レカム株式会社 四半期報告書 第27期第2四半期(令和2年1月1日-令和2年3月31日)

四半期報告書-第27期第2四半期(令和2年1月1日-令和2年3月31日)

提出日:

提出者:レカム株式会社

カテゴリ:四半期報告書

PDFビューワー表示

                                                           EDINET提出書類
                                                        レカム株式会社(E02971)
                                                             四半期報告書
    【表紙】
    【提出書類】               四半期報告書

    【根拠条文】               金融商品取引法第24条の4の7第1項

    【提出先】               関東財務局長

    【提出日】               令和2年5月29日

    【四半期会計期間】               第27期第2四半期(自            令和2年1月1日          至   令和2年3月31日)

    【会社名】               レカム株式会社

    【英訳名】               RECOMM    CO.,LTD.

    【代表者の役職氏名】               代表取締役社長 伊          藤  秀  博

    【本店の所在の場所】               東京都渋谷区代々木三丁目25番3号

    【電話番号】               03-4405-4566(代表)

    【事務連絡者氏名】               取締役財務本部長CFO 砥              綿  正  博

    【最寄りの連絡場所】               東京都渋谷区代々木三丁目25番3号

    【電話番号】               03-4405-4566(代表)

    【事務連絡者氏名】               取締役財務本部長CFO 砥              綿  正  博

    【縦覧に供する場所】               株式会社東京証券取引所

                     (東京都中央区日本橋兜町2番1号)

                                  1/23









                                                           EDINET提出書類
                                                        レカム株式会社(E02971)
                                                             四半期報告書
    第一部     【企業情報】
    第1   【企業の概況】

    1  【主要な経営指標等の推移】

                             第26期           第27期

             回次              第2四半期           第2四半期            第26期
                           連結累計期間           連結累計期間
                         自   平成30年10月1日         自   令和元年10月1日         自   平成30年10月1日
            会計期間
                         至   平成31年3月31日         至   令和2年3月31日         至   令和元年9月30日
     売上高                 (千円)          4,504,681           4,651,405           9,858,320
     経常利益又は経常損失(△)                 (千円)           264,562          △ 186,356           642,158

     親会社株主に帰属する
                      (千円)           132,654            60,775          318,003
     四半期(当期)純利益
     四半期包括利益又は包括利益                 (千円)           115,781           229,862           335,647
     純資産額                 (千円)          3,165,160           4,527,326           4,201,351

     総資産額                 (千円)          7,065,401          10,100,793            9,777,561

     1株当たり四半期(当期)純利益
                      (円)            1.98           0.85           4.65
     金額
     潜在株式調整後1株当たり
                      (円)            1.90           0.84           4.45
     四半期(当期)純利益金額
     自己資本比率                 (%)            42.0           39.3           37.1
     営業活動によるキャッシュ・フ
                     (千円)          △ 80,540           54,195         △ 113,023
     ロー
     投資活動によるキャッシュ・フ
                     (千円)         △ 448,940           475,219         △ 1,487,128
     ロー
     財務活動によるキャッシュ・フ
                     (千円)           572,494            50,102         2,244,388
     ロー
     現金及び現金同等物の四半期(期
                     (千円)         1,525,315           2,653,192           2,106,307
     末)残高
                            第26期           第27期

             回次              第2四半期           第2四半期
                           連結会計期間           連結会計期間
                         自   平成31年1月1日         自   令和2年1月1日
            会計期間
                         至   平成31年3月31日         至   令和2年3月31日
     1株当たり四半期純利益金額                 (円)            2.20           3.61
     (注)   1.当社は四半期連結財務諸表を作成しておりますので、提出会社の主要な経営指標等の推移については記載し
          ておりません。
        2.売上高には、消費税等は含まれておりません。
                                  2/23






                                                           EDINET提出書類
                                                        レカム株式会社(E02971)
                                                             四半期報告書
    2  【事業の内容】
          当第2四半期連結累計期間において、当社グループ(当社及び当社の関係会社)において営まれている事業
         の内容について、重要な変更はありません。
          なお、第一四半期会計期間より報告セグメントの名称を変更しております。詳細は、「第4 経理の状況 
        1   四半期連結財務諸表 注記事項(セグメント情報等)」に記載のとおりであります。
                                  3/23



















                                                           EDINET提出書類
                                                        レカム株式会社(E02971)
                                                             四半期報告書
    第2   【事業の状況】
    1  【事業等のリスク】
        当第2四半期連結累計期間において、前事業年度の有価証券報告書に記載した事業等のリスクについて、以下
       の追加すべき事項が生じております。新型コロナウイルス感染症の世界的な蔓延に伴い、販売活動に支障をきた
       すことや投資マインドが冷え込むことにより、当社の事業活動及び収益確保に影響を及ぼす可能性があります。
    2  【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

