金                                11,054              14,500
                                        ※1  485            ※1  364
        その他
                                         △ 281               -
        貸倒引当金
        流動資産合計                                33,887              37,256
      固定資産
        有形固定資産
         建物                                301              268
         車両運搬具                                 0              0
         工具、器具及び備品                                 40              35
         土地                                654              654
                                          163              123
         リース資産
         有形固定資産合計                               1,160              1,082
        無形固定資産                                  555              469
        投資その他の資産
         投資有価証券                                944              764
         関係会社株式                               2,865              4,620
         関係会社長期貸付金                                 -            1,090
                                      ※2  10,899            ※2  11,217
         差入保証金
         繰延税金資産                                808              850
         その他                                144              144
                                          △ 2            △ 268
         貸倒引当金
         投資その他の資産合計                               15,660              18,419
        固定資産合計                                17,377              19,970
      資産合計                                  51,265              57,226
                                 69/86








                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社パルグループホールディングス(E03387)
                                                            有価証券報告書
                                                  (単位:百万円)
                                  前事業年度              当事業年度
                                (2019年2月28日)              (2020年2月29日)
     負債の部
      流動負債
                                         ※1  6
        買掛金                                                 -
        短期借入金                                   -            1,794
                                       ※2  3,585            ※2  4,698
        1年内返済予定の長期借入金
                                        ※1  260             ※1  88
        未払金
                                                       ※1  33
        未払費用                                  23
        リース債務                                  42              43
        未払法人税等                                  287               -
                                        ※1  410            ※1  240
        預り金
        賞与引当金                                  126              124
        役員賞与引当金                                  326              427
                                           3             143
        その他
        流動負債合計                                 5,071              7,593
      固定負債
                                       ※2  8,369            ※2  8,515
        長期借入金
        退職給付引当金                                  31              29
        リース債務                                  137               94
        債務保証損失引当金                                 3,050                -
        資産除去債務                                   ▶              -
                                        ※1  103            ※1  107
        その他
        固定負債合計                                11,695               8,746
      負債合計                                  16,767              16,340
     純資産の部
      株主資本
        資本金                                 3,181              3,181
        資本剰余金
         資本準備金                               3,379              3,379
                                         1,090              1,090
         その他資本剰余金
         資本剰余金合計                               4,469              4,469
        利益剰余金
         利益準備金                                 21              21
         その他利益剰余金
           別途積立金                             12,600              12,600
                                        16,008              22,522
           繰越利益剰余金
         利益剰余金合計                               28,629              35,143
        自己株式                                △ 2,088             △ 2,088
        株主資本合計                                34,192              40,706
      評価・換算差額等
                                          304              180
        その他有価証券評価差額金
        評価・換算差額等合計                                  304              180
      純資産合計                                  34,497              40,886
     負債純資産合計                                   51,265              57,226
                                 70/86





                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社パルグループホールディングス(E03387)
                                                            有価証券報告書
      ②  【損益計算書】
                                                  (単位:百万円)
                                  前事業年度              当事業年度
                                (自 2018年3月1日              (自 2019年3月1日
                                至 2019年2月28日)               至 2020年2月29日)
     売上高
      商品売上高                                   216               -
     営業収益
                                       ※2  3,997            ※2  4,168
      関係会社受入手数料
                                       ※2  2,173            ※2  3,986
      関係会社受取配当金
      営業収益計                                  6,170              8,155
      営業収益合計                                  6,387              8,155
                                        ※2  102
     売上原価                                                    -
     売上総利益                                    6,285              8,155
                                      ※2 、 3  2,148
     販売費及び一般管理費
                                                         -
                                                    ※2 、 3  2,120
                                           -
     営業費用
     営業利益                                    4,136              6,034
     営業外収益
                                        ※2  140            ※2  153
      受取利息
      受取配当金                                    6              7
                                        ※2  41            ※2  43
      受取賃貸料
                                        ※2  17             ※2  8
      その他
      営業外収益合計                                   206              212
     営業外費用
      支払利息                                    60              71
      貸倒引当金繰入額                                    -              19
                                           0              0
      その他
      営業外費用合計                                    61              90
     経常利益                                    4,282              6,157
     特別利益
                                        ※4  200
      固定資産売却益                                                   -
      移転補償金                                   242               -
      債務保証損失引当金戻入額                                    -            3,050
                                           -              35
      貸倒引当金戻入額
      特別利益合計                                   443             3,085
     特別損失
      固定資産除却損                                    7              -
      債務保証損失引当金繰入額                                   450               -
      関係会社株式評価損                                   120               15
      関係会社株式売却損                                    -              8
                                          242               -
      貸倒引当金繰入額
      特別損失合計                                   820               24
     税引前当期純利益                                    3,905              9,217
     法人税、住民税及び事業税
                                          940              820
     法人税等調整額                                    △ 14              13
     法人税等合計                                     925              833
     当期純利益                                    2,980              8,383
                                 71/86