      文中の将来に関する事項は、当四半期連結会計期間の末日現在において当社グループが判断したものであります。
     (1)  業績の状況
        当第2四半期連結累計期間における我が国の経済は、新型コロナウイルス感染症の流行により、年度末にかけ
       て企業収益、個人消費が急速に落ち込む状況となりました。また、世界経済においても米中貿易摩擦の世界経済
       に与える影響、そして新型コロナウイルス感染症の世界的な大流行の影響により、急速に悪化しております。
        当社の属する情報通信業界におきましては、情報通信機器や事務用機器のリース取扱高が前年比で減少傾向に
       歯止めがかからず、総じて厳しい状況で推移しております。
        こうした経営環境のなか、当社グループはグループ会社間のシナジーを最大化するべく、組織再編やグループ
       会社の統合を進めました。ITソリューション事業では、約6万件の顧客データベースを活用した情報通信機器
       や光回線、電力の取次ぎ、LED照明の顧客アップセルに注力してまいりました。エネルギーソリューション事
       業では、LED照明の卸販売の強化と家庭向けの蓄電池販売については太陽光発電システムの導入顧客への営業
       強化に取り組みました。BPO(※1)事業では、コンサル営業を通じたRPAやAI-OCRの販売に注力し
       ました。海外法人事業では、各国における新商材の販売強化とローカル企業への営業体制の構築に取り組んで
       まいりました。
        以上の結果、当第2四半期連結累計期間の業績は、売上高が前年同期比3.3%増の4,651百万円となりました。
       利益面では、国内販売においては繁忙期である3月に新型コロナウイルス感染拡大の影響からアポイントが取れ
       にくい等、営業活動に少なからず影響があったこと、海外法人事業においても新型コロナウイルス感染拡大に
       より、中国は2月より営業活動が行えなかったこと、ASEANの拠点では3月より営業活動や施工工事が行え
       ない等の影響があり204百万円の営業損失(前年同期は234百万円の営業利益)、経常損失は186百万円(前年同期
       は264百万円の経常利益)、親会社株主に帰属する四半期純利益は60百万円(前年同期は132百万円の純利益)と
       なりました。
         ※1  BPO(Business         Process    Outsourcing)の略称です。
      セグメントの業績を示すと、次のとおりであります。なお、従来「情報通信事業」と表示しておりましたセグメン

     トを「ITソリューション事業」に、「環境関連事業」と表示しておりましたセグメントを「エネルギーソリュー
     ション事業」にそれぞれ名称を変更しております。
       ①ITソリューション事業
         直営店チャネルにおいては、顧客データベースを活用した効率的な営業活動を実施しつつ、新規の顧客開拓
        にも注力しました。企業のネットセキュリティ強化のための独自商品であるUTM※2の販売強化とテレワー
        ク対応商品の販売に注力してまいりました。その結果、同チャネルの売上高は前年同期比16.3%増の983百万円
        となりました。
         FC加盟店チャネルにおいては、加盟店へ販売手法の共有を推し進めるとともに、UTM等のセキュリティ
        商材の販売支援を実施してまいりました。これらの結果、同チャネルの売上高は前年同期比8.1%減の709百万
        円となりました。
         代理店チャネルにおいては、取り扱い商材を拡充するとともに、代理店の開拓に取り組みました。これらの
        結果、同チャネルの売上高は前年同期比15.0%増の72百万円となりました。
         グループ会社においては、グループ再編により直営店チャネルへ統合した影響もあり、グループ会社の売上
        高は前年同期比31.3%減の401百万円となりました。
         これらの結果、ITソリューション事業全体(直営店・FC加盟店・代理店・グループ会社の合計)の売上
        高は、前年同期比4.3%減の2,168百万円となりました。セグメント利益は、減収となったものの、営業効率の
        効率化を図るとともに、経費削減に努めたことから31百万円(前年同期は76百万円)となりました。
           ※2  UTM(Unified        Threat    Management:統合脅威管理)の略称です。
       ②エネルギーソリューション事業

                                  4/23


                                                           EDINET提出書類
                                                        レカム株式会社(E02971)
                                                             四半期報告書
         エネルギーソリューション事業は、LED照明や業務用エアコン等の代理店への拡販を推進し、各代理店の
        販売増加とグループ企業への販売促進を実施しました。戸建て向けの太陽光発電システムや蓄電池の販売にお
        い ては、新規開拓とともに、顧客向けのアップセルにも注力しました。これらの結果、売上高は前年同期比
        6.5%減の1,222百万円となりました。セグメント損益は、太陽光発電システム販売の伸び悩みや蓄電池の販売
        立ち上げに時間を要したこと等により82百万円の損失(前年同期は61百万円の利益)となりました。
      ③BPO事業

         BPO事業は、新規顧客開拓に注力するとともに、コンサル営業を通じてRPAやAI-OCRの新商材の
        販売を強化しました。BPOセンターにおいては、業務効率と品質向上に取り組み、各センターの特性を活か
        した業務を実施することで業務効率を高めてまいりました。また、新型コロナウイルスの影響により、中国セ
        ンターで一部業務が実施できない状況に陥りました。これらの結果、売上高は前年同期比14.8%減の266百万円
        となりました。セグメント損益は、BPOセンターの業務効率化やコスト削減に努めたこと等により、48百万円の
        利益(前年同期は19百万円の利益)となりました。
      ④海外法人事業

         海外法人事業は、ASEAN等9か国で事業を行うまでに事業を拡大し、各国新規商材の販売立ち上げに注
        力するとともに、ローカル営業社員の採用を進め、ローカル企業へ営業するための体制づくりを進めてまいり
        ました。これらの結果、売上高は前期のM&Aによる新規売上が加わったこと等により前年同期比59.3%増の
        984百万円となりました。セグメント損益は、一部海外拠点においてロックアップ等の影響により営業活動や工
        事施工が実施できなかったことから売上を伸ばすことができず、170百万円の損失(前年同期は82百万円の利
        益)となりました。
      (セグメント別売上高)

                    セグメントの名称                          販売高(千円)
                           直営店                           983,949
                           FC加盟店                           709,380
       ITソリューション事業                     代理店                           72,890
                           グループ会社                           401,906
                            計                          2,168,125
        エネルギーソリューション事業                                             1,222,959
        BPO事業                                              266,956
        海外法人事業                                              984,087
                   セグメント売上高合計                                 4,642,129
        調整額                                               9,275
                     売上高合計                               4,651,405
      (注)上記の金額に消費税等は、含まれておりません。
     (2)   財政状態の分析

       当第2四半期連結会計期間末の資産につきましては、前連結会計年度末より323百万円増加し、10,100百万円とな
      りました。これは主に現金及び預金の増加により、流動資産が355百万円増加したこと等によるものであります。
       当第2四半期連結会計期間末の              負債につきましては、前連結会計年度末より2百万円減少し、5,573百万円となりま
      した。これは主に長期借入金              が245百万円増加しましたが、転換社債型新株予約権社債が400百万円減少したこと等
      によるものであります。
       当第2四半期連結会計期間末の              純資産につきましては、前連結会計年度末より325百万円増加し、4,527百万円とな
      りました。これは主に資本金が増加、その他有価証券評価差額金が発生したこと等によるものであります。
     (3)  キャッシュ・フローの状況

        当第2四半期連結会計期間末における現金及び現金同等物(以下「資金」という)は、前連結会計年度末と比べ
                                  5/23


                                                           EDINET提出書類
                                                        レカム株式会社(E02971)
                                                             四半期報告書
       546百万円増加し、2,653百万円となりました。
       a.  営業活動によるキャッシュ・フロー

        営業活動で獲得した資金は、54百万円となりました。これは税金等調整前四半期純利益を236百万円を計上しま
       したが、その主たる内容は投資有価証券売却益431百万円の計上だったこと、海外債権の回収等により売上債権が
       393百万円減少したこと等によるものです。
       b.  投資活動によるキャッシュ・フロー

        投資活動で獲得した資金は、475百万円となりました。これは投資有価証券の売却により450百万円獲得したこと
       等によるものです。
       c.  財務活動によるキャッシュ・フロー

        財務活動で獲得した資金は50百万円となりました。これは主に借入による収入、自己株式の取得83百万円、配当
       金の支払210百万円による資金の支出によるものです。
     (4)  事業上及び財務上の対処すべき課題

       当第2四半期連結累計期間において、当社グループの事業上及び財務上の対処すべき課題に重要な変更及び新た
      に生じた課題はありません。
     (5)  研究開発活動

       該当事項はありません。
     (6)  主要な設備

       該当事項はありません。
     (7)  従業員数

       連結会社の状況
        当第2四半期連結累計期間において、当社グループの従業員数に大きな変動はありません。
    3  【経営上の重要な契約等】

      当第2四半期連結会計期間において、経営上の重要な契約等の決定または締結等はありません。
                                  6/23









                                                           EDINET提出書類
                                                        レカム株式会社(E02971)
                                                             四半期報告書
    第3   【提出会社の状況】
    1  【株式等の状況】

     (1)  【株式の総数等】
      ①  【株式の総数】
                 種類                     発行可能株式総数(株)

                普通株式                                   240,000,000

                  計                                 240,000,000

      ②  【発行済株式】

                          提出日現在

             第2四半期会計期間                     上場金融商品取引所
                          発行数(株)
        種類     末現在発行数(株)                    名又は登録認可金融                内容
                       (令和2年5月29日)
             ( 令和2年3月31日        )             商品取引業協会名
                           (注)
                                   東京証券取引所
                                            単元株式数は100株でありま
       普通株式          74,566,302           74,566,302       JASDAQ
                                            す。
                                   (スタンダード)
         計        74,566,302           74,566,302           ―            ―
      (注)「提出日現在発行数」欄には、令和2年5月1日からこの第2四半期報告書提出日までの新株予約権の行使に
         より発行された株式数は含まれておりません。
     (2)  【新株予約権等の状況】

      ①  【ストックオプション制度の内容】
        該当事項はありません。
      ②  【その他の新株予約権等の状況】

        該当事項はありません。
     (3)  【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

       当第2四半期会計期間において、行使価額修正条項付新株予約権付社債券等に係る新株予約権が以下のとおり、
      行使されました。
                                          第2四半期会計期間
                                    (2020年1月1日から2020年3月31日まで)
     当該四半期会計期間に権利行使された当該行使価額修正条項
                                                          16
     付新株予約権付社債券等の数(個)
     当該四半期会計期間の権利行使に係る交付株式数(株)                                                 3,703,702
     当該四半期会計期間の権利行使に係る平均行使価額等(円)                                                     108

     当該四半期会計期間の権利行使に係る資金調達額(千円)                                                  400,000

     当該四半期会計期間の末日における権利行使された当該行使
                                                          16
     価額修正条項付新株予約権付社債券等の数の累計(個)
     当該四半期会計期間の末日における当該行使価額修正条項付
                                                      3,703,702
     新株予約権付社債券等に係る累計の交付株式数(株)
     当該四半期会計期間の末日における当該行使価額修正条項付
                                                         108
     新株予約権付社債券等に係る累計の平均行使価額等(円)
     当該四半期会計期間の末日における当該行使価額修正条項付
                                                       400,000
     新株予約権付社債券等に係る累計の資金調達額(千円)
                                  7/23



                                                           EDINET提出書類
                                                        レカム株式会社(E02971)
                                                             四半期報告書
     (4)  【発行済株式総数、資本金等の推移】
                 発行済株式       発行済株式

                               資本金増減額        資本金残高       資本準備金       資本準備金
         年月日        総数増減数        総数残高
                                 (千円)       (千円)      増減額(千円)        残高(千円)
                   (株)       (株)
       2020年1月1日~
                  3,703,802       74,566,302         200,008      2,015,204        200,008      1,815,204
       2020年3月31日
      (注)
     (注)増加分は、新株予約権および行使価額修正条項付新株予約権付社債の行使によるものであります。
     (5)  【大株主の状況】