                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社パルグループホールディングス(E03387)
                                                            有価証券報告書
      ③  【株主資本等変動計算書】
     前事業年度(自       2018年3月1日 至          2019年2月28日)
                                                    (単位:百万円)

                                   株主資本
                          資本剰余金                    利益剰余金
                資本金                            その他利益剰余金
                         その他資本
                    資本準備金          資本剰余金合計       利益準備金                 利益剰余金合計
                          剰余金
                                          別途積立金     繰越利益剰余金
     当期首残高            3,181     3,379     1,090      4,469       21    12,600      14,678      27,299
     当期変動額
     剰余金の配当                                            △ 1,649     △ 1,649
     当期純利益                                             2,980      2,980
     自己株式の取得
     自己株式の処分
     株主資本以外の項目
     の当期変動額(純
     額)
     当期変動額合計              -     -     -      -     -     -     1,330      1,330
     当期末残高            3,181     3,379     1,090      4,469       21    12,600      16,008      28,629
                  株主資本         評価・換算差額等

                         その他有価

                                     純資産合計
                              評価・換算差額
               自己株式     株主資本合計      証券評価差
                                等合計
                           額金
     当期首残高            △ 2,088     32,862      264      264    33,127

     当期変動額
     剰余金の配当                △ 1,649                △ 1,649
     当期純利益                 2,980                 2,980
     自己株式の取得            △ 0     △ 0                △ 0
     自己株式の処分
     株主資本以外の項目
     の当期変動額(純                       40      40      40
     額)
     当期変動額合計             △ 0    1,329      40      40    1,370
     当期末残高            △ 2,088     34,192      304      304    34,497
                                 72/86








                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社パルグループホールディングス(E03387)
                                                            有価証券報告書
     当事業年度(自       2019年3月1日 至          2020年2月29日)
                                                    (単位:百万円)

                                   株主資本
                          資本剰余金                    利益剰余金
                資本金                            その他利益剰余金
                         その他資本
                    資本準備金          資本剰余金合計       利益準備金                 利益剰余金合計
                          剰余金
                                          別途積立金     繰越利益剰余金
     当期首残高            3,181     3,379     1,090      4,469       21    12,600      16,008      28,629
     当期変動額
     剰余金の配当                                            △ 1,869     △ 1,869
     当期純利益                                             8,383      8,383
     自己株式の取得
     自己株式の処分                       0      0
     株主資本以外の項目
     の当期変動額(純
     額)
     当期変動額合計              -     -     0      0     -      -     6,513      6,513
     当期末残高            3,181     3,379     1,090      4,469       21    12,600      22,522      35,143
                  株主資本         評価・換算差額等

                         その他有価

                                     純資産合計
                    株主資本合          評価・換算差額
               自己株式          証券評価差
                      計          等合計
                          額金
     当期首残高           △ 2,088     34,192      304      304    34,497

     当期変動額
     剰余金の配当                △ 1,869                △ 1,869
     当期純利益                 8,383                 8,383
     自己株式の取得            △ 0    △ 0                △ 0
     自己株式の処分             0     0                 0
     株主資本以外の項目
     の当期変動額(純                     △ 124      △ 124     △ 124
     額)
     当期変動額合計             △ 0   6,513     △ 124      △ 124     6,389
     当期末残高           △ 2,088     40,706      180      180    40,886
                                 73/86