                                              令和2年3月31日        現在
                                                   発行済株式
                                                   (自己株式を
                                           所有株式数        除く。)の
         氏名又は名称                     住所
                                             (株)      総数に対する
                                                   所有株式数
                                                   の割合(%)
                     KUALUMPUR     MALAYSIA(東京都中央区日本橋兜
     伊藤 秀博(常任代理人 三田
                                             5,000,000          6.80
     証券株式会社)
                     町3番11号)
     株式会社エフティグループ                東京都中央区日本橋蛎殻町2丁目13番6号                        2,000,000          2.72
     株式会社光通信                東京都豊島区西池袋1丁目4番10号                        1,500,000          2.04

     マッコーリー バンク リミ
                     LEVEL   3,1  MARTIN    PLACE   SYDNEY    NSW  20000
     テッド ディービーユーアカウ
                                             1,184,102          1.61
                     AUSTRALIA(東京都新宿区新宿6丁目27番30
     ント(常任代理人 シティバン
                     号)
     ク、エヌ・エイ東京支店)
     レカム株式会社                東京都渋谷区代々木3丁目25番3号                        1,013,000          1.38
     亀山 与一                栃木県佐野市                         928,500         1.26

     有限会社ヤマザキ                青森県弘前市駅前2丁目1番地4                         630,000         0.86

     奥西 明                奈良県奈良市                         486,100         0.66

     協和青果株式会社                埼玉県越谷市新川町2丁目68-5                         421,800         0.57

     株式会社SBI証券                東京都港区六本木1丁目6番1号                         395,821         0.54

            計                    ―             13,559,323          18.43

                                  8/23









                                                           EDINET提出書類
                                                        レカム株式会社(E02971)
                                                             四半期報告書
     (6)  【議決権の状況】
      ①  【発行済株式】
                                                令和2年3月31日        現在
              区分            株式数(株)          議決権の数(個)               内容
        無議決権株式                         -      ―            ―

        議決権制限株式(自己株式等)                         -      ―            ―

        議決権制限株式(その他)                         -      ―            ―

                      (自己保有株式)
        完全議決権株式(自己株式等)                                ―            ―
                       普通株式       1,013,000
                                             権利内容に何ら限定のない当
                       普通株式       73,548,800
        完全議決権株式(その他)                                735,488
                                             社における標準となる株式
                       普通株式         4,502
        単元未満株式                                ―            ―
        発行済株式総数                     74,566,302           ―            ―

        総株主の議決権                     ―            735,488           ―

      ②  【自己株式等】

                                             令和2年3月31日        現在
                                                  発行済株式
                              自己名義       他人名義      所有株式数
         所有者の氏名                                         総数に対する
                    所有者の住所          所有株式数       所有株式数        の合計
          又は名称                                        所有株式数
                               (株)       (株)       (株)
                                                  の割合(%)
                  東京都渋谷区代々木
        (自己保有株式)
                              1,013,000           ―   1,013,000         1.36
         レカム株式会社
                  三丁目25番3号
            計           ―       1,013,000           ―   1,013,000         1.36
    2  【役員の状況】

      前事業年度の有価証券報告書の提出日後、当四半期累計期間における役員の異動は、次のとおりであります。
      役職の異動
         新役職名              旧役職名               氏名            異動年月日
                     取締役 執行役員
       取締役 執行役員
                                    砥綿正博            2020年4月1日
                   経営管理本部長兼CFO
      財務本部長兼CFO
                                  9/23









                                                           EDINET提出書類
                                                        レカム株式会社(E02971)
                                                             四半期報告書
    第4   【経理の状況】
    1.四半期連結財務諸表の作成方法について

      当社の四半期連結財務諸表は、「四半期連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(平成19年内閣府令
     第64号)に基づいて作成しております。
    2.監査証明について

      当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第2四半期連結会計期間(令和2年1月1日から令和
     2年3月31日まで)及び第2四半期連結累計期間(令和元年10月1日から令和2年3月31日まで)に係る四半期連結財務
     諸表について、新宿監査法人による四半期レビューを受けております。
      なお、当社の監査法人は次のとおり交代しております。
         第26期連結会計年度 清陽監査法人
         第27期第2四半期連結会計期間及び第2四半期連結累計期間 新宿監査法人
                                 10/23
















                                                           EDINET提出書類
                                                        レカム株式会社(E02971)
                                                             四半期報告書
    1 【四半期連結財務諸表】
     (1)  【四半期連結貸借対照表】
                                                   (単位:千円)
                                 前連結会計年度            当第2四半期連結会計期間
                                (令和元年9月30日)              (令和2年3月31日)
     資産の部
      流動資産
        現金及び預金                               2,219,877              2,764,265
        受取手形及び売掛金                               2,323,698              2,071,535
        商品及び製品                                747,468              846,169
        仕掛品                                 8,165              9,874
        原材料及び貯蔵品                                 5,213              5,440
        前払費用                                51,083              113,693
        未収入金                                392,481              218,065
        その他                                262,978              337,094
                                       △ 17,755             △ 17,842
        貸倒引当金
        流動資産合計                               5,993,212              6,348,296
      固定資産
        有形固定資産                                157,260              137,706
        無形固定資産
         のれん                             2,825,382              2,410,279
                                        34,382              280,527
         その他
         無形固定資産合計                             2,859,765              2,690,806
        投資その他の資産
         繰延税金資産                              248,588               27,521
         その他                              514,393              896,178
                                       △ 17,105             △ 17,901
         貸倒引当金
         投資その他の資産合計                              745,876              905,799
        固定資産合計                               3,762,902              3,734,312
      繰延資産                                  21,446              18,183
      資産合計                                9,777,561              10,100,793
                                 11/23










                                                           EDINET提出書類
                                                        レカム株式会社(E02971)
                                                             四半期報告書
                                                   (単位:千円)
                                 前連結会計年度            当第2四半期連結会計期間
                                (令和元年9月30日)              (令和2年3月31日)
     負債の部
      流動負債
        買掛金                               1,006,835              1,082,199
        短期借入金                               1,020,306              1,033,473
        1年内返済予定の長期借入金                                347,444              427,440
        未払法人税等                                131,958              186,537
        受注損失引当金                                99,213              93,506
                                        805,121              731,613
        その他
        流動負債合計                               3,410,879              3,554,771
      固定負債
        転換社債型新株予約権付社債                               1,000,000               600,000
        長期借入金                               1,008,939              1,254,317
                                        156,391              164,378
        その他
        固定負債合計                               2,165,330              2,018,695
      負債合計                                5,576,209              5,573,466
     純資産の部
      株主資本
        資本金                               1,814,647              2,015,204
        資本剰余金                               1,758,988              1,959,545
        利益剰余金                                125,141              △ 26,487
                                         △ 845            △ 84,427
        自己株式
        株主資本合計                               3,697,932              3,863,834
      その他の包括利益累計額
        為替換算調整勘定                               △ 71,764             △ 194,156
                                           -           301,109
        その他有価証券評価差額金
        その他の包括利益累計額合計                               △ 71,764              106,952
      新株予約権
                                        21,500              19,541
                                        553,683              536,997
      非支配株主持分
      純資産合計                                4,201,351              4,527,326
     負債純資産合計                                  9,777,561              10,100,793
                                 12/23









                                                           EDINET提出書類
                                                        レカム株式会社(E02971)
                                                             四半期報告書
     (2)  【四半期連結損益計算書及び四半期連結包括利益計算書】
      【四半期連結損益計算書】
       【第2四半期連結累計期間】
                                                   (単位:千円)
                              前第2四半期連結累計期間              当第2四半期連結累計期間
                               (自 平成30年10月1日              (自 令和元年10月1日
                                至 平成31年3月31日)               至 令和2年3月31日)
     売上高                                  4,504,681              4,651,405
                                       2,917,231              3,284,638
     売上原価
     売上総利益                                  1,587,449              1,366,766
                                     ※  1,353,129             ※  1,570,878
     販売費及び一般管理費
     営業利益又は営業損失(△)                                   234,320             △ 204,112
     営業外収益
      受取利息                                  4,402              4,749
      為替差益                                   735             8,347
      補助金収入                                  24,909                 -
                                        14,863              20,498
      その他
      営業外収益合計                                  44,911              33,596
     営業外費用
      支払利息                                  8,589              7,084
      上場関連費用                                  1,829                -
                                         4,249              8,756
      その他
      営業外費用合計                                  14,668              15,840
     経常利益又は経常損失(△)                                   264,562             △ 186,356
     特別利益
      新株予約権戻入益                                    -            1,670
                                           -           431,882
      投資有価証券売却益
      特別利益合計                                    -           433,553
     特別損失
                                           -            10,245
      固定資産除却損
      特別損失合計                                    -            10,245
     税金等調整前四半期純利益                                   264,562              236,951
     法人税、住民税及び事業税
                                        97,099              130,313
                                        19,466              87,938
     法人税等調整額
     法人税等合計                                   116,565              218,251
     四半期純利益                                   147,997               18,699
     非支配株主に帰属する四半期純利益又は非支配株主
                                        15,343             △ 42,075
     に帰属する四半期純損失(△)
     親会社株主に帰属する四半期純利益                                   132,654               60,775
                                 13/23








                                                           EDINET提出書類
                                                        レカム株式会社(E02971)
                                                             四半期報告書
      【四半期連結包括利益計算書】
       【第2四半期連結累計期間】
                                                   (単位:千円)
                              前第2四半期連結累計期間              当第2四半期連結累計期間
                               (自 平成30年10月1日              (自 令和元年10月1日
                                至 平成31年3月31日)               至 令和2年3月31日)
     四半期純利益                                   147,997               18,699
     その他の包括利益
      為替換算調整勘定                                 △ 32,215             △ 89,946
                                          -            301,109
      その他有価証券評価差額金
      その他の包括利益合計                                 △ 32,215              211,163
     四半期包括利益                                   115,781              229,862
     (内訳)
      親会社株主に係る四半期包括利益                                 107,817              241,648
      非支配株主に係る四半期包括利益                                  7,964             △ 11,785
                                 14/23
