                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社パルグループホールディングス(E03387)
                                                            有価証券報告書
     【注記事項】
      (重要な会計方針)
    1 有価証券の評価基準及び評価方法
      ① 子会社株式及び関連会社株式
         移動平均法による原価法
      ② その他有価証券
        時価のあるもの
         決算日の市場価格等に基づく時価法(評価差額は全部純資産直入法により処理し、売却原価は移動平均法
         により算定)
        時価のないもの
         移動平均法による原価法
    2 固定資産の減価償却の方法

      ①有形固定資産(リース資産を除く)
       定率法
        ただし、建物(建物附属設備を除く)並びに2016年4月1日以降に取得した建物附属設備及び構築物について
        は定額法
      ②無形固定資産(リース資産を除く)
       定額法
       なお、自社利用のソフトウエアについては社内における見込利用可能期間(5年)に基づく定額法
      ③リース資産
        所有権移転外ファイナンス・リース取引に係るリース資産については、リース期間を耐用年数とし、残存価
       額を零とする定額法を採用しております。
    3 引当金の計上基準

     ① 貸倒引当金
       債権の貸倒れによる損失に備えるため、一般債権については貸倒実績率により、貸倒懸念債権等特定の債権に
      ついては、個別に回収可能性を検討し、回収不能見込額を計上しております。
     ② 賞与引当金
       従業員及び執行役員に対する賞与の支給に備えるため、当事業年度の負担すべき支給見込額を計上しておりま
      す。
     ③ 役員賞与引当金
       役員に対する賞与の支給に備えるため、当事業年度の負担すべき支給見込額を計上しております。
     ④ 債務保証損失引当金
       関係会社への債務保証に係る損失に備えるため、被保証者の財政状態等を勘案し、損失負担見込額を計上して
      おります。
     ⑤ 退職給付引当金
       従業員の退職給付に備えるため、当事業年度末における退職給付債務の見込額に基づき計上しております。
      イ.退職給付見込額の期間帰属方法
        退職給付債務の算定にあたり、退職給付見込額を当事業年度末までの期間に帰属させる方法については、給
       付算定式基準によっております。
      ロ.数理計算上の差異の費用処理方法
        数理計算上の差異は、その発生時の従業員の平均残存勤務期間以内の一定の年数(5年)による定額法により
       翌事業年度から費用処理することとしております。
                                 74/86




                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社パルグループホールディングス(E03387)
                                                            有価証券報告書
    4 その他財務諸表作成のための基本となる重要な事項
      (1)退職給付に係る会計処理
         退職給付に係る未認識数理計算上の差異の未処理額の会計処理の方法は、連結財務諸表におけるこれらの会計
         処理の方法と異なっております。
      (2)消費税等の会計処理方法
         税抜方式によっております。
      (表示方法の変更)

      (「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」の適用に伴う変更)
        「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」(企業会計基準第28号                                平成30年2月16日)を当事業年度の期首から
       適用し、繰延税金資産は投資その他の資産の区分に表示し、繰延税金負債は固定負債の区分に表示する方法に変更
       しました。この結果、前事業年度の貸借対照表において、「流動資産」の「繰延税金資産」47百万円は、「投資そ
       の他の資産」の「繰延税金資産」808百万円に含めて表示しております。
      (貸借対照表関係)

     ※1 関係会社に対する金銭債権債務
                                                  (単位:百万円)
                               第47期                 第48期
                            ( 2019年2月28日       )         ( 2020年2月29日       )
        短期金銭債権                          313                 481
        短期金銭債務                          456                 291
        長期金銭債務                           38                 44
     ※2 担保に供している資産及び担保に係る債務

     (1)  担保に供している資産 
                               第47期                 第48期
                            (2019年2月28日)                 (2020年2月29日)
        差入保証金                        4,798   百万円              4,650   百万円
     (2)  担保に係る債務

                                                第48期
                               第47期
                            (2019年2月28日)
                                             (2020年2月29日)
        1年内返済予定の長期借入金                       1,547   百万円              1,998   百万円
        長期借入金                       3,139    〃              2,473    〃
        計                       4,686   百万円              4,472   百万円
     3   保証債務