                                                           EDINET提出書類
                                                        レカム株式会社(E02971)
                                                             四半期報告書
     (3)  【四半期連結キャッシュ・フロー計算書】
                                                   (単位:千円)
                              前第2四半期連結累計期間              当第2四半期連結累計期間
                               (自 平成30年10月1日              (自 令和元年10月1日
                                至 平成31年3月31日)               至 令和2年3月31日)
     営業活動によるキャッシュ・フロー
      税金等調整前四半期純利益                                 264,562              236,951
      減価償却費                                  37,534              47,141
      上場関連費用                                  1,829                -
      のれん償却額                                  94,567              152,998
      新株予約権戻入益                                    -           △ 1,670
      投資有価証券売却損益(△は益)                                    -          △ 431,882
      固定資産売却損益(△は益)                                    -            10,245
      貸倒引当金の増減額(△は減少)                                  3,805               759
      受取利息及び受取配当金                                 △ 4,402             △ 4,749
      支払利息                                  8,589              7,084
      売上債権の増減額(△は増加)                                △ 188,474              393,507
      たな卸資産の増減額(△は増加)                                △ 140,964             △ 120,693
      仕入債務の増減額(△は減少)                                 250,743               84,137
      その他の償却額                                   892               -
      賞与引当金の増減額(△は減少)                                 △ 12,011             △ 28,924
      受注損失引当金の増減額(△は減少)                                  11,491              △ 5,706
      未払消費税等の増減額(△は減少)                                  13,620             △ 42,352
      リース債務の増減額(△は減少)                                    -           △ 1,693
      その他の流動資産の増減額(△は増加)                                 △ 65,389             △ 137,569
      その他の流動負債の増減額(△は減少)                                △ 167,527              △ 16,385
      その他の固定負債の増減額(△は減少)                                 △ 8,313              △ 246
                                           -           △ 24,014
      その他
      小計                                 100,553              116,936
      利息及び配当金の受取額
                                         4,403              4,749
      利息の支払額                                 △ 8,902             △ 7,084
                                       △ 176,595              △ 60,406
      法人税等の支払額
      営業活動によるキャッシュ・フロー                                 △ 80,540              54,195
     投資活動によるキャッシュ・フロー
      貸付金の回収による収入                                  2,618               246
      貸付けによる支出                                    -           △ 6,120
      有形固定資産の取得による支出                                 △ 8,755             △ 7,898
      無形固定資産の取得による支出                                 △ 4,344             △ 6,189
      投資有価証券の取得による支出                                 △ 5,000             △ 1,268
      投資有価証券の売却による収入                                    -           450,582
      投資有価証券の償還による収入                                  84,861                 -
      定期預金の増減額(△は増加)                                    -            2,497
      敷金及び保証金の差入による支出                                    -           △ 9,288
      敷金及び保証金の回収による収入                                  1,854              6,135
      保険積立金の解約による収入                                    -            49,067
      連結の範囲の変更を伴う子会社株式の取得によ
                                       △ 514,095                 -
      る支出
                                        △ 6,080             △ 2,545
      その他
      投資活動によるキャッシュ・フロー                                △ 448,940              475,219
                                 15/23




                                                           EDINET提出書類
                                                        レカム株式会社(E02971)
                                                             四半期報告書
                                                   (単位:千円)
                              前第2四半期連結累計期間              当第2四半期連結累計期間
                               (自 平成30年10月1日              (自 令和元年10月1日
                                至 平成31年3月31日)               至 令和2年3月31日)
     財務活動によるキャッシュ・フロー
      短期借入れによる収入                                 550,000              558,470
      短期借入金の返済による支出                                △ 203,325             △ 549,998
      長期借入れによる収入                                 450,000              546,751
      長期借入金の返済による支出                                △ 107,381             △ 212,112
      自己株式の取得による支出                                    -           △ 83,582
      配当金の支払額                                 △ 92,226             △ 210,252
      非支配株主への配当金の支払額                                 △ 55,370                 -
      新株予約権の行使による株式の発行による収入                                  32,627                826
                                        △ 1,829                -
      上場関連費用の支出
      財務活動によるキャッシュ・フロー                                 572,494               50,102
     現金及び現金同等物に係る換算差額                                   △ 2,657             △ 32,632
     現金及び現金同等物の増減額(△は減少)                                   40,357              546,885
     現金及び現金同等物の期首残高                                  1,484,958              2,106,307
                                     ※  1,525,315             ※  2,653,192
     現金及び現金同等物の四半期末残高
                                 16/23














                                                           EDINET提出書類
                                                        レカム株式会社(E02971)
                                                             四半期報告書
     【注記事項】
      (継続企業の前提に関する事項)
       該当事項はありません。
      (追加情報)

      (連結納税制度からグループ通算制度への移行に係る税効果会計の適用)
       当社及び一部の連結子会社は、「所得税法等の一部を改正する法律」(令和2年法律第8号)において創設され
      たグループ通算制度への移行及びグループ通算制度への移行にあわせて単体納税制度の見直しが行われた項目につ
      いては、「連結納税制度からグループ通算制度への移行に係る税効果会計の適用に関する取扱い」(実務対応報告
      第39号 2020年3月31日)第3項の取扱いにより、「税効果会計に係る会計基準の適用指針」(企業会計基準適用
      指針第28号 2018年2月16日)第44項の定めを適用せず、繰延税金資産及び繰延税金負債の額について、改正前の
      税法の規定に基づいております。
      (四半期連結貸借対照表関係)

       偶発債務
                               前連結会計年度            当第2四半期連結会計期間
                              ( 令和元年9月30日        )     ( 令和2年3月31日        )
       割賦債務保証                             612千円              116千円
       当社が販売する商品のうち、CBSフィナンシャルサービス株式会社に対する割賦販売契約について、顧客が債
      務不履行の状態になった場合には残債務の50%をレカム株式会社が債務保証する契約を締結しております。
      (四半期連結損益計算書関係)

     1.販売費及び一般管理費のうち主要な費目及び金額は次のとおりであります。
                              前第2四半期連結累計期間              当第2四半期連結累計期間
                              (自    平成30年10月1日            (自    令和元年10月1日
                               至   平成31年3月31日        )    至   令和2年3月31日        )
        従業員給与手当                           528,168    千円           647,352    千円
        賞与引当金繰入額                            20,099               9,782
        貸倒引当金繰入額                           △ 1,681               761
      (四半期連結キャッシュ・フロー計算書関係)

     ※ 現金及び現金同等物の四半期末残高と四半期連結貸借対照表に掲記されている科目の金額との関係
                              前第2四半期連結累計期間              当第2四半期連結累計期間
                              (自    平成30年10月1日            (自    令和元年10月1日
                               至   平成31年3月31日        )    至   令和2年3月31日        )
        現金及び預金                          1,635,284千円              2,764,265千円
        預入期間が3ヶ月超の定期預金                          △109,968              △111,072
        現金及び現金同等物                          1,525,315              2,653,192
                                 17/23