       関係会社の借入金及び仕入債務に対し、次のとおり債務保証を行っております。
                                                  (単位:百万円)
                               第47期                 第48期
                            ( 2019年2月28日       )         ( 2020年2月29日       )
        ジェネラル㈱                             443                 -
        ㈱フリーゲート白浜                           126                 -
          計                           569                 -
                                 75/86






                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社パルグループホールディングス(E03387)
                                                            有価証券報告書
      (損益計算書関係)
     1 当事業年度より、「商品売上高」がなくなったことに伴い、事業から生じる収益については、「営業収益」と
       して計上するとともに、それに対応する費用を「営業費用」として計上しております。
     ※2 関係会社との取引高

                                                 (単位:百万円)
                               第47期                 第48期
                           (自    2018年3月1日              (自    2019年3月1日
                            至   2019年2月28日       )       至   2020年2月29日       )
        営業収益                          6,170                 8,155
        営業費用                           329                 217
        営業取引以外の取引高(収益)                           169                 182
     ※3    営業費用のうち主要な費目及び金額は、次のとおりであります。

       なお、第47期における販売費のおおよその割合は4.9%、一般管理費のおおよその割合は95.1%であります。
                                                 (単位:百万円)
                               第47期                 第48期
                           (自    2018年3月1日              (自    2019年3月1日
                            至   2019年2月28日       )       至   2020年2月29日       )
        給与及び手当                         245                 223
        賞与引当金繰入額                         126                 124
        役員賞与引当金繰入額                         326                 427
        退職給付費用                         11                 10
        減価償却費                         183                 214
        業務委託料                         265                 246
     ※4  固定資産売却益

                                                 (単位:百万円)
                               第47期                 第48期
                           (自    2018年3月1日              (自    2019年3月1日
                            至   2019年2月28日       )       至   2020年2月29日       )
        土地                           200                 -
      (有価証券関係)

        子会社株式及び関連会社株式は市場価格が無く、時価を把握することが極めて困難と認められるため、子会
       社株式及び関連会社株式の時価を記載しておりません。
        なお、時価を把握することが極めて困難と認められる子会社株式及び関連会社株式の貸借対照表計上額は次
       のとおりです。
                                            (単位:百万円)
                                 第47期            第48期
                     区分
                              ( 2019年2月28日       )    ( 2020年2月29日       )
                子会社株式                     2,847            2,781
                関連会社株式                       17          1,838
                     計                2,865            4,620
                                 76/86





                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社パルグループホールディングス(E03387)
                                                            有価証券報告書
      (税効果会計関係)
    1 繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別の内訳
                                                 (単位:百万円)
                                 第47期                第48期
                              ( 2019年2月28日       )        ( 2020年2月29日       )
        繰延税金資産
         賞与引当金                           7                7
         未払事業税                          38                26
         法定福利費                           1                1
         退職給付引当金                           9                9
         投資有価証券評価損                          41                35
         関係会社株式評価損                          149                152
         減損損失                           6                6
         資産除去債務                           1               -
         債務保証損失引当金                          933                -
         みなし配当金                          90               102
         貸倒引当金                          86                81
         関係会社株式
                                  886                886
          (会社分割に伴う承継会社株式)
                                  26                25
         その他
          小計
                                 2,278                1,333
                                △1,335                 △403
         評価性引当額
          繰延税金資産合計                          943                929
        繰延税金負債

                                  134                79
         その他有価証券評価差額金
          繰延税金負債合計                          134                79
        繰延税金資産純額                          808                850

    2 法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との間に重要な差異があるときの、当該差異の原因となっ

      た主要な項目別の内訳
                                 第47期                第48期
                              ( 2019年2月28日       )        ( 2020年2月29日       )
        法定実効税率                           30.8%                30.6%
        (調整)
        住民税均等割                            0.1                0.1
        役員賞与等損金不算入                            3.4                1.7
        受取配当金益金不算入                          △17.1                △13.2
        評価性引当額増減額                            6.4              △10.2
                                    0.1                0.0
        その他
         税効果会計適用後の法人税等の
                                   23.7                9.0
         負担率
      (重要な後発事象)