                                                           EDINET提出書類
                                                        レカム株式会社(E02971)
                                                             四半期報告書
      (株主資本等関係)
      Ⅰ 前第2四半期連結累計期間(自                  平成30年10月1日         至   平成31年3月31日        )
       1.配当金支払額
                       配当金の総額       1株当たり
           決議      株式の種類                     基準日        効力発生日        配当の原資
                        (千円)      配当額(円)
         平成30年12月26      日
                  普通株式        100,406        1.5   平成30年9月30日         平成30年12月27日         利益剰余金
          定時株主総会
       2.基準日が当第2四半期連結累計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が当第2四半期連結会計期間の

         末日後となるもの
         該当事項はありません。
       3.株主資本の著しい変動

         該当事項はありません。
      Ⅱ 当第2四半期連結累計期間(自                  令和元年10月1日         至   令和2年3月31日        )

       1.配当金支払額
                       配当金の総額       1株当たり
           決議      株式の種類                     基準日        効力発生日        配当の原資
                        (千円)      配当額(円)
         令和元年12月25日
                  普通株式        212,404        3.0   令和元年9月30日         令和元年12月26日         利益剰余金
          定時株主総会
       2.基準日が当第2四半期連結累計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が当第2四半期連結会計期間の

         末日後となるもの
         該当事項はありません。
       3.株主資本の著しい変動

         該当事項はありません。
      (セグメント情報等)

      【セグメント情報】
     Ⅰ   前第2四半期連結累計期間(自                平成30年10月1日         至    平成31年3月31日        )
      1.報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
                                                    (単位:千円)
                           報告セグメント
                                                     四半期連結
                                                調整額     損益計算書
                 ITソ
                      エネルギー
                リューショ                   海外法人             (注)1      計上額
                       ソリュー
                             BPO事業              計
                  ン
                                    事業                 (注)2
                      ション   事業
                 事業
      売上高
       外部顧客への売
                2,265,712      1,307,867       313,311      617,790     4,504,681          -   4,504,681
      上高
      セグメント間の内
      部売上高又は振替            122,853       36,280      53,624        -    212,759     △ 212,759         -
      高
          計       2,388,566      1,344,148       366,935      617,790     4,717,441      △ 212,759     4,504,681
      セグメント利益            76,532      61,617      19,226      82,327      239,702      △ 5,382     234,320

     (注)1.調整額には報告セグメントに含まれない本社管理部門の収益及び費用が含まれております。なお、本社管理
         部門の収益は主に各事業セグメントからの経営指導料等であり、費用は報告セグメントに帰属しない一般管
         理費等であります。
       2.セグメント利益は、四半期連結損益計算書の営業利益と調整を行っております。
                                 18/23



                                                           EDINET提出書類
                                                        レカム株式会社(E02971)
                                                             四半期報告書
     Ⅱ   当第2四半期連結累計期間(自                令和元年10月1日         至    令和2年3月31日        )

      1.報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
                                                    (単位:千円)
                           報告セグメント
                                                     四半期連結
                                                調整額     損益計算書
                 ITソ
                      エネルギー
                                   海外法人             (注)1      計上額
                リューショ
                       ソリュー
                             BPO事業              計
                  ン
                                    事業                 (注)2
                      ション事業
                 事業
      売上高
       外部顧客への売
                2,168,125      1,222,959       266,956      984,087     4,642,129        9,275    4,651,405
      上高
      セグメント間の内
      部売上高又は振替            60,920      29,064      49,922        700    140,608     △ 140,608         -
      高
          計       2,229,046      1,252,024       316,879      984,787     4,782,738      △ 131,333     4,651,405
      セグメント利益又
                  31,262     △ 82,956      48,832     △ 170,891     △ 173,753      △ 30,359     △ 204,112
      は損失(△)
     (注)1.調整額には報告セグメントに含まれない本社管理部門の収益及び費用が含まれております。
       2.セグメント利益又は損失(△)は、四半期連結損益計算書の営業損失と調整を行っております。
      2.報告セグメントの変更等に関する事項

      第1四半期連結会計期間より、昨今のビジネス環境の変化に合わせて「情報通信事業」を「ITソリューション
     事業」に、「環境関連事業」を「エネルギーソリューション事業」に名称を変更しております。
      (金融商品関係)

       長期貸付金及び買掛金、短期借入金、長期借入金につきましては、企業集団の事業の運営において重要なものと
      なっており、かつ、四半期連結貸借対照表計上額に前連結会計年度の末日と比較して著しい変動が認められます
      が、当第2四半期連結貸借対照表計上額と時価との差額及び前連結会計年度に係る連結貸借対照表計上額と時価と
      の差額に重要性が乏しいため、記載を省略しております。
      (有価証券関係)

       有価証券は、企業集団の事業の運営において重要性が乏しいため、記載を省略しております。
      (デリバティブ取引関係)

       該当事項はありません。
                                 19/23









                                                           EDINET提出書類
                                                        レカム株式会社(E02971)
                                                             四半期報告書
      (1株当たり情報)
       1株当たり四半期純利益金額及び算定上の基礎、潜在株式調整後1株当たり四半期純利益金額及び算定上の基礎
      は、以下のとおりであります。
                                 前第2四半期連結累計期間             当第2四半期連結累計期間
                                 (自    平成30年10月1日           (自    令和元年10月1日
                 項目
                                  至   平成31年3月31日        )   至   令和2年3月31日        )
     (1)1株当たり四半期純利益金額                                     1円98銭             0円85銭
       (算定上の基礎)

       親会社株主に帰属する四半期純利益金額 (千円)                                   132,654              60,775

       普通株主に帰属しない金額                (千円)