     1.新型コロナウイルス感染拡大による影響
       新型コロナウィルス感染症の感染拡大により、4月7日に緊急事態宣言が発令され、外出自粛要請が強化され
      るとともに、全国に展開している当社グループのほとんどの店舗が臨時休業を余儀なくされました。さらに5月
      4日には同宣言が延長されたことから、大都市圏においては臨時休業の長期化が予想され、ゴールデンウイーク
      明けには大都市圏以外において一部の店舗が開店したものの、時間短縮での営業となっております。このため、
      翌期以降の業績に重要な影響を与える可能性があります。影響額については、提出日現在では算定することが困
      難であります。
                                 77/86


                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社パルグループホールディングス(E03387)
                                                            有価証券報告書
     2.多額な資金の借入
       新型コロナウイルス感染症の感染拡大の影響により、2020年4月度の売上高は前年比大幅減少となりました。
      このため、2020年4月30日に下記の金融機関3行と総額15,000百万円のコミットライン契約(1年間)を締結致し
      ました。その後、5月4日に緊急事態宣言が延長されたことから、売上高の大幅減少と、それに伴う人件費をは
      じめとする固定費等の支払に伴う資金減少は当面継続すると考えられること、また、手元資金は今後の出店をは
      じめとする新規投資等に機動的に対応するために残存させるとの判断のもと、当社では同コミットライン契約に
      基づき、以下のとおり5月11日に10,000百万円の借入を実施いたしました。
      (1)使途   
          運転資金
      (2)借入先の名称
          ㈱三井住友銀行、㈱三菱UFJ銀行及び㈱みずほ銀行
      (3)借入金額
          10,000百万円
      (4)借入金利
          基準金利+スプレッド
      (5)借入実行日
          2020年5月11日
      (6)返済期限
          2020年8月11日
      (7)担保提供資産又は保証の内容
          なし
     3.株式分割

       当社は、2020年1月14日開催の取締役会決議に基づき、2020年3月1日付けで、株式分割及び株式分割に伴う
      定款の一部変更を行っております。
      (1)株式分割

        ①株式分割の目的
          投資単位当たりの金額を引き下げることにより、株式の流動性の向上及び投資家層の拡大を図ることを
         目的とするものであります。
        ②株式分割の概要
        ⅰ)分割の方法
           2020年2月29日(土)(実質2月28日(金))を基準日とし、同日最終の株主名簿に記載または記録された
          株主の所有する普通株式を、1株につき2株の割合をもって分割しております。
        ⅱ)分割により増加する株式数

           株式分割前の発行済株式数       23,136,000                         株
           今回の株式分割により増加する株式数  23,136,000                         株
           株式分割後の発行済株式総数      46,272,000                         株
           株式分割後の発行可能株式総数                       172,800,000      株
        ⅲ)分割の日程

           基準日公告日  2020年2月13日(木)
           基準日     2020年2月29日(土)
           効力発生日   2020年3月1日(日)
                                 78/86




                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社パルグループホールディングス(E03387)
                                                            有価証券報告書
        ⅳ)  1株当たり情報に及ぼす影響

           前事業年度の期首に当該株式分割が行われたと仮定した場合における(1株当たり情報)の各数値は
          それぞれ次のとおりであります。
                            前事業年度                  当事業年度

            項目              (自 2018年3月1日                  (自 2019年3月1日
                          至 2019年2月28日)                  至 2020年2月29日)
     1株当たり純資産                              784円07銭                  929円30銭
     1株当たり当期純利益                               67円73銭                 190円55銭
        ③株式分割に伴う定款の一部変更

        ⅰ)定款変更の理由
           今回の株式分割に伴い、会社法第184条第2項の規定に基づき、2020年3月1日(日)をもって当社                                             定
          款の一部を変更しております。
        ⅱ)定款変更の内容

           変更の内容は以下のとおりであります。
                                   (下線は変更箇所を示しております。)
     現行定款                          変更後
                              (発行可能株式総数)
     (発行可能株式総数)
                              第6条 当会社の発行可能株式総数は
     第6条 当会社の発行可能株式総数は
                                  172,800,000株       とする。
         86,400,000株      とする。
        ⅲ)定款変更の日程

           効力発生日    2020年3月1日(日)
        ④その他
         資本金額の変更
          今回の株式分割に際して、資本金の額に変更はありません。
                                 79/86










                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社パルグループホールディングス(E03387)
                                                            有価証券報告書
      ④  【附属明細表】
        【有形固定資産等明細表】
                                                   減価償却累
                    当期首残高      当期増加額      当期減少額      当期償却額      当期末残高
                                                     計額
    区分      資産の種類
                     (百万円)      (百万円)      (百万円)      (百万円)      (百万円)
                                                    (百万円)
        建物                 301       0      6      27      268      141
     有
        車両運搬具                  0      -      -         0      0      14
     形
         工具、器具及び備品                 40      11      -      16      35      31
     固
     定
        土地                 654       -      -      -      654       -
     資
        リース資産                 163       -      -      39      123       76
     産
         有形固定資産計             1,160        12       6      84    1,082       264
     無形固定資産                   555       43      -       130      469

     (注)   1 工具、器具及び備品の当期増加額の主なものは、勤怠管理システムの機器であります。
       2 無形固定資産の当期増加額の主なものは、新販売管理システムの追加ソフトウエアであります。
        【引当金明細表】

                  当期首残高        当期増加額        当期減少額        当期末残高

         区分
                  (百万円)        (百万円)        (百万円)        (百万円)
     貸倒引当金                  284         19        35        268
     賞与引当金                  126        124        126        124

     役員賞与引当金                  326        427        326        427

     債務保証損失引当金                 3,050          -       3,050          -

    (注)債務保証損失引当金は、子会社の金融機関からの借入に対して設定していましたが、グループ金融に切り
       替えたことから、貸倒引当金に振り替えております。
     (2)  【主な資産及び負債の内容】

       連結財務諸表を作成しているため、記載を省略しております。
     (3) 【その他】

       該当事項はありません。
                                 80/86







                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社パルグループホールディングス(E03387)
                                                            有価証券報告書
    第6   【提出会社の株式事務の概要】
     事業年度             3月1日から2月末日まで

     定時株主総会             5月中

     基準日             2月末日

     剰余金の配当の基準日             8月31日、2月末日

     1単元の株式数             100株

     単元未満株式の買取り・
     買増し
                  (特別口座)
       取扱場所             大阪市中央区北浜四丁目5番33号
                   三井住友信託銀行株式会社 証券代行部
                  (特別口座)
       株主名簿管理人             東京都千代田区丸の内一丁目4番1号
                   三井住友信託銀行株式会社
       取次所              ―
       買取買増手数料             株式の売買の委託に係る手数料相当額として別途定める金額

                  当社の公告方法は、電子公告とする。但し、電子公告を行うことができない事故その
                  他やむを得ない事由が生じたときは、日本経済新聞に掲載して公告する。
                  なお、電子公告は当会社のホームページに掲載しており、そのアドレスは次のとおり
     公告掲載方法
                  です。
                    http://www.palgroup.holdings/
     株主に対する特典             なし
                                 81/86












                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社パルグループホールディングス(E03387)
                                                            有価証券報告書
    第7 【提出会社の参考情報】
    1 【提出会社の親会社等の情報】

      当社には、親会社等はありません。
    2 【その他の参考情報】

      当事業年度の開始日から有価証券報告書提出日までの間に次の書類を提出しております。
      有価証券報告書

                         事業年度        自   2018年3月1日            2019年5月31日
    (1)  及びその添付書類
                         ( 第47期   )     至   2019年2月28日            近畿財務局長に提出。
      並びにその確認書
      内部統制報告書                                         2019年5月31日

    (2)
      及びその添付書類                                         近畿財務局長に提出。
                     企業内容等の開示に関する内閣府令第19条第2項第9

                                               2019年5月31日
    (3)  臨時報告書              号の2(株主総会における議決権行使の結果)の規定
                                               近畿財務局長に提出。
                     に基づく臨時報告書
                     企業内容等の開示に関する内閣府令第19条第2項第19

                     号(財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状                          2019年7月9日
                     況に著しい影響を与える事象)の規定に基づく臨時報                          近畿財務局長に提出。
                     告書
      四半期報告書                           自   2019年3月1日            2019年7月12日

    (4)                  ( 第48期   第1四半期)
      及びその確認書                           至   2019年5月31日            近畿財務局長に提出。
                                 自   2019年6月1日