                                             ―             ―
       普通株式に係る親会社株主に帰属する
                                          132,654              60,775
       四半期純利益金額          (千円)
       普通株式の期中平均株式数               (株)
                                        67,167,577             71,761,401
     (2)  潜在株式調整後1株当たり四半期純利益金額                                   1円90銭             0円84銭

       (算定上の基礎)

       親会社株主に帰属する四半期純利益調整額 (千円)                                      ―             ―

       普通株式増加数 (株)                                  2,862,543              633,439

       希薄化効果を有しないため、潜在株式調整後1株当
       たり四半期純利益金額の算定に含めなかった潜在株
                                             ―             ―
       式で、前連結会計年度末から重要な変動があったも
       のの概要
      (重要な後発事象)

       (新型コロナウイルス感染症の拡大)
       新型コロナウイルス感染症の拡大に伴い、当社グループにおいては、主に海外法人事業において営業活動や施工
      工事ができない等の影響が出ております。当社グループは2020年4月以降、ベトナム、タイ、インド、フィリピ
      ン、インドネシア、マレーシアの営業活動休止を決定しており、現時点においてもインド、インドネシア、マレー
      シアで休止している等、当社グループの2020年9月期連結会計年度の業績に重要な影響を与える可能性があります
      が、現時点ではその影響を合理的に算定することが困難であります。なお、営業休止中である3ヶ国の2020年9月
      期第2四半期連結会計期間における連結売上高に占める比率は、5.7%となっております。
       (コミットメントライン契約について)

       当社は、当社の中長期的な成長に向けた資金需要に対し、機動的かつ安定的な資金調達手段を確保するととも
      に、財務基盤のより一層の安定を図ることを目的として、下記金融機関とコミットメントライン契約を締結してお
      ります。
       1.契約締結先        株式会社りそな銀行
       2.契約極度金額         5億円
       3.契約締結日        2020   年4月    22  日
       4.コミットメント期間            2020年4月24日~2021年2月28日
       5.契約形態       個別相対方式
       6.担保の有無        無担保、無保証
       (投資有価証券の売却)

       当社は、2020年3月23日に開催された取締役会において当社が保有する投資有価証券の一部を売却することを決議
      し、2020年4月1日から2020年4月15日にかけて売却いたしました。これに伴い、2020年9月期第3四半期連結会計期
      間において投資有価証券売却益444百万円を特別利益に計上する予定であります。
                                 20/23



                                                           EDINET提出書類
                                                        レカム株式会社(E02971)
                                                             四半期報告書
    2  【その他】
       該当事項はありません。
                                 21/23




















                                                           EDINET提出書類
                                                        レカム株式会社(E02971)
                                                             四半期報告書
    第二部     【提出会社の保証会社等の情報】
     該当事項はありません。
                                 22/23




















                                                           EDINET提出書類
                                                        レカム株式会社(E02971)
                                                             四半期報告書
                     独立監査人の四半期レビュー報告書
                                                   令和2年5月29日

    レカム株式会社
     取締役会      御中
                       新宿監査法人

                        指定社員

                                          田  中         信  行
                                   公認会計士                    印
                        業務執行社員
                        指定社員

                                   公認会計士       加  藤  寛  司            印
                        業務執行社員
     当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、「経理の状況」に掲げられているレカム株式会社

    の令和元年10月1日から令和2年9月30日までの連結会計年度の第2四半期連結会計期間(令和2年1月1日から令和2
    年3月31日まで)及び第2四半期連結累計期間(令和元年10月1日から令和2年3月31日まで)に係る四半期連結財務諸
    表、すなわち、四半期連結貸借対照表、四半期連結損益計算書、四半期連結包括利益計算書、四半期連結キャッシュ・
    フロー計算書及び注記について四半期レビューを行った。
    四半期連結財務諸表に対する経営者の責任

     経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して四半期連結
    財務諸表を作成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない四半期連結財務諸
    表を作成し適正に表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
    監査人の責任

     当監査法人の責任は、当監査法人が実施した四半期レビューに基づいて、独立の立場から四半期連結財務諸表に対す
    る結論を表明することにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に準
    拠して四半期レビューを行った。
     四半期レビューにおいては、主として経営者、財務及び会計に関する事項に責任を有する者等に対して実施される質
    問、分析的手続その他の四半期レビュー手続が実施される。四半期レビュー手続は、我が国において一般に公正妥当と
    認められる監査の基準に準拠して実施される年度の財務諸表の監査に比べて限定された手続である。
     当監査法人は、結論の表明の基礎となる証拠を入手したと判断している。
    監査人の結論

     当監査法人が実施した四半期レビューにおいて、上記の四半期連結財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認
    められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して、レカム株式会社及び連結子会社の令和2年3月31日現在の財政状
    態並びに同日をもって終了する第2四半期連結累計期間の経営成績及びキャッシュ・フローの状況を適正に表示してい
    ないと信じさせる事項がすべての重要な点において認められなかった。
    その他の事項

     会社の令和元年9月30日をもって終了した前連結会計年度の第2四半期連結会計期間及び第2四半期連結累計期間に
    係る四半期連結財務諸表並びに前連結会計年度の連結財務諸表は、それぞれ、前任監査人によって四半期レビュー及び
    監査が実施されている。前任監査人は、当該四半期連結財務諸表に対して令和元年5月13日付けで無限定の結論を表明
    しており、また、当該連結財務諸表に対して令和元年12月25日付けで無限定適正意見を表明している。
    利害関係

     会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                       以   上
     (注)   1.上記は四半期レビュー報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(四半期報

         告書提出会社)が別途保管しております。
        2.XBRLデータは四半期レビューの対象には含まれていません。
                                 23/23



PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。