                                               2019年10月11日
                      ( 第48期   第2四半期)
                                               近畿財務局長に提出。
                                 至   2019年8月31日
                                 自   2019年9月1日            2020年1月14日

                      ( 第48期   第3四半期)
                                 至   2019年11月30日            近畿財務局長に提出。
                                               2020年4月10日

    (5)  自己株券買付状況報告書
                                               近畿財務局長に提出
                                               2020年5月11日

                                               近畿財務局長に提出
      訂正自己株券買付状況              2020年4月10日に提出した自己株券買付状況報告書の                          2020年5月22日

    (6)
      報告書              訂正自己株券買付状況報告書                          近畿財務局長に提出
                     2020年5月11日に提出した自己株券買付状況報告書の                          2020年5月22日

                     訂正自己株券買付状況報告書                          近畿財務局長に提出
                                 82/86






                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社パルグループホールディングス(E03387)
                                                            有価証券報告書
    第二部     【提出会社の保証会社等の情報】
     該当事項はありません。

                                 83/86



















                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社パルグループホールディングス(E03387)
                                                            有価証券報告書
                 独立監査人の監査報告書及び内部統制監査報告書
                                                    2020年5月29日

    株式会社パルグループホールディングス
     取締役会 御中
                        有限責任     あずさ監査法人

                         指定有限責任社員

                                   公認会計士       余  野  憲  司            ㊞
                         業務執行社員
                         指定有限責任社員

                                   公認会計士       弓  削  亜  紀            ㊞
                         業務執行社員
    <財務諸表監査>

     当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づく監査証明を行うため、「経理の状況」に掲げられて
    いる株式会社パルグループホールディングスの2019年3月1日から2020年2月29日までの連結会計年度の連結財務諸
    表、すなわち、連結貸借対照表、連結損益計算書、連結包括利益計算書、連結株主資本等変動計算書、連結キャッ
    シュ・フロー計算書、連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項、その他の注記及び連結附属明細表について監
    査を行った。
    連結財務諸表に対する経営者の責任

     経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して連結財務諸表を作成し適正
    に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない連結財務諸表を作成し適正に表示するた
    めに経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
    監査人の責任

     当監査法人の責任は、当監査法人が実施した監査に基づいて、独立の立場から連結財務諸表に対する意見を表明する
    ことにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に準拠して監査を行った。監査の
    基準は、当監査法人に連結財務諸表に重要な虚偽表示がないかどうかについて合理的な保証を得るために、監査計画を
    策定し、これに基づき監査を実施することを求めている。
     監査においては、連結財務諸表の金額及び開示について監査証拠を入手するための手続が実施される。監査手続は、
    当監査法人の判断により、不正又は誤謬による連結財務諸表の重要な虚偽表示のリスクの評価に基づいて選択及び適用
    される。財務諸表監査の目的は、内部統制の有効性について意見表明するためのものではないが、当監査法人は、リス
    ク評価の実施に際して、状況に応じた適切な監査手続を立案するために、連結財務諸表の作成と適正な表示に関連する
    内部統制を検討する。また、監査には、経営者が採用した会計方針及びその適用方法並びに経営者によって行われた見
    積りの評価も含め全体としての連結財務諸表の表示を検討することが含まれる。
     当監査法人は、意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手したと判断している。
    監査意見

     当監査法人は、上記の連結財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して、株
    式会社パルグループホールディングス及び連結子会社の2020年2月29日現在の財政状態並びに同日をもって終了する連
    結会計年度の経営成績及びキャッシュ・フローの状況をすべての重要な点において適正に表示しているものと認める。
                                 84/86





                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社パルグループホールディングス(E03387)
                                                            有価証券報告書
    <内部統制監査>
     当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第2項の規定に基づく監査証明を行うため、株式会社パルグループホール
    ディングスの2020年2月29日現在の内部統制報告書について監査を行った。
    内部統制報告書に対する経営者の責任

     経営者の責任は、財務報告に係る内部統制を整備及び運用し、我が国において一般に公正妥当と認められる財務報告
    に係る内部統制の評価の基準に準拠して内部統制報告書を作成し適正に表示することにある。
     なお、財務報告に係る内部統制により財務報告の虚偽の記載を完全には防止又は発見することができない可能性があ
    る。
    監査人の責任

     当監査法人の責任は、当監査法人が実施した内部統制監査に基づいて、独立の立場から内部統制報告書に対する意見
    を表明することにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる財務報告に係る内部統制の監査の
    基準に準拠して内部統制監査を行った。財務報告に係る内部統制の監査の基準は、当監査法人に内部統制報告書に重要
    な虚偽表示がないかどうかについて合理的な保証を得るために、監査計画を策定し、これに基づき内部統制監査を実施
    することを求めている。
     内部統制監査においては、内部統制報告書における財務報告に係る内部統制の評価結果について監査証拠を入手する
    ための手続が実施される。内部統制監査の監査手続は、当監査法人の判断により、財務報告の信頼性に及ぼす影響の重
    要性に基づいて選択及び適用される。また、内部統制監査には、財務報告に係る内部統制の評価範囲、評価手続及び評
    価結果について経営者が行った記載を含め、全体としての内部統制報告書の表示を検討することが含まれる。
     当監査法人は、意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手したと判断している。
    監査意見

     当監査法人は、株式会社パルグループホールディングスが2020年2月29日現在の財務報告に係る内部統制は有効であ
    ると表示した上記の内部統制報告書が、我が国において一般に公正妥当と認められる財務報告に係る内部統制の評価の
    基準に準拠して、財務報告に係る内部統制の評価結果について、すべての重要な点において適正に表示しているものと
    認める。
    利害関係

     会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                       以 上
      ※1 上記は監査報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(有価証券報告書提出会

        社)が別途保管しております。
      2 XBRLデータは監査の対象には含まれておりません。
                                 85/86







                                                           EDINET提出書類
                                              株式会社パルグループホールディングス(E03387)
                                                            有価証券報告書
                        独立監査人の監査報告書
                                                    2020年5月29日

    株式会社パルグループホールディングス
     取締役会 御中
                        有限責任     あずさ監査法人

                         指定有限責任社員

                                   公認会計士       余  野  憲  司            ㊞
                         業務執行社員
                         指定有限責任社員

                                   公認会計士       弓  削  亜  紀            ㊞
                         業務執行社員
     当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づく監査証明を行うため、「経理の状況」に掲げられて

    いる株式会社パルグループホールディングスの2019年3月1日から2020年2月29日までの第48期事業年度の財務諸表、
    すなわち、貸借対照表、損益計算書、株主資本等変動計算書、重要な会計方針、その他の注記及び附属明細表について
    監査を行った。
    財務諸表に対する経営者の責任

     経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して財務諸表を作成し適正に表
    示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない財務諸表を作成し適正に表示するために経営
    者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
    監査人の責任

     当監査法人の責任は、当監査法人が実施した監査に基づいて、独立の立場から財務諸表に対する意見を表明すること
    にある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に準拠して監査を行った。監査の基準
    は、当監査法人に財務諸表に重要な虚偽表示がないかどうかについて合理的な保証を得るために、監査計画を策定し、
    これに基づき監査を実施することを求めている。
     監査においては、財務諸表の金額及び開示について監査証拠を入手するための手続が実施される。監査手続は、当監
    査法人の判断により、不正又は誤謬による財務諸表の重要な虚偽表示のリスクの評価に基づいて選択及び適用される。
    財務諸表監査の目的は、内部統制の有効性について意見表明するためのものではないが、当監査法人は、リスク評価の
    実施に際して、状況に応じた適切な監査手続を立案するために、財務諸表の作成と適正な表示に関連する内部統制を検
    討する。また、監査には、経営者が採用した会計方針及びその適用方法並びに経営者によって行われた見積りの評価も
    含め全体としての財務諸表の表示を検討することが含まれる。
     当監査法人は、意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手したと判断している。
    監査意見

     当監査法人は、上記の財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して、株式会
    社パルグループホールディングスの2020年2月29日現在の財政状態及び同日をもって終了する事業年度の経営成績をす
    べての重要な点において適正に表示しているものと認める。
    利害関係

     会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                       以 上

      ※1 上記は監査報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(有価証券報告書提出会

        社)が別途保管しております。
      2 XBRLデータは監査の対象には含まれておりません。
                                 86/86



PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。